JP4961752B2 - A color conversion apparatus and method, recording medium, and program - Google Patents

A color conversion apparatus and method, recording medium, and program

Info

Publication number
JP4961752B2
JP4961752B2 JP2006009776A JP2006009776A JP4961752B2 JP 4961752 B2 JP4961752 B2 JP 4961752B2 JP 2006009776 A JP2006009776 A JP 2006009776A JP 2006009776 A JP2006009776 A JP 2006009776A JP 4961752 B2 JP4961752 B2 JP 4961752B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2006009776A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2007194805A (en )
Inventor
悟司 三浦
孝彦 田村
Original Assignee
ソニー株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

本発明は、色変換装置および方法、記録媒体、並びにプログラムに関し、特に、表示デバイスの特性やユーザの好みに応じて、画像信号の任意の色を、所望の任意の色へ変換することができるようにした色変換装置および方法、記録媒体、並びにプログラムに関する。 The present invention is a color conversion apparatus and method, recording medium, and a program, depending on the preference of the display device characteristics and user, any color image signals can be converted into any desired color color conversion apparatus and method as a recording medium, and a program.

近年、映像を表示するディスプレイとしてCRT(Cathode Ray Tube)から、各種フラットパネルディスプレイへの移行が進んでいる。 Recently, a CRT (Cathode Ray Tube) as display for displaying an image, the transition to various forms of flat panel displays is progressing. フラットパネルディスプレイの代表的なものとしては、LCD(Liquid Crystal Display),PDP(Plasma Display Panel),または有機EL(Electro Luminescent)ディスプレイなどが挙げられる。 Typical examples of flat panel display, LCD (Liquid Crystal Display), PDP (Plasma Display Panel), or an organic EL (Electro Luminescent) such as a display and the like.

従来のCRTに関しては、光の色を決める最終的な物質は蛍光体であり、R,G,Bの蛍光体から発せられる光を混合した色をもって最も実物の色に近いとしてきた。 For the conventional CRT, the final material that determines the color of the light is a fluorescent substance, has been R, G, and closest to the real color with color light by mixing emitted from the phosphor of B. しかしながら、フラットパネルディスプレイに関しては色を決める要素はさまざまである。 However, factors that determine the color with respect to a flat panel display may vary. 例えば、LCDであれば、バックライト光の波長、カラーフィルタの色選択特性などであり、PDPではCRTと異なる蛍光体などにある。 For example, if the LCD, and the like wavelength, color selection characteristics of the color filter of the backlight, in such a PDP and CRT different phosphors. これらの要因のため、フラットパネルディスプレイでは、CRTの色再現とかなり異なってしまうことが多い。 Because of these factors, in the flat panel display, often it becomes quite different from the CRT of color reproduction.

そのため、多くのフラットパネルディスプレイにおいては、できるだけCRTの色再現に近づけるような工夫をする必要がある。 Therefore, in many flat panel displays, it is necessary to devise as close as possible to the CRT color reproduction.

また、これとは別に、エンドユーザから見た場合、色再現がCRTに近いことだけでなく、自分の好みの色で見たいという要求もある。 In addition, the Separately, when viewed from the end user, not only that the color reproduction is close to the CRT, there is also a request that want to see in their favorite color.

この2つの要素を満たすものとして、特定の色の色合い(色相)をコントロールする方法は、これまでにも知られており、例えば、特許文献1においても提案されている。 As meeting these two elements, a method of controlling a specific color tint (hue), also known heretofore, for example, it has been proposed in the patent literature 1. しかしながら、特許文献1で提案されている特定色の色合い補正では、選択した色を隣接した色相に変換することはできるが、全く別の方向の色合いに変換することは困難である。 However, the specific color shade correction proposed in patent document 1, can be converted to hue adjacent the selected color, it is difficult to convert completely different direction shades. このことは、図1に示されるxy色度図を用いて説明するとわかりやすい。 This helpful to be described with reference to xy chromaticity diagram shown in FIG.

図1は、一般的なxy色度図を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing a general xy chromaticity diagram.

xy色度図においては、この馬蹄型内に、すべての色が表現されており、ほぼ中央のW点が白色(無彩色)に対応し,馬蹄型内の周辺に行くほど鮮やかさが増して(彩度が高くなり),色度図周囲の境界で単色光(純色)になる。 In xy chromaticity diagram, this in a horseshoe, and all colors are expressed, approximately in the middle of the W point corresponds to white (achromatic color), as vividness toward the periphery of the horseshoe is increased (saturation increases), it becomes monochromatic light at the boundary of the surrounding chromaticity diagram (pure color).

また、xy色度図内に示されるG,R,Bの各頂点からなる三角形は、NTSCなどが対応するITU-BT601系において、ディスプレイで理論上表現可能な範囲を例として示している。 Further, a triangle consisting of the vertices of G, R, B as shown in the xy chromaticity diagram, in ITU-BT601 system such as NTSC corresponding is shown as an example theoretically representable range display. 各頂点に付された符号G,R,Bは、各頂点が相当する純粋な緑(Green)、赤(Red)、青(Blue)の各色をそれぞれ表しており、図1の例において三角形内のすべての色は、説明の便宜上、緑(Green)、赤(Red)、青(Blue)を示す3種類のハッチと白抜きの部分で表されている。 Code G attached to each vertex, R, B is pure green each vertex corresponding to (Green), red (Red), blue represent respectively the colors of (Blue), the triangle in the example of FIG. 1 all colors, for convenience of explanation, green (green), red (red), are represented by three types of hatch and white portions of showing a blue (blue).

さらに、xy色度図上に示される矢印A1,A2は、特許文献1に提案されているような従来の方法で、特定色の色合いをコントロールしたときの色の変化の様子を表している。 Further, the arrows A1, A2 shown in the xy chromaticity diagram in a conventional manner such as proposed in Patent Document 1, represents a state of color change when the control the hue of a specific color. 例えば、矢印A1は、例えば、赤色を黄色方向に、または黄色を赤色方向に変化させた場合の色の変化の様子を表しており、矢印A2は、例えば、青色を赤色方向に、または赤色を青色方向に変化させた場合の色の変化の様子を表している。 For example, the arrow A1, for example, yellow direction red, or represents the state of the color change in the case of yellow was changed to red direction, arrow A2, for example, the blue to red direction, or red it represents the state of the color change in the case of changing to blue direction.

特開2005−198343号公報 JP 2005-198343 JP

以上のように、従来の色合いのコントロールにおいては、色の変化は、矢印A1やA2で示されるような特定の1軸方向にしか動かせなかった。 As described above, in the control of a conventional hue, color change did it move only to a specific single axis direction as indicated by arrow A1 or A2. したがって、例えば、マゼンタを少しシアン方向に、または、肌色を黄色方向になどのいろいろな色の方向に変化させるような柔軟性のある補正が行えなかった。 Thus, for example, a little cyan direction magenta, or skin color could not be performed to correct a flexible that changes in various color directions, such as the yellow direction.

また、図示はしていないが、色合いをコントロールするために、色差信号を用いていることから、色のないところ、すなわち、図1のW点に示される白色に関しては動かしようがなかった。 Further, although not shown, in order to control the hue, since it uses the color difference signals, where no color, i.e., there is no so moved with respect to white as shown in point W in FIG.

さらに、エンドユーザが色合いをコントロールする際、ガイドラインのようなものがなかったため、コントロールにより何色に変化するのかがわかりにくかった。 In addition, the end user when to control the hue, because there was no kind of guidelines, is whether to change what color was difficult to understand by the control.

本発明は、このような状況に鑑みてなされたものであり、表示デバイスの特性やユーザの好みに応じて、画像信号の任意の色を、所望の任意の色へ変換することができるようにするものである。 The present invention has been made in view of such circumstances, according to preference of the display device characteristics and user, any color image signals, so that it can be converted to any desired color it is intended to.

本発明の一側面の色変換装置は、入力される画像信号の色変換を行う色変換装置において、前記画像信号のxy色度値に対して、xy色度図上の色変換の対象領域における中心からの距離を表す領域値を正規化して求める領域値演算手段と、前記画像信号のxy色度値に対する前記領域値が1のときに、色変換後の輝度値とxy色度値がユーザの所望の値になるように係数値を求める係数値算出手段と、前記係数値算出手段により求められた前記係数値、および前記領域値演算手段により求められた前記領域値に基づいて、3×3のマトリクスを生成するマトリクス生成手段と、前記マトリクス生成手段により生成された前記3×3のマトリクスを用いて、前記画像信号の色変換を行う色変換手段とを備え、前記係数値算出手段は、前記xy色度図上の所定 The color conversion apparatus according to an embodiment of the invention, in the color conversion device performing color conversion of the input image signal, with respect to the xy chromaticity values ​​of the image signal, in the target area of ​​the color conversion on the xy chromaticity diagram a region value calculation means for calculating an area value representing the distance from the center are normalized, the region values ​​for the xy chromaticity values ​​of the image signal is at a 1, the luminance value and the xy chromaticity value after the color conversion by the user a coefficient calculating means for calculating a coefficient value to the desired value of the coefficient values ​​determined by the coefficient value calculation means, and based on the area value determined by the region value calculation unit, 3 × a matrix generating means for generating a third matrix, using a matrix of the 3 × 3 generated by the matrix generating means, and a color conversion unit that performs color conversion of the image signal, the coefficient calculation means , predetermined diagram the xy chromaticity 領域の4角における前記係数値を求めて記憶しており、前記色変換後の輝度値とxy色度値の係数値は、前記4角における前記係数値を用いての線形補間により求められる Stores seeking the coefficient value in the four corners of the region, the coefficient value of the brightness values and xy chromaticity values after the color conversion is determined by linear interpolation using the coefficient value in the four corners.

前記領域値は、前記対象領域における中心から離れるほど小さい値であることができる。 The region value may be a smaller value as the distance from the center of the target area.

前記係数値算出手段は、前記xy色度図上の所定の領域の4角における前記係数値を求めて記憶しており、前記色変換後の輝度値とxy色度値の係数値は、前記4角における前記係数値を用いての線形補間により求められることができる。 The coefficient calculation unit stores seeking the coefficient value in the four corners of a predetermined area on the diagram the xy chromaticity, the coefficient value of the brightness values ​​and xy chromaticity values ​​after the color conversion, the it can be determined by linear interpolation using the coefficient value in the four corners.

ユーザの操作に対応して、前記対象領域、および前記画像信号のxy色度値に対する前記領域値が1のときのユーザの所望のxy色度値の位置を、前記三角色度図の上に表示させるための画像信号を生成する画像生成手段をさらに備え、前記表示制御手段は、前記画像生成手段により生成された前記画像信号を、前記色変換手段により色変換が行われた前記画像信号に重畳し、重畳された前記画像信号に対応する画面を表示させることができる。 In response to user's operation, the target region, and the desired position of the xy chromaticity values ​​of the user when the said area values ​​for the xy chromaticity values ​​of the image signal 1, on the triangular chromaticity diagram further comprising an image generating means for generating image signals for displaying, the display control means, the image signal generated by the image generating unit, to the image signal color conversion is performed by the color conversion means superimposed, it is possible to display a screen corresponding to the superimposed the image signal.

本発明の一側面の色変換方法は、入力される画像信号の色変換を行う色変換装置が、前記画像信号のxy色度値に対して、xy色度図上の色変換の対象領域における中心からの距離を表す領域値を正規化して求め、前記画像信号のxy色度値に対する前記領域値が1のときに、色変換後の輝度値とxy色度値がユーザの所望の値になるように係数値を求め、求められた前記係数値、および求められた前記領域値に基づいて、3×3のマトリクスを生成し、生成された前記3×3のマトリクスを用いて、前記画像信号の色変換を行い、前記xy色度図上の所定の領域の4角における前記係数値を求めて記憶しており、前記色変換後の輝度値とxy色度値の係数値は、前記4角における前記係数値を用いての線形補間により求められる One aspect color conversion method of the present invention, the color conversion device performing color conversion of the input image signal is, with respect to the xy chromaticity values of the image signal, in the target area of the color conversion on the xy chromaticity diagram determined by normalizing the area value representing the distance from the center, when the area value with respect to the xy chromaticity values ​​of the image signal is 1, luminance values ​​and xy chromaticity values ​​after color conversion to the desired value of the user so as to determine the coefficient value, wherein the determined coefficient values, and the obtained based on the area value, and generates a 3 × 3 matrix, by using the generated 3 × 3 matrix, the image performs color conversion of the signals, stores seeking the coefficient value in the four corners of a predetermined area on the diagram the xy chromaticity, the coefficient value of the brightness values and xy chromaticity values after the color conversion, the determined by linear interpolation using the coefficient value in the four corners.

本発明の一側面のプログラムは、入力される画像信号の色変換を行うコンピュータに、前記画像信号のxy色度値に対して、xy色度図上の色変換の対象領域における中心からの距離を表す領域値を正規化して求め、前記画像信号のxy色度値に対する前記領域値が1のときに、色変換後の輝度値とxy色度値がユーザの所望の値になるように係数値を求め、求められた前記係数値、および求められた前記領域値に基づいて、3×3のマトリクスを生成し、生成された前記3×3のマトリクスを用いて、前記画像信号の色変換を行うステップを含み、 前記xy色度図上の所定の領域の4角における前記係数値を求めて記憶しており、前記色変換後の輝度値とxy色度値の係数値は、前記4角における前記係数値を用いての線形補間により求められる処理を行わせ One aspect of the program of the present invention, the distance to a computer that performs color conversion of the input image signal, with respect to the xy chromaticity values ​​of the image signal, from the center of the target area of ​​the color conversion on the xy chromaticity diagram normalized area value representing the determined, when the area value with respect to the xy chromaticity values ​​of the image signal is 1, the engagement so that the brightness values ​​and xy chromaticity values ​​after color conversion is desired value of the user seeking a number and the determined coefficient values, and the obtained based on the area value, and generates a 3 × 3 matrix, the generated using a 3 × 3 matrix, the color conversion of the image signal comprising the step of performing, stores seeking the coefficient value in the four corners of a predetermined area on the diagram the xy chromaticity, the coefficient value of the brightness values and xy chromaticity values after the color conversion, the 4 to perform the processing required by the linear interpolation using the coefficient value at the corners る。 That.

本発明の一側面の記録媒体に記録されるプログラムは、入力される画像信号の色変換を行うコンピュータに、前記画像信号のxy色度値に対して、xy色度図上の色変換の対象領域における中心からの距離を表す領域値を正規化して求め、前記画像信号のxy色度値に対する前記領域値が1のときに、色変換後の輝度値とxy色度値がユーザの所望の値になるように係数値を求め、求められた前記係数値、および求められた前記領域値に基づいて、3×3のマトリクスを生成し、生成された前記3×3のマトリクスを用いて、前記画像信号の色変換を行うステップを含み、 前記xy色度図上の所定の領域の4角における前記係数値を求めて記憶しており、前記色変換後の輝度値とxy色度値の係数値は、前記4角における前記係数値を用いての線形補間により求 Program recorded on the recording medium aspect of the present invention causes a computer to perform the color conversion of the input image signal, with respect to the xy chromaticity values of the image signal, subject to the color conversion on the xy chromaticity diagram determined by normalizing the area value representing the distance from the center in the area, when the area value with respect to the xy chromaticity values ​​of the image signal is 1, the luminance value after the color conversion and the xy chromaticity values ​​desired user It obtains a coefficient value to a value, the obtained coefficient value, and the obtained based on the area value, and generates a 3 × 3 matrix, by using the generated 3 × 3 matrix, wherein the step of performing color conversion of the image signal, stores seeking the coefficient value in the four corners of a predetermined area on the diagram the xy chromaticity, luminance values and xy chromaticity values after the color conversion coefficient value is determined by linear interpolation using the coefficient value in the four corners められる処理を行わせる。 To execute the order is processing.

本発明の一側面においては、入力される画像信号のxy色度値に対して、xy色度図上の色変換の対象領域における中心からの距離を表す領域値が正規化して求められ、前記画像信号のxy色度値に対する前記領域値が1のときに、色変換後の輝度値とxy色度値がユーザの所望の値になるように係数値が求められる。 In one aspect of the present invention, with respect to the xy chromaticity values ​​of the image signal input, the area value representing the distance from the center in the target region of the color conversion on the xy chromaticity diagram is obtained by normalizing, the when the area value with respect to the xy chromaticity values ​​of the image signal is 1, the coefficient value is determined as the luminance value and the xy chromaticity value after the color conversion is a desired value of the user. そして、求められた前記係数値、および求められた前記領域値に基づいて、3×3のマトリクスが生成され、生成された前記3×3のマトリクスを用いて、前記画像信号の色変換が行われる。 Then, the coefficient value obtained, and the obtained based on the area value, 3 × 3 matrix is ​​generated by using the generated matrix of the 3 × 3, the color conversion of the image signal line divide. さらに、前記xy色度図上の所定の領域の4角における前記係数値が求めて記憶されており、前記色変換後の輝度値とxy色度値の係数値は、前記4角における前記係数値を用いての線形補間により求められる Furthermore, said coefficient values at four corners of a predetermined region on the xy chromaticity diagram is stored in search, the coefficient value of the brightness values and xy chromaticity values after the color conversion, the engagement in the four corners determined by linear interpolation using numerical.

本発明によれば、表示デバイスの特性やユーザの好みに応じて、画像信号の任意の色を、所望の任意の色へ変換することができる。 According to the present invention, depending on the preference of the display device characteristics and user, any color image signals can be converted into any desired color.

以下に本発明の実施の形態を説明するが、本発明の構成要件と、明細書または図面に記載の実施の形態との対応関係を例示すると、次のようになる。 Hereinafter will be described an embodiment of the present invention to, but the constituent features of the present invention, the correspondence between the embodiments described in the specification or drawings is discussed below. この記載は、本発明をサポートする実施の形態が、明細書または図面に記載されていることを確認するためのものである。 This description is an embodiment supporting the present invention is intended to assure that it is described in the specification or the drawings. 従って、明細書または図面中には記載されているが、本発明の構成要件に対応する実施の形態として、ここには記載されていない実施の形態があったとしても、そのことは、その実施の形態が、その構成要件に対応するものではないことを意味するものではない。 Thus it has been described in the specification or drawings, as an embodiment corresponding to configuration requirements of the present invention, even if the embodiments not described herein, that it is, its implementation form of, does not mean that the embodiment does not correspond to the constituent features. 逆に、実施の形態が構成要件に対応するものとしてここに記載されていたとしても、そのことは、その実施の形態が、その構成要件以外の構成要件には対応しないものであることを意味するものでもない。 Conversely, meaning that even if an element is described herein as an embodiment corresponding to the constituent features, the example in question, the elements other than the element are those that do not correspond nor is it intended to.

本発明の一側面の色変換装置は、入力される画像信号の色変換を行う色変換装置(例えば、図2のテレビジョン受像機1)において、前記画像信号のxy色度値に対して、xy色度図上の色変換の対象領域における中心からの距離を表す領域値(例えば、領域値k)を正規化して求める領域値演算手段(例えば、図2の領域値演算部21)と、前記画像信号のxy色度値に対する前記領域値が1のときに、色変換後の輝度値とxy色度値がユーザの所望の値になるように係数値を求める係数値算出手段(例えば、図2のマイクロコンピュータ27)と、前記係数値算出手段により求められた前記係数値、および前記領域値演算手段により求められた前記領域値に基づいて、3×3のマトリクスを生成するマトリクス生成手段(例えば、図2のマトリクス生 The color conversion apparatus according to an embodiment of the invention, in the color conversion device performing color conversion of the input image signal (for example, the television receiver 1 in FIG. 2), with respect to the xy chromaticity values ​​of the image signal, domain values ​​representing the distance from the center in the target region of the color conversion on the xy chromaticity diagram (e.g., region values ​​k) region value calculation means for calculating normalized (e.g., the region value calculation unit 21 of FIG. 2), when the area value with respect to the xy chromaticity values ​​of the image signal is 1, the coefficient value calculating means luminance values ​​and xy chromaticity values ​​after color conversion is determined a coefficient value to the desired value of the user (e.g., a microcomputer 27) in FIG. 2, the coefficient values ​​obtained by said coefficient calculating means, and on the basis of the said region value obtained by the region value calculation unit, a matrix generating unit that generates a 3 × 3 matrix (for example, matrix production of Figure 2 部22)と、前記マトリクス生成手段により生成された前記3×3のマトリクスを用いて、前記画像信号の色変換を行う色変換手段(例えば、図2のマトリクス演算部23)とを備え、前記係数値算出手段は、前記xy色度図上の所定の領域(例えば、図10の最大値領域252)の4角における前記係数値を求めて記憶しており、前記色変換後の輝度値とxy色度値の係数値は、前記4角における前記係数値を用いての線形補間により求められる And part 22), using a matrix of the 3 × 3 generated by the matrix generating means, and a color conversion unit that performs color conversion of the image signal (e.g., matrix operation unit 23 of FIG. 2), the coefficient calculating means, a predetermined region on the diagram the xy chromaticity (e.g., maximum value area 252 in FIG. 10) stores seeking the coefficient value in the four corners of the luminance value after the color conversion coefficient value of xy chromaticity value is determined by linear interpolation using the coefficient value in the four corners.

