JP5882826B2 - Golf club fitting method - Google Patents

Golf club fitting method Download PDF

Info

Publication number
JP5882826B2
JP5882826B2 JP2012103726A JP2012103726A JP5882826B2 JP 5882826 B2 JP5882826 B2 JP 5882826B2 JP 2012103726 A JP2012103726 A JP 2012103726A JP 2012103726 A JP2012103726 A JP 2012103726A JP 5882826 B2 JP5882826 B2 JP 5882826B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
angle
club
variable
fitting
hit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2012103726A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2013230241A (en
Inventor
渉 君塚
渉 君塚
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Dunlop Sports Co Ltd
Original Assignee
Dunlop Sports Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Dunlop Sports Co Ltd filed Critical Dunlop Sports Co Ltd
Priority to JP2012103726A priority Critical patent/JP5882826B2/en
Priority claimed from US13/871,055 external-priority patent/US10806979B2/en
Publication of JP2013230241A publication Critical patent/JP2013230241A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5882826B2 publication Critical patent/JP5882826B2/en
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、ゴルフクラブのフィッティング方法に関する。   The present invention relates to a golf club fitting method.

ゴルファーに適合するゴルフクラブの選定は、フィッティングと称される。このフィッティングは、打球結果に大きく影響する。   The selection of a golf club that fits a golfer is referred to as fitting. This fitting greatly affects the hitting result.

ゴルファーのスイングからデータを計測することは一般的に行われている。特開平7−227453号公報及び特開2004−24488号公報では、インパクトにおけるヘッドの三次元的な位置及び姿勢が計測されている。   It is common practice to measure data from a golfer's swing. In JP-A-7-227453 and JP-A-2004-24488, the three-dimensional position and orientation of the head at impact are measured.

また、計測されたデータに基づきフィッティングを行うことが提案されている。特開2010−155074号公報では、ヘッドの挙動に基づき、ヘッドとシャフトとの組み合わせが選択される。この特開2010−155074号公報では、例えば、上下方向の進入角度が負であり、左右方向の進入角度が正の場合、ダイナミックロフトが大きくなり、かつフェース面がゴルファーから見て閉じないように設定されたゴルフクラブが好ましいと記載されている。   It has also been proposed to perform fitting based on measured data. In JP 2010-155074 A, a combination of a head and a shaft is selected based on the behavior of the head. In Japanese Patent Laid-Open No. 2010-155074, for example, when the approach angle in the vertical direction is negative and the approach angle in the left-right direction is positive, the dynamic loft becomes large and the face surface does not close when viewed from the golfer. It is described that a set golf club is preferable.

特開2011−130932号公報は、シャフト選択支援装置を開示する。この発明においては、推奨シャフト情報が用いられている。この推奨シャフト情報は、シャフトの剛性分布と、上下の打出角及びバックスピン量との関係に基づき推奨シャフトを規定した情報である。   JP2011-130932A discloses a shaft selection support device. In the present invention, recommended shaft information is used. The recommended shaft information is information that defines the recommended shaft based on the relationship between the rigidity distribution of the shaft, the vertical launch angle, and the backspin amount.

特開2007−29257号公報は、ピッチングウエッジよりも飛ばない領域のゴルフクラブを2本以上加えるアイアンゴルフクラブのセット方法を開示する。   Japanese Patent Application Laid-Open No. 2007-29257 discloses a method for setting an iron golf club in which two or more golf clubs that do not fly more than the pitching wedge are added.

特開平7−227453号公報JP-A-7-227453 特開2004−24488号JP 2004-24488 特開2010−155074号公報JP 2010-155074 A 特開2011−130932号公報JP 2011-130932 A 特開2007−29257号公報JP 2007-29257 A

特開2007−29257号公報では、飛距離に基づいてゴルフクラブが追加されている。飛距離に基づいた解析では、例えば、平均飛距離が採用されうる。平均値が採用されることで、データの信頼性が向上しうる。   In JP 2007-29257 A, a golf club is added based on the flight distance. In the analysis based on the flight distance, for example, an average flight distance can be adopted. By adopting the average value, the reliability of data can be improved.

飛距離等の打球結果は、バラつく。多くのゴルファーにおいて、このバラツキは大きい。従来採用されている平均値及び最大値では、バラツキを評価することができない。バラツキを小さくすることは、ゴルファーが意図した位置にボールを着地させる可能性を高めることを意味する。多くの場合、バラツキを小さくすることはスコアアップに繋がる。   The hitting results such as flight distance vary. For many golfers, this variation is significant. Variations cannot be evaluated with the average value and the maximum value that have been conventionally employed. Reducing the variation means increasing the possibility that the golfer will land the ball at the intended position. In many cases, reducing the variation leads to an increase in score.

本発明の目的は、フィッティング精度を高めうる方法の提供にある。   An object of the present invention is to provide a method capable of improving the fitting accuracy.

本発明に係るフィッティング方法は、次のステップA、ステップB、ステップC、ステップD及びステップEを含む。
(A)基準クラブを用いて、複数種のインパクト条件を計測するステップ。
(B)打球到達点データを得るステップ。
(C)上記複数種のインパクト条件のうちの2以上が説明変数として選択され且つ上記打球到達点データが目的変数とされて、重回帰分析を行うステップ。
(D)上記重回帰分析の結果に基づいて、2以上の上記説明変数の中から特定説明変数を選択するステップ。
(E)上記特定説明変数のバラツキを抑制しうるスペックを備えた推奨クラブを決定するステップ。
The fitting method according to the present invention includes the following step A, step B, step C, step D and step E.
(A) A step of measuring a plurality of types of impact conditions using a reference club.
(B) A step of obtaining hit ball arrival point data.
(C) A step of performing multiple regression analysis by selecting two or more of the plurality of types of impact conditions as explanatory variables and setting the hit ball arrival point data as an objective variable.
(D) A step of selecting a specific explanatory variable from among the two or more explanatory variables based on the result of the multiple regression analysis.
(E) A step of determining a recommended club having a specification capable of suppressing variations in the specific explanatory variable.

好ましくは、上記特定説明変数が、上記目的変数への寄与度に基づいて選択される。   Preferably, the specific explanatory variable is selected based on the degree of contribution to the objective variable.

好ましくは、上記寄与度が、標準偏回帰係数である。   Preferably, the contribution is a standard partial regression coefficient.

好ましくは、上記ステップCにおける説明変数の選択が、変数選択法によってなされる。   Preferably, the explanatory variable in step C is selected by a variable selection method.

好ましくは、上記インパクト条件が、ヘッド速度、フェース角、シャフト角、ライ角、動ロフト、進入角、ブロー角、左右打点及び上下打点から選ばれる2以上である。   Preferably, the impact condition is two or more selected from a head speed, a face angle, a shaft angle, a lie angle, a dynamic loft, an approach angle, a blow angle, a left and right hit point, and a vertical hit point.

好ましくは、上記打球到達点データが、飛距離及び左右ブレから選ばれる少なくとも1つである。   Preferably, the hit ball arrival point data is at least one selected from a flight distance and left / right blur.

本発明の方法によれば、打球到達点のバラツキが抑制しうる推奨クラブが決定されうる。このバラツキの抑制により、精度の高いクラブフィッティングが達成されうる。   According to the method of the present invention, it is possible to determine a recommended club that can suppress variations in hit point arrival points. By suppressing this variation, club fitting with high accuracy can be achieved.

図1は、本発明に係るフィッティング装置の構成が示された概略図である。FIG. 1 is a schematic view showing a configuration of a fitting device according to the present invention. 図2は、図1のフィッティング装置を構成する情報処理装置のシステム構成が示された説明図である。FIG. 2 is an explanatory diagram showing the system configuration of the information processing apparatus constituting the fitting apparatus of FIG. 図3は、基準クラブの一例を示す正面図である。FIG. 3 is a front view showing an example of the reference club. 図4は、スイングポジションの説明図である。FIG. 4 is an explanatory diagram of the swing position. 図5は、本発明に係るフィッティング方法の一例が示されたフローチャートである。FIG. 5 is a flowchart showing an example of the fitting method according to the present invention. 図6は、本発明に係るフィッティング方法の一例が示されたフローチャートである。FIG. 6 is a flowchart showing an example of the fitting method according to the present invention.

