JP5902744B2 - Drainable ostomy pouch - Google Patents

Drainable ostomy pouch Download PDF

Info

Publication number
JP5902744B2
JP5902744B2 JP2014089371A JP2014089371A JP5902744B2 JP 5902744 B2 JP5902744 B2 JP 5902744B2 JP 2014089371 A JP2014089371 A JP 2014089371A JP 2014089371 A JP2014089371 A JP 2014089371A JP 5902744 B2 JP5902744 B2 JP 5902744B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
flap
pouch
portion
chute portion
drainage
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014089371A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014176725A (en )
Inventor
キンバリー・マレー
Original Assignee
コンバテック・テクノロジーズ・インコーポレイテッドConvatec Technologies Inc
コンバテック・テクノロジーズ・インコーポレイテッドConvatec Technologies Inc
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

(発明の分野) (Field of the Invention)
本発明は、オストミーパウチの分野に関し、具体的には、排水可能なオストミーパウチに関する。 The present invention relates to the field of ostomy pouch, in particular, to drainable ostomy pouch.

いくつかの特許および公開された出願は、その壁がパウチ内容物を排水するための狭小な排水シュートを画定する、排水可能オストミーパウチについて教示する。 Application some of the patents and publications, the wall defining a narrow drainage chute for draining the pouch contents, teaches drainable ostomy pouch. パウチは、パウチの主要本体に向かって、排水シュートを巻くかまたは折り畳む折畳むことによって閉鎖されるパウチを密閉するための一体型閉鎖システムを含む。 The pouch comprises an integrated closure system for towards the main body of the pouch, sealing the pouch is closed by folding or folding wound drainage chute. 閉鎖システムは、その閉鎖構成にあるとき、閉鎖構成に排水シュートを保定するための一次的または二次的配列として、巻かれた排水シュートの周囲、下、または上に部分的に折り畳まれる1つ以上のフラップを含む。 Closure system, when in its closed configuration, as a primary or secondary sequence to retain the drainage chute closed configuration, surrounding wound drainage chute, one that is partially folded up or down, including more flaps. 本領域における着目特許および公開出願の実施例として、特許文献1および特許文献2、特許文献3、特許文献4、特許文献5、および特許文献6を含む。 As an example of a target patent and published applications in this area, including Patent Document 1 and Patent Document 2, Patent Document 3, Patent Document 4, Patent Document 5, and Patent Document 6.

一部に装着者にとって、その閉鎖構成にあるときに、排水シュートをより完全かつ孤立して隠すことが望ましいであろう。 For some the wearer, when in its closed configuration, it may be desirable to hide and more complete and isolated drainage chute. 本発明は、これらの問題を考慮して考案された。 The present invention was devised in consideration of these problems.

米国特許出願公開第2005/0131360号明細書 U.S. Patent Application Publication No. 2005/0131360 Pat 米国特許第3,825,005号明細書 US Pat. No. 3,825,005 米国特許第4,519,797号明細書 US Pat. No. 4,519,797 米国特許第7,306,581号明細書 US Pat. No. 7,306,581 米国特許第6,589,221号明細書 US Pat. No. 6,589,221 米国特許第6,780,172号明細書 US Pat. No. 6,780,172

本発明は、排水可能パウチに、パウチの対向する面上あり、排水シュート部分の領域内に伸展する第1および2のフラップを提供する。 The present invention relates to drainable pouch, are on opposite faces of the pouch, providing a first and second flap to be extended in the area of ​​the drainage chute portion.

一形態では、フラップは、それぞれ、(i)排水シュート部分がその開放状態にあるとき、排水シュート部分は、各フラップの遠位端を越えて、収集部分から離れる方向に伸展し、(ii)排水シュート部分がその閉鎖状態にあるとき、フラップのうちの少なくとも1つは、排水シュート部分を越えて、収集部分から離れる方向に伸展するように寸法設定される。 In one embodiment, the flap, respectively, when in its open state (i) draining chute portion, drainage chute portion beyond the distal end of each flap, and extended in a direction away from the collection portion, (ii) when draining chute portion is in its closed state, at least one of the flaps beyond the drainage chute portion is sized to stretch in a direction away from the collection portion. パウチは、フラップを閉鎖状態に解放可能に締結するための少なくとも1つの締結具をさらに備え得る。 The pouch may further comprise at least one fastener for releasably fastening a flap in the closed state.

さらに、または代替として、フラップはそれぞれ、凸面湾曲部分を含む周縁を有する。 Moreover respectively, or alternatively, the flap has a perimeter that includes a convex curved portion. パウチは、排水シュート部分がその閉鎖構成にあるとき、フラップを相互に解放可能に締結するための少なくとも1つの締結具をさらに備え得る。 Pouch, waste water when the chute portion is in its closed configuration, it may further comprise at least one fastener for releasably fastening a flap mutually. フラップの凸面湾曲部分は、排水シュート部分の領域内において、パウチに凸面湾曲周縁形状を提供し得る。 Convex curved portion of the flap, in the region of the drainage chute portion may provide a convex curved peripheral shape pouch.

別の側面では、本発明は、パウチの第1の面上に配置されるフラップであって、近位端と、側縁と、遠位端とを備え、(i)排水シュート部分がその閉鎖構成にあるとき、フラップの少なくとも一部は、第1の面と反対のパウチの第2の面に対向するように、排水シュート部分下に折り畳み可能であって、(ii)フラップが排水シュート部分下に折り畳まれるとき、フラップの側縁は、対向領域内のパウチの側縁と整合する形状を有するように寸法設定される、フラップを含む、パウチを提供する。 In another aspect, the present invention provides a flap which is disposed on the first surface of the pouch, a proximal end, comprising a side edge, and a distal end, (i) the drainage chute portion thereof closed when in the configuration, at least a portion of the flaps, so as to face the second surface opposite the pouch to the first surface, a foldable under drainage chute portion, (ii) the flap drainage chute portion when folded down, the side edge of the flap is dimensioned so as to have a shape matching the side edges of the pouch the opposing area, including a flap, providing a pouch.

別の側面では、本発明は、パウチの周縁シーム内に溶接される壁上に搭載される、分散型の剥離可能である機械的係合締結具部品であって、その縁が、パウチの対向周縁部分の一部を形成する、またはそこまで伸展する、壁の第1および第2の縁と同一の広がりを有し、第1と2の縁との間の連続片として伸展する、締結具部品を含む、パウチを提供する。 In another aspect, the present invention is mounted on the wall to be welded to the peripheral edge in the seam of the pouch, a distributed peelable mechanical engagement fastener part is, its edge, opposite the pouch forming part of the peripheral portion, or extension far has first and second co-extensive with the edge of the wall, which extended as a continuous piece between the first and second edges, the fastener including parts, to provide a pouch. そのような構成は、連続ロールストックから掘削または切削することによって、生成を促進することが可能である。 Such a configuration, by drilling or cutting from a continuous roll stock, it is possible to facilitate the production. 例えば、締結具部品は、パウチシーム内に溶接される壁を形成するために、ロールストック上の連続細片として予め搭載されてもよい。 For example, fastener components, to form a wall to be welded to the Pauchishimu, may be pre-mounted as a continuous strip on the roll stock. これによって、パウチ外形が最初に形成された後、別個の操作として、離散締結具部品をパウチの壁に付着させる必要性を回避することが可能である。 Thus, after the pouch contour is first formed, as a separate operation, it is possible to avoid the need to attach a discrete fastener parts on the walls of the pouch.

別の代替例では、本発明は、収集部分と、収集部分から垂下し、パウチから内容物の空乏化を可能にするための排出開口部を有する、排水シュートであって、前記排水シュートが前記収集部分から伸展される開放状態と、前記排水シュートが前記収集部分に向かって折り畳まれる閉鎖状態との間で折り畳み可能である、排水シュートとを備える、排水可能オストミーパウチを提供する。 In another alternative embodiment, the present invention includes a collecting portion, depending from the collection portion, having a discharge opening for enabling the depletion of the contents from the pouch, a drainage chute, the drainage chute the an open state which is extended from the collection portion, which is foldable between a closed state in which the drain chute is folded toward the collection portion, and a drainage chute provides a drainable ostomy pouch. パウチは、パウチの周縁形状と整合する外形を有する、少なくとも1つのフラップをさらに含む。 Pouch has a contour that matches the peripheral shape of the pouch further comprises at least one flap. 一形態では、排水シュート部分が閉鎖されると、2つのフラップが、パウチの湾曲の凸面周縁外形を提供する。 In one embodiment, the drainage chute portion is closed, the two flaps, to provide a convex peripheral outer shape of the curvature of the pouch. 別の代替例では、フラップが閉鎖された排水シュート部分の下に折り畳まれているとき、単一フラップが、テーパ形状のパウチ周縁と整合するように成形されるフレアのついた側縁を有する。 In another alternative, when the flap is folded under the closed drainage chute portion, the single flap has an attached side edges flare which is shaped to match the pouch periphery tapered.

本発明によって達成される特徴および利点として、以下のうちの1つ以上を含む。 As features and advantages are achieved by the present invention include one or more of the following. (i)排水可能パウチの排水シュート部分をより孤立して隠す能力、および/または(ii)排水可能パウチの下部領域に、排水不可能パウチの凸面円唇形状と整合する形状を提供する能力。 (I) drainable pouch drainage chute portion more isolated by the ability to hide, and / or (ii) in the lower region of the drainable pouch, ability to provide a shape that matches the convex circular lip shape of the drainage impossible pouch.

本発明の付加的側面、特徴、および利点は、好ましい実施形態の以下の説明から明白となるであろう。 Additional aspects, features, and advantages of the present invention will become apparent from the following description of the preferred embodiments. そこに焦点が当てられているかどうかに関わらず、本明細書に開示されるおよび/または図面に例示される任意の新規特徴あるいはアイディアに対して、保護が求められ得る。 Regardless of whether there are focuses, for any novel feature or idea illustrated in and / or figures disclosed herein, protection may be sought.

