JP5658327B2 - Electrical equipment - Google Patents

Electrical equipment Download PDF

Info

Publication number
JP5658327B2
JP5658327B2 JP2013142637A JP2013142637A JP5658327B2 JP 5658327 B2 JP5658327 B2 JP 5658327B2 JP 2013142637 A JP2013142637 A JP 2013142637A JP 2013142637 A JP2013142637 A JP 2013142637A JP 5658327 B2 JP5658327 B2 JP 5658327B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
heating
food
step
temperature
microcomputer
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2013142637A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2014032004A (en
Inventor
利佳 能澤
利佳 能澤
高明 勝浦
高明 勝浦
一男 柴田
一男 柴田
健司 森村
健司 森村
香織 藤本
香織 藤本
Original Assignee
シャープ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP2012154619 priority Critical
Priority to JP2012154619 priority
Application filed by シャープ株式会社 filed Critical シャープ株式会社
Priority to JP2013142637A priority patent/JP5658327B2/en
Publication of JP2014032004A publication Critical patent/JP2014032004A/en
Priority claimed from CN201480038698.4A external-priority patent/CN105378388B/en
Publication of JP5658327B2 publication Critical patent/JP5658327B2/en
Application granted granted Critical
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は電気機器に関する。 The present invention relates to electrical equipment.

適切な使用方法をアドバイスする機能を有する電気機器が、これまでに提案されている。 Electrical device having a function of advising the appropriate use have been proposed. たとえば、特許文献1(特開2010−133627号公報)のオーブン電子レンジは、オーブン加熱およびマイクロ波加熱の双方が可能である。 For example, oven microwave Patent Document 1 (JP 2010-133627) is capable of both oven heating and microwave heating. そのため、マイクロ波加熱時に、オーブン加熱用のオーブン皿が使用される状況が考えられる。 Therefore, during microwave heating, baking dish for oven heating is conceivable situations used. この状況では、オーブン皿が金属体である場合に、オーブン皿と加熱庫の壁面との間でスパークが生じる可能性がある。 In this situation, if the baking dish is a metal body, there is a possibility that a spark occurs between the oven dish and the wall surface of the heating chamber.

このような使用方法への対策として、特許文献1のオーブン電子レンジは、スライド挿入されたオーブン皿を保持する保持部に圧電センサを備える。 As a countermeasure to such usage, oven microwave Patent Document 1 includes a piezoelectric sensor holding portion for holding the slide inserted baking dish. マイクロ波加熱時には、この圧電センサによりオーブン皿の有無を確認する。 During microwave heating, to check for baking dish by the piezoelectric sensor. オーブン皿が圧電センサにより検出されると、マイクロ波加熱ができない仕組みになっている。 When oven dish is detected by the piezoelectric sensor, it has a mechanism which can not microwave heating. それに加えて、オーブン皿が検出されると、ブザーあるいは音声ガイダンスによりその旨がユーザに通知される。 In addition, when the baking dish is detected, it is notified to the user by a buzzer or voice guidance.

特開2010−133627号公報 JP 2010-133627 JP

しかしながら、ユーザに通知する方が望ましいと考えられる状況は、上記の例に限られない。 However, the situation considered better to notify the user is desired is not limited to the above example. たとえば、加熱しようとする食品に対して、加熱のために与えられるエネルギーが相対的に小さい場合には、加熱時間が長くなる。 For example, for food to be heated, the energy imparted to the heating if relatively small, the heating time becomes longer. その結果として、電気機器で消費される電力量が増加する。 As a result, the amount of power consumed by the electric device is increased. このような状況を考慮すると、被加熱物に合致した電気機器の使用方法をユーザに通知することが望ましい。 In view of such circumstances, it is desirable to inform the user how to use the electrical equipment that meet the object to be heated.

それゆえに、本発明は、上記問題点を解決するためになされたものであり、消費される電力量を低減可能な電気機器を提供することを目的とする。 Therefore, the present invention has been made to solve the above problems, and an object thereof is to provide an electrical device capable reducing the amount of power consumed.

本発明のある局面に従うと、加熱調理器は、被加熱物を収容するための加熱庫と、複数の加熱条件で被加熱物を加熱できる加熱部と、加熱庫内の状態を測定する測定部と、測定部の測定値に基づいて、被加熱物の加熱の開始前において使用者が加熱条件を選択するための第1のアドバイスと、被加熱物の加熱の途中において使用者が加熱条件を変更するための第2のアドバイスと、被加熱物の加熱の完了前において使用者が被加熱物の状態を変更するための第3のアドバイスと、被加熱物の加熱の完了後において次回以降の加熱時のために使用者に知らせるべき第4のアドバイスとのうちの少なくとも一つを決定する制御部と、制御部によって決定されたアドバイスを使用者に通知する通知部とを備える。 According to an aspect of the present invention, the heating cooker, measuring unit for measuring a heating chamber for accommodating an object to be heated, a heating unit capable of heating the object to be heated by a plurality of heating conditions, conditions within the heating chamber If, based on the measured value of the measuring section, a first advice to the user selects the heating conditions before the start of heating of the heated object, the user heating condition in the course of heating of the article to be heated a second advice for changing a third advice for a user to change the state of the object to be heated before the completion of the heating of the object to be heated, the next time after the completion of the heating of the object to be heated and a control unit for determining at least one of the fourth advice should inform the user for the time of heating, and a notification unit for notifying the user of advice determined by the control unit.

好ましくは、制御部は、測定値と基準値とを比較し、当該比較の結果に基づいて、第1〜第4のアドバイスのうちの少なくとも一つの内容を決定する。 Preferably, the control unit compares the measured value and the reference value, based on the result of the comparison, determining at least one of the contents of the first to fourth advice.

好ましくは、通知部は、複数の画像のうちのいずれか一つを選択的に表示する表示部である。 Preferably, the notification unit is a display unit for selectively displaying any one of a plurality of images. 制御部は、測定値と基準値との間の大小関係および測定値と基準値との間の差分に基づいて、複数の画像のうちの対応する画像を表示部に表示させる。 Control unit, based on a difference between a magnitude relationship and the measurement value and the reference value between the measured value and the reference value, and displays the corresponding image among the plurality of images on the display unit.

好ましくは、測定部は、被加熱物の温度を測定する温度センサを含む。 Preferably, the measurement unit includes a temperature sensor for measuring the temperature of the heated object. 制御部は、温度センサの測定値が基準値未満である場合に、被加熱物が冷凍状態であると判断して、被加熱物を解凍するための解凍モードを選択すべき旨を、第1、第2、および第4のアドバイスのうちの少なくとも一つの内容として決定する。 Control unit, when the measured value of the temperature sensor is less than the reference value, it is determined that the object to be heated is in a frozen state, the effect should be selected decompression mode for decompressing the object to be heated, first It is determined as at least one of the contents of the second and fourth advice.

好ましくは、測定部は、被加熱物の重量を測定する重量センサを含む。 Preferably, the measurement unit includes a weight sensor for measuring the weight of the object to be heated. 制御部は、重量センサの測定値が基準値以上である場合に、被加熱物を複数個に分割すべき旨を、第3および第4のアドバイスのうちの少なくとも一方の内容として決定する。 Control unit, when the measured value of the weight sensor is equal to or larger than a reference value, to determine the effect to be divided into a plurality of object to be heated, as at least one of the contents of the third and fourth advice.

好ましくは、制御部は、測定値から加熱庫内の状態を示す指標値を演算して、指標値と基準値とを比較し、当該比較の結果に基づいて、第1〜第4のアドバイスのうちの少なくとも一つの内容を決定する。 Preferably, the control unit calculates an index value indicating the state of the heating chamber from the measured value, compares the index value and the reference value, based on the result of the comparison, the first to fourth advice determining at least one of the contents of the house.

好ましくは、通知部は、複数の画像のうちのいずれか一つを選択的に表示する表示部である。 Preferably, the notification unit is a display unit for selectively displaying any one of a plurality of images. 制御部は、指標値と基準値との間の大小関係および指標値と基準値との間の差分に基づいて、複数の画像のうちの対応する画像を表示部に表示させる。 Control unit, based on a difference between a magnitude relationship and the index value and the reference value between the index value and the reference value, and displays the corresponding image among the plurality of images on the display unit.

好ましくは、測定部は、加熱庫内の温度を測定する温度センサを含む。 Preferably, the measurement unit includes a temperature sensor for measuring the temperature in the heating chamber. 制御部は、温度センサの測定値に基づいて、被加熱物が加熱庫に収容される前後の加熱庫内の温度低下量を指標値として演算し、温度低下量が基準値以上である場合に、被加熱物が冷凍状態であると判断して、被加熱物を解凍するための解凍モードを選択すべき旨を、第1、第2、および第4のアドバイスのうちの少なくとも一つの内容として決定する。 Control unit, based on the measured value of the temperature sensor, calculates the temperature decrease in the heating chamber before and object to be heated is accommodated in the heating chamber as the index value, if the amount of temperature drop is greater than or equal to the reference value , it is determined that the object to be heated is in a frozen state, the effect should be selected decompression mode for decompressing the object to be heated, as at least one of the contents of the first, second, and fourth advice decide.

好ましくは、測定部は、被加熱物の温度および加熱庫内の温度を測定する温度センサを含む。 Preferably, the measurement unit includes a temperature sensor for measuring the temperature of the temperature and the heating housing of the object to be heated. 制御部は、温度センサの測定値に基づいて、加熱庫内の温度に対する被加熱物の温度の温度差を指標値として演算し、温度差が基準値以上である場合に、被加熱物が冷凍状態であると判断して、被加熱物を解凍するための解凍モードを選択すべき旨を、第1、第2、および第4のアドバイスのうちの少なくとも一つの内容として決定する。 Control unit, based on the measured value of the temperature sensor, calculates the temperature difference between the temperature of the heated object with respect to the temperature in the heating chamber as the index value, when the temperature difference is equal to or greater than the reference value, the object to be heated is frozen it is determined that the state is determined to the effect to be selected decompression mode for decompressing the object to be heated, as at least one of the contents of the first, second, and fourth advice.

好ましくは、測定部は、被加熱物の温度を測定する温度センサを含む。 Preferably, the measurement unit includes a temperature sensor for measuring the temperature of the heated object. 制御部は、温度センサの測定値の変化量と被加熱物の加熱により消費される電力量との関係を示す加熱効率を指標値として演算し、加熱効率が、被加熱物が所定の寸法の場合の加熱効率として定められた基準値未満である場合に、被加熱物を複数個に分割すべき旨を、第3および第4のアドバイスのうちの少なくとも一方の内容として決定する。 Controller calculates the heating efficiency showing the relationship between the amount of power consumed by the heating of the amount of change and the heated object of the measured value of the temperature sensor as the index value, the heating efficiency, the target object is made of a predetermined size If is less than prescribed reference value as the heating efficiency, to determine the effect to be divided into a plurality of object to be heated, as at least one of the contents of the third and fourth advice.

好ましくは、測定部は、加熱庫内の複数箇所の温度を測定する温度センサを含む。 Preferably, the measurement unit includes a temperature sensor for measuring the temperature of a plurality of locations in the heating chamber. 制御部は、温度センサの測定値に基づいて、最も低い温度が検出された点と基準点との間の距離を指標値として演算し、距離値が、基準点を中心とした所定の範囲を示す基準値以上である場合に、被加熱物の位置を修正すべき旨を、第3および第4のアドバイスのうちの少なくとも一方の内容として決定する。 Control unit, based on the measured value of the temperature sensor, and calculates the distance between the reference point and the point of lowest temperature is detected as an index value, the distance value is a predetermined range around the reference point If it is more than the reference value indicating, for determining the PC 10_1 modify the position of the object to be heated, as at least one of the contents of the third and fourth advice.

好ましくは、測定部は、加熱庫内の湿度を測定する湿度センサを含む。 Preferably, the measurement unit comprises a humidity sensor for measuring the humidity in the heating chamber. 制御部は、湿度センサの測定値の変化量と被加熱物の加熱により消費される電力量との関係を示す加熱効率を指標値として演算し、加熱効率が、被加熱物が所定の寸法の場合の加熱効率として定められた基準値未満である場合に、被加熱物を複数個に分割すべき旨を、第3および第4のアドバイスのうちの少なくとも一方の内容として決定する。 Controller calculates the heating efficiency showing the relationship between the amount of power consumed by the heating of the amount of change and the heated object measured values ​​of the humidity sensor as the index value, the heating efficiency, the target object is made of a predetermined size If is less than prescribed reference value as the heating efficiency, to determine the effect to be divided into a plurality of object to be heated, as at least one of the contents of the third and fourth advice.

本発明の電気機器は、電気機器の動作状態を制御する制御部を備え、制御部は、動作状態を判定する機能を有し、動作状態の判定結果に基づき、動作状態における消費電力量よりも消費電力量を低減させるための使用方法を音声または視覚効果で報知するための省エネ報知部を有する。 Electrical apparatus of the present invention includes a control unit for controlling an operation state of the electrical device, the control unit has a function of determining the operating state based on the determination result of the operating conditions, than the power consumption in the operating state using for reducing the power consumption with energy saving notification unit for notifying a voice or visual effects.

本発明によれば、消費される電力量を低減可能な電気機器を実現できる。 The present invention can provide electrical equipment capable of reducing the amount of power consumed.

本発明の実施の形態1に係る加熱調理器の外観を示す正面斜視図である。 The appearance of the heating cooker according to the first embodiment of the present invention is a front perspective view showing. 図1に示した加熱調理器の構成例を示す断面図である。 It is a sectional view showing a configuration example of a heating cooker shown in FIG. 図1に示した加熱調理器の構成例を示す機能ブロック図である。 It is a functional block diagram showing a configuration example of a heating cooker shown in FIG. 図1に示した加熱調理器における、制御部による制御を説明するためのフローチャートである。 The heating cooker shown in FIG. 1 is a flowchart illustrating a control by the control unit. 本発明の実施の形態2に係る加熱調理器における、制御部による制御を説明するためのフローチャートである。 In the heating cooker according to a second embodiment of the present invention, it is a flowchart illustrating a control by the control unit. 本発明の実施の形態3に係る加熱調理器における、制御部による制御を説明するためのフローチャートである。 In the heating cooker according to the third embodiment of the present invention, it is a flowchart illustrating a control by the control unit. 本発明の実施の形態4に係る加熱調理器における、制御部による制御を説明するためのフローチャートである。 In the heating cooker according to a fourth embodiment of the present invention, it is a flowchart illustrating a control by the control unit. 図7に示したフローチャートにおける、食品の温度上昇量と食品の加熱に消費される電力量との関係を示す図である。 In the flowchart shown in FIG. 7 is a diagram showing the relationship between the amount of power consumed to heat the temperature increasing amount and food food. 図7に示したフローチャートにおける、通知部による通知の一例を示す図である。 In the flowchart shown in FIG. 7 is a diagram showing an example of the notification by the notification unit. 本発明の実施の形態5に係る加熱調理器における、制御部による制御を説明するためのフローチャートである。 In the heating cooker according to a fifth embodiment of the present invention, it is a flowchart illustrating a control by the control unit. 本発明の実施の形態6に係る加熱調理器における、制御部による制御を説明するためのフローチャートである。 In the heating cooker according to the sixth embodiment of the present invention, it is a flowchart illustrating a control by the control unit. 本発明の実施の形態7に係る加熱調理器における、制御部による制御を説明するためのフローチャートである。 In the heating cooker according to the seventh embodiment of the present invention, it is a flowchart illustrating a control by the control unit. 本発明の実施の形態8に係る冷蔵庫の側面断面図である。 It is a side sectional view of a refrigerator according to the eighth embodiment of the present invention. 本発明の実施の形態8に係る冷蔵庫の構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the refrigerator of a configuration according to the eighth embodiment of the present invention. 本発明の実施の形態8の変形例としての冷蔵庫の側面断面図である。 A refrigerator side sectional view of a modification of the eighth embodiment of the present invention. 本発明の実施の形態9に係る照明装置の外観を示す正面斜視図である。 The appearance of the lighting apparatus according to a ninth embodiment of the present invention is a front perspective view showing. 本発明の実施の形態10に係る空気清浄機の外観を示す正面斜視図である。 The appearance of the air purifier according to Embodiment 10 of the present invention is a front perspective view showing. 本発明の実施の形態11に係る空気調和機の外観を示す正面斜視図である。 The appearance of an air conditioner according to Embodiment 11 of the present invention is a front perspective view showing. 本発明の実施の形態12に係る電気掃除機の外観を示す正面斜視図である。 The appearance of the electric vacuum cleaner according to a twelfth embodiment of the present invention is a front perspective view showing.

以下、本発明の実施の形態について、図面を参照しながら詳細に説明する。 Hereinafter, embodiments of the present invention will be described in detail with reference to the drawings. なお、図中同一または相当部分には同一符号を付して、その説明を繰り返さない。 The same or corresponding portions in the drawings are denoted by the same reference numerals, and description thereof will not be repeated.

[実施の形態1] [Embodiment 1]
図1は、本発明の実施の形態1に係る加熱調理器の外観を示す正面斜視図である。 Figure 1 is a front perspective view showing an appearance of a cooking device according to the first embodiment of the present invention. 図1に示す加熱調理器1は、マイクロ波加熱、過熱蒸気による加熱、および飽和水蒸気による被加熱物の加熱が可能である。 Heating cooker 1 shown in Figure 1, microwave heating, heating with superheated steam, and it is possible to heat the object to be heated by saturated steam.

加熱調理器1は、ケーシング2と、扉3と、ハンドル4と、耐熱ガラス5と、液晶表示部6(通知部)と、操作ボタン7と、排気ダクト8と、露受容器9とを備える。 Heating cooker 1 includes a casing 2, a door 3, a handle 4, a heat-resistant glass 5, the liquid crystal display unit 6 (the notification section), an operation button 7, an exhaust duct 8, a dew receiving 9 .

ケーシング2は、直方体形状である。 Casing 2, a rectangular parallelepiped shape. ケーシング2の正面に、扉3が取付けられている。 In front of the casing 2, the door 3 is attached. 扉3は、その下端側の辺を略中心に回転駆動する。 Door 3 is rotationally driven and the lower end of the side substantially at the center. 扉3の上部には、ハンドル4が取付けられている。 At the top of the door 3, the handle 4 is attached. 扉3の略中央には、耐熱ガラス5が取付けられている。 The approximate center of the door 3, heat-resistant glass 5 is attached. 扉3の右側には、液晶表示部6および操作ボタン7が設けられている。 To the right of the door 3, the liquid crystal display unit 6 and the operation buttons 7 are provided. 液晶表示部6は、タッチパネルになっている。 The liquid crystal display unit 6 is a touch panel. ケーシング2の上側かつ右側後方には、排気ダクト8が取付けられている。 The upper and back right of the casing 2, an exhaust duct 8 is attached. ケーシング2には、扉3の下方に露受容器9が着脱自在に取付けられている。 The casing 2, the dew receiving 9 below the door 3 is attached detachably.

図2は、図1に示した加熱調理器の構成例を示す断面図である。 Figure 2 is a sectional view showing a configuration example of a heating cooker shown in FIG. 図2を参照して、加熱調理器1は、加熱庫10と、蒸気発生装置20と、循環ユニット30と、蒸気ダクト40と、過熱蒸気生成装置50(加熱部)と、回転アンテナ61と、回転アンテナ用モータ62と、電装部品100と、赤外線アレイセンサ71a(測定部)と、サーミスタ71b(測定部)と、湿度センサ72(測定部)と、重量センサ73(測定部)とをさらに備える。 Referring to FIG. 2, the heating cooker 1 includes a heating chamber 10, a steam generator 20, a circulation unit 30, the steam duct 40, superheated steam generator 50 and the (heating portion), and the rotating antennas 61, further comprising a rotating antenna motor 62, the electrical component 100, the infrared array sensor 71a (measurement portion), and the thermistor 71b (measuring section), and the humidity sensor 72 (measuring unit), a weight sensor 73 and a (measurement unit) .

加熱庫10と、循環ユニット30と、過熱蒸気生成装置50と、それらを接続する接続部材とによって、過熱蒸気あるいは飽和水蒸気の循環経路が形成されている。 A heating chamber 10, a circulation unit 30, the superheated steam generator 50, by a connecting member which connects them, superheated steam or circulation path of the saturated steam is formed.

加熱庫10は、第1蒸気吹出口10aと、第2蒸気吹出口10bと、トレイ11とを含む。 Heating chamber 10 includes a first vapor outlet 10a, and the second steam outlet 10b, and the tray 11. 加熱庫10の天面には、複数の第1蒸気吹出口10aが設けられている。 The top surface of the heating chamber 10, a plurality of first steam outlet 10a is provided. 加熱庫10の左側面には、複数の第2蒸気吹出口10bが設けられている。 On the left side of the heating chamber 10, a plurality of second steam outlet 10b. トレイ11には、食品(被加熱物)12が搭載される。 The tray 11, the food (object to be heated) 12 is mounted.

蒸気発生装置20は、水タンク21を含む。 Steam generator 20 includes a water tank 21. 蒸気発生装置20は、水タンク21から供給される水を加熱して、飽和水蒸気を生成する。 Steam generator 20 heats the water supplied from the water tank 21 to generate saturated steam. 蒸気発生装置20により生成された飽和水蒸気は、加熱庫10と循環ユニット30との境界部に供給される。 Saturated steam generated by the steam generator 20 is supplied to the boundary between the heating chamber 10 and the circulation unit 30.

循環ユニット30は、蒸気吸込口30aと、蒸気供給口30bと、過熱蒸気吸込口30cと、循環ファン31と、循環ファン用モータ32と、蒸気供給管33とを含む。 Circulation unit 30 includes a steam inlet 30a, and the steam supply port 30b, and the superheated steam inlet 30c, a circulation fan 31, a circulating fan motor 32, and a steam supply pipe 33. 蒸気発生装置20により生成された飽和水蒸気は、蒸気供給通路(図示しない)を介して、蒸気吸込口30aに供給される。 Saturated steam generated by the steam generator 20 through the steam supply passage (not shown), is supplied to the steam inlet 30a. 蒸気供給口30bは、循環ユニット30の上部に設けられている。 Steam supply port 30b is provided at an upper portion of the circulation unit 30. 過熱蒸気吸込口30cは、加熱庫10の右壁面に蒸気吸込口30aに対向して設けられている。 Superheated steam inlet 30c is provided opposite to the steam inlet 30a to the right wall of the heating chamber 10. 循環ファン31は、蒸気吸込口30aに対向するように取付けられている。 Circulation fan 31 is attached so as to face the steam inlet 30a. 循環ファン31は、循環ファン用モータ32により回転駆動される。 Circulation fan 31 is rotatably driven by circulating fan motor 32. 蒸気供給管33は、蒸気供給通路に接続されており、加熱庫10の右側面と平行になるように蒸気吸込口30aの近傍に取付けられている。 Steam supply pipe 33 is connected to the steam supply passage, mounted in the vicinity of the steam inlet 30a so as to be parallel to the right side surface of the heating chamber 10.