以下、適宜図面が参照されつつ、好ましい実施形態に基づいて本発明が詳細に説明される。   Hereinafter, the present invention will be described in detail based on preferred embodiments with appropriate reference to the drawings.

図1は、本発明のフィッティング方法に用いられうる装置の一例を示す。このフィッティング装置2は、画像撮影部としての正面カメラ4及び上方カメラ6と、センサー8と、制御装置10と、演算部としての情報処理装置12とを備えている。センサー8は、発光器14及び受光器16を備えている。   FIG. 1 shows an example of an apparatus that can be used in the fitting method of the present invention. The fitting device 2 includes a front camera 4 and an upper camera 6 as image capturing units, a sensor 8, a control device 10, and an information processing device 12 as a calculation unit. The sensor 8 includes a light emitter 14 and a light receiver 16.

正面カメラ4は、スイングするゴルファー(被験者)の正面に位置する。正面カメラ4は、インパクト近傍のヘッド及びシャフトを撮影しうるような位置及び向きに、配置されている。上方カメラ6は、ボール34が置かれる位置の上方に位置する。上方カメラ6は、インパクト近傍のヘッド及びシャフトを撮影しうるような位置及び向きに、配置されている。正面カメラ4及び上方カメラ6としては、CCDカメラが例示される。この正面カメラ4及び上方カメラ6は例示である。インパクト近傍におけるフェース面を撮影しうる前方カメラが設けられてもよい。この前方カメラは、打点の計測精度を向上させうる。   The front camera 4 is located in front of a swinging golfer (subject). The front camera 4 is disposed at a position and an orientation so that the head and shaft near the impact can be photographed. The upper camera 6 is located above the position where the ball 34 is placed. The upper camera 6 is arranged at a position and an orientation so that the head and shaft near the impact can be photographed. As the front camera 4 and the upper camera 6, a CCD camera is exemplified. The front camera 4 and the upper camera 6 are examples. A front camera that can photograph the face surface in the vicinity of the impact may be provided. This front camera can improve the measurement accuracy of the hit points.

センサー8の発光器14は、スイングするゴルファーの正面に位置する。受光器16は、スイングするゴルファーの足元に位置する。発光器14と受光器16とは、その間をスイングされるゴルフクラブが通過する位置に配置されている。このセンサー8は、通過するゴルフクラブのヘッド又はシャフトを検出しうる。センサー8は、このヘッド又はシャフトを検出しうる位置であればよく、前方又は後方に配置されてもよい。センサー8は、発光器14及び受光器16を備えるものに限られない。センサー8は、反射式のものであってもよい。   The light emitter 14 of the sensor 8 is located in front of the swinging golfer. The light receiver 16 is located at the foot of the swinging golfer. The light emitter 14 and the light receiver 16 are disposed at a position where a golf club swinging therebetween passes. This sensor 8 can detect the head or shaft of a passing golf club. The sensor 8 may be a position that can detect the head or the shaft, and may be disposed forward or backward. The sensor 8 is not limited to the one provided with the light emitter 14 and the light receiver 16. The sensor 8 may be of a reflective type.

制御装置10は、正面カメラ4、上方カメラ6、センサー8及び情報処理装置12に接続されている。制御装置10は、正面カメラ4及び上方カメラ6に対して撮影開始信号及び撮影停止信号を送信しうる。制御装置10は、正面カメラ4及び上方カメラ6からヘッド画像の信号を受信しうる。制御装置10は、センサー8からヘッド又はシャフトの検出信号を受信しうる。制御装置10は、ヘッド画像の信号及びヘッド又はシャフトの検出信号を情報処理装置12に出力しうる。   The control device 10 is connected to the front camera 4, the upper camera 6, the sensor 8, and the information processing device 12. The control device 10 can transmit a shooting start signal and a shooting stop signal to the front camera 4 and the upper camera 6. The control device 10 can receive head image signals from the front camera 4 and the upper camera 6. The control device 10 can receive a head or shaft detection signal from the sensor 8. The control device 10 can output a head image signal and a head or shaft detection signal to the information processing device 12.

図1及び図2に示すように、情報処理装置12は、情報入力部18としてのキーボード20及びマウス22と、出力部としてのディスプレイ24と、データ入力部としてのインターフェースボード26と、メモリ28と、CPU30と、ハードディスク32とを備えている。情報処理装置12として、汎用のコンピューターがそのまま用いられてもよい。   As shown in FIGS. 1 and 2, the information processing apparatus 12 includes a keyboard 20 and a mouse 22 as an information input unit 18, a display 24 as an output unit, an interface board 26 as a data input unit, a memory 28, and the like. CPU 30 and hard disk 32 are provided. A general-purpose computer may be used as the information processing apparatus 12 as it is.

ディスプレイ24は、CPU30に制御されている。ディスプレイ24は、各種の情報を表示する。出力部は、推奨ロフト角、推奨ヘッド、推奨クラブ、計測データ等のフィッティング情報を表示しうる。出力部は、ディスプレイ24に限られず、例えば、プリンターが用いられてもよい。   The display 24 is controlled by the CPU 30. The display 24 displays various information. The output unit can display fitting information such as a recommended loft angle, a recommended head, a recommended club, and measurement data. The output unit is not limited to the display 24, and for example, a printer may be used.

インターフェースボード26には、ヘッド画像及び/又はシャフト画像の信号及びヘッド又はシャフトの検出信号等が入力される。この画像の信号や検出信号から計測データが得られる。この計測データは、CPU30に出力される。   The interface board 26 receives a head image and / or shaft image signal, a head or shaft detection signal, and the like. Measurement data is obtained from the image signal and the detection signal. This measurement data is output to the CPU 30.

メモリ28は、書き換え可能なメモリである。ハードディスク32は、プログラムやデータ等を記憶している。後述される各ステップを実行するためのプログラムが記憶されている。また、後述される推奨クラブ選択用データベースが記憶されている。メモリ28は、ハードディスク32から読み出されたプログラムや計測データ等の格納領域や作業領域等を構成する。   The memory 28 is a rewritable memory. The hard disk 32 stores programs and data. A program for executing each step described later is stored. In addition, a recommended club selection database to be described later is stored. The memory 28 constitutes a storage area, a work area, and the like for programs and measurement data read from the hard disk 32.

CPU30は、ハードディスク32に記憶されているプログラムを読み出しうる。CPU30は、そのプログラムをメモリ28の作業領域に展開しうる。CPU30は、そのプログラムに従って各種の処理を実行しうる。   The CPU 30 can read a program stored in the hard disk 32. The CPU 30 can expand the program in the work area of the memory 28. The CPU 30 can execute various processes according to the program.

図3に示されたゴルフクラブ36は、フィッティング装置2で使用されるゴルフクラブの一例である。計測に用いられるゴルフクラブが基準クラブと称される。このゴルフクラブ36は、基準クラブの一例である。このゴルフクラブ36は、ヘッド38、シャフト40及びグリップ42を備えている。   A golf club 36 shown in FIG. 3 is an example of a golf club used in the fitting device 2. A golf club used for measurement is referred to as a reference club. This golf club 36 is an example of a reference club. The golf club 36 includes a head 38, a shaft 40, and a grip 42.

図4は、ゴルファー(被験者)がゴルフクラブ36でスイングする各ポジションを示している。図4(a)のポジションは、アドレスである。図4(b)のポジションは、トップオブスイング(以下、トップという。)である。図4(c)のポジションは、インパクトである。インパクトは、ヘッド38とボール34とが衝突する瞬間のポジションである。図4(d)のポジションは、フィニッシュである。ゴルファーのスイングは、アドレスからトップへ、トップからインパクトへ、インパクトからフィニッシュへ、連続的に移行する。このフィニッシュで、スイングが終了する。   FIG. 4 shows each position where the golfer (subject) swings with the golf club 36. The position in FIG. 4A is an address. The position in FIG. 4B is a top of swing (hereinafter referred to as the top). The position in FIG. 4C is an impact. The impact is the position at the moment when the head 38 and the ball 34 collide. The position shown in FIG. 4D is the finish. A golfer's swing moves continuously from address to top, from top to impact, and from impact to finish. The swing ends at this finish.

装置2では、インパクト条件が計測される。インパクト条件は、インパクト及び/又はインパクト近傍における計測値である。打球される前のボールの中心から後方に13cm離れた位置がP1とされるとき、インパクト近傍とは、上記位置P1からインパクト位置までを意味する。   In the apparatus 2, the impact condition is measured. The impact condition is a measurement value in the impact and / or in the vicinity of the impact. When a position 13 cm backward from the center of the ball before being hit is P1, the vicinity of the impact means from the position P1 to the impact position.

上記インパクト条件として、ヘッド速度、フェース角、シャフト角、ライ角、動ロフト、進入角、ブロー角、左右打点及び上下打点が例示される。他のインパクト条件として、フェースローテーションが挙げられる。   Examples of the impact condition include head speed, face angle, shaft angle, lie angle, dynamic loft, approach angle, blow angle, left and right hit points, and upper and lower hit points. Another impact condition is face rotation.

上記フェース角は、インパクト近傍におけるフェースの向きである。本願の実施例で採用されているフェース角は、フェース法線方向と目標方向との成す角度である。このフェース法線方向とは、フェースセンターにおけるフェース面の法線を水平面(地面)に投影して得られる投影線の方向である。後述される実施例では、上記フェース法線方向が目標方向よりも右側の場合にフェース角がプラスの値とされ、上記フェース法線方向が目標方向よりも左側の場合にフェース角がマイナスの値とされる。   The face angle is the direction of the face in the vicinity of the impact. The face angle employed in the embodiment of the present application is an angle formed by the face normal direction and the target direction. The face normal direction is the direction of a projection line obtained by projecting the normal of the face surface at the face center onto the horizontal plane (ground). In an embodiment described later, the face angle is a positive value when the face normal direction is on the right side of the target direction, and the face angle is a negative value when the face normal direction is on the left side of the target direction. It is said.

上記シャフト角は、インパクト近傍におけるシャフトの角度である。このシャフト角は、インパクトにおけるシャフトの姿勢及び鉛直線に基づいて計測されうる。シャフトのしなりの影響を避ける観点から、好ましくは、シャフトの先端部の画像に基づいて、シャフト角が求められうる。後述される実施例では、シャフト軸が鉛直方向よりも前方に傾斜している場合にシャフト角がマイナスの値とされ、シャフト軸が鉛直方向よりも後方に傾斜している場合にシャフト角がプラスの値とされる。換言すれば、本願では、いわゆるハンドファーストの状態にある場合にシャフト角がマイナスの値とされている。   The shaft angle is the angle of the shaft near the impact. This shaft angle can be measured based on the attitude of the shaft in impact and the vertical line. From the viewpoint of avoiding the influence of the bending of the shaft, the shaft angle can be preferably obtained based on the image of the tip portion of the shaft. In the embodiments described later, the shaft angle is negative when the shaft axis is inclined forward from the vertical direction, and the shaft angle is positive when the shaft axis is inclined backward from the vertical direction. The value of In other words, in the present application, the shaft angle is a negative value in a so-called hand first state.

上記ライ角は、インパクト近傍におけるヘッドのライ角である。換言すれば、このライ角は、ダイナミックライ角である。このライ角は、インパクトにおけるヘッドの姿勢及び水平面に基づいて決定されうる。   The lie angle is the lie angle of the head near the impact. In other words, this lie angle is a dynamic lie angle. The lie angle can be determined based on the posture of the head in impact and the horizontal plane.

動ロフト(ダイナミックロフト)は、インパクトにおけるフェース面のロフトである。この動ロフトは、鉛直線に対する角度である。動ロフトは、例えば、フェース面の姿勢によって直接的に計測されてもよい。動ロフトは、ヘッドのリアルロフト角及び上記シャフト角に基づいて算出することもできる。   A dynamic loft is a loft of the face surface in impact. This dynamic loft is an angle with respect to the vertical line. The dynamic loft may be directly measured by, for example, the posture of the face surface. The dynamic loft can also be calculated based on the real loft angle of the head and the shaft angle.

進入角は、左右方向におけるヘッドの入射角を意味する。後述される実施例では、いわゆるインサイドアウトの場合の進入角がプラスの値とされ、いわゆるアウトサイドインの場合の進入角がマイナスの値とされる。   The approach angle means the incident angle of the head in the left-right direction. In an embodiment described later, the approach angle in the case of so-called inside-out is a positive value, and the approach angle in the case of so-called outside-in is a negative value.

ブロー角は、上下方向におけるヘッドの入射角を意味する。後述される実施例では、いわゆるダウンブローの場合のブロー角がマイナスの値とされ、いわゆるアッパーブローの場合のブロー角がプラスの値とされる。   The blow angle means the incident angle of the head in the vertical direction. In the embodiment described later, the blow angle in the case of so-called down blow is a negative value, and the blow angle in the case of so-called upper blow is a positive value.

左右打点は、トウ−ヒール方向の打点位置である。本願では、左右打点は、フェースセンターからの距離である。後述される実施例では、フェースセンターよりもトウ側の場合の左右打点がマイナスの値とされ、フェースセンターよりもヒール側の場合の左右打点がプラスの値とされる。なお、後述される実施例では、フェースセンターは、フェース面の図心である。   The left and right hit points are hit point positions in the toe-heel direction. In the present application, the right and left dot is the distance from the face center. In the embodiments described later, the left and right hit points when the toe side is closer to the face center are negative values, and the left and right hit points when the heel side is higher than the face center are positive values. In the embodiment described later, the face center is the centroid of the face surface.

上下打点は、トップ−ソール方向の打点位置である。本願では、上下打点は、フェースセンターからの距離である。後述される実施例では、フェースセンターよりもトップ側の場合の上下打点がプラスの値とされ、フェースセンターよりもソール側の場合の上下打点がマイナスの値とされる。   The upper and lower hit points are hit points in the top-sole direction. In the present application, the vertical hit point is a distance from the face center. In the embodiment described later, the vertical hit point when the top side is more than the face center is a positive value, and the vertical hit point when the sole side is more than the face center is a negative value.

複数のカメラの画像に基づいてヘッドの三次元姿勢が求められてもよい。この三次元姿勢から、インパクト条件が算出されてもよい。   The three-dimensional posture of the head may be obtained based on images from a plurality of cameras. The impact condition may be calculated from this three-dimensional posture.

ヘッド速度、進入角及びブロー角は、2つの時刻でのヘッド画像、及び/又は、2つの時刻でのシャフト画像に基づいて解析されうる。インパクトにおける2つの時刻の画像を得るには、例えば、所定間隔をおいてフラッシュを2回発光させる。前述した特開平7−227453号公報及び特開2004−24488号公報に記載されている方法が採用されてもよい。   The head speed, approach angle and blow angle can be analyzed based on head images at two times and / or shaft images at two times. In order to obtain images at two times in impact, for example, the flash is emitted twice at predetermined intervals. The methods described in JP-A-7-227453 and JP-A-2004-24488 described above may be employed.

図5は、本発明に係るフィッティング方法の手順の一例を示している。図5が示すように、この手順は、以下のステップを含む。
(1)推奨クラブ選択用データベースを作成するステップst1。
(2)基準クラブを準備するステップst2。
(3)基準クラブを用いて、被験者のスイングが計測されるステップst3。
(4)計測データとしてのインパクト条件が取得されるステップst4。
(5)重回帰分析を行うステップst5
(6)各説明変数の寄与度を評価するステップst6
(7)バラツキを抑制しうるスペックを備えた推奨クラブを決定するステップst7
FIG. 5 shows an example of the procedure of the fitting method according to the present invention. As FIG. 5 shows, this procedure includes the following steps:
(1) Step st1 of creating a recommended club selection database.
(2) Step st2 of preparing a reference club.
(3) Step st3 in which the swing of the subject is measured using the reference club.
(4) Step st4 in which impact conditions as measurement data are acquired.
(5) Step st5 for performing multiple regression analysis
(6) Step st6 for evaluating the contribution of each explanatory variable
(7) Step st7 for determining a recommended club having specifications capable of suppressing variations.

ステップst1に関し、推奨クラブ選択用データベースの一例については、後述される。推奨クラブ選択用データベースは無くても良い。   Regarding the step st1, an example of a recommended club selection database will be described later. There may not be a recommended club selection database.

ステップst2に関し、基準クラブは特に限定されない。例えば、被験者が通常使用しているクラブが基準クラブとされてもよい。また、推奨クラブ選択用データベースに含まれるクラブが基準クラブとされてもよい。   Regarding step st2, the reference club is not particularly limited. For example, a club normally used by the subject may be set as the reference club. A club included in the recommended club selection database may be a reference club.

なお、後述の3つの実施例では、基準クラブのシャフト長さは、推奨クラブのシャフト長さと実質同一とされた。実質同一とは、±2%の差を許容することを意味する。   In the three examples described later, the shaft length of the reference club is substantially the same as the shaft length of the recommended club. Substantially identical means to allow a difference of ± 2%.

ステップst5からステップst7の詳細については、後述される。   Details of step st5 to step st7 will be described later.

次に、好ましいフィッティング方法の詳細について、説明がなされる。   Next, details of a preferred fitting method will be described.

図6は、本実施形態に係るフィッティング方法の一例を示す。ステップst10については、前述したステップst2と同じである。   FIG. 6 shows an example of the fitting method according to the present embodiment. Step st10 is the same as step st2 described above.

ステップst20では、基準クラブを用いて、複数種のインパクト条件が計測される。このステップst20は、上述のステップAである。フィッティング精度の観点から、計測されるインパクト条件の種類の数は、3以上が好ましく、4以上がより好ましく、5以上が更に好ましい。データ処理の簡略化の観点から、計測されるインパクト条件の種類の数は、8以下が好ましい。後述される実施例では、7種類のインパクト条件が計測された。   In step st20, a plurality of types of impact conditions are measured using the reference club. This step st20 is step A described above. From the viewpoint of fitting accuracy, the number of types of impact conditions to be measured is preferably 3 or more, more preferably 4 or more, and still more preferably 5 or more. From the viewpoint of simplification of data processing, the number of types of impact conditions to be measured is preferably 8 or less. In examples described later, seven types of impact conditions were measured.

ステップst30では、計測されたインパクト条件が情報処理装置12に入力される。   In step st30, the measured impact condition is input to the information processing apparatus 12.

ステップst40では、打球到達点データが取得される。これは前述のステップBである。打球到達点データとして、飛距離及び左右ブレが例示される。飛距離として、トータル及びキャリーが例示される。キャリーとは、打球地点から最初のボール着地点までの距離である。後述の実施例における飛距離は、キャリーである。トータルは、打球地点からボールの最終到達点までの距離である。左右ブレは、打球方向の安定性を示す。キャリーにおける左右ブレは、打球地点と目標地点とを結ぶ直線がターゲットラインとされるとき、キャリーにおける左右ブレは、ターゲットラインとボール着地点との距離である。トータルにおける左右ブレは、ターゲットラインと上記最終到達点との距離である。他の打球到達点データとして、ランが挙げられる。このランは、トータルからキャリーを引いた値である。   In step st40, hit ball arrival point data is acquired. This is Step B described above. Examples of hit point arrival point data include flight distance and left / right blur. Examples of the flight distance include total and carry. The carry is the distance from the ball hitting point to the first ball landing point. The flight distance in the examples described later is carry. Total is the distance from the hitting point to the final point of the ball. Left and right blur indicates stability in the direction of the hit ball. The left / right blur in carry is the distance between the target line and the ball landing point when the straight line connecting the hitting point and the target point is the target line. The left / right blur in the total is the distance between the target line and the final destination. Another hit ball arrival point data is a run. This run is the total minus the carry.

打球到達点データの取得は、実測によりなされてもよいし、シミュレーションによりなされてもよい。シミュレーションによる場合、例えば、弾道方程式が用いられる。弾道方程式では、ボール初速、打ち出し角及びスピンが入力変数とされている。弾道方程式では、ボール初速、打ち出し角、バックスピン及びサイドスピンが入力されることにより、飛距離及び左右ブレが算出されうる。弾道方程式は、実測、シミュレーション又はそれらの組み合わせによって作成することができる。多数の実測データを用いることにより、精度の高い弾道方程式を作成することが可能である。   The hit point arrival point data may be acquired by actual measurement or by simulation. In the case of simulation, for example, a ballistic equation is used. In the ballistic equation, the ball initial velocity, launch angle, and spin are input variables. In the ballistic equation, the flying distance and left / right blur can be calculated by inputting the initial ball speed, launch angle, back spin, and side spin. The ballistic equation can be created by actual measurement, simulation, or a combination thereof. It is possible to create a highly accurate ballistic equation by using a large number of actually measured data.

ステップst50では、打球到達点データが選択される。複数種の打球到達点データが取得された場合に、1種の打球到達点データが選択される。当然ながら、取得された打球到達点データが1種の場合、打球到達点データの選択は不要である。後述される実施形態では、打球到達点データがキャリーのみであるから、ステップst50は不要である。   In step st50, hit ball arrival point data is selected. When multiple types of hit ball arrival point data are acquired, one type of hit ball arrival point data is selected. Of course, when the hit ball arrival point data obtained is one kind, it is not necessary to select hit ball arrival point data. In the embodiment to be described later, since the hit point arrival point data is only carry, step st50 is unnecessary.

ステップst60では、変数選択法が決定される。変数選択法では、説明変数を絞り込むことにより良好な回帰モデルが探索されうる。複数の変数選択法の中から、使用される変数選択法が選択されてもよい。公知の変数選択法が用いられうる。変数選択法として、変数増減法、変数減増法、変数増加法、変数減少法及び逐次選択4方法が例示される。後述される実施例では、変数増加法が用いられている。   In step st60, a variable selection method is determined. In the variable selection method, a good regression model can be searched by narrowing down explanatory variables. The variable selection method to be used may be selected from among a plurality of variable selection methods. Known variable selection methods can be used. Examples of the variable selection method include a variable increase / decrease method, a variable decrease / increase method, a variable increase method, a variable decrease method, and a sequential selection four method. In an embodiment described later, a variable increasing method is used.

変数選択はなされなくてもよい。ただし、バラツキに対する寄与度の高い説明変数を精度よく決定する観点からは、変数選択がなされるのが好ましい。   Variable selection need not be made. However, it is preferable to select a variable from the viewpoint of accurately determining an explanatory variable having a high contribution to the variation.

ステップst70では、目的変数及び複数の説明変数が決定される。目的変数は、打球到達点データである。複数の説明変数は、好ましくは、上記変数選択法によって選択される。   In step st70, an objective variable and a plurality of explanatory variables are determined. The objective variable is hit ball arrival point data. A plurality of explanatory variables are preferably selected by the variable selection method described above.

ステップst80では、重回帰分析がなされる。重回帰分析自体は公知である。重回帰式は、説明変数と偏回帰係数との積を複数有する。重回帰式は、これら複数の積と定数項との和によって表される。重回帰式では、各説明変数のそれぞれについて偏回帰係数が定まる。単位に依存しない偏回帰係数が、標準偏回帰係数である。   In step st80, multiple regression analysis is performed. Multiple regression analysis is known per se. The multiple regression equation has a plurality of products of explanatory variables and partial regression coefficients. The multiple regression equation is represented by the sum of these multiple products and a constant term. In the multiple regression equation, a partial regression coefficient is determined for each explanatory variable. The partial regression coefficient independent of units is the standard partial regression coefficient.

ステップst70及びステップst80が、前述のステップCである。   Step st70 and step st80 are the above-mentioned step C.

この重回帰分析に基づき、各説明変数について、標準偏回帰係数が算出される(ステップ90)。このステップst90は、上記ステップDの特定説明変数を決定するのに役立つ。   Based on this multiple regression analysis, a standard partial regression coefficient is calculated for each explanatory variable (step 90). This step st90 is useful for determining the specific explanatory variables of step D above.

ステップst100では、特定説明変数が選択される。このステップst100は、上記ステップDである。標準偏回帰係数の絶対値が大きいほど、目的変数(打球到達点データ)への寄与度が高いと考えることができる。標準偏回帰係数が最も大きな説明変数が、前述した特定説明変数とされうる。この特定説明変数のバラツキが、目的変数のバラツキの主原因であると言える。   In step st100, a specific explanatory variable is selected. This step st100 is the above step D. It can be considered that the larger the absolute value of the standard partial regression coefficient, the higher the contribution to the objective variable (hit hit point arrival point data). The explanatory variable having the largest standard partial regression coefficient may be the specific explanatory variable described above. It can be said that the variation of this specific explanatory variable is the main cause of the variation of the objective variable.

ステップst110では、推奨クラブが決定される。推奨クラブは、特定説明変数のバラツキを抑制しうるスペックを備える。好ましくは、この推奨クラブは、前述した推奨クラブデータベースから選択される。この選択は、例えばプログラムによってなされる。この選択が、フィッターによってなされてもよい。このステップst110は、前述のステップEである。   In step st110, a recommended club is determined. Recommended clubs have specifications that can suppress variations in specific explanatory variables. Preferably, the recommended club is selected from the recommended club database described above. This selection is made by a program, for example. This selection may be made by a fitter. This step st110 is the above-mentioned step E.

[バラツキを抑制しうるスペック]
上述のステップst7及びステップst110では、特定説明変数のバラツキを抑制するスペックが決定される。スペック決定基準として、次が例示される。
(1a)特定説明変数がヘッド速度である場合、基準クラブに対して、クラブ重量を重くするか又は軽くする。
(1b)特定説明変数がヘッド速度である場合、基準クラブに対して、シャフト重量を重くするか又は軽くする。
(1c)特定説明変数がヘッド速度である場合、基準クラブに対して、ヘッド重量を重くするか又は軽くする。
(1d)特定説明変数がヘッド速度である場合、基準クラブに対して、クラブバランスを重くするか又は軽くする。
(2a)特定説明変数がフェース角である場合、基準クラブに対して、フレックスを小さくする。
(2b)特定説明変数がフェース角である場合、基準クラブに対して、先調子率を小さくする。
(2c)特定説明変数がフェース角である場合、基準クラブに対して、シャフトトルクを小さくする。
(3a)特定説明変数が動ロフトである場合、基準クラブに対して、フレックスを小さくする。
(3b)特定説明変数が動ロフトである場合、基準クラブに対して、先調子率を小さくする。
(3c)特定説明変数が動ロフトである場合、基準クラブに対して、シャフトトルクを小さくする。
(3d)特定説明変数が動ロフトである場合、基準クラブに対して、ヘッドの重心深度を浅くする。
(4a)特定説明変数がライ角である場合、基準クラブに対して、フレックスを小さくする。
(4b)特定説明変数がライ角である場合、基準クラブに対して、ヘッドの重心距離を小さくする。
(5a)特定説明変数が進入角である場合、基準クラブに対して、クラブ重量を重くするか又は軽くする。
(5b)特定説明変数が進入角である場合、基準クラブに対して、シャフト重量を重くするか又は軽くする。
(5c)特定説明変数が進入角である場合、基準クラブに対して、ヘッド重量を重くするか又は軽くする。
(5d)特定説明変数が進入角である場合、基準クラブに対して、クラブバランスを重くするか又は軽くする。
(6a)特定説明変数がブロー角である場合、基準クラブに対して、クラブ重量を重くするか又は軽くする。
(6b)特定説明変数がブロー角である場合、基準クラブに対して、シャフト重量を重くするか又は軽くする。
(6c)特定説明変数がブロー角である場合、基準クラブに対して、ヘッド重量を重くするか又は軽くする。
(6d)特定説明変数がブロー角である場合、基準クラブに対して、クラブバランスを重くするか又は軽くする。
(7a)特定説明変数が左右打点である場合、基準クラブに対して、左右慣性モーメントを大きくする。
(7b)特定説明変数が左右打点である場合、基準クラブに対して、フレックスを小さくする。
(8a)特定説明変数が上下打点である場合、基準クラブに対して、上下慣性モーメントを大きくする。
(8b)特定説明変数が上下打点である場合、基準クラブに対して、フレックスを小さくする。
(9a)特定説明変数がシャフト角である場合、基準クラブに対して、フレックスを小さくする。
(9b)特定説明変数がシャフト角である場合、基準クラブに対して、先調子率を小さくする。
(9c)特定説明変数がシャフト角である場合、基準クラブに対して、ヘッドの重心深度を浅くする。
[Specifications that can suppress variations]
In the above-described step st7 and step st110, the spec for suppressing the variation of the specific explanatory variable is determined. The following is illustrated as a specification determination standard.
(1a) When the specific explanatory variable is the head speed, the club weight is increased or decreased with respect to the reference club.
(1b) When the specific explanatory variable is the head speed, the shaft weight is increased or decreased with respect to the reference club.
(1c) When the specific explanatory variable is the head speed, the head weight is increased or decreased with respect to the reference club.
(1d) When the specific explanatory variable is the head speed, the club balance is increased or decreased with respect to the reference club.
(2a) When the specific explanatory variable is the face angle, the flex is reduced with respect to the reference club.
(2b) When the specific explanatory variable is the face angle, the tone rate is reduced with respect to the reference club.
(2c) When the specific explanatory variable is the face angle, the shaft torque is reduced with respect to the reference club.
(3a) If the specific explanatory variable is a dynamic loft, the flex is reduced with respect to the reference club.
(3b) When the specific explanatory variable is a dynamic loft, the pretone rate is reduced with respect to the reference club.
(3c) When the specific explanatory variable is a dynamic loft, the shaft torque is reduced with respect to the reference club.
(3d) When the specific explanatory variable is a dynamic loft, the depth of the center of gravity of the head is made shallow with respect to the reference club.
(4a) When the specific explanatory variable is the lie angle, the flex is reduced with respect to the reference club.
(4b) When the specific explanatory variable is the lie angle, the center-of-gravity distance of the head is reduced with respect to the reference club.
(5a) When the specific explanatory variable is an approach angle, the club weight is increased or decreased with respect to the reference club.
(5b) When the specific explanatory variable is an approach angle, the shaft weight is increased or decreased with respect to the reference club.
(5c) When the specific explanatory variable is an approach angle, the head weight is increased or decreased with respect to the reference club.
(5d) When the specific explanatory variable is an approach angle, the club balance is increased or decreased with respect to the reference club.
(6a) When the specific explanatory variable is the blow angle, the club weight is increased or decreased with respect to the reference club.
(6b) When the specific explanatory variable is the blow angle, the shaft weight is increased or decreased with respect to the reference club.
(6c) When the specific explanatory variable is the blow angle, the head weight is increased or decreased with respect to the reference club.
(6d) When the specific explanatory variable is the blow angle, the club balance is increased or decreased with respect to the reference club.
(7a) When the specific explanatory variable is a right / left dot, the right / left moment of inertia is increased with respect to the reference club.
(7b) If the specific explanatory variable is a right / left dot, the flex is reduced with respect to the reference club.
(8a) When the specific explanatory variable is the vertical hit point, the vertical moment of inertia is increased with respect to the reference club.
(8b) When the specific explanatory variable is a vertical hit point, the flex is reduced with respect to the reference club.
(9a) When the specific explanatory variable is the shaft angle, the flex is reduced with respect to the reference club.
(9b) When the specific explanatory variable is the shaft angle, the tone rate is reduced with respect to the reference club.
(9c) When the specific explanatory variable is the shaft angle, the depth of the center of gravity of the head is made shallow with respect to the reference club.

これらのスペック決定基準では、特定説明変数のバラツキを抑制することが考慮されている。例えば、特定説明変数がヘッド速度である場合、クラブを使いこなせていないため、ヘッド速度がばらついている可能性がある。換言すれば、クラブ重量等がゴルファーに適合していないため、ヘッド速度がばらついている可能性がある。この場合、クラブ重量等を調整することで、ヘッド速度のバラツキが抑制されうる。その結果、目的変数のバラツキが抑制されうる。   In these specification determination criteria, it is considered to suppress variations in specific explanatory variables. For example, when the specific explanatory variable is the head speed, there is a possibility that the head speed varies because the club is not fully used. In other words, there is a possibility that the head speed varies because the club weight or the like is not suitable for the golfer. In this case, variations in head speed can be suppressed by adjusting the club weight or the like. As a result, variation in the objective variable can be suppressed.

