JP6359025B2 - Footwear article having a code structure - Google Patents

Footwear article having a code structure Download PDF

Info

Publication number
JP6359025B2
JP6359025B2 JP2015541958A JP2015541958A JP6359025B2 JP 6359025 B2 JP6359025 B2 JP 6359025B2 JP 2015541958 A JP2015541958 A JP 2015541958A JP 2015541958 A JP2015541958 A JP 2015541958A JP 6359025 B2 JP6359025 B2 JP 6359025B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
code
sole
footwear
article
structure
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015541958A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015533620A (en )
Inventor
マイケル エー. アヴェニ,
マイケル エー. アヴェニ,
ジョン タウニー,
ジョン タウニー,
ロリー ファースト,
ロリー ファースト,
Original Assignee
ファースト グループ, インコーポレイテッド
ファースト グループ, インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B3/00Footwear characterised by the shape or the use
    • A43B3/12Sandals provided with an anklestrap; Strap guides thereon
    • A43B3/122Sandals provided with an anklestrap; Strap guides thereon characterised by the attachment of the straps
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B1/00Footwear characterised by the material
    • A43B1/02Footwear made of animal or plant fibres or fabrics made therefrom
    • A43B1/04Braided, knotted, knitted, or crocheted footwear
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B23/00Uppers; Boot legs; Stiffeners; Other single parts of footwear
    • A43B23/02Uppers; Boot legs
    • A43B23/0245Uppers; Boot legs characterised by the constructive form
    • A43B23/0295Pieced uppers
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B23/00Uppers; Boot legs; Stiffeners; Other single parts of footwear
    • A43B23/08Heel stiffeners; Toe stiffeners
    • A43B23/088Heel stiffeners
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B3/00Footwear characterised by the shape or the use
    • A43B3/12Sandals provided with an anklestrap; Strap guides thereon
    • A43B3/126Sandals provided with an anklestrap; Strap guides thereon characterised by the shape or layout of the straps
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B3/00Footwear characterised by the shape or the use
    • A43B3/12Sandals provided with an anklestrap; Strap guides thereon
    • A43B3/128Sandals provided with an anklestrap; Strap guides thereon characterised by the sole
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B3/00Footwear characterised by the shape or the use
    • A43B3/16Overshoes
    • A43B3/22Protecting sheaths worn between shoe and overshoe
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43CFASTENINGS OR ATTACHMENTS OF FOOTWEAR; LACES IN GENERAL
    • A43C1/00Shoe lacing fastenings
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43CFASTENINGS OR ATTACHMENTS OF FOOTWEAR; LACES IN GENERAL
    • A43C1/00Shoe lacing fastenings
    • A43C1/04Shoe lacing fastenings with rings or loops
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43CFASTENINGS OR ATTACHMENTS OF FOOTWEAR; LACES IN GENERAL
    • A43C1/00Shoe lacing fastenings
    • A43C1/06Shoe lacing fastenings tightened by draw-strings
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43CFASTENINGS OR ATTACHMENTS OF FOOTWEAR; LACES IN GENERAL
    • A43C9/00Laces; Laces in general for garments made of textiles, leather, or plastics
    • A43C9/08Laces; Laces in general for garments made of textiles, leather, or plastics made of paper or wire
    • DTEXTILES; PAPER
    • D04BRAIDING; LACE-MAKING; KNITTING; TRIMMINGS; NON-WOVEN FABRICS
    • D04BKNITTING
    • D04B1/00Weft knitting processes for the production of fabrics or articles not dependent on the use of particular machines; Fabrics or articles defined by such processes
    • D04B1/22Weft knitting processes for the production of fabrics or articles not dependent on the use of particular machines; Fabrics or articles defined by such processes specially adapted for knitting goods of particular configuration
    • DTEXTILES; PAPER
    • D04BRAIDING; LACE-MAKING; KNITTING; TRIMMINGS; NON-WOVEN FABRICS
    • D04BKNITTING
    • D04B5/00Knitting apparatus or machines without needles for domestic use
    • DTEXTILES; PAPER
    • D10INDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBLASSES OF SECTION D, RELATING TO TEXTILES
    • D10BINDEXING SCHEME ASSOCIATED WITH SUBLASSES OF SECTION D, RELATING TO TEXTILES
    • D10B2501/00Wearing apparel
    • D10B2501/04Outerwear; Protective garments
    • D10B2501/043Footwear

Description

(背景/要旨) (Background / Abstract)
履物構築物は、代表的には、履物物品を形成するために、三次元形状への平坦な材料の操作に依存している。 Footwear construct is typically to form a footwear article is dependent on the operation of the flat material to the three-dimensional shape. 布地、皮革またはその他の材料が切断され得、そして履物上部のような物品のための所望の形状を生じさせるために足型の周りで縫われるか、別様に、取り付けられ、そしてまとわされる。 Fabric or leather or other material sewn around the foot type in order to produce the desired shape for articles such as can be cleaved and footwear upper, is otherwise attached, and clothe .

本発明者らは、この伝統的なアプローチで、いくつかの欠点を認識した。 The present inventors have found that this traditional approach, recognized several drawbacks. 例えば、上記上部を構築するために用いられる材料は、可撓性について制限された自由度のみを有し得、それによって、上記上部が着用者の足に順応する方法を制限し、そして、快適さを低減する。 For example, the material used to construct the upper may have only a limited degree of freedom for the flexible, thereby limiting the method of the upper to conform to the wearer's foot and comfortably to reduce the of. 結果として、履物が相当の時間の間着用された後でさえ、なお、着用者の足の実際の輪郭に完全に順応しないかもしれない。 As a result, even after the footwear is worn for considerable time still may not fully conform to the actual contour of the wearer's foot.

この問題を少なくとも部分的に取り扱うために、本発明者らは、本明細書で履物構築物に対する代替のアプローチをとった。 To address this problem at least in part, the present inventors have taken an alternative approach to footwear construction herein. 1つのアプローチでは、上記上部の少なくとも一部分は、複数の絡み合うコードによって形成される。 In one approach, at least a portion of the upper is formed by a plurality of intertwined code. 例えば、上記上部は、それ自体と係合する1つ以上の中断されないコード、および/または、複数の、絡み合わされているが、なお少なくとも部分的にスリップする位置における1つよりも多くのさらなるコードから形成され得る。 For example, the upper may include one or more uninterrupted code for engaging with itself, and / or, more, have been intertwined still at least partially further coding more than one at the slip position It may be formed from. コードセクション間のスリップ可能な絡み合わされた接続に起因して、上記上部部分の全体の形状または輪郭は、変化し得るが、同時に可撓なままである。 Due to the slip can be intertwined connections between code sections, the overall shape or contour of the upper portion may vary, it remains flexible at the same time. このようにして、上記上部部分は、高度に可撓なままでなお支持を提供しながら、容易に着用者の足に順応し得る。 In this way, the upper portion, while providing still supported by remains highly flexible and can adapt easily wearer's foot.

別の例では、履物物品は、構造体に形成されたファイバまたはコードを備えたループ状の上部を含み得る。 In another example, the article of footwear may include a loop-shaped upper part with a fiber or cord which is formed in the structure. 1つの例では、上記上部中のコードは、互いに対してスリップ可能な係合であり得、そしてソールとの境界で係合され得る。 In one example, the code in the upper may be a slip engagement relative to each other, and may be engaged at the boundary between the sole. 上記上部部分中のコードはまた、互いにインターロックされ得る。 Code in the upper portion may also be interlocked with each other. スリップ可能な係合は、コード境界で形成され得、これらの境界は、上記上部の側方側および中間側を横切るループラインに沿って、そしてさらに前足および/またはつま先領域を横切って位置決めされる。 Slip engagement may be formed in the code boundary, these boundaries, along the loop lines crossing the lateral side and the middle side of the upper and is positioned further across the forefoot and / or toe region . ループ状の上部は、種々の格子様パターンで形成され得る。 Loop shaped upper may be formed in a variety of lattice-like pattern. ファイバまたはコードは、草、亜麻、およびその他の繊維状植物材料を含み得る。 Fiber or cord may comprise grass, flax, and other fibrous plant materials. さらに、それは、ナイロンのような人工ポリアミドを含み得るが、有機ポリアミドもまた用いられ得る。 In addition, it may include an artificial polyamides such as nylon, but organic polyamide may also be used. なお、さらに、上記コードはポリマー材料を含み得る。 Still further, the code may comprise a polymeric material.

上部で互いに対してスリップ可能であり、ソールで低減されたスリップをなお有するコードを備えたループ状の上部を提供することにより、上記上部が着用者の足への適合を形成することを可能にしながら、着用者の足に保持される機能的履物物品を保持することが可能である。 A possible slip relative to each other at the top, by providing a loop-shaped upper portion with a code that has still a slip which has been reduced in the sole allows the said upper portion to form a fit to the wearer's foot while, it is possible to retain the functional footwear articles to be retained in the wearer's foot. 例えば、種々のコード境界間のスリップは、境界間の各コードセクションが可変長を有することを可能にし、上部の全体は、着用者の足の実際の形状に順応する。 For example, slip between the various code edge, each code section between the boundaries is it possible to have a variable length, the entire top, to adapt to the actual shape of the wearer's foot.

スリップ可能な境界に関して記載されているけれども、スリップが制限(制御)され、そして/または防がれるいくつかの実施形態および/または上記上部の一部分があってもよく、なぜなら、いくつかの実施形態では、それが必要、または必須でなくても良いからことが認識されるべきである。 Although described with respect to the slip possible boundary slip is limited (control), and / or some embodiments and / or there may be a portion of the upper to be prevented, because some embodiments So it is necessary, or it should be recognized that because even better not be necessary. 例えば、そして制限としてではなく、制御されたスリップは、動きに対する所望の制限に対応して提供され得る。 For example, and not limitation, a controlled-slip may be provided in correspondence with the desired restriction to movement. 例えば、制御されたスリップが、あるスリップが提供されるが距離および/または時間が制限される、迅速な側方の動きを取り扱うために提供され得る。 For example, controlled slip may be provided there slip is provided a distance and / or time is limited, in order to handle the movement of the rapid lateral. さらに、その他の実施形態では、上記上部の1つ以上の領域が、スリップ可能でなく、より剛な非スリップまたは制限されたスリップ境界を生じさせるために構成され得る。 Furthermore, in other embodiments, one or more regions of the upper, not the slip can be configured to produce a more non-slip or limited slip boundary rigid. 例として、スリップの範囲は、1つ以上のスリップ可能境界、コードセクションの長さ、などによって制御され得る。 As an example, the range of slip, one or more slip possible boundary, the length of the code section, may be controlled by such. さらに、コードセクションおよび境界のタイプおよび位置が制御されたスリップを提供するためにさらに用いられ得る。 Furthermore, it may further be used to provide a slip type and position of the code sections and boundaries are controlled.

別の例では、履物物品は、コード構造体に連結されたソールを備え得る。 In another example, the article of footwear may include a sole that is linked to a coding structure. このコード構造体は、爪革コード中の相互接続された湾曲部、および履物物品の少なくとも一部分に沿って延びるループラインを形成するランドコードを含み得る。 The code structure may comprise interconnected curved portion in the vamp code, and a land code to form a loop line extending along at least a portion of the article of footwear. この爪革コードおよびランド紐の各々は、1つ以上の中断されないコードによって形成され得る。 Each of the vamp code and land cord may be formed by one or more uninterrupted code.

