JP5788041B2 - Game machine - Google Patents

Game machine Download PDF

Info

Publication number
JP5788041B2
JP5788041B2 JP2014037782A JP2014037782A JP5788041B2 JP 5788041 B2 JP5788041 B2 JP 5788041B2 JP 2014037782 A JP2014037782 A JP 2014037782A JP 2014037782 A JP2014037782 A JP 2014037782A JP 5788041 B2 JP5788041 B2 JP 5788041B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
effect
control unit
game
port
state
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2014037782A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2015160021A (en
Inventor
鈴木 弘一
弘一 鈴木
浩 水上
浩 水上
安部 浩司
浩司 安部
吉康 中山
吉康 中山
天野 貴之
貴之 天野
奨 安間
奨 安間
Original Assignee
京楽産業.株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 京楽産業.株式会社 filed Critical 京楽産業.株式会社
Priority to JP2014037782A priority Critical patent/JP5788041B2/en
Publication of JP2015160021A publication Critical patent/JP2015160021A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5788041B2 publication Critical patent/JP5788041B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、遊技球の入賞によって大当たりの抽選を行うパチンコ遊技機や遊技媒体の投入の際の抽選結果を複数リールの停止時に図柄の組み合わせで表示するスロットマシン等の遊技機に関するものである。   The present invention relates to a gaming machine such as a slot machine that displays a lottery result when a plurality of reels are stopped in a combination of symbols when a pachinko gaming machine that wins a jackpot by winning a game ball or a game medium is inserted.
パチンコ遊技機等の遊技機では、遊技球が始動口等の役物に入賞することにより大当たりの抽選が行われる。そして、大当たりに当選した場合には、遊技機は、大入賞口が開放されて、多くの賞球を獲得し得る大当たり遊技状態となる。また、遊技機では、遊技者による遊技球の遊技に伴って、画像表示部での表示や各種のランプの点灯、スピーカによる音響等の各種の演出が行われる。   In a gaming machine such as a pachinko machine, a big hit lottery is performed when a game ball wins a prize such as a start opening. When the jackpot is won, the gaming machine is put into a jackpot gaming state in which the jackpot is opened and many winning balls can be obtained. In the gaming machine, various effects such as display on the image display unit, lighting of various lamps, and sound by a speaker are performed in accordance with the game of the game ball by the player.
このような遊技球の遊技に伴う各種の演出として、従来から種々の構成・態様が提案されている(例えば、特許文献1参照)。特許文献1には、保留数が8個に達し、その8個の保留の中に当たりとなる保留が含まれていることを条件として、予告メッセージの各文字を8個の保留表示部に割り当て、操作ボタンを押すことを遊技者に促すボタン操作アイコンを各保留表示部に対応させて表示し、そして、操作ボタンが遊技者によって押される毎に、保留表示部を1つずつ選択し、その保留表示部に割り当てられていた文字を段階的に表示するという構成が開示されている。   Conventionally, various configurations and modes have been proposed as various effects associated with such game balls (see, for example, Patent Document 1). Patent Document 1 assigns each character of the notice message to the eight hold display sections on the condition that the number of holds reaches eight, and that the eight holds include a winning hold. A button operation icon that prompts the player to press the operation button is displayed corresponding to each hold display portion, and each time the operation button is pressed by the player, the hold display portion is selected one by one, and the hold display portion is selected. A configuration is disclosed in which characters assigned to a display unit are displayed step by step.
特開2013−78554号公報JP 2013-78554 A
ここで、遊技をしている際に連続して入賞することは頻繁にあるわけではないことから、そのような連続入賞したときに遊技機が演出上の反応をすることで、遊技者は気持ちの高まりを感じて遊技に対する集中力を維持回復することがあり得る。
本発明は、入球状況に関する遊技性の向上を図ることが可能な遊技機を提供することを目的とする。
Here, since it is not often that winning a prize continuously while playing a game, the player feels that the game machine reacts in the production when winning such a consecutive prize. It may be possible to maintain and recover the concentration on the game by feeling the increase of the game.
An object of this invention is to provide the gaming machine which can aim at the improvement of the game property regarding a entering condition.
本発明が適用される遊技機は、遊技球の入球を検出手段211,212,214,215,217が検出すると抽選および/または賞球の払い出しが行われる遊技機100であって、前記検出手段211,212,214,215,217により入球が検出される時間情報を取得する取得手段301,304と、前記取得手段301,304により相前後して取得される時間情報により特定される入球の時間間隔Δtが所定値T未満であるか否かの判定を行う時間間隔判定手段301と、前記時間間隔判定手段301による判定結果を順次記憶する記憶手段303と、前記記憶手段303により記憶されている前記判定結果が所定数のときに当該所定数の判定結果が所定条件を満たす場合と当該所定条件を満たさない場合とで演出を変更する演出変更手段300と、を備えることを特徴とするものである。 The gaming machine to which the present invention is applied is a gaming machine 100 in which lottery and / or payout of prize balls is performed when the detecting means 211, 212, 214, 215, 217 detects the entry of a gaming ball. Acquisition means 301, 304 for acquiring time information when the entry is detected by means 211, 212, 214, 215, 217, and input information specified by time information acquired before and after by the acquisition means 301, 304. Time interval determination means 301 for determining whether or not the time interval Δt of the sphere is less than a predetermined value T , storage means 303 for sequentially storing determination results by the time interval determination means 301, and storage by the storage means 303 the determination result is the predetermined number of determination results when the predetermined number to change the effect in the case of not satisfied the predetermined condition and if a predetermined condition is satisfied being The output changing means 300 and is characterized in that it comprises.
なお、本欄における上記符号は、本発明の説明に際して例示的に付したものであり、この符号により本発明が減縮されるものではない。   In addition, the said code | symbol in this column is attached | subjected illustratively in the description of this invention, and this invention is not reduced by this code | symbol.
本発明によれば、入球状況に関する遊技性の向上を図ることが可能になる。   According to the present invention, it is possible to improve the playability related to the entering situation.
本実施の形態に係るパチンコ遊技機の概略正面図である。It is a schematic front view of the pachinko gaming machine according to the present embodiment. パチンコ遊技機の部分平面拡大図である。It is a partial plane enlarged view of a pachinko gaming machine. パチンコ遊技機の制御ユニットの内部構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the internal structure of the control unit of a pachinko gaming machine. 遊技制御部の機能構成を示すブロック図である。It is a block diagram which shows the function structure of a game control part. 遊技制御部の主要動作を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the main operation | movement of a game control part. 始動口スイッチ処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of a start port switch process. ゲートスイッチ処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the gate switch process. 特別図柄処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the special symbol process. 大当たり判定処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the jackpot determination process. 変動パターン選択処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the fluctuation pattern selection process. 停止中処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the process during a stop. 客待ち設定処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of a customer waiting | standby setting process. 普通図柄処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of normal symbol processing. 大入賞口処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the big prize opening process. 遊技状態設定処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the game state setting process. 電動チューリップ処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of an electric tulip process. 乱数の構成例を示す図である。It is a figure which shows the structural example of a random number. 演出制御部の動作を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows operation | movement of an effect control part. コマンド受信処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of command reception processing. モードフラグの設定例を示す図である。It is a figure which shows the example of a setting of a mode flag. 演出選択処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of effect selection processing. 変動演出終了中処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the process during completion | finish of a fluctuation production. 当たり演出選択処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the win production | presentation selection process. エンディング演出選択処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the ending effect selection process. 客待ちコマンド受信処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of a customer waiting command reception process. 演出ボタン処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of effect button processing. 第1の構成例に係る振り分け装置を説明する正面図である。It is a front view explaining the sorting device concerning the 1st example of composition. 第2の構成例に係る振り分け装置を説明する正面図である。It is a front view explaining the distribution apparatus which concerns on a 2nd structural example. 第3の構成例に係る振り分け装置を説明する正面図である。It is a front view explaining the distribution apparatus which concerns on a 3rd structural example. 第1の実施の形態におけるモード移行を説明するタイムチャートである。It is a time chart explaining the mode change in a 1st embodiment. 第2の実施の形態における振り分け制御処理を説明する図である。It is a figure explaining the distribution control process in 2nd Embodiment. 演出テーブル選択処理を説明するフローチャートである。It is a flowchart explaining an effect table selection process. 第3の実施の形態における保留表示演出処理を説明するフローチャートである。It is a flowchart explaining the pending | holding display effect process in 3rd Embodiment. 保留表示演出処理により選択される保留表示の演出態様を説明する図である。It is a figure explaining the production | presentation aspect of the hold display selected by hold display effect processing. 応用例に係る入賞個数表示の演出態様を説明する図である。It is a figure explaining the production | presentation aspect of the winning number display which concerns on an application example. 第4の実施の形態における遊技制御部のRAMの構成例を説明するブロック図である。It is a block diagram explaining the structural example of RAM of the game control part in 4th Embodiment. 演出制御部のRAMの構成例を説明するブロック図である。It is a block diagram illustrating a configuration example of a RAM of an effect control unit. 事前判定処理で用いられる乱数の構成例を示す図である。It is a figure which shows the structural example of the random number used by a prior determination process. 事前判定処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the prior determination process. 演出制御部の動作の一部を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows a part of operation | movement of an effect control part. 演出制御部での事前判定コマンド受信処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the prior determination command reception process in an effect control part. 演出制御部での演出実行コマンド受信処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the effect execution command reception process in an effect control part. 特定演出コマンド処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the specific effect command process. 特定演出に伴って画像表示部に表示される画像例を説明する図である。It is a figure explaining the example of an image displayed on an image display part with a specific production. 付加演出テーブルの概要を示す図である。It is a figure which shows the outline | summary of an additional production | presentation table. 演出制御部での演出制御処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the effect control process in an effect control part. 第5の実施の形態における保留表示態様選択処理の内容を示すフローチャートである。It is a flowchart which shows the content of the pending | holding display mode selection process in 5th Embodiment. 保留表示態様選択処理により切り換えられる保留表示態様を説明する図である。It is a figure explaining the hold display mode switched by the hold display mode selection process. 他の保留表示態様を説明する図である。It is a figure explaining another hold display mode. 第6の実施の形態における特定演出コマンド処理を説明するフローチャートである。It is a flowchart explaining the specific effect command process in 6th Embodiment. 演出テーブルの概要を示す図である。It is a figure which shows the outline | summary of an effect table.
以下、添付図面を参照して、本発明の実施の形態について詳細に説明する。
〔遊技機の基本構成〕
図1は、本実施の形態に係るパチンコ遊技機100の概略正面図である。
同図に示す遊技機の一例としてのパチンコ遊技機100は、遊技者の指示操作により打ち出された遊技球が入賞すると賞球を払い出すように構成されたものである。このパチンコ遊技機100は、遊技球が打ち出される遊技盤110と、遊技盤110を囲む枠部材150とを備えている。遊技盤110は、枠部材150に着脱自在に取り付けられている。
Embodiments of the present invention will be described below in detail with reference to the accompanying drawings.
[Basic configuration of gaming machine]
FIG. 1 is a schematic front view of a pachinko gaming machine 100 according to the present embodiment.
A pachinko gaming machine 100 as an example of the gaming machine shown in the figure is configured to pay out a prize ball when a game ball launched by an instruction operation by a player wins. The pachinko gaming machine 100 includes a game board 110 on which game balls are launched, and a frame member 150 surrounding the game board 110. The game board 110 is detachably attached to the frame member 150.
遊技盤110は、前面に、遊技球により遊技を行うための遊技領域111と、下方から発射された遊技球が上昇して遊技領域111の上部位置へ向かう通路を形成するレール部材112と、遊技領域111の右側に遊技球を案内する案内部材113とを備えている。
本実施の形態では、遊技者により視認され易い遊技領域111の位置に、演出のための各種の画像を表示する画像表示部114が配設されている。この画像表示部114は、液晶ディスプレイ等による表示画面を備え、遊技者によるゲームの進行に伴い、例えば、図柄抽選結果(図柄変動結果)を遊技者に報知するための装飾図柄を表示したり、キャラクタの登場やアイテムの出現による演出画像を表示したりする。
また、遊技盤110の前面に、各種の演出に用いられる可動役物115および盤ランプ116を備えている。可動役物115は、遊技盤110上で動作することにより各種の演出を行い、また、盤ランプ116は、発光することで各種の演出を行う。
The game board 110 has a game area 111 for playing with a game ball on the front surface, a rail member 112 that forms a passage where a game ball launched from below rises toward the upper position of the game area 111, and a game A guide member 113 for guiding the game ball is provided on the right side of the region 111.
In the present embodiment, an image display unit 114 that displays various images for production is provided at a position of the game area 111 that is easily visible to the player. The image display unit 114 includes a display screen such as a liquid crystal display, and displays a decorative symbol for notifying the player of a symbol lottery result (symbol variation result), for example, as the game progresses by the player. An effect image by the appearance of a character or the appearance of an item is displayed.
In addition, a movable accessory 115 and a board lamp 116 used for various effects are provided on the front surface of the game board 110. The movable accessory 115 performs various effects by operating on the game board 110, and the board lamp 116 performs various effects by emitting light.
遊技領域111には、遊技球が落下する方向に変化を与えるための図示しない遊技くぎおよび風車等が配設されている。また、遊技領域111には、入賞や抽選に関する種々の役物が所定の位置に配設されている。また、遊技領域111には、遊技領域111に打ち出された遊技球のうち入賞口に入賞しなかったものを遊技領域111の外に排出する排出口117が配設されている。   The game area 111 is provided with a game nail and a windmill (not shown) for changing the direction in which the game ball falls. Further, in the game area 111, various bonuses relating to winning and lottery are arranged at predetermined positions. In addition, the game area 111 is provided with a discharge port 117 through which game balls launched into the game area 111 that have not been won in the winning area are discharged out of the game area 111.
本実施の形態では、入賞や抽選に関する種々の役物として、遊技球が入賞すると特別図柄抽選(大当たり抽選)が始動する第1始動口121および第2始動口122と、遊技球が通過すると普通図柄抽選(開閉抽選)が始動する始動ゲート(以下、単にゲートと呼ぶ)124と、が遊技盤110に配設されている。ここにいう第1始動口121および第2始動口122とは、予め定められた1の特別図柄表示器の作動契機となる入賞口をいう。具体的には、第1始動口121および第2始動口122には、入賞の際に遊技球の通過を検知するスイッチ(後述の第1始動口スイッチ211および第2始動口スイッチ212)が設けられている。そして、第1始動口121または第2始動口122に遊技球が入賞した際にこのスイッチが遊技球の通過を検知することが、特別図柄表示器を作動させる契機となる。   In the present embodiment, as various functions related to winning and lottery, a special symbol lottery (a jackpot lottery) starts when a game ball wins, and it is normal when a game ball passes. A start gate (hereinafter simply referred to as a gate) 124 for starting a symbol lottery (open / close lottery) is disposed on the game board 110. Here, the first start port 121 and the second start port 122 refer to a winning port that triggers the operation of one predetermined special symbol display. Specifically, the first start port 121 and the second start port 122 are provided with switches (a first start port switch 211 and a second start port switch 212 described later) that detect the passage of a game ball when winning a prize. It has been. And when a game ball wins the 1st starting port 121 or the 2nd starting port 122, this switch will detect the passage of a gaming ball as an opportunity to operate a special symbol display.
第2始動口122は、電動ソレノイドにより開閉すると共に点灯する普通電動役物としての電動チューリップ123を備えている。電動チューリップ123は、閉じていると、遊技球が第2始動口122へ入り難い一方で、開くと第2始動口122の入口が拡大して遊技球が第2始動口122へ入り易くなるように構成されている。そして、電動チューリップ123は、普通図柄抽選に当選すると、点灯ないし点滅しながら規定時間(例えば0.15秒ないし1.8秒間)および規定回数(例えば1回ないし3回)だけ開く。   The second start port 122 includes an electric tulip 123 as an ordinary electric accessory that is opened and closed by an electric solenoid. When the electric tulip 123 is closed, it is difficult for the game ball to enter the second start port 122. On the other hand, when the electric tulip 123 is opened, the entrance of the second start port 122 is expanded so that the game ball can easily enter the second start port 122. It is configured. When the electric tulip 123 wins the normal symbol lottery, it opens for a specified time (for example, 0.15 to 1.8 seconds) and for a specified number of times (for example, 1 to 3 times) while lighting or blinking.
通常の確率で大当たり抽選を行う低確率状態と、低確率状態よりも高い確率で大当たり抽選を行う高確率状態とを有している。なお、所定の条件において低確率状態と、高確率状態とのいずれかの状態に制御される。また、パチンコ遊技機100は、第2始動口122への入賞機会が少ない時短無状態と、時短無状態よりも第2始動口122への入賞機会が多い時短状態とを有している。なお、所定の条件において、時短無状態と、時短状態とのいずれかの状態に制御される。ここで、時短状態とは、たとえば、普通図柄抽選の当たり当選確率を高確率にする、普通図柄変動時間を短縮する、あるいは電動チューリップ123の開時間を延長する、のいずれか一つまたはすべての組合せによって制御される。なお、時短状態では、特別図柄の特別図柄変動時間が短縮されていてもよい。   It has a low probability state in which a jackpot lottery is performed with a normal probability and a high probability state in which a jackpot lottery is performed with a higher probability than the low probability state. It should be noted that the state is controlled to be either a low probability state or a high probability state under a predetermined condition. Further, the pachinko gaming machine 100 has a short time state where there are few winning opportunities at the second start port 122 and a short state when there are more winning opportunities at the second start port 122 than in the short time state. Note that, in a predetermined condition, the state is controlled to be either a timeless state or a timeless state. Here, the short-time state means, for example, any one or all of the following: increasing the probability of winning the normal symbol lottery, decreasing the normal symbol variation time, or extending the opening time of the electric tulip 123 Controlled by combination. In the short time state, the special symbol variation time of the special symbol may be shortened.
また、本実施の形態では、入賞や抽選に関するその他の役物として、特別図柄抽選の結果に応じて開放する特別電動役物としての大入賞口125と、遊技球が入賞しても抽選が行わない普通入賞口126と、が遊技盤110に配設されている。
なお、本実施の形態では、遊技領域111に第1始動口121および第2始動口122が配設されているが、いずれか一方のみを配設する構成例やさらに他の始動口を配設する構成例も考えられる。また、本実施の形態では、遊技領域111に大入賞口125が1つ配設されているが、大入賞口125を複数配設する構成例も考えられる。
本実施の形態では、遊技盤110の右下の位置に、抽選結果や保留数に関する表示を行う表示器130が配設されている。
Further, in the present embodiment, a lottery is performed even if a winning ball 125 is won as a special electric prize that is opened according to the result of the special symbol lottery and other prizes related to winning and lottery. An ordinary winning opening 126 that is not present is arranged on the game board 110.
In the present embodiment, the first start port 121 and the second start port 122 are disposed in the game area 111, but a configuration example in which only one of them is disposed or another start port is disposed. A configuration example is also conceivable. In the present embodiment, one big prize opening 125 is arranged in the game area 111, but a configuration example in which a plurality of big prize openings 125 are arranged is also conceivable.
In the present embodiment, a display 130 for displaying a lottery result and the number of holds is arranged at the lower right position of the game board 110.
また、遊技盤110の裏面には、特別図柄の当選の判定等を行う遊技制御基板、演出を統括的に制御する演出制御基板、画像および音による演出を制御する画像制御基板、各種のランプおよび可動役物115による演出を制御するランプ制御基板などの図示しない各種の基板等が取り付けられる。また、遊技盤110の裏面には、供給された24VのAC電源をDC電源に変換して各種の基板等に出力するスイッチング電源(不図示)が配設されている。   Also, on the back side of the game board 110, a game control board that determines whether or not a special symbol is won, an effect control board that comprehensively controls effects, an image control board that controls effects by images and sounds, various lamps, Various substrates (not shown) such as a lamp control substrate for controlling the effect by the movable accessory 115 are attached. In addition, a switching power supply (not shown) that converts the supplied 24V AC power source into a DC power source and outputs it to various boards and the like is disposed on the back surface of the game board 110.
枠部材150は、遊技者がハンドル151に触れてレバー152を時計方向に回転させる操作を行うとその操作角度に応じた打球力にて遊技球を所定の時間間隔(例えば1分間に100個)で電動発射する発射装置(不図示)を備えている。また、枠部材150は、遊技者のレバー152による操作と連動したタイミングで発射装置に遊技球を1つずつ順に供給する供給装置(不図示)と、供給装置が発射装置に供給する遊技球を一時的に溜めておく皿153(図2参照)と、を備えている。この皿153には、例えば払い出しユニットによる払出球が払い出される。
なお、本実施の形態では、皿153を上下皿一体で構成しているが、上皿と下皿とを分離する構成例も考えられる。また、発射装置のハンドル151を所定条件下で発光させる構成例も考えられる。
When the player touches the handle 151 and rotates the lever 152 in the clockwise direction, the frame member 150 moves the game balls at a predetermined time interval (for example, 100 per minute) with a hitting force according to the operation angle. And a launching device (not shown) for electrically firing. In addition, the frame member 150 includes a supply device (not shown) that sequentially supplies game balls to the launching device one by one at a timing in conjunction with the operation of the player's lever 152, and a game ball that the supply device supplies to the launching device. A plate 153 (see FIG. 2) for temporarily storing. For example, a payout ball by a payout unit is paid out to the plate 153.
In the present embodiment, the plate 153 is configured as an integrated upper and lower plate, but a configuration example in which the upper plate and the lower plate are separated is also conceivable. A configuration example in which the handle 151 of the launching device emits light under a predetermined condition is also conceivable.
また、枠部材150は、発射装置のハンドル151に遊技者が触れている状態であっても遊技球の発射を一時的に停止させるための停止ボタン154と、皿153に溜まっている遊技球を箱(不図示)に落下させて取り出すための取り出しボタン155と、を備えている。
また、枠部材150は、パチンコ遊技機100の遊技状態や状況を告知したり各種の演出を行ったりするスピーカ156および枠ランプ157を備えている。スピーカ156は、楽曲や音声、効果音による各種の演出を行い、また、枠ランプ157は、点灯点滅によるパターンや発光色の違い等で光による各種の演出を行う。なお、枠ランプ157については、光の照射方向を変更する演出を行うことを可能にする構成例が考えられる。
また、枠部材150は、遊技盤110を遊技者と隔てるための透明板(不図示)を備えている。
Further, the frame member 150 includes a stop button 154 for temporarily stopping the launch of the game ball even when the player is touching the handle 151 of the launch device, and a game ball accumulated in the tray 153. A take-out button 155 for dropping and taking out the box (not shown).
Further, the frame member 150 includes a speaker 156 and a frame lamp 157 for notifying the gaming state and situation of the pachinko gaming machine 100 and performing various effects. The speaker 156 performs various effects based on music, voice, and sound effects, and the frame lamp 157 performs various effects based on light depending on the pattern and light emission color caused by lighting and blinking. In addition, about the frame lamp | ramp 157, the structural example which enables it to perform the effect which changes the irradiation direction of light can be considered.
The frame member 150 also includes a transparent plate (not shown) for separating the game board 110 from the player.
図2は、パチンコ遊技機100を説明する図であり、(a)は、遊技盤110の右下に配設された表示器130の一例を示す拡大図であり、(b)は、パチンコ遊技機100の部分平面図である。
パチンコ遊技機100の表示器130は、図2の(a)に示すように、第1始動口121の入賞に対応して作動する第1特別図柄表示器221と、第2始動口122の入賞に対応して作動する第2特別図柄表示器222と、ゲート124の通過に対応して作動する普通図柄表示器223と、を備えている。第1特別図柄表示器221は、第1始動口121の入賞による特別図柄を変動表示しその抽選結果を表示する。第2特別図柄表示器222は、第2始動口122の入賞による特別図柄を変動表示しその抽選結果を表示する。普通図柄表示器223は、遊技球がゲート124を通過することにより普通図柄を変動表示しその抽選結果を表示する。第1特別図柄表示器221、第2特別図柄表示器222および普通図柄表示器223の各々は、LED表示装置で構成され、その点灯態様によって各抽選結果を表す図柄が表示される。
FIG. 2 is a diagram illustrating the pachinko gaming machine 100, (a) is an enlarged view showing an example of a display 130 arranged at the lower right of the game board 110, and (b) is a pachinko game. FIG.
As shown in FIG. 2A, the display 130 of the pachinko gaming machine 100 includes a first special symbol display 221 that operates in response to winning of the first starting port 121 and a winning of the second starting port 122. The second special symbol display 222 that operates in response to the above and the normal symbol display 223 that operates in response to the passage of the gate 124 are provided. The first special symbol display 221 variably displays the special symbol resulting from winning of the first start port 121 and displays the lottery result. The second special symbol display 222 variably displays special symbols resulting from winning at the second start port 122 and displays the lottery results. The normal symbol display unit 223 displays the normal symbol variably and displays the lottery result when the game ball passes through the gate 124. Each of the first special symbol display 221, the second special symbol display 222, and the normal symbol display 223 is composed of an LED display device, and a symbol representing each lottery result is displayed according to its lighting mode.
また、表示器130は、第1特別図柄表示器221での保留に対応して作動する第1特別図柄保留表示器218と、第2特別図柄表示器222での保留に対応して作動する第2特別図柄保留表示器219と、普通図柄表示器223での保留に対応して作動する普通図柄保留表示器220と、を備えている。第1特別図柄保留表示器218、第2特別図柄保留表示器219および普通図柄保留表示器220の各々は、LED表示装置で構成され、その点灯態様によって保留数が表示される。   In addition, the indicator 130 operates in response to the hold in the first special symbol display 221 and the first special symbol hold indicator 218 that operates corresponding to the hold in the first special symbol display 221 and the second special symbol display 222. 2 a special symbol hold indicator 219 and a normal symbol hold indicator 220 that operates in response to the hold in the normal symbol indicator 223. Each of the first special symbol hold indicator 218, the second special symbol hold indicator 219, and the normal symbol hold indicator 220 is configured by an LED display device, and the number of holds is displayed by its lighting mode.
ここで、保留について説明する。特別図柄の変動表示動作中(入賞1回分の変動表示が行なわれている間)にさらに第1始動口121または第2始動口122に遊技球が入賞した場合、特別図柄が変動中であるために、後の入賞に基づく特別図柄の変動表示動作を開始することができない。そのため、後の入賞は規定個数(例えば8個)を限度に記憶され、その入賞した遊技球に対する特別図柄を始動させるための権利が、先に入賞した遊技球に対する変動表示動作が終了するまで、保留される。なお、普通図柄に関しても、特別図柄と同様の処理を行う。このような保留がなされていることおよびその保留の数(未変動数)が、第1特別図柄保留表示器218、第2特別図柄保留表示器219および普通図柄保留表示器220に表示される。   Here, the hold will be described. If a game ball wins in the first start port 121 or the second start port 122 during the special symbol change display operation (while the change display for one win is being performed), the special symbol is changing. In addition, the special symbol variation display operation based on the subsequent winning cannot be started. Therefore, the number of subsequent winnings is stored up to a specified number (for example, 8), and the right to start a special symbol for the winning game ball is until the variable display operation for the previously winning game ball ends. Deferred. For normal symbols, the same processing as for special symbols is performed. The fact that such a hold has been made and the number of hold (unchanged number) are displayed on the first special symbol hold indicator 218, the second special symbol hold indicator 219 and the normal symbol hold indicator 220.
さらに、表示器130は、パチンコ遊技機100の状態を表示する状態表示器224を備えている。本実施の形態では、状態表示器224は、2個のLEDを配列した表示装置で構成されている。2個のLEDのうち1つは、パチンコ遊技機100の状態が、特別図柄抽選の当選確率が高確率である高確率状態となっているか否かを点灯により報知するものである。他の1つは、パチンコ遊技機100の状態が、第2始動口122に入賞しやすい時短状態となっているか否かを点灯により報知するものである。なお、状態表示器224には、さらにLEDを設け、右打ちすることによって(遊技球の打球力を変更することによって)遊技者に有利な状態となっているか否かを点灯により報知してもよい。   Furthermore, the display device 130 includes a state display device 224 that displays the state of the pachinko gaming machine 100. In the present embodiment, the status indicator 224 is configured by a display device in which two LEDs are arranged. One of the two LEDs notifies whether or not the state of the pachinko gaming machine 100 is in a high probability state in which the winning probability of the special symbol lottery is high. The other one is to notify by lighting whether or not the state of the pachinko gaming machine 100 is in a short time state in which it is easy to win the second starting port 122. In addition, the status indicator 224 is further provided with an LED, and by lighting it to the right (by changing the hitting force of the game ball), it is possible to notify by lighting whether or not the player is in an advantageous state. Good.
パチンコ遊技機100の枠部材150は、遊技者が演出に対する入力を行うための入力装置を備えている。図2の(b)に示すように、本実施の形態では、入力装置の一例として、演出ボタン161と、演出ボタン161に隣接し、略十字に配列された複数のキーからなる演出キー162と、が枠部材150に配設されている。演出キー162は、その中央に1つの中央キーを配置し、また、中央キーの周囲に略同一形状の4つの周囲キーを配置して構成されている。遊技者は、4つの周囲キーを操作することにより、画像表示部114に表示されている複数の画像のいずれかを選ぶことが可能であり、また、演出ボタン161を操作することにより、選んだ画像を情報として入力することが可能である。
なお、入力装置の形態としては、図示した演出ボタン161および演出キー162の他、レバーやダイヤル等、演出の内容等に応じて様々な入力形態を採用することができる。
The frame member 150 of the pachinko gaming machine 100 includes an input device for a player to input an effect. As shown in FIG. 2B, in the present embodiment, as an example of an input device, an effect button 161 and an effect key 162 composed of a plurality of keys adjacent to the effect button 161 and arranged in a substantially cross shape are provided. Are disposed on the frame member 150. The production key 162 is configured such that one central key is arranged at the center, and four peripheral keys having substantially the same shape are arranged around the central key. The player can select any of a plurality of images displayed on the image display unit 114 by operating the four peripheral keys, and can select the image by operating the effect button 161. It is possible to input an image as information.
As the form of the input device, various input forms such as a lever, a dial, and the like can be adopted in addition to the effect button 161 and the effect key 162 shown in the drawing.
〔制御ユニットの構成〕
次に、パチンコ遊技機100での動作制御や信号処理を行う制御ユニットについて説明する。
図3は、制御ユニットの内部構成を示すブロック図である。同図に示すように、制御ユニットは、メイン制御手段として、特別図柄の当選の判定等を行う遊技制御部200を備えている。また、サブ制御手段として、演出を統括的に制御する演出制御部300と、画像および音響を用いた演出を制御する画像/音響制御部310と、各種のランプおよび可動役物115を用いた演出を制御するランプ制御部320と、払出球の払い出し制御を行う払出制御部400と、を備えている。
[Configuration of control unit]
Next, a control unit that performs operation control and signal processing in the pachinko gaming machine 100 will be described.
FIG. 3 is a block diagram showing an internal configuration of the control unit. As shown in the figure, the control unit is provided with a game control unit 200 that determines whether or not a special symbol has been won as main control means. Further, as sub-control means, an effect control unit 300 that comprehensively controls effects, an image / sound control unit 310 that controls effects using images and sound, and effects using various lamps and movable accessories 115 A ramp control unit 320 for controlling the payout, and a payout control unit 400 for performing payout control of the payout ball.
前述したように、遊技制御部200、演出制御部300、画像/音響制御部310、ランプ制御部320、および払出制御部400各々は、遊技盤110の後面に配設されたメイン基板としての遊技制御基板、サブ基板としての演出制御基板、画像制御基板、ランプ制御基板、および払出制御基板において個別に構成されている。   As described above, the game control unit 200, the effect control unit 300, the image / sound control unit 310, the lamp control unit 320, and the payout control unit 400 are each a game as a main board disposed on the rear surface of the game board 110. The control board, the effect control board as the sub board, the image control board, the lamp control board, and the payout control board are individually configured.
〔遊技制御部の構成・機能〕
遊技制御部200は、特別図柄の当選の判定等を行う際の演算処理を行うCPU201と、CPU201にて実行されるプログラムや各種データ等が記憶されたROM202と、CPU201の作業用メモリ等として用いられるRAM203と、を備えている。
遊技制御部200は、第1始動口121または第2始動口122に遊技球が入賞すると特別図柄抽選を行い、その抽選結果を演出制御部300に送る。また、高確率状態と低確率状態の変更情報、時短無状態と時短状態の変更情報を演出制御部300に送る。
さらに、遊技制御部200は、普通図柄抽選の当たり当選確率を高確率にする、普通図柄変動時間を短縮する、あるいは電動チューリップ123の開時間を延長する制御を行う。また、遊技制御部200は、遊技球が連続的に第1始動口121または第2始動口122へ入賞したときの未変動分の限度個数(例えば8個)までの保留や、遊技球が連続的にゲート124を通過したときの未変動分の限度個数(例えば4個)までの保留を設定する。
さらにまた、遊技制御部200は、特別図柄抽選の結果に応じて、特別電動役物である大入賞口125が所定条件(例えば29.5秒経過または遊技球10個の入賞)を満たすまで開状態を維持するラウンドを所定回数だけ繰り返すように制御する。さらには、大入賞口125が開く際の開閉動作間隔を制御する。
[Configuration and function of game control unit]
The game control unit 200 is used as a CPU 201 that performs arithmetic processing when determining whether or not a special symbol is won, a ROM 202 that stores programs executed by the CPU 201, various data, and the like, a working memory of the CPU 201, and the like. RAM 203 to be provided.
When the game ball wins the first start port 121 or the second start port 122, the game control unit 200 performs a special symbol lottery and sends the lottery result to the effect control unit 300. In addition, the change information of the high probability state and the low probability state and the change information of the short time state and the short time state are sent to the effect control unit 300.
Further, the game control unit 200 performs control to increase the probability of winning the normal symbol lottery, shorten the normal symbol variation time, or extend the opening time of the electric tulip 123. In addition, the game control unit 200 holds up to the limit number (for example, 8) of the unchangeable amount when the game ball continuously wins the first start port 121 or the second start port 122, or the game ball continues. Thus, the suspension is set up to the limit number (for example, 4) of the unchangeable amount when passing through the gate 124.
Furthermore, the game control unit 200 opens until the special winning opening 125, which is a special electric accessory, satisfies a predetermined condition (for example, 29.5 seconds have passed or 10 game balls have been won) according to the result of the special symbol lottery. Control is performed so that the round in which the state is maintained is repeated a predetermined number of times. Furthermore, the opening / closing operation interval when the special winning opening 125 is opened is controlled.
さらに、遊技制御部200は、第1始動口121、第2始動口122、大入賞口125および普通入賞口126に遊技球が入賞すると、遊技球が入賞した場所に応じて1つの遊技球当たり所定数の賞球を払い出すように、払出制御部400に対する指示を行う。例えば、第1始動口121に遊技球が入賞すると3個の賞球、第2始動口122に遊技球が入賞すると4個の賞球、大入賞口125に遊技球が入賞すると13個の賞球、普通入賞口126に遊技球が入賞すると10個の賞球をそれぞれ払い出すように、払出制御部400に指示命令(コマンド)を送る。なお、ゲート124を遊技球が通過したことを検出しても、それに連動した賞球の払い出しは払出制御部400に指示しない。
払出制御部400が遊技制御部200の指示に従って賞球の払い出しを行った場合には、遊技制御部200は、払い出した賞球の個数に関する情報を払出制御部400から取得する。それにより、払い出した賞球の個数を管理する。
Further, when the game ball is won in the first start port 121, the second start port 122, the big winning port 125, and the normal winning port 126, the game control unit 200 per game ball according to the place where the game ball has won. The payout control unit 400 is instructed to pay out a predetermined number of prize balls. For example, when a game ball wins at the first start port 121, three prize balls, when a game ball wins at the second start port 122, four prize balls, and when a game ball wins the big prize port 125, thirteen prizes. When a game ball wins the ball, the normal winning opening 126, an instruction command (command) is sent to the payout control unit 400 so as to pay out 10 prize balls. Even if it is detected that the game ball has passed through the gate 124, the payout control unit 400 is not instructed to pay out the prize ball in conjunction therewith.
When the payout control unit 400 pays out a prize ball in accordance with an instruction from the game control unit 200, the game control unit 200 acquires information on the number of prize balls paid out from the payout control unit 400. As a result, the number of prize balls paid out is managed.
遊技制御部200には、検知手段として、図3に示すように、第1始動口121への遊技球の入賞を検出する第1始動口検出部(第1始動口スイッチ(SW))211と、第2始動口122への遊技球の入賞を検出する第2始動口検出部(第2始動口スイッチ(SW))212と、電動チューリップ123を開閉する電動チューリップ開閉部213と、ゲート124への遊技球の通過を検出するゲート検出部(ゲートスイッチ(SW))214と、が接続されている。
さらに、遊技制御部200には、大入賞口125への遊技球の入賞を検出する大入賞口検出部(大入賞口スイッチ(SW))215と、大入賞口125を閉状態と突出傾斜した開状態とに設定する大入賞口開閉部216と、普通入賞口126への遊技球の入賞を検出する普通入賞口検出部(普通入賞口スイッチ(SW))217と、が接続されている。
As shown in FIG. 3, the game control unit 200 includes a first start port detection unit (first start port switch (SW)) 211 that detects a winning of a game ball to the first start port 121, as shown in FIG. , A second start port detection unit (second start port switch (SW)) 212 that detects a winning of a game ball to the second start port 122, an electric tulip opening / closing unit 213 that opens and closes the electric tulip 123, and the gate 124. A gate detection unit (gate switch (SW)) 214 for detecting the passage of the game ball is connected.
Further, the game control unit 200 has a large winning port detecting unit (large winning port switch (SW)) 215 for detecting a winning of a game ball to the large winning port 125, and the large winning port 125 is inclined to be in a closed state. A large winning opening / closing unit 216 set to the open state and a normal winning opening detecting unit (normal winning opening switch (SW)) 217 for detecting the winning of a game ball to the normal winning opening 126 are connected.
また、遊技制御部200には、特別図柄の変動中に第1始動口121へ入賞した未変動分の保留個数を限度個数内(例えば8個)で表示する第1特別図柄保留表示器218と、特別図柄の変動中に第2始動口122へ入賞した未変動分の保留個数を限度個数内で表示する第2特別図柄保留表示器219と、普通図柄の変動中にゲート124を通過した未変動分の保留個数を限度個数内で表示する普通図柄保留表示器220と、が接続されている。
さらに、遊技制御部200には、第1始動口121への遊技球の入賞により行われる特別図柄の変動表示および特別図柄抽選の結果を表示する第1特別図柄表示器221と、第2始動口122への遊技球の入賞により行われる特別図柄の変動表示および特別図柄抽選の結果を表示する第2特別図柄表示器222と、普通図柄の変動表示および普通図柄抽選の結果を表示する普通図柄表示器223と、パチンコ遊技機100の状態を表示する状態表示器224と、が接続されている。
In addition, the game control unit 200 includes a first special symbol hold indicator 218 that displays the number of unchanged reserves won in the first starting port 121 during the change of the special symbols within the limit number (for example, 8). , A second special symbol hold indicator 219 that displays within the limit the number of non-changed reserves won to the second starting port 122 during the change of the special symbol, and the non-changed display that has passed through the gate 124 during the change of the normal symbol A normal symbol hold indicator 220 for displaying the fluctuation hold amount within the limit number is connected.
Further, the game control unit 200 includes a first special symbol display 221 for displaying a special symbol variation display and a special symbol lottery result performed by winning a game ball in the first starting port 121, and a second starting port. The second special symbol display 222 that displays the result of the special symbol variation display and special symbol lottery performed by winning the game ball to 122, and the normal symbol display that displays the normal symbol variation display and the normal symbol lottery result A device 223 and a state indicator 224 for displaying the state of the pachinko gaming machine 100 are connected.
そして、第1始動口スイッチ211、第2始動口スイッチ212、ゲートスイッチ214、大入賞口スイッチ215および普通入賞口スイッチ217にて検出された検出信号が、遊技制御部200に送られる。また、遊技制御部200からの制御信号が、電動チューリップ開閉部213、大入賞口開閉部216、第1特別図柄保留表示器218、第2特別図柄保留表示器219、普通図柄保留表示器220、第1特別図柄表示器221、第2特別図柄表示器222、普通図柄表示器223および状態表示器224に送られる。それにより、遊技制御部200は、上記した払い出し賞球数に関連する各種制御を行う。   Then, detection signals detected by the first start port switch 211, the second start port switch 212, the gate switch 214, the big winning port switch 215 and the normal winning port switch 217 are sent to the game control unit 200. In addition, the control signal from the game control unit 200 includes an electric tulip opening / closing unit 213, a prize winning opening / closing unit 216, a first special symbol hold indicator 218, a second special symbol hold indicator 219, a normal symbol hold indicator 220, It is sent to the first special symbol display 221, the second special symbol display 222, the normal symbol display 223, and the status display 224. Thereby, the game control unit 200 performs various controls related to the number of payout prize balls.
さらに、遊技制御部200には、ホールに設置されたホストコンピュータ(不図示)に対して各種の情報を送信する盤用外部情報端子基板250が接続されている。そして、遊技制御部200は、払出制御部400から取得した、払い出した賞球数に関する情報や遊技制御部200の状態等を示す情報を、盤用外部情報端子基板250を介してホストコンピュータに送信する。   Further, a board external information terminal board 250 that transmits various kinds of information to a host computer (not shown) installed in the hall is connected to the game control unit 200. Then, the game control unit 200 transmits information about the number of paid-out prize balls, information indicating the state of the game control unit 200, and the like acquired from the payout control unit 400 to the host computer via the board external information terminal board 250. To do.
〔演出制御部の構成・機能〕
演出制御部300は、演出を制御する際の演算処理を行うCPU301と、CPU301にて実行されるプログラムや各種データ等が記憶されたROM302と、CPU301の作業用メモリ等として用いられるRAM303と、日時を計測するリアルタイムクロック(RTC)304と、を備えている。
演出制御部300は、例えば遊技制御部200から送られる特別図柄抽選での当選か否かの判定結果および変動パターンに基づいて、演出内容を設定する。その際、演出ボタン161または演出キー162を用いたユーザからの操作入力を受けて、操作入力に応じた演出内容を設定する場合もある。この場合、例えば演出ボタン161等のコントローラ(不図示)から操作に応じた信号(操作信号)を受け付け、この操作信号により識別される操作内容を演出の設定に反映させる。
また、演出制御部300は、遊技が所定期間中断された場合には、演出の一つとして客待ち用の画面表示の設定を指示する。
さらには、演出制御部300は、遊技制御部200より受信した高確率状態と低確率状態の変更情報、時短無状態と時短状態の変更情報に基づいて演出内容を設定する。
また、演出制御部300は、設定した演出内容の実行を指示するコマンドを画像/音響制御部310およびランプ制御部320に送る。
[Configuration and function of production control unit]
The effect control unit 300 includes a CPU 301 that performs arithmetic processing for controlling effects, a ROM 302 that stores programs executed by the CPU 301 and various data, a RAM 303 that is used as a work memory of the CPU 301, and the like. And a real-time clock (RTC) 304 for measuring.
The effect control unit 300 sets the contents of the effect, for example, based on the determination result of whether or not the winning in the special symbol lottery sent from the game control unit 200 and the variation pattern. At that time, in response to an operation input from the user using the effect button 161 or the effect key 162, the effect content corresponding to the operation input may be set. In this case, for example, a signal (operation signal) corresponding to an operation is received from a controller (not shown) such as the effect button 161, and the operation content identified by the operation signal is reflected in the setting of the effect.
In addition, when the game is interrupted for a predetermined period, the effect control unit 300 instructs the setting of the screen display for waiting for a customer as one of the effects.
Furthermore, the effect control unit 300 sets the effect contents based on the change information of the high probability state and the low probability state received from the game control unit 200, and the change information of the timeless state and the timeless state.
In addition, the effect control unit 300 sends a command for instructing execution of the set effect contents to the image / sound control unit 310 and the lamp control unit 320.
〔画像/音響制御部の構成・機能〕
画像/音響制御部310は、演出内容を表現する画像および音響を制御する際の演算処理を行うCPU311と、CPU311にて実行されるプログラムや各種データ等が記憶されたROM312と、CPU311の作業用メモリ等として用いられるRAM313と、を備えている。
そして、画像/音響制御部310は、演出制御部300から送られたコマンドに基づいて、画像表示部114に表示する画像およびスピーカ156から出力する音響を制御する。
具体的には、画像/音響制御部310のROM312には、画像表示部114において遊技中に表示する図柄画像や背景画像、遊技者に抽選結果を報知するための装飾図柄、遊技者に予告演出を表示するためのキャラクタやアイテム等といった画像データが記憶されている。
ROM312には、さらに、画像データと同期させて、または画像データとは独立にスピーカ156から出力させる楽曲や音声、さらにはジングル等の効果音等といった各種音響データが記憶されている。CPU311は、ROM312に記憶された画像データや音響データの中から、演出制御部300から送られたコマンドに対応したものを選択して読み出す。さらには、読み出した画像データを用いて背景画像表示、図柄画像表示、図柄画像変動、およびキャラクタ/アイテム表示等のための画像処理と、読み出した音響データを用いた音声処理とを行う。
そして、画像/音響制御部310は、画像処理された画像データにより画像表示部114での画面表示を制御する。また、音声処理された音響データによりスピーカ156から出力される音響を制御する。
[Configuration / Function of Image / Sound Control Unit]
The image / sound control unit 310 is a CPU 311 that performs arithmetic processing for controlling the image and sound representing the content of the effect, a ROM 312 that stores programs executed by the CPU 311, various data, and the like. And a RAM 313 used as a memory or the like.
Then, the image / sound control unit 310 controls the image displayed on the image display unit 114 and the sound output from the speaker 156 based on the command sent from the effect control unit 300.
Specifically, in the ROM 312 of the image / sound control unit 310, a symbol image or background image displayed during the game on the image display unit 114, a decorative symbol for notifying the player of the lottery result, and a notice effect for the player Image data such as a character or item for displaying is stored.
The ROM 312 further stores various types of acoustic data such as music and sound output from the speaker 156 in synchronization with the image data or independently of the image data, and sound effects such as jingles. The CPU 311 selects and reads out the data corresponding to the command sent from the effect control unit 300 from the image data and the sound data stored in the ROM 312. Furthermore, image processing for background image display, symbol image display, symbol image variation, character / item display, etc., and voice processing using the read acoustic data are performed using the read image data.
Then, the image / sound control unit 310 controls screen display on the image display unit 114 based on the image data subjected to image processing. Further, the sound output from the speaker 156 is controlled by the sound data subjected to the sound processing.
〔ランプ制御部の構成・機能〕
ランプ制御部320は、盤ランプ116や枠ランプ157の発光、および可動役物115の動作を制御する際の演算処理を行うCPU321と、CPU321にて実行されるプログラムや各種データ等が記憶されたROM322と、CPU321の作業用メモリ等として用いられるRAM323と、を備えている。
そして、ランプ制御部320は、演出制御部300から送られたコマンドに基づいて、盤ランプ116や枠ランプ157の点灯/点滅や発光色等を制御する。また、可動役物115の動作を制御する。
具体的には、ランプ制御部320のROM322には、演出制御部300にて設定される演出内容に応じた盤ランプ116や枠ランプ157での点灯/点滅パターンデータおよび発光色パターンデータ(発光パターンデータ)が記憶されている。CPU321は、ROM322に記憶された発光パターンデータの中から、演出制御部300から送られたコマンドに対応したものを選択して読み出す。そして、ランプ制御部320は、読み出した発光パターンデータにより盤ランプ116や枠ランプ157の発光を制御する。
また、ランプ制御部320のROM322には、演出制御部300にて設定される演出内容に応じた可動役物115の動作パターンデータが記憶されている。CPU321は、可動役物115に対しては、読み出した動作パターンデータによりその動作を制御する。
[Configuration and function of lamp control unit]
The lamp control unit 320 stores a CPU 321 that performs arithmetic processing when controlling the light emission of the panel lamp 116 and the frame lamp 157 and the operation of the movable accessory 115, and programs executed by the CPU 321 and various data. A ROM 322 and a RAM 323 used as a working memory for the CPU 321 are provided.
The lamp control unit 320 controls lighting / flashing of the panel lamp 116 and the frame lamp 157, the emission color, and the like based on the command sent from the effect control unit 300. Further, the operation of the movable accessory 115 is controlled.
Specifically, the ROM 322 of the lamp control unit 320 stores lighting / flashing pattern data and emission color pattern data (emission pattern) for the panel lamp 116 and the frame lamp 157 according to the production contents set by the production control unit 300. Data) is stored. The CPU 321 selects and reads out the light emission pattern data stored in the ROM 322 corresponding to the command sent from the effect control unit 300. The lamp controller 320 controls the light emission of the panel lamp 116 and the frame lamp 157 based on the read light emission pattern data.
The ROM 322 of the lamp control unit 320 stores operation pattern data of the movable accessory 115 corresponding to the production content set by the production control unit 300. The CPU 321 controls the operation of the movable accessory 115 based on the read operation pattern data.
〔払出制御部の構成・機能〕
払出制御部400は、払出球の払い出しを制御する際の演算処理を行うCPU401と、CPU401にて実行されるプログラムや各種データ等が記憶されたROM402と、CPU401の作業用メモリ等として用いられるRAM403と、を備えている。
そして、払出制御部400は、遊技制御部200から送られたコマンドに基づいて、払出球の払い出しを制御する。
具体的には、払出制御部400は、遊技制御部200から、遊技球が入賞した場所(第1始動口121等)に応じた所定数の賞球を払い出すコマンドを取得する。そして、コマンドに指定された数だけの賞球を払い出すように払出駆動部411を制御する。ここでの払出駆動部411は、遊技球の貯留部から遊技球を送り出す駆動モータで構成される。
[Configuration and function of payout control unit]
The payout control unit 400 includes a CPU 401 that performs arithmetic processing for controlling payout of the payout ball, a ROM 402 that stores programs executed by the CPU 401, various data, and the like, and a RAM 403 that is used as a work memory for the CPU 401. And.
The payout control unit 400 controls payout of the payout ball based on the command sent from the game control unit 200.
Specifically, the payout control unit 400 acquires from the game control unit 200 a command for paying out a predetermined number of prize balls according to the place where the game ball has won (such as the first start port 121). Then, the payout driving unit 411 is controlled so as to pay out the number of prize balls specified by the command. Here, the payout drive unit 411 includes a drive motor that sends out the game ball from the storage unit of the game ball.
また、払出制御部400には、払出駆動部411により遊技球の貯留部から実際に払い出された賞球の数を検出する払出球検出部412と、貯留部(不図示)での遊技球の貯留の有無を検出する球有り検出部413と、遊技者が遊技する際に使用する遊技球や払い出された賞球が保持される皿153が満タン状態に有るか否かを検出する満タン検出部414と、が接続されている。そして、払出制御部400は、払出球検出部412、球有り検出部413および満タン検出部414にて検出された検出信号を受け取り、これらの検出信号に応じた所定の処理を行う。
さらに、払出制御部400には、ホールに設置されたホストコンピュータに対して各種の情報を送信する枠用外部情報端子基板450が接続されている。そして、払出制御部400は、例えば払出駆動部411に対して払い出すように指示した賞球数に関する情報や払出球検出部412にて検出された実際に払い出された賞球数に関する情報等を枠用外部情報端子基板450を介してホストコンピュータに送信する。また、遊技制御部200に対しても、同様の情報を送信する。
The payout control unit 400 also includes a payout ball detection unit 412 that detects the number of prize balls actually paid out from the game ball storage unit by the payout drive unit 411, and a game ball in the storage unit (not shown). Sphere detection unit 413 for detecting whether or not there is a storage, and whether or not the plate 153 in which a game ball used when a player plays a game or a prized ball to be held is full is detected. A full tank detection unit 414 is connected. Then, the payout control unit 400 receives detection signals detected by the payout ball detection unit 412, the ball presence detection unit 413, and the full tank detection unit 414, and performs predetermined processing according to these detection signals.
Further, the payout control unit 400 is connected to a frame external information terminal board 450 that transmits various types of information to a host computer installed in the hall. Then, the payout control unit 400, for example, information on the number of prize balls instructed to pay out to the payout driving unit 411, information on the number of prize balls actually paid out detected by the payout ball detection unit 412, etc. Is transmitted to the host computer via the frame external information terminal board 450. Also, similar information is transmitted to the game control unit 200.
〔遊技制御部の機能構成〕
続いて、遊技制御部200の機能構成を説明する。
図4は、遊技制御部200の機能構成を示すブロック図である。同図に示すように、遊技制御部200は、各種抽選処理を実行する機能部として、乱数取得部231と、普通図柄判定部232と、特別図柄変動制御部233と、特別図柄判定部234と、普通図柄変動制御部237と、を備えている。
また、遊技制御部200は、特別図柄変動に伴う処理を実行する機能部として、変動パターン選択部235を備えている。
さらに、遊技制御部200は、各種役物の動作制御や賞球等に関するデータ処理を実行する機能部として、大入賞口動作制御部238と、電動チューリップ動作制御部239と、賞球処理部240と、出力制御部241と、乱数制御部242と、を備えている。
[Functional configuration of game control unit]
Next, the functional configuration of the game control unit 200 will be described.
FIG. 4 is a block diagram showing a functional configuration of the game control unit 200. As shown in the figure, the game control unit 200 includes a random number acquisition unit 231, a normal symbol determination unit 232, a special symbol variation control unit 233, and a special symbol determination unit 234 as functional units that execute various lottery processes. And a normal symbol fluctuation control unit 237.
In addition, the game control unit 200 includes a variation pattern selection unit 235 as a functional unit that executes a process associated with special symbol variation.
Furthermore, the game control unit 200 is a function unit that executes operation control of various types of objects and data processing related to a prize ball, etc., as a function unit for a prize winning opening operation control unit 238, an electric tulip operation control unit 239, and a prize ball processing unit 240. And an output control unit 241 and a random number control unit 242.
乱数取得部231は、第1始動口121や第2始動口122に遊技球が入賞した場合に、特別図柄に関する乱数の取得を行う。具体的には、所定の範囲の数値の中から一つの数値(乱数値)が選択(取得)されて、特別図柄判定部234による判定に用いられる。
乱数取得部231は、ゲート124を遊技球が通過した場合に、普通図柄に関する乱数の取得を行う。具体的には、所定の範囲の数値の中から一つの数値(乱数値)が選択(取得)されて、普通図柄判定部232による判定に用いられる。
特別図柄変動制御部233は、特別図柄の抽選が行われた場合に、その抽選結果に応じて特別図柄の変動を制御する。
The random number acquisition unit 231 acquires a random number related to a special symbol when a game ball wins the first start port 121 or the second start port 122. Specifically, one numerical value (random number value) is selected (obtained) from a predetermined range of numerical values and used for determination by the special symbol determination unit 234.
The random number acquisition unit 231 acquires a random number related to a normal symbol when a game ball passes through the gate 124. Specifically, one numerical value (random number value) is selected (obtained) from a predetermined range of numerical values, and used for determination by the normal symbol determination unit 232.
When a special symbol lottery is performed, the special symbol variation control unit 233 controls the variation of the special symbol according to the lottery result.
特別図柄判定部234は、特別図柄の変動開始時に、図17に示すような乱数テーブルを用いて、その抽選結果が「大当たりか否か」、「大当たりに当選した場合の大当たりの種類」、「大当たりに当選していない場合での小当たりかはずれか」を判定する。すなわち、乱数取得部231は、検知手段である第1始動口スイッチ211または第2始動口スイッチ212により遊技球の通過が検知されたことを契機として特別図柄に関する乱数値を取得し、特別図柄判定部234は、取得した乱数値に基づいて、遊技者にとって有利な特別遊技(大当たり遊技等)を行うか否かを判定する。なお、前述した特別図柄の抽選(大当たり抽選)は、乱数取得部231および特別図柄判定部234における処理のことを言う。   The special symbol determination unit 234 uses a random number table as shown in FIG. 17 at the start of the variation of the special symbol, and the lottery result is “whether it is a big hit”, “a type of big hit when winning a big win”, “ It is determined whether or not the jackpot is lost or not when the jackpot is not won. That is, the random number acquisition unit 231 acquires a random number value related to a special symbol when the first starting port switch 211 or the second starting port switch 212 serving as a detection unit detects passage of a game ball, and determines a special symbol. The unit 234 determines based on the acquired random number value whether or not to play a special game (such as a big hit game) advantageous to the player. The special symbol lottery (big hit lottery) described above refers to processing in the random number acquisition unit 231 and the special symbol determination unit 234.
ここで、「大当たり」は、大当たり遊技の終了後に発生する遊技状態に応じて複数の種類に分けられる。具体的には、時短無状態か時短状態か、および高確率状態か低確率状態かの組み合わせによって大当たりの種類が決まる。すなわち、大当たりの種類としては、大当たり遊技の終了後に、時短状態および高確率状態の両方の状態を有する高確率時短遊技状態となる大当たり、時短状態および低確率状態の両方の状態を有する低確率時短遊技状態となる大当たり、時短無状態および高確率状態の両方の状態を有する高確率時短無遊技状態となる大当たり、時短無状態および低確率状態の両方の状態を有する低確率時短無遊技状態となる大当たりが有り得る。これらの大当たりは、各々個別の特別図柄に対応付けられており、特別図柄抽選において当選した特別図柄の種類に応じて大当たりの種類が確定する。   Here, the “hit” is divided into a plurality of types according to the gaming state that occurs after the end of the jackpot game. Specifically, the type of jackpot is determined depending on the combination of the short-time state or the short-time state and the high-probability state or the low-probability state. That is, as a type of jackpot, after the jackpot game is finished, it is a jackpot, a short probability state and a low probability state state that has both a short probability state and a high probability state state that has both a short state state and a high probability state state. A jackpot that becomes a gaming state, a state that has both a short-time state and a high-probability state, and a jackpot that becomes a high-probability state that has both a short-time state and a low-probability state. There can be a jackpot. Each of these jackpots is associated with an individual special symbol, and the type of jackpot is determined according to the type of special symbol won in the special symbol lottery.
また、「大当たり」は、大当たり遊技の時間が長く多量の遊技球の払い出しが期待できる大当たりと、大当たり遊技の時間が短く遊技球の払出がほとんど期待できない大当たりとに分けられる場合がある。前者は「長当たり」と呼ばれ、後者は「短当たり」と呼ばれる。例えば、「長当たり」では、大入賞口125の開状態が所定条件(例えば29.5秒経過または10個の遊技球の入賞)を満たすまで維持されるラウンドが例えば15回繰り返される。また、「短当たり」では、一定時間(例えば0.1秒)だけ大入賞口125が開状態となるラウンドが例えば15回繰り返される。   In addition, the “bonanza” may be divided into a jackpot that can be expected to pay out a large amount of gaming balls for a long time, and a jackpot that can hardly be expected to pay out gaming balls because the jackpot game time is short. The former is called “long hit” and the latter is called “short hit”. For example, in “long win”, a round that is maintained until the open state of the big winning opening 125 satisfies a predetermined condition (for example, 29.5 seconds have passed or 10 game balls have been won) is repeated, for example, 15 times. In the “short win”, a round in which the special winning opening 125 is opened for a certain time (for example, 0.1 second) is repeated, for example, 15 times.
また、大当たりに当選していない場合の「小当たり」は、例えば0.1秒だけ大入賞口125が開状態となる態様が15回行われる小当たり遊技が行われる。なお、小当たり当選時には、小当たり遊技が終了した後においても小当たり当選前の遊技状態を継続する。すなわち、小当たり当選時の遊技状態が高確率時短遊技状態である場合には、小当たり遊技の終了後においても高確率時短遊技状態が継続され、遊技状態は移行しない。同様に、小当たりの当選時の遊技状態が低確率時短無遊技状態である場合には、小当たり遊技の終了後においても低確率時短無遊技状態が継続され、遊技状態は移行しない。
また、「小当たり」は、「はずれ」の一種であり、遊技者に有利となる上記の遊技状態の何れも設定されない。
In addition, in the case of “small winning” when the big winning is not won, for example, a small winning game is performed in which the big winning opening 125 is opened for 15 seconds for 15 times. At the time of winning the small hit, the game state before the small win is continued even after the small hit game is completed. That is, when the game state at the time of winning the small hit is the high probability short game state, the high probability short time gaming state is continued even after the small hit game ends, and the gaming state does not shift. Similarly, when the game state at the time of winning the small hit is the low probability short-time non-game state, the low-probability short short no-game state is continued even after the small hit game ends, and the game state does not shift.
Further, “small hit” is a kind of “out of game”, and none of the above gaming states that are advantageous to the player is set.
変動パターン選択部235は、第1特別図柄表示器221や第2特別図柄表示器222にて表示する特別図柄の変動パターン(変動時間)を選択する。ここでは、変動パターン選択部235は、大当たり遊技を行うか否かの判定結果およびリーチを行うか否かの判定結果等に基づいて、変動パターンを決定する。そして、変動パターン選択部235により選択された変動パターンに基づいて、特別図柄変動制御部233が特別図柄の変動を制御する。変動パターン選択部235および特別図柄変動制御部233の動作の詳細については後述する。
ここで、「リーチ」とは、後述する装飾図柄において遊技者に大当たりを期待させるための演出である。
The variation pattern selection unit 235 selects a variation pattern (variation time) of a special symbol displayed on the first special symbol display 221 or the second special symbol display 222. Here, the variation pattern selection unit 235 determines the variation pattern based on the determination result whether or not to play the jackpot game, the determination result whether or not to reach, and the like. Then, based on the variation pattern selected by the variation pattern selection unit 235, the special symbol variation control unit 233 controls the variation of the special symbol. Details of operations of the fluctuation pattern selection unit 235 and the special symbol fluctuation control unit 233 will be described later.
Here, “reach” is an effect for causing a player to expect a big hit in a decorative pattern to be described later.
普通図柄判定部232は、普通図柄の抽選が行われた場合に、普通図柄の抽選結果が「当選かはずれであるか」を判定する。
普通図柄変動制御部237は、普通図柄の抽選結果に応じて、普通図柄の変動を制御する。
電動チューリップ動作制御部239は、普通図柄の抽選により「当選」と判定された場合には、電動チューリップ123を規定時間および規定回数だけ開放し、第2始動口122に遊技球が入賞容易となる状態を発生させる。また、「はずれ」と判定された場合には、電動チューリップ123のこのような開放状態を発生させない。
When the normal symbol lottery is performed, the normal symbol determination unit 232 determines whether the normal symbol lottery result is “winning or not”.
The normal symbol fluctuation control unit 237 controls the fluctuation of the normal symbol according to the lottery result of the normal symbol.
The electric tulip operation control unit 239 releases the electric tulip 123 for a predetermined time and a predetermined number of times when it is determined as “winning” by the normal symbol lottery, so that the game ball can be easily won at the second start port 122. Generate a state. Further, when it is determined as “displacement”, such an open state of the electric tulip 123 is not generated.
大入賞口動作制御部238は、大入賞口125の開放動作を制御する。
賞球処理部240は、入賞や抽選に関する種々の役物への入賞個数の管理および入賞に応じた賞球の払い出しの制御用コマンドをセットする。
出力制御部241は、遊技制御部200から演出制御部300および払出制御部400へ制御用コマンドの出力を制御する。
乱数制御部242は、メイン制御手段による処理で用いられる各種の乱数値の更新を制御する。
The special winning opening operation control unit 238 controls the opening operation of the special winning opening 125.
The prize ball processing unit 240 sets a command for controlling the number of prizes to be received for various types of winnings and lotteries, and a command for controlling the payout of prize balls according to the prize.
The output control unit 241 controls the output of control commands from the game control unit 200 to the effect control unit 300 and the payout control unit 400.
The random number control unit 242 controls updating of various random values used in processing by the main control unit.
〔遊技機の基本動作〕
次に、上記のように構成されたパチンコ遊技機100の基本動作を説明する。
パチンコ遊技機100の基本的な動作は、メイン制御手段である遊技制御部200により行われる。そして、この遊技制御部200の制御の下、サブ制御手段である演出制御部300により遊技上の演出の制御が行われ、払出制御部400により賞球の払い出しの制御が行われる。
[Basic operation of gaming machine]
Next, the basic operation of the pachinko gaming machine 100 configured as described above will be described.
The basic operation of the pachinko gaming machine 100 is performed by a game control unit 200 that is a main control means. Then, under the control of the game control unit 200, the effect control unit 300, which is a sub-control means, controls the game effect, and the payout control unit 400 controls the payout of the prize ball.
図5は、遊技制御部200の主要動作を示すフローチャートである。
遊技制御部200は、電源投入時や電源断時等の特殊な場合を除く通常の動作時において、図5に示す各処理を一定時間(例えば4ミリ秒)ごとに繰り返し実行する。同図を参照すると、乱数更新処理、スイッチ処理、図柄処理、電動役物処理、賞球処理、出力処理が順次実行される(ステップ501〜506)。
FIG. 5 is a flowchart showing main operations of the game control unit 200.
The game control unit 200 repeatedly executes each process shown in FIG. 5 at regular time intervals (for example, 4 milliseconds) in a normal operation except for special cases such as when the power is turned on or when the power is turned off. Referring to the figure, random number update processing, switch processing, symbol processing, electric accessory processing, prize ball processing, and output processing are sequentially executed (steps 501 to 506).
乱数更新処理(ステップ501)では、遊技制御部200の乱数制御部242は、メイン制御手段による処理で用いられる各種の乱数の値を更新する。乱数の設定および乱数値の更新の詳細については後述する。   In the random number update process (step 501), the random number control unit 242 of the game control unit 200 updates various random number values used in the process by the main control unit. Details of the setting of the random number and the update of the random value will be described later.
スイッチ処理(ステップ502)としては、始動口スイッチ処理、ゲートスイッチ処理が行われる。
始動口スイッチ処理では、遊技制御部200の乱数取得部231は、図3の第1始動口スイッチ211および第2始動口スイッチ212の状態を監視し、スイッチがONとなった場合に、特別図柄抽選のための処理を実行する。
ゲートスイッチ処理では、遊技制御部200の普通図柄判定部232は、図3のゲートスイッチ214の状態を監視し、スイッチがONとなった場合に、普通図柄抽選のための処理を実行する。
これらのスイッチ処理の詳細な内容については後述する。
As the switch process (step 502), a start port switch process and a gate switch process are performed.
In the start port switch process, the random number acquisition unit 231 of the game control unit 200 monitors the state of the first start port switch 211 and the second start port switch 212 in FIG. A lottery process is executed.
In the gate switch process, the normal symbol determination unit 232 of the game control unit 200 monitors the state of the gate switch 214 of FIG. 3 and executes a process for normal symbol lottery when the switch is turned on.
The detailed contents of these switch processes will be described later.
図柄処理(ステップ503)としては、特別図柄処理、普通図柄処理が行われる。
特別図柄処理では、遊技制御部200の特別図柄変動制御部233、特別図柄判定部234、変動パターン選択部235により、特別図柄変動およびこの図柄変動に伴う処理が行われる。
普通図柄処理では、遊技制御部200の普通図柄変動制御部237により、普通図柄変動およびこの図柄変動に伴う処理が行われる。
これらの図柄処理の詳細な内容については後述する。
As the symbol processing (step 503), special symbol processing and normal symbol processing are performed.
In the special symbol process, the special symbol variation control unit 233, the special symbol determination unit 234, and the variation pattern selection unit 235 of the game control unit 200 perform the special symbol variation and processing associated with this symbol variation.
In the normal symbol process, the normal symbol variation control unit 237 of the game control unit 200 performs a normal symbol variation and a process associated with the symbol variation.
The detailed contents of these symbol processes will be described later.
電動役物処理(ステップ504)としては、大入賞口処理、電動チューリップ処理が行われる。
大入賞口処理では、遊技制御部200の大入賞口動作制御部238は、所定の条件に基づいて大入賞口125の開放動作を制御する。
電動チューリップ処理では、遊技制御部200の電動チューリップ動作制御部239は、所定の条件に基づいて電動チューリップ123の開放動作を制御する。
これらの電動役物処理の詳細な内容については後述する。
As the electric accessory process (step 504), a big prize opening process and an electric tulip process are performed.
In the special prize opening process, the special prize opening operation controller 238 of the game control unit 200 controls the opening operation of the special prize opening 125 based on a predetermined condition.
In the electric tulip process, the electric tulip operation control unit 239 of the game control unit 200 controls the opening operation of the electric tulip 123 based on a predetermined condition.
The detailed contents of these electric accessory processing will be described later.
賞球処理(ステップ505)では、遊技制御部200の賞球処理部240は、入賞個数の管理および入賞に応じた賞球の払い出しの制御用コマンドをセットする。
出力処理(ステップ506)では、遊技制御部200の出力制御部241は、演出制御部300および払出制御部400へ制御用コマンドを出力する。制御用コマンドは、ステップ505までの各処理において生成され、RAM203にセットされており、この出力処理で出力される。
In the winning ball process (step 505), the winning ball processing unit 240 of the game control unit 200 sets a command for controlling the number of winnings and a control for paying out a winning ball according to winning.
In the output process (step 506), the output control unit 241 of the game control unit 200 outputs a control command to the effect control unit 300 and the payout control unit 400. The control command is generated in each process up to step 505, set in the RAM 203, and output in this output process.
〔遊技制御部での始動口スイッチ処理〕
図6は、図5のステップ502に示したスイッチ処理のうちの始動口スイッチ処理の内容を示すフローチャートである。
この始動口スイッチ処理は、第1始動口121における入賞に対する処理と、第2始動口122における入賞に対する処理とが順次行われる。図6を参照すると、遊技制御部200は、まず、第1始動口121に遊技球が入賞して第1始動口スイッチ211がONとなったか否かを判断する(ステップ601)。第1始動口スイッチ211がONとなったならば、次に遊技制御部200は、第1始動口121および第2始動口122の入賞における未変動分の保留数Uが上限値未満か否かを判断する(ステップ602)。図6に示す例では、上限値を8個としている。保留数Uが上限値に達している場合は(ステップ602でNo)、それ以上未変動分の入賞を保留することができないので、第1始動口121における入賞に対する処理を終了する。
なお、ここにいう未変動分の保留数Uは、第1始動口121の入賞分と第2始動口122の入賞分とを加算した値である。
[Start-up switch processing in game control unit]
FIG. 6 is a flowchart showing the contents of the start port switch process in the switch process shown in step 502 of FIG.
In the start port switch process, a process for winning at the first start port 121 and a process for winning at the second start port 122 are sequentially performed. Referring to FIG. 6, the game control unit 200 first determines whether or not a game ball has won the first start port 121 and the first start port switch 211 is turned on (step 601). If the first start port switch 211 is turned on, the game control unit 200 next determines whether or not the number U of unreserved hold numbers in the winnings of the first start port 121 and the second start port 122 is less than the upper limit value. Is determined (step 602). In the example shown in FIG. 6, the upper limit value is eight. If the number U of reserves has reached the upper limit (No in step 602), it is not possible to hold any more unchanging winnings, so the process for winning at the first start port 121 is terminated.
Here, the unaltered reserve number U is a value obtained by adding the winning amount of the first starting port 121 and the winning amount of the second starting port 122.
一方、保留数Uが上限値未満である場合(ステップ602でYes)、次に遊技制御部200は、保留数Uの値を1加算する(ステップ603)。そして、遊技制御部200の乱数取得部231は、今回の入賞による抽選のための乱数値を取得し、RAM203に格納する(ステップ604)。ここでは、第1始動口121の入賞なので、特別図柄抽選のための乱数値が取得される。このとき取得される乱数値は、ステップ501の乱数更新処理で更新された値である。そして、この乱数値により、後の特別図柄処理において特別図柄抽選の結果が確定される。ここにいう乱数値としては、大当たり、小当たりまたははずれを決定する大当たり乱数値、大当たりの種類(大当たり遊技の終了後における時短状態か時短無状態、高確率状態か低確率状態、長当たり、短当たり)を決定する図柄乱数値(大当たり図柄乱数値)、図柄変動における変動パターン(変動態様)を特定するための変動パターン乱数値、はずれのときにリーチ有り演出をするか否かを決定するリーチ乱数値、等が含まれる。   On the other hand, when the number of holdings U is less than the upper limit (Yes in Step 602), the game control unit 200 adds 1 to the value of the holding number U (Step 603). And the random number acquisition part 231 of the game control part 200 acquires the random value for the lottery by this time winning, and stores it in RAM203 (step 604). Here, since the first starting port 121 is won, a random number value for special symbol lottery is acquired. The random value acquired at this time is the value updated by the random number update process in step 501. Then, the result of the special symbol lottery is determined in the later special symbol processing by this random number value. Random values here include jackpot random numbers that determine jackpot, jackpot or loss, jackpot type (short or short state after jackpot game, short or short state, high probability state or low probability state, long hit, short Symbol random number value to determine the winning), jackpot symbol random value, variation pattern random value to identify the variation pattern in symbol variation (variation mode), reach to determine whether or not there is a reach with a loss Random number, etc. are included.
次に、遊技制御部200は、特別図柄の変動表示動作が保留されている(すなわち未抽選の)入賞球(保留球)に対して、抽選結果の予告演出を行うための事前判定処理を行う(ステップ605)。この事前判定処理は、抽選結果の判定を図柄変動開始時ではなく始動口入賞時に(すなわちステップ605において)行うものである。なお、事前判定に基づく予告演出を行わない遊技機においては、この事前判定処理を省略する場合がある。
この後、遊技制御部200は、ステップ603による保留数Uの増加を演出制御部300に通知するための保留数増加コマンドをRAM203にセットし(ステップ606)、第1始動口121における入賞に対する処理を終了する。ステップ605の事前判定処理が行われた場合は、保留数増加コマンドには、ステップ605で得られた事前判定の判定結果の情報が含まれる。
Next, the game control unit 200 performs a pre-determination process for giving a notice effect of a lottery result to a winning ball (holding ball) for which a special symbol variation display operation is pending (that is, an undrawn lottery). (Step 605). In this pre-determination process, the lottery result is determined not at the start of symbol variation but at the start opening prize (that is, at step 605). In addition, in the gaming machine that does not perform the notice effect based on the advance determination, the advance determination process may be omitted.
Thereafter, the game control unit 200 sets a hold number increase command for notifying the effect control unit 300 of the increase in the hold number U in step 603 in the RAM 203 (step 606), and a process for winning at the first start port 121 Exit. When the preliminary determination process in step 605 is performed, the information on the determination result of the preliminary determination obtained in step 605 is included in the pending number increase command.
次に、第2始動口122における入賞に対する処理が行われる。図6を参照すると、次に遊技制御部200は、第2始動口122に遊技球が入賞して第2始動口スイッチ212がONとなったか否かを判断する(ステップ607)。第2始動口スイッチ212がONとなったならば、次に遊技制御部200は、第2始動口122および第2始動口122の入賞における未変動分の保留数Uが上限値未満か否かを判断する(ステップ608)。図6に示す例では、上限値を8個としている。保留数Uが上限値に達している場合は(ステップ608でNo)、それ以上未変動分の入賞を保留することができないので、第2始動口122における入賞に対する処理を終了する。   Next, a process for winning in the second start port 122 is performed. Referring to FIG. 6, the game control unit 200 next determines whether or not the game ball has won the second start port 122 and the second start port switch 212 is turned on (step 607). If the second start port switch 212 is turned ON, the game control unit 200 next determines whether or not the number U of unchanged hold numbers U in the second start port 122 and the second start port 122 winning is less than the upper limit value. Is determined (step 608). In the example shown in FIG. 6, the upper limit value is eight. If the number U of reserves has reached the upper limit value (No in step 608), it is not possible to hold any more unchanging winnings, and the process for winning at the second start port 122 is terminated.
一方、保留数Uが上限値未満である場合(ステップ608でYes)、次に遊技制御部200は、保留数Uの値を1加算する(ステップ609)。そして、遊技制御部200の乱数取得部231は、今回の入賞による抽選のための乱数値を取得し、RAM203に格納する(ステップ610)。ここでは、第2始動口122の入賞なので、上記のステップ604と同様に、特別図柄抽選のための乱数値(大当たり乱数値、大当たり図柄乱数値)、リーチ乱数値、変動パターン乱数値など)が取得される。このとき取得される乱数値は、ステップ501の乱数更新処理で更新された値である。そして、この乱数値により後の特別図柄処理において特別図柄抽選の結果が確定される。   On the other hand, when the number of holdings U is less than the upper limit value (Yes in Step 608), the game control unit 200 adds 1 to the value of the holding number U (Step 609). Then, the random number acquisition unit 231 of the game control unit 200 acquires a random number value for the lottery by the current winning and stores it in the RAM 203 (step 610). Here, since the winning of the second starting port 122, as in the above step 604, random numbers for special symbol lottery (big hit random number value, big hit symbol random value), reach random number value, variation pattern random value, etc.) To be acquired. The random value acquired at this time is the value updated by the random number update process in step 501. Then, the result of the special symbol lottery is determined in the later special symbol processing by this random number value.
次に、遊技制御部200は、特別図柄の変動表示動作が保留されている(すなわち未抽選の)入賞球(保留球)に対して、抽選結果の予告演出を行うための事前判定処理を行う(ステップ611)。この事前判定処理の内容は、上記のステップ605と同様である。この事前判定処理も、事前判定に基づく予告演出を行わないパチンコ遊技機100においては、この事前判定処理を省略する場合がある。
この後、遊技制御部200は、ステップ609による保留数Uの増加を演出制御部300に通知するための保留数増加コマンドをRAM203にセットし(ステップ612)、第2始動口122における入賞に対する処理を終了する。ステップ611の事前判定処理が行われた場合は、保留数増加コマンドには、ステップ611で得られた事前判定の判定結果の情報が含まれる。
Next, the game control unit 200 performs a pre-determination process for giving a notice effect of a lottery result to a winning ball (holding ball) for which a special symbol variation display operation is pending (that is, an undrawn lottery). (Step 611). The contents of this preliminary determination process are the same as in step 605 above. This prior determination process may also be omitted in the pachinko gaming machine 100 that does not perform the advance notice based on the prior determination.
Thereafter, the game control unit 200 sets a hold number increase command for notifying the effect control unit 300 of the increase in the hold number U in step 609 in the RAM 203 (step 612), and a process for winning at the second start port 122 Exit. When the preliminary determination process of step 611 is performed, the information on the determination result of the preliminary determination obtained in step 611 is included in the pending number increase command.
〔遊技制御部でのゲートスイッチ処理〕
図7は、ゲート124を遊技球が通過した場合のゲートスイッチ処理の内容を示すフローチャートである。
このゲートスイッチ処理において、遊技制御部200は、まず、ゲート124を遊技球が通過してゲートスイッチ214がONとなったか否かを判断する(ステップ701)。ゲートスイッチ214がONとなったならば、次に遊技制御部200は、未変動分の保留数Gが上限値未満か否かを判断する(ステップ702)。図7に示す例では、上限値を4個としている。保留数Gが上限値に達している場合は(ステップ702でNo)、それ以上未変動分の入賞を保留することができないので、ゲートスイッチ処理を終了する。
[Gate switch processing in game control unit]
FIG. 7 is a flowchart showing the contents of the gate switch process when a game ball passes through the gate 124.
In this gate switch process, the game control unit 200 first determines whether or not the game ball has passed through the gate 124 and the gate switch 214 is turned on (step 701). If the gate switch 214 is turned on, the game control unit 200 next determines whether or not the unchanged holding number G is less than the upper limit value (step 702). In the example shown in FIG. 7, the upper limit value is four. If the number of reserves G has reached the upper limit (No in step 702), no more unchanging winnings can be reserved, and the gate switch processing is terminated.
一方、保留数Gが上限値未満である場合(ステップ702でYes)、次に遊技制御部200は、保留数Gの値を1加算する(ステップ703)。そして、遊技制御部200の乱数取得部231は、今回の入賞による抽選のための乱数値を取得し、RAM203に格納する(ステップ704)。ここでは、ゲート124の入賞なので、普通図柄抽選のための乱数値(当たり乱数値など)が取得される。   On the other hand, when the number of reservations G is less than the upper limit value (Yes in step 702), the game control unit 200 adds 1 to the value of the number of reservations G (step 703). Then, the random number acquisition unit 231 of the game control unit 200 acquires a random value for the lottery by the current winning and stores it in the RAM 203 (step 704). Here, since the gate 124 is won, a random number value (such as a winning random number value) for normal symbol lottery is acquired.
ステップ704で乱数値が取得された後、遊技制御部200は、ステップ703による保留数Gの増加を演出制御部300に通知するための保留数G増加コマンドをRAM203にセットし(ステップ705)、ゲート124における入賞に対する処理を終了する。   After the random value is acquired in step 704, the game control unit 200 sets a hold number G increase command for notifying the effect control unit 300 of the increase in the hold number G in step 703 in the RAM 203 (step 705). The process for winning in the gate 124 is terminated.
〔遊技制御部での特別図柄処理〕
図8は、図5のステップ503に示した図柄処理のうちの特別図柄処理の内容を示すフローチャートである。
この特別図柄処理において、遊技制御部200の特別図柄変動制御部233は、まず、RAM203においてセットされるフラグの設定(以下、フラグ設定)において当たり遊技フラグがONになっているか否かを調べる(ステップ801)。ここで、当たり遊技フラグは、特別図柄抽選の結果が大当たりであることを識別するためにセットされるフラグである。当たりの種類に応じて、長当たり遊技フラグ、短当たり遊技フラグの何れかがセットされる。本実施の形態では、これらを総称して当たり遊技フラグと呼ぶ。
[Special symbol processing in game control unit]
FIG. 8 is a flowchart showing the contents of the special symbol processing of the symbol processing shown in step 503 of FIG.
In this special symbol process, the special symbol variation control unit 233 of the game control unit 200 first checks whether or not the winning game flag is ON in the setting of a flag set in the RAM 203 (hereinafter, flag setting) ( Step 801). Here, the winning game flag is a flag that is set to identify that the result of the special symbol lottery is a big hit. Either the long winning game flag or the short winning game flag is set according to the type of winning. In the present embodiment, these are collectively called a winning game flag.
当たり遊技フラグがONである場合、既にパチンコ遊技機100は大当たり中であるので、特別図柄変動を開始することなく特別図柄処理を終了する(ステップ801でYes)。一方、当たり遊技フラグがOFFである場合(ステップ801でNo)、次に特別図柄変動制御部233は、パチンコ遊技機100の現在の状態が特別図柄変動中か否かを判断する(ステップ802)。特別図柄変動中でない場合(ステップ802でNo)、次に特別図柄変動制御部233は、特別図柄の未変動分の保留数U(図6参照)に関する処理を行う(ステップ803〜804)。本実施の形態では、第1始動口121の入賞に係る保留と第2始動口122の入賞に係る保留とを区別していないので、この処理を対応する始動口ごとに個別に行うものではない。   When the winning game flag is ON, since the pachinko gaming machine 100 is already in a big hit, the special symbol processing is terminated without starting the special symbol variation (Yes in Step 801). On the other hand, if the winning game flag is OFF (No in Step 801), the special symbol variation control unit 233 next determines whether or not the current state of the pachinko gaming machine 100 is in the special symbol variation (Step 802). . If the special symbol is not changing (No in step 802), then the special symbol fluctuation control unit 233 performs processing related to the number U of the special symbols that have not been changed (see FIG. 6) (steps 803 to 804). In the present embodiment, since there is no distinction between the hold related to the winning of the first start port 121 and the hold related to the winning of the second start port 122, this processing is not performed individually for each corresponding start port. .
具体的には、特別図柄変動制御部233は、第1始動口121および第2始動口122の入賞に係る保留数Uが1以上か判断する(ステップ803)。保留数Uが1以上である場合(ステップ803でYes)、特別図柄変動制御部233は、保留数Uの値を1減算する(ステップ804)。一方、保留数U=0である場合は(ステップ803でNo)、特別図柄の抽選を始動するための入賞が無いことを意味するため、特別図柄変動制御部233は、特別図柄変動を開始せず、別ルーチンの客待ち設定処理を実行して処理を終了する(ステップ814)。   Specifically, the special symbol variation control unit 233 determines whether or not the number U of holdings related to winning at the first start port 121 and the second start port 122 is 1 or more (step 803). When the number of reservations U is 1 or more (Yes in Step 803), the special symbol fluctuation control unit 233 subtracts 1 from the value of the number of reservations U (Step 804). On the other hand, if the number of holdings U = 0 (No in step 803), it means that there is no winning for starting the special symbol lottery, so the special symbol variation control unit 233 starts the special symbol variation. First, the customer waiting setting process of another routine is executed and the process is terminated (step 814).
ステップ804で保留数Uを減算した後、特別図柄変動制御部233は、RAM203のフラグ設定においてセットされた客待ちフラグをOFFとする(ステップ805)。客待ちフラグは、パチンコ遊技機100が客待ち状態であることを識別するためのフラグであり、客待ち設定処理(ステップ814、図12参照)においてセットされる。   After subtracting the holding number U in step 804, the special symbol fluctuation control unit 233 turns off the customer waiting flag set in the flag setting of the RAM 203 (step 805). The customer waiting flag is a flag for identifying that the pachinko gaming machine 100 is in the customer waiting state, and is set in the customer waiting setting process (step 814, see FIG. 12).
次に、特別図柄変動制御部233は、別ルーチンによる大当たり判定処理および変動パターン選択処理を実行する(ステップ806、807)。詳しくは後述するが、この大当たり判定処理および変動パターン選択処理によって、第1特別図柄表示器221に変動表示される特別図柄の変動用の設定情報(大当たり図柄、遊技状態、変動パターン等)が決定される。なお、これらの情報は演出制御部300に送られる変動開始コマンドに含まれる。   Next, the special symbol variation control unit 233 executes jackpot determination processing and variation pattern selection processing by separate routines (steps 806 and 807). As will be described in detail later, by the jackpot determination process and the variation pattern selection process, setting information for variation of the special symbol displayed on the first special symbol display 221 (a jackpot symbol, a gaming state, a variation pattern, etc.) is determined. Is done. These pieces of information are included in a change start command sent to the effect control unit 300.
この後、特別図柄変動制御部233は、大当たり判定処理および変動パターン選択処理で決定された設定内容に基づき、図2に示す第1特別図柄表示器221、第2特別図柄表示器222により表示される特別図柄の変動を開始する(ステップ808)。そして、この設定内容を示す設定情報(大当たり図柄、遊技状態、変動パターン等)を含んだ変動開始コマンドを生成し、RAM203にセットする(ステップ809)。ステップ809でセットされた変動開始コマンドは、図5のステップ506に示した出力処理で演出制御部300へ送信される。   Thereafter, the special symbol variation control unit 233 is displayed by the first special symbol display unit 221 and the second special symbol display unit 222 shown in FIG. 2 based on the setting contents determined in the jackpot determination process and the variation pattern selection process. The special symbol change is started (step 808). Then, a change start command including setting information (a jackpot symbol, a gaming state, a change pattern, etc.) indicating the setting contents is generated and set in the RAM 203 (step 809). The variation start command set in step 809 is transmitted to the effect control unit 300 by the output process shown in step 506 of FIG.
ステップ802で特別図柄変動中と判断された場合(ステップ802でYes)、またはステップ809で変動開始コマンドがセットされた後、特別図柄変動制御部233は、変動時間を経過したか否かを判断する(ステップ810)。すなわち、ステップ808で特別図柄の変動を開始してからの経過時間がステップ807の変動パターン選択処理で設定された変動時間に達したか否かが判断される。変動時間を経過していなければ(ステップ810でNo)、特別図柄変動が継続されるので、そのまま特別図柄処理が終了する。   When it is determined in step 802 that the special symbol is changing (Yes in step 802), or after the change start command is set in step 809, the special symbol fluctuation control unit 233 determines whether or not the fluctuation time has elapsed. (Step 810). That is, it is determined whether or not the elapsed time from the start of the variation of the special symbol at step 808 has reached the variation time set in the variation pattern selection process at step 807. If the variation time has not elapsed (No in step 810), the special symbol variation is continued, and the special symbol processing is terminated as it is.
一方、変動時間を経過した場合(ステップ810でYes)、特別図柄変動制御部233は、まず、第1特別図柄表示器221、第2特別図柄表示器222における特別図柄の変動をステップ806の大当たり判定処理で決定された図柄で停止する(ステップ811)。後述する装飾図柄を停止させるための変動停止コマンドをRAM203にセットする(ステップ812)。そして、別ルーチンの停止中処理を実行する(ステップ813)。停止中処理の内容については後述する。ステップ812でセットされた変動停止コマンドは、図5のステップ506に示した出力処理で演出制御部300へ送信される。   On the other hand, when the fluctuation time has elapsed (Yes in step 810), the special symbol fluctuation control unit 233 first determines the special symbol fluctuation in the first special symbol display 221 and the second special symbol display 222 as a big hit in step 806. Stop at the symbol determined in the determination process (step 811). A change stop command for stopping a decorative design to be described later is set in the RAM 203 (step 812). Then, a stop routine process of another routine is executed (step 813). The contents of the stop process will be described later. The variable stop command set in step 812 is transmitted to the effect control unit 300 by the output process shown in step 506 of FIG.
〔遊技制御部による大当たり判定処理〕
図9は、大当たり判定処理(図8のステップ806)の内容を示すフローチャートである。
この大当たり判定処理において、遊技制御部200の特別図柄判定部234は、まず、今回の特別図柄抽選における大当たり乱数値の判定を行い(ステップ901)、大当たりまたは小当たりしたか否かを判断する(ステップ902、905)。大当たりまたは小当たりしたか否かは、図6のステップ604またはステップ610で取得した大当たり乱数の値が、大当たりの当選値として設定された値または小当たりの当選値として設定された値と一致したか否かを判断することによって決定される(図17(a)参照)。
[Big hit judgment processing by game control unit]
FIG. 9 is a flowchart showing the contents of the jackpot determination process (step 806 in FIG. 8).
In this jackpot determination process, the special symbol determination unit 234 of the game control unit 200 first determines a jackpot random number value in the current special symbol lottery (step 901), and determines whether or not the jackpot or small hit ( Steps 902, 905). The value of the jackpot random number acquired at step 604 or step 610 in FIG. 6 matches the value set as the winning value of the jackpot or the value set as the winning value of the jackpot. It is determined by judging whether or not (see FIG. 17A).
ステップ901の乱数判定の結果が大当たりだった場合(ステップ902でYes)、次に特別図柄判定部234は、大当たり図柄乱数値の判定を行う(ステップ903)。この判定の結果に応じて、大当たりの種類(高確率状態か低確率状態、時短状態か時短無状態、長当たり、短当たり)が決定される。何れの大当たりとなるかは、図6のステップ604または610で取得した大当たり図柄乱数の値が、大当たりの種類ごとに予め設定された値のうちの何れと一致したかによって決定される(図17(b)参照)。   If the result of the random number determination in step 901 is a big hit (Yes in step 902), then the special symbol determination unit 234 determines a big hit symbol random value (step 903). Depending on the result of this determination, the type of jackpot (high or low probability state, short or short state, short or short state, long or short hit) is determined. Which jackpot is determined is determined by whether the value of the jackpot symbol random number acquired in step 604 or 610 in FIG. 6 matches one of the preset values for each jackpot type (FIG. 17). (See (b)).
以上の判定の後、特別図柄判定部234は、大当たり図柄乱数の判定により決定された大当たりの種類を表す図柄(大当たり図柄)を設定情報としてRAM203にセットする(ステップ904)。   After the above determination, the special symbol determination unit 234 sets the symbol representing the type of jackpot determined by the determination of the jackpot symbol random number (the jackpot symbol) as setting information in the RAM 203 (step 904).
ステップ901の乱数判定の結果が小当たりだった場合(ステップ902でNo、ステップ905でYes)、次に特別図柄判定部234は、小当たりであることを表す図柄(以下、小当たり図柄)を設定情報としてRAM203にセットする(ステップ906)。   If the result of the random number determination in step 901 is a small hit (No in step 902, Yes in step 905), then the special symbol determination unit 234 displays a symbol indicating that it is a small hit (hereinafter referred to as a small hit symbol). The setting information is set in the RAM 203 (step 906).
ステップ901の乱数判定の結果が大当たりでも小当たりでもない場合(ステップ902、ステップ905でNo)、次に特別図柄判定部234は、抽選にはずれたことを表す図柄(以下、はずれ図柄)を設定情報としてRAM203にセットする(ステップ907)。   If the result of the random number determination in step 901 is neither big win nor small win (No in step 902 and step 905), then the special symbol determination unit 234 sets a symbol (hereinafter referred to as a loss symbol) indicating that the lottery has been lost. Information is set in the RAM 203 (step 907).
〔遊技制御部による変動パターン選択処理〕
図10は、変動パターン選択処理(図8のステップ807)の内容を示すフローチャートである。
この変動パターン選択処理において、遊技制御部200の変動パターン選択部235は、まず、大当たり判定処理(図9)のステップ902の判断結果を用いて今回の特別図柄抽選で大当たりしたか否かを判断する(ステップ1001)。そして、大当たりだった場合(ステップ1001でYes)、変動パターン選択部235は、大当たり用の変動パターンテーブルをROM202から読み出してRAM203にセットする(ステップ1002)。
[Change pattern selection process by game control unit]
FIG. 10 is a flowchart showing the contents of the variation pattern selection process (step 807 in FIG. 8).
In this variation pattern selection process, the variation pattern selection unit 235 of the game control unit 200 first determines whether or not a big win has been won in this special symbol lottery using the determination result in step 902 of the jackpot determination process (FIG. 9). (Step 1001). If it is a big hit (Yes in Step 1001), the fluctuation pattern selection unit 235 reads the big hit fluctuation pattern table from the ROM 202 and sets it in the RAM 203 (Step 1002).
一方、大当たりしなかった場合(ステップ1001でNo)、次に変動パターン選択部235は、遊技者に大当たりを期待させるためのいわゆるリーチ演出を行うか否かを決定するための乱数値の判定を行う(ステップ1003)。リーチ演出を行うか否かは、図6のステップ604またはステップ610で取得したリーチ乱数の値が予め設定された値と一致したか否かを判断することによって決定される(図17(c)参照)。
乱数値を用いた判定の結果、リーチ演出を行う場合(ステップ1004でYes)、変動パターン選択部235は、リーチ用の変動パターンテーブルをROM202から読み出してRAM203にセットする(ステップ1005)。また、リーチ演出を行わない場合(ステップ1004でNo)、変動パターン選択部235は、はずれ用の変動パターンテーブルをROM202から読み出してRAM203にセットする(ステップ1006)。
ここで、変動パターンテーブルとは、予め用意されている複数の変動パターン(変動時間10秒、30秒、60秒、90秒など)と変動パターン乱数の値とを対応付けたテーブルである。
On the other hand, if the jackpot has not been won (No in step 1001), the variation pattern selection unit 235 then determines a random number value to determine whether or not to perform a so-called reach effect for causing the player to expect a jackpot. Perform (step 1003). Whether or not the reach effect is performed is determined by determining whether or not the reach random number value acquired in step 604 or step 610 in FIG. 6 matches a preset value (FIG. 17C). reference).
As a result of the determination using the random number value, when the reach effect is performed (Yes in Step 1004), the variation pattern selection unit 235 reads the variation pattern table for reach from the ROM 202 and sets it in the RAM 203 (Step 1005). When the reach effect is not performed (No in Step 1004), the variation pattern selection unit 235 reads the variation pattern table for loss from the ROM 202 and sets it in the RAM 203 (Step 1006).
Here, the variation pattern table is a table in which a plurality of variation patterns (variation times 10 seconds, 30 seconds, 60 seconds, 90 seconds, etc.) prepared in advance are associated with values of variation pattern random numbers.
次に、変動パターン選択部235は、図6のステップ604またはステップ610で取得した変動パターン乱数値およびステップ1002、1005、1006でセットされた変動パターンテーブルを用いて、変動パターン乱数値の判定を行う(ステップ1007)。すなわち、変動パターン選択部235は、RAM203にセットされた変動パターンテーブルを参照し、変動パターン乱数の乱数値に応じた変動パターンを選択する。したがって、同じ乱数値が取得された場合でも、特別図柄抽選の結果が、大当たりしたか否か、大当たりしていない場合はリーチ演出を行うか否か、といった状態の違いに応じて参照される変動パターンテーブルが異なるので、決定される変動パターンが異なる。   Next, the variation pattern selection unit 235 determines the variation pattern random value using the variation pattern random value acquired in Step 604 or Step 610 of FIG. 6 and the variation pattern table set in Steps 1002, 1005, and 1006. Perform (step 1007). That is, the fluctuation pattern selection unit 235 refers to the fluctuation pattern table set in the RAM 203 and selects a fluctuation pattern corresponding to the random value of the fluctuation pattern random number. Therefore, even if the same random number value is acquired, the variation referred to depending on the state difference such as whether or not the result of the special symbol lottery is a big hit or not and whether or not a reach effect is performed if it is not a big hit Since the pattern table is different, the determined variation pattern is different.
この後、変動パターン選択部235は、ステップ1007で選択した変動パターンを設定情報としてRAM203にセットする(ステップ1008)。ステップ1008でセットされた変動パターンの設定情報は、図8のステップ809でセットされる変動開始コマンドに含まれ、図5のステップ506に示した出力処理で演出制御部300へ送信される。   Thereafter, the variation pattern selection unit 235 sets the variation pattern selected in Step 1007 in the RAM 203 as setting information (Step 1008). The variation pattern setting information set in step 1008 is included in the variation start command set in step 809 of FIG. 8, and is transmitted to the effect control unit 300 by the output process shown in step 506 of FIG.
〔遊技制御部による停止中処理〕
図11は、停止中処理(図8のステップ813)の内容を示すフローチャートである。
この停止中処理において、遊技制御部200は、まず、RAM203のフラグ設定において時短状態であることを示すフラグ(以下、時短フラグ)がONになっているか否かを調べる(ステップ1101)。時短フラグがONである場合(ステップ1101でYes)、遊技制御部200は、時短状態での抽選回数(変動回数)Jの値を1減算し(ステップ1102)、抽選回数Jが0になったか否かを調べる(ステップ1103)。そして、抽選回数J=0であれば(ステップ1103でYes)、時短フラグをOFFにする(ステップ1104)。なお、時短フラグをONにする操作と、抽選回数Jの初期値の設定は、後述の大入賞口処理(図14)における遊技状態設定処理(図15)で行われる。
[Processing during stop by game control unit]
FIG. 11 is a flowchart showing the contents of the stop process (step 813 in FIG. 8).
In this stop process, the game control unit 200 first checks whether or not a flag indicating that the time is short (hereinafter referred to as a short time flag) is ON in the flag setting of the RAM 203 (step 1101). If the time reduction flag is ON (Yes in step 1101), the game control unit 200 subtracts 1 from the value of the number of lotteries (number of fluctuations) J in the time reduction state (step 1102), and whether the number of lotteries J has become 0. Whether or not is checked (step 1103). If the number of lotteries J = 0 (Yes in Step 1103), the time reduction flag is turned OFF (Step 1104). It should be noted that the operation for turning on the hourly flag and the setting of the initial value of the lottery number J are performed in a game state setting process (FIG. 15) in a special winning opening process (FIG. 14) described later.
時短フラグがOFFであった場合(ステップ1101でNo)またはステップ1104で時短フラグをOFFにした後、あるいは抽選回数Jの値が0でない場合(ステップ1103でNo)、次に遊技制御部200は、RAM203のフラグ設定において高確率状態であることを示すフラグ(以下、確変フラグ)がONになっているか否かを調べる(ステップ1105)。なお、この確変フラグと先の時短フラグが共にONである場合は、高確率時短遊技状態であり、確変フラグがONであり時短フラグがOFFである場合は、高確率時短無遊技状態である。   If the time reduction flag is OFF (No in Step 1101), or after the time reduction flag is turned OFF in Step 1104, or if the value of the lottery count J is not 0 (No in Step 1103), the game control unit 200 next In the flag setting of the RAM 203, it is checked whether or not a flag indicating a high probability state (hereinafter, probability variation flag) is ON (step 1105). When both the probability variation flag and the previous time-short flag are ON, the high-probability short-time gaming state is established, and when the probability variation flag is ON and the time-short flag is OFF, the high-probability time-short no-game state.
確変フラグがONである場合(ステップ1105でYes)、遊技制御部200は、高確率状態での抽選回数(変動回数)Xの値を1減算し(ステップ1106)、抽選回数Xが0になったか否かを調べる(ステップ1107)。そして、抽選回数X=0であれば(ステップ1107でYes)、確変フラグをOFFにする(ステップ1108)。なお、確変フラグをONにする操作と、抽選回数Xの初期値の設定は、後述の大入賞口処理(図14)における遊技状態設定処理(図15)で行われる。   When the probability variation flag is ON (Yes in Step 1105), the game control unit 200 subtracts 1 from the value of the number of lotteries (number of variations) X in the high probability state (Step 1106), and the number of lotteries X becomes 0. It is checked whether or not (step 1107). If the number of times of lottery X = 0 (Yes in Step 1107), the probability variation flag is turned OFF (Step 1108). Note that the operation for turning on the probability change flag and the setting of the initial value of the lottery number X are performed in a game state setting process (FIG. 15) in a special prize opening process (FIG. 14) described later.
確変フラグがOFFであった場合(ステップ1105でNo)またはステップ1108で確変フラグをOFFにした後、あるいは抽選回数Xの値が0でない場合(ステップ1107でNo)、次に遊技制御部200は、今回の特別図柄抽選で大当たりしたか否かを判断する(ステップ1109)。そして、大当たりだった場合(ステップ1109でYes)、次に遊技制御部200は、大当たりの種類が長当たりか否かを判断する(ステップ1110)。   If the probability change flag is OFF (No in step 1105), or after the probability change flag is turned OFF in step 1108, or if the value of the lottery count X is not 0 (No in step 1107), the game control unit 200 next Then, it is determined whether or not the special symbol lottery has been won (step 1109). If it is a big hit (Yes in step 1109), the game control unit 200 next determines whether or not the big hit type is a long win (step 1110).
ここで、大当たりか否かの判断は、大当たり判定処理(図9)の判定結果に基づいて判断することができる。例えば、後述する図17(b)の図表に示す図柄の何れかがセットされているならば、ステップ1109でYesである。大当たり判定処理によりRAM203に、はずれ図柄または小当たり図柄がセットされているならば、ステップ1109でNoである。   Here, the determination of whether or not the jackpot is possible can be made based on the determination result of the jackpot determination process (FIG. 9). For example, if any of the symbols shown in the diagram of FIG. 17B described later is set, “Yes” is determined in step 1109. If a lost symbol or a small bonus symbol is set in the RAM 203 by the big hit determination process, No in step 1109.
大当たりの種類が長当たりであった場合(ステップ1110でYes)、遊技制御部200は、長当たり遊技フラグをONにする(ステップ1111)。これにより、RAM203の遊技状態の設定が、大当たりの種類が長当たりである大当たり遊技状態(長当たり遊技状態)となる。なお、ここでは長当たりにおいて、高確率状態か低確率状態かを区別していない。高確率状態となるか低確率状態となるかは、後述の大入賞口処理(図14)における遊技状態設定処理(図15)で該当するフラグをONにすることによって特定される。   When the jackpot type is a long hit (Yes in Step 1110), the game control unit 200 turns on the long hit game flag (Step 1111). Thereby, the setting of the gaming state in the RAM 203 becomes a jackpot gaming state (long winning gaming state) in which the jackpot type is long winning. In addition, here, in the long hit, it is not distinguished whether it is a high probability state or a low probability state. Whether the state is a high probability state or a low probability state is specified by turning on a corresponding flag in a game state setting process (FIG. 15) in a special prize opening process (FIG. 14) described later.
大当たりの種類が長当たりでなかった場合(ステップ1110でNo)、遊技制御部200は、短当たり遊技フラグをONにする(ステップ1112)。これにより、RAM203の遊技状態の設定が、大当たりの種類が短当たりである大当たり遊技状態(短当たり遊技状態)となる。長当たりの場合と同様、短当たりの場合も高確率状態か低確率状態かを区別していない。   When the big hit type is not long hit (No in Step 1110), the game control unit 200 turns on the short hit game flag (Step 1112). Thereby, the setting of the gaming state in the RAM 203 becomes a big hit gaming state (short winning gaming state) in which the big hit type is short hit. Similar to the case of long hit, the case of short hit does not distinguish between a high probability state and a low probability state.
ステップ1111またはステップ1112で当たり遊技フラグをONにした後、遊技制御部200は、抽選回数J、Xの値を初期化する(ステップ1113)。また、遊技制御部200は、ステップ1101において時短フラグがONであって、ステップ1103において抽選回数Jが0でなかった場合に、時短フラグをOFFにする(ステップ1114)。同様に、ステップ1105において確変フラグがONであって、ステップ1107において抽選回数Xが0でなかった場合に、確変フラグをOFFにする(ステップ1114)。   After turning on the winning game flag in step 1111 or step 1112, the game control unit 200 initializes the values of the lottery times J and X (step 1113). Further, the game control unit 200 turns off the time reduction flag when the time reduction flag is ON in step 1101 and the lottery count J is not 0 in step 1103 (step 1114). Similarly, if the probability variation flag is ON in step 1105 and the lottery count X is not 0 in step 1107, the probability variation flag is turned OFF (step 1114).
一方、今回の特別図柄抽選の結果が大当たりでなかった場合(ステップ1109でNo)、次に遊技制御部200は、今回の特別図柄抽選の結果が小当たりであったか否かを判断する(ステップ1115)。小当たりでなかった場合は(ステップ1115でNo)、停止中処理を終了する。
一方、小当たりであった場合(ステップ1115でYes)、遊技制御部200は、小当たり遊技を開始する(ステップ1116)。これにより、RAM203の遊技状態の設定が小当たり遊技状態となる。なお、小当たり遊技では、前述したように、大入賞口125を所定回数開閉し、所定時間経過後に終了する。
On the other hand, when the result of the special symbol lottery this time is not a big win (No in Step 1109), the game control unit 200 determines whether or not the result of the special symbol lottery this time is a big hit (Step 1115). ). If it is not a small hit (No in step 1115), the in-stop process is terminated.
On the other hand, if it is a small hit (Yes in step 1115), the game control unit 200 starts a small hit game (step 1116). Thereby, the setting of the gaming state in the RAM 203 becomes the small hit gaming state. In the small hit game, as described above, the special winning opening 125 is opened and closed a predetermined number of times, and is ended after a predetermined time has elapsed.
ステップ1113で抽選回数J、Xの値を初期化した後、遊技制御部200は、オープニング動作を開始する(ステップ1117)。ここで、オープニング動作の内容は、ステップ1111、1112の何れで当たり遊技フラグがONとなったかに応じて異なる。すなわち、当たり遊技フラグの状態に応じて、長当たり遊技、短当たり遊技の各遊技状態において設定されたオープニング動作の何れかが行われることとなる。
この後、遊技制御部200は、演出制御部300において当たり遊技フラグに応じたオープニング動作における演出を行うためのオープニングコマンドをRAM203にセットして(ステップ1118)、停止中処理を終了する。このオープニングコマンドは、図5のステップ506に示した出力処理で演出制御部300へ送信される。
After initializing the values of the lottery times J and X in step 1113, the game control unit 200 starts an opening operation (step 1117). Here, the contents of the opening operation differ depending on which of steps 1111 and 1112 the winning game flag is turned on. That is, according to the state of the winning game flag, one of the opening operations set in each gaming state of the long winning game and the short winning game is performed.
Thereafter, the game control unit 200 sets an opening command for performing an effect in the opening operation according to the winning game flag in the effect control unit 300 in the RAM 203 (step 1118), and ends the stop process. This opening command is transmitted to the effect control unit 300 by the output process shown in step 506 of FIG.
〔遊技制御部による客待ち設定処理〕
図12は、客待ち設定処理(図8のステップ814)の内容を示すフローチャートである。
この客待ち設定処理において、遊技制御部200は、まず、RAM203のフラグ設定において客待ちフラグがONになっているか否かを調べる(ステップ1201)。ここで、客待ちフラグは、パチンコ遊技機100が客待ち状態であることを識別するためにセットされるフラグである。
[Customer waiting setting process by game control unit]
FIG. 12 is a flowchart showing the contents of the customer waiting setting process (step 814 in FIG. 8).
In this customer waiting setting process, the game control unit 200 first checks whether or not the customer waiting flag is ON in the flag setting of the RAM 203 (step 1201). Here, the customer waiting flag is a flag that is set to identify that the pachinko gaming machine 100 is in a customer waiting state.
客待ちフラグがONである場合、パチンコ遊技機100は客待ち状態であるので、そのまま処理を終了する(ステップ1201でYes)。一方、客待ちフラグがOFFである場合、遊技制御部200は、客待ちコマンドを生成してRAM203にセットし(ステップ1202)、客待ちフラグをONにする(ステップ1203)。ステップ1202でセットされた客待ちコマンドは、図5のステップ506に示した出力処理で演出制御部300へ送信される。なお、客待ちフラグとは、特別図柄の変動が停止して、保留が無い状態でセットされるものである。   When the customer waiting flag is ON, since the pachinko gaming machine 100 is in the customer waiting state, the processing is ended as it is (Yes in step 1201). On the other hand, when the customer waiting flag is OFF, the game control unit 200 generates a customer waiting command and sets it in the RAM 203 (step 1202), and turns on the customer waiting flag (step 1203). The customer waiting command set in step 1202 is transmitted to the effect control unit 300 by the output process shown in step 506 of FIG. The customer waiting flag is set in a state where there is no suspension with the special symbol change stopped.
〔遊技制御部による普通図柄処理〕
図13は、図5のステップ503に示した図柄処理のうちの普通図柄処理の内容を示すフローチャートである。
この普通図柄処理において、遊技制御部200の普通図柄変動制御部237は、まず、RAM203のフラグ設定において補助遊技フラグがONになっているか否かを調べる(ステップ1301)。ここで、補助遊技フラグは、普通図柄抽選で当選した場合にセットされるフラグである。補助遊技フラグが設定されている状態は、電動チューリップ123が後述の電動チューリップ処理(図16)にしたがって開放され、第2始動口122に入賞し易い状態である(補助遊技状態)。
[Normal symbol processing by game control unit]
FIG. 13 is a flowchart showing the contents of the normal symbol processing in the symbol processing shown in step 503 of FIG.
In this normal symbol process, the normal symbol variation control unit 237 of the game control unit 200 first checks whether or not the auxiliary game flag is ON in the flag setting of the RAM 203 (step 1301). Here, the auxiliary game flag is a flag that is set when a normal symbol lottery is won. The state in which the auxiliary game flag is set is a state in which the electric tulip 123 is opened in accordance with the electric tulip process (FIG. 16) described later and it is easy to win the second start port 122 (auxiliary game state).
補助遊技フラグがONである場合、既に補助遊技状態となっており、普通図柄が停止している状態なので、普通図柄変動を開始することなく普通図柄処理を終了する(ステップ1301でYes)。一方、補助遊技フラグがOFFである場合(ステップ1301でNo)、次に普通図柄変動制御部237は、パチンコ遊技機100の現在の状態が普通図柄変動中か否かを判断する(ステップ1302)。普通図柄変動中でない場合(ステップ1302でNo)、次に普通図柄変動制御部237は、普通図柄の未変動分の保留数G(図7参照)が1以上か判断する(ステップ1303)。保留数G=0である場合は(ステップ1303でNo)、普通図柄の抽選を始動するための入賞が無いことを意味するため、普通図柄変動を開始せずに処理を終了する。   When the auxiliary game flag is ON, since the auxiliary game state has already been reached and the normal symbol is stopped, the normal symbol processing is terminated without starting the normal symbol variation (Yes in step 1301). On the other hand, when the auxiliary game flag is OFF (No in step 1301), the normal symbol variation control unit 237 next determines whether or not the current state of the pachinko gaming machine 100 is in the normal symbol variation (step 1302). . If the normal symbol is not changing (No in step 1302), then the normal symbol change control unit 237 determines whether the number G of the normal symbols remaining unchanged (see FIG. 7) is 1 or more (step 1303). If the holding number G = 0 (No in step 1303), it means that there is no winning for starting the normal symbol lottery, and therefore the processing is terminated without starting the normal symbol variation.
これに対し、保留数Gが1以上である場合(ステップ1303でYes)、普通図柄変動制御部237は、保留数Gの値を1減算し(ステップ1304)、今回の普通図柄抽選における当たり乱数の判定を行って、普通図柄抽選に当選したか否かを判断する(ステップ1305)。当選したか否かは、図7のステップ704で取得した当たり乱数の値が、後述する図17(d)に示すテーブル等において当選値として設定された値と一致したか否かを判断することによって決定される。   On the other hand, when the reserved number G is 1 or more (Yes in Step 1303), the normal symbol variation control unit 237 subtracts 1 from the value of the reserved number G (Step 1304), and the random number in the current normal symbol lottery It is determined whether or not the normal symbol lottery is won (step 1305). Whether or not the winner is won is determined by determining whether or not the value of the winning random number acquired in step 704 in FIG. 7 matches the value set as the winning value in the table shown in FIG. Determined by.
次に、普通図柄変動制御部237は、普通図柄抽選の結果に応じて普通図柄の設定を行う(ステップ1306)。すなわち、普通図柄抽選に当選した場合は、当選したことを表す図柄(以下、当たり図柄)を設定情報としてRAM203にセットする。一方、普通図柄抽選に当選しなかった場合は、抽選にはずれたことを表す図柄(以下、はずれ図柄)を設定情報としてRAM203にセットする。   Next, the normal symbol variation control unit 237 sets the normal symbol according to the result of the normal symbol lottery (step 1306). That is, when a normal symbol lottery is won, a symbol representing the winning (hereinafter referred to as a winning symbol) is set in the RAM 203 as setting information. On the other hand, when the normal symbol lottery is not won, a symbol indicating that the lottery has been lost (hereinafter referred to as a lost symbol) is set in the RAM 203 as setting information.
次に、普通図柄変動制御部237は、普通図柄の変動時間の設定を行う(ステップ1307)。この変動時間は、図11におけるステップ1104、1114、後述の図15におけるステップ1504、1507等の処理で設定される時短フラグに基づいて設定される。すなわち、ステップ1307による設定の際に時短フラグがONである場合は、短時間(例えば1.5秒)に設定され、時短フラグがOFFである場合は、長時間(例えば4.0秒)に設定される。この設定の後、普通図柄変動制御部237は、ステップ1307の設定内容に基づき、図2(a)および図3に示す普通図柄表示器223における普通図柄の変動を開始する(ステップ1308)。   Next, the normal symbol fluctuation control unit 237 sets the fluctuation time of the normal symbol (step 1307). This variation time is set based on the time reduction flag set in the processing of steps 1104 and 1114 in FIG. 11 and steps 1504 and 1507 in FIG. That is, when the time reduction flag is ON in the setting in step 1307, it is set to a short time (for example, 1.5 seconds), and when the time reduction flag is OFF, it is set to a long time (for example, 4.0 seconds). Is set. After this setting, the normal symbol fluctuation control unit 237 starts normal symbol fluctuations in the normal symbol display 223 shown in FIG. 2A and FIG. 3 based on the setting contents of step 1307 (step 1308).
ステップ1308で普通図柄の変動を開始した後、またはステップ1302で普通図柄変動中と判断された場合(ステップ1302でYes)、普通図柄変動制御部237は、変動時間を経過したか否かを判断する(ステップ1309)。すなわち、ステップ1308で普通図柄の変動を開始してからの経過時間がステップ1307で設定された変動時間に達したか否かが判断される。変動時間を経過していなければ(ステップ1309でNo)、普通図柄変動が継続されるので、そのまま普通図柄処理が終了する。   After starting normal symbol variation in step 1308 or when it is determined in step 1302 that normal symbol variation is in progress (Yes in step 1302), the normal symbol variation control unit 237 determines whether or not the variation time has elapsed. (Step 1309). That is, it is determined whether or not the elapsed time from the start of normal symbol fluctuation in step 1308 has reached the fluctuation time set in step 1307. If the fluctuation time has not elapsed (No in step 1309), the normal symbol variation is continued, and the normal symbol processing is terminated as it is.
一方、変動時間が終了した場合(ステップ1309でYes)、普通図柄変動制御部237は、普通図柄表示器223における普通図柄の変動を停止する(ステップ1310)。そして、普通図柄変動制御部237は、停止した普通図柄に基づき普通図柄抽選に当選したか否かを判断する(ステップ1311)。当選したならば(ステップ1311でYes)、補助遊技フラグをONにする(ステップ1312)。一方、抽選にはずれたならば(ステップ1311でNo)、補助遊技フラグをONにすること無く普通図柄処理を終了する。   On the other hand, when the fluctuation time is over (Yes in step 1309), the normal symbol fluctuation control unit 237 stops the fluctuation of the normal symbol in the normal symbol display unit 223 (step 1310). Then, the normal symbol variation control unit 237 determines whether or not the normal symbol lottery is won based on the stopped normal symbol (step 1311). If it is elected (Yes in Step 1311), the auxiliary game flag is turned ON (Step 1312). On the other hand, if the lottery is off (No in step 1311), the normal symbol process is terminated without turning on the auxiliary game flag.
〔遊技制御部による大入賞口処理〕
図14は、図5のステップ504に示した電動役物処理のうちの大入賞口処理の内容を示すフローチャートである。
この大入賞口処理において、遊技制御部200の大入賞口動作制御部238は、まず、RAM203のフラグ設定において当たり遊技フラグがONになっているか否かを調べる(ステップ1401)。当たり遊技フラグがOFFである場合、大入賞口125への入賞はないので、大入賞口処理を終了する(ステップ1401でNo)。一方、当たり遊技フラグがONである場合(ステップ1401でYes)、次に大入賞口動作制御部238は、パチンコ遊技機100が停止中処理(図11)で開始された大当たり時の動作制御におけるオープニング動作の最中か否かを判断する(ステップ1402)。
[Large winning mouth processing by game control unit]
FIG. 14 is a flowchart showing the contents of the big prize opening process in the electric accessory process shown in Step 504 of FIG.
In this special winning opening process, the special winning opening operation control unit 238 of the game control unit 200 first checks whether or not the winning game flag is ON in the flag setting of the RAM 203 (step 1401). If the winning game flag is OFF, there is no prize winning in the big prize opening 125, so the big prize opening process is terminated (No in step 1401). On the other hand, if the winning game flag is ON (Yes in Step 1401), the special winning opening operation control unit 238 next performs the operation control at the time of the big hit started in the pachinko gaming machine 100 being stopped (FIG. 11). It is determined whether or not the opening operation is in progress (step 1402).
パチンコ遊技機100がオープニング中である場合(ステップ1402でYes)、次に大入賞口動作制御部238は、予め設定されたオープニング動作が行われるべき時間(オープニング時間)を経過したか否かを判断する(ステップ1403)。オープニング時間を経過していないならば、大入賞口125でのオープニング動作が継続されるので、大入賞口処理を終了する(ステップ1403でNo)。一方、オープニング時間を経過したならば(ステップ1403でYes)、次に大入賞口動作制御部238は、大入賞口125の作動設定を行い(ステップ1404)、入賞個数Cを初期化(C=0)し(ステップ1405)、大入賞口125の作動ラウンド数Rの値を現在の値から1加算して(ステップ1406)、大入賞口125を作動開始(開放)する(ステップ1407)。   When the pachinko gaming machine 100 is opening (Yes in Step 1402), the next prize opening operation control unit 238 determines whether or not a predetermined time for opening operation (opening time) has elapsed. Judgment is made (step 1403). If the opening time has not elapsed, the opening operation at the special winning opening 125 is continued, and the special winning opening process is terminated (No in step 1403). On the other hand, if the opening time has elapsed (Yes in step 1403), the special winning opening operation control unit 238 next sets the operation of the special winning opening 125 (step 1404) and initializes the winning number C (C = 0) (step 1405), the value of the number of operation rounds R of the big prize opening 125 is incremented by 1 from the current value (step 1406), and the big prize opening 125 is started (opened) (step 1407).
ステップ1404の作動設定では、大入賞口125の作動パターンと、その作動パターンで作動させるラウンド数(作動ラウンド数)とが設定される。大入賞口125が作動する場合としては、特別図柄抽選で、長当たりまたは短当たりの大当たりであった場合と、小当たりであった場合がある。作動パターンおよびラウンド数は、これらの当たりの種類に応じて様々に設定される。長当たりの場合、例えば、15ラウンド(15R)作動させ、1ラウンドでは29.5秒の開放を1回行う。短当たりの場合、例えば、15ラウンド(15R)作動させ、1ラウンドでは0.1秒の開放を1回行う。小当たりの場合、例えば、1ラウンド(1R)作動させ、この1ラウンドで0.1秒の開放を15回行う。ここで、短当たりでの作動と小当たりでの作動を上記の例で比較すると、共に0.1秒の開放が15回行われることとなる。すなわち、遊技者から見える大入賞口125の動作は、短当たりの場合と小当たりの場合とで同じであり、遊技盤110上の大入賞口125の動作のみから短当たりと小当たりとを区別することはできない。   In the operation setting of step 1404, the operation pattern of the special winning opening 125 and the number of rounds (operation round number) operated by the operation pattern are set. As the case where the big prize opening 125 is operated, there are a case where it is a big win per long or short in a special symbol lottery and a case where it is a small win. The operation pattern and the number of rounds are variously set according to the hit type. In the case of a long hit, for example, 15 rounds (15R) are operated, and 29.5 seconds are released once in one round. In the case of a short hit, for example, 15 rounds (15R) are operated, and one round is performed once for 0.1 seconds. In the case of a small hit, for example, one round (1R) is operated, and 0.1 second is released 15 times in this round. Here, when the operation with short hits and the operation with small hits are compared in the above examples, both 0.1 seconds of opening is performed 15 times. That is, the action of the big winning opening 125 that can be seen by the player is the same for the case of short win and the case of small win, and the short win and the small win are distinguished only from the action of the big winning opening 125 on the game board 110. I can't do it.
また、別の例としては、長当たりでは、15ラウンド(15R)作動させ、1ラウンドでは29.5秒の開放を1回行い、短当たりでは、2ラウンド(2R)作動させ、1ラウンドでは0.9秒の開放を2回行い、小当たりでは、1ラウンド(1R)作動させ、この1ラウンドで0.9秒の開放を2回行う。この場合も、短当たりでの作動と小当たりでの作動を比較すると、共に0.9秒の開放が2回行われることとなり、遊技者から見える大入賞口125の動作は、短当たりの場合と小当たりの場合とで同様となる。   As another example, 15 rounds (15R) are activated per long, 29.5 seconds are released once per round, 2 rounds (2R) are activated per short, and 0 are rounded per round. .9 seconds are opened twice, and with a small hit, one round (1R) is operated, and 0.9 seconds is opened twice in this round. In this case as well, when the operation with short hits and the operation with small hits are compared, both 0.9 seconds are released twice, and the action of the big prize opening 125 that can be seen by the player is in the case of short hits. It is the same in the case of small hits.
なお、小当たりの際には、大入賞口125の開放累積時間が1.8秒以内に設定されなければならないことが法令により定められている。一方で、大当たり(長当たりまたは短当たり)の際には、大入賞口125を複数回連続開放させなければならない。そこで、上記のように小当たりでの作動と短当たりでの作動を外見上区別し難くしようとする場合、小当たりでは、1作動での開放累積時間が1.8秒以内を満たす範囲で、大入賞口125が2回以上開放する作動形態が設定され、短当たりでは、小当たりの開放回数と同数のラウンド数が設定される。   The law stipulates that the cumulative opening time of the special winning opening 125 must be set within 1.8 seconds for a small hit. On the other hand, in the case of a big hit (long hit or short win), the big winning opening 125 must be continuously opened a plurality of times. Therefore, when trying to make it difficult to visually distinguish the operation with a small hit and the operation with a short hit as described above, within the range that satisfies the cumulative open time within 1.8 seconds in one operation, An operation mode in which the big prize opening 125 is opened two or more times is set, and in the short win, the same number of rounds as the number of small hits is set.
次に、大入賞口動作制御部238は、ステップ1404で設定された作動パターンにおける開放時間を経過したか否かを判断する(ステップ1408)。大入賞口125での開放状態が開放時間を経過していない場合(ステップ1408でNo)、次に大入賞口動作制御部238は、大入賞口125への入賞個数Cが規定の個数(例えば9個)以上か否かを判断する(ステップ1409)。開放時間を経過しておらず、かつ入賞個数Cが規定個数未満である場合は、大入賞口125の作動状態(開放状態)が継続されるので、大入賞口処理を終了する(ステップ1409でNo)。一方、開放時間を経過したか(ステップ1408でYes)、または入賞個数Cが規定個数に達した場合(ステップ1409でYes)、大入賞口動作制御部238は、大入賞口125を作動終了(閉口)する(ステップ1410)。   Next, the special winning opening operation control unit 238 determines whether or not the opening time in the operation pattern set in Step 1404 has elapsed (Step 1408). When the open state at the big prize opening 125 has not passed the opening time (No in step 1408), the big prize opening operation control unit 238 then determines that the number C of winning prizes to the big prize opening 125 is a predetermined number (for example, It is determined whether or not (9) or more (step 1409). If the opening time has not elapsed and the number C of winning prizes is less than the prescribed number, the operating state (opening state) of the big winning opening 125 is continued, so that the big winning opening process is terminated (step 1409). No). On the other hand, if the opening time has passed (Yes in Step 1408) or the winning number C has reached the specified number (Yes in Step 1409), the special winning opening operation controller 238 ends the operation of the special winning opening 125 ( (Step 1410).
次に、大入賞口動作制御部238は、大入賞口125の作動のラウンド数Rがステップ1404で設定された最大値に達したか否かを判断する(ステップ1411)。そして、最大値に達していないならば、残りの作動が行われるため、大入賞口処理を終了する(ステップ1411でNo)。   Next, the special winning opening operation control unit 238 determines whether or not the round number R of the operation of the special winning opening 125 has reached the maximum value set in Step 1404 (Step 1411). If the maximum value has not been reached, the remaining operations are performed, and the special winning opening process is terminated (No in step 1411).
大入賞口125の作動のラウンド数Rが最大値に達したならば(ステップ1411でYes)、次に大入賞口動作制御部238は、エンディング動作を開始する(ステップ1412)。ここで、エンディング動作の内容は、長当たり遊技、短当たり遊技の各遊技状態において設定されたエンディング動作のうち、当たり遊技フラグの状態に対応するものとなる。
この後、大入賞口動作制御部238は、演出制御部300において当たり遊技フラグに応じたエンディング動作における演出を行うためのエンディングコマンドをRAM203にセットする(ステップ1413)。このオープニングコマンドは、図5のステップ506に示した出力処理で演出制御部300へ送信される。
If the number of rounds R of the operation of the special prize opening 125 reaches the maximum value (Yes in Step 1411), the special prize opening operation control unit 238 then starts the ending operation (Step 1412). Here, the content of the ending operation corresponds to the state of the winning game flag among the ending operations set in each gaming state of the long winning game and the short winning game.
Thereafter, the special winning opening operation control unit 238 sets an ending command for performing the effect in the ending operation according to the winning game flag in the effect control unit 300 in the RAM 203 (step 1413). This opening command is transmitted to the effect control unit 300 by the output process shown in step 506 of FIG.
次に、大入賞口動作制御部238は、大入賞口125の作動のラウンド数Rを0にリセットした後(ステップ1414)、エンディング動作の開始からの経過時間が予め設定されたエンディング動作が行われるべき時間(エンディング時間)を経過したか否かを判断する(ステップ1417)。エンディング時間を経過していないならば、エンディング動作が継続されるので、大入賞口処理を終了する(ステップ1417でNo)。一方、エンディング時間を経過したならば(ステップ1417でYes)、次に大入賞口動作制御部238は、遊技制御部200による遊技状態設定処理を経た後(ステップ1418)、当たり遊技フラグをOFFにして、大入賞口処理を終了する(ステップ1419)。遊技状態設定処理の内容については後述する。   Next, the prize winning opening operation control unit 238 resets the round number R of the action of the prize winning opening 125 to 0 (step 1414), and then performs an ending operation in which an elapsed time from the start of the ending operation is set in advance. It is determined whether or not the time to be played (ending time) has passed (step 1417). If the ending time has not elapsed, the ending operation is continued, and thus the big prize opening process is terminated (No in step 1417). On the other hand, if the ending time has elapsed (Yes in step 1417), the special winning opening operation control unit 238 then performs a game state setting process by the game control unit 200 (step 1418), and then turns off the winning game flag. Then, the special winning opening process is terminated (step 1419). The contents of the game state setting process will be described later.
ステップ1402で、パチンコ遊技機100がオープニング中ではないと判断した場合(ステップ1402でNo)、次に大入賞口動作制御部238は、エンディング中か否かを判断する(ステップ1415)。そして、エンディング中であるならば(ステップ1415でYes)、上記ステップ1417以降の動作を実行する。   If it is determined in step 1402 that the pachinko gaming machine 100 is not opening (No in step 1402), the special winning opening operation control unit 238 determines whether or not ending is in progress (step 1415). If ending is in progress (Yes in step 1415), the operations after step 1417 are executed.
一方、パチンコ遊技機100がエンディング中でもないならば(ステップ1415でNo)、次に大入賞口動作制御部238は、大入賞口125が作動(開放)中か否かを判断する(ステップ1416)。そして、作動中でないならば(ステップ1416でNo)、上記ステップ1405以降の動作を実行し、作動中であるならば(ステップ1416でYes)、上記ステップ1408以降の動作を実行する。
なお、前述した小当たり遊技で行われる演出は、短当たり遊技で行われる演出と同様であり、演出から短当たりと小当たりとを区別することはできない。
On the other hand, if the pachinko gaming machine 100 is not ending (No in step 1415), the special prize opening operation control unit 238 determines whether or not the special prize opening 125 is operating (opening) (step 1416). . If it is not in operation (No in Step 1416), the operation after Step 1405 is executed. If it is in operation (Yes in Step 1416), the operation after Step 1408 is executed.
The effect performed in the small hit game described above is the same as the effect performed in the short hit game, and it is not possible to distinguish short hit and small hit from the effect.
〔遊技状態設定処理〕
エンディング時間が経過した場合(ステップ1417でYes)に実行される、遊技制御部200による遊技状態設定処理(ステップ1418)の内容を図15に示す。
遊技状態設定処理が行われる場合、前提として、図14のステップ1401で当たり遊技フラグがONとなっている。そこで、図15に示すように、遊技制御部200は、まず、その当たりの種類を判断する(ステップ1501、1502、1503、1506)。これらの判断は、例えば大当たり判定処理(図9)でRAM203に設定情報としてセットされた図柄の種類に基づいて判断することができる。なお、これらの判断は大当たり判定処理(図9)のステップ902、903、905と概ね同様であるので、ステップ902、903、905の判断結果を用いても良い。
[Game state setting process]
FIG. 15 shows the content of the game state setting process (step 1418) performed by the game control unit 200 when the ending time has elapsed (Yes in step 1417).
When the game state setting process is performed, the winning game flag is set to ON in step 1401 of FIG. Therefore, as shown in FIG. 15, the game control unit 200 first determines the type of the hit (steps 1501, 1502, 1503, 1506). These determinations can be made based on, for example, the type of symbol set as setting information in the RAM 203 in the jackpot determination process (FIG. 9). Since these determinations are substantially the same as steps 902, 903, and 905 of the jackpot determination process (FIG. 9), the determination results of steps 902, 903, and 905 may be used.
小当たりである場合(ステップ1501でYes)、遊技状態(パチンコ遊技機100の内部状態)は変更しないので、遊技状態設定処理を終了する。
当たりの種類が低確率時短遊技状態の大当たりである場合(ステップ1501でNo、ステップ1502、1503でYes)、遊技制御部200は、時短フラグをONにする(ステップ1504)。これにより、RAM203の遊技状態の設定が低確率時短遊技状態となる。また、遊技制御部200は、抽選回数Jの初期値を設定し(ステップ1505)、遊技状態設定処理を終了する。抽選回数Jの初期値は、図示の例では100回である。したがって、低確率時短遊技状態における抽選が100回行われたならば、低確率時短遊技状態が終了し、低確率時短無遊技状態となる。
If it is a small hit (Yes in step 1501), the gaming state (internal state of the pachinko gaming machine 100) is not changed, so the gaming state setting process is terminated.
When the winning type is a big hit in the low probability short game state (No in Step 1501, Yes in Steps 1502 and 1503), the game control unit 200 turns on the short time flag (Step 1504). Thereby, the setting of the gaming state in the RAM 203 becomes the low gaming state with a low probability. In addition, the game control unit 200 sets an initial value of the lottery count J (step 1505), and ends the game state setting process. The initial value of the lottery number J is 100 in the illustrated example. Therefore, if the lottery in the low probability short game state is performed 100 times, the low probability short game state is ended and the low probability short short game state is entered.
一方、当たりの種類が低確率時短無遊技状態の大当たりである場合(ステップ1501でNo、1502でYes、ステップ1503でNo)、遊技制御部200は、時短フラグ、確変フラグともONにせずに処理を終了する。したがって、この大当たりの後の遊技に対するRAM203の遊技状態の設定は、低確率時短無遊技状態となる。   On the other hand, when the hit type is a big hit in the low probability short-time non-game state (No in step 1501, Yes in 1502, No in step 1503), the game control unit 200 performs processing without turning on both the short-time flag and the probability variation flag. Exit. Therefore, the setting of the game state of the RAM 203 for the game after the jackpot becomes a low probability short time no game state.
当たりの種類が高確率時短遊技状態の大当たりである場合(ステップ1501、1502でNo、ステップ1506でYes)、遊技制御部200は、時短フラグをONにし(ステップ1507)、抽選回数Jの初期値を設定する(ステップ1508)。この場合の抽選回数Jの初期値は、図示の例では10000回である。また、遊技制御部200は、確変フラグをONにし(ステップ1509)、抽選回数Xの初期値を設定する(ステップ1510)。抽選回数Xの初期値は、図示の例では10000回である。これにより、RAM203の遊技状態の設定が高確率時短遊技状態となる。そして、この高確率時短遊技状態における抽選が10000回行われたならば、高確率時短遊技状態が終了し、低確率時短無遊技状態となる。   When the winning type is a big hit with a high probability short-time gaming state (No in Steps 1501 and 1502, Yes in Step 1506), the game control unit 200 turns on the short-time flag (Step 1507), and the initial value of the number of lottery J Is set (step 1508). In this case, the initial value of the number of times of lottery J is 10,000 in the illustrated example. In addition, the game control unit 200 turns on the probability variation flag (step 1509) and sets the initial value of the number of lotteries X (step 1510). The initial value of the number of times of lottery X is 10,000 in the illustrated example. As a result, the setting of the gaming state in the RAM 203 becomes a high probability and short gaming state. If the lottery in the high probability short game state is performed 10,000 times, the high probability short game state is terminated and the low probability short short game state is entered.
一方、当たりの種類が高確率時短無遊技状態の大当たりである場合(ステップ1501、1502、ステップ1506でNo)、遊技制御部200は、確変フラグのみをONにし(ステップ1509)、抽選回数Xの初期値(10000回)を設定する(ステップ1510)。これにより、RAM203の遊技状態の設定が高確率時短無遊技状態となる。そして、この高確率時短無遊技状態における抽選が10000回行われたならば、高確率時短無遊技状態が終了し、低確率時短無遊技状態となる。   On the other hand, when the winning type is a big hit with a high probability short-time non-game state (No in steps 1501, 1502, and step 1506), the game control unit 200 turns on only the probability change flag (step 1509), An initial value (10000 times) is set (step 1510). Thereby, the setting of the gaming state in the RAM 203 becomes a high probability short time no gaming state. Then, if the lottery in the high probability short-time non-game state is performed 10,000 times, the high-probability short-time non-game state is finished and the low-probability short-time non-game state is entered.
〔遊技制御部による電動チューリップ処理〕
図16は、図5のステップ504に示した電動役物処理のうちの電動チューリップ処理の内容を示すフローチャートである。
電動チューリップ処理において、遊技制御部200の電動チューリップ動作制御部239は、まず、RAM203のフラグ設定において補助遊技フラグがONになっているか否かを調べる(ステップ1601)。補助遊技フラグがOFFである場合、電動チューリップ123は開放しないため、電動チューリップ処理を終了する(ステップ1601でNo)。一方、補助遊技フラグがONである場合(ステップ1601でYes)、次に電動チューリップ動作制御部239は、電動チューリップ123が作動中か否かを判断する(ステップ1602)。
[Electric tulip processing by game control unit]
FIG. 16 is a flowchart showing the contents of the electric tulip process in the electric accessory process shown in Step 504 of FIG.
In the electric tulip process, the electric tulip operation control unit 239 of the game control unit 200 first checks whether or not the auxiliary game flag is ON in the flag setting of the RAM 203 (step 1601). When the auxiliary game flag is OFF, the electric tulip 123 is not released, and thus the electric tulip process is terminated (No in step 1601). On the other hand, when the auxiliary game flag is ON (Yes in Step 1601), the electric tulip operation control unit 239 determines whether the electric tulip 123 is in operation (Step 1602).
電動チューリップ123が作動中でない場合(ステップ1602でNo)、電動チューリップ動作制御部239は、電動チューリップ123の作動パターンの設定を行い(ステップ1603)、設定した作動パターンで電動チューリップ123を作動させる(ステップ1604)。ここで、作動パターンは、図11におけるステップ1104、1114、図15におけるステップ1504、1507等の処理で設定される時短フラグに基づいて設定される。例えば、ステップ1603による設定の際に時短フラグがOFFである場合は、0.15秒の開放時間で1回開放する作動パターンが設定され、時短フラグがONである場合は、1.80秒の開放時間で3回開放する作動パターンが設定される。このように、通常、時短フラグがONであるとき(時短遊技状態のとき)は、電動チューリップ123が長時間、複数回開放され、第2始動口122に入賞し易くなる入賞サポート(電チューサポート)が行われる。   When the electric tulip 123 is not in operation (No in Step 1602), the electric tulip operation control unit 239 sets the operation pattern of the electric tulip 123 (Step 1603), and operates the electric tulip 123 with the set operation pattern ( Step 1604). Here, the operation pattern is set based on the time reduction flag set in the processing of steps 1104 and 1114 in FIG. 11, steps 1504 and 1507 in FIG. For example, when the time reduction flag is OFF at the time of setting in step 1603, an operation pattern that opens once with a release time of 0.15 seconds is set, and when the time reduction flag is ON, 1.80 seconds are set. An operation pattern that opens three times in the opening time is set. As described above, normally, when the hourly flag is ON (when the hourly gaming state is set), the electric tulip 123 is opened a plurality of times for a long time, and the winning support that makes it easy to win the second starting port 122 (electric chewing support) ) Is performed.
ステップ1602で電動チューリップ123が作動中と判断された場合(ステップ1602でYes)、またはステップ1604で電動チューリップ123を作動させた後、電動チューリップ動作制御部239は、設定されている作動パターンにおける開放時間が経過したか否かを判断する(ステップ1605)。開放時間を経過していなければ、電動チューリップ123の作動状態(開放状態)が継続されるので、電動チューリップ処理を終了する(ステップ1605でNo)。一方、開放時間を経過したならば(ステップ1605でYes)、電動チューリップ動作制御部239は、補助遊技フラグをOFFとして、電動チューリップ処理を終了する(ステップ1606)。   When it is determined in step 1602 that the electric tulip 123 is in operation (Yes in step 1602), or after the electric tulip 123 is operated in step 1604, the electric tulip operation control unit 239 opens in the set operation pattern. It is determined whether time has passed (step 1605). If the opening time has not elapsed, the operation state (open state) of the electric tulip 123 is continued, and thus the electric tulip process is terminated (No in step 1605). On the other hand, if the opening time has elapsed (Yes in step 1605), the electric tulip operation control unit 239 sets the auxiliary game flag to OFF and ends the electric tulip process (step 1606).
〔乱数による判定の手法〕
ここで、大当たり判定処理(図9)、変動パターン選択処理(図10)、普通図柄処理(図13)等で行われる、乱数による判定の手法について詳細に説明する。
図17は、本実施の形態で用いられる乱数の判定(判定テーブル)の構成例を示す図である。
図17(a)には大当たり乱数の判定の構成例、図17(b)には大当たり図柄乱数の判定の構成例、図17(c)にはリーチ乱数の判定の構成例、図17(d)には当たり乱数の判定の構成例が、それぞれ示されている。
[Random number judgment method]
Here, a determination method using random numbers performed in the jackpot determination process (FIG. 9), the variation pattern selection process (FIG. 10), the normal symbol process (FIG. 13), and the like will be described in detail.
FIG. 17 is a diagram illustrating a configuration example of random number determination (determination table) used in the present embodiment.
FIG. 17A shows a configuration example of jackpot random number determination, FIG. 17B shows a configuration example of jackpot symbol random number determination, FIG. 17C shows a configuration example of reach random number determination, and FIG. ) Each show a configuration example of the hit random number determination.
図17(a)を参照すると、大当たり乱数の判定値として、パチンコ遊技機100の遊技状態が低確率状態の大当たりと高確率状態の大当たりの2種類と、小当たりとが設定されている。乱数(大当たり乱数)の値の範囲は何れも0〜299の300個である。低確率状態の特別図柄抽選(大当たり抽選)の場合、当選値は1つだけが設定され、当選確率は1/300である。また高確率状態の特別図柄抽選の場合、当選値は10個設定され、当選確率は10/300(=1/30)である。すなわち図示の例では、高確率状態で始動口121、122に入賞し特別図柄抽選が行われると、低確率状態で特別図柄抽選が行われる場合に比べて、当選確率が10倍となる。また、小当たりの当選値は、低確率状態か高確率状態かに関わらず3個設定され、当選確率は3/300(=1/100)である。   Referring to FIG. 17 (a), as the determination value of the jackpot random number, two types of gaming states of the pachinko gaming machine 100, a jackpot with a low probability state and a jackpot with a high probability state, and a jackpot are set. The range of values of random numbers (big hit random numbers) is 300 from 0 to 299. In the case of a special symbol lottery in a low probability state (a jackpot lottery), only one winning value is set, and the winning probability is 1/300. In the case of a special symbol lottery in a high probability state, 10 winning values are set, and the winning probability is 10/300 (= 1/30). That is, in the example shown in the figure, if the winning symbols 121 and 122 are won in the high probability state and the special symbol lottery is performed, the winning probability is 10 times that in the case where the special symbol lottery is performed in the low probability state. Further, three winning values are set regardless of the low probability state or the high probability state, and the winning probability is 3/300 (= 1/100).
図17(b)を参照すると、大当たり図柄には、低確率図柄A、低確率図柄B、高確率図柄A、高確率図柄B、潜確図柄の5種類が用意されている。ここで、低確率図柄Aおよび低確率図柄Bは、低確率状態の大当たりであることを表す図柄であり、このうち低確率図柄Aは長当たり(低確率時短遊技状態)、低確率図柄Bは短当たり(低確率時短無遊技状態)をそれぞれ表す。高確率図柄Aおよび高確率図柄Bは、高確率状態の大当たりであることを表す図柄であり、このうち高確率図柄Aは長当たり(高確率時短遊技状態)、高確率図柄Bは短当たり(高確率時短無遊技状態)をそれぞれ表す。潜確図柄は、高確率時短無遊技状態の大当たりであることを表す図柄である。したがって、高確率図柄Bと潜確図柄とは大当たり遊技後の遊技状態が同じであるが、潜確図柄は、高確率状態であることを遊技者に明確に報知しない潜伏演出を行う条件とするために高確率図柄Bとは分けて設けられている。乱数の値の範囲は0〜249の250個である。また、大当たり図柄乱数では、特別図柄抽選が行われる契機となる第1始動口121と第2始動口122の各々について当選値が設定される。   Referring to FIG. 17 (b), five types of jackpot symbols are prepared: low probability symbol A, low probability symbol B, high probability symbol A, high probability symbol B, and latent symbol symbol. Here, the low-probability symbol A and the low-probability symbol B are symbols indicating that the low-probability state is a big hit. Of these, the low-probability symbol A is a long win (low-probability short-time gaming state), and the low-probability symbol B is Represents each short hit (low probability, short no-game state). The high-probability symbol A and the high-probability symbol B are symbols representing a jackpot of a high-probability state. Among these symbols, the high-probability symbol A is a long win (high-probability short-time gaming state), and the high-probability symbol B is a short-hit ( High probability short-time non-game state). The latent symbol is a symbol representing that it is a big hit in a high probability short-time no-game state. Therefore, the high probability symbol B and the latent probability symbol have the same gaming state after the jackpot game, but the latent probability symbol is a condition for performing a latent effect that does not clearly notify the player that the probability state is high. Therefore, it is provided separately from the high probability symbol B. The range of random number values is 250 from 0 to 249. In addition, in the jackpot symbol random number, a winning value is set for each of the first start port 121 and the second start port 122 that trigger the special symbol lottery.
低確率図柄Aでは、第1始動口121および第2始動口122ともに、当選値として35個の値が割り当てられている。したがって、大当たりに当選した場合に低確率図柄Aでの当選となる確率は、35/250(=7/50)である。
低確率図柄Bでは、第1始動口121および第2始動口122ともに、当選値として15個の値が割り当てられている。したがって、大当たりに当選した場合に低確率図柄Bでの当選となる確率は、15/250(=3/50)である。
In the low probability pattern A, 35 values are assigned as winning values in both the first start port 121 and the second start port 122. Therefore, the probability of winning with the low probability symbol A when winning a jackpot is 35/250 (= 7/50).
In the low probability symbol B, 15 values are assigned as winning values for both the first start port 121 and the second start port 122. Therefore, when winning the jackpot, the probability of winning with the low probability symbol B is 15/250 (= 3/50).
高確率図柄Aでは、第1始動口121に入賞した場合の当選値として25個の値が割り当てられている。したがって、第1始動口121に入賞したことによって開始された特別図柄抽選において大当たりに当選した場合に高確率図柄Aでの当選となる確率は、25/250(=1/10)である。
一方、第2始動口122に入賞した場合の当選値として175個の値が割り当てられている。したがって、第2始動口122に入賞したことによって開始された特別図柄抽選において大当たりに当選した場合に高確率図柄Aでの当選となる確率は、175/250(=7/10)である。
In the high probability symbol A, 25 values are assigned as winning values when winning in the first start port 121. Therefore, the probability of winning with the high-probability symbol A is 25/250 (= 1/10) in the case of winning the jackpot in the special symbol lottery started by winning the first starting port 121.
On the other hand, 175 values are assigned as winning values when winning at the second start port 122. Therefore, the probability of winning with the high-probability symbol A is 175/250 (= 7/10) in the case of winning the jackpot in the special symbol lottery started by winning the second starting port 122.
高確率図柄Bでは、第1始動口121に入賞した場合の当選値として75個の値が割り当てられている。したがって、第1始動口121に入賞したことによって開始された特別図柄抽選において大当たりに当選した場合に高確率図柄Bでの当選となる確率は、75/250(=3/10)である。
一方、第2始動口122に入賞した場合の当選値として25個の値が割り当てられている。したがって、第2始動口122に入賞したことによって開始された特別図柄抽選において大当たりに当選した場合に高確率図柄Bでの当選となる確率は、25/250(=1/10)である。
In the high probability symbol B, 75 values are assigned as winning values when winning in the first start port 121. Therefore, the probability of winning with the high-probability symbol B in the special symbol lottery started by winning the first starting port 121 is 75/250 (= 3/10).
On the other hand, 25 values are assigned as winning values when winning at the second start port 122. Therefore, the probability of winning with the high-probability symbol B in the special symbol lottery started by winning the second starting port 122 is 25/250 (= 1/10).
潜確図柄では、第1始動口121に入賞した場合の当選値として100個の値が割り当てられている。したがって、第1始動口121に入賞したことによって開始された特別図柄抽選において大当たりに当選した場合に潜確図柄での当選となる確率は、100/250(=2/5)である。
一方、第2始動口122には潜確図柄での当選値が割り当てられておらず、第2始動口122に入賞した場合に潜確図柄での当選となることはない。
In the latent symbol, 100 values are assigned as winning values when winning at the first start port 121. Therefore, the probability of winning in the latent symbol when winning a big win in the special symbol lottery started by winning the first starting port 121 is 100/250 (= 2/5).
On the other hand, the winning value in the latent symbol is not assigned to the second starting port 122, and when winning in the second starting port 122, it is not won in the latent symbol.
以上のように、図17(b)に示す例では、第1始動口121に入賞した場合の大当たりは、高確率時短無遊技状態の大当たり(高確率図柄B、潜確図柄)となる確率が高く、第2始動口122に入賞した場合の大当たりは、高確率時短遊技状態の大当たり(高確率図柄A)となる確率が高い。このように、第1始動口121に入賞した場合と第2始動口122に入賞した場合における大当たりの種類の当選確率を相違させることにより、様々な遊技性を持たせることができる。また、遊技盤110における第1始動口121と第2始動口122の配置を工夫し、特定の状態(モード)では第1始動口121と第2始動口122の何れか一方を狙い易くなるように構成することによって、遊技者にさらに積極的な遊技への参加を促すことも可能である。   As described above, in the example shown in FIG. 17B, the jackpot when winning the first start port 121 has a probability of becoming a jackpot (high probability symbol B, latent probability symbol) of the high probability short-time non-game state. The probability that the jackpot when winning the second start port 122 is high is a jackpot (high probability symbol A) in the short game state with high probability is high. In this way, by making the winning probabilities of the jackpot types different when winning at the first start port 121 and when winning at the second start port 122, various game characteristics can be provided. Further, the arrangement of the first start port 121 and the second start port 122 on the game board 110 is devised so that it is easy to aim at either the first start port 121 or the second start port 122 in a specific state (mode). By configuring the above, it is possible to encourage the player to participate in more aggressive games.
次に、リーチ乱数の判定について説明する。
図17(c)を参照すると、乱数の値の範囲は0〜249の250個であり、リーチ演出を行う抽選結果(リーチ有)に22個の乱数値が割り当てられ、リーチ演出を行わない抽選結果(リーチ無)に228個の乱数値が割り当てられている。すなわち図示の例では、特別図柄抽選で大当たりしなかった場合に、22/250(=11/125)の確率でリーチ演出が行われる。
Next, the determination of reach random numbers will be described.
Referring to FIG. 17 (c), the range of random number values is 250 from 0 to 249, and 22 random numbers are assigned to the lottery result (with reach) for performing the reach effect, and the reach effect is not performed. 228 random numbers are assigned to the result (no reach). In other words, in the illustrated example, when a special symbol lottery is not won, a reach effect is performed with a probability of 22/250 (= 11/125).
次に、普通図柄抽選に用いられる当たり乱数の判定について説明する。
図17(d)を参照すると、乱数の値の範囲は0〜9の10個であり、時短フラグOFFのときの当選値として1個の値が割り当てられ、時短フラグONのときの当選値として9個の値が割り当てられている。したがって、時短無状態のときにゲート124を遊技球が通過して普通図柄抽選(開閉抽選)が行われると、1/10の確率で当選する。これに対し、時短状態のときにゲート124を遊技球が通過して普通図柄抽選(開閉抽選)が行われると、9/10の確率で当選する。
Next, the determination of the winning random number used for the normal symbol lottery will be described.
Referring to FIG. 17D, the range of the random number value is 10 from 0 to 9, and one value is assigned as the winning value when the time-short flag is OFF, and as the winning value when the time-short flag is ON. Nine values are assigned. Therefore, when the game ball passes through the gate 124 and the normal symbol lottery (open / close lottery) is performed in the timeless state, the player wins with a probability of 1/10. On the other hand, if the game ball passes through the gate 124 and the normal symbol lottery (open / close lottery) is performed in the short-time state, the player wins with a probability of 9/10.
各種の抽選に用いられる判定情報としての乱数値は、所定の初期値から始まって、図5に示す乱数更新処理(ステップ501)が行われるたびに1ずつ加算される。そして、各抽選が行われた時点の値が始動口スイッチ処理(図6)およびゲートスイッチ処理(図7)で取得され、特別図柄処理(図8)や普通図柄処理(図13)で使用される。なお、この乱数値のカウンタは無限ループカウンタであり、設定されている乱数の最大値(例えば大当たり乱数では1009)に達した後は再び0に戻る。また、乱数更新処理は一定時間ごとに行われるため、各乱数の初期値が特定されてしまうと、これらの情報に基づいて当選値が推定される恐れがある。そこで、一般に、適当なタイミングで各乱数の初期値をランダムに変更する仕組みが導入されている。
なお、図17の各乱数の構成例に示した乱数の範囲、当選値の割合、当選値の各値は例示に過ぎず、図示の値に限定されるものではない。
A random value as determination information used for various types of lottery starts from a predetermined initial value and is incremented by one each time the random number update process (step 501) shown in FIG. 5 is performed. Then, the values at the time each lottery is performed are acquired by the start opening switch process (FIG. 6) and the gate switch process (FIG. 7), and used in the special symbol process (FIG. 8) and the normal symbol process (FIG. 13). The Note that this random value counter is an infinite loop counter, and returns to 0 again after reaching the maximum value of the set random number (for example, 1009 for the big hit random number). In addition, since the random number update process is performed at regular intervals, if the initial value of each random number is specified, the winning value may be estimated based on such information. Therefore, in general, a mechanism for randomly changing the initial value of each random number at an appropriate timing has been introduced.
Note that the random number range, winning value ratio, and winning value shown in the configuration example of each random number in FIG. 17 are merely examples, and are not limited to the illustrated values.
〔演出制御部の動作〕
次に、演出制御部300の動作を説明する。
図18は、遊技制御部200からコマンドを受信した際の演出制御部300の動作を示すフローチャートである。
演出制御部300の動作は、図18(a)に示すメイン処理と、図18(b)に示す割り込み処理とからなる。図18(a)を参照すると、演出制御部300は、まず起動時に初期設定を行い(ステップ1801)、CTC(Counter/Timer Circuit)の周期設定を行った後(ステップ1802)、設定された周期にしたがって、演出制御において用いられる乱数を更新しながら(ステップ1803)、割り込み処理を受け付ける。
[Operation of production control unit]
Next, the operation of the effect control unit 300 will be described.
FIG. 18 is a flowchart showing the operation of the effect control unit 300 when a command is received from the game control unit 200.
The operation of the effect control unit 300 includes a main process shown in FIG. 18A and an interrupt process shown in FIG. Referring to FIG. 18A, the production control unit 300 first performs initial setting at the time of activation (step 1801), sets the cycle of the CTC (Counter / Timer Circuit) (step 1802), and then sets the cycle. Accordingly, the interrupt process is accepted while updating the random number used in the production control (step 1803).
割り込み処理は、ステップ1802で設定された周期にしたがって定期的に行われる。図18(b)を参照すると、この割り込み処理において、演出制御部300は、遊技制御部200からのコマンドを受信してコマンド受信処理を行う(ステップ1811)。このコマンド受信処理において、演出パターンが選択される。また、演出制御部300は、遊技者による演出ボタン等の操作を受け付けるための演出ボタン処理を行う(ステップ1812)。この後、演出制御部300は、選択した演出パターンの情報を含むコマンドを画像/音響制御部310およびランプ制御部320に送信するコマンド送信を行う(ステップ1813)。これにより、画像表示部114への画像表示や音響出力、可動役物115の動作、盤ランプ116や枠ランプ157の発光等による演出が行われる。   The interrupt process is periodically performed according to the period set in step 1802. Referring to FIG. 18B, in this interruption process, the effect control unit 300 receives a command from the game control unit 200 and performs a command reception process (step 1811). In this command reception process, an effect pattern is selected. In addition, the effect control unit 300 performs effect button processing for accepting operations such as an effect button by the player (step 1812). Thereafter, the effect control unit 300 transmits a command including information on the selected effect pattern to the image / sound control unit 310 and the lamp control unit 320 (step 1813). As a result, effects such as image display on the image display unit 114, sound output, operation of the movable accessory 115, light emission of the panel lamp 116 and the frame lamp 157 are performed.
〔演出制御部によるコマンド受信処理〕
図19は、コマンド受信処理(図18(b)のステップ1811)の内容を示すフローチャートである。
このコマンド受信処理において、演出制御部300は、まず、受信したコマンドが保留数を増加するためのコマンド(保留数増加コマンド)か否かを判断する(ステップ1901)。この保留数増加コマンドは、遊技制御部200において、図6に示した始動口スイッチ処理においてセットされ(ステップ606、612)、図5に示した出力処理(ステップ506)で演出制御部300へ送信される。保留数増加コマンドであった場合(ステップ1901でYes)、演出制御部300は、RAM303(図3参照)に保持されている保留数の値を1加算し(ステップ1902)、加算後の保留数の値を示す保留数コマンドをRAM303にセットする(ステップ1903)。
[Command reception processing by the production control unit]
FIG. 19 is a flowchart showing the contents of the command reception process (step 1811 in FIG. 18B).
In this command reception process, the effect control unit 300 first determines whether or not the received command is a command for increasing the number of holds (holding number increase command) (step 1901). This pending number increase command is set in the start port switch process shown in FIG. 6 in the game control unit 200 (steps 606 and 612), and transmitted to the effect control unit 300 in the output process (step 506) shown in FIG. Is done. If the command is a command for increasing the number of holds (Yes in step 1901), the effect control unit 300 adds 1 to the value of the number of holds held in the RAM 303 (see FIG. 3) (step 1902), and the number of holds after the addition Is set in the RAM 303 (step 1903).
受信したコマンドが保留数増加コマンドでない場合(ステップ1901でNo)、またはステップ1903の保留数増加コマンドのセット後にコマンドを受信した場合、演出制御部300は、受信したコマンドが変動開始コマンドか否かを判断する(ステップ1904)。この変動開始コマンドは、遊技制御部200において、図8に示した特別図柄処理においてセットされ(ステップ809)、図5に示した出力処理(ステップ506)で演出制御部300へ送信される。
受信したコマンドが変動開始コマンドであった場合(ステップ1904でYes)、演出制御部300は、演出選択処理を実行する(ステップ1905)。演出選択処理の詳細については後述する。
When the received command is not a pending number increase command (No in step 1901), or when a command is received after setting the pending number increase command in step 1903, the effect control unit 300 determines whether or not the received command is a change start command. Is determined (step 1904). This change start command is set in the special symbol process shown in FIG. 8 in the game control unit 200 (step 809), and is transmitted to the effect control unit 300 in the output process (step 506) shown in FIG.
When the received command is a change start command (Yes in Step 1904), the effect control unit 300 executes an effect selection process (Step 1905). Details of the effect selection process will be described later.
受信したコマンドが変動開始コマンドでない場合(ステップ1901およびステップ1904でNo)、またはステップ1905の演出選択処理の実行後にコマンドを受信した場合、演出制御部300は、受信したコマンドが変動停止コマンドか否かを判断する(ステップ1906)。この変動停止コマンドは、遊技制御部200において、図8に示した特別図柄処理においてセットされ(ステップ812)、図5に示した出力処理(ステップ506)で演出制御部300へ送信される。
受信したコマンドが変動停止コマンドであった場合(ステップ1906でYes)、演出制御部300は、変動演出終了中処理を実行する(ステップ1907)。変動演出終了中処理の詳細については後述する。
When the received command is not a change start command (No in Step 1901 and Step 1904), or when a command is received after the execution selection process in Step 1905 is executed, the effect control unit 300 determines whether or not the received command is a change stop command. Is determined (step 1906). This variation stop command is set in the special symbol process shown in FIG. 8 in the game control unit 200 (step 812) and transmitted to the effect control unit 300 in the output process (step 506) shown in FIG.
When the received command is a variation stop command (Yes in Step 1906), the effect control unit 300 executes a process during the end of the variation effect (Step 1907). Details of the process during the end of the variation effect will be described later.
受信したコマンドが変動開始コマンドおよび変動停止コマンドでない場合(ステップ1901、ステップ1904およびステップ1906でNo)、またはステップ1907の変動演出終了中処理の実行後にコマンドを受信した場合、演出制御部300は、受信したコマンドが大当たり演出におけるオープニングを開始するためのオープニングコマンドか否かを判断する(ステップ1908)。このオープニングコマンドは、図11に示した停止中処理においてセットされ(ステップ1118)、図5に示した出力処理(ステップ506)で演出制御部300へ送信される。
受信したコマンドがオープニングコマンドであった場合(ステップ1908でYes)、演出制御部300は、当たり演出選択処理を実行する(ステップ1909)。当たり演出選択処理の詳細については後述する。
When the received command is not the change start command and the change stop command (No in Step 1901, Step 1904, and Step 1906), or when the command is received after the execution of the changing effect end process in Step 1907, the effect control unit 300 It is determined whether or not the received command is an opening command for starting the opening in the jackpot effect (step 1908). This opening command is set in the stop process shown in FIG. 11 (step 1118), and transmitted to the effect control unit 300 in the output process (step 506) shown in FIG.
When the received command is an opening command (Yes in Step 1908), the effect control unit 300 executes a hit effect selection process (Step 1909). Details of the winning effect selection process will be described later.
受信したコマンドが変動開始コマンド、変動停止コマンドおよびオープニングコマンドでない場合(ステップ1901、ステップ1904、ステップ1906およびステップ1908でNo)、またはステップ1909の当たり演出選択処理の実行後にコマンドを受信した場合、演出制御部300は、受信したコマンドが大当たり演出におけるエンディングを開始するためのエンディングコマンドか否かを判断する(ステップ1910)。このエンディングコマンドは、図14に示した大入賞口処理においてセットされ(ステップ1413)、図5に示した出力処理(ステップ506)で演出制御部300へ送信される。
受信したコマンドがエンディングコマンドであった場合(ステップ1910でYes)、演出制御部300は、エンディング演出選択処理を実行する(ステップ1911)。エンディング演出選択処理の詳細については後述する。
If the received command is not a change start command, change stop command, or opening command (No in step 1901, step 1904, step 1906, and step 1908), or if a command is received after the execution effect selection process in step 1909, Control unit 300 determines whether or not the received command is an ending command for starting the ending in the jackpot effect (step 1910). This ending command is set in the big prize opening process shown in FIG. 14 (step 1413), and is transmitted to the effect control unit 300 in the output process (step 506) shown in FIG.
If the received command is an ending command (Yes in Step 1910), the effect control unit 300 executes an ending effect selection process (Step 1911). Details of the ending effect selection process will be described later.
受信したコマンドが変動開始コマンド、変動停止コマンド、オープニングコマンドおよびエンディングコマンドでない場合(ステップ1901、ステップ1904、ステップ1906、ステップ1908およびステップ1910でNo)、またはステップ1911のエンディング演出選択処理の終了後にコマンドを受信した場合、次に演出制御部300は、受信したコマンドが客待ち状態に移行するための客待ちコマンド受信処理を実行する(ステップ1912)。客待ちコマンド受信処理の詳細については後述する。   If the received command is not a variation start command, variation stop command, opening command, or ending command (No in step 1901, step 1904, step 1906, step 1908, and step 1910), or after the end of the ending effect selection process in step 1911 Next, the effect control unit 300 executes a customer waiting command reception process for shifting the received command to the customer waiting state (step 1912). Details of the customer waiting command reception process will be described later.
図20は、モードフラグの設定例を示す図である。
演出制御部300により演出が行われる場合、設定される演出モードに基づき、種々の演出パターンが選択されて実行される。この演出モードは、RAM303にセットされるモードフラグによって決定される。ここで、モードフラグは、0〜4の値のいずれかが設定されており、それぞれAモードからEモードまでの5種類の演出モードが割り当てられている。なお、モードフラグは、特別図柄抽選の抽選結果または特別図柄抽選の抽選回数に応じて設定される。
高確率図柄Aの大当たりにはモードフラグ1が、低確率図柄Aの大当たりにはモードフラグ2が、高確率図柄Bおよび低確率図柄Bの大当たりにはモードフラグ3が、潜確図柄の大当たりおよび小当たりにはモードフラグ4が、それぞれ割り当てられている。ここで、これらの図柄の種類は、図17(b)に示したものと同様である。何れの当たりにもモードフラグ0は割り当てられていない。なお、モードフラグ1〜4において、特別図柄抽選を所定回数実行することでモードフラグ0が設定される。
さらに、図20に示す例では、変動演出終了中処理で用いられるパラメータM(M値)が、Aモードを除く各モードに対して個別に設定されている。
FIG. 20 is a diagram illustrating a setting example of the mode flag.
When an effect is performed by the effect control unit 300, various effect patterns are selected and executed based on the set effect mode. This effect mode is determined by a mode flag set in the RAM 303. Here, the mode flag is set to any value from 0 to 4, and five types of effect modes from A mode to E mode are assigned to each mode flag. The mode flag is set according to the lottery result of the special symbol lottery or the number of lotteries of the special symbol lottery.
Mode flag 1 for jackpot of high probability symbol A, mode flag 2 for jackpot of low probability symbol A, mode flag 3 for jackpot of high probability symbol B and low probability symbol B, jackpot of latent symbol symbol and A mode flag 4 is assigned to each small hit. Here, the types of these symbols are the same as those shown in FIG. No mode flag 0 is assigned to any of them. In mode flags 1 to 4, mode flag 0 is set by executing special symbol lottery a predetermined number of times.
Further, in the example shown in FIG. 20, the parameter M (M value) used in the process during the end of the changing effect is set individually for each mode except the A mode.
図21は、図19の演出選択処理(ステップ1905)の内容を示すフローチャートである。
この演出選択処理において、演出制御部300は、まず受信した変動開始コマンドを解析する(ステップ2101)。また、演出制御部300は、RAM303の設定からパチンコ遊技機100の現在のモードフラグを参照し(ステップ2102)、RAM303に保持されている保留数の値を1減算する(ステップ2103)。そして、演出制御部300は、変動開始コマンドの解析結果から得られる各種の設定情報(大当たりの種類、大当たり遊技後の遊技状態、変動パターン等の情報)およびモードフラグにより決定される演出モードに基づき、その演出モードで画像表示部114に表示する画像による図柄変動の演出パターン(変動演出パターン)を選択する(ステップ2104)。最後に、演出制御部300は、選択した演出パターンによる演出に用いられる画像データや音響データをROM302から読み出し、これらのデータと共に、選択した演出の実行開始を指示する変動演出開始コマンドをRAM303にセットして、演出選択処理を終了する(ステップ2105)。
FIG. 21 is a flowchart showing the contents of the effect selection process (step 1905) of FIG.
In this effect selection process, the effect control unit 300 first analyzes the received variation start command (step 2101). Further, the effect control unit 300 refers to the current mode flag of the pachinko gaming machine 100 from the setting of the RAM 303 (step 2102), and subtracts 1 from the value of the number of holdings held in the RAM 303 (step 2103). Then, the effect control unit 300 is based on various setting information (information about jackpot type, gaming state after jackpot game, variation pattern, etc.) obtained from the analysis result of the change start command and the effect mode determined by the mode flag. Then, an effect pattern (fluctuation effect pattern) of the symbol variation by the image displayed on the image display unit 114 in the effect mode is selected (step 2104). Finally, the effect control unit 300 reads from the ROM 302 image data and sound data used for the effect by the selected effect pattern, and sets a change effect start command instructing the start of execution of the selected effect in the RAM 303 together with these data. Then, the effect selection process ends (step 2105).
詳述しないが、ステップ2104における図柄変動の演出パターンの選択処理では、演出モードと変動パターンと演出乱数(図18のステップ1801において更新されている乱数の一つであり、変動開始コマンド受信時に演出乱数を取得している)とに基づいて演出パターンが決定される。ここで決定された演出パターンに基づいて、装飾図柄の変動表示、背景演出および予告演出が決定される。なお、装飾図柄の変動表示とは、第1特別図柄表示器221または第2特別図柄表示器222で行われる特別図柄の変動表示に伴い、画像表示部114にて行われる演出表示である。この装飾図柄の変動表示において、リーチ演出等が実行される。   Although not described in detail, in the symbol variation effect pattern selection process in step 2104, the effect mode, the variation pattern, and the effect random number (one of the random numbers updated in step 1801 in FIG. The production pattern is determined based on the random number. Based on the effect pattern determined here, the decorative symbol variation display, the background effect, and the notice effect are determined. The decorative symbol variation display is an effect display performed by the image display unit 114 in accordance with the special symbol variation display performed by the first special symbol display 221 or the second special symbol display 222. In this variable display of decorative symbols, a reach effect or the like is executed.
図22は、図19の変動演出終了中処理(ステップ1907)の内容を示すフローチャートである。
この変動演出終了中処理において、演出制御部300は、まず受信した変動停止コマンドを解析する(ステップ2201)。また、演出制御部300は、RAM303(図3参照)の設定からパチンコ遊技機100の現在のモードフラグを参照する(ステップ2202)。そして、演出制御部300は、変動停止コマンドの解析の結果から得られる特別図柄変動が停止した際の図柄の種類を示す情報に基づいて特別図柄抽選の抽選結果が当たり(大当たりまたは小当たり)か否かを判断する(ステップ2203)。何らかの当たりである場合は(ステップ2203でYes)、その当たりの種類に応じて、図20に示した設定例に基づきRAM303にセットされているモードフラグを変更する(ステップ2204)。
FIG. 22 is a flowchart showing the contents of the changing effect end process (step 1907) of FIG.
In the process during the end of the change effect, the effect control unit 300 first analyzes the received change stop command (step 2201). Further, the effect control unit 300 refers to the current mode flag of the pachinko gaming machine 100 from the setting of the RAM 303 (see FIG. 3) (step 2202). Then, the production control unit 300 determines whether or not the lottery result of the special symbol lottery is based on the information indicating the type of the symbol when the special symbol variation obtained from the analysis result of the variation stop command is stopped (big hit or small hit). It is determined whether or not (step 2203). If it is any hit (Yes in Step 2203), the mode flag set in the RAM 303 is changed based on the setting example shown in FIG. 20 according to the type of hit (Step 2204).
一方、特別図柄抽選の抽選結果が当たりでない場合(ステップ2203でNo)、次に演出制御部300は、モードフラグの値が0か否かを調べる(ステップ2205)。モードフラグが0でない場合(ステップ2205でNo)、演出制御部300は、パラメータMを1減算し(ステップ2206)、Mの値が0になったか否かを調べる(ステップ2207)。Mの値が0になったならば(ステップ2207でYes)、演出制御部300は、モードフラグを0に設定する(ステップ2208)。   On the other hand, when the lottery result of the special symbol lottery is not successful (No in Step 2203), the effect control unit 300 next checks whether or not the value of the mode flag is 0 (Step 2205). When the mode flag is not 0 (No in Step 2205), the effect control unit 300 subtracts 1 from the parameter M (Step 2206), and checks whether the value of M has become 0 (Step 2207). If the value of M becomes 0 (Yes in Step 2207), the effect control unit 300 sets the mode flag to 0 (Step 2208).
ステップ2205でモードフラグが0であった場合(ステップ2205でYes)、ステップ2207でパラメータMの値が0にならなかった場合(ステップ2207でNo)、またはステップ2208でモードフラグを0に設定した後、あるいはステップ2204でモードフラグを変更した後、演出制御部300は、図柄変動の演出の終了を指示するための変動演出終了コマンドをRAM303にセットして、変動演出終了中処理を終了する(ステップ2209)。ここで、図20を参照すると、ステップ2204でモードフラグを変更した場合は、変動演出終了後の演出モードは当たりの種類に応じた演出モードとなる。また、ステップ2205でモードフラグが0であった場合およびステップ2208でモードフラグを0に設定した場合は、変動演出終了後の演出モードはAモードとなる。また、ステップ2207でパラメータMの値が0にならなかった場合は、これまでの演出モードが継続される。   If the mode flag is 0 in Step 2205 (Yes in Step 2205), if the value of the parameter M is not 0 in Step 2207 (No in Step 2207), or the mode flag is set to 0 in Step 2208 After or after changing the mode flag in step 2204, the effect control unit 300 sets a change effect end command for instructing the end of the effect of symbol change in the RAM 303, and ends the process during the end of the change effect ( Step 2209). Here, referring to FIG. 20, when the mode flag is changed in step 2204, the effect mode after the end of the change effect is an effect mode corresponding to the winning type. When the mode flag is 0 in step 2205 and when the mode flag is set to 0 in step 2208, the effect mode after the end of the change effect is the A mode. If the value of the parameter M does not become 0 in step 2207, the previous production mode is continued.
図23は、図19の当たり演出選択処理(ステップ1909)の内容を示すフローチャートである。
この当たり演出選択処理において、演出制御部300は、まず受信したオープニングコマンドを解析し(ステップ2301)、モードフラグに基づく演出モードの内容に応じて演出のパターン(当たり演出パターン)を選択する(ステップ2302)。そして、演出制御部300は、選択した演出パターンによる演出に用いられる画像データや音響データをROM302から読み出し、これらのデータと共に、選択した演出を指示する当たり演出開始コマンドをRAM303にセットして、当たり演出選択処理を終了する(ステップ2303)。これにより、大当たり中の演出が決定される。
FIG. 23 is a flowchart showing the contents of the hit effect selection process (step 1909) of FIG.
In the winning effect selection process, the effect control unit 300 first analyzes the received opening command (step 2301) and selects an effect pattern (winning effect pattern) according to the contents of the effect mode based on the mode flag (step 2301). 2302). Then, the effect control unit 300 reads out image data and sound data used for the effect by the selected effect pattern from the ROM 302, and sets a hit effect start command for instructing the selected effect in the RAM 303 together with these data. The effect selection process is terminated (step 2303). As a result, the performance during the big hit is determined.
図24は、図19のエンディング演出選択処理(ステップ1911)の内容を示すフローチャートである。
このエンディング演出選択処理において、演出制御部300は、まず受信したエンディングコマンドを解析し(ステップ2401)、モードフラグに基づく演出モードの内容に応じて演出のパターン(エンディング演出パターン)を選択する(ステップ2402)。そして、演出制御部300は、選択した演出パターンによる演出に用いられる画像データや音響データをROM302から読み出し、これらのデータと共に、選択した演出を指示するエンディング演出開始コマンドをRAM303にセットして、エンディング演出選択処理を終了する(ステップ2403)。
FIG. 24 is a flowchart showing the contents of the ending effect selection process (step 1911) of FIG.
In this ending effect selection process, the effect control unit 300 first analyzes the received ending command (step 2401), and selects an effect pattern (ending effect pattern) according to the contents of the effect mode based on the mode flag (step 2401). 2402). Then, the effect control unit 300 reads out image data and sound data used for the effect by the selected effect pattern from the ROM 302, and sets an ending effect start command for instructing the selected effect in the RAM 303 together with these data. The effect selection process is terminated (step 2403).
図25は、図19の客待ちコマンド受信処理(ステップ1912)の内容を示すフローチャートである。
演出制御部300は、客待ち状態に移行するための客待ちコマンドを受信したか否かを判断する(ステップ2501)。客待ちコマンドを受信した場合(ステップ2501でYes)、演出制御部300は、経過時間の計測を開始し(ステップ2502)、RAM303において計測フラグをONにする(ステップ2503)。一方、受信したコマンドが客待ちコマンドでなかった場合(ステップ2501でNo)、演出制御部300は、RAM303に保持されている計測フラグがONになっているか否かを判断する(ステップ2504)。計測フラグがOFFであれば(ステップ2504でNo)、客待ちコマンド受信処理を終了する。
FIG. 25 is a flowchart showing the contents of the customer waiting command reception process (step 1912) of FIG.
The production control unit 300 determines whether or not a customer waiting command for shifting to the customer waiting state has been received (step 2501). When the customer waiting command is received (Yes in step 2501), the effect control unit 300 starts measuring the elapsed time (step 2502) and turns on the measurement flag in the RAM 303 (step 2503). On the other hand, when the received command is not a customer waiting command (No in Step 2501), the effect control unit 300 determines whether or not the measurement flag held in the RAM 303 is ON (Step 2504). If the measurement flag is OFF (No in step 2504), the customer waiting command reception process is terminated.
計測フラグがONである場合(ステップ2504でYesまたはステップ2503でONにした後)、次に演出制御部300は、計測時間があらかじめ定められたタイムアップ時間に達したか否かを判断する(ステップ2505)。タイムアップしていない場合(ステップ2505でNo)、客待ちコマンド受信処理を終了する。一方、タイムアップした場合(ステップ2505でYes)、演出制御部300は、RAM303に保持されている計測フラグをOFFにし(ステップ2506)、客待ち演出を行うための客待ち演出コマンドをRAM303にセットして客待ちコマンド受信処理を終了する(ステップ2507)。   When the measurement flag is ON (Yes in step 2504 or after being turned ON in step 2503), the effect control unit 300 next determines whether or not the measurement time has reached a predetermined time-up time ( Step 2505). If the time is not up (No in step 2505), the customer waiting command reception process is terminated. On the other hand, when the time is up (Yes in Step 2505), the effect control unit 300 turns off the measurement flag held in the RAM 303 (Step 2506), and sets a customer waiting effect command for performing the customer waiting effect in the RAM 303. Then, the customer waiting command reception process ends (step 2507).
以上のようにして客待ちコマンド受信処理が完了すると、RAM303には、変動演出開始コマンド、変動演出終了コマンド、当たり演出開始コマンド、エンディング演出開始コマンド、客待ち演出コマンドのいずれかがセットされている。   When the customer waiting command reception process is completed as described above, the RAM 303 is set with any one of a variation effect start command, a variation effect end command, a winning effect start command, an ending effect start command, and a customer wait effect command. .
図26は、演出ボタン処理(図18(b)のステップ1812)の内容を示すフローチャートである。
この変動演出終了中処理において、演出制御部300は、まず遊技者による演出ボタン等が操作されたか否かを判断する(ステップ2601)。ここで、演出ボタン等の操作とは、演出ボタン161が押下されてONとなること、演出キー162の中央キーや周囲キーが押下されてONとなることを含む。また、タッチパネル等、演出ボタン161および演出キー162以外の操作用デバイスがパチンコ遊技機100に設けられている場合は、そのデバイスの操作を検知したことを含む。演出制御部300は、これらのデバイスのコントローラから操作信号を受け付けて、操作が行われたことを検知する。
FIG. 26 is a flowchart showing the contents of the effect button process (step 1812 in FIG. 18B).
In the process during the end of the variation effect, the effect control unit 300 first determines whether or not an effect button or the like by the player has been operated (step 2601). Here, the operation of the effect button or the like includes turning on the effect button 161 and turning it on when the center key or the surrounding key of the effect key 162 is pressed. In addition, when an operation device other than the effect button 161 and the effect key 162 such as a touch panel is provided in the pachinko gaming machine 100, this includes detecting the operation of the device. The effect control unit 300 receives an operation signal from the controller of these devices and detects that an operation has been performed.
演出ボタン等が操作されたならば(ステップ2601でYes)、演出制御部300は、演出ボタン等の操作内容を示す情報を含む演出ボタンコマンドをRAM303(図3参照)にセットして演出ボタン処理を終了する(ステップ2602)。   If an effect button or the like is operated (Yes in step 2601), the effect control unit 300 sets an effect button command including information indicating the operation content of the effect button or the like in the RAM 303 (see FIG. 3), and effects button processing is performed. Is finished (step 2602).
この後、演出制御部300は、図18(b)のコマンド送信処理(ステップ1813)を行って、上記のコマンド受信処理および演出ボタン処理でRAM303にセットされたコマンドを画像/音響制御部310およびランプ制御部320に送信する。そして、画像/音響制御部310およびランプ制御部320が、受信したコマンドに基づき、画像表示部114への画像表示、音響出力、可動役物115の動作、盤ランプ116や枠ランプ157の発光等を制御して、設定された演出を実行する。   Thereafter, the effect control unit 300 performs the command transmission process (step 1813) of FIG. 18B, and the command set in the RAM 303 by the above-described command reception process and effect button process is transmitted to the image / sound control unit 310 and Transmit to the lamp controller 320. Then, the image / sound control unit 310 and the lamp control unit 320 display an image on the image display unit 114, sound output, operation of the movable accessory 115, light emission of the panel lamp 116 and the frame lamp 157 based on the received command. Is controlled to execute the set effect.
〔振り分け装置10について〕
次に、遊技盤110の前面に配設される振り分け装置10(例えば図27参照)について説明する。ここにいう振り分け装置10は、遊技領域111(図1参照)に発射された遊技球を第1始動口121の方向または第2始動口122の方向に進ませるのに用いられるものである。すなわち、振り分け装置10は、振り分け装置10に進入した遊技球を第1始動口121の方向と第2始動口122の方向のいずれか一に振り分けるためのものである。なお、振り分け装置10の図示を図1では省略している。
付言すると、いずれか一に振り分けられた遊技球が、振り分けられた側の始動口121,122に必ず入球する構成(所謂こぼれない構成)のほか、必ず入球するとは限らない構成(所謂こぼれる構成)を採用することも考えられる。
[About sorting device 10]
Next, the distribution device 10 (see, for example, FIG. 27) disposed on the front surface of the game board 110 will be described. The sorting device 10 here is used to advance a game ball launched into the game area 111 (see FIG. 1) in the direction of the first start port 121 or the second start port 122. In other words, the sorting device 10 is for sorting the game balls that have entered the sorting device 10 into either the direction of the first start port 121 or the direction of the second start port 122. The distribution device 10 is not shown in FIG.
In addition, in addition to a configuration in which the game balls distributed to any one always enter the start ports 121 and 122 on the distributed side (a so-called non-spilling configuration), a configuration that does not necessarily enter the ball (so-called spills). It is also possible to adopt a configuration).
このような振り分け装置10は、遊技球を振り分けるための振り分け部材12を備えており(例えば図27参照)、かかる振り分け部材12が動く仕組みにより、振り分け装置10を分類することができる。すなわち、振り分け装置10は、外部から入力される駆動力で振り分け部材12が動く場合(駆動力入力)と、振り分けられる遊技球の自重により振り分け部材12が動く場合(遊技球の自重利用)と、に分類される。   Such a distribution device 10 includes a distribution member 12 for distributing game balls (see, for example, FIG. 27), and the distribution device 10 can be classified by a mechanism in which the distribution member 12 moves. In other words, the sorting device 10 includes a case where the sorting member 12 moves by driving force input from the outside (driving force input), and a case where the sorting member 12 moves by the weight of game balls to be sorted (use of the game ball's own weight). are categorized.
振り分け部材12の始動口121,122に対する状態切り換えに関して、振り分け装置10の種類を分けることができる。
まず、遊技球を第1始動口121の方向に振り分ける状態(第1始動口振り分け状態)と、遊技球を第2始動口122の方向に振り分ける状態(第2始動口振り分け状態)と、が選択的に出現するように構成される振り分け装置10を挙げることができる。
また、第1始動口振り分け状態と、第2始動口振り分け状態と、遊技球が第1始動口121の方向に振り分けられたり第2始動口122の方向に振り分けられたりするような状態(略均等振り分け状態)と、が選択的に出現するように構成される振り分け装置10を挙げることができる。
さらに、遊技球を第1始動口121の方向と第2始動口122の方向のうち予め定められた一の方向に振り分ける状態(特定方向振り分け状態)と、略均等振り分け状態と、が選択的に出現するように構成される振り分け装置10を挙げることができる。
このように、振り分け部材12の始動口121,122に対する姿勢に応じて、振り分け装置10の遊技球振り分け状態が変わる。
Regarding the state switching of the sorting member 12 with respect to the start ports 121 and 122, the type of the sorting device 10 can be classified.
First, a state in which game balls are distributed in the direction of the first start port 121 (first start port distribution state) and a state in which game balls are distributed in the direction of the second start port 122 (second start port distribution state) are selected. An example of the sorting apparatus 10 configured to appear automatically.
In addition, the first start port distribution state, the second start port distribution state, and a state in which game balls are distributed in the direction of the first start port 121 or in the direction of the second start port 122 (substantially equal) And a sorting apparatus 10 configured to selectively appear.
Furthermore, a state (specific direction distribution state) in which the game balls are distributed in a predetermined direction among the direction of the first start port 121 and the direction of the second start port 122 and a substantially equal distribution state are selectively performed. A distribution device 10 configured to appear may be mentioned.
Thus, the game ball distribution state of the distribution device 10 changes according to the attitude of the distribution member 12 with respect to the start ports 121 and 122.
以下、振り分け装置10を具体的に説明する。すなわち、上述した振り分け装置10についての種々の構成を示しつつ、説明する。なお、後述する振り分け装置10の構成は、その一例を示すものであってこれに限定されることはなく、その要旨を変更しない範囲で適宜変形することができる。   Hereinafter, the distribution device 10 will be specifically described. That is, it demonstrates, showing the various structures about the distribution apparatus 10 mentioned above. Note that the configuration of the sorting apparatus 10 described later is an example thereof, and is not limited thereto, and can be appropriately modified without changing the gist thereof.
〔振り分け装置10についての第1の構成例〕
まず、振り分け装置10についての第1の構成例を説明する。
図27は、第1の構成例に係る振り分け装置10を説明する正面図であり、同図の(a)、(b)および(c)の各々は、互いに異なる振り分け状態を示す。
同図に示すように、振り分け装置10は、遊技領域111の一部を振り分け領域とするためのカバー部10a,10bを備えている。このカバー部10aは、正面視で、振り分け装置10の左側に位置し、また、カバー部10bは、振り分け装置10の右側に位置する。
[First Configuration Example of Distribution Device 10]
First, the 1st structural example about the distribution apparatus 10 is demonstrated.
FIG. 27 is a front view illustrating the sorting apparatus 10 according to the first configuration example, and each of (a), (b), and (c) in FIG. 27 shows a different sorting state.
As shown in the figure, the distribution device 10 includes cover portions 10a and 10b for setting a part of the game area 111 as a distribution area. The cover portion 10 a is located on the left side of the sorting device 10 in a front view, and the cover portion 10 b is located on the right side of the sorting device 10.
カバー部10aとカバー部10bとの間には、流下する遊技球が進入する進入口10cが形成されている。そして、略中央に位置する進入口10cの下斜め左寄りに第1始動口121が位置し、また、進入口10cの下斜め右寄りには、電動チューリップ123を備える第2始動口122が位置する。
付言すると、振り分け装置10内において、進入口10cから第1始動口121に向かう領域10Lが存在し、また、進入口10cから第2始動口122に向かう領域10Rが存在する。
Between the cover part 10a and the cover part 10b, an entrance 10c into which a flowing game ball enters is formed. And the 1st starting port 121 is located in the diagonally lower left of the entrance 10c located in the approximate center, and the 2nd starting port 122 provided with the electric tulip 123 is located in the diagonally lower right of the entrance 10c.
In addition, in the sorting apparatus 10, there is a region 10L from the entrance 10c to the first start port 121, and a region 10R from the entrance 10c to the second start port 122.
振り分け装置10は、進入口10cに位置する遊技くぎ11と、遊技くぎ11の下方に位置し、進入口10cから進入する遊技球を左右に振り分ける作用を行う振り分け部材12と、を備えている。
この振り分け部材12は、回転軸12a周りを回転可能に遊技盤110(図1参照)に保持されている。この回転軸12aは、振り分け部材12において下端寄りに位置する。
The distribution device 10 includes a game nail 11 positioned at the entrance 10c and a distribution member 12 that is positioned below the game nail 11 and that distributes game balls entering from the entrance 10c to the left and right.
The sorting member 12 is held by the game board 110 (see FIG. 1) so as to be rotatable around the rotation shaft 12a. The rotating shaft 12a is positioned closer to the lower end of the sorting member 12.
さらに説明すると、振り分け部材12には、駆動源としてのモータ(不図示)の駆動力が伝達される。より具体的には、かかるモータ(不図示)は、遊技制御部200の制御下でランプ制御部320(図3参照)により駆動制御される。こうして、振り分け部材12は、外部から供給される駆動力により、回転軸12aを中心に回転し、第1始動口121および第2始動口122に対する姿勢を変える。
なお、本構成例では、振り分け部材12に対する遊技球の衝撃を緩和するために遊技くぎ11を備えるが、遊技くぎ11を備えない変形例も考えられる。
More specifically, a driving force of a motor (not shown) as a driving source is transmitted to the sorting member 12. More specifically, the motor (not shown) is drive-controlled by the lamp control unit 320 (see FIG. 3) under the control of the game control unit 200. Thus, the sorting member 12 rotates around the rotation shaft 12a by the driving force supplied from the outside, and changes the posture with respect to the first start port 121 and the second start port 122.
In this configuration example, the game nail 11 is provided in order to reduce the impact of the game ball on the sorting member 12, but a modification in which the game nail 11 is not provided is also conceivable.
図27の(a)を参照すると、振り分け装置10の振り分け部材12は、上端側が右側に傾いて位置し、カバー部10bに接している。すなわち、振り分け装置10内において、進入口10cと領域10Rとの間の連通を妨害する一方で、進入口10cと領域10Lとの間の連通を確保している。
これにより、進入口10cに進入した遊技球は、領域10R側の第2始動口122に入球し難くなり、領域10L側の第1始動口121に入球し易くなる。
Referring to (a) of FIG. 27, the sorting member 12 of the sorting apparatus 10 is positioned such that the upper end side is inclined to the right side and is in contact with the cover portion 10b. That is, in the sorting apparatus 10, while the communication between the entrance 10c and the area 10R is obstructed, the communication between the entrance 10c and the area 10L is ensured.
Thereby, it is difficult for a game ball that has entered the entrance 10c to enter the second start port 122 on the region 10R side, and to enter the first start port 121 on the region 10L side.
なお、本実施の形態では、進入口10cに進入せずに振り分け部材12の右側を流下する遊技球は、電動チューリップ123が開くタイミングで第2始動口122に入球する場合がある。すなわち、図27の(a)に示す場合、進入口10cから第1始動口121に入球し易くなると共に、電動チューリップ123が開くことで進入口10cを介さずに第2始動口122に入球するという事態も想定される。
このような事態としては、例えば右打ちの場合に、ゲート124への入球を契機に行われる普通図柄抽選の当選により電動チューリップ123が開くことで第2始動口122への入球が可能になる場面である。
In the present embodiment, a game ball that flows down the right side of the sorting member 12 without entering the entrance 10c may enter the second start port 122 at the timing when the electric tulip 123 opens. That is, in the case shown in FIG. 27A, it is easy to enter the first starting port 121 from the entrance 10c, and the electric tulip 123 opens to enter the second starting port 122 without passing through the entrance 10c. A situation of a ball is also assumed.
As such a situation, for example, in the case of right-handed, the electric tulip 123 is opened by the winning of the normal symbol lottery performed with the entrance to the gate 124, so that it is possible to enter the second starting port 122. It is a scene.
図27の(b)を参照すると、同図の(a)とは異なり、振り分け部材12の上端側は、左側に傾いて位置し、カバー部10aに接している。すなわち、振り分け部材12は、進入口10cと領域10Lとの間の連通を妨げる一方で、進入口10cと領域10Rとの間の連通を保つ。
これにより、発射された遊技球は、進入口10cから第2始動口122への入球が容易になり、進入口10cから第1始動口121への入球が困難になる。なお、電動チューリップ123が開くことにより、進入口10cから第2始動口122への入球がより確実になる。
Referring to (b) of FIG. 27, unlike (a) of FIG. 27, the upper end side of the sorting member 12 is inclined to the left and is in contact with the cover portion 10a. That is, the sorting member 12 prevents the communication between the entrance 10c and the region 10L, while maintaining the communication between the entrance 10c and the region 10R.
Thereby, the launched game ball can easily enter the second start port 122 from the entrance 10c, and it is difficult to enter the first start port 121 from the entrance 10c. In addition, when the electric tulip 123 is opened, the ball entering from the entrance 10c to the second start port 122 becomes more reliable.
図27の(c)を参照すると、同図の(a)および(b)と異なり、振り分け部材12の上端側は、カバー部10aに接しておらず、また、カバー部10bに接していない。より具体的には、振り分け部材12は、左側と右側のいずれにも傾いておらず、したがって、進入口10cと領域10Lとの間の連通が維持されると共に、進入口10cと領域10Rとの間の連通もまた維持される。これにより、進入口10cに進入した遊技球は、振り分け部材12内における自身の挙動に応じて、第1始動口121に入球したり第2始動口122に入球したりする。   Referring to (c) of FIG. 27, unlike (a) and (b) of FIG. 27, the upper end side of the sorting member 12 is not in contact with the cover portion 10a and is not in contact with the cover portion 10b. More specifically, the sorting member 12 is not inclined to either the left side or the right side, so that communication between the entrance 10c and the region 10L is maintained, and the entrance 10c and the region 10R are connected to each other. Communication between them is also maintained. Thereby, the game ball that has entered the entrance 10c enters the first start port 121 or enters the second start port 122 according to its own behavior in the sorting member 12.
より詳細に説明すると、進入口10cから第1始動口121に入球する確率と進入口10cから第2始動口122に入球する確率とは互いに略同じであるといえる(入球確率均等)。すなわち、図27の(c)の場合には、2つの始動口121,122の入球確率が均等であり、入球確率を偏らせて差異をもたせる同図の(a),(b)の場合(入球確率不均等)とは異なる。付言すると、同図の(a)の場合は、第1始動口121の入球確率が高くなり、同図の(b)の場合には、第2始動口122の入球確率が高くなる。
なお、ここに説明する入球確率は、電動チューリップ123が閉じている状態を前提としている。
More specifically, it can be said that the probability of entering the first starting port 121 from the entrance 10c and the probability of entering the second starting port 122 from the entrance 10c are substantially the same (equal entrance probability). . That is, in the case of (c) in FIG. 27, the entrance probabilities of the two start ports 121 and 122 are equal, and the entrance probabilities are biased to give a difference. This is different from the case (uneven pitch probability). In addition, in the case of (a) in the figure, the probability of entering the first start port 121 is high, and in the case of (b) in the figure, the probability of entering the second start port 122 is high.
The entrance probability described here is based on the assumption that the electric tulip 123 is closed.
このように構成された振り分け装置10において、遊技制御部200による振り分け部材12の振り分け態様の切り換え制御として、種々のものが考えられる。例えば3つの振り分け態様のうち任意の一を所定のタイミングで行う演出抽選の結果に応じて切り換える場合や、時間の経過と共に予め定められた順番で切り換える場合、始動口121,122への入球ごとに予め定められた順番で切り換える場合等である。   In the sorting apparatus 10 configured as described above, various types of switching control of the sorting mode of the sorting member 12 by the game control unit 200 can be considered. For example, when switching according to the result of the effect lottery in which any one of the three distribution modes is performed at a predetermined timing, or when switching in a predetermined order with the passage of time, for each ball entering the start ports 121 and 122 For example, when switching in a predetermined order.
ここで、図27に示す振り分け装置10についての種々の変形例が考えられる。すなわち、本実施の形態では、3つの振り分け態様を持つ振り分け装置10を採用するが、3つの振り分け態様のうちいずれか2つを持つ種々の変形例である。
一の変形例としては、図27の(a)の振り分け態様と同図の(b)の振り分け態様とを持ち、同図の(c)の均等振り分け態様を持たない例である。
Here, various modifications of the sorting apparatus 10 shown in FIG. 27 can be considered. That is, in the present embodiment, the sorting device 10 having three sorting modes is adopted, but various modified examples having any two of the three sorting modes.
As a modification, there is an example having the distribution mode shown in FIG. 27A and the distribution mode shown in FIG. 27B but not the equal distribution mode shown in FIG.
また、他の変形例として、図27の(a)または同図の(b)の振り分け態様と同図の(c)の振り分け態様とを持つ例も考えられる。すなわち、同図の(a)の振り分け態様と同図の(c)の振り分け態様とを持つ例や、同図の(b)の振り分け態様と同図の(c)の振り分け態様とを持つ例である。   As another modified example, an example having a distribution mode shown in FIG. 27A or FIG. 27B and a distribution mode shown in FIG. That is, an example having the distribution mode of (a) in the same figure and the distribution mode of (c) in the same figure, and an example having the distribution mode of (b) in the same figure and the distribution mode of (c) in the same figure It is.
より具体的には、入賞内容(例えば大当たりの種類や賞球の数等)が第1始動口121に入球した場合と第2始動口122に入球した場合とで互いに異なる場合において、遊技者にとって入賞内容が有利な方の振り分け態様と均等振り分け態様とを振り分け装置10が持つ例である。すなわち、始動口121,122のいずれか一方に入球を偏らせる状態と、それ以外の状態と、が選択的に行われるように構成した振り分け装置10である。
例えば、長当たりの割合が第1始動口121よりも第2始動口122の方が大きい場合(図17の(b)参照)、第2始動口122に偏らせる振り分け態様(図27の(b)参照)と均等振り分け態様(同図の(c)参照)とを振り分け装置10が持つようにする。また、内部状態が高確率であるときに低確率に転落する抽選(転落抽選)が第2始動口122の入賞内容に含まれる一方で第1始動口121の入賞内容に含まれない場合、振り分け装置10が、第1始動口121に偏らせる振り分け態様(図27の(a)参照)と均等振り分け態様(同図の(c)参照)とを持つようにする。
More specifically, in the case where the contents of winning (for example, the type of jackpot or the number of winning balls) are different between the case where the ball enters the first starting port 121 and the case where the ball enters the second starting port 122, the game This is an example in which the distribution device 10 has a distribution mode and a uniform distribution mode that are more advantageous to the winner. That is, the sorting apparatus 10 is configured to selectively perform a state in which a ball is biased to one of the start ports 121 and 122 and a state other than that.
For example, when the ratio of the length per second is larger at the second start port 122 than at the first start port 121 (see FIG. 17B), the distribution mode is biased toward the second start port 122 (FIG. 27B). )) And a uniform distribution mode (see (c) of FIG. 4). Further, when the lottery (falling lottery) that falls with a low probability when the internal state is high probability is included in the winning contents of the second starting port 122 but is not included in the winning contents of the first starting port 121, it is distributed. The apparatus 10 has a distribution mode (see FIG. 27A) that is biased toward the first start port 121 and a uniform distribution mode (see FIG. 27C).
また、振り分け装置10は3つの振り分け態様を持ち、内部状態に応じて振り分け態様の選択肢を変えるように制御する例も考えられる。例えば、通常は、3つの振り分け態様のうち任意の一を選択する制御を行い、かつ、時短中には、電動チューリップ123を備える第2始動口122により多くの遊技球が振り分けられるようにする例(図27の(b)参照)である。   Moreover, the distribution apparatus 10 has three distribution modes, and an example of controlling the distribution mode options according to the internal state is also conceivable. For example, normally, an example in which control is performed to select any one of three distribution modes and many game balls are distributed to the second start port 122 including the electric tulip 123 during a short period of time. (See (b) of FIG. 27).
〔振り分け装置10についての第2の構成例〕
次に、振り分け装置10についての第2の構成例を説明する。第2の構成例に係る振り分け装置10では、上述した第1の構成例とは異なり、後述するように駆動源を備えていない。
[Second Configuration Example of Sorting Device 10]
Next, the 2nd structural example about the distribution apparatus 10 is demonstrated. Unlike the first configuration example described above, the sorting apparatus 10 according to the second configuration example does not include a drive source as will be described later.
図28は、第2の構成例に係る振り分け装置10を説明する正面図であり、同図の(a)、(b)、(c)および(d)の順で一連の振り分け動作が行われる。なお、第2の構成例は、上述した第1の構成例と共通する構成・機能を有する部分があることから、共通する部分には同じ符号を用い、また、その説明や図示を省略することがある。第1の構成例について上述した各種の変形例を、第2の構成例に適用することが考えられ、また、第2の構成例の一部を第1の構成例に適用することや第1の構成例の一部を第2の構成例に適用することを排除するものでもない。   FIG. 28 is a front view illustrating the sorting apparatus 10 according to the second configuration example, and a series of sorting operations are performed in the order of (a), (b), (c), and (d) in FIG. . The second configuration example includes portions having the same configuration and function as the first configuration example described above. Therefore, the same reference numerals are used for the common portions, and descriptions and illustrations thereof are omitted. There is. Various modifications described above for the first configuration example may be applied to the second configuration example, and a part of the second configuration example may be applied to the first configuration example. It is not excluded to apply a part of the configuration example to the second configuration example.
振り分け装置10の振り分け部材12は、進入口10cに進入した遊技球の作用により、回転軸12a周りを回転する。すなわち、第2の構成例は、振り分けられる遊技球の自重および勢いを利用して振り分け態様を切り換えるものである。このように、第2の構成例は、駆動源の駆動力により振り分け態様を切り換える第1の構成例とは異なるものであり、そのために、第2の構成例における振り分け部材12は、第1の構成例の場合とは異なっている。   The sorting member 12 of the sorting device 10 rotates around the rotation shaft 12a by the action of the game ball that has entered the entrance 10c. That is, in the second configuration example, the distribution mode is switched using the weight and momentum of the game balls to be distributed. As described above, the second configuration example is different from the first configuration example in which the distribution mode is switched according to the driving force of the drive source. For this reason, the distribution member 12 in the second configuration example includes the first configuration example. This is different from the configuration example.
より具体的に説明すると、振り分け部材12は、回転軸12aよりも下方に位置する受け部13aおよび受け部13bを備えている。受け部13aと受け部13bとは、互いに異なる方向に延びている。より具体的には、受け部13aは領域10Lの方向に延び、また、受け部13bは領域10Rの方向に延びている。
受け部13a,13bは、振り分け部材12と共に一体に構成されており、振り分け部材12が回転軸12aを中心に回転すると、これに伴って回転する。また、受け部13a,13bの相対的な位置関係は変化せず、固定である。
More specifically, the sorting member 12 includes a receiving portion 13a and a receiving portion 13b that are positioned below the rotating shaft 12a. The receiving portion 13a and the receiving portion 13b extend in different directions. More specifically, the receiving portion 13a extends in the direction of the region 10L, and the receiving portion 13b extends in the direction of the region 10R.
The receiving portions 13a and 13b are integrally formed with the sorting member 12, and when the sorting member 12 rotates about the rotation shaft 12a, the receiving portions 13a and 13b rotate with this. Further, the relative positional relationship between the receiving portions 13a and 13b does not change and is fixed.
図28の(a)に示す状態は、振り分け部材12の上端側は右側に傾いて位置し、これにより、進入口10cと領域10Rとの間の連通を阻害している。そして、振り分け部材12の受け部13aは、進入口10cと領域10Lとの間を部分的に仕切るように位置する。すなわち、遊技球は、進入口10cから領域10Lに向かおうとするときには、受け部13aが邪魔をする。その一方で、後述するように、振り分け部材12の回転に伴い、進入口10cと領域10Lとの間が開放され、遊技球が領域10Lに向かうのを許容することになる。   In the state shown in FIG. 28A, the upper end side of the sorting member 12 is tilted to the right side, thereby hindering communication between the entrance 10c and the region 10R. The receiving portion 13a of the sorting member 12 is positioned so as to partially partition the entrance 10c and the region 10L. That is, when the game ball is going from the entrance 10c to the area 10L, the receiving portion 13a gets in the way. On the other hand, as will be described later, with the rotation of the sorting member 12, the space between the entrance 10c and the area 10L is opened, and the game ball is allowed to go to the area 10L.
より具体的に説明すると、流下する遊技球が振り分け装置10の進入口10cに進入する場合、図28の(a)に示すように、振り分け部材12の受け部13aがその遊技球を受ける。そして、遊技球の自重およびその勢いにより、同図の(b)に示すように、受け部13aすなわち振り分け部材12が下方への回転(反時計方向への回転)を行う。
さらに説明すると、振り分け部材12の回転により、受け部13aによる進入口10cと領域10Lとの間の部分的な仕切りがなくなり、遊技球は、第1始動口121に向けて落下していく。このように、遊技球は、自重およびその勢いにより振り分け部材12を回転させ、自身が進むための通路を形成する。
More specifically, when a flowing game ball enters the entrance 10c of the sorting apparatus 10, the receiving portion 13a of the sorting member 12 receives the game ball as shown in FIG. The receiving portion 13a, that is, the sorting member 12, rotates downward (rotation in the counterclockwise direction) as shown in FIG.
More specifically, due to the rotation of the sorting member 12, there is no partial partition between the entrance 10c and the region 10L by the receiving portion 13a, and the game ball falls toward the first start port 121. In this way, the game ball rotates the sorting member 12 by its own weight and its momentum, and forms a passage for the player to advance.
振り分け部材12が反時計方向に回転すると、振り分け部材12の上端側は、カバー部10aに接し、これにより回転停止する。振り分け部材12の上端側が左側に傾いて位置する状態では、進入口10cと領域10Lとの間の連通を阻害している。そして、振り分け部材12の受け部13bは、進入口10cと領域10Rとの間を部分的に仕切るように位置する。
このような状態において、後続の遊技球が進入口10cに侵入すると、図28の(c)に示すように、受け部13bがその遊技球を受ける。そして、受け部13bは遊技球の自重およびその勢いにより、同図の(d)に示すように、振り分け部材12が下方への回転(時計方向への回転)を行う。これにより、受け部13bによる進入口10cと領域10Rとの間の部分的な仕切りがなくなり、遊技球は、第2始動口122に向けて落下していく。
なお、振り分け部材12の時計方向の回転は、振り分け部材12の上端側がカバー部10bに接することで停止する。この状態は、同図の(a)に示す状態である。
When the sorting member 12 rotates counterclockwise, the upper end side of the sorting member 12 comes into contact with the cover portion 10a and thereby stops rotating. In a state where the upper end side of the sorting member 12 is inclined to the left side, communication between the entrance 10c and the region 10L is hindered. The receiving portion 13b of the sorting member 12 is positioned so as to partially partition the entrance 10c and the region 10R.
In this state, when a subsequent game ball enters the entrance 10c, the receiving portion 13b receives the game ball as shown in FIG. And the receiving part 13b rotates downward (rotation clockwise) as shown in (d) of the figure with the dead weight of the game ball and its momentum. Thereby, there is no partial partition between the entrance 10c and the region 10R by the receiving portion 13b, and the game ball falls toward the second start port 122.
The clockwise rotation of the sorting member 12 stops when the upper end side of the sorting member 12 contacts the cover portion 10b. This state is the state shown in FIG.
このように、第2の構成例に係る振り分け装置10は、振り分け部材12が遊技球の作用により振り子的な動きを行い、これにより、領域10Lへの落下と領域10Rへの落下という交互の振り分けが行われる。すなわち、上述した第1の構成例における3つの振り分け態様のうち、始動口121,122の入球確率をいずれかに偏らせる2つの振り分け態様(入球確率不均等)が交互に繰り返し行われる(図27の(a)および(b)参照)。
第2の構成例では、駆動源を備えておらず遊技球の自重を利用することから、第1の構成例に比し、振り分け装置10の構成を容易に簡素なものにすることができ、また、構成部品の数を減らすことが可能になる。
As described above, in the sorting device 10 according to the second configuration example, the sorting member 12 performs a pendulum-like movement by the action of the game ball. Is done. That is, of the three distribution modes in the first configuration example described above, two distribution modes (uneven pitch probability) that bias the entrance probability of the start ports 121 and 122 to any one are alternately repeated ( (See (a) and (b) of FIG. 27).
In the second configuration example, since the driving source is not provided and the weight of the game ball is used, the configuration of the sorting device 10 can be easily simplified as compared to the first configuration example. In addition, the number of components can be reduced.
〔振り分け装置10についての第3の構成例〕
さらに、振り分け装置10についての第3の構成例を説明する。第3の構成例に係る振り分け装置10では、上述した第1の構成例で備えている駆動源を備えていない。すなわち、振り分け装置10の振り分け部材12は、遊技球の自重および勢いを利用するものである。かかる点で、第3の構成例は、上述した第2の構成例と共通する。
[Third Configuration Example of Sorting Device 10]
Furthermore, the 3rd structural example about the distribution apparatus 10 is demonstrated. The sorting apparatus 10 according to the third configuration example does not include the drive source provided in the first configuration example described above. That is, the sorting member 12 of the sorting apparatus 10 uses the weight and momentum of the game ball. In this respect, the third configuration example is common to the above-described second configuration example.
図29は、第3の構成例に係る振り分け装置10を説明する正面図であり、同図の(a)、(b)および(c)の各々は、互いに異なる振り分け状態を示す。なお、第3の構成例は、上述した第1ないし第2の構成例と共通する構成・機能を有する部分があることから、共通する部分には同じ符号を用い、また、その説明や図示を省略することがある。第1ないし第2の構成例について上述した各種の変形例を、第3の構成例に適用することが考えられ、また、第3の構成例の一部を第1ないし第2の構成例に適用することや第1ないし第2の構成例の一部を第3の構成例に適用することを排除するものでもない。   FIG. 29 is a front view illustrating the sorting apparatus 10 according to the third configuration example, and each of (a), (b), and (c) in the same figure shows a different sorting state. In the third configuration example, since there are portions having the same configuration and function as the first to second configuration examples described above, the same reference numerals are used for the common portions, and descriptions and illustrations thereof are used. May be omitted. Various modifications described above for the first to second configuration examples may be applied to the third configuration example, and a part of the third configuration example may be applied to the first to second configuration examples. It does not exclude application or application of a part of the first or second configuration example to the third configuration example.
振り分け装置10の振り分け部材12は、回転軸12aよりも下方に延びる延在部14aを備えている。この延在部14aは、一方向に湾曲する湾曲部14bを下端に持つ。この湾曲部14bは、遊技球の一時的な載置が可能なように湾曲している。
より具体的には、延在部14aの湾曲部14bは、領域10Lの方向に湾曲し、略J字状である。
The sorting member 12 of the sorting apparatus 10 includes an extending portion 14a that extends downward from the rotating shaft 12a. The extending portion 14a has a curved portion 14b that curves in one direction at the lower end. The curved portion 14b is curved so that a game ball can be temporarily placed thereon.
More specifically, the curved portion 14b of the extending portion 14a is curved in the direction of the region 10L and is substantially J-shaped.
図29の(a)を参照すると、振り分け部材12の上端側は、カバー部10a,10bのいずれにも接しておらず、進入口10cと領域10Lとの間の連通が維持されると共に、進入口10cと領域10Rとの間の連通もまた維持される。このため、進入口10cに進入した遊技球は、振り分け部材12内における自身の挙動に応じて、領域10L側の第1始動口121に入球したり領域10R側の第2始動口122に入球したりする。すなわち、同図の(a)の場合では、第1始動口121に入球する確率と第2始動口122に入球する確率とが互いに略同じである(入球確率均等)。   Referring to (a) of FIG. 29, the upper end side of the sorting member 12 is not in contact with any of the cover portions 10a and 10b, and the communication between the entrance 10c and the region 10L is maintained and the entrance is made. Communication between the mouth 10c and the region 10R is also maintained. Therefore, the game ball that has entered the entrance 10c enters the first start port 121 on the region 10L side or enters the second start port 122 on the region 10R side according to its own behavior in the sorting member 12. Or a ball. In other words, in the case of (a) in the figure, the probability of entering the first start port 121 and the probability of entering the second start port 122 are substantially the same (equal entrance probability).
さらに説明すると、遊技球が、進入口10cから領域10Rに振り分けられると、第2始動口122に入球する可能性が高く、また、入球確率均等の状態(図29の(a)参照)が維持される。   More specifically, when the game balls are distributed from the entrance 10c to the area 10R, there is a high possibility that the game balls will enter the second start port 122, and the entrance probability is equal (see FIG. 29A). Is maintained.
また、遊技球が、進入口10cから領域10Lに振り分けられると、第1始動口121に直接的に入球する場合があるほか、振り分け部材12の湾曲部14bに落下して湾曲部14bにいったん載置される場合がある。前者の場合には、振り分け部材12が揺動せず或いはわずかに揺動するものの、入球確率均等の状態が維持される。
ところが、後者の場合には、遊技球の自重およびその勢いにより、それまでのバランスが崩れ、図29の(b)に示すように、振り分け部材12の延在部14aが領域10Rの方向(反時計方向)に回転する。これによって振り分け部材12の上端側がカバー部10aに接するようになる。すなわち、振り分け部材12は、進入口10cと領域10Lとの間が連通されなくなる一方で、進入口10cと領域10Rとの間が連通される。
したがって、振り分け部材12の湾曲部14bに遊技球が載置されると、その後に進入口10cに進入した遊技球は、第2始動口122へ容易に入球するようになり、その一方で、第1始動口121へ入球し難くなる。すなわち、入球確率均等の状態から入球確率不均等の状態に移行する。
In addition, when the game ball is distributed from the entrance 10c to the region 10L, the game ball may directly enter the first start port 121, or it may fall to the curved portion 14b of the distribution member 12 and temporarily enter the curved portion 14b. May be placed. In the former case, although the sorting member 12 does not swing or swings slightly, the state of uniform entrance probability is maintained.
However, in the latter case, the balance up to that time is lost due to the weight of the game ball and its momentum, and as shown in FIG. Rotate clockwise. As a result, the upper end side of the sorting member 12 comes into contact with the cover portion 10a. In other words, the sorting member 12 does not communicate between the entrance 10c and the region 10L, but communicates between the entrance 10c and the region 10R.
Therefore, when a game ball is placed on the curved portion 14b of the sorting member 12, the game ball that subsequently enters the entrance 10c can easily enter the second start port 122, It becomes difficult to enter the first start port 121. That is, the state shifts from a state with uniform entrance probability to a state with uneven entrance probability.
このような入球確率不均等の状態は、湾曲部14bに載置された遊技球が湾曲部14bから脱落するまで維持される。すなわち、湾曲部14bの遊技球は、安定して載置されているわけではなく、振り分け部材12の揺動や湾曲部14bの勢い等で遊技球は不安定に載置されることから、図29の(c)に示すように、やがて落下する。遊技球が湾曲部14bから落下すると、振り分け部材12自体のバランスに戻り、同図の(a)に示す入球確率均等の状態に移行する。   Such a state of uneven probability of entering the ball is maintained until the game ball placed on the bending portion 14b falls off the bending portion 14b. That is, the game ball of the bending portion 14b is not stably placed, and the game ball is placed unstable due to the swinging of the sorting member 12 or the momentum of the bending portion 14b. As shown in 29 (c), it will eventually fall. When the game ball falls from the curved portion 14b, the balance returns to the balance of the sorting member 12 itself, and the state shifts to a state where the ball entry probability is equal as shown in FIG.
このように、第3の構成例に係る振り分け装置10は、振り分け部材12が遊技球の作用により振り子的な動きを行い、これにより、領域10Lまたは領域10Rへの選択的な落下と領域10Rへの落下という振り分けが行われる。すなわち、上述した第1の構成例における3つの振り分け態様のうち、始動口121,122の入球確率を略同じにする振り分け態様(入球確率均等)と始動口122の入球確率を高める振り分け態様(入球確率不均等)とが交互に繰り返し行われる(図27の(b)および(c)参照)。   As described above, in the sorting device 10 according to the third configuration example, the sorting member 12 performs a pendulum movement by the action of the game ball, thereby selectively dropping into the region 10L or the region 10R and moving to the region 10R. The sort of falling is performed. That is, among the three distribution modes in the first configuration example described above, a distribution mode (equal pitch probability) that makes the entrance probability of the start ports 121 and 122 substantially the same and a distribution that increases the entrance probability of the start port 122. The mode (uneven pitch probability) is alternately repeated (see (b) and (c) of FIG. 27).
当然ながら、入球確率不均等の状態を、第2始動口122への入球確率を高める代わりに、第1始動口121への入球確率を高めるように構成する例も考えられる。
なお、振り分け部材12の湾曲部14bから落下した遊技球(図29の(c)参照)は、第1始動口121に入球する可能性を高めるように構成する例が考えられる。また、振り分け部材12がいつまでも小さく動いてしまう微動を抑制するためのダンパー(不図示)を振り分け装置10が備える例も考えられる。
As a matter of course, an example in which the state of uneven entrance probability is configured to increase the probability of entering the first start port 121 instead of increasing the probability of entering the second start port 122 is also conceivable.
In addition, the example comprised so that the possibility that the game ball | bowl (refer (c) of FIG. 29) which fell from the curved part 14b of the distribution member 12 may enter into the 1st starting port 121 can be considered. In addition, an example in which the sorting device 10 includes a damper (not shown) for suppressing fine movement in which the sorting member 12 moves small indefinitely is also conceivable.
〔振り分け装置10を適用する実施の形態についての説明〕
上述したように、本実施の形態に係るパチンコ遊技機100は、第1始動口121についての保留数と第2始動口122についての保留数との合計数の上限が8であり、第1始動口121についての保留数と第2始動口122についての保留数のそれぞれに上限が設定されているものではない。
そして、その場合の保留消化は、始動口121,122に入球した順番で行われ、第1始動口121と第2始動口122のいずれか一方が優先して保留消化されるものではない。
[Description of Embodiment to which Distribution Device 10 is Applied]
As described above, in the pachinko gaming machine 100 according to the present embodiment, the upper limit of the total number of the reserved number for the first start port 121 and the reserved number for the second start port 122 is 8, and the first start An upper limit is not set for each of the number of reservations for the mouth 121 and the number of reservations for the second start port 122.
In this case, the on-hold digestion is performed in the order in which the balls enter the start ports 121 and 122, and one of the first start port 121 and the second start port 122 is not preferentially digested.
また、本実施の形態に係るパチンコ遊技機100では、第1始動口121と第2始動口122とを横並びで配置し(例えば図1参照)、かつ第1始動口121への入球と第2始動口122への入球とを振り分けるための振り分け装置10を備えている。
なお、電動チューリップ123を第2始動口122に設けているが(例えば図1参照)、振り分け装置10の外に位置する別の始動口(不図示)に電動チューリップ123を設ける構成例も考えられる。
In the pachinko gaming machine 100 according to the present embodiment, the first start port 121 and the second start port 122 are arranged side by side (see, for example, FIG. 1), and the first start port 121 and the first start port 121 2 A sorting device 10 is provided for sorting the balls entering the starting port 122.
In addition, although the electric tulip 123 is provided in the 2nd starting port 122 (for example, refer FIG. 1), the structural example which provides the electric tulip 123 in another starting port (not shown) located outside the distribution apparatus 10 is also considered. .
上述した振り分け装置10を適用する場合の種々の実施の形態を以下説明する。なお、以下説明する実施の形態の各々における構成や制御の全部または一部を他の実施の形態に応用することは、本書に言及がなくても可能である。また、各実施の形態について種々の変形例を説明するが、かかる変形例を他の実施の形態に適用することは、本書に言及がない場合であっても可能である。   Various embodiments in the case of applying the sorting device 10 described above will be described below. Note that it is possible to apply all or part of the configuration and control in each of the embodiments described below to other embodiments without reference to this document. Various modifications of each embodiment will be described. However, it is possible to apply this modification to other embodiments even when there is no mention in this document.
〔第1の実施の形態〕
まず、第1の実施の形態について図30を用いて説明する。この第1の実施の形態は、振り分け装置10の振り分け態様を特別演出処理に対応して変更するものである。
第1の実施の形態では、上述した第1の構成例に係る振り分け装置10(図27参照)を用い、モータ(不図示)の駆動力で振り分け態様を変更する場合を説明する。
[First Embodiment]
First, the first embodiment will be described with reference to FIG. In the first embodiment, the distribution mode of the distribution device 10 is changed corresponding to the special effect process.
In the first embodiment, a case will be described in which the distribution mode is changed by the driving force of a motor (not shown) using the distribution device 10 (see FIG. 27) according to the first configuration example described above.
〔特別演出処理〕
ここで、特別演出処理は、演出制御部300により割り込み処理(図18の(b)参照)で行われるものであり、より具体的には、遊技演出モードと特別演出モードとの間の相互の切り替えを行う。
ここにいう遊技演出モードとは、遊技演出を行うモードをいい、ここにいう遊技演出とは、始動口121,122への入球等に応じて行われる抽選の結果による遊技の進行に基づいて行う演出をいい、遊技演出に用いる画像(抽選結果など)である遊技演出画像を画像表示部114(図1参照)に表示し、遊技演出に用いる音響(効果音など)をスピーカ156(図1参照)から流す。
[Special effects processing]
Here, the special effect process is performed by an interrupt process (see (b) of FIG. 18) by the effect control unit 300, and more specifically, between the game effect mode and the special effect mode. Switch.
The game effect mode here refers to a mode in which a game effect is performed, and the game effect here is based on the progress of the game based on the result of a lottery performed in accordance with the entrance to the start ports 121, 122, etc. A game effect image, which is an image (such as a lottery result) used for a game effect, is displayed on the image display unit 114 (see FIG. 1), and a sound (such as a sound effect) used for the game effect is displayed on a speaker 156 (FIG. 1). See).
また、ここにいう特別演出モードとは、予め定められた日時になると、抽選の結果による遊技の進行に基づいて行う演出とは別に実行する演出である特別演出を行うモードをいい、RTC304(図3参照)から提供される時間情報に応じて移行するものである。また、特別演出は、始動口121,122への入球等に応じて行われる抽選の結果以外の所定条件を満たすときに行われるものであり、抽選の結果による遊技の進行に基づいて行う演出には含まれない。
特別演出の一例を示すと、歌手グループの歌唱ステージである楽曲公演を演出内容とするものである。かかる場合には、特別演出に用いる画像(ステージ映像など)である特別演出画像が画像表示部114に表示され、特別演出に用いる音響(楽曲など)がスピーカ156から出力される。
このような特別演出モードへの移行は、複数のパチンコ遊技機100を同期させて行われる。通常、ホールにおける同一機種の複数のパチンコ遊技機100は、島と呼ばれる複数のパチンコ遊技機100が列状に並べられた状態で配置される。複数のパチンコ遊技機100を同期させて特別演出を行うことで、パチンコ遊技機100の各々の画像表示部114に特別演出の画像が一斉に表示され、各々のスピーカ156から特別演出に用いる音響が一斉に流される。
The special effect mode here refers to a mode for performing a special effect that is an effect executed separately from the effect performed based on the progress of the game based on the result of the lottery at a predetermined date and time. 3), and shifts in accordance with the time information provided. In addition, the special effect is performed when a predetermined condition other than the result of the lottery performed according to the entry to the start ports 121 and 122 is satisfied, and the effect is performed based on the progress of the game based on the result of the lottery. Is not included.
As an example of the special production, the performance content is a musical performance that is a singing stage of the singer group. In such a case, a special effect image that is an image (such as a stage image) used for the special effect is displayed on the image display unit 114, and sound (such as music) used for the special effect is output from the speaker 156.
The transition to the special effect mode is performed by synchronizing a plurality of pachinko gaming machines 100. Normally, a plurality of pachinko gaming machines 100 of the same model in a hall are arranged in a state where a plurality of pachinko gaming machines 100 called islands are arranged in a line. By performing a special effect by synchronizing a plurality of pachinko gaming machines 100, images of the special effects are simultaneously displayed on each image display unit 114 of the pachinko gaming machine 100, and the sound used for the special effects is output from each speaker 156. It is swept away all at once.
〔特別演出処理でのモード移行制御について〕
図30は、第1の実施の形態におけるモード移行を説明するタイムチャートであり、(a)は、特別演出モードの移行タイミング例を説明するものであり、(b)は、特別演出モード移行後の演出内容例を説明するものである。
同図の(a)に示すように、パチンコ遊技機100(図1参照)の電源が投入されると、遊技演出モードに設定された状態になる。その後、予め定められた時間になると、遊技演出モードから特別演出モードに移行する。そして、1回目の特別演出モードにおける特別演出が終了すると、特別演出モードから遊技演出モードに移行する。このような特別演出モードへの移行は、ホール店で遊技可能な時間帯に複数回行われる。
[Regarding mode transition control in special effect processing]
FIG. 30 is a time chart for explaining the mode transition in the first embodiment, (a) illustrates an example of the transition timing of the special effect mode, and (b) is after the special effect mode transition. An example of the contents of the production will be described.
As shown to (a) of the figure, when the power of the pachinko gaming machine 100 (see FIG. 1) is turned on, the game effect mode is set. Thereafter, when a predetermined time is reached, the game effect mode is shifted to the special effect mode. When the special effect in the first special effect mode ends, the special effect mode shifts to the game effect mode. Such a transition to the special effect mode is performed a plurality of times in a time zone in which a game can be played in the hall store.
図30の(a)に示すように、電源投入が9時30分になされて遊技演出モードに設定された場合、10時29分になった時点で、1回目の特別演出モードに移行する。そして、1回目の特別演出モードにおける特別演出が終了すると、再び遊技演出モードに移行する。また、11時29分になった時点で2回目の特別演出モードに移行し、2回目の特別演出モードの特別演出が終了すると、再び遊技演出モードに移行する。そして、21時29分に最後の12回目の特別演出モードへの移行が実行される。このように、特別演出モードへ移行する割り込みが1時間ごとに行われる。   As shown in FIG. 30A, when the power is turned on at 9:30 and the game effect mode is set, at 10:29, the first special effect mode is entered. When the special effect in the first special effect mode ends, the game effect mode is entered again. Moreover, when it becomes 11:29, it transfers to the 2nd special production mode, and when the special production of the 2nd special production mode is complete | finished, it transfers to a game production mode again. Then, at 21:29, the transition to the last twelfth special effect mode is executed. In this way, an interruption for shifting to the special performance mode is performed every hour.
そして、特別演出モードへの移行は、タイマによって計測する時間およびRTC304(図3参照)から提供される時間情報に基づいて管理される。
まず、特別演出モードに移行するタイミングは、タイマによって計測する時間に基づいて行う。タイマは、電源投入を契機として計測を開始するように設定されている。そして、タイマによって計測される時間が予め定められた値になった時点で、特別演出モードに移行するタイミングになる。タイマで計測される時間は、複数回の特別演出モードへの移行タイミングの回数分だけ設定される。
The transition to the special effect mode is managed based on the time measured by the timer and the time information provided from the RTC 304 (see FIG. 3).
First, the timing for shifting to the special effect mode is performed based on the time measured by the timer. The timer is set to start measurement when power is turned on. When the time measured by the timer reaches a predetermined value, it is time to shift to the special effect mode. The time measured by the timer is set as many times as the number of times of transition to the special performance mode.
例えば、予めタイマによって計測される時間が0°59’00”になった時点で1回目の特別演出モードに移行するようにセットされる。1回目の特別演出モードの移行は10時29分に設定されており、電源投入が9時30分に行われる場合、59分後の10時29分に1回目の特別演出モードに移行する。   For example, when the time measured by the timer in advance becomes 0 ° 59'00 ", the first special performance mode is set to shift to 10:29. If the power is turned on at 9:30, the first special effect mode is entered at 10:29 after 59 minutes.
また、RTC304(図3参照)の時間に基づいて、特別演出モードに移行することを許可する許可状態の設定を行う。そして、タイマによる時間の計測に基づく特別演出モードへの移行のタイミングが、RTC304(図3参照)によって設定された許可状態となる時間内に限って、特別演出モードの移行を許可する。一方、タイマによる時間の計測に基づく特別演出モードへの移行のタイミングが許可状態の時間外であれば、特別演出モードには移行しない。
例えば、図30の(b)に示すように、10時29分が設定時間である1回目の特別演出モードに対しては、前後30秒間の時間幅をもたせ、RTC304(図3参照)の時間で10時28分30秒から10時29分30秒までを許可状態の期間として設定している。
In addition, based on the time of RTC 304 (see FIG. 3), a permission state for permitting the transition to the special effect mode is set. Then, the transition to the special effect mode is permitted only during the time when the transition to the special effect mode based on the time measurement by the timer is in the permission state set by the RTC 304 (see FIG. 3). On the other hand, if the timing of shifting to the special effect mode based on the time measurement by the timer is outside the permitted time, the special effect mode is not transferred.
For example, as shown in FIG. 30B, for the first special effect mode in which the set time is 10:29, a time width of 30 seconds before and after is provided, and the time of RTC 304 (see FIG. 3). The period from 10:28:30 to 10:29:30 is set as the permitted period.
そして、タイマによる時間の計測に加え、RTC304(図3参照)の時間を加味することによって、特別演出モードの実際に移行する日時が管理される。
これによって、予め定められた日付までは楽曲発表を待機させる状態とし、その日付以降になった場合に楽曲発表を行うという設定が可能になる。なお、その日付以降であっても、予定していた電源投入時間とは異なるタイミングで電源投入が行われた場合には、予定外のタイミングでの特別演出モードへの移行が行われない。
In addition to the time measurement by the timer, the date and time when the special effect mode is actually shifted is managed by taking into account the time of the RTC 304 (see FIG. 3).
As a result, it is possible to set the state where the music announcement is made to wait until a predetermined date, and the music announcement is made after that date. Even after that date, if the power is turned on at a timing different from the scheduled power-on time, the transition to the special effect mode at an unscheduled timing is not performed.
なお、RTC304(図3参照)の時間に基づいて、複数のパチンコ遊技機100の同期演出を行うように構成しても構わない。ただし、RTC304は、固体差によって若干の時間ずれが生じるおそれがある。そこで、本実施の形態では、電源投入を契機として計測を開始するタイマに基づくことで、特別演出モードへの移行タイミングについて複数のパチンコ遊技機100間で同期しているように構成している。   In addition, you may comprise so that the synchronous effect of several pachinko gaming machines 100 may be performed based on the time of RTC304 (refer FIG. 3). However, the RTC 304 may cause a slight time lag due to the difference in individual. Therefore, in the present embodiment, the timing for shifting to the special effect mode is synchronized between the plurality of pachinko gaming machines 100 by using a timer that starts measurement upon power-on.
図30の(b)に示すように、特別演出モードは、楽曲公演の告知である公演告知を行う公演告知モードと、楽曲公演を行う楽曲公演モードと、によって構成される。
特別演出モードにおける公演告知モードとは、楽曲公演モードの設定時間前の一定時間(開始時間の60秒前から楽曲公演の開始時間まで期間)に設定されるモードをいい、間もなく楽曲公演が行われる旨のメッセージを表示する画像を用いる公演告知を行う。
As shown in FIG. 30 (b), the special performance mode is composed of a performance notification mode for performing a performance announcement, which is a notification of a music performance, and a music performance mode for performing a music performance.
The performance announcement mode in the special performance mode is a mode that is set for a certain time (period from 60 seconds before the start time to the start time of the music performance) before the set time of the music performance mode, and the music performance will be performed soon. A performance announcement is made using an image displaying a message to that effect.
例えば1回目の特別演出モードにおける楽曲公演の開始時間は10時30分に設定される場合、1回目の公演告知モードの設定期間は、10時29分から10時30分までの期間に設定される。そして、公演告知を開始するときには、10時29分から10時30分まで期間におけるいずれかのタイミングで実行する。なお、例えば1回目の特別演出モードにおける公演告知モードの設定時間になったか否かは、上述したように、タイマによって計測される電源投入からの経過時間に基づいて行う。
なお、公演告知モードにおいて実際に公演公知を行うタイミングは、抽選の結果による遊技の進行に応じて異なる。また、抽選の結果による遊技の進行によっては、公演告知モードの設定時間内に公演告知を行わない場合もある。
For example, when the start time of the music performance in the first special performance mode is set to 10:30, the setting period of the first performance notification mode is set to a period from 10:29 to 10:30. . And when performance announcement is started, it is executed at any timing in the period from 10:29 to 10:30. Note that, for example, whether or not the set time for the performance announcement mode in the first special performance mode has been reached is determined based on the elapsed time from the power-on measured by the timer as described above.
Note that the timing of actually publicizing the performance in the performance announcement mode varies depending on the progress of the game based on the lottery result. Depending on the progress of the game based on the result of the lottery, the performance announcement may not be performed within the set time of the performance announcement mode.
特別演出モードにおける楽曲公演モードとは、予め定められた日時に楽曲公演を行うモードをいう。楽曲公演モードにおいて、楽曲公演は、例えば抽選の結果による遊技の進行に関わらず、予め定めた日時に必ず実行する。本実施の形態では、楽曲公演は、300秒間行うように設定している。
図30の(b)に示すように、1回目の特別演出モードにおける楽曲公演の開始時間は、10時30分に設定される場合、1回目の楽曲公演は、10時30分になった時点で開始する。なお、例えば1回目の特別演出モードにおける楽曲公演の開始時間になったか否かは、上述のとおり、タイマによって計測される電源投入からの経過時間に基づいて行う。
The music performance mode in the special performance mode refers to a mode in which a music performance is performed at a predetermined date and time. In the music performance mode, the music performance is always executed at a predetermined date and time, regardless of the progress of the game based on the result of the lottery, for example. In this embodiment, the music performance is set to be performed for 300 seconds.
As shown in FIG. 30 (b), when the start time of the music performance in the first special performance mode is set to 10:30, the time when the first music performance is 10:30 Start with. Note that, for example, whether or not the start time of the music performance in the first special performance mode is reached is based on the elapsed time from the power-on measured by the timer as described above.
〔モード移行制御に伴う振り分け態様の変更〕
このような特別演出処理によって遊技演出モードと特別演出モードとが切り換えられるのに対応して、振り分け装置10の振り分け態様が変更される。すなわち、遊技制御部200は、遊技演出モードでの振り分け態様と特別演出モードでの振り分け態様とが互いに異なるように振り分け装置10を制御する。
付言すると、かかる遊技制御部200の制御は、演出制御部300が備えるRTC304およびタイマを遊技制御部200が備え、モード移行タイミングを取得することで実現される。
[Changing the distribution mode associated with mode transition control]
Corresponding to the switching between the game effect mode and the special effect mode by such special effect processing, the distribution mode of the distribution device 10 is changed. In other words, the game control unit 200 controls the distribution device 10 so that the distribution mode in the game effect mode and the distribution mode in the special effect mode are different from each other.
In other words, the control of the game control unit 200 is realized by the game control unit 200 including the RTC 304 and the timer included in the effect control unit 300 and acquiring the mode transition timing.
より詳細には、図30の(b)に示すように、区間L1と区間L2とで振り分け装置10の振り分け態様を変える。遊技演出モードの場合は区間L1であり、また、特別演出モードにおける公演告知モードの場合も区間L1に含まれる。また、特別演出モードにおける楽曲公演モードの場合は区間L2である。
なお、特別演出モードにおける公演告知モードの場合を区間L2に含ませる変形例も考えられる。
More specifically, as shown in FIG. 30B, the distribution mode of the distribution device 10 is changed between the section L1 and the section L2. In the case of the game effect mode, it is the section L1, and the case of the performance announcement mode in the special effect mode is also included in the section L1. In the case of the music performance mode in the special performance mode, it is the section L2.
In addition, the modification which includes in the area L2 the case of the performance notification mode in special production mode is also considered.
振り分け装置10の振り分け態様を変更する仕方としては、区間L2における振り分け態様が、区間L1における振り分け態様よりも遊技者に有利となるようにする。例えば、長当たりの割合が第1始動口121よりも第2始動口122の方が大きいときには(図17の(b)参照)、第2始動口122の入球確率を区間L1の場合よりも区間L2の方で大きくする入球確率変更の制御を挙げることができる。   As a way of changing the distribution mode of the distribution device 10, the distribution mode in the section L2 is more advantageous to the player than the distribution mode in the section L1. For example, when the ratio per length is greater in the second start port 122 than in the first start port 121 (see FIG. 17B), the entrance probability of the second start port 122 is set to be greater than that in the section L1. A control of changing the probability of entering to be increased in the section L2 can be given.
そのような入球確率変更の制御を実現するために、例えば区間L1では第2始動口122に入り難い状態であり、区間L2では第2始動口122に入り易い状態であるようにすることが考えられる。その一例としては、区間L1では、第1始動口121の入球確率に対する第2始動口122の入球確率が1/5であるのに対し、区間L2では、第1始動口121の入球確率に対する第2始動口122の入球確率が5であるものである。
なお、このような入球確率の偏りを予め定められた値に固定する場合のほか、入球確率が偏っている複数の選択肢を用意しておき、複数の選択肢のうちいずれか一を抽選で決定する場合も考えられる。
In order to realize such control of changing the probability of entering the ball, for example, it is difficult to enter the second start port 122 in the section L1 and to enter the second start port 122 in the section L2. Conceivable. As an example, in the section L1, the entrance probability of the second start port 122 with respect to the entrance probability of the first start port 121 is 1/5, whereas in the section L2, the entrance of the first start port 121 The entrance probability of the second start port 122 with respect to the probability is 5.
In addition to fixing the bias of the probability of entering a ball to a predetermined value, a plurality of options with a biased probability of entering a ball are prepared, and any one of the options is selected by lottery. It is also possible to decide.
このような偏った入球確率の形成方法としては、区間L1では振り分け装置10の振り分け部材12が右側に傾く時間が長くなり、また、区間L2では左側に傾く時間が長くなるように制御することが考えられる。
その一制御例としては、区間L1は、振り分け部材12が右側に傾いて停止する状態(図27の(a)参照)が左側に傾いて停止する状態(同図の(b)参照)およびいずれにも傾いていない状態(同図の(c)参照)よりも長く維持されるように制御し、区間L2は、左側に傾いて停止する状態が右側に傾いて停止する状態およびいずれにも傾いていない状態よりも長く維持されるように制御する。
別の制御例としては、振り分け部材12が左方向および右方向の連続的な往復移動をする場合において、区間L1では振り分け部材12が起立する状態(図27の(c)参照)から右側に位置するときの動作が左側に位置するときの動作に比べてゆっくりである。そして、区間L2では逆になり、振り分け部材12が左側に位置するときの動作が右側に位置するときの動作に比べてゆっくりである。
As a method for forming such a biased entrance probability, control is performed so that the time during which the sorting member 12 of the sorting device 10 tilts to the right is increased in the section L1 and the time to tilt to the left is increased in the section L2. Can be considered.
As an example of the control, in the section L1, the state in which the sorting member 12 is tilted to the right and stopped (see FIG. 27A) is tilted to the left (see FIG. 27B) and any The section L2 is controlled so as to be maintained longer than the state that is not inclined (see (c) in the figure), and the section L2 is inclined to the left and is stopped to the right and is inclined to the right. It is controlled so that it is maintained longer than the state where it is not.
As another control example, when the sorting member 12 continuously reciprocates in the left direction and the right direction, the section 12 is positioned on the right side from the state in which the sorting member 12 stands up (see FIG. 27C). The operation when doing is slower than the operation when it is located on the left side. And it becomes reverse in the section L2, and the operation when the sorting member 12 is located on the left side is slower than the operation when it is located on the right side.
また上述した入球確率変更の制御を実現するために、例えば区間L2では区間L1に比べて第2始動口122に入り易いようにすることが考えられる。その一例としては、区間L1では、振り分け装置10を、第1始動口121の入球確率と第2始動口122の入球確率とが略同じとなるようにし(図27の(c)参照)、区間L2では、第2始動口122の入球確率が高くなるようにする(同図の(b)参照)ものである。
また、他の例としては、振り分け装置10の振り分け部材12が左方向および右方向の連続的な往復移動をする場合において、振り分け部材12の移動速度が区間L1では等速である一方で、区間L2では第2始動口122へ振り分けられる状態が区間L1の場合よりも長時間になるように変速する制御例も考えられる。
Further, in order to realize the above-described control of changing the probability of entering the ball, for example, it is conceivable to make it easier to enter the second start port 122 in the section L2 than in the section L1. As an example, in the section L1, the sorting device 10 is set so that the entrance probability of the first start port 121 and the entrance probability of the second start port 122 are substantially the same (see FIG. 27C). In the section L2, the entrance probability of the second start port 122 is increased (see (b) in the figure).
As another example, when the sorting member 12 of the sorting device 10 continuously reciprocates in the left and right directions, the moving speed of the sorting member 12 is constant in the section L1, while the section In L2, a control example in which shifting is performed so that the state assigned to the second start port 122 is longer than in the case of the section L1 is also conceivable.
〔各種の変形例について〕
なお、第1の構成例に係る振り分け装置10(図27参照)の代わりに、上述した第3の構成例に係る振り分け装置10(図29参照)を適用することも考えられる。より具体的には、図30の(b)に示す区間L1では、入球確率均等の状態(図27の(c)参照)を維持するように、振り分け部材12が回転軸12aを中心として回転しないようにする(回転禁止)。そして、図30の(b)に示す区間L2では、振り分け部材12が回転軸12aを中心として回転可能なようにする(回転許容)。このような回転禁止と回転許容との相互変更は、振り分け部材12を一時的に固定する機構(不図示)を備え、かかる機構の操作を遊技制御部200による制御で行うことで実現可能である。
[Various variations]
Note that, instead of the distribution device 10 according to the first configuration example (see FIG. 27), the distribution device 10 according to the third configuration example (see FIG. 29) may be applied. More specifically, in the section L1 shown in FIG. 30 (b), the sorting member 12 rotates about the rotation axis 12a so as to maintain a uniform entrance probability state (see FIG. 27 (c)). (Do not rotate) Then, in the section L2 shown in FIG. 30B, the sorting member 12 is allowed to rotate around the rotation shaft 12a (rotation allowed). Such mutual change between the prohibition of rotation and the allowance of rotation can be realized by providing a mechanism (not shown) for temporarily fixing the sorting member 12 and performing the operation of the mechanism under the control of the game control unit 200. .
第1の実施の形態では、振り分け装置10における振り分け態様を変更するタイミング(切り換えタイミング)として、所定時間ごとに行われる特別演出を契機にする場合を説明したが、特別演出が電源投入からの所定時間ごとに行われる場合にも同様に適用することが考えられる。このような所定時間ごとの場合や電源投入からの所定時間ごとの場合には、他のパチンコ遊技機100と同期して振り分け態様が変更されることになる。
また、振り分け態様を変更するタイミングの他の場合としては、電源投入から所定回転数に達するまでを区間L2(図30の(b)参照)の場合の振り分け態様とし、所定回転数に達すると区間L1(同図の(b)参照)の場合の振り分け態様とすることも考えられる。
また他の場合としては、大当たり後の所定回転数後(後述する第2の実施の形態における図31の(b)を参照)とすることも考えられる。すなわち、大当たり終了後の所定回転数になった時点からさらに数回転経過した時点までを区間L2(図30の(b)参照)の場合の振り分け態様とし、それ以外を区間L1(同図の(b)参照)の場合の振り分け態様とすることである。
In the first embodiment, a case has been described in which a special effect performed every predetermined time is used as a timing for changing the distribution mode in the distribution device 10 (switching timing). It can be considered that the same applies to the case where it is performed every hour. In such a case of every predetermined time or every predetermined time after the power is turned on, the distribution mode is changed in synchronization with other pachinko gaming machines 100.
Further, as another case of changing the distribution mode, the distribution mode in the case of the section L2 (see FIG. 30B) from when the power is turned on until the predetermined rotation speed is reached, and when the predetermined rotation speed is reached, the section It is also conceivable to adopt a sorting mode in the case of L1 (see (b) in the figure).
As another case, it is conceivable that after a predetermined number of rotations after a big hit (see FIG. 31B in the second embodiment described later). That is, the distribution mode in the section L2 (see FIG. 30B) from the time when the predetermined number of revolutions after the jackpot is reached to the time when a further number of revolutions elapses is used, and the other section L1 ( In the case of b), the distribution mode is as follows.
〔第1の実施の形態が有する意義について〕
次に、第1の実施の形態が有する意義について改めて説明する。
ホール店にて遊技を長く続けていると、遊技に対する集中力の維持が難しくなる。そのため、従来から、例えば演出面で種々の工夫をして遊技者の集中力を維持回復しようとする。しかしながら、そのような遊技に伴う演出は、賞球に関するものではないことから、その効果を期待できなくなってしまうことも予想される。
[Significance of the first embodiment]
Next, the significance of the first embodiment will be described again.
If you keep playing games in hall stores for a long time, it will be difficult to maintain your concentration. Therefore, conventionally, for example, various attempts have been made to produce and maintain the player's concentration. However, since the effects associated with such games are not related to the prize ball, it is expected that the effect cannot be expected.
かかる課題を解決するための構成は、遊技領域111に遊技球が打ち出されて遊技が行われる遊技機100であって、遊技領域111に配設され、遊技球が入球すると大当たり抽選が行われる第1の始動口121および第2の始動口122と、遊技球が前記第1の始動口121と前記第2の始動口122のいずれか一方に入球し易い第1の振り分け状態と、当該第1の始動口121と当該第2の始動口122との遊技球の振り分けに関して当該第1の振り分け状態以外の状態である第2の振り分け状態と、を持つ振り分け手段10と、を備えることを特徴とするものである。
ここで、所定の条件を満たす場合、前記振り分け手段10における前記第1の振り分け状態から前記第2の振り分け状態への切り換えまたは当該第2の振り分け状態から当該第1の振り分け状態への切り換えを行う切り換え制御手段201をさらに備えることを特徴とすることができる。
また、前記振り分け手段10に前記第1の振り分け状態と前記第2の振り分け状態とが所定の割合で出現するように制御する割合制御手段201をさらに備えることを特徴とすることができる。
A configuration for solving such a problem is a gaming machine 100 in which a game ball is launched into the game area 111 and is played, and is arranged in the game area 111, and a big hit lottery is performed when the game ball enters. The first start port 121 and the second start port 122, the first distribution state in which the game ball easily enters one of the first start port 121 and the second start port 122, and A distribution means 10 having a second distribution state that is a state other than the first distribution state with respect to the distribution of game balls between the first start port 121 and the second start port 122; It is a feature.
Here, when a predetermined condition is satisfied, the distribution unit 10 switches from the first distribution state to the second distribution state or switches from the second distribution state to the first distribution state. A switching control unit 201 may be further provided.
The distribution unit 10 may further include a ratio control unit 201 that controls the first distribution state and the second distribution state to appear at a predetermined ratio.
付言すると、第1の実施の形態に係るパチンコ遊技機100(図1参照)は、遊技機の一例である。
第1始動口121(図1、図27、図28または図29参照)は第1の始動口の一例であり、第2始動口122(図1、図27、図28または図29参照)は第2の始動口の一例である。振り分け装置10(図27、図28または図29参照)は振り分け手段の一例である。
図27において(a)に示す状態が第1の振り分け状態の一例である場合、(b)または(c)に示す状態は第2の振り分け状態の一例である。
図28において(a)に示す状態が第1の振り分け状態の一例である場合、(b)に示す状態は第2の振り分け状態の一例であり、また、同図において(b)に示す状態が第1の振り分け状態の一例である場合、(a)に示す状態は第2の振り分け状態の一例である。
図29において(b)に示す状態が第1の振り分け状態の一例であり、(a)に示す状態は第2の振り分け状態の一例である。
遊技制御部200のCPU201(図3参照)は、切り換え制御手段の一例であり、割合制御手段の一例である。
In addition, the pachinko gaming machine 100 (see FIG. 1) according to the first embodiment is an example of a gaming machine.
The first start port 121 (see FIG. 1, FIG. 27, FIG. 28 or FIG. 29) is an example of the first start port, and the second start port 122 (see FIG. 1, FIG. 27, FIG. 28 or FIG. 29) is It is an example of the 2nd starting opening. The distribution device 10 (see FIG. 27, FIG. 28 or FIG. 29) is an example of a distribution unit.
In FIG. 27, when the state shown in (a) is an example of the first distribution state, the state shown in (b) or (c) is an example of the second distribution state.
In FIG. 28, when the state shown in (a) is an example of the first distribution state, the state shown in (b) is an example of the second distribution state, and the state shown in (b) in FIG. When it is an example of a 1st distribution state, the state shown to (a) is an example of a 2nd distribution state.
In FIG. 29, the state shown in (b) is an example of the first distribution state, and the state shown in (a) is an example of the second distribution state.
The CPU 201 (see FIG. 3) of the game control unit 200 is an example of a switching control unit and an example of a ratio control unit.
第1の実施の形態によれば、遊技中の遊技者の集中力の維持回復を効果的に行うことが可能になる。
すなわち、第1の実施の形態では、始動口121,122への入球確率を変更可能な振り分け装置10(図27〜図29参照)を備えるパチンコ遊技機100において、第2始動口122よりも第1始動口121に入球し易い状態(例えば図27の(a)参照)と、第1始動口121よりも第2始動口122に入球し易い状態(例えば図27の(b)、図29の(b)・(c)参照)と、第1始動口121への入球確率と第2始動口122への入球確率とが略等しい状態(例えば図27の(c)、図29の(a)参照)のうち、少なくともいずれか二つを切り換え可能に構成していることで、遊技性を高めることが可能になる。
これにより、遊技者にとって魅力的な状態を提供することが可能になり、また、遊技者にホール店の開店時から遊技を始めようというインセンティブを与えることが可能になる。
According to the first embodiment, it is possible to effectively maintain and recover the concentration of the player who is playing the game.
That is, in the first embodiment, in the pachinko gaming machine 100 including the sorting device 10 (see FIGS. 27 to 29) that can change the probability of entering the starting ports 121 and 122, the pachinko gaming machine 100 is more than the second starting port 122. A state in which it is easy to enter the first starting port 121 (see, for example, FIG. 27A) and a state in which it is easier to enter the second starting port 122 than the first starting port 121 (for example, FIG. 27B). 29 (b) and (c)) and the probability of entering the first start port 121 and the probability of entering the second start port 122 are substantially equal (for example, FIG. 27 (c), FIG. 29 (see (a)), at least any two of them are configured to be switchable, so that it is possible to improve game playability.
As a result, it is possible to provide an attractive state for the player, and to give the player an incentive to start the game from the opening of the hall store.
〔第2の実施の形態〕
次に、第2の実施の形態について図31および図32を用いて説明する。この第2の実施の形態は、振り分け装置10の振り分け態様に応じて、演出内容を決めるのに用いる演出テーブルを変えるようにするものである。より具体的には、大入賞口125(図1参照)の開放動作が終了する当たり遊技終了の後に特別図柄変動制御部233による図柄変動の回数が所定数に達すると、所定回数の図柄変動が行われる間だけ振り分け態様をそれまでとは異なるように制御する。
第2の実施の形態では、上述した第1の構成例に係る振り分け装置10(図27参照)を用い、モータ(不図示)の駆動力で振り分け態様を変更する場合を説明する。
[Second Embodiment]
Next, a second embodiment will be described using FIG. 31 and FIG. In the second embodiment, the production table used to determine the production content is changed according to the distribution mode of the distribution device 10. More specifically, when the number of symbol variations by the special symbol variation control unit 233 reaches a predetermined number after the end of the game when the opening operation of the special winning opening 125 (see FIG. 1) ends, the predetermined number of symbol variations may occur. The distribution mode is controlled to be different from the previous one only while it is performed.
In the second embodiment, a case will be described in which the distribution mode is changed by the driving force of a motor (not shown) using the distribution device 10 (see FIG. 27) according to the first configuration example described above.
〔振り分け制御処理〕
図31は、第2の実施の形態における振り分け制御処理を説明する図であり、(a)は、振り分け制御処理が実行される場面を説明するタイムチャートであり、(b)は、遊技制御部200による振り分け制御処理を説明するフローチャートである。
同図の(a)に示すように、大当たり遊技において、大当たり開始後に複数回のラウンドが繰り返されると、エンディング動作が行われて大当たり遊技が終了する。そして、大当たり遊技終了後には、遊技制御部200は、変動回数が所定回数に達するまで高確率状態に移行させるように制御する。そして、遊技制御部200は、所定回数に達すると低確率状態に移行させるように制御する。
より具体的には、大当たり終了後の変動回数が閾値K2になるまで高確率状態になって大当たりし易くなり、閾値K2になると、低確率状態に移行するため、大当たりし難くなる。
このような機種において、後述する振り分け制御処理(図31の(b)参照)および演出テーブル選択処理(図32参照)が行われる。
[Distribution control processing]
FIG. 31 is a diagram for explaining the distribution control process in the second embodiment, (a) is a time chart for explaining a scene in which the distribution control process is executed, and (b) is a game control unit. 10 is a flowchart for explaining a distribution control process by 200.
As shown in (a) of the figure, in the jackpot game, when a plurality of rounds are repeated after the jackpot start, the ending operation is performed and the jackpot game is ended. Then, after the jackpot game is over, the game control unit 200 controls to shift to the high probability state until the number of fluctuations reaches a predetermined number. Then, the game control unit 200 controls to shift to the low probability state when the predetermined number of times is reached.
More specifically, it becomes a high probability state until the number of fluctuations after the jackpot ends reaches the threshold value K2, and it becomes easy to hit the jackpot.
In such a model, a distribution control process (see FIG. 31B) and an effect table selection process (see FIG. 32), which will be described later, are performed.
図31の(b)に示す振り分け制御処理では、遊技制御部200は、大入賞口動作制御部238(図4参照)によるエンディング動作が開始されたか否かを判断する(ステップ3101)。このエンディング動作の開始は、電動役物処理のうちの大入賞口処理で行われるものであり(図14のステップ1412参照)、これにより当たり遊技が終了する。
なお、大入賞口処理にてエンディング動作が開始されると、エンディングコマンドがRAM203にセットされ(同図のステップ1413参照)、演出制御部300へ送信される(図5のステップ506参照)。
In the distribution control process shown in FIG. 31B, the game control unit 200 determines whether or not the ending operation by the special winning opening operation control unit 238 (see FIG. 4) has been started (step 3101). The start of the ending operation is performed in the big prize opening process in the electric accessory process (see step 1412 in FIG. 14), and the winning game is thereby ended.
When the ending operation is started in the big prize opening process, an ending command is set in the RAM 203 (see step 1413 in the figure) and transmitted to the effect control unit 300 (see step 506 in FIG. 5).
エンディング動作が開始される場合(ステップ3101でYes)、遊技制御部200は、特別図柄の変動回数を計数するための変数Yを初期化(Y=0)し(ステップ3102)、ステップ3103に進む。また、エンディング動作が開始されない場合(ステップ3101でNo)、ステップ3103に進む。   When the ending operation is started (Yes in Step 3101), the game control unit 200 initializes a variable Y (Y = 0) for counting the number of changes in the special symbol (Step 3102), and proceeds to Step 3103. . If the ending operation is not started (No in step 3101), the process proceeds to step 3103.
そして、遊技制御部200は、特別図柄変動制御部233(図4参照)による特別図柄の変動が開始されたか否かを判断する(ステップ3103)。この特別図柄変動の開始は、図柄処理のうちの特別図柄処理で行われるものであり(図8のステップ808参照)、これにより、第2特別図柄表示器222(図2の(a)参照)で特別図柄の変動が開始される。
なお、特別図柄処理にて特別図柄変動が開始されると、変動開始コマンドがRAM203にセットされ(図8のステップ809参照)、演出制御部300へ送信される(図5のステップ506参照)。
付言すると、かかる特別図柄変動は、第1始動口121への入球に対応するものであるか第2始動口122への入球に対応するものであるかの区別をしていない。しかしながら、かかる区別を行う制御例も考えられる。
Then, the game control unit 200 determines whether or not the special symbol variation is started by the special symbol variation control unit 233 (see FIG. 4) (step 3103). The start of the special symbol variation is performed in the special symbol processing of the symbol processing (see step 808 in FIG. 8), and thereby the second special symbol display 222 (see (a) in FIG. 2). The special symbol changes.
When the special symbol variation is started in the special symbol processing, a variation start command is set in the RAM 203 (see step 809 in FIG. 8) and transmitted to the effect control unit 300 (see step 506 in FIG. 5).
In addition, the special symbol variation does not distinguish whether it corresponds to entering the first starting port 121 or corresponding to entering the second starting port 122. However, a control example for making such a distinction is also conceivable.
特別図柄変動が開始される場合(ステップ3103でYes)、遊技制御部200は、変数Yの値を現在の値から1加算し(ステップ3104)、変数Yの値が閾値K1未満か否かを判断する(ステップ3105)。変数Yの値が閾値K1に達していない場合(ステップ3105でYes)、通常振り分け状態とする(ステップ3107)。
また、変数Yの値が閾値K1に達している場合(ステップ3105でNo)、さらに、閾値K2未満であるか否かを判断する(ステップ3106)。この閾値K2は、閾値K1よりも大きい値である(K2>K1)。閾値K2と閾値K1との差分(K2−K1)は、例えば保留数に関連して設定されるものであり、例えば保留数の上限値である8を採用することが考えられる。
When the special symbol change is started (Yes in Step 3103), the game control unit 200 adds 1 to the current value of the variable Y (Step 3104), and determines whether or not the value of the variable Y is less than the threshold value K1. Judgment is made (step 3105). When the value of the variable Y has not reached the threshold value K1 (Yes in Step 3105), the normal distribution state is set (Step 3107).
If the value of the variable Y has reached the threshold value K1 (No in step 3105), it is further determined whether or not it is less than the threshold value K2 (step 3106). This threshold value K2 is larger than the threshold value K1 (K2> K1). The difference (K2−K1) between the threshold value K2 and the threshold value K1 is set, for example, in relation to the number of holds, and for example, it is conceivable to adopt 8 that is the upper limit value of the number of holds.
変数Yの値が閾値K2に達していない場合(ステップ3106でYes)、特定振り分け状態とする(ステップ3108)。また、変数Yの値が閾値K2に達している場合(ステップ3106でNo)、通常振り分け状態とする(ステップ3107)。
なお、特別図柄変動が開始されない場合(ステップ3103でNo)、変数Yの値をそのままにして振り分け制御処理を終了する。
When the value of the variable Y has not reached the threshold value K2 (Yes in Step 3106), the specific distribution state is set (Step 3108). If the value of the variable Y has reached the threshold value K2 (No in step 3106), the normal distribution state is set (step 3107).
If special symbol variation is not started (No in step 3103), the value of the variable Y is left as it is, and the distribution control process is terminated.
このように、変数Yは、大当たり遊技の終了により初期化され(ステップ3101,3102)、特別図柄変動の開始により1加算される(ステップ3103,3104)。そして、加算後の変数Yの値を閾値K1,K2を用いて評価し(ステップ3105,3106)、評価結果に応じて通常振り分け状態と特定振り分け状態のいずれか一を選択する(ステップ3107,3108)。
すなわち、変数Yが閾値K1未満のとき(ステップ3105でYes)と変数Yが閾値K2以上のとき(ステップ3106でNo)は、通常振り分け状態を選択することになる。その一方で、変数Yが閾値K1以上で閾値K2未満のとき(ステップ3105でNoかつステップ3106でYes)は、特定振り分け状態を選択することになる。
Thus, the variable Y is initialized by the end of the jackpot game (steps 3101 and 3102), and 1 is added by the start of the special symbol variation (steps 3103 and 3104). Then, the value of the variable Y after the addition is evaluated using the threshold values K1 and K2 (steps 3105 and 3106), and one of the normal distribution state and the specific distribution state is selected according to the evaluation result (steps 3107 and 3108). ).
That is, when the variable Y is less than the threshold value K1 (Yes in Step 3105) and when the variable Y is equal to or greater than the threshold value K2 (No in Step 3106), the normal distribution state is selected. On the other hand, when the variable Y is not less than the threshold value K1 and less than the threshold value K2 (No in step 3105 and Yes in step 3106), the specific distribution state is selected.
ここにいう通常振り分け状態と特定振り分け状態は、第1始動口121の入球確率ないし第2始動口122の入球確率が互いに異なる状態であり、特定振り分け状態の方が遊技者にとって有利となる状態である。すなわち、通常振り分け状態は、上述した第1の実施の形態における区間L1(図30の(b)参照)における振り分け態様に対応するものであり、また、特定振り分け状態は、区間L2(同図の(b)参照)における振り分け態様に対応するものであるといえる。したがって、通常振り分け状態および特定振り分け状態についての説明を省略する。   The normal distribution state and the specific distribution state here are states in which the probability of entering the first starting port 121 and the probability of entering the second starting port 122 are different from each other, and the specific distributing state is more advantageous for the player. State. That is, the normal distribution state corresponds to the distribution mode in the section L1 (see FIG. 30B) in the first embodiment described above, and the specific distribution state is the section L2 (in the same figure). It can be said that this corresponds to the distribution mode in (b). Therefore, description of the normal distribution state and the specific distribution state is omitted.
また、振り分け制御処理において用いられる閾値K1および閾値K2は、遊技制御の内容に応じた値を予め設定しておくことが考えられる。例えば大当たり終了後に内部状態が高確率状態になる場合に所定回転数に到達すると低確率状態に移行してしまう遊技制御を採用する機種(ST機)において、閾値K2を低確率状態になる所定回転数の値に設定し、閾値K1を閾値K2よりも少し少ない値に設定する。
その一例としては、大当たり終了後54回転で低確率状態に落ちる機種では閾値K2が「55」となり、そして、閾値K1は、それよりも4つだけ少ない「51」に設定される。付言すると、特別図柄の変動時間を大当たり終了後50回転までは4秒とし、残りの4回を8秒とする制御例が考えられる。
Further, it is conceivable that the threshold value K1 and the threshold value K2 used in the distribution control process are set in advance according to the content of the game control. For example, in a model (ST machine) that employs game control that shifts to a low-probability state when a predetermined number of revolutions is reached when the internal state becomes a high-probability state after the jackpot ends, the predetermined rotation that sets the threshold value K2 to a low-probability state The threshold value K1 is set to a value slightly smaller than the threshold value K2.
As an example, in a model that falls to a low probability state after 54 rounds after the big hit, the threshold value K2 is set to “55”, and the threshold value K1 is set to “51”, which is four less than that. In addition, a control example in which the variation time of the special symbol is 4 seconds until 50 rotations after the big hit is finished, and the remaining 4 times is 8 seconds can be considered.
〔演出テーブル選択処理〕
図32は、演出テーブル選択処理を説明するフローチャートであり、演出制御部300による制御内容を示す。
同図に示す処理例では、演出制御部300は、当たり遊技が終了したことを示す遊技制御部200からのエンディングコマンド(図14のステップ1413参照)を受信したか否かを判断する(ステップ3201)。
エンディングコマンドを受信すると(ステップ3201でYes)、演出制御部300は、特別図柄の変動回数を計数するための変数Zを初期化(Z=0)し(ステップ3202)、ステップ3203に進む。また、エンディングコマンドを受信しない場合(ステップ3201でNo)、ステップ3203に進む。
[Direction table selection processing]
FIG. 32 is a flowchart for explaining the effect table selection process, and shows the contents of control by the effect control unit 300.
In the processing example shown in the figure, the effect control unit 300 determines whether or not an ending command (see step 1413 in FIG. 14) from the game control unit 200 indicating that the winning game has ended has been received (step 3201). ).
When receiving the ending command (Yes in Step 3201), the effect control unit 300 initializes a variable Z (Z = 0) for counting the number of changes in the special symbol (Step 3202), and proceeds to Step 3203. If no ending command is received (No in step 3201), the process proceeds to step 3203.
次に、演出制御部300は、特別図柄変動が開始されたことを示す遊技制御部200からの変動開始コマンド(図8のステップ809参照)を受信したか否かを判断する(ステップ3203)。
変動開始コマンドを受信すると(ステップ3203でYes)、演出制御部300は、変数Zの値を現在の値から1加算する(ステップ3204)。また、変動開始コマンドを受信しない場合(ステップ3203でNo)、演出テーブル選択処理を終了する。
なお、かかる変動開始コマンドは、第1始動口121への入球に対応するものであるか第2始動口122への入球に対応するものであるかの区別をしていない。しかしながら、かかる区別を行う制御例も考えられる。
Next, the effect control unit 300 determines whether or not a variation start command (see step 809 in FIG. 8) from the game control unit 200 indicating that the special symbol variation has started has been received (step 3203).
When the change start command is received (Yes in Step 3203), the effect control unit 300 adds 1 to the value of the variable Z from the current value (Step 3204). If the change start command is not received (No in step 3203), the effect table selection process is terminated.
It should be noted that such a change start command does not distinguish whether it corresponds to entering the first starting port 121 or corresponding to entering the second starting port 122. However, a control example for making such a distinction is also conceivable.
その後、演出制御部300は、加算後の変数Zの値を評価する(ステップ3205,3206)。すなわち、変数Zが閾値K1未満か否かを判断し(ステップ3205)、もし変数Zの値が閾値K1に達している場合(ステップ3205でNo)、次に変数Zが閾値K2未満か否かを判断する(ステップ3206)。
閾値K2は閾値K1よりも大きい値である(K2>K1)。ここにいう閾値K1,K2は、振り分け制御処理(図31参照)で用いられるものと同じものを用いることができる。
Thereafter, the effect control unit 300 evaluates the value of the variable Z after addition (steps 3205 and 3206). That is, it is determined whether or not the variable Z is less than the threshold K1 (step 3205). If the value of the variable Z has reached the threshold K1 (No in step 3205), then whether or not the variable Z is less than the threshold K2 Is determined (step 3206).
The threshold value K2 is larger than the threshold value K1 (K2> K1). The threshold values K1 and K2 used here can be the same as those used in the distribution control process (see FIG. 31).
変数Zの値が閾値K1に達していない場合(ステップ3205でYes)または閾値K2に達している場合(ステップ3206でNo)、演出制御部300は、演出テーブル1を選択する(ステップ3207)。また、変数Zの値が閾値K2に達していない場合(ステップ3206でYes)、演出制御部300は、演出テーブル2を選択する(ステップ3208)。
このようにして選択された演出テーブル1または演出テーブル2は、演出内容の決定(図21のステップ2104参照)の際に用いられる。言い換えると、演出テーブル1および演出テーブル2は、大当たり抽選の結果を図柄の変動および停止で示す変動態様の決定に用いられる。
When the value of the variable Z has not reached the threshold value K1 (Yes in Step 3205) or has reached the threshold value K2 (No in Step 3206), the effect control unit 300 selects the effect table 1 (Step 3207). On the other hand, when the value of the variable Z has not reached the threshold value K2 (Yes in Step 3206), the effect control unit 300 selects the effect table 2 (Step 3208).
The effect table 1 or the effect table 2 selected in this way is used when determining the effect contents (see step 2104 in FIG. 21). In other words, the effect table 1 and the effect table 2 are used for determining a variation mode in which the result of the jackpot lottery is indicated by symbol variation and stoppage.
このように、大当たり後の特別図柄の変動回数を計数する変数Zの値に応じ、演出テーブル1と演出テーブル2のいずれか一を選択する。そして、閾値K1,K2を振り分け装置10の振り分け状態を変更する値と同じものを用いることで、これにより、演出内容を変更するタイミングを遊技内容が変更されるタイミングに合わせることが可能になる。   In this way, either one of the effect table 1 and the effect table 2 is selected according to the value of the variable Z for counting the number of fluctuations of the special symbol after the big hit. Then, by using the same values as the values for changing the distribution state of the distribution device 10 for the threshold values K1 and K2, it becomes possible to match the timing of changing the content of the effect with the timing of changing the game content.
ここにいう演出テーブル1と演出テーブル2の各内容は、互いに異なるものである。すなわち、演出テーブル1は、振り分け装置10の通常振り分け状態に対応する演出内容であり、演出テーブル2は、振り分け装置10の特定振り分け状態に対応する演出内容である。
さらに説明すると、演出テーブル2は、大当たり終了後における大当たり抽選で大当たりが出ていない状態であり、あと数回の大当たり抽選で大当たりが出ないと高確率状態から低確率状態に落ちるという緊迫した場面で選択されるものである。すなわち、演出テーブル2が選択されるのは、遊技者が是非とも大当たりしたいという望みを持つ心理状態にあり、高い集中力で遊技を行っている場面である。
そのような場面では、上述したように、振り分け装置10が遊技者にとって有利な振り分け態様に変更され、大当たりになるかもしれないという希望を遊技者に与えている。そして、演出面では、そのような心理状態の遊技者を煽りつつ応援する内容にすることで、遊技面と演出面との一体化を図ることができる。
そこで、演出テーブル2では、遊技者に対する煽りや応援を含む演出データを含む構成としている。
The contents of the production table 1 and the production table 2 here are different from each other. That is, the effect table 1 is effect content corresponding to the normal distribution state of the distribution device 10, and the effect table 2 is effect content corresponding to the specific distribution state of the distribution device 10.
Explaining further, the production table 2 is a state in which the jackpot lottery does not come out after the jackpot ends, and it is a tense situation in which if the jackpot lottery does not come out in the next few jackpot lotteries, it will fall from a high probability state to a low probability state Is selected. That is, the production table 2 is selected in a situation where the player is in a psychological state with a desire to win a big game and is playing a game with high concentration.
In such a scene, as described above, the distribution device 10 is changed to a distribution mode advantageous to the player, giving the player a hope that it may be a big hit. And on the production side, the game side and the production side can be integrated by setting the content to support the player in such a psychological state while scolding.
Therefore, the effect table 2 is configured to include effect data including resentment and support for the player.
このように、演出テーブル2は、所定条件下で選択される専用のものであるといえるものであり、そのような所定条件を満たさないと選択されない。
また、演出テーブル2は、大当たり後の特別図柄抽選の結果に応じて選択される場合があり、選択されない場合があるものである。すなわち、大当たり後の変数Zが閾値K1未満で大当たりにならない場合(図32のステップ3205,3206参照)には、演出テーブル2が選択される一方で、大当たり後の変数Zが閾値K1未満で大当たりになった場合には演出テーブル2が選択されない。このため、演出テーブル2は、大当たり後の特別図柄に応じて演出面に変化を与えるものであるともいえる。
Thus, it can be said that the production table 2 is a dedicated table selected under a predetermined condition, and is not selected unless such a predetermined condition is satisfied.
The production table 2 may be selected according to the result of the special symbol lottery after the big hit, and may not be selected. In other words, when the variable Z after the big hit is less than the threshold value K1 and does not become a big hit (see steps 3205 and 3206 in FIG. 32), the effect table 2 is selected, while the variable Z after the big hit is less than the threshold value K1 and the big hit When it becomes, the production table 2 is not selected. For this reason, it can be said that the production table 2 changes the production surface according to the special symbol after the big hit.
また、演出制御部300における変動時間についても演出テーブル1および演出テーブル2では互いに異なるものである。ここにいう変動時間は、装飾図柄の変動時間であり、上述した遊技制御部200における特別図柄の変動時間と一致するものである。
具体的には、演出テーブル1および演出テーブル2では、装飾図柄の変動時間を規定するためのデータが含まれており、演出テーブル1での変動時間はすべて一律であり、例えば4秒である。
その一方で、演出テーブル2では、演出テーブル1の場合よりも長い変動時間としている。例えば演出テーブル2における変動時間を4秒よりも長い8秒とし、遊技者に対して効果的な演出を行うのに必要な時間を確保することが可能になる。
In addition, the effect table 1 and the effect table 2 are different from each other in the variation time in the effect control unit 300. The variation time mentioned here is the variation time of the decorative symbol, and coincides with the variation time of the special symbol in the game control unit 200 described above.
Specifically, the effect table 1 and the effect table 2 include data for defining the variation time of the decoration symbol, and the variation time in the effect table 1 is all uniform, for example, 4 seconds.
On the other hand, the production table 2 has a longer variation time than the production table 1. For example, the variation time in the effect table 2 is set to 8 seconds, which is longer than 4 seconds, and it is possible to secure the time necessary for performing an effective effect on the player.
なお、演出制御部300における変動時間のみならず、変動パターンについても演出テーブル1および演出テーブル2に含まれるものである。そして、演出テーブル2(専用の演出テーブル)において、変動時間を例えば8秒に固定し、変動ごとに例えばルーレット演出等の所定演出を実行するという変形例が考えられる。   Note that not only the fluctuation time in the production control unit 300 but also the fluctuation pattern is included in the production table 1 and the production table 2. In the effect table 2 (dedicated effect table), a variation example in which the variation time is fixed at, for example, 8 seconds and a predetermined effect such as a roulette effect is executed for each variation is conceivable.
〔第2の実施の形態が有する意義について〕
次に、第2の実施の形態が有する意義について改めて説明する。
ホール店にて遊技を長く続けていると、遊技に対する集中力の維持が難しくなる。そのため、従来から、例えば演出面で種々の工夫をして遊技者の集中力を維持回復しようとする。しかしながら、そのような遊技に伴う演出は、賞球に関するものではないことから、その効果を期待できなくなってしまうことも予想される。
[Significance of the second embodiment]
Next, the significance of the second embodiment will be described again.
If you keep playing games in hall stores for a long time, it will be difficult to maintain your concentration. Therefore, conventionally, for example, various attempts have been made to produce and maintain the player's concentration. However, since the effects associated with such games are not related to the prize ball, it is expected that the effect cannot be expected.
かかる課題を解決するための構成は、遊技球の入球が検出されると抽選手段234により大当たり抽選が行われる第1の始動口121および第2の始動口122を備え、遊技球を用いる遊技に応じて演出を行う遊技機100であって、遊技球が前記第1の始動口121と前記第2の始動口122のいずれか一方に入球し易い第1の振り分け状態と、当該第1の始動口121と当該第2の始動口122との遊技球の振り分けに関して当該第1の振り分け状態以外の状態である第2の振り分け状態と、を持つ振り分け手段10と、前記抽選手段234による大当たり抽選の結果を図柄の変動および停止で示す変動態様を決定するのに用いられる第1のデータ(演出テーブル1)および第2のデータ(演出テーブル2)を保持する保持手段302と、前記抽選手段234による大当たり抽選で当選すると行われる当たり遊技の終了後における変動演出の回数が所定数に達する場合、前記振り分け手段10における前記第1の振り分け状態と前記第2の振り分け状態との間の切り換えを行う切り換え手段201と、前記切り換え手段201により切り換えが行われる場合、前記変動演出の構成決定に用いるデータを、前記保持手段302により保持される前記第1のデータ(演出テーブル1)と前記第2のデータ(演出テーブル2)との間で変更する変更手段301と、を備えることを特徴とするものである。   A configuration for solving such a problem includes a first start port 121 and a second start port 122 in which a big hit lottery is performed by a lottery means 234 when a game ball is detected, and a game using a game ball A first allocation state in which a game ball easily enters one of the first start port 121 and the second start port 122, and the first distribution state. The distribution means 10 having a second distribution state that is a state other than the first distribution state with respect to the distribution of game balls between the start port 121 and the second start port 122, and a big hit by the lottery means 234 Holding means 302 for holding the first data (effect table 1) and the second data (effect table 2) used to determine the variation mode indicating the lottery result by the variation and stop of the symbol; When the number of variable effects after the end of the winning game when winning by the big win lottery by the lottery means 234 reaches a predetermined number, between the first distribution state and the second distribution state in the distribution means 10 When the switching is performed by the switching unit 201, the data used for determining the configuration of the variation effect is the first data (effect table 1) held by the holding unit 302. And changing means 301 for changing between the second data (effect table 2).
付言すると、第2の実施の形態に係るパチンコ遊技機100(図1参照)は、遊技機の一例である。
遊技制御部200の特別図柄判定部234(図4参照)は、抽選手段の一例である。第1始動口121(図1、図27、図28または図29参照)は第1の始動口の一例であり、第2始動口122(図1、図27、図28または図29参照)は第2の始動口の一例である。振り分け装置10(図27、図28または図29参照)は振り分け手段の一例である。
図27において(a)に示す状態が第1の振り分け状態の一例である場合、(b)または(c)に示す状態は第2の振り分け状態の一例である。
図28において(a)に示す状態が第1の振り分け状態の一例である場合、(b)に示す状態は第2の振り分け状態の一例であり、また、同図において(b)に示す状態が第1の振り分け状態の一例である場合、(a)に示す状態は第2の振り分け状態の一例である。
図29において(b)に示す状態が第1の振り分け状態の一例であり、(a)に示す状態は第2の振り分け状態の一例である。
演出制御部300のROM302(図3参照)は、保持手段の一例であり、演出テーブル1(図32参照)は第1のデータの一例であり、演出テーブル2(同図参照)は第2のデータの一例である。
遊技制御部200のCPU201(図3参照)は、切り換え制御手段の一例であり、演出制御部300のCPU301(図3参照)は、変更手段の一例である。
In addition, the pachinko gaming machine 100 (see FIG. 1) according to the second embodiment is an example of a gaming machine.
The special symbol determination unit 234 (see FIG. 4) of the game control unit 200 is an example of a lottery means. The first start port 121 (see FIG. 1, FIG. 27, FIG. 28 or FIG. 29) is an example of the first start port, and the second start port 122 (see FIG. 1, FIG. 27, FIG. 28 or FIG. 29) is It is an example of the 2nd starting opening. The distribution device 10 (see FIG. 27, FIG. 28 or FIG. 29) is an example of a distribution unit.
In FIG. 27, when the state shown in (a) is an example of the first distribution state, the state shown in (b) or (c) is an example of the second distribution state.
In FIG. 28, when the state shown in (a) is an example of the first distribution state, the state shown in (b) is an example of the second distribution state, and the state shown in (b) in FIG. When it is an example of a 1st distribution state, the state shown to (a) is an example of a 2nd distribution state.
In FIG. 29, the state shown in (b) is an example of the first distribution state, and the state shown in (a) is an example of the second distribution state.
The ROM 302 (see FIG. 3) of the effect control unit 300 is an example of holding means, the effect table 1 (see FIG. 32) is an example of first data, and the effect table 2 (see FIG. 3) is the second. It is an example of data.
The CPU 201 (see FIG. 3) of the game control unit 200 is an example of a switching control unit, and the CPU 301 (see FIG. 3) of the effect control unit 300 is an example of a changing unit.
第2の実施の形態によれば、遊技中の遊技者の集中力の維持回復を効果的に行うことが可能になる。
すなわち、第2の実施の形態では、始動口121,122への入球確率を変更可能な振り分け装置10(図27参照)を備え、大当たり後の図柄変動が所定回数に達するまでに限って高確率状態に移行するパチンコ遊技機100において、大当たり後の変動回数が増えていくに従ってもしかしたら大当たりにならずに低確率状態に移行してしまうかもしれないという不安な心理状態を遊技者が持ち始めたり、低確率状態に移行するまでに再度の大当たりになるかもしれないという期待感(ドキドキ感)を持ち始めたりすることが予想される。そして、大当たりせずに、ついに高確率状態での大当たり抽選が例えば保留消化のみに対して行われる状況に至ると、遊技者はさらに高い緊張感を持つことが予想される。
そのような遊技者の心理状態を、振り分け装置10による振り分け状態の切り換えに伴って遊技者のドキドキ感をさらに高める演出を行うことで、興趣性を高めることが可能になる。これにより、遊技者にとって魅力的な状態を提供することが可能になる。
According to the second embodiment, it is possible to effectively maintain and recover the concentration of the player who is playing the game.
In other words, in the second embodiment, the distribution device 10 (see FIG. 27) that can change the probability of entering the starting ports 121 and 122 is provided, and the symbol variation after the big hit is high only until a predetermined number of times is reached. In the pachinko gaming machine 100 that shifts to the probability state, the player starts to have an uneasy psychological state that, as the number of fluctuations after the jackpot increases, it may shift to a low probability state without becoming a jackpot. Or it is expected to start to have a sense of expectation (pounding feeling) that it may be a big hit again before shifting to a low probability state. Then, when a big hit lottery in a high probability state is finally performed, for example, only for a reserved digest without hitting the jackpot, the player is expected to have a higher sense of tension.
Such a player's psychological state can be enhanced by performing an effect that further increases the player's feeling of thrill with the switching of the distribution state by the distribution device 10. This makes it possible to provide an attractive state for the player.
〔第3の実施の形態〕
次に、第3の実施の形態について図33、図34および図35を用いて説明する。この第3の実施の形態は、第1始動口121または第2始動口122への入球に対応する特別図柄抽選が変動表示動作の終了まで保留されていることを示す保留表示に関するものである。
第3の実施の形態では、上述した第1の構成例に係る振り分け装置10(図27参照)、第2の構成例に係る振り分け装置10(図28参照)または第3の構成例に係る振り分け装置10(図29参照)のいずれでも用いることが可能である。
[Third Embodiment]
Next, a third embodiment will be described with reference to FIGS. 33, 34 and 35. FIG. The third embodiment relates to a hold display indicating that the special symbol lottery corresponding to the entry into the first start port 121 or the second start port 122 is held until the end of the variable display operation. .
In the third embodiment, the sorting device 10 according to the first configuration example (see FIG. 27), the sorting device 10 according to the second configuration example (see FIG. 28), or the sorting according to the third configuration example. Any of the devices 10 (see FIG. 29) can be used.
〔保留表示演出処理〕
図33は、第3の実施の形態における保留表示演出処理を説明するフローチャートであり、演出制御部300による制御内容を示す。
同図に示す処理例では、演出制御部300が、まず遊技制御部200からの入賞コマンドを受信したか否かを判断する(ステップ3301)。この入賞コマンドは、第1始動口121または第2始動口122に遊技球が入賞したこと(第1始動口スイッチ211または第2始動口スイッチ212がONになったこと)を示すものであり、遊技制御部200による始動口スイッチ処理にてRAM203にセットされ、演出制御部300へ送信される(図5のステップ506参照)。なお、ここにいう入賞コマンドの代わりに、保留数増加コマンド(図6のステップ606、612参照)の受信の有無を演出制御部300が判断する制御例も考えられる。
[Hold display effect processing]
FIG. 33 is a flowchart for explaining the hold display effect process in the third embodiment, and shows the contents of control by the effect control unit 300.
In the processing example shown in the figure, the effect control unit 300 first determines whether or not a winning command is received from the game control unit 200 (step 3301). This winning command indicates that a game ball has won the first starting port 121 or the second starting port 122 (the first starting port switch 211 or the second starting port switch 212 has been turned ON). It is set in the RAM 203 by the start port switch process by the game control unit 200 and transmitted to the effect control unit 300 (see step 506 in FIG. 5). Note that a control example in which the effect control unit 300 determines whether or not a pending number increase command (see steps 606 and 612 in FIG. 6) has been received instead of the winning command described here is also conceivable.
入賞コマンドを受信すると(ステップ3301でYes)、演出制御部300は、時間情報を取得し、保持する(ステップ3302)。すなわち、RTC304(図3参照)から時間情報の提供を受け、これにより、入賞コマンドを受信した時間を特定するための情報である時間情報を取得する。また、このようにしてRTC304からの時間情報は、RAM303(図3参照)に書き込まれる。
このような時間情報の取得および保持は、入賞コマンドを受信する度に行われる。なお、取得する時間情報は、RTC304から提供されるものの代わりに、タイマ(不図示)から提供されるものとすることが考えられる。
When the winning command is received (Yes in Step 3301), the effect control unit 300 acquires and holds time information (Step 3302). In other words, time information is provided from the RTC 304 (see FIG. 3), thereby acquiring time information that is information for specifying the time when the winning command is received. Further, the time information from the RTC 304 is written in the RAM 303 (see FIG. 3) in this way.
Such acquisition and holding of time information is performed every time a winning command is received. Note that the time information to be acquired may be provided from a timer (not shown) instead of the information provided from the RTC 304.
そして、演出制御部300は、前回の入賞コマンドを受信した時間情報をRAM303から読み出し(ステップ3303)、前回の入賞コマンドの受信時から今回の入賞コマンドの受信時の時間差Δtを算出する。   Then, the effect control unit 300 reads time information when the previous winning command is received from the RAM 303 (step 3303), and calculates a time difference Δt between the time when the previous winning command is received and the time when the current winning command is received.
演出制御部300は、こうして算出した時間差Δtを評価する。すなわち、時間差Δtが時間閾値Tよりも小さいか否かを判断する(ステップ3304)。ここにいう時間閾値Tは、事前に設定されるものであり、ROM302に格納されている。なお、時間閾値Tを固定とするほか、変動する制御例も考えられる。   The effect control unit 300 evaluates the time difference Δt thus calculated. That is, it is determined whether or not the time difference Δt is smaller than the time threshold value T (step 3304). The time threshold T here is set in advance and is stored in the ROM 302. Note that, in addition to fixing the time threshold value T, a variable control example is also conceivable.
時間差Δtの評価を行うタイミングとしては、入賞コマンドを受信する毎に行う場合(図33参照)のほか、所定時間が経過するごとに行う場合が考えられる。
所定時間が経過するごとに評価を行う場合について補足説明すると、入賞コマンドの受信時の時間情報はRAM303に逐次格納されるものの、所定時間が経過した後の入賞コマンドの受信を契機に時間差Δtを算出し、評価する例が考えられる。また、入賞コマンドの受信時に時間差Δtを算出し、算出した時間差ΔtをRAM303に格納しておき、所定時間が経過すると、時間差Δtを評価するという例も考えられる。
As a timing for evaluating the time difference Δt, in addition to a case where it is performed every time a winning command is received (see FIG. 33), a case where it is performed every predetermined time is considered.
A supplementary explanation will be given for the case where the evaluation is performed every time the predetermined time elapses. Although the time information at the time of receiving the winning command is sequentially stored in the RAM 303, the time difference Δt is set by the reception of the winning command after the predetermined time has elapsed. An example of calculating and evaluating can be considered. An example is also conceivable in which a time difference Δt is calculated when a winning command is received, the calculated time difference Δt is stored in the RAM 303, and the time difference Δt is evaluated when a predetermined time has elapsed.
ここで、時間閾値Tとして設定する値としては、例えば機種開発の際に第1始動口121または第2始動口122に入球する時間間隔を計測し、その平均値(算術平均値)や中央値、最頻値のいずれかを採用することが考えられる。
また、時間閾値Tとして、例えば算術平均値よりも少し小さい値、より具体的には計測した値のうちの最小値と算術平均値との間のいずれかの値を採用することが考えられる。また、例えば算術平均値よりも少し大きい値、より具体的には計測した値のうちの最大値と算術平均値との間のいずれかの値を採用することも考えられる。
Here, as the value set as the time threshold T, for example, the time interval of entering the first start port 121 or the second start port 122 during model development is measured, and the average value (arithmetic average value) or center It is conceivable to adopt either a value or a mode value.
Further, as the time threshold T, for example, a value slightly smaller than the arithmetic average value, more specifically, any value between the minimum value and the arithmetic average value among the measured values may be adopted. Further, for example, a value slightly larger than the arithmetic average value, more specifically, any value between the maximum value and the arithmetic average value among the measured values may be adopted.
このように設定される値に対して時間差Δtが小さいかどうかを判断することで、保留表示の演出態様を決定する。さらに説明すると、時間差Δtの評価結果は、遊技領域111(図1参照)に配設されている遊技くぎの調整具合が反映されると考えられる。
すなわち、おおむね機種開発時に想定したどおりの入球環境あるいはそれに近い環境になっていれば(入球環境が想定範囲内の場合)、時間差Δtが時間閾値Tよりも小さいという評価結果が出る傾向にある。その一方で、第1始動口121または第2始動口122に入球し難いように遊技くぎが調整されると(入球環境が想定範囲外の場合)、時間差Δtが時間閾値Tよりも小さいという評価結果が出にくい傾向にある。そして、想定範囲内の場合は、保留表示をいつもとは違う表示態様(専用の保留表示態様)とし、想定範囲外の場合は、保留表示をいつもの表示態様(通常の保留表示態様)とする。
By determining whether or not the time difference Δt is small with respect to the value set in this way, the effect mode of the hold display is determined. More specifically, it is considered that the evaluation result of the time difference Δt reflects the adjustment of the game nail disposed in the game area 111 (see FIG. 1).
That is, if the entry environment is almost the same as that assumed at the time of model development or an environment close to that (when the entry environment is within the assumed range), the evaluation result that the time difference Δt is smaller than the time threshold T tends to be obtained. is there. On the other hand, when the game nail is adjusted so that it is difficult to enter the first starting port 121 or the second starting port 122 (when the entering environment is outside the assumed range), the time difference Δt is smaller than the time threshold T. It tends to be difficult to obtain an evaluation result. And, if it is within the assumed range, the hold display is set to a different display mode (dedicated hold display mode), and if it is outside the assumed range, the hold display is set to the normal display mode (normal hold display mode). .
当然ながら評価結果にばらつきがあり、入球環境が想定範囲内の場合であっても、遊技中に評価結果が変わっていくことが予想される。しかしながら、遊技をしばらく続けていくと、入球環境が想定範囲内の場合であれば、良好な入球状況になり、専用の保留表示態様に変わる傾向が顕著になる。逆に、入球環境が想定範囲外の場合には、専用の保留表示態様に変わる傾向が顕著ではなく、むしろ専用の保留表示態様に変わらないおそれもある。
このように、画像表示部114に表示される保留表示態様によって、遊技者は、第1始動口121または第2始動口122についての入球環境を容易に把握することが可能になる。
Of course, there are variations in the evaluation results, and it is expected that the evaluation results will change during the game even if the entry environment is within the assumed range. However, if the game is continued for a while, if the entry environment is within the assumed range, the entry situation is good and the tendency to change to a dedicated on-hold display mode becomes significant. On the other hand, when the entry environment is outside the assumed range, the tendency to change to the dedicated hold display mode is not remarkable, and there is a possibility that it does not change to the dedicated hold display mode.
As described above, the hold display mode displayed on the image display unit 114 allows the player to easily grasp the entry environment for the first start port 121 or the second start port 122.
図33に示す処理手順について説明を続ける。時間差Δtが時間閾値Tよりも小さい場合(ステップ3304でYes)、演出制御部300は、専用の保留表示態様を選択し(ステップ3305)、これにより、画像表示部114にて保留数に応じて特別な保留演出が行われる(図34の(b)参照)。
また、時間差Δtが時間閾値Tよりも小さくない場合(ステップ3304でNo)、演出制御部300は、通常の保留表示態様を選択する(ステップ3306)。こうして、保留表示演出処理を終了する。
なお、入賞コマンドを受信しない場合(ステップ3301でNo)、保留表示演出処理を終了する。
The description of the processing procedure shown in FIG. 33 is continued. When the time difference Δt is smaller than the time threshold T (Yes in Step 3304), the effect control unit 300 selects a dedicated hold display mode (Step 3305), and the image display unit 114 thereby determines the hold number. A special holding effect is performed (see FIG. 34B).
When the time difference Δt is not smaller than the time threshold T (No in Step 3304), the effect control unit 300 selects a normal hold display mode (Step 3306). Thus, the hold display effect process ends.
If no winning command is received (No in step 3301), the hold display effect process is terminated.
さらに説明すると、保留表示の演出態様の決定を行うタイミング(保留表示の演出態様が切り換えられるタイミング)としては、入賞コマンドを受信する毎に行う場合(図33参照)のほか、入賞コマンドを受信する毎には行わない場合が考えられる。
また、後者の場合としては、入賞コマンドが所定回数受信する毎に行うことや、保留数が所定個に達する毎ないし所定個以上のときに行うこと等が考えられる。具体的な制御例としては、時間差Δtの評価結果すなわち、時間閾値Tよりも小さいか(○)小さくないか(×)を評価の都度記憶する。すなわち、複数回にわたる時間差Δtの評価結果(○または×の別)をRAM303に格納しておく。そして、演出態様の決定タイミングの到来時に、○が所定割合(例えば過半数)のときに専用の保留表示態様を選択し、所定割合に達していないときには通常の保留表示態様を選択するという例が考えられる。
More specifically, the timing for determining the effect mode of the on-hold display (the timing at which the effect mode of the on-hold display is switched) is received every time a win command is received (see FIG. 33), or a win command is received. The case where it does not perform every time can be considered.
Further, as the latter case, it is conceivable to perform it every time a winning command is received a predetermined number of times, or to perform it every time when the number of reservations reaches a predetermined number or more than a predetermined number. As a specific control example, the evaluation result of the time difference Δt, that is, whether it is smaller (◯) or smaller (×) than the time threshold T is stored for each evaluation. That is, the evaluation result of the time difference Δt over a plurality of times (aside from ○ or ×) is stored in the RAM 303. Then, when the timing of determining the production mode is reached, an example is considered in which a dedicated hold display mode is selected when ○ is a predetermined ratio (for example, a majority), and a normal hold display mode is selected when the predetermined mode is not reached. It is done.
ここで、図33に示す処理例では、評価する時間差Δtは、第1始動口121と第2始動口122のいずれか一に入球する場合の値であり、入球が第1始動口121であるか第2始動口122であるかを区別していない。しかしながら、このような区別を行う変形例が考えられる。すなわち、時間差Δtを第1始動口121への入球に関するものとし、第2始動口122への入球の場合を排除する例が考えられ、また、第2始動口122への入球に関するものとし、第1始動口121への入球の場合を排除する例が考えられる。
そのような第1始動口121への入球と第2始動口122への入球のいずれか一方のみで時間差Δtを算出する場合において、第1始動口121よりも第2始動口122への入球の方が遊技者に有利な内容であるときには、時間閾値Tをより小さい値のものとすることが考えられる。
Here, in the processing example shown in FIG. 33, the time difference Δt to be evaluated is a value when entering one of the first starting port 121 and the second starting port 122, and the entering ball is the first starting port 121. Or the second start port 122 is not distinguished. However, the modification which performs such distinction can be considered. That is, an example in which the time difference Δt is related to entering the first starting port 121 and the case of entering the second starting port 122 can be considered, and the time difference Δt is related to entering the second starting port 122. An example in which the case of entering the first start port 121 is excluded can be considered.
In the case where the time difference Δt is calculated only by any one of such a ball entering the first start port 121 and a ball entering the second start port 122, the first start port 121 is connected to the second start port 122 more than the first start port 121. When the entry is more advantageous to the player, it is conceivable to set the time threshold T to a smaller value.
また、本実施の形態では、保留数の最大値が8の場合であるが、保留数の最大値が4の場合の機種にも適用することが可能である。その場合における時間差Δtの算出、その評価および保留表示態様の決定を、第1始動口121の場合と第2始動口122の場合とに分けて行う変形例が考えられる。   In the present embodiment, the maximum value of the number of reservations is 8. However, the present invention can be applied to a model in which the maximum value of the number of reservations is 4. In this case, there can be considered a modification in which the calculation of the time difference Δt, the evaluation thereof, and the determination of the hold display mode are performed separately for the first start port 121 and the second start port 122.
また、第1始動口121への入球および/または第2始動口122への入球の時間間隔である時間差Δtを、保留表示の演出態様の決定に用いる演出制御以外の演出制御に適用することも考えられる。
例えば、時間差Δtがある閾値(例えば8秒ないし9秒)を超える場合、画像表示部114に正常でないことを示唆する画像(保留画像以外の画像)を表示する制御例が考えられる。このような画像としては、例えば調子が優れずゆっくりしか前に進めない動物の画像が考えられる。また、そのような画像と共に、それまでに保留が発生した数の累積値を画像表示部114に表示することが考えられる。
Also, the time difference Δt, which is the time interval between entering the first start port 121 and / or entering the second start port 122, is applied to effect control other than effect control used for determining the effect mode of the hold display. It is also possible.
For example, when the time difference Δt exceeds a certain threshold value (for example, 8 seconds to 9 seconds), a control example of displaying an image (an image other than the hold image) suggesting that the image display unit 114 is not normal can be considered. As such an image, for example, an image of an animal that is not in good condition and can be advanced only slowly can be considered. In addition to such an image, it is conceivable to display on the image display unit 114 the cumulative value of the number of suspensions that have occurred so far.
ここで、第1始動口121への入球および第2始動口122への入球についての保留表示態様を決定するのに、始動口121,122への相前後する入球の時間差Δtを用いているが、種々の適用例も考えられる。   Here, the time difference Δt between the successive entrances to the start ports 121 and 122 is used to determine the holding display mode for the entrance to the first start port 121 and the entrance to the second start port 122. However, various application examples are also conceivable.
具体的に説明すると、例えば、ゲート124(図1参照)への入球についての保留表示を行う場合、保留表示態様の決定にゲート124への相前後する入球の時間差Δtを用いる適用例である。すなわち、入球の時間差Δtが時間閾値Tよりも小さい場合(ステップ3304でYes参照)に専用の態様で保留表示され、時間差Δtが時間閾値Tよりも小さくない場合(ステップ3304でNo参照)に通常の態様で保留表示されるように制御する。
このようなゲートの保留表示は、通常の場合には行われず、ある条件下で行う制御例が考えられる。例えば、専用の保留表示態様が時短状態のときに表示され、時短状態ではないときには表示されないという制御例である。このような時短中のときに限って保留表示制御を行う演出により、ゲート124(図1参照)への入球に注目しがちな状況においてゲート保留表示を行うことで、時短状態での演出により面白みを持たせることが可能になる。
More specifically, for example, in the case of performing a holding display for a ball entering the gate 124 (see FIG. 1), an application example in which the time difference Δt between the adjacent balls to the gate 124 is used to determine the holding display mode. is there. That is, when the time difference Δt for entering the ball is smaller than the time threshold T (see Yes in step 3304), the display is held in a dedicated manner, and when the time difference Δt is not smaller than the time threshold T (see No in step 3304). Control to hold display in a normal manner.
Such a hold display of the gate is not performed in a normal case, and a control example performed under a certain condition is conceivable. For example, it is a control example in which the dedicated hold display mode is displayed when it is in the short time state and is not displayed when it is not in the short time state. By performing the hold display control only when the time is short and short, by performing the gate hold display in a situation where attention is paid to entering the gate 124 (see FIG. 1), It can be interesting.
なお、時間情報の取得の仕方として、他の態様も考えられる。すなわち、本実施の形態では、入賞する度に時間情報を取得し、入賞してから次に入賞するまでの時間差Δtを評価するが、入賞コマンド(ないし保留数増加コマンド)以外のコマンドを受信したときに時間情報を取得する変形例も考えられる。例えば変動開始コマンド(図8のステップ809参照)の受信間隔を時間差Δtとして評価する。
なお、後述するように、大入賞口125への入賞間隔(入球の時間差Δt)を用いて演出に反映させることも考えられる。
In addition, another aspect can be considered as a method of acquiring time information. That is, in this embodiment, time information is acquired every time a prize is won, and a time difference Δt from winning to the next winning is evaluated, but a command other than the winning command (or pending number increase command) is received. Variations that sometimes acquire time information are also conceivable. For example, the reception interval of the change start command (see step 809 in FIG. 8) is evaluated as the time difference Δt.
As will be described later, it is also conceivable to reflect in the effect using a winning interval (a time difference Δt of winning balls) to the big winning opening 125.
〔保留表示の具体例〕
次に、保留表示の演出態様について説明する。
図34は、保留表示演出処理により選択される保留表示の演出態様を説明する図であり、(a)は、通常の保留表示態様が選択される場合の保留画像(アイコン)の例であり、(b)は、専用の保留表示態様が選択される場合の保留画像(アイコン)の例である。
同図の(a)に示す場合は、第1通常画像21、第2通常画像22、第3通常画像23、第4通常画像24および第5通常画像25が表示され、保留数が5である通常の保留表示態様である。これらの通常画像21〜25は、いずれも外形が円形状の画像であり、同径である。
なお、保留数の最大値は「8」であり(8個保留)、同図の(a)では、残りの3つの保留分は表示されていない(同図では破線表示)。
[Specific example of hold display]
Next, an effect mode of the hold display will be described.
FIG. 34 is a diagram for explaining an effect mode of the hold display selected by the hold display effect process, and (a) is an example of a hold image (icon) when a normal hold display mode is selected, (B) is an example of a hold image (icon) when a dedicated hold display mode is selected.
In the case shown in (a) of the figure, the first normal image 21, the second normal image 22, the third normal image 23, the fourth normal image 24, and the fifth normal image 25 are displayed, and the number of holds is five. This is a normal hold display mode. These normal images 21 to 25 are all images having a circular outer shape and the same diameter.
Note that the maximum value of the number of holdings is “8” (8 holdings), and the remaining three holdings are not displayed in FIG.
図34の(b)に示す場合は、第1通常画像21および第2通常画像22(同図の(a)参照)に対応する第1専用画像31が表示されている。すなわち、通常の保留表示態様の場合に円形状で表示される2つの画像は、専用の保留表示態様では、同図の(b)に示すように、1台の自動車を横から見た画像に置き換えられる。
また、図34の(b)に示す場合は、第3通常画像23および第4通常画像24(同図の(a)参照)に対応する第2専用画像32と、第5通常画像25(同図の(a)参照)に対応する第3専用画像33と、が表示されている。専用の保留表示態様では、遊技者が通常の保留表示態様とは明確に区別できるような保留画像が表示されることになる。
In the case shown in FIG. 34 (b), a first dedicated image 31 corresponding to the first normal image 21 and the second normal image 22 (see FIG. 34 (a)) is displayed. That is, in the case of the normal hold display mode, the two images displayed in a circular shape are, in the dedicated hold display mode, an image obtained by viewing one car from the side as shown in FIG. Replaced.
34B, the second dedicated image 32 corresponding to the third normal image 23 and the fourth normal image 24 (see FIG. 34A), and the fifth normal image 25 (same as the above). A third dedicated image 33 corresponding to (a) in the figure is displayed. In the dedicated hold display mode, a hold image that allows the player to clearly distinguish from the normal hold display mode is displayed.
〔各種の応用例について〕
次に、第3の実施の形態を保留表示演出以外の演出に応用する例を説明する。
例えば、入球の時間差Δtが時間閾値Tよりも小さい場合(ステップ3304でYes参照)に専用の態様で保留表示されると共に、または、かかる保留表示の代わりに、入球の音を普段と異なる音にすること等の音響の変更が考えられる。
また、このような音響の変更ではなく、盤ランプ116や枠ランプ157(図1または図3参照)の発光を普段と変えたり、可動役物115(図1または図3参照)の動きを変えたりすることが考えられる。
[Various application examples]
Next, an example in which the third embodiment is applied to an effect other than the hold display effect will be described.
For example, when the time difference Δt of the incoming ball is smaller than the time threshold T (see Yes in step 3304), the display is held in a dedicated manner, or instead of the hold display, the sound of the incoming ball is different from usual. It is possible to change the sound such as making sound.
In addition, the sound of the panel lamp 116 and the frame lamp 157 (see FIG. 1 or FIG. 3) is changed normally, and the movement of the movable accessory 115 (see FIG. 1 or FIG. 3) is changed. Can be considered.
また、他の応用例について説明する。より詳細には、大入賞口125(図1参照)への入賞個数についての表示演出を行う場合、大入賞口125への相前後する入球の時間差Δtを表示演出に反映する応用例である。すなわち、入賞個数表示演出に応用する例であり、入賞個数表示態様の決定に入賞の時間間隔を用いることになる。
そのような応用例では、大入賞口125への入球の時間差Δtが時間閾値Tよりも小さい場合(ステップ3304でYes参照)に専用の態様で入賞数表示され、時間閾値Tよりも小さくない場合(ステップ3304でNo参照)に通常の態様で入賞数表示されるように制御する例が考えられる。
また、大入賞口125への入球の時間差Δtが時間閾値Tよりも小さい場合(ステップ3304でYes参照)に加算する一方で時間閾値Tよりも小さくない場合(ステップ3304でNo参照)に加算しない不図示のカウンタ(計数部、計数手段)を備え、カウンタによる値の表示演出を行うように制御する例も考えられる。
なお、第3の実施の形態の応用例として、普通入賞口126(図1参照)についての演出も考えられる。
Another application example will be described. More specifically, in the case of performing a display effect on the number of winning prizes at the grand prize opening 125 (see FIG. 1), this is an application example in which the time difference Δt of the consecutive winning balls to the big prize opening 125 is reflected in the display effect. . In other words, this is an example applied to the winning number display effect, and the winning time interval is used to determine the winning number display mode.
In such an application example, when the time difference Δt for entering the big winning opening 125 is smaller than the time threshold T (see Yes in step 3304), the number of winnings is displayed in a dedicated manner and is not smaller than the time threshold T. In such a case (see No in step 3304), an example of controlling to display the number of winnings in a normal manner is conceivable.
In addition, it is added when the time difference Δt of entering the winning prize opening 125 is smaller than the time threshold T (see Yes in step 3304), while it is not smaller than the time threshold T (see No in step 3304). An example in which a counter (not shown) (counting unit, counting means) that is not shown is provided and control is performed so as to display a value by the counter can be considered.
As an application example of the third embodiment, an effect on the normal winning opening 126 (see FIG. 1) can be considered.
図35は、応用例に係る入賞個数表示の演出態様を説明する図であり、(a)は、大入賞口125(図1参照)の入賞個数を表示する演出態様の一例であり、(b)は、かかる演出態様の他の例である。
図35では、画像を表示する装置として、画像表示部114のほかに小型表示部118を遊技盤110(図1参照)に備える場合において、小型表示部118に表示する例を示している。なお、当然ながら、画像表示部114に表示することも考えられる。
また、図35の(a)または(b)に示す演出態様を、上述した時短中にゲートへの入球個数を表示する場合に適用する例も考えられる。
FIG. 35 is a diagram for explaining an effect mode of winning number display according to the application example, and FIG. 35A is an example of an effect mode for displaying the number of winnings in the big winning opening 125 (see FIG. 1). ) Is another example of such effects.
FIG. 35 shows an example of displaying on the small display unit 118 when the game board 110 (see FIG. 1) includes the small display unit 118 in addition to the image display unit 114 as an image display device. Of course, displaying on the image display unit 114 is also conceivable.
In addition, an example in which the effect mode shown in FIG. 35A or 35B is applied to the case where the number of balls entering the gate is displayed during the above-described time reduction is also conceivable.
図35の(a)に示す演出態様は、1ラウンド(単位ラウンド)内で大入賞口125に入賞した合計個数を示す合計バー40と、合計個数のうち、大入賞口125への入賞の時間差Δtが時間閾値Tよりも小さい場合(ステップ3304でYes参照)の個数を示す時間制限バー50と、を画像表示部114に並べて表示するものである。合計バー40および時間制限バー50はいずれも、一方向すなわち下から上へと延びるメータ形式で表示されている。   The production mode shown in (a) of FIG. 35 is the total bar 40 indicating the total number of winnings in the grand prize winning opening 125 within one round (unit round), and the time difference of winning to the big winning opening 125 out of the total number. A time limit bar 50 indicating the number of cases where Δt is smaller than the time threshold T (see Yes in step 3304) is displayed side by side on the image display unit 114. Both the total bar 40 and the time limit bar 50 are displayed in a meter format extending in one direction, ie from bottom to top.
さらに説明すると、同図の(a)における合計バー40では、発光要素41,42,43,44,45が表示されている。すなわち、現在のラウンド中に5個の遊技球が入賞している。そして、大入賞口125への入賞個数Cの上限値(ステップ1409参照)である規定の個数は、8個であり、現在のラウンド中に3つの遊技球の入賞が可能である。
そして、時間制限バー50では、発光要素51,52が表示されている。したがって、合計バー40に示す5個の入賞のうち時間差Δtが時間閾値Tよりも小さい入賞分が2個しかなかったことになる。このため、例えば遊技くぎの調整具合が大入賞口125に入球し難い状況にあり、入球環境が想定範囲外であるということがいえる。
More specifically, the light emitting elements 41, 42, 43, 44, and 45 are displayed in the total bar 40 in FIG. That is, five game balls have won in the current round. Then, the prescribed number that is the upper limit value (see step 1409) of the number C of winning prizes C to the big winning opening 125 is 8, and three game balls can be won during the current round.
In the time limit bar 50, the light emitting elements 51 and 52 are displayed. Therefore, of the five winnings shown in the total bar 40, there are only two winnings whose time difference Δt is smaller than the time threshold T. For this reason, for example, it can be said that the adjustment state of the game nail is difficult to enter the winning prize opening 125 and the entry environment is outside the assumed range.
図35の(b)に示す演出態様は、同図の(a)における合計バー40を表示するものであり、時間制限バー50を表示していない。より詳細には、合計バー40では、発光要素41〜45によって現在のラウンドにおける合計の入賞個数が5個であることを表示している。
さらに説明すると、合計バー40のうち発光要素42,45と発光要素41,43,44とは互いに異なる表示形態である。すなわち、発光要素42,45に係る入賞の時間差Δtが時間閾値Tよりも小さいものであり、発光要素41,43,44に係る入賞の時間差Δtが時間閾値Tよりも小さくないものである。このため、発光要素42,45は、発光要素41,43,44とは異なる表示形態である。より具体的には、発光要素42,45が発光要素41,43,44よりも目立つように色分けされた表示形態や、逆に発光要素41,43,44が発光要素42,45よりも目立つように色分けされた表示形態が考えられる。
The effect mode shown in (b) of FIG. 35 displays the total bar 40 in (a) of the same figure, and does not display the time limit bar 50. More specifically, the total bar 40 indicates that the total number of winnings in the current round is 5 by the light emitting elements 41 to 45.
More specifically, in the total bar 40, the light emitting elements 42 and 45 and the light emitting elements 41, 43 and 44 have different display forms. That is, the winning time difference Δt related to the light emitting elements 42, 45 is smaller than the time threshold T, and the winning time difference Δt related to the light emitting elements 41, 43, 44 is not smaller than the time threshold T. For this reason, the light emitting elements 42 and 45 have a different display form from the light emitting elements 41, 43 and 44. More specifically, the display form is color-coded so that the light emitting elements 42 and 45 are more prominent than the light emitting elements 41, 43 and 44, and conversely, the light emitting elements 41, 43 and 44 are more prominent than the light emitting elements 42 and 45. A display form that is color-coded can be considered.
〔第3の実施の形態が有する意義について〕
次に、第3の実施の形態が有する意義について改めて説明する。
遊技機が設置されるホール店にて、ホール店に設置される前に比べて遊技機の固体差が大きい場合には、メーカの機種開発どおりの遊技内容とは異なるものになり、好ましくない。そして、そのような機種の状態について把握可能になれば、ホール店側や遊技者側にとって便利な場合が考えられる。
[Significance of the third embodiment]
Next, the significance of the third embodiment will be described again.
In the hall store where the gaming machine is installed, if the difference between the gaming machines is larger than that in the hall shop, the contents of the game differ from the manufacturer's model development, which is not preferable. And if it becomes possible to grasp the state of such a model, it may be convenient for the hall store side or the player side.
かかる課題を解決するための構成は、遊技球の入球を検出手段211,212,214,215,217が検出すると抽選および/または賞球の払い出しが行われる遊技機100であって、前記検出手段211,212,214,215,217により入球が検出される時間情報を取得する取得手段301,304と、前記取得手段301,304により相前後して取得される時間情報により特定される入球の時間間隔Δtが所定値T未満の場合と当該所定値T以上の場合とで演出を変更する演出変更手段300と、を備えることを特徴とするものである。   A configuration for solving such a problem is a gaming machine 100 in which a lottery and / or payout of prize balls is performed when detection means 211, 212, 214, 215, 217 detects entry of a game ball. Acquisition means 301, 304 for acquiring time information when the entry is detected by means 211, 212, 214, 215, 217, and input information specified by time information acquired before and after by the acquisition means 301, 304. An effect changing means 300 for changing the effect depending on whether the time interval Δt of the sphere is less than a predetermined value T or more than the predetermined value T is provided.
付言すると、第3の実施の形態に係るパチンコ遊技機100(図1参照)は、遊技機の一例である。
第1始動口スイッチ211、第2始動口スイッチ212、ゲートスイッチ214、大入賞口スイッチ215、普通入賞口スイッチ217(図3参照)は、検出手段の一例である。
演出制御部300のCPU301およびRTC304(図3参照)は、取得手段の一例である。演出制御部300(図3参照)は、演出変更手段の一例である。
In addition, the pachinko gaming machine 100 (see FIG. 1) according to the third embodiment is an example of a gaming machine.
The first start port switch 211, the second start port switch 212, the gate switch 214, the big winning port switch 215, and the normal winning port switch 217 (see FIG. 3) are examples of detecting means.
The CPU 301 and the RTC 304 (see FIG. 3) of the effect control unit 300 are examples of acquisition means. The effect control unit 300 (see FIG. 3) is an example of effect changing means.
第3の実施の形態によれば、ホール店における各遊技機の状態を把握することが可能になる。
すなわち、第3の実施の形態では、始動口121,122等への相前後する入球の時間差を演出に反映させる構成を採用し、パチンコ遊技機100における入球に関する固体差に応じて演出が変わることから、遊技者は、入球状況を容易に把握することが可能になる。
従来では、変動回転数や大当たり回数等の過去のデータを表示することで、そのパチンコ遊技機100の状態を把握することを可能する表示装置を備える構成が提案されている。しかしながら、他人が遊技したことによる過去のデータであることから目安になるものの、実際に遊技してみないと分からない。
これに対し、第3の実施の形態では、遊技者が実際に遊技を行って演出内容を確認できることから、自分の遊技に基づき、パチンコ遊技機100における遊技くぎの調整等の評価が可能である。すなわち、画像表示部114等に表示される演出が入球し易い遊技台とそうでない遊技台とで異なることから、専用演出の有無で、入球し易いか否かを予測することが可能になる。言い換えると、入球状況に関する遊技性の向上を図ることが可能になる。
また、他の遊技者が、他人が遊技中のパチンコ遊技機100の演出を調べることで、入球の状況を容易に把握することが可能になり、遊技する遊技台を選ぶ際の目安にすることが可能である。
さらには、ホール店は、パチンコ遊技機100の各々についての入球環境がどのような状態であるかをホール営業中に確認することが可能になり、その後の営業に反映させることが可能になる。
According to the third embodiment, it is possible to grasp the state of each gaming machine in the hall store.
That is, in the third embodiment, a configuration is adopted in which the time difference between the successive entrances to the start ports 121, 122, etc. is reflected in the effect, and the effect is produced according to the individual difference regarding the entrance in the pachinko gaming machine 100. Since it changes, the player can easily grasp the situation of entering the ball.
Conventionally, a configuration has been proposed that includes a display device that can grasp the state of the pachinko gaming machine 100 by displaying past data such as a variable rotation speed and a big hit count. However, although it is a guide because it is past data from another person's game, it is not known unless the game is actually played.
On the other hand, in the third embodiment, since the player can actually play the game and confirm the contents of the production, it is possible to evaluate the adjustment of the game nail in the pachinko gaming machine 100 based on his game. . That is, since the effects displayed on the image display unit 114 and the like are different between a game table that is easy to enter and a game table that is not so, it is possible to predict whether or not it is easy to enter with or without a dedicated effect. Become. In other words, it is possible to improve game playability regarding the entering situation.
In addition, it becomes possible for other players to easily grasp the situation of entering the ball by examining the effects of the pachinko gaming machine 100 that is being played by other people, which is used as a guideline when selecting a game stand to play. It is possible.
Furthermore, the hall store can check the state of the entry environment for each of the pachinko gaming machines 100 during the hall operation, and can be reflected in the subsequent sales. .
〔第4の実施の形態〕
第4の実施の形態について図36〜図45を用いて説明する。この第4の実施の形態は、保留による事前判定の結果に基づく連続予告演出(ゾーン演出)を、保留数に応じて変更する演出制御に関するものである。
第4の実施の形態では、上述した第1の構成例に係る振り分け装置10(図27参照)、第2の構成例に係る振り分け装置10(図28参照)または第3の構成例に係る振り分け装置10(図29参照)のいずれでも用いることが可能である。
[Fourth Embodiment]
A fourth embodiment will be described with reference to FIGS. The fourth embodiment relates to effect control for changing the continuous notice effect (zone effect) based on the result of the preliminary determination based on the hold according to the number of holds.
In the fourth embodiment, the distribution device 10 according to the first configuration example (see FIG. 27), the distribution device 10 according to the second configuration example (see FIG. 28), or the distribution according to the third configuration example. Any of the devices 10 (see FIG. 29) can be used.
〔保留先読み〕
まず、保留先読みについて説明する。
第4の実施の形態に係るパチンコ遊技機100は、いわゆる保留先読みおよびこの保留先読みの結果を報知する先読み報知演出を行う。
保留先読みとは、図柄変動開始時ではなく始動口入賞時に、特別図柄処理における各種の判定と同様の判定(事前判定)を行うものである。すなわち、第1始動口121または第2始動口122に遊技球が入球(始動口入賞)すると、遊技制御部200において、大当たり判定処理等を行うための各種の乱数が取得される(図6のステップ604、610参照)。このとき、他の始動口入賞に伴う特別図柄処理により特別図柄の変動表示が行われていると、今回の始動口入賞に伴う特別図柄処理は直ちには行われずに保留される(図8参照)。大当たり判定を受ける権利が保留された保留球に関しては、特別図柄の変動表示が終了するたびに、保留された順(入賞順)に特別図柄処理が行われる。なお、本実施の形態では、第2始動口入賞に伴う特別図柄処理は第1始動口入賞に伴う特別図柄処理に優先して処理されることはない。
一方、これとは別に、保留先読み(事前判定)が図柄変動開始時まで待つことなく直ちに行われる(図6のステップ605、611参照)。
[Read ahead]
First, reservation prefetching will be described.
The pachinko gaming machine 100 according to the fourth embodiment performs a so-called pre-read notification and a pre-read notification effect for notifying the result of the pre-read reservation and the result of the pre-read reservation.
The pre-reading refers to making a determination (preliminary determination) similar to various determinations in the special symbol process when the symbol variation is started, not when the symbol variation starts. That is, when a game ball enters the first start port 121 or the second start port 122 (start port winning), the game control unit 200 acquires various random numbers for performing a big hit determination process or the like (FIG. 6). Steps 604 and 610 of FIG. At this time, if the special symbol change display is performed by the special symbol process associated with another start opening prize, the special symbol process associated with the current start opening prize is not immediately performed but is held (see FIG. 8). . With respect to the reserved ball for which the right to receive the jackpot determination is suspended, the special symbol processing is performed in the order in which it is suspended (winning order) every time the special symbol variation display ends. In the present embodiment, the special symbol process associated with the second start opening prize is not processed in preference to the special symbol process associated with the first start opening prize.
On the other hand, the pre-reading (preliminary determination) is performed immediately without waiting until the start of symbol variation (see steps 605 and 611 in FIG. 6).
〔保留先読みを行うための遊技制御部のRAMおよび演出制御部のRAMの構成〕
このような保留先読みを実行するために、本実施の形態における遊技制御部200のRAM203および演出制御部300のRAM303は、以下のような構成を有する。
図36は、第4の実施の形態における遊技制御部200のRAM203(図3参照)の構成例を説明するブロック図である。同図の(a)は、記憶領域204の構成を示すブロック図であり、(b)は、(a)に示す記憶部の各々の構成を示すブロック図である。
[Configuration of RAM of Game Control Unit and Prediction Control Unit for Preserving Pre-Reading]
In order to execute such hold prefetching, the RAM 203 of the game control unit 200 and the RAM 303 of the effect control unit 300 in the present embodiment have the following configurations.
FIG. 36 is a block diagram illustrating a configuration example of the RAM 203 (see FIG. 3) of the game control unit 200 according to the fourth embodiment. (A) of the same figure is a block diagram which shows the structure of the memory | storage area | region 204, (b) is a block diagram which shows each structure of the memory | storage part shown to (a).
同図の(a)に示すように、RAM203は、大当たり乱数抽選により取得した大当たり乱数を記憶する特別図柄保留記憶領域としての記憶領域204を備えている。この記憶領域204は、第1始動口121の保留数と第2始動口122の保留数の最大値に対応する8つの記憶部を有している。具体的に説明すると、記憶領域204は、第1記憶部204a、第2記憶部204b、第3記憶部204c、第4記憶部204d、第5記憶部204e、第6記憶部204f、第7記憶部204g、第8記憶部204hを有している。   As shown to (a) of the figure, RAM203 is provided with the storage area 204 as a special symbol holding | maintenance storage area which memorize | stores the jackpot random number acquired by the jackpot random number lottery. The storage area 204 has eight storage units corresponding to the maximum number of reserves of the first start port 121 and the reserve number of the second start port 122. Specifically, the storage area 204 includes a first storage unit 204a, a second storage unit 204b, a third storage unit 204c, a fourth storage unit 204d, a fifth storage unit 204e, a sixth storage unit 204f, and a seventh storage. Part 204g and eighth storage part 204h.
また、同図の(b)に示すように、これらの記憶部204a〜204hの各々は、大当たりに当選した際の変動回数Nが記憶される領域と、入賞した始動口(第1始動口121または第2始動口122)の別を表す情報が記憶される領域と、を有する。また、記憶部204a〜204hの各々は、取得された大当たり乱数が記憶される領域と、図柄乱数が記憶される領域と、リーチ乱数が記憶される領域と、を有する。すなわち、記憶部204a〜204hの各々には、大当たり乱数、図柄乱数およびリーチ乱数が記憶される。また、記憶部204a〜204hの各々は、事前判定情報が記憶される領域を有する。事前判定情報とは、上記の各乱数に基づく事前判定処理(図6のステップ605、611参照)によって得られた情報である。事前判定情報の内容は、特別図柄処理(図8参照)における各種の判定結果として得られる情報と同様であり、具体的には、当たりの種類(大当たり、小当たり、はずれ)、大当たりであった場合にはその大当たりの種類、演出の内容はリーチ有り演出であるのかリーチ無し演出であるのかといったことを示すための情報である。   Further, as shown in (b) of the figure, each of these storage units 204a to 204h includes an area for storing the number of fluctuations N when winning the jackpot, and a winning start port (first start port 121). Or an area in which information indicating the second start port 122) is stored. Each of the storage units 204a to 204h includes an area for storing the acquired jackpot random number, an area for storing a design random number, and an area for storing a reach random number. That is, each of the storage units 204a to 204h stores a jackpot random number, a design random number, and a reach random number. In addition, each of the storage units 204a to 204h has an area for storing prior determination information. The pre-determination information is information obtained by the pre-determination process based on each random number (see steps 605 and 611 in FIG. 6). The content of the pre-determination information is the same as the information obtained as various determination results in the special symbol processing (see FIG. 8), and specifically, the type of winning (big hit, small hit, off) and big hit In this case, the type of jackpot and the content of the production are information for indicating whether the production is a reachable production or a non-reach production.
ここで、各乱数は、第1記憶部204aから順に記憶していく。より具体的に説明すると、例えば、第1記憶部204a〜第8記憶部204hのいずれにも乱数が記憶されていないときには、取得した乱数が第1記憶部204aに記憶されることになる。また、例えば、第1記憶部204a〜第4記憶部204dに乱数がすでに記憶されているときには、取得した乱数が第5記憶部204eに記憶されることになる。   Here, each random number is stored in order from the first storage unit 204a. More specifically, for example, when no random number is stored in any of the first storage unit 204a to the eighth storage unit 204h, the acquired random number is stored in the first storage unit 204a. Further, for example, when random numbers are already stored in the first storage unit 204a to the fourth storage unit 204d, the acquired random number is stored in the fifth storage unit 204e.
図37は、演出制御部300のRAM303(図3参照)の構成例を説明するブロック図である。図37の(a)は、保留記憶領域305の構成を示すブロック図であり、(b)は、(a)に示す記憶部の各々の構成を示すブロック図である。
図37の(a)に示すように、RAM303は、保留球が保留されている状況を記憶する保留状況記憶領域としての保留記憶領域305を備えている。この保留記憶領域305は、第1始動口121への入賞に対する保留と第2始動口122への入賞に対する保留の最大値に対応する8つの記憶部を有している。具体的には、保留記憶領域305は、第1記憶部305a、第2記憶部305b、第3記憶部305c、第4記憶部305d、第5記憶部305e、第6記憶部305f、第7記憶部305g、第8記憶部305hを有している。
FIG. 37 is a block diagram illustrating a configuration example of the RAM 303 (see FIG. 3) of the effect control unit 300. FIG. 37A is a block diagram showing the configuration of the reserved storage area 305, and FIG. 37B is a block diagram showing the configuration of each storage unit shown in FIG.
As shown in (a) of FIG. 37, the RAM 303 includes a holding storage area 305 as a holding status storage area for storing a holding status of the holding ball. The holding storage area 305 has eight storage units corresponding to the maximum values of holding for winning in the first starting port 121 and holding for winning in the second starting port 122. Specifically, the reserved storage area 305 includes a first storage unit 305a, a second storage unit 305b, a third storage unit 305c, a fourth storage unit 305d, a fifth storage unit 305e, a sixth storage unit 305f, and a seventh storage. Part 305g and an eighth storage part 305h.
また、同図の(b)に示すように、これらの記憶部305a〜305hの各々は、保留フラグをON/OFFする保留フラグ記憶領域と、報知フラグをON/OFFする報知フラグ記憶領域と、を有している。保留フラグは、記憶部305a〜305hごとに保留球の有無を識別するためのフラグである。すなわち、例えば第1始動口121への入賞による保留数が3であり、第2始動口122への入賞による保留数が0の場合、第1〜3記憶部305a、305b、305cの3つの保留フラグ記憶領域において、保留フラグがONとなる。報知フラグは、個々の保留球に関して後述する先読み結果の報知コマンドの有無を識別するためのフラグである。すなわち、例えば上記3つの保留球に対して事前判定処理(図6のステップ605、611および後述の図37参照)が行われ、3番目の保留球に対して報知コマンドがセットされた場合、第3記憶部305cの報知フラグ記憶領域において、報知フラグがONとなる。   Further, as shown in FIG. 5B, each of these storage units 305a to 305h includes a hold flag storage area for turning on / off the hold flag, a notification flag storage area for turning on / off the notification flag, have. The hold flag is a flag for identifying the presence or absence of a hold ball for each of the storage units 305a to 305h. That is, for example, when the number of holds due to winning at the first start port 121 is 3 and the number of holds due to winning at the second start port 122 is 0, three holds of the first to third storage units 305a, 305b, 305c The hold flag is turned on in the flag storage area. The notification flag is a flag for identifying the presence / absence of a notification command of a pre-read result to be described later for each reserved ball. That is, for example, when a pre-determination process (see steps 605 and 611 in FIG. 6 and FIG. 37 described later) is performed on the above three reserved balls, and a notification command is set for the third reserved ball, In the notification flag storage area of the three storage unit 305c, the notification flag is turned ON.
すなわち、RAM203およびRAM303は、遊技制御部200および演出制御部300において保留球に関して、事前判定の結果を含む情報(保留球情報)を記憶する保留球情報記憶手段として機能する。また、遊技制御部200は、大当たり抽選を行う抽選手段であり、事前判定処理を行う事前判定手段である。演出制御部300は、先読み報知演出を行う演出制御手段である。   That is, the RAM 203 and the RAM 303 function as a holding ball information storage unit that stores information (holding ball information) including a result of a prior determination regarding the holding ball in the game control unit 200 and the effect control unit 300. In addition, the game control unit 200 is a lottery unit that performs a lottery lottery, and is a preliminary determination unit that performs a preliminary determination process. The effect control unit 300 is an effect control means for performing a prefetch notification effect.
〔事前判定処理〕
ここで、保留先読みの場合の事前判定処理(図6のステップ605,611参照)について詳細に説明する。
まず、事前判定処理での乱数による判定の手法について説明する。
図38は、事前判定処理で用いられる乱数の構成例を示す図である。
同図の(a)には事前判定処理での大当たり乱数の構成例、(b)には事前判定処理での図柄乱数の構成例、(c)には事前判定処理でのリーチ乱数の構成例が、それぞれ示されている。
[Preliminary judgment processing]
Here, the pre-determination process (see steps 605 and 611 in FIG. 6) in the case of hold prefetching will be described in detail.
First, a determination method using random numbers in the prior determination process will be described.
FIG. 38 is a diagram illustrating a configuration example of a random number used in the prior determination process.
(A) of the figure is a configuration example of jackpot random numbers in the pre-determination process, (b) is a configuration example of symbol random numbers in the pre-determination process, and (c) is a configuration example of reach random numbers in the pre-determination process. Are shown respectively.
同図の(a)を参照すると、大当たり乱数は、低確率遊技状態(通常遊技状態)である場合と高確率遊技状態(確変遊技状態)の場合の2種類が設定されている。乱数の値の範囲はいずれも0〜600の601個である。さらには、大当たり乱数は、低確率遊技状態と高確率遊技状態とで、それぞれ大当たりのときと小当たりのときの2種類が設定されている。すなわち、事前判定処理の際に用いられる乱数判定テーブルとして、低確率遊技状態での大当たり乱数の判定に用いられる低確率時乱数判定テーブルと、高確率遊技状態での大当たり乱数の判定に用いられる高確率時乱数判定テーブルと、が用意されている。
そして、低確率遊技状態の場合、大当たり当選値および小当たり当選値のいずれも2つ設定され、大当たり当選確率は2/601であり、小当たり当選確率もまた2/601である。また、高確率遊技状態の場合、大当たり当選値は20個設定され、大当たり当選確率は20/601であり、また、小当たり当選値は2個設定され、小当たり当選確率は2/601である。すなわち図示の例では、確変遊技状態で始動口121、122に入賞し特別図柄抽選が行われると、低確率遊技状態で特別図柄抽選が行われる場合に比べて、大当たり当選確率が10倍となる。
なお、本実施形態においては、低確率時乱数判定テーブルと高確率時乱数判定テーブルのいずれも、小当たり当選値が50と100である。このため、低確率遊技状態であるか高確率遊技状態であるかとは関係なく、大当たり乱数が50または100であった場合に小当たりと判定される。
Referring to (a) in the figure, two types of jackpot random numbers are set: a low probability gaming state (normal gaming state) and a high probability gaming state (probability varying gaming state). The range of random number values is 601 from 0 to 600. Furthermore, two types of jackpot random numbers are set for the jackpot and the jackpot for the low probability gaming state and the high probability gaming state, respectively. That is, as a random number determination table used in the prior determination process, a low probability random number determination table used for determination of a big hit random number in a low probability gaming state and a high number used for determination of a big hit random number in a high probability gaming state And a random number determination table for probability.
In the case of the low probability gaming state, both the big win winning value and the small win winning value are set, the big win winning probability is 2/601, and the small win winning probability is also 2/601. In the case of a high-probability gaming state, 20 jackpot winning values are set, the jackpot winning probability is 20/601, two small hit winning values are set, and the small win winning probability is 2/601. . In other words, in the example shown in the figure, when the special symbols lottery is performed by winning the starting holes 121 and 122 in the probability variation gaming state, the jackpot winning probability is 10 times as compared with the case where the special symbol lottery is performed in the low probability gaming state. .
In the present embodiment, the low-winning random number determination table and the high-probability random number determination table have small winning winning values of 50 and 100, respectively. Therefore, regardless of whether the game state is a low-probability game state or a high-probability game state, it is determined that the jackpot number is 50 or 100 when the jackpot random number is 50 or 100.
同図の(b)には、第1始動口入賞による大当たり時の図柄乱数と、第2始動口入賞による大当たり時の図柄乱数と、小当たり時の図柄乱数と、が示されている。
同図の(b)を参照すると、第1始動口入賞による大当たりの種類として、高確率時短付き長当たり、通常時短付き長当たり、高確率時短付き短当たり、通常時短付き短当たり、高確率時短無し短当たり、および、通常時短無し短当たりの6種類が用意されている。乱数の値の範囲は0〜250の251個である。そして、高確率時短付き長当たりに、0〜100の値が割り当てられているので、第1始動口入賞の保留先読みを行う場合に高確率時短付き長当たりである確率は101/251となる。また、通常時短付き長当たりに101〜150の値が割り当てられているので、第1始動口入賞の保留先読みを行う場合に通常時短付き長当たりである確率は50/251となる。また、高確率時短付き短当たり、通常時短付き短当たり、高確率時短無し短当たり、および、通常時短無し短当たりにはそれぞれ、151〜175,176〜200,201〜225,226〜250の値が割り当てられているので、その確率はいずれも25/251となる。
(B) of the same figure shows the symbol random number at the time of jackpot by the 1st starting opening prize, the symbol random number at the time of jackpot by the 2nd starting slot winning, and the symbol random number at the time of small hitting.
Referring to (b) of the figure, the types of jackpots for the first starting entrance prize are as follows: per length with high probability short-time, long per length with normal time, short per short with high probability time, short per short with normal time, high probability short-time There are six types available, one per short and the other per normal time. The range of random number values is 251 from 0 to 250. And since the value of 0-100 is allocated per length with high probability shortening, the probability of being per length with high probability shortening is 101/251 when performing pre-reading preserving of the first start opening prize. Moreover, since the value of 101-150 is normally assigned per length with a short time, the probability that it is per length with a normal time is 50/251 when the pre-reading reservation of the first start opening prize is performed. In addition, per value with a short time with a high probability, a short value with a short time with a normal time, a short value with a short time without a high probability, and a value with a short time without a short time with a normal probability, values of 151 to 175, 176 to 200, 201 to 225, 226 to 250, respectively. Are assigned, the probabilities are all 25/251.
また、同図の(b)を参照すると、第2始動口入賞による大当たりの種類として、高確率時短付き長当たり、および、通常時短付き長当たりの2種類が用意されている。乱数の値の範囲は0〜250の251個である。そして、高確率時短付き長当たりに、0〜150の値が割り当てられているので、第2始動口入賞の保留先読みを行う場合に高確率時短付き長当たりである確率は151/251となる。また、通常時短付き長当たりに、151〜250の値が割り当てられているので、第2始動口入賞の保留先読みを行う場合に通常時短付き長当たりである確率は100/251となる。   In addition, referring to (b) of the figure, there are two types of jackpots for the second start opening winning, one per length with high probability and the other with a length with normal time. The range of random number values is 251 from 0 to 250. And since the value of 0-150 is allocated per length with high probability time shortening, the probability per length with high probability time shortening will be 151/251 when performing pre-reading reservation of the 2nd start opening prize. In addition, since the values of 151 to 250 are assigned per length with a normal time, the probability of being with the time length with a normal time is 100/251 when preserving the second start opening prize preemption.
ここで、第2始動口入賞による大当たり時に、高確率時短付き長当たりまたは通常時短付き長当たりのいずれかのみに当選するように制御する理由を以下説明する。
すなわち、非時短遊技状態においては、第2始動口122にほとんど遊技球が入球しない。言い換えれば、非時短遊技状態においては、大当たりの抽選のほとんどが、第1始動口121に遊技球が入球したことを契機として行われる。したがって、非時短遊技状態において、6種類の大当たりのうちのいずれかが当選するようにすることで、遊技の興趣性を高めるようにしている。
その一方で、仮に、第2始動口122に遊技球が入球した場合も6種類の大当たりが当選するようにしてしまうと、時短遊技状態を設けたことによって遊技者の遊技に対する意欲をかえって減退させてしまうおそれがある。例えば、高確率時短付き短当たりに当選して時短遊技状態となった場合に、さらに通常時短付き短当たりや通常時短無し短当たりに当選してしまうと、高確率時短付き短当たりに当選したことによる遊技価値を享受することができず、遊技に対する遊技者の意欲が一気に減退してしまう。また、例えば、高確率時短付き短当たりに当選して時短遊技状態となった場合に、再度いずれかの「短当たり」に頻繁に当選することとなれば、遊技者は多量の賞球を獲得するという遊技の最大の目的を達成することがなかなかできず、遊技に対する意欲が一気に減退しかねない。このような事態が、時短遊技状態においては頻繁に発生することとなる。
そこで、かかる事態が頻繁に発生することがないよう、第2始動口入賞については、高確率時短付き長当たりまたは通常時短付き長当たりのいずれかのみに当選するようにしたのである。
Here, the reason why the control is performed so as to win only the long probability with a short time or the long length with a normal time at the time of the big hit by the second start opening prize will be described.
That is, in the non-short game state, almost no game ball enters the second start port 122. In other words, in the non-short-time gaming state, most of the jackpot lottery is performed when a game ball enters the first start port 121. Therefore, in the non-time-saving gaming state, any one of the six types of jackpots is won to enhance the fun of the game.
On the other hand, even if a game ball enters the second start port 122, if six types of jackpots are won, the player's willingness to play is reduced by providing a short-time game state. There is a risk of letting you. For example, if you win a short chance with high probability short-term and become short-time gaming state, if you win further per short with normal time or short with no normal time, you win a short chance with high probability It is impossible to enjoy the game value by the player, and the player's willingness to play is reduced at once. Also, for example, if a player wins a short win with a high probability and enters a short play state, the player will win a lot of prize balls if he frequently wins one of the “short wins” again. It may be difficult to achieve the maximum goal of the game, and the willingness to play may decline at once. Such a situation frequently occurs in the short-time gaming state.
Therefore, in order to prevent such a situation from frequently occurring, the second start opening prize is won only for either the high probability per short length or the normal short length.
また、同図の(b)を参照すると、小当たり時における小当たりの種類として、小当たりAおよび小当たりBの2種類が用意されている。乱数の値の範囲は0〜250の251個である。そして、小当たりAに、0〜120の値が割り当てられているので、第1始動口入賞ないし第2始動口入賞での保留先読みを行う場合に小当たりAである確率は121/251となる。また、小当たりBに、121〜250の値が割り当てられているので、その確率は130/251となる。
なお、小当たりAおよび小当たりBは、その後に実行される小当たり遊技の内容は全く同じであり、異なる点としては、小当たりAの場合に特別図柄表示器221,222(図3参照)に停止表示される特別図柄と小当たりBの場合に特別図柄表示器221,222に停止表示される特別図柄とが別のものであることである。
In addition, referring to (b) of the figure, two types of small hits A and small hits B are prepared as the types of small hits at the time of the small hit. The range of random number values is 251 from 0 to 250. Since a value of 0 to 120 is assigned to the small hit A, the probability of the small hit A is 121/251 when performing pre-holding preemption in the first starting opening prize or the second starting opening winning. . In addition, since the value of 121 to 250 is assigned to the small hit B, the probability is 130/251.
It should be noted that the small hit A and the small hit B are exactly the same in the contents of the small hit game executed thereafter, and the difference is that in the case of the small hit A, the special symbol indicators 221 and 222 (see FIG. 3) The special symbol that is stopped and displayed on the screen and the special symbol that is stopped and displayed on the special symbol indicators 221 and 222 in the case of the small hit B are different.
また、図38の(c)を参照すると、リーチ乱数の値の範囲は0〜250の251個である。そして、リーチ有りの場合とリーチ無しの場合とがリーチ乱数判定テーブルとして用意されている。すなわち、リーチ有りに、0〜24の値が割り当てられ、リーチ無しに、25〜250の値が割り当てられている。したがって、第1始動口入賞ないし第2始動口入賞での保留先読みを行う場合にリーチ有りである確率は25/251となり、リーチ無しである確率は226/251となる。
さらに説明すると、大当たり乱数がハズレであると判定された場合にのみ、リーチ乱数判定テーブルに基づいてリーチ乱数の判定を行う。そして、上述したように、ハズレ時には、リーチ無し演出が実行される確率が高くなる一方で、遊技者に期待感を与えるいわゆるガセリーチ演出が10%程度の確率で実行されることとなる。その一方で、大当たり時および小当たり時には、必ずリーチ有り演出が実行されるため、本実施形態においては、リーチ乱数が取得されるものの、当該リーチ乱数の判定は行わないこととしている。
Also, referring to (c) of FIG. 38, the range of reach random number values is 251 from 0 to 250. A reach random number determination table is prepared for the case with reach and the case without reach. That is, a value of 0 to 24 is assigned with reach, and a value of 25 to 250 is assigned without reach. Accordingly, the probability of having a reach when performing a pre-reading preemption in the first start opening prize or the second start opening winning is 25/251, and the probability of having no reach is 226/251.
More specifically, the reach random number is determined based on the reach random number determination table only when the jackpot random number is determined to be lost. As described above, at the time of losing, the probability that the non-reach effect is executed increases, while the so-called gas reasure effect that gives the player a sense of expectation is executed with a probability of about 10%. On the other hand, since the reach presence effect is always executed at the time of big hit and small hit, in the present embodiment, the reach random number is acquired, but the reach random number is not determined.
なお、リーチ乱数によって決定されるリーチ有り演出、リーチ無し演出というのは、画像表示部114において行われる演出の態様を示すものである。すなわち、特別図柄の変動表示中には、例えば1〜9の数字が縦方向に連続して記された数列からなる図柄が三列表示されており、特別図柄の変動表示が開始されるのと同時に、これら図柄がスクロールを開始する。
そして、リーチ有り演出においては、スクロールの開始後、所定時間経過後にスクロールが停止して各図柄を停止表示する際に、まず、いずれか2つの図柄(数列)が先に停止する。このとき、横または斜めにわたる一直線上に同一の数字が停止表示するとともに、最後の一列がスクロール速度を徐々に遅くして、一直線上に同一の数字が3つ揃うのではないかという期待感を遊技者に与える。このようなリーチ有り演出のなかには、最後の1列のスクロールが停止する前に、さまざまなキャラクタが登場したり、ストーリーが展開したりするいわゆるスーパーリーチ演出が含まれている。一方、リーチ無し演出は、リーチ有り演出とは異なり、遊技者に期待感を与えるような演出がなされることなく、横または斜めにわたる一直線上に同一の数字が揃わない状態で図柄が停止表示するものである。
このように、リーチ乱数は、大当たり乱数の判定の結果がハズレであった場合に、画像表示部114においてリーチ有り演出を行うか、リーチ無し演出を行うかを決定するためのもので、所定の確率でリーチ有り演出が出現するようにして、遊技者に対して適度に期待感を与えるようにしている。
付言すると、大当たりに当選した場合には、リーチ有り演出が必ず行われ、最終的に横または斜めにわたる一直線上に、同一の数字が揃った状態で装飾図柄が停止表示する。これに対して、小当たりに当選した場合やハズレの場合のリーチ有り演出は、上記一直線上に、同一の数字が揃わない状態で装飾図柄が停止表示する。
It should be noted that the effect with reach and the effect without reach determined by the reach random number indicate a mode of effect performed in the image display unit 114. That is, during the variation display of special symbols, for example, three columns of symbols consisting of a number sequence in which numbers 1 to 9 are continuously written in the vertical direction are displayed, and the variation display of special symbols is started. At the same time, these symbols start to scroll.
Then, in the effect with reach, when the scrolling is stopped and the symbols are stopped and displayed after elapse of a predetermined time after the start of the scrolling, any two symbols (sequences) are stopped first. At this time, the same number is stopped and displayed on a straight line extending horizontally or diagonally, and the last one row gradually decreases the scrolling speed, and there is a sense of expectation that three identical numbers will be aligned on the straight line. Give to the player. Such an effect with reach includes a so-called super reach effect in which various characters appear or a story develops before the last line of scrolling stops. On the other hand, unlike the effect with reach, the effect without reach does not produce an effect that gives the player a sense of expectation, and the symbols stop and display in a state where the same numbers are not aligned on a straight line extending horizontally or diagonally. Is.
As described above, the reach random number is used to determine whether to perform an effect with reach or an effect without reach in the image display unit 114 when the determination result of the jackpot random number is a loss. A reachable effect appears with a probability, so that the player is appropriately expected.
In addition, when a big win is won, a reachable effect is always performed, and finally the decorative symbols are stopped and displayed in a state where the same numbers are aligned on a straight line extending horizontally or diagonally. On the other hand, in the case of winning with a small win or loss, the decorative symbols are stopped and displayed in a state where the same numbers are not aligned on the straight line.
〔遊技制御部による事前判定処理〕
図39は、事前判定処理(図6のステップ605,611)の内容を示すフローチャートである。
図39に示すフローチャートでは、遊技制御部200のCPU201は、内部状態が高確率遊技状態か否かを判断し(ステップ3901)、高確率状態であると判断すると(ステップ3901でYes)、始動口スイッチ処理(図6参照)において獲得した大当たりの抽選の権利が、現在の高確率遊技状態に移行してから、何回目の大当たりの抽選の権利に相当するものであるのかを判断する。
すなわち、以後の遊技状態が高確率遊技状態となる大当たり(高確率時短付き長当たり、高確率時短付き短当たり、高確率時短無し短当たり)の当選が確定すると、大当たりに当選した際の変動回数Nが、基準回数Mに設定される。例えば、電源をONしてから200回目の大当たりの抽選(特別図柄の変動表示)によって、「高確率時短付き長当たり」に当選した場合には、RAM203に「200」というデータが記憶され、それに伴って、内部状態が高確率遊技状態となる。したがって、電源をONしてから、201回目に行われる大当たりの抽選は、高確率遊技状態に移行してから、1回目の大当たりの抽選に相当し、同様に、210回目に行われる大当たりの抽選は、高確率遊技状態に移行してから、10回目の大当たりの抽選に相当することとなる。このように、始動口スイッチ処理(図6参照)によって取得した大当たりの抽選の権利が、高確率遊技状態に移行してから何回目の大当たりの抽選に相当するのかを演算する。具体的には、CPU201が変動回数Nから基準回数Mを減算することによって演算値Zを取得する(ステップ3902)。
[Preliminary judgment processing by game control unit]
FIG. 39 is a flowchart showing the contents of the pre-determination process (steps 605 and 611 in FIG. 6).
In the flowchart shown in FIG. 39, the CPU 201 of the game control unit 200 determines whether or not the internal state is a high-probability gaming state (step 3901), and determines that the internal state is a high-probability state (Yes in step 3901). It is determined how many jackpot lottery rights have been acquired since the jackpot lottery right acquired in the switch process (see FIG. 6) has shifted to the current high probability gaming state.
In other words, if the winning of the jackpot (per length with high probability short-time, short per short with high probability short-time, short per short without high-probability time) is confirmed, the number of changes when winning the jackpot N is set to the reference number M. For example, if “Long per long with high probability” is won by the 200th jackpot lottery (special symbol fluctuation display) after turning on the power, the data “200” is stored in the RAM 203, and Along with this, the internal state becomes a high probability gaming state. Therefore, the jackpot lottery performed at the 201st time after turning on the power corresponds to the first jackpot lottery after shifting to the high probability gaming state, and similarly, the jackpot lottery performed at the 210th time Corresponds to the tenth jackpot lottery after shifting to the high probability gaming state. In this way, it is calculated how many jackpot lotteries the right of the jackpot lottery acquired by the start opening switch process (see FIG. 6) corresponds to the high probability gaming state. Specifically, the CPU 201 obtains the calculated value Z by subtracting the reference number M from the variation number N (step 3902).
そして、CPU201は、演算値Zが所定回数X以下であるか否かを判断する(ステップ3903)。ここでいう所定回数Xというのは、高確率時当たり判定用テーブルに基づいて大当たり乱数が判定される上限回数である。
ここで、本実施形態においては、以後の遊技状態が高確率遊技状態となる大当たりに当選すると、以後、100回を上限として、大当たり乱数の判定が高確率時当たり判定用テーブルに基づいて行われる。したがって、本実施形態においては、所定回数Xは100と設定されることとなり、演算値Zが100以下であるか否かを判断することとなる。
すなわち、始動口スイッチ処理(図6参照)によって取得した大当たり乱数が、高確率時当たり判定用テーブルに基づいて判定されるのか、それとも、高確率遊技状態が終了して低確率時当たり判定用テーブルに基づいて判定されるのかを、ここで判断することとなる。
例えば、電源をONしてから200回目の大当たりの抽選(変動回数N=200)によって高確率時短付き短当たりに当選したとする。その後、高確率遊技状態になってから98回の大当たりの抽選が行われ、いまだ大当たりに当選していない状況で、変動回数N=299の保留A、変動回数N=300の保留B、変動回数N=301の保留Cが、RAM203に記憶されたとする。このとき、基準回数M=200と設定されているため、保留Aは演算値Z=99となり、保留Bは演算値Z=100となり、保留Cは演算値Z=101となる。したがって、保留Aおよび保留Bはステップ3903で「YES」と判断され、保留Cはステップ3903で「NO」と判断される。
このように、ステップ3902およびステップ3903の処理によって、現在の内部状態ではなく、あくまでも特別図柄処理時の内部状態に基づいて、大当たりの判定を行うことが可能となる。したがって、高確率遊技状態から低確率遊技状態へと遊技状態が変化する場合にも、正確な判定結果を導き出すことができる。
Then, the CPU 201 determines whether or not the calculated value Z is equal to or less than the predetermined number X (step 3903). The predetermined number X here is an upper limit number of times that a big hit random number is determined based on the high probability hourly determination table.
Here, in the present embodiment, if the subsequent game state is won with a big win that becomes a high probability gaming state, then the big hit random number is determined based on the high probability hourly determination table with the upper limit being 100 times. . Therefore, in the present embodiment, the predetermined number X is set to 100, and it is determined whether or not the calculated value Z is 100 or less.
That is, whether the jackpot random number acquired by the start switch processing (see FIG. 6) is determined based on the high probability hourly determination table, or the high probability gaming state ends and the low probability hourly determination table It is determined here whether it is determined based on the above.
For example, suppose that a winning hit with a short time with a high probability is won by the 200th jackpot lottery (the number of fluctuations N = 200) after turning on the power. Thereafter, 98 jackpot lotteries have been performed since entering the high probability gaming state, and in a situation where the jackpot has not yet been won, the variation number N = 299 hold A, the variation number N = 300 hold B, the variation number It is assumed that N = 301 hold C is stored in the RAM 203. At this time, since the reference number M = 200 is set, the hold A is the calculated value Z = 99, the hold B is the calculated value Z = 100, and the hold C is the calculated value Z = 101. Accordingly, hold A and hold B are determined as “YES” in step 3903, and hold C is determined as “NO” in step 3903.
In this way, the processing of Step 3902 and Step 3903 makes it possible to make a jackpot determination based not on the current internal state but on the internal state at the time of special symbol processing. Therefore, an accurate determination result can be derived even when the gaming state changes from the high probability gaming state to the low probability gaming state.
CPU201は、演算値Zが所定回数X以下であると判断すると(ステップ3903でYes)、以後の内部状態を低確率遊技状態に変更する「大当たり」に係る事前判定情報が、始動口スイッチ処理(図6参照)の開始前に記憶されているか否かを判断する(ステップ3904)。例えば、始動口スイッチ処理(図6参照)のステップ605において、記憶領域204の第5記憶部204e(図36参照)に乱数を記憶した場合には、第1記憶部204a〜第4記憶部204d(同図参照)に、通常時短付き長当たり、通常時短付き短当たり、通常時短無し短当たりのいずれかに係る事前判定情報が記憶されているか否かを判断する。すなわち、始動口スイッチ処理(図6参照)において留保された保留球よりも先に消化される保留球に、遊技状態を低確率遊技状態に変更するものがあるかを判断する。なぜなら、このような保留球が先に留保されているとなれば、始動口スイッチ処理(図6参照)において留保された保留球を消化するときに、遊技状態が低確率遊技状態になってしまうからである。
したがって、ステップ3904でYesと判断した場合には、高確率時乱数判定テーブルを選択し(ステップ3906)、また、ステップ3904でNoと判断した場合には、低確率時乱数判定テーブルを選択する(ステップ3907)。
When the CPU 201 determines that the calculated value Z is equal to or less than the predetermined number of times X (Yes in step 3903), the prior determination information related to the “big hit” for changing the subsequent internal state to the low-probability gaming state is the start-up switch process ( It is determined whether it is stored before starting (see FIG. 6) (step 3904). For example, when random numbers are stored in the fifth storage unit 204e (see FIG. 36) of the storage area 204 in step 605 of the start port switch process (see FIG. 6), the first storage unit 204a to the fourth storage unit 204d. It is determined whether or not pre-determined information related to any one of the normal time-shortened length, the normal time-shortened short-hit, and the normal timeless / short-time-shortest is stored (see FIG. 5). That is, it is determined whether there is a reserve ball that is digested prior to the reserve ball retained in the start port switch process (see FIG. 6) to change the gaming state to the low probability gaming state. This is because if such a reserved ball is reserved first, the gaming state becomes a low-probability gaming state when digesting the reserved ball reserved in the start port switch process (see FIG. 6). Because.
Therefore, if it is determined Yes in step 3904, the high probability random number determination table is selected (step 3906). If it is determined No in step 3904, the low probability random number determination table is selected (step 3906). Step 3907).
ここで、現在の遊技状態が低確率遊技状態である場合(ステップ3901でNo)や、現在の遊技状態が高確率遊技状態であっても演算値Zが所定回数Xを超えていると判断した場合(ステップ3903でNo)には、次のような処理を行う。すなわち、CPU201は、RAM203の記憶領域204(図36参照)に、以後の遊技状態を高確率遊技状態に変更する大当たりに係る事前判定情報が、始動口スイッチ処理(図6参照)の開始前に記憶されているか否かを判断する(ステップ3905)。例えば、始動口スイッチ処理(図6参照)のステップ605において、記憶領域204の第6記憶部204f(図36参照)に乱数を記憶した場合には、第1記憶部204a〜第5記憶部204e(同図参照)に高確率時短付き長当たり、高確率時短付き短当たり、高確率時短無し短当たりのいずれかに係る事前判定情報が記憶されているか否かを判断する。すなわち、始動口スイッチ処理(図6参照)において留保された保留球よりも先に消化される保留球に、内部状態を高確率遊技状態に変更するものがあるかを判断する。なぜなら、このような保留球が先に留保されているとなれば、始動口スイッチ処理において留保された保留球を消化するときに、内部状態が高確率遊技状態になってしまうからである。
したがって、ステップ3905でNoと判断した場合には、低確率時乱数判定テーブルを選択し(ステップ3907)、Yesと判断した場合には、高確率時乱数判定テーブルを選択する(ステップ3906)。
Here, when the current gaming state is a low-probability gaming state (No in step 3901), or even if the current gaming state is a high-probability gaming state, it is determined that the calculated value Z exceeds the predetermined number X. In the case (No in step 3903), the following processing is performed. That is, the CPU 201 stores, in the storage area 204 of the RAM 203 (see FIG. 36), prior determination information related to the jackpot for changing the subsequent gaming state to the high-probability gaming state before starting the start-up switch processing (see FIG. 6). It is determined whether it is stored (step 3905). For example, when random numbers are stored in the sixth storage unit 204f (see FIG. 36) of the storage area 204 in step 605 of the start port switch process (see FIG. 6), the first storage unit 204a to the fifth storage unit 204e. It is determined whether or not pre-determination information related to any one of high probability time-short / long, high probability time / short / long, and high probability time / short / short is stored in (see FIG. 6). That is, it is determined whether there is a reserve ball that is digested prior to the reserve ball retained in the start port switch process (see FIG. 6) to change the internal state to the high probability gaming state. This is because if such a reserved ball is retained first, the internal state becomes a high-probability gaming state when digesting the retained ball retained in the start port switch process.
Therefore, when it is determined No in step 3905, the low probability random number determination table is selected (step 3907), and when it is determined Yes, the high probability random number determination table is selected (step 3906).
なお、詳しくは図示しないが、ステップ3904およびステップ3905において、仮に、以後の遊技状態を高確率遊技状態に変更する大当たりと、以後の遊技状態を低確率遊技状態に変更する大当たりとが記憶領域204(図36参照)に記憶されている場合には、これら2つの大当たりのうち、後に消化される保留球に係る事前判定情報に基づいた判断を行う。例えば、第1記憶部204a(同図参照)に高確率時短付き長当たりに係る事前判定情報が記憶され、第3記憶部204c(同図参照)に通常時短付き長当たりに係る事前判定情報が記憶されているとする。この場合には、第3記憶部204c(同図参照)に記憶された事前判定情報に基づいて判断するため、ステップ3904においてはYesと判断し、ステップ3905においてはNoと判断する。   Although not shown in detail, in step 3904 and step 3905, the storage area 204 includes a jackpot for changing the subsequent gaming state to the high probability gaming state and a jackpot for changing the subsequent gaming state to the low probability gaming state. In the case of being stored in (see FIG. 36), a determination is made based on prior determination information relating to the reserved ball to be digested later among these two jackpots. For example, the first storage unit 204a (see the same figure) stores the advance determination information relating to the length with a high probability time shortening, and the third storage unit 204c (see the same figure) stores the advance determination information relating to the normal length with a time reduction. Suppose that it is remembered. In this case, in order to make a determination based on the pre-determination information stored in the third storage unit 204c (see the same figure), “Yes” is determined in Step 3904, and “No” is determined in Step 3905.
このように、ステップ3904およびステップ3905の処理によって、特別図柄処理の際の内部状態に基づいて、大当たりの判定を行うことが可能となる。したがって、高確率遊技状態から低確率遊技状態へと内部状態が変化する場合や、低確率遊技状態から高確率遊技状態へと内部状態が変化する場合にも、正確な事前判定の結果を導き出すことができる。   As described above, the processing of step 3904 and step 3905 makes it possible to determine the jackpot based on the internal state during the special symbol processing. Therefore, when the internal state changes from a high probability gaming state to a low probability gaming state, or when the internal state changes from a low probability gaming state to a high probability gaming state, an accurate prejudgment result is derived. Can do.
そして、低確率時乱数判定テーブルと高確率時乱数判定テーブルのうち選択されたテーブルに基づいて各乱数の判定が行われ(ステップ3908)、その判定結果を事前判定情報として記憶領域204(図36参照)に記憶する(ステップ3909)。そして、その事前判定の結果が大当たりまたは小当たりであったか否かを判断し(ステップ3910)、大当たりまたは小当たりであった場合には(ステップ3910でYes)、予兆コマンドをセットし(ステップ3911)、また、ハズレであった場合(ステップ3910でNo)には、通常コマンドをセットする(ステップ3912)。これにより、事前判定処理が終了する。なお、セットされた事前判定コマンドは、出力処理(図5のステップ506参照)において演出制御部300に送信される。   Each random number is determined based on a table selected from the low probability random number determination table and the high probability random number determination table (step 3908), and the determination result is stored in the storage area 204 (FIG. 36) as prior determination information. (See step 3909). Then, it is determined whether or not the result of the pre-judgment is a big hit or a small hit (step 3910). If it is a big hit or a small win (Yes in step 3910), a predictive command is set (step 3911). If it is lost (No in step 3910), a normal command is set (step 3912). Thereby, the preliminary determination process is completed. The set prior determination command is transmitted to the effect control unit 300 in the output process (see step 506 in FIG. 5).
ここで、これらの事前判定コマンドは、新たに留保されて第1保留または第2保留の保留個数が変更されたという情報を演出制御部300に送信するものであり、また、事前判定した結果が大当たり、小当たり、ハズレのいずれであるかという情報が含まれている。   Here, these pre-determination commands are used to transmit information indicating that the number of the first hold or the second hold is changed to the effect control unit 300, and the result of the pre-determination is Information on whether it is a big hit, a small hit or a loss is included.
〔演出制御部の動作〕
次に、遊技制御部200から送信される各コマンドに対応して演出制御部300が行う動作を説明する。具体的には、本実施の形態では、演出制御部300は、事前判定コマンド受信処理、演出実行コマンド受信処理および演出制御処理を行う。これらの処理は、演出制御部300のCPU301がROM302に格納されているプログラムの読み出しを行い、そのプログラムにより実行されるものである。
図40は、演出制御部300の動作の一部を示すフローチャートである。なお、出力処理(図5のステップ506参照)により遊技制御部200から送信された各種のコマンドは、演出制御部300のRAM303に設けられた不図示のコマンド記憶部にいったん記憶される。そして、演出制御部300のCPU301は、不図示のコマンド記憶装置に記憶されたコマンドを所定の間隔で見に行くと共に、記憶されている各コマンドに基づいて演出を制御する。
演出制御部300は、電源投入時や電源断時等の特殊な場合を除く通常の動作時において、図40に示す各処理を一定時間(例えば4ミリ秒)ごとに繰り返し実行する。同図を参照すると、事前判定コマンド受信処理、演出実行コマンド受信処理および演出制御処理が順次実行される(ステップ4001〜4003)。
同図に示すように、演出制御部300は、遊技制御部200から事前判定コマンドを受信すると事前判定コマンド受信処理を行い(ステップ4001)、遊技制御部200から演出実行コマンドを受信すると演出実行コマンド受信処理を行う(ステップ4002)。そして、演出制御部300は、その後に演出制御処理を行う(ステップ4003)。
なお、これら事前判定コマンド受信処理、演出実行コマンド受信処理および演出制御処理の詳細な内容については後述する。
[Operation of production control unit]
Next, an operation performed by the effect control unit 300 in response to each command transmitted from the game control unit 200 will be described. Specifically, in the present embodiment, effect control unit 300 performs an advance determination command reception process, an effect execution command reception process, and an effect control process. In these processes, the CPU 301 of the effect control unit 300 reads a program stored in the ROM 302 and is executed by the program.
FIG. 40 is a flowchart showing a part of the operation of the effect control unit 300. Various commands transmitted from the game control unit 200 by the output process (see step 506 in FIG. 5) are temporarily stored in a command storage unit (not shown) provided in the RAM 303 of the effect control unit 300. Then, the CPU 301 of the effect control unit 300 goes to see commands stored in a command storage device (not shown) at predetermined intervals and controls the effects based on the stored commands.
The effect control unit 300 repeatedly executes each process shown in FIG. 40 at regular time intervals (for example, 4 milliseconds) during a normal operation except for special cases such as when the power is turned on or when the power is turned off. Referring to the drawing, the advance determination command reception process, the effect execution command reception process, and the effect control process are sequentially executed (steps 4001 to 4003).
As shown in the figure, when the effect control unit 300 receives a pre-determining command from the game control unit 200, it performs pre-determination command reception processing (step 4001), and when it receives an effect execution command from the game control unit 200, the effect execution command Reception processing is performed (step 4002). Then, the effect control unit 300 performs effect control processing thereafter (step 4003).
The detailed contents of the prior determination command reception process, the effect execution command reception process, and the effect control process will be described later.
〔演出制御部による事前判定コマンド受信処理〕
図41は、演出制御部300での事前判定コマンド受信処理(図40のステップ4001)の内容を示すフローチャートである。
同図に示すフローチャートでは、CPU301は、不図示のコマンド記憶部に事前判定コマンドが記憶されているか否かを判断する(ステップ4101)。事前判定コマンドが記憶されていると判断すると(ステップ4101でYes)、CPU301は、RAM303の保留記憶領域305の保留フラグ記憶領域(図37(b)参照)にて保留フラグをONする(ステップ4102)。
なお、事前判定コマンドが記憶されていない場合(ステップ4101でNo)には、事前判定コマンド受信処理を終了する。
[Pre-judgment command reception processing by the production control unit]
FIG. 41 is a flowchart showing the contents of the advance determination command reception process (step 4001 in FIG. 40) in the effect control unit 300.
In the flowchart shown in the figure, the CPU 301 determines whether or not a prior determination command is stored in a command storage unit (not shown) (step 4101). If it is determined that a prior determination command is stored (Yes in step 4101), the CPU 301 turns on the hold flag in the hold flag storage area (see FIG. 37B) of the hold storage area 305 of the RAM 303 (step 4102). ).
Note that if the advance determination command is not stored (No in step 4101), the advance determination command reception process is terminated.
次に、CPU301は、RAM303の保留記憶領域305のいずれかの記憶部305a〜305h(図37参照)に予兆フラグがONされているか否かを判断する(ステップ4103)。その結果、CPU301は、いずれかの記憶部305a〜305h(同図参照)に予兆フラグがONされていると判断した場合(ステップ4103でYes)には、保留数予兆表示コマンドをセットし(ステップ4104)、特定演出コマンド処理を行う(ステップ4105)。かかる特定演出コマンド処理は、特定演出についての設定を行う処理であり、その詳細は後述する。   Next, the CPU 301 determines whether or not the predictor flag is ON in any of the storage units 305a to 305h (see FIG. 37) of the reserved storage area 305 of the RAM 303 (step 4103). As a result, if the CPU 301 determines that the predictor flag is ON in any of the storage units 305a to 305h (see the same figure) (Yes in step 4103), the CPU 301 sets a hold number predictor display command (step 4104), a specific effect command process is performed (step 4105). The specific effect command process is a process for setting a specific effect, and details thereof will be described later.
その一方で、いずれの記憶部305a〜305h(図37参照)にも予兆フラグがONされていないと判断した場合(ステップ4103でNo)には、保留数通常表示コマンドをセットする(ステップ4106)。
なお、保留数予兆表示コマンドおよび保留数通常表示コマンドは、演出制御処理において、保留数を遊技者に報知するためのものであり、第1保留および第2保留に係る情報を有している。また、保留数予兆コマンドには、いずれの記憶部に予兆フラグがONされているのかという情報も有している。
このようにしてコマンドをセットしたら、事前判定コマンド受信処理を終了する。
On the other hand, when it is determined that the predictor flag is not turned on in any of the storage units 305a to 305h (see FIG. 37) (No in step 4103), the hold number normal display command is set (step 4106). .
Note that the hold number sign display command and the hold number normal display command are for informing the player of the hold number in the effect control process, and have information related to the first hold and the second hold. The hold number predictor command also includes information indicating in which storage unit the predictor flag is turned on.
When the command is set in this way, the prior determination command reception process is terminated.
〔特定演出コマンド処理〕
図42は、特定演出コマンド処理(図41のステップ4105)の内容を示すフローチャートである。
ここにいう特定演出とは、先読み報知演出として行われるものをいう。先読みの結果が遊技者にとって有利なものである場合に保留先読み連続予告へ突入する制御を行うことによって、保留の消化に伴う次変動以降に大当たりへの期待感を遊技者に与えることができる。このような特定演出では、画像表示部114(図1参照)に表示される背景画像が、先読みの結果を示唆する内容に変更される。
そして、特定演出には、所定の条件を満たすことで実行される付加演出が含まれる。ここにいう付加演出とは、大当たりへの期待感を更に高めるための専用の演出である昇格演出をいう。なお、昇格演出では、それまでの特定演出で表示される背景画像とは別の背景画像が画像表示部114(図1参照)に表示される。
このように、特定演出コマンド処理では、特定演出の内容決定が行われるほか、そのような付加演出(昇格演出)についての設定も行われる。以下、説明する。
[Specific production command processing]
FIG. 42 is a flowchart showing the contents of the specific effect command process (step 4105 in FIG. 41).
Here, the specific effect refers to what is performed as a prefetch notification effect. When the result of the prefetching is advantageous to the player, the player can be given a sense of expectation for the big hit after the next change accompanying the digestion of the hold by performing the control to enter into the pending prefetching continuous notice. In such a specific effect, the background image displayed on the image display unit 114 (see FIG. 1) is changed to content that suggests the result of prefetching.
The specific effect includes an additional effect that is executed when a predetermined condition is satisfied. The additional effect mentioned here refers to a promotion effect that is a dedicated effect for further enhancing the expectation of jackpot. In the promotion effect, a background image different from the background image displayed in the specific effect so far is displayed on the image display unit 114 (see FIG. 1).
As described above, in the specific effect command processing, the content of the specific effect is determined, and settings for such an additional effect (promotion effect) are also performed. This will be described below.
図42に示すフローチャートでは、演出制御部300のCPU301は、まず、特定演出を実行している最中か否かを調べる(ステップ4201)。特定演出実行中でない場合(ステップ4201でNo)、特定演出における昇格演出に関する抽選を行う(ステップ4202)。かかる昇格抽選は、特定演出の内容決定に用いられるテーブルを選択するためのものである。すなわち、昇格抽選の結果に応じて、テーブルを選択する。   In the flowchart shown in FIG. 42, the CPU 301 of the effect control unit 300 first checks whether or not the specific effect is being executed (step 4201). If the specific effect is not being executed (No in step 4201), a lottery regarding the promotion effect in the specific effect is performed (step 4202). The promotion lottery is for selecting a table used for determining the contents of a specific effect. That is, a table is selected according to the result of the promotion lottery.
より具体的には、CPU301は、昇格抽選用の乱数を取得し、その乱数を判定して当選か否かを判断する(ステップ4203)。このような昇格抽選の結果に応じて、特定演出における昇格演出を許容するか否か(昇格の許否)、そして、許容する場合には、昇格演出をどのような条件を満たすときに実行するのかということ(昇格演出実行条件、昇格条件)が定められる。
なお、昇格演出の内容が複数用意される場合、どのような条件を満たすときに複数の昇格演出内容のなかのいずれを実行するかというような対応関係を定めることも考えられる。
More specifically, the CPU 301 acquires a random number for promotion lottery and determines whether or not it is a winner by determining the random number (step 4203). Depending on the result of the promotion lottery, whether or not the promotion effect in the specific effect is permitted (promotion permission or not), and if so, what conditions should be executed for the promotion effect (Promotion effect execution conditions, promotion conditions) are defined.
In addition, when a plurality of contents of the promotion effect are prepared, it is also conceivable to define a correspondence relationship such as which of the plurality of promotion effect contents is executed under what condition.
昇格抽選が当選の場合(ステップ4203でYes)、第1の付加演出テーブルを選択し(ステップ4204)、また、当選でない場合(ステップ4203でNo)、第2の付加演出テーブルを選択する(ステップ4205)。なお、昇格抽選の当選確率を一律に同じにする制御例のほか、例えば遊技状態ないし内部状態に応じて選択することで可変にする制御例も考えられる。   If the promotion lottery is won (Yes in Step 4203), the first additional effect table is selected (Step 4204). If not selected (No in Step 4203), the second additional effect table is selected (Step 4203). 4205). In addition to the control example in which the winning probabilities of the promotion lottery are uniformly the same, for example, a control example that can be varied by selecting according to the gaming state or the internal state is also conceivable.
さらに説明すると、第1の付加演出テーブルか第2の付加演出テーブルかの選択を、当たり種に応じて行ったり、長当たりか短当たりかに応じて行ったりすることが考えられる。また、特定演出開始時の保留数が所定の値(例えば6個)以上の場合に付加演出を行う制御や、逆に付加演出を行わない制御の例が考えられ、また、特定演出開始時の保留数が1の場合には付加演出を行わない制御の例も考えられる。
また、特定演出開始後に保留数を増やしたり、特定演出中に当たりがあった場合に付加演出を行う制御の例も考えられる。また、入賞したときの当該変動や次変動で付加演出を行う制御の例も考えられる。
More specifically, it is conceivable that the selection between the first additional effect table and the second additional effect table is performed according to the hit type or according to whether the long hit or short hit. In addition, examples of control for performing an additional effect when the number of holds at the start of a specific effect is a predetermined value (for example, six) or more, and conversely, an example of control without performing an additional effect are possible. An example of control in which an additional effect is not performed when the number of holds is 1 is also conceivable.
Moreover, the example of the control which increases the number of holdings after the start of a specific effect or performs an additional effect when a win occurs during the specific effect is also conceivable. In addition, an example of control in which an additional effect is performed based on the change when winning a prize or the next change is also conceivable.
そして、CPU301は、特定演出の内容を決定し(ステップ4206)、決定した内容に係る特定演出コマンドをセットする(ステップ4207)。その後、特定演出コマンド処理を終了する。   Then, the CPU 301 determines the content of the specific effect (step 4206), and sets the specific effect command related to the determined content (step 4207). Thereafter, the specific effect command process is terminated.
また、演出制御部300のCPU301は、特定演出実行中の場合(ステップ4201でYes)、現在の保留数を確認すると共に(ステップ4208)、昇格演出に関する乱数を取得する(ステップ4209)。
なお、上述したステップ4208における保留数確認は、コマンド受信処理において遊技制御部200からの保留数増加コマンドの受信に伴う処理(ステップ1901〜1903参照)により現在の保留数を取得していることから、それを調べることで行われる。
In addition, when the specific effect is being executed (Yes in Step 4201), the CPU 301 of the effect control unit 300 confirms the current number of holds (Step 4208) and acquires a random number related to the promoted effect (Step 4209).
It should be noted that the above-mentioned number-of-holds confirmation in step 4208 is because the current number of holds is acquired by processing (see steps 1901 to 1903) associated with reception of the number-of-holds increase command from the game control unit 200 in the command receiving process. Done by examining it.
付言すると、特定演出実行中に、所定個数の保留数が溜まったら昇格演出を行うかもしれないという報知ないし示唆を例えば画像表示部114(図1参照)に表示するという制御例が考えられる。また、そのような報知ないし示唆を表示しないという制御例も考えられる。   In other words, a control example may be considered in which notification or suggestion that a promotion effect may be performed when a predetermined number of reserves are accumulated during execution of a specific effect is displayed on, for example, the image display unit 114 (see FIG. 1). A control example in which such notification or suggestion is not displayed is also conceivable.
ここで、確認した保留数および取得した乱数(ステップ4208、4209参照)は、昇格抽選の結果により選択された付加演出テーブルの参照時に用いられる。このような付加演出テーブルの概要について説明する。   Here, the confirmed number of holds and the acquired random number (see steps 4208 and 4209) are used when referring to the additional effect table selected by the result of the promotion lottery. An outline of such an additional effect table will be described.
図43−1は、付加演出テーブルの概要を示す図である。同図の(a)は第1の付加演出テーブル(ステップ4204参照)についてのものであり、(b)は第2の付加演出テーブル(ステップ4205参照)についてのものである。
同図の(a)および(b)を参照すると、第1の付加演出テーブルと第2の付加演出テーブルの各々の項目は、選択比率(%)および演出の種類である。なお、選択比率の合計はいずれも100である。
同図に示す第1の付加演出テーブルないし第2の付加演出テーブルでは、特定演出において昇格演出ないし未昇格演出を行うか否かが決定される。特定演出における昇格は、遊技者に大当たり抽選の結果が遊技者に有利なものであることの期待を抱かせることができる。
ここにいう昇格演出とは、上述のとおり、昇格することで大当たりへの期待感を更に高めるための専用の演出をいい、特定演出の始まりにおける演出(昇格前の演出)よりもさらに大当たりを期待し易いような内容の演出である。また、未昇格演出とは、昇格するかもしれないという昇格への期待感を遊技者に持たせることを目的とする専用の演出をいう。言い換えると、昇格演出は、実際に昇格する場面であり、また、未昇格演出は、昇格に至らない場面である。
FIG. 43A is a diagram illustrating an outline of the additional effect table. (A) of the figure is for the first additional effect table (see step 4204), and (b) is for the second additional effect table (see step 4205).
Referring to (a) and (b) of the figure, each item of the first additional effect table and the second additional effect table is a selection ratio (%) and a type of effect. Note that the total of the selection ratios is 100.
In the first additional effect table or the second additional effect table shown in the figure, it is determined whether or not a promotion effect or an unpromoted effect is performed in the specific effect. The promotion in the specific performance can make the player expect that the result of the jackpot lottery will be advantageous to the player.
As mentioned above, the promotion effect refers to a special effect to further increase the expectation of jackpot by being promoted, and expects a bigger hit than the effect at the beginning of the specific effect (the effect before promotion) It is an effect that makes it easy to do. Further, the non-elevated effect is a dedicated effect intended to give the player a sense of expectation for promotion that the player may be promoted. In other words, the promotion effect is a scene that is actually promoted, and the non-promotion effect is a scene that does not lead to promotion.
後述するように、第1の付加演出テーブルでは、昇格演出を行うか否かが決定され、また、第2の付加演出テーブルでは、未昇格演出を行うか否かが決定される。すなわち、第1の付加演出テーブルが選択される場合(ステップ4204参照)、未昇格演出が実行されることはなく、また、第2の付加演出テーブルが選択される場合(ステップ4205参照)、昇格演出が実行されることはない。
なお、第1の付加演出テーブルが選択される場合でも未昇格演出が実行される場合があったり、逆に、第2の付加演出テーブルが選択される場合でも昇格演出が実行される場合があったりするテーブル例も考えられる。
As will be described later, in the first additional effect table, it is determined whether or not the promotion effect is performed, and in the second additional effect table, it is determined whether or not the non-promotion effect is performed. That is, when the first additional effect table is selected (see step 4204), the unpromoted effect is not executed, and when the second additional effect table is selected (see step 4205), the promotion is performed. The production is never executed.
Even when the first additional effect table is selected, an unpromoted effect may be executed. Conversely, when the second additional effect table is selected, the promoted effect may be executed. A table example is also conceivable.
図43−1の(a)に示す第1の付加演出テーブルおよび同図の(b)に示す第2の付加演出テーブルでは、演出の種類として、所定条件を満たすと昇格演出または未昇格演出を実行する場合(条件付き実行)と、所定条件を満たすことに関係なく昇格演出または未昇格演出を行う場合(無条件実行)と、所定条件を満たすことに関係なく昇格演出および未昇格演出を実行しない場合(不実行)と、がある。   In the first additional effect table shown in (a) of FIG. 43-1 and the second additional effect table shown in (b) of FIG. When performing (conditional execution), when performing a promotion effect or an unpromoted effect regardless of satisfying a predetermined condition (unconditional execution), and executing a promotion effect and an unpromoted effect regardless of satisfying a predetermined condition There is a case of not performing (non-execution).
ここにいう所定条件としては、保留数(保留球の数)に関するものであり、例えば保留球が所定個数になること(保留数が所定値に達すること)である。そして、上述したように、保留数の上限値は、第1始動口121の保留数と第2始動口122の保留数との合計数について設定されるものであり、その上限値が8個である。すなわち、始動口121,122ごとに保留数の上限値(例えば4個)が設定されるものではない。
このため、第1始動口121についての保留球か第2始動口122についての保留球かの別を問わず、保留球の合計が所定個数に達すると、特定演出に昇格演出または未昇格演出が付加される。
さらに説明すると、特定演出の実行中に昇格演出または未昇格演出を割り込ませるタイミングは、所定条件を満たした時以降である。より具体的には、保留球の合計が所定個数に達する時点で昇格演出または未昇格演出を実行する制御例(即時実施)のほか、特定演出に起因するタイミングで昇格演出または未昇格演出を実行する制御例等が考えられる。
The predetermined condition here relates to the number of held balls (the number of held balls), for example, the number of held balls reaches a predetermined number (the number of held balls reaches a predetermined value). And as above-mentioned, the upper limit of the number of holding | maintenance is set about the total number of the holding | maintenance number of the 1st starting port 121 and the holding number of the 2nd starting port 122, The upper limit is 8 pieces. is there. That is, the upper limit value (for example, four) of the number of reservations is not set for each of the start ports 121 and 122.
For this reason, regardless of whether the holding ball for the first starting port 121 or the holding ball for the second starting port 122, when the total number of the holding balls reaches a predetermined number, a promotion effect or a non-promotion effect is given as a specific effect. Added.
More specifically, the timing at which the promotion effect or the non-promotion effect is interrupted during execution of the specific effect is after the predetermined condition is satisfied. More specifically, in addition to a control example in which a promotion effect or an unpromoted effect is executed when the total number of held balls reaches a predetermined number (immediate execution), a promotion effect or an unpromoted effect is executed at a timing caused by a specific effect. An example of such control is conceivable.
図43−1の(a)に示す第1の付加演出テーブルを参照すると、昇格演出の条件付き実行における所定条件は、保留数が8個となること、保留数が6個になることおよび保留数が4個になること、の3つである。より詳細には、保留数が8個になった時点で昇格演出を実行するという演出は、70%の確率で選択される。そして、保留数が6個になった時点で昇格演出を実行するという演出は、10%の確率で選択され、また、保留数が4個になった時点で昇格演出を実行するという演出は、10%の確率で選択される。
また、保留数に関係なく実行する場合(無条件実行)すなわち、直ちに昇格演出を実行するという演出は、5%の確率で選択される。また、昇格演出を実行しない(未昇格演出も実行しない)という演出は、5%の確率で選択される。
なお、第1の付加演出テーブルは、特定演出において昇格演出を実行するタイミングを定めているということもいえる。
Referring to the first additional effect table shown in (a) of FIG. 43-1, the predetermined conditions in the conditional execution of the promotion effect are that the number of holds is 8, the number of holds is 6, and the hold is The number is three. More specifically, the effect of executing the promotion effect when the number of holds reaches 8 is selected with a probability of 70%. The effect of executing the promotion effect when the number of holds reaches 6 is selected with a probability of 10%, and the effect of executing the promotion effect when the number of reservations becomes 4 is Selected with 10% probability.
In the case of executing regardless of the number of holds (unconditional execution), that is, the effect of immediately executing the promotion effect is selected with a probability of 5%. Further, an effect that the promotion effect is not executed (the non-elevation effect is not executed) is selected with a probability of 5%.
In addition, it can be said that the 1st additional production | presentation table has defined the timing which performs a promotion production | production in a specific production.
図43−1の(b)に示す第2の付加演出テーブルを参照すると、未昇格演出の条件付き実行における所定条件は、第1の付加演出テーブルの場合と同じく、保留数が8個となること、保留数が6個になることおよび保留数が4個になること、の3つである。より詳細には、保留数が8個になった時点で未昇格演出を実行するという演出は、40%の確率で選択される。そして、保留数が6個になった時点で未昇格演出を実行するという演出は、30%の確率で選択され、また、保留数が4個になった時点で未昇格演出を実行するという演出は、20%の確率で選択される。
また、保留数に関係なく未昇格演出を実行しない(昇格演出も実行しない)という演出は、10%の確率で選択される。
なお、第2の付加演出テーブルは、特定演出において未昇格演出を実行するタイミングを定めているということもいえる。
Referring to the second additional effect table shown in (b) of FIG. 43-1, the predetermined condition in the conditional execution of the unpromoted effect is 8 as in the case of the first additional effect table. That the number of holds becomes 6 and the number of holds becomes 4. More specifically, an effect of executing an unpromoted effect when the number of holds reaches 8 is selected with a probability of 40%. The effect of executing the unpromoted effect when the number of holds reaches 6 is selected with a probability of 30%, and the effect of executing the unpromoted effect when the number of holds becomes 4 Are selected with a probability of 20%.
In addition, an effect that an unpromoted effect is not executed (the promotion effect is not executed) is selected with a probability of 10% regardless of the number of holds.
In addition, it can be said that the 2nd additional production | presentation table has defined the timing which performs an unpromoted production | presentation in a specific production.
ここで、図43−2は、特定演出に伴って画像表示部114に表示される画像例を説明する図であり、より具体的には同図において(a)、(b)、(c)、(d)、(e)の各々に示す。
特定演出が開始されると、同図の(a)に示す画像、すなわち「保留を8個にして下さい!」という文字が表示される。これにより、遊技者は、遊技球の発射を止めずに打ち続けて保留を増やせば何かあるかもしれないという期待感を持つ。
そして、保留数の確認と付加演出テーブルによる演出の種類とを基に、画像表示部114に表示される画像が選択される。例えば、演出の種類が、第1の付加演出テーブルの「直ちに昇格演出を実行する」のときには、同図の(b)に示す画像、すなわち「昇格!」という文字が表示される。なお、「昇格」の代わりに「当たり」を表示する例も考えられる。
Here, FIG. 43-2 is a diagram for explaining an example of an image displayed on the image display unit 114 in accordance with the specific effect, and more specifically, in FIG. 43A, FIG. , (D), and (e).
When the specific effect is started, the image shown in FIG. 5A, that is, the characters “Please make eight holds!” Is displayed. Thereby, the player has a sense of expectation that there may be something if he keeps hitting without stopping the launch of the game ball and increases the hold.
Then, the image displayed on the image display unit 114 is selected based on the confirmation of the number of reservations and the type of effect based on the additional effect table. For example, when the type of effect is “execute a promotion effect immediately” in the first additional effect table, the image shown in FIG. An example of displaying “winning” instead of “promotion” is also conceivable.
また、演出の種類が、第1の付加演出テーブルの「保留数が8個、6個、4個になった時点で昇格演出を実行する」のときには、同図の(c)に示す画像、すなわち「もう少し増やしたら昇格演出するよ!」という文字が表示される。なお、すでに所定の保留数になったら、同図の(a)の画像例が表示される。
また、演出の種類が、第2の付加演出テーブルの「保留数が8個、6個、4個になった時点で未昇格演出を実行する」のときには、同図の(d)に示す画像、すなわち「もう少し増やしたら昇格演出するかも」という文字が表示される。
また、演出の種類が、第1の付加演出テーブルおよび第2の付加演出テーブルの「昇格演出および未昇格演出を実行しない」のときには、同図の(e)に示す画像、すなわち「ハズレ」の文字が表示される。
なお、これらの画像例は、その一例を示すものであり、これ以外の画像を画像表示部114に表示する制御も考えられる。
Further, when the type of effect is “execute promotion effect when the number of holds reaches 8, 6, or 4” in the first additional effect table, the image shown in FIG. That is, the text “If you increase a little more, you will be promoted!” Is displayed. If the predetermined number of holds has already been reached, the image example (a) in the figure is displayed.
In addition, when the type of effect is “execute an unpromoted effect when the number of holds reaches 8, 6, or 4” in the second additional effect table, the image shown in FIG. In other words, the characters “may be promoted if increased a little more” are displayed.
Further, when the type of effect is “do not execute promotion effect and non-elevation effect” in the first additional effect table and the second additional effect table, the image shown in FIG. Characters are displayed.
In addition, these image examples show the example, and the control which displays an image other than this on the image display part 114 is also considered.
図42に戻って、特定演出コマンド処理の説明を続ける。
演出制御部300のCPU301は、昇格抽選(ステップ4203参照)の結果として選択された付加演出テーブルが第1の付加演出テーブルであるか否かを調べる(ステップ4210)。
そして、第1の付加演出テーブルを選択している場合(ステップ4210でYes)、CPU301は、第1実行条件を具備するか否かを判断する(ステップ4211)。
Returning to FIG. 42, the description of the specific effect command process will be continued.
The CPU 301 of the effect control unit 300 checks whether or not the additional effect table selected as a result of the promotion lottery (see step 4203) is the first additional effect table (step 4210).
If the first additional effect table is selected (Yes in step 4210), the CPU 301 determines whether or not the first execution condition is satisfied (step 4211).
ここにいう第1実行条件とは、昇格演出を実行するための条件をいい、より具体的には、条件付き実行が選択された場合に上述の所定条件を満たすことを指し、また、無条件実行が選択されたことを指す。なお、不実行が選択された場合には、第1実行条件を具備することはない。   The first execution condition here refers to a condition for executing the promotion effect, and more specifically, when the conditional execution is selected, it means that the above-mentioned predetermined condition is satisfied, and unconditional Indicates that execution has been selected. Note that when non-execution is selected, the first execution condition is not satisfied.
保留数が所定個数に達したら昇格演出を実行する条件付き実行が選択された場合に上述の所定条件を満たすときや、直ちに昇格演出を実行する無条件実行が選択されたときには、第1実行条件を具備するとして(ステップ4211でYes)、昇格演出の内容を決定し(ステップ4212)、決定した昇格演出に応じた昇格演出コマンドをセットする(ステップ4213)。そして、特定演出コマンド処理を終了する。
また、第1実行条件を具備しない場合には(ステップ4211でNo)、特定演出コマンド処理を終了する。
The first execution condition is set when the above-mentioned predetermined condition is satisfied when the conditional execution for executing the promotion effect is selected when the number of holdings reaches the predetermined number, or when the unconditional execution for immediately executing the promotion effect is selected. (Yes in step 4211), the content of the promotion effect is determined (step 4212), and a promotion effect command corresponding to the determined promotion effect is set (step 4213). Then, the specific effect command process ends.
If the first execution condition is not satisfied (No in step 4211), the specific effect command process is terminated.
また、第2の付加演出テーブルを選択している場合(ステップ4210でNo)、CPU301は、第2実行条件を具備するか否かを判断する(ステップ4214)。
ここにいう第2実行条件は、未昇格演出を実行するための条件をいい、より具体的には、第1実行条件と同じく、条件付き実行が選択された場合に上述の所定条件を満たすことを指し、また、無条件実行が選択されたことを指す。不実行が選択された場合には、第2実行条件を具備することはない。
When the second additional effect table is selected (No in step 4210), the CPU 301 determines whether or not the second execution condition is satisfied (step 4214).
The second execution condition here refers to a condition for executing an unpromoted effect, and more specifically, like the first execution condition, the above-mentioned predetermined condition is satisfied when conditional execution is selected. And that unconditional execution has been selected. When non-execution is selected, the second execution condition is not satisfied.
第2実行条件を具備する場合(ステップ4214でYes)、CPU301は、未昇格演出の内容を決定し(ステップ4215)、決定した未昇格演出に応じた未昇格演出コマンドをセットした後(ステップ4216)、特定演出コマンド処理を終了する。
また、第2実行条件を具備しない場合には(ステップ4214でNo)、特定演出コマンド処理を終了する。
When the second execution condition is satisfied (Yes in step 4214), the CPU 301 determines the content of the unpromoted effect (step 4215), and sets the unpromoted effect command corresponding to the determined unpromoted effect (step 4216). ), The specific effect command process is terminated.
If the second execution condition is not satisfied (No in step 4214), the specific effect command process is terminated.
このように、第1の付加演出テーブルまたは第2の付加演出テーブルが選択されている場合、演出の種類として設定されている複数の演出の中のいずれとするかの判定は、取得乱数(ステップ4209参照)で定められる。そして、判定結果が条件付き実行の場合は、さらに保留数(ステップ4208参照)が所定値に達するか否かの判断が行われ、昇格演出ないし未昇格演出を実行するか否かを決定する。
また、判定結果が無条件実行の場合は、昇格演出ないし未昇格演出を実行することを決定し(ステップ4211でYes、ステップ4214でYes)、判定結果が不実行の場合は、昇格演出および未昇格演出を実行しないことを決定する(ステップ4211でNo、ステップ4214でNo)。
すなわち、付加演出テーブルを基に、取得乱数(ステップ4209参照)を用いて演出の種類を選び、選ばれた演出の種類が条件付き実行の場合にはさらに保留数(ステップ4208参照)を基に昇格演出を行うか否かを決定する。
As described above, when the first additional effect table or the second additional effect table is selected, the determination as to which one of the plurality of effects set as the effect type is made is an obtained random number (step 4209). If the determination result is conditional execution, it is further determined whether or not the number of holds (see step 4208) reaches a predetermined value, and it is determined whether or not a promotion effect or a non-promotion effect is executed.
Further, when the determination result is unconditional execution, it is determined to execute the promotion effect or the non-promotion effect (Yes in Step 4211, Yes in Step 4214). It is determined not to execute the promotion effect (No in step 4211, No in step 4214).
That is, based on the additional effect table, the type of effect is selected using the acquired random number (see step 4209), and if the selected effect type is conditional execution, the number of holds is also determined (see step 4208). Decide whether or not to promote.
ここで、図43−1に示す第1の付加演出テーブルおよび第2の付加演出テーブルでは、条件付き実行における所定条件は事前に設定されている。すなわち、保留数が8個となること、保留数が6個になることおよび保留数が4個になること、の3つであり、それぞれについての選択確率が事前に設定されている(事前の設定)。しかしながら、他の付加演出テーブルを用いて付加演出に関する決定を行うことも考えられる。   Here, in the first additional effect table and the second additional effect table shown in FIG. 43-1, the predetermined condition in the conditional execution is set in advance. That is, the number of holds is eight, the number of holds is six, and the number of holds is four, and the selection probability for each is set in advance (pre- Configuration). However, it is also conceivable to make a decision regarding an additional effect using another additional effect table.
例えば、演出の種類についての抽選および所定条件についての抽選を行う制御例である(抽選による設定)。より具体的には、付加演出テーブルと所定条件テーブル(不図示)とを備える構成例である。
すなわち、付加演出テーブルでは、「所定条件になった時点で昇格演出(未昇格演出)を実行する」、「直ちに昇格演出(未昇格演出)を実行する」および「昇格演出および未昇格演出を実行しない」という演出の種類が選択比率と共に設定されている。また、付加演出テーブルとは別のテーブルである所定条件テーブル(不図示)では、保留数が例えば8個、7個、6個、5個、4個という所定条件が選択比率と共に設定されている。
そして、特定演出コマンド処理における乱数取得(ステップ4209参照)では、付加演出テーブル用の乱数と所定条件テーブル用の乱数とを取得する。前者では、付加演出テーブルに応じて演出の種類が決定され、後者では、所定条件テーブルに応じて所定条件が決定される。
このような制御例を採用することで、遊技者が特定演出における昇格演出の出現についての予測が付きにくくなり、より興趣性を高めることが可能になる。
For example, it is a control example of performing lottery for the type of effect and lottery for a predetermined condition (setting by lottery). More specifically, the configuration example includes an additional effect table and a predetermined condition table (not shown).
That is, in the additional effect table, “execute a promotion effect (non-promotion effect) when a predetermined condition is met”, “execute a promotion effect (non-promotion effect) immediately” and “execute an promotion effect and an un-promotion effect” The type of effect “No” is set together with the selection ratio. Further, in a predetermined condition table (not shown) which is a table different from the additional effect table, predetermined conditions such as 8, 7, 6, 5, and 4 are set together with the selection ratio. .
In the random effect acquisition in the specific effect command process (see step 4209), the random number for the additional effect table and the random number for the predetermined condition table are acquired. In the former, the type of effect is determined according to the additional effect table, and in the latter, the predetermined condition is determined according to the predetermined condition table.
By adopting such a control example, it becomes difficult for the player to predict the appearance of the promotion effect in the specific effect, and it becomes possible to further enhance the interest.
〔演出制御部による演出実行コマンド受信処理〕
図44は、演出制御部300での演出実行コマンド受信処理(図40のステップ4002)の内容を示すフローチャートである。
図44に示すフローチャートでは、演出制御部300のCPU301は、RAM303に演出実行コマンドが記憶されているか否かを判断する(ステップ4401)。ここにいう演出実行コマンドとは、特別図柄処理(図5のステップ503参照)により生成されるものをいい、少なくとも「大当たり」「小当たり」「ハズレ」の大当たりの判定結果に係る情報と、特別図柄の変動時間および演出の態様(リーチ有り演出かリーチ無し演出か)と、に係る情報を有する。より具体的に説明すると、演出実行コマンドは、これから変動表示が開始される特別図柄の内容、すなわち、大当たり、小当たり、ハズレのいずれに係る特別図柄の変動表示が開始されるのかという情報を有する。また、演出実行コマンドは、この特別図柄の変動表示の際に行われる演出が、リーチ有り演出であるのかリーチ無し演出であるのか、さらにはそのリーチ演出の時間に係る情報を有する。
[Production execution command reception processing by the production control unit]
FIG. 44 is a flowchart showing the contents of the effect execution command reception process (step 4002 in FIG. 40) in the effect control unit 300.
In the flowchart shown in FIG. 44, the CPU 301 of the effect control unit 300 determines whether or not an effect execution command is stored in the RAM 303 (step 4401). The effect execution command mentioned here refers to a command generated by special symbol processing (see step 503 in FIG. 5). Information related to at least “big hit”, “small hit”, “losing” big hit judgment results and special It has information related to the symbol variation time and the aspect of the effect (the effect with reach or the effect without reach). More specifically, the effect execution command has information on the contents of the special symbol from which the variable display will be started, that is, whether the special symbol variable display related to the big hit, the small hit, or the loss is started. . In addition, the effect execution command includes information on whether the effect performed in the special symbol variation display is the effect with reach or the effect without reach, and further the time of the reach effect.
CPU301は、演出実行コマンドが記憶されていると判断すると(ステップ4401でYes)、ROM302に格納された複数の演出テーブルの中から、演出実行コマンドに基づいて一の演出テーブルを選択する(ステップ4402)。
なお、演出制御部300のROM302には、長当たり演出テーブル、短当たりおよび小当たり演出テーブル、ハズレリーチ有り演出テーブル、ハズレリーチ無し演出テーブルが格納されている。
When CPU 301 determines that an effect execution command is stored (Yes in step 4401), CPU 301 selects one effect table from the plurality of effect tables stored in ROM 302 based on the effect execution command (step 4402). ).
The ROM 302 of the effect control unit 300 stores a long hit effect table, a short hit and small hit effect table, an effect table with loss reach, and an effect table without lose reach.
その後、CPU301は、0〜250の乱数の中から一の乱数を無作為に抽出して取得し(ステップ4403)、選択された演出テーブルに基づいてその乱数を判定する。この演出テーブルにおいては、乱数と演出パターンとが対応付けられており、乱数に応じて多数の演出パターンの中から一の演出パターンを決定する。これにより、CPU301は、演出内容を決定する(ステップ4404)。より具体的には、画像表示部114における装飾図柄パターン、可動役物115の動作パターン、盤ランプ116と枠ランプ157の照射パターン、スピーカ156から出力する音声パターンがそれぞれ決定される。   Thereafter, the CPU 301 randomly extracts and acquires one random number from 0 to 250 (step 4403), and determines the random number based on the selected effect table. In this effect table, a random number and an effect pattern are associated with each other, and one effect pattern is determined from a number of effect patterns according to the random number. Thereby, CPU301 determines the production content (step 4404). More specifically, the decorative design pattern in the image display unit 114, the operation pattern of the movable accessory 115, the irradiation pattern of the panel lamp 116 and the frame lamp 157, and the sound pattern output from the speaker 156 are determined.
このようにして、特別図柄の変動表示中に行われる演出パターンが決定した後に、CPU301は、決定された演出パターンに係る演出確定コマンドをセットする(ステップ4405)。そして、CPU301は、RAM303の保留記憶領域305のシフト処理を行う(ステップ4406)。例えば、第1記憶部305a〜第4記憶部305dにフラグが記憶されている場合に第1保留に係る演出実行コマンドを受信したときには、第4記憶部305dに記憶されているフラグを第3記憶部305cにシフトして記憶する。そして、第3記憶部305cに記憶されているフラグを第2記憶部305bにシフトして記憶し、第2記憶部305bに記憶されているフラグを第1記憶部305aにシフトして記憶する。なお、この場合には、第1記憶部305aに記憶されているフラグは消去する。   In this way, after the effect pattern to be performed during the special symbol variation display is determined, the CPU 301 sets an effect confirmation command related to the determined effect pattern (step 4405). Then, the CPU 301 performs a shift process for the reserved storage area 305 of the RAM 303 (step 4406). For example, when a flag is stored in the first storage unit 305a to the fourth storage unit 305d and an effect execution command related to the first hold is received, the flag stored in the fourth storage unit 305d is stored in the third storage. The data is shifted and stored in the unit 305c. Then, the flag stored in the third storage unit 305c is shifted and stored in the second storage unit 305b, and the flag stored in the second storage unit 305b is shifted and stored in the first storage unit 305a. In this case, the flag stored in the first storage unit 305a is deleted.
CPU301は、保留記憶領域305のいずれかの記憶部305a〜305hに予兆フラグがONされているか否かを判断する(ステップ4407)。いずれかの記憶部305a〜305hに予兆フラグがONされていると判断した場合(ステップ4407でYes)には、CPU301は保留数予兆表示コマンドをセットする(ステップ4408)。そうでないと判断した場合(ステップ4408でNo)には、保留数通常表示コマンドをセットする(ステップ4409)。これらのコマンドは、演出制御処理において保留数を遊技者に報知するためのものであり、第1保留の保留数および第2保留の保留数に係る情報を有する。また、保留数予兆コマンドには、いずれの記憶部305a〜305hに予兆フラグが記憶されているのかという情報も有する。   The CPU 301 determines whether or not the predictor flag is turned on in any of the storage units 305a to 305h in the holding storage area 305 (step 4407). If it is determined that the predictor flag is ON in any of the storage units 305a to 305h (Yes in step 4407), the CPU 301 sets a hold number predictor display command (step 4408). If it is determined that this is not the case (No in step 4408), the hold number normal display command is set (step 4409). These commands are for informing the player of the number of holds in the effect control process, and have information related to the number of holds on the first hold and the number of holds on the second hold. The hold number predictor command also has information indicating which of the storage units 305a to 305h stores the predictor flag.
なお、具体的には図示していないが、演出制御部300のCPU301がルーチン処理を実行する際に、事前判定コマンドと演出実行コマンドとを同時に受信する場合がある。この場合には、図41に示す事前判定コマンド受信処理のステップ4104またはステップ4106において、すでに保留数予兆表示コマンドまたは保留数通常表示コマンドがセットされている。一方で、図44に示す演出実行コマンド受信処理においては、事前判定コマンド受信処理とは別に、ステップ4406にてシフト処理された後の情報に基づいて、保留数予兆表示コマンドまたは保留数通常表示コマンドをセットする。そのため、ステップ4104またはステップ4106でセットされたコマンドと、ステップ4408またはステップ4409でセットされたコマンドとは異なったものとなる。
このように、事前判定コマンドと演出実行コマンドとを同時に受信した場合には、事前判定コマンド受信処理においてセットされたコマンドを消去したうえで、演出実行コマンド受信処理において、新たなコマンドをセットすることとなる。
このようにしてコマンドをセットしたら、演出実行コマンド受信処理を終了する。
Although not specifically illustrated, when the CPU 301 of the effect control unit 300 executes a routine process, a prior determination command and an effect execution command may be received simultaneously. In this case, in step 4104 or step 4106 of the prior determination command reception process shown in FIG. On the other hand, in the effect execution command reception process shown in FIG. 44, the hold number predictor display command or the hold number normal display command based on the information after the shift process in step 4406, separately from the prior determination command reception process. Set. Therefore, the command set in step 4104 or step 4106 is different from the command set in step 4408 or step 4409.
As described above, when the advance determination command and the effect execution command are received simultaneously, the command set in the advance determination command reception process is deleted, and then a new command is set in the effect execution command reception process. It becomes.
When the command is set in this way, the effect execution command reception process is terminated.
図45は、演出制御部300での演出制御処理(図40のステップ4003)の内容を示すフローチャートである。
同図に示すフローチャートでは、上述した事前判定コマンド受信処理または演出実行コマンド受信処理において保留数予兆表示コマンドがセットされている場合には、画像/音響制御部310のCPU311は、ROM312からプログラムを読み出して画像表示部114について保留数予兆表示制御としての演出表示装置制御を開始する(ステップ4501)。すなわち、画像表示部114の装飾図柄の変動中に所定画像の表示を行う。なお、画像表示部114に保留数表示が表示されているときには、保留数表示を変更する。
FIG. 45 is a flowchart showing the contents of the effect control process (step 4003 in FIG. 40) in the effect control unit 300.
In the flowchart shown in the figure, when the hold number sign display command is set in the above-described prior determination command reception process or effect execution command reception process, the CPU 311 of the image / sound control unit 310 reads the program from the ROM 312. Then, the effect display device control as the reserved number sign display control is started for the image display unit 114 (step 4501). That is, a predetermined image is displayed while the decorative design of the image display unit 114 is changing. When the hold number display is displayed on the image display unit 114, the hold number display is changed.
また、ランプ制御部320のCPU321は、ROM322からプログラムを読み出して可動役物115について保留数予兆表示制御としての演出役物装置制御を開始する(ステップ4502)。同様に、ランプ制御部320のCPU321は、盤ランプ116および枠ランプ157について保留数予兆表示制御としての演出用照明装置制御を開始する(ステップ4503)。また、画像/音響制御部310のCPU311は、スピーカ156について保留数予兆表示制御としての音出力装置制御を開始する(ステップ4504)。
また、保留数通常表示コマンドがセットされている場合には、CPU311による画像表示部114の保留数通常表示制御としての演出表示装置制御(ステップ4501)、およびCPU321による可動役物115の保留数通常表示制御としての演出役物装置制御(ステップ4502)を行う。また、CPU321による盤ランプ116および枠ランプ157の保留数通常表示制御としての演出用照明装置制御(ステップ4503)、およびCPU311によるスピーカ156の保留数通常表示制御としての音出力装置制御(ステップ4504)を行う。
In addition, the CPU 321 of the lamp control unit 320 reads out the program from the ROM 322 and starts the production effect device control as the reserved number sign display control for the movable accessory 115 (step 4502). Similarly, the CPU 321 of the lamp control unit 320 starts the effect lighting device control as the hold number sign display control for the panel lamp 116 and the frame lamp 157 (step 4503). In addition, the CPU 311 of the image / sound control unit 310 starts sound output device control as the hold number sign display control for the speaker 156 (step 4504).
In addition, when the hold number normal display command is set, the CPU 311 performs the effect display device control (step 4501) as the hold number normal display control of the image display unit 114, and the CPU 321 holds the movable accessory 115 normally. Performing effect device control (step 4502) is performed as display control. Further, the lighting device control for production as the display number normal display control of the panel lamp 116 and the frame lamp 157 by the CPU 321 (step 4503), and the sound output device control as the display number normal display control of the speaker 156 by the CPU 311 (step 4504). I do.
〔第4の実施の形態が有する意義について〕
次に、第4の実施の形態が有する意義について改めて説明する。
保留球による事前判定の結果に基づく連続予告は、複数の図柄変動にわたって行われ、また、そのような連続予告はいつも行われるというわけではないことから、連続予告中には、その保留球が消化されて大当たり抽選の結果が表示されるまで、連続予告を楽しむ等のために遊技球の発射を一時的に止めることが想定される。しかしながら、そのような一時的な遊技球の発射停止は、ホール店での稼働率の低下を招くおそれがあり、好ましくない。
[Significance of the fourth embodiment]
Next, the significance of the fourth embodiment will be described again.
The continuous notice based on the result of the preliminary determination by the holding ball is performed over a plurality of symbol variations, and such a continuous notice is not always performed. Until the jackpot lottery result is displayed, it is assumed that the game ball is temporarily stopped to enjoy the continuous notice. However, such temporary stoppage of game balls is not preferable because it may lead to a decrease in operating rate at the hall store.
かかる課題を解決するための構成は、第1の始動口121への遊技球の入球を第1の検出手段211が検出する場合および第2の始動口122への遊技球の入球を第2の検出手段212が検出する場合に大当たり判定を判定手段234が入球順に行い、当該大当たり判定の結果を示す図柄を背景画像と共に表示手段114が表示する遊技機100であって、前記判定手段234による前記大当たり判定を受ける権利が保留される保留球を記憶する記憶手段203と、前記記憶手段203により記憶される前記保留球に係る前記大当たり判定が行われる前に事前判定を行う事前判定手段201と、前記記憶手段203により記憶される前記保留球に対応して行われる前記大当たり判定の結果が前記表示手段114に表示される前に、当該表示手段114での前記背景画像を当該保留球に対応する前記事前判定手段201の事前判定結果を示唆する内容に変更する背景表示制御手段301と、前記背景表示制御手段301により前記背景画像が変更されている間において前記記憶手段203により記憶される前記保留球の数が所定の値に達する場合、当該背景表示制御手段301による当該背景画像を別の背景画像に変更するか否かを決定する決定手段301と、を備えることを特徴とするものである。   The configuration for solving such a problem is that the first detection means 211 detects the entrance of the game ball to the first start port 121 and the entrance of the game ball to the second start port 122 is the first. The game machine 100 in which the determination means 234 performs the jackpot determination in the order of entering when the two detection means 212 detects, and the display means 114 displays the design indicating the result of the jackpot determination together with the background image, the determination means Storage means 203 for storing a holding ball on which the right to receive the jackpot determination by 234 is held, and a prior determination means for making a prior determination before the jackpot determination related to the holding ball stored by the storage means 203 is performed. 201 and the display unit 114 before the result of the jackpot determination performed corresponding to the holding ball stored in the storage unit 203 is displayed. The background image is changed by the background display control unit 301 that changes the background image at 114 to a content that suggests the result of the prior determination by the prior determination unit 201 corresponding to the reserved ball, and the background display control unit 301 changes the background image. When the number of the reserved balls stored by the storage unit 203 reaches a predetermined value during the determination, the background display control unit 301 determines whether to change the background image to another background image. Means 301 is provided.
付言すると、第4の実施の形態に係るパチンコ遊技機100(図1参照)は、遊技機の一例である。
第1始動口121(図1、図27、図28または図29参照)は第1の始動口の一例であり、第2始動口122(図1、図27、図28または図29参照)は第2の始動口の一例である。第1始動口スイッチ211(図3参照)は第1の検出手段の一例であり、第2始動口スイッチ212(同図参照)は第2の検出手段の一例である。
遊技制御部200の特別図柄判定部234(図4参照)は判定手段の一例である。画像表示部114(図1または図3参照)は表示手段の一例である。
遊技制御部200のRAM203(図3または図36参照)は記憶手段の一例であり、CPU201(図3参照)は事前判定手段の一例である。
演出制御部300のCPU301(図3参照)は背景表示制御手段の一例であり、決定手段の一例である。昇格演出による背景画像は、別の背景画像の一例である。
In addition, the pachinko gaming machine 100 (see FIG. 1) according to the fourth embodiment is an example of a gaming machine.
The first start port 121 (see FIG. 1, FIG. 27, FIG. 28 or FIG. 29) is an example of the first start port, and the second start port 122 (see FIG. 1, FIG. 27, FIG. 28 or FIG. 29) is It is an example of the 2nd starting opening. The first start port switch 211 (see FIG. 3) is an example of first detection means, and the second start port switch 212 (see FIG. 3) is an example of second detection means.
The special symbol determination unit 234 (see FIG. 4) of the game control unit 200 is an example of a determination unit. The image display unit 114 (see FIG. 1 or FIG. 3) is an example of a display unit.
The RAM 203 (see FIG. 3 or FIG. 36) of the game control unit 200 is an example of a storage unit, and the CPU 201 (see FIG. 3) is an example of a prior determination unit.
The CPU 301 (see FIG. 3) of the effect control unit 300 is an example of a background display control unit and an example of a determination unit. The background image resulting from the promotion effect is an example of another background image.
第4の実施の形態によれば、演出に起因するホール店での稼働率の低下を抑制することが可能になる。
すなわち、第4の実施の形態では、連続予告演出が開始された後の保留数に応じて、付加演出としての昇格演出を実行するか否かを決定することから、連続予告演出中にも遊技球の発射を停止しない遊技者に対して、あまり出現しない昇格演出を見せることになる。そのため、連続予告演出中に遊技を継続する意義を理解する遊技者は、遊技球の発射を停止しないようになり、ホール店での稼働率低下を抑制することが可能になる。
付言すると、保留球は8個まで溜めることができ、かつ、始動口121,122ごとに上限設定されているのではない。そのため、連続予告演出が開始されてから当該変動になるまでの時間が長くなり、そのような遊技球の発射停止による影響はより大きいと言える。したがって、第4の実施の形態により、稼働率低下の抑制効果も大きくなることが期待される。違う見方をすれば、保留数に応じて実行される昇格演出のための時間を長く確保することが可能になり、遊技者に魅力的な昇格演出を実行することが可能になる。
According to 4th Embodiment, it becomes possible to suppress the fall of the operation rate in the hall store resulting from production.
In other words, in the fourth embodiment, it is determined whether or not the promotion effect as the additional effect is executed according to the number of holdings after the continuous notice effect is started. The player who does not stop the launch of the ball will show a promotion effect that does not appear much. Therefore, the player who understands the significance of continuing the game during the continuous notice effect does not stop the game ball firing, and it is possible to suppress a decrease in the operating rate at the hall store.
In addition, up to eight holding balls can be accumulated, and the upper limit is not set for each of the start ports 121 and 122. Therefore, the time from the start of the continuous notice effect until the change becomes longer, and it can be said that the influence due to the stop of the game ball is larger. Therefore, the fourth embodiment is expected to increase the effect of suppressing the reduction in operating rate. From a different perspective, it is possible to secure a long time for the promotion effect executed according to the number of holds, and it is possible to execute the promotion effect attractive to the player.
〔第5の実施の形態〕
第5の実施の形態について図46〜図48を用いて説明する。この第5の実施の形態は、第1始動口121または第2始動口122への入球に対応する特別図柄抽選が変動表示動作の終了まで保留されていることを示す保留表示に関するものである。
第5の実施の形態では、上述した第1の構成例に係る振り分け装置10(図27参照)、第2の構成例に係る振り分け装置10(図28参照)または第3の構成例に係る振り分け装置10(図29参照)のいずれでも用いることが可能である。
[Fifth Embodiment]
A fifth embodiment will be described with reference to FIGS. 46 to 48. The fifth embodiment relates to a hold display indicating that a special symbol lottery corresponding to entering the first start port 121 or the second start port 122 is held until the end of the variable display operation. .
In the fifth embodiment, the sorting device 10 according to the first configuration example (see FIG. 27), the sorting device 10 according to the second configuration example (see FIG. 28), or the sorting according to the third configuration example. Any of the devices 10 (see FIG. 29) can be used.
〔保留表示態様選択処理〕
図46は、第5の実施の形態における保留表示態様選択処理の内容を示すフローチャートであり、複数の保留表示態様のうちいずれか一を選択するための処理手順を示す。より具体的には、保留表示態様選択処理は、第1保留表示態様(図47の(a)参照)と第2保留表示態様(同図の(b)参照)との相互切り換えを行うものである。
なお、ここにいう第1保留表示態様は、保留表示として通常用いられる表示形式である。ここにいう第2保留表示態様は、通常では表示されない特殊な表示形式である。詳細は後述するが、第1保留表示態様は、第1始動口121の入球による保留であるか第2始動口122の入球による保留であるかの区別が容易な表示態様である。そして、第2保留表示態様は、そのような区別が第1保留表示態様の場合よりも困難な表示態様である。
[Hold display mode selection process]
FIG. 46 is a flowchart showing the contents of the hold display mode selection process in the fifth embodiment, and shows a processing procedure for selecting any one of a plurality of hold display modes. More specifically, the hold display mode selection process switches between the first hold display mode (see FIG. 47A) and the second hold display mode (see FIG. 47B). is there.
In addition, the 1st hold display aspect here is a display format normally used as a hold display. The second hold display mode here is a special display format that is not normally displayed. Although the details will be described later, the first hold display mode is a display mode in which it is easy to distinguish whether the hold is due to entering the first start port 121 or whether the hold is due to entering the second start port 122. The second hold display mode is a display mode in which such distinction is more difficult than in the case of the first hold display mode.
図46に示す処理例では、演出制御部300が、予め定められた変更条件を具備するか否かを判定する(ステップ4601)。ここにいう変更条件とは、保留表示態様を通常のもの(第1保留表示態様)から特殊なもの(第2保留表示態様)に変更するか否かを決めるための条件をいう。したがって、ステップ4601では、特殊な保留表示態様に切り換えるタイミングを調べる。   In the processing example shown in FIG. 46, the effect control unit 300 determines whether or not a predetermined change condition is satisfied (step 4601). The change condition here refers to a condition for determining whether or not to change the hold display mode from a normal one (first hold display mode) to a special one (second hold display mode). Therefore, in step 4601, the timing for switching to the special hold display mode is checked.
変更条件を具備する場合(ステップ4601でYes)、演出制御部300は第2保留表示態様に変更する(ステップ4602)。その後、保留表示態様選択処理を終了する。
また、変更条件を具備しない場合(ステップ4601でNo)、演出制御部300は、予め定められた復帰条件を具備するか否かを判定する(ステップ4603)。ここにいう復帰条件とは、保留表示態様を特殊なもの(第2保留表示態様)から通常のもの(第1保留表示態様)に変更するか否かを決めるための条件をいう。したがって、ステップ4603では、通常の保留表示態様に切り換えるタイミングを調べる。
When the change condition is satisfied (Yes in step 4601), the effect control unit 300 changes to the second hold display mode (step 4602). Thereafter, the hold display mode selection process is terminated.
If the change condition is not satisfied (No in step 4601), the effect control unit 300 determines whether or not a predetermined return condition is satisfied (step 4603). The return condition here refers to a condition for determining whether or not to change the hold display mode from a special one (second hold display mode) to a normal one (first hold display mode). Therefore, in step 4603, the timing for switching to the normal hold display mode is checked.
復帰条件を具備する場合(ステップ4603でYes)、演出制御部300は第1保留表示態様に変更し(ステップ4604)、保留表示態様選択処理を終了する。
また、復帰条件を具備しない場合(ステップ4603でNo)、保留表示態様選択処理を終了する。すなわち、変更条件を具備せず復帰条件をも具備しないときは、保留表示態様を切り換えるタイミングではなく、現在の保留表示態様が維持される。
When the return condition is satisfied (Yes in Step 4603), the effect control unit 300 changes to the first hold display mode (Step 4604) and ends the hold display mode selection process.
If the return condition is not satisfied (No in step 4603), the hold display mode selection process is terminated. That is, when the change condition is not provided and the return condition is not provided, the current hold display mode is maintained instead of the timing for switching the hold display mode.
ここで、変更条件および復帰条件についての具体例を説明する。すなわち、保留表示態様の切り換えタイミングについて説明する。
例えば、リーチ演出に関し、変更条件としては「リーチが成立すること」、復帰条件として「リーチ演出が終了すること」ないし「大当たり演出が終了すること」、「大当たり後の時短演出が終了すること」等を挙げることができる。このような変更条件を設定することにより、リーチ図柄成立を契機に、第1保留表示態様よりも始動口121,122による保留の区別が困難な第2保留表示態様への切り換えが行われる。
Here, specific examples of the change condition and the return condition will be described. That is, the switching timing of the hold display mode will be described.
For example, regarding the reach production, the change condition is “reach is established”, the return condition is “reach production ends” or “the jackpot production is finished”, “the short-time production after the jackpot is finished” Etc. By setting such a change condition, when the reach symbol is established, switching to the second hold display mode in which it is difficult to distinguish the hold by the start ports 121 and 122 than the first hold display mode is performed.
また、変更条件および復帰条件についての他の例としては、モード変更時の切り換えや事前判定に基づく切り換えが考えられる。
例えば、先読みの連続予告に関する切り換えの場合には、「複数の図柄変動をまたがって行われる連続予告演出に突入すること」が変更条件であり、「連続予告演出が終了すること」が復帰条件である。
As another example of the change condition and the return condition, switching at the time of mode change or switching based on prior determination can be considered.
For example, in the case of switching related to the pre-reading continuous notice, the change condition is “to enter a continuous notice effect performed across multiple symbol fluctuations”, and “the end of the continuous notice effect” is a return condition. is there.
〔第1保留表示態様および第2保留表示態様について〕
図47は、保留表示態様選択処理により切り換えられる保留表示態様を説明する図であり、(a)が第1保留表示態様(第1保留表示形式)、(b)が第2保留表示態様(第2保留表示形式)をそれぞれ示す。
なお、同図の(a)に示す保留画像61,63および同図の(b)に示す保留画像71,73は、第1始動口121の入球によるものであり、同図の(a)に示す保留画像62,64,65および同図の(b)に示す保留画像72,74,75は、第2始動口122の入球によるものであるとする。
また、同図の(a)および(b)では、画像表示部114に保留画像61〜65,71〜75が表示される場合の例を図示しているが、他の表示部に表示する場合にも適用することが考えられ、また、ランプで表示する場合にも適用することが考えられる。
[About the first hold display mode and the second hold display mode]
47A and 47B are diagrams for explaining a hold display mode switched by the hold display mode selection process, in which FIG. 47A is a first hold display mode (first hold display format), and FIG. 47B is a second hold display mode (first 2 hold display formats).
Note that the hold images 61 and 63 shown in (a) in the figure and the hold images 71 and 73 shown in (b) in the figure are due to the entrance of the first start port 121, and (a) in the figure. It is assumed that the hold images 62, 64, 65 shown in FIG. 6 and the hold images 72, 74, 75 shown in FIG.
Moreover, in (a) and (b) of the figure, although the example in the case where the hold images 61-65 and 71-75 are displayed on the image display part 114 is illustrated, when displaying on another display part It is also possible to apply to the case of displaying with a lamp.
図47の(a)を参照すると、画像表示部114に、第1保留画像61、第2保留画像62、第3保留画像63、第4保留画像64および第5保留画像65が表示されており、保留数は5である。なお、同図の(a)では、あと3個の保留が可能であることを破線で図示する。   47A, the first hold image 61, the second hold image 62, the third hold image 63, the fourth hold image 64, and the fifth hold image 65 are displayed on the image display unit 114. The number of holds is 5. In addition, in (a) of the same figure, it is illustrated with a broken line that three more holds are possible.
さらに説明すると、図47の(a)では、第1保留画像61および第3保留画像63と、残りの保留画像すなわち、第2保留画像62、第4保留画像64および第5保留画像65と、が互いに異なる表示になっている。より詳細には、表示される保留が第1始動口121によるものか第2始動口122によるものかの区別を容易に行うことができるようになっている。すなわち、保留画像61,63と保留画像62,64,65とが、例えば互いに異なる色彩であったり、互いに異なる模様であったりする表示である。
また、他の表示としては、保留画像が互いに異なる形状であったり、形状が同じであるものの互いに異なる大きさであったりする制御例も考えられる。
More specifically, in FIG. 47 (a), the first hold image 61 and the third hold image 63, and the remaining hold images, that is, the second hold image 62, the fourth hold image 64, and the fifth hold image 65, Are different from each other. More specifically, it is possible to easily distinguish whether the displayed hold is from the first start port 121 or the second start port 122. That is, the hold images 61 and 63 and the hold images 62, 64, and 65 are displayed in different colors or different patterns, for example.
As another display, there may be a control example in which the reserved images have different shapes, or the same shape but different sizes.
また、図47の(b)を参照すると、画像表示部114には、第1保留画像61(同図の(a)参照)に対応する第1保留画像71と、第2保留画像62に対応する第2保留画像72と、第3保留画像63に対応する第3保留画像73と、第4保留画像64に対応する第4保留画像74と、第5保留画像65に対応する第5保留画像75が表示されている。   47B, the image display unit 114 corresponds to the first reserved image 71 corresponding to the first reserved image 61 (see FIG. 47A) and the second reserved image 62. The second reserved image 72, the third reserved image 73 corresponding to the third reserved image 63, the fourth reserved image 74 corresponding to the fourth reserved image 64, and the fifth reserved image corresponding to the fifth reserved image 65. 75 is displayed.
さらに説明すると、図47の(b)では、表示される保留が第1始動口121によるものか第2始動口122によるものかの区別を容易に行うことができないようになっている。言い換えると、かかる区別は、同図の(b)の方が同図の(a)の場合よりも困難である。
より具体的には、保留画像71,73は丸形状の図形で表示される一方で、保留画像72,74,75は丸形状の図形とこの図形の上側に位置する小さな点とで表示されている。すなわち、小さな点の有無で第1始動口121によるものか第2始動口122によるものかを表示している。
したがって、一見すると、保留画像71,73と保留画像72,74,75との間の区別を行うことが困難である。より正確には、同図の(b)に示す第2保留表示態様は、保留が第1始動口121によるものか第2始動口122によるものかの区別が可能であるものの、同図の(a)に示す第1保留表示態様の場合よりも区別し難い。
More specifically, in FIG. 47 (b), it is not possible to easily distinguish whether the displayed suspension is due to the first start port 121 or the second start port 122. In other words, such distinction is more difficult in the case of (b) in the figure than in the case of (a) in the figure.
More specifically, the reserved images 71 and 73 are displayed as round graphics, while the reserved images 72, 74, and 75 are displayed as round graphics and small dots positioned above the graphics. Yes. That is, whether there is a small point or not is indicated by the first start port 121 or the second start port 122.
Therefore, at first glance, it is difficult to distinguish between the reserved images 71 and 73 and the reserved images 72, 74, and 75. More precisely, the second hold display mode shown in (b) of the figure can distinguish whether the hold is made by the first start port 121 or the second start port 122, but ( It is harder to distinguish than in the case of the first hold display mode shown in a).
このように、パチンコ遊技機100は、始動口121,122のいずれによる保留であるかの区別が明らかになるように表示する第1保留表示態様(通常表示の形式)と、第1保留表示態様よりも区別が困難になるように表示する第2保留表示態様(特殊表示の形式)と、の間の相互切り換えが可能なように構成されている。
すなわち、遊技者は、第1保留表示態様の場合には保留が第2始動口122によるものであるか否かの判断が容易である一方で、第2保留表示態様の場合には保留が第2始動口122によるものであるか否かの判断が困難である。
In this manner, the pachinko gaming machine 100 displays the first hold display mode (normal display format) and the first hold display mode so that the distinction of which one of the start ports 121 and 122 is on hold becomes clear. The second hold display mode (special display format) for display so as to be more difficult to distinguish from each other can be switched between.
That is, in the case of the first hold display mode, the player can easily determine whether or not the hold is due to the second start port 122, while in the case of the second hold display mode, the player holds the first hold. 2 It is difficult to determine whether or not it is due to the start port 122.
さらに説明すると、大当たり抽選の結果が大当たりのときの大当たり内容が、第1始動口121による大当たり抽選の場合よりも第2始動口122による大当たり抽選の場合の方が遊技者にとって有利な機種が従来から知られている。例えば、大当たりの場合に行われる大当たり遊技で払い出される賞球の数の上限設定が、第1始動口121による大当たり抽選の場合よりも第2始動口122による大当たり抽選の場合の方が多い機種である。
このような設定としては、例えば、大当たり遊技のラウンド数や、大当たり遊技終了後の内部状態が高確率状態である確率、大当たり遊技終了後の時短の回数などが、第1始動口121よりも第2始動口122による場合の方が多いことを挙げることができる。
To explain further, a model in which the content of the big hit when the result of the big hit lottery is a big hit lottery by the second start port 122 is more advantageous for the player than the case of the big hit lottery by the first start port 121 is a conventional model Known from. For example, in the model in which the upper limit setting of the number of prize balls to be paid out in the jackpot game performed in the case of jackpot is more in the case of the jackpot lottery by the second starting port 122 than in the case of the jackpot lottery by the first starting port 121 is there.
As such settings, for example, the number of rounds of jackpot game, the probability that the internal state after the jackpot game ends is a high probability state, the number of short times after the jackpot game ends, etc. It can be mentioned that there are more cases with two start ports 122.
かかる機種での遊技において例えばリーチが成立すると、遊技者はリーチが第1始動口121によるものであるか第2始動口122によるものであるかを、保留表示によって調べようとする。遊技者はときどき保留表示を見ていることから、現在の保留表示を基に、保留消化された当該変動が第2始動口122によるものであるか否かを判断することが可能であることによる。
遊技者は、第2始動口122によるものでないことが推測されると残念な気持ちを持ちがちであり、また、第2始動口122によるものであることが推測されると多くの賞球を獲得できるかもしれないという期待を持ちがちである。すなわち、大当たり抽選が報知される前に遊技者の心理状態が、保留表示によって影響を受けるおそれがある。
For example, when a reach is established in a game of such a model, the player tries to check whether the reach is due to the first start port 121 or the second start port 122 by a hold display. Since the player sometimes sees the hold display, it is possible to determine whether or not the change that has been put on hold is due to the second start port 122 based on the current hold display. .
Players tend to feel disappointed when it is assumed that they are not caused by the second starting port 122, and win many prize balls when it is estimated that they are caused by the second starting port 122. They tend to have expectations that they may be able to. That is, the player's mental state may be affected by the hold display before the jackpot lottery is notified.
また、このような大当たり抽選に関して第1始動口121と第2始動口122との間の偏りがある機種のほかに、保留球に基づく事前判定の結果が、第1始動口121に入球することによる保留の場合よりも第2始動口122に入球することによる保留の場合の方が遊技者にとって有利な機種も従来から知られている。   Moreover, in addition to the model in which there is a bias between the first start port 121 and the second start port 122 with respect to such a big hit lottery, the result of the preliminary determination based on the holding ball enters the first start port 121. Conventionally, a model that is more advantageous for the player in the case of holding by entering the second start port 122 than in the case of holding by the fact is also known.
かかる機種での遊技において、事前判定結果が遊技者にとって有利なものであるとして所定の演出(例えば先読みによる連続予告)が開始されると、遊技者はその事前判定結果が第1始動口121によるものであるか第2始動口122によるものであるかを、保留表示によって確認しようとする。そのような遊技者心理からすると、保留表示を見て、第2始動口122の保留によるものではないことが分かった時点で、却って残念な気分になってしまい、その後の事前判定結果に基づく所定の演出を十分に楽しめないおそれがある。このように、事前判定結果に係る保留が消化される前に遊技者の心理状態が、保留表示によって影響を受けるおそれがある。   In a game with such a model, if a predetermined effect (for example, continuous advance notice by prefetching) is started on the assumption that the result of the pre-determination is advantageous to the player, the player determines that the pre-determination result is based on the first start port 121. An attempt is made to confirm by a hold display whether the object is from the second start port 122. From such a player's psychology, when the hold display is seen and it is found that it is not due to the hold of the second start port 122, it becomes a disappointing feeling. There is a risk that you will not be able to fully enjoy the production. In this manner, the player's psychological state may be affected by the hold display before the hold related to the prior determination result is digested.
そこで、遊技者が、当該変動が第2始動口122によるものであるか否かを判断するために改めて保留表示を確認しようとする場面では、第1保留表示態様(図47の(a)参照)ではなく第2保留表示態様(同図の(b)参照)に切り換えるように演出制御を行う。これにより、リーチ成立に係る入賞や事前判定結果が第2始動口122の保留によるものであるか否かの確認が困難になることから、その後の演出にドキドキ感をもって楽しむことが可能になり、演出の効果が低下することを抑制することが可能になる。   Therefore, in a scene where the player tries to confirm the hold display again to determine whether or not the change is caused by the second start port 122, the first hold display mode (see FIG. 47A). ) Rather than the second hold display mode (see (b) of the figure). As a result, it becomes difficult to confirm whether or not the winning or pre-determination result related to reach establishment is due to the suspension of the second start port 122, so it becomes possible to enjoy the subsequent production with a thrilling feeling, It becomes possible to suppress that the effect of a production falls.
さらに説明すると、リーチのときには、それまで表示されていた第1保留表示態様を画像表示部114から消し、保留表示を再表示するタイミングで第2保留表示態様に切り換える演出制御例が考えられる。このような演出制御例は、事前判定結果の場合に対しても適用することが考えられる。   More specifically, in the case of reach, an example of effect control is considered in which the first hold display mode that has been displayed so far is erased from the image display unit 114 and switched to the second hold display mode at the timing of redisplaying the hold display. Such an effect control example may be applied to the case of a prior determination result.
なお、第2始動口122によるものが第1始動口121によるものよりも遊技者にとって有利な機種の場合について説明したが、逆の場合すなわち、第1始動口121によるものが第2始動口122によるものよりも遊技者にとって有利な機種にも同様に適用することが可能である。
すなわち、第1始動口121による場合と第2始動口122による場合とで、賞球に関する設定(大当たり抽選や大当たり内容、事前判定結果等)が遊技者にとって有利/不利という偏りを持つ機種に対して適用することが考えられる。
In addition, although the case where the thing by the 2nd start port 122 is a model more advantageous for a player than the thing by the 1st start port 121 was demonstrated, the reverse case, ie, the thing by the 1st start port 121 is the 2nd start port 122. It can be similarly applied to a model that is more advantageous to the player than that according to.
In other words, for the models where the setting relating to the winning ball (the jackpot lottery, jackpot content, pre-judgment result, etc.) is advantageous / disadvantageous for the player, depending on whether the first start port 121 or the second start port 122 is used. Can be applied.
〔第3保留表示態様について〕
ここで、保留表示態様についての他の切り換えタイミングとしては、電断復旧時を挙げることができる。以下、電断復旧時の保留表示態様に関して説明する。
図48は、他の保留表示態様を説明する図であり、より具体的には、上述した第1保留表示態様(図47の(a)参照)および第2保留表示態様(同図の(b)参照)とは異なる第3保留表示態様である。
すなわち、図48に示す第3保留表示態様では、画像表示部114に、第1保留画像81、第2保留画像82、第3保留画像83、第4保留画像84および第5保留画像85が表示されており、図47の場合と同じく保留数が5になっている。さらに説明すると、保留画像81〜85の各々は、始動口121,122のいずれによる保留であるかの区別を行うことができないようになっている。
[About the third hold display mode]
Here, as another switching timing for the hold display mode, it can be mentioned at the time of restoration of power interruption. Hereinafter, the hold display mode at the time of power failure recovery will be described.
FIG. 48 is a diagram for explaining another hold display mode, and more specifically, the first hold display mode (see (a) of FIG. 47) and the second hold display mode (see (b) of FIG. 47). This is a third on-hold display mode different from that shown in FIG.
That is, in the third hold display mode shown in FIG. 48, the first hold image 81, the second hold image 82, the third hold image 83, the fourth hold image 84, and the fifth hold image 85 are displayed on the image display unit 114. As in the case of FIG. 47, the number of holds is 5. More specifically, each of the on-hold images 81 to 85 cannot be distinguished from which of the start ports 121 and 122 is on-hold.
このような第3保留表示態様は、第1保留表示態様や第2保留表示態様とは異なる表示である。より具体的には、保留画像81〜85はいずれも同じ表示であり、例えば特定の色彩や模様、形状等で表示する画像である。その一例を示すと、保留画像81〜85の画像が、黄色の円形状の図形で統一されている演出制御が考えられる。すなわち、第3保留表示態様では、保留数の数は表示しているものの、それが第1始動口121によるものであるか第2始動口122によるものであるかを表示していない。   Such a third hold display mode is a display different from the first hold display mode and the second hold display mode. More specifically, the reserved images 81 to 85 are all the same display, for example, an image displayed in a specific color, pattern, shape, or the like. As an example, it is conceivable that the control of the reserved images 81 to 85 is unified with a yellow circular figure. That is, in the third hold display mode, although the number of holds is displayed, it is not displayed whether it is due to the first start port 121 or the second start port 122.
さらに説明すると、電断前には、第1保留表示態様または第2保留表示態様(図47の保留画像61〜65,71〜75参照)で表示されているものの、電断が発生して画像表示部114の表示が消える。そして、やがて電断復旧した時には、第3保留表示態様(図48の保留画像81〜85参照)に切り換わって表示される。
なお、電断復旧時に保留表示を行う場合の態様として、第1保留表示態様、第2保留表示態様または第3保留表示態様のいずれかを予め決定しておく制御例も考えられる。
More specifically, before the power interruption, the image is displayed in the first hold display mode or the second hold display mode (see the hold images 61 to 65 and 71 to 75 in FIG. 47). The display on display unit 114 disappears. Then, when the power interruption is recovered, the display is switched to the third hold display mode (see the hold images 81 to 85 in FIG. 48).
Note that a control example in which any one of the first hold display mode, the second hold display mode, and the third hold display mode is determined in advance as a mode in which the hold display is performed at the time of power failure recovery.
ここで、第3保留表示態様を表示する技術的な意味を説明する。
ホール店の開店中にパチンコ遊技機100が電断すると、そのパチンコ遊技機100の演出制御部300は、電断前の状態を特定するための情報を保持できない。すなわち、演出制御部300では、保留に関する情報や事前判定の結果に関する情報等が消去されてしまい、復旧後に例えば保留が有ったのか無かったのか(保留の有無)等が不明な状態であり、そのような状態では、保留に関する演出を行うことができない。
Here, the technical meaning of displaying the third hold display mode will be described.
If the pachinko gaming machine 100 is disconnected while the hall store is open, the effect control unit 300 of the pachinko gaming machine 100 cannot hold information for specifying the state before the interruption. That is, in the production control unit 300, information related to the hold, information related to the result of the pre-determination, and the like are deleted, and it is unclear whether there was a hold, for example, whether there was a hold (presence of hold), etc. In such a state, it is not possible to perform an effect related to the hold.
電源復旧時には、電源投入処理が開始され、遊技制御部200から演出制御部300に様々なコマンドが所定の手順で送信される。そのような電源投入処理において、保留に関する情報がどのタイミングで演出制御部300に送信されるのかは、メーカないし機種ごとに異なる。すなわち、保留に関する情報の演出制御部300への送信が一度にまとめて行われるのか、段階的に行われるのかは仕樣に関する事項であり、統一的に定められているものではない。   When power is restored, the power-on process is started, and various commands are transmitted from the game control unit 200 to the effect control unit 300 in a predetermined procedure. In such a power-on process, the timing at which information regarding suspension is transmitted to the effect control unit 300 differs for each manufacturer or model. In other words, whether transmission of information related to hold to the effect control unit 300 is performed all at once or in stages is a matter related to specifications, and is not uniformly defined.
したがって、演出制御部300は、電源投入処理において、保留の有無を特定する情報および保留数を特定する情報(例えば5個保留)を取得するものの、始動口121,122のいずれによる保留であるかを特定する情報を取得していない状況が存在し得る。そして、かかる状況にあるにもかかわらず、演出として保留表示が行われる場面があり得る。
そのような場面では、演出制御部300は、とりあえず第3保留表示態様(図48の保留画像81〜85参照)で画像表示部114に保留表示を行う。そして、遊技制御部200から、始動口121,122のいずれによる保留であるかを特定する情報を取得した段階で、演出制御部300は、第1保留表示態様または第2保留表示態様(図47の保留画像61〜65,71〜75参照)に切り換える。
Therefore, in the power-on process, the production control unit 300 acquires information specifying whether or not there is a hold and information specifying the number of holds (for example, 5 holds). There may be a situation in which information for identifying is not acquired. In spite of this situation, there may be a scene where a hold display is performed as an effect.
In such a scene, the production control unit 300 performs the hold display on the image display unit 114 in the third hold display mode (see the hold images 81 to 85 in FIG. 48) for the time being. Then, at the stage of acquiring information specifying which of the start ports 121, 122 is on hold from the game control unit 200, the effect control unit 300 is in the first hold display mode or the second hold display mode (FIG. 47). To the reserved images 61 to 65 and 71 to 75).
このように、演出制御部300は、復旧後に遊技制御部200からコマンドを介して保留に関する情報を取得するまでは、正確な保留表示を行うことができないものの保留表示を行う必要がある場面では、第1保留表示態様や第2保留表示態様ではなく、第3保留表示態様で保留表示を行うように演出制御する。
第3保留表示態様を表示する意義としては、例えば上述したようなものがある。
In this way, the production control unit 300 cannot perform accurate hold display until it acquires information related to hold through the command from the game control unit 200 after recovery, but it is necessary to perform hold display. Effect control is performed so that the hold display is performed in the third hold display mode, not the first hold display mode or the second hold display mode.
The significance of displaying the third hold display mode is, for example, as described above.
〔第5の実施の形態が有する意義について〕
次に、第5の実施の形態が有する意義について改めて説明する。
従来から、種々の保留表示が提案されているが、演出画像を表示する画像表示部に保留表示を行うと、演出内容によっては保留表示の存在がかえって演出効果を減じてしまうおそれがある。
[Significance of the fifth embodiment]
Next, the significance of the fifth embodiment will be described again.
Conventionally, various on-hold displays have been proposed, but if on-screen display is performed on an image display unit that displays an effect image, depending on the effect contents, the presence of the on-hold display may be reduced and the effect of the effect may be reduced.
かかる課題を解決するための構成は、第1の始動口121への遊技球の入球を第1の検出手段211が検出する場合および第2の始動口122への遊技球の入球を第2の検出手段212が検出する場合に大当たり抽選を抽選手段234が行う遊技機であって、前記第1の検出手段211により検出される入球に対応して行われる前記抽選手段234の大当たり抽選が保留される第1の保留球の発生および前記第2の検出手段212により検出される入球に対応して行われる当該抽選手段234の大当たり抽選が保留される第2の保留球の発生についての保留球発生情報を取得する取得手段301と、前記取得手段301により取得される前記保留球発生情報に基づく保留表示を行い、かつ、当該保留表示が前記第1の保留球の場合と前記第2の保留球の場合とが互いに区別される第1の状態(図47の(a))と、当該第1の保留球の場合と当該第2の保留球の場合とが当該第1の状態よりも互いに区別し難い第2の状態(図47の(b))と、を持つ保留表示手段114、301と、を備えることを特徴とするものである。
ここで、前記抽選手段234による大当たり抽選の結果が大当たりの場合に行われる大当たり遊技で払い出される賞球数の上限設定が、前記第1の始動口121による当該大当たり抽選の場合よりも前記第2の始動口122による当該大当たり抽選の場合の方が多いことを特徴とすることができる。
また、前記保留表示手段114,301は、電断後の保留表示を、前記第1の保留球の場合と前記第2の保留球の場合とが互いに区別されない第3の状態(図48)で行うことを特徴とすることができる。
The configuration for solving such a problem is that the first detection means 211 detects the entrance of the game ball to the first start port 121 and the entrance of the game ball to the second start port 122 is the first. A game machine in which the lottery means 234 performs the big hit lottery when the second detection means 212 detects, and the big hit lottery of the lottery means 234 is performed corresponding to the incoming ball detected by the first detection means 211 Generation of the first holding ball that is held and the occurrence of the second holding ball that holds the big hit lottery of the lottery means 234 performed corresponding to the incoming ball detected by the second detection means 212 Acquisition means 301 for acquiring the reserved ball generation information, and a hold display based on the hold ball generation information acquired by the acquisition means 301, and the hold display is the first reserved ball and the first 2 The first state in which the case of the holding ball is distinguished from each other ((a) of FIG. 47), and the case of the first holding ball and the case of the second holding ball are more than the first state. The holding display means 114, 301 having a second state (FIG. 47B) that is difficult to distinguish from each other is provided.
Here, the upper limit setting of the number of winning balls to be paid out in the jackpot game performed when the result of the jackpot lottery by the lottery means 234 is a jackpot is more than that in the case of the jackpot lottery by the first start port 121. In the case of the big hit lottery by the start opening 122, there are more cases.
Further, the holding display means 114, 301 displays the holding display after power interruption in a third state (FIG. 48) in which the case of the first holding ball and the case of the second holding ball are not distinguished from each other. It can be characterized by doing.
付言すると、第5の実施の形態に係るパチンコ遊技機100(図1参照)は、遊技機の一例である。
第1始動口121(図1、図27、図28または図29参照)は第1の始動口の一例であり、第2始動口122(図1、図27、図28または図29参照)は第2の始動口の一例である。第1始動口スイッチ211(図3参照)は第1の検出手段の一例であり、第2始動口スイッチ212(同図参照)は第2の検出手段の一例である。遊技制御部200の特別図柄判定部234(図4参照)は抽選手段の一例である。
演出制御部300のCPU301(図3参照)は取得手段の一例である。画像表示部114および演出制御部300のCPU301(図3参照)は、保留表示手段の一例である。
図47の(a)に示す保留表示態様は、第1の状態の一例であり、(b)に示す保留表示態様は第2の状態の一例である。図48に示す保留表示態様は、第3の状態の一例である。
In addition, the pachinko gaming machine 100 (see FIG. 1) according to the fifth embodiment is an example of a gaming machine.
The first start port 121 (see FIG. 1, FIG. 27, FIG. 28 or FIG. 29) is an example of the first start port, and the second start port 122 (see FIG. 1, FIG. 27, FIG. 28 or FIG. 29) is It is an example of the 2nd starting opening. The first start port switch 211 (see FIG. 3) is an example of first detection means, and the second start port switch 212 (see FIG. 3) is an example of second detection means. The special symbol determination unit 234 (see FIG. 4) of the game control unit 200 is an example of a lottery means.
The CPU 301 (see FIG. 3) of the effect control unit 300 is an example of an acquisition unit. The CPU 301 (see FIG. 3) of the image display unit 114 and the effect control unit 300 is an example of a hold display unit.
The hold display mode shown in (a) of FIG. 47 is an example of the first state, and the hold display mode shown in (b) is an example of the second state. The hold display mode shown in FIG. 48 is an example of the third state.
第5の実施の形態によれば、保留表示が演出に及ぼす影響を低減することが可能になる。
すなわち、第5の実施の形態では、振り分け装置10により振り分けられて第1始動口121に入球した場合の保留と第2始動口122に入球した場合の保留との区別が明確になるように表示する第1保留表示態様と、かかる区別が第1保留表示態様よりも明確ではないように表示する第2保留表示態様と、を持つことから、演出の内容に応じた保留表示態様を選択することが可能になる。
とりわけ、8個の保留数を表示すると共に入球順に保留消化する機種においては、第1始動口121の入球による保留であるか第2始動口122の入球による保留であるかを遊技者が確認する傾向がある。また、第1始動口121へ入球した場合と第2始動口122へ入球した場合とで、大当たり抽選の大当たり確率が異なったり時短回数が異なったりする等の機種においても、いずれの保留であるのかを注目する傾向がある。したがって、そのような機種において、状況に応じた保留表示態様の切り換えを行うことで、演出効果をより高めることが可能になる。
また、第1始動口121と第2始動口122のいずれの保留であるかの区別をしないように表示する第3保留表示態様をも持つことで、電源復旧時の保留表示をより迅速にかつ安定的に行うことが可能になる。
According to the fifth embodiment, it is possible to reduce the influence of the hold display on the effect.
That is, in the fifth embodiment, the distinction between the hold when the ball is sorted by the sorting device 10 and enters the first start port 121 and the hold when the ball enters the second start port 122 is clear. The first hold display mode to be displayed and the second hold display mode to display such distinction as being less clear than the first hold display mode, so select the hold display mode according to the content of the production It becomes possible to do.
In particular, in a model that displays the number of holdings of 8 pieces and holds them in order of entry, the player determines whether the holding is made by entering the first starting port 121 or by putting the second starting port 122. There is a tendency to confirm. In addition, in the case where the model hits the first starting port 121 and the second starting port 122 enter the second starting port 122, the jackpot probability of the jackpot lottery differs or the number of time reductions differs. There is a tendency to pay attention to whether there is. Therefore, in such a model, it is possible to further enhance the effect by switching the hold display mode according to the situation.
In addition, by having a third hold display mode that displays so as not to distinguish between the hold of the first start port 121 and the second start port 122, the hold display at the time of power recovery can be performed more quickly and It becomes possible to carry out stably.
〔第6の実施の形態〕
第6の実施の形態について図49〜図50を用いて説明する。この第6の実施の形態は、保留による事前判定の結果に基づく連続予告演出(ゾーン演出)や大当たり抽選の結果に基づく図柄変動演出等を、第1始動口121の入球の場合と第2始動口122の入球の場合とで変更する演出制御に関するものである。
第6の実施の形態では、上述した第1の構成例に係る振り分け装置10(図27参照)、第2の構成例に係る振り分け装置10(図28参照)または第3の構成例に係る振り分け装置10(図29参照)のいずれでも用いることが可能である。
[Sixth Embodiment]
A sixth embodiment will be described with reference to FIGS. In the sixth embodiment, the continuous notice effect (zone effect) based on the result of the preliminary determination by holding, the symbol change effect based on the result of the jackpot lottery, etc. The present invention relates to effect control that is changed depending on the case of entering the starting port 122.
In the sixth embodiment, the distribution device 10 according to the first configuration example (see FIG. 27), the distribution device 10 according to the second configuration example (see FIG. 28), or the distribution according to the third configuration example. Any of the devices 10 (see FIG. 29) can be used.
〔特定演出コマンド処理〕
図49は、第6の実施の形態における特定演出コマンド処理を説明するフローチャートであり、上述した第4の実施の形態に係る特定演出コマンド処理(図41のステップ4105、図42参照)に対応するものである。
ここにいう特定演出コマンド処理は、特定演出の内容決定を行うためのものであり、図49では昇格演出の設定について言及していないが、昇格演出の設定をする場合にも適用することが考えられる。
[Specific production command processing]
FIG. 49 is a flowchart for explaining the specific effect command processing in the sixth embodiment, corresponding to the specific effect command processing (see step 4105 in FIG. 41, FIG. 42) according to the fourth embodiment described above. Is.
The specific effect command processing here is for determining the content of the specific effect, and although FIG. 49 does not mention the setting of the promotion effect, it can be applied to the case of setting the promotion effect. It is done.
図49に示す処理手順では、CPU301は、新たに記憶された予兆フラグONが第2始動口122の入球による保留に対するものであるか否かを調べる(ステップ4901)。
そして、第2始動口122の入球によるものでない場合(ステップ4901でNo)、CPU301は、第1用演出テーブルを選択する(ステップ4902)。また、第2始動口122の入球によるものである場合(ステップ4901でYes)には、第2用演出テーブルを選択する(ステップ4903)。
第1用演出テーブルおよび第2用演出テーブルは、先読みによる連続予告演出の内容を決定するためのものであり、その概要は後述する(図50参照)。
In the processing procedure shown in FIG. 49, the CPU 301 checks whether or not the newly stored predictive flag ON is for a hold due to entering the second start port 122 (step 4901).
If it is not due to the entrance of the second start port 122 (No in step 4901), the CPU 301 selects the first effect table (step 4902). In addition, when it is due to the ball entering the second start port 122 (Yes in step 4901), the second effect table is selected (step 4903).
The first effect table and the second effect table are for determining the content of the continuous notice effect by prefetching, and the outline thereof will be described later (see FIG. 50).
このように、保留が第2始動口122によるものであるか否かに応じて、事前判定の結果による複数の変動演出をまたぐ連続予告演出に用いるテーブルを選択する。上述したように、大当たり抽選に関して第1始動口121と第2始動口122との間の偏りがあり、それゆえ事前判定についても同様な偏りを持たせている機種の場合において、そのような偏りが演出面に反映されるようになる。
このような偏りは、第2始動口122による入球の方が遊技者にとって有利な内容となる設定のほか、第1始動口121による入球の方が遊技者にとって有利な内容となる設定も考えられる。
Thus, the table used for the continuous notice effect straddling a plurality of fluctuating effects based on the result of the prior determination is selected depending on whether or not the hold is due to the second start port 122. As described above, there is a bias between the first start port 121 and the second start port 122 with respect to the jackpot lottery, and therefore, in the case of a model having a similar bias for the prior determination, such a bias. Will be reflected on the production side.
Such a bias is not only a setting that makes it more advantageous for the player to enter the ball by the second starting port 122, but also a setting that makes it more advantageous for the player to enter the ball by using the first starting port 121. Conceivable.
CPU301は、演出に用いられる乱数(演出乱数)を取得し(ステップ4904)、取得した乱数および選択した演出テーブルを基に、特定演出の内容を決定する(ステップ4905)。そして、決定した内容についての特定演出コマンドをセットし(ステップ4906)、特定演出コマンド処理を終了する。   The CPU 301 acquires a random number (effect random number) used for the effect (step 4904), and determines the content of the specific effect based on the acquired random number and the selected effect table (step 4905). And the specific effect command about the determined content is set (step 4906), and a specific effect command process is complete | finished.
〔演出テーブルの概要〕
図50は、演出テーブルの概要を示す図である。同図の(a)は第1用演出テーブル(ステップ4902参照)についてのものであり、(b)は第2用演出テーブル(ステップ4903参照)についてのものである。
同図の(a)および(b)を参照すると、第1用演出テーブルと第2用演出テーブルの各々の項目は、選択比率(%)および演出の種類であり、図43に示す演出テーブルと同じである。なお、選択比率の合計はいずれも100である。
[Outline of production table]
FIG. 50 is a diagram showing an outline of the effect table. (A) of the figure is for the first effect table (see step 4902), and (b) is for the second effect table (see step 4903).
Referring to (a) and (b) of the figure, the items of the first effect table and the second effect table are the selection ratio (%) and the type of effect, respectively. The same. Note that the total of the selection ratios is 100.
図50の(a)に示す第1用演出テーブルおよび同図の(b)に示す第2用演出テーブルでは、演出の種類として、特定演出を実行する場合と特定演出を実行しない場合とがある。より具体的は、前者の場合には、特定演出として、高期待度のもの、中期待度のものおよび低期待度のものに分けられている。すなわち、特定演出実行の場合には、「高期待度の特定演出を実行する」、「中期待度の特定演出を実行する」および「低期待度の特定演出を実行する」の3つが含まれる。   In the first effect table shown in FIG. 50 (a) and the second effect table shown in FIG. 50 (b), there are cases where the specific effect is executed and the specific effect is not executed as the type of effect. . More specifically, in the former case, the specific effects are divided into high expectation, medium expectation, and low expectation. That is, in the case of performing a specific effect, three types of “execute a specific effect with a high expectation level”, “execute a specific effect with a medium expectation level”, and “execute a specific effect with a low expectation level” are included. .
図50の(a)に示す第1用演出テーブルを参照すると、高期待度の特定演出は0%の確率で選択され、中期待度の特定演出は20%の確率で選択され、低期待度の特定演出は50%の確率で選択される。また、特定演出を実行しないという演出は、30%の確率で選択される。
このように、第1用演出テーブルでは、高期待度の特定演出は実行されず、実行される場合には、中期待度または低期待度のいずれかになる。
Referring to the first effect table shown in FIG. 50 (a), the high expectation specific effect is selected with a probability of 0%, and the medium expectation specific effect is selected with a probability of 20%. The specific performance is selected with a probability of 50%. Further, an effect that the specific effect is not executed is selected with a probability of 30%.
Thus, in the first effect table, the specific effect with high expectation is not executed, and when it is executed, either the medium expectation or the low expectation is obtained.
図50の(b)に示す第2用演出テーブルを参照すると、高期待度の特定演出は30%の確率で選択され、中期待度の特定演出は50%の確率で選択され、低期待度の特定演出は0%の確率で選択される。また、特定演出を実行しないという演出は、20%の確率で選択される。
このように、第2用演出テーブルは、低期待度の特定演出は実行されず、実行される場合には、高期待度または中期待度のいずれになる。
Referring to the second effect table shown in FIG. 50 (b), the high expectation specific effect is selected with a probability of 30%, and the medium expectation specific effect is selected with a probability of 50%. The specific performance is selected with a probability of 0%. Further, an effect that the specific effect is not executed is selected with a probability of 20%.
In this way, the second effect table does not execute the specific effect of low expectation, and when it is executed, it becomes either high expectation or medium expectation.
図50の(a)の第1用演出テーブルと同図の(b)の第2用演出テーブルとを互いに比較すると、特定演出が実行される場合としては、前者が70%であるのに対し後者が80%である。
また、高期待度の特定演出は、第2用演出テーブルでなければ出現せず、第1用演出テーブルでは出現しない。また、低期待度の特定演出は、第2用演出テーブルでは出現せず、第1用演出テーブルで出現する。さらには、中期待度の特定演出が実行される割合は、第1用演出テーブルが20%であるのに対し、第2用演出テーブルでは50%であり、中期待度の特定演出さえも第2用演出テーブルの方が出現し易い。
このように、図50に示す第1用演出テーブルおよび第2用演出テーブルを用いることで、第2始動口122への入球による場合の方が、遊技者がより楽しめる演出が実行される可能性が高くなる。
When the first effect table in FIG. 50A and the second effect table in FIG. 50B are compared with each other, when the specific effect is executed, the former is 70%. The latter is 80%.
In addition, the high expectation specific effect does not appear unless it is the second effect table, and does not appear in the first effect table. Also, the low expectation specific effect does not appear in the second effect table, but appears in the first effect table. Furthermore, the proportion of execution of the specific expectation of medium expectation is 20% in the first effect table, whereas it is 50% in the second effect table. The production table for 2 is more likely to appear.
In this way, by using the first effect table and the second effect table shown in FIG. 50, it is possible to execute an effect that the player can enjoy more when entering the second starting port 122. Increases nature.
ここにいう期待度とは、遊技者が遊技を継続することで将来的に賞球に関して期待できる度合いをいい、大当たりによる利益の期待度ということもできる。より具体的には、期待度として、大当たりであるか否かの期待度や、高確率状態に移行するか否か(確変か否か)の期待度、低確率状態に移行しないか否かの期待度を挙げることができる。また、期待度として、時短が付くか否かの期待度や、時短の回数が多いか否かの期待度、出球が多いか否かの期待度を挙げることができる。
さらに説明すると、第2用演出テーブルの方が第1用演出テーブルと比べ、相対的に期待度は高いといえる。また、第1用演出テーブルと第2用演出テーブルのいずれの場合にも、特定演出が常に実行されるとは限らず、特定演出が実行されないことがある。
The degree of expectation here refers to the degree to which a player can expect a prize ball in the future by continuing the game, and can also be regarded as the degree of expectation of profit by jackpot. More specifically, as the expectation level, the expectation level of whether or not it is a big hit, the expectation level of whether or not to shift to a high probability state (whether or not), whether or not to shift to a low probability state Expectation can be raised. In addition, as the expectation level, an expectation level as to whether or not a short time is attached, an expectation level as to whether or not the number of short times is large, and an expectation level as to whether or not there are many balls are cited.
More specifically, it can be said that the second effect table has a relatively high degree of expectation compared to the first effect table. In either case of the first effect table or the second effect table, the specific effect is not always executed, and the specific effect may not be executed.
〔特定演出について〕
ここで、かかる特定演出は、第1始動口121の入球による保留の場合と第2始動口122の入球による保留の場合とで、演出内容が互いに異なるものになる。例えば、第1始動口121の入球と第2始動口122の入球とで、連続予告における背景画像を互いに異なるものにしたり、保留表示を互いに異なるものにしたりすることが考えられる。
また、第1始動口121の入球と第2始動口122の入球とで、変動図柄を互いに異なるものにしたり、役物の動きを互いに異なるものにしたり、音楽ないし音を互いに異なるものにしたりすることが考えられる。
[About specific effects]
In this case, the specific effects differ between the case of holding by entering the first starting port 121 and the case of holding by entering the second starting port 122. For example, it is conceivable that the background images in the continuous notice are different from each other and the hold display is different from each other for the first start port 121 and the second start port 122.
Also, the entrance pattern of the first start port 121 and the entrance of the second start port 122 may have different fluctuating symbols, different movements of the actors, different music or sounds. Can be considered.
また、不図示の第1の役物および不図示の第2の役物を備える構成を採用し、第1始動口121の入球による保留の場合に第1の役物が動き、第2始動口122の入球による保留の場合に第2の役物が動くようにすることも考えられる。
さらには、第1始動口121の入球と第2始動口122の入球とで画像表示部114に表示される演出画像は変わらないものの、画像表示部114とは別に備える小型表示部118(図35参照)に表示される演出画像を、第1始動口121の入球と第2始動口122の入球とで変えるようにすることも考えられる。
なお、上述した図50に示す演出テーブルでは、連続予告としての特定演出を実行する確率を、第1始動口121の入球と第2始動口122の入球とで変えている。
In addition, a configuration including a first accessory (not shown) and a second accessory (not shown) is employed, and the first accessory moves when the first start port 121 is put on hold to enter the second start. It is also conceivable that the second accessory moves in the case of holding due to the entrance of the mouth 122.
Further, although the effect image displayed on the image display unit 114 does not change between the entrance of the first start port 121 and the entrance of the second start port 122, the small display unit 118 (provided separately from the image display unit 114) It is also conceivable to change the effect image displayed in FIG. 35) between the first start port 121 and the second start port 122.
In the effect table shown in FIG. 50 described above, the probability of executing the specific effect as the continuous notice is changed between the entrance of the first start port 121 and the entrance of the second start port 122.
上述したように、保留の事前判定による連続予告演出についての演出制御を説明したが、かかる演出制御を、当該変動における図柄変動表示演出に適用することも考えられる。例えば、大当たり抽選の結果を報知するための変動時の演出を、当該大当たり抽選に係る入球が第1始動口121によるものであるか第2始動口122によるものであるかに応じて、互いに異なるように制御する例である。   As described above, the effect control for the continuous notice effect by the prior determination of the hold has been described, but it is also conceivable to apply the effect control to the symbol variation display effect in the variation. For example, depending on whether the entry related to the jackpot lottery is due to the first start port 121 or the second start port 122, the effect at the time of changing to notify the result of the jackpot lottery is mutually This is an example of controlling differently.
なお、不図示の第3始動口をも備える機種の場合には、第3始動口による大当たり抽選の結果報知ないし事前判定の結果報知を、第1始動口121や第2始動口122の場合とは異なるように制御する例も考えられる。
また、ゲート124への入球に応じた演出を行い、かつゲート124を複数備える機種においては、ゲート124への入球演出を、入球したゲート124に応じて異なる演出とする例も考えられる。
In the case of a model that also has a third start port (not shown), the result of the big hit lottery by the third start port or the result of the pre-judgment is notified to the case of the first start port 121 and the second start port 122. An example of controlling differently is also possible.
In addition, in a model that performs an effect according to the entrance to the gate 124 and includes a plurality of gates 124, an example in which the entrance effect to the gate 124 is different depending on the gate 124 that has entered is also conceivable. .
〔第6の実施の形態が有する意義について〕
次に、第6の実施の形態が有する意義について改めて説明する。
発射された遊技球の入球を検出する検出部を複数備え、いずれか一の検出部の検出により抽選ないし判定を行い、その結果について報知ないし示唆する演出を行う場合において、その結果が確定する前の遊技者の期待感や不安感をより刺激するように演出制御すれば、遊技の楽しみを一層高めることが可能になる。
[Significance of the sixth embodiment]
Next, the significance of the sixth embodiment will be described again.
A plurality of detection units for detecting the entrance of the launched game ball are provided, and when a lottery or determination is performed by detection of any one of the detection units, and an effect that informs or suggests the result is performed, the result is determined. If the production control is performed so as to stimulate the player's expectation and anxiety, the enjoyment of the game can be further enhanced.
かかる課題を解決するための構成は、遊技に応じて演出を行う遊技機100であって、第1の始動口121への遊技球の入球を検出する第1の検出手段211と、第2の始動口122への遊技球の入球を検出する第2の検出手段212と、前記第1の検出手段211により入球が検出される場合および前記第2の検出手段212により入球が検出される場合に大当たり抽選を入球順に行う抽選手段234と、前記第1の検出手段211により検出される入球に対応して行われる前記抽選手段234の大当たり抽選が保留される保留球の発生および前記第2の検出手段212により検出される入球に対応して行われる当該抽選手段234の大当たり抽選が保留される保留球の発生についての保留球発生情報を取得する取得手段201と、前記取得手段201により取得される前記保留球発生情報に係る入球について前記抽選手段234による大当たり抽選が行われる前に行われる事前判定の結果および/または当該抽選手段234による大当たり抽選の結果の報知ないし示唆を行う演出を、前記第1の検出手段211によるものである場合と前記第2の検出手段212によるものである場合とで互いに異ならしめるように制御する制御手段301と、を備えることを特徴とするものである。
ここで、遊技球が前記第1の始動口121に入球し易い第1の振り分け状態(図27の(a)、図28の(a))と遊技球が前記第2の始動口122に入球し易い第2の振り分け状態(図27の(b)、図28の(b))とが入球を契機に交互に切り替わる振り分け手段10をさらに備えることを特徴とすることができる。
また、前記抽選手段234による大当たり抽選の結果が大当たりの場合に行われる大当たり遊技で払い出される賞球数の上限設定が、前記第1の始動口121による当該大当たり抽選の場合よりも前記第2の始動口122による当該大当たり抽選の場合の方が多いことを特徴とすることができる。
また、前記抽選手段234による大当たり抽選の結果が大当たりの場合に行われる大当たり遊技の終了後の内部状態が高確率遊技状態であることが、前記第1の始動口121による当該大当たり抽選の場合よりも前記第2の始動口122による当該大当たり抽選の場合の方が多いことを特徴とすることができる。
A configuration for solving such a problem is a gaming machine 100 that produces an effect according to a game, and includes a first detection unit 211 that detects the entry of a game ball into the first start port 121, and a second The second detection means 212 for detecting the entrance of the game ball into the starting port 122 of the vehicle, the case where the first detection means 211 detects the entrance of the ball, and the case where the entrance is detected by the second detection means 212 When a lottery is performed, a lottery means 234 that performs a big hit lottery order in the order of entering the ball, and generation of a holding ball that holds the big hit lottery of the lottery means 234 performed in response to the incoming ball detected by the first detecting unit 211 And acquisition means 201 for acquiring on-holding ball generation information on the generation of a holding ball on which the big hit lottery of the lottery means 234 is held corresponding to the ball detected by the second detection means 212; Take Notification or suggestion of a result of a prior determination performed before the jackpot lottery by the lottery means 234 and / or a result of the jackpot lottery by the lottery means 234 with respect to the incoming ball related to the reserved ball generation information acquired by the means 201 And a control means 301 for controlling the production to be performed differently depending on whether the first detection means 211 and the second detection means 212 are different from each other. To do.
Here, the first distribution state (FIG. 27 (a), FIG. 28 (a)) and the game ball enter the second start port 122 where the game ball easily enters the first start port 121. The second distribution state (FIG. 27 (b), FIG. 28 (b)) that is easy to enter the ball may further include a distribution unit 10 that switches alternately when the ball enters.
In addition, the upper limit setting of the number of prize balls to be paid out in the jackpot game performed when the result of the jackpot lottery by the lottery means 234 is a jackpot is more than that in the case of the jackpot lottery by the first start port 121. It can be characterized that there are more cases of the big hit lottery by the start port 122.
The internal state after the jackpot game performed when the result of the jackpot lottery by the lottery means 234 is a jackpot game state is a high-probability gaming state than in the case of the jackpot lottery by the first start port 121. In the case of the jackpot lottery by the second start port 122, there are more cases.
付言すると、第6の実施の形態に係るパチンコ遊技機100(図1参照)は、遊技機の一例である。
第1始動口121(図1、図27、図28または図29参照)は第1の始動口の一例であり、第1始動口スイッチ211(図3参照)は第1の検出手段の一例である。
第2始動口122(図1、図27、図28または図29参照)は第2の始動口の一例であり、第2始動口スイッチ212(図3参照)は第2の検出手段の一例である。遊技制御部200の特別図柄判定部234(図4参照)は抽選手段の一例である。
遊技制御部200のCPU201(図3参照)は、取得手段の一例である。
演出制御部300のCPU301(図3参照)は、制御手段の一例である。
振り分け装置10(図27または図28参照)は振り分け手段の一例である。図27において(a)に示す状態が第1の振り分け状態の一例であり、(b)に示す状態は第2の振り分け状態の一例である。図28において(a)に示す状態が第1の振り分け状態であり、(b)に示す状態は第2の振り分け状態の一例である。
In addition, the pachinko gaming machine 100 (see FIG. 1) according to the sixth embodiment is an example of a gaming machine.
The first start port 121 (see FIG. 1, FIG. 27, FIG. 28 or FIG. 29) is an example of the first start port, and the first start port switch 211 (see FIG. 3) is an example of the first detection means. is there.
The second start port 122 (see FIG. 1, FIG. 27, FIG. 28 or FIG. 29) is an example of the second start port, and the second start port switch 212 (see FIG. 3) is an example of the second detection means. is there. The special symbol determination unit 234 (see FIG. 4) of the game control unit 200 is an example of a lottery means.
The CPU 201 (see FIG. 3) of the game control unit 200 is an example of an acquisition unit.
The CPU 301 (see FIG. 3) of the effect control unit 300 is an example of a control unit.
The distribution device 10 (see FIG. 27 or FIG. 28) is an example of a distribution unit. In FIG. 27, the state shown in (a) is an example of the first distribution state, and the state shown in (b) is an example of the second distribution state. In FIG. 28, the state shown in (a) is the first distribution state, and the state shown in (b) is an example of the second distribution state.
第6の実施の形態によれば、入球に伴って行われる抽選ないし判定の結果を報知ないし示唆する演出を遊技者の期待感や不安感をより刺激するものとすることが可能になる。
すなわち、第6の実施の形態では、第1始動口121への入球の場合と第2始動口122への入球の場合とで演出テーブルを切り換える演出制御を行うことで、従来とは異なる新たな演出とすることが可能になる。
とりわけ、第1始動口121への遊技球の振り分けと第2始動口122への遊技球の振り分けが交互に行われる振り分け装置10(図27または図28参照)を備える場合には、演出テーブルがほぼ交互に切り換わることになり、変動演出や先読み演出を従来とは異なる内容とすることが可能になる。また、第1始動口121の入球の場合と第2始動口122への入球の場合との間で、いずれか一方が遊技者にとって有利/不利という抽選ないし判定のときには、そのような有利/不利に起因する演出面で工夫することが可能になり、興趣性をより向上させることが可能になる。
According to the sixth embodiment, it is possible to further stimulate the player's sense of anxiety and anxiety with the effect of informing or suggesting the result of the lottery or determination performed in association with entering the ball.
In other words, the sixth embodiment differs from the conventional one by performing effect control that switches the effect table between the case of entering the first start port 121 and the case of entering the second start port 122. It becomes possible to make a new production.
In particular, when the distribution device 10 (see FIG. 27 or FIG. 28) in which the distribution of game balls to the first start port 121 and the distribution of game balls to the second start port 122 are alternately performed is provided, It will be switched almost alternately, and it becomes possible to make the variation effect and the prefetch effect different from the conventional contents. In addition, when a lottery or determination is made that either one is advantageous / disadvantageous for the player between the case of entering the first start port 121 and the case of entering the second start port 122, such advantage / It becomes possible to devise in terms of production due to disadvantages, and it becomes possible to further improve interest.
100…パチンコ遊技機、211…第1始動口スイッチ、212…第2始動口スイッチ、214…ゲートスイッチ、215…大入賞口スイッチ、217…普通入賞口スイッチ、300…演出制御部、301…CPU、304…RTC DESCRIPTION OF SYMBOLS 100 ... Pachinko machine, 211 ... 1st start opening switch, 212 ... 2nd start opening switch, 214 ... Gate switch, 215 ... Large winning opening switch, 217 ... Normal winning opening switch, 300 ... Production control part, 301 ... CPU 304 RTC

Claims (1)

  1. 遊技球の入球を検出手段が検出すると抽選および/または賞球の払い出しが行われる遊技機であって、
    前記検出手段により入球が検出される時間情報を取得する取得手段と、
    前記取得手段により相前後して取得される時間情報により特定される入球の時間間隔が所定値未満であるか否かの判定を行う時間間隔判定手段と、
    前記時間間隔判定手段による判定結果を順次記憶する記憶手段と、
    前記記憶手段により記憶されている前記判定結果が所定数のときに当該所定数の判定結果が所定条件を満たす場合と当該所定条件を満たさない場合とで演出を変更する演出変更手段と、
    を備えることを特徴とする遊技機。
    A gaming machine in which a lottery and / or payout of a prize ball is performed when the detecting means detects the entry of a game ball,
    Obtaining means for obtaining time information when the ball is detected by the detecting means;
    Time interval determination means for determining whether or not the time interval of the ball specified by the time information acquired before and after by the acquisition means is less than a predetermined value ;
    Storage means for sequentially storing determination results by the time interval determination means;
    Effect changing means for changing the effect when the predetermined number of determination results satisfy a predetermined condition and when the predetermined condition is not satisfied when the determination result stored in the storage means is a predetermined number ;
    A gaming machine comprising:
JP2014037782A 2014-02-28 2014-02-28 Game machine Active JP5788041B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014037782A JP5788041B2 (en) 2014-02-28 2014-02-28 Game machine

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2014037782A JP5788041B2 (en) 2014-02-28 2014-02-28 Game machine

Related Child Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2015148248A Division JP5974146B2 (en) 2015-07-28 2015-07-28 Game machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2015160021A JP2015160021A (en) 2015-09-07
JP5788041B2 true JP5788041B2 (en) 2015-09-30

Family

ID=54183535

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014037782A Active JP5788041B2 (en) 2014-02-28 2014-02-28 Game machine

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5788041B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6791056B2 (en) * 2017-08-08 2020-11-25 株式会社三洋物産 Game machine

Also Published As

Publication number Publication date
JP2015160021A (en) 2015-09-07

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP6085350B2 (en) Game machine
JP2012020000A (en) Gaming machine
JP2012005687A (en) Game machine
JP5879327B2 (en) Game machine
JP5271977B2 (en) Game machine
JP5829237B2 (en) Game machine
JP5435451B2 (en) Game machine
JP5974146B2 (en) Game machine
JP5788041B2 (en) Game machine
JP5837556B2 (en) Game machine
JP2016064162A (en) Game machine
JP2015019981A (en) Game machine
JP6055531B2 (en) Game machine
JP5859044B2 (en) Game machine
JP5767688B2 (en) Game machine
JP4792493B2 (en) Game machine
JP2016041282A (en) Game machine
JP2015163379A (en) Game machine
JP2015120060A (en) Game machine
JP2015120061A (en) Game machine
JP2015116406A (en) Game machine
JP5507626B2 (en) Game machine
JP6121503B2 (en) Game machine
JP5232196B2 (en) Game machine
JP6085349B2 (en) Game machine

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150608

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20150630

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20150728

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5788041

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250