横軸をx,縦軸をyとし、飽和したG,B,Rに対するxy色度値を頂点とする三角色度図(例えば、図9の三角色度図201)に対応する画像信号を、前記色変換手段により色変換が行われた前記画像信号に重畳し、重畳された前記画像信号に対応する画面(例えば、図9の画面)を表示させる表示制御手段(例えば、図2のグラフィック重畳部25)をさらに備えることができる。 The horizontal axis x, vertical axis and y, saturated G, B, triangular chromaticity diagram whose vertices xy chromaticity values ​​for R (e.g., triangular chromaticity diagram 201 of FIG. 9) the image signal corresponding to, superimposed on the image signal color conversion is performed by the color conversion unit, a screen corresponding to the superimposed the image signal (e.g., the screen of FIG. 9) display control means for displaying (e.g., graphic superimposing FIG part 25) may further comprise a.

ユーザの操作に対応して、前記対象領域(例えば、図9の対象領域212)、および前記画像信号のxy色度値に対する前記領域値が1のときのユーザの所望のxy色度値の位置(例えば、図9の目的点222)を、前記三角色度図の上に表示させるための画像信号を生成する画像生成手段(例えば、図2のグラフィック生成部28)をさらに備え、前記表示制御手段は、前記画像生成手段により生成された前記画像信号を、前記色変換手段により色変換が行われた前記画像信号に重畳し、重畳された前記画像信号に対応する画面を表示させることができる。 In response to user's operation, the target region (e.g., region of interest 212 in FIG. 9) position of the desired xy chromaticity values ​​of the user when the area value with respect to the xy chromaticity values ​​of, and the image signal is 1 (e.g., destination point 222 in FIG. 9), further comprising an image generating means for generating image signals for displaying on the triangular chromaticity diagram (e.g., the graphic generation unit 28 of FIG. 2), the display control means the image signal generated by said image generating means, superimposed on the image signal in which the color conversion has been performed by the color conversion unit, it is possible to display a screen corresponding to the superimposed the image signal .

本発明の一側面の色変換方法、プログラム、または記録媒体は、入力される画像信号の色変換を行う色変換装置の色変換方法、プログラム、または記録媒体において、前記画像信号のxy色度値に対して、xy色度図上の色変換の対象領域における中心からの距離を表す領域値を正規化して求め(例えば、図12のステップS66)、前記画像信号のxy色度値に対する前記領域値が1のときに、色変換後の輝度値とxy色度値がユーザの所望の値になるように係数値を求め(例えば、図11のステップS39)、求められた前記係数値、および求められた前記領域値に基づいて、3×3のマトリクスを生成し(例えば、図12のステップS67)、生成された前記3×3のマトリクスを用いて、前記画像信号の色変換を行い(例えば、図12のステップ One aspect color conversion method of the present invention, a program or a recording medium, the color conversion method of a color conversion device performing color conversion of the input image signal, a program or a recording medium,, xy chromaticity values ​​of the image signal relative, calculated by normalizing the area value representing the distance from the center in the target region of the color conversion on the xy chromaticity diagram (e.g., step S66 of FIG. 12), the relative xy chromaticity values ​​of the image signal area when the value is 1, luminance values ​​and xy chromaticity values ​​after color conversion is determined coefficient value to the desired value of the user (e.g., step S39 of FIG. 11), the coefficient values ​​determined, and based on said area values ​​determined, generates a 3 × 3 matrix (e.g., step S67 of FIG. 12), using a matrix of the 3 × 3 produced, performs color conversion of the image signal ( for example, the steps of FIG. 12 68)、 前記xy色度図上の所定の領域(例えば、図10の最大値領域252)の4角における前記係数値を求めて記憶しており、前記色変換後の輝度値とxy色度値の係数値は、前記4角における前記係数値を用いての線形補間により求められる。 68), a predetermined region on the diagram the xy chromaticity (e.g., stores seeking the coefficient value in the four corners of the maximum area 252) of FIG. 10, the luminance value and the xy chromaticity after the color conversion coefficient value of the value is determined by linear interpolation using the coefficient value in the four corners.

以下、図を参照して、本発明の実施の形態について説明する。 Referring to FIG., Describes embodiments of the present invention.

図2は、本発明を適用した色変換装置としてのテレビジョン受像機の一実施の形態の構成を示す図である。 Figure 2 is a diagram showing the configuration of an embodiment of a television receiver as a color conversion apparatus according to the present invention.

図2に示されるテレビジョン受像機1は、図示せぬチューナや映像記録再生装置などから入力される画像信号の色を検出(判定)して、その画像信号に、ユーザのリモートコントローラ2の操作などに応じて、色合い(色相)の色変換を行い、色変換を行った画像信号に対応する画像を、表示デバイス3に表示させるものである。 Television receiver 1 shown in FIG. 2 detects the color of the image signal input from the tuner and video recording and reproducing apparatus, not shown (decision), its image signal, the operation of the remote controller 2 of the user depending on, it performs color conversion of the tint (hue), the image corresponding to the image signal subjected to color conversion, but to be displayed on the display device 3.

リモートコントローラ2は、ユーザの操作に応じたユーザコマンドを光信号として、テレビジョン受像機1に対して発光する。 Remote controller 2, as an optical signal to the user command corresponding to a user operation, emits light to the television receiver 1.

表示デバイス3は、LCD(Liquid Crystal Display),PDP(Plasma Display Panel),または有機EL(Electro Luminescent)ディスプレイなどのフラットパネルディスプレイで構成され、テレビジョン受像機1からの画像信号に対応する画像を表示する。 The display element 3, LCD (Liquid Crystal Display), PDP (Plasma Display Panel), or an organic EL (Electro Luminescent) consists of a flat panel display such as a display, an image corresponding to the image signal from the television receiver 1 indicate. なお、表示デバイス3は、CRT(Cathode Ray Tube)で構成されることも可能である。 The display device 3 may be be constituted by a CRT (Cathode Ray Tube).

表示デバイス3には、図示せぬチューナや映像記録再生装置などから入力され、色変換された画像信号に対応する画像や、ユーザが色変換を指示するためのxy色度図を表す三角色度図などが表示される。 The display device 3, is input from the tuner and video recording and reproducing apparatus (not shown), an image corresponding to the color converted image signal and the triangular chromaticity representing the xy chromaticity diagram for a user to instruct a color conversion Figure etc. is displayed.

この表示デバイス3に表示される画像や、三角色度図を見ながら、リモートコントローラ2を操作することで、ユーザは、三角色度図上における、色変換を行う対象である色変換対象領域(単に対象領域とも称する)の選択や、対象領域の大きさと位置の変更、または、その対象領域を色変換後にどの色に変換させたいかという所望の色変換後のxy色度値(以下、目的x, 目的y(Destination x, Destination y)とも称する)を、テレビジョン受像機1に対して指示(入力)することができる。 Image and to be displayed on the display device 3, while watching the triangular chromaticity diagram, by operating the remote controller 2, the user, in diagram triangular chromaticity, color transformation target area to be subjected to color conversion ( selection or simply referred to as target area), change the size and position of the target region, or, xy chromaticity value after the desired color conversion that you want to convert to which color the target area after the color conversion (hereinafter, the purpose x, a target y (Destination x, Destination y) also referred to as) can instruct (input) to the television receiver 1.

テレビジョン受像機1は、領域値演算部21、マトリクス生成部22、マトリクス演算部23、RGB変換部24、グラフィック重畳部25、受光部26、マイクロコンピュータ27、および、グラフィック生成部28により構成される。 The television receiver 1, the area value calculating section 21, the matrix generating unit 22, matrix operation unit 23, RGB conversion unit 24, the graphic superimposing unit 25, the light receiving unit 26, and a microcomputer 27, is constituted by the graphic generation unit 28 that.

テレビジョン受像機1に入力される画像信号は、Y色差信号(Y,CB,CR)であり、Y,CB,CRは、領域値演算部21およびマトリクス演算部23に入力される。 Image signal input to the television receiver 1 is a Y color difference signals (Y, CB, CR), Y, CB, CR is input to the region value calculation unit 21 and the matrix operation unit 23. なお、以下、変換後のY色差信号と区別するために、入力されるY色差信号をYo,CBo,CRoと称し、変換後のY色差信号をYn,CBn,CRnと称する。 Hereinafter, to distinguish from the Y color difference signal after conversion, called the Y color-difference signal input Yo, CBO, and CRo, it referred to Y color difference signal after conversion Yn, CBn, and CRn.

領域値演算部21は、入力される画素のYo,CBo,CRoが、xy色度図上において、色変換を行う対象として設定されているどの対象領域に含まれるかを検出し、いずれかの対象領域に含まれる場合、入力されるYo,CBo,CRoが、その対象領域の中心からどのくらいの距離にあるかを表す値である領域値k(0≦k≦1)を求める。 Region value calculation unit 21, Yo of pixels input, CBO, CRo is, in the xy chromaticity diagram, and detecting either included in which region of interest is set as a target for performing color conversion, any when included in the target region, Yo inputted, CBO, CRo is determined how much a value indicating whether a distance area value k (0 ≦ k ≦ 1) from the center of the target area. この領域値は、対象領域の中心に近いほど値が大きく、中心から離れるほど値が小さくなる。 The area value, as the value is greater close to the center of the target region, as the value decreases away from the center.

領域値演算部21は、入力される画素のYo,CBo,CRoが含まれた対象領域のエリアナンバ(エリアNo.)と、求めた領域値kをマトリクス生成部22に供給する。 Region value calculation unit 21, Yo of pixels input, CBO, and CRo the area number of the target region contained (Area No.), and supplies the area value k determined in matrix generator 22.

マトリクス生成部22には、領域値演算部21から、領域値kと対象領域のエリアナンバとが供給され、マイクロコンピュータ27から、対象領域毎のユーザが所望する色変換後のxy色度値(すなわち、目的x, 目的y)に応じて求められる係数値であるD(ディスティネーション)係数α,γ,βが供給される。 The matrix generation unit 22, from the region value calculation unit 21 is supplied with an area number of the area value k and the target region, from the microcomputer 27, xy chromaticity values ​​after color conversion desired by a user for each target area ( that is, the object x, D (destination is a coefficient value determined in accordance with the intended y)) coefficient alpha, gamma, beta is supplied.

マトリクス生成部22は、入力される画素の対象領域のエリアナンバ、領域値k、およびD係数α,γ,βに基づいて、入力される画素毎に、3×3のマトリクスを生成し、生成した3×3のマトリクスを、マトリクス演算部23に供給する。 Matrix generating unit 22, the area number of the target region of pixels in region value k, and D coefficient alpha, gamma, based on the beta, for each pixel that is input, generates a 3 × 3 matrix, generated the 3 × 3 matrix that is supplied to the matrix calculator 23.

この3×3のマトリクスは、入力されるYo,CBo,CRoがどの対象領域にも含まれていない場合、次の式(1)で表される。 Matrix of 3 × 3 is, Yo are inputted, CBO, if CRo not in any region of interest is represented by the following formula (1).

この場合、マトリクス演算を行った結果は、Yo,CBo,CRo = Yn,CBn,CRnとなり、Y色差信号の色は変化しない。 In this case, as a result of matrix operation, Yo, CBo, CRo = Yn, CBn, CRn, and the color of Y color difference signal is not changed. これに対して、入力されるYo,CBo,CRoがいずれかの対象領域に含まれる場合、領域値演算部21により領域値k(0≦k≦1)が求められる。 In contrast, Yo inputted, CBO, if CRo is included in any of the target area, region by region value calculation unit 21 value k (0 ≦ k ≦ 1) is determined. また、ユーザが色変換を所望する場合、マイクロコンピュータ27から目的x, 目的yに応じて求められる係数値であるD係数α,γ,βが供給される。 Also, if the user desires to color conversion, D coefficient is a coefficient value determined in accordance with the microcomputer 27 object x, the purpose y alpha, gamma, beta is supplied.

したがって、入力されるYo,CBo,CRoがいずれかの対象領域に含まれる場合、3×3のマトリクスは、次の式(2)で表される。 Therefore, if the Yo inputted, CBO, CRo is included in any of the target area, a 3 × 3 matrix is ​​expressed by the following equation (2).

マトリクス演算部23は、入力される画素のYo,CBo,CRoと、マトリクス生成部22からの3×3のマトリクスを算術演算することで、色変換後の画素のY色差信号(Yn,CBn,CRn)を求め、求めたYn,CBn,CRnを、RGB変換部24に出力する。 Matrix operation unit 23, Yo of pixels input, CBO, CRo and, by a 3 × 3 matrix from the matrix generating unit 22 for arithmetic operation, the pixels of the Y color difference signal after color conversion (Yn, CBn, CRn) a determined, obtained Yn, CBn, a CRn, and outputs the RGB converter 24.

RGB変換部24は、マトリクス演算部23からのYn,CBn,CRnをG,B,Rにマトリクス変換し、変換された画像信号G,B,Rを、グラフィック重畳部25に出力する。 RGB conversion unit 24, Yn from the matrix operation unit 23, CBn, a CRn G, B, and matrix conversion into R, converted image signal G, B, and R, and outputs the graphic superimposing unit 25.

グラフィック重畳部25は、RGB変換部24からの画像信号G,B,Rに、グラフィック生成部28からのユーザインタフェース用の画像信号Gg,Bg,Rgを重畳し、重畳された画像信号Gm,Bm,Rmに対応する画像を、表示デバイス3に表示させる。 Graphic superimposing unit 25, an image signal G from the RGB conversion section 24, B, the R, the image signal Gg for the user interface from the graphic generation unit 28, Bg, superimposes the Rg, superimposed image signals Gm, Bm , an image corresponding to Rm, is displayed on the display device 3.

受光部26は、リモートコントローラ2より発せられるユーザコマンドが光信号に変換された光を受光し、受光したユーザコマンドを、マイクロコンピュータ27に供給する。 Receiving unit 26 receives the light user commands issued from the remote controller 2 is converted into an optical signal, the user command received, and supplies to the microcomputer 27.

マイクロコンピュータ27は、例えばCPU(Central Processing Unit)、ROM(Read Only Memory)、およびRAM(Random Access Memory)等を含んで構成され、受光部26からのユーザコマンドや各種のプログラムなどを実行することにより、各種の処理を実行する。 The microcomputer 27 is, for example CPU (Central Processing Unit), ROM (Read Only Memory), and is configured to include a RAM (Random Access Memory), etc., performing such user commands and various programs from the light receiving portion 26 by executes various processes.

具体的には、マイクロコンピュータ27は、設定されている各対象領域の2つの対称角のxy色度値(xmin,xmax,ymin,ymax)などを領域値演算部21に供給する。 Specifically, the microcomputer 27 supplies the xy chromaticity values ​​of the two symmetrical angles of each target area set (xmin, xmax, ymin, ymax) and the region value calculation unit 21. なお、図2のテレビジョン受像機1においては、8の対象領域が設定可能であり、マイクロコンピュータ27から、設定されている各対象領域の値が領域値演算部21に供給される。 Incidentally, the television receiver 1 of Figure 2 can set target region 8, the microcomputer 27, the value of each target area set is supplied to the region value calculation unit 21.

マイクロコンピュータ27は、また、各対象領域に対して設定されているユーザが所望する色変換後のxy色度値である目的x, 目的yに応じて算出されている対象領域毎のD係数α,γ,βを、マトリクス生成部22に供給する。 The microcomputer 27 is also an object x, D coefficient for each target region is calculated in accordance with the intended y alpha users that are set for each target region is an xy chromaticity value after the desired color conversion , gamma, and beta, and supplies the matrix generator 22.

すなわち、D係数α,γ,βは、ユーザが色変換後になってほしいと所望する色度値に応じて求められる係数値である。 That, D coefficient alpha, gamma, beta is a coefficient value determined in accordance with the chromaticity value desired by the user wants becomes after the color conversion.

なお、受光部26からのユーザコマンドがあった場合、マイクロコンピュータ27は、ユーザコマンドに応じて、xy色度図上において、色変換を行う対象である対象領域を選択し、選択した対象領域の2つの対称角のxy色度値(xmin,xmax,ymin,ymax)を設定し、設定した対象領域のxmin,xmax,ymin,ymaxなどを領域値演算部21に供給したり、あるいは、対象領域毎のユーザが所望する色変換後のxy色度値である目的x, 目的yを設定し、設定した目的x, 目的yに応じて、対象領域毎のD係数α,γ,βを算出し、算出した対象領域毎のD係数α,γ,βを、マトリクス生成部22に供給する。 Incidentally, when there is a user command from the light receiving unit 26, the microcomputer 27, in response to user commands, in the xy chromaticity diagram, and select the target area to be subjected to color conversion, the target area selected xy chromaticity values ​​of the two symmetrical angles (xmin, xmax, ymin, ymax) set, xmin of the target region set, xmax, ymin, and supplies such to the region value calculation unit 21 ymax, or target area the user sets the desired x, object y is an xy chromaticity value after desired color conversion for each, depending on the purpose x, object y set, D coefficient for each target area alpha, gamma, calculates β , D coefficient of the calculated target each region alpha, gamma, and beta, and supplies the matrix generator 22.

さらに、マイクロコンピュータ27は、xy色度図を表し、飽和した(純粋な)G,B,Rに対するxy色度値を頂点とする三角色度図、各対象領域、および、各色変換後の目的x, 目的yなどの情報を、グラフィック生成部28に供給する。 Further, the microcomputer 27 represents the xy chromaticity diagram, saturated (pure) G, B, triangular chromaticity diagram whose vertices xy chromaticity values ​​for R, each target area, and an object after each color conversion x, information such as object y, and supplies to the graphic generation unit 28.

グラフィック生成部28は、マイクロコンピュータ27からの情報を基に、各対象領域および各色変換後の目的x, 目的yが示される三角色度図を表示するためのユーザインタフェース用の画像信号Gg,Bg,Rgを生成し、生成した画像信号Gg,Bg,Rgを、グラフィック重畳部25に供給する。 Graphic generation unit 28, based on information from the microcomputer 27, the image signal Gg for the user interface for displaying the triangular chromaticity diagram each target area and object x after each color conversion object y is indicated, Bg It generates Rg, generated image signals Gg, Bg, and Rg, and supplies the graphic superimposing unit 25.

図3は、領域値演算部21の構成例を示すブロック図である。 Figure 3 is a block diagram showing a configuration example of a region value calculation unit 21.

図3に示される領域値演算部21は、GBR変換部41、リニアγ補正部42、XYZ変換部43,xy変換部44、対象領域検出部45、および領域値算出部46により構成される。 Region value calculation unit 21 shown in FIG. 3 is constituted by GBR conversion unit 41, the linear γ correction unit 42, XYZ conversion unit 43, xy conversion unit 44, the target area detection section 45 and the region value calculation unit 46,.

図3の対象領域検出部45においては、入力される画像信号が対象領域に含まれるか否かを検出する際に、xy色度値(以下、単に、x,y値とも称する)を用いる。 In the target area detection section 45 of FIG. 3, the input image signal is in detecting whether included in the target region, xy chromaticity value (hereinafter, simply, x, also referred to as y value) is used. そこで、まず、GBR変換部41、リニアγ補正部42、XYZ変換部43,およびxy変換部44は、入力される画素のY色差信号Yo,CBo,CRoを、x,y値に変換する処理を行う。 Therefore, first, GBR conversion unit 41, the linear γ correction unit 42, XYZ conversion unit 43 and the xy conversion unit 44, the process of converting the pixels input Y color difference signals Yo, CBO, the CRo, x, the y value I do.

GBR変換部41は、入力される画素のY色差信号Yo,CBo,CRoを、G,B,R信号に変換し、GBRに変換された信号は、リニアγ補正部42に供給される。 GBR conversion unit 41, Y color difference signal Yo of pixels input, CBO, the CRo, converts G, B, the R signal, the converted signal to the GBR, is supplied to the linear γ correction unit 42. このときの演算式は、NTSCなどが対応するITU-BT601系においては、次の式(3)で表される。 The equation at this stage, such as NTSC is in the corresponding ITU-BT601 system is expressed by the following equation (3).

また、ハイビジョンなどが対応するITU-BT709系においては、次の式(4)で表される。 Also, like HDTV in the corresponding ITU-BT709 system is expressed by the following equation (4).

リニアγ補正部42は、GBR変換部41からのGBRに変換された信号を線形にするためのリニアγ補正を行う。 Linear γ correction unit 42 performs a linear γ correction for the converted signal to GBR from GBR conversion unit 41 linearly.