コード構造体中で相互接続する湾曲部は、上記履物物品中に提供されるべき三次元形態の適合構造体を可能にする。 Curved portion interconnecting the code structure in enables adaptation structure of the three-dimensional form to be provided in the article of footwear. これら湾曲部の間の接続は、足形態の周りでまとわされている縫われた材料を用いるその他の履物物品と比較したとき、コード構造体の動きの範囲および移動の自由度を増大することができる。 Connection between these curved portions, when compared to other articles of footwear using a material sewn being clothed around the foot form, to increase the flexibility of the range and the movement of the motion of the code structure it can. 結果として、コード構造体の形状は、最小の摩耗で足に適応および順応する。 As a result, the shape of the code structure, adapted and adapt to the foot with minimal wear. 結果として、履物物品の心地よさは増大される。 As a result, comfort of the footwear article is increased.
本明細書は、例えば、以下の項目も提供する。 Herein, for example, also provides the following items.
(項目1) (Item 1)
履物物品であって、前記履物物品は、 A footwear article, the footwear article,
上部を備え、該上部の少なくとも一部は、スリップ可能に係合されて絡み合わされた1つ以上のコードによって形成され、該コードは、足を少なくとも部分的に囲むように構成され、該コードのうちの少なくとも1つは、ソールと係合させられる、履物物品。 An upper, at least a portion of the upper, is formed by one or more codes intertwined is engaged slip can engaged, the cord is configured to surround the foot and at least partially, of the coding At least one of the out is engaged and the sole, footwear article.
(項目2) (Item 2)
前記上部は、1つ以上の中断されないコードであって、該中断されないコードは、それ自体と係合する、中断されないコード、および/または、1つ以上の追加のコードであって、該追加のコードは、複数、選択された場所において、絡み合わされるが、なおも少なくとも部分的にスリップ可能に係合された状態にある、追加のコードを備える、項目1に記載の履物物品。 The upper is a one or more uninterrupted code, code that is not the suspended engages itself and not interrupted code, and / or be one or more additional code, of the additional code, a plurality, in the selected location, but are intertwined, still at least partially in the slip can be engaged condition, comprising an additional code, article of footwear of claim 1.
(項目3) (Item 3)
前記スリップ可能に係合される位置は、前記上部の一部の周りを横切る1つ以上のループラインに沿って位置決めされる、項目2に記載の履物物品。 Position is positioned along one or more loops lines crossing around a portion of the upper article of footwear according to claim 2 to be engaged to be the slip.
(項目4) (Item 4)
前記コードのうちの1つ以上は、複数の位置において部分的にロックする係合で該ソールと境界で接し、該複数の位置は、該ソールの少なくとも一部の周りの全てまたはその一部にある、項目3に記載の履物物品。 One or more of the code is in contact with engaging partially locked at a plurality of locations at the sole and boundary positions of said plurality of, all or part of at least a portion around the said sole there, footwear article of claim 3.
(項目5) (Item 5)
支持構造体は、前記コードのうちの1つ以上と絡み合わされる、項目1に記載の履物物品。 The support structure may include one or more to be intertwined, footwear article of claim 1 of said code.
(項目6) (Item 6)
前記支持構造体は、コード構造体よりも少ない可撓性を有する、項目1に記載の履物物品。 The support structure has less flexibility than the code structure, article of footwear of claim 1.
(項目7) (Item 7)
前記支持構造体は、前記ソールの踵側に隣接するヒールカウンタである、項目5に記載の履物物品。 The support structure is a heel counter that is adjacent to the heel side of the sole, footwear article of claim 5.
(項目8) (Item 8)
前記1つ以上の絡み合わされたコードは、任意の方向に曲がるように可撓であり、自由状態で少なくとも部分的にその形状をなおも保持する、項目1に記載の履物物品。 The one or more intertwined code is flexible to bend in any direction, yet retain at least partly the shape in a free state, footwear article of claim 1.
(項目9) (Item 9)
履物物品であって、該履物物品は、足を囲むように構成された構造体を形成する繊維またはコードを伴うループ状の上部を備え、該上部における該コードは、互いに対してスリップ可能な係合にあるが、ソールとの境界では、限定されたスリップを伴って取り付けられている、履物物品。 A footwear article, fulfillment product article, comprises a loop-shaped upper with fibers or cords to form a structure configured to surround the foot, the cord in the upper portion, the slip can be engaged with respect to one another Although the case, the boundary between the sole is attached with a limited slip footwear article.
(項目10) (Item 10)
前記スリップ可能な係合は、コード境界において形成され、該コード境界は、ループラインに沿って位置決めされ、該ループラインは、前記上部の側方側および中央側を横切り、前足領域および/またはつま先領域をさらに横切る、項目9に記載の履物物品。 The slip engagement is formed in the code boundary, the code edge is positioned along the loop lines, the loop line, across the lateral side and the center side of the upper, forefoot area and / or toe further crossing the area, article of footwear of claim 9.
(項目11) (Item 11)
前記ループ状の上部は、絡み合わされたパターンに形成されるが、前記ソールから離れて位置決めされたスリップ可能な複数の境界では、結び目が実質的にない、項目10に記載の履物物品。 The loop-shaped upper portion, but is formed in which intertwined pattern, wherein a plurality of boundary possible slip positioned away from the sole, substantially free knots, footwear article of claim 10.
(項目12) (Item 12)
前記構造体におけるコードは、前記ソールにおける取り付け開口部によって前記ソールに連結される、項目9に記載の履物物品。 Code in the structure is connected to the sole by the attachment opening in said sole, footwear article of claim 9.
(項目13) (Item 13)
履物物品であって、前記履物物品は、 A footwear article, the footwear article,
コード構造体取り付け開口部を有するソールと A sole having a code structure mounting opening
ランドサブ構造体を含むコード構造体であって、該ランドサブ構造体は、該コード構造体取り付け開口部内に延びることにより該ソールを該ランドサブ構造体に連結するソール取り付け湾曲部と、該コード構造体の爪革サブ構造体に含まれるランド取り付け湾曲部と相互接続された爪革サブ湾曲部とを有する、コード構造体 A code structure including a Randosabu structure, the Randosabu structure comprises a sole attached curved portion connecting said sole to the Randosabu structure by extending the cord structure mounted within the opening, of the coding structure and a land attachment curved portion included in the vamp substructure and interconnected vamp sub bend, code structure
を備える、履物物品。 Equipped with a, article of footwear.
(項目14) (Item 14)
前記爪革サブ構造体は、前記ソールから離れて位置決めされる、項目13に記載の履物物品。 The vamp substructure is positioned away from said sole, footwear article of claim 13.
(項目15) (Item 15)
前記ランドサブ構造体は、1つ以上のランドコードを備える、項目13に記載の履物物品。 The Randosabu structure comprises one or more land code, article of footwear of claim 13.
(項目16) (Item 16)
前記爪革サブ構造体は、1つ以上の爪革コードを備える、項目13に記載の履物物品。 The vamp sub structure comprises one or more vamp code, article of footwear of claim 13.
(項目17) (Item 17)
前記コード構造体は、前記ソール取り付け湾曲部を通って延びるソールコードをさらに備える、項目13に記載の履物物品。 Wherein the code structure further comprises a sole cords extending through said sole attachment bend, article of footwear of claim 13.
(項目18) (Item 18)
前記コード構造体における複数のコードは、インターロックすることにより、スリップ可能な係合を提供する、項目13に記載の履物物品。 A plurality of codes in said code structure, by interlocking, to provide a slip engagement, footwear article of claim 13.
(項目19) (Item 19)
前記コード構造体に連結されたヒールカウンタをさらに備え、該コード構造体におけるコードのうちの1つ以上は、該ヒールカウンタを通って延びる、項目13に記載の履物物品。 Further comprising a heel counter that is linked to a coding structure, one or more of the codes in the code structure extends through the heel counter, footwear article of claim 13.
(項目20) (Item 20)
前記コード構造体は、異なる程度のスリップ可能係合を有する第1のセクションおよび第2のセクションを含む、項目13に記載の履物物品。 It said code structure comprises a first section and a second section having a slip can engage different degrees, footwear article of claim 13.

この要旨は、詳細な説明で以下にさらに記載されている単純化形態で、概念の選択を導入するために提供される。 This summary is a simplified form that are further described below in the detailed description is provided to introduce a selection of concepts. この要旨は、請求項に記載の主題事項の重要な特徴または必須の特徴を識別することは意図されず、請求項に記載の主題の範囲を制限するために用いられることも意図されない。 This summary, it is not intended to identify key features or essential features of the subject matter of claim, nor is it intended to be used to limit the scope of the claimed subject matter. さらに、請求項に記載の主題は、本開示の任意の部分に記載される任意のまたはすべての不利益を解決する実装に制限されるものではない。 Furthermore, the claimed subject matter is not intended to be limited to implementations that solve any or all disadvantages described in any part of this disclosure.

図1は、履物物品の第1の例を示す。 Figure 1 shows a first example of the article of footwear.

図2は、図1に示される履物物品におけるソールの分解組立図を示す。 Figure 2 shows an exploded view of the sole in the footwear article shown in Figure 1.

図3は、図1および図2に示される履物物品中のコードの絡み合ったパターンの例を示す。 Figure 3 shows an example of intertwined patterns encoded in footwear article shown in FIGS.

図4〜9は、第2の例の履物物品の異なる図を示す。 4-9 show different views of the footwear article of the second example. 図4〜9は、第2の例の履物物品の異なる図を示す。 4-9 show different views of the footwear article of the second example. 図4〜9は、第2の例の履物物品の異なる図を示す。 4-9 show different views of the footwear article of the second example. 図4〜9は、第2の例の履物物品の異なる図を示す。 4-9 show different views of the footwear article of the second example. 図4〜9は、第2の例の履物物品の異なる図を示す。 4-9 show different views of the footwear article of the second example. 図4〜9は、第2の例の履物物品の異なる図を示す。 4-9 show different views of the footwear article of the second example.

図10〜15は、第3の例の履物物品の異なる図を示す。 Figure 10-15 show different views of the footwear article of the third example. 図10〜15は、第3の例の履物物品の異なる図を示す。 Figure 10-15 show different views of the footwear article of the third example. 図10〜15は、第3の例の履物物品の異なる図を示す。 Figure 10-15 show different views of the footwear article of the third example. 図10〜15は、第3の例の履物物品の異なる図を示す。 Figure 10-15 show different views of the footwear article of the third example. 図10〜15は、第3の例の履物物品の異なる図を示す。 Figure 10-15 show different views of the footwear article of the third example. 図10〜15は、第3の例の履物物品の異なる図を示す。 Figure 10-15 show different views of the footwear article of the third example.

図16〜21は、異なる例の履物物品の図を示す。 Figure 16-21 shows a diagram of footwear articles of different examples. 図16〜21は、異なる例の履物物品の図を示す。 Figure 16-21 shows a diagram of footwear articles of different examples. 図16〜21は、異なる例の履物物品の図を示す。 Figure 16-21 shows a diagram of footwear articles of different examples. 図16〜21は、異なる例の履物物品の図を示す。 Figure 16-21 shows a diagram of footwear articles of different examples. 図16〜21は、異なる例の履物物品の図を示す。 Figure 16-21 shows a diagram of footwear articles of different examples. 図16〜21は、異なる例の履物物品の図を示す。 Figure 16-21 shows a diagram of footwear articles of different examples.

図22〜24は、異なる例のソールのセクションを示す。 Figure 22-24 shows a section of the sole of the different examples. 図22〜24は、異なる例のソールのセクションを示す。 Figure 22-24 shows a section of the sole of the different examples. 図22〜24は、異なる例のソールのセクションを示す。 Figure 22-24 shows a section of the sole of the different examples.

図1〜21は、一定のスケールにして描かれている。 Figure 1-21 are drawn to a certain scale. しかし、所望されれば、その他の相対的寸法が用いられ得る。 However, if desired, other relative dimensions may be used.

(詳細な説明) (Detailed description)
コードから構築される履物物品が本明細書中に記載されている。 Articles of footwear are constructed from the code are described herein. この履物物品は、三次元形態の適合構造体を提供する、コード構造体中の相互接続された湾曲部を含み得る。 The article of footwear provides a fit structure of a three-dimensional form, may include interconnected curved portion of the code structure. このコード構造体は、可撓性および快適性を保持しながら、履物物品の上部パーツの動きの範囲を増加する。 This code structure, while retaining the flexibility and comfort, increase the range of motion of the upper part of the footwear article. このコード構造体は、上記湾曲部によって提供される相対的動きに起因して、使用の間に足の形状に高度に順応し得る。 This code structure, due to the relative motion provided by the curved portion can adapt highly to the shape of the foot during use. 例えば、側方側から中間側まで上記上部を横切り、かつ前足領域を横切る湾曲部相互連結のアレイを提供することにより、例えば、数百の調節が上記コード構造体によって自動的に作製され得、上記湾曲部の間に各コードセクションの適切な長さが達成される。 For example, across the top from the side end to the intermediate side, and by providing an array of curved portion interconnecting across the forefoot region, for example, give the regulation of hundreds automatically produced by the code structure, suitable length of each code section between the curved portion is achieved. 結果として、上記履物の快適性は増加される。 As a result, the comfort of the footwear is increased.

本明細書に記載される例示のコード構造体はまた、足型を用いるその他のタイプの靴構築物と比較するとき、履物物品の製造プロセスが単純化されることを可能にする。 Exemplary code structure described herein also when compared to the shoe construction of other types using a foot mold, allows the manufacturing process of the article of footwear is simplified.

図1は、第1の例の履物物品を示す。 Figure 1 shows the article of footwear in the first example. 図2は、図1に示される履物物品に含まれるソールの分解組立図を示す。 Figure 2 shows an exploded view of the sole that is included in the article of footwear shown in FIG. 図3は、図1および図2に示される履物物品中のコードの絡み合ったパターンの例を示す。 Figure 3 shows an example of intertwined patterns encoded in footwear article shown in FIGS.

図4〜9は、第2の例の履物物品の異なる図を示す。 4-9 show different views of the footwear article of the second example. 図10〜15は、第3の例の履物物品の異なる図を示す。 Figure 10-15 show different views of the footwear article of the third example. 図16〜21は、更なる例の履物物品の図を示し、そして図22〜24は、異なる例のソールのセクションを示す。 Figure 16-21 shows a view of the article of footwear further example, and Figure 22 to 24 show a section of the sole of the different examples.

図1は、例示の履物物品50を示す。 Figure 1 shows an exemplary article of footwear 50. この履物物品50は、ソール(履物底)52を含む。 The article of footwear 50 includes a sole (sole) 52. このソール52は、1つの例では、インソール/ミッドソールであり得る。 The sole 52 may, in one example, may be insole / midsole. それ故、インソールおよびミッドソールはこの履物物品では単一の構成要素であり得る。 Therefore, insole and midsole in this article of footwear can be a single component. しかし、その他の実施例では、インソールとミッドソールは履物物品において分離された構成要素であっても良い。 However, in other embodiments, the insole and midsole may be a component separated in the article of footwear. さらに、1つの例では、履物物品50はまた、アウトソールを含み得る。 Further, in one example, an article of footwear 50 may also comprise the outsole. しかし、その他の実施形態では、履物物品50は、アウトソールを含まなくても良いか、またはアウトソールは、ソール52中に一体化され得る。 However, in other embodiments, article of footwear 50, or may not include the outsole or outsole, may be integrated into the sole 52.

ソール52は、コード構造体66に取り付けられる。 Sole 52 is attached to the code structure 66. このコード構造体66は、上部67に含められる。 This code structure 66 is included in the top 67. このコード構造体は、互いとインターロックする多くのコードセクションから形成され得る。 The code structure may be formed from a number of code sections that each other and interlock. コードは、ストリング、より糸(twine)、ヤーン(yarn)、ロープ、ケーブル、編み組まれたかまたはよじれた材料のストランド、および/または、一緒によじれたか、または別様に組み合わされた先に列挙した例の組み合わせを含むその他のコード様構造物を含み得る。 Code string, twine (twine), yarn (yarn), listed rope, cable, braided or twisted material strands, and / or, whether kinked together or previously combined to otherwise It may include other code-like structure comprising a combination of example. 1つの例では、コードは、外側シースおよび内側より糸を備えた約1/8インチのナイロンコードを含む。 In one example, the code includes a nylon cord of approximately 1/8 inch with a yarn from the outer sheath and inner. 勿論、その他のサイジングもまた、用いられ得る。 Of course, other sizing may also be used. 別例では、コードは、同じかまたは異なる材料であり得る、中央の空隙を充填する内側編み組みと、同じかまたは異なる材料であり得る外側編み組みを備えた、二重編み組みナイロンであり得る。 In another example, the code are the same or may be a different material, an inner braid filling the central void, same or with an outer braid which may be a different material, which may be double braided nylon . コードは、可撓性であり得るが、自由な状態でなおその形状のいくらかを保持し得る。 Code may be flexible, but may in free state Note retain some of the shape. さらに、コードは、いくつかのエラストマー成分を有し得る。 Further, the code may have several of the elastomer component. さらに、異なるコードセクション(例えば、ランドと比較され得るような爪革)は、異なる程度の可撓性、弾性、などを有し得る。 Furthermore, different code sections (e.g., the vamp as may be compared with the land) can have different degrees of flexibility, elasticity, and the like. 1つの例では、異なる材料が、コード構造体66の異なるセクションで用いられ得る。 In one example, different materials may be used in different sections of code structure 66. 例えば、より可撓性であるタイプのコードが、コード構造体66の上部部分で用いられても良く、そしてより可撓性でないタイプのコードが、コード構造体の下部部分で用いられても良い。 For example, the type of code is more flexible, may be used in the upper part of the code structure 66, and the type of code that is not more flexible, may be used in the lower portion of the code structure . さらに、ソールに連結されるコード構造体の部分は、1つの例では、ソールによって完全に完全に覆われ得る。 Furthermore, part of the code structure to be connected to the sole, in one example, may completely completely covered by the sole. 別の例では、ソールに連結されるコード構造体の部分は、部分的にのみ覆われても良い。 In another example, portions of the code structure to be connected to the sole may be covered only partially. 例えば、つま先の近傍にあるコード構造体の部分が覆われても良く、その一方、踵の近傍のコード構造体の部分は、覆われていなくても良く、またはその逆であっても良い。 For example, it may be covered the part of the code structure in the vicinity of the toe, while the part of the code structure in the vicinity of the heel, may not be covered, or may be the opposite. コード構造体の覆われる部分は、小石からの摩耗、ゴミ、および/または外部環境からのその他の粒子によって引き起こされるコードの未熟着用(premature wear)の可能性を低減する。 The portion covered with the code structure, reduce the possibility of wear of the pebbles, immature wear code caused by other particles from dust, and / or the external environment (premature wear). 結果として、履物物品の寿命は増大される。 As a result, the life of the article of footwear is increased.

1つの例では、コード構造体66中の1つ以上のコードは、ソール52中の開口部を通って延びても良く、ソールのコード構造体への連結を容易にする。 In one example, one or more code in the code structure 66 may extend through an opening in the sole 52, to facilitate connection to the sole of the code structure. さらに、代替的に、コード構造体の一部分は、ソールに、綴じられ、接着して結合され(例えば、のり付け)、そして/またはスナップ留めされても良く、ソールとコード構造体との連結を可能にする。 Further, alternatively, a portion of the code structure, the sole, stapled, is adhesively bonded (e.g., gluing), and / or may be snap, the connection between the sole and the code structure enable. 別の例では、コード構造体に取り付けられた複数の係留点がソールに固定して取り付けられ得る(例えば、ソールへの射出成形)。 In another example, a plurality of anchoring points attached to the code structure can be fixedly attached to the sole (for example, injection molding of the sole). これら係留点は、個々のコードループであり得る。 These anchoring points may be individual coding loop.

1つの例では、コード構造体66は、ループ状の上部であり得る。 In one example, the code structure 66 may be a loop-shaped top. このような例では、このループ状の上部は、格子様パターンに形成され得るが、ソール52から離れて位置決めされる複数のスリップ可能な境界において結び目は実質的にない。 In such instances, the loop-shaped upper is it may be formed in a lattice-like pattern, knot in a plurality of slip possible boundary is positioned away from the sole 52 does not substantially.

コード構造体66は履物物品50の上部分であり得る。 Code structure 66 can be a top portion of the article of footwear 50. コード構造体66は、少なくとも部分的に足を包み込み得る。 Code structure 66 may wrap around at least partially the foot. コード構造体66はランドサブ構造体68を含む。 Code structure 66 comprises Randosabu structure 68. このランドサブ構造体はソール52に連結される。 The Randosabu structure is connected to the sole 52. 特に、1つの例では、ランドサブ構造体68中のソール取り付け湾曲部は、ソール中の取り付け開口部に連結され得るか、そして/またはそれを通って延び得る。 In particular, in one example, the sole attachment bend in Randosabu structure 68 may extend or be connected to a mounting opening in the sole, and / or through it. 1つの例では、取り付け湾曲部は、ランドサブ構造体68中の単一のコードを経由して形成され得る。 In one example, the attachment bending portion may be formed via a single code in Randosabu structure 68. 従って、単一のコードは、複数の湾曲部を有し得る。 Thus, a single code can have a plurality of curved portions. 湾曲部は、コード構造体66中のより大きなコードの湾曲した部分またはセクションである。 Curved portion is more curved portions or sections of large code in the code structure 66. それ故、湾曲部はコード中のループの一部であり得る。 Therefore, the bending portion can be part of a loop in the code.

ランドサブ構造体68は、爪革取り付け湾曲部74をさらに含む。 Randosabu structure 68 further includes a vamp attachment bend 74. この爪革取り付け湾曲部74は、(例えば、相互接続され、インターロックされ、綴じられ、織り合わされ、そして/または摺動可能に係合されて)コード構造体66中の爪革サブ構造体78に含まれるランド取り付け湾曲部76に連結される。 The vamp attachment curved portion 74 (e.g., interconnected, interlocked, stitched, woven, and / or slidably engaged with) a vamp substructure in the code structure 66 78 It is connected to the land attachment curved portion 76 that is included in. 爪革取り付け湾曲部74とランド取り付け湾曲部との間の相互連結は、ループライン69を形成する。 Interconnection between the vamp attachment curved portion 74 and the land attachment curved portion forms a loop line 69. このループライン69は、ランドサブ構造体68と爪革サブ構造体78との間の境界であり得る。 The loop line 69 may be a boundary between the Randosabu structure 68 and vamp substructure 78. このループライン69は、履物物品60の踵側60から履物物品のつま先側58への方向に延びる。 The loop line 69 extends from the heel side 60 of the article of footwear 60 in the direction of the toe side 58 of the article of footwear. このループライン69はまた、履物物品50の脛骨側面62から履物物品の腓骨側64に延びる。 The loop line 69 also extends from the tibial side 62 of the article of footwear 50 in fibula side 64 of the article of footwear. このループライン69は、履物物品の周りで周縁に延び得、そして1つの例では、上部全体の周りを横切り得る。 The loop line 69 may extend to the periphery around the article of footwear, and in one example, may traverse around the entire upper. さらに、このループライン69は、履物物品50の少なくとも一部分の周りで弓状に延び得ることが認識され得る。 Furthermore, the loop line 69, it can be recognized that may extend arcuately around at least a portion of the article of footwear 50. その他のループライン構成が企図され得る。 Other loop line configurations may be contemplated. 例えば、このループラインは、第1の側方側から第2の側方側に履物物品を横切って延び得る。 For example, the loop line may extend from the first lateral side across the article of footwear to the second lateral side. さらに、別の例では、このループラインは、ヒールカウンタの第1の側からヒールカウンタの第2の側に弓状に延び得る。 Further, in another example, the loop line may extend arcuately on the second side of the first heel counter from the side of the heel counter. なお、さらに別の例では、このループラインは、履物物品を横切って側方に、および履物物品の前部(例えば、つま先側)の周りを弓状に履物物品の周りに延び得る。 In yet another example, the loop line, laterally across the article of footwear, and the front of the article of footwear (e.g., toe side) around may extend around the footwear article arcuate. なおさらに別の例では、このループラインは、履物物品の爪先側、または踵側に隣接する部分のような、履物物品の一部の周りで延びるのみであっても良い。 In still yet another example, the loop line, such as a portion adjacent to the toe side or heel side of the article of footwear, may be only extend around a portion of the article of footwear. さらになお、1つの例では、履物物品は、複数のループラインを含み得る。 Still further, in one embodiment, an article of footwear may include a plurality of loop lines.

爪革サブ構造体78は、描写された例では、ソール52から離れて間隔を置かれている(例えば、垂直に離れて間隔を置かれる)。 Vamp substructure 78, in the depicted example, are spaced apart from the sole 52 (e.g., spaced apart vertically). さらに、ランドサブ構造体68は、ソール52上に垂直に位置決めされ得、そして爪革サブ構造体78は、ランドサブ構造体上に垂直に位置決めされ得る。 Furthermore, Randosabu structure 68 may be positioned vertically above the sole 52 and vamp substructure 78, may be positioned vertically on the Randosabu structure. 垂直の軸が、参考のために提供されている。 Vertical axes are provided for reference. しかし、その他の履物物品の配向が所望であれば用いられ得ることが認識される。 However, it is recognized that the orientation of the other articles of footwear may be used if desired. 爪革サブ構造体78は、履物物品が着用されていないとき、ソール52から離れて間隔を置かれ得ることが認識される。 Vamp substructure 78, when the article of footwear is not worn, it is recognized that may spaced apart from the sole 52. コード構造体66は、爪革サブ構造体78とランドサブ構造体68との間の相互接続に起因して、コードの内部構造とともに、その形状を保持し得る。 Code structure 66, due to the interconnection between the vamp substructure 78 and Randosabu structure 68, with an internal structure of the code, can retain its shape. 例示の相互接続は、本明細書でさらに詳細が論議される。 Exemplary interconnect further detail herein will be discussed.

図3は、爪革取り付け湾曲部74とランド取り付け湾曲部76との間の少なくとも部分的な摺動相互接続のより詳細な図を示す。 Figure 3 shows a more detailed view of at least partial sliding interconnection between the vamp attachment curved portion 74 and the land attached curved portion 76. 図3に描写されるように、爪革取り付け湾曲部74は、ランド取り付け湾曲部とインターロックされて示されることが認識される。 As depicted in Figure 3, the vamp attachment curved portion 74, it is recognized that shown are land attachment bend and interlocking. このようにして、爪革サブ構造体は、所望であれば、接着剤の使用なしでランドサブ構造体に連結され得る。 In this way, the vamp substructure, if desired, may be linked to Randosabu structure without the use of adhesives. しかし、いくつかの例では、接着剤が、履物物品中の特定の要素を連結するために用いられ得ることが認識される。 However, in some instances, the adhesive, it is recognized that may be used to connect the specific elements in the article of footwear. 1つの例では、湾曲部間の摺動接続は、結び目がなくても良い。 In one example, the sliding connection between the curved portions may or may not have knots. しかし、別例では、爪革取り付け湾曲部74の少なくとも一部分は、ランド取り付け湾曲部76の少なくとも一部分に固定して連結され得る。 However, in another example, at least a portion of the vamp attachment bend 74 may be fixedly connected to at least a portion of the land attachment bend 76. 別の例では、綴じロックが、部分的摺動相互接続を提供するために用いられ得る。 In another example, binding lock may be used to provide partial sliding interconnection. 例えば、緩いかまたは堅い綴じた境界が、上記上部中のコードの接合部に提供され得る。 For example, loose or tight binding boundary may be provided at the junction of the cord in the upper. 履物物品の種々のセクションでスリップ可能な係合の量を制御することにより、所望の適合特性が、着用者の心地よさを増加するために達成され得る。 By controlling the amount of slip engagement at various sections of the article of footwear, the desired fit characteristics can be achieved in order to increase the comfort of the wearer.

図1に戻り、爪革サブ構造体78はさらに、レース取り付け湾曲部80を含む。 Returning to Figure 1, the vamp substructure 78 further includes a race attachment bend 80. このレース取り付け湾曲部80は、図1ではレースコード82に連結されて示されている。 The race attachment bend 80 is shown coupled to the race code 82 in Figure 1. 詳細には、レースコード82は、レース取り付け湾曲部80を通って延びる。 In particular, racing code 82 extends through race attachment bend 80. レースコード82の長さは、着用者によって調節され得る。 The length of the race code 82 may be adjusted by the wearer. しかし、代替のレースコード形態が考慮されている。 However, alternative race code type is considered. 例えば、履物物品は、レースコードなしで構築され得る。 For example, footwear article can be constructed without the race code. このようにして、着用者は、レースコードを結ぶ必要性なしで、履物物品を迅速かつ容易に履き、および脱ぐことができる。 In this way, the wearer, without the need connecting race code, wear a footwear article quickly and easily, and can take off. このような例では、エラストマー材料が履物物品に提供されても良く、コード構造体の部分の制御された拡大および縮小を可能にする。 In such an example, the elastomeric material may be provided in an article of footwear, to allow expansion and contraction controlled part of the code structure. さらに、異なるレースのパターンが考慮されている。 In addition, the pattern of a different race are considered. 例えば、コード構造体は、アイステイ(eyestay)を含み得る。 For example, the code structure can include iStay (eyestay). コード構造におけるコードは、アイステイを通して延び得る。 Code in the code structure can extend through iStay. さらにこのアイステイは、アイレット(eyelet)および/またはループを含み得、そして図16に関して本明細書でより詳細に記載される。 Furthermore this iStay may comprise an eyelet (eyelet) and / or loop, and are described in greater detail herein with respect to FIG. 16.

レースコード82は、いくつかの例では、コード構造体66に含まれ得る。 Race code 82 may, in some instances, may be included in the code structure 66. しかし、その他の例では、レースコード82は、コード構造体66に含まれなくても良い。 However, in other examples, racing code 82 may not be included in the code structure 66. このような例では、エラストマーまたはその他の適切な材料が、スリップオン能力を備えた履物物品を提供するために用いられ得る。 In such an example, an elastomer or other suitable material may be used to provide a footwear article having a slip-on capability.

多くの相対的な、爪革コード、ランドコード、および/またはレースコードの長さが企図される。 Many relative, vamp code, the length of the land code, and / or race code are contemplated. ランドコード84および爪革コード86の部分はまた、図3に示される。 Portion of the land code 84 and vamp code 86 is also shown in Figure 3. ソールコード72もまた図3に示される、ソール取り付け湾曲部70はまた、図3に示される。 Saul code 72 is also shown in Figure 3, the sole attachment curved portion 70 is also shown in Figure 3. このソールコードは、図1に示されるコード構造体66に含まれ得る。 The sole code may be included in the code structure 66 shown in FIG. 図示されるように、このソールコード72は、ソール取り付け湾曲部70と絡み合わされる。 As shown, the sole code 72 is intertwined with the sole attachment curved portion 70.

本明細書に記載される構築方法は、いくつかの実施形態で、寸法付けを特別に変更するため、および最小の工作類支出で寸法付けを調節するための選択を可能にすることが理解される。 Construction method described herein, in some embodiments, is understood to allow selection for adjusting the dimensioning in order to specifically change the dimensioning, and minimum tool such expenditures that. 例えば、コード長さに基づく上記上部の構築は、上部パターンを変更することなく、または異なるサイズの切断ダイを得ることなくサイズにおける変動を可能にする。 For example, the construction of the upper based on the code length, permitting variation in the size without obtaining the cutting die without or different sizes, changing the upper patterns. 従って、いくつかの実施形態では、上部のサイズは、コード長さを変えることによって変更され得る。 Thus, in some embodiments, the upper portion of the size can be changed by changing the code length. ループは、各サイズについてそれらの相対的位置にとどまり得る。 Loop may remain in their relative positions for each size. このような構成は、同じサイズの工具類を利用することによってコストを低減する。 Such an arrangement reduces the cost by utilizing the tooling of the same size.

