JP4886922B2 - Football shoes for the upper structure - Google Patents

Football shoes for the upper structure Download PDF

Info

Publication number
JP4886922B2
JP4886922B2 JP2010190518A JP2010190518A JP4886922B2 JP 4886922 B2 JP4886922 B2 JP 4886922B2 JP 2010190518 A JP2010190518 A JP 2010190518A JP 2010190518 A JP2010190518 A JP 2010190518A JP 4886922 B2 JP4886922 B2 JP 4886922B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
ball
upper
material
kick
speed
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2010190518A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2011087916A (en )
Inventor
善広 後藤
拓郎 桑原
規之 田渕
丈司 鳴尾
Original Assignee
美津濃株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B5/00Footwear for sporting purposes
    • A43B5/02Football boots or shoes, i.e. footwear for soccer, football or rugby
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B23/00Uppers; Boot legs; Stiffeners; Other single parts of footwear
    • A43B23/02Uppers; Boot legs
    • A43B23/0205Uppers; Boot legs characterised by the material
    • A43B23/0215Plastics or artificial leather
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B23/00Uppers; Boot legs; Stiffeners; Other single parts of footwear
    • A43B23/02Uppers; Boot legs
    • A43B23/0205Uppers; Boot legs characterised by the material
    • A43B23/0235Different layers of different material
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B23/00Uppers; Boot legs; Stiffeners; Other single parts of footwear
    • A43B23/02Uppers; Boot legs
    • A43B23/0245Uppers; Boot legs characterised by the constructive form
    • A43B23/0265Uppers; Boot legs characterised by the constructive form having different properties in different directions
    • A43B23/0275Uppers; Boot legs characterised by the constructive form having different properties in different directions with a part of the upper particularly rigid, e.g. resisting articulation or torsion
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B23/00Uppers; Boot legs; Stiffeners; Other single parts of footwear
    • A43B23/02Uppers; Boot legs
    • A43B23/0245Uppers; Boot legs characterised by the constructive form
    • A43B23/028Resilient uppers, e.g. shock absorbing
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A43FOOTWEAR
    • A43BCHARACTERISTIC FEATURES OF FOOTWEAR; PARTS OF FOOTWEAR
    • A43B23/00Uppers; Boot legs; Stiffeners; Other single parts of footwear
    • A43B23/08Heel stiffeners; Toe stiffeners
    • A43B23/16Heel stiffeners; Toe stiffeners made of impregnated fabrics, plastics or the like
    • A43B23/17Heel stiffeners; Toe stiffeners made of impregnated fabrics, plastics or the like made of plastics

Abstract

An upper structure for a soccer shoe 1 includes an upper 4. Upper material for covering a medial upper side region 40 of the upper 4 disposed at the upper position of the medial side of the upper 4 is formed of material M such that the ball speed V 2 is less than or equal to 950 rpm immediately after rebound of the ball B when the diagonal impact test is conducted in which the ball B impacts the material M diagonally. The medial upper side region 40 is preferably located at the minimal spin shot area NR that covers the navicular bone NB, the medial cuneiform bone MC and the middle cunei form bone IC of the foot of the wearer. The diagonal impact test is conducted in such a way that the ball B impacts the material M at a speed V 1 of 23.0 to 25.0m/s, at a revolution of 0 to 25rpm and at an angle ± of 29 to 33 degrees relative to the surface of the material M with the material M attached to the flat plate HB. The upper material at the medial upper side region 40 is formed of soft polyurethane of a lower hardness of 30 to 50 degrees at Asker A scale.

Description

本発明は、フットボールシューズ、とりわけサッカーシューズに好適のアッパー(甲被)構造に関し、詳細には、キック後のボールのスピン特性をコントロールでき、一般のプレーヤーでも容易に無回転シュートを蹴ることができるようにするためのアッパー構造の改良に関する。 The present invention is a football shoe, especially relates to a preferred upper (vamp) structure soccer shoes, in particular, can control the spin properties of the ball after the kick, it is easily possible to kick a nonrotating chute in ordinary players an improvement of the upper structure for so.

一般に、サッカーシューズは、底面に複数のスタッドを有するソールと、ソール上に固着されたアッパー(甲被)とから主として構成されている。 Generally, soccer shoes is composed mainly from a sole having a plurality of studs, fixed to the sole and upper (vamp) on the bottom. サッカーシューズのアッパーは、他のスポーツシューズのように単に着用者の足を保護するだけでなく、ボールを蹴る役目を担うため、非常に重要である。 Upper of soccer shoes, not only to protect the foot of the wearer like other sports shoes, in order to play a role in kicking the ball, which is very important.

このため、サッカーシューズのアッパーに対してこれまで種々の改良がなされてきた。 For this reason, various improvements have been made to the contrary of soccer shoes upper. 例えば、特開平8−332101号公報や特開平9−28412号公報、特表2004−520113号公報に示すものでは、アッパー表面に多数の凸部、凹部、樹脂突起または突条部を形成することで、ボールに対するアッパー表面の摩擦力を増大させ、これにより、蹴り出し後のボールの回転数を上げて(つまり、ボールにスピンをかけて)、ボールの曲がりを増大させるようにしている。 For example, JP-A-8-332101 and JP 9-28412 and JP than those shown in JP-T-2004-520113, to form a number of protrusions, recesses, the resin projections or ridges on the upper surface in, increasing the frictional force of the upper surface relative to the ball, thereby increasing the rotational speed of the ball after kick (ie, over a spin on the ball), and so as to increase the bending of the ball.

特表平10−501725号公報に示すものでは、伸縮性を有する高摩擦材料からなるボール接触パッドをアッパー表面に設けている。 Than those shown in Japanese Patent Publication No. Hei 10-501725 is provided with a ball contact pad made of a high friction material having stretchability to the upper surface. このボール接触パッドは、ウエブを介して上下に離隔配置された頂部層および底部層からなり、ボールインパクト時に変位した頂部層およびウエブが、ボールインパクト後に元の位置に戻ろうとする際の動きを利用して、ボールにスピンを与えようとしている。 The ball contact pads, vertically consist spaced arranged top and bottom layers through the web, the top layer and the web being displaced during ball impact, using the motion when to return to the original position after ball impact and, we are trying to give a spin to the ball.

特表2007−509655号公報に示すものでは、アッパー表面にコーティング剤を塗布することにより、アッパー表面の乾燥摩擦係数を改善して、グリップ性を向上させようとしている。 Than those shown in JP-T-2007-509655, by applying a coating agent to the upper surface, to improve the dry friction coefficient of the upper surface, it is trying to improve the grip.

特表2001−523499号公報に示すものでは、アッパーのボール蹴り面を凹状に形成する挿入物がアッパーに設けられている。 Than those shown in JP-T-2001-523499, the insert forming a ball kicking surface of the upper concave is provided in the upper. この場合、凹状のボール蹴り面の曲率半径は、ボールの半径と実質的に同一またはこれよりわずかに大きくなっており、ボール蹴り面をボールの形状に一致させることで、ボールとの接触面積を増大させてボールの蹴り精度を向上させようとしている。 In this case, the radius of curvature of the concave ball kicking surface is adapted radius substantially identical to or more slightly larger balls, by matching the ball kick surface shape of the ball, the contact area between the ball is increased are trying to improve the kicking accuracy of the ball.

上記特開平8−332101号公報、特開平9−28412号公報、特表2004−520113号公報、特表平10−501725号公報および特表2007−509655号公報に示すものは、いずれボールにスピンを与えることを主眼としており、上記特表2001−523499号公報に示すものは、ボールとの接触面積を増大させることを主眼としている。 The JP-A 8-332101, JP-A No. 9-28412, JP-T-2004-520113, JP-those shown in Japanese Patent Kohyo 10-501725 JP and Kohyo 2007-509655 are spin in any ball has the focus to give, as shown in JP-a-T-2001-523499 is directed to focus on increasing the contact area with the ball.

その一方、最近、一流のサッカープレーヤーによって、いわゆる「無回転シュート」と呼ばれるキックが用いられるようになっている。 On the other hand, recently, by first-class soccer player, kick the so-called "non-rotating chute" has come to be used. この無回転シュートは、ボールにできるだけ回転を与えないようにする蹴り方であって、蹴り出されたボールは、飛翔中に揺れる(またはブレる)ような変化をして予測できない動きをするため、ゴールキーパーにとって非常に捕えにくいものである。 The free rotation chute is a kick way that devices are not subjected to rotation to the ball, the ball was kicked, the shakes in flight (or blurred) such change to make the motion unpredictable one in which very difficult to catch for the goalkeeper. ここで、本明細書中において、「無回転シュート」とは、或る回転数以下で飛翔中にブレるような動きをすることにより予測不能の軌道を描くシュートと定義することにする。 Here, in this specification, the term "non-rotating chute", to be defined as chutes to draw the trajectory of the unpredictable by the motion as blurred during flight below a certain rotational speed.

このような無回転シュートは、これまで、ボールを蹴るプレーヤーの技術に委ねられてきており、サッカーシューズの観点から無回転シュートに取り組んだものはなかった。 Such a non-rotating chute, so far, has been left to the player of the technology to kick the ball, none of them worked from the point of view of soccer shoes to the non-rotating chute. 上記いずれの公報に記載のシューズについても、ボールに回転を与えないようにする工夫は何ら施されていない。 For even shoe according to any of the above publications, devised to avoid giving a rotation to the ball is not in any way subjected.

本発明は、このような従来の実情に鑑みてなされたもので、本発明が解決しようとする課題は、キック後のボールのスピン特性をコントロールでき、一般のプレーヤーでも容易に無回転シュートを蹴ることができるようになるアッパー構造を提供しようとしている。 The present invention has such has been made in view of the conventional circumstances, an object of the present invention is to provide, can control the spin properties of the ball after the kick, easily takes the free rotation chute in ordinary players trying to provide an upper structure becomes possible. また、本発明は、一般のプレーヤーでも、カーブキックやインステップキック等のスピンシュートと無回転シュートとを容易に蹴り分けることができるようになるアッパー構造を提供しようとしている。 The present invention, in general players are trying to provide the upper structure will be able to divide kick facilitate spin chute and nonrotating chute such curves kicks and instep kick.

本願発明者らは、まず、無回転シュートを検証することから始めた。 The present inventors first began to verify the non-rotating chute. 一流のサッカープレーヤーに実際に無回転シュートを蹴ってもらい、どのような条件下で無回転シュートが発生するのかについて検証した。 Have actually kicked the non-rotating chute to the first-class soccer players, non-rotating chute has verified about what will occur under what conditions.

プレーヤーがキックするボールが置かれたキック地点に第1の観測者をおくとともに、蹴り出されたボールの到達目標地点をキック地点から50m離れた位置に置いて、当該到達目標地点に第2の観測者をおき、プレーヤーに実際に蹴ってもらったボールが到達目標地点に到達するまでに、第1および第2の観測者がボールの動きを観察して、双方の観測者が無回転シュートと判断したもののみを最終的に無回転シュートと判定した。 With players place the first observer to kick where the ball is placed to kick, at the arrival destination point of a ball kicked at a distance 50m from the kick point, the second to the goals point Place the observer, before actually kicking got the ball to reach the goals point to the player, the first and second observer to observe the movement of the ball, both observers and non-rotating chute determines that no rotation chute the determined intended only finally. なお、無回転シュートか否かの判定は、蹴り出されたボールが一方向への曲がりがなくかつうねりながら揺れる(またはブレる)ような軌道を描いた場合、別の言い方をすれば、ボールの飛翔中にブレるような動きをすることにより予測不能の軌道を描いた場合を「無回転」とした。 Incidentally, whether the non-rotating chute determination, if the ball kicked drew and shaking while waviness (or blurred) such trajectories without bending in one direction, in other words, the ball It was "no rotation" a case depicting trajectory unpredictable by the motion as blurred during flight.

図10Aは、プレーヤーが無回転シュートを11回試行した場合のそれぞれについて、ボールインパクト直前の足(Foot)に関するデータ、ボールインパクト直後のボール(Ball)に関するデータ、および無回転シュートか否かの判定結果を示している。 Figure 10A, for each if the player attempts to free rotation chute 11 times, data about the ball immediately before impact of the foot (Foot), determination of whether ball impact data relates to a ball (Ball) immediately, and no rotation chute It shows the results. なお、図10A中の空白の欄は、データが入手されなかったことを示している。 Incidentally, a blank column in Fig. 10A shows that the data has not been obtained. また、図10(a)、(b)は、インパクト直前のボールBおよびインパクト直後のボールB'をそれぞれ平面図および側面図で示しており、図中の符号は図10A中の符号に対応している。 Further, FIG. 10 (a), (b) is, immediately before impact of the ball B and the impact of the ball immediately after B ', respectively is shown in plan view and a side view, reference numerals in the figure correspond to those in FIG 10A ing.

図10Aおよび図10(a)、(b)中において、V (m/s)は、ボールインパクト直前の足の速度(Velocity)を示しており、V (m/s)は、ボールインパクト直後のボールB'の速度(Velocity)を示している。 In FIG. 10A and FIG. 10 (a), (b) , V F (m / s) shows the velocity (Velocity) of the foot just before ball impact, V B (m / s), the ball impact It shows the rate (velocity) immediately following the ball B '. また、S (deg)は、ボールインパクト直前の足の移動方向を水平面(x−y平面)に投影したとき、足の移動方向がボールBの到達目標方向(x軸)に対してなす角度(Side Angle)を示しており、S '(deg)は、ボールインパクト直後のボールB'の移動方向を水平面(x−y平面)に投影したとき、ボールB'の移動方向がボールB'の到達目標方向(x軸)に対してなす角度(Side Angle)を示している。 Further, S A (deg) forms a moving direction of the foot just before ball impact when projected onto the horizontal plane (x-y plane), the moving direction of the foot relative to the goals direction of the ball B (x-axis) angle shows the (Side Angle), S a ' (deg) , the ball B after the ball impact' the moving direction of the horizontal plane when projected to the (x-y plane), the ball B 'direction of movement of the ball B' It indicates an angle formed with respect to the goals direction (x-axis) (Side angle). (deg)は、ボールインパクト直前の足の移動方向を鉛直面(x−z平面)に投影したとき、足の移動方向が水平面となす角度(Blow Angle)を示しており、L (deg)は、ボールインパクト直後のボールB'の移動方向を鉛直面(x−z平面)に投影したとき、ボールB'の移動方向が水平面となす角度(Launch Angle)を示している。 B A (deg), when the projection of the direction of movement of the foot just before ball impact in a vertical plane (x-z plane), the moving direction of the legs represents the angle (Blow Angle) which forms with the horizontal plane, L A ( deg) is 'when projecting the moving direction of the vertical plane (x-z plane), the ball B' ball B immediately after ball impact movement direction indicates an angle (Launch angle) which forms a horizontal surface. 図10A中、B (deg)がいずれも負の値になっているのは、プレーヤーが足を下方に下ろしつつキックを行っているからである。 In FIG. 10A, the B A (deg) is a negative value both is because players are doing kick while lower the foot downwards. R(rpm)は、インパクト直後のボールB'の回転数(Spin Rate)である。 R (rpm) is the rotation speed of impact after the ball B '(Spin Rate).

図10A中の無回転シュートか否かの判定結果から見ると、無回転シュートが得られるボール回転数は最大で111rpmであるが、測定誤差や観測者のばらつき等を考慮して、測定値の有効数字上位二桁を採用することにした。 Viewed from nonrotating chute whether the judgment result in FIG. 10A, the ball rotation speed nonrotating chute is obtained is a 111rpm at maximum, in consideration of such variations in measurement error or observers, measurements it was decided to adopt a significant digits higher double-digit. したがって、無回転シュートが得られるボール回転数は110rpm以下であると判断される。 Thus, the ball rotation speed nonrotating shoots are obtained is determined to be equal to or less than 110 rpm.

次に、プレーヤーが無回転シュートを蹴った際に、シューズのアッパーのどの領域がボールと接触しているかを検証することにした。 Next, the player at the time of kicking a non-rotating chute, which area of ​​the shoe upper has to be verified whether the contact with the ball. 一流のサッカー選手10人を集め、それぞれの足の表面の内甲側部および第1趾から第5趾の各足趾に沿ってセンサを貼り付け、その上から靴下を履いた状態で無回転シュートを蹴ってもらい、そのとき、足のどの位置にどれだけの圧力が作用しているかを測定した。 Collected ten leading soccer players, pasting the sensor from the medial side and the first toe surface of each foot along each toe of the fifth toe, no rotated while wearing socks thereon I have kicked the chute, the time, the pressure of how much any position of the foot was measured whether the act.