すなわち、GBRから、x,y値を算出する際には、GBRが光として線形になっている必要がある。 That is, the GBR, x, when calculating the y value, it is necessary GBR becomes linearly as a light. しかしながら、テレビジョン受像機1に信号を送信(出力)する送信側では、信号にCRT用のγ補正をかけて送信しているため、GBR変換部41からの出力においては、GBR信号は、線形になっていない。 However, the transmitting side transmits a signal to the television receiver 1 (output), because it transmits over the γ correction for the CRT signal, in the output from the GBR conversion unit 41, GBR signal, linear not now.

送信側のγは、正規化した入力信号の1/2.2乗されているので、線形に戻すために、GBR信号に対して、2.2乗の処理を行う必要がある。 The γ of the transmission side, because it is 1 / 2.2 power of the input signal normalized, in order to return to the linear relative GBR signal, it is necessary to perform the 2.2th power of the process. ただし、単純に2.2乗してしまうと、量子化されたデジタル信号においては、入力レベルが小さいと実際は、0でないにもかかわらず、0が出力されてしまう恐れがある。 However, simply resulting in 2.2 square, in the digital signal quantized in fact the input level is low, even though non-zero, there is a possibility that 0 is output.

そこで、リニアγ補正部42は、GBR信号を1で正規化し、正規化したGBR信号に、γの近似を行うことで、リニアγ補正を行い、リニアγ補正後の信号Gγ,Bγ,Rγを、XYZ変換部43に供給する。 Therefore, the linear gamma correction unit 42 normalizes the GBR signal 1, the GBR signals normalized, by performing an approximation of gamma, performs linear gamma correction, the linear gamma corrected signal G.gamma, Biganma, the Rγ , and supplies the XYZ conversion unit 43. なお、近似法としては、次の式(5)および式(6)が用いられる。 As the approximation, the following equation (5) and (6) are used.

1で正規化されたG信号が0.04045以下の場合(B,R信号の場合も同様)、 If the normalized G signal 1 is 0.04045 or less (B, also applies to R signal),

1で正規化されたG信号が0.04045より大きい場合(B,R信号の場合も同様)、 If the normalized G signal 1 is greater than 0.04045 (B, also applies to R signal),

XYZ変換部43は、リニアγ補正部42からのGγ,Bγ,Rγに変換された信号を、X,Y,Z信号に変換し、変換したX,Y,Z信号を、xy変換部44に供給する。 XYZ conversion unit 43, G.gamma from the linear γ correction unit 42, Biganma, the converted signal to the R?, X, Y, and converts the Z signal, converted X, Y, and Z signals, the xy conversion unit 44 supplies. このときの演算式は、ITU-BT601系においては、次の式(7)で表される。 The equation at this stage, in the ITU-BT601 system is expressed by the following equation (7).

また、ITU-BT709系においては、次の式(8)で表される。 In the ITU-BT709 system is expressed by the following equation (8).

xy変換部44は、X,Y,Zに変換された信号から、Yxyを求める。 xy conversion part 44, X, Y, from the converted signal to the Z, seek Yxy. ここで求められたx,yが入力された画素のxy色度値であり、対象領域検出部45に供給される。 x obtained here, an xy chromaticity values ​​of a pixel y is input, it is supplied to the target area detection section 45. このときの演算式は、次の式(9)および式(10)で表される。 The equation at this time is expressed by the following equation (9) and (10).

対象領域検出部45は、エリア選択部51、セレクタ52、および正規化部53により構成され、xy変換部44により求められたx,yが、色変換を行う対象として設定されているどの対象領域(すなわち、2つの対称角のx,y値であるxmin,xmax,ymin,ymaxで囲まれる領域)に含まれているかを検出する処理を行う。 Target area detection section 45 is constituted by the area selection unit 51, a selector 52, and the normalization unit 53, x obtained by the xy conversion unit 44, y is any target area set as the target for performing color conversion (i.e., the two symmetrical angles x, xmin is the y value, xmax, ymin, region surrounded by ymax) a process of detecting that it contains to do.

上述したように、対象領域は、8つまで設定可能であるので、xmin,xmax,ymin,ymaxは、8つの組み合わせ(n=0乃至7)を持ちえる。 As described above, the target area, because it is possible to set up to 8, xmin, xmax, ymin, ymax, may have eight combinations (n ​​= 0 to 7). ただし、対象領域は、お互いに重ならないように設定される。 However, the target area is set so as not to overlap each other. これにより、変換後の色の連続性が保たれる。 Thus, continuity of the color after conversion is maintained.

エリア選択部51には、xy変換部44により求められた画素のx,yと、マイクロコンピュータ27から、対象領域毎のxmin,xmax,ymin,ymaxが入力される。 The area selection unit 51, x, and y of the pixels determined by the xy conversion unit 44, a microcomputer 27, xmin of each target area, xmax, ymin, ymax are input. なお、図3の例においては、4つの対象領域毎のxmin,xmax,ymin,ymaxの入力しか示されていないが、設定されている最大8つまでの対象領域毎のxmin,xmax,ymin,ymaxが入力される。 In the example of FIG. 3, four for each target region xmin, xmax, ymin, but shows only input of ymax, for each target region of up to eight being set xmin, xmax, ymin, ymax is input. また、対象領域毎のxmin,xmax,ymin,ymaxは、セレクタ52にも入力される。 Further, xmin of each target area, xmax, ymin, ymax is also input to the selector 52.

エリア選択部51は、xy変換部44からのx,yが、次の式(11)および式(12)を満たすとき、xy変換部44からのx,yが含まれる対象領域を検出したとし、その時点でのn(0乃至7)を、エリアナンバとしてセレクタ52に供給するとともに、そのx,yの値を、正規化部53の演算器61−1および61−2にそれぞれ供給する。 Area selection unit 51, x from the xy conversion part 44, y is, when satisfying the following equation (11) and (12), and x from xy conversion unit 44, and detects the target area contained y is the n (0 to 7) at that time, and supplies to the selector 52 as the area number, the x, the value of y, respectively supply to the calculator 61-1 and 61-2 of the normalization unit 53.

なお、xy変換部44により求められたx,yの値がどの対象領域にも属さない場合、エリアナンバnは、8となる。 In the case where x obtained by the xy conversion unit 44, the value of y does not belong to any target area, area number n is 8.

セレクタ52は、エリア選択部51により供給されるエリアナンバnに対応する対象領域のxmin,xmax,ymin,ymaxを選択し、選択したxminを、正規化部53の演算器61−1および演算器62−1に供給し、選択したxmaxを、演算器62−1のみに供給する。 Selector 52, xmin the target region corresponding to the area number n supplied by the area selection unit 51, xmax, ymin, select ymax, the xmin selected, calculator 61-1 and the computing unit normalization section 53 supplied to 62-1, a xmax selected, and supplies only the computing unit 62-1. また、セレクタ52は、選択したyminを、正規化部53の演算器61−2および演算器62−2に供給し、選択したymaxを、演算器62−2のみに供給する。 The selector 52 supplies the ymin selected, and supplied to the calculator 61-2 and the computing unit 62-2 of the normalization unit 53, a ymax selected, only the calculator 62-2.

なお、エリア選択部51からのエリアナンバnは、セレクタ52を介して、領域値算出部46のセレクタ71、セレクタ72、および距離計算部73にも供給される。 Incidentally, the area number n from the area selection unit 51 via the selector 52, the selector 71 of the region value calculation unit 46 is also supplied to the selector 72 and the distance calculation unit 73,.

正規化部53は、演算器61−1および61−2、演算器62−1および62−2、並びに除算部63−1および63−2により構成される。 Normalizing unit 53 is composed of a calculator 61-1 and 61-2, the arithmetic unit 62-1, and 62-2, and the division unit 63-1, and 63-2.

演算器61−1および62−1、並びに除算部63−1は、入力されたxが、xmin乃至xmaxのどこにあるかを計算し、正規化し、正規化したxnorを、領域値算出部46の距離計算部73に供給する。 Calculator 61-1 and 62-1, and the division unit 63-1, input x is calculated where to find the xmin to xmax, normalize, the xnor normalized, the region value calculation unit 46 distance supplied to the calculation unit 73. すなわち、演算器61−1は、入力されたxからxminを減算し、演算器62−1は、xmaxからxminを減算し、除算部63−1は、演算器61−1により演算されたx- xminから、演算器62−1により演算されたxmax- xminを除算することで、正規化する。 That is, the computing unit 61-1 subtracts the xmin from the input x, calculator 62-1 subtracts the xmin from xmax, division unit 63-1, x calculated by the calculating unit 61-1 - from xmin, calculated by the computing unit 62-1 xmax- xmin by dividing, normalized. この演算式は、次の式(13)で表される。 The calculation formula is expressed by the following equation (13).

演算器61−2および62−2、並びに除算部63−2は、yについて、xの場合と同様に、入力されたyの値が、ymin乃至ymaxのどこにあるかを計算し、正規化し、正規化したynorを、領域値算出部46の距離計算部73に供給する。 Calculator 61-2 and 62-2, and the division unit 63-2, for y, as in the case of x, the value of the input y is computed where to find the ymin to ymax, normalized, the ynor normalized, and supplies the distance calculator 73 of the region value calculation unit 46. すなわち、演算器61−2は、入力されたyからyminを減算し、演算器62−2は、ymaxからyminを減算し、除算部63−2は、演算器61−2により演算されたy- yminから、演算器62−2により演算されたymax- yminを除算することで、正規化する。 That, y calculator 61-2 subtracts ymin from the input y, calculator 62-2 subtracts the ymin from ymax, division unit 63-2, calculated by the calculating unit 61-2 - from ymin, calculated by the computing unit 62-2 ymax- ymin by dividing a normalized. この演算式は、次の式(14)で表される。 The calculation formula is expressed by the following equation (14).

領域値算出部46は、セレクタ71および72、距離計算部73、乗算器74、並びにリミッタ75により構成され、正規化部53からのxnor ,ynorに基づいて、領域値kを求める。 Region value calculation unit 46, selectors 71 and 72, the distance calculation unit 73, a multiplier 74, and is constituted by the limiter 75, xnor from the normalization unit 53, based on Ynor, obtain the area value k.

ここで、マイクロコンピュータ27は、対象領域毎に、ゲイン係数およびリミッタ値を記憶しており、領域値演算部21に、対象領域毎の2つの対称角のx,y値であるxmin,xmax,ymin,ymaxを供給するとともに、対象領域毎のゲイン係数および対象領域毎のリミッタ値も供給している。 Here, the microcomputer 27, for each target area, stores the gain coefficient and the limiter value, the region value calculation unit 21, an x, y values ​​of the two symmetrical angle of each target area xmin, xmax, ymin, supplies ymax, are also supplied limiter value of the gain coefficient and the target for each area of ​​each target area. なお、図3の例においては、4つの対象領域毎のゲイン係数およびリミッタ値の入力しか示されていないが、対象領域毎のxmin,xmax,ymin,ymaxの場合と同様に、設定されている最大8つまでの対象領域毎のゲイン係数およびリミッタ値が入力される。 In the example of FIG. 3, but shows only the input of the gain coefficient and the limiter value for each of the four target regions, xmin for each target region, xmax, ymin, as in the case of ymax, are set gain coefficient and the limiter value for each target area of ​​up to eight are input.

セレクタ52からのエリアナンバnは、セレクタ71、セレクタ72、および、距離計算部73に供給され、さらに、セレクタ72を介して、マトリクス生成部22にも供給される。 Area number n from the selector 52, a selector 71, a selector 72 and is supplied to the distance calculating section 73, further, through the selector 72 is also supplied to the matrix generator 22. マイクロコンピュータ27からの対象領域毎のゲイン係数(0≦ゲイン係数<2)は、セレクタ71に供給される。 Gain coefficient (0 ≦ gain factor <2) for each region of interest from the microcomputer 27 is supplied to the selector 71. マイクロコンピュータ27からの対象領域毎のリミッタ値(0≦リミッタ値≦1)は、セレクタ72に供給される。 Limiter value for each target area from the microcomputer 27 (0 ≦ limiter value ≦ 1) is supplied to the selector 72.

セレクタ71は、セレクタ52からのエリアナンバnに対応する対象領域のゲイン係数を選択し、選択したゲイン係数を、乗算器74に供給する。 The selector 71 selects the gain factor of the target area corresponding to the area number n from the selector 52, the selected gain factor is supplied to the multiplier 74.

セレクタ72は、セレクタ52からのエリアナンバnに対応する対象領域のリミッタ値を選択し、選択したリミッタ値を、リミッタ75に供給する。 The selector 72 selects the limit value of the target region corresponding to the area number n from the selector 52, the selected limit value, and supplies to the limiter 75.

距離計算部73は、正規化部53からのxnor ,ynorが、エリアナンバnに対応する対象領域の中心にどれだけ近いかを計算し、その値をVOLとし、VOLを乗算器74に供給する。 Distance calculation unit 73, xnor from the normalization unit 53, Ynor is, calculates how close to the center of the target region corresponding to the area number n, its value as VOL, supplies VOL to the multiplier 74 . なお、xmin,xmax,ymin,ymaxで囲まれる対象領域は、長方形である場合もあることから、ここでいう中心とは、重心点であるとする。 Incidentally, xmin, xmax, ymin, target area surrounded by ymax, since there may be a rectangle, the center here, assumed to be the center of gravity. VOLは、例えば、xmin,xmax,ymin,ymaxで囲まれる領域の重心点のときは、1となり、xmin,xmax,ymin,ymaxの辺上のときには、0となるように計算する。 VOL, for example, xmin, xmax, ymin, when the center of gravity of the area enclosed by ymax, 1 next, xmin, xmax, ymin, when on the side of ymax is calculated to be 0.

例えば、VOLの演算式は、次の式(15)で表される。 For example, calculation expression of the VOL is expressed by the following equation (15).

乗算器74は、距離計算部73により求められたVOLに対して、セレクタ71により選択された対象領域のゲイン係数を乗算し、ゲイン係数が乗算されたVOLをリミッタ75に供給する。 The multiplier 74, to the VOL determined by the distance calculation unit 73 multiplies the gain coefficient of the selected target region by the selector 71, and supplies the VOL gain coefficients are multiplied to the limiter 75. リミッタ75は、乗算器74からのVOLを、セレクタ72により選択された対象領域のリミッタ値で制限し、リミッタ値で制限されたVOLを、領域値kとして、マトリクス生成部22に供給する。 Limiter 75 supplies the VOL from the multiplier 74, and limited by the limiter value of the target area selected by the selector 72, a restricted VOL by the limiter value, the region value k, the matrix generating unit 22.

なお、セレクタ52から供給されるエリアナンバnが8の場合(すなわち、xy変換部44により求められたx,yがどの対象領域にも属さない場合)、距離計算部73は、強制的に、VOL=0とする。 In the case of the area number n supplied from the selector 52 is 8 (i.e., if x is determined by the xy conversion unit 44, y does not belong to any region of interest), the distance calculation unit 73, forced, and VOL = 0. すなわち、この場合、領域値k=0となる。 That is, in this case, a region value k = 0.

図4は、領域値演算部21により求められる領域値kの概念を表す図である。 Figure 4 is a diagram showing the concept of region value k obtained by the region value calculation unit 21.

図4の例においては、x軸が正規化後のxの値であるxnor(0≦xnor≦1)を表し、y軸が正規化後のyの値であるynor(0≦ynor≦1)を表し、z軸が、ゲイン係数=1,リミッタ値=1とした場合の領域値k(0≦k≦1)を表している。 In the example of FIG. 4, x axis represents xnor (0 ≦ xnor ≦ 1) is the value of x after normalization, Ynor y-axis is the value of y after normalization (0 ≦ ynor ≦ 1) the stands, z-axis, a gain factor = 1, represents a region value k in the case of a limiter value = 1 (0 ≦ k ≦ 1).

対象領域においては、xnorまたはynorが領域外(便宜的に、1<xnor,ynorまたはxnor,ynor<0と考えた場合)から領域中心(xnor, ynor=0.500)になるまで、滑らかに領域値kが増えている。 In the target area, (for convenience, 1 <xnor, ynor or xnor, ynor <0 and when considered) xnor or Ynor a region outside the area center (xnor, ynor = 0.500) until, smooth area value k is increasing.

すなわち、このような領域値kに基づいて求められる3×3のマトリクス(上述した式(2))を用いて色変換を行うことにより、色変換される対象となる対象領域内だけを色変換したとしても、色変換された対象領域内の色と、色変換されない領域外の色の連続性を維持することができる。 That is, by performing color conversion using such on the basis of the area value k 3 × 3 matrix obtained (equation (2) described above), the color conversion only target region of interest is color conversion even the can maintain the color of transformed target area, outside not color conversion region color continuity.

次に、図5を参照して、マトリクス生成部22により生成される3×3のマトリクス(係数)について詳しく説明する。 Next, referring to FIG. 5 will be described in detail a 3 × 3 matrix generated by the matrix generator 22 (coefficient).

図5の例において、マイクロコンピュータ27は、受光部26を介して、ユーザコマンドを受信することで、対象領域毎のユーザが所望する色変換後の目的x, 目的yを設定し、表示デバイスに対応するITU-BT601系または709系どちらかのマトリクス係数と目的x, 目的yに応じて、対象領域毎のY信号のD係数(Y係数)α、CB信号のD係数(CB係数)β、CR信号のD係数(CR係数)γを求め、求めた対象領域毎のD係数値をマトリクス生成部22に供給する。 In the example of FIG. 5, the microcomputer 27 via the light receiving unit 26, by receiving the user command, the purpose x after color conversion desired by a user for each target region, and set the desired y, a display device corresponding ITU-BT601 based or 709 based either matrix coefficients and purpose x, depending on the purpose y, D coefficient (Y coefficients) of the Y signal for each target area alpha, D coefficient (CB coefficient) of the CB signal beta, seeking D coefficient (CR coefficient) gamma of the CR signal, supplies the D coefficient value for each target area calculated in the matrix generating unit 22.

まず、ITU-BT601系の場合を説明する。 First, the case of ITU-BT601 system. ITU-BT601系では、次の式(16)乃至式(18)が成り立っている。 The ITU-BT601 system, consists the following equation (16) through (18). なお、この式(18)の右辺の3×3の係数は、ITU-BT601系のマトリクス係数であり、マイクロコンピュータ27に予め設定されている。 The coefficient of 3 × 3 of the right side of the equation (18) is a matrix coefficient of the ITU-BT601 system is preset in the microcomputer 27.

一方、式(9)および式(10)より、次の式(19)および式(20)が導かれる。 On the other hand, from equation (9) and (10), the following equation (19) and (20) are guided.

したがって、式(18)より、次の式(21)乃至式(23)となる。 Therefore, from equation (18), the following equation (21) through (23).

ここで、入力Y信号は、Yo,変換後(出力)Y信号は、Yn,入力CB信号は、CBo, 変換後CB信号は、CBn,入力CR信号は、CRo, 変換後CR信号は、CRnであり、CBnおよびCRnにおける色度値(すなわち、目的x, 目的y)をx,yとすると、次の式(24)乃至式(26)となる。 Here, the input Y signal, Yo, after conversion (output) Y signal, Yn, input CB signals, CBO, CB signal after conversion, CBn, the input CR signal, CRo, CR signal after conversion, CRn , and the chromaticity values ​​of CBn and CRn (i.e., object x, object y), the x, and y, the following equation (24) through (26).

このようにして、マイクロコンピュータ27においては、ITU-BT601系のマトリクス係数と変換後の目的x, 目的yに基づいて、対象領域毎のY信号のD係数α、CB信号のD係数β、およびCR信号のD係数γが求められる。 In this manner, the microcomputer 27, the purpose x after converted ITU-BT601 based matrix coefficients, based on the object y, D coefficient of the Y signal for each target area alpha, D coefficients CB signals beta, and D coefficient of the CR signal γ is determined.

さらに、これらの式(24)乃至式(26)を行列式で表すと、次の式(27)で表される。 Additionally, it expressed these equations (24) through (26) by a matrix equation expressed by the following equation (27).

一方、変換後のYn, CBn, CRnに関して何も変化させないときには、Yn, CBn, CRn=Yo,CBo,CRoとなればよいので、行列式で表すと、次の式(28)となる。 On the other hand, Yn after conversion, CBn, when nothing is changed with respect to CRn is, Yn, CBn, CRn = Yo, CBO, since it becomes a CRo, is represented by a matrix equation, the following equation (28).

ここで、式(27)の右辺の3×3の係数(色を変化させる場合の係数)を係数Aとし、式(28)の右辺の3×3の係数(色を変化させない場合の係数)を係数Bとすると、実際の係数としては、係数Aと係数Bの差分に領域値kをゲインとして乗じて、係数Bに加えたものと考えられる。 Here, equation (27) coefficients of the 3 × 3 of the right side of the (coefficient when changing the color) as the coefficient A, the formula (28) coefficients of the 3 × 3 of the right side of (coefficient when not change the color) When the a coefficient B, as the actual coefficient, multiplied by the area value k as a gain to the difference between the coefficient a and the coefficient B, is considered to have added to the coefficient B.

したがって、マトリクス生成部22が生成し、マトリクス演算部23に供給する3×3のマトリクスは、次の式(29)で求められる。 Therefore, the matrix generating unit 22 generates the matrix of 3 × 3 supplied to the matrix operation unit 23 is obtained by the following expression (29). すなわち、上述した式(2)は、この式(29)の右式である。 That is, the above-mentioned formula (2) is a right type of the equation (29).

なお、領域値k=1のときの式(2)(式(29)の右辺)は、式(27)の右式の係数Aとなる。 Incidentally, formula (2) when the area value k = 1 (the right-hand side of equation (29)) will be a factor A of the right formula of the formula (27). すなわち、D係数値は、領域値k=1のときに、目的x, 目的yに基づいて求められる係数である。 That, D coefficient values, when the area value k = 1, is a coefficient obtained based object x, the purpose y.

以上のように、マイクロコンピュータ27が、変換後にユーザの所望の目的x, 目的yとなるようなD係数α,β,γを対象領域毎にマトリクス生成部22に供給することにより、マトリクス生成部22は、領域値演算部21からの領域値kと、領域値演算部21からのエリアナンバnに対応するD係数α,β,γに基づいて、式(29)を加工して、3×3のマトリクスを生成することができる。 As described above, by the microcomputer 27, desired object x of users after the conversion, D coefficients such that object y alpha, beta, is supplied to a matrix generation unit 22 for each target area gamma, matrix generator 22, a region value k from the region value calculation unit 21, D coefficient corresponding to the area number n from the area value calculating section 21 alpha, beta, based on the gamma, by processing the expressions (29), 3 × it is possible to generate a third matrix.

なお、入力される画素がどの対象領域にも含まれない場合(領域値演算部21からのエリアナンバn=8の場合)、領域値k=0であるので、式(29)からも導かれるように、上述した式(1)が、3×3のマトリクスとして、マトリクス演算部23に供給される。 Incidentally, if the pixels to be input is not included in any region of interest (if the area number n = 8 from the area value calculation unit 21), since the region values ​​k = 0, is also derived from the formula (29) as the above-mentioned equation (1) is, as a matrix of 3 × 3, is supplied to a matrix arithmetic unit 23.

すなわち、マトリクス演算部23には、領域値演算部21からの領域値kおよびエリアナンバn、マイクロコンピュータ27からの対象領域毎のD係数値に基づいて生成された3×3のマトリクスが供給される。 That is, the matrix operation unit 23, the area value domain values ​​k and area number n from the calculator 21, is a 3 × 3 matrix that is generated based on the D coefficient values ​​for each target region from the microcomputer 27 is supplied that.

そして、マトリクス演算部23は、以上のようにして求められたマトリクス生成部22からの3×3のマトリクスを、入力される画素のYo,CBo,CRoと算術演算することで、色変換後の画素のY色差信号(Yn,CBn,CRn)を求め、求めたYn,CBn,CRnを、RGB変換部24に出力する。 The matrix operation unit 23, a 3 × 3 matrix from the matrix generating unit 22 which is determined as described above, Yo of pixels input, CBO, by CRo and arithmetic operations, after the color conversion pixels of Y color difference signal (Yn, CBn, CRn) a determined, obtained Yn, CBn, a CRn, and outputs the RGB converter 24.

以上のように、変換後にユーザの目的x, 目的yとなるようなD係数α,β,γと、対象領域の中心からどのくらいの距離にあるかを表す領域値kに基づいて、色変換が行われるので、対象領域外の画素については、色変換が行われず、対象領域内の画素については、対象領域の中心にあるほど大きく、領域外に近づくほど小さくなる度合いで、ユーザの目的x, 目的yとなるように色変換が行われる。 As described above, the purpose x users after conversion, D coefficients such that object y alpha, beta, and gamma, based on the area value k indicating whether a distance of how much the center of the target area, color conversion since it performed, for pixels outside the target area, without performing the color conversion, for the pixels within a region of interest, large enough in the center of the region of interest, in the degree to which the more decreases closer to the outside area, the user's purpose x, color conversion is performed such that the object y.

これにより、色変換が行われる対象領域内の色と、色変換が行われない対象領域外の色の連続性を保ちながら、対象領域をユーザの目的x, 目的yになるように色変換することができる。 Thus, the color of the target area in which the color conversion is performed, while maintaining the color continuity outside the target area in which the color conversion is not performed, the color conversion such that the target area object x of the user, the purpose y be able to.

次に、同様にして、ITU-BT709系の場合を説明する。 Next, in the same way, the case of ITU-BT709 system. ITU-BT709系では、次の式(30)乃至式(32)が成り立っている。 The ITU-BT709 system, consists the following equation (30) through (32). なお、式(30)の右辺の3×3の係数は、ITU-BT709系のマトリクス係数であり、マイクロコンピュータ27に予め設定されている。 The coefficient of 3 × 3 of the right side of the equation (30) is a matrix coefficient of the ITU-BT709 system is preset in the microcomputer 27.

したがって、式(19)および式(20)より、次の式(33)乃至式(35)となる。 Therefore, the equation (19) and (20), the following equation (33) through (35).

ここで、入力Y信号は、Yo,変換後(出力)Y信号は、Yn,入力CB信号は、CBo, 変換後CB信号は、CBn,入力CR信号は、CRo, 変換後CR信号は、CRnであり、CBnおよびCRnにおける色度値(すなわち、目的x, 目的y)をx,yとすると、次の式(36)乃至式(38)となる。 Here, the input Y signal, Yo, after conversion (output) Y signal, Yn, input CB signals, CBO, CB signal after conversion, CBn, the input CR signal, CRo, CR signal after conversion, CRn , and the chromaticity values ​​of CBn and CRn (i.e., object x, object y), the x, and y, the following equation (36) through (38).

このように、マイクロコンピュータ27においては、ITU-BT709系のマトリクス係数と変換後の目的x, 目的yに基づいても、Y信号のD係数α、CB信号のD係数β、およびCR信号のD係数γを求めることができる。 Thus, the microcomputer 27, the purpose x after converted ITU-BT709 based matrix coefficient, also based on the object y, D coefficient of the Y signal alpha, D coefficients CB signals beta, and CR signals D it is possible to determine the coefficient γ.

なお、これ以降の処理は、ITU-BT601系の場合と同様であり、その説明は繰り返しになるので省略する。 Note that the subsequent processes are the same as in the case of ITU-BT601 series, the explanation thereof is omitted to avoid repeated explanation.

次に、図6を参照して、色変換の対象となる対象領域とその色変換の例を説明する。 Next, referring to FIG. 6, subject to the target area of ​​the color conversion and for explaining an example of the color conversion. なお、図2のテレビジョン受像機1においては、変換できる対象領域を8領域設定可能であるが、ここでは、代表的な4つの対象領域について説明する。 Incidentally, the television receiver 1 of FIG. 2, although the conversion can target area can be 8 area setting, it will be described here four typical target areas.

図6の例においては、xy色度図が示されている。 In the example of FIG. 6, xy chromaticity diagram is shown. なお、図6の例においては、図1を参照して上述したすべての色を表現する馬蹄形の図示は省略されている。 In the example of FIG. 6, illustration of the horseshoe to represent all the colors described above with reference to FIG. 1 are omitted.

このxy色度図に示される三角形は、NTSC(ITU-BT601系)のディスプレイで理論上表現可能な範囲である最大色領域101を表しており、ほぼ中央のW点が白色(無彩色)に対応し,最大色領域101の周辺に行くほど鮮やかさが増して(彩度が高くなり),色度図周囲の境界で単色光(純色)になる。 Triangle shown in this xy chromaticity diagram, the NTSC represents the maximum color area 101 is theoretically representable range display (ITU-BT601 series), approximately in the middle of W point white (achromatic) correspondingly, increases the higher the vividness toward the periphery of the largest color area 101 (saturation increases), becomes monochromatic light at the boundary of the surrounding chromaticity diagram (pure color). すなわち、最大色領域101の頂点Gは、飽和した(すなわち、純粋な)緑を表しており、頂点Bは、飽和した(純粋な)青を表しており、頂点Rは、飽和した(純粋な)赤を表している。 That is, the apex G of the largest color area 101, saturated (i.e., pure) represents green, vertex B is saturated represents a (pure) blue, vertex R is saturated (pure ) represents the red.

さらに、xy色度図上には、色変換の対象となる対象領域111乃至114と、各対象領域111乃至114に対して、ユーザが変換後に所望する目的点(すなわち、目的x,目的y)121乃至124が示されている。 In addition, the xy chromaticity diagram, object point and target area 111 to 114 for which color conversion for each target area 111 to 114, the user desires after conversion (i.e., object x, object y) 121 to 124 are shown.

例えば、ユーザにより、xy色度図おいて主に白を表す領域(xmin=0.28,xmax=0.34,ymin=0.286,ymax=0.346)が対象領域111として指示され、対象領域111の重心よりも少しB(青)寄りのx,y値(x =0.291, y=0.301)が、目的点121として指示される。 For example, the user, the region representing the main white at xy chromaticity diagram (xmin = 0.28, xmax = 0.34, ymin = 0.286, ymax = 0.346) is indicated as the target region 111, slightly than the center of gravity of the target area 111 B (blue) side of the x, y values ​​(x = 0.291, y = 0.301) is indicated as target point 121.

これに対応して、マイクロコンピュータ27は、対象領域111の2つの対称角のx,y値(xmin=0.28,xmax=0.34,ymin=0.286,ymax=0.346)と、目的点121の目的x =0.291, 目的y=0.301を設定し、目的点121の目的x =0.291, 目的y=0.301からD係数値を求める。 Correspondingly, the microcomputer 27, two x symmetrical angle, y values ​​of the target region 111 (xmin = 0.28, xmax = 0.34, ymin = 0.286, ymax = 0.346) and an object of the object point 121 x = 0.291, and set the desired y = 0.301, object x = 0.291 object point 121, obtains the D coefficient values ​​from the target y = 0.301. マトリクス生成部22はD係数値に基づいた3×3のマトリクスを生成し、マトリクス演算部23は、対象領域111に対して、その3×3のマトリクスで色変換を実行する。 Matrix generator 22 generates a 3 × 3 matrix based on the D coefficient values, matrix operation unit 23, to the target area 111, executes color conversion matrix of 3 × 3.

これにより、例えば、対象領域111が、目的点121に変換されるので、主に白を青みがかった色に変えることができる。 Thus, for example, the target region 111, because it is converted to the desired point 121, can be varied to primarily bluish white color.

また、マトリクス生成部22により生成された3×3のマトリクスは、領域値演算部21により、入力される画像信号に対して算出される、対象領域111における領域値kに基づいても求められている。 Further, 3 × 3 matrix generated by the matrix generating section 22, by the region value calculation unit 21, is calculated for an input image signal is also determined based on the area value k in the target area 111 there. したがって、色変換される対象領域111とそれ以外の領域の色が不連続になることが抑制される。 Therefore, it is prevented that the target area 111 which is color conversion color other regions become discontinuous.

次に、ユーザにより、xy色度図おいて主に黄から緑色を表す領域(xmin=0.14,xmax=0.4,ymin=0.41,ymax=0.65)が対象領域112として指示され、対象領域112の重心よりもG(緑)寄りのx,y値(x =0.21, y=0.65)が、目的点122として指示される。 Next, the user, the area representing the green primarily from yellow at xy chromaticity diagram (xmin = 0.14, xmax = 0.4, ymin = 0.41, ymax = 0.65) is indicated as the target region 112, the center of gravity of the target area 112 than G (green) side of the x, y values ​​(x = 0.21, y = 0.65) is indicated as target point 122.

これに対応して、マイクロコンピュータ27は、対象領域112の2つの対称角のx,y値(xmin=0.14,xmax=0.4,ymin=0.41,ymax=0.65)と、目的点122の目的x =0.21, 目的 y=0.65を設定し、目的点122の目的x =0.21, 目的 y=0.65からD係数値を求める。 Correspondingly, the microcomputer 27, two x symmetrical angle, y values ​​of the target region 112 (xmin = 0.14, xmax = 0.4, ymin = 0.41, ymax = 0.65) and an object of the object point 122 x = 0.21, and set the desired y = 0.65, object x = 0.21 object point 122, obtains the D coefficient values ​​from the target y = 0.65. そして、マトリクス生成部22は、D係数値に基づいた3×3のマトリクスを生成し、マトリクス演算部23は、対象領域112に対して、その3×3のマトリクスで色変換を実行する。 The matrix generating unit 22 generates a 3 × 3 matrix based on the D coefficient values, matrix operation unit 23, to the target area 112, executes color conversion matrix of 3 × 3.

これにより、例えば、対象領域112が、目的点122に変換されるので、主に黄から緑色を純粋な緑色に変えることができる。 Thus, for example, the target region 112, because it is converted to the desired point 122, mainly can be varied green from yellow to pure green.

また、マトリクス生成部22により生成された3×3のマトリクスは、領域値演算部21により、入力される画像信号に対して算出される、対象領域112における領域値kに基づいても求められている。 Further, 3 × 3 matrix generated by the matrix generating section 22, by the region value calculation unit 21, is calculated for an input image signal is also determined based on the area value k in the region of interest 112 there. したがって、色変換される対象領域112とそれ以外の領域の色が不連続になることが抑制される。 Therefore, it is prevented that the target area 112 which is color conversion color other regions become discontinuous.

同様に、ユーザにより、xy色度図おいて主に薄い青から青色を表す領域(xmin=0.14,xmax=0.262,ymin=0.082,ymax=0.230)が対象領域113として指示され、対象領域113の重心よりもB(青)寄りのx,y値(x =0.191, y=0.148)が、目的点123として指示される。 Similarly, the user, the area representing the blue primarily from light blue at xy chromaticity diagram (xmin = 0.14, xmax = 0.262, ymin = 0.082, ymax = 0.230) is indicated as the target region 113, the region of interest 113 the center of gravity B (blue) side of the x, y values ​​(x = 0.191, y = 0.148) is indicated as target point 123.

これに対応して、マイクロコンピュータ27は、対象領域113の2つの対称角のx,y値(xmin=0.14,xmax=0.262,ymin=0.082,ymax=0.230)と、目的点123の目的x =0.191, 目的y=0.148を設定し、目的点123の目的x =0.191, 目的y=0.148からD係数値が求められる。 Correspondingly, the microcomputer 27, two x symmetrical angle, y values ​​of the target region 113 (xmin = 0.14, xmax = 0.262, ymin = 0.082, ymax = 0.230) and an object of the object point 123 x = 0.191, and set the desired y = 0.148, object x = 0.191 object point 123, D coefficient values ​​are determined from the target y = 0.148. そして、マトリクス生成部22は、D係数値に基づいた3×3のマトリクスを生成し、マトリクス演算部23は、対象領域113に対して、その3×3のマトリクスで色変換を実行する。 The matrix generating unit 22 generates a 3 × 3 matrix based on the D coefficient values, matrix operation unit 23, to the target area 113, executes color conversion matrix of 3 × 3.

これにより、例えば、対象領域113が、目的点123に変換されるので、主に薄い青から青色を純粋な青色に変えることができる。 Thus, for example, the target area 113, since it is converted to the desired point 123, it is possible to change the blue in pure blue mainly from light blue.

また、マトリクス生成部22により生成された3×3のマトリクスは、領域値演算部21により、入力される画像信号に対して算出される、対象領域113における領域値kに基づいても求められている。 Further, 3 × 3 matrix generated by the matrix generating section 22, by the region value calculation unit 21, is calculated for an input image signal is also determined based on the area value k in the region of interest 113 there. したがって、色変換される対象領域113とそれ以外の領域の色が不連続性になることを抑制することができる。 Therefore, it is possible to a target area 113 which is color conversion color other regions suppressing be a discontinuity.

最後に、ユーザにより、xy色度図おいて主に薄い赤から赤色を表す領域(xmin=0.535,xmax=0.672,ymin=0.281,ymax=0.371)が対象領域114として指示され、対象領域114の重心よりもR(赤)寄りのx,y値(x =0.635, y=0.33)が、目的点124として指示される。 Finally, the user, the area representing the red primarily from light red at xy chromaticity diagram (xmin = 0.535, xmax = 0.672, ymin = 0.281, ymax = 0.371) is indicated as the target region 114, the region of interest 114 the center of gravity of the R (red) toward x, y value (x = 0.635, y = 0.33) is indicated as target point 124.

これに対応して、マイクロコンピュータ27は、対象領域114の2つの対称角のx,y値(xmin=0.535,xmax=0.672,ymin=0.281,ymax=0.371)と、目的点124の目的x =0.635, 目的y=0.33を設定し、目的点124の目的x =0.635, 目的y=0.33からD係数値を求める。 Correspondingly, the microcomputer 27, two x symmetrical angle, y values ​​of the target region 114 (xmin = 0.535, xmax = 0.672, ymin = 0.281, ymax = 0.371) and an object of the object point 124 x = 0.635, and set the desired y = 0.33, object x = 0.635 object point 124, obtains the D coefficient values ​​from the target y = 0.33. そして、マトリクス生成部22は、D係数値に基づいた3×3のマトリクスを生成し、マトリクス演算部23は、対象領域114に対して、その3×3のマトリクスで色変換を実行する。 The matrix generating unit 22 generates a 3 × 3 matrix based on the D coefficient values, matrix operation unit 23, to the target area 114, executes color conversion matrix of 3 × 3.

これにより、例えば、対象領域114が、目的点124に変換されるので、主に薄い赤から赤色を純粋な赤色に変えることができる。 Thus, for example, the target region 114, because it is converted to the desired point 124, can be varied mainly from light red to red to pure red.

また、マトリクス生成部22により生成された3×3のマトリクスは、領域値演算部21により、入力される画像信号に対して算出される、対象領域114における領域値kに基づいても求められている。 Further, 3 × 3 matrix generated by the matrix generating section 22, by the region value calculation unit 21, is calculated for an input image signal is also determined based on the area value k in the region of interest 114 there. したがって、色変換される対象領域114とそれ以外の領域の色が不連続になることを抑制することができる。 Therefore, it is possible to a target area 114 which is color conversion color other regions suppressing to become discontinuous.

なお、図6の例においては、対象領域毎の色変換の例を順に説明したが、これら複数の対象領域の色変換は、実際には、入力される画像信号に対して同時に実行される。 In the example of FIG. 6, an example has been described of a color conversion for each target area in order, the color conversion of the plurality of target regions, in fact, be executed simultaneously on the image signal input.

ところで、上記説明においては、D係数値が、所望する色の目的x, 目的yから求められることを説明してきたが、実際には、図5を参照して上述した式(24)乃至式(26)および式(36)乃至式(38)においては、送信γ(ガンマ)が考慮されておらず、リニアなGBRに対しての係数計算が行われている。 Incidentally, in the above description, D coefficient values, object x of the desired color has been described that obtained from object y, in fact, the formula (24) described above with reference to FIGS. 5 to the formula ( in 26) and (36) through (38), transmission gamma (gamma) is not considered, the coefficient calculation of the relative linear GBR is performed.

すなわち、所望する色の目的x, 目的yから求められるD係数値の場合、マトリクス演算部23におけるYo,CBo,CRo から、Yn, CBn, CRnへの変換の後、さらに、RGB変換部24においてGBRに変換された時点で、画像信号は、線形なGBRになっていることが望ましい。 That is, when the desired color object x, D coefficient values ​​obtained from the target y of, Yo in the matrix calculation unit 23, CBO, from CRo, Yn, CBn, after conversion to CRn, further, in the RGB conversion section 24 Once converted to GBR, image signals, it is desirable to have become linear GBR. しかしながら、実際には、図3を参照して上述したように、入力される画像信号には、送信側においてγ補正がかけられているので、例えば、Yn, CBn, CRnをGBRに変換し、表示デバイス3で実際に表示させるところで、初めて線形になるという構成のシステムでは、不整合が生じてしまう。 However, in practice, as described above with reference to FIG. 3, the image signal input, since γ correction is applied at the transmitting side, for example, converts Yn, CBn, a CRn the GBR, where that is actually displayed on the display device 3, a system configuration that first becomes linear, inconsistency occurs.

また、実際の処理において、所望する色の目的x, 目的yに対するD係数α,β,γをハードウエアで計算しようとすると、回路規模が膨大になり、動作速度も間に合わなくなってしまうことが生じる。 Further, in actual processing, desired color object x of, D coefficients for purposes y alpha, beta, if you attempt to calculate the γ by hardware, the circuit scale becomes huge, resulting that no longer keep up also operating speed .

