JP5847171B2 - The drive mechanism for the drug delivery device - Google Patents

The drive mechanism for the drug delivery device Download PDF

Info

Publication number
JP5847171B2
JP5847171B2 JP2013513694A JP2013513694A JP5847171B2 JP 5847171 B2 JP5847171 B2 JP 5847171B2 JP 2013513694 A JP2013513694 A JP 2013513694A JP 2013513694 A JP2013513694 A JP 2013513694A JP 5847171 B2 JP5847171 B2 JP 5847171B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
member
piston rod
drive member
housing
drive
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013513694A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2013528092A (en
Inventor
マイケル・ヒールド
スティーヴン・デーヴィッド・バトラー
マーク・フィリップ・ホーロック
Original Assignee
サノフィ−アベンティス・ドイチュラント・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to EP10165648.6 priority Critical
Priority to EP10165648 priority
Application filed by サノフィ−アベンティス・ドイチュラント・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング filed Critical サノフィ−アベンティス・ドイチュラント・ゲゼルシャフト・ミット・ベシュレンクテル・ハフツング
Priority to PCT/EP2011/059576 priority patent/WO2011154490A1/en
Publication of JP2013528092A publication Critical patent/JP2013528092A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5847171B2 publication Critical patent/JP5847171B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/24Ampoule syringes, i.e. syringes with needle for use in combination with replaceable ampoules or carpules, e.g. automatic
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/31Details
    • A61M5/315Pistons; Piston-rods; Guiding, blocking or restricting the movement of the rod or piston; Appliances on the rod for facilitating dosing ; Dosing mechanisms
    • A61M5/31533Dosing mechanisms, i.e. setting a dose
    • A61M5/31545Setting modes for dosing
    • A61M5/31548Mechanically operated dose setting member
    • A61M5/31555Mechanically operated dose setting member by purely axial movement of dose setting member, e.g. during setting or filling of a syringe
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/31Details
    • A61M5/315Pistons; Piston-rods; Guiding, blocking or restricting the movement of the rod or piston; Appliances on the rod for facilitating dosing ; Dosing mechanisms
    • A61M5/31565Administration mechanisms, i.e. constructional features, modes of administering a dose
    • A61M5/31576Constructional features or modes of drive mechanisms for piston rods
    • A61M5/31583Constructional features or modes of drive mechanisms for piston rods based on rotational translation, i.e. movement of piston rod is caused by relative rotation between the user activated actuator and the piston rod
    • A61M5/31585Constructional features or modes of drive mechanisms for piston rods based on rotational translation, i.e. movement of piston rod is caused by relative rotation between the user activated actuator and the piston rod performed by axially moving actuator, e.g. an injection button
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61MDEVICES FOR INTRODUCING MEDIA INTO, OR ONTO, THE BODY; DEVICES FOR TRANSDUCING BODY MEDIA OR FOR TAKING MEDIA FROM THE BODY; DEVICES FOR PRODUCING OR ENDING SLEEP OR STUPOR
    • A61M5/00Devices for bringing media into the body in a subcutaneous, intra-vascular or intramuscular way; Accessories therefor, e.g. filling or cleaning devices, arm-rests
    • A61M5/178Syringes
    • A61M5/31Details
    • A61M5/315Pistons; Piston-rods; Guiding, blocking or restricting the movement of the rod or piston; Appliances on the rod for facilitating dosing ; Dosing mechanisms
    • A61M5/31533Dosing mechanisms, i.e. setting a dose
    • A61M5/31535Means improving security or handling thereof, e.g. blocking means, means preventing insufficient dosing, means allowing correction of overset dose
    • A61M5/31543Means improving security or handling thereof, e.g. blocking means, means preventing insufficient dosing, means allowing correction of overset dose piston rod reset means, i.e. means for causing or facilitating retraction of piston rod to its starting position during cartridge change

Description

本発明は薬物送達デバイス用の駆動機構に関する。 The present invention relates to a drive mechanism for a drug delivery device.

薬物送達デバイスにおいて、薬物を含むカートリッジ内のピストンは、カートリッジに対して遠位方向に動くピストンロッドにより、カートリッジに対して遠位方向に変位し得る。 In the drug delivery device, the piston in the cartridge containing the drug, by a piston rod moving in a distal direction relative to the cartridge, can be displaced in the distal direction relative to the cartridge.

固定用量ペン形注射器は、ガラスで作られてもよいプレフィルドしたカートリッジから多くの設定用量サイズを注射するために使用できるデバイスである。 Fixed dose pen-type injector is a device that can be used to inject many settings dose size from the cartridge prefilled may be made of glass. これは、同サイズの繰り返し用量が規則的に必要となる慢性的な毎日の治療に理想的に適している。 This is ideally suited for chronic daily treatment that repeated doses of the same size is regularly required. デバイスは、使い捨て又は再使用可能であってもよい。 The device may be disposable or reusable.

本発明の目的は、再設定できる駆動機構を提供することである。 An object of the present invention is to provide a driving mechanism capable of resetting.

この目的を達成するために、通常運転モードと再設定モードの間を切り替えできる薬物送達デバイス用の駆動機構が提供される。 To this end, a drive mechanism for a drug delivery device which can be switched between the normal operation mode and resetting mode are provided.
駆動機構は: The drive mechanism:
−近位端及び遠位端を含むハウジング; - a housing including a proximal end and a distal end;
−駆動機構の通常運転モードにおいて、用量を送達するために、ハウジングに対して、遠位方向に変位するように適合し、及び駆動機構の再設定モードにおいて、ハウジングに対して近位方向に変位するように適合したピストンロッド; - in the normal operating mode of the drive mechanism, to deliver the dose with respect to the housing, adapted to be displaced in a distal direction, and in the resetting mode of the drive mechanism, in the proximal direction relative to the housing displacement a piston rod adapted to;
−ハウジングに対して回転方向に、回転が可動な駆動部材; - in the direction of rotation relative to the housing, the movable rotation drive member;
を含み、ここで、通常運転モードにおいて、駆動部材のハウジングに対する回転方向への回転運動が、ハウジングに対するピストンロッドの遠位方向への動きに変換され、そして、再設定モードにおいて、ピストンロッドが駆動部材からの連結を解除するように、駆動部材はピストンロッドに連結する。 Hints, wherein in the normal operation mode, the rotational movement of the rotational direction relative to the housing of the drive member, is converted into a movement in the distal direction of the piston rod relative to the housing, and, in the reset mode, the piston rod is driven to release the connection from the member, the drive member is connected to the piston rod.

全ての用量を送達し、そしてカートリッジを、薬物を含む新しいものに代替した後、カートリッジを代替することが可能であるこの駆動機構が再設定できる。 Delivering all doses, and the cartridge was replaced by a new one containing the drug, the drive mechanism is capable of replacing the cartridge can be re-set. この変化の間、駆動機構は再設定しなければならない。 During this change, the drive mechanism must be reset. デバイスは使用者により、容易に、再設定することができる。 The device may be by a user, easily, resetting. その上、デバイスは再使用可能であり、それ故、環境を保護する。 Moreover, the device is reusable, therefore, to protect the environment.

通常運転において、ハウジングに対して駆動部材の回転方向への回転運動は、同一方向におけるピストンロッドの回転運動に変換し得て、再設定モードにおいて、ピストンロッドは、駆動部材に対して回転可能である。 In normal operation, the rotational movement of the rotational direction of the drive member relative to the housing is obtained by converting the rotational movement of the piston rod in the same direction, in the reset mode, the piston rod is rotatable relative to the drive member is there. 換言すれば、再設定モードにおいて、ピストンロッドは、ピストンが初期の出発位置に対して、近位方向に回転できるように、駆動部材からの連結を解除する。 In other words, in the reset mode, the piston rod, the piston relative to the initial starting position, so that it can rotate in a proximal direction to release the coupling from the drive member.

一つの実施態様において、駆動部材は、通常運転モードにおいてピストンロッドにスプライン係合する。 In one embodiment, the drive member is splined to the piston rod in the normal operation mode. 駆動部材は、再設定モードにおいて、ピストンロッドにスプライン係合しない。 The drive member, in the resetting mode, no spline engagement to the piston rod. スプラインが通常運転モードでピストンロッドと係合することを意味するスプライン連結は、引き込み可能であり、スプラインは、再設定モードにおいてピストンロッドからの係合を解除する。 Splined connection, which means that splines piston rod engages in the normal operation mode is a retractable, splines will disengage from the piston rod in the resetting mode.

駆動機構の更なる実施態様は、異なった方法で動作する。 A further embodiment of the drive mechanism is operated in a different way. 通常運転モードにおいて、ピストンロッドに対して駆動部材の回転運動は、ハウジングに対してピストンロッドの遠位運動に変換され、再設定モードにおいて、ピストンロッドは、駆動部材に対して、単に軸方向に移動するだけである。 In normal operation mode, the rotational movement of the drive member relative to the piston rod is converted into a distal movement of the piston rod relative to the housing, in the reset mode, the piston rod, the drive member, simply axially it is only to move. 駆動部材は、通常運転モードにおいてピストンロッドとねじ連結する。 The drive member is a piston rod and a screw connection in the normal operation mode. 再設定モードにおいて、ねじ連結の内側ねじ山を形成するピストンロッドのトラックからねじ連結の外側ねじ山を形成する突出を分離することにより実施し得る駆動部材は、これ以上、ねじ連結しない。 In resetting mode, the drive member may be implemented by separating the projecting from the track of the piston rod forming the inner thread of the threaded connection to form the outer thread of the threaded connection is more, it does not screw connection. これは、ピストンロッドをその初期出発位置へ軸方向に移動することを可能にする。 This makes it possible to move the piston rod in the axial direction to its initial starting position.

駆動機構の一つの実施態様は、カートリッジホルダと解除可能に連結するのに好適であり、ここで、駆動機構は、カートリッジホルダが駆動機構から取り外されたとき、再設定モードに切り替わる。 One embodiment of the drive mechanism is suitable for releasably connecting the cartridge holder, wherein the drive mechanism when the cartridge holder is removed from the drive mechanism is switched to the reset mode. 換言すれば、カートリッジホルダを取り外し及び取り付けることは、運転モード間を切り替えるための引き金として役に立つ。 In other words, the cartridge holder removal and attachment of the serve as a trigger for switching between operation modes.

ピストンロッドに面する内側、及びピストンロッドの外側を有する駆動機構の一つの実施態様は係合手段を含む。 Inside facing the piston rod, and one embodiment of the drive mechanism having an outer piston rod includes an engagement means. 通常運転モードにおいて、係合手段は内側に突出し、そしてピストンロッドにおいてトラックと係合する。 In normal operation mode, the engagement means protrude inwardly and engage a track in piston rod. 再設定モードにおいて、係合手段は外側に突出する。 In resetting mode, engaging means projecting outwardly. 係合手段は、駆動部材、例えば、内側に押すことができる舌形状の部分と一体的に形成してもよく、それにより、駆動部材をピストンロッドとスプライン係合する。 Engaging means, the drive member, for example, may be partially formed integrally with the tongue-shaped can be pushed inwardly, thereby the piston rod and the splined drive member. あるいは、係合手段は、駆動部材、例えば、半径方向に可動なリベット形状の係合手段に連結する分離部分として形成し得る。 Alternatively, the engagement means, the drive member, for example, be formed as a separate part for coupling to the engagement means of the movable rivet shape in the radial direction.

一つの実施態様において、係合手段はスプリングを含み、係合手段は外側に付勢される。 In one embodiment, the engaging means includes a spring, the engaging means is biased outwardly. 好ましくは、駆動部材は、この位置においてピストンロッドから連結を解除する。 Preferably, the drive member is decoupled from the piston rod in this position.

駆動機構は、更に、駆動機構が通常運転モードに切り替えるとき、係合手段を内側に押すような位置に動かす押し手段を含んでもよい。 Drive mechanism further when the drive mechanism is switched to the normal operation mode may include a pushing means for moving the position to push the engaging means on the inside. 再設定モードにおいて、押し手段は、それが外側に動くように係合手段から離れて動く。 In resetting mode, press means, it is moved away from the engagement means to move outwardly. あるいは、駆動機構は押し手段を含み、ここで、駆動機構が通常運転モードに切り替わったとき、押し手段が係合手段を内側に押すように、駆動部材は、押し手段に対して移動する。 Alternatively, the drive mechanism includes a pushing means, wherein the drive mechanism when switching to the normal operation mode, as pushing means pushes the engaging means on the inside, the drive member is moved relative to the press section. 換言すれば、押し手段は、係合手段に向かって押すことができ、又は係合手段は、押し手段に向かって押すことができる。 In other words, push means, it can be pressed against the engaging means, or engagement means, can be pushed towards the pushing means.

係合手段の一つの実施態様は、通常運転モードにおいて、駆動部材及びピストンロッドを係合する突出エレメントを有するスプリングとして形成し、それにより、駆動部材をピストンロッドにスプライン係合する。 One embodiment of the engagement means, in the normal operation mode, formed as a spring having a projecting element for engaging the drive member and the piston rod, thereby splined drive member to the piston rod. 突出エレメントは、駆動部材がピストンロッドに対して回転可能であるように付勢される。 Protruding element, the drive member is biased so as to be rotatable relative to the piston rod. スプリングは、突出エレメントが駆動部材及びピストンロッドの回転をロックできるように変形可能である。 Spring protruding element is deformable so that it can lock the rotation of the drive member and the piston rod.

一つの実施態様において、駆動部材はトラックを有し、そしてピストンロッドは、トラックを有する。 In one embodiment, the drive member has a track, and the piston rod has a track. 突出エレメントは、通常運転モードにおいてトラックと係合する。 Protruding element engages the track in normal operation mode. 駆動部材のトラックは、突出エレメントがピストンロッドのトラックに伸長し得る溝として形成できる。 Tracks of the drive member may be formed as a groove protruding elements may extend in the track of the piston rod.

一つの実施態様において、駆動部材及びピストンロッドのトラックにおいて突出エレメントを押すような位置に可動な、押し部材が提供される。 In one embodiment, movable in a position to push the protruding element in the track of drive member and the piston rod, pushing member. 押し部材は、突出エレメントを押してもよく、それにより、駆動部材をピストンロッドと連結する。 Pushing member may press the protruding element, thereby connecting the driving member and the piston rod.

本明細書で使用する用語「薬物」は、好ましくは、少なくとも一つの薬学的に活性な化合物を含む医薬製剤を意味し、 The term "drug" as used herein preferably means a pharmaceutical formulation comprising at least one pharmaceutically active compound,
ここで一実施態様において、薬学的に活性な化合物は、最大で1500Daまでの分子量を有し、及び/又は、ペプチド、蛋白質、多糖類、ワクチン、DNA、RNA、酵素、抗体、ホルモン又はオリゴヌクレオチド、若しくは上記の薬学的に活性な化合物の混合物であり、 In one embodiment wherein the pharmaceutically active compound has a molecular weight of up to 1500Da at maximum, and / or, peptides, proteins, polysaccharides, vaccines, DNA, RNA, enzymes, antibodies, hormones or oligonucleotide or a mixture of the pharmaceutically active compound,
ここで、更なる実施態様において、薬学的に活性な化合物は、糖尿病、又は糖尿病性網膜症などの糖尿病関連の合併症、深部静脈又は肺血栓塞栓症などの血栓塞栓症、急性冠症候群(ACS)、狭心症、心筋梗塞、癌、黄斑変性症、炎症、枯草熱、アテローム性動脈硬化症及び/又はリューマチ性関節炎の処置及び/又は予防に有用であり、 Here, in a further embodiment, the pharmacologically active compounds, diabetes mellitus, or diabetes-related complications such as diabetic retinopathy, deep vein or thromboembolism such as pulmonary thromboembolism, acute coronary syndrome (ACS ), angina pectoris, myocardial infarction, cancer, macular degeneration, inflammation, are useful for hay fever, treatment and / or prevention of atherosclerosis and / or rheumatoid arthritis,
ここで、更なる実施態様において、薬学的に活性な化合物は、糖尿病、又は糖尿病性網膜症などの糖尿病に関連する合併症の処置及び/又は予防のための、少なくとも一つのペプチドを含み、 Here, in a further embodiment, the pharmacologically active compounds include diabetes, or for the treatment and / or prevention of complications associated with diabetes, such as diabetic retinopathy, at least one peptide,
ここで、更なる実施態様において、薬学的に活性な化合物は、少なくとも一つのヒトインスリン又はヒトインスリン類似体若しくは案内体、グルカゴン様ペプチド(GLP−1)、又はその類似体若しくは案内体又はエキセンジン−3又はエキセンジン−4若しくはエキセンジン−3又はエキセンジン−4の類似体若しくは案内体を含む。 Here, in a further embodiment, the pharmacologically active compound is mixed with at least one human insulin or a human insulin analogue or guiding body, glucagon-like peptide (GLP-1), or an analog or guide member or exendin - 3 or exendin-4 or exendin-3 or exendin-4 include analogs or guide member.

