JP4929895B2 - The method of creating the transmission apparatus and the sub-frame - Google Patents

The method of creating the transmission apparatus and the sub-frame Download PDF

Info

Publication number
JP4929895B2
JP4929895B2 JP2006200596A JP2006200596A JP4929895B2 JP 4929895 B2 JP4929895 B2 JP 4929895B2 JP 2006200596 A JP2006200596 A JP 2006200596A JP 2006200596 A JP2006200596 A JP 2006200596A JP 4929895 B2 JP4929895 B2 JP 4929895B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
sub
frame
ofdm symbol
signal
subframe
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2006200596A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2008028818A (en
Inventor
隆 伊達木
秀人 古川
大輔 小川
崇志 瀬山
Original Assignee
富士通株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 富士通株式会社 filed Critical 富士通株式会社
Priority to JP2006200596A priority Critical patent/JP4929895B2/en
Publication of JP2008028818A publication Critical patent/JP2008028818A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4929895B2 publication Critical patent/JP4929895B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L27/00Modulated-carrier systems
    • H04L27/26Systems using multi-frequency codes
    • H04L27/2601Multicarrier modulation systems
    • H04L27/2602Signal structure
    • H04L27/2605Symbol extensions
    • H04L27/2607Cyclic extensions
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L27/00Modulated-carrier systems
    • H04L27/26Systems using multi-frequency codes
    • H04L27/2601Multicarrier modulation systems
    • H04L27/2647Arrangements specific to the receiver
    • H04L27/2655Synchronisation arrangements
    • H04L27/2662Symbol synchronisation
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L27/00Modulated-carrier systems
    • H04L27/26Systems using multi-frequency codes
    • H04L27/2601Multicarrier modulation systems
    • H04L27/2647Arrangements specific to the receiver
    • H04L27/2655Synchronisation arrangements
    • H04L27/2668Details of algorithms
    • H04L27/2673Details of algorithms characterised by synchronisation parameters
    • H04L27/2676Blind, i.e. without using known symbols
    • H04L27/2678Blind, i.e. without using known symbols using cyclostationarities, e.g. cyclic prefix or postfix

Description

本発明はディジタル移動通信システムにおける送信装置及びサブフレームの作成方法に係わり、特に、GI長が異なる複数のサブフレームを使用するディジタル通信において簡単な構成で、かつ正確にシンボルタイミングやサブフレームタイミングを検出する送信装置及びサブフレームの作成方法に関する。 The present invention relates to a method of creating the transmission apparatus and the sub-frame in digital mobile communication systems, in particular, with a simple configuration in a digital communications using a plurality of sub-frames GI lengths are different, and the precise symbol timing and subframe timing on how to create the transmission apparatus and the sub-frame detect.

・OFDM伝送方式 次世代移動通信の無線アクセス方式として、OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplex)伝送方式が検討されている。 - as a radio access scheme for OFDM transmission scheme next generation mobile communication, OFDM (Orthogonal Frequency Division Multiplex) transmission system has been studied. OFDM伝送方式は周波数選択性が良い、隣接パスからの干渉に強いなどの特徴を備えている。 OFDM transmission method is good frequency selectivity, and includes features such as strong interference from adjacent paths.
図19は、OFDM伝送方式を採用する一般的な送信局のブロック図である。 Figure 19 is a block diagram of a typical transmitting station adopting the OFDM transmission scheme. 誤り訂正符号器1はデータ信号に誤り訂正符号化処理を施して符号化し、データ変調部2は該符号化されたデータ信号をデータ変調(例えばQPSK変調)する。 Error correction encoder 1 encodes the error correction encoding processing is performed on the data signal, data modulation unit 2 data modulated data signal said encoded (e.g. QPSK modulation). データ・パイロット信号多重部3は、データ信号と受信局で既知のパイロット信号とを時間多重する。 Data pilot signal multiplexing section 3, time multiplexing a known pilot signal with the data signal and a receiving station. IFFT部4は、一定数N 0のサンプル単位でIFFT処理を行なう。 IFFT unit 4 performs IFFT processing in sample units of a predetermined number N 0. すなわち、N 0個のデータサンプルをサブキャリア信号成分とみなして該サブキャリア成分にIFFT処理を施し、離散的な時間信号に変換して出力する。 That is, performs IFFT processing on the subcarrier components considers N 0 data samples with sub-carrier signal components, and outputs the converted to discrete time signals. ガードインターバル挿入部(GI挿入部)5は、図20に示すように、IFFT後のN 0サンプルのうち、後部のN GサンプルをコピーしてガードインターバルGIとしてN 0サンプルの先頭に挿入する。 The guard interval insertion unit (GI insertion unit) 5, as shown in FIG. 20, of the N 0 samples after IFFT, to copy the rear part of the N G samples inserted at the head of the N 0 sample as a guard interval GI. GIは巡回的にコピーされているため、GI挿入後の(No + N G )サンプルの区間で、信号が連続していることが特徴であリ、この特徴によりGIは隣接パスからの遅延シンボルによる干渉を除去するという役割を果たす。 Since GI is copied cyclically, after GI insertion (No + N G) in the section of the sample, be it the characteristic signal is continuous, GI This feature delay symbols from adjacent paths It plays a role of removing the interference by. DA変換器6はD/A変換を行い、送信RF部7は直交変調を行い、ベースバンド信号を無線周波数の信号に変換し、送信アンテナ8から受信局9に向けて送信する。 DA converter 6 performs D / A conversion, the transmission RF section 7 performs quadrature modulation, converts the baseband signal into a radio frequency signal, and transmits to the receiving station 9 from the transmitting antenna 8.

図21はOFDM伝送方式の一般的な受信局のブロック図である。 Figure 21 is a block diagram of a general receiving station of the OFDM transmission scheme. 受信RF部10は、送信局から送信された無線信号を受信し、周波数ダウンコンバートにより該無線信号をベースバンドの信号に変換し、直交復調を行う。 Reception RF section 10 receives the radio signal transmitted from the transmitting station, a radio signal into a baseband signal by frequency down-conversion, it performs orthogonal demodulation. AD変換器11は直交復調により得られた信号をディジタル信号に変換する。 AD converter 11 converts the signal obtained by quadrature demodulation into a digital signal. 受信タイミング検出部12は、OFDMのサブフレームタイミングやシンボルタイミングを検出する。 Reception timing detection unit 12 detects the sub-frame timing and symbol timing of OFDM. GI削除部13は、シンボルタイミングに基づいて、受信信号からガードインターバルGIを削除して各OFDMシンボルの有効信号成分を切り出してFFT部14に入力する。 GI remover 13, based on the symbol timing, and inputs the received signal to the FFT unit 14 cuts out an effective signal component of each OFDM symbol to remove the guard interval GI. 図22は、有効信号成分を切り出しの様子を表す例である。 Figure 22 is an example showing how the cut out effective signal component. 説明の都合上、受信信号を各パスの成分(直接波、間接波)に分解して表わしている。 For convenience of description, components of each path received signal (direct wave, indirect wave) represents broken into. パス1の直接波からは、GIを除いたOFDMシンボルnの有効信号成分(N 0サンプル)のみが正確に切り出される。 Of the direct wave path 1, the effective signal component of an OFDM symbol n excluding the GI only (N 0 sample) is precisely cut out. パス2の間接波(遅延波)からは、GIの一部を含んだ形で信号が切り出される。 From the indirect wave path 2 (delayed wave), signal is clipped in a form including a part of the GI. しかし、GIはOFDMシンボルの有効信号成分が巡回的にコピーされたものなので、結果的にOFDMシンボルnの有効信号成分が正確に切り出されていることになる。 However, GI is because they are an effective signal component of an OFDM symbol is copied cyclically, so that the effective signal component as a result, the OFDM symbol n is precisely cut out. つまり、遅延時間がGI長以下のマルチパス成分は、OFDMシンボル間の干渉を生じることなく受信される。 In other words, multipath components of the delay time is less GI length is received without causing interference between OFDM symbols.
FFT部14はGI削除後の信号に対しFFT処理を施し、データ・パイロット信号分離部15は、時間多重されたデータ信号とパイロット信号を受信信号から分離する。 FFT unit 14 performs FFT processing on the signal after GI deleted, the data pilot signal separating unit 15 separates the time-multiplexed data signals and pilot signals from the received signal. チャネル推定部16は受信パイロット信号と送信パイロット信号のレプリカとの相関演算を行なって無線チャネルにおけるチャネル歪みを推定する。 The channel estimator 16 estimates channel distortion in a radio channel by performing a correlation operation with the replica of the received pilot signal and the transmission pilot signal. 一方、チャネル補償部17は受信データ信号にチャネル推定値の複素共役を乗算してチャネル歪みを抑圧し、データ復調部18はチャネル補償された受信信号を用いて受信データの復調処理を行い、誤り訂正復号器19は復調されたデータに誤り訂正復号処理を施す。 Meanwhile, the channel compensation unit 17 suppresses a channel distortion by multiplying the complex conjugate of the channel estimate to the received data signal, the data demodulation unit 18 demodulates the reception data using the received signal channel compensation, the error correction decoder 19 performs error correction decoding processing to the demodulated data.

・ショートGIサブフレームとロングGIサブフレームの併用 Short GI sub-frame and the combination of the long GI sub-frame
OFDM伝送において、ガードインターバルGIの長さは、伝播路の遅延の広がり(遅延分散の大きさ)により決定されるため、同一伝送システムにおいて、複数のガードインターバル長を切り替えて運用する方式が提案されている。 In OFDM transmission, the length of the guard interval GI is because it is determined by the delay spread of the propagation path (the size of the delay spread) in the same transmission system, a method of operating is suggested by switching a plurality of guard interval length ing. そのような例としては、3GPP(3rd Generation Partnership Project)上で議論されているLTE(Long Term Evolution)がある(非特許文献1参照)。 As such an example, 3GPP (3rd Generation Partnership Project) on LTE discussed in the (Long Term Evolution) has (see Non-Patent Document 1). LTEでは長さの短いガードインターバルを用いるショートGIサブフレームと長さの長いガードインターバルを用いるロングGIサブフレームがある。 In LTE there is a long GI subframes using a long guard interval of the short GI subframe and length using a short guard interval lengths.
図23はショートGIサブフレームSF SとロングGIサブフレームSF Lのサブフレームフォーマットであり、ショートGIサブフレームSF SにおけるGI長はNgi_s、ロングGIサブフレームSF LにおけるGI長はNgi_lであり、Ngi_s<Ngi_lである。 Figure 23 is a sub-frame format of the short GI subframe SF S and the long GI subframe SF L, GI length in the short GI subframe SF S is Ngi_s, GI length in the long GI subframe SF L is Ngi_l, Ngi_s <a Ngi_l. また、いずれのサブフレームにおいてもOFDMシンボルにおける有効シンボルの長さN 0は同一であり、サブフレームの長さMも同一である。 The length N 0 of the effective symbol in the OFDM symbol in any sub-frame are the same, the length of the sub-frame M is also the same. ショートGIサブフレームSF Sに含まれるOFDMシンボル数はロングGIサブフレームSF Lに含まれるOFDMシンボル数より多い。 Short GI number of OFDM symbols included in the subframe SF S is greater than the number of OFDM symbols included in the long GI subframe SF L. なお、IFFT処理により得られたN 0サンプルを有効シンボルといい、GI挿入後の(No + N G )サンプルをOFDMシンボルという。 Incidentally, called effective symbol N 0 samples obtained by IFFT processing, after GI insertion (No + N G) the sample of OFDM symbols.

ショートGIサブフレームとロングGIサブフレームの使用方は主に2つ考えられている。 Short GI sub-frame and use sides of the long GI sub-frame are mainly two possible. 第1の使用方法は遅延分散の大小に基づいていずれかを使い分ける方法である。 The first use of is a method of selectively using either based on the magnitude of the delay spread. 一般に遮蔽物の少ない郊外に適用される半径の大きいセル(以降、大セルと表記)では遅延広がりが大きく、遮蔽物の多い都市部などに展開される半径の小さいセル(以降、小セルと表記)では遅延広がりは小さい。 Generally less large radius cell applied on the outskirts (hereinafter, the large cells the drawing) of shield the large delay spread, a small cell (hereinafter radii to be deployed like many urban areas shield, referred to as the small cell ) in the delay spread is small. そこで、大セルではロングGIサブフレームを用い、小セルではショートGIサブフレームを用いる。 Therefore, in a large cell with long GI subframe, the small cells using the short GI subframe. この場合、各々のセルの基地局が送信するサブフレームはショートGIサブフレームもしくはロングGIサブフレームに固定されており、時間的に変化することはない。 In this case, the sub-frame by the base station of each cell is transmitted is fixed to a short GI subframe or long GI subframe, it does not change with time.
第2の使用方法はMBMS(Multimedia Broadcast Multicast Service)データを送信する際にロングGIサブフレームを使用し、ユニキャストデータ(unicastデータ)を送信する際にショートGIサブフレームを使用する方法である。 The second method uses the uses the long GI subframe when sending MBMS (Multimedia Broadcast Multicast Service) data, a method of using a short GI subframe when transmitting unicast data (unicast data). MBMSデータとunicastデータの多重方法は時間多重(Time Division Multiplex) TDM、時間周波数多重(Time Frequency Division Multiplex) TFDMなどが提案されている。 Time multiplexing method of the MBMS data and the unicast data multiplexing (Time Division Multiplex) TDM, and the time frequency multiplexing (Time Frequency Division Multiplex) TFDM has been proposed.
TDMでは、ショートGIサブフレームとロングGIサブフレームを時間多重する。 In TDM, it multiplexes the short GI subframe and the long GI subframe time. ショートGIサブフレームの全帯域をunicastデータに割り当て、ロングGIサブフレームの全帯域をMBMSデータに割り当てる。 Assign the full bandwidth of the short GI subframe unicast data, it allocates the full bandwidth of the long GI subframe MBMS data.
TFDMでは、ショートGIサブフレームとロングGIサブフレームを時間多重する。 In TFDM, multiplexes the short GI subframe and the long GI subframe time. そして、ショートGIサブフレームの全帯域をunicastデータに割り当てる。 Then, allocate the entire band of the short GI subframe unicast data. しかし、ロングGIサブフレームでは全帯域をMBMSデータに割り当てず、unicastデータとMBMSデータを周波数多重する。 However, the long GI subframe without assigning a total bandwidth to MBMS data and frequency multiplexing the unicast data and MBMS data.