図7はその測定結果の平均値を示しており、同図(a)は足の内甲側の足圧分布を示す側面図、同図(b)は足の足甲部分の足圧分布を示す平面図である。 Figure 7 shows the average value of the measurement results, Fig. (A) is a side view showing a foot pressure distribution of the medial side of the foot, FIG. (B) is a foot pressure distribution in the instep portion of the foot it is a plan view showing. なお、ここでは、左足を例にとって示している。 Incidentally, here, the left foot as an example.

図7に示すように、無回転シュートは、主に足の足甲上部の内甲側領域で蹴っていることが分かった。 As shown in FIG. 7, nonrotating shot was found to be mainly kicked at the medial side region of the foot instep top of the foot. この内甲側領域を図5および図6に示す左足の骨格図と重ねてみると分かるように、無回転シュートを蹴った際に比較的足圧の高い領域である無回転シュート領域NRは、足の舟状骨NBから内側楔状骨MCおよび中間楔状骨ICにかけて延在する領域であることが分かる。 The medial side region as seen Looking overlapping a skeleton view of the left foot shown in FIGS. 5 and 6, free rotating chute region NR which is a relatively high foot pressure region when kicked nonrotating shot, it is understood that the region extending from the navicular NB legs toward medial cuneiform bone MC and the intermediate cuneiform bone IC. なお、図5および図6中、LCは外側楔状骨を、TAは距骨を、CAは踵骨をそれぞれ示している。 In FIG. 5 and FIG. 6, LC is the outer cuneiform bone, TA is the the talus, CA represents the calcaneus, respectively.

また、比較のために、上記サッカー選手にカーブキックおよびインステップキックも併せて蹴ってもらって、それぞれについて同様に足圧を測定した。 For comparison, I ask kicking together also curved kick and instep kick the soccer player was measured foot pressure similar for each.

図8(a)はカーブキックの際の足の内甲側の足圧分布を示す側面図、同図(b)は同キックの際の足の足甲部分の足圧分布を示す平面図であり、図9(a)はインステップキックの際の足の内甲側の足圧分布を示す側面図、同図(b)は同キックの際の足の足甲部分の足圧分布を示す平面図である。 8 (a) is a side view showing the medial side of the foot pressure distribution of the foot during curve kick, FIG. (B) is a plan view showing a foot pressure distribution of the instep portion of the foot during the kick There, FIG. 9 (a) side view of the medial side of the foot pressure distribution of the foot during the instep kick, (b) shows a foot pressure distribution of the instep portion of the foot during the kick it is a plan view. なお、ここでも、左足を例にとって示している。 It should be noted that, even here, shows the left foot as an example.

これらの図に示すように、カーブキックおよびインステップキックはいずれも足趾の内甲側領域で蹴っており、カーブキックの方がインステップキックよりも、ボール接触領域が内甲側後方部分まで延在していることが分かった。 As shown in these figures, both the curves kick and instep kick is kicked in the medial side area of ​​the toe, than the instep kick towards the curve kick until the medial side rear portion ball contact area It was found to extend.

これらの内甲側領域を図5および図6に示す足の骨格図と重ねてみると分かるように、インステップキック領域IKは、第1趾末節骨DP 骨底から第1趾基節骨PP および第1趾中足骨ME 中央部分まで被う領域であり、カーブキック領域Cはインステップキック領域IKを含みつつ、さらに第1中足骨ME 骨底直前部分まで被う領域である。 These medial side region as seen Looking overlapping a skeleton view of the foot shown in FIGS. 5 and 6, instep kick region IK is first趾基phalanx from the first趾末phalanx DP 1 Bone bottom a region covering up to PP 1 and the first趾中metatarsal ME 1 central portion, while comprising a curved kick region C instep kick region IK, covered until further first metatarsal ME 1 bone bottom part immediately before the region it is.

次に、本願発明者らは、プレーヤーがボールを蹴った現象と相関関係が高い斜め衝突試験におけるボール衝突後のボール回転数と、無回転シュート時のボール回転数の上限値である110rpmとの対応関係を検証することにした。 Then, the present inventors found that the player and the ball speed after ball collisions in phenomenon and correlation higher diagonal impact test kicked the ball, with 110rpm is the upper limit of the ball speed during no rotation chute We decided to verify the correspondence.

図11は、斜め衝突試験の概要を説明するための図である。 Figure 11 is a diagram for explaining the outline of the diagonal impact test. 同図に示すように、アッパー材となる素材シートMを人体硬度板HBに張り付けたものを鉄板IBに固定した。 As shown in the figure, it was fixed that stuck the material sheet M as an upper material to the human body hardness plate HB iron plates IB. ここで、人体硬度板とは、人体に相当する硬さを有する厚み10mmの塩化ビニル製の板であって、アスカーのAスケールで60度の硬度(つまり硬度60A)を有している。 Here, the human body hardness plate, a plate made of polyvinyl chloride having a thickness of 10mm with a hardness corresponding to a human body, and has a hardness of 60 degrees A scale Asker (i.e. hardness 60A). 素材シートMと鉄板IBとの間にこのような人体硬度板HBを入れるのは、実際のキックの際には、アッパーに作用する衝撃力は人体が受けることになるからである。 It puts such body hardness plate HB between the material sheet M and iron IB, when the actual kick, the impact force acting on the upper is because so that the body is subjected.

また、図11中、角度αは、サッカーボール発射装置(図示せず)から発射したサッカーボールBが素材シートMに衝突する際に素材シートMの面となす進入角度であり、角度βは衝突後に素材シートMから跳ね返るサッカーボールBが素材シートMの面となす跳ね返り角度であり、V 、V はそれぞれボールBの衝突速度および衝突直後の跳ね返り速度である。 Further, in FIG. 11, the angle alpha, is a surface and forming the entry angle of the material sheet M in soccer ball B that fired from soccer ball launcher (not shown) impinges on the material sheet M, the angle β collision after a rebound angle soccer ball B makes with the surface of the material sheet M rebounding from the material sheet M, V 1, V 2 is the impact velocity and immediately after the collision rebound velocity of each ball B. サッカーボールBを素材シートMの面に対して鋭角の角度αの進入角度をもって斜めに衝突させるようにしたのは、進入角度の小さい方が衝突後のボールに回転が生じやすくなるため、素材間の違いを顕著にするためであるが、その一方、進入角度が小さすぎると、衝突時の力の鉛直成分が小さくなって各素材が反発特性を発揮できなくなるため、これら双方を勘案して、αの値を下記のように設定している。 It was so as to collide obliquely with entry angle of acute angle α soccer ball B to the plane of the material sheet M, since the smaller entry angle is likely to occur is rotated in the ball after collision between materials but in order to remarkably differences in, while, entering the angle is too small, since each material is smaller in the vertical component of the force at the time of collision can not be exhibited repellency properties, in consideration of both of them, It has set the value of α as follows.

この斜め衝突試験における試験条件は以下のとおりである。 Test conditions in the diagonal impact test is as follows.
=23.0〜25.0m/s V 1 = 23.0~25.0m / s
α=29〜33° α = 29~33 °
衝突前のボール回転数=0〜25rpm Ball rotation speed of before the collision = 0~25rpm
ボールの空気圧=0.81kg/cm The air pressure of the ball = 0.81kg / cm 2
また、使用したサッカーボールは、アディダス製の2006年ワールドカップモデル・プラス・チームガイストである。 In addition, soccer ball used was a 2006 World Cup model-plus-team Geist made by Adidas.
ここで、V を上記範囲に設定したのは、プロと上級のアマチュア選手のインパクト前の足の平均的な速度に対応させるためである。 Here, the V 1 is set to the above range is to correspond to the professional and the average velocity of the impact front foot amateur players advanced.
なお、斜め衝突試験においては、静止した素材シートMに向かってボールBを発射させているが、ボールBの衝突速度V が実際のキック時のボールと足の相対速度に一致していれば、このような斜め衝突試験により、実際のキック時の衝突現象を再現できるものと考えられる。 In the diagonal impact test, thereby delivering a ball B toward the material sheet M stationary but, if consistent with the relative velocity of the ball and the foot of the collision velocity V 1 is actually kick the ball B , such an oblique impact test, is believed to be reproduced collision phenomena during actual kick.

素材シートMとして、硬度38Aの軟質ポリウレタンであるPU40Aおよび天然皮革を用意し、上記斜め衝突試験を行った。 As the material sheet M, prepared PU40A and natural leather which is soft polyurethane of hardness 38A, was subjected to the above-mentioned diagonal impact test. なお、V =24.1m/sのとき、素材シートMに平行な速度成分が20.7m/sで、素材シートMに垂直な速度成分が12.4m/sであった。 Incidentally, when V 1 = 24.1m / s, the velocity component parallel to the material sheet M is at 20.7 m / s, the vertical velocity component to the material sheet M was 12.4 m / s. このとき、ボール衝突後のボール回転数は、それぞれ911.5rpm、1045.5rpmであった。 At this time, ball speed after ball collision, respectively 911.5Rpm, was 1045.5Rpm. その一方、これらと同じ素材をアッパーの上記無回転シュート領域に有するシューズを用いて一般のプレーヤーがサッカーボールを実際にキックした際のキック後のボール回転数は、それぞれ103.1rpm、128.6rpmであった。 Meanwhile, ball speed after kick when the general player has actually kicks a soccer ball with a shoe having the same material as those in the upper of the nonrotating chute area, respectively 103.1rpm, 128.6rpm Met.

同じ素材同士であれば、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数と実際のキック後のボール回転数は、一対一に対応していると考えられる。 If the same material is between, ball speed after the actual kick the ball speed after ball collisions diagonal impact test is considered to be one-to-one correspondence. そこで、図12に示すように、横軸に実際のキック後のボール回転数(rpm)を、縦軸に斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数(rpm)をそれぞれとり、点(103.1,911.5)および点(128.6,1045.5)を図中にプロットした。 Therefore, as shown in FIG. 12, taken ball speed after the actual kick the horizontal axis (rpm), the vertical axis after the ball collisions diagonal impact test ball revolution speed (rpm), respectively, the point (103. 1,911.5) and point a (128.6,1045.5) was plotted in FIG. そして、これら2つの点を直線状に結んで、直線L'が得られる。 Then, by connecting these two points in a straight line, the straight line L 'is obtained. この直線L'は、一般のプレーヤーが実際にボールをキックした後のボール回転数(rpm)と、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数(rpm)との関係を表すグラフである。 The straight line L 'is generally the player actually ball rotation speed after the kick the ball and (rpm), is a graph showing the relationship between the ball speed after the ball collides (rpm) by an oblique impact test.

ここで、直線L'上において、無回転シュート時のボール回転数の上限値である110rpm(横座標)に対応する縦座標を求めると、947.8rpmになる。 Here, on the straight line L ', when obtaining the ordinate corresponding to 110 rpm (abscissa) is the upper limit of the ball speed during no rotation chute becomes 947.8Rpm. ここでも、有効数字上位二桁を採用することにすると、横座標の110rpmに対応する斜め衝突試験によるボール回転数の換算値は、950rpmになる。 Again, when to employ a significant digits upper two digits, the corresponding value of the ball rotation speed by diagonal impact test corresponding to 110rpm of abscissa, it becomes 950 rpm. したがって、実際のキック後に無回転シュートとなるアッパー材の斜め衝突試験後によるボール回転数の上限値は950rpmであることが分かった。 Therefore, it was found that the actual upper limit of the ball rotation speed by post diagonal impact test of the upper member comprising a nonrotating chute after the kick is 950 rpm. また、ボール回転数が950rpmを超えると、カーブキックやインステップキック等の回転キック(スピンキック)になるということも分かった。 Further, ball speed exceeds 950 rpm, it has also been found that to become a curve kicks and instep kick such as a rotating kick (spin kick).

次に、素材シートMとして、別の天然皮革を用意し、同様に斜め衝突試験を行うと、ボール衝突後のボール回転数は、1044rpmであった。 Then, as the material sheet M, and prepare another natural leather and similarly performing diagonal impact test, ball speed after ball collision was 1044Rpm. その一方、この天然皮革をアッパーの上記無回転シュート領域に有するシューズを用いて一流のプレーヤーが無回転シュートを蹴った際のキック後のボール回転数は、100rpmであった。 Meanwhile, ball speed after kick when the leading player kicked the nonrotating chute with shoes having this natural leather uppers of the continuously rotating chute region was 100 rpm.

この場合においても、同じ素材同士であれば、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数と実際のキック後のボール回転数は、一対一に対応していると考えられる。 In this case, if the same material is between, ball speed after the actual kick the ball speed after ball collisions diagonal impact test is considered to be one-to-one correspondence. そこで、図12中に点(100,1044)をプロットして、この点を通る直線Lを引いた。 Therefore, by plotting the points (100,1044) in FIG. 12, by subtracting the straight line L passing through this point. なお、同図中、縦座標の1044rpmは縦座標の1045.5rpmに極めて接近した値であるが、図示の便宜上、これらの間隔を拡大して示している。 Incidentally, in the figure, although 1044rpm ordinate is a value very close to 1045.5rpm ordinate, for convenience of illustration, it shows an enlarged these intervals.

ここで、直線Lの傾きを直線L'の傾きよりも大きくしたのは、以下の理由による。 Here, the gradient of the straight line L is larger than the slope of the straight line L 'for the following reason.
プレーヤーが実際に無回転シュートを蹴ろうとする場合、ボール上の足の接触領域に立てた法線に対して足の移動方向のなす角度はできるだけ小さい方が好ましい。 If to be the player actually kick the nonrotating chute, the angle of the direction of movement of the foot relative to the normal line of the contact area of ​​the foot on the ball is preferably as small as possible. すなわち、図11中の進入角度αはできるだけ90度に近い方が好ましい。 That is, it is preferably close to the entry angle α is possible 90 degrees in FIG. 11. これはボールの中心に向かって蹴った方がキック後のボールに回転が生じにくいからである。 This is who kicked toward the center of the ball is less likely to occur rotation on the ball after the kick. ところが、通常、ボールを蹴る動作は、足の背屈をともなうため、キック時に足の移動方向がボール上の法線に対してなす角度の絶対値は大きくなる傾向がある。 However, typically, the operation of kicking the ball, because with a dorsiflexion of the foot, there is a tendency that the direction of movement of the foot to kick during increases the absolute value of the angle formed with respect to the normal on the ball. すなわち、図11中の進入角度αが小さくなる傾向がある。 That is, there is a tendency that the entry angle α in FIG. 11 is reduced. これに対して、一流のサッカープレーヤーの場合には、足を背屈させずに或る程度足を真っ直ぐに保ったままボールを蹴ることができるので、キック時に足の移動方向がボール上の法線に対してなす角度の絶対値を小さくすることが可能である。 On the other hand, in the case of a first-class soccer players, since it is possible to kick the ball while straight to keep some degree foot without buckled the back foot, the direction of movement law on the ball of the foot at the time of kick it is possible to reduce the absolute value of an angle formed with respect to a line. このように、下手なプレーヤーほど進入角度が小さくなって、上述した斜め衝突試験の進入角度αに近づき、逆に、上手なプレーヤーほど進入角度を大きくすることができ、上述した斜め衝突試験の衝突角度αよりも大きい角度でボールを蹴ることができるのである。 Thus, as the bad player becomes small entry angle, close to the entry angle α of the oblique crash test described above, conversely, it is possible to increase the entry angle more skillful player, an oblique collision test described above collides it is possible to kick the ball at an angle greater than the angle α. さらに付言すれば、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数が同じアッパー材であっても、一般のプレーヤーがボールを蹴ればキック後のボール回転数は高くなるが、一流のプレーヤーがボールを蹴ればキック後のボール回転数は低くなる傾向があり、この傾向は、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数が高いアッパー材ほど顕著になるのである。 In more added that, even ball speed after ball collisions diagonal impact test is the same upper material, generally players Kere ball ball speed after the kick is high, leading players ball tend to ball speed after the kick is low if Kere, the trend is ball speed after ball collisions diagonal impact test is become remarkable higher upper material.

図12から分かるように、一般のプレーヤーが、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数が1045.5rpmのアッパー材を有するシューズでボールを蹴った場合には、キック後のボール回転数は128.6rpm(>110rpm)となって、無回転シュートにはならないが、一般のプレーヤーが、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数950rpmのアッパー材を有するシューズでボールを蹴った場合には、キック後のボール回転数は110rpmとなって、無回転シュートになる。 As can be seen from FIG. 12, a general player, when kicked the ball in shoe ball speed after ball collisions diagonal impact test has an upper material 1045.5Rpm, ball speed after kick 128 .6rpm become a (> 110rpm), in the case but not in the non-rotating chute, generally players, kicked the ball in the shoes with the upper material of the ball rotation speed 950rpm after the ball collision due to an oblique collision test, ball speed after the kick is made with 110rpm, it becomes non-rotating chute.