インスリン類似体は、例えば、Gly(A21)、Arg(B31)、Arg(B32)ヒトインスリン;Lys(B3)、Glu(B29)ヒトインスリン;Lys(B28)、Pro(B29)ヒトインスリン;Asp(B28)ヒトインスリン;ヒトインスリンであり、ここで、B28位におけるプロリンは、Asp、Lys、Leu、Val又はAlaで代替され、そして、B29位において、Lysは、Proで代替されてもよく;Ala(B26)ヒトインスリン;Des(B28−B30)ヒトインスリン;Des(B27)ヒトインスリン、及びDes(B30)ヒトインスリンである。 Insulin analogues, for example, Gly (A21), Arg (B31), Arg (B32) human insulin; Lys (B3), Glu (B29) human insulin; Lys (B28), Pro (B29) human insulin; Asp ( a human insulin wherein proline at position B28 is Asp, Lys, Leu, be replaced with Val or Ala, and, in position B29, Lys may be replaced by Pro;; B28) human insulin Ala a Des (B27) human insulin, and Des (B30) human insulin; (B26) human insulin; Des (B28-B30) human insulin.

インスリン案内体は、例えば、B29−N−ミリストイル−des(B30)ヒトインスリン;B29−N−パルミトイル−des(B30)ヒトインスリン;B29−N−ミリストイルヒトインスリン;B29−N−パルミトイル ヒトインスリン;B28−N−ミリストイルLysB28ProB29ヒトインスリン;B28−N−パルミトイル−LysB28ProB29ヒトインスリン;B30−N−ミリストイル−ThrB29LysB30ヒトインスリン;B30−N−パルミトイル−ThrB29LysB30ヒトインスリン;B29−N−(N−パルミトイル−γ−グルタミル)−des(B30)ヒトインスリン;B29−N−(N−リトコリル−γ−グルタミル)−des(B30)ヒトインスリン;B29−N−(ω−カ Insulin guiding body, for example, B29-N-myristoyl -des (B30) human insulin; B29-N-palmitoyl -des (B30) human insulin; B29-N-myristoyl human insulin; B29-N-palmitoyl human insulin; B28 -N- myristoyl LysB28ProB29 human insulin; B28-N-palmitoyl -LysB28ProB29 human insulin; B30-N-myristoyl -ThrB29LysB30 human insulin; B30-N-palmitoyl -ThrB29LysB30 human insulin; B29-N- (N- palmitoyl -γ- glutamyl ) -des (B30) human insulin; B29-N- (N- lithocholyl -γ- glutamyl) -des (B30) human insulin; B29-N- (ω- mosquito ルボキシヘプタデカノイル)−des(B30)ヒトインスリン、及びB29−N−(ω−カルボキシヘプタデカノイル)ヒトインスリンである。 Carboxymethyl hepta decanoyl) -des (B30) human insulin, and B29-N- (ω- carboxyheptadecanoyl) human insulin.

エキセンジン−4は、例えば、エキセンジン−4(1−39)、H−His−Gly−Glu−Gly−Thr−Phe−Thr−Ser−Asp−Leu−Ser−Lys−Gln−Met−Glu−Glu−Glu−Ala−Val−Arg−Leu−Phe−Ile−Glu−Trp−Leu−Lys−Asn−Gly−Gly−Pro−Ser−Ser−Gly−Ala−Pro−Pro−Pro−Ser−NH 2配列のペプチドを意味する。 Exendin-4, for example, exendin -4 (1-39), H-His-Gly-Glu-Gly-Thr-Phe-Thr-Ser-Asp-Leu-Ser-Lys-Gln-Met-Glu-Glu- Glu-Ala-Val-Arg- Leu-Phe-Ile-Glu-Trp-Leu-Lys-Asn-Gly-Gly-Pro-Ser-Ser-Gly-Ala-Pro-Pro-Pro-Ser-NH 2 sequences It means a peptide.

エキセンジン−4案内体は、例えば、以下の化合物リスト: Exendin-4 the guide body, for example, the following list of compounds:
H−(Lys)4−desPro36,desPro37エキセンジン−4(1−39)−NH 2 H- (Lys) 4-desPro36, desPro37 exendin -4 (1-39) -NH 2;
H−(Lys)5−desPro36,desPro37エキセンジン−4(1−39)−NH 2 H- (Lys) 5-desPro36, desPro37 exendin -4 (1-39) -NH 2;
desPro36[Asp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [Asp28] Exendin-4 (1-39);
desPro36[IsoAsp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [IsoAsp28] Exendin-4 (1-39);
desPro36[Met(O)14,Asp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [Met (O) 14, Asp28] Exendin-4 (1-39);
desPro36[Met(O)14,IsoAsp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [Met (O) 14, IsoAsp28] Exendin-4 (1-39);
desPro36[Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [Trp (O2) 25, Asp28] Exendin-4 (1-39);
desPro36[Trp(O2)25,IsoAsp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [Trp (O2) 25, IsoAsp28] Exendin-4 (1-39);
desPro36[Met(O)14Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [Met (O) 14Trp (O2) 25, Asp28] Exendin-4 (1-39);
desPro36[Met(O)14Trp(O2)25,IsoAsp28]エキセンジン−4(1−39);又は desPro36[Asp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [Met (O) 14Trp (O2) 25, IsoAsp28] Exendin-4 (1-39); or desPro36 [Asp28] Exendin-4 (1-39);
desPro36[IsoAsp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [IsoAsp28] Exendin-4 (1-39);
desPro36[Met(O)14,Asp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [Met (O) 14, Asp28] Exendin-4 (1-39);
desPro36[Met(O)14,IsoAsp28]エキセンジン−(1−39); desPro36 [Met (O) 14, IsoAsp28] Exendin - (1-39);
desPro36[Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [Trp (O2) 25, Asp28] Exendin-4 (1-39);
desPro36[Trp(O2)25,IsoAsp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [Trp (O2) 25, IsoAsp28] Exendin-4 (1-39);
desPro36[Met(O)14,Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [Met (O) 14, Trp (O2) 25, Asp28] Exendin-4 (1-39);
desPro36[Met(O)14,Trp(O2)25,IsoAsp28]エキセンジン−4(1−39); desPro36 [Met (O) 14, Trp (O2) 25, IsoAsp28] Exendin-4 (1-39);
ここで、基−Lys6−NH 2は、エキセンジン−4案内体のC−末端と結合してもよく; Here, group -Lys6-NH 2 may be combined with C- terminus of exendin guide member;

又は以下の配列のエキセンジン−4案内体: Or exendin-4 guide member of the following sequences:
H−(Lys)6−desPro36[Asp28]エキセンジン−4(1−39)−Lys6−NH 2 H- (Lys) 6-desPro36 [ Asp28] Exendin -4 (1-39) -Lys6-NH 2 ;
desAsp28,Pro36,Pro37,Pro38エキセンジン−4(1−39)−NH 2 desAsp28, Pro36, Pro37, Pro38 exendin -4 (1-39) -NH 2;
H−(Lys)6−desPro36,Pro38[Asp28]エキセンジン−4(1−39)−NH 2 H- (Lys) 6-desPro36, Pro38 [Asp28] Exendin -4 (1-39) -NH 2;
H−Asn−(Glu)5desPro36,Pro37,Pro38[Asp28]エキセンジン−4(1−39)−NH 2 H-Asn- (Glu) 5desPro36, Pro37, Pro38 [Asp28] Exendin -4 (1-39) -NH 2;
desPro36,Pro37,Pro38[Asp28]エキセンジン−4(1−39)−(Lys)6−NH 2 desPro36, Pro37, Pro38 [Asp28] Exendin -4 (1-39) - (Lys) 6-NH 2;
H−(Lys)6−desPro36,Pro37,Pro38[Asp28]エキセンジン−4(1−39)−(Lys)6−NH 2 H- (Lys) 6-desPro36, Pro37, Pro38 [Asp28] Exendin -4 (1-39) - (Lys) 6-NH 2;
H−Asn−(Glu)5−desPro36,Pro37,Pro38[Asp28]エキセンジン−4(1−39)−(Lys)6−NH 2 H-Asn- (Glu) 5- desPro36, Pro37, Pro38 [Asp28] Exendin -4 (1-39) - (Lys) 6-NH 2;
H−(Lys)6−desPro36[Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−Lys6−NH 2 H- (Lys) 6-desPro36 [ Trp (O2) 25, Asp28] Exendin -4 (1-39) -Lys6-NH 2 ;
H−desAsp28 Pro36,Pro37,Pro38[Trp(O2)25]エキセンジン−4(1−39)−NH 2 H-desAsp28 Pro36, Pro37, Pro38 [Trp (O2) 25] Exendin -4 (1-39) -NH 2;
H−(Lys)6−desPro36,Pro37,Pro38[Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−NH 2 H- (Lys) 6-desPro36, Pro37, Pro38 [Trp (O2) 25, Asp28] Exendin -4 (1-39) -NH 2;
H−Asn−(Glu)5−desPro36,Pro37,Pro38[Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−NH 2 H-Asn- (Glu) 5- desPro36, Pro37, Pro38 [Trp (O2) 25, Asp28] Exendin -4 (1-39) -NH 2;
desPro36,Pro37,Pro38[Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−(Lys)6−NH 2 desPro36, Pro37, Pro38 [Trp ( O2) 25, Asp28] Exendin -4 (1-39) - (Lys) 6-NH 2;
H−(Lys)6−des Pro36,Pro37,Pro38[Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−(Lys)6−NH 2 H- (Lys) 6-des Pro36 , Pro37, Pro38 [Trp (O2) 25, Asp28] Exendin -4 (1-39) - (Lys) 6-NH 2;
H−Asn−(Glu)5−desPro36,Pro37,Pro38[Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−(Lys)6−NH 2 H-Asn- (Glu) 5- desPro36, Pro37, Pro38 [Trp (O2) 25, Asp28] Exendin -4 (1-39) - (Lys) 6-NH 2;
H−(Lys)6−desPro36[Met(O)14,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−Lys6−NH 2 H- (Lys) 6-desPro36 [ Met (O) 14, Asp28] Exendin -4 (1-39) -Lys6-NH 2 ;
desMet(O)14,Asp28,Pro36,Pro37,Pro38 エキセンジン−4(1−39)−NH 2 desMet (O) 14, Asp28, Pro36, Pro37, Pro38 exendin -4 (1-39) -NH 2;
H−(Lys)6−desPro36,Pro37,Pro38[Met(O)14,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−NH 2 H- (Lys) 6-desPro36, Pro37, Pro38 [Met (O) 14, Asp28] Exendin -4 (1-39) -NH 2;
H−Asn−(Glu)5−desPro36,Pro37,Pro38[Met(O)14,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−NH 2 H-Asn- (Glu) 5- desPro36, Pro37, Pro38 [Met (O) 14, Asp28] Exendin -4 (1-39) -NH 2;
desPro36,Pro37,Pro38[Met(O)14,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−(Lys)6−NH 2 desPro36, Pro37, Pro38 [Met ( O) 14, Asp28] Exendin -4 (1-39) - (Lys) 6-NH 2;
H−(Lys)6−desPro36,Pro37,Pro38[Met(O)14,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−(Lys)6−NH 2 H- (Lys) 6-desPro36, Pro37, Pro38 [Met (O) 14, Asp28] Exendin -4 (1-39) - (Lys) 6-NH 2;
H−Asn−(Glu)5,desPro36,Pro37,Pro38[Met(O)14,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−(Lys)6−NH 2 H-Asn- (Glu) 5, desPro36, Pro37, Pro38 [Met (O) 14, Asp28] Exendin -4 (1-39) - (Lys) 6-NH 2;
H−Lys6−desPro36[Met(O)14,Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−Lys6−NH 2 H-Lys6-desPro36 [Met ( O) 14, Trp (O2) 25, Asp28] Exendin -4 (1-39) -Lys6-NH 2 ;
H−desAsp28,Pro36,Pro37,Pro38[Met(O)14,Trp(O2)25]エキセンジン−4(1−39)−NH 2 H-desAsp28, Pro36, Pro37, Pro38 [Met (O) 14, Trp (O2) 25] Exendin -4 (1-39) -NH 2;
H−(Lys)6−des Pro36,Pro37,Pro38[Met(O)14,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−NH 2 H- (Lys) 6-des Pro36 , Pro37, Pro38 [Met (O) 14, Asp28] Exendin -4 (1-39) -NH 2;
H−Asn−(Glu)5−desPro36,Pro37,Pro38[Met(O)14,Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−NH 2 H-Asn- (Glu) 5- desPro36, Pro37, Pro38 [Met (O) 14, Trp (O2) 25, Asp28] Exendin -4 (1-39) -NH 2;
desPro36,Pro37,Pro38[Met(O)14,Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−(Lys)6−NH 2 desPro36, Pro37, Pro38 [Met ( O) 14, Trp (O2) 25, Asp28] Exendin -4 (1-39) - (Lys) 6-NH 2;
H−(Lys)6−desPro36,Pro37,Pro38[Met(O)14,Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(S1−39)−(Lys)6−NH 2 H- (Lys) 6-desPro36, Pro37, Pro38 [Met (O) 14, Trp (O2) 25, Asp28] Exendin -4 (S1-39) - (Lys) 6-NH 2;
H−Asn−(Glu)5−desPro36,Pro37,Pro38[Met(O)14,Trp(O2)25,Asp28]エキセンジン−4(1−39)−(Lys)6−NH 2 H-Asn- (Glu) 5- desPro36, Pro37, Pro38 [Met (O) 14, Trp (O2) 25, Asp28] Exendin -4 (1-39) - (Lys) 6-NH 2;
又は前述のいずれか1つのエキセンジン−4案内体の薬学的に許容可能な塩若しくは溶媒和物; Or a pharmaceutically acceptable salt or solvate of any one of exendin-4 the guide member described above;
から選択される。 It is selected from.

ホルモンは、例えば、ゴナドトロピン(フォリトロピン、ルトロピン、コリオンゴナドトロピン、メノトロピン)、ソマトロパイン(ソマトロピン)、デスモプレッシン、テルリプレッシン、ゴナドレリン、トリプトレリン、ロイプロレリン、ブセレリン、ナファレリン、ゴセレリンなどのRote Liste、2008年版、50章に表示されている脳下垂体ホルモン又は視床下部ホルモン又は規制活性ペプチド及びそれらの拮抗剤である。 Hormones, for example, gonadotropin (follitropin, lutropin, co-Leon gonadotropin, menotropins), Somatoropain (somatropin), desmopressin, terlipressin, gonadorelin, triptorelin, leuprorelin, buserelin, nafarelin, Rote, such as goserelin Liste, 2008 2011 Edition, 50 and pituitary hormones or hypothalamus hormones or regulatory active peptides are displayed in the chapter is their antagonist.