・サブフレームタイミング、シンボルタイミングの検出 セルラシステムにおいて通信の開始時、移動端末は無線リンクを接続するセル(基地局)を探すためにセルサーチ処理を行ってシンボルタイミング検出およびサブフレームタイミング検出を行う必要がある。 Subframe timing at the beginning of the communication in the detection cellular system symbol timing, performs symbol timing detection and sub-frame timing detection performed cell search to look for cell (base station) the mobile terminal for connecting a radio link There is a need. 従来のセルサーチ時におけるタイミング検出方法は受信信号の繰返し部分を利用した自己相関による検出方法、および既知パターンのレプリカ信号と受信信号との相互相関による検出方法の二つに大別され、以下の3つのタイミング検出方法が知られている。 Timing detection method at the time of the conventional cell search is classified into two detection methods, and detection methods by mutual correlation between the replica signal and a received signal of a known pattern by autocorrelation using the repeated portion of the received signal, the following three timing detection methods are known.
(1) 第1のタイミング検出方法 第1のタイミング検出方法はガードインターバルGIの繰返し部分の相関を演算してシンボルタイミングを検出するGI相関演算方法である(特許文献1参照)。 (1) a first timing detection method first timing detection method is GI correlation calculation method for detecting symbol timing by calculating a correlation of the repeated portion of the guard interval GI (see Patent Document 1).
図24は第1のタイミング検出方法を実現するタイミング装置の構成図、図25はタイミング検出方法の説明図である。 Figure 24 is a diagram showing the construction of a timing device for implementing the first timing detection method, FIG. 25 is an explanatory diagram of the timing detection method. ガードインターバルGIは、図25の(a)に示すようにサンプル数N o個のOFDM有効シンボルの先頭部にサンプル数N G個の末尾部分をコピーして作成しているから、1OFDM有効シンボル前(N 0サンプル前)の受信信号と現受信信号との相関を演算することにより図25(b)に示すようにガードインターバルGI部分で相関値が最大となる。 The guard interval GI is because they created by copying the number of samples N G number of trailing the leading portion of the sample number N o number of OFDM effective symbol as shown in (a) of FIG. 25, 1 OFDM effective symbol before correlation value a guard interval GI moiety as shown in FIG. 25 (b) by calculating the correlation between the received signal and the current reception signal (N 0 samples ago) is maximized. この最大相関値を検出することによりシンボルタイミングを検出できる。 It can detect the symbol timing by detecting the maximum correlation value.
図24において、遅延器21は、受信信号を1 OFDM有効シンボル(サンプル数N 0 )分遅延し、乗算部22は1 OFDM有効シンボル前の受信信号P 2の複素共役P 2 *と現受信信号P 1とを乗算し、乗算結果を出力する。 In Figure 24, delay unit 21, a reception signal 1 OFDM effective symbol (sample number N 0) component is delayed, multiplying unit 22 1 OFDM effective symbol preceding received signal P 2 complex conjugate P 2 * the current received signal multiplied by the P 1, and outputs the multiplication result. シフトレジスタ23はガードインターバルのN Gサンプル分の長さを有し、最新のN G個の乗算結果を記憶し、加算部24はN G個の乗算結果を加算してN Gサンプル幅の相関値を出力する。 The shift register 23 has N G samples length of the guard interval, and stores the latest N G number of multiplication results, the addition section 24 correlations N G sample width by adding the N G multiplications results and it outputs a value. 相関値記憶部25は加算器24から出力する1サンプルづつずれたN 0個の相関値を記憶し、加算器26はS/N比を向上するために複数のシンボル及び複数フレームにわたって相関値を積算し、相関値記憶部25に記憶する。 Correlation value storage unit 25 stores the N 0 correlation values shifted by one sample at a time output from the adders 24, the adder 26 the correlation value over a plurality of symbols and a plurality of frames in order to improve the S / N ratio integration and is stored in the correlation value storage unit 25. ガードインターバル期間において1 OFDM有効シンボル前の受信信号と現受信信号は理想的には同じであるから、シフトレジスタ23に記憶されるガードインターバル期間の乗算結果の数が多くなるに従って図25(b)に示すように相関値が漸増し、ガードインターバル期間におけるN G個の全ての乗算結果がシフトレジスタ23に記憶されたとき相関値は最大となり、以後、シフトレジスタに23に記憶されるガードインターバル期間の乗算結果の数が減少してゆき相関値は漸減する。 Since 1 OFDM effective symbol preceding received signal and the current received signal in the guard interval period is the same ideally, 25 according to the number of multiplication results of the guard interval period to be stored in the shift register 23 is increased (b) correlation value gradually increases as shown in, the correlation value when N G pieces all of the multiplication results stored in the shift register 23 in the guard interval period is maximized, thereafter, the guard interval period to be stored in the shift register 23 correlation number of multiplication results Yuki decreases gradually decreases. ピーク検出部27は相関値記憶部25に記憶されているN 0個の相関値のうち相関電力最大のピーク相関値を検出し、そのタイミングをシンボルタイミングとする。 Peak detecting unit 27 detects the correlation power maximum peak correlation value of N 0 correlation values stored in the correlation value storage unit 25, and the timing and symbol timing. なお、タイミング検出と同時に、移動端末と基地局間のキャリア周波数偏差の推定が可能である。 Incidentally, simultaneously with the timing detection, it is possible to estimate the carrier frequency deviation between a mobile terminal and a base station.

(2) 第2のタイミング検出方法 第2のタイミング検出方法は、図26に示すように同一の信号、例えば同期チャネル(SCH)のOFDMシンボルを2回繰返して送信し、その繰返し部分の相関を演算してピークタイミングを検出し、該タイミングに基づいてシンボルタイミング、サブフレームタイミングを検出する(非特許文献2参照)。 (2) a second timing detection method the second timing detection method, the same signal as shown in FIG. 26, for example to send repeatedly an OFDM symbol of the synchronization channel (SCH) 2 times, the correlation of the repeated portion It calculates and detects the peak timing, detects the symbol timing, sub-frame timing based on the timing (see non-Patent Document 2). なお、タイミング検出と同時に、移動端末と基地局間のキャリア周波数偏差の推定が可能である。 Incidentally, simultaneously with the timing detection, it is possible to estimate the carrier frequency deviation between a mobile terminal and a base station.
(3) 第3のタイミング検出方法 第3のタイミング検出方法は、図27に示すように各基地局より全セル共通の同期チャネル(SCH) のOFDMシンボルを送信し、受信側で同期チャネルのOFDMシンボルのレプリカと受信信号との相関を演算してピークタイミングを検出し、該タイミングに基づいてシンボルタイミング、サブフレームタイミングを検出する(非特許文献2参照)。 (3) third timing detection method third timing detection method, and transmits the OFDM symbol common to all the cells of the synchronization channel (SCH) from the base station as shown in FIG. 27, the synchronization channel OFDM on the receiving side It detects the peak timing by calculating a correlation between the replica and the received signal symbol, detecting the symbol timing, sub-frame timing based on the timing (see non-Patent Document 2).
国際公開第03/032542号パンフレット International Publication No. 03/032542 pamphlet

・第1のタイミング検出方法には以下の問題がある。 • The first timing detection method has the following problems.
(1)シンボルタイミングを検出できるが、サブフレームタイミングを検出できない。 (1) can detect the symbol timing can not be detected subframe timing.
(2)図25(b)に示すように相関値が繰り返し部分(GI期間)の長さに応じた幅を持つピーク特性になるため、雑音や遅延波の影響でシンボルタイミング位置に誤差を生じやすい。 (2) Since a peak characteristic having a width corresponding to the length of the correlation value is repeated portions (GI period) as shown in FIG. 25 (b), cause errors in the symbol timing position under the influence of noise and the delay wave Cheap.
(3)ショートGIサブフレームとロングGIサブフレームが併用される場合、移動端末はそれぞれのサブフレームに応じた2つの相関器を持つ必要がある。 (3) If a short GI subframe and the long GI subframe is used in combination, the mobile terminal needs to have two correlators corresponding to each sub-frame.
(4)基地局がショートGIサブフレームとロングGIサブフレームを時間多重して送信する場合、相関値を複数サブフレームにわたって平均化ができないため、タイミング検出精度が落ちる。 (4) When a base station transmits a short GI subframe and the long GI subframe time multiplexed and, because it can not average the correlation values ​​over a plurality of sub-frames, the timing detection accuracy falls.
・第2のタイミング検出方法には以下の問題がある。 • The second timing detection method has the following problems.
(1)第1のタイミング検出方法と同様に相関値は繰り返し部分(OFDMシンボル期間)の長さに応じた幅を持つピーク特性になるため、雑音や遅延波の影響でシンボルタイミング位置、サブフレームタイミング位置に誤差を生じやすい (1) the correlation values ​​similar to the first timing detection method for a peak characteristic having a width corresponding to the length of the repeated portions (OFDM symbol periods), the symbol timing position under the influence of noise and the delay wave, the sub-frame likely to cause an error in the timing position
(2)ショートGIサブフレームとロングGIサブフレームが併用される場合、移動端末はそれぞれのサブフレームに応じた2つの相関器を持つ必要がある。 (2) When the short GI subframe and the long GI subframe is used in combination, the mobile terminal needs to have two correlators corresponding to each sub-frame.
(3)基地局がショートGIサブフレームとロングGIサブフレームを時間多重して送信する場合、相関値を複数サブフレームにわたって平均化ができないため、タイミング検出精度が落ちる。 (3) When the base station transmits a short GI subframe and the long GI subframe time multiplexed and, because it can not average the correlation values ​​over a plurality of sub-frames, the timing detection accuracy falls.
・第3のタイミング検出方法には以下の問題がある。 • The third timing detection method has the following problems.
第3のタイミング検出方法には第1、第2の方法のような問題はない。 The third timing detection method first, no problem such as the second method. しかし、第3のタイミング検出方法では、同期チャネルとして受信側で既知である全セル共通のOFDMシンボルを用いる必要があり、パイロットシンボルをタイミング検出に使用できない。 However, in the third timing detection method, it is necessary to use a common to all the cells of the OFDM symbols which are known on the receiving side as a synchronization channel, it can not use the pilot symbol timing detection. このため、サブフレームに含まれるパイロットシンボル数が少なくなり、チャネル推定精度が劣化する問題がある。 Therefore, the number of pilot symbols is reduced to be included in the sub-frame, there is a problem that the channel estimation accuracy is deteriorated.

以上から、本発明の目的は、パイロットシンボルをシンボルタイミング、サブフレームタイミングの検出に使用できるようにすることである。 From the above, an object of the present invention is to be able to use the pilot symbols symbol timing, the detection of the sub-frame timing.
本発明の別の目的は、GI長が異なる複数のサブフレーム(例えばショートGIサブフレームとロングGIサブフレーム)が併用される場合であっても、シンボルタイミング/サブフレームタイミングの検出に際して、それぞれのサブフレームに応じた相関器を不要にすることである。 Another object of the present invention, even when a plurality of sub-frames GI lengths are different (e.g., short GI subframe and the long GI subframe) are used in combination, in detecting a symbol timing / subframe timing, respectively it is to eliminate the correlator in accordance with the sub-frame.
本発明の別の目的は、高精度でシンボルタイミング、サブフレームタイミングの検出ができるようにすることである。 Another object of the present invention, symbol timing with high accuracy, and to allow detection of the sub-frame timing.

本発明は、ガードインターバル長が異なる複数種類のサブフレームを使用するディジタル通信システムにおけるサブフレームの作成方法および送信装置である。 The present invention is a forming method and transmitting apparatus of the sub-frame in a digital communication system guard interval length using a different type of sub-frame.
・サブフレームの作成方法 - How to create a sub-frame
本発明の第1のサブフレームの作成方法は、サブフレームの末尾または先頭となるパイロット信号のいずれか一方に位相回転処理を施すステップ、該位相回転処理を施されたパイロット信号及び位相回転処理を施されないパイロット信号のそれぞれにIFFT処理を施し、該IFFT処理により得られた各有効シンボルにガードインターバルを挿入してサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成するステップを備え、送信されるサブフレームの種類に関係なく一定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングの前後で繰り返すように前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルを作成する。 The method of creating a first sub-frame of the present invention, in one of the pilot signal to be the last or the first subframe step of applying a phase rotation process, the said phase rotation processing performed pilot signal and the phase rotation processing It performs IFFT processing on the respective not performed pilot signal, the step of creating each a top OFDM symbol of the end of the OFDM symbol and the next sub-frame of the sub-frame by inserting a guard interval to each active symbol obtained by the IFFT processing the provided, to create a first OFDM symbol of the subframe at the end of OFDM symbol and the next sub-frame as a sample of a certain number of kinds regardless subframe repeated before and after the sub-frame synchronization timing to be transmitted.
本発明の第2のサブフレームの作成方法は、信号にIFFT処理を施し、該IFFT処理により得られた有効シンボルにガードインターバルを挿入してサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成すると共に、送信されるサブフレームの種類に関係なく所定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングの前後で繰り返すように前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルを作成するステップを備え、該OFDMシンボル作成ステップは、前記信号にIFFT処理を施して得られた有効シンボルの後部をコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入してサブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成するステップ、前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルにマッピングさ How to create the second sub-frame of the present invention performs IFFT processing on the signal, the head of the end of the OFDM symbol and the next sub-frame of the sub-frame by inserting a guard interval to the obtained effective symbol by the IFFT processing together forming an OFDM symbol, respectively, the beginning of the OFDM symbol of the subframe at the end of OFDM symbol and the next sub-frame as a predetermined number of samples regardless of the type of sub-frame is repeated before and after the sub-frame synchronization timing to be transmitted comprising the step of creating, the OFDM symbol creation step is to copy the rear part of effective symbols obtained by subjecting the IFFT processing on the signal, the sub to the copy unit is inserted into the front of the effective symbol as a guard interval generating a frame trailing OFDM symbols, mapping of the sub-frame at the end of OFDM symbol れた同一の信号にIFFT処理を施して得られた有効シンボルの前部をコピーし、該コピー部を該有効シンボルの後部にガードインターバルとして挿入して次のサブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成するステップを有している。 Copy the front part of effective symbols obtained by subjecting the IFFT processing to the same signal, the copy unit is inserted as guard interval at the rear of the valid symbol to generate the next sub-frame head of the OFDM symbol It has a step.
本発明の第2のサブフレームの作成方法は、信号にIFFT処理を施し、該IFFT処理により得られた有効シンボルにガードインターバルを挿入してサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成するステップを備え、送信されるサブフレームの種類に関係なく前記サブフレーム同期タイミングの前後の2つのサンプル配列が互いに反転するようにサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成する。 How to create the second sub-frame of the present invention performs IFFT processing on the signal, the head of the end of the OFDM symbol and the next sub-frame of the sub-frame by inserting a guard interval to the obtained effective symbol by the IFFT processing comprising a step of forming an OFDM symbol, respectively, the sub-frame of the end of the OFDM symbol and the next sub-frame of the sub-frame so that the two samples sequences before and after the synchronization timing is mutually inverted regardless of the type of sub-frame to be transmitted to create the beginning of the OFDM symbol, respectively.
・送信装置 And transmission equipment
本発明の第1の送信装置は、サブフレームの末尾または先頭となるパイロット信号のいずれか一方に位相回転処理を施す位相回転部、信号にIFFT処理を施すIFFT処理部、該IFFT処理により得られた有効シンボルにガードインターバルを挿入するガードインターバル挿入部、前記位相回転処理 を施されたパイロット信号及び位相回転処理を施されないパイロット信号のそれぞれにIFFT処理を施し、該IFFT処理により得られた各有効シンボルにガードインターバルを挿入してサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成し、送信されるサブフレームの種類に関係なく一定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングの前後で繰り返すように制御する制御部、該サブフレームを無線で送信する送信部を備えてい The first transmission device of the present invention, a phase rotation unit that performs phase rotation processing to one of the pilot signal to be the last or the first sub-frame, IFFT processing unit for performing IFFT processing on the signal obtained by the IFFT processing the guard interval insertion unit for inserting a guard interval to the effective symbol, performs IFFT processing on each of the phase rotation processing performed pilot signal and the pilot signal not subjected to phase rotation processing, the effective obtained by the IFFT processing and inserts a guard interval to a symbol to create a first OFDM symbol of the end of the OFDM symbol and the next sub-frame of the sub-frame, respectively, before and after a certain number of samples of the sub-frame synchronization timing regardless of the type of sub-frame to be transmitted controlling to repeat at, have a transmission unit for transmitting the sub-frame in the radio .
本発明の第2の送信装置は、信号にIFFT処理を施すIFFT処理部、該IFFT処理により得られた有効シンボルにガードインターバルを挿入するガードインターバル挿入部、送信されるサブフレームの種類に関係なく前記サブフレーム同期タイミングの前後の2つのサンプル配列が互いに反転するようにサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成するよう制御する制御部、該サブフレームを無線で送信する送信部を備えている。 The second transmission device of the present invention, IFFT processor for performing IFFT processing on the signal, the guard interval insertion unit for inserting a guard interval to the obtained effective symbol by the IFFT processing, regardless of the type of sub-frame to be transmitted control unit for controlling so as to create respective OFDM symbols of the leading end of the OFDM symbol and the next sub-frame of the sub-frame so that the two samples upstream and downstream of the sub-frame synchronization timing is mutually inverted, the sub-frame in the radio and a transmission unit for transmitting.

本発明によれば、所定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングの前後で繰り返すようにサブフレーム末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルを作成するようにしたから、GI長が異なる複数のサブフレーム(例えばショートGIサブフレームとロングGIサブフレーム)が併用される場合であっても、サブフレームタイミングの検出に際して、それぞれのサブフレームに応じた相関器を不要にすることができる。 According to the present invention, a predetermined number of samples it is so arranged to create a first OFDM symbol of the subframe at the end of OFDM symbol and the next sub-frame to repeat before and after the sub-frame synchronization timing, a plurality of GI lengths are different even when the sub-frame (e.g., short GI subframe and the long GI subframe) are used in combination, in detecting the sub-frame timing, the correlators corresponding to each sub-frame can be eliminated.
また、本発明によれば、パイロット信号を用いてサブフレーム末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルを作成するようにしたから、サブフレームに含まれるパイロット数を多くできるため、復調時のチャネル推定精度を改善することができる。 Further, according to the present invention, since it is so arranged to create a first OFDM symbol of the OFDM symbol and the next sub-frame of the last subframe with a pilot signal, may increase the number of pilots included in the sub-frame, upon demodulation it is possible to improve the accuracy of channel estimation.
また、本発明によれば、サブフレーム同期タイミングの前後で繰り返えされる2つのサンプル配列が互いに反転するようにしたから、相関演算に際して、サブフレーム同期タイミングにおいて鋭いピークを発生するようにでき、サブフレーム同期タイミングの検出精度を向上することができる。 Further, according to the present invention, since the two sample sequences Kaee repeated before and after the sub-frame synchronization timing has to be reversed to each other, can upon correlation calculation, so as to generate a sharp peak in the sub-frame synchronization timing, it is possible to improve the detection accuracy of the sub-frame synchronization timing.