次に、各種素材シートMのアスカーAスケールでの硬度(A硬度)と、これらの素材シートMを用いた斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数との関係を表1に示す。 Next, the hardness (A hardness) of the Asker A scale of various materials sheet M, the relationship between the ball speed after ball collisions diagonal impact test using these materials sheet M in Table 1. また、横軸にA硬度、縦軸にボール回転数をとり、表1中のデータをプロットするとともに、これらのデータの相関関係を1次関数のグラフにしたものを図13に示す。 Also, A hardness on the horizontal axis, taking the ball rotational speed on the vertical axis, while plotted data in Table 1 shows that the correlation of these data in the graph of a linear function in Figure 13.

図13中のグラフの方程式は、横座標をx、縦座標をyとするとき、 Equation of the graph in FIG. 13, when the abscissa x, the ordinate and y,
y=5.359x+697.2 …(1) y = 5.359x + 697.2 ... (1)
と表すことができる。 It can be expressed as.

ここで、(1)式にy=950を代入すると、 Here, by substituting y = 950 in equation (1),
x=47.17≒47 x = 47.17 ≒ 47
を得る。 Obtained.

したがって、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数950rpmに対応するA硬度は、47度であることが分かった。 Therefore, A hardness corresponding to the ball rotational speed 950rpm after ball collisions diagonal impact test was found to be 47 degrees. なお、測定誤差のばらつき等を考慮した結果、A硬度の上限値として50度を採用することにした。 As a result of consideration of variations in measurement errors, and to adopt the 50 ° as the upper limit of A hardness.

本発明は、上述した種々の検証結果に基づいてなされたものであって、フットボールシューズ用アッパー構造において、着用者の足甲上部の内甲側領域を被うアッパー材が、当該アッパー材に対してサッカーボールを斜め方向から衝突させる斜め衝突試験を行った際に、反射直後のボール回転数が950rpm以下になるような材料から構成されていることを特徴としている。 The present invention was made based on a variety of verification results described above, the full Tsu Toboru shoes upper structure, the upper member covering the medial side region of the foot instep top of the wearer, the upper member is characterized in that when subjected to oblique impact test impinging soccer ball obliquely, the ball rotation speed immediately after the reflection is made from a material such as equal to or less than 950rpm respect.

この場合には、上述したように、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数950rpm以下の回転数が、一般のプレーヤーによる実際のボールキック後のボール回転数110rpm以下の回転数に対応しているので、 発明によるアッパー構造のシューズを履いて、一般のプレーヤーが、足甲上部の内甲側領域でボールを蹴ると、無回転シュートになる。 In this case, as described above, the ball rotation speed 950rpm following speed after ball collisions diagonal impact test, corresponding to the actual rotational speed of the following ball rotation speed 110rpm after ball kick by general players because there, wearing the shoe upper structure according to the invention, generally players, kicking a ball with medial side region of the foot instep top, the free rotation chute. このように、 本発明によれば、一般のプレーヤーでも、キック後のボールのスピン特性をコントロールでき、簡単に無回転シュートを蹴ることができるようになる。 In this way, according to the present onset bright, even in a general player, you can control the spin characteristics of the ball after the kick, easily will be able to kick a non-rotating chute.

本発明では 、足甲上部の内甲側領域が、着用者の足の舟状骨から内側楔状骨および中間楔状骨にかけての領域(第1の領域)であることを特徴としている。 In the present invention, the medial side region of the instep top, are characterized by a region (first region) of toward medial cuneiform bone and the intermediate cuneiform from scaphoid of the wearer's foot.

これは、上述したように、プレーヤーが実際に無回転シュートを蹴った際の足圧測定結果を検証することにより得られたものである。 This is because, as described above, is obtained by verifying the foot pressure measurements when a player kicked actually free rotation chute.

本発明では 、足甲上部の内甲側領域(第1の領域)が実質的にシューズ前後方向に延びる領域であることを特徴としている。 In the present invention, it is characterized in that the medial side region of the instep upper (first region) is a region extending in the longitudinal substantially shoes direction.

これは、プレーヤーが実際に無回転シュートを蹴った際の足圧測定結果を示す図7(a)において、無回転シュートの際の足圧分布領域が実質的にシューズ前後方向に延びている点に着目したものである。 Point which is the in FIGS. 7 (a) showing the foot pressure measurements when a player kicked actually nonrotating chute, foot pressure distribution area when the nonrotating chute extends around substantially shoes direction it is obtained by paying attention to.

なお、本明細書中において「実質的にシューズ前後方向に延びる」とは、シューズ前後方向(つまり足長方向)に沿って延びる場合のみならず、当該シューズ前後方向と交差する斜め方向(つまりシューズ前後方向とシューズ幅方向との合成方向)に延びる場合をも含む趣旨である。 Note that "substantially extend in the shoe longitudinal direction" in the present specification, not only extends along the shoe longitudinal direction (i.e. foot length direction), an oblique direction (i.e. shoe intersecting with the shoe longitudinal direction it is meant to also include the case extending in the synthesis direction) between the longitudinal direction and the shoe width direction.

本発明では 、足甲上部の内甲側領域(第1の領域)のアッパー材が、実質的にシューズ前後方向に延びる複数本の突条部を有しており、各突条部がその周囲のアッパー領域から上方に突出している。 In the present invention, the upper member of the inner instep side region of the instep upper (first region) has a ridge portion of the plurality of extending substantially shoe longitudinal direction, each protruding portion surrounding projects upward from the upper region.

この場合には、足甲上部の内甲側領域でボールを蹴った際に、各突条部が弾性変形し、その結果、ボールとの接触時間が長くなって、ボールの跳ね返りの後半でボールに対して回転を抑えようとするせん断力が発生しやすくなると考えられる。 In this case, when kicked the ball in the medial side area of ​​the instep top, the protrusions are elastically deformed, as a result, a longer contact time with the ball, the ball in the second half of the rebound of the ball shear force to be suppress the rotation is considered to be likely to occur against.

本発明では 、斜め衝突試験が、アッパー材をプレートに貼り付けた状態で、当該プレートの面に対して29〜33度をなす方向から0〜25rpmの回転数のサッカーボールを速度23.0〜25.0m/sでアッパー材に衝突させることにより、実施されていることを特徴としている。 In the present invention, diagonal impact test, in a state of paste upper material to the plate, the speed the rotational speed of the soccer ball 0~25rpm from a direction forming a 29 to 33 degrees with respect to the plane of the plate 23.0~ by impinging on the upper material at 25.0 m / s, it is characterized in that it is implemented.

この場合において、サッカーボールをプレート面に対して29〜33度という比較的浅い進入角度で衝突させるようにしたのは、上述したように、各種アッパー材に衝突後のサッカーボールの回転数の差が顕著になるようにするためであるが、その一方、進入角度が小さすぎると、衝突時の力の鉛直成分が小さくなって各アッパー材が反発特性を発揮できなくなるため、これら双方を勘案したものである。 In this case, the reason so as to collide with relatively shallow entry angle of 29 to 33 degrees a soccer ball to the plate surface, as described above, the revolution speed difference of the soccer ball after colliding with the various upper member but is so that becomes noticeable, while, when the entry angle is too small, which vertical component of the force at the time of collision is reduced each upper member can not be exhibited rebound property, in consideration of both of them it is intended.

本発明では 、足甲上部の内甲側領域(第1の領域)を被うアッパー材が、硬度の低い低硬度材料から構成されており、当該低硬度材料の硬度が、アスカーのAスケールで50度以下である。 In the present invention, the upper member covering the medial side region of the instep upper (first region), is composed of a low hardness low hardness material, the hardness of the low hardness material, the A scale Asker is less than or equal to 50 degrees. また、 本発明では 、低硬度材料の硬度がアスカーのAスケールで30〜50度であることを特徴としている。 Further, in the present invention is characterized in that the hardness of the low hardness material is 30 to 50 degrees A scale Asker.

これは、図13のグラフに示したように、アッパー材の硬度が低くなるほど、斜め衝突試験におけるボール衝突後のボール回転数が低くなる傾向のあることが分かったからである。 This is because, as shown in the graph of FIG. 13, and is only hardness of the upper member is lowered, since the ball speed after ball collisions in diagonal impact test was found to tend to be low. また、図13のグラフに示したように、斜め衝突試験におけるボール衝突後のボール回転数950rpmに相当するアッパー材の硬度がアスカーのAスケールで約47度であることに基づいたものである。 In addition, as shown in the graph of FIG. 13, is based on the hardness of the upper member is approximately 47 degrees A scale Asker corresponding to the ball rotational speed 950rpm after ball collisions in diagonal impact test. なお、下限を30度としたのは、主に、製造面および耐久性を考慮したためである。 The reason why the lower limit of 30 degrees, mainly due to considering manufacturing surface and durability.

本発明では 、低硬度材料が軟質ポリウレタンであることを特徴としている。 In the present invention, is characterized in that low hardness material is flexible polyurethane.

本発明では 、内甲側領域の前方の前側領域(第2の領域)を被うアッパー材が、当該アッパー材に対してサッカーボールを斜め方向から衝突させる斜め衝突試験を行った際に、反射直後のボール回転数が950rpmより高くなるような材料から構成されていることを特徴としている。 When the present invention, the upper member covering the front of the front region of the medial side region (second region), subjected to oblique impact test impinging soccer ball obliquely to the upper member, the reflected It is characterized in that ball rotation speed immediately after is made from a material such as higher than 950 rpm.

この場合には、上述したように、斜め衝突試験による反射直後のボール回転数が950rpmを超えるようなアッパー材によりボールをキックすると、カーブキックやインステップキック等の回転系のボール(スピンボール)になるということが分かったので、このような回転系のボールを蹴るべき領域である前側領域に、斜め衝突試験による反射直後のボール回転数が950rpmより高くなるようなアッパー材を配置するようにしたのである。 In this case, as described above, the ball rotation speed immediately after reflection by the diagonal impact test to kick the ball by the upper material exceeding 950 rpm, the rotating system of the ball, such as curves kicks and instep kick (spin balls) since it was found that become, the front region is a region to kick the ball in such a rotating system, so that the ball rotation speed immediately after reflection by the diagonal impact test to place the upper material, such as higher than 950rpm it was was.

また、この場合には、無回転シュートを蹴る際には、アッパーの足甲上部の内甲側領域を用い、またカーブキックやインステップキック等のスピンキックを蹴る際には、足甲上部の内甲側の前側領域を用いるようにすればよいので、一般のプレーヤーでもスピンシュートと無回転シュートとを簡単に蹴り分けることができるようになる。 Further, in this case, when kicking the nonrotating chute with medial side region of the upper of the instep top, also when kicking spin kick such curves kicks and instep kick, the instep upper it is sufficient so using front region of the medial side, it is possible to divide kick simplicity of the spin chute and nonrotating chute in ordinary players.

本発明では 、前側領域(第2の領域)が、着用者の足の第1趾中足骨から第1趾基節骨にかけての領域であることを特徴としている。 In the present invention, the front region (second region), is characterized in that the first趾中metatarsals of the wearer's foot is a region toward the first趾基phalanx.

これは、上述したように、プレーヤーがカーブキックやインステップキック等の回転系のボールを実際に蹴った際の足圧測定結果を検証することにより得られたものである。 This is because, as described above, in which the player is obtained by verifying the foot pressure measurements at the time of actually kicked rotation system of the ball, such as curves kicks and instep kick.

本発明では 、内甲側領域の前方の前側領域を被うアッパー材が、当該内甲側領域を被うアッパー材よりも相対的に硬度の高い高硬度材料から構成されていることを特徴としている。 In the present invention, the upper member covering the front of the front region of the medial side region, as characterized by being composed of a relatively high hardness high hardness material than the upper member for covering the medial side region there.

これは、内甲側領域の前方の前側領域が、カーブキックやインステップキックのような回転系のボールを蹴るための領域であり、また、図13のグラフに示したように、アッパー材の硬度が高くなるほど、斜め衝突試験におけるボール衝突後のボール回転数が高くなる傾向があるためである。 This is in front of the front area of ​​the medial side region is a region for kicking the rotation system of the ball, such as curves kicks and instep kick, and as shown in the graph of FIG. 13, the upper member higher hardness is increased, and there is a tendency that the ball speed becomes higher after the ball collision in an oblique impact test.

本発明では 、高硬度材料が、軟質ポリウレタンよりも高硬度の硬質ポリウレタンであることを特徴としている。 In the present invention, high hardness materials, it is characterized in that than soft polyurethane is a rigid polyurethane having a high hardness.

本発明では 、足甲上部の内甲側領域(第1の領域)を被うアッパー材が、貯蔵弾性率の低い材料から構成されていることを特徴としている。 In the present invention, the upper member covering the medial side region of the instep upper (first region), is characterized by being comprised of low storage modulus material.

図14には、材料の違いによる貯蔵弾性率E'の違いが示されている。 Figure 14 is a difference in the storage modulus E 'due to the difference in materials is shown. 同図中、PU80AはA硬度(アスカーのAスケール)80のポリウレタンを、従来品はA硬度64のポリウレタンを、PU40AはA硬度38のポリウレタンをそれぞれ示している。 In FIG, PU80A is a polyurethane 80 (A scale Asker) A hardness, the conventional polyurethanes A hardness 64, PU40A are respectively the polyurethane A hardness 38. 横軸は材料に加える振動の周波数(Hz)を、縦軸は貯蔵弾性率E'(Pa)を示している。 The horizontal axis of the vibration applied to the material Frequency (Hz), and the vertical axis represents the storage modulus E '(Pa). なお、貯蔵弾性率の測定は、JIS K 7244−4 に規定する非共振強制振動法による引張振動に準拠して行った。 The measurement of the storage modulus was carried out according to the tensile vibration by non-resonant forced vibration method prescribed in JIS K 7244-4. 図14から分かるように、硬度が低いほど、貯蔵弾性率も低くなっていることが分かる。 As can be seen from FIG. 14, as the hardness is low, it can be seen which is lower storage modulus.

このような点に鑑みて、 発明では、低硬度材料を配置すべき足甲上部の内甲領域に、貯蔵弾性率の低い材料を配置するようにしたのである。 In view of such a point, in the present invention, the medial region of the instep top should be placed low hardness material is had to arrange a low storage modulus material. なお、貯蔵弾性率が低いということは、動的に柔らかいことを意味している。 Incidentally, it is low storage modulus, it means that dynamically soft. したがって、貯蔵弾性率の低い材料を用いて斜め衝突試験を行うと、材料との衝突の際にボールとの接触時間が長くなり、その結果、ボールの跳ね返りの後半で材料がボールの回転を抑えようとする方向にせん断力を作用させるようになると考えられる。 Therefore, suppressing Doing diagonal impact test using a low storage modulus material, the contact time of the ball upon impact with the material is increased, as a result, the rotation material of the ball in the second half of the rebound of the ball It considered so exert a shear force in a direction to use.

本発明では 、足甲上部の内甲側領域(第1の領域)の前方の前側領域(第2の領域)を被うアッパー材が、当該内甲側領域を被うアッパー材よりも相対的に貯蔵弾性率の高い材料から構成されていることを特徴としている。 In the present invention, the upper member covering the front of the front region of the medial side region of the instep upper (first region) (the second region), relative than the upper member for covering the medial side region It is characterized by being composed of a material having high storage modulus.

上述した図14より、硬度が高いほど、貯蔵弾性率も高くなっていることから、 本発明では、足甲上部の内甲側領域よりも高硬度を要求される、当該内甲側領域の前側領域に、貯蔵弾性率の高い材料を配置するようにしたのである。 From FIG. 14 described above, as the hardness is high, since it has higher storage modulus in the present invention, requiring high hardness than the medial side region of the foot instep top, front of the medial side region in the region, it was so as to place a high storage modulus material.

本発明では 、当該アッパー構造のアッパーが、シューズの外側に配置される表材と、シューズの内側に配置される裏材とを有するとともに、足甲上部の内甲側領域に沿って表材が窓孔状に刳り貫かれており、足甲上部の内甲側領域を被うアッパー材が、当該窓孔状刳り貫き部分において裏材の上に設けられていることを特徴としている。 In the present invention, the upper of the upper structure, and table member disposed on the outside of the shoe, which has a backing member disposed on the inner side of the shoe, the table member along the medial side region of the instep top are hollowed out in the window hole shape, the upper member covering the medial side region of the instep upper, is characterized in that provided on the backing in the window hole shape hollow portion.

この場合には、足甲上部の内甲側領域を被うアッパー材の下部が当該窓孔状刳り貫き部分において表材の内部に沈み込んでいることで、当該アッパー材が表材から外側に過度に突出するのを抑制しつつ、当該アッパー材として或る程度の厚みを確保できるとともに、当該アッパー材の剥離を防止できる。 In this case, by subducting inside the surface material at the bottom is the window hole shape hollowed portion of the upper member covering the medial side region of the foot instep top, the upper material outwardly from the table material while suppressing the excessive protruding, it is possible to ensure a certain degree of thickness as the upper material, can prevent separation of the upper member.

本発明では 、アッパー材が、足甲上部の内甲側領域の周囲の表材から上方に突出して設けられていることを特徴としている。 In the present invention, the upper material, is characterized in that is provided to protrude upward from the surface material around the medial side region of the instep top.

この場合には、当該アッパー材の表材からの突出量を調整することで、無回転シュート時の足に対する衝撃を緩和できる。 In this case, by adjusting the amount of protrusion of the surface material of the upper material, it can reduce the impact against the foot during no rotation chute.

本発明は、フットボールシューズ用アッパー構造において、着用者の足甲上部の内甲側領域(第1の領域)を被うアッパー材が、 JIS K 7244−4 に規定する非共振強制振動法による引張振動に準拠した試験で 35Hzの振動を与えたときに貯蔵弾性率が1.0×10 (Pa)以下の値になるような材料から構成されている。 This onset Ming, the upper structural soccer shoe, the upper member covering the medial side region of the foot instep top of the wearer (the first region), by non-resonant forced vibration method prescribed in JIS K 7244-4 storage modulus when given vibrations 35Hz in test according to the tensile vibration is made from a material such as a value of 1.0 × 10 7 (Pa) or less. また、 本発明では 、足甲上部の内甲側領域の前方の前側領域(第2の領域)を被うアッパー材が、 上記試験で 35Hzの振動を与えたときに貯蔵弾性率が1.0×10 (Pa)より大きな値になるような材料から構成されている。 In the present invention, the upper member covering the front of the front region of the medial side region of the instep upper (second region) of the storage modulus when given vibrations 35Hz in the above test is 1.0 and a material such that greater than × 10 7 (Pa). ここで、「35Hz」は、サッカーボールの固有振動数から割り出した周波数である。 Here, "35Hz" is the frequency at which the indexing from the natural frequency of the soccer ball.

いま、硬度の異なる3種類のポリウレタンとして、従来品(硬度64A)、PU40A(硬度38A)、PU80A(硬度80A)を用意し、これらを用いて上述の斜め衝突試験を行って、衝突後のボール回転数を測定するとともに、上述のJIS K 7244−4 に準拠した引張振動試験を行って、周波数35Hzでの貯蔵弾性率E'(pa)を測定した。 Now, as the three kinds of polyurethane having different hardness, conventional (hardness 64A), PU40A (hardness 38A), prepared PU80A (hardness 80A), performing diagonal impact test described above using these, after the collision ball with measuring the rotational speed, and subjected to tensile vibration test according to the aforementioned JIS K 7244-4, it was measured storage modulus E at frequency 35Hz '(pa). これらの測定結果を表2に示す。 These results are shown in Table 2.

次に、横軸にE'(Pa)をとり、縦軸にボール回転数(rpm)をとって、表2中の各測定値をプロットするとともに、これらの測定値の相関関係を1次関数のグラフにしたものを図15に示す。 Next, the horizontal axis E 'take (Pa), the ball rotation speed and the vertical axis represents the (rpm), as well as plotting the measured values ​​in Table 2, the primary function of correlation between these measurements FIG. 15 shows that the graph.

図15中のグラフの方程式は、横座標をx、縦座標をyとするとき、 Equation of the graph in FIG. 15, when the abscissa x, the ordinate and y,
y=2.211E−05x+727.9 y = 2.211E-05x + 727.9
と表すことができる。 It can be expressed as. ここで、y=950を代入すると、 Here, substituting y = 950,
x≒1.0E+07 x ≒ 1.0E + 07
を得る。 Obtained.

このことから、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数950rpmに対応する貯蔵弾性率E'は、1.0E+07(Pa)つまり1.0×10 (Pa)であることが分かった。 Therefore, the storage modulus E corresponding to the ball rotational speed 950rpm after ball collisions diagonal impact test 'was found to be 1.0E + 07 (Pa) that is 1.0 × 10 7 (Pa). したがって、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数950rpm以下に対応する貯蔵弾性率E'は1.0×10 (Pa)以下である。 Thus, the storage modulus E for the following ball rotation speed 950rpm after ball collisions diagonal impact test 'is 1.0 × 10 7 (Pa) or less. この基準に適合する材料の一つは、図15よりPU40Aである。 One suitable material for this criterion is PU40A than 15. また、これは、図14において、周波数35Hzにおける貯蔵弾性率E'が1.0×10 (Pa)以下つまり1.0E+07(Pa)以下である材料がPU40Aであることとも一致している。 This also, in Fig. 14, is also consistent with the material storage modulus E at frequency 35 Hz 'is 1.0 × 10 7 (Pa) or less that is 1.0E + 07 (Pa) or less is PU40A.

したがって、 本発明によれば、一般のプレーヤーでも、キック後のボールのスピン特性をコントロールでき、簡単に無回転シュートを蹴ることができるようになる。 Therefore, according to the present invention, in general players can control the spin properties of the ball after the kick, easily it is possible to kick a non-rotating chute. また、 本発明によれば、無回転シュートを蹴る際には、アッパーの足甲上部の内甲側領域を用い、またカーブキックやインステップキック等のスピンキックを蹴る際には、足甲上部の内甲側領域の前方の前側領域を用いるようにすればよいので、一般のプレーヤーでもスピンシュートと無回転シュートとを簡単に蹴り分けることができるようになる。 Further, according to the present invention, when kicking the nonrotating chute with medial side region of the upper of the instep top, also when kicking spin kick such curves kicks and instep kick, instep upper it is sufficient to use the front of the front region of the medial side areas of, it is possible to divide kick simplicity of the spin chute and nonrotating chute in ordinary players.

以上のように、 本発明に係るアッパー構造によれば、着用者の足甲上部の内甲側領域を被うアッパー材を、当該アッパー材に対してサッカーボールを斜め方向から衝突させる斜め衝突試験を行った際に、反射直後のボール回転数が950rpm以下になるような材料から構成するようにしたので、キック後のボールのスピン特性をコントロールでき、一般のプレーヤーでも簡単に無回転シュートを蹴ることができるようになる。 As described above, according to the upper structure of the present onset bright, the upper member covering the medial side region of the foot instep top of the wearer, oblique impact of colliding a soccer ball obliquely to the upper member when tested, the ball rotation speed immediately after the reflection was configured from a material such as equal to or less than 950 rpm, can control the spin properties of the ball after the kick, a simple non-rotating chute in ordinary players it will be able to kick.

また、 本発明に係るアッパー構造によれば、着用者の足甲上部の内甲側領域を被うアッパー材を、35Hzの振動を与えたときに貯蔵弾性率が1.0×10 (Pa)以下の値となるような材料から構成するようにしたので、キック後のボールのスピン特性をコントロールでき、一般のプレーヤーでも簡単に無回転シュートを蹴ることができるようになる。 Further, according to the upper structure of the present onset bright, the wearer's instep upper upper member covering the medial side region of the storage modulus is 1.0 × 10 7 when given vibrations 35 Hz ( since so as to constitute a material such as a value of Pa) or less, can control the spin properties of the ball after the kick, it is possible to also kicking easily nonrotating chute general player.

本発明の一実施例によるアッパー構造を備えたサッカーシューズ(左足)の内甲側側面図である。 It is an internal medial side view of a soccer shoe provided with an upper structure (left) according to an embodiment of the present invention. サッカーシューズ(図1)の外甲側側面図である。 An outer medial side view of the soccer shoes (Fig. 1). サッカーシューズ(図1)の前足部分の平面図である。 It is a plan view of the forefoot part of soccer shoes (Fig. 1). 図1のIV-IV線断面図である。 It is a sectional view taken along line IV-IV of FIG. 無回転シュート領域、カーブキック領域およびインステップキック領域を左足の骨格図に対応させて示す内甲側側面図である。 Nonrotating chute region, a medial side view among illustrating curves kick area and instep kick region to correspond to the skeleton view of the left foot. 無回転シュート領域、カーブキック領域およびインステップキック領域を左足の骨格図に対応させて示す平面図である。 Nonrotating chute area, which is a plan view showing a curved kick area and instep kick region to correspond to the skeleton view of the left foot. (a)は無回転シュートの際の足圧分布を示す左足の内甲側側面図、(b)はその平面図である。 (A) the inner medial side view of the left foot that shows the foot pressure distribution during non-rotating chute, (b) is a plan view thereof. (a)はカーブキックの際の足圧分布を示す左足の内甲側側面図、(b)はその平面図である。 (A) the inner medial side view of the left foot that shows the foot pressure distribution during curve kick, and (b) is a plan view thereof. (a)はインステップキックの際の足圧分布を示す左足の内甲側側面図、(b)はその平面図である。 (A) the inner medial side view of the left foot that shows the foot pressure distribution during the instep kick, and (b) is a plan view thereof. (a)は無回転シュートの際のインパクト前後のボールを示す平面図、(b)はその側面図である。 (A) is a plan view showing an impact before and after the ball during nonrotating chute, (b) is a side view thereof. プレーヤーが無回転シュートを11回試行した場合のそれぞれについて、ボールインパクト直前の足(Foot)に関するデータ、ボールインパクト直後のボール(Ball)に関するデータ、および無回転シュートか否かの判定結果を示す表である。 Table showing for each if the player attempts to free rotation chute 11 times, data about the ball immediately before impact of the foot (Foot), data related to ball (Ball) immediately after the ball impact, and a non-rotating chute of determining whether the result it is. 斜め衝突試験の概要を説明するための図である。 It is a diagram for explaining the outline of the diagonal impact test. 実際にボールをキックした際のキック後のボール回転数と、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数との相関関係を示すグラフである。 And the ball speed after kick when kicking the ball actually is a graph showing the correlation between the ball speed after ball collisions diagonal impact test. 各種アッパー材のA硬度と、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数との関係を示すグラフである。 And A hardness of various upper material is a graph showing the relationship between the ball speed after ball collisions diagonal impact test. 各種素材の貯蔵弾性率を周波数との関係で示したグラフである。 Is a graph showing the relationship between the frequency of the storage modulus of various materials. 各種素材の貯蔵弾性率と、当該各種素材を用いた斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数との関係を示すグラフである。 A storage modulus of various materials, is a graph showing the relationship between the ball speed after ball collisions diagonal impact test using the various materials. 各種素材を用いて斜め衝突試験を行った際に、ボールの接触時間と貯蔵弾性率との関係を示すグラフである。 When performing the diagonal impact test using various materials, it is a graph showing the relationship between the contact time and the storage modulus of the ball. 複数の突条部を有するパネルにボールを衝突させるシミュレーション実験の概要を説明するための図である。 It is a diagram for explaining an outline of simulation experiments impinging ball panel having a plurality of protrusions. 各突条部のパネルトップ面の意匠幅を横軸にとり、ボール回転数を縦軸にとって表4の関係を表したグラフである。 The design width of the panel top surface of each ridge horizontal axis is a graph showing a relationship between Table 4 for the vertical axis of the ball speed. 本発明の他の実施例によるアッパー構造を備えたサッカーシューズ(左足)の内甲側側面図である。 It is an internal medial side view of a soccer shoe provided with an upper structure (left) according to another embodiment of the present invention. サッカーシューズ(図19)の外甲側側面図である。 An outer medial side view of the soccer shoes (Fig. 19). サッカーシューズ(図19)の前足部分の平面図である。 It is a plan view of the forefoot part of soccer shoes (Fig. 19). サッカーシューズ(図19)の無回転シュート領域を構成する無回転シュートパネルパーツの拡大図である。 It is an enlarged view of the non-rotating chute panel parts that make up the non-rotating chute area of ​​soccer shoes (Fig. 19). 図22のXXIII-XXIII線断面図である。 A line XXIII-XXIII sectional view of FIG. 22.

以下、本発明の実施例を添付図面に基づいて説明する。 DETAILED DESCRIPTION OF THE PREFERRED embodiment of the present invention in the accompanying drawings.
図1ないし図4は、本発明の一実施例によるサッカーシューズを示している。 1 to 4 show a soccer shoe according to an embodiment of the present invention. 図1ないし図3に示すように、このサッカーシューズ1は、シューズ前足部分に配置された前足側ソール2と、シューズ後足部分に配置され、その前側部分が前足側ソール2にオーバラップする後足側ソール3と、前足側ソール2および後足側ソール3の上に固着されたアッパー(甲被)4とから主として構成されている。 As shown in FIGS. 1 to 3, the soccer shoe 1 includes a forefoot side sole 2 arranged in shoe forefoot portion, disposed shoe hind portion, after the front portion thereof overlaps the forefoot side sole 2 a foot side sole 3, and is mainly configured anchored upper (vamp) 4 which on the forefoot side sole 2 and hind side sole 3.

前足側ソール2の後側部分には、アッパー4の外面に沿って上方に立ち上がる巻上げ部2aが形成されている。 The rear portion of the forefoot side sole 2, up portion 2a rises upward is formed along the outer surface of the upper 4. 巻上げ部2aは、前足側ソール2および後足側ソール3のオーバラップ部分を被うように配置されている。 Up portion 2a is disposed so as to cover the overlapped portion of the forefoot side sole 2 and hind side sole 3. 前足側ソール2および後足側ソール3の下面には、複数のクリーツ(スパイク)20、30がそれぞれ設けられている。 On the lower surface of the forefoot side sole 2 and hind side sole 3, a plurality of Kuritsu (spike) 20, 30 are respectively provided. また、アッパー4の踵部分には、当該踵部分の保形性を維持するためのヒールカウンター部5が装着されている。 In addition, the heel of the upper 4, heel counter portion 5 for maintaining the shape retention of the heel is mounted.

アッパー4は、着用者の足の足甲上部の内甲側に配置された内甲側領域40と、その前側の足甲前部に配置された前側領域45とを有している。 Upper 4 includes a back side region 40 within which is disposed on the medial side of the foot instep top of the wearer's foot, and a front region 45 located on the instep front of its front side. 内甲側領域40は、後述するように、無回転シュートを蹴るための領域であり、前側領域45は、カーブキックおよびインステップキック等のスピンキックを蹴るための領域である。 The medial side region 40, as described later, an area for kicking the nonrotating chute, front region 45 is a region for kicking spin kick, such as curves kick and instep kick. 内甲側領域40は、実質的にシューズ前後方向に長い例えば略平行四辺形状等の略四角形状に形成された領域であって、実質的にシューズ前後方向に配設され、相対的に硬度の低い軟質ポリウレタンから構成されている。 The medial side region 40 is substantially a shoe region formed in a substantially quadrangular shape such as a longitudinal direction longer example substantially parallelogram shape, is disposed substantially footwear longitudinal direction, the relatively hardness and a lower flexible polyurethane. 別の言い方をすれば、軟質ポリウレタンは、アッパー材の一部として、内甲側領域40を被っている。 In other words, soft polyurethane, as part of the upper material, it suffers from the medial side region 40. 軟質ポリウレタンとしては、例えばPU40Aが好ましい。 The soft polyurethane, for example PU40A are preferred. なお、軟質ポリウレタンの代わりに、低硬度ラバーを用いるようにしてもよい。 Instead of soft polyurethane, it may be used low hardness rubber.

アッパー4の内甲側領域40は、図3のIV-IV線断面である図4に示すように、シューズ1の外側に配置された表材4Aと、シューズ1の内側に配置された裏材4Bとを有しており、表材4Aは、内甲側領域40の外周縁部に沿って窓孔状に刳り貫かれた窓孔状刳り貫き部分4aを有している。 The medial side region 40 of the upper 4, as shown in FIG. 4 is a sectional view taken along line IV-IV in FIG. 3, and table member 4A disposed on the outer side of the shoe 1, backing member disposed on the inner side of the shoe 1 It has a 4B, surface material 4A has a portion 4a hollow inner instep side region 40 a window hole shape which is hollowed out in a window hole shape along the outer peripheral edge of the. 内甲側領域40の軟質ポリウレタンは、窓孔状刳り貫き部分4aにおいて、裏材4Bの上に配置された内装材4Cの上に設けられている。 Soft polyurethane of the medial side region 40, in a window hole-shaped hollow portion 4a, is provided on the interior material 4C disposed on the backing 4B.