図1は、その開放構成にある、オストミーパウチの第1の実施形態の概略正面図である。 1, in its open configuration is a schematic front view of a first embodiment of ostomy pouch. 図2は、図1のパウチの概略側面断面図である。 Figure 2 is a schematic side sectional view of the pouch of Figure 1. 図2aは、図1のパウチの排水シュート部分の折畳みを示す、概略側面断面図である。 Figure 2a shows the folding of the drainage chute portion of the pouch 1, a schematic side sectional view. 図3は、第1の実施形態の一部の概略側面断面図であって、排水シュート部分は、閉鎖構成に折り畳まれている。 Figure 3 is a schematic side sectional view of a portion of the first embodiment, the drainage chute portion is folded to the closed configuration. 図4は、その開放構成にあるパウチを示す、図1に類似する概略正面斜視図である。 Figure 4 shows the pouch in its open configuration is a schematic front perspective view similar to FIG. 図5は、閉鎖構成にあるパウチの概略背面図である。 Figure 5 is a schematic rear view of the pouch in the closed configuration. 図6は、その開放構成にある、オストミーパウチの第2の実施形態の概略正面図である。 Figure 6 is in its open configuration is a schematic front view of a second embodiment of ostomy pouch. 図7は、図6のパウチの概略側面断面図である。 Figure 7 is a schematic side sectional view of the pouch of FIG. 図8は、その閉鎖構成にある、排水シュートを伴うパウチの第2の実施形態の概略正面図である。 Figure 8 is in its closed configuration, it is a schematic front view of a second embodiment of a pouch with a drainage chute. 図9は、その閉鎖位置にあるフラップを示す、図8に類似する概略正面図である。 Figure 9 shows the flap in its closed position, is a schematic front view similar to FIG. 図10は、開放位置にある、修正された排水シュートを示す、概略部分断面図である。 Figure 10 is in the open position, showing a modified drainage chute is a schematic partial cross-sectional view. 図11は、図10に類似する概略部分断面図であるが、初期折畳みは、閉鎖位置に向かい、巻きは、補強部材の下方から開始する、排水シュート部分を示す。 Figure 11 is a schematic partial cross-sectional view similar to FIG. 10, the initial folding, toward the closed position, the winding starts from the lower reinforcing member, showing the drainage chute portion. 図11bは、図10に類似する概略部分断面図であるが、初期折畳みは、閉鎖位置に向かい、巻きは、補強部材の上方から開始する、排水シュート部分を示す。 Figure 11b is a schematic partial cross-sectional view similar to FIG. 10, the initial folding, toward the closed position, the winding starts from above the reinforcing member, showing the drainage chute portion. 図11cは、補強部材の上方から巻かれた後の図11bの巻きを示す、概略断面図である。 Figure 11c illustrates the winding of Figure 11b after being rolled from above the reinforcing member is a schematic cross-sectional view. 図11aは、図11のパウチの排水シュート部分の折畳みを示す、概略側面断面図である。 Figure 11a shows the folding of the drainage chute portion of the pouch of FIG. 11 is a schematic side sectional view.

ここで、添付の図面を参照して、本発明の好ましい実施形態について記載する。 Here, with reference to the accompanying drawings, it describes preferred embodiments of the present invention. 図面は、パウチが通常装着される、概して直立の配向におけるオストミーパウチを図示している。 Drawings, pouch is normally mounted, is generally illustrated ostomy pouch in the orientation of the upright. 同一参照番号は、各実施形態における同等の特徴を図示する。 Same reference numerals, illustrates an equivalent features in each embodiment.

図1から図5は、共通周縁シーム16の周囲に合わせて溶接される、可撓性不透過性プラスチックフィルムの前壁12と後壁14とを備えている、オストミーパウチ10の第1の実施形態を例示する。 Figures 1 5, the common periphery is welded to fit around the seam 16, a flexible and a rear wall 14 and front wall 12 of impermeable plastic film, a first embodiment of ostomy pouch 10 illustrate embodiments. 壁12、14のための多くの好適な材料は、当技術分野において周知である。 Many suitable materials for the walls 12 and 14 are well known in the art. 例えば、材料は、エチレン酢酸ビニル(EVA)の1つ以上の層と、例えば、ポリ塩化ビニリデン(PVDC)の障壁層との積層であってもよい。 For example, the material includes one or more layers of ethylene vinyl acetate (EVA), for example, it may be a stack of a barrier layer of polyvinylidene chloride (PVDC).

パウチ10の後壁14は、装着者のストーマからヒト排泄物を受容するために、その上部領域に入口開口18を有する。 Rear wall 14 of the pouch 10, for receiving human waste from a stoma of the wearer, has an inlet opening 18 in its upper region. 例示される実施形態では、パウチ10は、装着者の回腸ストーマから半固体の回腸流体を受容するための回腸造瘻パウチとして意図される。 In the illustrated embodiment, the pouch 10 is intended as an ileostomy pouch for receiving semi-solid ileal fluid from a wearer's ileal stoma. パウチ10は、概して、20として示される身体フィットメントによって、装着者の身体のストーマ周辺領域に固着可能である。 Pouch 10 generally, by the body fitment shown as 20, it can be secured to the stoma peripheral region of the wearer's body. 身体フィットメント20は、典型的には、低刺激性の皮膚接着剤(図示せず)のパッドまたはウエハを含む。 Body fitment 20 typically includes a pad or wafer of hypoallergenic skin adhesive (not shown). パウチ10は、いわゆる「ワンピース」式であってもよく、身体フィットメント20は、入口開口18またはその周辺において、パウチ10の後壁14に恒久的に固着される。 Pouch 10 may be a so-called "one-piece" type, the body fitment 20, at the inlet opening 18 or its vicinity, it is permanently secured to the rear wall 14 of the pouch 10. 代替として、パウチ10は、いわゆる「ツーピース」式であってもよく、パウチ10および身体フィットメント20は、別個のアイテムであって、オストミー連結具によって、相互に取外し可能に付着可能である。 Alternatively, the pouch 10 may be a so-called "two-piece" type, pouch 10 and body fitment 20 is a separate item, the ostomy coupling are possible as attachable removably to each other. 例示的連結具として、接着性オストミー連結具または機械的オストミー連結具を含む。 Exemplary coupling, comprising an adhesive ostomy coupling or a mechanical ostomy coupling.

従来通り、パウチ10は、パウチ10内に収集されるヒト排泄物を収容するための1つ以上の内部区画(図示せず)を含み得る。 Conventionally, the pouch 10 may include one or more internal compartments for accommodating the human waste collected in the pouch 10 in a (not shown). 加えて、または代替として、パウチ10は、パウチ10の内部から放屁を通気および脱臭するための周知の脱臭フィルタ(図示せず)を含み得る。 Additionally or alternatively, the pouch 10 may include a known deodorizing filter for venting and deodorising flatus from the interior of the pouch 10 (not shown). 脱臭フィルタは、例えば、前壁および後壁12、14のうちの1つ内の通気開口と連通するように搭載され得る。 Deodorizing filters, for example, may be mounted in communication with the vent opening of one of the front and rear walls 12 and 14.

パウチ10は、パウチ10の排水シュート部分24の形態として、出口22を含む。 Pouch 10 is in the form of drainage chute portion 24 of the pouch 10 includes an outlet 22. 排水シュート部分24は、パウチ10の上側部分より狭小である。 Drainage chute portion 24 is a narrow than the upper portion of the pouch 10. 図面から分かるように、排水シュート部分24は、概して、入口開口18に対して、対称的に配置されてもよい。 As can be seen from the figures, drainage chute portion 24 is generally relative to the inlet opening 18 may be symmetrically arranged. しかしながら、代替として(図示せず)、排水シュート部分24は、概して、入口開口18に対して、非対称であってもよい。 However, as an alternative (not shown), drainage chute portion 24 is generally relative to the inlet opening 18, it may be asymmetric.

排水シュート部分24は、排水シュート部分24の両側にともに溶接される前壁および後壁12、14の伸展部によって画定される。 Drainage chute portion 24 is defined by extended portions of the front and rear walls 12 and 14 are welded together on both sides of the drainage chute portion 24. 排出開口部26は、前壁および後壁12、14の非固着遠位縁の間に画定される。 Discharge opening 26 is defined between the non-stick distal edge of the front and rear walls 12 and 14. 例示される実施形態では、前壁および後壁12、14は、略同一の広がりを有する。 In the illustrated embodiment, the front and rear walls 12 and 14 has substantially coextensive. しかしながら、代替実施形態(図示せず)では、前壁および後壁12、14のうちの一方は、排出開口部26が、階段状の壁の近くに、またはその間に画定されるように、他方の周縁を越えて突出してもよい。 However, in an alternative embodiment (not shown), one of the front and rear walls 12 and 14, as the discharge opening 26 is defined near the stepped wall, or during, the other peripheral may protrude beyond the. 代替として(図示せず)、排出開口部26は、代わりに、壁12、14のうちの一方内の細隙として提供されてもよい。 Alternatively (not shown), the discharge opening 26 may alternatively be provided as one slit in one of the walls 12, 14.

ここで、排水シュート部分24を閉鎖状態に密閉するための、パウチ10と一体型の閉鎖システムの説明が続く。 Here, for sealing the drainage chute portion 24 in the closed state, the description of the pouch 10 and the integrated closure system is followed. 本閉鎖システムは、非常に好ましいが、所望に応じて、他の種類の一体型または非一体型閉鎖システムが使用されてもよい。 This closed system is highly preferred, if desired, other types of integral or non-integral closure systems may be used. 本発明で使用される1つ以上のフラップの背後に孤立して隠すことに有益である(後述のように)コンパクトサイズを提供可能であるため、一体型閉鎖システムは好ましい。 It is beneficial to hide isolated behind the one or more flaps that are used in the present invention since it is capable of providing (as described below) compact, integrated closure system preferably. 閉鎖システムは、以下の一方または両方を備える。 Closure system comprises one or both of the following.