(A)本発明の原理 図1は本発明の原理説明図である。 (A) Principle Figure 1 of the present invention is an explanatory view of the principle of the present invention.
ガードインターバル長が異なる複数種類のサブフレームを使用するディジタル通信システムにおいて、サブフレーム同期タイミング、シンボル同期タイミングを検出する必要がある。 In digital communication systems that the guard interval length using a different types of subframes, subframe synchronization timing, it is necessary to detect the symbol synchronization timing.
このため、図1(A)に示すように、パイロット信号にIFFT処理を施し、該IFFT処理により得られた有効シンボルPにガードインターバルGIを挿入してサブフレームの末尾のOFDMシンボルS0を作成し、同一パイロット信号にIFFT処理を施し、該IFFT処理により得られた有効シンボルPにガードインターバルGIを挿入して次サブフレームの先頭のOFDMシンボルS1を作成する方法が考えられる。 Therefore, as shown in FIG. 1 (A), it performs IFFT processing on a pilot signal, to create the end of the OFDM symbol S0 subframe by inserting a guard interval GI to the effective symbol P obtained by the IFFT processing , performs IFFT processing on the same pilot signal, a method for creating a head of the OFDM symbol S1 in the next sub-frame by inserting a guard interval GI to the effective symbol P obtained by the IFFT process are considered. しかし、この方法ではロングGIサブフレームSF LとショートGIサブフレームSF SのOFDMシンボル長N L ,N Sが異なる。 However, in this method OFDM symbol length N L long GI subframe SF L and the short GI subframe SF S, N S is different. このため、受信局(移動局)が相関演算によりサブフレーム同期タイミングを検出するためには、それぞれのサブフレームに応じた相関器を備える必要があり、好ましくない。 Therefore, in order to the receiving station (the mobile station) detects the sub-frame synchronization timing by the correlation calculation, it is necessary to provide a correlator corresponding to each sub-frame, which is not preferable.
そこで、本発明では、図1(B)に示すように、所定数N 0のサンプルがサブフレーム同期タイミングのT SYCの前後で繰り返すように、サブフレーム末尾のOFDMシンボルS0と次サブフレームの先頭のOFDMシンボルS1を作成する。 Therefore, in the present invention, as shown in FIG. 1 (B), as a predetermined number of samples N 0 is repeated before and after T SYC subframe synchronization timing, leading subframe last OFDM symbol S0 and the next sub-frame to create a OFDM symbol S1. 具体的には、サブフレーム同期タイミングT SYCの前後で長さN 0のOFDM有効シンボルPが繰り返されるようにする。 More specifically, so as OFDM effective symbol P of length N 0 before and after the sub-frame synchronization timing T SYC is repeated. このようにすれば、ロングGIサブフレームSF LとショートGIサブフレームSF SのOFDMシンボル長N L ,N Sが異なっても、移動局は長さN 0の相関器を備えるだけでよく、相関演算によりそれぞれのサブフレームにおけるサブフレーム同期タイミングT SYCを検出できるようになる。 In this way, the long GI subframe SF L and the short GI subframe SF S of the OFDM symbol length N L, even different N S, the mobile station need only comprise a correlator length N 0, correlation it becomes possible to detect the sub-frame synchronization timing T SYC in each subframe by calculating. すなわち、パイロット信号を用いて、かつ、1つの相関器によりGI長が異なるサブフレームのサブフレーム同期タイミング、シンボル同期タイミングを検出することができる。 That is, using the pilot signal, and the sub-frame synchronization timing subframes GI lengths are different by one correlator, it is possible to detect the symbol synchronization timing.

以上のように、所定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングのT SYCの前後で繰り返すようにして相関演算すると、相関値C(t)が図2(A)に示すように三角状になる。 As described above, a predetermined number of samples when correlation operation to repeat before and after T SYC subframe synchronization timing, correlation value C (t) becomes triangular, as shown in FIG. 2 (A). なお、図2では有効シンボルは4サンプルa,b,c,dとしている。 Incidentally, the effective symbol in FIG. 2 are four samples a, b, c, as d. 相関演算のタイミングがシンボル同期タイミングT SYCと一致していれば相関値C(T)=a 2 +b 2 +c 2 +d 2となりピーク値を示し、シンボル同期タイミングT SYCから前後にずれると相関値C(T−1)=a 2 +b 2 +c 2 、C(T+1)=b 2 +c 2 +d 2となり小さくなり、ずれ具合が大きくなるほど相関値C(t)は小さくなる。 Correlation value if the timing of the correlation operation coincides with the symbol synchronization timing T SYC C (T) = a 2 + b 2 + c 2 + d 2 indicates the next peak value, when placed either before or after the symbol synchronization timing T SYC correlation value C (T-1) = a 2 + b 2 + c 2, C (T + 1) = b 2 + c 2 + d 2 becomes smaller, the correlation value C as the deviation degree is increased (t) is small Become. このように、相関値が繰り返し部分(有効シンボル期間)の長さに応じた幅を持つピーク特性になると、雑音や遅延波の影響でシンボル同期タイミングの検出誤差が生じやすい。 Thus, when a peak characteristic having a width corresponding to the length of the portion repetitive correlation value (effective symbol period), the detection error of the symbol synchronization timing tends to occur due to the influence of noise and the delay wave.
本発明は、図2(B)に示すように、サブフレーム同期タイミングT SYCの前後で繰り返えされる2つのサンプル配列が互いに反転するようにサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成する。 The present invention, as shown in FIG. 2 (B), the head of the end of the OFDM symbol and the next sub-frame of the sub-frame so that the two samples sequences Kaee repeated before and after the sub-frame synchronization timing T SYC are inverted to each other to create a OFDM symbol, respectively. 図2(B)の例では、サブフレームの末尾の有効シンボルの配列はa,b,c,dとなっているが、次サブフレームの先頭の有効シンボルの配列はd,c,b,aと反転している。 In the example of FIG. 2 (B), the sequence at the end of the effective symbol of the subframe is a, b, c, although a d, the sequence of the beginning of the effective symbol of the next subframe d, c, b, a It is inverted with. このように、サンプル配列を反転することにより、相関演算のタイミングがシンボル同期タイミングT SYCと一致していれば相関値は大きなピーク値を示し、相関演算のタイミングが一致していなければ0になる。 Thus, by inverting the sample sequence, the timing of the correlation calculation is a correlation value If they match the symbol synchronization timing T SYC showed a large peak value, becomes zero unless the timing of the correlation operation coincides . すなわち、相関演算のタイミングがシンボル同期タイミングT SYCと一致していれば相関値C(T)=a 2 +b 2 +c 2 +d 2となりピーク値を示し、シンボル同期タイミングT SYCから前後にずれると相関値C(T−1)=0、C(T+1)=0となる。 That is, the timing of the correlation operation indicate the correlation value C (T) = a 2 + b 2 + c 2 + d 2 becomes the peak value If they match the symbol synchronization timing T SYC, back and forth from the symbol synchronization timing T SYC It deviates from the correlation value C (T-1) = 0, the C (T + 1) = 0. この結果、シンボル同期タイミングを正確に検出することが可能になる。 As a result, it is possible to accurately detect the symbol synchronization timing.

(B)第1実施例 (a)OFDM送信装置 図3は第1実施例のOFDM送信装置(基地局)の構成図であり、送信装置は適宜ロングGIサブフレームとショートGIサブフレームを時分割多重して送信するものとする。 (B) First Embodiment (a) OFDM transmitter Figure 3 is a block diagram of an OFDM transmitting apparatus (base station) of the first embodiment, the transmitting apparatus time-share appropriately long GI subframe and the short GI subframe It shall be transmitted multiplexed with.
サブフレームフォーマット記憶部41はロングGIサブフレームとショートGIサブフレームのサブフレームフォーマットを保存している。 Subframe format storage unit 41 has stored the sub-frame format of the long GI subframe and the short GI subframe. 送信サブフレームフォーマット決定部42はユニキャストデータを送信するか、マルチキャストデータを送信するかに基づいて、サブフレームフォーマットを決定し、該サブフレームフォーマット情報をサブフレームフォーマット記憶部41から読み出してチャネル多重制御部43、位相回転処理部44、ガードインターバル長制御部(以下GI長制御部という)45に通知する。 Or transmission subframe format determining unit 42 transmits the unicast data, based on whether to send multicast data to determine the sub-frame format, channel multiplexing reads the subframe format information from the sub-frame format storage unit 41 control unit 43, and notifies the phase rotation processing section 44, (hereinafter referred to as GI length control unit) guard interval length control unit 45.
チャネル多重部46はチャネル多重制御部43の制御に基づいて、離散的な時間信号であるデータチャネルとパイロットチャネルを時分割多重して出力する。 The channel multiplexer 46 based on the control of the channel multiplex controller 43, and outputs the time-division multiplexing a data channel and a pilot channel is a discrete time signal. 本実施例において、チャネル多重部46は少なくともサブフレーム末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルが同一のパイロット信号を用いて作成されるように、データチャネルにパイロットチャネルを時分割多重する。 In the present embodiment, as in the beginning of the OFDM symbol of the OFDM symbol and the next sub-frame of the tail at least subframe the channel multiplexer 46 is generated using the same pilot signal, time-division multiplexing a pilot channel to data channel . すなわち、サブフレーム末尾のOFDMシンボルを次サブフレームのパイロットを用いて作成する。 That is, the sub-frame at the end of OFDM symbol generated using a pilot for the next subframe.
位相回転処理部44はN 0をOFDMの有効シンボル長、N Gをガードインターバルのシンボル長とするとき、パイロット信号のn番目(n=0〜N 0-1 )のサンプルに、 Phase rotation processing section 44 N 0 the effective symbol length of OFDM, when a N G is the symbol length of the guard interval, a sample of n-th pilot signal (n = 0 to N 0-1),
w(n)=exp(−jnN G /N 0 ) (1) w (n) = exp (-jnN G / N 0) (1)
の位相回転を施すよう位相回転部47に指示する。 It instructs the phase rotating unit 47 so that the performing phase rotation. この指示により、位相回転部47はサブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号のみに(1)式で示すw(n)の位相回転を施して出力する。 This instruction, a phase rotation unit 47 and outputs the phase rotation is performed for the w (n) indicated by only (1) The pilot signals that provide the sub-frame at the end of OFDM symbol. なお、位相回転部47はデータ信号や他のパイロット信号には位相回転を施さない。 The phase rotation unit 47 is not subjected to phase rotation to the data signal and the other pilot signals.
シリアル・パラレル変換処理部(S/P変換部)48は、位相回転部55から時系列的にシリアルに入力する一定数N 0のサンプルを並列に変換し、N 0個のサブキャリア信号成分としてIFFT処理部49に入力する。 Serial-parallel conversion unit (S / P conversion unit) 48 converts the samples of the predetermined number N 0 that series be serially inputted when the phase rotation unit 55 in parallel, as N 0 sub-carrier signal component is input to the IFFT processing unit 49. 図4はS/P変換処理部48の出力を時間―周波数の2次元領域で表現したものである。 4 times the output of the S / P conversion processing unit 48 - is obtained by a two-dimensional representation regions of the frequency. なお、p(m+1,n)は第(m+1)番目のサブフレームのパイロット信号のn番目のサブキャリア成分を示している。 Incidentally, p (m + 1, n) represents the n-th sub-carrier component of the (m + 1) th sub-frame of the pilot signal.
IFFT処理部49はN 0個のサブキャリア信号成分にIFFT処理を施してN 0個の時間離散データ列(有効シンボル)を出力する。 IFFT processing unit 49 outputs the N 0 pieces of time-discrete data sequence subjected to IFFT processing on N 0 sub-carrier signal component (effective symbol). GI長制御部50はGI挿入部50にサブフレームフォーマットに応じた長さN GのGIを挿入するように指示する。 GI length control unit 50 is instructed to insert a GI length N G corresponding to the sub-frame format in the GI insertion unit 50. この結果、GI挿入部58はIFFT処理部49から入力する有効シンボルの後部N G個のサンプルのコピーを作成し、該コピー部分を有効シンボルの先頭に挿入して無線処理部51に入力する。 As a result, GI insertion unit 58 makes a copy of the rear N G samples of the effective symbol to be input from the IFFT processing unit 49, and inputs the inserting the copied part to the head of the effective symbol to the radio processing unit 51. 無線処理部51はGI挿入部50から入力するベースバンドのOFDMシンボルをDA変換し、ついで、無線信号に周波数アップコンバートし、電力増幅して無線で送信する。 The radio processing section 51 to baseband OFDM symbols input from the GI insertion unit 50 to the DA converter, then the frequency up-converted to a radio signal and transmits wirelessly to power amplification.

(b)繰り返しの説明 第1実施例において、有効シンボル数N Gのサンプルがサブフレーム同期タイミングのT SYCの前後で繰り返す理由を説明する。 (b) in the repetition of the description first embodiment, explaining why the sample of the effective symbol number N G is repeated before and after T SYC subframe synchronization timing. なお、N 0 (=10)個のサンプルで構成されたパイロット信号を位相回転せずにIFFT処理すると有効シンボル200は図5(A)に示すように Incidentally, N 0 (= 10) effective symbol 200 when IFFT processing without phase rotation of the pilot signals constituted by samples, as shown in FIG. 5 (A)
ABCDEFGHIJ ABCDEFGHIJ
となるものとし、また、GI長は2サンプルとする。 It shall be, also, GI length is two samples.
サブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号に(1)式で示すw(n)の位相回転を施すとIFFT処理して作成された有効シンボル201は図5(B)に示すように半時計方向に2サンプル分回転して Counterclockwise as valid symbol 201 created by IFFT processing when performing phase rotation of the sub-frame to be the pilot signals the end of the OFDM symbol shown in (1) w (n) is shown in FIG. 5 (B) rotating 2 samples in
IJABCDEFGH IJABCDEFGH
になる。 become. 従って、GI挿入部50でGIを挿入するとOFDMシンボル202は図5(C)に示すように Therefore, OFDM symbol 202 when inserting the GI in GI insertion unit 50, as shown in FIG. 5 (C)
GH IJABCDEFGH GH IJABCDEFGH
となり、シンボル同期タイミングT SYCからN 0個のサンプル列は Next, N 0 samples column from the symbol synchronization timing T SYC is
IJABCDEFGH IJABCDEFGH
になる。 become.
一方、サブフレーム先頭のOFDMシンボルとなるパイロット信号には位相回転を施さないため、IFFT処理して作成された有効シンボル211は図5(D)に示すように Meanwhile, since the pilot signal becomes a sub-frame head of the OFDM symbol is not subjected to phase rotation, the effective symbol 211 created by IFFT processing as shown in FIG. 5 (D)
ABCDEFGHIJ ABCDEFGHIJ
になる。 become. 従って、GI挿入部50でGI挿入すると、OFDMシンボル212は図5(E)に示すように Therefore, when the GI insertion the GI insertion unit 50, OFDM symbols 212 as shown in FIG. 5 (E)
IJABCDEFGHIJ IJABCDEFGHIJ
となり、シンボル同期タイミングT SYCからN 0個のサンプル列は Next, N 0 samples column from the symbol synchronization timing T SYC is
IJABCDEFGH IJABCDEFGH
になる。 become. この結果、サブフレーム同期タイミングT SYCの前後でN 0個のサンプル列が繰り返えされる。 As a result, N 0 samples column before and after the sub-frame synchronization timing T SYC is repeated Kaee.

以上ではGI長が2サンプルの場合であるが、3サンプルの場合は、サブフレーム末尾の有効シンボルは3サンプル分回転して Is the case of the GI length is 2 samples in the above, in the case of 3 samples, the effective symbol of the last sub-frame is rotated 3 samples
HIJABCDEFG HIJABCDEFG
となり、サブフレーム末尾のOFDMシンボルは Next, OFDM symbols at the end subframe
EFGHIJABCDEFG EFGHIJABCDEFG
となり、シンボル同期タイミングT SYCからN 0個のサンプル列は Next, N 0 samples column from the symbol synchronization timing T SYC is
HIJABCDEFG HIJABCDEFG
となる。 To become.
また、サブフレーム先頭のOFDMシンボルは The sub-frame leading OFDM symbols
HIJABCDEFGHIJ HIJABCDEFGHIJ
となり、シンボル同期タイミングT SYCからN 0個のサンプル列は Next, N 0 samples column from the symbol synchronization timing T SYC is
HIJABCDEFG HIJABCDEFG
となる。 To become. この結果、サブフレーム同期タイミングT SYCの前後でN 0個のサンプル列が繰り返えされる。 As a result, N 0 samples column before and after the sub-frame synchronization timing T SYC is repeated Kaee.
すなわち、ショートGIサブフレームであってもロングGIサブフレームであっても10個のサンプル(シンボル)がサブフレーム同期タイミングT SYCの前後で繰り返される。 That is, the short GI subframe is a even long GI subframe be 10 samples (symbols) are repeated before and after the sub-frame synchronization timing T SYC.
図6はロングGIサブフレームSF LとショートGIサブフレームSF Sにおけるサブフレーム末尾のOFDMシンボル202、202′とサブフレーム先頭のOFDMシンボル212、212′の説明図である。 6 is an explanatory view of a long GI subframe SF L and the short GI subframe SF S subframes end of OFDM symbol 202, 202 'and the sub-frame head of the OFDM symbol 212, 212' in. 有効シンボルのシンボル数N 0はサブフレームの種類に関係なく一定であるから、ロングGIサブフレームSF LおよびショートGIサブフレームSF Sともに、N 0個のサンプルがサブフレーム同期タイミングのT SYCの前後で繰り返すようにできる。 Since the effective number of symbols N 0 symbol is constant regardless of the type of sub-frame, the long GI subframe SF L and a short GI subframe SF S together, N 0 samples are before and after T SYC subframe synchronization timing It can be to repeat in.

(c)受信装置におけるタイミング同期検出 図7は第1実施例の受信装置(移動局)におけるタイミング同期検出処理部の構成図である。 Timing synchronization detection Figure 7 in (c) the receiving device is a configuration diagram of the timing synchronization detection unit in the receiving apparatus (mobile station) of the first embodiment. 無線処理部61は送信装置から送信された無線信号をべースバンド信号に周波数変換し、該ベースバンド信号をAD変換してタイミング同期検出処理部62に入力する。 The radio processing unit 61 frequency-converts the baseband signal to a radio signal transmitted from the transmitter, and inputs the baseband signal to the timing synchronization detection processing section 62 performs AD conversion. タイミング同期検出処理部62は相関演算部63、平均演算部64、同期タイミング検出部65を備えている。 Timing synchronization detection processing unit 62 includes a correlation calculation unit 63, average calculating unit 64, and a synchronization timing detection unit 65.
相関演算部63において、シフトレジスタ63aは有効シンボル長をN 0とすれば、最新の2×N 0個のサンプルr(0)~r(2N 0 −1)を順次シフトしながら記憶する。 In the correlation calculation unit 63, when the shift register 63a is an effective symbol length and N 0, the latest 2 × N 0 samples r (0) is stored while sequentially shifting ~ r the (2N 0 -1). N 0個の乗算器63bは、最新のN 0個のサンプルr(j)(j=0,1,…,N 0 -1)とそれより前のN 0個のサンプルにおける対応するサンプルr(j+N 0 )同士の乗算を行い、加算器63cは各乗算結果を加算して相関値を演算して平均演算部64に入力する。 N 0 multipliers 63b, the latest N 0 samples r (j) (j = 0,1 , ..., N 0 -1) and the corresponding sample r in from the previous N 0 samples it ( j + N 0) function multiplies together, the adder 63c is input to the average calculation unit 64 calculates a correlation value by adding the multiplication results. 加算器63cは1サンプル入力する毎に相関値を演算して出力し、サブフレームのシンボル数をMとすれば、サブフレームにつきM個の相関値を出力する。 The adder 63c outputs by calculating a correlation value for each of one sample input, if the number of symbols of a subframe with M, and outputs the M correlation values ​​per sub-frame. 平均演算部64において、相関値記憶部64aはM個の加算器出力を記憶し、加算器64bは相関演算部63から順次出力されるM個の相関値と相関値記憶部64aに記憶されている対応する相関値を加算して加算結果を該相関値記憶部に記憶する。 In average calculation unit 64, the correlation value storage unit 64a stores the M adders output, the adder 64b is stored in the correlation value storage unit 64a and the correlation value of M that are sequentially outputted from the correlation calculation unit 63 corresponding adds the correlation value storing the addition result to the correlation value storage unit are. 平均演算部64はLサブフレームにわたって加算したM個の相関値を同期タイミング検出部65に入力する。 The average calculation unit 64 inputs the M correlation values ​​summed over L sub-frame to the synchronization timing detecting section 65. サブフレームのサンプル数Mはサブフレームの種類に関係なく一定であり(図23参照)、 Sample number M of subframes is constant regardless of the type of sub-frame (see FIG. 23),
M=Nofdm_s×Nf_s= Nofdm_1×Nf_l M = Nofdm_s × Nf_s = Nofdm_1 × Nf_l
である。 It is. ただし、 However,
Nf_s:1ショートGIサブフレームのOFDMシンボル数、 Nf_s: 1 the number of OFDM symbols of the short GI sub-frame,
Nf_l:1ロングGIサブフレームあたりのOFDMシンボル数、 Nf_l: 1 Long GI number of OFDM symbols per sub-frame,
Nofdm_s:ショートGIサブフレームの1OFDMシンボルあたりのサンプル数、 Nofdm_s: the number of samples 1OFDM per symbol of the short GI sub-frame,
Nofdm_l:ロングGIサブフレームの1OFDMシンボルあたりのサンプル数である。 Nofdm_l: a 1OFDM the number of samples per symbol of the long GI sub-frame.
同期タイミング検出部65はM個の相関値のうち最大のタイミングを検出し、該タイミングをサブフレーム同期タイミング及びシンボル同期タイミングとして出力する。 Synchronization timing detection unit 65 detects the maximum of the timing of the M correlation values, and outputs the timing as a sub-frame synchronization timing and symbol synchronization timing.
以上から、第1実施例によれば、パイロット信号を用いて、かつ、1つの相関器によりGI長が異なるサブフレームのサブフレーム同期タイミング、シンボル同期タイミングを検出することができる。 From the above, according to the first embodiment, by using the pilot signal, and the sub-frame synchronization timing subframes GI lengths are different by one correlator, it is possible to detect the symbol synchronization timing.

(d)変形例 ・第1の変形例 第1実施例では位相回転部55がサブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号に(1)式で示すw(n)の位相回転を施して出力したが、サブフレーム先頭のOFDMシンボルとなるパイロット信号にのみ次式 The phase rotation unit 55 and outputs the phase rotation is performed for the w (n) indicated by the pilot signal as a sub-frame at the end of OFDM symbol (1) in (d) Modification - first modification first embodiment but only on a pilot signal comprising a sub-frame head of the OFDM symbol following formula
W(n)=exp(+jnN G /N 0 ) (2) W (n) = exp (+ jnN G / N 0) (2)
の位相回転を施してIFFT処理するように構成することができる。 It can be constructed by applying a phase rotation to IFFT processing. このようにしても所定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングのT SYCの前後で繰り返えされる。 Such a predetermined number of samples even if the are Kaee repeated before and after T SYC subframe synchronization timing. 以下、その理由を説明する。 The reason will be described below. なお、N 0 (=10)個のサンプルで構成されたパイロット信号を位相回転せずにIFFT処理すると図8(A)に示すように有効シンボル200は Incidentally, N 0 (= 10) pieces of the IFFT-processes the configuration pilot signals without phase rotation in the sample effective symbol 200 as shown in FIG. 8 (A)
ABCDEFGHIJ ABCDEFGHIJ
となるものとし、また、GI長は2サンプルとする。 It shall be, also, GI length is two samples.
サブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号には位相回転を施さないため、IFFT処理して作成された有効シンボル201は図8(B)に示すように Since the pilot signal becomes a sub-frame at the end of OFDM symbol is not subjected to phase rotation, the effective symbol 201 created by IFFT processing as shown in FIG. 8 (B)
ABCDEFGHIJ ABCDEFGHIJ
になる。 become. 従って、GI挿入部50でGI挿入すると、OFDMシンボル202は図8(C)に示すように Therefore, when the GI insertion the GI insertion unit 50, OFDM symbols 202 as shown in FIG. 8 (C)
IJABCDEFGHIJ IJABCDEFGHIJ
となり、シンボル同期タイミングT SYCからN 0個のサンプル列は Next, N 0 samples column from the symbol synchronization timing T SYC is
ABCDEFGHIJ ABCDEFGHIJ
になる。 become.
一方、サブフレーム先頭のOFDMシンボルとなるパイロット信号に(2)式で示すw(n)の位相回転を施すとIFFT処理して作成された有効シンボル211は図8(D)に示すように時計方向に2サンプル分回転して On the other hand, as the effective symbol 211 created by IFFT processing when performing phase rotation of the w shown by (2) the pilot signal becomes a sub-frame head of the OFDM symbol (n) is shown in FIG. 8 (D) Clock rotating 2 samples in the direction
CDEFGHIJAB CDEFGHIJAB
になる。 become. 従って、GI挿入部50でGIを挿入するとOFDMシンボル212は図8(E)に示すように Therefore, OFDM symbol 212 when inserting the GI in GI insertion unit 50, as shown in FIG. 8 (E)
AB CDEFGHIJAB AB CDEFGHIJAB
となり、シンボル同期タイミングT SYCからN 0個のサンプル列は Next, N 0 samples column from the symbol synchronization timing T SYC is
ABCDEFGHIJ ABCDEFGHIJ
になる。 become. この結果、サブフレーム同期タイミングT SYCの前後でN 0個のサンプルが繰り返えされる。 As a result, N 0 samples is repeated Kaee before and after the sub-frame synchronization timing T SYC. 以上ではGI長が2サンプルの場合であるが、3サンプルの場合もサブフレーム同期タイミングT SYCの前後でN 0個のサンプルが繰り返えされる。 The above is the case of the GI length is 2 samples, 3 N 0 samples before and after the sub-frame synchronization timing T SYC cases samples are repeated Kaee. すなわち、ショートGIサブフレームであってもロングGIサブフレームであっても10個のサンプルがサブフレーム同期タイミングT SYCの前後で繰り返される。 That is, the sample also 10 a long GI subframe is repeated before and after the sub-frame synchronization timing T SYC be short GI subframe.

・その他の変形例 第1実施例では、N 0個の全サブキャリアにパイロットサンプルを配置したが、本発明はそれに限定されるものではない。 · In other variations the first embodiment, although the pilots samples N 0 or total subcarriers, the present invention is not limited thereto. パイロットサンプルを一部のサブキャリアのみに配置し、その他のサブキャリアにデータチャネルやBCH(Broadcast Channel)等のその他のチャネルを配置してもよい。 The pilot samples disposed only on a part of the subcarriers may be arranged other channels, such as other subcarriers to the data channel and BCH (Broadcast Channel). その場合、パイロットのみを繰返し配置してもよいし、その他のチャネルも含めて繰返し配置してもよい。 In that case, it may be arranged repeatedly only the pilot may be repeatedly arranged including the other channels.
また、第1実施例においてはサブフレームタイミングT SYCの前後でN 0個のシンボル列が繰り返えされるようにしたが、本発明はそれに限定するものではない。 Although as N 0 symbols columns are repeated Kaee before and after the sub-frame timing T SYC in the first embodiment, the present invention is not limited thereto. 例えば、第4OFDMシンボルのシンボル同期タイミングの前後でN 0個のシンボル列が繰り返えされるようにしてもよい。 For example, it may be N 0 symbols column before and after the symbol synchronization timing of the 4OFDM symbols are repeated Kaee. このようにすれば、シンボル同期タイミングを検出できる。 Thus, it is possible to detect the symbol synchronization timing.
第1実施例においては、GI長が2種類の例を挙げているが、2種類に限定するものではない。 In the first embodiment, the GI length is cited two examples, not limited to two types.

(C)第2実施例 第1実施例は周波数軸上で位相回転することによって、GI長に依存しない繰返し構造を実現しているが、第2実施例は時間軸上でGIを付加してGI長に依存しない繰返し構造を実現している。 (C) a first embodiment the second embodiment by phase rotation in the frequency domain, but to realize a repetitive structure that is independent of the GI length, the second embodiment adds a GI in the time domain It realizes a repetitive structure that is independent of the GI length.
図9は第2実施例のOFDM送信装置(基地局)の構成図であり、図3の第1実施例の送信装置と同一部分には同一符号を付している。 Figure 9 is a block diagram of an OFDM transmitting apparatus (base station) of the second embodiment are denoted by the same reference numerals to the transmitter the same parts as those of the first embodiment of FIG. 異なる点は、(1)位相回転処理部及び位相回転部を削除した点、(2)GI挿入部としてGI前方挿入部71、GI後方報挿入部72を設けた点である。 The difference, (1) that have deleted the phase rotation processing section and the phase rotation unit, in that a GI front insertion unit 71, GI rear paper insertion unit 72 as (2) GI insertion unit.
サブフレームフォーマット記憶部41はロングGIサブフレームとショートGIサブフレームのサブフレームフォーマットを保存している。 Subframe format storage unit 41 has stored the sub-frame format of the long GI subframe and the short GI subframe. 送信サブフレームフォーマット決定部42はユニキャストデータを送信するか、マルチキャストデータを送信するかに基づいて、サブフレームフォーマットを決定し、該サブフレームフォーマット情報をサブフレームフォーマット記憶部41から読み出してチャネル多重制御部43、GI長制御部45に通知する。 Or transmission subframe format determining unit 42 transmits the unicast data, based on whether to send multicast data to determine the sub-frame format, channel multiplexing reads the subframe format information from the sub-frame format storage unit 41 and it notifies the control unit 43, GI length control unit 45.
チャネル多重部46はチャネル多重制御部43の制御に基づいて、離散的な時系列信号であるデータチャネルとパイロットチャネルを時分割多重して出力する。 The channel multiplexer 46 based on the control of the channel multiplex controller 43, and outputs the data channel and the pilot channel is a discrete time series signal time division multiplexed manner. 本実施例において、チャネル多重部46は少なくともサブフレーム末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルが同一のパイロット信号を用いて作成されるように、データチャネルにパイロットチャネルを時分割多重する。 In the present embodiment, as in the beginning of the OFDM symbol of the OFDM symbol and the next sub-frame of the tail at least subframe the channel multiplexer 46 is generated using the same pilot signal, time-division multiplexing a pilot channel to data channel . すなわち、サブフレーム末尾のOFDMシンボルを次サブフレームのパイロットを用いて作成する。 That is, the sub-frame at the end of OFDM symbol generated using a pilot for the next subframe.
シリアル・パラレル変換処理部(S/P変換部)48は、チャネル多重部46から時系列的にシリアルに入力する一定数N 0のサンプルを並列に変換し、N 0個のサブキャリア信号成分としてIFFT処理部49に入力する。 Serial-parallel conversion unit (S / P conversion unit) 48 converts the samples of the predetermined number N 0 to be input to the series in the serial time from the channel multiplexer 46 in parallel, as N 0 sub-carrier signal component is input to the IFFT processing unit 49.
IFFT処理部49はN 0個のサブキャリア信号成分にIFFT処理を施してN 0個の時系列データ(有効シンボル)を出力する。 IFFT processing unit 49 outputs the N 0 pieces of time-series data by performing IFFT processing on N 0 sub-carrier signal component (effective symbol). 切換スイッチ73は、サブフレーム末尾の有効シンボルをGI前方挿入部71に入力し、サブフレーム先頭の有効シンボルをGI後方挿入部72に入力する。 Changeover switch 73 inputs the effective symbol trailing subframe GI front insertion unit 71, and inputs the sub-frame head of the effective symbol to GI rear insertion portion 72. なお、切換スイッチ73は、サブフレーム先頭の有効シンボルのみGI後方挿入部72に入力し、他の有効シンボルはGI前方挿入部71に入力する。 Incidentally, the changeover switch 73 is input to the GI rear insertion portion 72 only valid symbols of the sub-frame head, the other of the effective symbol is input to the GI front insertion portion 71.

