JP5319985B2 - Use of the storage device limit expected method or a use limit expected device or its usage limit expected time analysis program - Google Patents

Use of the storage device limit expected method or a use limit expected device or its usage limit expected time analysis program Download PDF

Info

Publication number
JP5319985B2
JP5319985B2 JP2008214691A JP2008214691A JP5319985B2 JP 5319985 B2 JP5319985 B2 JP 5319985B2 JP 2008214691 A JP2008214691 A JP 2008214691A JP 2008214691 A JP2008214691 A JP 2008214691A JP 5319985 B2 JP5319985 B2 JP 5319985B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
step
command
test script
count value
storage
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2008214691A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2010049581A (en
Inventor
達哉 河村
貴秀 北島
Original Assignee
株式会社バッファローメモリ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 株式会社バッファローメモリ filed Critical 株式会社バッファローメモリ
Priority to JP2008214691A priority Critical patent/JP5319985B2/en
Publication of JP2010049581A publication Critical patent/JP2010049581A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5319985B2 publication Critical patent/JP5319985B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a use limit prediction method of a storage apparatus used for acquiring a determination element, when selecting a proper storage apparatus by specifying and analyzing a usage limit prediction time (prediction lifetime) from a characteristic of log data transferred from a specific host apparatus. <P>SOLUTION: A test script is generated from the log data, and a computer storing the test script is connected mutually to a specific storage apparatus; then the rising coefficient, based on the temporal change of an erasure count value is computed, and the usage limit prediction time of the specific storage apparatus is computed from the rise coefficient and the maximum value of erasure count displayed on the specific storage apparatus. <P>COPYRIGHT: (C)2010,JPO&amp;INPIT

Description

本発明は、ストレージ機器の使用限界予想方法又はその使用限界予想装置若しくはその使用限界予想時間解析用プログラムに関し、特に、特定のホスト機器との関係で最適なストレージ機器を特定するために使用されるストレージ機器の使用限界予想方法又はその使用限界予想装置若しくはその使用限界予想時間解析用プログラムに関するものである。 The present invention relates to a program for use limit expected method or a use limit expected device or its usage limit expected time analysis of the storage device, in particular, are used to identify the best storage device in relation to the particular host device the use of storage devices relate limit expected a method or a use limit estimated apparatus or use limit estimated time analysis program that.

コンピュータ(電子計算機)は、個人により私的に使用されたり通常の事務処理作業において使用されたりしているばかりではなく、例えば、ATM(現金自動預払機)やPOSシステムにより動作するコンピュータ等をはじめとした様々な機器(以下、これらの機器をホスト機器と言う。)に接続され又は組み込まれて使用されている。 Computer (electronic computer), the individual by not only are or are used in privately use the normal paperwork work or are, for example, ATM, including the computer or the like which is operated by (automated teller machine) and POS system and the various devices (hereinafter, referred to these devices and host devices.) connected to or built-in is used.

一方、市場では、こうしたコンピュータの信頼性を高めるために、半導体メモリにデータを記憶させるSSD(Solid State Drive、すなわちフラッシュメモリ等からなる大容量記憶手段),SDカード(Secure Digital memory card),USB(Universal Serial Bus)メモリ等各種のストレージ機器が販売されている。 On the other hand, in the market, in order to increase the reliability of these computers, SSD of storing the data in the semiconductor memory (Solid State Drive, i.e. a mass storage device such as a flash memory), SD card (Secure Digital memory card), USB (Universal Serial Bus) memory such as various storage devices have been sold. 例えば、上記SSDは、可動部(ヘッドやモータ)がないため,耐衝撃性に優れ、また、ヘッドを移動させるためのシーク時間やディスクの回転数を高めるスピンアップ時間をゼロにできること、さらにはHDD(Hard Disk Drive)と比較してよりデータ転送速度を高められるばかりではなく振動に強くまた塵埃から保護され、湿度による悪影響を防止できる点で優れている。 For example, the SSD because there is no movable part (head or motor), excellent impact resistance, also to the spin-up time to increase the rotational speed of the seek time and disk for moving a head can be zero, and further HDD is protected from (Hard Disk Drive) strongly also dust to the vibration rather than just increased more data transfer speed compared to, it is superior in that it can prevent the adverse effect of moisture. したがって、上記ホスト機器の使用者は、市場で販売されている上記SSD等のストレージ機器を、該ストレージ機器に表示されている仕様を確認しながら購入しているのが実情である。 Thus, the user of the host device, the storage device of the SSD or the like which are sold in the market, are buying while checking the specifications listed in the storage device is the actual situation.

しかしながら、上記各種のストレージ機器は、それぞれの仕様がメーカーにより表示されてはいるものの、表示されている仕様は、例えば、平均アクセス時間、単位時間当たりのコマンド伝送回数(IOPS)、インターフェイスの規格、容量、サイズ等ごく一部である場合が多く、使用者としては、複数販売されているストレージ機器から、上記ホスト機器の特性や使用者が期待する要求に最も適切なストレージ機器を購入することはできないのが実情である。 However, the various storage devices, although their specifications are is displayed by the manufacturer, the specifications listed, for example, the average access time, the command transmission count per unit time (IOPS), the interface standard, capacity, in many cases only a small part such as size, as the user, from the storage device being a plurality sold, to buy the most appropriate storage device to request the host device characteristics and user to expect not the can be a reality. 特に、選択されるべきストレージ機器は長期間使用可能であることが求められるが、市販されているストレージ機器には、イレースカウントの最大値や特定の時間内に一定の容量のデータを書き込んだ場合における使用限界時間(寿命)は表示されているものの、こうしたイレースカウントの最大値や大まかな使用限界時間では、該ストレージ機器が実際に接続されるホスト機器との間で送受信されるデータの属性・性質・傾向如何により大きく異なる。 In particular, if it is required that the storage device to be selected for a long period of time can be used, in the storage devices that are commercially available, writing the data of the constant volume to a maximum value or within a certain time of the erase counts although in the use limit time (life) is displayed, the maximum or rough use limit time of such erase count, the attribute-data transmitted and received between the host device to which the storage device is actually connected vary greatly depending on the nature, tend how. すなわち、ストレージ機器が実際に接続されるホスト機器との間で送受信されるデータの属性・性質・傾向によって、該ストレージ機器の使用限界予想時間は大きく異なることとなり、単純に該ストレージ機器に表示されたイレースカウントの最大値や大まかな使用限界時間のみからでは判断できない。 That is, the attribute-PROPERTIES tendency of data transmitted and received between the host device storage device is actually connected, use limit estimated time of the storage device becomes a large difference is simply displayed on the storage device was the only from erase count maximum value or rough use limit time can not be determined.

なお、機器の所謂寿命を予測する方法やシステムとしては、これまで幾つかの発明が提案されている(特許文献1,2参照)が、これらは何れも入力データ値をその幅の中から乱数で決めるものであり、SSDなどのようなストレージ機器の使用限界予想時間(予想寿命)を特定・解析することを目的とするものではない。 As a method and system for predicting a so-called life of the equipment, which until several inventions have been proposed (see Patent Documents 1 and 2), the random number both of which the input data values ​​from the width in is intended to determine, not for the purpose of identifying and analyzing a storage device using the limit expected time (expected lifetime), such as SSD.
特開2002−373309号公報 JP 2002-373309 JP 特開2002−334293号公報 JP 2002-334293 JP

そこで、本発明は、最も適切なストレージ機器を選択できるように、特定のホスト機器から伝送されるログデータの特性から使用限界予想時間(予想寿命)を特定・解析し、適切なストレージ機器を選択する際の判断要素を入手するために使用されるストレージ機器の使用限界予想方法又はその使用限界予想装置若しくはその使用限界予想時間解析用プログラムを提供することを目的とするものである。 Accordingly, the present invention is most appropriate storage devices so can be selected to identify and analyze using the limit expected time (expected lifetime) from the characteristics of the log data transmitted from a particular host device, selects the appropriate storage device it is an object to provide a storage device using the limit expected method or a use limit expected device or its usage limit expected time analysis program that is used to obtain a decision factor in.

上述した目的を達成するため、第1の発明(請求項1記載の発明)は、ストレージ機器の使用限界予想方法に係るものであって、特定のホスト機器とストレージ機器との間において採取し且つ記憶手段を備えたコンピュータの該記憶手段に記憶されたログデータから、該コンピュータを利用して、論理ブロックアドレス(LBA)毎にアクセス回数をカウントして該LBA毎のアクセス回数のカウント値を、8時間から720時間単位のアクセスカウント値に変換することによってテストスクリプトを生成するテストスクリプト生成工程と、 上記テストスクリプト生成工程により生成されたテストスクリプトを上記記憶手段に記憶させるテストスクリプト記憶工程と、上記コンピュータと特定のストレージ機器とを互いに接続し、上記テスト To achieve the above object, a first aspect of the present invention (the invention according to claim 1) is a one according to the limit expected use of the storage devices, and taken between the particular host device and storage device from the stored log data in the storage means of the computer having a storage unit, using the computer, the count value of the access count for each said LBA by counting the number of accesses to each logical block address (LBA), a test script generation step of generating a test script by converting from 8 hours to access the count value of 720 time units, a test script storage step of storing test scripts generated by the test script generation process in the storage means, and the computer with a particular storage device are connected to each other, the test クリプトを上記記憶手段から読出すテストスクリプト読出し工程と、上記テストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、書き込み又は読み出しに係るコマンドであるか、SMARTデータに係るコマンドであるか否かを判別するコマンド判別工程と、上記テストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、上記SMARTデータに係るコマンドである場合には、 この SMARTデータに含まれるイレースカウント値を時間の推移とともに取得するイレースカウント値取得工程と、上記イレースカウント値取得工程により取得したイレースカウント値を、上記コンピュータを構成する記憶手段に記憶するイレースカウント値記憶工程と、上記テストスクリプトが全て読み出されたことを条件に、 上記イレースカウン And reading test script reading step a crypto from the storage means, the command read by the test scripts read process, or a command in accordance with the writing or reading, and determines whether the command according to the SMART data a command determination step, the command read by the test script reading step, when a command according to the SMART data erase count value acquisition for acquiring erase count value included in the SMART data with the passage of time a step, the erase count value obtained by the erase count value acquisition step, and the erase count value storage step of storing in the storage means constituting the computer, on condition that the test script is read out all of the erase counted 値の時間的推移に基づく上昇係数を演算する上昇係数演算工程と、上記上昇係数演算工程により得られた上昇係数と上記特定のストレージ機器に表示されたイレースカウントの最大値とから、 上記特定のストレージ機器の使用限界予想時間を演算する工程と、を有してなることを特徴とするものである。 From the rising coefficient calculation step of calculating an increase coefficient based on the temporal transition value, the maximum value of the increase coefficient and the specific storage device on the displayed erase counts obtained by the increase coefficient calculation step, the specific a step of calculating a use limit estimated time storage device and is characterized by comprising a.

この発明において、特定のホスト機器(将来選択された特定のストレージ機器が接続されるホスト機器。例えば、ATMにおいて使用されるコンピュータ又はPOSシステムにおいては、これらATMやPOSシステムに使用されるサーバコンピュータ等)とストレージ機器との間において採取された多数のログデータは、予め上記コンピュータを構成する記憶手段に記憶されている。 In the present invention, the host device that a particular host device (a specific storage device selected future are connected. For example, in a computer or a POS system used in ATM, the server computer or the like used in these ATM or POS system ) number of log data taken in between the storage device is stored in the storage means in advance constituting the computer. なお、このログデータは、上記特定のホスト機器と、適当なストレージ機器とを接続し、この接続(以下、該ホスト機器とストレージ機器との接続をバスという。)間に、コントロール用コンピュータ(ログデータを解析するために使用されるコンピュータ)に接続されたバスアナライザを接続することによって採取しても良いし、上記接続(バス)間に上記バスアナライザと同等の機能を有するコンピュータを直接接続することにより採取されたものであっても良い。 Incidentally, the log data connects the a particular host device, and a suitable storage device, the connection (hereinafter, the connection between the host device and the storage device. That bus) between the computer for control (log it may be taken by connecting a bus analyzer connected to a computer) that is used to analyze the data, to connect the computer with the connection (bus) function equivalent to the bus analyzer directly between it may be the one that has been taken by. そして、上記ログデータを採取するために使用されるストレージ機器は、例えば、SSD,SDカード,USBメモリ、HDD等の各種の記憶媒体又は記憶装置を使用することができる。 The storage device used to collect the log data, for example, can be used SSD, SD card, USB memory, various storage media or storage devices such as an HDD. また、上記ホスト機器とストレージ機器とは、これらストレージ機器が備える適切な規格による端子によって接続がなされるものであるが、この接続の端子の規格としては例えば、USB,IEEE1394(FireWire),SATA(Serial Advanced Technology Attachment),PATA(Pararrel Advanced Technology Attachment),SDカードスロット等が挙げられる。 Further, the above-mentioned host device and the storage device, but in which the connection by the terminal according to the appropriate standard for these storage devices is provided is made, as the standard of the terminals of this connection for example, USB, IEEE1394 (FireWire), SATA ( Serial Advanced Technology Attachment), PATA (Pararrel Advanced Technology Attachment), SD card slot, and the like. また、上記バスアナライザはこれらホスト機器とストレージ機器とのバスの間に接続されるものであることから、このバスアナライザにも、上記ホスト機器及びストレージ機器と接続するためのUSB,IEEE1394(FireWire),SATA,PATA,SDカードスロット等の端子が設けられている。 Also, the bus analyzer because it is intended to be connected between the bus of these host device and the storage device, to the bus analyzer, USB, for connecting with the host device and the storage device IEEE1394 (FireWire) , SATA, PATA, the terminal such as an SD card slot is provided.

そして、この第1の発明では、先ず、上記コンピュータに記憶された多数のログデータから、テストスクリプトを生成する。 And in this first invention, first, a number of log data stored in the computer, to generate a test script. このテストスクリプトの生成方法は、上記コンピュータを利用して、論理ブロックアドレス(LBA)毎にアクセス回数をカウントして該LBA毎のアクセス回数のカウント値を、8時間から720時間単位のアクセスカウント値に変換することによって生成する(テストスクリプト生成工程)。 Method of generating the test script, by utilizing the computer, the logical block address by counting the number of accesses for each (LBA) the count value of the access count for each said LBA, access count of 720 time units from 8 hours generating by converting the (test script generation process). なお、このアクセスカウント値を変換する単位は、特定のストレージ機器が接続されるホスト機器の特性・傾向等により決定される。 The unit for converting the access count value is determined by the characteristics and tendency or the like of a host device connected particular storage device. 例えば、ホスト機器によっては書込みや読出しが24時間の間で変化し、一週間の間では変化しない場合(或いは大きく変化する場合)、一月単位で変化する場合(例えば、ATMの場合、月の下旬に支払い等をする企業が多いことから、月の上旬や中旬に比べて使用される頻度が高くなるため、一月単位(720時間単位)のアクセスカウント値に変換することが有効である。)等、種々の特性・傾向があり、こうしたホスト機器の特性・傾向に従って上記アクセスカウント値を変換する単位を適宜決定する。 For example, depending on the host device vary between writing and reading is 24 hours (to change or increase) if not changed between the week, vary in January units (for example, in the case of ATM, the month since many companies to pay, etc. in late, because the frequency to be used in comparison with the early and mid-month increases, it is effective to convert the access count of the month unit (720 time units). ) or the like, there are various characteristics and trend, appropriately determines the units for converting the access count value in accordance with characteristics and tendency of such host devices.

また、こうしたテストスクリプト生成工程が終了すると、次いで、上記コンピュータと特定のストレージ機器とを互いに接続し、該コンピュータにより、上記テストスクリプトを上記記憶手段から読出し(テストスクリプト読出し工程)、次に、上記テストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、書き込み又は読み込みに係るコマンドであるか、SMARTデータに係るコマンドであるか否かを判別する(コマンド判別工程)。 Further, when these test scripts generation step is completed, then, connected to the computer and a specific storage devices to one another, by the computer, reads the test script from the storage means (test script reading step), then the is read commands by test script reading step, whether a command related to writing or reading, and determines whether the command according to the SMART data (command determination step). そして、上記テストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、上記SMARTデータに係るコマンドである場合には、 この SMARTデータに含まれるイレースカウント値を時間の推移とともに取得する(イレースカウント値取得工程)。 Then, the command read by the test script reading step, when a command according to the SMART data obtains the erase count contained in the SMART data with the passage of time (erase count acquisition step) . 次いで、上記イレースカウント値取得工程により取得したイレースカウント値を、上記コンピュータを構成する記憶手段に記憶する(イレースカウント値記憶工程)。 Then, the erase count value obtained by the erase count acquisition process in the storage unit constituting the computer (erase count value storage step). さらに、上記テストスクリプトが全て読み出されると、イレースカウント値の時間的推移に基づく上昇係数を演算する(上昇係数演算工程)。 Furthermore, when the test script is read all, and calculates the increase coefficient based on the time course of the erase count values ​​(increase coefficient calculation step). なお、上記テストスクリプト読出し工程から上昇係数演算工程までの動作は、上記コンピュータを構成する記憶手段に記憶された所定のプログラムにより実行される。 The operation to increase the coefficient calculation step from the test script reading step is performed by a predetermined program stored in the storage unit constituting the computer.

そして、上記上昇係数演算工程により得られた上昇係数と特定のストレージ機器に表示されたイレースカウントの最大値とから、該特定のストレージ機器の使用限界予想時間を演算する。 Then, from the maximum value of the resulting increased coefficient erase count that is displayed to a particular storage device by the increase coefficient calculation step calculates a use limit estimated time of the particular storage device. 上記イレースカウントの最大値は、購入しようとする特定のストレージ機器に表示されたデータに基づくものであり、上記コンピュータに接続したストレージ機器に係るものである。 Maximum value of the erase count is based on data displayed in the specific storage devices to be purchased, it relates to a storage device connected to the computer.

また、第2の発明(請求項2記載の発明)は、ストレージ機器の使用限界予想装置に係るものであって、記憶手段と、表示手段及び/又は出力手段と、入力手段と、これら記憶手段,表示手段及び/又は出力手段,入力手段に接続され上記記憶手段,表示手段,入力手段,出力手段を制御する制御手段とを備えたコンピュータと、このコンピュータに接続されたストレージ機器と、 このストレージ機器に接続された特定のホスト機器と、を備え、上記記憶手段には、上記特定のホスト機器と上記ストレージ機器との間において採取したログデータから、論理ブロックアドレス(LBA)毎のアクセス回数をカウントして該LBA毎のアクセス回数のカウント値を、8時間から720時間単位のアクセスカウント値に変換することによって生成 According to a second aspect of the invention (invention described in claim 2) is a one according to the use limit estimated apparatus of storage devices, a storage unit, a display unit and / or output means, an input means, these storage means display means and / or output means, connected to said storage means to the input means, display means, input means, a computer and a control means for controlling the output means, the attached storage device to the computer, this storage and a specific host devices connected to the device, the said storage means, from the log data collected in between said particular host device and the storage device, the access count for each logical block address (LBA) counting to a count value of the access count for each said LBA, generated by converting the access count of 720 time units from 8 hours れたテストスクリプトと、 上記特定のストレージ機器のイレースカウントの最大値と、使用限界解析用プログラムと、が記憶され、上記入力手段による解析操作を開始条件として、上記制御手段は、上記使用限界解析用プログラムにより、上記テストスクリプトを上記記憶手段から読出すテストスクリプト読出し工程と、このテストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、書き込み又は読み込みに係るコマンドであるか、SMARTデータに係るコマンドであるか否かを判別するコマンド判別工程と、上記テストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、上記SMARTデータに係るコマンドである場合には、 この SMARTデータに含まれるイレースカウント値を時間の推移とともに取得するイレースカウン And the test scripts, the maximum value of the erase count of the specific storage device, and a program for use limit analysis, is stored, as a start condition analysis operation by said input means, said control means, the use limit analysis the use program, and reading test script reading step the test script from the storage means, the command read by the test script reading step, whether a command related to writing or reading, is a command according to the SMART data a command determination step of determining whether the command read by the test script reading step, when a command according to the SMART data, along with the transition of the erase count value included in the SMART data time to get erase count 値取得工程と、上記イレースカウント値取得工程により取得したイレースカウント値を、上記コンピュータを構成する記憶手段に記憶するイレースカウント値記憶工程と、上記テストスクリプトが全て読み出されたことを条件に、 上記イレースカウント値の時間的推移に基づく上昇係数を演算し、上記イレースカウントの最大値との関係で、上記ストレージ機器の使用限界予想時間を演算し、この使用限界予想時間を上記表示手段に表示し、又は上記入力手段による出力操作を条件として上記出力手段により出力する使用限界予想時間表示工程と、を備えてなることを特徴とするものである。 A value acquisition step, the erase count value obtained by the erase count value acquisition step, and the erase count value storage step of storing in the storage means constituting the computer, on condition that the test script been read, calculates the increase coefficient based on the time course of the erase count value, in relation to the maximum value of the erase count, it calculates the usage limit expected time of the storage device, displays the use limit estimated time on the display means and, or those characterized by comprising and a use limit estimated time display step of outputting by the output means an output operation by said input means as a condition.

なお、この第2の発明において、上記コンピュータを構成する記憶手段には、(1)特定のホスト機器とストレージ機器との間において採取したログデータから、論理ブロックアドレス(LBA)毎のアクセス回数をカウントして該LBA毎のアクセス回数のカウント値を、8時間から720時間単位のアクセスカウント値に変換することによって生成されたテストスクリプトと、(2)特定のストレージ機器のイレースカウントの最大値と、(3)使用限界解析用プログラムと、が予め記憶されている。 In this second invention, the storage unit constituting the computer, (1) from the log data collected between the particular host device and the storage device, the access count for each logical block address (LBA) counting to a count value of the access count for each said LBA, and the test scripts generated by converting the access count of 720 time units to 8 hours, and the maximum value of (2) erase count for a particular storage device , (3) and the use limit analysis program, but is stored in advance. そして、上記使用限界解析用プログラムにより、上記テストスクリプト読出し工程、コマンド判別工程、イレースカウント値取得工程、イレースカウント値記憶工程がそれぞれ実行され、次いで、上記テストスクリプトが全て読み出されたことを条件に、イレースカウント値の時間的推移に基づく上昇係数を演算し、上記イレースカウントの最大値との関係で、上記ストレージ機器の使用限界予想時間を演算し、この使用限界予想時間を上記表示手段に表示し、又は上記入力手段による出力操作を条件として出力手段により出力する使用限界予想時間表示工程が実行される。 Then, by the use limit analysis program, the test scripts read process, the command determination step, the erase count value acquisition step, the erase count value storage step is performed respectively, then the conditions that the test script is read all to calculates the increase coefficient based on the time course of the erase count value, in relation to the maximum value of the erase count, calculates the usage limit expected time of the storage devices, the use limit estimated time on the display means displayed, or used limit estimated time display step of outputting by the output means an output operation by said input means as a condition is executed.

また、第3の発明(請求項3記載の発明)は、ストレージ機器の使用限界予想時間解析用プログラムに係るものであって、記憶手段と、表示手段及び/又は出力手段と、入力手段と、これら記憶手段,表示手段及び/又は出力手段,入力手段に接続され上記記憶手段,表示手段,入力手段,出力手段を制御する制御手段とを備えてなるとともに、特定のホスト機器に接続されたストレージ機器に接続され、且つ、上記記憶手段には、上記特定のホスト機器とストレージ機器との間において採取したログデータから、論理ブロックアドレス(LBA)毎のアクセス回数をカウントして該LBA毎のアクセス回数のカウント値を、8時間から720時間単位のアクセスカウント値に変換することによって生成されたテストスクリプトと、特定のス In a third aspect of the present invention (invention described in claim 3), there relates to a storage device using a limit estimated time analysis program, and storage means, display means and / or output unit, an input unit, these storage means, display means and / or output means, connected to said storage means to the input means, display means, input means, it becomes a control means for controlling the output means, storage connected to a particular host device It is connected to the instrument, and, in the storage means, from the log data collected in between said particular host device and the storage device, by counting the number of accesses for each logical block address (LBA) of each said LBA access count number of a test scripts generated by converting the access count of 720 time units to 8 hours, a specific scan レージ機器のイレースカウントの最大値と、使用限界解析用プログラムと、が記憶されたコンピュータに対して、上記入力手段による解析操作を開始条件として、上記テストスクリプトを上記記憶手段から読出すテストスクリプト読出し工程と、このテストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、書き込み又は読み込みに係るコマンドであるか、SMARTデータに係るコマンドであるか否かを判別するコマンド判別工程と、上記テストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、上記SMARTデータに係るコマンドである場合には、 この SMARTデータに含まれるイレースカウント値を時間の推移とともに取得するイレースカウント値取得工程と、上記イレースカウント値取得工程により取得したイレース The maximum value of the erase count of storage devices for computers and programs for use limit analysis, is stored, as a start condition analysis operation by said input means, reading test scripts read from said storage means said test script a step, the command read by the test script reading process, or a command in accordance with the writing or reading, a command determination step of determining whether the command according to the SMART data, by the test script reading step acquired read command, if a command according to the SMART data, and the erase count value obtaining step of obtaining an erase count value included in the SMART data with the passage of time, by the erase count acquisition step erase that ウント値を、上記コンピュータを構成する記憶手段に記憶するイレースカウント値記憶工程と、上記テストスクリプトが全て読み出されたことを条件に、 上記イレースカウント値の時間的推移に基づく上昇係数を演算し、上記イレースカウントの最大値との関係で、上記ストレージ機器の使用限界予想時間を演算し、この使用限界予想時間を上記表示手段に表示し、又は上記入力手段による出力操作を条件として出力手段により出力する機能を実現させることを特徴とするものである。 The count value, and the erase count value storage step of storing in the storage means constituting the computer, on condition that the test script is read every calculates the increase coefficient based on the time course of the erase count value , in relation to the maximum value of the erase count, calculates the usage limit expected time of the storage devices, the use limit estimated time displayed on the display means, or by the output means an output operation by said input means as the conditions it is characterized in that to realize the function of outputting.

上記第1の発明(請求項1記載の発明)に係るストレージ機器の使用限界予想方法、第2の発明(請求項2記載の発明)に係るストレージ機器の使用限界予想装置並びに第3の発明(請求項3記載の発明)に係るストレージ機器の使用限界予想時間解析用プログラムによれば、ストレージ機器に表示されたイレースカウントの最大値のみでは判断できないストレージ機器の使用限界予想時間を知ることができるので、誤ったストレージ機器を購入してしまう危険性を有効に防止することができる。 The first invention limits the expected use of the storage device according to (first aspect of the invention), the second invention using the limit expected device of the storage device according to (the second aspect of the present invention) and the third aspect of the present invention ( according to claim 3, wherein the storage device using the limit estimated time analysis program according to the invention) of, with only the maximum value of the erase count displayed on the storage device can know the use limit estimated time of storage devices can not be determined so, it is possible to effectively prevent the danger that purchased the wrong storage equipment. 特に、本発明では、特定のホスト機器とストレージ機器との間において採取した多数のログデータを使用してテストスクリプトを生成するとともに、実際に購入を検討している特定のストレージ機器とコンピュータを接続して該ストレージ機器の使用限界予想時間を演算又は表示するものであることから、より一層正確な使用限界予想時間を演算又は表示させることができ、単純に該ストレージ機器に表示されたイレースカウントの最大値のみからでは判断できない確実な情報を入手でき、誤ったストレージ機器を選択する危険性を防止することができる。 In particular, the present invention, to generate a test script using the number of log data collected between the particular host device and storage device, connect the actually specific storage devices to a computer that is considering purchasing from it is to calculating or displaying usage limit estimated time of the storage equipment, and more can be computed or displayed more accurate working limit estimated time, simply of the storage device to the displayed erase counts than from only the maximum value available reliable information can not be determined, it is possible to prevent the risk of selecting the wrong storage devices.

この発明を実施するための最良の形態では、特定のホスト機器との関係において、該ホスト機器の特性に応じた最適なSSD(ストレージ機器)を選択する際に行われる各工程を説明する。 The present invention in the best mode for carrying out the, in relation to a particular host device, illustrating respective steps performed in selecting the optimum SSD in accordance with the characteristics of the host device (storage device). その工程は、大別すると以下の工程からなる。 The process comprises the following steps and roughly.
(1)ATM(現金自動預払機)やPOSシステムにより動作するコンピュータ等のホスト機器からストレージ機器に伝送されるデータ(ログデータ)を採取する工程(2)この工程により採取されたログデータを解析用プログラムにより種々解析する工程(3)上記ログデータから所定のプログラムによりテストスクリプトを生成する工程(4)このテストスクリプトを使用して特定のストレージ機器(SSD)の予想寿命(予想される使用限界時期)を所定のプログラムにより算出し表示する工程 本発明に係るログデータ解析装置ないしこの装置を構成するコンピュータを動作させるプログラムは、上記(3)及び(4)の工程を実行するものである。 (1) ATM step (2) for collecting the data (log data) transmitted from the host device such as a computer operated by ATMs and POS systems to storage devices analyze the log data collected by this process expected life of the process of various analyzed by use a program (3) the step of from the log data to generate a test script by a predetermined program (4) a particular storage device by using the test script (SSD) (expected use limit program for operating the computer constituting the log data analyzing device to the device according to timing) in step present invention which calculates and displays the predetermined program is to perform the above-described steps (3) and (4).

[ログデータを採取する工程] [Comprising the steps of: obtaining the log data]
この工程は、図1に示すように、例えばATM等のホスト機器(サーバコンピュータ)1とストレージ機器(SSD)2とを接続し、また、この接続(バス)間に、バスアナライザ3を接続し、さらにこのバスアナライザ3には、コントロール用コンピュータ(ログデータを解析するために使用されるコンピュータ)4に接続した後に行われる。 This step, as shown in FIG. 1 is connected, for example, a host device (server computer) 1 such as an ATM and a storage device (SSD) 2, also during the connection (bus) connects the bus analyzer 3 , further the bus analyzer 3 is performed after connecting to 4 (computer is used to analyze the log data) control computer. 上記ホスト機器1は、主な構成要素として、中央演算処理装置(CPU)、主記憶部(メインメモリ)、補助記憶部(サブメモリ)、入力装置(キーボード,マウス等)、出力装置(ディスプレー,プリンタ)等を備えている。 The host device 1 includes, as main components, a central processing unit (CPU), a main storage unit (main memory), an auxiliary storage unit (sub-memory), an input device (keyboard, mouse, etc.), output devices (display, It is equipped with a printer), and the like.

また、上記ホスト機器1に接続されるストレージ機器2は、上記ログデータを採取するために使用されるストレージ機器であって、例えば、SSD,SDカード,USBメモリ、HDD等の各種の記憶媒体又は記憶装置を使用することができる。 The storage device 2 connected to the host device 1 is a storage device that is used to collect the log data, for example, SSD, SD card, USB memory, various storage media such as HDD or the storage device may be used. なお、本実施の形態では、ストレージ機器2としてSSDを採用し、このSSDには、フラッシュディスクコントローラ21、フラッシュディスクコントローラに接続されたDRAM22と、上記フラッシュディスクコントローラ21に接続されたNANDフラッシュメモリ23とを備えている。 In this embodiment, the SSD is adopted as the storage device 2, this SSD, flash disk controller 21, and DRAM22 connected to the flash disk controller, NAND flash memory 23 connected to the flash disk controller 21 It is equipped with a door. このフラッシュディスクコントローラ21は、ホスト機器1からこのSSD2に対するデータの読み出しや書き込みに応じてNANDフラッシュメモリ23からデータの読み出しや書き込みの中継をするものである。 The flash disk controller 21 is to relay the read and write data from the NAND flash memory 23 in response from the host device 1 to read and write data to the SSD2. また、DRAM22は、このSSD2に対して一時に大量のデータが書き込まれた際に全てをNANDフラッシュメモリ23に書き込みを終えるまでの間に短期間データを蓄えるバッファとして動作し、或いは、頻繁に読み出されるデータを予め蓄えるキャッシュとして動作をする。 Also, DRAM 22 operates as a buffer for storing short-term data over the life writes all when large amounts of data in a temporary for this SSD2 is written in the NAND flash memory 23, or read frequently to the operations as previously storing cache data. また、NANDフラッシュメモリ23は、上記DRAM22に比べてデータの読み出し及び書込の速度はやや遅いものの記憶できるデータの量は非常に大きく、このSSD2が記憶するデータは全てこのNANDフラッシュメモリ23内に記憶されており、また、このSSD2内にはこのNANDフラッシュメモリ23は複数個内蔵されている。 Further, NAND flash memory 23, as compared to the DRAM22 amount of storage can data of the data read and the speed of writing is rather slow ones are very large and all the data this SSD2 stores in the NAND flash memory 23 is stored, also this NAND flash memory 23 is a plurality built in this SSD2. また、本実施の形態では、上記ホスト機器1をストレージ機器2にインストールしたオペレーションシステム(OS)により起動して使用する際に適したストレージ機器2を探すことを目的としていることから、上記SSD(内のNANDフラッシュメモリ)には、このホスト機器1を動作させるオペレーションシステム(OS)が記憶されている。 Further, in the present embodiment, since it is intended to search for storage devices 2 suitable when used to start the operation system installed the host device 1 to the storage device 2 (OS), the SSD ( the NAND flash memory) of the inner operation system for operating the host device 1 (OS) is stored. なお、このSSD2のデータの読み出し又は書き込みの速さの性能の良し悪しやこのSSD2の寿命は、上記NANDフラッシュメモリ23からのデータの読み出し又は書き込みの速度以外にも、上記フラッシュディスクコントローラ21が適切に上記DRAM22やNANDフラッシュメモリ23へのデータの書き込みや読み出しの割り当てをするアルゴリズム、特に、NANDフラッシュメモリ23の特定のLBAに偏って集中することなくNANDフラッシュメモリ23の全体に渡って平均的に書き込むようなアルゴリズムの良し悪し等によっても決まる。 Incidentally, good or bad and life of this SSD2 performance speed of reading or writing of data in this SSD2, other than the reading or writing speed of data from the NAND flash memory 23, the flash disk controller 21 is properly the allocation of data writing and reading to the DRAM22 and NAND flash memory 23 to the algorithm, in particular, throughout the NAND flash memory 23 instead of being concentrated biased to a particular LBA of NAND flash memory 23 on average, also it depends on the good or bad, etc. of the algorithm, such as writing.

一方、上記バスアナライザ3は、データを受け取るインターフェースコントローラ5を備え、このインターフェースコントローラ5には、キャプチャデータ(ログデータ)が格納される記憶装置としてのDRAM6が接続されている。 On the other hand, the bus analyzer 3 includes an interface controller 5 which receives the data, this interface controller 5, DRAM 6 as a storage device for capturing data (log data) are stored is connected. また、上記インターフェースコントローラ5には、上記DRAM6に格納されたキャプチャデータをコントロールPC4に伝送するマイクロプロセッサ7が接続されている。 The aforementioned interface controller 5, a microprocessor 7 transmitting the captured data stored in the DRAM6 the control PC4 are connected.

そして、上記コントロールPC4は、本発明を構成する制御手段としての中央演算処理装置(CPU)8と、記憶手段としてのメモリ9とを備えたコンピュータ本体と、このコンピュータ本体に接続された入力装置(又は入力部)11と、表示装置(又は表示部)12と、を備えている。 Then, the control PC4 includes a central processing unit (CPU) 8 as a control means constituting the present invention, a computer that includes a memory 9 as storage means, an input device connected to this computer ( or an input unit) 11, a display device (or display unit) 12, a. 上記CPU8と、上記入力装置11及び表示装置12とは接続されている。 And the CPU 8, are connected with the input device 11 and display device 12. なお、この実施の形態では本発明を構成する出力手段を示していないが、この出力手段としては、例えば表示装置12であるディスプレイ以外で使用者にデータを可視情報として出力するプリンタ等や、図示しない他のコンピュータに情報を出力するネットワーク等の手段であっても良い。 Although not shown the output means constituting the present invention in this embodiment, as the output means, a printer or the like and output as visible information data to a user other than the display, for example display unit 12, shown it may be a means such as a network for outputting information to other computers that do not.

また、上記コントロールPC4を構成する上記メモリ9は、図示しない主記憶部(メインメモリ)と補助記憶部(サブメモリ)を備え、ログデータは上記補助記憶部に記憶される。 Further, the memory 9 constituting the control PC4 is provided with a main storage unit (not shown) (main memory) and an auxiliary storage unit (sub-memory), the log data is stored in the auxiliary storage unit. また、このメモリ9を構成する補助記憶部には、コンピュータとして基本的に記憶されているオペレーションプログラム(OS)やこのコントロールPC4の動作に欠かせない各種のデバイスドライバ等以外に、予め(A)ログデータ採取用プログラムと、(B)ログデータ解析用プログラムと、(C)テストスクリプト生成用プログラムとからなるコントロールプログラムと、(D)使用限界予想時間解析用プログラムと、特定のストレージ機器のイレースカウントの最大値とが格納されている。 Further, the auxiliary storage unit constituting the memory 9, in addition to basically the stored operation program (OS) and essential variety in the operation of the control PC4 device driver as a computer or the like, in advance (A) a log data acquisition program, (B) and program log data analysis, (C) a control program of a test script generation program, (D) and a program for use limit estimated time analysis, erase a particular storage device maximum value of the count and is stored.

上記(A)ログデータ採取用プログラムは、上記(1)の工程(ATM(現金自動預払機)やPOSシステムにより動作するコンピュータ等のホスト機器からストレージ機器に伝送されるデータ(ログデータ)を採取する工程)において、上記コントロールPC4に対して、後述する各動作ないし機能を実現させるプログラムである。 (A) above the log data collecting program has taken the (1) step of (ATM (data transmitted from a host device such as a computer operated by an automated teller machine) or POS systems in storage devices (log data) in that step), with respect to the control PC 4, a program for realizing each operation or function will be described later.

また、上記(B)ログデータ解析用プログラムは、上記(2)の工程(上記(1)の工程により採取されたログデータを解析用プログラムにより種々解析する工程)において、上記コントロールPC4に対して、後述する各動作ないし機能を実現させるプログラムである。 Further, the (B) log data analysis program, in the above (2) step (the (process of various analysis by the analysis program log data collected by the steps of 1)), with respect to the control PC4 a program for realizing each operation or function will be described later.

また、上記(C)テストスクリプト生成用プログラムは、上記(3)の工程(上記ログデータから所定のプログラムによりテストスクリプトを生成する工程)において、上記コントロールPC4に対して、後述する各動作ないし機能を実現させるプログラムである。 Further, the (C) test script generation program, in the step (3) (step of generating test scripts by a predetermined program from the log data), relative to the control PC 4, the operation or function to be described later is a program to realize.
また、(D)使用限界予想時間解析用プログラムは、上記(4)の工程(このテストスクリプトを使用して特定のストレージ機器(SSD)の予想寿命(予想される使用限界時期)を所定のプログラムにより算出し表示する工程)において、上記コントロールPC4に対して、後述する各動作ないし機能を実現させるプログラムである。 Further, (D) program using the limit expected time analysis, (4) step (expected lifetime (expected use limit time of the particular storage device by using the test script (SSD)) a predetermined program in step) of calculating displayed by, with respect to the control PC 4, a program for realizing each operation or function will be described later.

そこで、上記(1)の工程を説明すると、図2に示すように、上記コントロールプログラムが上記コントロールPC4において起動(ステップSt1)されると、上記CPU8は、上記表示装置12に、図示しないキャプチャ開始ボタン、(キャプチャ)停止ボタン、解析スタートボタンを少なくとも表示する。 Therefore, to explain the above-described steps (1), as shown in FIG. 2, when the control program is started (step St1) in the control PC 4, the CPU8 is on the display device 12, the capture not shown initiated button, (capture) stop button, to at least display the analysis start button. そこで、上記入力装置11により作業者(使用者)による上記キャプチャ開始ボタンが押されたか(クリックされたか)否かが、上記CPU8により判別され(ステップSt2)、該キャプチャ開始ボタンが押されたと判別された場合には、上記バスを流れるデータのキャプチャが開始される(ステップSt3)。 Therefore, determining that operator by the input device 11 (or clicked) or the capture start button by (user) has been pressed whether is discriminated by the CPU 8 (step St2), the capture start button is pressed in a case where it is, capturing data flowing through the bus is started (step St3). すなわち、上記キャプチャ開始ボタンが押されたと判別された場合には、上記CPU8が、上記バスアナライザ3を構成するマイクロプロセッサ7を介して、インターフェースコントローラ5に伝送されたバスを流れるデータを一定周期毎(10ns)に上記DRAM6に格納させるとともに、このDRAM6に格納されたバスを流れるデータをログデータとして、上記インターフェースコントローラ5とマイクロプロセッサ7を介して、上記メモリ9に一定周期毎に順次格納(採取)する。 That is, when the capture start button is determined to have been pressed, the CPU8 are the comprise bus analyzer 3 via the microprocessor 7, a predetermined cycle data flowing to and the bus transmission to the interface controller 5 causes stored (10 ns) to the DRAM 6, the data flowing through the bus, which is stored in the DRAM 6 as log data, through the interface controller 5 and the microprocessor 7, sequentially stored in the predetermined cycle in the memory 9 (taken ) to. なお、この実施の形態では、上記ストレージ機器2(を構成するNANDフラッシュメモリ23)に記憶されたOSによりホスト機器1が起動する際に上記バスを流れているデータからキャプチャしたデータをログデータとして採取することが目的であるから、上記ステップSt3でのデータのキャプチャが開始された後に、使用者はストレージ機器2内のOSによりホスト機器1を起動する。 In this embodiment, the data which the host apparatus 1 by the OS stored in the captured from data flowing the bus when starting (NAND flash memory 23 included therein) the storage device 2 as log data since harvesting is the objective, after the capture of the data is started in step St3, the user activates the host device 1 by the OS in the storage device 2. また、使用者は、このホスト機器1がストレージ機器2内のOSによって起動が完了し終えて必要なデータのキャプチャが完了したと判断した場合には、このキャプチャを終了するための操作をする(以下のステップSt4)。 Further, the user, the host device 1 when it is determined that the data capture necessary start finished completes the OS in the storage device 2 is completed, an operation for ending the capture ( the following step St4).

そして、こうしたログデータを一定周期毎に順次格納されている段階において、上記CPU8は、上記表示装置12に表示された停止ボタンが押されたか(クリックされたか)否かを判別する(ステップSt4)。 Then, in the step of being sequentially stored such log data in a predetermined cycle, the CPU8 are (or clicked) Stop button displayed on the display device 12 or is pushed whether to determine (step St4) . 上記CPU8が、上記停止ボタンが押されたと判別した場合には、それまで行われていたバスを流れるデータをキャプチャする動作が停止され(図2のフローチャートには図示しない。)、次いで、上記メモリ9に格納されたログデータを、表示装置12に表示する(ステップSt5)。 The CPU8 is, when it is determined that the stop button is pressed, the operation to capture the data flowing through the bus has been performed until it is stopped (not shown in the flowchart of FIG.), Then the memory the log data stored in the 9, and displays it on the display device 12 (step St5). なお、このログデータが表示装置12に表示された時点においても、該表示装置12には、上記解析スタートボタンが表示されている。 Also in the time the log data is displayed on the display device 12, the said display device 12, the analysis start button are displayed.

なお、以上の動作は、上述したように、上記コントロールプログラムを構成する(A)ログデータ採取用プログラムにより実行されるものであるが、上記ステップSt5が終了すると、次いで、上記コントロールPC4においては、上記(B)ログデータ解析用プログラムにより、以下に説明する各種の動作ないし機能が実現される。 The above operation, as described above, but is executed by constituting the control program (A) the log data acquisition program, the step St5 is completed, then, in the control PC4 is the above (B) log data analysis program, various operations or functions are realized as described below.

[ログデータを解析用プログラムにより種々解析する工程] [Step of various analysis by the analysis program Log Data
上記ステップSt5が実行されると、次いで、上記CPU8は、上記表示装置12に表示された解析スタートボタンが押されたか(クリックされたか)否かを判別する(ステップSt6)。 When the step St5 is executed, then the CPU8 are (or clicked) analysis start button displayed on the display device 12 was pressed whether to determine (Step St6). このステップSt6において、CPU8が、解析スタートボタンが押されたと判別した場合には、図3に示すように、上記ログデータをメモリ(サブメモリ)9に格納し(ステップSt7)し、次いで、コマンド種別の解析と、セクタの存在回数のカウント種別の解析と、アドレス分布の解析と、アドレス分布とセクタの存在回数のカウントとの複合解析が、それぞれ並行して開始される(ステップSt8、ステップSt9、ステップSt10、ステップSt11)。 In this step St6, CPU 8 is, when determining that the analysis start button has been pressed, as shown in FIG. 3, and stores the log data memory (sub-memory) 9 (step St 7), then the command and analysis of the types, and analyzing the count type of presence number of sectors, address and analysis of distribution, combined analysis of the counts present number of address distribution and sectors is initiated respectively parallel (step St8, step St9 , step St10, step St11).

上記コマンド種別の解析が開始される(ステップSt8)と、上記CPU8は、上記メモリ9に格納されたログデータを一行毎(或いは、ログデータの内、最初の一連のデータ。以下同じ)に、上記メモリ9を構成する主記憶部に取り込み(ステップSt12)、次いで、この取り込まれたログデータのコマンド種別毎の発生回数をカウントする(ステップSt13)。 Analysis of the command type is started (step St8), the CPU8 are per line log data stored in the memory 9 (or of the log data, the first set of data. Hereinafter the same), the uptake in the main storage unit constituting the memory 9 (step St 12), then counting the number of occurrences of each command type of the captured log data (step St 13). すなわち、取り込まれたログデータが読取りコマンドである場合と、書込みコマンドである場合とに峻別し、それぞれのコマンドの発生回数をそれぞれカウントする。 That is, a case where log data read command that has been taken, and distinction in the case of a write command, counts the number of occurrences of each command, respectively.

そして、上記CPU8は、上記ログデータの最終行(或いは、ログデータのうち、最後の一連のデータ。以下同じ)まで主記憶部に取り込まれたか否かを判別し(ステップSt14)、最終行まで取り込まれたと判別した場合には、解析結果である上記読取りコマンドと書込みコマンドのそれぞれのコマンドの発生回数に係るカウント値を上記メモリ(サブメモリ)9に格納させ(ステップSt15)、さらにこの解析結果であるカウント結果をそれぞれ上記表示装置12に表示する(ステップSt16)。 Then, the CPU8 the last line of the log data (or of the log data, the last series of data. Hereinafter the same) to determine whether or not incorporated into the main storage unit (step St 14), the last line If it is determined to have been captured, analyzes the count value of the number of occurrences of each command results the read command and the write command is then stored in the memory (sub-memory) 9 (step St15), further the analysis result count results respectively displayed on the display unit 12 is (step St16). なお、この表示装置12に表示された解析結果情報は、本発明を構成する第1の解析結果情報である。 Incidentally, the analysis result information displayed on the display device 12 is a first analysis result information constituting the present invention. この実施の形態においては、図5に示すように、この表示装置12に表示されるカウント結果は、読取りコマンドと書込みコマンドとのそれぞれカウント結果の相対的割合を示す数字と共に円グラフにより表示される。 In this embodiment, as shown in FIG. 5, the count result is displayed on the display device 12 is displayed by the pie chart with numbers showing the relative proportions of each count result of the read command and the write command . なお、本発明において、上記カウント結果は、読取りコマンドと書込みコマンドのそれぞれのコマンドの発生回数に係るカウント値を数字として併記して表示した場合でも良いし、また、棒グラフによって、読取りコマンドと書込みコマンドとのそれぞれカウント結果が比較可能な態様で表示されても良い。 In the present invention, the result of the count, may be the case where the displayed together the count value of the number of occurrences of each command in the read command and write command as a number, also, by a bar graph, a read command and write command each count result and thus may be displayed in a comparable manner.

こうした解析結果情報が表示装置に表示されることによって、上記特定のホスト機器が、書込みが多いのか読出しが多いのかが判明する。 By this analysis result information is displayed on the display device, the specific host device, whether read or the write often it is often known. そして、上記特定のホスト機器が、書込みが多い場合には、選択されるべきストレージ機器の特性としては、書込みに耐性機能があり、書込み速度が速いものであることが要求されることが判明する。 Then, the specific host device, when the writing is large, the characteristics of the storage device to be selected, is resistant feature writing, it is found that it writing speed is fast as is required .

また、上記セクタの存在回数のカウント種別の解析が開始される(ステップSt9)と、上記CPU8は、上記メモリ(サブメモリ)9に格納されたログデータを一行毎にメモリ(メインメモリ)9に取り込み(ステップSt17)、次いで、この取り込まれたログデータから、読取り(Read)と書込み(Write)別にセクタの存在回数をカウントする(ステップSt18)。 Further, analysis of the count type of presence times of the sectors is started (step St9), the CPU8 is in the memory (sub-memory) memory the stored log data for each line to 9 (main memory) 9 uptake (step St17), then from the captured log data, read (read) and write (write) to count the presence number of separate sectors (step St18). すなわち、取り込まれたログデータから、読取り(Read)と書込み(Write)別にデータ長毎におけるセクタの存在回数をカウントする。 That is, the captured log data, and counts the presence number of read (Read) and write (Write) apart sectors in data length for each.

そして、上記CPU8は、上記ログデータの最終行まで取り込まれたか否かを判別し(ステップSt19)、最終行まで取り込まれたと判別した場合には、解析結果である上記セクタの存在回数のカウント毎の発生回数に係るカウント値を上記メモリ(サブメモリ)9に格納させ(ステップSt20)、さらにこの解析結果であるカウント結果をそれぞれ読取り(Read)と書込み(Write)別にセクタ長毎に上記表示装置12に表示する(ステップSt21)。 Then, the CPU8 discriminates whether incorporated to the last line of the log data (step St19), when it is determined that the captured to the last row, each count of the presence times of the sectors is an analysis result of is stored a count value according to the number of occurrences in the memory (sub-memory) 9 (step St20), further the analysis result in a count result of the reading, respectively (read) write (write) Alternatively the display device for each sector length display 12 (step St21). なお、この表示装置12に表示された解析結果情報は、本発明を構成する第2の解析結果情報である。 Incidentally, the analysis result information displayed on the display device 12 is a second analysis result information constituting the present invention.

この実施の形態においては、この表示装置12に表示される読取り(Read)のカウント結果は、図6に示すように、また、書込み(Write)のカウント結果は、図7に示すように、それぞれデータ長毎の割合を示す数値と共に円グラフにより表示される。 In this embodiment, the count result of the reading (Read) to be displayed on the display device 12, as shown in FIG. 6, also, the count result of the write (Write), as shown in FIG. 7, respectively It is displayed by the pie chart with numerical value indicating the ratio of the data length per. こうした解析結果情報の表示により、特定のホスト機器がどのようなデータ長でストレージ機器にアクセスしているかという傾向が判明する。 The display of such analysis result information, a tendency that you are accessing the storage devices in any data length given host device known. すなわち、短い(小さい)セクタの存在回数のカウントでアクセスが多い場合には、この特定のホスト機器は短い(小さい)セクタの存在回数のカウントでストレージ機器にアクセスする傾向があることが判明する。 That is, when the access is large with a short (small) counts the presence number of sectors, the particular host device short (small) that tend to access the storage device in the count of the presence times of a sector is found. このため、この特定のホスト機器のために選択されるべきストレージ機器の特性としては、短い(小さな)データでのランダムアクセス性能が良好であることが要求されることが判明する。 Therefore, as the characteristics of the storage devices to be selected for this particular host device, a short (small) random access performance of the data is found to be required to be good. また、特に書込みで短い(小さい)セクタの存在回数のカウントが多い場合には、短い(小さな)データでのランダムアクセスが多いと考えられることから、選択されるべきストレージ機器の特性としては、書込みに対する耐性機能(書込み平均化及びDRAMが搭載され書込み制限が機能として付与された)を備えたものであることが要求されることが判明する。 Also, particularly when a short in writing (small) counts the presence number of sectors is large, short random access in a (small) data from that considered large, the characteristics of the storage device to be selected, the write it is found that is required resistance function (write averaging and DRAM are mounted write restriction has been applied as a function) are those having a relative.

また、上記アドレス分布の解析が開始される(ステップSt10)と、上記CPU8は、上記メモリ(サブメモリ)9に格納されたログデータを一行毎にメモリ(メインメモリ)9に取り込み(ステップSt22)、次いで、この取り込まれたログデータから、論理ブロックアドレス(LBA)毎のアクセス回数をカウントする(ステップSt23)。 Further, analysis of the address distribution is started (step St10) and said CPU8, said memory (sub-memory) memory the stored log data for each line to 9 (main memory) 9 to capture (step St22) , then from the captured log data, and counts the number of accesses for each logical block address (LBA) (step St23). 次いで、上記CPU8は、上記ログデータの最終行まで取り込まれたか否かを判別し(ステップSt24)、最終行まで取り込まれたと判別した場合には、解析結果である上記LBA毎のアクセス回数に係るカウント値を上記メモリ(サブメモリ)9に格納させ(ステップSt25)、さらにこの解析結果であるカウント結果をLBA毎に上記表示装置12に表示する(ステップSt26)。 Then, the CPU8 discriminates whether incorporated to the last line of the log data (step St24), when it is determined that the captured to the last row, according to the access count for each said LBA is an analysis result the count value is stored in the memory (sub-memory) 9 (step St25), further displays the count result is the analysis result to the display device 12 for each LBA (step St26). なお、この表示装置12に表示された解析結果情報は、本発明を構成する第3の解析結果情報である。 Incidentally, the analysis result information displayed on the display device 12 is a third analysis result information which constitutes the present invention.

この実施の形態においては、図8に示すように、この表示装置12に表示されるLBA毎のカウント結果は、縦軸がアクセス回数、横軸がLBAとした棒グラフが表示される。 In this embodiment, as shown in FIG. 8, the count result for each LBA to be displayed on the display device 12, the vertical axis the number of accesses, the bar graph horizontal axis is the LBA is displayed. こうした解析結果情報の表示により、ストレージ機器2全体のどのような場所に対してアクセスが行われているか、というアクセス回数についてのアドレス分布の傾向が判明する。 The display of such analysis result information, whether the access is being performed, a tendency of the address distribution for the number of accesses that is found for any location of the entire storage device 2. すなわち、ストレージ機器2の記憶容量全体に対して平均的にアクセスする場合と、偏った場所にアクセスする場合とでは使用限度期間(寿命)の長短に大きく影響し、偏った場所に対する書込みアクセスが多い場合(偏ったアクセスをしている場合)は、書込みに対する平均化処理を行う機能を備えたストレージ機器(SSD)が要求されることが判明する。 That is, a case of average access to the entire storage capacity of the storage device 2, greatly affect the length of use limit period between when accessing biased location (life), there are many write access to a biased place when (if a biased access) is found to storage devices having a function of performing averaging processing for writing (SSD) is required.

また、上記LBA毎のカウント結果とデータ長毎のセクタの存在回数との複合解析が開始される(ステップSt11)と、上記CPU8は、上記メモリ(サブメモリ)9に格納されたログデータを一行毎にメモリ(メインメモリ)9に取り込み(ステップSt27)、次いで、この取り込まれたログデータから、上記LBAとデータ長毎のセクタの存在回数とを抽出する(ステップSt28)。 Moreover, line combined analysis of the presence times of the count result and the data length for each of the sectors per the LBA is started (step St 11), the CPU8 may log data stored in the memory (sub-memory) 9 memory for each (main memory) 9 to capture (step St27), then from the captured log data, extracts the presence frequency of the LBA and data length for each sector (step St28). 次いで、上記CPU8は、上記ログデータの最終行まで取り込まれたか否かを判別し(ステップSt29)、最終行まで取り込まれたと判別した場合には、上記抽出結果(解析結果)を上記メモリ(サブメモリ)9に格納させ(ステップSt30)、解析結果である上記抽出結果を上記表示装置12に表示する(ステップSt31)。 Then, the CPU8 discriminates whether incorporated to the last line of the log data (step ST29), when it is determined that the captured to the last line, the extraction result (analysis result) and the memory (sub memory) is stored in 9 (step St 30), the extraction result is an analysis result displayed on the display device 12 (step St 31). なお、上記抽出結果情報は、以下第4の解析結果情報と言う。 Incidentally, the extraction result information, hereinafter referred to as the fourth analysis result information.

この実施の形態においては、図9に示すように、縦軸をアクセス回数とし、横軸をデータ長とした棒グラフが表示される。 In this embodiment, as shown in FIG. 9, the vertical axis represents the number of accesses, the bar graph in which the abscissa and the data length is displayed. こうしたLBA毎のカウント結果とデータ長毎のセクタの存在回数との複合解析によれば、書込みの場合にアクセスしたデータのデータ長と使用限度時間(寿命)とは密接な関連のある結果が得られる。 According to combined analysis of the presence times of the count result and the data length for each sector of each such LBA, the data length of the data access in the case of writing the use limit time (life) is closely related results obtained It is. すなわち、上記ステップSt28におけるこの第4の解析結果情報の解析の際には、ストレージ機器(SSD)2に対して複数回のデータの書込み及び読取りが連続する場合(データの書込みコマンド及び読取りコマンドが、間に読取りコマンド及び書込みコマンドを挟むことなく連続して発生する場合)であって、かつ、これらの複数回のデータの書込み及び読取りが連続したLBAに対してなされる場合には、このデータの書込み及び読取りが連続したLBAに対してなされる分についてはこの複数回のデータの書込み及び読取りをまとめて1回のデータの書込み及び読取りとしてカウントし、かつ、この1回のデータの書込み及び読取りとしてまとめてカウントされた複数回のデータの書込み及び読取りでされた全部のデータ長の合計 That is, when the analysis of the fourth analysis result information in step St28, the write command and a read command when (data storage devices (SSD) multiple data write and read with respect to 2 consecutive , a case occurs continuously without sandwiching the read command and write command) during, and, if the writing and reading of these multiple data are made for successive LBA, the data for the writing and content of reading is performed for successive LBA counted as writing and reading of data once collectively writing and reading of data of the plurality of times, and writes the one data and total collectively as read counted multiple times the data length of the whole that is in writing and reading of data データ長とし、さらにこれをデータ長毎のセクタの存在回数として抽出する。 And data length, further extracts this as presence the number of sectors of data lengths each. これは、実際にホスト機器1がストレージ機器2に対してデータを書込み及び読出しの動作をする際には、上述のようなこのデータの書込み及び読出しが連続する場合であって、かつ、これらの複数回のデータの書込み及び読取りが連続したLBAに対してなされる場合には、ログデータ上は複数回の書込み及び読取りがされている(複数回の読取りコマンド及び書込みコマンドの実行を別々にしている。例えば、対象となるLBAが連続している書込みコマンドが3回連続している場合には、書込みコマンドを3回連続して実行している)ように見えるものの、実際には、この複数回の書込み及び読取りを連続して一回で行っている(上記の例で言えば、対象となるLBAが連続している場合には、書込みコマンドが3回に分かれていても This is when the actual operation of the write and read data the host device 1 to the storage device 2, a case of writing and reading of the data as described above are continuous, and, of these when a plurality of times of data writing and reading is performed for successive LBA is the log data to execute a plurality of times of writing and reading are (multiple read commands and write commands and separately It is. for example, when a write command of interest LBA is continuous is continuous 3 times, running consecutively three times a write command) as though visible, in practice, this plurality in terms of times of writing and reading is performed to one consecutive (in the above example, if the target LBA is continuous, be divided into write command 3 times 回の連続した書込みをまとめて行っている)という動作が実情であるためであって、第4の解析結果情報はこの実情に合わせた解析の結果が得られる。 Times of successive be for operation of being performed collectively writing) is in reality, a fourth analysis result information of a result of the analysis combined with this situation is obtained. このため、この読取りコマンド及び書込みコマンドの発生回数をカウントしてこれら読取りコマンド及び書込みコマンドのデータ長(或いは、データ長毎におけるセクタの存在回数)を抽出して得られる第2の解析結果情報に比べ、この第4の解析結果情報によれば、より実際のホスト機器1とストレージ機器2との動作に即した結果が得られる。 Therefore, the data length of a read command and a write command by counting the number of occurrences of the read command and write command (or the presence frequency of the sector in the data length per) to the second analysis result information obtained by extracting the compared, according to the fourth analysis result information, and more tailored to the actual operation of the host device 1 and the storage device 2 results. すなわち、SSDに対して短いデータのランダムライト(任意書込み)が多い場合は、このSSDの使用限度時間(寿命)が短くなり、逆にデータ長が長い場合には、このSSDの使用限度時間(寿命)が比較的長くなる。 That is, if short data random write (Optional write) is large with respect to the SSD, the SSD use limit time (life) is shortened, if the data length in the reverse is long, use limit time of the SSD ( life) is relatively long. したがって、例えば、図9に示す棒グラフのように、1セクタ(512バイト)という短いデータの書込みアクセスが多い場合には、SSDの使用限度時間(寿命)が短くなるため、書込みに対する耐性機能(書込み平均化及びDRAMが搭載され書込み制限が機能として付与された)を備えたものであることが要求されることが判明する。 Thus, for example, as a bar graph in FIG. 9, 1 if the sector (512 bytes) that short data write access is large, since the SSD use limit time (life) is shortened, resistance function for writing (write it is found that the average size and DRAM is one that is equipped write restriction with a granted) as functions are required.

特に、この実施の形態では、LBA毎のカウント結果によるアドレス分布とデータ長毎のセクタの存在回数との複合解析が行われ、図9に示す棒グラフが表示されることから、より詳細なアクセス傾向が判明し、より精度の高いSSD選定が可能となる。 In particular, in this embodiment, the composite analysis of the presence times of count results by the address distribution and data length for each sector of each LBA is performed, since the bar graph shown in FIG. 9 is displayed, a more detailed access tendency There turned out, thereby enabling more accurate SSD selection.

なお、この実施の形態では、上記第1の解析結果情報、第2の解析結果情報、第3の解析結果情報、第4の解析結果情報をそれぞれ別個に図示して説明したが、これら第1ないし第4の解析結果情報は、それぞれ別個に独立して表示装置(或いは、単一の表示装置である一つのディスプレイ上に表示された複数のウインドウ)に表示されても良いばかりではなく、全ての解析結果情報が一度に表示されても良い。 In this embodiment, the first analysis result information, the second analysis result information, the third analysis result information and the fourth analysis result information it has been described separately shown, respectively, which first fourth analysis result information are each separately and independently display device (or a plurality of windows displayed in one of the display is a single display device) not only may be displayed, all analysis result information may be displayed at a time. また、各解析結果情報がそれぞれ独立して表示される場合には、各解析結果情報に対応し(使用者により)クリックされる部位をプログラム上に設け、クリックされることにより該当する解析結果情報が表示装置12に選択的に表示されるものであっても良い。 Further, if each analysis result information is displayed independently, the corresponding analysis result information by the analysis result corresponding to the information (by a user) provided a site is clicked on the program, it is clicked there may be one that is selectively displayed on the display device 12.

そして、この実施の形態では、上記ステップSt16、21、26、31が終了すると、次いで、上記ログデータから所定のプログラムによりテストスクリプトを生成する工程に移行する。 Then, in this embodiment, when the step St16,21,26,31 ends, then proceeds to the step of generating a test script by a predetermined program from the log data.

[テストスクリプトを生成する工程] [Step of generating a test script]
このテストスクリプトを生成する工程は、上記(C)テストスクリプト生成用プログラムにより実行される。 Generating a test script is executed by the (C) test script generation program. すなわち、上記第1ないし第4の解析結果情報が表示装置12に表示される(ステップSt16、21、26、31)と、上記テストスクリプト生成用プログラムにより、図4に示すように、上記CPU8は、(使用者により上記入力装置11を使用して)表示装置12に表示された上記解析スタートボタンがクリックされたか否か(テストスプリクトを出力するか否か)を判別する(ステップSt32)。 That is, the analysis result information of the first to fourth is displayed on the display device 12 (step St16,21,26,31), by the test script generation program, as shown in FIG. 4, the CPU8 are (by the user using the input device 11) to determine whether the analysis start button displayed on the display device 12 is clicked (whether or not to output a test Supurikuto) (step St 32). このステップSt32において、CPU8が、テストスクリプトを出力する(クリックされた)と判別した場合には、テストスクリプトの生成が開始され(ステップSt33)、前述したステップSt7においてメモリ(サブメモリ)9に記憶されたログデータを一行毎にメモリ(メインメモリ)9に取り込み(ステップSt34)、読み取り/書き込みの各コマンド別に各LBAのアクセス発生回数を抽出する。 In this step St 32, CPU 8 is, if it is determined that outputs a test script (clicked), the generation of the test script is started (step St 33), stored in the memory (sub-memory) 9 in Step St7 described above is uptake (step St 34) log data for each row memory (main memory) 9 was, extracts the access number of occurrences of each LBA for each of the read / write command. (ステップSt35)。 (Step St35). そして、こうした動作中、上記CPU8が、上記ログデータの最終行に至ったか否かを判別し(ステップSt36)、最終行に達したと判別した場合には、LBA毎のアクセス回数のカウント値を日(24時間)単位のアクセスへ変換したテストスクリプトを生成し、一定周期毎にSMARTデータを取得するコマンドを挿入し(ステップSt37)、このテストスクリプトをメモリ(サブメモリ)9に保存し、終了する(ステップSt39)。 Then, during this operation, the CPU8 is determined whether or not reached the last line of the log data (step St 36), when it is determined that reaches the last row, the count value of the access count for each LBA day generates test scripts converted into (24 hours) units of access, to insert a command for acquiring SMART data every predetermined period (step St 37), to save the test script in a memory (sub-memory) 9, ends (step St39). なお、本発明においては、上記LBA毎のアクセス回数のカウント値を変換する単位(時間)は、8時間から720時間単位のアクセスカウント値であれば良い。 In the present invention, a unit for converting the count value of the access count for each said LBA (time) may be any access count of 720 time units from 8 hours.

[ストレージ機器(SSD)の予想寿命を算出し表示する工程] [Step of displaying calculates the expected life of the storage devices (SSD)]
以下、特定のストレージ機器(SSD)の予想寿命(予想される使用限界時期)を上記(D)使用限界予想時間解析用プログラムにより算出し表示する工程について説明する。 Hereinafter, the expected life of a particular storage device (SSD) and (expected use limit time) will be described step of displaying calculated by the (D) use limit estimated time analysis program. なお、この工程は、上述した工程により生成したテストスクリプトを使用するものである。 Note that this step is to use the test scripts generated by the above-mentioned process.

先ず、この工程では、図10に示すように、上記コントロールPC4と、寿命を予測する特定のストレージ機器(SSD)を接続する。 First, in this step, as shown in FIG. 10, the operator connects the control PC 4, a particular storage device for predicting the lifetime (SSD). そして、こうした準備が終了すると、コントロールPCにおいて、上記コントロールプログラムを構成する(D)使用限界予想時間解析用プログラム(テストツール)を起動させる(ステップSt40)。 When these preparations are completed, the control PC, to start the forming the control program (D) use limit estimated time analysis program (test tool) (step ST40). なお、この使用限界予想時間解析用プログラムが起動されると、上記表示装置12には、テストスクリプト入力用のボタンが表示される。 Incidentally, when the use limit estimated time analysis program is started, on the display device 12, a button for test scripts input is displayed. したがって、CPU8が、(使用者による上記入力装置11により)上記表示装置12に表示された上記テストスクリプト入力用のボタンがクリックされたか否かが判別され(ステップSt41)、これがクリックされたと判別された場合には、上記CPU8が、それまでメモリ(サブメモリ)9に格納されている上記テストスクリプトを、メモリ9を構成する主記憶部(メインメモリ)に一行毎に取り込む(ステップSt42)。 Therefore, CPU 8 is, it is determined that whether the button for the display device 12 the test script displayed in the input (user the input device 11 by by) is clicked is judged (step St 41), which has been clicked when the can, the CPU8 are taking it until the test script stored memory (sub-memory) 9, line by line in the main storage unit included in the memory 9 (main memory) (step ST42). 次いで、こうして一行毎に取り込まれたテストスクリプトのコマンドがSMARTデータに係るコマンドであるか、書込み又は読出しに係るコマンドであるかを判別し(ステップSt43)、上記テストスクリプトのコマンドがSMARTデータに係るコマンドである場合には、ターゲットデバイスである上記ストレージ機器(SSD)2にコマンドを発行する(ステップSt44)。 Then, thus either command test scripts incorporated per line is a command relating to SMART data, to determine a command according to the write or read (step ST43), the command of the test script according to SMART data If a command issues a command to the storage devices (SSD) 2 is the target device (step ST44). そして、こうしたコマンドが発行されると次いで、CPU8は、コマンドステータス(SSDに発行したコマンドが正常に実行されたか否か)を判別する(ステップSt45)。 When such command is issued and then, CPU 8 the command status (whether the command issued to the SSD has been executed successfully) to determine (step ST45). そして、このコマンドステータスが正常でないと判別された場合(例えば、物理的な破壊がされている場合)には、プログラムは終了(ステップSt56)し、正常であると判別された場合には、次いで、上記SMARTデータに含まれるイレースカウント値を取得し(ステップSt46)し、該イレースデータのカウント値を上記メモリ(サブメモリ)9に保存する(ステップSt47)とともに、該イレースデータのカウント値を時間と共にグラフ表示する(ステップSt48)。 Then, if the command status is not determined to be the normal (e.g., if the physical destruction is) in the case, the program is terminated (step ST56), it is judged to be normal, then acquires the erase count contained in the SMART data (step ST46), and the count value of the erase data stored in the memory (sub-memory) 9 (step ST47), the time the count value of the erase data graph display (step ST48). このグラフは、例えば、図12に示すように、縦軸にイレースカウント値を、横軸に該イレースカウント値の取得時間をそれぞれ取った折れ線グラフである。 This graph, for example, as shown in FIG. 12, the erase count value on the vertical axis is a line graph took each acquisition time of the erase count value on the horizontal axis.

一方、上記ステップSt43において、CPU8により、テストスクリプトのコマンドが書込み又は読出しに係るコマンドであると判別された場合には、ターゲットデバイスである上記ストレージ機器(SSD)2に書込みコマンド又は読出しコマンドの何れかを発行する(ステップSt49)。 On the other hand, in step ST43, the CPU 8, when a command of test scripts is determined to be a command of the write or read are all in the storage devices (SSD) 2 is the target device of the write command or read command or to issue a (step St49). そして、こうしたコマンドが発行されると、CPU8は、コマンドステータス(SSDに発行したコマンドが正常に実行されたか否か)を判別する(ステップSt50)。 When such command is issued, CPU 8 the command status (whether the command issued to the SSD has been executed successfully) to determine (step ST50). そして、このコマンドステータスが正常でないと判別された場合(例えば、書込みエラーが発生した場合など)には、プログラムは終了(ステップSt56)し、正常であると判別された場合には、次いで、テストスクリプトの最終行を取り込んだか否かがCPU8により判別される(ステップSt52)。 Then, if the command status is not determined to be the normal (e.g., write error if such occurred) in the case, the program is terminated (step ST56), it is judged to be normal, then the test whether taking the last line of the script it is determined by the CPU 8 (step ST52). そして、CPU8により、全てのテストスクリプトが取り込まれたと判別された場合には、上記表示装置12に「テストを終了するか否か」を使用者に伝える図示しない終了案内情報が表示され(ステップSt53)、その後CPU8は、この案内表示に従って所定の「終了する」旨に該当する部位をクリックしたか(或いは「再度テストをする」旨に該当する部位をクリックしたか)、すなわちテストを終了するか否かを判別する(ステップSt54)。 By CPU 8, when all the test script is judged to have been captured, the Goodbye information not shown tell "whether or not to end the test" to the user on the display device 12 is displayed (step St53 ), then either CPU8, either click the predetermined "to the end" or click on the site that corresponds to the effect (or "to the test again," the site corresponding to the fact in accordance with the guidance display), that is to end the test to determine whether (step ST54). このステップSt54において、「再度テストをする」旨を示す部位がクリックされたとCPU8が判別した場合には、再びステップSt42に戻る。 In this step ST54, when the CPU8 the site showing the effect that "the test again" is clicked is discriminated again returns to step ST42. なお、この実施の形態では、上記テストスクリプトは、日単位のアクセスへ変換したものであることから、上記「再度テストをする」旨を示す部位を、例えば6回クリックすることにより、一週間分のテストを実行しても良い。 In this embodiment, the test script, since it is obtained by converting into access daily, the site indicating the "to the test again" effect, by clicking for example 6 times, one week You may perform the test.

そして、上記「終了する」旨を示す部位がクリックされたとCPU8が判別した場合には、以下に説明する寿命計算とこの計算による予測寿命を表示装置12に表示する。 Then, the "ends" when CPU8 the site has been clicked showing the effect is determined, the life calculation to be described below is displayed on the display device 12 the expected life of this calculation. すなわち、この寿命計算とは、上記コントロールPC4に接続されたストレージ機器であるSSD2の使用限度時期を計算することを指し、具体的には、上記図12に示す時間に対するイレースカウント値の増加率を計算し、このイレースカウント値の増加率に従って、予めメモリ(サブメモリ)9に記憶されているイレースカウントの最大値に達する時間を計算する。 That is, the life calculation refers to calculating the allowable limit time of SSD2 is attached storage device to the control PC 4, specifically, the increase of the erase count values ​​for the time shown in FIG. 12 calculated in accordance with the rate of increase in the erase count value to calculate the advance in the memory (sub-memory) time to reach a maximum of the erase count stored in the 9. つまり、こうした一連の計算により、上記SSD2の予測使用限度時期が判明する。 That is, by such a series of calculations, the predicted usage limit time of the SSD2 is found. なお、上記計算方法により算出された予測使用限度時期は、少なくとも該時期を使用者に伝達できる態様であれば良く、例えば文字情報により表示装置12に表示される場合以外に、図13に示すように、グラフにより表示されるものであっても良い。 The above calculation method has been estimated usage limit timing calculation by at least the said time period may be a mode where it is transmitted to the user, in addition to when displayed on the display device 12 by, for example, character information, as shown in FIG. 13 to, or may be displayed graphically.

したがって、上記使用限界予想時間解析用プログラムを使用した工程によれば、特定のストレージ機器(SSD)2の使用限界予想時間が、特定のホスト機器1との関係において解析(判明)することができ、より確実なSSD2の選択が可能となる。 Therefore, according to the process using the operating limit estimated time analysis program is used limit the expected time for a particular storage device (SSD) 2, can be analyzed (known) in relation to the particular host device 1 , allows the selection of more reliable SSD2.

このように、本実施の形態に係る一連の工程によれば、特定のホスト機器1との関係において、選択されるべきストレージ機器2を色々な角度から解析することができ、最も適切なストレージ機器を選択する際の判断要素を入手することができる。 Thus, according to a series of steps according to the present embodiment, in relation to the particular host device 1 can analyze the storage device 2 to be selected from various angles, the most appropriate storage devices it is possible to obtain a determination factor in selecting.

なお、上述した実施の形態では、図1と図2を参照して説明した方法・工程により、ログデータを採取したが、上記ログデータは、こうした採取方法以外の方法により採取し、予めコントロールPC4を構成するメモリ9に格納しておいた上で、上記解析用プログラムにより、上記ステップSt6以下の動作が実行されるものであっても良い。 In the embodiment described above, the method and process described with reference to FIGS. 1 and 2, has been collected log data, the log data collected by a method other than this method of collecting, in advance control PC4 on which it has been stored in the memory 9 constituting the, by the analysis program may be one step St6 following operations are performed.

また、上記実施の形態においては、ログデータを解析用プログラムにより種々解析する工程において、上記ステップSt8からステップSt16、ステップSt9からステップSt21、ステップSt10からステップSt26、ステップSt11からステップSt31が、それぞれ並行して行われる例を図示して説明したが、本発明は、これらの動作・工程がそれぞれ並行して実行されるのではなく、上記ステップSt16により第1の解析結果情報が表示された後に、上記ステップSt9から上記ステップSt21までを実行し、さらに、上記ステップSt10からステップSt26を実行し、その後、ステップSt11からステップSt31を実行するものであっても良い。 Further, in the foregoing embodiment, in the step of various analysis by the analysis program log data, step from the step St8 St16, step Step St9 St21, step from step St10 St26, the step St31 from step St 11, respectively parallel have been shown and described an example which is performed by, after the present invention, rather than these operation and process are performed respectively in parallel, the first analysis result information is displayed by the step St16, perform from step St9 to step St21, further perform the step St26 from step St10, then it may be configured to perform the step St31 from step St 11.

ログデータを取得する際における各機器の接続関係を模式的に示すブロック図である。 It is a block diagram schematically showing a connection relation of the devices at the time of acquiring the log data. ログデータを採取する工程を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a process of collecting log data. ログデータから各種の解析工程を示すフローチャートである。 Is a flow chart showing the various analysis steps from the log data. テストスクリプトの生成工程を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a process of generating test scripts. 第1の解析結果情報の一例を示すグラフである。 Is a graph showing an example of a first analysis result information. 第2の解析結果情報であって、読取りのカウント結果の一例を示すグラフである。 A second analysis result information, a graph showing an example of a reading of the count result. 第2の解析結果情報であって、書込みのカウント結果の一例を示すグラフである。 A second analysis result information, a graph showing an example of writing of the count result. 第3の解析結果情報の一例を示すグラフである。 Is a graph showing an example of a third analysis result information. 第4の解析結果情報の一例を示すグラフである。 Is a graph showing an example of a fourth analysis result information. 生成されたテストスクリプトにより、使用限界予想時間を解析する際におけるストレージ機器(SSD)とコントロールPCとの接続状態を模式的に示すブロック図である。 The generated test script is a block diagram schematically showing a connection state of the storage device (SSD) and the control PC at the time of analyzing the use limit estimated time. 使用限界予想時間を解析する工程を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a process of analyzing the use limit estimated time. 時間的推移とともに増加するイレースカウントを示すグラフである。 Is a graph showing the erase count increases with time course. 使用限界予想時間の解析結果の一例を示すグラフである。 Is a graph showing an example of the analysis result of the use limit estimated time.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 ホスト機器 2 ストレージ機器(SSD) 1 host apparatus 2 storage devices (SSD)
3 バスアナライザ 4 コントロールPC 3 bus analyzer 4 control PC
8 CPU 8 CPU
9 メモリ 11 入力装置 12 表示装置 9 memory 11 input device 12 display device

Claims (3)

  1. 特定のホスト機器とストレージ機器との間において採取し且つ記憶手段を備えたコンピュータの該記憶手段に記憶されたログデータから、該コンピュータを利用して、論理ブロックアドレス(LBA)毎にアクセス回数をカウントして該LBA毎のアクセス回数のカウント値を、8時間から720時間単位のアクセスカウント値に変換することによってテストスクリプトを生成するテストスクリプト生成工程と、 From the stored log data in the storage means of the computer with the collected and storage means between a particular host device and the storage device, using the computer, the number of accesses to each logical block address (LBA) counting to a count value of the access count for each said LBA, a test script generation step of generating a test script by converting the access count of 720 time units from 8 hours,
    上記テストスクリプト生成工程により生成されたテストスクリプトを上記記憶手段に記憶させるテストスクリプト記憶工程と、 A test script storage step of storing test scripts generated by the test script generation process in the storage means,
    上記コンピュータと特定のストレージ機器とを互いに接続し、上記テストスクリプトを上記記憶手段から読出すテストスクリプト読出し工程と、 And the computer with a particular storage device are connected to each other, and reading test script reading step from said storage means to the test script,
    上記テストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、書き込み又は読み出しに係るコマンドであるか、SMARTデータに係るコマンドであるか否かを判別するコマンド判別工程と、 The test script reading step command read by the, the command determination step of determining whether a command related to writing or reading, whether the command according to the SMART data,
    上記テストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、上記SMARTデータに係るコマンドである場合には、 この SMARTデータに含まれるイレースカウント値を時間の推移とともに取得するイレースカウント値取得工程と、 The test script reading step command read by the, when a command according to the SMART data, and the erase count value obtaining step of obtaining an erase count value included in the SMART data with the passage of time,
    上記イレースカウント値取得工程により取得したイレースカウント値を、上記コンピュータを構成する記憶手段に記憶するイレースカウント値記憶工程と、 The erase count value obtained by the erase count value acquisition step, and the erase count value storage step of storing in the storage means constituting the computer,
    上記テストスクリプトが全て読み出されたことを条件に、 上記イレースカウント値の時間的推移に基づく上昇係数を演算する上昇係数演算工程と、 On condition that the test script is read all, and increase the coefficient calculation step of calculating an increase coefficient based on the time course of the erase count values,
    上記上昇係数演算工程により得られた上昇係数と上記特定のストレージ機器に表示されたイレースカウントの最大値とから、 上記特定のストレージ機器の使用限界予想時間を演算する工程と、 From the maximum value of the resulting increase coefficient and the display to a particular storage device the erase counts and by the increase in the coefficient calculating step, a step of calculating a use limit estimated time of the specific storage device,
    を有してなることを特徴とするストレージ機器の使用限界予想方法。 Limit predicted using the storage device characterized by comprising a.
  2. 記憶手段と、表示手段及び/又は出力手段と、入力手段と、これら記憶手段,表示手段及び/又は出力手段,入力手段に接続され上記記憶手段,表示手段,入力手段,出力手段を制御する制御手段とを備えたコンピュータと、このコンピュータに接続されたストレージ機器と、 このストレージ機器に接続された特定のホスト機器と、を備え、 Storage means, display means and / or output means, an input means, these storage means, display means and / or output means, connected to said storage means to the input means, display means, input means, control for controlling the output means comprising a computer and means, and a storage device connected to the computer, and the particular host device connected to the storage device, and
    上記記憶手段には、 The said storage means,
    上記特定のホスト機器と上記ストレージ機器との間において採取したログデータから、論理ブロックアドレス(LBA)毎のアクセス回数をカウントして該LBA毎のアクセス回数のカウント値を、8時間から720時間単位のアクセスカウント値に変換することによって生成されたテストスクリプトと、 From the log data collected in between said particular host device and the storage device, the count value of the access count for each said LBA by counting the number of accesses for each logical block address (LBA), 720 time units from 8 hours and the test scripts generated by converting the access count,
    上記特定のストレージ機器のイレースカウントの最大値と、 The maximum value of the erase count of the specific storage device,
    使用限界解析用プログラムと、が記憶され、 A use limit analysis program, is stored,
    上記入力手段による解析操作を開始条件として、上記制御手段は、上記使用限界解析用プログラムにより、 As starting condition analysis operation by said input means, said control means, by the use limit analysis program,
    上記テストスクリプトを上記記憶手段から読出すテストスクリプト読出し工程と、 And reading test script reading step from said storage means to the test script,
    このテストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、書き込み又は読み込みに係るコマンドであるか、SMARTデータに係るコマンドであるか否かを判別するコマンド判別工程と、 Command read by the test script reading step, and a command determination step of determining whether a command related to writing or reading, whether the command according to the SMART data,
    上記テストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、上記SMARTデータに係るコマンドである場合には、 この SMARTデータに含まれるイレースカウント値を時間の推移とともに取得するイレースカウント値取得工程と、 The test script reading step command read by the, when a command according to the SMART data, and the erase count value obtaining step of obtaining an erase count value included in the SMART data with the passage of time,
    上記イレースカウント値取得工程により取得したイレースカウント値を、上記コンピュータを構成する記憶手段に記憶するイレースカウント値記憶工程と、 The erase count value obtained by the erase count value acquisition step, and the erase count value storage step of storing in the storage means constituting the computer,
    上記テストスクリプトが全て読み出されたことを条件に、 上記イレースカウント値の時間的推移に基づく上昇係数を演算し、上記イレースカウントの最大値との関係で、上記ストレージ機器の使用限界予想時間を演算し、 On condition that the test script is read every calculates the increase coefficient based on the time course of the erase count value, in relation to the maximum value of the erase counts, the use limit expected time of the storage devices calculated,
    この使用限界予想時間を上記表示手段に表示し、又は上記入力手段による出力操作を条件として上記出力手段により出力する使用限界予想時間表示工程と、 And the use limit expected time was displayed on the display means, or used limit estimated time display step of outputting by the output means an output operation by said input means as a condition,
    を備えてなることを特徴とするストレージ機器の使用限界予想装置。 It is provided with a use limit estimated apparatus of storage devices and said.
  3. 記憶手段と、表示手段及び/又は出力手段と、入力手段と、これら記憶手段,表示手段及び/又は出力手段,入力手段に接続され上記記憶手段,表示手段,入力手段,出力手段を制御する制御手段とを備えてなるとともに、特定のホスト機器に接続されたストレージ機器に接続され、且つ、上記記憶手段には、上記特定のホスト機器とストレージ機器との間において採取したログデータから、論理ブロックアドレス(LBA)毎のアクセス回数をカウントして該LBA毎のアクセス回数のカウント値を、8時間から720時間単位のアクセスカウント値に変換することによって生成されたテストスクリプトと、特定のストレージ機器のイレースカウントの最大値と、使用限界解析用プログラムと、が記憶されたコンピュータに対して、 Storage means, display means and / or output means, an input means, these storage means, display means and / or output means, connected to said storage means to the input means, display means, input means, control for controlling the output means together comprising and means, connected to the storage device connected to a particular host device, and, in the storage means, from the log data collected in between said particular host device and the storage device, the logical block address by counting the number of accesses per (LBA) count value of the access count for each said LBA, and the test scripts generated by converting the access count of 720 time units to 8 hours, in particular storage device the maximum value of the erase count for a computer program for use limit analysis is stored,
    上記入力手段による解析操作を開始条件として、 As starting condition analysis operation by said input means,
    上記テストスクリプトを上記記憶手段から読出すテストスクリプト読出し工程と、 And reading test script reading step from said storage means to the test script,
    このテストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、書き込み又は読み込みに係るコマンドであるか、SMARTデータに係るコマンドであるか否かを判別するコマンド判別工程と、 Command read by the test script reading step, and a command determination step of determining whether a command related to writing or reading, whether the command according to the SMART data,
    上記テストスクリプト読出し工程により読み出されたコマンドが、上記SMARTデータに係るコマンドである場合には、 この SMARTデータに含まれるイレースカウント値を時間の推移とともに取得するイレースカウント値取得工程と、 The test script reading step command read by the, when a command according to the SMART data, and the erase count value obtaining step of obtaining an erase count value included in the SMART data with the passage of time,
    上記イレースカウント値取得工程により取得したイレースカウント値を、上記コンピュータを構成する記憶手段に記憶するイレースカウント値記憶工程と、 The erase count value obtained by the erase count value acquisition step, and the erase count value storage step of storing in the storage means constituting the computer,
    上記テストスクリプトが全て読み出されたことを条件に、 上記イレースカウント値の時間的推移に基づく上昇係数を演算し、上記イレースカウントの最大値との関係で、上記ストレージ機器の使用限界予想時間を演算し、 On condition that the test script is read every calculates the increase coefficient based on the time course of the erase count value, in relation to the maximum value of the erase counts, the use limit expected time of the storage devices calculated,
    この使用限界予想時間を上記表示手段に表示し、又は上記入力手段による出力操作を条件として出力手段により出力する機能を実現させることを特徴とするストレージ機器の使用限界予想時間解析用プログラム。 The use limit expected time was displayed on the display means, or the input means by the program for use limit estimated time analysis of the storage device, characterized in that to realize the function of outputting by the output means outputs operation condition.
JP2008214691A 2008-08-22 2008-08-22 Use of the storage device limit expected method or a use limit expected device or its usage limit expected time analysis program Active JP5319985B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008214691A JP5319985B2 (en) 2008-08-22 2008-08-22 Use of the storage device limit expected method or a use limit expected device or its usage limit expected time analysis program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008214691A JP5319985B2 (en) 2008-08-22 2008-08-22 Use of the storage device limit expected method or a use limit expected device or its usage limit expected time analysis program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2010049581A JP2010049581A (en) 2010-03-04
JP5319985B2 true JP5319985B2 (en) 2013-10-16

Family

ID=42066594

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008214691A Active JP5319985B2 (en) 2008-08-22 2008-08-22 Use of the storage device limit expected method or a use limit expected device or its usage limit expected time analysis program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5319985B2 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5853596B2 (en) * 2011-10-31 2016-02-09 沖電気工業株式会社 Semiconductor disk life monitoring equipment
KR20150047931A (en) 2013-10-25 2015-05-06 삼성전자주식회사 Stroage system and method for analyzing non-signal thereof
KR20150133913A (en) 2014-05-20 2015-12-01 삼성전자주식회사 Operating method of memory controller

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4527456B2 (en) * 2004-07-06 2010-08-18 Necインフロンティア株式会社 Memory life warning device, and an information processing method
JP5016027B2 (en) * 2006-05-15 2012-09-05 サンディスク コーポレイション Non-volatile memory system to calculate the final stage
JP4575346B2 (en) * 2006-11-30 2010-11-04 株式会社東芝 Memory system

Also Published As

Publication number Publication date
JP2010049581A (en) 2010-03-04

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US9176859B2 (en) Systems and methods for improving the performance of non-volatile memory operations
US7761677B2 (en) Clustered storage system and its control method
US9075763B2 (en) Merging command sequences for memory operations
JP4856932B2 (en) Storage system and data migration method
CN102148046B (en) The data storage device tester
US8112596B2 (en) Management apparatus, management method and storage management system
Worthington et al. On-line extraction of SCSI disk drive parameters
KR100974043B1 (en) On demand, non-capacity based process, apparatus and computer program to determine maintenance fees for disk data storage system
EP2417603B1 (en) Analyzing monitor data information from memory devices having finite endurance and/or retention
US20050091369A1 (en) Method and apparatus for monitoring data storage devices
JP4576923B2 (en) Storage capacity management method for a storage system
JP4688584B2 (en) Storage devices
JP4583150B2 (en) Storage systems, and a snapshot data preparation method in a storage system
US4851998A (en) Method for analyzing performance of computer peripherals
US7669044B2 (en) Accelerated system boot
US6701456B1 (en) Computer system and method for maintaining an audit record for data restoration
US7017084B2 (en) Tracing method and apparatus for distributed environments
US6557081B2 (en) Prefetch queue
US20130205110A1 (en) Storage Device and Method for Selective Data Compression
US20090132621A1 (en) Selecting storage location for file storage based on storage longevity and speed
US7493234B2 (en) Monitoring and reporting normalized device system performance
US8024609B2 (en) Failure analysis based on time-varying failure rates
US5953689A (en) Benchmark tool for a mass storage system
US8122185B2 (en) Systems and methods for measuring the useful life of solid-state storage devices
CN102157176A (en) Data storage device tester

Legal Events

Date Code Title Description
A625 Written request for application examination (by other person)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A625

Effective date: 20110801

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20130321

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20130416

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20130507

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20130618

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20130712

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250