また、内甲側領域40の軟質ポリウレタンは、実質的にシューズ前後方向に断続的に延びる複数の溝部41と、シューズ前後方向に隣り合う各溝部41の間に形成された長孔状の貫通孔 42とを有しており、溝部41および貫通孔42の組合せからなるシューズ前後方向の列が、シューズ前後方向と交差する方向に間隔を隔てて複数本(この例では5本)配置されている(図1参照)。 Further, the flexible polyurethane of the medial side region 40 is substantially the plurality of grooves 41 in the shoe longitudinal direction extending intermittently, long hole-like penetrations formed between the grooves 41 adjacent to each other in the longitudinal direction shoe has a hole 42, the grooves 41 and the shoe longitudinal direction of the rows comprising a combination of the through hole 42, a plurality of (five in this example) spaced apart in a direction intersecting the longitudinal direction shoe is located are (see Figure 1). また、これらの列において、溝部41および貫通孔42は、シューズ前後方向と交差する方向に整列することなく、互い違いに配置されている。 Further, in these columns, the grooves 41 and the through hole 42, without alignment in a direction intersecting the longitudinal direction shoes are alternately arranged. 軟質ポリウレタンの上面(パネルトップ面)40Aは、その周囲の表材4Aから上方に突出して設けられている。 Top (panel top surface) 40A of the soft polyurethane emissions is provided projecting from the table material 4A the surrounding upwards. 別の言い方をすれば、内甲側領域40の軟質ポリウレタンのパネルトップ面40Aは、実質的にシューズ前後方向に延びかつ周囲のアッパー領域から上方に突出する複数本の突条部から構成されている。 In other words, the panel top surface 40A of the soft polyurethane of the medial side region 40 is formed of a plurality of protrusions projecting upwardly from a substantially shoe longitudinal extending in the direction and surrounding the upper region there.

内甲側領域40の軟質ポリウレタンのパネルトップ面40Aの幅(つまり、図4において溝部41と貫通孔42で挟まれたパネルトップ面40Aの長さ)である意匠幅は、好ましくは2mm以上に設定されている(その理由については後述する)。 The width of the inner instep side region 40 flexible polyurethane panel top surface 40A (i.e., the length of the panel top surface 40A which is sandwiched by the groove 41 and the through-hole 42 in FIG. 4) in which the design width, preferably more than 2mm is set (will be described later why). また、軟質ポリウレタンに複数の溝部41や貫通孔42を形成することにより、内甲側領域40を軽量化できるばかりでなく、内甲側領域40を着用者の足甲上部の形状に容易に沿わせることができるようになる。 Further, by forming a plurality of grooves 41 and the through-holes 42 in flexible polyurethane, not only the medial side region 40 can be lightweight, easily along the medial side region 40 in the instep top of the shape of the wearer it becomes possible to.

前側領域4 5は 、アイランド状に複数個設けられた、内甲側領域40の軟質ポリウレタンよりも相対的に硬度が高い硬質ポリウレタン46から構成されている。 Front region 4 5, provided plurality in islands, relatively harder than the soft polyurethane of the medial side region 40 and a high rigid polyurethane 46. 別の言い方をすれば、硬質ポリウレタン46は、アッパー材の一部として、前側領域45を実質的に被っている。 In other words, the rigid polyurethane 46, as part of the upper material, suffer from the front region 45 substantially. 硬質ポリウレタン46としては、例えばPU80Aが好ましい。 The rigid polyurethane 46, for example PU80A are preferred. なお、硬質ポリウレタンの代わりに、高硬度ラバーを用いるようにしてもよい。 Instead of rigid polyurethane, it may be used a high hardness rubber.

前側領域45には、各硬質ポリウレタンの領域の外周縁部に沿ってアッパー4の表材4Aが窓孔状に刳り貫かれた複数の窓孔状刳り貫き部分4a'が形成されており、これらの窓孔状刳り貫き部分4a'においてアッパー4の裏材4Bの上に各硬質ポリウレタン46が設けられている。 The front region 45, and the table member 4A of the upper 4 along the outer peripheral edge portion is formed partially 4a 'hollow plurality of window hole shape which is hollowed out in a window hole-shaped region of the rigid polyurethane emissions, each rigid polyurethane 46 on the backing 4B of the upper 4 is provided in these windows hole shape hollowed portion 4a '. また、各硬質ポリウレタン46の上面は、内甲側領域40の軟質ポリウレタンの場合と同様に、その周囲の表材4Aから突出して設けられている(図示省略)。 The upper surface of each rigid polyurethane 46, as in the case of soft polyurethane medial side region 40, and has (not shown) provided to protrude from the surface material 4A therearound.

内甲側領域40は、図5および図6に示す足の骨格図に重ね合わせると分かるように、足の舟状骨NBから内側楔状骨MCおよび中間楔状骨ICにかけての領域(無回転シュート領域)NRを被う領域である。 The medial side region 40, as can be seen superimposed on the skeleton view of the foot shown in FIGS. 5 and 6, a region (non-rotating chute area from scaphoid NB legs toward medial cuneiform bone MC and the intermediate cuneiform bone IC ) is an area which covers the NR. また、前側領域45は、同様に、図5および図6に示す足の骨格図に重ね合わせると分かるように、足の第1趾末節骨DP 骨底から第1趾基節骨PP および第1趾中足骨ME 中央部分までを被う領域(インステップキック領域)IKと、インステップキック領域IKを含みつつ、さらに第1中足骨ME 骨底直前部分まで被う領域(カーブキック領域)CKとを有している。 Further, the front region 45, likewise, as can be seen superimposed on the skeleton view of the foot shown in FIGS. 5 and 6, the first趾末phalanx of the foot DP 1 Bone bottom first趾基phalanx PP 1 and the a region (instep kick region) IK covering up first趾中metatarsal ME 1 central part, while containing the instep kick region IK, covered until further first metatarsal ME 1 bone bottom part immediately before the region ( and a curve kick area) CK. なお、図5および図6中、LCは外側楔状骨を、CAは踵骨を、TAは距骨をそれぞれ示している。 In FIG. 5 and FIG. 6, LC is the outer cuneiform bone, CA is the heel bone, TA is the shows talus respectively.

無回転シュート領域NR、カーブキック領域CKおよびインステップキック領域IKをこのような位置に定めたのは、一流のプレーヤー10名に実際に無回転シュート、カーブキックおよびインステップキックを蹴ってもらった際の足の足圧分布結果に基づいている。 No rotating chute area NR, of defining the curve kick area CK and in-step kick area IK in such a position is, in fact-free rotation shot on a first-class player 10 people, were asked to kick the curve kick and the instep kick It is based on the foot of the foot pressure distribution result of the case.

図7は無回転シュートの足圧分布を、図8はカーブキックの足圧分布を、図9はインステップキックの足圧分布をそれぞれ示している。 Figure 7 is a foot pressure distribution of the non-rotating chute, Figure 8 is a foot pressure distribution curve kick, FIG. 9 shows a foot pressure distribution instep kick, respectively. これらはいずれも測定結果の平均値のデータを示しており、各図(a)は左足の内甲側の足圧分布を、各図(b)は左足の足甲部分の足圧分布をそれぞれ示している。 These shows the data of the average value of both measurement results, to the respective drawings (a) foot pressure distribution of the medial side of the left foot, each figure (b) is a foot pressure distribution in the instep portion of the foot, respectively shows. また、この足圧測定においては、足の表面の内甲側部および第1趾から第5趾の各足趾に沿ってセンサを貼り付け、その上から靴下を履いた状態で各プレーヤーにボールを蹴ってもらい、キックの際、足のどの位置にどれだけの圧力が作用しているかを測定した。 Also, the ball in the foot pressure measurement, pasting the sensor from the medial side and the first toe of the foot of the surface along each toe of the fifth toe, each player in a state of wearing socks thereon have kicking, during the kick, the pressure of how much any position of the foot was measured whether the act.

図7に示すように、無回転シュートは、主に足の足甲上部の内甲側領域で蹴っていることが分かった。 As shown in FIG. 7, nonrotating shot was found to be mainly kicked at the medial side region of the foot instep top of the foot. この内甲側領域を図5および図6に示す左足の骨格図と重ねてみると分かるように、無回転シュートを蹴った際に比較的足圧の高い領域である無回転シュート領域NRは、足の舟状骨NB、内側楔状骨MCおよび中間楔状骨ICを被う領域である。 The medial side region as seen Looking overlapping a skeleton view of the left foot shown in FIGS. 5 and 6, free rotating chute region NR which is a relatively high foot pressure region when kicked nonrotating shot, scaphoid NB legs, a region which covers the medial cuneiform bone MC and the intermediate cuneiform bone IC. 図8および図5、図6から分かるように、カーブキックの際に比較的足圧の高い領域であるカーブキック領域CKは、足の第1趾末節骨DP 骨底から第1趾基節骨PP および第1趾中足骨ME 骨底直前部分まで被う領域である。 8 and 5, as can be seen from FIG. 6, curve curve kick region CK is comparatively high foot pressure area when the kick is first趾基Section from the first趾末phalanx DP 1 Bone bottom of the foot an area covering to the bone PP 1 and the first趾中metatarsal ME 1 bone bottom part immediately before. 同様に、図9および図5、図6から分かるように、インステップキックの際に比較的足圧の高い領域であるインステップキック領域IKは、足の第1趾末節骨DP 骨底から第1趾基節骨PP および第1趾中足骨ME 中央部分までを被う領域である。 Similarly, FIG. 9 and FIG. 5, as can be seen from FIG. 6, in step kick region IK is relatively high foot pressure upon instep kick region, the first趾末phalanx DP 1 Bone bottom of the foot is an area which covers the up first趾基phalanx PP 1 and the first趾中metatarsal ME 1 center. カーブキック領域CKは、インステップキックIKよりも内甲側後方部分まで延在している。 Curve kick region CK extend to the medial side rear portion than in step kick IK.

また、無回転シュート領域NRのアッパー材として、相対的に低硬度の軟質ポリウレタンを用い、カーブキック領域CKおよびインステップキック領域IKのアッパー材として、相対的に高硬度の硬質ポリウレタン46を用いたのは、硬度の違いによりキック後のボール回転数が異なる点に着目したためである。 Further, as the upper member of the non-rotating chute area NR, with soft polyurethane of relatively low hardness, as an upper material of the curve kick region CK and instep kick region IK, using relatively high hardness of the hard polyurethane 46 the is because the ball speed after the kick by the difference in hardness was focused on different points.

まず、本願発明者らは、どのような条件下で無回転シュートが発生するのかについて検証するために、一流のサッカープレーヤーに実際に無回転シュートを蹴ってもらい、ボールが置かれたキック地点と、そこから50m離れた到達目標地点との双方の地点で、それぞれ観測者に目視でキック後のボールの軌道を観察させた。 First, the present inventors have found that, in order to examine what kind of nothing rotation chute occurs under conditions, Have actually kicked the non-rotating chute to the first-class soccer players, and kick the point where the ball is placed , in both points the goals a point distant 50m from there, was visually each observer to observe the trajectory of the ball after the kick. そして、双方の観測者が無回転シュートと判断したもののみを無回転シュートと判定した。 Then, only those both observer determines that no rotation chute is determined that no rotation chute. なお、無回転シュートか否かの判定は、蹴り出されたボールが一方向への曲がりがなくかつうねりながら揺れる(ブレる)ような軌道を描いた場合、別の言い方をすれば、ボールの飛翔中にブレるような動きをすることにより予測不能の軌道を描いた場合を「無回転」とした。 Incidentally, the determination whether nonrotating chute, when the ball was kicked drew and shaking while waviness (blurred) such trajectories without bending in one direction, in other words, the ball a case depicting trajectory unpredictable by the motion as blurred during flight was "no rotation".

上述したように、図10Aは、プレーヤーが無回転シュートを11回試行した場合のそれぞれについて、無回転シュートか否かの判定結果を示している。 As described above, FIG. 10A, players each for attempts to free rotation chute 11 times, shows a non-rotating chute whether the determination result. この判定結果から見ると、無回転シュートが得られるボールインパクト直後のボール回転数は最大で111rpmであるが、測定誤差や観測者のばらつき等を考慮して、測定値の有効数字上位二桁を採用することにした。 From this determination result, the ball rotation speed of the ball immediately after impact nonrotating chute is obtained is a 111rpm at maximum, in consideration of such variations in measurement error or observers, a significant digits upper two digits of the measured value It was to be adopted. したがって、無回転シュートが得られるボール回転数は110rpm以下であると判断される。 Thus, the ball rotation speed nonrotating shoots are obtained is determined to be equal to or less than 110 rpm.

なお、図10A中の各種データおよびこれらのデータに関連する図10(a)、(b)についての説明は、上記[課題を解決するため手段]の項ですでに行っているので、ここでの詳細な説明は省略する。 Incidentally, FIG. 10 related to various types of data and their data in FIG. 10A (a), the description of (b), since already made in the section of the [means for solving the problem], where the details of the description thereof will be omitted.

次に、本願発明者らは、プレーヤーがボールを蹴った現象と相関関係の高い斜め衝突試験におけるボール衝突後のボール回転数と、実際に無回転シュートを行った際のボール回転数の上限値である110rpmとの対応関係を検証した。 Then, the present inventors found that the player and the ball speed after the ball collides at high oblique impact test correlated with phenomena kicked the ball, actually nonrotating shoots the ball rotational speed upper limit value when performing the correspondence between the 110rpm was verified it.

斜め衝突試験は、図11に示すように、アッパー材となる素材シートMを人体硬度板HBに張り付けたものを鉄板IBに固定した状態で、サッカーボール発射装置(図示せず)から発射したサッカーボールBを素材シートMに衝突させることにより行う。 Soccer diagonal impact test, as shown in FIG. 11, in which those affixed material sheet M as an upper material to the human body hardness plate HB while fixing the iron plate IB, fired from soccer ball launcher (not shown) It carried out by colliding a ball B to the material sheet M. ここで、人体硬度板とは、人体に相当する硬さを有する厚み10mmの塩化ビニル製の板であって、アスカーのAスケールで60度の硬度を有している。 Here, the human body hardness plate, a plate made of polyvinyl chloride having a thickness of 10mm with a hardness corresponding to a human body, and has a hardness of 60 degrees A scale Asker. 素材シートMと鉄板IBとの間にこのような人体硬度板HBを挿入したのは、実際のキックの際には、アッパーに作用する衝撃力は人体が受けることになるからである。 It was inserted such body hardness plate HB between the material sheet M and iron IB, when the actual kick, the impact force acting on the upper is because so that the body is subjected.

なお、図11中、角度αは、サッカーボール発射装置から発射したサッカーボールBが素材シートMに衝突する際に素材シートMの面となす進入角度であり、角度βは衝突後に素材シートMから跳ね返るサッカーボールBが素材シートMの面となす跳ね返り角度であり、V 、V はそれぞれボールBの衝突速度および跳ね返り速度である。 In FIG. 11, the angle alpha, is a surface and forming the entry angle of the material sheet M in soccer ball B that fired from soccer ball launcher collides with the material sheet M, the angle β from the material sheet M after the collision rebounding soccer ball B is rebound angle between the surface of the material sheet M, V 1, V 2 is the collision velocity and rebound velocity of each ball B. サッカーボールBを素材シートMの面に対して鋭角の角度αの進入角度をもって斜めに衝突させるようにしたのは、進入角度の小さい方が衝突後のボールに回転が生じやすくなるため、素材間の違いが顕著になるようにするためであるが、その一方、進入角度が小さすぎると、衝突時の力の鉛直成分が小さくなって各素材が反発特性を発揮できなくなるため、これら双方を勘案して、αの値を下記のように設定している。 It was so as to collide obliquely with entry angle of acute angle α soccer ball B to the plane of the material sheet M, since the smaller entry angle is likely to occur is rotated in the ball after collision between materials While differences in is so that becomes noticeable, while, when the entry angle is too small, since each material by the vertical component of the force at the time of collision is reduced can not be exhibited rebound property, taking into account both these and, it has set the value of α as follows.

この斜め衝突試験における試験条件は以下のとおりである。 Test conditions in the diagonal impact test is as follows.
=23.0〜25.0m/s V 1 = 23.0~25.0m / s
α=29〜33.0° α = 29~33.0 °
衝突前のボール回転数=0〜25rpm Ball rotation speed of before the collision = 0~25rpm
ボールの空気圧=0.81kg/cm The air pressure of the ball = 0.81kg / cm 2
また、使用したサッカーボールは、アディダス製の2006年ワールドカップモデル・プラス・チームガイストである。 In addition, soccer ball used was a 2006 World Cup model-plus-team Geist made by Adidas.
ここで、V を上記範囲に設定したのは、プロと上級のアマチュア選手のインパクト前の足の平均的な速度に対応させたためである。 Here, the V 1 is set to the above range is for made to correspond to the professional and the average velocity of the impact front foot amateur players advanced.
なお、斜め衝突試験においては、静止した素材シートMに向かってボールBを発射させているが、ボールBの衝突速度V が実際のキック時のボールと足の相対速度に一致していれば、このような斜め衝突試験により、実際のキック時の衝突現象を再現できるものと考えられる。 In the diagonal impact test, thereby delivering a ball B toward the material sheet M stationary but, if consistent with the relative velocity of the ball and the foot of the collision velocity V 1 is actually kick the ball B , such an oblique impact test, is believed to be reproduced collision phenomena during actual kick.

素材シートMとして、硬度38Aの軟質ポリウレタンであるPU40Aおよび天然皮革を用意し、上記斜め衝突試験を行った。 As the material sheet M, prepared PU40A and natural leather which is soft polyurethane of hardness 38A, was subjected to the above-mentioned diagonal impact test. なお、V =24.1m/sのとき、素材シートMに平行な速度成分が20.7m/sで、素材シートMに垂直な速度成分が12.4m/sであった。 Incidentally, when V 1 = 24.1m / s, the velocity component parallel to the material sheet M is at 20.7 m / s, the vertical velocity component to the material sheet M was 12.4 m / s. このとき、ボール衝突後のボール回転数は、それぞれ911.5rpm、1045.5rpmであった。 At this time, ball speed after ball collision, respectively 911.5Rpm, was 1045.5Rpm. その一方、これらと同じ素材をアッパーの上記無回転シュート領域に有するシューズを用いて一般のプレーヤーがサッカーボールを実際にキックした際のキック後のボール回転数は、それぞれ103.1rpm、128.6rpmであった。 Meanwhile, ball speed after kick when the general player has actually kicks a soccer ball with a shoe having the same material as those in the upper of the nonrotating chute area, respectively 103.1rpm, 128.6rpm Met.

同じ素材同士であれば、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数と実際のキック後のボール回転数は、一対一に対応していると考えられる。 If the same material is between, ball speed after the actual kick the ball speed after ball collisions diagonal impact test is considered to be one-to-one correspondence. そこで、図12に示すように、横軸にキック後のボール回転数(rpm)を、縦軸にボール衝突後のボール回転数(rpm)をそれぞれとり、点(103.1,911.5)および点(128.6,1045.5)を図中にプロットした。 Therefore, as shown in FIG. 12, taken ball speed after the kick the horizontal axis (rpm), the vertical axis ball speed after the ball collides with (rpm), respectively, points (103.1,911.5) and point a (128.6,1045.5) was plotted in FIG. そして、これら2つの点を直線状に結んで、直線L'が得られる。 Then, by connecting these two points in a straight line, the straight line L 'is obtained. この直線L'は、一般のプレーヤーが実際にボールをキックした後のボール回転数(rpm)と、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数(rpm)との関係を表すグラフである。 The straight line L 'is generally the player actually ball rotation speed after the kick the ball and (rpm), is a graph showing the relationship between the ball speed after the ball collides (rpm) by an oblique impact test.

ここで、直線L'上において、無回転シュート時のボール回転数の上限値である110rpm(横座標)に対応する縦座標を求めると、947.8rpmになる。 Here, on the straight line L ', when obtaining the ordinate corresponding to 110 rpm (abscissa) is the upper limit of the ball speed during no rotation chute becomes 947.8Rpm. ここでも、有効数字上位二桁を採用することにすると、横座標の110rpmに対応する斜め衝突試験によるボール回転数の換算値は、950rpmになる。 Again, when to employ a significant digits upper two digits, the corresponding value of the ball rotation speed by diagonal impact test corresponding to 110rpm of abscissa, it becomes 950 rpm. したがって、実際のキック後に無回転シュートとなるアッパー材の斜め衝突試験後におけるボール回転数の上限値は950rpmであることが分かった。 Therefore, it was found that the upper limit of the ball rotation speed after the actual kick after diagonal impact test of the upper member comprising a nonrotating chute is 950 rpm.

このことから、着用者の足甲上部の内甲側領域40、とくに足の舟状骨NBから内側楔状骨MCおよび中間楔状骨ICにかけての領域(無回転シュート領域)NRを被うアッパー材としては、当該アッパー材に対してサッカーボールを斜め方向から衝突させる斜め衝突試験を行った際に、反射直後のボール回転数が950rpm以下になっていることが必要である。 Therefore, the wearer's instep top of the medial side region 40, especially as an upper material for covering a region (non-rotating chute area) NR from scaphoid NB legs toward medial cuneiform bone MC and the intermediate cuneiform bone IC , when subjected to oblique impact test impinging soccer ball obliquely to the upper member, the ball rotation speed immediately after the reflection it is necessary that has the following 950 rpm.

このようなアッパー材を無回転シュート領域NRに有するシューズを履き、無回転シュート領域NRでボールを蹴ると、一般のプレーヤーでもキック後のボールのスピン特性をコントロールできるようになって、容易に無回転シュートを蹴ることができるようになる。 Wear shoes having such upper material nonrotating chute area NR, kicking a ball with no rotation chute area NR, it made it possible to control the spin properties of the ball after kick in ordinary players, easily free it is possible to kick a rotating chute.

また、図12より、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数が950rpmを超えるようなアッパー材によりボールをキックすると、カーブキックやインステップキック等の回転系のボールになるということが分かる。 Further, from FIG. 12, when the ball speed after ball collisions diagonal impact test to kick the ball by the upper material exceeding 950 rpm, it can be seen that it enters the rotation system of the ball, such as curves kicks and instep kick. このことから、足甲上部の内甲側領域40の前側領域45、とくに足の第1趾末節骨DP 骨底から第1趾基節骨PP および第1趾中足骨ME にかけての領域(スピンキック領域)を被うアッパー材としては、当該アッパー材に対してサッカーボールを斜め方向から衝突させる斜め衝突試験を行った際に、反射直後のボール回転数が950rpmより高くなっていることが必要である。 Therefore, the instep top of the medial side region 40 front region 45, in particular of over the first趾基phalanx from the first趾末phalanx DP 1 Bone bottom PP 1 and the first趾中metatarsals ME 1 foot the upper member covering the region (spin kick region), when subjected to oblique impact test impinging soccer ball obliquely to the upper member, the ball rotation speed immediately after the reflection is higher than 950rpm It is necessary.

なお、図12中、直線Lは、一流のプレーヤーが実際にボールをキックした後のボール回転数(rpm)と、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数(rpm)との関係を表すグラフである。 In FIG. 12, the straight line L is a graph representing the relationship between the leading players actually ball rotation speed after the kick the ball and (rpm), ball speed after ball collisions diagonal impact test and (rpm) it is. グラフ上の点(100,1044)は、素材シートMとして用意した天然皮革をアッパーの上記無回転シュート領域に有するシューズを用いて一流のプレーヤーが無回転シュートを蹴った際のキック後のボール回転数、および当該天然皮革を用いた斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数との対応を示している。 Point on the graph (100,1044), the ball rotates after kick when the leading player kicked the nonrotating chute with shoes with natural leather that is prepared as a material sheet M to the upper of the continuously rotating chute area number, and it indicates the correspondence between the ball speed after ball collisions diagonal impact test using the natural leather.

ここで、直線Lの傾きを直線L'の傾きよりも大きくしたのは、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数が同じアッパー材であっても、一般のプレーヤーがボールを蹴ればキック後のボール回転数は高くなるが、一流のプレーヤーがボールを蹴ればキック後のボール回転数は低くなる傾向があり、この傾向は、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数が高いアッパー材ほど顕著になるためである。 Here, the gradient of the straight line L is larger than the slope of the straight line L 'also ball speed after ball collisions diagonal impact test is the same upper material, kick after Generally players Kere ball Although the ball rotation speed increases, the ball speed after the kick if leading players Kere the ball tends to be low, the trend is ball speed after ball collisions diagonal impact test higher upper material it is to become remarkable.

さらに、図12から分かるように、一般のプレーヤーが、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数1045.5rpmのアッパー材を有するシューズでボールを蹴った場合には、キック後のボール回転数は128.6rpm(>110rpm)となって、無回転シュートにはならないが、一般のプレーヤーが、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数950rpmのアッパー材を有するシューズでボールを蹴った場合には、キック後のボール回転数は110rpmとなって、無回転シュートになる。 Moreover, as can be seen from FIG. 12, a general player, when kicked ball footwear having an upper material of the ball rotation speed 1045.5rpm after ball collisions diagonal impact test, ball speed after kick 128.6rpm become a (> 110rpm), in the case but not in the non-rotating chute, generally players, kicked the ball in the shoes with the upper material of the ball rotation speed 950rpm after the ball collision due to an oblique collision test , ball speed after the kick is made with 110rpm, become non-rotating chute.

次に、各種素材シートMのアスカーAスケールでの硬度(A硬度)と、これらの素材シートMを用いた斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数との関係が上述の表1に示されている。 Next, a hardness (A hardness) of the Asker A scale of various materials sheet M, the relationship between the ball speed after ball collisions diagonal impact test using these materials sheets M are shown in Table 1 above ing. また、横軸にA硬度、縦軸にボール回転数をとり、表1中のデータをプロットするとともに、これらのデータの相関関係を1次関数のグラフにしたものを図13に示す。 Also, A hardness on the horizontal axis, taking the ball rotational speed on the vertical axis, while plotted data in Table 1 shows that the correlation of these data in the graph of a linear function in Figure 13.

図13中のグラフの方程式は、横座標をx、縦座標をyとするとき、 Equation of the graph in FIG. 13, when the abscissa x, the ordinate and y,
y=5.359x+697.2 y = 5.359x + 697.2
と表すことができる。 It can be expressed as. ここで、y=950を代入すると、 Here, substituting y = 950,
x=47.17≒47 x = 47.17 ≒ 47
を得る。 Obtained.

これにより、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数950rpmに対応するA硬度は、47度であることが分かった。 Thus, A hardness corresponding to the ball rotational speed 950rpm after ball collisions diagonal impact test was found to be 47 degrees. なお、測定誤差のばらつき等を考慮した結果、A硬度の上限値として50度を採用することにした。 As a result of consideration of variations in measurement errors, and to adopt the 50 ° as the upper limit of A hardness. また、アッパー材としての耐摩耗性を考慮すると、A硬度の下限値としては30度が好ましい。 In consideration of wear resistance as the upper member, 30 degrees as the lower limit value of the A hardness it is preferred. したがって、アッパー4の無回転シュート領域NRに用いるアッパー材の硬度としては、アスカーAスケールで30〜50Aが好ましいと判断される。 Therefore, the hardness of the upper member for use in non-rotating chute region NR of the upper 4, it is determined that 30~50A preferably Asker A scale.

また、図13のグラフより、硬度の低いものほど斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数が低く、逆に、硬度の高いものほど斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数が高くなることが分かる。 Further, from the graph of FIG. 13, low enough diagonal impact test low ball speed after ball collisions hardness, conversely, the ball speed after ball collisions diagonal impact test as having a high hardness is high It can be seen.

このような事象が生じるのは、低硬度の方が斜め衝突の際にボールとの接触時間が長くなり、その際にボールのスピンを減らす力が長く作用するためであると考えられる。 Such events from occurring, the contact time with the ball during towards the low hardness of the oblique collision is increased, the force to reduce the spin of the ball at that time is considered to be due to long acting.

そこで、アッパー4において、キック後のボール回転数が低いことが要求される無回転シュート領域NRに低硬度の軟質ポリウレタン(好ましくはPU40A:硬度38A )を採用するとともに、キック後に或る程度のボール回転数が要求されるインステップキック領域IRおよびカーブキック領域CKに相対的に高硬度の硬質ポリウレタン(好ましくはPU80A:硬度80A)46を採用したのである。 Therefore, the upper 4, low hardness soft polyurethane (preferably PU40A: Hardness 38A) of the non-rotating chute region NR it ball speed after the kick is low is required with adopting, to some extent after the kick of the ball rigid polyurethane relatively high hardness instep kick region IR speed is required and curved kick region CK (preferably PU80A: hardness 80A) is We chose 46.

また、無回転シュート領域NRには、貯蔵弾性率の低い材料を配設するとともに、インステップキック領域I およびカーブキック領域CKには、相対的に貯蔵弾性率の高い材料を配設するようにしてもよい。 In addition, the non-rotating chute area NR, as well as provided a low storage modulus material, the instep kick region I K and curve kick region CK, to provided having a relatively high storage modulus material it may be. その理由は以下のとおりである。 The reason for this is as follows.

図14は、材料の違いによる貯蔵弾性率E'の違いを示しており、同図中、PU80AはA硬度(アスカーのAスケール)80のポリウレタンを、従来品はA硬度64のポリウレタンを、PU40AはA硬度38のポリウレタンをそれぞれ示している。 Figure 14 shows the difference in storage modulus E 'due to a difference in material, in the figure, PU80A is a polyurethane 80 (A scale Asker) A hardness, the conventional polyurethanes A hardness 64, PU40A respectively show polyurethane a hardness 38. 横軸は材料に加える振動の周波数(Hz)を、縦軸は貯蔵弾性率E'(Pa)を示している。 The horizontal axis of the vibration applied to the material Frequency (Hz), and the vertical axis represents the storage modulus E '(Pa). なお、貯蔵弾性率の測定は、JIS K 7244−4 に規定する非共振強制振動法による引張振動に準拠して行った。 The measurement of the storage modulus was carried out according to the tensile vibration by non-resonant forced vibration method prescribed in JIS K 7244-4.

図14から分かるように、硬度が低いほど、貯蔵弾性率も低くなっている。 As can be seen from FIG. 14, as the hardness is low, it becomes lower storage modulus. このような点に鑑みて、低硬度材料を配置すべき足甲上部の内甲側領域である無回転シュート領域NRに、貯蔵弾性率の低い材料を配置するとともに、足甲上部の内甲側領域よりも高硬度を要求される、当該内甲側領域の前側領域に、貯蔵弾性率の高い材料を配置するようにしたのである。 In view of such a point, the non-rotating chute region NR which is a medial side region of the instep top should be placed low hardness material, with placing a low storage modulus material, the medial side of the foot instep upper requiring high hardness than the region, the front region of the medial side region is had to arrange a high storage modulus material.

ここで、貯蔵弾性率とボール回転数との関係について検証してみる。 Here, we try to verify the relationship between the storage modulus and the ball speed.
いま、硬度の異なる3種類のポリウレタとして、従来品(硬度64A)、PU40A(硬度38A)、PU80A(硬度80A)を用意し、これらを用いて上述の斜め衝突試験を行って、衝突後のボール回転数を測定するとともに、上述のJIS K 7244−4 に準拠した引張振動試験を行って、周波数35Hzでの貯蔵弾性率E'(pa)を測定した。 Now, as the three different polyurethane hardness, conventional (hardness 64A), PU40A (hardness 38A), prepared PU80A (hardness 80A), performing diagonal impact test described above using these, after the collision ball with measuring the rotational speed, and subjected to tensile vibration test according to the aforementioned JIS K 7244-4, it was measured storage modulus E at frequency 35Hz '(pa). これらの測定結果を表2に示したとおりである。 The measurement results are as shown in Table 2. ここで、「35Hz」は、サッカーボールの固有振動数から割り出した周波数である。 Here, "35Hz" is the frequency at which the indexing from the natural frequency of the soccer ball.

次に、横軸にE'(Pa)をとり、縦軸にボール回転数(rpm)をとって、表2中の各測定値をプロットするとともに、これらの測定値の相関関係を1次関数のグラフにしたものを図15に示す。 Next, the horizontal axis E 'take (Pa), the ball rotation speed and the vertical axis represents the (rpm), as well as plotting the measured values ​​in Table 2, the primary function of correlation between these measurements FIG. 15 shows that the graph.

