JP5809215B2 - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP5809215B2
JP5809215B2 JP2013203957A JP2013203957A JP5809215B2 JP 5809215 B2 JP5809215 B2 JP 5809215B2 JP 2013203957 A JP2013203957 A JP 2013203957A JP 2013203957 A JP2013203957 A JP 2013203957A JP 5809215 B2 JP5809215 B2 JP 5809215B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
winning
output
display
switch
notification
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013203957A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014087620A (en
Inventor
小倉 敏男
敏男 小倉
Original Assignee
株式会社三共
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社三共 filed Critical 株式会社三共
Priority to JP2013203957A priority Critical patent/JP5809215B2/en
Publication of JP2014087620A publication Critical patent/JP2014087620A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5809215B2 publication Critical patent/JP5809215B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、識別情報の可変表示を行い表示結果を導出表示し、表示結果としてあらかじめ定められた特定表示結果が導出表示されたときに遊技者にとって有利な有利状態に制御するパチンコ遊技機等の遊技機に関する。 The present invention derives displays a variable display was carried out display results of identification information, pachinko machine or the like for controlling an advantageous beneficial state for the player when the predetermined specific display result display result is derived displayed Related to the gaming machine.
遊技機として、遊技媒体である遊技球を発射装置によって遊技領域に発射し、遊技領域に設けられている入賞口などの入賞領域に遊技球が入賞すると、所定個の賞球が遊技者に払い出されるものがある。さらに、識別情報を可変表示(「変動」ともいう。)可能な可変表示装置が設けられ、可変表示装置において識別情報の可変表示の表示結果が特定表示結果となった場合に、遊技状態(遊技機の状態。よって、具体的には、遊技機が制御されている状態。)を、所定の遊技価値を遊技者に与えるように構成されたものがある。   As a gaming machine, a game ball, which is a game medium, is launched into a game area by a launching device, and when a game ball wins a prize area such as a prize opening provided in the game area, a predetermined number of prize balls are paid out to the player. There is something to be done. Further, a variable display device capable of variably displaying the identification information (also referred to as “fluctuation”) is provided, and when the display result of the variable display of the identification information becomes a specific display result in the variable display device, the game state (game There is a machine configured to give a predetermined game value to a player (specifically, a state in which a gaming machine is controlled).
なお、遊技価値とは、遊技機の遊技領域に設けられた可変入賞球装置の状態が打球が入賞しやすい遊技者にとって有利な状態になることや、遊技者にとって有利な状態になるための権利を発生させたりすることや、賞球払出の条件が成立しやすくなる状態になることである。   The game value is the right that the state of the variable winning ball apparatus provided in the gaming area of the gaming machine becomes advantageous for a player who is easy to win, and the right for becoming advantageous for a player. In other words, or a condition for winning a prize ball is easily established.
パチンコ遊技機では、始動入賞口に遊技球が入賞したことにもとづいて可変表示装置において開始される特別図柄(識別情報)の可変表示の表示結果として、あらかじめ定められた特定の表示態様が導出表示された場合に、「大当り」が発生する。なお、導出表示とは、図柄(最終停止図柄)を最終的に停止表示させることである。大当りが発生すると、例えば、大入賞口が所定回数開放して打球が入賞しやすい大当り遊技状態に移行する。そして、各開放期間において、所定個(例えば、10個)の大入賞口への入賞があると大入賞口は閉成する。そして、大入賞口の開放回数は、所定回数(例えば、15ラウンド)に固定されている。なお、各開放について開放時間(例えば、29秒)が決められ、入賞数が所定個に達しなくても開放時間が経過すると大入賞口は閉成する。以下、各々の大入賞口の開放期間をラウンドということがある。また、ラウンドにおける遊技をラウンド遊技ということがある。   In a pachinko machine, a specific display mode determined in advance is derived and displayed as a display result of variable display of special symbols (identification information) that is started in the variable display device based on the winning of a game ball at the start winning opening. If this happens, a “big hit” will occur. The derived display is to finally stop and display a symbol (final stop symbol). When the big hit occurs, for example, the big winning opening is opened a predetermined number of times, and the game shifts to a big hit gaming state where the hit ball is easy to win. And in each open period, if there is a prize for a predetermined number (for example, 10) of the big prize opening, the big prize opening is closed. And the number of times of opening the special winning opening is fixed to a predetermined number (for example, 15 rounds). An opening time (for example, 29 seconds) is determined for each opening, and even if the number of winnings does not reach a predetermined number, the big winning opening is closed when the opening time elapses. Hereinafter, the opening period of each special winning opening may be referred to as a round. A game in a round may be referred to as a round game.
また、可変表示装置において、最終停止図柄(例えば、左中右図柄のうち中図柄)となる図柄以外の図柄が、所定時間継続して、特定の表示結果と一致している状態で停止、揺動、拡大縮小もしくは変形している状態、または、複数の図柄が同一図柄で同期して変動したり、表示図柄の位置が入れ替わっていたりして、最終結果が表示される前で大当り発生の可能性が継続している状態(以下、これらの状態をリーチ状態という。)において行われる演出をリーチ演出という。また、リーチ状態やその様子をリーチ態様という。さらに、リーチ演出を含む可変表示をリーチ可変表示という。そして、可変表示装置に変動表示される図柄の表示結果が特定の表示結果でない場合には「はずれ」となり、変動表示状態は終了する。遊技者は、大当りをいかにして発生させるかを楽しみつつ遊技を行う。   In the variable display device, the symbols other than the symbol that becomes the final stop symbol (for example, the middle symbol in the left, middle, and right symbols) continue for a predetermined period of time and stop and shake in a state that matches the specific display result. It can be a big hit before the final result is displayed because it is moving, scaling, or deforming, or multiple symbols change synchronously with the same symbol, or the position of the displayed symbol is switched. An effect performed in a state where the sex is continued (hereinafter, these states are referred to as reach states) is referred to as reach effect. Further, the reach state and its state are referred to as a reach mode. Furthermore, variable display including reach production is called reach variable display. Then, when the display result of the symbol variably displayed on the variable display device is not a specific display result, it becomes “out of” and the variability display state ends. A player plays a game while enjoying how to generate a big hit.
そのような遊技機において、可動部材を用いた遊技を実行可能に構成されたものがある。例えば、特許文献1には、可動部材が設けられた遊技機において、遊技機への電力供給が開始されたときに初期化処理が実行(RAMクリア)されると、可動部材を初期動作させて可動部材の原点位置を検出するように構成することが記載されている。   Some of these gaming machines are configured to be able to execute a game using a movable member. For example, in Patent Document 1, in a gaming machine provided with a movable member, when initialization processing is executed (RAM clear) when power supply to the gaming machine is started, the movable member is initialized. It is described that it is configured to detect the origin position of the movable member.
特開2010−142514号公報(段落0127−0128、段落0134−0141、図15)JP 2010-142514 A (paragraph 0127-0128, paragraph 0134-0141, FIG. 15)
しかし、そういった遊技機において、適切に可動部材を初期位置(原点位置)に復帰させることができないといった問題があった。   However, such a gaming machine has a problem that the movable member cannot be properly returned to the initial position (origin position).
そこで、本発明は、適切に可動部材を初期位置に復帰させる遊技機を提供することを目的とする。   Therefore, an object of the present invention is to provide a gaming machine that appropriately returns the movable member to the initial position.
(手段1)本発明による遊技機は、識別情報の可変表示を行い表示結果を導出表示し、表示結果としてあらかじめ定められた特定表示結果が導出表示されたときに遊技者にとって有利な有利状態に制御する遊技機であって、動作を行う可動部材(例えば、第2の実施の形態における可動部材78や演出羽根役物79a,79bなどの役物)と、遊技に関する制御を行う制御手段と、制御手段から送信されるコマンドにもとづいて演出の実行を制御する演出制御手段とを備え、制御手段は、有利状態に制御するか否かを決定する事前決定手段と、遊技機への電力供給が開始されたことにもとづいて、所定コマンドを送信する送信手段とを含み、演出制御手段は、識別情報の可変表示に対応した演出用識別情報の可変表示を実行する演出用可変表示制御手段と、事前決定手段による決定結果にもとづいて、演出用可変表示制御手段による演出用識別情報の可変表示中に、可動部材を動作させる演出駆動制御手段と、所定コマンドに応じて、演出用可変表示制御手段による演出用識別情報の可変表示と関連付けることなく可動部材を初期位置に復帰させる初期動作を実行する初期動作実行手段(例えば、第2の実施の形態において、演出制御用マイクロコンピュータ100におけるステップS708を実行する部分)と、異常が検出されたときに異常報知を行う異常報知手段と、初期動作の実行中に演出用識別情報の可変表示が開始される場合に、該演出用識別情報の可変表示において演出の実行を制限する演出制限手段とを含み、演出用可変表示制御手段は、異常報知手段による異常報知中であっても演出用識別情報の可変表示を開始可能であることを特徴とする。そのような構成により、適切に可動部材を初期位置に復帰させることができる。
また、遊技機への電力供給が停止しても所定期間記憶内容を保持可能であり、制御を行う際に発生する情報を記憶する情報記憶手段と、遊技機への電力供給が開始されたときに、所定条件の成立にもとづいて情報記憶手段の記憶内容を初期化する初期化処理を実行する初期化手段と、初期化手段によって初期化処理が実行されたことにもとづいて、初期化報知を実行する初期化報知手段とを備え、初期動作実行手段は、初期化報知手段による初期化報知の実行を終了した後に、可動部材の初期動作を実行するように構成されていてもよい。
また、入賞領域に入賞した遊技媒体を検出可能な入賞検出部と、入賞検出部において検出された遊技媒体を検出可能な入賞確認部と、入賞検出部で検出された遊技媒体の数と入賞確認部で検出された遊技媒体の数との差分が所定数以上となる差分異常が発生したことにもとづいて、異常情報を外部出力する外部出力手段と、遊技機への電力供給が停止しても少なくとも差分異常が発生したことを示す情報を所定期間保持可能な情報記憶手段と、遊技機への電力供給が開始されたときに、所定条件の成立にもとづいて情報記憶手段の記憶内容を初期化する初期化処理を実行する初期化手段とを備え、外部出力手段は、異常情報を外部出力しているときに遊技機への電力供給が停止し電力供給が再開され、初期化手段によって初期化処理が実行された場合には特定期間が経過するまで異常情報を外部出力し、初期化手段によって初期化処理が実行されなかった場合には少なくとも電力供給が停止するまで異常情報を外部出力するように構成されていてもよい。
(Unit 1) the gaming machine according to the invention derives displays a variable display was carried out display results of identification information, favorable advantageous state for the player when a particular display results previously determined as a display result is derived displayed a game machine for controlling the movable member to perform operation (e.g., the second movable member 78 and directing vanes won game 79a in the embodiment, 79b character object such) control means for the, control related to the game When, control and a presentation control means for controlling the execution of the effect based on the command transmitted from the control means, control means, and pre-determining means that determine whether the control advantageously state, the gaming machine And an effect control means for effecting variable display of effect identification information corresponding to variable display of the identification information. table And control means, based on the determination result by the pre-determination means, in the variable display of the effect identification information by the effect variable display control means, and effect driving control means for operating the movable member, in response to a predetermined command, directing The initial operation executing means for executing the initial operation for returning the movable member to the initial position without being associated with the variable display of the effect identification information by the variable display control means (for example, the effect control microcomputer in the second embodiment) a portion) to perform the step S708 at 100, when the abnormality notification means for performing abnormality notification when the abnormality is detected, the variable display of the effect identification information during execution of the initial operation starts, the effect and a presentation limiting means for limiting the execution of the effect on the variable display of the use identification information, effect variable display control means, abnormality report by abnormality notification means Characterized in that even during a possible start variable display of the effect identification information. With such a configuration, the movable member can be appropriately returned to the initial position.
In addition, even if the power supply to the gaming machine is stopped, the stored contents can be retained for a predetermined period, and information storage means for storing information generated when the control is performed, and when the power supply to the gaming machine is started In addition, initialization means for executing initialization processing for initializing the storage contents of the information storage means based on establishment of a predetermined condition, and initialization notification based on the initialization processing being executed by the initialization means. And an initialization notification unit for executing the initial operation of the movable member after the initialization notification by the initialization notification unit is finished.
In addition, a winning detection unit capable of detecting the gaming media won in the winning area, a winning confirmation unit capable of detecting the gaming media detected in the winning detection unit, the number of gaming media detected by the winning detection unit and the winning confirmation The external output means for outputting the abnormality information to the outside and the power supply to the gaming machine are stopped based on the occurrence of a difference abnormality in which the difference from the number of gaming media detected by the unit exceeds a predetermined number Information storage means capable of holding at least information indicating that a difference abnormality has occurred for a predetermined period, and when the power supply to the gaming machine is started, the stored contents of the information storage means are initialized based on the establishment of a predetermined condition And an initialization unit that executes initialization processing. The external output unit stops power supply to the gaming machine and resumes power supply when abnormality information is output to the outside, and is initialized by the initialization unit. Processing executed In this case, the abnormality information is externally output until a specific period elapses, and when the initialization process is not executed by the initialization means, the abnormality information is externally output at least until the power supply is stopped. May be.
パチンコ遊技機を正面からみた正面図である。It is the front view which looked at the pachinko game machine from the front. 遊技盤の前面を示す正面図である。It is a front view which shows the front of a game board. 普通入賞口内の断面構造の具体例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the specific example of the cross-sectional structure in a normal winning opening. 遊技機を裏面から見た背面図である。It is the rear view which looked at the gaming machine from the back. 始動入賞口内の断面構造の具体例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the specific example of the cross-sectional structure in a start winning opening. 遊技球を検出可能な検出手段の方式を説明するための回路図である。It is a circuit diagram for demonstrating the system of the detection means which can detect a game ball. 遊技制御基板(主基板)の構成例を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the structural example of a game control board (main board). 中継基板、演出制御基板、ランプドライバ基板および音声出力基板の回路構成例を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the circuit structural example of a relay board | substrate, an effect control board | substrate, a lamp driver board | substrate, and an audio | voice output board | substrate. 遊技制御手段における出力ポートのビット割り当て例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the example of bit allocation of the output port in a game control means. 遊技制御手段における入力ポートのビット割り当て例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the bit allocation example of the input port in a game control means. ターミナル基板の内部構成を示す回路図である。It is a circuit diagram which shows the internal structure of a terminal board | substrate. 遊技制御用マイクロコンピュータが実行するメイン処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the main process which the microcomputer for game control performs. ホットスタート処理の処理例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the process example of a hot start process. 4msタイマ割込処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a 4 ms timer interruption process. 特別図柄プロセス処理のプログラムの一例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an example of the program of a special symbol process process. 始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a starting port switch passage process. 特別図柄通常処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a special symbol normal process. 特別図柄停止処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a special symbol stop process. 普通図柄プロセス処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a normal symbol process process. 普通図柄通常処理の一例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an example of a normal symbol normal process. 普通図柄変動処理の一例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an example of a normal symbol fluctuation | variation process. 普通図柄停止処理の一例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an example of a normal symbol stop process. 普通図柄の変動時間および可変入賞球装置の開放パターンの一例を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows an example of the open pattern of the change time of a normal symbol, and a variable winning ball apparatus. 普通電動役物作動処理の一例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an example of a normal electric accessory operating process. スイッチ処理で使用されるRAMに形成される各2バイトのバッファを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows each 2 byte buffer formed in RAM used by switch processing. スイッチ処理の処理例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the process example of a switch process. スイッチ正常/異常チェック処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a switch normal / abnormality check process. スイッチ正常/異常チェック処理を説明するための説明図である。It is explanatory drawing for demonstrating a switch normal / abnormality check process. スイッチ正常/異常チェック処理を説明するための説明図である。It is explanatory drawing for demonstrating a switch normal / abnormality check process. 始動入賞口内で遊技球が球詰まり状態を起こした場合を示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the case where a game ball raise | generates the ball clogged state in the start winning opening. 異常入賞報知処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an abnormal winning notification process. ターミナル基板に出力される各種信号を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the various signals output to a terminal board. 情報出力処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an information output process. 情報出力処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an information output process. 情報出力処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an information output process. 情報出力処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an information output process. 情報出力処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an information output process. 入賞タイマセット処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a winning timer set process. セキュリティ信号の出力タイミングを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the output timing of a security signal. 排出異常にもとづきセキュリティ信号を出力しているときに遊技機への電力供給が停止した後に、電力供給が復旧した場合のセキュリティ信号の出力タイミングを示す説明図である。It is explanatory drawing which shows the output timing of a security signal when the power supply is restored after the power supply to the gaming machine is stopped when the security signal is output based on the discharge abnormality. 演出制御用マイクロコンピュータが実行するメイン処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the main process which the microcomputer for production control performs. 演出制御プロセス処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows production control process processing. 演出図柄変動開始処理の一例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an example of an effect design change start process. 演出図柄変動中処理の一例を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows an example of a process during effect design change. 報知制御処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows alerting | reporting control processing. 報知制御処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows alerting | reporting control processing. 第2の実施の形態におけるパチンコ遊技機を正面からみた正面図である。It is the front view which looked at the pachinko game machine in a 2nd embodiment from the front. 第2の実施の形態における遊技制御基板(主基板)の回路構成例を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the circuit structural example of the game control board (main board | substrate) in 2nd Embodiment. 第2の実施の形態における演出制御基板、ランプドライバ基板および音声出力基板の回路構成例を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the circuit structural example of the presentation control board in the 2nd Embodiment, a lamp driver board | substrate, and an audio | voice output board | substrate. 第2の実施の形態における演出制御用マイクロコンピュータが実行するメイン処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the main process which the microcomputer for presentation control in 2nd Embodiment performs. 第2の実施の形態における演出図柄変動開始処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the production | presentation symbol fluctuation start process in 2nd Embodiment. 第2の実施の形態における演出図柄変動中処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the effect symbol variation process in 2nd Embodiment. 第2の実施の形態における報知制御処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the alerting | reporting control process in 2nd Embodiment. 第2の実施の形態における役物初期動作処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the accessory initial stage operation process in 2nd Embodiment. 第3の実施の形態における役物初期動作処理を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the accessory initial stage operation process in 3rd Embodiment.
実施の形態1.
以下、本発明の第1の実施の形態を図面を参照して説明する。
まず、遊技機の一例であるパチンコ遊技機の全体の構成について説明する。図1はパチンコ遊技機を正面からみた正面図、図2は遊技盤の前面を示す正面図である。
Embodiment 1 FIG.
Hereinafter, a first embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings.
First, the overall configuration of a pachinko gaming machine that is an example of a gaming machine will be described. FIG. 1 is a front view of a pachinko gaming machine as viewed from the front, and FIG. 2 is a front view showing the front of the game board.
パチンコ遊技機1は、縦長の方形状に形成された外枠(図示せず)と、外枠の内側に開閉可能に取り付けられた遊技枠とで構成される。また、パチンコ遊技機1は、遊技枠に開閉可能に設けられている額縁状に形成されたガラス扉枠2を有する。遊技枠は、外枠に対して開閉自在に設置される前面枠(図示せず)と、機構部品等が取り付けられる機構板と、それらに取り付けられる種々の部品(後述する遊技盤を除く。)とを含む構造体である。   The pachinko gaming machine 1 includes an outer frame (not shown) formed in a vertically long rectangular shape, and a game frame attached to the inside of the outer frame so as to be opened and closed. Further, the pachinko gaming machine 1 has a glass door frame 2 formed in a frame shape that is provided in the game frame so as to be opened and closed. The game frame includes a front frame (not shown) installed to be openable and closable with respect to the outer frame, a mechanism plate to which mechanism parts and the like are attached, and various parts attached to them (excluding a game board described later). Is a structure including
図1に示すように、パチンコ遊技機1は、額縁状に形成されたガラス扉枠2を有する。ガラス扉枠2の下部表面には打球供給皿(上皿)3がある。打球供給皿3の下部には、打球供給皿3に収容しきれない遊技球を貯留する余剰球受皿4と遊技球を発射する打球操作ハンドル(操作ノブ)5が設けられている。ガラス扉枠2の背面には、遊技盤6が着脱可能に取り付けられている。なお、遊技盤6は、それを構成する板状体と、その板状体に取り付けられた種々の部品とを含む構造体である。また、遊技盤6の前面には遊技領域7が形成されている。   As shown in FIG. 1, the pachinko gaming machine 1 has a glass door frame 2 formed in a frame shape. On the lower surface of the glass door frame 2 is a hitting ball supply tray (upper plate) 3. Under the hitting ball supply tray 3, an extra ball receiving tray 4 for storing game balls that cannot be accommodated in the hit ball supply tray 3 and a hitting operation handle (operation knob) 5 for launching the game balls are provided. A game board 6 is detachably attached to the back surface of the glass door frame 2. The game board 6 is a structure including a plate-like body constituting the game board 6 and various components attached to the plate-like body. A game area 7 is formed on the front surface of the game board 6.
遊技領域7の中央付近には、それぞれが演出用の飾り図柄(演出図柄)を可変表示する複数の可変表示部を含む演出表示装置(飾り図柄表示装置)9が設けられている。演出表示装置9には、例えば「左」、「中」、「右」の3つの可変表示部(図柄表示エリア)がある。演出表示装置9は、特別図柄表示器8による特別図柄の可変表示期間中に、装飾用(演出用)の図柄としての演出図柄の可変表示を行う。演出図柄の可変表示を行う演出表示装置9は、演出制御基板に搭載されている演出制御用マイクロコンピュータによって制御される。   In the vicinity of the center of the game area 7, there is provided an effect display device (decorative symbol display device) 9 including a plurality of variable display portions each variably displaying an effect decorative symbol (effect symbol). The effect display device 9 includes, for example, three variable display portions (symbol display areas) of “left”, “middle”, and “right”. The effect display device 9 performs variable display of the effect symbol as a symbol for decoration (for effect) during the variable display period of the special symbol by the special symbol indicator 8. The effect display device 9 that performs variable display of effect symbols is controlled by an effect control microcomputer mounted on the effect control board.
演出表示装置9の下部には、始動入賞口14に入った有効入賞球数すなわち保留記憶(始動記憶または始動入賞記憶ともいう。)数を表示する4つの特別図柄保留記憶表示器18が設けられている。特別図柄保留記憶表示器18は、保留記憶数を入賞順に4個まで表示する。特別図柄保留記憶表示器18は、始動入賞口14に始動入賞があるごとに、点灯状態のLEDの数を1増やす。そして、特別図柄保留記憶表示器18は、特別図柄表示器8で可変表示が開始されるごとに、点灯状態のLEDの数を1減らす(すなわち1つのLEDを消灯する)。具体的には、特別図柄保留記憶表示器18は、特別図柄表示器8で可変表示が開始されるごとに、点灯状態をシフトする。なお、この例では、始動入賞口14への入賞による始動記憶数に上限数(4個まで)が設けられているが、上限数を4個以上にしてもよい。   Below the effect display device 9, four special symbol hold memory indicators 18 are provided for displaying the number of effective winning balls that have entered the start winning opening 14, that is, the number of hold memories (also referred to as start memory or start prize memory). ing. The special symbol reservation storage display 18 displays up to four reservation storage numbers in the order of winning. The special symbol hold storage display 18 increases the number of LEDs in the lit state by 1 each time there is a start winning in the start winning opening 14. Then, each time the special symbol display 8 starts variable display, the special symbol hold storage indicator 18 reduces the number of LEDs in the lit state by 1 (that is, turns off one LED). Specifically, the special symbol hold storage display 18 shifts the lighting state each time variable display is started on the special symbol display 8. In this example, the upper limit number (up to 4) is provided for the number of starting memories by winning to the start winning opening 14, but the upper limit number may be four or more.
演出表示装置9の上部には、識別情報としての特別図柄を可変表示する特別図柄表示器(特別図柄表示装置)8が設けられている。この実施の形態では、特別図柄表示器8は、例えば0〜9の数字を可変表示可能な簡易で小型の表示器(例えば7セグメントLED)で実現されている。特別図柄表示器8は、遊技者に特定の停止図柄を把握しづらくさせるために、0〜99など、より多種類の数字を可変表示するように構成されていてもよい。また、演出表示装置9は、特別図柄表示器8による特別図柄の可変表示期間中に、装飾用(演出用)の図柄としての演出図柄の可変表示を行う。   A special symbol display (special symbol display device) 8 that variably displays a special symbol as identification information is provided on the top of the effect display device 9. In this embodiment, the special symbol display 8 is realized by a simple and small display (for example, 7 segment LED) capable of variably displaying numbers 0 to 9, for example. The special symbol display 8 may be configured to variably display a larger number of numbers such as 0 to 99 in order to make it difficult for the player to grasp a specific stop symbol. Further, the effect display device 9 performs variable display of the effect symbol as a symbol for decoration (for effect) during the variable display period of the special symbol by the special symbol indicator 8.
演出表示装置9の下方には、始動入賞口14を形成する可変入賞球装置15が設けられている。可変入賞球装置15は、羽根を開閉可能に構成され、羽根が開放しているときに遊技球が入賞し易い状態(開状態)となり、羽根が開放していないとき(閉じているとき)に遊技球が入賞し難い状態(閉状態)となる。始動入賞口14に入った入賞球は、遊技盤6の背面に導かれ、始動口スイッチ14a(例えば、近接スイッチ)によって検出されるとともに、入賞確認スイッチ14b(例えば、フォトセンサ)によって検出される(なお、逆に、始動口スイッチ14aをフォトセンサを用いて構成し、入賞確認スイッチ14bを近接スイッチを用いて構成してもよいし、近接スイッチやフォトセンサに代えてマイクロスイッチなどの機械式のスイッチを用いてもよい)。なお、この実施の形態では、始動口スイッチ14aによって遊技球が検出されたことにもとづいて、乱数回路からの乱数の抽出が行われ、特別図柄の変動表示が開始される。また、後述するように、始動口スイッチ14aによる検出結果に加えて入賞確認スイッチ14bの検出結果にもとづいて排出異常の発生の有無が判定され、排出異常の発生を検出したことにもとづいてセキュリティ信号が外部出力される。また、始動口スイッチ14aによる検出結果に加えて入賞確認スイッチ14bの検出結果にもとづいて、後述する入賞信号が外部出力され、賞球個数コマンドが払出制御用マイクロコンピュータ370に送信されて賞球払出が実行される。また、可変入賞球装置15は、ソレノイド16によって開状態にされる。   Below the effect display device 9, a variable winning ball device 15 that forms a start winning opening 14 is provided. The variable winning ball device 15 is configured to be able to open and close the wings, and when the wings are open, the game ball is likely to win a prize (open state), and when the wings are not open (closed). The game ball becomes difficult to win (closed state). The winning ball that has entered the starting winning opening 14 is guided to the back of the game board 6 and detected by the starting opening switch 14a (for example, a proximity switch) and detected by the winning confirmation switch 14b (for example, a photo sensor). (Conversely, the start port switch 14a may be configured using a photo sensor, and the winning confirmation switch 14b may be configured using a proximity switch, or a mechanical type such as a micro switch instead of the proximity switch or the photo sensor. May be used). In this embodiment, the random number is extracted from the random number circuit based on the detection of the game ball by the start switch 14a, and the special symbol variation display is started. Further, as will be described later, whether or not a discharge abnormality has occurred is determined based on the detection result of the winning check switch 14b in addition to the detection result by the start port switch 14a, and the security signal is detected based on the detection of the discharge abnormality. Is output externally. Further, based on the detection result of the winning confirmation switch 14b in addition to the detection result of the start opening switch 14a, a winning signal to be described later is output to the outside, and a winning ball number command is transmitted to the payout control microcomputer 370 for paying out a winning ball. Is executed. The variable winning ball device 15 is opened by a solenoid 16.
なお、可変入賞球装置15の真上に第1始動入賞口を設け、可変入賞球装置15を第2始動入賞口としてもよい。この場合、第1始動入賞口および第2始動入賞口のそれぞれについて、始動口スイッチ(例えば、近接スイッチ)を設けるとともに入賞確認スイッチ(例えば、フォトセンサ)を設けるようにしてもよい。そして、第1始動入賞口および第2始動入賞口のそれぞれについて、この実施の形態と同様に、始動口スイッチによって遊技球が検出されたことにもとづいて、乱数回路からの乱数の抽出が行われ、特別図柄の変動表示が開始されるようにしてもよい。また、第1始動入賞口および第2始動入賞口のそれぞれについて、この実施の形態と同様に、始動口スイッチによる検出結果に加えて入賞確認スイッチの検出結果にもとづいて排出異常の発生の有無が判定され、排出異常の発生を検出したことにもとづいてセキュリティ信号が外部出力されるようにしてもよい。さらに、第1始動入賞口および第2始動入賞口のそれぞれについて、この実施の形態と同様に、始動口スイッチによる検出結果に加えて入賞確認スイッチの検出結果にもとづいて、後述する入賞信号が外部出力され、賞球個数コマンドが払出制御用マイクロコンピュータ370に送信されて賞球払出が実行されるようにしてもよい。   The first winning prize opening may be provided directly above the variable winning ball apparatus 15, and the variable winning ball apparatus 15 may be used as the second starting prize opening. In this case, for each of the first start winning opening and the second starting winning opening, a start opening switch (for example, a proximity switch) and a winning confirmation switch (for example, a photo sensor) may be provided. Then, for each of the first start winning opening and the second starting winning opening, the random number is extracted from the random number circuit based on the detection of the game ball by the start opening switch as in this embodiment. The special symbol variation display may be started. Further, for each of the first start winning opening and the second starting winning opening, whether or not there is a discharge abnormality based on the detection result of the winning confirmation switch in addition to the detection result by the start opening switch as in this embodiment. The security signal may be externally output based on the determination and the occurrence of the discharge abnormality. Further, for each of the first start winning opening and the second starting winning opening, a winning signal to be described later is generated based on the detection result of the winning confirmation switch in addition to the detection result by the starting opening switch, as in this embodiment. The prize ball number command may be output and sent to the payout control microcomputer 370 to execute the prize ball payout.
可変入賞球装置15の下部には、特定遊技状態(大当り状態)においてソレノイド21によって開状態に制御される開閉板を用いた特別可変入賞球装置20が設けられている。特別可変入賞球装置20は大入賞口を開閉する手段である。特別可変入賞球装置20に入賞し遊技盤6の背面に導かれた入賞球は、カウントスイッチ23(例えば、近接スイッチ)で検出されるとともに、入賞確認スイッチ23b(例えば、フォトセンサ)によって検出される(なお、逆に、カウントスイッチ23をフォトセンサを用いて構成し、入賞確認スイッチ23bを近接スイッチを用いて構成してもよいし、近接スイッチやフォトセンサに代えてマイクロスイッチなどの機械式のスイッチを用いてもよい)。なお、この実施の形態では、カウントスイッチ23によって遊技球が検出されたことにもとづいて、大当り遊技中に大入賞口に遊技球が入賞したことが検出されるとともに、ラウンドごとに大入賞口への入賞数が所定数(本例では、10個に達したか否か)の判定が行われる。また、後述するように、カウントスイッチ23による検出結果に加えて入賞確認スイッチ23bの検出結果にもとづいて排出異常の発生の有無が判定され、排出異常の発生を検出したことにもとづいてセキュリティ信号が外部出力される。また、カウントスイッチ23による検出結果に加えて入賞確認スイッチ23bの検出結果にもとづいて、後述する入賞信号が外部出力され、賞球個数コマンドが払出制御用マイクロコンピュータ370に送信されて賞球払出が実行される。   Below the variable winning ball apparatus 15, a special variable winning ball apparatus 20 using an opening / closing plate that is controlled to be opened by a solenoid 21 in a specific gaming state (big hit state) is provided. The special variable winning ball apparatus 20 is a means for opening and closing the big winning opening. The winning ball that has won the special variable winning ball device 20 and led to the back of the game board 6 is detected by a count switch 23 (for example, a proximity switch) and also by a winning confirmation switch 23b (for example, a photo sensor). (Conversely, the count switch 23 may be configured using a photo sensor, the winning confirmation switch 23b may be configured using a proximity switch, or a mechanical type such as a micro switch instead of the proximity switch or the photo sensor. May be used). In this embodiment, it is detected that a game ball has been won in the big winning opening during the big hit game based on the fact that the game ball has been detected by the count switch 23, and the round winning prize is entered in each round. The number of winning prizes is determined to be a predetermined number (whether it has reached 10 in this example). Further, as will be described later, the presence / absence of the discharge abnormality is determined based on the detection result of the winning confirmation switch 23b in addition to the detection result by the count switch 23, and the security signal is generated based on the detection of the occurrence of the discharge abnormality. Output externally. Further, based on the result of detection by the winning confirmation switch 23b in addition to the result of detection by the count switch 23, a winning signal, which will be described later, is output to the outside, and a winning ball number command is transmitted to the payout control microcomputer 370 for winning ball payout. Executed.
遊技球がゲート32を通過しゲートスイッチ32aで検出されると、普通図柄表示器10の表示の可変表示が開始される。この実施の形態では、左右のランプ(点灯時に図柄が視認可能になる)が交互に点灯することによって可変表示が行われ、例えば、可変表示の終了時に左側のランプが点灯すれば当たりになる。そして、普通図柄表示器10における停止図柄が所定の図柄(当り図柄)である場合に、可変入賞球装置15が所定回数、所定時間だけ開状態になる。普通図柄表示器10の近傍には、ゲート32を通過した入賞球数を表示する4つのLEDによる表示部を有する普通図柄始動記憶表示器41が設けられている。ゲート32への遊技球の通過があるごとに、普通図柄始動記憶表示器41は点灯するLEDを1増やす。そして、普通図柄表示器10の可変表示が開始されるごとに、点灯するLEDを1減らす。   When the game ball passes through the gate 32 and is detected by the gate switch 32a, variable display of the normal symbol display 10 is started. In this embodiment, variable display is performed by alternately lighting left and right lamps (designs can be visually recognized when lit). For example, if the left lamp is lit at the end of variable display, it is a hit. When the stop symbol on the normal symbol display 10 is a predetermined symbol (winning symbol), the variable winning ball device 15 is opened for a predetermined number of times. In the vicinity of the normal symbol display 10, a normal symbol start memory display 41 having a display unit with four LEDs for displaying the number of winning balls that have passed through the gate 32 is provided. Each time there is a game ball passing through the gate 32, the normal symbol start memory display 41 increases the number of LEDs to be turned on by one. Each time the variable display on the normal symbol display 10 is started, the number of LEDs to be lit is reduced by one.
遊技盤6には、複数の入賞口29,30が設けられ、遊技球の入賞口29,30への入賞は、それぞれ入賞口スイッチ29a,30a(例えば、近接スイッチ)によって検出されるとともに、入賞確認スイッチ29b,30b(例えば、フォトセンサ)によって検出される(なお、逆に、入賞口スイッチ29a,30aをフォトセンサを用いて構成し、入賞確認スイッチ29b,30bを近接スイッチを用いて構成してもよいし、近接スイッチやフォトセンサに代えてマイクロスイッチなどの機械式のスイッチを用いてもよい)。なお、この実施の形態では、後述するように、入賞口スイッチ29a,30aによる検出結果に加えて入賞確認スイッチ29b,30bの検出結果にもとづいて、入賞信号が外部出力され、賞球個数コマンドが払出制御用マイクロコンピュータ370に送信されて賞球払出が実行される。   The game board 6 is provided with a plurality of winning holes 29 and 30, and winning of game balls to the winning holes 29 and 30 is detected by winning hole switches 29a and 30a (for example, proximity switches), respectively, and winning is also achieved. Detected by the confirmation switches 29b and 30b (for example, photo sensors) (in contrast, the winning opening switches 29a and 30a are configured using photo sensors, and the winning confirmation switches 29b and 30b are configured using proximity switches. Alternatively, a mechanical switch such as a micro switch may be used instead of the proximity switch or the photo sensor). In this embodiment, as will be described later, a winning signal is output to the outside based on the detection result of the winning check switches 29b and 30b in addition to the detection result of the winning port switches 29a and 30a, and a winning ball number command is issued. It is transmitted to the payout control microcomputer 370 and the prize ball payout is executed.
なお、図3に示すように、入賞確認スイッチ14b,23b,29b,30bのうち、少なくとも、入賞口29,30への入賞を検出する入賞確認スイッチ29b,30bについては、遊技枠側に取り付けられている。そのように構成することによって、この実施の形態のように遊技盤6が交換可能に構成されている場合に、遊技枠側に設けられた入賞確認スイッチ29b,30bについては、遊技盤6にかかわらず共通に用いることができ、遊技機のコスト削減を図っている。   As shown in FIG. 3, among the winning confirmation switches 14b, 23b, 29b, 30b, at least the winning confirmation switches 29b, 30b for detecting winning in the winning openings 29, 30 are attached to the game frame side. ing. With this configuration, when the game board 6 is configured to be exchangeable as in this embodiment, the winning confirmation switches 29b and 30b provided on the game frame side are related to the game board 6. It can be used in common, reducing the cost of gaming machines.
なお、この実施の形態では、以下、入賞確認スイッチ14b,23b,29b,30bを区別して指す場合に、それぞれ、入賞確認1スイッチ14b、入賞確認2スイッチ23b、入賞確認3スイッチ29b、および入賞確認4スイッチ30bともいう。   In this embodiment, hereinafter, when the winning confirmation switches 14b, 23b, 29b, 30b are distinguished from each other, the winning confirmation 1 switch 14b, the winning confirmation 2 switch 23b, the winning confirmation 3 switch 29b, and the winning confirmation, respectively. Also referred to as a 4 switch 30b.
各入賞口29,30は、遊技媒体を受け入れて入賞を許容する領域として遊技盤6に設けられる入賞領域を構成している。なお、始動入賞口14や大入賞口も、遊技媒体を受け入れて入賞を許容する入賞領域を構成する。なお、各入賞口29,30に入賞した遊技球を入賞スイッチで検出する構成に代えて、遊技球が所定領域(例えばゲート)を通過したことを検出スイッチで検出する構成としてもよい。遊技領域7の左右周辺には、遊技中に点滅表示される装飾ランプ25が設けられ、下部には、入賞しなかった遊技球を吸収するアウト口26がある。また、遊技領域7の外側の左右上部には、効果音を発する2つのスピーカ27が設けられている。遊技領域7の外周には、天枠ランプ28a、左枠ランプ28bおよび右枠ランプ28cが設けられている。さらに、遊技領域7における各構造物(大入賞口等)の周囲には装飾LEDが設置されている。天枠ランプ28a、左枠ランプ28bおよび右枠ランプ28cおよび装飾用LEDは、遊技機に設けられている装飾発光体の一例である。なお、この実施の形態では、遊技機に設けられている発光体をランプやLEDを用いて構成する場合を示しているが、この実施の形態で示した態様にかぎらず、例えば、遊技機に設けられている発光体を全てLEDを用いて構成するようにしてもよい。   Each of the winning ports 29 and 30 constitutes a winning area provided on the game board 6 as an area for accepting game media and allowing winning. The start winning opening 14 and the big winning opening also constitute a winning area that accepts game media and allows winning. In addition, it may be configured to detect with a detection switch that a game ball has passed a predetermined area (for example, a gate), instead of the configuration in which the game ball won in each winning opening 29, 30 is detected with a prize switch. Around the left and right of the game area 7, there are provided decorative lamps 25 blinking and displayed during the game, and at the lower part there is an outlet 26 for absorbing a game ball that has not won a prize. Two speakers 27 that emit sound effects are provided on the left and right upper portions outside the game area 7. On the outer periphery of the game area 7, a top frame lamp 28a, a left frame lamp 28b, and a right frame lamp 28c are provided. Further, a decoration LED is installed around each structure (such as a big prize opening) in the game area 7. The top frame lamp 28a, the left frame lamp 28b, the right frame lamp 28c, and the decoration LED are examples of a decorative light emitter provided in the gaming machine. In this embodiment, the case where the light emitter provided in the gaming machine is configured by using a lamp or an LED is shown. However, the present invention is not limited to the mode shown in this embodiment. You may make it comprise all the provided light-emitting bodies using LED.
なお、図1および図2では、図示を省略しているが、左枠ランプ28bの近傍に、賞球払出中に点灯する賞球ランプが設けられ、天枠ランプ28aの近傍に、補給球が切れたときに点灯する球切れランプが設けられている。なお、賞球ランプおよび球切れランプは、賞球の払出中である場合や球切れが検出された場合に、演出制御基板に搭載された演出制御用マイクロコンピュータによって点灯制御される。さらに、プリペイドカードが挿入されることによって球貸しを可能にするプリペイドカードユニット(以下、「カードユニット」という。)50が、パチンコ遊技機1に隣接して設置されている。   Although not shown in FIGS. 1 and 2, a prize ball lamp that is turned on during the prize ball payout is provided in the vicinity of the left frame lamp 28b, and a supply ball is provided in the vicinity of the top frame lamp 28a. There is a ball-out lamp that illuminates when it runs out. Note that the award ball lamp and the out-of-ball lamp are controlled to be turned on by the effect control microcomputer mounted on the effect control board when the award ball is being paid out or when the out-of-ball is detected. Further, a prepaid card unit (hereinafter referred to as “card unit”) 50 that enables lending a ball by inserting a prepaid card is installed adjacent to the pachinko gaming machine 1.
カードユニット50には、例えば、使用可能状態であるか否かを示す使用可表示ランプ、カードユニットがいずれの側のパチンコ遊技機1に対応しているのかを示す連結台方向表示器、カードユニット内にカードが投入されていることを示すカード投入表示ランプ、記録媒体としてのカードが挿入されるカード挿入口、およびカード挿入口の裏面に設けられているカードリーダライタの機構を点検する場合にカードユニットを解放するためのカードユニット錠が設けられている。   The card unit 50 includes, for example, a usable display lamp that indicates whether or not the card unit 50 is in a usable state, a connection table direction indicator that indicates which side of the pachinko gaming machine 1 corresponds to the card unit, and a card unit. When checking the card insertion indicator lamp indicating that a card is inserted in the card, the card insertion slot into which the card as a recording medium is inserted, and the card reader / writer mechanism provided on the back of the card insertion slot A card unit lock for releasing the card unit is provided.
遊技者の操作により打球発射装置から発射された遊技球は、打球レールを通って遊技領域7に入り、その後、遊技領域7を下りてくる。遊技球が始動入賞口14に入り始動口スイッチ14aで検出されると、図柄の可変表示を開始できる状態であれば、特別図柄表示器8において特別図柄が可変表示(変動)を始める。図柄の可変表示を開始できる状態でなければ、保留記憶数を1増やす。   A game ball launched from the ball striking device by the player's operation enters the game area 7 through the hit ball rail, and then descends the game area 7. When the game ball enters the start winning opening 14 and is detected by the start opening switch 14a, the special symbol on the special symbol display 8 starts variable display (variation) if the variable display of the symbol can be started. If the variable display of the symbol cannot be started, the number of reserved memories is increased by one.
特別図柄表示器8における特別図柄の可変表示は、一定時間が経過したときに停止する。停止時の特別図柄(停止図柄)が大当り図柄(特定表示結果)であると、大当り遊技状態に移行する。すなわち、特別可変入賞球装置20が、一定時間経過するまで、または、所定個数(例えば10個)の遊技球が入賞するまで開放する。そして、特別可変入賞球装置20の開放は、決定されたラウンド数の最後のラウンドまで(例えば、15ラウンドまで)許容される。   The variable display of the special symbol on the special symbol display device 8 stops when a certain time has elapsed. If the special symbol (stop symbol) at the time of stoppage is a jackpot symbol (specific display result), the game shifts to a jackpot gaming state. That is, the special variable winning ball apparatus 20 is released until a predetermined time elapses or a predetermined number (for example, 10) of gaming balls wins. The opening of the special variable winning ball apparatus 20 is allowed until the last round of the determined number of rounds (for example, up to 15 rounds).
停止時の特別図柄表示器8における特別図柄が確率変動を伴う大当り図柄(確変図柄)である場合には、次に大当りになる確率が高くなる。すなわち、確変状態という遊技者にとってさらに有利な状態になる。   When the special symbol on the special symbol display 8 at the time of stoppage is a jackpot symbol (probability variation symbol) with a probability variation, the probability of the next jackpot increases. That is, it becomes a more advantageous state for the player in the probability variation state.
遊技球がゲート32を通過すると、普通図柄表示器10において普通図柄が可変表示される状態になる。また、普通図柄表示器10における停止図柄が所定の図柄(当り図柄)である場合に、可変入賞球装置15が所定時間だけ開状態になる。   When the game ball passes through the gate 32, the normal symbol display unit 10 enters a state in which the normal symbol is variably displayed. Further, when the stop symbol on the normal symbol display 10 is a predetermined symbol (winning symbol), the variable winning ball device 15 is opened for a predetermined time.
次に、パチンコ遊技機1の裏面の構造について図4を参照して説明する。図4は、遊技機を裏面から見た背面図である。図4に示すように、パチンコ遊技機1裏面側では、演出表示装置9を制御する演出制御用マイクロコンピュータ100が搭載された演出制御基板80を含む変動表示制御ユニット、遊技制御用マイクロコンピュータ等が搭載された遊技制御基板(主基板)31、音声出力基板70、ランプドライバ基板35、および球払出制御を行う払出制御用マイクロコンピュータ等が搭載された払出制御基板37等の各種基板が設置されている。なお、遊技制御基板31は基板収納ケース200に収納されている。   Next, the structure of the back surface of the pachinko gaming machine 1 will be described with reference to FIG. FIG. 4 is a rear view of the gaming machine as seen from the back side. As shown in FIG. 4, on the back side of the pachinko gaming machine 1, there are a variable display control unit including an effect control board 80 on which an effect control microcomputer 100 for controlling the effect display device 9 is mounted, a game control microcomputer, and the like. Various boards such as a mounted game control board (main board) 31, an audio output board 70, a lamp driver board 35, and a payout control board 37 mounted with a payout control microcomputer for performing ball payout control are installed. Yes. The game control board 31 is stored in the board storage case 200.
さらに、パチンコ遊技機1裏面側には、DC30V、DC21V、DC12VおよびDC5V等の各種電源電圧を作成する電源回路が搭載された電源基板910やタッチセンサ基板91が設けられている。電源基板910には、パチンコ遊技機1における遊技制御基板31および各電気部品制御基板(演出制御基板80および払出制御基板37)やパチンコ遊技機1に設けられている各電気部品(電力が供給されることによって動作する部品)への電力供給を実行あるいは遮断するための電力供給許可手段としての電源スイッチ、遊技制御基板31の遊技制御用マイクロコンピュータ560のRAM55をクリアするためのクリアスイッチが設けられている。さらに、電源スイッチの内側(基板内部側)には、交換可能なヒューズが設けられている。   Further, on the back side of the pachinko gaming machine 1, a power supply substrate 910 and a touch sensor substrate 91 on which power supply circuits for generating various power supply voltages such as DC30V, DC21V, DC12V, and DC5V are mounted. The power supply board 910 is supplied with the game control board 31 and each electrical component control board (the effect control board 80 and the payout control board 37) in the pachinko gaming machine 1 and each electrical component (power is supplied) provided in the pachinko gaming machine 1. A power switch as a power supply permission means for executing or shutting off the power supply to the component), and a clear switch for clearing the RAM 55 of the game control microcomputer 560 of the game control board 31 are provided. ing. Further, a replaceable fuse is provided inside the power switch (inside the substrate).
なお、この実施の形態では、主基板31は遊技盤側に設けられ、払出制御基板37は遊技枠側に設けられている。このような構成であっても、後述するように、主基板31と払出制御基板37との間の通信をシリアル通信で行うことによって、遊技盤を交換する際の配線の取り回しを容易にしている。   In this embodiment, the main board 31 is provided on the game board side, and the payout control board 37 is provided on the game frame side. Even in such a configuration, as will be described later, the communication between the main board 31 and the payout control board 37 is performed by serial communication, thereby facilitating the routing of the wiring when replacing the game board. .
なお、各制御基板には、制御用マイクロコンピュータを含む制御手段が搭載されている。制御手段は、遊技制御手段等からのコマンドとしての指令信号(制御信号)に従って遊技機に設けられている電気部品(遊技用装置:球払出装置97、演出表示装置9、ランプやLEDなどの発光体、スピーカ27等)を制御する。以下、主基板31を制御基板に含めて説明を行うことがある。その場合には、制御基板に搭載される制御手段は、遊技制御手段と、遊技制御手段等からの指令信号に従って遊技機に設けられている電気部品を制御する手段とのそれぞれを指す。また、主基板31以外のマイクロコンピュータが搭載された基板をサブ基板ということがある。なお、球払出装置97は、遊技球を誘導する通路とステッピングモータ等により駆動されるスプロケット等によって誘導された遊技球を上皿や下皿に払い出すための装置であって、払い出された賞球や貸し球をカウントする払出個数カウントスイッチ等もユニットの一部として構成されている。なお、この実施の形態では、払出検出手段は、払出個数カウントスイッチ301によって実現され、球払出装置97から実際に賞球や貸し球が払い出されたことを検出する機能を備える。この場合、払出個数カウントスイッチ301は、賞球や貸し球の払い出しを1球検出するごとに検出信号を出力する。   Each control board is equipped with control means including a control microcomputer. The control means is an electrical component (game device: ball payout device 97, effect display device 9, light emission from a lamp, LED, etc.) provided in the gaming machine according to a command signal (control signal) as a command from the game control means or the like. Body, speaker 27, etc.). Hereinafter, the main board 31 may be included in the control board for explanation. In that case, the control means mounted on the control board refers to each of the game control means and the means for controlling the electrical components provided in the gaming machine in accordance with a command signal from the game control means or the like. A substrate on which a microcomputer other than the main substrate 31 is mounted may be referred to as a sub-substrate. The ball payout device 97 is a device for paying out the game ball guided by a passage for guiding the game ball and a sprocket driven by a stepping motor or the like to the upper plate or the lower plate. A payout number counting switch for counting prize balls and rental balls is also configured as part of the unit. In this embodiment, the payout detection means is realized by the payout number count switch 301 and has a function of detecting that a winning ball or a lending ball is actually paid out from the ball payout device 97. In this case, the payout number count switch 301 outputs a detection signal every time one payout of prize balls or rental balls is detected.
パチンコ遊技機1裏面において、上方には、各種情報をパチンコ遊技機1の外部に出力するための各端子を備えたターミナル基板160が設置されている。ターミナル基板160には、例えば、大当り遊技状態の発生を示す大当り情報等の情報出力信号(図32に示す図柄確定回数1信号、始動口信号、大当り1信号、大当り2信号、大当り3信号、時短信号、入賞信号、セキュリティ信号、高確中信号、賞球情報)を外部出力するための情報出力端子が設けられている。   On the back side of the pachinko gaming machine 1, a terminal board 160 having terminals for outputting various information to the outside of the pachinko gaming machine 1 is installed above. The terminal board 160 includes, for example, an information output signal such as jackpot information indicating the occurrence of a jackpot gaming state (symbol determination number of times 1 signal shown in FIG. 32, start port signal, jackpot 1 signal, jackpot 2 signal, jackpot 3 signal, hour An information output terminal for externally outputting a short signal, a winning signal, a security signal, a high-accuracy signal, and winning ball information) is provided.
貯留タンク38に貯留された遊技球は誘導レール(図示せず)を通り、カーブ樋を経て払出ケース40Aで覆われた球払出装置97に至る。球払出装置97の上方には、遊技媒体切れ検出手段としての球切れスイッチ187が設けられている。球切れスイッチ187が球切れを検出すると、球払出装置97の払出動作が停止する。球切れスイッチ187は遊技球通路内の遊技球の有無を検出するスイッチであるが、貯留タンク38内の補給球の不足を検出する球切れ検出スイッチ167も誘導レールにおける上流部分(貯留タンク38に近接する部分)に設けられている。球切れ検出スイッチ167が遊技球の不足を検知すると、遊技機設置島に設けられている補給機構からパチンコ遊技機1に対して遊技球の補給が行なわれる。   The game ball stored in the storage tank 38 passes through a guide rail (not shown), and reaches a ball payout device 97 covered with a payout case 40A through a curve rod. Above the ball payout device 97, a ball break switch 187 is provided as a game medium break detection means. When the ball break switch 187 detects a ball break, the payout operation of the ball payout device 97 stops. The ball break switch 187 is a switch for detecting the presence or absence of a game ball in the game ball passage, but the ball break detection switch 167 for detecting the shortage of supply balls in the storage tank 38 is also an upstream portion of the guide rail (in the storage tank 38). (Proximate part). When the ball break detection switch 167 detects a shortage of game balls, the game balls are replenished to the pachinko gaming machine 1 from the replenishment mechanism provided on the gaming machine installation island.
入賞にもとづく景品としての遊技球や球貸し要求にもとづく遊技球が多数払出されて打球供給皿3が満杯になると、遊技球は、余剰球誘導通路を経て余剰球受皿4に導かれる。さらに遊技球が払出されると、感知レバー(図示せず)が貯留状態検出手段としての満タンスイッチを押圧して、貯留状態検出手段としての満タンスイッチがオンする。その状態では、球払出装置内の払出モータの回転が停止して球払出装置の動作が停止するとともに打球発射装置の駆動も停止する。   When a large number of game balls as prizes based on winning a prize or a game ball based on a ball lending request are paid out and the hitting ball supply tray 3 is full, the game balls are guided to the surplus ball receiving tray 4 through the surplus ball guiding path. Further, when the game ball is paid out, a sensing lever (not shown) presses the full tank switch as the storage state detection means, and the full tank switch as the storage state detection means is turned on. In this state, the rotation of the payout motor in the ball payout device is stopped, the operation of the ball payout device is stopped, and the driving of the ball hitting device is also stopped.
次に、各入賞口の断面構造の具体例の一例として、始動入賞口14内の断面構造の具体例を説明する。なお、一例として始動入賞口14内の断面構造について説明するが、大入賞口や入賞口29,30についても、およそ同様の断面構造でカウントスイッチ23や入賞口スイッチ29a,30aが上流側に配置され、入賞確認スイッチ23b,29b,30bが下流側に配置されている。ただし、入賞口29,30に関しては、上流側に配置される入賞口スイッチ29a,30aと、下流側に配置される入賞確認スイッチ29b,30bとの距離が多少離れていても支障が生じる処理はないので、既に図3で説明したように、少なくとも、入賞確認スイッチ29b,30bについては遊技枠側に配置され、遊技機のコスト低減を図っている。   Next, a specific example of the cross-sectional structure in the start winning port 14 will be described as an example of the cross-sectional structure of each winning port. In addition, although the cross-sectional structure in the start winning opening 14 will be described as an example, the count switch 23 and the winning opening switches 29a and 30a are arranged on the upstream side in the large winning opening and the winning openings 29 and 30 with substantially the same cross-sectional structure. The winning confirmation switches 23b, 29b, 30b are arranged on the downstream side. However, with respect to the winning ports 29 and 30, the processing that causes trouble even if the distance between the winning port switches 29a and 30a arranged on the upstream side and the winning check switches 29b and 30b arranged on the downstream side is slightly separated. Therefore, as already described with reference to FIG. 3, at least the winning confirmation switches 29b and 30b are arranged on the game frame side to reduce the cost of the gaming machine.
図5は、始動入賞口14内の断面構造の具体例を示す説明図である。図5に示すように、始動入賞口14内には、始動入賞口内に入賞した遊技球を検出可能な2つのスイッチ(始動口スイッチ14aと入賞確認スイッチ14b)が設けられている。この実施の形態では、図5に示すように、始動入賞口14内で、始動口スイッチ14aと入賞確認スイッチ14bとが上下に配置されている(本例では、始動口スイッチ14aが上側に配置され、入賞確認スイッチ14bが下側に配置されている)。従って、この実施の形態では、始動入賞口14内に入賞した遊技球は、遊技盤6の背面に導かれ、まず始動口スイッチ14aで検出され、次いで入賞確認スイッチ14bで検出される。なお、下流側の入賞確認スイッチ14bの配置に関して、遊技球が入賞側の開口部分から入賞したあと排出側の開口部分から排出される経路において、できるだけ排出側の開口部分に近い位置に配置されていれば、配置位置の高低などは問わない。   FIG. 5 is an explanatory diagram showing a specific example of a cross-sectional structure in the start winning opening 14. As shown in FIG. 5, the start winning opening 14 is provided with two switches (start opening switch 14a and winning confirmation switch 14b) capable of detecting a game ball won in the starting winning opening. In this embodiment, as shown in FIG. 5, the start opening switch 14a and the winning confirmation switch 14b are arranged vertically in the start winning opening 14 (in this example, the start opening switch 14a is arranged on the upper side). And a winning confirmation switch 14b is arranged on the lower side). Therefore, in this embodiment, the game ball won in the start winning opening 14 is guided to the back of the game board 6 and is first detected by the start opening switch 14a and then detected by the winning confirmation switch 14b. Regarding the arrangement of the downstream winning confirmation switch 14b, the game ball is arranged as close as possible to the discharging side opening part in the path where the game ball is discharged from the winning side opening part and then discharged from the discharging side opening part. If it is, the height of an arrangement position etc. does not ask | require.
また、始動口スイッチ14aと入賞確認スイッチ14bとして、それぞれ異なる検出方式のスイッチが用いられる。この実施の形態では、始動口スイッチ14aとして近接スイッチを用い、入賞確認スイッチ14bとしてフォトセンサを用いる場合を示している。   Also, different detection system switches are used as the start port switch 14a and the winning confirmation switch 14b. In this embodiment, a case where a proximity switch is used as the start port switch 14a and a photo sensor is used as the winning confirmation switch 14b is shown.
また、この実施の形態では、始動口スイッチ14aによって遊技球が検出されたことにもとづいて、乱数回路からの乱数の抽出が行われ、特別図柄の変動表示が開始される。また、後述するように、始動口スイッチ14aによる検出結果に加えて入賞確認スイッチ14bの検出結果にもとづいて排出異常の発生の有無が判定され、排出異常の発生を検出したことにもとづいてセキュリティ信号が外部出力される。また、始動口スイッチ14aによる検出結果に加えて入賞確認スイッチ14bの検出結果にもとづいて、後述する入賞信号が外部出力され、賞球個数コマンドが払出制御用マイクロコンピュータ370に送信されて賞球払出が実行される。   In this embodiment, the random number is extracted from the random number circuit based on the detection of the game ball by the start port switch 14a, and the special symbol variation display is started. Further, as will be described later, whether or not a discharge abnormality has occurred is determined based on the detection result of the winning check switch 14b in addition to the detection result by the start port switch 14a, and the security signal is detected based on the detection of the discharge abnormality. Is output externally. Further, based on the detection result of the winning confirmation switch 14b in addition to the detection result of the start opening switch 14a, a winning signal to be described later is output to the outside, and a winning ball number command is transmitted to the payout control microcomputer 370 for paying out a winning ball. Is executed.
なお、始動口スイッチ14aおよび入賞確認スイッチ14bの検出方式は、この実施の形態で示したものにかぎらず、例えば、始動口スイッチ14aと入賞確認スイッチ14bとで異なる検出方式であれば、逆に始動口スイッチ14aとしてフォトセンサを用い、入賞確認スイッチ14bとして近接スイッチを用いてもよい。この場合、フォトセンサである始動口スイッチ14aの検出結果にもとづいて乱数回路からの乱数の抽出や特別図柄の変動表示が実行され、フォトセンサである始動口スイッチ14aの検出結果に加えて近接スイッチである入賞確認スイッチ14bの検出結果にもとづいて、始動入賞口14の排出異常の判定や、入賞信号の外部出力、賞球払出が実行されることになる。また、例えば、電磁式のスイッチである近接スイッチや光学式のフォトセンサに代えて、始動口スイッチ14aまたは入賞確認スイッチ14bとして、機械式のスイッチ(マイクロスイッチなど)を用いてもよい。   The detection method of the start port switch 14a and the winning confirmation switch 14b is not limited to that shown in this embodiment. For example, if the detection method is different between the starting port switch 14a and the winning confirmation switch 14b, the detection method is reversed. A photo sensor may be used as the start port switch 14a, and a proximity switch may be used as the winning confirmation switch 14b. In this case, a random number is extracted from the random number circuit and a special symbol is displayed on the basis of the detection result of the start port switch 14a which is a photosensor, and the proximity switch is added to the detection result of the start port switch 14a which is a photosensor. On the basis of the detection result of the winning confirmation switch 14b, the determination of the discharge abnormality of the start winning opening 14, the external output of the winning signal, and the payout of the winning ball are executed. Further, for example, instead of a proximity switch or an optical photosensor that is an electromagnetic switch, a mechanical switch (such as a micro switch) may be used as the start port switch 14a or the winning confirmation switch 14b.
図6は、遊技球を検出可能な検出手段の方式を説明するための回路図である。図6(A)には、始動口スイッチ14a(近接スイッチ)が示されている。始動口スイッチ14aの一方の端子には、電源基板910から+12V電源電圧が供給されている。始動口スイッチ14aの他方の端子の電圧レベルである検出信号は、主基板31に入力される。主基板31において、検出信号は、入力ドライバ回路から遊技制御用マイクロコンピュータの入力ポートに入力される。また、始動口スイッチ14aの出力側には、一端が接地されている抵抗RとコンデンサCが接続されている。   FIG. 6 is a circuit diagram for explaining a method of detection means capable of detecting a game ball. FIG. 6A shows a start port switch 14a (proximity switch). The + 12V power supply voltage is supplied from the power supply board 910 to one terminal of the start port switch 14a. A detection signal that is the voltage level of the other terminal of the start port switch 14 a is input to the main board 31. In the main board 31, the detection signal is input from the input driver circuit to the input port of the game control microcomputer. A resistor R and a capacitor C, one end of which is grounded, are connected to the output side of the start port switch 14a.
近接スイッチである始動口スイッチ14aに設けられている穴を金属の遊技球が通過するとコイルLに逆起電力が生じ、コイルLの等価的な抵抗値が極めて大きくなる。従って、始動口スイッチ14aの出力は、0Vに近いローレベルになる。すなわち、検出信号は、ローレベルである。始動口スイッチ14aに設けられている穴を金属の遊技球が通過していない場合には、始動口スイッチ14aの出力は、+12VがコイルLと抵抗Rの抵抗値で分圧された値であり、ハイレベルであるとみなされるしきい値レベルを越える。すなわち、検出信号は、ハイレベルである。従って、この実施の形態では、遊技制御用マイクロコンピュータは、始動口スイッチ14aからの出力がハイレベルであれば始動口スイッチ14aがオフ状態であると判断することができ、始動口スイッチ14aからの出力がローレベルであれば始動口スイッチ14aがオン状態であると判断することができる(すなわち、始動口スイッチ14aの出力は負論理となっている)。なお、検出信号のレベルを入力ドライバ回路で論理反転してから遊技制御用マイクロコンピュータ560に入力するように構成してもよい。   When a metal game ball passes through a hole provided in the start port switch 14a which is a proximity switch, a counter electromotive force is generated in the coil L, and the equivalent resistance value of the coil L becomes extremely large. Accordingly, the output of the start port switch 14a becomes a low level close to 0V. That is, the detection signal is at a low level. When the metal game ball does not pass through the hole provided in the start port switch 14a, the output of the start port switch 14a is a value obtained by dividing + 12V by the resistance value of the coil L and the resistance R. Exceed a threshold level, which is considered to be high. That is, the detection signal is at a high level. Therefore, in this embodiment, the game control microcomputer can determine that the start port switch 14a is in the OFF state if the output from the start port switch 14a is at a high level. If the output is at a low level, it can be determined that the start port switch 14a is in the ON state (that is, the output of the start port switch 14a is negative logic). The detection signal level may be logically inverted by the input driver circuit and then input to the game control microcomputer 560.
なお、この実施の形態では、大入賞口に関しては、カウントスイッチ23の検出信号のレベルが入力ドライバ回路で論理反転してから遊技制御用マイクロコンピュータ560に入力される。従って、この実施の形態では、遊技制御用マイクロコンピュータは、カウントスイッチ23からの出力(論理反転後の出力)がローレベルであればカウントスイッチ23がオフ状態であると判断することができ、カウントスイッチ23からの出力(論理反転後の出力)がハイレベルであればカウントスイッチ23がオン状態であると判断することができる。   In this embodiment, the level of the detection signal of the count switch 23 is input to the game control microcomputer 560 after the logic of the input signal is inverted by the input driver circuit for the special winning opening. Therefore, in this embodiment, the game control microcomputer can determine that the count switch 23 is in the OFF state if the output from the count switch 23 (output after logic inversion) is at a low level. If the output from the switch 23 (output after logic inversion) is at a high level, it can be determined that the count switch 23 is on.
また、この実施の形態では、入賞口29,30に関しては、入賞口スイッチ29a,30aの検出信号のレベルが入力ドライバ回路で論理反転してから遊技制御用マイクロコンピュータ560に入力される。従って、この実施の形態では、遊技制御用マイクロコンピュータは、入賞口スイッチ29a,30aからの出力(論理反転後の出力)がローレベルであれば入賞口スイッチ29a,30aがオフ状態であると判断することができ、入賞口スイッチ29a,30aからの出力(論理反転後の出力)がハイレベルであれば入賞口スイッチ29a,30aがオン状態であると判断することができる。   In this embodiment, the levels of the detection signals of the winning opening switches 29a and 30a are logically inverted by the input driver circuit and input to the game control microcomputer 560 for the winning openings 29 and 30. Therefore, in this embodiment, the game control microcomputer determines that the winning opening switches 29a and 30a are in the OFF state if the output from the winning opening switches 29a and 30a (output after logic inversion) is at a low level. If the outputs from the winning opening switches 29a and 30a (output after logic inversion) are at a high level, it can be determined that the winning opening switches 29a and 30a are in the ON state.
図6(B)には、入賞確認スイッチ14b(フォトセンサ)が示されている。図6(B)に示すフォトセンサは、発光する発光ダイオード(LED)341と、受光して電流を出力するフォトトランジスタ342とで構成されている。発光ダイオード341およびフォトトランジスタ342の近傍を遊技球が通過すると、遊技球が反射した発光ダイオード341からの光をフォトトランジスタ342が受光して出力側に電流を流す。なお、この場合、フォトトランジスタ342のコレクタ端子からエミッタ端子の向きに電流が流れることにより、フォトセンサの検出信号は、近接スイッチと同様に負論理である。ただし、この実施の形態では、入賞確認スイッチ14bの検出信号は、入力ドライバ回路で論理反転してから遊技制御用マイクロコンピュータ560に入力される。従って、この実施の形態では、遊技制御用マイクロコンピュータは、入賞確認スイッチ14bからの出力(論理反転後の出力)がローレベルであれば入賞確認スイッチ14bがオフ状態であると判断することができ、入賞確認スイッチ14bからの出力(論理反転後の出力)がハイレベルであれば入賞確認スイッチ14bがオン状態であると判断することができる。   FIG. 6B shows a winning confirmation switch 14b (photo sensor). The photosensor illustrated in FIG. 6B includes a light-emitting diode (LED) 341 that emits light and a phototransistor 342 that receives light and outputs current. When the game ball passes in the vicinity of the light-emitting diode 341 and the phototransistor 342, the phototransistor 342 receives light from the light-emitting diode 341 reflected by the game ball and causes a current to flow to the output side. In this case, since a current flows from the collector terminal of the phototransistor 342 toward the emitter terminal, the detection signal of the photosensor is negative logic as in the proximity switch. However, in this embodiment, the detection signal of the winning confirmation switch 14b is logically inverted by the input driver circuit and then input to the game control microcomputer 560. Therefore, in this embodiment, the game control microcomputer can determine that the winning confirmation switch 14b is in an OFF state if the output from the winning confirmation switch 14b (output after logic inversion) is at a low level. If the output from the winning confirmation switch 14b (output after logic inversion) is at a high level, it can be determined that the winning confirmation switch 14b is in the on state.
なお、この実施の形態では、入賞確認スイッチ23b,29b,30bの検出信号も、同様に、入力ドライバ回路で論理反転してから遊技制御用マイクロコンピュータ560に入力される。従って、この実施の形態では、遊技制御用マイクロコンピュータは、入賞確認スイッチ23b,29b,30bからの出力(論理反転後の出力)がローレベルであれば入賞確認スイッチ23b,29b,30bがオフ状態であると判断することができ、入賞確認スイッチ23b,29b,30bからの出力(論理反転後の出力)がハイレベルであれば入賞確認スイッチ23b,29b,30bがオン状態であると判断することができる。   In this embodiment, the detection signals of the winning confirmation switches 23b, 29b, and 30b are similarly logically inverted by the input driver circuit and then input to the game control microcomputer 560. Therefore, in this embodiment, the game control microcomputer is in the off state if the winning confirmation switches 23b, 29b, and 30b are in the OFF state if the outputs from the winning confirmation switches 23b, 29b, and 30b (output after logic inversion) are at a low level. If the output from the winning confirmation switches 23b, 29b, 30b (output after logic inversion) is at a high level, it is determined that the winning confirmation switches 23b, 29b, 30b are on. Can do.
なお、この実施の形態では、フォトセンサとして反射型のフォトセンサが用いられるが、図6(C)における上段に示すように、発光素子(LED341)と受光素子(フォトトランジスタ342)とを入賞球経路を挟むように対向させて設置し、遊技球が発光素子からの光を遮ることによって受光素子が光を検出しなくなることによって、発光素子と受光素子との間を通過した遊技球を検出する透過型のフォトセンサを用いてもよい。透過型のフォトセンサを用いる場合に、図6(C)における下段に示すように、発光素子の光軸(図6(C)において黒丸で例示されている。)が、遊技球経路(入賞球経路)を通過する遊技球の中央部からずれるように、発光素子および受光素子を設置することが好ましい。光軸が遊技球の中央部に相当するように設置する場合に比べて、連続して通過する2つの遊技球の間隔が相対的に広い部分(図6(C)における「空隙」の部分)において遊技球を検知することができ、2つの遊技球を別個に検出しやすいからである。同様の理由で、図6(B)に例示する反射型のフォトセンサを用いる場合にも、発光素子からの光の反射点が遊技球の中央部からずれるように、発光素子および受光素子を設置することが好ましい。   In this embodiment, a reflective photosensor is used as the photosensor. However, as shown in the upper part of FIG. 6C, a light-emitting element (LED 341) and a light-receiving element (phototransistor 342) are used as winning balls. The game balls that have been installed so as to face each other and the game ball blocks light from the light emitting element and the light receiving element does not detect the light, thereby detecting the game ball that has passed between the light emitting element and the light receiving element. A transmissive photosensor may be used. When a transmissive photosensor is used, as shown in the lower part of FIG. 6C, the optical axis of the light emitting element (illustrated by a black circle in FIG. 6C) is a game ball path (winning ball). It is preferable to install the light emitting element and the light receiving element so as to deviate from the center of the game ball passing through the route. Compared with the case where the optical axis corresponds to the central portion of the game ball, a portion where the interval between two game balls passing through is relatively wide (the “void” portion in FIG. 6C). This is because the game ball can be detected at, and the two game balls can be easily detected separately. For the same reason, when using the reflective photosensor illustrated in FIG. 6B, the light emitting element and the light receiving element are installed so that the reflection point of the light from the light emitting element is shifted from the center of the game ball. It is preferable to do.
図7は、主基板(遊技制御基板)31における回路構成の一例を示すブロック図である。なお、図7には、払出制御基板37および演出制御基板80等も示されている。主基板31には、プログラムに従ってパチンコ遊技機1を制御する遊技制御用マイクロコンピュータ(遊技制御手段に相当)560、制御用クロック生成回路111、および乱数用クロック生成回路112が搭載されている。遊技制御用マイクロコンピュータ560は、ゲーム制御(遊技進行制御)用のプログラム等を記憶するROM54、ワークメモリとして使用される記憶手段としてのRAM55、プログラムに従って制御動作を行うCPU56およびI/Oポート部57を含む。この実施の形態では、ROM54およびRAM55は遊技制御用マイクロコンピュータ560に内蔵されている。すなわち、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、1チップマイクロコンピュータである。1チップマイクロコンピュータには、少なくともRAM55が内蔵されていればよく、ROM54は外付けであっても内蔵されていてもよい。また、I/Oポート部57は、外付けであってもよい。さらに、ハードウェア乱数(ハードウェア回路が発生する乱数)を発生する乱数回路509が内蔵されている。   FIG. 7 is a block diagram showing an example of a circuit configuration in the main board (game control board) 31. FIG. 7 also shows the payout control board 37, the effect control board 80, and the like. On the main board 31, a game control microcomputer (corresponding to a game control means) 560 for controlling the pachinko gaming machine 1 according to a program, a control clock generation circuit 111, and a random number clock generation circuit 112 are mounted. The game control microcomputer 560 includes a ROM 54 for storing a game control (game progress control) program and the like, a RAM 55 as storage means used as a work memory, a CPU 56 for performing control operations in accordance with the program, and an I / O port unit 57. including. In this embodiment, the ROM 54 and the RAM 55 are built in the game control microcomputer 560. That is, the game control microcomputer 560 is a one-chip microcomputer. The one-chip microcomputer only needs to include at least the RAM 55, and the ROM 54 may be external or internal. The I / O port unit 57 may be externally attached. Furthermore, a random number circuit 509 for generating hardware random numbers (random numbers generated by the hardware circuit) is incorporated.
ここで、制御用クロック生成回路111は、遊技制御用マイクロコンピュータ560の外部にて、所定周波数の発振信号となる制御用クロックCCLKを生成する。制御用クロック生成回路111により生成された制御用クロックCCLKは、例えば、遊技制御用マイクロコンピュータ560の制御用外部クロック端子EXCを介してクロック回路502に供給される。乱数用クロック生成回路112は、遊技制御用マイクロコンピュータ560の外部にて、制御用クロックCCLKの発振周波数とは異なる所定周波数の発振信号となる乱数用クロックRCLKを生成する。乱数用クロック生成回路112により生成された乱数用クロックRCLKは、例えば、遊技制御用マイクロコンピュータ560の乱数用外部クロック端子ERCを介して乱数回路509に供給される。一例として、乱数用クロック生成回路112により生成される乱数用クロックRCLKの発振周波数は、制御用クロック生成回路111により生成される制御用クロックCCLKの発振周波数以下となるようにすればよい。あるいは、乱数用クロック生成回路112により生成される乱数用クロックRCLKの発振周波数は、制御用クロック生成回路111により生成される制御用クロックCCLKの発振周波数よりも高周波となるようにしてもよい。   Here, the control clock generation circuit 111 generates a control clock CCLK that becomes an oscillation signal of a predetermined frequency outside the game control microcomputer 560. The control clock CCLK generated by the control clock generation circuit 111 is supplied to the clock circuit 502 via the control external clock terminal EXC of the game control microcomputer 560, for example. The random number clock generation circuit 112 generates a random number clock RCLK that is an oscillation signal having a predetermined frequency different from the oscillation frequency of the control clock CCLK, outside the game control microcomputer 560. The random number clock RCLK generated by the random number clock generation circuit 112 is supplied to the random number circuit 509 via the random number external clock terminal ERC of the game control microcomputer 560, for example. As an example, the oscillation frequency of the random number clock RCLK generated by the random number clock generation circuit 112 may be equal to or lower than the oscillation frequency of the control clock CCLK generated by the control clock generation circuit 111. Alternatively, the oscillation frequency of the random number clock RCLK generated by the random number clock generation circuit 112 may be higher than the oscillation frequency of the control clock CCLK generated by the control clock generation circuit 111.
なお、遊技制御用マイクロコンピュータ560においてCPU56がROM54に格納されているプログラムに従って制御を実行するので、以下、遊技制御用マイクロコンピュータ560(またはCPU56)が実行する(または、処理を行う)ということは、具体的には、CPU56がプログラムに従って制御を実行することである。このことは、主基板31以外の他の基板に搭載されているマイクロコンピュータについても同様である。   In the game control microcomputer 560, the CPU 56 executes control in accordance with the program stored in the ROM 54, so that the game control microcomputer 560 (or CPU 56) executes (or performs processing) hereinafter. Specifically, the CPU 56 executes control according to a program. The same applies to microcomputers mounted on substrates other than the main substrate 31.
遊技制御用マイクロコンピュータ560は、始動口スイッチ14aへの始動入賞が生じたときに乱数回路509から数値データをランダムRとして読み出し、特別図柄および演出図柄の変動開始時にランダムRにもとづいて特定の表示結果としての大当り表示結果にするか否か、すなわち、大当りとするか否かを決定する。そして、大当りとすると決定したときに、遊技状態を遊技者にとって有利な特定遊技状態としての大当り遊技状態に移行させる。   The game control microcomputer 560 reads numerical data from the random number circuit 509 as a random R when a start winning to the start port switch 14a occurs, and performs a specific display based on the random R at the start of the variation of the special symbol and the production symbol. It is determined whether or not to make a jackpot display result as a result, that is, whether or not to make a jackpot. Then, when it is determined to be a big hit, the gaming state is shifted to a big hit gaming state as a specific gaming state advantageous to the player.
また、遊技制御用マイクロコンピュータ560には、払出制御基板37(の払出制御用マイクロコンピュータ370)とシリアル通信で信号を入出力(送受信)するためのシリアル通信回路511が内蔵されている。なお、払出制御用マイクロコンピュータ370にも、遊技制御用マイクロコンピュータ560とシリアル通信で信号を入出力するためのシリアル通信回路が内蔵されている。   The game control microcomputer 560 has a built-in serial communication circuit 511 for inputting / outputting (transmitting / receiving) signals with the payout control board 37 (the payout control microcomputer 370) through serial communication. The payout control microcomputer 370 also includes a serial communication circuit for inputting / outputting signals through the game control microcomputer 560 through serial communication.
なお、この実施の形態では、遊技制御用マイクロコンピュータ560と払出制御用マイクロコンピュータ370との間でシリアル通信を行う場合を示しているが、演出制御基板80側にもシリアル通信回路を搭載するようにし、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、シリアル通信方式を用いて演出制御コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信するように制御してもよい。   In this embodiment, serial communication is performed between the game control microcomputer 560 and the payout control microcomputer 370, but a serial communication circuit is also mounted on the effect control board 80 side. In addition, the game control microcomputer 560 may be controlled to transmit the effect control command to the effect control microcomputer 100 using a serial communication method.
また、RAM55は、その一部または全部が電源基板において作成されるバックアップ電源によってバックアップされている不揮発性記憶手段としてのバックアップRAMである。すなわち、遊技機に対する電力供給が停止しても、所定期間(バックアップ電源としてのコンデンサが放電してバックアップ電源が電力供給不能になるまで)は、RAM55の一部または全部の内容は保存される。特に、少なくとも、遊技状態すなわち遊技制御手段の制御状態に応じたデータ(特別図柄プロセスフラグや、保留記憶数をカウントするための保留記憶数カウンタの値など)と未払出賞球数を示すデータ(具体的には、後述する賞球コマンド出力カウンタの値)は、バックアップRAMに保存される。遊技制御手段の制御状態に応じたデータとは、停電等が生じた後に復旧した場合に、そのデータにもとづいて、遊技を再開させるために必要なデータである。また、制御状態に応じたデータと未払出賞球数を示すデータとを遊技の進行状態を示すデータと定義する。また、この実施の形態では、排出異常が発生した場合に後述する排出異常フラグがセットされるのであるが、この排出異常フラグもバックアップRAMに記憶されバックアップされる。なお、この実施の形態では、RAM55の全部が、電源バックアップされているとする。   The RAM 55 is a backup RAM as a non-volatile storage means, part or all of which is backed up by a backup power supply created on the power supply board. That is, even if the power supply to the gaming machine is stopped, a part or all of the contents of the RAM 55 is stored for a predetermined period (until the capacitor as the backup power supply is discharged and the backup power supply cannot be supplied). In particular, at least data corresponding to the game state, that is, the control state of the game control means (a special symbol process flag, a value of a reserved memory number counter for counting the number of reserved memories) and data indicating the number of unpaid winning balls ( Specifically, a value of a prize ball command output counter (to be described later) is stored in the backup RAM. The data corresponding to the control state of the game control means is data necessary for resuming the game based on the data when the power is restored after a power failure or the like occurs. Further, data corresponding to the control state and data indicating the number of unpaid winning balls are defined as data indicating the progress state of the game. In this embodiment, when a discharge abnormality occurs, a discharge abnormality flag, which will be described later, is set. This discharge abnormality flag is also stored in the backup RAM and backed up. In this embodiment, it is assumed that the entire RAM 55 is backed up.
遊技制御用マイクロコンピュータ560のリセット端子には、電源基板からのリセット信号が入力される。電源基板には、遊技制御用マイクロコンピュータ560等に供給されるリセット信号を生成するリセット回路が搭載されている。なお、リセット信号がハイレベルになると遊技制御用マイクロコンピュータ560等は動作可能状態になり、リセット信号がローレベルになると遊技制御用マイクロコンピュータ560等は動作停止状態になる。従って、リセット信号がハイレベルである期間は、遊技制御用マイクロコンピュータ560等の動作を許容する許容信号が出力されていることになり、リセット信号がローレベルである期間は、遊技制御用マイクロコンピュータ560等の動作を停止させる動作停止信号が出力されていることになる。なお、リセット回路をそれぞれの電気部品制御基板(電気部品を制御するためのマイクロコンピュータが搭載されている基板)に搭載してもよい。   A reset signal from the power supply board is input to the reset terminal of the game control microcomputer 560. A reset circuit for generating a reset signal supplied to the game control microcomputer 560 and the like is mounted on the power supply board. When the reset signal becomes high level, the game control microcomputer 560 and the like are in an operable state, and when the reset signal becomes low level, the game control microcomputer 560 and the like are in an operation stop state. Therefore, an allowable signal that allows the operation of the game control microcomputer 560 or the like is output during a period when the reset signal is at a high level, and a game control microcomputer is output when the reset signal is at a low level. An operation stop signal for stopping the operation of 560 or the like is output. Note that the reset circuit may be mounted on each electric component control board (a board on which a microcomputer for controlling the electric parts is mounted).
さらに、遊技制御用マイクロコンピュータ560の入力ポートには、電源基板からの電源電圧が所定値以下に低下したことを示す電源断信号が入力される。すなわち、電源基板には、遊技機において使用される所定電圧(例えば、DC30VやDC5Vなど)の電圧値を監視して、電圧値があらかじめ定められた所定値にまで低下すると(電源電圧の低下を検出すると)、その旨を示す電源断信号を出力する電源監視回路が搭載されている。なお、電源監視回路を電源基板に搭載するのではなく、バックアップ電源によって電源バックアップされる基板(例えば、主基板31)に搭載するようにしてもよい。また、遊技制御用マイクロコンピュータ560の入力ポートには、RAMの内容をクリアすることを指示するためのクリアスイッチが操作されたことを示すクリア信号(図示せず)が入力される。   Further, a power-off signal indicating that the power supply voltage from the power supply board has dropped below a predetermined value is input to the input port of the game control microcomputer 560. That is, the power supply board monitors the voltage value of a predetermined voltage (for example, DC30V or DC5V) used in the gaming machine, and when the voltage value decreases to a predetermined value (the power supply voltage is reduced). A power supply monitoring circuit that outputs a power-off signal indicating that). Instead of mounting the power monitoring circuit on the power supply board, it may be mounted on a board that is backed up by a backup power supply (for example, the main board 31). A clear signal (not shown) indicating that the clear switch for instructing to clear the contents of the RAM is operated is input to the input port of the game control microcomputer 560.
また、ゲートスイッチ32a、始動口スイッチ14a、入賞確認1スイッチ14b、カウントスイッチ23、入賞確認2スイッチ23b、各入賞口スイッチ29a,30a、入賞確認3スイッチ29bおよび入賞確認4スイッチ30bからの検出信号を基本回路53に与える入力ドライバ回路58も主基板31に搭載され、可変入賞球装置15を開閉するソレノイド16、および特別可変入賞球装置を開閉するソレノイド21を基本回路53からの指令に従って駆動する出力回路59も主基板31に搭載され、電源投入時に遊技制御用マイクロコンピュータ560をリセットするためのシステムリセット回路(図示せず)や、大当り遊技状態の発生を示す大当り情報等の情報出力信号を、ターミナル基板160を介して、ホールコンピュータ等の外部装置に対して出力する情報出力回路64も主基板31に搭載されている。   Also, detection signals from the gate switch 32a, the start opening switch 14a, the winning confirmation 1 switch 14b, the count switch 23, the winning confirmation 2 switch 23b, each winning opening switch 29a, 30a, the winning confirmation 3 switch 29b and the winning confirmation 4 switch 30b. Is also mounted on the main board 31 to drive the solenoid 16 for opening and closing the variable winning ball apparatus 15 and the solenoid 21 for opening and closing the special variable winning ball apparatus in accordance with a command from the basic circuit 53. An output circuit 59 is also mounted on the main board 31 and provides an information output signal such as a system reset circuit (not shown) for resetting the game control microcomputer 560 when the power is turned on, and a jackpot information indicating the occurrence of a jackpot gaming state. The hall computer via the terminal board 160 Information output circuit 64 to be output to the external device is also mounted on the main substrate 31.
この実施の形態では、演出制御基板80に搭載されている演出制御手段(演出制御用マイクロコンピュータで構成される。)が、中継基板77を介して遊技制御用マイクロコンピュータ560からの演出制御コマンドを受信し、演出図柄を可変表示する演出表示装置9の表示制御を行う。   In this embodiment, the effect control means (configured by the effect control microcomputer) mounted on the effect control board 80 receives the effect control command from the game control microcomputer 560 via the relay board 77. The display control of the effect display device 9 that receives and displays the effect symbol variably is performed.
図8は、中継基板77、演出制御基板80、ランプドライバ基板35および音声出力基板70の回路構成例を示すブロック図である。なお、図8に示す例では、ランプドライバ基板35および音声出力基板70には、マイクロコンピュータは搭載されていないが、マイクロコンピュータを搭載してもよい。また、ランプドライバ基板35および音声出力基板70を設けずに、演出制御に関して演出制御基板80のみを設けてもよい。   FIG. 8 is a block diagram illustrating a circuit configuration example of the relay board 77, the effect control board 80, the lamp driver board 35, and the audio output board 70. In the example shown in FIG. 8, the lamp driver board 35 and the audio output board 70 are not equipped with a microcomputer, but may be equipped with a microcomputer. Further, without providing the lamp driver board 35 and the audio output board 70, only the effect control board 80 may be provided for effect control.
演出制御基板80は、演出制御用CPU101、および演出図柄プロセスフラグ等の演出に関する情報を記憶するRAMを含む演出制御用マイクロコンピュータ100を搭載している。なお、RAMは外付けであってもよい。この実施の形態では、演出制御用マイクロコンピュータ100におけるRAMは電源バックアップされていない。演出制御基板80において、演出制御用CPU101は、内蔵または外付けのROM(図示せず)に格納されたプログラムに従って動作し、中継基板77を介して入力される主基板31からの取込信号(演出制御INT信号)に応じて、入力ドライバ102および入力ポート103を介して演出制御コマンドを受信する。また、演出制御用CPU101は、演出制御コマンドにもとづいて、VDP(ビデオディスプレイプロセッサ)109に演出表示装置9の表示制御を行わせる。   The effect control board 80 includes an effect control CPU 101 and an effect control microcomputer 100 including a RAM for storing information related to effects such as effect symbol process flags. The RAM may be externally attached. In this embodiment, the RAM in the production control microcomputer 100 is not backed up. In the effect control board 80, the effect control CPU 101 operates in accordance with a program stored in a built-in or external ROM (not shown), and receives a capture signal from the main board 31 input via the relay board 77 ( In response to the (effect control INT signal), an effect control command is received via the input driver 102 and the input port 103. Further, the effect control CPU 101 causes the VDP (video display processor) 109 to perform display control of the effect display device 9 based on the effect control command.
この実施の形態では、演出制御用マイクロコンピュータ100と共動して演出表示装置9の表示制御を行うVDP109が演出制御基板80に搭載されている。VDP109は、演出制御用マイクロコンピュータ100とは独立したアドレス空間を有し、そこにVRAMをマッピングする。VRAMは、画像データを展開するためのバッファメモリである。そして、VDP109は、VRAM内の画像データをフレームメモリを介して演出表示装置9に出力する。   In this embodiment, a VDP 109 that performs display control of the effect display device 9 in cooperation with the effect control microcomputer 100 is mounted on the effect control board 80. The VDP 109 has an address space independent of the production control microcomputer 100, and maps a VRAM therein. VRAM is a buffer memory for developing image data. Then, the VDP 109 outputs the image data in the VRAM to the effect display device 9 via the frame memory.
演出制御用CPU101は、受信した演出制御コマンドに従ってCGROM(図示せず)から必要なデータを読み出すための指令をVDP109に出力する。CGROMは、演出表示装置9に表示されるキャラクタ画像データや動画像データ、具体的には、人物、文字、図形や記号等(演出図柄を含む)、および背景画像のデータをあらかじめ格納しておくためのROMである。VDP109は、演出制御用CPU101の指令に応じて、CGROMから画像データを読み出す。そして、VDP109は、読み出した画像データにもとづいて表示制御を実行する。   The effect control CPU 101 outputs to the VDP 109 a command for reading out necessary data from a CGROM (not shown) in accordance with the received effect control command. The CGROM stores character image data and moving image data displayed on the effect display device 9, specifically, a person, characters, figures, symbols (including effect symbols), and background image data in advance. ROM. The VDP 109 reads image data from the CGROM in response to the instruction from the effect control CPU 101. The VDP 109 executes display control based on the read image data.
さらに、演出制御用CPU101は、出力ポート105を介してランプドライバ基板35に対してランプを駆動する信号を出力する。また、演出制御用CPU101は、出力ポート104を介して音声出力基板70に対して音番号データを出力する。   Further, the effect control CPU 101 outputs a signal for driving the lamp to the lamp driver board 35 via the output port 105. Further, the production control CPU 101 outputs sound number data to the audio output board 70 via the output port 104.
ランプドライバ基板35において、ランプを駆動する信号は、入力ドライバ351を介してランプドライバ352に入力される。ランプドライバ352は、ランプを駆動する信号にもとづいて天枠ランプ28a、左枠ランプ28bおよび右枠ランプ28cなどの枠側に設けられている発光体に電流を供給する。また、遊技盤側に設けられている装飾ランプ25に電流を供給する。   In the lamp driver board 35, a signal for driving the lamp is input to the lamp driver 352 via the input driver 351. The lamp driver 352 supplies current to light emitters provided on the frame side such as the top frame lamp 28a, the left frame lamp 28b, and the right frame lamp 28c based on a signal for driving the lamp. In addition, a current is supplied to the decorative lamp 25 provided on the game board side.
音声出力基板70において、音番号データは、入力ドライバ702を介して音声合成用IC703に入力される。音声合成用IC703は、音番号データに応じた音声や効果音を発生し増幅回路705に出力する。増幅回路705は、音声合成用IC703の出力レベルを、ボリューム706で設定されている音量に応じたレベルに増幅した音声信号をスピーカ27に出力する。音声データROM704には、音番号データに応じた制御データが格納されている。音番号データに応じた制御データは、所定期間(例えば演出図柄の変動期間)における効果音または音声の出力態様を時系列的に示すデータの集まりである。   In the voice output board 70, the sound number data is input to the voice synthesis IC 703 via the input driver 702. The voice synthesizing IC 703 generates voice or sound effect according to the sound number data, and outputs it to the amplifier circuit 705. The amplification circuit 705 outputs an audio signal obtained by amplifying the output level of the speech synthesis IC 703 to a level corresponding to the volume set by the volume 706 to the speaker 27. The voice data ROM 704 stores control data corresponding to the sound number data. The control data corresponding to the sound number data is a collection of data showing the output form of the sound effect or sound in a time series in a predetermined period (for example, the changing period of the effect design).
図9は、遊技制御手段における出力ポートの割り当ての例を示す説明図である。図9に示すように、出力ポート0からは、払出制御基板37に送信される払出制御信号(本例では、接続信号)が出力される。また、大入賞口を開閉する可変入賞球装置20を開閉するためのソレノイド(大入賞口扉ソレノイド)21、および可変入賞球装置15を開閉するためのソレノイド(普通電動役物ソレノイド)16に対する駆動信号も、出力ポート0から出力される。また、出力ポート0から、ターミナル基板160を介して外部装置(例えば、ホールコンピュータ)に対して出力される信号のうち高確中信号も出力される。   FIG. 9 is an explanatory diagram showing an example of output port assignment in the game control means. As shown in FIG. 9, a payout control signal (in this example, a connection signal) transmitted to the payout control board 37 is output from the output port 0. Further, a solenoid (large winning port door solenoid) 21 for opening and closing a variable winning ball device 20 for opening and closing the big winning port, and a solenoid (ordinary electric accessory solenoid) 16 for opening and closing the variable winning ball device 15 are driven. The signal is also output from output port 0. In addition, a high-accuracy medium signal among signals output from the output port 0 to an external device (for example, a hall computer) via the terminal board 160 is also output.
なお、図9に示された「論理」(例えば1がオン状態)と逆の論理(例えば0がオン状態)を用いてもよいが、特に、接続信号については、主基板31と払出制御基板37との間の信号線において断線が生じた場合やケーブル外れの場合(ケーブル未接続を含む)等に、払出制御用マイクロコンピュータ370では必ずオフ状態と検知されるように「論理」が定められる。具体的には、一般に、断線やケーブル外れが生ずると信号の受信側ではハイレベルが検知されるので、主基板31と払出制御基板37との間の信号線でのハイレベルが、遊技制御手段における出力ポートにおいてオフ状態になるように「論理」が定められる。従って、必要であれば、主基板31において出力ポートの外側に、信号を論理反転させる出力バッファ回路が設置される。   Note that the logic (for example, 0 is on) opposite to the “logic” (for example, 1 is on) shown in FIG. 9 may be used. In particular, for the connection signal, the main board 31 and the payout control board. The “logic” is determined so that the payout control microcomputer 370 always detects the off state when the signal line to the terminal 37 is disconnected or when the cable is disconnected (including no cable connection). . Specifically, generally, when disconnection or cable disconnection occurs, a high level is detected on the signal receiving side, so the high level on the signal line between the main board 31 and the payout control board 37 is the game control means. The “logic” is determined to be in the off state at the output port at. Therefore, if necessary, an output buffer circuit for logically inverting the signal is provided outside the output port on the main board 31.
そして、出力ポート1から、ターミナル基板160を介して、外部装置(例えば、ホールコンピュータ)に対して、各種情報出力用信号すなわち制御に関わる情報(例えば、図柄確定回数1信号、始動口信号、大当り1信号、大当り2信号、大当り3信号、時短信号、入賞信号、セキュリティ信号)の出力データが出力される。ただし、既に説明したように、外部出力される信号のうち高確中信号については、出力ポート0から出力される。なお、この実施の形態では、後述する賞球情報(賞球払出を10個検出するごとに出力される信号)も、ターミナル基板160を介して外部装置に出力される。この場合、払出制御基板37側において、賞球払出が検出され、賞球情報が主基板31に入力される。そして、主基板31に入力された賞球情報は、遊技制御用マイクロコンピュータ560を経由することなく、主基板31上をそのまま経由してターミナル基板160を介して外部出力される。なお、主基板31に入力された賞球情報は、遊技制御用マイクロコンピュータ560を一旦経由してから、ターミナル基板160を介して外部出力されるようにしてもよい。   From the output port 1 to the external device (for example, hall computer) via the terminal board 160, various information output signals, that is, information related to the control (for example, symbol determination frequency 1 signal, start port signal, jackpot 1 signal, 2 jackpots, 3 jackpots, time-short signal, winning signal, security signal) are output. However, as already described, the high-accuracy intermediate signal among the signals output externally is output from the output port 0. In this embodiment, prize ball information (a signal outputted every time ten prize ball payouts are detected) is also outputted to an external device via the terminal board 160. In this case, on the payout control board 37 side, a prize ball payout is detected, and prize ball information is input to the main board 31. The prize ball information input to the main board 31 is output to the outside via the terminal board 160 via the main board 31 as it is without passing through the game control microcomputer 560. The prize ball information input to the main board 31 may be output to the outside via the terminal board 160 after temporarily passing through the game control microcomputer 560.
なお、ターミナル基板160を介して外部出力される信号は、この実施の形態で示したものに限られない。例えば、遊技枠が開放状態であることを示すドア開放信号や、後述する賞球信号1(賞球払出を1個検出するごとに出力される信号)、遊技機エラー状態信号(遊技機がエラー状態(本例では、球切れエラー状態または満タンエラー状態)であることを示す信号)も、ターミナル基板160を介して外部装置に出力されるようにしてもよい。この場合、払出制御基板37側において、遊技枠が開放状態であることや、賞球払出、遊技機のエラー状態も検出され、ドア開放信号や賞球信号1、遊技機エラー状態信号が主基板31に入力される。そして、主基板31に入力されたドア開放信号や賞球信号1、遊技機エラー状態信号は、遊技制御用マイクロコンピュータ560を経由することなく、主基板31上をそのまま経由してターミナル基板160を介して外部出力される。なお、この場合も、主基板31に入力されたドア開放信号や賞球信号1、遊技機エラー状態信号は、遊技制御用マイクロコンピュータ560を一旦経由してから、ターミナル基板160を介して外部出力されるようにしてもよい。   Note that signals output to the outside via the terminal board 160 are not limited to those shown in this embodiment. For example, a door opening signal indicating that the gaming frame is in an open state, a prize ball signal 1 (a signal output every time one prize ball payout is detected), a gaming machine error status signal (a gaming machine has an error) The state (in this example, a signal indicating that the ball is out of error state or full tank error state) may also be output to the external device via the terminal board 160. In this case, on the payout control board 37 side, it is also detected that the gaming frame is in an open state, a prize ball payout, and an error state of the gaming machine, and the door opening signal, the prize ball signal 1, and the gaming machine error status signal are the main board. 31. The door opening signal, the prize ball signal 1, and the gaming machine error state signal input to the main board 31 are not transmitted through the game control microcomputer 560 but directly passed through the main board 31 to the terminal board 160. Output externally. Also in this case, the door opening signal, the prize ball signal 1 and the gaming machine error state signal input to the main board 31 pass through the gaming control microcomputer 560 once and then externally output via the terminal board 160. You may be made to do.
また、例えば、特別図柄表示装置を2つ備えるように遊技機を構成する場合、特別図柄の変動回数を通知するための図柄確定回数信号として図柄確定回数1信号に加えて図柄確定回数2信号も、ターミナル基板160を介して外部出力するようにしてもよい。この場合、例えば、いずれか一方の特別図柄の変動回数のみを通知するための信号として図柄確定回数2信号を外部出力するようにし、両方の特別図柄の変動回数を通知するための信号として図柄確定回数1信号を外部出力するように構成すればよい。そのように構成すれば、ホールコンピュータなどの外部装置側において、いずれか一方の特別図柄のみの変動回数に加えて、両方の特別図柄の合計の変動回数も把握することができる。   In addition, for example, when a gaming machine is configured to include two special symbol display devices, a symbol determination number 2 signal is also added in addition to a symbol determination number 1 signal as a symbol determination number signal for notifying the number of changes in the special symbol. Alternatively, an external output may be made via the terminal board 160. In this case, for example, the symbol determination frequency 2 signal is externally output as a signal for notifying only the number of changes in one of the special symbols, and the symbol is determined as a signal for notifying the number of variations in both special symbols. What is necessary is just to comprise so that the frequency 1 signal may be output outside. With such a configuration, on the side of an external device such as a hall computer, in addition to the number of fluctuations of only one of the special symbols, the total number of fluctuations of both special symbols can be grasped.
図10は、遊技制御手段における入力ポートのビット割り当ての例を示す説明図である。図10に示すように、入力ポート0のビット0,2〜7には、それぞれ、カウントスイッチ23の検出信号、入賞口スイッチ29a,30aの検出信号、入賞確認1スイッチ14b、入賞確認2スイッチ23b、入賞確認3スイッチ29b、および入賞確認4スイッチ30bの検出信号が入力される。また、入力ポート1のビット4〜7には、それぞれ、電波センサ信号、磁石センサ信号、ドア開放信号、賞球情報が入力される。また、入力ポート2のビット0,2〜4には、それぞれ、始動口スイッチ14aの検出信号、ゲートスイッチ32aの検出信号、電源基板910からのクリアスイッチの検出信号および電源断信号が入力される。   FIG. 10 is an explanatory diagram showing an example of bit assignment of input ports in the game control means. As shown in FIG. 10, the bits 0 and 2 to 7 of the input port 0 include the detection signal of the count switch 23, the detection signals of the winning opening switches 29a and 30a, the winning confirmation 1 switch 14b, and the winning confirmation 2 switch 23b, respectively. The detection signals of the winning confirmation 3 switch 29b and the winning confirmation 4 switch 30b are input. In addition, a radio wave sensor signal, a magnet sensor signal, a door opening signal, and prize ball information are input to the bits 4 to 7 of the input port 1, respectively. In addition, bits 0 and 2 to 4 of the input port 2 are input with a detection signal of the start port switch 14a, a detection signal of the gate switch 32a, a detection signal of the clear switch from the power supply board 910, and a power-off signal, respectively. .
図11は、ターミナル基板160の内部構成を示す回路図である。図11に示すターミナル基板160において、左側上段のコネクタCN−1,CN−2は、主基板31からの信号を伝達するケーブルを接続するためのコネクタであり、左側下段のコネクタCN−3は、払出制御基板37からの信号を、主基板31を経由して伝達するケーブルを接続するためのコネクタである。また、右側のコネクタCN1〜CN10は、ホールコンピュータなど外部装置に対して信号を伝達するケーブルを接続するためのコネクタである。また、ターミナル基板160には、ドライバ回路としての半導体リレー(PhotoMOSリレー)PC1〜PC10が搭載されている。   FIG. 11 is a circuit diagram showing the internal configuration of the terminal board 160. In the terminal board 160 shown in FIG. 11, the upper left connectors CN-1 and CN-2 are cables for connecting cables for transmitting signals from the main board 31, and the lower left connector CN-3 is This is a connector for connecting a cable for transmitting a signal from the payout control board 37 via the main board 31. The right connectors CN1 to CN10 are connectors for connecting cables that transmit signals to an external device such as a hall computer. The terminal board 160 is mounted with semiconductor relays (PhotoMOS relays) PC1 to PC10 as driver circuits.
主基板31からのケーブルがコネクタCN−1,CN−2に接続されることにより、主基板31(遊技制御用マイクロコンピュータ560)から各種信号がターミナル基板160に入力される。具体的には、コネクタCN−1の端子「2」に図柄確定回数1信号が入力され、コネクタCN−1の端子「3」に始動口信号が入力され、コネクタCN−1の端子「4」に大当り1信号が入力され、コネクタCN−1の端子「5」に大当り2信号が入力され、コネクタCN−1の端子「6」に大当り3信号が入力され、コネクタCN−1の端子「7」に時短信号が入力され、コネクタCN−1の端子「8」に入賞信号が入力され、コネクタCN−1の端子「9」にセキュリティ信号が入力され、コネクタCN−2の端子「9」に高確中信号が入力される。   When the cable from the main board 31 is connected to the connectors CN-1 and CN-2, various signals are input from the main board 31 (game control microcomputer 560) to the terminal board 160. Specifically, the symbol determination number 1 signal is input to the terminal “2” of the connector CN-1, the start port signal is input to the terminal “3” of the connector CN-1, and the terminal “4” of the connector CN-1 is input. 1 signal is input to the terminal “5” of the connector CN-1, 2 signals are input to the terminal “6” of the connector CN-1, and 3 signals of the jackpot are input to the terminal “7” of the connector CN-1. To the terminal “8” of the connector CN-1, a winning signal is input to the terminal “9” of the connector CN-1, and a terminal “9” of the connector CN-2 is input. A high-accuracy signal is input.
また、払出制御基板37からのケーブルが主基板31を経由してコネクタCN−3に接続されることにより、払出制御基板37(払出制御用マイクロコンピュータ370)からの信号がターミナル基板160に入力される。具体的には、コネクタCN−3の端子「9」に賞球情報が入力される。   Further, when the cable from the payout control board 37 is connected to the connector CN-3 via the main board 31, a signal from the payout control board 37 (the payout control microcomputer 370) is input to the terminal board 160. The Specifically, the prize ball information is input to the terminal “9” of the connector CN-3.
図11に示すように、ターミナル基板160では、コネクタCN−1、コネクタCN−2およびコネクタCN−3の端子「1」に基準電位の信号線が接続され、その信号線が分岐して、各々の半導体リレーPC1〜PC10の入力端子「1」に接続されている。また、コネクタCN−1の端子「2」〜「9」、コネクタCN−2のコネクタ「9」、およびコネクタCN−3のコネクタ「9」に接続された信号線は、それぞれ、1KΩの抵抗R1〜R10を介して半導体リレーPC1〜PC10の入力端子「2」に接続されている。また、半導体リレーPC1〜PC10の出力端子「4」に接続された信号線は、それぞれ、コネクタCN1〜CN10の端子「1」に接続されている。また、半導体リレーPC1〜PC10の出力端子「3」に接続された信号線は、それぞれ、コネクタCN1〜CN10の端子「2」に接続されている。   As shown in FIG. 11, in the terminal board 160, the signal line of the reference potential is connected to the terminal “1” of the connector CN-1, the connector CN-2, and the connector CN-3, and the signal lines are branched. Are connected to the input terminal “1” of the semiconductor relays PC1 to PC10. The signal lines connected to the terminals “2” to “9” of the connector CN-1, the connector “9” of the connector CN-2, and the connector “9” of the connector CN-3 are each 1KΩ resistance R1. Are connected to the input terminal “2” of the semiconductor relays PC1 to PC10 via R10. The signal lines connected to the output terminals “4” of the semiconductor relays PC1 to PC10 are connected to the terminals “1” of the connectors CN1 to CN10, respectively. The signal lines connected to the output terminals “3” of the semiconductor relays PC1 to PC10 are connected to the terminals “2” of the connectors CN1 to CN10, respectively.
半導体リレーPC1〜PC10では、入力端子に信号電流が流れると、入力側の発光素子(LED)が発光する。発光された光は、LEDと対向に設けられた光電素子(太陽電池)に透明シリコンを通って照射される。光を受けた光電素子は、光の量に応じて電圧に交換し、この電圧は制御回路を通って出力部のMOSFETゲートを充電する。光電素子より供給されるMOSFETゲート電圧が設定電圧値に達すると、MOSFETが導通状態になり、負荷をオンさせる。入力端子の信号電流が切れると、発光素子(LED)の発光が止まる。LEDの発光が止まると、光電素子の電圧が下がり、光電素子から供給される電圧が下がると制御回路により、MOSFETのゲート負荷を急速に放電させる。この制御回路によりMOSFETが非導通状態になり、負荷をオフさせる。   In the semiconductor relays PC1 to PC10, when a signal current flows through the input terminal, the light emitting element (LED) on the input side emits light. The emitted light is applied to the photoelectric element (solar cell) provided opposite to the LED through the transparent silicon. The photoelectric element that has received the light is exchanged for voltage according to the amount of light, and this voltage passes through the control circuit to charge the MOSFET gate of the output section. When the MOSFET gate voltage supplied from the photoelectric element reaches the set voltage value, the MOSFET becomes conductive and turns on the load. When the signal current at the input terminal is cut off, the light emitting element (LED) stops emitting light. When the light emission of the LED stops, the voltage of the photoelectric element decreases, and when the voltage supplied from the photoelectric element decreases, the gate load of the MOSFET is rapidly discharged by the control circuit. With this control circuit, the MOSFET is turned off and the load is turned off.
以上のような半導体リレーPC1〜PC10の動作により、入力側のコネクタCN−1、コネクタCN−2およびコネクタCN−3から入力された信号が出力側のコネクタCN1〜CN10に伝達され、ホールコンピュータなど外部装置に対して出力される。具体的には、コネクタCN1から図柄確定回数1信号が出力され、コネクタCN2から始動口信号が出力され、コネクタCN3から大当り1信号が出力され、コネクタCN4から大当り2信号が出力され、コネクタCN5から大当り3信号が出力され、コネクタCN6から時短信号が出力され、コネクタCN7から入賞信号が出力され、コネクタCN8からセキュリティ信号が出力され、コネクタCN9から高確中信号が出力され、コネクタCN10から賞球情報が出力される。なお、ターミナル基板160における各外部出力信号に対するコネクタの割り当ては、この実施の形態で示したものにかぎられない。例えば、セキュリティ信号については、ターミナル基板160に設けられた一番端のコネクタ(例えば、コネクタCN10)から出力されるようにしてもよい。   By the operation of the semiconductor relays PC1 to PC10 as described above, signals input from the input side connector CN-1, connector CN-2, and connector CN-3 are transmitted to the output side connectors CN1 to CN10, and a hall computer or the like. Output to an external device. Specifically, the design CN count 1 signal is output from the connector CN1, the start signal is output from the connector CN2, the jackpot signal is output from the connector CN3, the jackpot signal is output from the connector CN4, and the connector CN5 is output. Three jackpot signals are output, a time signal is output from the connector CN6, a winning signal is output from the connector CN7, a security signal is output from the connector CN8, a high-probability medium signal is output from the connector CN9, and a prize is output from the connector CN10. Sphere information is output. The assignment of connectors to each external output signal on terminal board 160 is not limited to that shown in this embodiment. For example, the security signal may be output from the end connector (for example, connector CN10) provided on the terminal board 160.
なお、コネクタCN7から出力される入賞信号は、所定数分(この実施の形態では、10個分)の賞球を払い出すための所定の払出条件が成立したこと(始動入賞口14、大入賞口、普通入賞口29,30への入賞が発生したこと。賞球の払出までは行われていない。具体的には、近接スイッチ(入賞口スイッチ29a,30a、カウントスイッチ23、始動口スイッチ14a)からの検出信号とフォトセンサ(入賞確認スイッチ29b,30b,23b,14b)からの検出信号との両方を入力したことを条件として、所定の払出条件が成立したと判定されたこと。)を示す信号である。入賞信号を確認することによって、払い出される賞球数の予定数を、ホールコンピュータなどの外部装置側で認識できるようにすることができる。   The winning signal output from the connector CN7 indicates that a predetermined payout condition for paying out a predetermined number (in this embodiment, 10 balls) of winning balls is satisfied (start winning port 14, large winning prize). The winning prizes are generated at the mouths and the normal winning holes 29 and 30. The prize balls are not paid out. Specifically, the proximity switches (the winning hole switches 29a and 30a, the count switch 23, the start opening switch 14a). ) And a detection signal from the photo sensor (the winning confirmation switches 29b, 30b, 23b, 14b) are input, and it is determined that a predetermined payout condition has been established). It is a signal to show. By confirming the winning signal, the expected number of prize balls to be paid out can be recognized by an external device such as a hall computer.
また、コネクタCN10から出力される賞球情報は、特定数(この実施の形態では、10個)の賞球が払い出されたこと(球払出装置97が駆動されて実際に賞球が払い出されたこと)を示す信号である。賞球情報を確認することによって、実際に払い出された賞球数を、ホールコンピュータなどの外部装置側で認識できるようにすることができる。また、入賞信号で示される賞球の予定数と賞球情報で示される払出済みの賞球数とを確認することによって、賞球払出が正常に行われたか否かや賞球過不足数を、ホールコンピュータなどの外部装置側で認識できるようにすることができる。   Also, the prize ball information output from the connector CN10 is that a specific number (10 balls in this embodiment) of prize balls has been paid out (the ball payout device 97 is driven and the prize balls are actually paid out). This is a signal indicating that By confirming the prize ball information, the number of prize balls actually paid out can be recognized by an external device such as a hall computer. In addition, by confirming the planned number of prize balls indicated by the winning signal and the number of prize balls already paid out indicated by the prize ball information, whether or not the prize balls have been paid out normally and the number of excess or insufficient prize balls are determined. It can be recognized by an external device such as a hall computer.
また、コネクタCN8から出力されるセキュリティ信号は、遊技機のセキュリティ状態を示す信号である。具体的には、後述するように、始動口スイッチ14aの検出結果と入賞確認スイッチ14bの検出結果とにもとづいて、始動入賞口14への排出異常が発生したと判定された場合に、セキュリティ信号がホールコンピュータなどの外部装置に出力される。また、カウントスイッチ23の検出結果と入賞確認スイッチ23bの検出結果とにもとづいて、大入賞口への排出異常が発生したと判定された場合に、セキュリティ信号がホールコンピュータなどの外部装置に出力される。そのように構成することによって、電波などを用いて始動入賞口14や大入賞口への入賞数が実際の入賞数よりも多くなるように認識させるような不正行為が行われたことを、ホールコンピュータなどの外部装置側で認識できるようにすることができる。   The security signal output from the connector CN8 is a signal indicating the security state of the gaming machine. Specifically, as will be described later, when it is determined that an abnormality in discharging to the start winning opening 14 has occurred based on the detection result of the start opening switch 14a and the detection result of the winning confirmation switch 14b, the security signal Is output to an external device such as a hall computer. In addition, when it is determined that an abnormal discharge to the special winning opening has occurred based on the detection result of the count switch 23 and the detection result of the winning confirmation switch 23b, a security signal is output to an external device such as a hall computer. The By having such a configuration, it is possible to confirm that an illegal act that causes the start winning opening 14 or the big winning opening to be recognized using radio waves or the like so as to be larger than the actual winning number is performed. It can be recognized by an external device such as a computer.
この実施の形態では、排出異常の発生にもとづきセキュリティ信号を外部出力する場合には、遊技機への電源が再投入され初期化処理が実行されるまで、この排出異常の発生にもとづくセキュリティ信号の外部出力が継続される。なお、後述するように、初期化処理が行われた場合にはセキュリティ信号が所定期間(例えば、30秒間)外部出力されるので、より正確には、遊技機への電源が再投入され初期化処理が実行されたときに、内部的には排出異常の発生にもとづくセキュリティ信号の外部出力を終了し、初期化処理にもとづくセキュリティ信号の外部出力が開始され、所定期間(例えば、30秒間)を経過するまでセキュリティ信号の出力が継続される。従って、見た目上は、排出異常の発生にもとづきセキュリティ信号の外部出力が開始された場合には、遊技機への電源が再投入され初期化処理が実行された後、所定期間(例えば、30秒間)を経過したときにセキュリティ信号の外部出力が終了する。   In this embodiment, when the security signal is output externally based on the occurrence of the discharge abnormality, the security signal based on the occurrence of the discharge abnormality is not replayed until the power to the gaming machine is turned on again and the initialization process is executed. External output continues. As will be described later, when the initialization process is performed, the security signal is externally output for a predetermined period (for example, 30 seconds), so more accurately, the power to the gaming machine is turned on again and the initialization is performed. When the process is executed, the external output of the security signal based on the occurrence of the discharge abnormality is terminated internally, and the external output of the security signal based on the initialization process is started, and a predetermined period (for example, 30 seconds) is reached. The security signal continues to be output until the time has elapsed. Therefore, when an external output of a security signal is started based on the occurrence of a discharge abnormality, it is apparent that after a predetermined period (for example, 30 seconds) after the power to the gaming machine is turned on again and the initialization process is executed. ), The security signal external output ends.
また、この実施の形態では、可変入賞球装置15が開状態でないときに始動入賞口14への遊技球の入賞を検出した場合や、大当り遊技中でないときに大入賞口への遊技球の入賞を検出した場合に異常入賞が発生したと判定され、この異常入賞が検出された場合にも、セキュリティ信号が所定期間(例えば、30秒間)ホールコンピュータなどの外部装置に出力される。そのように構成することによって、可変入賞球装置15や大入賞口に対する不正行為によって異常入賞が生じたことを報知することができ、その結果、可変入賞球装置15や大入賞口に対する不正行為を確実に防止することができる。   Further, in this embodiment, when a winning of the game ball to the start winning port 14 is detected when the variable winning ball device 15 is not in the open state, or when the winning ball is not in the big hit game, It is determined that an abnormal winning has occurred, and when this abnormal winning is detected, a security signal is output to an external device such as a hall computer for a predetermined period (for example, 30 seconds). With such a configuration, it is possible to notify that an abnormal winning has occurred due to an illegal act with respect to the variable winning ball device 15 or the grand prize opening. It can be surely prevented.
また、この実施の形態では、遊技機への電源投入が行われて初期化処理が実行された場合にも、セキュリティ信号が所定期間(例えば、30秒間)ホールコンピュータなどの外部装置に出力される。そのように構成することによって、不自然なタイミングで(例えば、遊技店の開店時に全ての遊技機の電源リセット作業を終えた後であるにもかかわらず)初期化処理が実行されたことを認識可能とすることによって、不正に遊技機を電源リセットさせて電源リセットのタイミングで大当りを狙うような不正行為が行われた可能性を、ホールコンピュータなどの外部装置側で認識できるようにすることができる。   In this embodiment, even when the gaming machine is turned on and the initialization process is executed, the security signal is output to an external device such as a hall computer for a predetermined period (for example, 30 seconds). . By configuring as such, it is recognized that the initialization process has been executed at an unnatural timing (for example, even after all the gaming machine power reset operations have been completed when the amusement store is opened). By making it possible, the external device such as a hall computer can recognize the possibility that an unauthorized act of illegally resetting the power of the gaming machine and aiming for a big hit at the power reset timing is performed. it can.
なお、この実施の形態では、上記のように、排出異常が検出された場合と、異常入賞が検出された場合と、初期化処理(例えば、遊技機への電源投入時に、クリアスイッチによる操作が行われたことにもとづいてRAM55の記憶内容をクリアするなどの処理)が実行された場合とで、共通のセキュリティ信号をターミナル基板160の共通のコネクタCN8から外部出力している。これは、初期化処理が実行されるのは、通常、遊技店の開店時に遊技機の電源リセット作業を行う場合のみであることから、1日のうち1回程度しか出力されない信号のためにターミナル基板160上に専用のコネクタや半導体リレーを設けることは効率的ではなく無駄が多い。また、排出異常や異常入賞も何らかの不正行為が行われないかぎり発生しないのであるから、排出異常や異常入賞のために専用のコネクタや半導体リレーを個別に設けることも効率的ではなく無駄が多い。そこで、この実施の形態では、排出異常が検出された場合と、異常入賞が検出された場合と、初期化処理が実行された場合とで、共通のコネクタCN8からセキュリティ信号を出力するように構成することによって、外部出力用の信号線や回路素子の無駄を低減している。すなわち、ホールコンピュータなどの外部装置に情報を出力するための機構の部品数の増加や配線作業の複雑化を防ぐことができる。   In this embodiment, as described above, when a discharge abnormality is detected, when an abnormal winning is detected, an initialization process (for example, when a power to the gaming machine is turned on, an operation by a clear switch is performed). A common security signal is externally output from the common connector CN8 of the terminal board 160 when a process such as clearing the stored contents of the RAM 55 based on what has been performed is executed. This is because the initialization process is usually performed only when the game machine power is reset when the amusement store is opened, so the terminal is used for a signal that is output only once a day. Providing a dedicated connector or semiconductor relay on the substrate 160 is not efficient and wasteful. In addition, since abnormal discharge and abnormal winnings do not occur unless some sort of fraud is performed, it is not efficient and wasteful to separately provide a dedicated connector or semiconductor relay for abnormal discharging or abnormal winnings. Therefore, in this embodiment, the configuration is such that a security signal is output from the common connector CN8 when a discharge abnormality is detected, when an abnormal winning is detected, and when an initialization process is executed. By doing so, waste of signal lines and circuit elements for external output is reduced. That is, it is possible to prevent an increase in the number of parts of a mechanism for outputting information to an external device such as a hall computer and complication of wiring work.
なお、セキュリティ信号として共通のコネクタから外部出力される信号は、この実施の形態で示したものにかぎられない。例えば、始動入賞口14や大入賞口への排出異常にかぎらず、普通入賞口29,30への排出異常も検出して、ターミナル基板160の共通のコネクタCN8からセキュリティ信号として外部出力可能なように構成してもよい。この場合、例えば、普通入賞口29,30についても、始動入賞口14や大入賞口と同様に、遊技球の入賞を検出するためのスイッチとして検出方式の異なる2種類のスイッチ(近接スイッチとフォトセンサ)を用いて、始動入賞口14や大入賞口と同様の判定方法に従って、排出異常の有無を判定するようにすればよい。また、例えば、始動入賞口14と大入賞口とのいずれか一方の排出異常のみを検出して、セキュリティ信号を外部出力するように構成してもよい。   The signal output from the common connector as a security signal is not limited to that shown in this embodiment. For example, not only abnormal discharge to the start winning port 14 or the big winning port, but also abnormal discharge to the normal winning ports 29 and 30 can be detected, and externally output as a security signal from the common connector CN8 of the terminal board 160. You may comprise. In this case, for example, the normal winning holes 29 and 30 are also two types of switches (proximity switch and photo) which are different detection methods as switches for detecting the winning of the game ball, similarly to the start winning hole 14 and the big winning hole. The presence / absence of the discharge abnormality may be determined using a sensor) according to the same determination method as that for the start winning opening 14 and the big winning opening. Further, for example, only the discharge abnormality of either the start winning opening 14 or the big winning opening may be detected, and the security signal may be output to the outside.
また、例えば、この実施の形態では、始動入賞口14および大入賞口の両方の異常入賞を検出してセキュリティ信号を外部出力可能に構成しているが、始動入賞口14と大入賞口とのいずれか一方の異常入賞のみを検出して、セキュリティ信号を外部出力するように構成してもよい。   Further, for example, in this embodiment, the abnormal winnings of both the start winning port 14 and the big winning port are detected and the security signal can be output to the outside, but the start winning port 14 and the big winning port Only one of the abnormal winnings may be detected and a security signal may be output to the outside.
また、例えば、遊技機に設けられた磁石センサで異常磁気を検出した場合や、遊技機に設けられた電波センサで異常電波を検出した場合に、ターミナル基板160の共通のコネクタCN8からセキュリティ信号として外部出力可能なように構成してもよい。また、例えば、遊技機に設けられた各種スイッチの異常を検出した場合(例えば、入力値が閾値を超えたと判定したことにより、短絡などの発生を検出した場合)に、ターミナル基板160の共通のコネクタCN8からセキュリティ信号として外部出力可能なように構成してもよい。   Further, for example, when abnormal magnetism is detected by a magnet sensor provided in a gaming machine or when abnormal radio waves are detected by a radio wave sensor provided in a gaming machine, a security signal is output from the common connector CN8 of the terminal board 160. You may comprise so that external output is possible. In addition, for example, when an abnormality of various switches provided in the gaming machine is detected (for example, when occurrence of a short circuit is detected by determining that the input value has exceeded the threshold value), a common terminal board 160 is used. The connector CN8 may be configured so that it can be externally output as a security signal.
上記のように、普通入賞口29,30への排出異常や異常磁気エラー、異常電波エラーについてもターミナル基板160の共通のコネクタCN8からセキュリティ信号として外部出力可能なように構成すれば、1本の信号線さえ接続すればホールコンピュータなど外部装置でエラー検出を行えるようにすることができ、エラー検出に関する作業負担を軽減することができる。   As described above, if the discharge to the normal winning openings 29 and 30, abnormal magnetic errors, and abnormal radio wave errors are also configured to be externally output as security signals from the common connector CN 8 of the terminal board 160, one line is provided. If only the signal line is connected, error detection can be performed by an external device such as a hall computer, and the work load related to error detection can be reduced.
また、例えば、遊技制御用マイクロコンピュータ560と払出制御用マイクロコンピュータ370との間の通信エラーを検出した場合にも、ターミナル基板160の共通のコネクタCN8からセキュリティ信号として外部出力可能なように構成してもよい。この場合、例えば、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、払出制御用マイクロコンピュータ370から払出制御コマンドを受信できなかったことにもとづいて通信エラーが発生したと判定し、ターミナル基板160の共通のコネクタCN8からセキュリティ信号として外部出力してもよい。また、例えば、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、シリアル通信回路511のステータスレジスタ(図示せず)のいずれかのエラービットの値がセットされていることにもとづいて通信エラーが発生したと判定し、ターミナル基板160の共通のコネクタCN8からセキュリティ信号として外部出力してもよい。   Further, for example, even when a communication error between the game control microcomputer 560 and the payout control microcomputer 370 is detected, it can be externally output as a security signal from the common connector CN8 of the terminal board 160. May be. In this case, for example, the game control microcomputer 560 determines that a communication error has occurred based on the failure to receive the payout control command from the payout control microcomputer 370, and from the common connector CN8 on the terminal board 160. It may be output externally as a security signal. Further, for example, the game control microcomputer 560 determines that a communication error has occurred based on the value of any error bit in the status register (not shown) of the serial communication circuit 511 being set. The security signal may be externally output from the common connector CN8 of the terminal board 160.
なお、セキュリティ信号用の信号線およびコネクタCN8とは別に、遊技制御用マイクロコンピュータ560と払出制御用マイクロコンピュータ370との間の通信エラー専用の信号線およびコネクタをターミナル基板160に設けてもよい。そして、遊技制御用マイクロコンピュータ560と払出制御用マイクロコンピュータ370との間の通信エラーを検出した場合には、セキュリティ信号とは別の信号として、ターミナル基板160を経由してホールコンピュータなどの外部装置に出力するようにしてもよい。   In addition to the signal line and connector CN8 for security signals, a signal line and connector dedicated to communication errors between the game control microcomputer 560 and the payout control microcomputer 370 may be provided on the terminal board 160. When a communication error between the game control microcomputer 560 and the payout control microcomputer 370 is detected, an external device such as a hall computer is transmitted via the terminal board 160 as a signal different from the security signal. May be output.
また、セキュリティ信号出力用の信号線とは別に、初期化処理実行の検出や、始動入賞口14の排出異常の検出、大入賞口の排出異常の検出、始動入賞口14への異常入賞の検出、大入賞口への異常入賞の検出、異常磁気エラーの検出、異常電波エラーの検出、通信エラーの検出について、それぞれ別々の信号線を設けるようにし、ターミナル基板160から、セキュリティ信号とともに、それぞれのエラーに対応した外部出力信号も、ホールコンピュータなどの外部装置に出力するようにしてもよい。そのように構成すれば、セキュリティ信号を確認することによって何らかのエラーが発生していることを認識できるとともに、さらにエラーの種類ごとに出力される信号を確認することによって遊技店側でエラーの種類を確認することができる。従って、遊技店側からエラーの種類の確認まで要求されているような場合には、セキュリティ信号とは別にエラー種類ごとの外部出力信号を設けることによって、より遊技店のニーズに応えた外部出力を行えるようにすることができる。一方で、何らかのエラーが発生していることの確認のみを要求しているような遊技店の場合には、外部出力される信号のうち、セキュリティ信号のみをホールコンピュータなどの外部装置に接続して確認するようにすればよい。   In addition to the signal line for security signal output, detection of initialization processing, detection of abnormal discharge of the start winning port 14, detection of abnormal discharge of the big winning port, detection of abnormal winning to the start winning port 14 In addition, a separate signal line is provided for each of the detection of abnormal winning in the special winning opening, the detection of abnormal magnetic error, the detection of abnormal radio wave error, and the detection of communication error. An external output signal corresponding to the error may also be output to an external device such as a hall computer. With such a configuration, it is possible to recognize that an error has occurred by checking the security signal, and further, by checking the signal output for each type of error, the type of error can be determined on the amusement store side. Can be confirmed. Therefore, when an amusement store requires a confirmation of the type of error, an external output signal for each error type is provided separately from the security signal, so that an external output that better meets the needs of the amusement store can be provided. Can be done. On the other hand, in the case of a game shop that only requests confirmation that some kind of error has occurred, only the security signal out of the externally output signals is connected to an external device such as a hall computer. Check it.
上記のように、半導体リレーPC1〜PC10をターミナル基板160に設けたことにより、外部から遊技機内部への信号入力を防止することができ、その結果、不正行為を確実に防止することができる。なお、上記の例では、ターミナル基板160に半導体リレーPC1〜PC10を設けていたが、半導体リレーPC1〜PC10ではなく、機械式のリレー等の他のリレー素子であってもよい。   As described above, by providing the semiconductor relays PC1 to PC10 on the terminal board 160, signal input from the outside to the inside of the gaming machine can be prevented, and as a result, illegal acts can be reliably prevented. In the above example, the semiconductor relays PC1 to PC10 are provided on the terminal board 160. However, other relay elements such as a mechanical relay may be used instead of the semiconductor relays PC1 to PC10.
次に遊技機の動作について説明する。図12は、遊技機に対して電力供給が開始され遊技制御用マイクロコンピュータ560へのリセット信号がハイレベルになったことに応じて遊技制御用マイクロコンピュータ560のCPU56が実行するメイン処理を示すフローチャートである。リセット信号が入力されるリセット端子の入力レベルがハイレベルになると、遊技制御用マイクロコンピュータ560のCPU56は、ROM54に記憶されているセキュリティチェックプログラム54Aに従って、プログラムの内容が正当か否かを確認するための処理であるセキュリティチェック処理を実行した後、ステップS1以降のメイン処理を開始する。メイン処理において、CPU56は、まず、必要な初期設定を行う。   Next, the operation of the gaming machine will be described. FIG. 12 is a flowchart showing a main process executed by the CPU 56 of the game control microcomputer 560 in response to the start of power supply to the game machine and the reset signal to the game control microcomputer 560 becoming high level. It is. When the input level of the reset terminal to which the reset signal is input becomes high level, the CPU 56 of the game control microcomputer 560 confirms whether the contents of the program are valid according to the security check program 54A stored in the ROM 54. After executing the security check process, which is a process for that purpose, the main process after step S1 is started. In the main process, the CPU 56 first performs necessary initial settings.
初期設定処理において、CPU56は、まず、割込禁止に設定する(ステップS1)。次に、マスク可能割込の割込モードを設定し(ステップS2)、スタックポインタにスタックポインタ指定アドレスを設定する(ステップS3)。なお、ステップS2では、遊技制御用マイクロコンピュータ560の特定レジスタ(Iレジスタ)の値(1バイト)と内蔵デバイスが出力する割込ベクタ(1バイト:最下位ビット0)から合成されるアドレスが、割込番地を示すモードに設定する。また、マスク可能な割込が発生すると、CPU56は、自動的に割込禁止状態に設定するとともに、プログラムカウンタの内容をスタックにセーブする。   In the initial setting process, the CPU 56 first sets the interrupt prohibition (step S1). Next, an interrupt mode for maskable interrupts is set (step S2), and a stack pointer designation address is set for the stack pointer (step S3). In step S2, the address synthesized from the value (1 byte) of the specific register (I register) of the game control microcomputer 560 and the interrupt vector (1 byte: least significant bit 0) output from the built-in device is Set to the mode indicating the interrupt address. When a maskable interrupt occurs, the CPU 56 automatically sets the interrupt disabled state and saves the contents of the program counter in the stack.
次いで、CPU56は、払出制御用マイクロコンピュータ370に対して、接続信号の出力を開始する(ステップS4)。なお、CPU56は、ステップS4で接続信号の出力を開始すると、遊技機の電源供給が停止したり、何らかの通信エラーが生じて出力不能とならないかぎり、払出制御用マイクロコンピュータ370に対して接続信号を継続して出力する。   Next, the CPU 56 starts outputting a connection signal to the payout control microcomputer 370 (step S4). When the CPU 56 starts outputting the connection signal in step S4, the CPU 56 sends a connection signal to the payout control microcomputer 370 unless the power supply of the gaming machine is stopped or output is impossible due to some communication error. Output continuously.
次いで、内蔵デバイスレジスタの設定(初期化)を行う(ステップS5)。ステップS5の処理によって、内蔵デバイス(内蔵周辺回路)であるCTC(カウンタ/タイマ)およびPIO(パラレル入出力ポート)の設定(初期化)がなされる。   Next, the built-in device register is set (initialized) (step S5). By the processing in step S5, the CTC (counter / timer) and PIO (parallel input / output port) which are built-in devices (built-in peripheral circuits) are set (initialized).
この実施の形態で用いられる遊技制御用マイクロコンピュータ560は、I/Oポート(PIO)およびタイマ/カウンタ回路(CTC)504も内蔵している。   The game control microcomputer 560 used in this embodiment also incorporates an I / O port (PIO) and a timer / counter circuit (CTC) 504.
次いで、CPU56は、RAM55をアクセス可能状態に設定し(ステップS6)、クリア信号のチェック処理に移行する。   Next, the CPU 56 sets the RAM 55 in an accessible state (step S6), and proceeds to a clear signal check process.
なお、遊技の進行を制御する遊技装置制御処理(遊技制御処理)の開始タイミングをソフトウェアで遅らせるためのソフトウェア遅延処理を実行するようにしてもよい。そのようなソフトウェア遅延処理によって、ソフトウェア遅延処理を実行しない場合に比べて、遊技制御処理の開始タイミングを遅延させることができる。遅延処理を実行したときには、他の制御基板(例えば、払出制御基板37)に対して、遊技制御基板(主基板31)が送信するコマンドを他の制御基板のマイクロコンピュータが受信できないという状況が発生することを防止できる。   Note that a software delay process for delaying the start timing of the game device control process (game control process) for controlling the progress of the game by software may be executed. By such software delay processing, the start timing of the game control processing can be delayed as compared with the case where the software delay processing is not executed. When the delay process is executed, a situation occurs in which the microcomputer of the other control board cannot receive the command transmitted from the game control board (main board 31) to the other control board (for example, the payout control board 37). Can be prevented.
次いで、CPU56は、クリアスイッチがオンされているか否か確認する(ステップS7)。なお、CPU56は、入力ポート0を介して1回だけクリア信号の状態を確認するようにしてもよいが、複数回クリア信号の状態を確認するようにしてもよい。例えば、クリア信号の状態がオフ状態であることを確認したら、所定時間(例えば、0.1秒)の遅延時間をおいた後、クリア信号の状態を再確認する。そのときにクリア信号の状態がオン状態であることを確認したら、クリア信号がオン状態になっていると判定する。また、このときにクリア信号の状態がオフ状態であることを確認したら、所定時間の遅延時間をおいた後、再度、クリア信号の状態を再確認するようにしてもよい。ここで、再確認の回数は、1回または2回に限られず、3回以上であってもよい。また、2回チェックして、チェック結果が一致していなかったときにもう一度確認するようにしてもよい。   Next, the CPU 56 checks whether or not the clear switch is turned on (step S7). Note that the CPU 56 may confirm the state of the clear signal only once via the input port 0, but may confirm the state of the clear signal a plurality of times. For example, if it is confirmed that the state of the clear signal is an off state, after a delay time of a predetermined time (for example, 0.1 seconds), the state of the clear signal is reconfirmed. If it is confirmed that the clear signal is in the on state at that time, it is determined that the clear signal is in the on state. Further, at this time, if it is confirmed that the state of the clear signal is the off state, after a delay time of a predetermined time, the state of the clear signal may be confirmed again. Here, the number of reconfirmations is not limited to once or twice, but may be three or more times. It is also possible to check twice and check again when the check results do not match.
ステップS7でクリアスイッチがオンでない場合には、遊技機への電力供給が停止したときにバックアップRAM領域のデータ保護処理(例えばパリティデータの付加等の電力供給停止時処理)が行われたか否か確認する(ステップS8)。この実施の形態では、電力供給の停止が生じた場合には、バックアップRAM領域のデータを保護するための処理が行われている。そのような電力供給停止時処理が行われていたことを確認した場合には、CPU56は、電力供給停止時処理が行われた、すなわち電力供給停止時の制御状態が保存されていると判定する。電力供給停止時処理が行われていないことを確認した場合には、CPU56は初期化処理を実行する。   If the clear switch is not turned on in step S7, whether or not data protection processing of the backup RAM area (for example, power supply stop processing such as addition of parity data) has been performed when power supply to the gaming machine is stopped Confirm (step S8). In this embodiment, when power supply is stopped, a process for protecting data in the backup RAM area is performed. When it is confirmed that such power supply stop processing has been performed, the CPU 56 determines that the power supply stop processing has been performed, that is, the control state at the time of power supply stop is stored. . When it is confirmed that the power supply stop process is not performed, the CPU 56 executes an initialization process.
電力供給停止時処理が行われていたか否かは、電力供給停止時処理においてバックアップRAM領域に保存されるバックアップ監視タイマの値が、電力供給停止時処理を実行したことに応じた値(例えば2)になっているか否かによって確認される。なお、そのような確認の仕方は一例であって、例えば、電力供給停止時処理においてバックアップフラグ領域に電力供給停止時処理を実行したことを示すフラグをセットし、ステップS8において、そのフラグがセットされていることを確認したら電力供給停止時処理が行われたと判定してもよい。   Whether or not the power supply stop process has been performed is determined by the value of the backup monitoring timer stored in the backup RAM area in the power supply stop process corresponding to the execution of the power supply stop process (for example, 2). ) Is confirmed by whether or not. Note that such a confirmation method is an example. For example, a flag indicating that the power supply stop process has been executed is set in the backup flag area in the power supply stop process, and the flag is set in step S8. If it is confirmed that the power supply is stopped, it may be determined that the power supply stop process has been performed.
電力供給停止時の制御状態が保存されていると判定したら、CPU56は、バックアップRAM領域のデータチェック(この例ではパリティチェック)を行う(ステップS9)。この実施の形態では、クリアデータ(00)をチェックサムデータエリアにセットし、チェックサム算出開始アドレスをポインタにセットする。また、チェックサムの対象になるデータ数に対応するチェックサム算出回数をセットする。そして、チェックサムデータエリアの内容とポインタが指すRAM領域の内容との排他的論理和を演算する。演算結果をチェックサムデータエリアにストアするとともに、ポインタの値を1増やし、チェックサム算出回数の値を1減算する。以上の処理が、チェックサム算出回数の値が0になるまで繰り返される。チェックサム算出回数の値が0になったら、CPU56は、チェックサムデータエリアの内容の各ビットの値を反転し、反転後のデータをチェックサムにする。   If it is determined that the control state at the time of stopping power supply is stored, the CPU 56 performs data check (parity check in this example) in the backup RAM area (step S9). In this embodiment, clear data (00) is set in the checksum data area, and the checksum calculation start address is set in the pointer. Also, the number of checksum calculations corresponding to the number of data to be checksum is set. Then, the exclusive OR of the contents of the checksum data area and the contents of the RAM area pointed to by the pointer is calculated. The calculation result is stored in the checksum data area, the pointer value is incremented by 1, and the checksum calculation count value is decremented by 1. The above processing is repeated until the value of the checksum calculation count becomes zero. When the value of the checksum calculation count becomes 0, the CPU 56 inverts the value of each bit of the contents of the checksum data area and uses the inverted data as the checksum.
電力供給停止時処理において、上記の処理と同様の処理によってチェックサムが算出され、チェックサムはバックアップRAM領域に保存されている。ステップS9では、算出したチェックサムと保存されているチェックサムとを比較する。不測の停電等の電力供給停止が生じた後に復旧した場合には、バックアップRAM領域のデータは保存されているはずであるから、チェック結果(比較結果)は正常(一致)になる。チェック結果が正常でないということは、バックアップRAM領域のデータが、電力供給停止時のデータとは異なっている可能性があることを意味する。そのような場合には、内部状態を電力供給停止時の状態に戻すことができないので、電力供給の停止からの復旧時でない電源投入時に実行される初期化処理(ステップS10〜S14の処理)を実行する。   In the power supply stop process, a checksum is calculated by the same process as described above, and the checksum is stored in the backup RAM area. In step S9, the calculated checksum is compared with the stored checksum. When the power supply is stopped after an unexpected power failure or the like, the data in the backup RAM area should be saved, so the check result (comparison result) is normal (matched). That the check result is not normal means that the data in the backup RAM area may be different from the data when the power supply is stopped. In such a case, since the internal state cannot be returned to the state when the power supply is stopped, the initialization process (the process of steps S10 to S14) executed when the power is turned on, not when the power supply is stopped is stopped. Run.
チェック結果が正常であれば、CPU56は、バックアップ電源されたRAM55が記憶するデータを用いて遊技を再開するためのホットスタート処理を行う(ステップS91)。また、CPU56は、ROM54に格納されているバックアップ時コマンド送信テーブルの先頭アドレスをポインタに設定し(ステップS92)、ステップS15に移行する。なお、ステップS92で設定された後、後述するステップS15aのシリアル通信回路設定処理が行われてからバックアップコマンドが送信されることになる。   If the check result is normal, the CPU 56 performs a hot start process for resuming the game using the data stored in the RAM 55 that has been backed up (step S91). Further, the CPU 56 sets the head address of the backup command transmission table stored in the ROM 54 as a pointer (step S92), and proceeds to step S15. In addition, after setting in step S92, a backup command is transmitted after serial communication circuit setting processing in step S15a described later is performed.
初期化処理では、CPU56は、まず、RAMクリア処理を行う(ステップS10)。なお、RAM55の全領域を初期化せず、所定のデータをそのままにしてもよい。また、ROM54に格納されている初期化時設定テーブルの先頭アドレスをポインタに設定し(ステップS11)、初期化時設定テーブルの内容を順次業領域に設定する(ステップS12)。   In the initialization process, the CPU 56 first performs a RAM clear process (step S10). Note that the predetermined data may be left as it is without initializing the entire area of the RAM 55. Also, the initial address of the initialization setting table stored in the ROM 54 is set as a pointer (step S11), and the contents of the initialization setting table are sequentially set in the work area (step S12).
ステップS11およびS12の処理によって、例えば、普通図柄判定用乱数カウンタ、普通図柄判定用バッファ、特別図柄バッファ、特別図柄プロセスフラグ、賞球中フラグ、球切れフラグ、排出異常フラグなど制御状態に応じて選択的に処理を行うためのフラグに初期値が設定される。また、後述する各外部出力信号を出力するために用いる各タイマ(始動口情報記憶タイマや、入賞情報記憶タイマ、セキュリティ信号情報タイマなど)にも初期値(クリアデータ)が設定される。   Depending on the control state such as a normal symbol determining random number counter, a normal symbol determining buffer, a special symbol buffer, a special symbol process flag, a winning ball flag, a ball runout flag, a discharge abnormality flag, etc. An initial value is set in a flag for selectively performing processing. An initial value (clear data) is also set in each timer (start port information storage timer, winning information storage timer, security signal information timer, etc.) used to output each external output signal described later.
また、CPU56は、ROM54に格納されている初期化時コマンド送信テーブルの先頭アドレスをポインタに設定し(ステップS13)、その内容に従ってサブ基板を初期化するための初期化コマンドをサブ基板に送信する処理を実行する(ステップS14)。初期化コマンドとして、演出表示装置9に表示される初期図柄を示すコマンドや払出制御基板37への初期化コマンド等を使用することができる。なお、ステップS13で設定された後、後述するステップS15aのシリアル通信回路設定処理が行われてから初期化コマンドが送信されることになる。   Further, the CPU 56 sets the head address of the initialization command transmission table stored in the ROM 54 as a pointer (step S13), and transmits an initialization command for initializing the sub board according to the contents to the sub board. Processing is executed (step S14). As an initialization command, a command indicating an initial symbol displayed on the effect display device 9, an initialization command to the payout control board 37, or the like can be used. After setting in step S13, an initialization command is transmitted after serial communication circuit setting processing in step S15a described later is performed.
また、CPU56は、セキュリティ信号情報タイマに所定時間(本例では、30秒)をセットする(ステップS14a)。セキュリティ信号情報タイマは、ターミナル基板160から出力するセキュリティ信号のオン時間を計測するためのタイマである。この実施の形態では、ステップS14aでセキュリティ信号情報タイマに所定時間がセットされたことにもとづいて、後述する情報出力処理(S31参照)が実行されることによって、遊技機の電源投入時に初期化処理が実行されたときに、セキュリティ信号が所定時間(本例では、30秒)外部出力される。   The CPU 56 sets a predetermined time (in this example, 30 seconds) in the security signal information timer (step S14a). The security signal information timer is a timer for measuring the ON time of the security signal output from the terminal board 160. In this embodiment, an initialization process is performed when the gaming machine is turned on by executing an information output process (see S31), which will be described later, based on the fact that a predetermined time is set in the security signal information timer in step S14a. Is executed, a security signal is externally output for a predetermined time (in this example, 30 seconds).
また、CPU56は、乱数回路509を初期設定する乱数回路設定処理を実行する(ステップS15)。この場合、CPU56は、あらかじめROM54に格納されている乱数回路設定プログラムに従って処理を実行することによって、乱数回路509にランダムRの値を更新させるための設定を行う。   Further, the CPU 56 executes a random number circuit setting process for initially setting the random number circuit 509 (step S15). In this case, the CPU 56 performs settings according to the random number circuit setting program stored in the ROM 54 in advance, thereby setting the random number circuit 509 to update the random R value.
また、CPU56は、シリアル通信回路511を初期設定するシリアル通信回路設定処理を実行する(ステップS15a)。この場合、CPU56は、シリアル通信回路設定プログラムに従ってROM54の所定領域に格納されているデータをシリアル通信回路511に設定することによって、シリアル通信回路511に払出制御用マイクロコンピュータとシリアル通信させるための設定を行う。   Further, the CPU 56 executes a serial communication circuit setting process for initial setting of the serial communication circuit 511 (step S15a). In this case, the CPU 56 sets the data stored in the predetermined area of the ROM 54 in the serial communication circuit 511 in accordance with the serial communication circuit setting program, so that the serial communication circuit 511 performs serial communication with the payout control microcomputer. I do.
シリアル通信回路511を初期設定すると、CPU56は、シリアル通信回路511の割り込み要求に応じて実行する割込処理の優先順位を初期設定する(ステップS15b)。この場合、CPU56は、割込優先順位設定プログラム557に従って処理を実行することによって、割込処理の優先順位を初期設定する。   When the serial communication circuit 511 is initialized, the CPU 56 initializes the priority of interrupt processing executed in response to the interrupt request from the serial communication circuit 511 (step S15b). In this case, the CPU 56 initializes the priority of the interrupt process by executing the process according to the interrupt priority setting program 557.
例えば、CPU56は、各割込処理のデフォルトの優先順位を含む所定の割込処理優先順位テーブルに従って、各割込処理の優先順位を初期設定する。この実施の形態では、CPU56は、割込処理優先順位テーブルに従って、シリアル通信回路511において通信エラーが発生したことを割込原因とする割込処理を優先して実行するように初期設定する。この場合、例えば、CPU56は、通信エラーが発生したことを割込原因とする割込処理を優先して実行する旨を示す通信エラー時割込優先実行フラグをセットする。   For example, the CPU 56 initializes the priority of each interrupt process according to a predetermined interrupt process priority table including the default priority of each interrupt process. In this embodiment, the CPU 56 performs initialization according to the interrupt processing priority table so as to preferentially execute an interrupt process that causes an interrupt to occur in the serial communication circuit 511. In this case, for example, the CPU 56 sets an interrupt priority execution flag at the time of communication error indicating that priority is given to an interrupt process whose cause is an interrupt.
なお、この実施の形態では、タイマ割込とシリアル通信回路511からの割り込み要求とが同時に発生した場合、CPU56は、タイマ割込による割込処理を優先して行う。   In this embodiment, when a timer interrupt and an interrupt request from the serial communication circuit 511 occur at the same time, the CPU 56 preferentially performs an interrupt process by the timer interrupt.
また、ユーザによって各割込処理のデフォルトの優先順位を変更することもできる。例えば、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、ユーザ(例えば、遊技機の製作者)によって設定された割込処理を指定する指定情報を、あらかじめROM54の所定の記憶領域に記憶している。そして、CPU56は、ROM54の所定の記憶領域に記憶された指定情報に従って、割込処理の優先順位を設定する。   In addition, the default priority of each interrupt process can be changed by the user. For example, the game control microcomputer 560 stores specification information for specifying an interrupt process set by a user (for example, a game machine manufacturer) in a predetermined storage area of the ROM 54 in advance. Then, the CPU 56 sets the priority of interrupt processing according to the designation information stored in a predetermined storage area of the ROM 54.
なお、ステップS15〜S15bだけでなく、乱数回路509やシリアル通信回路511の設定処理の一部は、ステップS5の処理においても実行される。例えば、ステップS5において、内蔵デバイスレジスタとして、シリアル通信回路511のボーレートレジスタや通信設定レジスタ、割込制御レジスタ、ステータスレジスタに、初期値を設定する処理が実行される。   In addition to steps S15 to S15b, a part of the setting process of the random number circuit 509 and the serial communication circuit 511 is also executed in the process of step S5. For example, in step S5, processing for setting initial values in the baud rate register, communication setting register, interrupt control register, and status register of the serial communication circuit 511 is executed as the built-in device register.
そして、CPU56は、所定時間(例えば4ms)ごとに定期的にタイマ割込がかかるように遊技制御用マイクロコンピュータ560に内蔵されているCTCのレジスタの設定を行なうタイマ割込設定処理を実行する(ステップS16)。すなわち、初期値として例えば4msに相当する値が所定のレジスタ(時間定数レジスタ)に設定される。この実施の形態では、4msごとに定期的にタイマ割込がかかるとする。   Then, the CPU 56 executes a timer interrupt setting process for setting a CTC register built in the game control microcomputer 560 so that a timer interrupt is periodically taken every predetermined time (for example, 4 ms) ( Step S16). That is, a value corresponding to, for example, 4 ms is set in a predetermined register (time constant register) as an initial value. In this embodiment, it is assumed that a timer interrupt is periodically taken every 4 ms.
タイマ割込の設定が完了すると、CPU56は、まず、割込禁止状態にして(ステップS17)、初期値用乱数更新処理(ステップS18a)と表示用乱数更新処理(ステップS18b)を実行して、再び割込許可状態にする(ステップS19)。すなわち、CPU56は、初期値用乱数更新処理および表示用乱数更新処理が実行されるときには割込禁止状態にして、初期値用乱数更新処理および表示用乱数更新処理の実行が終了すると割込許可状態にする。   When the timer interrupt setting is completed, the CPU 56 first disables the interrupt (step S17), executes the initial value random number update process (step S18a) and the display random number update process (step S18b), The interrupt is permitted again (step S19). That is, the CPU 56 sets the interrupt disabled state when the initial value random number update process and the display random number update process are executed, and interrupts enable state when the initial value random number update process and the display random number update process are finished. To.
なお、初期値用乱数更新処理とは、初期値用乱数を発生するためのカウンタのカウント値を更新する処理である。初期値用乱数とは、大当りの種類を決定するための判定用乱数(例えば、大当りを発生させる特別図柄を決定するための大当り図柄決定用乱数や、遊技状態を確変状態に移行させるかを決定するための確変決定用乱数、普通図柄にもとづく当りを発生させるか否かを決定するための普通図柄当たり判定用乱数)を発生するためのカウンタ(判定用乱数発生カウンタ)等のカウント値の初期値を決定するための乱数である。後述する遊技制御処理(遊技制御用マイクロコンピュータが、遊技機に設けられている演出表示装置9、可変入賞球装置15、球払出装置97等の遊技用の装置を、自身で制御する処理、または他のマイクロコンピュータに制御させるために指令信号を送信する処理、遊技装置制御処理ともいう)において、判定用乱数発生カウンタのカウント値が1周すると、そのカウンタに初期値が設定される。   The initial value random number update process is a process of updating the count value of the counter for generating the initial value random number. The initial value random number is a random number for determining the type of jackpot (for example, a jackpot symbol determining random number for determining a special symbol for generating a jackpot or whether to shift the gaming state to a probable state) Initial value of the count value such as a counter (determination random number generation counter) for generating a probability variation determining random number for generating, a normal random number for determining whether or not to generate a hit based on a normal symbol It is a random number for determining the value. A game control process described later (a process in which a game control microcomputer controls itself a game device such as an effect display device 9, a variable winning ball device 15, a ball payout device 97 provided in the gaming machine, or When the count value of the determination random number generation counter makes one round in a process of transmitting a command signal to cause another microcomputer to control, or a gaming apparatus control process), an initial value is set in the counter.
また、表示用乱数とは、特別図柄表示器8の表示を決定するための乱数である。この実施の形態では、表示用乱数として、特別図柄の変動パターンを決定するための変動パターン決定用乱数や、大当りを発生させない場合にリーチとするか否かを決定するためのリーチ判定用乱数が用いられる。また、表示用乱数更新処理とは、表示用乱数を発生するためのカウンタのカウント値を更新する処理である。   The display random number is a random number for determining the display of the special symbol display 8. In this embodiment, as a display random number, a random number for determining a variation pattern for determining a variation pattern of a special symbol, or a random number for determining a reach for determining whether or not to reach when a big hit is not generated, is used. Used. The display random number update process is a process for updating the count value of the counter for generating the display random number.
また、表示用乱数更新処理が実行されるときに割込禁止状態にされるのは、表示用乱数更新処理および初期値用乱数更新処理が後述するタイマ割込処理でも実行される(すなわち、タイマ割込処理のステップS26,S27でも同じ処理が実行される)ことから、タイマ割込処理における処理と競合してしまうのを避けるためである。すなわち、ステップS18a,S18bの処理中にタイマ割込が発生してタイマ割込処理中で初期値用乱数や表示用乱数を発生するためのカウンタのカウント値を更新してしまったのでは、カウント値の連続性が損なわれる場合がある。しかし、ステップS18a,S18bの処理中では割込禁止状態にしておけば、そのような不都合が生ずることはない。   In addition, when the display random number update process is executed, the interrupt disabled state is executed by the display random number update process and the initial value random number update process also in the timer interrupt process described later (that is, the timer This is because the same process is executed in steps S26 and S27 of the interrupt process), so as to avoid conflict with the process in the timer interrupt process. That is, if a timer interrupt is generated during the processing of steps S18a and S18b and the count value of the counter for generating the initial value random number and the display random number is updated during the timer interrupt processing, The continuity of values may be impaired. However, such an inconvenience does not occur if the interrupt is prohibited during the processing of steps S18a and S18b.
ステップS19で割込許可状態に設定されると、次にステップS17の処理が実行されて割込禁止状態とされるまで、タイマ割込またはシリアル通信回路511からの割り込み要求を許可する状態となる。そして、割込許可状態に設定されている間に、タイマ割込が発生すると、遊技制御用マイクロコンピュータ560のCPU56は、後述するタイマ割込処理を実行する。また、割込許可状態に設定されている間に、シリアル通信回路511から割り込み要求が発生すると、遊技制御用マイクロコンピュータ560のCPU56は、各割込処理(通信エラー割込処理や、受信時割込処理、送信完了割込処理)を実行する。また、本実施の形態では、ステップS17からステップS19までのループ処理の前にステップS15bを実行することによって、タイマ割込または割り込み要求を許可する状態に設定される前に、割込処理の優先順位を設定または変更する処理が行われる。   When the interrupt enabled state is set in step S19, the timer interrupt or the interrupt request from the serial communication circuit 511 is permitted until the processing in step S17 is executed and the interrupt disabled state is set next time. . When a timer interrupt occurs while the interrupt permission state is set, the CPU 56 of the game control microcomputer 560 executes a timer interrupt process to be described later. When an interrupt request is generated from the serial communication circuit 511 while the interrupt permission state is set, the CPU 56 of the game control microcomputer 560 causes each interrupt process (communication error interrupt process, reception time interrupt, Load processing, transmission completion interrupt processing). In this embodiment, priority is given to the interrupt process before the timer interrupt or the interrupt request is set to be permitted by executing step S15b before the loop process from step S17 to step S19. Processing for setting or changing the order is performed.
次に、ステップS91のホットスタート処理について説明する。図13は、ホットスタート処理の処理例を示すフローチャートである。ホットスタート処理において、CPU56は、まず、ROM54に格納されているバックアップ時設定テーブルの先頭アドレスをポインタに設定し(ステップS9101)、バックアップ時設定テーブルの内容を順次作業領域(RAM55内の領域)に設定する(ステップS9102)。作業領域はバックアップ電源によって電源バックアップされている。バックアップ時設定テーブルには、作業領域のうち初期化してもよい領域についての初期化データ(例えば、賞球プロセスコードや賞球プロセスタイマ、枠状態表示バッファ、前回枠状態表示バッファ)が設定されている。ステップS9101およびS9102の処理によって、作業領域のうち初期化してはならない部分については、保存されていた内容がそのまま残る。初期化してはならない部分とは、例えば、電力供給停止前の遊技状態を示すデータ(特別図柄プロセスフラグ、排出異常フラグなど)、出力ポートの出力状態が保存されている領域(出力ポートバッファ)、未払出賞球数を示すデータが設定されている部分などである。   Next, the hot start process in step S91 will be described. FIG. 13 is a flowchart illustrating an example of hot start processing. In the hot start process, the CPU 56 first sets the start address of the backup setting table stored in the ROM 54 as a pointer (step S9101), and sequentially stores the contents of the backup setting table in the work area (area in the RAM 55). Setting is performed (step S9102). The work area is backed up by a backup power source. Initialization data (for example, a prize ball process code, a prize ball process timer, a frame status display buffer, and a previous frame status display buffer) for an area that may be initialized in the work area is set in the backup setting table. Yes. As a result of the processing in steps S9101 and S9102, the saved contents of the work area that should not be initialized remain as they are. The part that should not be initialized is, for example, data indicating a gaming state before the power supply is stopped (special symbol process flag, discharge abnormality flag, etc.), an area where the output state of the output port is saved (output port buffer), This is a portion where data indicating the number of unpaid prize balls is set.
なお、この実施の形態では、排出異常が検出され排出異常フラグがセットされている場合には、ステップS9102の処理が実行されても排出異常フラグの内容はそのままバックアップRAMに残る。一方で、セキュリティ信号情報タイマの値はクリアされる。   In this embodiment, when a discharge abnormality is detected and the discharge abnormality flag is set, the content of the discharge abnormality flag remains in the backup RAM as it is even if the process of step S9102 is executed. On the other hand, the value of the security signal information timer is cleared.
また、CPU56は、遊技状態が高確率状態(確変状態)に制御されていることを示す高確中信号を、ターミナル基板160を介して外部出力することを許可する旨の高確中出力許可フラグをセットする(ステップS9103)。なお、無条件に高確中出力許可フラグをセットするのではなく、まず、高確率状態(確変状態)であるか否かを確認し(具体的には、バックアップRAMに記憶されている確変フラグがオン状態であるか否かを確認し)、高確率状態(確変状態)であることを条件に高確中出力許可フラグをセットするようにしてもよい。そのように、電力供給開始時に、無条件に高確中出力許可フラグをセットしてもよいし、高確率状態(確変状態)であることを条件に高確中出力フラグをセットしてもよい。   The CPU 56 also outputs a high-probability output permission flag for permitting external output via the terminal board 160 of a high-probability signal indicating that the gaming state is controlled to a high probability state (probability change state). Is set (step S9103). Instead of unconditionally setting the high-accuracy medium output permission flag, it is first checked whether or not it is in a high-probability state (probability variation state) (specifically, the probability variation flag stored in the backup RAM). It is also possible to set the high-accuracy output permission flag on the condition that it is in a high-probability state (probability variation state). As such, at the start of power supply, the high-accuracy output permission flag may be set unconditionally, or the high-accuracy output flag may be set on the condition that it is in a high probability state (probability variation state). .
また、CPU56は、後述する入賞信号の出力時間を計測するための入賞情報記憶タイマをクリアする(ステップS9104)。すなわち、この実施の形態では、入賞情報記憶タイマの値は、電源バックアップされたRAM55に記憶され、電力供給が停止しても所定時間は保持されるのであるが、ステップS9104の処理が実行されることによって停電復旧時にクリアされる。このように、この実施の形態では、共通のホットスタート処理において、高確中出力許可フラグの設定処理と入賞情報記憶タイマのクリア処理とが実行可能に構成されており、処理ルーチンの共通化によって、遊技制御用マイクロコンピュータ560の制御負担を軽減している。   In addition, the CPU 56 clears a prize information storage timer for measuring a prize signal output time, which will be described later (step S9104). In other words, in this embodiment, the value of the winning information storage timer is stored in the power-backed RAM 55 and is maintained for a predetermined time even when the power supply is stopped, but the process of step S9104 is executed. Cleared when power is restored. As described above, in this embodiment, in the common hot start process, the setting process of the high-accuracy output permission flag and the clearing process of the winning information storage timer can be executed, and the process routine is shared. The control burden on the game control microcomputer 560 is reduced.
なお、例えば、バックアップ時設定テーブルにおいて、高確中出力許可フラグをオン状態に設定する値(例えば、論理値「1」)や、入賞情報記憶タイマをクリアするための値(例えば、クリアデータ「0」)も設定するようにし、ステップS9102が実行されることによって、高確中出力許可フラグをオンにするとともに入賞情報記憶タイマをクリアするようにしてもよい。この場合、例えば、バックアップ時設定テーブルにもとづいて、作業領域中の高確中出力許可フラグの値をオン状態に設定したり(例えば、論理値「1」を書き込んだり)、作業領域中の入賞情報記憶タイマの値にクリアデータを書き込んだりするようにすればよい。そのようにすれば、1つのデータテーブル(バックアップ時設定テーブル)を用いて、高確中出力許可フラグの設定処理と入賞情報記憶タイマのクリア処理とを共通化することができ、遊技制御用マイクロコンピュータ560の制御負担をさらに軽減することができる。   For example, in the backup setting table, a value for setting the high-accuracy output permission flag (for example, logical value “1”) or a value for clearing the winning information storage timer (for example, clear data “ 0 ") may also be set and step S9102 may be executed to turn on the high-accuracy output permission flag and clear the winning information storage timer. In this case, for example, based on the backup time setting table, the value of the high-accuracy medium output permission flag in the work area is set to the on state (for example, a logical value “1” is written), or a prize is awarded in the work area. Clear data may be written to the value of the information storage timer. By doing so, it is possible to use a single data table (setting table at the time of backup) to share the setting processing of the high-accuracy output permission flag and the clearing processing of the winning information storage timer, and the game control micro The control burden on the computer 560 can be further reduced.
次に、タイマ割込処理について説明する。図14は、タイマ割込処理を示すフローチャートである。メイン処理の実行中に、具体的には、ステップS17〜S19のループ処理の実行中における割込許可になっている期間において、タイマ割込が発生すると、遊技制御用マイクロコンピュータ560のCPU56は、タイマ割込の発生に応じて起動されるタイマ割込処理を実行する。タイマ割込処理において、CPU56は、まず、電源断信号が出力されたか否か(オン状態になったか否か)を検出する電源断処理(電源断検出処理)を実行する(ステップS20)。そして、CPU56は、スイッチ回路58を介して、ゲートスイッチ32a、始動口スイッチ14a、入賞確認1スイッチ14b、カウントスイッチ23、入賞確認2スイッチ23b、入賞口スイッチ29a,30a、入賞確認3スイッチ29b、および入賞確認4スイッチ30bのスイッチの検出信号を入力し、各スイッチの入力を検出する(スイッチ処理:ステップS21)。具体的には、各スイッチの検出信号を入力する入力ポートの状態がオン状態であれば、各スイッチに対応して設けられているスイッチタイマの値を+1する。   Next, the timer interrupt process will be described. FIG. 14 is a flowchart showing the timer interrupt process. When a timer interrupt occurs during execution of the main process, specifically, in a period during which interruption is permitted during execution of the loop process of steps S17 to S19, the CPU 56 of the game control microcomputer 560 A timer interrupt process that is activated in response to the occurrence of a timer interrupt is executed. In the timer interrupt process, the CPU 56 first executes a power-off process (power-off detection process) for detecting whether or not a power-off signal is output (whether the power-on signal is turned on) (step S20). Then, the CPU 56, through the switch circuit 58, receives the gate switch 32a, the start opening switch 14a, the winning confirmation 1 switch 14b, the count switch 23, the winning confirmation 2 switch 23b, the winning opening switches 29a and 30a, the winning confirmation 3 switch 29b, And the detection signal of the switch of the winning confirmation 4 switch 30b is inputted, and the input of each switch is detected (switch processing: step S21). Specifically, if the state of the input port for inputting the detection signal of each switch is ON, the value of the switch timer provided corresponding to each switch is incremented by one.
次に、CPU56は、特別図柄表示器8、普通図柄表示器10、特別図柄保留記憶表示器18、普通図柄保留記憶表示器41の表示制御を行う表示制御処理を実行する(ステップS22)。特別図柄表示器8および普通図柄表示器10については、ステップS36,S37で設定される出力バッファの内容に応じて各表示器に対して駆動信号を出力する制御を実行する。   Next, the CPU 56 executes display control processing for performing display control of the special symbol display 8, the normal symbol display 10, the special symbol hold storage display 18, and the normal symbol hold storage display 41 (step S22). For the special symbol display 8 and the normal symbol display 10, control for outputting a drive signal to each display is executed according to the contents of the output buffer set in steps S36 and S37.
次いで、CPU56は、正規の時期以外の時期において大入賞口に遊技球が入賞したことを検出した場合や、正規の時期以外の時期において始動入賞口14に遊技球が入賞したことを検出した場合に、異常入賞の報知を行わせるための異常入賞報知処理を行う(ステップS23)。   Next, when the CPU 56 detects that the game ball has won the big winning opening at a time other than the regular time, or when it detects that the game ball has won the start winning opening 14 at a time other than the regular time Then, an abnormal winning notification process for notifying the abnormal winning is performed (step S23).
次いで、CPU56は、磁石センサから検出信号を入力したことにもとづいて磁石センサエラー報知を行う磁石センサエラー報知処理を実行する(ステップS24)。   Next, the CPU 56 executes magnet sensor error notification processing for performing magnet sensor error notification based on the detection signal input from the magnet sensor (step S24).
次いで、CPU56は、遊技制御に用いられる普通図柄当り判定用乱数等の各判定用乱数を生成するための各カウンタのカウント値を更新する処理を行う(判定用乱数更新処理:ステップS25)。また、CPU56は、初期値用乱数を発生するためのカウンタのカウント値を更新する処理を行う(初期値用乱数更新処理:ステップS26)。さらに、CPU56は、表示用乱数を生成するためのカウンタのカウント値を更新する処理を行う(表示用乱数更新処理:ステップS27)。   Next, the CPU 56 performs a process of updating the count value of each counter for generating a random number for determination such as a random number for determination per ordinary symbol used for game control (determination random number update process: step S25). Further, the CPU 56 performs a process of updating the count value of the counter for generating the initial value random number (initial value random number update process: step S26). Further, the CPU 56 performs a process of updating the count value of the counter for generating the display random number (display random number update process: step S27).
次いで、CPU56は、特別図柄プロセス処理を行う(ステップS28)。特別図柄プロセス処理では、遊技状態に応じてパチンコ遊技機1を所定の順序で制御するための特別図柄プロセスフラグに従って該当する処理が選び出されて実行される。そして、特別図柄プロセスフラグの値は、遊技状態に応じて各処理中に更新される。また、普通図柄プロセス処理を行う(ステップS29)。普通図柄プロセス処理では、普通図柄表示器10の表示状態を所定の順序で制御するための普通図柄プロセスフラグに従って該当する処理が選び出されて実行される。そして、普通図柄プロセスフラグの値は、遊技状態に応じて各処理中に更新される。   Next, the CPU 56 performs special symbol process processing (step S28). In the special symbol process, the corresponding process is selected and executed according to a special symbol process flag for controlling the pachinko gaming machine 1 in a predetermined order according to the gaming state. The value of the special symbol process flag is updated during each process according to the gaming state. Further, normal symbol process processing is performed (step S29). In the normal symbol process, the corresponding process is selected and executed according to the normal symbol process flag for controlling the display state of the normal symbol display 10 in a predetermined order. The value of the normal symbol process flag is updated during each process according to the gaming state.
次いで、CPU56は、特別図柄の変動に同期する演出図柄に関する演出制御コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送出する処理を行う(演出図柄コマンド制御処理:ステップS30)。なお、演出図柄の変動が特別図柄の変動に同期するとは、変動時間(可変表示期間)が同じであることを意味する。   Next, the CPU 56 performs a process of sending an effect control command related to the effect symbol synchronized with the variation of the special symbol to the effect control microcomputer 100 (effect symbol command control process: step S30). It should be noted that the fact that the variation of the effect symbol is synchronized with the variation of the special symbol means that the variation time (variable display period) is the same.
次いで、CPU56は、例えばホール管理用コンピュータに供給される図柄確定回数1信号、始動口信号、大当り1〜3信号、時短信号、入賞信号、セキュリティ信号、高確中信号などのデータを出力する情報出力処理を行う(ステップS31)。   Next, the CPU 56 outputs, for example, data such as a symbol determination number 1 signal, a start opening signal, a jackpot signal 1-3, a time reduction signal, a winning signal, a security signal, and a high accuracy signal supplied to the hall management computer. Information output processing is performed (step S31).
次いで、CPU56は、シリアル通信回路511を介して、払出制御用マイクロコンピュータ370と信号を送受信(入出力)する処理を実行するとともに、入賞が発生した場合には始動口スイッチ14aや、カウントスイッチ23、入賞口スイッチ29a,30a、入賞確認スイッチ14b,23b,29b,30b等の検出信号にもとづく賞球個数の設定などを行う賞球処理を実行する(ステップS32)。なお、この実施の形態では、近接スイッチ(始動口スイッチ14a、カウントスイッチ23、入賞口スイッチ29a,30a)とフォトセンサ(入賞確認スイッチ14b,23b,29b,30b)との両方がオンしたことにもとづく入賞検出に応じて、賞球個数コマンドの下位4ビットを異ならせることにより賞球個数を示すデータを賞球個数コマンドに設定し、当該設定した賞球個数コマンドをシリアル通信回路511を介して払出制御用マイクロコンピュータ370に出力する。払出制御基板37に搭載されている払出制御用マイクロコンピュータ370は、賞球個数を示すデータが設定された賞球個数コマンドの受信に応じて球払出装置97を駆動する。   Next, the CPU 56 executes a process of transmitting / receiving (input / output) signals to / from the payout control microcomputer 370 via the serial communication circuit 511. When a winning occurs, the start port switch 14a and the count switch 23 are processed. Then, a winning ball process is performed for setting the number of winning balls based on the detection signals from the winning opening switches 29a, 30a, the winning confirmation switches 14b, 23b, 29b, 30b, etc. (step S32). In this embodiment, both the proximity switch (start port switch 14a, count switch 23, winning port switches 29a, 30a) and the photo sensor (winning confirmation switches 14b, 23b, 29b, 30b) are turned on. In response to detection of the winning prize, data indicating the number of winning balls is set in the winning ball number command by changing the lower 4 bits of the winning ball number command, and the set winning ball number command is set via the serial communication circuit 511. The data is output to the payout control microcomputer 370. The payout control microcomputer 370 mounted on the payout control board 37 drives the ball payout device 97 in response to receiving a prize ball number command in which data indicating the number of prize balls is set.
また、遊技機の制御状態を遊技機外部で確認できるようにするための試験信号を出力する処理である試験端子処理を実行する(ステップS33)。また、この実施の形態では、出力ポートの出力状態に対応したRAM領域(出力ポートバッファ)が設けられているのであるが、CPU56は、出力ポート0のRAM領域における接続信号に関する内容およびソレノイドに関する内容を出力ポートに出力する(ステップS34:出力処理)。そして、CPU56は、保留記憶数の増減をチェックする記憶処理を実行する(ステップS35)。   In addition, a test terminal process, which is a process for outputting a test signal for enabling the control state of the gaming machine to be confirmed outside the gaming machine, is executed (step S33). Further, in this embodiment, a RAM area (output port buffer) corresponding to the output state of the output port is provided. Is output to the output port (step S34: output processing). And CPU56 performs the memory | storage process which checks the increase / decrease in a pending | holding memory | storage number (step S35).
また、CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値に応じて特別図柄の演出表示を行うための特別図柄表示制御データを特別図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定する特別図柄表示制御処理を行う(ステップS36)。さらに、CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値に応じて普通図柄の演出表示を行うための普通図柄表示制御データを普通図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定する普通図柄表示制御処理を行う(ステップS37)。   Further, the CPU 56 performs special symbol display control processing for setting special symbol display control data for effect display of the special symbol in the output buffer for setting the special symbol display control data according to the value of the special symbol process flag ( Step S36). Further, the CPU 56 performs a normal symbol display control process for setting normal symbol display control data for effect display of the normal symbol in an output buffer for setting the normal symbol display control data according to the value of the normal symbol process flag ( Step S37).
次いで、CPU56は、各状態表示灯の表示を行うための状態表示制御データを状態表示制御データ設定用の出力バッファに設定する状態表示灯表示処理を行う(ステップS38)。この場合、遊技状態が時短状態である場合には、時短状態であることを示す状態表示灯の表示を行うための状態表示制御データを出力バッファに設定する。なお、遊技状態が高確率状態(例えば、確変状態)にも制御される場合には、高確率状態であることを示す状態表示灯の表示を行うための状態表示制御データを出力バッファに設定するようにしてもよい。   Next, the CPU 56 performs a status display lamp display process for setting status display control data for displaying each status display lamp in an output buffer for setting the status display control data (step S38). In this case, when the gaming state is the short time state, the state display control data for displaying the state indicator lamp indicating the short time state is set in the output buffer. When the gaming state is also controlled to a high probability state (for example, a probability variation state), state display control data for displaying a state indicator lamp indicating the high probability state is set in the output buffer. You may do it.
次いで、CPU56は、遊技機のエラー状態などを表示させるために遊技機のエラー状態などを示す情報が設定された枠状態表示コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に対して送信する枠状態出力処理を実行する(ステップS39)。   Next, the CPU 56 performs frame state output processing for transmitting a frame state display command in which information indicating the error state of the gaming machine is set to display the error state of the gaming machine to the production control microcomputer 100. Execute (Step S39).
その後、割込許可状態に設定し(ステップS40)、処理を終了する。   Thereafter, the interrupt permission state is set (step S40), and the process ends.
図15は、主基板31に搭載される遊技制御用マイクロコンピュータ560(具体的には、CPU56)が実行する特別図柄プロセス処理(ステップS26)のプログラムの一例を示すフローチャートである。上述したように、特別図柄プロセス処理では特別図柄表示器8または特別図柄表示器8および大入賞口を制御するための処理が実行される。特別図柄プロセス処理において、CPU56は、始動入賞口14に遊技球が入賞したことを検出するための始動口スイッチ14aがオンしていたら、すなわち、始動入賞口14への始動入賞が発生していたら、始動口スイッチ通過処理を実行する(ステップS311,S312)。そして、ステップS300〜S310のうちのいずれかの処理を行う。始動口スイッチ14aがオンしていなければ、内部状態に応じて、ステップS300〜S310のうちのいずれかの処理を行う。   FIG. 15 is a flowchart showing an example of a special symbol process (step S26) program executed by the game control microcomputer 560 (specifically, the CPU 56) mounted on the main board 31. As described above, in the special symbol process, the special symbol display 8 or the special symbol display 8 and a process for controlling the special winning opening are executed. In the special symbol process, the CPU 56 turns on the start opening switch 14a for detecting that a game ball has won the start winning opening 14, that is, if the start winning to the start winning opening 14 has occurred. Then, the start port switch passing process is executed (steps S311 and S312). Then, any one of steps S300 to S310 is performed. If the start port switch 14a is not turned on, any one of steps S300 to S310 is performed according to the internal state.
なお、この実施の形態では、入賞信号の外部出力や賞球払出を行うための処理に関しては、始動口スイッチ14aおよび入賞確認1スイッチ14bの両方のオン状態を検出したことにもとづいて実行するのに対して、ステップS311では上流側に配置された始動口スイッチ14aがオン状態となったか否かのみが判定される。すなわち、上流側の始動口スイッチ14aがオン状態となってから下流側の入賞確認1スイッチ14bがオン状態となるまでには少なからず時間差が生じるのであるから、入賞確認1スイッチ14bがオン状態となるのを確認するまで待ってからステップS312の始動口スイッチ通過処理を実行したのでは、同じタイミングで遊技球が始動入賞した場合であっても、例えば始動入賞口14内での球詰まりや始動口スイッチ14aと入賞確認1スイッチ14bとの検出時間のずれなど外的な要因で大当り判定用などの乱数の抽出タイミングが変動してしまい、遊技の公正を却って阻害してしまう事態が生じうる。そのため、この実施の形態では、始動口スイッチ14aのオン状態のみを検出したことにもとづいて、直ちにステップS312の始動口スイッチ通過処理を実行し、大当り判定用などの乱数の抽出処理を行って、遊技の公正が却って阻害されてしまう事態を防止している。   In this embodiment, the processing for performing the external output of the winning signal and the payout of the winning ball is executed based on the detection of the ON state of both the start port switch 14a and the winning check 1 switch 14b. On the other hand, in step S311, it is determined only whether or not the start port switch 14a arranged on the upstream side is turned on. That is, since there is a considerable time difference from when the upstream start port switch 14a is turned on to when the downstream winning confirmation 1 switch 14b is turned on, the winning confirmation 1 switch 14b is turned on. When the start-port switch passing process in step S312 is executed after waiting until it is confirmed, even when the game ball has won a start at the same timing, for example, a ball clogging or starting in the start-up winning port 14 A random number extraction timing for jackpot determination or the like may fluctuate due to an external factor such as a difference in detection time between the mouth switch 14a and the winning confirmation 1 switch 14b, which may cause a situation in which the fairness of the game is obstructed. Therefore, in this embodiment, based on the fact that only the ON state of the start port switch 14a is detected, the start port switch passing process in step S312 is immediately executed, and random number extraction processing such as for jackpot determination is performed, This prevents situations where the fairness of games is disturbed.
ステップS300〜S310の処理は、以下のような処理である。   The processes in steps S300 to S310 are as follows.
特別図柄通常処理(ステップS300):特別図柄プロセスフラグの値が0であるときに実行される。遊技制御用マイクロコンピュータ560は、特別図柄の可変表示が開始できる状態になると、保留記憶数バッファに記憶される数値データの記憶数(保留記憶数)を確認する。保留記憶数バッファに記憶される数値データの記憶数は保留記憶数カウンタのカウント値により確認できる。また、保留記憶数カウンタのカウント値が0でなければ、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、大当り判定処理を実行し、特別図柄の可変表示の表示結果を大当りとするか否かを決定する。また、大当りとする場合には大当りフラグをセットする。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS301に応じた値(この例では1)に更新する。なお、大当りフラグは、大当り遊技が終了するときにリセットされる。   Special symbol normal processing (step S300): Executed when the value of the special symbol process flag is zero. When the game control microcomputer 560 is in a state where variable display of the special symbol can be started, the game control microcomputer 560 confirms the number of numerical data stored (the number of reserved memories) stored in the reserved memory number buffer. The number of numerical data stored in the reserved memory number buffer can be confirmed by the count value of the reserved memory number counter. If the count value of the pending storage number counter is not 0, the game control microcomputer 560 executes a jackpot determination process to determine whether or not to display the special symbol variable display result as a jackpot. In the case of a big hit, a big hit flag is set. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (1 in this example) according to step S301. The jackpot flag is reset when the jackpot game ends.
変動パターン設定処理(ステップS301):特別図柄プロセスフラグの値が1であるときに実行される。また、変動パターンを決定し、その変動パターンにおける変動時間(可変表示時間:可変表示を開始してから表示結果を導出表示(停止表示)するまでの時間)を特別図柄の可変表示の変動時間とすることに決定する。また、特別図柄の変動時間を計測する変動時間タイマをスタートさせる。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS302に対応した値(この例では2)に更新する。   Fluctuation pattern setting process (step S301): This process is executed when the value of the special symbol process flag is 1. Also, the variation pattern is determined, and the variation time in the variation pattern (variable display time: the time from the start of variable display until the display result is derived and displayed (stop display)) is defined as the variation display variation time of the special symbol. Decide to do. Also, a variable time timer for measuring the special symbol variable time is started. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (2 in this example) corresponding to step S302.
表示結果指定コマンド送信処理(ステップS302):特別図柄プロセスフラグの値が2であるときに実行される。演出制御用マイクロコンピュータ100に、表示結果指定コマンドを送信する制御を行う。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS303に対応した値(この例では3)に更新する。   Display result designation command transmission process (step S302): This process is executed when the value of the special symbol process flag is 2. Control for transmitting a display result designation command to the production control microcomputer 100 is performed. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (3 in this example) corresponding to step S303.
特別図柄変動中処理(ステップS303):特別図柄プロセスフラグの値が3であるときに実行される。変動パターン設定処理で選択された変動パターンの変動時間が経過(ステップS301でセットされる変動時間タイマがタイムアウトすなわち変動時間タイマの値が0になる)すると、演出制御用マイクロコンピュータ100に、図柄確定指定コマンドを送信する制御を行い、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS304に対応した値(この例では4)に更新する。なお、演出制御用マイクロコンピュータ100は、遊技制御用マイクロコンピュータ560が送信する図柄確定指定コマンドを受信すると演出表示装置9において第4図柄が停止されるように制御する。   Special symbol changing process (step S303): This process is executed when the value of the special symbol process flag is 3. When the variation time of the variation pattern selected in the variation pattern setting process elapses (the variation time timer set in step S301 times out, that is, the variation time timer value becomes 0), the design control microcomputer 100 determines the symbol. Control to transmit the specified command is performed, and the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (4 in this example) corresponding to step S304. The effect control microcomputer 100 controls the effect display device 9 to stop the fourth symbol when receiving the symbol confirmation designation command transmitted by the game control microcomputer 560.
特別図柄停止処理(ステップS304):特別図柄プロセスフラグの値が4であるときに実行される。大当りフラグがセットされている場合に、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS305に対応した値(この例では5)に更新する。また、小当りフラグがセットされている場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS308に対応した値(この例では8)に更新する。大当りフラグおよび小当りフラグのいずれもセットされていない場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS300に対応した値(この例では0)に更新する。なお、この実施の形態では、特別図柄プロセスフラグの値が4となったことにもとづいて、ステップS36の特別図柄表示制御処理において特別図柄の停止図柄を停止表示するための特別図柄表示制御データが特別図柄表示制御データ設定用の出力バッファに設定され、ステップS22の表示制御処理において出力バッファの設定内容に応じて実際に特別図柄の停止図柄が停止表示される。   Special symbol stop process (step S304): executed when the value of the special symbol process flag is 4. When the big hit flag is set, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (5 in this example) corresponding to step S305. If the small hit flag is set, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (8 in this example) corresponding to step S308. If neither the big hit flag nor the small hit flag is set, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to step S300 (in this example, 0). In this embodiment, based on the value of the special symbol process flag being 4, special symbol display control data for stopping and displaying the special symbol stop symbol in the special symbol display control process of step S36 is provided. The special symbol display control data is set in the output buffer, and the special symbol stop symbol is actually stopped and displayed according to the setting contents of the output buffer in the display control processing in step S22.
大入賞口開放前処理(ステップS305):特別図柄プロセスフラグの値が5であるときに実行される。大入賞口開放前処理では、大入賞口を開放する制御を行う。具体的には、カウンタ(例えば、大入賞口に入った遊技球数をカウントするカウンタ)などを初期化するとともに、ソレノイド21を駆動して大入賞口を開放状態にする。また、タイマによって大入賞口開放中処理の実行時間を設定し、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS306に対応した値(この例では6)に更新する。なお、大入賞口開放前処理は各ラウンド毎に実行されるが、第1ラウンドを開始する場合には、大入賞口開放前処理は大当り遊技を開始する処理でもある。   Preliminary winning opening opening process (step S305): This is executed when the value of the special symbol process flag is 5. In the pre-opening process for the big prize opening, control for opening the big prize opening is performed. Specifically, a counter (for example, a counter that counts the number of game balls that have entered the big prize opening) is initialized and the solenoid 21 is driven to open the big prize opening. Also, the execution time of the special prize opening opening process is set by the timer, and the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to step S306 (6 in this example). The pre-opening process for the big winning opening is executed for each round, but when the first round is started, the pre-opening process for the big winning opening is also a process for starting the big hit game.
大入賞口開放中処理(ステップS306):特別図柄プロセスフラグの値が6であるときに実行される。大当り遊技状態中のラウンド表示の演出制御コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御や大入賞口の閉成条件の成立を確認する処理等を行う。なお、「大入賞口の閉成条件」は、大入賞口内の上流側のカウントスイッチ23により検出された大入賞口への遊技球の入賞数が所定数(本例では、10個)に達したことにもとづいて成立する。大入賞口の閉成条件が成立し、かつ、まだ残りラウンドがある場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS305に対応した値(この例では5)に更新する。また、全てのラウンドを終えた場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS307に対応した値(この例では7)に更新する。   Large winning opening opening process (step S306): This process is executed when the value of the special symbol process flag is 6. A control for transmitting a presentation control command for round display during the big hit gaming state to the microcomputer 100 for the presentation control, a process for confirming that the closing condition for the big prize opening is satisfied, and the like are performed. Note that the “close condition of the big prize opening” is that the number of winning game balls to the big prize opening detected by the upstream count switch 23 in the big prize opening reaches a predetermined number (10 in this example). It is established based on what has been done. If the closing condition for the special prize opening is satisfied and there are still remaining rounds, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (5 in this example) corresponding to step S305. When all the rounds are completed, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to step S307 (7 in this example).
大当り終了処理(ステップS307):特別図柄プロセスフラグの値が7であるときに実行される。大当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を演出制御用マイクロコンピュータ100に行わせるための制御を行う。また、遊技状態を示すフラグ(例えば、確変フラグや時短フラグ)をセットする処理を行う。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS300に対応した値(この例では0)に更新する。   Big hit end process (step S307): executed when the value of the special symbol process flag is 7. Control is performed to cause the microcomputer 100 for effect control to perform display control for notifying the player that the big hit gaming state has ended. In addition, a process for setting a flag indicating a gaming state (for example, a probability change flag or a time reduction flag) is performed. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (0 in this example) corresponding to step S300.
小当り開放前処理(ステップS308):特別図柄プロセスフラグの値が8であるときに実行される。小当り開放前処理では、大入賞口を開放する制御を行う。具体的には、カウンタ(例えば、大入賞口に入った遊技球数をカウントするカウンタ)などを初期化するとともに、ソレノイド21を駆動して大入賞口を開放状態にする。また、タイマによって大入賞口開放中処理の実行時間を設定し、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS309に対応した値(この例では9)に更新する。なお、小当り開放前処理は小当り遊技中の大入賞口の開放毎に実行されるが、小当り遊技中の最初の開放を開始する場合には、小当り開放前処理は小当り遊技を開始する処理でもある。   Small hit release pre-processing (step S308): This process is executed when the value of the special symbol process flag is 8. In the pre-opening process for small hits, control is performed to open the big prize opening. Specifically, a counter (for example, a counter that counts the number of game balls that have entered the big prize opening) is initialized and the solenoid 21 is driven to open the big prize opening. Also, the execution time of the special prize opening opening process is set by the timer, and the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (9 in this example) corresponding to step S309. Note that the pre-opening process for small hits is executed every time the big winning opening during the small hit game is opened. It is also a process to start.
小当り開放中処理(ステップS309):特別図柄プロセスフラグの値が9であるときに実行される。大入賞口の閉成条件の成立を確認する処理等を行う。なお、「大入賞口の閉成条件」は、大入賞口内の上流側のカウントスイッチ23により検出された大入賞口への遊技球の入賞数が所定数(本例では、10個)に達したことにもとづいて成立する。大入賞口の閉成条件が成立し、かつ、まだ大入賞口の開放回数が残っている場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS308に対応した値(この例では8)に更新する。また、全てのラウンドを終えた場合には、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS310に対応した値(この例では10(10進数))に更新する。   Small hit release processing (step S309): executed when the value of the special symbol process flag is 9. Processing to confirm the establishment of the closing condition of the big prize opening is performed. Note that the “close condition of the big prize opening” is that the number of winning game balls to the big prize opening detected by the upstream count switch 23 in the big prize opening reaches a predetermined number (10 in this example). It is established based on what has been done. When the closing condition of the big prize opening is satisfied and the number of opening of the big prize opening still remains, the internal state (special symbol process flag) is set to a value (8 in this example) corresponding to step S308. Update. When all rounds are completed, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value corresponding to step S310 (in this example, 10 (decimal number)).
小当り終了処理(ステップS310):特別図柄プロセスフラグの値が10であるときに実行される。小当り遊技状態が終了したことを遊技者に報知する表示制御を演出制御用マイクロコンピュータ100に行わせるための制御を行う。そして、内部状態(特別図柄プロセスフラグ)をステップS300に対応した値(この例では0)に更新する。   Small hit end process (step S310): executed when the value of the special symbol process flag is 10. Control is performed to cause the microcomputer 100 for effect control to perform display control for notifying the player that the small hit gaming state has ended. Then, the internal state (special symbol process flag) is updated to a value (0 in this example) corresponding to step S300.
図16は、ステップS312の始動口スイッチ通過処理を示すフローチャートである。始動口スイッチ通過処理において、CPU56は、まず、保留記憶数が上限値に達しているか否か(具体的には、保留記憶数をカウントするための保留記憶数カウンタの値が4でるか否か)を確認する(ステップS211)。保留記憶数が上限値に達していなければ、CPU56は、大当り判定用乱数(ランダムR)となる数値データの読出元となる乱数値レジスタを特定する。   FIG. 16 is a flowchart showing the start-port switch passing process in step S312. In the start-port switch passing process, the CPU 56 first determines whether or not the reserved memory number has reached the upper limit value (specifically, whether or not the value of the reserved memory number counter for counting the reserved memory number is 4). ) Is confirmed (step S211). If the number of reserved memories has not reached the upper limit value, the CPU 56 specifies a random value register from which numerical data serving as a jackpot determination random number (random R) is read.
なお、この実施の形態では、特別図柄プロセス処理のステップS311で始動入賞口14内の上流側の始動口スイッチ14aのみのオン状態を検出したことにもとづいて、図16に示す始動口スイッチ通過処理を実行する場合を示しているが、ステップS311において上流側の始動口スイッチ14aと下流側の入賞確認スイッチ14bとの両方のオン状態を検出したことにもとづいて、図16に示す始動口スイッチ通過処理を実行するようにしてもよい。そのように構成しても、既に説明したように、始動入賞口14内の上流側の始動口スイッチ14aからの始動入賞信号のみを入力したことにもとづいて、始動入賞時ラッチ信号が出力され、乱数回路509の各乱数値レジスタに数値データがラッチされているので、各乱数値レジスタへの数値データのラッチのタイミングがずれることはない。   In this embodiment, the start port switch passing process shown in FIG. 16 is performed based on the fact that only the upstream start port switch 14a in the start winning port 14 is detected in step S311 of the special symbol process. 16 is executed, based on the fact that the ON state of both the upstream side start port switch 14a and the downstream side winning confirmation switch 14b is detected in step S311, the start port switch passage shown in FIG. Processing may be executed. Even in such a configuration, as described above, the start winning latch signal is output based on the fact that only the start winning signal from the upstream start opening switch 14a in the start winning opening 14 is input, Since numerical data is latched in each random value register of the random number circuit 509, the timing of latching numerical data in each random value register does not shift.
次いで、CPU56は、保留記憶数カウンタの値を1増やす(ステップS212)。次いで、CPU56は、特定した乱数回路509の乱数値レジスタから数値データを抽出するとともに、ソフトウェア乱数を生成するためのカウンタから値を抽出し、それらを、RAM55に形成されている保留記憶バッファにおける保存領域に格納する処理を実行する(ステップS213)。なお、ステップS213の処理では、ハードウェア乱数であるランダムR(大当り判定用乱数)や、ソフトウェア乱数である大当り種別判定用乱数(ランダム1)、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)および変動パターン判定用乱数(ランダム3)が抽出され、保存領域に格納される。なお、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)や変動パターン判定用乱数(ランダム3)を始動口スイッチ通過処理(始動入賞時)において抽出して保存領域にあらかじめ格納しておくのではなく、特別図柄の変動開始時に抽出するようにしてもよい。例えば、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、変動パターン設定処理(ステップS301参照)において、変動パターン種別判定用乱数(ランダム2)を生成するための変動パターン種別判定用乱数カウンタから値を直接抽出したり、変動パターン判定用乱数(ランダム3)を生成するための変動パターン判定用乱数カウンタから値を直接抽出したりするようにしてもよい。   Next, the CPU 56 increases the value of the reserved storage number counter by 1 (step S212). Next, the CPU 56 extracts numerical data from the random number value register of the specified random number circuit 509 and extracts values from a counter for generating software random numbers, and stores them in the reserved storage buffer formed in the RAM 55. Processing to store in the area is executed (step S213). In the process of step S213, a random R (big hit determination random number) that is a hardware random number, a big hit type determination random number (random 1) that is a software random number, a variation pattern type determination random number (random 2), and a variation pattern A random number for determination (random 3) is extracted and stored in the storage area. In addition, the random number for variation pattern type determination (random 2) and the random number for variation pattern determination (random 3) are not extracted and stored in the storage area in advance in the start-port switch passing process (at the time of starting winning a prize). You may make it extract at the time of the change start of a symbol. For example, the game control microcomputer 560 directly extracts a value from a variation pattern type determination random number counter for generating a variation pattern type determination random number (random 2) in the variation pattern setting process (see step S301). Alternatively, a value may be directly extracted from a variation pattern determination random number counter for generating a variation pattern determination random number (random 3).
そして、CPU56は、保留記憶数加算指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS214)。   Then, the CPU 56 performs control to transmit a reserved memory number addition designation command to the effect control microcomputer 100 (step S214).
図17は、特別図柄プロセス処理における特別図柄通常処理(ステップS300)を示すフローチャートである。特別図柄通常処理において、CPU56は、保留記憶数の値を確認する(ステップS51)。具体的には、保留記憶数カウンタのカウント値を確認する。保留記憶数が0であれば、まだ客待ちデモ指定コマンドを送信していなければ、演出制御用マイクロコンピュータ100に対して客待ちデモ指定コマンドを送信する制御を行い(ステップS52)、処理を終了する。なお、例えば、CPU56は、ステップS52で客待ちデモ指定コマンドを送信すると、客待ちデモ指定コマンドを送信したことを示す客待ちデモ指定コマンド送信済フラグをセットする。そして、客待ちデモ指定コマンドを送信した後に次回のタイマ割込以降の特別図柄通常処理を実行する場合には、客待ちデモ指定コマンド送信済フラグがセットされていることにもとづいて重ねて客待ちデモ指定コマンドを送信しないように制御すればよい。また、この場合、客待ちデモ指定コマンド送信済フラグは、次回の特別図柄の変動表示が開始されるときにリセットされるようにすればよい。   FIG. 17 is a flowchart showing the special symbol normal process (step S300) in the special symbol process. In the special symbol normal process, the CPU 56 checks the value of the number of reserved storage (step S51). Specifically, the count value of the pending storage number counter is confirmed. If the number of reserved memories is 0, if the customer waiting demonstration designation command has not been transmitted yet, control is performed to send the customer waiting demonstration designation command to the production control microcomputer 100 (step S52), and the process is terminated. To do. For example, when the CPU 56 transmits a customer waiting demonstration designation command in step S52, the CPU 56 sets a customer waiting demonstration designation command transmitted flag indicating that the customer waiting demonstration designation command has been transmitted. When the special symbol normal processing after the next timer interruption is executed after sending the customer waiting demo designation command, the customer waiting demonstration request command is repeatedly set based on the fact that the customer waiting demo designation command transmission completed flag is set. Control should be performed so that the demo designation command is not transmitted. In this case, the customer waiting demonstration designation command transmission completion flag may be reset when the next special symbol variation display is started.
保留記憶数が0でなければ、CPU56は、RAM55において、保留記憶数=1に対応する保存領域に格納されている各乱数値を読み出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する(ステップS55)。そして、CPU56は、保留記憶数カウンタのカウント値を1減算し、かつ、各保存領域の内容をシフトする(ステップS56)。すなわち、CPU56は、RAM55の保留記憶バッファにおいて保留記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納されている各乱数値を、保留記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。よって、各保留記憶数に対応するそれぞれの保存領域に格納されている各乱数値が抽出された順番は、常に、保留記憶数=1,2,3,4の順番と一致するようになっている。   If the reserved memory number is not 0, the CPU 56 reads out each random number value stored in the storage area corresponding to the reserved memory number = 1 in the RAM 55 and stores it in the random number buffer area of the RAM 55 (step S55). Then, the CPU 56 subtracts 1 from the count value of the reserved storage number counter, and shifts the contents of each storage area (step S56). That is, the CPU 56 corresponds to each random number value stored in the storage area corresponding to the reserved storage number = n (n = 2, 3, 4) in the reserved storage buffer of the RAM 55 to the reserved storage number = n−1. Store in the save area. Therefore, the order in which the random number values stored in the respective storage areas corresponding to the number of reserved memories is extracted always matches the order of the number of reserved memories = 1, 2, 3 and 4. Yes.
また、CPU56は、現在の遊技状態に応じて背景指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS60)。この場合、CPU56は、確変状態であることを示す確変フラグがセットされている場合には、確変状態背景指定コマンドを送信する制御を行う。また、CPU56は、確変フラグがセットされておらず、時短状態であることを示す時短フラグがセットされている場合には、時短状態背景指定コマンドを送信する制御を行う。また、CPU56は、確変フラグおよび時短フラグのいずれもセットされていなければ、通常状態背景指定コマンドを送信する制御を行う。   Moreover, CPU56 performs control which transmits a background designation | designated command to the microcomputer 100 for effect control according to the present game state (step S60). In this case, when the probability variation flag indicating the probability variation state is set, the CPU 56 performs control to transmit a probability variation state background designation command. Further, the CPU 56 performs control to transmit a time reduction state background designation command when the time variation flag indicating that the time reduction state is not set and the time reduction state is set. Further, when neither the probability change flag nor the time reduction flag is set, the CPU 56 performs control to transmit a normal state background designation command.
次いで、CPU56は、乱数バッファ領域からランダムR(大当り判定用乱数)を読み出し、大当り判定モジュールを実行する。なお、この場合、CPU56は、始動口スイッチ通過処理のステップS213で抽出し保留記憶バッファにあらかじめ格納した大当り判定用乱数を読み出し、大当り判定を行う。大当り判定モジュールは、あらかじめ決められている大当り判定値や小当り判定値と大当り判定用乱数とを比較し、それらが一致したら大当りや小当りとすることに決定する処理を実行するプログラムである。すなわち、大当り判定や小当り判定の処理を実行するプログラムである。   Next, the CPU 56 reads a random R (a jackpot determination random number) from the random number buffer area and executes a jackpot determination module. In this case, the CPU 56 reads the jackpot determination random number extracted in step S213 of the start-port switch passing process and stored in advance in the holding storage buffer, and performs the jackpot determination. The big hit determination module is a program that compares a big hit determination value or a small hit determination value determined in advance with a big hit determination random number, and executes a process of determining a big hit or a small hit if they match. That is, it is a program that executes a big hit determination or a small hit determination process.
大当り判定の処理では、遊技状態が確変状態(高確率状態)の場合は、遊技状態が非確変状態(通常遊技状態および時短状態)の場合よりも、大当りとなる確率が高くなるように構成されている。具体的には、あらかじめ大当り判定値の数が多く設定されている確変時大当り判定テーブルと、大当り判定値の数が確変大当り判定テーブルよりも少なく設定されている通常時大当り判定テーブルとが設けられている。そして、CPU56は、遊技状態が確変状態であるか否かを確認し、遊技状態が確変状態であるときは、確変時大当り判定テーブルを使用して大当りの判定の処理を行い、遊技状態が通常遊技状態や時短状態であるときは、通常時大当り判定テーブルを使用して大当りの判定の処理を行う。大当りとすることに決定した場合には(ステップS61)、ステップS71に移行する。なお、大当りとするか否か決定するということは、大当り遊技状態に移行させるか否か決定するということであるが、特別図柄表示器における停止図柄を大当り図柄とするか否か決定するということでもある。   The jackpot determination process is configured such that when the gaming state is a probable change state (high probability state), the probability of a big hit is higher than when the gaming state is a non-probability change state (normal game state and short-time state). ing. Specifically, there are provided a probabilistic jackpot determination table in which a large number of jackpot determination values are set in advance and a normal jackpot determination table in which the number of jackpot determination values is set smaller than that in the probabilistic jackpot determination table. ing. Then, the CPU 56 checks whether or not the gaming state is a probability variation state. If the gaming state is a probability variation state, the jackpot determination process is performed using the probability variation jackpot determination table, and the gaming state is normal. When in the gaming state or the short-time state, the big hit determination process is performed using the normal big hit determination table. When it is determined to be a big hit (step S61), the process proceeds to step S71. Note that deciding whether to win or not is to decide whether or not to shift to the big hit gaming state, but to decide whether or not to stop the special symbol display as a big hit symbol. But there is.
なお、現在の遊技状態が確変状態であるか否かの確認は、確変フラグがセットされているか否かにより行われる。確変フラグは、遊技状態を確変状態に移行するときにセットされ、確変状態を終了するときにリセットされる。具体的には、確変大当りまたは突然確変大当りとすることに決定され、大当り遊技を終了する処理においてセットされ、大当りと決定されたときに特別図柄の変動表示を終了して停止図柄を停止表示するタイミングでリセットされる。   Note that whether or not the current gaming state is the probability variation state is determined by whether or not the probability variation flag is set. The probability variation flag is set when the gaming state is shifted to the probability variation state, and is reset when the probability variation state is terminated. Specifically, it is determined to be a probable big hit or suddenly probable big hit, and is set in the process of ending the big hit game, and when the big hit is determined, the special symbol variation display is terminated and the stop symbol is stopped and displayed. Reset at timing.
大当り判定用乱数(ランダムR)の値がいずれの大当り判定値にも一致しなければ(ステップS61のN)、CPU56は、小当り判定テーブルを使用して小当りの判定の処理を行う。すなわち、CPU56は、大当り判定用乱数(ランダムR)の値がいずれかの小当り判定値に一致すると、特別図柄に関して小当りとすることに決定する。そして、小当りとすることに決定した場合には(ステップS62)、CPU56は、小当りであることを示す小当りフラグをセットし(ステップS63)、ステップS75に移行する。   If the value of the big-hit determination random number (random R) does not match any of the big-hit determination values (N in step S61), the CPU 56 performs a small-hit determination process using the small-hit determination table. That is, when the value of the big hit determination random number (random R) matches any of the small hit determination values, the CPU 56 determines that the special symbol is a small hit. If it is determined to be a small hit (step S62), the CPU 56 sets a small hit flag indicating a small hit (step S63), and proceeds to step S75.
なお、ランダムRの値が大当り判定値および小当り判定値のいずれにも一致しない場合には(ステップS62のN)、すなわち、はずれである場合には、そのままステップS75に移行する。   If the random R value does not match either the big hit determination value or the small hit determination value (N in step S62), that is, if it is out of place, the process proceeds to step S75 as it is.
ステップS71では、CPU56は、大当りであることを示す大当りフラグをセットする。次いで、CPU56は、大当り種別を決定するための大当り種別判定テーブルを用いて、乱数バッファ領域に格納された大当り種別判定用の乱数(ランダム1)の値と一致する値に対応した種別(「通常大当り」、「確変大当り」、「突然確変大当り」)を大当りの種別に決定する(ステップS73)。   In step S71, the CPU 56 sets a big hit flag indicating that it is a big hit. Next, the CPU 56 uses the jackpot type determination table for determining the jackpot type to determine the type corresponding to the value corresponding to the value of the jackpot type determination random number (random 1) stored in the random number buffer area (“normal” "Big hit", "Probability change big hit", "Sudden probability change big hit") is determined as the type of big hit (step S73).
また、CPU56は、決定した大当りの種別を示すデータをRAM55における大当り種別バッファに設定する(ステップS74)。例えば、大当り種別が「通常大当り」の場合には大当り種別を示すデータとして「01」が設定され、大当り種別が「確変大当り」の場合には大当り種別を示すデータとして「02」が設定され、大当り種別が「突然確変大当り」の場合には大当り種別を示すデータとして「03」が設定される。   Further, the CPU 56 sets data indicating the determined jackpot type in the jackpot type buffer in the RAM 55 (step S74). For example, when the big hit type is “normal big hit”, “01” is set as data indicating the big hit type, and when the big hit type is “probable big hit”, “02” is set as the data indicating the big hit type, When the big hit type is “suddenly probable big hit”, “03” is set as data indicating the big hit type.
次いで、CPU56は、特別図柄の停止図柄を決定する(ステップS75)。具体的には、大当りフラグおよび小当りフラグのいずれもセットされていない場合には、はずれ図柄となる「−」を特別図柄の停止図柄に決定する。大当りフラグがセットされている場合には、大当り種別の決定結果に応じて、大当り図柄となる「1」、「3」、「7」のいずれかを特別図柄の停止図柄に決定する。すなわち、大当り種別を「突然確変大当り」に決定した場合には「1」を特別図柄の停止図柄に決定し、「通常大当り」に決定した場合には「3」を特別図柄の停止図柄に決定し、「確変大当り」に決定した場合には「7」を特別図柄の停止図柄に決定する。小当りフラグがセットされている場合には、小当り図柄となる「5」を特別図柄の停止図柄に決定する。   Next, the CPU 56 determines a special symbol stop symbol (step S75). Specifically, when neither the big hit flag nor the small hit flag is set, “−” which is a loss symbol is determined as a special symbol stop symbol. When the big hit flag is set, one of “1”, “3”, and “7”, which is a big hit symbol, is determined as a special symbol stop symbol according to the determination result of the big hit type. That is, when the big hit type is determined to be “suddenly promising big hit”, “1” is decided as a special symbol stop symbol, and when “normal big hit” is decided, “3” is decided as a special symbol stop symbol. If “probable big hit” is determined, “7” is determined as a special symbol stop symbol. When the small hit flag is set, “5” as the small hit symbol is determined as a special symbol stop symbol.
そして、特別図柄プロセスフラグの値を変動パターン設定処理(ステップS301)に対応した値に更新する(ステップS76)。   Then, the value of the special symbol process flag is updated to a value corresponding to the variation pattern setting process (step S301) (step S76).
図18は、特別図柄プロセス処理における特別図柄停止処理(ステップS304)を示すフローチャートである。特別図柄停止処理において、CPU56は、大当りフラグがセットされているか否かを確認する(ステップS1301)。大当りフラグがセットされている場合には、CPU56は、セットされていれば、確変状態であることを示す確変フラグ、および時短状態であることを示す時短フラグをリセットする(ステップS1302)。なお、セットされていれば、時短回数カウンタもリセットする。また、CPU56は、セットされていれば、高確中出力許可フラグをリセットする(ステップS1303)。   FIG. 18 is a flowchart showing the special symbol stop process (step S304) in the special symbol process. In the special symbol stop process, the CPU 56 checks whether or not the big hit flag is set (step S1301). If the big hit flag is set, the CPU 56 resets the probability variation flag indicating the probability variation state and the time reduction flag indicating the time reduction state if set (step S1302). If it is set, the hourly number counter is also reset. If it is set, the CPU 56 resets the high-accuracy medium output permission flag (step S1303).
次いで、CPU56は、演出制御用マイクロコンピュータ100に大当り開始指定コマンドを送信する制御を行う(ステップS1304)。具体的には、大当りの種別が通常大当りである場合には、大当り遊技の開始および通常大当りであることを指定する大当り開始1指定コマンドを送信する。大当りの種別が確変大当りである場合には、大当り遊技の開始および確変大当りであることを指定する大当り開始2指定コマンドを送信する。大当りの種別が突然確変大当りである場合には、大当り遊技の開始および小当り/突然確変大当りであることを指定する小当り/突然確変大当り開始指定コマンドを送信する。なお、大当りの種別が通常大当り、確変大当りまたは突然確変大当りのいずれであるかは、RAM55に記憶されている大当り種別を示すデータ(大当り種別バッファに記憶されているデータ)にもとづいて判定される。   Next, the CPU 56 performs control to transmit a jackpot start designation command to the effect control microcomputer 100 (step S1304). Specifically, when the type of jackpot is a normal jackpot, a jackpot start 1 designation command for designating the start of the jackpot game and the normal jackpot is transmitted. When the type of jackpot is a probable change jackpot, a jackpot start 2 designation command for designating the start of jackpot game and the probability change jackpot is transmitted. When the type of the big hit is sudden probability change big hit, a small hit / sudden probability sudden change big hit start designation command is transmitted to specify that the big hit game starts and small hit / sudden probability sudden change big hit. Whether the big hit type is a normal big hit, a probable big hit or a sudden probable big hit is determined based on the data indicating the big hit type stored in the RAM 55 (data stored in the big hit type buffer). .
また、CPU56は、大入賞口開放前タイマに大当り表示時間(大当りが発生したことを、例えば、演出表示装置9において報知する時間)に相当する値を設定する(ステップS1305)。なお、大入賞口開放前タイマは、大当り遊技や小当り遊技中に大入賞口を開放するまでの時間を計測するためのタイマである。具体的には、大当り遊技の開始時には、ステップS1305において、変動表示を停止してから第1ラウンドが開始されるまでに要する時間(演出制御用マイクロコンピュータ100側で変動表示を停止し大当り図柄を停止表示してから第1ラウンドが開始されるまでのファンファーレ演出を行う時間に相当)が大入賞口開放前タイマに設定される。また、第1ラウンド以降については、各ラウンド間のインターバル時間(演出制御用マイクロコンピュータ100側でラウンド間のインターバル演出を行う時間に装置)が大入賞口開放前タイマに設定される。   In addition, the CPU 56 sets a value corresponding to the jackpot display time (time for notifying that the jackpot has occurred, for example, in the effect display device 9) in the timer before opening the big prize opening (step S1305). The timer before opening the big winning opening is a timer for measuring the time until the big winning opening is released during the big hit game or the small hit game. Specifically, at the start of the big hit game, in step S1305, the time required from the start of the variable display to the start of the first round (the variable display is stopped on the production control microcomputer 100 side and the jackpot symbol is displayed). The time before the first round is started until the start of the first round is set as the pre-opening timer. For the first and subsequent rounds, the interval time between the rounds (apparatus at the time of performing the interval effect between the rounds on the effect control microcomputer 100 side) is set as the timer before opening the big prize opening.
また、CPU56は、開放回数カウンタ(大当り遊技中や小当り遊技中の大入賞口の開放回数をカウントするためのカウンタ)に開放回数をセットする(ステップS1306)。なお、この実施の形態では、大当り種別を区別することなく、開放回数カウンタには固定回数15回がセットされるものとする。なお、大当り種別に応じて異なる回数を開放回数カウンタにセットするようにしてもよい。例えば、通常大当りや確変大当りである場合には開放回数カウンタに15回をセットし、突然確変大当りである場合には開放回数カウンタに2回をセットするようにしてもよい。そして、特別図柄プロセスフラグの値を大入賞口開放前処理(ステップS305)に対応した値に更新する(ステップS1307)。   Further, the CPU 56 sets the number of times of opening in a number-of-opening counter (a counter for counting the number of times of opening of the big winning opening during the big hit game or the small hit game) (step S1306). In this embodiment, it is assumed that the fixed number of times is set to 15 in the opening number counter without distinguishing the jackpot type. It should be noted that a different number of times may be set in the opening number counter according to the big hit type. For example, in the case of a normal big hit or a probable big hit, the open count counter may be set to 15 times, and in the case of a sudden probable big hit, the open count counter may be set to 2 times. Then, the value of the special symbol process flag is updated to a value corresponding to the pre-opening process for the special winning opening (step S305) (step S1307).
また、ステップS1301で大当りフラグがセットされていなければ、CPU56は、時短状態における特別図柄の変動回数をカウントするための時短回数カウンタの値が0となっているか否かを確認する(ステップS1308)。時短回数カウンタの値が0でなければ(この場合、通常大当りとなったことにもとづいて時短状態に制御されるとともに時短回数カウンタがセットされている場合である)、CPU56は、時短回数カウンタの値を−1する(ステップS1309)。そして、CPU56は、減算後の時短回数カウンタの値が0になった場合には(ステップS1310)、時短フラグをリセットする(ステップS1311)。   On the other hand, if the big hit flag is not set in step S1301, the CPU 56 checks whether or not the value of the time-count counter for counting the number of fluctuations of the special symbol in the time-saving state is 0 (step S1308). . If the value of the time reduction counter is not 0 (in this case, the time reduction counter is set based on a normal big hit and the time reduction counter is set), the CPU 56 The value is decremented by 1 (step S1309). Then, when the value of the time reduction counter after subtraction becomes 0 (step S1310), the CPU 56 resets the time reduction flag (step S1311).
次いで、CPU56は、小当りフラグがセットされているか否かを確認する(ステップS1312)。小当りフラグがセットされていれば、CPU56は、演出制御用マイクロコンピュータ100に小当り/突然確変大当り開始指定コマンドを送信する(ステップS1313)。また、大入賞口開放前タイマに小当り表示時間(小当りが発生したことを、例えば、演出表示装置9において報知する時間)に相当する値を設定する(ステップS1314)。なお、小当りとなる場合には、小当り遊技の開始時に、ステップS1314において、変動表示を停止してから小当り遊技が開始されるまでに要する時間が大入賞口開放前タイマに設定される。また、小当り遊技中においては、大入賞口の各開放間のインターバル時間が大入賞口開放前タイマに設定される。   Next, the CPU 56 checks whether or not the small hit flag is set (step S1312). If the small hit flag is set, the CPU 56 transmits a small hit / suddenly probable big hit start designation command to the production control microcomputer 100 (step S1313). In addition, a value corresponding to the small hit display time (time for notifying that the small hit has occurred, for example, in the effect display device 9) is set in the timer before opening the big prize opening (step S1314). In the case of a small hit game, at the start of the small hit game, in step S1314, the time required from the time when the variable display is stopped until the small hit game is started is set in the timer before opening the big prize opening. . Further, during the small hit game, the interval time between each opening of the big winning opening is set in the timer before the big winning opening.
また、CPU56は、開放回数カウンタに開放回数をセットする(ステップS1315)。なお、この実施の形態では、ステップS1315において、開放回数カウンタに15回がセットされる。なお、ステップS1306で大当り種別に応じて異なる回数がセットされる場合、例えば、突然確変大当りである場合に開放回数カウンタに2回がセットされる場合には、ステップS1315でも開放回数カウンタに2回をセットするようにしてもよい。そして、特別図柄プロセスフラグの値を小当り開始前処理(ステップS308)に対応した値に更新する(ステップS1316)。   Further, the CPU 56 sets the number of times of opening in the number of times of opening counter (step S1315). In this embodiment, 15 times is set in the opening number counter in step S1315. When a different number of times is set according to the big hit type in step S1306, for example, in the case where a sudden probability variable big hit is set, two times are set in the open number counter. In step S1315, the open number counter is set twice. May be set. Then, the value of the special symbol process flag is updated to a value corresponding to the small hit start pre-processing (step S308) (step S1316).
小当りフラグもセットされていなければ(ステップS1312のN)、CPU56は、特別図柄プロセスフラグの値を特別図柄通常処理(ステップS300)に対応した値に更新する(ステップS1317)。   If the small hit flag is not set (N in step S1312), the CPU 56 updates the value of the special symbol process flag to a value corresponding to the special symbol normal process (step S300) (step S1317).
次に、遊技制御用マイクロコンピュータ560(具体的には、CPU56)が実行する普通図柄プロセス処理(ステップS29)について説明する。図19は、普通図柄プロセス処理の一例を示すフローチャートである。普通図柄プロセス処理では、CPU56は、ゲート32を遊技球が通過してゲートスイッチ32aがオン状態となったことを検出すると(ステップS111)、ゲートスイッチ通過処理(ステップS112)を実行する。そして、CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値に応じてステップS100〜S103に示された処理のうちのいずれかの処理を実行する。   Next, the normal symbol process (step S29) executed by the game control microcomputer 560 (specifically, the CPU 56) will be described. FIG. 19 is a flowchart showing an example of the normal symbol process. In the normal symbol process, when detecting that the game ball has passed through the gate 32 and the gate switch 32a is turned on (step S111), the CPU 56 executes a gate switch passage process (step S112). Then, the CPU 56 executes any one of the processes shown in steps S100 to S103 according to the value of the normal symbol process flag.
ゲートスイッチ通過処理(ステップS112):CPU56は、ゲート通過記憶カウンタのカウント値(ゲート通過記憶数)が最大値(この例では「4」)に達しているか否か確認する。最大値に達していなければ、ゲート通過記憶カウンタのカウント値を+1する。なお、ゲート通過記憶カウンタの値に応じて普通図柄保留記憶表示器41のLEDが点灯される。そして、CPU56は、普通図柄当り判定用乱数(ランダム4)の値を抽出し、ゲート通過記憶数の値に対応した保存領域(普通図柄判定用バッファ)に格納する処理を行う。   Gate switch passage processing (step S112): The CPU 56 checks whether or not the count value (gate passage storage number) of the gate passage storage counter has reached the maximum value ("4" in this example). If the maximum value has not been reached, the count value of the gate passage storage counter is incremented by one. Note that the LED of the normal symbol storage memory display 41 is turned on according to the value of the gate passage storage counter. Then, the CPU 56 performs processing for extracting the value of the random number for normal symbol determination (random 4) and storing it in the storage area (normal symbol determination buffer) corresponding to the value of the number of passages through the gate.
普通図柄通常処理(ステップS100):CPU56は、普通図柄の変動を開始することができる状態(例えば普通図柄プロセスフラグの値がステップS100を示す値となっている場合、具体的には、普通図柄表示器10において普通図柄の変動表示がなされておらず、かつ、普通図柄表示器10に当たり図柄が導出表示されたことにもとづく可変入賞球装置15の開閉動作中でもない場合)には、ゲート通過記憶数の値を確認する。具体的には、ゲート通過記憶数カウンタのカウント値を確認する。ゲート通過記憶数が0でなければ、当りとするか否か(普通図柄の停止図柄を当り図柄とするか否か)を決定する。そして、普通図柄プロセスタイマに普通図柄の変動時間をセットし、タイマをスタートさせる。そして、普通図柄プロセスフラグの値を普通図柄変動処理(ステップS101)を示す値(具体的には「1」)に更新する。   Normal symbol normal processing (step S100): The CPU 56 is in a state where normal symbol variation can be started (for example, when the value of the normal symbol process flag is a value indicating step S100, specifically, the normal symbol process). When the display 10 does not display the change of the normal symbol, and the variable winning ball apparatus 15 is not in the open / close operation based on the normal symbol display 10 being hit and displayed, the gate pass memory is stored. Check the value of the number. Specifically, the count value of the gate passing memory number counter is confirmed. If the gate passing memory number is not 0, it is determined whether or not to win (whether or not to stop the normal symbol as a winning symbol). Then, the normal symbol variation time is set in the normal symbol process timer, and the timer is started. Then, the value of the normal symbol process flag is updated to a value (specifically “1”) indicating the normal symbol variation process (step S101).
普通図柄変動処理(ステップS101):CPU56は、普通図柄プロセスタイマがタイムアウトしたか否か確認し、タイムアウトしていたら、普通図柄表示器10における普通図柄の変動を停止し、普通図柄プロセスタイマに普通図柄停止図柄表示時間をセットし、タイマをスタートさせる。そして、普通図柄プロセスフラグの値を普通図柄停止処理(ステップS102)を示す値(具体的には「2」)に更新する。   Normal symbol variation processing (step S101): The CPU 56 confirms whether or not the normal symbol process timer has timed out. Set the symbol stop symbol display time and start the timer. Then, the value of the normal symbol process flag is updated to a value (specifically “2”) indicating the normal symbol stop process (step S102).
普通図柄停止処理(ステップS102):CPU56は、普通図柄プロセスタイマがタイムアウトしたか否かを確認し、タイムアウトしていたら、普通図柄の停止図柄が当り図柄であるかどうかを確認する。当り図柄でなければ(はずれ図柄であれば)、普通図柄プロセスフラグの値を普通図柄通常処理(ステップS100)を示す値(具体的には「0」)に更新する。一方、普通図柄の停止図柄が当り図柄であれば、普通図柄プロセスタイマに普通電動役物作動時間をセットし、タイマをスタートさせる。また、現在の遊技状態が高ベース状態であるか否かを確認し、高ベース状態であれば、高ベース状態のときの普通電動役物(可変入賞球装置15)の開放パターンを選択し、低ベース状態であれば、低ベース状態のときの普通電動役物(可変入賞球装置15)の開放パターンを選択し、選択した開放パターンを設定する。そして、普通図柄プロセスフラグの値を普通電動役物作動処理(ステップS103)を示す値(具体的には「3」)に更新する。   Normal symbol stop process (step S102): The CPU 56 checks whether or not the normal symbol process timer has timed out. If it has timed out, the CPU 56 checks whether or not the normal symbol stop symbol is a winning symbol. If it is not a winning symbol (if it is a missing symbol), the value of the normal symbol process flag is updated to a value (specifically, “0”) indicating the normal symbol normal processing (step S100). On the other hand, if the stop symbol of the normal symbol is a winning symbol, the normal electric accessory operating time is set in the normal symbol process timer, and the timer is started. Further, it is confirmed whether or not the current gaming state is a high base state, and if it is a high base state, an opening pattern of the ordinary electric accessory (variable winning ball device 15) in the high base state is selected, If in the low base state, the release pattern of the ordinary electric accessory (variable winning ball apparatus 15) in the low base state is selected, and the selected release pattern is set. Then, the value of the normal symbol process flag is updated to a value (specifically “3”) indicating the normal electric accessory operation processing (step S103).
普通電動役物作動処理(ステップS103):CPU56は、普通図柄プロセスタイマがタイムアウトしていないことを条件に、普通電動役物(可変入賞球装置15)への遊技球の入賞個数(始動入賞口14への入賞個数)をカウントする普通電動役物入賞カウント処理を実行し、また、設定された開放パターンで普通電動役物の開放を行う(可変入賞球装置15の開閉動作を実行する)普通電動役物開放パターン処理を実行する。そして、普通図柄プロセスタイマがタイムアウトすると、普通図柄プロセスフラグの値を普通図柄通常処理(ステップS100)を示す値(具体的には「0」)に更新する。   Normal electric accessory actuating process (step S103): The CPU 56 is based on the condition that the normal symbol process timer has not timed out. 14 is performed, and the ordinary electric accessory is counted with the set opening pattern (the opening / closing operation of the variable winning ball apparatus 15 is performed). The electric accessory release pattern process is executed. When the normal symbol process timer times out, the value of the normal symbol process flag is updated to a value (specifically “0”) indicating the normal symbol normal process (step S100).
図20は、普通図柄通常処理(ステップS100)を示すフローチャートである。普通図柄通常処理において、CPU56は、ゲート通過記憶数カウンタのカウント値を確認することにより、ゲート通過記憶数が0であるか否かを確認する(ステップS121)。ゲート通過記憶数が0であれば(ステップS121のY)、そのまま処理を終了する。ゲート通過記憶数が0でなければ(ステップS121のN)、CPU56は、ゲート通過記憶数=1に対応する保存領域に格納されている普通図柄当り判定用乱数値を読み出してRAM55の乱数バッファ領域に格納する(ステップS122)。そして、CPU56は、ゲート通過記憶数カウンタの値を1減らし、かつ、各保存領域の内容をシフトする(ステップS123)。すなわち、ゲート通過記憶数=n(n=2,3,4)に対応する保存領域に格納されている普通図柄当り判定用乱数値を、ゲート通過記憶数=n−1に対応する保存領域に格納する。よって、各ゲート通過記憶数に対応するそれぞれの保存領域に格納されている普通図柄当り判定用乱数値が抽出された順番は、常に、ゲート通過記憶数=1,2,3,4の順番と一致するようになっている。   FIG. 20 is a flowchart showing normal symbol normal processing (step S100). In the normal symbol normal process, the CPU 56 confirms whether or not the gate passing memory number is 0 by confirming the count value of the gate passing memory number counter (step S121). If the gate passing memory number is 0 (Y in step S121), the process is terminated as it is. If the gate passing memory number is not 0 (N in Step S121), the CPU 56 reads the random number value for determination per ordinary symbol stored in the storage area corresponding to the gate passing memory number = 1, and the random number buffer area of the RAM 55 (Step S122). Then, the CPU 56 decrements the value of the gate passage storage number counter by 1 and shifts the contents of each storage area (step S123). That is, the random number value for normal symbol determination stored in the storage area corresponding to the number of gate passing memories = n (n = 2, 3, 4) is stored in the storage area corresponding to the number of gate passing memories = n−1. Store. Therefore, the order in which the random numbers for determination per ordinary symbol stored in the respective storage areas corresponding to the respective gate passing memory numbers are extracted is always the order of the gate passing memory number = 1, 2, 3, 4 It is supposed to match.
次いで、CPU56は、乱数格納バッファから普通図柄当り判定用乱数を読み出し(ステップS124)、読み出した乱数値にもとづいて当りとするかはずれとするかを決定する(ステップS125)。具体的には、普通図柄当り判定用乱数の値が当り判定値と一致するか否かが判定され、一致する当り判定値があれば当りと決定される。例えば、時短フラグがセットされているとき、すなわち高ベース状態(時短状態、確変時短状態)のときには、当り判定値を1〜10のいずれかとし、低ベース状態のときには、当り判定値を3または7としている。普通図柄当り判定用乱数が0〜10の数値範囲で更新されるとすると、高ベース状態のときの当選確率は10/11となり、低ベース状態のときの当選確率は2/11となる。このように、高ベース状態のときは高確率で当りとなり、低ベース状態のときは低確率でしか当りとならない。   Next, the CPU 56 reads a normal random number for symbol determination from the random number storage buffer (step S124), and determines whether to win or not based on the read random number value (step S125). Specifically, it is determined whether or not the value of the random number for normal symbol determination matches the hit determination value, and if there is a matching hit determination value, it is determined to be a hit. For example, when the hour / short flag is set, that is, when the base state is high (short time state, short state when probability change), the hit determination value is set to any one of 1 to 10, and when the low base state is set, the hit determination value is 3 or 7 and so on. If the random number for determination per normal symbol is updated in a numerical range of 0 to 10, the winning probability in the high base state is 10/11, and the winning probability in the low base state is 2/11. As described above, the hit is made with a high probability in the high base state, and the win is made only with a low probability in the low base state.
次いで、CPU56は、普通図柄プロセスタイマに普通図柄変動時間をセットし(ステップS126)、普通図柄表示器10における普通図柄の変動を開始させる(ステップS127)。なお、この実施の形態では、図23に示すように、低ベース時の普通図柄の変動時間は30.0秒とされ、高ベース時の普通図柄の変動時間は1.0秒とされている。そして、CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値を普通図柄変動処理(ステップS101)を示す値(具体的には「1」)に更新する(ステップS128)。   Next, the CPU 56 sets the normal symbol change time in the normal symbol process timer (step S126), and starts the normal symbol change in the normal symbol display 10 (step S127). In this embodiment, as shown in FIG. 23, the variation time of the normal symbol at low base is 30.0 seconds, and the variation time of the normal symbol at high base is 1.0 seconds. . Then, the CPU 56 updates the value of the normal symbol process flag to a value (specifically “1”) indicating the normal symbol variation process (step S101) (step S128).
図21は、普通図柄変動処理(ステップS101)を示すフローチャートである。普通図柄変動処理において、CPU56は、普通図柄プロセスタイマの値が0になったかどうか、すなわち、普通図柄プロセスタイマがタイムアップしたかどうかを確認する(ステップS131)。普通図柄プロセスタイマがタイムアップしていなければ(ステップS131のN)、CPU56は、普通図柄プロセスタイマの値を−1する(ステップS135)。   FIG. 21 is a flowchart showing the normal symbol variation process (step S101). In the normal symbol variation process, the CPU 56 checks whether or not the value of the normal symbol process timer has reached 0, that is, whether or not the normal symbol process timer has expired (step S131). If the normal symbol process timer has not expired (N in step S131), the CPU 56 decrements the value of the normal symbol process timer by -1 (step S135).
普通図柄プロセスタイマがタイムアップしたとき、すなわち、普通図柄の変動時間が経過したときは(ステップS131のY)、CPU56は、普通図柄表示器10における普通図柄の変動を停止させる(ステップS132)。そして、CPU56は、普通図柄プロセスタイマに普通図柄停止図柄表示時間をセットする(ステップS133)。そして、CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値を普通図柄停止処理(ステップS102)を示す値(具体的には「2」)に更新する(ステップS134)。   When the normal symbol process timer expires, that is, when the variation time of the normal symbol has elapsed (Y in step S131), the CPU 56 stops the variation of the normal symbol in the normal symbol display 10 (step S132). Then, the CPU 56 sets the normal symbol stop symbol display time in the normal symbol process timer (step S133). Then, the CPU 56 updates the value of the normal symbol process flag to a value (specifically “2”) indicating the normal symbol stop process (step S102) (step S134).
図22は、普通図柄停止処理(ステップS102)を示すフローチャートである。普通図柄停止処理において、CPU56は、普通図柄プロセスタイマの値が0になったかどうか、すなわち、普通図柄プロセスタイマがタイムアップしたかどうかを確認する(ステップS141)。普通図柄プロセスタイマがタイムアップしていなければ(ステップS141のN)、CPU56は、普通図柄プロセスタイマの値を−1する(ステップS142)。   FIG. 22 is a flowchart showing the normal symbol stop process (step S102). In the normal symbol stop process, the CPU 56 checks whether or not the value of the normal symbol process timer has reached 0, that is, whether or not the normal symbol process timer has expired (step S141). If the normal symbol process timer has not expired (N in step S141), the CPU 56 decrements the value of the normal symbol process timer by -1 (step S142).
普通図柄プロセスタイマがタイムアップしたとき、すなわち、普通図柄停止図柄表示時間が経過したときは(ステップS141のY)、CPU56は、普通図柄の停止図柄が当り図柄であるかどうか(ステップS125にて当りと判定されたかどうか)を確認する(ステップS143)。なお、普通図柄の停止図柄が当り図柄かどうかは、例えば、ステップS125にて当りと判定されたときに普通図柄当り判定フラグをセットすることとして、そのフラグがセットされているかどうかによって確認することができる。   When the normal symbol process timer expires, that is, when the normal symbol stop symbol display time has elapsed (Y in step S141), the CPU 56 determines whether or not the stop symbol of the normal symbol is a winning symbol (in step S125). (Whether or not it is determined to be a win) is confirmed (step S143). Note that whether or not the stop symbol of the normal symbol is a winning symbol is determined by, for example, setting the normal symbol per symbol determination flag when it is determined to be a winning symbol in step S125, and checking whether or not the flag is set. Can do.
普通図柄の停止図柄が当り図柄であるときは(ステップS143のY)、CPU56は、普通図柄プロセスタイマに普通電動役物作動時間をセットする(ステップS144)。普通電動役物作動時間は、普通電動役物(可変入賞球装置15)が動作可能な最大時間である。普通電動役物作動時間は、高ベース状態のときの方が低ベース状態のときよりも長い時間に設定されている。この実施の形態では、高ベース状態のときには普通電動役物作動時間として7秒を設定し、低ベース状態のときには普通電動役物作動時間として1.5秒を設定するものとする。   When the stop symbol of the normal symbol is a winning symbol (Y in step S143), the CPU 56 sets the normal electric accessory operating time in the normal symbol process timer (step S144). The ordinary electric accessory operating time is the maximum time during which the ordinary electric accessory (variable winning ball device 15) can operate. The normal electric accessory operating time is set to be longer in the high base state than in the low base state. In this embodiment, it is assumed that the normal electric accessory operating time is set to 7 seconds in the high base state, and the normal electric accessory operating time is set to 1.5 seconds in the low base state.
次いで、CPU56は、遊技状態が高ベース状態であるか低ベース状態であるかを確認する(ステップS145)。高ベース状態であるか低ベース状態であるかは、時短フラグがセットされているかどうかによって確認することができる。時短フラグがセットされているときは高ベース状態であると判断し、時短フラグがセットされていないときは低ベース状態であると判断することができる。なお、高ベース状態のときに、高ベース状態であることを示す高ベース状態フラグをセットし、そのフラグがセットされているかどうかによって、高ベース状態であるか低ベース状態であるかを判断するようにしてもよい。   Next, the CPU 56 checks whether the gaming state is a high base state or a low base state (step S145). Whether the base state is the high base state or the low base state can be confirmed by checking whether or not the time reduction flag is set. When the time reduction flag is set, it can be determined that the high base state is set, and when the time reduction flag is not set, it can be determined that the low base state is set. In the high base state, a high base state flag indicating the high base state is set, and whether the base state is the high base state or the low base state is determined depending on whether or not the flag is set. You may do it.
高ベース状態であるときは(ステップS145のY)、CPU56は、普通電動役物の開放パターンとして図23に示す高ベース時テーブルに設定されている開放パターンを選択する(ステップS146)。一方、低ベース状態であるときは(ステップS145のN)、CPU56は、普通電動役物の開放パターンとして図23に示す低ベース時テーブルに設定されている開放パターンを選択する(ステップS147)。図23に示す例では、低ベース時テーブルには、開放時間が0.5秒で閉鎖時間が1.0秒であり、開放回数が1回の開放パターンのデータが設定されている。この実施の形態では、低ベース状態のときには、前述のように普通図柄プロセスタイマに普通電動役物作動時間として1.5秒が設定されており、可変入賞球装置15が0.5秒間1回だけ開放された後に閉鎖され、閉鎖時間1.0秒が経過したときに普通図柄プロセスタイマがタイムアップする。また、図23に示す例では、高ベース時テーブルには、開放時間が2.5秒で閉鎖時間が1.0秒であり、開放回数が2回の開放パターンのデータが設定されている。この実施の形態では、高ベース状態のときには、前述のように普通図柄プロセスタイマに普通電動役物作動時間として7秒が設定されており、可変入賞球装置15が2.5秒間開放された後に閉鎖され、閉鎖時間1.0秒が経過した後に再び可変入賞球装置15が開放される。そして、開放時間2.5秒間経過すると再び可変入賞球装置15が閉鎖され、閉鎖時間が1.0秒が経過したときに普通図柄プロセスタイマがタイムアップする。なお、閉鎖時間(本例では1.0秒)は、所定のインターバル期間に相当する。したがって、この実施の形態では、図23に示す開放パターンに示される開放時間に従って可変入賞球装置15が物理的に開放されている状態と、開放パターンに示される閉鎖時間の間に可変入賞球装置15が閉鎖されている状態とが、可変入賞球装置15の開状態に相当する。   When in the high base state (Y in step S145), the CPU 56 selects the opening pattern set in the high base time table shown in FIG. 23 as the opening pattern of the ordinary electric accessory (step S146). On the other hand, when it is in the low base state (N in step S145), the CPU 56 selects the opening pattern set in the low base time table shown in FIG. 23 as the opening pattern of the ordinary electric accessory (step S147). In the example shown in FIG. 23, in the low base time table, opening pattern data is set in which the opening time is 0.5 seconds and the closing time is 1.0 seconds, and the number of times of opening is one. In this embodiment, in the low base state, as described above, the normal symbol process timer is set to 1.5 seconds as the normal electric accessory operating time, and the variable winning ball device 15 is once in 0.5 seconds. The symbol process timer normally times up when the closing time of 1.0 seconds elapses. In the example shown in FIG. 23, in the high base time table, an opening pattern data in which the opening time is 2.5 seconds, the closing time is 1.0 seconds, and the number of opening times is two is set. In this embodiment, in the high base state, as described above, the normal symbol process timer is set to 7 seconds as the normal electric accessory operating time, and after the variable winning ball apparatus 15 is opened for 2.5 seconds, After the closing time of 1.0 seconds, the variable winning ball apparatus 15 is opened again. When the opening time of 2.5 seconds elapses, the variable winning ball apparatus 15 is closed again, and when the closing time of 1.0 seconds elapses, the normal symbol process timer is timed up. The closing time (1.0 seconds in this example) corresponds to a predetermined interval period. Therefore, in this embodiment, the variable winning ball apparatus 15 is between the state in which the variable winning ball apparatus 15 is physically opened according to the opening time shown in the opening pattern shown in FIG. 23 and the closing time shown in the opening pattern. The state where 15 is closed corresponds to the open state of the variable winning ball apparatus 15.
そして、CPU56は、ステップS146またはS147で選択した開放パターンを開放パターンバッファにセットする(ステップS148)。なお、開放パターンを開放パターンバッファにセットする際に、普通電動役物開放パターンタイマ(普通電動役物の開放時間および閉鎖時間を計測するタイマ)に開放パターン時間(ここでは可変入賞球装置15が最初に開放されるまでの閉鎖時間)をセットする処理も行われる。その後、普通図柄プロセスフラグの値を普通電動役物作動処理(ステップS103)を示す値(具体的には「3」)に更新する(ステップS149)。   Then, the CPU 56 sets the release pattern selected in step S146 or S147 in the release pattern buffer (step S148). When the opening pattern is set in the opening pattern buffer, the opening pattern time (in this case, the variable winning ball apparatus 15 is set) is added to the ordinary electric accessory opening pattern timer (the timer for measuring the opening time and closing time of the ordinary electric accessory). The process of setting the closing time until the first opening is also performed. Thereafter, the value of the normal symbol process flag is updated to a value (specifically “3”) indicating the normal electric accessory operation processing (step S103) (step S149).
ステップS143において、普通図柄の停止図柄が当り図柄でなく、はずれ図柄であると判定されたときは(ステップS143のN)、CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値を普通図柄通常処理(ステップS100)を示す値(具体的には「0」)に更新する(ステップS150)。   When it is determined in step S143 that the stop symbol of the normal symbol is not a winning symbol but a missing symbol (N in step S143), the CPU 56 sets the value of the normal symbol process flag to the normal symbol normal process (step S100). Is updated (specifically, “0”) (step S150).
図24は、普通電動役物作動処理(ステップS103)を示すフローチャートである。普通電動役物作動処理において、CPU56は、普通図柄プロセスタイマの値が0になったかどうか、すなわち、普通図柄プロセスタイマがタイムアップしたかどうかを確認する(ステップS161)。普通図柄プロセスタイマがタイムアップしていなければ(ステップS161のN)、CPU56は、普通図柄プロセスタイマの値を−1する(ステップS162)。   FIG. 24 is a flowchart showing the ordinary electric accessory operating process (step S103). In the normal electric actor operation process, the CPU 56 checks whether or not the value of the normal symbol process timer has reached 0, that is, whether or not the normal symbol process timer has expired (step S161). If the normal symbol process timer has not expired (N in step S161), the CPU 56 decrements the value of the normal symbol process timer by -1 (step S162).
そして、CPU56は、スイッチオンバッファをレジスタにロードする(ステップS163)。スイッチオンバッファは、スイッチのオンが検出された場合にそのスイッチの対応ビットにおいて1が設定され、スイッチのオフが検出された場合にそのスイッチの対応ビットにおいて0が設定されるバッファである。   Then, the CPU 56 loads the switch-on buffer into the register (step S163). The switch-on buffer is a buffer in which 1 is set in the corresponding bit of the switch when switch-on is detected, and 0 is set in the corresponding bit of the switch when the switch-off is detected.
CPU56は、始動口スイッチ14aがオンになったかどうか(始動入賞口14に遊技球が入賞したかどうか)を確認する。始動口スイッチ14aがオンとなっていなければ(ステップS164のN)、ステップS168の処理に移行する。始動口スイッチ14aがオンとなっていれば(ステップS164のY)、CPU56は、普通電動役物(可変入賞球装置15)に入賞した遊技球の個数をカウントする普通電動役物入賞個数カウンタを+1する(ステップS165)。そして、CPU56は、普通電動役物入賞個数カウンタの値が8未満であるかどうかを確認する(ステップS166)。普通電動役物入賞個数カウンタの値が8未満でない場合(ステップS166のN)、つまり8以上である場合は、CPU56は、普通図柄プロセスタイマの値をクリア(0に)する(ステップS167)。この処理によって、普通電動役物作動処理が終了することになる(ステップS161のY、S172参照)。このように、この実施の形態では、普通電動役物作動時間内において8個以上の遊技球が可変入賞球装置15に入賞したときは、普通電動役物作動処理を終了するようにしている。   The CPU 56 confirms whether or not the start opening switch 14a is turned on (whether or not a game ball has won the start winning opening 14). If the start port switch 14a is not turned on (N in step S164), the process proceeds to step S168. If the start port switch 14a is on (Y in step S164), the CPU 56 sets a normal electric bonus winning number counter that counts the number of game balls won in the normal electric bonus (variable winning ball device 15). +1 (step S165). Then, the CPU 56 checks whether or not the value of the ordinary electric accessory winning number counter is less than 8 (step S166). When the value of the ordinary electric winning prize counter is not less than 8 (N in Step S166), that is, when it is 8 or more, the CPU 56 clears (to 0) the value of the ordinary symbol process timer (Step S167). With this process, the ordinary electric accessory actuating process is completed (see Y in step S161, S172). Thus, in this embodiment, when eight or more game balls win the variable winning ball device 15 within the normal electric accessory operating time, the normal electric accessory operating process is terminated.
次に、CPU56は、普通電動役物開放パターンタイマの値を−1する(ステップS168)。そして、CPU56は、普通電動役物開放パターンタイマの値が0であるかどうか、すなわち、普通電動役物開放パターンタイマがタイムアップしたかどうかを確認する(ステップS169)。タイムアウトしていなければ(ステップS169のN)、そのまま処理を終了する。タイムアウトしていれば(ステップS169のY)、CPU56は、普通電動役物開放パターンタイマに開放パターン時間をセットする(ステップS170)。そして、CPU56は、ソレノイド16を駆動して普通電動役物(可変入賞球装置15)を開放または閉鎖する(ステップS171)。   Next, the CPU 56 decrements the value of the ordinary electric accessory release pattern timer by -1 (step S168). Then, the CPU 56 checks whether or not the value of the ordinary electric accessory release pattern timer is 0, that is, whether or not the ordinary electric accessory release pattern timer has expired (step S169). If not timed out (N in step S169), the process is terminated as it is. If time-out has occurred (Y in step S169), the CPU 56 sets the release pattern time in the ordinary electric accessory release pattern timer (step S170). Then, the CPU 56 drives the solenoid 16 to open or close the ordinary electric accessory (variable winning ball apparatus 15) (step S171).
具体的には、可変入賞球装置15が閉状態のときに普通電動役物開放パターンタイマがタイムアップすると、普通電動役物開放パターンタイマに開放パターン時間として開放時間をセットし、出力ポートバッファ(ソレノイドバッファ)の普通電動役物ソレノイド出力ビットを反転させて可変入賞球装置15を開放する。可変入賞球装置15が開いた状態のときに普通電動役物開放パターンタイマがタイムアップすると、普通電動役物開放パターンタイマに開放パターン時間として閉鎖時間をセットし、出力ポートバッファ(ソレノイドバッファ)の普通電動役物ソレノイド出力ビットを反転させて可変入賞球装置15を閉鎖する。   Specifically, when the ordinary electric accessory release pattern timer expires when the variable winning ball apparatus 15 is closed, the release time is set as the release pattern time in the ordinary electric accessory release pattern timer, and the output port buffer ( The variable winning ball apparatus 15 is opened by inverting the solenoid output bit of the ordinary electric accessory of the solenoid buffer. If the normal electric accessory release pattern timer expires when the variable winning ball apparatus 15 is open, the normal electric accessory release pattern timer sets the closing time as the open pattern time, and the output port buffer (solenoid buffer) The variable winning ball apparatus 15 is closed by reversing the output bit of the normal electric accessory solenoid.
以上のステップS168〜S171の処理によって、低ベース状態のときの開放パターンと高ベース状態のときの開放パターンとが実現される。遊技状態が低ベース状態のときは、開放時間が0.5秒であり開放回数が1回となる開放パターンであるので、例えば、普通電動役物作動処理が開始されてから1.0秒の閉鎖時間が経過すると、可変入賞球装置15が開放されて開いた状態となり、その後に0.5秒の開放時間が経過したときに可変入賞球装置15が閉鎖されて閉状態となる。また、遊技状態が高ベース状態のときは、開放時間が2.5秒であり開放回数が2回となる開放パターンであるので、例えば、普通電動役物作動処理が開始されてから2.5秒の閉鎖時間が経過すると、可変入賞球装置15が開放されて開いた状態となり、その後に2.5秒の開放時間が経過したときに可変入賞球装置15が閉鎖されて閉状態となり、再び2.5秒の閉鎖時間が経過すると、可変入賞球装置15が開放されて開いた状態となり、さらに2.5秒の開放時間が経過したときに可変入賞球装置15が閉鎖されて閉状態となる。   Through the processes in steps S168 to S171 described above, an open pattern in the low base state and an open pattern in the high base state are realized. When the gaming state is in the low base state, the opening time is 0.5 seconds and the number of times of opening is one, so that, for example, 1.0 seconds from the start of the normal electric accessory activation process When the closing time elapses, the variable winning ball device 15 is opened and opened, and when the opening time of 0.5 seconds elapses thereafter, the variable winning ball device 15 is closed and closed. Further, when the gaming state is the high base state, the release time is 2.5 seconds and the number of times of opening is 2, so that, for example, 2.5 after the normal electric accessory actuating process is started. When the closing time of 2 seconds elapses, the variable winning ball device 15 is opened and opened, and when the opening time of 2.5 seconds elapses thereafter, the variable winning ball device 15 is closed and closed, and again When the closing time of 2.5 seconds elapses, the variable winning ball apparatus 15 is opened and opened, and when the opening time of 2.5 seconds elapses, the variable winning ball apparatus 15 is closed and closed. Become.
ステップS161において、普通図柄プロセスタイマがタイムアップしたときは(ステップS161のY)、CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値を普通図柄通常処理(ステップS100)を示す値(具体的には「0」)に更新する(ステップS172)。   In step S161, when the normal symbol process timer expires (Y in step S161), the CPU 56 sets the value of the normal symbol process flag to a value indicating the normal symbol normal process (step S100) (specifically “0”). (Step S172).
次に、タイマ割込処理におけるスイッチ処理(ステップS21)を説明する。この実施の形態では、入賞検出またはゲート通過に関わる各スイッチの検出信号のオン状態が所定時間継続すると、確かにスイッチがオンしたと判定されスイッチオンに対応した処理が開始される。図25は、スイッチ処理で使用されるRAM55に形成される各2バイトのバッファを示す説明図である。前回ポートバッファは、前回(例えば4ms前)のスイッチオン/オフの判定結果が格納されるバッファである。ポートバッファは、今回入力したポート0,2の内容が格納されるバッファである。スイッチオンバッファは、スイッチのオンが検出された場合に対応ビットが1に設定され、スイッチのオフが検出された場合に対応ビットが0に設定されるバッファである。なお、図25に示す前回ポートバッファ、ポートバッファ、およびスイッチオンバッファは、入力ポート0,2ごとに用意される。例えば、この実施の形態では、2つのスイッチオンバッファ1,2が用意されており、入力ポート0のスイッチの状態がスイッチオンバッファ1に設定され、入力ポート2のスイッチの状態がスイッチオンバッファ2に設定される。   Next, the switch process (step S21) in the timer interrupt process will be described. In this embodiment, when the ON state of the detection signal of each switch related to winning detection or gate passage continues for a predetermined time, it is determined that the switch has been turned ON, and processing corresponding to the switch ON is started. FIG. 25 is an explanatory diagram showing each 2-byte buffer formed in the RAM 55 used in the switching process. The previous port buffer is a buffer in which the previous switch-on / off determination result (for example, 4 ms before) is stored. The port buffer is a buffer in which the contents of ports 0 and 2 input this time are stored. The switch-on buffer is a buffer in which the corresponding bit is set to 1 when switch on is detected and the corresponding bit is set to 0 when switch off is detected. The previous port buffer, port buffer, and switch-on buffer shown in FIG. 25 are prepared for each of the input ports 0 and 2. For example, in this embodiment, two switch-on buffers 1 and 2 are prepared, the switch state of the input port 0 is set to the switch-on buffer 1, and the switch state of the input port 2 is the switch-on buffer 2. Set to
図26は、遊技制御処理におけるステップS21のスイッチ処理の処理例を示すフローチャートである。スイッチ処理において、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、まず、入力ポート0,2(図10参照)に入力されているデータを入力し(ステップS2101)、入力したデータをポートバッファにセットする(ステップS2102)。   FIG. 26 is a flowchart illustrating a processing example of the switch process in step S21 in the game control process. In the switch process, the game control microcomputer 560 first inputs data input to the input ports 0 and 2 (see FIG. 10) (step S2101), and sets the input data in the port buffer (step S2102). ).
次いで、RAM55に形成されるウェイトカウンタの初期値をセットし(ステップS2103)、ウェイトカウンタの値が0になるまで、ウェイトカウンタの値を1ずつ減算する(ステップS2104,S2105)。   Next, the initial value of the weight counter formed in the RAM 55 is set (step S2103), and the value of the weight counter is decremented by 1 until the value of the weight counter becomes 0 (steps S2104 and S2105).
ウェイトカウンタの値が0になると、再度、入力ポート0,2のデータを入力し(ステップS2106)、入力したデータとポートバッファにセットされているデータとの間で、ビット毎に論理積をとる(ステップS2107)。そして、論理積の演算結果を、ポートバッファにセットする(ステップS2108)。ステップS2103〜S2108の処理によって、ほぼ[ウェイトカウンタの初期値×(ステップS2104,S2105の処理時間)]の時間間隔を置いて入力ポート0,2から入力した2回の入力データのうち、2回とも「1」になっているビットのみが、ポートバッファにおいて「1」になる。つまり、所定期間としての[ウェイトカウンタの初期値×(ステップS2104,S2105の処理時間)]だけスイッチの検出信号のオン状態が継続すると、ポートバッファにおける対応するビットが「1」になる。   When the value of the wait counter reaches 0, the data of the input ports 0 and 2 are input again (step S2106), and a logical product is obtained for each bit between the input data and the data set in the port buffer. (Step S2107). Then, the operation result of the logical product is set in the port buffer (step S2108). Of the two input data input from the input ports 0 and 2 with a time interval of approximately [initial value of wait counter × (processing time of steps S2104 and S2105)], two times of the input data input by the processing of steps S2103 to S2108 Only the bits that are both “1” become “1” in the port buffer. In other words, if the ON state of the switch detection signal continues for a predetermined period [initial value of wait counter × (processing time of steps S2104 and S2105)], the corresponding bit in the port buffer becomes “1”.
さらに、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、前回ポートバッファにセットされているデータとポートバッファにセットされているデータとの間で、ビット毎に排他的論理和をとる(ステップS2109)。排他的論理和の演算結果において、前回(例えば4ms前)のスイッチオン/オフの判定結果と、今回オンと判定されたスイッチオン/オフの判定結果とが異なっているスイッチに対応したビットが「1」になる。遊技制御用マイクロコンピュータ560は、さらに、排他的論理和の演算結果と、ポートバッファにセットされているデータとの間で、ビット毎に論理積をとる(ステップS2110)。この結果、前回のスイッチオン/オフの判定結果と今回オンと判定されたスイッチオン/オフの判定結果とが異なっているスイッチに対応したビット(排他的論理和演算結果による)のうち、今回オンと判定されたスイッチに対応したビット(論理積演算による)のみが「1」として残る。   Further, the game control microcomputer 560 performs exclusive OR for each bit between the data previously set in the port buffer and the data set in the port buffer (step S2109). In the result of the exclusive OR operation, the bit corresponding to the switch for which the previous switch-on / off determination result (for example, 4 ms before) differs from the switch-on / off determination result determined to be on this time is “ 1 ”. The game control microcomputer 560 further performs a logical product for each bit between the result of the exclusive OR operation and the data set in the port buffer (step S2110). As a result, of the bits corresponding to the switches for which the previous switch on / off determination result and the switch on / off determination result determined to be on this time are different (according to the exclusive OR operation result), the current on Only the bit corresponding to the switch determined to be (by AND operation) remains as “1”.
そして、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、ステップS110における論理積の演算結果をスイッチオンバッファにセットし(ステップS2111)、ステップS2108における演算結果がセットされているポートバッファの内容を前回ポートバッファにセットする(ステップS2112)。   Then, the game control microcomputer 560 sets the logical product calculation result in step S110 in the switch-on buffer (step S2111), and sets the contents of the port buffer in which the calculation result in step S2108 is set in the previous port buffer. (Step S2112).
以上の処理によって、所定期間継続してオン状態であったスイッチのうち、前回(例えば4ms前)のスイッチオン/オフの判定結果がオフであったスイッチ、すなわち、オフ状態からオン状態に変化したスイッチに対応したビットが、スイッチオンバッファにおいて「1」になっている。   By the above processing, among the switches that have been on for a predetermined period of time, the switch on / off determination result of the previous time (for example, 4 ms ago) was off, that is, the switch changed from the off state to the on state. The bit corresponding to the switch is “1” in the switch-on buffer.
さらに、遊技制御用マイクロコンピュータ560(具体的には、CPU56)は、スイッチ正常/異常チェック処理を行う(ステップS2113)。   Further, the game control microcomputer 560 (specifically, the CPU 56) performs a switch normality / abnormality check process (step S2113).
図27は、スイッチ正常/異常チェック処理を示すフローチャートである。図27に示すスイッチ正常/異常チェック処理において、CPU56は、入力ポート2に対応するスイッチオンバッファの内容を読み出す(ステップS2121)。そして、入力ポート2に対応するスイッチオンバッファにおける始動口スイッチ14aに対応するビット0の値が0であるか否か確認する(ステップS2122)。すなわち、始動入賞口14内の上部に設けられた始動口スイッチ14a(近接スイッチ)がオン(遊技球を検出)したか否か確認する。   FIG. 27 is a flowchart showing a switch normal / abnormal check process. In the switch normal / abnormal check process shown in FIG. 27, the CPU 56 reads the contents of the switch-on buffer corresponding to the input port 2 (step S2121). Then, it is confirmed whether or not the value of bit 0 corresponding to the start port switch 14a in the switch-on buffer corresponding to the input port 2 is 0 (step S2122). That is, it is confirmed whether or not the start port switch 14a (proximity switch) provided in the upper portion of the start winning port 14 is turned on (a game ball is detected).
入力ポート2に対応するスイッチオンバッファにおける始動口スイッチ14aに対応するビット0の値が0である場合(すなわち、始動口スイッチ14aがオン状態である場合)には、RAM55に形成されているスイッチ用カウンタ1の値を1増やす(ステップS2123)。   When the value of bit 0 corresponding to the start port switch 14a in the switch-on buffer corresponding to the input port 2 is 0 (that is, when the start port switch 14a is in the ON state), the switch formed in the RAM 55 The value of the counter 1 is increased by 1 (step S2123).
また、CPU56は、入力ポート0に対応するスイッチオンバッファの内容を読み出す(ステップS2124)。そして、CPU56は、入力ポート0に対応するスイッチオンバッファにおける入賞確認1スイッチ14bに対応するビット4の値が1であるか否か確認する(ステップS2125)。すなわち、始動入賞口14内の下部に設けられた入賞確認1スイッチ14b(フォトセンサ)がオン(遊技球を検出)したか否か確認する。   Further, the CPU 56 reads the contents of the switch-on buffer corresponding to the input port 0 (step S2124). Then, the CPU 56 checks whether or not the value of bit 4 corresponding to the winning confirmation 1 switch 14b in the switch-on buffer corresponding to the input port 0 is 1 (step S2125). That is, it is confirmed whether or not the winning confirmation 1 switch 14b (photo sensor) provided at the lower portion of the start winning opening 14 is turned on (detects a game ball).
入力ポート0に対応するスイッチオンバッファにおける入賞確認1スイッチ14bに対応するビット4の値が1である場合(すなわち、入賞確認1スイッチ14bがオン状態である場合)には、RAM55に形成されているスイッチ用カウンタ1の値を1減らす(ステップS2126)。   When the value of bit 4 corresponding to the winning confirmation 1 switch 14b in the switch-on buffer corresponding to the input port 0 is 1 (that is, when the winning confirmation 1 switch 14b is in the ON state), it is formed in the RAM 55. The value of the switch counter 1 is decremented by 1 (step S2126).
そして、CPU56は、スイッチ用カウンタ1の値が所定値以上になっているか否か確認する(ステップステップS2127)。スイッチ用カウンタ1の値が所定値以上になっている場合には、CPU56は、始動入賞口14への排出異常が発生したと判定し、排出異常が発生したことを示す排出異常フラグをセットする(ステップS2128A)。また、CPU56は、排出異常が発生したことの報知を指定する排出異常報知指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS2128B)。なお、この実施の形態では、CPU56は、スイッチ用カウンタ1の値が所定値として10以上となったことにもとづいて排出異常フラグがセットされ、情報出力処理(S31参照)において排出異常フラグがセットされていることにもとづいてセキュリティ信号が外部出力される。そして、遊技機の電源が再投入され初期化処理が実行されて排出異常フラグがリセットされるまで、セキュリティ信号が継続して外部出力される。   Then, the CPU 56 checks whether or not the value of the switch counter 1 is equal to or greater than a predetermined value (step S2127). When the value of the switch counter 1 is equal to or greater than a predetermined value, the CPU 56 determines that a discharge abnormality to the start winning port 14 has occurred, and sets a discharge abnormality flag indicating that a discharge abnormality has occurred. (Step S2128A). Further, the CPU 56 performs control to transmit a discharge abnormality notification designation command for designating notification that a discharge abnormality has occurred to the effect control microcomputer 100 (step S2128B). In this embodiment, the CPU 56 sets the discharge abnormality flag based on the value of the switch counter 1 being 10 or more as a predetermined value, and sets the discharge abnormality flag in the information output process (see S31). A security signal is output to the outside based on what has been done. The security signal is continuously output to the outside until the gaming machine is turned on again, the initialization process is executed, and the discharge abnormality flag is reset.
次いで、CPU56は、入力ポート0に対応するスイッチオンバッファにおけるカウントスイッチ23に対応するビット0の値が1であるか否か確認する(ステップS2129)。すなわち、大入賞口内の上部に設けられたカウントスイッチ23(近接スイッチ)がオン(遊技球を検出)したか否か確認する。   Next, the CPU 56 checks whether or not the value of bit 0 corresponding to the count switch 23 in the switch-on buffer corresponding to the input port 0 is 1 (step S2129). That is, it is confirmed whether or not the count switch 23 (proximity switch) provided in the upper part of the special winning opening is turned on (a game ball is detected).
入力ポート0に対応するスイッチオンバッファにおけるカウントスイッチ23に対応するビット0の値が1である場合(すなわち、カウントスイッチ23がオン状態である場合)には、RAM55に形成されているスイッチ用カウンタ2の値を1増やす(ステップS2130)。   When the value of bit 0 corresponding to the count switch 23 in the switch-on buffer corresponding to the input port 0 is 1 (that is, when the count switch 23 is in the ON state), the switch counter formed in the RAM 55 The value of 2 is incremented by 1 (step S2130).
また、CPU56は、入力ポート0に対応するスイッチオンバッファにおける入賞確認2スイッチ23bに対応するビット5の値が1であるか否か確認する(ステップS2131)。すなわち、大入賞口内の下部に設けられた入賞確認2スイッチ23b(フォトセンサ)がオン(遊技球を検出)したか否か確認する。   Further, the CPU 56 checks whether or not the value of the bit 5 corresponding to the winning confirmation 2 switch 23b in the switch-on buffer corresponding to the input port 0 is 1 (step S2131). That is, it is confirmed whether or not a winning confirmation 2 switch 23b (photo sensor) provided at the lower part of the big winning opening is turned on (a game ball is detected).
入力ポート0に対応するスイッチオンバッファにおける入賞確認2スイッチ23bに対応するビット5の値が1である場合(すなわち、入賞確認2スイッチ23bがオン状態である場合)には、RAM55に形成されているスイッチ用カウンタ2の値を1減らす(ステップS2132)。   When the value of bit 5 corresponding to the winning confirmation 2 switch 23b in the switch-on buffer corresponding to the input port 0 is 1 (that is, when the winning confirmation 2 switch 23b is in the ON state), it is formed in the RAM 55. The value of the switch counter 2 is decreased by 1 (step S2132).
そして、CPU56は、スイッチ用カウンタ2の値が所定値以上になっているか否か確認する(ステップステップS2133)。スイッチ用カウンタ2の値が所定値以上になっている場合には、CPU56は、大入賞口への排出異常が発生したと判定し、排出異常フラグをセットする(ステップS2134A)。また、CPU56は、排出異常報知指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS2134B)。なお、この実施の形態では、CPU56は、スイッチ用カウンタ2の値が所定値として10以上となったことにもとづいて、排出異常フラグがセットされ、情報出力処理(S31参照)において排出異常フラグがセットされていることにもとづいてセキュリティ信号が外部出力される。そして、遊技機の電源が再投入され初期化処理が実行されて排出異常フラグがリセットされるまで、セキュリティ信号が継続して外部出力される。   Then, the CPU 56 checks whether or not the value of the switch counter 2 is equal to or greater than a predetermined value (step S2133). If the value of the switch counter 2 is equal to or greater than the predetermined value, the CPU 56 determines that a discharge abnormality to the special winning opening has occurred, and sets a discharge abnormality flag (step S2134A). Further, the CPU 56 performs control to transmit a discharge abnormality notification designation command to the effect control microcomputer 100 (step S2134B). In this embodiment, the CPU 56 sets a discharge abnormality flag based on the fact that the value of the switch counter 2 becomes 10 or more as a predetermined value, and sets the discharge abnormality flag in the information output process (see S31). A security signal is externally output based on the setting. The security signal is continuously output to the outside until the gaming machine is turned on again, the initialization process is executed, and the discharge abnormality flag is reset.
なお、ステップS2127,S2133の処理において、CPU56は、例えば、スイッチ用カウンタ1,2の値が10以上となったことにもとづいて、始動入賞口14や大入賞口への排出異常が発生したと判定することに加えて、逆にスイッチ用カウンタ1,2の値が−10以下となったことにもとづいても、始動入賞口14や大入賞口への排出異常が発生したと判定するようにしてもよい。この場合、スイッチ用カウンタ1,2の値がマイナス値となっていることを認識できないように構成されている場合には、例えば、スイッチ用カウンタ1,2の値のデフォルト値として10をセットするようにしておき、スイッチ用カウンタ1,2の値が0または20以上となったことにもとづいて、始動入賞口14や大入賞口への排出異常が発生したと判定するようにしてもよい。   In the processing of steps S2127 and S2133, for example, the CPU 56 determines that a discharge abnormality to the start winning port 14 or the big winning port has occurred based on the value of the switch counters 1 and 2 being 10 or more. In addition to the determination, conversely, even if the values of the switch counters 1 and 2 are equal to or less than −10, it is determined that an abnormal discharge to the start winning opening 14 or the large winning opening has occurred. May be. In this case, if the switch counters 1 and 2 are configured not to recognize that the values are negative, for example, 10 is set as the default value of the switch counters 1 and 2. In this manner, based on the fact that the values of the switch counters 1 and 2 become 0 or 20 or more, it may be determined that an abnormal discharge to the start winning port 14 or the big winning port has occurred.
なお、この実施の形態では、1つのスイッチ用カウンタ1,2のみを用いて始動入賞口14や大入賞口への排出異常を検出する場合を示したが、始動口スイッチ14aやカウントスイッチ23の検出回数と入賞確認スイッチ14b,23bの検出回数とで異なるスイッチ用カウンタを用いてもよい。この場合、例えば、始動口スイッチ14aやカウントスイッチ23のオン状態を検出するごとに第1スイッチ用カウンタの値を1加算するようにするとともに、入賞確認スイッチ14b,23bのオン状態を検出するごとに第2スイッチ用カウンタの値を1加算するようにすればよい。そして、ステップS2127,S2133では、第1スイッチ用カウンタの値と第2スイッチ用カウンタの値との差が所定値(例えば、10)以上であると判定したことにもとづいて、始動入賞口14や大入賞口への排出異常が発生したと判定し、ステップS2128,S2134の処理を実行してセキュリティ信号を外部出力するようにすればよい。   In this embodiment, the case where the discharge abnormality to the start winning opening 14 or the big winning opening is detected using only one switch counter 1 or 2 is shown. However, the start opening switch 14a and the count switch 23 Different switch counters may be used for the number of detections and the number of detections of the winning confirmation switches 14b and 23b. In this case, for example, every time the start-up switch 14a or the count switch 23 is detected to be on, the value of the first switch counter is incremented by one, and every time the on-state of the winning confirmation switches 14b and 23b is detected. The value of the second switch counter may be incremented by one. In steps S2127 and S2133, based on the determination that the difference between the value of the first switch counter and the value of the second switch counter is a predetermined value (for example, 10) or more, It may be determined that an abnormal discharge to the special winning opening has occurred, and the processing of steps S2128 and S2134 is executed to output the security signal to the outside.
また、例えば、始動入賞口14や大入賞口への排出異常に加えて、異常磁気エラー、異常電波エラー、通信エラーを検出した場合にもセキュリティ信号を出力するように構成する場合には、それぞれエラーの種類ごとに異なるエラー報知コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信するようにしてもよい。そして、演出制御用マイクロコンピュータ100側において、演出表示装置9に、エラーの種類ごとにそれぞれ異なるエラー画面を表示させるなどによりエラー報知を行えるようにしてもよい。   In addition, for example, in the case where a security signal is output even when an abnormal magnetic error, abnormal radio wave error, or communication error is detected in addition to the abnormal discharge to the start winning opening 14 or the big winning opening, Different error notification commands may be transmitted to the effect control microcomputer 100 for each type of error. Then, on the effect control microcomputer 100 side, error notification may be performed by causing the effect display device 9 to display different error screens for each type of error.
図28および図29は、スイッチ正常/異常チェック処理を説明するための説明図である。このうち、図28は、正常な状態におけるスイッチ正常/異常チェック処理の例を示しており、図29は、排出異常につながる不正行為が行われているときのスイッチ正常/異常チェック処理の例を示している。また、図28(A)および図29(A)は、始動入賞口14への排出異常の有無を検出する場合を示しており、図28(B)および図29(B)は、大入賞口への排出異常の有無を検出する場合を示している。   28 and 29 are explanatory diagrams for explaining the switch normal / abnormal check process. Of these, FIG. 28 shows an example of the switch normality / abnormality check process in a normal state, and FIG. 29 shows an example of the switch normality / abnormality check process when an illegal action leading to an abnormal discharge is performed. Show. FIGS. 28 (A) and 29 (A) show a case where the presence or absence of abnormal discharge to the start winning opening 14 is detected, and FIGS. 28 (B) and 29 (B) show the big winning opening. This shows a case where the presence or absence of abnormal discharge is detected.
まず、始動入賞口14への排出異常の有無を検出する場合を説明する。図28(A)および図29(A)に示すように、入力ポート2に対応するスイッチオンバッファのビット0は、そのビット0に対応する始動口スイッチ14a(近接スイッチ)によって遊技球が検出されると「0」になる。また、入力ポート0に対応するスイッチオンバッファのビット4は、そのビット4に対応する入賞確認1スイッチ14b(フォトセンサ)によって遊技球が検出されると「1」になる。スイッチが正常に動作し、かつ、不正行為(スイッチからの検出信号を不正にオン状態にしたり、オン状態の検出信号を不正にオフ状態にしたりする行為)を受けていない場合には、始動口スイッチ14aが入賞確認1スイッチ14bよりも上流側に配置されていることから、まず、始動口スイッチ14a(近接スイッチ)がオンし、次いで、入賞確認1スイッチ14b(フォトセンサ)がオンするはずである。従って、まず始動口スイッチ14aがオンしたことにもとづいてスイッチ用カウンタ1の値が1加算されて1となり(ステップS2123参照)、次いで入賞確認1スイッチ14bがオンしたことにもとづいてスイッチ用カウンタ1の値が1減算されて0に戻る(ステップS2126参照)。よって、遊技球がスイッチを通過するときに、入力ポート2に対応するスイッチオンバッファのビット0が「0」となるとともに、入力ポート0に対応するスイッチオンバッファのビット4が「1」となり、正常な動作状態であれば、カウントアップのタイミングにずれ(遊技球の通過タイミングのずれに相当)があるものの、図28(A)に示すように、スイッチ用カウンタ1の値は0に保たれる筈である。   First, the case where the presence or absence of abnormal discharge to the start winning opening 14 is detected will be described. As shown in FIGS. 28A and 29A, the bit 0 of the switch-on buffer corresponding to the input port 2 is detected by the start switch 14a (proximity switch) corresponding to the bit 0. Then, it becomes “0”. The bit 4 of the switch-on buffer corresponding to the input port 0 becomes “1” when a game ball is detected by the winning confirmation 1 switch 14 b (photo sensor) corresponding to the bit 4. If the switch is operating normally and has not received any fraudulent activity (an act of improperly turning on the detection signal from the switch or improperly turning off the detection signal in the on state) Since the switch 14a is arranged on the upstream side of the winning confirmation 1 switch 14b, the start opening switch 14a (proximity switch) should be turned on first, and then the winning confirmation 1 switch 14b (photo sensor) should be turned on. is there. Accordingly, first, the value of the switch counter 1 is incremented by 1 based on the start port switch 14a being turned on to become 1 (see step S2123), and then the switch counter 1 based on the winning confirmation 1 switch 14b being turned on. The value of 1 is subtracted by 1 and returned to 0 (see step S2126). Therefore, when the game ball passes through the switch, bit 0 of the switch-on buffer corresponding to the input port 2 becomes “0”, and bit 4 of the switch-on buffer corresponding to the input port 0 becomes “1”. In the normal operation state, although there is a deviation in the count-up timing (corresponding to a deviation in the passing timing of the game ball), the value of the switch counter 1 is kept at 0 as shown in FIG. It should be.
しかし、電波による不正行為が行われた場合には、図29(A)に示すように、始動口スイッチ14aが1回オンする筈の期間に、電波により不正にオフ状態を割り込ませ、恰も始動口スイッチ14aが2回オンしたかのように認識させる不正行為が行われるおそれがある。例えば、図29(A)に示すように、負論理で入力される始動口スイッチ14aの場合、信号がローレベルとなってオン状態となっているときに、電波などにより不正にノイズをのせてハイレベルとしてオフ状態とさせるような行為が行われるおそれがある。従って、始動口スイッチ14aが1回だけオンとなったにもかかわらず、始動口スイッチ14aが2回に亘ってオンしたと誤認識させられてスイッチ用カウンタ1の値が合計で2加算されて2となる(ステップS2123が2回実行されることになる)。一方、下流側に配置されている入賞確認1スイッチ14bは、電磁式である始動口スイッチ14aとは検出方式が異なり、光学式のフォトセンサが用いられていることから、電波による不正行為の影響を受けない。そのため、図29(A)に示すように、始動口スイッチ14aで遊技球を1球検出した後に、少し遅れて入賞確認1スイッチ14b側で遊技球を検出されたときに、正常に入賞確認1スイッチ14bのオンを1回だけ検出して、スイッチ用カウンタ1の値を1減算して1とする(ステップS2126参照)。従って、電波による不正行為が行われた場合には、検出方式の異なる始動口スイッチ14aと入賞確認1スイッチ14bとの間で検出数に差が生じるのであるから、図29(A)に示すように、スイッチ用カウンタ1の値が0に保たれず、スイッチ用カウンタ1の値が所定値(本例では10)以上となったことにもとづいて(始動口スイッチ14aと入賞確認1スイッチ14bとの間の検出誤差の累積値が所定値(本例では10)以上となったことにもとづいて)、始動入賞口14への排出異常が発生したことを検出することができる。   However, when a fraudulent act by radio waves is performed, as shown in FIG. 29 (A), the off state is illegally interrupted by radio waves during the period when the start port switch 14a is turned on once, and the kite also starts. There is a possibility that a fraudulent act of recognizing the mouth switch 14a as if it has been turned on twice is performed. For example, as shown in FIG. 29A, in the case of the start port switch 14a that is input with negative logic, when the signal is at a low level and in the on state, noise is improperly applied by radio waves or the like. There is a risk that an action that causes an off state as a high level may be performed. Accordingly, although the start port switch 14a is turned on only once, it is misrecognized that the start port switch 14a has been turned on twice, and the value of the switch counter 1 is added by 2 in total. (Step S2123 is executed twice). On the other hand, the winning confirmation 1 switch 14b arranged on the downstream side is different in detection method from the electromagnetic starter switch 14a and uses an optical photosensor, so that the influence of fraudulent acts caused by radio waves is affected. Not receive. Therefore, as shown in FIG. 29 (A), after one game ball is detected by the start switch 14a, when a game ball is detected on the side of the winning confirmation 1 switch 14b after a little delay, the winning confirmation 1 The switch 14b is turned on only once, and the value of the switch counter 1 is decremented by 1 to 1 (see step S2126). Therefore, when an illegal act by radio waves is performed, there is a difference in the number of detections between the start port switch 14a and the winning confirmation 1 switch 14b having different detection methods, and as shown in FIG. On the other hand, based on the fact that the value of the switch counter 1 is not maintained at 0 and the value of the switch counter 1 is equal to or greater than a predetermined value (10 in this example) (the start port switch 14a and the winning confirmation 1 switch 14b) Based on the fact that the accumulated value of the detection error during the period becomes a predetermined value (10 in this example) or more), it is possible to detect that an abnormality in discharging to the start winning opening 14 has occurred.
次に、大入賞口への排出異常の有無を検出する場合を説明する。図28(B)および図29(B)に示すように、入力ポート0に対応するスイッチオンバッファのビット0は、そのビット0に対応するカウントスイッチ23(近接スイッチ)によって遊技球が検出されると「1」になる。また、入力ポート0に対応するスイッチオンバッファのビット5は、そのビット5に対応する入賞確認2スイッチ23b(フォトセンサ)によって遊技球が検出されると「1」になる。スイッチが正常に動作し、かつ、不正行為(スイッチからの検出信号を不正にオン状態にしたり、オン状態の検出信号を不正にオフ状態にしたりする行為)を受けていない場合には、カウントスイッチ23が入賞確認2スイッチ23bよりも上流側に配置されていることから、まず、カウントスイッチ23(近接スイッチ)がオンし、次いで、入賞確認2スイッチ23b(フォトセンサ)がオンするはずである。従って、まずカウントスイッチ23がオンしたことにもとづいてスイッチ用カウンタ2の値が1加算されて1となり(ステップS2130参照)、次いで入賞確認2スイッチ23bがオンしたことにもとづいてスイッチ用カウンタ2の値が1減算されて0に戻る(ステップS2132参照)。よって、遊技球がスイッチを通過するときに、入力ポート0に対応するスイッチオンバッファのビット0が「1」となるとともに、入力ポート0に対応するスイッチオンバッファのビット5が「1」となり、正常な動作状態であれば、カウントアップのタイミングにずれ(遊技球の通過タイミングのずれに相当)があるものの、図28(B)に示すように、スイッチ用カウンタ2の値は0に保たれる筈である。   Next, the case where the presence or absence of abnormal discharge to the special winning opening is detected will be described. As shown in FIGS. 28B and 29B, a game ball is detected by the count switch 23 (proximity switch) corresponding to bit 0 of bit 0 of the switch-on buffer corresponding to input port 0. And “1”. The bit 5 of the switch-on buffer corresponding to the input port 0 becomes “1” when a game ball is detected by the winning confirmation 2 switch 23b (photosensor) corresponding to the bit 5. If the switch is operating normally and has not received any fraudulent activity (an act of improperly turning on the detection signal from the switch or improperly turning off the detection signal in the on state), the count switch Since 23 is arranged upstream of the winning confirmation 2 switch 23b, first, the count switch 23 (proximity switch) should be turned on, and then the winning confirmation 2 switch 23b (photo sensor) should be turned on. Accordingly, first, the value of the switch counter 2 is incremented by 1 based on the count switch 23 being turned on to become 1 (see step S2130), and then the switch 2 of the switch counter 2 is activated based on the winning confirmation 2 switch 23b being turned on. The value is decremented by 1 and returned to 0 (see step S2132). Therefore, when the game ball passes the switch, bit 0 of the switch-on buffer corresponding to the input port 0 becomes “1”, and bit 5 of the switch-on buffer corresponding to the input port 0 becomes “1”. In the normal operation state, although there is a deviation in the count-up timing (corresponding to a deviation in the passing timing of the game ball), the value of the switch counter 2 is kept at 0 as shown in FIG. It should be.
しかし、電波による不正行為が行われた場合には、図29(B)に示すように、正論理であるカウントスイッチ23の信号がローレベルとなってオフ状態となっているときに、電波などにより不正にノイズをのせてハイレベルとしてオン状態とさせて、恰もカウントスイッチ23がオンしたかのように認識させる不正行為が行われるおそれがある。従って、例えば、図29(B)に示す例では、カウントスイッチ23が1回だけオンとなったにもかかわらず、カウントスイッチ23が2回に亘ってオンしたと誤認識させられてスイッチ用カウンタ2の値が合計で2加算されて2となる(ステップS2130が2回実行されることになる)。一方、下流側に配置されている入賞確認2スイッチ23bは、電磁式であるカウントスイッチ23とは検出方式が異なり、光学式のフォトセンサが用いられていることから、電波による不正行為の影響を受けない。そのため、図29(B)に示すように、カウントスイッチ23で遊技球を1球検出した後に、少し遅れて入賞確認2スイッチ23b側で遊技球を検出されたときに、正常に入賞確認2スイッチ23bのオンを1回だけ検出して、スイッチ用カウンタ2の値を1減算して1とする(ステップS2132参照)。従って、電波による不正行為が行われた場合には、検出方式の異なるカウントスイッチ23と入賞確認2スイッチ23bとの間で検出数に差が生じるのであるから、図29(B)に示すように、スイッチ用カウンタ2の値が0に保たれず、スイッチ用カウンタ2の値が所定値(本例では10)以上となったことにもとづいて(カウントスイッチ23と入賞確認2スイッチ23bとの間の検出誤差の累積値が所定値(本例では10)以上となったことにもとづいて)、大入賞口への排出異常が発生したことを検出することができる。   However, in the case where a fraudulent act by radio waves is performed, as shown in FIG. 29B, when the signal of the count switch 23 which is positive logic is at a low level and is in an off state, Therefore, there is a possibility that an illegal act of improperly putting noise and turning it on at a high level and recognizing it as if the count switch 23 was turned on may be performed. Therefore, for example, in the example shown in FIG. 29B, although the count switch 23 is turned on only once, it is misrecognized that the count switch 23 is turned on twice, and the switch counter The value of 2 is added to 2 in total to become 2 (step S2130 is executed twice). On the other hand, the winning confirmation 2 switch 23b arranged on the downstream side differs from the electromagnetic count switch 23 in that the detection method is different and an optical photo sensor is used. I do not receive it. Therefore, as shown in FIG. 29 (B), when one game ball is detected by the count switch 23, when a game ball is detected on the side of the winning confirmation 2 switch 23b after a short delay, the winning confirmation 2 switch is normally operated. 23b is turned on only once, and the value of the switch counter 2 is decremented by 1 to 1 (see step S2132). Therefore, when an illegal act by radio waves is performed, a difference occurs in the number of detections between the count switch 23 and the winning confirmation 2 switch 23b having different detection methods, as shown in FIG. 29 (B). Based on the fact that the value of the switch counter 2 is not maintained at 0 and the value of the switch counter 2 is equal to or greater than a predetermined value (10 in this example) (between the count switch 23 and the winning confirmation 2 switch 23b) It is possible to detect that an abnormal discharge to the special winning opening has occurred, based on the accumulated value of the detection error of (1) being equal to or greater than a predetermined value (10 in this example).
なお、不正に光を照射するなどの行為によって同様な不正行為が行われることも考えられる。この場合、入賞確認1スイッチ14bや入賞確認2スイッチ23bが1回オンする筈の期間に、光により不正にオフ状態を割り込ませ、恰も入賞確認1スイッチ14bや入賞確認2スイッチ23bが2回オンしたかのように認識させる不正行為が行われるおそれがある。しかし、この場合、逆に電磁式の始動口スイッチ14aやカウントスイッチ23側では光による不正行為の影響をうけず正常に遊技球を検出できるのであるから、同様にスイッチ用カウンタ1,2の値が0に保たれず、スイッチ用カウンタ1,2の値が所定値(本例では10)以上となったことにもとづいて(始動口スイッチ14aと入賞確認1スイッチ14bとの間の検出誤差の累積値、またはカウントスイッチ23と入賞確認2スイッチ23bとの間の検出誤差の累積値が所定値(本例では10)以上となったことにもとづいて)、始動入賞口14や大入賞口への排出異常が発生したことを検出することができる。   In addition, it is also conceivable that a similar illegal act is performed by an act of illegally irradiating light. In this case, during the period when the winning confirmation 1 switch 14b or the winning confirmation 2 switch 23b is turned on once, the off state is illegally interrupted by light, and the winning confirmation 1 switch 14b or the winning confirmation 2 switch 23b is turned on twice. There is a risk of fraudulent acts that make people recognize as if they did. However, in this case, on the contrary, since the electromagnetic start port switch 14a and the count switch 23 side can normally detect the game ball without being affected by the illegal act of light, the values of the switch counters 1 and 2 are similarly set. Is not maintained at 0, and the values of the switch counters 1 and 2 are equal to or greater than a predetermined value (10 in this example) (the detection error between the start switch 14a and the winning confirmation 1 switch 14b Based on the accumulated value or the accumulated value of the detection error between the count switch 23 and the winning confirmation 2 switch 23b being equal to or greater than a predetermined value (10 in this example), the start winning port 14 and the big winning port are entered. It is possible to detect that an abnormal discharge has occurred.
また、この実施の形態では、スイッチ用カウンタ1,2の値が0に保たれていないこと(始動口スイッチ14aと入賞確認1スイッチ14bとの間に検出誤差が発生したこと、またはカウントスイッチ23と入賞確認2スイッチ23bとの間に検出誤差が発生したこと)にもとづいて直ちに排出異常と判定するのではなく、スイッチ用カウンタ1,2の値が所定値(本例では10)以上となったことにもとづいて排出異常が発生したと判定している。そのように構成することによって、例えば、始動入賞口14内や大入賞口内で遊技球が球詰まり状態を起こした場合などを不正行為による排出異常と判定することを防止している。   In this embodiment, the values of the switch counters 1 and 2 are not maintained at 0 (a detection error has occurred between the start port switch 14a and the winning confirmation 1 switch 14b, or the count switch 23 And the winning confirmation 2 switch 23b), the value of the switch counters 1 and 2 is equal to or greater than a predetermined value (10 in this example). Based on the above, it is determined that an abnormal discharge has occurred. With such a configuration, for example, it is possible to prevent a case where a game ball is in a clogged state in the start winning opening 14 or the large winning opening from being determined as abnormal discharge due to fraud.
図30は、始動入賞口14内で遊技球が球詰まり状態を起こした場合を示す説明図である。なお、図30では、一例として、始動入賞口14内で球詰まり状態が発生した場合を示しているが、大入賞口内で球詰まり状態が発生した場合についても同様に考えることができる。   FIG. 30 is an explanatory diagram showing a case where the game ball has a clogged state in the start winning opening 14. In addition, in FIG. 30, the case where a ball clogged state occurs in the start winning opening 14 is shown as an example.
図30に示すように、始動入賞口14内において、始動口スイッチ14aと入賞確認1スイッチ14bとは、上下に一定の距離をおいて配置されている。そのため、始動入賞口14に入賞した遊技球は、まず始動口スイッチ14aで検出された後、少し時間をおいて下流側の入賞確認1スイッチ14bで検出されることになる。図30に示すように、始動入賞口14内において遊技球が球詰まり状態を起こした場合には、始動口スイッチ14aと入賞確認1スイッチ14bとの物理的な距離差によって、その検出数に差が生じた状態となる。この実施の形態では、図30に示すように、始動口スイッチ14aと入賞確認1スイッチ14bとの間で最大3個の検出誤差が生じるものとする。そこで、この実施の形態では、スイッチ用カウンタ1の値が、球詰まり状態における始動口スイッチ14aと入賞確認1スイッチ14bとの検出誤差3個に対して十分余裕をもたせた所定値(本例では10)以上となったことにもとづいて排出異常が発生したと判定することによって、始動入賞口14内で遊技球が球詰まり状態を起こした場合などを不正行為による排出異常と判定することを防止している。   As shown in FIG. 30, in the start winning opening 14, the start opening switch 14a and the winning confirmation 1 switch 14b are arranged at a certain distance in the vertical direction. Therefore, the game ball won in the start winning opening 14 is first detected by the start opening switch 14a and then detected by the downstream winning confirmation 1 switch 14b after a short time. As shown in FIG. 30, when a game ball is jammed in the start winning opening 14, the number of detections differs depending on the physical distance difference between the start opening switch 14 a and the winning confirmation 1 switch 14 b. Will occur. In this embodiment, as shown in FIG. 30, it is assumed that a maximum of three detection errors occur between the start port switch 14a and the winning confirmation 1 switch 14b. Therefore, in this embodiment, the value of the switch counter 1 is a predetermined value (in this example, a sufficient margin is provided for three detection errors between the start port switch 14a and the winning confirmation 1 switch 14b in the ball clogging state). 10) By determining that a discharge abnormality has occurred based on the above, it is possible to prevent a case where a game ball has become clogged in the start winning opening 14 from being determined as a discharge abnormality due to fraud. doing.
なお、この実施の形態では、球詰まり状態における始動口スイッチ14aと入賞確認1スイッチ14bとの検出誤差3個に対して十分余裕をもたせた所定値(本例では10)以上となったことにもとづいて排出異常が発生したと判定する場合を示しているが、排出異常の判定に用いる所定値は、この実施の形態で示したものにかぎられない。例えば、少なくとも、球詰まり状態における始動口スイッチ14aと入賞確認1スイッチ14bとの検出誤差3個より多い数であれば、誤って排出異常と判定してしまうことを防止できるのであるから、スイッチ用カウンタ1の値が4以上となったことにもとづいて排出異常が発生したと判定するようにしてもよい(大入賞口に関しても、同様に、スイッチ用カウンタ2の値が4以上となったことにもとづいて排出異常が発生したと判定するようにしてもよい)。   In this embodiment, the predetermined value (10 in this example) with a sufficient margin for the three detection errors of the start opening switch 14a and the winning confirmation 1 switch 14b in the ball clogged state is greater than or equal to. Although the case where it is determined that a discharge abnormality has occurred based on the above is shown, the predetermined value used for the determination of the discharge abnormality is not limited to that shown in this embodiment. For example, if the number of detection errors between the start port switch 14a and the winning confirmation 1 switch 14b in the ball clogged state is more than three, it is possible to prevent erroneous determination of discharge abnormality. It may be determined that a discharge abnormality has occurred based on the value of the counter 1 being 4 or more (similarly, the value of the switch counter 2 is 4 or more for the big prize opening). Based on this, it may be determined that a discharge abnormality has occurred).
また、特に、始動入賞口を2つ備えるように遊技機を構成した場合には、これら2つの始動入賞口に加えて大入賞口の排出異常を検出可能に構成し、1つ当りの入賞口において球詰まり状態における検出誤差がそれぞれ3個ずつであるとすると、最大3個×3=9個までの検出誤差であれば、電波を用いた不正行為によらなくても、入賞口における球詰まりによって生じる可能性がある。そこで、そのような場合には、スイッチ用カウンタの値が少なくとも10以上となったことにもとづいて排出異常が発生したと判定すれば、誤って排出異常を判定することを防止することができる。   In particular, when the gaming machine is configured to have two start winning ports, in addition to these two start winning ports, it is configured to detect the abnormal discharge of the large winning port, so that one winning port can be detected. If there are three detection errors in the ball clogging state in FIG. 3, the maximum number of detection errors is 3 × 3 = 9. May be caused by. Therefore, in such a case, if it is determined that a discharge abnormality has occurred based on the value of the switch counter being at least 10 or more, it is possible to prevent a discharge abnormality from being erroneously determined.
図31は、ステップS23の異常入賞報知処理を示すフローチャートである。異常入賞報知処理において、遊技制御用マイクロコンピュータ560(具体的には、CPU56)は、特別図柄プロセスフラグの値が5以上であるか否か確認する(ステップS251)。特別図柄プロセスフラグの値が5以上であるときは(ステップS251のY)、大当り遊技中または小当り遊技中である状態である。そのような状態であれば、大入賞口に遊技球が入賞する可能性があるので、大入賞口への異常入賞の確認処理を行わずに、ステップS261の処理に移行する。   FIG. 31 is a flowchart showing the abnormal winning notification process in step S23. In the abnormal winning notification process, the game control microcomputer 560 (specifically, the CPU 56) checks whether or not the value of the special symbol process flag is 5 or more (step S251). When the value of the special symbol process flag is 5 or more (Y in step S251), the game is in the big hit game or the small hit game. If it is in such a state, there is a possibility that a game ball will win the big prize opening, so the process proceeds to the process of step S261 without performing the process of confirming the abnormal winning to the big prize opening.
特別図柄プロセスフラグの値が5未満である状態は、大当り遊技も小当り遊技も行われていない状態である。このような状態のときに大入賞口に遊技球の入賞があれば、その入賞は異常入賞であると判断することができる。従って、以下に示す大入賞口への異常入賞の確認処理を行う。   The state where the value of the special symbol process flag is less than 5 is a state where neither a big hit game nor a small hit game is played. In this state, if there is a game ball winning at the big winning opening, it can be determined that the winning is an abnormal winning. Therefore, an abnormal winning confirmation process for the special winning opening shown below is performed.
すなわち、特別図柄プロセスフラグの値が5未満であれば(ステップS251のN)、CPU56は、スイッチオンバッファ1(入力ポート0に対応するスイッチオンバッファ)の内容をレジスタにロードする(ステップS252)。そして、CPU56は、ロードしたスイッチオンバッファ1の内容とカウントスイッチ入力ビット判定値(01(H)、図10参照)との論理積をとる(ステップS253)。スイッチオンバッファ1の内容が01(H)であったとき、すなわちカウントスイッチ23がオンしているときには、論理積の演算結果は01(H)になる。カウントスイッチ23がオンしていないときには、論理積の演算結果は、0(00(H))になる。   That is, if the value of the special symbol process flag is less than 5 (N in Step S251), the CPU 56 loads the contents of the switch-on buffer 1 (the switch-on buffer corresponding to the input port 0) into the register (Step S252). . Then, the CPU 56 calculates the logical product of the contents of the loaded switch-on buffer 1 and the count switch input bit determination value (01 (H), see FIG. 10) (step S253). When the content of the switch-on buffer 1 is 01 (H), that is, when the count switch 23 is on, the logical product operation result is 01 (H). When the count switch 23 is not turned on, the operation result of the logical product is 0 (00 (H)).
論理積の演算結果が0でない場合には(ステップS254のN)、すなわち、カウントスイッチ23がオンしていれば、CPU56は、大入賞口への異常入賞が生じたと判定し、セキュリティ信号情報タイマに所定時間(本例では、30秒)をセットする(ステップS255)。この実施の形態では、ステップS255でセキュリティ信号情報タイマに所定時間がセットされたことにもとづいて、情報出力処理(S31参照)が実行されることによって、大入賞口への異常入賞が検出されたときに、セキュリティ信号が所定時間(本例では、30秒)外部出力される。   If the result of the logical product is not 0 (N in step S254), that is, if the count switch 23 is on, the CPU 56 determines that an abnormal winning in the big winning opening has occurred, and the security signal information timer Is set to a predetermined time (in this example, 30 seconds) (step S255). In this embodiment, the abnormal output to the big prize opening is detected by executing the information output process (see S31) based on the predetermined time set in the security signal information timer in step S255. Sometimes, the security signal is externally output for a predetermined time (in this example, 30 seconds).
次いで、CPU56は、大入賞口への異常入賞の検出数をカウントするための入賞累積数カウンタの値を1加算する(ステップS256)。そして、入賞累積数カウンタの値が20となっていれば(ステップS257)、CPU56は、第1態様で大入賞口への異常入賞の報知を行うことを示す異常入賞1報知指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS258)。また、入賞累積数カウンタの値が50となっていれば(ステップS259)、CPU56は、第2態様で大入賞口への異常入賞の報知を行うことを示す異常入賞2報知指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS260)。一方、論理積の演算結果が0である場合には(ステップS254のY)、すなわち、カウントスイッチ23がオンしていなければ、CPU56は、大入賞口への異常入賞が生じていないと判定し、ステップS261の処理に移行する。   Next, the CPU 56 adds 1 to the value of the winning cumulative number counter for counting the number of abnormal winning detections to the big winning opening (step S256). If the value of the cumulative winning number counter is 20 (step S257), the CPU 56 performs an effect control of an abnormal winning 1 notification designation command indicating that an abnormal winning is notified to the big winning opening in the first mode. Control to transmit to the microcomputer 100 is performed (step S258). If the value of the cumulative winning number counter is 50 (step S259), the CPU 56 performs an effect control on the abnormal winning 2 notification designation command indicating that the abnormal winning notification to the big winning opening is performed in the second mode. Control to transmit to the microcomputer 100 is performed (step S260). On the other hand, if the result of the logical product is 0 (Y in step S254), that is, if the count switch 23 is not turned on, the CPU 56 determines that no abnormal winning in the big prize opening has occurred. The process proceeds to step S261.
ステップS261では、CPU56は、普通図柄プロセスフラグの値が3であるか否か確認する(ステップS261)。普通図柄プロセスフラグの値が3である状態は、普通電動役物(可変入賞球装置15)が開状態であると判断される状態(可変入賞球装置15が物理的に開いている状態のときと、可変入賞球装置15が物理的に閉鎖されてから所定のインターバル期間を経過するまでの状態のときとを含む)である。そのような状態であれば(ステップS261のY)、始動入賞口14に遊技球が入賞する可能性があるので、始動入賞口14への異常入賞の確認処理を行わずに異常入賞報知処理を終了する。   In step S261, the CPU 56 checks whether or not the value of the normal symbol process flag is 3 (step S261). The state where the value of the normal symbol process flag is 3 is a state where it is determined that the ordinary electric accessory (variable winning ball device 15) is in the open state (when the variable winning ball device 15 is physically open). And when the variable winning ball apparatus 15 is physically closed until a predetermined interval period elapses). If it is in such a state (Y in step S261), there is a possibility that a game ball may win the start winning opening 14, so that the abnormal winning notifying process is not performed without confirming the abnormal winning to the starting winning opening 14. finish.
普通図柄プロセスフラグの値が3でない状態は(ステップS261のN)、普通電動役物(可変入賞球装置15)が開状態以外の状態と判断される状態である。このような状態のときに始動入賞口14に遊技球の入賞があれば、その入賞は異常入賞である可能性がある。従って、以下に示す始動入賞口14への異常入賞の確認処理を行う。   The state where the value of the normal symbol process flag is not 3 (N in step S261) is a state in which the normal electric accessory (variable winning ball device 15) is determined to be in a state other than the open state. If there is a game ball winning in the start winning opening 14 in such a state, there is a possibility that the winning is an abnormal winning. Accordingly, the abnormal winning confirmation process for the start winning opening 14 shown below is performed.
すなわち、普通図柄プロセスフラグの値が3でなければ(ステップS261のN)、CPU56は、スイッチオンバッファ2(入力ポート2に対応するスイッチオンバッファ)の内容をレジスタにロードする(ステップS262)。そして、CPU56は、ロードしたスイッチオンバッファ2の内容と始動口スイッチ入力ビット判定値(01(H)、図10参照)との論理積をとる(ステップS263)。スイッチオンバッファ2の内容が01(H)であったとき、すなわち始動口スイッチ14aがオンしているときには、論理積の演算結果は01(H)になる。始動口スイッチ14aがオンしていないときには、論理積の演算結果は、0(00(H))になる。   That is, if the value of the normal symbol process flag is not 3 (N in step S261), the CPU 56 loads the contents of the switch-on buffer 2 (switch-on buffer corresponding to the input port 2) into the register (step S262). Then, the CPU 56 calculates the logical product of the contents of the loaded switch-on buffer 2 and the start port switch input bit determination value (01 (H), see FIG. 10) (step S263). When the content of the switch-on buffer 2 is 01 (H), that is, when the start port switch 14a is on, the logical product operation result is 01 (H). When the start port switch 14a is not turned on, the logical product operation result is 0 (00 (H)).
論理積の演算結果が0でない場合には(ステップS264のN)、すなわち、始動口スイッチ14aがオンしていれば、CPU56は、始動入賞口14への異常入賞が生じたと判定し、セキュリティ信号情報タイマに所定時間(本例では、30秒)をセットする(ステップS265)。この実施の形態では、ステップS265でセキュリティ信号情報タイマに所定時間がセットされたことにもとづいて、情報出力処理(S31参照)が実行されることによって、始動入賞口14への異常入賞が検出されたときに、セキュリティ信号が所定時間(本例では、30秒)外部出力される。   If the result of the logical product is not 0 (N in step S264), that is, if the start port switch 14a is on, the CPU 56 determines that an abnormal winning has occurred in the start winning port 14, and the security signal A predetermined time (in this example, 30 seconds) is set in the information timer (step S265). In this embodiment, an abnormal winning at the start winning opening 14 is detected by executing the information output process (see S31) based on the fact that the predetermined time is set in the security signal information timer in step S265. The security signal is externally output for a predetermined time (in this example, 30 seconds).
次いで、CPU56は、始動入賞口14への異常入賞の検出数をカウントするための始動入賞累積数カウンタの値を1加算する(ステップS266)。そして、始動入賞累積数カウンタの値が20となっていれば(ステップS267)、CPU56は、第1態様で始動入賞口14への異常入賞の報知を行うことを示す始動異常入賞1報知指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS268)。また、始動入賞累積数カウンタの値が50となっていれば(ステップS269)、CPU56は、第2態様で始動入賞口14への異常入賞の報知を行うことを示す始動異常入賞2報知指定コマンドを演出制御用マイクロコンピュータ100に送信する制御を行う(ステップS270)。一方、論理積の演算結果が0である場合には(ステップS264のY)、すなわち、始動口スイッチ14aがオンしていなければ、CPU56は、始動入賞口14への異常入賞が生じていないと判定し、処理を終了する。   Next, the CPU 56 adds 1 to the value of the start winning cumulative number counter for counting the number of abnormal winning detections to the start winning opening 14 (step S266). If the value of the start winning cumulative number counter is 20 (step S267), the CPU 56 indicates a start abnormal winning 1 notification designation command indicating that the abnormal winning is notified to the starting winning port 14 in the first mode. Is transmitted to the production control microcomputer 100 (step S268). If the value of the start winning cumulative number counter is 50 (step S269), the CPU 56 indicates a start abnormal winning 2 notification designation command indicating that an abnormal winning is notified to the starting winning port 14 in the second mode. Is transmitted to the production control microcomputer 100 (step S270). On the other hand, if the result of the logical product is 0 (Y in step S264), that is, if the start port switch 14a is not turned on, the CPU 56 has determined that no abnormal winning has occurred in the start winning port 14. Determine and end the process.
以上のような処理によって、大当り遊技も小当り遊技も行われていない状態においてカウントスイッチ23がオンした場合には、大入賞口への異常入賞が発生したと判定され、情報出力処理(ステップS31参照)においてセキュリティ信号が外部出力されることになる。また、大入賞口への異常入賞の検出数が20となれば異常入賞1報知指定コマンドが送信され、大入賞口への異常入賞の検出数が50となれば異常入賞2報知指定コマンドが送信される。また、可変入賞球装置15が開閉動作していない状態(始動入賞口14が開状態以外の状態)において始動口スイッチ14aがオンした場合にも、始動入賞口14への異常入賞が発生したと判定され、情報出力処理(ステップS31参照)においてセキュリティ信号が外部出力されることになる。また、始動入賞口14への異常入賞の検出数が20となれば始動異常入賞1報知指定コマンドが送信され、始動入賞口14への異常入賞の検出数が50となれば始動異常入賞2報知指定コマンドが送信される。   When the count switch 23 is turned on in the state where neither big hit game nor small hit game is performed by the above processing, it is determined that an abnormal winning is made to the big winning opening, and information output processing (step S31). The security signal is output to the outside in (see). Also, if the number of detected abnormal prizes at the big prize opening becomes 20, an abnormal prize 1 notification designation command is transmitted, and if the number of detected abnormal prizes at the big prize opening becomes 50, an abnormal prize 2 notice designation command is transmitted. Is done. In addition, when the start opening switch 14a is turned on when the variable winning ball apparatus 15 is not opened or closed (when the start winning opening 14 is in the state other than the open state), an abnormal winning to the starting winning opening 14 has occurred. The security signal is externally output in the information output process (see step S31). Also, if the number of detected abnormal winnings at the start winning port 14 is 20, a start abnormal winning 1 notification designation command is transmitted, and if the number of detected abnormal winnings at the starting winning port 14 is 50, a start abnormal winning 2 notification is notified. The specified command is sent.
なお、ステップS251の処理では、CPU56が、特別図柄プロセスフラグの値にもとづいて大入賞口への異常入賞が生じたか否か判定するようにしている。そのため、1つのデータにもとづいて異常入賞が生じたか否か判定できるので、判定処理を簡素化することができる。また、上述したように、特別可変入賞球装置20が閉鎖した後に大当り終了処理または小当り終了処理が所定時間実行されるので、特別可変入賞球装置20が閉鎖する直前に大入賞口に入賞した遊技球が、特別図柄プロセスフラグの値が0に戻った後にカウントスイッチ23で検出されてしまうということが防止され、正規の入賞であるにもかかわらずセキュリティ信号が外部出力されたりエラーが報知されてしまうようなことはない。   In the process of step S251, the CPU 56 determines whether or not an abnormal winning to the big winning opening has occurred based on the value of the special symbol process flag. Therefore, since it can be determined whether or not an abnormal winning has occurred based on one data, the determination process can be simplified. Further, as described above, since the big hit end process or the small hit end process is executed for a predetermined time after the special variable winning ball apparatus 20 is closed, the special variable winning ball apparatus 20 has won a big winning opening immediately before closing. The game ball is prevented from being detected by the count switch 23 after the value of the special symbol process flag returns to 0, and a security signal is output to the outside or an error is notified in spite of the regular winning. There is no such thing.
また、ステップS261の処理では、CPU56が、普通図柄プロセスフラグの値にもとづいて始動入賞口14への異常入賞が生じたか否か判定するようにしている。そのため、1つのデータにもとづいて異常入賞が生じたか否か判定できるので、判定処理を簡素化することができる。また、上述したように、異常入賞を判定するタイミングを可変入賞球装置15を閉鎖するタイミングよりも遅らせる方法として、普通図柄プロセスフラグの値が3から0に切り替わる所定時間前に可変入賞球装置15を閉鎖し、普通図柄プロセスフラグの値が3から0に切り替わった時点で異常入賞の判定を行うようにしているので、可変入賞球装置15が閉鎖する直前に始動入賞口14に入賞した遊技球が、普通図柄プロセスフラグの値が0に戻った後に始動口スイッチ14aで検出されてしまうということが防止され、正規の入賞であるにもかかわらずセキュリティ信号が外部出力されたりエラーが報知されてしまうようなことはない。   Further, in the process of step S261, the CPU 56 determines whether or not an abnormal winning has occurred at the start winning opening 14 based on the value of the normal symbol process flag. Therefore, since it can be determined whether or not an abnormal winning has occurred based on one data, the determination process can be simplified. In addition, as described above, as a method of delaying the timing for determining an abnormal prize from the timing for closing the variable winning ball apparatus 15, the variable winning ball apparatus 15 is set a predetermined time before the value of the normal symbol process flag is switched from 3 to 0. Is closed, and when the value of the normal symbol process flag is switched from 3 to 0, the abnormal winning determination is made. Therefore, the game ball that won the start winning opening 14 immediately before the variable winning ball apparatus 15 is closed. However, it is prevented from being detected by the start switch 14a after the value of the normal symbol process flag returns to 0, and a security signal is output to the outside or an error is notified in spite of the regular winning. There is no such thing.
なお、可変入賞球装置15を閉鎖すると同時に普通図柄プロセスフラグの値が3から0に切り替え、普通図柄プロセスフラグの値が3から0に切り替わってから所定時間経過後に異常入賞の判定を行うようにしてもよい。また、大入賞口への異常入賞の判定においても、同様の方法により異常入賞を判定するタイミングを大入賞口(特別可変入賞球装置20)を閉鎖するタイミングよりも遅らせるようにしてもよい。   At the same time that the variable winning ball apparatus 15 is closed, the value of the normal symbol process flag is switched from 3 to 0, and the abnormal winning determination is made after a predetermined time has elapsed since the value of the normal symbol process flag is switched from 3 to 0. May be. Also, in the determination of the abnormal winning to the big winning opening, the timing for determining the abnormal winning by the same method may be delayed from the timing for closing the big winning opening (special variable winning ball apparatus 20).
図32は、ターミナル基板160に出力される各種信号を示すブロック図である。図32に示すように、この実施の形態では、主基板31に搭載されている遊技制御用マイクロコンピュータ560からターミナル基板160に対して、図柄確定回数1信号、始動口信号、大当り1信号、大当り2信号、大当り3信号、時短信号、入賞信号、セキュリティ信号、および高確中信号が、遊技制御用マイクロコンピュータ560側の情報出力処理(ステップS31参照)によって出力される。また、この実施の形態では、払出制御基板37に搭載されている払出制御用マイクロコンピュータ370から、主基板31を経由して、ターミナル基板160に対して、賞球情報が、払出制御用マイクロコンピュータ370側の情報出力処理によって出力される。   FIG. 32 is a block diagram showing various signals output to the terminal board 160. As shown in FIG. 32, in this embodiment, the game control microcomputer 560 mounted on the main board 31 is connected to the terminal board 160 with one symbol determination number of signals, a start port signal, one jackpot signal, one jackpot. Two signals, three jackpot signals, a time reduction signal, a winning signal, a security signal, and a high probability signal are output by the information output process (see step S31) on the game control microcomputer 560 side. In this embodiment, the prize ball information is sent from the payout control microcomputer 370 mounted on the payout control board 37 to the terminal board 160 via the main board 31. It is output by the information output process on the 370 side.
図柄確定回数1信号は、特別図柄の変動回数を通知するための信号である。始動口信号は、始動入賞口14への入賞個数を通知するための信号である。大当り1信号は、大当り遊技中(特別可変入賞球装置の動作中)であることを通知するための信号である。大当り2信号は、大当り遊技中(特別可変入賞球装置の動作中)で、または特別図柄の変動時間短縮機能が作動中(時短状態中)であることを通知するための信号である。大当り3信号は、15ラウンドの大当り遊技中であることを通知するための信号である。時短信号は、特別図柄の変動時間短縮機能が作動中(時短状態中)であることを通知するための信号である。   The symbol determination number 1 signal is a signal for notifying the number of changes in the special symbol. The start port signal is a signal for notifying the number of winnings to the start winning port 14. The jackpot 1 signal is a signal for notifying that the jackpot game (during the operation of the special variable winning ball apparatus) is in progress. The jackpot 2 signal is a signal for notifying that the jackpot game (during the operation of the special variable winning ball apparatus) or that the special symbol variation time reduction function is being operated (during the short-time state). The jackpot 3 signal is a signal for notifying that a 15-round jackpot game is in progress. The time reduction signal is a signal for notifying that the special symbol variation time reduction function is operating (in the time reduction state).
また、入賞信号は、既に説明したように、所定数分(この実施の形態では、10個分)の賞球を払い出すための所定の払出条件が成立したこと(始動入賞口14、大入賞口、普通入賞口29,30への入賞が発生したこと。賞球の払出までは行われていない。具体的には、近接スイッチ(入賞口スイッチ29a,30a、カウントスイッチ23、始動口スイッチ14a)からの検出信号とフォトセンサ(入賞確認スイッチ29b,30b,23b,14b)からの検出信号との両方を入力したことを条件として、所定の払出条件が成立したと判定されたこと。)を示す信号である。   In addition, as described above, the winning signal indicates that a predetermined payout condition for paying out a predetermined number of prize balls (10 balls in this embodiment) has been established (starting prize opening 14, large prize winning). The winning prizes are generated at the mouths and the normal winning holes 29 and 30. The prize balls are not paid out. Specifically, the proximity switches (the winning hole switches 29a and 30a, the count switch 23, the start opening switch 14a). ) And a detection signal from the photo sensor (the winning confirmation switches 29b, 30b, 23b, 14b) are input, and it is determined that a predetermined payout condition has been established). It is a signal to show.
また、セキュリティ信号は、遊技機のセキュリティ状態を示す信号である。具体的には、始動口スイッチ14aの検出結果と入賞確認1スイッチ14bの検出結果とにもとづいて、始動入賞口14への排出異常が発生したと判定された場合に、セキュリティ信号が電源が再投入されて初期化処理が実行されるまでホールコンピュータなどの外部装置に出力される。また、カウントスイッチ23の検出結果と入賞確認2スイッチ23bの検出結果とにもとづいて、大入賞口への排出異常が発生したと判定された場合に、セキュリティ信号が電源が再投入されて初期化処理が実行されるまでホールコンピュータなどの外部装置に出力される。また、大入賞口や始動入賞口14への異常入賞が検出された場合にも、セキュリティ信号が所定期間(例えば、30秒間)ホールコンピュータなどの外部装置に出力される。また、遊技機への電源投入が行われて初期化処理が実行された場合にも、セキュリティ信号が所定期間(例えば、30秒間)ホールコンピュータなどの外部装置に出力される。   The security signal is a signal indicating the security state of the gaming machine. Specifically, when it is determined that a discharge abnormality to the start winning opening 14 has occurred based on the detection result of the starting opening switch 14a and the detection result of the winning confirmation 1 switch 14b, the security signal is re-supplied. It is output to an external device such as a hall computer until the initialization process is executed. In addition, when it is determined that an abnormal discharge to the big prize opening has occurred based on the detection result of the count switch 23 and the detection result of the winning confirmation 2 switch 23b, the security signal is re-powered and initialized. The data is output to an external device such as a hall computer until the process is executed. Also, when an abnormal prize is detected at the big prize opening or the start prize opening 14, a security signal is output to an external device such as a hall computer for a predetermined period (for example, 30 seconds). Also, when the gaming machine is turned on and the initialization process is executed, a security signal is output to an external device such as a hall computer for a predetermined period (for example, 30 seconds).
なお、セキュリティ信号として外部出力される信号は、この実施の形態で示したものにかぎられない。例えば、始動入賞口14や大入賞口への排出異常にかぎらず、普通入賞口29,30への排出異常を検出して、セキュリティ信号として外部出力可能なように構成してもよい。また、例えば、遊技機に設けられた磁石センサで異常磁気を検出した場合や、遊技機に設けられた電波センサで異常電波を検出した場合に、セキュリティ信号として外部出力可能なように構成してもよい。また、例えば、遊技機に設けられた各種スイッチの異常を検出した場合(例えば、入力値が閾値を超えたと判定したことにより、短絡などの発生を検出した場合)に、セキュリティ信号として外部出力可能なように構成してもよい。そのように、普通入賞口への排出異常や異常磁気エラー、異常電波エラーについてもターミナル基板160の共通のコネクタCN8からセキュリティ信号として外部出力可能なように構成すれば、1本の信号線さえ接続すればホールコンピュータなど外部装置でエラー検出を行えるようにすることができ、エラー検出に関する作業負担を軽減することができる。   It should be noted that the signal output externally as the security signal is not limited to that shown in this embodiment. For example, it may be configured so that the abnormal discharge to the normal winning ports 29 and 30 can be detected and output as a security signal to the outside without being limited to the abnormal discharge to the start winning port 14 or the big winning port. Also, for example, when abnormal magnetism is detected by a magnet sensor provided in a gaming machine, or when abnormal radio waves are detected by a radio wave sensor provided in a gaming machine, the security signal can be output externally Also good. In addition, for example, when an abnormality of various switches provided in a gaming machine is detected (for example, when an occurrence of a short circuit is detected by determining that an input value exceeds a threshold value), it can be externally output as a security signal. You may comprise as follows. In this way, even if it is configured to be able to output a security signal from the common connector CN8 of the terminal board 160, it is possible to connect even one signal line for abnormal discharge to the normal prize opening, abnormal magnetic error, and abnormal radio wave error. In this case, error detection can be performed by an external device such as a hall computer, and the work load related to error detection can be reduced.
また、例えば、遊技制御用マイクロコンピュータ560と払出制御用マイクロコンピュータ370との間の通信エラーを検出した場合にも、ターミナル基板160の共通のコネクタCN8からセキュリティ信号として外部出力可能なように構成してもよい。この場合、例えば、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、払出制御用マイクロコンピュータ370から払出制御コマンドを受信できなかったことにもとづいて通信エラーが発生したと判定し、ターミナル基板160の共通のコネクタCN8からセキュリティ信号として外部出力してもよい。また、例えば、遊技制御用マイクロコンピュータ560は、シリアル通信回路511のステータスレジスタのいずれかのエラービットの値がセットされていることにもとづいて通信エラーが発生したと判定し、ターミナル基板160の共通のコネクタCN8からセキュリティ信号として外部出力してもよい。   Further, for example, even when a communication error between the game control microcomputer 560 and the payout control microcomputer 370 is detected, it can be externally output as a security signal from the common connector CN8 of the terminal board 160. May be. In this case, for example, the game control microcomputer 560 determines that a communication error has occurred based on the failure to receive the payout control command from the payout control microcomputer 370, and from the common connector CN8 on the terminal board 160. It may be output externally as a security signal. Also, for example, the game control microcomputer 560 determines that a communication error has occurred based on the value of any error bit in the status register of the serial communication circuit 511 being set, and the terminal board 160 has a common The connector CN8 may be externally output as a security signal.
なお、セキュリティ信号用の信号線およびコネクタCN8とは別に、遊技制御用マイクロコンピュータ560と払出制御用マイクロコンピュータ370との間の通信エラー専用の信号線およびコネクタをターミナル基板160に設けてもよい。そして、遊技制御用マイクロコンピュータ560と払出制御用マイクロコンピュータ370との間の通信エラーを検出した場合には、セキュリティ信号とは別の信号として、ターミナル基板160を経由してホールコンピュータなどの外部装置に出力するようにしてもよい。   In addition to the signal line and connector CN8 for security signals, a signal line and connector dedicated to communication errors between the game control microcomputer 560 and the payout control microcomputer 370 may be provided on the terminal board 160. When a communication error between the game control microcomputer 560 and the payout control microcomputer 370 is detected, an external device such as a hall computer is transmitted via the terminal board 160 as a signal different from the security signal. May be output.
高確中信号は、遊技状態が高確率状態(確変状態)に制御されていることを示す信号である。この実施の形態では、高確中信号は、停電復旧してから所定条件が成立するまで(具体的には、最初の大当りが発生するまで)、ターミナル基板160を介して外部出力される。   The high probability signal is a signal indicating that the gaming state is controlled to a high probability state (probability change state). In this embodiment, the high-accuracy signal is externally output through the terminal board 160 until a predetermined condition is satisfied after the power failure is restored (specifically, until the first big hit occurs).
また、賞球情報は、既に説明したように、賞球払出を特定数(本例では10個)検出するごとに出力される信号である。なお、この実施の形態では、所定数分(この実施の形態では、10個分)の賞球を払い出すための所定の払出条件が成立したこと(始動入賞口14、大入賞口、普通入賞口29,30への入賞が発生したこと。具体的には、近接スイッチ(入賞口スイッチ29a,30a、カウントスイッチ23、始動口スイッチ14a)からの検出信号とフォトセンサ(入賞確認スイッチ29b,30b,23b,14b)からの検