JP5049807B2 - Method and flow process apparatus for performing a service on the network - Google Patents

Method and flow process apparatus for performing a service on the network

Info

Publication number
JP5049807B2
JP5049807B2 JP2008019588A JP2008019588A JP5049807B2 JP 5049807 B2 JP5049807 B2 JP 5049807B2 JP 2008019588 A JP2008019588 A JP 2008019588A JP 2008019588 A JP2008019588 A JP 2008019588A JP 5049807 B2 JP5049807 B2 JP 5049807B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2008019588A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2008234631A5 (en )
JP2008234631A (en )
Inventor
理 佐々木
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

本発明は、ネットワーク上にあるサービスを実行する方法及びフロー処理装置に関する。 The present invention relates to a method and flow processing apparatus for performing a service on the network.

従来、フロー処理装置がフロー記述文書を用いて複数のサービスをサービス実行装置に実行させる場合、フロー処理装置と同一ネットワークに接続されているサービス実行装置のサービスを記述するのが一般的である。 Conventionally, if the flow process apparatus is executed by the service execution unit a plurality of services using flow description document, it is common to describe the services of the service execution device connected to the flow processing unit and the same network.

例えば、特許文献1には、サービス連携処理をいくつかに分割し、それぞれ分割した単位の処理をサブルーチン指示書と、各サブルーチン指示書の実行を制御する内容が記述されたメインルーチン指示書を作成するサービス連携処理システムが開示されている。 For example, Patent Document 1 divides the service cooperative processing to some, creating a subroutine instruction processing each divided unit, the main routine instructions whose contents are described for controlling the execution of each subroutine instructions service cooperation processing system is disclosed.
特開2005−173892 Patent 2005-173892

しかしながら、例えばファイアウォールで遮断された2つのネットワークに配置された別々のサービスを利用したフロー処理をフロー記述文書に記述した場合、以下のような問題がある。 However, for example when describing the flow process using separate services located blocked two network firewall flow description document, it has the following problems.

例えば、特定のアドレスから特定のアドレスへの通信を許可するようにファイアウォールに設定し、セキュリティレベルを下げれば、フロー処理装置から直接サービス実行装置に指示を送ることができる。 For example, set the firewall to allow communication to a specific address from the specific address, by lowering the security level, can send instructions to direct service execution unit from the flow processing unit. しかしながら、セキュリティレベルを下げる設定をファイアウォールの内側に配置された全てのサービスに向けて設定しなくてはいけないので、フロー記述文書を定義する毎にファイアウォールの設定を変更する必要がある。 However, so do not have to set to all the services deployed configuration to reduce the security level inside the firewall, it is necessary to change the firewall settings for each defining a flow description document.

これでは運用時、特に新規のフロー記述文書を実行する際には、ファイアウォール等のネットワーク環境の再設定が必要になってしまう。 This time of operation, especially when performing a new flow description document, reconfiguration of network environments such as the firewall becomes necessary.

また、ファイアウォールを通過可能なプロトコル(例えばSMTP)をフロー処理装置からサービス実行装置への通信に利用することも可能であるが、サービスで利用されているプロトコルは一般的にHTTPが使われているので、次のような問題があった。 It is also possible to use firewall can pass protocol (eg SMTP) from the flow processing unit to communicate with the service execution unit, the protocol being used by the service is commonly used HTTP is since, there are the following problems.

フロー処理装置から利用されるサービス実行装置では、SMTPでも処理可能なように設定変更を行う必要があり、新規にフロー記述文書を実行する際には、運用時のネットワーク環境の設定が必要になる。 The service execution unit which is available from flow processing apparatus, settings must be changed to allow processing also SMTP, when executing a new flow description document, it is necessary to configure the network environment during operation .

本発明は、ネットワーク環境を設定する負荷を低減することを目的とする。 The present invention aims to reduce the load of setting the network environment.

本発明は、第1のネットワークに接続された第1のフロー処理装置と、第2のネットワークに接続された第2のフロー処理装置とにより前記第2のネットワークで実行されるサービスを実行する方法であって、 前記第1のフロー処理装置が、前記サービスの呼び出し手順が記述された第1の文書から、前記第2のフロー処理装置を呼び出すための手順を記述した第2の文書と、前記第2のネットワークで実行されるサービスの呼び出し手順を記述した第3の文書とを生成する工程と、 前記第1のフロー処理装置が前記第3の文書を前記第2のフロー処理装置に登録する工程と、前記第1のフロー処理装置が前記第2の文書に記述されている手順に従って前記第2のフロー処理装置を呼び出す工程と、前記第2のフロー処理装置が前記第3の文 The present invention relates to a method for executing a first flow processing apparatus which is connected to the first network, the services running on the second network by the second flow process apparatus and connected to the second network a is, the first flow process apparatus, the first document page procedure of the service is described, a second document describes the procedure for calling the second flow processing apparatus, wherein and generating a third document describing the calling sequence of services that run on the second network, the first flow processing apparatus registers the third document of the second flow processing apparatus step and said the step of the first flow process apparatus calls the second flow processing apparatus in accordance with the procedure described in the second document, the second flow processing apparatus the third sentence に記述されているサービスの呼び出し手順に従って当該サービスを実行する装置を呼び出す工程と、前記第2のフロー処理装置が前記呼び出した装置で実行されたサービスの結果を前記第1のフロー処理装置へ送信する工程とを有することを特徴とする。 A step of calling the device to execute the service according to the procedure call services described in, send the results of the executed service device said second flow processing apparatus calls the to the first flow process apparatus characterized by a step of.

