JP5467772B2 - Two-layer core golf ball - Google Patents

Two-layer core golf ball Download PDF

Info

Publication number
JP5467772B2
JP5467772B2 JP2009002198A JP2009002198A JP5467772B2 JP 5467772 B2 JP5467772 B2 JP 5467772B2 JP 2009002198 A JP2009002198 A JP 2009002198A JP 2009002198 A JP2009002198 A JP 2009002198A JP 5467772 B2 JP5467772 B2 JP 5467772B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
core
shore
inches
disulfide
suitable
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2009002198A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2009165824A (en
Inventor
ジェイ. サリバン マイケル
エル. ダルトン ジェフリー
イー. モーガン ウィリアム
Original Assignee
アクシュネット カンパニーAcushnet Company
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US11/972,227 priority Critical patent/US20090181801A1/en
Priority to US11/972,227 priority
Application filed by アクシュネット カンパニーAcushnet Company filed Critical アクシュネット カンパニーAcushnet Company
Publication of JP2009165824A publication Critical patent/JP2009165824A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5467772B2 publication Critical patent/JP5467772B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • A63B37/0038Intermediate layers, e.g. inner cover, outer core, mantle
    • A63B37/004Physical properties
    • A63B37/0043Hardness
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • A63B37/0038Intermediate layers, e.g. inner cover, outer core, mantle
    • A63B37/004Physical properties
    • A63B37/0047Density; Specific gravity
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • A63B37/005Cores
    • A63B37/006Physical properties
    • A63B37/0062Hardness
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • A63B37/005Cores
    • A63B37/006Physical properties
    • A63B37/0064Diameter
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • A63B37/005Cores
    • A63B37/006Physical properties
    • A63B37/0066Density; Specific gravity
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • A63B37/007Characteristics of the ball as a whole
    • A63B37/0072Characteristics of the ball as a whole with a specified number of layers
    • A63B37/0074Two piece balls, i.e. cover and core
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A63SPORTS; GAMES; AMUSEMENTS
    • A63BAPPARATUS FOR PHYSICAL TRAINING, GYMNASTICS, SWIMMING, CLIMBING, OR FENCING; BALL GAMES; TRAINING EQUIPMENT
    • A63B37/00Solid balls; Rigid hollow balls; Marbles
    • A63B37/0003Golf balls
    • A63B37/005Cores
    • A63B37/0051Special materials other than polybutadienes; Special construction

Description

この発明は、全般的にはゴルフボールに関し、より具体的には、比較的柔らかな外側コア層で包囲した比較的硬いセンタを有する二層コアを具備するゴルフボールに関する。 This invention relates generally to golf balls and, more particularly, to a golf ball having a two layer core having a relatively hard center was surrounded by a relatively soft outer core layer.

二層コアを具備するゴルフボールが知られている。 Golf ball is known having a two-layer core. 例えば、特許文献1(米国特許第5,779,562号)は、ソリッドコアとこのソリッドコアを包むカバーとを有するソリッドゴルフボールを開示しており、このコアはセンタコア層と、このセンタコア層を包む外側コア層とを有し、このセンタコア層の比重が外側コア層の比重と0.1より多く、異なる。 For example, Patent Document 1 (U.S. Pat. No. 5,779,562) discloses a solid golf ball having a cover enclosing the solid core and solid core, the core and the center core layer, the center core layer and an outer core layer wrapping, the specific gravity of the center core layer is greater than the specific gravity and 0.1 of the outer core layer, different. 特許文献2(米国特許第7,255,656号)は、比較的柔らかく低圧縮の内側コア層を比較的堅固な外側コア層で包囲させた二重層コアを具備するゴルフボールを開示している。 Patent Document 2 (U.S. Pat. No. 7,255,656) discloses a golf ball having a relatively soft bilayer cores were surrounded with an inner core layer of low compression in a relatively rigid outer core layer . 他の二重層コアは、例えば米国特許第46,781,383号、同第4,858,924号、同第5,002,281号、同第5,048,838号、同第5,104,126号、同第5,482,285号、同第5,490,674号、同第6,277,024号、同第6,379,265号、および同第6,616,550号、同第6,852,044号、同第6,916,254号、および同第7,125,345号に見いだすことができる。 Other bilayer core, for example, U.S. Patent No. 46,781,383, the No. 4,858,924, the No. 5,002,281, the No. 5,048,838, the first 5,104 , 126 items, the No. 5,482,285, the No. 5,490,674, the No. 6,277,024, the No. 6,379,265, and the No. 6,616,550, the No. 6,852,044, can be found the No. 6,916,254, and the same No. 7,125,345.

この発明は、つぎの利点のうちの1つ以上を実現する新規な二層コアゴルフボール構造を実現する。 This invention implements a novel two-layer core golf ball construction for realizing one or more of the following advantages. すなわち、ゴルフボールのスピンレートの微調整、および/または圧縮および高弾力性という利点である。 That is an advantage that the fine adjustment, and / or compression and high elasticity of the spin rate of the golf ball.

米国特許第5,779,562号明細書 US Pat. No. 5,779,562 米国特許第7,255,656号明細書 US Pat. No. 7,255,656

1実施例において、この発明は、全体直径が1.40インチから1.62インチのコア、およびカバーを有するゴルフボールに向けられている。 In one embodiment, the present invention has overall diameter is directed to a golf ball having 1.62 inch core from 1.40 inches, and a cover. コアは、直径が0.125インチから0.750インチのセンタ、中間コア層、および外側コア層を有する。 The core has 0.750 inches of the center 0.125 inches in diameter, intermediate core layer, and an outer core layer. センタ、中間コア層、および外側コア層の表面硬度はそれぞれ80ショアC以上、80ショアC未満、80ショアC以上であり、中間コア層の比重は実質的に外側コア層の比重と同じである。 Center, intermediate core layer, and an outer surface hardness of the core layer are each 80 Shore C or more, less than 80 Shore C, and 80 Shore C or more, the specific gravity of the intermediate core layer is the same as the specific gravity of substantially outer core layer .

他の実施例において、この発明は、コアおおびカバーからなり、コアの全体の直径が1.55インチから1.62インチであるコアであり、当該コアが、センタおよび外側コア層からなるゴルフボールに向けられている。 In another embodiment, the invention comprises a core Contact tinged cover, a core is 1.62 inches overall diameter 1.55 inch core, the core consists of a center and an outer core layer Golf It is directed to the ball. センタの直径が0.250インチから0.500インチで、その表面硬度が81ショアC以上で、かつ、その比重が0.50g/ccから1.18g/ccである。 In 0.500 inches center diameter from 0.250 inches, the surface hardness of 81 Shore C or more and the specific gravity of 1.18 g / cc from 0.50 g / cc. 外側コア層の表面硬度が90ショアC以下で、その比重がセンタの比重と実質的に同一である。 The surface hardness of the outer core layer is 90 Shore C or less, the specific gravity of the specific gravity substantially the same center. 外側コア層の表面硬度はセンタの表面硬度より小さいか、等しい。 Or the surface hardness of the outer core layer is less than the surface hardness of the center is equal.

さらに他の実施例において、この発明は、コアおおびカバーからなるゴルフボールに向けられており、コアの全体の直径が1.55インチから1.60インチであり、当該コアはセンタおよび外側コア層からなり、コアの直径が0.250インチから0.500インチで、その表面硬度が81ショアC以上で、その比重が0.50g/ccから1.18g/ccである。 In yet another embodiment, the invention is directed to a golf ball comprising a core Contact tinged cover is 1.60 inches overall diameter 1.55 inch core, the core center and outer core consist layer, 0.500 inch diameter of the core is from 0.250 inches, the surface hardness of 81 Shore C or more, the specific gravity of 1.18 g / cc from 0.50 g / cc. 外側コア層の表面硬度が90ショアC以下で、その比重がセンタの比重と実質的に同一である。 The surface hardness of the outer core layer is 90 Shore C or less, the specific gravity of the specific gravity substantially the same center. カバーは内側カバー層および外側カバー層からなる。 The cover consists of an inner cover layer and outer cover layer. 内側カバー層の表面硬度が65ショアD以上で厚さが0.020インチから0.080インチである。 Surface hardness thickness 65 Shore D or more inner cover layer is 0.080 inches 0.020 inches. 外側カバー層の表面硬度が60ショアD以下で厚さが0.015インチから0.055インチである。 Surface hardness thickness below 60 Shore D of the outer cover layer is 0.055 inches 0.015 inches.

二層コアおよびこのコアを包囲するカバーを具備するゴルフボールが開示される。 Bilayer core and the golf ball having a cover surrounding the core is disclosed. 二層コアはセンタおよび外側コア層を有する。 Bilayer core has a center and an outer core layer. センタの直径は、下限を0.100または0.125または0.250インチとし、上限を0.375または0.500または0.750または1.00インチとする範囲である。 The diameter of the center, the lower limit was made 0.100 or 0.125 or 0.250 inches, the range of the upper limit to 0.375 or 0.500 or 0.750 or 1.00 inches. 外側コア層は、二層コアの全体の直径が下限を1.40または1.45または1.50または1.55インチとし、上限を1.60または1.62または1.66インチとする範囲となるように、センタを包囲する。 The outer core layer, ranges overall diameter of the two-layer core is 1.40 or 1.45 or 1.50 or 1.55 inches lower limit, the upper limit is 1.60 or 1.62 or 1.66 inches become such, that surrounds the center.

センタの表面硬度は外側コア層の表面硬度よりも大きい。 Surface hardness of the center is greater than the surface hardness of the outer core layer. 好ましくは、センタの表面硬度は70ショアC以上、または81ショアC以上であり、または85ショアC以上であり、または下限を70または80ショアCとし上限を90または95ショアCとする範囲である。 Preferably, the surface hardness of the center 70 Shore C or higher, or 81 and a Shore C or more, or 85 Shore C or higher, or the upper limit of 70 or 80 Shore C the lower limit is in the range of 90 or 95 Shore C . 外側コア層の表面硬度は、一般に、80ショアC以下であり、好ましくは、80ショアC未満、または70ショアC未満、または60ショアC未満である。 Surface hardness of the outer core layer is generally 80 Shore C or less, preferably less than 80 Shore C, or less than 70 Shore C, or less than 60 Shore C.

コアの表面硬度は、コアの対抗する半球から取った多数の測定の平均から取得され、コアの分離線または表面欠陥、例えば穴または突起の上の測定を行わないように配慮する。 The surface hardness of the core is obtained from the average of a number of measurements taken from opposing hemispheres of the core, the separation line or surface defects of the core is considered so avoid making measurements on the holes or posts. 硬度の測定はASTM D−2240「デュロメータによるゴムおよびプラスチックの凹み硬度」に従ってなされる。 Hardness measurements are made pursuant to "Indentation Hardness of Rubber and Plastic by Means of a Durometer" ASTM D-2240. コアは曲面なので、表面硬度が読み取られる前にコアをデュロメータインデンタの真下に中心づけられるようにコアを扱う必要がある。 Because of the curved surface of a core, it is necessary to treat the core to be marked around the core beneath the durometer indenter before a surface hardness reading. 0.1単位まで読みとることが可能な較正済みの1つのデジタルデュロメータをすべての硬度測定に用い、最大の読みが得られた後1秒後に硬度の読みを取得するように設定した。 Using a single digital durometer is calibrated possible be read to 0.1 units all hardness measurements were set after the maximum reading was obtained after one second to obtain the readings of hardness. デジタルデュロメータはその脚部を平行にし自動スタンドの基部に取り付け、デュロメータ上の重量およびアタック速度がASTM D−2240に適合するようにしなければならない。 Digital durometer is attached to the base of the automatic stand in parallel to the legs, the weight on the durometer and attack rate must be to conform to ASTM D-2240.

センタの比重は好ましくは外側コア層の比重より小さいか、等しいか、実質的に同一である。 The specific gravity of the center is preferably or smaller than the specific gravity of the outer core layer, or equal, they are substantially identical. この発明の範囲では、比重が相互に等しいか、または0.1g/cc以内であれば、比重が実質的に同一である。 In the scope of the present invention, if the specific gravity is equal to each other, or 0.1 g / cc within a specific gravity are substantially identical. 好ましくは、センタの比重は、下限を0.50または0.90または1.05または1.13g/ccとし上限を1.15または1.18または1.20g/ccとする範囲である。 Preferably, the specific gravity of the center is in a range of an upper limit to the lower limit of 0.50 or 0.90 or 1.05 or 1.13 g / cc to 1.15 or 1.18 or 1.20 g / cc. 外側コア層の比重は、好ましくは、1.00g/cc以上、または1.05g/cc以上、または1.10g/cc以上である。 Specific gravity of the outer core layer is preferably, 1.00 g / cc or more, or 1.05 g / cc or more, or 1.10 g / cc or more. とくに好ましい実施例では、センタの比重および外側コア層の比重は実質的に同一である。 In a particularly preferred embodiment, the specific gravity of and outer core layers of the center are substantially the same.

センタは好ましくはゴム組成物、または高弾力性の熱可塑性プラスチック、例えば高度に中和されたポリマー(「HNP」)組成物から製造される。 Center is preferably formed from a rubber composition or a highly resilient thermoplastic, for example a highly neutralized polymer ( "HNP") composition. とくに適切な熱可塑性ポリマーは、E. Particularly suitable thermoplastic polymers include, E. I. I. DuPont de Nemours and Companyから商業的に入手可能な、Surlyn(商標)アイオノマー、Hytel(商標)熱可塑性ポリエステルエラストマー、およびDuPont(商標)HPF1000およびHPF2000の商標で販売されているアイオノマー材料;ExxonMobile Chemical Companyから商業的に入手可能なIotek(商標)アイオノマー;およびArkema Incから商業的に入手可能なPebax(商標)熱可塑性ポリエーテルブロックアミドを含む。 DuPont de Nemours and Company commercially available from, Surlyn (TM) ionomers, Hytrel (TM) thermoplastic polyester elastomers, and ionomeric materials sold under the trademark DuPont (TM) HPF 1000 and HPF 2000; from ExxonMobile Chemical Company including and Arkema Inc commercially available from Pebax (TM) thermoplastic polyether block amides; commercially available Iotek (TM) ionomer.