GI長制御部45はGI前方挿入部71とGI後方挿入部72にサブフレームフォーマットに応じた長さN GのGIを挿入するように指示する。 GI length control unit 45 is instructed to insert a GI length N G corresponding to the sub-frame format in GI front insertion portion 71 and the GI rear insertion portion 72. この結果、GI前方挿入部71は、切換スイッチ73を介して入力する有効シンボルの後部N G個のシンボルのコピーを作成し、該コピー部分をGIとして該有効シンボルの先頭に挿入して合成部74に入力する。 As a result, GI front insertion unit 71 makes a copy of the rear N G symbols of the effective symbol to be input via the switch 73, synthesis section the copy portion is inserted at the beginning of the valid symbol as a GI input to 74. また、GI後方挿入部72は、切換スイッチ73を介して入力する有効シンボルの前部N G個のシンボルのコピーを作成し、該コピー部分をGIとして該有効シンボルの後部に挿入して合成部74に入力する。 Further, GI rear insertion portion 72 creates a copy of the front N G symbols of the effective symbol to be input via the switch 73, the combining unit is inserted into the rear part of the valid symbol to the copy section as GI input to 74.
合成部74はGI前方挿入部71とGI後方挿入部72から入力するOFDMシンボルを合成して無線処理部51に入力する。 The combining unit 74 inputs by combining OFDM symbols input from the GI front insertion unit 71 and the GI rear insertion portion 72 to the radio processing unit 51. 無線処理部51はベースバンドのOFDMシンボルをDA変換し、ついで、無線信号に周波数アップコンバートし、電力増幅して無線で送信する。 The radio processing section 51 to baseband OFDM symbols and DA conversion, then frequency up-converted to a radio signal and transmits wirelessly to power amplification.

以上により、所定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングのT SYCの前後で繰り返えされる。 Thus, a predetermined number of samples are Kaee repeated before and after T SYC subframe synchronization timing. 以下、その理由を説明する。 The reason will be described below. なお、N 0 (=10)個のサンプルで構成されたパイロット信号にIFFT処理を施すと図10(A)に示すように有効シンボル200は Incidentally, N 0 (= 10) samples in the applying IFFT processing to the configuration pilot signals effective symbol 200 as shown in FIG. 10 (A)
ABCDEFGHIJ ABCDEFGHIJ
となるものとし、また、GI長は2サンプルとする。 It shall be, also, GI length is two samples.
GI前方挿入部71においてサブフレーム末尾の有効シンボルにGIを挿入すると、OFDMシンボル251は図10(B)に示すように Upon insertion of the GI in the effective symbol of the last subframe in the GI front insertion portion 71, OFDM symbols 251, as shown in FIG. 10 (B)
IJ ABCDEFGHIJ IJ ABCDEFGHIJ
となる。 To become. また、GI後方挿入部72においてサブフレーム先頭の有効シンボルにGIを挿入すると、OFDMシンボル261は図10(C)に示すように Also, inserting a GI into subframes beginning of the effective symbol in the GI rear insertion portion 72, OFDM symbols 261 as shown in FIG. 10 (C)
ABCDEFGHIJAB ABCDEFGHIJAB
となる。 To become. この結果、サブフレーム同期タイミングT SYCの前後でN 0個のサンプルが繰り返えされる。 As a result, N 0 samples is repeated Kaee before and after the sub-frame synchronization timing T SYC. 以上ではGI長が2サンプルの場合であるが、3サンプルの場合もサブフレーム同期タイミングT SYCの前後でN 0個のサンプル列が繰り返えされる。 It is the case of the GI length is 2 samples in the above, 3 N 0 samples column before and after the sub-frame synchronization timing T SYC cases samples are repeated Kaee. すなわち、ショートGIサブフレームであってもロングGIサブフレームであっても10個のサンプルがサブフレーム同期タイミングのT SYCの前後で繰り返される。 That is, 10 samples even long GI subframe is repeated before and after the T SYC subframe synchronization timing even short GI subframe.

(D)第3実施例 (D) Third Embodiment
(a) OFDM送信装置 第3実施例は、サブフレーム同期タイミングT SYCの前後で繰り返えされるN 0個のサンプルの配列が互いに反転するように、サブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルを作成する。 (a) OFDM transmitting device third embodiment, as the sequence of N 0 samples that are Kaee repeated before and after the sub-frame synchronization timing T SYC are inverted to each other, the end of the OFDM symbol and the next sub-frame of the sub-frame to create the head of the OFDM symbol of.
図11は第3実施例のOFDM送信装置(基地局)の構成図であり、図3の第1実施例の送信装置と同一部分には同一符号を付している。 Figure 11 is a block diagram of an OFDM transmitting apparatus (base station) of the third embodiment are denoted by the same reference numerals to the transmitter the same parts as those of the first embodiment of FIG. 異なる点は、サブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号の配列と次サブフレームの先頭のOFDMシンボルとなるパイロット信号の配列が互いに反転するようにするための切換スイッチ81、並び替え部82、合成部83を設けた点である。 The difference, the changeover switch 81 so that the sequence of the pilot signal becomes the head of the OFDM symbol sequence and the next sub-frame of the pilot signal to be sub-frame end of OFDM symbol are inverted to each other, rearranging unit 82, the synthetic in that a part 83.
サブフレームフォーマット記憶部41はロングGIサブフレームとショートGIサブフレームのサブフレームフォーマットを保存している。 Subframe format storage unit 41 has stored the sub-frame format of the long GI subframe and the short GI subframe. 送信サブフレームフォーマット決定部42はユニキャストデータを送信するか、マルチキャストデータを送信するかに基づいて、サブフレームフォーマットを決定し、該サブフレームフォーマット情報をサブフレームフォーマット記憶部41から読み出してチャネル多重制御部43、位相回転処理部44、GI長制御部45に通知する。 Or transmission subframe format determining unit 42 transmits the unicast data, based on whether to send multicast data to determine the sub-frame format, channel multiplexing reads the subframe format information from the sub-frame format storage unit 41 control unit 43, and notifies the phase rotation processing section 44, GI length control unit 45.
切換スイッチ81は、サブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号のみ並び替え処理部82に入力し、他のパイロット信号は合成部83に直接入力するように切換制御する。 Changeover switch 81 is inputted only to the rearrangement unit 82 the pilot signal comprising a sub-frame at the end of OFDM symbol, the other pilot signals for switching control to enter directly to the combining unit 83. 第mサブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号のN 0個のサンプル列を The N 0 samples column of the pilot signal becomes a first m sub-frame at the end of OFDM symbol
p(m+1,0), p(m+1,1), p(m+1,2),……, p(m+1,N0-2), p(m+1,N0-1) p (m + 1,0), p (m + 1,1), p (m + 1,2), ......, p (m + 1, N0-2), p (m + 1, N0-1 )
とすれば、並び替え部82は該パイロット信号のサンプル列を以下 If, sorting section 82 below the sample sequence of the pilot signal
p(m+1,N0-1), p(m+1,N0-2),…….., p(m+1,2), p(m+1,1), p(m+1,0) p (m + 1, N0-1), p (m + 1, N0-2), ...... .., p (m + 1,2), p (m + 1,1), p (m + 1 , 0)
のように並び替えて合成部83に入力する。 Rearranged as in the input to the combining unit 83. 合成部83は切り替えスイッチ81から直接入力されたパイロット信号と並び替えられたパイロット信号を合成してチャネル多重部46に入力する。 Combining unit 83 and inputs the synthesized pilot signal rearranged and the input pilot signal directly from the changeover switch 81 to the channel multiplexer 46.

チャネル多重部46はチャネル多重制御部43の制御に基づいて、データチャネルとパイロットチャネルを時分割多重して出力する。 The channel multiplexer 46 based on the control of the channel multiplex controller 43, and outputs the data channel and pilot channel time division multiplexed manner. 本実施例において、チャネル多重部46は少なくともサブフレーム末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルが同一のパイロット信号を用いて作成されるように、データチャネルにパイロットチャネルを時分割多重する。 In the present embodiment, as in the beginning of the OFDM symbol of the OFDM symbol and the next sub-frame of the tail at least subframe the channel multiplexer 46 is generated using the same pilot signal, time-division multiplexing a pilot channel to data channel . ただし、パイロット信号の配列は反転している。 However, the sequence of the pilot signal is inverted.
位相回転処理部44は (1)式の位相回転w(n)を施すよう位相回転部47に指示する。 The phase rotation processing section 44 instructs the phase rotating unit 47 so as to perform the (1) phase rotation w (n). この指示により、位相回転部47はサブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号のみに(1)式で示すw(n)の位相回転を施して出力する。 This instruction, a phase rotation unit 47 and outputs the phase rotation is performed for the w (n) indicated by only (1) The pilot signals that provide the sub-frame at the end of OFDM symbol. なお、位相回転部47はデータ信号や他のパイロット信号には位相回転を施さない。 The phase rotation unit 47 is not subjected to phase rotation to the data signal and the other pilot signals.
シリアル・パラレル変換処理部(S/P変換部)48は、位相回転部47から時系列的にシリアルに入力する一定数N 0のサンプルを並列に変換し、N 0個のサブキャリア信号成分としてIFFT処理部49に入力する。 Serial-parallel conversion unit (S / P conversion unit) 48 converts the samples of the predetermined number N 0 that series be serially inputted when the phase rotation unit 47 in parallel, as N 0 sub-carrier signal component is input to the IFFT processing unit 49. 図12はS/P変換処理部48の出力を時間―周波数の2次元領域で表現したものである。 12 times the output of the S / P conversion processing unit 48 - is obtained by a two-dimensional representation regions of the frequency. 注目すべき点は、サブフレーム末尾のパイロット信号の配列が反転している点である。 Notably is that the sequence of sub-frame succeeding pilot signal is inverted.
IFFT処理部49はN 0個のサブキャリア信号成分にIFFT処理を施してN 0個の離散時系列データ(有効シンボル)を出力する。 IFFT processing section 49 performs IFFT processing on N 0 sub-carrier signal component and outputs the N 0 or discrete time-series data (effective symbol). GI長制御部45はGI挿入部50にサブフレームフォーマットに応じた長さN GのGIを挿入するように指示する。 GI length control unit 45 is instructed to insert a GI length N G corresponding to the sub-frame format in the GI insertion unit 50. この結果、GI挿入部50はIFFT処理部49から入力する有効シンボルの後部N G個のシンボルのコピーを作成し、該コピー部分を有効シンボルの先頭に挿入して無線処理部59に入力する。 As a result, GI insertion unit 50 makes a copy of the rear N G symbols of the effective symbol to be input from the IFFT processing unit 49, and inputs to the wireless processing unit 59 by inserting the copied part to the head of the effective symbol. 無線処理部59はベースバンドのOFDMシンボルをDA変換し、ついで、無線信号に周波数アップコンバートし、電力増幅して無線で送信する。 The radio processing section 59 to baseband OFDM symbols and DA conversion, then frequency up-converted to a radio signal and transmits wirelessly to power amplification.
サブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号と次サブフレームの先頭のOFDMシンボルとなるパイロット信号の配列が反転しているため、GI挿入部50から出力するOFDMシンボルは時間領域で表すと図13に示すようになる。 Since the sequence of the beginning of the OFDM symbol to become the pilot signal of the pilot signal and the next sub-frame comprising a sub-frame at the end of OFDM symbol is inverted, 13 the OFDM symbol is expressed in the time domain to be output from the GI insertion unit 50 It is shown. (A)はロングGIサブフレーム、(B)はショートGIサブフレームの場合である。 (A) Long GI subframe, (B) shows the case of a short GI subframe.
以上から、サブフレームの種別に関係なく、サブフレーム同期タイミングT SYCを境界にしてN 0個のシンボルが時間的に反転する。 From the above, regardless of the type of the subframe, N 0 symbols is inverted temporally by the sub-frame synchronization timing T SYC the boundary. すなわち、サブフレーム同期タイミングT SYCを中心にN 0個のシンボルが対称になっている。 That, N 0 symbols are symmetrical about the sub-frame synchronization timing T SYC.

(b) 受信装置 図14は第3実施例の受信装置(移動局)におけるタイミング同期検出処理部の構成図であり、図7の第1実施例の受信装置と同一部分には同一符号を付している。 (B) receiving device 14 is a block diagram of the timing synchronization detection unit in the receiving apparatus (mobile station) of the third embodiment, with the same symbols to the receiver the same parts as those of the first embodiment of FIG. 7 doing. 異なる点は、N 0個の乗算器63bが乗算する2つのサンプルの組み合わせである。 Difference is the combination of the two samples N 0 multipliers 63b multiplies.
無線処理部61は送信装置から送信された無線信号をベースバンド信号に周波数変換し、該ベースバンド信号をAD変換してタイミング同期検出処理部62に入力する。 The radio processing section 61 the radio signal transmitted from the transmitter frequency conversion into a baseband signal, and inputs the baseband signal to the timing synchronization detection processing section 62 performs AD conversion. 相関演算部63のシフトレジスタ63aは有効シンボル長をN 0とすれば、最新の2×N 0個のサンプルr(0)~r(2N 0 −1)を順次シフトしながら記憶する。 If the shift register 63a of the correlation calculation unit 63 the effective symbol length and N 0, and stores while sequentially shifting the latest 2 × N 0 samples r (0) ~ r (2N 0 -1). N 0個の乗算器63bは、最新のN 0個のサンプルr(j)(j=0,1,…,N 0 -1)とそれより前のN 0個のサンプルにおける対応するサンプルr(2N 0 -1-j)同士の乗算を行い、加算器63cは各乗算結果を加算して平均演算部64に入力する。 N 0 multipliers 63b, the latest N 0 samples r (j) (j = 0,1 , ..., N 0 -1) and the corresponding sample r in from the previous N 0 samples it ( performed 2N 0 -1-j) multiplied with each other, the adder 63c is input to the average calculation unit 64 adds the multiplication results. 平均演算部64は第1実施例と同様にサブフレームのサンプル数をMとすれば、M個の加算器出力を同期タイミング検出部65に入力する。 If the number of samples of the average calculation section 64 similarly sub-frame and the first embodiment is M, and inputs the M adders outputs the synchronization timing detecting section 65. 同期タイミング検出部65はM個の相関値のうち最大のタイミングを検出し、該タイミングをサブフレーム同期タイミング及びシンボル同期タイミングとして出力する。 Synchronization timing detection unit 65 detects the maximum of the timing of the M correlation values, and outputs the timing as a sub-frame synchronization timing and symbol synchronization timing.
この結果、図2 (B)で説明したように、相関演算のタイミングがシンボル同期タイミングT SYCと一致しているときのみ相関値が発生して大きなピーク値を示し、一致していなければ0になり、シンボル同期タイミングT SYCの検出精度を向上することができる。 As a result, as described with reference to FIG. 2 (B), 0 great a peak value, must match with the correlation value is generated only when the timing of the correlation operation coincides with the symbol synchronization timing T SYC it is possible to improve the detection accuracy of the symbol synchronization timing T SYC.

(c)変形例 第3実施例では、サブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号の配列を反転したが、次のサブフレーム先頭のOFDMシンボルとなるパイロット信号の配列を反転することもできる。 In the third embodiment (c) modification, by inverting the arrangement of the pilot signal to be sub-frame end of OFDM symbol, it is also possible to reverse the sequence of pilot signals that the next sub-frame head of the OFDM symbol. かかる場合、S/P変換部48の出力は時間―周波数の2次元領域で表現すると図15に示すようになる。 In such a case, the output of the S / P converter 48 is time - as shown in Figure 15 is expressed in a two-dimensional region of the frequency.
第3実施例ではサブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号に(1)式で示すw(n)の位相回転を施して出力したが、サブフレーム先頭のOFDMシンボルとなるパイロット信号にのみ(2)式の位相回転を施してIFFT処理するように構成することができる。 Was outputted by performing phase rotation of w (n) indicated by the pilot signal (1) comprising a subframe trailing OFDM symbol in the third embodiment, only the pilot signal becomes a sub-frame head of the OFDM symbol (2 ) is subjected to phase rotation type may be configured to IFFT process.
また、第1実施例のその他の変形例が、第3実施例においても可能である。 Further, other variation of the first embodiment is also possible in the third embodiment.

(E)第4実施例 第4実施例は第3実施例と同様にサブフレーム同期タイミングT SYCの前後で繰り返えされるN 0個のシンボルの配列が互いに反転するように、サブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルを作成する。 (E) Fourth Embodiment The fourth embodiment, as the sequence of N 0 symbols which are Kaee repeated before and after of the third embodiment similarly to the sub-frame synchronization timing T SYC are inverted to each other, the end of the sub-frame to create a OFDM symbol and the beginning of the OFDM symbol of the next sub-frame.
図16は第4実施例のOFDM送信装置(基地局)の構成図であり、図9の第2実施例の送信装置と同一部分には同一符号を付している。 Figure 16 is a block diagram of an OFDM transmitting apparatus (base station) in the fourth embodiment are denoted by the same reference numerals to the transmitter the same parts of the second embodiment of FIG. 異なる点は、サブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号の配列と次サブフレームの先頭のOFDMシンボルとなるパイロット信号の配列が互いに反転するようにするための切換スイッチ81、並び替え部82、合成部83を設けた点である。 The difference, the changeover switch 81 so that the sequence of the pilot signal becomes the head of the OFDM symbol sequence and the next sub-frame of the pilot signal to be sub-frame end of OFDM symbol are inverted to each other, rearranging unit 82, the synthetic in that a part 83.
サブフレームフォーマット記憶部41はロングGIサブフレームとショートGIサブフレームのサブフレームフォーマットを保存している。 Subframe format storage unit 41 has stored the sub-frame format of the long GI subframe and the short GI subframe. 送信サブフレームフォーマット決定部42はユニキャストデータを送信するか、マルチキャストデータを送信するかに基づいて、サブフレームフォーマットを決定し、該サブフレームフォーマット情報をサブフレームフォーマット記憶部41から読み出してチャネル多重制御部43、GI長制御部45に通知する。 Or transmission subframe format determining unit 42 transmits the unicast data, based on whether to send multicast data to determine the sub-frame format, channel multiplexing reads the subframe format information from the sub-frame format storage unit 41 and it notifies the control unit 43, GI length control unit 45.
切換スイッチ81は、サブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号のみ並び替え処理部82に入力し、他のパイロット信号は合成部83に直接入力するように切換制御する。 Changeover switch 81 is inputted only to the rearrangement unit 82 the pilot signal comprising a sub-frame at the end of OFDM symbol, the other pilot signals for switching control to enter directly to the combining unit 83. 第mサブフレーム末尾のOFDMシンボルとなるパイロット信号のN 0個のサンプル列を The N 0 samples column of the pilot signal becomes a first m sub-frame at the end of OFDM symbol
p(m+1,0), p(m+1,1), p(m+1,2),……, p(m+1,N0-2), p(m+1,N0-1) p (m + 1,0), p (m + 1,1), p (m + 1,2), ......, p (m + 1, N0-2), p (m + 1, N0-1 )
とすれば、並び替え部82はパイロット信号のサンプル列を以下 If, sorting section 82 below the sample sequence of the pilot signal
p(m+1,N0-1), p(m+1,N0-2),…….., p(m+1,2), p(m+1,1), p(m+1,0) p (m + 1, N0-1), p (m + 1, N0-2), ...... .., p (m + 1,2), p (m + 1,1), p (m + 1 , 0)
のように、並び替えて合成部83に入力する。 As in, it rearranges the input to the combining unit 83. 合成部83は切り替えスイッチ81から直接入力されたパイロット信号と並び替えられたパイロット信号を合成してチャネル多重部46に入力する。 Combining unit 83 and inputs the synthesized pilot signal rearranged and the input pilot signal directly from the changeover switch 81 to the channel multiplexer 46.

チャネル多重部46はチャネル多重制御部43の制御に基づいて、データチャネルとパイロットチャネルを時分割多重して出力する。 The channel multiplexer 46 based on the control of the channel multiplex controller 43, and outputs the data channel and pilot channel time division multiplexed manner. 本実施例において、チャネル多重部46は少なくともサブフレーム末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルが同一のパイロット信号を用いて作成されるように、データチャネルにパイロットチャネルを時分割多重する。 In the present embodiment, as in the beginning of the OFDM symbol of the OFDM symbol and the next sub-frame of the tail at least subframe the channel multiplexer 46 is generated using the same pilot signal, time-division multiplexing a pilot channel to data channel . ただし、パイロット信号の配列は反転している。 However, the sequence of the pilot signal is inverted.
シリアル・パラレル変換処理部(S/P変換部)48は、チャネル多重部46から時系列的にシリアルに入力する一定数N 0のサンプルを並列に変換し、N 0個のサブキャリア信号成分としてIFFT処理部49に入力する。 Serial-parallel conversion unit (S / P conversion unit) 48 converts the samples of the predetermined number N 0 to be input to the series in the serial time from the channel multiplexer 46 in parallel, as N 0 sub-carrier signal component is input to the IFFT processing unit 49. 図17はS/P変換処理部48の出力を時間―周波数の2次元領域で表現したものである。 17 times the output of the S / P conversion processing unit 48 - is obtained by a two-dimensional representation regions of the frequency. 注目すべき点は、サブフレーム末尾のパイロット信号の配列が反転している点である。 Notably is that the sequence of sub-frame succeeding pilot signal is inverted.
IFFT処理部49はN 0個のサブキャリア信号成分にIFFT処理を施してN 0個の時系列データ(有効シンボル)を出力する。 IFFT processing unit 49 outputs the N 0 pieces of time-series data by performing IFFT processing on N 0 sub-carrier signal component (effective symbol). 切換スイッチ73は、サブフレーム末尾の有効シンボルをGI前方挿入部71に入力し、サブフレーム先頭の有効シンボルをGI後方挿入部72に入力する。 Changeover switch 73 inputs the effective symbol trailing subframe GI front insertion unit 71, and inputs the sub-frame head of the effective symbol to GI rear insertion portion 72. なお、切換スイッチ73は、サブフレーム先頭の有効シンボルのみGI後方挿入部72に入力し、他の有効シンボルはGI前方挿入部71に入力する。 Incidentally, the changeover switch 73 is input to the GI rear insertion portion 72 only valid symbols of the sub-frame head, the other of the effective symbol is input to the GI front insertion portion 71.
GI長制御部45はGI前方挿入部71とGI後方挿入部72にサブフレームフォーマットに応じた長さN GのGIを挿入するように指示する。 GI length control unit 45 is instructed to insert a GI length N G corresponding to the sub-frame format in GI front insertion portion 71 and the GI rear insertion portion 72. この結果、GI前方挿入部71は、切換スイッチ73を介して入力する有効シンボルの後部N G個のサンプルのコピーを作成し、該コピー部分をGIとして該有効シンボルの先頭に挿入して合成部74に入力する。 As a result, GI front insertion unit 71 makes a copy of the rear N G samples of the effective symbol to be input via the switch 73, synthesis section the copy portion is inserted at the beginning of the valid symbol as a GI input to 74. また、GI後方挿入部72は、切換スイッチ73を介して入力する有効シンボルの前部N G個のサンプルのコピーを作成し、該コピー部分をGIとして該有効シンボルの後部に挿入して合成部74に入力する。 Further, GI rear insertion portion 72 creates a copy of the front N G samples of the effective symbol to be input via the switch 73, the combining unit is inserted into the rear part of the valid symbol to the copy section as GI input to 74.
合成部74はGI前方挿入部71とGI後方挿入部72から入力するOFDMシンボルを合成して無線処理部51に入力する。 The combining unit 74 inputs by combining OFDM symbols input from the GI front insertion unit 71 and the GI rear insertion portion 72 to the radio processing unit 51. 無線処理部51はベースバンドのOFDMシンボルをDA変換し、ついで、無線信号に周波数アップコンバートし、電力増幅して無線で送信する。 The radio processing section 51 to baseband OFDM symbols and DA conversion, then frequency up-converted to a radio signal and transmits wirelessly to power amplification.

以上により、サブフレーム同期タイミングT SYCの前後で繰り返えされるN 0個のサンプルの配列が互いに反転するようになる。 Thus, so the sequence of N 0 samples that are Kaee repeated before and after the sub-frame synchronization timing T SYC are inverted to each other. 以下、その理由を説明する。 The reason will be described below.
N 0 (=10)個のサンプルで構成されたパイロット信号にIFFT処理を施すと図18(A)に示すように有効シンボル301は N 0 (= 10) pieces of pilot signal composed of a sample subjected to IFFT processing the 18 effective symbol 301 as shown in (A) is
ABCDEFGHIJ ABCDEFGHIJ
となる。 To become. また、N 0個のサンプルで構成されたパイロット信号の配列を反転してIFFT処理を施すと図18(B)に示すように有効シンボル302は The effective symbol 302 as shown in FIG. 18 (B) When the inverse of the sequence of the configured pilot signals N 0 samples subjected to IFFT processing
JIHGFEDCBA JIHGFEDCBA
となる。 To become.
GI前方挿入部71においてサブフレーム末尾の有効シンボル302にGIを挿入すると、OFDMシンボル303は図18(C)に示すように Upon insertion of the GI in the effective symbol 302 of the last sub-frame in the GI front insertion portion 71, OFDM symbols 303 as shown in FIG. 18 (C)
BA JIHGFEDCBA BA JIHGFEDCBA
となる。 To become. また、GI後方挿入部72においてサブフレーム先頭の有効シンボルにGIを挿入すると、OFDMシンボル304は図18(D)に示すように Also, inserting a GI into subframes beginning of the effective symbol in the GI rear insertion portion 72, OFDM symbols 304 as shown in FIG. 18 (D)
ABCDEFGHIJAB ABCDEFGHIJAB
となる。 To become. この結果、サブフレーム同期タイミングT SYCの前後で繰り返えされるN 0個のサンプルの配列が互いに反転する。 As a result, the sequence of N 0 samples that are Kaee repeated before and after the sub-frame synchronization timing T SYC are inverted to each other. 以上ではGI長が2サンプルの場合であるが、3サンプルの場合もサブフレーム同期タイミングT SYCの前後で繰り返えされるN 0個のサンプルの配列が互いに反転する。 Is the case of the GI length is 2 samples in the above, 3 sequences of N 0 samples that are Kaee repeated before and after the sub-frame synchronization timing T SYC the case of the sample are inverted to each other.

・付記 - Appendix
(付記1) (Note 1)
ガードインターバル長が異なる複数種類のサブフレームを使用するディジタル通信システムにおけるサブフレームの作成方法において、 In creating a sub-frame in a digital communication system guard interval length using a different type of sub-frame,
信号にIFFT処理を施し、該IFFT処理により得られた有効シンボルにガードインターバルを挿入してサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成するステップを備え、 It performs IFFT processing on the signal, comprising the step of creating each head of the OFDM symbol at the end of the OFDM symbol and the next sub-frame of the sub-frame by inserting a guard interval to the obtained effective symbol by the IFFT processing,
前記OFDMシンボル作成ステップにおいて、送信されるサブフレームの種類に関係なく所定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングの前後で繰り返すように前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルを作成する、 In the OFDM symbol creation step to create the beginning of the OFDM symbol of the subframe at the end of OFDM symbol and the next sub-frame as a predetermined number of samples regardless of the type of sub-frame is repeated before and after the sub-frame synchronization timing to be transmitted to,
ことを特徴とするサブフレームの作成方法。 How to create a sub-frame, characterized in that.
(付記2) (Note 2)
前記OFDMシンボル作成ステップは、 The OFDM symbol creation step,
前記信号にIFFT処理を施して得られた有効シンボルの後部をコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入してサブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成するステップ、 Copy the rear part of effective symbols obtained by subjecting the IFFT processing on the signal, the step of generating the subframe trailing OFDM symbol the copy unit is inserted into the front of the effective symbol as a guard interval,
前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルにマッピングされた信号と同一の信号にIFFT処理を施して得られた有効シンボルの前部をコピーし、該コピー部を該有効シンボルの後部にガードインターバルとして挿入して次のサブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成するステップ、 The sub-Frame end of OFDM symbol mapped signal and the same signal to copy the front part of effective symbols obtained by subjecting the IFFT processing, by inserting the copy unit as a guard interval to the rear of the valid symbol generating a next sub-frame head of the OFDM symbol,
を有することを特徴とする付記1記載のサブフレームの作成方法。 Appendix 1 How to create sub-frames, wherein the having.
(付記3) (Note 3)
前記OFDMシンボル作成ステップは、前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルを作成するステップと前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを作成するステップを備え、 The OFDM symbol creation step includes a step of creating steps as the sub-frame head of the OFDM symbol to create the sub-frame at the end of OFDM symbol,
前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルを作成するステップは、 The step of generating the subframe end of OFDM symbol,
N 0を有効シンボルのシンボル長、N Gをガードインターバルのシンボル長とするとき、前記パイロット信号を構成するn番目(n=0〜N 0-1 )のサンプルに Symbol length of effective symbols to N 0, the N G when the symbol length of the guard interval, a sample of n-th constituting the pilot signal (n = 0 to N 0-1)
exp(−jnN G /N 0 exp (-jnN G / N 0)
の位相回転を施してIFFT処理を施す第1ステップ、 A first step of applying the IFFT processing by performing phase rotation,
該IFFT処理して得られた有効シンボルの後部のN G個のシンボルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入してサブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成する第2ステップ、 Copy the rear of N G symbols of the effective symbols obtained by the IFFT processing, the second for generating the subframe trailing OFDM symbol the copy unit is inserted into the front of the effective symbol as a guard interval step,
を備え、前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを作成するステップは、 Comprising a step of creating the sub-frame head of the OFDM symbol,
位相回転を施さないで前記パイロット信号と同一の信号にIFFT処理を施す第1ステップ、 A first step of applying the IFFT processing to the pilot signal and the same signal is not subjected to phase rotation,
該IFFT処理して得られた有効シンボルの後部のN Gサンプルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入して前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成するステップ、 Step in which the copies rear of N G samples of the effective symbols obtained by IFFT processing, to generate an OFDM symbol of the sub-frame leading the copying unit is inserted into the front part of the valid symbol as a guard interval,
を有することを特徴とする付記1記載のサブフレームの作成方法。 Appendix 1 How to create sub-frames, wherein the having.
(付記4) (Note 4)
前記OFDMシンボル作成ステップは、前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルを作成するステップと前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを作成するステップを備え、 The OFDM symbol creation step includes a step of creating steps as the sub-frame head of the OFDM symbol to create the sub-frame at the end of OFDM symbol,
前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルを作成するステップは、 The step of generating the subframe end of OFDM symbol,
前記信号にIFFT処理を施す第1ステップ、 A first step of applying the IFFT processing on the signal,
該IFFT処理して得られた有効シンボルの後部のN Gサンプルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入して前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成するステップ、 Step in which the copies rear of N G samples of the effective symbols obtained by IFFT processing, to generate an OFDM symbol of the subframe end the copying unit by inserting a guard interval in front of the effective symbol,
を備え、前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを作成するステップは、 Comprising a step of creating the sub-frame head of the OFDM symbol,
N 0を有効シンボルのシンボル長、N Gをガードインターバルのシンボル長とするとき、前記信号を構成するn番目(n=0〜N 0-1 )のサンプルに Symbol length of effective symbols to N 0, the N G when the symbol length of the guard interval, a sample of n-th constituting the signal (n = 0 to N 0-1)
exp(+jnN G /N 0 exp (+ jnN G / N 0 )
の位相回転を施してIFFT処理を施す第1ステップ、 A first step of applying the IFFT processing by performing phase rotation,
該IFFT処理により得られた有効シンボルの後部のN Gサンプルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入して前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成するステップ、 Step in which the copies rear of N G samples of the effective symbols obtained by IFFT processing, to generate an OFDM symbol of the sub-frame leading the copying unit is inserted into the front part of the valid symbol as a guard interval,
を有することを特徴とする付記1記載のサブフレームの作成方法。 Appendix 1 How to create sub-frames, wherein the having.
(付記5) (Note 5)
前記サブフレーム同期タイミングの前後で繰り返えされる2つのサンプル配列が互いに反転するようにサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成することを特徴とする付記1記載のサブフレームの作成方法。 Supplementary Note 1, wherein creating each a top OFDM symbol of the end of the OFDM symbol and the next sub-frame of the sub-frame so that the two samples sequences Kaee repeated before and after the sub-frame synchronization timing is inverted with respect to each other how to create a sub-frame.
(付記6) (Note 6)
前記OFDMシンボル作成ステップは、 The OFDM symbol creation step,
前記信号の配列を反転するステップ、 The step of reversing the sequence of the signal,
前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち一方の信号にIFFT処理を施し、IFFT処理により得られた有効シンボルの後部をコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入してサブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成するステップ、 Performs IFFT processing on one signal among signals said sequence is not inverted and the inverted signal, and copy the rear part of effective symbols obtained by IFFT processing, the copy unit as a guard interval to the front of the effective symbol inserting step of generating the subframe trailing OFDM symbol,
前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち他方の信号にIFFT処理を施して得られた有効シンボルの前部をコピーし、該コピー部を該有効シンボルの後部にガードインターバルとして挿入して次のサブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成するステップ、 Copy the front part of effective symbols obtained by subjecting the IFFT processing to the other signal of the signal not inverted signal the sequence is reversed, by inserting the copy unit as a guard interval to the rear of the valid symbol generating a next sub-frame head of the OFDM symbol,
を有することを特徴とする付記5記載のサブフレームの作成方法。 How to create sub-frame according to Note 5, wherein the having.
(付記7) (Note 7)
前記OFDMシンボル作成ステップは、 The OFDM symbol creation step,
前記信号の配列を反転するステップ、 The step of reversing the sequence of the signal,
前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち一方の信号を用いて前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルを作成するステップ、 The step of generating the subframe trailing OFDM symbols using one of the signal of the signal not inverted signal the sequence is reversed,
前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち他方の信号を用いて前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを作成するステップを備え、 Comprising the step of creating the sub-frame start of the OFDM symbols using the other signal among signals said sequence is not inverted and the inverted signal,
前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルを作成するステップは、 The step of generating the subframe end of OFDM symbol,
N 0を有効シンボルのシンボル長、N Gをガードインターバルのシンボル長とするとき、前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち一方の信号を構成するn番目(n=0〜N 0-1 )のサンプルに Symbol length of effective symbols to N 0, when the N G is the symbol length of the guard interval, n th said sequence constitutes one of the signal among the inverted signal not inverted signal (n = 0 to N 0- to a sample of 1)
exp(−jnN G /N 0 exp (-jnN G / N 0)
の位相回転を施してIFFT処理する第1ステップ、 First step of IFFT processing by performing phase rotation,
該IFFT処理して得られた有効シンボルの後部のN G個のシンボルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入してサブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成する第2ステップ、 Copy the rear of N G symbols of the effective symbols obtained by the IFFT processing, the second for generating the subframe trailing OFDM symbol the copy unit is inserted into the front of the effective symbol as a guard interval step,
を備え、前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを作成するステップは、 Comprising a step of creating the sub-frame head of the OFDM symbol,
前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち他方の信号に位相回転を施さないでIFFT処理を施す第1ステップ、 A first step of applying the IFFT processing is not subjected to phase rotation to the other signal of the signal not inverted signal the sequence is reversed,
該IFFT処理して得られた有効シンボルの後部のN Gサンプルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入して前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成するステップ、 Step in which the copies rear of N G samples of the effective symbols obtained by IFFT processing, to generate an OFDM symbol of the sub-frame leading the copying unit is inserted into the front part of the valid symbol as a guard interval,
を有することを特徴とする付記5記載のサブフレームの作成方法。 How to create sub-frame according to Note 5, wherein the having.
(付記8) (Note 8)
前記OFDMシンボル作成ステップは、 The OFDM symbol creation step,
前記信号の配列を反転するステップ、 The step of reversing the sequence of the signal,
前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち一方の信号を用いて前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルを作成するステップ、 The step of generating the subframe trailing OFDM symbols using one of the signal of the signal not inverted signal the sequence is reversed,
前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち他方の信号を用いて前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを作成するステップを備え、 Comprising the step of creating the sub-frame start of the OFDM symbols using the other signal among signals said sequence is not inverted and the inverted signal,
前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルを作成するステップは、 The step of generating the subframe end of OFDM symbol,
前記一方の信号に位相回転を施さないでIFFT処理を施す第1ステップ、 A first step of applying the IFFT processing is not subjected to phase rotation to the one of the signal,
該IFFT処理して得られた有効シンボルの後部のN Gサンプルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入して前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成するステップ、 Step in which the copies rear of N G samples of the effective symbols obtained by IFFT processing, to generate an OFDM symbol of the subframe end the copying unit by inserting a guard interval in front of the effective symbol,
を備え、前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを作成するステップは、 Comprising a step of creating the sub-frame head of the OFDM symbol,
N 0を有効シンボルのシンボル長、N Gをガードインターバルのシンボル長とするとき、前記他方の信号を構成するn番目(n=0〜N 0-1 )のサンプルに Symbol length of effective symbols to N 0, the N G when the symbol length of the guard interval, a sample of n-th constituting the other signal (n = 0 to N 0-1)
exp(+jnN G /N 0 exp (+ jnN G / N 0 )
の位相回転を施してIFFT処理する第1ステップ、 First step of IFFT processing by performing phase rotation,
該IFFT処理して得られた有効シンボルの後部のN Gサンプルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入して前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成するステップ、 Step in which the copies rear of N G samples of the effective symbols obtained by IFFT processing, to generate an OFDM symbol of the sub-frame leading the copying unit is inserted into the front part of the valid symbol as a guard interval,
を有することを特徴とする付記5記載のサブフレームの作成方法。 How to create sub-frame according to Note 5, wherein the having.
(付記9) (Note 9)
ガードインターバル長が異なる複数種類のサブフレームを使用するディジタル通信システムにおける送信装置において、 In the transmission apparatus in a digital communication system that the guard interval length using a different type of sub-frame,
信号にIFFT処理を施すIFFT処理部、 IFFT processor for performing IFFT processing on the signal,
該IFFT処理により得られた有効シンボルにガードインターバルを挿入するガードインターバル挿入部、 The guard interval insertion unit for inserting a guard interval into the effective symbols obtained by the IFFT processing,
所定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングの前後で繰り返すようにサブフレーム末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルを作成するように制御する制御部、 Control unit for a predetermined number of samples is controlled to create the beginning of the OFDM symbol of the subframe at the end of OFDM symbol and the next sub-frame to repeat before and after the sub-frame synchronization timing,
該サブフレームを無線で送信する送信部、 Transmitting portion for transmitting the subframe in the radio,
を備えたことを特徴とする送信装置。 Transmitting apparatus characterized by comprising a.
(付記10) (Note 10)
前記ガードインターバル挿入部は、ガードインターバル前方挿入部とガードインターバル後方挿入部を備え、 The guard interval insertion unit includes a guard interval front insertion portion and the guard interval rear insertion portion,
前記ガードインターバル前方挿入部は、前記制御部の制御により、前記信号にIFFT処理を施して得られた有効シンボルの後部をコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入してサブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成し、 The guard interval front insertion unit, under the control of the control unit, copies the rear part of effective symbols obtained by subjecting the IFFT processing on the signal, was inserted as a guard interval to the copy unit to the front part of the valid symbol generating a sub-frame end of OFDM symbol Te and,
前記ガードインターバル後方挿入部波、前記制御部の制御により、前記信号と同一の信号にIFFT処理を施して得られた有効シンボルの前部をコピーし、該コピー部を該有効シンボルの後部にガードインターバルとして挿入して次のサブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成することを特徴とする付記9記載の送信装置。 The guard interval rear insertion section wave, under the control of the controller, copying the front part of effective symbols obtained by subjecting the IFFT process on the signal and the same signal, the guard the copy unit to the rear of the valid symbol insert as the interval transmission device according Appendix 9, characterized in that to generate the next sub-frame head of the OFDM symbol.
(付記11) (Note 11)
付記9記載の送信装置において、該送信装置は更に、 The transmission device according appendix 9, the transmitting device further
N 0を有効シンボルのシンボル長、N Gをガードインターバルのシンボル長とするとき、前記信号を構成するn番目(n=0〜N 0-1 )のサンプルに Symbol length of effective symbols to N 0, the N G when the symbol length of the guard interval, a sample of n-th constituting the signal (n = 0 to N 0-1)
exp(−jnN G /N 0 exp (-jnN G / N 0)
の位相回転を施す位相回転部、 Phase rotation unit that performs phase rotation,
を備え、 Equipped with a,
前記位相回転部は前記信号に位相回転を施した信号と施さない信号を出力し、 The phase rotation unit outputs a signal which is not subjected to the signal subjected to phase rotation to the signal,
前記IFFT処理部は該位相回転を施された信号にIFFT処理を施し、前記ガードインターバル挿入部は、該IFFT処理により得られた有効シンボルの後部のN G個のシンボルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入してサブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成し、かつ、 The IFFT processing unit performs IFFT processing on the signal subjected to the phase rotation, the guard interval insertion unit copies the rear portion of the N G symbols of the effective symbols obtained by the IFFT processing, the copy unit the generated OFDM symbols of the subframe end inserted as the guard interval to the front of the effective symbol, and,
前記IFFT処理部は位相回転を施さない前記信号にIFFT処理を施し、前記ガードインターバル挿入部は、該IFFT処理により得られた有効シンボルの後部のN Gサンプルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入して前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成する、 The IFFT processing unit performs IFFT processing on the signal not subjected to phase rotation, the guard interval insertion unit copies the rear portion of the N G samples of the effective symbols obtained by the IFFT processing, the enable said copy unit the front of the symbols inserted as guard interval to generate the sub-frame head of the OFDM symbol,
ことを特徴とする送信装置。 Transmission and wherein the.
(付記12) (Note 12)
付記9記載の送信装置において、該送信装置は更に、 The transmission device according appendix 9, the transmitting device further
N 0を有効シンボルのシンボル長、N Gをガードインターバルのシンボル長とするとき、前記信号を構成するn番目(n=0〜N 0-1 )のサンプルに Symbol length of effective symbols to N 0, the N G when the symbol length of the guard interval, a sample of n-th constituting the signal (n = 0 to N 0-1)
exp(+jnN G /N 0 exp (+ jnN G / N 0 )
の位相回転を施す位相回転部、 Phase rotation unit that performs phase rotation,
を備え、 Equipped with a,
前記位相回転部は前記信号に位相回転を施した信号と施さない信号を出力し、 The phase rotation unit outputs a signal which is not subjected to the signal subjected to phase rotation to the signal,
前記IFFT処理部は位相回転を施されない信号にIFFT処理を施し、前記ガードインターバル挿入部は、該IFFT処理により得られた有効シンボルの後部のN G個のシンボルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入してサブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成し、かつ、 The IFFT processing unit performs IFFT processing on the signal not subjected to phase rotation, the guard interval insertion unit copies the rear portion of the N G symbols of the effective symbols obtained by the IFFT processing, the said copy unit the front of the effective symbol is inserted as guard interval generates a subframe trailing OFDM symbol, and,
前記IFFT処理部は位相回転を施された信号にIFFT処理を施し、前記ガードインターバル挿入部は、該IFFT処理により得られた有効シンボルの後部のN Gサンプルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入して前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成する、 The IFFT processing unit performs IFFT processing on the signal subjected to phase rotation, the guard interval insertion unit copies the rear portion of the N G samples of the effective symbols obtained by the IFFT processing, the enable said copy unit the front of the symbols inserted as guard interval to generate the sub-frame head of the OFDM symbol,
ことを特徴とする送信装置。 Transmission and wherein the.
(付記13) (Supplementary Note 13)
前記制御部は、前記サブフレーム同期タイミングの前後で繰り返えされる2つのサンプル配列が互いに反転するようにサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成するよう制御することを特徴とする付記9記載の送信装置。 The control unit controls so as to create respective leading OFDM symbol of the end of the OFDM symbol and the next sub-frame of the sub-frame so that the two samples sequences Kaee repeated before and after the sub-frame synchronization timing is inverted with respect to each other transmitting the additional notes 9, wherein a.
(付記14) (Note 14)
付記13記載の送信装置において、該送信装置は更に、前記信号の配列を反転する配列反転部を備え、 The transmission device according to Note 13, wherein, further the transmission apparatus, comprising a sequence reversing section for reversing the sequence of the signal,
前記前記ガードインターバル挿入部は、ガードインターバル前方挿入部とガードインターバル後方挿入部を備え、 Wherein the guard interval insertion section includes a guard interval front insertion portion and the guard interval rear insertion portion,
前記ガードインターバル前方挿入部は前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち一方の信号にIFFT処理を施して得られた有効シンボルの後部をコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入してサブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成し、 The guard interval front insert copies rear part of effective symbols obtained by subjecting the IFFT processing to one signal among the signal not inverted signal the sequence is reversed, the front of the copy of the valid symbol to generate an OFDM symbol of the last sub-frame is inserted as guard interval,
前記ガードインターバル後方挿入部は、前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち他方の信号にIFFT処理を施して得られた有効シンボルの前部をコピーし、該コピー部を該有効シンボルの後部にガードインターバルとして挿入して次のサブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成することを特徴とする送信装置。 The guard interval rear insert copies the front part of effective symbols obtained by subjecting the IFFT processing to the other signal among signals said sequence is not inverted and the inverted signal, the copy of the valid symbol rear to insert a guard interval transmitting system and generating a first OFDM symbol next subframe.
(付記15) (Note 15)
付記13記載の送信装置において、該送信装置は更に、 The transmission device according to Note 13, wherein the transmitting apparatus further comprises
前記信号の配列を反転する配列反転部と、 A sequence reversing section for reversing the sequence of the signal,
N 0を有効シンボルのシンボル長、N Gをガードインターバルのシンボル長とするとき、前記信号を構成するn番目(n=0〜N 0-1 )のサンプルに Symbol length of effective symbols to N 0, the N G when the symbol length of the guard interval, a sample of n-th constituting the signal (n = 0 to N 0-1)
exp(−jnN G /N 0 exp (-jnN G / N 0)
の位相回転を施す位相回転部、 Phase rotation unit that performs phase rotation,
を備え、 Equipped with a,
前記位相回転部は前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち一方の信号に位相回転を施し、IFFT処理部は位相回転を施された信号にIFFT処理を施し、前記ガードインターバル挿入部は、該IFFT処理により得られた有効シンボルの後部のN G個のシンボルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入してサブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成し、かつ、 The phase rotation unit performs phase rotation to one signal among the signal not inverted signal the sequence is reversed, IFFT processing part performs IFFT processing on the signal subjected to phase rotation, the guard interval insertion section , the copy the rear part of the N G symbols of the effective symbols obtained by IFFT processing, to generate an OFDM symbol of the last subframe of the copy unit is inserted into the front of the effective symbol as a guard interval, and ,
前記位相回転部は前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち他方の信号に位相回転を施さず、前記IFFT処理部は位相回転が施されない該信号にIFFT処理を施し、前記ガードインターバル挿入部は、該IFFT処理により得られた有効シンボルの後部のN Gサンプルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入して前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成する、 Wherein the phase rotation portion is not subjected to phase rotation to the other signal of the signal not inverted signal the sequence is reversed, the IFFT processing part performs IFFT processing on said signal phase rotation not performed, the guard interval insertion parts copies the rear portion of the N G samples of the effective symbols obtained by the IFFT process to generate the sub-frame leading OFDM symbols the copying unit is inserted into the front part of the valid symbol as a guard interval,
ことを特徴とする送信装置。 Transmission and wherein the.
(付記16) (Supplementary Note 16)
付記13記載の送信装置において、該送信装置は更に、 The transmission device according to Note 13, wherein the transmitting apparatus further comprises
前記信号の配列を反転する配列反転部と、 A sequence reversing section for reversing the sequence of the signal,
N 0を有効シンボルのシンボル長、N Gをガードインターバルのシンボル長とするとき、前記信号を構成するn番目(n=0〜N 0-1 )のサンプルに Symbol length of effective symbols to N 0, the N G when the symbol length of the guard interval, a sample of n-th constituting the signal (n = 0 to N 0-1)
exp(+jnN G /N 0 exp (+ jnN G / N 0 )
の位相回転を施す位相回転部、 Phase rotation unit that performs phase rotation,
を備え、 Equipped with a,
前記位相回転部は前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち一方の信号に位相回転を施さず、IFFT処理部は位相回転を施されない該信号にIFFT処理を施し、前記ガードインターバル挿入部は、該IFFT処理により得られた有効シンボルの後部のN G個のシンボルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入してサブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成し、かつ、 Wherein the phase rotation portion is not subjected to phase rotation to one signal among the signal not inverted signal the sequence is reversed, IFFT processing part performs IFFT processing on the signal not subjected to phase rotation, the guard interval insertion unit , said copies rear of N G symbols of the effective symbols obtained by IFFT processing, the copy unit to generate an OFDM symbol of a subframe end inserted as the guard interval to the front of the effective symbol, And,
前記位相回転部は前記配列が反転された信号と反転しない信号のうち他方の信号に位相回転を施し、前記IFFT処理部は位相回転が施された信号にIFFT処理を施し、前記ガードインターバル挿入部は、該IFFT処理により得られた有効シンボルの後部のN Gサンプルをコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入して前記サブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成する、 The phase rotation unit performs phase rotation to the other signal of the signal not inverted signal the sequence is reversed, the IFFT processing part performs IFFT processing on the signal phase rotation has been subjected, the guard interval insertion unit copies the rear portion of the N G samples of the effective symbols obtained by the IFFT process to generate the sub-frame leading OFDM symbols the copying unit is inserted into the front part of the valid symbol as a guard interval,
ことを特徴とする送信装置。 Transmission and wherein the.

本発明の原理説明図である。 It is an explanatory view of the principle of the present invention. 相関演算説明図である。 A correlation operation explanatory diagram. 第1実施例のOFDM送信装置の構成図である。 It is a block diagram of an OFDM transmission apparatus of the first embodiment. S/P変換処理部の出力を時間―周波数の2次元領域で表現した例である。 S / P conversion processing section outputs a time - is an example of a two-dimensional representation regions of the frequency. 第1実施例において、所定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングの前後で繰り返す理由を説明する図である。 In the first embodiment, it is a diagram for explaining the reason why the predetermined number of samples is repeated before and after the sub-frame synchronization timing. ロングGIサブフレームとショートGIサブフレームにおけるサブフレーム末尾のOFDMシンボルとサブフレーム先頭のOFDMシンボルの説明図である。 It is an explanatory view of a sub-frame at the end of OFDM symbol and sub-frame head of the OFDM symbol in the long GI subframe and short GI subframe. 第1実施例の受信装置におけるタイミング同期検出処理部の構成図である。 It is a configuration diagram of a timing synchronization detection unit in the receiving apparatus of the first embodiment. 変形例において所定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングの前後で繰り返す理由を説明する図である。 Diagrams predetermined number of samples to explain why repeated before and after the sub-frame synchronization timing in the modified example. 第2実施例のOFDM送信装置の構成図である。 It is a block diagram of an OFDM transmitting apparatus of the second embodiment. 第2実施例において所定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングの前後で繰り返す理由を説明する図である。 It is a diagram explaining why the predetermined number of samples is repeated before and after the sub-frame synchronization timing in the second embodiment. 第3実施例のOFDM送信装置の構成図である。 It is a block diagram of an OFDM transmitting apparatus of the third embodiment. 第3実施例のS/P変換処理部の出力を時間―周波数の2次元領域で表現した例である。 S / P conversion processing section outputs the time of the third embodiment - is an example of a two-dimensional representation regions of the frequency. 第3実施例のGI挿入部から出力するOFDMシンボルを時間領域で表した例である。 The third is an example showing the OFDM symbol output from the GI insertion unit of the embodiment in the time domain. 第3実施例の受信装置におけるタイミング同期検出処理部の構成図である。 It is a configuration diagram of a timing synchronization detection unit in the receiving apparatus of the third embodiment. 第3実施例の変形例におけるS/P変換処理部の出力を時間―周波数の2次元領域で表現した例である。 Time the output of the S / P conversion processing section according to a modification of the third embodiment - is an example of a two-dimensional representation regions of the frequency. 第4実施例のOFDM送信装置の構成図である。 It is a block diagram of an OFDM transmission apparatus of the fourth embodiment. 第4実施例の変形例におけるS/P変換処理部の出力を時間―周波数の2次元領域で表現した例である。 Time the output of the S / P conversion processing section according to a modification of the fourth embodiment - is an example of a two-dimensional representation regions of the frequency. 第4実施例においてサブフレーム同期タイミングの前後で繰り返えされるN 0個のシンボルの配列が互いに反転する理由の説明図である。 It is an illustration of why the sequence of N 0 symbols which are Kaee repeated before and after the sub-frame synchronization timing is mutually inverted in the fourth embodiment. OFDM伝送方式を採用する一般的な送信局のブロック図である。 It is a block diagram of a typical transmitting station adopting the OFDM transmission scheme. ガードインターバル挿入説明図である。 A guard interval insertion illustration. OFDM伝送方式の一般的な受信局のブロック図である。 It is a block diagram of a general receiving station of the OFDM transmission scheme. 有効信号成分を切り出しの様子を表す例である。 It is an example showing how the cut out effective signal component. ショートGIサブフレームとロングGIサブフレームのサブフレームフォーマットである。 It is a sub-frame format of the short GI sub-frame and long GI sub-frame. 第1のタイミング検出方法を実現するタイミング装置の構成図である。 It is a configuration diagram of a timing system for implementing the first timing detection method. 第1のタイミング検出方法の説明図である。 It is an explanatory diagram of the first timing detection method. 第2のタイミング検出方法の説明図である。 It is an explanatory view of a second timing detection method. 第3のタイミング検出方法の説明図である。 It is an explanatory view of a third timing detection method.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

P 有効シンボル P effective symbol
GI ガードインターバル GI guard interval
SF LロングGIサブフレーム SF L Long GI sub-frame
SF SショートGIサブフレーム SF S short GI sub-frame
S0 サブフレーム末尾のOFDMシンボル S0 sub-frame at the end of the OFDM symbol
S1 次サブフレームの先頭のOFDMシンボル S1 leading OFDM symbols of the primary sub-frame

Claims (5)

  1. ガードインターバル長が異なる複数種類のサブフレームを使用するディジタル通信システムにおけるサブフレームの作成方法において、 In creating a sub-frame in a digital communication system guard interval length using a different type of sub-frame,
    サブフレームの末尾または先頭となるパイロット信号のいずれか一方に位相回転処理を施すステップ、 The step of performing phase rotation processing to one of the pilot signal to be the last or the first sub-frame,
    該位相回転処理を施されたパイロット信号及び位相回転処理を施されないパイロット信号のそれぞれに IFFT処理を施し、該IFFT処理により得られた有効シンボルにガードインターバルを挿入してサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成するステップを備え、 Performs IFFT processing on each of the phase rotation processing performed pilot signal and the pilot signal not subjected to phase rotation processing, OFDM trailing subframe by inserting a guard interval to each active symbol obtained by the IFFT processing comprising the step of creating a symbol and a first OFDM symbol of the next sub-frame, respectively,
    送信されるサブフレームの種類に関係なく一定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングの前後で繰り返すように前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルを作成する、 To create the beginning of the OFDM symbol of the subframe at the end of OFDM symbol and the next sub-frame such that a constant number of samples, regardless of the type of sub-frame to be transmitted is repeated before and after the sub-frame synchronization timing,
    ことを特徴とするサブフレームの作成方法。 How to create a sub-frame, characterized in that.
  2. ガードインターバル長が異なる複数種類のサブフレームを使用するディジタル通信システムにおけるサブフレームの作成方法において、 In creating a sub-frame in a digital communication system guard interval length using a different type of sub-frame,
    信号にIFFT処理を施し、該IFFT処理により得られた有効シンボルにガードインターバルを挿入してサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成すると共に、送信されるサブフレームの種類に関係なく所定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングの前後で繰り返すように前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルを作成するステップを備え、 Performs IFFT processing on the signal, as well as create, respectively the beginning of the OFDM symbol at the end of OFDM symbol and the next sub-frame of the IFFT sub-frame by inserting a guard interval to the obtained effective symbol by the processing, the sub-frame to be transmitted comprising the step of a predetermined number of samples regardless of the type of to create a top OFDM symbol of the subframe at the end of OFDM symbol and the next sub-frame to repeat before and after the sub-frame synchronization timing,
    前記OFDMシンボル作成ステップは、 The OFDM symbol creation step,
    前記信号にIFFT処理を施して得られた有効シンボルの後部をコピーし、該コピー部を該有効シンボルの前部にガードインターバルとして挿入してサブフレーム末尾のOFDMシンボルを生成するステップ、 Copy the rear part of effective symbols obtained by subjecting the IFFT processing on the signal, the step of generating the subframe trailing OFDM symbol the copy unit is inserted into the front of the effective symbol as a guard interval,
    前記サブフレーム末尾のOFDMシンボルにマッピングされた同一の信号にIFFT処理を施して得られた有効シンボルの前部をコピーし、該コピー部を該有効シンボルの後部にガードインターバルとして挿入して次のサブフレーム先頭のOFDMシンボルを生成するステップ、 Copy the front part of effective symbols obtained by subjecting the IFFT processing to the same signal mapped to the sub-frame at the end of OFDM symbol, the copying unit is inserted into the rear part of the valid symbol as a guard interval for the next generating a sub-frame head of the OFDM symbol,
    を有することを特徴とするサブフレームの作成方法。 How to create a sub-frame, characterized in that it comprises a.
  3. ガードインターバル長が異なる複数種類のサブフレームを使用するディジタル通信システムにおけるサブフレームの作成方法において、 In creating a sub-frame in a digital communication system guard interval length using a different type of sub-frame,
    信号にIFFT処理を施し、該IFFT処理により得られた有効シンボルにガードインターバルを挿入してサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成するステップを備え、 It performs IFFT processing on the signal, comprising the step of creating each head of the OFDM symbol at the end of the OFDM symbol and the next sub-frame of the sub-frame by inserting a guard interval to the obtained effective symbol by the IFFT processing,
    送信されるサブフレームの種類に関係なく前記サブフレーム同期タイミングの前後 2つのサンプル配列が互いに反転するようにサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成することを特徴とするサブフレームの作成方法。 Creating a first OFDM symbol of the end of the OFDM symbol and the next sub-frame of the sub-frame so that the two samples upstream and downstream of the sub-frame synchronization timing regardless of the type of sub-frame to be transmitted are inverted to each other how to create a sub-frame, characterized.
  4. ガードインターバル長が異なる複数種類のサブフレームを使用するディジタル通信システムにおける送信装置において、 In the transmission apparatus in a digital communication system that the guard interval length using a different type of sub-frame,
    サブフレームの末尾または先頭となるパイロット信号のいずれか一方に位相回転処理を施す位相回転部、 Phase rotation unit that performs phase rotation processing to one of the pilot signal to be the last or the first sub-frame,
    信号にIFFT処理を施すIFFT処理部、 IFFT processor for performing IFFT processing on the signal,
    該IFFT処理により得られた有効シンボルにガードインターバルを挿入するガードインターバル挿入部、 The guard interval insertion unit for inserting a guard interval into the effective symbols obtained by the IFFT processing,
    前記位相回転処理を施されたパイロット信号及び位相回転処理を施されないパイロット信号のそれぞれに IFFT処理を施し、該IFFT処理により得られた有効シンボルにガードインターバルを挿入してサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成し、送信されるサブフレームの種類に関係なく一定数のサンプルがサブフレーム同期タイミングの前後で繰り返すように制御する制御部、 OFDM trailing the performs IFFT processing on the respective phase rotation processing performed pilot signal and the pilot signal not subjected to phase rotation processing, the sub-frame by inserting a guard interval to each active symbol obtained by the IFFT processing symbol and the beginning of the OFDM symbol of the next sub-frame to create each control unit that controls to repeat before and after the certain number of samples subframe synchronization timing regardless of the type of sub-frame to be transmitted,
    該サブフレームを無線で送信する送信部、 Transmitting portion for transmitting the subframe in the radio,
    を備えたことを特徴とする送信装置。 Transmitting apparatus characterized by comprising a.
  5. ガードインターバル長が異なる複数種類のサブフレームを使用するディジタル通信システムにおける送信装置において、 In the transmission apparatus in a digital communication system that the guard interval length using a different type of sub-frame,
    信号にIFFT処理を施すIFFT処理部、 IFFT processor for performing IFFT processing on the signal,
    該IFFT処理により得られた有効シンボルにガードインターバルを挿入するガードインターバル挿入部、 The guard interval insertion unit for inserting a guard interval into the effective symbols obtained by the IFFT processing,
    送信されるサブフレームの種類に関係なく前記サブフレーム同期タイミングの前後 2つのサンプル配列が互いに反転するようにサブフレームの末尾のOFDMシンボルと次サブフレームの先頭のOFDMシンボルをそれぞれ作成するよう制御する制御部、 Control to create a head of the OFDM symbol at the end of OFDM symbol and the next subframe of the subframe such that the two samples upstream and downstream of the sub-frame synchronization timing regardless of the type of sub-frame to be transmitted are inverted to each other control unit which,
    該サブフレームを無線で送信する送信部、 Transmitter for transmitting the subframe in the radio,
    を備えたことを特徴とする送信装置。 Transmitting apparatus characterized by comprising a.
JP2006200596A 2006-07-24 2006-07-24 The method of creating the transmission apparatus and the sub-frame Expired - Fee Related JP4929895B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006200596A JP4929895B2 (en) 2006-07-24 2006-07-24 The method of creating the transmission apparatus and the sub-frame

Applications Claiming Priority (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006200596A JP4929895B2 (en) 2006-07-24 2006-07-24 The method of creating the transmission apparatus and the sub-frame
CN 200780008972 CN101401336A (en) 2006-07-24 2007-06-29 Transmitter and method for creating subframe
PCT/JP2007/063081 WO2008013027A1 (en) 2006-07-24 2007-06-29 Transmitter and method for creating subframe

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008028818A JP2008028818A (en) 2008-02-07
JP4929895B2 true JP4929895B2 (en) 2012-05-09

Family

ID=38981343

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006200596A Expired - Fee Related JP4929895B2 (en) 2006-07-24 2006-07-24 The method of creating the transmission apparatus and the sub-frame

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP4929895B2 (en)
CN (1) CN101401336A (en)
WO (1) WO2008013027A1 (en)

Families Citing this family (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5008994B2 (en) 2007-01-30 2012-08-22 京セラ株式会社 Communication system, a base station, the terminal and communication method
CN101577690A (en) * 2008-05-07 2009-11-11 三星电子株式会社;北京三星通信技术研究有限公司 OFDM data transmission method and system
US8693560B2 (en) 2009-01-08 2014-04-08 Sharp Kabushiki Kaisha Transmission apparatus, transmission method, communication system, and communication method
EP2442471A4 (en) * 2009-06-12 2017-08-02 Mitsubishi Electric Corporation Communication apparatus
CN102035592B (en) * 2009-09-27 2014-09-10 中兴通讯股份有限公司 Method and device for transmitting uplink data by using relay station
WO2011083535A1 (en) 2010-01-08 2011-07-14 パナソニック株式会社 Ofdm transmitter device, ofdm transmission method, ofdm receiver device, and ofdm reception method
CN102244537B (en) * 2010-05-13 2014-07-16 中兴通讯股份有限公司 Method for loading uplink analog data of terminal and terminal
US10038581B2 (en) * 2015-06-01 2018-07-31 Huawei Technologies Co., Ltd. System and scheme of scalable OFDM numerology

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1608095B1 (en) * 1999-05-21 2008-01-02 Fujitsu Limited Digital subscriber line transmission method, apparatus and system employing synchronous processing
JP4341176B2 (en) * 2000-12-08 2009-10-07 ソニー株式会社 Receiving synchronization apparatus and demodulation apparatus using the same
JP2002335557A (en) * 2001-05-08 2002-11-22 Sony Corp Communication equipment, base station, communication controller and communication system using them
JP3835800B2 (en) * 2002-02-08 2006-10-18 株式会社東芝 The method of synchronizing a received frame, and the receiving device
JP4298320B2 (en) * 2002-11-08 2009-07-15 富士通株式会社 Receiving apparatus in Ofdm transmission system
EP1827039B1 (en) * 2004-12-14 2016-08-17 Fujitsu Limited Wireless communication device, and communication method
US7729443B2 (en) * 2004-12-28 2010-06-01 Panasonic Corporation Wireless communication apparatus and wireless communication method

Also Published As

Publication number Publication date
CN101401336A (en) 2009-04-01
JP2008028818A (en) 2008-02-07
WO2008013027A1 (en) 2008-01-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4972694B2 (en) Phich acquisition method and pdcch receiving method using the same transmission resource region information
CA2562058C (en) Apparatus and method for channel estimation in an orthogonal frequency division multiplexing cellular communication system using multiple transmit antennas
KR101239752B1 (en) Transmitting apparatus, transmitting method, receiving apparatus, and receiving method
KR101012857B1 (en) TDM based cell search method for OFDM system
CN101300801B (en) Multicarrier pilot structure for reliable frame detection
CN102638435B (en) The pilot signal transmission method and a mobile communication system
JP4964239B2 (en) Method and apparatus for transmitting a pilot signal
US9241349B2 (en) Method of transmitting data in a mobile communication system
US8320360B2 (en) Method and apparatus for fast cell search
RU2395919C2 (en) Transfer of control signals for system of wireless communication with orthogonal frequency division
CN101554027B (en) Wireless communication method, base station, and user terminal
US20140029685A1 (en) Preamble extensions
EP1787414B1 (en) Preambles in ofdma system
RU2369030C2 (en) Modulating system with pluralty of carriers with cyclic delays diversity
US8254344B2 (en) Reference sequence construction for fast cell search
KR101323449B1 (en) Method and apparatus for a synchronization channel in an ofdma system
JP5549822B2 (en) Base station, user equipment, a communication method and a communication system,
CA2642017C (en) Cell search method, forward link frame transmission method, apparatus using the same and forward link frame structure
RU2432699C2 (en) Signal detection in wireless communication system
JP4388120B2 (en) Method for detecting an initial operating mode in a wireless communication system using orthogonal frequency division multiple access system
JP5997205B2 (en) Wireless communication system, and communication control method
US20070270273A1 (en) Method and apparatus for fast cell search
KR101033128B1 (en) Method and system for performing cell selection for the communication Ofdm
CN101860513B (en) Communication device
US8254428B2 (en) Apparatus and method for transmitting/receiving uplink control channels in a wireless communication system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090409

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111004

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111202

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120117

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120130

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150224

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees