JP5874518B2 - An ink jet recording apparatus - Google Patents

An ink jet recording apparatus Download PDF

Info

Publication number
JP5874518B2
JP5874518B2 JP2012104338A JP2012104338A JP5874518B2 JP 5874518 B2 JP5874518 B2 JP 5874518B2 JP 2012104338 A JP2012104338 A JP 2012104338A JP 2012104338 A JP2012104338 A JP 2012104338A JP 5874518 B2 JP5874518 B2 JP 5874518B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
ink
pressure
intermediate tank
amount
tank
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012104338A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2013230631A (en )
Inventor
彰 藤野
彰 藤野
Original Assignee
コニカミノルタ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、インクジェット記録装置に関する。 The present invention relates to an ink jet recording apparatus.

従来、記録ヘッドから色材としてのインクを吐出して画像の記録を行うインクジェット記録装置が知られている。 Conventionally, inkjet recording apparatus is known for recording an image by ejecting ink as the coloring material from the recording head. このようなインクジェット記録装置は、記録ヘッドにインクを供給するために、インクカートリッジから中間タンクにインクが送液され、この中間タンクに常時一定量のインクが貯留されるようになっている。 Such ink jet recording apparatus, an ink to supply to the recording head, ink is fed from the ink cartridge to the intermediate tank, always a certain amount of ink is adapted to be stored in the intermediate tank.

インクカートリッジから中間タンクへのインクの送液は、例えば、インクカートリッジと中間タンクとを連通するインク流路に対して加圧することにより実現される(例えば、特許文献1)。 Feeding of the ink from the ink cartridge to the intermediate tank, for example, be achieved by pressurizing the ink flow path for communicating the ink cartridge and the intermediate tank (e.g., Patent Document 1).

特開2009−262460号公報 JP 2009-262460 JP

しかしながら、インクは温度によって粘度が変化する特性を有するものがあり、このようなインクを上記特許文献1に記載のインクジェット記録装置に適用した場合には、インクの温度が上昇して粘度が低下すると、予定した送液量よりも多くのインクが中間タンク内に流入してしまうことがある。 However, the ink has to have a characteristic of varying viscosity with temperature, thus ink when was applied to an ink jet recording apparatus described in Patent Document 1 is such, when the temperature of the ink viscosity decreases with increase sometimes more ink than feed rate of the planned will flow into the intermediate tank. これは、同一の圧力によりインクの送液制御を行った場合であっても、インクの粘度により、送液量が変化してしまうことによるものである。 This, even when performing the feed control of the ink by the same pressure, the viscosity of the ink is by weight liquid feed is changed. そして、中間タンク内にインクが余剰に流入すると、中間タンクからインクが溢れてしまうおそれがある。 When the ink in the intermediate tank flows into excess, there is a possibility that ink from the intermediate tank overflows.

本発明の課題は、インクの温度が変化しても適切にインクの送液を行うことができるインクジェット記録装置を提供することである。 An object of the present invention is to provide an ink jet recording apparatus in which the temperature of the ink can perform feeding of ink even appropriately changed.

以上の課題を解決するため、請求項1に記載の発明は、記録ヘッドから記録媒体にインクを吐出して前記記録媒体上に画像を記録するインクジェット記録装置において、 To solve the above problems, the invention according to claim 1, in the ink jet recording apparatus for recording an image by ejecting ink onto a recording medium from a recording head onto the recording medium,
前記記録ヘッドにインクを供給するためのインクを貯留する中間タンクと、 An intermediate tank for storing ink for supplying ink to said recording head,
前記中間タンクとインク流路で連通するとともに前記中間タンクに供給するインクを貯留するインクカートリッジと、 An ink cartridge for storing ink to be supplied to the intermediate tank communicated with in the intermediate tank and the ink flow path,
前記インク流路を加圧して前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクを送液する送液部と、 A feeding unit for feeding the ink to the intermediate tank from the ink cartridge to pressurize the ink flow path,
所定の送液時間測定条件が成立したときに、前記中間タンクから排出するインクの量を検出し、所定の基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクが送液されるように前記送液部を制御し、前記中間タンクから排出された量のインクが前記基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液された時間を測定する送液時間測定制御、及び、前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて前記インク流路を加圧する際の圧力を補正して設定する圧力設定制御を行う制御部と、 When a predetermined liquid feed time measurement condition is satisfied, the detecting the amount of ink discharged from the intermediate tank, the feed so that the ink in the intermediate tank from the ink cartridge at a predetermined reference pressure is fed controls the liquid portion, the liquid feed time measurement control the amount of ink discharged from the intermediate tank to measure the time that is fed to the intermediate tank from the ink cartridge at the reference pressure, and, from the intermediate tank a control unit for correcting the pressure setting control for setting the pressure applied to the ink flow path on the basis of time and measured by the liquid feed time measurement control the amount of discharged ink,
を備え、 Equipped with a,
前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された圧力でインクを送液し、かつ前記インク流路を開閉する開閉部材を含み、 The liquid feed unit, the ink was fed to a predetermined pressure in the pressure setting control, and comprises an opening and closing member for opening and closing the ink flow path,
前記制御部は、前記圧力設定制御において、前記開閉部材による前記インク流路の開放状態と閉止状態の時間の比率を示すデューティーを前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて補正して設定し、 Wherein the control unit is configured in the pressure setting control, the opening and closing member by the liquid feed time measurement control the amount of ink discharged duty from the intermediate tank showing the percentage of time in the open state and closed state of the ink flow path correcting the set based on time and measured by,
前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された前記デューティーで前記開閉部材を開閉することを特徴とする。 The feeding unit is characterized in that opening and closing the closing member in the duty set in the pressure setting control.

請求項に記載の発明は、請求項1に記載のインクジェット記録装置において、 According to a second aspect of the invention, in the ink jet recording apparatus according to claim 1,
前記送液部は、前記インクカートリッジ内を加圧して前記インク流路の加圧を行う圧力制御部材を含み、 The feeding unit includes a pressure control member for pressurization of the ink flow path pressurizing in the ink cartridge,
前記制御部は、前記圧力設定制御において、前記圧力制御部材による前記インクカートリッジ内への圧力を前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて補正して設定し、 Wherein, in the pressure setting control, based on a pressure to the ink cartridge by the pressure control member in the time measured by the amount and the liquid feed time measurement control of ink discharged from the intermediate tank correction to set,
前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された圧力で前記圧力制御部材による前記インクカートリッジ内への加圧を行うことを特徴とする。 The liquid feed section is characterized by performing the application of pressure to the ink cartridge by the pressure control member at the set pressure in the pressure setting control.
また、上記課題を解決するため、請求項3に記載の発明は、記録ヘッドから記録媒体にインクを吐出して前記記録媒体上に画像を記録するインクジェット記録装置において、 In order to solve the above problems, the invention of claim 3 is an ink jet recording apparatus for recording an image by ejecting ink onto a recording medium from a recording head onto the recording medium,
前記記録ヘッドにインクを供給するためのインクを貯留する中間タンクと、 An intermediate tank for storing ink for supplying ink to said recording head,
前記中間タンクとインク流路で連通するとともに前記中間タンクに供給するインクを貯留するインクカートリッジと、 An ink cartridge for storing ink to be supplied to the intermediate tank communicated with in the intermediate tank and the ink flow path,
前記インク流路を加圧して前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクを送液する送液部と、 A feeding unit for feeding the ink to the intermediate tank from the ink cartridge to pressurize the ink flow path,
所定の送液時間測定条件が成立したときに、前記中間タンクから排出するインクの量を検出し、所定の基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクが送液されるように前記送液部を制御し、前記中間タンクから排出された量のインクが前記基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液された時間を測定する送液時間測定制御、及び、前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて前記インク流路を加圧する際の圧力を補正して設定する圧力設定制御を行う制御部と、 When a predetermined liquid feed time measurement condition is satisfied, the detecting the amount of ink discharged from the intermediate tank, the feed so that the ink in the intermediate tank from the ink cartridge at a predetermined reference pressure is fed controls the liquid portion, the liquid feed time measurement control the amount of ink discharged from the intermediate tank to measure the time that is fed to the intermediate tank from the ink cartridge at the reference pressure, and, from the intermediate tank a control unit for correcting the pressure setting control for setting the pressure applied to the ink flow path on the basis of time and measured by the liquid feed time measurement control the amount of discharged ink,
を備え、 Equipped with a,
前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された圧力でインクを送液し、かつ前記インクカートリッジ内を加圧して前記インク流路の加圧を行う圧力制御部材を含み、 The feeding unit includes a pressure control member, wherein by feeding the ink at the set pressure in the pressure setting control, and pressurizes the inside the ink cartridge performs pressurization of the ink flow path,
前記制御部は、前記圧力設定制御において、前記圧力制御部材による前記インクカートリッジ内への圧力を前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて補正して設定し、 Wherein, in the pressure setting control, based on a pressure to the ink cartridge by the pressure control member in the time measured by the amount and the liquid feed time measurement control of ink discharged from the intermediate tank correction to set,
前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された圧力で前記圧力制御部材による前記インクカートリッジ内への加圧を行うことを特徴とする。 The liquid feed section is characterized by performing the application of pressure to the ink cartridge by the pressure control member at the set pressure in the pressure setting control.

請求項4に記載の発明は、請求項2又は 3に記載のインクジェット記録装置において、 According to a fourth aspect of the invention, in the ink jet recording apparatus according to claim 2 or 3,
前記インクカートリッジ内に所定の圧力で圧搾空気を送り込むコンプレッサーを備え、 Comprising a compressor for feeding compressed air at a predetermined pressure within the ink cartridge,
前記圧力制御部材は、前記コンプレッサーから送り込まれた圧搾空気の圧力を制御して前記インクカートリッジ内を加圧することを特徴とする。 It said pressure control member is characterized by pressurizing the inside of the ink cartridge by controlling the pressure of the compressed air fed from the compressor.
請求項5に記載の発明は、請求項1〜4の何れかに記載のインクジェット記録装置において、 The invention according to claim 5, in the ink jet recording apparatus according to claim 1,
前記中間タンク内のインク貯留量を検知する検知手段を有し、 It has a detection means for detecting the ink storage amount in the intermediate tank,
前記制御部は、前記送液時間測定制御において、前記検知手段により所定のインク貯留量が検知された後に前記中間タンクからインクを排出させるとともに排出されたインクの量を検出し、前記検知手段により前記所定のインク貯留量が検知されるまで前記基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液した時間を測定することを特徴とする。 Wherein, in the liquid feed time measurement control, a predetermined ink storage amount detecting the amount of ink discharged together with discharging the ink from the intermediate tank after being detected by the detection means, by the detection means and measuring the time was fed into the intermediate tank from the ink cartridge in said reference pressure to a predetermined ink storage amount is detected.
また、上記課題を解決するため、請求項6に記載の発明は、記録ヘッドから記録媒体にインクを吐出して前記記録媒体上に画像を記録するインクジェット記録装置において、 In order to solve the above problems, the invention of claim 6 is an ink jet recording apparatus for recording an image by ejecting ink onto a recording medium from a recording head onto the recording medium,
前記記録ヘッドにインクを供給するためのインクを貯留する中間タンクと、 An intermediate tank for storing ink for supplying ink to said recording head,
前記中間タンクとインク流路で連通するとともに前記中間タンクに供給するインクを貯留するインクカートリッジと、 An ink cartridge for storing ink to be supplied to the intermediate tank communicated with in the intermediate tank and the ink flow path,
前記インク流路を加圧して前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクを送液する送液部と、 A feeding unit for feeding the ink to the intermediate tank from the ink cartridge to pressurize the ink flow path,
所定の送液時間測定条件が成立したときに、前記中間タンクから排出するインクの量を検出し、所定の基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクが送液されるように前記送液部を制御し、前記中間タンクから排出された量のインクが前記基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液された時間を測定する送液時間測定制御、及び、前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて前記インク流路を加圧する際の圧力を補正して設定する圧力設定制御を行う制御部と、 When a predetermined liquid feed time measurement condition is satisfied, the detecting the amount of ink discharged from the intermediate tank, the feed so that the ink in the intermediate tank from the ink cartridge at a predetermined reference pressure is fed controls the liquid portion, the liquid feed time measurement control the amount of ink discharged from the intermediate tank to measure the time that is fed to the intermediate tank from the ink cartridge at the reference pressure, and, from the intermediate tank a control unit for correcting the pressure setting control for setting the pressure applied to the ink flow path on the basis of time and measured by the liquid feed time measurement control the amount of discharged ink,
前記中間タンク内のインク貯留量を検知する検知手段と、 Detection means for detecting the ink storage amount in the intermediate tank,
を備え、 Equipped with a,
前記制御部は、前記送液時間測定制御において、前記検知手段により所定のインク貯留量が検知された後に前記中間タンクからインクを排出させるとともに排出されたインクの量を検出し、前記検知手段により前記所定のインク貯留量が検知されるまで前記基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液した時間を測定し、 Wherein, in the liquid feed time measurement control, a predetermined ink storage amount detecting the amount of ink discharged together with discharging the ink from the intermediate tank after being detected by the detection means, by the detection means measures the time the ink storage amount of the predetermined is fed to the intermediate tank from the ink cartridge at the reference pressure to be detected,
前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された圧力でインクを送液することを特徴とする。 The liquid feed section is characterized by feeding a ink set pressure in the pressure setting control.
請求項に記載の発明は、請求項1〜 の何れかに記載のインクジェット記録装置において、 The invention according to claim 7, in the ink jet recording apparatus according to any one of claims 1 to 6,
前記インク流路とは別個に設けられ前記中間タンクと前記記録ヘッドとを連通する第2インク流路を備えることを特徴とする。 Characterized in that provided separately from said ink flow path comprising a second ink flow path communicating with said recording head and said intermediate tank.
請求項に記載の発明は、請求項に記載のインクジェット記録装置において、 The invention according to claim 8, in the ink jet recording apparatus according to claim 7,
前記送液部とは別個に前記第2インク流路に設けられ前記中間タンクから前記第2インク流路にインクを排出する第2送液部を備えることを特徴とする。 Wherein characterized in that it comprises a second liquid supply portion for discharging the ink to the second ink flow path from the intermediate tank provided separately the second ink flow path to the liquid supply portion.
また、上記課題を解決するため、請求項9に記載の発明は、記録ヘッドから記録媒体にインクを吐出して前記記録媒体上に画像を記録するインクジェット記録装置において、 In order to solve the above problems, the invention of claim 9 is an ink jet recording apparatus for recording an image by ejecting ink onto a recording medium from a recording head onto the recording medium,
前記記録ヘッドにインクを供給するためのインクを貯留する中間タンクと、 An intermediate tank for storing ink for supplying ink to said recording head,
前記中間タンクとインク流路で連通するとともに前記中間タンクに供給するインクを貯留するインクカートリッジと、 An ink cartridge for storing ink to be supplied to the intermediate tank communicated with in the intermediate tank and the ink flow path,
前記インク流路を加圧して前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクを送液する送液部と、 A feeding unit for feeding the ink to the intermediate tank from the ink cartridge to pressurize the ink flow path,
所定の送液時間測定条件が成立したときに、前記中間タンクから排出するインクの量を検出し、所定の基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクが送液されるように前記送液部を制御し、前記中間タンクから排出された量のインクが前記基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液された時間を測定する送液時間測定制御、及び、前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて前記インク流路を加圧する際の圧力を補正して設定する圧力設定制御を行う制御部と、 When a predetermined liquid feed time measurement condition is satisfied, the detecting the amount of ink discharged from the intermediate tank, the feed so that the ink in the intermediate tank from the ink cartridge at a predetermined reference pressure is fed controls the liquid portion, the liquid feed time measurement control the amount of ink discharged from the intermediate tank to measure the time that is fed to the intermediate tank from the ink cartridge at the reference pressure, and, from the intermediate tank a control unit for correcting the pressure setting control for setting the pressure applied to the ink flow path on the basis of time and measured by the liquid feed time measurement control the amount of discharged ink,
前記インク流路とは別個に設けられ前記中間タンクと前記記録ヘッドとを連通する第2インク流路と、 A second ink flow path provided separately from said ink flow path for communicating the said intermediate tank said recording head,
前記送液部とは別個に前記第2インク流路に設けられ前記中間タンクから前記第2インク流路にインクを排出する第2送液部と、 A second liquid supply portion for discharging the ink to the second ink flow path from the intermediate tank provided separately the second ink flow path and the liquid supply portion,
を備え、 Equipped with a,
前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された圧力でインクを送液することを特徴とする。 The liquid feed section is characterized by feeding a ink set pressure in the pressure setting control.
請求項10に記載の発明は、請求項8又は9に記載のインクジェット記録装置において、 The invention of claim 10 is an ink jet recording apparatus according to claim 8 or 9,
前記第2送液部は回転式ポンプを有し、該回転式ポンプの回転量に基づいて、前記送液時間測定制御において前記中間タンクから排出するインクの量を検出することを特徴とする。 The second liquid supply portion has a rotary pump, based on the rotation amount of the rotary pump, and detects the amount of ink discharged from the intermediate tank in the liquid feed time measurement control.
請求項11に記載の発明は、請求項1〜 10の何れかに記載のインクジェット記録装置において、 The invention of claim 11 is an ink jet recording apparatus according to any one of claims 1-10,
前記制御部は、前記記録ヘッドのメンテナンス時、前記インクジェット記録装置の電源投入時、記録媒体への画像の所定記録回数毎、所定時間毎のうちの少なくともいずれかのタイミングで前記送液時間測定制御及び前記圧力設定制御を行うことを特徴とする。 Wherein, during maintenance of the recording head when turning the said ink jet recording apparatus, a predetermined recording frequency of the image to the recording medium, wherein the liquid feed time measurement control at least one of the timing of the predetermined time intervals and wherein the performing the pressure setting control.
請求項12に記載の発明は、請求項1〜 11の何れかに記載のインクジェット記録装置において、 The invention of claim 12 is an ink jet recording apparatus according to any one of claims 1 to 11,
前記制御部は、前記圧力設定制御において、前記圧力の変化量と、前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液される単位時間当たりのインク量との関係を規定した情報を参照して前記圧力を補正して設定することを特徴とする。 Wherein, in the pressure setting control, the variation of the pressure, a reference to the pressure information defines the relationship between the amount of ink per the unit is fed into the intermediate tank time from the ink cartridge and setting the correction to.
請求項13に記載の発明は、請求項12に記載のインクジェット記録装置において、 The invention of claim 13 is an ink jet recording apparatus according to claim 12,
前記圧力の変化量と、前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液される単位時間当たりのインク量との関係が前記インクの色毎に規定されていることを特徴とする。 And the variation of the pressure, characterized in that the relationship between the ink amount per unit time fed to the intermediate tank from the ink cartridge is defined for each color of the ink.

本発明によれば、インクの温度が変化しても適切にインクの送液を行うことができる。 According to the present invention, even if the temperature of the ink is changed can appropriately feeding the ink.

インクジェット記録装置の概略構成図である。 It is a schematic structural view of an ink jet recording apparatus. 送液デューティー補正処理について説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a liquid sending duty correction process. 第1サブタンク送液制御処理について説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a first sub-tank feed control processing. インクの温度と送液量との関係について説明する図である。 It is a diagram illustrating a relationship between the temperature and the feed volume of the ink. 第1連通弁のデューティーと送液量との関係について説明する図である。 It is a diagram illustrating a relationship between the duty and the feed volume of the first communication-valve. 第1連通弁の基準デューティーとデューティー増減値を設定するためのテーブルについて説明する図である。 It is a diagram illustrating a table for setting a reference duty and the duty variation value for the first communication-valve. 送液処理について説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a feeding process.

以下、本発明の実施の形態について図面を参照しながら説明する。 It will be described below with reference to the drawings, embodiments of the present invention. なお、発明の範囲は図示例に限定されない。 Incidentally, the scope of the invention is not limited to the illustrated examples.

インクジェット記録装置1は、例えば、図1に示すように、インクカートリッジ10と、コンプレッサー11と、レギュレーター12と、中間タンクとしての第1サブタンク13と、送液ポンプ14と、第2サブタンク15と、記録ヘッド16と、制御部17とを備えている。 The ink jet recording apparatus 1 includes, for example, as shown in FIG. 1, an ink cartridge 10, a compressor 11, a regulator 12, a first sub-tank 13 as an intermediate tank, a liquid feeding pump 14, and the second sub-tank 15, a recording head 16, and a control unit 17.

インクカートリッジ10は、内部が密閉されており、インクを貯留する。 The ink cartridge 10 is inside is sealed to store the ink. インクカートリッジ10は、交換可能に構成されており、貯留したインクが無くなった場合に、新品と交換することができるようになっている。 The ink cartridge 10 is replaceably configured, when stored ink is used up, so that it can be replaced with a new one. インクカートリッジ10は、インク流路21aを介して第1サブタンク13と連通している。 The ink cartridge 10 is communicated with the first sub-tank 13 through the ink channel 21a. インク流路21aには、開閉部材としての第1連通弁V1が設けられている。 The ink flow path 21a, the first communication-valve V1 as the opening and closing member is provided. 第1連通弁V1は、バルブを変位させてインク流路21aを遮断する状態と連通する状態とに切り換える。 First communication-valve V1 is switched to a state of communication with blocking the ink passage 21a by displacing the valve. なお、第1連通弁V1は、例えば、空気の圧力を調整してバルブを変位させるエアオペレートバルブの他、電磁的にバルブを変位させる電磁弁が適用可能であるが、これらに限定されない。 The first communication-valve V1, for example, other air operated valve to adjust the pressure of the air to displace the valve, but a solenoid valve for displacing the electromagnetically valve is applicable, but not limited to. 第1連通弁V1は、制御部17からの制御信号に応じてバルブを変位させる。 First communication-valve V1 displaces the valve in response to a control signal from the control unit 17. 本実施の形態では、第1連通弁V1のバルブを開放状態と閉止状態とする時間の比率(デューティー)を変更することにより、インク流路21a内の圧力を調整することができる。 In this embodiment, by changing the time ratio of the closed and open states of the valve of the first communication-valve V1 (duty), it is possible to adjust the pressure in the ink passages 21a. すなわち、第1連通弁V1のデューティーを変更することにより、インクカートリッジ10から第1サブタンク13に送液されるインクの量を調整することができる。 That is, it is possible by changing the duty of the first communication-valve V1, to adjust the amount of ink from the ink cartridge 10 is fed to the first sub-tank 13. 以上のように、本実施の形態では、第1連通弁V1は、送液部を構成している。 As described above, in this embodiment, the first communication-valve V1 constitute a feeding unit.

インクカートリッジ10に貯留されるインクは、例えば、温度によってゲル状あるいは固体状と、液状とに相変化するインクである。 Ink stored in the ink cartridge 10 is, for example, a gel or a solid depending on the temperature, a phase change ink into a liquid form. なお、インクの相転移温度の調整は、インクに添加されるゲル化剤の種類、ゲル化剤の添加量、活性光線硬化型モノマーの種類を変えることで可能である。 The adjustment of the phase transition temperature of the ink is possible by changing the kind of gelling agent added to the ink, the amount of the gelling agent, the type of actinic radiation curable monomer. なお、インクの詳細については、後述する。 The details of the ink, will be described later.

コンプレッサー11は、所定の気圧となるように空気を圧搾し、この圧搾空気をレギュレーター12を介してインクカートリッジ10に送り込む。 Compressor 11, the air compressed to a predetermined pressure and feeds the compressed air into the ink cartridge 10 via a regulator 12. インクカートリッジ10に圧搾空気が送り込まれると、この圧搾空気の圧力により、インクカートリッジ10から第1サブタンク13にインクが送液される。 When the ink cartridge 10 is compressed air fed by the pressure of the compressed air, the ink is fed from the ink cartridge 10 to the first sub-tank 13.

圧力制御部材としてのレギュレーター12は、制御部17からの制御信号に応じて、インクカートリッジ10に送り込まれる圧搾空気の圧力を調整する。 Regulator 12 as a pressure control member in response to a control signal from the control unit 17 to adjust the pressure of the compressed air fed to the ink cartridge 10. このインクカートリッジ10に送り込まれる圧搾空気の圧力を調整することにより、インク流路21a内の圧力を調整することができる。 By adjusting the pressure of the compressed air fed to the ink cartridge 10, it is possible to adjust the pressure in the ink passages 21a. すなわち、レギュレーター12により圧搾空気の圧力を調整することにより、インクカートリッジ10から第1サブタンク13に送液されるインクの量を調整することができる。 That is, by adjusting the pressure of the compressed air by the regulator 12, it is possible to adjust the amount of ink from the ink cartridge 10 is fed to the first sub-tank 13. 以上のように、本実施の形態では、レギュレーター12は、送液部を構成している。 As described above, in this embodiment, regulator 12 constitute a feeding unit.

第1サブタンク13は、インク流路21bを介して第2サブタンク15と連通し、記録ヘッド16に供給されるインクを一時的に貯留する。 The first sub-tank 13 communicates with the second sub-tank 15 through the ink channel 21b, temporarily stores ink to be supplied to the recording head 16. 第1サブタンク13は、液面センサー13aを内部に備えている。 The first sub-tank 13 includes a liquid level sensor 13a therein. 液面センサー13aは、貯留するインクの液面高さを検知し、制御部17に検知結果を出力する。 Liquid level sensors 13a detects the liquid level of the ink reservoir, and outputs the detection result to the control unit 17.

インク流路21bには、第2連通弁V2及び送液ポンプ14が設けられている。 The ink passage 21b, the second communication-valve V2 and the liquid feed pump 14 is provided. 第2連通弁V2は、バルブを変位させてインク流路21bを遮断する状態と連通する状態とに切り換える。 The second communication-valve V2, and a state in which communication with blocking the ink flow path 21b is displaced the valve. なお、第2連通弁V2は、例えば、エアオペレートバルブの他、電磁弁が適用可能であるが、これらに限定されない。 Note that the second communication-valve V2, for example, other air operated valves, but an electromagnetic valve is applicable, but not limited to. 第2連通弁V2は、制御部17からの制御信号に応じてバルブを変位させる。 The second communication-valve V2, to displace the valve in response to a control signal from the control unit 17. 送液ポンプ14は、制御部17からの制御信号に応じて、正逆方向に回転可能な回転式ポンプである。 Liquid feed pump 14, in response to a control signal from the control unit 17, a rotatable rotary pump in forward and reverse directions. この送液ポンプ14は、正方向への回転(正回転ということがある)によって、第2サブタンク15を介して記録ヘッド16にインクを送液するとともに、逆方向への回転(逆回転ということがある)によって第1サブタンク13にインクを送液する。 The liquid feed pump 14, by the rotation in the positive direction (sometimes referred to forward rotation), the ink while feeding the the recording head 16 via the second sub-tank 15, that the rotation (reverse rotation in the opposite direction to feed the ink to the first sub-tank 13 by there). つまり、送液ポンプ14は、正回転により記録ヘッド16及び第2サブタンク15内を加圧し、逆回転により記録ヘッド16及び第2サブタンク15内を減圧する。 In other words, liquid feeding pump 14 pressurizes the recording head 16 and the second sub-tank 15 by the forward rotation, to depressurize the recording head 16 and the second sub-tank 15 by the reverse rotation. また、送液ポンプ14は、1回転あたりの送液量が一定量となる定量ポンプであり、回転数を増減することでインクの送液量を可変することができる。 The liquid feed pump 14 is a metering pump feeding amount per one rotation becomes constant amount, it is possible to vary the feeding amount of the ink by increasing or decreasing the rotational speed. このような送液ポンプ14により、当該送液ポンプ14の送液方向及び送液量を適宜変更するだけで、加圧手段及び減圧手段をそれぞれ設ける必要なく、記録ヘッド16内の加圧及び減圧を自在とすることができる。 Such liquid feed pump 14, simply by changing the feeding direction and the feeding amount of the liquid feed pump 14 as appropriate, without the need to provide pressurizing means and depressurizing means respectively, pressurization of the recording heads 16 and the pressure reducing it can be a freely. なお、送液ポンプ14は、停止時には、インク流路21b内の当該送液ポンプ14部分をインクが流れないようにするため、閉止される。 Incidentally, the liquid feed pump 14, when stopping, to the liquid feed pump 14 portion of the ink flow path 21b to prevent ink flow, are closed.

第2サブタンク15は、インク流路21cを介して記録ヘッド16と連通し、記録ヘッド16に供給するインクを一時的に貯留する密閉タンクである。 The second sub-tank 15 communicates with the recording head 16 via the ink flow path 21c, a closed tank for temporarily storing the ink supplied to the recording head 16. 第2サブタンク15は、例えば、図示しないエアポンプに連通されており、第2サブタンク15内の圧力を調整することができるようになっている。 The second sub-tank 15, for example, is communicated with the air pump (not shown), thereby making it possible to adjust the pressure in the second sub-tank 15.

記録ヘッド16は、複数のノズルを備えている。 Recording head 16 is provided with a plurality of nozzles. 記録ヘッド16は、制御部17からの制御信号に応じてノズルを駆動し、インク流路21cを通じて供給されるインクをノズルから記録媒体に吐出する。 Recording head 16 drives the nozzle in response to a control signal from the control unit 17, and discharges the recording medium ink supplied through the ink flow path 21c from the nozzle. なお、本実施の形態では、1つの記録ヘッド16を設ける構成としたが、2以上の記録ヘッド16が直列的に、あるいは、並列的に設けられたものであってもよい。 In the present embodiment has a configuration in which one of the recording heads 16, the two or more recording heads 16 in series, or may be those provided in parallel. また、本実施の形態では、記録ヘッド16をインク流路の終端としているが、例えば、記録ヘッド16と第1サブタンク13とをインク流路で接続し、連通弁でこのインク流路を遮断する状態と連通する状態とに切り換えるように構成してもよい。 Further, in the present embodiment, the recording head 16 is set to the end of the ink flow path, for example, the recording head 16 and the first sub-tank 13 is connected with an ink flow path, to block the ink flow path in communication valve it may be configured to switch to the state to state and communicate.

制御部17は、CPU(Central Processing Unit)、RAM(Random Access Memory)、ROM(Read Only Memory)等を備えて構成される。 Control unit 17, CPU (Central Processing Unit), RAM (Random Access Memory), configured with a ROM (Read Only Memory). ROMには、各種処理プログラムが記憶されており、CPUは、ROMに記憶されている各種プログラムを読み出してRAMに展開し、展開したプログラムに従ってインクジェット記録装置1の各部の動作を制御する。 The ROM, and various processing programs are stored, CPU develops the RAM reads out various programs stored in the ROM, and controls the operation of each unit of the ink jet recording apparatus 1 according to the expanded programs.

次に、本実施の形態において使用するインクについて説明する。 It will now be described ink used in this embodiment.

(インク) (ink)
本実施の形態で使用するインクはエネルギー線(活性光線)が照射されることで硬化する活性光線硬化型インクである。 The ink used in this embodiment is the active ray curable ink which is cured by energy ray (active ray) is irradiated. この活性光線硬化型インクは、ゲル化剤を1質量%以上10質量%未満含有しており、温度により可逆的にゾルゲル相転移することを特徴とする。 The actinic radiation curable ink, a gelling agent is contained less than 1 wt% to 10 wt%, and wherein the reversibly transition sol-gel phase by temperature. 本実施の形態でいうゾルゲル相転移とは、高温では流動性を持つ溶液状態であるが、ゲル化温度以下に冷却することで液全体がゲル化し流動性を失った状態に変化し、逆に低温で流動性を失った状態であるが、ゾル化温度以上に加熱することで、流動性を持つ液体状態に戻る現象を指す。 The sol-gel phase transition in the present embodiment, although the high temperatures in solution having fluidity, the entire liquid by cooling to below the gelling temperature to gel change state to lose fluidity, conversely is a state that has lost fluidity at low temperatures, by heating above the sol temperature refers to a phenomenon that return to the liquid state with fluidity.

本実施の形態でいうゲル化とは、ラメラ構造、非共有結合や水素結合により形成される高分子網目、物理的な凝集状態によって形成される高分子網目、微粒子の凝集構造などの相互作用、析出した微結晶の相互作用などにより、物質が独立した運動を失って集合した構造を指しており、急激な粘度上昇や弾性増加を伴って固化、半固化又は増粘した状態のことを指す。 The gelling in the present embodiment, the lamellar structure, polymer network formed by the non-covalent or hydrogen bonds, interactions such as physical polymer network formed by the aggregation state, aggregation structure of fine particles, due interaction of the precipitated microcrystals, points to a structure assembled lost motion material independent, solidified with rising and elasticity increase rapid viscosity refers to a state whose viscosity semi solidification or increased. また、ゾル化とは前記ゲル化により形成された相互作用が解消されて、流動性を持つ液体状態に変化した状態の事を指す。 Also refers to the sol addresses the interaction formed by the gelation, it states that changes to a liquid state with fluidity. また本実施の形態でいうゾル化温度とは、ゲル化したインクを加温していく際に、ゾル化により流動性が発現する温度であり、ゲル化温度とは、ゾル状態にあるインクを冷却していく際に、ゲル化して流動性が低下する際の温度を指す。 The sol temperature in the present embodiment, when gradually warmed ink gelled, a temperature which expresses the fluidity sol, and gelling temperatures, the ink in the sol state when going cooling refers to the temperature at which decrease in flowability by gelation.
前記ゾルゲル相転移する活性光線硬化型インクは、高温では液体状態であるため、インクジェット記録ヘッドによる吐出が可能となる。 Active ray curable ink to transfer the sol-gel phase, since at high temperatures in a liquid state, it is possible to discharge by the ink jet recording head. この高温状態の活性光線硬化型インクを用いて記録すると、インク滴が記録媒体に着弾した後、温度差により自然冷却されることで速やかにインクが固化し、結果として隣り合うドット同士の合一を防いで画質劣化を防止できる。 When recording using the active ray curable ink of this high temperature, after the ink droplets have landed on the recording medium, the ink solidifies quickly by being naturally cooled by the temperature difference, coalescence of the dots adjacent the resulting the deterioration of image quality can be prevented to prevent. しかし、インク滴の固化力が強い場合には、ドット同士が孤立することで画像部に凹凸が生じ、極端な光沢低下や不自然なキラキラ感といった、光沢不均質感を招く場合があった。 However, if the strong solidifying force of the ink droplet is uneven image portion by dots are orphaned occurs, such extreme gloss reduction or unnatural glittering, there may lead to gloss heterogeneous feeling. 本願出願人が鋭意検討した結果、インク滴の固化力、インクのゲル化温度、および記録媒体の温度を以下の範囲にすることで、インク滴同士の合一を防止して画質劣化を防ぐことができ、さらに最も自然な光沢感が得られることを見出した。 Results Applicant has conducted extensive studies, solidifying force of the ink droplets, by the scope of the following temperature gelation temperature, and recording medium of the ink, preventing the image quality deterioration by preventing coalescence of the ink droplets between can be found that the resulting even most natural luster. すなわち、ゲル化剤を0.1質量%以上10質量%未満含有したインクの25℃における粘度が10 mPa・s以上10 mPa・s未満であるインクを用い、かつ該ゲル化剤によるインクのゲル化温度(Tgel)と記録媒体の表面温度(Ts)の差を5℃以上15℃以下に制御して印字することで、インク液滴合一の防止による高画質と自然な光沢感の両立が可能となる。 That is, using the ink viscosity is less than 10 2 mPa · s or more 10 5 mPa · s at 25 ° C. of ink gelling agent contain less than 0.1 wt% to 10 wt%, and the ink according to the gellant of the difference between the gelation temperature (Tgel) and the surface temperature of the recording medium (Ts) by controlling to print the 5 ° C. or higher 15 ℃ less, high-quality and natural luster by preventing the ink droplet coalescence compatibility is possible. なおこの場合、媒体の調温範囲は42℃以上、48℃以下に相当する。 It should be noted that in this case, tempering range of the medium 42 ° C. or higher, equivalent to 48 ° C. or less.

この理由について本願出願人は次のように考えている。 Applicant the reason for this is thought to be as follows. 記録媒体にインク滴が着弾した後、隣り合うインク滴が着弾する前にインクが固化すると、光沢低下や画像部の不自然なキラキラ感が発生する。 After the ink droplets landed on the recording medium, the ink is solidified before the ink droplets adjacent lands, unnatural glittering gloss reduction or image portion occurs. 一方で隣り合うインク滴が着弾して合一した後時間を経てから固化すると、液滴同士が寄り合うため極端な画質劣化につながる。 When whereas ink droplets adjacent to each other in the solidified over time after coalescence lands, leading to extreme degradation of image quality due to liquid droplets is Yoriau. 本願出願人が鋭意検討した結果、インクの着弾時の粘度を制御することで液の合一が防止でき、かつ隣り合うインク滴が適度にレベリングして自然な光沢感を得られることが分かった。 Results Applicant has conducted extensive studies, coalescence of the liquid by controlling the viscosity during landing of the ink can be prevented, and ink droplets adjacent could be obtained a natural luster moderately leveling .

また、ゲル化剤を0.1質量%以上10質量%未満含有したインクの25℃における粘度が10 mPa・s以上10 mPa・s未満であるインクを用いることで、上記基材温度範囲における粘度制御が可能となり画質と自然な光沢が両立できる。 Moreover, the viscosity at 25 ° C. of ink gelling agent contain less than 0.1% by weight to 10% by weight is used ink is less than 10 2 mPa · s or more 10 5 mPa · s, the substrate temperature range compatible natural luster and quality enables viscosity control in. その理由としては、以下のように推測している。 The reason for this is that, is presumed as follows. 25℃における粘度が10 mPa・s未満のインクでは、液の合一を防止するには粘度が不十分であり、上記温度範囲では画質が劣化してしまう。 The ink viscosity is less than 10 2 mPa · s at 25 ° C., has insufficient viscosity to prevent coalescence of the liquid, in the temperature range would quality is degraded. また、25℃における粘度が10 mPa・s以上のインクでは、ゲル化後の粘度が高く、かつ冷却過程で大きく粘度が増加する傾向があり、上記温度範囲では適度にレベリングさせる粘度に制御することが困難となり、光沢低下を生じてしまう。 Further, the ink viscosity is more than 10 5 mPa · s at 25 ° C., higher viscosity after gelation, and tends to increase viscosity in the cooling process is increased, and controls the appropriate viscosity for leveling in the above temperature range it is difficult, occurs a reduction in gloss. また、本実施の形態のインクは、ゲル化後に適度な粘性を持った粘性ゲルとなるため、ドットの固化力をより適切に抑えることが可能になり、結果としてより自然な光沢感を持った画質が得られるものと考えている。 The ink of the present embodiment, since the viscous gel having a suitable viscosity after gelation, it is possible to suppress the solidification force dots better, with more natural luster as a result We believe that the image quality can be obtained.

なお本実施の形態における光沢均質感とは、絶対的な光沢値、例えば60度正反射光沢値などを指すものではなく、画像上の微視的な光沢差に起因する不自然なキラキラ感や不必要な光沢低下、スジ状の光沢ムラといった、画像の一部において光沢が不均質になった状態が見られず、画像全面、特にベタ印字部の光沢が均質になった状態を指す。 Note that the gloss homogeneous feeling in the present embodiment, the absolute gloss value, for example, does not refer to such 60-degree specular gloss value, Ya unnatural glittering due to microscopic glossiness difference on the image It refers unnecessary gloss reduction, such as streaky gloss unevenness is not observed state gloss becomes heterogeneous in some images, the entire image, a particular state of luster became homogeneous solid printed area.
本実施の形態に記載の活性光線硬化型インクを用いて、インクのゲル化温度(Tgel)と記録媒体の表面温度(Ts)の差を5℃以上、15℃以下に調温することで、画質劣化がなく、文字などの細線の尖鋭性に優れ、自然な光沢感を持った画像を形成することが可能となるが、記録媒体の温度を5℃以上、10℃以下の範囲に調温することでより優れた画像を形成することが可能となる。 With actinic radiation curable ink according to the present embodiment, the ink of the gelling temperature (Tgel) and the difference between the surface temperature (Ts) of the recording medium 5 ° C. or higher, by controlled at 15 ℃ or less, no image degradation, excellent sharpness of fine lines such as characters, but it is possible to form an image having a natural gloss, or 5 ° C. the temperature of the recording medium, tempering in the range of 10 ° C. or less better image by making it possible to form a.

以下、本実施の形態で使用される活性光線硬化型インクのインク組成物について順次説明する。 It is described below in sequence the ink composition of the active ray curable ink used in this embodiment.

(ゲル化剤) (Gelling agent)
本実施の形態でいうゲル化とは、ラメラ構造、非共有結合や水素結合により形成される高分子網目、物理的な凝集状態によって形成される高分子網目、微粒子の凝集構造などの相互作用、析出した微結晶の相互作用などにより、物質が独立した運動を失って集合した構造を指しており、急激な粘度上昇や弾性増加を伴って固化、半固化又は増粘した状態のことを指す。 The gelling in the present embodiment, the lamellar structure, polymer network formed by the non-covalent or hydrogen bonds, interactions such as physical polymer network formed by the aggregation state, aggregation structure of fine particles, due interaction of the precipitated microcrystals, points to a structure assembled lost motion material independent, solidified with rising and elasticity increase rapid viscosity refers to a state whose viscosity semi solidification or increased.
一般に、ゲルには、加熱により流動性のある溶液(ゾルと呼ばれる場合もある)となり、冷却すると元のゲルに戻る熱可逆性ゲルと、一旦ゲル化してしまえば加熱しても、ふたたび溶液には戻らない熱不可逆性ゲルがある。 Generally, the gel, a flowable solution by heating (sometimes referred to as sol also), and upon cooling the thermoreversible gel returns to its original gel, even when heated once you gel, again to the solution there is a heat irreversible gel that does not return. 本発明に係るオイルゲル化剤によって形成されるゲルは、ヘッド内の目詰まり防止の観点からは、熱可逆性ゲルであることが好ましい。 Gel formed by oil gelling agent according to the present invention, from the viewpoint of preventing clogging in the head, it is preferably a thermoreversible gel.

本実施の形態でいうゲル化温度とは、流動性のある溶液状態から急激に粘度が変化してゲル状態になる温度のことを言い、ゲル転移温度、ゲル溶解温度、相転移温度、ゾル−ゲル相転移温度、ゲル化点と称される用語と同義である。 Gelation temperature called in this embodiment, the viscosity rapidly changes from liquid state with fluidity refers to the temperature at which the gel state, the gel transition temperature, gel melting temperature, the phase transition temperature, the sol - gel phase transition temperature is synonymous with the term referred to as the gel point.
本実施の形態において、インクのゲル化温度の測定方法は、例えば、各種レオメータ(例えばコーンプレートを使用したストレス制御型レオメータ、PhysicaMCRシリーズ、Anton Paar社製)を用いて、ゾル状態にある高温のインクを低剪断速度で温度変化をさせながら得られる粘度曲線、動的粘弾性の温度変化を測定することで得られる粘弾性曲線から求めることができる。 In this embodiment, the measuring method of the gelling temperature of the ink, for example, various rheometer (e.g. stress-controlled using a cone plate rheometer, PhysicaMCR series, Anton Paar Co., Ltd.) using a high temperature in a sol state ink can be obtained viscosity curve obtained while the temperature changes at low shear rates, a viscoelastic curve obtained by measuring the temperature change of the dynamic viscoelasticity. また、ガラス管に封じ込めた小鉄片を膨張計の中にいれ、温度変化に対してインク液中を自然落下しなくなった時点を相転移点とする方法(J.Polym.Sci.,21,57(1956))、インク上にアルミニウム製シリンダーを置き、ゲル温度を変化させた時に、アルミニウム製シリンダーが自然落下する温度を、ゲル化温度として測定する方法(日本レオロジー学会誌 Vol.17,86(1989))が挙げられる。 Also, put small iron piece that contained the glass tube into the dilatometer method to naturally fall that no longer point to the phase transition point of the ink liquid over temperature (J.Polym.Sci., 21,57 (1956)), place the aluminum cylinder on the ink, when changing the gel temperature, the temperature of the aluminum cylinder is naturally dropped, a method of measuring the gel temperature (Japan rheology Society Journal Vol.17,86 ( 1989)), and the like. また、簡便な方法としては、ヒートプレート上にゲル状の試験片を置き、ヒートプレートを加熱していき、試験片の形状が崩れる温度を測定し、これをゲル化温度として求めることができる。 Further, as a simple method is to place the gel-like specimen to the heat plate, continue to heat the heat plate to measure the temperature of the shape collapses specimens, which can be obtained as a gelling temperature. なお、使用するゲル化剤の種類、ゲル化剤の添加量、活性光線硬化型モノマーの種類を変えることで、インクのゲル化温度(相転移温度)は調整可能である。 The type of gelling agent used, the amount of the gelling agent, by changing the kinds of active ray curable monomer, gelation temperature (phase transition temperature) of the ink is adjustable.

本実施の形態のインクにおいては、インクの25℃における粘度が10 mPa・s以上10 mPa・s未満であることが好ましく、より好ましくは10 mPa・s以上10 mPa・s未満である。 In the ink of the present embodiment, it is preferable that the viscosity at 25 ° C. of the ink is less than 10 2 mPa · s or more 10 5 mPa · s, more preferably less than 10 3 mPa · s or more 10 4 mPa · s is there. インク粘度が10 mPa・s以上であれば、ドットの合一による画質の劣化を防止でき、10 mPa・s未満であれば、インク着弾時の記録媒体の表面温度を制御することで、適度にレベリングさせることで均質な光沢が得られる。 If the ink viscosity is 10 2 mPa · s or more, it is possible to prevent image quality degradation due to coalescence of the dots, is less than 10 5 mPa · s, by controlling the surface temperature of the recording medium at the time of ink landing, moderately homogeneous gloss be to leveling can be obtained. なお、インクの粘度は使用するゲル化剤の種類、ゲル化剤の添加量、活性光線硬化型モノマーの種類を変えることで適宜調製することが可能である。 The viscosity of the ink type of gelling agent used, the addition amount of the gelling agent, can be appropriately prepared by changing the kind of the actinic radiation curable monomer. 本実施の形態でいう粘度とは、コーンプレートを使用したストレス制御型レオメータ、PhysicaMCRシリーズ、Anton Paar社製)を用いて、剪断速度11.7s −1で測定されたものである。 The viscosity in the present embodiment, the stress control type using a cone plate rheometer, PhysicaMCR series, Anton Paar Co., Ltd.) using, are those measured at a shear rate of 11.7s -1.
本実施の形態におけるインクで用いられるゲル化剤は、高分子化合物であっても、低分子化合物であってもよいが、インクジェット射出性の観点から低分子化合物が好ましい。 Gelling agent used in the ink of the present embodiment, be a polymer compound, it may be a low molecular compound, but low molecular weight compounds from the viewpoint of the ink-jet injection are preferred.

以下に、本実施の形態におけるインクで用いることのできるゲル化剤の具体例を示すが、これらの化合物にのみ限定されるものではない。 Hereinafter, specific examples of the gelling agent usable in the ink of the present embodiment, but the invention is not limited to these compounds.
本実施の形態で好ましく用いられる高分子化合物の具体例としては、ステアリン酸イヌリンなどの脂肪酸イヌリンや、パルミチン酸デキストリン、ミリスチン酸デキストリンなどの脂肪酸デキストリン(レオパールシリーズとして千葉製粉より入手可能)や、ベヘン酸エイコサン二酸グリセリル、ベヘン酸エイコサン二酸ポリグリセリル(ノムコートシリーズとして日清オイリオより入手可能)などが挙げられる。 Specific examples of the polymer compound preferably used in the present embodiment, and fatty inulin such as stearic acid inulin, dextrin palmitate, (available from Chiba Flour Milling as Leo Pearl series) fatty dextrin such as myristic acid dextrin and, behenic acid eicosanedioic glyceryl (Nisshin OilliO available from the genome Court Series) behenic acid eicosanedioic polyglyceryl the like.
本実施の形態で好ましく用いられる低分子化合物の具体例としては、例えば特開2005−126507号や特開2005−255821号や特開2010−111790号の各公報に記載の低分子オイルゲル化剤や、N−ラウロイル−L−グルタミン酸ジブチルアミド、N−2エチルヘキサノイル−L−グルタミン酸ジブチルアミドなどのアミド化合物(味の素ファインテクノより入手可能)や、1,3:2,4−ビス−O−ベンジリデン−D−グルシトール(ゲルオールD 新日本理化より入手可能)などのジベンジリデンソルビトール類や、パラフィンワックス、マイクロクリスタリンワックス、ペトロラクタムなどの石油系ワックスや、キャンデリラワックス、カルナウバワックス、ライスワックス、木ロウ、ホホバ油、ホホバ固体ロ Specific examples of the low molecular compound preferably used in the present embodiment, for example, JP 2005-126507 Patent and Patent 2005-255821 Patent and Patent low molecular oil-gelling agents described in JP No. 2010-111790 Ya , N- lauroyl -L- glutamic acid dibutyl amide compounds such as N-2-ethyl hexanoyl -L- glutamic acid dibutyl (Ajinomoto Fine-Techno available from) and 1,3: 2,4-bis -O- benzylidene dibenzylidene sorbitols and the like -D- glucitol (GEL ALL D New Japan Chemical available from), paraffin wax, microcrystalline wax, and petroleum waxes such as petrolatum, candelilla wax, carnauba wax, rice wax, Japan wax, jojoba oil, jojoba solid Russia ウ、ホホバエステルなどの植物系ワックスや、ミツロウ、ラノリン、鯨ロウなどの動物系ワックスや、モンタンワックス、水素化ワックスなどの鉱物系ワックスや、硬化ヒマシ油または硬化ヒマシ油誘導体や、モンタンワックス誘導体,パラフィンワックス誘導体,マイクロクリスタリンワックス誘導体またはポリエチレンワックス誘導体などの変性ワックスや、ベヘン酸、アラキジン酸、ステアリン酸、パルミチン酸、ミリスチン酸、ラウリン酸、オレイン酸、エルカ酸などの高級脂肪酸や、ステアリルアルコ−ル、ベヘニルアルコ−ルなどの高級アルコ−ルや、12−ヒドロキシステアリン酸などのヒドロキシステアリン酸や、12−ヒドロキシステアリン酸誘導体や、ラウリン酸アミド、ステアリン酸アミド、ベヘン酸アミド、オレイ C, and vegetable waxes such as jojoba esters, beeswax, lanolin, and animal waxes such as whale wax, montan wax, and mineral waxes, or hydrogenated castor oil or hardened castor oil derivatives such as hydrogenated wax, montan wax derivatives , paraffin wax derivatives, and modified waxes such as microcrystalline wax derivatives or polyethylene wax derivatives, behenic acid, arachidic acid, stearic acid, palmitic acid, myristic acid, lauric acid, oleic acid, and higher fatty acids such as erucic acid, stearyl alcohol - le, behenyl alcohol - le and higher Arco - and Le, and hydroxystearic acid such as 12-hydroxystearic acid, and 12-hydroxystearic acid derivatives, lauric acid amide, stearic acid amide, behenic acid amide, oleyl 酸アミド、エルカ酸アミド、リシノ−ル酸アミド、12−ヒドロキシステアリン酸アミドなどの脂肪酸アミド(例えば、ニッカアマイドシリーズ 日本化成社製や、ITOWAXシリーズ 伊藤製油社製や、FATTYAMIDシリーズ 花王社製)や、N-ステアリルステアリン酸アミド、N-オレイルパルミチン酸アミドなどのN−置換脂肪酸アミドや、N,N´−エチレンビスステアリルアミド、N,N′−エチレンビス12−ヒドロキシステアリルアミド、N,N′−キシリレンビスステアリルアミドなどの特殊脂肪酸アミドや、ドデシルアミン、テトラデシルアミンまたはオクタデシルアミンなどの高級アミンや、ステアリルステアリン酸、オレイルパルミチン酸、グリセリン脂肪酸エステル、ソルビタン脂肪酸エステル、プロピレング Acid amide, erucic acid amide, Rishino - Le acid amides, 12-hydroxy fatty acid amides such as stearic acid amide (for example, a Nikka amide series manufactured by Nippon Kasei Chemical Co., Ltd., and ITOWAX series manufactured by Itoh Oil Chemicals Co., Ltd., Ltd. FATTYAMID series Kao Corporation) Ya , N- stearyl stearic acid amide, and N- substituted fatty amides, such as N- oleyl palmitic acid amide, N, N'-ethylene bis-stearyl amide, N, N'-ethylenebis 12-hydroxy stearamide, N, N ' - and special fatty amides, such as xylylene bisstearylamide, dodecylamine, and higher amines such as tetradecylamine or octadecylamine, stearyl stearate, oleyl palmitate, glycerin fatty acid esters, sorbitan fatty acid esters, propylene grayed コ−ル脂肪酸エステル、エチレングリコ−ル脂肪酸エステル、ポリオキシエチレン脂肪酸エステルなどの脂肪酸エステル化合物(例えばEMALLEXシリーズ 日本エマルジョン社製や、リケマールシリーズ 理研ビタミン社製や、ポエムシリーズ 理研ビタミン社製)や、ショ糖ステアリン酸、ショ糖パルミチン酸などのショ糖脂肪酸エステル(例えばリョートーシュガーエステルシリーズ 三菱化学フーズ社製)や、ポリエチレンワックス、α−オレフィン無水マレイン酸共重合体ワックスなどの合成ワックスや、重合性ワックス(UNILINシリーズ Baker−Petrolite社製)や、ダイマー酸、ダイマージオール(PRIPORシリーズ CRODA社製)などが挙げられる。 Co - Le fatty acid esters, ethylene glycol - Le fatty acid esters, polyoxyethylene fatty acid ester fatty acid ester compounds such as (or e.g. EMALLEX series manufactured by Nippon Emulsion Co., RIQUET and Mar series Riken Vitamin Co., Ltd. POEM series Riken Vitamin Co., Ltd.) Ya , sucrose stearate, sucrose fatty acid esters such as sucrose palmitate (e.g. manufactured by Ryoto sugar ester Series manufactured by Mitsubishi Chemical Foods) and, and synthetic waxes such as polyethylene wax, alpha-olefin maleic anhydride copolymer wax, polymerizable wax (manufactured by UNILIN series Baker-Petrolite Corporation) and a dimer acid, (manufactured by PRIPOR series CRODA, Inc.) dimer diol, and the like. また、上記のゲル化剤は、単独で用いてもよいし、2種以上混合して用いてもよい。 Further, the gelling agent may be used alone or may be used in combination of two or more.

本実施の形態におけるインクは、ゲル化剤を含有することにより、インクジェット記録ヘッドより吐出された後、記録媒体上に着弾すると直ちにゲル状態となり、ドット同士の混じり合い・ドットの合一が抑制され高速印字時の高画質形成が可能となり、その後、活性光線の照射により硬化することにより記録媒体上に定着され強固な画像膜を形成する。 The ink of the present embodiment, by containing a gelling agent, after being discharged from the ink jet recording head, the lands on the recording medium immediately becomes gel state, mixed each other in dot coalescence of dots is suppressed high quality formation during high speed printing becomes possible, then, it is fixed on the recording medium by curing by irradiation of active rays to form a strong image film. ゲル化剤の含有量としては、1質量%以上、10質量%未満が好ましく、2質量%以上、7質量%未満がより好ましい。 The content of the gelling agent, 1 wt% or more, preferably less than 10 wt%, 2 wt% or more and less than 7 wt% is more preferable. 1質量%以上とすることで、ゲル形成が十分にされてドットの合一による画質の劣化を抑制でき、かつゲル形成によるインク液滴の増粘によって光ラジカル硬化系で用いた場合には酸素阻害による光硬化性低減することができ、また、10質量%未満とすることで、活性光線照射後の未硬化成分による硬化膜の劣化、インクジェット射出性の劣化を低減できる。 With 1% by mass or more, when the gel formation is sufficiently possible to suppress degradation of image quality due to coalescence of the dots, and was used by the thickening of the ink droplets by gel formed by photo-radical curing systems oxygen inhibition by can be reduced photocurable, addition, it is less than 10 wt%, can reduce the deterioration of the cured film by uncured component after active ray irradiation, jet injection degradation.

(活性光線硬化型組成物) (Photocurable composition)
本実施の形態のインクにおいては、ゲル化剤、色材と共に、活性光線で硬化する活性光線硬化型組成物を含有することを特徴とする。 In the ink of the present embodiment, the gelling agent, together with a coloring material, characterized by containing a photocurable composition which is cured by active light.
本実施の形態に用いられる活性光線硬化型組成物(以下、光重合性化合物ともいう)について説明する。 The photocurable composition used in the present embodiment (hereinafter, also referred to as a photopolymerizable compound) will be described.
本実施の形態でいう活性光線とは、例えば、電子線、紫外線、α線、γ線、エックス線等が挙げられるが、人体への危険性や、取り扱いが容易で、工業的にもその利用が普及している紫外線または電子線が好ましい。 The active light in the present embodiment, for example, electron rays, ultraviolet rays, alpha rays, gamma rays, X-rays, and the like, and the risk to the human body, handling is easy, even its use in industrial widespread ultraviolet or electron beam are preferred. 本実施の形態では特に紫外線が好ましい。 Ultraviolet rays are particularly preferred in this embodiment.
本実施の形態において、活性光線の照射により架橋または重合する光重合性化合物としては、特に制限なく用いることができるが、中でも光カチオン重合性化合物または光ラジカル重合性化合物を用いることが好ましい。 In this embodiment, the photopolymerizable compound capable of crosslinking or polymerization upon exposure to actinic rays, can be used without any particular limitation, is preferably used among others cationic photopolymerizable compound or radical photopolymerizable compound.

(カチオン重合性化合物) (Cationic polymerizable compound)
光カチオン重合性モノマーとしては、各種公知のカチオン重合性のモノマーが使用できる。 As the photo cationic polymerizable monomer, various known cationic polymerizable monomers can be used. 例えば、特開平6−9714号、特開2001−31892号、特開2001−40068号、特開2001−55507号、特開2001−310938号、特開2001−310937号、特開2001−220526号の各公報に例示されているエポキシ化合物、ビニルエーテル化合物、オキセタン化合物などが挙げられる。 For example, epoxy compounds, JP 2001-31892, JP 2001-40068, JP 2001-55507, JP 2001-310938, JP 2001-310937, JP 2001-220526 epoxy compounds exemplified in JP, vinyl ether compounds, and oxetane compounds.
本実施の形態においては、インク硬化の際の記録媒体の収縮を抑える目的で、光重合性化合物として少なくとも1種のオキセタン化合物と、エポキシ化合物及びビニルエーテル化合物から選ばれる少なくとも1種の化合物とを含有することが好ましい。 In the present embodiment, for the purpose of suppressing the shrinkage of the recording medium at the time of ink curing, it contains at least one oxetane compound as the photopolymerizable compound, and at least one compound selected from epoxy compounds and vinyl ether compounds it is preferable to.

芳香族エポキシドとして好ましいものは、少なくとも1個の芳香族核を有する多価フェノールあるいはそのアルキレンオキサイド付加体とエピクロルヒドリンとの反応によって製造されるジまたはポリグリシジルエーテルであり、例えばビスフェノールAあるいはそのアルキレンオキサイド付加体のジまたはポリグリシジルエーテル、水素添加ビスフェノールAあるいはそのアルキレンオキサイド付加体のジまたはポリグリシジルエーテル、ならびにノボラック型エポキシ樹脂等が挙げられる。 Preferred as the aromatic epoxides include polyhydric phenols or a di- or polyglycidyl ethers prepared by the reaction of an alkylene oxide adduct thereof with epichlorohydrin, such as bisphenol A or an alkylene oxide having at least one aromatic nucleus di- or polyglycidyl ethers of adducts, di- or polyglycidyl ethers of hydrogenated bisphenol a or an alkylene oxide adduct thereof, and novolac epoxy resins. ここでアルキレンオキサイドとしては、エチレンオキサイドおよびプロピレンオキサイド等が挙げられる。 Examples of the alkylene oxide, ethylene oxide and propylene oxide.
脂環式エポキシドとしては、少なくとも1個のシクロヘキセンまたはシクロペンテン環等のシクロアルカン環を有する化合物を、過酸化水素、過酸等の適当な酸化剤でエポキシ化することにより得られる、シクロヘキセンオキサイドまたはシクロペンテンオキサイド含有化合物が好ましい。 The alicyclic epoxide, a compound having at least one cyclohexene or cycloalkane ring such as cyclopentene ring, hydrogen peroxide, obtained by epoxidation with a suitable oxidizing agent such as peracetic acid, cyclohexene oxide or cyclopentene oxide-containing compounds are preferred.
脂肪族エポキシドの好ましいものとしては、脂肪族多価アルコールあるいはそのアルキレンオキサイド付加体のジまたはポリグリシジルエーテル等があり、その代表例としては、エチレングリコールのジグリシジルエーテル、プロピレングリコールのジグリシジルエーテルまたは1,6−ヘキサンジオールのジグリシジルエーテル等のアルキレングリコールのジグリシジルエーテル、グリセリンあるいはそのアルキレンオキサイド付加体のジまたはトリグリシジルエーテル等の多価アルコールのポリグリシジルエーテル、ポリエチレングリコールあるいはそのアルキレンオキサイド付加体のジグリシジルエーテル、ポリプロピレングリコールあるいはそのアルキレンオキサイド付加体のジグリシジルエーテル等のポリアルキレングリコールの Preferable aliphatic epoxides include di- or polyglycidyl ethers of aliphatic polyhydric alcohols or alkylene oxide adducts thereof, and representative examples thereof include diglycidyl ethers of ethylene glycol, diglycidyl ether of propylene glycol or diglycidyl ethers of alkylene glycol such as diglycidyl ether of 1,6-hexanediol, glycerol or polyglycidyl ethers of polyhydric alcohols di- or tri-glycidyl ether of alkylene oxide adduct thereof, polyethylene glycol or an alkylene oxide adduct thereof diglycidyl ether, polypropylene glycol or an alkylene oxide adduct of polyalkylene glycol such as diglycidyl ether グリシジルエーテル等が挙げられる。 Glycidyl ether, and the like. ここでアルキレンオキサイドとしては、エチレンオキサイドおよびプロピレンオキサイド等が挙げられる。 Examples of the alkylene oxide, ethylene oxide and propylene oxide.
これらのエポキシドのうち、速硬化性を考慮すると、芳香族エポキシドおよび脂環式エポキシドが好ましく、特に脂環式エポキシドが好ましい。 Among these epoxides, considering quick curability, aromatic epoxides and alicyclic epoxides are preferable and alicyclic epoxides are preferable. 本実施の形態では、上記エポキシドの1種を単独で使用してもよいが、2種以上を適宜組み合わせて使用してもよい。 In the present embodiment may be used alone one of the above epoxides may be used in combination of two or more kinds thereof.
ビニルエーテル化合物としては、例えば、エチレングリコールジビニルエーテル、ジエチレングリコールジビニルエーテル、トリエチレングリコールジビニルエーテル、プロピレングリコールジビニルエーテル、ジプロピレングリコールジビニルエーテル、ブタンジオールジビニルエーテル、ヘキサンジオールジビニルエーテル、シクロヘキサンジメタノールジビニルエーテル、トリメチロールプロパントリビニルエーテル等のジ又はトリビニルエーテル化合物、エチルビニルエーテル、n−ブチルビニルエーテル、イソブチルビニルエーテル、オクタデシルビニルエーテル、シクロヘキシルビニルエーテル、ヒドロキシブチルビニルエーテル、2−エチルヘキシルビニルエーテル、シクロヘキサンジメタノールモノビニルエーテル、n−プ As the vinyl ether compounds such as ethylene glycol divinyl ether, diethylene glycol divinyl ether, triethylene glycol divinyl ether, propylene glycol divinyl ether, dipropylene glycol divinyl ether, butanediol divinyl ether, hexanediol divinyl ether, cyclohexanedimethanol divinyl ether, tri di- or trivinyl ether compounds such as trimethylolpropane trivinyl ether, ethyl vinyl ether, n- butyl vinyl ether, isobutyl vinyl ether, octadecyl vinyl ether, cyclohexyl vinyl ether, hydroxybutyl vinyl ether, 2-ethylhexyl vinyl ether, cyclohexanedimethanol monovinyl ether, n- flop ピルビニルエーテル、イソプロピルビニルエーテル、イソプロペニルエーテル−o−プロピレンカーボネート、ドデシルビニルエーテル、ジエチレングリコールモノビニルエーテル、オクタデシルビニルエーテル等のモノビニルエーテル化合物等が挙げられる。 Pills vinyl ether, isopropyl vinyl ether, isopropenyl ether -o- propylene carbonate, dodecyl vinyl ether, diethylene glycol monovinyl ether, and octadecyl vinyl ether.
これらのビニルエーテル化合物のうち、硬化性、密着性、表面硬度を考慮すると、ジビニルエーテル化合物又はトリビニルエーテル化合物が好ましく、特にジビニルエーテル化合物が好ましい。 Among these vinyl ether compounds, curability, adhesion and surface hardness, divinyl ether compounds or trivinyl ether compounds are preferable, and particularly divinyl ether compounds are preferred. 本実施の形態では、上記ビニルエーテル化合物の1種を単独で使用してもよいが、2種以上を適宜組み合わせて使用してもよい。 In the present embodiment may be used alone one of the above vinyl ether compounds, or may be used in combination of two or more kinds thereof.

本実施の形態におけるオキセタン化合物は、オキセタン環を有する化合物のことであり、特開2001−220526号公報、特開2001−310937号公報に記載されているような公知のあらゆるオキセタン化合物を使用できる。 Oxetane compound in the present embodiment is a compound having an oxetane ring, 2001-220526 and JP any known oxetane compounds as described in JP-A-2001-310937 can be used.
本実施の形態で用いることのできるオキセタン化合物において、オキセタン環を5個以上有する化合物を使用すると、インク組成物の粘度が高くなるため、取扱いが困難になること、またインク組成物のガラス転移温度が高くなるため、得られる硬化物の粘着性が十分でなくなることがある。 In oxetane compound that can be used in the present embodiment, by using the compound having an oxetane ring 5 or more, the viscosity of the ink composition is increased, the glass transition temperature that handling becomes difficult, and the ink composition because increases sometimes sticky cured product obtained is not sufficient. 本実施の形態で使用するオキセタン環を有する化合物は、オキセタン環を1〜4個有する化合物が好ましい。 Compounds having an oxetane ring used in this embodiment, a compound having 1 to 4 oxetane rings is preferable.
本実施の形態で好ましく用いることのできるオキセタン環を有する化合物としては、特開2005−255821号公報の段落番号[0089]に記載されている、一般式(1)で表される化合物、同じく同号公報の段落番号[0092]に記載されている、一般式(2)、段落番号[0107]の一般式(7)、段落番号[0109]の一般式(8)、段落番号[0166]の一般式(9)等で表される化合物を挙げることができる。 The compound having an oxetane ring that can be preferably used in the present embodiment is described in paragraph number [0089] of JP 2005-255821, the compounds represented by the general formula (1), also the No. described in paragraph [0092] of JP, formula (2), the general formula in paragraph [0107] (7), the general formula in paragraph [0109] (8), paragraphs [0166] formula (9) can be exemplified compounds represented by like.
具体的には、同号公報の段落番号[0104]〜[0119]に記載されている例示化合物1〜6及び段落番号[0121]に記載されている化合物を挙げることができる。 Specifically, mention may be made of compounds described in paragraphs the publication [0104] - [0119] Example Compound 1-6 and paragraph numbers are described in [0121].

(ラジカル重合性化合物) (Radical polymerizable compound)
次いで、ラジカル重合性化合物について説明する。 Next, it will be described radical polymerizable compound.
光ラジカル重合性モノマーとしては、各種公知のラジカル重合性のモノマーが使用できる。 As the photo radical polymerizable monomer, various known radical polymerizable monomers can be used. 例えば、特開平7−159983号、特公平7−31399号、特開平8−224982号、特開平10−863号の各公報に記載されている光重合性組成物を用いた光硬化型材料と、カチオン重合系の光硬化性樹脂が知られており、最近では可視光以上の長波長域に増感された光カチオン重合系の光硬化性樹脂も例えば、特開平6−43633号公報、特開平8−324137公報等に公開されている。 For example, JP-A-7-159983, Kokoku 7-31399 Patent, JP 8-224982, the light-curable material using the photopolymerizable compositions described in each publication of JP-A-10-863 It is known cationically polymerizable type photocuring resin, recently cationic photopolymerization type photocuring resins sensitized to longer wavelengths than visible light may for example, JP-a-6-43633, JP published in No. 8-324137 Publication.
ラジカル重合性化合物は、ラジカル重合可能なエチレン性不飽和結合を有する化合物であり、分子中にラジカル重合可能なエチレン性不飽和結合を少なくとも1つ有する化合物であればどの様なものでもよく、モノマー、オリゴマー、ポリマー等の化学形態をもつものが含まれる。 Radically polymerizable compound is a compound having a radical polymerizable ethylenically unsaturated bond, a radical-polymerizable ethylenically unsaturated bond in the molecule may be any such as long as it is a compound having at least one monomer include those having oligomers, the chemical form of the polymer. ラジカル重合性化合物は1種のみ用いてもよく、また目的とする特性を向上するために任意の比率で2種以上を併用してもよい。 Radical polymerizable compound may be used alone, or may be used in combination of two or more kinds at any ratio in order to improve intended properties.
ラジカル重合可能なエチレン性不飽和結合を有する化合物の例としては、アクリル酸、メタクリル酸、イタコン酸、クロトン酸、イソクロトン酸、マレイン酸等の不飽和カルボン酸及びそれらの塩、エステル、ウレタン、アミドや無水物、アクリロニトリル、スチレン、更に種々の不飽和ポリエステル、不飽和ポリエーテル、不飽和ポリアミド、不飽和ウレタン等のラジカル重合性化合物が挙げられる。 Examples of compounds having a radically polymerizable ethylenically unsaturated bond include acrylic acid, methacrylic acid, itaconic acid, crotonic acid, isocrotonic acid and salts thereof, such as maleic acid, ester, urethane, amide or anhydride, acrylonitrile, styrene, various unsaturated polyesters, unsaturated polyethers, unsaturated polyamides, radical polymerizable compounds such as unsaturated urethanes.
本実施の形態におけるラジカル重合性化合物としては、公知のあらゆる(メタ)アクリレートモノマー及び/又はオリゴマーを用いることができる。 The radical polymerizable compound in the present embodiment, it is possible to use any known (meth) acrylate monomer and / or oligomer. ここで、「及び/又は」は、モノマーであっても、オリゴマーであっても良く、更に両方を含んでも良いことを意味する。 Here, "and / or" may be a monomer may be an oligomer, which means that further may include both. また、以下に述べる事項に関しても同様である。 This also applies to the matters described below.

(メタ)アクリレート基を有する化合物としては、例えば、イソアミルアクリレート、ステアリルアクリレート、ラウリルアクリレート、オクチルアクリレート、デシルアクリレート、イソミルスチルアクリレート、イソステアリルアクリレート、2−エチルヘキシル−ジグリコールアクリレート、2−ヒドロキシブチルアクリレート、2−アクリロイロキシエチルヘキサヒドロフタル酸、ブトキシエチルアクリレート、エトキシジエチレングリコールアクリレート、メトキシジエチレングリコールアクリレート、メトキシポリエチレングリコールアクリレート、メトキシプロピレングリコールアクリレート、フェノキシエチルアクリレート、テトラヒドロフルフリルアクリレート、イソボルニルアクリレート、2−ヒドロキシエチルアクリ (Meth) Examples of the compound having an acrylate group, for example, isoamyl acrylate, stearyl acrylate, lauryl acrylate, octyl acrylate, decyl acrylate, iso-mill acrylate, isostearyl acrylate, 2-ethylhexyl - diglycol acrylate, 2-hydroxybutyl acrylate , 2-acryloyloxyethyl hexahydrophthalic acid, butoxyethyl acrylate, ethoxy diethylene glycol acrylate, methoxy diethylene glycol acrylate, methoxy polyethylene glycol acrylate, methoxy propylene glycol acrylate, phenoxyethyl acrylate, tetrahydrofurfuryl acrylate, isobornyl acrylate, 2- hydroxy ethyl acrylate ート、2−ヒドロキシプロピルアクリレート、2−ヒドロキシ−3−フェノキシプロピルアクリレート、2−アクリロイロキシエチルコハク酸、2−アクリロイロキシエチルフタル酸、2−アクリロイロキシエチル−2−ヒドロキシエチル−フタル酸、ラクトン変性可撓性アクリレート、t−ブチルシクロヘキシルアクリレート等の単官能モノマー、トリエチレングリコールジアクリレート、テトラエチレングリコールジアクリレート、ポリエチレングリコールジアクリレート、トリプロピレングリコールジアクリレート、ポリプロピレングリコールジアクリレート、1,4−ブタンジオールジアクリレート、1,6−ヘキサンジオールジアクリレート、1,9−ノナンジオールジアクリレート、ネオペンチルグリコールジアクリレート、 Over DOO, 2-hydroxypropyl acrylate, 2-hydroxy-3-phenoxypropyl acrylate, 2-acryloyloxyethyl succinate, 2-acryloyloxyethyl phthalate, 2-acryloyloxyethyl-2-hydroxyethyl - phthalic acid, lactone modified flexible acrylate, a monofunctional monomer, triethylene glycol diacrylate, such as t- butyl cyclohexyl acrylate, tetraethylene glycol diacrylate, polyethylene glycol diacrylate, tripropylene glycol diacrylate, polypropylene glycol diacrylate, 1, 1,4-butanediol diacrylate, 1,6-hexanediol diacrylate, 1,9-nonanediol diacrylate, neopentyl glycol diacrylate, メチロール−トリシクロデカンジアクリレート、ビスフェノールAのPO付加物ジアクリレート、ヒドロキシピバリン酸ネオペンチルグリコールジアクリレート、ポリテトラメチレングリコールジアクリレート等の2官能モノマー、トリメチロールプロパントリアクリレート、ペンタエリスリトールトリアクリレート、ペンタエリスリトールテトラアクリレート、ジペンタエリスリトールヘキサアクリレート、ジトリメチロールプロパンテトラアクリレート、グリセリンプロポキシトリアクリレート、カプロラクトン変性トリメチロールプロパントリアクリレート、ペンタエリスリトールエトキシテトラアクリレート、カプロラクタム変性ジペンタエリスリトールヘキサアクリレート等の三官能以上の多官能モノマーが挙げられる。 Methylol - tricyclodecane acrylate, PO-adduct diacrylate of bisphenol A, hydroxypivalic acid neopentyl glycol diacrylate, difunctional monomers such as polytetramethylene glycol diacrylate, trimethylolpropane triacrylate, pentaerythritol triacrylate, pentaerythritol pentaerythritol tetraacrylate, dipentaerythritol hexaacrylate, ditrimethylolpropane tetraacrylate, glycerol propoxy triacrylate, caprolactone modified trimethylolpropane triacrylate, pentaerythritol tetraacrylate, trifunctional or higher polyfunctional, such as caprolactam modified dipentaerythritol hexaacrylate monomer, and the like. この他、重合性のオリゴマー類も、モノマー同様に配合可能である。 In addition, polymerizable oligomers can also be monomeric as well blended. 重合性オリゴマーとしては、エポキシアクリレート、脂肪族ウレタンアクリレート、芳香族ウレタンアクリレート、ポリエステルアクリレート、直鎖アクリルオリゴマー等が挙げられる。 The polymerizable oligomer, epoxy acrylate, aliphatic urethane acrylates, aromatic urethane acrylates, polyester acrylates, and straight chain acrylic oligomer. 更に具体的には、山下晋三編、「架橋剤ハンドブック」、(1981年大成社);加藤清視編、「UV・EB硬化ハンドブック(原料編)」(1985年、高分子刊行会);ラドテック研究会編、「UV・EB硬化技術の応用と市場」、79ページ、(1989年、シーエムシー);滝山栄一郎著、「ポリエステル樹脂ハンドブック」、(1988年、日刊工業新聞社)等に記載の市販品もしくは業界で公知のラジカル重合性ないし架橋性のモノマーオリゴマー及びポリマーを用いることができる。 More specifically, in Shinzo Yamashita Ed, "crosslinking agent Handbook", (1981, Taisei Corp.); Kato Kiyomi, ed., "UV · EB Koka Handbook (Materials)" edited (1985, Polymer Publishing Association); Radotekku research Society, "application and market of UV · EB curing technology", page 79, (1989, CMC); edited by Eiichiro Takiyama, "polyester resin Handbook", as described in (1988, Nikkan Kogyo Shimbun, Ltd.), etc. It may be a known radical polymerizable or crosslinkable monomers oligomers and polymers commercially available products or industry.

なお、感作性、皮膚刺激性、眼刺激性、変異原性、毒性などの観点から、上記モノマーの中でも、特に、イソアミルアクリレート、ステアリルアクリレート、ラウリルアクリレート、オクチルアクリレート、デシルアクリレート、イソミルスチルアクリレート、イソステアリルアクリレート、エトキシジエチレングリコールアクリレート、メトキシポリエチレングリコールアクリレート、メトキシプロピレングリコールアクリレート、イソボルニルアクリレート、ラクトン変性可とう性アクリレート、テトラエチレングリコールジアクリレート、ポリエチレングリコールジアクリレート、ポリプロピレングリコールジアクリレート、ジペンタエリスリトールヘキサアクリレート、ジトリメチロールプロパンテトラアクリレート、グリセリンプ Incidentally, sensitization, skin irritation, eye irritation, mutagenicity, from the viewpoint of toxicity, among the above monomers, in particular, isoamyl acrylate, stearyl acrylate, lauryl acrylate, octyl acrylate, decyl acrylate, iso-mill still acrylate , isostearyl acrylate, ethoxy diethylene glycol acrylate, methoxy polyethylene glycol acrylate, methoxy propylene glycol acrylate, isobornyl acrylate, lactone-modified flexible acrylate, tetraethylene glycol diacrylate, polyethylene glycol diacrylate, polypropylene glycol diacrylate, dipentaerythritol hexaacrylate, ditrimethylolpropane tetraacrylate, glycerin-flops ポキシトリアクリレート、カウプロラクトン変性トリメチロールプロパントリアクリレート、ペンタエリスリトールエトキシテトラアクリレート、カプロラクタム変性ジペンタエリスリトールヘキサアクリレートが好ましい。 Po carboxymethyl triacrylate, caprolactone modified trimethylolpropane triacrylate, pentaerythritol tetraacrylate, caprolactam modified dipentaerythritol hexaacrylate preferred.
更に、これらの中でも、ステアリルアクリレート、ラウリルアクリレート、イソステアリルアクリレート、エトキシジエチレングリコールアクリレート、イソボルニルアクリレート、テトラエチレングリコールジアクリレート、グリセリンプロポキシトリアクリレート、カウプロラクトン変性トリメチロールプロパントリアクリレート、カプロラクタム変性ジペンタエリスリトールヘキサアクリレートが特に好ましい。 Further, among these, stearyl acrylate, lauryl acrylate, isostearyl acrylate, ethoxy diethylene glycol acrylate, isobornyl acrylate, tetraethylene glycol diacrylate, glycerol propoxy triacrylate, caprolactone modified trimethylolpropane triacrylate, caprolactam modified dipenta hexaacrylate is particularly preferred.

本実施の形態においては、重合性化合物としてビニルエーテルモノマー及び又はオリゴマーと(メタ)アクリレートモノマー及び又はオリゴマーを併用しても構わない。 In the present embodiment, it may be used in combination with vinyl ether monomers and or oligomers and (meth) acrylate monomers and or oligomers as the polymerizable compound. ビニルエーテルモノマーとしては、例えば、エチレングリコールジビニルエーテル、ジエチレングリコールジビニルエーテル、トリエチレングリコールジビニルエーテル、プロピレングリコールジビニルエーテル、ジプロピレングリコールジビニルエーテル、ブタンジオールジビニルエーテル、ヘキサンジオールジビニルエーテル、シクロヘキサンジメタノールジビニルエーテル、トリメチロールプロパントリビニルエーテル等のジ又はトリビニルエーテル化合物、エチルビニルエーテル、n−ブチルビニルエーテル、イソブチルビニルエーテル、オクタデシルビニルエーテル、シクロヘキシルビニルエーテル、ヒドロキシブチルビニルエーテル、2−エチルヘキシルビニルエーテル、シクロヘキサンジメタノールモノビニルエーテル、n− As the vinyl ether monomer, such as ethylene glycol divinyl ether, diethylene glycol divinyl ether, triethylene glycol divinyl ether, propylene glycol divinyl ether, dipropylene glycol divinyl ether, butanediol divinyl ether, hexanediol divinyl ether, cyclohexanedimethanol divinyl ether, tri di- or trivinyl ether compounds such as trimethylolpropane trivinyl ether, ethyl vinyl ether, n- butyl vinyl ether, isobutyl vinyl ether, octadecyl vinyl ether, cyclohexyl vinyl ether, hydroxybutyl vinyl ether, 2-ethylhexyl vinyl ether, cyclohexanedimethanol monovinyl ether, n- ロピルビニルエーテル、イソプロピルビニルエーテル、イソプロペニルエーテル−o−プロピレンカーボネート、ドデシルビニルエーテル、ジエチレングリコールモノビニルエーテル、オクタデシルビニルエーテル等のモノビニルエーテル化合物等が挙げられる。 B pills vinyl ether, isopropyl vinyl ether, isopropenyl ether -o- propylene carbonate, dodecyl vinyl ether, diethylene glycol monovinyl ether, and octadecyl vinyl ether. ビニルエーテルオリゴマーを用いる場合は、分子量が300〜1000で、エステル基を分子内に2〜3個持つ2官能のビニルエーテル化合物が好ましく、例えばALDRICH社のVEctomerシリーズとして入手可能な化合物、VEctomer4010、VEctomer4020、VEctomer4040、VEctomer4060、VEctomer5015などが好ましく挙げられるが、この限りではない。 When using a vinyl ether oligomer, a molecular weight of 300 to 1,000, preferably vinyl ether compound of 2 to 3 with 2 functional in the molecule an ester group, for example a compound available as ALDRICH Corporation VEctomer series, VEctomer4010, VEctomer4020, VEctomer4040 , VEctomer4060, etc. VEctomer5015 are preferably exemplified but not limited thereto.
また本実施の形態においては、重合性化合物として各種ビニルエーテル化合物とマレイミド化合物を併用して用いることも可能である。 In this embodiment also, it is possible to use a combination of various vinyl ether compound and a maleimide compound as the polymerizable compound. マレイミド化合物としては、例えば、N−メチルマレイミド、N−プロピルマレイミド、N−ヘキシルマレイミド、N−ラウリルマレイミド、N−シクロヘキシルマレイミド、N−フェニルマレイミド、N,N′−メチレンビスマレイミド、ポリプロピレングリコール−ビス(3−マレイミドプロピル)エーテル、テトラエチレングリコール−ビス(3−マレイミドプロピル)エーテル、ビス(2−マレイミドエチル)カーボネート、N,N′−(4,4′−ジフェニルメタン)ビスマレイミド、N,N′−2,4−トリレンビスマレイミド、あるいは、また特開平11−124403号公報に開示されているマレイミドカルボン酸と種々のポリオール類とのエステル化合物である多官能マレイミド化合物などが挙げられるが、この限りでは The maleimide compound, for example, N- methylmaleimide, N- propyl maleimide, N- hexyl maleimide, N- lauryl maleimide, N- cyclohexyl maleimide, N- phenylmaleimide, N, N'-methylene-bis-maleimide, polypropylene glycol - bis (3-maleimido-propyl) ether, tetraethylene glycol - bis (3-maleimido-propyl) ether, bis (2-maleimido ethyl) carbonate, N, N '- (4,4'-diphenylmethane) bismaleimide, N, N' 2,4-tolylene bismaleimide, or also the like ester compounds polyfunctional maleimide compound with maleimide carboxylic acid and various polyols disclosed in Japanese Patent Laid-Open No. 11-124403 and the like, this As far as い。 There.
上記カチオン重合性化合物及びラジカル重合性化合物の添加量は好ましくは1〜97質量%であり、より好ましくは30〜95質量%である。 Amount of the cationically polymerizable compound and a radical polymerizable compound is preferably 1 to 97 wt%, more preferably from 30 to 95 wt%.

(インクの各構成要素) (Each component of the ink)
次いで、本実施の形態におけるインクについて、上記項目を除いた各構成要素について説明する。 Next, the ink of the present embodiment, the description will be given of respective components except for the above-mentioned items.
(色材) (Coloring material)
本実施の形態のインクにおいては、インクを構成する色材としては、染料あるいは顔料を制限なく用いることができるが、インク成分に対し良好な分散安定性を有し、かつ耐候性に優れた顔料を用いることが好ましい。 Pigment In the ink of the present embodiment, as the coloring material constituting the ink, can be used without limitation dyes or pigments, have good dispersion stability to ink components and excellent in weather resistance it is preferably used. 顔料としては、特に限定されるわけではないが、本実施の形態では、例えば、カラーインデックスに記載される下記の番号の有機又は無機顔料が使用できる。 As the pigment, it is not particularly limited, in this embodiment, for example, organic or inorganic pigments having the numbers below described in the Color Index may be used.
赤あるいはマゼンタ顔料としては、Pigment Red 3、5、19、22、31、38、43、48:1、48:2、48:3、48:4、48:5、49:1、53:1、57:1、57:2、58:4、63:1、81、81:1、81:2、81:3、81:4、88、104、108、112、122、123、144、146、149、166、168、169、170、177、178、179、184、185、208、216、226、257、Pigment Violet 3、19、23、29、30、37、50、88、Pigment Orange 13、16、20、36 The red or magenta pigment, Pigment Red 3,5,19,22,31,38,43,48: 1,48: 2,48: 3,48: 4,48: 5,49: 1,53: 1 , 57: 1, 57: 2,58: 4,63: 1,81,81: 1, 81: 2, 81: 3,81: 4,88,104,108,112,122,123,144,146 , 149,166,168,169,170,177,178,179,184,185,208,216,226,257, Pigment Violet 3,19,23,29,30,37,50,88, Pigment Orange 13 , 16,20,36
青あるいはシアン顔料としては、Pigment Blue 1、15、15:1、15:2、15:3、15:4、15:6、16、17−1、22、27、28、29、36、60 The blue or cyan pigment, Pigment Blue 1,15,15: 1,15: 2,15: 3,15: 4,15: 6,16,17-1,22,27,28,29,36,60
緑顔料としては、Pigment Green 7、26、36、50 The green pigment, Pigment Green 7,26,36,50
黄顔料としては、Pigment Yellow 1、3、12、13、14、17、34、35、37、55、74、81、83、93、94,95、97、108、109、110、137、138、139、153、154、155、157、166、167、168、180、185、193 The yellow pigment, Pigment Yellow 1,3,12,13,14,17,34,35,37,55,74,81,83,93,94,95,97,108,109,110,137,138 , 139,153,154,155,157,166,167,168,180,185,193
黒顔料としては、Pigment Black 7、28、26などが目的に応じて使用できる。 The black pigment, such as Pigment Black 7,28,26 can be used depending on the purpose.

具体的に商品名を示すと、例えば、クロモファインイエロー2080、5900、5930、AF−1300、2700L、クロモファインオレンジ3700L、6730、クロモファインスカーレット6750、クロモファインマゼンタ6880、6886、6891N、6790、6887、クロモファインバイオレットRE、クロモファインレッド6820、6830、クロモファインブルーHS−3、5187、5108、5197、5085N、SR−5020、5026、5050、4920、4927、4937、4824、4933GN−EP、4940、4973、5205、5208、5214、5221、5000P、クロモファイングリーン2GN、2GO、2G−550D、5310、5370、6830、クロ Specifically illustrating the trade name, for example, Chromobacterium fine yellow 2080,5900,5930, AF-1300,2700L, Chromo Fine orange 3700L, 6730, Chromo Fine Scarlet 6750, Chromo Fine Magenta 6880,6886,6891N, 6790,6887 , Chromo Fine violet RE, Chromo Fine Red 6820,6830, Chromo Fine blue HS-3,5187,5108,5197,5085N, SR-5020,5026,5050,4920,4927,4937,4824,4933GN-EP, 4940, 4973,5205,5208,5214,5221,5000P, Chromo Fine green 2GN, 2GO, 2G-550D, 5310,5370,6830, black ファインブラックA−1103、セイカファストエロー10GH、A−3、2035、2054、2200、2270、2300、2400(B)、2500、2600、ZAY−260、2700(B)、2770、セイカファストレッド8040、C405(F)、CA120、LR−116、1531B、8060R、1547、ZAW−262、1537B、GY、4R−4016、3820、3891、ZA−215、セイカファストカーミン6B1476T−7、1483LT、3840、3870、セイカファストボルドー10B−430、セイカライトローズR40、セイカライトバイオレットB800、7805、セイカファストマルーン460N、セイカファストオレンジ900、2900、セイカライトブルーC7 Fine Black A-1103, Seika Fast Yellow 10GH, A-3,2035,2054,2200,2270,2300,2400 (B), 2500,2600, ZAY-260,2700 (B), 2770, Seika Fast Red 8040, C405 (F), CA120, LR-116,1531B, 8060R, 1547, ZAW-262,1537B, GY, 4R-4016,3820,3891, ZA-215, Seika Fast Carmine 6B1476T-7,1483LT, 3840,3870, Seika Fast Bordeaux 10B-430, Seika light Rose R40, Seika light violet B800,7805, Seika Fast Maroon 460N, Seika Fast orange 900,2900, Seika light blue C7 8、A612、シアニンブルー4933M、4933GN−EP、4940、4973(大日精化工業製)、KET Yellow 401、402、403、404、405、406、416、424、KET Orange 501、KET Red 301、302、303、304、305、306、307、308、309、310、336、337、338、346、KET Blue 101、102、103、104、105、106、111、118、124、KET Green 201(大日本インキ化学製)、Colortex Yellow 301、314、315、316、P−624、314、U10GN、U3GN、UNN、UA−414、U263、Finecol Yellow T−13、T−05、Pigment 8, A612, Cyanine Blue 4933M, 4933GN-EP, 4940,4973 (manufactured by Dainichiseika Color & Chemicals Mfg.), KET Yellow 401,402,403,404,405,406,416,424, KET Orange 501, KET Red 301,302 , 303,304,305,306,307,308,309,310,336,337,338,346, KET Blue 101,102,103,104,105,106,111,118,124, KET Green 201 (large manufactured by Nippon ink and chemicals), Colortex Yellow 301,314,315,316, P-624,314, U10GN, U3GN, UNN, UA-414, U263, Finecol Yellow T-13, T-05, Pigment Yellow1705、Colortex Orange 202、Colortex Red101、103、115、116、D3B、P−625、102、H−1024、105C、UFN、UCN、UBN、U3BN、URN、UGN、UG276、U456、U457、105C、USN、Colortex Maroon601、Colortex BrownB610N、Colortex Violet600、Pigment Red 122、Colortex Blue516、517、518、519、A818、P−908、510、Colortex Green402、403、Colortex Black 702、U905(山陽色素製)、Lionol Yellow1405G、Lionol Blue FG7330 Yellow1705, Colortex Orange 202, Colortex Red101,103,115,116, D3B, P-625,102, H-1024,105C, UFN, UCN, UBN, U3BN, URN, UGN, UG276, U456, U457,105C, USN , Colortex Maroon601, Colortex BrownB610N, Colortex Violet600, pigment Red 122, Colortex Blue516,517,518,519, A818, P-908,510, Colortex Green402,403, Colortex Black 702, U905 (manufactured by Sanyo Color Works), Lionol Yellow1405G, Lionol Blue FG7330 FG7350、FG7400G、FG7405G、ES、ESP−S(東洋インキ製)、Toner Magenta E02、Permanent RubinF6B、Toner Yellow HG、Permanent Yellow GG−02、Hostapeam BlueB2G(ヘキストインダストリ製)、Novoperm P−HG、Hostaperm Pink E、Hostaperm Blue B2G(クラリアント製)、カーボンブラック#2600、#2400、#2350、#2200、#1000、#990、#980、#970、#960、#950、#850、MCF88、#750、#650、MA600、MA7、MA8、MA11、MA100、MA100R、MA77、#52、#50、#47、#4 FG7350, FG7400G, FG7405G, ES, ESP-S (manufactured by Toyo Ink), Toner Magenta E02, Permanent RubinF6B, Toner Yellow HG, Permanent Yellow GG-02, Hostapeam BlueB2G (Hoechst Industries, Ltd. birds), Novoperm P-HG, Hostaperm Pink E, Hostaperm Blue B2G (Clariant), carbon black # 2600, # 2400, # 2350, # 2200, # 1000, # 990, # 980, # 970, # 960, # 950, # 850, MCF88, # 750, # 650, MA600, MA7, MA8, MA11, MA100, MA100R, MA77, # 52, # 50, # 47, # 4 、#45L、#40、#33、#32、#30、#25、#20、#10、#5、#44、CF9(三菱化学製)などが挙げられる。 , # 45L, # 40, # 33, # 32, # 30, # 25, # 20, # 10, # 5, # 44, CF9 (manufactured by Mitsubishi Chemical) and the like.

上記顔料の分散には、例えば、ボールミル、サンドミル、アトライター、ロールミル、アジテータ、ヘンシェルミキサ、コロイドミル、超音波ホモジナイザー、パールミル、湿式ジェットミル、ペイントシェーカー等を用いることができる。 The dispersion of the pigment, for example, can be used a ball mill, sand mill, attritor, roll mill, agitator, Henschel mixer, colloid mill, ultrasonic homogenizer, pearl mill, wet jet mill, a paint shaker.
また、顔料の分散を行う際に、分散剤を添加することも可能である。 Further, when dispersing a pigment, it is also possible to add a dispersant. 分散剤としては、高分子分散剤を用いることが好ましく、高分子分散剤としては、例えば、Avecia社のSolsperseシリーズや、味の素ファインテクノ社のPBシリーズが挙げられる。 The dispersant, it is preferable to use a polymeric dispersant, the polymer dispersant, for example, Avecia Ltd. Solsperse Series and include Ajinomoto Fine-Techno Co. PB series. 更には、下記のものが挙げられる。 Furthermore, the following may be mentioned.
顔料分散剤としては、水酸基含有カルボン酸エステル、長鎖ポリアミノアマイドと高分子量酸エステルの塩、高分子量ポリカルボン酸の塩、長鎖ポリアミノアマイドと極性酸エステルの塩、高分子量不飽和酸エステル、高分子共重合物、変性ポリウレタン、変性ポリアクリレート、ポリエーテルエステル型アニオン系活性剤、ナフタレンスルホン酸ホルマリン縮合物塩、芳香族スルホン酸ホルマリン縮合物塩、ポリオキシエチレンアルキル燐酸エステル、ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル、ステアリルアミンアセテート、顔料誘導体等を挙げることができる。 As the pigment dispersant include hydroxyl group-containing carboxylic acid esters, long-chain polyaminoamide and a salt of a high molecular weight acid ester, high molecular weight salt of a polycarboxylic acid, a long chain salts of polyaminoamide and a polar acid ester, high molecular weight unsaturated acid ester, polymeric copolymers, modified polyurethanes, modified polyacrylates, polyether ester type anionic active agents, naphthalenesulfonic acid-formalin condensate salts, aromatic sulfonic acid formalin condensate salts, polyoxyethylene alkyl phosphate, polyoxyethylene nonyl phenyl ether, stearylamine acetate, and a pigment derivative.

具体例としては、BYK Chemie社製「Anti−Terra−U(ポリアミノアマイド燐酸塩)」、「Anti−Terra−203/204(高分子量ポリカルボン酸塩)」、「Disperbyk−101(ポリアミノアマイド燐酸塩と酸エステル)、107(水酸基含有カルボン酸エステル)、110(酸基を含む共重合物)、130(ポリアマイド)、161、162、163、164、165、166、170(高分子共重合物)」、「400」、「Bykumen」(高分子量不飽和酸エステル)、「BYK−P104、P105(高分子量不飽和酸ポリカルボン酸)」、「P104S、240S(高分子量不飽和酸ポリカルボン酸とシリコン系)」、「Lactimon(長鎖アミンと不飽和酸ポリカルボン酸とシリコ Specific examples, BYK Chemie Co., Ltd. "Anti-Terra-U (polyaminoamide phosphate)", "Anti-Terra-203/204 (high molecular weight polycarboxylate)", "Disperbyk-101 (polyaminoamide phosphate and esters), 107 (hydroxyl group-containing carboxylic acid ester), a copolymer comprising 110 (acid group), 130 (polyamide), 161,162,163,164,165,166,170 (polymeric copolymer) "," 400 "," Bykumen "(high molecular weight unsaturated acid ester)," BYK-P104, P105 (high molecular weight unsaturated acid polycarboxylic acid) ", and" P104S, 240S (high molecular weight unsaturated acid polycarboxylic acid silicon) "," Lactimon (long chain amine and unsaturated acid polycarboxylic acid and silicone ン)」が挙げられる。 Down) "and the like.
また、Efka CHEMICALS社製「エフカ44、46、47、48、49、54、63、64、65、66、71、701、764、766」、「エフカポリマー100(変性ポリアクリレート)、150(脂肪族系変性ポリマー)、400、401、402、403、450、451、452、453(変性ポリアクリレート)、745(銅フタロシアニン系)」;共栄化学社製「フローレンTG−710(ウレタンオリゴマー)」、「フローノンSH−290、SP−1000」、「ポリフローNo.50E、No.300(アクリル系共重合物)」;楠本化成社製「ディスパロンKS−860、873SN、874(高分子分散剤)、#2150(脂肪族多価カルボン酸)、#7004(ポリエーテルエステル型)」等が挙げら Further, Efka CHEMICALS Co. "Efka 44,46,47,48,49,54,63,64,65,66,71,701,764,766", "Efukaporima 100 (modified polyacrylate), 150 (aliphatic system modified polymer), 400,401,402,403,450,451,452,453 (modified polyacrylate), 745 (copper phthalocyanine) "; Kyoei chemical Co., Ltd.," Flowlen TG-710 (urethane oligomer) "," Furonon SH-290, SP-1000 "," Polyflow No.50E, No.300 (acrylic copolymer) "; manufactured by Kusumoto Chemicals, Ltd." Disparlon KS-860,873SN, 874 (polymeric dispersant), # 2150 (aliphatic polycarboxylic acid), # 7004 (polyether ester type) ", etc. can be mentioned, et al. れる。 It is.
更には、花王社製「デモールRN、N(ナフタレンスルホン酸ホルマリン縮合物ナトリウム塩)、MS、C、SN−B(芳香族スルホン酸ホルマリン縮合物ナトリウム塩)、EP」、「ホモゲノールL−18(ポリカルボン酸型高分子)」、「エマルゲン920、930、931、935、950、985(ポリオキシエチレンノニルフェニルエーテル)」、「アセタミン24(ココナッツアミンアセテート)、86(ステアリルアミンアセテート)」;ゼネカ社製「ソルスパーズ5000(フタロシアニンアンモニウム塩系)、13240、13940(ポリエステルアミン系)、17000(脂肪酸アミン系)、24000、32000」;日光ケミカル社製「ニッコールT106(ポリオキシエチレンソルビタンモノオレート)、MY Furthermore, manufactured by Kao Corporation "Demol RN, N (naphthalenesulfonic acid formalin condensate sodium salt), MS, C, SN-B (aromatic sulfonic acid formalin condensate sodium salt), EP", "HOMOGENOL L-18 ( polycarboxylic acid type polymer) "," Emulgen 920,930,931,935,950,985 (polyoxyethylene nonylphenyl ether) "," Acetamin 24 (coconut amine acetate), 86 (stearylamine acetate) "; Zeneca Company Ltd., "Solsperse 5000 (phthalocyanine ammonium salt-based), 13240,13940 (polyester amine type), 17000 (fatty acid amine type), 24000,32000"; Nikko Chemicals Co., Ltd., "Nikkol T106 (polyoxyethylene sorbitan monooleate), MY −IEX(ポリオキシエチレンモノステアレート)、Hexagline4−0(ヘキサグリセリルテトラオレート)」等が挙げられる。 -IEX (polyoxyethylene monostearate), Hexagline4-0 (hexaglyceryl ruthenate Huwei rate) ", and the like.

これらの顔料分散剤は、インク中に0.1〜20質量%の範囲で含有させることが好ましい。 These pigment dispersing agent is preferably contained in the range of 0.1 to 20 mass% in the ink. また、分散助剤として、各種顔料に応じたシナージストを用いることも可能である。 Further, as a dispersion adjuvant, it is also possible to use a synergist suitable for the pigment. これらの分散剤および分散助剤は、顔料100質量部に対し、1〜50質量部添加することが好ましい。 These dispersants and dispersion aids, 100 parts by weight of the pigment are preferably added with respect to 1 to 50 parts by weight. 分散媒体は、溶剤または重合性化合物を用いて行うが、本実施の形態におけるインクでは、印字後に反応・硬化させるため、無溶剤であることが好ましい。 Dispersion medium is carried out using a solvent or a polymerizable compound, the ink of the present embodiment, for reacting and curing after printing, it is preferable not to use a solvent. 溶剤が硬化画像に残ってしまうと、耐溶剤性の劣化、残留する溶剤のVOCの問題が生じる。 When a solvent remains in a cured image, solvent resistance deterioration, the VOC of the solvent remaining problems. よって、分散媒体は溶剤では無く重合性化合物、その中でも最も粘度の低いモノマーを選択することが分散適性上好ましい。 Therefore, no polymerizable compound in the dispersion medium is a solvent, it is preferable in terms of dispersion suitability to select a monomer having the lowest viscosity among them.
顔料の分散は、顔料粒子の平均粒径を0.08〜0.5μmとすることが好ましく、最大粒径は0.3〜10μm、好ましくは0.3〜3μmとなるよう、顔料、分散剤、分散媒体の選定、分散条件、ろ過条件を適宜設定する。 Dispersion of the pigment, it is preferable that the average particle size of the pigment particles and 0.08~0.5Myuemu, maximum particle size 0.3 to 10 [mu] m, so that preferably a 0.3 to 3 m, the pigment, dispersing agent , selection of the dispersing medium, dispersion conditions and filtering conditions are suitably set. この粒径管理によって、記録ヘッドのノズルの詰まりを抑制し、インクの保存安定性、インク透明性および硬化感度を維持することができる。 Control of particle diameter enables prevention of clogging of nozzles of the recording head, the storage stability of the ink can be maintained ink transparency and curing sensitivity.

また、本実施の形態のインクにおいては、従来公知の染料、好ましくは油溶性染料を必要に応じて用いることができる。 Further, in the ink of the present embodiment, conventionally known dyes can be preferably used if necessary an oil-soluble dye. 本実施の形態で用いることのできる油溶性染料として、以下にその具体例を挙げるが、これらにのみ限定されるものではない。 Oil-soluble dyes that can be used in the present embodiment, following its specific examples are not intended to be limited thereto.

(マゼンタ染料) (Magenta dye)
MS Magenta VP、MS Magenta HM−1450、MS Magenta HSo−147(以上、三井東圧社製)、AIZENSOT Red−1、AIZEN SOT Red−2、AIZEN SOTRed−3、AIZEN SOT Pink−1、SPIRON Red GEH SPECIAL(以上、保土谷化学社製)、RESOLIN Red FB 200%、MACROLEX Red Violet R、MACROLEX ROT5B(以上、バイエルジャパン社製)、KAYASET Red B、KAYASET Red 130、KAYASET Red 802(以上、日本化薬社製)、PHLOXIN、ROSE BENGAL、ACID Red(以上、ダイワ化成社製)、HSR−31、DIARESIN Red K(以 MS Magenta VP, MS Magenta HM-1450, MS Magenta HSo-147 (manufactured by Mitsui Toatsu Chemicals, Inc.), AIZENSOT Red-1, AIZEN SOT Red-2, AIZEN SOTRed-3, AIZEN SOT Pink-1, SPIRON Red GEH SPECIAL (manufactured by Hodogaya chemical Co., Ltd.), RESOLIN Red FB 200%, MACROLEX Red Violet R, MACROLEX ROT5B (manufactured by Bayer Japan Ltd.), KAYASET Red B, KAYASET Red 130, KAYASET Red 802 (manufactured by Nippon Kayaku Company, Ltd.), PHLOXIN, ROSE BENGAL, ACID Red (manufactured by Daiwa Kasei Co., Ltd.), HSR-31, DIARESIN Red K (or more 、三菱化成社製)、Oil Red(BASFジャパン社製)。 , Manufactured by Mitsubishi Kasei Co., Ltd.), Oil Red (manufactured by BASF Japan Co., Ltd.).

(シアン染料) (Cyan dye)
MS Cyan HM−1238、MS Cyan HSo−16、Cyan HSo−144、MS Cyan VPG(以上、三井東圧社製)、AIZEN SOT Blue−4(保土谷化学社製)、RESOLIN BR. MS Cyan HM-1238, MS Cyan HSo-16, Cyan HSo-144, MS Cyan VPG (manufactured by Mitsui Toatsu Chemicals, Inc.), AIZEN SOT Blue-4 (manufactured by Hodogaya Chemical Co., Ltd.), Resolin BR. Blue BGLN 200%、MACROLEX Blue RR、CERES Blue GN、SIRIUS SUPRATURQ. Blue BGLN 200%, MACROLEX Blue RR, CERES Blue GN, SIRIUS SUPRATURQ. Blue Z−BGL、SIRIUS SUPRA TURQ. Blue Z-BGL, SIRIUS SUPRA TURQ. Blue FB−LL 330%(以上、バイエルジャパン社製)、KAYASET Blue FR、KAYASET Blue N、KAYASET Blue 814、Turq. Blue FB-LL 330% (or more, manufactured by Bayer Japan Ltd.), KAYASET Blue FR, KAYASET Blue N, KAYASET Blue 814, Turq. Blue GL−5 200、Light Blue BGL−5 200(以上、日本化薬社製)、DAIWA Blue 7000、Oleosol Fast Blue GL(以上、ダイワ化成社製)、DIARESIN Blue P(三菱化成社製)、SUDAN Blue 670、NEOPEN Blue 808、ZAPON Blue 806(以上、BASFジャパン社製)。 Blue GL-5 200, Light Blue BGL-5 200 (or more, manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.), DAIWA Blue 7000, Oleosol Fast Blue GL (manufactured by Daiwa Kasei Co., Ltd.), (manufactured by Mitsubishi Kasei Co., Ltd.) DIARESIN Blue P, SUDAN Blue 670, NEOPEN Blue 808, ZAPON Blue 806 (manufactured by BASF Japan Co., Ltd.).

(イエロー染料) (Yellow dye)
MS Yellow HSm−41、Yellow KX−7、Yellow EX−27(三井東圧社製)、AIZEN SOT Yellow−1、AIZEN SOT YelloW−3、AIZEN SOT Yellow−6(以上、保土谷化学社製)、MACROLEX Yellow 6G、MACROLEX FLUOR. MS Yellow HSm-41, Yellow KX-7, Yellow EX-27 (Mitsui Toatsu Co.), AIZEN SOT Yellow-1, AIZEN SOT YelloW-3, AIZEN SOT Yellow-6 (manufactured by Hodogaya Chemical Co., Ltd.), MACROLEX Yellow 6G, MACROLEX FLUOR. Yellow 10GN(以上、バイエルジャパン社製)、KAYASET Yellow SF−G、KAYASET Yellow2G、KAYASET Yellow A−G、KAYASET Yellow E−G(以上、日本化薬社製)、DAIWA Yellow 330HB(ダイワ化成社製)、HSY−68(三菱化成社製)、SUDAN Yellow 146、NEOPEN Yellow 075(以上、BASFジャパン社製)。 Yellow 10GN (or more, manufactured by Bayer Japan Ltd.), KAYASET Yellow SF-G, KAYASET Yellow2G, KAYASET Yellow A-G, KAYASET Yellow E-G (or more, manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.), DAIWA Yellow 330HB (manufactured by Daiwa Kasei Co., Ltd.) , HSY-68 (Mitsubishi Kasei Co., Ltd.), SUDAN Yellow 146, NEOPEN Yellow 075 (manufactured by BASF Japan Co., Ltd.).

(ブラック染料) (Black dye)
MS Black VPC(三井東圧社製)、AIZEN SOT Black−1、AIZEN SOT Black−5(以上、保土谷化学社製)、RESORIN Black GSN 200%、RESOLIN BlackBS(以上、バイエルジャパン社製)、KAYASET Black A−N(日本化薬社製)、DAIWA Black MSC(ダイワ化成社製)、HSB−202(三菱化成社製)、NEPTUNE Black X60、NEOPEN Black X58(以上、BASFジャパン社製)等である。 MS Black VPC (Mitsui Toatsu Co.), AIZEN SOT Black-1, AIZEN SOT Black-5 (manufactured by Hodogaya Chemical Co., Ltd.), RESORIN Black GSN 200%, RESOLIN BlackBS (manufactured by Bayer Japan Ltd.), Kayaset Black a-N (manufactured by Nippon Kayaku Co., Ltd.), DAIWA Black MSC (manufactured by Daiwa Kasei Co., Ltd.), (manufactured by Mitsubishi Kasei Co., Ltd.) HSB-202, NEPTUNE Black X60, NEOPEN Black X58 (or more, BASF Japan Co., Ltd.) is like .

顔料あるいは油溶性染料の添加量は0.1〜20質量%が好ましく、更に好ましくは0.4〜10質量%である。 The addition amount of the pigment or oil soluble dye is preferably from 0.1 to 20 mass%, more preferably from 0.4 to 10 mass%. 0.1質量%以上であれば、良好な画像品質を得ることができ、20質量%以下であれば、インク出射における適正なインク粘度を得ることができる。 If 0.1% by mass or more, it is possible to obtain a good image quality, if 20 mass% or less, it is possible to obtain a proper ink viscosity in the ink emission. 又、色の調整等で2種類以上の着色剤を適時混合して使用できる。 Also, two or more colorants in the color adjustment of the usable and timely mixed.

(光重合開始剤) (Photo-polymerization initiator)
本実施の形態のインクにおいて、活性光線として紫外線等を用いる場合には、少なくとも1種の光重合開始剤を含有することが好ましい。 In the ink of the present embodiment, the case of using ultraviolet rays as the active light preferably contains at least one photopolymerization initiator. だたし、活性光線として電子線を用いる場合には、多くの場合、光重合開始剤を必要としない。 It was but, in the case of using the electron beam as the active rays, often do not require a photoinitiator.
光重合開始剤は、分子内結合開裂型と分子内水素引き抜き型の2種に大別できる。 The photopolymerization initiator can be roughly classified into two types in the bond cleavage type and an intramolecular hydrogen abstraction type molecule.
分子内結合開裂型の光重合開始剤としては、例えば、ジエトキシアセトフェノン、2−ヒドロキシ−2−メチル−1−フェニルプロパン−1−オン、ベンジルジメチルケタール、1−(4−イソプロピルフェニル)−2−ヒドロキシ−2−メチルプロパン−1−オン、4−(2−ヒドロキシエトキシ)フェニル−(2−ヒドロキシ−2−プロピル)ケトン、1−ヒドロキシシクロヘキシル−フェニルケトン、2−メチル−2−モルホリノ(4−チオメチルフェニル)プロパン−1−オン、2−ベンジル−2−ジメチルアミノ−1−(4−モルホリノフェニル)−ブタノンの如きアセトフェノン系;ベンゾイン、ベンゾインメチルエーテル、ベンゾインイソプロピルエーテルの如きベンゾイン類;2,4,6−トリメチルベンゾインジフェニル The photopolymerization initiator of an intramolecular bond cleavage type, for example, diethoxyacetophenone, 2-hydroxy-2-methyl-benzyl dimethyl ketal, 1- (4-isopropylphenyl) -2 - hydroxy-2-methylpropan-1-one, 4- (2-hydroxyethoxy) phenyl - (2-hydroxy-2-propyl) ketone, 1-hydroxycyclohexyl - phenyl ketone, 2-methyl-2-morpholino (4 - thiomethylphenyl) propan-1-one, 2-benzyl-2-dimethylamino-1- (4-morpholinophenyl) - such as acetophenone butanone; benzoin, benzoin methyl ether, such as benzoin benzoin isopropyl ether; 2 , 4,6-trimethyl benzoin diphenyl スフィンオキシドの如きアシルホスフィンオキシド系;ベンジル、メチルフェニルグリオキシエステル、などが挙げられる。 Scan fins oxides such acylphosphine oxide of benzil, methyl phenylglyoxylate esters.
一方、分子内水素引き抜き型の光重合開始剤としては、例えば、ベンゾフェノン、o−ベンゾイル安息香酸メチル−4−フェニルベンゾフェノン、4,4′−ジクロロベンゾフェノン、ヒドロキシベンゾフェノン、4−ベンゾイル−4′−メチル−ジフェニルサルファイド、アクリル化ベンゾフェノン、3,3′,4,4′−テトラ(t−ブチルペルオキシカルボニル)ベンゾフェノン、3,3′−ジメチル−4−メトキシベンゾフェノンの如きベンゾフェノン系;2−イソプロピルチオキサントン、2,4−ジメチルチオキサントン、2,4−ジエチルチオキサントン、2,4−ジクロロチオキサントンの如きチオキサントン系;ミヒラ−ケトン、4,4′−ジエチルアミノベンゾフェノンの如きアミノベンゾフェノン系;10−ブチル− On the other hand, as the photopolymerization initiator in the hydrogen abstraction type molecule, for example, benzophenone, o- benzoyl benzoate-4-phenyl benzophenone, 4,4'-dichlorobenzophenone, hydroxybenzophenone, 4-benzoyl-4'-methyl - diphenyl sulfide, acrylated benzophenone, 3,3 ', 4,4'-tetra (t- butylperoxy carbonyl) benzophenone, 3,3'-dimethyl-4-methoxybenzophenone such benzophenone; 2-isopropyl thioxanthone, 2 , 4-dimethyl thioxanthone, 2,4-diethyl thioxanthone, such as 2,4-dichloro thioxanthone thioxanthone; Michler's - ketone, amino benzophenone such as 4,4'-diethylamino benzophenone; 10- butyl - −クロロアクリドン、2−エチルアンスラキノン、9,10−フェナンスレンキノン、カンファーキノン、などが挙げられる。 - chloro acridone, 2-ethyl anthraquinone, 9,10-phenanthrenequinone, camphorquinone, and the like.

光重合開始剤を使用する場合の配合量は、活性光線硬化型組成物の0.01〜10質量%の範囲が好ましい。 The amount in the case of using a photopolymerization initiator, 0.01 to 10% by weight of the actinic radiation curable composition.
また、ラジカル重合開始剤としては、特公昭59−1281号、特公昭61−9621号、及び特開昭60−60104号等の各公報記載のトリアジン誘導体、特開昭59−1504号及び特開昭61−243807号等の各公報に記載の有機過酸化物、特公昭43−23684号、特公昭44−6413号、特公昭44−6413号及び特公昭47−1604号等の各公報並びに米国特許第3,567,453号明細書に記載のジアゾニウム化合物、米国特許第2,848,328号、同第2,852,379号及び同2,940,853号各明細書に記載の有機アジド化合物、特公昭36−22062号、特公昭37−13109号、特公昭38−18015号、特公昭45−9610号等の各公報に記載のオルト−キノンジアジド類、 As the radical polymerization initiator, JP-B-59-1281, JP-B-61-9621, and triazine derivatives of each of the publications described in JP-A-60-60104, etc., JP 59-1504 Patent and Patent Application organic peroxides described in JP-like Sho 61-243807, JP-B-43-23684, JP-B-44-6413, JP-well US-B Nos. 44-6413 and JP-B-47-1604, etc. Patent diazonium compounds given in 3,567,453 Pat, No. 2,848,328, organic azides described in each specification Nos. No. 2,852,379 No. and the 2,940,853 compounds, JP-B-36-22062, JP-B-37-13109, JP-B-38-18015, ortho described in JP 45-9610 and the like - quinonediazides, 公昭55−39162号、特開昭59−14023号等の各公報及び「マクロモレキュルス(Macromolecules)、第10巻、第1307頁(1977年)に記載の各種オニウム化合物、特開昭59−142205号公報に記載のアゾ化合物、特開平1−54440号公報、ヨーロッパ特許第109,851号、ヨーロッパ特許第126,712号等の各明細書、「ジャーナル・オブ・イメージング・サイエンス」(J.Imag.Sci.)」、第30巻、第174頁(1986年)に記載の金属アレン錯体、特許第2711491号及び特許第2803454号明細書に記載の(オキソ)スルホニウム有機ホウ素錯体、特開昭61−151197号公報に記載のチタノセン類、「コーディネーション・ケミストリー・レビ Publication 55-39162 Patent, the publications and "Macromolecules Cul scan of JP 59-14023, etc. (Macromolecules), Vol. 10, various onium compounds described in pages 1307 (1977), JP-A-59- azo compounds described in JP-142205, JP-a-1-54440, JP-EP 109,851, the specifications such as the European Patent No. 126,712, "journal of imaging Science" (J. Imag.Sci.) ", Vol. 30, No. 174 (1986) metal arene complexes described in, described in Japanese Patent No. 2711491 and EP Patent No. 2803454 (oxo) sulfonium organic boron complexes, JP titanocene described in Patent Publication No. 61-151197, "coordination chemistry Levi ー(Coordination Chemistry Review)」、第84巻、第85〜第277頁(1988年)及び特開平2−182701号公報に記載のルテニウム等の遷移金属を含有する遷移金属錯体、特開平3−209477号公報に記載の2,4,5−トリアリールイミダゾール二量体、四臭化炭素や特開昭59−107344号公報記載の有機ハロゲン化合物等が挙げられる。 Chromatography (Coordination Chemistry Review) ", Vol. 84, No. 85 277 (1988) and a transition metal complex containing a transition metal such as ruthenium described in JP-A 2-182701, JP-A No. 3-209477 No. triarylimidazole dimer described in JP, fourth organic halogen compounds and carbon tetrabromide and JP 59-107344 JP, and the like. これらの重合開始剤はラジカル重合可能なエチレン不飽和結合を有する化合物100質量部に対して0.01から10質量部の範囲で含有されるのが好ましい。 These polymerization initiators are preferably contained in a range of 0.01 to 10 parts by weight relative to compound 100 parts by mass having a radically polymerizable ethylenically unsaturated bond.
また、本実施の形態のインクにおいては、光重合開始剤として、光酸発生剤も用いることができる。 Further, in the ink of the present embodiment, as a photopolymerization initiator, a photo acid generating agent can also be used.

光酸発生剤としては、例えば、化学増幅型フォトレジストや光カチオン重合に利用される化合物が用いられる(有機エレクトロニクス材料研究会編、「イメージング用有機材料」、ぶんしん出版(1993年)、187〜192ページ参照)。 As the photo acid generator, for example, chemically amplified photoresists and compounds used in cationic photopolymerization are used (Organic electronics material seminar "Organic material for imaging" from Bunshin publishing house (1993), 187 reference to 192 pages). 本実施の形態に好適な化合物の例を以下に挙げる。 Examples of suitable compounds in this embodiment are listed below.
第1に、ジアゾニウム、アンモニウム、ヨードニウム、スルホニウム、ホスホニウムなどの芳香族オニウム化合物のB(C 、PF 、AsF 、SbF 、CF SO 塩を挙げることができる。 First, diazonium, ammonium, iodonium, sulfonium, aromatic onium compounds such as phosphonium B (C 6 F 5) 4 -, PF 6 -, AsF 6 -, SbF 6 -, CF 3 SO 3 - and salts be able to.
本実施の形態で用いることのできるオニウム化合物の具体的な例としては、特開2005−255821号公報の段落番号[0132]に記載されている化合物を挙げることができる。 Specific examples of onium compounds usable in this embodiment can be exemplified compounds described in paragraph [0132] of JP 2005-255821.
第2に挙げられる、スルホン酸を発生するスルホン化物の具体的な化合物としては、特開2005−255821号公報の段落番号[0136]に記載されている化合物を挙げることができる。 Mentioned in the second, specific compounds of sulfonated compounds which generate sulfonic acid, can be exemplified compounds described in paragraph [0136] of JP 2005-255821.
第2に、ハロゲン化水素を光発生するハロゲン化物も用いることができ、その具体的な化合物としては、特開2005−255821号公報の段落番号[0138]に記載されている化合物を挙げることができる。 Second, halides that photogenerate a hydrogen halide can also be used. As the specific compound, there may be mentioned the compounds described in paragraph [0138] of JP-A-2005-255821 it can.
第3に、特開2005−255821号公報の段落番号[0140]に記載されている鉄アレン錯体を挙げることができる。 Thirdly, there may be mentioned iron arene complexes described in paragraph [0140] of JP 2005-255821.

(その他の添加剤) (Other Additives)
本実施の形態における活性光線硬化型インクには、上記説明した以外に様々な添加剤を用いることができる。 The active ray curable ink of the present embodiment, it is possible to use various additives other than those described above. 例えば、界面活性剤、レベリング添加剤、マット剤、膜物性を調整するためのポリエステル系樹脂、ポリウレタン系樹脂、ビニル系樹脂、アクリル系樹脂、ゴム系樹脂、ワックス類を添加することができる。 For example, it is possible to add a surfactant, a leveling additive, a matting agent, a polyester-based resin for adjusting film physical properties, polyurethane resin, vinyl resin, acrylic resin, rubber resin, or wax. また、保存安定性を改良する目的で公知のあらゆる塩基性化合物を用いることができるが、代表的なものとして、塩基性アルカリ金属化合物、塩基性アルカリ土類金属化合物、アミンなどの塩基性有機化合物などが挙げられる。 Further, it is possible to use any known basic compound for the purpose of improving the storage stability, as a typical, basic alkali metal compounds, basic alkaline earth metal compound, a basic organic compound such as an amine and the like.

以下、本実施の形態で用いられるインクの具体例を列挙する。 Hereinafter, Specific examples of the ink used in this embodiment.
なお、以下のインク組成物において用いられる顔料分散体は、ソルスパーズ32000(ルーブリゾール社製)5部と、HD−N(1,6−ヘキサンジオールジメタクリレート:新中村化学社製)80部とをステンレスビーカーに入れ加熱撹拌溶解し、これを室温まで冷却した後、カーボンブラック(#56:三菱化学社製)15部を加えて、0.5mmのジルコニアビーズとともにガラスビンに入れ密栓し、ペイントシェーカーにて10時間分散処理してから、ジルコニアビーズを除去したものである。 Incidentally, the pigment dispersion is used in the following ink composition, and Solsperse 32000 (manufactured by Lubrizol Corporation), 5 parts, HD-N: a (1,6 Shin-Nakamura Chemical Co., Ltd.) 80 parts after heating and stirring dissolved were charged into a stainless steel beaker and cooled to room temperature, carbon black added (# 56 manufactured by Mitsubishi Chemical Corporation) 15 parts, was sealed in a glass bottle together with 0.5mm zirconia beads in a paint shaker after 10 hours dispersed Te is obtained by removing the zirconia beads.

次に、上述のようにして構成されたインクジェット記録装置1の制御部17にて実行される送液デューティー補正処理について、図2を参照しながら説明する。 Next, the liquid supply duty correction process performed by the inkjet recording apparatus 1 of the control unit 17 configured as described above will be described with reference to FIG. この送液デューティー補正処理は、例えば、記録ヘッド16のメンテナンス時、インクジェット記録装置1の電源投入時、あるいは、記録媒体への画像の記録回数や、所定時間毎等の定期的な時期に実行される。 The liquid feed duty correction process, for example, during maintenance of the recording head 16 when turning the inkjet recording apparatus 1, or or recording the number of images on a recording medium, is performed in periodic timing, such as every predetermined time that.

ここで、インクカートリッジ10に貯留されるインクは、温度により粘度が変化する特性を有している。 Here, the ink stored in the ink cartridge 10 has a characteristic that the viscosity by temperature changes. したがって、インクカートリッジ10内に対する一定の圧力でインクカートリッジ10から第1サブタンク13にインクの送液を行った場合には、例えば、図4に示すように、インクの送液量は温度により異なる。 Therefore, when performing feeding of the ink from the ink cartridge 10 at a constant pressure to the first sub-tank 13 to the ink cartridge 10 is different, for example, as shown in FIG. 4, feed rate of ink by temperature. なお、図4に示される例は、インクカートリッジ10内への圧力が0.2MPaであって、第1連通弁V1のデューティーが50%であるときのインクの温度とインクカートリッジ10から第1サブタンク13へのインクの送液量との関係を示している。 The example shown in Figure 4, the pressure to the ink cartridge 10 inside is a 0.2 MPa, the first sub-tank from the temperature and the ink cartridge 10 in the ink when the duty of the first communication-valve V1 is 50% It shows the relationship between the feed rate of the ink to 13. また、インクの送液量は、色材によっても異なっている。 Further, liquid feed amount of the ink is different depending colorant. そして、第1連通弁V1のデューティーを調節することによれば、図5に示すように、インクカートリッジ10から第1サブタンク13へのインクの送液量を変更できることがわかる。 Then, according to adjust the duty of the first communication-valve V1, it can be seen that changing the feeding amount of ink as shown in FIG. 5, from the ink cartridge 10 to the first sub-tank 13. なお、図5に示される例は、インクカートリッジ10内への圧力が0.2MPaであって、インクの温度が25℃であるときの第1連通弁V1のデューティーとインクカートリッジ10から第1サブタンク13へのインクの送液量との関係を示している。 The example is a pressure to the ink cartridge 10 inside is a 0.2 MPa, the first sub-tank from the duty and the ink cartridge 10 of the first communication-valve V1 when the temperature of the ink is 25 ° C. as shown in FIG. 5 It shows the relationship between the feed rate of the ink to 13. そこで、本実施の形態では、以下のようにして第1連通弁V1のデューティーの設定を行うことで、インクの粘度に応じた圧力でインクカートリッジ10から第1サブタンク13に送液を行うことができるように構成されている。 Therefore, in the present embodiment, by performing the duty setting the first communication-valve V1 as follows, it is carried out feeding from the ink cartridge 10 to the first sub-tank 13 at a pressure corresponding to the viscosity of the ink It is configured to be able.

まず、制御部17は、コンプレッサー11及びレギュレーター12を駆動してインクカートリッジ10内を加圧する(ステップS101)。 First, the control unit 17 pressurizes the ink cartridge 10 by driving the compressor 11 and the regulator 12 (step S101). 制御部17は、図6に示されるデータテーブルを参照して、インクカートリッジ10内への圧力が色材に応じた圧力となるようにレギュレーター12を制御する。 Control unit 17 refers to the data table shown in FIG. 6, the pressure to the ink cartridge 10 in to control the regulator 12 so that the pressure corresponding to the color material. なお、インクカートリッジ10内への圧力は、適宜設定することができる。 The pressure of the ink cartridge 10 in may be appropriately set.

続いて、制御部17は、第1連通弁V1の開閉時間を示すデューティーを基準デューティーにする初期送液条件設定を行う(ステップS102)。 Subsequently, the control unit 17 performs initial liquid feed condition setting to the duty indicating the opening and closing times of the first communication-valve V1 to the reference duty (step S102). 具体的には、制御部17は、図6に示されるデータテーブルを参照して、色材に応じた基準デューティーを選択する。 Specifically, the control unit 17 refers to the data table shown in FIG. 6, selects the reference duty according to the color material. なお、インクカートリッジ内又はその周辺の温度を検知し、検知した温度に応じて基準デューティーを設定するようにしてもよい。 Incidentally, detecting the temperature of or around the ink cartridge, it may be set a reference duty according to the detected temperature. そして、制御部17は、選択した基準デューティーを、第1連通弁V1のデューティーとして設定する。 Then, the control unit 17, a reference duty selected is set as the duty of the first communication-valve V1. 例えば、Y色、C色及びK色のインクカートリッジ10がセットされている場合には、基準デューティーを40%に設定し、M色のインクカートリッジ10がセットされている場合には、基準デューティーを60%に設定する。 For example, Y color, when the ink cartridge 10 of the C-color and K-color has been set, sets the reference duty 40%, when the ink cartridge 10 of the M color is set, a reference duty It is set to 60%.

その後、制御部17は、送液量の補正を行うにあたり、最初に、第1サブタンク13におけるインクの量を規定量となるまで補充する。 Thereafter, the control unit 17, when performing correction of the feed volume, initially, to replenish to the amount of ink in the first sub-tank 13 becomes the specified amount.
すなわち、制御部17は、液面センサー13aがONであるか否かを判定する(ステップS103)。 That is, the controller 17 determines whether or not the liquid level sensor 13a is ON (step S103). 具体的には、制御部17は、第1サブタンク13内に設けられた液面センサー13aからの信号により、上述した規定量のインクが貯留されているか否かを判定する。 Specifically, the control unit 17, the signal from the liquid level sensor 13a provided in the first sub-tank 13 determines whether the predetermined amount of ink as described above is stored. 制御部17は、液面センサー13aがONであると判定しないときは(ステップS103:N)、第1サブタンク送液制御処理を実行した後(ステップS104)、ステップS103の処理を実行する。 Control unit 17, when the liquid level sensor 13a is not determined to be ON (step S103: N), after executing the first sub-tank liquid feed control process (step S104), and executes the processing of step S103. 第1サブタンク送液制御処理では、詳しくは後述するが、設定された第1連通弁V1のデューティーに従って、インクカートリッジ10から第1サブタンク13へのインクの送液を行う。 In the first sub-tank feed control processing, will be described in detail later, according to the duty of the first communication-valve V1, which is set, it performs feeding of the ink from the ink cartridge 10 to the first sub-tank 13.

一方、制御部17は、液面センサー13aがONであると判定したときは(ステップS103:Y)、所定量のインクを第1サブタンク13から第2サブタンク15に送液する処理を行う(ステップS105)。 On the other hand, the control unit 17, when the liquid level sensor 13a is determined to be ON (step S103: Y), performs a process of feeding a predetermined amount of ink from the first sub-tank 13 to the second sub-tank 15 (step S105). 具体的には、制御部17は、第2連通弁V2のバルブを開放してインク流路21bを連通する状態とするとともに、送液ポンプ14を駆動して所定量のインクを第1サブタンク13から第2サブタンク15に送液するように制御する。 Specifically, the control unit 17, first the duplicate-valve V2 to open the ink flow path 21b of the valve as well as a state of communicating, a predetermined amount of ink by driving the liquid supply pump 14 first sub tank 13 from controls to feeding to the second sub-tank 15.

次に、制御部17は、第1サブタンク13から第2サブタンク15に送液されたインクの量(インク消費量)の特定する(ステップS106)。 Next, the control unit 17, specific to the amount of ink from the first sub-tank 13 is fed to the second sub-tank 15 (ink consumption) (step S106). 第1サブタンク13から第2サブタンク15に送液されたインクの量は、一定量のインクの送液を行う送液ポンプ14の駆動時間により特定することができる。 The amount of ink from the first sub-tank 13 is fed to the second sub-tank 15 can be identified by the driving time of the liquid feed pump 14 for feeding a constant amount of ink. なお、回転式ポンプに構成された送液ポンプ14の回転量により特定するようにしてもよい。 Incidentally, it may be specified by the rotation amount of the rotary liquid transfer pump 14 configured to pump.

制御部17は、タイマーの計測を開始する(ステップS107)。 Control unit 17 starts measuring the timer (step S107). すなわち、制御部17は、インクカートリッジ10から第1サブタンク13にインクを送液している時間の計測を開始する。 That is, the control unit 17 starts measuring a time from the ink cartridge 10 is feeding the ink to the first sub-tank 13.

その後、制御部17は、第1サブタンク13への上述のインク消費量と同量のインクの補充を行う。 Thereafter, the control unit 17 performs the replenishment of ink in the ink consumption and the same amount of the above-mentioned to the first sub-tank 13.
すなわち、制御部17は、液面センサー13aがONであるか否かを判定する(ステップS108)。 That is, the controller 17 determines whether or not the liquid level sensor 13a is ON (step S108). 制御部17は、液面センサー13aがONであると判定しないときは(ステップS108:N)、第1サブタンク送液制御処理を実行した後(ステップS109)、ステップS108の処理を実行する。 Control unit 17, when the liquid level sensor 13a is not determined to be ON (step S108: N), after executing the first sub-tank liquid feed control process (step S109), and executes the processing of step S108. 一方、制御部17は、液面センサー13aがONであると判定したときは(ステップS108:Y)、タイマーの計測を停止するとともに、タイマーの計測結果から第1サブタンク13へのインクの補充を実施した時間(インク送液時間)を特定する(ステップS110)。 On the other hand, the control unit 17, when the liquid level sensor 13a is determined to be ON (step S108: Y), stops the measurement of the timer, the replenishment of ink from the timer measurement result to the first sub-tank 13 specifying implementation the time (ink liquid feed time) (step S110).
以上のように、本実施の形態では、ステップS105〜ステップS110を実行することにより、送液時間測定制御が実現される。 As described above, in the present embodiment, by executing steps S105~ step S110, feeding time measurement control is realized.

次に、制御部17は、インクカートリッジ10から第1サブタンク13への単位時間あたりの供給量である第1サブタンクインク供給量を算出する(ステップS111)。 Next, the control unit 17 calculates a first sub tank ink supply amount is supplied per unit time from the ink cartridge 10 to the first sub tank 13 (step S111). 具体的には、制御部17は、上述のようにして取得したインク消費量とインク送液時間とから第1サブタンクインク供給量を求めることができる。 Specifically, the control unit 17 can obtain the first sub tank ink supply amount from the ink liquid feed time and ink consumption amount acquired as described above. すなわち、第1サブタンクインク供給量は、インク消費量をインク送液時間で除することにより得ることができる。 That is, the first sub tank ink supply amount, ink consumption can be obtained by dividing the ink liquid delivery time. 例えば、インク消費量が60gで、インク送液時間が15秒である場合、第1サブタンクインク供給量は、60g/15秒=4g/秒となる。 For example, in 60g ink consumption, if the ink liquid feed time is 15 seconds, the first sub tank ink supply amount becomes 60g / 15 sec = 4g / sec.

続いて、制御部17は、第1連通弁V1のデューティーの補正値である補正デューティーを算出する(ステップS112)。 Subsequently, the control unit 17 calculates a correction duty is a correction value of the duty of the first communication-valve V1 (step S112). 具体的には、制御部17は、最初に、基準となるインク供給量である基準インク供給量と上述のようにして取得した第1サブタンクインク供給量との差分を求める。 Specifically, the control unit 17, first, determine the difference between the first sub tank ink supply amount acquired reference ink supply quantity which is an ink supply amount as a reference and as described above. ここで、基準インク供給量は、安定した画像の記録を実現するために予め設定されたインク供給量である。 Here, the reference ink feed rate, a stable ink supply amount set in advance in order to realize the recording of the image. 本実施の形態では、基準インク供給量は、例えば、3g/秒に設定しているが、インクジェット記録装置の性能や送液するインクの特性等に応じて適宜設定することができる。 In this embodiment, the reference ink feed rate, for example, but is set to 3 g / sec, it can be appropriately set according to characteristics of the ink performance and feeding of the ink jet recording apparatus. そして、制御部17は、図6に示されるようなインクカートリッジ10の色材に対応するデータテーブルのデューティー増減値を参照する。 Then, the control unit 17 refers to the duty variation value for the data table corresponding to the color material of the ink cartridge 10 as shown in FIG. このデューティー増減値は、例えば、第1サブタンクインク供給量を0.1g/秒変化させるために増減するデューティーを示している。 The duty change amount, for example, shows a duty to increase or decrease the first sub tank ink supply amount in order to 0.1 g / sec change. 例えば、Y色、C色及びK色のインクカートリッジ10がセットされている場合、第1サブタンクインク供給量を0.1g/秒増加させるときは、デューティーを1.5%増加させる。 For example, Y color, if the ink cartridge 10 of the C-color and K-color is set, when causing the first sub tank ink supply amount increases 0.1 g / sec, to increase the duty of 1.5%. 反対に、Y色、C色及びK色のインクカートリッジ10がセットされている場合、第1サブタンクインク供給量を0.1g/秒減少させるときは、デューティーを1.5%減少させる。 Conversely, Y color, if the ink cartridge 10 of the C-color and K-color is set, when causing the first sub tank ink supply amount reduces 0.1 g / sec reduces the duty of 1.5%. また、M色のインクカートリッジ10がセットされている場合、第1サブタンクインク供給量を0.1g/秒増加させるときは、デューティーを2%増加させる。 Also, when the ink cartridge 10 of the M color is set, when causing the first sub tank ink supply amount increases 0.1 g / sec, thereby increasing the duty of 2%. 反対に、M色のインクカートリッジ10がセットされている場合、第1サブタンクインク供給量を0.1g/秒減少させるときは、デューティーを2%減少させる。 Conversely, when the ink cartridge 10 of the M color is set, when causing the first sub tank ink supply amount reduces 0.1 g / sec reduces the duty 2%. そして、制御部17は、基準インク供給量と第1サブタンクインク供給量との差分から、補正デューティーを求める。 Then, the control unit 17, from the difference between the reference ink supply amount and the first sub tank ink supply amount, obtaining a correction duty. 例えば、Y色のインクカートリッジ10が使用されている場合において、基準インク供給量に対して第1サブタンクインク供給量が2g/秒大きい場合には、インクカートリッジ10から第1サブタンク13に送液されるインクの送液量を2g/秒減少させるため、デューティー補正値は2/0.1*1.5%=30%となる。 For example, when the ink cartridge 10 of the Y color is used, when the first sub tank ink supply amount to the reference ink supply amount is large 2 g / sec is fed from the ink cartridge 10 to the first sub-tank 13 that since the feeding amount of ink decreases 2 g / sec, the duty correction value is 2 / 0.1 * 1.5% = 30%.

次に、制御部17は、設定された基準デューティーに対する補正(送液条件補正)を行い(ステップS113)、この処理を終了する。 Next, the control unit 17 performs the correction (feeding condition correction) for set reference duty (step S113), and ends the process. 具体的には、制御部17は、基準デューティーに対して上述のようにして求めた補正デューティーを加算あるいは減算する。 Specifically, the control unit 17 adds or subtracts the correction duty obtained as described above with respect to the reference duty. なお、本実施の形態において、上述したようにして求めた補正デューティーに応じて、第1連通弁V1の開閉時間を示すデューティーに加え、レギュレーター12によるインクカートリッジ10内への圧力を補正するようにしてもよい。 In this embodiment, according to the correction duty obtained as described above, in addition to the duty indicating the opening and closing times of the first communication-valve V1, so as to correct the pressure to the ink cartridge 10 in accordance with the regulator 12 it may be.
以上のように、本実施の形態では、ステップS111〜ステップS113を実行することにより、圧力設定制御が実現される。 As described above, in the present embodiment, by executing steps S111~ step S113, the pressure setting control is realized.

次に、第1サブタンク送液制御処理について、図3を参照しながら説明する。 Next, a first sub-tank feed control process will be described with reference to FIG.
制御部17は、第1サブタンク送液制御処理が実行されると、第1連通弁V1のバルブを開放する位置に変位させてインク流路21aを連通する状態にする(ステップS201)。 Control unit 17, the first sub-tank feed control processing when executed, a state in which an ink flow path 21a is displaced to a position opening the valve of the first communication-valve V1 communicates (step S201). これにより、インクカートリッジ10内のインクが第1サブタンク13に送液される。 Thus, the ink in the ink cartridge 10 is fed to the first sub-tank 13. 制御部17は、その後、設定された第1連通弁V1のデューティーの示す開放時間が経過するのを待って(ステップS202)、第1連通弁V1のバルブを閉止する位置に変位させてインク流路21aを遮断する状態にする(ステップS203)。 Control unit 17, then, waits for the elapse of the release time indicated by the duty of the first communication-valve V1, which is set (step S202), the ink flow is displaced to a position closing the valve of the first communication-valve V1 a state of blocking the road 21a (step S203). 例えば、第1連通弁V1の開閉制御周期が1秒で、デューティーが60%に設定された場合には、第1連通弁V1のバルブは、0.6秒間開放する位置となった後に閉止する位置となる。 For example, in opening and closing control cycle of the first communication-valve V1 is one second, if the duty is set to 60%, the valve of the first communication-valve V1 is closed after a position to open 0.6 seconds the position. これにより、インクカートリッジ10から第1サブタンク13へのインクの送液が停止される。 Thus, liquid feed of the ink from the ink cartridge 10 to the first sub tank 13 is stopped. そして、制御部17は、設定された第1連通弁V1のデューティーの示す閉止時間が経過するのを待って(ステップS204)、この処理を終了する。 Then, the control unit 17 waits for the lapse of closure period indicated by the duty of the first communication-valve V1, which is set (step S204), and ends the process. 例えば、第1連通弁V1の開閉制御周期が1秒で、デューティーが60%に設定された場合には、閉止時間は0.4秒となる。 For example, when the opening and closing control cycle of the first communication-valve V1 is 1 second, the duty is set to 60%, closure time is 0.4 seconds.

次に、送液処理について、図7を参照しながら説明する。 Next, the liquid feed process will be described with reference to FIG. この送液処理は、液面センサー13aからの信号により、第1サブタンク13内におけるインクが規定量に満たないと判断されたときに実行される。 The liquid feed process, the signal from the liquid level sensor 13a, is executed when the ink in the first sub-tank 13 is determined to be less than the prescribed amount.

まず、制御部17は、上述した送液条件補正後の第1連通弁V1のデューティーを設定する(ステップS301)。 First, the controller 17 sets the duty of the first communication-valve V1 after feeding condition correction described above (step S301). 続いて、制御部17は、液面センサー13aがONであるか否かを判定する(ステップS302)。 Subsequently, the control unit 17 determines whether or not the liquid level sensor 13a is ON (step S302). 制御部17は、液面センサー13aがONであると判定しないときは(ステップS302:N)、第1サブタンク送液制御処理を実行した後(ステップS303)、ステップS302の処理を実行する。 Control unit 17, when the liquid level sensor 13a is not determined to be ON (step S302: N), after executing the first sub-tank liquid feed control process (step S303), and executes the processing of step S302. 一方、制御部17は、液面センサー13aがONであると判定したときは(ステップS302:Y)、この処理を終了する。 On the other hand, the control unit 17, when the liquid level sensor 13a is determined to be ON (step S302: Y), the processing ends. このように、本実施の形態では、第1連通弁V1のデューティーを、インクカートリッジ10から第1サブタンク13へのインクの送液量に応じて適正にして補正して送液することができるようになる。 Thus, in this embodiment, the duty of the first communication-valve V1, so that it is possible to feed corrected by the appropriate depending on feed rate of the ink from the ink cartridge 10 to the first sub-tank 13 become.

以上説明したように、本実施の形態によれば、第1サブタンク13は、記録ヘッド16にインクを供給するためのインクを貯留する。 As described above, according to this embodiment, the first sub-tank 13 stores ink for supplying ink to the recording head 16. インクカートリッジ10は、第1サブタンク13とインク流路21aで連通するとともに第1サブタンク13に供給するインクを貯留する。 The ink cartridge 10 stores ink with supplied to the first sub-tank 13 communicating with the first sub-tank 13 and the ink flow path 21a. レギュレーター12及び第1連通弁V1は、インク流路21aを加圧してインクカートリッジ10から第1サブタンク13にインクを送液する。 Regulator 12 and the first communication-valve V1, the feeding ink to the first sub-tank 13 from the ink cartridge 10 to the ink flow path 21a pressurizes. 制御部17は、所定の送液時間測定条件が成立したときに、第1サブタンク13から排出するインクの量を検出し、所定の基準圧力にてインクカートリッジ10から第1サブタンク13にインクが送液されるようにレギュレーター12及び第1連通弁V1を制御し、第1サブタンク13から排出された量のインクが基準圧力にてインクカートリッジ10から第1サブタンク13に送液された時間を測定する送液時間測定制御を行う。 Control unit 17, when a predetermined liquid feed time measurement condition is satisfied, detecting the amount of ink discharged from the first sub-tank 13, ink feed from the ink cartridge 10 to the first sub-tank 13 at a predetermined reference pressure controls regulator 12 and the first communication-valve V1 as a liquid, the ink amount discharged from the first sub-tank 13 to measure the time that is fed from the ink cartridge 10 to the first sub-tank 13 at the reference pressure carry out the feeding time measurement control. また、制御部17は、送液時間測定制御によって測定された時間に応じてインク流路21aを加圧する際の圧力を設定する圧力設定制御を行う。 The control unit 17 performs the pressure setting control for setting the pressure applied to the ink flow path 21a according to the time measured by the liquid supply time measurement control. レギュレーター12及び第1連通弁V1は、圧力設定制御において設定された圧力でインクを送液する。 Regulator 12 and the first communication-valve V1, the feeding of the ink at the set pressure in the pressure setting control. その結果、インクの温度が変化してインクの粘度が変化しても、送液する際のインク流路の圧力を適切に調整して適切にインクの送液を行うことができるようになる。 As a result, the temperature of the ink is changed, the viscosity of the ink changes, the pressure of the ink flow path when feeding properly adjusted so that it is possible to perform the feeding of the appropriate ink. また、インクの送液が安定化するので、例えば、インク流路内に混入した空気が勢いよく中間タンクに進入して液面が不安定となることが抑制される。 Further, since the liquid delivery stabilize the ink, for example, the liquid level air mixed in the ink flow path is to enter the vigorously intermediate tank that is unstable is suppressed. したがって、中間タンク内にインクの貯留量を検知する液面センサー等が設けられている場合には、安定したセンサーの検知を行うことができるようになる。 Therefore, when the liquid level sensor that detects the storage amount of the ink in the intermediate tank is provided, it is possible to perform the detection of the stable sensor. また、インクの送液を安定化させるために、特別な装置を必要としないので、製品コストを低減させることができるようになる。 Further, in order to stabilize the feeding of ink, does not require special equipment, it is possible to reduce the product cost.

また、本実施の形態によれば、第1連通弁V1は、インク流路21aを開閉する。 Further, according to this embodiment, the first communication-valve V1 opens and closes the ink flow path 21a. 制御部17は、圧力設定制御において、送液時間測定制御によって測定された時間に応じた第1連通弁V1によるインク流路21aの開閉時間を設定する。 Control unit 17, the pressure setting control to set the opening and closing times of the ink flow path 21a of the first series-valve V1 corresponding to the time measured by the liquid supply time measurement control. 第1連通弁V1は、圧力設定制御において設定された開閉時間で開閉する。 First communication-valve V1 is opened and closed at a closing time set in the pressure setting control. その結果、簡便な方法で適切にインクの送液を行うことができるようになる。 As a result, appropriately it is possible to perform the feeding of the ink in a simple manner.

また、本実施の形態によれば、レギュレーター12は、インクカートリッジ10内を加圧してインク流路21aの加圧を行う。 Further, according to this embodiment, the regulator 12 performs the pressure of the ink flow path 21a of the ink cartridge 10 is pressurized. 制御部17は、圧力設定制御において、送液時間測定制御によって測定された時間に応じたレギュレーター12によるインクカートリッジ10内への圧力を設定する。 Control unit 17, the pressure setting control to set the pressure by regulator 12 in accordance with the time measured by the liquid supply time measurement control to the ink cartridge 10. レギュレーター12は、圧力設定制御において設定された圧力でインクカートリッジ10内への加圧を行う。 Regulator 12 performs the application of pressure to the ink cartridge 10 in a predetermined pressure in the pressure setting control. その結果、簡便な方法で適切にインクの送液を行うことができるようになる。 As a result, appropriately it is possible to perform the feeding of the ink in a simple manner.

また、本実施の形態によれば、コンプレッサー11は、インクカートリッジ10内に所定の圧力で圧搾空気を送り込む。 Further, according to this embodiment, the compressor 11 is fed compressed air at a predetermined pressure to the ink cartridge 10. レギュレーター12は、コンプレッサー11から送り込まれた圧搾空気の圧力を制御してインクカートリッジ10内を加圧する。 Regulator 12 pressurizes the ink cartridge 10 by controlling the pressure of the compressed air fed from the compressor 11. その結果、容易にインクの送液を制御することができるようになる。 As a result, easily it becomes possible to control the feeding of the ink.

なお、本発明の実施の形態における記述は、本発明に係るインクジェット記録装置の一例であり、これに限定されるものではない。 The description of the embodiment of the present invention is an example of an ink jet recording apparatus according to the present invention, but is not limited thereto. インクジェット記録装置を構成する各機能部の細部構成及び細部動作に関しても適宜変更可能である。 It can also be appropriately changed detailed structure and the detailed operation of each function section constituting the ink jet recording apparatus.

また、本実施の形態では、上述したようにして求めた補正デューティーに応じて、第1連通弁V1の開閉時間の調整、あるいは、これに加えてレギュレーター12による圧搾空気の圧力の調整を行うことにより、インクカートリッジ10から第1サブタンク13に接続されるインク流路21aにおける圧力を調整するようにしたが、レギュレーター12による圧搾空気の圧力の調整のみ行い、第1連通弁V1の開閉時間を一定にするようにしてもよい。 Further, in the present embodiment, according to the correction duty obtained as described above, adjustment of the opening and closing times of the first communication-valve V1, or by adjusting the pressure of the compressed air by the regulator 12 in addition to Accordingly, although to adjust the pressure in the ink passage 21a to be connected from the ink cartridge 10 to the first sub-tank 13 performs only the adjustment of the pressure of the compressed air by the regulator 12, a certain opening and closing time of the first communication-valve V1 it may be in. また、上述したようにして求めた補正デューティーに応じて、レギュレーター12及び第1連通弁V1の何れか一方の調整のみ行ったり、両方で調整したりするようにしてもよい。 Further, according to the correction duty obtained as described above, and go only one of adjustment of the regulator 12 and the first communication-valve V1, it may be to adjust both.

また、本実施の形態では、レギュレーター12及び第1連通弁V1によって、インクカートリッジ10から第1サブタンク13に接続されるインク流路21aにおける圧力を調整するようにしたが、レギュレーター12及び第1連通弁V1の何れか一方のみ設けられた構成であっても実現可能である。 Further, in the present embodiment, the regulator 12 and the first communication-valve V1, but to adjust the pressure in the ink passage 21a to be connected from the ink cartridge 10 to the first sub-tank 13, regulators 12 and first communication a one only provided the structure of the valve V1 is also feasible.

また、本実施の形態では、活性光線により硬化する活性光線硬化型インクを使用したが、活性光線により硬化しないインクであってもよい。 Further, in this embodiment, using the active ray curable ink which is cured by actinic radiation may be ink which is not cured by actinic ray. また、本実施の形態では、ゾルゲル相転移するインクを使用したが、ゾルゲル相転移しないインクであってもよい。 Further, in this embodiment, using an ink transfer sol-gel phase, it may be ink which is not transferred sol-gel phase.

1 インクジェット記録装置10 インクカートリッジ11 コンプレッサー12 レギュレーター13 第1サブタンク(中間タンク) 1 inkjet recording apparatus 10 ink cartridge 11 compressor 12 regulator 13 first sub-tank (intermediate tank)
16 記録ヘッド17 制御部V1 第1連通弁(開閉部材) 16 recording head 17 control unit V1 first communication-valve (opening and closing member)

Claims (13)

  1. 記録ヘッドから記録媒体にインクを吐出して前記記録媒体上に画像を記録するインクジェット記録装置において、 In the ink jet recording apparatus for recording an image by ejecting ink onto a recording medium from a recording head onto the recording medium,
    前記記録ヘッドにインクを供給するためのインクを貯留する中間タンクと、 An intermediate tank for storing ink for supplying ink to said recording head,
    前記中間タンクとインク流路で連通するとともに前記中間タンクに供給するインクを貯留するインクカートリッジと、 An ink cartridge for storing ink to be supplied to the intermediate tank communicated with in the intermediate tank and the ink flow path,
    前記インク流路を加圧して前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクを送液する送液部と、 A feeding unit for feeding the ink to the intermediate tank from the ink cartridge to pressurize the ink flow path,
    所定の送液時間測定条件が成立したときに、前記中間タンクから排出するインクの量を検出し、所定の基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクが送液されるように前記送液部を制御し、前記中間タンクから排出された量のインクが前記基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液された時間を測定する送液時間測定制御、及び、前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて前記インク流路を加圧する際の圧力を補正して設定する圧力設定制御を行う制御部と、 When a predetermined liquid feed time measurement condition is satisfied, the detecting the amount of ink discharged from the intermediate tank, the feed so that the ink in the intermediate tank from the ink cartridge at a predetermined reference pressure is fed controls the liquid portion, the liquid feed time measurement control the amount of ink discharged from the intermediate tank to measure the time that is fed to the intermediate tank from the ink cartridge at the reference pressure, and, from the intermediate tank a control unit for correcting the pressure setting control for setting the pressure applied to the ink flow path on the basis of time and measured by the liquid feed time measurement control the amount of discharged ink,
    を備え、 Equipped with a,
    前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された圧力でインクを送液し、かつ前記インク流路を開閉する開閉部材を含み、 The liquid feed unit, the ink was fed to a predetermined pressure in the pressure setting control, and comprises an opening and closing member for opening and closing the ink flow path,
    前記制御部は、前記圧力設定制御において、前記開閉部材による前記インク流路の開放状態と閉止状態の時間の比率を示すデューティーを前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて補正して設定し、 Wherein the control unit is configured in the pressure setting control, the opening and closing member by the liquid feed time measurement control the amount of ink discharged duty from the intermediate tank showing the percentage of time in the open state and closed state of the ink flow path correcting the set based on time and measured by,
    前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された前記デューティーで前記開閉部材を開閉することを特徴とするインクジェット記録装置。 The liquid feed unit, an ink jet recording apparatus characterized by opening and closing the closing member in the duty set in the pressure setting control.
  2. 前記送液部は、前記インクカートリッジ内を加圧して前記インク流路の加圧を行う圧力制御部材を含み、 The feeding unit includes a pressure control member for pressurization of the ink flow path pressurizing in the ink cartridge,
    前記制御部は、前記圧力設定制御において、前記圧力制御部材による前記インクカートリッジ内への圧力を前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて補正して設定し、 Wherein, in the pressure setting control, based on a pressure to the ink cartridge by the pressure control member in the time measured by the amount and the liquid feed time measurement control of ink discharged from the intermediate tank correction to set,
    前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された圧力で前記圧力制御部材による前記インクカートリッジ内への加圧を行うことを特徴とする請求項1に記載のインクジェット記録装置。 The liquid feed unit, an ink jet recording apparatus according to claim 1, characterized in that the application of pressure to the ink cartridge by the pressure control member at the set pressure in the pressure setting control.
  3. 記録ヘッドから記録媒体にインクを吐出して前記記録媒体上に画像を記録するインクジェット記録装置において、 In the ink jet recording apparatus for recording an image by ejecting ink onto a recording medium from a recording head onto the recording medium,
    前記記録ヘッドにインクを供給するためのインクを貯留する中間タンクと、 An intermediate tank for storing ink for supplying ink to said recording head,
    前記中間タンクとインク流路で連通するとともに前記中間タンクに供給するインクを貯留するインクカートリッジと、 An ink cartridge for storing ink to be supplied to the intermediate tank communicated with in the intermediate tank and the ink flow path,
    前記インク流路を加圧して前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクを送液する送液部と、 A feeding unit for feeding the ink to the intermediate tank from the ink cartridge to pressurize the ink flow path,
    所定の送液時間測定条件が成立したときに、前記中間タンクから排出するインクの量を検出し、所定の基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクが送液されるように前記送液部を制御し、前記中間タンクから排出された量のインクが前記基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液された時間を測定する送液時間測定制御、及び、前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて前記インク流路を加圧する際の圧力を補正して設定する圧力設定制御を行う制御部と、 When a predetermined liquid feed time measurement condition is satisfied, the detecting the amount of ink discharged from the intermediate tank, the feed so that the ink in the intermediate tank from the ink cartridge at a predetermined reference pressure is fed controls the liquid portion, the liquid feed time measurement control the amount of ink discharged from the intermediate tank to measure the time that is fed to the intermediate tank from the ink cartridge at the reference pressure, and, from the intermediate tank a control unit for correcting the pressure setting control for setting the pressure applied to the ink flow path on the basis of time and measured by the liquid feed time measurement control the amount of discharged ink,
    を備え、 Equipped with a,
    前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された圧力でインクを送液し、かつ前記インクカートリッジ内を加圧して前記インク流路の加圧を行う圧力制御部材を含み、 The feeding unit includes a pressure control member, wherein by feeding the ink at the set pressure in the pressure setting control, and pressurizes the inside the ink cartridge performs pressurization of the ink flow path,
    前記制御部は、前記圧力設定制御において、前記圧力制御部材による前記インクカートリッジ内への圧力を前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて補正して設定し、 Wherein, in the pressure setting control, based on a pressure to the ink cartridge by the pressure control member in the time measured by the amount and the liquid feed time measurement control of ink discharged from the intermediate tank correction to set,
    前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された圧力で前記圧力制御部材による前記インクカートリッジ内への加圧を行うことを特徴とするインクジェット記録装置。 The liquid feed unit, an ink jet recording apparatus characterized by performing the application of pressure to the ink cartridge by the pressure control member at the set pressure in the pressure setting control.
  4. 前記インクカートリッジ内に所定の圧力で圧搾空気を送り込むコンプレッサーを備え、 Comprising a compressor for feeding compressed air at a predetermined pressure within the ink cartridge,
    前記圧力制御部材は、前記コンプレッサーから送り込まれた圧搾空気の圧力を制御して前記インクカートリッジ内を加圧することを特徴とする請求項2又は 3に記載のインクジェット記録装置。 Said pressure control member, an ink jet recording apparatus according to claim 2 or 3, characterized in that pressurizing the inside of the ink cartridge by controlling the pressure of the compressed air fed from the compressor.
  5. 前記中間タンク内のインク貯留量を検知する検知手段を有し、 It has a detection means for detecting the ink storage amount in the intermediate tank,
    前記制御部は、前記送液時間測定制御において、前記検知手段により所定のインク貯留量が検知された後に前記中間タンクからインクを排出させるとともに排出されたインクの量を検出し、前記検知手段により前記所定のインク貯留量が検知されるまで前記基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液した時間を測定することを特徴とする請求項1〜4の何れかに記載のインクジェット記録装置。 Wherein, in the liquid feed time measurement control, a predetermined ink storage amount detecting the amount of ink discharged together with discharging the ink from the intermediate tank after being detected by the detection means, by the detection means an ink jet recording apparatus according to claim 1, characterized by measuring the time which was fed into the intermediate tank from the ink cartridge in said reference pressure to a predetermined ink storage amount is detected .
  6. 記録ヘッドから記録媒体にインクを吐出して前記記録媒体上に画像を記録するインクジェット記録装置において、 In the ink jet recording apparatus for recording an image by ejecting ink onto a recording medium from a recording head onto the recording medium,
    前記記録ヘッドにインクを供給するためのインクを貯留する中間タンクと、 An intermediate tank for storing ink for supplying ink to said recording head,
    前記中間タンクとインク流路で連通するとともに前記中間タンクに供給するインクを貯留するインクカートリッジと、 An ink cartridge for storing ink to be supplied to the intermediate tank communicated with in the intermediate tank and the ink flow path,
    前記インク流路を加圧して前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクを送液する送液部と、 A feeding unit for feeding the ink to the intermediate tank from the ink cartridge to pressurize the ink flow path,
    所定の送液時間測定条件が成立したときに、前記中間タンクから排出するインクの量を検出し、所定の基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクが送液されるように前記送液部を制御し、前記中間タンクから排出された量のインクが前記基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液された時間を測定する送液時間測定制御、及び、前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて前記インク流路を加圧する際の圧力を補正して設定する圧力設定制御を行う制御部と、 When a predetermined liquid feed time measurement condition is satisfied, the detecting the amount of ink discharged from the intermediate tank, the feed so that the ink in the intermediate tank from the ink cartridge at a predetermined reference pressure is fed controls the liquid portion, the liquid feed time measurement control the amount of ink discharged from the intermediate tank to measure the time that is fed to the intermediate tank from the ink cartridge at the reference pressure, and, from the intermediate tank a control unit for correcting the pressure setting control for setting the pressure applied to the ink flow path on the basis of time and measured by the liquid feed time measurement control the amount of discharged ink,
    前記中間タンク内のインク貯留量を検知する検知手段と、 Detection means for detecting the ink storage amount in the intermediate tank,
    を備え、 Equipped with a,
    前記制御部は、前記送液時間測定制御において、前記検知手段により所定のインク貯留量が検知された後に前記中間タンクからインクを排出させるとともに排出されたインクの量を検出し、前記検知手段により前記所定のインク貯留量が検知されるまで前記基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液した時間を測定し、 Wherein, in the liquid feed time measurement control, a predetermined ink storage amount detecting the amount of ink discharged together with discharging the ink from the intermediate tank after being detected by the detection means, by the detection means measures the time the ink storage amount of the predetermined is fed to the intermediate tank from the ink cartridge at the reference pressure to be detected,
    前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された圧力でインクを送液することを特徴とするインクジェット記録装置。 The liquid feed unit, an ink jet recording apparatus characterized by feeding a ink set pressure in the pressure setting control.
  7. 前記インク流路とは別個に設けられ前記中間タンクと前記記録ヘッドとを連通する第2インク流路を備えることを特徴とする請求項1〜 の何れかに記載のインクジェット記録装置。 An ink jet recording apparatus according to any one of claims 1 to 6, characterized in that provided separately from said ink flow path comprising a second ink flow path communicating with said recording head and said intermediate tank.
  8. 前記送液部とは別個に前記第2インク流路に設けられ前記中間タンクから前記第2インク流路にインクを排出する第2送液部を備えることを特徴とする請求項に記載のインクジェット記録装置。 From the intermediate tank provided separately the second ink flow path and said liquid supply portion according to claim 7, characterized in that it comprises a second liquid supply portion for discharging the ink to the second ink flow path an ink jet recording apparatus.
  9. 記録ヘッドから記録媒体にインクを吐出して前記記録媒体上に画像を記録するインクジェット記録装置において、 In the ink jet recording apparatus for recording an image by ejecting ink onto a recording medium from a recording head onto the recording medium,
    前記記録ヘッドにインクを供給するためのインクを貯留する中間タンクと、 An intermediate tank for storing ink for supplying ink to said recording head,
    前記中間タンクとインク流路で連通するとともに前記中間タンクに供給するインクを貯留するインクカートリッジと、 An ink cartridge for storing ink to be supplied to the intermediate tank communicated with in the intermediate tank and the ink flow path,
    前記インク流路を加圧して前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクを送液する送液部と、 A feeding unit for feeding the ink to the intermediate tank from the ink cartridge to pressurize the ink flow path,
    所定の送液時間測定条件が成立したときに、前記中間タンクから排出するインクの量を検出し、所定の基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクにインクが送液されるように前記送液部を制御し、前記中間タンクから排出された量のインクが前記基準圧力にて前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液された時間を測定する送液時間測定制御、及び、前記中間タンクから排出されたインクの量と前記送液時間測定制御によって測定された時間とに基づいて前記インク流路を加圧する際の圧力を補正して設定する圧力設定制御を行う制御部と、 When a predetermined liquid feed time measurement condition is satisfied, the detecting the amount of ink discharged from the intermediate tank, the feed so that the ink in the intermediate tank from the ink cartridge at a predetermined reference pressure is fed controls the liquid portion, the liquid feed time measurement control the amount of ink discharged from the intermediate tank to measure the time that is fed to the intermediate tank from the ink cartridge at the reference pressure, and, from the intermediate tank a control unit for correcting the pressure setting control for setting the pressure applied to the ink flow path on the basis of time and measured by the liquid feed time measurement control the amount of discharged ink,
    前記インク流路とは別個に設けられ前記中間タンクと前記記録ヘッドとを連通する第2インク流路と、 A second ink flow path provided separately from said ink flow path for communicating the said intermediate tank said recording head,
    前記送液部とは別個に前記第2インク流路に設けられ前記中間タンクから前記第2インク流路にインクを排出する第2送液部と、 A second liquid supply portion for discharging the ink to the second ink flow path from the intermediate tank provided separately the second ink flow path and the liquid supply portion,
    を備え、 Equipped with a,
    前記送液部は、前記圧力設定制御において設定された圧力でインクを送液することを特徴とするインクジェット記録装置。 The liquid feed unit, an ink jet recording apparatus characterized by feeding a ink set pressure in the pressure setting control.
  10. 前記第2送液部は回転式ポンプを有し、該回転式ポンプの回転量に基づいて、前記送液時間測定制御において前記中間タンクから排出するインクの量を検出することを特徴とする請求項8又は9に記載のインクジェット記録装置。 Having said second liquid supply unit rotary pump, wherein based on the rotation amount of the rotary pump, and detects the amount of ink discharged from the intermediate tank in the liquid feed time measurement control the ink-jet recording apparatus according to claim 8 or 9.
  11. 前記制御部は、前記記録ヘッドのメンテナンス時、前記インクジェット記録装置の電源投入時、記録媒体への画像の所定記録回数毎、所定時間毎のうちの少なくともいずれかのタイミングで前記送液時間測定制御及び前記圧力設定制御を行うことを特徴とする請求項1〜 10の何れかに記載のインクジェット記録装置。 Wherein, during maintenance of the recording head when turning the said ink jet recording apparatus, a predetermined recording frequency of the image to the recording medium, wherein the liquid feed time measurement control at least one of the timing of the predetermined time intervals and an ink jet recording apparatus according to any one of claims 1 to 10, characterized in that the pressure setting control.
  12. 前記制御部は、前記圧力設定制御において、前記圧力の変化量と、前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液される単位時間当たりのインク量との関係を規定した情報を参照して前記圧力を補正して設定することを特徴とする請求項1〜 11の何れかに記載のインクジェット記録装置。 Wherein, in the pressure setting control, the variation of the pressure, a reference to the pressure information defines the relationship between the amount of ink per the unit is fed into the intermediate tank time from the ink cartridge an ink jet recording apparatus according to any one of claims 1 to 11, characterized in that for setting the correction to.
  13. 前記圧力の変化量と、前記インクカートリッジから前記中間タンクに送液される単位時間当たりのインク量との関係が前記インクの色毎に規定されていることを特徴とする請求項12に記載のインクジェット記録装置。 And the variation of the pressure from the ink cartridge according to claim 12, wherein the relationship between the ink amount per unit time is fed into the intermediate tank is defined for each color of the ink an ink jet recording apparatus.
JP2012104338A 2012-05-01 2012-05-01 An ink jet recording apparatus Active JP5874518B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012104338A JP5874518B2 (en) 2012-05-01 2012-05-01 An ink jet recording apparatus

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012104338A JP5874518B2 (en) 2012-05-01 2012-05-01 An ink jet recording apparatus

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013230631A true JP2013230631A (en) 2013-11-14
JP5874518B2 true JP5874518B2 (en) 2016-03-02

Family

ID=49677536

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012104338A Active JP5874518B2 (en) 2012-05-01 2012-05-01 An ink jet recording apparatus

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5874518B2 (en)

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11188895A (en) * 1997-12-26 1999-07-13 Canon Aptex Inc Ink jet printing apparatus
JP2000326523A (en) * 1999-05-24 2000-11-28 Canon Aptex Inc Ink jet recording apparatus
JP2005059476A (en) * 2003-08-18 2005-03-10 Dainippon Printing Co Ltd Ink feeding device
JP4716677B2 (en) * 2004-06-01 2011-07-06 キヤノンファインテック株式会社 The ink supply apparatus, recording apparatus, the ink supplying method, and a recording method
JP2006069176A (en) * 2004-09-06 2006-03-16 Hamada Printing Press Co Ltd Line dot recorder
JP4940809B2 (en) * 2005-07-27 2012-05-30 ブラザー工業株式会社 An ink jet recording apparatus
JP2007050565A (en) * 2005-08-16 2007-03-01 Fujifilm Corp Ink supply apparatus, inkjet recording device, and ink cartridge
JP4963572B2 (en) * 2006-07-05 2012-06-27 富士フイルム株式会社 Liquid supply apparatus, an image forming apparatus, and a liquid supply method
JP2010228112A (en) * 2009-03-25 2010-10-14 Konica Minolta Ij Technologies Inc Liquid droplet discharging device
JP2012016904A (en) * 2010-07-08 2012-01-26 Fuji Xerox Co Ltd Liquid supply controller, liquid droplet discharge device and liquid supply control program

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2013230631A (en) 2013-11-14 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5952401A (en) Ink for use in ink-jet recording
US5538549A (en) Recording ink having pigment particles
US20080180503A1 (en) Ink set for inkjet recording and inkjet recording method
EP1911814A1 (en) Methods for preparing curable pigment inkjet ink sets
EP2305762A1 (en) UV curable inkjet compositions for high-density print heads
JP2005126507A (en) Ink for inkjet and inkjet recording method using the same
WO2011065095A1 (en) Inkjet image forming method and inkjet ink set
JPH08218018A (en) Ink for ink jet recording, method for ink-jet recording using the same and recording device therefor
WO2013094198A1 (en) Active light-curable inkjet ink and image formation method using same
EP2335940A1 (en) Single pass inkjet printing method
EP2053104A1 (en) Radiation curable inkjet printing methods
JP2005126508A (en) Inkjet ink and inkjet recording method
JP2009083267A (en) Inkjet recording method
JP2005126509A (en) Ink for inkjet recording and inkjet recording method using the same
JP2013226745A (en) Image forming method
JPH07224241A (en) Ink, and method and apparatus for ink jet recording using the same
US20070257976A1 (en) Image Forming Method, Actinic Radiation Curable Ink-Jet Ink, and Ink, Jet Recording Apparatus
JP2010115791A (en) Image forming apparatus
JPH08218016A (en) Ink for ink-jet printing, device for producing ink-jet print using the same and production of ink-jet print
US20130141505A1 (en) Actinic energy radiation curable inkjet ink and actinic energy radiation curable inkjet recording method
US20140212634A1 (en) Active energy ray-curable inkjet ink composition and printed material using same
WO2010125854A1 (en) Active ray-curable inkjet ink, and inkjet image formation method
JP2007231082A (en) Ultraviolet-curable ink composition for ink-jet printing use
US20140333704A1 (en) Photocurable inkjet and image forming method using same
JP2012040760A (en) Inkjet recording method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140912

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150609

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150610

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150810

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20151127

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20151222

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20160104

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Ref document number: 5874518

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150