同様に、履物のカスタマイゼーションは、特定の使用者のために適合を改善するために適用され得る。 Similarly, footwear customization may be applied to improve the fit for a particular user. 足の電子的スキャンの生成により、カスタマイズ化され、かつ個人化されたコードが、このスキャンに基づき、カスタム化履物を生み出すために用いられ得る。 The generation of electronic scanning of the foot, is customized, and personalized code, based on the scan can be used to produce a customized footwear. 例えば、ループを長くすること(または短くすること)、ループラインの位置決め、および寸法付け、ならびにコードサイズの調節は、単独または組み合わせて、スキャンされた足の特定の寸法に上部を仕立て、カスタム化適合を提供するために調節され得る。 For example, lengthening the loop (or shortening), the positioning of the loop line, and regulation of dimensioning, and code size, alone or in combination, tailoring the top to specific dimensions of the scanned foot, customized It may be adjusted to provide the adaptation.

図1に戻り、ランドコード84および爪革コード86は、図1では丸いコードであるとして描写されている。 Returning to Figure 1, the land code 84 and vamp code 86 is depicted as a round cord in FIG. しかし、その他の形状が企図されている。 However, other shapes are contemplated. 例えば、1つ以上のコードは平坦なコードであり得るか、または1つ以上のコードは平坦な端部および丸い中間セクションを有し得る。 For example, have one or more code can be a flat code or one or more code flat end and a rounded middle section. 別の例では、1つ以上のコードは、1つ以上の平坦なセクションおよび1つ以上の丸いセクションを有し得る。 In another example, one or more code can have one or more flat sections and one or more rounded sections. 例えば、コードは、平坦なセクションが後に続く丸いセクションを含み、その他もろもろであり得る。 For example, the code includes a rounded section followed by a flat section may be whatnot. 従って、図3に示されるソールコード72は、平坦でも良く、丸くても良く、あるいは、変化する幾何学的形状を備えた異なるセクションを有しても良い。 Thus, the sole code 72 shown in FIG. 3 may also flat, even round well, or may have different sections with varying geometric shapes. さらに、ランドコード84、爪革コード86、およびレースコード82はすべて、類似の断面領域(例えば、直径)および/または幾何学的形状を有するとして描写されている。 Moreover, the land code 84, all vamp code 86 and the race code 82, is similar cross-sectional area (e.g., diameter) is depicted as having and / or geometry. 1つの例では、1つ以上のコードの直径は、1/8インチと1/16インチとの間であり得る。 In one example, the diameter of the one or more code can be between 1/8 inch and 1/16 inch. しかし、その他の例では、コードは変化する幅を有し得る。 However, in other examples, it may have a code change width. 図3に示されるソールコード72は、1つの例で、ランドコード、爪革コード、および/またはレースコードに類似の幾何学的形状を有し得ることが認識される。 Sole code 72 shown in Figure 3, in one example, the land code, it may have a vamp code, and / or race code similar geometries are recognized. しかし、その他の例では、ランドコード84、爪革コード86、ソールコード72および/またはレースコード82の断面領域/幾何学的形状は変動し得る。 However, in other examples, the land code 84, vamp code 86, the cross-sectional area / geometric shape of the sole code 72 and / or race code 82 may vary. 例えば、ランドコードの断面領域は、爪革コードより大きくても良い。 For example, the cross-sectional area of ​​the land code, may be greater than the vamp code. 別の例では、ランドコードは円形であり得、そして爪革コードは平坦であり得る。 In another example, the land code may be a circular, and vamp code may be flat.

さらに、いくつかの例では、ランドコード84、爪革コード86、および/またはレースコード82は、類似の材料(単数または複数)を含み得る。 Furthermore, in some instances, the land code 84, vamp code 86, and / or race code 82 may comprise a similar material (s). しかし、その他の例では、前述のコードは、異なる材料を含み得る。 However, in other examples, the aforementioned code may comprise different materials. 1つ以上のコードは、ポリプロピレン、ナイロン、ポリエステル、ポリエチレン、アラミド、および/またはアクリレートポリマーのような合成繊維を含み得る。 One or more code can include polypropylene, nylon, polyester, polyethylene, aramid, and / or synthetic fibers, such as acrylate polymers. さらに、1つ以上のコードは、綿、リネン、コイアなどの天然繊維を含み得る。 Additionally, one or more code may include cotton, linen, natural fibers such as coir. さらに、1つの例では、1つ以上のコードは、ポリマー材料を含み得る。 Further, in one example, one or more code may comprise a polymeric material.

さらに、ランドコード84、爪革コード86、および/またはレースコード82は、異なる材料性質で設計されても良く、履物物品が所望の構造的特性を有することを可能にする。 Moreover, the land code 84, vamp code 86, and / or race code 82 may be designed in different materials properties, footwear article makes it possible to have a desired structural properties. 例えば、レースコード82は、ランドコード84および/または爪革コード86よりも大きい弾性を有し得る。 For example, race code 82 may have a greater elasticity than the land code 84 and / or vamp code 86.

図1に示されるように、爪革取り付け湾曲部の垂直高さは、履物物品50の踵側60に向かって伸びる後方向に増加する。 As shown in FIG. 1, the vertical height of the vamp attachment bend increases in a direction after extending toward the heel side 60 of the article of footwear 50. レースコードからランドコードに延びる、インターロックされた爪革コードセクションの幅はまた、履物物品50の踵側60に向かって伸びる後方向に増加し得る。 Extending land code from the race code, interlocked width of vamp code section may also be increased in a direction after extending toward the heel side 60 of the article of footwear 50.

履物物品50はまた、ヒールカウンタ97を含み得る。 Article of footwear 50 may also include a heel counter 97. このヒールカウンタ、または履物物品のその他の支持構造体が、上記で論議された上部中に含まれ得る。 Other support structure of the heel counter, or article of footwear, may be included in the top of which is discussed above. ヒールカウンタ97の剛性/可撓性は、コード構造体66への所望の量の支持を提供するように選択され得ることが理解される。 Stiffness / flexibility of the heel counter 97, it is understood that may be selected to provide a support of the desired quantity of the code structure 66. 詳細には、ヒールカウンタ97は、コード構造体が、所望されない量、ソールに向かう方向に外方および/または下方に曲がることを防ぎ得る。 In particular, heel counter 97, the code structure, the amount of undesired, may prevent the bending outwards and / or downwards in the direction towards the sole. このようにして、コード構造体は、所望の形状を維持し得る。 Thus, the code structure may maintain a desired shape. 結果として、履物物品の着用者は、履物物品を迅速かつ心地良く履き、および脱ぎ得る。 As a result, the wearer of the article of footwear is rapid and wear uncomfortable articles of footwear, and can take off. ヒールカウンタ97は、皮革、合成皮革、織物などのような、コード構造体66とは異なる材料を含み得る。 Heel counter 97 is leather, synthetic leather, such as textiles, may comprise different materials from the code structure 66. しかし、いくつかの例では、踵支持構造体はまた、コードを含み得る。 However, in some instances, the heel support structure may also include a code. いくつかの例では、ループライン69は、ヒールカウンタ97を通って延び得る。 In some instances, the loop line 69 can extend through the heel counter 97. さらに、ヒールカウンタ97は、ソール52に連結され得る。 Further, heel counter 97 may be coupled to the sole 52. 詳細には、いくつかの例では、ヒールカウンタ構造体は、ソール52から(例えば、垂直または角度をなして)延び得る。 In particular, in some examples, the heel counter structure, from the sole 52 (e.g., no vertical or angular) may extend. ヒールカウンタ97は、描写された例では、ランドサブ構造体68に連結されている。 Heel counter 97 is in the depicted example, is connected to the Randosabu structure 68. 接続コード98は、ランドサブ構造体68中の湾曲部を通り、そしてヒールカウンタ97中の開口部99を通って延びて示されている。 Connection cord 98 passes through the curved portion in Randosabu structure 68, and are shown extending through an opening 99 in the heel counter 97. このようにして、ヒールカウンタ97は、コード構造体への支持を提供し、ならびに、コード構造体の一部を外部環境から保護する。 In this way, heel counter 97 is to provide support to the code structure, and protects a portion of the code structure from the external environment. さらに、またはそれに代わって、ヒールカウンタ97は、爪革サブ構造体78に連結されても良く、それによって、このサブ構造体への支持を提供する。 Additionally or alternatively, the heel counter 97 may be connected to the vamp substructure 78, thereby providing support to the sub-structure. ヒールカウンタは、コード構造体66より大きい剛性を有し得る。 Heel counter may have a greater rigidity code structure 66. 1つの例では、接続コード98は、爪革コード86またはランドコード84の一部分であり得る。 In one example, the connection cord 98 may be part of a vamp code 86 or the land code 84. さらにコード構造体の一部分は、ヒールカウンタ97の幅の周りに延びる。 Additionally a portion of the coding structure extends about the width of the heel counter 97. しかし、その他のヒールカウンタ構成が企図される。 However, other heel counter structure of are contemplated. 1つの例では、コード構造体のコードの端部は、ヒールカウンタに連結され得るか、そして/またはヒールカウンタ内で互いに連結されても良い。 In one example, the end of the code in the code structure, or may be connected to the heel counter, and / or in the heel counter in may be connected to each other. 1つの例では、ヒールカウンタ97は、側面方向より長手方向でより大きな堅さを有し得る。 In one example, the heel counter 97 may have a greater stiffness than the lateral longitudinally. この支持体の垂直の堅固さは、コード構造体に所望の量の支持を提供し得る。 Firmness of the vertical of the support can provide support for the desired amount of code structure. しかし、その他のヒールカウンタ97材料特性が企図されている。 However, other heel counter 97 material properties are contemplated.

図1に示される履物物品50はさらに、アイステイ110を含む。 Footwear article 50 shown in Figure 1 further includes a iStay 110. コード構造体66中のコードは、アイステイ110を通って延び得る。 Code Code in the structure 66 can extend through the iStay 110. 描写される例では、1つ以上のコードセクションがアイステイ110を通って延びることが認識される。 In the depicted example, one or more code sections will be recognized that extend through the iStay 110. しかし、その他の例では、代替のアイステイ設計が企図されている。 However, in other examples, alternative iStay designs are contemplated. アイステイ110は、コード構造体に所望のコード間隔およびコード支持を提供し得る。 IStay 110 may provide a desired cord spacing and code support in the code structure. このようにして、アイステイ110は、それを通って延びるコードの自由な動きを制限し得る。 In this way, iStay 110 may limit the free movement of cords extending therethrough. このアイステイ110は、上部構造体112に含まれ得る。 The iStay 110 may be included in the upper structure 112. 1つの例では、上部構造体112は、履物物品のタン114に隣接し得る。 In one example, the upper structure 112 may be adjacent to the tongue 114 of the article of footwear. 上部構造体は、1つの例では、コード構造体とは異なる材料を含み得る。 Superstructure, in one example, may include a different material from the code structure. 例のアイステイ材料は、布地、皮革、合成皮革、織物、ポリマー材料などを含む。 Examples iStay materials include fabric, leather, synthetic leather, textile, such as a polymeric material. その他の例では、履物物品は、複数のアイステイを含み得る。 In other examples, an article of footwear may include a plurality of iStay.

さらに、図20に示される例では、履物物品50は、コード構造体66によって少なくとも部分的に包まれるブーティ(bootie)2000を含み得る。 Further, in the example shown in FIG. 20, an article of footwear 50 may include a bootie (bootie) 2000 wrapped at least partially by a code structure 66. このブーティ2000は、いくつかの例で、コード構造体66に連結され得る。 The booties 2000, in some instances, may be linked to a coding structure 66. しかし、その他の例では、このブーティ2000は、コード構造体66に連結されなくても良い。 However, in other examples, the bootie 2000 may not be linked to a coding structure 66. このブーティ2000は、1つの例では、ソックスの形状であり得る。 The booties 2000, in one example, may be a sock shape. さらに、このブーティは、1つの例では、ネオプレンのような材料を含み得る。 Furthermore, the booties, in one example, may include a material such as neoprene. このブーティは、着用者の足に増加した隔離を提供し、そして外部環境からのさらなる保護を提供する。 The booties provides an isolation that was increased to the wearer's foot, and to provide additional protection from the external environment.

さらに、いくつかの例では、1つ以上のシースが、ランドコード84および爪革コード86の少なくとも1つの一部分を(例えば、周辺を包み込んで)包み込み得る。 Furthermore, in some instances, one or more sheaths, at least one portion of the land code 84 and vamp code 86 (e.g., wrapped peripheral) may wraps. 従って、シースは、コード構造体中のコードの種々のセクションを取り囲み得る。 Accordingly, the sheath may surround the various sections of code in the code structure. 例えば、複数のシースが、爪革取り付け湾曲部74からランド取り付け湾曲部76へのランドコード84の一部分を取り囲み得る。 For example, a plurality of sheath may surround a portion of the land code 84 from the vamp mounting the curved portion 74 to the land attachment curved portion 76. このように、シースは、コードのための保護カバーとして作用し得る。 Thus, the sheath can act as a protective cover for the code. いくつかの例では、シースは、コードの外側表面と面を共有して接触していても良い。 In some instances, the sheath may be in contact and share an outer surface and the surface of the code. しかし、他の例では、シースは、コードの外側表面から離れて間隔を置かれても良い。 However, in other examples, the sheath may be spaced apart from the outer surface of the cord. これらシースは、1つの例では、円筒状であり得る。 These sheaths, in one example, may be cylindrical. しかし、その他のシースの幾何学的形状が企図されている。 However, the geometry of the other sheath are contemplated. さらに、複数のシースが、履物物品のつま先側の周りでつま先キャップを形成するために用いられ得る。 Further, a plurality of sheaths may be used to form the toe cap around the toe of the article of footwear. これらのシースは、増加した構造一体性をコード構造体66の所望の領域に提供し得、コード構造体66が所望の形状を維持することを可能にする。 These sheaths may provide increased structural integrity to the desired region of the coding structure 66, code structure 66 makes it possible to maintain the desired shape. これらシースは、爪革コード、および/またはランドコードとは異なる材料を含み得る。 These sheaths may comprise different material than the vamp code, and / or the land code. 1つの例では、これらシースは、ポリマー材料を含み得る。 In one example, these sheaths may comprise a polymeric material. これらシースはまた、コードを損傷から保護し得る。 These sheaths may also protect cord from damage.