(a)排水シュート部分24において、前壁および後壁12、14のうちの少なくとも1つに付着される、少なくとも1つの弾力的に可撓性の補強部材32。 (A) In the drainage chute portion 24, it is attached to at least one of the front and rear walls 12 and 14, at least one resiliently flexible reinforcing member 32. 例示される形態では、補強部材32は、排出開口部26またはその近傍に設置される。 In the embodiment illustrated, the reinforcing member 32 is placed 26 or near the discharge opening. 図10および11に対して後述される代替形態では、補強部材32は、排出開口部26から離間されている。 In the alternative described below with respect to FIGS. 10 and 11, the reinforcing member 32 is spaced from the discharge opening 26. (各)補強部材32は、その長さに沿って、壁12、14に付着され得る。 (Each) reinforcing member 32, along its length, it may be attached to the wall 12, 14. 例示される形態では、補強部材32は、壁12、14の外側面に付着されるが、補強部材32は、代わりに、内側面に付着されるか、または壁12、14内に埋め込まれ得る。 In the embodiment illustrated, the reinforcing member 32 is being attached to the outer surface of the wall 12, reinforcing member 32 may instead be implanted or be attached to the inner surface or within the walls 12, 14 . 補強部材32の目的および利点は、以下のうちの1つ以上を含み得る。 The objects and advantages of the reinforcing member 32 may include one or more of the following. (i)排水シュート部分24が、その閉鎖構成に折り畳まれる単位の折り畳み間隔を画定する(後述のように)。 (I) draining chute portion 24 defines a fold spacing unit to be folded to its closed configuration (as described below). (ii)排出開口部26の膨張の程度を制御可能にする。 (Ii) to allow control the degree of expansion of the discharge opening 26. 例えば、補強部材32は、必然的に、少なくとも部分的に閉鎖または狭窄状態に向かって、排出開口部26を付勢し得る。 For example, the reinforcing member 32 will necessarily toward at least partially closed or stenotic may bias the discharge opening 26. 補強部材32は、排出開口部26を閉鎖状態に付勢する略平面形状を有してもよく、あるいは屈曲または湾曲状の自然形状を有し、湾曲度に応じて、排出開口部26を若干付勢し得る。 Reinforcing member 32 may have a generally planar shape for urging the discharge opening 26 in the closed state, or has a bent or curved natural shape, depending on the degree of curvature slightly the discharge opening 26 It may be biased. 補強部材32は、その対向縁において、補強部材32を圧搾し、補強部材32を湾曲させることによって、または補強部材32の面を押圧し、平坦化することによって、手動で操作され得る。 Reinforcing member 32, at its opposite edges, and squeezing the reinforcing members 32, by curving the reinforcing member 32, or presses the surface of the reinforcing member 32, by flattening, it can be operated manually. 典型的には、補強部材32は、圧縮不可能な弾力的に可撓性のプラスチック材料から成る。 Typically, the reinforcing member 32 is incompressible resilient of flexible plastic material. しかしながら、所望に応じて、圧縮性発泡体等の圧縮性材料が使用され得る。 However, if desired, compressible material, such as compressible foam may be used. および/または、(iii)出口22が巻かれるかまたは折り畳まれると、密閉をもたらす。 And / or, when or folded wound is (iii) an outlet 22, resulting in sealing. 補強部材32が、排水シュート部分24内の内部通路の幅にわたって全体的に伸展し、少なくとも部分的に、周縁溶接シーム16に重なることが好ましい。 Reinforcing member 32, overall and extended across the width of the internal passage of the waste water chute portion 24, at least partially, it is preferable to overlap the peripheral weld seam 16. 複数の補強部材32が使用される場合、少なくとも1つの補強部材32は、内部通路の幅にわたって全体的に伸展する、または補強部材32の組み合わされたフットプリントは、内部通路の幅にわたって伸展する。 If multiple reinforcing members 32 are used, at least one reinforcing member 32 is totally extended across the width of the internal passage or reinforcing member 32 of the combined footprint may be extended across the width of the internal passage.

例示される実施形態では、2つの補強部材32が提供され、1つずつ、各壁12、14に付着される。 In the illustrated embodiment, two reinforcing members 32 are provided, one by one, is attached to each wall 12, 14. 補強部材32は、好ましくは、少なくとも部分的に相互に重なるが、補強部材32は、所望に応じて、部分的または全体的に、排水シュート部分24の軸方向および/または横断方向に、相互に偏移されてもよい。 Reinforcing member 32 is preferably overlaps at least partially each other, the reinforcing member 32 may, optionally, partially or totally, in the axial direction and / or transverse direction of the drain chute portion 24, mutually shift may be. 補強部材32は、補強部材32が、相互に直接接触しないように、壁12、14の一方または両方のフィルム材料によって、相互に離間される。 Reinforcing member 32, the reinforcing member 32, so as not to contact each other directly, by one or both of the film material of the walls 12 and 14 are spaced from each other. しかしながら、所望に応じて、補強部材32は、恒久的に、または排水シュート部分24がその閉鎖構成に定置されると、1つ以上の点において、相互に接触し得る。 However, if desired, the reinforcing member 32, when permanently or waste chute portion 24, is placed in its closed configuration, at one or more points may contact each other.

(b)図4に例示されるように、巻かれた閉鎖構成において、排水シュート部分24を締結するための締結具。 (B) as illustrated in Figure 4, in wound closed configuration, fasteners for fastening the drainage chute portion 24. 締結具は、概して、それぞれ、前壁および後壁12、14に、第1および第2の締結具部品36、38を備える。 The fastener is generally respectively, the front and rear walls 12 and 14, comprises a first and second fastener parts 36 and 38. 各締結具部品36、38は、壁12、14に付着される要素であり得、またはそれぞれの壁12、14自体の表面から成り得る。 Each fastener component 36 may be a component that is attached to the wall 12, 14, or may comprise respective walls 12, 14 itself surface. 好ましい形態では、締結具は、剥離可能かつ分散された機械的係合締結具、例えば、マジックテープ(登録商標)式、マッシュルームヘッドまたは相互係止フック等のオス−オス式相互係止である。 In a preferred embodiment, the fastener is releasable and distributed mechanical engagement fastener, for example, hook and loop type, male, such as a mushroom head or interlocking hooks - a male type interlocking. 代替として、締結具は、剥離可能かつ解放可能な接着式であってもよく、排水シュート部分24の壁等、完全接着性または非接着性の平坦表面に接着係合するための少なくとも1つの接着表面を含む。 Alternatively, fasteners, releasable and may be releasable adhesively, at least one adhesive for bonding engagement wall or the like of the drain chute portion 24, a fully adhesive or non-adhesive planar surface including the surface. 締結具は、1つの部品であり得る。 The fastener may be one component. 締結具部品36、38は、相互に同一(材料および/または構成の観点から)であり得、または締結具部品36、38は、異なり得る。 The fastener parts 36, 38 to each other to obtain the same (in terms of materials and / or configuration) or fastener components 36 and 38, may be different.

例示される実施形態では、補強部材32および締結具部品36、38は、相互に別個のアイテムである。 In the illustrated embodiment, the reinforcing member 32 and the fastener parts 36, 38 are separate items together. しかしながら、締結具部品36、38のうちの少なくとも1つは、所望に応じて、それぞれの補強部材32と一体化され得る。 However, at least one of the fastener parts 36 and 38, if desired, may be integrated with each of the reinforcing members 32.

図1および図2は、パウチ10からストーマ廃液を排出可能にするために、その開放構成にある排水シュート部分24を示し、排水シュート部分24は、パウチ10の収集部分から第1の方向に伸展する。 1 and 2, in order to enable discharge stoma effluent from the pouch 10, shows a drainage chute portion 24 in its open configuration, drainage chute portion 24 extended from the collection portion of the pouch 10 in a first direction to. 排水シュート部分24を閉鎖するために、排水シュート部分24は、想定折畳み線40の周囲において、1回以上(補強部材32の単位サイズによって画定される)折り畳まれる(図2aの矢印39によって示される)。 In order to close the drainage chute portion 24, drainage chute portion 24 is shown around the assumption fold lines 40, by arrows 39 in one or more of (reinforced defined by unit size of member 32) folded is (Figure 2a ). 本実施形態では、排水シュート部分24は、その閉鎖構成に対して、4回上方に折り畳まれるが、所望に応じて、より多いかまたはより少ない回数の折畳みが実装され得る(例えば、後述の第2の実施形態では、3回)。 In this embodiment, drainage chute portion 24 to its closed configuration, but is folded in four upward, as desired, folding the more or less number may be implemented (e.g., a later in second embodiment, 3 times). 折畳みによって、排水シュート部分24の閉鎖構成がもたらされ、本実施形態では、コイル43が形成される。 By folding, closed configuration of the drainage chute portion 24 is brought, in the present embodiment, the coil 43 is formed. 締結具部品36、38は、その閉鎖位置への排水シュート部分24の折畳みによって、締結具部品36、38が相互に整合されるように設置される。 The fastener parts 36, 38 by the folding of the drainage chute portion 24 to its closed position, the fastener components 36, 38 are disposed so as to be aligned with each other. 締結具部品36、38は、2つの締結具部品36、38の指圧による圧搾によって、手動で係合され、それによって、排水シュート部分24をその閉鎖位置に固着する。 The fastener parts 36, 38 by squeezing by finger pressure of the two fastener parts 36, 38, engaged manually, thereby securing the drainage chute portion 24 in its closed position.

上述のように、所望に応じて、他の種類の一体型または非一体型の閉鎖システムが、実装されてもよい。 As described above, if desired, other types of integral or non-integral closure systems may be implemented. 例えば、補強部材32、または締結具、あるいは締結具部品36、38が、省略されてもよく、もしくは全体的に異なる閉鎖システムが、使用されてもよい。 For example, the reinforcing member 32 or a fastener, or the fastener parts 36, 38 may be omitted, or entirely different closure system may be used.