図15中のグラフの方程式は、横座標をx、縦座標をyとするとき、 Equation of the graph in FIG. 15, when the abscissa x, the ordinate and y,
y=2.211E−05x+727.9 y = 2.211E-05x + 727.9
と表すことができる。 It can be expressed as. ここで、y=950を代入すると、 Here, substituting y = 950,
x≒1.0E+07 x ≒ 1.0E + 07
を得る。 Obtained.

このことから、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数950rpmに対応する貯蔵弾性率E'は、1.0E+07(Pa)つまり1.0×10 (Pa)であることが分かった。 Therefore, the storage modulus E corresponding to the ball rotational speed 950rpm after ball collisions diagonal impact test 'was found to be 1.0E + 07 (Pa) that is 1.0 × 10 7 (Pa). したがって、斜め衝突試験によるボール衝突後のボール回転数950rpm以下に対応する貯蔵弾性率E'は1.0×10 (Pa)以下である。 Thus, the storage modulus E for the following ball rotation speed 950rpm after ball collisions diagonal impact test 'is 1.0 × 10 7 (Pa) or less. この基準に適合する材料の一つは、図15よりPU40Aである。 One suitable material for this criterion is PU40A than 15. また、これは、図14において、周波数35Hzにおける貯蔵弾性率E'が1.0×10 (Pa)以下つまり1.0E+07(Pa)以下である材料がPU40Aであることとも一致している。 This also, in Fig. 14, is also consistent with the material storage modulus E at frequency 35 Hz 'is 1.0 × 10 7 (Pa) or less that is 1.0E + 07 (Pa) or less is PU40A.

なお、貯蔵弾性率が低いということは、動的に柔らかいことを意味している。 Incidentally, it is low storage modulus, it means that dynamically soft. したがって、貯蔵弾性率の低い材料を用いて斜め衝突試験を行うと、材料との衝突の際にボールとの接触時間が長くなり、その結果、ボールの跳ね返りの後半で材料がボールの回転を抑えようとする方向にせん断力を作用させるようになると推測される。 Therefore, suppressing Doing diagonal impact test using a low storage modulus material, the contact time of the ball upon impact with the material is increased, as a result, the rotation material of the ball in the second half of the rebound of the ball Yo presumably so exert a shear force in a direction to. これとは逆に、貯蔵弾性率が高い材料においては、材料との斜め衝突の際にボールとの接触時間が短くなり、その結果、ボールの跳ね返りの後半でボールの回転を抑えるせん断力の作用も弱くなって、衝突後のボール回転数も低くならないと考えられる。 Conversely, in the storage elastic material having a high contact time with the ball during oblique impact of the material is shortened, resulting in the action of the shearing force to suppress the rotation of the ball in the second half of the rebound of the ball It is weakened, ball speed after collision is also considered not to be lower.

このような観点から、本実施例においては、足甲上部の内甲側領域40の貯蔵弾性率が、35Hzの振動を与えたときに1.0×10 (Pa)以下の値となり、かつ内甲側領域40の前方の前側領域45の貯蔵弾性率が、35Hzの振動を与えたときに1.0×10 (Pa)より大きな値となるようにしたのである。 From this viewpoint, in the present embodiment, the storage modulus of the instep top of the medial side region 40 becomes a 1.0 × 10 7 (Pa) The following values when given vibrations 35 Hz, and the storage modulus of the front of the front region 45 of the medial side region 40 is than was set to be greater than 1.0 × 10 7 (Pa) when given vibrations 35 Hz.

次に、貯蔵弾性率とボール接触時間との関係について検証した。 It was then examined the relationship between the storage modulus and the ball contact time.
上述した3種類のポリウレタン(従来品、PU40A、PU80A)を用いて斜め衝突試験を行った際に、ボールが各素材シートと接触する接触時間(つまり接触開始直後から離れる直前までの時間)を測定した。 Above 3 kinds of polyurethane (conventional, PU40A, PU80A) when subjected to oblique impact test using a measuring contact time the ball is in contact with the material sheet (that is, the time just before leaving from immediately after the start of contact) did. 試験は、各素材シートについて8回ずつ行い、測定された接触時間の平均値を求めた。 Test was performed eight times for each material sheet, to obtain an average value of the measured contact time. 測定結果を表3に示す。 The measurement results are shown in Table 3.

表3には、従来品の接触時間を100としたときのPU40AおよびPU80Aの相対的接触時間の値が示されている。 Table 3, PU40A and values ​​of the relative contact times of PU80A is shown when the contact time of the conventional product is 100. さらに、それぞれの素材の貯蔵弾性率E'についても同様に記載されている。 Moreover, it is the same applies for each of the materials of the storage modulus E '.

次に、横軸に接触時間(%)をとり、縦軸にE'(Pa)をとって、表3中の各測定値をプロットするとともに、これらの測定値の相関関係を1次関数のグラフにしたものを図16に示す。 Next, the horizontal axis contact time take (%), the vertical axis E 'of (Pa), as well as plotting the measured values ​​in Table 3, the primary function the correlation between these measurements those graphed shown in FIG. 同図より、貯蔵弾性率が低いほど、ボールの接触時間も短いことが検証された。 From the figure, the lower the storage modulus, it has been verified shorter contact time of the ball.

次に、内甲側領域40の軟質ポリウレタンのパネルトップ面40Aの幅(つまり、図4においてスリット41と貫通孔42で挟まれたパネルトップ面40Aの長さ)である意匠幅を2mm以上に設定したのは、以下の理由による。 Then, the width of the medial side region 40 flexible polyurethane panel top surface 40A (i.e., the length of the sandwiched panel top surface 40A in the slit 41 and the through-hole 42 in FIG. 4) to a is design width than 2mm of the set for the following reason.

いま、図17に示すように、意匠幅t(mm)の突条部を1.0(mm)間隔で複数個配置してなるポリウレタンPU40A製のパネルPと直径220(mm)のボールBのモデルを作成し、ボールBを実際にパネルPに衝突させる場合と同じ条件でミュレーション実験を行って、FEM解析により衝突後のボール回転数を求めた。 Now, as shown in FIG. 17, the design width t (mm) of the ridge to 1.0 (mm) formed by a plurality of spaced polyurethane PU40A steel panel P and the diameter 220 of the ball B in (mm) create a model, performing simulation experiments under the same conditions as for actually collide with the panel P of the ball B, was determined ball speed after collision by FEM analysis.

このシミュレーション実験においては、意匠幅tを1.0(mm)〜5.0(mm)まで1(mm)きざみで変化させ、それぞれについて衝突後のボール回転数を算出した。 In this simulation experiment, the design width t is varied in 1 (mm) increments to 1.0 (mm) ~5.0 (mm), was calculated ball speed after collision for each. その結果を表4に示す。 The results are shown in Table 4. 同表には、意匠幅が1.0(mm)のときのボール回転数の値を100としたときの他の意匠幅におけるボール回転数の相対値が併せて記載されている。 The same table, the relative value of the ball speed for other design width is described in conjunction when the design width has a value of ball rotation speed when the 1.0 (mm) and 100.

横軸に意匠幅t(mm)をとり、縦軸にボール回転数(%)をとって、表4の結果をグラフ化したものが図18に示されている。 Taking a design width t (mm) on the horizontal axis and the vertical axis represents the ball spin rate (%), a graph of the results of Table 4 is shown in Figure 18. 同図から分かるように、意匠幅が1(mm)のものと2(mm)以上のものとでは、ボール回転数の値が大きく異なっており、意匠幅が2(mm)以上になると、ボール回転数が大幅に減少している。 As can be seen, what design width 1 (mm) and in that of 2 (mm) or more, the value of the ball speed is greatly different, the design width is 2 (mm) or more, the ball rotational speed has decreased significantly. このことから、本実施例の内甲側領域40の軟質ポリウレタンのパネルトップ面40Aの幅を2(mm)以上としたのである。 Therefore, it is the width of the panel top surface 40A of the soft polyurethane of the medial side region 40 of the present embodiment was a 2 (mm) or more.

なお、上述のシミュレーション実験においては、使用したパネルPの総厚みDは1〜2(mm)であるが、ベースPbの厚みに関しては、これを変えても、図18に示した各意匠幅における各ボール回転数の値は増減するものの、各ボール回転数の相関関係(つまり大小関係)は変わらないことが確認された。 In the above-mentioned simulation experiment, the total thickness D of the panels P used but is 1 to 2 (mm), with respect to the thickness of the base Pb, be changed this, in each design width shown in FIG. 18 although the value of each ball rotation speed increases or decreases, the correlation (i.e. the magnitude relationship) of each ball rotation speed that does not change is confirmed.

このように本実施例によれば、着用者の足甲上部の内甲側領域を被うアッパー材を、当該アッパー材に対してサッカーボールを斜め方向から衝突させる斜め衝突試験を行った際に、反射直後のボール回転数が950rpm以下になるような材料から構成するようにしたので、キック後のボールのスピン特性をコントロールでき、一般のプレーヤーでも簡単に無回転シュートを蹴ることができるようになる。 According to this embodiment, the upper member covering the medial side region of the foot instep top of the wearer when subjected to oblique impact test impinging soccer ball obliquely to the upper member since the ball rotation speed immediately after the reflection was configured from a material such as equal to or less than 950 rpm, you can control the spin properties of the ball after the kick, even simply a general player to be able to kick a non-rotating chute Become.

また、本実施例によれば、着用者の足甲上部の内甲側領域を被うアッパー材を、35Hzの振動を与えたときに貯蔵弾性率が1.0×10 (Pa)以下の値となるような材料から構成するようにしたので、キック後のボールのスピン特性をコントロールでき、一般のプレーヤーでも簡単に無回転シュートを蹴ることができるようになる。 Further, according to this embodiment, the upper member covering the medial side region of the foot instep top of the wearer, the storage modulus 1.0 × 10 7 (Pa) below when given vibrations 35Hz since so as to constitute a material such as a value, can control the spin properties of the ball after the kick, it is possible to also kicking easily nonrotating chute general player.

しかも、本実施例によれば、着用者の足甲上部の内甲側領域を被うアッパー材を、当該アッパー材に対してサッカーボールを斜め方向から衝突させる斜め衝突試験を行った際に、反射直後のボール回転数が950rpmより高くなるような材料から構成するようにしたので、または、着用者の足甲上部の内甲側領域の前側領域を被うアッパー材を、35Hzの振動を与えたときに貯蔵弾性率が1.0×10 (Pa)より大きな値となるような材料から構成するようにしたので、一般のプレーヤーでもカーブキックやインステップキック等のスピンシュートと無回転シュートとを簡単に蹴り分けることができるようになる。 Moreover, according to this embodiment, the upper member covering the medial side region of the foot instep top of the wearer when subjected to oblique impact test impinging soccer ball obliquely to the upper member, since the ball rotation speed immediately after the reflection was configured from a material such as higher than 950 rpm, or, the upper member covering the front region of the medial side region of the foot instep top of the wearer, applying vibration of 35Hz spin shoots and nonrotating chute because storage modulus was configured from a material such as a larger value than 1.0 × 10 7 (Pa), such as a curve kicks and instep kick in ordinary players when the It will be able to be divided easy to kick the door.

さらに、本実施例によれば、足甲上部の内甲側領域40を被うアッパー材としての軟質ポリウレタン41の下面41aが当該窓孔状刳り貫き部分4aにおいて表材4Aの内部に沈み込んでいることで(図4参照)、当該アッパー材が表材4Aから外側に過度に突出するのを抑制しつつ、当該アッパー材として或る程度の厚みを確保できるとともに、当該アッパー材の剥離を防止できる。 Further, according to this embodiment, at the portion 4a underside 41a is hollow the window hole-shaped soft polyurethane 41 as upper material for covering the instep top of the medial side region 40 sinks within the table member 4A in being (see FIG. 4), while the upper member is suppressed from protruding excessively outside the surface material 4A, it is possible to ensure a certain degree of thickness as the upper material, preventing separation of the upper member it can. また、アッパー材が、足甲上部の内甲側領域40の周囲の表材4Aから突出して設けられていることで、当該アッパー材の表材4Aからの突出量を調整することにより、無回転シュート時の足に対する衝撃を緩和できる。 Further, the upper material, that is provided to protrude from the table material 4A around the instep top of the medial side region 40, by adjusting the amount of projection of the table member 4A of the upper member, no rotation the impact can be a relief to the foot at the time of shoot.

同様に、足甲上部の内甲側領域40の前側領域45を被うアッパー材としての硬質ポリウレタン46の下面が表材4Aの窓孔状刳り貫き部分4a'において表材4Aの内部に沈み込んでいることで、当該アッパー材が表材4Aから外側に過度に突出するのを抑制しつつ、当該アッパー材として或る程度の厚みを確保できるとともに、当該アッパー材の剥離を防止できる。 Similarly, the lower surface of the rigid polyurethane 46 as upper material for covering a front region 45 of the instep top of the medial side region 40 sinks within the table member 4A at the portion 4a 'hollow window hole-shaped surface material 4A by Dale, while suppressing the said upper member protrudes excessively outward from the table member 4A, it is possible to ensure a certain degree of thickness as the upper material, it can prevent separation of the upper member. また、アッパー材が、その周囲の表材4Aから突出して設けられていることで、当該アッパー材の表材4Aからの突出量を調整することにより、カーブキックやインステップキックの際の足に対する衝撃を緩和できる。 Further, the upper material, that is provided to protrude from the table material 4A of the surrounding by adjusting the amount of projection of the table member 4A of the upper member, against the foot during curves kicks and instep kick the impact can be a relief.

次に、図19ないし図23は、本発明の他の実施例によるサッカーシューズを示している。 Next, FIGS. 19 to 23 shows a soccer shoe according to another embodiment of the present invention. なお、これらの図において、前記実施例の図1ないし図4と同一符号は同一または相当部分を示している。 In these figures, the same reference numerals as FIGS. 1 to 4 of the embodiments indicate identical or functionally similar elements.

図19ないし図21に示すように、このサッカーシューズ1'は、アッパー4の足甲上部の内甲側に配置された内甲側領域40'と、その前方に配置された前側領域45とを有している。 As shown in FIGS. 19 through 21, the soccer shoe 1 ', among the instep side region 40 provided at the inner back side of the instep top of the upper 4' and, a front region 45 which is disposed in front It has. 内甲側領域40'は、前記実施例の内甲側領域40と同様に、無回転シュートを蹴るための領域であって、実質的にシューズ前後方向に延びているが、この例では、扇状の領域である。 The medial side region 40 ', similar to the medial side region 40 of the embodiment, an area for kicking the nonrotating chute, but extends substantially footwear longitudinal direction, in this example, fan which is the area. 内甲側領域40'は、前記実施例の内甲側領域40と同様に、着用者の足の舟状骨NBから内側楔状骨MCおよび中間楔状骨ICにかけての領域に延在している(図5、図6の骨格図参照)。 The medial side region 40 ', similar to the medial side region 40 of the embodiment, extends from the navicular NB in ​​the region of the over the medial cuneiform bone MC and the intermediate cuneiform bone IC of the wearer's foot ( 5, reference skeleton diagram of FIG. 6).

内甲側領域40'は、上述した斜め衝突試験を行った際に、反射直後のボール回転数が950(rpm)以下になるような材料から構成されている。 The medial side region 40 'when subjected to oblique impact test described above, the ball rotation speed immediately after the reflection is made of a material such that 950 (rpm) or less. あるいは、内甲側領域40'は、35Hzの振動を与えたときに貯蔵弾性率が1.0×10 (Pa)以下の値になるような材料から構成されている。 Alternatively, the medial side region 40 'is made from a material such as storage modulus is a value of 1.0 × 10 7 (Pa) or less when given vibrations 35 Hz. このような材料としては、アスカーのAスケールで硬度50度以下、好ましくは30〜50度の例えば軟質ポリウレタンが用いられている。 As such a material, the following hardness of 50 degrees A scale Asker, preferably used is 30 to 50 degrees, for example soft polyurethane.

内甲側領域40'の軟質ポリウレタンは、パネルパーツ拡大図である図22およびそのXXIII-XXIII線断面である図23に示すように、アッパー表材4Aを窓孔状に刳り貫いて形成された刳り貫き部分4a内において、アッパー裏材4Bの上に配置された内装材4Cの上に設けられている。 Soft polyurethane of the medial side region 40 ', as shown in FIG. 23 is a diagram 22 and line XXIII-XXIII cross-section that is the panel part enlarged view, formed by hollowed Upper table member 4A to the window hole shape in the hollow inside portion 4a, it is provided on the interior material 4C disposed on the upper backing 4B. 内甲側領域40'の軟質ポリウレタンは、内甲側領域40'の扇形状に沿って内部に断続的に延びる長孔状の複数の貫通孔42'と、内甲側領域40'の中央から十字方向に延びる溝部41'とを有している。 The medial side region 40 'soft polyurethane of, the medial side region 40' 'and, the medial side region 40' a plurality of through holes 42 elongated shape that extends intermittently inside along the fan shape from the center of and a groove portion 41 'extending in the cross direction.

内甲側領域40'の軟質ポリウレタンの上面(パネルトップ面)40A'は、その周囲の表材4Aから上方に突出して設けられている。 'Upper surface of the soft polyurethane (panel top surface) 40A' the medial side region 40 is provided to protrude from the surface material 4A the surrounding upwards. 別の言い方をすれば、内甲側領域40'の軟質ポリウレタンのパネルトップ面40Aは、実質的にシューズ前後方向に延びかつ周囲のアッパー領域から上方に突出する複数本の突条部を有している。 In other words, the panel top surface 40A of the soft polyurethane of the medial side region 40 'extends substantially in the shoe longitudinal direction and has a protruding portion of the plurality of projecting from the periphery of the upper area above ing.

内甲側領域40'の軟質ポリウレタンのパネルトップ面40A'の幅(つまり、図23において隣り合う各貫通孔42'で挟まれた、または貫通孔42'と溝部41'との間で挟まれたパネルトップ面40A 'の長さ)である意匠幅は、前記実施例と同様に、好ましくは2mm以上に設定されている。 The medial side region 40 width of 'soft polyurethane panel top surface 40A' of (i.e., sandwiched between the 'sandwiched, or through holes 42 in' the groove 41 'through holes 42 adjacent to each other in FIG. 23 design width is the length of the panel top surface 40A '), similar to the embodiment, which is preferably set to at least 2 mm. また、軟質ポリウレタンに複数の溝部41'や貫通孔42'を形成することにより、内甲側領域40'を軽量化できるばかりでなく、内甲側領域40'を着用者の足甲上部の形状に容易に沿わせることができるようになる。 Further, by forming a plurality of grooves 41 'and the through-hole 42' in flexible polyurethane, the medial side region 40 'not only can reduce the weight of the inner instep side region 40' of the wearer's foot instep top shape it is possible to easily along the.

一方、足甲上部の内甲側領域40'の前方の前側領域45は、カーブキックやインステップキック等のスピンキックを蹴るための領域であって、前記実施例と同様に、着用者の足の第1趾中足骨ME から第1趾基節骨PP にかけての領域である。 On the other hand, the front of the front region 45 of the instep top of the medial side region 40 'is an area for kicking spin kick such curves kicks and instep kick, as in the example, the wearer's foot from the first趾中leg bone ME 1 of which is an area of over the first趾基phalanx PP 1.

前側領域45は、上述した斜め衝突試験を行った際に、反射直後のボール回転数が950(rpm)より高くなるような材料から構成されている。 Front region 45, when subjected to oblique impact test described above, the ball rotation speed immediately after the reflection is made of a material such as higher than 950 (rpm). あるいは、前側領域45は、35Hzの振動を与えたときに貯蔵弾性率が1.0×10 (Pa)より大きな値になるような材料から構成されている。 Alternatively, the front region 45 is composed of a material such as storage modulus is greater than 1.0 × 10 7 (Pa) when given vibrations 35 Hz. このような材料としては、アスカーのAスケールで硬度50度よりも大きな例えば硬質ポリウレタンが用いられている。 Such materials are used a great example rigid polyurethane than the hardness 50 degrees A scale Asker.

前側領域45は、図19ないし図21に示すように、アイランド状に配置された複数個の硬質ポリウレタン46から構成されている。 Front region 45, as shown in FIGS. 19 to 21, and a plurality of rigid polyurethane 46 arranged in an island shape. 各硬質ポリウレタン46は、アッパーの表材を刳り貫いた複数の窓孔状刳り貫き部分4a'に設けられており、各硬質ポリウレタン46の上面は、その周囲の表材から突出している。 Each rigid polyurethane 46 is provided in a portion 4a 'hollow plurality of window holes shape with hollowed table material of the upper, the upper surface of the rigid polyurethane 46 protrudes from the surface material of the surrounding.

この場合においても、前記実施例と同様に、キック後のボールのスピン特性をコントロールでき、一般のプレーヤーでも簡単に無回転シュートを蹴ることができるようになるばかりでなく、一般のプレーヤーでもカーブキックやインステップキック等のスピンシュートと無回転シュートとを簡単に蹴り分けることができるようになる。 In this case, as in the example, you can control the spin properties of the ball after the kick, even simply by the general player not only it is possible to kick a nonrotating shot curves kick in ordinary players and so the spin chute and non-rotating chute such as the instep kick can be divided kick easy.

以上のように、本発明は、フットボールシューズに有用であり、とくサッカーシューズのアッパー構造に適している。 Above, the present invention is useful for a football shoe, are especially suitable for the upper structure of the soccer shoes.

1: サッカーシューズ 1: soccer shoes

4: アッパー 4A: 表材 4B: 裏材 4a、4a': 窓孔状刳り貫き部分 40、40': 内甲側領域 40A、40A': パネルトップ面 45: 前側領域 46: 硬質ポリウレタン(アッパー材) 4: Upper 4A: Table member 4B: backing 4a, 4a ': a window hole shape hollowed portions 40, 40': the medial side region 40A, 40A ': the panel top surface 45: front region 46: hard polyurethane (Upper member )

MC: 内側楔状骨 IC: 中間楔状骨 PP : 第1趾基節骨 ME : 第1趾中足骨 MC: medial cuneiform bone IC: intermediate cuneiform bone PP 1: first趾基phalanx ME 1: first趾中leg bone
NB: 舟状骨 NB: the navicular

特開平8−332101号公報(図1、図4、図7等参照) JP-8-332101 discloses (see Fig. 1, 4, 7, etc.) 特開平9−28412号公報(図1、図4〜図6参照)。 JP-9-28412 discloses (see FIG. 1, FIGS. 4 to 6). 特表2004−520113号公報(図2、図7参照)。 Kohyo 2004-520113 JP (see FIGS. 2 and 7). 特表平10−501725号公報(図1、図2参照)。 Kohyo 10-501725 JP (see FIGS. 1 and 2). 特表2007−509655号公報(明細書の段落[0001]、[0010]参照) Kohyo 2007-509655 JP (specification paragraph [0001], [0010] reference) 特表2001−523499号公報(図1、図3、図4〜図10参照)。 Kohyo 2001-523499 JP (see FIGS. 1, 3, FIGS. 4 to 10).

Claims (10)

  1. フットボールシューズ用アッパー構造において、 In the upper structure for football shoes,
    着用者の足甲上部の内甲側領域において足の舟状骨から内側楔状骨および中間楔状骨にかけての第1の領域を被うアッパー材は、JIS K 7244−4 に規定する非共振強制振動法による引張振動に準拠した試験で35Hzの振動を与えたときの貯蔵弾性率が1.0×10 (Pa)以下の値になるような材料から構成されている、 Upper material in the medial side area of the instep top of the wearer to cover the first region from the navicular bone of the foot toward medial cuneiform bone and the intermediate cuneiform, the non-resonant forced vibration prescribed in JIS K 7244-4 storage modulus when given vibrations 35Hz in test according to the tensile vibration of law is composed of a material such as a value of 1.0 × 10 7 (Pa) or less,
    ことを特徴とするフットボールシューズ用アッパー構造。 Upper structure for football shoes, characterized in that.
  2. 請求項1において、 According to claim 1,
    前記第1の領域の前方の前側領域において着用者の足の第1趾中足骨から第1趾基節骨にかけての第2の領域を被うアッパー材は、前記試験で35Hzの振動を与えたときの貯蔵弾性率が1.0×10 (Pa)より大きな値になるような材料から構成されている、 Upper member for covering the second region of the over the first趾基phalange from the first趾中metatarsals of the wearer's foot in front of the front region of the first region, giving a vibration of 35Hz in the test storage modulus is made of a material such that greater than 1.0 × 10 7 (Pa) when the,
    ことを特徴とするフットボールシューズ用アッパー構造。 Upper structure for football shoes, characterized in that.
  3. フットボールシューズ用アッパー構造において、 In the upper structure for football shoes,
    着用者の足甲上部の内甲側領域において足の舟状骨から内側楔状骨および中間楔状骨にかけての第1の領域を被うアッパー材が、アスカーのAスケールで50度以下の硬度の低い低硬度材料から構成されるとともに、前記第1の領域の前方の前側領域において着用者の足の第1趾中足骨から第1趾基節骨にかけての第2の領域を被うアッパー材が、前記第1の領域を被う前記アッパー材よりも相対的に硬度の高い高硬度材料から構成されている、 Upper material in the medial side area of the instep top of the wearer to cover the first region from the navicular bone of the foot toward medial cuneiform bone and the intermediate cuneiform bone, low 50 degrees or less hardness in A scale of Asker together are composed of low hardness material, the upper member covering the second region of the over the first趾基phalange from the first趾中metatarsals of the wearer's foot in front of the front region of the first region , than the upper member which covers the first region and a relatively high hardness material of high hardness,
    ことを特徴とするフットボールシューズ用アッパー構造。 Upper structure for football shoes, characterized in that.
  4. 請求項3において、 According to claim 3,
    前記低硬度材料の硬度が、アスカーのAスケールで30〜50度である、 Hardness of the low hardness material is 30 to 50 degrees A scale Asker,
    ことを特徴とするフットボールシューズ用アッパー構造。 Upper structure for football shoes, characterized in that.
  5. 請求項3において、 According to claim 3,
    前記低硬度材料が軟質ポリウレタンである、 The low-hardness material is soft polyurethane,
    ことを特徴とするフットボールシューズ用アッパー構造。 Upper structure for football shoes, characterized in that.
  6. 請求項3において、 According to claim 3,
    前記高硬度材料が硬質ポリウレタンである、 The high hardness material is hard polyurethane,
    ことを特徴とするフットボールシューズ用アッパー構造。 Upper structure for football shoes, characterized in that.
  7. 請求項1または3において、 According to claim 1 or 3,
    前記第1の領域が実質的にシューズ前後方向に延びる領域である、 Wherein the first region is a region extending in a substantially shoe longitudinal direction,
    ことを特徴とするフットボールシューズ用アッパー構造。 Upper structure for football shoes, characterized in that.
  8. 請求項1または3において、 According to claim 1 or 3,
    前記第1の領域の前記アッパー材が、実質的にシューズ前後方向に延びる複数本の突条部を有しており、前記各突条部がその周囲のアッパー領域から上方に突出している、 The first region and the upper member of has a plurality of ridges extending substantially shoe longitudinal direction, each projection portion projects upwardly from the upper region of the surrounding,
    ことを特徴とするフットボールシューズ用アッパー構造。 Upper structure for football shoes, characterized in that.
  9. 請求項1または3において、 According to claim 1 or 3,
    当該アッパー構造のアッパーが、シューズの外側に配置される表材と、シューズの内側に配置される裏材とを有するとともに、前記第1の領域に沿って前記表材が窓孔状に刳り貫かれており、前記第1の領域を被う前記アッパー材は、当該窓孔状刳り貫き部分において前記裏材の上に設けられている、 Upper of the upper structure, and table member disposed on the outside of the shoe, which has a backing member disposed on the inner side of the shoe, transmural counterbores in Table material window hole shape along the first region and he, the upper member covering the first region is in the window hole shape hollowed portion provided on the backing,
    ことを特徴とするフットボールシューズ用アッパー構造。 Upper structure for football shoes, characterized in that.
  10. 請求項9において、 According to claim 9,
    前記アッパー材は、前記第1の領域の周囲の前記表材から上方に突出して設けられている、 The upper member is provided to protrude upward from the table material around the first region,
    ことを特徴とするフットボールシューズ用アッパー構造。 Upper structure for football shoes, characterized in that.
JP2010190518A 2009-09-28 2010-08-27 Football shoes for the upper structure Active JP4886922B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2009222917 2009-09-28
JP2009222917 2009-09-28
JP2010190518A JP4886922B2 (en) 2009-09-28 2010-08-27 Football shoes for the upper structure

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010190518A JP4886922B2 (en) 2009-09-28 2010-08-27 Football shoes for the upper structure
EP20100251638 EP2338371A1 (en) 2009-09-28 2010-09-23 Upper structure for a football shoe

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011087916A true JP2011087916A (en) 2011-05-06
JP4886922B2 true JP4886922B2 (en) 2012-02-29

Family

ID=43486876

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010190518A Active JP4886922B2 (en) 2009-09-28 2010-08-27 Football shoes for the upper structure

Country Status (2)

Country Link
EP (1) EP2338371A1 (en)
JP (1) JP4886922B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2016152490A1 (en) * 2015-03-23 2016-09-29 美津濃株式会社 Upper structure for shoe and shoe

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9038288B2 (en) * 2011-09-26 2015-05-26 Nike, Inc. Athletic footwear with ball control portions
US20140130374A1 (en) 2012-11-15 2014-05-15 Nike, Inc Article Of Footwear Incorporating A Knitted Component

Family Cites Families (15)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPS6051207B2 (en) * 1982-11-09 1985-11-13 Matsushita Electric Ind Co Ltd
JPH038147U (en) * 1989-06-09 1991-01-25
US5274743A (en) * 1991-01-31 1993-12-28 Texas Instruments Incorporated Learning system for a neural net of a suitable architecture, physically insertable in the learning process
GB9119784D0 (en) * 1991-09-17 1991-10-30 Design Contruction Ltd Footwear
JPH10501725A (en) 1995-04-18 1998-02-17 アディダス アーゲー Ball contact pads for sports shoes
JPH08332101A (en) 1995-06-06 1996-12-17 Kimio Obana Shoes
JPH0928412A (en) 1995-07-18 1997-02-04 Asics Corp Sports hoses
ES2251788T3 (en) 1997-11-21 2006-05-01 Alan Roy Gerrand Sports shoes.
GB0009429D0 (en) * 2000-04-18 2000-06-07 Davis Iain Football boot
US6523282B1 (en) * 2000-10-10 2003-02-25 Reebok International Ltd. Article of footwear for gripping and kicking a ball
KR20010025630A (en) * 2001-01-12 2001-04-06 이대희 Soccer Shoes Equipped Turning Force Grow Device
JP4641711B2 (en) * 2003-08-13 2011-03-02 花王株式会社 Shock absorbing foam
EP1686869A4 (en) 2003-11-07 2009-01-28 Simon Jeremy Skirrow Improvements in and relating to shoes
US20060174520A1 (en) * 2005-02-08 2006-08-10 Chi-Kung Wu Vamp for a sport shoe
JP2007068818A (en) * 2005-09-08 2007-03-22 Kao Corp Manufacturing method of polyurethane foam for sole

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2016152490A1 (en) * 2015-03-23 2016-09-29 美津濃株式会社 Upper structure for shoe and shoe
JP2016179001A (en) * 2015-03-23 2016-10-13 美津濃株式会社 Shoe upper structure and shoe

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2011087916A (en) 2011-05-06 application
EP2338371A1 (en) 2011-06-29 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4485568A (en) Insole
US7371191B2 (en) Golf club head
US7169059B2 (en) Metal wood club with improved hitting face
US6199303B1 (en) Shoe with stability element
US6708427B2 (en) Sole in the form of a midsole, inner sole or insertable sole for a shoe and a shoe with said sole
US20070022630A1 (en) Arch support insole
US7707748B2 (en) Flexible foot-support structures and products containing such support structures
US4065861A (en) Football punting shoe
US20070084081A1 (en) Article of footwear with a pivoting sole element
US20030131501A1 (en) Torsion management outsoles and shoes including such outsoles
US20100170106A1 (en) Athletic shoe with cushion structures
US20090013561A1 (en) Golf shoe outsole
US7331877B2 (en) Golf club head
US5392537A (en) Footwear with turntable
Nigg et al. Biomechanical aspects of playing surfaces
US3793750A (en) Athletic shoe for artificial turf
EP0496931A1 (en) Covering element particularly applicable to soccer shoes
US4754561A (en) Golf shoe
US2070269A (en) Shoe
US6723004B1 (en) Weight shift training apparatus for golfers
WO2008061023A2 (en) Electronic game that detects and incorporates a user's foot movement
US4617746A (en) Kicking shoe
US20040055183A1 (en) Soccer shoe with improved spinning power and speed
US20090293315A1 (en) Article of footwear with cleated sole assembly
JP2000167089A (en) Golf club head

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20110506

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20110906

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110909

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20111027

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20111201

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20111211

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20141216

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250