図2は、例のソール52の分解組立図を示す。 Figure 2 shows an exploded view of the sole 52 of the example. 先で論議されたように、 ソール52は、図1に示されるように、履物物品50に含まれ得る。 As discussed previously, the sole 52, as shown in FIG. 1, may be included in article of footwear 50. このソール52は、第1の部分200、第2の部分202、および第3の部分204を含む。 The sole 52 includes a first portion 200, second portion 202, and a third portion 204. アセンブルされた構成で、この第1および第2の部分(200および゜202)は、第3の部分204に連結され得る(例えば、綴じられ、接着剤で結合され、スナップ留めされるなど)。 In assembled configuration, the first and second portions (200 and ° 202) may be coupled to a third portion 204 (e.g., stapled, is adhesively bonded, such as snapped). さらに、アセンブルされた構成で、この第1および第2の部分(200および202)の表面は、第3の部分204中の表面を備えた輪郭に順応(例えば、嵌合)し得る。 Further, in assembled configuration, the surface of the first and second portions (200 and 202), adaptation to the contour with a surface in the third portion 204 (e.g., fit) and can. 従って、第2および第3の部分中の表面は、第1の部分中の表面と面を共有して接触し得る。 Thus, the second and third surfaces in the portion may contact and share the same level as the surface in the first portion.

さらに、第3のセクション204は、複数の開口部206を含む。 Additionally, third section 204 includes a plurality of openings 206. 1つの例では、ソールの各側面には17の開口部が存在し得る。 In one example, each side of the sole there may be openings 17. 別の例では、ソールの各側面には26未満の開口部が存在し得る。 In another example, each side of the sole can exist openings of less than 26. なおさらに、別の例では、ソールの各側面には30未満の開口部が、またはソールの各側面には15〜30の開口部が存在し得る。 Still further, in another example, the opening of less than 30 on each side of the sole or on each side of the sole there may be openings 15-30. 一連の開口部が4ミリメートル(mm)以上、互いから離れて間隔を置かれ得る。 Series of openings 4 millimeters (mm) or more, may be spaced apart from one another. 開口部の間隔および寸法が、ソールの構造的特性に影響することが認識される。 Spacing and dimensions of the openings, it is recognized that affect the structural properties of the sole. 例えば、ソールが多すぎる開口部を含む場合、ソールの一体性は損なわれ得る。 For example, if it contains openings sole is too large, the integrity of the sole may be compromised. 従って、ソールは、1つの例では、最大数の開口部および/または最大の開口部分離を有し得る。 Thus, the sole, in one example, may have an opening and / or maximum opening separation of the maximum number. 開口部のサイズは、コードのサイズ、製造に用いられる工作機械類の機械のタイプなどに基づき決定され得る。 The size of the openings, code size may be determined based on such a machine type of machine tools used in the manufacture. 1つの例では、コードのサイズ(例えば、コード直径または厚み)が、穴のサイズに直接相関し得る。 In one example, code size (e.g., cord diameter or thickness), be correlated directly to the size of the hole. 描写された例では、開口部の一部分は、類似の幾何学的形状およびサイズを有する。 In the depicted example, a portion of the opening portion has a geometric shape and size similar. しかし、その他の開口部の幾何学的形状およびサイズが企図されている。 However, the geometry and size of the other opening is contemplated. コード構造体中の1つ以上のコードが、先に論議されたように、これら開口部を通って延び得る。 One or more code code structure in the, as discussed previously, may extend through these openings.

さらに、本明細書中でより詳細に論議される、コード構造体中のアイステイの数は、ソール中の開口部の数に相関し得る(例えば、直接相関する)。 Furthermore, is discussed in greater detail herein, the number of iStay code structure in may be correlated to the number of openings in the sole (e.g., directly correlated). 詳細には、1つの例では、アイステイの数は、ソール中の開口部の数と同等である。 In particular, in one example, the number of iStay is equivalent to the number of openings in the sole. さらに、1つの例では、単一のコードがアイステイからソール中の開口部に延び得る。 Further, in one example, a single code can extend into the opening in the sole from iStay. 例えば、コードは、アイステイを通り、そして次にソール中の開口部を通って延び得、その他もろもろである。 For example, the code passes the iStay, and then may extend through an opening in the sole, a whatnot. しかし、その他のコードの構成が企図されている。 However, the configuration of the other code are contemplated. 例えば、異なるコードがアイステイおよびソール中の取り付け開口部を通って延び得る。 For example, different codes may extend through the mounting opening in iStay and sole. さらに別の例では、1つのコードがアイステイの一部および開口部を通って延び得、そして第2のコードが残りのアイステイを通って延び得、そして第3のコードが残りのアイステイを通って延び得る。 In yet another example may extend one code through a portion and the opening of iStay and second cord can extend through the remaining iStay, and third code through the remaining iStay It may extend.

続いて図2を参照して、履物物品のコード構造体中に含まれるソールコードおよび/またはその他のコードは、第1の部分200と第3の部分204との間、および/または第2の部分202と第3の部分204との間に位置決めされ得る。 With continuing reference to Figure 2, the sole code and / or other code contained in the code structure of the footwear article, between the first portion 200 and third portion 204, and / or the second It may be positioned between the portion 202 and third portion 204. このようにして、コードは、汚れ、小石、および/またはその他の粒子をコードに移し得る外部環境から保護される。 In this way, the code is protected dirt, pebbles, and / or from other external environment that may move the particles in the code. 結果として、コード構造体に対する擦り切れは低減され、それによって履物物品の寿命を増加する。 As a result, frayed to the code structure is reduced, thereby increasing the life of the article of footwear. しかし、その他の例では、コード構造体の少なくとも一部分は、外部環境に曝され得る。 However, in other examples, at least a portion of the code structure can be exposed to the external environment. ソールを複数片で構築することはまた、履物物品アセンブリを単純にし得、それによって製造コストを低減する。 It build a sole in multiple pieces also may simplifies the footwear article assembly, thereby reducing the manufacturing cost. さらに、図3に示されるソールコード72は、ソールの周縁の周りに延びる窪み208中に位置決めされ得る。 Furthermore, the sole code 72 shown in FIG. 3 may be positioned in the recesses 208 extending around the perimeter of the sole. しかし、その他のソールコード位置が企図されている。 However, other sole code positions are contemplated. 例えば、ソールコードは、1回以上第1の横側面から第2の横側面にソールを横切って延び得る。 For example, the sole code may extend from the first lateral side surface one or more times across the sole to the second lateral side. さらに、アセンブルされていないソールのコードは、第1の端部および第2の端部を含み得る。 Furthermore, the sole of the codes that are not assembled may include a first end and a second end. ソールコードの端部は、アセンブルされるとき、互いに、または履物物品中のその他の構成要素に取り付けられ得ることが認識される。 End of the sole code when assembled, it is recognized that may be attached to other components of each other, or article of footwear in. さらに、ソールコードは、ポリマー材料を含み得る。 Furthermore, the sole code may comprise a polymeric material.

図1に示されるコード構造体66中に含まれるソール取り付け湾曲部は、図2に示される窪み208中に位置決めされるソールコードに取り付けられ得る。 Sole attachment curved portion contained in the code structure 66 shown in FIG. 1 may be attached to the sole code positioned in the recesses 208 shown in FIG. ソール取り付け湾曲部は、開口部206の各々に位置決めされ得る。 Sole attachment curved portion may be positioned in each of the openings 206. 図1に示されるランド取り付け湾曲部は、ソール取り付け湾曲部と連結され得る(例えば、相互接続、インターロックなど)。 Land attachment curved portion shown in Figure 1 may be connected to the sole attachment curved portion (e.g., interconnects, interlocks, etc.). このようにして、ソールコードは、所望であれば、接着剤の使用なしでランドコードに連結され得る。 In this way, the sole code, if desired, may be connected to the land code without the use of adhesives.

図4〜9は、第2の例の履物物品50の種々の図を示す。 4-9 show various views of the footwear article 50 of the second example. 特に、図4は、第2の例の履物物品50の底面図を示す。 In particular, FIG. 4 shows a bottom view of the article of footwear 50 of the second example. 図示されるように、ソールコード72は、ソール52の底部表面を通っている。 As shown, the sole code 72 through the bottom surface of the sole 52. 特に、ソールコード72は、ソール52の周りの周縁経路に従う。 In particular, the sole code 72 follows the peripheral edge path around the sole 52. 従って、図4に示されるソールコード72は、図2に示されるように、ソールを横に複数回は横切らない。 Thus, the sole code 72 shown in FIG. 4, as shown in FIG. 2, multiple times sole next does not cross. しかし、その他のソールコードの位置が企図されている。 However, the position of the other of the sole code are contemplated. 例えば、ソールコードは、第1のセクション中のソールの周縁の周りで延び、そして第2のセクションにあるソールを横切り得る。 For example, the sole code extends around the periphery of the sole in the first section, and may traverse the sole in a second section. さらに、描写された例では、ソール取り付湾曲部70の各々は、ソール中の単一の開口部400を通って延びる。 Further, in the depicted example, each of the sole with up curved portion 70 extends through the single opening 400 in the sole. しかし、その他のソール取り付湾曲部構成が企図されている。 However, the bending portion configured with other sole-up are contemplated. 開口部は、図1に関して上記で論議され、複数の取り付け開口部54に含まれ得る。 Opening is discussed above with respect to FIG. 1, it may be included in a plurality of mounting openings 54.

図5は、コード構造体66を含む第2の例の履物物品50の平面図である。 Figure 5 is a plan view of the article of footwear 50 of the second embodiment including a code structure 66. レース取り付け湾曲部80のような、爪革構造体78の部分は、ストリング500および/またはその他の適切な取り付け技法によって一緒にグループ化される。 Such as race attachment curved portion 80, the portion of the vamp structures 78 are grouped together by the string 500 and / or other suitable attachment technique. グループ化レース取り付け湾曲部80は、履物物品50およびランド構造体68で用いられるべき異なったレーシングパターンを可能にする。 Grouping race attachment bend 80 allows for different lacing patterns to be used in an article of footwear 50 and land structure 68. グループ化されたコードは、所望のエンドユース特性に基づき選択的に選ばれ得る。 Grouped code may selectively chosen based on the desired end-use properties. 1つの例では、コードのセクションは、グループ化され、その一方、その他のセクションは互いとは連結され得ない。 In one example, the code sections are grouped, while other sections can not be connected from each other. 図5では、図1に示される連結技法に類似の様式で、ランド構造体68は爪革構造体78に連結されていることが認識される。 In Figure 5, in a manner similar to the connection technique illustrated in Figure 1, the land structure 68 is recognized to have been connected to the vamp structure 78. 足マネキン1667およびレースコード82がまた図5に示されている。 It is shown on the foot manikin 1667 and race code 82 Kamata Figure 5. 図示されるように、レースコード82は、レース取り付け湾曲部80を通って延びる。 As illustrated, race code 82 extends through race attachment bend 80.

図6は、第2の例の履物物品50の背面図を示す。 Figure 6 shows a rear view of the article of footwear 50 of the second example. ソール52、ランドサブ構造体68、および爪革サブ構造体78は図6に示される。 Sole 52, Randosabu structure 68 and vamp substructure 78, is shown in FIG. ランドコード84および爪革コード86もまた、図6に示される。 Land code 84 and vamp code 86 is also shown in FIG. ランドコード84および爪革コード86は、テープ600を経由して取り付けられる。 Land code 84 and vamp code 86 is attached via the tape 600. しかし、その他の適切な連結技法が企図されている。 However, other suitable connecting techniques are contemplated. 例えば、ランドコード84および爪革コード86は、一緒に綴じられ、スナップ、クリップなどによって取り付けられ得る。 For example, the land code 84 and vamp code 86, stapled together, the snap can be attached, such as by a clip. いくつかの例では、ランドコード84と爪革コード86との間の取り付け点の位置は調節可能であり、履物物品が着用者によってカスタム化されることを可能にする。 In some instances, the position of the attachment points between the land code 84 and vamp code 86 is adjustable, to allow the footwear article is customized by the wearer. ランドサブ構造体および/または爪革サブ構造体中のコードの端部は、履物物品の踵側の近傍に取り付けられ得る。 End of the coding of the Randosabu structures and / or vamp substructure in may be mounted in the vicinity of the heel of the article of footwear. これら端部は、一緒に綴じられ、接着され(例えば、セメント化され)、結ばれ、そして/またはテープ留めされ得る。 These ends are stapled together, are bonded (for example, a cemented) can be knotted and / or taping. さらに、またはそれに代わって、ランドサブ構造体および/または爪革サブ構造体の部分は、保護スリーブを経由して少なくとも部分的に囲われ得る。 Additionally or alternatively, portions of the Randosabu structures and / or vamp substructure may at least partially enclosed via protection sleeve. このような例では、これらサブ構造体中のコードの端部は、保護スリーブ中で、一緒にのり付けされ、綴じられ、結ばれ、そして/またはテープ留めされ得、そして/または保護スリーブの一部分に連結される。 In such an example, the end of the code for these sub-structures in the in a protective sleeve, are glued together, stapled, knotted, and / or taped to obtain and / or a portion of the protective sleeve, It is connected to. このようにして、コードの端部は、着用者の足とは直接接触せず、これは、着用者の心地良さを改善し得る。 In this way, the end portion of the cord does not contact directly with the wearer's foot, which can improve the comfort of the wearer.

図7は、コード構造体66を含む第2の例の履物物品50の前面図を示す。 Figure 7 shows a front view of a footwear article 50 of the second embodiment including a code structure 66. ソール52、ソールコード72、ランドサブ構造体68、爪革構造体78、およびレースコード82である。 Sole 52, sole code 72, Randosabu structure 68, the vamp structure 78, and a race code 82. ランドサブ構造体68は、爪革構造体78に、図1に示される第1の例の履物物品と類似の様式で連結されていることが認識される。 Randosabu structure 68, the vamp structure 78, it is recognized that it is attached in the first embodiment of the article of footwear manner analogous to that shown in Figure 1. 爪革サブ構造体中のランド取り付け湾曲部76は、ランドサブ構造体中の爪革取り付け湾曲部74と相互接続され、図7に示されるように、第2の例の履物物品50の取り付け境界を形成する。 Vamp substructure in land attachment curved portion 76 is interconnected with the vamp attachment bend 74 in Randosabu structure, as shown in FIG. 7, the attachment interface of the article of footwear 50 of the second embodiment Form. ソール取り付湾曲部70は、再び、ソール52を通って延びて示されている。 Sole-up with the curved section 70 is again shown extending through the sole 52. しかし、その他のソール取り付け湾曲部構成が企図されている。 However, other sole attachment bend configuration is contemplated.