多糖類としては、例えば、グルコサミノグリカン、ヒアルロン酸、ヘパリン、低分子量ヘパリン、又は超低分子量ヘパリン、若しくはその案内体、又は硫酸化された、例えば、上記多糖類のポリ硫酸化形体及び/又は薬学的に許容可能なその塩がある。 Polysaccharides, for example, glucosaminoglycans, hyaluronic acid, heparin, low molecular weight heparin, or ultra low molecular weight heparin, or guidance thereof, or sulfated, e.g., the polysaccharide of polysulfated features and / or a pharmaceutically it is acceptable salts thereof. ポリ硫酸化低分子量ヘパリンの薬学的に許容可能な塩の例としては、エノキサパリンナトリウム塩がある。 Examples of pharmaceutically acceptable salts of polysulfated low molecular weight heparin, is enoxaparin sodium salt.

薬学的に許容可能な塩は、例えば、酸付加塩、及び塩基塩がある。 Pharmaceutically acceptable salts, for example, acid addition salts and base salts. 酸付加塩としては、例えば、HCl又はHBr塩がある。 Acid addition salts, for example, there is HCl or HBr salt. 塩基塩は、例えば、アルカリ又はアルカリ土類金属、例えば、Na + 、又は、K + 、又は、Ca 2+から選択されるカチオン、又は、アンモニウムイオンN + (R1)(R2)(R3)(R4)を有する塩であり、ここで、R1〜R4は互いに独立に、水素;場合により置換されるC1〜C6アルキル基;場合により置換されるC2〜C6アルケニル基;場合により置換されるC6〜C10アリール基、又は場合により置換されるC6〜C10ヘテロアリール基を意味する。 Base salts include, for example, an alkali or alkaline earth metals, for example, Na +, or, K +, or a cation selected from Ca 2+, or ammonium ion N + (R1) (R2) (R3) ( R4) is a salt with, wherein, R1 to R4, independently of one another, hydrogen; C2 -C6 alkenyl group optionally substituted;; C1 -C6 alkyl group optionally substituted with optionally substituted C6~ C10 aryl group, or an optionally means C6~C10 heteroaryl group substituted. 薬学的に許容される塩の別の例は、“Remington's Pharmaceutical Sciences” 17編、Alfonso R.Gennaro(編集), Mark Publishing社,Easton, Pa., USA, 1985 及び Encyclopedia of Pharmaceutical Technologyに記載されている。 Another example of a pharmaceutically acceptable salt, "Remington's Pharmaceutical Sciences" 17 ed, Alfonso R. Gennaro (edit), Mark Publishing Company, Easton, Pa., Is described in USA, 1985 and Encyclopedia of Pharmaceutical Technology there.

薬学的に許容可能な溶媒和物としては、例えば、水和物がある。 Pharmaceutically acceptable solvates include, for example, hydrates.

更なる機能、改良及び有用性は、図面と関連した典型的な実施態様の次の記載から明白になるであろう。 Further features, modifications and usefulness will become apparent from the following description of exemplary embodiments in conjunction with the accompanying drawings.

薬物送達デバイスの典型的な実施態様の部分側断面図を概略的に示す。 A partial side sectional view of an exemplary embodiment of the drug delivery device shown schematically. 用量の設定中の駆動機構のエレメントの概略的に図示した動きを有する第一の実施態様に基づく駆動機構の部分透視断面図を概略的に示す。 A partial perspective cross-sectional view of the drive mechanism according to the first embodiment with a schematically illustrated movement elements of the drive mechanism in the setting of the dose shown schematically. 図2の部分のより詳細な側面図を示す。 It shows a more detailed side view of a portion of FIG. カートリッジの変更中の薬物送達デバイスの側面図を示す。 It shows a side view of the drug delivery device in the cartridge changes. カートリッジの変更中の薬物送達デバイスの側面図を示す。 It shows a side view of the drug delivery device in the cartridge changes. カートリッジの変更中の薬物送達デバイスの側面図を示す。 It shows a side view of the drug delivery device in the cartridge changes. 再設定モードにおける駆動機構の一実施態様の部分断面図を示す。 It shows a partial cross-sectional view of one embodiment of the drive mechanism in the resetting mode. 通常モードにおける図7の実施態様の部分の断面図を示す。 It shows a cross-sectional view of a portion of the embodiment of FIG. 7 in the normal mode. 駆動機構の別の実施態様の部分側面図を示す。 It shows a partial side view of another embodiment of the drive mechanism. 図9の実施態様の部分断面図を示す。 It shows a partial cross-sectional view of the embodiment of FIG. 駆動機構の更なる実施態様の部分分解組立図を示す。 It shows a partial exploded view of a further embodiment of the drive mechanism. 図12A〜12Cは、通常運転モードにおける、図11の実施態様の断面図を示す。 FIG 12A~12C is in the normal operation mode, shows a cross-sectional view of the embodiment of Figure 11. 図13A〜13Cは、再設定モードにおける図11の実施態様の断面図を示す。 FIG 13A~13C shows a cross-sectional view of the embodiment of Figure 11 in resetting mode. 図14A〜14Cは、駆動部材の一つの実施態様の異なった図面を示す。 FIG 14A~14C shows different drawings one embodiment of the drive member. 図15A及び15Bは、通常運転モードにおける、図14の実施態様及びピストンロッドの断面図を示す。 15A and 15B, in the normal operation mode, shows a cross-sectional view of an embodiment and the piston rod of Figure 14. 図16A及び16Bは、再設定モードにおける、図14の実施態様及びピストンロッドの断面図を示す。 Figure 16A and 16B, in the reset mode, shows a cross-sectional view of an embodiment and the piston rod of Figure 14.

図1は、カートリッジユニット2及び駆動ユニット3を含む薬物送達デバイス1を示す。 Figure 1 shows a drug delivery device 1 comprising a cartridge unit 2 and the drive unit 3. カートリッジユニット2は、カートリッジ4を含む。 Cartridge unit 2 comprises a cartridge 4. 薬物5は、カートリッジ4内に保持される。 Drug 5 is held in the cartridge 4. 薬物5は、好ましくは、液体薬剤である。 Drug 5 is preferably a liquid medicament. カートリッジ4は、好ましくは、複数用量の薬物5を含む。 Cartridge 4 preferably comprises a drug 5 multiple doses. 薬物5は、インスリン、ヘパリン又は成長ホルモンを含んでもよい。 Drug 5, insulin, may contain heparin or growth hormone. カートリッジ4は、その遠位端で出口6を有する。 Cartridge 4 has an outlet 6 at its distal end. 薬物5は、出口6を通してカートリッジから投与できる。 Drug 5 may be administered from the cartridge through the outlet 6. デバイス1は、ペン形デバイス、特に、ペン形注射器であってもよい。 Device 1, a pen-shaped device, in particular, may be a pen-type injector. デバイス1は、使い捨て又は再使用可能デバイスであってもよい。 Device 1 may be a disposable or reusable devices. デバイス1は、薬剤の固定用量又は変更可能用量、好ましくは、使用者が設定可能な用量を投与するように構成したデバイスであってもよい。 Device 1, fixed dose or alterable dosage of the drug, preferably, may be a device that the user is configured to administer a settable dose. デバイス1は、針を基礎とした、又は針なしのデバイスであってもよい。 Device 1, the needle was based, or a no needle device. デバイス1は、注射デバイスであってもよい。 Device 1 may be a syringe device.

薬物送達デバイス1又はその構成部材の用語「遠位端」は、デバイス1の投与端に最も近接したデバイス又は構成部材の端部を参照し得る。 The term "distal end" of the drug delivery device 1 or its components may refer to the end of the proximate device or component for administration end of the device 1. 薬物送達デバイス1又はその構成部材の用語「近位端」は、デバイスの投与端から最も遠く離れたデバイス又は構成部材のその端部を参照し得る。 The term drug delivery device 1 or its component "proximal end" may refer to that end of the farthest device or component administration end of the device. 図1において、デバイス1の遠位端は、参照番号7を特定し、及びデバイスの近位端は、参照番号8を特定する。 In Figure 1, the distal end of the device 1 specifies the reference number 7, and the proximal end of the device, specifying the reference number 8.

出口6は、カートリッジでの保存中、外部の影響に対して薬剤5を保護する膜9で覆ってもよい。 Outlet 6, during storage at the cartridge may be covered with a film 9 for protecting the drug 5 against external influences. 薬物送達のために、膜9は開放され、例えば、穿孔され得る。 For drug delivery, membrane 9 is opened, for example, be perforated. 例えば、膜9は、針ユニット(明確に図示されていないが)で穿孔され得る。 For example, film 9 can be pierced by the needle unit (not clearly shown). 針ユニットは、(解除可能に)カートリッジユニット2の遠位端に取り付けられ得る。 Needle unit may be attached to (releasably) the distal end of the cartridge unit 2. 針ユニットは、カートリッジ4の内側から、出口6を通じてカートリッジの外側への流体連通のために提供され得る。 Needle unit from the inside of the cartridge 4 may be provided for fluid communication outside of the cartridge through the outlet 6.

ピストン10は、カートリッジ4内に保持される。 The piston 10 is held in the cartridge 4. ピストン10は、カートリッジに対して可動である。 The piston 10 is movable relative to the cartridge. ピストン10は、カートリッジ内で薬物5をシールし得る。 The piston 10 can seal the drug 5 within the cartridge. ピストン10は、都合よく、カートリッジの内側を近位的にシールする。 The piston 10 is advantageously to seal the inside of the cartridge proximal to. 遠位方向におけるカートリッジ4に対してピストン10の動きは、薬物5をデバイスの操作中、カートリッジから出口6を経由して投与させる。 Movement of the piston 10 relative to the cartridge 4 in the distal direction during medication 5 of the device operation, is administered via the outlet 6 from the cartridge.

カートリッジユニット2は、更にその上、カートリッジ保持部材11を含む。 Cartridge unit 2 further thereon, includes a cartridge holding member 11. カートリッジ4は、カートリッジ保持部材11内に保持される。 Cartridge 4 is held in the cartridge holding member 11. カートリッジ保持部材11は、カートリッジ4を機械的に安定化させ得る。 Cartridge retaining member 11 may mechanically stabilize the cartridge 4. 更に、又はあるいは、カートリッジ保持部材11は、カートリッジユニット2を駆動ユニット3に取り付けるために、固定部材(明確に図示されていないが)を備えてもよい。 Additionally or alternatively, the cartridge holding member 11, in order to mount the cartridge unit 2 to the drive unit 3 may comprise a fixed member (not clearly shown).

カートリッジユニット2及び駆動ユニット3は、互いに固定され、好ましくは、解除可能に固定される。 Cartridge unit 2 and the drive unit 3 is fixed to one another, preferably, releasably secured. 駆動ユニットに解除可能に固定されるカートリッジユニット2は、例えば、事前に駆動ユニット3に取り付けられたカートリッジ内にあった薬剤の全ての用量が既に投与した場合、新しいカートリッジ4を提供することを可能とするために、駆動ユニット3から取り外されてもよい。 Cartridge unit is releasably secured to the drive unit 2, for example, if all of the doses of drugs that were in advance in a cartridge attached to the drive unit 3 has already administered, possible to provide a new cartridge 4 in order to be removed from the drive unit 3. カートリッジ保持部材11は、例えば、ネジ山を経由して駆動ユニット3に解除可能に固定し得る。 Cartridge retaining member 11 may, for example, releasably fixed to the drive unit 3 via the threads.

あるいは、カートリッジ保持部材11は、無くてもよい。 Alternatively, the cartridge retaining member 11 may be omitted. この場合、強固なカートリッジ4を適用し、そして、カートリッジを、直接、駆動ユニット3に取り付けることは、特に都合の良いことである。 In this case, by applying a strong cartridge 4 and the cartridge directly be attached to the drive unit 3 is particularly convenient.

駆動ユニット3は、力を、好ましくは、使用者がかけた力を、特に好ましくは、手動でかけた力を、遠位方向にカートリッジ4に対してピストン10を変位させるように、ピストン10に伝達するように構成する。 Drive unit 3, a force, preferably the force the user has applied, particularly preferably, a force applied manually to displace the piston 10 against the cartridge 4 in the distal direction, transmitted to the piston 10 configured to. 薬剤の用量は、この方法でカートリッジから投与してもよい。 The dose of drug may be administered from the cartridge in this manner. 送達用量のサイズは、ピストン10が遠位方向にカートリッジ4に対して変位する距離により決定され得る。 The size of the delivered dose may be determined by the distance the piston 10 is displaced relative to the cartridge 4 in the distal direction.

駆動ユニット3は、駆動機構を含む。 The drive unit 3 includes a drive mechanism. 駆動機構は、ピストンロッド12を含む。 Drive mechanism includes a piston rod 12. ピストンロッド12は、力をピストン10に伝達するよう構成し、それにより、カートリッジ4に対して遠位方向にピストンを変位させる。 The piston rod 12 is configured to transmit force to the piston 10, thereby displacing the piston in the distal direction relative to the cartridge 4. ピストンロッド12の遠位端面は、ピストン10の近位端面に隣接するよう配置し得る。 The distal end surface of the piston rod 12 may be arranged adjacent the proximal end face of the piston 10. ベアリング部材(明確に図示されていないが)は、ピストン10を前進させるように、好ましくは、ピストン10の近位端面に隣接するよう配置し得る。 Bearing members (not clearly shown), so that to advance the piston 10, preferably, may be arranged adjacent the proximal end face of the piston 10. ベアリング部材は、ピストン10とピストンロッド12の間で配置し得る。 Bearing member may be located between the piston 10 and the piston rod 12. ベアリング部材は、ピストンロッド12に対して、又は分離部材に対して固定し得る。 Bearing member, to the piston rod 12, or may be fixed to the separating member. ピストンロッド12が、デバイスの操作中、例えば、用量の送達中、回転するように構成する場合、ベアリング部材を提供することは、特に都合のよいことである。 During the piston rod 12, the device operation, for example, during delivery of the dose, when configured to rotate, to provide a bearing member is particularly convenient. ベアリング部材は、ハウジングに対して(回転する)ピストンロッド12と一緒に、変位し得る。 Bearing member (rotated) relative to the housing together with the piston rod 12, can be displaced. ピストンロッドは、ベアリング部材に対して、回転可能であり得る。 The piston rod relative to the bearing member may be rotatable. この方法において、回転するピストンロッドがピストンに穴をあけ、それにより、ピストンを損傷するリスクは低減する。 In this way, the piston rod rotates the holes in the piston, whereby the risk of damaging the piston is reduced. 従って、ピストンロッドが回転し、そしてハウジングに対して変位する間、ベアリング部材は、好ましくは、変位のみおこない、即ち、回転はしない。 Thus, while the piston rod is rotated, and which is displaced relative to the housing, the bearing member preferably performs displacement only, i.e., without rotation. ピストンロッド12は、ベアリング部材により隣接し得る。 The piston rod 12 may be flanked by a bearing member.

駆動ユニット3は、駆動機構の部分であり得るハウジング13を含む。 The drive unit 3 includes a housing 13 which may be a portion of the drive mechanism. ピストンロッド12は、ハウジングに保持され得る。 The piston rod 12 may be held in the housing. カートリッジユニット2の近位端側14は、ハウジング13の遠位端側15で、例えば、ねじ連結を通して駆動ユニット3に固定し得る。 The proximal end 14 of the cartridge unit 2 is at the distal end 15 of the housing 13, for example, be fixed to the drive unit 3 through the threaded connection. ハウジング13、カートリッジ4及び/又はカートリッジ保持部材11は、管状形状を有してもよい。 Housing 13, the cartridge 4 and / or the cartridge holding member 11 may have a tubular shape.

用語「ハウジング」は、好ましくは、特定構成部材の近位運動を阻止するために、一方向の軸方向の連結を有し得るいかなる外部ハウジング(「主ハウジング」、「本体」、「殻」)、又は内部ハウジング(「インサート」、「内部本体」)も意味するものとする。 The term "housing" is preferably to prevent proximal movement of specific components, one-way axial any outer housing may have a connection ( "main housing", "body", "shell") or inner housing ( "insert", "inner body") is also intended to mean. ハウジングは、薬物送達デバイス又はいかなるその機構も、安全で、正確で、そして快適な取扱いを可能にするように設計できる。 The housing, the drug delivery device or any thereof mechanism also safe, can be designed to allow for precise and comfortable handling. 通常は、薬物送達デバイスのいかなる内部構成部材(例えば、駆動機構、カートリッジ、ピストン、ピストンロッド)も、好ましくは、液体、ちり、ごみなどの汚染物質に対して曝露を制限するために、収納し、固定し、保護し、案内し、及び/又は、係合するよう設計される。 Typically, any internal components of the drug delivery device (e.g., the drive mechanism, cartridge, piston, piston rod) is also preferably a liquid, dust, in order to limit exposure to contaminants such as dust, and stored , fixed, protecting, guiding, and / or is designed to engage. 一般的には、ハウジングは、管状又は非管状形状の一体又は多部材の構成部材であってもよい。 In general, the housing may be a component of the integral or multi-piece tubular or non-tubular shape.

用語「ピストンロッド」は、ハウジングを通して/内で、動作するように適合した構成部材を意味するものとし、それは、薬物送達デバイスを通して/内側で、好ましくは、駆動部材からピストンへ、例えば、注射可能医薬品を排出する/投与する目的のために、軸方向の動きを伝達するよう設計できる。 The term "piston rod" is / within through the housing, shall mean a component adapted to operate, it is through the drug delivery device / inside, preferably from the drive member to the piston, for example, injectable for the purpose of the discharge to / administration of pharmaceuticals can be designed so as to transmit the axial movement. 前記ピストンロッドは可撓性であっても、又はなくてもよい。 Wherein also the piston rod is a flexible, may not also. それは、単一ロッド、リードスクリュ、ラックアンドピニオンシステム、ウォームギヤシステムなどであってもよい。 It can be a single rod, the lead screw, rack and pinion system, it may be a worm gear system. 「ピストンロッド」は、更に、円形、又は非円形の断面積を有する構成部材を意味するものとする。 "Piston rod" shall further mean a component having a cross-sectional area of ​​the circular, or non-circular. それは当業者に公知のいかなる好適な素材からでも作ることができ、そして、一体又は多部材の構造であってもよい。 It can be made even from any known suitable material to those of skill in the art, and may be a unitary structure or multi-member.

駆動ユニット3は、用量部分16を含む。 The drive unit 3 comprises a dose portion 16. 用量部分16は、ハウジング13に対して可動である。 Dose portion 16 is movable relative to the housing 13. 用量部分16は、送達すべき薬物5の用量を設定するために、ハウジングに対して近位方向に、そして、設定用量の送達のために、ハウジングに対して遠位方向に可動であり得る。 Dose portion 16, in order to set a dose of the drug 5 to be delivered, in the proximal direction relative to the housing, and, for delivery of setting a dose may be movable distally relative to the housing. 用量部部分16は、好ましくは、ハウジング13に連結される。 Dose portion 16 is preferably coupled to the housing 13. 用量部分16は、ハウジングに対して、回転運動を固定し得る。 Dose portion 16 relative to the housing can fix the rotary motion. 用量部分16は、ハウジング13に対して、近位端位置と遠位端位置の間で動き(変位し)得る(明確に図示されていないが)。 Dose portion 16 relative to the housing 13, (not shown explicitly) proximal end position and movement between the distal end position (displaced) obtained. 用量部材が用量の設定中ハウジングに対して変位する距離は、用量のサイズを決定し得る。 Distance doses member is displaced with respect to the set in the housing of the dose may determine the size of the dose. 近位端位置及び遠位端位置は、ハウジングに対して、用量部材の近位又は遠位走行を制限し得るそれぞれの停止機構で決定し得る。 Proximal position and a distal end position, relative to the housing, may be determined for each stop mechanism that can limit the proximal or distal movement of the dose member. デバイス1は、変更可能な用量デバイス、即ち、異なった薬剤の、好ましくは、使用者が設定可能なサイズの用量を送達するよう構成したデバイスであってもよい。 Device 1 is alterable dosage device, i.e., different drugs, preferably, may be a device configured so that users are able to deliver a dose of a configurable size. あるいは、デバイスは固定用量デバイスであってもよい。 Alternatively, the device may be a fixed dose device.

デバイス1は、手動の、特に、非電気的駆動のデバイスであってもよい。 Device 1, a manual, in particular, may be a non-electrically driven devices. 用量部分16をハウジング13に対して遠位方向に動かす(使用者が適用した)力は、駆動機構によりピストンロッド12に伝達し得る。 Move distally a dose portion 16 relative to the housing 13 (the user has applied) force may transmit to the piston rod 12 by the drive mechanism. この目的のために、図1では明確に図示されていない駆動機構の他のエレメントを提供し得る。 For this purpose, to provide other elements of the drive mechanism which is not shown explicitly in FIG. 駆動機構は、好ましくは、用量部分が用量設定のためハウジングに対して近位方向に動くとき、ハウジング13に対してピストンロッド12を動かせないよう構成する。 Drive mechanism, preferably when the dose portion is moving in the proximal direction relative to the housing for dose setting, configuring so as not to move the piston rod 12 relative to the housing 13.

上記の薬物送達デバイス1において提供される好適な駆動機構の実施態様は、以下に詳細に記載される。 Embodiment of a suitable drive mechanism provided in the drug delivery device 1 described above is described in detail below.

上記の薬物送達デバイス1に実装するために好適な駆動機構の実施態様は、以下の図面と関連して記載される。 Embodiments suitable drive mechanism for mounting to a drug delivery device 1 described above is described in connection with the following drawings.

駆動機構は、ハウジング部分17を含む。 The drive mechanism includes a housing portion 17. ハウジング部分17は、近位端18及び遠位端19を有する。 The housing portion 17 has a proximal 18 and a distal end 19. ハウジング部分17は、図1の(外部)ハウジング13、その部分、又はハウジング13内のインサートであってもよく、このインサートは、好ましくは、ハウジング13に対して回転方向及び軸方向の動きに対して固定し得る。 The housing portion 17, (external) housing 13, portions thereof in FIG. 1, or may be inserted in the housing 13, the insert is to preferably, rotational and axial movement relative to the housing 13 It can be fixed Te. ハウジング部分17は、例えば、インサートスリーブであってもよい。 The housing portion 17, for example, may be insert sleeve. インサートスリーブは、例えば、ハウジング13に対して、スナップ嵌合してもよく、又は糊付けしてもよい。 Insert sleeve, for example, the housing 13 may be fitted snaps, or may be glued. ハウジング部分17は、管状形体を有してもよい。 The housing portion 17 may have a tubular configuration. ハウジング部分17は、外部固定エレメント、例えば、スナップ嵌合エレメントを、ハウジング部分17をハウジング13に固定するために含んでもよい。 The housing portion 17, external fixation element, e.g., a snap-fit ​​elements, may be included in order to secure the housing portion 17 in the housing 13.

ピストンロッド12は、ハウジング13に、好ましくは、ハウジング部分17内に保持される。 The piston rod 12 is in the housing 13, preferably, it is retained within the housing portion 17. ピストンロッド12は、用量の送達中、ハウジング部分17に対して遠位方向に駆動する。 The piston rod 12 during delivery of the dose, is driven distally relative to the housing portion 17.

駆動機構は、更にその上、駆動部材20を含む。 Drive mechanism further thereon, a driving member 20. 駆動部材20は、ハウジング部分17内に保持される。 The drive member 20 is held in the housing portion 17. 駆動部材20は、力を伝達し、好ましくは、トルクをピストンロッド12へ伝達するように構成する。 The drive member 20 transmits force, preferably, configured to transmit torque to the piston rod 12. 伝達された力は、ピストンロッド12を、用量の送達のために、ハウジング部分17に対して遠位方向に変位させ得る。 Transmitted force, the piston rod 12, for delivery of doses, it may be displaced distally relative to the housing portion 17.

駆動部材20は、ハウジング部分17に対して回転可能である。 The drive member 20 is rotatable relative to the housing portion 17. 駆動部材20は、ピストンロッド12に係合し得る。 The drive member 20 can engage the piston rod 12. 駆動部材の回転運動、例えば、第二方向における回転運動は、ハウジング部分17に対してピストンロッド12の遠位運動に変換し得る。 Rotational movement of the drive member, for example, rotational movement in the second direction may be converted to the distal movement of the piston rod 12 relative to the housing portion 17. これは、以下により詳細に説明する。 This is described in more detail below.

駆動機構は、更にその上、回転部材21を含む。 Drive mechanism further thereon, includes a rotating member 21. 回転部材21は、第一の方向に、特に、薬剤の用量を設定するために、そして、第二の方向に、特に、設定用量を送達するために、ハウジング部分17に対して回転可能である。 Rotating member 21, in a first direction, particularly, in order to set a dose of the drug, and, in a second direction, in particular, in order to deliver a set dose is rotatable relative to the housing portion 17 . 第二の方向は、第一の方向に対して反対方向である。 The second direction is the opposite direction to the first direction. 第一の方向は、例えば、デバイスの近位端から見て、反時計方向であり、そして第二の方向は、時計方向であり得る。 The first direction is, for example, when viewed from the proximal end of the device, a counter-clockwise direction, and the second direction may be a clockwise direction.

駆動部材、回転部材及び/又はピストンロッドは、好ましくは、(共通の)回転軸の周りを回転可能になるように構成する。 The drive member, the rotating member and / or the piston rod is preferably configured to be rotatable about the (common) axis of rotation. 回転軸は、駆動部材、回転部材及び/又はピストンロッドを通して伸長し得る。 Rotation axis, the drive member may extend through the rotating member and / or the piston rod. 回転軸は、ピストンロッドの主縦軸であり得る。 Rotary shaft may be a main longitudinal axis of the piston rod. 回転軸は、ハウジング部分17の近位端と遠位端の間を延設(run)し得る。 Rotating shaft may extend (the run) between the proximal and distal ends of housing portion 17.

回転部材21は、一方向のクラッチ機構、特に、摩擦クラッチ機構により、駆動部材20と連結する。 Rotating member 21, one-way clutch mechanism, in particular, by the friction clutch mechanism is connected to a drive member 20. このクラッチ機構は、回転部材がハウジング部分17に対して第一の方向に回転するとき、駆動部材20に対して回転部材21の回転運動を可能にする。 The clutch mechanism, the rotation member when rotated in a first direction relative to the housing portion 17, to permit rotational movement of the rotating member 21 relative to the drive member 20. クラッチ機構は、回転部材がハウジング部分17に対して第二の位置において回転するとき、駆動部材20に対して回転部材21の回転運動を阻止する。 The clutch mechanism, when the rotary member rotates in a second position relative to the housing portion 17, to prevent rotational movement of the rotating member 21 relative to the drive member 20. 駆動部材20は、その結果、ハウジング部分17に対して第二の方向において回転部材21の回転運動に従動し得る。 The drive member 20, the result may be driven by the rotation movement of the rotary member 21 in a second direction relative to the housing portion 17.

駆動部材20は、回転部材と隣接し、及び/又は、係合するように配置され、そして特に、回転部材21と係合する。 The drive member 20 is adjacent the rotating member, and / or are arranged to engage, and in particular, to engage the rotating member 21. 駆動部材20は、歯部22を含む。 The drive member 20 includes a toothed portion 22. 歯部22は、駆動部材の一端、例えば、その近位端で提供され得る。 Teeth 22, one end of the drive member, for example, may be provided at its proximal end. 回転部材は、歯部23を含む。 Rotating member includes a toothed portion 23. 歯部22、23は、互いに面する。 Teeth 22 and 23, facing each other. 歯部23は、端部が駆動部材20に、例えば、回転部材の遠位端において面する回転部材の一端で提供され得る。 Teeth 23, the end portion driving member 20, for example, may be provided at one end of the rotary member facing the distal end of the rotary member. 歯部22は、複数の歯24を含む。 Teeth 22 includes a plurality of teeth 24. 歯部23は、複数の歯25を含む。 Teeth 23 includes a plurality of teeth 25. 歯24及び/又は25は伸長してもよく、そして好ましくは、回転軸に沿って配向してもよい。 Teeth 24 and / or 25 may be extended, and preferably, may be oriented along the axis of rotation. 歯部22及び23は、互いに嵌合するように構成し得る。 Teeth 22 and 23 may be configured to mate with each other. 回転部材及び駆動部材は、係合状態にある歯部22、23により、互いに係合し得る。 Rotary member and the drive member, the teeth 22 and 23 in the engaged state, may engage with each other.

歯24及び/又は歯25のそれぞれの歯は、回転軸から分かる通り、特に、方位(角度)方向に沿ったランプ形であってもよい。 Each tooth of teeth 24 and / or the teeth 25, as seen from the rotation axis, in particular, the azimuth (angle) may be a lamp-shaped along the direction. それぞれの歯のランプは、その歯の急端面、即ち、回転軸に平行に延設し、又はこの軸上に突出するときのランプより、この軸上に突出するときの回転軸とのより小さい角度を含む歯の面により制限される(角度方向に)。 Less than the respective tooth of the lamp, abruptly end surface of the teeth, i.e., parallel to and extending in the rotary shaft, or from the lamp when projecting onto this axis, the rotation axis when projecting onto the shaft is limited by the surface of the teeth includes an angle (angularly). 急端面は次の歯のランプで続いていく。 Sudden end face goes on in the lamp of the next tooth.

歯24は、駆動部材20上で、特に、回転部材21に面する駆動部材20の端部において円周状に配置され得る。 Teeth 24 on the drive member 20, in particular, may be circumferentially disposed at an end of the driving member 20 facing the rotary member 21. 歯25は、回転部材21上で、特に、駆動部材20に面する回転部材21の端部において円周状に配置され得る。 Teeth 25 on the rotary member 21, in particular, may be circumferentially disposed at an end portion of the rotary member 21 which faces the drive member 20.

二つの歯の急端面が隣接し、そして回転部材が、更に、第二の方向に回転するとき、急側面は隣接状態になり、そして駆動部材20は、回転部材21の回転に従動する。 Adjacent suddenly end faces of the two teeth, and the rotating member, further when rotated in a second direction, suddenly side becomes adjacent state, and the drive member 20 is driven by the rotation of the rotating member 21. 回転部材が第一の方向に回転するとき、歯のランプ、特に回転軸に対して斜めに延設するランプが、互いに沿って摺動し、結果として、回転部材21は、駆動部材20に対して回転し得る。 When the rotating member rotates in a first direction, the teeth of the lamp, lamp to extend obliquely with respect to particular rotation axis and slide along each other, as a result, the rotation member 21 with the driving member 20 It can be rotated Te.

駆動機構は、更にその上、停止部材26を含む。 Drive mechanism further thereon, including a stop member 26. 駆動部材は、停止部材26と回転部材21の間に配置され得る。 The drive member may be arranged between the stop member 26 rotates member 21. 停止部材26は、用量の設定中、即ち、回転部材が第一の方向に回転するとき、ハウジング部分17に対して第一の方向において駆動部材20の回転運動を阻止するように構成する。 Stop member 26 during setting of the dose, i.e., when the rotating member rotates in a first direction and configured to prevent rotational movement of the drive member 20 in a first direction relative to the housing portion 17. それ故、回転部材21は、ハウジング部分17に対して第一の方向に回転し得て、一方、駆動部材20及び停止部材26は回転しない。 Therefore, rotation member 21 is obtained by rotating in a first direction relative to the housing portion 17, whereas, the drive member 20 and stop member 26 does not rotate.

停止部材26は、別の一方向のクラッチ機構、特に、摩擦クラッチ機構により、駆動部材20に連結する。 Stop member 26, another one-way clutch mechanism, in particular, by the friction clutch mechanism is coupled to the drive member 20. このクラッチ機構は、回転部材21がハウジング部分17に対して第一の方向に回転するとき、停止部材26に対して駆動部材20の回転運動を阻止する。 The clutch mechanism when the rotating member 21 is rotated in a first direction relative to the housing portion 17, to prevent rotational movement of the drive member 20 relative to the stop member 26. クラッチ機構は、回転部材21がハウジング部分17に対して第二の方向に回転するとき、停止部材26に対して駆動部材20の回転運動を可能にする。 The clutch mechanism, when the rotary member 21 is rotated in a second direction relative to the housing portion 17, to permit rotational movement of the drive member 20 relative to the stop member 26.

それ故、回転部材21は、用量の設定中、第一の方向に駆動部材20及び停止部材26に対して回転してもよく、駆動部材20の回転が停止部材26とのその相互作用により阻止されるので、回転部材21並びに駆動部材20は、用量の送達中、第二の方向に停止部材26に対して回転し得る。 Therefore, rotation member 21 during setting of the dose may rotate relative to the drive member 20 and stop member 26 in a first direction, prevented by its interaction rotation of the drive member 20 and stop member 26 since the rotating member 21 and drive member 20 during delivery of the dose, it can rotate relative to the stop member 26 in a second direction.

停止部材26は、用量の設定中、及び好ましくは、用量の送達中、駆動部材20に隣接し、及び/又は、係合するように配置し得る。 Stop member 26 during setting of the dose, and preferably, during delivery of the dose, adjacent to the drive member 20, and / or may be arranged to engage. 停止部材26は、歯部27を有する。 Stop member 26 has a toothing 27. 歯部27は、駆動部材、例えば、その近位端に面する停止部材の一端で提供される。 Teeth 27, the drive member, for example, is provided at one end of the stop member facing the proximal end. 歯は、急な側面及び穏やかなランプを有するランプ形状であってもよい。 Teeth may be ramp-shaped having steep sides and gentle ramp. 歯は、停止部材に沿って、特に、停止部材の周囲に方位的に配置され得る。 Teeth along the stop member, in particular, may be azimuthally arranged around the stop member.

駆動部材20は、歯部28を有する。 The drive member 20 has a toothing 28. 歯部28は、停止部材、例えば、駆動部材の遠位端に面する駆動部材の一端で提供され得る。 Teeth 28, the stop member, for example, may be provided at one end of the drive member facing the distal end of the drive member. 歯部28の歯は、伸長してもよく、そして好ましくは、回転軸に沿って配向してもよい。 Teeth of the teeth 28 may be extended, and preferably, may be oriented along the axis of rotation. 駆動部材20の歯部22及び28は、反対側に配置されている。 Teeth 22 and 28 of the drive member 20 is disposed on the opposite side. 歯部28は、回転部材の歯部21に基づくように構成し得る。 Teeth 28 may be configured to be based on teeth 21 of the rotary member. 歯部22は、停止部材の歯部27に基づくように構成し得る。 Teeth 22 may be configured to be based on teeth 27 of the stop member. 歯部27及び28は、互いに面してもよい。 Teeth 27 and 28 may face each other. 歯部27及び28は、互いに嵌合してもよい。 Teeth 27 and 28 may be fit together. 歯部27及び28、特に、歯の急側面は、第一方向におけるハウジング部分17に対して、及び、特に、停止部材26に対して、駆動部材20の回転を阻止するために協動し、例えば、隣接する。 Teeth 27 and 28, in particular, sudden side of the teeth, to the housing portion 17 in the first direction, and, in particular, to cooperate in order to prevent against a stop member 26, the rotation of the drive member 20, for example, adjacent to each other.

停止部材26は、好ましくは、ハウジング部分17に対して、回転運動を固定し、特に好ましくは、回転運動を恒久的に固定する。 Stop member 26 is preferably relative to the housing portion 17, the rotational movement is fixed, particularly preferably, permanently fixing the rotational movement. 停止部材26は、ハウジングに対して固定されてもよく、又はハウジング内に一体化されてもよい。 Stop member 26 may be fixed to the housing, or may be integrated into the housing. 停止部材26は、ハウジング部分17に対して変位を固定し得て、又はハウジング17に対して変位は可能となり得る。 Stop member 26, the displacement obtained fixed relative to the housing portion 17, or displaced relative to the housing 17 may allow.

本実施態様において図示する通り、停止部材26は、ハウジングに対して変位可能であるが、ハウジング部分17に対しては回転不能である。 As shown in this embodiment, the stop member 26 is a displaceable relative to the housing can not rotate with respect to housing part 17. その目的のために、一つ又は複数の、好ましくは、反対側に配置された案内機能、例えば、案内ラグ29は、停止部材26に提供される。 For that purpose, one or more, preferably, the guide function is disposed on the opposite side, for example, the guide lug 29 is provided in the stop member 26. それぞれの案内機能29は、ハウジングに、例えば、ハウジング部分17に提供され得る対応する案内スロット30に係合する。 Each guidance function 29, to the housing, for example, to engage the guide slots 30 corresponding may be provided in the housing portion 17. これは、図2〜3において理解できる。 This can be seen in FIGS. 2-3. 案内機能29は、ハウジング部分17に対して停止部材の回転運動を阻止するために案内スロット30と協動し、ハウジングに対して停止部材26の軸方向の動きが可能となる。 Guidance function 29, cooperates with the guide slot 30 to prevent rotational movement of the stop member relative to the housing portion 17, it is possible to axial movement of the stop member 26 relative to the housing. 停止部材26の軸方向の動きは、操作中、駆動機構の構成部材間の遊隙を補償し得る。 Axial movement of the stop member 26, during operation, can compensate for clearance between the components of the drive mechanism.

駆動部材20、停止部材26及び回転部材21を含むグループから、一つ又はそれ以上の部材、好ましくは二つの部材又は三つの部材が、ハウジング部分17に対して、好ましくは、ピストンロッド12に対して軸方向に変位可能であり得る。 The drive member 20, from the group including the stop member 26 and the rotary member 21, one or more members, preferably two members or three members, relative to the housing portion 17, preferably, to a piston rod 12 It may be axially displaceable Te. その中に、駆動部材及び引用した部材の別の一つが、ハウジングに対して軸方向に変位可能であり得る。 Therein, another one of the drive member and the cited members may be axially displaceable relative to the housing. 残りの部材は、薬物送達のため駆動機構の操作中、軸方向の変位を確実にし、又は軸方向に変位可能であり得る。 The remaining members, during operation of the drive mechanism for drug delivery, to ensure axial displacement, or may be axially displaceable. その結果、駆動部材及び停止部材は、軸方向に変位可能である場合、回転部材は、軸方向に変位を確実にし、又は軸方向に変位可能であり得るなどである。 As a result, the driving member and the stop member when it is axially displaceable, the rotating member, to ensure displacement in the axial direction, or axially is displaceable obtained and the like. ハウジングに対してクラッチ機構の構成部材の相対的(軸方向)運動により発生する構成部材間の遊隙は、この方法により補償できる。 Clearance between the components generated by the relative (axial) movement of the components of the clutch mechanism with respect to the housing can be compensated for by this method. それぞれの構成部材がハウジングに対して軸方向に変位し得る距離は、駆動部材のそれぞれの歯部22又は28の歯の(最大)深さに対応し得る。 Distances each constituent member can be displaced axially relative to the housing may correspond to each of the teeth of the teeth 22 or 28 (maximum) depth of the drive member. あるいは、距離は、それぞれの歯部の歯の(最大)深さより大きいかもしれない。 Alternatively, distance may be greater than the (maximum) depth of the teeth of each tooth portion.

更にその上、駆動機構は、弾力部材31、好ましくは、スプリング部材を含む。 Further thereon, the drive mechanism, the resilient member 31, preferably, includes a spring member. 弾力部材31は、駆動機構の薬剤送達の操作中に付勢され得る。 Resilient member 31 may be biased during operation of the drug delivery drive mechanism. 弾力部材は、停止部材26及び/又は回転部材21との係合において、駆動部材20を維持する傾向にある力を提供し得る。 Resilient member, in engagement with the stop member 26 and / or the rotary member 21 may provide a force that tends to keep the drive member 20. 力は、回転軸に沿ってかけられ得る。 Forces may be applied along the rotation axis. 図2及び3で示す状況において、この力は、近位方向にかけられ得る。 In the situation illustrated in Figures 2 and 3, this force may be applied in the proximal direction. 弾力部材31は、らせん状(コイル状)スプリングであってもよい。 Resilient member 31, helical (coiled) may be spring. 弾力部材31は、圧縮スプリングであってもよい。 Resilient member 31 may be a compression spring.

弾力部材31は、駆動部材20及び停止部材26を、薬剤の用量の設定及び送達中、互いに(恒久的に)機械的接触下で、例えば、隣接下で維持し得る。 Resilient member 31, drive member 20 and stop member 26, in setting and delivery of the drug dose, together (permanently) under mechanical contact, for example, may be maintained in adjacent pressure. あるいは、又は、更に、弾力部材31は、駆動部材20及び回転部材26を、薬剤用量の設定及び送達中、互いに(恒久的に)機械的接触下で、好ましくは、隣接下で維持し得る。 Alternatively, or additionally, resilient member 31, drive member 20 and the rotary member 26, while setting and delivery of drug dose, together (permanently) under mechanical contact, preferably, be maintained in adjacent pressure.

弾力部材31は、停止部材26内に一体化されてもよく、又は分離した構成部材であってもよい。 Resilient member 31 may be a component that is well, or separation be integrated into the stop member 26. 弾力部材31は、停止部材26の遠位端側に配置され得る。 Resilient member 31 may be disposed on the distal end side of the stop member 26.

駆動機構は、更に、支持部材32を含む。 Drive mechanism further includes a support member 32. 支持部材32は、ハウジング部分17に対して軸方向及び回転方向の動きを都合よく固定し、又はハウジング部分17内に組み込まれる。 Support member 32, the movement of the axial and rotational conveniently fixed to the housing portion 17, or is incorporated into the housing portion 17. 支持部材32は、停止部材26から離れた駆動部材20の側面に配置される。 Support member 32 is disposed on the side surface of the drive member 20 away from the stop member 26. 支持部材32は、突出、例えば、リング状の突出であってもよい。 Support member 32, the protruding, for example, be a ring-like projection. 回転部材21は、支持部材32の開口部を通して伸長してもよい。 Rotating member 21 may extend through an opening in the support member 32. 支持部材32は、弾力部材31によりかけられる力に対抗する反力を提供し得る。 Support member 32 may provide a reaction force against the force exerted by the resilient member 31. 薬剤の設定及び送達中、回転部材の駆動部材との、及び駆動部材の停止部材との恒久的隣接は、この方法で容易になる。 During setup and delivery of drugs, the drive member of the rotary member, and permanent adjacent the stop member of the drive member is facilitated in this way.

回転部材21は、(半径方向の)外側に突出する部材33、例えば、フランジ部分を有する。 Rotating member 21 has a (radial) member 33 projecting outwardly, e.g., flange portion. 突出部材33は、都合よく、隣接支持部材32、特に、支持部材32の遠位端側に隣接するために提供される。 Projecting member 33 is conveniently adjacent the support member 32, in particular, is provided to adjacent the distal end side of the support member 32.

駆動機構は、更にその上、用量部材34を含む。 Drive mechanism further thereon, including dosage member 34. 用量部材34は、用量部分16であってもよく、又は図1の用量部分16の部分であってもよい。 Dosage member 34 may be a dose portion 16, or may be a portion of the dose portion 16 of FIG. 1. 用量部材34は、用量の設定のため、及び用量の送達のために近位方向に、ハウジングに対して可動である。 Dosage member 34, because of the dose setting, and proximally for delivery of doses, is movable relative to the housing. 例えば、用量部材34は、用量の設定中、ハウジング部分17に対して近位方向に、そして用量送達中、ハウジング部分17に対して遠位方向に動き得る。 For example, dosage member 34 during setting of the dose, in the proximal direction relative to the housing portion 17, and in dose delivery can move distally relative to the housing portion 17. 用量部材34は、ハウジング部分17、又は、あるいは、ハウジング13の別部分(明確に図示されていない)に係合し得る。 Dosage member 34, a housing portion 17, or, alternatively, can engage in different parts (not explicitly shown) of the housing 13. 用量部材34は、好ましくは、ハウジング部分17に対して回転運動を確実にする。 Dosage member 34 is preferably ensures rotational movement relative to the housing portion 17. 用量部材34は、案内機能35、例えば、ハウジング部分17又はハウジング13において提供される別の案内機能、例えば、案内スロット又は案内ラグとそれぞれ係合する案内ラグ又は案内スロットを含み得る。 Dosage member 34, the guide function 35, for example, another guide function provided in the housing portion 17 or housing 13, for example, may include a guide lug or guide slots respectively engage with the guide slots or guide lugs. 用量部材34は、ハウジング部分17に対して、好ましくは、軸方向のみに沿って、及び/又は、回転軸の周囲を回転方向に変位し得る。 Dosage member 34 relative to the housing portion 17, preferably along only the axial direction, and / or can be displaced around the rotation axis in the rotation direction.

用量部材34は、回転部材21に対して、近位方向に及び遠位方向に動き得る。 Dosage member 34 relative to the rotating member 21 can move proximally and distally. 用量部材34は、連結可能に配置され、そして好ましくは、用量部材の動き、例えば、薬剤の用量設定のために、ハウジング部分17に対して近位方向の動きが、第一方向の回転部材の回転運動に変換され、そして、用量部材の動き、例えば、用量の送達のために、ハウジング部分17に対して遠位方向の用量部材の動きが、第一の方向に反対側の第二の方向における回転部材21の回転運動に変換されるように、回転部材21に(恒久的に)連結される。 Dosage member 34 is connectable arranged, and preferably, the movement of the dosage member, for example, for drug dose setting, proximal movement relative to the housing portion 17, the first direction of the rotating member is converted into a rotational movement, and the movement of the dosage member, for example, for delivery of a dose, the movement of the distal doses member relative to the housing portion 17, a second direction opposite to the first direction as converted into rotational motion of the rotating member 21 in, it is the rotating member 21 (permanently) coupled.

回転部材21は、(外部)ねじ山36を備え得る。 Rotating member 21 may comprise a (external) thread 36. ねじ山36は、用量部材34の一つ又は複数の係合部材42と係合し得る。 Thread 36 may engage with one or more engagement members 42 of the dose member 34. それぞれの係合部材は、用量部材の内側に配置され得る。 Each engagement member may be arranged inside the dose member. それぞれの係合部材は、例えば、ねじ山又はねじ山の部分であってもよい。 Each of the engaging members, for example, may be a part of the thread or threads. それ故、用量部材34及び回転部材21は、ねじ連結され、特に、ねじ係合され得る。 Therefore, dosage member 34 and the rotary member 21 is threaded connection may in particular, threadedly engaged. 回転部材21は、用量部材21の内側に配置され得る。 Rotating member 21 may be arranged inside the dose member 21.

回転部材21、駆動部材20、停止部材26及び/又は用量部材34は、それぞれスリーブであってもよく、又はスリーブを含んでもよい。 Rotating member 21, drive member 20, stop member 26 and / or dosage member 34 may be a sleeve, respectively, or may comprise a sleeve. ピストンロッド12は、駆動するように配置され、特に、一つ、それ以上、又は全てのこれらスリーブを通して駆動するように配置され得る。 The piston rod 12 is arranged to be driven, in particular, one, more, or may be arranged to drive through all the sleeves. ピストンロッド12は、一つ、それ以上、又は全てのこれらスリーブを通して延設され得る。 The piston rod 12, one, more, or may be extending through all of these sleeves.

駆動部材20及びピストンロッド12は、ハウジングに対して駆動部材20の回転運動がハウジングに対してピストンロッドの回転運動に変換されるように構成する。 The drive member 20 and the piston rod 12, the rotational movement of the drive member 20 relative to the housing is configured to be converted into a rotational movement of the piston rod relative to the housing. 駆動部材20は、ピストンロッド12に係合し得る。 The drive member 20 can engage the piston rod 12. ピストンロッド12は、変位軸に沿って、駆動部材20に対して変位可能である。 The piston rod 12 along the displacement axis, is displaceable relative to the drive member 20. 今、変位軸は回転軸に沿って延設する。 Now, the displacement axis is extended along the rotational axis. 駆動部材20は、例えば、ピストンロッド12にスプライン係合されてもよい。 Drive member 20, for example, a spline may be fitted to the piston rod 12.

ピストンロッド12は、ハウジング13にねじ連結され、そして係合部材37を、好ましくは、外側に二つの反対方向に配置された係合トラックを含み得る。 The piston rod 12 is threaded connection to the housing 13, and the engagement member 37, preferably, may include an engagement tracks arranged two opposite directions outward. (それぞれの)係合トラック37は、ねじ山を遮断してもよい。 (Each) engagement track 37 may be interrupted threads. ピストンロッドがハウジングに対して、特に、駆動部材に対して変位可能である(それぞれの)係合トラック37は、好ましくは、軸に沿って伸長する。 Piston rod relative to the housing, in particular, is displaceable relative to the drive member (respectively) engagement track 37 preferably extends along the axis.

駆動部材20のハウジングに対して回転運動は、その結果、ハウジングに対してピストンロッド12のハウジングに対して回転運動に変換されてもよく、そして、ピストンロッド12の回転運動は、ピストンロッドとハウジング(部分)のねじ係合のために、遠位方向におけるハウジングに対してピストンロッドの動きに変換される。 Rotational movement relative to the housing of the drive member 20, the result may be converted into a rotational movement relative to the housing of the piston rod 12 relative to the housing, and the rotational movement of the piston rod 12, the piston rod and the housing for threaded engagement (partial), it is converted to the movement of the piston rod relative to the housing in the distal direction.

用量部分16は、使用者に握られるように構成し得る用量ノブを含んでもよい。 Dose portion 16 may comprise a dose knob may be configured to be gripped by the user. 用量ノブ41は、近位端において用量部材34に配置し、及び連結し得る。 Dose knob 41 is disposed on the dose member 34 at the proximal end, and can be linked. 用量ノブ及び用量部材は、一体であってもよい。 Dose knob and dose member may be integral.

次の通り、図1のカートリッジ4から薬物を送達するための本発明の駆動機構の操作が記載される。 Following, the operation of the drive mechanism of the present invention for delivering a drug from the cartridge 4 in FIG. 1 is described.

用量を設定するために、使用者は、ハウジング部分17に対して近位方向に(矢印43)用量部材34を動かし得る。 To set a dose, the user may move in a proximal direction (the arrow 43) the dose member 34 relative to the housing portion 17. それを行うために、使用者は、用量ノブを握り、そしてそれを近位方向に引いてもよい。 To do so, the user grasps the dose knob, and may draw it in a proximal direction. 用量部材34は、また、回転部材21に対して近位的に動く。 Dosage member 34 also moves proximally with respect to the rotation member 21. 回転部材の近位運動は、回転部材21の突出部材33に隣接する支持部材32により阻止される。 Proximal motion of the rotating member is prevented by the support member 32 adjacent to the protruding member 33 of the rotating member 21. 結果として、ハウジング部分17に対して用量部材34の近位運動は、ハウジング部分17に対して第一の方向(矢印44)において、特に、用量部材34と回転部材21のねじ係合のために、回転部材21の回転運動に変換される。 As a result, proximal motion of the dosage member 34 relative to the housing portion 17 in a first direction (arrow 44) relative to the housing portion 17, in particular, for threaded engagement with the dosage member 34 rotating member 21 It is converted into rotary motion of the rotary member 21. それ故、回転部材21は、ハウジングに対して第一の方向に回転し、それは、回転部材の近位端から見て分かる通り、反時計方向である。 Therefore, rotation member 21 is rotated in a first direction relative to the housing, it is, as can be seen from the proximal end of the rotary member is a counterclockwise direction. 回転部材21は、また、駆動部材20及び停止部材26に対して回転する。 Rotating member 21 is also rotated relative to the drive member 20 and stop member 26. 駆動部材20は、第一の方向に、停止部材26との相互作用により、例えば、歯部27及び28のインターロッキングにより回転が阻止される。 Drive member 20 in a first direction, by interacting with stop members 26, for example, rotation is prevented by the interlocking of the teeth 27 and 28. ピストンロッド12が駆動部材20に連結し、そして駆動部材の第一方向における回転が、ピストンロッドを近位方向に走行(travel)させることになるので、ピストンロッド12は、停止部材26と駆動部材20の相互作用により、近位方向における駆動を阻止される。 Connected to the piston rod 12 the drive member 20, and rotates in a first direction of the drive member, since the piston rod will be caused to travel in a proximal direction (travel i), the piston rod 12 includes a stop member 26 the drive member the interaction of the 20, is prevented from driving in the proximal direction. 用量の設定中、ピストンロッド12の動きを阻止することにより、用量の精度は向上できる。 While setting the dose, by blocking the movement of the piston rod 12, the accuracy of the dose can be improved.

回転部材21が第一の方向に回転するとき、回転部材21の歯部23の歯のランプは、歯部22の歯のランプに沿って摺動する。 When the rotary member 21 is rotated in a first direction, the teeth of the ramp teeth 23 of the rotary member 21 slides along the teeth of the ramp teeth 22. 従って、回転部材の歯は、歯が駆動部材20の歯部22の次の歯の一つに係合するまで、回転軸の周囲に索引を付けてもよい。 Thus, the teeth of the rotary member, until it engages in one of the next tooth of the tooth portion 22 of the tooth driving member 20 may be indexed around the rotational axis. 回転部材21の歯は、駆動部材20の歯のランプに沿って摺動する。 The teeth of the rotary member 21 slides along the teeth of the ramp of the drive member 20. この動きの間、駆動部材20及び特に停止部材26は、ピストンロッド12及びハウジングに対して、好ましくは、歯部23の歯が歯部22のその歯と係合を(完全に)解除する前に、歯部22の歯の深さと同等に決定される距離により回転軸に沿って変位する。 During this movement, the drive member 20 and in particular stop member 26, the piston rod 12 and the housing, preferably, the teeth engage with teeth teeth 22 of the teeth 23 (fully) before releasing to be displaced along the rotation axis by a distance that is determined equal to the depth of the teeth of the toothing 22. その後、回転部材21の歯は、歯部22の次の歯と係合し、弾力部材31により提供される力は、駆動部材20及び特に停止部材26を、軸の出発位置内へ回転軸に沿って後退させる。 Thereafter, the teeth of the rotary member 21 engages the next tooth of the teeth 22, the force provided by the resilient member 31, drive member 20 and in particular stop member 26, the rotary shaft into the starting position of the shaft along retract. 停止部材及び駆動部材の遠位方向における、及び逆に近位方向における一致した動きが図2及び3において二重矢印45で示される。 In the distal direction of the stop member and the drive member, and matching movement in the proximal direction reversed indicated by double arrow 45 in FIG. 2 and 3.

駆動部材の次の歯と係合する回転部材の歯は、使用者に聴覚的及び/又は触覚的フィードバックをもたらし得る。 Teeth of the rotary member to the next tooth engages the drive member can result in audible and / or tactile feedback to the user.

駆動機構は、固定用量デバイス又は使用者が設定可能な用量デバイスに好適である。 Drive mechanism, a fixed dose device or user is suitable for dosage device configurable. 送達すべき薬剤の固定用量のサイズ又は使用者が設定可能な用量が使用者により変動させ得る増分は、好ましくは、駆動部材、回転部材及び停止部材におけるそれぞれの歯部の歯の分布により決定される。 Increment size or user settable dose fixed dose of drug to be delivered can be varied by the user, preferably, the drive member, is determined by the distribution of the teeth of each tooth portion of the rotary member and the stop member that. 回転部材は、使用者が設定可能な用量デバイス用の駆動部材の一つの歯(用量増分)より多く回転し、そして固定用量デバイスに対しては一つの歯(のみ)で回転し得る。 Rotating member rotates more than one tooth of the driving member for dosage devices that can be set by the user (dose increment), and for the fixed-dose device may rotate in one tooth (only). 用量の設定中、回転部材21が回転する駆動部材20の歯の数は、実際に送達される用量のサイズを決定する。 While setting the dose, the number of teeth of the drive member 20 to rotate member 21 is rotated determines the size of the dose actually delivered.

用量が設定された後、用量部分16及びそれと一緒に、用量部材34は、使用者によりハウジング部分17に対して遠位方向に動かす(押す)。 After the dose is set, along with the dosage part 16 and therewith the dosage member 34 is moved distally relative to the housing portion 17 by the user (pressing). それ故、用量部材34は、ハウジング部分17に対して遠位方向に動く。 Therefore, dosage member 34 is moved distally relative to the housing portion 17. 回転部材21は、その結果、ハウジングに対して第一の方向とは反対方向である第二の方向に回転する。 Rotating member 21, as a result, the first direction relative to the housing for rotation in a second direction which is opposite to the direction. 駆動部材20は、第二の方向で回転部材の回転運動に従動する。 The drive member 20 is driven by the rotation movement of the rotary member in the second direction. 第二の方向における駆動部材20の回転運動は、第二の方向におけるピストンロッド12の回転運動に変換され、その動きが、順に、遠位方向へのピストンロッド12の動きに変換される。 Rotational movement of the drive member 20 in the second direction is converted into a rotational movement of the piston rod 12 in the second direction, the movement is, in turn, is converted to the movement of the piston rod 12 in the distal direction. 結果的に、図1のピストン10は、カートリッジ4に対して遠位方向に変位し得て、そして薬剤5の用量は、事前に設定した用量に対応するその量をカートリッジから投与する。 Consequently, the piston 10 of FIG. 1 is obtained displaced distally relative to the cartridge 4, and the dose of the drug 5, administering the amount corresponding to the dose set in advance from the cartridge.

用量の送達中、歯部22及び23は、インターロックし、そして駆動部材20の歯部28の歯のランプは、停止部材26の歯部27の歯のランプに沿って摺動する。 During delivery of the dose, teeth 22 and 23, inter-locks, and the teeth of the ramp teeth 28 of the driving member 20 slides along the teeth of the ramp teeth 27 of the stop member 26. この運動は、上記の通り、回転部材及び回転方向が逆の駆動部材の相対的回転運動に類似している。 This movement, as described above, the rotary member and the rotation direction is similar to the relative rotational movement of the reverse of the drive member. 停止部材26は、それにより、停止部材26における歯部27の歯の深さに対応する距離で、駆動部材20に対して遠位方向に変位する。 Stop member 26, whereby, at a distance corresponding to the depth of the teeth of the toothed portion 27 of the stop member 26 is displaced in a distal direction relative to the drive member 20. 弾力部材31は、歯部28の次の歯28が歯部27のそれぞれの歯により係合するとき、停止部材26を軸方向の出発位置へ逆に力をかける。 Resilient member 31, when the next tooth 28 of the tooth portion 28 are engaged by respective teeth of the toothing 27, applies a force to reverse the stop member 26 in the axial direction to the starting position.

停止部材の次の歯に係合する駆動部材の歯は、聴覚的及び/又は触覚的フィードバックを使用者にもたらし得る。 Teeth of the drive member which engages the next tooth of the stop member can lead to audible and / or tactile feedback to the user.

通常運転状態において、駆動部材20は、駆動部材20とピストンロッド12の間で軸方向の動きのみ可能とするスプラインを用いてピストンロッド12で回転してロックされる。 In normal operation, the drive member 20 is locked to rotate with the piston rod 12 with splines to allow only axial movement between the drive member 20 and the piston rod 12.

駆動機構を再設定するために、ピストンロッド12は、近位方向でハウジング内に後退させなければならない。 To reset the drive mechanism, the piston rod 12 must be retracted into the housing in the proximal direction. これは、駆動機構が係合するときは不可能である。 This is not possible when the drive mechanism is engaged. ピストンロッド12は、ハウジングに対してねじ係合を通して回転する必要がある。 The piston rod 12 has to be rotated through threaded engagement to the housing. 駆動部材20は、ピストンロッド12にスプライン係合し、そして、また、回転するであろう。 The drive member 20 is splined to the piston rod 12, and, also, will rotate. 停止部材26は、駆動部材20の回転を停止させる。 Stop member 26 stops the rotation of the drive member 20. 再設定中、駆動部材20は、ピストンロッド12が初期出発位置へ逆回転できるように、ピストンロッド12から連結を解除する。 During reconfiguration, the drive member 20, the piston rod 12 to allow reverse rotation to the initial starting position, to release the connection from the piston rod 12.

図4は、デバイス及び、特に、最終用量の送達後のピストン12の位置を示す。 4, the device and, in particular, shows the position of the piston 12 after delivery of the last dose. 図5は、カートリッジホルダ11を取り外した後のこのデバイスを示す。 Figure 5 shows the device after removal of the cartridge holder 11. カートリッジホルダ11が取り外されたとき、ピストンロッド12は、駆動部材から連結を解除される(図4〜6では示されていない)。 When the cartridge holder 11 is removed, the piston rod 12 is uncoupled from the driving member (not shown in FIGS. 4-6). 図6は、ピストンロッド12をその初期出発位置に戻し、そして新しいカートリッジを取り付けた後のデバイスを示す。 6, return the piston rod 12 to its initial starting position, and shows the device after installing a new cartridge. このモードにおいて、駆動部材は、再度、ピストンロッドにスプライン係合する。 In this mode, the drive member is again splined to the piston rod.

図7は、再設定モードにおける駆動機構の部分の一実施態様の図6における線AA′に沿った断面図を示す。 Figure 7 shows a cross-sectional view along line AA 'in FIG. 6 of one embodiment of a portion of the drive mechanism in the resetting mode. 駆動部材20、ピストンロッド12及び駆動部材20をピストンロッド12にスプライン係合するのに好適なスプリング70のみが示される。 The drive member 20, only the preferred spring 70 is shown to splined piston rod 12 and the drive member 20 to the piston rod 12. 再設定モードにおいて、駆動部材20及びピストンロッド12が連結を解除する。 In resetting mode, the drive member 20 and the piston rod 12 releases the connection.

ピストンロッド12は、軸方向に伸長する第一のトラック71を含む。 The piston rod 12 includes a first track 71 extending in the axial direction. トラックは、図3に示す係合トラック37であり得る。 Tracks may be engagement track 37 shown in FIG. 駆動部材20は、穴として形成された第二のトラック72を含む。 The drive member 20 includes a second track 72 formed as a bore. スプリング70は、駆動部材20の周囲の部分的な円周状に延設する。 Spring 70 extends around a partial circumferential drive member 20. スプリング70は、駆動部材20及びピストンロッド12が互いに回転できないように、ピストンロッド12の第一のトラック71内に、駆動部材20の第二のトラック72を通して押されるのに適した突出部分73を有する。 Spring 70, as the drive member 20 and the piston rod 12 can not rotate relative to each other, in the first track 71 of the piston rod 12, the projecting portion 73 adapted to be pushed through the second track 72 of the drive member 20 a. 換言すれば、突出エレメント73は、スプラインとして機能し得る。 In other words, the protruding element 73 can function as a spline. しかし、軸方向の動きは、尚、可能である。 However, axial movement still possible. 突出部分73は、第一のトラック71に沿って摺動し得る。 Projecting portion 73 can slide along the first track 71. 再設定モードにおいて、スプリング70は、突出エレメント73が少なくとも第一のトラック71から引き出されるように緩和し、それにより、ピストンロッド12が、デバイスを再設定することが可能な駆動部材20に対して回転可能となる。 In resetting mode, the spring 70 relaxes as protruding element 73 is withdrawn from the at least a first track 71, thereby, the piston rod 12, against the drive member 20 to re-configure the device It becomes rotatable. 突出エレメント73は、スプリングで、例えば、V形又はU形のスプリング70の部分として一体的に形成され得る。 Protruding element 73 is a spring, for example, it may be integrally formed as part of the V-shaped or U-shaped spring 70. あるいは、突出エレメント73は、スプリング70に取り付けられたピン形エレメントであってもよい。 Alternatively, the protruding element 73 may be a pin-shaped element which is attached to the spring 70.

突出エレメント73は、カートリッジホルダ(図7では示されていない)が取り外されるとき、半径方向の外側に動くように、スプリング70は緩和する。 Protruding element 73, when the cartridge holder (not shown in FIG. 7) is removed, to move outward in a radial direction, the spring 70 relaxes. 係合の解除は、ピストンロッド12を近位方向に回転して動かし、一方、駆動部材20は、ハウジング17に対して回転しない。 Releasing the engagement, move and rotate the piston rod 12 in the proximal direction, while the driving member 20 does not rotate relative to the housing 17.

図8は、通常運転モードにおける図7で示す実施態様の断面図を示し、ここで、突出エレメント73は、駆動部材20の第二のトラック72を通してピストンロッド12の第一トラック71内に伸長し、それにより、それらが互いに回転できないように、駆動部材20及びピストンロッド12を連結する。 Figure 8 shows a cross-sectional view of the embodiment shown in FIG. 7 in the normal operation mode, wherein the protruding element 73 extends into the first track 71 of the piston rod 12 through a second track 72 of the drive member 20 thereby, so that they can not rotate relative to each other, connecting the drive member 20 and the piston rod 12.

スプリング70は、カートリッジホルダが取り付けられるとき、突出エレメント73が半径方向の内側に押されるように変形し得る。 Spring 70, when the cartridge holder is mounted, protruding element 73 can be deformed so as to be pushed radially inward. カートリッジホルダは、スプリング70が変形し、そしてカートリッジホルダが取り付けられるとき、駆動部材20及びピストンロッド12を連結するように形成し得る。 Cartridge holder, the spring 70 is deformed, and when the cartridge holder is attached may form so as to connect the drive member 20 and the piston rod 12. 一実施態様において、カートリッジホルダは、カートリッジホルダが取り付けられるとき、突出エレメントを半径方向の内側に押す押し部材として機能する半径方向の内側に伸長する突出74を含む。 In one embodiment, the cartridge holder when the cartridge holder is mounted, including projections 74 extending radially inwardly to function as a pushing member to push the projecting elements radially inwardly. 別の実施態様において、カートリッジホルダは、スプリング70が変形するようにデバイスのエレメントを押す。 In another embodiment, the cartridge holder presses the elements of the device as the spring 70 is deformed. あるいは、駆動部材20は、カートリッジホルダが取り外されるとき、ハウジング17の部分であり得る押し部材から離れて摺動する。 Alternatively, the drive member 20, when the cartridge holder is removed, slid away from the pushing member, which may be a portion of the housing 17. この動きは、緩和スプリングエレメントにより引き起こされ得る。 This movement can be caused by relaxation spring element.

図9及び10は、更なる実施態様を示し、ここで、スプリング70は、駆動20の周囲に部分的な円周状に延設し、スプリング70は、突出エレメント73を含む。 9 and 10 show a further embodiment wherein the spring 70 extends in a partial circumferential manner around the drive 20, the spring 70 comprises a protruding element 73. この実施態様において、突出エレメント73は、スプリング70の内側に伸長する端部として形成される。 In this embodiment, the projecting element 73 is formed as an end extending inwardly of the spring 70. ピストンロッド12は、ピストンロッド12の反対側に配置される軸方向に延設する第一のトラック71を含む。 The piston rod 12 includes a first track 71 which extends in the axial direction is arranged on the opposite side of the piston rod 12. 駆動部材20の反対側で穴として形成された第二のトラックを含む駆動部材20、第一及び第二のトラックは、心合わせする。 The drive member 20, first and second track including a second track formed as a hole in the opposite side of the drive member 20, to center. スプリング70を変形するために適した押し部材75は、突出エレメント73が駆動部材20及びピストンロッド12においてトラックと係合するように提供される。 Pushing member 75 suitable for deforming the spring 70, the protruding element 73 is provided to engage with a track in the drive member 20 and the piston rod 12. 押し部材75は、図9の右側で示す通り取り付け中、それが変形するように、スプリング70に沿って摺動するカートリッジホルダの部分であってもよい。 Pushing member 75 during as mounting shown on the right side of FIG. 9, so that it deforms, it may be a part of the cartridge holder to slide along the spring 70. カートリッジホルダの取り外し中、押し部材75は、図8の左手側で示す通り、それが緩和し、そして突出エレメントが係合を解除するように、スプリング70から離れて動く。 During removal of the cartridge holder, pushing member 75, as shown in the left hand side of FIG. 8, it relaxes, and as protruding element releases the engagement, it moves away from the spring 70. 取り付け中、ブロッキングを避け、そして取り付け中、スプリング75上を押しエレメント75が摺動するのを可能にする押しエレメント75の遠位部分は傾斜してもよい。 During installation, avoiding the blocking, and during installation, the distal portion of the pusher element 75 the element 75 pressing the spring 75 upward to allow the sliding may be inclined. 図10の左手側は、ピストンロッド12において第一のトラック71から係合を解除する突出エレメント73を示す。 The left hand side of FIG. 10 shows a protruding element 73 to release the engagement in the piston rod 12 from the first track 71. 図10の右手側は、第一のトラック71に係合する突出エレメント73を示す。 The right hand side of FIG. 10 shows a protruding element 73 that engages the first track 71.

図11は、ハウジング17、ピストンロッド12、停止部材26及び駆動部材20を含む更なる実施態様の分解組立図を示す。 Figure 11 shows an exploded view of a further embodiment including a housing 17, a piston rod 12, stop member 26 and the drive member 20. 図12A及び13Aは、通常運転モード及び再設定モードにおける断面図の実施態様を示す。 12A and 13A show the embodiment of a cross section in the normal operation mode and reset mode.

駆動部材20は、スリーブ96として形成される部分を含み、そして駆動部材20、円周状の溝99を有するスリーブ96を案内するのに好適なハウジング17の内側に位置付けされる。 The drive member 20 includes a portion which is formed as a sleeve 96, and the drive member 20 is positioned inside a suitable housing 17 to guide sleeve 96 having a circumferential groove 99.

ピストンロッド12は、少なくとも一つの、好ましくは一つより多くの、軸方向に伸長するトラック71を含む。 The piston rod 12 includes at least one, preferably more than one, the track 71 extending in the axial direction. 合いくぎ91は、スプライン連結を用いて、解除可能に連結する駆動部材20及びピストンロッド12に対して提供される。 Dowel 91, by using a splined connection is provided for the drive member 20 and the piston rod 12 releasably connected. 合いくぎ91は、トラック71及びヘッド93を有する軸97を係合するのに適した連結部分92を含み、ここで、軸97の直径は、ヘッド93の一つより小さい。 Dowel 91 includes a connecting portion 92 adapted to engage a shaft 97 having a track 71 and the head 93, where the diameter of the shaft 97 is smaller than the one head 93. 軸93は、駆動部材20において穴94を通して置かれる。 Shaft 93 is placed through a hole 94 in the drive member 20. 穴94は軸97の断面に対応するサイズと形状を有するが、ヘッド93、及び駆動部材20の壁を通した連結部分92の動きは避けられる。 Hole 94 has a size and shape corresponding to the cross section of the shaft 97, the movement of the connecting portion 92 through the wall of the head 93, and the drive member 20 is avoided. 駆動部材20に対して合いくぎ91の半径方向の動きは、駆動部材20の外側に位置するヘッド93、及び駆動部材20の内側に位置する連結部分92により制限される。 Radial movement of the nail 91 fits against the drive member 20 is limited by the connecting portion 92 located inside the head 93, and the drive member 20 is positioned outside of the drive member 20. 板ばね95は駆動部材20の外側に位置し、板ばね95は穴98を有する。 The leaf spring 95 is located on the outside of the drive member 20, the leaf spring 95 has a bore 98. 板ばね95は、駆動部材20のキャビティ89に位置する。 The leaf spring 95 is located in cavity 89 of the drive member 20. 板ばね95は、緩和状態においては曲がる。 The leaf spring 95 bends in a relaxed state. キャビティ89の輪郭は、圧縮下での板ばね95の平坦な形状に対応する。 The contour of the cavity 89 corresponds to the flat shape of the leaf spring 95 under compression. 駆動部材20の穴94と板ばね95の穴98は心合わせする。 Holes 98 of the hole 94 and the leaf spring 95 of the drive member 20 to center. 合いくぎ91の軸97は、ヘッド93が外側に位置する間、連結部分92が駆動部材20の内側に位置するように、穴94、98を通して伸長する。 Axis 97 of the dowel 91 while the head 93 is located outside, so connecting portion 92 is located inside the drive member 20, extends through the holes 94 and 98. 板ばね95が緩和するとき、合いくぎ91は、ヘッド93及び連結部分92が半径方向の外側に押されるように外側に付勢される。 When the leaf spring 95 is relaxed, fit nail 91 is urged outwardly as the head 93 and the connecting portion 92 is pushed outward in a radial direction. ヘッド93が内側に押されるとき、板ばね98は、板ばね95上に押すヘッド93の下側により変形し、それにより、連結部分92を、トラック71と係合するために半径方向の内側に動かす。 When the head 93 is pushed inwardly, the plate spring 98 is deformed by the underside of head 93 to press on the leaf spring 95, thereby, the coupling portion 92, radially inward for engagement with the track 71 move. 合いくぎ91の位置は、トラック71の位置と心合わせする。 Position of the dowel 91 aligns with the mind of the track 71.

図12Aは、断面図での図10の実施態様を示す。 12A shows the embodiment of Figure 10 in cross section. 図12Bは、図12Aのマーク部分の詳細図である。 Figure 12B is a detailed view of a mark portion of Figure 12A. 図12Cは合いくぎ91の配置を詳細に示す。 Figure 12C shows the arrangement of the nail 91 in detail fit. 図12A、12B、12Cは、通常運転モードにおける駆動機構を示し、それは、駆動部材20及びピストンロッド12が連結されていることを意味する。 Figure 12A, 12B, 12C shows the drive mechanism in the normal operation mode, which means that the drive member 20 and the piston rod 12 is connected.

通常運転モードにおいて、ハウジング17とスプリング部材(図示されていない)によりハウジング17から離れて保持される停止部材26の間にギャップ85が存在する。 In normal operation mode, the housing 17 and the spring member (not shown) by a gap 85 between the stop member 26 which is held away from the housing 17 is present. スプリング部材は、カートリッジホルダが取り付けられるとき、停止部材26を近位的に押す。 Spring member, when the cartridge holder is mounted, pressing the stop member 26 proximally. 停止部材26は、駆動部材20を合いくぎ91のヘッド93が溝99と心合わせしない位置へ強制する。 Stop member 26, the head 93 of the nail 91 fit the drive member 20 is forced to a position which does not fit grooves 99 and mind. 換言すれば、押し手段として機能するスリーブ96は、連結部分92がピストンロッド12におけるトラック71と係合するように合いくぎ91を半径方向の内側に押す。 In other words, the sleeve 96 that functions as pushing means, connecting portion 92 pushes the dowel 91 into engagement with the track 71 in the piston rod 12 radially inward. ヘッド93は、キャビティ89に位置し、そして駆動部材20の外側に突出しないか、又は若干突出する。 Head 93 is located in cavity 89, and either do not protrude outside of the driving member 20, or slightly protrudes.

図13Aは、断面図における図11の実施態様を示す。 13A shows the embodiment of Figure 11 in cross section. 図13Bは、図13Aのマーク部分の詳細図である。 Figure 13B is a detailed view of a mark portion of Figure 13A. 図13Cは、合いくぎ91の配列の詳細を示す。 Figure 13C shows the details of the arrangement of dowel 91. 図13A、13B及び13Cは、カートリッジホルダが取り外されることを意味する再設定モードにおける駆動機構を示す。 Figure 13A, 13B and 13C show the driving mechanism in the resetting mode, which means that the cartridge holder is removed. 取り外し後、停止部材26及び駆動部材20は、ハウジング17に対して遠位的に動く。 After removal, the stop member 26 and the drive member 20 moves distally relative to the housing 17. 合いくぎ91のヘッド93が溝99に到達するとき、板ばね95は、ヘッド93が駆動部材20から溝99内へ突出するために緩和し、それにより連結部分92を駆動部材20の内側に向かって動かす。 When the head 93 of the dowel 91 reaches the groove 99, the leaf spring 95 relaxes to the head 93 projects from the drive member 20 into the groove 99 within, thereby toward the connecting portion 92 on the inner side of the drive member 20 move Te. 合いくぎ91が半径方向の外側に動くとき、連結部分92は、デバイスを再設定することが可能な駆動部材20及びピストンロッド12が互いに対して回転できるようにピストンロッド12においてトラック71から係合を解除する。 When fit the nails 91 move outward in a radial direction, connecting portion 92, engaging the drive member 20 and the piston rod 12 capable of reconfiguring the device from the track 71 in the piston rod 12 so that it can rotate relative to each other to release the.

図14A、14B、14Cは、合いくぎ91を有する駆動部材20の別の実施態様を示す。 Figure 14A, 14B, 14C illustrate another embodiment of the drive member 20 having a dowel 91. 図14Aは、三次元図を示す。 Figure 14A shows a three dimensional view. 図14Bは、断面図を示す。 Figure 14B shows a cross-sectional view. 図14Cは、分解断面図を示す。 14C shows an exploded cross-sectional view.

合いくぎ91はU形である。 Dowel 91 is U-shaped. 各々の合いくぎ91は、連結部分92及び連結部分92の端部で突出するヘッド93を備えた二つの軸97を有する。 Each dowel 91 has two axes 97 provided with a head 93 which protrudes at the end of the connecting portion 92 and the connecting portion 92. ペグの更なる実施態様(図示されていない)は、二つより多くの軸97を含む。 A further embodiment of the peg (not shown) includes more than two axes 97. 軸97は、駆動部材20において、穴94を通して伸長する。 Shaft 97, the driving member 20, extends through the hole 94. 弾力部材は合いくぎ91を外側に付勢する。 Resilient member biases the nail 91 to the outside fit. スプリングコイル88は、駆動部材20の外側とヘッド93の間で各軸97の周囲を延設する。 Spring coil 88 extends around the respective axes 97 between the outer and the head 93 of the drive member 20. 穴94は、ヘッド93が半径方向で内側に押される場合、ヘッド93が駆動部材20の外側から突出しないように、キャビティ89に位置する。 Hole 94, when the head 93 is pushed inwardly in the radial direction, so that the head 93 does not protrude from the outside of the drive member 20, positioned in the cavity 89.

図15A及びより詳細な15Bは、通常運転モードにおける図14A、14B、14Cの駆動部材の断面図を示す。 Figure 15A and in more detailed 15B shows FIG. 14A in the normal operation mode, 14B, a cross-sectional view of 14C of the drive member. カートリッジホルダが取り付けられるとき、押し手段75として機能するスリーブ96は、連結部分92がピストンロッド12においてトラック71に係合するように、合いくぎ91のヘッド93上を押す。 When the cartridge holder is mounted, the sleeve 96 which serves as a pushing means 75, the connecting portion 92 to engage the track 71 in the piston rod 12, pushes the upper head 93 of the dowel 91.

図16A及びより詳細な16Bは、再設定モードにおける図14A、14B、14Cの駆動部材20の断面図を示す。 Figure 16A and in more detailed. 16B Figure 14A in resetting mode, 14B, a cross-sectional view of the drive member 20 and 14C shown. カートリッジホルダを取り外した後、駆動部材20は、ヘッド93がスリーブ96において溝99に到達するように、スリーブ96に対して軸方向に動く。 After removing the cartridge holder, the drive member 20, so that the head 93 reaches the groove 99 in the sleeve 96 moves axially relative to the sleeve 96. その後、スプリングコイル88が緩和し、それによりヘッド93を半径方向の外側で溝99内へ押す。 Thereafter, the spring coil 88 is relaxed, thereby pressing the head 93 in the radial direction of the outer grooves 99 in. この動きが、ピストンロッド12を再設定する目的のために駆動部材20に対してピストンロッド12の回転運動を可能にするピストンロッド12における連結部分92のトラック71から係合を解除させる。 This movement causes the disengagement from the track 71 of the connecting portion 92 of the piston rod 12 to allow rotational movement of the piston rod 12 relative to the drive member 20 for the purpose of resetting the piston rod 12.

実施態様の機能は、組み合わせることが可能であることは当然である。 Features of embodiments, it is possible to combine is natural.

参照番号: reference number:
1:薬物送達デバイス; 1: drug delivery device;
2:カートリッジユニット; 2: cartridge unit;
3:駆動ユニット; 3: the drive unit;
4:カートリッジ; 4: cartridge;
5:薬物; 5: drug;
6:出口; 6: exit;
7:デバイスの遠位端; 7: The distal end of the device;
8:デバイスの近位端; 8: the proximal end of the device;
9:膜; 9: film;
10:ピストン; 10: Piston;
11:カートリッジ保持部材; 11: cartridge holding member;
12:ピストンロッド; 12: piston rod;
13:ハウジング; 13: housing;
14:カートリッジユニットの近位端側; 14: proximal end side of the cartridge unit;
15:カートリッジユニットの遠位端側; 15: distal end side of the cartridge unit;
16:用量部分; 16: Dose moiety;
17:ハウジング部分; 17: housing portion;
18:ハウジング部分の近位端; 18: proximal end of the housing portion;
19:ハウジング部分の遠位端; 19: the distal end of the housing portion;
20:駆動部材; 20: driving member;
21:回転部材; 21: rotary member;
22:歯部; 22: teeth;
23:歯部; 23: teeth;
24:歯; 24: tooth;
25:歯; 25: tooth;
26:停止部材; 26: stop member;
27:歯部; 27: teeth;
28:歯部; 28: teeth;
29:案内機能; 29: guidance function;
30:案内スロット; 30: guide slot;
31:弾力部材; 31: elastic member;
32:支持部材; 32: support member;
33:突出部材; 33: protrusion member;
34:用量部材; 34: Dose member;
35:案内機能; 35: guidance function;
36:ねじ山; 36: thread;
37:係合トラック; 37: engagement track;
41:用量ノブ; 41: dose knob;
42:係合部材; 42: engaging member;
43、44、45:矢印; 43, 44 and 45: the arrow;
70:スプリング; 70: spring;
71:第一のトラック; 71: first track;
72:第二のトラック; 72: second track;
73:突出部分; 73: projecting portion;
74:伸長突出; 74: extension protruding;
75:押し手段; 75: Press means;
85:ギャップ; 85: gap;
88:スプリングコイル; 88: spring coil;
89:キャビティ; 89: cavity;
91:合いくぎ; 91: dowel;
92:連結部分; 92: connecting portion;
93:ヘッド; 93: head;
94:穴; 94: hole;
95:板ばね; 95: leaf spring;
96:スリーブ; 96: sleeve;
97:軸; 97: axis;
98:穴; 98: hole;
99:溝; 99: groove;
AA′:線; AA ': line;

Claims (11)

  1. 通常運転モードと再設定モードの間を切り替えることができる薬物送達デバイス用の駆動機構であって: A drive mechanism for a drug delivery device that can be switched between the normal operation mode and reset mode:
    −近位端(8)及び遠位端(7)を有するハウジング(17、13); - a housing having a proximal end (8) and a distal end (7) (17 and 13);
    −駆動機構の通常運転モードにおいて、用量を送達するためにハウジング(17、13)に対して遠位方向に変位するように適合され、そして駆動機構の再設定モードにおいて、ハウジング(17、13)に対して近位方向に変位するように適合されるピストンロッド(12);及び −ハウジング(17、13)に対して、回転方向に回転が可動である駆動部材(20)は、通常運転モードにおいて、駆動部材(20)のハウジング(17、13)に対する回転方向への回転運動がハウジング(17、13)に対する遠位方向へのピストンロッド(12)の動きに変換されるようにピストンロッド(12)に連結され、そして再設定モードにおいて、ピストンロッド(12)が、駆動部材(20)から連結を解除される、該駆動部材(20) - in the normal operating mode of the drive mechanism, adapted to be displaced distally relative to the housing (17 and 13) in order to deliver a dose and in the re-setting mode of the drive mechanism, the housing (17 and 13) the piston rod (12) which is adapted to be displaced proximally relative; and - the housing (17 and 13), the driving member rotates is movable in the direction of rotation (20), the normal operation mode in the piston rod so that the rotational movement in the rotational direction relative to the housing (17 and 13) is converted to the movement of the piston rod (12) in the distal direction relative to the housing (17 and 13) of the drive member (20) ( is connected to 12), and in re-setting mode, the piston rod (12) is uncoupled from the drive member (20), said drive member (20) ;
    を含 Only including,
    ここで、 here,
    −ピストンロッド(12)は、ねじ山とトラック(71)を有しており、 - a piston rod (12) has a thread and the track (71),
    −通常運転モードにおいて、ハウジング(17、13)に対して駆動部材(20)の回転方向への回転運動が、同方向へのピストンロッド(12)の回転運動に変換され、再設定モードにおいて、ピストンロッド(12)が、駆動部材(20)に対して回転可能であり、 - in the normal operating mode, the rotational motion of the rotational direction of the drive member (20) relative to the housing (17 and 13) is converted into rotational movement of the piston rod (12) in the same direction, in the reset mode, the piston rod (12) is rotatable relative to the drive member (20),
    −通常運転モードにおいて、駆動部材(20)が、ピストンロッド(12)にスプライン係合され、そして再設定モードにおいて、駆動部材(20)が、ピストンロッド(12)とのスプライン係合を解除され、 - in the normal operating mode, the drive member (20) is splined engaged with the piston rod (12), and in re-setting mode, the drive member (20) is released spline engagement with the piston rod (12) ,
    −ピストンロッド(12)に面する内面及びピストンロッド(12)から見て外に向く外面を有する駆動部材(20)が、係合手段(73、91)を含み、通常運転モードにおいて、係合手段(73、91)が内側に突出し、それにより駆動部材(20)がピストンロッド(12)にスプライン係合して、ピストンロッド(12)のトラック(71)と係合し、再設定モードにおいて、係合手段(73、91)は、外側に突出し、 - driving member having an outer surface facing the outside viewed from the inner surface and the piston rod facing the piston rod (12) (12) (20) comprises engagement means (73,91), in the normal operation mode, the engagement means (73,91) are inwardly projecting, whereby the drive member (20) is splined to the piston rod (12) engages the track (71) of the piston rod (12), in the resetting mode , engagement means (73,91) protrude outwardly,
    −係合手段 (73、91)は、スプリング(70、98、88)を含み、係合手段(73、91)は、外側に付勢される、 - engagement means (73,91) includes a spring (70,98,88), engaging means (73,91) is biased outwardly,
    上記駆動機構。 The drive mechanism.
  2. 通常運転モードにおいて、ピストンロッドに対する駆動部材の回転運動が、ハウジングに対するピストンロッドの遠位運動に変換され、再設定モードにおいて、ピストンロッドが、駆動部材に対して単に軸方向に移動するだけである、請求項1に記載の駆動機構。 In normal operation mode, the rotational movement of the drive member relative to the piston rod is converted into a distal movement of the piston rod relative to the housing, in the reset mode, the piston rod is simply moved axially relative to the drive member the driving mechanism according to claim 1.
  3. カートリッジホルダ(11)と解除可能に連結するのに適した請求項1又は2のいずれか1項に記載の駆動機構であって、カートリッジホルダ(11)が駆動機構から取り外されたとき、再設定モードに切り替わる、上記駆動機構。 A drive mechanism according to any one of claims 1 or 2 suitable for releasably connecting the cartridge holder (11), when the cartridge holder (11) is removed from the drive mechanism, resetting It switched to the mode, the drive mechanism.
  4. 駆動機構が通常運転モードに切り替わったとき、係合手段(91)を内側に押すような位置に移動する押し手段(74、75、96)を更に含む、請求項に記載の駆動機構。 When the driving mechanism is switched to the normal operation mode, further comprising a pressing means (74,75,96) to move to a position to push the engagement means (91) on the inside, the drive mechanism according to claim 3.
  5. 駆動機構が通常運転モードに切り替わったとき、押し手段(75,96)が係合手段(91)を内側に押すように、駆動部材(20)が押し手段(75、96)に対して移動する、押し部材(75、96)を更に含んでなる、請求項に記載の駆動機構。 When the driving mechanism is switched to the normal operation mode, press means (75,96) is to press the engaging means (91) inwardly, to move relative to the drive member (20) pushing means (75,96) , further comprises an pressing member (75,96), the driving mechanism according to claim 3.
  6. 係合手段(70)が、通常運転モードにおいて、駆動部材(20)及びピストンロッド(12)と係合し、それにより、駆動部材(20)をピストンロッド(12)にスプライン係合させる突出エレメント(73)を有するスプリングとして形成される、請求項1〜 のいずれか1項に記載の駆動機構。 Engaging means (70), in the normal operation mode, engage the drive member (20) and the piston rod (12), whereby the protruding element for splined to the drive member (20) the piston rod (12) is formed as a spring having a (73), the driving mechanism according to any one of claims 1-3.
  7. 駆動部材(20)が、再設定モードにおいて、ピストンロッド(12)に対して回転可能であり、スプリング(70)が、再設定モードにおいて、係合から外れて付勢されるように、突出エレメント(73)は外側に付勢される、請求項項に記載の駆動機構。 The drive member (20) is, in the reset mode, is rotatable relative to the piston rod (12), as a spring (70) is, in the reset mode, is biased out of engagement, the projecting element (73) is biased outwardly, the driving mechanism according to 6 claims.
  8. 駆動部材(20)がトラック(72)を有し、そしてピストンロッド(12)がトラック(71)を有し、通常運転モードにおいて、突出エレメント(73)がトラック(71、72)と係合する、請求項6又は7に記載の駆動機構。 The drive member (20) has a track (72), and a piston rod (12) tracks (71), in the normal operation mode, the projecting element (73) engages the track (71, 72) the driving mechanism according to claim 6 or 7.
  9. 駆動部材(20)及びピストンロッド(12)のトラック(71、72)において突出エレメント(73)を押すような位置に移動する押し手段(74)を更に含む、請求項に記載の駆動機構。 The drive member (20) and further comprising a piston rod pushing means for moving to a position to push the protruding element (73) in the track (71, 72) (12) (74), the driving mechanism according to claim 8.
  10. 駆動部材(20)に隣接し、ハウジング (17、13)に対して回転可能な回転部材(21)を更に含む、請求項1〜9のいずれか1項に記載の駆動機構。 Adjacent the drive member (20) further includes a rotatable rotary member relative to the housing (17 and 13) (21), the driving mechanism according to any one of claims 1-9.
  11. 回転部材(21)の反対側で駆動部材(20)に隣接し、駆動部材(20)の回転を一方向にのみ許容する停止部材(26)を更に含む、請求項10に記載の駆動機構。 Adjacent to the driven member on the opposite side of the rotary member (21) (20), the rotation of the drive member (20) allows only one direction, further comprising stop members (26), the driving mechanism according to claim 10.
JP2013513694A 2010-06-11 2011-06-09 The drive mechanism for the drug delivery device Active JP5847171B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
EP10165648.6 2010-06-11
EP10165648 2010-06-11
PCT/EP2011/059576 WO2011154490A1 (en) 2010-06-11 2011-06-09 Drive mechanism for a drug delivery device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2013528092A JP2013528092A (en) 2013-07-08
JP5847171B2 true JP5847171B2 (en) 2016-01-20

Family

ID=43216241

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013513694A Active JP5847171B2 (en) 2010-06-11 2011-06-09 The drive mechanism for the drug delivery device

Country Status (4)

Country Link
EP (1) EP2579926A1 (en)
JP (1) JP5847171B2 (en)
CA (1) CA2801871A1 (en)
WO (1) WO2011154490A1 (en)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN104349808A (en) 2012-05-30 2015-02-11 赛诺菲-安万特德国有限公司 Bearing for piston rod body for drug delivery device, piston rod arrangement and piston rod body
CN105209095A (en) 2013-05-21 2015-12-30 诺和诺德股份有限公司 Drug delivery device with piston rod coupling
WO2014187813A1 (en) 2013-05-21 2014-11-27 Novo Nordisk A/S Frontloaded drug delivery device with dynamic axial stop feature
WO2015018811A2 (en) * 2013-08-06 2015-02-12 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Drug delivery device
US20170143907A1 (en) * 2014-06-27 2017-05-25 Sanofi-Aventis Deutschland Gmbh Drug delivery device

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US5827232A (en) * 1994-06-22 1998-10-27 Becton Dickinson And Company Quick connect medication delivery pen
PL191327B1 (en) * 1998-01-30 2006-04-28 Novo Nordisk A/S Syringe
EP2258425B1 (en) * 2001-05-16 2013-01-30 Eli Lilly and Company Medication injector apparatus
DE10229138B4 (en) * 2002-06-28 2008-01-31 Tecpharma Licensing Ag Produktausschüttvorrichtung with Rod Eilrücksetzung
WO2006039930A1 (en) * 2004-10-14 2006-04-20 Novo Nordisk A/S Syringe with dosis mechanism
DE102004063647A1 (en) * 2004-12-31 2006-07-20 Tecpharma Licensing Ag Device for the metered administration of a fluid product with coupling
DE202005010389U1 (en) * 2005-07-01 2005-09-08 Tecpharma Licensing Ag Injection unit capable of accommodating an ampule incorporates a fixed magnet and a counter-magnet on the movable piston rod of the unit
EP1923085A1 (en) * 2006-11-17 2008-05-21 Sanofi-Aventis Deutschland GmbH Dosing and drive mechanism for drug delivery device

Also Published As

Publication number Publication date
EP2579926A1 (en) 2013-04-17
CA2801871A1 (en) 2011-12-15
WO2011154490A1 (en) 2011-12-15
JP2013528092A (en) 2013-07-08

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8585658B2 (en) Drug delivery device for delivery of a medicament
JP5797257B2 (en) Piston rod assembly for a drug delivery device
JP5805092B2 (en) Injection device
US9358351B2 (en) Gearbox
JP5690818B2 (en) Drug delivery device within the housing having a helical spline
US9138542B2 (en) Automatic injection device with torsional spring
US9180255B2 (en) Resettable drive assembly and drug delivery device
EP2482892B1 (en) Drive mechanism for a drug delivery device
US9375534B2 (en) Drive mechanism for a drug delivery device
RU2541755C2 (en) Resettable drug delivery device
KR101876778B1 (en) Inner housing for a drug delivery device
KR101837926B1 (en) Resetting mechanism for a drug delivery device
JP5717729B2 (en) Dose setting mechanism for a drug delivery device
JP5668068B2 (en) Reminder device for displaying information relating to the time for a pen drug delivery device; such pen-type drug delivery devices; manufacture or assembly of such use of the pen-type drug delivery devices and such a drug delivery device Method.
JP5878124B2 (en) Assembly and drug delivery devices for drug delivery devices
EP2437812B1 (en) Dose setting mechanism for priming a drug delivery device
JP5950828B2 (en) Injection device
AU2011212490B2 (en) Assembly for a drug delivery device and drug delivery device
AU2010303061B2 (en) Drive assembly, piston rod, drug delivery device, and use of a spring
CN102481411B (en) A drive mechanism for a drug delivery device
JP6081927B2 (en) Auto-injector
JP5883791B2 (en) How to set up drug delivery device, the assembly and drug delivery devices for drug delivery devices
DK2482897T3 (en) Interior and stamp tool for pharmaceutical feed device
JP5875982B2 (en) Assembly and display for a drug delivery device
JP6006642B2 (en) How to fix the cartridge holder, the drug delivery device and cartridge in the cartridge holder

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140527

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150127

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20150130

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20150427

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150511

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20151027

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20151124

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5847171

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250