JP6258914B2 - Controller, a catheter kit, a method of using the controller - Google Patents

Controller, a catheter kit, a method of using the controller Download PDF

Info

Publication number
JP6258914B2
JP6258914B2 JP2015246608A JP2015246608A JP6258914B2 JP 6258914 B2 JP6258914 B2 JP 6258914B2 JP 2015246608 A JP2015246608 A JP 2015246608A JP 2015246608 A JP2015246608 A JP 2015246608A JP 6258914 B2 JP6258914 B2 JP 6258914B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
housing
controller
piece
member
catheter
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2015246608A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2016034594A (en
Inventor
貞雄 別所
貞雄 別所
Original Assignee
株式会社カネカ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社カネカ filed Critical 株式会社カネカ
Priority to JP2015246608A priority Critical patent/JP6258914B2/en
Publication of JP2016034594A publication Critical patent/JP2016034594A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP6258914B2 publication Critical patent/JP6258914B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、例えばステントデリバリーカテーテルのようなカテーテルを保持するコントローラと、そのコントローラとカテーテルとを含むカテーテルキット、および該コントローラの使用方法に関する。 The present invention includes a controller for holding the catheter, such as stent delivery catheters, catheter kit comprising its controller and catheters, and methods of using the controller.

血管または他の生体内管腔における狭窄または閉塞病変部の治療を目的として、金属等の弾性材料から形成されたステントが病変部に留置される。 For the treatment of stenosis or occlusion lesion in a blood vessel or other body passageway lumen, the stent formed from a resilient material such as a metal is placed in the lesion. これらのステントは、一般的に、バルーンによって拡張されるもの(バルーン拡張型)と、材料特性に由来する自己拡張力によって拡張されるもの(自己拡張型)との2種類に分類される。 These stents are generally intended to be expanded by a balloon and (balloon-expandable), they are classified into two types of those extended by the self-expansion force derived from the material characteristics (self-expanding).

自己拡張型ステントのためのステントデリバリーカテーテルは、ステントを表面から押さえることで縮径状態にして格納する外部シースと、ステントに係り合うことで留置位置を制御する内部シャフトと、を含む。 The stent delivery catheter for a self-expanding stent comprises an external sheath for storing in the reduced diameter state by pressing the stent from the surface, the inner shaft to control the indwelling position by mutually relates to stents, a. そして、術者は、内部シャフトの近位端部に取り付けられたハブを、片手で所定の位置に固定し、もう一方の手で、外部シースの近位端部に取付けられたハブを引く。 Then, the operator, a hub attached to the proximal end of the inner shaft, and secured in place with one hand, on the other hand, pulling the hub attached to the proximal end of the outer sheath.

この操作に伴って、外部シースが内部シャフトに対して相対的に移動し、ステントは、内部シャフトに係り合う一方で、表面を押さえつけていた外部シースの乖離により、その外部シースから放出される。 Along with this operation, the outer sheath moves relative to the inner shaft, stent, while mutually relates to the inner shaft, the deviation of the outer sheath has been pressed surface, it is released from the outer sheath. そのため、ステントを放出させる場合、外部シースと内部シャフトと相対的な移動を高い精度で制御することが、目的病変部への適切なステント留置を実現し、治療実績を向上させる。 Therefore, when to release the stent, it is controlled by an external sheath and an internal shaft and relative movement with high precision, to ensure proper stent placement to a target lesion, improving therapeutic results.

そこで、近年では、相対的な移動の精度向上のために、ステントデリバリーカテーテルの近位端部に、コントローラを装着することが一般的になっている。 Therefore, in recent years, due to the relative movement accuracy of the proximal end of the stent delivery catheter, it has become common to mount the controller. このコントローラは、歯車、ギア、またはラチェット等の部品を含み、それらを用いて、外部シースと内部シャフトとの相対的な移動を高い精度で制御する。 The controller includes a gear, a gear or a part such as a ratchet, and use them to control the relative movement of the outer sheath and the inner shaft with high accuracy.

ただし、コントローラを備える弊害として、コントローラのハウジング(筐体)内部の部品が破損し、ステントが放出されないこともあり得る。 However, as adverse effects comprising a controller, the controller of the housing (housing) internal parts damaged, the stent may or may not be released. このような事態の回避策の一例としては、コントローラからステントデリバリーカテーテルを迅速かつ簡易に取り外すことが挙げられる。 An example of a workaround for this situation include removing the stent delivery catheter quickly and easily from the controller.

例えば、特許文献1に開示されるステントデリバリーカテーテルは、容器に固定され、さらに、この容器がコントローラに取付けられる。 For example, stent delivery catheters disclosed in Patent Document 1 is fixed to the container, and the container is attached to the controller. そして、ステントデリバリーカテーテルを固定した容器が、簡易に、コントローラから取り外せる。 Then, the container fixing the stent delivery catheter, the simple, detachable from the controller. つまり、比較的簡易に、ステントデリバリーカテーテルがコントローラから外せる。 In other words, the relatively simple, the stent delivery catheter Hazuseru from the controller.

特開2007−195963号公報 JP 2007-195963 JP

しかしながら、このようなコントローラでは、安全性の観点より、意図せずステントデリバリーカテーテルがコントローラから取り外されないようにしなくてはならない。 However, in such controllers, from the viewpoint of safety, the stent delivery catheter unintentionally must be as not removed from the controller.

特許文献1のコントローラでは、装着されたステントデリバリーカテーテルが、コントローラのハウジングから露出している。 The controller of Patent Document 1, the loaded stent delivery catheter is exposed from the housing of the controller. そのため、術者が意図せずにステントデリバリーカテーテルに触れやすい。 For this reason, easy to touch the stent delivery catheter to unintentionally operator. これは、意図しないカテーテルの脱落を誘発する原因になり得る。 This may cause to induce shedding of unintended catheter.

本発明は上記の問題点を解決するためになされたものである。 The present invention has been made to solve the above problems. そして、その目的は、術者の意図する場合に、カテーテルを簡易に取り外せる一方、意図しない場合に、誤ってカテーテルを取り外せないコントローラ等を提供することにある。 And its object is, in the case of intention of the operator, while the removal of the catheter in a simple, if unintended, to provide a mistake not remove the catheter controller or the like.

コントローラは、カテーテルを保持する。 The controller maintains the catheter. そして、このコントローラでは、カテーテルを境に対向配置され、そのカテーテルを覆う第1筐体および第2筐体が含まれる。 Then, in this controller, is disposed opposite the boundary of the catheter includes a first housing and the second housing cover the catheter. さらに、第1筐体と第2筐体とに係り合って、それら筐体を固定する係合体と、その係合体を押し出すことで、第1筐体および第2筐体から係合体を乖離させる押出体と、その押出体の押し出し動作を制御する制御体と、がコントローラに含まれる。 Furthermore, each other relates to the first casing and the second casing, and a engagement body for fixing them housing, by pushing the engaging body, thereby deviate the engaging body from the first housing and the second housing and extrudate, a control member for controlling the extrusion operation of the extrudate, but it included in the controller.

一例を挙げると、コントローラでは、第1方向において重なる片として、第1筐体は第1片を含み、第2筐体は第2片を含み、係合体は、線状部材で、第1方向に沿って配置されることで、第1片および第2片に係り合う。 As an example, the controller, as pieces overlap in the first direction, the first housing includes a first piece and the second housing includes a second piece, the engaging member is a linear member, the first direction It is arranged along the at, each other relates to the first piece and second piece. そして、押出体は、弾性部材で、反発力で、線状部材を第1方向に沿って押し出し、制御体は、弾性部材を圧縮または開放することで、弾性部材の押し出し動作を制御すると望ましい。 Then, the extruded body, an elastic member, in repulsive force, extruded linear member in the first direction, the control body, by compressing or releasing the elastic member, preferably by controlling the extrusion operation of the elastic member.

なお、第1片は、単数または複数有り、少なくとも1つには第1空洞が形成され、第2片は、単数または複数有り、少なくとも1つには第2空洞が形成され、係合体は、第1空洞および第2空洞に収まることで、第1片および第2片に係り合うと望ましい。 Note that the first piece, there s, at least one is formed first cavity, the second piece, there s, at least one is formed a second cavity, engager by fit into the first cavity and the second cavity, preferably the mutually it relates to the first piece and second piece.

また、線状部材の両端における一端は固定、他端は自由端であり、この線状部材には、自身の軸方向に対して交差方向に延びる把持片が形成され、把持片は、線状部材の反発による自由端の伸長先に配置されると望ましい。 One end of both ends of the linear member is fixed, the other end is a free end, this linear member, gripping pieces extending in the transverse direction with respect to its own axial direction is formed, the gripping piece, linear When placed in the extended destination of the free end by repulsion member desired.

また、把持片は、線状部材の両端のうちの一方に形成されるとともに、第1筐体または第2筐体の少なくとも一方の表面付近に配置されると望ましい。 Further, the gripping pieces is formed in a one of the opposite ends of the linear member, when placed in at least one of the vicinity of the surface of the first housing or the second housing desirable.

また、制御体は、二叉状の足部を含み、足部の叉部分で、カテーテルを挟み込み、第1筐体および第2筐体の少なくとも一方に固定するとともに、足部で、線状部材を圧縮させると望ましい。 The control member includes a bifurcated foot, with or part of the foot portion, sandwiching the catheter, it is fixed to at least one of the first housing and the second housing, at the foot, the linear member desirable and to compress the.

なお、以上のようなコントローラと、そのコントローラに装着されたカテーテルと、を含むカテーテルキットも、本発明といえる。 Incidentally, the above-described controller, and a catheter attached to the controller, even catheter kits comprising, it can be said that the present invention.

本発明の方法は、カテーテルを境に対向配置され、上記カテーテルを覆う第1筐体および第2筐体と、上記第1筐体と上記第2筐体とに係り合って、それら筐体を固定する係合体と、上記係合体を押し出すことで、上記第1筐体および上記第2筐体から上記係合体を乖離させる押出体と、上記押出体に当接している制御体と、を含み、上記制御体は、上記第1筐体および第2筐体から引き抜き可能に形成されているコントローラを操作する方法であって、上記制御体を、上記第1筐体および第2筐体から引き抜くことにより、上記押出体と上記制御体との当接を解除するステップを含む方法である。 The method of the present invention is disposed opposite to the boundary of the catheter, the first housing and the second housing cover the catheter and each other relates to the aforementioned first casing and the second casing, which casing a includes a engagement body for fixing, by extruding the engagement body, and the extrusion member to deviate the engagement body from said first housing and said second housing, a control member which is in contact with the extrudate, the the control member is a method for operating a controller that is extractable form from said first housing and the second housing, the control member is pulled out from the first housing and the second housing by a method comprising the step of releasing the contact between the extruded body and the control body.

本発明のコントローラは、術者の意図する場合には、カテーテルを簡易に取り外せる一方、術者の意図しない場合には、誤ってカテーテルを取り外せない。 Controller of the present invention, when the intention of the operator, while the removal of the catheter in a simple, if the operator unintentionally can not be removed with the catheter accidentally.

は、ステントデリバリーカテーテルと、このステントデリバリーカテーテル に取り付けられるコントローラと、を示す分解斜視図である。 It includes a stent delivery catheter, and a controller attached to the stent delivery catheter is an exploded perspective view showing a. は、ステントデリバリーカテーテルと、このステントデリバリーカテーテル に取り付けられるコントローラと、を示す分解斜視図である。 It includes a stent delivery catheter, and a controller attached to the stent delivery catheter is an exploded perspective view showing a. は、ステントデリバリーカテーテルの一部を詳細に説明した説明図である。 Is an explanatory view showing a part has been described in detail of the stent delivery catheter. は、ステントデリバリーカテーテルがステントを拡径させる場合を説明する 説明図である。 Is an explanatory diagram stent delivery catheter illustrating the case of expanded stent. は、コントローラの斜視図である。 Is a perspective view of the controller. は、ハウジングの斜視図である。 Is a perspective view of the housing. は、ステントを留置する前のコントローラを示す斜視図である。 Is a perspective view showing the controller before placing the stent. は、ステントを留置した後のコントローラを示す斜視図である。 Is a perspective view showing the controller after stenting. は、正常状態におけるコントローラの近位端部の拡大図である。 Is an enlarged view of the proximal end portion of the controller in a normal state. は、緊急状態におけるコントローラの近位端部の拡大図である。 Is an enlarged view of the proximal end portion of the controller in the emergency state.

[実施の形態1] [Embodiment 1]
実施の一形態について、図面に基づいて説明すれば、以下の通りである。 An embodiment will be described with reference to the drawings as follows. なお、便宜上、ハッチングや部材符号等を省略する場合もあるが、かかる場合、他の図面を参照するものとする。 For convenience, although hatching may be omitted or member code or the like, such a case, reference is made to the other drawings. 逆に、便宜上、断面図でなくてもハッチングを使用することもある。 Conversely, some convenience, also be used hatch without a cross-sectional view. また、図面における種々部材の寸法は、便宜上、見やすいように調整されている。 Further, the dimensions of the various members in the drawings, for convenience, are adjusted for clarity.

図1および図2は、カテーテルの一例であるステントデリバリーカテーテル81と、このステントデリバリーカテーテル81に取付けられるコントローラ10と、を示す分解斜視図である(なお、このようなコントローラ10と、そのコントローラ10に取り付けられるカテーテル81と、を含むキットを、カテーテルキット80と称する)。 1 and 2, a stent delivery catheter 81 which is an example of a catheter, the controller 10 attached to the stent delivery catheter 81 is an exploded perspective view showing the a (Incidentally, this controller 10, the controller 10 a kit comprising a catheter 81 attached, to be referred to as a catheter kit 80).

図3はステントデリバリーカテーテル81の一部を詳細に説明した図で、図4はステントデリバリーカテーテル81がステント82を拡径させる場合を説明する説明図である。 Figure 3 is a diagram for explaining some details of the stent delivery catheter 81, FIG. 4 is an explanatory view illustrating a case where the stent delivery catheter 81 is expanded the stent 82. 図5は、コントローラ10を主として示す斜視図であり、図6は、コントローラを構成するハウジングHGのみを示す斜視図である。 Figure 5 is a perspective view showing the controller 10 mainly FIG. 6 is a perspective view showing only the housing HG which constitutes the controller.

図7はステント82を留置する前のコントローラ10を示す斜視図で、図8は、ステント82を留置した後のコントローラ10を示す斜視図である。 Figure 7 is a perspective view showing the controller 10 before placing the stent 82, FIG. 8 is a perspective view showing the controller 10 after stenting 82. 図9は正常状態(後述)におけるコントローラ10の近位端部の拡大図であり、図10は緊急状態(後述)におけるコントローラ10の近位端部の拡大図である。 Figure 9 is an enlarged view of the proximal end portion of the controller 10 in a normal state (described later), FIG. 10 is an enlarged view of the proximal end portion of the controller 10 in the emergency state (described later).

なお、以降では、ステントデリバリーカテーテル81において、ステントの配置される側を遠位側、この遠位側の反対側を近位側、とする。 In the following, the stent delivery catheter 81, distal the side to be placed in the stent to the opposite side of the distal proximal, and. また、各部材における側を明示する場合、近位側、遠位側と称することもある。 In the case of explicit side of each member, sometimes proximally and distally referred. また、各部材において、近位側の端を近位端、近位端の付近を近位端部とするとともに、遠位側の端を遠位端、遠位端の付近を遠位端部とする。 In each member, proximal end proximal end, with the proximal end portion near the proximal end, a distal end of the end of the distal side, the distal end portion near the distal end to.

まず、ステントデリバリーカテーテル81について、主に図1〜4を用いて説明する。 First, the stent delivery catheter 81 will be mainly described with reference to FIGS. 1-4. なお、ステントデリバリーカテーテル81は、ステント82を装着したデリバリーカテーテル81のことである(ただし、デリバリーカテーテル81をステントデリバリーカテーテル81と称してもよい)。 Incidentally, the stent delivery catheter 81 is that the delivery catheter 81 equipped with the stent 82 (which may be referred to delivery catheter 81 and the stent delivery catheter 81).

図3および図4に示すように、ステントデリバリーカテーテル81は、アウターシャフト50、および、アウターシャフト50の内腔51Lに収まるインナーシャフト60を含む(詳説すると、アウターシャフト50のアウターチューブ51の内腔51Lに、インナーシャフト60のガイドワイヤルーメンチューブ61およびインナーチューブ66が収まる)。 As shown in FIGS. 3 and 4, the stent delivery catheter 81, outer shaft 50 and, when (detailing including an inner shaft 60 that fits in the lumen 51L of the outer shaft 50, the lumen of the outer tube 51 of the outer shaft 50 to 51L, fit the guide wire lumen tube 61 and inner tube 66 of the inner shaft 60).

アウターシャフト50は、ステント82を縮径状態にして収容するアウターチューブ51と、アウターチューブ51の近位端部に取り付けられるマニホールド52(図1等参照)とを含む。 Outer shaft 50 includes an outer tube 51 that houses in a stent 82 in reduced diameter state, a manifold 52 attached to the proximal end of the outer tube 51 (refer to FIG. 1, etc.).

アウターチューブ51は、挿入する管腔(血管等)に追従する程度の柔軟性、耐キンク性、または、ステントデリバリーカテーテル81を手技中に引っ張った場合に伸びない程度の引っ張り強度、を有する部材(チューブ)で形成される。 Outer tube 51, the degree of flexibility to follow the lumen (blood vessel or the like) to be inserted, kink resistance, or members having a tensile strength, a degree inextensible when pulled stent delivery catheter 81 during the procedure ( It is formed by a tube).

なお、アウターチューブ51が移動させられる場合、アウターチューブ51の内側の層は、層の内周面に接触しているステント82との移動抵抗(摺動抵抗)を減少させ、アウターチューブ51の移動操作を、簡易に行えるような低摩擦性を有する。 Incidentally, if the outer tube 51 is moved, the inner layer of the outer tube 51 may reduce transfer resistance between the stent 82 is in contact with the inner peripheral surface of the layer (the sliding resistance), the movement of the outer tube 51 operation, having low frictional properties such allow easily.

マニホールド52は、図1に示すように、マニホールド構造を形成し、3つの口部(52A、52B、52C)を有する。 Manifold 52, as shown in FIG. 1, to form a manifold structure has three mouth (52A, 52B, 52C). このマニホールド52では、1つの口部52Aはアウターチューブ51の接続口になり、別の口部52Bはアウターチューブ51Bの内腔51Lから露出するインナーチューブ66の挿入口になり、さらに別の口部52Cは血管内に血管造影剤や生理食塩水などを注入するための注入口になる(例えば、口部52Cは、手術前にアウターシャフト50の内部の空気を除去するために、生理的食塩水等を注入する部分として機能する)。 In the manifold 52, one port unit 52A becomes the connecting port of the outer tube 51, another mouth 52B becomes the insertion port of the inner tube 66 which is exposed from the lumen 51L of the outer tube 51B, yet another mouth 52C is the inlet for injecting the like angiography agent or physiological saline in a blood vessel (e.g., mouth 52C, in order to remove the air inside the outer shaft 50 prior to surgery, physiological saline such functions as part of injecting).

なお、図5に示すように、ステントデリバリーカテーテル81がコントローラ10に装着された状態において、口部52CはハウジングHGの外部に露出している。 As shown in FIG. 5, in a state where the stent delivery catheter 81 is attached to the controller 10, the mouth portion 52C is exposed to the outside of the housing HG. また、マニホールド52とアウターチューブ51との接続は、特に限定されず、例えば、接着または溶着が挙げられる。 The connection between the manifold 52 and the outer tube 51 is not particularly limited, for example, bonding or welding.

インナーシャフト60は、ガイドワイヤルーメンチューブ61、先端チップ62、ストッパ63、補強部64、コアワイヤー65、インナーチューブ66、および、ハブ67を含む。 The inner shaft 60, the guide wire lumen tube 61, distal tip 62, the stopper 63, the reinforcing portion 64, the core wire 65, and the inner tube 66, includes a hub 67.

ガイドワイヤルーメンチューブ61は、中空(ガイドワイヤルーメン61L)を有するチューブであり、アウターシャフト50のアウターチューブ51のルーメン41L内に、少なくとも一部が挿入される。 The guide wire lumen tube 61 is a tube having a hollow (guidewire lumen 61L), into the lumen 41L of the outer tube 51 of the outer shaft 50, at least a part of which is inserted. そして、このガイドワイヤルーメンチューブ61のガイドワイヤルーメン61Lに、不図示のガイドワイヤーが挿入されることで、ガイドワイヤーに沿って、インナーシャフト60、ひいてはステントデリバリーカテーテル81が病変部に導かれる。 Then, the guide wire lumen 61L of the guide wire lumen tube 61, by not shown guide wire is inserted along the guide wire, the inner shaft 60, and thus the stent delivery catheter 81 is guided to the lesion.

先端チップ62は、ガイドワイヤルーメンチューブ61の遠位部に、接着または溶着される。 Distal tip 62, the distal portion of the guide wire lumen tube 61 is bonded or welded. この先端チップ62によって、病変部(狭窄部)をステントデリバリーカテーテル81が通過し易くなる。 This tip 62, the lesion portion (stenosis) stent delivery catheter 81 is likely to pass.

ストッパ63は、先端チップ62よりも近位側において、インナーチューブ66の周囲に取り付けられる(接着または溶着等される)樹脂層(例えばチューブ)で、ステント82の内腔に収まって、そのステント82の内壁に接触することで、ステント82の移動を規制する(なお、ストッパ63の全長は、ガイドワイヤルーメンチューブ61よりも短い)。 Stopper 63 is at the proximal side of the distal tip 62, attached to the periphery of the inner tube 66 (which is bonded or welded, etc.) with a resin layer (e.g. tube), fits in the lumen of the stent 82, the stent 82 by contacting the inner wall, restricting the movement of the stent 82 (Note that the total length of the stopper 63 is shorter than the guide wire lumen tube 61). すなわち、ストッパ63の外面とアウターチューブ51の内面とで、ステント82は挟み込まれる。 That is, in the outer surface and the inner surface of the outer tube 51 of the stopper 63, the stent 82 is sandwiched.

補強部64は、ストッパ63よりも近位側において、ガイドワイヤルーメンチューブ61の周囲に取り付けられる(接着または溶着等される)樹脂層(例えばチューブ)で、ガイドワイヤルーメンチューブ61を補強する(なお、補強部64の全長は、ガイドワイヤルーメンチューブ61よりも短い)。 Reinforcing portion 64 at a proximal side of the stopper 63, the guide is attached to the periphery of the wire lumen tube 61 (which is bonded or welded, etc.) with a resin layer (e.g. tube), to reinforce the guide wire lumen tube 61 (Note , the overall length of the reinforcing portion 64 is shorter than the guide wire lumen tube 61).

コアワイヤー65は、補強部64とともにガイドワイヤルーメンチューブ61の周囲に取り付けられる(接着または溶着等される)線状部材で、ガイドワイヤルーメンチューブ61を補強する。 The core wire 65 is a (bonding or welding or the like to) linear member attached to the periphery of the guide wire lumen tube 61 together with the reinforcement portion 64 reinforces the guide wire lumen tube 61. 一例を挙げると、コアワイヤー65は、補強部64とガイドワイヤルーメンチューブ61との間に取り付けられ、補強部64の全長より長く、ガイドワイヤルーメンチューブ61の近位端に向かって延びている。 As an example, the core wire 65 is attached between the reinforcing portion 64 and the guide wire lumen tube 61 is longer than the entire length of the reinforcing portion 64, and extends toward the proximal end of the guidewire lumen tube 61.

インナーチューブ66は、補強部64よりも近位側において、ガイドワイヤルーメンチューブ61の周囲に取り付けられる(接着または溶着等される)。 The inner tube 66 at the proximal side of the reinforcement portion 64, (is bonded or welded, etc.) guide mounted around the wire lumen tube 61. 詳説すると、インナーチューブ66は、補強部64の近位側に並列して、ガイドワイヤルーメンチューブ61を被覆するように取り付けられる(別表現すると、インナーチューブ66の内腔にガイドワイヤルーメンチューブ61およびコアワイヤー65が挿入される)。 In detail, the inner tube 66, in parallel to the proximal side of the reinforcing portion 64, the guide when the wire lumen tube 61 attached is (to another expression so as to cover, the guide wire lumen tube 61 and into the lumen of the inner tube 66 the core wire 65 is inserted).

ハブ67は、図1に示すように、インナーチューブ66の近位端部に取り付けられ、インナーシャフト60のルーメンに通じるポート67Pを有する。 Hub 67, as shown in FIG. 1, attached to the proximal end of the inner tube 66 has a port 67P leading to the lumen of the inner shaft 60. このポート67Pは、例えば、手術前にインナーシャフト60の内部の空気を除去するために、生理的食塩水等を注入するものである。 This port 67P, for example, in order to remove air inside the inner shaft 60 prior to surgery, it is to inject the physiological saline or the like.

また、このハブ67は、コントローラ10の所定位置(後述するハブ取付部20)に固定される。 Also, the hub 67 is fixed to a predetermined position of the controller 10 (the hub mounting portion 20 to be described later). 詳説すると、後述するクリップCPで、ハブ67はコントローラ10の所定位置に固定される。 In detail, a clip CP to be described later, hub 67 is fixed to a predetermined position of the controller 10. そこで、ハブ67は、クリップCPに対して適切に係り合うために、クリップCPの一部に係り合うスリット67Sを有する。 Therefore, the hub 67, to each other relates to suitable for clip CP, a slit 67S mutually relates to parts of clips CP.

そして、以上のようなステントデリバリーカテーテル81では、図4に示すように、例えば、アウターシャフト50が近位側に引っ張られることで、インナーシャフト60とアウターシャフト50とに相対的な移動が生じる。 Then, the stent delivery catheter 81 described above, as shown in FIG. 4, for example, by the outer shaft 50 is pulled proximally, relative movement occurs in the inner shaft 60 and outer shaft 50. この移動により、アウターシャフト50のアウターチューブ51が、インナーシャフト60のストッパ63に重ならないようになる。 This movement, the outer tube 51 of the outer shaft 50, so that they do not overlap with the stopper 63 of the inner shaft 60. すると、アウターチューブ51とストッパ63とで挟まれていたステント82は、アウターチューブ51によって押さえつけられなくなることから、拡径しつつ放出され、ひいては狭窄または閉塞部位を拡張する。 Then, the outer tube 51 and stent 82 are sandwiched between the stopper 63, since it is no longer pressed against the outer tube 51 is expanded while being released, expanding the thus narrowing or occlusion site.

続いて、図5〜図10に示すような、ステントデリバリーカテーテル81をコントロールするコントローラ10について説明する。 Subsequently, as shown in FIGS. 5 to 10, the controller 10 controls the stent delivery catheter 81 will be described.

コントローラ10は、アウターシャフト50のアウターチューブ51の内面と、インナーシャフト60のストッパ63の外面とで挟み込まれるステント82を、所望位置に留置させるための制御部材である。 Controller 10, and the inner surface of the outer tube 51 of the outer shaft 50, the stent 82 is sandwiched between the outer surface of the stopper 63 of the inner shaft 60, a control member for placement in a desired position. 詳説すると、コントローラ10は、図7および図8に示すように、アウターシャフト50を、インナーシャフト60に対して移動させることで、ステント82を挟み込む2つの部材(アウターチューブ51・ストッパ63)のうち、外側を押さえるアウターチューブ51をステント82から乖離させる(図4参照)。 In detail, the controller 10, as shown in FIGS. 7 and 8, the outer shaft 50, by moving relative to the inner shaft 60, of the two members sandwiching the stent 82 (outer tube 51, the stopper 63) , to deviate the outer tube 51 to press the outer from the stent 82 (see FIG. 4). これにより、ステント82は、ステントデリバリーカテーテル81から放出され、所望位置に留置される。 Thus, the stent 82 is released from the stent delivery catheter 81 is placed in the desired position.

このようなコントローラ10は、図1および図2に示すように、ハウジング[筐体]HG(HG1・HG2)、クリップ[制御体]CP、ワイヤー[係合体]11、スライダー31、回転ホイール41、スイッチギア42、ホイールカバー45、および、スプリング[押出体]15、を含む。 Such controller 10, as shown in FIGS. 1 and 2, the housing [housing] HG (HG1 · HG2), the clip [control body] CP, wire [engager] 11, slider 31, the rotary wheel 41, switchgear 42, wheel covers 45, and a spring [extrudate] 15,. なお、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とは連結されるとともに、比較的簡易に分解できる構造になっているが、それに関する詳細は、後述する。 Incidentally, together with the first housing HG1 and the second housing HG2 is connected, but has a structure that can be decomposed relatively easily, the details about it, will be described later.

ハウジングHGは、コントローラ10の外装で、ステントデリバリーカテーテル81の一部を保持するとともに、スライダー31を移動可能に保持する。 The housing HG is the exterior of the controller 10, holds a portion of the stent delivery catheter 81 to hold the slider 31 movably. 例えば、図1および図2に示すように、ステントデリバリーカテーテル81の一部を挟み込む第1ハウジングHG1および第2ハウジングHG2が挙げられる。 For example, as shown in FIGS. 1 and 2, the first housing HG1 and the second housing HG2 sandwich the portion of the stent delivery catheter 81 and the like.

第1ハウジング[第1筐体]HG1は、図6に示すように、ハブ取付部20、第1延伸部EL1、ギア類取付部23、および、第1片PP1、を含む。 The first housing [first housing] HG1 includes as shown in FIG. 6, the hub mounting portion 20, the first extending portion EL1, the gear such attachment portion 23, and the first piece PP1, the.

ハブ取付部20は、図1および図2に示すように、インナーシャフト60のハブ67を取り付ける。 Hub mounting portion 20, as shown in FIGS. 1 and 2, mounting the hub 67 of the inner shaft 60. なお、このハブ取付部20の取付機構は、ハブ67を取り付けて固定する構造(ひいては、インナーチューブ66を固定する構造)であれば、特に限定されるものではない。 Incidentally, the attachment mechanism of the hub mounting portion 20, the structure for fixing attached to a hub 67 (therefore, the structure for fixing the inner tube 66) if, and is not particularly limited. 例えば、ハブ67の一片67Cを挟み込めるスリット20Sが、取付機構になる。 For example, the slits 20S of Hasamikomeru a piece 67C of hub 67, the attachment mechanism. また、このハブ取付部20には、ハブ67をより強固に固定するための二叉状の足CF1・CF2を有するクリップCPを差し込むための固定開孔20H・20Hが形成される。 Further, this hub mounting portion 20, the fixed aperture 20H · 20H for inserting a clip CP having bifurcated legs CF1 · CF2 for more firmly fixing the hub 67 is formed.

第1延伸部EL1は、ハブ取付部20から一方向に延びる。 The first extending portion EL1 extends in one direction from the hub mounting portion 20. 詳説すると、この第1延伸部EL1は、ハブ取付部20に取り付けられたハブ67から延びるインナーチューブ66等を覆うために、そのインナーチューブ66(ひいては、ステントデリバリーカテーテル81)の延び方向に沿って延びる。 In the detailed explanation, the first extending portion EL1, in order to cover the inner tube 66 or the like extending from the hub 67 attached to the hub mounting portion 20, the inner tube 66 (and thus, the stent delivery catheter 81) along the extending direction of the extending. また、第1延伸部EL1は、スライダー31を移動可能に保持するための、スライド機構{第1開口レールHR1・溝レールDR(図8参照);詳細は後述}を有する。 The first extending portion EL1 is for holding the slider 31 movably slide mechanism {first opening rail HR1 · groove rails DR (see FIG. 8); the details will be described later} having.

ギア類取付部23は、第1延伸部EL1の中途付近において回転ホイール41およびスイッチギア42(これらをギア類と称する)を取り付ける。 Gear such attachment portion 23 attaches the rotary wheel 41 and the switch gear 42 (which is referred to as gear acids) in middle vicinity of the first extending portion EL1. 詳説すると、このギア類取付部23は、第1延伸部EL1の延び方向に対して交差する方向に進出した部材で、ギア類41・42の取り付け箇所であるとともに、ギア類41・42の一部を覆う。 In detail, the gear such attachment portion 23 is a member that advances in a direction intersecting the extending direction of the first extending portion EL1, as well as a mounting portion of the gear such 41 and 42, one gear such 41 and 42 part of the cover.

なお、ギア類取付部23は、図1および図2では、第1延伸部EL1の中途付近に形成されるが、その位置は特に限定されるものではない。 Incidentally, the gear such attachment portion 23, FIG. 1 and FIG. 2, are formed in the vicinity of the middle of the first extending portion EL1, its position is not limited in particular. また、ギア類取付部23の形状も、半円面を含む形状になっているが、その形状も特に限定されるものではない。 The shape of the gear such attachment portion 23, but has a shape comprising a semicircular surface, it is not particularly limited its shape. ただし、術者が回転ホイール41を回転させなくてはならないことから、ギア類取付部23には、回転ホイール41(詳説すると、サムホイール41T)の一部を露出させる露出開口23Hが形成される。 However, since the operator must rotate the rotating wheel 41, the gear such attachment portion 23, (In detail, thumbwheel 41T) rotating wheel 41 exposure opening 23H that exposes a portion of is formed .

第1片PP1は、図6に示すように、第1延伸部EL1の遠位端部における内側(ステントデリバリーカテーテル81に向く側)から、対向する第2ハウジングHG2に向かって突出するとともに、第1延伸部EL1の長手方向にも延びた片状部材である。 The first piece PP1, as shown in FIG. 6, the inner side of the distal end portion of the first extending portion EL1 (the side facing the stent delivery catheter 81), with protruding toward the second housing HG2 opposite, second 1 is a flake member extending in the longitudinal direction of the extending portion EL1. そして、この第1片PP1は、第2ハウジングHG2における後述する第2片PP2とともに、第1延伸部EL1の長手方向(すなわち、コントローラ10の長手方向;第1方向)に沿って並ぶ。 Then, the first piece PP1, together with a second piece PP2, which will be described later in the second housing HG2, the longitudinal direction of the first extending portion EL1 (i.e., the longitudinal direction of the controller 10; first direction) aligned along the.

なお、第1片PP1は、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とを連結させるために使用される部材の1つであり、第1延伸部EL1の長手方向(すなわち、第1片PP1の全長方向)に延びる第1空洞HE1を含むが、詳細については後述する。 The first piece PP1 is one member that is used to connect the first housing HG1 and a second housing HG2, the longitudinal direction of the first extending portion EL1 (i.e., the total length of the first piece PP1 including first cavity HE1 extending direction) will be described in detail later.

第2ハウジング[第2筐体]HG2は、第1ハウジングHG1に対向して連結されることで、その第1ハウジングHG1とともに、ステントデリバリーカテーテル81の一部を覆う。 The second housing Second housing] HG2, by being connected to face the first housing HG1, together with the first housing HG1, covers a portion of the stent delivery catheter 81. この第2ハウジングHG2は、図6に示すように、第2延伸部EL2、ギア類対向部24、および第2片PP2を含む。 The second housing HG2, as shown in FIG. 6, includes a second extending portion EL2, the gear such facing portion 24, and a second piece PP2.

第2延伸部EL2は、第1延伸部EL1およびハブ取付部20に対向する部材で、第1延伸部EL1同様に、ハブ67から延びるインナーチューブ66等を覆うために、そのインナーチューブ66の延び方向に沿って延びる。 The second extending portion EL2 is a member facing to the first extending portion EL1 and hub mounting portion 20, similarly to the first extending portion EL1, to cover the inner tube 66 or the like extending from the hub 67, extending the inner tube 66 extending along the direction. また、第2延伸部EL2は、第1延伸部EL1同様、スライダー31を移動可能に保持するための、図1および図2に示すように、スライド機構(第2開口レールHR2・突起レールPR;詳細は後述)を有する。 The second extending portion EL2, like the first extending portion EL1, for holding the slider 31 movably, as shown in FIGS. 1 and 2, the slide mechanism (second opening rail HR2 · projections rail PR; details have below).

ギア類対向部24は、第2延伸部EL2の延び方向に対して交差する方向に進出することで、ギア類取付部23に対向する部材である。 Gear such facing portion 24, by advancing in a direction intersecting the extending direction of the second extending portion EL2, a member facing the gear such attachment portion 23.

第2片PP2は、図6に示すように、第2延伸部EL2の近位端部における内側(ステントデリバリーカテーテル81に向く側)から、対向する第1ハウジングHG1に向かって突出するとともに、第2延伸部EL2の長手方向にも延びた片状部材である。 The second piece PP2, as shown in FIG. 6, the inner side of the proximal end portion of the second extending portion EL2 (the side facing the stent delivery catheter 81), with protruding toward the first housing HG1 opposite, second 2 is a flake member extending in the longitudinal direction of the extending section EL2. そして、この第2片PP2は、第1ハウジングHG1のハブ取付部20に対して、重力方向において重なるように配置される。 Then, the second piece PP2, to the hub mounting portion 20 of the first housing HG1, are arranged to overlap in the direction of gravity.

また、この第2片PP2は、第1ハウジングHG1における第1片PP1とともに、第2延伸部EL2の長手方向(すなわち、コントローラ10の長手方向;第1方向)に沿って並ぶ。 Further, the second piece PP2, together with the first piece PP1 in the first housing HG1, the longitudinal direction of the second extending portion EL2 (i.e., the longitudinal direction of the controller 10; first direction) aligned along the.

例えば、図6に示すように、ギア類取付部23とギア類対向部24とが向かい合った状態で、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とが、ステントデリバリーカテーテル81を挟み込もうとする場合、第1片PP1と第2片PP2とは、コントローラ10の長手方向においてずれた配置になって、その長手方向に沿って並ぶ{例えば、コントローラ10の長手方向に対して交差(例えば直交)する、第1片PP1の近位端および第2片PP2の遠位端とが付き合って、第1片PP1と第2片PP2とはコントローラ10の長手方向に沿って並ぶ}。 For example, as shown in FIG. 6, in a state in which the gear such attachment portion 23 and the gear such facing portion 24 is opposed, when the first housing HG1 and the second housing HG2 is when you Hasamikomo the stent delivery catheter 81 a first strip PP1 and the second piece PP2, become arranged offset in the longitudinal direction of the controller 10, the longitudinal direction aligned along the {e.g., crossing the longitudinal direction of the controller 10 (e.g., perpendicular) , dating a proximal end and a distal end of the second piece PP2 of the first piece PP1 is the first piece PP1 and the second piece PP2 arranged along the longitudinal direction of the controller 10}.

なお、第2片PP2は、第1片PP1同様、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とを連結させるために使用される部材の1つである。 Note that the second piece PP2, like first piece PP1, which is one of members that are used to connect the first housing HG1 and a second housing HG2. そして、この連結のために、第2片PP2は、第2延伸部EL2の長手方向、すなわち、第2片PP2の全長方向に延びる第2空洞HE2を含む(なお、第2片PP2は、第2空洞HE2の他に、クリップCPの足CF1・CF2を収める格納部SDも含むが、詳細は後述する)。 And for this coupling, the second piece PP2 in the longitudinal direction of the second extending portion EL2, i.e., including a second cavity HE2 extending the entire length direction of the second piece PP2 (Note that the second piece PP2 is first the other two cavities HE2, but also includes storage SD accommodate the foot CF1 · CF2 clip CP, details will be described later).

この第2空洞HE2は、第2片PP2と第1片PP1とがコントローラ10の長手方向に沿って並んだ場合に、第1空洞HE1と付き合う。 The second cavity HE2 includes a second piece PP2 and the first piece PP1 is when aligned along the longitudinal direction of the controller 10, mingle with the first cavity HE1. 詳説すると、第2空洞HE2の遠位端と第1空洞HE1の近位端とが付き合って、両空洞HE1・HE2は連なる(なお、両空洞HE1・HE2の延び方向に対する直交方向に断面形状は、特に限定されるものではなく、円形であっても多角形であっても構わない)。 In detail, dating distal end of the second cavity HE2 and the proximal end of the first cavity HE1 is, both cavities HE1 · HE2 is continuous (The cross-sectional shape in the direction perpendicular to the extending direction of both the cavity HE1 · HE2 is , it is not particularly limited, but may be a polygonal be circular).

ワイヤー11は、図1および図2に示すように、これら両空洞HE1・HE2に挿入される(なお、両空洞HE1・HE2に挿入できるのであれば、ワイヤー11の形状および材質は、特に限定されない)。 Wire 11, as shown in FIGS. 1 and 2, is inserted into the both cavities HE1 · HE2 (Note, if be inserted into both cavities HE1 · HE2, shape and material of the wire 11 is not particularly limited ). 詳説すると、ワイヤー11における両端の一端が、第2空洞HE2の近位端から挿入され、遠位側に向かって進められる。 In detail, one end of both ends in the wire 11 is inserted from the proximal end of the second cavity HE2, advanced towards the distal side. すると、その一端は、第2空洞HE2の遠位端を越え、さらに、第1空洞HE1の近位端に進入し、遠位側へと進む。 Then, one end is beyond the distal end of the second cavity HE2, further enters the proximal end of the first cavity HE1, it proceeds distally.

この結果、第1片PP1と第2片PP2とは、ワイヤー11を介して連結されることになり、ひいては、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とが連結する。 As a result, the first strip PP1 and the second piece PP2, will be connected via a wire 11, and thus, the first housing HG1 and the second housing HG2 is connected. 逆に、このワイヤー11が、両空洞HE1・HE2から引き抜かれると、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2との連結が解除される(要は、コントローラ10が分解される)。 Conversely, the wire 11, when pulled from both the cavity HE1 · HE2, a first housing HG1 is connected between the second housing HG2 is released (short, the controller 10 is degraded).

なお、術者がワイヤー11を簡易に取り扱えるように、そのワイヤー11における両端のうちの他端には、術者によってつかみやすい把持片12が形成される。 In addition, as the operator can handle the wire 11 easily, the other end of the both ends at the wire 11, easy to grasp the grip piece 12 by the operator is formed.

この把持片12の一例としては、平板(板)が挙げられる。 An example of this gripping piece 12, and a flat plate (plate) is. そして、この平板の側面12Sとワイヤー11の両端のうちの他端とが接続される。 Then, the other end of the both ends of the side surface 12S and the wire 11 of the flat plate is connected. つまり、ワイヤー11の他端付近では、ワイヤー11の軸方向に対する交差方向に、平板状の把持片12の一部分が延びる。 That is, in the vicinity of the other end of the wire 11, in the cross direction with respect to the axial direction of the wire 11 extends a portion of the flat plate-like gripping piece 12. そのため、線状のワイヤー11を把持することに比べて、この把持片12は把持しやすい。 Therefore, as compared to grip the linear wire 11, the gripping piece 12 is easy to grip.

また、この把持片12を収容可能なスペースとして、第2片PP2は、図6に示すように、第2空洞HE2の近位端よりもさらに近位側に、窪みである格納部SDを含む。 Further, as can accommodate space the gripping piece 12, second piece PP2, as shown in FIG. 6, the more proximal than the proximal end of the second cavity HE2, including storage SD which is a depression . 詳説すると、格納部SDは、第2片PP2の表面PP2S(第2片PP2において、コントローラ10の内部、詳説すると、ハブ取付部20に向く面)からの段差で、把持片12の厚み程度の深さを有する。 In detail, the storage unit SD is (in the second piece PP2, internal controller 10, In detail, the surface facing the hub mounting portion 20) surface PP2S of the second piece PP2 by the step from, about the thickness of the gripping piece 12 It has a depth.

そして、この格納部SDは、ハウジングHGの表面付近の一箇所であるハウジングHGの近位端部に形成される(なお、ハウジングHGの表面は、第1ハウジングHG1および第2ハウジングHG2のうちの少なくとも一方の表面であればよい)。 Then, the storage unit SD is formed on the proximal end of the housing HG which is one place near the surface of the housing HG (The surface of the housing HG is of the first housing HG1 and the second housing HG2 it may be at least one surface).

なお、格納部SDに収まった把持片12の動き(変位)を規制するために、把持片12の外周の少なくとも一端に接触するような規制部SCが設けられていてもよい。 In order to restrict movement of the gripping pieces 12 which fits in the storage unit SD (displacement), restricting portion SC as to contact with at least one end of the outer periphery of the grip piece 12 may be provided. また、把持片12の形状は、平板に限定されるものではなく、術者が把持しやすい形状であればよい。 The shape of the gripping piece 12 is not limited to a flat plate, the operator may if gripped easily shaped. また、把持片12は、術者の操作しやすいような材質で形成されていたり、表面加工を施されていたりするとの望ましい。 Further, the grip piece 12, or be formed by easy operation such a material of the operator, with or have been subjected to surface treatment desired.

クリップCPは、図1および図2に示すように、ハブ67(ひいては、インナーシャフト60)をハウジングHGに固定するもので、二叉状の足CF1・CF2を有する。 Clip CP, as shown in FIGS. 1 and 2, the hub 67 (and hence, the inner shaft 60) intended for fixing to the housing HG, having bifurcated legs CF1 · CF2. クリップCPは、足CF1と足CF2との空間を、ハブ67のスリット67Sに嵌めつつ、足CF1・CF2をハブ取付部20の固定開孔20H・20Hに差し込む。 Clip CP is the space between the legs CF1 and feet CF2, while fitted to the slit 67S of the hub 67, inserting the foot CF1 · CF2 to a fixed opening 20H · 20H of hub mounting portion 20.

これにより、ハブ67は、クリップCPの叉部分で、ハウジングHGに対して固定される(なお、第1ハウジングHG1および第2ハウジングHG2の少なくとも一方に固定されればよい)。 Thus, the hub 67 is in or part of the clip CP, is fixed relative to the housing HG (Note, only to be fixed to at least one of the first housing HG1 and the second housing HG2). 逆に、このクリップCPの足CF1・CF2が、ハウジングHG1の固定開孔20H・20Hから外されると、比較的簡易に、ハブ67がハウジングHGから外れる。 Conversely, the foot CF1 · CF2 of the clip CP is, when removed from the fixed opening 20H · 20H of the housing HG1, relatively easily, the hub 67 is disengaged from the housing HG.

なお、固定開孔20Hを通過した足CF1・CF2は、図9に示すように、重力方向において、ハブ取付部20に重なる格納部SDにも収まる(要は、足CF1・CF2は、ハブ取付部20直下に位置する格納部SDに収まる)。 Incidentally, the foot CF1 · CF2 passing through the fixed aperture 20H is, as shown in FIG. 9, in the direction of gravity, also fit in the storage unit SD overlapping the hub mounting portion 20 (in short, the foot CF1 · CF2, the hub mounting It fits in the storage unit SD which is located immediately below part 20).

そして、この格納部SDに到達した足部CF1・CF2のうちの一方(例えば足部CF2)は、格納部SDの壁部SDW(詳説すると、第2片PP2の表面PP2Sと格納部SDの底面SDBとをつなぐようにして立ち上がった壁部SDW)で、スプリング15を挟む。 Then, one of the leg portions CF1 · CF2 which reaches this storage SD (e.g. foot CF2), upon storage SD wall SDW (detail, the bottom surface of the storage unit SD and the surface PP2S second piece PP2 in to the raised wall portion SDW) to connect the SDB, sandwiching the spring 15. この点についての詳細は、後述する。 For more information about this point of it will be described later.

スライダー31は、図7および図8に示すように、アウターシャフト50をインナーシャフト60に対して移動させるためのもので、ハウジングHGに対して移動可能に保持される。 Slider 31, as shown in FIGS. 7 and 8, intended for moving the outer shaft 50 relative to the inner shaft 60 is movably retained relative to the housing HG. このスライダー31は、本体32、引き手33(33A・33B)、およびラックギア34、を含む。 The slider 31 includes a body 32, pull 33 (33A · 33B), and the rack gear 34, the.

本体32は、長尺状で、その長尺方向に沿う窪み32Hを有し、その窪み32Hに、図1および図2に示すように、マニホールド取付部35を含む。 Body 32, with elongate, has a 32H recess along its longitudinal direction, in the recess 32H, as shown in FIGS. 1 and 2, includes a manifold mounting portion 35.

マニホールド取付部35は、マニホールド52(ひいては、アウターシャフト50)を本体32に固定させる。 Manifold mounting portion 35, the manifold 52 (hence, the outer shaft 50) to be fixed to the body 32. このマニホールド取付部35の取付機構は、マニホールド52を取り付けて固定する構造であれば、特に限定されるものではない。 The attachment mechanism of the manifold mounting portion 35, if the structure for fixing the manifold 52 attached, is not particularly limited. 例えば、口部52Aと口部52Cとの間に軸部を挟み込む挟持部35Aと、口部52Bと口部52Cとの間の軸部を挟み込む挟持部55Bが、取付機構になる。 For example, a clamping portion 35A sandwiching the shaft portion between the mouth portion 52A and the mouth portion 52C, clamping portions 55B sandwiching the shaft portion between the mouth portion 52B and the mouth portion 52C becomes the attachment mechanism.

引き手33(33A・33B)は、術者の把持する箇所で、本体32の全長方向に沿って延びる2つの側壁32A・32Bに個別に形成される。 Pull 33 (33A · 33B) is at a position for gripping of the operator, are formed individually on the two side walls 32A · 32B extending along the entire length direction of the main body 32. 例えば、本体32の近位端部にて、本体32を挟み込むように、側壁32A・32Bから突き出て、引き手33A・33Bは形成される。 For example, at the proximal end of the body 32, so as to sandwich the main body 32, protruding from the side wall 32A · 32B, pullers 33A · 33B are formed.

そして、引き手33Aは、側壁32Aに対面する第1ハウジングHG1の第1延伸部EL1に形成される第1開口レールHR1に嵌り、引き手33Bは、側壁32Bに対面する第2ハウジングHG2の第2延伸部EL2に形成される第2開口レールHR2に嵌る(なお、第1開口レールHR1と第2開口レールHR2とは、ハブ取付部20よりも遠位側で、ハウジングHGの全長方向に沿って延びる)。 Then, pull 33A is fitted into the first opening rail HR1 formed in the first extending portion EL1 of the first housing HG1 facing the side walls 32A, pull 33B is a second housing HG2 facing the side wall 32B is formed on the second extending portion EL2 fits in the second opening rail HR2 (Note that the first opening rail HR1 and second openings rail HR2, at the distal side of the hub mounting portion 20, along the entire length direction of the housing HG extending Te).

なお、引き手33A・33Bは、第1開口レールHR1および第2開口レールHR2に嵌り、それらレールHR1・HR2上を移動できる大きさであれば、特に限定されない。 Incidentally, pullers 33A · 33B are fitted into the first opening rail HR1 and second openings rail HR2, if it is large enough to be able moved on their rails HR1 · HR2, not particularly limited.

ラックギア34は、板状で、本体32の全長方向に沿って延びる2つの側壁32A・32Bのうち、一方の側壁32Aに形成される。 Rack gear 34 is a plate-shaped, the two side walls 32A · 32B extending along the entire length direction of the main body 32, is formed on one side wall 32A. 詳説すると、ラックギア34は、天面に歯形を刻み、自身の長手の縁を本体32の全長方向に沿わせつつ側壁32Aに固定させる。 In detail, the rack gear 34, increments the teeth on the top surface, is fixed to the side wall 32A while along the longitudinal edges of its entire length direction of the main body 32. そして、このラックギア34の歯は、本体32の全長方向に沿って並び、歯形に噛み合うスイッチギア42に対し、回転ホイール41の回転に起因する動力が与えられることで、スライダー31は移動する。 The teeth of the rack gear 34 are aligned along the length direction of the main body 32, with respect to switchgear 42 that meshes with the teeth, that the power caused by the rotation of the rotating wheel 41 is provided, the slider 31 is moved.

なお、板状のラックギア34において、第1ハウジングHG1に面する長手の縁34Eは、対向する第1ハウジングHG1の内側に形成される溝レールDRに嵌る(なお、図8に示すように、溝レールDRは第1開口レールHR1よりも遠位側に形成される)。 Incidentally, in the plate-shaped rack gear 34, the longitudinal edges 34E facing the first housing HG1 is fitted into the groove rail DR which is formed inside the first housing HG1 facing (Note that, as shown in FIG. 8, a groove rail DR is formed on the distal side of the first opening rail HR1).

また、側壁32Bには、図7に示すように、本体32の全長方向に沿う切れ込みレールSRが形成され、この切れ込みレールSRは、対向する第2ハウジングHG2の内側に形成される突起レールPRを嵌める(なお、図1および図2に示すように、突起レールPRは第2開口レールHR2よりも遠位側に形成される)。 Further, the side wall 32B, as shown in FIG. 7, notches rail SR along the length direction of the main body 32 is formed, the slit rail SR, the projections rail PR is formed on the inside of the second housing HG2 facing fitting (Note, as shown in FIGS. 1 and 2, projections rail PR is formed on the distal side of the second opening rail HR2).

つまり、スライダー31では、引き手33が開口レールHRに嵌り、ラックギア34の縁34Eは第1ハウジングHGの1の溝レールDRに嵌り、ラックギア34の切れ込みレールSRは第2ハウジングHG2の突起レールPRに嵌る。 That is, in the slider 31, pull 33 is fitted into the opening rails HR, edges 34E of the rack gear 34 is fitted into the first groove rail DR of the first housing HG, cut rail SR of the rack gear 34 projecting rail PR of the second housing HG2 fit in. そのため、術者が引き手33を把持して、近位側に向かって引っ張ると、スライダー31は、各レールに沿って移動する(すなわち、後述の回転ホイール41を回転させなくても、スライダー31は移動する)。 Therefore, by grasping the surgeon pull 33, is pulled toward the proximal side, the slider 31 is moved along the rails (i.e., without rotating the rotary wheel 41 which will be described later, the slider 31 moves).

回転ホイール41は、図1および図2に示すように、軸孔41Hを有する回転ギア41Gと、この回転ギア41Gに連なるサムホイール41Tと、を含む。 Rotating wheel 41, as shown in FIGS. 1 and 2, includes a rotary gear 41G with axial hole 41H, a thumbwheel 41T continuous with the rotary gear 41G, the.

回転ギア41Gは、円盤状で、縁に、軸孔41Hの軸穴方向に平行な歯を有する平歯車である。 Rotation gear 41G is a disc-shaped, the edge is a spur gear with parallel teeth shaft hole direction of the shaft hole 41H.

サムホイール41Tは、回転ギア41Gよりも大きな円盤で、回転ギア41Gの軸孔41Hと共通の軸孔41Hを有し、軸孔方向に積み重なるように、回転ギア41Gに連なる。 Thumbwheel 41T is a larger disc than the rotation gear 41G, the shaft hole 41H of the rotary gear 41G and have a common axial hole 41H, as stacked in the shaft hole direction, leading to rotation gear 41G. そのため、サムホイール41Tが回転すると、回転ギア41Gも回転する。 Therefore, when the thumb wheel 41T rotates, also rotate rotary gear 41G. また、サムホイール41Tの円盤の縁には、術者の指が引っかかりやすいような加工が施される。 Also, the disc edges of the thumbwheel 41T, working as easily catching operator's finger is applied.

スイッチギア42は、回転軸42Xを有する平歯車で、その歯は、回転ギア41Gの歯およびラックギア34の歯に噛み合う。 Switchgear 42 is a spur gear having an axis of rotation 42X, its teeth mesh with the teeth of the teeth and the rack gear 34 of the rotary gear 41G. そして、このスイッチギア42は、術者によるサムホイール41Tの回転方向とラックギア34の移動方向とを、術者の使いやすいように関連づけるための歯車である。 Then, the switch gear 42, the rotational direction of the rack gear 34 of the thumbwheel 41T by the operator, a wheel for associating as easy to use for the operator.

詳説すると、スイッチギア42は、サムホイール41Tが近位側に向かって回転させられる場合、スライダー31を近位側に移動させる一方、サムホイール41Tが遠位側に向かって回転させられる場合、スライダー31を遠位側に移動させる。 In detail, when the switch gear 42, when the thumb wheel 41T is rotated toward the proximal side, while moving the slider 31 proximally, the thumb wheel 41T is rotated towards the distal side, the slider 31 is moved distally.

ホイールカバー45は、回転ホイール41の軸孔41Hに通じる回転軸45Xを有し、その回転軸45Xを軸孔41Hに挿入させた状態で、第1ハウジングHG1のギア類取付部23に固定される。 Wheel cover 45 has a rotation axis 45X leading to the shaft hole 41H of the rotating wheel 41, the rotation axis 45X in a state of being inserted into the shaft hole 41H, is fixed to the gear such attachment portion 23 of the first housing HG1 . すなわち、回転ホイール41は、ホイールカバー45の回転軸45Xを中心に回転する。 That is, the rotation wheel 41 rotates around the rotation axis 45X of the wheel cover 45.

なお、ホイールカバー45がギア類取付部23に固定される場合、スイッチギア42は、回転ギア41Gとラックギア34とに噛み合った状態で、回転軸42Xを、ギア類取付部23の内側の受け孔(不図示)回転可能に保持させる。 Incidentally, if the wheel cover 45 is fixed to the gear such attachment portion 23, the switch gear 42 in a state meshed with the rotary gear 41G and the rack gear 34, the rotation axis 42X, the inside of the receiving hole of the gear such attachment portion 23 (not shown) is rotatably supported. そのため、回転ホイール41が回転すると、スイッチギア42も従動し、さらに、スイッチギア42の回転に、ラックギア34も従動する。 Therefore, when the rotary wheel 41 is rotated, switch gear 42 is also driven, further, the rotation of the switch gear 42, the rack gear 34 is also driven.

すなわち、以上のようなコントローラ10にステントデリバリーカテーテル81が装着された場合、インナーシャフト60に対してアウターシャフト50を移動させる仕方、すなわち、インナーシャフト60を固定するハウジングHGに対して、アウターシャフト50を固定するスライダー31を近位側に移動させる仕方は、2通りある。 That is, when the stent delivery catheter 81 is attached to the controller 10 as described above, how to move the outer shaft 50 relative to the inner shaft 60, i.e., the housing HG fixing the inner shaft 60, outer shaft 50 the slider 31 for fixing manner is moved proximally, there two ways.

第1の仕方は、術者がスライダー31の引き手33を把持して、スライダー31そのものを近位側に移動させる仕方と、第2の仕方は、術者がサムホイール41T回転させることで、ラックギア34の歯のピッチ単位で、スライダー31を近位側に移動させる仕方である。 The first way is, the operator grips the pull 33 of the slider 31, and how to move the slider 31 itself proximally, the second way, by the operator rotates thumbwheel 41T, in pitch unit of the teeth of the rack gear 34, a manner of moving the slider 31 proximally.

そして、これらの移動の仕方では、第2の仕方のほうが、第1の仕方に比べて、スライダー31を微小に移動させられる。 Then, in the manner of these movements, towards the second way, compared to the first way is to move the slider 31 minutely. したがって、第2の仕方は、ステント82の留置位置を決定する場合に適する。 Accordingly, the second way is suitable in determining the indwelling position of the stent 82. 一方で、第1の仕方のほうが、第2の仕方に比べて、スライダー31を一度に長距離移動させられる。 On the other hand, towards the first way is, as compared with the second way is the slider 31 is long distance at a time. したがって、第1の仕方は、ステント82をデリバリーカテーテル70から完全に放出させる場合に適する。 Accordingly, the first way is suitable for the case of completely releasing the stent 82 from delivery catheter 70. つまり、このコントローラ10であれば、ステントデリバリーカテーテル81の多様な使用方法を提供できる。 That is, if the this controller 10 can provide a variety of usage of the stent delivery catheter 81.

また、このコントローラ10では、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とが比較的に簡易に分解される機構を含む。 Further, in the controller 10 includes a mechanism in which the first housing HG1 and the second housing HG2 is decomposed into simple relatively. この機構の部品の1つとして、図9および図10に示すように、スプリング15が挙げられる。 One part of this mechanism, as shown in FIGS. 9 and 10, the spring 15 and the like.

スプリング15は、弾性部材で、両端のうちの一端が、格納部SDの壁部SDWに固定される(なお、固定の仕方は、特に限定されず、接着であっても機械的な結合であっても構わない)。 Spring 15 is an elastic member, one end of the both ends are fixed to the storage unit SD wall SDW (Note that the manner of fixing is not particularly limited, and an adhesive had a mechanical coupling and it may be). そして、このスプリング15は、両端のうちの他端を、壁部SDWから近位側(別表現すると、第2ハウジングHG2の近位端)に向ける。 Then, the spring 15, the other end of the both ends (in another representation, the proximal end of the second housing HG2) proximally from the wall SDW turn to. すなわち、スプリング15は、格納部SDにて、コントローラ10の長手方向に沿うように配置される。 That is, the spring 15, at storage section SD, are arranged along the longitudinal direction of the controller 10.

なお、格納部SDには、ワイヤー11の把持片12も収まっており、この把持片12(詳説すると、把持片12の側面12S)と格納部SDの壁部SDWとの間に、ワイヤー11は配置される。 Note that the storage section SD, and fits well gripping pieces 12 of the wire 11, (In detail, the side surface 12S of the gripping piece 12) The holding pieces 12 between a storage unit SD wall SDW, wire 11 It is placed.

また、格納部SDには、クリップCPの足部CF1・CF2も収まっている{なお、足部CF1・CF2は、把持片12(詳説すると、把持片12の側面12S)と格納部SDの壁部SDWとの間に位置する}。 Further, the storage section SD, foot CF1 · CF2 clips CP also have {Note subsided, foot CF1 · CF2 is (In detail, the side surface 12S of the gripping piece 12) gripping piece 12 and the storage portion SD of the wall Situated between the parts SDW}. そこで、足部CF1・CF2のうちの一方(例えば足部CF2)が、スプリング15の両端のうちの他端である自由端に接触して、そのスプリング15を圧縮させる。 Therefore, one of the leg portions CF1 · CF2 (e.g. foot CF2) is in contact with the free end as the other end of the both ends of the spring 15, thereby compressing the spring 15. すなわち、図9に示すように、足部CF2と壁部SDWとで、スプリング15が圧縮される。 That is, as shown in FIG. 9, in a foot CF2 and the wall SDW, the spring 15 is compressed.

そして、このようにスプリング15が圧縮されている場合、クリップCPでハブ67、ひいてはインナーシャフト60がコントローラ10に固定されている状態で、かつ、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とは、ワイヤー11を介して連結される。 When the thus spring 15 is compressed, the hub 67 with a clip CP, while in turn the inner shaft 60 is fixed to the controller 10, and a first housing HG1 and the second housing HG2 is a wire It is linked via a 11. また、ワイヤー11における把持片12は、格納部SDに完全に収納され、ハウジングHGから外部に向けて突出しない。 Further, the grip piece 12 in the wire 11 is completely accommodated in the storage unit SD, it does not protrude toward the outside from the housing HG. つまり、術者が、意図せず、ワイヤー11に触れられない状態である。 In other words, the surgeon is not intended, a state not touched the wire 11.

そして、このような状態を正常状態、すなわち、コントローラ10によって、ステントデリバリーカテーテル81を正常に操作できる状態とする。 Then, such a state of normal state, i.e., by the controller 10, and ready for operation successfully stent delivery catheter 81.

一方で、コントローラ10における第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とを分解させたほうが望ましい場合もある。 On the other hand, in some cases better to decompose the first housing HG1 in the controller 10 and the second housing HG2 is desirable. 例えば、サムホイール31、スイッチギア42、またはスライダー31等が破損した場合、あるいは、スライダー31とハウジングHGとの接触部分(第1開口レールHR11、第2開口レールHR2、ラックギア34の縁34E、突起レールPR、切れ込みレールSR、または溝レールDR等)が破損した場合が、挙げられる。 For example, if the thumb wheel 31, the switch gear 42 or slider 31, etc., is damaged, or the slider 31 and the contact portion between the housing HG (the first opening rail HR11, the second opening rail HR2, edge of the rack gear 34 34E, projections If rail PR, cut rail SR or groove rails DR, etc.) is damaged can be mentioned.

このような状態を緊急状態、すなわち、コントローラ10によって、ステントデリバリーカテーテル81を正常に操作できない状態とする。 Such conditions emergency state, i.e., by the controller 10, a state can not successfully operate the stent delivery catheter 81.

そして、このような緊急状態において、クリップCPがハウジングHGから引き抜かれると、図10に示すように、ワイヤー11の把持片12が、ハウジングHGから外部に向けて突出する。 Then, in such an emergency state, the clip CP is withdrawn from the housing HG, as shown in FIG. 10, the grip piece 12 of the wire 11 protrudes toward the outside from the housing HG. この後、その把持片12を把持して、術者がワイヤー11をハウジングHGから引き抜くと、そのハウジングHGは、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とに分解する。 Thereafter, by holding the gripping piece 12, when the operator pulls the wire 11 from the housing HG, the housing HG is decomposed into a first housing HG1 and the second housing HG2.

詳説すると、クリップCPがハウジングHGから引き抜かれると、格納部SDの壁部SDWとともに、スプリング15を圧縮していた足部CF2が、格納部SDから乖離する。 In detail, the clip CP is withdrawn from the housing HG, with walls SDW storing part SD, foot CF2 had compressing the spring 15, to deviate from the storage unit SD. すると、圧縮されていたスプリング15が開放され、自然状態へと復元する。 Then, spring 15 which has been compressed is opened, to restore to a natural state.

コントローラ10の長手方向に沿って配置されていたスプリング15は、復元するので、圧縮状態から伸長する。 Spring 15 are arranged along the longitudinal direction of the controller 10, so to restore, extending from the compressed state. すると、スプリング15の自由端(近位端)は、把持片12に向かい、その把持片12の側面12Sに接触して押す(すなわち、スプリング15の反発による伸長先に、把持片12は配置される)。 Then, the free end of the spring 15 (proximal end) is directed to the gripping piece 12, push in contact with the side surface 12S of the gripping piece 12 (i.e., the extended destination by repulsion of the spring 15, the grip piece 12 is disposed that). これにより、把持片12は、ワイヤー11の軸方向に沿って動き、ハウジングHGから外部に向けて突出する。 Thus, the grip piece 12 will move along the axial direction of the wire 11 protrudes outward from the housing HG.

そして、この突出した把持片12が術者によって把持され、引き抜かれると、ワイヤー11はハウジングHGから引き抜かれ、そのハウジングHGは、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とに分解する。 The gripping pieces 12 that the projecting is grasped by the surgeon, when withdrawn, wire 11 is withdrawn from the housing HG, the housing HG is decomposed into a first housing HG1 and the second housing HG2.

以上のようなステントデリバリーカテーテル81を保持するコントローラ10に関しては、以下のようにいえる。 For the controller 10 to retain the stent delivery catheter 81 as described above, it can be said as follows.

コントローラ10には、ステントデリバリーカテーテル81を境に対向配置され、そのステントデリバリーカテーテル81を覆う第1ハウジングHG1および第2ハウジングHG2が含まれる。 The controller 10, is disposed opposite to the boundary of the stent delivery catheter 81 includes a first housing HG1 and the second housing HG2 cover the stent delivery catheter 81. さらに、その第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とに係り合って、それら両ハウジングHG1・HG2を固定するワイヤー11が、コントローラ10に含まれる。 Moreover, with its first housing HG1 to each other relates to the second housing HG2, wires 11 that they secure the two housings HG1 · HG2 are included in the controller 10. そして、ワイヤー11を押し出すことで、第1ハウジングHG1および第2ハウジングHG2からワイヤー11を乖離させるスプリング15と、このスプリング15の押し出し動作を制御するクリップCPとが、コントローラ10に含まれる。 Then, by pushing the wire 11, a spring 15 which deviate the wire 11 from the first housing HG1 and the second housing HG2, and clip CP for controlling the extrusion operation of the spring 15 is included in the controller 10.

このようになっていると、術者がクリップCPという一部材を操作することで、両ハウジングHG1・HG2の連結部材であるワイヤー11を、それら両ハウジングHG1・HG2から外せ、その結果、ステントデリバリーカテーテル81がコントローラ10から外れる。 With this design, the surgeon is manipulating the one member of the clip CP, the wire 11 is a connecting member of the two housings HG1 · HG2, by removing them from the housings HG1 · HG2, a result, the stent delivery the catheter 81 is disengaged from the controller 10. 逆に、術者は、クリップCPという一部材に対してのみに注意を払えば、コントローラ10からステントデリバリーカテーテル81が外れない。 On the contrary, the operator, if you pay attention only to for some material that clip CP, a stent delivery catheter 81 is not detached from the controller 10. つまり、術者の意図する場合には、コントローラ10からステントデリバリーカテーテル81が簡易に取り外せる一方、術者の意図しない場合には、誤ってステントデリバリーカテーテル81が取り外れにくい。 That is, when the intention of the operator, while the stent delivery catheter 81 is removable simply from the controller 10, when the operator unintentionally is less disengaged taken stent delivery catheter 81 inadvertently.

したがって、このコントローラ10は、正常状態では、ステントデリバリーカテーテル81をハウジングHGによって外部接触から保護する一方で、緊急状態では、ステントデリバリーカテーテル81を簡易にハウジングHGから乖離させられる。 Accordingly, the controller 10 is in a normal state, while protecting the stent delivery catheter 81 from the external contact by the housing HG, in emergency conditions, is caused to deviate from the housing HG stent delivery catheter 81 easily.

なお、詳説すると、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とは、コントローラ10の長手方向[第1方向]において重なる片として、第1ハウジングHG1は第1片PP1を、第2ハウジングHG2は第2片PP2を、含む。 Incidentally, In the detailed explanation, the first housing HG1 and the second housing HG2, as longitudinal strips overlapping in the [first direction] of the controller 10, the first housing HG1 is a first piece PP1, second housing HG2 second a piece PP2, including. そして、線状部材であるワイヤー11が、コントローラ10の長手方向に沿って配置されることで、第1片PP1および第2片PP2に係り合って、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とを連結させる。 Then, the wire 11 is linear members, that are arranged along the longitudinal direction of the controller 10, and each other relates to the first piece PP1 and the second piece PP2, the first housing HG1 and a second housing HG2 It is linked.

このようになっていると、コントローラ10の長手方向に沿って、ワイヤー11が、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とに係り合うために、例えば、コントローラ10の短手方向に沿って、ワイヤーが、第1ハウジングおよび第2ハウジングとに係り合う場合に比べて、安定的に、両ハウジングHG1・HG2を固定する(要は、両ハウジングHG1・HG2に対するワイヤー11の接触面積が比較的大きいために、両ハウジングHG1・HG2が安定して固定される)。 With this structure, in the longitudinal direction of the controller 10, the wire 11, to each other relates to the first housing HG1 and the second housing HG2, for example, along the lateral direction of the controller 10, the wire but compared to the case where mutually relates to the first and second housings, stably securing the housings HG1 · HG2 (short, due to the relatively large contact area of ​​the wire 11 relative to the housings HG1 · HG2 , the two housings HG1 · HG2 is stably fixed).

その上、コントローラ10は、ワイヤー11をハウジングHGから乖離させる部材として、スプリング15とクリップCPとを含む。 Furthermore, the controller 10, as a member to deviate the wire 11 from the housing HG, and a spring 15 and the clip CP. スプリング15は、弾性部材であり、反発力を発揮することで、ワイヤー11をコントローラ10の長手方向に沿って押し出す。 Spring 15 is an elastic member, by exerting a repulsive force to push along the wire 11 in the longitudinal direction of the controller 10. そして、このスプリング15はクリップCPによって制御されており、クリップCPは、スプリング15を圧縮または開放することで、ワイヤー11に対するスプリング15の押し出し動作を制御する。 Then, the spring 15 is controlled by the clip CP, clip CP, by compressing or releasing the spring 15, to control the extrusion operation of the spring 15 against the wire 11.

このようになっていると、比較的安定して固定された両ハウジングHG1・HG2が、クリップCPをハウジングHGから外すだけで、固定部材であるワイヤー11を移動させられる。 With this design, relatively stable housings HG1 · HG2 which is fixed is only removing the clip CP from the housing HG, moved the wire 11 is fixed member. そして、移動させられたワイヤー11がハウジングHGの外部に向けて突出すれば、術者がそのワイヤー11を引き抜くことで、簡易に、両ハウジングHG1・HG2を分解させられる。 Then, the wire 11 has been moved is if projecting toward the outside of the housing HG, by the surgeon pulls the wire 11, simply, is to decompose the two housings HG1 · HG2.

なお、以上では、第1片PP1および第2片PP2の個数は、単数であったがこれに限定されるものではなく、複数であっても構わない。 In the above, the number of the first piece PP1 and the second piece PP2 is not was the singular is not limited thereto, but may be plural. 要は、第1片PP1は、単数であっても複数であっても構わないし、同様に、第2片PP2も、単数または複数であっても構わない。 In short, the first piece PP1 is to may be plural be singular, Similarly, the second piece PP2 also may be a singular or plural.

ただし、第1片PP1の少なくとも1つには、第1空洞が形成され、さらに、第2片PP2の少なくとも1つには、第2空洞が形成される。 However, at least in part of the first piece PP1, the first cavity is formed, further, at least in part of the second piece PP2, a second cavity is formed. そして、ワイヤー11は、第1空洞HE1および第2空洞HE2に収まることで、第1片PP1および第2片PP2(ひいては、第1ハウジングHG1および第2ハウジングHG2)に係り合う。 Then, the wire 11, that fit into the first cavity HE1 and second cavities HE2, mutually relates to the first piece PP1 and the second piece PP2 (hence, the first housing HG1 and the second housing HG2).

すなわち、単純な空洞HE1・HE2に挿入されるワイヤー11だけで、両ハウジングHG1・HG2は固定される。 That is, only the wires 11 to be inserted into a simple cavity HE1 · HE2, the housings HG1 · HG2 is fixed. つまり、両ハウジングHG1・HG2は、比較的簡易な機構で、連結され、さらには、分解もされるので、術者は取扱いやすい。 That is, the housings HG1 · HG2 is a relatively simple mechanism, coupled, and further, since decomposition also is, the surgeon easy to handle.

また、スプリング15の両端における一端は固定、他端は自由端であり、ワイヤー11は、長手方向に対して交差方向に延びる把持片12が形成されており、その把持片12は、反発するスプリング15の自由端の伸長先に配置される。 One end is fixed at both ends of the spring 15, the other end is a free end, the spring wire 11 in the longitudinal direction and gripping pieces 12 extending in the cross direction is formed with respect to, the gripping piece 12, to repel It is placed in the extended destination of the free end 15.

このようになっていると、スプリング15によって押し出される把持片12は、ワイヤー11の軸方向に沿って簡易に動き、図10に示すように、ハウジングHGの外部に向けて、把持片12が突出しやすくなる。 With this design, the grip piece 12 is pushed out by the spring 15, moves easily along the axial direction of the wire 11, as shown in FIG. 10, toward the outside of the housing HG, gripping pieces 12 projects It becomes easier.

特に、把持片12は、ワイヤー11の両端のうちの一方に形成されるとともに、ハウジングHGの表面付近に配置されるので、把持片12がスプリング15によって押されると、簡易に、ハウジングHGの外部に向けて突出する。 In particular, the grip piece 12 is formed in one of the ends of the wire 11, since it is located near the surface of the housing HG, the gripping piece 12 is pushed by the spring 15, in a simple, outside the housing HG projecting toward the.

また、コントローラ10におけるクリップCPは、二叉状の足部CF1・CF2を含む。 Further, the clip CP in the controller 10 includes a bifurcated foot CF1 · CF2. そして、これら足部CF1・CF2の叉部分で、ステントデリバリーカテーテル81を挟み込み、ハウジングHGに固定するとともに、足部CF2で、スプリング15を圧縮させる。 Then, at or portions of these legs CF1 · CF2, sandwiching a stent delivery catheter 81, is fixed to the housing HG, with foot CF2, thereby compressing the spring 15.

このようになっていると、クリップCPは、ステントデリバリーカテーテル81を固定する機能と、スプリング15を圧縮させる機能とを併せ持つことになり、機能毎に部材が不要になるので、コントローラ10の部品点数が削減される。 Thus going on, clip CP has a function of fixing the stent delivery catheter 81, will be both a function of compressing the spring 15, since members for each function is not required, the number of parts of the controller 10 There is reduced.

[その他の実施の形態] Other Embodiments
なお、本発明は上記の実施の形態に限定されず、本発明の趣旨を逸脱しない範囲で、種々の変更が可能である。 The present invention is not limited to the above embodiments, without departing from the scope of the present invention, various modifications are possible.

例えば、以上では、カテーテルの一例として、ステントデリバリーカテーテルを挙げて説明してきたが、これに限定されるものではなく、例えば、バルーンカテーテル、血栓吸引カテーテル、その他カテーテルであっても構わない。 For example, in the above, as an example of the catheter, have been described by taking a stent delivery catheter, it is not limited thereto, for example, a balloon catheter, thrombus-aspiration catheter, but may be other catheter.

また、ワイヤー11の材質は、樹脂であっても金属であっても構わない。 The material of the wire 11 may be a metal be a resin. また、ワイヤー11のような線状部材以外であっても、第1片PP1と第2片PP2とに係り合って、第1ハウジングHG1と第2ハウジングHG2とを連結させられるのであれば、その形状は、特に限定されるものではない。 Also, be other than linear member such as a wire 11, to each other relates to the first strip PP1 and the second piece PP2, as long as is ligated with first housing HG1 and a second housing HG2, the shape is not particularly limited.

11 ワイヤー[係合体、線状部材] 11 Wire [engager, the linear member]
12 把持片 12S 把持片の側面 15 スプリング[押出体、弾性部材] Side 15 spring 12 gripping piece 12S gripping piece [extrudate, elastic member]
CP クリップ CF1 足部 CF2 足部 HG ハウジング[筐体] CP clip CF1 foot part CF2 foot section HG housing [housing]
HG1 第1ハウジング[第1筐体] HG1 first housing [first housing]
PP1 第1片 HE1 第1空洞 HR1 第1開口レール DR 溝レール 20 ハブ取付部 23 ギア類取付部 HG2 第2ハウジング[第2筐体] PP1 first strip HE1 first cavity HR1 first opening rail DR groove rails 20 hub mounting portion 23 gear such attachment portion HG2 second housing Second housing]
PP2 第2片 HE2 第2空洞 SD 格納部 SDW 格納部の壁部 SDB 格納部の底面 HR2 第2開口レール PR 突起レール 24 ギア類対向部 31 スライダー 32 本体 32A 本体の側壁 32B 本体の側壁 33 引き手 33A 引き手 33B 引き手 34 ラックギア 34E ラックギアの縁 35 マニホールド取付部 41 回転ホイール 41G 回転ギア 41T サムホイール 42 スイッチギア 45 ホイールカバー CP クリップ 50 アウターシャフト 51 アウターチューブ 51L アウターチューブルーメン 52 マニホールド 60 インナーシャフト 61 ガイドワイヤルーメンチューブ 61L ガイドワイヤルーメン 62 先端チップ 63 ストッパ 64 補強部 65 コアワイヤー 66 インナーチューブ 66T インナーチューブ PP2 second piece HE2 sidewall 33 pull side wall 32B the main body of the second cavity bottom HR2 wall SDB storage unit SD storage SDW storage unit second opening rail PR protrusion rails 24 gear such opposing portion 31 the slider 32 body 32A body 33A pullers 33B pullers 34 rack gear 34E edge 35 manifold mounting portion 41 rotates the wheel of the rack gear 41G rotates gear 41T thumbwheel 42 switch gear 45 wheel cover CP clip 50 the outer shaft 51 outer tubes 51L outer tube lumen 52 manifold 60 inner shaft 61 guide wire lumen tube 61L guidewire lumen 62 distal tip 63 stopper 64 reinforcement portion 65 the core wire 66 inner tube 66T inner tube の外周面 67 ハブ 80 カテーテルキット 81 ステントデリバリーカテーテル[カテーテル] The outer peripheral surface 67 a hub 80 catheter kit 81 stent delivery catheter [catheter]
82 ステント 82 stent

Claims (10)

  1. カテーテルを保持するコントローラであって、 A controller for holding the catheter,
    上記カテーテルを境に対向配置され、上記カテーテルを覆う第1筐体および第2筐体と、 Disposed opposite the boundary of the catheter, the first housing and the second housing covers the catheter,
    上記第1筐体と上記第2筐体とに係り合って、それら筐体を固定する係合体と、 And each other relates to the aforementioned first casing and the second casing, and a engagement body for fixing them housing,
    上記係合体を押し出すことで、上記第1筐体および上記第2筐体から上記係合体を乖離させる押出体と、 By pushing the engaging body, and the extrusion member to deviate the engagement body from said first housing and said second housing,
    上記押出体の押し出し動作を制御する制御体と、 A control member for controlling the extrusion operation of the extrudate,
    を含み、上記制御体の一部は、上記第1筐体および第2筐体により形成される内部空間に存在し、上記制御体の他の一部は、上記第1筐体および第2筐体の外部に存在しているコントローラ。 Wherein the part of the control member, the present in an internal space formed by the first housing and the second housing, the other part of the control member, the first housing and the second housing body controller external to exist of.
  2. 上記制御体は、上記第1筐体および第2筐体から引き抜き可能に形成されているものである請求項1に記載のコントローラ。 The control body controller of claim 1 are those extractable form from said first housing and the second housing.
  3. 上記第1筐体は、上記カテーテルの軸方向に延びる第1空洞を有しており、 The first housing has a first cavity extending in the axial direction of the catheter,
    上記第2筐体は、上記カテーテルの軸方向に延びる第2空洞を有しており、 Said second housing has a second cavity extending in the axial direction of the catheter,
    上記係合体は、上記第1空洞および上記第2空洞に挿通されている、請求項1または2に記載のコントローラ。 It said engaging member is inserted into the first cavity and the second cavity, controller of claim 1 or 2.
  4. 第1方向において重なる片として、上記第1筐体は第1片を、上記第2筐体は第2片を含み、 As pieces overlap in the first direction, the first housing a first piece, the second housing includes a second piece,
    上記係合体は、線状部材で、上記第1方向に沿って配置されることで、上記第1片および上記第2片に係り合っており、 It said engaging member is a linear member, that is disposed along the first direction and each other relates to the first piece and the second piece,
    上記押出体は、弾性部材で、反発力で、上記線状部材を上記第1方向に沿って押し出し、 The extrusion member is an elastic member, in repulsive force, extruding the linear member along said first direction,
    上記制御体は、上記弾性部材を圧縮または開放することで、上記弾性部材の押し出し動作を制御する、 The control body, by compressing or releasing the elastic member to control the extrusion operation of the elastic member,
    請求項1〜3のいずれか1項に記載のコントローラ。 The controller according to any one of claims 1 to 3.
  5. 上記第1片は、単数または複数有り、少なくとも1つには第1空洞が形成され、 The first piece, there one or more of the first cavity is formed in at least one,
    上記第2片は、単数または複数有り、少なくとも1つには第2空洞が形成され、 The second piece, there one or more of the second cavity is formed at least one,
    上記係合体は、上記第1空洞および上記第2空洞に収まることで、上記第1片および上記第2片に係り合う、 It said engaging member, by fit into the first cavity and the second cavity, mutually relates to the first piece and the second piece,
    請求項4に記載のコントローラ。 The controller of claim 4.
  6. 上記押出体の両端における一端は固定、他端は自由端であり、 One end of both ends of the extrudate is fixed, the other end is a free end,
    上記線状部材は、自身の軸方向に対して交差方向に延びる把持片が形成されており、 The linear member is holding pieces extending in the cross direction are formed with respect to its own axial direction,
    上記把持片は、上記押出体の反発による上記自由端の伸長先に配置される、 The gripping pieces is positioned in the extended destination of the free end by the repulsion of the extrudate,
    請求項4または5に記載のコントローラ。 The controller of claim 4 or 5.
  7. 上記把持片は、上記線状部材の両端のうちの一方に形成されるとともに、上記第1筐体または第2筐体の少なくとも一方の表面付近に配置される、 The gripping piece is formed in one of opposite ends of the linear member, disposed near at least one surface of the first housing or the second housing,
    請求項6に記載のコントローラ。 The controller of claim 6.
  8. 上記制御体は、二叉状の足部を含み、 The control member includes a bifurcated foot,
    上記足部の叉部分で、上記カテーテルを挟み込み、上記第1筐体および上記第2筐体の少なくとも一方に固定するとともに、上記足部で、上記押出体を圧縮させる、 In or part of the foot, sandwiching the catheter is fixed to at least one of said first housing and said second housing, at the foot, thereby compressing the extrudate,
    請求項1〜7のいずれか1項に記載のコントローラ。 The controller according to any one of claims 1-7.
  9. 請求項1〜8のいずれか1項に記載のコントローラと、 And a controller according to any one of claims 1 to 8,
    上記コントローラに装着されたカテーテルと、 A catheter attached to the controller,
    を含むカテーテルキット。 Catheter kit comprising a.
  10. カテーテルを境に対向配置され、上記カテーテルを覆う第1筐体および第2筐体と、 Disposed opposite the catheter as a boundary, the first housing and the second housing covers the catheter,
    上記第1筐体と上記第2筐体とに係り合って、それら筐体を固定する係合体と、 And each other relates to the aforementioned first casing and the second casing, and a engagement body for fixing them housing,
    上記係合体を押し出すことで、上記第1筐体および上記第2筐体から上記係合体を乖離させる押出体と、 By pushing the engaging body, and the extrusion member to deviate the engagement body from said first housing and said second housing,
    上記押出体に当接している制御体と、 A control member which is in contact with the extrudate,
    を含み、 It includes,
    上記第1筐体は、上記カテーテルの軸方向に延びる第1空洞を有しており、 The first housing has a first cavity extending in the axial direction of the catheter,
    上記第2筐体は、上記カテーテルの軸方向に延びる第2空洞を有しており、 Said second housing has a second cavity extending in the axial direction of the catheter,
    上記係合体は、コントローラ1個に対して1個であり、上記第1空洞および上記第2空 It said engaging member is a one for one controller, the first cavity and the second air
    洞に挿通されており、 It has been inserted into the sinus,
    上記制御体は、上記第1筐体および第2筐体から引き抜き可能に形成されているコントローラを操作する方法であって、 The control body is a method for operating a controller that is extractable form from said first housing and the second housing,
    上記制御体を、上記第1筐体および第2筐体から引き抜くことにより、上記押出体と上記制御体との当接を解除するステップを含む方法。 The control body, by pulling from the first housing and the second housing, the method comprising the step of releasing the contact between the extruded body and the control body.
JP2015246608A 2015-12-17 2015-12-17 Controller, a catheter kit, a method of using the controller Active JP6258914B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015246608A JP6258914B2 (en) 2015-12-17 2015-12-17 Controller, a catheter kit, a method of using the controller

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2015246608A JP6258914B2 (en) 2015-12-17 2015-12-17 Controller, a catheter kit, a method of using the controller

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012059200 Division 2012-03-15

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2016034594A JP2016034594A (en) 2016-03-17
JP6258914B2 true JP6258914B2 (en) 2018-01-10

Family

ID=55522842

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015246608A Active JP6258914B2 (en) 2015-12-17 2015-12-17 Controller, a catheter kit, a method of using the controller

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP6258914B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101685325B1 (en) * 2016-02-15 2016-12-09 한양대학교 산학협력단 Magnetic pulley apparatus to deploy the self-expandable stent

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE69508942T2 (en) * 1995-10-19 1999-08-05 Hewlett Packard Gmbh Housing for electronic components
JP2000019266A (en) * 1998-07-06 2000-01-21 Seiko Corp Wrist watch case
JP4163324B2 (en) * 1999-05-25 2008-10-08 オリンパス株式会社 Housing unit
JP2001269205A (en) * 2000-03-24 2001-10-02 Glory:Kk Connecting pin
FR2818089A1 (en) * 2000-12-12 2002-06-14 Koninkl Philips Electronics Nv Casing for phone or other electronic device includes long rod inserted from case end to link top and bottom sections enclosing battery compartment
US6939352B2 (en) * 2001-10-12 2005-09-06 Cordis Corporation Handle deployment mechanism for medical device and method
US6866669B2 (en) * 2001-10-12 2005-03-15 Cordis Corporation Locking handle deployment mechanism for medical device and method
US8167892B2 (en) * 2005-12-29 2012-05-01 Cordis Corporation Adjustable and detached stent deployment device
CN102883770B (en) * 2010-05-11 2015-06-10 导管治疗有限公司 A catheter handle
JP5483583B2 (en) * 2010-07-28 2014-05-07 キャタピラージャパン株式会社 Hinge device

Also Published As

Publication number Publication date
JP2016034594A (en) 2016-03-17

Similar Documents

Publication Publication Date Title
AU2006264300B2 (en) Intravenous catheter insertion device and method of use
AU2007321449B2 (en) Improvements in and relating to drive mechanisms suitable for use in drug delivery devices
US8708977B2 (en) Blood collection device
AU2006236684B2 (en) Lead extraction device
CN100518852C (en) Implanting device
CA2178249C (en) Catheter arrangement with interlocking sequenced guarding members for protecting cannula
JP5083929B2 (en) Retractable needle shielding device
US8523824B2 (en) Guidewire and catheter management device
CN101754779B (en) Inserter device with controlled acceleration
US20150297868A1 (en) Access device
US20030225395A1 (en) Guide wire steering handle
EP1543859B1 (en) Passive activated safety kit for needle of blood collection set
EP0747087B1 (en) Catheter release mechanism
US9974904B2 (en) Autoinjector system
US20180296742A1 (en) System for introducing a pump
JP4951509B2 (en) Passive shield injection device
EP2001541B1 (en) Torque device for a medical guidewire
JP3527747B2 (en) Guide wire feeding device
JP4615557B2 (en) Safety shield
CN1294998C (en) Safety device
CN103153383B (en) Neonatal and pediatric catheter system
CN1227045C (en) Catheter having wing with stiffening member therein
US20090292262A1 (en) Valve loader method, system, and apparatus
AU2008308910B2 (en) Tip for lead extraction device
ES2714249T3 (en) Device and method of catheter placement

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20151217

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20160923

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20160927

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20161122

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20161216

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20170523

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20171128

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20171207

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6258914

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150