そこで、図2のテレビジョン受像機1においては、予め色度図上に所定領域を設定し、その4角について、既定のD係数α,β,γをマイクロコンピュータ27に記憶させておき、ユーザには、その所定領域の範囲でのみ、所望する色の目的x, 目的yを指定させるようにし、所定領域内における目的x, 目的yにおいては、線形補間によりそのD係数α,β,γが求められるようにする。 Therefore, the television receiver 1 of Figure 2, sets a predetermined area in advance chromaticity diagram, for the four corners, the default D coefficients alpha, beta, may be stored and γ in the microcomputer 27, the user the only in the range of the predetermined area, so as to specify a desired color object x, object y of object x, for the purposes y in predetermined region, the D coefficient α by linear interpolation, beta, gamma is It is asked to.

すなわち、テレビジョン受像機1においては、8の対象領域を設定することが可能であるので、それら8の対象領域毎に、所定領域は予め設定される。 That is, in the television receiver 1, since it is possible to set a target area of ​​8, for each target region of their 8, the predetermined region is set in advance. なお、詳しくは後述するが、ユーザは、対象領域の大きさや位置を指示することができる。 Incidentally, as will be described later in detail, the user can instruct the size and position of the target area. したがって、この所定領域は、ユーザが色変換の対象として望むであろう大きさの対象領域が含まれるように、多少大きめに設定される。 Accordingly, the predetermined region, so that the user including the target region of the would will magnitude desire as an object of color conversion, is slightly larger set. 換言するに、所定領域は、対象領域がとり得る最大値領域である。 In other words, the predetermined region is the maximum value region target region can take.

マイクロコンピュータ27は、これらの所定領域毎に、所定領域の4角について、既定のD係数α,β,γを求め、記憶しておく。 The microcomputer 27 includes, for each of these predetermined regions, the four corners of the predetermined region, the default D coefficients alpha, beta, seek gamma, stored. このマイクロコンピュータ27による既定のD係数値の設定処理を、図7のフローチャートを参照して説明する。 The process of setting the default D coefficient values ​​by the microcomputer 27 will be described with reference to the flowchart of FIG.

なお、この処理は、内蔵するメモリに記録される所定のプログラムなどに基づいてマイクロコンピュータ27が行う処理であり、この処理は、画像信号に対してリアルタイムに実行する必要がない処理である。 This process is a process that the microcomputer 27 is performed based such as a predetermined program recorded in the internal memory, this process is a process need not be performed in real time corresponding to the image signal.

ステップS11において、マイクロコンピュータ27は、4角のうち、1つの角におけるD係数αと、その角のx,y値(例えば、後述する図8のx-1,y-1、以下、角x,角yと称する)を定義する。 In step S11, the microcomputer 27 among the four corners, and D coefficient α in one corner, x of the corner, y values ​​(e.g., x-1, y-1 of FIG. 8 to be described later, below, angular x is defined is referred to as angular y). なお、D係数αは、Y信号のゲイン設定に相当するため、このとき、直接与えられる。 Incidentally, the D coefficient alpha, to correspond to the gain setting of the Y signal, this time is given directly.

ステップS12において、マイクロコンピュータ27は、角x,角yを用いて、式(25)および式(26)または式(37)および式(38)により、D係数βおよびγを求める。 In step S12, the microcomputer 27, the angular x, by using the angular y, the equation (25) and (26) or formula (37) and (38), obtains the D coefficient β and gamma.

ステップS13において、マイクロコンピュータ27は、ステップS11において定義されたD係数α,ステップS12において求められたD係数βおよびγを用いて、式(27)により、Yn,CBn,CRnを求める。 In step S13, the microcomputer 27, D coefficients defined in step S11 alpha, using D coefficient β and γ obtained in step S12, the equation (27), obtaining Yn, CBn, a CRn. なお、このときのYoについては、設計者側で予め想定した輝度値を代表値として使用する。 Note that Yo at this time, using the previously assumed luminance value by the designer side as the representative value. このため、実際の入力のY信号に対しては、多少誤差が出てしまうが、この誤差は、ユーザから見た場合、実用上問題とならない。 Therefore, with respect to the actual input of the Y signal, but would leave some error, the error is, when viewed from the user, no practical problem.

ステップS14において、マイクロコンピュータ27は、式(3)乃至式(10)により、ステップS13で求められたYn,CBn,CRnにおけるxn,ynを求める。 In step S14, the microcomputer 27 by equation (3) through (10), obtaining Yn calculated in step S13, CBn, xn in CRn, the yn.

すなわち、マイクロコンピュータ27は、まず、Yn,CBn,CRnから、式(3)または式(4)によりGBRを求め、式(5)または式(6)によりGBRにリニアγ補正を行う。 That is, the microcomputer 27 first, Yn, CBn, from CRn, seeking GBR by formula (3) or (4), the linear γ correction GBR by equation (5) or (6). そして、マイクロコンピュータ27は、式(7)または式(8)により、リニアγ補正後の信号Gγ,Bγ,Rγを、X,Y,Z信号に変換し、式(9)および式(10)により、X,Y,Zに変換された信号から、Yxyを求める。 Then, the microcomputer 27, the formula (7) or formula (8), the linear γ corrected signal G.gamma, Biganma, the R?, Converting X, Y, the Z signal, Equation (9) and (10) by, X, Y, from the converted signal to the Z, seek Yxy. これにより、ステップS13で求められたYn,CBn,CRnにおけるxn,ynが求まる。 Thus, Yn calculated in step S13, CBn, xn, yn is obtained in CRn.

ステップS15において、マイクロコンピュータ27は、ステップS14において求められたxn,ynが、ステップS11において定義された角x,角yと一致するか否かを判定する。 In step S15, the microcomputer 27 determines, xn determined at step S14, yn is the angular x defined in Step S11, whether or not to match the angle y. 初回は、送信γを考慮せずにD係数βおよびγが求められ、それにより誤差が生じていることから、ステップS15において、xn,ynが、角x,角yと一致しないと判定され、処理は、ステップS16に進む。 First time, D coefficient β and gamma are determined without considering the transmission gamma, since the error is caused by it, in step S15, xn, yn is the angular x, is determined not to match the angle y, the process proceeds to step S16.

ステップS16において、マイクロコンピュータ27は、角x,角yを仮想的に、角xv,角yvにずらす。 In step S16, the microcomputer 27, the angular x, the square y virtually shifts angular xv, the corner yv. そして、ステップS16の後、処理は、ステップS12に戻り、ステップS16において仮想的にずらされた角x,角yに対して、ステップS12以降の処理が実行される。 After step S16, the process returns to step S12, the angular x was displaced virtually in step S16, with respect to the angular y, the processes in and after step S12 are executed.

ステップS12乃至S15の処理が数回繰り返されると、ステップS14において求められたxn,ynが角x,角yに略等しくなってくる。 When the processing of steps S12 to S15 is repeated several times, xn determined at step S14, yn corner x, it becomes substantially equal to the angle y. そして、ステップS15において、xn,ynが角x,角yと一致すると判定された場合、処理は、ステップS17に進み、マイクロコンピュータ27は、角x,角yと一致すると判定されたときのD係数α,β,γを、その角のD係数値として設定し、内蔵するメモリに格納する。 Then, in step S15, xn, if yn is determined to corner x, matches the angle y, the process proceeds to step S17, the microcomputer 27, D when it is determined that the angular x, matches the angle y coefficient alpha, beta, and gamma, is set as D coefficient values ​​of the corner is stored in internal memory.

ステップS18において、マイクロコンピュータ27は、所定領域の4つの角すべてに対するD係数α,β,γが、内蔵するメモリに格納されたか否かを判定し、所定の領域の4つの角すべてに対するD係数α,β,γが、まだ格納されていないと判定した場合、処理は、ステップS11に戻り、4角のうちの、次の角に対して、それ以降の処理を繰り返す。 In step S18, the microcomputer 27, D coefficients for all four corners of a predetermined area alpha, beta, gamma is, determines whether or not stored in the internal memory, D coefficients for all four corners of the predetermined area alpha, beta, gamma is, if it is determined not yet stored, the process returns to step S11, among the four corners, with respect to the next corner, and the subsequent processing is repeated.

ステップS18において、所定の領域の4つの角すべてに対するD係数α,β,γが、内蔵するメモリに格納されたと判定された場合、規定D係数値の設定処理は終了される。 In step S18, D coefficients for all four corners of a predetermined area alpha, beta, gamma is, if it is determined to have been stored in the internal memory, setting processing of the prescribed D coefficient values ​​is terminated.

以上のようにして、8つの所定領域における4つの角の規定D係数値がそれぞれ求められ、マイクロコンピュータ27に予め格納される。 As described above, provision D coefficient values ​​of the four corners of the eight predetermined regions are obtained respectively, are previously stored in the microcomputer 27.

図8は、4角の規定D係数値の線形補間について詳しく説明する図である。 Figure 8 is a diagram explaining in detail for the linear interpolation of the prescribed D coefficient values ​​of the four corners.

図8の例においては、4角のxy色度値が、それぞれ(x-1,y-1),(x-2,y-1) ,(x-1,y-2) 、および(x-2,y-2)である所定領域151が示されており、例えば、マイクロコンピュータ27には、(x-1,y-1),(x-2,y-1) ,(x-1,y-2) ,および(x-2,y-2)である4角の既定のD係数値βとして、それぞれ、β1,β2,β3,およびβ4が、図7を参照して上述したように求められ、格納されている。 In the example of FIG. 8, xy chromaticity values ​​of the four corners, respectively (x-1, y-1), (x-2, y-1), (x-1, y-2), and (x -2, y-2) a predetermined region 151 is shown to be, for example, a microcomputer 27, (x-1, y-1), (x-2, y-1), (x-1 as y-2), and (x-2, default D coefficient values ​​of y-2) 4 corners is beta, respectively, .beta.1, .beta.2, .beta.3, and β4 are as described above with reference to FIG. 7 sought, it is stored.

この場合、ユーザにより指示される目的x, 目的yのD係数値βsetは、次のように求められる。 In this case, object x, D coefficient values ​​βset object y indicated by the user is determined as follows. まず、目的xが所定領域151のx-1, x-2に対してどれだけの距離にあるかに応じて、次の式(39)および式(40)によりa,bが求まる。 First, depending on whether the purpose x is a distance of much relative x-1, x-2 in the predetermined region 151, a, b is determined by the following equation (39) and (40). ここで、x1は、目的xのx-1からの距離を表し、x2は、目的xのx-2からの距離を表す。 Here, x1 represents the distance from x1 purposes x, x2 represents the distance from x2 purposes x.

そして、目的yが、所定領域151のy-1, y-2に対してどれだけの距離にあるかに応じて、次の式(41)によりD係数値βsetが求まる。 The objective y is, depending on whether how much the distance with respect to y-1, y-2 of a predetermined area 151, D coefficient values ​​βset is determined by the following equation (41). ここで、y1は、目的yのy-1からの距離を表し、y2は、目的yのy-2からの距離を表す。 Here, y1 represents the distance from y1 purposes y, y2 represents the distance from y2 purposes y.

なお、図8の例においては、D係数値βsetを求める場合について説明したが、D係数値αset,γsetについても同様に求められるので、その説明は繰り返しになるので省略する。 In the example of FIG. 8, has been described for obtaining the D coefficient value [beta] set, D coefficient values ​​Arufaset, since it is determined in the same manner also Ganmaset, the explanation thereof is omitted to avoid repeated explanation.

以上のように、予めxy色度図上に所定領域を設定し、その4角について、既定のD係数α,β,γをマイクロコンピュータ27に記憶させておき、ユーザには、その所定領域の範囲でのみ、所望する色の目的x, 目的yを指定させるようにし、所定領域内における目的x, 目的yにおいては、線形補間によりそのD係数α,β,γが求められるようにした。 As described above, sets a predetermined area on the diagram previously xy chromaticity, its four corners, the default D coefficients alpha, beta, may be stored and γ in the microcomputer 27, the user of the predetermined area range only, so as to specify a desired color object x, object y of object x, for the purposes y in predetermined region, the D coefficient α by linear interpolation, beta, and so γ is determined. これにより、画像信号の送信γによる不整合が生じてしまうことを抑制することができるとともに、D係数値を求めるための計算の負担を軽減させることができる。 Thus, the mismatch by transmitting γ of the image signal can be suppressed that occurs, it is possible to reduce the burden of calculation for obtaining the D coefficient values.

図9は、表示デバイス3に表示される画面の例を示している。 Figure 9 shows an example of a screen displayed on the display device 3.

図9の例においては、表示デバイス3の画面は、テレビジョン受像機1に入力される画像信号(本線の画像信号)に対応する画像181と、画像181を透過させるように、画像181の右下に配置されているユーザインタフェース用の画像182で構成されている。 In the example of FIG. 9, the screen of the display device 3, an image 181 corresponding to the image signal input to the television receiver 1 (image signal main line), to transmit the image 181, the right image 181 It is composed of an image 182 for a user interface arranged on the lower.

すなわち、ユーザインタフェース用の画像182は、マイクロコンピュータ27からの情報を基に、グラフィック生成部28が生成したユーザインタフェース用の画像信号Gg,Bg,Rgに対応するものであり、ユーザインタフェース用の画像信号Gg,Bg,Rgが、本線の画像信号に重畳されることで、画像181に、ユーザインタフェース用の画像182が重畳された画面が表示デバイス3に表示される。 That is, the image 182 for the user interface, based on information from the microcomputer 27, the image signal Gg for user interface graphic generation unit 28 has generated, Bg, are those corresponding to Rg, images for the user interface signal Gg, Bg, Rg is, by being superimposed on the image signals of the main line, the image 181, image 182 for the user interface is superimposed screen is displayed on the display device 3.

なお、このユーザインタフェース用の画像182は、画像181を透過させるよう、αブレンディングなどで重畳表示させてもよいし、本線の画像信号に対応する画像181とは、完全にスイッチさせて、ユーザインタフェース用の画像182のみを表示デバイス3に表示させることもできる。 Note that the image 182 for the user interface, so as to transmit the image 181, may also be superimposed in such α blending, the image 181 corresponding to the image signal main line, completely is switched, the user interface It may be displayed only the image 182 of the use to the display device 3.

表示デバイス3には、ユーザインタフェース用の画像182として、図6のxy色度図の最大色領域101に対応する三角色度図201が表示され、さらに、三角色度図201上には、ユーザが指示することができる4つの色、W(白),G(緑),B(青),R(赤)の対象領域211乃至214、および、各対象領域211乃至214に対して、ユーザが所望する色変換後の目的x,目的yの位置を示す目的点221乃至224が表示されている。 The display device 3, an image 182 for the user interface displays the triangular chromaticity diagram 201 corresponding to the maximum color area 101 of the xy chromaticity diagram of FIG. 6, further, on the triangular chromaticity diagram 201, the user four colors but can be indicated, W (white), with respect to G (green), B (blue), the target area 211 to 214 of R (red), and each target region 211 to 214, the user the purpose x after the desired color conversion, the object point 221 to 224 indicating the desired position y is displayed.

なお、説明の便宜上、三角色度図201は、枠しか示されていないが、実際には、三角色度図201内を、各色を連続して結ぶようなグラデーションで表示することもできる。 For convenience of description, the triangular chromaticity diagram 201 is not shown only the frame, in fact, a triangular chromaticity diagram 201, can be displayed in the gradient, such as to connect in succession each color. また、各対象領域211乃至214には、それぞれの対象領域が対応する色(白、緑、青、赤)がわかるように、対応する符号W,G,B,Rが示されているが、例えば、各対象領域211乃至214を、それぞれが対応する色で塗りつぶして表示することもできる。 In addition, each target region 211 to 214, the color in which each target area corresponding (white, green, blue, red) as is known, the corresponding code W, G, B, but R is shown, for example, each region of interest 211 to 214, respectively may be displayed by filling in the corresponding color.

例えば、ユーザは、まず、変換したい色を概ね選ぶために、リモートコントローラ2を操作することで、ユーザインタフェース用の画像182の4つの色W(白),G(緑),B(青),R(赤)の対象領域211乃至214から、1つの領域を選択し、選択した対象領域211乃至214について、それぞれの位置や大きさを、テレビジョン受像機1に入力する。 For example, the user first, to select a color to be converted generally by operating the remote controller 2, four color W image 182 for the user interface (white), G (green), B (blue), from the target area 211 to 214 of R (red), and selects one region, the target region 211 to 214 were selected, each of the position and size, and inputs to the television receiver 1.

なお、図9の例においては、4つの色の対象領域しか示されていないが、テレビジョン受像機1においては、実際には、8つの色の対象領域を設定することが可能であるので、ユーザは、8つの対象領域を選択することができる。 In the example of FIG. 9, but shows only four colors of the target area, in the television receiver 1, in practice, since it is possible to set a target area of ​​the eight colors, the user may select the eight target area. また、図9のユーザインタフェース用の画像182においては、ユーザのリモートコントローラ2の操作によりG(緑)の対象領域212が選択されたことで、対象領域212と目的点222が太線で目立つように示されている。 In the image 182 for the user interface of FIG. 9, by target region 212 of the G (green) is selected by the operation of the remote controller 2 of the user, as the target area 212 and the target point 222 is conspicuous with a thick line It is shown.

次に、ユーザは、リモートコントローラ2を操作することで、選択した対象領域内の目的点(例えば、G(緑)の対象領域212内の目的点222)を、その対象領域内で、上下左右に動かすことで、色変換後になってほしい色の方向を、テレビジョン受像機1に入力することができる。 Then, user operates the remote controller 2, a target point in the target region selected (e.g., G (object point 222 in the target region 212 of the green)), in the target region, vertical and horizontal by moving in, the direction of the color you want at a later color conversion, can be input to the television receiver 1.

これに対応して、テレビジョン受像機1は、目的点222に対応する目的x,目的yを設定し、目的x,目的yに応じたD係数値を求める。 Correspondingly, the television receiver 1 sets the object x, the purpose y corresponding to the target point 222, obtains object x, the D coefficient values ​​according to the purpose y.

これにより、求められたD係数値に基づいて3×3のマトリクスが変更され、変更された3×3のマトリクスが算術演算されることで、入力される画像信号が色変換されるので、表示デバイス3に表示される画像182の目的点222の移動に連動して、画像181の色も変更される。 Thus, a matrix of 3 × 3 on the basis of the D coefficient values ​​determined changes, by a 3 × 3 matrix is ​​changed is an arithmetic operation, since the input image signal is a color conversion, a display in conjunction with the movement of the target point 222 of the image 182 to be displayed on the device 3, the color of the image 181 is also changed.

図10を参照して、図9のユーザインタフェース用の画像182についてさらに詳しく説明する。 Referring to FIG. 10, described in more detail image 182 for the user interface of FIG.

図10の例においては、表示領域を、縦200ドット(dot)、横200ドット(dot)とし、横軸は、色度のx、縦軸は、色度のyに対応させたユーザインタフェース用の画像182が示されている。 In the example of FIG. 10, the display region, vertical 200 dots (dot), and horizontal 200 dots (dot), the horizontal axis represents the chromaticity of x, vertical axis, for the user interface to correspond to the y chromaticity image 182 is shown in. また、x,yの範囲を、それぞれ、0乃至1とすることで、1ドット(dot)の分解能が、0.005となる。 Further, x, the range of y, respectively, by a 0 to 1, a resolution of 1 dot (dot) becomes 0.005. これにより、対象領域のxmin,xmax,ymin,ymaxを設定するハードウエアと画像表示との対応がとりやすくすることができる。 This allows xmin region of interest, xmax, ymin, be correspondingly readily made of hardware and image display for setting ymax. なお、分解能の0.005については、見た目に色が変わって見える検知限に近いという利点もある。 It should be noted that, for 0.005 of the resolution, there is also an advantage that close to the detection limit look color to the eye is changed.

ユーザインタフェース用の画像182における三角色度図201は、xy色度図において、純粋なG,B,Rにおけるx,y色度値が既定されているので、容易に描画可能である。 Triangular chromaticity diagram 201 of an image 182 for the user interface, in the xy chromaticity diagram, pure G, B, x in R, since y chromaticity value is predetermined, it is easily drawn. 例えば、ITU-BT601系を採用しているNTSCにおけるx,yは、次の式(42)で示される。 E.g., x in the NTSC employing a ITU-BT601 system, y is expressed by the following equation (42).

ITU-BT709系を採用しているHDTVにおけるx,yは、次の式(43)に示される。 x in HDTV employing the ITU-BT709 system, y are shown in the following equation (43).

したがって、三角色度図201は、これらの3点(純粋なG,B,R)の座標(x,yの値)を結ぶことによって表示可能であり、この3点の座標を結ぶ描画は、マイクロコンピュータ27により、内蔵するメモリに記憶されている所定のプログラムを基に行われる。 Thus, the triangular chromaticity diagram 201 is displayable by connecting these three points (pure G, B, R) the coordinates (x, the value of y) of the drawing connecting the coordinates of the three points, the microcomputer 27 is performed based on a predetermined program stored in the internal memory. この三角色度図201の描画データは、グラフィック生成部28に供給される。 The drawing data of the triangular chromaticity diagram 201 is supplied to the graphic generation unit 28.

ここで、図10のユーザインタフェース用の画像182には、図9の三角色度図201、ユーザが指示することができる4つの色W(白),G(緑),B(青),R(赤)の対象領域211乃至214、および、ユーザが所望する変換後の目的x,目的y221乃至224の他に、各対象領域211乃至214に対応して、各対象領域211乃至214よりも少し大きめの最大値領域251乃至254が点線で示されている。 Here, the image 182 for the user interface of FIG. 10, the triangular chromaticity diagram 201 of FIG. 9, four color W which the user can instruct (white), G (green), B (blue), R target region 211 to 214 (red) and, an object of the converted user desires x, for other purposes y221 to 224, corresponding to each target region 211 to 214, a little than the target region 211 to 214 larger maximum area 251 to 254 is indicated by a dotted line.

この最大値領域251乃至254は、既定D係数値を予め記憶させておく場合に、予め設定される所定領域であり、図7を参照して上述したように、マイクロコンピュータ27には、各最大値領域251乃至254の4つの角それぞれに対して、既定D係数α、β、γが記憶されている。 The maximum area 251 through 254, if allowed to pre-stored default D coefficient values ​​a predetermined region set in advance, as described above with reference to FIG. 7, the microcomputer 27, the maximum against each of the four corners of the value area 251 to 254, the default D coefficients alpha, beta, gamma are stored.

また、最大値領域251乃至254は、実際には、ユーザインタフェース用の画像182としては表示されないが、例えば、ユーザがG(緑)の対象領域212を選んだ場合、この最大値領域252内でしか、その対象領域212の位置とその大きさを指示することができないように内部的に設定されている。 The maximum value area 251 to 254, in fact, not displayed as an image 182 for the user interface, for example, if the user selects a target region 212 of the G (green), with this maximum area within 252 However, it is internally set to be unable to indicate the position and its size of the target area 212. したがって、最大値領域252外において、対象領域212の位置とその大きさを指示しようとしても、対象領域212の位置や大きさは、指示したようには設定されず、例えば、もとの状態のままとなる。 Accordingly, the outside maximum area 252, even if an attempt is indicated with the location and size of the target area 212, the position and the size of the target area 212, is as instructed not set, for example, the original state left to become.

一方、ユーザがG(緑)の対象領域212を選んだ場合、この最大値領域252内でなら、例えば、対象領域212の形でも、対象領域212Aの形でも、自由にその位置や大きさを指示することは可能である。 On the other hand, if the user selects a target region 212 of the G (green), if this maximum area within 252, for example, be in the form of a target region 212, also in the form of a target region 212A, freely its position and size it is possible to instruct.

例えば、ユーザにより位置や大きさが指示された結果、マイクロコンピュータ27は、対象領域212のxmin,xmax,ymin,ymaxを設定し、設定されたxmin,xmax,ymin,ymaxに相当する領域を長方形で囲む、または、塗りつぶすような対象領域212の描画データを生成し、生成した対象領域212の描画データと、設定されたxmin,xmax,ymin,ymaxをグラフィック生成部28に供給する。 For example, as a result of the position and size of the user is instructed, the microcomputer 27, xmin of the target region 212, xmax, ymin, set the ymax, set xmin, rectangular xmax, ymin, a region corresponding to ymax enclosed in, or generates drawing data of the target area 212 as fill, and supplies the drawing data of the generated target region 212, the set xmin, xmax, ymin, the graphic generation unit 28 to ymax.

グラフィック生成部28は、三角色度図201の描画データ上における、マイクロコンピュータ27により設定されたxmin,xmax,ymin,ymaxの位置に、対象領域212の描画データを配置させて、ユーザインタフェース用の画像信号Gg,Bg,Rgを生成し、グラフィック重畳部25に供給する。 Graphic generation unit 28, on the drawing data of the triangular chromaticity diagram 201, xmin set by the microcomputer 27, xmax, ymin, the position of the ymax, by placing the drawing data of the target area 212, for user interface image signals Gg, Bg, generates Rg, and supplies the graphic superimposing unit 25.

グラフィック重畳部25は、入力される画像信号Gn,Bn,Rnと、グラフィック生成部28からの画像信号Gg,Bg,Rgを重畳し、重畳した画像信号Gm,Bm,Rmに対応する画面を、表示デバイス3に表示させる。 Graphic superimposing unit 25, an image signal Gn that is input, Bn, and Rn, the image signals Gg from the graphic generation unit 28, Bg, superimposes the Rg, superimposed image signals Gm, Bm, a screen corresponding to Rm, to be displayed on the display device 3. これにより、表示デバイス3には、図9に示されるような、画像181に、ユーザインタフェース用の画像182が重畳された画面が表示される。 Thus, the display device 3, as shown in FIG. 9, the image 181, image 182 for the user interface is superimposed screen is displayed.

次に、ユーザは、位置と大きさを指示したG(緑)の対象領域212内の目的点222を、対象領域212内で、上下左右に動かすことで、色変換後になってほしい色の方向や変換度合いの大きさを、テレビジョン受像機1に入力することができる。 Next, the user, a target point 222 in the target region 212 of the G who instructed the position and size (green), in the region of interest 212, by moving in the vertical and horizontal direction of the color you want at a later color conversion the size of or conversion degree, can be input to the television receiver 1.

すなわち、ユーザは、対象領域212の場合、点線矢印に示されるように、対象領域212の重心のx,y値が、目的点222のx,y値になるように変換後の所望の目的点222を移動させて、色変換後になってほしい色の方向や変換度合いの大きさを、テレビジョン受像機1に入力する。 That is, the user, when the target area 212, as indicated by a dotted arrow, the center of gravity of x of the target region 212, y value, the desired target point after conversion so that the x, y values ​​of the object point 222 222 is moved, and the magnitude of the direction or conversion degree of color you want at a later color conversion, and inputs to the television receiver 1.

例えば、G(緑)の対象領域212Aの位置と大きさが指示され、G(緑)の対象領域212Aが設定された場合には、ユーザは、G(緑)の対象領域212A内の目的点222Aを、対象領域212A内で、上下左右に動かすことで、色変換後になってほしい色の方向や変換度合いの大きさを、テレビジョン受像機1に入力することができる。 For example, the position and size of the target region 212A of the G (green) is indicated, when the target region 212A of the G (green) is set, the user object point in the target region 212A of the G (green) 222A and within the target region 212A, by moving vertically and horizontally, a size of the direction or conversion degree of color you want at a later color conversion can be input to the television receiver 1.

この場合、目的点222Aが、マイクロコンピュータ27に入力されると、マイクロコンピュータ27は、目的点222Aに対応する目的x,目的yを設定し、設定された目的x,目的yと、目的点222Aを表す描画データを、グラフィック生成部28に供給する。 In this case, object point 222A is inputted to the microcomputer 27, the microcomputer 27, the purpose x corresponding to the target point 222A, to set the desired y, the set object x, and purpose y, destination point 222A the drawing data representing, supplied to the graphic generation unit 28.

これに対応して、グラフィック生成部28は、三角色度図201の描画データ上における、マイクロコンピュータ27により設定されたxmin,xmax,ymin,ymaxの位置に、対象領域212Aの描画データが配置され、設定された目的x,目的yの位置に、目的点222Aの描画データが配置される画像信号Gg,Bg,Rgを生成し、グラフィック重畳部25に供給する。 Correspondingly, the graphic generation unit 28, on the drawing data of the triangular chromaticity diagram 201, xmin set by the microcomputer 27, xmax, ymin, the position of the ymax, the drawing data of the target region 212A is arranged , set purpose x, to the desired position y, generates image signals Gg drawing data of target point 222A is arranged, Bg, and Rg, and supplies the graphic superimposing unit 25.

なお、このとき、マイクロコンピュータ27は、設定された目的x,目的yに対するD係数αset、βset、γsetを、図8を参照して上述したように、最大値領域251乃至254の4つの角の既定D係数α、β、γを用いて、線形補間により求め、D係数αset、βset、γsetを、マトリクス生成部22に供給する。 At this time, the microcomputer 27 is set purpose x, D coefficient αset for purposes y, [beta] set, the Ganmaset, as described above with reference to FIG. 8, the four corners of the maximum value area 251 to 254 default D coefficients alpha, beta, using gamma, determined by linear interpolation, D coefficients αset, βset, the Ganmaset, supplies the matrix generator 22.

マトリクス生成部22は、目的x,目的yに応じて求められたD係数αset、βset、γsetに基づいた3×3のマトリクスを生成し、マトリクス演算部23に供給するので、マトリクス演算部23により、3×3のマトリクスを用いた画像信号の色変換が行われ、色変換が行われた画像信号が、RGB変換部24を介して、グラフィック重畳部25に供給される。 Matrix generator 22, the purpose x, D coefficients αset obtained in accordance with the purpose y, [beta] set, generates a 3 × 3 matrix based on Ganmaset, because supplied to a matrix arithmetic unit 23, the matrix operation unit 23 , color conversion of an image signal using a 3 × 3 matrix is ​​performed, an image signal in which the color conversion has been performed, via the RGB converter 24 is supplied to the graphic superimposing unit 25.

そして、グラフィック重畳部25は、グラフィック生成部28からのユーザインタフェース用の画像182を表示するための画像信号Gg,Bg,Rgと、マトリクス演算部23からの色変換された画像信号Gn,Bn,Rnを重畳し、重畳した画像信号Gm,Bm,Rmに対応する画面を、表示デバイス3に表示させる。 Then, the graphic superimposing unit 25, an image signal Gg for displaying an image 182 for the user interface from the graphic generation unit 28, Bg, Rg and an image signal Gn whose color has been converted from the matrix operation unit 23, Bn, superimposing the rn, superimposed image signals Gm, Bm, a screen corresponding to Rm, is displayed on the display device 3.

これにより、目的点222Aが移動表示されたユーザインタフェース用の画像182が、目的点222Aの移動に応じて色変換された(すなわち、対象領域212Aの重心のx,y値が、目的点222Aのx,y値になるように、そして、対象領域212Aの重心以外のx,y値は、領域値k(対象領域212Aの重心からの距離)に応じて色変換された)画像181に重畳された画面が、表示デバイス3に表示される。 Thus, the image 182 for the user interface object point 222A is moved displays, color has been converted in accordance with the movement of the target point 222A (i.e., the center of gravity of the target area 212A x, y value, the desired point 222A x, so that the y value, then the center of gravity than the x, y values ​​of the target region 212A was color conversion in accordance with the area value k (distance from the center of gravity of the target area 212A)) is superimposed on the image 181 screen is displayed on the display device 3.

以上のように、表示デバイス3に、x,y色度図を表し、対象領域や目的点が配置される三角色度図201を表示させるようにしたので、ユーザは、表示デバイス3に表示される(すなわち、表示デバイスの特性のもと、表示される)画像を見ながら、変化させたい色を直感的に指示することができ、色変換の操作を簡単に行うことができる。 As described above, the display device 3, x, represents the y chromaticity diagram. Thus to display the triangular chromaticity diagram 201 of the target area and target point is located, the user is displayed on the display device 3 that (i.e., the original characteristics of the display device, a display to) while viewing the image, the color to be changed intuitively can tell, it is possible to easily perform the operation of the color conversion.

これにより、表示デバイスの特性やユーザの好みに応じて、画像信号の任意の色を、所望の任意の色へ変換することができる Thus, depending on the preference of the display device characteristics and user, any color image signals can be converted into any desired color

次に、図11のフローチャートを参照して、ユーザのリモートコントローラ2の操作に対応して実行されるテレビジョン受像機1の処理について説明する。 Next, with reference to the flowchart of FIG. 11 describes the processing of the television receiver 1 in response to an operation of the remote controller 2 of the user is executed.

テレビジョン受像機1においては、例えば、初期値として、または、前回ユーザにより指示されて、設定されている各対象領域のxmin,xmax,ymin,ymaxや各目的x,目的yと、各目的x,目的yに応じて求められたD係数値が用いられて、図12を参照して後述するように色変換が行われ、色変換された画像信号に対応する画像が表示デバイス3に表示されている。 In the television receiver 1, for example, as an initial value, or is indicated by the previous user, xmin of each target area set, xmax, ymin, ymax and each object x, and purpose y, each object x , and D coefficient values ​​is used obtained according to the purpose y, color conversion is performed as described below with reference to FIG. 12, the image corresponding to the color converted image signal is displayed on the display device 3 ing.

例えば、ユーザがリモートコントローラ2を操作することで、テレビジョン受像機1に色変換モードを指示する。 For example, the user operates the remote controller 2 instructs the color conversion mode to the television receiver 1. マイクロコンピュータ27は、受光部26を介して、ユーザの操作に対応する指示信号を受けると、ステップS31において、表示デバイス3に、図9の三角色度図201を表示させる。 The microcomputer 27 via the light receiving unit 26 receives an instruction signal corresponding to a user operation, in step S31, the display device 3 to display the triangular chromaticity diagram 201 of FIG.

すなわち、マイクロコンピュータ27は、三角色度図201の描画データ、例えば、初期値として、または、前回ユーザにより指示されて、設定されている各対象領域のxmin,xmax,ymin,ymaxとそれらの描画データ、および各対象領域に対応する各目的x,目的yとそれらの描画データを、グラフィック生成部28に供給する。 That is, the microcomputer 27, the drawing data of the triangular chromaticity diagram 201, for example, as an initial value, or is indicated by the previous user, xmin of each target area set, xmax, ymin, ymax and drawing thereof data, and each object x corresponding to each target region, the target y and their drawing data, and supplies the graphic generation unit 28.

グラフィック生成部28は、マイクロコンピュータ27からの情報に基づいて、三角色度図201上に、各対象領域および各目的点を配置させたユーザインタフェース用の画像182を表示するための画像信号Gg,Bg,Rgを生成し、生成した画像信号Gg,Bg,Rgを、グラフィック重畳部25に供給する。 Graphic generation unit 28, based on information from the microcomputer 27, on the triangular chromaticity diagram 201, an image signal for displaying an image 182 for the user interface to place each target area and the target point Gg, bg, generates Rg, generated image signals Gg, bg, and Rg, and supplies the graphic superimposing unit 25. グラフィック重畳部25は、本線の画像信号Gn,Bn,Rnに、グラフィック生成部28からの画像信号Gg,Bg,Rgを重畳し、重畳した画像信号Gm,Bm,Rmに対応する画面を、表示デバイス3に表示させる。 Graphic superimposing unit 25, an image signal Gn of the main line, Bn, to Rn, the image signals Gg from the graphic generation unit 28, Bg, superimposes the Rg, superimposed image signals Gm, Bm, a screen corresponding to Rm, the display to be displayed on the device 3.

これにより、図9に示されるような画面が表示デバイス3に表示される。 Thus, a screen as shown in FIG. 9 is displayed on the display device 3.

ステップS32において、マイクロコンピュータ27は、変化させたい色が選択されたか否かを判定する。 In step S32, the microcomputer 27, the color to be changed is determined whether the selected. 例えば、ユーザが、変化させたい色を概ね選ぶために、表示デバイス3に表示される画面を見て、リモートコントローラ2を操作することで、G(緑)の対象領域212を選んだ場合、マイクロコンピュータ27は、変化させたい色が選択されたと判定し、処理は、ステップS33に進む。 For example, the user, to choose the colors to be changed substantially, watching a screen displayed on the display device 3, by operating the remote controller 2, if you select the object region 212 of the G (green), Micro computer 27 determines that the color to be changed is selected, the process proceeds to step S33.

ステップS33において、マイクロコンピュータ27は、表示デバイス3に表示されている、ユーザにより選択された対象領域212およびその目的点222に太枠をつけて、ハイライト表示させる。 In step S33, the microcomputer 27 is displayed on the display device 3, with a thick frame in the target region 212 and the target point 222 that selected by the user, it is highlighted.

すなわち、マイクロコンピュータ27は、ユーザにより選択された対象領域212およびその目的点222を、太枠をつけて描画し、その描画データをグラフィック生成部28に供給し、グラフィック生成部28は、描画データを用いて、画像信号Gg,Bg,Rgを生成し、グラフィック重畳部25を介して、表示デバイス3に表示させる。 That is, the microcomputer 27, a target area 212 and target point 222 that is selected by the user, drawn with a thick frame, and supplies the drawing data to the graphic generation unit 28, a graphic generation unit 28, drawing data using the image signals Gg, Bg, generates Rg, via the graphic superimposing unit 25, and displays on the display device 3.

これにより、表示デバイス3の三角色度図201上には、ユーザにより選択された色である、対象領域212およびその目的点222が、太枠が付されて、ハイライト表示される。 Thus, on the triangular chromaticity diagram 201 of the display device 3 is a color selected by the user, the target area 212 and target point 222 that is, are given the thick frame is highlighted.

ステップS34において、マイクロコンピュータ27は、選択された色の範囲が指示されたか否かを判定する。 In step S34, the microcomputer 27 determines whether the range of the selected color is instructed. 例えば、ユーザは、リモートコントローラ2を操作することで、選択した対象領域212について、(最大値領域252内で、)位置や大きさを指示する。 For example, the user, by operating the remote controller 2, the target region 212 selected, (in the maximum region 252) indicating a position and size. この場合、マイクロコンピュータ27は、ステップS34において、選択された色の範囲が指示されたと判定し、処理は、ステップS35に進む。 In this case, the microcomputer 27, in step S34, determines that the range of the selected color is instructed, the process proceeds to step S35.

ステップS35において、マイクロコンピュータ27は、対象領域212のxmin,xmax,ymin,ymaxを設定する。 In step S35, the microcomputer 27, xmin of the target region 212, xmax, ymin, sets the ymax. そして、マイクロコンピュータ27は、設定された対象領域212のxmin,xmax,ymin,ymaxを領域値演算部21にも供給するとともに、設定されたxmin,xmax,ymin,ymaxに相当する対象領域212の描画データを生成する。 Then, the microcomputer 27, xmin of the target region 212 that is set, xmax, ymin, with also supplied to the region value calculation unit 21 to ymax, set xmin, xmax, ymin, the target region 212 corresponding to ymax to generate the drawing data.

ステップS36において、マイクロコンピュータ27は、生成した対象領域212の描画データと、設定された対象領域212のxmin,xmax,ymin,ymaxをグラフィック生成部28に供給して、表示デバイス3に表示される、対象領域212の大きさ、位置を、移動、拡大、または縮小させる。 In step S36, the microcomputer 27 includes a drawing data generated target area 212, xmin of the target region 212 that is set, xmax, ymin, supplies ymax to the graphic generation unit 28 and displayed on the display device 3 , the size of the target region 212, the position, movement, enlargement, or to shrink.

すなわち、グラフィック生成部28は、マイクロコンピュータ27からの情報(x,y値と描画データ)を用いて、画像信号Gg,Bg,Rgを生成し、グラフィック重畳部25を介して、表示デバイス3に表示させる。 In other words, the graphic generation unit 28 uses the information from the microcomputer 27 (x, y values ​​and drawing data), image signals Gg, Bg, generates Rg, via the graphic superimposing unit 25, a display device 3 to be displayed.

これにより、表示デバイス3の三角色度図201上には、ユーザにより選択された色である、対象領域212の大きさ、位置が、移動、拡大、または縮小されて表示される。 Thus, on the triangular chromaticity diagram 201 of the display device 3 is a color selected by the user, the size of the target region 212, position, movement, is enlarged or a reduced display.

ステップS37において、マイクロコンピュータ27は、選択された対象領域の目的点が移動されたか否かを判定する。 In step S37, the microcomputer 27 determines whether or not the target point of the selected target region is moved. 例えば、ユーザは、リモートコントローラ2を操作することで、選択した対象領域212内の目的点222を、対象領域212内で、上下左右に動かすことで、色変換後になってほしい色の方向や色変換の度合いを、テレビジョン受像機1に指示する。 For example, the user, by operating the remote controller 2, a target point 222 in the target area 212 selected, in the region of interest 212, by moving vertically and horizontally, the color you want at a later color conversion direction or color the degree of conversion, to instruct the television receiver 1.

これに対応して、ステップS37において、マイクロコンピュータ27は、選択された対象領域の目的点が移動されたと判定し、処理は、ステップS38に進む。 Correspondingly, in step S37, the microcomputer 27 determines that the target point of the selected target region is moved, the process proceeds to step S38.

ステップS38において、マイクロコンピュータ27は、目的点222の目的x,目的yを設定し、設定された目的x,目的y を、グラフィック生成部28に供給する。 In step S38, the microcomputer 27, the purpose x object point 222, to set the desired y, the set aim x, a target y, is supplied to the graphic generation unit 28. グラフィック生成部28は、設定された目的x,目的yの位置に、目的点222の描画データが配置される画像信号Gg,Bg,Rgを生成し、グラフィック重畳部25に供給する。 Graphic generation unit 28, the set object x, to the desired position y, generates image signals Gg drawing data of target point 222 is arranged, Bg, and Rg, and supplies the graphic superimposing unit 25.

また、ステップS39において、マイクロコンピュータ27は、設定された目的x,目的yに対するD係数値を求め、マトリクス生成部22に供給する。 Further, in step S39, the microcomputer 27 is set purpose x, obtains the D coefficient values ​​for the purpose y, and supplies to the matrix generator 22. 具体的には、図8を参照して上述したように、マイクロコンピュータ27は、設定された目的x,目的yに対するD係数αset、βset、γsetを、最大値領域252の4つの角の既定D係数α、β、γを用いて、線形補間により求め、求めた目的x,目的yに対するD係数αset、βset、γsetを、マトリクス生成部22に供給する。 Specifically, as described above with reference to FIG. 8, the microcomputer 27 is set purpose x, D coefficient αset for purposes y, [beta] set, the default D of the Ganmaset, 4 two corners of the maximum value region 252 coefficient alpha, beta, using gamma, determined by linear interpolation, object determined x, D coefficient αset for purposes y, [beta] set, the Ganmaset, supplies the matrix generator 22.

このD係数αset、βset、γsetと領域値kに基づき、後述する図12のステップS67において、マトリクス生成部22により、3×3のマトリクスが生成され、生成されたマトリクスが用いられて、色変換された画像信号が、RGB変換部24を介して、グラフィック重畳部25に供給される。 The D factor Arufaset, [beta] set, based on γset and area value k, in step S67 of FIG. 12 to be described later, by the matrix generator 22, 3 × 3 matrix is ​​generated and used generated matrix, color conversion image signal, via the RGB converter 24 is supplied to the graphic superimposing unit 25.

したがって、ステップS40において、グラフィック重畳部25は、グラフィック生成部28からのユーザインタフェース用の画像182を表示するための画像信号Gg,Bg,Rgと、マトリクス演算部23からの色変換された画像信号Gn,Bn,Rnを重畳し、重畳した画像信号Gm,Bm,Rmに対応する画面を、表示デバイス3に表示させることで、表示デバイス3に、目的点が移動された色度図とともに、移動された目的点に応じて色変換された画像を表示させる。 Therefore, in step S40, the graphic superimposing unit 25, an image signal Gg for displaying an image 182 for the user interface from the graphic generation unit 28, Bg, Rg and color converted image signal from the matrix calculator 23 Gn, Bn, superimposes the Rn, superimposed image signals Gm, Bm, a screen corresponding to Rm, by displaying on the display device 3, a display device 3, together with the chromaticity diagram object point is moved, the movement and displays an image that has undergone color conversion in accordance with the purpose points.

すなわち、ステップS40においては、三角色度図201上において目的点222が移動されたユーザインタフェース用の画像182が、目的点222の移動に応じて色変換された画像181に重畳された画面が表示デバイス3に表示される。 That is, in step S40, the image 182 for the user interface object point 222 is moved on the triangular chromaticity diagram 201, the current screen is displayed superimposed on the image 181 that has undergone color conversion in accordance with the movement of the target point 222 It is displayed on the device 3.

ステップS32において、変化させたい色が選択されていないと判定された場合、ステップS34において、選択された色の範囲が指示されていないと判定された場合、または、ステップS37において、選択された対象領域の目的点が移動されていないと判定された場合、処理は、ステップS41に進み、マイクロコンピュータ27は、所定の時間が経過したか否かを判定する。 In step S32, if the color to be changed is determined not to be selected, in step S34, if the range of the selected color is determined not to be instructed, or subject in step S37, the selected If the desired point of the area is determined not to have been moved, the process proceeds to step S41, the microcomputer 27 determines whether a predetermined time has elapsed.

すなわち、リモートコントローラ2を介して、最後にユーザの操作が入力されてから所定の時間が経過した場合、マイクロコンピュータ27は、色変換モードを終了し、この処理を終了する。 That is, through the remote controller 2, the last when the time from the user's operation is input a predetermined has elapsed, the microcomputer 27 terminates the color conversion mode, the processing ends.

なお、最後にユーザの操作が入力されてから所定の時間が、まだ経過していないと判定された場合、処理は、ステップS32に戻り、それ以降の処理を繰り返す。 Incidentally, the last time from the input of the user's operation of a predetermined in is if it is determined not to have elapsed yet, the process returns to step S32, and the process thereafter is repeated.

以上のように、x,y色度値を用いての色変換において、表示デバイス3に、対象領域や目的点が配置される三角色度図201を表示させるようにしたので、テレビジョン受像機1においては、色変換処理と描画処理に関して整合性がとりやすい。 As described above, x, in the color conversion using the y chromaticity value, the display device 3. Thus to display the triangular chromaticity diagram 201 of the target area and target point is located, the television receiver in 1, it is likely to take consistency in terms of color conversion processing and drawing processing. また、ユーザは、表示デバイスの特性に応じて表示される三角色度図を見ながら、変化させたい色を直感的に指示することができるので、色変換の操作を簡単に行うことができる。 The user, while looking at the triangular chromaticity diagram displayed in accordance with the characteristics of the display device, it is possible to intuitively direct the color desired to be changed, can be easily performed operation of the color conversion.

したがって、テレビジョン受像機1においては、表示デバイスの特性やユーザの好みに応じて、画像信号の任意の色を、所望の任意の色へ変換させることができる。 Thus, in the television receiver 1, in accordance with the preference of the characteristics and the user display device, any color image signals can be converted into any desired color.

次に、図12のフローチャートを参照して、テレビジョン受像機1の色変換処理を説明する。 Next, with reference to the flowchart of FIG. 12, for explaining the color conversion processing of the television receiver 1. すなわち、この色変換処理は、図11の処理により設定された対象領域や目的x,目的y、および目的x,目的yに応じて求められたD係数値が用いられて、リアルタイムに行われる処理である。 That is, the color conversion processing, set target region or object x by the process of FIG. 11, the purpose y, and object x, and D coefficient values ​​determined in accordance with the intended y is used, is performed in real-time processing it is.

画像信号(Y色差信号)Yo,CBo,CRoは、領域値演算部21およびマトリクス演算部23に入力される。 Image signal (Y color difference signals) Yo, CBO, CRo is input to the region value calculation unit 21 and the matrix operation unit 23.

ステップS61において、領域値演算部21のGBR変換部41は、入力される画素のY色差信号Yo,CBo,CRoを、G,B,R信号に変換する。 In step S61, GBR conversion unit 41 of the region value calculation unit 21, the pixels input Y color difference signals Yo, CBO, the CRo, converts G, B, the R signal. GBRに変換された信号は、リニアγ補正部42に供給される。 Converted signal to a GBR is supplied to the linear γ correction unit 42.

ステップS62において、リニアγ補正部42は、GBR変換部41からのG,B,R信号を1で正規化し、正規化したG,B,R信号に、γの近似を行うことで、リニアγ補正を行い、リニアγ補正後の信号Gγ,Bγ,Rγを、XYZ変換部43に供給する。 In step S62, the linear gamma correction unit 42, G from GBR conversion unit 41, B, normalized to 1 for R signals, normalized G, B, the R signal, by performing an approximation of gamma, linear gamma corrects, linear γ corrected signal G.gamma, Biganma, the R?, and supplies the XYZ conversion unit 43.

ステップS63において、XYZ変換部43は、リニアγ補正部42からのGγ,Bγ,Rγに変換された信号を、X,Y,Z信号に変換し、変換したX,Y,Z信号を、xy変換部44に供給する。 In step S63, XYZ conversion unit 43, G.gamma from the linear γ correction unit 42, Biganma, the converted signal to the R?, X, Y, and converts the Z signal, and converts X, Y, and Z signals, xy and supplies to the converter 44.

ステップS64において、xy変換部44は、X,Y,Zに変換された信号から、Yxyを求め、求めたx,yをエリア選択部51に供給する。 In step S64, xy conversion part 44, X, Y, and supplies the signal converted into Z, obtains the Yxy, obtained x, y to the area selection section 51.

ここで、マイクロコンピュータ27は、例えば、初期値が設定されている場合には、初期値の各対象領域のxmin,xmax,ymin,ymaxをエリア選択部51およびセレクタ52に予め供給しており、さらに、図11のステップS36において、各対象領域のxmin,xmax,ymin,ymaxが設定される度に、設定された各対象領域のxmin,xmax,ymin,ymaxを、エリア選択部51およびセレクタ52に供給している。 Here, the microcomputer 27 is, for example, if the initial value is set, xmin of each target region of the initial value, xmax, ymin, in advance, supplied to the area selection section 51 and the selector 52 to ymax, further, in step S36 in FIG. 11, xmin each target region, xmax, ymin, each time a ymax is set, xmin each target region set, xmax, ymin, a ymax, area selection section 51 and a selector 52 It is supplied to.

ステップS65において、エリア選択部51は、xy変換部44からのx,yが含まれる対象領域のエリアナンバn(0≦n≦7)を選択し、選択したエリアナンバnを、セレクタ52、セレクタ71、セレクタ72、距離計算部73、およびマトリクス生成部22に供給する。 In step S65, the area selection unit 51, x from the xy conversion unit 44, y to select an area of ​​the target region number n (0 ≦ n ≦ 7) that contains the area number n selected, the selector 52, the selector 71, and supplies the selector 72, the distance calculation unit 73, and the matrix generating unit 22. なお、ステップS65において、xy変換部44からのx,yがどの対象領域にも含まれない場合、n=8が選択される。 Note that, in step S65, x from the xy conversion unit 44, if y is not included in any region of interest, n = 8 is chosen.

ステップS66において、正規化部53および領域値算出部46は、領域値kを求める。 In step S66, the normalization unit 53 and the region value calculation unit 46 calculates the region values ​​k.

すなわち、セレクタ52は、選択したyminを、演算器61−2および演算器62−2に供給し、選択したymaxを、演算器62−2のみに供給する。 That is, the selector 52 supplies the ymin selected, and supplied to the calculator 61-2 and calculator 62-2, a ymax selected, only the calculator 62-2. 演算器61−1および62−1、並びに除算部63−1は、入力されたxが、xmin乃至xmaxのどこにあるかを計算し、正規化し、正規化したxnorを、領域値算出部46の距離計算部73に供給する。 Calculator 61-1 and 62-1, and the division unit 63-1, input x is calculated where to find the xmin to xmax, normalize, the xnor normalized, the region value calculation unit 46 distance supplied to the calculation unit 73. 演算器61−2および62−2、並びに除算部63−2は、yについて、xの場合と同様に、入力されたyの値が、ymin乃至ymaxのどこにあるかを計算し、正規化し、正規化したynorを、領域値算出部46の距離計算部73に供給する。 Calculator 61-2 and 62-2, and the division unit 63-2, for y, as in the case of x, the value of the input y is computed where to find the ymin to ymax, normalized, the ynor normalized, and supplies the distance calculator 73 of the region value calculation unit 46.

距離計算部73は、正規化部53からのxnor ,ynorが、エリアナンバnに対応する対象領域の中心にどれだけ近いかを計算し、その値をVOLとし、VOLを乗算器74に供給する。 Distance calculation unit 73, xnor from the normalization unit 53, Ynor is, calculates how close to the center of the target region corresponding to the area number n, its value as VOL, supplies VOL to the multiplier 74 . 乗算器74は、距離計算部73により求められたVOLに対して、マイクロコンピュータ27により供給され、セレクタ71により選択された対象領域のゲイン係数を乗算し、ゲイン係数が乗算されたVOLをリミッタ75に供給する。 The multiplier 74, to the VOL determined by the distance calculator 73, are supplied by the microcomputer 27, multiplied by the gain factor of the selected target region by the selector 71, the limiter 75 a VOL gain coefficients are multiplied supplied to. リミッタ75は、乗算器74からのVOLを、マイクロコンピュータ27により供給され、セレクタ72により選択された対象領域のリミッタ値で制限し、リミッタ値で制限されたVOLを、領域値kとして、マトリクス生成部22に供給する。 Limiter 75, a VOL from the multiplier 74 is supplied by the microcomputer 27, and limited by the limiter value of the target area selected by the selector 72, a restricted VOL by the limiter value, the region value k, the matrix product supplied to the part 22.

ステップS67において、マトリクス生成部22は、リミッタ75からの領域値kと、エリア選択部51からのエリアナンバn、および、マイクロコンピュータ27からのD係数αset,βset,γsetに応じて、3×3のマトリクスを生成する。 In step S67, the matrix generating unit 22, a region value k from the limiter 75, the area number n from the area selection unit 51, and, D coefficients αset from the microcomputer 27, [beta] set, depending on γset, 3 × 3 to generate a matrix.

すなわち、マトリクス生成部22には、リミッタ75からの領域値kと、エリア選択部51からのエリアナンバnの他に、対象領域毎に、D係数αset、βset、γsetが供給されている。 That is, the matrix generating unit 22, and the area value k from the limiter 75, the other areas number n from the area selection unit 51, for each target area, D coefficients αset, βset, γset is supplied.

なお、ユーザの操作に応じて、目的x,目的yがまだ設定されていない対象領域に対しては、初期値の目的x,目的yに応じて予め求められているD係数値が供給されているが、上述した図11のステップS37においてマイクロコンピュータ27により、選択された対象領域に対応する目的x,目的yが設定され、ステップS38において、設定された目的x,目的yに応じて求められる毎に、選択された対象領域のD係数αset、βset、γsetが供給される。 Incidentally, in response to operation of the user, for the purposes x, the target area which the target y has not yet been set, object x an initial value, it is supplied D coefficient values ​​that are obtained in advance in accordance with the intended y are, but by the microcomputer 27 in step S37 of FIG. 11 described above, the purpose x corresponding to the selected region of interest, object y is set, at step S38, the determined in accordance with the intended x, object y which is set each, D coefficients αset of the selected target region, [beta] set, is γset supplied.

マトリクス生成部22は、リミッタ75からの領域値kと、エリア選択部51からのエリアナンバnに対応するD係数αset、βset、γsetに基づいて、式(29)を加工して、3×3のマトリクスを生成し、生成した3×3のマトリクスをマトリクス演算部23に供給する。 Matrix generating unit 22, a region value k from the limiter 75, D coefficients αset corresponding to the area number n from the area selection unit 51, [beta] set, based on Ganmaset, by processing the expressions (29), 3 × 3 matrix and supplies the matrix of the generated 3 × 3 matrix calculation unit 23.

ステップS68において、マトリクス演算部23は、入力される画像信号(画素)のYo,CBo,CRoと、マトリクス生成部22からの3×3のマトリクスを算術演算することで、色変換後の画素のY色差信号(Yn,CBn,CRn)を求め、求めたYn,CBn,CRnを、RGB変換部24に出力する。 In step S68, the matrix calculation unit 23, Yo of an image signal input (pixel), CBO, and CRo, by a 3 × 3 matrix from the matrix generating unit 22 for arithmetic operations, the pixel after the color conversion Y color difference signal (Yn, CBn, CRn) a determined, obtained Yn, CBn, a CRn, and outputs the RGB converter 24.

ステップS69において、RGB変換部24は、マトリクス演算部23からのYn,CBn,CRnをG,B,Rにマトリクス変換する。 In step S69, RGB conversion unit 24 matrix conversion Yn from the matrix arithmetic unit 23, CBn, a CRn G, B, the R. そして、ステップS70において、RGB変換部24は、変換したG,B,R信号を、グラフィック重畳部25に出力し、色変換処理は終了される。 Then, in step S70, RGB converter 24, converted G, B, and R signals, and outputs the graphic superimposing unit 25, the color conversion process is ended.

これに対応して、グラフィック重畳部25は、色変換モードであれば、図11のステップS40において、グラフィック生成部28からのユーザインタフェース用の画像182を表示するための画像信号Gg,Bg,Rgと、マトリクス演算部23からの色変換された画像信号Gn,Bn,Rnを重畳し、重畳した画像信号Gm,Bm,Rmに対応する画面を、表示デバイス3に表示させる。 Correspondingly, the graphic superimposing unit 25, if the color conversion mode, in step S40 of FIG. 11, the image signal for displaying an image 182 for the user interface from the graphic generation unit 28 Gg, Bg, Rg When the color converted image signal Gn from the matrix operation unit 23, Bn, superimposes the Rn, superimposed image signals Gm, Bm, a screen corresponding to Rm, is displayed on the display device 3.

色変換モードでなければ、グラフィック重畳部25は、マトリクス演算部23からの色変換された画像信号Gn,Bn,Rnに対応する画面を、表示デバイス3に表示させる。 If not the color conversion mode, the graphic superimposing unit 25, the color converted image signal Gn from the matrix operation unit 23, Bn, a screen corresponding to Rn, is displayed on the display device 3.

以上のように、変換後にユーザの目的x, 目的yとなるようなD係数α,β,γに基づいて生成されるマトリクス(すなわち、色変換時に、xy色度を用い、x,y値を任意方向へ動かすマトリクス)を用いて、色変換が行われるので、図1を参照して上述したように、従来、矢印A1やA2で示されるような特定の1軸方向にしか動かせなかった色の変化を、どの方向にも動かすことができ、さらに、従来、変化させることができなかった白色についても、赤みを帯びた白や青みを帯びた白などに色を変化させることができる。 As described above, the purpose x users after conversion, D coefficients such that object y alpha, beta, matrix that is generated based on the gamma (i.e., at the time of color conversion, using the xy chromaticity, x, and y values using the matrix) to move to any direction, the color conversion is performed, as described above with reference to FIG. 1, a conventional, color did you move only to a specific single axis direction as indicated by arrow A1 or A2 the changes, can also be moved in any direction, Furthermore, conventionally, for the white could not be changed, it is possible to change the color, etc. white tinged white or bluish reddish.

図13は、図1を参照して上述した一般的なxy色度図上における、本発明の色変換による色の動きを説明する図である。 13, in a general xy chromaticity diagram described above with reference to FIG. 1 is a diagram for explaining the color motion by the color conversion of the present invention.

従来は、赤色を黄色の一方向にしか変化させることができなかったが、本発明によれば、例えば、任意のオレンジ色Oに対しては、矢印O1乃至O6に順に示されるように、黄色、より純粋なオレンジ、純粋な赤、マゼンタ、にごったオレンジ、黄緑色などの各方向に色を変化させることができる。 Conventionally, as is the red can not be changed in only one direction of yellow, according to the present invention, for example, with respect to any orange of O, listed in order of the arrow O1 to O6, yellow , purer orange, pure red, magenta, cloudy orange, it is possible to change the color in each direction, such as yellow-green.

また、例えば、任意のマゼンタMに対しては、矢印M1乃至M6に順に示されるように、にごったマゼンタ、純粋な赤、純粋なマゼンタ、純粋な青、シアンなど、いろいろな方向に色を変化させることができる。 Further, for example, for any magenta M, as shown in sequence in the arrow M1 to M6, cloudy magenta, pure red, pure magenta, pure blue, cyan, etc., change color in various directions it can be.

さらに、例えば、白色Wに対しては、矢印W1乃至W6に順に示されるように、黄色、赤、マゼンタ、青、シアン、緑など、いろいろな方向に色を変化させることができる。 Furthermore, for example, for white W, as shown in sequence in the arrow W1 to W6, can yellow, red, magenta, blue, cyan, or green, etc., to change the color in various directions.

また、本発明の色変換は、D係数α,β,γだけでなく、対象領域の中心からどのくらいの距離にあるかを表す領域値kに応じても行われるので、対象領域外の画素については、色変換が行われず、対象領域内の画素については、対象領域の中心にあるほど大きく、領域外に近づくほど小さくなる度合いの色変換が行われる。 The color conversion of the present invention, D coefficient alpha, beta, not only gamma, since also performed in accordance with the area value k indicating whether a distance of how much the center of the region of interest, the pixels outside the target area is not carried out color conversion, for the pixels within a region of interest, large enough in the center of the target region, the color conversion degree becomes smaller closer to the outside of the area is performed.

これにより、色変換が行われる対象領域内の色と、色変換が行われない対象領域外の色の連続性を保ちながら、対象領域をユーザの目的x, 目的yになるように色変換することができる。 Thus, the color of the target area in which the color conversion is performed, while maintaining the color continuity outside the target area in which the color conversion is not performed, the color conversion such that the target area object x of the user, the purpose y be able to. すなわち、ユーザが色変換させたい任意の色を、ユーザの所望の任意の色に変換させることができる。 That is, the user is any color desired to be color converted, can be converted into any desired color of the user.

なお、上記説明においては、ユーザが目的x, 目的yを所望する場合を説明したが、製造元において調整する製造者が表示デバイス3に表示される画像や三角色度図を見ながら色合いを設定する場合においても同様にして色変換の調整を行うことができる。 In the above description, the user object x, a case has been described that the desired objectives y, sets the hue while viewing the image and triangular chromaticity diagram manufacturer to adjust the manufacturer is displayed on the display device 3 it is possible to adjust the color conversion are similarly in the case.

また、上記説明においては、チューナおよびディスプレイを備えたテレビジョン受像機を用いて説明したが、本発明は、テレビジョン受像機に限定されず、入力される画像信号に対応する画像を表示するために、色変換を行う装置であれば、例えば、画像処理装置などにも適用される。 Further, in the above description, by using a television receiver having a tuner and a display, the present invention is not limited to a television receiver, for displaying an image corresponding to the image signal input to, if a device that performs color conversion, for example, also be applied to an image processing apparatus.

上述した一連の処理は、ハードウエアにより実行させることもできるし、ソフトウエアにより実行させることもできる。 A series of processes described above can be executed by hardware, it may otherwise be executed by software. なお、処理速度の点からみた場合には、マイクロコンピュータ27によるD係数値を求める処理の部分のみ、ソフトウエアで行い、領域値演算部21が行う領域値を求める処理、マトリクス生成部22が行うマトリクスを生成する処理、マトリクス演算部23が行うマトリクス演算の処理は、ハードウエアで行うことが最も好ましい。 Note that when viewed in terms of processing speed, only the portion of the process for obtaining the D coefficient values ​​by the microcomputer 27, performed in software, processing for obtaining the area value region value calculation unit 21 performs the matrix generation unit 22 performs process of generating the matrix, the process of matrix operation matrix operation unit 23 performs is most preferably carried out by hardware.

一連の処理をソフトウエアにより実行させる場合には、そのソフトウエアを構成するプログラムが、専用のハードウエアに組み込まれているコンピュータ、または、各種のプログラムをインストールすることで、各種の機能を実行することが可能な、例えば汎用のパーソナルコンピュータなどに、プログラム記録媒体からインストールされる。 When the series of processes is executed by software, a program constituting the software is installed into a computer embedded in dedicated hardware, or by installing various programs to execute various functions it can be, for example, a general-purpose personal computer by installing various programs.

図14は、上述した一連の処理をプログラムにより実行するパーソナルコンピュータ301の構成の例を示すブロック図である。 Figure 14 is a block diagram showing an example of a configuration of a personal computer 301 to execute a program to perform the sequence of processes described above. CPU(Central Processing Unit)311は、ROM(Read Only Memory)312、または記憶部318に記憶されているプログラムに従って各種の処理を実行する。 CPU (Central Processing Unit) 311 executes various processes in accordance with ROM (Read Only Memory) 312 or programs stored in the storage unit 318,. RAM(Random Access Memory)313には、CPU311が実行するプログラムやデータなどが適宜記憶される。 The RAM (Random Access Memory) 313, programs and data CPU311 executes are stored appropriately. これらのCPU311、ROM312、およびRAM313は、バス314により相互に接続されている。 These CPU 311, ROM 312, and RAM313 are connected to each other via a bus 314.

CPU311にはまた、バス314を介して入出力インタフェース315が接続されている。 Also the CPU 311, output interface 315 is connected via a bus 314. 入出力インタフェース315には、キーボード、マウス、マイクロホンなどよりなる入力部316、ディスプレイ、スピーカなどよりなる出力部317が接続されている。 Output interface 315, a keyboard, a mouse, an input unit 316 including, for example, a microphone, a display, an output unit 317 including, for example, a speaker. CPU311は、入力部316から入力される指令に対応して各種の処理を実行する。 CPU311, in response to instructions input from the input unit 316 to execute various processes. そして、CPU311は、処理の結果を出力部317に出力する。 Then, CPU 311 outputs a processing result to the output unit 317.

入出力インタフェース315に接続されている記憶部318は、例えばハードディスクからなり、CPU311が実行するプログラムや各種のデータを記憶する。 Storage unit 318 connected to the input and output interface 315, for example, a hard disk, and stores programs and various data CPU311 executes. 通信部319は、インターネットやローカルエリアネットワークなどのネットワークを介して外部の装置と通信する。 The communication unit 319 communicates with an external apparatus via a network such as the Internet or a local area network.

また、通信部319を介してプログラムを取得し、記憶部318に記憶してもよい。 Further, to obtain programs via the communication unit 319, it may be stored in the storage unit 318.

入出力インタフェース315に接続されているドライブ320は、磁気ディスク、光ディスク、光磁気ディスク、或いは半導体メモリなどのリムーバブルメディア321が装着されたとき、それらを駆動し、そこに記録されているプログラムやデータなどを取得する。 Drive 320 connected to the input and output interface 315, when a magnetic disk, an optical disk, a magneto-optical disk, or a removable media 321 such as a semiconductor memory is attached to the drive 30, the program or data recorded thereon to get the like. 取得されたプログラムやデータは、必要に応じて記憶部318に転送され、記憶される。 The acquired program and data are transferred to the storage unit 318 as necessary and stored.

コンピュータにインストールされ、コンピュータによって実行可能な状態とされるプログラムを格納するプログラム記録媒体は、図14に示すように、磁気ディスク(フレキシブルディスクを含む)、光ディスク(CD-ROM(Compact Disc-Read Only Memory),DVD(Digital Versatile Disc)を含む)、光磁気ディスク、もしくは半導体メモリなどよりなるパッケージメディアであるリムーバブルメディア321、または、プログラムが一時的もしくは永続的に格納されるROM312や、記憶部318を構成するハードディスクなどにより構成される。 It is installed on a computer, a program recording medium which stores a program that is executable by the computer includes, as shown in FIG. 14, magnetic disk (including a flexible disk), optical disk (CD-ROM (Compact Disc-Read Only memory), including DVD (Digital Versatile disc)), magneto-optical disc removable medium 321 or a package medium such as a semiconductor memory, or,, ROM 312 and the program is stored temporarily or permanently, the storage unit 318 constituted by a hard disk or the like that make up the. プログラム記録媒体へのプログラムの格納は、必要に応じてルータ、モデムなどのインタフェースである通信部319を介して、ローカルエリアネットワーク、インターネット、デジタル衛星放送といった、有線または無線の通信媒体を利用して行われる。 Storage of the program into the program recording medium, a router if necessary, via the communication unit 319 is an interface such as a modem, a local area network, the Internet, or digital satellite broadcasting, via a wired or wireless communication medium It takes place.

なお、本明細書において、プログラム記録媒体に格納されるプログラムを記述するステップは、記載された順序に沿って時系列的に行われる処理はもちろん、必ずしも時系列的に処理されなくとも、並列的あるいは個別に実行される処理をも含むものである。 In this specification, steps describing the program stored in the program recording medium include not only processing performed in time series along the order described but also processing executed in a time series basis, in parallel Alternatively but also the processing operations to be performed separately.

また、本明細書において、システムとは、複数の装置により構成される装置全体を表すものである。 Further, in the present specification, the system represents the entire apparatus including a plurality of devices.

従来の色変換について説明する図である。 It is a diagram illustrating a conventional color conversion. 本発明を適用したテレビジョン受像機の一実施の形態の構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the configuration of an embodiment of a television receiver according to the present invention. 図2の領域値演算部の構成例を示すブロック図である。 It is a block diagram showing a configuration example of a region value calculation unit of FIG. 領域値を概念的に示す図である。 Is a diagram conceptually illustrating the area value. 図2のマトリクス生成部が生成する3×3のマトリクスを説明する図である。 Diagrams matrix generator of FIG. 2 will be described a 3 × 3 matrix to produce. 本発明の色変換の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a color conversion of the present invention. 図2のテレビジョン受像機の既定D係数値の設定処理を説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating the setting processing of the default D coefficient values ​​of the television receiver of FIG. 既定D係数値の線形補間について説明する図である。 It is a diagram illustrating a linear interpolation default D coefficient values. 図2の表示デバイスに表示される画面の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a screen displayed on the display device of FIG. 図9のユーザインタフェース用の画像を詳しく説明する図である。 It is a diagram illustrating in detail an image for the user interface of FIG. 図2のテレビジョン受像機の処理を説明するフローチャートである Is a flowchart for explaining the processing of the television receiver of FIG. 2 図2のテレビジョン受像機の色変換処理の例を説明するフローチャートである。 It is a flowchart illustrating an example of color conversion processing of the television receiver of FIG. 図2のテレビジョン受像機による色変換について説明する図である。 It is a diagram illustrating a color conversion by the television receiver of FIG. 本発明を適用したパーソナルコンピュータの構成例を示すブロック図である。 It is a block diagram showing a configuration example of a personal computer according to the present invention.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 テレビジョン受像機, 2 リモートコントローラ, 3 表示デバイス, 21 領域値演算部, 22 マトリクス生成部, 23 マトリクス演算部, 24 RGB変換部, 25 グラフィック重畳部, 26 受光部, 27 マイクロコンピュータ, 28 グラフィック生成部, 41 RGB変換部, 42 リニアγ補正部, 43 XYZ変換部, 44 xy変換部, 45 対象領域検出部, 46 領域値算出部, 51 エリア選択部, 52 セレクタ, 53 正規化部, 71,72 セレクタ, 73 距離計算部, 74 乗算器, 75 リミッタ, 181 画像, 182 ユーザインタフェース用画像, 201 三角色度図, 211乃至214 対象領域, 221乃至224 目的点 1 the television receiver, 2 remote controllers, 3 display device, 21 area value calculating unit, 22 matrix generator 23 matrix operation unit, 24 RGB conversion unit, 25 a graphic superimposing unit 26 receiving unit, 27 microcomputer, 28 graphic generating unit, 41 RGB conversion unit, 42 linear γ correction unit, 43 XYZ conversion unit, 44 xy conversion unit, 45 subject region detection unit, 46 region value calculation unit, 51 area selection unit, 52 a selector, 53 normalization unit, 71 , 72 selector, 73 a distance calculation unit, 74 a multiplier, 75 a limiter, 181 images, 182 user interface image, 201 triangular chromaticity diagram, 211 to 214 region of interest 221 to 224 target point

Claims (7)

  1. 入力される画像信号の色変換を行う色変換装置において、 In the color conversion device performing color conversion of the input image signal,
    前記画像信号のxy色度値に対して、xy色度図上の色変換の対象領域における中心からの距離を表す領域値を正規化して求める領域値演算手段と、 Relative xy chromaticity values ​​of the image signal, a region value calculation means for calculating an area value representing the distance from the center in the target region of the color conversion on the xy chromaticity diagram is normalized,
    前記画像信号のxy色度値に対する前記領域値が1のときに、色変換後の輝度値とxy色度値がユーザの所望の値になるように係数値を求める係数値算出手段と、 When the area value with respect to the xy chromaticity values ​​of the image signal is 1, the coefficient value calculation means for luminance values ​​and xy chromaticity values ​​after color conversion is determined a coefficient value to the desired value of the user,
    前記係数値算出手段により求められた前記係数値、および前記領域値演算手段により求められた前記領域値に基づいて、3×3のマトリクスを生成するマトリクス生成手段と、 A matrix generating means for the coefficient values ​​obtained, and based on the area value determined by the region value calculation unit, generates a 3 × 3 matrix by the coefficient calculation means,
    前記マトリクス生成手段により生成された前記3×3のマトリクスを用いて、前記画像信号の色変換を行う色変換手段と を備え Using a matrix of the 3 × 3 generated by the matrix generating means, and a color conversion unit that performs color conversion of the image signal,
    前記係数値算出手段は、前記xy色度図上の所定の領域の4角における前記係数値を求めて記憶しており、前記色変換後の輝度値とxy色度値の係数値は、前記4角における前記係数値を用いての線形補間により求められる The coefficient calculation unit stores seeking the coefficient value in the four corners of a predetermined area on the diagram the xy chromaticity, the coefficient value of the brightness values and xy chromaticity values after the color conversion, the determined by linear interpolation using the coefficient value in the four corners
    色変換装置。 Color conversion apparatus.
  2. 前記領域値は、前記対象領域における中心から離れるほど小さい値である 請求項1に記載の色変換装置。 The area value is the color conversion device according to claim 1 which is smaller values ​​away from the center of the target area.
  3. 横軸をx,縦軸をyとし、飽和したG,B,Rに対するxy色度値を頂点とする三角色度図に対応する画像信号を、前記色変換手段により色変換が行われた前記画像信号に重畳し、重畳された前記画像信号に対応する画面を表示させる表示制御手段を さらに備える請求項1に記載の色変換装置。 The horizontal axis x, the vertical axis is y, saturated G, B, an image signal corresponding to the triangular chromaticity diagram whose vertices xy chromaticity values ​​for R, color conversion is performed by the color conversion means and the superimposed on the image signal, the color conversion apparatus according to claim 1, further comprising a display control means for displaying a screen corresponding to the superimposed the image signal.
  4. ユーザの操作に対応して、前記対象領域、および前記画像信号のxy色度値に対する前記領域値が1のときのユーザの所望のxy色度値の位置を、前記三角色度図の上に表示させるための画像信号を生成する画像生成手段を さらに備え、 In response to user's operation, the target region, and the desired position of the xy chromaticity values ​​of the user when the said area values ​​for the xy chromaticity values ​​of the image signal 1, on the triangular chromaticity diagram further comprising an image generating means for generating image signals for displaying,
    前記表示制御手段は、前記画像生成手段により生成された前記画像信号を、前記色変換手段により色変換が行われた前記画像信号に重畳し、重畳された前記画像信号に対応する画面を表示させる Said display control means, the image signal generated by said image generating means, the superposed on the image signal color conversion is performed by the color conversion means, to display a screen corresponding to the superimposed the image signal
    請求項3に記載の色変換装置。 The color conversion device according to claim 3.
  5. 入力される画像信号の色変換を行う色変換装置が、 The color conversion device performing color conversion of the input image signal is,
    前記画像信号のxy色度値に対して、xy色度図上の色変換の対象領域における中心からの距離を表す領域値を正規化して求め、 Relative xy chromaticity values ​​of the image signal, obtained by normalizing the area value representing the distance from the center in the target region of the color conversion on the xy chromaticity diagram,
    前記画像信号のxy色度値に対する前記領域値が1のときに、色変換後の輝度値とxy色度値がユーザの所望の値になるように係数値を求め、 When the area value with respect to the xy chromaticity values ​​of the image signal is 1, luminance values ​​and xy chromaticity values ​​after color conversion is determined coefficient values ​​to the desired values ​​of the user,
    求められた前記係数値、および求められた前記領域値に基づいて、3×3のマトリクスを生成し、 The obtained said coefficient values, and the obtained based on the area value, and generates a 3 × 3 matrix,
    生成された前記3×3のマトリクスを用いて、前記画像信号の色変換を行い、 Using a matrix of the 3 × 3 produced, performs color conversion of the image signal,
    前記xy色度図上の所定の領域の4角における前記係数値を求めて記憶しており、前記色変換後の輝度値とxy色度値の係数値は、前記4角における前記係数値を用いての線形補間により求められる Stores seeking the coefficient value in the four corners of a predetermined area on the diagram the xy chromaticity, the coefficient value of the brightness values and xy chromaticity values after the color conversion, the coefficient value in the four corners determined by linear interpolation using
    色変換方法。 The color conversion method.
  6. 入力される画像信号の色変換を行うコンピュータに、 A computer that performs color conversion of the input image signal,
    前記画像信号のxy色度値に対して、xy色度図上の色変換の対象領域における中心からの距離を表す領域値を正規化して求め、 Relative xy chromaticity values ​​of the image signal, obtained by normalizing the area value representing the distance from the center in the target region of the color conversion on the xy chromaticity diagram,
    前記画像信号のxy色度値に対する前記領域値が1のときに、色変換後の輝度値とxy色度値がユーザの所望の値になるように係数値を求め、 When the area value with respect to the xy chromaticity values ​​of the image signal is 1, luminance values ​​and xy chromaticity values ​​after color conversion is determined coefficient values ​​to the desired values ​​of the user,
    求められた前記係数値、および求められた前記領域値に基づいて、3×3のマトリクスを生成し、 The obtained said coefficient values, and the obtained based on the area value, and generates a 3 × 3 matrix,
    生成された前記3×3のマトリクスを用いて、前記画像信号の色変換を行うステップを 含み、 Using the generated matrix of the 3 × 3, wherein the step of performing color conversion of the image signal,
    前記xy色度図上の所定の領域の4角における前記係数値を求めて記憶しており、前記色変換後の輝度値とxy色度値の係数値は、前記4角における前記係数値を用いての線形補間により求められる Stores seeking the coefficient value in the four corners of a predetermined area on the diagram the xy chromaticity, the coefficient value of the brightness values and xy chromaticity values after the color conversion, the coefficient value in the four corners determined by linear interpolation using
    処理を行わせるプログラム。 Program to perform the processing.
  7. 請求項6に記載のプログラムが記録されている記録媒体。 A recording medium in which the program according is recorded to claim 6.
JP2006009776A 2006-01-18 2006-01-18 A color conversion apparatus and method, recording medium, and program Expired - Fee Related JP4961752B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006009776A JP4961752B2 (en) 2006-01-18 2006-01-18 A color conversion apparatus and method, recording medium, and program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006009776A JP4961752B2 (en) 2006-01-18 2006-01-18 A color conversion apparatus and method, recording medium, and program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007194805A true JP2007194805A (en) 2007-08-02
JP4961752B2 true JP4961752B2 (en) 2012-06-27

Family

ID=38450161

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006009776A Expired - Fee Related JP4961752B2 (en) 2006-01-18 2006-01-18 A color conversion apparatus and method, recording medium, and program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4961752B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009094895A (en) * 2007-10-10 2009-04-30 Olympus Corp Image signal processor and color conversion processing method

Family Cites Families (10)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6429079A (en) * 1987-07-24 1989-01-31 Nippon Denki Home Electronics Chrominance signal correction system
JP3173140B2 (en) * 1991-07-04 2001-06-04 松下電器産業株式会社 The color adjustment device
JPH08202325A (en) * 1995-01-25 1996-08-09 Nikon Corp Color determining method and color modifying device in color graphic
JPH09214792A (en) * 1996-01-31 1997-08-15 Fuji Xerox Co Ltd Color converting device
JPH1127688A (en) * 1997-07-04 1999-01-29 Sony Corp Image processing unit
JP2002016818A (en) * 2000-04-28 2002-01-18 Fuji Photo Film Co Ltd Color correction method and device, and recording medium
JP4565260B2 (en) * 2001-09-21 2010-10-20 株式会社ニコン Signal processing device
JP3620529B2 (en) * 2002-03-18 2005-02-16 日本ビクター株式会社 Image correction apparatus and method, and a video correction program and which the recorded recording medium
JP4375781B2 (en) * 2002-11-29 2009-12-02 株式会社リコー Image processing apparatus and image processing method, and program and recording medium
JP2005037996A (en) * 2003-07-15 2005-02-10 Matsushita Electric Ind Co Ltd Image processing apparatus and method

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2007194805A (en) 2007-08-02 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5774112A (en) Method and apparatus for tone correction of a digital color image with preservation of the chromaticity of the image
US7598961B2 (en) method and apparatus for converting from a source color space to a target color space
US6552731B1 (en) Multi-tone representation of a digital image on a digital nonlinear editing system
US20040021672A1 (en) Image display system, projector, image processing method, and information recording medium
US7176935B2 (en) Gamut conversion system and methods
US6980219B2 (en) Hue angle calculation system and methods
US20030184557A1 (en) Interactive method and apparatus for managing color gamut mapping
US6724934B1 (en) Method and apparatus for generating white component and controlling the brightness in display devices
US6992683B2 (en) Color conversion apparatus and method thereof
US7436996B2 (en) Device, system and method of data conversion for wide gamut displays
US6724435B2 (en) Method for independently controlling hue or saturation of individual colors in a real time digital video image
US20080198180A1 (en) Method and Apparatus of Converting Signals for Driving Display and a Display Using the Same
JP2004192614A (en) Image processing device, image processing method, program and recording medium
US20020018073A1 (en) Increasing color accuracy
US7671871B2 (en) Graphical user interface for color correction using curves
US20040212783A1 (en) Image processing system, information storage medium, and image processing method
US20090060326A1 (en) Image processing apparatus and method
US20060164442A1 (en) Display device
JP2001083940A (en) Color image processing method and device, liquid crystal display device
US20080253650A1 (en) Image Processing Device, Image Processing Method, Image Processing Program Product, and Image-Capturing Device
US20030231195A1 (en) Image processing apparatus, image processing method, image display apparatus, and mobile electronic device
JP2010020241A (en) Display apparatus, method of driving display apparatus, drive-use integrated circuit, driving method employed by drive-use integrated circuit, and signal processing method
US20070047033A1 (en) Gamma curve adjustment device and method of establishing adjustment points
US7483082B2 (en) Method and system for automatic color hue and color saturation adjustment of a pixel from a video source
US20080043260A1 (en) Color mapping techniques for color imaging devices

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090106

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110930

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111020

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111207

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120228

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120312

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150406

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees