JP6100982B1 - Between expandable vertebral inserter for fixing the device - Google Patents

Between expandable vertebral inserter for fixing the device

Info

Publication number
JP6100982B1
JP6100982B1 JP2016555685A JP2016555685A JP6100982B1 JP 6100982 B1 JP6100982 B1 JP 6100982B1 JP 2016555685 A JP2016555685 A JP 2016555685A JP 2016555685 A JP2016555685 A JP 2016555685A JP 6100982 B1 JP6100982 B1 JP 6100982B1
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2016555685A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2017509396A (en )
Inventor
スコット・マクレーン
ニコラ・カリナン
デイヴィッド・ボワヴェール
Original Assignee
スパイン・ウェーヴ・インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2/00Filters implantable into blood vessels; Prostheses, i.e. artificial substitutes or replacements for parts of the body; Appliances for connecting them with the body; Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/02Prostheses implantable into the body
    • A61F2/30Joints
    • A61F2/46Special tools or methods for implanting or extracting artificial joints, accessories, bone grafts or substitutes, or particular adaptations therefor
    • A61F2/4603Special tools or methods for implanting or extracting artificial joints, accessories, bone grafts or substitutes, or particular adaptations therefor for insertion or extraction of endoprosthetic joints or of accessories thereof
    • A61F2/4611Special tools or methods for implanting or extracting artificial joints, accessories, bone grafts or substitutes, or particular adaptations therefor for insertion or extraction of endoprosthetic joints or of accessories thereof of spinal prostheses
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2/00Filters implantable into blood vessels; Prostheses, i.e. artificial substitutes or replacements for parts of the body; Appliances for connecting them with the body; Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/02Prostheses implantable into the body
    • A61F2/30Joints
    • A61F2/44Joints for the spine, e.g. vertebrae, spinal discs
    • A61F2/4455Joints for the spine, e.g. vertebrae, spinal discs for the fusion of spinal bodies, e.g. intervertebral fusion of adjacent spinal bodies, e.g. fusion cages
    • A61F2/447Joints for the spine, e.g. vertebrae, spinal discs for the fusion of spinal bodies, e.g. intervertebral fusion of adjacent spinal bodies, e.g. fusion cages substantially parallelepipedal, e.g. having a rectangular or trapezoidal cross-section
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2/00Filters implantable into blood vessels; Prostheses, i.e. artificial substitutes or replacements for parts of the body; Appliances for connecting them with the body; Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/02Prostheses implantable into the body
    • A61F2/30Joints
    • A61F2002/30001Additional features of subject-matter classified in A61F2/28, A61F2/30 and subgroups thereof
    • A61F2002/30316The prosthesis having different structural features at different locations within the same prosthesis; Connections between prosthetic parts; Special structural features of bone or joint prostheses not otherwise provided for
    • A61F2002/30535Special structural features of bone or joint prostheses not otherwise provided for
    • A61F2002/30537Special structural features of bone or joint prostheses not otherwise provided for adjustable
    • A61F2002/30556Special structural features of bone or joint prostheses not otherwise provided for adjustable for adjusting thickness
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2/00Filters implantable into blood vessels; Prostheses, i.e. artificial substitutes or replacements for parts of the body; Appliances for connecting them with the body; Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/02Prostheses implantable into the body
    • A61F2/30Joints
    • A61F2002/30001Additional features of subject-matter classified in A61F2/28, A61F2/30 and subgroups thereof
    • A61F2002/30316The prosthesis having different structural features at different locations within the same prosthesis; Connections between prosthetic parts; Special structural features of bone or joint prostheses not otherwise provided for
    • A61F2002/30535Special structural features of bone or joint prostheses not otherwise provided for
    • A61F2002/30599Special structural features of bone or joint prostheses not otherwise provided for stackable
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2/00Filters implantable into blood vessels; Prostheses, i.e. artificial substitutes or replacements for parts of the body; Appliances for connecting them with the body; Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/02Prostheses implantable into the body
    • A61F2/30Joints
    • A61F2/46Special tools or methods for implanting or extracting artificial joints, accessories, bone grafts or substitutes, or particular adaptations therefor
    • A61F2/4603Special tools or methods for implanting or extracting artificial joints, accessories, bone grafts or substitutes, or particular adaptations therefor for insertion or extraction of endoprosthetic joints or of accessories thereof
    • A61F2002/4625Special tools or methods for implanting or extracting artificial joints, accessories, bone grafts or substitutes, or particular adaptations therefor for insertion or extraction of endoprosthetic joints or of accessories thereof with relative movement between parts of the instrument during use
    • A61F2002/4627Special tools or methods for implanting or extracting artificial joints, accessories, bone grafts or substitutes, or particular adaptations therefor for insertion or extraction of endoprosthetic joints or of accessories thereof with relative movement between parts of the instrument during use with linear motion along or rotating motion about the instrument axis or the implantation direction, e.g. telescopic, along a guiding rod, screwing inside the instrument

Abstract

細長い挿入器は、拡張可能な椎体間固定デバイスに解放可能に接続される遠位端と、トリガーアクチュエータを含む近位端とを有する。 An elongated inserter has a distal end which is releasably connected to the anchoring device between the expandable vertebral body, and a proximal end including a trigger actuator. 椎体間固定デバイスは、椎間板内空間内で互いに関して拡張方向に移動可能である上終板と下終板とを備える。 Interbody device comprises an upper endplate and lower endplate and is movable in the direction of extension with respect to one another in the disc space. 挿入器は、トリガーアクチュエータの動作後にデバイス内の拡張構造の補完する表面と係合して連携し、上および下終板が互いから相対的に遠ざかるように移動することを引き起こすランプ面を含む昇降プラットフォームを備える。 Inserter engages the complementary surface of the extended structure in the device after operation of the trigger actuator in cooperation, lifting the upper and lower endplates comprises a ramp surface that causes it to move away relatively from each other provided with a platform. 駆動装置は、デバイスの拡張後に上終板と下終板との間に挿入物を押し込むように挿入器によって支持される。 Drive device is supported by the inserter to push the insert between the upper endplate and lower endplate after expansion of the device.

Description

本発明は、一般に、脊椎インプラントの分野に関するものであり、より具体的には、脊椎内で拡張可能なデバイスを拡張させるための、拡張可能な脊椎椎体間固定デバイス用の挿入器に関するものである。 The present invention generally relates to the field of spinal implants, and more specifically, for expanding the expandable devices in the spine, relates inserter for fixing the device between expandable vertebral is there.

脊椎椎体間固定デバイスなどの脊椎インプラントは、変性椎間板疾患および隣接する椎骨の間の脊椎円板における他の損傷または欠陥を治療するために使用される。 Spinal implant, such as spinal interbody fusion device is used to treat other damage or defects in the spinal disc between the degenerative disc disease and adjacent vertebrae. 椎間板は、ヘルニア状態であるか、または様々な変性状態を患うことがあり、それにより、脊椎円板の解剖学的機能が損なわれる。 Disc, may suffer from either a herniated, or a variety of degenerative conditions, so that the anatomical feature of the spinal disc is impaired. これらの状態に対する最も普及している外科治療は、罹患している椎間板を囲む2つの椎骨を癒合させることである。 The most prevalent surgical treatment for these conditions is to coalesce the two vertebrae surrounding the intervertebral disc suffering. ほとんどの場合において、環状部の一部を除く椎間板全体が、椎間板切除術によって除去される。 In most cases, the entire disc except for a part of the annular portion is removed by discectomy. 次いで、脊椎固定デバイスが椎間板内空間内に導入され、好適な骨移植片または代用骨材が実質的にデバイスの中および/またはデバイスに隣接して留置され、2つの隣接する椎骨の間の固定を促進する。 Then, the spinal fixation device is introduced into the disc space, the preferred bone graft or substitute bone material is placed substantially adjacent in and / or devices of the device, fixed between two adjacent vertebrae to promote.

固定を達成するためのいくつかの脊椎用デバイスは、隣接する椎骨の間の椎間板の高さを補正するために拡張可能でもある。 Some spinal devices for achieving fixation may also be extended to correct the height of the intervertebral disc between adjacent vertebrae. 拡張可能な椎体間固定デバイスの例は、2003年7月22日に発行された特許文献1、2011年4月26日に発行された特許文献2、および、2011年6月28日に発行された特許文献3において説明されている。 Issuance of the expandable interbody fusion device, July 2003 Patent Document 1, issued 22 days, April 2011 Patent Document 2, issued 26 days, and, on June 28, 2011 It is described in Patent Document 3, which is. 特許文献1、特許文献2、および、特許文献3は、それぞれ、経皮的アプローチでウェハと称される一連の細長い挿入物を原位置に順次導入し、対向している椎骨体部を漸進的に引き離して、脊椎を安定させ、脊椎の高さを補正することを開示しており、ウェハは隣接するウェハを多自由度で連動させることができる特徴を備える。 Patent Document 1, Patent Document 2, and Patent Document 3 are progressively sequentially introducing an elongate insert a series of called wafer to the original position in percutaneous approach, a vertebral body that is opposed to be pulled apart, spine to stabilize the, discloses correcting the height of the spine, the wafer is provided with features that can be linked to an adjacent wafer in multiple degrees of freedom. 特許文献1、特許文献2、および、特許文献3は、本発明と同じ譲受人に譲渡され、これらの特許の開示はその全体が参照により本明細書に組み込まれている。 Patent Document 1, Patent Document 2, and Patent Document 3 are assigned to the same assignee as the present invention, the disclosures of these patents are incorporated herein by reference in its entirety.

挿入物またはウェハを使用してそのようなデバイスを漸進的に拡張するそのような椎体間固定デバイスに関して生じる問題は、いつリガメントタキシスの結果として完全な拡張が達成されており、さらなる挿入物が挿入され得ないかを決定することである。 Resulting problem for such interbody fusion device using inserts or wafers to extend such devices progressively, and fully expanded is achieved when as a result of the trigger placement Taki cis, additional inserts There is to determine not be inserted. したがって、外科医が、脊椎を安定させ、脊椎の高さを補正するために十分な数の挿入物がいつ導入されたか、および追加の挿入物が導入され得るかどうかを知ることが望ましい。 Thus, the surgeon, the spine to stabilize the, or a sufficient number of inserts in order to correct the height of the spine is when introduced, and the additional insert it is desirable to know whether may be introduced. この問題を解決する一アプローチは、参照により本明細書に組み込まれている2014年9月9日に発行された、同一出願人による特許文献4において説明されている。 One approach to solving this problem, issued September 9, 2014, which is incorporated herein by reference, are described in Patent Document 4 by the same applicant.

したがって、改善された拡張可能な椎体間固定デバイスおよびそのようなデバイスを拡張し、挿入するための挿入器が必要であり、これはいつデバイスの適切な拡張が達成され、さらなる挿入物が導入され得ないかを決定する機能を含む。 Therefore, extending the inter improved expandable vertebral body fixing devices and such devices, it is necessary inserter for inserting, this is an appropriate extension when the device is achieved, a further insert is introduced including the ability to determine not be.

米国特許第6,595,998号 US Pat. No. 6,595,998 米国特許第7,931,688号 US Pat. No. 7,931,688 米国特許第7,967,867号 US Pat. No. 7,967,867 米国特許第8,828,019号 US Pat. No. 8,828,019 米国特許出願第13/795,054号 U.S. Patent Application No. 13 / 795,054

本発明の目的は、拡張可能な椎体間固定デバイスを拡張し、1つまたは複数の挿入物を、デバイスの拡張が進む毎に順次挿入するための挿入器を実現することである。 An object of the present invention extends the fixation device between the expandable vertebral body, one or more inserts is to realize an insertion device for sequentially inserting each extension of the device is advanced. さらなる目的は、好適な拡張に到達していること、および追加の挿入物が挿入され得ないことを外科医が決定することを可能にする挿入器の機能を実現することである。 A further object is to have reached a suitable extension, and additional insert is to implement the functions of the inserter that allows the surgeon to decide that it can not be inserted.

拡張可能な椎体間固定デバイスが拡張されていない状態の、本発明の一実施形態による拡張可能な脊椎椎体間固定デバイスに解放可能に取り付けられている挿入器を備える装置の上面斜視図である。 State expandable interbody fusion device is not expanded, at top perspective view of a device comprising an insertion instrument releasably attached to the fixation device between the expandable vertebral body according to an embodiment of the present invention is there. 図1aの装置の側面図である。 It is a side view of the apparatus of FIG. 1a. 図1aの装置の上面図である。 It is a top view of the device of FIG 1a. 図1cにおいて円で囲まれているような装置の遠位部分の拡大図である。 Is an enlarged view of a distal portion of the device as circled in FIG. 1c. 図1aの拡張されていない固定デバイスの上面斜視図である。 It is a top perspective view of the unexpanded fixation device of FIG. 1a. 拡張された後の図3の固定デバイスの上面斜視図である。 It is a top perspective view of the fixation device of Figure 3 after being expanded. 図3bの拡張されたデバイスの分解上面斜視図である。 Is an exploded top perspective view of the expanded device of FIG. 3b. 図3bの拡張されたデバイスの側面図である。 Is a side view of the expanded device of FIG. 3b. 図5aの目線B−Bに沿って見たときの図5aのデバイスの断面図である。 It is a cross-sectional view of the device of Figure 5a when viewed along the eyes B-B in Figure 5a. 図5aの目線C−Cに沿って見たときの図5aのデバイスの断面図である。 It is a cross-sectional view of the device of Figure 5a when viewed along Looking C-C in Figure 5a. 図3aの拡張可能な脊椎椎体間固定デバイスで使用される挿入物の上面斜視図である。 It is a top perspective view of an expandable spinal interbody fusion device insert for use in the Figure 3a. 図6aの挿入物の上面図である。 It is a top view of the insert of Figure 6a. 図6bの目線VI−VIに沿って見たときの挿入物の縦方向断面図である。 It is a longitudinal sectional view of the insert when viewed along the eyes VI-VI of Figure 6b. 図6aの挿入物の底面図である。 It is a bottom view of the insert of Figure 6a. 図6aの挿入物の遠位端面図である。 It is a distal end view of the insert of Figure 6a. 図3aの拡張可能な脊椎椎体間固定デバイスで使用されるエレベータの上面斜視図である。 It is a top perspective view of the elevator used in expandable spinal interbody fusion device of FIG. 3a. 図7aのエレベータの上面図である。 It is a top view of the elevator of Figure 7a. 図7bの目線VII−VIIに沿って見たときのエレベータの縦方向断面図である。 It is a longitudinal sectional view of an elevator when viewed along Looking VII-VII of Figure 7b. 図7aのエレベータの底面図である。 It is a bottom view of the elevator of Figure 7a. 図7aのエレベータの遠位端面図である。 It is a distal end view of the elevator of Figure 7a. 平行移動可能な昇降プラットフォームおよび平行移動可能な駆動装置を含む、図1aの挿入器のトラックおよび構成要素の分解上面斜視図である。 Containing translatable lifting platform and translatable drive is an exploded top perspective view of the inserter of tracks and components in FIG. 1a. 図8において円で囲まれているような挿入器トラックおよび構成要素の遠位部分の拡大図である。 It is an enlarged view of the distal portion of the inserter tracks and components, as circled in FIG. 図1cの目線IX−IXに沿って見たときの図1aの挿入器およびデバイスの断面図である。 Inserter of FIG. 1a when viewed along Looking IX-IX in FIG. 1c and a cross-sectional view of the device. 図9の円で囲まれている部分Aの拡大図である。 Is an enlarged view of a portion A surrounded by a circle in FIG. 図9の円で囲まれている部分Bの拡大図である。 Is an enlarged view of the enclosed portion B in a circle in FIG. 拡張可能なデバイスが拡張されていない状態の図2の目線A−Aに沿って見たときの挿入器およびデバイスの遠位端の断面図である。 It is a cross-sectional view of the inserter and a distal end of the device when the expandable device is seen along Looking A-A of Figure 2 the unexpanded state. 拡張可能なデバイスが拡張されていない状態の図2の目線B−Bに沿って見たときの挿入器およびデバイスの遠位端の断面図である。 It is a cross-sectional view of the inserter and a distal end of the device when the expandable device is seen along the eyes B-B in Figure 2 the unexpanded state. 図10aおよび図10bに示されている位置にある拡張可能なデバイスの昇降プラットフォームおよびエレベータの遠位端の上面部分斜視図である。 It is a top partial perspective view of the distal end of the lifting platform and the elevator of the expandable device in the position shown in FIGS. 10a and 10b. 図11の目線XII−XIIに沿って見たときの昇降プラットフォームおよびエレベータの断面図である。 It is a cross-sectional view of the elevator platform and elevator when viewed along Looking XII-XII of Figure 11. エレベータを持ち上げ、拡張可能なデバイスを拡張する位置まで昇降プラットフォームが遠位に移動されており、第1の挿入物が拡張されたデバイス内に部分的に入っている図10aに類似する図である。 Lift the elevator, position to a lifting platform to extend the expandable device has been moved distally, is a view similar to Figure 10a where the first insert is in the partially within expanded device . エレベータを持ち上げ、拡張可能なデバイスを拡張する位置まで昇降プラットフォームが遠位に移動されており、第1の挿入物が拡張されたデバイス内に部分的に入っている図10bに類似する図である。 Lift the elevator, position to a lifting platform to extend the expandable device has been moved distally, is a view similar to Figure 10b where the first insert is in the partially within expanded device . 拡張された拡張可能なデバイス内に挿入されている第1の挿入物を示す図10aに類似する図である。 It is a view similar to Figure 10a showing a first insert being inserted into expanded expandable device. エレベータおよび第1の挿入物を持ち上げ、拡張可能なデバイスをさらに拡張する位置まで昇降プラットフォームが遠位に移動され、第2の挿入物が拡張されたデバイス内に部分的に入っている図13aに類似する図である。 Lift the elevator and the first insert, position to a lifting platform to further expand the expandable device is moved distally, in Figure 13a where the second insert is in the partially within expanded device it is a view similar. エレベータおよび第1の挿入物を持ち上げ、拡張可能なデバイスをさらに拡張する位置まで昇降プラットフォームが遠位に移動され、第2の挿入物が拡張されたデバイス内に部分的に入っている図13bに類似する図である。 Lift the elevator and the first insert, position to a lifting platform to further expand the expandable device is moved distally, in Figure 13b in which the second insert is in the partially within expanded device it is a view similar. エレベータを第1の挿入物から離し第2の挿入物の挿入用の空間を形成する位置まで第2の挿入物がさらに遠位に移動されている図15aの図に示されているように拡張された拡張可能なデバイスの図である。 Expanded as shown in the diagram of Figure 15a in which the second insert is further moved distally to a position to form a space for insertion of the second insert away elevator from a first insert it is a view of the expandable devices. エレベータを第1の挿入物から離し第2の挿入物の挿入用の空間を形成する位置まで第2の挿入物がさらに遠位に移動されている図15bの図に示されているように拡張された拡張可能なデバイスの図である。 Expanded as shown in the diagram of Figure 15b in which the second insert is further moved distally to a position to form a space for insertion of the second insert away elevator from a first insert it is a view of the expandable devices. 拡張された拡張可能なデバイス内に挿入されている第1の挿入物および第2の挿入物を示す図14の図に類似する図である。 Is a view similar to the view of FIG. 14 showing a first insert and a second insert which is inserted into the expanded expandable device. 図17の目線XVIII−XVIIIに沿って見たときの断面図である。 It is a cross-sectional view as viewed along Looking XVIII-XVIII of Figure 17. わかりやすくするため挿入物が示されていない、挿入物がガイドピンから外された後にガイドピンが解放可能に接続されている拡張された脊椎椎体間固定デバイスの近位斜視図である。 Inserts are not shown for clarity, the insert is proximal perspective view of the expanded spinal interbody fusion device guide pin after being removed from the guide pin is releasably connected. 挿入器がモジュール式である、本発明のさらなる実施形態による拡張可能な脊椎椎体間固定デバイスに解放可能に取り付けられている挿入器を備える装置の上面斜視図である。 Inserter is modular, a top perspective view of a device comprising an insertion instrument releasably attached to the fixation device between the expandable vertebral according to a further embodiment of the present invention.

