JP4905403B2 - Image processing apparatus and image processing method - Google Patents

Image processing apparatus and image processing method Download PDF

Info

Publication number
JP4905403B2
JP4905403B2 JP2008090638A JP2008090638A JP4905403B2 JP 4905403 B2 JP4905403 B2 JP 4905403B2 JP 2008090638 A JP2008090638 A JP 2008090638A JP 2008090638 A JP2008090638 A JP 2008090638A JP 4905403 B2 JP4905403 B2 JP 4905403B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
image
dither matrix
screen
dots
processing unit
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2008090638A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2009246667A (en
Inventor
宏司 鷲尾
秀樹 森田
Original Assignee
コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社 filed Critical コニカミノルタビジネステクノロジーズ株式会社
Priority to JP2008090638A priority Critical patent/JP4905403B2/en
Publication of JP2009246667A publication Critical patent/JP2009246667A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4905403B2 publication Critical patent/JP4905403B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Description

本発明は、画像処理装置及び画像処理方法に関する。   The present invention relates to an image processing apparatus and an image processing method.
中間調の文字を含む画像をスクリーン処理すると、規則的な間隔でドットが生じるため、文字の輪郭部分がギザギザに見えるジャギーが生じる。ジャギー改善のためには、文字の輪郭部分を強調することが有効だが、その方法として輪郭部分については他の領域よりも線数の高いスクリーンを用いることにより、輪郭部分の解像度の劣化を回避するものがある。   When an image including a halftone character is screen-processed, dots are generated at regular intervals, resulting in jaggy in which the outline portion of the character appears jagged. To improve jaggy, emphasizing the outline of characters is effective, but as a method for that, avoid degradation of the resolution of the outline by using a screen with a higher number of lines than other areas. There is something.
例えば、画像の輪郭部分を抽出し、非輪郭領域には万線スクリーン、輪郭領域には輪郭部分がなす角度に応じて通常の角度とは異なる角度の万線スクリーンを用いてディザ処理を施すことによって、輪郭部分がなす角度とスクリーン角度が近くならないように調整する方法がある(例えば、特許文献1参照)。   For example, the contour part of the image is extracted, and the dithering process is performed using a line screen with a non-contour area and a line screen with an angle different from the normal angle according to the angle formed by the outline part in the outline area. There is a method of adjusting so that the angle formed by the contour portion does not become close to the screen angle (see, for example, Patent Document 1).
他にも、画像を、エッジとエッジに隣接する領域とそれ以外の平坦な領域とに分け、エッジの領域に対してはドット分散型の多値スクリーン、平坦な領域に対してはドット集中型のスクリーン、エッジに隣接する領域にはドット分散型とドット集中型とを混合したスクリーンをそれぞれ用いて多値ディザ処理を行う方法が開示されている(例えば、特許文献2参照)。
特開2004−40499号公報 特開平10−191054号公報
In addition, the image is divided into an edge, an area adjacent to the edge and a flat area other than the edge, a dot-dispersed multi-value screen for the edge area, and a dot concentrated type for the flat area. A method of performing multi-value dither processing using a screen in which a dot dispersion type and a dot concentration type are mixed is disclosed in the area adjacent to the screen and the edge (see, for example, Patent Document 2).
JP 2004-40499 A Japanese Patent Laid-Open No. 10-191054
上記従来の方法の問題点は、輪郭付近において異なるスクリーン同士が接している部分に濃度変動が起こることである。
インクやトナーによって2ドット以上を打点する(印刷することをいう)場合、プリンタによっては打点の位置関係により濃度が異なることがある。例えば、2点が隣接している場合と、離接している場合とでは、2ドット分全体のトナー濃度が異なることがある。これは、プリンタの周波数応答によるもので、1ドット分の打点に対しては応答性が鈍く、トナー等の付着量が抑えられるのに対し、連続した打点に対しては応答が改善されてトナー等の付着性が良好となることに起因するものである。
The problem with the above-described conventional method is that density fluctuations occur at portions where different screens are in contact with each other in the vicinity of the contour.
When two or more dots are printed with ink or toner (referred to as printing), the density may differ depending on the positional relationship of the dots depending on the printer. For example, the toner density of the entire two dots may differ between the case where two points are adjacent and the case where they are separated from each other. This is due to the frequency response of the printer. The responsiveness is low with respect to the dot for one dot and the adhesion amount of the toner or the like is suppressed, while the response is improved with respect to the continuous dot and the toner is suppressed. This is due to the fact that adhesion such as the above becomes good.
上記従来の方法では、輪郭部分においてディザ処理を切り替えることによって、場合によっては輪郭部分で異なるスクリーンにより生成されるドットが局所的に接触したり、離れたりといった現象が周期的に発生する。この場合、上記プリンタの出力特性を考慮すると、ドットが接触した部分は局所的に濃度が上昇し、この濃度上昇が周期的であれ、無秩序であれ、輪郭領域内で点在すればそれがジャギーとして見え、画質の劣化を招く場合がある。各ドットが接触する周期は、非輪郭部分のスクリーン角度と輪郭部分がなす角度が近い場合に長くなり、それだけジャギーは目立つこととなる。   In the above-described conventional method, by switching the dither processing in the contour portion, a phenomenon in which dots generated by different screens in the contour portion locally come into contact or leave periodically occurs. In this case, if the output characteristics of the printer are taken into consideration, the density of the area where the dots touch is locally increased, and if this density increase is periodic or disordered, it is jaggy if it is scattered in the contour region. And may cause degradation of image quality. The period of contact of each dot becomes longer when the screen angle of the non-contour portion and the angle formed by the contour portion are close, and jaggy becomes conspicuous accordingly.
また、輪郭領域に対し、スクリーン処理をせずにコントーン処理を施して輪郭線を書き足すことも考えられるが、輪郭線とドットとの周期的な接触がジャギーとして見えるという問題は解決することができない。   It is also possible to add a contour line by applying contone processing to the contour region without performing screen processing, but the problem that the periodic contact between the contour line and the dot appears as jaggy can be solved. Can not.
これに対し、特開2006−180376号公報において、注目画素周辺のスクリーン処理の結果を予測して実際にスクリーンが接する画素に打点するのを回避する方法を考案している。この方法によれば、スクリーン処理の回路を複数備えることにより打点を予測することができるが、より簡易な構成で輪郭強調できる方法が望まれる。   On the other hand, Japanese Patent Application Laid-Open No. 2006-180376 devises a method for predicting the result of screen processing around a pixel of interest and avoiding hitting a pixel actually touching the screen. According to this method, although a hit point can be predicted by providing a plurality of screen processing circuits, a method capable of enhancing the outline with a simpler configuration is desired.
本発明の課題は、簡易な構成で輪郭強調を行うことである。   An object of the present invention is to perform edge enhancement with a simple configuration.
請求項1に記載の発明によれば、
画像から文字又は線画の輪郭を構成する画像部分を判定する輪郭判定部と、
第1ディザマトリクスを用いて画像にスクリーン処理を施す第1スクリーン処理部と、
前記第1ディザマトリクスにより形成されるドットと異なる位置にドットが形成されるように閾値を定めた第2ディザマトリクスを用いて画像にスクリーン処理を施す第2スクリーン処理部と、
前記輪郭を構成すると判定された画像部分においては、前記第1スクリーン処理部によりスクリーン処理された画像と、前記第2スクリーン処理部によりスクリーン処理された画像のうち、何れか信号値が大きい方を、スクリーン処理後の画像として選択し出力するセレクタと、
を備える画像処理装置が提供される。
According to the invention of claim 1,
An outline determination unit for determining an image portion constituting the outline of a character or line drawing from an image;
A first screen processing unit that performs screen processing on an image using a first dither matrix;
A second screen processing unit that performs screen processing on an image using a second dither matrix that defines a threshold value so that dots are formed at positions different from the dots formed by the first dither matrix;
In the image portion determined to constitute the contour, the image signal having the larger one of the image screen-processed by the first screen processing unit and the image screen-processed by the second screen processing unit is selected. A selector for selecting and outputting as an image after screen processing;
An image processing apparatus is provided.
請求項2に記載の発明によれば、
前記第2ディザマトリクスの閾値は、各画素について対応する第1ディザマトリクスの各位置に定められている閾値を、信号値の最大値から差し引いた値である請求項1に記載の画像処理装置が提供される。
According to invention of Claim 2,
2. The image processing apparatus according to claim 1, wherein the threshold value of the second dither matrix is a value obtained by subtracting a threshold value determined at each position of the corresponding first dither matrix for each pixel from a maximum value of the signal value. Provided.
請求項3に記載の発明によれば、
第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスのドットが接触する濃度領域では、前記第2スクリーン処理部によりスクリーン処理された画像の信号値が、第1スクリーン処理部によりスクリーン処理された画像の信号値より小さくなるように、第1スクリーン処理部により処理する画像及び/又は第2スクリーン処理部により処理する画像の濃度を調整する濃度調整部を備える請求項1又は2に記載の画像処理装置が提供される。
According to invention of Claim 3,
In the density region where the dots of the first dither matrix and the second dither matrix contact, the signal value of the image screen-processed by the second screen processing unit is greater than the signal value of the image screen-processed by the first screen processing unit. The image processing apparatus according to claim 1, further comprising a density adjusting unit that adjusts a density of an image processed by the first screen processing unit and / or an image processed by the second screen processing unit so as to be reduced. The
請求項4に記載の発明によれば、
第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスのドットが接触する濃度領域では、前記第2スクリーン処理部によりスクリーン処理された画像の信号値が、第1スクリーン処理部によりスクリーン処理された画像の信号値より小さくなるように、第1ディザマトリクス及び/又は第2ディザマトリクスの閾値を定める請求項1又は2に記載の画像処理装置が提供される。
According to invention of Claim 4,
In the density region where the dots of the first dither matrix and the second dither matrix contact, the signal value of the image screen-processed by the second screen processing unit is greater than the signal value of the image screen-processed by the first screen processing unit. The image processing apparatus according to claim 1 or 2, wherein a threshold value of the first dither matrix and / or the second dither matrix is set so as to be small.
請求項5に記載の発明によれば、
前記第2スクリーン処理部は、前記第1ディザマトリクスの閾値に対して、当該第1ディザマトリクスとドットと異なる位置にドットが形成されるように定めた閾値が設定された変換テーブルを用いて、前記第1スクリーン処理部で用いられる第1ディザマトリクスの閾値に対応する第2ディザマトリクスの閾値を求め、スクリーン処理に用いる請求項1〜3の何れか一項に記載の画像処理装置が提供される。
According to the invention of claim 5,
The second screen processing unit uses a conversion table in which a threshold value is set so that dots are formed at positions different from the first dither matrix and the dots with respect to the threshold value of the first dither matrix. The image processing apparatus according to claim 1, wherein a threshold value of a second dither matrix corresponding to a threshold value of the first dither matrix used in the first screen processing unit is obtained and used for screen processing. The
請求項6に記載の発明によれば、
第2ディザマトリクスのサイズは、前記第1ディザマトリクスと同一のサイズである請求項1〜5の何れか一項に記載の画像処理装置が提供される。
According to the invention of claim 6,
The image processing apparatus according to any one of claims 1 to 5, wherein a size of the second dither matrix is the same size as the first dither matrix.
請求項7に記載の発明によれば、
前記第2ディザマトリクスのサイズは、前記第1ディザマトリクスのサイズの整数倍である請求項1〜5の何れか一項に記載の画像処理装置が提供される。
According to the invention of claim 7,
The image processing apparatus according to claim 1, wherein a size of the second dither matrix is an integral multiple of a size of the first dither matrix.
請求項8に記載の発明によれば、
画像から文字又は線画の輪郭を構成する画像部分を判定する工程と、
第1ディザマトリクスを用いて画像にスクリーン処理を施す工程と、
前記第1ディザマトリクスにより形成されるドットと異なる位置にドットが形成されるように閾値を定めた第2ディザマトリクスを用いて画像にスクリーン処理を施す工程と、
前記輪郭を構成すると判定された画像部分においては、前記第1ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像と、前記第2ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像のうち、何れか信号値が大きい方を、スクリーン処理後の画像として選択し出力する工程と、
を含む画像処理方法が提供される。
According to the invention described in claim 8,
Determining an image portion constituting the outline of the character or line drawing from the image;
Applying a screen process to the image using the first dither matrix;
Applying a screen process to the image using a second dither matrix in which a threshold is set so that dots are formed at positions different from the dots formed by the first dither matrix;
In the image portion determined to constitute the contour, the image signal having the larger signal value is selected from the image screened by the first dither matrix and the image screened by the second dither matrix. Selecting and outputting as a processed image; and
An image processing method is provided.
請求項1、8に記載の発明によれば、第2ディザマトリクスを用いたスクリーン処理を行うことにより、輪郭の画像部分ではドットが形成されやすいように図ることができ、簡易な構成で輪郭の強調が可能となる。これにより、文字又は線画の輪郭で生じやすいジャギーの解消を図ることができ、画質劣化の低減を図ることができる。   According to the first and eighth aspects of the invention, by performing the screen processing using the second dither matrix, it is possible to easily form dots in the image portion of the contour, and the contour of the contour can be simplified. Emphasis is possible. As a result, it is possible to eliminate jaggies that are likely to occur in the outline of characters or line drawings, and to reduce image quality deterioration.
請求項2に記載の発明によれば、第2ディザマトリクスのドットが、第1ディザマトリクスのドットと異なる位置にドットが形成されるよう、かつ接触が最小限となるように図ることができ、連続したドット形成による局所的な濃度上昇を防ぐことができる。よって、画質を劣化させることなく、輪郭強調を行うことが可能となる。   According to the second aspect of the present invention, the dots of the second dither matrix can be formed so that the dots are formed at positions different from the dots of the first dither matrix and the contact is minimized. A local increase in density due to continuous dot formation can be prevented. Therefore, it is possible to perform edge enhancement without degrading the image quality.
請求項3、4に記載の発明によれば、第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスのドットが接触する濃度領域においては、セレクタにおいて第1ディザマトリクスの画像を選択する構成とすることができる。これにより、第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスのドットの接触を防ぐことができ、輪郭の画像部分が必要以上に強調されることを防いで画質劣化を回避することができる。   According to the third and fourth aspects of the invention, in the density region where the dots of the first dither matrix and the second dither matrix are in contact, the selector can select the image of the first dither matrix. As a result, contact between the dots of the first dither matrix and the second dither matrix can be prevented, and the image portion of the contour can be prevented from being emphasized more than necessary, thereby preventing image quality deterioration.
請求項5に記載の発明によれば、第1ディザマトリクスに対応する第2ディザマトリクスの閾値を容易に求めることができ、第1スクリーン処理部において第1ディザマトリクスの条件が変更された場合であっても、容易に対応することが可能である。   According to the fifth aspect of the present invention, the threshold value of the second dither matrix corresponding to the first dither matrix can be easily obtained, and the condition of the first dither matrix is changed in the first screen processing unit. Even if it exists, it can respond easily.
請求項6に記載の発明によれば、閾値の設定が容易となる。   According to the sixth aspect of the invention, the threshold value can be easily set.
請求項7に記載の発明によれば、輪郭強調を行うだけでなく、階調性をも向上させることができる。   According to the seventh aspect of the invention, not only contour enhancement but also gradation can be improved.
本実施形態では、本発明をMFP(Multi Function Peripheral)に適用した例を説明するが、画像にスクリーン処理を施す画像処理装置であれば本発明を適用可能である。   In this embodiment, an example in which the present invention is applied to an MFP (Multi Function Peripheral) will be described. However, the present invention is applicable to any image processing apparatus that performs screen processing on an image.
まず、構成を説明する。
図1に、本実施形態におけるMFP100の機能的構成を示す。
MFP100は、図1に示すように画像読取部11、制御部10、コントローラ12、操作部13、表示部14、記憶部15、画像メモリ16、プリンタ部17等を備えて構成されている。
First, the configuration will be described.
FIG. 1 shows a functional configuration of the MFP 100 according to the present embodiment.
As shown in FIG. 1, the MFP 100 includes an image reading unit 11, a control unit 10, a controller 12, an operation unit 13, a display unit 14, a storage unit 15, an image memory 16, a printer unit 17, and the like.
制御部10は、CPU(Central Processing Unit)、RAM(Random Access Memory)等から構成されている。制御部10は、記憶部15に記憶されている制御プログラムとの協働により各種演算を行うとともに、各部の動作を制御する。例えば、一連のプリントの過程において各部への画像のデータの入出力を制御したり、操作画面の表示制御等を行う。   The control unit 10 includes a CPU (Central Processing Unit), a RAM (Random Access Memory), and the like. The control unit 10 performs various calculations in cooperation with a control program stored in the storage unit 15 and controls the operation of each unit. For example, in a series of printing processes, image data input / output to each unit is controlled, operation screen display control, and the like are performed.
画像読取部11は、ADF(Auto Document Feeder)、スキャナ等を備え、原稿を読み取り、画像(アナログ信号)を生成する処理を行う。ここで生成される画像はR(赤)、G(緑)、B(青)の色に分解された画像である。生成された画像はコントローラ12に出力される。   The image reading unit 11 includes an ADF (Auto Document Feeder), a scanner, and the like, and performs a process of reading a document and generating an image (analog signal). The image generated here is an image separated into R (red), G (green), and B (blue) colors. The generated image is output to the controller 12.
コントローラ12は、外部PC200において作成したドキュメントや写真等のデータがプリンタドライバソフトによってPDL(Page Description Language)形式に変換されて、コントローラ12に送信されると、PDL形式のデータをラスタライズ処理して画素毎に濃度(信号値)を定めた画像のデータを生成する。具体的には、PDLコマンドを解析し、描画すべき画像単位(これをオブジェクトという)毎に画素を割り当て、この割り当てた画素毎に信号値を設定することにより画像を生成する。ここでは、最小値0から最大値255の範囲の信号値を各画素に割り当てたとして以下の説明を行う。なお、カラー画像の場合はC(シアン)、M(マジェンタ)、Y(イエロー)、K(黒)の色毎の画像を生成する。   When the controller 12 converts data such as a document or photo created in the external PC 200 into PDL (Page Description Language) format by the printer driver software and sends it to the controller 12, the controller 12 rasterizes the PDL format data to generate a pixel. Image data in which the density (signal value) is determined every time is generated. Specifically, a PDL command is analyzed, a pixel is assigned to each image unit (this is called an object) to be drawn, and an image is generated by setting a signal value for each assigned pixel. Here, the following description will be given on the assumption that signal values in the range from the minimum value 0 to the maximum value 255 are assigned to each pixel. In the case of a color image, an image for each color of C (cyan), M (magenta), Y (yellow), and K (black) is generated.
コントローラ12は、ラスタライズ処理に際して、PDLコマンドを解析して属性情報TAGを生成する。属性情報TAGとは、画像の各画素について文字、線画又は写真画の何れの属性にあたるかを示す情報である。コントローラ12は、生成した画像に属性情報TAGを付帯して画像処理部1に出力する。   In the rasterization process, the controller 12 analyzes the PDL command and generates attribute information TAG. The attribute information TAG is information indicating which attribute of a character, a line drawing, or a photographic image corresponds to each pixel of the image. The controller 12 attaches the attribute information TAG to the generated image and outputs it to the image processing unit 1.
なお、コントローラ12は、画像読取部11から入力される画像についてはA/D変換等の必要な処理を施した後、RGBの画像をCMYKの画像に色変換し、各画素についての属性情報TAGを生成する。   Note that the controller 12 performs necessary processing such as A / D conversion on the image input from the image reading unit 11, then color-converts the RGB image into a CMYK image, and attribute information TAG about each pixel. Is generated.
操作部13は操作キーを備え、この操作キーやタッチパネル等の操作に応じた操作信号を生成して制御部10に出力する。
表示部14はタッチパネルと一体に構成されるディスプレイを備え、制御部10の表示制御に従って、画像形成条件の設定画面等の各種操作画面を表示する。
The operation unit 13 includes operation keys. The operation unit 13 generates an operation signal corresponding to the operation of the operation key or the touch panel and outputs the operation signal to the control unit 10.
The display unit 14 includes a display integrated with the touch panel, and displays various operation screens such as an image forming condition setting screen according to display control of the control unit 10.
記憶部15は、制御プログラムやパラメータ等を記憶している。記憶部15は例えばハードディスク等を適用できる。
画像メモリ16は画像保存用のメモリであり、ハードディスク等の大容量メモリから構成されている。コントローラ12から入力された画像は画像処理部1によって必要な画像処理が施された後、画像メモリ16に保存され、プリント時には制御部10の制御によって画像メモリ16からプリントする画像が読み出されて画像処理部1に出力される。
The storage unit 15 stores a control program, parameters, and the like. For example, a hard disk or the like can be applied to the storage unit 15.
The image memory 16 is a memory for storing images, and is composed of a large-capacity memory such as a hard disk. The image input from the controller 12 is subjected to necessary image processing by the image processing unit 1 and then stored in the image memory 16. At the time of printing, an image to be printed is read from the image memory 16 under the control of the control unit 10. It is output to the image processing unit 1.
プリンタ部17は、画像処理部1から入力される画像のデータに基づいて用紙上に画像をプリントする。プリンタ部17のプリント方式は何れのものであってもよいが、ここでは電子写真方式の場合を例に説明する。電子写真方式の場合、プリンタ部17は露光部、現像部、給紙部、定着部等を備えている。プリント時は、まず露光部のレーザ光源から感光ドラムにレーザ光を照射して露光を行い、静電潜像を形成する。その後、感光ドラム上の静電潜像をトナーで現像してトナー像を形成し、これを給紙部から搬送した用紙上に転写し、定着部による定着処理を行う。   The printer unit 17 prints an image on a sheet based on the image data input from the image processing unit 1. The printing method of the printer unit 17 may be any one, but here, the case of the electrophotographic method will be described as an example. In the case of the electrophotographic system, the printer unit 17 includes an exposure unit, a developing unit, a paper feeding unit, a fixing unit, and the like. At the time of printing, first, the photosensitive drum is irradiated with laser light from the laser light source of the exposure unit to perform exposure, thereby forming an electrostatic latent image. Thereafter, the electrostatic latent image on the photosensitive drum is developed with toner to form a toner image, which is transferred onto a sheet conveyed from the sheet feeding unit, and a fixing process is performed by the fixing unit.
画像処理部1は、画像に対し各種画像処理を施す。画像処理としては、A/D変換処理や、画像読取部2により生じる輝度ムラを補正するシェーディング補正処理、スキャナ特有の輝度特性を人の視覚特性に応じた最適な輝度特性に変換するI−I′変換処理、拡大、縮小、回転の処理、色変換処理、画像の濃度を人の視覚特性に応じたものとする濃度補正処理、スクリーン処理等が挙げられる。   The image processing unit 1 performs various image processes on the image. As image processing, A / D conversion processing, shading correction processing for correcting luminance unevenness caused by the image reading unit 2, and I-I for converting scanner-specific luminance characteristics into optimal luminance characteristics according to human visual characteristics. 'Conversion processing, enlargement / reduction, rotation processing, color conversion processing, density correction processing for adjusting the image density in accordance with human visual characteristics, screen processing, and the like.
図2は、本実施形態に係るスクリーン処理を行う際に主に機能する構成部分を示す図である。
図2に示すように、画像処理部1は、輪郭判定部2、濃度調整部3A、3B、3C、第1スクリーン処理部4A、第2スクリーン処理部4B、コントーン処理部5、セレクタ6を備えて構成されている。
FIG. 2 is a diagram showing components that mainly function when performing screen processing according to the present embodiment.
As shown in FIG. 2, the image processing unit 1 includes a contour determination unit 2, density adjustment units 3A, 3B, and 3C, a first screen processing unit 4A, a second screen processing unit 4B, a contone processing unit 5, and a selector 6. Configured.
輪郭判定部2は、文字又は線画の輪郭を構成する画像部分であるか否かを画素毎に判定する。輪郭判定部2は文字又は線画の輪郭を構成する場合はEG=1、構成しない場合はEG=0として、画素毎に判定結果を示すフラグ信号EGを出力する。   The contour determination unit 2 determines for each pixel whether or not the image portion constitutes the contour of a character or line drawing. The contour determination unit 2 outputs a flag signal EG indicating a determination result for each pixel with EG = 1 if a contour of a character or line drawing is configured, and EG = 0 if not.
以下、判定方法について説明する。
輪郭判定部2には、画像とともに属性情報TAGが入力される。属性情報TAGは画像を写真、文字、線画の種別に分類し、各画素についてその画素が何れの種別に属するかを示すものである。属性情報TAGは、TAG=0のときは写真、TAG=1のときは文字、TAG=2のときは線画を示す。
Hereinafter, the determination method will be described.
The attribute information TAG is input to the contour determination unit 2 together with the image. The attribute information TAG classifies the image into the types of photographs, characters, and line drawings, and indicates to which type the pixel belongs. The attribute information TAG indicates a photograph when TAG = 0, a character when TAG = 1, and a line drawing when TAG = 2.
輪郭判定部2は、この属性情報TAGに基づいて画像の各画素について種別を判別し、TAG=0の画素についてはEG=0とする。
一方、TAG=1又は2の画素については、輪郭判定部2は当該画素(以下、注目画素という)を中心とする3画素×3画素の画像を入力する。図3に示すのは、3画素×3画素の画像である。ここで、中心に位置する注目画素の信号値をI0、その隣接画素の信号値をIn(n=1〜4)で表している。なお、注目画素が画像端部に位置する場合、3画素×3画素の領域に画像以外の部分が含まれるので、この部分の信号値を0として判定を行う。
The contour determination unit 2 determines the type for each pixel of the image based on the attribute information TAG, and sets EG = 0 for the pixel with TAG = 0.
On the other hand, for a pixel with TAG = 1 or 2, the contour determination unit 2 inputs an image of 3 pixels × 3 pixels centered on the pixel (hereinafter referred to as a target pixel). FIG. 3 shows an image of 3 pixels × 3 pixels. Here, the signal value of the pixel of interest located at the center is represented by I0, and the signal value of the adjacent pixel is represented by In (n = 1 to 4). Note that when the target pixel is located at the edge of the image, since a portion other than the image is included in the 3 pixel × 3 pixel region, the signal value of this portion is determined to be 0.
次いで、注目画素の信号値I0と隣接画素の信号値I1〜I4との差E0〜E4を、下記式により求める。
E0=I0−I1
E2=I0−I2
E3=I0−I3
E4=I0−I4
Next, differences E0 to E4 between the signal value I0 of the target pixel and the signal values I1 to I4 of the adjacent pixels are obtained by the following formula.
E0 = I0-I1
E2 = I0-I2
E3 = I0-I3
E4 = I0-I4
次いで、E0〜E3のうちの最大値を求め、これを正のエッジ信号PEDGEとする。同様に、E0〜E3の符号を反転させたもののうち、最大値を求め、これを負のエッジ信号REDGEとする。PEDGE、REDGEは下記式により示される。なお、Max()は、かっこ内の値のうち最大値を出力する関数を示す。
PEDGE=Max(E0、E1、E2、E3)
ただし、PEDGE<REDGEのときPEDGE=0
REDGE=Max(−E0、−E1、−E2、−E3)
ただし、REDGE<PEDGEのときREDGE=0
Next, the maximum value among E0 to E3 is obtained, and this is set as a positive edge signal PEDGE. Similarly, the maximum value is obtained from those obtained by inverting the signs of E0 to E3, and this is set as the negative edge signal REDGE. PEDGE and REDGE are represented by the following formulas. Max () represents a function that outputs the maximum value among the values in parentheses.
PEDGE = Max (E0, E1, E2, E3)
However, when PEDGE <REDGE, PEDGE = 0
REDGE = Max (-E0, -E1, -E2, -E3)
However, when REDGE <PEDGE, REDGE = 0
このようにして求めたE0〜E3と、PEDGE、REDGEがエッジ強度である。次に、求めたPEDGEと、PEDGEについて予め定められた閾値THとを比較し、注目画素が輪郭を構成する画素かどうかを判定する。PEDGE>THであれば、輪郭を構成するとしてEG=1とする。一方、PEDGE≦THであれば輪郭を構成しないとしてEG=0とする。
フラグ信号EGは、濃度調整部3A、3B、3C、セレクタ6に出力される。
E0 to E3 and PEDGE and REDGE determined in this way are edge strengths. Next, the obtained PEDGE is compared with a threshold TH set in advance for PEDGE, and it is determined whether or not the pixel of interest is a pixel constituting a contour. If PEDGE> TH, EG = 1 is set as a contour. On the other hand, if PEDGE ≦ TH, no contour is formed and EG = 0.
The flag signal EG is output to the density adjustment units 3A, 3B, 3C and the selector 6.
次に、濃度調整部3A、3B、3C、第1スクリーン処理部4A、第2スクリーン処理部4Bについて説明するが、便宜上、第1スクリーン処理部4A、第2スクリーン処理部4Bから先に説明する。
第1スクリーン処理部4A、第2スクリーン処理部4Bは何れもディザマトリクスを用いて画像にスクリーン処理を施すものであるが、第1スクリーン処理部4Aは第1ディザマトリクス、第2スクリーン処理部4Bは第2ディザマトリクスと、異なるディザマトリクスを用いる。
Next, the density adjustment units 3A, 3B, 3C, the first screen processing unit 4A, and the second screen processing unit 4B will be described. For convenience, the first screen processing unit 4A and the second screen processing unit 4B will be described first. .
Both the first screen processing unit 4A and the second screen processing unit 4B perform screen processing on an image using a dither matrix, but the first screen processing unit 4A has a first dither matrix and a second screen processing unit 4B. Uses a second dither matrix and a different dither matrix.
第2ディザマトリクスは、第1ディザマトリクスにより形成されるドットと異なる位置にドットが形成されるように閾値を定めて作成したものである。このとき、第1ディザマトリクスのドットと接触しないように閾値を定めることが好ましい。接触とは、あるドットの周囲(上下左右、斜めに位置する8画素)で他のドットが形成されることをいう。そのような第2ディザマトリクスとしては、例えば、第1ディザマトリクスの閾値の大小関係を逆転させた閾値を定めたものが挙げられる。   The second dither matrix is created by setting a threshold value so that dots are formed at positions different from the dots formed by the first dither matrix. At this time, it is preferable to set a threshold value so as not to contact the dots of the first dither matrix. Contact means that other dots are formed around a certain dot (up, down, left and right, eight pixels located diagonally). As such a second dither matrix, for example, a threshold value obtained by reversing the magnitude relationship of the threshold values of the first dither matrix can be cited.
第2スクリーン処理部4Bでは、予め第1ディザマトリクスの閾値に対して、第2ディザマトリクスの閾値を定めた変換テーブルを備えている。そして、スクリーン処理を行う際、第2スクリーン処理部4Bはこの変換テーブルを用いて第1スクリーン処理部4Aで使用する第1ディザマトリクスの閾値に対応する、第2ディザマトリクスの閾値を求め、スクリーン処理に用いる。第1スクリーン処理部4Aで用いる第1ディザマトリクスがそのサイズ、形状等の条件を変更したものが複数種類ある場合には、その種類毎に変換テーブルを備えて各種類の第1ディザマトリクスに対応する第2ディザマトリクスの閾値を得られるようにする。   The second screen processing unit 4B includes a conversion table in which the threshold value of the second dither matrix is set in advance with respect to the threshold value of the first dither matrix. Then, when performing the screen processing, the second screen processing unit 4B uses this conversion table to obtain a threshold value of the second dither matrix corresponding to the threshold value of the first dither matrix used in the first screen processing unit 4A, and Used for processing. When there are multiple types of first dither matrices used in the first screen processing unit 4A in which conditions such as size and shape are changed, a conversion table is provided for each type, and each type of first dither matrix is supported. The threshold value of the second dither matrix to be obtained can be obtained.
図4に第1ディザマトリクスの例を示し、図5に第2ディザマトリクスの例を示す。図4及び図5において、丸は画素を示し、各画素に付した1〜26の番号は閾値の小さい順番を示している。図4及び図5に示すように、第1ディザマトリクス、第2ディザマトリクスは何れも26画素とサイズが同一であり、形状も同一である。第1スクリーン処理部4A、第2スクリーン処理部4Bは、スクリーン処理時、第1ディザマトリクス、第2ディザマトリクスをそれぞれ画像に対応させて、第1ディザマトリクス、第2ディザマトリクスで定められた閾値と画像の信号値とを比較し、閾値未満であれば信号値0、閾値以上であれば信号値255と2値化する。すなわち、図4及び図5の1〜26の順番はドットが形成されやすい順番であることを示している。   FIG. 4 shows an example of the first dither matrix, and FIG. 5 shows an example of the second dither matrix. 4 and 5, the circles indicate pixels, and the numbers 1 to 26 assigned to the pixels indicate the order in which the threshold value is small. As shown in FIGS. 4 and 5, both the first dither matrix and the second dither matrix have the same size and the same shape as 26 pixels. The first screen processing unit 4A and the second screen processing unit 4B correspond to the threshold values determined by the first dither matrix and the second dither matrix by associating the first dither matrix and the second dither matrix respectively with the images during the screen processing. Is compared with the signal value of the image, and if it is less than the threshold value, it is binarized with a signal value of 0, and if it is greater than or equal to the threshold value, it is binarized. That is, the order of 1 to 26 in FIGS. 4 and 5 indicates the order in which dots are easily formed.
第1ディザマトリクスは通常のスクリーン処理でも用いられる一般的なディザマトリクスであり、第1ディザマトリクスに対応する領域ではその中心から外郭へとドットが成長するように閾値が設定されている。すなわち、ディザマトリクスにより形成されるドットの集合を網点というが、この網点ができるだけ円状となるように閾値を設定する画素位置が考慮されている。   The first dither matrix is a general dither matrix that is also used in normal screen processing, and a threshold value is set so that dots grow from the center to the outline in an area corresponding to the first dither matrix. That is, a set of dots formed by a dither matrix is referred to as a halftone dot, but a pixel position where a threshold is set so that the halftone dot is as circular as possible is taken into consideration.
図4に示す第1ディザマトリクスで定められる26の閾値は、画像の信号値の最小値と最大値間を均等に27分割したところの値である。各閾値は最も小さい閾値が第1ディザマトリクスの26画素のうちの中央にあたる画素位置に設定され、その後は値が大きい閾値から順に中央から時計回りの順に各画素位置に設定されていく。その結果、図4に示す1〜26の順で設定される閾値の値は大きくなっていく。   The 26 threshold values defined by the first dither matrix shown in FIG. 4 are values obtained by equally dividing the minimum value and the maximum value of the signal value of the image by 27. Each threshold value is set at the pixel position corresponding to the center of the 26 pixels of the first dither matrix, and thereafter, the threshold value is set at each pixel position in order from the center in the clockwise direction. As a result, the threshold values set in the order of 1 to 26 shown in FIG.
第2ディザマトリクスの各閾値は、26画素について対応する第1ディザマトリクスの各位置に定められている閾値を、信号値の最大値から差し引いた値である。例えば、第1ディザマトリクスの番号1の位置において閾値10が定められている場合、第2ディザマトリクスの対応する位置では、信号値の最大値255とその閾値10との差245が閾値として設定される。このようにして全ての画素について閾値を設定すると、閾値245は第2ディザマトリクスの中では閾値の小さい順としては26番目にあたる。   Each threshold value of the second dither matrix is a value obtained by subtracting the threshold value determined at each position of the corresponding first dither matrix for 26 pixels from the maximum value of the signal value. For example, when the threshold value 10 is set at the position of number 1 in the first dither matrix, the difference 245 between the maximum value 255 of the signal value and the threshold value 10 is set as the threshold value at the corresponding position in the second dither matrix. The When the threshold values are set for all the pixels in this way, the threshold value 245 corresponds to the 26th as the smallest threshold value in the second dither matrix.
上記のようにして第2ディザマトリクスの閾値を設定する結果、第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスの閾値の大小関係は逆転し、第1ディザマトリクスが図4に示すようにマトリクスの中心から外郭に向けて時計回りに円を描くように閾値が大きくなっていくのに対し、第2ディザマトリクスは図5に示すようにマトリクスの外郭から中心に向けて反時計回りに円を描くように閾値が大きくなっている。   As a result of setting the threshold value of the second dither matrix as described above, the magnitude relationship between the threshold values of the first dither matrix and the second dither matrix is reversed, and the first dither matrix is contoured from the center of the matrix as shown in FIG. The threshold value increases so as to draw a circle in the clockwise direction toward, whereas the second dither matrix has a threshold value in which a circle is drawn counterclockwise from the outer edge of the matrix toward the center as shown in FIG. Is getting bigger.
このような第1ディザマトリクス、第2ディザマトリクスを用いて、第1スクリーン処理部4A、第2スクリーン処理部4Bはそれぞれスクリーン処理を施し、処理後の2値画像をセレクタ6へ出力する。ここでは、第1スクリーン処理部4Aによりスクリーン処理された画像をS1、第2スクリーン処理部4Bによりスクリーン処理された画像をS2と表す。   Using the first dither matrix and the second dither matrix, the first screen processing unit 4A and the second screen processing unit 4B perform screen processing, and output the processed binary image to the selector 6. Here, an image screen-processed by the first screen processing unit 4A is represented as S1, and an image screen-processed by the second screen processing unit 4B is represented by S2.
コントーン処理部5は、画像にコントーン処理を施す。
コントーン処理では、多値の画像を多値の画像で出力する場合、入力された多値の画像をそのまま出力する。つまり、無処理とする。一方、多値の画像を2値化して出力する場合、ディザマトリクスを用いず、1つの閾値(例えば、信号値の最大値と最小値の中間値)を用いて2値化を行い、その2値の画像を出力する。コントーン処理後の画像をCnで表す。
The contone processing unit 5 performs contone processing on the image.
In the contone process, when a multi-value image is output as a multi-value image, the input multi-value image is output as it is. That is, no processing is performed. On the other hand, when a multi-value image is binarized and output, binarization is performed using one threshold value (for example, an intermediate value between the maximum value and the minimum value of signal values) without using a dither matrix. Output an image of values. An image after the contone process is represented by Cn.
セレクタ6は、画素毎に信号値を選択するものである。選択された信号値からなる画像をOUTで表す。セレクタ6は、輪郭判定部2から入力されるフラグ信号EGに基づいて文字又は線画の輪郭の画像部分を判断し、文字又は線画の輪郭以外の画像部分については第1スクリーン処理部4Aから出力された画像S1の信号値を選択し、文字又は線画の輪郭の画像部分については第1スクリーン処理部4Aから出力された画像S1又は第2スクリーン処理部4Bから出力された画像S2のうち、信号値が大きい方を選択する。   The selector 6 selects a signal value for each pixel. An image composed of the selected signal values is denoted by OUT. The selector 6 determines the image part of the outline of the character or line drawing based on the flag signal EG input from the outline determination unit 2, and the image part other than the outline of the character or line drawing is output from the first screen processing unit 4A. The signal value of the image S1 is selected, and for the image portion of the outline of the character or line drawing, the signal value of the image S1 output from the first screen processing unit 4A or the image S2 output from the second screen processing unit 4B Select the one with larger.
ここで、画像の濃度が20%付近の場合を例に説明する。図4、図5に示した第1及び第2ディザマトリクスは各閾値の間隔が均等であるので、スクリーン処理が施されると、画像の濃度が20%付近では26画素中の20%、つまり番号1〜5の5画素について信号値が1となり、ドットが形成されることになる。このときの網点率は5/26≒20%である。網点率はディザマトリクス全体の画素数に対してドットを形成する画素数の比率である。   Here, a case where the image density is around 20% will be described as an example. Since the first and second dither matrices shown in FIGS. 4 and 5 have the same interval between the threshold values, when screen processing is performed, 20% of 26 pixels when the image density is around 20%, that is, The signal value is 1 for the five pixels numbered 1 to 5, and dots are formed. The halftone dot ratio at this time is 5 / 26≈20%. The halftone dot ratio is the ratio of the number of pixels forming dots to the total number of pixels in the dither matrix.
図6はこのときに第1スクリーン処理部4Aから出力される画像S1におけるドットの形成パターンを示す図であり、図7は第2スクリーン処理部4Bから出力される画像S2におけるドットの形成パターンを示す図である。図6に示す画像S1と図7に示す画像S2のうち何れか大きい方の信号値を選択して出力すると、出力された画像のドットの形成パターンは図8に示すものとなる。   FIG. 6 is a diagram showing a dot formation pattern in the image S1 output from the first screen processing unit 4A at this time, and FIG. 7 shows a dot formation pattern in the image S2 output from the second screen processing unit 4B. FIG. When the larger signal value of the image S1 shown in FIG. 6 and the image S2 shown in FIG. 7 is selected and output, the dot formation pattern of the output image is as shown in FIG.
図8に示すように、第1ディザマトリクスにより形成されるドットと、第2ディザマトリクスにより形成されるドットは異なる位置に形成されるように、かつ互いに接触しないように形成されることとなる。これは、第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスの閾値の大小関係が逆転しているため、ドットの形成されやすい順番が第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスとで逆になることによる。   As shown in FIG. 8, the dots formed by the first dither matrix and the dots formed by the second dither matrix are formed at different positions and not in contact with each other. This is because the order in which dots are easily formed is reversed between the first dither matrix and the second dither matrix because the magnitude relationship between the threshold values of the first dither matrix and the second dither matrix is reversed.
網点率が20%の場合に、セレクタ6において画像を選択した結果を図9A、図9B、図9Cに示す。図9A〜図9Cにおいて破線は文字又は線画のエッジ(境界)を示している。
図9Aは、セレクタ6において第1スクリーン処理部4Aの画像S1の信号値のみを選択した場合のドットの形成パターンを示している。図9Bは、輪郭以外の画素については画像S1の信号値、輪郭の画素については第2スクリーン処理部4Bの画像S2の信号値を選択した場合のドットの形成パターン、図9Cは輪郭以外は画像S1、輪郭は画像S1と画像S2のうち信号値が大きい方を選択した場合のドットの形成パターンである。
9A, 9B, and 9C show the results of selecting an image by the selector 6 when the halftone dot rate is 20%. 9A to 9C, a broken line indicates an edge (boundary) of a character or line drawing.
FIG. 9A shows a dot formation pattern when the selector 6 selects only the signal value of the image S1 of the first screen processing unit 4A. FIG. 9B shows the dot formation pattern when the signal value of the image S1 is selected for pixels other than the outline, and the signal value of the image S2 of the second screen processing unit 4B is selected for the outline pixels. FIG. S1 and outline are dot formation patterns when the larger signal value is selected from the images S1 and S2.
図9Bに示すように輪郭においては画像S2の信号値を選択することにより、輪郭部分に形成するドットを増やし、輪郭を強調することが可能となっている。また、図9Cに示すように輪郭においては画像S1、S2のうち何れか大きい方を選択することにより、輪郭に形成するドットをより増加させることができる。さらに、画像S1と画像S2のドットは接触していないため、連続的なドット形成による局所的な濃度上昇を防ぐことができる。   As shown in FIG. 9B, by selecting the signal value of the image S2 in the outline, it is possible to increase the number of dots formed in the outline portion and emphasize the outline. Further, as shown in FIG. 9C, the dot formed on the contour can be further increased by selecting the larger one of the images S1 and S2 in the contour. Furthermore, since the dots of the image S1 and the image S2 are not in contact with each other, a local density increase due to continuous dot formation can be prevented.
網点率が上昇すれば、画像S1のドットと画像S2のドットの接触しない領域は減っていき、網点率が50%に達すると画像S1と画像S2のドットは完全に接触する。
網点率が30%の場合の例を、図10A、図10B、図10Cに示す。図中の破線が文字又は線画のエッジを示すのは図9A〜図9Cと同様である。
図10Aはセレクタ6において画像S1の信号値のみを選択したときのドットの形成パターンを示す図である。図10Bは輪郭以外は画像S1、輪郭においては画像S2の信号値を選択し、図10Cは輪郭以外は画像S1、輪郭においては画像S1と画像S2のうち大きい信号値を持つ方を選択したときのドットの形成パターンである。
If the halftone dot rate increases, the area where the dots of the image S1 and the dot of the image S2 do not contact decreases, and when the halftone dot rate reaches 50%, the dots of the image S1 and the image S2 completely contact.
Examples when the halftone dot ratio is 30% are shown in FIGS. 10A, 10B, and 10C. The broken lines in the figure indicate the edges of characters or line drawings, as in FIGS. 9A to 9C.
FIG. 10A is a diagram showing a dot formation pattern when only the signal value of the image S1 is selected by the selector 6. FIG. FIG. 10B shows a signal value of the image S1 other than the contour, and the signal value of the image S2 in the contour. FIG. 10C shows the image S1 other than the contour, and the image S1 and the image S2 having the larger signal value in the contour. This is a dot formation pattern.
図10A〜図10Cに示すように、輪郭において画像S2を出力する、或いは画像S1又はS2の何れか大きい方を出力すると、画像S1のみを出力する場合に比べて輪郭をより強調することができる。しかし、網点率が30%となると画像S1のドットが増えているのに加え、輪郭付近においてドットが形成される割合が増えるため、画像S1のドットと画像S2のドットとの間で斜め方向ではあるが接触する部分が生じている。   As shown in FIGS. 10A to 10C, when the image S2 is output at the contour or the larger one of the images S1 and S2 is output, the contour can be more emphasized than when only the image S1 is output. . However, when the halftone dot ratio is 30%, the number of dots in the image S1 increases, and the rate at which dots are formed in the vicinity of the contour increases, so the diagonal direction between the dots in the image S1 and the dots in the image S2 However, there is a contact part.
網点率46%のときの例が、図11A、図11B、図11Cである。図11Aはセレクタ6において画像S1のみを選択したときのドットの形成パターンを示す図である。図11Bは輪郭以外は画像S1、輪郭においては画像S2を選択し、図11Cは輪郭以外は画像S1、輪郭においては画像S1と画像S2のうち信号値が大きい方を選択したときのドットの形成パターンである。
図11Cに示すように、網点率46%となれば輪郭のほとんどにドットが形成され、輪郭の強調度合いが大きくなる。その分、網点率30%のときに比べ画像S1と画像S2のドットの接触も増えるが、周辺でドットが多く形成されるため、周辺との濃度差が小さくなり、視覚的には局所的な濃度上昇も目立たなくなるはずである。
Examples when the halftone dot ratio is 46% are FIGS. 11A, 11B, and 11C. FIG. 11A is a diagram showing a dot formation pattern when only the image S1 is selected by the selector 6. FIG. In FIG. 11B, image S1 other than the contour is selected, and image S2 is selected for the contour. FIG. 11C is the image S1 other than the contour. It is a pattern.
As shown in FIG. 11C, when the halftone dot ratio is 46%, dots are formed in almost all the contours, and the degree of contour emphasis increases. Accordingly, the contact between the dots of the image S1 and the image S2 also increases as compared with the case where the halftone dot ratio is 30%. A slight increase in concentration should be inconspicuous.
このように、網点率が50%未満であっても画像S1と画像S2のドットが接触する場合があり、輪郭が必要以上に強調される場合がある。また、網点率が50%以上となれば、ドットが接触するだけでなく、第1ディザマトリクスのドットと第2ディザマトリクスのドットは同一の位置で形成されていくため、画像S2を選択する必要がない。そこで、第1スクリーン処理部4Aと第2スクリーン処理部4Bによりスクリーン処理する画像の濃度を、濃度調整部3A、3Cにおいて調整し、必要以上に輪郭強調されることによる画質劣化を防ぐ。   Thus, even if the dot ratio is less than 50%, the dots of the image S1 and the image S2 may come into contact with each other, and the contour may be emphasized more than necessary. If the dot ratio is 50% or more, not only the dots come into contact, but the dots of the first dither matrix and the dots of the second dither matrix are formed at the same position, so the image S2 is selected. There is no need. Therefore, the density of the image to be screen-processed by the first screen processing unit 4A and the second screen processing unit 4B is adjusted by the density adjustment units 3A and 3C to prevent image quality deterioration due to excessive edge enhancement.
濃度調整部3Aは第1スクリーン処理部4Aが処理する画像の濃度を調整し、濃度調整部3Bは第2スクリーン処理部4Bが処理する画像の濃度を調整する。調整は、濃度調整部3A及び濃度調整部3Bの双方で行うこともあれば、何れか一方のみが行うこととしてもよい。また、調整の対象となるのは文字又は線画の輪郭の画像部分である。濃度調整部3A、3Bは、輪郭判定部2から入力されるフラグ信号EGにより、文字又は線画の輪郭の画像部分を判別し、当該画像部分の濃度調整を行う。   The density adjustment unit 3A adjusts the density of the image processed by the first screen processing unit 4A, and the density adjustment unit 3B adjusts the density of the image processed by the second screen processing unit 4B. The adjustment may be performed by both the density adjustment unit 3A and the density adjustment unit 3B, or only one of them may be performed. Further, the object of adjustment is the image portion of the outline of the character or line drawing. The density adjustment units 3A and 3B determine the image portion of the outline of the character or line drawing based on the flag signal EG input from the contour determination unit 2, and adjust the density of the image portion.
調整の一例を図12に示す。
図12に示すのは、調整前の画像の濃度(%)と調整後の画像の濃度(%)との関係を示す濃度変換曲線(又は直線)a11、a12である。濃度調整部3Aは濃度変換曲線a11によって画像の信号値(信号値は濃度を示す)を変換して濃度調整を行い、同様に濃度調整部3Bは濃度変換曲線a12によって濃度調整を行う。
An example of the adjustment is shown in FIG.
FIG. 12 shows density conversion curves (or straight lines) a11 and a12 showing the relationship between the density (%) of the image before adjustment and the density (%) of the image after adjustment. The density adjusting unit 3A converts the image signal value (the signal value indicates density) by the density conversion curve a11 and performs density adjustment. Similarly, the density adjusting unit 3B performs density adjustment by the density conversion curve a12.
図4に示す第1ディザマトリクスと図5に示す第2ディザマトリクスの場合、ドットが完全に接触しないのは網点率25%未満である。よって、網点率が25%以上となる濃度領域において濃度調整を行う必要がある。上記第1、第2ディザマトリクスは網点率と濃度は対応するため、図12に示す調整例では、濃度変換曲線a11を傾き1の直線とし、入力された画像の濃度をそのまま出力する。つまり濃度調整部3Aでは画像の濃度を無調整とする。一方、濃度特性a12は濃度20%あたりまでは傾き1の直線とし、無調整とするが、濃度25%を超えると画像の濃度上昇に伴って出力する濃度の上昇を鈍らせ、濃度50%手前から画像の濃度の増加に伴って逆に出力する濃度が低下するように調整する。   In the case of the first dither matrix shown in FIG. 4 and the second dither matrix shown in FIG. 5, the dots are not completely in contact with each other when the dot ratio is less than 25%. Therefore, it is necessary to adjust the density in the density region where the halftone dot ratio is 25% or more. Since the first and second dither matrices correspond to the dot ratio and the density, in the adjustment example shown in FIG. 12, the density conversion curve a11 is a straight line having a slope 1, and the density of the input image is output as it is. That is, the density adjustment unit 3A does not adjust the image density. On the other hand, the density characteristic a12 is a straight line with a slope of 1 up to around 20% density and is not adjusted. However, if the density exceeds 25%, the increase in density output is slowed as the image density increases, and the density is 50% before. Therefore, the output density is adjusted so as to decrease as the image density increases.
このように濃度調整することにより、画像S1と画像S2のドットが完全に接触しない濃度25%未満では無調整として通常通りドットを出現させ、接触が生じる25%以上の濃度領域では画像S2で形成されるドットを減らして、画像S1と画像S2のドットの接触を回避することができる。   By adjusting the density in this way, the dots of the image S1 and the image S2 are formed as the image S2 in the density region of 25% or more where the dots appear as normal when the dots of the image S1 and the image S2 are not completely in contact with less than 25%. The number of dots to be reduced can be reduced, and the contact between the dots of the image S1 and the image S2 can be avoided.
調整方法は上記に限らず、例えば図13に示すような調整を行ってもよい。
図13に示す例では、濃度調整部3Aにおいても濃度変換曲線a21によって濃度調整を行い、全般的に出力する濃度を抑える。一方、濃度調整部3Bでは濃度変換曲線a22によって濃度20%を超えたあたりで出力する濃度の上昇が鈍る点では前例と同じであるが、図13の例では濃度調整部3Aの出力する濃度を抑えていることに連動して、出力する濃度のピークを濃度60%あたりにずらしている。
他にも、調整の目的に応じて、濃度変換曲線を直線としたり、曲線の形状を変えたりすることができる。
The adjustment method is not limited to the above, and for example, adjustment as shown in FIG. 13 may be performed.
In the example shown in FIG. 13, the density adjustment unit 3A also performs density adjustment using the density conversion curve a21 to suppress the overall output density. On the other hand, the density adjustment unit 3B is the same as the previous example in that the increase in density output when the density exceeds 20% due to the density conversion curve a22 is the same as the previous example, but in the example of FIG. 13, the density output by the density adjustment unit 3A is In conjunction with the suppression, the output density peak is shifted around 60% density.
In addition, the density conversion curve can be a straight line or the shape of the curve can be changed according to the purpose of adjustment.
なお、ディザマトリクスの閾値の設定方法によっては濃度変換曲線の傾き等も変える必要がある。またディザマトリクスの形状やサイズ、閾値、スクリーン角度によってドットが接触するときの濃度領域は変わってくるので、用いる第1、第2ディザマトリクスの条件によって両者のドットが接触する濃度領域を求め、この濃度領域においては画像S2の信号値が画像S1の信号値よりも小さくなるように濃度調整を行えばよい。   Note that the slope of the density conversion curve or the like needs to be changed depending on the threshold setting method of the dither matrix. Also, since the density area when the dots touch depends on the dither matrix shape, size, threshold, and screen angle, the density area where both dots touch is determined according to the conditions of the first and second dither matrices used. In the density region, the density adjustment may be performed so that the signal value of the image S2 is smaller than the signal value of the image S1.
また、濃度調整を行う代わりに、第1又は第2ディザマトリクスの閾値を調整することとしてもよい。ここでは、説明の便宜上、図14Aに示す小サイズのディザマトリクスの例で調整例を説明する。図14Aに示すディザマトリクスは2画素×2画素のサイズであり、0〜255の信号値を2値化するための閾値が設定されている。このディザマトリクスの各セルの位置をe(e=0、1、2、3)で示すと、e=0の位置での閾値は32、e=1の閾値は96、e=2の閾値は160、e=3の閾値は224である。   Further, instead of performing the density adjustment, the threshold value of the first or second dither matrix may be adjusted. Here, for convenience of explanation, an example of adjustment will be described using the example of a small-size dither matrix shown in FIG. 14A. The dither matrix shown in FIG. 14A has a size of 2 pixels × 2 pixels, and a threshold value for binarizing the signal values of 0 to 255 is set. When the position of each cell of the dither matrix is indicated by e (e = 0, 1, 2, 3), the threshold value at the position of e = 0 is 32, the threshold value of e = 1 is 96, and the threshold value of e = 2 is The threshold for 160, e = 3 is 224.
入力画像の信号値に対し、上記ディザマトリクスを用いた場合のスクリーン処理後の出力画像の信号値の平均値をプロットすると、図14Bのa31で示すような特性線となる。特性線a31は階段状となるがその階段の傾きは、傾き1の直線a32に沿った形となる。傾き1の直線a32は特性線a31の平均的な濃度特性を示すものと考えられる。
ディザマトリクスの閾値によって濃度調整する場合、まず図14Bにおいて傾き1の直線a32を横軸方向に変形して所望の濃度特性曲線a33を描く。そして、描いた濃度特性曲線a33に沿うように特性線a31を横軸方向に移動して変形させる。変形後の特性線をa34とすると、変形前の特性線a31と傾き1の直線a32との交点における出力画像の平均値は、変形後の特性線a34と所望の濃度特性曲線a33との交点における出力画像の平均値と同一値となる。
When the average value of the signal value of the output image after the screen processing when the dither matrix is used is plotted against the signal value of the input image, a characteristic line as indicated by a31 in FIG. 14B is obtained. The characteristic line a31 has a staircase shape, but the slope of the staircase has a shape along a straight line a32 having a slope of 1. A straight line a32 having an inclination of 1 is considered to indicate an average density characteristic of the characteristic line a31.
In the case of adjusting the density by using the threshold value of the dither matrix, first, in FIG. 14B, a straight line a32 having a slope of 1 is deformed in the horizontal axis direction to draw a desired density characteristic curve a33. Then, the characteristic line a31 is moved in the horizontal axis direction and deformed along the drawn density characteristic curve a33. Assuming that the characteristic line after deformation is a34, the average value of the output image at the intersection of the characteristic line a31 before deformation and the straight line a32 having the inclination 1 is the intersection of the characteristic line a34 after deformation and the desired density characteristic curve a33. It becomes the same value as the average value of the output image.
作成した特性線a34において、変形前の特性線a31において閾値に相当していた数値32、96、160、224は、変形後は32、176、218、248に変化している。これらの数値が濃度調整を行う際に用いる閾値であるので、これを新たな閾値としてディザマトリクスに再設定する。閾値が再設定されたディザマトリクスによりスクリーン処理を行うことで、濃度調整された出力画像を得ることができる。つまり、スクリーン処理後の出力画像の濃度特性は図14Bに示す濃度特性曲線a33で示す濃度特性となる。   In the created characteristic line a34, the numerical values 32, 96, 160, and 224 corresponding to the threshold values in the characteristic line a31 before deformation change to 32, 176, 218, and 248 after deformation. Since these numerical values are threshold values used for density adjustment, they are reset as a new threshold value in the dither matrix. By performing screen processing using a dither matrix whose threshold value has been reset, an output image whose density has been adjusted can be obtained. That is, the density characteristic of the output image after the screen processing is the density characteristic indicated by the density characteristic curve a33 shown in FIG. 14B.
以上のように、本実施形態によれば、第1スクリーン処理部4Aが第1ディザマトリクスを用いて画像にスクリーン処理を施した画像S1を出力し、第2スクリーン処理部4Bは第1ディザマトリクスにより形成されるドットと同一位置にドットが形成されないように閾値を定めた第2ディザマトリクスを用いて画像にスクリーン処理を施し、画像S2を出力する。セレクタ6は、文字又は線画の輪郭以外の画像部分については画像S1を選択し、文字又は線画の輪郭の画像部分については画像S1と画像S2のうち信号値が大きい方を選択して出力する。これにより、文字又は線画の輪郭の画像部分ではドットができるだけ形成されるように図ることができ、簡易な構成で輪郭の強調が可能となる。   As described above, according to the present embodiment, the first screen processing unit 4A outputs the image S1 obtained by performing screen processing on the image using the first dither matrix, and the second screen processing unit 4B outputs the first dither matrix. The image is subjected to screen processing using a second dither matrix in which threshold values are set so that dots are not formed at the same positions as the dots formed by the above, and an image S2 is output. The selector 6 selects the image S1 for the image portion other than the outline of the character or line drawing, and selects and outputs the image portion of the outline of the character or line drawing, which has the larger signal value between the image S1 and the image S2. Thereby, it is possible to form dots as much as possible in the image portion of the outline of the character or line drawing, and the outline can be emphasized with a simple configuration.
また、第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスは、閾値の大小関係が逆転しているので、同じ濃度の画像を処理した場合でも第2ディザマトリクスのドットは、第1ディザマトリクスのドットが形成されにくい位置から形成されることとなる。よって、網点率50%未満においては第1ディザマトリクスのドットと第2ディザマトリクスのドットが異なる位置に形成されるように、かつドットの接触が最小限となるようにドット形成をすることができ、連続したドットの打点を回避して局所的な濃度増加を防ぐことができる。
また、第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスは同一サイズとしているので、ドットが同一位置に形成されないように閾値を設定することが容易となる。
In addition, since the first dither matrix and the second dither matrix are reversed in the magnitude relation of the threshold values, even when images of the same density are processed, the dots of the first dither matrix are formed as the dots of the second dither matrix. It will be formed from a difficult position. Therefore, when the dot ratio is less than 50%, the dots may be formed so that the dots of the first dither matrix and the dots of the second dither matrix are formed at different positions, and the dot contact is minimized. It is possible to avoid continuous dot hits and prevent local density increase.
Further, since the first dither matrix and the second dither matrix have the same size, it is easy to set the threshold value so that dots are not formed at the same position.
さらに、第2ディザマトリクスを用いた第2スクリーン処理部4Bを設けるだけでドットの接触を最小限とすることができるので、形成されるドットが異なる位置となるかを確認するため、或いは連続するドットの形成を避けるために周辺で形成されるドットの有無を確認するための回路をいくつも設ける必要がなく、簡易な構成で局所的な濃度増加を避けることができる。   Furthermore, since the contact of dots can be minimized only by providing the second screen processing unit 4B using the second dither matrix, it is possible to confirm whether the formed dots are at different positions or continuously. In order to avoid the formation of dots, it is not necessary to provide a number of circuits for confirming the presence or absence of dots formed in the periphery, and a local density increase can be avoided with a simple configuration.
また、ドットが接触する濃度領域では、画像S2の信号値が画像S1の信号値より小さくなるように、濃度調整部3Aは第1スクリーン処理部4Aが処理する画像の濃度を調整し、濃度調整部3Bは第2スクリーン処理部4Bが処理する画像の濃度を調整する。これにより、ドットが接触する濃度領域においては、輪郭の画像部分では第1ディザマトリクスのドットを選択するような構成とすることができる。これにより、第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスのドットの接触を防ぐことができ、輪郭部分が必要以上に強調されることを防止することができる。特に、網点率50%以上ではドットの接触に加えて、第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスのドットが同一位置に形成されるため、第2ディザマトリクスのドットを選択する意味がなくなる。よって、この場合は円状の網点形状を形成する第1ディザマトリクスのドットを選択する構成とすることにより、中間調の再現性を優先することができる。   Further, in the density region where the dots are in contact, the density adjusting unit 3A adjusts the density of the image processed by the first screen processing unit 4A so that the signal value of the image S2 is smaller than the signal value of the image S1, thereby adjusting the density. The unit 3B adjusts the density of the image processed by the second screen processing unit 4B. As a result, in the density region where the dots come into contact, the first dither matrix can be selected in the contour image portion. Thereby, the contact of the dots of the first dither matrix and the second dither matrix can be prevented, and the contour portion can be prevented from being emphasized more than necessary. In particular, when the dot ratio is 50% or more, the dots of the first dither matrix and the second dither matrix are formed at the same position in addition to the contact of the dots, so there is no point in selecting the dots of the second dither matrix. Therefore, in this case, it is possible to give priority to halftone reproducibility by selecting a dot of the first dither matrix that forms a circular halftone dot shape.
第2スクリーン処理部4Bは、変換テーブルを用いて第1ディザマトリクスの閾値から第2ディザマトリクスの閾値を求め、スクリーン処理に用いる。第1スクリーン処理部4Aでは、画像の色やプリントの目的等によって第1ディザマトリクスの条件(ディザマトリクスの形状やサイズ、閾値の大きさ等)を変更することがあるが、変更された場合であっても、第2スクリーン処理部4Bは第1スクリーン処理部4Aで用いられる第1ディザマトリクスに応じた第2ディザマトリクスを容易に求めることができ、変更に対応することができる。   The second screen processing unit 4B obtains the threshold value of the second dither matrix from the threshold value of the first dither matrix using the conversion table, and uses it for the screen processing. In the first screen processing unit 4A, the conditions of the first dither matrix (the shape and size of the dither matrix, the size of the threshold, etc.) may be changed depending on the color of the image, the purpose of printing, and the like. Even if it exists, the 2nd screen process part 4B can obtain | require easily the 2nd dither matrix according to the 1st dither matrix used by the 1st screen process part 4A, and can respond to a change.
なお、上記実施形態は本発明の好適な一例であり、これに限定されない。
例えば、上記の例では第1又は第2ディザマトリクスで定められた閾値と画像の信号値とを比較して、閾値未満であれば信号値0(濃度範囲の最小値)、閾値以上であれば信号値255(濃度範囲の最大値)と2値化する例を説明したが、場合によっては閾値未満であれば信号値255、閾値以上であれば信号値0と、2値化の関係が逆になることもある。この場合は閾値の関係を逆として上記と同様の処理を行えばよい。また、スクリーン処理により画像を2値化する例を示したが、多値化する場合も上記と同様の処理により輪郭強調が可能となる。
In addition, the said embodiment is a suitable example of this invention, and is not limited to this.
For example, in the above example, the threshold value determined by the first or second dither matrix is compared with the signal value of the image, and if it is less than the threshold value, the signal value is 0 (minimum value of the density range), and if it is equal to or greater than the threshold value. The example of binarization with the signal value 255 (maximum value of the density range) has been described, but in some cases, the signal value 255 is less than the threshold value, and the signal value 0 is binarized when the threshold value is greater than the threshold value. Sometimes it becomes. In this case, the same process as described above may be performed with the threshold relationship reversed. Further, although an example in which an image is binarized by screen processing has been shown, contour enhancement can be performed by the same processing as described above when multi-valued.
多値化する場合、ディザマトリクスの各セルにつき2つの閾値を用いて多値化する方法が特開2003−233811号公報に開示されている。図14Aに示した2画素×2画素のディザマトリクスを例に説明すると、ディザマトリクスのeで示される各セルでの、入力画像とスクリーン処理後の出力画像の信号値の関係は図15Aに示すようなものとなる。図15Aに示すように、e=0のセルでは0、63の2つの閾値があり、0以上63未満の入力画像の信号値に対しては、その信号値に応じて0〜255の連続的な信号値を出力するが、63以上では入力値に拘わらず全て255の信号値を出力する。同様にe=1のセルでは63、127、e=2のセルでは127、191、e=3のセルでは191、255の閾値が設定されており、小さい方の閾値未満では信号値0、小さい方の閾値以上で大きい方の閾値未満では0から255のうち入力値に応じた信号値、大きい方の閾値以上では255を出力する。   In the case of multilevel conversion, a method of multilevel conversion using two threshold values for each cell of a dither matrix is disclosed in Japanese Patent Laid-Open No. 2003-233811. Referring to the 2 pixel × 2 pixel dither matrix shown in FIG. 14A as an example, the relationship between the signal value of the input image and the output image after screen processing in each cell indicated by e in the dither matrix is shown in FIG. 15A. It will be like that. As shown in FIG. 15A, there are two threshold values of 0 and 63 in the cell of e = 0, and the signal value of the input image that is 0 or more and less than 63 is continuously 0 to 255 according to the signal value. However, if the value is 63 or more, all signal values of 255 are output regardless of the input value. Similarly, thresholds of 63 and 127 are set in the cell of e = 1, 127 and 191 in the cell of e = 2, and 191 and 255 are set in the cell of e = 3, and a signal value of 0 and small is set below the smaller threshold. A signal value corresponding to the input value from 0 to 255 is output when the threshold value is greater than or equal to the larger threshold value, and 255 is output when the threshold value is greater than or equal to the larger threshold value.
図15Bから分かるように、このディマトリクスではe=0、1、2、3の順にドットが出力されやすい。よって、このようなディザマトリクスを第1ディザマトリクスにする場合、第2ディザマトリクスは図15Bに示すように各セルに適用する2つ閾値の組合せを第1ディザマトリクスと逆にすればよい。つまり、図15Bに示すようにe=0とe=3に適用していた閾値を入れ替え、e=1とe=2に適用していた閾値を入れ替えたものを第2ディザマトリクスとして採用する。これにより、第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスでは、ドットが出力されやすい順番が逆転するので、両者のディザマトリクスのドットは互いに接触しない異なる位置から生じやすくなる。   As can be seen from FIG. 15B, in this dematrix, dots are easily output in the order of e = 0, 1, 2, and 3. Therefore, when such a dither matrix is used as the first dither matrix, the second dither matrix may be obtained by reversing the combination of the two threshold values applied to each cell as shown in FIG. 15B. That is, as shown in FIG. 15B, the threshold value applied to e = 0 and e = 3 is switched, and the threshold value applied to e = 1 and e = 2 is replaced as the second dither matrix. As a result, in the first dither matrix and the second dither matrix, the order in which the dots are likely to be output is reversed. Therefore, the dots of the two dither matrices are likely to be generated from different positions that do not contact each other.
また、全ての閾値の大小関係を逆転させた第2ディザマトリクス(図5参照)は、第1ディザマトリクス(図4参照)と異なる位置にドットが形成されるように、かつ接触するドットが最小限となるように閾値を定めた好適な一例である。異なる位置にドットが形成されるようにするのであれば、図16に示すように閾値を定めたものでもよい。   Further, the second dither matrix (see FIG. 5) in which the magnitude relations of all the threshold values are reversed is such that dots are formed at positions different from the first dither matrix (see FIG. 4), and the number of dots in contact is minimum. This is a preferred example in which the threshold value is set to be limited. As long as dots are formed at different positions, threshold values may be determined as shown in FIG.
このように異なる位置にドットが形成されるように閾値を定める方法としては、まず第1ディザマトリクスの閾値の大きさを元にドットが形成されやすい順番を決定する。この順番を元に、第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスのドットが接触しない網点率50%未満の位置を求め、この位置においてに第2ディザマトリクスのドットの形成されやすい順番を決定する。このとき、第1ディザマトリクスのドットの形成されやすい順番を元に、第1ディザマトリクスのドットと第2ディザマトリクスのドットができるだけ接触しないように第2ディザマトリクスのドットの形成されやすい順番を決定する。順番を決定したら、その順に第2ディザマトリクスの閾値の大きさを決定すればよい。この閾値の大きさは、第1ディザマトリクスの閾値の大きさと同じとすればよい。   As a method for determining the threshold value so that dots are formed at different positions as described above, the order in which dots are likely to be formed is first determined based on the threshold value of the first dither matrix. Based on this order, a position with a dot ratio of less than 50% where the dots of the first dither matrix and the second dither matrix do not contact is obtained, and the order in which the dots of the second dither matrix are likely to be formed is determined at this position. At this time, based on the order in which the dots in the first dither matrix are easily formed, the order in which the dots in the second dither matrix are easily formed is determined so that the dots in the first dither matrix and the dots in the second dither matrix do not contact as much as possible. To do. Once the order is determined, the threshold value of the second dither matrix may be determined in that order. The threshold value may be the same as the threshold value of the first dither matrix.
また、第1スクリーン処理部4Aからの画像S1と、第2スクリーン処理部4Bからの画像S2の何れか大きい方を、セレクタ6において選択していたが、これに限らず、第1スクリーン処理部4Aからの画像S1とコントーン処理部5からの画像Cnの何れか大きい方を選択する構成としてもよい。コントーン処理部5では多値の画像Cnとする場合は入力された画像をそのまま出力する。よって、何れか大きい方を選択する場合、輪郭においてドットを形成しやすい状況とすることができ、輪郭強調が可能となる。また、もともとの画像をそのまま出力しているので、画像の再現性がよく画質劣化を抑えることができる。   Further, the selector 6 has selected the larger one of the image S1 from the first screen processing unit 4A and the image S2 from the second screen processing unit 4B, but the first screen processing unit is not limited thereto. The larger one of the image S1 from 4A and the image Cn from the contone processing unit 5 may be selected. In the case of the contone processing unit 5, when the multi-valued image Cn is used, the input image is output as it is. Therefore, when the larger one is selected, it is possible to easily form dots in the contour, and contour enhancement is possible. Further, since the original image is output as it is, the image reproducibility is good and image quality deterioration can be suppressed.
また、上記実施形態では、第2ディザマトリクスのサイズを第1ディザマトリクスと同一としたが、第1ディザマトリクスのサイズの整数倍のサイズとしてもよい。例えば、4倍とする場合、図17に示すような第2ディザマトリクスを採用することができる。図17に示す第2ディザマトリクスは、図5に示す第2ディザマトリクスを4つ組み合わせたものであり、サイズは26画素×4=104画素となっている。このように、第1ディザマトリクスよりも大きいサイズとすることにより、輪郭の強調をするだけでなく、その階調性を向上させることができる。   In the above embodiment, the size of the second dither matrix is the same as that of the first dither matrix, but may be a size that is an integral multiple of the size of the first dither matrix. For example, in the case of 4 times, a second dither matrix as shown in FIG. 17 can be adopted. The second dither matrix shown in FIG. 17 is a combination of four second dither matrices shown in FIG. 5 and has a size of 26 pixels × 4 = 104 pixels. In this way, by setting the size larger than that of the first dither matrix, not only the contour can be emphasized but also the gradation can be improved.
なお、図17に示す例では、組み合わせた4つのディザマトリクスに順番にドットが形成されるように閾値を設定しているが、このような閾値の組合せには限らず、図5に示すように閾値が設定された第2ディザマトリクスをそのまま組み合わせて、ディザマトリクス単位でドットが形成されるように閾値を設定してもよい。   In the example shown in FIG. 17, threshold values are set so that dots are formed in order in the four combined dither matrices. However, the threshold values are not limited to such combinations, and as shown in FIG. The threshold values may be set so that dots are formed in units of dither matrices by combining the second dither matrices set with threshold values as they are.
また、本発明に係る画像処理をプログラム化してソフトウェア処理により実現する場合、そのプログラムのコンピュータ読み取り可能な媒体としては、ROM、フラッシュメモリ等の不揮発性メモリ、CD-ROM等の可搬型記録媒体を適用することが可能である。また、プログラムのデータを通信回線を介して提供する媒体として、キャリアウエーブ(搬送波)も本発明に適用される。   When the image processing according to the present invention is realized by programming and software processing, the computer-readable medium of the program is a non-volatile memory such as ROM or flash memory, or a portable recording medium such as CD-ROM. It is possible to apply. A carrier wave is also applied to the present invention as a medium for providing program data via a communication line.
本実施形態におけるMFPの機能的構成を示す図である。FIG. 2 is a diagram illustrating a functional configuration of an MFP according to the present embodiment. 画像処理部のスクリーン処理を行う際に主に機能する構成部分を示す図である。It is a figure which shows the component which mainly functions when performing the screen process of an image process part. エッジ判定を行う画像単位を示す図である。It is a figure which shows the image unit which performs edge determination. 第1ディザマトリクス例である。It is a 1st dither matrix example. 第2ディザマトリクス例である。It is a 2nd dither matrix example. 網点率20%のときの第1ディザマトリクスによるドット形成パターンを示す図である。It is a figure which shows the dot formation pattern by the 1st dither matrix when the halftone dot rate is 20%. 網点率20%のときの第2ディザマトリクスによるドット形成パターンを示す図である。It is a figure which shows the dot formation pattern by the 2nd dither matrix when a halftone dot rate is 20%. 網点率20%のときの第1ディザマトリクス又は第2ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像のうち、信号値が大きい方を出力したときのドット形成パターンを示す図である。It is a figure which shows a dot formation pattern when the one with a larger signal value is output among the images screen-processed by the 1st dither matrix or the 2nd dither matrix when the halftone dot rate is 20%. 網点率20%のとき、第1ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像を選択した場合のドット形成パターンを示す図である。It is a figure which shows a dot formation pattern at the time of selecting the image screen-processed by the 1st dither matrix when the dot rate is 20%. 網点率20%のとき、輪郭については第2ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像を選択した場合のドット形成パターンを示す図である。FIG. 10 is a diagram showing a dot formation pattern when an image screened with a second dither matrix is selected for an outline when the halftone dot ratio is 20%. 網点率20%のとき、輪郭については第1ディマトリクスによりスクリーン処理された画像と、第2ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像のうち、何れか信号値が大きい方を選択した場合のドット形成パターンを示す図である。When the halftone dot ratio is 20%, dot formation is performed when an image having a larger signal value is selected from the image screened by the first dimatrix and the image screened by the second dither matrix. It is a figure which shows a pattern. 網点率30%のとき、第1ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像を選択した場合のドット形成パターンを示す図である。It is a figure which shows a dot formation pattern at the time of selecting the image screen-processed by the 1st dither matrix when the halftone dot rate is 30%. 網点率30%のとき、輪郭については第2ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像を選択した場合のドット形成パターンを示す図である。FIG. 10 is a diagram showing a dot formation pattern when an image screened with a second dither matrix is selected for an outline when the halftone dot ratio is 30%. 網点率30%のとき、輪郭については第1ディマトリクスによりスクリーン処理された画像と、第2ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像のうち、何れか信号値が大きい方を選択した場合のドット形成パターンを示す図である。When the halftone dot ratio is 30%, dot formation is performed when an image having a larger signal value is selected from the image screened by the first dimatrix and the image screened by the second dither matrix. It is a figure which shows a pattern. 網点率46%のとき、第1ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像を選択した場合のドット形成パターンを示す図である。It is a figure which shows a dot formation pattern at the time of selecting the image screen-processed by the 1st dither matrix when the dot rate is 46%. 網点率46%のとき、輪郭については第2ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像を選択した場合のドット形成パターンを示す図である。When the halftone dot ratio is 46%, the contour is a dot formation pattern when an image screened by the second dither matrix is selected. 網点率46%のとき、輪郭については第1ディマトリクスによりスクリーン処理された画像と、第2ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像のうち、何れか信号値が大きい方を選択した場合のドット形成パターンを示す図である。When the halftone dot ratio is 46%, dot formation is performed when an image having a larger signal value is selected from the image screened by the first dimatrix and the image screened by the second dither matrix. It is a figure which shows a pattern. 濃度調整の一例を示す図である。It is a figure which shows an example of density adjustment. 濃度調整の一例を示す図である。It is a figure which shows an example of density adjustment. 2画素×2画素のディザマトリクスである。This is a dither matrix of 2 pixels × 2 pixels. 入力画像の信号値と出力画像の信号値の平均値の関係を示す図である。It is a figure which shows the relationship between the signal value of an input image, and the average value of the signal value of an output image. 多値化を行う場合の第1ディザマトリクスにおける入力画像の信号値と出力画像の信号値の関係を示す図である。It is a figure which shows the relationship between the signal value of the input image in the 1st dither matrix in the case of performing multi-value quantization, and the signal value of an output image. 多値化を行う場合の第2ディザマトリクスにおける入力画像の信号値と出力画像の信号値の関係を示す図である。It is a figure which shows the relationship between the signal value of the input image in the 2nd dither matrix in the case of performing multi-value quantization, and the signal value of an output image. 第2ディザマトリクスの他の例を示す図である。It is a figure which shows the other example of a 2nd dither matrix. 第2ディザマトリクスのサイズが、第1ディザマトリクスのサイズの整数倍である場合の例を示す図である。It is a figure which shows the example in case the size of a 2nd dither matrix is an integral multiple of the size of a 1st dither matrix.
符号の説明Explanation of symbols
100 MFP
10 制御部
12 コントローラ
15 記憶部
16 画像メモリ
17 プリンタ部
1 画像処理部
2 輪郭判定部
3A、3B、3C 濃度調整部
4A 第1スクリーン処理部
4B 第2スクリーン処理部
5 コントーン処理部
6 セレクタ
100 MFP
DESCRIPTION OF SYMBOLS 10 Control part 12 Controller 15 Memory | storage part 16 Image memory 17 Printer part 1 Image processing part 2 Contour determination part 3A, 3B, 3C Density adjustment part 4A 1st screen process part 4B 2nd screen process part 5 Contone process part 6 Selector

Claims (8)

  1. 画像から文字又は線画の輪郭を構成する画像部分を判定する輪郭判定部と、
    第1ディザマトリクスを用いて画像にスクリーン処理を施す第1スクリーン処理部と、
    前記第1ディザマトリクスにより形成されるドットと異なる位置にドットが形成されるように閾値を定めた第2ディザマトリクスを用いて画像にスクリーン処理を施す第2スクリーン処理部と、
    前記輪郭を構成すると判定された画像部分においては、前記第1スクリーン処理部によりスクリーン処理された画像と、前記第2スクリーン処理部によりスクリーン処理された画像のうち、何れか信号値が大きい方を、スクリーン処理後の画像として選択し出力するセレクタと、
    を備える画像処理装置。
    An outline determination unit for determining an image portion constituting the outline of a character or line drawing from an image;
    A first screen processing unit that performs screen processing on an image using a first dither matrix;
    A second screen processing unit that performs screen processing on an image using a second dither matrix that defines a threshold value so that dots are formed at positions different from the dots formed by the first dither matrix;
    In the image portion determined to constitute the contour, the image signal having the larger one of the image screen-processed by the first screen processing unit and the image screen-processed by the second screen processing unit is selected. A selector for selecting and outputting as an image after screen processing;
    An image processing apparatus comprising:
  2. 前記第2ディザマトリクスの閾値は、各画素について対応する第1ディザマトリクスの各位置に定められている閾値を、信号値の最大値から差し引いた値である請求項1に記載の画像処理装置。 The image processing apparatus according to claim 1, wherein the threshold value of the second dither matrix is a value obtained by subtracting a threshold value determined at each position of the corresponding first dither matrix for each pixel from a maximum value of the signal value .
  3. 第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスのドットが接触する濃度領域では、前記第2スクリーン処理部によりスクリーン処理された画像の信号値が、第1スクリーン処理部によりスクリーン処理された画像の信号値より小さくなるように、第1スクリーン処理部により処理する画像及び/又は第2スクリーン処理部により処理する画像の濃度を調整する濃度調整部を備える請求項1又は2に記載の画像処理装置。   In the density region where the dots of the first dither matrix and the second dither matrix contact, the signal value of the image screen-processed by the second screen processing unit is greater than the signal value of the image screen-processed by the first screen processing unit. The image processing apparatus according to claim 1, further comprising a density adjusting unit that adjusts a density of an image processed by the first screen processing unit and / or an image processed by the second screen processing unit so as to be reduced.
  4. 第1ディザマトリクスと第2ディザマトリクスのドットが接触する濃度領域では、前記第2スクリーン処理部によりスクリーン処理された画像の信号値が、第1スクリーン処理部によりスクリーン処理された画像の信号値より小さくなるように、第1ディザマトリクス及び/又は第2ディザマトリクスの閾値を定める請求項1又は2に記載の画像処理装置。   In the density region where the dots of the first dither matrix and the second dither matrix contact, the signal value of the image screen-processed by the second screen processing unit is greater than the signal value of the image screen-processed by the first screen processing unit. The image processing apparatus according to claim 1, wherein a threshold value of the first dither matrix and / or the second dither matrix is determined so as to be small.
  5. 前記第2スクリーン処理部は、前記第1ディザマトリクスの閾値に対して、当該第1ディザマトリクスとドットと異なる位置にドットが形成されるように定めた閾値が設定された変換テーブルを用いて、前記第1スクリーン処理部で用いられる第1ディザマトリクスの閾値に対応する第2ディザマトリクスの閾値を求め、スクリーン処理に用いる請求項1〜3の何れか一項に記載の画像処理装置。   The second screen processing unit uses a conversion table in which a threshold value is set so that dots are formed at positions different from the first dither matrix and the dots with respect to the threshold value of the first dither matrix. The image processing apparatus according to claim 1, wherein a threshold value of a second dither matrix corresponding to the threshold value of the first dither matrix used in the first screen processing unit is obtained and used for screen processing.
  6. 第2ディザマトリクスのサイズは、前記第1ディザマトリクスと同一のサイズである請求項1〜5の何れか一項に記載の画像処理装置。   The image processing apparatus according to claim 1, wherein a size of the second dither matrix is the same size as the first dither matrix.
  7. 前記第2ディザマトリクスのサイズは、前記第1ディザマトリクスのサイズの整数倍である請求項1〜5の何れか一項に記載の画像処理装置。   The image processing apparatus according to claim 1, wherein a size of the second dither matrix is an integer multiple of a size of the first dither matrix.
  8. 画像から文字又は線画の輪郭を構成する画像部分を判定する工程と、
    第1ディザマトリクスを用いて画像にスクリーン処理を施す工程と、
    前記第1ディザマトリクスにより形成されるドットと異なる位置にドットが形成されるように閾値を定めた第2ディザマトリクスを用いて画像にスクリーン処理を施す工程と、
    前記輪郭を構成すると判定された画像部分においては、前記第1ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像と、前記第2ディザマトリクスによりスクリーン処理された画像のうち、何れか信号値が大きい方を、スクリーン処理後の画像として選択し出力する工程と、
    を含む画像処理方法。
    Determining an image portion constituting the outline of the character or line drawing from the image;
    Applying a screen process to the image using the first dither matrix;
    Applying a screen process to the image using a second dither matrix in which a threshold is set so that dots are formed at positions different from the dots formed by the first dither matrix;
    In the image portion determined to constitute the contour, the image signal having the larger signal value is selected from the image screened by the first dither matrix and the image screened by the second dither matrix. Selecting and outputting as a processed image; and
    An image processing method including:
JP2008090638A 2008-03-31 2008-03-31 Image processing apparatus and image processing method Active JP4905403B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008090638A JP4905403B2 (en) 2008-03-31 2008-03-31 Image processing apparatus and image processing method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2008090638A JP4905403B2 (en) 2008-03-31 2008-03-31 Image processing apparatus and image processing method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009246667A JP2009246667A (en) 2009-10-22
JP4905403B2 true JP4905403B2 (en) 2012-03-28

Family

ID=41308107

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008090638A Active JP4905403B2 (en) 2008-03-31 2008-03-31 Image processing apparatus and image processing method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4905403B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5055418B2 (en) * 2010-12-10 2012-10-24 キヤノン株式会社 Image processing apparatus and image processing method

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH08214159A (en) * 1995-02-01 1996-08-20 Seiko Epson Corp Image processing method and image processing unit
JP2002223356A (en) * 2001-01-24 2002-08-09 Ricoh Co Ltd Image forming device

Also Published As

Publication number Publication date
JP2009246667A (en) 2009-10-22

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4912270B2 (en) Image processing apparatus and control method thereof
JP4684959B2 (en) Image processing apparatus, image processing method, and program
JP5874721B2 (en) Image processing apparatus, image correction method, and program
US8724174B2 (en) Image processing apparatus, image forming apparatus, image processing method, and computer-readable medium
KR102067319B1 (en) Image processing apparatus, method of controlling the same, and storage medium
US10706340B2 (en) Image processing apparatus and method for controlling the same with character attribute indicating that pixel is pixel of a character
US8054506B2 (en) Image forming apparatus and image quality enhancement method thereof
JP4501791B2 (en) Image processing method and image processing program
JP2009044616A (en) Image processing apparatus and image processing method
JP5499981B2 (en) Image processing device
US10511741B2 (en) Image processing apparatus, image processing method, and non-transitory computer-readable medium
JP5409137B2 (en) Image processing apparatus, image processing method, and program
JP2010062610A (en) Image processor and image processing method
JP4492090B2 (en) Image forming apparatus and image forming method
JP4905403B2 (en) Image processing apparatus and image processing method
JP4861506B2 (en) Image processing apparatus and control method thereof
JP2009171291A (en) Program and device for generating ground tint image
US10546220B2 (en) Image processing apparatus that generates halftone image, image processing method, and storage medium
JP2016005201A (en) Image processing system, image processing method, and program
JP4434282B2 (en) Background pattern image generation program and background pattern image generation apparatus
US9077914B2 (en) Image processing apparatus and control method thereof printing image data having M tones under infrared light
JP2010074627A (en) Image processor and method of processing image
JP6929825B2 (en) Image forming apparatus and control method of the image forming apparatus, and a program
US10798267B2 (en) Image processing to set output pixel values subject to edge or thin line correction
JP6440000B2 (en) Image processing device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20101012

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111018

RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20111124

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111124

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20111213

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20111226

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150120

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 4905403

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350