New! View global litigation for patent families

JP5860786B2 - The ink composition, inkjet recording method, printed material, and, bisacylphosphine oxide compounds - Google Patents

The ink composition, inkjet recording method, printed material, and, bisacylphosphine oxide compounds

Info

Publication number
JP5860786B2
JP5860786B2 JP2012215217A JP2012215217A JP5860786B2 JP 5860786 B2 JP5860786 B2 JP 5860786B2 JP 2012215217 A JP2012215217 A JP 2012215217A JP 2012215217 A JP2012215217 A JP 2012215217A JP 5860786 B2 JP5860786 B2 JP 5860786B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2012215217A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014070103A (en )
Inventor
玲子 深川
玲子 深川
Original Assignee
富士フイルム株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

本発明は、インク組成物、インクジェット記録方法、印刷物、及び、ビスアシルホスフィンオキシド化合物に関する。 The present invention relates to an ink composition, inkjet recording method, printed material, and a bisacylphosphine oxide compound.

近年、画像データ信号に基づき、記録媒体に画像を形成する画像記録方法として、インクジェット記録方法が注目されている。 Recently, based on image data signals, an image recording method for forming an image on a recording medium, ink jet recording method has attracted attention. インクジェット記録方法は、騒音が少なく、非常に微小な液滴を打滴することにより、高精彩な画像を低いランニングコストで記録できるといった利点を有するものである。 The ink jet recording method has less noise, by jetting very small droplets, and has an advantage of high-definition image can be recorded at a low running cost.
中でも、紫外線などの放射線の照射により硬化可能なインクジェット記録用インク組成物(放射線硬化型インクジェット記録用インク組成物)は、紫外線などの放射線の照射によりインク組成物の成分の大部分が硬化するため、溶剤系インク組成物と比べて乾燥性に優れ、また、画像が滲みにくいことから、種々の記録媒体に印字できる点で優れた方式である。 Among them, the curable inkjet recording ink composition by irradiation with radiation such as ultraviolet rays (radiation curing type inkjet recording ink composition), in order to cure the majority of the components of the ink composition by irradiation with radiation such as ultraviolet excellent drying properties compared to solvent-based ink composition, in addition, since the image is hard to blur, is an excellent method in that it can print on various recording media.
従来のインクジェットインク組成物としては、特許文献1が挙げられる。 The conventional ink jet ink compositions include US Pat.
また、従来のビスアシルホスフィンオキシド化合物としては、特許文献2又は3に記載された化合物が挙げられる。 As the conventional bisacylphosphine oxide compound include compounds described in Patent Document 2 or 3.

特表2011−500932号公報 JP-T 2011-500932 JP 特開2007−39453号公報 JP 2007-39453 JP 米国特許出願公開第2012/0142805号明細書 U.S. Patent Application Publication No. 2012/0142805 Pat

食品やおもちゃの用途としてインクジェットインクを用いる場合には、インク画像から揮発又は溶出する成分が全く無いか、あるいは非常に低いレベルでなければならない。 In the case of using the inkjet ink as applications for food and toys, components volatilized or eluted from the ink image must be devoid or, or very low levels. しかしながら、光硬化性インクジェットインクにおいては、未反応の開始剤や開始剤の分解物が膜中に低分子量のまま残り、揮発又は溶出してくるという問題点がある。 However, in the photocurable ink-jet ink, it remains low molecular weight degradation products of the initiator or initiator unreacted in the film, there is a problem that comes to volatilization or elution.
この問題点に対し、特許文献1は、重合可能開始剤を含むラジカル硬化性液を開示している。 For this problem, Patent Document 1 discloses a radical curable liquid containing the polymerizable initiator. また、特許文献1は、重合性官能基を有するアシルホスフィンオキサイド化合物を開示している。 Further, Patent Document 1 discloses an acylphosphine oxide compound having a polymerizable functional group. しかしながら、この化合物を用いた場合は、ホスフォノイルラジカルは膜に取り込まれるが、より反応性の低いベンゾイルラジカルが硬化膜に取り込まれず、結果としてベンズアルデヒド化合物が溶出してくるためにインク組成物の安全性が望まれるレベルに達せず、更に膜中に残存する低分子化合物によって基板への密着性が低下するという問題があった。 However, in the case of using the compound, phosphono-yl radical is incorporated into the film, less more reactive benzoyl radical is not taken into the cured film, as a result of the ink composition to benzaldehyde compound elutes not reach the level of security is desired, adhesion to the substrate is lowered by the low molecular weight compound further remaining in the film.
また、特許文献2では、重合可能な基を有するビスアシルホスフィンオキサイド化合物を含む歯科材料を開示している。 Further, Patent Document 2 discloses a dental material comprising a bisacylphosphine oxide compound having a polymerizable group. しかしながら、この文献に示される化合物をインク組成物として使用した場合には、重合速度が遅く、望まれる硬化感度が得られないという問題があった。 However, the compounds shown in this document when used as an ink composition, the polymerization rate is slow, there is a problem that the curing sensitivity is desired can not be obtained.
また、特許文献3には、重合性官能基を有するビスアシルホスフィンオキサイド化合物を含有するインク組成物が開示されている。 Further, Patent Document 3, an ink composition containing a bisacylphosphine oxide compound having a polymerizable functional group is disclosed. しかしながらこの化合物を用いた場合は、特許文献1と同様にベンズアルデヒド化合物が溶出してくるという問題があった。 However, when using this compound has a problem that likewise benzaldehyde compound as Patent Document 1 elutes.

本発明の目的は、記録媒体との密着性に優れ、硬化後のインク膜中成分の外部への溶出量(マイグレーション)が少なく、印刷物の臭気が抑制されたインク組成物、並びに、前記インク組成物を使用したインクジェット記録方法及び印刷物を提供することである。 An object of the present invention is excellent in adhesiveness to the recording medium, the elution amount to the outside of the ink film component after curing (migration) is less, the ink composition printed matter odor is suppressed, and the ink composition it is to provide an ink jet recording method and printed material using objects.
また、本発明の他の目的は、新規なビスアシルホスフィンオキシド化合物を提供することである。 Another object of the present invention is to provide a novel bis-acyl phosphine oxide compound.

本発明の上記課題は、下記の<1>又は<12>〜<15>に記載の手段により解決された。 The above object of the present invention has been solved by means described in <1> or <12> - <15> below. 好ましい実施態様である<2>〜<11>及び<16>と共に以下に記載する。 It is described below together with <2> described below with to <11> and <16>.
<1>アシル基に重合性官能基を有するビスアシルホスフィンオキシド化合物、及び、重合性化合物を含むことを特徴とするインク組成物、 <1> bisacylphosphine oxide compound having an acyl group at the polymerizable functional group, and an ink composition which comprises a polymerizable compound,
<2>前記ビスアシルホスフィンオキシド化合物が、下記式(1)で表される化合物である、上記<1>に記載のインク組成物、 <2> The bisacylphosphine oxide compound is a compound represented by the following formula (1), the ink composition according to the above <1>,

(式(1)中、R 1 〜R 6はそれぞれ独立に、水素原子、炭素数1〜4のアルキル基又は重合性官能基を有する基を表し、R 1 〜R 6のうち少なくとも1つは重合性官能基を有する基であり、R 7はアルキル基又はアリール基を表す。) (In the formula (1), in each of R 1 to R 6 independently represent a hydrogen atom, a group having an alkyl group or a polymerizable functional group having 1 to 4 carbon atoms, at least one of R 1 to R 6 is a group having a polymerizable functional group, R 7 represents an alkyl group or an aryl group.)

<3>前記R 1 〜R 6のうち少なくとも1つが、式(2)で表される重合性官能基を有する基である、上記<2>に記載のインク組成物、 <3> wherein at least one of the R 1 to R 6, a group having a polymerizable functional group represented by formula (2), the ink composition according to the above <2>,

(式(2)中、R 8は水素原子又はメチル基を表し、L 1は−COO−、−CONH−又はフェニレン基を表し、Xは二価の連結基を表し、L 2は−COO−又は−CONH−を表し、R 9は炭素数1〜4のアルキレン基を表し、nは0〜3の整数を表し、−*はベンゼン環との結合を表す。) (In the formula (2), R 8 represents a hydrogen atom or a methyl group, L 1 is -COO -, - CONH- or a phenylene group, X represents a divalent linking group, L 2 is -COO- or represents -CONH-, R 9 represents an alkylene group having 1 to 4 carbon atoms, n represents an integer of 0 to 3, - * represents a bond of benzene ring).

<4>前記Xが、炭素数1〜12の鎖状若しくは環状アルキレン基、炭素数2〜12の鎖状若しくは環状アルケニレン基、炭素数6〜12のアリーレン基、又は、1以上の前記環状アルキレン基、前記アルケニレン基及び/若しくはアリーレン基と1以上のエステル結合、エーテル結合若しくはウレタン結合とを組み合わせた二価の基である、上記<3>に記載のインク組成物、 <4> wherein X is a linear or cyclic alkylene group having 1 to 12 carbon atoms, chain or cyclic alkenylene group having 2 to 12 carbon atoms, an arylene group having 6 to 12 carbon atoms, or one or more of the cyclic alkylene group, wherein the alkenylene group and / or arylene groups and one or more ester bonds, a divalent group formed by combining an ether bond or a urethane bond, an ink composition according to <3>,
<5>前記R 9が−CH 2 −である、上記<3>又は<4>に記載のインク組成物、 <5> wherein R 9 is -CH 2 - is the above <3> or ink composition according to <4>,
<6>前記nが0である、上記<3>に記載のインク組成物、 <6> wherein n is 0, an ink composition according to <3>,
<7>前記R 7がフェニル基である、上記<2>〜<6>のいずれか1つに記載のインク組成物、 <7> wherein R 7 is a phenyl group, the <2> - ink composition according to any one of <6>,
<8>前記L 1が−COO−である、上記<3>〜<6>のいずれか1つに記載のインク組成物、 <8> wherein L 1 is -COO-, the <3> - The ink composition according to any one of <6>,
<9>前記R 8が水素原子である、上記<3>〜<6>及び<8>のいずれか1つに記載のインク組成物、 <9> wherein R 8 is a hydrogen atom, the <3> to <6> and the ink composition according to any one of <8>,
<10>インクジェットインク組成物である、上記<1>〜<9>のいずれか1つに記載のインク組成物、 <10> The inkjet ink composition, the <1> to ink composition according to any one of <9>,
<11>食品パッケージ印刷用インク組成物である、上記<1>〜<10>のいずれか1つに記載のインク組成物、 <11> is a food packaging printing ink compositions, the <1> to ink composition according to any one of <10>,
<12>(a 1 )記録媒体上に、上記<1>〜<11>のいずれか1つに記載のインク組成物を吐出する工程、及び、(b 1 )吐出されたインク組成物に活性放射線を照射して、前記インク組成物を硬化する工程、を含むことを特徴とするインクジェット記録方法、 <12> (a 1) on a recording medium, the <1> step of discharging the ink composition according to any one of to <11>, and activity (b 1) discharged ink composition radiation by irradiating ink jet recording method characterized by comprising the steps of curing the ink composition,
<13>上記<12>に記載のインクジェット記録方法を用いて作成された印刷物、 <13> the printed matter produced using the ink jet recording method according to the <12>,
<14>下記式(3)で表される化合物であることを特徴とするビスアシルホスフィンオキシド化合物、 <14> bisacylphosphine oxide compound which is a compound represented by the following formula (3),

(式(3)中、R 10 〜R 15はそれぞれ独立に、水素原子、炭素数1〜4のアルキル基又は−CH 2 Brを表し、R 10 〜R 15のうち少なくとも1つは−CH 2 Brであり、R 16は炭素数1〜20のアルキル基又は炭素数6〜12のアリール基を表す。) (In the formula (3), R 10 ~R 15 independently represents a hydrogen atom, an alkyl group or a -CH 2 Br 1 to 4 carbon atoms, at least one of R 10 to R 15 is -CH 2 a br, R 16 represents an alkyl group or an aryl group having 6 to 12 carbon atoms having 1 to 20 carbon atoms.)

<15>下記式(1')で表される化合物であることを特徴とするビスアシルホスフィンオキシド化合物、 <15> bisacylphosphine oxide compound which is a compound represented by the following formula (1 '),

(式(1')中、R 1 〜R 6はそれぞれ独立に、水素原子、炭素数1〜4のアルキル基又は式(4)で表される基を表し、R 1 〜R 6のうち少なくとも1つは式(4)で表される基であり、R 7はアルキル基又はアリール基を表す。) (In the formula (1 '), in each of R 1 to R 6 independently represent a hydrogen atom, a group represented by the alkyl group or the formula 1 to 4 carbon atoms (4), at least one of R 1 to R 6 one is a group represented by the formula (4), R 7 represents an alkyl group or an aryl group.)

(式(4)中、R 13は水素原子又はメチル基を表し、L 3は−COO−又は−CONH−を表し、−*はベンゼン環との結合を表す。) (In the formula (4), R 13 represents a hydrogen atom or a methyl group, L 3 represents a -COO- or -CONH-, - * represents a bond with the benzene ring.)

<16>前記R 1 〜R 6がそれぞれ独立に、メチル基又は式(4)で表される基であり、かつ前記R 7がフェニル基である、上記<15>に記載のビスアシルホスフィンオキシド化合物、 <16> to the R 1 to R 6 are each independently a group represented by a methyl group, or the formula (4), and wherein R 7 is a phenyl group, bisacylphosphine oxides according to the above <15> Compound,
<17>前記L 3が−COO−である、上記<15>又は<16>に記載のビスアシルホスフィンオキシド化合物、 <17> wherein L 3 is -COO-, the <15> or bisacylphosphine oxide compounds described in <16>,
<18>前記R 13が水素原子である、上記<15>〜<17>のいずれか1つに記載のビスアシルホスフィンオキシド化合物。 <18> wherein R 13 is a hydrogen atom, the <15> ~ bisacylphosphine oxide compound according to any one of <17>.

本発明によれば、記録媒体との密着性に優れ、硬化後のインク膜中成分の外部への溶出量(マイグレーション)が少なく、印刷物の臭気が抑制されたインク組成物、並びに、前記インク組成物を使用したインクジェット記録方法及び印刷物を提供することができる。 According to the present invention, excellent adhesion to the recording medium, the elution amount to the outside of the ink film component after curing (migration) is less, the ink composition printed matter odor is suppressed, and the ink composition it is possible to provide an ink jet recording method and printed material using objects.
また、本発明によれば、新規なビスアシルホスフィンオキシド化合物を提供することができる。 Further, according to the present invention, it is possible to provide a novel bis-acyl phosphine oxide compound.

本発明に好適に用いられるインクジェット記録装置の一例を示す概略模式図である。 It is a schematic diagram illustrating an example of an ink-jet recording apparatus suitably used in the present invention.

以下、本発明について詳細に説明する。 Hereinafter, the present invention will be described in detail.
なお、本明細書中、「xx〜yy」の記載は、xx及びyyを含む数値範囲を表す。 In the present specification, the description of "xx~yy" represents a numerical range including xx and yy.
「(メタ)アクリレート」等は、「アクリレート及び/又はメタクリレート」等と同義であり、以下同様とする。 And "(meth) acrylate" is synonymous with such "acrylate and / or methacrylate", and so forth.
また、本発明において、「質量%」と「重量%」とは同義であり、「質量部」と「重量部」とは同義である。 Further, in the present invention, it is synonymous and "% by mass" and "% by weight", and "part by weight" and "parts by weight" are synonymous.
以下、本発明を詳細に説明する。 The present invention will be described in detail.

(インク組成物) (Ink composition)
本発明のインク組成物は、アシル基に重合性官能基を有するビスアシルホスフィンオキシド化合物、及び、重合性化合物を含むことを特徴とする。 The ink composition of the present invention, bisacylphosphine oxide compound having a polymerizable functional group into an acyl group, and characterized in that it contains a polymerizable compound.
本発明のインク組成物は、活性線により硬化可能なインク組成物である。 The ink composition of the present invention is a curable ink composition by actinic radiation. 「活性線」とは、その照射によりインク組成物中に開始種を発生させるエネルギーを付与できる放射線であり、α線、γ線、X線、紫外線、可視光線、電子線などを包含する。 By "actinic radiation" encompasses a radiation that can provide energy that enables an initiating species to be generated in the ink composition when irradiated, alpha rays, gamma rays, X-rays, ultraviolet rays, visible rays, and electron beams. 中でも、硬化感度及び装置の入手容易性の観点から紫外線及び電子線が好ましく、紫外線がより好ましい。 Among them, ultraviolet rays and electron beams are preferable from the viewpoint of curing sensitivity and easy availability of apparatus, UV is more preferable.
また、本発明のインク組成物は、活性放射線硬化型のインク組成物であり、油性インク組成物であることが好ましい。 The ink composition of the present invention is a radiation-curable ink composition, it is preferable that the oil-based ink composition. 本発明のインク組成物は、水及び揮発性溶剤をできるだけ含有しないことが好ましく、含有していたとしても、インク組成物の全質量に対し、5質量%以下であることが好ましく、1質量%以下であることがより好ましく、0.5質量%以下であることが更に好ましい。 The ink composition of the present invention preferably does not contain as much as possible of water and volatile solvents, even contained, relative to the total weight of the ink composition is preferably not more than 5 wt%, 1 wt% more preferably less, and more preferably not more than 0.5 mass%.
また、本発明のインク組成物は、インクジェット記録用インク組成物(「インクジェットインク組成物」ともいう。)として好適に用いることができる。 The ink composition of the present invention, an inkjet recording ink composition (also referred to as "ink-jet ink composition".) As can be preferably used.
更に、本発明のインク組成物は、パッケージ印刷用インク組成物として好適に用いることができ、パッケージ印刷用インクジェットインク組成物としてより好適に用いることができる。 Furthermore, the ink composition of the present invention can be suitably used as a package printing ink compositions can be used more suitably as a package for printing ink-jet ink composition.

ビスアシルホスフィンオキシド化合物は、光によって分解し、ベンゾイルラジカルとフォスフィノイルラジカルとを生成するが、その反応性はベンゾイルラジカルがより低い。 Bisacylphosphine oxide compound decomposes by light, but generates a benzoyl radical and phosphinothricin-yl radical, the reactivity is lower benzoyl radical. このため、硬化後のインク膜には、硬化に関与しなかった未反応のベンゾイルラジカルから生成したベンズアルデヒド化合物が多量に残存する。 Therefore, the ink film after curing, benzaldehyde compound formed from unreacted benzoyl radicals not involved in curing a large amount remains. また、全ての開始剤が分解することはなく、未反応のビスアシルホスフィンオキシド化合物も存在する。 Also, instead that all of the initiator decomposes, there bisacylphosphine oxide compound unreacted.
本発明者が詳細な検討を行った結果、アシル基に重合性官能基を有するビスアシルホスフィンオキシド化合物をインク組成物に用いることで、残存しやすい前述の二つの化合物が重合性化合物とともに膜に取り込まれるため、当該インク組成物により形成された画像から溶出する低分子化合物の量及び画像から生じる臭気を低減することが可能であることを見出した。 The inventors of the present inventors have made a detailed study, the bisacylphosphine oxide compound having a polymerizable functional group in the acyl group by using the ink composition, two compounds remaining easy aforementioned membrane with a polymerizable compound since captured was found that it is possible to reduce the odors resulting from the amount and the image of the low-molecular compound eluted from the image formed by the ink composition.
例えば、従来の活性線硬化型のインクジェット印刷により得た印刷物は、硬化膜から未反応の重合開始剤、重合開始剤残渣等が移動するという問題があり、特に、食品包装用等のパッケージ印刷に使用する場合には、パッケージ内包物に転写する量、いわゆる、マイグレーション(溶出、転移)量が多いという問題があった。 For example, the printed matter obtained by the ink jet printing of a conventional active ray curing type, polymerization initiators of unreacted cured film, there is a problem that the polymerization initiator residue or the like is moved, in particular, to a package printing such as food packaging If used, the amount to be transferred to the package inclusions, so-called migration (elution, metastasis) amount is disadvantageously large. また、硬化膜の臭気が強く、内包物や周囲の食品に臭いが移るという問題もあった。 Also, the odor of the cured film is strong, there was also inclusions and around the food problem of smell moves to. 更に、低分子化合物が膜中に残存することで、膜の強度が低下し、支持体との密着性が低下するという問題もあった。 Furthermore, low-molecular compounds that remain in the film, the strength of the film decreases, adhesion to the support was also lowered.
本発明のインク組成物を用いることにより、記録媒体との密着性に優れるだけでなく、膜中成分の外部への溶出量(マイグレーション)が少なく、印刷物の臭気が抑制された印刷物を提供することができる。 By using the ink composition of the present invention, not only excellent in adhesiveness to the recording medium, the elution amount to the outside of the membrane component (migration) is less, and a printed material printed matter odor was suppressed can.
以下、本発明のインク組成物について、詳細に説明する。 Hereinafter, the ink composition of the present invention will be described in detail.

<アシル基に重合性官能基を有するビスアシルホスフィンオキシド化合物> <Bisacylphosphine oxide compound having a polymerizable functional group into an acyl group>
本発明のインク組成物は、アシル基に重合性官能基を有するビスアシルホスフィンオキシド化合物(以下、「特定重合開始剤」ともいう。)を含む。 The ink composition of the present invention, bisacylphosphine oxide compound having a polymerizable functional group into an acyl group (hereinafter also referred to as "specific polymerization initiator".) Including.
特定重合開始剤は、リン原子に結合する2つのアシル基の少なくとも1つに重合性官能基を有する。 Specific polymerization initiator has at least one polymerizable functional group of the two acyl groups attached to the phosphorus atom.
重合性官能基の結合位置は、アシル基の任意の位置に結合することができる。 Bonding position of polymerizable functional groups can be attached to any position of the acyl group.
特定重合開始剤が有するアシル基は、脂肪族アシル基であっても、芳香族アシル基であってもよいが、芳香族アシル基であることが好ましく、置換基を有していてもよい、重合性官能基が直接又は連結基を介して結合したベンゾイル基であることがより好ましい。 Acyl groups having a specific polymerization initiator may be an aliphatic acyl group may be an aromatic acyl group, but preferably an aromatic acyl group, which may have a substituent, more preferably the polymerizable functional group is a benzoyl group bonded directly or through a linking group.
また、前記アシル基が前記ベンゾイル基である場合、重合性官能基が直接又は連結基を介して結合する位置は、ベンゼン環上のカルボニル基の結合位置を1位として、2位、4位及び/又は6位であることが好ましく、また、製造適性の観点から、少なくとも4位であることが好ましい。 Further, if the acyl group is said benzoyl group, a position polymerizable functional group is attached directly or via a linking group as position 1 the bonding position of the carbonyl group on the benzene ring, 2-position, 4-position and is preferably / or 6-position, also from the viewpoint of production suitability, it is preferable that at least the 4-position.
また、特定重合開始剤においては、リン原子に結合する2つのアシル基がそれぞれ重合性官能基を有していてもよい。 Further, in certain polymerization initiators, two acyl groups attached to the phosphorus atom each may have a polymerizable functional group.