本実施形態の特徴は、巻かれた排水シュートコイル43を実質的に離散して隠覆するための1つ以上のフラップの提供である。 Feature of this embodiment is the provision of one or more flaps for covering substantially hidden by discrete drainage chute coil 43 wound. 本実施形態は、前フラップ41と、後フラップ42とを備えている。 This embodiment comprises a front flap 41, a rear flap 42. フラップ41、42は、少なくとも部分的に閉鎖可能であるポケットを画定し得る。 Flaps 41 and 42 may define a pocket can be at least partially closed. 各フラップ41、42は、それぞれ、前壁または後壁12、14上、あるいはそれに隣接して提供され、伸展されると、排水シュート部分24と同一方向に垂下する。 Each flap 41 and 42, respectively, on the front wall or the rear wall 12 and 14, or be provided it to the adjacent, when extended, it is suspended in the same direction as the drainage chute portion 24. 各フラップ41、42は、それぞれ、近位部分または端部41a、42aと、それぞれ、遠位部分または端部41b、42bとを含む。 Each flap 41 and 42 each include a proximal portion or end 41a, and 42a, respectively, a distal portion or end 41b, and a 42b. 図1および2から分かるように、各フラップ41、42は、フラップ41、42の垂下長さが、排水シュート部分24がその伸展状態にあるときの排水シュート部分24の長さより短くなるように寸法設定される。 As can be seen from FIGS. 1 and 2, each flap 41, 42 dimensioned to be shorter than the length of the drainage chute portion 24 when hanging the length of the flaps 41 and 42, drainage chute portion 24 is in its extended state It is set. または、言い換えると、排水シュート部分24は、各フラップ41、42の遠位端41b、42bを越えて、パウチ10の収集部分からある(第1の)方向に伸展する。 Or, in other words, drainage chute portion 24, the distal end 41b of each flap 41 and 42, beyond 42b, from the collection portion of the pouch 10 (first), extending in the direction. 排出開口部26は、フラップ41、42から離れて設置される。 Discharge opening 26 is placed away from the flap 41. 本幾何形状は、排出開口部26を介して、パウチ10を空にする間、廃液が接触し、フラップ41、42を汚す危険性がほとんどないことを確実にする。 This geometry, through the discharge opening 26, during emptying of the pouch 10, the waste liquid is in contact, to ensure that there is little risk of soiling the flaps 41 and 42.

また、図3−5から分かるように、フラップ41、42は、排水シュート部分24がその閉鎖されたコイル構成にあるとき、フラップ41、42のうちの少なくとも1つの垂下長さが、コイル43の寸法より長くなるように寸法設定される。 Moreover, as can be seen from Figure 3-5, the flaps 41 and 42, when the drainage chute portion 24 is in its closed coil configuration, at least one hanging length of the flaps 41 and 42, the coil 43 It is dimensioned to be longer than the dimension. 言い換えると、少なくとも1つのフラップ41、42の遠位端41b、42bは、コイル43の周縁を越えて、パウチ10の収集部分から離れるように(第1の)方向(および、例えば、全方向に)に突出する。 In other words, the distal end 41b of the at least one flap 41 and 42, 42b are, beyond the periphery of the coil 43, away from the collection portion of the pouch 10 (first) direction (and, for example, in all directions ) to projects. 例示される形態では、両フラップ41、42は、本特徴を有する。 In the embodiment illustrated, both the flaps 41 and 42, having the present features. また、随意に、フラップ41、42は、実質的に、同一サイズおよび形状であって、相互に鏡映する。 Further, optionally, the flaps 41 and 42 is substantially a same size and shape, to mirror each other. フラップ41、42は、実質的に、相互に同一の広がりを有する。 Flap 41 and 42, substantially coextensive with each other.

フラップ締結具44は、フラップ41、42をともに解放可能に締結するために提供される。 Flap fastener 44 is provided for fastening the flap 41 together releasably. フラップ締結具44は、上述の締結具の種類のうちのいずれかであり得る。 Flap fasteners 44 can be any of the types described above fasteners. 随意に、フラップ締結具44は、締結具のために同一種類が選択され得る。 Optionally, the flap fastener 44 is the same type for the fastener can be selected. フラップ締結具44は、相補的な表面または部品46、48を含む。 Flap fastener 44 comprises a complementary surface or parts 46,48. 例示される形態では、フラップ締結具部品46、48は、排水シュートコイル43と実質的に重ならないように設置される。 In the embodiment illustrated, flap fastener parts 46, 48 are disposed so as not to overlap the drain chute coil 43 substantially. 本幾何形状は、フラップ締結具44が、排水シュートコイル43におけるパウチ10の容積および剛性を増加させないことを回避する。 This geometry, the flap fastener 44, avoids having to increase the volume and rigidity of the pouch 10 in the drainage chute coil 43. コイル43自体が補強部材32を含むか、および/または締結具が前もってパウチ10の残部より可撓性ではなくあり得ることを理解されるであろう。 Or coil 43 itself includes a reinforcing member 32, and / or fasteners will be understood that there may not a pre flexible than the remainder of the pouch 10. 付加的剛性を回避することは、装着者にとって、快適性を向上させる。 Avoiding additional rigidity, for the wearer to improve the comfort. また、フラップ締結具44がフラップ41、42をともに締結する時、フラップ締結具44は、その伸展位置への排水シュート部分24の偶発的な移動を防ぐ。 Further, when the flap fastener 44 is both signed the flaps 41 and 42, the flap fastener 44 prevents accidental movement of the drain chute portion 24 to its extended position. フラップ締結具44は、排水シュート部分24がその閉鎖状態に折り畳まれると、矢印49によって示されるように、フラップ41、42をともに押圧することによって締結される。 Flap fasteners 44, drainage chute portion 24 when folded in its closed state, as indicated by arrow 49, is fastened by both pushing the flaps 41 and 42.

例示される形態では、フラップ41、42はそれぞれ、形状または曲率を急激に変化させずに、パウチ10の全体的外側形状を平滑に連続させる略凸面の湾曲外側外形を有する。 In the embodiment illustrated, each flap 41 and 42, without abruptly changing the shape or curvature, has a curved outer contour substantially convex to the overall outer shape smooth continuous pouch 10. 本幾何形状は、パウチ10が閉鎖されたパウチであるという略完全な印象を与え、排水シュートコイル43を効果的かつ孤立して隠すことが可能である。 This geometry provides a substantially complete impression of the pouch 10 is a pouch that is closed, it is possible to hide the drainage chute coil 43 effectively and isolated by. これは、外部閉鎖クランプの付加的容積を伴わずに、略薄型を有する好ましい実施形態の一体型閉鎖システムの使用によって支援される。 This is without the additional volume of the external closure clamp is aided by the use of the integrated closure system of the preferred embodiment having a substantially thin.

さらなる幾何形状上の特徴は、フラップ41、42が、パウチ10の下方末端下において、フラップ41、42のいずれかの実質的な折畳みを伴わずに、相互に付着することである。 Features on the additional geometry, flaps 41 and 42, under the lower end of the pouch 10, without any substantial folding of the flaps 41 and 42, it is to adhere to each other. これは、パウチ10の下方末端下において折り畳む従来技術のフラップと比較して、その下方端におけるパウチ10の湾曲外形を持続する。 This compares with the prior art flap folding under the lower end of the pouch 10, to sustain the bending outline of the pouch 10 at its lower end. フラップ41、42の折畳みは、概して、直線に沿って折り畳まれ、パウチ10の裏面に直線の縁外形をもたらすであろう。 Folding the flaps 41 and 42 are generally folded along a straight line, it will result in the edge contour of the straight line on the back of the pouch 10. 代わりに、本実施形態は、恒久的に閉鎖されたパウチとより近似し得る、その下方末端に凸面の円唇外形を有する排水可能パウチの技術的に困難な特徴を達成する。 Alternatively, this embodiment may be more approximated to permanently closed pouches, achieve technically challenging feature of drainable pouch having a circular lip contour of the convex surface at its lower end.

前壁および後壁12、14の一方または両方の外側面は、少なくとも部分的に、快適層30によって被覆され得る。 Outer surface of one or both of the front and rear walls 12 and 14, at least in part, may be covered by a comfort layer 30. 快適層30は、前壁12および/または後壁14外側の付加的パネルであって、例えば、周縁シーム16において、パウチ10に固着され得る。 Comfort layer 30, front wall 12 and / or a rear wall 14 outer additional panels, for example, in the peripheral seam 16 may be affixed to the pouch 10. 代替として、快適層30は、それぞれの壁12、14によって担持されるか、またはその一部を形成する表面層であってもよい。 Alternatively, comfort layer 30 is either carried by respective walls 12 and 14, or a surface layer which forms a part thereof. 快適層30は、典型的には、軟質緩衝材料から成る。 Comfort layer 30 is typically made of a soft cushioning material. 典型的な材料として、織布、不織布、または開口を備えたプラスチックフィルムを含む。 Typical materials include plastic film with a woven, nonwoven or the opening. 快適層30は、弾力的に伸縮性であり得、または実質的に非伸縮性であり得る。 Comfort layer 30 is obtained an elastically stretchable or may be substantially non-stretchable. 快適層30は、典型的には、軟質緩衝材料から成る。 Comfort layer 30 is typically made of a soft cushioning material. フラップ41、42はそれぞれ、快適層30から成るか、またはそれを備え得る。 Flaps 41 and 42 may each comprise made or it from the comfort layer 30. 好ましい形態では、フラップ41、42上の快適層30は、それぞれのパウチ壁12、14上の快適層30の伸展部である。 In a preferred form, comfort layer 30 on the flaps 41 and 42 are extended portion of the comfort layer 30 on each of the pouch walls 12, 14. そのような配列は、特に、パウチ10の下方末端近傍において、実質的に平滑かつ中断されない面または表面領域によって、閉鎖パウチの視覚的効果を向上させる。 Such sequences, particularly at the lower end vicinity of the pouch 10, the substantially smooth and uninterrupted surface or surface area, to improve the visual effect of the closure pouch.

各フラップ41、42は、それぞれ、裏地層50、52をさらに備えてもよい。 Each flap 41 and 42, respectively, may further comprise a backing layer 50, 52. 裏地層50、52は、例えば、パウチ壁12、14と同一のフィルム材料から成り得る。 Backing layer 50 and 52, for example, may consist of the same film material and the pouch walls 12 and 14. 代替として、裏地層50、52は、各フラップ41、42が、複数層または積層の快適層材料から成るように、それ自体に折り畳まれる快適層30の伸展部であり得る。 Alternatively, the backing layer 50 and 52, each flap 41 and 42, as made of comfort layer material a plurality of layers or a lamination may be a stretch of the comfort layer 30 is folded onto itself. 裏地層50、52は、パウチ壁12、14まで伸展し、それぞれ、点54、56で付着され得る。 Backing layer 50 and 52, and extended to the pouch walls 12 and 14, respectively, may be attached at point 54.

例示される実施形態では、フラップ41、42およびフラップ締結具44は、排水シュート部分24をその閉鎖されたコイル状構成に保定するための二次的リテーナを提供する。 In the illustrated embodiment, the flaps 41, 42 and flap fasteners 44 provides a secondary retainer for retaining a drainage chute portion 24 in its closed coiled configuration. 代替として、閉鎖締結具が省略されてもよく、フラップ41、42およびフラップ締結具44は、排水シュート部分24をその閉鎖構成に保定するための一次的リテーナを提供してもよい。 Alternatively, may be closed fastener is omitted, the flaps 41, 42 and flap fasteners 44, may provide a primary retainer for retaining a drainage chute portion 24 in its closed configuration.

第1の実施形態では、フラップ41、42のいずれもが、折り畳まれた排水シュートコイル43の下に折り畳まれない。 In the first embodiment, any of the flaps 41 and 42, not folded under the drainage chute coil 43 folded. しかしながら、第2の実施形態に示されるように、そのようなフラップの折畳みが使用され得る。 However, as shown in the second embodiment, folding of such flaps may be used. 図6−9を参照すると、オストミーパウチ10の第2の実施形態は、パウチ構造、排水シュート部分24、および排水シュート部分24のための閉鎖システムについて、第1の実施形態に類似する。 Referring to Figure 6-9, a second embodiment of ostomy pouch 10, the pouch structure, the closure system for the drainage chute portion 24 and the drain chute portion 24, similar to the first embodiment. 主な差異は、上述の実施形態の対のフラップ41、42の代わりに、パウチ10の片側に断面形状化(profiled)フラップ60を提供することである。 The main difference is, instead of the flap 41, 42 of the pairs of the above-described embodiments, it is to provide a cross-sectional shape of (profiled) flap 60 on one side of the pouch 10.

断面形状化フラップ60は、断面形状化フラップ60の遠位領域または端部64に向かって外向きにフレアのついた側縁62を有する。 Sectional shape of the flap 60 has a side edge 62 flared outwardly towards the distal region or end 64 of the cross-sectional shape of the flaps 60. 断面形状化フラップ60は、排水シュート部分24がその伸展状態にあるとき(図6および7)、断面形状化フラップ60の垂下長が、排水シュート部分24の長さより短くなるように寸法設定される。 Sectional shape of the flaps 60, drainage chute portion 24 when in its extended state (Fig. 6 and 7), the hanging length of the cross-sectional shape of the flaps 60 is dimensioned to be shorter than the length of the drainage chute portion 24 . または、言い換えると、排水シュート部分24は、断面形状化フラップ60の遠位端64を越えて伸展する。 Or, in other words, drainage chute portion 24, extending beyond the distal end 64 of the cross-sectional shape of the flaps 60. 排出開口部26は、断面形状化フラップ60から離れて設置される。 Discharge opening 26 is placed away from the cross-sectional shape of the flaps 60. 本幾何形状は、排出開口部26を介してパウチ10を空にする間、廃液が接触し、断面形状化フラップ60を汚す可能性がほとんどないことを確実にする。 This geometry, during emptying the pouch 10 through the discharge opening 26, the waste liquid is in contact, to ensure that there is little possibility of contaminating the cross-sectional shape of the flaps 60. また、図8から分かるように、断面形状化フラップ60は、排水シュート部分24がその閉鎖されたコイル状構成にあるとき、断面形状化フラップ60の垂下長が、コイル43の寸法より長くなるように寸法設定される。 Moreover, as can be seen from FIG. 8, the cross-sectional shape of the flap 60 when the drainage chute portion 24 is in its closed coiled configuration, hanging length of the cross-sectional shape of the flaps 60, to be longer than the dimension of the coil 43 It is dimensioned to. 言い換えると、遠位端64は、コイル43の周縁を越えて突出し、コイル43下において、断面形状化フラップ60をパウチ10の他の面に対して折り畳まれることを可能にする(図9)。 In other words, the distal end 64 protrudes beyond the periphery of the coil 43, the lower coil 43, to be folded cross-sectional shape of the flap 60 to the other side of the pouch 10 (FIG. 9). 側縁62は、図9のように、断面形状化フラップ60が、折り畳まれた排水シュートコイル43の周囲(下)に折り畳まれると、側縁62が、断面形状化フラップ60に対向するパウチ10の周縁の部分66と略同一の外形形状をとるように成形される。 Side edges 62, as in FIG. 9, the cross-sectional shape of the flap 60 is folded around the drainage chute coil 43 which is folded (bottom), the pouch 10 to side edge 62, opposed to the cross-sectional shape of the flaps 60 It is shaped to take the peripheral portion 66 substantially the same outer shape. 側縁62は、周縁の部分66と略整合するか、または同一の広がりを有し得るか、あるいはパウチ周縁の側縁62および部分66は、一方が他方より若干内側に配置され得る。 Side edges 62, or substantially aligned with the portion 66 of the peripheral or may coextensive or pouch periphery side edge 62 and a portion 66, may one being disposed inside a little than the other. 偏移の程度は、5mm未満、好ましくは4mm未満、より好ましくは3mm未満、最も好ましくは2mm未満であり得る。 The degree of deviation is less than 5 mm, preferably less than 4 mm, more preferably less than 3 mm, most preferably be less than 2 mm. 部分66は、台形形状として、排水シュート部分24に向かってテーパ形状であり得る(直線または湾曲したテーパ形状の側面を有している)。 Portion 66 (which has a side surface of the straight or curved tapered shape) that a trapezoidal shape may be a tapered shape toward the drain chute portion 24. 側縁62は、断面形状化フラップ60が、排水シュート部分24と比較して、その側面に三角形の翼を有するように、同様の台形形状を画定し得る。 Side edges 62, the sectional shape of the flap 60, as compared to the draining chute portion 24, so as to have a wing triangle on its side may define the same trapezoidal shape.

フラップ締結具68は、その折り畳まれた構成にあるとき、フラップ60を保定するために提供される。 Flap fasteners 68, when in its collapsed configuration, is provided a flap 60 in order to retain. フラップ締結具68は、断面形状化フラップ60の遠位端64またはその近傍に第1の締結具表面または部品70と、断面形状化フラップ60に対してパウチ10の反対側に第2の締結具表面または部品72とを備えている。 Flap fasteners 68, the distal end 64 or the first fastener surface or component 70 in the vicinity of the cross-sectional shape of the flap 60, a second fastener on the other side of the pouch 10 against the cross-sectional shape of the flaps 60 and a surface or part 72. フラップ締結具68は、上述の締結具の種類のいずれかであり得る。 Flap fasteners 68 can be any of the type described above of the fastener. 随意に、フラップ締結具68は、締結具のために同一の種類が選択されてもよい。 Optionally, the flap fastener 68, the same type may be selected for the fastener. 断面形状化フラップ60上の第1のフラップ締結具部品70は、概して、断面形状化フラップ60の遠位端64の幅全体に伸展し、第2のフラップ締結具部品72のサイズと実質的に整合するように寸法設定される。 The first flap fastener part on the cross-sectional shape of the flaps 60 of 70 is generally to stretch across the width of the distal end 64 of the cross-sectional shape of the flap 60, the second and substantially the size of the flap fastener parts 72 It is sized to match.

断面形状化フラップ60が排水シュートコイル43下またはその周囲に折り畳まれると、断面形状化フラップ60がパウチ10の外形に整合する利点は、それぞれの締結具部品70、72が、同様に、連続形状として予め付着された連続ロールストック形態の材料を使用したパウチ10の生成を容易にすることである。 When the cross-sectional shape of the flaps 60 are folded under or around the drainage chute coil 43, the benefits of cross-sectional shape of the flap 60 is aligned with the outer shape of the pouch 10, each fastener part 70, 72, likewise, a continuous shape it is to facilitate the production of the pouch 10 using the material previously deposited continuous roll stock form as. 例えば、パウチ10の面上に予め付着された第2の締結具部品72は、予め付着された第2の締結具部品72が、パウチ外形に整合する形状に切削またはスタンプされるように、パウチ輪郭の形状に製造する際に、ロールストックから切削またはスタンプされる。 For example, the second fastener component 72 which is previously deposited on the surface of the pouch 10, as the second fastener part 72 in advance attached is cut or stamped into a shape matching the pouch contour, pouch when manufacturing the shape of the contour is cut or stamped from a roll stock. 第2の締結具部品72は、実質的に連続片として、パウチ10の1つの切削またはスタンプされた周縁から、対向縁へと伸展する。 The second fastener part 72, as a substantially continuous strip, from one cutting or stamped peripheral edge of the pouch 10, is extended to the opposite edge. これは、別個の操作として、孤立した第2の締結具部品72をパウチ面に付着させる必要性を回避し、それによって、製造プロセスを簡素化し、コストを低減させる。 This, as a separate operation, the second fastener part 72 in isolation avoids the need to adhere to the pouch surface, thereby simplifying the manufacturing process and reduces the cost. 同様に、断面形状化フラップ60は、例えば、第1の締結具部品70が連続細片として予め付着される、ロールストック材料から切削またはスタンプされる。 Similarly, the cross-sectional shape of the flaps 60 may, for example, first fastener component 70 is pre-deposited as a continuous strip, is cut or stamped from a roll stock material. 断面形状化フラップ60および第1の締結具部品70は、単一の切削またはスタンプ操作によって、一体的に成形される。 Sectional shape of the flap 60 and the first fastener component 70, a single cutting or stamping operation, are integrally formed. 第1の締結具部品70は、実質的に連続片として、断面形状化フラップ60の1つの切削またはスタンプされた周縁から、対向縁へと伸展する。 First fastener component 70 is a substantially continuous strip, from one cutting or stamped peripheral cross-sectional shape of the flap 60 is extended to the opposite edge. これらの縁は、パウチ10の収集部分の溶接された周縁まで伸展する。 These edges will be extended until welded periphery of the collection portion of the pouch 10. また、これは、孤立した締結具部品を断面形状化フラップ60に付着させる必要性を回避し、第2の締結具部品72に対して上述と同一の製造上の改良点および効率を提供する。 This also avoids the need to attach the orphaned fastener component to the cross-sectional shape of the flaps 60, to provide an improved point and efficiency of the same production as above with respect to second fastener part 72.

使用において、パウチ周縁の断面形状化フラップ60および部分66の形状を整合させることは、断面形状化フラップ60(および、それぞれの第1の締結具部品70)が、パウチ10の面上の第2の締結具部品72を実質的に被覆することを確実にする。 In use, to align the shape of the pouch periphery of the cross-sectional shape of the flap 60 and portion 66, the sectional shape of the flap 60 (and, respectively the first fastener component 70) is, first on the surface of the pouch 10 2 to ensure that coating the fastener part 72 substantially. これは、そうでなければ、装着者の衣服または下着に引っ掛かるか、あるいは皮膚を刺激し得る、第2の締結具部品72の締結具表面の露出を実質的に回避する。 This is otherwise either caught by clothing or underwear of the wearer, or may irritate the skin, to substantially avoid the exposure of the fastener surface of the second fastener component 72.

例示される形態では、締結具部品70、72は、同一の締結具部品または部材74の一部である。 In the embodiment illustrated, the fastener components 70, 72 are part of the same fastener component or member 74. 断面形状化フラップ60上の第1の締結具部品70によって係合される第2のフラップ締結具部品72は、締結具部材74の上方部分であって、第1の締結具部品70は、締結具部材74の下方部分である。 The second flap fastener part 72 to be engaged by a first fastener component 70 on the cross-sectional shape of the flaps 60 is an upper portion of the fastener member 74, a first fastener component 70 is fastened a lower portion of the tool member 74. 締結具部材74は、締結具部材74の領域内のパウチ周縁の部分66の形状と略整合する形状を有する。 The fastener member 74 has a shape substantially matching the shape of the pouch peripheral portion 66 in the region of the fastener member 74. 締結具部材74は、パウチ周縁の部分66と同一の広がりを有し得、またはパウチ周縁の部分66より若干内側にあって、締結具部材74の縁に対する快適緩衝として、パウチ壁材料の領域を提供し得る。 The fastener member 74 may have co-extensive with the portion 66 of the pouch periphery or slightly In the inside the pouch perimeter portion 66, as comfortable cushioning for the edges of the fastener member 74, the area of ​​the pouch wall material It can provide.

同一の広がりを有する締結具部材74を使用することによって、上述と同様に、連続細片として、締結具部材74がロールストック材料に予め付着可能となる。 By using the fastener member 74 coextensive, in the same manner as described above, as a continuous strip, it is the fastener member 74 becomes in advance can adhere to the roll stock material. 断面形状化フラップ60上の第1のフラップ締結具部品70は、概して、締結具部材74の上方部分の第2の締結具部品72の幅全体に伸展し、断面形状化フラップ60は、第1の締結具部品70または締結具部品38によって係合されない締結具部材74の任意の露出部分を被覆する。 The first flap fastener component 70 on the cross-sectional shape of the flaps 60 generally is extended across the width of the second fastener part 72 of the upper portion of the fastener member 74, the sectional shape of the flap 60, first to coating any exposed portion of the fastener components 70 or not engaged by the fastener components 38 fastener member 74.

第1の実施形態におけるように、パウチ10は、前壁12および/または後壁14上に快適層30を担持してもよい。 As in the first embodiment, the pouch 10 may carry a comfort layer 30 on the front wall 12 and / or rear wall 14. 快適層30は、断面形状化フラップ60の面を被覆するように伸展してもよい。 Comfort layer 30 may be extended so as to cover the surface of the cross-sectional shape of the flaps 60. 一形態では、断面形状化フラップ60は、実質的に、1層以上の快適層材料から成る。 In one embodiment, the cross-sectional shape of the flap 60 is substantially composed of one or more layers of comfort layer material. 別の代替例(図示せず)では、フラップ60は、第1の実施形態と同様に、裏地フィルムをさらに備える。 In another alternative embodiment (not shown), the flap 60, as in the first embodiment, further comprises a backing film. 締結具部品70、72および/または締結具部材74は、快適層30上に搭載され得る。 Fastener parts 70, 72 and / or the fastener member 74 may be mounted on the comfort layer 30. 好ましい形態では、締結具部品は、ロールストック形態において、快適層材料のそれぞれの部分上の連続片として予め搭載される。 In a preferred form, the fastener component, in roll stock form, are pre-mounted as a continuous strip on the respective portion of the comfort layer material. 締結具部品70、72の形状は、快適層材料がロールストックから切削またはスタンプされ、周縁シーム16内に溶接されるときに画定される。 The shape of the fastener components 70 and 72, comfort layer material is cut or stamped from a roll stock is defined as it is welded to the peripheral seam 16.

使用において、排水シュート部分24は、その閉鎖されたコイル状構成に折り畳まれ、断面形状化フラップ60は、コイル43下に折り畳まれ、締結具68によって締結される。 In use, drainage chute portion 24 is folded to its closed coiled configuration, the sectional shape of the flap 60 is folded lower coil 43 are fastened by fasteners 68. 断面形状化フラップ60は、排水シュートコイル43を実質的に被覆および隠し、パウチ周縁の外形に整合する断面形状化フラップ60によって、孤立して配列される。 Sectional shape of the flap 60 is substantially covered and hidden drainage chute coil 43, the sectional shape of the flaps 60 which matches the outer shape of the pouch periphery, it is arranged in isolation. 断面形状化フラップ60は、例えば、パウチ周縁と異なる形状を有する直線縁の矩形形状フラップよりもかなり孤立していることが可能である。 Sectional shape of the flap 60 is, for example, it is possible to have quite isolated than rectangular flaps straight edge having a different shape and the pouch perimeter.

例示される形態では、断面形状化フラップ60は、パウチ10の後壁14から垂下し、前壁12に対して、コイル43下に折り畳まれる。 In the embodiment illustrated, the sectional shape of the flaps 60, depending from the rear wall 14 of the pouch 10, with respect to the front wall 12 are folded underneath the coil 43. しかしながら、断面形状化フラップ60の配列は、所望に応じて、断面形状化フラップ60が前壁12から垂下するように、逆転され得ることを理解されるであろう。 However, the sequence of the cross-sectional shape of the flaps 60 can, if desired, as the cross-sectional shape of the flap 60 is suspended from the front wall 12, it will be understood that may be reversed. また、排水シュート部分24の折畳み方向も、所望に応じて、逆転され得るが、排水シュート部分24の折畳み方向は、断面形状化フラップ60がパウチ10の前壁または後壁12、14上に配置されるかどうかと無関係であり得ることを理解されるであろう。 The direction folding of the drainage chute portion 24 also, if desired, but may be reversed, the direction folding of the drainage chute portion 24, the sectional shape of the flaps 60 are disposed on the front wall or back wall 12, 14 of the pouch 10 it will be understood that may be independent of whether the.

例示される形態では、断面形状化フラップ60およびフラップ締結具68は、排水シュート部分24をその閉鎖されたコイル状構成に保定するための二次的リテーナを提供する。 In the embodiment illustrated, the sectional shape of the flap 60 and flap fasteners 68, provides a secondary retainer for retaining a drainage chute portion 24 in its closed coiled configuration. 修正形態では、閉鎖締結具が省略され得、断面形状化フラップ60およびフラップ締結具68は、排水シュート部分24をその閉鎖構成に保定するための一次的リテーナを提供し得る。 In a modified form, to give closed fastener is omitted, the cross-sectional shape of the flap 60 and flap fasteners 68 may provide a primary retainer for retaining a drainage chute portion 24 in its closed configuration.

締結具部品70、72の特徴は、締結具部品70、72が担持される壁12、14と同一の広がりを有し、締結具部品70、72が連続片として予め搭載されるロールストックからその壁を切削することを可能にするが、第2の実施形態に対してのみ詳細に記載されるが、また、第1の実施形態も本アイディアを組み込んでもよいことを理解されるであろう。 Features of the fastener components 70, 72 coextensive with the wall 12, 14 the fastener parts 70, 72 is supported from its roll stock fastener parts 70, 72 are pre-mounted as a continuous strip Although making it possible to cut the wall, but will only be described in detail with respect to the second embodiment, also, the first embodiment will also be understood that may incorporate the present idea.

図10および11は、排水シュート部分24上の補強部材32の配列に対する修正を例示する。 10 and 11 illustrate modifications to the arrangement of the reinforcing member 32 on the drainage chute portion 24. 本修正は、上述のフラップ配列の有無にかかわらず、利用され得る。 This modification, with or without the aforementioned flap arrangement can be utilized. 修正の主な差異は、少なくとも1つの補強部材32が、少なくとも0.5cm、より好ましくは、少なくとも1cm、より好ましくは、少なくとも約1.5cmである距離「c」だけ、排出開口部26から離間されることである。 Spaced main difference modifications, at least one reinforcing member 32 is at least 0.5 cm, more preferably at least 1 cm, more preferably, by a distance "c" is at least about 1.5 cm, from the discharge opening 26 it is to be. 補強部材32を排出開口部26から離間させることは、排水廃液と、装着者が補強部材32においてオストミーパウチ10を処置する必要がある地点との間に保護距離を提供することによって、装着者の衛生状態を向上させることが可能である。 It is spaced apart reinforcing members 32 from the discharge opening 26 by providing a draining waste, the protection distance between the point where it is necessary wearer treat ostomy pouch 10 in the reinforcing member 32, the wearer of it is possible to improve the sanitary conditions. また、これは、排水廃液(高い流体粘稠度を有し得る)の跳ね返りによって、装着者の手が汚れる危険性を低減させることが可能である。 This also by rebound drainage effluent (may have a high fluid consistency), it is possible to reduce the risk of the wearer's hand from being contaminated. さらに、離間によって、装着者は、排水後の清浄のために、排水シュート部分24を制御可能に膨張させることが可能となる。 Furthermore, the spacing, the wearer, for cleaning after draining, it is possible to inflate the drainage chute portion 24 controllably.

出口締結具34が提供される場合、補強部材32は、それぞれの出口締結具部品36、38と排出開口部26との間に設置される。 If the exit fastener 34 is provided, the reinforcing member 32 is disposed between the respective outlets fastener components 36, 38 and the outlet opening 26. 排水シュート部分24を閉鎖位置内に巻く場合、装着者は、補強部材32(図11)下または上(図11b)に第1の折畳みを開始可能である。 When rolling the drainage chute portion 24 in the closed position, the wearer, the reinforcing member 32 (FIG. 11) can initiate the first folding up or down (Fig. 11b). 一実施形態では、距離「c」は、排出開口部26から最遠位の補強部材32とそれぞれの締結具部品36との間の距離「d」を上回る。 In one embodiment, the distance "c" is greater than the distance "d" between the discharge opening 26 and the distal-most reinforcing members 32 and each of the fastener components 36. そのような距離「c」は、補強部材32と排出開口部26との間の排水シュート部分24の領域80が、締結具部品36を妨害することなく、折畳み操作を開始するために、上方に折り畳み可能であることを確実にする。 Such distance "c", to the region 80 of the drain chute portion 24 between the reinforcing member 32 and the discharge opening 26, without interfering with the fastener component 36, initiates a folding operation, the upper to ensure that it is foldable.

非常に好ましい形態では、距離「c」は、排水シュート部分24の単位の折畳み長(すなわち、想定折畳み線40間の距離)を画定する補強部材32の寸法「e」と略等しい、または若干下回る。 In a highly preferred embodiment, the distance "c", folding length of the unit of the drainage chute portion 24 (i.e., the distance between the assumed fold lines 40) substantially equal to the dimension "e" of the reinforcing member 32 that defines, or slightly below . そのような長さによって、排水シュート部分24は、補強部材32下の材料が締結具の係合に干渉することなく、補強部材32下または上に折り畳まれることが可能となる。 Such length, drainage chute portion 24, without the bottom of the material reinforcing member 32 from interfering with the engagement of the fastener, it is possible to fold into a reinforcing member 32 up or down. 巻かれる排水シュート部分24端の高さAは、好ましくは、締結具36の裏面の高さCを超えず、または最も好ましくは、形成されるコイル43の頂点の高さBを超えない(図11c)。 Drainage chute portion 24 the height A of the end wound, preferably, not exceed the height C of the back surface of the fastener 36, or most preferably, no greater than the height B of the apex of the coil 43 formed (Fig. 11c). 排水シュート部分24は、図11aの矢印39によって示されるように、折り畳まれて得る。 Drainage chute portion 24, as indicated by arrow 39 in FIG. 11a, can be folded.

付加的側面では、本発明は、オストミーパウチ10のための折畳み式排水シュート24を提供し、排水シュート24は、排水シュート24の面上に提供され、排水シュート24の排出開口部26から離間され、補強部材32と排出開口部26との間の面上にプラスチックパウチフィルムの領域を画定する少なくとも1つの補強部材32を備える。 In an additional aspect, the present invention provides a collapsible drainage chute 24 for ostomy pouch 10, drainage chute 24 is provided on the surface of the drainage chute 24 is spaced from the discharge opening 26 of the drainage chute 24 comprises at least one reinforcing member 32 to define a region of the plastic pouch film on the surface between the reinforcing member 32 and the discharge opening 26. 離間は、少なくとも0.5cm、より好ましくは、少なくとも1cm、より好ましくは、少なくとも約1.5cmであり得る。 Spacing is at least 0.5 cm, more preferably at least 1 cm, more preferably, at least about 1.5 cm. 少なくとも1つの補強部材32のフットプリントは、排水シュート24内の内部排水路にわたって、実質的に完全に伸展し、好ましくは、内部排水路の両側の溶接シーム16に重なり得る。 At least one footprint of the reinforcing member 32, across the interior drainage drainage chute 24, substantially fully extended, preferably, may overlap the weld seam 16 on both sides of internal drainage. 補強部材32が、排水シュート24の単位の折畳み長を画定する場合、離間は、随意に、単位の折畳み長と略同一であってもよい。 If the reinforcing member 32, which defines a folding length of the unit of the drainage chute 24, separated from optionally, it may be substantially the same folding length and the unit. 上述のように、補強部材32は、実質的に平面であって、排水シュート24および/または出口22開口部を閉鎖状態に偏向させ得、もしくは補強部材32は、若干あるいは実質的に予め湾曲され、出口22開口部および/または排水シュート24を開放状態に偏向させ得る。 As described above, the reinforcing member 32 is a substantially planar, resulting to deflect the waste water chute 24 and / or outlet 22 opening into the closed state or the reinforcing member 32, is slightly curved or substantially pre It may deflect the outlet 22 opening and / or waste chutes 24 in an open state.

上述の実施形態は、好ましい形態の本発明の好ましい形態の例示であることに留意されたい。 Embodiments described above, it should be noted that an illustration of the preferred embodiment of the present invention in a preferred form. 請求される本発明の範囲および/または精神内おいて、多くの修正、改良、および同等物が存在し得る。 At the range and / or spirit of the invention as claimed, many modifications, improvements, and equivalents may be present.

Claims (20)

  1. 排水可能オストミーパウチであって、 A drainable ostomy pouch,
    全体外形を規定する共通の周縁シームで互いに接合された対向する面からなる収集部分と、 A collection portion consisting of a surface facing joined together at a common peripheral seam defining the entire contour,
    該収集部分から垂下し、該パウチから内容物を空にすることを可能にするための排出開口部を有する、排水シュート部分であって、該排水シュート部分が該収集部分から第1の方向に伸展されている開放状態と、該排水シュート部分が該収集部分に向かって折り畳まれている閉鎖状態との間で折り畳み可能である、排水シュート部分と、 Depending from the collection portion, having a discharge opening for permitting emptying of contents from the pouch, a drainage chute portion, the drainage chute portion in a first direction from the collection portion an open condition being extended, is foldable between a closed state in which the drainage chute portion being folded towards the collection portion, a drain chute portion,
    該パウチの対向する面上にあり、該排水シュート部分の領域内に伸展する第1のフラップおよび第2のフラップであって、各面に取り付けられた近位端と、該近位端から遠位端に延びる略凸面湾曲の外側外形とを有し、形状又は曲率を急激に変化させずに前記収集部分の全体的外側形状を平滑に連続させ、該フラップは、各々、(i)該排水シュート部分がその開放状態にあるとき、該排水シュート部分は、各フラップの遠位端を越えて、該第1の方向に伸展し、(ii)該排水シュート部分がその閉鎖状態にあるとき、該フラップのうちの少なくとも1つは、該排水シュート部分を越えて、該第1の方向に伸展するように寸法設定される、第1のフラップおよび第2のフラップと、 They are on opposite faces of the pouch, a first flap and a second flap, extending in the region of the drainage chute portion, a proximal end attached to each side, far away from the proximal end and an outer contour substantially convex curvature extending proximal end, smooth to continuously overall outer shape of the collection portion of the shape or curvature without abrupt changes, the flap, respectively, (i) the drainage when the chute portion is in its open condition, drainage chute portion beyond the distal end of each flap, and stretch in the first direction, when in its closed state (ii) the drainage chute portion, wherein at least one of the flaps beyond the drainage chute portion is sized to stretch in the first direction, a first flap and a second flap,
    該フラップを閉鎖状態に解放可能に締結するための少なくとも1つの締結具とを備え And at least one fastener for releasably fastening the flap in the closed state,
    前記排水シュート部分が、その閉鎖構成にあり、前記フラップが閉鎖状態に締結されているとき、前記パウチは、該排水シュート部分の領域内に概して凸面湾曲の周縁を有する、 排水可能オストミーパウチ。 The drainage chute portion is in its closed configuration, when the flap is fastened to the closed state, the pouch has a rim of generally convex curvature in the region of the drainage chute portion, drainable ostomy pouch.
  2. 前記第1のフラップおよび第2のフラップの両方は、前記排水シュート部分がその閉鎖状態にあるとき、該フラップの両方が、該排水シュート部分を越えて、該第1の方向に伸展するように寸法設定される、請求項1に記載の排水可能オストミーパウチ。 Both the first flap and the second flap, when the drain chute portion is in its closed state, both of the flap beyond the drainage chute portion, so as to stretch in the direction of the first is dimensioned, drainable ostomy pouch of claim 1.
  3. 前記少なくとも1つの締結具は、前記フラップを相互に解放可能に締結するための締結具を備えている、請求項1に記載の排水可能オストミーパウチ。 Wherein said at least one fastener comprises a fastener for releasably fastening said flaps to each other, drainable ostomy pouch of claim 1.
  4. 前記フラップ締結具は、各フラップの遠位端に提供される、それぞれの締結具部品または表面を備えている、請求項3に記載の排水可能オストミーパウチ。 It said flap fastener is provided at the distal end of each flap has a respective fastener parts or surfaces, drainable ostomy pouch of claim 3.
  5. 前記締結具は、前記排水シュート部分がその閉鎖構成にあるとき、該排水シュート部分のレベル下の位置に、前記フラップを相互に締結するように設置される、請求項1に記載の排水可能オストミーパウチ。 The fastener when the drain chute portion is in its closed configuration, the position under the level of the drainage chute portion, said flap mutual installed is so fastened to a possible draining of claim 1 ostomy pouch.
  6. 前記第1のフラップおよび第2のフラップは、相互に略同一サイズおよび形状である、請求項1に記載の排水可能オストミーパウチ。 It said first flap and the second flap is substantially the same size and shape to each other, drainable ostomy pouch of claim 1.
  7. 前記第1のフラップおよび第2のフラップは、該フラップが、概して相互に同一の広がりを有するように寸法設定される、請求項1に記載の排水可能オストミーパウチ。 It said first flap and the second flap, the flap is generally sized to mutually coextensive, drainable ostomy pouch of claim 1.
  8. 前記第1のフラップおよび第2のフラップは、各々、凸面湾曲形状を有する、請求項1に記載の排水可能オストミーパウチ。 It said first flap and the second flap each have a convex curved shape, drainable ostomy pouch of claim 1.
  9. 前記フラップの少なくとも1つは、快適層材料を備えている、請求項1に記載の排水可能オストミーパウチ。 At least one of said flaps is provided with a comfort layer material, drainable ostomy pouch of claim 1.
  10. 前記排水シュート部分の排出開口部またはその近傍に配置される、少なくとも1つの補強部材をさらに備え、該補強部材は、該排水シュート部分の材料より堅い、請求項1に記載の排水可能オストミーパウチ。 Wherein are arranged the discharge openings at or near the drainage chute portion, at least one further comprising a reinforcing member, the reinforcing member is stiffer than the material of the drainage chute portion, drainable ostomy pouch of claim 1.
  11. 前記排水シュート部分を閉鎖構成に解放可能に保定するための少なくとも1つの締結具を備えている、請求項1に記載の排水可能オストミーパウチ。 It comprises at least one fastener for retaining releasably the drainage chute portion in the closed configuration, drainable ostomy pouch of claim 1.
  12. 排水可能オストミーパウチであって、 A drainable ostomy pouch,
    全体外形を規定する共通の周縁シームで互いに接合された対向する面からなる収集部分と、 A collection portion consisting of a surface facing joined together at a common peripheral seam defining the entire contour,
    該収集部分から垂下し、該パウチから内容物を空にすることを可能にするための排出開部を有する、排水シュート部分であって、該排水シュート部分が該収集部分から伸展されている開放状態と、該排水シュート部分が該収集部分に向かって折り畳まれている閉鎖状態との間で折り畳み可能である、排水シュート部分と、 Depending from the collection portion, having a discharge opening portion for allowing to empty the contents from the pouch, a drainage chute portion, opening the drainage chute portion is extended from the collection portion and state, is foldable between a closed state in which the drainage chute portion being folded towards the collection portion, a drain chute portion,
    該パウチの対向する面上にあり、該排水シュート部分の領域内に伸展する第1のフラップおよび第2のフラップであって、該フラップは、各々、近位端から遠位端に延びる略凸面湾曲の外側外形を含む周縁を有し、形状又は曲率を急激に変化させずに前記収集部分の全体的外側形状を平滑に連続させる、第1のフラップおよび第2のフラップと、 They are on opposite faces of the pouch, a first flap and a second flap, extending in the region of the drainage chute portion, the flap, respectively, substantially convex surface extending from the proximal end to the distal end has a peripheral edge comprising an outer contour of the curved, smooth to continuously overall outer shape of the collection portion of the shape or curvature without abrupt changes, the first flap and a second flap,
    前記フラップを相互に解放可能に締結するための少なくとも1つの締結具とを備え、 And at least one fastener for releasably fastening said flaps to each other,
    前記排水シュート部分がその閉鎖構成にあるとき、 前記フラップの凸面湾曲部分は、該排水シュート部分の領域内において、 前記パウチに凸面湾曲周縁形状を提供する、排水可能オストミーパウチ。 When said drainage chute portion is in its closed configuration, the convex curved portion of the flap, in the region of the drainage chute portion, that provides a convex curved peripheral shape to the pouch, drainable ostomy pouch.
  13. 前記フラップの凸面湾曲部分は、相互に略整合される、請求項12に記載の排水可能オストミーパウチ。 Convex curved portion of the flap mutually are substantially aligned, drainable ostomy pouch of claim 12.
  14. 前記フラップは、前記パウチの前面および後面上に相互に略整合される、請求項12に記載の排水可能オストミーパウチ。 It said flap are mutually are substantially aligned on the front and rear surfaces of the pouch, drainable ostomy pouch of claim 12.
  15. 前記フラップ締結具は、各フラップの遠位端に提供される、それぞれの締結具部品または面を備えている、請求項12に記載の排水可能オストミーパウチ。 It said flap fastener is provided at the distal end of each flap has a respective fastener parts or surfaces, drainable ostomy pouch of claim 12.
  16. 前記締結具は、前記排水シュート部分がその閉鎖構成にあるとき、該排水シュート部分のレベル下の位置に、前記フラップを相互に締結するように配置される、請求項12に記載の排水可能オストミーパウチ。 The fastener when the drain chute portion is in its closed configuration, the position under the level of the drainage chute portion is arranged so as to fasten the flaps to each other, allows the drainage of claim 12 ostomy pouch.
  17. 前記フラップの少なくとも1つは、快適層材料を備えている、請求項12に記載の排水可能オストミーパウチ。 At least one of said flaps is provided with a comfort layer material, drainable ostomy pouch of claim 12.
  18. 前記フラップ上の快適層は、前記パウチのそれぞれの面上の快適層の伸展部である、請求項17に記載の排水可能オストミーパウチ。 Comfort layer on the flap is an extension of the comfort layer on each face of the pouch, drainable ostomy pouch of claim 17.
  19. 前記排水シュート部分の排出開口部またはその近傍に配置される、少なくとも1つの補強部材をさらに備えており、該補強部材は、該排水シュート部分の材料より堅い、請求項12に記載の排水可能オストミーパウチ。 Wherein are arranged the discharge openings at or near the drainage chute portion, and further comprising at least one reinforcing member, the reinforcing member is stiffer than the material of the drainage chute portion, allows the drainage of claim 12 ostomy pouch.
  20. 前記排水シュート部分を閉鎖構成に解放可能に保定するための少なくとも1つの締結具を備えている、請求項12に記載の排水可能オストミーパウチ。 It comprises at least one fastener for retaining releasably the drainage chute portion in the closed configuration, drainable ostomy pouch of claim 12.
JP2014089371A 2014-04-23 2014-04-23 Drainable ostomy pouch Active JP5902744B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014089371A JP5902744B2 (en) 2014-04-23 2014-04-23 Drainable ostomy pouch

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014089371A JP5902744B2 (en) 2014-04-23 2014-04-23 Drainable ostomy pouch

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2011503253 Division 2009-04-07

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014176725A true JP2014176725A (en) 2014-09-25
JP5902744B2 true JP5902744B2 (en) 2016-04-13

Family

ID=51697290

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014089371A Active JP5902744B2 (en) 2014-04-23 2014-04-23 Drainable ostomy pouch

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5902744B2 (en)

Family Cites Families (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2520831A (en) * 1949-07-11 1950-08-29 Edwin R Chincholl Abdominal appliance
JPS63189217U (en) * 1987-05-29 1988-12-05
US5248308A (en) * 1992-06-29 1993-09-28 Von Emster Edward E Ostomy pouch cover
GB2391175B (en) * 2002-07-04 2005-12-28 Squibb Bristol Myers Co Pouch for collecting human waste

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2014176725A (en) 2014-09-25 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4596566A (en) Ostomy appliance with suction securing chamber
US5814037A (en) Tailored and protective undergarments
US4988343A (en) Drainable pouch for collecting excretions from the human body
US3039464A (en) Ileostomy appliance
US4403991A (en) Closures for open ended ostomy pouch
US5330454A (en) Ostomy appliance with floating belt-attachment ring
US4465486A (en) Closures for open ended ostomy pouch
US4755177A (en) Closures for open ended ostomy pouch
US6817992B1 (en) Male incontinence garment
US4084590A (en) Stoma drainage appliance
US4705512A (en) Ostomy pouch cover
US6336918B1 (en) Collecting bag for human body wastes having an improved discharge means
US20060282056A1 (en) Diaper with integral disposal bag
US4439191A (en) Ostomy bag cover
US20060184145A1 (en) Ostomy appliance
US5125917A (en) Ostomy appliances
US3324856A (en) Colostomy garment
US5730735A (en) Convex ostomy faceplate with floating flange and finger recess
US5843054A (en) Ostomy bag cover
US5248308A (en) Ostomy pouch cover
US20040171999A1 (en) Ostomy appliance
US20110178492A1 (en) Protective undergarment including a sling with a pocket-end cuff
GB2268065A (en) Drainable collection bag
US4238059A (en) Stoma drainage appliance
US4806406A (en) Sanitary toilet seat cover

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150313

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150512

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150811

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160216

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160310

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Ref document number: 5902744

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150