また、本発明は、 第1のネットワークに接続されたフロー処理装置であって、 第2のネットワークで実行されるサービスの呼び出し手順が記述された第1の文書から、 前記第2のネットワークに接続されたフロー処理装置を呼び出すための手順を記述した第2の文書と、前記第2のネットワークで実行されるサービスの呼び出し手順を記述した第3の文書を生成する生成手段と、 前記第3の文書を前記第2のネットワークに接続されたフロー処理装置に登録する手段と、 前記第2の文書に記述されている手順に従って前記第2のネットワークに接続されたフロー処理装置を呼び出す手段と、 前記第2のネットワークに接続されたフロー処理装置が前記第3の文書に記述されている呼び出し手順に従って呼び出したサービスの実行結果を受信 Further, the present invention provides a connected flow processing apparatus to the first network, from a first document page procedure of services that run on the second network is described, coupled to the second network a second document describes the procedure for calling the flow processing apparatus which is a generating means for generating a third document describing the calling sequence of service which the is performed in the second network, the third means for the document to be registered to the connected flow processing apparatus to the second network, and means for calling the flow processing apparatus which is connected to the second network in accordance with the procedure described in the second document, receiving an execution result of the service of the second network to the connected flow processing apparatus calls according call procedure described in the third document る手段とを有することを特徴とする。 And having a that means.

本発明によれば、ネットワーク環境を設定する負荷を低減することができる。 According to the present invention, it is possible to reduce the load of setting the network environment.

以下、図面を参照しながら発明を実施するための形態について詳細に説明する。 Hereinafter, embodiments for carrying out the invention with reference to the drawings.

まず、複数のフロー処理装置と複数のサービス実行装置とを含むフロー処理システムの構成を、図1を参照して説明する。 First, the configuration of the flow processing system including a plurality of flow processing apparatus and a plurality of service execution unit is described with reference to FIG.

図1は、本実施形態におけるフロー処理システムの構成の一例を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing an example of a configuration of a flow processing system according to the present embodiment. 図1に示す各ブロックに相当する装置は単一のコンピュータで実現しても良いし、必要に応じて複数のコンピュータに各機能を分散して実現するようにしても良い。 It device corresponding to each block shown in FIG. 1 may be implemented in a single computer or may be realized by distributing the functions to a plurality of computers as necessary.

図1において、101a、bはネットワークであり、後述するファイアウォール102により2つに分けられている。 In Figure 1, 101a, b is a network are divided into two by a firewall 102 to be described later. この例では、101aをファイアウォール102の外部ネットワークとし、101bをファイアウォール102の内部ネットワークとする。 In this example, the 101a as an external network firewall 102, 101b and the internal network firewall 102. 102はファイアウォールであり、内部ネットワーク101bと外部ネットワーク101aとの間の通信を制御し、内部ネットワーク101bの安全を維持するものである。 102 is a firewall controls the communication between the internal network 101b and the external network 101a, is to maintain the internal network 101b safe. 尚、ファイアウォール102の詳細な説明は省略する。 The detailed description of the firewall 102 will be omitted.

103a、bはフロー処理装置であり、フロー記述文書を解釈して実行する。 103a, b is a flow processor interprets and executes the flow description document. ここで、フロー記述文書とは、WS-BPELのようなサービス連携を実行可能な形式で記述した文書である。 Here, the flow description document is a document written in executable form a service linkage such as WS-BPEL. また、WS-BPELはWeb Services Business Process Execution Languageの略である。 Further, WS-BPEL is short for Web Services Business Process Execution Language.

104a、b、cはサービス実行装置であり、例えばプリント、ストレージ、撮影、画像変換などの各種サービスをネットワーク上のWebサービスとして実行し、実行結果をフロー処理装置103a、bに提供する。 104a, b, c is the service execution device, for example printing, storage, imaging, various services such as an image conversion run as Web services on a network, providing an execution result flow processing apparatus 103a, the b.

尚、内部ネットワーク101bに接続する装置には添え字「b」、「c」を付し、外部ネットワーク101aに接続する装置には添え字「a」を付してフロー処理装置103やサービス実行装置104を個々に区別する。 Note that served the device connected to the internal network 101b letter "b", denoted by "c", the flow process apparatus 103 and service execution unit assigned the letter "a" appended to the device connected to the external network 101a distinguishing 104 individually.

また、この例では、サービス実行装置104aはサービスS1を実行し、サービス実行装置104bはサービスS2を実行し、サービス実行装置104cはサービスS3を実行するものとする。 In this example, service execution unit 104a executes the service S1, the service execution unit 104b performs the service S2, service execution unit 104c is assumed to perform the service S3.

図2は、図1に示すフロー処理装置103a、bの構成の一例を示すブロック図である。 Figure 2 is a block diagram showing an example of a flow processing device 103a, b of the configuration shown in FIG. 以降、フロー処理装置103a、bをフロー処理装置103と総称する。 It will hereinafter be collectively referred flow processing apparatus 103a, a b a flow processing device 103. 図2において、201は制御部であり、CPU、ROM、RAM、及び周辺機器で構成され、フロー処理装置103全体を制御する。 2, reference numeral 201 denotes a control unit, CPU, ROM, configured RAM, and the peripheral devices, and controls the entire flow processing apparatus 103. 202は入力部であり、キーボードやマウスなどを接続するためのインターフェースを含み、フロー処理装置103への指示や各種入力を制御する。 202 is an input unit includes an interface for connecting a keyboard and a mouse, for controlling the instruction and various inputs to the flow processing unit 103. 203は出力部であり、ディスプレイなどを接続するためのインターフェースを含み、フロー処理装置103の状態や処理結果などの出力を制御する。 203 is an output unit includes an interface for connecting a display, to control the output, such as status and processing result of the flow processing unit 103.

204は通信制御部であり、ネットワークとの間で通信するためのインターフェースを含み、サービス実行装置104a、b、cとの通信を制御する。 204 denotes a communication control unit includes an interface for communicating with the network, and controls the service execution unit 104a, b, the communication with the c. 205は大容量記憶装置(HD)へのアクセスを制御するインターフェースを含む記憶部である。 205 is a storage unit comprising an interface for controlling access to the mass storage device (HD). そして、210はシステムバスであり、上述の各部を接続する。 Then, 210 denotes a system bus, connects the aforementioned units.

次に、フロー処理装置103aで解釈され、実行されるフロー記述文書を、図3を用いて説明する。 Then be interpreted by the flow processing unit 103a, the flow description document to be executed will be described with reference to FIG. 尚、フロー記述文書は予めフロー処理装置103aのハードディスクなどの記憶部205に記憶されていても良く、或いはネットワーク101a、b上に接続された他の機器により配置されたものでも良い。 The flow description document may be stored in the storage unit 205 such as a hard disk in advance flow processing apparatus 103a, or the network 101a, it may be one which is arranged by another device connected on b.

図3は、本実施形態におけるフロー記述文書の一例を模式的に表した図である。 Figure 3 is a diagram schematically illustrating an example of a flow description document according to the present embodiment. 図3に示す例では、フロー記述文書301には、サービスS1を実行した後に、サービスS2を実行し、更にサービスS3を実行するフローが記述されている。 In the example shown in FIG. 3, the flow description document 301, after performing the service S1, executes the service S2, it is described a flow that further performs the service S3. ここで、サービスS1〜S3は、それぞれ図1に示すサービス実行装置104a〜104cで実行されるサービスに対応する。 Here, service S1~S3 correspond to services running service execution unit 104a~104c shown in FIG. 1, respectively. また、サービスS1〜S3には各サービスの呼び出し先アドレスが書かれている。 In addition, the call destination address of each service is written in the service S1~S3.

一般的に、この種のファイアウォール102では、外部ネットワーク101aから内部ネットワーク101bへの通信は特定のプロトコル、特定のアドレスの特定のポートへの通信、その両方の組み合わせ以外は禁止していることが多い。 Generally, in this type of firewall 102, the communication specific protocol from the external network 101a to the internal network 101b, the communication to a specific port of a specific address, often the other combination of both prohibits . これは、通常の設定では、外部ネットワーク101aに接続するフロー処理装置103aが内部ネットワーク101b内のサービスを利用することができないということを意味する。 This is the normal setting, the flow processing unit 103a to be connected to the external network 101a which means that it is not possible to use the service in the internal network 101b.

そこで、フロー処理装置103aが内部ネットワーク101b内のサービスを利用するには、まずファイアウォール102に独自の設定を行う。 Therefore, the flow processing unit 103a to use the services in the internal network 101b performs its own set first firewall 102. すなわち、外部ネットワーク101aから内部ネットワーク101b内のサービス実行装置104b、104cが利用可能になるように、個別にファイアウォール102を設定する必要がある。 That is, as the service execution unit 104b of the internal network 101b from the external network 101a, 104c becomes available, it is necessary to configure the firewall 102 individually.

これは、内部ネットワーク101b内のサービス実行装置104b、cの数だけ、ファイアウォール102を通過させる口を開けることを意味し、内部ネットワーク101bのセキュリティを著しく低下させる。 This is the service execution unit 104b in the internal network 101b, the number of c, means to open the mouth to pass through the firewall 102, significantly reduces the security of the internal network 101b. また、予め利用するサービスが全て決定されていれば問題ないが、通常はフロー記述文書に記述するサービスを予め全て決定しておくことは困難である。 Further, there is no problem if it is determined the service in advance available to all, usually it is difficult to advance all determined service described in the flow description document.

そのため、新しくフロー記述文書を記述する毎に、内部ネットワーク101bに属する新しいサービス実行装置104b、104cの利用があれば、ファイアウォール102の設定を追加する必要があり、運用時の負荷が発生する。 Therefore, each describing a new flow description document, a new service execution unit 104b belonging to the internal network 101b, if the use of 104c, it is necessary to add the firewall settings 102, the load during operation occurs.

図4は、図3に示すフロー記述文書301を分割した場合の一例を示す模式図である。 Figure 4 is a schematic diagram showing an example of a case of dividing the flow description document 301 shown in FIG. 図4に示すように、まず部分フロー記述文書402として内部ネットワーク101b側で実行されるサービスS2とサービスS3とを記述しておく。 Figure 4 As shown in, have been written to the service S2 and the S3 service that runs inside network 101b side as first partial flow description document 402. そして、その部分フロー記述文書402で提供されるサービスの呼び出し手順を、分割後の全体フロー記述文書401に追加する。 Then, a call procedure of the services provided by that part flow description document 402, to add to the overall flow description document 401 after division.

このように、本実施形態では、フロー記述文書301を全体フロー記述文書401と部分フロー記述文書402に分割する。 Thus, in the present embodiment, to divide the flow description document 301 in the entire flow description document 401 and the partial flow description document 402. また、分割後の全体フロー記述文書401には、部分フロー記述文書402に従って提供されるサービスの呼び出し手順だけを記述しておく。 Moreover, the entire flow description document 401 after division, have been written only procedure call services provided in accordance with partial flow description document 402. そして、実際のサービスの実行は、別のフロー処理装置に指示するようにする。 The execution of the actual service, so as to instruct the other flow processing apparatus.

図8、図9、図10に、フロー記述文書(第1の文書)301、全体フロー記述文書(第2の文書)401、部分フロー記述文書(第3の文書)402のそれぞれの例を示す。 8, 9, 10 show examples of each of flow description document (first document) 301, the entire flow description document (second document) 401, partial flow description document (third document) 402 .

図8に示すフロー記述文書301中でinvoke要素のInvoke-2とInvoke-3が図10に示す部分フロー文書に委譲する。 Invoke-2 and Invoke-3 the invoke component in flow description document 301 shown in FIG. 8 is delegated to partial flow document shown in FIG. 10. そのため、図9に示す全体フロー記述文書からはInvoke-2とInvoke-3が消え、新しいinvokeSubProcessというinvoke要素が部分文書呼び出し用に挿入される。 Therefore, the Invoke-2 and Invoke-3 is the entire flow description document shown in FIG. 9 disappears, the invoke component of the new invokeSubProcess is inserted for partial document call. また、部分フロー記述文書にはフロー記述文書301にあったInvoke-2とInvoke-3が記述される。 Further, the partial flow description document Invoke-2 and Invoke-3 that was in flow description document 301 is described.

次に、フロー処理システムにおいて、フロー記述文書によりサービスの実行を指示する実行指示方法を、図5及び図6を用いて説明する。 Next, the flow processing system, the execution instruction method for instructing the execution of the service by the flow description document will be described with reference to FIGS.

図5は、第1のフロー処理の実行手順を示す模式図である。 Figure 5 is a schematic diagram illustrating an execution procedure of the first flow process. まず、ステップ501で予めフロー記述文書301をフロー処理装置103aに配置しておく。 First, keep placing flow description document 301 in advance at step 501 to the flow processing unit 103a. 次に、ステップ502でフロー記述文書301に記述されたフロー処理の実行を要求するリクエストを受信すると、フロー処理装置103aは、ステップ503でネットワーク101a上のサービスS1を実行する。 Next, when receiving a request for execution of the flow process described in the flow description document 301 in step 502, the flow processing unit 103a executes the service S1 of the network 101a in step 503. 次に、ステップ504でファイアウォール102の内部にあるサービスS2を実行し、ステップ505で同様に、ファイアウォール102の内部にあるサービスS3を実行する。 Then, run the service S2, which is inside the firewall 102 in step 504, similarly in step 505, it executes S3 service internal to the firewall 102. そして、ステップ506で実行結果を送信し、このフロー処理の実行を終了する。 Then, send the execution result in step 506, and ends the execution of the flow process.

ここで、ステップ504及び505でフロー処理装置103aがファイアウォール102の内部と通信を行うため、予めファイアウォール102の設定としてステップ504及び505で通信が行える環境を設定しておかなくてはならない。 Here, for communicating with the interior of the flow processing apparatus 103a firewall 102 at step 504 and 505 must be kept by setting the environment can communicate at step 504 and 505 as set in advance firewall 102.

また、この例では、2つのサービス(S2及びS3)に対する設定をファイアウォール102に行っているが、内部ネットワークに属するサービスが、S4、S5、S6、…と増えていく毎にファイアウォール102を通過可能な設定を増やしていく必要がある。 Further, in this example, is performed to set for two services (S2 and S3) to the firewall 102, services belonging to the internal network, S4, S5, S6, can pass through the firewall 102 each, with a growing ... and it is necessary to increase the Do not set.

図6は、第2のフロー処理の実行手順を示す模式図である。 Figure 6 is a schematic diagram illustrating an execution procedure of the second flow process. まず、ステップ601で、フロー記述文書301が、ファイアウォール102の外部ネットワーク101aに接続されるフロー処理装置103aに配置されると、ステップ602で登録情報との比較を行う。 First, in step 601, the flow description document 301, when placed in a flow processing device 103a connected to the external network 101a firewall 102, and compares the registration information in step 602. 具体的には、図7に示す委譲先フロー処理装置情報700に登録されている情報と、フロー記述文書301に記述されているサービスの呼び出し先アドレス情報とを比較する。 Specifically, it compares the information registered in the transfer destination flow process apparatus information 700 shown in FIG. 7, a call destination address information of the service described in the flow description document 301. 委譲先フロー処理装置情報700は、記憶部205に記憶されている。 Transfer destination flow processing apparatus information 700 is stored in the storage unit 205. ネットワーク101a、b上に接続された他の機器に記憶された委譲先フロー処理装置情報700を、フロー処理装置103aが参照するようにしてもよい。 Network 101a, the transfer destination flow process apparatus information 700 stored in the other devices connected to the b, may be flow processing unit 103a refers. この委譲先フロー処理装置情報700には、ネットワークアドレス情報701、サブネットマスク702、フロー処理装置アドレス情報703が含まれる。 The transfer destination flow processing apparatus information 700, the network address information 701, subnet mask 702 includes a flow processing device address information 703.

そして、フロー記述文書301に記述されているサービスの呼び出し先アドレスが委譲先フロー処理装置情報700に登録されているネットワークに含まれているか否かを判定する。 Then, it is determined whether or not included in the network the called address of the service described in the flow description document 301 is registered in the transfer destination flow process apparatus information 700. 判定した結果、呼び出し先アドレスが委譲先フロー処理装置情報700のネットワークアドレス情報701、サブネットマスク702より決定されるネットワーク(例えば、ネットワーク101b)に含まれていれば、ステップ603へ進む。 As a result of the determination, the network address information 701 of the called address transfer destination flow processing apparatus information 700, network determined from the subnet mask 702 (e.g., network 101b) be contained in, the process proceeds to step 603. ステップ603では、フロー記述文書301に記述されているサービスを抽出し、部分フロー記述文書402を作成する。 In step 603, it extracts the service described in the flow description document 301, to create a partial flow description document 402.

また、フロー記述文書301から抽出されたサービスを削除し、部分フロー記述文書402を呼び出すための呼び出し先アドレスを含む呼び出し記述を追加した、全体フロー記述文書401を作成する。 Also, delete the service extracted from the flow description document 301, and add a call description including a call destination address for calling the partial flow description document 402 to create an entire flow description document 401. この呼び出し先アドレスは、フロー処理装置103aが移譲先フロー処理装置を呼び出すために用いられる。 The call destination address is used for flow processing apparatus 103a calls transferee flow processing apparatus. この呼び出し先アドレスで呼び出された移譲先フロー処理装置は、部分フロー記述文書402を実行する。 The call address transferee flow processing apparatus called in performs a partial flow description document 402. その後、ステップ604で、分割後の全体フロー記述文書401をフロー処理装置103aの記憶部205上に再配置する。 Thereafter, in step 604, to relocate the entire flow description document 401 after division in the storage unit 205 of the flow processing apparatus 103a.

次に、ステップ605で、予め確保されたネットワーク経由で、ネットワークアドレス情報701とサブネットマスク702から決定されたフロー処理装置(移譲先フロー処理装置)103bに対して、部分フロー記述文書402を送信する。 Next, at step 605, advance through the network reserved to the network address information 701 and flow processing apparatus which is determined from the subnet mask 702 (transfer destination flow processing unit) 103b, and transmits the partial flow description document 402 . 部分フロー記述文書402を送信するためのプロトコルは、SMTPである。 Protocol for transmitting the partial flow description document 402 is SMTP. また、HTTPで特定のアドレスの特定のポートに送信してもよい。 It may also be sent to a specific port of a specific address in HTTP. このフロー処理装置103bのアドレス情報703は、ネットワークアドレス情報701とサブネットマスク702に対応して記憶されている。 Address information 703 of the flow processing apparatus 103b is stored in association with the network address information 701 and subnet mask 702. 一方、フロー処理装置103bが部分フロー記述文書402をフロー処理装置103aから受信すると、ステップ606でその部分フロー記述文書402を記憶部205上に配置する。 On the other hand, flow processing apparatus 103b is receives the partial flow description document 402 from the flow processing unit 103a, place the partial flow description document 402 in step 606 in the storage unit 205. なお、全体フロー記述文書401、部分フロー記述文書402は、フロー処理装置103a以外の装置で生成して、フロー処理装置103a、103bに配置するようにしてもよい。 The overall flow description document 401, partial flow description document 402 is generated by a device other than flow processing unit 103a, it may be disposed flow processing unit 103a, to 103b.

次に、ステップ607で実際にフローを呼び出すためのリクエストを受信すると、フロー処理装置103aは、ステップ608で全体フロー記述文書401に記述されているサービスS1を実行する。 Then, when actually receiving a request for calling the flow in step 607, the flow processing unit 103a executes the service S1, is described throughout flow description document 401 in step 608. このリクエストは、ネットワーク101a内から受信する。 This request is received from the network 101a. また、このリクエストは、フロー処理装置103aの入力部202から受信してもよい。 Moreover, this request may be received from the input unit 202 of the flow processing apparatus 103a. サービスS1を実行するために、フロー処理装置103aは、サービス実行装置104aを呼び出す。 To perform the service S1, the flow processing unit 103a calls the service execution unit 104a. サービス実行装置104aを呼び出すためのプロトコルは、HTTPである。 Protocol for invoking service execution unit 104a is HTTP.

次に、予めファイアウォール102の設定で確保されているポートとアドレスとを利用して、ステップ609でファイアウォール102の内部ネットワーク101bに接続されているフロー処理装置103bを呼び出すリクエストを送信する。 Next, advance by using the port and addresses in the firewall settings 102 are reserved, and transmits a request to call the flow processing apparatus 103b that is connected to the internal network 101b firewall 102 in step 609. このリクエストの送信先は、全体フロー記述文書401に記述された、部分フロー記述文書402を呼び出すための呼び出し先アドレスである。 Destination of the request has been described throughout the flow description document 401, a call destination address for calling the partial flow description document 402. このリクエストを送信するためのプロトコルは、SMTPである。 Protocol for sending the request is SMTP. また、HTTPで特定のアドレスの特定のポートに送信してもよい。 It may also be sent to a specific port of a specific address in HTTP.

一方、ステップ610で、フロー処理装置103bがリクエストを受信すると、上述のステップ606で配置された部分フロー記述文書402に記述されているフロー処理に従い、サービスの実行を行う。 On the other hand, in step 610, the flow processing apparatus 103b receives the request, in accordance with the flow process described in the section flow description document 402 arranged in step 606 described above, the execution of the service. まず、ステップ611でサービス実行装置104bを呼び出してサービスS2を実行させ、次のステップ612でサービス実行装置104cを呼び出してサービスS3を実行させる。 First, to execute the service S2, invoking the service execution unit 104b in step 611, it calls the service execution unit 104c in the next step 612 to execute the service S3. サービス実行装置104b、cを呼び出すためのプロトコルは、HTTPである。 Protocol for invoking the service execution unit 104b, a c is HTTP. そしてステップ613で、サービスS2、S3の実行が終了すると、それぞれの実行結果をフロー処理装置103aに送信する。 In step 613, the execution of the service S2, S3 is the finished, sends a respective execution result to the flow processing unit 103a. この実行結果を送信するためのプロトコルは、HTTPである。 Protocol for sending the execution result is HTTP.

これにより、ステップ614で、フロー処理装置103aがサービスS2、S3の結果を受信すると、ステップ615で、サービスS2、S3の結果をサービスS1の結果と合わせて、全体の結果としてリクエスト先に送信する。 Thus, at step 614, the flow processing unit 103a receives the result of the service S2, S3, at step 615, the result of the service S2, S3 together with the results of the services S1, and transmits the request destination as a result of the entire . リクエスト先は、ネットワーク101a内に存在する。 Request destination is present in the network 101a. フロー処理装置103a自身がリクエスト先の場合、サービスの結果を出力部203に出力する。 If flow processing apparatus 103a itself request destination, and outputs the result of the service in the output section 203.

本実施形態によれば、通信はフロー処理装置同士に抑えられ、呼び出しサービスの増加やサービスの呼び出しポイントが変わった場合にも、システムを配置した時点での設定をそのまま利用でき、運用時に負荷も発生することがない。 According to the present embodiment, the communication is suppressed to the flow processing unit to each other, if the call point and an increase in service call service has changed also, as it is available set at the time of arranging the system, even load during operation It does not occur. また、セキュリティといった点でも決まったノード間の通信だけになるので、サービスの追加の度にファイアウォールに通過可能なポイントを作る必要がなくなり、セキュリティの低下も回避できる。 Further, since only communication between nodes determined in terms such as security, it is not necessary to make an additional degree point can pass the firewall services, can be avoided even compromise security.

本実施形態の機能を実現するソフトウェアのプログラムコードを記録した記録媒体を、システム或いは装置に供給し、そのシステム或いは装置のコンピュータ(CPU若しくはMPU)が記録媒体に格納されたプログラムコードを読出し実行する。 The recording medium which records software program codes for realizing the functions of the present embodiment, by supplying a system or an apparatus, the system or apparatus computer (CPU or MPU) to read out and execute the program codes stored in the recording medium . これによっても、本発明の目的が達成される。 This also an object of the present invention are achieved.

この場合、コンピュータ読み取り可能な記録媒体から読出されたプログラムコード自体が前述した実施形態の機能を実現することになり、そのプログラムコードを記憶した記録媒体は本発明を構成する。 In this case, the program code itself read from the computer-readable recording medium realizes the functions of the embodiments and the recording medium storing the program code constitutes the present invention.

このプログラムコードを供給するための記録媒体として、例えばフレキシブルディスク,ハードディスク,光ディスク,光磁気ディスク,CD−ROM,CD−R,磁気テープ,不揮発性のメモリカード,ROMなどを用いることができる。 As a recording medium for supplying the program code, for example, it may be used a flexible disk, a hard disk, an optical disk, CD-ROM, CD-R, magnetic tape, nonvolatile memory card, ROM, and the like.

また、コンピュータが読出したプログラムコードを実行することにより、前述した実施形態の機能が実現されるだけでなく、次の場合も含まれる。 Further, by a computer executing the read program code, as well as functions of the above embodiments are realized it is also included in the following cases. 即ち、プログラムコードの指示に基づき、コンピュータ上で稼働しているOS(オペレーティングシステム)などが実際の処理の一部又は全部を行い、その処理により前述した実施形態の機能が実現される場合である。 That is, based on instructions of the program code, is a case where such an OS (operating system) running on the computer performs part or all of the actual processing so that the functions of the embodiments mentioned above are realized by that processing .

更に、記録媒体から読出されたプログラムコードがコンピュータに挿入された機能拡張ボードやコンピュータに接続された機能拡張ユニットに備わるメモリに書込む。 Furthermore, it is written in the memory where the program code read from the recording medium provided in a function expansion unit connected to a function expansion board inserted into a computer or a computer. その後、そのプログラムコードの指示に基づき、その機能拡張ボードや機能拡張ユニットに備わるCPUなどが実際の処理の一部又は全部を行い、その処理により前述した実施形態の機能が実現される場合も含まれる。 Then, on the basis of the instructions of the program code, the function expansion board or function expansion unit performs part or all of actual processing CPU provided in, includes the case where the functions of the above embodiments by the processing is realized It is.

本実施形態におけるフロー処理システムの構成の一例を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an example of a configuration of a flow processing system according to the present embodiment. 図1に示すフロー処理装置103の構成の一例を示すブロック図である。 Is a block diagram showing an example of a configuration of a flow processing apparatus 103 shown in FIG. 本実施形態におけるフロー記述文書の一例を模式的に表した図である。 An example of a flow description document in this embodiment is a diagram schematically showing. 図3に示すフロー記述文書301を分割した場合の一例を示す模式図である。 It is a schematic diagram showing an example of a case of dividing the flow description document 301 shown in FIG. 第1のフロー処理の実行手順を示す模式図である。 It is a schematic diagram illustrating an execution procedure of the first flow process. 第2のフロー処理の実行手順を示す模式図である。 It is a schematic diagram illustrating an execution procedure of the second flow process. 本実施形態における委譲先フロー処理装置情報700の構成の一例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of a configuration of a transfer destination flow processing apparatus information 700 in this embodiment. フロー記述文書301の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a flow description document 301. 親文書401の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a parent document 401. 部分文書402の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a partial document 402.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

101 ネットワーク102 ファイアウォール103 フロー処理装置104 サービス実行装置201 制御部202 入力部203 出力部204 通信制御部205 記憶部 101 network 102 firewall 103 flow processing apparatus 104 service execution unit 201 control unit 202 input unit 203 output unit 204 communication control unit 205 storage unit

Claims (8)

  1. 第1のネットワークに接続された第1のフロー処理装置と、第2のネットワークに接続された第2のフロー処理装置とにより前記第2のネットワークで実行されるサービスを実行する方法であって、 A first flow processing apparatus which is connected to a first network, a method for performing a service running on the second network by the second flow process apparatus and connected to the second network,
    前記第1のフロー処理装置が、前記サービスの呼び出し手順が記述された第1の文書から、前記第2のフロー処理装置を呼び出すための手順を記述した第2の文書と、前記第2のネットワークで実行されるサービスの呼び出し手順を記述した第3の文書とを生成する工程と、 The first flow process apparatus, the first document page procedure of the service is described, a second document describes the procedure for calling the second flow processing apparatus, the second network and generating a third document describing the calling sequence of services to be performed in,
    前記第1のフロー処理装置が前記第3の文書を前記第2のフロー処理装置に登録する工程と、 A step of the first flow processing apparatus registers the third document of the second flow processing apparatus,
    前記第1のフロー処理装置が前記第2の文書に記述されている手順に従って前記第2のフロー処理装置を呼び出す工程と、 A step of invoking the second flow processing apparatus in accordance with the procedure of the first flow processing apparatus is described in the second document,
    前記第2のフロー処理装置が前記第3の文書に記述されているサービスの呼び出し手順に従って当該サービスを実行する装置を呼び出す工程と、 A step of calling a device for performing the service according to the procedure call service where the second flow processing apparatus is described in the third document,
    前記第2のフロー処理装置が前記呼び出した装置で実行されたサービスの結果を前記第1のフロー処理装置へ送信する工程とを有することを特徴とするサービスを実行する方法。 How to perform the service, characterized by a step of transmitting a result of the service of the second flow process apparatus is executed by the calling device to the first flow process apparatus.
  2. 前記第1のフロー処理装置が、前記第2のネットワーク上のサービスを実行する装置のネットワークアドレスに基づいて前記第1の文書から当該サービスの呼び出し手順を抽出し、前記第2の文書と前記第3の文書とを生成することを特徴とする請求項1に記載のサービスを実行する方法。 The first flow process apparatus, the extracting call procedure of the service from the first document based on a second network address of the device to perform a service on the network, the said second document No. how to perform the service of claim 1, wherein the generating the third and the document.
  3. 前記第1のネットワークは、ファイアウォールの外部ネットワークであり、前記第2のネットワークは、前記ファイアウォールの内部ネットワークであることを特徴とする請求項1に記載のサービスを実行する方法。 The first network is an external network firewall, the second network, a method for performing a service according to claim 1, wherein an internal network firewall.
  4. 第1のネットワークに接続されたフロー処理装置であって、 A connected flow processing apparatus to the first network,
    第2のネットワークで実行されるサービスの呼び出し手順が記述された第1の文書から、前記第2のネットワークに接続されたフロー処理装置を呼び出すための手順を記述した第2の文書と、前記第2のネットワークで実行されるサービスの呼び出し手順を記述した第3の文書とを生成する生成手段と、 First from 1 document, the second document describes the procedure for calling the connected flow processing apparatus to the second network the calling procedure of the services performed by the second network is described, wherein the generating means for generating a third document describing the calling sequence of services that run on the second network,
    前記第3の文書を前記第2のネットワークに接続されたフロー処理装置に登録する手段と、 It means for registering the third document in flow processing apparatus which is connected to the second network,
    前記第2の文書に記述されている手順に従って前記第2のネットワークに接続されたフロー処理装置を呼び出す手段と、 It means for calling the flow processing apparatus which is connected to the second network in accordance with the procedure described in the second document,
    前記第2のネットワークに接続されたフロー処理装置が前記第3の文書に記述されている呼び出し手順に従って呼び出したサービスの実行結果を受信する手段とを有することを特徴とするフロー処理装置。 Flow processing apparatus characterized by having a means for receiving an execution result of the service of the second network to the connected flow processing apparatus calls according call procedure described in the third document.
  5. 前記生成手段は、前記第2のネットワーク上のサービスを実行する装置のネットワークアドレスに基づいて前記第1の文書から前記第2のネットワークで実行されるサービスの呼び出し手順を抽出し、前記第2の文書と前記第3の文書とを生成することを特徴とすることを特徴とする請求項に記載のフロー処理装置。 Said generating means, said call procedure of the service executed by the second network from the first document is extracted based on a second network address of the device that performs a service on the network, the second flow processing apparatus according to claim 4, characterized in that and generates and said the document third document.
  6. 前記第1のネットワークは、ファイアウォールの外部ネットワークであり、前記第2のネットワークは、前記ファイアウォールの内部ネットワークであることを特徴とする請求項に記載のフロー処理装置。 The first network is an external network firewall, the second network, the flow process apparatus according to claim 4, wherein an internal network firewall.
  7. コンピュータを請求項乃至の何れか1項に記載のフロー処理装置の各手段として機能させるためのプログラム。 Program for functioning as the means of the flow processing apparatus according to computer to any one of claims 4 to 6.
  8. コンピュータを請求項乃至の何れか1項に記載のフロー処理装置の各手段として機能させるためのプログラムを記録したコンピュータ読み取り可能な記録媒体。 A computer-readable recording medium storing a program to function as the means of the flow processing apparatus according to any one of claims 4 to 6 the computer.
JP2008019588A 2007-02-21 2008-01-30 Method and flow process apparatus for performing a service on the network Active JP5049807B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007041278 2007-02-21
JP2007041278 2007-02-21
JP2008019588A JP5049807B2 (en) 2007-02-21 2008-01-30 Method and flow process apparatus for performing a service on the network

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008019588A JP5049807B2 (en) 2007-02-21 2008-01-30 Method and flow process apparatus for performing a service on the network
US12033368 US8161096B2 (en) 2007-02-21 2008-02-19 Method of executing service on a network, and flow processing apparatus with document that describes a flow for controlling services on the network

Publications (3)

Publication Number Publication Date
JP2008234631A true JP2008234631A (en) 2008-10-02
JP2008234631A5 true JP2008234631A5 (en) 2011-02-03
JP5049807B2 true JP5049807B2 (en) 2012-10-17

Family

ID=39907285

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008019588A Active JP5049807B2 (en) 2007-02-21 2008-01-30 Method and flow process apparatus for performing a service on the network

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5049807B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5274204B2 (en) * 2008-10-31 2013-08-28 キヤノン株式会社 The information processing apparatus, an information processing system, their control method, and program

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH08123744A (en) * 1994-10-26 1996-05-17 Hitachi Ltd Work flow system
JPH10105623A (en) * 1996-09-27 1998-04-24 Hitachi Ltd Hierarchical work flow management method and work flow document circulation method
JP2005173892A (en) * 2003-12-10 2005-06-30 Fuji Xerox Co Ltd Execution instruction method for service cooperative processing and service cooperative processing system

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2008234631A (en) 2008-10-02 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7529823B2 (en) Notifications for shared resources
US20080163207A1 (en) Moveable access control list (acl) mechanisms for hypervisors and virtual machines and virtual port firewalls
US20050071446A1 (en) Auto-configuration of an internal vlan network interface
US20080140760A1 (en) Service-oriented architecture system and methods supporting dynamic service provider versioning
US6687762B1 (en) Network operating system adapted for simultaneous use by different operating systems
US20130067466A1 (en) Virtual Switch Extensibility
JP2005269619A (en) Image forming apparatus, terminal apparatus, information processing method, information processing program, and recording medium
US20030174360A1 (en) Output management device setting apparatus and setting method
JP2003150530A (en) Peripheral equipment and its control method
JP2000225754A (en) Parameter processing apparatus and printing system
US20080082639A1 (en) Associating multiple devices with remote computers
US20050278723A1 (en) System and method for remote administration from a windows client of computer systems running the Linux operating system
JP2000330742A (en) Network printer system
JP2005101722A (en) Line concentrator, relay control method, relay control program, recording medium for recording relay control program, information processing apparatus, dhcp server, dhcp processing method, dhcp processing program, recording medium for recording dhcp processing program, and information processing system
JP2008210115A (en) System for operating usb device of local terminal on remote computer, method therefor and program therefor
US20070171448A1 (en) Mime type-based printer driver selection
JP2005284384A (en) Image processor, image processing control method and program
US20090007153A1 (en) Hybrid resource manager
US20040227972A1 (en) Printing apparatus and canceling method
JP2002041306A (en) Hypervisor virtualization of os console and operator panel
JP2008204389A (en) Print job management system and default printer determination device
JP2000242448A (en) Print parameter registration system for printer
JP2010147929A (en) Address allocation method, computer, and program
US20030172300A1 (en) Transmitting data across firewalls
US20070294707A1 (en) Enhancing or replacing host operating system functionality by leveraging guest operating system functionality

Legal Events

Date Code Title Description
A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101213

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20101213

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20120309

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20120406

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120515

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120622

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120723

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150727

Year of fee payment: 3