特定重合開始剤が有する重合性官能基の数は、硬化の際に生じる膜の収縮が起こりにくい観点からは、1であることが好ましく、また、硬化速度及び密着性の観点からは、2、3又は4であることが好ましい。 Certain number of polymerizable functional groups of the polymerization initiator having from shrinkage is unlikely to occur in view of the film occurring during the curing is preferably 1, also from the viewpoint of curing rate and adhesion, 2, it is preferably 3 or 4.
また、前記アシル基が重合性官能基を有する場合、その重合性官能基の数は、1以上であればよく、1〜3であることが好ましく、1又は2であることがより好ましく、1であることが更に好ましい。 Further, if the acyl group having a polymerizable functional group, the number of the polymerizable functional group may be one or more, preferably 1 to 3, more preferably 1 or 2, 1 still more preferably.
また、前記アシル基が前記ベンゾイル基であり、かつ重合性官能基の数が2〜4である場合には、重合性官能基が直接又は連結基を介して結合する位置は、ベンゼン環上のカルボニル基の結合位置を1位として、少なくとも2位及び4位であることが好ましい。 Also, a said acyl group is the benzoyl group, and when the number of the polymerizable functional group is a 2-4 position polymerizable functional group is attached directly or via a linking group on the benzene ring as 1-position of the bonding position of the carbonyl group, it is preferably at least 2 and 4 positions.

特定重合開始剤におけるアシル基は、直接又は連結基を介して結合した重合性官能基を有する以外に、任意の置換基を有することができる。 Acyl group in particular polymerization initiators, in addition to having a polymerizable functional group bonded directly or through a linking group may have a substituent. 置換基としては、アルキル基、及び、アルコキシ基が好ましく挙げられ、炭素数1〜4のアルキル基、及び、炭素数1〜4のアルコキシ基がより好ましく挙げられ、メチル基が特に好ましく挙げられる。 Examples of the substituent include an alkyl group and, an alkoxy group are preferably exemplified, an alkyl group having 1 to 4 carbon atoms, and, include more preferably an alkoxy group having 1 to 4 carbon atoms, a methyl group particularly preferred.
また、前記連結基としては、炭素数1〜12の鎖状若しくは環状アルキレン基、炭素数2〜12の鎖状若しくは環状アルケニレン基、炭素数6〜12のアリーレン基、又は、1以上の前記アルキレン基、前記アルケニレン基及び/若しくはアリーレン基と1以上のエステル結合、エーテル結合若しくはウレタン結合とを組み合わせた二価の基であることが好ましく、炭素数1〜8の鎖状若しくは環状アルキレン基、炭素数6〜12のアリーレン基、又は、1以上の前記アルキレン基及び/若しくはアリーレン基と1以上のエステル結合、エーテル結合若しくはウレタン結合とを組み合わせた二価の基であることがより好ましく、炭素数1〜8の鎖状アルキレン基、又は、1以上の炭素数1〜8の鎖状アルキレン基と1以上のエステル結合を組 Further, as the connecting group, a chain or cyclic alkylene group having 1 to 12 carbon atoms, chain or cyclic alkenylene group having 2 to 12 carbon atoms, an arylene group having 6 to 12 carbon atoms, or one or more of the alkylene group, wherein the alkenylene group and / or arylene groups and one or more ester bonds, is preferably a divalent group formed by combining an ether bond or a urethane bond, a chain or cyclic alkylene group having 1 to 8 carbon atoms, carbon number 6-12 arylene group, or one or more of the alkylene group and / or arylene groups and one or more ester bonds, more preferably a divalent group formed by combining an ether bond or a urethane bond, carbon atoms 1-8 chain alkylene group, or one or more chain alkylene group having 1 to 8 carbon atoms and 1 or more ester bonds pairs 合わせた二価の基であることが更に好ましく、メチレン基であることが特に好ましい。 More preferably combined a divalent group, and particularly preferably a methylene group. また、前記連結基の炭素数は、1〜40であることが好ましく、1〜20であることがより好ましく、1〜12であることが更に好ましい。 The number of carbon atoms of the linking group is preferably from 1 to 40, more preferably 1 to 20, and more preferably 1-12.

本発明における重合性官能基には、アニオン重合性基、カチオン重合性基、及び、ラジカル重合性基が含まれる。 Polymerizable functional group in the present invention include anionic polymerizable group, a cationic polymerizable group, and include a radical polymerizable group. 特定重合開始剤が2以上の重合性官能基を有する場合、それぞれの重合性官能基は同じであっても、異なっていてもよいが、製造適性の観点からは、同じであることが好ましい。 If a specific polymerization initiator has two or more polymerizable functional groups, each of the polymerizable functional group be the same or may be different, from the viewpoint of production suitability, it is preferably the same.
アニオン重合性官能基としては、(メタ)アクリロイル基、(メタ)アクリルアミド基、スチリル基、共役ポリエン基、マレエート基、フマレート基、マレイミド基、イタコン酸残基、ビニルケトン基、ハロゲン化ビニル基、シアン化ビニル基、シアノ(メタ)アクリレート基、ニトロ化ビニル基及びエポキシ基が挙げられる。 Examples of the anionic polymerizable functional group, (meth) acryloyl group, (meth) acrylamide group, a styryl group, conjugated polyene group, maleate group, fumarate group, a maleimide group, itaconic acid residue, vinyl ketone group, halogenated vinyl group, cyan vinyl group, a cyano (meth) acrylate group, a nitro vinyl group and an epoxy group.
カチオン重合性官能基としては、スチリル基、エポキシ基、ビニルエーテル基及びオキセタン基が挙げられる。 The cationic polymerizable functional group, a styryl group, an epoxy group, and a vinyl ether group and oxetane group.
ラジカル重合性官能基としては、(メタ)アクリロイル基、(メタ)アクリルアミド基、(メタ)アリル基、スチリル基及びマレイミド基などが挙げられる。 Examples of the radical polymerizable functional group, (meth) acryloyl group, (meth) acrylamide group, and (meth) allyl group, a styryl group and a maleimide group.
これらの中でも、前記重合性官能基は、硬化速度の観点から、エチレン性不飽和結合を有する基であることが好ましく、ラジカル重合性官能基がより好ましく、(メタ)アクリロイル基であることが更に好ましい。 Among them, the polymerizable functional group, from the viewpoint of curing rate, is preferably a group having an ethylenically unsaturated bond, more preferably a radical polymerizable functional group, further a (meth) acryloyl groups preferable.
特定重合開始剤は、下記式(1)で表される化合物であることが好ましい。 Specific polymerization initiator is preferably a compound represented by the following formula (1).

(式(1)中、R 1 〜R 6はそれぞれ独立に、水素原子、炭素数1〜4のアルキル基又は重合性官能基を有する基を表し、R 1 〜R 6のうち少なくとも1つは重合性官能基を有する基であり、R 7はアルキル基又はアリール基を表す。) (In the formula (1), in each of R 1 to R 6 independently represent a hydrogen atom, a group having an alkyl group or a polymerizable functional group having 1 to 4 carbon atoms, at least one of R 1 to R 6 is a group having a polymerizable functional group, R 7 represents an alkyl group or an aryl group.)

1 〜R 6はそれぞれ独立に、水素原子、メチル基又は重合性官能基を有する基であることが好ましく、メチル基又は重合性官能基を有する基であることがより好ましい。 R 1 to R 6 are each independently a hydrogen atom, is preferably a group having a methyl group or a polymerizable functional group, more preferably a group having a methyl group or a polymerizable functional group. 上記態様であると、膜中成分のマイグレーションがより少なく、臭気がより抑制された印刷物が得られる。 When in this manner, fewer migrating in the film component, the odor is further suppressed thereby obtaining a printed matter.
更に、式(1)において、重合性官能基を有する基は、重合性官能基を1つのみ有していても、2つ以上有していてもよいが、重合性官能基を有する基における重合性官能基の数は、1〜3であることが好ましく、1又は2であることがより好ましく、1であることが更に好ましい。 Further, in the formula (1), groups having a polymerizable functional group, have only one polymerizable functional group, may have two or more, but in the group having a polymerizable functional group the number of the polymerizable functional group is preferably from 1 to 3, more preferably 1 or 2, more preferably 1.
7は、炭素数1〜20のアルキル基又は炭素数6〜20のアリール基であることが好ましく、炭素数1〜12のアルキル基又は炭素数6〜12のアリール基であることがより好ましく、炭素数6〜12のアリール基であることが更に好ましく、フェニル基であることが特に好ましい。 R 7 is preferably an alkyl group or an aryl group having 6 to 20 carbon atoms having 1 to 20 carbon atoms, more preferably an alkyl group or an aryl group having 6 to 12 carbon atoms having 1 to 12 carbon atoms , more preferably an aryl group having 6 to 12 carbon atoms, particularly preferably a phenyl group. 上記アルキル基及びアリール基は、置換されていてもよい。 The alkyl group and aryl group may be substituted. 置換基としては、アルキル基、アルコキシ基、アリール基及びハロゲン原子が挙げられる。 Examples of the substituent include an alkyl group, an alkoxy group, an aryl group and a halogen atom.
また、R 1 〜R 6における重合性官能基を有する基としては、式(2)で表される基であることが好ましい。 As the group having a polymerizable functional group in R 1 to R 6, is preferably a group represented by the formula (2). 式(1)中に式(2)で表される基が複数存在する場合、式(2)で表される基は、互いに異なっていても同じであってもよいが、同じであることが好ましい。 If the group represented by the formula (2) in formula (1) there are a plurality, that a group represented by the formula (2), which may be the same or different from each other, the same preferable.

(式(2)中、R 8は水素原子又はメチル基を表し、L 1は−COO−、−CONH−又はフェニレン基を表し、Xは二価の連結基を表し、L 2は−COO−又は−CONH−を表し、R 9は炭素数1〜4のアルキレン基を表し、nは0〜3の整数を表し、*はベンゼン環との結合位置を表す。) (In the formula (2), R 8 represents a hydrogen atom or a methyl group, L 1 is -COO -, - CONH- or a phenylene group, X represents a divalent linking group, L 2 is -COO- or represents -CONH-, R 9 represents an alkylene group having 1 to 4 carbon atoms, n represents an integer of 0 to 3, * represents a bonding position of the benzene ring.)

8は、水素原子であることが好ましい。 R 8 is preferably a hydrogen atom.
1は、−COO−又は−CONH−であることが好ましく、−COO−であることがより好ましい。 L 1 is preferably -COO- or -CONH- is, more preferably -COO-.
1及びL 2における−COO−、−CONH−の結合の向きは、いずれの向きで結合してもよいが、L 1においては、−COO−又は−CONH−のカルボニル基がエチレン性不飽和結合と結合していることが好ましい。 L 1 and -COO in L 2 -, - binding orientation of CONH-, which may be attached at any orientation, in L 1, -COO- or a carbonyl group -CONH- ethylenically unsaturated it is preferred to bind to bound.
Xは、二価の連結基であれば特に制限はないが、炭素数1〜12の鎖状若しくは環状アルキレン基、炭素数2〜12の鎖状若しくは環状アルケニレン基、炭素数6〜12のアリーレン基、又は、1以上の前記アルキレン基、前記アルケニレン基及び/若しくはアリーレン基と1以上のエステル結合、エーテル結合若しくはウレタン結合とを組み合わせた二価の基であることが好ましく、炭素数1〜12の鎖状若しくは環状アルキレン基、炭素数6〜12のアリーレン基、又は、1以上の前記アルキレン基及び/若しくはアリーレン基と1以上のエステル結合、エーテル結合若しくはウレタン結合とを組み合わせた二価の基であることがより好ましく、炭素数2〜8の鎖状アルキレン基、又は、1以上の炭素数1〜8の鎖状アルキレン基と1以 X is not particularly limited as long as it is a divalent linking group, chain or cyclic alkylene group having 1 to 12 carbon atoms, chain or cyclic alkenylene group having 2 to 12 carbon atoms, arylene having 6 to 12 carbon atoms group, or one or more of the alkylene group is preferably the alkenylene group and / or arylene groups and one or more ester bonds, a divalent group formed by combining an ether bond or a urethane bond, a carbon number 1 to 12 chain or cyclic alkylene group, an arylene group having 6 to 12 carbon atoms, or one or more of the alkylene group and / or arylene groups and one or more ester bond, a divalent group formed by combining an ether bond or a urethane bond more preferably a chain alkylene group having 2 to 8 carbon atoms, or, one or more chain alkylene group having 1 to 8 carbon atoms and 1 or more のエステル結合を組み合わせた二価の基であることが更に好ましい。 It is further preferred combination of ester bonds is a divalent group.
また、Xは、分子量が小さいほうがインク組成物への添加量(質量%)あたりの硬化性の観点から好ましい。 Also, X is, the amount of more molecular weight is small to the ink composition from the viewpoint of (mass%) per curability. 具体的には、Xの分子量は、290以下であることが好ましく、170以下であることが好ましく、80以下であることが更に好ましい。 Specifically, the molecular weight of X is preferably 290 or less, preferably 170 or less, still more preferably 80 or less. また、14以上であることが好ましい。 It is also preferable is 14 or more.
9は、メチレン基であることが好ましい。 R 9 is preferably a methylene group.
nは、0であることがインク組成物への添加量(質量%)あたりの硬化性の観点から好ましい。 n is preferably from the viewpoint of curability per amount of the ink composition (wt%) 0.

アシル基に重合性官能基を有するビスアシルホスフィンオキシド化合物の具体例を下記に示すが、これらに限定されるものではない。 Specific examples of bisacylphosphine oxide compounds having a polymerizable functional group in the acyl group shown below, but the invention is not limited thereto.

本発明のインク組成物におけるアシル基に重合性官能基を有するビスアシルホスフィンオキシド化合物の含有量については、特に制限はないが、インク組成物の全量に対して、0.1〜20質量%であることが好ましく、1〜15質量%であることがより好ましい。 The content of bisacylphosphine oxide compound having a polymerizable functional group in the acyl group in the ink composition of the present invention is not particularly limited, the total amount of the ink composition, 0.1 to 20 wt% preferably there, and more preferably 1 to 15 mass%.

<重合性化合物> <Polymerizable Compound>
本発明のインク組成物は、重合性化合物(単に「モノマー」又は「重合性モノマー」ともいう。)を含む。 The ink composition of the invention contains a polymerizable compound (also referred to simply as "monomer" or "polymerizable monomer".).
重合性化合物としては、何らかのエネルギー付与により重合反応を生起し、硬化する化合物であれば特に制限はなく、モノマー、オリゴマー、ポリマーの種を問わず使用することができるが、特に、所望により添加される重合開始剤から発生する開始種により重合反応を生起する、ラジカル重合性モノマーとして知られる各種公知の重合性のモノマーが好ましい。 As the polymerizable compound, to rise to the polymerization reaction by the application of some type of energy is not limited particularly as long as it is a compound that cures, monomer, oligomer, can be used regardless of the type of polymer, are added particularly, if desired that by an initiating species generated from a polymerization initiator to occur polymerization reaction, various known polymerizable monomers known as radically polymerizable monomers are preferred.

重合性化合物は、反応速度、硬化膜物性、インク組成物の物性等を調整する目的で、1種又は複数を混合して用いることができる。 Polymerizable compound, reaction rate, physical properties of the cured film, for the purpose of adjusting the physical properties of the ink composition, can be used by mixing one or more of. また、重合性化合物は、単官能化合物であっても、多官能化合物であってもよい。 The polymerizable compound may be a monofunctional compound, or may be a polyfunctional compound. 単官能重合性化合物の割合が大きいと硬化物は柔軟なものになりやすく、多官能重合性化合物の割合が大きいと硬化性に優れる傾向がある。 Cured product ratio of the monofunctional polymerizable compound is large tends to be flexible, tends to excellent curability and the proportion of the polyfunctional polymerizable compound is large. したがって、単官能重合性化合物と多官能重合性化合物との割合は用途に応じて任意に決定されるものである。 Accordingly, the ratio of the monofunctional polymerizable compound and the polyfunctional polymerizable compound is to be determined arbitrarily depending on the application.

重合性化合物としては、光ラジカル開始剤から発生する開始種により重合反応を生じる各種公知のラジカル重合性のモノマーを使用することもできる。 As the polymerizable compound, it is also possible to use various known radical polymerizable monomers that cause a polymerization reaction by an initiating species generated from a photoradical initiator.
ラジカル重合性モノマーとしては、(メタ)アクリレート類、(メタ)アクリルアミド類、芳香族ビニル類、等が挙げられる。 Examples of the radical polymerizable monomer, (meth) acrylates, (meth) acrylamides, aromatic vinyls, and the like. なお、本明細書において「アクリレート」、「メタクリレート」の双方或いはいずれかを指す場合「(メタ)アクリレート」と、「アクリル」、「メタクリル」の双方或いはいずれかを指す場合「(メタ)アクリル」と、それぞれ記載することがある。 Incidentally, "acrylate" as used herein, when referring to both or either "methacrylate" and "(meth) acrylate", "acrylic", when referring to both or either of "methacryl", "(meth) acrylic" When, may be described, respectively.

ラジカル重合性モノマーとして用いられる(メタ)アクリレート類としては、例えば、単官能(メタ)アクリレート、二官能の(メタ)アクリレート、三官能の(メタ)アクリレート、四官能の(メタ)アクリレート、五官能の(メタ)アクリレート、六官能の(メタ)アクリレートなどが挙げられる。 The (meth) acrylates used as the radically polymerizable monomer, for example, monofunctional (meth) acrylate, difunctional (meth) acrylate, trifunctional (meth) acrylates, tetrafunctional (meth) acrylates, penta-functional the (meth) acrylate, and (meth) acrylate hexafunctional.

単官能(メタ)アクリレートとしては、例えば、ヘキシル(メタ)アクリレート、2−エチルヘキシル(メタ)アクリレート、tert−オクチル(メタ)アクリレート、イソアミル(メタ)アクリレート、デシル(メタ)アクリレート、イソデシル(メタ)アクリレート、ステアリル(メタ)アクリレート、イソステアリル(メタ)アクリレート、シクロヘキシル(メタ)アクリレート、4−n−ブチルシクロヘキシル(メタ)アクリレート、ボルニル(メタ)アクリレート、イソボルニル(メタ)アクリレート、ベンジル(メタ)アクリレート、2−エチルヘキシルジグリコール(メタ)アクリレート、ブトキシエチル(メタ)アクリレート、2−クロロエチル(メタ)アクリレート、4−ブロモブチル(メタ)アクリレート、シアノエ Examples of the monofunctional (meth) acrylates, e.g., hexyl (meth) acrylate, 2-ethylhexyl (meth) acrylate, tert- octyl (meth) acrylate, isoamyl (meth) acrylate, decyl (meth) acrylate, isodecyl (meth) acrylate , stearyl (meth) acrylate, isostearyl (meth) acrylate, cyclohexyl (meth) acrylate, 4-n-butylcyclohexyl (meth) acrylate, bornyl (meth) acrylate, isobornyl (meth) acrylate, benzyl (meth) acrylate, 2 - ethylhexyl diglycol (meth) acrylate, butoxyethyl (meth) acrylate, 2-chloroethyl (meth) acrylate, 4-bromobutyl (meth) acrylate, Shianoe ル(メタ)アクリレート、ベンジル(メタ)アクリレート、ブトキシメチル(メタ)アクリレート、3−メトキシブチル(メタ)アクリレート、2−(2−メトキシエトキシ)エチル(メタ)アクリレート、2−(2−ブトキシエトキシ)エチル(メタ)アクリレート、2,2,2−テトラフルオロエチル(メタ)アクリレート、1H,1H,2H,2H−パーフルオロデシル(メタ)アクリレート、4−ブチルフェニル(メタ)アクリレート、フェニル(メタ)アクリレート、2,4,5−テトラメチルフェニル(メタ)アクリレート、4−クロロフェニル(メタ)アクリレート、フェノキシメチル(メタ)アクリレート、フェノキシエチル(メタ)アクリレート、グリシジル(メタ)アクリレート、グリシジロキシブチル(メタ)アク Le (meth) acrylate, benzyl (meth) acrylate, butoxymethyl (meth) acrylate, 3-methoxybutyl (meth) acrylate, 2- (2-methoxyethoxy) ethyl (meth) acrylate, 2- (2-butoxyethoxy) ethyl (meth) acrylate, 2,2,2-tetrafluoroethyl (meth) acrylate, IH, IH, 2H, 2H-perfluoro-decyl (meth) acrylate, 4-butylphenyl (meth) acrylate, phenyl (meth) acrylate , 2,4,5-tetramethyl-phenyl (meth) acrylate, 4-chlorophenyl (meth) acrylate, phenoxymethyl (meth) acrylate, phenoxyethyl (meth) acrylate, glycidyl (meth) acrylate, glycidyl Giro carboxybutyl (meth) Aku レート、グリシジロキシエチル(メタ)アクリレート、グリシジロキシプロピル(メタ)アクリレート、テトラヒドロフルフリル(メタ)アクリレート、2−ヒドロキシエチル(メタ)アクリレート、3−ヒドロキシプロピル(メタ)アクリレート、2−ヒドロキシプロピル(メタ)アクリレート、2−ヒドロキシブチル(メタ)アクリレート、 Rate, glycidyl Giro carboxyethyl (meth) acrylate, glycidyl Giro hydroxypropyl (meth) acrylate, tetrahydrofurfuryl (meth) acrylate, 2-hydroxyethyl (meth) acrylate, 3-hydroxypropyl (meth) acrylate, 2-hydroxypropyl (meth) acrylate, 2-hydroxybutyl (meth) acrylate,

4−ヒドロキシブチル(メタ)アクリレート、3−ヒドロキシブチル(メタ)アクリレート、ジメチルアミノエチル(メタ)アクリレート、ジエチルアミノエチル(メタ)アクリレート、ジメチルアミノプロピル(メタ)アクリレート、ジエチルアミノプロピル(メタ)アクリレート、トリメトキシシリルプロピル(メタ)アクリレート、トリメチルシリルプロピル(メタ)アクリレート、ポリエチレンオキシドモノメチルエーテル(メタ)アクリレート、オリゴエチレンオキシドモノメチルエーテル(メタ)アクリレート、ポリエチレンオキシド(メタ)アクリレート、オリゴエチレンオキシド(メタ)アクリレート、オリゴエチレンオキシドモノアルキルエーテル(メタ)アクリレート、ポリエチレンオキシドモノアルキルエーテル(メ 4-hydroxybutyl (meth) acrylate, 3-hydroxybutyl (meth) acrylate, dimethylaminoethyl (meth) acrylate, diethylaminoethyl (meth) acrylate, dimethylaminopropyl (meth) acrylate, diethylaminopropyl (meth) acrylate, trimethoxy silyl propyl (meth) acrylate, trimethylsilylpropyl (meth) acrylate, polyethylene oxide monomethyl ether (meth) acrylate, oligoethylene oxide monomethyl ether (meth) acrylate, polyethylene oxide (meth) acrylate, oligoethylene oxide (meth) acrylate, oligoethylene oxide monoalkyl ether (meth) acrylate, polyethylene oxide monoalkyl ether (main )アクリレート、ジプロピレングリコール(メタ)アクリレート、ポリプロピレンオキシドモノアルキルエーテル(メタ)アクリレート、オリゴプロピレンオキシドモノアルキルエーテル(メタ)アクリレート、2−メタクリロイロキシチルコハク酸、2−メタクリロイロキシヘキサヒドロフタル酸、2−メタクリロイロキシエチル−2−ヒドロキシプロピルフタレート、ブトキシジエチレングリコール(メタ)アクリレート、トリフルオロエチル(メタ)アクリレート、パーフルオロオクチルエチル(メタ)アクリレート、2−ヒドロキシ−3−フェノキシプロピル(メタ)アクリレート、エチレンオキサイド(EO)変性フェノール(メタ)アクリレート、EO変性クレゾール(メタ)アクリレート、EO変性ノニルフェノール(メタ ) Acrylate, dipropylene glycol (meth) acrylate, polypropylene oxide monoalkyl ether (meth) acrylate, oligo propylene oxide monoalkyl ether (meth) acrylate, 2-methacryloyloxy chill succinic acid, 2-methacryloyloxy hexahydrophthalic acid , 2-methacryloyloxyethyl-2-hydroxypropyl phthalate, butoxyethyl diethylene glycol (meth) acrylate, trifluoroethyl (meth) acrylate, perfluorooctyl ethyl (meth) acrylate, 2-hydroxy-3-phenoxypropyl (meth) acrylate , ethylene oxide (EO) modified phenol (meth) acrylate, EO-modified cresol (meth) acrylate, EO-modified nonylphenol (meth アクリレート、プロピレンオキサイド(PO)変性ノニルフェノール(メタ)アクリレート、EO変性−2−エチルヘキシル(メタ)アクリレート、ジシクロペンテニル(メタ)アクリレート、ジシクロペンテニルオキシエチル(メタ)アクリレート、ジシクロペンタニル(メタ)アクリレート、(3−エチル−3−オキセタニルメチル)(メタ)アクリレート、フェノキシエチレングリコール(メタ)アクリレートが挙げられる。 Acrylate, propylene oxide (PO) modified nonylphenol (meth) acrylate, EO-modified 2-ethylhexyl (meth) acrylate, dicyclopentenyl (meth) acrylate, dicyclopentenyl oxyethyl (meth) acrylate, dicyclopentanyl (meth) acrylate, (3-ethyl-3-oxetanylmethyl) (meth) acrylate, phenoxy ethyleneglycol (meth) acrylate.

二官能の(メタ)アクリレートとしては、例えば、1,6−ヘキサンジオールジ(メタ)アクリレート、1,10−デカンジオールジ(メタ)アクリレート、ネオペンチルグリコールジ(メタ)アクリレート、2,4−ジメチル−1,5−ペンタンジオールジ(メタ)アクリレート、ブチルエチルプロパンジオール(メタ)アクリレート、エトキシ化シクロヘキサンメタノールジ(メタ)アクリレート、ポリエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、オリゴエチレングリコールジ(メタ)アクリレート、エチレングリコールジ(メタ)アクリレート、2−エチル−2−ブチルブタンジオールジ(メタ)アクリレート、ヒドロキシピバリン酸ネオペンチルグリコールジ(メタ)アクリレート、EO変性ビスフェノールAジ(メタ)アクリレ The (meth) acrylate difunctional, e.g., 1,6-hexanediol di (meth) acrylate, 1,10-decanediol di (meth) acrylate, neopentyl glycol di (meth) acrylate, 2,4-dimethyl 1,5-pentanediol di (meth) acrylate, butyl ethyl propanediol (meth) acrylate, ethoxylated cyclohexane methanol di (meth) acrylate, polyethylene glycol di (meth) acrylate, oligoethylene glycol di (meth) acrylate, ethylene glycol di (meth) acrylate, 2-ethyl-2-butyl-butanediol di (meth) acrylate, hydroxypivalic acid neopentyl glycol di (meth) acrylate, EO-modified bisphenol A di (meth) acrylate ト、ビスフェノールFポリエトキシジ(メタ)アクリレート、ポリプロピレングリコールジ(メタ)アクリレート、オリゴプロピレングリコールジ(メタ)アクリレート、1,4−ブタンジオールジ(メタ)アクリレート、2−エチル−2−ブチルプロパンジオールジ(メタ)アクリレート、1,9−ノナンジ(メタ)アクリレート、プロポキシ化エトキシ化ビスフェノールAジ(メタ)アクリレート、トリシクロデカンジ(メタ)アクリレート、ジプロピレングリコールジ(メタ)アクリレート、トリプロピレングリコールジ(メタ)アクリレート、PO変性ネオペンチルグリコールジ(メタ)アクリレート等が挙げられる。 DOO, bisphenol F polyethoxy (meth) acrylate, polypropylene glycol di (meth) acrylate, oligo propylene glycol di (meth) acrylate, 1,4-butanediol di (meth) acrylate, 2-ethyl-2-butyl-propanediol di ( meth) acrylate, 1,9-nonane di (meth) acrylate, propoxylated ethoxylated bisphenol A di (meth) acrylate, tricyclodecane di (meth) acrylate, dipropylene glycol di (meth) acrylate, tripropylene glycol di (meth ) acrylate, PO-modified neopentyl glycol di (meth) acrylate.

三官能の(メタ)アクリレートとしては、例えば、トリメチロールプロパントリ(メタ)アクリレート、トリメチロールエタントリ(メタ)アクリレート、トリメチロールプロパンのアルキレンオキサイド変性トリ(メタ)アクリレート、ペンタエリスリトールトリ(メタ)アクリレート、ジペンタエリスリトールトリ(メタ)アクリレート、トリメチロールプロパントリ((メタ)アクリロイルオキシプロピル)エーテル、イソシアヌル酸アルキレンオキサイド変性トリ(メタ)アクリレート、プロピオン酸ジペンタエリスリトールトリ(メタ)アクリレート、トリ((メタ)アクリロイルオキシエチル)イソシアヌレート、ヒドロキシピバルアルデヒド変性ジメチロールプロパントリ(メタ)アクリレート、ソルビトールトリ(メタ)ア The (meth) acrylate trifunctional, for example, trimethylolpropane tri (meth) acrylate, trimethylolethane tri (meth) acrylate, alkylene oxide-modified tri (meth) acrylate of trimethylolpropane, pentaerythritol tri (meth) acrylate , dipentaerythritol tri (meth) acrylate, trimethylolpropane tri ((meth) acryloyloxy propyl) ether, isocyanuric acid alkylene oxide-modified tri (meth) acrylate, propionic acid dipentaerythritol tri (meth) acrylate, tri ((meth ) acryloyloxyethyl) isocyanurate, hydroxypivalaldehyde-modified dimethylol propane tri (meth) acrylate, sorbitol tri (meth) リレート、プロポキシ化トリメチロールプロパントリ(メタ)アクリレート、エトキシ化グリセリントリアクリレート等が挙げられる。 Relate, propoxylated trimethylolpropane tri (meth) acrylate, and the like ethoxylated glycerol triacrylate.
四官能の(メタ)アクリレートとしては、例えば、ペンタエリスリトールテトラ(メタ)アクリレート、ソルビトールテトラ(メタ)アクリレート、ジトリメチロールプロパンテトラ(メタ)アクリレート、プロピオン酸ジペンタエリスリトールテトラ(メタ)アクリレート、エトキシ化ペンタエリスリトールテトラ(メタ)アクリレート等が挙げられる。 The (meth) acrylate of tetrafunctional, for example, pentaerythritol tetra (meth) acrylate, sorbitol tetra (meth) acrylate, ditrimethylolpropane tetra (meth) acrylate, dipentaerythritol propionate tetra (meth) acrylate, ethoxylated pentaerythritol pentaerythritol tetra (meth) acrylate.
五官能の(メタ)アクリレートとしては、例えば、ソルビトールペンタ(メタ)アクリレート、ジペンタエリスリトールペンタ(メタ)アクリレートが挙げられる。 The (meth) acrylate penta-functional, for example, sorbitol penta (meth) acrylate, dipentaerythritol penta (meth) acrylate.
六官能の(メタ)アクリレートとしては、例えば、ジペンタエリスリトールヘキサ(メタ)アクリレート、ソルビトールヘキサ(メタ)アクリレート、フォスファゼンのアルキレンオキサイド変性ヘキサ(メタ)アクリレート、ε−カプトラクトン変性ジペンタエリスリトールヘキサ(メタ)アクリレート等が挙げられる。 The (meth) acrylate hexafunctional, for example, dipentaerythritol hexa (meth) acrylate, sorbitol hexa (meth) acrylate, alkylene oxide-modified hexa (meth) acrylate of phosphazene, .epsilon. caprolactone-modified dipentaerythritol hexa (meth ) acrylate, and the like.

ラジカル重合性モノマーとして用いられる(メタ)アクリルアミド類としては、例えば、(メタ)アクリルアミド、N−メチル(メタ)アクリルアミド、N−エチル(メタ)アクリルアミド、N−プロピル(メタ)アクリルアミド、N−n−ブチル(メタ)アクリルアミド、N−t−ブチル(メタ)アクリルアミド、N−ブトキシメチル(メタ)アクリルアミド、N−イソプロピル(メタ)アクリルアミド、N−メチロール(メタ)アクリルアミド、N,N−ジメチル(メタ)アクリルアミド、N,N−ジエチル(メタ)アクリルアミド、(メタ)アクリロイルモルフォリンが挙げられる。 The (meth) acrylamides used as the radically polymerizable monomer, e.g., (meth) acrylamide, N- methyl (meth) acrylamide, N- (meth) acrylamide, N- (meth) acrylamide, N-n- butyl (meth) acrylamide, N-t-butyl (meth) acrylamide, N- butoxymethyl (meth) acrylamide, N- isopropyl (meth) acrylamide, N- methylol (meth) acrylamide, N, N- dimethyl (meth) acrylamide , N, N-diethyl (meth) acrylamide, (meth) acryloyl morpholine.

ラジカル重合性モノマーとして用いられる芳香族ビニル類としては、例えば、スチレン、ジメチルスチレン、トリメチルスチレン、イソプロピルスチレン、クロロメチルスチレン、メトキシスチレン、アセトキシスチレン、クロロスチレン、ジクロロスチレン、ブロモスチレン、ビニル安息香酸メチルエステル、3−メチルスチレン、4−メチルスチレン、3−エチルスチレン、4−エチルスチレン、3−プロピルスチレン、4−プロピルスチレン、3−ブチルスチレン、4−ブチルスチレン、3−ヘキシルスチレン、4−ヘキシルスチレン、3−オクチルスチレン、4−オクチルスチレン、3−(2−エチルヘキシル)スチレン、4−(2−エチルヘキシル)スチレン、アリルスチレン、イソプロペニルスチレン、ブテニルスチレン、オク The aromatic vinyls used as the radically polymerizable monomer, e.g., styrene, dimethyl styrene, trimethyl styrene, isopropyl styrene, chloromethylstyrene, methoxystyrene, acetoxystyrene, chlorostyrene, dichloro styrene, bromostyrene, methyl vinyl benzoate ester, 3-methylstyrene, 4-methylstyrene, 3-ethylstyrene, 4-ethylstyrene, 3-propyl styrene, 4-propyl styrene, 3-butylstyrene, 4-butylstyrene, 3-hexylstyrene, 4-hexyl styrene, 3-octyl styrene, 4-octyl styrene, 3- (2-ethylhexyl) styrene, 4- (2-ethylhexyl) styrene, allyl styrene, isopropenyl styrene, butenylstyrene, Ok ニルスチレン、4−t−ブトキシカルボニルスチレン、4−t−ブトキシスチレン等が挙げられる。 Nirusuchiren, 4-t-butoxycarbonyl styrene, include 4-t-butoxystyrene.

更に、本発明に用いられるラジカル重合性モノマーとしては、例えば、ビニルエステル類(酢酸ビニル、プロピオン酸ビニル、バーサチック酸ビニルなど)、アリルエステル類(酢酸アリルなど)、ハロゲン含有単量体(塩化ビニリデン、塩化ビニルなど)、ビニルエーテル(メチルビニルエーテル、ブチルビニルエーテル、ヘキシルビニルエーテル、メトキシビニルエーテル、2−エチルヘキシルビニルエーテル、メトキシエチルビニルエーテル、シクロヘキシルビニルエーテル、クロロエチルビニルエーテル、トリエチレングリコールジビニルエーテルなど)、シアン化ビニル((メタ)アクリロニトリルなど)、オレフィン類(エチレン、プロピレンなど)、N−ビニルラクタム類(N−ビニルカプロラクタムなど)などが挙げられる Furthermore, as the radically polymerizable monomer used in the present invention, for example, vinyl esters (vinyl acetate, vinyl propionate, vinyl versatate etc.), allyl esters (allyl acetate, etc.), halogen-containing monomers (vinylidene chloride and vinyl chloride), vinyl ethers (methyl vinyl ether, butyl vinyl ether, hexyl vinyl ether, methoxy vinyl ether, 2-ethylhexyl vinyl ether, methoxyethyl vinyl ether, cyclohexyl vinyl ether, chloroethyl vinyl ether, and triethylene glycol divinyl ether), vinyl cyanide ((meth ) acrylonitrile, etc.), olefins (ethylene, propylene, etc.), and the like N- vinyllactam (such as N- vinylcaprolactam) などが挙げられる。 And the like.
更に具体的には、山下晋三編「架橋剤ハンドブック」(1981年、大成社);加藤清視編「UV・EB硬化ハンドブック(原料編)」(1985年、高分子刊行会);ラドテック研究会編「UV・EB硬化技術の応用と市場」79頁(1989年、(株)シーエムシー出版);滝山栄一郎著「ポリエステル樹脂ハンドブック」(1988年、日刊工業新聞社)等に記載の市販品又は業界で公知のラジカル重合性又は架橋性のモノマー、オリゴマー及びポリマーを用いることができる。 More specifically, Shinzo Yamashita Ed "cross-linking agent Handbook" (1981, Taisei Corp.); Kato Kiyomi ed., "UV · EB Koka Handbook (Materials)" edited (1985, Polymer Publishing Association); Radotekku Study Group hen "application of UV · EB curing technology and market" 79 (1989, Co., Ltd. CMC publishing Co., Ltd.); edited by Eiichiro Takiyama "polyester resin Handbook" (1988, Nikkan Kogyo Shimbun, Ltd.) commercially available or described in such known radical polymerizable or crosslinkable monomers in the industry, can be used oligomers and polymers.

本発明のインク組成物における重合性化合物の含有量は、硬化性の観点から、インク組成物の全質量に対し、50〜95質量%が好ましく、55〜92質量%がより好ましい。 The content of the polymerizable compound in the ink composition of the present invention, from the viewpoint of curability, relative to the total weight of the ink composition, preferably 50 to 95 wt%, more preferably 55 to 92 wt%.
本発明のインク組成物における重合性化合物中の多官能重合性化合物の割合は、重合性化合物全量に対して、80質量%以上であることが好ましく、90質量%以上であることがより好ましく、95質量%以上であることが更に好ましい。 The proportion of the polyfunctional polymerizable compound of the polymerizable compound in the ink composition of the present invention, the polymerizable compound the total amount is preferably 80 mass% or more, more preferably 90 mass% or more, and more preferably 95 mass% or more. 上記態様であると、硬化性により優れ、硬化膜のマイグレーション及び臭気をより抑制することができる。 When in this manner, excellent a curable, it is possible to suppress the migration and odor of a cured film.
また、重合性化合物は、二官能重合性化合物と三官能重合性化合物とを少なくとも含むことが好ましい。 The polymerizable compound preferably contains at least a bifunctional polymerizable compound and trifunctional polymerizable compound. 上記態様であると、硬化性により優れ、硬化膜のマイグレーション及び臭気をより抑制することができる。 When in this manner, excellent a curable, it is possible to suppress the migration and odor of a cured film.

<他の重合開始剤> <Other polymerization initiator>
本発明のインク組成物は、必要に応じて、前記アシル基に重合性官能基を有するビスアシルホスフィンオキシド化合物以外のその他の重合開始剤を含有することができる。 The ink composition of the present invention may contain as necessary, the other polymerization initiator other than bisacylphosphine oxide compound having a polymerizable functional group in the acyl group.
前記その他の重合開始剤としては、ラジカル重合又はカチオン重合の重合開始剤であるのが好ましく、ラジカル重合開始剤が特に好ましい。 The other polymerization initiator is preferably from polymerization initiator for radical polymerization or cationic polymerization, a radical polymerization initiator is particularly preferred. 例えば、特開2009−138172号公報に記載の重合開始剤を用いることができる。 For example, it is possible to use a polymerization initiator described in JP-A-2009-138172.

−増感剤− - sensitizer -
本発明のインク組成物は、重合開始剤として、特定の活性線を吸収して重合開始剤の分解を促進させるため、増感剤として機能する化合物(以下、単に「増感剤」ともいう。)を含有してもよい。 The ink composition of the present invention, as the polymerization initiator, in order to promote decomposition of the polymerization initiator by absorbing specific actinic radiation, compounds which function as a sensitizer (hereinafter, simply referred to as "sensitizer". ) it may contain.
増感剤としては、例えば、多核芳香族類(例えば、ピレン、ペリレン、トリフェニレン、2−エチル−9,10−ジメトキシアントラセン等)、キサンテン類(例えば、フルオレッセイン、エオシン、エリスロシン、ローダミンB、ローズベンガル等)、シアニン類(例えば、チアカルボシアニン、オキサカルボシアニン等)、メロシアニン類(例えば、メロシアニン、カルボメロシアニン等)、チアジン類(例えば、チオニン、メチレンブルー、トルイジンブルー等)、アクリジン類(例えば、アクリジンオレンジ、クロロフラビン、アクリフラビン等)、アントラキノン類(例えば、アントラキノン等)、スクアリウム類(例えば、スクアリウム等)、クマリン類(例えば、7−ジエチルアミノ−4−メチルクマリン等)等が挙げられる Examples of the sensitizer include polynuclear aromatics (e.g., pyrene, perylene, triphenylene, 2-ethyl-9,10-dimethoxy anthracene), xanthenes (e.g., fluorescein, eosin, erythrosine, rhodamine B, Rose bengal), cyanines (e.g., thiacarbocyanine, oxacarbocyanine, etc.), merocyanines (e.g., merocyanine, carbomerocyanine, etc.), thiazines (e.g., thionine, methylene blue, toluidine blue, etc.), acridines (e.g. , acridine orange, chloro, acriflavine, etc.), anthraquinones (e.g., anthraquinone), squaryliums (e.g., squarylium and the like), and coumarins (e.g., 7-diethylamino-4-methylcoumarin and the like) and the like
また、増感剤は、1種単独で用いてもよいし、2種以上を併用してもよい。 Further, sensitizers may be used either alone, or in combination of two or more.

−共増感剤− - co-sensitizer -
本発明のインク組成物は、感度を一層向上させる、あるいは酸素による重合阻害を抑制する目的で、共増感剤を含有していてもよい。 The ink composition of the present invention, sensitivity is further improved, or inhibition of polymerization by at suppressing purposes oxygen, may contain a co-sensitizer.
前記共増感剤としては、例えば、アミン類(例えば、M. R. Sanderら著「Journal of Polymer Society」第10巻3173頁(1972)、特公昭44−20189号公報、特開昭51−82102号公報、特開昭52−134692号公報、特開昭59−138205号公報、特開昭60−84305号公報、特開昭62−18537号公報、特開昭64−33104号公報、Research Disclosure 33825号記載の化合物)などが挙げられる。 As the co-sensitizer, for example, amines (e.g., M. R. Sander et al., "Journal of Polymer Society" vol. 10, pp. 3173 (1972), JP-B-44-20189, JP-Sho 51- 82102, JP-52-134692, JP-59-138205, 60-84305, 62-18537, Sho 64-33104, JP-Research compounds of Disclosure No. 33825 described), and the like. 前記アミン類の具体例としては、トリエタノールアミン、p−ジメチルアミノ安息香酸エチルエステル、p−ホルミルジメチルアニリン、p−メチルチオジメチルアニリンなどが好適に挙げられる。 Specific examples of the amines are triethanolamine, p- dimethylaminobenzoic acid ethyl ester, p- formyl dimethylaniline, etc. p- methylthio dimethylaniline suitably.
また、前記共増感剤としては、例えば、チオール及びスルフィド類(例えば、特開昭53−702号公報、特公昭55−500806号公報、特開平5−142772号公報記載のチオール化合物、特開昭56−75643号公報のジスルフィド化合物)なども好適に挙げられる。 As examples of the co-sensitizer, for example, thiols and sulfides (e.g., 53-702, JP-JP-B No. 55-500806 and JP, thiol compounds described in JP-5-142772 JP, JP Akira 56-75643 Patent disulfide compounds of JP) and the like are also preferably such. 前記チオール及びスルフィド類の具体例としては、2−メルカプトベンゾチアゾール、2−メルカプトベンゾオキサゾール、2−メルカプトベンゾイミダゾール、2−メルカプト−4(3H)−キナゾリン、β−メルカプトナフタレンなどが挙げられる。 Specific examples of the thiols and sulfides are 2-mercaptobenzothiazole, 2-mercaptobenzoxazole, 2-mercaptobenzimidazole, 2-mercapto -4 (3H) - quinazoline, beta-like mercapto naphthalene.
また、前記共増感剤としては、例えば、アミノ酸化合物(例えば、N−フェニルグリシン等)や、特公昭48−42965号公報に記載の有機金属化合物(例えば、トリブチル錫アセテート等)、特公昭55−34414号公報に記載の水素供与体や、特開平6−308727号公報に記載のイオウ化合物(例えば、トリチアン等)、特開平6−250387号公報に記載のリン化合物(ジエチルホスファイト等)、特開平8−54735号公報に記載のSi−H、Ge−H化合物などが挙げられる。 As examples of the co-sensitizer, for example, amino acid compounds (e.g., N- phenylglycine), organic metal compounds described in JP-B-48-42965 (e.g., tributyltin acetate), JP-B 55 -34414 Patent hydrogen donor and described in JP, sulfur compounds described in JP-a-6-308727 (e.g., trithiane), phosphorus compounds described in JP-a-6-250387 (diethyl phosphite), Si-H described in JP-a-8-54735, and the like Ge-H compounds.

その他の重合開始剤の総含有量は、インク組成物全体の1〜20質量%であることが好ましく、2〜18質量%であることがより好ましく、5〜15質量%であることが更に好ましく、10〜15質量%であることが特に好ましい。 The total content of the other polymerization initiator is preferably from 1 to 20 wt% of the entire ink composition, more preferably from 2 to 18 wt%, more preferably from 5 to 15 wt% , particularly preferably from 10 to 15 wt%. 上記範囲であると、硬化性に優れる。 Within the above range, excellent curability.

<着色剤> <Coloring agent>
本発明のインク組成物は、必要に応じて、着色剤を含有することができる。 The ink composition of the present invention can optionally contain a colorant.
着色剤としては、特に制限はないが、耐候性に優れ、色再現性に富んだ顔料及び油溶性染料が好ましく、溶解性染料等の公知の着色剤から任意に選択して使用できる。 The colorant, in particular, without limitation, excellent weather resistance, a pigment and an oil-soluble dye rich color reproduction are preferable, and it may be selected from any known colorants such as soluble dyes. 着色剤は、活性放射線による硬化反応の感度を低下させないという観点から、重合禁止剤として機能しない化合物を選択することが好ましい。 Colorants, from the viewpoint of not lowering the sensitivity of the curing reaction by actinic radiation, it is preferable to select not function as a polymerization inhibitor compound.

顔料は、インク組成物の着色剤として機能するが、本発明においては、後述するような粒径の微細な前記顔料が、インク組成物中に均一、且つ安定に分散される結果、本発明のインク組成物は発色性に優れ、鮮鋭かつ耐候性に優れる画像が形成可能となる。 Pigment, will function as a coloring agent in the ink composition, in the present invention, the particle size of the fine the pigment as described later, uniformly in the ink composition, and stably dispersed outcome, the present invention the ink composition is excellent in color developability, image can be formed with excellent sharpness and weather resistance.
前記顔料としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができ、例えば、公知の有機顔料及び無機顔料などが挙げられ、また、染料で染色した樹脂粒子、市販の顔料分散体や表面処理された顔料(例えば、顔料を分散媒として不溶性の樹脂等に分散させたもの、あるいは顔料表面に樹脂をグラフト化したもの等)も挙げられる。 The pigment is not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, for example, it includes such known organic pigments and inorganic pigments, also resin particles dyed with a dye, a commercial pigment dispersion Ya surface-treated pigment (e.g., those dispersed in an insoluble resin or the like pigment as a dispersion medium, or those resins grafted to the pigment surface, etc.) can be mentioned. なお、前記顔料としては、例えば、伊藤征司郎編「顔料の辞典」(2000年刊)、W. It should be noted that, as the pigment, for example, Ito TadashiShiro ed., "Dictionary of Pigments" (published in 2000), W. Herbst,K. Herbst, K. Hunger「Industrial Organic Pigments」、特開2002−12607号公報、特開2002−188025号公報、特開2003−26978号公報、特開2003−342503号公報に記載のものなどもが挙げられる。 Hunger "Industrial Organic Pigments", JP-2002-12607, JP 2002-188025, JP 2003-26978, JP-even and the like such as those described in JP 2003-342503.

前記有機顔料及び無機顔料としては、例えば、イエロー顔料、マゼンタ顔料、青、シアン顔料、緑色顔料、オレンジ顔料、茶色顔料、バイオレット顔料、黒色顔料、白色顔料、などが挙げられる。 Examples of the organic pigments and inorganic pigments, for example, yellow pigments, magenta pigments, blue, cyan pigments, green pigments, orange pigments, brown pigments, violet pigments, black pigments, white pigments, and the like.

前記イエロー顔料は、イエロー色を呈する顔料であり、例えば、C. The yellow pigment is a pigment exhibiting yellow color, for example, C. I. I. ピグメントイエロー1(ファストイエローG等),C. Pigment Yellow 1 (Fast Yellow G, etc.), C. I. I. ピグメントイエロー74等のモノアゾ顔料、C. Monoazo pigments such as CI Pigment Yellow 74, C. I. I. ピグメントイエロー12(ジスアジイエロー等)、C. Pigment Yellow 12 (Disazo Yellow, etc.), C. I. I. ピグメントイエロー17、C. Pigment Yellow 17, C. I. I. ピグメントイエロー97、C. Pigment Yellow 97, C. I. I. ピグメントイエロー3、C. Pigment Yellow 3, C. I. I. ピグメントイエロー16、C. Pigment Yellow 16, C. I. I. ピグメントイエロー83、C. Pigment Yellow 83, C. I. I. ピグメントイエロー155、C. Pigment Yellow 155, C. I. I. ピグメントイエロー219等のジスアゾ顔料、C. Disazo pigments such as CI Pigment Yellow 219, C. I. I. ピグメントイエロー180等の非ベンジジン系のアゾ顔料、C. Azo lake pigments such as CI Pigment Yellow 180, C. I. I. ピグメントイエロー100(タートラジンイエローレーキ等)等のアゾレーキ顔料、C. Azo lake pigments such as CI Pigment Yellow 100 (Tartrazine Yellow Lake, etc.), C. I. I. ピグメントイエロー95(縮合アゾイエロー等)、C. Pigment Yellow 95 (condensed azo yellow, etc.), C. I. I. ピグメントイエロー93、C. Pigment Yellow 93, C. I. I. ピグメントイエロー94、C. Pigment Yellow 94, C. I. I. ピグメントイエロー128、C. Pigment Yellow 128, C. I. I. ピグメントイエロー166等の縮合アゾ顔料、C. Condensed azo pigments such as CI Pigment Yellow 166, C. I. I. ピグメントイエロー115(キノリンイエローレーキ等)等の酸性染料レーキ顔料、C. Basic dye lake pigments such as CI Pigment Yellow 115 (quinoline yellow lake, etc.), C. I. I. ピグメントイエロー18(チオフラビンレーキ等)等の塩基性染料レーキ顔料、C. Basic dye lake pigments such as CI Pigment Yellow 18 (thioflavin lake, etc.), C. I. I. ピグメントイエロー24(フラバントロンイエロー等)等のアントラキノン顔料、C. Anthraquinone pigments such as CI Pigment Yellow 24 (flavanthrone yellow, etc.), C. I. I. ピグメントイエロー110(キノフタロンイエロー等)等のキノフタロン顔料、C. Pigment Yellow 110 (quinophthalone yellow, etc.) quinophthalone pigments such as, C. I. I. ピグメントイエロー139(イソインドリンイエロー等)等のイソインドリン顔料、C. Isoindoline pigments such as CI Pigment Yellow 139 (isoindoline yellow, etc.), C. I. I. ピグメントイエロー60(ピラゾロンイエロー等)等のピラゾロン顔料、C. Pigment Yellow 60 pyrazolone pigments (pyrazolone yellow, etc.) or the like, C. I. I. ピグメントイエロー120、C. Pigment Yellow 120, C. I. I. ピグメントイエロー154、C. Pigment Yellow 154, C. I. I. ピグメントイエロー167、C. Pigment Yellow 167, C. I. I. ピグメントイエロー151、C. Pigment Yellow 151, C. I. I. ピグメントイエロー175、C. Pigment Yellow 175, C. I. I. ピグメントイエロー180、C. Pigment Yellow 180, C. I. I. ピグメントイエロー181、C. Pigment Yellow 181, C. I. I. ピグメントイエロー194等のアセトロン顔料、C. Acetolone pigments such as CI Pigment Yellow 194, C. I. I. ピグメントイエロー150等の金属錯塩顔料、C. Metal complex pigments such as CI Pigment Yellow 0.99, C. I. I. ピグメントイエロー153(ニッケルニトロソイエロー等)等のニトロソ顔料、C. Nitroso pigments such as C.I. Pigment Yellow 153 (Nickel Nitroso Yellow, etc.), C. I. I. ピグメントイエロー117(銅アゾメチンイエロー等)等の金属錯塩アゾメチン顔料、C. Pigment Yellow 117 (copper azomethine yellow, etc.) a metal complex salt azomethine pigments such as, C. I. I. ピグメントイエローなどが挙げられる。 Pigment Yellow, and the like.

前記マゼンタ顔料は、赤あるいはマゼンタ色を呈する顔料であり、例えば、C. The magenta pigment is a pigment exhibiting red or magenta color, for example, C. I. I. ピグメントレッド3(トルイジンレッド等)等のモノアゾ系顔料、C. Monoazo-based pigments such as Pigment Red 3 (toluidine red, etc.), C. I. I. ピグメントレッド1、C. Pigment Red 1, C. I. I. ピグメントレッド4、C. Pigment Red 4, C. I. I. ピグメントレッド6等のB−ナフトール顔料、C. Pigment Red 6, and the like of B- naphthol pigment, C. I. I. ピグメントレッド38(ピラゾロンレッドB等)等のジスアゾ顔料、C. Disazo pigments such as CI Pigment Red 38 (pyrazolone red B, etc.), C. I. I. ピグメントレッド53:1(レーキレッドC等)やC. Pigment Red 53: 1 (Lake Red C, etc.) and C. I. I. ピグメントレッド57:1(ブリリアントカーミン6B等)、C. Pigment Red 57: 1 (Brilliant Carmine 6B, etc.), C. I. I. ピグメントレッド52:1、C. Pigment Red 52: 1, C. I. I. ピグメントレッド48(B−オキシナフト酸レーキ等)のアゾレーキ顔料、C. Pigment Red 48 condensed azo pigments (B- Okishinafuto acid lake, etc.), C. I. I. ピグメントレッド144、C. Pigment Red 144, C. I. I. ピグメントレッド166、C. Pigment Red 166, C. I. I. ピグメントレッド220、C. Pigment Red 220, C. I. I. ピグメントレッド214、C. Pigment Red 214, C. I. I. ピグメントレッド221、C. Pigment Red 221, C. I. I. ピグメントレッド242(縮合アゾレッド等)等の縮合アゾ顔料、C. Condensed azo pigments such as CI Pigment Red 242 (condensed azo red, etc.), C. I. I. ピグメントレッド174(フロキシンBレーキ等)、C. Pigment Red 174 (Floxin B lake, etc.), C. I. I. ピグメントレッド172(エリスロシンレーキ等)等の酸性染料レーキ顔料、C. Acidic dye lake pigments such as CI Pigment Red 172 (erythrosine lake, etc.), C. I. I. ピグメントレッド81(ローダミン6G'レーキ等)等の塩基性染料レーキ顔料、C. Basic dye lake pigments such as CI Pigment Red 81 (Rhodamine 6G 'Lake, etc.), C. I. I. ピグメントレッド177(ジアントラキノニルレッド等)等のアントラキノン系顔料、C. Anthraquinone-based pigments such as CI Pigment Red 177 (dianthraquinonyl red, etc.), C. I. I. ピグメントレッド88(チオインジゴボルドー等)等のチオインジゴ顔料、C. Thioindigo pigments such as CI Pigment Red 88 (thioindigo Bordeaux, etc.), C. I. I. ピグメントレッド194(ペリノンレッド等)等のペリノン顔料、C. Perinone pigments such as CI Pigment Red 194 (perinone red, etc.), C. I. I. ピグメントレッド149、C. Pigment Red 149, C. I. I. ピグメントレッド179、C. Pigment Red 179, C. I. I. ピグメントレッド178、C. Pigment Red 178, C. I. I. ピグメントレッド190、C. Pigment Red 190, C. I. I. ピグメントレッド224、C. Pigment Red 224, C. I. I. ピグメントレッド123等のペリレン顔料、C. Perylene pigments such as CI Pigment Red 123, C. I. I. ピグメントバイオレット19(無置換キナクリドン)、C. Pigment Violet 19 (unsubstituted quinacridone), C. I. I. ピグメントレッド122、C. Pigment Red 122, C. I. I. ピグメントレッド262、C. Pigment Red 262, C. I. I. ピグメントレッド207、C. Pigment Red 207, C. I. I. ピグメントレッド209等のキナクリドン顔料、C. Quinacridone pigments such as CI Pigment Red 209, C. I. I. ピグメントレッド180(イソインドリノンレッド2BLT等)等のイソインドリノン顔料、C. Isoindolinone pigments such as CI Pigment Red 180 (isoindolinone red 2BLT, etc.), C. I. I. ピグメントレッド83(マダーレーキ等)等のアリザリンレーキ顔料、C. Pigment Red 83 (Madder Lake, etc.) alizarin lake pigments such as, C. I. I. ピグメントレッド171、C. Pigment Red 171, C. I. I. ピグメントレッド175、C. Pigment Red 175, C. I. I. ピグメントレッド176、C. Pigment Red 176, C. I. I. ピグメントレッド185、C. Pigment Red 185, C. I. I. ピグメントレッド208等のナフトロン顔料、C. Naphtholone pigments such as CI Pigment Red 208, C. I. I. ピグメントレッド247等のナフトールAS系レーキ顔料、C. Naphthol AS-based lake pigments such as CI Pigment Red 247, C. I. I. ピグメントレッド2、C. Pigment Red 2, C. I. I. ピグメントレッド5、C. Pigment Red 5, C. I. I. ピグメントレッド21、C. Pigment Red 21, C. I. I. ピグメントレッド170、C. Pigment Red 170, C. I. I. ピグメントレッド187、C. Pigment Red 187, C. I. I. ピグメントレッド256、C. Pigment Red 256, C. I. I. ピグメントレッド268、C. Pigment Red 268, C. I. I. ピグメントレッド269等のナフトールAS顔料、C. Naphthol such as CI Pigment Red 269 AS pigment, C. I. I. ピグメントレッド254、C. Pigment Red 254, C. I. I. ピグメントレッド255、C. Pigment Red 255, C. I. I. ピグメントレッド264、C. Pigment Red 264, C. I. I. ピグメントレッド272等のジケトピロロピロール顔料などが挙げられる。 Such as diketopyrrolopyrrole pigments such as CI Pigment Red 272, and the like.

前記シアン顔料は、青あるいはシアン色を呈する顔料であり、例えば、C. The cyan pigment is a pigment exhibiting blue or cyan color, for example, C. I. I. ピグメントブルー25(ジアニシジンブルー等)等のジスアゾ系顔料、C. Pigment Blue 25 (dianisidine blue, etc.) disazo pigments such as, C. I. I. ピグメントブルー15、C. Pigment Blue 15, C. I. I. ピグメントブルー15:1、C. Pigment Blue 15: 1, C. I. I. ピグメントブルー15:2、C. Pigment Blue 15: 2, C. I. I. ピグメントブルー15:3、C. Pigment Blue 15: 3, C. I. I. ピグメントブルー15:4、C. Pigment Blue 15: 4, C. I. I. ピグメントブルー15:6、C. Pigment Blue 15: 6, C. I. I. ピグメントブルー16(フタロシアニンブルー等)等のフタロシアニン顔料、C. Phthalocyanine pigments such as CI Pigment Blue 16 (phthalocyanine blue, etc.), C. I. I. ピグメントブルー24(ピーコックブルーレーキ等)等の酸性染料レーキ顔料、C. Pigment Blue 24 acid dye lake pigments (peacock blue lake, etc.), and the like, C. I. I. ピグメントブルー1(ビクロチアピュアブルーBOレーキ等)等の塩基性染料レーキ顔料、C. Pigment Blue 1 basic dye lake pigments (Victoria Pure Blue BO Lake, etc.), etc., C. I. I. ピグメントブルー60(インダントロンブルー等)等のアントラキノン系顔料、C. Anthraquinone-based pigments such as CI Pigment Blue 60 (indanthrone blue, etc.), C. I. I. ピグメントブルー18(アルカリブルーV−5:1)等のアルカリブルー顔料などが挙げられる。 Pigment Blue 18 (Alkali Blue V-5: 1), such as alkali blue pigments such.

前記緑色顔料は、緑色を呈する顔料であり、例えば、C. The green pigment is a pigment exhibiting green color, for example, C. I. I. ピグメントグリーン7(フタロシアニングリーン)、C. Pigment Green 7 (phthalocyanine green), C. I. I. ピグメントグリーン36(フタロシアニングリーン)等のフタロシアニン顔料、C. Phthalocyanine pigments such as CI Pigment Green 36 (phthalocyanine green), C. I. I. ピグメントグリーン8、C. Pigment Green 8, C. I. I. ピグメントグリーン10等のアゾ金属錯体顔料などが挙げられる。 Such as azo metal complex pigments such as CI Pigment Green 10, and the like.
前記オレンジ顔料は、オレンジ色を呈する顔料であり、例えば、C. The orange pigment is a pigment exhibiting orange color, for example, C. I. I. ピグメントオレンジ66(イソインドリンオレンジ)等のイソインドリン系顔料、C. Pigment Orange 66 isoindoline-based pigment (isoindoline orange) and the like, C. I. I. ピグメントオレンジ51(ジクロロピラントロンオレンジ)等のアントラキノン系顔料、C. Pigment Orange 51 anthraquinone pigments (Dichloropyranthrone Orange), etc., C. I. I. ピグメントオレンジ2、C. Pigment Orange 2, C. I. I. ピグメントオレンジ3、C. Pigment Orange 3, C. I. I. ピグメントオレンジ5等のΒ−ナフトール顔料、C. Pigment Orange 5, and the like of Β- naphthol pigment, C. I. I. ピグメントオレンジ4、C. Pigment Orange 4, C. I. I. ピグメントオレンジ22、C. Pigment Orange 22, C. I. I. ピグメントオレンジ24、C. Pigment Orange 24, C. I. I. ピグメントオレンジ38、C. Pigment Orange 38, C. I. I. ピグメントオレンジ74等のナフトールAS顔料、C. Naphthol AS pigments such as CI Pigment Orange 74, C. I. I. ピグメントオレンジ61等のイソインドリノン顔料、C. Isoindolinone pigments such as CI Pigment Orange 61, C. I. I. ピグメントオレンジ43等のペリノン顔料、C. Perinone pigments such as CI Pigment Orange 43, C. I. I. ピグメントオレンジ15、C. Pigment Orange 15, C. I. I. ピグメントオレンジ16等のジスアゾ顔料、C. Disazo pigments such as CI Pigment Orange 16, C. I. I. ピグメントオレンジ48、C. Pigment Orange 48, C. I. I. ピグメントオレンジ49等のキナクリドン顔料、C. Quinacridone pigments such as CI Pigment Orange 49, C. I. I. ピグメントオレンジ36、C. Pigment Orange 36, C. I. I. ピグメントオレンジ62、C. Pigment Orange 62, C. I. I. ピグメントオレンジ60、C. Pigment Orange 60, C. I. I. ピグメントオレンジ64、C. Pigment Orange 64, C. I. I. ピグメントオレンジ72等のアセトロン顔料、C. Pigment acetolone pigment orange 72 and the like, C. I. I. ピグメントオレンジ13、C. Pigment Orange 13, C. I. I. ピグメントオレンジ34等のピラゾロン顔料などが挙げられる。 Including pyrazolone pigments such as CI Pigment Orange 34.
前記茶色顔料は、茶色を呈する顔料であり、例えば、C. The brown pigment is a pigment exhibiting brown color, for example, C. I. I. ピグメントブラウン25、C. Pigment Brown 25, C. I. I. ピグメントブラウン32等のナフトロン顔料などが挙げられる。 Such as naphtholone Pigment Brown 32, and the like.
前記バイオレット顔料は、紫色を呈する顔料であり、例えば、C. The violet pigments are pigments exhibiting violet, for example, C. I. I. ピグメントバイオレット32等のナフトロン顔料、C. Naphtholone Pigment Violet 32 ​​and the like, C. I. I. ピグメントバイオレット29等のペリレン顔料、C. Perylene pigments such as CI Pigment Violet 29, C. I. I. ピグメントバイオレット13、C. Pigment Violet 13, C. I. I. ピグメントバイオレット17、C. Pigment Violet 17, C. I. I. ピグメントバイオレット50等のナフトールAS顔料、C. Naphthol such as CI Pigment Violet 50 AS pigment, C. I. I. ピグメントバイオレット23、C. Pigment Violet 23, C. I. I. ピグメントバイオレット37等のジオキサジン顔料などが挙げられる。 Such as dioxazine pigments such as CI Pigment Violet 37 and the like.

前記黒色顔料は、黒色を呈する顔料であり、例えば、カーボンブラック、チタンブラック、C. The black pigment is a pigment exhibiting black color include carbon black, titanium black, C. I. I. ピグメントブラック1(アニリンブラック)等のインダジン顔料、C. Pigment Black 1 Indajin pigment (aniline black), etc., C. I. I. ピグメントブラック31、C. Pigment Black 31, C. I. I. ピグメントブラック32などのペリレン顔料などが挙げられる。 Such as perylene pigments such as Pigment Black 32, and the like.
前記白色顔料としては、例えば、塩基性炭酸鉛(2PbCO 3 Pb(OH) 2 、いわゆる、シルバーホワイト)、酸化亜鉛(ZnO、いわゆる、ジンクホワイト)、酸化チタン(TiO 2 、いわゆる、チタンホワイト)、チタン酸ストロンチウム(SrTiO 3 、いわゆる、チタンストロンチウムホワイト)、などが挙げられる。 As the white pigment, for example, basic lead carbonate (2PbCO 3 Pb (OH) 2 , so-called silver white), zinc oxide (ZnO, so-called zinc white), titanium oxide (TiO 2, titanium white), strontium titanate (SrTiO 3, so-called titanium strontium white), and the like. 白色顔料に使用される無機粒子は単体でもよいし、例えば、ケイ素、アルミニウム、ジルコニウム、チタン等の酸化物や有機金属化合物、有機化合物との複合粒子であってもよい。 Inorganic particles used in the white pigment may be a simple substance, for example, silicon, aluminum, zirconium, oxides or organometallic compounds such as titanium, it may be a composite particle with an organic compound.
中でも、前記酸化チタンは、他の白色顔料と比べて比重が小さく、屈折率が大きく化学的、物理的にも安定であるため、顔料としての隠蔽力や着色力が大きく、更に、酸やアルカリ、その他の環境に対する耐久性にも優れていることから、好適に使用される。 Among them, the titanium oxide has a lower specific gravity as compared with other white pigments, large chemical refractive index, for physically and stable, large hiding power and coloring power as a pigment and, acid and alkali , since it is excellent in resistance to other environmental, it is preferably used. なお、前記酸化チタンに加えて他の白色顔料(上述した白色顔料以外のものであってもよい。)を併用してもよい。 Incidentally, the other white pigment in addition to titanium oxide (may be other than white pigments described above.) May be used in combination.

前記顔料の分散には、例えば、ボールミル、サンドミル、アトライター、ロールミル、ジェットミル、ホモジナイザー、ペイントシェーカー、ニーダー、アジテータ、ヘンシェルミキサ、コロイドミル、超音波ホモジナイザー、パールミル、湿式ジェットミル、などの分散装置を好適に使用することができる。 Wherein the dispersion of pigment, for example, a ball mill, sand mill, attritor, roll mill, jet mill, homogenizer, paint shaker, kneader, agitator, Henschel mixer, colloid mill, ultrasonic homogenizer, pearl mill, the dispersion apparatus of a liquid jet mill, etc. it can be suitably used.
本発明においては、前記顔料の分散を行う際に、後述する分散剤を添加することが特に好ましい。 In the present invention, when dispersing the pigment, it is particularly preferred to add a dispersing agent to be described later.
また、前記顔料の分散の際に、必要に応じて、分散助剤として、各種顔料に応じたシナージストを添加してもよい。 Further, when the dispersion of the pigment, if necessary, as a dispersing aid, a synergist according to various pigments may be added. 前記分散助剤の前記インク組成物における含有量としては、前記顔料100質量部に対し、1〜50質量部が好ましい。 The content of the ink composition of the dispersion aid, with respect to the pigment 100 parts by weight, preferably 1 to 50 parts by weight.

前記顔料を前記インク組成物に分散させる際に使用する分散媒としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができるが、例えば、低分子量である前記重合性化合物を該分散媒としてもよいし、溶媒を該分散媒としてもよい。 The dispersion medium used in dispersing the pigment in the ink composition is not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, for example, the polymerizable compound the dispersion medium is a low molecular weight may be used as the solvent may be used as the dispersing medium. ただし、本発明のインク組成物は、放射線硬化型のインクであり、インクを被記録媒体上に適用後、硬化させるため、前記溶媒を含まず無溶剤であることが好ましい。 However, the ink composition of the present invention is an ink of the radiation curable after application of the ink onto a recording medium, for curing, it is preferable not to use a solvent free of the solvent. これは、硬化されたインク画像中に、溶剤が残留すると、耐溶剤性が劣化したり、残留する溶剤のVOC(Volatile Organic Compound)の問題が生じるためである。 This is in a cured ink image, the solvent remains, deteriorated solvent resistance is a problem of residual solvent and the VOC (Volatile Organic Compound) may occur. このため、前記分散媒として、前記重合性化合物を用い、その中でも、最も粘度が低い重合性化合物を選択することが、分散適性やインク組成物のハンドリング性向上の点で好ましい。 Therefore, as the dispersion medium, using the polymerizable compound, among them, is possible to select the lowest viscosity polymerizable compounds, preferred in terms of improvement of dispersion suitability and handling properties of the ink composition.

前記顔料の平均粒径としては、特に制限はなく、目的に応じて適宜選択することができるが、微細なほど発色性に優れるため、0.01〜0.4μm程度が好ましく、0.02〜0.2μmがより好ましい。 The average particle size of the pigment is not particularly limited and may be appropriately selected depending on the purpose, because excellent coloration is achieved by finer particles, about 0.01~0.4μm preferably, 0.02 0.2μm is more preferable. また、前記顔料の最大粒径としては、3μmが好ましく、1μmがより好ましい。 As the maximum particle size of the pigment, 3 [mu] m are preferred, 1 [mu] m is more preferable. 前記顔料の粒径は、前記顔料、分散剤、分散媒体の選択、分散条件、ろ過条件の設定などにより調整することができ、前記顔料の粒径を制御することにより、ヘッドノズルの詰まりを抑制し、インクの保存安定性、インク透明性及び硬化感度を維持することができる。 The particle size of the pigment, the pigment, dispersing agent, selection of the dispersing medium, dispersion conditions, can be adjusted such as by setting the filtration conditions, by controlling the particle size of the pigment, suppressing clogging of a head nozzle and, it is possible to maintain the ink storage stability, ink transparency and curing sensitivity.
なお、前記顔料の前記インク組成物における粒径は、公知の測定方法で測定することができる。 The particle size in the ink composition of the pigment can be measured by a known measurement method. 具体的には遠心沈降光透過法、X線透過法、レーザー回折・散乱法、動的光散乱法により測定することができる。 Specifically centrifugal sedimentation light transmission method, X-rays transmission method, a laser diffraction scattering method can be measured by a dynamic light scattering method.

前記顔料のインク組成物における含有量としては、前記顔料が有機顔料の場合、固形分換算で、1〜20質量%が好ましく、2〜10質量%がより好ましい。 The content in the ink composition of the pigment, wherein the pigment is the case of organic pigments, in terms of solid content, preferably 1 to 20 mass%, more preferably from 2 to 10 wt%. また、前記顔料が無機顔料の場合、固形分換算で、1〜30質量%が好ましく、2〜25質量%がより好ましい。 Further, the pigment is the case of inorganic pigments, in terms of solid content, preferably 1 to 30 wt%, more preferably 2 to 25 mass%.
インク組成物中における着色剤の含有量は、色、及び使用目的により適宜選択されるが、インク組成物全体の質量に対し、0.01〜30質量%であることが好ましい。 The content of the colorant in the ink composition, color, and is appropriately selected according to the intended purpose, with respect to the total mass of the ink composition is preferably 0.01 to 30 mass%.

<分散剤> <Dispersant>
本発明のインク組成物は、分散剤を含有することが好ましい。 The ink composition of the present invention preferably contains a dispersing agent. 特に顔料を使用する場合において、顔料をインク組成物中に安定に分散させるため、分散剤を含有することが好ましい。 Particularly in the case of using a pigment, for stably disperse the pigment in the ink composition preferably contains a dispersing agent. 分散剤としては、高分子分散剤が好ましい。 As the dispersant, a polymeric dispersant is preferable. なお、本発明における「高分子分散剤」とは、重量平均分子量が1,000以上の分散剤を意味する。 The 'polymeric dispersant' referred to in the present invention, the weight average molecular weight means 1,000 or more dispersants.

高分子分散剤としては、DISPERBYK−101、DISPERBYK−102、DISPERBYK−103、DISPERBYK−106、DISPERBYK−111、DISPERBYK−161、DISPERBYK−162、DISPERBYK−163、DISPERBYK−164、DISPERBYK−166、DISPERBYK−167、DISPERBYK−168、DISPERBYK−170、DISPERBYK−171、DISPERBYK−174、DISPERBYK−182(BYKケミー社製);EFKA4010、EFKA4046、EFKA4080、EFKA5010、EFKA5207、EFKA5244、EFKA6745、EFKA6750、EFKA7414、EFKA745 As the polymer dispersant, DISPERBYK-101, DISPERBYK-102, DISPERBYK-103, DISPERBYK-106, DISPERBYK-111, DISPERBYK-161, DISPERBYK-162, DISPERBYK-163, DISPERBYK-164, DISPERBYK-166, DISPERBYK-167 , DISPERBYK-168, DISPERBYK-170, DISPERBYK-171, DISPERBYK-174, DISPERBYK-182 (manufactured by BYK Chemie); EFKA4010, EFKA4046, EFKA4080, EFKA5010, EFKA5207, EFKA5244, EFKA6745, EFKA6750, EFKA7414, EFKA745 EFKA7462、EFKA7500、EFKA7570、EFKA7575、EFKA7580(エフカアディティブ社製);ディスパースエイド6、ディスパースエイド8、ディスパースエイド15、ディスパースエイド9100(サンノプコ(株)製);ソルスパース(SOLSPERSE)3000、5000、9000、12000、13240、13940、17000、22000、24000、26000、28000、32000、36000、39000、41000、71000などの各種ソルスパース分散剤(Noveon社製);アデカプルロニックL31、F38、L42、L44、L61、L64、F68、L72、P95、F77、P84、F87、P94、L101、P103、F108、L121、 EFKA7462, EFKA7500, EFKA7570, EFKA7575, EFKA7580 (F mosquito additive Co., Ltd.); Disperse Aid 6, Disperse Aid 8, Disperse Aid 15, (manufactured by San Nopco Co., Ltd.) Disperse Aid 9100; Solsperse (SOLSPERSE) 3000, various Solsperse dispersants such 5000,9000,12000,13240,13940,17000,22000,24000,26000,28000,32000,36000,39000,41000,71000 (Noveon Inc.); Adeka pluronic L31, F38, L42, L44 , L61, L64, F68, L72, P95, F77, P84, F87, P94, L101, P103, F108, L121, −123((株)ADEKA製)、イオネットS−20(三洋化成工業(株)製);ディスパロン KS−860、873SN、874(高分子分散剤)、#2150(脂肪族多価カルボン酸)、#7004(ポリエーテルエステル型)(楠本化成(株)製)が挙げられる。 -123 (Ltd. ADEKA), Ionet S-20 (manufactured by Sanyo Chemical Industries, Ltd.); Disparlon KS-860,873SN, 874 (polymeric dispersant), # 2150 (aliphatic polyvalent carboxylic acid), # 7004 (polyether ester type) (manufactured by Kusumoto Chemicals Ltd. Co.) and the like.
インク組成物中における分散剤の含有量は、使用目的により適宜選択されるが、インク組成物全体の質量に対し、0.05〜15質量%であることが好ましい。 The content of the dispersant in the ink composition is appropriately selected according to the intended use, with respect to the total mass of the ink composition is preferably 0.05 to 15 mass%.

<界面活性剤> <Surfactant>
本発明のインク組成物には、長時間安定した吐出性を付与するため、界面活性剤を添加してもよい。 The ink composition of the present invention in order to impart long-term stable discharge properties may be added a surfactant.
界面活性剤としては、特開昭62−173463号、同62−183457号の各公報に記載されたものが挙げられる。 As the surfactant, JP 62-173463, include those described in JP 62-183457. 例えば、ジアルキルスルホコハク酸塩類、アルキルナフタレンスルホン酸塩類、脂肪酸塩類等のアニオン性界面活性剤、ポリオキシエチレンアルキルエーテル類、ポリオキシエチレンアルキルアリルエーテル類、アセチレングリコール類、ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレンブロックコポリマー類等のノニオン性界面活性剤、アルキルアミン塩類、第四級アンモニウム塩類等のカチオン性界面活性剤が挙げられる。 For example, dialkyl sulfosuccinate salts, alkylnaphthalenesulfonate salts, anionic surfactants such as fatty acid salts, polyoxyethylene alkyl ethers, polyoxyethylene alkyl allyl ethers, acetylene glycols, polyoxyethylene-polyoxypropylene block nonionic surfactants such as copolymers, alkylamine salts, cationic surfactants such as quaternary ammonium salts. また、前記界面活性剤としてフッ素系界面活性剤(例えば、有機フルオロ化合物等)やシリコーン系界面活性剤(例えば、ポリシロキサン化合物等)を用いてもよい。 Further, the fluorine-based surfactant as a surfactant (e.g., an organic fluoro compound, etc.) or a silicone-based surfactants (e.g., polysiloxane compound or the like) may be used. 前記有機フルオロ化合物は、疎水性であることが好ましい。 The organic fluoro compound is preferably hydrophobic. 前記有機フルオロ化合物としては、例えば、フッ素系界面活性剤、オイル状フッ素系化合物(例、フッ素油)及び固体状フッ素化合物樹脂(例、四フッ化エチレン樹脂)が含まれ、特公昭57−9053号(第8〜17欄)、特開昭62−135826号の各公報に記載されたものが挙げられる。 Examples of the organic fluoro compound include fluorine-based surfactants, include oily fluorine compounds (e.g., fluorine oil) and solid fluorine compound resins (e.g. tetrafluoroethylene resin), JP-B 57-9053 No. (No. 8-17 column), include those described in each of JP-a No. 62-135826. 前記ポリシロキサン化合物としては、ジメチルポリシロキサンのメチル基の一部に有機基を導入した変性ポリシロキサン化合物であることが好ましい。 As the polysiloxane compound, it is preferably a part of methyl groups of dimethyl polysiloxane is modified polysiloxane compound having an organic group introduced. 変性の例として、ポリエーテル変性、メチルスチレン変性、アルコール変性、アルキル変性、アラルキル変性、脂肪酸エステル変性、エポキシ変性、アミン変性、アミノ変性、メルカプト変性などが挙げられるが、特にこれらに限定されるものではない。 Examples of modified, as polyether-modified, methylstyrene-modified, alcohol-modified, alkyl-modified, aralkyl-modified, fatty acid ester-modified, epoxy-modified, amine-modified, amino-modified, but a mercapto-modified and the like, is not particularly limited to these is not. これらの変性の方法は組み合わせて用いられてもかまわない。 These methods of denaturation may be used in combination. また、中でもポリエーテル変性ポリシロキサン化合物がインクジェットにおける吐出安定性改良の観点で好ましい。 Further, among them polyether-modified polysiloxane compounds are preferable from the viewpoint of ejection stability improvements in inkjet. ポリエーテル変性ポリシロキサン化合物の例としては、例えば、SILWET L−7604、SILWET L−7607N、SILWET FZ−2104、SILWET FZ−2161(日本ユニカー(株)製)、BYK306、BYK307、BYK331、BYK333、BYK347、BYK348等(BYK Chemie社製)、KF−351A、KF−352A、KF−353、KF−354L、KF−355A、KF−615A、KF−945、KF−640、KF−642、KF−643、KF−6020、X−22−6191、X−22−4515、KF−6011、KF−6012、KF−6015、KF−6017(信越化学工業(株)製)が挙げられる。 Examples of the polyether-modified polysiloxane compound, for example, SILWET L-7604, SILWET L-7607N, SILWET FZ-2104, SILWET FZ-2161 (manufactured by Nippon Unicar (Ltd.)), BYK306, BYK307, BYK331, BYK333, BYK347 , etc. BYK348 (BYK Chemie Co., Ltd.), KF-351A, KF-352A, KF-353, KF-354L, KF-355A, KF-615A, KF-945, KF-640, KF-642, KF-643, KF-6020, X-22-6191, X-22-4515, KF-6011, KF-6012, KF-6015, KF-6017 (manufactured by Shin-Etsu Chemical Co.) and the like.
これらの中でも、シリコーン系界面活性剤が好ましく挙げられる。 Among these, silicone-based surfactants are preferred.
本発明のインク組成物中における界面活性剤の含有量は使用目的により適宜選択されるが、インク組成物全体の質量に対し、0.0001〜1質量%であることが好ましい。 The content of the surfactant in the ink composition of the present invention is appropriately selected according to the intended purpose, with respect to the total mass of the ink composition is preferably 0.0001% by mass.

<溶剤> <Solvent>
本発明のインク組成物には、被記録媒体との密着性を改良するため、溶剤を添加することも有効である。 The ink composition of the present invention in order to improve the adhesion to a recording medium, it is also effective to add a solvent.
溶剤としては、例えば、アセトン、メチルエチルケトン、ジエチルケトン等のケトン系溶剤、メタノール、エタノール、2−プロパノール、1−プロパノール、1−ブタノール、tert−ブタノール等のアルコール系溶剤、クロロホルム、塩化メチレン等の塩素系溶剤、ベンゼン、トルエン等の芳香族系溶剤、酢酸エチル、酢酸ブチル、酢酸イソプロピルなどのエステル系溶剤、ジエチルエーテル、テトラヒドロフラン、ジオキサン等のエーテル系溶剤、エチレングリコールモノメチルエーテル、エチレングリコールジメチルエーテル、トリプロリレングリコールモノメチルエーテル等のグリコールエーテル系溶剤、γ―ブチロラクトンのような環状エステル系溶剤、2−メチルピロリドン、2−ピロリドンのようなアミド系溶剤などが挙 Examples of the solvent include acetone, methyl ethyl ketone, ketone solvents such as diethyl ketone, methanol, ethanol, 2-propanol, 1-propanol, 1-butanol, alcohol-based solvents such as tert- butanol, chloroform, chlorine such as methylene chloride system solvent, benzene, aromatic solvents such as toluene, ethyl acetate, butyl acetate, ester solvents, such as diethyl ether isopropyl acetate, tetrahydrofuran, ether solvents, ethylene glycol monomethyl ether and dioxane, ethylene glycol dimethyl ether, Toripuroriren glycol ether solvents such as glycol monomethyl ether, cyclic ester solvents such as γ- butyrolactone, 2-methylpyrrolidone, an amide-based solvent such as 2-pyrrolidone ani られる。 It is.
この場合、耐溶剤性やVOCの問題が起こらない範囲での添加が有効であり、溶剤の量はインク組成物の全質量に対し、0.1〜5質量%が好ましく、0.1〜3質量%がより好ましい。 In this case, the addition within the range of problems with the solvent resistance or the VOC does not occur is effective, the amount of the solvent relative to the total weight of the ink composition is preferably 0.1 to 5 mass%, 0.1 to 3 mass% is more preferable.
インク組成物において顔料などの諸成分の分散媒としては、溶剤を添加してもよく、また、無溶媒で、重合性化合物を分散媒として用いてもよいが、本発明のインク組成物は、活性エネルギー線硬化型のインク組成物であり、インク組成物を記録媒体上に適用後、硬化させるため、無溶剤であることが好ましい。 As the dispersion medium for various components such as pigment in the ink composition, a solvent may be added, also without solvent, but a polymerizable compound may be used as a dispersion medium, the ink composition of the present invention, an active energy ray curable ink composition, after application of the ink composition onto a recording medium, for curing, it is preferable not to use a solvent. これは、硬化されたインク画像中に、溶剤が残留すると、耐溶剤性が劣化したり、残留する溶剤のVOC(Volatile Organic Compound)の問題が生じるためである。 This is in a cured ink image, the solvent remains, deteriorated solvent resistance is a problem of residual solvent and the VOC (Volatile Organic Compound) may occur. このような観点から、分散媒としては、重合性化合物を用い、中でも、最も粘度が低い重合性モノマーを選択することが分散適性やインク組成物のハンドリング性向上の観点から好ましい。 From this point of view, as the dispersion medium, using a polymerizable compound, among others, to select the lowest viscosity polymerizable monomers from the viewpoint of improvement of dispersion suitability and handling properties of the ink composition.
本発明のインク組成物には、更に目的に応じて種々の添加剤を併用することができる。 The ink composition of the present invention may be used in combination with various additives depending on the further object. 例えば、得られる画像の耐候性向上、退色防止の観点から、紫外線吸収剤を用いることができる。 For example, improving the weather resistance of an image obtained from the viewpoint of preventing discoloration can be used an ultraviolet absorber. また、インク組成物の安定性向上のため、酸化防止剤を添加することができる。 Further, in order to improve the stability of the ink composition, it is possible to add an antioxidant.

また、本発明のインク組成物には、前記した成分以外にも種々の公知の添加剤を含んでいてもよい。 Further, the ink composition of the present invention may contain various known additives other than the ingredients.
前記以外の添加剤として、具体的には、例えば、各種の有機系及び金属錯体系の褪色防止剤、吐出物性の制御を目的としたチオシアン酸カリウム、硝酸リチウム、チオシアン酸アンモニウム、ジメチルアミン塩酸塩などの導電性塩類、膜物性の調整を目的とした高分子化合物等が挙げられる。 As an additive other than the above, specifically, for example, various organic and metal complex-based discoloration inhibitors, potassium thiocyanate for the purpose of controlling discharge properties, lithium nitrate, ammonium thiocyanate, dimethylamine hydrochloride conductive salts such as a polymer compound or the like for the purpose of adjusting the film physical properties and the like.

本発明のインク組成物には、膜物性を調整する目的で、各種高分子化合物を添加することができる。 The ink composition of the present invention for the purpose of adjusting film physical properties, can be added with various polymer compounds. 高分子化合物としては、アクリル系重合体、ポリビニルブチラール樹脂、ポリウレタン樹脂、ポリアミド樹脂、ポリエステル樹脂、エポキシ樹脂、フェノール樹脂、ポリカーボネート樹脂、ポリビニルブチラール樹脂、ポリビニルホルマール樹脂、シェラック、ビニル系樹脂、アクリル系樹脂、ゴム系樹脂、ワックス類、その他の天然樹脂等が使用できる。 As the polymer compounds include acrylic polymers, polyvinylbutyral resins, polyurethane resins, polyamide resins, polyester resins, epoxy resins, phenol resins, polycarbonate resins, polyvinyl butyral resins, polyvinyl formal resins, shellac, vinyl resins, acrylic resins , rubber resin, waxes, other natural resins. また、これらは2種以上併用してもかまわない。 Also, they may be used in combination of two or more.
また、この他にも、必要に応じて、例えば、塩基性化合物、レベリング添加剤、マット剤、膜物性を調整するためのワックス類、ポリオレフィンやポリエチレンテレフタレート(PET)等の記録媒体への密着性を改善するために、重合を阻害しないタッキファイヤー(粘着付与剤)などを含有させることができる。 Also, the addition to, if necessary, for example, a basic compound, a leveling additive, a matting agent, adhesion to waxes, polyolefin and polyethylene terephthalate (PET) or the like of the recording medium for adjusting film physical properties in order to improve, tackifier (tackifier) ​​that does not inhibit polymerization may be contained and the like.

本発明のインク組成物は、インクジェットノズルからの吐出性を考慮し、吐出時の温度でのインク組成物の粘度が0.5〜30mPa・sであることが好ましく、0.5〜20mPa・sであることがより好ましく、1〜15mPa・sであることが最も好ましい。 The ink composition of the present invention is preferably in consideration of the ejection ability from the inkjet nozzles, the viscosity of the ink composition at a temperature in discharging a 0.5~30mPa · s, 0.5~20mPa · s more preferably, and most preferably 1~15mPa · s. この範囲になるように適宜組成比を調整し決定することが好ましい。 It is preferably adjusted to determine an appropriate composition ratio such that this range.
なお、25℃(室温)でのインク組成物の粘度は、1mPa・s以上200mPa・s以下であることが好ましく、2mPa・s以上50mPa・s以下であることがより好ましく、2.5mPa・s以上30mPa・s以下であることが更に好ましい。 The viscosity of the ink composition at 25 ° C. (room temperature) is preferably from 1 mPa · s or higher 200 mPa · s, more preferably not more than 2 mPa · s or more 50mPa · s, 2.5mPa · s and more preferably less than 30 mPa · s. 室温での粘度を高く設定することにより、多孔質な記録媒体を用いた場合でも、記録媒体中へのインク組成物の浸透を防ぎ、未硬化モノマーの低減、臭気低減が可能となり、更にインク液滴着弾時のドット滲みを抑えることができ、その結果として画質が改善される。 By setting a high viscosity at room temperature, even when a porous recording medium, prevents the penetration of the ink into the recording medium, the reduction of uncured monomer, it is possible to reduce odors, further ink dot bleeding at the time of droplet impact can be suppressed, image quality is improved as a result. また、25℃でのインク組成物の粘度が200mPa・s以下であると、インク組成物の装置内におけるインクジェットヘッド等へのデリバリーが容易である。 Further, when the viscosity of the ink composition at 25 ° C. or less 200 mPa · s, it is easy to delivery to the inkjet head or the like in the apparatus of the ink composition.

本発明のインク組成物の表面張力は、20〜40mN/mであることが好ましく、23〜35mN/mであることがより好ましい。 The surface tension of the ink composition of the present invention is preferably 20 to 40 mN / m, and more preferably 23~35mN / m. ポリオレフィン、PET、コート紙、非コート紙など様々な記録媒体へ記録する場合、滲み及び浸透の観点から、20mN/m以上が好ましく、濡れ性の観点から35mN/m以下が好ましい。 Polyolefin, PET, coated paper, in the case of recording the non-coated paper and various recording media, bleeding and in terms of penetration is preferably at least 20 mN / m, preferably not more than 35 mN / m from the viewpoint of wettability.

このようにして調製された本発明のインク組成物は、インク組成物をインクジェットプリンターにより記録媒体に印字し、その後、印字されたインク組成物に活性線を照射して硬化して記録を好適に行うことができる。 The ink composition of the present invention thus formulated had the ink composition is printed on a recording medium by an inkjet printer, then preferably the recording by cured by irradiation with active rays printed ink composition It can be carried out.
本発明のインク組成物により得られた印刷物は、画像部の強度に優れるため、インク組成物による画像形成以外にも、例えば、平版印刷版のインク受容層(画像部)の形成など、種々の用途に使用し得る。 Printed material obtained by the ink composition of the present invention is excellent in strength of the image area, in addition to image formation by the ink composition, such as formation of an ink receiving layer of the lithographic printing plate (image unit), various It can be used in applications.

(インクジェット記録方法、インクジェット記録装置及び印刷物) (Ink jet recording method, an ink jet recording apparatus and printed)
本発明のインクジェット記録方法は、本発明のインク組成物をインクジェット記録用として記録媒体(支持体、記録材料等)上に吐出し、記録媒体上に吐出されたインク組成物に活性エネルギー線を照射し、インクジェットインク組成物を硬化して画像を形成する方法である。 The inkjet recording method of the present invention, a recording medium (support, recording material, etc.) of the ink composition of the present invention for inkjet recording ejected onto, an active energy ray to the ink composition ejected on a recording medium and a method of forming an image by curing the ink jet ink composition.

より具体的には、本発明のインクジェット記録方法は、(a 1 )記録媒体上に、本発明のインク組成物を吐出する工程、及び、(b 1 )吐出されたインク組成物に活性線を照射して前記インク組成物を硬化する工程、を含むことが好ましい。 More specifically, the inkjet recording method of the present invention, on the (a 1) recording medium, step of discharging the ink composition of the present invention, and the active line (b 1) discharged ink composition curing the ink composition by irradiation, it is preferable to include a.
本発明のインクジェット記録方法は、上記(a 1 )及び(b 1 )工程を含むことにより、記録媒体上において硬化したインク組成物により画像が形成される。 The inkjet recording method of the present invention comprises the above (a 1) and (b 1) step, an image is formed by the ink composition cured on the recording medium.
また、本発明のインクジェット記録方法は、記録媒体上の同一部分において、上記(a 1 )及び(b 1 )工程を2回以上行うこと、すなわち、同一部分を重ね打ちにより印刷するマルチパスモードで行うことが好ましい。 The ink jet recording method of the present invention, in the same portion on the recording medium, the (a 1) and (b 1) step by making two or more times, i.e., in a multi-pass mode for printing by overstrikes the same parts it is preferable to perform. 本発明のインク組成物を用いることにより、マルチパスモードで印刷を行った場合、光沢性により優れた画像が得られる。 By using the ink composition of the present invention, when performing printing in multipass mode, excellent images by glossiness obtained.
また、本発明の印刷物は、本発明のインク組成物により記録された印刷物であり、本発明のインクジェット記録方法によって記録された印刷物であることが好ましい。 Further, the printed material of the present invention is a printed material recorded by the ink composition of the present invention is preferably a printed material recorded by the inkjet recording method of the present invention.

また、本発明のインク組成物は、パッケージ印刷用に好適であり、特に、食品包装用のパッケージ印刷に好適である。 The ink composition of the present invention is suitable for packaging printing, particularly suitable for packaging printing for food packaging. その場合には、以下の工程をこの順で含むインクジェット記録方法であることが好ましい。 In that case, it is preferred that the ink jet recording method comprising the following steps in this order.
(工程a)インクジェットインク組成物をインクジェットヘッドから吐出し、膜厚150μm以下のパッケージ用支持体上に印刷する工程、及び、 (Step a) inkjet ink composition ejected from the inkjet head, a step of printing on a support for the following package thickness 150μm and,
(工程b)前記吐出されたインクジェットインク組成物に活性線を照射する工程 (Step b) a step of irradiating active rays ejected by inkjet ink composition

本発明のインクジェット記録方法における(a 1 )工程及び(a)工程には、以下に詳述するインクジェット記録装置を用いることができる。 In step (a 1) and (a) of the inkjet recording method of the present invention may employ an inkjet recording device that will be described in detail below.

<インクジェット記録装置> <Ink-jet recording apparatus>
本発明のインクジェット記録方法に用いることができるインクジェット記録装置としては、特に制限はなく、目的とする解像度を達成し得る公知のインクジェット記録装置を任意に選択して使用することができる。 As ink-jet recording apparatus used in the inkjet recording method of the present invention is not particularly limited and may be a known ink jet recording apparatus capable of achieving a resolution of interest selected arbitrarily. すなわち、市販品を含む公知のインクジェット記録装置であれば、いずれも、本発明のインクジェット記録方法の(a 1 )工程及び(a)工程における記録媒体へのインク組成物の吐出を実施することができる。 That is, any known inkjet recording apparatuses including commercially available products, either, be used in order to discharge an ink jet recording method step (a 1) and (a) the ink composition to a recording medium in the process of the present invention it can.

本発明で用いることができるインクジェット記録装置としては、例えば、インク供給系、温度センサー、活性エネルギー線源を含む装置が挙げられる。 The inkjet recording device that can be used in the present invention, for example, an ink supply system, a temperature sensor, and an actinic energy ray source.
インク供給系は、例えば、本発明のインク組成物を含む元タンク、供給配管、インクジェットヘッド直前のインク供給タンク、フィルター、ピエゾ型のインクジェットヘッドからなる。 The ink supply comprises, for example, a main tank containing the ink composition of the present invention, a supply pipe, an ink supply tank immediately before an inkjet head, a filter, and a piezo system inkjet head. ピエゾ型のインクジェットヘッドは、好ましくは1〜100pl、より好ましくは8〜30plのマルチサイズドットを、好ましくは320×320〜4,000×4,000dpi、より好ましくは400×400〜1,600×1,600dpi、更に好ましくは720×720dpiの解像度で吐出できるよう駆動することができる。 The piezo system inkjet head may be preferably 1 to 100, a multi-size dots of more preferably 8~30Pl preferably 320 × 320~4,000 × 4,000dpi, more preferably 400 × 400 to 1,600 × 1,600 dpi, more preferably can be driven so as to discharge in the 720 × 720 dpi resolution. なお、本発明でいうdpiとは、2.54cm当たりのドット数を表す。 Here, dpi referred to in the present invention means the number of dots per 2.54 cm.

上述したように、本発明のインク組成物は、吐出されるインク組成物を一定温度にすることが好ましいことから、インクジェット記録装置には、インク組成物温度の安定化手段を備えることが好ましい。 As described above, the ink composition of the present invention, the ink composition because it is preferable to be discharged at a constant temperature, the inkjet recording device is preferably equipped with means for stabilizing the temperature of the ink composition. 一定温度にする部位はインクタンク(中間タンクがある場合は中間タンク)からノズル射出面までの配管系、部材の全てが対象となる。 Sites that constant temperature piping system from to the nozzle exit plane (intermediate tank if there are intermediate tank) an ink tank, all members of interest. すなわち、インク供給タンクからインクジェットヘッド部分までは、断熱及び加温を行うことができる。 That is, from the ink supply tank to the inkjet head may be thermally insulated and heated.
温度コントロールの方法としては、特に制約はないが、例えば、温度センサーを各配管部位に複数設け、インク組成物の流量、環境温度に応じた加熱制御をすることが好ましい。 A method of controlling temperature is not particularly limited, but, for example, a plurality of temperature sensors in piping areas, the flow rate of the ink composition, it is preferable to control heating according to the environmental temperature. 温度センサーは、インク供給タンク及びインクジェットヘッドのノズル付近に設けることができる。 Temperature sensors may be provided in the vicinity of the nozzle of the ink supply tank and the ink jet head. また、加熱するヘッドユニットは、装置本体を外気からの温度の影響を受けないよう、熱的に遮断若しくは断熱されていることが好ましい。 The head unit to be heated is such that is not influenced by the temperature of the apparatus body from the outside air, which is preferably thermally shielded or insulated. 加熱に要するプリンター立上げ時間を短縮するため、あるいは、熱エネルギーのロスを低減するために、他部位との断熱を行うとともに、加熱ユニット全体の熱容量を小さくすることが好ましい。 In order to reduce the printer start-up time required for heating, or in order to reduce the thermal energy loss, the head unit is thermally insulated from other parts, it is preferable to reduce the heat capacity of the entire heating unit.

本発明のインク組成物のような放射線硬化型インク組成物は、概して通常インクジェット記録用インク組成物で使用される水性インク組成物より粘度が高いため、吐出時の温度変動による粘度変動が大きい。 Radiation-curable ink composition such as the ink composition of the present invention, are more viscous than aqueous ink composition used in the normal inkjet recording ink composition, a large viscosity variation due to change in temperature at the time of discharge. インク組成物の粘度変動は、液滴サイズの変化及び液滴吐出速度の変化に対して大きな影響を与え、ひいては画質劣化を引き起こす。 Viscosity variation in the ink composition has a large effect on changes and changes in liquid droplet discharge speed of droplet size, causing deterioration in image quality. したがって、吐出時のインク組成物の温度はできるだけ一定に保つことが必要である。 Therefore, the ink composition discharge temperature should be kept as constant as possible. よって、本発明において、インク組成物の温度の制御幅は、好ましくは設定温度の±5℃、より好ましくは設定温度の±2℃、更に好ましくは設定温度±1℃とすることが適当である。 In the present invention, the control range for the temperature of the ink composition is preferably ± 5 ℃ temperature setting, and more preferably ± 2 ℃ set temperature, more preferably suitably adjusted to the set temperature ± 1 ° C. .

次に、(b 1 )工程及び(b)工程について説明する。 Next, a description will be given (b 1) step and step (b).
記録媒体上に吐出されたインク組成物は、活性エネルギー線(活性線)を照射することによって硬化する。 The ink composition discharged onto the recording medium cures upon irradiation with an active energy ray (active ray). これは、本発明のインク組成物に含まれる重合開始剤が活性エネルギー線の照射により分解して、ラジカルなどの重合開始種を発生し、その開始種の機能に重合性化合物の重合反応が、生起、促進されるためである。 This is decomposed by irradiation of the polymerization initiator active energy rays contained in the ink composition of the present invention, the polymerization reaction generates a polymerization initiating species such as a radical polymerizable compound the initiating species functioning so, occurrence is to be promoted. このとき、インク組成物において重合開始剤と共に増感剤が存在すると、系中の増感剤が活性エネルギー線を吸収して励起状態となり、重合開始剤と接触することによって重合開始剤の分解を促進させ、より高感度の硬化反応を達成させることができる。 In this process, if a sensitizer is present together with the polymerization initiator in the ink composition, becomes excited sensitizer in the system absorbs actinic radiation, the decomposition of the polymerization initiator by contact with the polymerization initiator it is promoted, thereby achieving a curing reaction with higher sensitivity.

ここで、使用される活性エネルギー線は、α線、γ線、電子線、X線、紫外線、可視光又は赤外光などが使用され得る。 Here, the active energy ray to be used, alpha rays, gamma rays, electron beam, X rays, UV rays, visible light, infrared light can be used. 活性エネルギー線のピーク波長は、増感剤の吸収特性にもよるが、例えば、200〜600nmであることが好ましく、300〜450nmであることがより好ましく、320〜420nmであることが更に好ましく、活性エネルギー線が、ピーク波長が340〜400nmの範囲の紫外線であることが特に好ましい。 Peak wavelength of the active energy ray depends on the absorption characteristics of the sensitizer, for example, is preferably from 200 to 600 nm, more preferably from 300 to 450 nm, more preferably in a 320~420Nm, active energy rays, it is particularly preferred peak wavelength of ultraviolet light in the range of 340 to 400 nm.

また、本発明のインク組成物の、重合開始系は、低出力の活性エネルギー線であっても十分な感度を有するものである。 Further, the ink composition of the present invention, the polymerization initiation system has a sufficient sensitivity even to actinic radiation of low power. したがって、露光面照度が、好ましくは10〜4,000mW/cm 2 、より好ましくは20〜2,500mW/cm 2で硬化させることが適当である。 Therefore, the illumination intensity on the exposed surface is preferably 10~4,000mW / cm 2, more preferably suitably be cured in 20 to 2,500 mW / cm 2.

活性エネルギー線源としては、水銀ランプやガス・固体レーザー等が主に利用されており、紫外線光硬化型インクジェット記録用インク組成物の硬化に使用される光源としては、水銀ランプ、メタルハライドランプが広く知られている。 The active energy ray source, a mercury lamp, a gas-solid laser, etc. are mainly used, as a light source used for curing of UV photocuring inkjet recording ink composition, a mercury lamp, a metal halide lamp is widely Are known. しかしながら、現在環境保護の観点から水銀フリー化が強く望まれており、GaN系半導体紫外発光デバイスへの置き換えは産業的、環境的にも非常に有用である。 However, there has recently been a strong desire for mercury-free devices from the viewpoint of environmental protection, and replacement by a GaN semiconductor UV light emitting device is industrially and environmentally very useful. 更に、LED(UV−LED)、LD(UV−LD)は小型、高寿命、高効率、低コストであり、光硬化型インクジェット用光源として期待されている。 Furthermore, LED (UV-LED), LD (UV-LD) have small dimensions, long life, high efficiency, and low cost, it is expected as a photocurable inkjet light source.
また、発光ダイオード(LED)及びレーザーダイオード(LD)を活性エネルギー線源として用いることが可能である。 Further, it is possible to use light-emitting diodes (LED) and laser diodes (LD) as the active energy ray source. 特に、紫外線源を要する場合、紫外LED及び紫外LDを使用することができる。 In particular, when a UV ray source is needed, it is possible to use an ultraviolet LED or an ultraviolet LD. 例えば、日亜化学(株)は、主放出スペクトルが365nmと420nmとの間の波長を有する紫色LEDを上市している。 For example, Nichia Corporation has marketed a violet LED having a wavelength of the main emission spectrum of between 365nm and 420 nm. 更に一層短い波長が必要とされる場合、米国特許第6,084,250号明細書は、300nmと370nmとの間に中心付けされた活性エネルギー線を放出し得るLEDを開示している。 If a still shorter wavelength, U.S. Patent No. 6,084,250 discloses an LED that can emit a centering activity energy ray between 300nm and 370 nm. また、他の紫外LEDも、入手可能であり、異なる紫外線帯域の放射を照射することができる。 Further, another violet LED is available, it can be irradiated with radiation of a different UV bandwidth. 本発明で特に好ましい活性エネルギー線源はUV−LEDであり、特に好ましくは340〜400nmにピーク波長を有するUV−LEDである。 Particularly preferred active energy ray source in the present invention is a UV-LED, and particularly preferably a UV-LED having a peak wavelength at 340 to 400 nm.
なお、LEDの記録媒体上での最高照度は、10〜2,000mW/cm 2であることが好ましく、20〜1,000mW/cm 2であることがより好ましく、50〜800mW/cm 2であることが特に好ましい。 The maximum illumination intensity on the LED recording medium is preferably 10 to 2,000 mW / cm 2, more preferably 20 to 1,000 mW / cm 2, is 50 to 800 mW / cm 2 it is particularly preferred.

本発明のインク組成物は、このような活性エネルギー線に、好ましくは0.01〜120秒、より好ましくは0.1〜90秒照射されることが適当である。 The ink composition of the present invention is desirably exposed to such actinic radiation for preferably 0.01 seconds, more preferably suitably be irradiated 0.1 to 90 seconds.
活性エネルギー線の照射条件並びに基本的な照射方法は、特開昭60−132767号公報に開示されている。 Irradiation conditions and a basic method for irradiation with actinic radiation are disclosed in JP-A-60-132767. 具体的には、インク組成物の吐出装置を含むヘッドユニットの両側に光源を設け、いわゆるシャトル方式でヘッドユニットと光源を走査することによって行われる。 Specifically, light sources are provided on both sides of a head unit that includes an ink composition discharge device, carried out by scanning the head unit and the light source in a so-called shuttle system. 活性エネルギー線の照射は、インク組成物の着弾後、一定時間(好ましくは0.01〜0.5秒、より好ましくは0.01〜0.3秒、更に好ましくは0.01〜0.15秒)をおいて行われることになる。 Irradiation of active energy rays, after landing of the ink composition a certain time (preferably 0.01 to 0.5 seconds, more preferably 0.01 to 0.3 seconds, more preferably 0.01 to 0.15 will be performed at the second). このようにインク組成物の着弾から照射までの時間を極短時間に制御することにより、記録媒体に着弾したインク組成物が硬化前に滲むことを防止することが可能となる。 By controlling in this way the time until irradiated from the landing of ink composition very short time, the ink composition landed on the recording medium can be prevented from bleeding before curing. また、多孔質な記録媒体に対しても光源の届かない深部までインク組成物が浸透する前に露光することができるため、未反応モノマーの残留を抑えることができるので好ましい。 Moreover, since it is possible to ink composition to deep the light source can not reach a porous recording medium is exposed before it penetrates, it is possible to prevent monomer from remaining unreacted.
更に、駆動を伴わない別光源によって硬化を完了させてもよい。 Furthermore, curing may be completed using another light source that is not driven. 国際公開第99/54415号パンフレットでは、照射方法として、光ファイバーを用いた方法やコリメートされた光源をヘッドユニット側面に設けた鏡面に当て、記録部へUV光を照射する方法が開示されており、このような硬化方法もまた、本発明のインクジェット記録方法に適用することができる。 In WO 99/54415 pamphlet, as an irradiation method, irradiated with light sources methods and collimated using an optical fiber to a mirror surface provided on a head unit side face, are a method of irradiation is disclosed a UV light to a recording unit, such a curing method can also be applied to the inkjet recording method of the present invention.

上述したようなインクジェット記録方法を採用することにより、表面の濡れ性が異なる様々な記録媒体に対しても、着弾したインク組成物のドット径を一定に保つことができ、画質が向上する。 By employing the inkjet recording method as described above, even for different wettability various recording medium surface, it is possible to maintain the dot diameter of landed ink composition constant, thereby improving the image quality. なお、カラー画像を得るためには、明度の低い色から順に重ねていくことが好ましい。 In order to obtain a color image, it is preferable to superimpose colors in order from low lightness colors. 明度の低いインク組成物から順に重ねることにより、下部のインク組成物まで照射線が到達しやすくなり、良好な硬化感度、残留モノマーの低減、密着性の向上が期待できる。 By superimposing a low ink composition lightness sequentially become radiation to the bottom of the ink composition is easily reached, and good curing sensitivity, reduction of residual monomer, and improvement in adhesion can be expected. また、照射は、全色を吐出してまとめて露光することが可能だが、1色毎に露光するほうが、硬化促進の観点で好ましい。 Further, irradiation, but it can be exposed collectively by discharging all colors, better exposure for each color is preferable from the viewpoint of promoting curing.
このようにして、本発明のインク組成物は、活性エネルギー線の照射により高感度で硬化することで、記録媒体表面に画像を形成することができる。 In this way, the ink composition of the present invention is cured with high sensitivity by irradiation of active energy rays, it is possible to form an image on a recording medium surface.

本発明のインク組成物は、複数のインクジェット記録用インクからなるインクセットとして使用することが好ましい。 The ink composition of the present invention is preferably used as an ink set comprising a plurality of ink-jet recording ink.
本発明のインクジェット記録方法において、吐出する各着色インク組成物の順番は、特に限定されるわけではないが、明度の高い着色インク組成物から記録媒体に付与することが好ましく、イエロー、シアン、マゼンタ、ブラックを使用する場合には、イエロー→シアン→マゼンタ→ブラックの順で記録媒体上に付与することが好ましい。 In the ink jet recording method, the order in which colored ink compositions are discharged is not particularly limited, but it is preferable to apply to a recording medium from a high color ink composition lightness, yellow, cyan, magenta , when using black, it is preferably applied on top of the order in the recording medium yellow → cyan → magenta → black. また、これにホワイトを加えて使用する場合にはホワイト→イエロー→シアン→マゼンタ→ブラックの順で記録媒体上に付与することが好ましい。 Further, it is preferably applied on top of the recording medium in the order white → yellow → cyan → magenta → black when used this was added White. 更に、本発明はこれに限定されず、イエロー、ライトシアン、ライトマゼンタ、シアン、マゼンタ、ブラック、ホワイトのインク組成物との計7色が少なくとも含まれる本発明のインクセットを好ましく使用することもでき、その場合には、ホワイト→ライトシアン→ライトマゼンタ→イエロー→シアン→マゼンタ→ブラックの順で記録媒体上に付与することが好ましい。 Furthermore, the present invention is not limited thereto, can be yellow, light cyan, light magenta, cyan, magenta, black, also seven colors of the ink composition of the white to preferably use the ink set of the present invention contained at least , in which case they are applied on the recording medium in the order white → light cyan → light magenta → yellow → cyan → magenta → black.

図1は、本発明で好ましく使用されるインクジェット記録装置の模式図である。 Figure 1 is a schematic view of an ink jet recording apparatus preferably used in the present invention. 支持体の搬送手段である、支持体巻き取りロール5、5'に張架された支持体6は、矢印方向に搬送され、各色のインク組成物を吐出する打滴ヘッドが配備されたインクジェットヘッドユニット7にて、各色のインク組成物(K:ブラック、Y:イエロー、M:マゼンタ、C:シアン、W:ホワイト)が吐出される。 A conveying means of a support, the support 6 which is stretched on the support take-up roll 5, 5 'is conveyed in the arrow direction, the ink-jet head ejecting head for ejecting the ink composition of each color is deployed at unit 7, the color of the ink composition (K: black, Y: yellow, M: magenta, C: cyan, W: white) is ejected.
図1に示すように、LED光源ユニット1は、不活性ガスブランケット2に囲まれており、不活性ガス配管3を介して不活性ガス発生装置4に接続している。 As shown in FIG. 1, LED light source unit 1 is surrounded by an inert gas blanket 2, via an inert gas pipe 3 is connected to the inert gas generator 4. 不活性ガスブランケット2内の雰囲気を貧酸素雰囲気とする手段である不活性ガス発生装置4は、不活性ガス配管3を介して不活性ガスブランケット2の内部に不活性ガスを供給するもので、初期状態では不活性ガスブランケット2内雰囲気は空気であるが、不活性ガス発生装置4を稼働させると、不活性ガスブランケット2内の空気は不活性ガスに置換される。 Inert gas generator 4, which is a means for the atmosphere of an inert gas blanket in 2 and poor oxygen atmosphere, and supplies the internal inert gas of the inert gas blanket 2 via an inert gas pipe 3, in the initial state, but inert gas blanket 2 in the atmosphere is air, operating the inert gas generator 4, the air of the inert gas blanket in 2 is replaced with the inert gas. 不活性ガスは、既述の通り、N 2などを利用することができる。 The inert gas, as described above, can be utilized such as N 2.

<記録媒体> <Recording Medium>
本発明のインク組成物を適用しうる記録媒体としては、特に制限はなく、通常の非コート紙、コート紙などの紙類、いわゆる軟包装に用いられる各種非吸収性樹脂材料あるいは、それをフィルム状に成形した樹脂フィルムを用いることができる。 The recording medium that can be applied to the ink composition of the present invention is not particularly limited, conventional non-coated paper, paper such as coated paper, various non-absorptive resin materials or used in so-called soft packaging, it films molded resin film Jo can be used.
各種プラスチックフィルムとしては、例えば、PET(ポリエチレンテレフタレート)フィルム、OPS(二軸延伸ポリスチレン)フィルム、OPP(二軸延伸ポリプロピレン)フィルム、ONy(二軸延伸ナイロン)フィルム、PVC(ポリ塩化ビニル)フィルム、PE(ポリエチレン)フィルム、TAC(セルローストリアセテート)フィルム等が挙げられる。 Examples of various plastic films, PET (polyethylene terephthalate) film, OPS (biaxially oriented polystyrene) film, OPP (biaxially oriented polypropylene) film, ONy (biaxially stretched nylon) film, PVC (polyvinyl chloride) film, PE (polyethylene) film, TAC (cellulose triacetate) film, and the like.
その他、記録媒体材料として使用しうるプラスチックとしては、ポリカーボネート、アクリル樹脂、ABS(アクリロニトリル−ブタジエン−スチレン共重合体)、ポリアセタール、PVA(ポリビニルアルコール)、ゴム類などが挙げられる。 Other plastics that can be used as a recording medium material include polycarbonate, acrylic resin, ABS (acrylonitrile - butadiene - styrene copolymer), polyacetal, PVA (polyvinyl alcohol), and rubbers. また、金属類や、ガラス類も記録媒体として使用可能である。 Moreover, metals or glasses may be used as a recording medium.

本発明のインク組成物は、特定の重合開始剤を含有するため、活性エネルギー線の照射により硬化しうる硬化性のインクジェット用インク組成物として好適に用いることができる。 The ink composition of the present invention contains a specific polymerization initiator may be suitably used as an inkjet ink composition curable that can be cured by irradiation of an active energy ray. また、本発明のインク組成物は、非吸収性の記録媒体上にも、高品質の画像をデジタルデータに基づき直接形成しうることから、大面積の印刷物の作製にも好適に使用される。 The ink composition of the present invention, even on a non-absorbing recording medium, an image of high quality since it can form directly based on digital data, is suitably used for the production of printed matter having a large area.
本発明のインク組成物は、特定の重合開始剤を含有することにより低露光量でも硬化し得る。 The ink composition of the present invention may be cured at a low exposure amount by containing the specific polymerization initiator. このため、低露光強度の安価な光源を用いることによるシステムやランニングコストの削減、露光時間を短縮することによる印刷速度の向上に寄与するものと思われる。 Therefore, it appears to contribute inexpensive sources reduce system and running costs due to the use of low exposure intensity, the improvement of printing speed by reducing the exposure time. 更に、露光後の硬化速度が速いことにより画像のにじみを抑制ができ、鮮明な画像を形成することができる。 Furthermore, the curing rate after exposure of the image bleeding can be suppressed by fast, it can form a clear image.

(ビスアシルホスフィンオキシド化合物) (Bisacylphosphine oxide compound)
本発明のビスアシルホスフィンオキシド化合物は、下記式(1')又は式(3)で表される化合物である。 Bisacylphosphine oxide compounds of the present invention is a compound represented by the following formula (1 ') or Formula (3).

(式(1')中、R 1 〜R 6はそれぞれ独立に、水素原子、炭素数1〜4のアルキル基又は式(4)で表される基を表し、R 1 〜R 6のうち少なくとも1つは式(4)で表される基であり、R 7はアルキル基又はアリール基を表す。) (In the formula (1 '), in each of R 1 to R 6 independently represent a hydrogen atom, a group represented by the alkyl group or the formula 1 to 4 carbon atoms (4), at least one of R 1 to R 6 one is a group represented by the formula (4), R 7 represents an alkyl group or an aryl group.)

(式(4)中、R 13は水素原子又はメチル基を表し、L 3は−COO−又は−CONH−を表し、−*はベンゼン環との結合を表す。) (In the formula (4), R 13 represents a hydrogen atom or a methyl group, L 3 represents a -COO- or -CONH-, - * represents a bond with the benzene ring.)

(式(3)中、R 10 〜R 15はそれぞれ独立に、水素原子、炭素数1〜4のアルキル基又は−CH 2 Brを表し、R 10 〜R 15のうち少なくとも1つは−CH 2 Brであり、R 16は炭素数1〜20のアルキル基又は炭素数6〜12のアリール基を表す。) (In the formula (3), R 10 ~R 15 independently represents a hydrogen atom, an alkyl group or a -CH 2 Br 1 to 4 carbon atoms, at least one of R 10 to R 15 is -CH 2 a br, R 16 represents an alkyl group or an aryl group having 6 to 12 carbon atoms having 1 to 20 carbon atoms.)

式(1')で表される化合物におけるR 1 〜R 6はそれぞれ独立に、水素原子、メチル基又は式(4)で表される基であることが好ましく、メチル基又は重式(4)で表される基であることがより好ましい。 R 1 to R 6 each independently in the compound represented by formula (1 ') a hydrogen atom, is preferably a group represented by a methyl group, or the formula (4), a methyl group or a heavy formula (4) and more preferably in a group represented by. 上記態様であると、重合物におけるマイグレーションがより少なく、臭気がより抑制された重合物が得られる。 When in this manner, migration of the polymer is less, the polymerization product odor is further suppressed can be obtained.
更に、式(1')で表される化合物は、式(4)で表される基を1つのみ有していても、2つ以上有していてもよい。 Furthermore, compounds of the formula (1 ') also have only one group of the formula (4) may have two or more.
式(1')で表される化合物におけるR 7は、炭素数1〜12のアルキル基又は炭素数6〜12のアリール基であることが好ましく、炭素数6〜12のアリール基であることが更に好ましく、フェニル基であることが特に好ましい。 R 7 in the compound represented by the formula (1 ') is preferably an alkyl group or an aryl group having 6 to 12 carbon atoms having 1 to 12 carbon atoms, an aryl group having 6 to 12 carbon atoms more preferably, particularly preferably a phenyl group. 上記アルキル基及びアリール基は、置換されていてもよい。 The alkyl group and aryl group may be substituted. 置換基としては、アルキル基、アルコキシ基、アリール基及びハロゲン原子が挙げられる。 Examples of the substituent include an alkyl group, an alkoxy group, an aryl group and a halogen atom.
また、式(1')中に式(4)で表される基が複数存在する場合、式(4)で表される基は、互いに異なっていても同じであってもよいが、同じであることが好ましい。 Further, when the group represented by the formula (4) in the formula (1 ') there are a plurality of groups represented by the formula (4), which may be the same or different from each other, the same there it is preferable.
13は、水素原子であることが好ましい。 R 13 is preferably a hydrogen atom.
3は、−COO−であることが好ましい。 L 3 is preferably -COO-.

式(3)におけるR 10 〜R 15はそれぞれ独立に、水素原子、メチル基又は−CH 2 Brであることが好ましく、メチル基又は−CH 2 Brであることがより好ましい。 The R 10 to R 15 are each independently in Formula (3), a hydrogen atom is preferably a methyl group or a -CH 2 Br, and more preferably a methyl group or a -CH 2 Br.
また、式(3)において、R 10 〜R 12のうち少なくとも1つは−CH 2 Brであり、かつR 13 〜R 15のうち少なくとも1つは−CH 2 Brであることが好ましい。 Further, in the equation (3), at least one of R 10 to R 12 is -CH 2 Br, and is preferably at least one of R 13 to R 15 is -CH 2 Br.
式(3)におけるR 16は、炭素数1〜20のアルキル基又は炭素数6〜12のアリール基であり、炭素数1〜12のアルキル基又は炭素数6〜12のアリール基であることが好ましく、炭素数6〜12のアリール基であることがより好ましく、フェニル基であることが特に好ましい。 R 16 in the formula (3) is an alkyl group or an aryl group having 6 to 12 carbon atoms having 1 to 20 carbon atoms, an alkyl group or an aryl group having 6 to 12 carbon atoms having 1 to 12 carbon atoms preferably, more preferably an aryl group having 6 to 12 carbon atoms, particularly preferably a phenyl group. 上記アルキル基及びアリール基は、置換されていてもよい。 The alkyl group and aryl group may be substituted. 置換基としては、アルキル基、アルコキシ基及びアリール基が挙げられる。 Examples of the substituent include an alkyl group, an alkoxy group and an aryl group.

式(3)で表される化合物の製造方法としては、特に制限はないが、式(3)において−CH 2 Brとなる部分が−CH 3である化合物を用い、当該−CH 3を臭素化することにより合成する方法が好ましく例示できる。 As a method for producing the compound represented by formula (3) is not particularly limited, the portion becomes a -CH 2 Br are using a compound which is -CH 3 in the formula (3), brominated the -CH 3 a method of synthesizing by the preferred examples. 具体的には、例えば、式(3)において−CH 2 Brとなる部分が−CH 3である化合物に、アゾイソブチロニトリルや過酸化ベンゾイル等の熱ラジカル発生剤とN−ブロモスクシンイミド等の臭素化剤とを作用させる方法が好ましく挙げられる。 Specifically, for example, in the formula (3) portions a -CH 2 Br are the compounds is -CH 3, such as thermal radical generating agent and N- bromosuccinimide such as azoisobutyronitrile or benzoyl peroxide method of reacting a brominating agent is preferred.
式(1)で表される化合物又は式(1')で表される化合物の製造方法としては、特に制限はなく、公知の方法により合成すればよい。 As a method for producing the compound represented by Formula (1) compound or Formula (1 ') represented by is not particularly limited, it may be synthesized by a known method. 中でも、式(3)で表される化合物を用い、式(3)における−CH 2 Brの臭素原子に置換して重合性官能基又は重合性官能基を有する基を導入する方法が好ましく例示できる。 Above all, using the compound represented by the formula (3), a method of introducing a group having a substituted bromine atoms polymerizable functional group or a polymerizable functional group of the -CH 2 Br in the formula (3) can be preferably exemplified .

以下、本発明を実施例により具体的に説明するが、本発明はこれらの実施例に限定されるものではない。 Following illustratively describes the invention based on examples, the present invention is not limited to these examples. なお、特に断りのない限り、「部」及び「%」は質量基準である。 Unless otherwise specified, "parts" and "%" are based on mass.

<A−1の合成> <Synthesis of A-1>
−ベンジルブロマイド中間体の合成− - Synthesis of benzyl bromide intermediate -
撹拌棒、窒素導入管、温度計を取り付けた2L三口フラスコに、12g(28.7mmol)のビス(2,4,6−トリメチルベンゾイル)フェニルフォスフィンオキサイド(IRGACURE 819、チバ・ジャパン(株)製)、N−ブロモスクシンイミド5.11g(28.7mmol)、クロロベンゼン1,500mLを入れて65℃にて窒素気流下で1時間加熱撹拌した。 Stirring bar, nitrogen inlet tube, 2L three-necked flask fitted with a thermometer, 12g bis (2,4,6-trimethylbenzoyl) phenyl phosphine oxide (IRGACURE 819 of (28.7 mmol), manufactured by Ciba Japan KK ), N- bromosuccinimide 5.11 g (28.7 mmol), and 1 hour heating and stirring in a nitrogen stream at 65 ° C. put chlorobenzene 1,500 mL. 固体が完全に溶解した後、アゾイソブチロニトリルを0.2g加えて更に6時間反応させた。 After the solid was completely dissolved, it was further 6 hours the addition of azoisobutyronitrile 0.2 g. 溶液を放冷したのち、酢酸エチルと水で2回分液した後にカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=7:3)で化合物A−1のベンジルブロマイド中間体を単離した。 After the solution was allowed to cool, column chromatography after twice partitioned between ethyl acetate and water (hexane: ethyl acetate = 7: 3) benzyl bromide intermediate of Compound A-1 was isolated in.
1 H NMR(400MHz、CDCl 3 1 H NMR (400MHz, CDCl 3 )
δ=2.04(6H、s)、2.11(6H、s)、2.25(3H、s)4.36(2H、s)、6.78(2H、s)、7.04(2H、s)、7.41〜7.48(2H、m)、7.55〜7.65(1H、)、7.74〜7.80(2H、m) δ = 2.04 (6H, s), 2.11 (6H, s), 2.25 (3H, s) 4.36 (2H, s), 6.78 (2H, s), 7.04 ( 2H, s), 7.41~7.48 (2H, m), 7.55~7.65 (1H,), 7.74~7.80 (2H, m)

−A−1の合成− Synthesis of -A-1 -
炭酸セシウム12.20g(37.44mmol)をジメチルホルムアミド(DMF、40mL)と純水(8mL)の混合溶液に加え、溶解させた。 Dimethylformamide (DMF, 40 mL) and cesium carbonate 12.20g (37.44mmol) and added to a mixed solution of pure water (8 mL), was dissolved. 続いて減圧下で12時間撹拌して濃縮した。 Followed by concentrated and stirred for 12 hours under reduced pressure. アクリル酸1.35g(18.72mmol)を加え、A−1のベンジルブロマイド中間体9.3g(18.72mmol)のDMF(30mL)溶液を加えて室温(25℃)にて5時間撹拌した。 Added 1.35g acrylic acid (18.72mmol), and the mixture was stirred for 5 hours at room temperature (25 ° C.) was added to DMF (30 mL) solution of A-1 of the bromide intermediate 9.3g (18.72mmol). 酢酸エチルと水で2回分液した後にカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=8:2)で化合物A−1を単離した。 Column chromatography after twice partitioned between ethyl acetate and water (hexane: ethyl acetate = 8: 2) Compound A-1 was isolated by.
1 H NMR(400MHz、CDCl 3 1 H NMR (400MHz, CDCl 3 )
δ=2.08(6H、s)、2.11(6H、s)、2.25(3H、s)5.20(2H、s)、5.86(1H、d)、6.20(1H、t)、6.45(1H、d)、6.78(2H、s)、7.00(2H、s)、7.41〜7.48(2H、m)、7.55〜7.65(1H、)、7.74〜7.80(2H、m) δ = 2.08 (6H, s), 2.11 (6H, s), 2.25 (3H, s) 5.20 (2H, s), 5.86 (1H, d), 6.20 ( 1H, t), 6.45 (1H, d), 6.78 (2H, s), 7.00 (2H, s), 7.41~7.48 (2H, m), 7.55~7 .65 (1H,), 7.74~7.80 (2H, m)

<A−2、A−3、A−5、A−6、A−13、A−14、A−17、A−18及びA−22の合成> <Synthesis of A-2, A-3, A-5, A-6, A-13, A-14, A-17, A-18 and A-22>
A−1の合成において、使用した各成分やその添加量を表1又は表2のように変更した以外は、A−1の合成と同様の方法で、A−2、A−3、A−5、A−6、A−13、A−14、A−17、A−18及びA−22をそれぞれ合成した。 In the synthesis of A-1, except that the components and their amount used was changed as shown in Table 1 or Table 2, in the same manner as the synthesis of A-1, A-2, A-3, A- 5, a-6, a-13, a-14, a-17, a-18 and a-22 were synthesized respectively.

A−2、A−3のベンジルブロマイド中間体、A−3、A−5のベンジルブロマイド中間体、及び、A−5の1 H NMRデータを以下に示す。 Benzyl bromide intermediate of A-2, A-3, benzylbromide intermediate of A-3, A-5, and, 1 H NMR data of A-5 below.

<A−2> <A-2>
1 H NMR(400MHz、CDCl 3 ):δ=1.96(3H、t)、2.08(6H、s)、2.11(6H、s)、2.25(3H、s)5.19(2H、s)、5.57(1H、d)、6.45(1H、d)、6.78(2H、s)、7.00(2H、s)、7.41〜7.48(2H、m)、7.55〜7.65(1H、)、7.74〜7.80(2H、m) 1 H NMR (400MHz, CDCl 3 ): δ = 1.96 (3H, t), 2.08 (6H, s), 2.11 (6H, s), 2.25 (3H, s) 5.19 (2H, s), 5.57 (1H, d), 6.45 (1H, d), 6.78 (2H, s), 7.00 (2H, s), 7.41~7.48 ( 2H, m), 7.55~7.65 (1H,), 7.74~7.80 (2H, m)

<A−3のベンジルブロマイド中間体> <Bromide intermediates A-3>
1 H NMR(400MHz、CDCl 3 ):δ=2.04(12H、s)、4.36(4H、s)、7.02(4H、s)、7.41〜7.48(2H、m)、7.55〜7.65(1H、)、7.74〜7.80(2H、m) 1 H NMR (400MHz, CDCl 3 ): δ = 2.04 (12H, s), 4.36 (4H, s), 7.02 (4H, s), 7.41~7.48 (2H, m ), 7.55~7.65 (1H,), 7.74~7.80 (2H, m)

<A−3> <A-3>
1 H NMR(400MHz、CDCl 3 ):δ=2.08(12H、s)、5.20(4H、s)、5.86(2H、d)、6.20(2H、t)、6.45(2H、d)、7.00(4H、s)、7.41〜7.48(2H、m)、7.55〜7.65(1H、)、7.74〜7.80(2H、m) 1 H NMR (400MHz, CDCl 3 ): δ = 2.08 (12H, s), 5.20 (4H, s), 5.86 (2H, d), 6.20 (2H, t), 6. 45 (2H, d), 7.00 (4H, s), 7.41~7.48 (2H, m), 7.55~7.65 (1H,), 7.74~7.80 (2H , m)

<A−5のベンジルブロマイド中間体> <Bromide intermediates A-5>
1 H NMR(400MHz、CDCl 3 ):δ=2.04(9H、s)、4.36(6H、s)、7.02(3H、s)、7.04(1H、s)、7.41〜7.48(2H、m)、7.55〜7.65(1H、)、7.74〜7.80(2H、m) 1 H NMR (400MHz, CDCl 3 ): δ = 2.04 (9H, s), 4.36 (6H, s), 7.02 (3H, s), 7.04 (1H, s), 7. 41~7.48 (2H, m), 7.55~7.65 (1H,), 7.74~7.80 (2H, m)

<A−5> <A-5>
1 H NMR(400MHz、CDCl 3 ):δ=2.08(9H、s)、5.20(6H、s)、5.86(3H、d)、6.20(3H、m)、6.45(3H、d)、7.00(3H、s)、7.02(1H、s)、7.41〜7.48(2H、m)、7.55〜7.65(1H、)、7.74〜7.80(2H、m) 1 H NMR (400MHz, CDCl 3 ): δ = 2.08 (9H, s), 5.20 (6H, s), 5.86 (3H, d), 6.20 (3H, m), 6. 45 (3H, d), 7.00 (3H, s), 7.02 (1H, s), 7.41~7.48 (2H, m), 7.55~7.65 (1H,), 7.74~7.80 (2H, m)

<A−20の合成> <Synthesis of A-20>
200mlナスフラスコに、金属ナトリウム1.81g(78.8mmol)と脱水トルエン76.6gを加え、98℃で撹拌した。 To 200ml round-bottomed flask, sodium metal 1.81g and (78.8 mmol) of dehydrated toluene 76.6g, and the mixture was stirred at 98 ° C.. p,p−ジクロロフェニルホスフィン3.53g(19.7mmol)を1時間かけて滴下し、更に16時間撹拌した。 p, was added dropwise over 1 hour p- dichlorophenyl phosphine 3.53g of (19.7 mmol), and stirred for an additional 16 hours. 続いてtert−ブタノール2.92g(39.4mmol)を1時間かけて滴下した。 Then tert- butanol 2.92g of (39.4 mmol) was added dropwise over 1 hour.
得られた反応溶液に、35℃で3−イソシアナート−2,4,6−トリメチルベンゾイルクロリド8.87g(39.6mmol)を滴下し、更に1時間撹拌した。 To the resulting reaction solution was added dropwise at 35 ° C. 3- isocyanato-2,4,6-trimethyl benzoyl chloride 8.87 g (39.6 mmol), and stirred for an additional 1 hour.
得られた反応溶液に、30%過酸化水素6.70g(59.1mmol)を滴下し、更に1時間撹拌した。 To the resulting reaction solution was added dropwise 30% hydrogen peroxide 6.70 g (59.1 mmol), and stirred for an additional 1 hour. 20gの5%NaHCO 3水溶液で処理した後に有機層を取り出した。 The organic layer was removed after treatment with 5% NaHCO 3 aqueous solution 20g. 酢酸エチルと水とで2回分液した後にカラムクロマトグラフィー(ヘキサン:酢酸エチル=8:2)で化合物A−20を単離した。 Column chromatography after twice partitioned between ethyl acetate and water (hexane: ethyl acetate = 8: 2) Compound A-20 was isolated by.

<インクジェット記録方法> <Ink-jet recording method>
図1に示す、インクジェット装置において、インクジェットヘッドとして、東芝テック(株)製CA3ヘッドを各色4つずつ並列に配置し、ヘッドを45℃に加温して、42pLの打滴サイズで、描画できるよう、周波数をコントロールした。 In 1, the ink jet apparatus, an inkjet head, the CA3 head manufactured by Toshiba Tec Corporation were arranged in parallel by four colors, warmed head to 45 ° C., in the droplet ejection size of 42 pL, can be drawn as it was to control the frequency. 光源として、ピーク波長385nmのLED光源ユニット(LEDZero Solidcure、Integration Technology社製)を不活性ガスブランケット内に配置し、不活性ガス源として、コンプレッサー付きN 2ガス発生装置Maxi−Flow30(Inhouse Gas社製)を0.2MPa・sの圧力で接続し、ブランケット内のN 2濃度(N 2分圧)が90〜99%の範囲になるよう、2〜10L/分の流量でN 2をフローさせ、N 2濃度を設定した。 As the light source, LED light source unit (LEDZero Solidcure, Integration Technology Inc.) having a peak wavelength 385nm was placed in an inert gas blanket, as the inert gas source, a compressor with N 2 gas generating apparatus Maxi-Flow30 (Inhouse Gas Co. ) was connected with a pressure of 0.2 MPa · s, so that N 2 concentration in the blanket (N 2 partial pressure) is in the range 90 to 99% by flowing the N 2 at a flow rate of 2~10L / min, We set the N 2 concentration. 支持体として、パイレンフィルム−OTP3162(A4サイズ、ポリプロピレンシート、膜厚40μm)を30m/minの速度で操作させ、100%ベタ画像の描画を行い、以下に示す諸性能のテストを行った。 As a support, PYLEN film -OTP3162 (A4 size, polypropylene sheet, thickness 40 [mu] m) was operated at a speed of 30 m / min, performs drawing of 100% solid image was tested for various properties shown below.

(各ミルベースの調製) (Preparation of each mill base)
<シアンミルベースAの調製> <Preparation of Cyan mill base A>
IRGALITE BLUE GLVO(シアン顔料、BASF・ジャパン(株)製)を300質量部と、SR9003(PO変性ネオペンチルグリコールジアクリレート、Sartomer社製)を620質量部と、SOLSPERSE32000(Noveon社製分散剤)を80質量部とを撹拌混合し、シアンミルベースAを得た。 IRGALITE BLUE GLVO and 300 parts by weight (Cyan pigment, BASF · Japan Ltd.), SR9003 (PO-modified neopentyl glycol diacrylate, Sartomer Co.) and a 620 parts by weight, of SOLSPERSE 32000 and (Noveon Inc. dispersant) and 80 parts by mass were mixed and stirred to obtain cyan mill base a. なお、シアンミルベースAの調製は分散機モーターミルM50(アイガー社製)に入れて、直径0.65mmのジルコニアビーズを用い、周速9m/sで4時間分散を行った。 Preparation of a cyan mill base A is placed in a disperser motor mill M50 (manufactured by Eiger) using zirconia beads having a diameter of 0.65 mm, was subjected to 4 hours at a peripheral speed of 9m / s.

(実施例1〜17、及び、比較例1〜5) (Examples 1 to 17, and Comparative Examples 1 to 5)
<インク組成物の作製方法> <Method Preparation of Ink Composition>
表3〜5に記載の素材を記載した量(質量部)で混合、撹拌することで、各インク組成物を得た。 Mixed in the amounts listed materials described in Table 3-5 (parts by weight), by stirring, to obtain each ink composition. なお、化合物B−1、B−2はそれぞれ下記の構造である。 Incidentally, each of the compounds B-1, B-2 is the structure below.

なお、前述した以外の表3〜5に記載の略号は、下記に示す通りである。 Abbreviations in Table 3-5 except that the foregoing is as shown below.
<重合性化合物(モノマー)> <Polymerizable compound (monomer)>
・TPGDA::トリプロピレングリコールジアクリレート、Sartomer社製SR306 · TPGDA :: tripropylene glycol diacrylate, Sartomer Co. SR306
・NPGPODA:PO変性ネオペンチルグリコールジアクリレート、Sartomer社製SR9003 · NPGPODA: PO-modified neopentyl glycol diacrylate, Sartomer Co. SR9003
・EOTMPTA:EO変性トリメチロールプロパントリアクリレート、Sartomer社製SR454 · EOTMPTA: EO modified trimethylolpropane triacrylate, Sartomer Co. SR454
・APG−100:ジプロピレングリコールジアクリレート、新中村化学工業(株)製・フェノキシエチルアクリレート:Sartomer社製SR339 - APG-100: dipropylene glycol diacrylate, manufactured by Shin-Nakamura Chemical Co., Ltd. - phenoxyethyl acrylate: Sartomer Co. SR339
・DVE−3:2官能ビニルエーテル化合物、トリエチレングリコールジビニルエーテル、ISP Europe社製・OXT−221:2官能オキセタン化合物、ビス(3−エチル−3−オキセタニルメチル)エーテル、東亞合成(株)製<他の重合開始剤> · DVE-3: 2-functional vinyl ether compounds, triethylene glycol divinyl ether, ISP Europe Co. Ltd. · OXT-221: 2-functional oxetane compounds, bis (3-ethyl-3-oxetanylmethyl) ether, Toagosei Co., Ltd. < other polymerization initiator>
・ITX:イソプロピルチオキサントン、SPEEDCURE ITX、LAMBSON社製・ESACURE KIP150:下記化合物、Lamberti社製・IRGACURE 819:ビス(2,4,6−トリメチルベンゾイル)フェニルホスフィンオキシド、BASF社製・IRGACURE 369:2−ベンジル−2−ジメチルアミノ−1−(4−モルフォリノフェニル)−1−ブタノン、BASFジャパン(株)製・IRGACURE 127:下記に示すビス(α−ヒドロキシケトン)化合物、BASF社製<界面活性剤> · ITX: Isopropyl thioxanthone, SPEEDCURE ITX, LAMBSON Ltd. · ESACURE KIP150: following compounds, Lamberti Co. · IRGACURE 819: bis (2,4,6-trimethylbenzoyl) phenyl phosphine oxide, BASF Corp. · IRGACURE 369: 2- benzyl-2-dimethylamino-1- (4-morpholinophenyl) -1-butanone, BASF Japan Ltd. · IRGACURE 127: bis shown below (alpha-hydroxy ketone) compound, BASF Corp. <surfactant >
・BYK307:シリコーン系界面活性剤、BYK Chemie社製 · BYK307: silicone surfactant, BYK Chemie Co., Ltd.

(式中、nは2以上の整数を表し、Rは末端基を表す。) (Wherein, n represents an integer of 2 or more, R represents a terminal group.)

<マイグレーション評価方法> <Migration Evaluation Method>
印刷物表面に水:エタノール=70:30混合液10mLを滴下し、混合溶媒が揮発しないように、10平方デシメートルの大きさに切り取った印刷物をガラス密閉容器に入れて、40℃で10日間放置した。 Water printed matter surface: ethanol = 70: 30 mixture 10mL was added dropwise, as a mixed solvent does not volatilize, for 10 put printed material cut to the size of the square decimeter a glass sealed container, for 10 days at 40 ° C. did. その後、水−エタノール混合液中に含有する、印刷物からの全溶出量(オーバーオールマイグレーション量:OML)を算出し、1〜5段階で評価を行った。 Thereafter, the water - containing ethanol mixed solution, the total elution amount from the printed matter (overall migration volume: OML) was calculated and evaluated in 1 to 5 stages. なお、全容出量の測定は、10日間放置後に、水−エタノール混合液を揮発させ、残存成分の質量を測定することにより行った。 The measurement of the total volume volume, after standing for 10 days, the water - ethanol mixture was volatilized, it was performed by measuring the mass of the remaining components.
5:溶出量が50ppb以下 4:溶出量が50ppbを超え、200ppb以下 3:溶出量が200ppbを超え、1,000ppb以下 2:溶出量が1,000ppbを超え、2,000ppb以下 1:溶出量が2,000ppbを超える 5: Elution amount 50ppb or less 4: exceed the amount elution 50ppb, 200 ppb or less 3: beyond the amount elution 200 ppb, 1,000 ppb or less 2: exceed the amount elution 1,000 ppb, 2,000 ppb or less 1: elution volume more than but the 2,000ppb

<臭気評価方法> <Odor Evaluation Method>
上記インクジェット画像記録方法によって得られた画像を、30cm×30cmのジップ付きビニール袋に内包し、24時間放置した。 The image obtained by the ink jet image recording method, and enclosed in 30 cm × 30 cm zip plastic bags and left for 24 hours.
その後、ジップを解放し、臭気の評価を行った。 Then, to release the zip, we were evaluated for odor. 評価は10人で測定を行い、最も多い人数の評価を採用した。 Assessments are made measurements at 10 people, we adopted the evaluation of the most common number of people. なお、最も多い人数の評価が複数ある場合は、その評価の値の平均値を採用する。 Incidentally, if the evaluation of the most common number is more, employing the average value of the evaluation.
5:ほぼ無臭である 4:わずかな臭気があるがほとんど気にならない 3:ある程度の臭気があるが、不快なレベルでない 2:強い臭気がある 1:非常に強い臭気がある 5: almost odorless 4: Although there is a slight odor, but it is not particularly noticeable 3: there is a certain degree of odor, not an uncomfortable level 2: there is a strong odor 1: there is a very strong odor

<基材密着性> <Substrate adhesion>
上記インクジェット記録方法にて、支持体をPriplak(膜厚0.8mm、ポリプロピレンシート、Robert Horne社製)に変更し、印刷物を作成。 At the ink-jet recording method, to change the support Priplak (thickness 0.8 mm, polypropylene sheet, Robert Horne, Inc.) to create a printed matter. 硬化膜と記録媒体との接着性は、クロスハッチテスト(EN ISO2409)により評価し、ASTM法による表記5B〜1Bで表す。 Adhesion between the cured film and the recording medium is evaluated by a crosshatch test (EN ISO2409), represented by notation 5B~1B by ASTM method. 5Bが最も接着性に優れ、3B以上で実用上問題のないレベルであると評価する。 5B is superior to most adhesive, it evaluates to no problem in practice in 3B above.

<爪擦り耐性評価> <Fingernail scratch resistance evaluation>
得られた画像を爪で10回擦り、画像表面の観察を行い、傷の程度を以下の基準で評価した。 The obtained image was rubbed 10 times with a nail, performed the observation of the surface of the image, the degree of scratches was evaluated by the following criteria. なお、3以上で実用上問題ないレベルである。 Incidentally, a level of no problem in practical use 3 or more.
5:印刷物をルーペで観察しても全く表面に傷が見られない 4:印刷物をルーペで観察するとわずかな傷が見られるが、50cmの距離では傷が見えない 3:印刷物から50cmの距離で観察するとわずかな表面の傷が見えるが、1mの距離からは傷が見えない 2:印刷物から1mの距離で観察するとわずかな表面の傷が見える 1:印刷物から1mの距離で観察するとはっきりとした表面の傷が見える 5: not observed scratches at all on the surface even when observed with a loupe prints 4: Observation of printed material with a loupe slight scratches are seen, invisible flaws at a distance of 50cm 3: at a distance of 50cm from the printed matter Although the wound of observation and slight surface is visible, 2 invisible wounds from a distance of 1m: when observed at a distance from the printed material 1m visible scratches on the slight surface was 1: clearly when viewed at a distance of 1m from the printed matter visible scratches on the surface

実施例1〜17、及び、比較例1〜5における評価結果を、表6にまとめて示す。 Examples 1 to 17, and the evaluation results of Comparative Examples 1-5 are summarized in Table 6.

1:LED光源ユニット、2:不活性ガスブランケット、3:不活性ガス配管、4:不活性ガス発生装置、5,5':支持体巻き取りロール、6:支持体、7:インクジェットヘッドユニット 1: LED light source unit, 2: inert gas blanket, 3: inert gas pipe, 4: an inert gas generator, 5,5 ': support winding roll, 6: support 7: ink jet head unit

Claims (16)

  1. アシル基に重合性官能基を有するビスアシルホスフィンオキシド化合物、及び、 Bisacylphosphine oxide compound having a polymerizable functional group into an acyl group, and,
    重合性化合物を含み、 It comprises a polymerizable compound,
    前記ビスアシルホスフィンオキシド化合物が、下記式(1)で表される化合物であることを特徴とする インク組成物。 The bisacylphosphine oxide compound, an ink composition which is a compound represented by the following formula (1).
    (式(1)中、R 1 〜R 6はそれぞれ独立に、水素原子、炭素数1〜4のアルキル基又は重合性官能基を有する基を表し、R 1 〜R 6のうち少なくとも1つは重合性官能基を有する基であり、R 7はアルキル基又はアリール基を表す。) (In the formula (1), in each of R 1 to R 6 independently represent a hydrogen atom, a group having an alkyl group or a polymerizable functional group having 1 to 4 carbon atoms, at least one of R 1 to R 6 is a group having a polymerizable functional group, R 7 represents an alkyl group or an aryl group.)
  2. 前記R 1 〜R 6のうち少なくとも1つが、式(2)で表される重合性官能基を有する基である、請求項1に記載のインク組成物。 Wherein at least one of R 1 to R 6, a group having a polymerizable functional group represented by formula (2), the ink composition according to claim 1.
    (式(2)中、R 8は水素原子又はメチル基を表し、L 1は−COO−、−CONH−又はフェニレン基を表し、Xは二価の連結基を表し、L 2は−COO−又は−CONH−を表し、R 9は炭素数1〜4のアルキレン基を表し、nは0〜3の整数を表し、−*はベンゼン環との結合を表す。) (In the formula (2), R 8 represents a hydrogen atom or a methyl group, L 1 is -COO -, - CONH- or a phenylene group, X represents a divalent linking group, L 2 is -COO- or represents -CONH-, R 9 represents an alkylene group having 1 to 4 carbon atoms, n represents an integer of 0 to 3, - * represents a bond of benzene ring).
  3. 前記Xが、炭素数1〜12の鎖状若しくは環状アルキレン基、炭素数2〜12の鎖状若しくは環状アルケニレン基、炭素数6〜12のアリーレン基、又は、1以上の前記環状アルキレン基、前記アルケニレン基及び/若しくはアリーレン基と1以上のエステル結合、エーテル結合若しくはウレタン結合とを組み合わせた二価の基である、請求項2に記載のインク組成物。 Wherein X is a linear or cyclic alkylene group having 1 to 12 carbon atoms, chain or cyclic alkenylene group having 2 to 12 carbon atoms, an arylene group having 6 to 12 carbon atoms, or one or more of the cyclic alkylene group, wherein alkenylene group and / or arylene groups and one or more ester bonds, a divalent group formed by combining an ether bond or a urethane bond, an ink composition according to claim 2.
  4. 前記R 9が−CH 2 −である、請求項2又は3に記載のインク組成物。 Wherein R 9 is -CH 2 - is, ink composition according to claim 2 or 3.
  5. 前記nが0である、請求項2に記載のインク組成物。 Wherein n is 0, an ink composition according to claim 2.
  6. 前記R 7がフェニル基である、請求項1〜5のいずれか1項に記載のインク組成物。 Wherein R 7 is a phenyl group, the ink composition according to any one of claims 1 to 5.
  7. 前記L 1が−COO−である、請求項2〜5のいずれか1項に記載のインク組成物。 Wherein L 1 is -COO-, ink composition according to any one of claims 2-5.
  8. 前記R 8が水素原子である、請求項2〜5及び7のいずれか1項に記載のインク組成物。 Wherein R 8 is a hydrogen atom, an ink composition according to any one of claims 2-5 and 7.
  9. インクジェットインク組成物である、請求項1〜8のいずれか1項に記載のインク組成物。 An ink jet ink composition, the ink composition according to any one of claims 1-8.
  10. 食品パッケージ印刷用インク組成物である、請求項1〜9のいずれか1項に記載のインク組成物。 A food packaging printing ink composition, the ink composition according to any one of claims 1-9.
  11. (a 1 )記録媒体上に、請求項1〜10のいずれか1項に記載のインク組成物を吐出する工程、及び、 (A 1) on a recording medium, a step of discharging the ink composition according to any one of claims 1 to 10 and,
    (b 1 )吐出されたインク組成物に活性放射線を照射して、前記インク組成物を硬化する工程、を含むことを特徴とする インクジェット記録方法。 (B 1) The ink composition discharged with actinic radiation is irradiated, the step of curing the ink composition, inkjet recording method, which comprises a.
  12. 下記式(3)で表される化合物であることを特徴とする ビスアシルホスフィンオキシド化合物。 Bisacylphosphine oxide compound which is a compound represented by the following formula (3).
    (式(3)中、R 10 〜R 15はそれぞれ独立に、水素原子、炭素数1〜4のアルキル基又は−CH 2 Brを表し、R 10 〜R 15のうち少なくとも1つは−CH 2 Brであり、R 16は炭素数1〜20のアルキル基又は炭素数6〜12のアリール基を表す。) (In the formula (3), R 10 ~R 15 independently represents a hydrogen atom, an alkyl group or a -CH 2 Br 1 to 4 carbon atoms, at least one of R 10 to R 15 is -CH 2 a br, R 16 represents an alkyl group or an aryl group having 6 to 12 carbon atoms having 1 to 20 carbon atoms.)
  13. 下記式(1')で表される化合物であることを特徴とする ビスアシルホスフィンオキシド化合物。 Bisacylphosphine oxide compound which is a compound represented by the following formula (1 ').
    (式(1')中、R 1 〜R 6はそれぞれ独立に、水素原子、炭素数1〜4のアルキル基又は式(4)で表される基を表し、R 1 〜R 6のうち少なくとも1つは式(4)で表される基であり、R 7はアルキル基又はアリール基を表す。) (In the formula (1 '), in each of R 1 to R 6 independently represent a hydrogen atom, a group represented by the alkyl group or the formula 1 to 4 carbon atoms (4), at least one of R 1 to R 6 one is a group represented by the formula (4), R 7 represents an alkyl group or an aryl group.)
    (式(4)中、R 13は水素原子又はメチル基を表し、L 3は−COO−又は−CONH−を表し、−*はベンゼン環との結合を表す。) (In the formula (4), R 13 represents a hydrogen atom or a methyl group, L 3 represents a -COO- or -CONH-, - * represents a bond with the benzene ring.)
  14. 前記R 1 〜R 6がそれぞれ独立に、メチル基又は式(4)で表される基であり、かつ前記R 7がフェニル基である、請求項13に記載のビスアシルホスフィンオキシド化合物。 The R 1 to R 6 are each independently a group represented by a methyl group, or the formula (4), and wherein R 7 is a phenyl group, bisacylphosphine oxide compound according to claim 13.
  15. 前記L 3が−COO−である、請求項13又は14に記載のビスアシルホスフィンオキシド化合物。 Wherein L 3 is -COO-, bisacylphosphine oxide compound according to claim 13 or 14.
  16. 前記R 13が水素原子である、請求項1315のいずれか1項に記載のビスアシルホスフィンオキシド化合物。 Wherein R 13 is a hydrogen atom, bisacylphosphine oxide compound according to any one of claims 13-15.
JP2012215217A 2012-09-27 2012-09-27 The ink composition, inkjet recording method, printed material, and, bisacylphosphine oxide compounds Active JP5860786B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012215217A JP5860786B2 (en) 2012-09-27 2012-09-27 The ink composition, inkjet recording method, printed material, and, bisacylphosphine oxide compounds

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012215217A JP5860786B2 (en) 2012-09-27 2012-09-27 The ink composition, inkjet recording method, printed material, and, bisacylphosphine oxide compounds
EP20130841288 EP2902456A4 (en) 2012-09-27 2013-09-27 Ink composition, ink jet recording method, printed material, bisacyl phosphine oxide compound, and monoacyl phosphine oxide compound
CN 201380048714 CN104662107B (en) 2012-09-27 2013-09-27 The ink composition, inkjet recording method, printed material, and a bisacylphosphine oxide compound monoacylphosphine oxide compound
PCT/JP2013/076206 WO2014051026A1 (en) 2012-09-27 2013-09-27 Ink composition, ink jet recording method, printed material, bisacyl phosphine oxide compound, and monoacyl phosphine oxide compound
US14668364 US20150197651A1 (en) 2012-09-27 2015-03-25 Ink composition, inkjet recording method, printed material, bisacylphosphine oxide compound, and monoacylphosphine oxide compound

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014070103A true JP2014070103A (en) 2014-04-21
JP5860786B2 true JP5860786B2 (en) 2016-02-16

Family

ID=50745624

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2012215217A Active JP5860786B2 (en) 2012-09-27 2012-09-27 The ink composition, inkjet recording method, printed material, and, bisacylphosphine oxide compounds

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5860786B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2017010464A1 (en) * 2015-07-13 2017-01-19 コニカミノルタ株式会社 Active light ray-curable inkjet ink and inkjet recording method

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1749513B1 (en) * 2005-08-01 2009-03-04 Ivoclar Vivadent AG Photopolymerisable dental material with bisacylphosphine oxides as initiator
WO2010078001A1 (en) * 2008-12-30 2010-07-08 Novartis Ag Tri-functional uv-absorbing compounds and use thereof
JP5688933B2 (en) * 2010-08-27 2015-03-25 クラレノリタケデンタル株式会社 Acylphosphine oxide compounds and polymerizable composition containing the same

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2014070103A (en) 2014-04-21 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20080131618A1 (en) Ink composition for inkjet-recording and method for inkjet-recording
US20090085996A1 (en) Inkjet recording method
JP2005126507A (en) Ink for inkjet and inkjet recording method using the same
JP2005255821A (en) Activated light-curable type inkjet ink and inkjet recording method using the same
JP2009221416A (en) Ink set and inkjet recording method
JP2008088228A (en) Ink composition for inkjet recording, and image-forming method and recorded article using the composition
JP2009191183A (en) Ink composition, method for inkjet recording, and printed matter
JP2007100054A (en) Ultraviolet/heat curable ink set and image recording method
JP2007112970A (en) Ink set curable with ultraviolet ray and method of recording image
JP2009197194A (en) Ink composition, ink cartridge, inkjet recording method, and printed matter
US20090303304A1 (en) Radiation-curable ink composition, recording method, recorded matter, ink set, ink cartridge for ink jet recording, ink jet recording apparatus, radiation detection method, and management method
JP2006137185A (en) Printing of radiation-curable ink into radiation-curable liquid layer
JP2007045989A (en) Ink composition
US20130002773A1 (en) Ink composition, ink container, and ink jet recording method
JP2006123542A (en) Inkjet recording method
JP2009120628A (en) Ink composition, ink cartridge, method for inkjet-recording and printed matter
JP2005060519A (en) Ink-jet ink and printing method using the same
JP2008201918A (en) Hydraulic pressure transfer ink composition, hydraulic pressure transfer ink set, method for producing hydraulic pressure transfer film, hydraulic pressure transfer film, method for producing hydraulic pressure transfer member and hydraulic pressure transfer member
JP2008100501A (en) Ink set for inkjet recording, and inkjet recording method
JP2010070754A (en) Energy ray-curable inkjet ink composition
JP2011208019A (en) Ink composition for inkjet recording, inkjet recording method, and printed product
JP2011162703A (en) Radiation-curable ink composition, inkjet recording process, and recorded matter
US20100118095A1 (en) Image forming apparatus
US20070257976A1 (en) Image Forming Method, Actinic Radiation Curable Ink-Jet Ink, and Ink, Jet Recording Apparatus
JP2010180376A (en) Ink composition, and inkjet recording method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20141010

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20150330

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150707

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150817

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150908

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20151016

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20151215

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20151221

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5860786

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150