蒸気ダクト40は、L字状に屈曲しており、加熱庫10の上面および左側面を覆うように取付けられている。 Steam duct 40 is bent in an L-shape, it is attached so as to cover the upper surface and left side surface of the heating chamber 10. 蒸気ダクト40は、第1ダクト部41と、第2ダクト部42と、屈曲部43とを含む。 Steam duct 40 includes a first duct portion 41, and the second duct section 42, and a bent portion 43. 第1ダクト部41は、加熱庫10の上面側に固定されている。 The first duct portion 41 is fixed to the upper surface of the heating chamber 10. 第2ダクト部42は、加熱庫10の左側面側に固定されている。 The second duct portion 42 is fixed to the left side of the heating chamber 10. 屈曲部43は、第1ダクト部41の左側方から下側に屈曲して固定されている。 The bent portion 43 is fixed by bending downward from the left side of the first duct portion 41. 第1ダクト部41と第2ダクト部42とは、屈曲部43を介して互いに連なる。 A first duct portion 41 and the second duct portion 42, continuous with one another via a bent portion 43. 第1ダクト部41は、第1蒸気吹出口10aを介して加熱庫10内に連通している。 The first duct portion 41 is communicated with the heating chamber 10 via the first steam outlet 10a. 第1ダクト部41の右側は、蒸気供給口30bに連通している。 Right side of the first duct part 41 communicates with the steam supply port 30b. 第2ダクト部42は、第2蒸気吹出口10bを介して、加熱庫10内に連通している。 The second duct portion 42 through the second steam outlet 10b, and communicates with the heating chamber 10.

過熱蒸気生成装置50は、過熱蒸気生成ヒータ51を含む。 Superheated steam generator 50 includes a superheated steam generation heater 51. 過熱蒸気生成ヒータ51は、第1ダクト部41に収納されている。 Superheated steam generation heater 51 is housed in the first duct portion 41. なお、過熱蒸気生成ヒータ51を第1ダクト部41に収納せず、過熱蒸気生成装置50を蒸気ダクト40とは別に設けてもよい。 Incidentally, not accommodating the superheated steam generation heater 51 in the first duct part 41, a superheated steam generator 50 may be provided separately from the steam duct 40.

加熱庫10と蒸気ダクト40との隙間は、耐熱樹脂(図示しない)などにより封止されている。 The gap between the heating chamber 10 and the steam duct 40 is sealed by such a heat-resistant resin (not shown). また、加熱庫10および蒸気ダクト40は、加熱庫10の前面開口を除いて、断熱材(図示しない)により覆われている。 Furthermore, heating chamber 10 and the steam duct 40, except for the front opening of the heating chamber 10 are covered by a heat insulating material (not shown).

加熱庫10の下部には、マグネトロン60(図示しない)(加熱部)と、回転アンテナ61と、回転アンテナ用モータ62と、冷却ファン(図示しない)と、冷却ファン用モータ63(図示しない)、電装部品100とが配置されている。 The bottom of the heating chamber 10 includes a magnetron 60 (not shown) (the heating portion), and the rotation antenna 61, a rotating antenna motor 62, a cooling fan (not shown), a motor 63 (not shown) for a cooling fan, and the electrical component 100 is located. 回転アンテナ61は、回転アンテナ用モータ62により回転駆動される。 Rotating antenna 61 is driven to rotate by the rotation antenna motor 62. マグネトロン60により発生したマイクロ波は、導波管(図示しない)により加熱庫10の下部中央に導かれる。 Microwave generated by the magnetron 60 is guided to the bottom center of the heating chamber 10 by the waveguide (not shown). マイクロ波は、回転アンテナ61によって攪拌されながら、加熱庫10内の上方に向かって放射される。 Microwaves, while being agitated by the rotating antenna 61, is emitted upward in the heating chamber 10. これにより、食品12が加熱される。 Thus, the food 12 is heated. 電装部品100は、加熱調理器1の各構成部分を駆動する駆動回路、および駆動回路を制御するマイクロコンピュータ(制御部)101を含む。 Electrical component 100, a driving circuit for driving each component of the cooking device 1, and includes a microcomputer (control unit) 101 for controlling the drive circuit.

赤外線アレイセンサ71aおよびサーミスタ71bは、加熱庫10の左側上部に設けられている。 Infrared array sensor 71a and the thermistor 71b is provided on the left upper part of the heating chamber 10. 赤外線アレイセンサ71aは、行列状に配列された複数の赤外線センサ素子によって、視野角内の複数箇所の温度を測定する。 Infrared array sensor 71a is a plurality of infrared sensor elements are arranged in a matrix, to measure the temperature of a plurality of locations within the field of view angle. たとえば、赤外線アレイセンサ71aが8行8列の64個のセンサ素子によって構成される場合、加熱庫10内の64箇所における温度が測定される。 For example, the infrared array sensor 71a be composed by 64 sensor elements 8 rows and 8 columns, the temperature at 64 locations in the heating chamber 10 is measured. これにより、食品12の温度が測定される。 Accordingly, the temperature of the food 12 is measured. すなわち、赤外線アレイセンサ71aは食品温度センサである。 That is, the infrared array sensor 71a is a food temperature sensor. サーミスタ71bは、加熱庫10内の温度を測定する。 Thermistor 71b measures the temperature in the heating chamber 10. すなわち、サーミスタ71bは、庫内温度センサである。 That is, the thermistor 71b is a temperature sensor in the refrigerator. 湿度センサ72は、循環ユニット30の内部に設けられている。 Humidity sensor 72 is provided inside the circulation unit 30. 湿度センサ72は、加熱庫10内の湿度を測定する。 Humidity sensor 72 measures the humidity in the heating chamber 10. 重量センサ73は、スライド挿入されたオーブン皿を保持する保持部に設けられている。 Weight sensor 73 is provided in the holding portion for holding the slide inserted baking dish. 重量センサ73により食品12の重量が測定される。 Weight of the food 12 is measured by the weight sensor 73.

図3は、図1に示した加熱調理器の構成を示す機能ブロック図である。 Figure 3 is a functional block diagram showing the configuration of a heating cooker shown in FIG.

図3を参照して、マイクロコンピュータ101は、液晶表示部6または操作ボタン7によりユーザ(使用者)が設定した操作信号を受け付ける。 Referring to FIG 3, the microcomputer 101 receives an operation signal by the user (the user) is set by the liquid crystal display unit 6 or the operation button 7. また、マイクロコンピュータ101は、赤外線アレイセンサ71a、サーミスタ71b、湿度センサ72、または重量センサ73の測定信号が示す測定値を受ける。 Further, the microcomputer 101, the infrared array sensor 71a, a thermistor 71b, receive the humidity sensor 72 or measurements the measurement signal indicates the weight sensor 73,. これらの信号に基づいて、マイクロコンピュータ101は、加熱庫10(図2参照)内の状態を判断する。 Based on these signals, the microcomputer 101 determines the state of the heating chamber 10 (see FIG. 2).

マイクロコンピュータ101は、液晶表示部6と、蒸気発生装置20と、循環ファン用モータ32と、過熱蒸気生成ヒータ51と、マグネトロン60と、回転アンテナ用モータ62と、冷却ファン用モータ63と、給気ダンパ用モータ81と、排気ダンパ用モータ82と、給水ポンプ83とを制御する。 The microcomputer 101 includes a liquid crystal display unit 6, and the steam generator 20, a circulation fan motor 32, a superheated steam generation heater 51, and magnetron 60, a rotating antenna motor 62, a cooling fan motor 63, feed controlling the air damper motor 81, an exhaust damper motor 82, and a water supply pump 83. 液晶表示部6は、複数の画像のうちのいずれか一つを選択的に表示する。 The liquid crystal display unit 6, selectively displaying one of a plurality of images. なお、本明細書では、「画像」は、絵、文字、記号、図形、およびこれらの組み合わせを含む。 In this specification, "image" includes a picture, characters, symbols, figures, and combinations thereof.

図2に戻り、過熱蒸気によって食品12を加熱する場合における、過熱蒸気の循環経路について説明する。 Returning to Figure 2, in the case of heating the food 12 by superheated steam, it is described circulation path of the superheated steam. この場合、過熱蒸気生成ヒータ51はオンされている。 In this case, the superheated steam generation heater 51 is turned on.

蒸気発生装置20により発生した飽和水蒸気が、蒸気吸込口30aの近傍上流側に供給される。 Saturated steam generated by the steam generator 20 is supplied to the vicinity upstream of the steam inlet 30a. 循環ファン31が回転駆動されているため、循環ユニット30の内部は負圧になっている。 Since the circulation fan 31 is rotated, the interior of the circulation unit 30 is a negative pressure. したがって、飽和水蒸気は、蒸気吸込口30aを介して循環ユニット30に吸い込まれる。 Therefore, saturated water vapor is sucked into the circulation unit 30 via the steam inlet 30a.

その後、飽和水蒸気は、蒸気供給口30bから過熱蒸気生成装置50に供給される。 Then, saturated water vapor is supplied from the steam supply ports 30b to the overheated steam generator 50. 飽和水蒸気は、過熱蒸気生成ヒータ51によって加熱されて過熱蒸気になる。 Saturated steam becomes superheated steam is heated by the superheated steam generation heater 51. 過熱蒸気の一部は、第1蒸気吹出口10aから加熱庫10に吹き出される。 Some of the superheated steam is blown into the heating chamber 10 from the first steam outlet 10a. また、過熱蒸気の他の一部は、第2蒸気吹出口10bから加熱庫10に吹き出される。 Another part of the superheated steam is blown into the heating chamber 10 from the second steam outlet 10b. 加熱庫10に吹き出された過熱蒸気により、トレイ11に搭載された食品12が加熱される。 The superheated steam blown out into the heating chamber 10, the food 12 mounted on the tray 11 is heated. この過熱蒸気は、過熱蒸気吸込口30cから循環ユニット30に吸い込まれる。 The superheated steam is sucked from the superheated steam inlet 30c to the circulation unit 30. その後、同じ循環経路を再び通って加熱庫10に戻るという循環を繰り返す。 Thereafter, repeated circulation of returning to the heating chamber 10 through the same circulation path again.

次に、飽和水蒸気によって食品12を蒸す、あるいは温める場合における、飽和水蒸気の循環経路について説明する。 Next, steaming food 12 by saturated steam, or in the case of warming, described circulation path of the saturated steam. この場合、過熱蒸気生成ヒータ51はオフされるとともに、循環ファン31は停止している。 In this case, the superheated steam generation heater 51 while being off, the circulation fan 31 is stopped. このため、循環ユニット30の内部が負圧になることはない。 Therefore, never inside the circulation unit 30 becomes negative pressure.

蒸気発生装置20により発生した飽和水蒸気が、蒸気吸込口30aの近傍上流側に供給される。 Saturated steam generated by the steam generator 20 is supplied to the vicinity upstream of the steam inlet 30a. しかし、循環ユニット30内が負圧でないため、飽和水蒸気は循環ユニット30に吸い込まれない。 However, since the circulation unit 30 is not negative pressure, saturated steam is not drawn into the circulation unit 30. したがって、飽和水蒸気は加熱庫10内に流れ込む。 Therefore, the saturated steam flows into the heating chamber 10. これにより、トレイ11に搭載された食品12を蒸す、あるいは温めることができる。 Thus, steaming the food 12 mounted on the tray 11, or may be heated.

加熱調理器1は、たとえば液晶表示部6に表示することにより、ユーザにアドバイスを通知する機能を有する。 Heating cooker 1, for example by displaying on the liquid crystal display unit 6 has a function of notifying an advice to the user. アドバイスには下記の4種類がある。 The advice there are four kinds of following. 以下、食品12の加熱の開始前においてユーザが加熱条件を選択するためのアドバイスを第1のアドバイスという。 Hereinafter, the advice for the user to select a heating condition before the start of heating of the food 12 as the first advice. 食品12の加熱の途中においてユーザが加熱条件を変更するためのアドバイスを第2のアドバイスという。 In the course of heating the food 12 advice for the user to modify the heating condition of the second advice. 食品12の加熱の完了前においてユーザが食品12の状態を変更するためのアドバイスを第3のアドバイスという。 Before the completion of the heating of the food 12 advice for the user to change the state of the food 12 as third advice. 食品12の加熱の完了後において次回以降の加熱時のために加熱調理器1がユーザに知らせるべきアドバイスを第4のアドバイスという。 After completion of the heating of the food 12 advice heating cooker 1 is to inform the user for when the next and subsequent heating of the fourth advice.

また、本明細書において「加熱条件」の設定あるいは変更とは、たとえば、マイクロ波加熱、加熱蒸気による加熱、または飽和水蒸気による加熱の選択、加熱モード(下記の「解凍モード」または「温めモード」)の選択、出力の大きさ(400W、500W、1000Wなど)の選択、加熱時間の設定、各食品に最適化されたメニューの設定などのことをいう。 Also, the set or change the "heating condition" herein, for example, microwave heating, selection of heating by by heating, or saturated steam heating steam, "thaw mode" heating mode (below or "warm mode" selection), selection of the magnitude of the output (400W, 500 W, 1000W etc.), setting the heating time, refers to such settings optimized menu each food.

図4は、図1に示した加熱調理器1における、マイクロコンピュータ101による制御を説明するためのフローチャートである。 4, the heating cooker 1 shown in FIG. 1 is a flowchart illustrating a control by the microcomputer 101. 加熱調理器1は、「解凍モード」と「温めモード」との2つの加熱モードを有する。 Heating cooker 1 has two heating modes of the "thaw mode" and "warm mode". 「解凍モード」は冷凍食品の解凍に適したモードとして設定されており、「温めモード」は常温の食品の温めに適したモードとして設定されている。 "Thaw mode" is set as a mode suitable for the thawing of frozen food, "warm mode" is set as a mode that is suitable to warm at room temperature of the food. 食品12にとって適切な加熱モードにより食品12を加熱することで、食品12の加熱効率が改善される。 By heating the food 12 by appropriate heating mode for food 12, the heating efficiency of the food 12 is improved.

本実施の形態では、食品12の加熱効率とは、食品12の温度上昇量に対する、食品12の加熱により加熱庫10で消費される電力量の割合として表される。 In this embodiment, the heating efficiency of the food 12, with respect to the temperature rise amount of the food 12, expressed as a percentage of the amount of power consumed by the heating chamber 10 by the heating of the food 12. したがって、加熱効率が改善されることにより、食品12の加熱にともなって加熱調理器1で消費される電力量が低減される。 Therefore, by the heating efficiency is improved, the amount of power consumed by the heating cooker 1 with the heating of the food 12 can be reduced.

図1〜図3および図4を参照して、開始状態とは、加熱調理器1に電源が投入された状態、あるいは加熱調理器1が待機状態から動作状態に復帰した状態である。 Referring to FIGS. 3 and 4, the starting state is a state in which the state power to the heating cooker 1 is turned or heating cooker 1, and returns to the operating state from the standby state. 以下、本実施の形態における加熱は、マイクロ波、加熱蒸気、または飽和水蒸気による加熱のいずれであってもよい。 Hereinafter, the heating in this embodiment may be any of microwave heating, heating steam or saturated steam.

ステップS41において、ユーザは扉3を開けて、食品12を加熱庫10に投入する。 In step S41, the user opens the door 3, to introduce the food 12 in the heating chamber 10.

ステップS42において、食品12の温度が赤外線アレイセンサ71aにより測定される。 In step S42, the temperature of the food 12 is measured by the infrared array sensor 71a. この測定値をマイクロコンピュータ101は受ける。 This measurement microcomputer 101 receives.

ステップS43において、食品12の温度を示す測定値が基準値(たとえば−15℃に相当する値)以上であるか否かを、マイクロコンピュータ101は判断する。 In step S43, the measured value is a reference value indicating the temperature of the food 12 whether a (e.g. -15 value corresponding to ° C.) or higher, the microcomputer 101 determines. 測定値が基準値未満の場合(ステップS43においてNO)、処理はステップS43aに進む。 If the measured value is less than the reference value (NO in step S43), the process proceeds to step S43a. 一方、測定値が基準値以上の場合(ステップS43においてYES)、処理はステップS44に進む。 On the other hand, if the measured value is equal to or larger than the reference value (YES in step S43), the process proceeds to step S44.

ステップS43aにおいて、食品12の温度が所定の温度未満であるため、「食品12は冷凍食品である」とマイクロコンピュータ101は判断する。 In step S43a, the temperature of food 12 is less than the predetermined temperature, "food 12 is frozen food" microcomputer 101 and determines. したがって、マイクロコンピュータ101は、食品12を解凍するための「解凍モード」を選択すべき旨を第1のアドバイスの内容として決定する。 Therefore, the microcomputer 101 determines that should be selected "thaw mode" for decompressing the food 12 as the contents of the first advice. これにより、「解凍モード」を選択するようにユーザにアドバイスする画像(たとえば「『解凍モード』を選択して下さい」という文字)が液晶表示部6に表示される。 As a result, the (character, for example, "Please select the" thaw mode "") image to advise the user to select the "thaw mode" is displayed on the liquid crystal display unit 6. その後、処理はステップS45に進む。 After that, the process proceeds to step S45.

一方、ステップS44においては、食品12の温度が所定の温度以上であるため、「食品12は冷凍食品ではない」とマイクロコンピュータ101は判断する。 On the other hand, in step S44, the temperature of food 12 is equal to or above a predetermined temperature, "food 12 is not a frozen food product" as the microcomputer 101 determines. したがって、マイクロコンピュータ101は、食品12を温めるための「温めモード」を選択すべき旨を第1のアドバイスの内容として決定する。 Therefore, the microcomputer 101 determines that should be selected to "warm mode" for heating food 12 as the contents of the first advice. これにより、「温めモード」を選択するようにユーザにアドバイスする画像(たとえば「『温めモード』を選択して下さい」という文字)が液晶表示部6に表示される。 Thus, the image to advise the user to select the "warm mode" (e.g. letters "select" warm mode "") is displayed on the liquid crystal display unit 6. その後、処理はステップS45に進む。 After that, the process proceeds to step S45.

ステップS45において、ユーザ、食品12の加熱条件を液晶表示部6または操作ボタン7により設定する。 In step S45, the user, the heating condition of food 12 is set by the liquid crystal display unit 6 or the operation button 7. 本実施の形態において、「解凍モード」および「温めモード」のうちのいずれか一方をユーザは選択する。 In this embodiment, either one of the "thaw mode" and "warm mode" the user selects. ユーザにより設定された加熱モードをマイクロコンピュータ101は受け付ける。 The heating mode set by the user microcomputer 101 receives.

ステップS46において、ステップS45でユーザにより設定された加熱モードに従って、食品12の加熱が開始される。 In step S46, according to the heating mode set by the user in step S45, the heating of the food 12 is started.

本実施の形態によれば、マイクロコンピュータ101は、赤外線アレイセンサ71a(温度センサ)の測定値に基づいて、食品12(被加熱物)の状態を判断する。 According to this embodiment, the microcomputer 101, based on the measurement value of the infrared array sensor 71a (temperature sensor), determines the state of the food 12 (object to be heated). すなわち、赤外線アレイセンサ71aが食品12の温度を測定することは、食品12が加熱庫10に収容された状態の測定、言い換えれば「加熱庫10内の状態」の測定に対応する。 That is, the infrared array sensor 71a measures the temperature of the food 12, the measurement of the state of the food 12 is accommodated in the heating chamber 10, it corresponds to the measurement of the "state of the heating chamber 10" in other words. マイクロコンピュータ101は、温めモードから解凍モードへの変更が必要と判断した場合に、食品12を解凍するための「解凍モード」を選択すべき旨を第1のアドバイスの内容として決定する。 Microcomputer 101 is changed from the warming mode to thaw mode when it deems necessary to determine the effect should be selected to "thaw mode" for decompressing the food 12 as the contents of the first advice. ユーザはアドバイスに沿って、食品12に適切な加熱モードを設定することができる。 The user can along the advice, set the appropriate heating mode to the food 12. これにより、加熱効率が良い加熱モードに従って食品12を加熱することができる。 Thus, it is possible to heat the food 12 in accordance with the heating efficiency is good heating mode. したがって、食品12の加熱により消費される電力量が低減される。 Therefore, the amount of power consumed by the heating of the food 12 can be reduced. また、加熱時間を短縮することもできる。 It is also possible to shorten the heating time.

なお、「食品12の状態」は食品12の温度(常温状態または冷凍状態)に限定されない。 It should be noted that the "state of food 12" is not limited to the temperature of the food 12 (room temperature state or frozen state). たとえば「食品12の状態」には、食品12のサイズ、重さ、形状、あるいは食品12の加熱庫10内での位置などが含まれる。 For example, the "state of the food 12", the size of the food 12, the weight, and the like located in the heating chamber 10 of the shape or food 12.

[実施の形態2] [Embodiment 2]
実施の形態1によれば、赤外線アレイセンサ71aにより測定された食品12の温度を用いて、マイクロコンピュータ101が加熱庫10内の状態を判断する。 According to the first embodiment, using the measured temperature of the food 12 by the infrared array sensor 71a, the microcomputer 101 determines the state of the heating chamber 10. しかし、マイクロコンピュータ101がアドバイスを決定するために用いる測定値はこれに限定されない。 However, the measurement values ​​used for the microcomputer 101 determines an advice is not limited to this. マイクロコンピュータ101は、赤外線アレイセンサ71a以外の他のセンサによる測定値を基準値と比較することによりアドバイスを決定をしてもよい。 The microcomputer 101 may make the decision advice by comparing with a reference value measured by other sensors than the infrared array sensor 71a.

本実施の形態では、マイクロコンピュータ101がアドバイスを決定するための測定値として、サーミスタ71bの測定値(すなわち加熱庫10内の温度)が用いられる。 In this embodiment, as a measure for the microcomputer 101 determines an advice, measurement of the thermistor 71b (i.e. the temperature in the heating chamber 10) is used. 本実施の形態に係る加熱調理器の構成は、実施の形態1に係る加熱調理器1の構成と同様であるので、以後の説明は繰り返さない。 Configuration of the cooking device of this embodiment is the same as the configuration cooking device 1 according to the first embodiment, and therefore description thereof is not repeated. 実施の形態1と同様に、本実施の形態における食品12の加熱は、マイクロ波、加熱蒸気、または飽和水蒸気による加熱のいずれであってもよい。 As in the first embodiment, the heating of the food 12 in this embodiment may be any of microwave heating, heating steam or saturated steam.

図5は、本発明の実施の形態2に係る加熱調理器における、マイクロコンピュータ101による制御を説明するためのフローチャートである。 5, the heating cooker according to a second embodiment of the present invention, is a flowchart for explaining the control of the microcomputer 101. 図1〜図3および図5を参照して、開始状態とは、加熱調理器に電源が投入された状態、あるいは加熱調理器が待機状態から動作状態に復帰した状態である。 Referring to FIGS. 1 to 3 and 5, the starting state, state power to the heating cooker is turned on, or the heating cooker is in a state of being restored to the operating state from the standby state.

ステップS50において、加熱庫10内の温度がサーミスタ71bにより測定される。 In step S50, the temperature in the heating chamber 10 is measured by the thermistor 71b. この測定値をマイクロコンピュータ101は受ける。 This measurement microcomputer 101 receives.

ステップS51において、ユーザは扉3を開けて、食品12を加熱庫10に投入する。 In step S51, the user opens the door 3, to introduce the food 12 in the heating chamber 10.

ステップS52において、加熱庫10内の温度がサーミスタ71bにより再び測定される。 In step S52, the temperature in the heating chamber 10 is again measured by the thermistor 71b. この測定値をマイクロコンピュータ101は受ける。 This measurement microcomputer 101 receives.

ステップS53において、マイクロコンピュータ101は、食品12が加熱庫10に投入される前(ステップS50)と投入された後(ステップS52)との加熱庫10内の温度低下量を示す上記2つの測定値の差(指標値)を演算する。 In step S53, the microcomputer 101 before the food 12 is placed in a heating chamber 10 (step S50) and the entered after (step S52) shows the temperature drop of the heating chamber 10 between the two measurements calculating a difference between the (index value). 測定値の差が基準値以上であるか否かを、マイクロコンピュータ101は判断する。 Whether the difference between the measured value is equal to or larger than the reference value, the microcomputer 101 determines. 測定値の差が基準値未満の場合(ステップS53においてNO)、処理はステップS53aに進む。 If the difference between the measured value is less than the reference value (NO in step S53), the process proceeds to step S53a. 一方、測定値の差が基準値以上の場合(ステップS53においてYES)、処理はステップS54に進む。 On the other hand, if the difference between the measured value is equal to or larger than the reference value (YES in step S53), the process proceeds to step S54.

ステップS53aにおいて、食品12の加熱庫10への投入前後での加熱庫10内の温度低下量が基準値に相当する温度未満であるため、「食品12は冷凍食品ではない」とマイクロコンピュータ101は判断する。 In step S53a, the temperature decrease in the heating chamber 10 of the input before and after the heating chamber 10 of the food 12 is less than the temperature corresponding to the reference value, the microcomputer 101 as a "food 12 is not a frozen food product" to decide. したがって、マイクロコンピュータ101は、食品12を温めるための「温めモード」を選択する旨を第1のアドバイスの内容として決定する。 Therefore, the microcomputer 101 determines that it will select the "warm mode" for heating food 12 as the contents of the first advice. これにより、「温めモード」を選択するようにユーザにアドバイスする画像(たとえば「『温めモード』を選択して下さい」という文字)が液晶表示部6に表示される。 Thus, the image to advise the user to select the "warm mode" (e.g. letters "select" warm mode "") is displayed on the liquid crystal display unit 6. その後、処理はステップS55に進む。 After that, the process proceeds to step S55.

一方、ステップS54においては、食品12が加熱庫10に投入された後に、加熱庫10内の温度低下量が基準値に相当する温度以上であるため、「食品12は冷凍食品である」とマイクロコンピュータ101は判断する。 On the other hand, in step S54, since the food 12 after being put in the heating chamber 10 is a temperature above which the temperature decrease in the heating chamber 10 corresponds to the reference value, a "food 12 is frozen food" Micro computer 101 determines. したがって、マイクロコンピュータ101は、食品12を解凍するための「解凍モード」を選択する旨を第1のアドバイスの内容として決定する。 Therefore, the microcomputer 101 determines that it will select the "thaw mode" for decompressing the food 12 as the contents of the first advice. これにより、「解凍モード」を選択するようにユーザにアドバイスする画像(たとえば「『解凍モード』を選択して下さい」という文字)が液晶表示部6に表示される。 As a result, the (character, for example, "Please select the" thaw mode "") image to advise the user to select the "thaw mode" is displayed on the liquid crystal display unit 6. その後、処理はステップS55に進む。 After that, the process proceeds to step S55.

ステップS55において、ユーザは、食品12の加熱条件を液晶表示部6または操作ボタン7により設定する。 In step S55, the user, the heating condition of food 12 is set by the liquid crystal display unit 6 or the operation button 7. すなわち、「解凍モード」および「温めモード」のうちのいずれか一方をユーザは選択する。 That is, either one of the "thaw mode" and "warm mode" the user selects. ユーザにより設定された加熱モードを、マイクロコンピュータ101は受け付ける。 The heating mode set by the user, the microcomputer 101 accepts.

ステップS56において、ステップS55でユーザにより設定された加熱モードに従って、食品12の加熱が開始される。 In step S56, according to the heating mode set by the user in step S55, the heating of the food 12 is started.

実施の形態2では、サーミスタ71bが食品12が加熱庫10に投入される前後の加熱庫10内の温度を測定することが、加熱庫10の内の状態の測定に対応する。 In the second embodiment, by measuring the temperature in the heating chamber 10 before and after the thermistor 71b is food 12 is placed in a heating chamber 10 corresponds to the measurement of the state of the heating chamber 10. 上述のように、たとえば冷凍状態の食品12が加熱庫10に収容されることにより、加熱庫10の内部の温度が低下する。 As described above, for example, food 12 of the refrigeration state by being housed in the heating chamber 10, the temperature inside the heating chamber 10 is lowered. マイクロコンピュータ101は、加熱庫10に食品12が投入される前後の加熱庫10内の温度の温度差(温度低下量)を指標値として算出する。 The microcomputer 101 calculates the temperature difference between the temperature in the heating chamber 10 before and after food 12 is placed in a heating chamber 10 (temperature decrease) as the index value. 指標値が基準値以上である場合、マイクロコンピュータ101は、食品12を解凍するための「解凍モード」を選択する旨を第1のアドバイスの内容として決定する。 If the index value is greater than or equal to the reference value, the microcomputer 101 determines that it will select the "thaw mode" for decompressing the food 12 as the contents of the first advice. 実施の形態1と同様に、実施の形態2においても、ユーザがアドバイスに沿って、食品12に適切な加熱モードを選択することができる。 Similarly to the first embodiment, in the second embodiment, the user can along the advice to select a suitable heating mode to the food 12. この場合、加熱効率が良い加熱モードに従って食品12が加熱される。 In this case, the food 12 is heated according to the heating efficient heating mode. したがって、食品12の加熱により消費される電力量が低減される。 Therefore, the amount of power consumed by the heating of the food 12 can be reduced. また、加熱時間を短縮することもできる。 It is also possible to shorten the heating time.

[実施の形態3] [Embodiment 3]
実施の形態1,2によれば、赤外線アレイセンサ71aおよびサーミスタ71bのうちのいずれか一方から受けた測定値のみに基づいて、加熱庫10内の状態をマイクロコンピュータ101は判断する。 According to the first and second embodiments, based on only the measurement values ​​received from either of the infrared array sensor 71a and the thermistor 71b, the state of the heating chamber 10 the microcomputer 101 determines. しかし、赤外線アレイセンサ71aおよびサーミスタ71bの双方から受けた測定値を基準値と比較することにより、加熱庫10内の状態が判断されてもよい。 However, by comparing the reference value measurement value received from both of the infrared array sensor 71a and the thermistor 71b, the state in the heating chamber 10 may be determined.

本実施の形態では、マイクロコンピュータ101がアドバイスを決定するための測定値として、赤外線アレイセンサ71aの測定値(すなわち食品12の温度)およびサーミスタ71bの測定値(すなわち加熱庫10内の温度)が用いられる。 In this embodiment, as a measure for the microcomputer 101 determines an advice, measurements of the infrared array sensor 71a (that is, the temperature of food 12) and the measurement of the thermistor 71b (i.e. the temperature in the heating chamber 10) used. 本実施の形態に係る加熱調理器の構成は、実施の形態1に係る加熱調理器1の構成と同様であるので、以後の説明は繰り返さない。 Configuration of the cooking device of this embodiment is the same as the configuration cooking device 1 according to the first embodiment, and therefore description thereof is not repeated. 実施の形態1と同様に、本実施の形態における食品12の加熱は、マイクロ波、加熱蒸気、または飽和水蒸気による加熱のいずれであってもよい。 As in the first embodiment, the heating of the food 12 in this embodiment may be any of microwave heating, heating steam or saturated steam.

図6は、本発明の実施の形態3に係る加熱調理器における、マイクロコンピュータ101による制御を説明するためのフローチャートである。 6, the heating cooker according to the third embodiment of the present invention, is a flowchart for explaining the control of the microcomputer 101. 図1〜図3および図6を参照して、開始状態とは、加熱調理器に電源が投入された状態、あるいは加熱調理器が待機状態から動作状態に復帰した状態である。 Referring to FIGS. 1 to 3 and 6, the starting state, state power to the heating cooker is turned on, or the heating cooker is in a state of being restored to the operating state from the standby state.

ステップS61において、ユーザは扉3を開けて、食品12を加熱庫10に投入する。 In step S61, the user opens the door 3, to introduce the food 12 in the heating chamber 10.

ステップS62において、食品12の温度が赤外線アレイセンサ71aにより測定される。 In step S62, the temperature of the food 12 is measured by the infrared array sensor 71a. さらに、加熱庫10内の温度がサーミスタ71bにより測定される。 Further, the temperature in the heating chamber 10 is measured by the thermistor 71b. これら双方の測定値をマイクロコンピュータ101は受ける。 Measurements of both the microcomputer 101 receives.

ステップS63において、マイクロコンピュータ101は、食品12の温度を示す赤外線アレイセンサ71aの測定値と、加熱庫10内の温度を示すサーミスタ71bの測定値との差(指標値)を演算する。 In step S63, the microcomputer 101 calculates the measured value of the infrared array sensor 71a that indicates the temperature of the food 12, the difference between the measured value of the thermistor 71b indicating the temperature in the heating chamber 10 (index value). 測定値の差が基準値以上であるか否かを、マイクロコンピュータ101は判断する。 Whether the difference between the measured value is equal to or larger than the reference value, the microcomputer 101 determines. 測定値の差が基準値未満の場合(ステップS63においてNO)、処理はステップS63aに進む。 If the difference between the measured value is less than the reference value (NO in step S63), the process proceeds to step S63A. 一方、測定値の差が基準値以上の場合(ステップS63においてYES)、処理はステップS64に進む。 On the other hand, if the difference between the measured value is equal to or larger than the reference value (YES in step S63), the process proceeds to step S64.

ステップS63aにおいて、赤外線アレイセンサ71aにより測定された食品12の温度と、サーミスタ71bにより測定された加熱庫10内の温度との差が基準値に相当する温度未満であるため、「食品12は冷凍食品ではない」とマイクロコンピュータ101は判断する。 In step S63A, the temperature of the food 12 as measured by the infrared array sensor 71a, since it is below the temperature at which the difference between the temperature inside the heating chamber 10 as measured by the thermistor 71b is equivalent to the reference value, "food 12 Frozen micro-computer 101 and not in the food "is determined. したがって、マイクロコンピュータ101は、食品12を温めるための「温めモード」を選択する旨を第1のアドバイスの内容として決定する。 Therefore, the microcomputer 101 determines that it will select the "warm mode" for heating food 12 as the contents of the first advice. これにより、「温めモード」を選択するようにユーザにアドバイスする画像(たとえば「『温めモード』を選択して下さい」という文字)が液晶表示部6に表示される。 Thus, the image to advise the user to select the "warm mode" (e.g. letters "select" warm mode "") is displayed on the liquid crystal display unit 6. その後、処理はステップS65に進む。 After that, the process proceeds to step S65.

一方、ステップS64においては、赤外線アレイセンサ71aにより測定された食品12の温度と、サーミスタ71bにより測定された加熱庫10内の温度との差が基準値に相当する温度以上であるため、「食品12は冷凍食品である」とマイクロコンピュータ101は判断する。 On the other hand, in step S64, the temperature of the food 12 as measured by the infrared array sensor 71a, is equal to or higher than the temperature difference between the temperature in the heating chamber 10 as measured by the thermistor 71b is equivalent to the reference value, "food 12 is a frozen food, "said microcomputer 101 judges. したがって、マイクロコンピュータ101は、食品12を解凍するための「解凍モード」を選択する旨を第1のアドバイスの内容として決定する。 Therefore, the microcomputer 101 determines that it will select the "thaw mode" for decompressing the food 12 as the contents of the first advice. これにより、「解凍モード」を選択するようにユーザにアドバイスする画像(たとえば「『解凍モード』を選択して下さい」という文字)が液晶表示部6に表示される。 As a result, the (character, for example, "Please select the" thaw mode "") image to advise the user to select the "thaw mode" is displayed on the liquid crystal display unit 6. その後、処理はステップS65に進む。 After that, the process proceeds to step S65. このように、マイクロコンピュータ101は、赤外線アレイセンサ71aの測定値とサーミスタ71bの測定値との差分を指標値として演算する。 Thus, the microcomputer 101 calculates the difference between the measurement values ​​of the thermistor 71b of the infrared array sensor 71a as an index value.

ステップS65において、ユーザは、食品12の加熱条件を液晶表示部6または操作ボタン7により設定する。 In step S65, the user, the heating condition of food 12 is set by the liquid crystal display unit 6 or the operation button 7. すなわち、「解凍モード」および「温めモード」のうちのいずれか一方をユーザは選択する。 That is, either one of the "thaw mode" and "warm mode" the user selects. ユーザにより設定された加熱モードを、マイクロコンピュータ101は受け付ける。 The heating mode set by the user, the microcomputer 101 accepts.

ステップS66において、ステップS65でユーザにより設定された加熱モードに従って、食品12の加熱が開始される。 In step S66, the following heating mode set by the user in step S65, the heating of the food 12 is started.

実施の形態3では、赤外線アレイセンサ71aが食品12の温度を測定し、サーミスタ71bが加熱庫10の加熱庫10内の温度を測定することが、加熱庫10内の状態の測定(すなわち加熱庫10の内部に食品12が収容された状態)に対応する。 In the third embodiment, the infrared array sensor 71a measures the temperature of the food 12, the thermistor 71b is to measure the temperature in the heating chamber 10 of the heating chamber 10, the measurement of the state of the heating chamber 10 (i.e. the heating chamber 10 corresponding to the state) food 12 is accommodated in the interior of the. 上述のように、たとえば冷凍状態の食品12が加熱庫10に収容されることにより、加熱庫10の内部の温度が低下する。 As described above, for example, food 12 of the refrigeration state by being housed in the heating chamber 10, the temperature inside the heating chamber 10 is lowered. マイクロコンピュータ101は、食品12の温度と加熱庫10内の温度の温度差を指標値として算出する。 The microcomputer 101 calculates the temperature difference in temperature in the temperature and the heating chamber 10 of the food 12 as an index value. 指標値が基準値に相当する温度差以上である場合、マイクロコンピュータ101は、食品12を解凍するための「解凍モード」を選択する旨を第1のアドバイスの内容として決定する。 If the index value is not less than a temperature difference corresponding to the reference value, the microcomputer 101 determines that it will select the "thaw mode" for decompressing the food 12 as the contents of the first advice. 実施の形態1,2と同様に、実施の形態3においても、ユーザがアドバイスに沿って、食品12に適切な加熱モードを選択することができる。 Similar to the first and second embodiments, also in the third embodiment, the user can along the advice to select a suitable heating mode to the food 12. この場合、加熱効率が良い加熱モードに従って食品12が加熱される。 In this case, the food 12 is heated according to the heating efficient heating mode. したがって、食品12の加熱により消費される電力量が低減される。 Therefore, the amount of power consumed by the heating of the food 12 can be reduced. また、加熱時間を短縮することもできる。 It is also possible to shorten the heating time.

また、本実施の形態では、2つの温度センサの測定値に基づいて判断することにより、1つの温度センサの測定値のみの場合と比べて、食品12が冷凍食品であるか否かの判断精度が向上する。 Further, in the present embodiment, by determining based on the measured value of the two temperature sensors, as compared with the case of only the measurements of one temperature sensor for determining whether or not accuracy food 12 is frozen food There is improved.

なお、本実施の形態においても、食品12が投入される前の加熱庫10内の温度を測定してもよい(図5のステップS50参照)。 Also in this embodiment, may be measured the temperature of the heating chamber 10 before the food 12 is turned on (see step S50 in FIG. 5). 食品12の加熱庫10への投入前後での加熱庫10内の温度変化、および食品12の温度を用いることにより、食品12が冷凍食品であるか否かの判断精度が一層向上する。 The temperature change in the heating chamber 10 before and after introduction into the heating chamber 10 of the food 12, and by using the temperature of the food 12 for determining whether or not accuracy food 12 is frozen food is further improved.

実施の形態1〜3によれば、食品12の加熱の開始前に(すなわち第1のアドバイスとして)、食品12を解凍するための解凍モードを選択すべき旨のアドバイスを通知する。 According to the first to third embodiments, (ie as the first advice) before the start of heating of the food 12, and notifies the advice to the effect that selection thawing mode for thawing food 12. しかし、上記の内容のアドバイスを通知するタイミングは食品12の加熱の開始前に限定されない。 However, the timing to notify the advice of the content is not limited to before the start of heating of the food 12. 食品12の加熱の途中に(すなわち第2のアドバイスとして)ユーザに通知することもできる。 In the middle of the heating of the food 12 (ie, as the second advice) it can notify the user. また、食品12の加熱の完了後において次回以降の加熱時のためのアドバイス(第4のアドバイス)としてユーザに通知することもできる。 It is also possible to notify the user as a suggestion for when the next and subsequent heating (4 tips) after completion of the heating of the food 12.

[実施の形態4] [Embodiment 4]
実施の形態1〜3においては、加熱を開始する前にアドバイスをユーザに通知する。 In the first to third embodiments, and notifies the user advice before starting the heating. しかし、アドバイスをユーザに通知するタイミングはこれに限定されるものではない。 However, not the timing of notifying an advice to the user as being limited thereto. 加熱の途中でアドバイスをユーザに通知することもできる。 It is also possible to notify an advice to the user in the middle of the heating. 本実施の形態に係る加熱調理器は、加熱の途中における食品12の状態を測定し、アドバイスをユーザに逐次通知する。 Heating cooker according to the present embodiment, the state of the food 12 in the course of heating was determined, sequentially notifies an advice to the user.

食品12のサイズ(寸法)が大きいと、食品12の内部にまで熱が伝わりにくい。 When the size of the food 12 (dimension) is large, heat is not easily transmitted to the inside of the food 12. そのため、加熱時間が長くなり、その結果として、食品12の加熱により消費される電力量が増加する。 Therefore, the heating time increases, as a result, the amount of power consumed by the heating of the food 12 increases. したがって、食品12のサイズが大きい場合には、食品12を複数個に分割してから加熱することが望ましい。 Therefore, when the size of the food 12 is large, it is desirable to heat the food product 12 after divided into a plurality. 本実施の形態に係る加熱調理器は、食品12のサイズを判断する。 In the cooking device of this embodiment determines the size of the food 12.

具体的には、赤外線アレイセンサ71aにより、加熱庫10内の複数箇所の温度が測定される。 Specifically, the infrared array sensor 71a, the temperature of the plurality of locations in the heating chamber 10 is measured. マイクロコンピュータ101は、それら複数箇所のうち、温度上昇率が所定の値より高い箇所を求める。 Microcomputer 101, among the plurality points, the temperature rise rate is determined higher than a predetermined value portion. それぞれの箇所の面積は、マイクロコンピュータに予め記憶されている。 The area of ​​each location is stored in advance in the microcomputer. したがって、温度上昇率が所定の値より高いすべての箇所について、それぞれの箇所の面積の和を求めることにより、食品12のサイズを判断することができる。 Thus, for every point temperature increase rate is higher than the predetermined value, by obtaining the sum of the areas of the respective locations, it is possible to determine the size of the food 12.

本実施の形態に係る加熱調理器は、タイマ(図示しない)を有する。 In the cooking device of this embodiment has a timer (not shown). マイクロコンピュータ101は、タイマからのカウント値を受ける。 The microcomputer 101 receives the count value from the timer. これにより、タイマがカウントを開始してからの経過時間を、マイクロコンピュータ101は知ることができる。 Thus, the timer the time elapsed from the start of counting, the microcomputer 101 can know.

本実施の形態では、マイクロコンピュータ101がアドバイスを決定するための測定値として、赤外線アレイセンサ71aの測定値(すなわち食品12の温度)が用いられる。 In this embodiment, as a measure for the microcomputer 101 determines an advice, measurements of the infrared array sensor 71a (that is, the temperature of the food 12) is used. 本実施の形態に係る加熱調理器の構成は、実施の形態1に係る加熱調理器1の構成と同様であるので、以後の説明は繰り返さない。 Configuration of the cooking device of this embodiment is the same as the configuration cooking device 1 according to the first embodiment, and therefore description thereof is not repeated. 本実施の形態における食品12の加熱は、マイクロ波加熱を指す。 Heating of the food 12 in the present embodiment, refers to microwave heating.

図7は、本発明の実施の形態4に係る加熱調理器における、マイクロコンピュータ101による制御を説明するためのフローチャートである。 7, the heating cooker according to a fourth embodiment of the present invention, is a flowchart for explaining the control of the microcomputer 101. 図1〜図3および図7を参照して、開始状態とは、加熱調理器に電源が投入された状態、あるいは加熱調理器が待機状態から動作状態に復帰した状態である。 Referring to FIGS. 1 to 3 and 7, the start state, state power to the heating cooker is turned on, or the heating cooker is in a state of being restored to the operating state from the standby state. 開始状態において、タイマのカウント値は初期値にセットされている。 In the start state, the count value of the timer is set to an initial value.

ステップS71において、ユーザは扉3を開けて、食品12を加熱庫10に投入する。 In step S71, the user opens the door 3, to introduce the food 12 in the heating chamber 10. 本実施の形態において、食品12のサイズは所定のサイズより大きい。 In the present embodiment, the size of the food 12 is greater than a predetermined size.

ステップS72において、食品12の温度が赤外線アレイセンサ71aにより測定される。 In step S72, the temperature of the food 12 is measured by the infrared array sensor 71a. この測定値をマイクロコンピュータ101は受ける。 This measurement microcomputer 101 receives.

ステップS73において、ユーザは、食品12の加熱条件を液晶表示部6または操作ボタン7により設定する。 In step S73, the user, the heating condition of food 12 is set by the liquid crystal display unit 6 or the operation button 7.

ステップS74において、ステップS73でユーザにより設定された加熱条件に従って、食品12の加熱が開始される。 In step S74, the following heating condition set by the user in step S73, the heating of the food 12 is started. それとともに、タイマはカウントを開始する。 At the same time, the timer starts counting.

ステップS75において、マイクロコンピュータ101は、タイマのカウント値を受ける。 In step S75, the microcomputer 101 receives the count value of the timer. タイマのカウント値が所定の終了値以上であるか否かを、マイクロコンピュータ101は判断する。 Whether the count value of the timer is a predetermined end value or more, the microcomputer 101 determines. タイマのカウント値が終了値未満の場合(ステップS75においてNO)、処理は再びステップS75に戻る。 If the count value of the timer is less than the end value (in step S75 NO), the process returns to step S75. 一方、タイマのカウント値が終了値以上の場合(ステップS74においてYES)、処理はステップS76に進む。 On the other hand, if the count value of the timer is equal to or greater than the end value (YES in step S74), the process proceeds to step S76.

ステップS76において、食品12の温度が赤外線アレイセンサ71aにより再び測定される。 In step S76, the temperature of the food 12 is again measured by the infrared array sensor 71a. この測定値をマイクロコンピュータ101は受ける。 This measurement microcomputer 101 receives. マイクロコンピュータ101は、この測定値に基づいて食品12のサイズを判断する。 The microcomputer 101 determines the size of the food 12 on the basis of the measured value. 本実施の形態において、食品12のサイズは所定のサイズより大きいとマイクロコンピュータ101は判断する。 In the present embodiment, the size of the food 12 is a predetermined size larger than the microcomputer 101 determines.

ステップS77において、マイクロコンピュータ101は、食品12の温度上昇量を示す赤外線アレイセンサ71aの測定値の変化量と、食品12の加熱により消費される電力量との関係を示す加熱効率(指標値)を演算する。 In step S77, the microcomputer 101, the heating efficiency (index value) indicating a relationship between the amount of change in the measurement value of the infrared array sensor 71a, the amount of power consumed by the heating of the food 12 showing the temperature rise amount of the food 12 to calculate the. 加熱庫10内の加熱効率が基準値以上であるか否かを、マイクロコンピュータ101は判断する。 Whether heating efficiency in the heating chamber 10 is equal to or greater than the reference value, the microcomputer 101 determines. 加熱効率が基準値以上であるか否かの判断方法については、後に詳細に説明する。 The method of determining whether or not the heating efficiency is not less than the reference value will be described in detail later. 加熱効率が基準値未満の場合(ステップS77においてNO)、処理はステップS77aに進む。 If the heating efficiency is less than the reference value (NO in step S77), the process proceeds to step S77a. 一方、加熱効率が基準値以上の場合(ステップS77においてYES)、処理はステップS78に進む。 On the other hand, if the heating efficiency is not less than the reference value (YES in step S77), the process proceeds to step S78.

ステップS78において、加熱効率が基準値以上であるため、「食品12は効率良く加熱されている」とマイクロコンピュータ101は判断する。 In step S78, since the heating efficiency is not less than the reference value, "food 12 efficiently is heated" and the microcomputer 101 determines. したがって、マイクロコンピュータ101は、加熱庫10内の加熱効率が良い旨を第2のアドバイスの内容として決定する。 Therefore, the microcomputer 101 determines that good heating efficiency of the heating chamber 10 as the contents of the second advice. これにより、加熱庫10内の加熱効率が良い旨を示す画像が液晶表示部6に表示される。 Thus, an image indicating good heating efficiency of the heating chamber 10 is displayed on the liquid crystal display unit 6. その後、処理はステップS79に進む。 After that, the process proceeds to step S79.

一方、ステップS77aにおいては、加熱効率が基準値未満であるため、「食品12は効率良く加熱されていない」とマイクロコンピュータ101は判断する。 On the other hand, in step S77a, since the heating efficiency is less than the reference value, "food 12 has not been efficiently heating" microcomputer 101 and determines. したがって、マイクロコンピュータ101は、加熱庫10内の加熱効率が良くない旨を第2のアドバイスの内容として決定する。 Therefore, the microcomputer 101 determines that poor heating efficiency in the heating chamber 10 as the contents of the second advice. すなわち、加熱庫10内の加熱効率が良くない旨を示す画像が液晶表示部6に表示される。 That is, the image indicating poor heating efficiency in the heating chamber 10 is displayed on the liquid crystal display unit 6. それとともに、「料理を小さく切り分けてから加熱して下さい。」という文字が液晶表示部6に表示される。 At the same time, the word "please heating from isolate reduce the cooking." Is displayed on the liquid crystal display unit 6. その後、処理はステップS78aに進む。 After that, the process proceeds to step S78a. なお、ステップS78およびステップS77aにおいて液晶表示部6に表示される画像についても、後に詳細に説明する。 Even the image displayed on the liquid crystal display unit 6 in step S78 and step S77a, be described in detail later. このように、マイクロコンピュータ101は、赤外線アレイセンサ71aの測定値と加熱により消費される電力量との割合を示す加熱効率を指標値として演算する。 Thus, the microcomputer 101 calculates the heating efficiency indicating a ratio of the amount of power consumed by the heating and the measurement value of the infrared array sensor 71a as an index value. 液晶表示部6は、指標値と基準値との間の大小関係、および指標値と基準値との間の差分に基づいて、複数の画像のうちの対応する画像を表示する。 The liquid crystal display unit 6, based on a difference between a magnitude relation, and the index value and the reference value between the index value and the reference value, displays a corresponding image among the plurality of images.

ステップS78aにおいて、ユーザは、液晶表示部6に表示されるアドバイスの内容に沿って、加熱庫10内の状態を変更するか否かを判断する。 In step S78a, the user, along with the contents of advice is displayed on the liquid crystal display unit 6 to determine whether to change the state of the heating chamber 10. ユーザがアドバイスの内容に沿った対応をする場合(ステップS78aにおいてYES)、処理はステップS78bに進む。 If the user corresponding in line with the contents of the advice (YES in step S78a), the process proceeds to step S78b. 一方、ユーザがアドバイスの内容に沿った対応をしない場合(ステップS78aにおいてNO)、処理はステップS79に進む。 On the other hand, if the user does not the correspondence along with the contents of the advice (NO in step S78a), the process proceeds to step S79.

ステップS78bにおいて、ユーザは、液晶表示部6に表示されたアドバイスの内容に沿って、食品12を分割する。 In step S78b, the user, along with the contents of the advice is displayed on the liquid crystal display unit 6, to divide the food 12. その後、処理はステップS111に戻る。 Thereafter, the process returns to step S111.

ステップS79において、タイマのカウント値は初期値にリセットされる。 In step S79, the count value of the timer is reset to the initial value. タイマは初期値からカウントを再び開始する。 Timer again starts to count from the initial value. その後、処理はステップS75に戻る。 After that, the process returns to the step S75.

次に、ステップS77における加熱庫10内の加熱効率が基準値以上であるか否かの判断方法について、詳細に説明する。 Next, the heating efficiency of the heating chamber 10 is higher than the reference value is method of determining whether or not at step S77, the will be described in detail.

図8は、図7に示したフローチャートにおける、食品12の温度上昇量と食品12の加熱により消費される電力量との関係を示す図である。 Figure 8 is a diagram showing the relationship in the flowchart shown in FIG. 7, the amount of power consumed by the heating of the temperature increase and food 12 food 12. 図8を参照して、横軸は、食品12の加熱を開始(図7のステップS74)してから消費される電力量を示す。 Referring to FIG. 8, the horizontal axis shows the heating of the food 12 starts (step S74 of FIG. 7) and the amount of power consumed from. 縦軸は、食品12の加熱を開始してからの食品12の温度上昇を示す。 The vertical axis shows the temperature rise of the food 12 from the start of heating of the food 12. 波形8a〜8dは、加熱庫10内の状態が異なる場合における、食品12の温度上昇を各々表す。 Waveform 8a~8d is when the state in the heating chamber 10 is different, each represents an increase in the temperature of food 12. 加熱により消費される電力量が同一の場合における温度上昇量が大きい(傾きが大きい)ほど、加熱庫10内の加熱効率が良い。 As the temperature increase amount when the power amount is the same to be consumed by the heating is large (large gradient), good heating efficiency of the heating chamber 10 is.

図7および図8を参照して、加熱効率の基準値は、ある消費電力量W0における食品12の温度上昇量がΔT1となる値である。 Referring to FIGS. 7 and 8, the reference value of the heating efficiency is a value that the amount of rise in the temperature of food 12 in the power consumption W0 that is Delta] T1. 消費電力量W0における食品12の温度上昇量がΔT1以上である(すなわち、加熱効率が基準値より大きい)場合に、加熱庫10内は加熱効率の良い状態にあるとマイクロコンピュータ101は判断する(波形8a)。 Is the temperature rise amount of the food 12 is ΔT1 than the power consumption amount W0 (i.e., heating efficiency is larger than the reference value) in the case, the heating chamber 10 the microcomputer 101 to be in a good condition of the heating efficiency is determined ( waveform 8a). すなわち、「食品12は効率良く加熱されている」(ステップS77においてYES)と判断される。 That is, it is determined that "food 12 is heated efficiently" (YES in step S77).

一方、消費電力量W0における食品12の温度上昇量がΔT1未満(温度上昇率がΔT1/W0未満)の場合に、加熱庫10内は加熱効率の良い状態にないとマイクロコンピュータ101は判断する。 On the other hand, the temperature rise amount of the food 12 in the power consumption W0 is less than Delta] T1 (temperature increase rate is less than Delta] T1 / W0) in the case of, the heating chamber 10 the microcomputer 101 not to be state of the heating efficiency is determined. すなわち、「食品12は加熱効率良く加熱されていない」(ステップS77においてNO)と判断される。 That is, it is determined that "food 12 has not been heated well heating efficiency" (NO in step S77).

加熱庫10内の加熱効率は良いか良くないかだけでなく、その程度に応じて、さらに区分することもできる。 Heating efficiency of the heating chamber 10 not only do not good or better, may be in accordance with the degree, further classification. 本実施の形態において、加熱庫10内の加熱効率が良くない状態が、さらに3つに区分される。 In this embodiment, the state is not good heating efficiency of the heating chamber 10 is further divided into three.

消費電力量W0において、食品12の温度上昇量がΔT2以上ΔT1未満(加熱効率がΔT2/W0以上ΔT1/W0未満)の場合、加熱庫10内の加熱効率が良くない程度が小さい(すなわち、加熱効率が基準値より小さく、加熱効率と基準値との差分が小さい)とマイクロコンピュータ101は判断する(波形8b)。 In power consumption W0, when the temperature rise amount of the food 12 is less than Delta] T2 than Delta] T1 (less heating efficiency Delta] T2 / W0 or Delta] T1 / W0), a small degree heating efficiency of the heating chamber 10 is not good (i.e., heat efficiency is smaller than the reference value, the difference between the heating efficiency and the reference value is small) and the microcomputer 101 determines (waveform 8b).

消費電力量W0において、食品12の温度上昇量がΔT3以上ΔT2未満(加熱効率がΔT3/W0以上ΔT2/W0未満)の場合に、加熱庫10内の加熱効率が良くない程度が中程度である(すなわち、加熱効率が基準値より小さく、加熱効率と上記基準値との差分が中程度である)とマイクロコンピュータ101は判断する(波形8c)。 In power consumption W0, the temperature rise amount of the food 12 in the case of less .DELTA.T3 than Delta] T2 (less heating efficiency .DELTA.T3 / W0 than ΔT2 / W0), is moderate degree not good heating efficiency of the heating chamber 10 is (i.e., the heating efficiency is smaller than the reference value, the difference between the heating efficiency and the reference value is medium) and the microcomputer 101 determines (waveform 8c).

消費電力量W0において、食品12の温度上昇量がΔT3未満(加熱効率がΔT3/W0未満)の場合に、加熱庫10内の加熱効率が良くない程度が大きい(すなわち、加熱効率が基準値より小さく、加熱効率と上記基準値との差分が大きい)とマイクロコンピュータ101は判断する(波形8d)。 In power consumption W0, when the temperature rise amount of the food 12 is less than .DELTA.T3 (less heating efficiency .DELTA.T3 / W0), the extent not good heating efficiency of the heating chamber 10 has a larger (i.e., heating efficiency than the reference value small, the difference between the heating efficiency and the reference value is large) and the microcomputer 101 determines (waveform 8d).

上記の判断結果は、たとえば加熱庫10内の加熱効率と上記基準値との間の差分に基づいて、イラストを用いた複数の画像のうちの対応する画像が液晶表示部6に表示される(ステップS77aおよびステップS78参照)。 The above determination result, for example, based on the difference between the heating efficiency and the reference value in the heating chamber 10, corresponding image among the plurality of images using the illustration is displayed on the liquid crystal display section 6 ( step S77a and see step S78).

図9は、図7に示したフローチャートにおける、液晶表示部6による通知の一例を示す図である。 9, in the flowchart shown in FIG. 7 is a diagram showing an example of a notification by the liquid crystal display unit 6. 図9に示す画像は、常温のご飯を飽和水蒸気によって蒸す場合に通知される。 Image shown in FIG. 9 is notified when steaming the cold rice with saturated steam. 14分58秒とは残りの加熱時間を表す。 The 14 minutes 58 seconds represents the remainder of the heating time. 「庫内灯」の表示にユーザが触れると、庫内灯(図示しない)の点灯と消灯とが切替わる。 When the user touches the display of the "interior light", the interior light turning on and off of (not shown) is switched. 図9(A)〜(D)の顔イラストは、この順に加熱庫10内の加熱効率が良いことを表す。 Face illustration in Figure 9 (A) ~ (D) indicates that heating efficiency of the heating chamber 10 in this order is good.

図8および図9を参照して、図9(A)は、波形8aと対応しており、加熱庫10の加熱効率が良いことを表す。 Referring to FIGS. 8 and 9, FIG. 9 (A) corresponds to the waveform 8a, indicating that heating efficiency of the heating chamber 10 is good. 図9(B)は、波形8bと対応しており、加熱庫10内の加熱効率が良くない程度が小さいことを表す。 FIG. 9 (B) corresponds to the waveform 8b, indicate that the extent not good heating efficiency of the heating chamber 10 is small. 図9(C)は、波形8cと対応しており、加熱庫10内の加熱効率が良くない程度が中程度であることを表す。 FIG. 9 (C) corresponds to the waveform 8c, indicates that the degree heating efficiency of the heating chamber 10 is not good is medium. 図9(D)は、波形8dと対応しており、加熱庫10内の加熱効率が良くない程度が大きいことを表す。 Figure 9 (D) corresponds to the waveform 8d, indicating that the extent not good heating efficiency of the heating chamber 10 is larger. このように、マイクロコンピュータ101は、加熱効率(指標値)と基準値との間の大小関係および加熱効率と基準値との間の差分に基づいて、複数の画像のうちの対応する画像を液晶表示部6に表示させる。 Thus, the microcomputer 101, based on the difference between the heating efficiency (index value) and the magnitude relation and heating efficiency and the reference value between the reference value, the liquid crystal corresponding image among the plurality of images to be displayed on the display unit 6.

実施の形態4では、加熱の途中において、赤外線アレイセンサ71aが食品12の温度を測定することが、加熱庫10内の状態(加熱庫10に収容された食品12が加熱されているという状態)の測定に対応する。 In the fourth embodiment, in the course of the heating, (state of the food 12 which is accommodated in the heating chamber 10 is heated) infrared array sensor 71a is able to measure the temperature of food 12, the state in the heating chamber 10 corresponding to the measurement. この点が、加熱の開始前の測定値に基づいて加熱庫10内の状態が判断される実施の形態1〜3と異なる。 This point is different from the first to third embodiments state in the heating chamber 10 is determined based on the measurement value before the start of heating. 上述のように、加熱による食品12の温度上昇率と、加熱により消費される電力量との割合を示す加熱効率が演算される。 As described above, the temperature rise rate of the food 12 by heating, the heating efficiency indicating a ratio of the amount of power consumed by the heating is calculated. 加熱効率が基準値未満である場合、マイクロコンピュータ101は、食品12を複数個に分割する旨を第2のアドバイスの内容として決定する。 If the heating efficiency is less than the reference value, the microcomputer 101 determines that it will divide the food 12 into a plurality as the contents of the second advice. 実施の形態1〜3と同様に、実施の形態4においても、ユーザがアドバイスに沿って食品12を複数個により分割することにより、食品12を適切なサイズに変更することができる。 Like the first to third embodiments, even in the fourth embodiment, by dividing the plurality of food 12 users along the advice, it can change the food 12 to the appropriate size. この場合、食品12が効率が良く加熱される。 In this case, the food 12 efficiency is heated well. したがって、食品12の加熱により消費される電力量が低減される。 Therefore, the amount of power consumed by the heating of the food 12 can be reduced. また、加熱時間を短縮することもできる。 It is also possible to shorten the heating time.

なお、加熱効率の区分数は4つに限定されない。 Incidentally, the number of segments of the heating efficiency is not limited to four. たとえば、加熱庫10内の状態を高精度に測定できているか否かに応じて、加熱効率の区分数を設定すればよい。 For example, the state of the heating chamber 10, depending on whether can be measured with high accuracy, may be set the number of division heating efficiency. すなわち、加熱庫10内の状態を高精度に測定できる場合には区分数を増やしてもよい。 That may increase the number of division in the case where it can measure the state of the heating chamber 10 with high accuracy. 一方、加熱庫10内の状態を高精度に測定できない場合には区分数を減らしてもよい。 On the other hand, if it can not measure the condition of the heating chamber 10 with high accuracy it may reduce the number of division.

特に加熱庫10内の加熱効率が良くない場合(図9(C)〜(D))には、上記顔イラストに加えて、加熱庫10の状態をユーザが変更するためのアドバイスの内容(たとえば、食品12を分割すべき旨のアドバイス)が液晶表示部6に表示されることが、より好ましい。 Especially if not good heating efficiency of the heating chamber 10 (FIG. 9 (C) ~ (D)), in addition to the face illustration, detailed proposals for changing the status of the heating chamber 10 users (e.g. , the advice to the effect that divide the food 12) is displayed on the liquid crystal display unit 6 is more preferable.

上記イラストを液晶表示部6に表示されるタイミングは、加熱の途中に限定されない。 Timing of displaying the illustration on the liquid crystal display unit 6 is not limited to the middle of the heating. 食品12の加熱が完了したときに、加熱が完了するまでの加熱効率を液晶表示部6に表示することもできる。 When the heating of the food 12 is completed, it is also possible to display the heating efficiency to heating to complete the liquid crystal display unit 6. また、上記イラストに加えて、次回以降の加熱時においてユーザに知らせるべき事項を第4のアドバイスの内容として液晶表示部6に表示することもできる。 In addition to the above illustration, it can be displayed on the liquid crystal display unit 6 the matters to inform the user at the time of the next and subsequent heating as the contents of the fourth advice.

[実施の形態5] [Embodiment 5]
たとえば、食品12を加熱庫10の中央に搭載する方が、加熱庫10の端や隅に搭載する場合と比べて、効率良く食品12を加熱することができる場合がある。 For example, those who mounted the food 12 in the center of the heating chamber 10, as compared with the case of mounting the end or corner of the heating chamber 10, it may be possible to heat efficiently the food 12. 本実施の形態に係る加熱調理器は、赤外線アレイセンサ71aにより測定された食品12の温度に基づいて、食品12の位置を演算する。 Heating cooker according to the present embodiment, based on the temperature of the food 12 as measured by the infrared array sensor 71a, and calculates the position of the food 12.

具体的には、赤外線アレイセンサ71aにより、加熱庫10内の複数箇所の温度が測定される。 Specifically, the infrared array sensor 71a, the temperature of the plurality of locations in the heating chamber 10 is measured. たとえば食品12が冷凍食品の場合、測定された複数の領域のうち最も温度が低い領域が食品12の位置であるとマイクロコンピュータ101は判断する。 For example, when food 12 is frozen food, most temperature is low region of the measured plurality of regions by the microcomputer 101 If it is the position of the food 12 determines. マイクロコンピュータ101は、食品12と基準点との距離(指標値)を演算する。 The microcomputer 101 calculates the food 12 and the distance between the reference point (index value). 食品12に対し、マイクロ波、加熱蒸気、または飽和水蒸気が効率良く照射される位置が基準点として設定され、たとえば加熱庫10の中央である。 To food 12, microwave, the position where the heating steam or saturated steam, is efficiently irradiated is set as a reference point, for example, the center of the heating chamber 10. 基準点を中心とした所定の範囲が基準値として定められている。 Predetermined range around the reference point is defined as the reference value. 基準値はたとえば基準点を中心とした円の半径である。 Reference value is the radius of a circle around the reference point, for example. 食品12と基準点との距離が基準値以上の場合に、食品12の位置が所定の範囲内にないと判断される。 If the distance between the food 12 and the reference point is equal to or larger than the reference value, the position of the food 12 is determined not within the predetermined range.

本実施の形態では、マイクロコンピュータ101がアドバイスを決定するための測定値として、赤外線アレイセンサ71aの測定値(すなわち食品12の温度)が用いられる。 In this embodiment, as a measure for the microcomputer 101 determines an advice, measurements of the infrared array sensor 71a (that is, the temperature of the food 12) is used. 本実施の形態に係る加熱調理器の構成は、実施の形態1に係る加熱調理器1の構成と同様であるので、以後の説明は繰り返さない。 Configuration of the cooking device of this embodiment is the same as the configuration cooking device 1 according to the first embodiment, and therefore description thereof is not repeated. 本実施の形態における食品12の加熱は、マイクロ波、加熱蒸気、または飽和水蒸気による加熱のいずれであってもよい。 Heating of the food 12 in the present embodiment, a microwave may be either heating by steam or saturated steam.

図10は、本発明の実施の形態5に係る加熱調理器における、マイクロコンピュータ101による制御を説明するためのフローチャートである。 10, in the heating cooker according to a fifth embodiment of the present invention, is a flowchart for explaining the control of the microcomputer 101. 図1〜図3および図10を参照して、開始状態とは、加熱調理器に電源が投入された状態、あるいは加熱調理器が待機状態から動作状態に復帰した状態である。 Referring to FIGS. 1 to 3 and 10, the starting state, state power to the heating cooker is turned on, or the heating cooker is in a state of being restored to the operating state from the standby state.

ステップS101において、ユーザは扉3を開けて、食品12を加熱庫10に投入する。 In step S101, the user opens the door 3, to introduce the food 12 in the heating chamber 10. 本実施の形態において、食品12は冷凍食品である。 In this embodiment, the food 12 is frozen food.

ステップS102において、食品12の温度が赤外線アレイセンサ71aにより測定される。 In step S102, the temperature of the food 12 is measured by the infrared array sensor 71a. この測定値をマイクロコンピュータ101は受ける。 This measurement microcomputer 101 receives. マイクロコンピュータ101は、この測定値に基づいて食品12の位置を判断する。 The microcomputer 101 determines the position of the food 12 on the basis of the measured value.

ステップS103において、マイクロコンピュータ101は、食品12の位置が所定の範囲内であるか否かを判断する。 In step S103, the microcomputer 101, the position of the food 12 to determine whether it is within a predetermined range. 食品12の位置が所定の範囲内でない場合(ステップS103においてNO)、処理はステップS106に進む。 If the position of the food 12 is not within the predetermined range (NO in step S103), the process proceeds to step S106. 一方、食品12の位置が所定の範囲内である場合(ステップS103においてYES)、処理はステップS104に進む。 On the other hand, when the position of the food 12 is within the predetermined range (YES in step S103), the process proceeds to step S104.

ステップS104において、「食品12の位置が所定の範囲内でない」とマイクロコンピュータ101は判断する。 In step S104, the microcomputer 101 as a "position of the food 12 is not within the predetermined range" is determined. したがって、マイクロコンピュータ101は、食品12の位置を修正すべき旨を第3のアドバイスの内容として決定する。 Therefore, the microcomputer 101 determines that should modify the position of the food 12 as the contents of the third advice. すなわち、食品12を移動するようにユーザにアドバイスする画像(たとえば「料理を中央に移動させて下さい。」という文字)が液晶表示部6に表示される。 That is, the image to advise the user to move the food 12 ( "Please cuisine is moved to the center." For example, that the character) is displayed on the liquid crystal display unit 6. その後、処理はステップS105に進む。 Thereafter, the process proceeds to step S105. このように、マイクロコンピュータ101は、赤外線アレイセンサ71aの測定値に基づいて、食品12の位置と基準点との距離を指標値として演算する。 Thus, the microcomputer 101, based on the measurement value of the infrared array sensor 71a, and calculates the distance between the position and the reference point of the food 12 as an index value. 液晶表示部6は、指標値と基準値との間の大小関係、および指標値と基準値との間の差分に基づいて、複数の画像のうちの対応する画像を表示する。 The liquid crystal display unit 6, based on a difference between a magnitude relation, and the index value and the reference value between the index value and the reference value, displays a corresponding image among the plurality of images.

ステップS105において、ユーザは、液晶表示部6に表示されたアドバイスの内容に沿った対応をするか否かを判断する。 In step S105, the user determines whether a corresponding along the content of the advice is displayed on the liquid crystal display unit 6. ユーザがアドバイスの内容に沿った対応をする場合(ステップS105においてYES)、処理はステップS101に戻る。 If the user corresponding in line with the contents of the advice (YES in step S105), the process returns to step S101. この場合、ユーザは扉3を開けて、食品12の位置を修正する。 In this case, the user opens the door 3, to modify the position of food 12. 一方、ユーザがアドバイスの内容に沿った対応をしない場合(ステップS105においてNO)、処理はステップS106に進む。 On the other hand, if the user does not the correspondence along with the contents of the advice (NO in step S105), the process proceeds to step S106. この場合、食品12はその位置を修正されないまま加熱されることになる。 In this case, the food 12 will be heated without being corrected its position.

ステップS106において、ユーザは、食品12の加熱条件を液晶表示部6または操作ボタン7により設定する。 In step S106, the user, the heating condition of food 12 is set by the liquid crystal display unit 6 or the operation button 7. ユーザにより設定された加熱条件をマイクロコンピュータ101は受け付ける。 The set heating condition by the user microcomputer 101 receives.

ステップS107において、マイクロコンピュータ101は、食品12の加熱を開始する。 In step S107, the microcomputer 101 starts heating of the food 12.

実施の形態5では、赤外線アレイセンサ71aが食品12の温度を測定することが、加熱庫10内の状態(すなわち加熱庫10に食品12が収容されているという状態)の測定に対応する。 In the fifth embodiment, the infrared array sensor 71a measures the temperature of the food 12, corresponding to the measured state of the heating chamber 10 (i.e. the state that the food 12 is accommodated in the heating chamber 10). 上述のように、赤外線アレイセンサ71aの測定値に基づいて、食品12の位置と基準点との距離が演算される。 As described above, based on the measurement value of the infrared array sensor 71a, the distance between the position and the reference point of the food 12 is calculated. この距離が基準値に相当する距離以上である場合、マイクロコンピュータ101は、食品12の位置を修正すべき旨を第3のアドバイスの内容として決定する。 If this distance is equal to or greater than a distance corresponding to the reference value, the microcomputer 101 determines that should modify the position of the food 12 as the contents of the third advice. 実施の形態5においては、ユーザがアドバイスに沿って食品12の位置を修正することにより、マイクロ波や加熱蒸気が効率良く照射される。 In the fifth embodiment, when the user modifies the position of the food 12 along the advice, microwave or heating steam is efficiently irradiated. そのため、食品12が効率が良く加熱される。 Therefore, the food 12 efficiency is heated well. したがって、食品12の加熱により消費される電力量が低減される。 Therefore, the amount of power consumed by the heating of the food 12 can be reduced. また、加熱時間を短縮することもできる。 It is also possible to shorten the heating time.

なお、食品12が冷凍食品の場合について、赤外線アレイセンサ71aにより測定された複数箇所のうち、最も温度が低い箇所が食品12の位置であるとした。 Incidentally, food 12 is for the case of frozen foods, among the plurality of positions measured by the infrared array sensor 71a, the most temperature is low points was the position of the food 12. しかし、食品12の位置の演算方法はこれに限定されない。 However, a method of calculating the position of the food 12 is not limited thereto. たとえば、加熱の途中に食品12を加熱庫10から取り出したところ加熱が不十分だったために再度加熱を継続する場合には、食品12の温度は周囲の領域の温度よりも高くなっていると考えられる。 For example, thought that in the case of heating a food product 12 in the middle of the heating was taken out from the heating chamber 10 to continue the heating again because it was insufficient, the temperature of the food 12 is higher than the temperature of the surrounding area It is. この場合、最も温度が高い領域を食品12の位置とすることができる。 In this case, it is possible to the hottest area and position of food 12.

実施の形態5によれば、食品12の加熱の開始前に、食品12の位置を修正すべき旨を第3のアドバイスとして通知する。 According to the fifth embodiment, before the start of heating of the food 12 notifies it should modify the position of the food 12 as a third advice. しかし、食品12の加熱の途中に上記第3のアドバイスをユーザに通知することもできる。 However, it is also possible in the middle of the heating of the food 12 notifies the third advice to the user. また、食品12の加熱の完了後において次回以降の加熱時のためのアドバイス(第4のアドバイス)としてユーザに通知することもできる。 It is also possible to notify the user as a suggestion for when the next and subsequent heating (4 tips) after completion of the heating of the food 12.

[実施の形態6] [Embodiment 6]
実施の形態1〜5では、赤外線アレイセンサ71aおよび/またはサーミスタ71bの測定値に基づいて、加熱庫10内の状態を判断した。 In the first to fifth embodiments, on the basis of the measurement value of the infrared array sensor 71a and / or the thermistor 71b, it determines the state of the heating chamber 10. しかし、湿度センサ72の測定値に基づいて、加熱庫10内の状態を判断することもできる。 However, based on the measured value of the humidity sensor 72, it is also possible to determine the status of the heating chamber 10.

食品12のサイズが大きいと食品12の内部にまで熱が伝わりにくい。 The size of the food 12 is large, the heat is not easily transmitted to the inside of the food 12. そのため、食品12の温度が上昇しにくい。 For this reason, the temperature of the food 12 is less likely to rise. したがって、加熱中に発生する水蒸気量が少なくなる。 Therefore, the amount of water vapor generated during heating is reduced. よって、加熱中に発生する水蒸気量を測定することで、食品12のサイズを推定することもできる。 Thus, by measuring the amount of water vapor generated during heating, it is also possible to estimate the size of the food 12.

本実施の形態では、マイクロコンピュータ101がアドバイスを決定するための測定値として、湿度センサ72aの測定値(すなわち加熱庫10内の湿度)が用いられる。 In this embodiment, as a measure for the microcomputer 101 determines an advice, a measurement of the humidity sensor 72a (i.e. the humidity inside the heating chamber 10) is used. 本実施の形態に係る加熱調理器の構成は、実施の形態1に係る加熱調理器1の構成と同様であるので、以後の説明は繰り返さない。 Configuration of the cooking device of this embodiment is the same as the configuration cooking device 1 according to the first embodiment, and therefore description thereof is not repeated. 本実施の形態における食品12の加熱は、マイクロ波加熱を指す。 Heating of the food 12 in the present embodiment, refers to microwave heating.

図11は、本発明の実施の形態6に係る加熱調理器における、マイクロコンピュータ101による制御を説明するためのフローチャートである。 11, in the heating cooker according to the sixth embodiment of the present invention, is a flowchart for explaining the control of the microcomputer 101. 図1〜図3および図11を参照して、開始状態とは、加熱調理器に電源が投入された状態、あるいは加熱調理器が待機状態から動作状態に復帰した状態である。 Referring to FIGS. 1 to 3 and 11, the starting state, state power to the heating cooker is turned on, or the heating cooker is in a state of being restored to the operating state from the standby state. 開始状態において、タイマのカウント値は初期値にセットされている。 In the start state, the count value of the timer is set to an initial value.

ステップS111において、ユーザは扉3を開けて、食品12を加熱庫10に投入する。 In step S111, the user opens the door 3, to introduce the food 12 in the heating chamber 10.

ステップS112において、加熱庫10内の湿度が湿度センサ72により測定される。 In step S112, the humidity in the heating chamber 10 is measured by the humidity sensor 72. この測定値をマイクロコンピュータ101は受ける。 This measurement microcomputer 101 receives.

ステップS113において、ユーザは、食品12の加熱条件を液晶表示部6または操作ボタン7により設定する。 In step S113, the user, the heating condition of food 12 is set by the liquid crystal display unit 6 or the operation button 7.

ステップS114において、ステップS113でユーザにより設定された加熱条件に従って、食品12の加熱が開始される。 In step S114, in accordance with the heating condition set by the user in step S113, the heating of the food 12 is started. それとともに、タイマはカウントを開始する。 At the same time, the timer starts counting.

ステップS115において、マイクロコンピュータ101は、タイマのカウント値を受ける。 In step S115, the microcomputer 101 receives the count value of the timer. タイマのカウント値が所定の終了値以上であるか否かを、マイクロコンピュータ101は判断する。 Whether the count value of the timer is a predetermined end value or more, the microcomputer 101 determines. タイマのカウント値が終了値未満の場合(ステップS115においてNO)、処理は再びステップS115に戻る。 If the count value of the timer is less than the end value (in step S115 NO), the process returns to step S115. 一方、タイマのカウント値が終了値以上の場合(ステップS115においてYES)、処理はステップS116に進む。 On the other hand, if the count value of the timer is equal to or greater than the end value (YES in step S115), the process proceeds to step S116.

ステップS116において、加熱庫10内の湿度が湿度センサ72により再び測定される。 In step S116, the humidity in the heating chamber 10 is again measured by the humidity sensor 72. この測定値をマイクロコンピュータ101は受ける。 This measurement microcomputer 101 receives.

ステップS117において、マイクロコンピュータ101は、加熱庫10内の湿度変化量を示す湿度センサ72の測定値の変化量と、食品12の加熱により消費される電力量との関係を示す加熱効率(指標値)を演算する。 In step S117, the microcomputer 101, and the amount of change in the measured value of the humidity sensor 72 indicating the amount of humidity change in the heating chamber 10, the heating efficiency showing the relationship between the amount of power consumed by the heating of the food 12 (index value ) is calculated. 加熱効率が基準値以上であるか否かを、マイクロコンピュータ101は判断する。 Whether heating efficiency is equal to or greater than the reference value, the microcomputer 101 determines. 加熱効率が基準値未満の場合(ステップS117においてNO)、処理はステップS117aに進む。 If the heating efficiency is less than the reference value (NO in step S117), the process proceeds to step S117a. 一方、加熱効率が基準値以上の場合(ステップS117においてYES)、処理はステップS118に進む。 On the other hand, if the heating efficiency is not less than the reference value (YES in step S117), the process proceeds to step S118.

ステップS118において、加熱庫10内の湿度変化量が基準値に相当する変化量以上であるため、「食品12は適切なサイズ以下である」とマイクロコンピュータ101は判断する。 In step S118, the order humidity change amount in the heating chamber 10 is variation than that corresponding to the reference value, "food 12 is less than the appropriate size," and the microcomputer 101 determines. したがって、マイクロコンピュータ101は、食品12のサイズが適切である旨を第3のアドバイスの内容として決定する。 Therefore, the microcomputer 101, the size of the food 12 to determine that it is suitable as a content of the third advice. これにより、食品12のサイズが適切である旨を示す画像が液晶表示部6に表示される。 Thus, the image size of the food 12 indicating that proper is displayed on the liquid crystal display unit 6. その後、処理はステップS119に進む。 After that, the process proceeds to step S119.

一方、ステップS117aにおいては、加熱庫10内の湿度変化量が基準値に相当する変化量未満であるため、「食品12は適切なサイズより大きい」とマイクロコンピュータ101は判断する。 On the other hand, in step S117a, since the humidity change amount in the heating chamber 10 is variation less than that corresponding to the reference value, "food 12 appropriately sized greater than" and the microcomputer 101 determines. したがって、マイクロコンピュータ101は、食品12のサイズが大き過ぎる旨を第3のアドバイスの内容として決定する。 Therefore, the microcomputer 101 determines the effect size of the food 12 is too large as the contents of the third advice. これにより、食品12を分割するようにユーザにアドバイスする画像(たとえば「料理を小さく切り分けてから加熱して下さい。」という文字)が液晶表示部6に表示される。 Thus, the image ( "Please heated isolate small dishes." For example as characters) to advise the user to divide the food product 12 is displayed on the liquid crystal display unit 6. その後、処理はステップS118aに進む。 After that, the process proceeds to step S118a. このように、マイクロコンピュータ101は、湿度センサ72aの測定値と加熱により消費される電力量との割合を示す加熱効率を指標値として演算する。 Thus, the microcomputer 101 calculates the heating efficiency indicating a ratio of the amount of power consumed by the heating and the measurement value of the humidity sensor 72a as an index value. 液晶表示部6は、指標値と基準値との間の大小関係、および指標値と基準値との間の差分に基づいて、複数の画像のうちの対応する画像を表示する。 The liquid crystal display unit 6, based on a difference between a magnitude relation, and the index value and the reference value between the index value and the reference value, displays a corresponding image among the plurality of images.

ステップS118aにおいて、ユーザは、液晶表示部6に表示されたアドバイスの内容に沿った対応をするか否かを判断する。 In step S118a, the user determines whether a corresponding along the content of the advice is displayed on the liquid crystal display unit 6. ユーザがアドバイスの内容に沿った対応をする場合(ステップS118aにおいてYES)、処理はステップS118bに進む。 If the user corresponding in line with the contents of the advice (YES in step S118a), the process proceeds to step S118b. 一方、ユーザがアドバイスの内容に沿った対応をしない場合(ステップS118aにおいてNO)、処理はステップS119に進む。 On the other hand, if the user does not the correspondence along with the contents of the advice (NO in step S118a), the process proceeds to step S119.

ステップS118bにおいて、ユーザは、液晶表示部6に表示されたアドバイスの内容に沿って、食品12を分割する。 In step S118b, the user, along with the contents of the advice is displayed on the liquid crystal display unit 6, to divide the food 12. その後、処理はステップS111に戻る。 Thereafter, the process returns to step S111.

ステップS119において、タイマのカウント値は初期値にリセットされる。 In step S119, the count value of the timer is reset to the initial value. タイマは、初期値からカウントを再び開始する。 Timer, again starts to count from the initial value. その後、処理はステップS115に戻る。 After that, the process returns to step S115.

本実施の形態によれば、ユーザがアドバイスの内容に沿って、適切なサイズになるように食品12を複数に分割した場合には、食品12の内部にまで熱が伝わり易くなる。 According to this embodiment, the user along with the contents of the advice, the case of dividing the food 12 to be the appropriate size to more than one, easily heat is conducted into the interior of the food 12. したがって、食品12の加熱により消費される電力量を低減することができる。 Therefore, it is possible to reduce the amount of power consumed by the heating of the food 12. また、加熱時間を短縮することもできる。 It is also possible to shorten the heating time.

実施の形態6では、湿度センサ72が加熱庫10内の湿度を測定することが、加熱庫10内の状態の測定に対応する。 In the sixth embodiment, the humidity sensor 72 measures the humidity in the heating chamber 10 corresponds to the measurement state in the heating chamber 10. 上述のように、加熱による食品12の湿度上昇率と、加熱により消費される電力量との割合を示す加熱効率が演算される。 As described above, the humidity increase rate of the food 12 by heating, the heating efficiency indicating a ratio of the amount of power consumed by the heating is calculated. 加熱効率が基準値未満である場合、マイクロコンピュータ101は、食品12を複数個に分割する旨を第3のアドバイスの内容として決定する。 If the heating efficiency is less than the reference value, the microcomputer 101 determines that it will divide the food 12 into a plurality as the contents of the third advice. 実施の形態4と同様に、実施の形態6においても、ユーザがアドバイスに沿って食品12を複数個により分割することにより、食品12を加熱に適切なサイズにすることができる。 Like the fourth embodiment, also in the sixth embodiment, when the user divides the plurality of food 12 along the advice it can be a food 12 to the appropriate size to heating. この場合、食品12が効率が良く加熱される。 In this case, the food 12 efficiency is heated well. したがって、食品12の加熱により消費される電力量が低減される。 Therefore, the amount of power consumed by the heating of the food 12 can be reduced. また、加熱時間を短縮することもできる。 It is also possible to shorten the heating time.

なお、高出力(たとえば1000W)で食品12を加熱する場合には、食品12の内部にまで熱が伝わり易いか否かはあまり問題にならない。 In the case of heating food 12 at high power (eg 1000W) are either prone or not heat is transferred to the inside of the food 12 does not become a serious problem. 一方、高出力でない(たとえば400W〜500W)場合には、この問題が顕著になる。 On the other hand, if not a high output (e.g. 400W~500W), the problem becomes remarkable. したがって、高出力でない場合にのみ上述の制御をしてもよい。 Therefore, it may be the above-mentioned control only when no high output. あるいは、高出力でない場合には、食品12を分割するようにアドバイスする代わりに、加熱条件を高出力に切替える旨のアドバイスをすることもできる。 Alternatively, if not high power, instead of advised to divide the food 12 may be an advice to the effect that switching the heating condition to a high output.

実施の形態6によれば、食品12の加熱の途中に、食品12を複数個に分割する旨の第3のアドバイスを通知する。 According to the sixth embodiment, during the heating of the food 12, and notifies the third advice to the effect of dividing the food 12 into a plurality. しかし、上記アドバイスは、食品12の加熱の完了後において次回以降の加熱時のための第4のアドバイスとしてユーザに通知することもできる。 However, the advice may be notified to the user as the fourth advice for when the next and subsequent heating after completion of the heating of the food 12.

[実施の形態7] [Embodiment 7]
食品12のサイズが適切なサイズと比べて大きいか否かの判断は、湿度センサ72を用いる場合に限られない。 The size of the food 12 is greater determines whether compared to the appropriate size is not limited to the case of using the humidity sensor 72. 本実施の形態に係る加熱調理器は、食品12の重量を重量センサ73により測定して、食品12のサイズを推定する。 In the cooking device of this embodiment, the weight of the food 12 as measured by the weight sensor 73, and estimates the size of the food 12. また、本実施の形態に係る加熱調理器は、出力が500W以下の場合にのみ、食品12のサイズが適切なサイズと比べて大きいか否かを判断する。 The heating cooker according to the present embodiment, the output only if the 500W or less, the size of the food 12 to determine whether greater or not than the appropriate size.

本実施の形態では、マイクロコンピュータ101がアドバイスを決定するための測定値として、重量センサ73の測定値(すなわち食品12の重量)が用いられる。 In this embodiment, as a measure for the microcomputer 101 determines an advice, measurements of the weight sensor 73 (i.e. the weight of the food 12) is used. 本実施の形態に係る加熱調理器の構成は、実施の形態1に係る加熱調理器1の構成と同様であるので、以後の説明は繰り返さない。 Configuration of the cooking device of this embodiment is the same as the configuration cooking device 1 according to the first embodiment, and therefore description thereof is not repeated. 本実施の形態における食品12の加熱は、マイクロ波、加熱蒸気、または飽和水蒸気による加熱のいずれであってもよい。 Heating of the food 12 in the present embodiment, a microwave may be either heating by steam or saturated steam.

図12は、本発明の実施の形態7に係る加熱調理器における、マイクロコンピュータ101による制御を説明するためのフローチャートである。 12, in the heating cooker according to the seventh embodiment of the present invention, is a flowchart for explaining the control of the microcomputer 101. 図1〜図3および図12を参照して、開始状態とは、加熱調理器に電源が投入された状態、あるいは加熱調理器が待機状態から動作状態に復帰した状態である。 Referring to FIGS. 1 to 3 and 12, the starting state, state power to the heating cooker is turned on, or the heating cooker is in a state of being restored to the operating state from the standby state.

ステップS121において、ユーザは扉3を開けて、食品12を加熱庫10に投入する。 In step S121, the user opens the door 3, to introduce the food 12 in the heating chamber 10.

ステップS122において、トレイ11と食品12の合計の重量が重量センサ73により測定される。 In step S122, the sum of the weight of the tray 11 and the food 12 is measured by the weight sensor 73. この測定値をマイクロコンピュータ101は受ける。 This measurement microcomputer 101 receives. トレイ11の重量は既知であるので、マイクロコンピュータ101は食品12の重量が分かる。 Since the weight of the tray 11 are known, the microcomputer 101 is understood the weight of the food 12.

ステップS123において、ユーザは、食品12の加熱条件を液晶表示部6または操作ボタン7により設定する。 In step S123, the user, the heating condition of food 12 is set by the liquid crystal display unit 6 or the operation button 7.

ステップS124において、ユーザにより設定された加熱条件の消費電力が500W以下であるか否かをマイクロコンピュータ101は判断する。 In step S124, the microcomputer 101 whether the power consumption of the heating condition set by the user is 500W or less determines. 加熱条件の消費電力が500Wより大きい場合(ステップS124においてNO)、処理はステップS128に進む。 If the power consumption of the heating conditions is greater than 500 W (NO in step S124), the process proceeds to step S128. 一方、加熱条件の消費電力が500W以下の場合(ステップS124においてYES)、処理はステップS125に進む。 On the other hand, if the power consumption of the heating conditions of 500W or less (YES in step S124), the process proceeds to step S125.

ステップS125において、食品12の重量を示す重量センサ73の測定値が基準値以上であるか否かをマイクロコンピュータ101は判断する。 In step S125, the microcomputer 101 measurements to or greater than the reference value of the weight sensor 73 indicating the weight of the food 12 determines. 食品12の重量が基準値未満の場合(ステップS125においてNO)、処理はステップS128に進む。 If the weight of the food 12 is less than the reference value (NO in step S125), the process proceeds to step S128. 一方、食品12の重量が基準値以上の場合(ステップS125においてYES)、処理はステップS126に進む。 On the other hand, if the weight of the food 12 is greater than the reference value (YES in step S125), the process proceeds to step S126.

ステップS126においては、食品12の重量が基準値に相当する重量以上であって、かつ、ユーザにより設定された加熱条件の消費電力が500W以下である。 In step S126, a the weight or the weight of the food 12 corresponds to the reference value, and the power consumption of the heating condition set by the user is 500W or less. このため、「食品12は適切なサイズではなく、かつ、高出力でないため食品12の内部にまで熱が伝わりにくい」とマイクロコンピュータ101は判断する。 Therefore, the microcomputer 101 as a "food 12 is not a suitable size, and heat is hardly transmitted to the inside of the food 12 for non-high-power" is determined. したがって、食品12のサイズに対して出力が低すぎる旨をアドバイスの内容として決定する。 Therefore, to determine the effect that the output relative to the size of the food 12 is too low as the content of the advice. すなわち、出力を上げる(第1のアドバイスに相当する)か、あるいは食品12を分割する(第3のアドバイスに相当する)ようにユーザにアドバイスする画像(たとえば「出力を1000Wに上げるか、料理を小さく切り分けてから加熱して下さい。」という文字)が液晶表示部6に表示される。 That is, increase the output (corresponding to the first advice) or to divide the food 12 (corresponding to the third tips) do increase image advising the user (for example, "the output to 1000W, cooking Please heating from isolate small. "characters) is displayed on the liquid crystal display unit 6 that. その後、処理はステップS127に進む。 Thereafter, the processing proceeds to step S127. このように、液晶表示部6は、重量センサ73の測定値と基準値との間の大小関係、および重量センサ73の測定値と基準値との間の差分に基づいて、複数の画像のうちの対応する画像を表示する。 Thus, the liquid crystal display unit 6, based on a difference between a magnitude relation, and the measurement value and the reference value of the weight sensor 73 between the measured value and the reference value of the weight sensor 73, among the plurality of images to display the corresponding image.

ステップS127において、ユーザは、液晶表示部6に表示されたアドバイスの内容に沿った対応をするか否かを判断する。 In step S127, the user determines whether a corresponding along the content of the advice is displayed on the liquid crystal display unit 6. ユーザがアドバイスの内容に沿った対応をする場合(ステップS127においてYES)、処理はステップS127aに進む。 If the user corresponding in line with the contents of the advice (YES in step S127), the process proceeds to step S127a. 一方、ユーザがアドバイスの内容に沿った対応をしない場合(ステップS127においてNO)、処理はステップS128に進む。 On the other hand, if the user does not the correspondence along with the contents of the advice (NO in step S127), the process proceeds to step S128.

ステップS127aにおいて、ユーザは、液晶表示部6に表示されたアドバイスの内容に沿って、出力を上げるか食品12を分割する。 In step S127a, the user, along with the contents of the advice is displayed on the liquid crystal display unit 6, to divide or food 12 increases the output. その後、処理はステップS121に戻る。 After that, the process returns to step S121.

ステップS128において、マイクロコンピュータ101は、食品12の加熱を開始する。 In step S128, the microcomputer 101 starts heating of the food 12.

実施の形態7では、重量センサ73が食品12の重量を測定することが、加熱庫10内の状態(すなわち加熱庫10に食品12が収容された状態)の測定に対応する。 In the seventh embodiment, the weight sensor 73 to measure the weight of the food 12, corresponding to the measured state of the heating chamber 10 (i.e. the state in which the food 12 is accommodated in the heating chamber 10). 上述のように、食品12の重量が基準値以上である場合、マイクロコンピュータ101は、食品12を複数個に分割する旨を第3のアドバイスの内容として決定する。 As described above, when the weight of the food 12 is greater than or equal to the reference value, the microcomputer 101 determines that it will divide the food 12 into a plurality as the contents of the third advice. 実施の形態4,6と同様に、実施の形態7においても、ユーザがアドバイスに沿って食品12を複数個により分割することにより、食品12を加熱に適切なサイズにすることができる。 Similarly to Embodiment 4, 6 of the embodiment, also in the seventh embodiment, when the user divides the plurality of food 12 along the advice can be a food 12 to the appropriate size to heating. この場合、食品12が効率が良く加熱される。 In this case, the food 12 efficiency is heated well. したがって、食品12の加熱により消費される電力量が低減される。 Therefore, the amount of power consumed by the heating of the food 12 can be reduced. また、加熱時間を短縮することもできる。 It is also possible to shorten the heating time.

なお、ユーザにより設定された加熱条件の消費電力を判断するステップ(ステップS124)は省略してもよい。 Steps (step S124) for determining the power consumption of the heating conditions set by the user may be omitted. 多くの場合、一旦加熱庫10に投入した食品12を、加熱庫10から取り出して小さく切り分けるのは、ユーザにとって手間であると考えられる。 Often, the food 12 is once introduced into the heating chamber 10, carve small removed from the heating chamber 10 is believed to be troublesome for the user. 本ステップを含むことにより、食品12を分割する旨のアドバイスをするのが、その効果が大きい場合(出力が500W以下の場合)に限定される。 By including this step, for the advice to the effect of dividing the food 12 is limited when the effect is large (when the output is 500W or less). したがって、分割の効果が小さい場合(たとえば出力が1000Wの場合)にユーザの手間が軽減される。 Therefore, user's workload is reduced when the effect of division is small (for example, if the output is 1000W).

また、本実施の形態によれば、加熱調理器の出力を上げる必要がない場合、あるいは適切なサイズになるように食品12を複数に分割する必要がない場合(ステップS124においてNOまたはステップS125においてNO)には、アドバイスを液晶表示部6に表示せずに加熱を開始する。 Further, according to this embodiment, when there is no need to increase the output of the heating cooker, or to be the appropriate size when it is not necessary to divide the food 12 into a plurality (in NO or step S125 in step S124 NO), the heating is started advice without displaying on the liquid crystal display unit 6. このように、ユーザが何らかの対応をする必要がある場合に限りユーザに通知してもよい。 Thus, the user may notify the user only if it is necessary to some corresponding.

なお、ステップS126において、食品12を分割するようにユーザにアドバイスする画像を表示する際には、ユーザが食品12をどのように分割すれば良いかを併せて表示することが、より好ましい。 Incidentally, in step S126, when displaying an image to advise the user to divide the food 12 to be displayed together whether the user may be divided how the food 12, more preferably. たとえば、重量センサ73により測定された食品12の重量が900gであって、基準値に相当する重量が300gである場合には、ユーザは食品12を300gずつ3つに分割すると良い。 For example, a weight of the food 12 is 900g measured by the weight sensor 73, when the weight corresponding to the reference value is 300g, the user may divide the food 12 into three portions 300g. そのため、液晶表示部6には、「3つに分割してから加熱して下さい」と表示される、あるいは「それぞれ300g以下に分割してから加熱して下さい。」と表示されることが、より好ましい。 Therefore, the liquid crystal display unit 6, to be displayed to be displayed as "Please heated is divided into three", or "Please heated by dividing below 300g respectively." more preferable.

一般に、食品12の加熱に必要な時間は、食品12の重量と比例関係にあると考えられる。 In general, the time required for the heating of the food 12 are considered to be weight and proportion of the food 12. したがって、食品12の重量に対してユーザが設定した加熱時間が長すぎる場合には、マイクロコンピュータ101は、加熱時間を短縮すべき旨の第1のアドバイスの内容を決定してもよい。 Therefore, when the heating time set by the user with respect to the weight of the food 12 is too long, the microcomputer 101, the contents of the first advice to the effect that shortens the heating time may be determined. これにより、食品12の温め過ぎを防止し、その結果として、食品12の加熱により消費される電力量を低減することができる。 This prevents warm too much food 12, as a result, it is possible to reduce the amount of power consumed by the heating of the food 12.

実施の形態7によれば、食品12の加熱の開始前に、食品12を複数個に分割する旨の第3のアドバイスを通知する。 According to the seventh embodiment, before the start of heating of the food 12, and notifies the third advice to the effect of dividing the food 12 into a plurality. しかし、食品12の加熱の途中に上記第3のアドバイスをユーザに通知することもできる。 However, it is also possible in the middle of the heating of the food 12 notifies the third advice to the user. また、食品12の加熱の完了後において次回以降の加熱時のためのアドバイス(第4のアドバイス)としてユーザに通知することもできる。 It is also possible to notify the user as a suggestion for when the next and subsequent heating (4 tips) after completion of the heating of the food 12.

また、実施の形態6,7は、それぞれ単独での実施に限られない。 Further, sixth and seventh embodiment is not limited to the exemplary singly. 湿度センサ72と重量センサ73とを併用することにより、食品12のサイズをより高精度に推定することができる。 The combined use of the humidity sensor 72 and weight sensor 73, it is possible to estimate the size of the food 12 more accurately.

以上のように実施の形態1〜7によれば、測定部(赤外線アレイセンサ71a、サーミスタ71b、湿度センサ72、重量センサ73)により加熱庫10内の状態が測定される。 According to the seventh embodiment as described above, the measurement unit (infrared array sensor 71a, a thermistor 71b, the humidity sensor 72, the weight sensor 73) is a state in the heating chamber 10 by being measured. これら測定値を受けて、マイクロコンピュータ101は加熱庫10内の状態を判断する。 In response to these measurements, the microcomputer 101 determines the state of the heating chamber 10. マイクロコンピュータ101は、加熱の開始前における加熱条件の選択するためのアドバイス(第1のアドバイス)と、加熱の途中においてユーザが加熱条件を変更するためのアドバイス(第2のアドバイス)と、加熱の完了前においてユーザが食品12の状態を変更するためのアドバイス(第3のアドバイス)と、加熱の完了後における次回以降の加熱時のためにユーザに知らせるべきアドバイス(第4のアドバイス)とのうちの少なくとも一つを決定する。 Microcomputer 101, advice for selecting heating conditions before the start of the heating (first advice), advice for the user to modify the heating condition in the course of the heating (second advice), heating and advice for the user to change the state of the food 12 before completion (3 tips), among the advice should inform the user (fourth advice) for at the time of heating after the next after completion of the heating determining at least one of. ユーザがアドバイスの内容に沿って対応することにより、食品12の加熱に消費される電力量が低減される。 By the user corresponding along with the contents of the advice, the amount of power consumed to heat the food 12 can be reduced.

なお、実施の形態1〜7は、単独での実施に限定されず、自由に組み合わせて実施することが可能である。 Incidentally, the first to seventh embodiments is not limited to the embodiments alone, it can be implemented by being freely combined. たとえば、加熱の開始前に通知する場合(実施の形態1〜3,5,7)と加熱の途中に通知する場合(実施の形態4,6)とを組み合わせることができる。 For example, it is possible to combine the case of notifying the middle of the heating when the (Embodiment 1~3,5,7) for notifying before the start of heating and (Embodiment 4 and 6). また、赤外線アレイセンサ71a、サーミスタ71b、湿度センサ72、および重量センサ73により測定した測定値のうちの複数の測定値を用いることで、単一の測定値を用いる場合と比べて、加熱庫10内の状態について一層高精度の判断が可能になる。 The infrared array sensor 71a, by using a plurality of measurement values ​​of the measurement values ​​measured by the thermistor 71b, the humidity sensor 72 and weight sensor 73, as compared to the case of using a single measurement, the heating chamber 10 allowing more accurate determination about the state of the inner.

加熱調理器は、通知部としてスピーカをさらに備えてもよい。 Heating cooker may further include a speaker as the notification unit. 液晶表示部6に画像が表示されるとともに、スピーカからの音声ガイダンスにより注意を喚起することで、ユーザがアドバイスに気付かない可能性が小さくなる。 An image is displayed on the liquid crystal display unit 6, by attention by voice guidance from the speaker, the possibility that the user does not notice the advice is reduced. また、液晶表示部6の代わりにスピーカを備えてもよい。 It may also include a speaker instead of the liquid crystal display unit 6. 一般にスピーカは液晶表示部より安価であるため、製造コストが低減できる。 Generally speaker for less expensive than liquid crystal display unit can be reduced in manufacturing cost.

液晶表示部6に表示される画像は、図9に示した顔のイラストに限定されない。 Image displayed on the liquid crystal display unit 6 is not limited to the face of the illustration shown in FIG. たとえば、加熱庫10内の加熱効率の基準値との差分に基づいて、その差分に対応する個数の葉のイラストを表示してもよい。 For example, based on the difference between the reference value of the heating efficiency of the heating chamber 10, may be displayed leaves illustration number corresponding to the difference. 加熱庫10内の加熱効率が良い場合(図8の波形8a参照)には3つの葉のイラストが表示される。 If the heating efficiency of the heating chamber 10 is good (see the waveform 8a in FIG. 8) is displayed three leaves illustration. そして、差分値が大きくにつれて、表示される個数が2つ(波形8bの場合)、1つ(波形8cの場合)、または0(波形8dの場合)と減少する。 Then, as the difference value is large (in the case of the waveform 8b) number two that are displayed, decreases as one (in the case of the waveform 8c), or 0 (if the waveform 8d). 顔や葉のイラストに限らず、加熱効率を示すメータやゲージを表示することもできる。 Is not limited to the face and leaves of illustration, it is also possible to display the meter or gauge that indicates the heating efficiency. さらに、マイクロコンピュータ101が液晶表示部6に表示させる画像は、指標値と基準値との間の大小関係および指標値と基準値との間の差分に基づいて決定すると限定されない。 Further, the image microcomputer 101 to be displayed on the liquid crystal display unit 6 is not limited and determining based on the difference between the magnitude relation and the index value and the reference value between the index value and the reference value. 実施の形態1,7において、測定値と基準値との間の大小関係および測定値と基準値との間の差分に基づいて、マイクロコンピュータ101が液晶表示部6に表示させる画像を決定することもできる。 In Embodiment 1, 7 of the embodiment, based on the difference between the magnitude relationship and the measurement value and the reference value between the measured value and the reference value, determining the image microcomputer 101 to be displayed on the liquid crystal display unit 6 It can also be.

実施の形態1〜7では、マイクロ波、加熱蒸気、または飽和水蒸気により加熱する場合について説明した。 In the first to seventh embodiments has described the case of heating by microwave, heating steam or saturated steam. しかし、加熱の方式はこれらに限定されず、オーブン加熱の場合でも同様の効果を得ることができる。 However, the method of heating may be is not limited to, the same effect even in the case of oven heating. オーブン加熱の場合、オーブンヒータが「加熱部」に対応する。 In the case of oven heating, oven heater corresponds to the "heating unit".

[実施の形態8] [Embodiment 8]
図13は、本発明の実施の形態8に係る冷蔵庫の側面断面図である。 Figure 13 is a side cross-sectional view of a refrigerator according to the eighth embodiment of the present invention. 冷蔵庫本体201内には、上から冷蔵室202、冷凍室203および野菜室204が設けられており、冷蔵室202および冷凍室203には、それぞれ室内の温度を検知する冷蔵室センサ210および冷凍室センサ211としてサーミスタが配されている。 In the refrigerator body 201, the refrigerating compartment 202 from above, is provided with a freezing compartment 203 and vegetable compartment 204, the refrigerating compartment 202 and freezer compartment 203, the refrigerating compartment sensor 210 and freezer compartment senses the temperature of the room, respectively thermistor is arranged as a sensor 211. 冷凍室203の後方には、圧縮機208の駆動により空気を冷却するための冷却器212と、冷却された(冷気)を送出する送風機218とから構成される冷却装置が配されており、さらに、冷却器212の近傍には除霜を行う除霜ヒータ213が配されている。 Behind the freezer compartment 203, and the cooler 212 for cooling the air by driving the compressor 208, the cooling device has been provided consisting of a cooled (cold) sends the blower 218., further It is arranged defrosting heater 213 to perform defrosting in the vicinity of the cooler 212.

また、冷却器212と各貯蔵室との間には、冷却器212で冷却した冷気を各貯蔵室に供給するための流通路206が形成されている。 Between the cooler 212 and the storage chamber, the flow path 206 for supplying the cool air cooled by the cooler 212 to each storage compartment is formed. 流通路206には、冷蔵室202、冷凍室203及び野菜室204に冷気を吐出する吐出口219、220および221がそれぞれ設けられている。 The flow passage 206, the refrigerating compartment 202, the discharge port 219, 220 and 221 to discharge the cool air to the freezing compartment 203 and vegetable compartment 204 are provided.

流通路206のうち、冷却器212から冷蔵室202に至る流通路206aには、流通路206aを開閉する開閉手段としてダンパー207が設けられており、ダンパー207の下流側の流通路206a内にはイオン発生装置205が配されている。 Of flow passage 206, the passage 206a extending from the condenser 212 to the refrigerating compartment 202, the damper 207 is provided as an opening and closing means for opening and closing the flow passage 206a, the inside flow passage 206a on the downstream side of the damper 207 the ion generating device 205 is disposed.

さらに、冷蔵室202と冷凍室203には、それぞれ扉の開閉を検知する扉センサ209が設けられている。 In addition, the refrigerating compartment 202 and freezer compartment 203, a door sensor 209 for detecting the opening and closing of the door respectively are provided. なお、本実施形態においては、イオン発生装置205が流通路206a内に配置されているが、少なくとも放電用電極が流通路206a内に露出していればよい。 In the present embodiment, although the ion generating device 205 is disposed in the flow passage 206a, at least discharge electrodes need only be exposed to the flow passage 206a.

乾燥空気である冷気をイオン発生装置205に供給するための冷気供給手段としては、冷却装置及びダンパー207が用いられている。 The cool air is dry air as cooling air supply means for supplying to the ion generating device 205, a cooling device and a damper 207 is used. すなわち、冷却器212で除湿された冷気は、送風機218によって流通路206に導かれ、ダンパー207が開放されることにより、流通路206aを通ってイオン発生装置205の電極に供給される。 Namely, the dehumidified cold air by the cooler 212 is introduced into the flow passage 206 by the blower 218, by the damper 207 is opened, it is supplied to the electrodes of the ion generating device 205 through the flow passage 206a.

また、冷蔵庫本体は、外気温センサ214、ヒーター215、湿度センサ216および開閉検知スイッチ207aが設けられる。 Also, the refrigerator body, the outside air temperature sensor 214, heater 215, the humidity sensor 216 and close detection switch 207a is provided.

尚、冷蔵庫本体201には、図示しない制御装置によって動作制御を行っている。 Incidentally, the refrigerator body 201, and controls the operation by a control unit not shown. また、冷蔵庫本体201は、音声発生部250または図示しない表示部を有し、その動作制御を制御装置で行っており、表示または音声によるアナウンスを行うことができる。 Also, the refrigerator body 201 has a display unit for voice generating unit 250 or not illustrated, and performs its operation controlled by the control device, it is possible to perform an announcement by the display or voice. つまり、制御装置は、冷蔵庫本体201の動作状態を制御するとともに、その動作状態を判定する機能も有している。 That is, the control unit controls the operating state of the refrigerator body 201 also has a function determines its operating state. そして、その判定結果に基づいて表示または音声によるアナウンスを行っている。 Then it is performed the announcement by the display or voice based on the determination result. 本実施形態では、省エネ報知部として、音声発生部250または表示部を用いている。 In the present embodiment, as energy-saving notification unit uses a voice generating unit 250 or the display unit.

図14は、本発明の実施の形態8に係る冷蔵庫の構成を示すブロック図である。 Figure 14 is a block diagram showing the refrigerator of a configuration according to the eighth embodiment of the present invention. 制御装置222は、マイクロコンピュータから構成されており、その入力側には、冷蔵室202や冷凍室203などの扉の開閉を検知する扉センサ209と、冷蔵室の温度を検出する冷蔵室センサ210と、冷凍室の温度を検出する冷凍室センサ211と、庫外の温度を検出する外気温センサ214と、庫内(冷蔵室202)の湿度を検出する湿度センサ216と、ダンパー7の開閉を検知するダンパー開閉検知スイッチ207aが設けられている。 Controller 222 is constituted by a microcomputer, the input side thereof, a door sensor 209 for detecting the opening and closing of the doors, such as refrigerator compartment 202 and freezer compartment 203, the refrigerating compartment sensor 210 for detecting the temperature of the refrigerating compartment If a freezing compartment sensor 211 for detecting the temperature of the freezing compartment, the outside air temperature sensor 214 for detecting the temperature outside the refrigerator, a humidity sensor 216 for detecting the humidity in the refrigerator (refrigerating compartment 202), the opening and closing of the damper 7 damper closing detection switch 207a for detecting are provided.

制御装置222の出力側には、駆動回路を介してダンパー207と、圧縮機208と、送風機218と、イオン発生装置205とが設けられている。 The output side of the control device 222 includes a damper 207 via a drive circuit, a compressor 208, a blower 218 is provided with the ion generating device 205.

本実施形態では、冷蔵室センサ210、冷凍室センサ211および外気温センサ214により検出した結果、庫内温度が外気温度を超えたときや、庫内温度がドアを閉めて所定時間後にある一定以上の温度まで上昇したときに、制御装置222により判定されて、「熱いものは、冷ましてから入れてね」とアナウンスして省エネを喚起している。 In this embodiment, the refrigerating compartment sensor 210, the result detected by the freezer compartment sensor 211 and ambient temperature sensor 214, when the inside temperature exceeds the ambient air temperature or above a certain level in the predetermined time after the internal temperature close the door when raised to the temperature, it is determined by the controller 222, the "hot ones, cool it and put from" announces that arouse energy saving.

また、扉センサ209により検知した結果、所定の期間内における扉の開閉回数や累積開時間が所定量を超えたときに、制御装置222により判定されて、「ドアを開けている時間はなるべく短くして省エネしましょう」とアナウンスして省エネを喚起している。 As a result of detection by the door sensor 209, when the opening and closing times and accumulated opening time of the door within a predetermined time period exceeds a predetermined amount, it is determined by the control unit 222, the time the housing is open "doors as short as possible has aroused energy saving announced that let energy saving "and.

また、冷蔵室センサ210および冷凍室センサ211により検出した結果、食品を詰め込み過ぎて、庫内の冷却速度が所定の値よりも遅くなったときに、制御装置222により判定されて、「庫内に詰め込みすぎないようにしてね」とアナウンスして省エネを喚起している。 Moreover, results of detection by the refrigerating compartment sensor 210 and the freezing compartment sensor 211, too packed food, when the cooling rate in the refrigerator becomes slower than a predetermined value, it is determined by the control unit 222, "the refrigerator It has aroused energy-saving and announced that the'd "not be too stuffed to.

また、外気温センサ214により検出した結果、外気温度が所定の温度以上の場合にドアを開けたときに、制御装置222により判定されて、「気温が高いからドアの開閉は、できるだけすばやくしてね」とアナウンスして省エネを喚起している。 Moreover, results of detection by the outside air temperature sensor 214, when the outside air temperature is opened the door in case of more than a predetermined temperature, is determined by the control device 222, closing because "temperature is high door, and as quickly as possible has aroused energy saving announced that it ".

図15は、本発明の実施の形態8の変形例として冷蔵庫の側面断面図を示している。 Figure 15 shows a refrigerator side sectional view a modification of the eighth embodiment of the present invention. 冷蔵室202と冷凍室203とは、断熱仕切り部224によって、仕切られている。 A refrigerating compartment 202 and freezer compartment 203, the heat insulating partition portion 224 are partitioned. 製氷部240は、製氷皿241、製氷モータ242、満氷検知部材243および貯氷容器244を有し、自動的に製氷および離氷を行う。 Ice making unit 240, the ice tray 241, the ice making motor 242 has a full ice detection member 243 and the ice container 244, performs automatic ice making and ice removal.

製氷皿241は、冷凍室203内に配置され、冷蔵庫本体201に着脱自在に取り付けられている。 Ice tray 241 is disposed in the freezing chamber 203, it is detachably attached to the refrigerator body 201. 製氷モータ242は、製氷皿241に連結され、製氷皿241を回転駆動する。 Ice motor 242 is coupled to the ice tray 241, to rotate the ice tray 241. 満氷検知部243は、製氷皿241の下方に、製氷皿241に近接して配置されている。 Full ice detection unit 243, below the ice tray 241 is arranged in proximity to the ice tray 241. 貯氷容器244は、満氷検知部243の下方に配置されている。 Ice container 244 is disposed below the full ice detection unit 243.

製氷モータ242は、製氷皿241を回転してひねることにより、製氷皿241から氷を離脱して貯氷容器244に落下させる(以下、離氷という)。 Ice motor 242 by twisting by rotating the ice tray 241, ice disengaged is dropped into the ice storage container 244 from the ice tray 241 (hereinafter, referred to as ice removal). この離氷後、製氷モータ242は、製氷皿241を反転して元の水平状態に戻す。 After the ice removal, ice motor 242 returns to its original horizontal state by inverting the ice tray 241.

満氷検知部243は、製氷モータ242の動作に連動して、下方に移動して貯氷容器244内の氷の量を検知する。 Full ice detection unit 243, in conjunction with the operation of the ice making motor 242, moves downward to detect the amount of ice in the ice storage container 244. 満氷検知部243によって貯氷容器244内が「満氷」と判定されると、製氷モータ242は、離氷動作を行わない。 When the ice storage container 244 is determined as "full ice" by full ice detection unit 243, the ice making motor 242 does not perform the ice removing operation. 一方、満氷検知部243によって貯氷容器244内が「満氷でない」と判定されると、製氷モータ242は、離氷動作を行う。 On the other hand, when the ice storage container 244 is determined as "not fully ice" by the full ice detection unit 243, the ice making motor 242 performs the ice removing operation.

給水部230は、貯水タンク235、給水ポンプ231および導水管232、233を有し、この貯水タンク235内の水を製氷皿241に供給する。 Water supply unit 230, water storage tank 235 has a feed pump 231 and conduit 232, 233, for supplying water in the water storage tank 235 to the ice tray 241.

貯水タンク235は、冷蔵室202内に配置され、水を貯溜する。 Water storage tank 235 is disposed in fresh food compartment 202 and the reservoir of water. 給水ポンプ231は、貯水タンク235の上方に配置されている。 Water supply pump 231 is disposed above the water storage tank 235. 貯水タンク235と給水ポンプ231とは、一方の導水管232によって結ばれ、給水ポンプ231と製氷皿241とは、他方の導水管233によって結ばれている。 A water storage tank 235 and the water supply pump 231 is connected by one conduit 232, the water supply pump 231 and the ice tray 241 is connected by the other conduit 233. 給水ポンプ231は、貯水タンク235内の水を、導水管232、233を介して、製氷皿241に供給する。 Water supply pump 231, the water in the water storage tank 235, via the water conduit 232 and 233, and supplies the ice tray 241.

断熱仕切り部224には、製氷センサ226が設けられている。 The heat insulating partition portion 224, the ice sensor 226 is provided. この製氷センサ226は、製氷皿241から離隔して製氷皿241の上方に配置され、製氷皿241の内部の状態を非接触で検知する。 The ice sensor 226 is disposed above the ice tray 241 to be separated from the ice tray 241, to detect the internal state of the ice tray 241 in a non-contact manner. 製氷皿241の内部の状態とは、水の有無や製氷完了である。 The interior of the state of the ice tray 241 is the presence or absence of water or ice making completion.

図示しない制御部は、製氷センサ226の検知結果に基づいて、給水部10および製氷部240を制御する。 Control unit, not shown, based on the detection result of the ice sensor 226, controls the water supply unit 10 and the ice making unit 240. つまり、製氷センサ226によって、製氷皿241の内部の状態が、水が無い状態であると検知されると、制御部は、給水部230の給水ポンプ231を作動して、製氷皿241に水を供給する。 That is, the ice making sensor 226, the internal state of the ice tray 241, when it is detected that the water is no state, the control unit operates the water supply pump 231 of the water supply unit 230, the water in the ice tray 241 supplies. 製氷センサ226によって、製氷皿241の内部の状態が、製氷が完了した状態であると検知されると、制御部は、製氷部240の製氷モータ242を作動して、製氷皿241から氷を離脱させる。 The ice sensor 226, the internal state of the ice tray 241 is detected as a state where the ice is completed, the controller operates the ice making motor 242 of the ice making unit 240, leaving the ice from the ice tray 241 make. なお、制御部は、満氷検知部243の検知結果に基づいて、離氷動作を制御する。 The control unit, based on a detection result of the full ice detection unit 243, controls the ice removing operation.

本実施形態の変形例では、製氷センサ226により検知した結果、所定の期間の間に製氷皿241の氷の量が所定量を上回る時間が所定の時間より長いときや、自動製氷機能などの製氷動作が所定の期間に1回も行われていないときに、制御装置222により判定されて、「最近氷を使ってないね。製氷機能をOFFにしますか?」や「貯めておく氷の量を少なく設定すると省エネになるよ」とアナウンスして省エネを喚起している。 In a variation of this embodiment, a result of the detection by the ice sensor 226, and when the time the amount of ice of the ice tray 241 for a predetermined period exceeds a predetermined amount longer than a predetermined time, the ice making such automatic ice feature when the operation is not performed even once a predetermined period of time, it is determined by the control device 222, "you do not use the most recent ice. are you sure that you want to the ice making function to OFF?" the amount of ice to be accumulated and " It has aroused energy-saving and announced that if the least set'll become the energy saving ".

[実施の形態9] [Embodiment 9]
図16は、本発明の実施の形態9に係る照明装置の外観を示す正面斜視図である。 Figure 16 is a front perspective view showing an appearance of a lighting apparatus according to a ninth embodiment of the present invention. 照明装置301は、シャーシ302、透光性カバー303、センターカバー304および信号送受信部305が設けられている。 Illumination apparatus 301, a chassis 302, the translucent cover 303, the center cover 304 and the signal transceiver 305 is provided.

シャーシ302は、図示しない光源、電源部、制御部および電源カバーを保持する保持体であり、アダプタにより被取付部材に取り付けられている。 Chassis 302 is a holding member for holding the light source (not shown), the power supply unit, control unit and power supply cover is attached to the mounting member by the adapter. また、シャーシ302は、中央に円穴を有する円板状であり、アルミニウム等の金属製である。 Further, the chassis 302 is a disk-shaped having a circular hole in the center, is made of a metal such as aluminum. シャーシ302は、円穴の周囲に、円穴に同心をなして、アダプタに保持される環状の天井取付部を有している。 Chassis 302 around the circular hole, forms a concentric circle hole, and a ceiling mount of the annular held in the adapter.

透光性カバー303は、シャーシ302に対して、LED(Light Emitting Diode)などの光源からの光を透過するために設けられている。 Translucent cover 303, the chassis 302 is provided for transmitting light from a light source such as a LED (Light Emitting Diode).

センターカバー304は、照明装置の被取付部材への取付けおよび取外しを行うために設けられたものであり、センターカバー304を設けることにより、透光性カバー303を取り外す必要がない。 Center cover 304 is provided in order to perform the mounting and removal of the member being attached to the lighting device, by providing a center cover 304, there is no need to remove the translucent cover 303.

信号送受信部305は、ネットワーク機器などからの情報を受信して図示しない制御部へ送信したり、制御部からの情報をネットワーク機器などへ送信している。 Signal transmitting and receiving unit 305, and transmits to the control unit (not shown) to receive information from the network devices and the like are transmitting information from the control unit to such a network device.

また、照明装置301は、音声発生部310または図示しない表示部を有し、その動作制御を制御部で行っており、表示または音声によるアナウンスを行うことができる。 The illumination device 301 includes a display unit for voice generating unit 310 or not illustrated, and performs its operation controlled by the control unit, it is possible to perform an announcement by the display or voice. つまり、制御部は、照明装置301の動作状態を制御するとともに、その動作状態を判定する機能も有している。 That is, the control unit controls the operation state of the lighting apparatus 301 also has a function determines its operating state. そして、その判定結果に基づいて表示または音声によるアナウンスを行っている。 Then it is performed the announcement by the display or voice based on the determination result. 本実施形態では、省エネ報知部として、音声発生部310または表示部を用いている。 In the present embodiment, as energy-saving notification unit uses a voice generating unit 310 or the display unit.

また、照明装置301は、図示しない制御部によって、輝度情報を制御している。 The illumination apparatus 301, a control unit, not shown, and controls the luminance information.

本実施形態では、ある部屋において、照明装置301以外である他の電気機器が動作中であるときに、その電気機器が動作中であるという情報がネットワーク機器に送信される。 In the present embodiment, in a room, when other electrical appliances other than the lighting apparatus 301 is in operation, information that the electric device is in operation are transmitted to the network device. また、照明装置からも輝度情報がネットワーク機器に送信される。 The luminance information is transmitted to the network device from the lighting device. そして、照明装置301が明かりを付けていないが、照明装置301以外である他の電気機器が動作中であるとネットワーク機器が判断したとき、ネットワーク機器から明かりが付いている別の部屋の照明装置301にその情報を送信し、ネットワーク機器からの情報を照明装置301の信号送受信部305で受信した結果、制御部により判定されて、照明装置301を点滅させたり、「明かりが付いていない部屋の電子機器の電源が切られていません」とアナウンスして省エネを喚起している。 Then, although the lighting device 301 is not put the lights, when other electrical appliances other than the lighting apparatus 301 determines that the network device is in operation, the lighting device of another room with the lights from the network device 301 and sends the information as a result of receiving the information from the network device in signal transmission and reception unit 305 of the illumination device 301, it is determined by the control unit, or blink the illumination device 301, a room does not have a "lights has aroused energy saving announced that electronic power supply of the device has not been turned off. " 尚、照明装置301の点滅は、明かりが付いていない部屋で電子機器の電源が切られていないことを示している。 Incidentally, blinking of the lighting device 301 indicates that uncut power electronic devices in the room does not have a light. また、ネットワーク機器において、特定の電子機器を登録して、その電子機器が動作中であることがわかるようにすれば、使用性が向上する。 Further, in the network device, it registers the specific electronic equipment, if such it can be seen that the electronic device is in operation, usability is improved.

また、照明装置301の点灯時間が長時間に亘るときに、制御部により判定されて、「こまめに消灯してください」や「輝度を落とすと省エネになりますよ」とアナウンスして省エネを喚起している。 In addition, it evoked when the lighting time of the lighting device 301 over a long period of time, it is determined by the control unit, energy-saving and announced that "Please diligently off" or "I will be in energy-saving and reducing the brightness" doing.

また、音声ガイダンスを行う他の電気機器が「扉が開いたままになっていますよ」などの音声アナウンスをしているときに、その情報がネットワーク機器に送信され、ネットワーク機器からの情報を同じ部屋の照明装置301の信号送受信部305で受信した結果、制御部により判定されて、照明装置301を点滅させている。 In addition, when the other electrical devices that perform the voice guidance is a voice announcement, such as "I have become to leave the door open", the information is sent to the network device, the same information from the network equipment room result received by the signal receiving unit 305 of the illumination device 301, it is determined by the control unit, and flashes the lighting device 301. 尚、照明装置301の点滅は、同じ部屋で音声ガイダンスが行われていることを示しており、別の部屋にいても、どの部屋で音声ガイダンスが行われているかが分かり易くなる。 Incidentally, blinking of the lighting device 301 indicates that the voice guidance is performed in the same room, can have in another room, easily see whether the voice guidance is being performed in any room. 音声ガイダンスを行う電気機器の省エネを喚起している。 It has aroused energy-saving electrical equipment to perform the voice guidance.

また、ある部屋において、照明装置301で明かりが付いている場合、輝度情報がネットワーク機器に送信される。 Further, in a room, if marked with lights in the lighting device 301, the luminance information is transmitted to the network device. そして、別の部屋において、ネットワーク機器からの情報を照明装置301の信号送受信部305で受信した後、その部屋の照明装置301の明かりを付けたときに、または、その部屋の照明装置301の明かりを付けたときにネットワーク機器からの情報を照明装置301の信号送受信部305で受信して、制御部により判定されて、「○○部屋の照明装置は消し忘れではないですか?」とアナウンスして省エネを喚起している。 Then, in another room, after receiving the information from the network device in signal transmission and reception unit 305 of the illumination device 301, when attached to the light of the illumination device 301 of the room, or lights of the illumination device 301 of the room receives information from the network device in signal transmission and reception unit 305 of the illumination device 301 when attached to, is determined by the control unit, it announces a "is not a forgetting the lighting device ○○ room or?" It has aroused energy-saving Te.

[実施の形態10] [Embodiment 10]
図17は、本発明の実施の形態10に係る空気清浄機の外観を示す正面斜視図である。 Figure 17 is a front perspective view showing an appearance of an air purifier according to Embodiment 10 of the present invention. 空気清浄機401は、脱臭及び集塵による空気清浄機能と、正イオンおよびび負イオンによる空気清浄機能と、空気加湿機能とを有する。 Air purifier 401 includes an air cleaning function by deodorizing and dust collecting, and air cleaning function by the positive ions and fine negative ions, an air humidifying function.

空気清浄機401は、縦型直方体状の筐体406を備えている。 Air purifier 401 has a vertical rectangular parallelepiped housing 406. 筐体406は、前面部461、および天面カバー462を有するとともに、図示しないが、後カバーも有する。 Housing 406, which has a front portion 461 and the top cover 462, although not shown, also has a rear cover. また、空気清浄機401は、操作パネル402を備え、筐体406の天面カバー462に配されている。 The air cleaner 401, an operation panel 402 are arranged on the top surface cover 462 of the housing 406. さらに、空気清浄機401は、内部に通風路を有しており、通風路には吸込口441および吹出口442が設けられている。 Furthermore, the air cleaner 401 has an internal air passage, the inlet 441 and outlet 442 is provided in the ventilation path.

吸込口441は、筐体406の前面部461に開口しており、吸込口441を介して空気清浄機401の外部と吸込室とが連通している。 Inlet 441 is open to the front portion 461 of the housing 406, through the inlet 441 and the outside and the suction chamber of the air cleaner 401 is communicated.

前面部461は、前パネル461aと、後カバーに対向配置された前カバー461bとを有し、吸込口441は、前カバー461bに設けられている。 Front section 461, before has a panel 461a, a front cover 461b disposed opposite the rear cover, the suction port 441 is provided on the front cover 461b. 前パネル461aは、吸込口441の上方および左右両側方を前側から被覆している。 Front panel 461a covers the upper and right and left both sides of the suction opening 441 from the front side. 前パネル461aと前カバー461bとの間には、吸込口441の前下側から吸込口441へ空気が流入可能であるように、適宜の空間が設けられている。 Between the front panel 461a and the front cover 461b, so that the air from the lower front side of the suction port 441 to the inlet 441 can flow, the appropriate space is provided. 吹出口442には、ルーバ443が配してある。 The air outlet 442, the louvers 443 are arranged. ルーバ443は、吹出口442を介して吹き出した空気が室内の中央部分に到達し易いように、空気が流れる向きを規制する。 Louver 443, the air blown out through the air outlet 442 so as to facilitate reaching the central portion of the chamber, regulating the direction of air flow.

空気清浄機401は、操作パネル402により、脱臭及び集塵による空気清浄機能と、正イオンおよび負イオンによる空気清浄機能と、空気加湿機能の切り替えを行うが、図示しない制御部で動作制御が行われている。 Air purifier 401, the operation panel 402, the air cleaning function by deodorizing and dust collecting, and air cleaning function by the positive ions and negative ions, to switch the air humidifying function, operation control is line with a control unit (not shown) are we. また、空気清浄機401は、湿度センサ410および汚れセンサ411を有しており、その情報を制御部に送信している。 The air cleaner 401 includes a humidity sensor 410 and dirty sensor 411, and transmits the information to the control unit. また、空気清浄機401は、図示しないイオン発生デバイスを有しており、正イオンおよび負イオンを発生している。 The air cleaner 401 has an ion generating device, not shown, and generates positive and negative ions.

また、空気清浄機401は、音声発生部480または図示しない表示部を有し、その動作制御を制御部で行っており、表示または音声によるアナウンスを行うことができる。 The air cleaner 401 includes a display unit, not voice generating unit 480 or shown, and performs its operation controlled by the control unit, it is possible to perform an announcement by the display or voice. つまり、制御部は、空気清浄機401の動作状態を制御するとともに、その動作状態を判定する機能も有している。 That is, the control unit controls the operation state of the air cleaner 401 also has a function determines its operating state. そして、その判定結果に基づいて表示または音声によるアナウンスを行っている。 Then it is performed the announcement by the display or voice based on the determination result. 本実施形態では、省エネ報知部として、音声発生部480または表示部を用いている。 In the present embodiment, as energy-saving notification unit uses a voice generating unit 480 or the display unit.

本実施形態では、加湿機能をオンにしている場合に、湿度センサ410により湿度を検知して、湿度調整をしなくても最適湿度が一定時間持続されていることが制御部により判定されて、「加湿機能をオフにしても良いんじゃない?」や「加湿機能の出力を下げてください」とアナウンスして省エネを喚起している。 In this embodiment, if you turn on the humidifying function, by detecting the humidity by the humidity sensor 410, that the optimum humidity without the humidity control is sustained certain time is determined by the control unit, It has aroused energy-saving and announcement as "not it may be to turn off the humidifying function?" and "Please lower the output of the humidification function".

また、脱臭及び集塵による空気清浄機能をオンしている場合に、汚れセンサ411により空気中の粉塵の量を検出して、粉塵が少量しか検出されず一定時間持続されていることが制御部により判定されて、「脱臭及び集塵による空気清浄機能をオフにしても良いんじゃない?」や「脱臭及び集塵による空気清浄機能を下げて省エネしても大丈夫ですよ」や「空気がきれいになりました」とアナウンスして省エネを喚起している。 Also, if you are on the air cleaning function by deodorizing and dust collecting, by detecting the amount of dust in the air by dirt sensor 411, that the dust is sustained only detected without a certain time a small amount controller It is determined by, "deodorizing and not it may be to turn off the air-cleaning function of the dust collection?" and "it's okay to save energy by reducing the air cleaning function by deodorizing and dust collecting" and "air is clean has aroused energy saving announced that it has been ".

また、正イオンおよび負イオンによる空気清浄機能をオンにしている場合に、臭いセンサ411により空気中の粉塵を検出して、粉塵が少量しか検出されず一定時間持続されていることが制御部により判定されて、「イオンによる空気清浄機能をオフにしても良いんじゃない?」や「イオンによる空気清浄機能を下げて下さい」とアナウンスして省エネを喚起している。 Also, if you turn on the air cleaning function by positive ions and negative ions, the odor sensor 411 detects the dust in the air, by the control unit which dust is sustained constant without being detected only small amounts time it is determined, and stimulate energy-saving and announcement as "not it may be to turn off the air-cleaning function of the ion?" and "Please lower the air cleaning function of the ion".

また、例えば、生鮮食品の加工場などにおいては、室温設定を15℃など、室温にしては比較的低温度に設定して、食品を衛生的に保つ必要がある。 Further, for example, in such processing factories fresh food, such as 15 ℃ the temperature setting, is set to a relatively low temperature in the room, it is necessary to keep the food hygienic. そういった環境において、正イオンおよび負イオンによる空気清浄機能をオンにしている場合に、制御部で判定されて、「エアコンの冷房の設定温度を3度上昇させることができます」とアナウンスして空気調和機の省エネと作業者の作業環境の緩和を喚起している。 In such a environment, if you turn on the air cleaning function by positive ions and negative ions, it is determined by the control unit, announces a "can be increased three times the set temperature of the air conditioner in cooling" with air It has aroused energy conservation and mitigation of the operator of the work environment of the conditioner.

また、空気清浄機401のイオン発生デバイスの使用累計時間が寿命時間近くになったときに、制御部で判定されて、「イオン発生デバイスを交換してください、機能が低下します」とアナウンスして省エネを喚起している。 In addition, when using the cumulative time of the ion generating device of air cleaner 401 has become close to the life time, it is determined by the control unit, it announced that "Please replace the ion generating device, function will be reduced." It has aroused energy-saving Te.

尚、本実施形態では、空気清浄機として説明しているが、それに限定されず、例えば、加湿器やイオン発生器などにも適用可能である。 In the present embodiment has been described as an air cleaner, not limited thereto, for example, it can be applied to humidifier or ion generator.

[実施の形態11] [Embodiment 11]
図18は、本発明の実施の形態11に係る空気調和機の外観を示す正面斜視図である。 Figure 18 is a front perspective view showing an appearance of an air conditioner according to Embodiment 11 of the present invention. 空気調和機501は、室内機502、室外機503、および配管504を備えている。 The air conditioner 501 includes an indoor unit 502, an outdoor unit 503, and the pipe 504.

室内機502は、冷房や暖房を行う部屋に取り付けられており、図示しない室内温度センサを有し、内部には図示しないフィルタが設けられている。 The indoor unit 502 is attached to the room in which the cooling or heating, has a room temperature sensor not shown, the filter (not shown) is provided inside. また、室内機502は、冷房運転や暖房運転の動作制御を図示しない制御部で行っている。 Further, the indoor unit 502 is performed by the control unit (not shown) controls the operation of cooling operation and heating operation. 室外機503は、屋外に設置されており、図示しない室外温度センサを有している。 The outdoor unit 503 is installed outdoors, and has an outdoor temperature sensor (not shown). 配管504は、室内機502と室外機503の間で冷媒を循環させている。 Pipe 504 by circulating coolant between the indoor unit 502 and outdoor unit 503.

また、空気調和機501は、音声発生部510または図示しない表示部を有し、その動作制御を制御部で行っており、表示または音声によるアナウンスを行うことができる。 The air conditioner 501 includes a display unit for voice generating unit 510 or not illustrated, and performs its operation controlled by the control unit, it is possible to perform an announcement by the display or voice. つまり、制御部は、空気調和機501の動作状態を制御するとともに、その動作状態を判定する機能も有している。 That is, the control unit controls the operating state of the air conditioner 501 also has a function determines its operating state. そして、その判定結果に基づいて表示または音声によるアナウンスを行っている。 Then it is performed the announcement by the display or voice based on the determination result. 本実施形態では、省エネ報知部として、音声発生部510または表示部を用いている。 In the present embodiment, as energy-saving notification unit uses a voice generating unit 510 or the display unit. 尚、表示部や音声発生部は、室内機502本体にあっても良いし、図示しない遠隔操作装置(リモコン)にあっても良い。 Note that the display unit and audio generator portion may be in the indoor unit 502 body may be in the remote control device (not shown) (remote control).

本実施形態では、冷房運転時に室外機503の温度センサで検知した室外温度が室内機502の温度センサで検知した室内温度(または設定温度)より低くなる場合に、制御部により判定されて、「窓を開けた方がいいですよ」や「外の気温の方が低いですよ」とアナウンスして省エネを喚起している。 In the present embodiment, when the outdoor temperature detected by the temperature sensor of the outdoor unit 503 during the cooling operation is lower than the room temperature detected by the temperature sensor of the indoor unit 502 (or the set temperature), is determined by the control unit, " has aroused energy-saving and announcement'm the better to open the window "and" I towards the outside air temperature is low ". 夏に冷房運転を行っていて、夜になって外気温度が低下する場合を想定してのことであるが、必ずしも、室外の温度が室内温度より低くなる場合だけではなく、室外の温度が有る程度以上低くなったときにアナウンスしても良い。 Have carried out the cooling operation in the summer, but it is of the assumption that the outside air temperature at night drops, necessarily, not only when the outdoor temperature is lower than the room temperature, the outdoor temperature is there it may be announced when it becomes to or higher than lower. また、冬に暖房運転を行っていて、昼になって外気温度が室内温度(または設定温度)より高くなる場合には、制御部により判定されて、「窓を開けた方がいいですよ」や「外の気温の方が高いですよ」とアナウンスして省エネを喚起している。 In addition, if you are performing a heating operation in winter, when the outside air temperature is in the daytime is higher than the room temperature (or set temperature), it is determined by the control unit, "You'd better open the window." It has aroused energy conservation and announces "it is the higher of the outside air temperature".

また、室内機502のフィルタが目詰まりすると、通気性が悪くなるため、冷暖房運転の効率が悪くなる。 Moreover, the filter of the indoor unit 502 is clogged, because the air permeability deteriorates the efficiency of the cooling and heating operations is deteriorated. そのため、室内機502のフィルタ清掃をユーザが行う機種(後述するフィルタ自動清掃機能を有していない機種)の場合、ユーザは定期的にユーザ自身でフィルタ清掃を行った後に、ユーザが室内機502または図示しないリモコンに設けられたリセットキーを押圧することでフィルタ清掃したことを入力することができる。 Therefore, if the model performed by the user filter cleaning of the indoor unit 502 (model that does not have a filter automatic cleaning function described later), after the user went regularly filter cleaning yourself, the user indoor units 502 or it can be input that it has filter cleaning by pressing the reset key provided in the not shown remote control. 一方、室内機502のフィルタ清掃を自動で行うフィルタ自動清掃機能付機種の場合、フィルタ自動清掃機能の動作オン、オフを切り替えることができる。 On the other hand, if the model with an automatic filter cleaning function for filter cleaning of the indoor unit 502 automatically, the operation on the automatic filter cleaning function can be switched off. フィルタ自動清掃機能の動作がオンの場合は累積運転時間が所定時間を経過した時点、あるいは、前回の清掃から所定時間(例えば24時間)経過した場合に、自動的にフィルタ清掃を行う。 Time operation of the automatic filter cleaning function If on the accumulated operation time has elapsed for a predetermined time or, if the predetermined time has elapsed since the previous cleaning (e.g. 24 hours), automatically performs the filter cleaning. しかしながら、フィルタ自動清掃機能付機種において、ユーザがフィルタ自動清掃機能の動作をオンにしたつもりで、実際はOFF設定である場合はフィルタの自動清掃は行われない。 However, in the filter with automatic cleaning function models, intended user turns on the operation of the automatic filter cleaning function, in fact if it is OFF setting automatic cleaning of the filter is not performed. このような状態を鑑み、フィルタ自動清掃機能付機種の動作設定がOFF状態で所定時間経過した場合に、「フィルタ清掃を行ってください」とアナウンスして省エネを喚起し、ユーザがフィルタ清掃を行う機種(フィルタ自動清掃機能を有していない機種)の場合、直前のフィルタ清掃からの経過時間が所定の時間を超えるか、直前のフィルタ清掃からの動作時間の累積時間が予定の時間を超えた場合、「フィルタ清掃を行ってください」とアナウンスして省エネを喚起している。 Such a view of the state, if the operation setting of the model with automatic filter cleaning function is a predetermined period of time has elapsed in the OFF state, to evoke the energy-saving and announcement as "please go to filter cleaning", the user performs a filter cleaning If model (model that does not have a filter automatic cleaning function), or the elapsed time from the filter cleaning immediately before exceeds a predetermined time, the accumulated time of the operation time from the previous filter cleaning exceeds the scheduled time case, has aroused energy-saving and announcement as "please go to filter cleaning".

また、空気調和機501の冷房運転や暖房運転の動作中に、室内機502の温度センサ505で検知した温度が所定時間過ぎても設定温度に達しないときに、制御部により判定されて、「窓や扉が閉まっているかどうかを確認してください」や「扇風機やサーキュレーターで対流を起こすと効率的に部屋を冷やせますよ」や「カーテンが開いていたらカーテンを閉めた方が省エネになりますよ」とアナウンスして省エネを喚起している。 Further, during operation of the cooling operation or heating operation of the air conditioner 501, when the temperature detected by the temperature sensor 505 of the indoor unit 502 does not reach the set temperature even after a predetermined time, it is determined by the control unit, " it can be one please check if "and" person and cause a convection fan and circulator will Hiyase efficient room I "and the" curtain has closed the curtain when I open the energy saving is closed windows and doors has aroused energy-saving and announced that I ".

また、空気調和機501の冷房運転や暖房運転を開始するときに、「室温が設定温度になかなか達しない場合は、室外機の周りにものがあって冷暖房の効果が落ちているかもしれないので確認してください」や「室温が設定温度になかなか達しない場合は、フィルタにごみが詰まっているかもしれないのでフィルタを清掃してください」とアナウンスして省エネを喚起している。 Further, when starting the cooling operation and heating operation of the air conditioner 501, if the "room temperature does not easily reach the set temperature, because there is a thing around the outdoor unit may effect the heating and cooling is falling If confirmed, please, "and that" the room temperature is not quite reached the set temperature has aroused energy saving announced that please clean the filter "because it may refuse are clogged filter.

また、空気調和機501の冷房運転や暖房運転の動作中に、冷房時に設定温度が低すぎる場合(例えば、25℃などの場合)に室内温度が所定温度(例えば省エネ推奨温度である28℃)に達すると、「設定温度を上げた方が省エネになるよ」とアナウンスし、暖房時に設定温度が高すぎる場合(例えば、23℃を超える場合)に室内温度が所定温度(例えば省エネ推奨温度20℃)に達すると、「設定温度を下げた方が省エネになるよ」とアナウンスして省エネを喚起している。 Also, if during the operation of the cooling operation or heating operation of the air conditioner 501, the set temperature during cooling is too low (for example, in the case of such 25 ° C.) room temperature a predetermined temperature (e.g., 28 ℃ is energy saving recommended temperature) and to reach, announced that "it better to increase the setting temperature is in energy saving", when set at the time of heating temperature is too high (for example, if it exceeds 23 ℃) the room temperature is a predetermined temperature (for example, energy-saving recommended temperature 20 When the ℃) reach, "better to lower the set temperature'll become the energy saving" has aroused energy saving announced that.

また、暖房運転中に湿度が低い場合、「湿度が低いので、気化式加湿器で加湿すると体感温度が上がるので、設定温度を下げることで省エネになるよ」とアナウンスして省エネを喚起している。 In addition, when the humidity is low during the heating operation, "because the humidity is low, because the sensible temperature and humidification in evaporative humidifier goes up, it will save energy by lowering the set temperature" to stimulate energy conservation and announced that there.

[実施の形態12] [Embodiment 12]
図19は、本発明の実施の形態12に係る電気掃除機の外観を示す正面斜視図である。 Figure 19 is a front perspective view showing an appearance of a vacuum cleaner according to a twelfth embodiment of the present invention. 電気掃除機601は、電動送風機を備えた本体部610と、本体部610に着脱可能に装着されたサイクロン方式の集塵ユニット630と、本体部610の差込口612に着脱可能に装着された可撓性のホース603と、ホース603の先端に装着され操作部604を有するハンドル部605と、ハンドル部605に接続された剛性の延長パイプ606と、延長パイプ606の先端に接続されユーザーの操作により被清掃面上を移動する吸込口体607とから主に構成されている。 Vacuum cleaner 601 includes a main body 610 having an electric blower, a dust collection unit 630 detachably mounted cyclone manner to the body portion 610, which is detachably attached to the outlet 612 of the body portion 610 a flexible hose 603, a handle portion 605 which is attached to the distal end of the hose 603 has an operation unit 604, an extension pipe 606 of the rigid connected to the handle portion 605, is connected to the front end of the extension pipe 606 user interaction It is mainly composed of a suction port body 607 moving on the surface to be cleaned by.

操作部604には電動送風機の出力を切り替える出力切替スイッチや、電動送風機を停止させる停止スイッチなどが設けられている。 The operation unit 604 and the output switch for switching the output of the electric blower, such as a stop switch for stopping the electric blower is provided.

本体部610には前方から後方に向かって、ホース603の差込口612と、差込口612を介して流入した塵埃を分離し、集塵する集塵ユニット630と、本体部610を持ち運ぶ際にユーザーが把持する取っ手613と、掃除運転時にユーザーの移動に追従して本体部610を移動させる一対の主車輪614が配されている。 The body portion 610 from the front side to the rear side, the insertion port 612 of the hose 603, to separate the dust introduced through the insertion port 612, the dust collection unit 630 for dust collection, when carrying the main body 610 user a handle 613 for gripping a pair of main wheels 614 for moving the main body portion 610 to follow the movement of the user is disposed at the cleaning operation on. また、本体部610は、集塵ユニット630を着脱可能に収納するための集塵室620を有している。 The main body portion 610 has a dust collecting chamber 620 for removably accommodating the dust collection unit 630. 集塵室620は、集塵ユニット630に対応した有底円筒状の空間で上部は開放されている。 Dust collection chamber 620, upper bottomed cylindrical space corresponding to the dust collection unit 630 is open. 尚、電気掃除機601は、その動作制御を図示しない制御部で行っている。 The electric vacuum cleaner 601 is performed by the control unit (not shown) the operation control. また、電気掃除機601は、音声発生部650または図示しない表示部を有し、その動作制御を制御部で行っており、表示または音声によるアナウンスを行うことができる。 The electric vacuum cleaner 601 has a display unit for voice generating unit 650 or not illustrated, and performs its operation controlled by the control unit, it is possible to perform an announcement by the display or voice. つまり、制御部は、電気掃除機601の動作状態を制御するとともに、その動作状態を判定する機能も有している。 That is, the control unit controls the operating state of the electric vacuum cleaner 601 also has a function determines its operating state. そして、その判定結果に基づいて表示または音声によるアナウンスを行っている。 Then it is performed the announcement by the display or voice based on the determination result. 本実施形態では、省エネ報知部として、音声発生部650または表示部を用いている。 In the present embodiment, as energy-saving notification unit uses a voice generating unit 650 or the display unit.

本実施形態では、電気掃除機601は、掃除した日時を記録することができるが、電気掃除機601の動作を開始するときに、制御部により判定されて、「昨日も掃除しましたね、掃除は汚れているところだけでよいのでは?」や「昨日も掃除しましたね、掃除は弱運転でおこなってみましょう」とアナウンスして省エネを喚起している。 In the present embodiment, the electric vacuum cleaner 601 can be recorded and cleaned time, when starting the operation of the vacuum cleaner 601, it is determined by the control unit, "it was cleaned yesterday, cleaning I was cleaned also just than it is? "and" yesterday place is dirty, cleaning is to stimulate energy-saving and announcement trying to "let's be done with a weak operation.

また、電気掃除機601は、充電池を備えた充電式掃除機として使用することができるが、充電池の容量が少なくなったときに、制御部により判定されて、「電池のパワーが少なくなりました、急いで掃除を終わらせてください」とアナウンスして、途中で掃除が終了してしまって、充電し直す手間を省けるとともに、手早く掃除を終了させることになって、省エネを喚起することができる。 The electric vacuum cleaner 601 can be used as a rechargeable vacuum cleaner equipped with a rechargeable battery, when the capacity of the rechargeable battery is low, it is determined by the control unit, "battery power is reduced beneath, and announced that please "to end a hurry cleaning, and got finished cleaning in the middle, with Habukeru the trouble of re-charging, supposed to be to terminate the quick cleaning, thereby stimulating the energy-saving can.

また、電気掃除機601の動作中には一定の動作音があるため、表示または音声によるアナウンスをユーザーが認識しやすいように、取っ手613に表示部や音声発生部650を設けてもよい。 Moreover, since during operation of the electric vacuum cleaner 601 has a certain operation sound, an announcement by the display or voice so that users can easily recognize, it may be provided a display or voice generating unit 650 to the handle 613.

[実施の形態13] [Embodiment 13]
本発明の実施形態13に係る給湯器は、お風呂などで用いることができて、貯水部およびヒーターを備え、その動作制御を行うための制御部を有する。 Water heater according to Embodiment 13 of the present invention, can be used in such baths, water reservoir and provided with a heater, a control unit for performing the operation control. また、給湯器は、表示部または音声発生部を有し、その動作制御を制御部で行っており、表示または音声によるアナウンスを行うことができる。 Further, water heater, a display unit or the voice generating unit, and performs its operation controlled by the control unit, it is possible to perform an announcement by the display or voice.

本実施形態では、給湯器は、お風呂の浴槽の保温のための加熱を一定の周期で繰り返すことができるが、長時間に亘って繰り返しているときに、お風呂を使用しないのに給湯のオン状態が継続されていると制御部により判定されて、「給湯ボタンを消し忘れていませんか?」とアナウンスして省エネを喚起している。 In the present embodiment, water heaters, can be repeated heating for thermal insulation of the bath tub at a predetermined period, when they are repeatedly over a long period, the hot water supply to not use the bath is determined by a control unit on state is continued, and stimulate energy-saving and announce, "do not forget turn off the hot water supply button?".

今回開示された実施の形態はすべての点で例示であって制限的なものではないと考えられるべきである。 The embodiments disclosed herein are to be considered as not restrictive but illustrative in all respects. 本発明の範囲は、上記した説明ではなく、特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが意図される。 The scope of the invention, rather than the description above, indicated by the appended claims, and is intended to include all modifications within the meaning and range of equivalency of the claims.

尚、上述した一の実施例に関するアナウンスのすべてを具備しても良いし、選択して一部を具備するようにしてもよい。 Incidentally, it may be provided with all the announcements regarding one embodiment described above, it may be provided with a part select. また、上述した以外のアナウンスを組み合わせても良い。 In addition, it may be a combination of the announcement other than those described above. また、アナウンスの文言は上述したものと全く同じである必要はなく、主旨が変わらない範囲で修正してもよい。 Further, announcement wording need not be exactly as described above the same may be modified within a range that the gist is not changed. 標準語だけでなく、方言でのアナウンスであっても良い。 Not only the standard language, may be the announcement of the dialect. また、日本語だけでなく、英語や中国語などの他国語であってもよいし、日本語アナウンスの後に英語でアナウンスするなどの組み合わせでもよい。 In addition, not only the Japanese, may be a foreign language such as English or Chinese, may be a combination, such as announcements in English after the Japanese announcement. また、上述した以外のアナウンスを組み合わせても良い。 In addition, it may be a combination of the announcement other than those described above.

本発明に係る電気機器は、加熱調理器、冷蔵庫、掃除機などの電気機器全般に広く適用することができる。 Electrical equipment according to the present invention, the heating cooker, a refrigerator, it can be widely applied to electric devices in general, such as vacuum cleaners.

1 加熱調理器 2 ケーシング 3 扉 4 ハンドル 5 耐熱ガラス 6 液晶表示部 7 操作ボタン 8 排気ダクト 9 露受容器 10 加熱庫 11 トレイ 12 食品 20 蒸気発生装置 21 水タンク 30 循環ユニット 30a 蒸気吸込口 30b 蒸気供給口 30c 過熱蒸気吸込口 31 循環ファン 32 循環ファン用モータ 33 蒸気供給管 40 蒸気ダクト 41 第1ダクト部 42 第2ダクト部 43 屈曲部 50 過熱蒸気生成装置 51 過熱蒸気生成ヒータ 60 マグネトロン 61 回転アンテナ 62 回転アンテナ用モータ 63 冷却ファン用モータ 71a 赤外線アレイセンサ 71b サーミスタ 72 湿度センサ 73 重量センサ 81 給気ダンパ用モータ 82 排気ダンパ用モータ 83 給水ポンプ 100 電装部品 101 マイクロコンピュータ 1 cooking device 2 casing 3 door 4 handle 5 resistant glass 6 the liquid crystal display unit 7 operating buttons 8 exhaust duct 9 dew receiving 10 heating chamber 11 tray 12 food 20 steam generating device 21 the water tank 30 circulates unit 30a steam inlet 30b vapor supply port 30c superheated steam inlet 31 circulation fan 32 circulating fan motor 33 steam supply pipe 40 steam duct 41 first duct portion 42 and the second duct section 43 superheated steam bent portion 50 superheated steam generating apparatus 51 generates the heater 60 magnetron 61 rotating antennas 62 rotating antenna motor 63 cooling fan motor 71a infrared array sensor 71b thermistor 72 and humidity sensor 73 weight sensor 81 supply damper motor 82 exhaust damper motor 83 feed water pump 100 electrical components 101 microcomputer

Claims (5)

  1. 被加熱物を収容するための加熱庫と、 A heating chamber for accommodating an object to be heated,
    第1加熱条件、又は該第1加熱条件とは加熱条件が異なる第2加熱条件で前記被加熱物を加熱する加熱部と、 A heating unit for heating the object to be heated in a first heating condition or a second heating condition heating condition is different from the first heating condition,
    前記加熱庫内の状態を測定する測定部と、 A measuring unit for measuring a state within the heating housing,
    前記測定部の測定値に基づいて、 前記第1加熱条件より前記第2加熱条件による加熱の方が消費電力量を低減できると判断したときに、前記第2加熱条件を実行するように使用者へアドバイスを行うことを決定する制御部と、 Based on the measured values of the measuring unit, when the person of heating by the second heating condition than the first heating condition is determined to be reduced the power consumption, used to execute the second heating condition's and a control unit that determines that advise to,
    前記制御部によって決定された前記アドバイスを前記使用者に通知する通知部とを備える、加熱調理器。 And a notification unit that notifies the advice determined by the control unit to the user, the cooking device.
  2. 被加熱物を収容するための加熱庫と、 A heating chamber for accommodating an object to be heated,
    前記被加熱物を加熱する加熱部と、 A heating unit for heating the object to be heated,
    前記加熱庫内の状態を測定する測定部と、 A measuring unit for measuring a state within the heating housing,
    前記測定部の測定値に基づいて、実行中の加熱調理よりも消費電力量を低減できると判断したときに、使用者へアドバイスを行うことを決定する制御部と、 Based on the measured values of the measuring unit, when it is determined that the power consumption can be reduced amount than cooking running, and a control unit that determines to perform an advice to the user,
    前記制御部によって決定された前記アドバイスを前記使用者に通知する通知部とを備える、加熱調理器。 And a notification unit that notifies the advice determined by the control unit to the user, the cooking device.
  3. 前記制御部は、前記加熱庫内の加熱効率を上げるための処理を行うことによって、実行中の加熱調理よりも消費電力量を低減できると判断したときに、前記使用者へ前記アドバイスを行うことを決定する、請求項2に記載の加熱調理器。 The control unit, by performing the processing for increasing the heating efficiency in the heating chamber, when it is determined that the power consumption can be reduced amount than cooking running, performing the advice to the user determining the cooking device according to claim 2.
  4. 前記処理は、前記被加熱物の状態を変更して加熱効率を上げることである、請求項3に記載の加熱調理器。 The treatment is to increase the heating efficiency by changing the state of the object to be heated, the heating cooker according to claim 3.
  5. 前記制御部は、前記測定値と基準値とを比較し、当該比較の結果に基づいて、前記アドバイスの内容を決定する、請求項1〜4のいずれかに記載の加熱調理器。 Wherein the controller compares the measured value and the reference value, based on the result of the comparison, determines the content of the advice, the heating cooker according to claim 1.
JP2013142637A 2012-07-10 2013-07-08 Electrical equipment Active JP5658327B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2012154619 2012-07-10
JP2012154619 2012-07-10
JP2013142637A JP5658327B2 (en) 2012-07-10 2013-07-08 Electrical equipment

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2013142637A JP5658327B2 (en) 2012-07-10 2013-07-08 Electrical equipment
CN201480038698.4A CN105378388B (en) 2013-07-08 2014-02-27 Heating cooker
PCT/JP2014/054939 WO2015004944A1 (en) 2013-07-08 2014-02-27 Electric machine

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2014032004A JP2014032004A (en) 2014-02-20
JP5658327B2 true JP5658327B2 (en) 2015-01-21

Family

ID=50281957

Family Applications (5)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2013142637A Active JP5658327B2 (en) 2012-07-10 2013-07-08 Electrical equipment
JP2014114700A Active JP6122400B2 (en) 2012-07-10 2014-06-03 Electrical equipment
JP2014238305A Pending JP2015072117A (en) 2012-07-10 2014-11-26 Electrical appliance
JP2017068208A Active JP6220472B2 (en) 2012-07-10 2017-03-30 Electrical equipment
JP2017184637A Active JP6317847B2 (en) 2012-07-10 2017-09-26 Electrical equipment

Family Applications After (4)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014114700A Active JP6122400B2 (en) 2012-07-10 2014-06-03 Electrical equipment
JP2014238305A Pending JP2015072117A (en) 2012-07-10 2014-11-26 Electrical appliance
JP2017068208A Active JP6220472B2 (en) 2012-07-10 2017-03-30 Electrical equipment
JP2017184637A Active JP6317847B2 (en) 2012-07-10 2017-09-26 Electrical equipment

Country Status (1)

Country Link
JP (5) JP5658327B2 (en)

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP6453559B2 (en) * 2014-05-28 2019-01-16 エスペック株式会社 Vacuum cooker
JP6335670B2 (en) * 2014-06-16 2018-05-30 シャープ株式会社 Heating cooker
CN105042549B (en) * 2015-08-07 2017-03-08 广东美的厨房电器制造有限公司 A method for controlling a steam generating device mounted bottom and bottom-mounted steam generation
JP2017190922A (en) * 2016-04-15 2017-10-19 日立アプライアンス株式会社 High-frequency heating cooker
CN109312929A (en) * 2016-07-11 2019-02-05 松下知识产权经营株式会社 Heating device
DE102017119485A1 (en) * 2017-08-25 2019-02-28 Rational Aktiengesellschaft A method of detecting an overload of a cooking appliance with food to be cooked, and cooking appliance

Family Cites Families (22)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0587344A (en) * 1991-09-30 1993-04-06 Toshiba Corp Controlling device of heating for cooking appliance
JPH1038285A (en) * 1996-07-18 1998-02-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd Heating device
US6249720B1 (en) * 1997-07-22 2001-06-19 Kabushikikaisha Equos Research Device mounted in vehicle
JPH11173744A (en) * 1997-12-11 1999-07-02 Matsushita Refrig Co Ltd Diagnosis controller of refrigerator
JP3323811B2 (en) * 1998-07-01 2002-09-09 松下電器産業株式会社 Display method of the display unit in an air conditioner
JP2000081242A (en) * 1998-09-04 2000-03-21 Toshiba Ave Co Ltd Audio-reporting device of air conditioner
JP2003161500A (en) * 2001-11-27 2003-06-06 Daiwa House Ind Co Ltd Indoor air conditioning system
JP2003217823A (en) * 2002-01-28 2003-07-31 Sanyo Electric Co Ltd High-frequency heating device
JP2002310430A (en) * 2002-04-08 2002-10-23 Sharp Corp Cooking unit
JP2004212017A (en) * 2003-01-08 2004-07-29 Fujitsu General Ltd Air conditioner
JP4282499B2 (en) * 2004-01-26 2009-06-24 三洋エアコンディショナーズ株式会社 Air conditioning apparatus
JP2005273937A (en) * 2004-03-23 2005-10-06 Matsushita Electric Ind Co Ltd Air conditioner control system, air conditioner control method, and program
JP4151727B2 (en) * 2006-12-22 2008-09-17 ダイキン工業株式会社 Air conditioning management device
JP5366459B2 (en) * 2008-07-04 2013-12-11 ダイナエアー株式会社 Vehicle for the humidity control apparatus
WO2010031013A1 (en) * 2008-09-15 2010-03-18 General Electric Company Energy management of household appliances
JP4985722B2 (en) * 2009-07-23 2012-07-25 三菱電機株式会社 Air conditioner
JP5317880B2 (en) * 2009-08-04 2013-10-16 三菱電機株式会社 Air conditioner
JP2011159051A (en) * 2010-01-29 2011-08-18 Sharp Corp Apparatus and method for managing power, and power management system including the power management apparatus, house including the power management system, program for power management apparatus, and computer readable recording medium
TWI489067B (en) * 2010-02-10 2015-06-21 Hitachi Appliances Inc
JP5494952B2 (en) * 2010-03-15 2014-05-21 株式会社富士通ゼネラル Air conditioning system
JP5721556B2 (en) * 2011-06-17 2015-05-20 三菱電機株式会社 Heating cooker
JP5382152B2 (en) * 2012-01-31 2014-01-08 三菱電機株式会社 Air conditioner

Also Published As

Publication number Publication date
JP2017116257A (en) 2017-06-29
JP2015072117A (en) 2015-04-16
JP2014196900A (en) 2014-10-16
JP6220472B2 (en) 2017-10-25
JP6122400B2 (en) 2017-04-26
JP2017219308A (en) 2017-12-14
JP2014032004A (en) 2014-02-20
JP6317847B2 (en) 2018-04-25

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8071922B2 (en) Impingement/convection/microwave oven and method
US20070062513A1 (en) Cooking system with ventilator and blower
US7312425B2 (en) Programmable slow-cooker appliance
US20140116267A1 (en) Electronically Controlled Warmer Drawer
JP3827303B2 (en) High frequency heating apparatus with steam generation function
US8826678B2 (en) Air conditioner
US8872077B2 (en) Low profile induction cook top with heat management system
US20070023420A1 (en) Induction cook top system with integrated ventilator
CN100456895C (en) Water supply control method of high frequency heating equipment and high frequency heating equipment
JPH1123112A (en) Defrosting device of air conditioner, and its control method
AU2010299201B2 (en) Control device
US6730880B2 (en) Oven and methods for operating same
JP2008116094A (en) Device for diluting discharged steam and cooker with the same
JP4586111B1 (en) Heating cooker
CN101093084A (en) Microwave oven
US6987250B2 (en) Control circuit for kitchen appliances
CN101528044B (en) Oven with convection air current and energy savings features
CN100559907C (en) Inductive heating cooker
JP5448390B2 (en) Air conditioner
AU1536299A (en) Residential oven with convectional and microwave heating
US6658995B1 (en) Proofer
KR20050026605A (en) A vacuum cooking apparatus and cooking method thereof
JP2009074788A (en) Air conditioner
JP4021831B2 (en) microwave
US20100230397A1 (en) Vapor cooker

Legal Events

Date Code Title Description
RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20140228

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20140228

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20140507

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20140627

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20141028

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20141127

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Ref document number: 5658327

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150