センタを形成するのに使用して好適なHNP組成物は、HNP、オプションの添加物、フィラー、および/またはメルトフロー修正剤を有する。 Suitable HNP compositions for use in forming the center has HNP, additives option, fillers, and / or a melt flow modifiers. 適切なHNPは、α,β−エチレン系不飽和モノ−またはジカルボン酸のホモポリマーまたはコポリマーの塩、およびこれらの組み合わせであり、これはオプションとして軟化用モノマーを含む。 Suitable HNP is, alpha, beta-ethylenically unsaturated mono- - or a homopolymer or copolymer of a salt of dicarboxylic acids, and combinations thereof, which optionally including a softening monomer. 酸ポリマーは適切なカチオン源によって70%以上、100%を含むまで、中和される。 Acid polymer is 70% or more by a suitable cation sources, up to and including 100%, is neutralized. 適切な添加剤およびフィラーは、例えば、化学膨張および発泡剤、光学的明色化剤、着色剤、蛍光剤、白色剤、UV吸収剤、光安定剤、消泡剤、処理助剤、雲母、タルク、ナノフィラー、酸化防止剤、安定化剤、軟化剤、香料成分、可塑剤、衝撃修正剤、酸コポリマーワックス、界面活性剤;無機フィラー、例えば、酸化亜鉛、二酸化チタン、酸化錫、酸化カルシウム、酸化マグネシウム、硫酸バリウム、硫酸亜鉛、炭酸カルシウム、炭酸亜鉛、炭酸バリウム、雲母、タルク、クレイ、シリカ、鉛シリケート、その他;高比重金属粉末フィラー、例えば、タングステン粉末、モリブデン粉末、その他;リグランド、すなわち、粉砕してリサイクルしたコア材料;およびナノフィラーを含む。 Suitable additives and fillers, for example, chemical blowing and foaming agents, optical brighteners, coloring agents, fluorescent agents, whitening agents, UV absorbers, light stabilizers, antifoaming agents, processing aids, mica, talc, nanofillers, antioxidants, stabilizers, softening agents, perfume ingredients, plasticizers, impact modifiers, acid copolymer wax, surfactants; inorganic fillers such as zinc oxide, titanium dioxide, tin oxide, calcium oxide , magnesium oxide, barium sulfate, zinc sulfate, calcium carbonate, zinc carbonate, barium carbonate, mica, talc, clay, silica, lead silicate, and the like; high specific gravity metal powder filler, for example, tungsten powder, molybdenum powder, and the like; Li Grand , i.e., the core material was recycled by pulverizing; and a nano filler. 適切なメルトフロー修正剤は、例えば、脂肪酸およびその塩、ポリアミド、ポリエステル、ポリアクリレート、ポリウレタン、ポリエーテル、ポリ尿素、多価アルコール、およびそれらの組み合わせを含む。 Suitable melt flow modifiers include, for example, fatty acids and salts thereof, polyamides, polyesters, polyacrylates, polyurethanes, polyethers, polyureas, polyhydric alcohols, and combinations thereof. 適切なHNP組成物は、例えば、その内容を参照してここに組み入れる、米国特許出願公開第2006/0128904号に開示されているような部分的に中和されたアイオノマーをHNPにブレンドしたものや、HNPの付加的な熱可塑性または熱硬化性材料とのブレンドも含み、これはそれに限定されないがアイオノマー、酸コポリマー、エンジニアリング熱可塑性材料、脂肪酸/塩ベースの高度に中和されたポリマー、ポリブタジエン、ポリウレタン、ポリエステル、熱可塑性エラストマー、および他の慣用的なポリマー材料を含む。 Suitable HNP compositions are, for example, incorporated herein by reference to its contents, Ya a blend of partially neutralized ionomers, such as disclosed in U.S. Patent Application Publication No. 2006/0128904 to HNP also includes blends of additional thermoplastic or thermosetting material HNP, this is not limited to ionomer, acid copolymer, engineering thermoplastics, fatty / salt-based highly neutralized polymer, polybutadiene, polyurethanes, polyesters, thermoplastic elastomers, and other conventional polymeric materials. センタとしてとくに適切なものは、E. Particularly suitable are the centers, E. I. I. DuPont de Nemours and Companyから商業的に入手可能なDuPont(商標)HPF1000である。 Is a DuPont de Nemours and Company, commercially available from DuPont (TM) HPF 1000. 適切なHNP組成物は、例えば米国特許第6,653,382号、同第6,756,436号、同第6,777,472号、同第6,894,098号、同第6,919,393号、および同第6,953,820号にさらに開示されており、その内容は参照してここに組み入れる。 Suitable HNP compositions, for example, U.S. Patent No. 6,653,382, Nos 6,756,436, the No. 6,777,472, the No. 6,894,098, the first 89 , 393 items, and are further disclosed in the No. 6,953,820, which is incorporated herein by reference.

センタを製造するために使用して好適なゴム組成物は、ベースゴム、架橋剤、フィラー、およびコエージェントまたは開始剤を有する。 Suitable rubber composition was used to produce the center has a base rubber, a crosslinking agent, a filler, and a co-agent or initiator. 典型的なベースゴム材料は天然ゴム、合成ゴムおよびこれらの組み合わせを含む。 Typical base rubber materials include natural rubber, synthetic rubber and combinations thereof. ベースゴムは好ましくはポリブタジエンまたはポリブタジエンと他のエラストマーとの混合物である。 Base rubber is preferably a mixture of polybutadiene or polybutadiene with other elastomers. cis−構造が少なくとも40%の1,4−ポリブタジエンがとくに好ましい。 cis- structure at least 40% of the 1,4-polybutadiene is particularly preferred. より好ましくは、ベースゴムは高ムーニー粘度ゴムである。 More preferably, the base rubber is a high Mooney viscosity rubbers. より少ない量の他の熱可塑性材料をベースゴムに組み入れても良い。 Lesser amounts of other thermoplastic materials may be incorporated into the base rubber. そのような材料は、例えば、cis−ポリイソプレン、trans−ポリイソプレン、バラタ、ポリクロロプレン、ポリノルボルネン、ポリオクテナマー、ポリペンテナマー、ブチルゴム、EPR、EPDM、スチレン−ブタジエン、および類似の熱硬化性材料を含む。 Such materials are, for example, cis-polyisoprene, trans- polyisoprene, balata, polychloroprene, polynorbornene, polyoctenamer, Poripentenama, butyl rubber, EPR, EPDM, styrene - containing butadiene, and similar thermosetting material. 架橋剤は、典型的には、不飽和脂肪酸またはモノカルボン酸の金属塩、例えば、亜鉛、アルミニウム、ナトリウム、リチウム、ニッケル、カルシウム、またはマグネシウムの塩、例えば、(メタ)アクリレート塩を含む。 Crosslinking agents typically comprise metal salts of unsaturated fatty acids or monocarboxylic acids, such as zinc, aluminum, sodium, lithium, nickel, calcium or magnesium salts, for example, a (meth) acrylate salt. 好ましい架橋剤は、亜鉛アクリレート、亜鉛ジアクリレート(ZDA)、亜鉛メタクリレート、および亜鉛ジメタクリレート(ZDMA)およびこれらの混合物を含む。 Preferred crosslinking agents include zinc acrylate, zinc diacrylate (ZDA), zinc dimethacrylate, and zinc dimethacrylate (ZDMA) and mixtures thereof. 架橋剤は、弾性ポリマー要素中のポリマーチェーンの一部を架橋するに足る量だけ含まれていなければならない。 Crosslinker must be an amount sufficient to crosslink a portion of the polymer chains in the elastic polymer element. 架橋剤は一般にはゴム組成物中に15から30phr、または19から25phr、または20から24phrの量だけ存在する。 Crosslinking agent is generally present in an amount of 30phr 15 in the rubber composition 25phr or from 19, or from 20, 24 phr. 例えば、架橋剤の種類および量を変化させて架橋の量を調整して、所望の圧縮を実現してよい。 For example, by adjusting the amount of crosslinking by changing the type and amount of crosslinking agent, it may implement a desired compression. 開始剤は、硬化サイクルで分解される任意の重合開始剤であってよく、これに限定されないが、ジクミルペルオキシド、1,1−ジ−(t−ブチルペルオキシ)、3,3,5−トリメチルシクロヘキサン、a−aビス(t−ブチルペルオキシ)ジイソプロピルベンゼン、2,5−ジ−(t−ブチルペルオキシ)−2,5−ジメチルヘキサン、ジ−t−ブチルペルオキシド、n−ブチル−4,4−ビス(t−ブチルペルオキシ)バレレート、ラウリルペルオキシド、ベンゾイルペルオキシド、t−ブチルヒドロペルオキシド等およびこれらの混合物を含む。 Initiator may be any polymerization initiator which is decomposed in the cure cycle, but are not limited to, dicumyl peroxide, 1,1-di - (t-butylperoxy) 3,3,5-trimethyl cyclohexane, a-a bis (t-butylperoxy) diisopropylbenzene, 2,5-di - (t-butylperoxy) -2,5-dimethylhexane, di -t- butyl peroxide, n- butyl-4,4 bis (t-butylperoxy) valerate, lauryl peroxide, benzoyl peroxide, t- butyl hydroperoxide, and the like and mixtures thereof. ゴム組成物はオプションとして1または複数の酸化防止剤を含む。 Rubber composition comprising one or more antioxidants optionally. 酸化防止剤は、ゴムの酸化による劣化を排除ないし防止する化合物である。 Antioxidants are compounds that inhibit or prevent the oxidative degradation of the rubber. 適切な酸化防止剤は、例えば、無水キノリン酸化防止剤、アミン型酸化防止剤、およびフェノール型の酸化防止剤である。 Suitable antioxidants are, for example, dihydroquinoline antioxidants, amine type antioxidants, and phenolic antioxidants. ゴム組成物は、また、コアまたはカバーの密度および/または比重を調整するために1または複数のフィラーを含んでも良い。 The rubber composition may also include one or more filler to adjust the density and / or specific gravity of the core or the cover. フィラーは典型的にはポリマーまたは無機物の粒子である。 Fillers are typically particles of polymer or inorganic material. フィラーの例は、沈降水和シリカ、クレー、タルク、アスベスト、ガラス繊維、アラミド繊維、マイカ、メタ珪酸カルシウム、硫酸バリウム、硫化亜鉛、リトポン、ケイ酸塩、炭化珪素、珪藻土、ポリ塩化ビニル、炭酸塩(例えば炭酸カルシウム、炭酸マグネシウム)、金属(例えば、チタン、タングステン、アルミニウム、ビスマス、ニッケル、モリブデン、鉄、鉛、銅、ホウ素、コバルト、ベリリウム、亜鉛、錫)、合金(例えば、スチール、黄銅、青銅、炭化ホウ素ホイスカー、炭化タングステンウィスカー)、金属酸化物(例えば、酸化亜鉛、酸化鉄、酸化アルミニウム、酸化チタン、酸化マグネシウム、酸化ジルコニウム)、粒子炭素質材料(例えば、グラファイト、カーボンブラック、コットンフロック、天然ビチューメン、セ Examples of fillers include precipitated hydrated silica, clay, talc, asbestos, glass fibers, aramid fibers, mica, calcium metasilicate, barium sulfate, zinc sulfide, lithopone, silicates, silicon carbide, diatomaceous earth, polyvinylchloride, carbonate salt (e.g. calcium carbonate, magnesium carbonate), metal (e.g., titanium, tungsten, aluminum, bismuth, nickel, molybdenum, iron, lead, copper, boron, cobalt, beryllium, zinc, tin) alloys (e.g., steel, brass , bronze, boron carbide whiskers, tungsten carbide whiskers), metal oxides (e.g., zinc oxide, iron oxide, aluminum oxide, titanium oxide, magnesium oxide, zirconium oxide), particulate carbonaceous material (e.g., graphite, carbon black, cotton flock, natural bitumen, Se ロースフロック、レザー繊維)、マイクロバルーン(例えば、ガラス、セラミック)、フライアッシュ、およびこれらの組み合わせを含む。 Loin containing flock, leather fiber), microballoons (e.g., glass, ceramics), fly ash, and combinations thereof. ゴム組成物は、また、フリーラジカル捕捉剤、促進剤、スコーチ遅延剤、着色剤、香料、化学吹き出しまたは発泡剤、脱泡剤、安定剤、軟化剤、その他から選択された添加剤を含んでも良い。 Rubber composition also free radical scavengers, accelerators, scorch retarders, coloring agents, perfumes, chemical balloon or blowing agents, defoamers, stabilizers, softening agents, also contain an additive selected from other good.

ゴム組成物はオプションの柔軟化・高速化剤を含んでもよい。 The rubber composition may include a soft and fast agent options. ここで使用されるように「柔軟化・高速化剤」(soft and fast agent)は、柔軟化・高速化剤なしに準備した場合に較べて、コアを1)一定のCORの下でより柔らかく(より小さな圧縮)し、または2)等しい圧縮でより大きなCORを伴うようにする、任意の化合物またはそれらのブレンドを意味する。 As used herein, "soft and fast agent" (soft and fast agent) is in comparison to a case where it is prepared without soft and fast agents, softer core 1) under a constant COR (smaller compression), and or 2) equal to involving a larger COR in compression, means any compound or blends thereof. 好ましくは、ゴム組成物は約0.05phrから約10.0phrの柔軟化・高速化剤を含有する。 Preferably, the rubber composition contains a flexible and fast agent from about 0.05phr about 10.0 phr. 1実施例において、柔軟化・高速化剤は約0.05phrから約3.0pr、または約0.05phrから約2.0phr、または約0.05phrから約1.0phrの範囲で存在する。 In one embodiment, the soft and fast agent is present in the range of from about 0.05 phr to about 3.0pr or about 0.05 phr to about 2.0 phr, or from about 0.05 phr, to about 1.0 phr. 他の実施例では、柔軟化・高速化剤は約2.0phrから約5.0pr、または約2.35phrから約4.0phr、または約2.35phrから約3.0phrの範囲で存在する。 In other embodiments, the soft and fast agent is present in the range of about 2.0phr about 5.0pr or about 2.35Phr about 4.0 phr, or from about 2.35Phr, about 3.0 phr. 代替的な高濃度の実施例では、柔軟化・高速化剤は約5.0phrから約10.0pr、または約6.0phrから約9.0phr、または約7.0phrから約8.0phrの範囲で存在する。 In an alternative embodiment, high density, soft and fast agent is about 5.0phr about 10.0pr or about 6.0phr about 9.0Phr, or in the range of about 7.0phr to about 8.0 phr, in there. 他の実施例では、柔軟化・高速化剤は約2.6phrの量だけ存在する。 In another embodiment, the soft and fast agent is present in an amount of about 2.6Phr.

適切な柔軟化・高速化剤は、これに限定されないが、有機硫黄または金属含有有機硫黄化合物、無機硫黄化合物、第VIA族の化合物、またはこれらの混合物を含み、有機硫黄化合物は、モノ、ジ、およびポリスルフィド、チオール、またはメルカプト化合物を含む。 Suitable soft and fast agents include, but are not limited to, organic sulfur or metal-containing organic sulfur compounds, inorganic sulfur compounds, compounds of Group VIA or a mixture thereof, organic sulfur compounds, a mono, di , and polysulfides, thiols, or a mercapto compound. 柔軟化・高速化剤化合物は、有機硫黄化合物おおび無機硫黄化合物のブレンドであってもよい。 Soft and fast agent compound may be a blend of organic sulfur compounds and an inorganic sulfide compound.

この発明の適切な柔軟化・高速化剤は、これに限定されないが以下の一般式を有するものを含む。 Suitable soft and fast agents of the present invention, including but not limited to those having the following general formula.
式中、R 〜R はいずれの順番であってもよく、C 〜C アルキル基;ハロゲン基;チオール基(−SH)、カルボキシレート基;スルホネート基;、及び水素であってよく、また、ペンタフルオロチオフェノール;2−フルオロチオフェノール;3−フルオロチオフェノール;4−フルオロチオフェノール;2,3−フルオロチオフェノール;2,4−フルオロチオフェノール;3,4−フルオロチオフェノール;3,5−フルオロチオフェノール;2,3,4−フルオロチオフェノール;3,4,5−フルオロチオフェノール;2,3,4,5−テトラフルオロチオフェノール;2,3,5,6−テトラフルオロチオフェノール;4−クロロテトラフルオロチオフェノール;ペンタクロロチオフェノール;2−クロロチオフェノ Wherein may R 1 to R 5 is a either order, C 1 -C 8 alkyl group; a halogen group; a thiol group (-SH), a carboxylate group; may be, and hydrogen; sulfonate groups In addition, pentafluorothiophenol; 2-fluorothiophenol; 3- fluorothiophenol; 4-fluorothiophenol; 2,3-fluorothiophenol; 2,4-fluorothiophenol; 3,4-fluorothiophenol; 3,5-fluorothiophenol; 2,3,4-fluorothiophenol; 3,4,5-fluorothiophenol; 2,3,4,5-tetrafluoro thiophenol; 2,3,5,6 fluorothiophenol; 4-chloro-tetrafluoro thiophenol; pentachlorothiophenol; 2-chloro thiophenolate ル;3−クロロチオフェノール;4−クロロチオフェノール;2,3−クロロチオフェノール;2,4−クロロチオフェノール;3,4−クロロチオフェノール;3,5−クロロチオフェノール;2,3,4−クロロチオフェノール;3,4,5−クロロチオフェノール;2,3,4,5−テトラクロロチオフェノール;2,3,5,6−テトラクロロチオフェノール;ペンタブロモチオフェノール;2−ブロモチオフェノール;3−ブロモチオフェノール;4−ブロモチオフェノール;2,3−ブロモチオフェノール;2,4−ブロモチオフェノール;3,4−ブロモチオフェノール;3,5−ブロモチオフェノール;2,3,4−ブロモチオフェノール;3,4,5−ブロモチオフェノール;2,3,4,5−テトラブロモチオフェノ Le; 3-chloro-thiophenol; 4-chlorothiophenol; 2,3-chlorothiophenol; 2,4-chlorothiophenol; 3,4-chlorothiophenol; 3,5-chlorothiophenol; 2,3, 4-chlorothiophenol; 3,4,5-chlorothiophenol; 2,3,4,5-chlorothiophenol; 2,3,5,6-chlorothiophenol; pentabromothiophenol; 2-bromo thiophenol; 3-bromo-thiophenol; 4-bromo-thiophenol; 2,3-bromothiophenol; 2,4-bromothiophenol; 3,4-bromothiophenol; 3,5-bromo-thiophenol; 2,3 4-bromo thiophenol; 3,4,5-bromothiophenol; 2,3,4,5 tetrabromo thiophenolate ル;2,3,5,6−テトラブロモチオフェノール;ペンタヨードチオフェノール;2−ヨードチオフェノール;3−ヨードチオフェノール;4−ヨードチオフェノール;2,3−ヨードチオフェノール;2,4−ヨードチオフェノール;3,4−ヨードチオフェノール;3,5−ヨードチオフェノール;2,3,4−ヨードチオフェノール;3,4,5−ヨードチオフェノール;2,3,4,5−テトラヨードチオフェノール;2,3,5,6−テトラヨードチオフェノール;及びこれらの亜鉛塩であってよい。 Le; 2,3,5,6-bromothiophenol; penta iodo thiophenol; 2-iodo-thiophenol; 3-iodo-thiophenol; 4-iodo-thiophenol; 2,3 iodo thiophenol; 2,4 iodo-thiophenol; 3,4-iodo-thiophenol; 3,5-iodo-thiophenol; 2,3,4-iodo-thiophenol; 3,4,5-iodo-thiophenol; 2,3,4,5 tetraiodo thiophenol; 2,3,5,6 iodo thiophenol; and may be these zinc salts. 好ましくはハロゲン化した有機硫黄化合物はペンタクロロチオフェノールであり、これは純粋な形態で市場から入手可能であり、又はペンタクロロチオフェノールを45パーセント(2.4部のPCTPに相当する)付加した硫黄化合物を含むクレイをベースとするキャリヤであるSTRUKTOL(登録商標)の商標名で入手可能である。 Preferably organosulfur halogenated compounds are pentachlorothiophenol, which is available from the market in pure form, or pentachlorothiophenol (corresponding to 2.4 parts of PCTP) 45 percent were added available under the trade name is a carrier based on clay containing a sulfur compound STRUKTOL (TM). STRUKTOL(商標)はオハイオ州ストウのStruktolCompanyofAmericaから商業的に入手可能である。 STRUKTOL (TM) is commercially available from StruktolCompanyofAmerica of Stow, Ohio. PCTPは商業的にカリフォルニア州サンフランシスコのeChinachemから純粋な形態で入手可能であり、サンフランシスコのeChinachemから塩の形態で入手可能である。 PCTP are commercially available in pure form from eChinachem of San Francisco, California, it is available from eChinachem of San Francisco in the form of a salt. 最も好ましくは、ハロゲン化した有機硫黄化合物はペンタクロロチオフェノールの亜鉛塩であり、これはサンフランシスコのeChinachemから商業的に入手可能である。 Most preferably, the organic sulfur compound halogenation is zinc salt of pentachlorothiophenol, which is commercially available from eChinachem San Francisco. 付加的な例は米国特許第7,148,279号に開示されており、その内容は参照してここに組み入れる。 Additional examples are disclosed in U.S. Patent No. 7,148,279, which is incorporated herein by reference.

この発明を参照する際にはここで使用されるように、用語「有機硫黄化合物」は、炭素、水素およびイオウを含有する任意の化合物を称し、ここで、硫黄は少なくとも1個の炭素に直接に結合する。 As used herein when referring to this invention, the term "organic sulfur compounds" is carbon, referred to any compound that contains hydrogen and sulfur, wherein sulfur is directly to at least one carbon bind to. ここで使用されるように、用語「イオウ化合物」は、元素状イオウ、高分子イオウ、またはこれらの組合せである化合物を意味する。 As used herein, the term "sulfur compounds" refers to elemental sulfur, polymeric sulfur, or compound combinations thereof. さらに、「元素状イオウ」はS の環構造体を称し、「高分子イオウ」は元素状イオウに対して少なくとも1個の追加のイオウを含む構造体であることを理解すべきである。 Furthermore, "elemental sulfur" refers to the ring structure of S 8, "polymeric sulfur" is to be understood that the structure comprising at least one additional sulfur relative to elemental sulfur.

柔軟化・高速化剤の付加的に適切な例は、これに限定されないが、ジフェニルジスルフィド;4,4'−ジトリルジスルフィド;2,2'−ベンズアミドジフェニルジスルフィド;ビス(2−アミノフェニル)ジスルフィド;ビス(4−アミノフェニル)ジスルフィド;ビス(3−アミノフェニル)ジスルフィド;2,2'−ビス(4−アミノナフチル)ジスルフィド;2,2'−ビス(3−アミノナフチル)ジスルフィド;2,2'−ビス(4−アミノナフチル)ジスルフィド;2,2'−ビス(5−アミノナフチル)ジスルフィド;2,2'−ビス(6−アミノナフチル)ジスルフィド;2,2'−ビス(7−アミノナフチル)ジスルフィド;2,2'−ビス(8−アミノナフチル)ジスルフィド;1,1'−ビス(2−アミノナフチル)ジスルフィド Additionally suitable examples of soft and fast agents include, but are not limited to, diphenyl disulfide, 4,4'-ditolyl disulfide; 2,2'-benzamide diphenyl disulfide, bis (2-aminophenyl) disulfide ; bis (4-aminophenyl) disulfide, bis (3-aminophenyl) disulfide; 2,2'-bis (4-aminonaphthyl) disulfide; 2,2'-bis (3-aminonaphthyl) disulfide; 2,2 '- bis (4-aminonaphthyl) disulfide; 2,2'-bis (5-aminonaphthyl) disulfide; 2,2'-bis (6-aminonaphthyl) disulfide; 2,2'-bis (7-aminonaphthyl ) disulfide; 2,2'-bis (8-aminonaphthyl) disulfide; 1,1'-bis (2-aminonaphthyl) disulfide ;1,1'−ビス(3−アミノナフチル)ジスルフィド;1,1'−ビス(3−アミノナフチル)ジスルフィド;1,1'−ビス(4−アミノナフチル)ジスルフィド;1,1'−ビス(5−アミノナフチル)ジスルフィド;1,1'−ビス(6−アミノナフチル)ジスルフィド;1,1'−ビス(7−アミノナフチル)ジスルフィド;1,1'−ビス(8−アミノナフチル)ジスルフィド;1,2'−ジアミノ−1,2'−ジチオジナフタレン;2,3'−ジアミノ−1,2'−ジチオジナフタレン;ビス(4−クロロフェニル)ジスルフィド;ビス(2−クロロフェニル)ジスルフィド;ビス(3−クロロフェニル)ジスルフィド;ビス(4−ブロモフェニル)ジスルフィド;ビス(2−ブロモフェニル)ジスルフィド;ビス(3−ブロモフェニル)ジ ; 1,1'-bis (3-aminonaphthyl) disulfide; 1,1'-bis (3-aminonaphthyl) disulfide; 1,1'-bis (4-aminonaphthyl) disulfide; 1,1'-bis ( 5-aminonaphthyl) disulfide; 1,1'-bis (6-aminonaphthyl) disulfide; 1,1'-bis (7-aminonaphthyl) disulfide; 1,1'-bis (8-aminonaphthyl) disulfide; 1 , 2'-diamino-1,2'-dithio-di-naphthalene; 2,3'-diamino-1,2'-dithio-di-naphthalene, bis (4-chlorophenyl) disulfide, bis (2-chlorophenyl) disulfide, bis (3 - chlorophenyl) disulfide, bis (4-bromophenyl) disulfide, bis (2-bromophenyl) disulfide, bis (3-bromophenyl) di ルフィド;ビス(4−フルオロフェニル)ジスルフィド;ビス(4−イオドフェニル)ジスルフィド;ビス(2,5−ジクロロフェニル)ジスルフィド;ビス(3,5−ジクロロフェニル)ジスルフィド;ビス(2,4−ジクロロフェニル)ジスルフィド;ビス(2,6−ジクロロフェニル)ジスルフィド;ビス(2,5−ジブロモフェニル)ジスルフィド;ビス(3,5−ジブロモフェニル)ジスルフィド;ビス(2−クロロ−5−ブロモフェニル)ジスルフィド;ビス(2,4,6−トリクロロフェニル)ジスルフィド;ビス(2,3,4,5,6−ペンタクロロフェニル)ジスルフィド;ビス(4−シアノフェニル)ジスルフィド;ビス(2−シアノフェニル)ジスルフィド;ビス(4−ニトロフェニル)ジスルフィド;ビス(2−ニ Rufido; bis (4-fluorophenyl) disulfide, bis (4-Iodofeniru) disulfide, bis (2,5-dichlorophenyl) disulfide, bis (3,5-dichlorophenyl) disulfide, bis (2,4-dichlorophenyl) disulfide; bis (2,6-dichlorophenyl) disulfide, bis (2,5-dibromophenyl) disulfide, bis (3,5-dibromophenyl) disulfide, bis (2-chloro-5-bromophenyl) disulfide, bis (2,4, 6- trichlorophenyl) disulfide, bis (2,3,4,5,6-pentachlorophenyl) disulfide, bis (4-cyanophenyl) disulfide, bis (2-cyanophenyl) disulfide, bis (4-nitrophenyl) disulfide ; bis (2-d トロフェニル)ジスルフィド;2,2'−ジチオベンゾイックエチル;2,2'−ジチオベンゾイックメチル;2,2'−ジチオ安息香酸;4,4'−ジチオベンゾイックエチル;ビス(4−アセチルフェニル)ジスルフィド;ビス(2−アセチルフェニル)ジスルフィド;ビス(4−ホルミルフェニル)ジスルフィド;ビス(4−カルバモイルフェニル)ジスルフィド;1,1'−ジナフチルジスルフィド;2,2'−ジナフチルジスルフィド;1,2'−ジナフチルジスルフィド;2,2'−ビス(1−クロロジナフチル)ジスルフィド;2,2'−ビス(1−ブロモナフチル)ジスルフィド;1,1'−ビス(2−クロロナフチル)ジスルフィド;2,2'−ビス(1−シアノナフチル)ジスルフィド;2,2'−ビス(1−アセチルナフチル)ジスル Nitrophenyl) disulfide; 2,2'-dithio benzoic ethyl; 2,2'-dithio benzoic methyl; 2,2'-dithio benzoate; 4,4'-dithio benzoic ethyl; bis (4-acetylphenyl ) disulfide, bis (2-acetylphenyl) disulphide, bis (4-formylphenyl) disulfide, bis (4-carbamoyl-phenyl) disulfide; 1,1'-dinaphthyl disulfide, 2,2'-dinaphthyl disulfide; 1, 2'dinaphthyl disulfide; 2,2'-bis (1-Kurorojinafuchiru) disulfide; 2,2'-bis (1-bromonaphthyl) disulfide; 1,1'-bis (2-chloronaphthyl) disulfide; 2,2'-bis (1-cyanonaphthyl) disulfide; 2,2'-bis (1-acetyl-naphthyl) resign ィド等の;またはこれらの混合物がある。 There is or mixtures thereof; such as I de. 好ましい有機イオウ化合物は、ジフェニルジスルフィド、4,4'−ジトリルジスルフィド、または2,2'−ベンズアミドジフェニルジスルフィド、またはこれらの混合物である。 Preferred organic sulfur compounds are diphenyl disulfide, 4,4'-ditolyl disulphide or 2,2'-benzamide diphenyl disulfide, or mixtures thereof. より好ましい有機硫黄化合物は、4,4'−ジトリルジスルフィドである。 More preferred organic sulfur compound is 4,4'-tolyl disulfide.

他の実施例において、金属含有有機硫黄化合物をこの発明に従って使用してよい。 In another embodiment, the metal-containing organic sulfur compound may be used in accordance with this invention. 適切な金属含有有機硫黄化合物は、これに限定されないが、ジエチルジチオカルバメート、ジアミルジチオカルバメート、およびジメチルジチオカルバメートのカドミウム、銅、鉛、およびテルリウム類似体、またはこの混合物である。 Suitable metal-containing organosulfur compounds include, but are not limited to, diethyl dithiocarbamate, diamyl dithiocarbamates and cadmium dimethyldithiocarbamate, copper, lead, and tellurium analogs, or mixtures thereof. 付加的な例は米国特許第7,005,479号に開示されており、その内容は参照してここに組み入れる。 Additional examples are disclosed in U.S. Patent No. 7,005,479, which is incorporated herein by reference.

硫黄または金属を含まない、適当な置換または無置換の芳香族有機成分は、4,4'−ジフェニルアセチレン、アゾベンゼン、またはこれらの混合物を含むが、これらに制限されない。 Not containing sulfur or a metal, an aromatic organic components Suitable substituted or unsubstituted, 4,4'-diphenyl acetylene, azobenzene, or mixtures thereof, without limitation. 該芳香族有機基は、好ましくはそのサイズにおいて、C 〜C 20なる範囲にあり、またより好ましくはC 〜C 10なる範囲にある。 The aromatic organic group preferably in their size, located in the C 6 -C 20 becomes range and more preferably in the C 6 -C 10 Scope. 適当な無機硫化物成分は、硫化チタン、硫化マンガン、および鉄、カルシウム、コバルト、モリブデン、タングステン、銅、セレン、イットリウム、亜鉛、錫、およびビスマスの類似の硫化物を包含するが、これらに限定されない。 Suitable inorganic sulfides component, titanium sulfide, manganese sulfide, and iron, calcium, cobalt, molybdenum, tungsten, copper, selenium, encompasses yttrium, zinc, tin, and similar sulfides bismuth, limited to not.

また、置換または非置換芳香族有機化合物も柔軟化・高速化剤である。 Further, a substituted or unsubstituted aromatic organic compounds are also soft and fast agent. 適切な置換または非置換芳香族有機成分としては、限定するものではないが、式(R −R −M−R −(R を有する成分があり、式中、R およびR は、各々、水素、または置換または非置換のC 〜C 20線状、枝分れまたは環状のアルキル、アルコキシまたはアルキルチオ基、または単環、多環または縮合環のC 〜C 24芳香族基であり;xおよびyは、各々、0〜5の整数であり;R およびR は、各々、単環、多環または縮合環のC 〜C 24芳香族基から選ばれ;Mは、アゾ基または金属成分である。 Suitable substituted or unsubstituted aromatic organic components include, but are not limited to, the formula (R 1) x -R 3 -M -R 4 - may component having (R 2) y, wherein, R 1 and R 2 are each hydrogen, or a substituted or unsubstituted C 1 -C 20 linear, branched or cyclic alkyl, alkoxy or alkylthio group or a monocyclic,, C 6 polycyclic or fused- be a C 24 aromatic radical; x and y are each an integer of 0 to 5; R 3 and R 4 are each a monocyclic, from C 6 -C 24 aromatic group polycyclic or fused selected; M is an azo group, or a metal component. およびR は、各々、好ましくはC 〜C 10芳香族基から選ばれ、より好ましくはフェニル、ベンジル、ナフチル、ベンズアミドおよびベンゾチアジルから選ばれる。 R 3 and R 4 are each preferably selected from C 6 -C 10 aromatic group, selected more preferably phenyl, benzyl, naphthyl, benzamide and benzothiazyl. およびR は、各々、好ましくは、置換または非置換のC 〜C 10線状、枝分れまたは環状のアルキル、アルコキシまたはアルキルチオ基、またはC 〜C 10芳香族基から選ばれる。 R 1 and R 2 are each preferably selected from a substituted or unsubstituted C 1 -C 10 linear, branched or cyclic alkyl, alkoxy or alkylthio group or a C 6 -C 10 aromatic group, . 、R 、R またはR が置換されている場合、その置換基としては、1種以上の以下の置換基があり得る:ヒドロキシおよびその金属塩;メルカプトおよびその金属塩;ハロゲン;アミノ、ニトロ、シアノおよびアミド;エステル類、酸類およびその金属塩を含むカルボキシル;シリル;アクリレート類およびその金属塩;スルホニルまたはスルホンアミド;およびホスフェート類およびホスファイト類。 If R 1, R 2, R 3 or R 4 is substituted, the substituent, there may be one or more of the following substituents: hydroxy and metal salts thereof; mercapto and metal salts thereof; halogen; amino, nitro, cyano and amide; silyl; acrylates and metal salts thereof; sulfonyl or sulfonamide; and phosphates and phosphites esters, acids and carboxyl containing the metal salt. Mが金属成分である場合、Mは、当業者に入手し得る任意の適切な元素状金属であり得る。 When M is a metal component, M may be any suitable elemental metals, available to those skilled in the art. 典型的には、金属は、遷移金属であるが、好ましくは、テルルまたはセレニウムである。 Typically, the metal is a transition metal, preferably, tellurium or selenium. 1実施例において、芳香族有機化合物は、金属を実質的に含まず、他方、他の実施例において、芳香族有機化合物は、金属を完全に含まない。 In one embodiment, the aromatic organic compound, substantially free of metal, while in other embodiments, the aromatic organic compound is completely free of metal.

柔軟化・高速化剤は、また第VIA族成分を含むこともできる。 Soft and fast agent can also include a Group VIA component. 元素硫黄および重合体硫黄は、例えばオハイオ州、シャルドンのElastochem社から、市販品として入手できる。 Elemental sulfur and polymeric sulfur, for example OH, from Elastochem Inc. Chardon, commercially available. 硫黄触媒化合物の例は、PB(RM−S)−80元素硫黄およびPB(CRST)−65重合体硫黄を含み、これら各々は、Elastochem社から入手できる。 Examples of the sulfur catalyst compounds include PB (RM-S) -80 elemental sulfur and PB (CRST) -65 polymeric sulfur, each of which is available from Elastochem Inc.. 「TELLOY」という商品名のテルル触媒の例および「VANDEX」という商品名のセレン触媒の例は、各々RT Vanderbilt社から市販品として入手できる。 Examples of trade names of selenium catalyst of examples of tellurium catalyst of the trade name "TELLOY" and "VANDEX" are each commercially available from RT Vanderbilt Company.

他の適切な柔軟化・高速化剤は、これに限定されないが、ヒドロキノン、ベンゾキノン、キンヒドロン、カテコール、およびレソルシノールを含む。 Other suitable soft and fast agents include, but are not limited to, include hydroquinone, benzoquinone, quinhydrones, catechol, and resorcinol. 適切なヒドロキノンは、さらに、例えば、米国特許出願公開第2007/0213440号に開示されている。 Suitable hydroquinone, further, for example, disclosed in U.S. Patent Application Publication No. 2007/0213440. 適切なベンゾキノンは、さらに、例えば、米国特許出願公開第2007/0213442号に開示されている。 Suitable benzoquinone, further, for example, disclosed in U.S. Patent Application Publication No. 2007/0213442. 適切なキンヒドロンは、さらに、例えば、米国特許出願公開第2007/0213441号に開示されている。 Suitable quinhydrone further example is disclosed in U.S. Patent Application Publication No. 2007/0213441. 適切なカテコールは、さらに、例えば、米国特許出願公開第2007/0213444号に開示されている。 Suitable catechol further example is disclosed in U.S. Patent Application Publication No. 2007/0213444. これら文献の内容は参照してここに組み入れる。 The contents of these documents are incorporated herein by reference.

センタを形成するのに使用して好適な商業的に入手可能なポリブタジエンの例は、これに限定されないが、LANXESS社から商業的に入手可能なBUNA CB23;Dow Chemical社から商業的に入手可能なSE BR−1220;Polimeri Europa社から商業的に入手可能なEuroprene(商標)NEOCIS(商標)BR40およびBR60;UBE Industry社から商業的に入手可能なUBEPOL(商標)BR;およびJapan Synthetic Rubber社から商業的に入手可能なBR 01を含む。 Examples of suitable commercially available polybutadienes for use in forming the center, but not limited to, commercially available BUNA CB23 from LANXESS Corporation; commercially available from Dow Chemical Co. SE BR-1220; Polimeri Europa Inc. from commercially available Europrene (TM) NEOCIS (TM) BR40 and BR60; UBE Industry Co. commercially available from UBEPOL (TM) BR; and Japan Synthetic Rubber Co. commercial from to include the BR 01 available.

ベースゴム、架橋剤、フィラー、共架橋剤、開始剤、および添加剤の種類および量については、例えば、米国特許出願公開第2004/0214661号、同第2003/0144087号、および同第2003/0225197号、ならびに、米国特許第6,566,483号、同第6,695,718号、および同第6,939,907号にさらに十分に説明されており、その内容については参照してここに組み入れる。 Base rubber, a crosslinking agent, a filler, a co-crosslinking agent, the type and amount of initiator, and additives, for example, U.S. Patent Application Publication No. 2004/0214661, the No. 2003/0144087, and the second 2003/0225197 No., and U.S. Patent No. 6,566,483, the No. 6,695,718, and are more fully described in the No. 6,939,907, herein by reference for their content incorporated.

センタは、また、金属、堅固なプラスチック、高強度有機または無機フィラーまたは繊維で強化されたポリマー、およびこれらのブレンドならびに複合材から選択された低変形材料から製造して良い。 Center, also metal, rigid plastic, high-strength organic or inorganic fillers or fibers in reinforced polymers, and may be manufactured from a low deformation material selected from these blends and composites. 適切な低変形材料は米国特許出願公開第2005/0250600号に開示されたものも含み、その内容は参照してここに組み入れる。 Suitable low deformation materials also include those disclosed in U.S. Patent Application Publication No. 2005/0250600, which is incorporated herein by reference.

センタは熱硬化性または熱可塑性材料、例えば、ポリウレタン、ポリ尿素、部分的にまたは十分に中和されたアイオノマー、熱硬化性ポリジエンゴム、例えば、ポリブタジエン、ポリイソプレン、エチレンプロピレンジエンモノマーゴム、エチレンプロピレンゴム、天然ゴム、バラタ、ブチルゴム、ハロブチルゴム、スチレンブタジエンゴム、またはスチレンブロックコポリマー、例えば、スチレンエチレンブタジエンスチレンゴム等、メタローセンまたは他のシングルサイト触媒ポリオレフィン、ポリウレタンコポリマー、例えば、シリコーンを伴うものを含み、ただし、この材料は所望の反発係数(「COR」)を満たす必要がある。 Center thermosetting or thermoplastic materials, such as polyurethane, polyurea, partially or fully neutralized ionomers, thermosetting polydiene rubber such as polybutadiene, polyisoprene, ethylene propylene diene monomer rubber, ethylene propylene rubber , natural rubber, balata, butyl rubber, halobutyl rubber, styrene-butadiene rubber or styrene block copolymers, for example, include styrene-ethylene-butadiene-styrene rubber, metallocene or other single site catalyzed polyolefin, polyurethane copolymers, for example, those with silicone, However, this material must satisfy a desired coefficient of restitution ( "COR").

外側コア層は一般にゴム組成物から製造される。 The outer core layer is generally formed from a rubber composition. 適切なゴム組成物は先に開示したものを含む。 Suitable rubber compositions include those disclosed above.

センタおよび外側コア層を形成するのに適切な付加的な材料は、米国特許第7,300,364号に開示されたコア組成物を含み、その内容は参照してここに組み入れる。 Suitable additional material to form a center and outer core layer includes US core composition disclosed in Patent No. 7,300,364, which is incorporated herein by reference. 例えば、適切なセンタ、中間、および外側コア材料は有機脂肪酸およびその塩、金属カチオン、または双方の組み合わせで中和されたHNPを含む。 For example, a suitable center, intermediate, and outer core material comprising an HNP neutralized with a combination of or both an organic fatty acids and their salts, metal cations. 有機脂肪酸およびその塩により中和したHNPに加えて、コア組成物は、少なくとも約40の弾力性インデックス(resillience index)を有する少なくとも1つのゴム材料を含んでよい。 In addition to the organic fatty acids and HNP neutralized by salt thereof, the core composition may comprise at least one rubber material having at least about 40 elasticity index (resillience index). 好ましくは、弾力性インデックスは少なくとも約50である。 Preferably, resilient index is at least about 50. したがって、弾力性ゴルフボールを製造するポリマーはこの発明に好適であり、これに限定されないが、テキサス州オレンジのBayer社から商業的に入手できるCB23、CB22や、イタリアのEnichem社から商業的に入手できるBR60やオハイオ州アクロンのGoodyear社から商業的に入手できる1207Gを含む。 Thus, the polymer to produce a resilient golf ball is suitable for this invention include, but are not limited to, commercially available from Bayer Corporation of Texas orange CB23, CB22 and, commercially from Enichem Co. Italy Get It can include the 1207G commercially available from BR60 and Goodyear Corp. of Akron, Ohio. さらに、非加硫ゴム、例えば、ポリブタジエンは、この発明にしたがって準備されたゴルフボールにおいて、約40および約80の間のムーニー粘度を有し、より好ましくは約45から約65、最も好ましくは約45から約55の間のムーニー粘度を有する。 Further, the unvulcanized rubber, such as polybutadiene, in golf balls prepared according to the invention has a Mooney viscosity of between about 40 and about 80, more preferably from about 45 to about 65, and most preferably about having a Mooney viscosity of between about 55 to 45. ムーニー粘度は典型的にはASTM−D1646に従って測定される。 Mooney viscosity is typically measured according to ASTM-D1646.

二層コアは、1または複数の層を有するカバーに包まれる。 Bilayer core is encased in a cover having one or more layers. 適切なカバー層材料は、アイオノマー樹脂およびそのブレンド(特にSurlyn(商標)アイオノマー樹脂)、ポリウレタン、ポリ尿素、(メタ)アクリル酸、熱可塑性ゴムポリマー、ポリエチレン、および合成または天然加硫ゴム、例えばバラタを含む。 Suitable cover layer materials include ionomer resins and blends thereof (particularly Surlyn (TM) ionomer resin), polyurethanes, polyureas, (meth) acrylic acid, thermoplastic rubber polymers, polyethylene, and synthetic or natural vulcanized rubber, for example, balata including. 商業的に入手可能な適切なアイオノマーのカバー材料は、これに限定されないが、E. Cover material commercially available suitable ionomers include, but are not limited to, E. I. I. DuPont de Nemours and Companyから商業的に入手可能な、Surlyn(商標)アイオノマー樹脂、およびDuPont(商標)HPF1000およびHPF2000;ExxonMobile Chemical Companyから商業的に入手可能なIotek(商標)アイオノマーを含む。 Commercially available from DuPont de Nemours and Company, Surlyn (TM) ionomer resin, and DuPont (TM) HPF 1000 and HPF 2000; including from ExxonMobile Chemical Company commercially available Iotek (TM) ionomer.

とくに適切な外側カバー層は比較的柔らかなポリウレタンおよびポリ尿素を含む。 Particularly suitable outer cover layer comprises a relatively soft polyurethanes and polyureas. 好ましくは、外側カバー層の材料硬度は、ASTM D2240に従って測定したときに、45ショアD以下、または40ショアD以下、または25ショアDから40ショアD、または30ショアDから40ショアDである。 Preferably, the material hardness of the outer cover layer, when measured according to ASTM D2240, 45 Shore D or less, or 40 Shore D or less, or 25 Shore D to 40 Shore D or 30 Shore D to 40 Shore D,. カバーの曲げ弾性率はASTM D6272−98手順Bで測定され、好ましくは500psi以上、または500psiから150,000psiである。 The flexural modulus of the cover is measured by ASTM D6272-98 procedure B, preferably 500psi or greater, or from 500psi 150,000 psi.

「材料硬度」と「ゴルフボールの表面で直接に測定した硬度」とは、基本的に異なることを理解されたい。 "Material hardness" and "hardness measured directly on the surface of the golf ball" is to be understood that there is a fundamental difference. この説明の範囲では、材料硬度は、ASTM−D2240によって測定され、一般に、硬度を測定すべき材料から形成させた平坦な「スラブ」または「ボタン」の硬度を測定するものである。 In the scope of this description, the material hardness is measured by ASTM-D2240, in general, is to measure the hardness of a flat was formed from a material to be measured hardness "slab" or "button". ゴルフボール(または、他の球体表面)上で直接測定するときの硬度は、典型的には異なる硬度値を生ずる。 Golf ball (or other spherical surface) hardness when measured directly on, typically produce different hardness value is. 硬度値におけるこの相違は、限定するものではないが、ボール構造(即ち、コアのタイプ、コアおよび/またはカバー層の数等)、ボール(または球体)直径、および隣接各層の素材組成のようないくつかの要因に由来する。 This difference in hardness values, but are not limited to, ball construction (i.e., type of core, when referring to the number of core and / or cover layer), such as a ball (or sphere) diameter, and the material composition of adjacent layers derived from several factors. また、2つの測定方法は直線的には相関せず、従って、一方の硬度値が他方の硬度値と容易に相関し得ないことも理解すべきである。 Further, the two measurement techniques are not correlated linearly, therefore, it is also to be understood that one of the hardness value can not easily be correlated with other hardness values. 内側カバー層材料および外側カバー層材料を含むカバー材料についてここで与えられる硬度値はASTM D2240で測定される材料硬度値である。 Hardness values ​​given herein for cover material comprising an inner cover layer material and the outer cover layer material is a material hardness value measured by ASTM D2240.

また、アイオノマーの熱可塑性エラストマーとのブレンドも適切である。 Also, blends of thermoplastic elastomers ionomers are also suitable. 適切なアイオノマーのカバー材料は例えば米国特許第6,653,382号、同第6,756,436号、同第6,894,098号、同第6,919,393号、および同第6,953,820号にさらに開示されており、その内容は参照してここに組み入れる。 Suitable cover materials of ionomer, for example, U.S. Pat. No. 6,653,382, Nos 6,756,436, the No. 6,894,098, the No. 6,919,393, and the sixth, No. 953,820 are further disclosed, which is incorporated herein by reference. 適切なポリエチレンカバー材料はさらに米国特許第5,334,673号、同第6,506,851号、および同第6,756,436号に開示されており、その内容は参照してここに組み入れる。 Suitable polyethylene cover material further U.S. Patent No. 5,334,673, are disclosed the No. 6,506,851, and the same No. 6,756,436, which is incorporated herein by reference . 適切なポリ尿素カバー材料はさらに米国特許第5,484,870号および同第6,835,794号に開示されており、その内容は参照してここに組み入れる。 Suitable polyurea cover materials are further disclosed in U.S. Patent No. 5,484,870 and EP 6,835,794, which is incorporated herein by reference. 適切なポリウレタン−尿素ハイブリッドはウレタンまたは尿素セグメントを有するブレンドまたはコポリマーであり、それは米国特許出願公開第2007/0117923号に開示される通りであり、その内容は参照してここに組み入れる。 Suitable polyurethane - urea hybrid is a blend or copolymer having a urethane or urea segments, which is as disclosed in U.S. Patent Application Publication No. 2007/0117923, which is incorporated herein by reference. 他の適切なカバー材料は、例えば、米国特許出願公開第2005/0164810号、米国特許第5,919,100号ならびにPCT刊行物WO00/23519および同WO00/29129に開示されており、これらの内容は参照してここに組み入れる。 Other suitable cover materials, for example, U.S. Patent Application Publication No. 2005/0164810, are disclosed in U.S. Patent 5,919,100 No. and PCT Publications WO00 / 23519 and ibid WO00 / 29 129, the contents incorporated herein by reference.

具体的な実施例において、カバーは、好ましくはアイオノマー組成物から製造された単一層である。 In a specific embodiment, the cover is preferably a single layer made from the ionomer composition. 単一層のカバーの表面硬度は好ましくは65ショアD以下、または60ショアD以下であり、その厚さは下限が0.010または0.015または0.020インチで上限が0.055または0.100または0.120または0.140インチの範囲である。 Surface hardness of the cover of a single layer is preferably not more than 65 Shore D, or 60 Shore D or less, the upper limit in the thickness is a lower limit of 0.010 or 0.015 or 0.020 inches 0.055 or 0. it is in the range of 100 or 0.120 or 0.140 inches.

他の具体的な実施例において、カバーは、内側カバー層および外側カバー層からなる2層カバーである、内側カバー層は、好ましくはアイオノマー組成物から製造され、その表面硬度は好ましくは60ショアD以上、または65ショアD以上であり、その厚さは下限が0.010または0.015または0.020または0.030インチで上限が0.035または0.045または0.080または0.120インチの範囲である。 In another particular embodiment, the cover has a two-layer cover made inner cover layer and outer cover layer, the inner cover layer, preferably made from an ionomer composition, the surface hardness preferably 60 Shore D above, or 65 Shore D or more, the thickness of the lower limit is an upper limit at 0.010 or 0.015 or 0.020 or 0.030 inches 0.035 or 0.045 or 0.080 or 0.120 it is in the range of inches. 外側カバー層は好ましくは注径可能または反応性射出成型可能なポリウレタン、ポリ尿素、またはポリウレタン/ポリ尿素のコポリマーまたはハイブリッドである。 The outer cover layer is preferably Chu径 possibility or reaction injection moldable polyurethane, polyurea or a copolymer or a hybrid of polyurethane / polyurea. そのようなカバー材料は好ましくは熱硬化性であるけれども、熱可塑性でも良く、その表面硬度は、好ましくは、20から70ショアD、より好ましくは、30から65ショアD、最も好ましくは35から60ショアDである。 While such a cover material is preferably thermosetting, may be a thermoplastic, the surface hardness is preferably 20 to 70 Shore D, more preferably, 30 to 65 Shore D, and most preferably from 35 60 Shore is a D. 外側コア層の厚さは下限が0.010または0.015または0.025インチで上限が0.035または0.040または0.055または0.080インチの範囲である。 The thickness of the outer core layer is in the range upper limit of 0.035 or 0.040 or 0.055 or 0.080 inches having a lower limit of 0.010 or 0.015 or 0.025 inches.

特に好ましい実施例において、この発明は、センタおよび外側コア層からなる二層コア;および内側カバー層および外側カバー層からなる二層カバーを有するゴルフボールを実現する。 In a particularly preferred embodiment, the present invention, the center and two-layer core consists of an outer core layer; provides a golf ball having and inner cover layer and two-layer cover an outer cover layer. センタは熱可塑性または熱硬化性のポリマー組成物から製造されて、好ましくはつぎの特徴のうちの1つまたは複数を伴う。 Center is made from a thermoplastic or thermosetting polymer composition, preferably with one or more of the following features. すなわち、特徴は0.375インチの直径、85ショアCの中央硬度、85ショアCの表面硬度、および1.15g/ccの比重である。 That is, the feature is 0.375 inches in diameter, the center hardness of 85 Shore C, which is the specific gravity of the surface hardness, and 1.15 g / cc of 85 Shore C. センタは好ましくは硬度に中和されたポリマー組成物、例えば、E. Center preferably a polymer composition has been neutralized in hardness, for example, E. I. I. DuPont de Nemours and Companyから商業的に入手可能なDuPont(商標)HPF1000、またはHNPの部分的に中和されたアイオノマーとのHPNのブレンドから製造される。 Produced from DuPont de Nemours and Company from a blend of HPN and commercially available DuPont (TM) HPF 1000 or HNP partially neutralized ionomer. 外側コア層は、好ましくはゴム組成物から製造され、とくに好ましい実施例では、つぎの特徴のうちの1または複数を伴う。 The outer core layer, preferably made from a rubber composition, in a particularly preferred embodiment, accompanied by one or more of the following features. すなわち、特徴は、0.602インチの厚さ、80ショアCの表面硬度、および1.15g/ccの比重である。 That is, the feature has a thickness of 0.602 inches, a specific gravity of surface hardness, and 1.15 g / cc of 80 Shore C. 二層コアの圧縮は好ましくは60から100、または60から75、または70である。 The compression of the two-layer core is preferably from 60 to 100 or 60, 75 or 70,. 内側カバー層は好ましくはSurlyn(商標)7940/Surlyn(商標)8940のLi/Naブレンドを有し、特に好ましい実施例では、以下の特徴のうちの1つ以上を伴う。 The inner cover layer preferably has a Li / Na blend Surlyn (TM) 7940 / Surlyn (TM) 8940, in a particularly preferred embodiment, with one or more of the following features. すなわち、厚さが0.030インチであり表面硬度が66ショアDであることである。 That is that the surface hardness is 0.030 inch thick is 66 Shore D. Surlyn(商標)7940、すなわち、MAA酸基がリチウムイオンにより部分的に中和されているE/MAAコポリマー、および、Surlyn(商標)8940、すなわち、MAA酸基がナトリウムイオンにより部分的に中和されているE/MAAコポリマーは、E. Surlyn (R) 7940, i.e., E / MAA copolymer MAA acid groups have been partially neutralized with lithium ions, and, Surlyn (TM) 8940, i.e., partially neutralized MAA acid groups by sodium ions E / MAA copolymers are in, E. I. I. du Pont de Nermours and Companyから商業的に入手可能である。 It is commercially available from du Pont de Nermours and Company. 外側カバー層は好ましくはポリウレタンまたはポリ尿素組成物から製造され、とくに好ましい実施例では以下の特徴のうちの1つ以上を伴う。 The outer cover layer preferably made from polyurethane or polyurea compositions, in a particularly preferred embodiment with one or more of the following features. すなわち、厚さが0.030インチであり、表面硬度が45ショアDであることである。 That is, 0.030 inch thick, is that the surface hardness of 45 Shore D.

水蒸気バリア層をオプションとしてコアおよびカバーの間に採用して良い。 The water vapor barrier layer optionally may be employed between the core and the cover. 水蒸気バリア層は米国特許第6,632,147号、同第6,932,720号、同第7,004,854号、および同第7,182,702号にされに開示されており、その内容は参照してここに組み入れる。 Water vapor barrier layer No. 6,632,147, the No. 6,932,720, are disclosed in the same No. 7,004,854, and the same No. 7,182,702, the which are hereby incorporated herein by reference.

上述の材料に加えて、コアまたはカバーの層のいずれも次の材料の1つまたは複数を有して良い。 In addition to the above materials, it may be either the core or the cover layers have one or more of the following materials. すなわち、熱可塑性エラストマー、熱硬化性エラストマー、合成ゴム、熱可塑性加硫物、コポリマー性アイオノマー、ターポリマー性アイオノマー、ポリカーボネート、ポリオレフィン、ポリアミド、コポリマー性ポリアミド、ポリエステル、ポリビニルアルコール、アクリロニトリル−ブタジエン−スチレンコポリマー、ポリアリーレート、ポリアクリレート、ポリフェニレンエーテル、衝突改質ポリフェニレンエーテル、高衝突ポリスチレン、フタル酸ジアリルポリマー、メタローセン触媒ポリマースチレン−アクリロニトリル(SAN)(オレフィン改質SANおよびアクリロニトリル−スチレン−アクリロニトリルを含む)、スチレン−マレイン酸無水物(S/MA)ポリマー、スチレンコポリマー、官能性スチレンコポリマー、官 That is, thermoplastic elastomers, thermoset elastomers, synthetic rubbers, thermoplastic vulcanizates, copolymeric ionomer, terpolymer ionomer, polycarbonate, polyolefins, polyamides, copolymers of polyamides, polyesters, polyvinyl alcohol, acrylonitrile - butadiene - styrene copolymer , polyarylate, polyacrylate, polyphenylene ether, collision modified polyphenylene ether, a high collision polystyrene, diallyl phthalate polymer, metallocene catalyzed polymers of styrene - (including the acrylonitrile olefinically modified SAN and acrylonitrile - - styrene), acrylonitrile (SAN) styrene - maleic anhydride (S / MA) polymer, a styrene copolymer, functionalized styrene copolymers, government 性スチレンターポリマー、スチレンターポリマー、セルロースポリマー、液晶ポリマー(LCP)、エチレン−プロプレン−ジエンターポリマー(EPDM)、エチレン−ビニルアセテートコポリマー(EVA)、エチレン−プロピレンコポリマー、エチレンビニルアセテート、ポリ尿素、およびポリシロキサンまたはこれら種のメタローセン触媒ポリマーである。 Sex styrene terpolymers, styrene terpolymers, cellulose polymers, liquid crystal polymer (LCP), ethylene - Puropuren - diene terpolymers (EPDM), ethylene - vinyl acetate copolymer (EVA), ethylene - propylene copolymer, ethylene vinyl acetate, polyurea, and a polysiloxane or these species metallocene-catalyzed polymers. この発明の範囲内の組成物の付加的な材料として用いて好適なポリアミドは、つぎのようにして取得された樹脂を含む。 Suitable polyamides for use as an additional material of compositions within the scope of this invention comprises a resin which is obtained as follows. (1)として、(a)ジカルボン酸例えば蓚酸、アジピン酸、セバシン酸、テレフタル酸、イソフタル酸、または1,4−シクロヘキサンジカルボン酸を(b)ジアミン例えばエチレンジアミン、テトラエチレンジアミン、ペンタメチレンジアミン、ヘキサメチレンジアミン、またはデカメチレンジアミン、1,4−シクロヘキシルアミンまたはm−キシリレンジアミンで宿重合する。 As (1), (a) a dicarboxylic acid, such as oxalic acid, adipic acid, sebacic acid, terephthalic acid, isophthalic acid or 1,4-cyclohexane dicarboxylic acid (b) a diamine such as ethylenediamine, tetraethylenediamine, pentamethylenediamine, hexamethylene diamine or decamethylene diamine, and inn polymerized 1,4 cyclohexylamine or m- xylylenediamine. (2)として、環状ラクタム例えばイプシロンカプロカクタム、またはオメガラウロラクタムを開環重合する。 (2) a ring-opening polymerization of cyclic lactams eg epsilon-caprolactam beam or omega-laurolactam. (3)として、アミノカルボン酸例えば6−アミノカプロン酸、9−アミノカプロン酸、11−アミノカプロン酸または12−アミノカプロン酸を宿重合する。 (3) as, aminocarboxylic acids such as 6-aminocaproic acid, 9-aminocaproic acid, harboring polymerizing 11-aminocaproic acid or 12-aminocaproic acid. または、(4)として、環状ラクタムをジカルボン酸およびジアミンで共重合する。 Or, as (4), copolymerization of a cyclic lactam with a dicarboxylic acid and a diamine. 適切なポリアミドの具体的な例は、ナイロン6、ナイロン66、ナイロン11、ナイロン12、コポリマーナイロン、ナイロンMXD6およびナイロン46である。 Specific examples of suitable polyamides are nylon 6, nylon 66, nylon 11, nylon 12, a copolymer nylon, nylon MXD6 and nylon 46.

ここで開示されるゴルフボール組成物における付加的な材料として用いて好適な他の好ましい材料は、韓国のSK Chemicals社から商業的に入手可能なSkypel(商標)ポリエステルエラストマー、または日本のKuraray社から商業的に入手可能なSepton(商標)ジブロックまたはトリブロックコポリマー、またテキサス州、ヒューストンのKraton Polymers LLCから商業的に入手可能なKraton(商標)ジブロックまたはトリブロックコポリマーを含む。 Other preferred materials suitable for use as an additional material in the golf ball composition disclosed herein, from commercially available Skypel (TM) polyester elastomer or Japanese Kuraray Co., Korea of ​​SK Chemicals Co. including commercially available Septon (TM) diblock or triblock copolymer, also TX, commercially available Kraton (TM) from Houston Kraton polymers LLC diblock or triblock copolymer.

アイオノマーも、ここで開示される組成物にブレンするのに良好に適したものである。 Ionomers also is suitable well to blend the compositions disclosed herein. 適切なアイオノマーポリマーはα−オレフィン/不飽和−カルボン酸コポリマー型のアイオノマー樹脂またはターポリマー樹脂を含む。 Suitable ionomeric polymers α- olefin / unsaturated - containing carboxylic acid copolymer type ionomeric resins or terpolymer resin. コポリマーアイオノマーは、α−オレフィンおよび3〜8個の炭素原子を有するα,β−不飽和カルボン酸のコポリマー中のカルボキシル基の少なくとも一部を金属イオンで中和して取得する。 Copolymers ionomers are, alpha has a α- olefin and 3 to 8 carbon atoms, to obtain at least a part of the carboxyl groups in the copolymer of β- unsaturated carboxylic acid neutralized with metal ions. ターポリマーアイオノマーは、α−オレフィン、3〜8個の炭素原子を有するα,β−不飽和カルボン酸および2〜22個の炭素原子を有するα,β−不飽和カルボン酸塩のコポリマー中のカルボキシル基の少なくとも一部を金属イオンで中和して取得する。 Terpolymer ionomers, alpha-olefin, 3-8 alpha carbon atoms, beta-alpha with unsaturated carboxylic acid and 2 to 22 carbon atoms, beta-carboxyl in the copolymer of an unsaturated carboxylic acid salt obtaining at least a portion of the group is neutralized with a metal ion. コポリマー性およびターポリマー性アイオノマーに適切なα−オレフィンの例は、エチレン、プロピレン、1−ブテン、および1−ヘキセンを含む。 Examples of suitable α- olefins copolymeric and terpolymeric ionomers include ethylene, propylene, 1-butene, and 1-hexene. コポリマー性およびターポリマー性アイオノマーに適切な不飽和カルボン酸の例は、アクリル、メタクリル、エタクリル、α−クロロアクリル、クロトン、マレイン、フマル、およびイタコン酸を含む。 Examples of suitable unsaturated carboxylic acid copolymer and terpolymeric ionomers include acrylic, methacrylic, ethacrylic, alpha-chloro acrylic, crotonic, maleic, fumaric, and itaconic acid. コポリマー性およびターポリマー正のアイオノマーは、酸含量や中和の程度が種々なアイオノマーを含み、中和は一価または二価のカチオンにより行われ、これは先に検討した。 Copolymeric and terpolymers positive ionomer, the degree of acid content and neutralization include various ionomers, neutralized are by monovalent or divalent cations, which was discussed above. ここに開示した組成物にブレンドして好適な商業的に入手可能なアイオノマーの例は、E. Examples of suitable commercially available ionomers and blends compositions disclosed herein, E. I. I. DuPont de Nemours & Companyから商業的に入手可能なSurlyn(商標)アイオノマー樹脂、およびExxonMobile Chemical Companyから商業的に入手可能なIotek(商標)アイオノマーを含む。 DuPont de Nemours & Company from commercially available Surlyn (TM) ionomer resin, and a commercially available Iotek (TM) ionomer from ExxonMobile Chemical Company.

シリコーン材料も、この発明の範囲の組成物中にブレンドして好適なものである。 Silicone material is also well suited for blending into compositions within the scope of the present invention. これらは、モノマー、オリゴマー、プレポリマー、またはポリマーであり、付加的な強化フィラーを伴っても伴わなくても良い。 These monomers, oligomers, prepolymers, or polymers, or may not be associated with additional reinforcing filler. 適切な1のタイプのシリコーン材料は、それら分子中に少なくとも2個の炭素原子を含むアルケン基を組みこむことができる。 Suitable first type of silicone material can be incorporated an alkene group containing at least 2 carbon atoms in their molecule. アルケン基の例はこれに限定されないがビニル、アリル、ブテニル、ペンテニル、ヘキセニルおよびデセニルを含む。 Examples of alkene groups but are not limited to, vinyl, allyl, butenyl, pentenyl, hexenyl and decenyl. アルケン基は、シリコーン構造のどの位置に配置されても良く、これには、構造の1または双方の末端が含まれる。 Alkene groups may be located at any location of the silicone structure, including one or both terminals of the structure. このコンポーネントの残りの(すなわち非アルケンの)シリコーン結合有機基は、炭化水素またはハロゲン化炭化水素基から独立して選択され、これは脂肪族の不飽和を含まない。 The remaining (i.e., non-alkenyl) silicon-bonded organic groups in this component are independently selected from hydrocarbon or halogenated hydrocarbon groups that contain no aliphatic unsaturation. これらの非制限的な例は:アルキル基、例えばメチル、エチル、プロピル、ブチル、ペンチルおよびヘキシル;シクロアルキル基、例えば、シクロヘキシルおよびシクロヘプチル;アリール基例えばフェニル、トリル、およびキシリル;アラルキル基例えばベンジルおよびフェネチル;およびハロゲン化アルキル基例えば3,3,3−トリフルオロプロピルおよびクロロメチルである。 These non-limiting examples are: alkyl groups such as methyl, ethyl, propyl, butyl, pentyl and hexyl; cycloalkyl groups such as cyclohexyl and cycloheptyl; aryl groups such as phenyl, tolyl, and xylyl; aralkyl group such as benzyl and phenethyl; a and halogenated alkyl groups such as 3,3,3-trifluoropropyl and chloromethyl. この発明に用いて好適な他のタイプのシリコーン材料は、脂肪族の不飽和を伴わない炭化水素基を具備するものである。 Other suitable types of silicone material used in this invention are those having a hydrocarbon group with no aliphatic unsaturation. この発明の組成物を製造するのに使用して好適な具体的な例は、つぎのものである。 Suitable specific examples are used to prepare the compositions of this invention are those of the following. トリメチルシロキシ−末端ブロック化ジメチルシロキサン−メチルヘキセニルシロキサンコポリマー;ジメチルヘキセニルシロキシ−末端ブロック化ジメチルシロキサン−メチルヘキセニルシロキサンコポリマー;トリメチルシロキシ−末端ブロック化ジメチルシロキサン−メチルビニルシロキサンコポリマー;トリメチルシロキシ−末端ブロック化メチルフェニルシロキサン−ジメチルシロキサン−メチルビニルシロキサンコポリマー;ジメチルビニルシロキシ−末端ブロック化ジメチルポリシロキサン;ジメチルビニルシロキシ−末端ブロック化ジメチルシロキサン−メチルビニルシロキサンコポリマー;ジメチルビニルシロキシ−末端ブロック化メチルフェニルポリシロキサン;ジメチルビニルシロキシ−末端ブロック化メチルフェニ Trimethylsiloxy - endblocked dimethylsiloxane - methylhexenylsiloxane copolymer; dimethylhexenylsiloxy - endblocked dimethylsiloxane - methylhexenylsiloxane copolymers; trimethylsiloxy - endblocked dimethylsiloxane - methylvinylsiloxane copolymers; trimethylsiloxy - endblocked methyl phenyl siloxane - dimethylsiloxane - methylvinylsiloxane copolymer; dimethylvinylsiloxy - endblocked dimethylpolysiloxane dimethylvinylsiloxy - endblocked dimethylsiloxane - methylvinylsiloxane copolymer; dimethylvinylsiloxy - end-blocked methyl phenyl polysiloxane; dimethyl vinylsiloxy - endblocked Mechirufeni シロキサン−ジメチルシロキサン−メチルビニルシロキサンコポリマー;および上述のコポリマーである。 A and above copolymers; siloxane - methyl vinyl siloxane copolymer - dimethylsiloxane. ただし、少なくとも1つの末端基がジメチルヒドロキシシロキシである。 Provided that at least one end group is dimethylhydroxysiloxy. この発明の範囲の組成物に使用して好適な商業上入手可能なシリコーンは、ミシガン州ミッドランドのDow Corning社の「Silastic」、ニューヨーク州ウォーターフォードのGE Silicones社の「Blensil」、およびミシガン州アドリアンのWacker Silicones社の「Elastosil」がある。 Suitable commercially available silicone used in the compositions of the scope of the invention, Midland, Mich from Dow Corning "Silastic", NY Waterford GE Silicones Company "Blensil", and Michigan Adrian there is a "Elastosil" of Wacker Silicones Corporation.

他のタイプのコポリマーもこの発明の範囲の組成物に付加することができる。 Other types of copolymers can also be added to the compositions disclosed herein. エポキシモノマーを含み、また、この発明の範囲内で使用して好適な例は、ポリブタジエンブロックがエポキシ基を含む、スチレン−ブタジエン−スチレンブロックコポリマー、ポリイソプレンブロックがエポキシを含む、スチレン−イソプレン−スチレンブロックコポリマーであり。 Copolymers comprising epoxy monomers, also, suitable examples and used within the scope of this invention, the polybutadiene block contains an epoxy group, a styrene - butadiene - styrene block copolymer, polyisoprene block containing epoxy, styrene - isoprene - styrene There is a block copolymer. これらエポキシ官能性コポリマーの商業的に入手可能な例は、日本国大阪のDaicel Chemical Industries社から販売されているESBS A1005、ESBS A1010、ESBS A1020、ESBS AT018、およびESBS AT019である。 Commercially available examples of these epoxy functional copolymer is sold by Osaka Daicel Chemical Industries Ltd., Japan ESBS A1005, ESBS A1010, ESBS A1020, ESBS AT018, and a ESBS AT019.

この発明のゴルフボール層を製造するために用いられるアイオノマー組成物は、とくに製品特性を操作するために、非アイオノマー性の熱可塑性樹脂とブレンドして良い。 The ionomer composition used to produce the golf ball layers of the invention, particularly in order to operate the product properties may be blended with non-ionic thermoplastic resins. 適切な非アイオノマー性の熱可塑性樹脂の例は、これに限定されないが、ポリウレタン、ポリ−エーテル−エステル、ポリ−アミド−エーテル、ポリエーテル−尿素、Arkema Incから商業的に入手可能なPebax(商標)熱可塑性ポリエーテルブロックアミド、スチレン−ブタジエン−スチレンブロックコポリマー、スチレン(エチレン−ブチレン)−スチレンブロックコポリマー、ポリアミド、ポリエステル、ポリオレフィン(例えば、ポリエチレン、ポリプロピレン、エチレンープロピレンコポリマー、エチレン−(メタ)アクリレート、エチレン−(メタ)アクリル酸、無水マレイン酸グラフティング、エポキシ化等で官能化されたポリマー、エラストマー(例えば、EPDM、メタローセン触媒ポリエチレン)および熱硬 Examples of suitable non-ionic thermoplastic resins include, but are not limited to, polyurethanes, poly - ether - esters, poly - amide - ether, polyether - urea, commercially available from Arkema Inc Pebax (TM ) thermoplastic polyether block amide, styrene - butadiene - styrene block copolymer, styrene (ethylene - butylene) - styrene block copolymer, polyamides, polyesters, polyolefins (e.g., polyethylene, polypropylene, ethylene-propylene copolymers, ethylene - (meth) acrylate , ethylene - (meth) acrylic acid, maleic acid grafting anhydride, polymers functionalized with epoxy, etc., elastomers (e.g., EPDM, metallocene-catalyzed polyethylene) and Netsukata 化性エラストマーの粉砕粉末を含む。 Including ground powder of resistance elastomer.

米国特許出願公開第2003/0130434号および米国特許第6,653,382号に開示された、ソリッド球に形成されたときに大きなCORを伴う組成物もセンタ、および/または外側コアを製造するのに適切であり、その内容は参照してここに組み入れる。 Disclosed in US Patent Application Publication No. and U.S. Patent No. 6,653,382 2003/0130434, to produce compositions also centers with large COR, and / or the outer core when formed into solid spheres to be suitable, the entire disclosure of which is hereby incorporated herein by reference.

この発明はゴルフボール層を製造するいずれの具体的なプロセスにも限定されない。 The invention is not limited to any specific process for forming the golf ball layer. 層は任意の適切な手法で製造でき、この手法には射出成型、圧縮成型、注径、および反応性射出成型が含まれる。 Layer can be formed by any suitable technique, injection molding with this approach, compression molding, include Chu径, and reaction injection molding.

この発明のゴルフボールの反発係数は典型的には0.70以上、好ましくは0.75以上、より好ましくは0.78以上である。 Coefficient of restitution of the golf ball of the invention typically 0.70 or more, preferably 0.75 or more, more preferably 0.78 or more. この発明のゴルフボールの圧縮は典型的には、40以上、または、下限が50または60で上限が100または120の範囲である。 Compression of the golf balls of the present invention is typically 40 or more, or, within a range having a lower limit upper limit of 100 or 120 at 50 or 60. この発明のゴルフボールに使用されて好適な、硬化されたポリブタジエンベースの組成物の硬度は典型的には15ショアA以上、好ましくは30ショアAから80ショアD、より好ましくは50ショアAから60ショアDである。 Suitably used for the golf ball of the present invention, the hardness of the cured polybutadiene-based compositions typically 15 Shore A or higher, preferably from 80 Shore D to 30 Shore A, more preferably 50 Shore A 60 Shore is a D.

この発明のゴルフボールのディンプル被覆率は典型的には60%以上、好ましくは65%以上、より好ましくは75%以上である。 Dimple coverage of the golf ball of the invention typically 60% or more, preferably 65% ​​or more, more preferably 75% or more.

合衆国ゴルフ協会仕様は競技用ゴルフボールの最小サイズを1.680インチに制限している。 United States Golf Association specifications limit the minimum size of a competition golf ball to 1.680 inches. 最大径に関する仕様はなく、また、任意のサイズのゴルフボールをリクリエーションプレイに使用できる。 Rather than specifications for the maximum diameter, also, can be used golf balls of any size in recreational play. この発明のゴルフボールの全体的な直径は任意のサイズであって良い。 The overall diameter of the golf ball of the present invention may be of any size. この発明のゴルフボールの好ましい径は1.68インチから1.800インチである。 Preferred diameter of the golf balls of the present invention is 1.800 inches 1.68 inches. より好ましくは、この発明のゴルフボールの全体の径は1.680インチから1.760インチであり、さらに好ましくは約1.680インチから1.740インチである。 More preferably, the total diameter of the golf balls of the present invention is 1.760 inches from 1.680 inches, more preferably 1.740 inches to about 1.680 inches.

この発明のゴルフボールの慣性モーメント(「MOI」)は70−95gcm であり、好ましくは75−93gcm であり、さらに好ましくは76−90gcm である。 The moment of inertia of the golf ball of the present invention ( "MOI") is 70-95gcm 2, preferably 75-93gcm 2, and more preferably from 76-90gcm 2. MOIが小さな実施例では、ゴルフボールのMOIは好ましくは85gcm 以下、または、83gcm 以下である。 The MOI is a small example, the MOI of the golf ball is preferably 85Gcm 2 or less, or is 83Gcm 2 or less. MOIが大きな実施例では、ゴルフボールのMOIは好ましくは86gcm 以上、または、87gcm 以上である。 In large Example MOI is, the MOI of the golf ball is preferably 86Gcm 2 or more, or is 87Gcm 2 or more. MOIはコネチカット州コリンスビルのInertia Dynamics社により製造されるモデル番号MOI−005−104の慣性モーメント測定器により測定される。 MOI is measured by the moment of inertia measuring instrument model number MOI-005-104 manufactured by Inertia Dynamics, Inc. of Connecticut Korinsubiru. 測定器はPCとの通信のためにCOMMポートに接続され、MOI測定ソフトウェアバージョン#1.2により駆動される。 The instrument is connected to the COMM port for communication with PC, it is driven by MOI measurement software version # 1.2.

この発明のゴルフボールコアの全体的な圧縮は50から90、または60から85、または65から85である。 The overall compression of the golf ball cores of the present invention is 85 to 50 from 90 or 60 to 85 or 65,,.

圧縮は、ゴルフボールの設計で重要なファクターをなす。 Compression is an important factor in the design of the golf ball. 例えば、コアの圧縮は、ボールのドライバオフ時のスピンレートおよびフィーリングを左右する。 For example, the compression of the core affects the spin rate off the driver and the feel of the ball. Jeff Dalton、Compression by Any Other Name、Science and Golf IV、Proceedings of the World Scientific Congress of Golf(Eric Thain ed. Routedge、2002)(以下、「J. Dalton」)に開示されるように、いくつかの手法が圧縮を測定するのに用いられ、その中に、Atti圧縮、Riehle圧縮、種々の固定荷重およびオフセットでの荷重/偏向の測定、および実効弾性係数が含まれる。 Jeff Dalton, Compression by Any Other Name, Science and Golf IV, Proceedings of the World Scientific Congress of Golf (Eric Thain ed. Routedge, 2002) (hereinafter referred to as "J. Dalton") as disclosed in, some of the method is used to measure the compression therein, Atti compression, Riehle compression, load / deflection measurements at various fixed loads and offsets, and effective modulus. 例えば、この発明の範囲では、「圧縮」はAtti圧縮を指し、既知の手順に従って、Atti圧縮試験装置を用いて測定される。 For example, in the range of the present invention, "compression" refers to Atti compression according to known procedures, is measured using an Atti compression test device. ここではピストンを用いてボールをスプリングに押しつける。 Here presses the ball spring with the piston. ピストンの移動量は固定されスプリングの偏位が測定される。 The travel of the piston is fixed and the deflection of the spring is measured. スプリングの偏位の測定はボールの接触時点で開始しない。 The measurement of the deflection of the spring does not begin with its contact with the ball. むしろ、ほぼ第1の1.25mm(0.25インチ)のスプリングの偏位のオフセットがある。 Rather, there is a substantially first 1.25mm deflection of the offset of the spring (0.25 inches). 非常に剛性が小さなコアはスプリングを1.25mmより多く撓まさず、ゼロのAtti圧縮が測定される。 Very low stiffness cores cause the spring to deflect by more than 1.25 mm, zero Atti compression is measured. Atti圧縮テスタは42.7mm(1.68インチ)の径の物体を測定するように設計されている。 Atti compression tester is designed to measure the object size of 42.7 mm (1.68 inches). したがって、ゴルフボールコアのようなより小さな物体は隙間を埋めて42.7mmの高さとなるようにして正確な測定値を得るようにしなければならない。 Thus, smaller objects, such as golf ball cores must be made to obtain an accurate measurement as a height of 42.7mm to fill the gap. Atti圧縮を、Riehle(コア)、Riehle(ボール)、100kg偏向、130−10kg偏向または実効弾性係数に変換するには「J.Dalton」に示された式を用いて行うことができる。 The Atti compression to Riehle (cores), Riehle (balls), 100 kg deflection, to convert 130-10kg deflection or effective modulus can be carried out using the formulas given in "J.Dalton".

この発明のゴルフボールコアはコアの中心点においていずれの具体的な硬度に制約されない。 The golf ball cores of the present invention is not limited to any specific hardness in the central point of the core. 具体的な実施例では、中心硬度は、30ショアCから80ショアC、または40ショアCから75ショアC、または45ショアCから70ショアCである。 In a specific embodiment, the center hardness is 30 Shore C and 80 Shore C or 40 Shore C to 75 Shore C or 45 Shore C to 70 Shore C,,. 他の具体的な実施例では、中心硬度は、60ショアCから95ショアC、または60ショアCから90ショアC、または65ショアCから80ショアCである。 In another particular embodiment, the center hardness is 80 Shore C to 60 Shore C to 95 Shore C or 60 Shore C and 90 Shore C, or 65 Shore C,.

この発明のゴルフボールコアはゼロ、または負、または正の硬度勾配を伴う。 Golf ball cores of the invention involves a zero or negative, or positive hardness gradient. 硬度勾配は、内側コア(または外側コア層)の表面での硬度測定値、および内側コアの中心へ径方向に、典型的には2mmの増分で行われる硬度測定値により定義される。 Hardness gradient, the hardness measured at the surface of the inner core (or outer core layer), and the radially center of the inner core, is typically defined by hardness measurements made in increments of 2 mm. このj発明の範囲では、用語「負」および「正」は、ゴルフボール部品の最も内側の部分の硬度値を、当該部品の外側表面の硬度値から引いた結果を指す。 In the scope of the j invention, the term "negative" and "positive" refer to the results of the hardness value of the innermost portion of the golf ball components, by subtracting the hardness value of the components of the outer surface. 例えば、ソリッドコアの外側表面の硬度値が中心より小さい(すなわち、表面が中心より柔らかい)ならば、硬度勾配は「負」の勾配と見なされる。 For example, the hardness value of the outer surface of the solid core is centered smaller (i.e., the surface is softer than the center), the hardness gradient will be deemed a "negative" gradient. 硬度勾配測定用のコアを準備するために、内部直径がコアの直径より若干小さい半球状のホルダ中にコアをやさしく押し込み、コアがホルダの半球部分に静止して保持され、同時にコアの幾何中心面が露出されるようになす。 To prepare the core for hardness gradient measurement, pushing gently core slightly smaller in hemispherical holder than the diameter of the inner diameter of the core, the core is held in place in the hemispherical portion of the holder, the geometric center of the core at the same time eggplant as surface is exposed. コアは摩擦によりホルダ中に固定され、切断および研磨ステップ中に動かないようにする。 The core is secured in the holder by friction, so as not to move during the cutting and polishing steps. ただし、摩擦が過剰でなくコアの自然な形状が変形しないようになす。 However, eggplant as natural shape of the core rather than friction excessive is not deformed. コアの分離線がホルダの頂部とおよそ平行になるようにコアを固定する。 The core of the separation line to fix the core to achieve approximately parallel to the top of the holder. コアを固定する前にコアの直径をこの配位に対して90°で測定する。 Measured at 90 ° with respect to the coordination of the diameter of the core before securing the core. また、ホルダの底からコアの頂部までの距離を測定して将来の較正のための基準点を得る。 Moreover, obtaining a reference point for future calibration by measuring the distance from the bottom of the holder to the top of the core. コアの露出された幾何中心の若干上で、コアがこのステップ中にホルダ内で動かないようにしながら、帯ノコまたは他の適切な切断ツールを用いて、大まかに切断する。 On some exposed geometric center of the core, the core while not moving in the holder during this step, using a band saw or other suitable cutting tool, roughly cut. ホルダ内に依然として保持されているコアの残りの部分が表面研磨機のベース板に固定される。 The remainder of the core, still in the holder is fixed to the base plate of a surface grinding machine. 露出されている粗いコア表面が平滑で平坦な表面に研磨され、コアの幾何中心が現れるようにし、この幾何中心はホルダの底からコアの露出表面までの高さを測定して検証できる。 Rough core surface which is exposed is polished to a smooth, flat surface, so the geometric center of the core appears, the geometric center can be verified by measuring the height from the bottom of the holder up to the exposed surface of the core. これによりコアのオリジナルの高さのちょうど半分が、+−0.004インチの範囲内で除去されたことを確実にする。 Thus exactly half of the original height of the core, + - to ensure that it has been removed within 0.004 inches. コアをホルダ内に保持して、コアの中心を芯出し定規で見いだし、注意して印付けし、この中心印で硬度を測定する。 Holding the core in the holder, it found the center of the core centering square and carefully marked, the hardness is measured at the center mark. コアの中心から任意の距離での硬度測定を、中心から径方向外側に伸びる線を引き、中心からの距離を典型的には2mmの増分で測定し、印付けすることにより行う。 The hardness measurement from the center of the core at any distance, drawing a line radially outward from the center, typically the distance from the center was measured in increments of 2 mm, performed by marked. 幾何中心を通る面の上ですべての硬度測定が実行されても、コアは依然としてホルダの中にあり、その配位が乱されないようにし、測定面がホルダの底に常に平行になるようにする。 All hardness measured on a plane passing through the geometric center are performed while the core is still in the holder, so that coordination is not disturbed, the measurement surface is set to be constantly parallel to the bottom of the holder . コア上の任意の予め定められた点からの硬度差は、平均表面硬度から適切な基準点、例えば単一ソリッドコアについてはコアの中心の硬度を差し引いて計算し、中心より柔らかいコア表面が負の硬度勾配を有するようになす。 Hardness difference from any predetermined point on the core, the appropriate reference point from the mean surface hardness, for example, single for solid core is calculated by subtracting the hardness of the center of the core, softer core surface than the center is negative eggplant to have a hardness gradient. 硬度勾配は、例えば、2007年8月1日出願の米国特許出願第11/832,163号に十分に開示されており、その内容は参照してここに組み入れる。 Hardness gradient, for example, are fully disclosed in U.S. Patent Application No. 11 / 832,163, filed Aug. 1, 2007, which is incorporated herein by reference.

ここで数値上の下限および数値上の上限が示される場合、これら値の任意の組み合わせが使用できると理解される。 Here, when the upper limit on the lower and numbers on numeric are shown, any combination of these values ​​are understood to be used.

ここで引用した、先行文献を含む、すべての特許、公報、テスト手順、および他の文献は、その開示内容がこの発明と矛盾しない範囲で、またそのような組み入れが法律上認められる範囲で、参照してここに組み入れる。 Cited herein, including priority documents, all patents, publications, test procedures, and other documents, a range whose disclosure is not inconsistent with this invention and to the extent that such incorporation is permitted by law, referring to are incorporated herein.

この発明の事例的な実施例が具体的に説明されたが、この発明の趣旨および範囲を逸脱することなく、種々の他の変形例が当業者に明らかであり、また当業者が容易になすことができることが理解される。 Although illustrative embodiments of the invention have been specifically described, without departing from the spirit and scope of the invention, various other modifications will be apparent to those skilled in the art and those skilled in the art will readily make that can be understood. したがって、添付の特許請求の範囲のスコープが上述した例や記載に限定されず、むしろ、特許請求の範囲は、この発明中に内在する特許性のある新規な特徴のすべてを包括するように構成されていることが意図されており、これは当業者が均等として扱うすべての特徴を含む。 Therefore, without the scope of the appended claims is limited to the examples and descriptions set forth herein, but rather, the claims, configured to cover all the features of patentable novelty inherent in the present invention It has been is intended to be, which includes all the features of ordinary skill in the art treated as equivalents.

Claims (3)

  1. コアおよびカバーからなり、上記コアの全体直径が3.56cm(1.40インチ)から4.22cm(1.66インチ)のゴルフボールであって、 Becomes a core and a cover, a golf ball of 4.22cm (1.66 inches) across the diameter of the core is from 3.56 cm (1.40 inches),
    上記コアが、 The core is,
    部分的にまたは充分に中和されたアイオノマー組成物から製造され、直径が0.318cm(0.125インチ)から1.91cm(0.750インチ)であって、表面硬度が70ショアC以上であり、比重が0.50g/ccから1.20g/ccであるセンタと、 Made from partially or fully neutralized ionomer composition, in a 1.91 cm (0.750 inches) from 0.318 cm (0.125 inches) in diameter, the surface hardness of 70 Shore C or higher Yes, and the center is a 1.20g / cc specific gravity is from 0.50g / cc,
    ゴム組成物から製造され、表面硬度が上記センタの表面硬度より小さく、比重が上記センタの比重と等しい外側コア層とからなるゴルフボール。 It formed from a rubber composition, less than the surface hardness of the surface hardness of the center, specific gravity of the outer core layer is equal to the specific gravity of the center golf ball.
  2. 全体の直径が3.94cm(1.55インチ)から4.11cm(1.62インチ)であるコアであって、 Overall diameter a core is 4.11cm (1.62 inches) from 3.94 (1.55 inches),
    部分的にまたは充分に中和されたアイオノマー組成物から製造され、直径が0.635cm(0.250インチ)から1.270cm(0.500インチ)で、表面硬度が81ショアC以上で、比重が0.50g/ccから1.18g/ccであるセンタと、 Made from partially or fully neutralized ionomer composition, in at 1.270cm (0.500 inches) from the 0.635 cm (0.250 inches) in diameter, the surface hardness of 81 Shore C or higher, a specific gravity but the center is a 1.18g / cc from 0.50g / cc,
    ゴム組成物から製造され、表面硬度が90ショアC以下で、比重が上記センタの比重と等しい外側コア層とからなり、 Formed from a rubber composition, the surface hardness of 90 Shore C or less, the specific gravity is from the outer core layer is equal to the specific gravity of the center,
    上記外側コア層の表面硬度が上記センタの表面硬度より小さい上記コアと、 Surface hardness of the outer core layer is as small as the core than the surface hardness of the center,
    カバーとからなるゴルフボール。 Golf ball consisting of a cover.
  3. 全体の直径が3.94cm(1.55インチ)から4.06cm(1.60インチ)であるコアであって、 Overall diameter a core is 4.06 cm (1.60 inches) from 3.94 (1.55 inches),
    部分的にまたは充分に中和されたアイオノマー組成物から製造され、直径が0.635cm(0.250インチ)から1.270cm(0.500インチ)で、表面硬度が81ショアC以上で、比重が0.50g/ccから1.18g/ccであるセンタと、 Made from partially or fully neutralized ionomer composition, in at 1.270cm (0.500 inches) from the 0.635 cm (0.250 inches) in diameter, the surface hardness of 81 Shore C or higher, a specific gravity but the center is a 1.18g / cc from 0.50g / cc,
    ゴム組成物から製造され、表面硬度が90ショアC以下で、比重が上記センタの比重と等しい外側コア層とからなり、 Formed from a rubber composition, the surface hardness of 90 Shore C or less, the specific gravity is from the outer core layer is equal to the specific gravity of the center,
    上記外側コア層の表面硬度が上記センタの表面硬度より小さい上記コアと、 Surface hardness of the outer core layer is as small as the core than the surface hardness of the center,
    カバーであって、 A cover,
    表面硬度が65ショアD以上で厚さが0.051cm(0.020インチ)から0.203cm(0.080インチ)の内側カバー層と、 An inner cover layer of 0.203 cm (0.080 inch) surface hardness thickness at 65 Shore D or greater from 0.051 cm (0.020 inches),
    表面硬度が60ショアD以下で厚さが0.038cm(0.015インチ)から0.140cm(0.055インチ)の外側カバー層とからなる上記カバーと、 And the cover consisting of an outer cover layer of the surface hardness thickness below 60 Shore D is 0.038 cm (0.015 inches) from 0.140cm (0.055 inch),
    からなるゴルフボール。 Golf ball made of.
JP2009002198A 2008-01-10 2009-01-08 Two-layer core golf ball Active JP5467772B2 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US11/972,227 US20090181801A1 (en) 2008-01-10 2008-01-10 Two-Layer Core Golf Ball
US11/972,227 2008-01-10

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009165824A JP2009165824A (en) 2009-07-30
JP5467772B2 true JP5467772B2 (en) 2014-04-09

Family

ID=40851164

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009002198A Active JP5467772B2 (en) 2008-01-10 2009-01-08 Two-layer core golf ball

Country Status (3)

Country Link
US (1) US20090181801A1 (en)
JP (1) JP5467772B2 (en)
CN (1) CN101485930B (en)

Families Citing this family (25)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5715038B2 (en) * 2010-12-22 2015-05-07 アクシュネット カンパニーAcushnet Company Double core having an outer core layer of the center and the positive slope zero slope
KR20140080442A (en) * 2012-12-20 2014-06-30 애쿠쉬네트캄파니 Dual-core comprising zero gradient center and positive gradient outer core layer
US20100179001A1 (en) * 2009-01-12 2010-07-15 Feng Tay Enterprises Co., Ltd. Golf ball
US20110053707A1 (en) * 2009-02-19 2011-03-03 Nike, Inc. Multilayer Solid Golf Ball
US9302157B2 (en) * 2009-11-30 2016-04-05 Nike, Inc. Solid golf ball with thin mantle layer
JP5411688B2 (en) * 2009-12-28 2014-02-12 ダンロップスポーツ株式会社 Golf ball
CN102266658B (en) * 2010-06-02 2014-09-24 阿库施耐特公司 Multilayer golf
US8663512B2 (en) * 2010-08-02 2014-03-04 Nike, Inc. Kit and method for customization of golf balls
US20120064998A1 (en) * 2010-08-20 2012-03-15 Nike, Inc. Golf Ball Having High Initial Velocity
US20120115642A1 (en) * 2010-11-08 2012-05-10 Sullivan Michael J Golf ball compositions
US9492715B2 (en) * 2011-07-29 2016-11-15 Nike, Inc. Golf ball including a blend of highly neutralized acid polymers and method of manufacture
US8979676B2 (en) 2011-08-23 2015-03-17 Nike, Inc. Multi-core golf ball having increased initial velocity at high swing speeds relative to low swing speeds
US20130217517A1 (en) * 2011-08-23 2013-08-22 Nike, Inc. Golf Ball Having Outer Cover With Low Flexural Modulus
US9005051B2 (en) * 2012-03-05 2015-04-14 Nike, Inc. Golf ball with a large and soft polymer core
US9061182B2 (en) * 2012-03-30 2015-06-23 Nike, Inc. Golf balls including highly neutralized polymer having a hardness modifier
US20140045622A1 (en) * 2012-08-13 2014-02-13 Nike, Inc. Golf Ball With Two Soft Layers And One Hard Layer
US9095746B2 (en) * 2012-09-07 2015-08-04 Acushnet Company Golf balls having dual-layered cores with metal-containing centers and thermoset outer cores
US20140357415A1 (en) * 2013-05-31 2014-12-04 Nike, Inc. Multi-layer golf ball
US20140357417A1 (en) * 2013-05-31 2014-12-04 Nike, Inc. Thermoplastic multi-layer golf ball
US20140357422A1 (en) * 2013-05-31 2014-12-04 Nike, Inc. Thermoplastic multi-layer golf ball
US9409061B2 (en) * 2013-05-31 2016-08-09 Nike, Inc. Thermoplastic multi-layer golf ball
US20140357423A1 (en) * 2013-05-31 2014-12-04 Nike, Inc. Thermoplastic multi-layer golf ball
CN104248824A (en) 2013-06-26 2014-12-31 邓禄普体育用品株式会社 Multi-piece golf ball
CN104248823B (en) 2013-06-26 2018-08-31 住友橡胶工业株式会社 Multi-piece golf
KR101559923B1 (en) 2015-05-21 2015-10-14 주식회사 낫소골프 A golf ball having multi-layer structure of uniform density and capable of expressing various colors

Family Cites Families (37)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US2998977A (en) * 1959-01-16 1961-09-05 Spalding A G & Bros Inc Golf ball and method of making the same
JPH0698206B2 (en) * 1985-05-01 1994-12-07 ブリヂストンスポーツ株式会社 Soritsudogorufubo - Le
JPH0455077B2 (en) * 1986-02-04 1992-09-02 Kamatari Co Ltd
JP2674627B2 (en) * 1989-03-01 1997-11-12 住友ゴム工業株式会社 Three-piece solid golf ball of the large size
US5048838A (en) * 1989-03-15 1991-09-17 Bridgestone Corporation Three-piece solid golf ball
US5104126A (en) * 1991-07-08 1992-04-14 Gentiluomo Joseph A Golf ball
JPH06218077A (en) * 1993-01-26 1994-08-09 Sumitomo Rubber Ind Ltd Three-piece solid golf ball
US6379269B1 (en) * 1993-06-01 2002-04-30 Spalding Sports Worldwide, Inc. Multi-core, multi-cover golf ball
US6277034B1 (en) * 1993-06-01 2001-08-21 Spalding Sports Worldwide, Inc. Three piece golf ball with a spherical metal center
US5779562A (en) * 1993-06-01 1998-07-14 Melvin; Terrence Multi-core, multi-cover golf ball
JP3397420B2 (en) * 1993-12-28 2003-04-14 住友ゴム工業株式会社 Three-piece solid golf ball
US6852044B2 (en) * 1995-06-07 2005-02-08 Acushnet Company Multi-layered core golf ball
US7153467B2 (en) * 1995-06-07 2006-12-26 Acushnet Company Method of making a golf ball with a multi-layer core
US6988962B2 (en) * 1997-10-03 2006-01-24 Acushnet Company Multi-layered core golf ball
US7255656B2 (en) * 1995-06-07 2007-08-14 Acushnet Company Multi-layer core golf ball
JP3748623B2 (en) * 1996-06-12 2006-02-22 Sriスポーツ株式会社 Golf ball
GB2318740B (en) * 1996-11-01 1998-10-14 Kasco Corp Solid golf ball
US6015356A (en) * 1997-01-13 2000-01-18 Lisco, Inc. Golf ball and method of producing same
JP4006550B2 (en) * 1997-08-14 2007-11-14 ブリヂストンスポーツ株式会社 Solid golf ball
JPH11151320A (en) * 1997-11-20 1999-06-08 Bridgestone Sports Co Ltd Solid golf ball
JP4260293B2 (en) * 1998-09-18 2009-04-30 Sriスポーツ株式会社 Multi-piece golf ball
JP4109778B2 (en) * 1998-12-28 2008-07-02 Sriスポーツ株式会社 The multi-piece solid golf ball
JP2000210394A (en) * 1999-01-22 2000-08-02 Sumitomo Rubber Ind Ltd Multilayered solid golf ball
JP3656807B2 (en) * 1999-02-10 2005-06-08 ブリヂストンスポーツ株式会社 Solid golf ball
JP3656806B2 (en) * 1999-02-10 2005-06-08 ブリヂストンスポーツ株式会社 Solid golf ball
JP2001017571A (en) * 1999-07-09 2001-01-23 Bridgestone Sports Co Ltd Solid golf ball
JP4299422B2 (en) * 1999-12-06 2009-07-22 Sriスポーツ株式会社 The multi-piece solid golf ball
WO2001042468A1 (en) * 1999-12-09 2001-06-14 Lexicon Genetics Incorporated Human adam-ts proteases and polynucleotides encoding the same
JP2001340496A (en) * 2000-06-05 2001-12-11 Sumitomo Rubber Ind Ltd Multi-piece solid golf ball
US6500076B1 (en) * 2001-05-01 2002-12-31 Acushnet Company Wound golf balls with high specific gravity centers
US7652086B2 (en) * 2001-06-26 2010-01-26 Acushnet Company Highly-neutralized thermoplastic copolymer center for improved multi-layer core golf ball
JP2003111870A (en) * 2001-10-03 2003-04-15 Sumitomo Rubber Ind Ltd Multi-piece golf ball
JP4282380B2 (en) * 2002-08-23 2009-06-17 Sriスポーツ株式会社 The multi-piece solid golf ball
US7037965B2 (en) * 2002-08-27 2006-05-02 Acushnet Company Golf balls comprising glass ionomers, ormocers, or other hybrid organic/inorganic compositions
US7125345B2 (en) * 2002-10-24 2006-10-24 Acushnet Company Low deformation golf ball
JP4092175B2 (en) * 2002-10-25 2008-05-28 Sriスポーツ株式会社 The multi-piece solid golf ball
US6916254B2 (en) * 2003-01-02 2005-07-12 Acushnet Company Golf ball with small inner core

Also Published As

Publication number Publication date
US20090181801A1 (en) 2009-07-16
CN101485930A (en) 2009-07-22
JP2009165824A (en) 2009-07-30
CN101485930B (en) 2011-09-28

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8915801B2 (en) Dual core golf ball having negative-hardness-gradient thermoplastic inner core and steep positive-hardness-gradient thermoset outer core layer
US8182369B2 (en) Dual core golf ball having negative-hardness-gradient thermoplastic inner core and shallow positive-hardness-gradient thermoset outer core layer
US8308586B2 (en) Golf balls having a low modulus HNP layer and a high modulus HNP layer
US8079920B2 (en) Golf balls having a low modulus HNP layer and a high modulus HNP layer
US7731607B2 (en) Golf balls having at least two core layers formed from HNP compositions
US7654917B2 (en) Golf balls having a low modulus HNP layer and a high modulus HNP layer
US10076684B2 (en) Multi-layer core golf ball
US8764585B2 (en) Dual core golf ball having a shallow “positive hardness gradient” thermoplastic inner core and a steep “positive hardness gradient” thermoset outer core layer
US7731606B2 (en) Golf balls having two core layers formed from HNP compositions
US8241147B2 (en) Golf balls having at least two core layers formed from HNP compositions
US8337331B2 (en) Very-low melt flow thermoplastic composition for golf ball core layers
US8740725B2 (en) Dual core golf ball having positive-hardness-gradient thermoplastic inner core and shallow negative-hardness-gradient outer core layer
CN101485930B (en) Two-layer core golf ball
US7980965B2 (en) Multi-layer core golf ball
US7713145B2 (en) Multi-layer core golf ball
US9205308B2 (en) Golf balls having multi-layer cores based on polyalkenamer compositions
US8784236B2 (en) Golf balls having dual cores made of polybutadiene rubber / ionomer blends
US7993218B2 (en) Multi-layer core golf ball
US8123633B2 (en) Multi-layer golf ball
US9339694B2 (en) Multi-layer golf ball
US8337332B2 (en) Multi-layer core golf ball
US7713146B2 (en) Multi-layer core golf ball
US9155938B2 (en) Golf ball core having medium positive hardness gradient and high surface hardness
US8562460B2 (en) Multi-layer golf ball
US8852027B2 (en) Multi-layer core golf ball

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111213

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20120308

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20120313

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20120409

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20120412

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20120511

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20120516

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120612

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20120807

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20121207

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20130122

A912 Removal of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A912

Effective date: 20130419

R155 Notification before disposition of declining of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R155

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20140128

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250