次に、本発明の原理の理解を促すことを目的として、図面に例示され、次に述べる明細書において説明されている実施形態への参照がなされる。 Next, for the purpose of promoting an understanding of the principles of the present invention are illustrated in the drawings, a reference to the embodiments described in the specification to be described below is performed. それにより本発明の範囲に対する制限は意図されていないことは理解される。 Whereby limitation on the scope of the present invention will be understood that it is not intended. 本発明が、例示されている実施形態へのいかなる改変および修正を含み、本発明が関係する技術分野の当業者であれば通常思いつくような本発明の原理のさらなる応用を含むこともさらに理解される。 The present invention comprises any modifications and modifications to the illustrated embodiment, also it is further understood to include further applications of the principles of the present invention Those skilled in the art usually occur to the present invention relating that.

次に図1a〜図1c、図2、図3a〜図3b、および図4を参照すると、脊椎椎体間固定術使用するための装置1が図示されている。 Next, FIG 1a~ diagram 1c, 2, referring to FIG. 3a~ Figure 3b, and 4, apparatus 1 for use spinal interbody fusion is shown. 装置1は、拡張可能な脊椎椎体間固定デバイス10および挿入器100を備える。 Apparatus 1 comprises an expandable spinal interbody fusion device 10 and inserter 100. 挿入器100は、脊椎の対向する椎骨体部の間の椎間板内空間内にデバイス10を挿入し、デバイスを原位置で拡張するために、また挿入物を拡張されたデバイス100内に挿入するために使用される器具である。 Inserter 100 inserts the device 10 into the space disc between the vertebral body portion opposite of the spine in order to expand the device in situ, and in order to insert the inserts into expanded device 100 in is an instrument to be used for. 拡張可能な椎体間固定デバイス10は、以下で詳しく説明されるように、上終板12などの第1の要素、下終板14などの第2の要素、少なくとも1つの挿入物16、およびエレベータ18を含む拡張構造を備える。 Expandable interbody fusion device 10, as will be described in detail below, the first element, such as the upper endplate 12, a second element, such as the lower endplate 14, at least one insert 16, and It comprises an expandable structure that includes an elevator 18. 図1bに例示されているような拡張されていない状態にある上終板12および下終板14の間の高さHは、典型的な椎間板内空間の通常の解剖学的高さよりも小さい。 The height H between the end plate 12 and the lower endplate 14 on in the non-extended state as illustrated in FIG. 1b is smaller than a typical normal anatomic height of the disc space. 本発明では、図3aに示されているような拡張されていない状態から図3bに示されているような拡張された高さまで挿入器100によって椎体間固定デバイス10を拡張し、最終的に、椎間板空間の通常の解剖学的高さを復元し、その後、説明されているように、挿入物16などの、1つまたは複数の挿入物を挿入し、拡張された上終板12と下終板14との間に挿入物16の積み重ねを形成することを企図している。 In the present invention extends the interbody fusion device 10 by the inserter 100 from unexpanded state as shown in FIG. 3a to the expanded height as shown in FIG. 3b, finally restores the normal anatomical height of the disc space, then, as described, such as the insert 16, insert one or more inserts, the lower the endplate 12 after being expanded It contemplates the forming stack of inserts 16 between the end plates 14. 説明されている特定の配置構成において、固定デバイス10は、後方進入路から脊椎内に植え込むように構成され、またサイズも決定される。 In particular arrangement being described, the fixation device 10 is configured to be implanted from the rear entryway into the spine and the size is also determined. 図3aに示されている拡張されていない状態において、デバイス10は、約25mmの長さ、約10mmの幅、および約7mmの拡張されていない状態の高さHを有する。 In the unexpanded state shown in Figure 3a, the device 10 has about 25mm length of a width of about 10 mm, and the height H of the unexpanded condition of from about 7 mm. 固定デバイス10は、説明されているように、後外側、前側、または外側進入路を使用して脊椎へ植え込むようにも構成され、サイズが決められ得る。 Fixing device 10, as described, posterolateral, front or also constructed using outer entryway to be implanted into the spine, there may be sized.

図3a〜図3bおよび図18に示されているような上終板12は、細長く、ハブ20の各側に縦方向に延在する側面22および24の対ならびに上終板12の近位後端および遠位前端のところにそれぞれ延在する端面26および28の対を有するハブ20を備える。 Figure 3a~ Figure 3b and the upper as shown in Figure 18 endplate 12 is elongated, after the proximal pair and the upper endplate 12 of side surface 22 and 24 extending longitudinally on each side of the hub 20 each at the end and a distal front end comprises a hub 20 having a pair of extending end surfaces 26 and 28. ハブ20は、説明されるように、下終板14の空洞48内に嵌合して中で伸縮する動きをするようにサイズが決められ、構成される。 Hub 20, as will be described, is sized to the movement of expansion and contraction in fitted into the cavity 48 of the lower endplate 14 is determined, constructed. ハブ20(図18)の下面30は、一般的に平坦であり、平面状である。 The lower surface 30 of the hub 20 (FIG. 18) is generally flat and planar. 好適な摩擦またはクラッシュリブ(crush rib)が内面44aの下終板14のハブ20と空洞48との間に設けられるものとしてよく、デバイス10が引き離される椎間板内空間内に導入されるときに上終板12および下終板14を拡張の方向に一緒に一時的に保持する。 Well as suitable friction or crush rib (crush, rib) is provided between the hub 20 and the cavity 48 of the lower endplate 14 of the inner surface 44a, on when introduced into the disc space device 10 is pulled away temporarily held together endplate 12 and lower endplate 14 in the direction of extension.

図3a〜図3bおよび図18を引き続き参照すると、上終板12は、上側外面12aおよび下面30を貫通する開口部38によって画成されるグラフトチャンバー(graft chamber)を備える。 Referring to FIG. 3a~ view 3b and 18 continues, the upper endplate 12 is provided with a graft chamber (graft chamber) defined by the openings 38 passing through the upper outer surface 12a and lower surface 30. 一配置構成によれば、上終板12は、ポリエチルエチルケトン(PEEK)などの生体適合性ポリマーから形成される。 According to one arrangement, the upper end plate 12 is formed from a biocompatible polymer, such as polyethyl ethyl ketone (PEEK). PEEKは、強度、生体適合性、および人骨に類似する弾性を併せ持たせるために癒合用途において使用される。 PEEK is intensity, are used in healing applications in order to Awasemota biocompatibility and elasticity similar to human bone. 他の組成物は、それぞれ炭素繊維強化PEEKおよびPEKKなどのPEEKの誘導体を含み得る。 Other compositions may respectively include derivatives of PEEK, such as carbon fiber reinforced PEEK and PEKK. 特定の態様において、上終板12は、外面12aを画成する上側エンドキャップをさらに備え得る。 In certain embodiments, the upper endplate 12 can further comprise an upper end cap defining an outer surface 12a. エンドキャップは、チタンなどの、骨成長を促進するための材料から形成された別個のプレートであってよく、好適な従来の技術により終板12に取り付けられ得る。 End cap, such as titanium, may be a separate plate formed of a material for promoting bone growth may be attached to the endplate 12 by suitable conventional techniques. 代替えとして、上面12aは、従来の技術によって被着され得る、チタンなどの、骨成長促進材料の好適な層のコーディングによって画成され得る。 As an alternative, the top surface 12a may be deposited by conventional techniques, such as titanium, it may be defined by the coding of a suitable layer of the bone growth promoting material.

図3a〜図3bおよび図18に示されているような椎体間固定デバイス10の下終板14は、細長く、縦方向に沿って延在し、下側外面14aから上向きに突出している対向し、相隔てて並ぶ側壁40および42の対を備える。 Lower endplate 14 of the interbody fusion device 10 as shown in FIG 3a~ Figure 3b and Figure 18 is elongated, extending along the longitudinal direction, and protrudes upward from the lower outer surface 14a facing and comprises a pair of side walls 40 and 42 lined up spaced apart. 相隔てて並ぶ端壁44および46の対は、デバイス10の端から端まで横方向に延在し、外面14aから上向きに突出する。 The pair of end walls 44 and 46 lined up spaced apart, transversely extending from an end of the device 10 to the end, projecting upwardly from the outer surface 14a. 後端壁44は、デバイス10の後または近位端に配設され、前端壁46は、デバイス10の前または遠位端に配設される。 Rear end wall 44 is provided on the rear or proximal end of the device 10, front end wall 46 is disposed in front or distal end of the device 10. 側壁40、42は、後端壁44および前端壁46とともに、図3aおよび図4に示されているように開いている、上を向いている完全な境界を有する内部空洞48を形成する。 Sidewalls 40 and 42, together with the rear wall 44 and front end wall 46 is open as shown in FIGS. 3a and 4, to form an internal cavity 48 having a complete boundary is facing up. 内部空洞48は、図1a〜図1bに示されているように拡張されていない状態にある下終板14の側壁40および42と端壁44および46との間に比較的ぴったりと嵌合しているハブ20を含む上終板12を受け入れるようにサイズが決められ、構成されている。 Internal cavity 48 is relatively snug fit between the sidewalls 40 and 42 and end walls 44 and 46 of the lower endplate 14 in the unexpanded state as shown in FIG 1a~ Figure 1b sized to accept endplate 12 on which includes a hub 20 which is determined, it is constructed. 上終板12のハブ20、さらには挿入物16の積み重ね全体は、図18および図19に示されているようにデバイス10の伸縮する拡張の際に下終板14内に完全に収容されたままとなり、拡張されたデバイス10のねじれ強さに寄与する。 Hub 20 of the upper endplate 12, more whole stack of inserts 16 was completely housed in the lower endplate 14 upon extension that expansion and contraction of the device 10 as shown in FIGS. 18 and 19 leave a result, it contributes to the torsional strength of the expanded device 10.

図4および図19に示されているような下プレート14は、エレベータ18を支持する下側内側支持面54を備える。 Lower plate 14 as shown in FIGS. 4 and 19, includes a lower inner bearing surface 54 for supporting the elevator 18. 内面54は、空洞48の底面を画成する。 The inner surface 54 defines a bottom surface of the cavity 48. 下終板14は、内部空洞48と連通する後端壁44を貫通し、および1つまたは複数の挿入物16が導入される際に通る完全な境界を有する挿入物通路50をさらに画成する。 Lower endplate 14 further defines an insert passage 50 with complete boundary through which passes through the rear end wall 44 which communicates with the internal cavity 48, and one or more inserts 16 are introduced . 内面54から垂直に測定されるような通路50の高さは、挿入物16およびエレベータ18の組み合わされた厚さよりもわずかに大きい。 The height of the passage 50 as measured perpendicularly from the inner surface 54 is slightly larger than the combined thicknesses of the insert 16 and the elevator 18. 説明されるように、挿入物16がエレベータ18の上で通路50を通して摺動可能に受け入れられている状態で、挿入物16は一度に1つだけ導入され得る。 As described, in the state in which the insert 16 is slidably received through the passage 50 on the elevator 18, the insert 16 can be introduced one at a time. デバイス10が拡張され、さらに挿入物16が順次導入されるときに、エレベータ18の上に置かれる、一番下にある挿入物16の上に置かれているすべての挿入物16は、後端壁44(図4)の内面44aによってデバイス10から後退して出るのを防止される。 Device 10 is expanded, further when the insert 16 is sequentially introduced, placed on the elevator 18, all insert 16 is placed over the insert 16 at the bottom, the rear end It is prevented from device 10 by the inner surface 44a of the wall 44 (FIG. 4) of backing out. 後端壁44は、これもまた説明されるように、挿入物16の導入およびデバイス10内への骨移植片材料の送達で使用するためのガイドピン108をねじ込みで解放可能に受け入れるネジ山付き接続開口部56(図10a)をさらに画成する。 Rear end wall 44, as also described, the insert 16 introduced and threaded to accept releasably guide pin 108 for use in screwing in the delivery of the bone graft material into the device 10 in the further defines a connection opening 56 (FIG. 10a). 後端壁44は、それに加えて、デバイス10への剛接続を確立し、椎間板内空間内に挿入するために挿入器100をデバイス10内に解放可能に取り付ける際に使用する、側壁40および42に隣接する、穴58などの一対の両側開口部も備え得る。 Rear end wall 44, in addition, to establish a rigid connection to the device 10, for use in releasably attaching the inserter 100 into the device 10 in order to insert into the disc space, side walls 40 and 42 adjacent to, may also comprise a pair of openings on both portions such as holes 58.

エレベータ18は、図5cおよび図18に示されているように、エレベータ18の横幅が側壁40および42の対向する内面40aと42aとの間に比較的ぴったりと嵌合し摺動するように寸法を決められている下終板14の内面54で支持されている。 Elevator 18, as shown in Figure 5c and Figure 18, dimensioned to relatively snugly fit sliding between the inner surface 40a and 42a of the transverse width of opposed side walls 40 and 42 of the elevator 18 is supported by the inner surface 54 of the lower endplate 14 has been decided. そのようなものとして、拡張の方向に対して横断する方向のエレベータ18の横方向移動は、実質的に制約される。 As such, lateral movement in the direction of elevator 18 transverse to the direction of extension is substantially constrained. それに加えて、下終板14は、各内面40aおよび42aから内向きに、下側内面54から上終板12の方へ上向きに突出するレール14bを備える。 In addition, the lower endplate 14, inwardly from the inner surface 40a and 42a, comprises a rail 14b projecting upwardly from the lower inner surface 54 towards the upper endplate 12. 内面54からの各レール14bの上向き突出は、エレベータ18の厚さの2倍をわずかに超える。 Upward protrusion of each rail 14b from the inner surface 54, slightly more than two times the thickness of the elevator 18. レール14bは、各側面においてエレベータ18の基部305内へ延在する陥凹部310内に摺動可能に突出する。 Rail 14b is slidably protruding recessed portion 310 extending into the base portion 305 of the elevator 18 at each side. レール14bは、エレベータ18の移動を軸方向で実質的に制約し、その一方で、陥凹部310内のクリアランスは、図10aの矢印130によって示されているようにレール14bに沿った拡張の方向のエレベータ18の自由な移動を許す。 Rail 14b is substantially constrain the movement of the elevator 18 in the axial direction, on the other hand, the clearance recess 310, the direction of extension along the rails 14b as indicated by arrow 130 in FIG. 10a allow the free movement of the elevator 18. そのようなものとして、エレベータ18は、下終板14内に捕らわれて支持され、上終板12および下終板14の各々の方へ向かう、およびそこから離れるように拡張の方向に沿って独立して移動可能である。 As such, the elevator 18 is supported caught under endplate 14 towards the direction of each of the upper end plate 12 and the lower endplate 14, and along the direction of expansion away from it independently it is possible to move.

特に図4、図5a〜図5b、および図18に示されているように、下終板14は、空洞48と連通する下側外面14aおよび下側内面54を貫通する開口部60によって画成されるグラフトチャンバーを備える。 In particular, FIG. 4, as shown in FIG 5a~ Figure 5b, and 18, the lower endplate 14, defined by an opening 60 extending through the lower outer surface 14a and the lower inner surface 54 communicates with the cavity 48 comprising a graft chamber to be. 一配置構成によれば、下終板14は、上終板12の材料と異なる材料から形成される。 According to one arrangement, the lower endplate 14 is formed from a material different from the material of the upper endplate 12. この態様において、下終板14は、その強度特性のために、チタンなどの生体適合性を有する金属から形成され得る。 In this embodiment, the lower endplate 14, because of its strength properties, can be formed from a biocompatible metal such as titanium. チタンは、強度、生体適合性、加工能力、およびX線透視撮影特性(X線透過性)の点で選択されている。 Titanium, strength, biocompatibility, is selected in terms of processing capacity, and X-ray fluoroscopy characteristic (X-ray transparent). 他の代替的材料は、コバルトクロム、ステンレス鋼(両方ともチタンよりも強いが、X線透過性はかなり低い)、またはX線透過性を有する窒化ケイ素またはジルコニアなどの生体適合性のあるセラミックスを含む。 Other alternative materials, cobalt-chromium, (but stronger than both titanium, X-ray transparent is rather low) stainless steel, or a biocompatible ceramics such as silicon nitride or zirconia with a X-ray transparent including. チタンおよび窒化ケイ素は、骨への付加に優れており、PEEKに勝ることが実証されている。 Titanium and silicon nitride is excellent in addition to bone, that over PEEK has been demonstrated. この点で、下終板14がチタンから形成される場合、下側外面14aは、骨成長の促進をもたらす。 In this regard, when the lower end plate 14 are made of titanium, the lower outer surface 14a leads to promotion of bone growth. しかしながら、下側外面14aは、チタンなどの骨成長促進材料の好適な層でコーディングされ、上終板外面12aの粗さ/多孔度と一致するように従来の方式で被着されてよい。 However, the lower outer surface 14a is coded in a suitable layer of bone growth promoting material such as titanium, it may be deposited in a conventional manner to match the roughness / porosity of the upper endplate outer surface 12a.

下終板14が、チタンまたはX線透過性を有する他の好適な金属から形成されている場合、窓62は、蛍光透視法などの好適な撮像技術によって骨貫通成長の視覚的な観察を可能にするように図3a〜図3bおよび図19に示されているように側壁40および42を貫通して形成されるものとしてよい。 If the lower end plate 14, which is formed from other suitable metal with titanium or X-ray transparent windows 62, enabling the visual observation of bone penetrating growth by suitable imaging technique such as fluoroscopy good as being formed through the side walls 40 and 42 as shown in FIG 3a~ Figure 3b and 19 so as to. 椎体間固定デバイス10のさらなる詳細は、参照によりその全体が本明細書に組み込まれている2013年3月12日に発行された、同一出願人による特許文献5において説明されている。 Further details of the interbody fusion device 10 in its entirety by reference, issued March 12, 2013 which is incorporated herein, are described in Patent Document 5 by the same applicant.

挿入物16の詳細は、図6a〜図6eに図示されている。 Details of insert 16 are illustrated in FIG 6a~ Figure 6e. 挿入物16は細長い一般的に平坦な本体部200を備え、これは上面202および下面204を有し、これらは両方とも、挿入物16が拡張後に椎体間固定デバイス10内に安定した積み重ねを形成するように一般的に平面状であり、実質的に平行である。 Insert 16 comprises an elongated generally planar body portion 200, which has an upper surface 202 and lower surface 204, both of which the stack of inserts 16 is stabilized in interbody fixation device 10 in the after expansion so as to form a generally planar, substantially parallel. 挿入物16は、後方後側近位端206および前方前側遠位端208を備える。 Insert 16 includes a rear trailing proximal end 206 and a forward front distal end 208. 本体部200は、一般的にU字形の馬蹄形の構成形態を有するように形成され、間を空けて対向する一対のアーム212および214が基部205から後方に突出し、後端206を貫通し、また上面202および下面204を貫通する後方に面する一般的にU字形の開口部216を画成する。 Main body 200 is generally formed to have a configuration form of horseshoe-shaped U-shaped, projecting from a pair of arms 212 and 214 base 205 which faces rearwardly spaced between the rear end 206 penetrates and generally facing rearward penetrating the upper surface 202 and lower surface 204 defining an opening 216 of the U-shape. 側面212aと214aとの間の本体部200の横幅は、図5bに示されているように、下終板14の側壁40および42の内面40aと42aとの間に比較的ぴったり嵌合し摺動するように寸法を決められる。 Width of main body portion 200 between the side surface 212a and 214a, as shown in FIG. 5b, relatively snug fit slidably between the inner surface 40a and 42a of side walls 40 and 42 of the lower endplate 14 is dimensioned so that motion. そのように周到に寸法決めすることで、挿入物の導入時に、下終板14の空洞48内の挿入物16が横方向に移動する可能性を減じる。 By so to carefully dimensioned, upon introduction of the insert, it reduces the likelihood that insert 16 in cavity 48 of the lower endplate 14 is moved laterally. 開口部216の基部205のところの上面202と下面204との間の表面218は、説明されるように、挿入器10の駆動装置を受け入れるように押さえ面を画成する。 Surface 218 between the upper surface 202 and lower surface 204 where the base 205 of the opening 216, as will be described, to define the holding surface to accept the drive of the inserter 10. 各挿入物200の後端のところの開口部216は、骨移植片材料がデバイス10内に流れ込み挿入物開口部216を通り、それぞれ上終板12および下終板14を貫通する開口部38および60内に流れ込むことができるように設けられている。 Opening 216 where the rear end of each insert 200 has an opening 38 the bone graft material through the insert opening 216 flows into the device 10, through the on endplate 12 and lower endplate 14, respectively, and provided to be able to flow into the 60. 一対の傾斜面208aが、挿入物16が前側遠位端208と隣接する各側面上の下面204から上向きに延在し、下面204と連通する。 Pair of inclined surfaces 208a may extend upwardly from the bottom surface 204 on each side of the insert 16 is adjacent the front distal end 208 and communicates with the lower surface 204.

挿入物16は、補完し合う形で接続して連携するエレベータ18との連動する係合のための特徴を備える。 Insert 16 is provided with a feature for engagement in conjunction with the elevator 18 that works by connecting a manner complementing each other. 説明されるように、挿入物本体部200の遠位前端208は、その中に、一対の間隔をとって対向するアーム222aおよび222bによって画成されるラッチレセプタクル220を備え、その中に、エレベータ18上の柔軟性を有するラッチ318(図7a〜図7e)を受け入れる。 As will be described, the distal front 208 of the insert body portion 200 therein, a latch receptacle 220 defined by the arms 222a and 222b to face taking a pair of spacing, therein, an elevator latch 318 with flexibility in 18 accepting (FIG 7a~ Figure 7e). アーム222aおよび222bは、エレベータラッチ318と係合して連携し係止するようにそれぞれ内向きに突出する係止面224aおよび224bを備える。 Arms 222a and 222b includes a locking surface 224a and 224b projecting inwardly respectively to lock in cooperation engages the elevator latch 318. 特許文献5において説明されている挿入物と異なり、昇降機能は本明細書ではエレベータ18と連携して挿入器100によってもたらされるので、本明細書で説明されている挿入物16は、上終板12および下終板14または椎体間固定デバイス16内に挿入されたその後の挿入物16の分離を支援するように機能しない。 Unlike insert as described in Patent Document 5, since the lifting function is herein provided by the inserter 100 in conjunction with the elevator 18, the insert 16 as described herein, the upper endplate It does not function so as to assist the separation of the subsequent insert 16 inserted into 12 and lower endplate 14 or interbody fusion device 16. 本明細書で説明されている挿入物16は、連続する挿入物がデバイス内に挿入されると頑丈な積み重ねを形成できる十分な剛性を有する生体適合性材料から形成されることが企図されている。 Insert 16 as described herein, it is contemplated that the insert consecutive is formed from a biocompatible material having sufficient rigidity capable of forming a robust stacking when inserted into the device . したがって、特定の一実施形態において、挿入物16は、PEEKもしくは炭素繊維強化PEEK、または類似のポリマー材料から形成される。 Thus, in one particular embodiment, the insert 16 is formed from PEEK or carbon fiber reinforced PEEK or similar polymeric material.

次に図7a〜7eを参照すると、エレベータ18の詳細が示されている。 Referring now to FIG. 7 a to 7 e, are shown details of the elevator 18. エレベータ18は、細長い、一般的に平坦な本体部300を備え、これは上面302および下面304を有し、両方とも一般的に平面状であり、実質的に平行である。 Elevator 18 includes an elongated, includes a generally planar body portion 300, which has an upper surface 302 and lower surface 304, both are generally planar and substantially parallel. エレベータ18は、上面302と下面304との間で、挿入物16の厚さよりわずかに大きい厚さを有する。 Elevator 18, between the upper surface 302 and lower surface 304, has a thickness slightly larger than the thickness of the insert 16. そのようなものとして、以下で指摘されているように挿入物16の厚さが、たとえば、1.0mmのときに、エレベータ18の厚さは1.03mmであってよい。 As such, the thickness of the insert 16 as pointed out below, for example, when a 1.0 mm, the thickness of the elevator 18 may be 1.03 mm. エレベータ18は、後方後側近位端306および前方前側遠位端308を備える。 Elevator 18 is provided with a rear trailing proximal end 306 and a forward front distal end 308. エレベータ本体部300は、挿入物16の構成形態に類似する一般的にU字形の馬蹄形の構成形態を有するように形成される。 Elevator body portion 300 is formed to have a configuration form of horseshoe generally U-shaped similar to the configuration form of the insert 16. エレベータ本体部300は、間を空けて対向する一対のアーム312および314を備え、これは基部305から後方に突出し、後端306を貫通し、また上面302および下面304を貫通する後方に面する一般的にU字形の開口部316を画成する。 Elevator body portion 300 includes a pair of arms 312 and 314 opposed spaced between, which protrudes from the base portion 305 to the rear, the rear end 306 penetrates and rearwardly facing penetrating the upper surface 302 and lower surface 304 generally defines an opening 316 of the U-shape. 基部305は、開口部316と連通する後方に面する表面305aを有する。 The base 305 has a surface 305a facing backwards in communication with the opening 316. エレベータ18の後端のところの開口部316は、デバイス10内に導入される骨移植片材料が挿入物16の挿入物開口部216を貫流し、それぞれ上終板12および下終板14を貫通する開口部38および60内に流れ込むことができるように設けられている。 Opening 316 where the rear end of the elevator 18, the bone graft material introduced into the device 10 within the flow through the insert opening 216 of the insert 16, through the on endplate 12 and lower endplate 14, respectively provided so that it can flow into the openings 38 and 60 to. 後側近位端306は、上面302から下向きに延在し、上面302と連通する各アーム312および314の自由端のところでそれぞれ、傾斜面312aおよび314aを備える。 Rear proximal end 306 extends from the upper surface 302 downwardly, respectively at the free end of each arm 312 and 314 communicating with the upper surface 302 includes an inclined surface 312a and 314a. 後側近位端306は、下面304から上向きに延在し、下面304と連通する各アーム312および314の自由端のところでそれぞれ、傾斜昇降面312bおよび314bをさらに備える。 Rear proximal end 306 extends upwardly from lower surface 304, respectively at the free end of each arm 312 and 314 communicating with the lower surface 304 further includes a tilt lifting surfaces 312b and 314b. 前側遠位端308は、基部表面305aと隣接して、下面304から上向きに延在し、下面304と連通する傾斜昇降面308aを備える。 Front distal end 308, adjacent to the base surface 305a, extends upwardly from the lower surface 304 includes an inclined lift surface 308a which communicates with the lower surface 304. 傾斜昇降面312b、314b、および308aは、同じ方向にほぼ等しい角度をなす。 Inclined lift surfaces 312b, 314b, and 308a forms an angle approximately equal to the same direction. 昇降面312b、314b、および308aは、説明されるように、エレベータ18を持ち上げるために挿入器100上の拡張構成要素の補完する表面と接触して連携するための複数の接点を持つ傾斜ランプを画成する。 Lifting surfaces 312b, 314b, and 308a, as will be described, the inclined ramp having a plurality of contacts for cooperation in contact with the complementary surface of the expanding component on the inserter 100 to lift the elevator 18 defining. 傾斜面308aは、エレベータの細長い軸に沿って一般的に中心に配置されるが、表面312bおよび314bは、両側に間隔を有する。 The inclined surface 308a is being disposed generally centered along the elongate shaft of the elevator, the surface 312b and 314b have a gap on both sides. したがって、昇降面308a、312b、および314bは、3つの三角測量接点を画成する。 Accordingly, the lifting surface 308a, 312b, and 314b defines three triangulation contacts. エレベータは陥凹部310を有し、これはそれの各側面においてエレベータ基部305内に延在する。 Elevator has a recess 310, which extends in the elevator base 305 in each side of it. 陥凹部310は、説明されているように、下終板14の内面上でレール14bを受け入れるようにサイズを決められる。 Recesses 310, as described, it is sized to receive the rail 14b on the inner surface of the lower endplate 14. 特定の一実施形態において、エレベータ18は、潤滑性のために陽極酸化処理されてよい、2型チタン合金から形成される。 In one particular embodiment, the elevator 18 may be anodized for lubricity, formed from type 2 titanium alloy. PEEKなどの他の材料も、エレベータ18の材料として使用されてよい。 Other materials such as PEEK, may also be used as the material of the elevator 18.

エレベータ本体部300の遠位前端は、上面302から上向きに突出する柔軟なラッチ318を備える。 The distal front end of the elevator body portion 300 includes a flexible latch 318 that projects upwardly from the upper surface 302. ラッチ318は、互いの方へ屈曲するように構成されている一対の間隔をとって対向する柔軟なアーム320aおよび320bを備える。 Latch 318 includes a flexible arm 320a and 320b to face taking a pair of spacing that is configured to bend toward each other. 柔軟なアーム320aおよび320bは、図5bに示されているように、各挿入物16のレセプタクル220内に受け入れて連携するように、それぞれ、外向きに向けられた係止面322aおよび322bを備える。 Flexible arms 320a and 320b, as shown in FIG. 5b, to work with received in the receptacle 220 of the insert 16, respectively, provided with a locking surface 322a and 322b directed outwardly . ラッチ318をレセプタクル220に受け入れた後、係止面224aおよび224bは、それぞれ、係止面322aおよび322bと弾性的に係合する。 After accepting the latch 318 into the receptacle 220, locking surface 224a and 224b, respectively, elasticity and locking surface 322a and 322b to engage. ラッチ318は、上面302、および挿入物16の厚さよりもわずかに大きい高さよりも上に突出する。 Latch 318 protrudes above the top surface 302, and than the thickness slightly greater height than the insert 16. それぞれアーム312および314の側面312cと314cとの間のエレベータ本体部300の横幅は、図5cに示されているように、下終板14の内面40aと42aとの間に上で指摘されているように比較的ぴったり嵌合し摺動するように寸法を決められる。 Width of the elevator body portion 300 between the side surface 312c of each arm 312 and 314 and the 314c, as shown in Figure 5c, is noted above between the inner surface 40a and 42a of the lower endplate 14 is dimensioned such that a relatively snug fit sliding like being.

次に再び図1a〜図1cならびに図8および図8aを参照すると、挿入器100の詳細が説明されている。 Referring now to FIG 1a~-1c and FIGS. 8 and 8a again, details of the inserter 100 is explained. 挿入器100は細長く、遠位端100aを有し、近位端100bのところにフレーム101を有する。 Inserter 100 is elongated and has a distal end 100a, has a frame 101 at the proximal end 100b. デバイス10を拡張させ、拡張後に挿入物16をデバイス10内に挿入させるトリガーアクチュエータ102は、挿入器の近位端100bのところにフレーム101を備える。 The device 10 is expanded, the trigger actuator 102 for inserting the insert 16 into the device 10 in the after expansion has a frame 101 at the proximal end 100b of the inserter. 複数の挿入物16が、デバイス10内に個別に次々に挿入できるように直線配列により細長いトラック104上で移動可能に支持される。 A plurality of inserts 16 is movably supported on the elongate track 104 by a linear array so that it can be inserted one after another individually in the device 10. トラック104は、少なくとも1つの挿入物16を支持し、たとえば、5個の挿入物16の配列を支持することができるが、望みに応じてそれよりも少ないかまたは多い挿入物16が支持されてよい。 Track 104 supports at least one insert 16, for example, it can be supported an array of five inserts 16 and inserts 16 or less than or greater as desired is supported good.

遠位端100aは、図8および図8aに分解図で詳しく示されている。 The distal end 100a is shown in more detail in exploded view in FIG. 8 and FIG. 8a. 挿入器100は、細長トラック104および外側細長トラックカバー106を備え、カバー106はトラック104に実質的に剛結合される。 Inserter 100 includes an elongate track 104 and outer elongate track cover 106, the cover 106 is substantially rigidly connected to the track 104. トラック104は、閉鎖された通路として構成され、外側トラックカバー106内で支持される。 Track 104 is configured as a closed path, it is supported within the outer track cover 106. カバー106は、フレーム101に動かないように固定されるが、特定の配置構成において、説明されるように、カバー106は、フレーム101に取り外し可能に取り付けられ得る。 Cover 106 is fixed so as not to move in the frame 101, in a particular arrangement, as will be described, the cover 106 may be removably attached to the frame 101. 細長いガイドピン108は、カバー106を縦方向に通って延在する開口部110内で支持される。 Elongate guide pin 108 is supported within the opening 110 extending through the cover 106 in the vertical direction. ガイドピン108の遠位端108aは、下終板14の近位後端壁44において開口部56内に解放可能にねじ込まれて係合するためのネジ山を有する。 The distal end 108a of the guide pin 108 has a screw thread for engaging threaded into releasably in a proximal rear end wall 44 of the lower endplate 14 in the opening 56. ガイドピン108の近位端は、カバー106を圧し込み、解放可能に取り付け、それによってトラック104をデバイス10取り付けるためのネジ山付きつまみ112を備える。 The proximal end of the guide pin 108, narrowing divide the cover 106, releasably attached to, thereby comprising a threaded knob 112 for attaching device 10 tracks 104. トラックカバー106は、一配置構成において、一対の対向するピン114を備え、これは挿入器100をデバイス10に剛固定するのを支援するために下終板14(図19)の後壁44内の対応する穴58と係合する。 Track cover 106, in one arrangement, comprises a pair of opposing pins 114, which is in the rear wall 44 of the lower endplate 14 to assist in rigidly fixing the inserter 100 into the device 10 (FIG. 19) to the engage corresponding holes 58. 他の固定構造も、挿入器100をデバイス10に解放可能に取り付けるために使用され得ることは理解されるであろう。 Other fixed structures, it will be appreciated that may be used to releasably attaching the inserter 100 into the device 10. トラック104は、一実施形態において、型打ちされたステンレス鋼から形成され、カバー106は、押し出し成形されたアルミニウム合金である。 Track 104, in one embodiment, is formed from a stamped stainless steel, the cover 106 is extruded aluminum alloy. ステンレス鋼または強い強化プラスチックもカバー106に使用され得る。 Stainless steel or a strong reinforced plastic may also be used in the cover 106.

挿入器100の遠位端100aのところのトラック104は、デバイス10を拡張するために相対的に軸方向に移動してエレベータ18と摺動可能に接触して連携するようにトラック104上で移動可能に支持される軸方向に平行移動可能な昇降プラットフォーム116によって画成される拡張構成要素を支持する。 Track 104 at the distal end 100a of the inserter 100 is moved on the track 104 so as to move axially relative to work in contact slidably with the elevator 18 in order to extend the device 10 capable to support the expanding component defined by the movable lifting platform 116 parallel to the support is the axial direction. 昇降プラットフォーム116は細長く、一般的に平坦であり、上面118および下面120を有し、これらは両方とも一般的に平面状であり、実質的に平行である(図18)。 Lifting platform 116 is elongated and is generally flat, has an upper surface 118 and lower surface 120, both of which are generally planar, substantially parallel (Figure 18). 昇降プラットフォーム116は、上面118と下面120との間で、エレベータ18の厚さと同じ、すなわち、挿入物16の厚さよりわずかに大きい厚さとなるように寸法を決められた厚さを有する。 Lifting platform 116, between the upper surface 118 and lower surface 120, the same as the thickness of the elevator 18, i.e., having a thickness which is dimensioned to have a thickness slightly larger thickness than is of the insert 16. 昇降プラットフォーム116は、突出および引き込み方向で軸方向往復移動するように挿入器100によって支持される。 Lifting platform 116 is supported by the inserter 100 to axially reciprocate in the projecting and retraction directions. 説明されるように、昇降プラットフォーム116dの近位端は、トリガーアクチュエータ102に結合され、そのような突出および引き込み方向をもたらす。 As will be described, the proximal end of the lifting platform 116d is coupled to the trigger actuator 102, resulting in such a protrusion and retraction directions.

昇降プラットフォーム116は、トラック104から外向きに軸方向で摺動可能に突出し、その自由遠位端のところで、上面118から下向きに延在し、上面118と連通する傾斜昇降面116aを備える。 Lifting platform 116 is slidably protrudes axially outward from the track 104, at its free distal end extending from the upper surface 118 downwardly, comprises an inclined lift surface 116a which communicates with the upper surface 118. 昇降面116aの近位に間隔をとった配置において、昇降プラットフォームは、一対の横方向に間隔をとって並ぶ傾斜面116bおよび116cをさらに備える。 In the proximal arrangement spaced on the lifting surface 116a, the lifting platform further includes an inclined surface 116b and 116c arranged in spaced pair of laterally. 傾斜昇降面116a、116b、および116cは、同じ方向に、それぞれエレベータ本体部300の傾斜昇降面312b、314b、308aの角度とほぼ等しい角度をなす。 Inclined lifting surfaces 116a, 116 b, and 116c are in the same direction, each forming inclined lift surfaces 312b of the elevator body portion 300, 314b, a substantially equal angle to the angle of 308a. 傾斜面116a、116b、および116cは、エレベータ18と接触して連携するための複数の補完的接点を持つ傾斜ランプを画成する。 Inclined surfaces 116a, 116 b, and 116c defines an inclined ramp having a plurality of complementary contacts for cooperation in contact with the elevator 18. 傾斜面116aは、昇降プラットフォーム116の細長い軸に沿って一般的に中心に配置されるが、表面116bおよび116cは、両側に間隔を有する。 The inclined surface 116a is being disposed generally centered along the elongated axis of the lifting platform 116, the surface 116b and 116c have a spacing on both sides. したがって、傾斜面116a、116b、および116cは、それぞれ突出方向への昇降プラットフォーム116の移動時に、昇降面308a、312b、および314bと接触して連携するように配置され、間隔をとられる3つの三角測量接点を画成する。 Accordingly, the inclined surfaces 116a, 116 b, and 116c, upon movement of the lifting platform 116 to the respective projection direction, lifting surfaces 308a, 312b, and disposed so as to contact with conjunction with 314b, 3 single triangular taken apart defining a survey contact. 昇降プラットフォーム116、特に傾斜面116a、116b、および116cは、デバイス10の拡張のためにエレベータ18と摺動可能に接触するのを円滑にするようにコーディングされるか、または他の何らかの形で好適な潤滑剤を含み得る。 Lifting platform 116, particularly the inclined surfaces 116a, 116 b, and 116c are either coded to facilitate contacting as possible with the elevator 18 sliding for expansion of the device 10, or suitable in some other form, It may include a lubricant. 昇降プラットフォーム116が、ステンレス鋼から作られている場合、たとえば、そのような潤滑剤は、二硫化モリブデン(MoS )材料を含んでいてよい。 Lifting platform 116, if it is made of stainless steel, for example, such lubricant may include molybdenum disulfide (MoS 2) materials.

なおも図8および図8aを参照すると、挿入器100は、その遠位端100aで、トラック104内で軸方向に平行移動するように駆動装置124をさらに支持する。 Still referring to FIGS. 8 and 8a, the inserter 100 is at its distal end 100a, further support the driving unit 124 to translate axially within the track 104. 説明されるように、駆動装置124の近位端124a(図8)は、トリガーアクチュエータ102に結合され、駆動装置124の平行移動を引き起こす。 As will be described, the proximal end 124a of the drive unit 124 (FIG. 8) is coupled to the trigger actuator 102 causes translation of the drive device 124. 駆動装置124の遠位端は、挿入物本体部200の開口部216内に入り、押さえ面218と係合し、駆動装置124の軸方向遠位への移動時に挿入物16をトラック104からデバイス10内に押し込むようにサイズが決められ、構成される、押さえ面124bを備える。 The distal end of the drive device 124, the insert enters the opening 216 of the main body portion 200 engages the pressing surface 218, the device inserts 16 from the track 104 when moving in the axial direction distal of the driving device 124 determined size so as to push in 10, comprising constituted, the pressing surface 124b. さらに、駆動装置124は、挿入物16を直線配列で移動可能に支持する上面124cを備える。 Furthermore, the driving device 124 includes a top surface 124c for movably supporting the insert 16 in a linear array. また、図8に示されているように、駆動装置124と連携して、位置決めされるときに挿入物16の逆行を防ぎながら駆動装置の押さえ面124bと個別に接触するように位置決めされるべき突出方向に挿入物16を遠位に漸進的に移動させる割出し部材125も含まれる。 Further, as shown in FIG. 8, in cooperation with the drive device 124, to be positioned to individually contact with the pressing surface 124b of the driving device while preventing retrograde insert 16 when it is positioned indexing member 125 which moves progressively inserts 16 distally projecting direction are also included.

図8aをなおもさらに参照すると、挿入器100は、内側トラック104から遠位に突出する柔軟なグラフトシールド(graft shield)128を備える。 When even further reference to Figure 8a, the inserter 100 includes a flexible graft shield (graft shield) 128 that protrudes from the inner track 104 distally. グラフトシールド128は、対向端128bが支持されず、自由に屈曲できる片持ち梁方式により一端128aのところで支持される。 Graft shield 128 is not opposed end 128b is supported, is supported at one end 128a by a cantilever manner freely flex. グラフトシールド128は、細長く一般的に平坦であり、上終板12を貫通する開口部38とデバイス10内に摺動可能に挿入される挿入物16との間の連通を実質的に遮るようにサイズが決められ、構成される。 Graft shield 128 is elongated generally planar, so as to block the communication between the insert 16 configured to be slidably inserted into the opening 38 and the device 10 passing through the upper endplate 12 is substantially size are determined, composed. 説明されるように、グラフトシールド128は、上終板12と上終板12の下面30に隣接する拡張構造との間の通路50を通してデバイス10内に貫入するように構成される。 As described, the graft shield 128 is configured to penetrate into the device 10 within the through passage 50 between the extended structure adjacent to the lower surface 30 of the upper endplate 12 and the upper endplate 12.

次に図9および図9a〜図9bを参照して、挿入器100のトリガーアクチュエータ102ならびにその操作機構および機能が詳細に説明される。 Referring now to FIGS. 9 and 9a~ Figure 9b, the trigger actuator 102 and its operating mechanism and functions of the inserter 100 is explained in detail. トリガーアクチュエータ102は、拡張バネ136によって付勢されて離される一対のハンドグリップ132および134を備える。 Trigger actuator 102 comprises a pair of hand grips 132 and 134 are separated is urged by the extension spring 136. ハンドグリップ132は、挿入器100のフレーム101に動かないように固定される。 Hand grip 132 is immovably fixed to the frame 101 of the inserter 100. ハンドグリップ134は、枢着部138のところでフレーム101に枢動可能に接続され、手の圧力によって拡張バネ136の付勢に抗してハンドグリップ132の方へ移動可能である。 Hand grip 134 is pivotally connected to the frame 101 at the pivot point 138, it is movable toward the handgrip 132 against the bias of the extension spring 136 by the pressure of the hand. ハンドグリップ134は、フレーム101に摺動可能に結合されている歯車のラック146と接合する歯車の歯140を有する。 Handgrip 134 has a tooth 140 of the gear to be joined to the rack 146 of gear which is slidably coupled to the frame 101. 歯車機構は、トリガーアクチュエータ102が作動させられると突出方向に歯車のラック146の適切な平行移動をもたらすようにサイズが決められる。 Gear mechanism is sized to trigger the actuator 102 results in a proper translation of the gear rack 146 in the projecting direction is operated is determined. また、フレーム101に摺動可能に結合されているのは、駆動装置124とともに相対的な関節運動をするように構成されている駆動スライド150、および昇降プラットフォーム116とともに関節運動をするように構成されている昇降スライド154である。 Moreover, what is slidably coupled to the frame 101 is constructed drive 124 relative drive slide 150 are configured to the articulation with, and with the lifting platform 116 to the articulation and that is the lifting slide 154. 歯車のラック146は、歯のパターンを画成する下面146a、押さえ面146dを画成する上面146b、ランプ面146e、および遠位端146cを備える。 Rack 146 of gear includes a lower surface 146a that defines a pattern of teeth, top 146b defining a pressing surface 146d, ramp surface 146e, and a distal end 146c. 遠位端146cは、枢着部148aの周りで制限された回転を行うように構成されている爪148を備え、爪148の遠位端は圧縮バネ152によって駆動スライド150の方へ付勢される。 The distal end 146c is provided with a claw 148 that is configured to perform a restricted rotation around the pivot point 148a, the distal end of the pawl 148 is biased towards the drive slide 150 by a compression spring 152 that. トリガー102の作動前に、爪148は、駆動スライド150の下面150aによって枢着部148aの周りで回転するのを制約される。 Before actuation of trigger 102, pawl 148 is restricted from rotating around the pivot portion 148a by the lower surface 150a of the driving slide 150. トリガー102の第1の作動後に、したがって、突出方向への歯車のラック146の平行移動の後に、爪148は、圧縮バネ152の付勢の下で、下面150aに沿って摺動する。 After the first actuation of trigger 102, therefore, after the translation of the rack 146 of the gear in the projecting direction, the pawl 148, under the bias of the compression spring 152 slides along the lower surface 150a. 歯車のラック146の十分な平行移動が生じ、爪148が駆動スライド150の遠位端を通り過ぎたときに、爪148は、図9aに示されているように反時計回りに枢着部148aの周りで回転して、歯車のラック146の上面146fとの接触によって制限された位置まで移動する。 Sufficient translation occurs gear rack 146, when the pawl 148 is past the distal end of the drive slide 150, pawl 148, the hinged portion 148a in a counterclockwise direction as shown in Figure 9a It rotates around and moves up to the limit position by contact with the upper surface 146f of the gear rack 146.

爪148は、昇降スライド154の近位端のところで押さえ面154aと係合するようにサイズが決められた押さえ面148bを備える。 Pawl 148 is provided with a pressing surface 148b of size to engage the pressing surface 154a at the proximal end of the lift slide 154 it has been determined. さらに、トリガー102の作動は、押さえ面148bおよび154aの接触を、したがって、突出方向への昇降スライド154および昇降プラットフォーム116の移動を促し、デバイス10の拡張を引き起こす。 Furthermore, actuation of trigger 102, the contact of the pressing surface 148b and 154a, thus, encourage movement of the lift slide 154, and the lifting platform 116 to the projecting direction, causing an expansion of the device 10.

昇降スライド154は、押さえ面154cが駆動スライド150の近位端のところで押さえ面150bと係合するようにサイズが決められている近位の細長い繋留部分154bをさらに備える。 Lifting slide 154 further comprises an elongated anchoring portion 154b of proximal pressing surface 154c is being sized to engage the pressing surface 150b at the proximal end of the drive slide 150. 突出方向に昇降スライド154が平行移動した後、押さえ面154cは、それらの間の関節平行移動のため押さえ面150bと係合する。 After moving parallel lifting slides 154 in a protruding direction, the pressing surface 154c engages the order pressing surface 150b of the joint translation therebetween.

駆動スライド150は、駆動装置124のスロット124d(図8)内に嵌合するようにサイズが決められている押さえ面156aおよび156bを画成する上側隆起特徴部156をさらに備える。 Driving the slide 150 further includes an upper raised feature 156 defining a pressing surface 156a and 156b slots 124d of the driving device 124 is sized to fit (FIG. 8) in are determined. スロット124dは、それぞれ補完的な軸方向に相隔てて並ぶ押さえ面124eおよび124fを備える。 Slot 124d is provided with a pressing surface 124e and 124f arranged in spaced apart, each complementary axial. スロット124dの長さは、トリガー102の第1の作動のときの駆動スライド150の平行移動が、押さえ面156bと124fとの間の接触を誘発せず、したがって駆動装置124の平行移動をもたらさないようなサイズに決められる。 The length of the slot 124d, the translation of the drive slide 150 when the first actuation of trigger 102, not induce contact between the pressing surface 156b and 124f, thus does not result in a translation of the drive unit 124 It is determined in size, such as.

駆動スライド150は、枢着部158aの周りで制限された回転を行うように構成されている爪158をさらに備え、爪の近位端は両側トーションバネ(図示せず)によって歯車のラック146の方へ付勢される。 Driving the slide 150, further comprising a pawl 158 that is configured to perform a restricted rotation around the pivot point 158a, the proximal end of the nail (not shown) on both sides torsion spring by the gear rack 146 It is biased towards. トリガー102の作動前に、爪148は、フレーム101に剛結合されている突出面160によって枢着部158aの周りで回転するのを制約される。 Before actuation of trigger 102, pawl 148 is restricted from rotating around the pivot portion 158a by the projecting surface 160 that is rigidly coupled to the frame 101. 突出方向に駆動スライド150が平行移動した後、爪158は、トーションバネの付勢の下で、上側突出面160に沿って摺動する。 After translating the drive slide 150 is in the protruding direction, the pawl 158, under the bias of the torsion springs, slides along the upper projecting surface 160. 駆動スライド150の十分な平行移動が生じ、爪158が突出面160の遠位端を通り過ぎたときに、爪158は、図9aに示されているように反時計回りに枢着部158aの周りで回転して、駆動スライド150の下面150cとの接触によって制限された位置まで移動する。 Sufficient translation occurs in the drive slide 150, when the pawl 158 is past the distal end of the projecting surface 160, claw 158 around the hinged portion 158a in a counterclockwise direction as shown in Figure 9a in rotating, it moves up to the limit position by contact with the lower surface 150c of the driving slide 150. そのような平行移動は、デバイス10の完全拡張がないときに爪158の回転が生じないようにデバイス10の完全拡張を達成するために昇降プラットフォーム116が必要とする平行移動よりもわずかに長くなるように構成される。 Such translation may be slightly longer than the translation required by the lifting platform 116 in order to achieve complete expansion of the device 10 so that the rotation does not occur in the nail 158 in the absence of full extension of the device 10 configured. さらに、一緒に回転するように爪158に剛結合されるのは、フレーム101(図1a)内のスロット163内に位置決めされた両側フラグ162であり、これらのフラグ162はフレーム101の両側から横方向外向きに突出する。 Furthermore, being rigidly connected to the pawl 158 to rotate together, the frame 101 is a bilateral flag 162 is positioned within slot 163 (FIG. 1a) within these flags 162 are laterally from opposite sides of the frame 101 projecting outwardly. 爪158およびフラグ162の関節回転の後、使用者は、駆動スライド150および昇降スライド154の位置を視覚的に気付かされ、それによってデバイス10の完全拡張が達成されたこと、さらなる挿入物が導入され得ないことが使用者にわかる。 After joint rotation of the pawl 158 and the flag 162, the user visually reminded the position of the drive slide 150 and the lifting slide 154, thereby the fully expanded device 10 is achieved, a further insert is introduced obtained not it can be seen to the user.

爪158は、歯車のラック146の押さえ面146dと係合するようにサイズが決められている押さえ面158bと、歯車のラック146のランプ面146eと係合するようにサイズが決められているランプ面158cとをさらに備える。 Pawl 158, a lamp that the pressing surface 158b, is sized to engage the ramp surface 146e of the gear rack 146 is determined in size so as to engage with the pressing surface 146d of the gear rack 146 are determined further comprising a surface 158c. トリガー102の完全作動および完全ストロークおよびグリップ圧力の解放の後に、拡張バネ136の付勢の下で歯車ラック146およびハンドグリップ132/134が戻される。 After the release of fully operational and fully stroke and grip pressure of the trigger 102, the gear rack 146 and the hand grip 132/134 is returned under the bias of extension spring 136. 歯車のラック146の引き込み時に、連携するランプ面146eおよび158cがぶつかり、爪158を時計回りに回転させ、それによって歯車のラック146を通すことができる。 During retraction of the gear rack 146, bump into cooperative ramp surfaces 146e and 158c, rotates the pawl 158 clockwise, thereby passing the rack 146 of gear. ランプ面146eがランプ158cの近位縁をすでに通ってしまっているように引き込み方向に歯車のラック146が十分に平行移動した後、爪158が枢着部158aの周りで反時計回りに回転して、駆動スライド150の下面150cとの接触によって制限される位置まで戻る。 After ramp surface 146e has a rack 146 of gear to the retraction direction as I through already proximal edge of the lamp 158c is moved sufficiently parallel, pawl 158 rotates counterclockwise around the pivot portion 158a Te, back to a position limited by contact with the lower surface 150c of the driving slide 150.

トリガー102の第1の作動の完了、および第1のストロークの完了の後に、昇降プラットフォーム116は突出したままとなり、デバイス10の拡張状態を維持し、その駆動スライド150は、昇降スライド154の繋留部154bのせいで部分的に突出している状態に留まることは理解されるであろう。 The first complete actuation of trigger 102, and after completion of the first stroke, the lift platform 116 will remain protruding, maintaining the expanded state of the device 10, the driving slide 150, anchoring section of the elevator slide 154 to remain in a state of partially projecting due to 154b will be appreciated. 爪158は、駆動スライド150との接触にいよって制限される回転状態に留まるが、爪148は、駆動スライド150の下面150aによって制限されるその元のつぶれている状態に戻ることに留意されたい。 Pawl 158 is remains in rotation is limited I Iyo for contact with the drive slide 150, pawl 148, it should be noted that returning to the state that collapsed its original limited by the lower surface 150a of the drive slide 150 .

トリガー102の第2の作動の後に、歯車のラック146は、再び、押さえ面146dが爪158の押さえ面158bと接触し、歯車のラック146および駆動スライド150の関節平行移動を引き起こすように突出方向に平行移動する。 After the second actuation of trigger 102, a rack 146 of gear, again pressing surface 146d is in contact with the pressing surface 158b of the pawl 158, the projecting direction so as to cause joint translation of the rack 146 and drive slide 150 of the gear moving parallel to. さらに作動した後、駆動スライド150の押さえ面156bは、駆動装置124の押さえ面124fと接触して、それらの間の関節平行移動を引き起こし、それによってトリガーアクチュエータ102の第2のストロークの完了時に挿入物16の押さえ面218と係合し挿入物16をトラック104からデバイス10内に押し込む。 After further operation, pressing surface 156b of the drive slide 150, in contact with the pressing surface 124f of the drive unit 124 causes the joint translation therebetween, inserted whereby upon completion of the second stroke of the trigger actuator 102 the pressing surface 218 engages insert 16 of the object 16 is pushed from the track 104 to the device 10.

トラック昇降プラットフォーム116を引き込み方向でその元の位置に戻すことを目的として、カム164および歯車166が設けられている。 For the purpose of returning to its original position in the direction draw track lifting platform 116, the cam 164 and the gear 166 is provided. 歯車166は、昇降スライド154の下面に剛接続されている第2の歯車のラック154dと接合する。 Gear 166 is joined to the rack 154d of the second gear, which is rigidly connected to the lower surface of the lifting slide 154. カム164は、歯車166に、それらの間で反対の回転をするように結合され、挿入物16がデバイス10内に部分的に挿入された後、駆動装置124内のノッチ170(図8a)と接触するように位置決めされる。 Cam 164, the gear 166 is coupled to the rotation in the opposite therebetween, after the insert 16 is partially inserted into the device 10 within the notch 170 of the drive unit 124 (FIG. 8a) It is positioned to contact. さらに、トリガーが作動して、昇降プラットフォーム116をその元の位置に戻すが、駆動装置は挿入物16をさらに挿入する。 Furthermore, the trigger is actuated, but returns the lifting platform 116 to its original position, the driving device further inserts the insert 16. 完全なトリガー作動が達成されると、歯車のラック146およびハンドグリップ132/134は、拡張バネ136の付勢の下で戻される。 When a complete trigger operation is achieved, the rack 146 and the handgrip 132/134 gear is returned under the bias of extension spring 136. 駆動スライド150の位置を手動でリセットするために、使用者は、フラグ162に剛結合されている両側タブ162bを引き上げ、それによって、爪158の回転および駆動スライド150の平行移動を引き込み方向にもたらす。 To reset the position of the drive slide 150 manually, the user pulling the side tabs 162b which the flag 162 is rigidly connected, resulting thereby in a direction pulling the translation of the rotation and drive the slide 150 of the pawl 158 . フラグ162および爪158の回転状態により、駆動装置スライド150は、突出面160によって制限される爪158の回転によりその元の引っ込められた位置に戻され得る。 The rotational state of the flag 162 and the pawl 158, drive slide 150 may be returned to the retracted position of its original by the rotation of the pawl 158 is limited by the protruding surface 160. 双方向ラチェット機構168は、間違った方向への駆動スライド150の望ましくない運動を防ぐ。 Bidirectional ratchet mechanism 168 prevents unwanted movement of the drive slide 150 in the wrong direction. デバイス10の完全拡張が達成され、外科医が挿入物16のさらに導入することなく手術を中断することを好む場合、歯車166に結合されている六角フィッティング174(図1a)が、六角レンチまたは他の好適な工具によって作動させられ得る。 Complete expansion of the device 10 is achieved, if the surgeon prefers to interrupt the surgery without further introduction of the insert 16, a hexagonal fitting 174 that is coupled to a gear 166 (Fig. 1a) is, Allen wrench or other It may be actuated by a suitable tool. フィッティング174の回転は歯車166を回転させ、これは昇降スライド154を直接平行移動させ、したがって昇降プラットフォーム116を近位に平行移動させ、挿入物16が何も導入されていない状態でデバイス10の拡張を解放する。 Rotation of the fitting 174 rotates the gear 166, which moves parallel to the lifting slide 154 directly, thus the lifting platform 116 is translated proximally, expansion device 10 while the insert 16 is not introduced nothing the release.

そこで、トリガーアクチュエータ102がデバイス10を拡張し、1つまたは複数の挿入物16を導入するためにどのように動作するかについて理解されるべきである。 Therefore, the trigger actuator 102 expands the device 10, it should be understood how to operate to introduce one or more inserts 16. 第1のストロークにおいて、昇降プラットフォーム116のみが突出方向に平行移動して、デバイス10の拡張を引き起こす。 In the first stroke, only the lifting platform 116 is moved parallel to the protruding direction, causing an expansion of the device 10. 駆動装置124は、第1のストローク全体において静止したままである。 Drive device 124, it remains stationary throughout the first stroke. ハンドグリップ132/134が、第1のストロークが完了して拡張バネ136の付勢の下で開始位置に戻された後、昇降プラットフォーム116は、ハンドグリップ132/134が戻るときにデバイス10の拡張状態を維持する突出位置に静止したままとなる。 Handgrip 132/134 is, after returning to the starting position under the bias of the first stroke to complete the expansion spring 136, the lift platform 116, expansion device 10 when the hand grip 132/134 returns It remains stationary in projecting position to maintain the state. トリガーアクチュエータ102の第2のストロークにおいて、駆動装置124は、昇降プラットフォーム116が突出方向に最初に静止している間、突出方向に平行移動される。 In the second stroke of the trigger actuator 102, drive device 124, while the lifting platform 116 is initially at rest in the protruding direction, it is moved parallel to the protruding direction. 駆動装置124が、挿入物16を拡張されたデバイス10内に部分的に挿入したときに、トリガーアクチュエータ102の継続的動作によって、昇降プラットフォーム116が引き込み方向に引っ込められる。 Drive device 124 is, when partially inserted into the insert 16 expanded device 10 in the, by continuous operation of the trigger actuator 102, the lift platform 116 is retracted pulling direction. 昇降プラットフォーム116が引っ込むときに、駆動装置124は、突出方向に前進し続けて、第2のストロークが完了した後挿入物16を適所に完全に押し込む。 When the lift platform 116 is retracted, the driving device 124, continues to move forward in the projecting direction, completely pushed in position the insert 16 after the second stroke is completed.

したがって、後方進入路において椎間板内空間内への挿入について説明されている特定のデバイスに対して、デバイス10の拡張は、トリガーアクチュエータ102の第1のストロークにおいて達成され、挿入物16の完全な挿入は、第2のストロークの完了において達成される。 Thus, for the particular device being described insertion into the intradiscal space in the rear entrance lane, the device 10 expanded is achieved in the first stroke of the trigger actuator 102, full insertion of the insert 16 It is achieved in the completion of the second stroke. 側方進入路から挿入可能なデバイスなどのより長いデバイスについては、挿入器100の機構は、より長いデバイスが第1のストロークで拡張され、挿入物16が第2のストロークにおいて拡張されたデバイス内に部分的に挿入され、第3のストロークで完全に挿入されるように調整され得る。 For longer devices such as insertable device from the lateral approach path, mechanism of the inserter 100, the longer the device is extended in a first stroke, the insert 16 within the expanded device in a second stroke partially inserted into, it may be adjusted to be completely inserted in the third stroke. したがって、当業者には、デバイス10の拡張に使用されるストロークおよび拡張されたデバイス10内への挿入物16の挿入の回数は、トリガーアクチュエータ102の操作機構の好適な調整によって変えられることは理解されるであろう。 Thus, those skilled in the art, the number of insertion of insert 16 into the stroke is used to extend and expanded device 10 in the device 10, it is varied by suitable adjustment of the operating mechanism of the trigger actuator 102 is understood It will be. そのような調整は、たとえば、爪158と係合するように歯車のラック146上に設けられている押さえ面146dの数を変えることを含み得る。 Such adjustments may include, for example, changing the number of the pressing surfaces 146d provided on the rack 146 of the gear into engagement with pawl 158.

次に図10a〜図10bおよび図11〜図12を参照すると、デバイス10および挿入器100の組み立てが説明されている。 Referring now to FIG 10a~ view 10b and 11 to 12, assembly of the device 10 and inserter 100 is explained. 上終板12および下終板14は、拡張されていない状態で挿入器100に組み付けられ、上終板12は下終板14の空洞48内に完全に入っている。 Upper end plate 12 and the lower endplate 14 is assembled to the inserter 100 in the unexpanded state, the upper endplate 12 is fully within the cavity 48 of the lower endplate 14. そのような状態において、エレベータ18は、拡張の方向130に沿って独立した移動をするように上で説明され図5cに示されている通りに上終板12と下終板14との間に捕らわれて保持される。 In such a state, the elevator 18, between the upper end plate 12 and the lower endplate 14 as shown in the described Figure 5c above to move independent along the extension direction 130 They are held in captivity. 挿入器100は、ガイドピン108が下終板14の近位後端壁44内のネジ山付き開口部56内にねじ込まれて係合した後デバイス10に解放可能に取り付けられる。 Inserter 100, the guide pin 108 is releasably attached to the device 10 after engagement with threaded proximal rear end wall threaded openings 56 in 44 of the lower endplate 14. グラフトシールド128は、上終板12と上終板12の下面30に隣接するエレベータ18との間の通路50を通してデバイス10内に貫入する。 Graft shield 128, penetrates into the device 10 within the through passage 50 between the elevator 18 adjacent the lower surface 30 of the upper endplate 12 and the upper endplate 12. 挿入器100がデバイス10に固定されている状態で、昇降プラットフォーム116および駆動装置124は、突出方向および引き込み方向でデバイス10に相対的に軸方向平行移動可能である。 In a state where the inserter 100 is secured to the device 10, the lift platform 116 and the driving device 124 is a relative axial translatable into the device 10 in the protruding direction and the retraction direction. この拡張されていない状態では、デバイス10内に挿入物16はない。 This unexpanded state, the insert 16 is not in the device 10. 説明されている配置構成において、トラック104上に直線配列で支持されている5個の挿入物16がある。 In the arrangement being described, there are five inserts 16 that are supported in a linear array on a track 104.

図10a〜図10bおよび図11〜図12に例示されている位置では、昇降プラットフォーム116は、デバイス10およびエレベータ18に相対的に引っ込められた位置にある。 In the position illustrated in FIG 10a~ Figure 10b and 11 to 12, the lift platform 116 is in a relatively retracted position to the device 10 and the elevator 18. 挿入物16は、図10aに示されているように、デバイス10の外部で、デバイス10内に挿入できる状態で、トラック104上に配設される。 It inserts 16, as shown in Figure 10a, an external device 10, in a state that can be inserted into the device 10, is disposed on the track 104. この位置では、昇降プラットフォーム116の下面120は、下終板14の下側内面54上に置かれる。 In this position, the lower surface 120 of the lifting platform 116 is placed on the lower inner surface 54 of the lower endplate 14. 同様にエレベータ18の下面304は、下終板14の下側内面54によって支持される。 Lower surface 304 of the similarly elevator 18 is supported by the lower inner surface 54 of the lower endplate 14. そのようなものとして、昇降プラットフォーム116およびエレベータ18は、実質的に同じ平面上にあり、昇降プラットフォーム116の上面118はエレベータ18の上面302と実質的に同一平面上にある。 As such, the lift platform 116 and elevator 18 is on substantially the same plane, the upper surface 118 of the lift platform 116 is on the upper surface 302 substantially flush with the elevator 18. 挿入器100がデバイス10に取り付けられている状態で、エレベータ18は、昇降プラットフォーム116の軸方向移動に関して軸方向に固定される。 In a state where the inserter 100 is attached to device 10, the elevator 18 is fixed axially with respect to the axial movement of the lift platform 116.

図10a〜図10bに示されている状態において、挿入器100に解放可能に取り付けられている拡張されていないデバイス10を備える装置1は、2つの対向する椎骨体部の間の椎間板内空間内にデバイス10を挿入する際にすぐに使用できる状態にある。 In the state shown in FIG 10a~ Figure 10b, device 1 comprises a device 10 that has not been expanded releasably attached to inserter 100, within the disc space between the vertebral body two opposing It is ready for use when inserting the device 10 into. 挿入前に、上終板12を貫通する開口部38は、デバイス10を通した対向する椎骨体部の固定を促進するために好適な骨移植片材料を事前充填され得る。 Before insertion, the opening 38 extending through the upper end plate 12 may be pre-filled with a suitable bone graft material to promote fusion of the vertebral body facing through the device 10. グラフトシールド128は、上終板12と骨移植片材料の受け入れのためのポケットを画成する上終板12の下面30に隣接するエレベータ18との間の通路50を通してデバイス10内に貫入する。 Graft shield 128, penetrates into the device 10 within the through passage 50 between the elevator 18 adjacent the lower surface 30 of the end plate 12 on which defines a pocket for receiving the upper end plate 12 and the bone graft material. グラフトシールド128の自由端128bは、その遠位端に隣接する上終板12の内部突出部12b上に取り付けないまま置かれる。 The free end 128b of graft shield 128 is placed without mounted on the internal projecting portion 12b of the end plate 12 on the adjacent its distal end. したがって、開口部38は、上終板12の外面12aに隣接して開いており、下面30に隣接するグラフトシールド128によって閉じられる。 Thus, the opening 38 is open adjacent to the outer surface 12a of the upper endplate 12 is closed by grafting shield 128 adjacent the lower surface 30. そのようなものとして、グラフトシールド128は、骨移植片材料と拡張時にデバイス10内に挿入されるエレベータ18および挿入物16との間に障壁を形成する。 As such, graft shield 128 forms a barrier between the elevator 18 and inserts 16 are inserted into the device 10 within the time extended bone graft material. グラフトシールド128上の開口部38に骨移植片材料を事前充填することは、有利に、原位置での骨移植片材料の導入を減らすことを可能にし、十分な骨移植片材料がデバイス10全体を通して、上終板12および下終板14を通して開口部38および60内に収容され、対向する椎骨体部に対して応力がかかっている状態に置かれることをさらに保証する。 Be pre-filled with bone graft material in the opening 38 on the graft shield 128, preferably, introduced it possible to reduce the, the device 10 as a whole sufficient bone graft material of the bone graft material in situ through, it is housed in the opening 38 and 60 through the upper end plate 12 and the lower endplate 14, further ensures that the stress on the vertebral body facing is placed hanging in that state. それに加えて、グラフトシールド128は、拡張時に、および骨移植片材料がデバイス10の拡張に干渉すること、または摺動する接合面上の骨移植片材料によって妨げられ得る挿入物16の摺動可能な挿入に干渉することを実質的に阻止することによって、開口部38内の骨移植片材料が乱されることを実質的に防ぐ障壁を形成する。 In addition, the graft shield 128, upon expansion, and bone graft material can interfere with expansion of the device 10, or can slide the bone graft insert may be hampered by the material 16 on the bonding surface that slides by substantially prevented from interfering with the Do insertion, to form a substantially prevents barriers that bone graft material within the opening 38 is disturbed.

外科手術のこの時点において、挿入器100は、拡張されていないデバイス10を椎間板内空間内に挿入するために使用される。 At this point in the surgery, the inserter 100 is used to insert the device 10 that is not extended into the disc space. デバイス10は、上で説明されているように、外科的指示および外科医の好みに応じて後方もしくは後外側から、両側もしくは片側だけで、または前方もしくは側方進入路で脊椎内に植え込まれ得る。 Device 10 is, as described above, from the rear or posterolateral depending on the surgical indication and surgeon preference, may be implanted into the spine on both sides or only one side or the front or lateral approach path, . 次いで、デバイス10が、椎間板内空間の好適な位置に挿入された後、上で説明されているようなアクチュエータ102は第1の作動において操作される。 Then, the device 10 is, after being inserted into a suitable location of the intervertebral disc space, an actuator 102 such as described above is operated in the first operating. 最初に、第1のストロークにおいて、昇降プラットフォーム116は、駆動装置124が静止したままである間に、軸方向に平行移動される。 First, in the first stroke, the lift platform 116, between the driving unit 124 remains stationary, is moving parallel to the axial direction. 昇降プラットフォーム116は、図10a〜図10bの引っ込められた位置から突出方向に移動し、それによって、昇降プラットフォーム116は、デバイス10内にさらに移動される。 Elevating platform 116 moves in the protruding direction from the retracted position of FIG 10a~ Figure 10b, whereby the lifting platform 116 is further moved into the device 10. 突出方向に移動しているときに、昇降プラットフォーム116の昇降面116a、116b、および116cは、それぞれエレベータ18の連携する昇降面308a、312b、および314bと接触する。 When moving in the protruding direction, the lifting surface 116a of the elevating platform 116, 116 b, and 116c are in contact cooperate to lift surface 308a of each elevator 18, 312b, and a 314b. 連携する係合は、エレベータ18が拡張の方向に移動して下終板14の下側内面54から遠ざかり、上終板12の方へ向かう。 Engaging cooperating moves away from the lower inner surface 54 of the lower endplate 14 elevator 18 is moved in the direction of extension, toward the direction of upper endplate 12. エレベータ18の上面302は、上終板12の下面30と接触し、エレベータ18は、図13a〜図13bに示されているように、レール14bに沿って摺動可能に移動し、上終板12の方へ拡張方向に向かい、下終板14から遠ざかり、それによってデバイス10を拡張する。 Upper surface 302 of the elevator 18 is in contact with the lower surface 30 of the upper endplate 12, elevator 18, as shown in FIG 13a~ Figure 13b, slidably moving along the rails 14b, the upper endplate toward the direction of extension towards the 12, away from the lower endplate 14, thereby expanding the device 10.

デバイス10の完全な拡張が達成されたときに、上で説明されているように、トリガーアクチュエータ102の第1のストロークは完了し、ハンドグリップ132/134は、元の開始位置に戻される。 When full extension of the device 10 is achieved, as described above, the first stroke of the trigger actuator 102 is complete, the handgrip 132/134 is returned to its original starting position. 次いで、トリガーアクチュエータ102は、第2の作動において操作されて、第2のストロークを開始する。 Then, the trigger actuator 102 is operated in a second operation, to start the second stroke. 第2のストロークが開始すると、昇降プラットフォーム116は静止したままになり、デバイス10を拡張された状態に保持し、その間に、駆動装置124の軸方向平行移動が開始する。 When the second stroke begins, the lift platform 116 will remain stationary, held in a state of being extended device 10, during which the axial translation of the drive device 124 starts. 図13a〜図13bに示されているように、アクチュエータ102の継続的な動作は、遠位前端208は挿入物16の遠位前端208が上終板12とデバイス10の近位端に隣接する下終板14との間で拡張されたデバイス10内に部分的に挿入されるまで通路50を通して拡張されたデバイス10内に自由に移動するように挿入物16を遠位に押す。 As shown in FIG 13a~ Figure 13b, continued operation of the actuator 102, the distal front 208 distal the front end 208 of the insert 16 adjacent the proximal end of the upper endplate 12 and the device 10 pressing the insert 16 so as freely move in expanded device 10 in through the passage 50 until it is partially inserted into the expanded device 10 between the lower endplate 14 distally.

挿入物16がデバイス10内に部分的に挿入された状態で、第2のストロークにおけるアクチュエータ102の継続的動作は、昇降プラットフォーム116が近位に移動し、それによって昇降プラットフォーム116を引き込み方向に移動することを引き起こす。 Moves in a state where the insert 16 is partially inserted into the device 10, continued operation of the actuator 102 in the second stroke, move the lift platform 116 is proximally thereby in a direction pulling the lifting platform 116 cause to be. 挿入物16の遠位前端208が上終板12を支持している状態で、昇降プラットフォーム116の継続的な近位移動は、昇降プラットフォーム116の昇降面116a、116b、および116cがそれぞれエレベータ18の連携する昇降面308a、312b、および314bを十分に係脱することを引き起こし、エレベータ18が上終板12から拡張方向に遠ざかり、レール14bに沿って下終板14の方へ移動し、図10a〜図10bに示されているエレベータ18の位置に戻ることを可能にする。 In a state where the distal front 208 of the insert 16 is supported on the end plate 12, it continued proximal movement of the lift platform 116, lifting surface 116a of the elevating platform 116, 116 b, and 116c are respectively elevator 18 linkage to the lifting surface 308a, 312b, and causing the fully disengaged to 314b, elevator 18 moves away from the upper endplate 12 to the expansion direction to move toward the lower endplate 14 along the rail 14b, Figure 10a It makes it possible to return to the position of the elevator 18 shown in to FIG. 10b. エレベータ18が、昇降プラットフォーム116の下面120が下終板14の下側内面54上に置かれる位置まで戻ると、図16bを参照しつつ以下で説明されているような空間64のような空間が、上終板12の下面30とエレベータ18の上面302との間に形成される。 Elevator 18, back to a position where the lower surface 120 of the lift platform 116 is placed on the lower inner surface 54 of the lower endplate 14, a space such as a space 64, as described below with reference to FIG. 16b , it is formed between the upper surface 302 of the lower surface 30 of the upper endplate 12 and the elevator 18. 上終板12とエレベータ18との間のそのような空間は、挿入物16の厚さよりもわずかに大きく、上終板12の下面30およびエレベータ18の上面302と直接連通する。 Such space between the upper endplate 12 and the elevator 18 is slightly larger than the thickness of the insert 16, in direct communication with the upper surface 302 of the lower surface 30 and the elevator 18 of the upper endplate 12. アクチュエータ102の第2のストロークの完了時に、駆動装置124は軸方向に遠位に摺動可能に移動し続け、図14に示されているように挿入物16を拡張デバイス10のそのような空間内に完全に押し込み、挿入物16の下面204はエレベータ18の上面302に面し、摺動可能に接触する。 At the completion of the second stroke of the actuator 102, the drive 124 continues to slidably move distally in the axial direction, such spatial expansion device 10 an insert 16 as shown in FIG. 14 fully into within the lower surface 204 of the insert 16 faces the upper surface 302 of the elevator 18, to slidably contact. 駆動装置124は、アクチュエータ102のハンドグリップ134が解放されたときに図10a〜図10bに示されている元の位置へ近位に引っ込められる。 Drive device 124 is retracted proximally to the original position shown in FIG 10a~ Figure 10b when the hand grip 134 of the actuator 102 is released.

挿入物16をデバイス10内に挿入するときに、挿入物16の遠位端208のところの上で説明されているレセプタクル220は、係止面224a、224b、および322a、322bが図5bに示されているように弾性的に連動するようにエレベータ18の上面302上の補完する柔軟なラッチ318を受け入れ連携する。 When inserting the insert 16 into the device 10, the receptacle 220 as described above where the distal end 208 of the insert 16, the locking surface 224a, shown 224b, and 322a, 322b is in Figure 5b It is elastically accepted to work a flexible latch 318 to complement the upper surface 302 of the elevator 18 to work as. そのような連動は、駆動装置124が引っ込められた位置にある挿入物16から引き出されるときに通路50を通る挿入物16の後退に実質的に抵抗する。 Such interlocking is substantially resisting retraction of the insert 16 through the passageway 50 as it is withdrawn from the insert 16 in the driving device 124 is retracted positions. デバイス10がさらに拡張される場合、以下で説明されているように、初期挿入物16は、エレベータ18によって上終板12とともに上向きに移動される。 If the device 10 is further extended, as described below, the initial insert 16 is moved upward together with the upper endplate 12 by the elevator 18. 次いで、エレベータ18が、説明されるように、下終板14の方へ、下向きに戻ると、ラッチ318は、空間64が形成されるときにレセプタクル220から分離される。 Then, the elevator 18, as will be described, to the bottom end plate 14, back downwardly, the latch 318 is separated from the receptacle 220 when the space 64 is formed. 初期挿入物16が上向きに移動されると、これは通路50の上に置かれ、後端壁44の内面44aを含む、下終板14の内面によって捕らわれた状態に保持される。 When the initial insert 16 is moved upward, which is placed on the path 50, including the inner surface 44a of the rear end wall 44, it is held in captive by the inner surface of the lower endplate 14. 挿入物16が、レセプタクル220およびラッチ318の連動によってデバイス10内の適所に保持されている間に、挿入物16と下終板14の1つまたは複数の内面との間の連動する構造、または隣接する挿入物16の間の連動する構造などの、挿入物16の後退移動に抵抗する他の構造が設けられ得ることを理解されるであろう。 Inserts 16, while being held in place within the device 10 by interlocking receptacles 220 and latch 318, interlocking structure between one or more inner surfaces of the insert 16 and the lower endplate 14 or, such interlocking structure between adjacent inserts 16 would other structures to resist rearward movement of the insert 16 is to be understood that may be provided. 挿入物16の挿入の完了後に、挿入物16の開口部216は、エレベータ18の開口部316、上終板12の開口部38、および下終板14の開口部60と少なくとも部分的に整列される。 After completion of the insertion of the insert 16, the opening 216 of the insert 16 has an opening 316 of the elevator 18, the opening 38 of the upper endplate 12 and an opening 60 of the lower endplate 14 is at least partially aligned that. 挿入器100が、外科手術の完了後に拡張されたデバイスから取り出された後、挿入物開口部216、エレベータ開口部316、ならびにグラフトチャンバー38および60は、それぞれ、すべて、少なくとも部分的に整列しており、互いに連通する。 Inserter 100, after removal from the expanded device after completion of surgery, the insert opening 216, the elevator opening 316 and the graft chamber 38 and 60, respectively, all at least partially aligned cage, communicate with each other.

外科医が、椎間板空間の高さの適切な補正を行うために追加の挿入物16が必要であると決定した場合に、第1の挿入物16の挿入に関して説明されているのと同じ方式で1つまたは複数の追加の挿入物16を挿入するようにアクチュエータ102が操作され得る。 Surgeon, as determined to be necessary additional inserts 16 to make the appropriate correction of the height of the disc space, in the same manner as has been described with respect to the insertion of the first insert 16 1 One or actuator 102 to insert the plurality of additional inserts 16 can be operated. 図15a〜図15bは、1つの挿入物16が挿入され、デバイス10が図13a〜図13bに関して説明されているのと同じプロセスで昇降プラットフォーム116により持ち上げた後のエレベータ18によるアクチュエータ102の第1のストロークにおいてさらに拡張された後に第2の挿入物16が部分的に導入されるデバイス10を示している。 Figure 15a~ Figure 15b is inserted one insert 16, the first actuator 102 by the elevator 18 after the device 10 is lifted by the lifting platform 116 in the same process as described with respect to FIG 13a~ Figure 13b further, the second insert 16 after it is expanded indicates a device 10 to be introduced partially in the stroke. 第2の挿入物16が、第2のストロークにおいてさらに拡張されたデバイス10内に入ると、昇降プラットフォーム116が引き込み方向へ近位に引かれ、昇降プラットフォーム116の昇降面116a、116b、および116cを、それぞれエレベータ18の連携する昇降面308a、312b、および314bから十分に係脱させ、エレベータ18が下終板14の内面54に自由に戻ることを可能にする。 The second insert 16, further into the expanded device 10 in the second stroke, the lift platform 116 is pulled proximally to pull direction, the lifting surface 116a of the elevating platform 116, 116 b, and 116c , linkage to lift surface 308a of each elevator 18, 312b, and allowed to sufficiently disengaged from 314b, the elevator 18 is to allow the return to free the inner surface 54 of the lower endplate 14. しかしながら、エレベータ18が、駆動装置124によってデバイス10内に第2の挿入物16を押し込んでいるときにそのような位置に完全にまたは部分的に戻ることができない場合、第2の挿入物16の前側遠位端208に隣接する傾斜面208aは、それぞれ、図16a〜図16bに示されているように、エレベータ18の各アーム312および314の上側自由端のところで、傾斜面312aおよび314aと接触し、エレベータ18を下終板14の下面54の方へ付勢し、当接させて、第1の挿入物16の下面204とエレベータ18の上面302との間に空間64を形成する。 However, the elevator 18, by the drive device 124 not be able to return completely or partially to such a position when it is pushed a second insert 16 into the device 10, the second insert 16 inclined surface 208a adjacent to the front distal end 208, respectively, as shown in FIG 16a~ Figure 16b, at the upper free end of each arm 312 and 314 of the elevator 18, in contact with the inclined surfaces 312a and 314a and biases the elevator 18 toward the lower surface 54 of the lower endplate 14, by abutment, forming a space 64 between the upper surface 302 of the lower surface 204 of the first insert 16 elevator 18. 代替的に、またはそれに加えて、好適な付勢要素は、下終板14の内面54の方へエレベータ18を通常通り付勢するために含まれ得る。 Alternatively, or in addition, a suitable biasing element may be included to normally urge as the elevator 18 toward the inner surface 54 of the lower endplate 14. 下終板14は、たとえば図15aに示されているように、付勢要素として働くバネ107を収容するために空洞48の遠位端に隣接する前端壁46上にリップ部46aを備えるように形成され得る。 Lower endplate 14, for example as shown in Figure 15a, to include a lip portion 46a on the front end wall 46 adjacent the distal end of the cavity 48 to accommodate a spring 107 which acts as a biasing element It may be formed. 下終板14の下側内面54の方へエレベータ18を付勢する特徴部は、第1の挿入物16さらにはすべてのその後挿入される挿入物16の挿入時に機能することは理解されるであろう。 Feature which urges the elevator 18 to the bottom end plate 14 of the lower inner surface 54, to act upon insertion of the first insert 16 further inserts 16 which are inserted all subsequent is understood It will allo.

第2のストロークにおいてアクチュエータ102を継続的に動作させることで、図17に示されているように完全に挿入されるまで第2の挿入物16を移動し続ける。 By causing the actuator 102 continues to operate in the second stroke, it continues to move the second insert 16 until it is fully inserted as shown in Figure 17. 第2の挿入物16がデバイス10内に挿入されるときに、第2の挿入物16の上で説明されているレセプタクル220の弾力的な連動特徴部は、エレベータ18の遠位端上で柔軟なラッチ318の補完する連動する特徴部と連動し連携する。 When the second insert 16 is inserted into the device 10, resilient interlocking features of the receptacle 220 as described above in the second insert 16 is flexible on the distal end of the elevator 18 interlocked to work with the features that work to complement such latch 318. 第2の挿入物16の挿入の完了後に、挿入物16の開口部216は、第1の挿入物の開口部216、上終板12の開口部38、および下終板14の開口部60と少なくとも部分的に整列され、すべて挿入器100の取り出し後に連通する。 After completion of the insertion of the second insert 16, the opening 216 of the insert 16 has an opening 216 of the first insert, the opening 38 of the upper endplate 12 and an opening 60 of the lower endplate 14 at least partially aligned, communicating after removal of all the inserter 100. 第2の挿入物16は、一番下の挿入物であり、図17および図18に示されているように、第1の挿入物16の真下にあり、第1の挿入物16と接触しているエレベータ18の上面302上に置かれる。 The second insert 16 is a insert the bottom, as shown in FIGS. 17 and 18, located immediately below the first insert 16, in contact with the first insert 16 and it is placed on the upper surface 302 of the elevator 18. 次いで、再び、駆動装置124は、アクチュエータ102のハンドグリップ134が解放されたときに図10a〜図10bに示されている元の位置へ近位に引っ込められる。 Then again, the drive device 124 is retracted proximally to the original position shown in FIG 10a~ Figure 10b when the hand grip 134 of the actuator 102 is released.

椎間板内空間がその最大の解剖学的範囲まで拡張されたときに、脊椎がリガメントタキシスに到達し、デバイス10がさらに拡張することができないと、外科医は、触覚フィードバックによりそのような状態を決定することができる。 Determined when the disc space has been extended to the anatomical extent of its maximum, spine reaches the trigger placement Taki cis, Failure to device 10 further expanded, the surgeon, such a condition by tactile feedback can do. デバイス10内への挿入物16の挿入は、エレベータ18が上終板12の方に向かう拡張方向でその最終的な移動に到達した後にしか達成され得ない。 Insertion of the insert 16 into the device 10 in the elevator 18 can not only be achieved after reaching its final movement extended direction toward the upper endplate 12. そのようなものとして、アクチュエータ102の第1のストロークを完了する方式でハンドグリップ132/134を圧縮できないと、外科医は、リガメントタキシスに達しており、適切な椎間板内高さが復元されていると認識することができる。 As such, when unable to compress the hand grip 132/134 the first stroke of the actuator 102 in complete manner, the surgeon has reached the trigger placement Taki cis, suitable intradiscal height is restored it is possible to recognize that. 挿入物16の挿入が下終板14の方への拡張方向のエレベータ18の完全な移動の後にデバイス10の拡張を許す範囲で、挿入物16の不完全な挿入は回避され得る。 To the extent that the insertion of the insert 16 allows the expansion of the device 10 after complete movement direction of extension of the elevator 18 to the bottom end plate 14, an incomplete insertion of the insert 16 may be avoided. デバイス10の完全な拡張に到達したという指示も、アクチュエータ102上のフラグ162がフレーム101に関して回転しているという観察結果によって上で説明されているように視覚的に決定され得る。 Indication that reaches the full expansion of the device 10 also, the flag 162 on the actuator 102 may be determined visually as described above by observation that rotates with respect to the frame 101. 次いで、外科医は、上で説明されているように、六角フィッティング174を作動させることによって手術を終了させる。 The surgeon then, as described above, to terminate the operation by actuating the hexagonal fitting 174. 次いで、挿入器100は、ガイドピン108の近位端からつまみ112を回転可能に取り外すことによって拡張されたデバイス10から取り外される。 Then, the inserter 100 is removed from the devices 10 expanded by removing the 112 knob from the proximal end of the guide pin 108 rotatably. 図19に示されているように、ガイドピン108は、拡張されたデバイス10に解放可能に接続されたままで、好適な骨移植片を収容する装置にその後取り付けるための位置決め具として働き、挿入物16が挿入された際に通る下終板14の通路50内にそのような材料を送達することを支援する。 As shown in Figure 19, the guide pins 108, remains releasably connected to the expansion devices 10, serves then as a positioning device for attachment to a device for accommodating a suitable bone graft, insert 16 to assist the delivery of such materials into the passage 50 of the lower endplate 14 through which is inserted. そのようなものとして、拡張されたデバイス10から挿入器100を取り出した後、実質的に遮られることのない経路が、通路50からエレベータ18の開口部316および挿入物16の開口部216を通り、上終板12および下終板14を貫通する開口部38および60内に入り、それぞれ、骨移植片材料が流路50を通り拡張されたデバイス10内に導入されてデバイス10内を完全に流れることを可能にする。 As As such, after removal of the inserter 100 from the expanded device 10, the path without being blocked by the substantially has an opening 216 of the opening 316 and inserts 16 from the passage 50 elevator 18 enters the opening 38 and 60 through the upper end plate 12 and the lower end plate 14, respectively, are introduced into the device 10 which bone graft material is through extended passage 50 the complete device 10 to allow the flow.

上で説明されているような後方植え込みに対するデバイス10のいくつかの特定の用途に従って、下終板14の長さによって定められるようなデバイス10の全長は、約25mmである。 According to some specific applications of the device 10 for the rear implantation, such as described above, the overall length of the device 10 as defined by the length of the lower endplate 14 is about 25 mm. デバイス10の幅は、約10mmである。 The width of the device 10 is about 10 mm. 上終板12が下終板14内に完全にネストされている図1a〜図1cの拡張されていないデバイス10の高さは、約7mmである。 The height of the device 10 where the upper end plate 12 is not extended in FIG 1a~ Figure 1c that are fully nested under endplate 14 is about 7 mm. それぞれが約1.0mmの厚さを有する5個の挿入物16の導入で、デバイス10の高さは、約7mm拡張されていない高さから約12mmの拡張された高さまで拡張され得る。 With the introduction of the five inserts 16, each having a thickness of about 1.0 mm, the height of the device 10 can be extended from a height that is not about 7mm expanded to the expanded height of about 12 mm. これらの寸法は、例示的なものにすぎず、挿入物16の数およびデバイス10の寸法は、特定の外科手術および用途に応じて変わり得ることがわかるであろう。 These dimensions are merely exemplary, the dimensions of the number and the device 10 of the insert 16, it will be appreciated that may vary depending on the particular surgery and applications. たとえば、後方移植のためのデバイス10は、約7〜10mmの範囲内の拡張されていない初期高さ、約10〜14mmの範囲内の幅、および約20〜35mmの範囲内の長さを有するものとしてよく、より高いサイズについては挿入物16、8個分までである。 For example, the device 10 for the rear transplantation has a length within the range from about unexpanded initial height in the range of 7 to 10 mm, width in the range of about 10~14Mm, and about 20~35mm well as things is to insert 16,8 pieces of about greater size. そのような後のサイズのデバイス10を実装するために、トリガーアクチュエータ102は、第1のストロークにおいてデバイス10を拡張し、第2のストロークにおいて挿入物16を完全に挿入するための本明細書で説明されているような操作機構を有するものとしてよい。 To implement the device 10 of the size of such post, the trigger actuator 102 extends the device 10 in the first stroke, herein in order to fully insert the inserts 16 in the second stroke good as having an operating mechanism as described.

外側進入路から植え込まれ得るデバイス10のいくつかの用途について、デバイス10は、約8〜10mmの範囲内の拡張されていない高さ、約14〜26mmの範囲内の幅、および約35〜60mmの範囲内の長さを有し得る。 For some applications, device 10 may be implanted from outside entrance lane, the device 10 is unexpanded height in the range of about 8 to 10 mm, width in the range of about 14~26Mm, and about 35 It may have a length ranging from 60 mm. 外側進入路からそのようなデバイス10を植え込むために、トリガーアクチュエータ102は、第1のストロークにおいてデバイス10を拡張し、第2のストロークにおいて挿入物16を部分的に挿入し、第3のストロークにおいて挿入物16を完全に挿入するように調整された操作機構を有するものとしてよい。 To implant such devices 10 from the outside approach path, the trigger actuator 102 extends the device 10 in a first stroke, the insert 16 partially inserted in the second stroke, the third stroke good as having an adjusted operating mechanism to fully insert the inserts 16.

後端壁44を貫通する、通路50は、図19に示されているように、ガイドピン108を位置決め具として使用し得る骨移植片送達装置によって好適な骨移植片材料の導入を円滑にするようにサイズが決められ、構成される。 Through the rear end wall 44, passageway 50, as shown in FIG. 19, to facilitate the introduction of suitable bone graft material by the bone graft delivery device that may be used to guide pin 108 as a positioning tool size is determined as composed. そのような骨移植片送達装置は、通路50内に入るようにサイズが決められ、構成されている進入先端部を有するものとしてよい。 Such bone graft delivery device being sized to enter the passageway 50 may as having the entry tip is configured. 特定の配置構成において、骨移植片材料の送達をさらに容易にするために進入開口部を大きくすることが望ましい場合がある。 In certain arrangements, it may be desirable to increase the entrance opening in order to further facilitate the delivery of the bone graft material. そのような場合には、後端壁44の一部は、ネジ山付き開口部56の真下で高さを増した通路部分50aを形成するようにノッチアウトされ得る。 In such a case, a portion of the rear end wall 44 may be notched out to form a passage portion 50a with an increased height just below the threaded opening 56. ねじ切り開口部56の下に置かれている通路部分50aは、骨移植片材料の進入流を拡張されたデバイス10の中心の中へ導く。 Passage portion is located below the threaded opening 56 50a leads into the center of the device 10 which is extended ingress flow of the bone graft material. 通路部分50aは、骨移植片送達装置の進入先端部を受け入れ連携するように適切に構成されるものとしてよく、そのような通路部分50aは矩形、正方形、または弓形である。 Passage portion 50a may as appropriately configured to cooperate to accept the entry tip of the bone graft delivery device, such passage portion 50a is rectangular, square or arcuate. 後方用途に対するデバイス10の例において、通路部分50aは、正方形になるように特に構成され得る。 In the example of the device 10 for the rear application path portion 50a, as a square may be particularly configured. そのようなデバイス10が、7mmの拡張されていない初期高さおよび10mmの幅を有する場合に、通路部分50aは、3mmの幅、および内面54から垂直に測定して、3mmの高さを有し得る。 Such a device 10, if having an extended initial no height and 10mm width of 7 mm, passageway portion 50a is, 3mm wide, and from the inner surface 54 as measured vertically, have a height of 3mm It can be. 外側用途に対するデバイス10の例において、通路部分50aは、一般的に矩形になるように特に構成され得る。 In the example of the device 10 relative to the outer application, passage portion 50a may be specifically configured generally be rectangular. そのようなデバイス10が、8mmの拡張されていない初期高さおよび16mmの幅を有する場合に、通路部分50aは、内面54から垂直に測定して、3mmの高さ、および6mmの幅を有し得る。 Such a device 10, if it has a width of unextended initial height and 16mm of 8 mm, passage portion 50a, measured perpendicularly from the inner surface 54 Yes, 3 mm in height, and a width of 6mm It can be. 自家移植片の形態で骨移植片材料を送達することを目的として、通路部分50aの最小寸法、またはそのような自家移植片材料に対する入口として使用される通路50の一部は、約2mm以上であることが望ましい。 For the purpose of delivering the bone graft material in the form of autograft, part of the passage 50 which is used as an inlet minimum dimension of the passage portion 50a or against such autograft material, is about 2mm or more it is desirable. しかしながら、送達すべき骨移植片材料の粘度に応じて、そのような最小寸法は変わり得ることは理解されるであろう。 However, depending on the viscosity of the bone graft material to be delivered, it will be understood that such a minimum dimension may vary.

次に、図20を参照して、モジュール式構造物を具現化する代替的挿入器400が説明される。 Next, with reference to FIG. 20, an alternative inserter 400 embodying the modular structure is described. 挿入器400は、アクチュエータ402および解放可能なカートリッジ404を備える。 Inserter 400 includes an actuator 402 and a releasable cartridge 404. アクチュエータ402は、上で説明されているトリガーアクチュエータ102と同じ方式で拡張バネによって付勢されて離される一対のハンドグリップ407および408を備える。 The actuator 402 includes a pair of hand grips 407 and 408 are separated is urged by the extension spring in the same manner as the trigger actuator 102 that is described above. アクチュエータ402は、トリガーアクチュエータ102の操作機構と実質的に同じである操作機構411を収納するフレーム410を備える。 The actuator 402 includes a frame 410 that houses the operating mechanism and operating mechanism 411 is substantially the same as the trigger actuator 102. グリップ407は、フレーム410に動かないように固定されるが、グリップ408は、枢動ピン412によってフレーム410に枢動可能に接続される。 Grip 407 is fixed immovably in the frame 410, the grip 408 is pivotally connected to the frame 410 by pivot pin 412. フレーム410は、トリガーアクチュエータ102として操作機構411に結合されている回転可能なフラグ414を支持する。 Frame 410 supports a rotatable flag 414 coupled to the operating mechanism 411 as a trigger actuator 102. フレーム410は、フレーム410の近位端410bに隣接する接合面410aから上向きに突出する一対のバネ仕掛けの柔軟なラッチ416を備える。 Frame 410 comprises a flexible latch 416 of a pair of spring-loaded projecting upwardly from the joining surfaces 410a adjacent the proximal end 410b of the frame 410. フレーム410の遠位端410cに隣接して、支持面410dが設けられる。 Adjacent the distal end 410c of the frame 410, the supporting surface 410d is provided. 特定の実施形態におけるアクチュエータ402は再利用可能である。 The actuator 402 in certain embodiments is reusable. フレーム410、さらにはフレーム101、およびハンドグリップ407、408、さらにはハンドグリップ132、134は、すべて、特定の配置構成においてステンレス鋼から形成されているが、アルミニウム合金およびプラスチックなどの他の材料も使用できる。 Frame 410, and further frames 101, and the hand grips 407 and 408, more handgrip 132 and 134, all have been formed of stainless steel in a particular arrangement, also other materials such as aluminum alloy and plastic It can be used.

カートリッジ404は、トリガーアクチュエータ102のトラック104およびカバー106に類似する外側カバー418内に収容されるトラック406を備える。 Cartridge 404 includes a track 406 that is housed within an outer cover 418 that is similar to the track 104 and the cover 106 of the trigger actuator 102. カートリッジ404は、同様に、トリガーアクチュエータ102の昇降プラットフォーム116、駆動装置124、および割出し部材125と同じように製作され、同じ方式で機能する平行移動可能な昇降プラットフォーム、平行移動可能な駆動装置、および割出し部材(すべて図示せず)を収納する。 Cartridge 404, likewise, the lift platform 116 of the trigger actuator 102 is fabricated in the same way as the drive device 124 and the indexing member 125, parallel movable lifting platform which functions in the same manner, translatable drive, and housing the indexing member (all not shown). 支持体172に匹敵する支持体420は、カバー418の底部に固定される。 Support 420 comparable to the support 172 is fixed to the bottom portion of the cover 418. カートリッジ404は、拡張可能なデバイス10内に挿入するために直線配列になっている複数の挿入物16を支持する。 Cartridge 404 supports a plurality of inserts 16 that is a linear array for insertion into the expandable device 10. 連携するラッチ構造が、カバー418の底面に設けられ、これにより、アクチュエータ402のラッチ416と解放可能に係合する。 Latch structure to work is provided on the bottom surface of the cover 418, thereby releasably engaging the latch 416 of the actuator 402. 特定の一実施形態では、カートリッジ404は、使い捨てできる。 In one particular embodiment, the cartridge 404 is disposable.

カートリッジ404は、支持体420をフレーム410上の支持面410dと最初に係合させ、次いで、ラッチ416がカートリッジ404の底部のところで連携するラッチ構造に解放可能に取り付けられるまでカートリッジを回転させて下げて近位端410bの方に向けることによってフレーム410に解放可能に取り付けられる。 Cartridge 404, a support 420 engaged first engagement with the support surface 410d of the frame 410, is then lowered latch 416 rotates the cartridge to releasably attached to latch structure to work at the bottom of the cartridge 404 releasably attached to the frame 410 by directing towards the proximal end 410b Te. カートリッジ404をアクチュエータ402と取り付けた後、操作機構411の構成要素は、アクチュエータ102に匹敵する方式でトラック406内の駆動装置および昇降機構と接合し、これは駆動装置124のスロット124dと同じであるスロット内に隆起特徴部422(隆起特徴部156と同じ)を受け入れることを含む。 After mounting the cartridge 404 and the actuator 402, the components of the operating mechanism 411, in a manner comparable to the actuator 102 joined to the drive unit and the lifting mechanism in the track 406, which is the same as the slot 124d of the driving device 124 comprising accept raised features 422 (same as the raised feature 156) in the slot. カートリッジ404は、その両側でフレーム410によって支持され、ラッチ416に移動可能に結合されているリリースレバー424を作動させることによってアクチュエータ402から解放され得る。 Cartridge 404 is supported by frame 410 at both sides thereof can be released from the actuator 402 by actuating the release lever 424 is movably coupled to the latch 416. 他のすべての点で、モジュール式挿入器400は、上で説明されているトリガーアクチュエータ102と同じように動作する。 In all other respects, modular inserter 400 operates in the same manner as trigger actuator 102 that is described above.

本発明は、図面および前記の説明に詳しく例示され、説明されているが、その例示および説明は、例示的であると考えられるべきであり、本質的に制限的であると考えられるべきでない。 The present invention is in detail illustrated in the description of the drawings and the have been described, their illustration and description are to be considered as illustrative and should not be considered to be essentially limited. 好ましい実施形態のみが提示されていること、本発明の趣旨内にあるすべての変更、修正、およびさらなる応用は、保護されることが望ましいことは理解される。 That it is only the preferred embodiments is presented, and all changes that come within the spirit of the present invention, modifications, and further applications, it will be understood protected it is desirable. たとえば、シールド128などのグラフトシールドを備える挿入器は、上で説明されているようにエレベータ18なしの拡張構造を有する拡張可能な脊椎椎体間固定デバイスとともに使用され得る。 For example, the inserter comprising a graft shield such as the shield 128 may be used in conjunction with expandable spinal interbody fusion device having an extended configuration without elevator 18 as described above. たとえば、グラフトシールド18を備える挿入器は、上で参照されている特許文献5において図示され、説明されている拡張可能な椎体間固定デバイスとともに使用されるものとしてよく、ここにおいてデバイスは、一連のウェハの導入後に拡張される。 For example, the inserter comprising a graft shield 18 is shown in Patent Document 5, which is referred to above, as good as those used in conjunction with expandable interbody fusion device that is described, the device in this case, a series It is an extension of after the introduction of the wafer. シールド128は、本明細書で説明されているのと同様に使用されるものとしてよく、上終板およびウェハなどの、終板のうちの1つを通る骨移植片開口部の間に障壁を設ける。 Shield 128 may as those used in a similar manner as described herein, such as the upper endplate and the wafer, a barrier between the bone graft opening through one of the endplates provided. そのような障壁は、そのような開口部内に事前充填された骨移植片材料が、デバイスの挿入および拡張時にそのようなウェハを摺動する形で受け入れることに干渉するのを実質的に防ぐ。 Such barriers, such bone graft material that has been pre-filled in the opening is substantially prevented from interfering with the accept in the form of slides such wafer during device insertion and expansion. それに加えて、ネジ山付き回転機構などを備えるトリガーアクチュエータ以外のアクチュエータは、本明細書で説明されている挿入器100とともに使用され得ることも理解されるであろう。 In addition, the actuator other than the trigger actuator comprising a like threaded rotating mechanism will also be understood that may be used with which inserter 100 described herein.

1 装置 10 拡張可能な脊椎椎体間固定デバイス 12 上終板 12a 上側外面 12b 下突出部 14 下終板 14a 下側外面 14b レール 16 挿入物 18 エレベータ 20 ハブ 22、24 側面 26、28 横断面 30 下面 38 開口部 40、42 側壁 40a、42a 内面 44、46 端壁 44a 内面 46a リップ部 48 空洞 50 挿入物通路 50a 通路部分 54 下側内側支持面 56 ネジ山付き接続開口部 58 穴 60 開口部 100 挿入器 100a 遠位端 100b 近位端 101 フレーム 102 トリガーアクチュエータ 104 トラック 106 外側細長トラックカバー 107 バネ 108 ガイドピン 110 開口部 112 ネジ山付きつまみ 114 ピン 116 昇降プラットフォーム 116a 傾斜昇降面 116b、11 1 device 10 expandable spinal interbody fusion device 12 upper endplate 12a upper outer surface 12b under the protruding portion 14 under endplate 14a lower outer surface 14b rails 16 insert 18 elevator 20 hub 22,24 side 26, 28 cross section 30 lower surface 38 opening 40 side walls 40a, 42a inner surface 44, 46 the end wall 44a the inner surface 46a lip 48 cavity 50 insert passages 50a passage portion 54 below the inner support surface 56 threaded connection openings 58 bore 60 opening 100 inserter 100a distal end 100b proximal 101 frame 102 triggers the actuator 104 tracks 106 outer elongate track cover 107 spring 108 guide pin 110 opening 112 threaded knob 114 pin 116 lifting platform 116a inclined lift surface 116 b, 11 6c 傾斜面 116d 昇降プラットフォーム 118 上面 120 下面 124 駆動装置 124c 上面 124d スロット 124e、124f 押さえ面 125 割出し部材 128 グラフトシールド 128a 一端 128b 自由端 132、134 ハンドグリップ 136 拡張バネ 138 枢着部 140 歯車の歯 146 歯車のラック 146a 下面 146b 上面 146c 遠位端 146d 押さえ面 146e ランプ面 146f 上面 148 爪 148a 枢着部 148b 押さえ面 150 駆動スライド 150a 下面 150b 押さえ面 150c 下面 152 圧縮バネ 154 昇降スライド 154a 押さえ面 154b 近位の細長い繋留部分 154c 押さえ面 154d 第2の歯車のラック 156 上側隆起特徴部 156a、156b 押さえ 6c inclined surface 116d lifting platform 118 top 120 bottom surface 124 drives 124c upper surface 124d slots 124e, 124f pressing surface 125 indexing member 128 graft shields 128a end 128b free end 132 hand grip 136 extended spring 138 of the pivot supports 140 gear teeth 146 gear rack 146a underside 146b top 146c distal end 146d pressing surface 146e ramp surface 146f top 148 claws 148a pivot portion 148b pressing surface 150 slidably driven 150a underside 150b pressing surface 150c lower surface 152 compression spring 154 lifting slide 154a pressing surface 154b near position elongated anchoring portions 154c press surfaces 154d second gear racks 156 upper raised feature 156a, 156b pressing 158 爪 158a 枢着部 158b 押さえ面 158c ランプ面 160 突出面 162 両側フラグ 162b 両側タブ 163 スロット 164 カム 166 歯車 168 双方向ラチェット機構 170 ノッチ 172 支持体 174 六角フィッティング 200 本体部 202 上面 204 下面 205 基部 206 後方後側近位端 208 前方前側遠位端 208a 傾斜面 212、214 アーム 212a、214a 側面 216 一般的にU字形の開口部 218 表面 218 押さえ面 220 ラッチレセプタクル 222a、222b アーム 224a、224b 係止面 300 細長い、一般的に平坦な本体部 302 上面 304 下面 305 基部 305a 後方に面する表面 306 後方後側近位端 308 前方前側遠位端 308a 傾斜昇降面 158 claws 158a pivot portion 158b press surfaces 158c ramp surface 160 projecting surface 162 on both sides flag 162b side tabs 163 slot 164 cam 166 gear 168 bidirectional ratchet mechanism 170 notch 172 support 174 hex fitting 200 body portion 202 the upper surface 204 bottom surface 205 base 206 rear trailing proximal end 208 forward front distal end 208a inclined surface 212, 214 arms 212a, 214a side 216 generally U-shaped opening 218 surface 218 pressing surface 220 latches the receptacle 222a, 222b arm 224a, 224b locking surface 300 elongated, generally planar body portion 302 the upper surface 304 bottom surface 305 base 305a rearward facing surface 306 after the rear proximal end 308 forward front distal end 308a inclined lifting surface 10 陥凹部 312、314 アーム 312a、314a 傾斜面 312b、314b 傾斜昇降面 312c、314c 側面 316 開口部 318 ラッチ 320a、320b アーム 322a、322b 係止面 400 挿入器 402 アクチュエータ 404 カートリッジ 406 トラック 407、408 ハンドグリップ 410 フレーム 410a 接合面 410b 近位端 410c 遠位端 410d 支持面 411 操作機構 412 枢動ピン 414 フラグ 416 バネ仕掛けの柔軟なラッチ 418 外側カバー 420 支持体 422 隆起特徴部 10 recesses 312,314 arms 312a, 314a inclined surface 312b, 314b inclined lift surfaces 312c, 314c side 316 opening 318 latches 320a, 320b arm 322a, 322b locking surface 400 insert 402 actuator 404 cartridge 406 tracks 407, 408 Hand grip 410 frame 410a joining surface 410b proximal 410c distal end 410d supporting surface 411 operating mechanism 412 pivot pin 414 flags 416 the spring flexible latch 418 outer cover 420 support 422 raised features gimmick

Claims (15)

  1. 拡張可能な脊椎椎体間固定デバイスを拡張し、その中に挿入物を挿入するための挿入器であって、 Extend the fixation device between the expandable vertebral, an insertion device for inserting an insert therein,
    フレームと、 And the frame,
    前記拡張可能な脊椎椎体間固定デバイスを拡張するために前記フレームによって移動可能に支持される細長い昇降プラットフォームと、 An elongated elevating platform which is movably supported by the frame to extend the fixation device between the expandable vertebral,
    挿入物を前記拡張可能な脊椎椎体間固定デバイスに挿入するために前記フレームによって移動可能に支持される細長い駆動装置であって、前記駆動装置は前記昇降プラットフォームから少なくとも部分的に独立して移動可能である、駆動装置と、 Move insert an elongate drive device which is movably supported by the frame for insertion into the anchoring device between the expandable vertebral, wherein the drive device at least partially independently from the lifting platform possible, a drive unit,
    前記駆動装置および前記昇降プラットフォームの独立した移動を、前記フレームに関するその動作後に引き起こすように前記フレームによって支持され、前記駆動装置に操作可能に結合されているアクチュエータと、 Independent movement was of the driving device and the lifting platform, supported by the frame to cause after the operation relating to the frame, and an actuator that is operably coupled to the drive device,
    を備え、 Equipped with a,
    前記昇降プラットフォームは、前記アクチュエータの第1のストロークにおいて軸方向に移動され、前記駆動装置は、前記アクチュエータの第2のストロークにおいて軸方向に移動されることを特徴とする挿入器。 Inserter the lifting platform, in the first stroke of the actuator is moved in the axial direction, the driving device, characterized in that is moved axially in a second stroke of the actuator.
  2. 前記昇降プラットフォームは、一般的に平坦であり、前記挿入器から外向きに突出する遠位自由端を有する請求項1に記載の挿入器。 The lifting platform is generally flat, inserter according to claim 1 having a distal free end which projects outwardly from said inserter.
  3. 前記拡張可能な脊椎椎体間固定デバイスに解放可能に接続可能であり、前記挿入器に脱着可能に接続されているガイドピンをさらに備える請求項1に記載の挿入器。 Wherein an expandable spinal interbody fusion device releasably connected, inserter according to claim 1, further comprising a guide pin which is detachably connected to the inserter.
  4. 前記挿入器は、前記挿入器の遠位端から突出し、前記拡張可能な脊椎椎体間固定デバイス内に貫入するようなサイズおよび構成を有するグラフトシールドをさらに備える請求項1に記載の挿入器。 The inserter inserter according to claim 1, further comprising the inserter protruding from the distal end, the graft shield having a size and configuration as to penetrate the expandable spinal interbody fusion device.
  5. 前記細長い昇降プラットフォームは、前記駆動装置が静止したままである間にもっぱら前記第1のストローク全体において移動される請求項に記載の挿入器。 It said elongated elevating platform, inserter according to claim 1, wherein the driving device is moved exclusively in the entire first stroke during which remains stationary.
  6. 前記駆動装置は、前記細長い昇降プラットフォームが静止したままである間にもっぱら前記第2のストロークの一部において移動される請求項に記載の挿入器。 The driving device inserter of claim 5 which is moved exclusively in a part of the second stroke during the elongate lifting platform remains stationary.
  7. 前記細長い昇降プラットフォームおよび前記駆動装置は、前記第2のストロークのさらなる部分において対向する軸方向に移動される請求項に記載の挿入器。 It said elongated elevating platform and the driving device, the insertion of claim 6 which is moved in the axial direction facing the further part of the second stroke.
  8. 前記アクチュエータは、一対のハンドグリップを備え、一方のグリップは前記フレームに動かないように固定され、他方のグリップは前記フレームに枢動可能に接続される請求項1に記載の挿入器。 Wherein the actuator includes a pair of hand grips, one grip is fixed immovably in the frame, the insertion of claim 1 and the other grip is pivotally connected to the frame.
  9. 前記昇降プラットフォームの位置の視覚的な指示を提供するために前記昇降プラットフォームに移動可能に結合されているインジケータをさらに備える請求項に記載の挿入器。 Inserter according to claim 1, further comprising an indicator that is movably coupled to the lifting platform in order to provide a visual indication of the position of the lifting platform.
  10. 拡張可能な脊椎椎体間固定デバイスを拡張し、その中に挿入物を挿入するための挿入器であって、 Extend the fixation device between the expandable vertebral, an insertion device for inserting an insert therein,
    フレームおよび操作機構を備えるアクチュエータと、 An actuator comprising a frame and operating mechanism,
    前記フレームに解放可能に接続されている細長いカートリッジであって、前記カートリッジは前記拡張可能な脊椎椎体間固定デバイスを拡張するために細長い昇降プラットフォームを移動可能に支持し、前記昇降プラットフォームから少なくとも部分的に独立して移動するように、挿入物を前記拡張可能な脊椎椎体間固定デバイス内に挿入するための細長い駆動装置を支持する細長いトラックと、直線配列の複数の挿入物とを備え、前記カートリッジは前記昇降プラットフォームおよび前記駆動装置が前記操作機構に動作可能に別々に接続されるように前記フレーム上に配設される、細長いカートリッジと、 An elongated cartridge that is releasably connected to said frame, said cartridge movably supports an elongate lifting platform to extend the fixation device between the expandable vertebral, at least in part from the lifting platform to independently to move, comprising an elongated track for supporting the elongate drive apparatus for inserting an insert into the expandable spinal interbody fusion in the device, and a plurality of inserts of a linear array, the cartridge is disposed on said frame so that said lifting platform and said driving device is operatively separately connected to said operating mechanism, an elongated cartridge,
    を備えることを特徴とする挿入器。 Inserter, characterized in that it comprises a.
  11. 前記カートリッジは、使い捨てである請求項10に記載の挿入器。 The cartridge is inserted as claimed in claim 10 which is disposable.
  12. 前記アクチュエータは、再利用可能である請求項11に記載の挿入器。 The actuator insert of claim 11 which is reusable.
  13. 前記アクチュエータの前記フレームは、前記カートリッジに解放可能に接続するための柔軟なラッチを備える請求項10に記載の挿入器。 The frame of the actuator, the insertion of claim 10 comprising a flexible latch for releasably connecting to said cartridge.
  14. 前記フレームは、前記柔軟なラッチを作動させ、前記フレームから前記カートリッジを解放するための移動可能なレバーを備える請求項13に記載の挿入器。 Wherein the frame, the insertion of claim 13, wherein actuating the flexible latch comprises a movable lever to release the cartridge from the frame.
  15. 前記アクチュエータは、一対のハンドグリップを備え、一方のグリップは前記フレームに動かないように固定され、他方のグリップは前記フレームに枢動可能に接続され、前記一方のグリップに関してバネ仕掛けになっている請求項10に記載の挿入器。 Wherein the actuator includes a pair of hand grips, one grip is fixed immovably in the frame, the other grip is pivotally connected to the frame, and is spring-loaded with respect to the one of the grip inserter of claim 10.
JP2016555685A 2014-03-06 2015-02-19 Between expandable vertebral inserter for fixing the device Active JP6100982B1 (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US201461948660 true 2014-03-06 2014-03-06
US61/948,660 2014-03-06
US14/474,721 2014-09-02
US14474721 US9084686B1 (en) 2014-03-06 2014-09-02 Inserter for an expandable spinal interbody fusion device
PCT/US2015/016574 WO2015134196A1 (en) 2014-03-06 2015-02-19 Inserter for an expandable spinal interbody fusion device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP6100982B1 true JP6100982B1 (en) 2017-03-22
JP2017509396A true JP2017509396A (en) 2017-04-06

Family

ID=56896912

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2016555685A Active JP6100982B1 (en) 2014-03-06 2015-02-19 Between expandable vertebral inserter for fixing the device

Country Status (3)

Country Link
EP (1) EP3113726A4 (en)
JP (1) JP6100982B1 (en)
CA (1) CA2941055C (en)

Family Cites Families (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6595998B2 (en) * 2001-03-08 2003-07-22 Spinewave, Inc. Tissue distraction device
US6997929B2 (en) * 2003-05-16 2006-02-14 Spine Wave, Inc. Tissue distraction device
WO2006026425A3 (en) * 2004-08-25 2006-04-20 Spine Wave Inc Expandable interbody fusion device
US9737414B2 (en) * 2006-11-21 2017-08-22 Vertebral Technologies, Inc. Methods and apparatus for minimally invasive modular interbody fusion devices
US8828019B1 (en) * 2013-03-13 2014-09-09 Spine Wave, Inc. Inserter for expanding an expandable interbody fusion device

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2017509396A (en) 2017-04-06 application
EP3113726A1 (en) 2017-01-11 application
CA2941055C (en) 2017-02-07 grant
EP3113726A4 (en) 2017-12-20 application
CA2941055A1 (en) 2015-09-11 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5702463A (en) Tibial prosthesis with polymeric liner and liner insertion/removal instrument
US7875078B2 (en) Expandable interbody fusion device
US7758648B2 (en) Stabilized, adjustable expandable implant and method
US8262666B2 (en) Implantable distractor
US7776095B2 (en) Spinal system and method including lateral approach
EP1153582A2 (en) Medical installation tool
US20110172774A1 (en) Expandable intervertebral implant and associated surgical method
US7497859B2 (en) Tools for implanting an artificial vertebral disk
US7763078B2 (en) Spinal device including lateral approach
US7575600B2 (en) Artificial vertebral disk replacement implant with translating articulation contact surface and method
US20080249569A1 (en) Implant Face Plates
US20090216330A1 (en) System and method for an intervertebral implant
US20090265007A1 (en) Vertebral interbody compression implant
US20110320000A1 (en) Multi-Segment Lateral Cage Adapted to Flex Substantially in the Coronal Plane
US20070255409A1 (en) Expandable implant, instrument, and method
US7214243B2 (en) Intervertebral disk prosthesis
US20130158668A1 (en) Unilateral moveable interbody fusion device and method of use
US20120179259A1 (en) Intervertebral implants, systems, and methods of use
US7252673B2 (en) Devices and methods for inserting spinal implants
US20140163683A1 (en) Expandable Vertebral Implant
US20070185375A1 (en) Medical device installation tool
US20120197401A1 (en) Interbody spinal implants with modular add-on devices
US20080077150A1 (en) Steerable rasp/trial member inserter and method of use
US7011687B2 (en) Ankle prosthesis with a front loading bearing and associated method
US20060116769A1 (en) Intervertebral implant

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20161025

A871 Explanation of circumstances concerning accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A871

Effective date: 20161025

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20161025

A975 Report on accelerated examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971005

Effective date: 20170124

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20170130

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20170223

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 6100982

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150