図8は、コード構造体66を含む第2の例の履物物品50の第1の側面図を示す。 Figure 8 shows a first side view of the article of footwear 50 of the second embodiment including a code structure 66. ソール52、ソールコード72、ランドサブ構造体68、および爪革サブ構造体78がまた、図8に描写されている。 Sole 52, sole code 72, Randosabu structure 68, and vamp Kamata substructure 78 is depicted in FIG. ソールコード72は、ソール取り付け湾曲部70をとおって延びで示されている。 Saul code 72 is indicated by extending through the sole attachment bend 70. 示されるように、爪革サブ構造体中のランド取り付け湾曲部76は、爪革取り付け湾曲部74と相互接続されている。 As shown, the land attachment bend 76 in vamp substructure is interconnected with vamp mounting curved portion 74.

図9は、コード構造体66を含む第2の例の履物物品50の第2の側面図を示す。 Figure 9 shows a second side view of the article of footwear 50 of the second embodiment including a code structure 66. 再び、ソール52、ソールコード72、ランドサブ構造体68、および爪革サブ構造体78がまた、示されている。 Again, the sole 52, the sole code 72, Randosabu structure 68, and vamp Kamata substructure 78, are shown. ソールコード72はまた、ソール取り付け湾曲部70を通って延びて示されている。 Saul code 72 is also shown extending through the sole attachment bend 70. 示されるように、爪革サブ構造体中のランド取り付け湾曲部76は、爪革取り付け湾曲部74と相互接続されている。 As shown, the land attachment bend 76 in vamp substructure is interconnected with vamp mounting curved portion 74.

図10〜15は、第3の例の履物物品50の種々の図を示す。 Figure 10-15 show various views of the footwear article 50 of the third example. 特に、図10は、第3の例の履物物品50の底面図を示す。 In particular, FIG. 10 shows a bottom view of the article of footwear 50 of the third example. ソール52およびソール取り付湾曲部70が図10に示されている。 Sole 52 and sole-up with the curved section 70 is shown in FIG. 10. ソールコードは、図10に示される例の履物物品からは省略されていることが認識される。 Sole code is recognized to have been omitted from article of footwear in the example shown in FIG 10. それ故、ソール取り付湾曲部70の各ソールコードは、ソール52中の2つの開口部1000を通って延びる。 Therefore, the sole code of the sole with up curved portion 70 extends through the two openings 1000 in the sole 52. 1つの例では、ソール取り付湾曲部70は、ソールに綴じられ、そして/またはのり付けされ得る。 In one example, the sole up with the curved section 70 is stapled to the sole, and / or may be glued. このようにして、より大きな量の取り付け強度が取り付け湾曲部とソールとの間に提供され得、スリップ可能な係合を低減する。 In this manner, it is provided between the more curved portion and the sole mounting strength of the large amount of attached obtained, reducing the slip engagement. 1つの例では、コードは、ソールに係合され得、それは、ロックされること、部分的にロックされること、スリップ可能に係合されること、または制限されてスリップ可能に係合される。 In one example, the code is obtained engaged on the sole, it is to be locked, be partially locked, engaged to be slip that is engaged slip can engaged, or is limited .

図11は、コード構造体66を含む第3の例の履物物品50の平面図を示す。 Figure 11 shows a plan view of a third embodiment of the article of footwear 50 comprising the coding structure 66. ソール52、ランドサブ構造体68、爪革サブ構造体78、レースコード82、およびヒールカウンタ97が図11に示される。 Sole 52, Randosabu structure 68, vamp substructure 78, race code 82, and heel counter 97 is shown in Figure 11. ストリング1100またはその他の適切なコードが爪革構造体78を通って織り交ぜられ、構造体にさらなる支持を提供する。 String 1100 or other appropriate code is interwoven through the vamp structure 78, provides additional support to the structure. 図示されるように、爪革サブ構造体中のランド取り付け湾曲部76は、爪革取り付け湾曲部74と相互接続される。 As illustrated, the land attachment bend 76 in vamp substructure is interconnected with vamp mounting curved portion 74. 第3の例の履物物品50において、ランドサブ構造体68は、爪革サブ構造体78に、上記で論議された、第1および第2の例の履物物品と類似の様式で連結されていることが認識される。 In article of footwear 50 of the third example, Randosabu structure 68, the vamp substructure 78, which is discussed above, that are connected in a manner similar to the footwear article of the first and second examples There are recognized. しかし、その他の連結技法が企図されている。 However, other connecting techniques have been contemplated of.

図12および13は、コード構造体66を含む第3の例の履物物品50の異なる側面図を示す。 12 and 13 show a different side view of a third example of the article of footwear 50 that includes a code structure 66. ソール52、ランドサブ構造体68、爪革サブ構造体78、ヒールカウンタ97、およびレースコード82がまた図12および13に示される。 Sole 52, Randosabu structure 68, vamp substructure 78, as shown in the heel counter 97 and the race code 82 Kamata 12 and 13,. 示されるように、爪革サブ構造体中のランド取り付け湾曲部76は、爪革取り付け湾曲部74およびランドサブ構造体と相互接続されている。 As shown, the land attachment bend 76 in vamp substructure is interconnected with vamp mounting curved portion 74 and Randosabu structure. ソール取り付け湾曲部70の各々は、ソール52中の第1の開口部を通って延びる第1の部分、およびソール52中の第2の開口部を通って延びる第2の部分を含むことが認識される。 Each of the sole attachment bend 70, recognized that a second portion extending through the first portion extending through the first opening in the sole 52, and a second opening in the sole 52 It is. このようにして、ソールコードは、所望であれば省略され得る。 In this way, the sole code may be omitted if desired.

図14は、コード構造体66を含む第3の例の履物物品50の前面図を示す。 Figure 14 shows a front view of a third embodiment of the article of footwear 50 comprising the coding structure 66. ソール52、ランドサブ構造体68、爪革サブ構造体78、ヒールカウンタ97、およびレースコード82がまた図14に示される。 Sole 52, Randosabu structure 68, vamp substructure 78, as shown in the heel counter 97 and the race code 82 Kamata Figure 14. 示されるように、爪革サブ構造体中のランド取り付け湾曲部76は、爪革取り付け湾曲部74と相互接続されている。 As shown, the land attachment bend 76 in vamp substructure is interconnected with vamp mounting curved portion 74.

図15は、履物物品50の背面図を示す。 Figure 15 shows a rear view of the article of footwear 50. ヒールカウンタ97およびソール52が図15に示されている。 Heel counter 97 and sole 52 is shown in FIG. ヒールカウンタ97は、個人の踵への支持および保持を提供する。 Heel counter 97 provides support and retention of the individual heel. このようにして、履物物品の心地良さは増大される。 Thus, comfort of the footwear article is increased. コード構造体66中の選択されたコードのパーツは、ヒールカウンタ97を通って延び得る。 Selected code part of the code structure 66 can extend through the heel counter 97. さらにまたはそれに代わって、選択されたコードのパーツが、ヒールカウンタに連結され得る。 Additionally or alternatively, the part of the selected code may be linked to the heel counter.

図16は、別の例の履物物品50を示す。 Figure 16 shows an article of footwear 50 of another example. 図16に示される履物物品は、コード構造体66およびソール52を含む。 Footwear article shown in Figure 16, includes a code structure 66 and a sole 52. 上記で論議されたように、コード構造体66は、上部67に含まれる。 As discussed above, the code structure 66 is included in the top 67. コード構造体66は、ランドサブ構造体68および爪革構造体78を含む。 Code structure 66 includes a Randosabu structure 68 and vamp structure 78. 爪革構造体78は、ランド取り付け湾曲部76を含み、そしてランドサブ構造体68は、爪革取り付け湾曲部74を含む。 Vamp structure 78 includes a land attachment curved portion 76, and Randosabu structure 68 includes a vamp attachment bend 74. ループライン69がまた、図16中に描写されている。 Kamata loop line 69, is depicted in Figure 16. レースコード82、ランドコード84、ソールコード72、および爪革コード86もまた、図16に示されている。 Race code 82, the land code 84, the sole code 72, and vamp code 86 is also shown in Figure 16. さらに、ヒールカウンタ97、連結コード98、および開口部99が図16に示されている。 Further, heel counter 97, the concatenated code 98 and the opening 99, is shown in Figure 16.

履物物品50はさらに、アウトソール1653をさらに含みえる。 Footwear article 50 further may further comprise outsole 1653. アウトソール1653は、ソール52に連結され得る。 Outsole 1653 can be connected to the sole 52. 例えば、アウトソール1653は、インソール/ミッドソール52に綴じられるか、または別様に取り付けられ得る。 For example, outsole 1653 can either be bound to the insole / midsole 52, or attached to the otherwise. しかし、その他の例では、アウトソールは履物物品に含まれていなくても良いか、またはアウトソールはソール中に一体化され得る。 However, in other examples, or outsole may not be included in an article of footwear or outsole, it may be integrated into the sole. 足マネキン1667が図16中に参考として描写されている。 Foot mannequin 1667 is depicted as a reference in Figure 16.

図16に描写されている例では、ランドサブ構造体68は、単一のランドコード84のみを含み、そして爪革構造体78は、単一の爪革コード86を含む。 In the example depicted in FIG. 16, Randosabu structure 68 includes only a single land code 84, and the vamp structure 78 includes a single vamp code 86. しかし、その他の例では、1つより多くのコード、またはコードセクションが、ランドサブ構造体または爪革サブ構造体を形成するために用いられ得る。 However, in other examples, more than one code or code sections, may be used to form a Randosabu structure or vamp substructure. コード構造体66の構築前のランドコードが1688に示されている。 Land code before the construction of the code structure 66 is shown in 1688. アセンブルされていないランドコードは、第1の端部1689および第2の端部1690を含む。 Land codes that are not assembled includes a first end 1689 and second end 1690. ランドコードの端部は、アセンブルされるとき、互いに、または履物物品中のその他の構成要素に取り付けられ得る。 End of the land code when assembled, can be attached to other components of each other, or article of footwear in. コード構造体の構築前の爪革コードは、1691に示される。 Vamp code before the construction of the code structure is shown in 1691. アセンブルされていない爪革コードは、第1の端部1692および第2の端部1693を含む。 Vamp code not assembled includes a first end 1692 and second end 1693. 爪革コードの端部は、アセンブルされるとき、互いに、または履物物品中のその他の構成要素に取り付けられ得ることが認識される。 End of the vamp code when assembled, it is recognized that may be attached to other components of each other, or article of footwear in. コード構造体66の構築前のレースコードは、1694で示される。 Race code before the construction of the code structure 66, indicated by 1694. レースコードは、第1の端部1695および第2の端部1696を含む。 Race code includes a first end 1695 and second end 1696.

ソール52は、取り付け開口部1654を含む。 Sole 52 includes a mounting aperture 1654. 描写される例では、この取り付け開口部1654は、ソール52の周縁1656の周りに位置決めされたギャップである。 In the depicted embodiment, the mounting opening 1654 is a gap which is positioned around the periphery 1656 of the sole 52. しかし、その他の例では、取り付け開口部1654は、ソール52の周縁からオフセットされるか、または別様に間隔を置かれるアパーチャであり得る。 However, in other examples, the mounting openings 1654 may be an aperture that is spaced from the peripheral edge of the sole 52 or the offset, or otherwise. 取り付け開口部1654は、履物物品50のつま先側58から履物物品の踵側60に延びる。 Attachment opening 1654 extends from the toe side 58 of the article of footwear 50 in the heel side 60 of the article of footwear. 取り付け開口部54はまた、履物物品50の脛骨側62から履物物品の腓骨側64に延びる。 Attachment opening 54 also extends from the tibial side 62 of the article of footwear 50 in fibula side 64 of the article of footwear.

ソール取り付け湾曲部1670は、取り付け開口部1654を通って延び得る。 Sole attaching curved portion 1670 may extend through the mounting opening 1654. 特に、1つの例では、ソール取り付け湾曲部1670は、ソール52の上部側からソールの底部側に延び得る。 In particular, in one example, the sole attachment curved portion 1670 may extend from the top side of the sole 52 on the bottom side of the sole. しかし、その他のソール取り付け湾曲部位置が企図されている。 However, other sole attachment bend position are contemplated. 湾曲部は、履物物品50中の構成要素間の取り付けおよび連結のために用いられ得る。 Curved portion may be used for attachment and connection between the components in the article of footwear 50. ソールコード72は、ソール取り付け湾曲部1670を通って延び得る。 Saul code 72 may extend through the sole attachment curved portion 1670. 特に、ソールコード72中のランド取り付け湾曲部1673は、ソール取り付け湾曲部1670連結され得る(例えば、相互連結され、インターロックされ、絡み合わされ、通過させられ、押し通される)。 In particular, the land attachment curved portion 1673 in the sole code 72 is the sole attachment curved portion 1670 may be connected (e.g., interconnected, interlocked, are intertwined, passed through, pushed through). 特に、1つの例では、ソールコード72は、取り付け湾曲部1673上に固定される。 In particular, in one example, the sole code 72 is fixed on the mounting curved portion 1673. しかし、別の例では、ソールコード72中の取り付け湾曲部1673は、ソール取り付け湾曲部1670に連結されなくても良い。 However, in another example, the attachment bend 1673 in the sole code 72 may not be connected to the sole attachment curved portion 1670. ソールコード72と、ソールコード72中のランド取り付け湾曲部1670と、ランドコード中のソール取り付け湾曲部1670との間の取り付けとは、図2に関して本明細書中により詳細に論議される。 A sole code 72, the land attachment curved portion 1670 in the sole code 72, and the attachment between the sole attachment curved portion 1670 in the land code, will be discussed in more detail herein with respect to FIG.

図17は、別の例の履物物品50を示す。 Figure 17 shows an article of footwear 50 of another example. 図17に示される履物物品50は、コード構造体66に連結されたつま先キャップ1700を含む。 Footwear article 50 shown in FIG. 17, includes a toe cap 1700 coupled to the code structure 66. このつま先キャップは、概して支持構造体として称され得る。 The toe cap may be generally referred to as a support structure. 1つの例では、つま先キャップ1700は、コード構造体66の一部を囲み得る。 In one example, the toe cap 1700 may surround a portion of the code structure 66. しかし、その他の例では、コード構造体66は、つま先キャップ1700の周縁部分に連結され得る。 However, in other examples, the code structure 66 may be coupled to the peripheral portion of the toe cap 1700. それ故、そのような例では、つま先キャップは、コード構造体66を中断し、そしてそれを複数の別個のセクションに分割する。 Therefore, in such an example, the toe cap interrupts the code structure 66, and divides it into a plurality of separate sections. つま先キャップ1700は、1つの例では、コード構造体より少ない可撓性を有する材料から構築され得る。 Toe cap 1700, in one example, may be constructed from a material having a less flexible cord structure. しかし、その他のつま先キャップ特性が企図され得る。 However, other toe cap properties can be contemplated. 図17に示される履物物品50はさらに、ヒールカウンタ1702を含む。 Footwear article 50 shown in Figure 17 further includes a heel counter 1702. 示されるように、このヒールカウンタ1702は、物品の長さに沿って物品の前端部に向かって延びる。 As shown, the heel counter 1702 extends toward the front end portion of the article along the length of the article. さらに、描写された例では、ヒールカウンタ1702は、つま先キャップ1700から離れて位置決めされる。 Further, in the depicted example, the heel counter 1702 is positioned away from the toe cap 1700. しかし、その他の例では、ヒールカウンタおよびつま先キャップは互いに隣接して位置決めされ得る。 However, in other examples, the heel counter and toe cap may be adjacent to the positioning another.

図18は、別の例の履物物品50を示す。 Figure 18 shows the article of footwear 50 of another example. 支持構造体1800が、図18では、履物物品50に含まれて示される。 Support structure 1800, 18, is shown included in an article of footwear 50. この支持構造体1800は、踵の周りに、そして物品の下方に物品の前部に向かって延びる。 The support structure 1800, around the heel and extending toward the front of the article below the article. この支持構造体1800はさらに、物品のつま先からソール52に向かって延びる部分を含む。 The support structure 1800 further includes a portion extending from the toe of the article to the sole 52. 図18に示される支持構造体1800は、材料の連続片である。 Support structure 1800 shown in FIG. 18 is a continuous piece of material. しかし、この履物物品は、図17に示されるように、互いから離れて間隔を置いた複数の支持構造体を含み得ることが認識される。 However, the article of footwear, as shown in FIG. 17, it is recognized that may include a plurality of support structures spaced apart from each other. このような例では、支持構造体の各々は、別個の材料の連続片から形成され得る。 In such an example, each of the support structures may be formed from a continuous piece of separate materials. 支持構造体1800は、制御細片1802および踵セクション1804を含む。 The support structure 1800 includes a control strip 1802 and the heel section 1804. 制御細片および踵セクションは、構造体66に制御された支持を提供する。 Control strips and the heel section, to provide support, which is controlled to the structure 66. このようにして、所望の位置でコード構造体66に支持が提供され得る。 In this way, the support to the code structure 66 in the desired position may be provided.

図19は、別の例の履物物品50を示す。 Figure 19 shows an article of footwear 50 of another example. この履物物品のコード構造体66が図示されている。 Code structure 66 of the article of footwear is shown. 図19に示されるコード構造体66は、互いから離れて間隔を置かれた第1のセクション1900および第2のセクション1902を含む。 Code structure 66 shown in FIG. 19 includes a first section 1900 and second section 1902 spaced apart from one another. 第1のセクション1900は2つ以上のコードを含み、そして第2のセクション1902は、第1のセクション中のコードとは異なる2つ以上のコードを含む。 The first section 1900 comprises two or more code and the second section 1902 comprises two or more code different from the codes in the first section.

コード構造体66のセクション中のコード間のスリップ可能な係合は、セクション間で変動し得る。 Slip engagement between codes in sections of code structure 66 may vary between sections. 例えば、第2のセクション1902中のコードは、選択された点で部分的に固定されて係合されても良く、そして第1のセクション1900中のコードは、選択された点でスリップ可能に係合され得るか、またはその逆もあり得る。 For example, code in the second section 1902 may be engaged partially fixed at selected points, and code in the first section 1900, a slip can be engaged at selected points either it is engaged, or vice versa. このようにして、コード構造体は、異なるセクションで様々なコンプライアンスの程度を有し得る。 Thus, the code structure may have varying degrees of compliance with different sections. 示されるように、これらセクションは、長手方向で分割されている。 As shown, these sections are divided in the longitudinal direction. しかし、交互するセクション境界が企図されている。 However, alternating section boundaries are contemplated. 例えば、第1のセクションが履物物品の上部部分の周りに延び得、そして下部セクションが、ソールに隣接する履物物品の下部部分の周りに延び得る。 For example, the first section can extend around the upper portion of the article of footwear, and a lower section, may extend around a lower portion of the article of footwear adjacent the sole. これらセクションの境界は、所望のエンドユース特性に基づき選択され得ることが認識される。 The boundaries of these sections, it is recognized that may be selected based on the desired end-use properties. その他の例では、コード構造体は、3つ以上のセクションに分割され得る。 In other examples, the code structure can be divided into three or more sections. コード構造体セクション間の係合の程度における変動は、履物物品の所望の領域が、履物物品のその他の領域より大きい動きの程度を有することを可能にする。 Variations in the degree of engagement between the code structure section, a desired region of the footwear article, makes it possible to have a degree of greater movement than other areas of the article of footwear. それ故、履物物品の適合特性は、履物物品の特定の領域のために選択され得る。 Therefore, fitting characteristics of the article of footwear may be selected for a particular region of the article of footwear. 結果として、履物物品の適合および心地良さが改善される。 As a result, fit and comfort of the footwear article is improved. さらに別の例では、コード構造体中のコードは、履物物品の選択された領域でのみ絡み合わされても良い。 In yet another example, the code of the code structure in may be intertwined only in selected areas of the footwear article. 例えば、履物物品の踵部分およびつま先部分は、絡み合ったコードを含まなくても良く、そして、踵部分とつま先部分との間のセクションが絡み合ったコードを有しても良い。 For example, the heel portion and the toe portion of the footwear article may be free of entangled code, and may have a code section entangled between the heel and toe portions.

図20は、別の例の履物物品50を示す。 Figure 20 shows an article of footwear 50 of another example. 先に論議されたように、この履物物品は、コード構造体66によって少なくとも部分的に囲まれるブーティ2000を含む。 As previously discussed, the article of footwear includes booties 2000 surrounded at least partially by a code structure 66. 上記で論議されたように、コード構造体は、1つの例ではブーティに取り付けられ得る。 As discussed above, the code structure is in one embodiment may be attached to the bootie. さらにまたはそれに代わって、ブーティ2000は、ソール52に取り付けられ得る。 Additionally or alternatively, booties 2000 may be attached to the sole 52. ブーティは、1つの例では、ヒールカウンタ97に取り付けられ得る。 Booties, in one example, may be attached to the heel counter 97. しかし、その他の例では、ブーティ2000は、ヒールカウンタ97に取り付けられていなくても良い。 However, in other examples, booties 2000, may not be attached to the heel counter 97. ソール52がまた図20に描写されている。 Depicted in the sole 52 Kamata Figure 20. 図16〜20に示される履物物品は、図2に示されるソールと類似のソールを含み得ることが認識される。 Footwear article shown in Figure 16-20 is recognized that may include a sole similar sole shown in FIG.

図21は、図20に示される例の履物物品50の平面図である。 Figure 21 is a plan view of an example article of footwear 50 shown in FIG. 20. 再びブーティ2000が描写されている。 It is depicted the booties 2000 again. このブーティ2000は、コード構造体66によって囲まれている。 The booties 2000 is surrounded by the code structure 66. 1つの例では、ブーティ2000は、コード構造体66の部分に取り付けられ得る(例えば、綴じられ、接着剤で連結され、など)。 In one example, booties 2000 may be attached to a portion of the code structure 66 (e.g., stapled, is connected with an adhesive, etc.). しかし、その他の例では、ブーティ2000は、コード構造体66に取り付けられなくても良い。 However, in other examples, booties 2000 may not be attached to the code structure 66. さらに、ヒールカウンタ97がまた、図21に描写されている。 Furthermore, Kamata heel counter 97 is depicted in Figure 21. ヒールカウンタ97は、コード構造体66に連結されている。 Heel counter 97 is connected to the code structure 66.

図22は、例のソール52のセクションを示す。 Figure 22 shows a section of the sole 52 of the example. このソールは、開口部2200を含む。 The sole includes an opening 2200. 開口部は、先の例で示されるように、開口部を通過することとは反対に、開口部2200中にスナップする、上記で論議されたコード構造体中に含まれるコードのセクション2202を受け取るような構成である。 Opening, as shown in the previous example, as opposed to passing through the opening, snaps into the opening 2200 receives a section 2202 of code included in the code structure in which are discussed above it is a configuration such as. それ故、この開口部2200は、弾性力によってコードを保持し得る。 Therefore, the opening 2200 may retain encoded by elastic force. 複数のこのタイプの「スナップ取り付け」開口部がソール52に含まれ得ることが認識される。 It is recognized that "snap attachment" opening of the plurality of this type may be included in the sole 52.

図23は、別の例のソール52を示す。 Figure 23 shows a sole 52 of the another example. このソール52は、コアセクション2300および外側リングセクション2302を含む。 The sole 52 comprises a core section 2300 and the outer ring section 2302. このコアセクション2300は開口部2304を含む。 The core section 2300 includes an opening 2304. 履物物品の構築中に、コードが開口部2304を通り抜けることが認識される。 During construction of the article of footwear, the code is recognized that pass through the opening 2304. さらに、外側リングセクション2302は、コアセクション2300の周りで周縁に延び得る。 Furthermore, outer ring section 2302 may extend circumferentially around the core section 2300. いくつかの例では、ソール52は、複数の外側リングセクションを含み得る。 In some examples, the sole 52 may include a plurality of outer ring sections. しかし、その他の例では、ソールは、コアセクション全体の周りで周縁に延びる単一の外側リングセクションを含んでいても良い。 However, in other examples, the sole may include a single outer ring sections extending circumferentially around the entire core section. 外側リングセクション2302およびコアセクション2300は、接着剤で結合され、縫われ、または別様に適切にコアセクョン2300に取り付けられる。 The outer ring section 2302 and core section 2300 is adhesively bonded, it is attached to sewn or otherwise suitably Koasekuyon 2300.

図24は、別の例のソール52を示す。 Figure 24 shows a sole 52 of the another example. このソールは、ソール52上の開口部2401中に位置するピン2400を含む。 The sole includes a pin 2400 that is located in the opening 2401 of the sole 52. コード構造体に含まれるコード2402は、このピンの周りに延び得る。 Code 2402 included in the code structure may extend around the pin. この例では、コードは、この開口部2401を2回通過する。 In this example, the code passes through the opening 2401 twice. このようにして、コードは、制限されたスリップで単一の開口部を通ってソールに取り付けられ得る。 In this way, the code may be attached to the sole through a single opening in a limited slip. 1つの例では、ピンは、ソール中の複数の開口部に含まれ得ることが認識される。 In one example, the pin, it is recognized that may be included in the plurality of openings in the sole. さらに、別の例では、ソール中の開口部の一部がピンを含み得、そして開口部の別の部分はピンを含まなくても良い。 Further, in another example, part of the opening in the sole comprise a pin, and another portion of the opening may not include a pin.

本明細書に記載される構成および/またはアプローチは、本質的に例示であり、しかも、これら特定の実施形態または例は、制限する意味で考慮されるべきではないことが認識される。 Configuration and / or approaches described herein are exemplary in nature, yet, specific embodiments or examples thereof are recognized that not to be considered in a limiting sense. なぜなら、多く改変例が可能であるからである。 This is because it is capable of many modifications. 本開示の主題は、本明細書に開示される種々の特徴、機能、作用、および/または性質、ならびにその任意でかつすべての等価物のすべての新規、かつ自明でない組み合わせ、およびサブコンビネーションを含む。 The subject matter of the present disclosure includes various features disclosed herein, functions, acts, and / or properties, as well as all novel combinations and non-obvious, in any desired and all equivalents thereof, and subcombinations .

Claims (16)

  1. 履物物品であって、 履物物品は上部と、複数の開口部を備えるソールとを備え、該上部の少なくとも一部は、スリップ可能に係合されて絡み合わされた複数のコードを含み 、該コードは、足を少なくとも部分的に囲むように構成され、該コードのうちの少なくとものコードは、 ソールと係合させられ A footwear article, the article of footwear includes an upper, and a sole having a plurality of openings, at least in part, a plurality of codes intertwined is engaged slip can engaged in the upper, the code is configured legs so as to at least partially surround, at least one code of the code is engaged with the sole,
    該上部の該コードは、 The code of the upper portion,
    ソール取り付け湾曲部および爪革取り付け湾曲部を含むランドサブ構造体であって、該ランドサブ構造体は、該ソール取り付け湾曲部を介して該ソールに連結されており、該ソール取り付け湾曲部の各々は、該複数の開口部のうちの1つの対応する開口部に連結されおり、かつ/または、該複数の開口部のうちの1つの対応する開口部を通って延びている、ランドサブ構造体と、 A Randosabu structure comprising a sole attachment bend and vamp mounting curved portion, said Randosabu structure is connected to the sole through the sole attachment bend, each of said sole attachment curved portion, and it is connected to one corresponding opening of the openings of the plurality of, and / or extends through one corresponding aperture of the openings of the plurality of the Randosabu structure,
    該ランドサブ構造体の該ソール取り付け湾曲部と絡み合わされたソールコードと、 A sole code intertwined with the sole attachment bend of the Randosabu structure,
    ランド取り付け湾曲部を含む爪革サブ構造体であって、該爪革サブ構造体は、該ソールから離れて間隔を置かれており、該ランド取り付け湾曲部は、該ランドサブ構造体の該爪革取り付け湾曲部に連結されている、爪革サブ構造体と A vamp substructure including land attachment bend, nail leather substructure, apart from the sole are spaced, the land attachment bend the claw leather of the Randosabu structure the mounting curved portion are connected, a vamp substructures
    を含む 、履物物品。 Including, article of footwear.
  2. 前記上部は、 つ以上の中断されないコードであって、該中断されないコードは、それ自体と係合する、中断されないコード、および/または、1つ以上の追加のコードであって、該追加のコードは、複数、選択された場所において、絡み合わされるが、なおも少なくとも部分的にスリップ可能に係合された状態にある、追加のコードを備える、請求項1に記載の履物物品。 The upper is a two or more uninterrupted code, code that is not the suspended engages itself and not interrupted code, and / or be one or more additional code, the additional code, a plurality, in the selected location, but are intertwined, still at least partially in the slip can be engaged condition, comprising an additional code, article of footwear of claim 1.
  3. 前記スリップ可能に係合される位置は、前記上部の一部の周りを横切る1つ以上のループラインに沿って位置決めされ、該1つ以上のループラインは、前記爪革取り付け湾曲部と前記ランド取り付け湾曲部との間の複数の相互接続部を通るラインである 、請求項2に記載の履物物品。 The slip can be engaged is located is positioned along one or more loops lines crossing around a portion of said upper, said one or more loops line, the said vamp attachment bend Land a plurality of a line passing through the interconnect, article of footwear of claim 2 between the mounting curved portion.
  4. 前記スリップ可能に係合されて絡み合わされたコードのうちの第1のコードは、第1の複数のループを形成し、該スリップ可能に係合されて絡み合わされたコードのうちの第2のコードは、第2の複数のループを形成し、該第1の複数のループのうちの第1のループは、該第2の複数のループのうちの少なくとも2つのループに対して摺動可能に移動可能でありかつ絡み合わされており、該第2の複数のループのうちの該少なくとも2つのループのうちの第2のループは、該第1のループを含む該第1の複数のループのうちの少なくとも2つのループに対して摺動可能に移動可能でありかつ絡み合わされている、請求項1〜3のいずれか一項に記載の履物物品。 First code of said slip can engaged with and intertwined code, the second code of the first plurality of loops formed was intertwined is engaged the slip can engaged code movement, the second plurality of loops formed, the first loop of the first plurality of loops is slidably with respect to at least two loops of said second plurality of loops possible and and are intertwined, the second loop of the two loops the at least one of said second plurality of loops of the first plurality of loops including a first loop and it is slidably movable and entangled to at least two loops, article of footwear according to any one of claims 1-3.
  5. 前記第1の複数のループは、ランド取り付け湾曲部であり、前記第2の複数のループは、爪革取り付け湾曲部である、請求項4に記載の履物物品。 It said first plurality of loops is land attachment curved portion, the second plurality of loops is vamp attachment bend, article of footwear of claim 4.
  6. 支持構造体前記コードのうちの1つ以上と絡み合わされている、請求項1に記載の履物物品。 Ru 1 or more and entangled by Tei of the support structure the code, article of footwear of claim 1.
  7. 前記支持構造体は、 前記コードよりも少ない可撓性を有する、請求項1に記載の履物物品。 The support structure has the code by remote less flexible article of footwear according to claim 1.
  8. 前記支持構造体は、前記ソールの踵側に隣接するヒールカウンタである、請求項に記載の履物物品。 The support structure is a heel counter that is adjacent to the heel side of the sole article of footwear according to claim 6.
  9. 記絡み合わされた複数のコードは、任意の方向に曲がるように可撓であり、自由状態で少なくとも部分的にその形状をなおも保持する、請求項1に記載の履物物品。 A plurality of code combined before Ki絡 seen is flexible to bend in any direction, yet retain at least partly the shape in a free state, footwear article of claim 1.
  10. 前記上部は、ループ状の上部であり、前記ソールに係合する前記コードのうちの前記少なくとも1つのコードはソールとの境界では、限定されたスリップを伴って取り付けられている、 請求項1〜2および4〜8のうちのいずれか一項に記載の履物物品。 The upper is a loop-shaped upper, said at least one code of the code for engaging the sole at the boundary between the sole is attached with a limited slip, claims footwear article according to any one of the 1-2 and 4-8.
  11. 前記上部における前記コードは、互いに対してスリップ可能な係合の状態にあり、該スリップ可能な係合は、 コード間の境界において形成され、該コード間の該境界は、ループラインに沿って位置決めされ、該ループラインは、 上部の側方側および中央側を横切り、前足領域および/またはつま先領域をさらに横切り、該ループラインは、前記爪革取り付け湾曲部と前記ランド取り付け湾曲部との間の複数の相互接続部を通るラインである 、請求項10に記載の履物物品。 Said code in said upper portion, in a state of slipping engagement with respect to each other, the slip engagement is formed at the boundary between the code, the boundaries between the code along the loop line is positioned, the loop line, across the lateral side and the center side of the upper, Ri further transected forefoot area and / or the toe region, the loop line, said vamp attachment bend the land mounting curved portion a plurality of a line passing through the interconnect, article of footwear of claim 10 between.
  12. 前記ループ状の上部は、絡み合わされたパターンに形成されるが、前記ソールから離れて位置決めされたスリップ可能な複数の境界では、結び目が実質的にない、請求項11に記載の履物物品。 The loop-shaped upper portion, but is formed in which intertwined pattern, wherein the plurality of boundary possible slip positioned away from the sole, substantially free knots, article of footwear of claim 11.
  13. 記コードは、前記ソールにおける取り付け開口部を介して該ソールに連結されている、請求項10に記載の履物物品。 Before Kiko over de is Ru Tei is connected to the sole through a mounting opening in the sole article of footwear according to claim 10.
  14. 前記ランドサブ構造体 1つ以上のランドコードを備え、かつ/または、 The Randosabu structure comprises one or more land code, and / or,
    前記爪革サブ構造体が1つ以上の爪革コードを備える 、請求項1〜 13 のうちのいずれか一項に記載の履物物品。 The vamp substructure comprises one or more vamp code, article of footwear according to any one of claims 1 to 13.
  15. 前記コードに連結されたヒールカウンタをさらに備え、該コードのうちの1つ以上は、該ヒールカウンタを通って延びている、請求項1〜14のうちのいずれか一項に記載の履物物品。 Further comprising a heel counter connected to the code, one or more of the codes, Ru Tei extends through the heel counter, article of footwear according to any one of claims 1 to 14 .
  16. 前記コードは 、異なる程度のスリップ可能係合を有する第1のセクションおよび第2のセクションを含む、請求項1〜15のうちのいずれか一項に記載の履物物品。 The code includes a first section and a second section having a slip can engage different degrees of article of footwear according to any one of claims 1 to 15.
JP2015541958A 2012-11-09 2013-11-08 Footwear article having a code structure Active JP6359025B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US201261724797 true 2012-11-09 2012-11-09
US61/724,797 2012-11-09
PCT/US2013/069311 WO2014074928A1 (en) 2012-11-09 2013-11-08 Footwear article having cord structure

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015533620A true JP2015533620A (en) 2015-11-26
JP6359025B2 true JP6359025B2 (en) 2018-07-18

Family

ID=50680301

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015541958A Active JP6359025B2 (en) 2012-11-09 2013-11-08 Footwear article having a code structure

Country Status (5)

Country Link
US (1) US10092060B2 (en)
EP (1) EP2916677A4 (en)
JP (1) JP6359025B2 (en)
KR (1) KR20150084942A (en)
WO (1) WO2014074928A1 (en)

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5913637B2 (en) * 2012-02-04 2016-04-27 プーマ エス イーPuma Se Shoes, particularly athletic shoes
US20150201707A1 (en) * 2013-06-25 2015-07-23 Nike, Inc. Article of footwear having multiple braided structures
US20140373389A1 (en) * 2013-06-25 2014-12-25 Nike, Inc. Braided Upper With Overlays For Article Of Footwear
US9220318B2 (en) * 2013-09-27 2015-12-29 Nike, Inc. Article of footwear with adjustable fitting system
EP3247238A1 (en) * 2015-01-20 2017-11-29 NIKE Innovate C.V. Article of footwear with mesh structure
US20160219983A1 (en) * 2015-01-29 2016-08-04 Nike, Incorporated Lace Engaging Structures And Other Features For Articles Of Footwear And Other Foot-Receiving Devices
US20160324269A1 (en) * 2015-05-08 2016-11-10 Under Armour, Inc. Footwear Including an Adaptable and Adjustable Lacing System
WO2017070203A1 (en) * 2015-10-19 2017-04-27 Nike Innovate C.V. Tensile-strand enclosure system for footwear
US9847010B2 (en) 2015-12-08 2017-12-19 Honeywell International Inc. Fall protection harness with damage indicator
CN106974354A (en) * 2016-01-19 2017-07-25 富尔斯特集团有限公司 Footwear article having cord structure
US9980536B2 (en) * 2016-01-20 2018-05-29 Nike, Inc. Article of footwear with a tensioning system
US9799197B2 (en) * 2016-02-01 2017-10-24 Honeywell International Inc. Fall protection harness with damage indicator
EP3257985A1 (en) * 2016-06-06 2017-12-20 Fuerst Group, Inc. System and method for automatic production of a cord structure
WO2018102038A1 (en) * 2016-12-02 2018-06-07 Nike Innovate C.V. Footwear with aligned tensile restraints

Family Cites Families (33)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
USRE21392E (en) * 1940-03-12 Woven shoe
NL46290C (en)
US687513A (en) * 1900-09-19 1901-11-26 Nicholas A Bibikov Sandal or slipper.
US1600621A (en) * 1925-10-02 1926-09-21 Jr Tycho Buek Shoe and process of making same
FR616246A (en) 1926-05-17 1927-01-29 Development for footwear formed braided straps
US1877080A (en) * 1930-05-28 1932-09-13 Teshima Isago Wading overshoe
US2551723A (en) * 1949-01-04 1951-05-08 Cesar G G Camero Sandal with vamp piece spaced above sole
FR1027754A (en) 1950-11-16 1953-05-15 Shoe
US2675631A (en) * 1951-02-13 1954-04-20 Doughty John Carr Footwear article of the slipper-sock type
USD164847S (en) * 1951-07-30 1951-10-16 Jean Dronoff Shoe
FR1055620A (en) 1952-05-09 1954-02-19 Shoe
US3067532A (en) * 1961-05-01 1962-12-11 Dorothy B Peterson Slipper sole
US3193948A (en) * 1962-05-09 1965-07-13 Dunlop Rubber Co Footwear
US3471948A (en) * 1966-10-27 1969-10-14 Martin S Nadler Moccasin footwear
US5692319A (en) * 1995-06-07 1997-12-02 Nike, Inc. Article of footwear with 360° wrap fit closure system
JP3038372U (en) 1996-12-03 1997-06-20 ハマナカ株式会社 Room Shoes
US6029376A (en) * 1998-12-23 2000-02-29 Nike, Inc. Article of footwear
US6449879B1 (en) 2001-02-02 2002-09-17 Nike, Inc. Sports shoe with integral tongue and lacing system
USD467723S1 (en) 2002-07-19 2002-12-31 Nike, Inc. Shoe upper
US7272897B2 (en) * 2003-03-28 2007-09-25 Zu Sheng Yu Sandal having a variety of lacing styles
US7204042B2 (en) * 2004-06-28 2007-04-17 Nike, Inc. Integrated woven upper region and lacing system
US7293371B2 (en) * 2004-09-22 2007-11-13 Nike, Inc. Woven shoe with integral lace loops
US8065818B2 (en) * 2005-06-20 2011-11-29 Nike, Inc. Article of footwear having an upper with a matrix layer
US7540097B2 (en) * 2005-06-20 2009-06-02 Nike, Inc. Article of footwear having an upper with a matrix layer
US8893405B2 (en) 2006-05-25 2014-11-25 Nike, Inc. Article of footwear incorporating tensile strands with an elongated cross-sectional shape
WO2008130839A1 (en) * 2007-04-18 2008-10-30 Nike, Inc. Article of footwear construction with binding portions
US8037621B2 (en) * 2007-09-13 2011-10-18 Nike, Inc. Article of footwear including a woven strap system
US8602274B2 (en) * 2008-11-06 2013-12-10 Nike, Inc. Method of making an article comprising links
US8051585B2 (en) * 2008-11-06 2011-11-08 Nike, Inc. Article of footwear comprising a plurality of strips
US8490299B2 (en) * 2008-12-18 2013-07-23 Nike, Inc. Article of footwear having an upper incorporating a knitted component
US8266827B2 (en) 2009-08-24 2012-09-18 Nike, Inc. Article of footwear incorporating tensile strands and securing strands
US8572866B2 (en) 2009-10-21 2013-11-05 Nike, Inc. Shoe with composite upper and foam element and method of making same
US8800172B2 (en) * 2011-04-04 2014-08-12 Nike, Inc. Article of footwear having a knit upper with a polymer layer

Also Published As

Publication number Publication date Type
US10092060B2 (en) 2018-10-09 grant
EP2916677A4 (en) 2016-12-07 application
WO2014074928A1 (en) 2014-05-15 application
EP2916677A1 (en) 2015-09-16 application
KR20150084942A (en) 2015-07-22 application
US20140130372A1 (en) 2014-05-15 application
JP2015533620A (en) 2015-11-26 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8800172B2 (en) Article of footwear having a knit upper with a polymer layer
US20120255201A1 (en) Seamless upper for footwear and method for making the same
US8225530B2 (en) Article of footwear having a flat knit upper construction or other upper construction
US6986269B2 (en) Footwear with knit upper and method of manufacturing the footwear
US20080110048A1 (en) Article of footwear having a flat knit upper construction or other upper construction
US7347011B2 (en) Article of footwear having a textile upper
US8490299B2 (en) Article of footwear having an upper incorporating a knitted component
US8959959B1 (en) Knitted component for an article of footwear including a full monofilament upper
US20140196316A1 (en) Article of Footwear Incorporating Braided Tensile Strands
JP2006511306A (en) Footwear incorporating a fabric with a fusible filaments and fibers
EP2792261A1 (en) Shoe, in particular a sports shoe
US20150143722A1 (en) Flexible footwear
US9010157B1 (en) Article of footwear including a monofilament knit element with peripheral knit portions
US8997530B1 (en) Article of footwear including a monofilament knit element with a fusible strand
US20150059209A1 (en) Article Of Footwear Incorporating A Knitted Component With An Integral Knit Ankle Cuff
US20140245632A1 (en) Article Of Footwear Incorporating A Knitted Component With Tensile Strand
US20100107346A1 (en) Method of Making an Article Comprising Links
EP2792265A2 (en) Upper
US20130031801A1 (en) Footwear With Interchangeable Bootie System
CN102655776A (en) Article of footwear having an upper with knitted elements
US20160095377A1 (en) Flat weft-knitted upper for sports shoes
US20140130372A1 (en) Footwear article having cord structure
US20170049187A1 (en) Knitted shoe components and methods of making the same
US20140310985A1 (en) Shoe adapted to the shape of the foot
US9510637B2 (en) Article incorporating a knitted component with zonal stretch limiter

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20160825

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20171030

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20171027

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20180129

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20180524

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20180619

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6359025

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150