なお、左右慣性モーメントとは、ヘッド重心を通る鉛直軸線回りの慣性モーメントである。この左右慣性モーメントの測定では、ヘッドは基準状態とされる。この基準状態では、ヘッドが、所定のライ角及びリアルロフト角で水平面上に載置される。所定のライ角及びリアルロフト角は、例えば製品カタログに記載されている。   The right / left moment of inertia is the moment of inertia around the vertical axis passing through the center of gravity of the head. In the measurement of the left and right moment of inertia, the head is set to the reference state. In this reference state, the head is placed on a horizontal plane at a predetermined lie angle and real loft angle. The predetermined lie angle and real loft angle are described in a product catalog, for example.

なお、上下慣性モーメントとは、ヘッド重心を通る水平軸線回りの慣性モーメントである。この上下慣性モーメントの測定では、ヘッドは上記基準状態とされる。   Note that the vertical moment of inertia is the moment of inertia about the horizontal axis passing through the center of gravity of the head. In the measurement of the vertical inertia moment, the head is in the reference state.

先調子率は、例えば次のように算出される。先調子率がC1とされ、順式フレックス(mm)がF1とされ、逆式フレックス(mm)がF2とされるとき、先調子率C1は次式により算出されうる。
C1=[F2/(F1+F2)]×100
For example, the pretone rate is calculated as follows. When the pretone rate is C1, the forward flex (mm) is F1, and the reverse flex (mm) is F2, the pretone rate C1 can be calculated by the following equation.
C1 = [F2 / (F1 + F2)] × 100

上述の通り、本実施形態では、推奨クラブ選択用データベースが用いられても良い。このデータベースには、例えば、複数のクラブ、複数のシャフト、複数のヘッド等のデータが登録されている。好ましくは、このデータベースには、特定説明変数が異なる複数のクラブが推奨クラブ候補として登録されている。ソフトウェア(又はフィッター)が、上記スペック決定基準に基づいて、上記推奨クラブ候補の中から、推奨クラブを選択してもよい。   As described above, in this embodiment, a recommended club selection database may be used. In this database, for example, data on a plurality of clubs, a plurality of shafts, a plurality of heads, and the like are registered. Preferably, a plurality of clubs having different specific explanatory variables are registered as recommended club candidates in this database. Software (or a fitter) may select a recommended club from the recommended club candidates based on the specification determination criteria.

以下、実施例によって本発明の効果が明らかにされるが、この実施例の記載に基づいて本発明が限定的に解釈されるべきではない。   Hereinafter, the effects of the present invention will be clarified by examples. However, the present invention should not be construed in a limited manner based on the description of the examples.

[実施例1及び比較例1]
基準クラブAが用意された。この基準クラブAはドライバーとされた。テスターAが、8回打撃した。これらの打撃において、インパクト条件及び打球到達点データが計測された。インパクト条件として、ヘッド速度、フェース角、シャフト角、進入角、ブロー角、左右打点及び上下打点が計測された。打球到達点データとしてキャリーが計測された。これらの計測結果が下記の表1に示される。
[Example 1 and Comparative Example 1]
A reference club A was prepared. This reference club A was a driver. Tester A hit 8 times. In these hits, impact conditions and hit ball arrival point data were measured. As impact conditions, head speed, face angle, shaft angle, approach angle, blow angle, left and right hit points, and upper and lower hit points were measured. Carry was measured as hit point arrival point data. These measurement results are shown in Table 1 below.

この表1のデータは、フィッティング前の打球結果であるため、比較例(比較例1)とみなされる。   The data in Table 1 is regarded as a comparative example (Comparative Example 1) because it is a hitting result before fitting.

情報処理装置12(コンピュータ)に、これらの計測データが入力された。変数選択法として変数増加法が採用された。ソフトウエアが、上記計測データを用いて、変数増加法を実施した。このソフトウエアとして、株式会社日本科学技術研修所の商品名「JUSE−StatWorks」が用いられた。変数選択基準として、分散比が用いられた。所定の境界分散比が設定された。本実施形態では、この境界分散比が2とされた。この変数増加法では、説明変数が含まれない定数項のみの回帰式からスタートし、ステップごとに1つずつ説明変数を増やしていく。各ステップで算出された分散比が下記の表2に示される。   These measurement data are input to the information processing apparatus 12 (computer). The variable increase method was adopted as the variable selection method. The software performed the variable increase method using the above measurement data. The product name “JUSE-StatWorks” of the Japan Science and Technology Institute, Inc. was used as this software. The variance ratio was used as a variable selection criterion. A predetermined boundary dispersion ratio was set. In this embodiment, this boundary dispersion ratio is set to 2. In this variable increasing method, starting from a regression equation containing only constant terms that do not include explanatory variables, the explanatory variables are increased one by one at each step. The dispersion ratio calculated in each step is shown in Table 2 below.

表2が示すように、選択された説明変数は、ステップ順に、上下打点、フェース角、シャフト角、左右打点及び進入角である。その他の説明変数については、全ての分散比が境界分散比以下であったため、選択されなかった。すなわち、ヘッド速度及びブロー角は選択されなかった。次に、この重回帰分析がなされ、上記変数選択法で選択された説明変数のそれぞれについて、標準偏回帰係数が算出された。上記ソフトウェア(株式会社日本科学技術研修所の商品名「JUSE−StatWorks」)により、重回帰分析及び標準偏回帰係数の算出がなされた。この結果が下記の表3に示される。   As Table 2 shows, the selected explanatory variables are the vertical hit point, face angle, shaft angle, left and right hit point, and approach angle in order of step. Other explanatory variables were not selected because all dispersion ratios were below the boundary dispersion ratio. That is, the head speed and blow angle were not selected. Next, this multiple regression analysis was performed, and a standard partial regression coefficient was calculated for each explanatory variable selected by the variable selection method. Multiple regression analysis and standard partial regression coefficients were calculated using the above software (trade name “JUSE-StatWorks” of Japan Science and Technology Institute, Inc.). The results are shown in Table 3 below.

表3が示すように、これらの標準偏回帰係数の絶対値を比較すると、シャフト角の絶対値が最大であった。よって、シャフト角は、打球到達点データ(キャリー)に対する寄与度が高いと考えることができる。特定説明変数として、シャフト角が採用された。   As shown in Table 3, when the absolute values of these standard partial regression coefficients were compared, the absolute value of the shaft angle was the maximum. Therefore, it can be considered that the shaft angle has a high contribution to the hit ball arrival point data (carry). The shaft angle was adopted as a specific explanatory variable.

この結果に基づいて、推奨クラブAが決定された。特定説明変数(シャフト角)のバラツキを抑制しうるスペックとして、フレックス(シャフト硬さ)が採用された。上記スペック決定基準(9a)に基づき、基準クラブAと比較してフレックスが小さいクラブが、推奨クラブAとされた。   Based on this result, the recommended club A was determined. Flex (shaft hardness) was adopted as a spec that can suppress variations in specific explanatory variables (shaft angle). Based on the specification determination standard (9a), a club having a smaller flex than the standard club A was determined as the recommended club A.

この推奨クラブAで、テスターAが8回打撃した。これらの打撃の計測結果が下記の表4に示される。表1(比較例1)と表4(実施例1)とを比較すると、シャフト角の標準偏差が小さくなり、且つ、キャリーの標準偏差が小さくなった。すなわち、キャリーの安定性が向上した。   In this recommended club A, tester A hit 8 times. The measurement results of these hits are shown in Table 4 below. When Table 1 (Comparative Example 1) and Table 4 (Example 1) were compared, the standard deviation of the shaft angle was small, and the standard deviation of the carry was small. That is, carry stability was improved.

[実施例2及び比較例2]
基準クラブBが用意された。この基準クラブBはドライバーとされた。テスターBが、7回打撃した。これらの打撃において、インパクト条件及び打球到達点データが計測された。インパクト条件として、ヘッド速度、フェース角、シャフト角、進入角、ブロー角、左右打点及び上下打点が計測された。打球到達点データとして左右ブレが計測された。これらの計測結果が下記の表5に示される。
[Example 2 and Comparative Example 2]
A reference club B was prepared. This reference club B was a driver. Tester B hit 7 times. In these hits, impact conditions and hit ball arrival point data were measured. As impact conditions, head speed, face angle, shaft angle, approach angle, blow angle, left and right hit points, and upper and lower hit points were measured. Left and right blur was measured as hit point arrival point data. These measurement results are shown in Table 5 below.

この表5のデータは、フィッティング前の打球結果であるため、比較例(比較例2)とみなされる。   The data in Table 5 is regarded as a comparative example (comparative example 2) because it is a hitting result before fitting.

情報処理装置12(コンピュータ)に、これらの計測データが入力された。変数選択法として変数増加法が採用された。上記ソフトウエアが、上記計測データを用いて、実施例1と同様にして、変数増加法が実施された。各ステップで算出された分散比が下記の表6に示される。   These measurement data are input to the information processing apparatus 12 (computer). The variable increase method was adopted as the variable selection method. The variable increment method was performed in the same manner as in Example 1 by the software using the measurement data. The dispersion ratio calculated in each step is shown in Table 6 below.

表6が示すように、選択された説明変数は、ステップ順に、フェース角、シャフト角、左右打点、ヘッド速度及び上下打点である。その他の説明変数については、全ての分散比が境界分散比以下であったため、選択されなかった。すなわち、進入角及びブロー角は選択されなかった。次に、この重回帰分析がなされ、上記変数選択法で選択された説明変数のそれぞれについて、標準偏回帰係数が算出された。この結果が下記の表7に示される。   As Table 6 shows, the selected explanatory variables are face angle, shaft angle, left and right hit points, head speed, and upper and lower hit points in order of steps. Other explanatory variables were not selected because all dispersion ratios were below the boundary dispersion ratio. That is, the approach angle and blow angle were not selected. Next, this multiple regression analysis was performed, and a standard partial regression coefficient was calculated for each explanatory variable selected by the variable selection method. The results are shown in Table 7 below.

表7が示すように、これらの標準偏回帰係数の絶対値を比較すると、シャフト角の絶対値が最大であった。よって、シャフト角は、打球到達点データ(左右ブレ)に対する寄与度が高いと考えることができる。特定説明変数として、シャフト角が採用された。   As shown in Table 7, when the absolute values of these standard partial regression coefficients were compared, the absolute value of the shaft angle was the maximum. Therefore, it can be considered that the shaft angle has a high contribution to the hit ball arrival point data (left / right blur). The shaft angle was adopted as a specific explanatory variable.

この結果に基づいて、推奨クラブBが決定された。特定説明変数(シャフト角)のバラツキを抑制しうるスペックとして、フレックス(シャフト硬さ)が採用された。上記スペック決定基準(9a)に基づき、基準クラブBと比較してフレックスが小さいクラブが、推奨クラブBとされた。   Based on this result, the recommended club B was determined. Flex (shaft hardness) was adopted as a spec that can suppress variations in specific explanatory variables (shaft angle). Based on the specification determination standard (9a), a club having a smaller flex than the standard club B was determined as the recommended club B.

この推奨クラブBで、テスターBが7回打撃した。これらの打撃の計測結果が下記の表8に示される。表5(比較例2)と表8(実施例2)とを比較すると、シャフト角の標準偏差が小さくなり、且つ、左右ブレの標準偏差も小さくなった。すなわち、左右ブレの安定性が向上した。換言すれば、打球の方向安定性が向上した。   In this recommended club B, tester B hit 7 times. The measurement results of these hits are shown in Table 8 below. When Table 5 (Comparative Example 2) and Table 8 (Example 2) were compared, the standard deviation of the shaft angle was small, and the standard deviation of left and right blur was also small. That is, the stability of left / right blur is improved. In other words, the directional stability of the hit ball is improved.

[実施例3及び比較例3]
基準クラブCが用意された。この基準クラブCはドライバーとされた。テスターCが、5回打撃した。これらの打撃において、インパクト条件及び打球到達点データが計測された。インパクト条件として、ヘッド速度、フェース角、シャフト角、進入角、ブロー角、左右打点及び上下打点が計測された。打球到達点データとして左右ブレが計測された。これらの計測結果が下記の表9に示される。
[Example 3 and Comparative Example 3]
A reference club C was prepared. This reference club C was a driver. Tester C hit 5 times. In these hits, impact conditions and hit ball arrival point data were measured. As impact conditions, head speed, face angle, shaft angle, approach angle, blow angle, left and right hit points, and upper and lower hit points were measured. Left and right blur was measured as hit point arrival point data. These measurement results are shown in Table 9 below.

この表9のデータは、フィッティング前の打球結果であるため、比較例(比較例3)とみなされる。   The data in Table 9 is regarded as a comparative example (comparative example 3) because it is a hitting result before fitting.

情報処理装置12(コンピュータ)に、これらの計測データが入力された。変数選択法として変数増加法が採用された。上記ソフトウエアが、上記計測データを用いて、実施例1と同様にして、変数増加法が実施された。各ステップで算出された分散比が下記の表10に示される。   These measurement data are input to the information processing apparatus 12 (computer). The variable increase method was adopted as the variable selection method. The variable increment method was performed in the same manner as in Example 1 by the software using the measurement data. The dispersion ratio calculated in each step is shown in Table 10 below.

表10が示すように、選択された説明変数は、ステップ順に、フェース角及びヘッド速度であった。その他の説明変数については、全ての分散比が境界分散比以下であったため、選択されなかった。すなわち、シャフト角、進入角、ブロー角、左右打点及び上下打点は選択されなかった。次に、この重回帰分析がなされ、上記変数選択法で選択された説明変数のそれぞれについて、標準偏回帰係数が算出された。この結果が下記の表11に示される。   As Table 10 shows, the selected explanatory variables were face angle and head speed in step order. Other explanatory variables were not selected because all dispersion ratios were below the boundary dispersion ratio. That is, the shaft angle, approach angle, blow angle, left and right hit points, and upper and lower hit points were not selected. Next, this multiple regression analysis was performed, and a standard partial regression coefficient was calculated for each explanatory variable selected by the variable selection method. The results are shown in Table 11 below.

表11が示すように、これらの標準偏回帰係数の絶対値を比較すると、フェース角の絶対値が最大であった。よって、フェース角は、打球到達点データ(左右ブレ)に対する寄与度が高いと考えることができる。特定説明変数として、フェース角が採用された。   As shown in Table 11, when the absolute values of these standard partial regression coefficients were compared, the absolute value of the face angle was the maximum. Therefore, the face angle can be considered to have a high contribution to the hit ball arrival point data (left / right blur). Face angle was adopted as a specific explanatory variable.

この結果に基づいて、推奨クラブCが決定された。特定説明変数(フェース角)のバラツキを抑制しうるスペックとして、先調子率が採用された。上記スペック決定基準(2b)に基づき、基準クラブCと比較して先調子率が小さいクラブが、推奨クラブCとされた。   Based on this result, the recommended club C was determined. The pretone ratio was adopted as a specification that can suppress variations in specific explanatory variables (face angles). Based on the specification determination standard (2b), a club having a lower tone rate than the standard club C was determined as the recommended club C.

この推奨クラブCで、テスターCが5回打撃した。これらの打撃の計測結果が下記の表12に示される。表9(比較例3)と表12(実施例3)とを比較すると、フェース角の標準偏差が小さくなり、且つ、左右ブレの標準偏差も小さくなった。すなわち、左右ブレの安定性が向上した。換言すれば、打球の方向安定性が向上した。   In this recommended club C, tester C hit five times. The measurement results of these hits are shown in Table 12 below. When Table 9 (Comparative Example 3) and Table 12 (Example 3) were compared, the standard deviation of the face angle was small, and the standard deviation of left and right blur was also small. That is, the stability of left / right blur is improved. In other words, the directional stability of the hit ball is improved.

特に一般のゴルファーは、スイングのバラツキが大きく、打球のバラツキも大きい。平均飛距離が大きい場合でも、飛距離のバラツキが大きいと、良いスコアが得られにくい。左右ブレのバラツキが大きいと、打球方向性が安定しない。更に、左右ブレのバラツキは、飛距離の減少にもつながりうる。左右ブレのバラツキが大きいと、良いスコアが得られにくい。上記実施形態で示されたフィッティング方法は、打球到達点のバラツキを効果的に抑制しうる。よって良いスコアを得るための効果的なフィッティングが達成されうる。   In particular, a general golfer has a large swing variation and a hit ball variation. Even if the average flight distance is large, if the flight distance variation is large, it is difficult to obtain a good score. If the variation in left / right blur is large, the directionality of the hit ball will not be stable. Furthermore, the variation in left / right blur can also lead to a reduction in flight distance. If the variation in left and right blur is large, it is difficult to obtain a good score. The fitting method shown by the said embodiment can suppress the variation in the hit point arrival point effectively. Therefore, an effective fitting for obtaining a good score can be achieved.

2・・・フィッティング装置
4・・・正面カメラ
6・・・上方カメラ
8・・・センサー
10・・・制御装置
12・・・情報処理装置
14・・・発光器
16・・・受光器
18・・・情報入力部
20・・・キーボード
22・・・マウス
24・・・ディスプレイ
26・・・インターフェースボード
28・・・メモリ
30・・・CPU
32・・・ハードディスク
34・・・ボール
36・・・ゴルフクラブ
38・・・ヘッド
40・・・シャフト
42・・・グリップ
2 ... Fitting device 4 ... Front camera 6 ... Upper camera 8 ... Sensor 10 ... Control device 12 ... Information processing device 14 ... Light emitter 16 ... Light receiver 18 ..Information input unit 20 ... Keyboard 22 ... Mouse 24 ... Display 26 ... Interface board 28 ... Memory 30 ... CPU
32 ... Hard disk 34 ... Ball 36 ... Golf club 38 ... Head 40 ... Shaft 42 ... Grip

Claims (6)

次のステップA、ステップB、ステップC、ステップD及びステップEを含むゴルフクラブのフィッティング方法。
(A)基準クラブを用いて、複数種のインパクト条件を計測するステップ。
(B)打球到達点データを得るステップ。
(C)上記複数種のインパクト条件のうちの2以上が説明変数として選択され且つ上記打球到達点データが目的変数とされて、重回帰分析を行うステップ。
(D)上記重回帰分析の結果に基づいて、2以上の上記説明変数の中から特定説明変数を選択するステップ。
(E)上記特定説明変数のバラツキを抑制しうるスペックを備えた推奨クラブを決定するステップ。
A golf club fitting method including the following steps A, B, C, D and E.
(A) A step of measuring a plurality of types of impact conditions using a reference club.
(B) A step of obtaining hit ball arrival point data.
(C) A step of performing multiple regression analysis by selecting two or more of the plurality of types of impact conditions as explanatory variables and setting the hit ball arrival point data as an objective variable.
(D) A step of selecting a specific explanatory variable from among the two or more explanatory variables based on the result of the multiple regression analysis.
(E) A step of determining a recommended club having a specification capable of suppressing variations in the specific explanatory variable.
上記特定説明変数が、上記目的変数への寄与度に基づいて選択される請求項1に記載のフィッティング方法。   The fitting method according to claim 1, wherein the specific explanatory variable is selected based on a degree of contribution to the objective variable. 上記寄与度が、標準偏回帰係数である請求項2に記載のフィッティング方法。   The fitting method according to claim 2, wherein the contribution is a standard partial regression coefficient. 上記ステップCにおける説明変数の選択が、変数選択法によってなされる請求項1又は2に記載のフィッティング方法。   The fitting method according to claim 1 or 2, wherein the selection of the explanatory variable in step C is performed by a variable selection method. 上記インパクト条件が、ヘッド速度、フェース角、シャフト角、ライ角、動ロフト、進入角、ブロー角、左右打点及び上下打点から選ばれる2以上である請求項1から4のいずれかに記載のフィッティング方法。   5. The fitting according to claim 1, wherein the impact condition is two or more selected from a head speed, a face angle, a shaft angle, a lie angle, a dynamic loft, an approach angle, a blow angle, a left and right hit point, and a vertical hit point. Method. 上記打球到達点データが、飛距離及び左右ブレから選ばれる少なくとも1つである請求項1から5のいずれかに記載のフィッティング方法。   The fitting method according to any one of claims 1 to 5, wherein the hit ball arrival point data is at least one selected from a flight distance and a left / right blur.
JP2012103726A 2012-04-27 2012-04-27 Golf club fitting method Expired - Fee Related JP5882826B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012103726A JP5882826B2 (en) 2012-04-27 2012-04-27 Golf club fitting method

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012103726A JP5882826B2 (en) 2012-04-27 2012-04-27 Golf club fitting method
US13/871,055 US10806979B2 (en) 2012-04-27 2013-04-26 Fitting method of golf club
CN201310153429.XA CN103372288B (en) 2012-04-27 2013-04-27 The suitable choosing method of golf clubs

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013230241A JP2013230241A (en) 2013-11-14
JP5882826B2 true JP5882826B2 (en) 2016-03-09

Family

ID=49677289

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012103726A Expired - Fee Related JP5882826B2 (en) 2012-04-27 2012-04-27 Golf club fitting method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5882826B2 (en)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6054893B2 (en) * 2014-01-17 2016-12-27 美津濃株式会社 Golf club selection method, golf club selection system, and golf club selection device
US9937397B2 (en) 2014-03-14 2018-04-10 Acushnet Company Golf club with improved weight distribution
US9211456B2 (en) 2014-03-14 2015-12-15 Acushnet Company Golf club with improved weight distribution
JP6373736B2 (en) * 2014-06-19 2018-08-15 住友ゴム工業株式会社 Golf club fitting apparatus, method and program
JP6582641B2 (en) * 2015-07-07 2019-10-02 株式会社プロギア How to display golf club swing

Family Cites Families (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005278882A (en) * 2004-03-29 2005-10-13 Mizuno Corp Individual optimal design method of inertia characteristic of golf club
US20090326688A1 (en) * 2008-02-01 2009-12-31 Nike, Inc. Systems and Methods for Fitting Golfers with Golf Clubs
JP5331667B2 (en) * 2009-12-01 2013-10-30 学校法人 関西大学 Golf club design method and golf club
JP5761961B2 (en) * 2010-11-02 2015-08-12 ダンロップスポーツ株式会社 Golf club fitting method, apparatus and analysis method thereof
JP5588829B2 (en) * 2010-11-02 2014-09-10 ダンロップスポーツ株式会社 Golf club fitting method
JP5331908B2 (en) * 2012-02-15 2013-10-30 美津濃株式会社 Method and system for determining equivalent single pendulum length and moment of inertia of golf club optimal for golfer, method for selecting golf club, and method for determining weight position and weight suitable for each golfer

Also Published As

Publication number Publication date
JP2013230241A (en) 2013-11-14

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP5675301B2 (en) Golf swing classification method, classification system, analysis apparatus, and program
US10806979B2 (en) Fitting method of golf club
JP5882826B2 (en) Golf club fitting method
US8475300B2 (en) Method of evaluating a golf club
JP5761961B2 (en) Golf club fitting method, apparatus and analysis method thereof
JP3749072B2 (en) Golf club selection method and selection system
JP6146943B2 (en) Golf club fitting method, apparatus and analysis method thereof
JP6144538B2 (en) Selection support apparatus and selection support method
JP6554981B2 (en) Diagnostic server, diagnostic system, diagnostic method, diagnostic program, recording medium
US8661879B2 (en) Method for designing golf club and golf club
JP5588829B2 (en) Golf club fitting method
JP5424943B2 (en) Method for evaluating the ease of swinging sports hitting tools
US20150038249A1 (en) System, method, and apparatus for measuring golf club deformation
JP5975711B2 (en) Golf swing classification method, classification system, classification device, and program
JP6440758B2 (en) Golf club fitting method, apparatus and analysis method thereof
JP2003117043A (en) Golf club selecting method
JP5941333B2 (en) Golf club fitting method
JP5953115B2 (en) Golf club shaft fitting method
JP2018089111A (en) Simulation device, simulation method and simulation system
JP6822173B2 (en) Motion analysis device, motion analysis method, program, and motion analysis system
JP2005304774A (en) Evaluation method for golf club
JP5461982B2 (en) Shaft selection support device
JP2021058301A (en) Fitting device of golf club
JP2021000371A (en) Information processing device, information processing method, program and information processing system
JP2005304775A (en) Golf club set

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20150227

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20160119

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5882826

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160204

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees