JP4680692B2 - Communications system - Google Patents

Communications system

Info

Publication number
JP4680692B2
JP4680692B2 JP2005176065A JP2005176065A JP4680692B2 JP 4680692 B2 JP4680692 B2 JP 4680692B2 JP 2005176065 A JP2005176065 A JP 2005176065A JP 2005176065 A JP2005176065 A JP 2005176065A JP 4680692 B2 JP4680692 B2 JP 4680692B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2005176065A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2006352518A (en )
Inventor
好美 佐藤
廉 大村
潔 小暮
太 納谷
春生 野間
伸一 長村
Original Assignee
株式会社国際電気通信基礎技術研究所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

この発明は、通信システムに関し、特に、ある1つの無線モジュールに近接する無線モジュールを検出可能な通信システムに関するものである。 This invention relates to a communication system, and more particularly, to a detectable communications system wireless module adjacent to a single radio module.

従来、各物体の位置を検知するシステムとしてSPIDERシステムが知られている(非特許文献1)。 Conventionally, SPIDER system is known as a system for detecting the position of each object (non-patent document 1).

このSPIDERシステムは、1台のレシーバと、複数の発信器とからなる。 The SPIDER system consists of a single receiver, a plurality of transmitters. レシーバは、部屋に固定され、複数の発信器は、各物体に取付けられる。 The receiver is fixed in the room, a plurality of transmitters are attached to each object. 複数の発信器の各々は、バッチ形状からなり、電池から電源を得ている。 Each of the plurality of transmitters consists batch shape is obtained the power from the battery. そして、複数の発信器の各々は、自己に固有の識別コードを常に発信し、レシーバは、複数の発信器からの信号を受信し、自己の近くに存在する発信器を検知する。 Each of the plurality of transmitters are always transmits a unique identification code to the self, the receiver receives signals from a plurality of transmitters, detects a transmitter which is present near the self.

また、看護師一人ひとりの行動を自動的に記録し、収集したデータを分析して業務の改善や事故の原因究明に役立てることを目的としたE−ナイチンゲールシステムが知られている(特許文献1)。 In addition, automatically record the behavior of nurses each and every, E- Nightingale system for the purpose has been known that help determine the cause of the improvement and accidents of work to analyze the collected data (Patent Document 1) . このシステムにおいては、建物の部屋および廊下等に固定されたセンサおよび人に取付けられたセンサ等は、看護師の行動に関するデータを計測及び送信し、無線モデムチップを取付けたマイクロコンピュータがセンサからの無線電波を受信して看護師の行動に関するデータを取得する。 In this system, such as sensor mounted in a room and sensors and human fixed to like corridors of the building, measures and transmits the data relating to actions of nurses, microcomputer fitted with wireless modem chip from the sensor by receiving radio waves to obtain data about the behavior of the nurses.
特開2004−157614号公報 JP 2004-157614 JP

しかし、従来のSPIDERシステムにおいては、複数の発信器は、送信機能のみを有し、受信機能を有しないため、発信器単体では近くに存在する他のユニット(発信器とレシーバとからなる)を検知することができないという問題がある。 However, in the conventional SPIDER system, a plurality of transmitters has only the transmission function, because it does not have a reception function, other units in the transmitter itself existing near the (made of a transmitter and receiver) there is a problem that can not be detected.

また、E−ナイチンゲールシステムにおいては、マイクロコンピュータが無線電波を送受信するため、マイクロコンピュータに負担を掛けるという問題がある。 In the E- Nightingale system, since the microcomputer to transmit and receive radio waves, there is a problem that burden to the microcomputer.

そこで、この発明は、かかる問題を解決するためになされたものであり、その目的は、マイクロコンピュータの負担を軽減し、かつ、近接する他のユニットを検知可能な無線モジュールを備える通信システムを提供することである。 Accordingly, the present invention has been made to solve such problems, and its object is to reduce the burden of the microcomputer, and provides a communication system comprising a detectable wireless module other unit adjacent It is to be.

この発明によれば、通信システムは、1つの無線モジュールから一定の距離以内に存在する無線モジュールを検出する通信システムであって、複数の無線モジュールと、複数の端末装置とを備える。 According to the present invention, the communication system comprises a communication system for detecting radio modules present from one radio module within a predetermined distance, and a plurality of radio modules, and a plurality of terminal devices. 複数の無線モジュールは、相互に無線通信可能である。 A plurality of radio modules may wirelessly communicate with each other. 複数の端末装置は、複数の無線モジュールに対応して設けられ、各々が対応する無線モジュールを制御する。 A plurality of terminal devices are provided corresponding to the plurality of radio modules, controls the wireless module, each corresponding. そして、複数の無線モジュールの各々は、他の無線モジュールから無線通信により受信した受信信号の受信信号強度を検出する。 Each of the plurality of radio modules detects a received signal strength of a received signal received by the wireless communication from another wireless module. また、複数の端末装置の各々は、対応する無線モジュールが検出した受信信号強度に基づいて、対応する無線モジュールと他の無線モジュールとの間の距離を検出するとともに、その検出した距離が基準値以下であるとき他の無線モジュールを対応する無線モジュールから一定の距離以内に存在する近接無線モジュールと決定する。 Further, each of the plurality of terminals based on the received signal strength corresponding radio module detects, corresponding detects the distance between the radio module and other wireless modules, the detected distance is a reference value determining a proximity wireless modules present from the wireless module within the predetermined distance corresponding to another wireless module when or less.

好ましくは、複数の端末装置の各々は、検出した距離が一定時間略一定であるとき、他の無線モジュールを近接無線モジュールと決定する。 Preferably, each of the plurality of terminals, when the detected distance is constant time substantially constant, it is determined that the close proximity wireless module other wireless module.

好ましくは、複数の端末装置の各々は、受信信号強度と距離との関係を示すマップを保持しており、受信した受信信号の受信信号強度に対応する距離をマップを参照して抽出し、その抽出した距離を自己と他の無線モジュールとの間の距離として検出する。 Preferably, each of the plurality of terminal devices holds a map showing the relationship between received signal strength and the distance, the distance corresponding to the received signal strength of the received reception signal by referring to a map extracted, the the extracted distance is detected as a distance between the self and the other radio modules.

好ましくは、複数の無線モジュールの各々は、対応する端末装置からの制御に従って近接無線モジュールの存在を問い合わせるための問い合わせ信号を無線通信により周囲へ送信するとともに、問い合わせ信号に対する応答信号を無線通信により他の無線モジュールから受信し、その受信した応答信号の強度を受信信号の受信信号強度として検出する。 Preferably, each of the plurality of wireless modules, an inquiry signal for inquiring the presence of the proximity radio module under the control of the corresponding terminal device transmits to the surroundings by radio communication, the other by wireless communication a response signal to the inquiry signal received from the radio module, it detects the intensity of the response signal that received as a received signal strength of the received signal.

好ましくは、複数の端末装置の各々は、近接無線モジュールと決定された他の無線モジュールのアドレスを対応する無線モジュールから受信すると、近接無線モジュールと決定された他の無線モジュールの持ち主名または設置場所名と距離とアドレスとを相互に対応付け、その対応付けた持ち主名または設置場所名、距離およびアドレスを履歴情報として記憶手段に記憶する。 Preferably, each of the plurality of terminals receives the address of the other wireless modules that are determined and the proximity wireless module from the corresponding radio module, owner name or location of other wireless modules that are determined to proximity wireless module mutually associating a name and distance and the address, and stores the corresponding attached was owner name or location name, the storage means the distance and the address as history information.

好ましくは、複数の端末装置の各々は、複数の無線モジュールの複数のアドレスと、複数の無線モジュールの複数の持ち主名とを対応付けた対応表を保持しており、対応する無線モジュールからアドレスを受信すると、その受信したアドレスに対応する持ち主名または設置場所名を対応表を参照して抽出し、その抽出した持ち主名または設置場所名をアドレスおよび距離に対応付けて履歴情報を作成し、その作成した履歴情報を記憶手段に記憶す。 Preferably, each of the plurality of terminal devices includes a plurality of addresses of the plurality of radio modules, holds a correspondence table which associates a plurality of the owner name of the plurality of wireless modules, the address from the corresponding radio module Upon receipt, the owner name or location name corresponding to the received address extracted by referring to the correspondence table, creating history information in association with the owner name or location name that extracted address and distance, its to storing history information that was created in the storage means.

好ましくは、複数の端末装置の各々は、履歴情報を記憶手段から読み出し、その読み出した履歴情報をサーバへ登録する。 Preferably, each of the plurality of terminal devices reads the history information from the storage means, and registers the history information thus read out to the server.

好ましくは、複数の無線モジュールおよび前記複数の端末装置は、医療機関において用いられる。 Preferably, a plurality of radio modules and the plurality of terminal devices are used in medical institutions.

この発明による通信システムにおいては、複数の無線モジュールの各々は、他の無線モジュールから無線通信により受信した受信信号の受信信号強度を検出し、複数の端末装置の各々は、対応する無線モジュールによって検出された受信信号強度に基づいて、対応する無線モジュールと他の無線モジュールとの間の距離を検出するとともに、その検出した距離が基準値以下であるとき他の無線モジュールを対応する無線モジュールから一定の距離以内に存在する近接無線モジュールと決定する。 In the communication system according to the present invention, each of the plurality of radio modules detects received signal strength of a received signal received by the wireless communication from another wireless modules, each of the plurality of terminal devices, detected by the corresponding radio module based on the received signal strength, corresponding detects the distance between the radio module and other wireless module, a constant from the wireless module corresponding to another wireless module when the distance was the detection is equal to or less than the reference value determining a proximity wireless module that exists within the distance. 即ち、複数の端末装置の各々は、対応する無線モジュールとの間の距離が基準値以下である無線モジュールを近接無線モジュールとして検知する。 That is, each of the plurality of terminal devices detects the wireless module distance is less than the reference value between the corresponding radio module as a proximity wireless module.

従って、この発明によれば、マイクロコンピュータの負担を軽減し、かつ、近接する他の無線モジュールを検知できる。 Therefore, according to the present invention, to reduce the burden of the microcomputer, and can detect another wireless module adjacent.

本発明の実施の形態について図面を参照しながら詳細に説明する。 It will be described in detail with reference to the drawings, embodiments of the present invention. なお、図中同一または相当部分には同一符号を付してその説明は繰返さない。 Incidentally, the description thereof will not be repeated like reference numerals denote the same or corresponding portions in the drawings.

図1は、この発明の実施の形態による通信システムの概略図である。 Figure 1 is a schematic diagram of a communication system according to an embodiment of the present invention. 通信システム100は、複数の無線モジュール11〜14と、組込CPU(Central Processing Unit)21と、PDA(Personal Digital Assistant)22と、複数の端末装置23,24と、サーバ30と、複数のマイクロホン(以下、「マイク」という)31,32とを備える。 Communication system 100 includes a plurality of radio modules 11 to 14, and embedded CPU (Central Processing Unit) 21, a PDA (Personal Digital Assistant) 22, and a plurality of terminal devices 23 and 24, a server 30, a plurality of microphones (hereinafter referred to as "Mike") and a 31 and 32. 通信システム100は、例えば、病院等の医療機関に設置される。 Communication system 100 is installed, for example, in a medical institution such as a hospital.

組込CPU21、PDA22および端末装置23,24は、それぞれ、無線モジュール11〜14に対応して設けられ、対応する無線モジュール11〜14に接続される。 Embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 and 24, respectively provided corresponding to the wireless module 11 to 14 is connected to a corresponding radio module 11-14. 無線モジュール11および組込CPU21は、携帯ユニット20を構成する。 Wireless module 11 and embedded CPU21 constitute a mobile unit 20.

マイク31は、携帯ユニット20の組込CPU21に接続され、マイク32は、PDA22に接続される。 Microphone 31 is connected to the built-CPU21 mobile unit 20, a microphone 32 is connected to the PDA 22. そして、マイク31,32は、操作者によってオンされると、ON信号をそれぞれ組込CPU21およびPDA22へ出力し、操作者によってオフされると、OFF信号をそれぞれ組込CPU21およびPDA22へ出力する。 The microphone 31 and 32, when it is turned on by the operator, and outputs an ON signal to the built-CPU21 and PDA 22, respectively, when it is turned off by the operator, the OFF signal respectively outputted to the built-CPU21 and PDA 22.

医療機関における医者、看護師および技師(例えば、レントゲン写真を撮る技師)等の医療機関で働く人は、携帯ユニット20または無線モジュール12およびPDA22を持ち歩く。 Doctor in medical institutions, nurses and technicians (e.g., a technician taking radiographs) people working in the medical institutions or the like, carrying the portable unit 20 or the wireless module 12 and PDA 22. 従って、無線モジュール11,12は、医療機関で働く人に対応して設けられ、病院等の医療機関内を移動可能である。 Therefore, the wireless module 11, 12 is provided corresponding to the people working in the medical institution is movable in medical institutions such as hospitals.

一方、無線モジュール13,14および端末装置23,24は、病院内の所定の部屋に設置される。 Meanwhile, the wireless module 13, 14 and the terminal device 23 is installed at a predetermined room in a hospital. 従って、無線モジュール13,14は、病院内の所定の部屋に対応して設けられる。 Therefore, the wireless module 13 and 14 are provided corresponding to the predetermined room in a hospital.

携帯ユニット20の組込CPU21およびPDA22は、病院等の医療機関内を移動可能であるため、無線通信によりサーバ30へアクセス可能である。 Embedded CPU21 and PDA22 mobile unit 20 are the movable within a medical institution such as a hospital, it is accessible to the server 30 by wireless communication. また、端末装置23,24は、部屋に設置されているため、常時、ケーブル40に接続されており、ケーブル40を介してサーバ30にアクセス可能である。 The terminal device 23 and 24, because it is installed in the room, always being connected to the cable 40, can access the server 30 via the cable 40.

無線モジュール11〜14の各々は、例えば、Bluetoothモジュールからなり、端末装置23,24の各々は、例えば、ノート型のパーソナルコンピュータからなる。 Each of the wireless module 11 to 14, for example, a Bluetooth module, each of the terminals 23 and 24, for example, a notebook personal computer.

無線モジュール11〜14、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24は、無線通信空間に配置され、無線モジュール11〜14は、無線通信により相互に信号を送受信する。 Wireless module 11-14, embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 is disposed in a wireless communication space, radio module 11-14 transmits and receives another signal by wireless communication.

より具体的には、無線モジュール11〜14の各々は、Bluetooth規格の問い合わせ(Inquiry)状態を利用して問い合わせ信号を周囲へ送信(ブロードキャスト)するとともに、問い合わせ信号に対する応答信号を他の無線モジュールから受信する。 More specifically, each of the wireless modules 11 to 14, transmits to the surroundings a query signal using the query (Inquiry) state of the Bluetooth standard (broadcast), a response signal to the inquiry signal from the other radio modules It received. そして、無線モジュール11〜14の各々は、その受信した応答信号の受信信号強度を検出し、その検出した受信信号強度を自己が接続された組込CPU21、PDA22および端末装置23,24へそれぞれ送信する。 Then, each of the wireless modules 11 to 14, detects the received signal strength of the received response signal, respectively transmit the received signal strength detection built CPU21 which itself is connected, PDA 22 and to the terminal device 23 to.

また、無線モジュール11〜14の各々は、応答信号から他の無線モジュールのアドレスを検出し、その検出したアドレスを自己が接続された組込CPU21、PDA22および端末装置23,24へ送信する。 Further, each of the wireless modules 11 to 14, detects the address of the other wireless modules from the response signal, transmits the address detection to the built-in CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23, 24 which itself is connected.

組込CPU21、PDA22および端末装置23,24の各々は、対応する無線モジュール11〜14から他の無線モジュールのアドレスおよび受信信号強度を受信する。 Each embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 receives the address and the received signal strength of the corresponding other wireless modules from the wireless module 11 to 14. そして、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24の各々は、受信した受信信号強度に基づいて、対応する無線モジュール11〜14と、応答信号を送信した他の無線モジュールとの間の距離を検出するとともに、その検出した距離が基準値以下であるとき、他の無線モジュールを対応する無線モジュール11〜14から一定の距離(例えば、3m)以内に存在する近接無線モジュールと決定する。 Each of the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 based on the received signal strength received, the corresponding radio module 11-14, the distance between the other wireless module that has transmitted the response signal and it detects, the detected distance when it is less than the reference value, a certain distance from the wireless module 11 to 14 corresponding to other wireless modules (e.g., 3m) determines a proximity wireless modules present within.

また、組込CPU21およびPDA22は、それぞれ、マイク31,32からON信号またはOFF信号からなるオン/オフ信号を受ける。 Also, built-CPU21 and PDA22, respectively, receives an ON / OFF signal composed of an ON signal or OFF signal from the microphone 31.

更に、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24の各々は、対応する無線モジュール(無線モジュール11〜14のいずれか)から受信したアドレスに基づいて他の無線モジュールの持ち主名または設置場所を後述する方法によって抽出する。 Furthermore, each of the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 based on the address received from the corresponding wireless module (either wireless module 11 to 14) below the owner name or location of another wireless module It is extracted by how to. そして、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24の各々は、その抽出した持ち主名または設置場所名と、アドレスと、距離と、オン/オフ信号とを相互に対応付け、その対応付けた持ち主名または設置場所名、アドレス、距離およびオン/オフ信号を履歴情報として記憶する。 Owner Each of the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 and 24, and the extracted owner name or location name, address, distance and, on / off signal and the mutually associating and that the corresponding attach storing name or location name, address, the distance and on / off signal as history information.

更に、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24の各々は、記憶装置220に記憶した履歴情報を定期的に読出し、その読出した履歴情報をケーブル40を介してサーバ30へ出力する。 Furthermore, each of the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 periodically reads out the history information stored in the storage unit 220, and outputs the read out record information to the server 30 via the cable 40.

更に、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24の各々は、操作者からの履歴情報の取得要求に応じて、履歴表の出力要求をケーブル40を介してサーバ30へ送信し、履歴表をケーブル40を介してサーバ30から受信する。 Furthermore, each of the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23, 24 in response to the acquisition request of history information from the operator, the output request of the history table is transmitted to the server 30 via the cable 40, the history table via the cable 40 received from the server 30. そして、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24の各々は、その受信した履歴表を表示部(図示せず)に表示する。 Each of the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 displays the history table that the received display unit (not shown).

サーバ30は、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24から受けた履歴情報に基づいて、後述する方法によって履歴表を作成する。 Server 30, based on the embedded CPU 21, PDA 22 and the history information received from the terminal device 23 and 24, to create a history table by the method described below. また、サーバ30は、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24からの履歴表の出力要求に応じて、履歴表をケーブル40を介して組込CPU21、PDA22および端末装置23,24へ送信する。 Further, the server 30, in response to the output request history table from embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 transmits the history table to the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 via the cable 40 .

図2は、図1に示す無線モジュール11および組込CPU21の機能ブロック図である。 Figure 2 is a functional block diagram of a radio module 11 and embedded CPU21 shown in FIG. 無線モジュール11は、プロトコル管理ユニット110と、送信処理ユニット120と、無線ユニット130と、受信処理ユニット140とを含む。 Wireless module 11 includes a protocol management unit 110, a transmission processing unit 120, a radio unit 130, a reception processing unit 140.

プロトコル管理ユニット110は、組込CPU21のマイクロコンピュータ210からの制御に従って、問い合わせ発信指令(Inquiry発信指令)および問い合わせ応答指令(Inquiry Scan指令)を生成して送信処理ユニット120へ出力する。 Protocol management unit 110, under the control of the microcomputer 210 of the built-in CPU 21, and outputs the inquiry transmission command (Inquiry transmission command) and query response command (Inquiry Scan command) generates and the transmission processing unit 120.

また、プロトコル管理ユニット110は、後述するFHSパケットとFHSパケットの受信信号強度RSSIとを受信処理ユニット140から受ける。 The protocol management unit 110 receives the received signal strength RSSI of FHS packets and FHS packets to be described later from the reception processing unit 140. そして、プロトコル管理ユニット110は、その受けたFHSパケットから、FHSパケットを送信した無線モジュール(無線モジュール11〜14のいずれか)のアドレスを検出し、その検出したアドレスと、受信処理ユニット140から受けた受信信号強度RSSIとをマイクロコンピュータ210へ送信する。 The protocol management unit 110, from the received FHS packets, detects the address (either wireless module 11 to 14) wireless module that sent the FHS packet, the address detection, received from the reception processing unit 140 and a received signal strength RSSI is transmitted to the microcomputer 210.

送信処理ユニット120は、プロトコル管理ユニット110からの問い合わせ発信指令に応じて、無線モジュール11の周囲に近接無線モジュールが存在するか否かを問い合わせるための問い合わせ信号(=IQパケット)を順次生成し、その順次生成したIQパケットを無線ユニット130へ出力する。 Transmission processing unit 120, in response to the inquiry transmission command from the protocol management unit 110 sequentially generates an inquiry signal for inquiring whether or not the proximity wireless module around existing wireless module 11 (= IQ packet), and it outputs the IQ packet that sequentially generated to the radio unit 130.

また、送信処理ユニット120は、プロトコル管理ユニット110からの問い合わせ応答指令に応じて、他の無線モジュールから受信した問い合わせ信号(=IQパケット)に対応する応答信号(=FHSパケット)を生成して無線ユニット130へ出力する。 The transmission processing unit 120, in response to the inquiry response command from the protocol management unit 110 generates a response signal in response to the inquiry signal received from another wireless module (= IQ packet) (= FHS packet) Radio and outputs it to the unit 130.

無線ユニット130は、スペクトル拡散によりパケットを送受信する。 Wireless unit 130 transmits and receives packets by spectrum spreading. より具体的には、無線ユニット130は、1600回/秒の速さの周波数ホッピング方式を採用し、情報変調信号(1MHz)を2402〜2481.5MHzの帯域内で79チャネル(1MHz/チャネル)にホッピングさせ、79MHz帯域に拡散変調する。 More specifically, the wireless unit 130 employs a 1600 times / speed of frequency hopping in seconds, the information modulated signal (1 MHz) to 79 channels in the band of 2402~2481.5MHz (1MHz / channel) is hopping, spread-spectrum modulates the 79MHz band. そして、無線ユニット130は、その拡散変調したパケットを送受信する。 The wireless unit 130 transmits and receives the spread modulation packet.

無線ユニット130は、送信処理ユニット120からIQパケットを受けると、その受けたIQパケットを問い合わせホッピングシーケンスに従って周波数ホッピングして送信する。 Wireless unit 130 receives the IQ packet from the transmission processing unit 120, and transmits the frequency hopping in accordance with the inquiry hopping sequence to the received IQ packet. より具体的には、無線ユニット130は、IQパケットを2402〜2481.5MHzの帯域内で32チャネルまたは16チャネルに周波数ホッピングして送信する。 More specifically, the wireless unit 130, and transmits the frequency hopping IQ packet to 32 channels or 16 channels within the band of 2402~2481.5MHz.

また、無線ユニット130は、送信処理ユニット120からFHSパケットを受けると、その受けたFHSパケットを応答シーケンスに従って周波数ホッピングして送信する。 Also, the wireless unit 130 receives the FHS packet from the transmission processing unit 120, and transmits the frequency hopping according to a response sequence of the received FHS packets. より具体的には、無線ユニット130は、FHSパケットを2402〜2481.5MHzの帯域内で32チャネルまたは16チャネルに周波数ホッピングして送信する。 More specifically, the wireless unit 130, and transmits the frequency-hopping the FHS packet to the 32 channels or 16 channels within the band of 2402~2481.5MHz.

更に、無線ユニット130は、他の無線モジュールからIQパケットを受信し、その受信したIQパケットを受信処理ユニット140へ出力する。 Further, the wireless unit 130 receives the IQ packet from another radio module, and outputs the IQ packets the received to the reception processing unit 140.

受信処理ユニット140は、無線ユニット130からIQパケットを受けると、その受けたIQパケットの受信信号強度RSSIを検出する。 The reception processing unit 140 receives the IQ packet from the wireless unit 130, detects the received signal strength RSSI of the received IQ packet. そして、受信処理ユニット140は、IQパケットをスペクトル逆拡散し、そのスペクトル逆拡散後のIQパケットと、検出した受信信号強度RSSIとをプロトコル管理ユニット110へ出力する。 Then, the reception processing unit 140 spectrum despread IQ packet, and outputs the IQ packet after the inverse spectrum spread, and the detected received signal strength RSSI to the protocol management unit 110.

組込CPU21は、マイクロコンピュータ210と、記憶装置220と、表示部230とを含む。 Embedded CPU21 includes a microcomputer 210, a storage device 220, a display unit 230. マイクロコンピュータ210は、問い合わせ発信の開始または中断を行なうように無線モジュール11のプロトコル管理ユニット110を制御するとともに、問い合わせ応答の開始または中断を行なうようプロトコル管理ユニット110を制御する。 The microcomputer 210 controls the protocol management unit 110 of the wireless module 11 to perform the start or interruption of the query originated, and controls the protocol management unit 110 to perform the start or interruption of the query response.

また、マイクロコンピュータ210は、無線モジュール11〜14のアドレスと、無線モジュール11〜14の持ち主名または設置場所名とを対応付けた対応表を保持している。 The microcomputer 210 holds the address of the wireless module 11 to 14, a correspondence table associating the owner name or location name of the wireless module 11 to 14.

更に、マイクロコンピュータ210は、プロトコル管理ユニット110からアドレスおよび受信信号強度RSSIを受信する。 Furthermore, the microcomputer 210 receives the address and the received signal strength RSSI from the protocol management unit 110. そして、マイクロコンピュータ210は、受信信号強度RSSIを受信すると、その受信した受信信号強度RSSIに基づいて、無線モジュール11と他の無線モジュールとの距離を後述する方法によって検出し、その検出した距離が基準値(=3m)以下であるとき、他の無線モジュールを近接無線モジュールと決定する。 Then, the microcomputer 210 receives the received signal strength RSSI, based on the received signal strength RSSI obtained by the received, detected by the methods described below the distance between the wireless module 11 and the other radio modules, the distance which the detected when the reference value (= 3m) or less, it is determined that the close proximity wireless module other wireless module.

なお、マイクロコンピュータ210は、検出した距離が基準値よりも大きいとき、即ち、FHSパケットを送信した無線モジュールを近接無線モジュールと決定しなかったとき、検出した距離を破棄する。 Incidentally, the microcomputer 210, when the detected distance is greater than the reference value, i.e., when not determined a radio module which has transmitted the FHS packet and the proximity wireless module discards the detected distance.

更に、マイクロコンピュータ210は、マイク31からオン/オフ信号を受ける。 Furthermore, the microcomputer 210 receives an ON / OFF signal from the microphone 31.

更に、マイクロコンピュータ210は、検出した距離が基準値以下であると判定すると、その判定の元になった受信信号強度RSSIと共に受信したアドレスに対応する持ち主名または設置場所名を対応表を参照して抽出し、その抽出した持ち主名または設置場所名と、アドレスと、距離と、オン/オフ信号とを相互に対応付ける。 Furthermore, the microcomputer 210, the detected distance is when determined to be equal to or less than the reference value, the owner name or location name corresponding to the address received with the received signal strength RSSI which was the source of the determination by referring to the correspondence table extracted Te, and owner name or location name that extracted associates the address, the distance, the oN / oFF signals to each other. そして、マイクロコンピュータ210は、その対応付けた持ち主名または設置場所名、アドレス、距離およびオン/オフ信号を履歴情報として記憶装置220に記憶する。 Then, the microcomputer 210 stores the corresponding attached was owner name or location name, address, the distance and on / off signal as history information in the storage device 220.

この場合、マイクロコンピュータ210は、プロトコル管理ユニット110からアドレスを受信すれば、その受信したアドレスが既に受信したアドレスと同じであっても、その受信したアドレスと、検出した距離とを履歴情報として記憶装置220へ順次記憶する。 In this case, the microcomputer 210, when receiving an address from the protocol management unit 110, be the same as the address that addresses the received have already received, stored and address the received and the detected distance as a history information sequentially storing the device 220.

更に、マイクロコンピュータ210は、記憶装置220に記憶した履歴情報を定期的に読出し、その読出した履歴情報をケーブル40を介してサーバ30へ送信し、記憶装置220に格納した履歴情報をサーバ30へ登録する。 Furthermore, the microcomputer 210, the history information stored in the storage unit 220 periodically reads and sends the read out record information to the server 30 via the cable 40, the history information stored in the storage device 220 to the server 30 register.

更に、マイクロコンピュータ210は、操作者からの履歴情報の取得要求に応じて、履歴表の出力要求をケーブル40を介してサーバ30へ送信し、履歴表をケーブル40を介してサーバ30から受信する。 Furthermore, the microcomputer 210 in response to the acquisition request of history information from the operator, the output request of the history table is transmitted to the server 30 via the cable 40, receives the history table from the server 30 via the cable 40 . そして、マイクロコンピュータ210は、その受信した履歴表を表示部230に表示する。 Then, the microcomputer 210 displays a history table that the received display unit 230.

記憶装置220は、持ち主名または設置場所名、アドレス、距離およびオン/オフ信号を履歴情報として記憶する。 Storage device 220 stores owner name or location name, address, the distance and on / off signal as history information.

表示部230は、マイクロコンピュータ210がサーバ30から受信した履歴表等の各種の情報を視覚情報として操作者に与える。 Display unit 230, the microcomputer 210 gives the operator a variety of information such as the history table received from the server 30 as visual information.

なお、図1に示す無線モジュール12〜14の各々は、図2に示す無線モジュール11と同じ構成からなり、図1に示すPDA22および端末装置23,24の各々は、図2に示す組込CPU21と同じ構成からなる。 Incidentally, each of the wireless modules 12 to 14 shown in FIG. 1 comprises the same configuration as the wireless module 11 shown in FIG. 2, each of PDA22 and terminals 23 and 24 shown in Figure 1, built CPU21 shown in FIG. 2 the same configuration as that.

そして、PDA22のマイクロコンピュータ210は、組込CPU21のマイクロコンピュータ210と同じように、マイク32からオン/オフ信号を受け、その受けたオン/オフ信号を持ち主名、アドレスおよび距離と対応付けて記憶装置220に記憶する。 Then, the microcomputer 210 of PDA22, like the microcomputer 210 of the embedded CPU 21, receives an ON / OFF signal from the microphone 32, the owner name ON / OFF signal thereof received, in association with the address and distance storage stored in the device 220.

一方、端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、マイクからオン/オフ信号を受けることはなく、設置場所名、アドレスおよび距離を相互に対応付け、その対応付けた設置場所名、アドレスおよび距離を履歴情報として記憶装置220に記憶する。 On the other hand, the microcomputer 210 of the terminal apparatus 23 is not subject to an on / off signal from the microphone, the location name, mutually associates an address and distance, its corresponding attached has location name, the address and the distance stored as history information in the storage device 220.

図3は、図1に示す無線モジュール11と組込CPU21との接続を示す概念図である。 Figure 3 is a conceptual diagram showing the connection between the wireless module 11 and the built-CPU21 shown in FIG. 無線モジュール11は、アンテナ11Aを備え、アンテナ11Aを介して他の無線モジュール12〜14と無線通信を行なう。 Radio module 11 includes an antenna 11A, performs other wireless modules 12-14 and the wireless communication via the antenna 11A.

そして、無線モジュール11は、RS232Cを介して組込CPU21と相互にデータおよび信号をやり取りする。 The radio module 11 exchanges data and signals to and from the embedded CPU21 via the RS232C.

なお、図1に示す無線モジュール12〜14は、図3に示す無線モジュール11および組込CPU21と同じように、RS232Cを介してそれぞれPDA22および端末装置23,24と接続され、PDA22および端末装置23,24とデータおよび信号をやり取りする。 The wireless module 12 to 14 shown in FIG. 1, like the radio module 11 and embedded CPU21 shown in FIG. 3, are connected to each PDA 22 and the terminal device 23 through the RS232C, PDA 22 and the terminal device 23 exchanges 24 and data and signals.

図4は、Bluetooth規格における各種の状態を示す図である。 Figure 4 is a diagram illustrating the various states in the Bluetooth standard. Bluetooth規格には、非接続状態、接続段階、接続状態および低消費電力状態が存在する。 The Bluetooth standard, non-connected state, the connection step, the connection state and the low power consumption state is present. 非接続状態は、スタンバイ状態に当たり、常時、受信による待ち受け時の電力消費を避けるため、Bluetoothクロックのタイミング(1.28秒)ごとに受信状態に入る。 Unconnected hits the standby state, constantly, in order to avoid the power consumption during the waiting time by receiving, enters the receiving state for each Bluetooth clock timing (1.28 seconds). この場合、受信状態における消費電流は、約30μAである。 In this case, current consumption in the reception state is about 30 .mu.A.

接続段階は、問い合わせ(Inquiry)状態と呼び出し(Page)状態とからなる。 Connection phase consists of a query and (Inquiry) state call the (Page) state. 問い合わせ状態は、マスタが周辺のスレーブを認識するために行なわれる状態である。 Inquiry state is a state which is performed for the master recognizes the surrounding slave. この時点では、まず、各種のアドレスの割り振りがない状態で、接続の可能性を問い合わせている状態に当たる。 At this point, first, in a state allocation absence of various address corresponds to a state in which query the possibility of connection.

呼び出し状態においては、初めてマスタとスレーブの双方がお互いを認識し、この時点でスレーブはアクティブ状態になり、アクティブ・メンバアドレスの割り振りを受ける。 In the call state, recognize each other both the first master and the slave, the slave at this point in the active state, receives the allocation of the active member address.

接続状態は、アクティブ(Active)状態とデータ送信(Data Transmission)状態とからなる。 Connected state, consists of an active (Active) state and data transmission (Data Transmission) state. アクティブ状態およびデータ送信状態は、実際に通信を行なう状態である。 Active state and the data transmission state is a state to perform actual communication.

低消費電力状態は、パーク(Park)状態、ホールド(Hold)状態およびスニフ(Sniff)状態からなる。 Low power state, Park (Park) state, from the hold (Hold) state and sniff (Sniff) state. パーク状態は、周辺機器の認識を行なうものであり、パーク・メンバアドレスの割り振りが行なわれる。 Park state is to perform the recognition of peripheral devices, park members address allocation is performed.

ホールド状態は、待機接続であり、スニフ状態は、トラフィックに関与しない待機状態であり、ホールド状態よりも更に消費電力を抑えている状態である。 Hold state is a standby connection, sniff state is a standby state which is not involved in the traffic, a state in which further less power than the hold state.

このように、Bluetooth規格においては、各種の状態が存在するが、この発明においては、無線モジュール11〜14は、Bluetooth規格の各種の状態のうち、非接続状態と、接続状態の問い合わせ(Inquiry)状態とを用い、近接無線モジュールを検知する。 Thus, in the Bluetooth standard, although various conditions exist, in this invention, the wireless module 11 to 14, among the various states of the Bluetooth standard, and the non-connection state, the connection state inquiry (Inquiry) using the state to detect the proximity wireless module.

図5は、問い合わせ状態を詳細に説明するための概念図である。 Figure 5 is a conceptual diagram for explaining the query condition in detail. 問い合わせ状態は、Inquiry_Scan_Intervalと、Inquiry_Scan_Windowと、Inquiry_Lengthと、Inquiry_Intervalとからなる。 Inquiry state is composed of a Inquiry_Scan_Interval, and Inquiry_Scan_Window, and Inquiry_Length, and Inquiry_Interval.

Inquiry_Scan_Intervalは、問い合わせ応答(Inquiry_Scan)を開始してから、次に問い合わせ応答(Inquiry_Scan)を開始するまでの時間である。 Inquiry_Scan_Interval is, from the start of the inquiry response (Inquiry_Scan), is the next time until the start of the inquiry response (Inquiry_Scan). Inquiry_Scan_Windowは、問い合わせ応答(Inquiry_Scan)の継続時間であり、問い合わせ(Inquiry)を受信できる時間である。 Inquiry_Scan_Window is the duration of the inquiry response (Inquiry_Scan), which is a time that can receive the inquiry (Inquiry).

Inquiry_Lengthは、問い合わせ(Inquiry)が停止するまでに継続できる最大時間である。 Inquiry_Length is the maximum time that an inquiry (Inquiry) can continue to until it stops. Inquiry_Intervalは、問い合わせ(Inquiry)を開始してから、次に問い合わせ(Inquiry)を開始するまでの時間である。 Inquiry_Interval is, from the start of the inquiry (Inquiry), is the next time until the start of the inquiry (Inquiry).

図6は、問い合わせの動作を説明するためのタイミングチャートである。 Figure 6 is a timing chart for explaining the operation of the query. なお、図6においては、無線モジュール11が無線モジュール12〜14へ問い合わせのための信号を送信(ブロードキャスト)し、無線モジュール12,13から問い合わせに対する応答を受信する場合について説明する。 In FIG. 6, the radio module 11 sends a signal for querying the wireless module 12 to 14 and (broadcast), a case of receiving a response to the inquiry from the wireless module 12, 13.

問い合わせ(Inquiry)が開始されると、組込CPU21のマイクロコンピュータ210は、Inquiry発信開始指令をRS232Cを介して無線モジュール11へ送信し、無線モジュール11のプロトコル管理ユニット110は、RS232Cを介してInquiry発信開始指令を受信する。 When the query (Inquiry) is started, the microcomputer 210 of the built-CPU21 transmits to the wireless module 11 through the RS232C an Inquiry transmission start command, the protocol management unit 110 of the radio module 11, via the RS232C Inquiry It receives a transmission start instruction.

そして、プロトコル管理ユニット110は、Inquiry発信開始指令に応じて、Inquiry発信指令を生成して送信処理ユニット120へ出力する。 The protocol management unit 110 in response to Inquiry transmission start command, and outputs it to the transmission processing unit 120 generates an Inquiry transmission command. 送信処理ユニット120は、プロトコル管理ユニット110からのInquiry発信指令に応じて、無線モジュール11に対する近接無線モジュールの存在を問い合わせるための問い合わせ信号(IQパケット)を連続的に生成し、その連続的に生成したIQパケットを無線ユニット130へ順次出力する。 Transmission processing unit 120, in response to Inquiry transmission command from the protocol management unit 110 continuously generates an inquiry signal for inquiring the presence of the proximity radio module (IQ packets) to the wireless module 11, the continuously produced and sequentially outputs the IQ packet to the radio unit 130.

この場合、送信処理ユニット120は、アクセスコード(IAC:Inquiry Access Code)を含むIQパケットを生成する。 In this case, the transmission processing unit 120, access code: generating the IQ packet including the (IAC Inquiry Access Code). IACは、問い合わせアクセスコードであり、一般問い合わせアクセスコード(GIAC:General IAC)と、特定問い合わせアクセスコード(DIAC:Dedicated IAC)とからなる。 IAC is an inquiry access code, the general inquiry access code: and (GIAC General IAC), specific inquiry access code: consisting of a (DIAC Dedicated IAC).

GIACは、全ての無線モジュールに共通のアクセスコードであり、通信範囲に存在する他の無線モジュールを発見するために使用される。 GIAC is a common access code to all of the wireless module, which is used to discover other wireless modules present in the communication range. また、DIACは、特定の無線モジュールのグループに共通のアクセスコードであり、通信範囲に存在するグループメンバーの無線モジュールを発見するために使用される。 Further, DIAC is the common access code to a group of particular wireless module is used to find the group members radio module present in the communication range.

この発明においては、用途に応じてGIACおよびDIACのいずれかを選択して用いる。 In the present invention, it is used to select one of GIAC and DIAC depending on the application. 即ち、医療機関で働いている全ての人の無線モジュールのうち、グループメンバーの無線モジュールを近接無線モジュールの対象とする場合には、DIACをアクセスコードとして用い、医療機関における全ての人の無線モジュールを近接無線モジュールの対象とする場合には、GIACをアクセスコードとして用いる。 That, among all the human wireless module working in hospitals, in the case of the radio module group members subject to the close proximity wireless module uses a DIAC as access code, everyone in the medical institutions wireless module when the target proximity wireless module uses a GIAC as an access code.

従って、送信処理ユニット120は、GIACおよびDIACのいずれか一方をアクセスコードとして含むIQパケットを生成する。 Therefore, the transmission processing unit 120 generates an IQ packet including one of GIAC and DIAC as an access code.

そして、無線ユニット130は、送信処理ユニット120から受けたIQパケットを問い合わせホッピングシーケンス(32チャネルまたは16チャネルホッピング)に従って周波数ホッピングし、その周波数ホッピングしたIQパケットを周囲へブロードキャストする。 Then, the wireless unit 130, an IQ packet received from the transmission processing unit 120 performs frequency hopping in accordance with the inquiry hopping sequence (32 channels or 16 channels hopping) broadcasts an IQ packet that frequency hopping to the surroundings.

この場合、無線ユニット130は、送信処理ユニット120から複数のIQパケットを連続的に受けると、複数のIQパケットを、順次、周波数ホッピングし、その周波数ホッピングした複数のIQパケットを順次送信する。 In this case, the wireless unit 130, when continuously receiving a plurality of IQ packet from the transmission processing unit 120, a plurality of IQ packets, sequentially, and frequency hopping sequentially transmits a plurality of IQ packets that frequency hopping. つまり、無線ユニット130は、IQパケットを周波数f(k),f(k+1),・・・で無線モジュール11の周囲へブロードキャストする(ステップ1参照)。 That is, the wireless unit 130, the IQ packet frequency f (k), f (k + 1), and broadcasts to the surrounding wireless module 11 ... (see step 1).

そして、無線モジュール12が周波数f(k)でIQパケットを受信したとすると、無線モジュール12は、適当なフレーム(乱数0〜1023:RAND)分だけ待機し、同じIQパケットを再度受信してから、問い合わせ信号(IQパケット)に対する応答信号(FHSパケット)を返送する(ステップ2参照)。 When the wireless module 12 is that it has received the IQ packet at a frequency f (k), the wireless module 12, a suitable frame (random 0 to 1023: RAND) Wait an amount corresponding, from the reception of the same IQ packet again and it returns a response signal (FHS packet) to the inquiry signal (IQ packet) (see step 2).

より具体的には、無線モジュール12の無線ユニット130は、無線モジュール11からブロードキャストされたIQパケットを受信し、その受信したIQパケットを受信処理ユニット140へ出力する。 More specifically, the wireless unit 130 of the radio module 12 receives the IQ packet broadcasted from the wireless module 11, and outputs the IQ packets the received to the reception processing unit 140. そして、受信処理ユニット140は、IQパケットをスペクトル逆拡散してプロトコル管理ユニット110へ出力する。 Then, the reception processing unit 140 outputs to the protocol management unit 110 to spectrum despreading the IQ packet.

無線モジュール12のプロトコル管理ユニット110は、受信処理ユニット140から同じIQパケットを再度受けると、応答信号(FHSパケット)を送信するための指令を送信処理ユニット120へ出力する。 Protocol management unit 110 of the wireless module 12 receives from the reception processing unit 140 the same IQ packet again, outputs a command for transmitting a response signal (FHS packet) to the transmission processing unit 120. 無線モジュール12の送信処理ユニット120は、プロトコル管理ユニット110からの指令に応じて、無線モジュール12のアドレスBD_Addressを含むFHSパケットを生成して無線ユニット130へ出力する。 Transmission processing unit 120 of the radio module 12, in accordance with the instruction from the protocol management unit 110, and outputs to the wireless unit 130 generates an FHS packet including an address BD_Address wireless module 12.

そして、無線モジュール12の無線ユニット130は、送信処理ユニット120からのFHSパケットを問い合わせ応答シーケンス(32チャネルまたは16チャネルホッピング)の周波数で周波数ホッピングして送信する。 The wireless unit 130 of the wireless module 12, and transmits the frequency hopping FHS packet from the transmission processing unit 120 at a frequency of query response sequence (32 channels or 16 channels hopping).

なお、無線モジュール12がIQパケットの受信と同時にFHSパケットを送信しないのは、各無線モジュールから送信されるFHSパケットが衝突するのを防止するためである。 Incidentally, the wireless module 12 does not transmit and receive simultaneously FHS packet IQ packet is to FHS packet transmitted from the wireless module is prevented from colliding.

また、無線モジュール13は、周波数f(k+1)で送信された別のIQパケットに対して周波数f(k+1)でFHSパケットを返送することにより、無線モジュール11は、無線モジュール12,13からFHSパケットを受信する(ステップ3参照)。 The radio module 13, by returning the FHS packet with frequency f (k + 1) to another IQ packet transmitted at the frequency f (k + 1), the wireless module 11, FHS packet from the wireless module 12, 13 receiving a (see step 3).

この発明においては、問い合わせ状態の規定時間(Inquiry_IntervalおよびInquiry_Length)と、問い合わせ応答状態の規定時間(Inquiry_Scan_IntervalおよびInquiry_Scan_Window)とをBluetooth規格において推奨されている時間よりも短く設定し、各無線モジュール11〜14は、1秒間に1回程度、近接無線モジュールに関する情報を取得する。 In the present invention, query the state of a specified time and (Inquiry_Interval and Inquiry_Length), inquiry response state of the specified time and (Inquiry_Scan_Interval and Inquiry_Scan_Window) set to be shorter than the time recommended in the Bluetooth standard, the wireless module 11 to 14 It is about once per second, to obtain information about neighboring wireless module.

図7は、受信信号強度と距離との関係を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing the relationship between received signal strength and distance. 図7において、縦軸は、受信信号強度RSSIを表し、横軸は、距離を表す。 7, the vertical axis represents the received signal strength RSSI, the horizontal axis represents the distance.

図7において、曲線k1は、2つの無線モジュール間の受信信号強度RSSIと距離との関係を示す。 7, the curve k1 represents the relationship between the received signal strength RSSI and the distance between two wireless modules. 受信信号強度RSSIは、距離が長くなるに従って低下する。 Received signal strength RSSI, the distance is reduced in accordance with longer. 組込CPU21、PDA22および端末装置23,24の各々のマイクロコンピュータ210は、図7に示す曲線k1をマップとして保持しており、プロトコル管理ユニット110から受信した受信信号強度RSSIに対応する距離をマップ(曲線k1)を参照して抽出し、その抽出した距離が基準値(=3m)以下であるか否かを判定する。 Embedded CPU 21, PDA 22 and each microcomputer 210 of the terminal apparatus 23 and 24, holds a map curve k1 shown in FIG. 7, map the distance corresponding to the received signal strength RSSI received from the protocol management unit 110 and extracted with reference to (curve k1), it determines whether the distance obtained by the extraction is the reference value (= 3m) below.

そして、マイクロコンピュータ210は、抽出した距離が基準値以下であるとき、FHSパケットを送信した無線モジュールを近接無線モジュールと決定する。 The microcomputer 210, when the extracted distance is equal to or less than the reference value, it is determined that the close proximity wireless module wireless module that sent the FHS packet.

このように、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24の各々のマイクロコンピュータ210は、FHSパケットの受信信号強度RSSIに基づいて、FHSパケットを送信した無線モジュールとFHSパケットを受信した無線モジュールとの間の距離を検出し、その検出した距離が基準値以下であるとき、FHSパケットを送信した無線モジュールを近接無線モジュールと決定する。 Thus, embedded CPU 21, PDA 22 and each microcomputer 210 of the terminal device 23 based on the received signal strength RSSI of FHS packet, and a wireless module that receives a radio module and FHS packet that transmitted the FHS packet detecting a distance between the distance that the detected time is less than the reference value, it determines a wireless module that transmits an FHS packet and the proximity wireless module.

なお、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24の各々のマイクロコンピュータ210は、マップ(曲線k1)を参照して抽出した距離が一定時間、略一定である場合に、FHSパケットを送信した無線モジュールを近接無線モジュールと決定するようにしてもよい。 Incidentally, embedded CPU 21, PDA 22 and each microcomputer 210 of the terminal apparatus 23 and 24, maps (curve k1) reference distance extracted by a certain time, when it is substantially constant, a radio that transmitted the FHS packet it may be determined module and the proximity wireless module.

抽出した距離が経時的に変化する場合、「無線モジュール11を携帯している人が、無線モジュール11の近接無線モジュールであると決定された無線モジュール12を携帯する人と単にすれ違った」ということも想定されるため、無線モジュール11を携帯している人が無線モジュール12を携帯する人と確かに話をした場合に無線モジュール12を近接無線モジュールとして決定するために、抽出した距離が一定時間、略一定である場合に、FHSパケットを送信した無線モジュールを近接無線モジュールと決定することにしたものである。 If the extracted distance changes over time, the fact that "person who is carrying the wireless module 11, simply pass each other with a person carrying the radio module 12 was determined to be near the wireless module of the wireless module 11" since also envisaged, in order to determine the wireless module 12 as a near field wireless module when people who are carrying the radio module 11 which is certainly talk with people carrying the wireless module 12, the extracted distance is a predetermined time , when it is substantially constant, is obtained by the determining that the close proximity wireless module wireless module that sent the FHS packet.

図8は、無線モジュールのアドレスと医療機関で働く人の名前(=持ち主名)との対応表を示す図である。 Figure 8 is a diagram showing a correspondence table between names (= owner name) of people working in the address and medical institutions wireless module. 対応表50は、アドレスと名前(=持ち主名または設置場所名)とからなる。 Correspondence table 50 is composed of address and the name (= owner name or location name). アドレスは、無線モジュール11〜14のアドレスBD_Address1〜BD_Address4からなり、名前(=持ち主名または設置場所名)は、医者A、看護師B、病室CおよびナースセンターDからなる。 Address consists of address BD_Address1~BD_Address4 of wireless module 11 to 14, the name (= owner name or location name), consisting of a doctor A, nurse B, hospital room C and nurse Center D.

名前である医者A、看護師B、病室CおよびナースセンターDは、それぞれ、アドレスBD_Address1〜BD_Address4に対応付けられている。 Name a is a doctor A, nurses B, hospital room C and nurse station D, respectively, are associated with the address BD_Address1~BD_Address4. 医者Aは、アドレスBD_Address1を有する無線モジュール11を携帯し、看護師Bは、アドレスBD_Address2を有する無線モジュール12を携帯する。 Doctor A is to the mobile radio module 11 having an address BD_Address1, nurse B will carry a radio module 12 having an address BD_Address2. また、病室Cは、アドレスBD_Address3を有する無線モジュール13が設置され、ナースセンターDは、アドレスBD_Address4を有する無線モジュール14が設置されている。 Moreover, hospital room C is, the wireless module 13 is installed with an address BD_Address3, nurse station D, the radio module 14 having an address BD_Address4 is installed.

従って、対応表50を参照すれば、誰がどの無線モジュールを携帯しているのか、またはどの無線モジュールが何処に設置されているのかを検知できるようになっている。 Thus, referring to the correspondence table 50, who which wireless module whether being mobile, or what wireless module is enabled to detect whether the is installed anywhere.

組込CPU21、PDA22および端末装置23,24の各々のマイクロコンピュータ210は、図8に示す対応表50を保持している。 Embedded CPU 21, PDA 22 and each microcomputer 210 of the terminal device 23 holds the correspondence table 50 shown in FIG.

図9は、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24の各々が保持する履歴表を示す図である。 Figure 9 is a diagram showing a history table each embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23, 24 is maintained. 履歴表60は、時刻と、アドレスと、名前(=持ち主名または設置場所名)と、距離と、自己のマイク31,32のオン/オフ信号とからなる。 History table 60 is composed of a time, and address, the name (= owner name or location name), and the distance, an on / off signal of the self-microphone 31 and 32. そして、時刻、アドレス、名前(=持ち主名または設置場所名)、距離およびオン/オフ信号は、相互に対応付けられている。 Then, time, address, name (= owner name or location name), the distance and on / off signal is correlated to each other.

但し、名前が設置場所名からなるときは、時刻、アドレス、名前および距離が相互に対応付けられ、自己のマイク31,32のオン/オフ信号の欄は、空欄にされる。 However, when the name is composed of location name, time, addresses, names and distances associated with each other, the column of ON / OFF signals of its own microphone 31 and 32 are blank.

時刻は、YYYY/MM/DD/HH/MM/SS/DSの形式からなり、距離が検出された時刻を表す。 The time is, consists of a model of YYYY / MM / DD / HH / MM / SS / DS, distance represents the time that has been detected. なお、時刻の構成要素DSは、10分の1秒のレンジを示す。 Incidentally, components DS of time indicates the range of tenths of a second.

アドレスには、上述した無線モジュール11〜14のアドレスBD_Address1〜BD_Address4が格納される。 The address, the address BD_Address1~BD_Address4 wireless module 11 to 14 described above is stored. 名前(=持ち主名または設置場所名)には、医者A、看護師B、病室CおよびナースセンターD等が格納される。 The name (= owner name or location name), a doctor A, nurse B, hospital room C and nurse center D and the like are stored. 距離には、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210によって抽出された距離のうち、基準値(=3m)以内の距離L1,L2,・・・が格納される。 The distance, built CPU 21, PDA 22 and of the distance extracted by the microcomputer 210 of the terminal device 23, the reference value (= 3m) within the distance L1, L2, · · · are stored. オン/オフ信号には、自己のマイク31,32からのON信号またはOFF信号が格納される。 The ON / OFF signal, ON signal or OFF signal from its own microphone 31 is stored.

組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、対応する無線モジュール11〜14のプロトコル管理ユニット110から受けた受信信号強度RSSI1に基づいて、上述した方法によって距離L1を検出したときの時刻YYYY/MM/DD/HH/MM/SS/DS1をタイマー(図示せず)に基づいて検出する。 Embedded CPU 21, PDA 22 and the microcomputer 210 of the terminal apparatus 23 and 24, corresponding on the basis of the received signal strength RSSI1 received from protocol management unit 110 of the wireless module 11 to 14, when detecting the distance L1 by the above-described method detected on the basis of time YYYY / MM / DD / HH / MM / SS / DS1 of the timer (not shown).

そして、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、プロトコル管理ユニット110から受けたアドレスBD_Address2に対応する名前(看護師B)を対応表50を参照して抽出する。 The embedded CPU 21, PDA 22 and the microcomputer 210 of the terminal apparatus 23 and 24, the name corresponding to the address BD_Address2 received from protocol management unit 110 (nurse B) is extracted by referring to the correspondence table 50.

そうすると、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、時刻YYYY/MM/DD/HH/MM/SS/DS1、アドレスBD_Address1、名前(看護師B)、距離L1およびON信号を対応付け、その対応付けた時刻YYYY/MM/DD/HH/MM/SS/DS1、アドレスBD_Address1、名前(看護師B)、距離L1およびON信号を履歴情報として履歴表60に格納する。 Then, the microcomputer 210 of the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 and 24, the time YYYY / MM / DD / HH / MM / SS / DS1, the address BD_Address1, name (nurse B), the distance L1 and the ON signal correspondence, and stores the corresponding attached time YYYY / MM / DD / HH / MM / SS / DS1, the address BD_Address1, name (nurse B), the distance L1 and the oN signal as the history information in the history table 60.

また、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、対応する無線モジュール11〜14のプロトコル管理ユニット110から受けた受信信号強度RSSI2に基づいて、上述した方法によって距離L2を検出したときの時刻YYYY/MM/DD/HH/MM/SS/DS2をタイマー(図示せず)に基づいて検出する。 The microcomputer 210 of the built-in CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 and 24, corresponding on the basis of the received signal strength RSSI2 received from protocol management unit 110 of the wireless module 11 to 14, detect the distance L2 by the above-described method detected on the basis of time YYYY / MM / DD / HH / MM / SS / DS2 when the timer (not shown).

そして、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、プロトコル管理ユニット110から受けたアドレスBD_Address3に対応する名前(病室C)を対応表50を参照して抽出する。 The embedded CPU 21, PDA 22 and the microcomputer 210 of the terminal apparatus 23 and 24, the name corresponding to the address BD_Address3 received from protocol management unit 110 (hospital room C) extracted by referring to the correspondence table 50.

そうすると、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、時刻YYYY/MM/DD/HH/MM/SS/DS2、アドレスBD_Address3、名前(病室C)および距離L2を対応付け、その対応付けた時刻YYYY/MM/DD/HH/MM/SS/DS2、アドレスBD_Address3、名前(病室C)および距離L2を履歴情報として履歴表60に格納する。 Then, the microcomputer 210 of the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 and 24, the time YYYY / MM / DD / HH / MM / SS / DS2, associates an address BD_Address3, name (hospital room C) and the distance L2, the time correlated with YYYY / MM / DD / HH / MM / SS / DS2, address BD_Address3, stores names (hospital room C) and the distance L2 as history information in the history table 60.

このように、近接無線モジュールが病室Cに設置された無線モジュール13である場合、自己のマイクのオン/オフ信号の欄は、空欄にされる。 Thus, when the close proximity wireless module is a wireless module 13 installed in the sickroom C, the column of ON / OFF signals of its own microphone it is blank.

組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、プロトコル管理ユニット110からアドレスBD_Addressおよび受信信号強度RSSIを受けるごとに上述した動作を繰り返すことにより履歴情報を順次格納して履歴表60を作成する。 Embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal microcomputer 210 of the apparatus 23 and 24, the history table 60 stores history information successively by repeating the above operation from the protocol management unit 110 each receiving an address BD_Address and received signal strength RSSI to create a. そして、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、その作成した履歴表60を記憶装置220に記憶する。 The embedded CPU 21, PDA 22 and the microcomputer 210 of the terminal device 23 stores the history table 60 created that the storage device 220.

そして、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、記憶装置220から履歴表60を定期的に読出し、その読出した履歴表60をケーブル40を介してサーバ30へ送信する。 The embedded CPU 21, PDA 22 and the microcomputer 210 of the terminal device 23 periodically reads out the history table 60 from the storage unit 220, and transmits the read out history table 60 to the server 30 via the cable 40.

サーバ30は、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24から履歴表60を受信すると、各無線モジュール11〜14の履歴を示す履歴表を作成する。 Server 30 receives the history table 60 from the built-in CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23, to create a history table showing a history of each wireless module 11-14.

図10は、サーバ30が作成する履歴表の構成図である。 Figure 10 is a configuration diagram of a history table that the server 30 creates. 履歴表70は、アドレス1,2と、時刻と、マイク31,32のオン/オフ信号とからなる。 History table 70 consists of an address 1, 2, and time, an on / off signal of the microphone 31. アドレス1は、履歴表60をサーバ30へ送信した組込CPU21、PDA22および端末装置23,24に対応する無線モジュール11〜14のアドレスBD_Addressからなる。 Address 1, an address BD_Address wireless module 11 to 14 corresponding history table 60 for embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 that has transmitted to the server 30.

また、アドレス2は、無線モジュール11〜14に近接する近接無線モジュールのアドレスBD_Addressからなる。 The address 2 is an address BD_Address close proximity wireless module in proximity to the wireless module 11 to 14. より具体的には、アドレス2は、サーバ30が組込CPU21、PDA22および端末装置23,24から受信した履歴表60から抽出した近接無線モジュールのアドレスBD_Addressからなる。 More specifically, address 2, the server 30 consists of built-in CPU 21, PDA 22 and address BD_Address proximity wireless module extracted from the history table 60 received from the terminal apparatus 23 and 24.

時刻は、サーバ30が組込CPU21、PDA22および端末装置23,24から受信した履歴表60に含まれる近接無線モジュールの時刻YYYY/MM/DD/HH/MM/SS/DSからなる。 Time, the server 30 consists of built-in CPU 21, PDA 22 and the time YYYY / MM / DD / HH / MM / SS / DS of the proximity radio module included in the history table 60 received from the terminal apparatus 23 and 24.

更に、オン/オフ信号は、サーバ30が組込CPU21およびPDA22から受信した履歴表60に含まれるオン/オフ信号からなり、ON信号またはOFF信号が格納される。 Additionally, on / off signal is made ON / OFF signal included in the history table 60 that the server 30 has received from the built-CPU21 and PDA 22, ON signal or OFF signal is stored.

サーバ30は、無線モジュール11(アドレスBD_Address1)に対応する組込CPU21のマイクロコンピュータ210から図9に示す履歴表60をケーブル40を介して受信する。 Server 30, the history table 60 shown from the microcomputer 210 of the built-CPU21 Figure 9 corresponding to the wireless module 11 (address BD_Address1) received via the cable 40.

そして、サーバ30は、受信した履歴表60に基づいて、無線モジュール11に近接する近接無線モジュールのアドレスBD_Address2,BD_Address3を抽出する。 Then, the server 30, based on the history table 60 to the received address of neighboring wireless module in proximity to the wireless module 11 BD_Address2, extracts the BD_Address3. また、サーバ30は、無線モジュール11に近接する近接無線モジュールとしてアドレスBD_Address2を有する無線モジュール12が検出された時刻t1〜t5と、その時刻t1〜t5におけるマイク31,32のオン/オフ信号とを履歴表60から抽出する。 The server 30 includes a time t1~t5 wireless module 12 is detected with an address BD_Address2 as a proximity wireless module in proximity to the wireless module 11, an ON / OFF signal of the microphone 31 at that time t1~t5 to extract from the history table 60.

更に、サーバ30は、無線モジュール11に近接する近接無線モジュールとしてアドレスBD_Address3を有する無線モジュール13が検出された時刻t4〜t8を履歴表60から抽出する。 Further, the server 30 extracts the time t4~t8 the wireless module 13 is detected with an address BD_Address3 as a proximity wireless module adjacent to the radio module 11 from the history table 60.

そうすると、サーバ30は、抽出したアドレスBD_Address2、時刻t1〜t5および時刻t1〜t5におけるマイク31,32のオン/オフ信号に基づいて無線モジュール11(アドレスBD_Address1)と無線モジュール12(アドレスBD_Address2)との間の履歴情報を履歴表70に格納する。 Then, the server 30 extracts address BD_Address2, microphones 31 and 32 at time t1~t5 and time t1~t5 ON / OFF signal based wireless module 11 (address BD_Address1) with the wireless module 12 (address BD_Address2) store historical information between the history table 70.

また、サーバ30は、抽出したアドレスBD_Address3および時刻t4〜t8に基づいて無線モジュール11(アドレスBD_Address1)と、無線モジュール13(アドレスBD_Address3)との間の履歴情報を履歴表70に格納する。 The server 30 includes a radio module 11 (address BD_Address1) based on the extracted address BD_Address3 and time T4~t8, stores history information between the wireless module 13 (address BD_Address3) in the history table 70.

サーバ30は、PDA22および端末装置23,24から受けた履歴表60に基づいて、上述した動作と同じ動作に従って履歴情報を格納して履歴表70を作成する。 Server 30, based on PDA22 and history table 60 received from the terminal device 23 and 24, to create a history table 70 stores history information according to the same operations as described above.

図11は、近接無線モジュールを検出する動作を説明するためのフローチャートである。 Figure 11 is a flowchart for explaining the operation of detecting the proximity wireless module. 一連の動作が開始されると、各無線モジュール11〜14は、上述した動作に従って問い合わせ信号(IQパケット)をブロードキャストする(ステップS1)。 When a series of operation is started, the wireless module 11-14 broadcasts an inquiry signal (IQ packet) in accordance with the operation described above (step S1). そして、各無線モジュール11〜14は、他の無線モジュールから問い合わせ信号(IQパケット)に対する応答信号(FHSパケット)を一定時間(例えば、600msec)内に受信したか否かを判定する(ステップS2)。 Each radio module 11-14, the response signal (FHS packet) for a predetermined time from the other wireless module to the inquiry signal (IQ packet) (e.g., 600 msec) determines whether it has received in (step S2) . そして、各無線モジュール11〜14が他の無線モジュールから応答信号(FHSパケット)を一定時間内に受信しないとき、一連の動作は終了する。 Then, when each radio module 11-14 does not receive the response signal (FHS packet) within a predetermined time from the other wireless modules, the series of operation ends.

一方、各無線モジュール11〜14は、一定時間内に応答信号(FHSパケット)を受信したと判定すると、応答信号(FHSパケット)の受信信号強度RSSIを検出する(ステップS3)。 On the other hand, the wireless module 11 to 14 has determined that it has received the response signal (FHS packet) within a predetermined time, it detects a received signal strength RSSI of the response signal (FHS packet) (step S3).

また、無線モジュール11〜14は、FHSパケットを送信した無線モジュールのアドレスBD_AddressをFHSパケットから検出する(ステップS4)。 The radio module 11 to 14, detects an address BD_Address wireless module that sent the FHS packet from the FHS packet (step S4).

その後、各無線モジュール11〜14は、その検出した受信信号強度RSSIおよびアドレスBD_Addressを、対応する組込CPU21、PDA22および端末装置23,24へ送信する(ステップS5)。 Thereafter, the radio module 11-14 transmits the detected received signal strength RSSI and address BD_Address, to the corresponding embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 (step S5).

なお、各無線モジュール11〜14は、ステップS2において、一定時間内に複数の他の無線モジュールから複数の応答信号(複数のFHSパケット)を受信したとき、ステップS3において、複数の応答信号(複数のFHSパケット)に対応する複数の受信信号強度RSSIを検出し、ステップS4において、複数の応答信号(複数のFHSパケット)から複数のアドレスB_Addressを検出し、ステップS5において、複数の受信信号強度RSSIおよび複数のアドレスB_Addressを相互に対応付けて、自己が接続された組込CPU21、PDA22および端末装置23,24へ送信する。 Each radio module 11-14, in step S2, when receiving a plurality of response signals from a plurality of other wireless module within a predetermined time (more FHS packets), in step S3, a plurality of response signals (a plurality of detecting a plurality of received signal strength RSSI corresponding to FHS packet), in step S4, it detects a plurality of address B_Address from a plurality of response signals (multiple FHS packets), in step S5, the plurality of received signal strength RSSI and in association with multiple addresses B_Address mutually self sends to the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23, 24 connected.

そして、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、対応する無線モジュール11〜14から受信信号強度RSSIおよびアドレスBD_Addressを受信し、受信信号強度RSSIおよびアドレスBD_Addressを受信したときの時刻を検出する。 Then, the microcomputer 210 of the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 receives the received signal strength RSSI and the address BD_Address from the corresponding radio module 11-14, upon receiving a received signal strength RSSI and address BD_Address time to detect.

また、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、その受信した受信信号強度RSSIに基づいて、FHSパケットを送信した無線モジュールと、対応する無線モジュール(無線モジュール11〜14のいずれか)との間の距離Lをマップ(曲線k1)を参照して検出するとともに(ステップS6)、その検出した距離Lが基準値以下であるか否かを判定する(ステップS7)。 The microcomputer 210 of the built-in CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 based on the received signal strength RSSI obtained by the received, the wireless module transmits an FHS packet, the corresponding radio module (wireless module 11 to 14 any) and the distance L maps (with detection with reference to curve k1) between (step S6), and determines whether the detected distance L is less than the reference value (step S7).

検出した距離Lが基準値以下でないとき、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、検出した距離Lを破棄する(ステップS8)。 When the detected distance L is not less than the reference value, the microcomputer 210 of the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 discards the detected distance L (step S8). その後、一連の動作は、終了する。 Then, a series of operation is terminated.

一方、ステップS7において、検出した距離Lが基準値以下であると判定されると、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、対応する無線モジュール11〜14から受信したアドレスBD_Addressに対応する名前(=持ち主名または設置場所名)を対応表50を参照して抽出する(ステップS9)。 Address other hand, in step S7, the detected distance L is determined to be equal to or less than the reference value, the microcomputer 210 of the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 and 24, received from the corresponding radio module 11-14 name corresponding to BD_Address a (= owner name or location name) extracted by referring to the correspondence table 50 (step S9).

その後、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、時刻、アドレスBD_Address、名前(=持ち主名または設置場所名)、距離Lおよびオン/オフ信号を相互に対応付けた履歴情報を作成するとともに(ステップS10)、その作成した履歴情報からなる履歴表60を作成し、その作成した履歴表60を記憶装置220に記憶する(ステップS11)。 Thereafter, embedded CPU 21, PDA 22 and the microcomputer 210 of the terminal apparatus 23 and 24, time, address BD_Address, name (= owner name or location name), the distance L and the ON / OFF signal history information associated with each other thereby creating (step S10), and creates a history table 60 of the created history information, stores the history table 60 created that the storage device 220 (step S11).

そして、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、履歴情報を記憶装置220から定期的に読出してサーバ30へ送信し(ステップS12)、履歴情報をサーバ30に登録する(ステップS13)。 Then, the microcomputer 210 of the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23 periodically transmits read Te to the server 30 the history information from the storage unit 220 (step S12), and registers the history information to the server 30 ( step S13). そして、サーバ30は、上述した動作によって、履歴表70を作成する(ステップS14)。 Then, the server 30, the operation described above, to create a history table 70 (step S14).

これにより、一連の動作が終了する。 As a result, a series of operations is completed.

なお、図11に示すフローチャートは、常時、実行され、各無線モジュール11〜14は、自己の近接無線モジュールを検出し、履歴表60を作成する。 The flowchart shown in FIG. 11, at all times, is executed, the wireless module 11 to 14, detects its own proximity wireless module, to create a history table 60. 従って、問い合わせ信号(IQパケット)は、任意のタイミングで送信(ブロードキャスト)される。 Accordingly, the inquiry signal (IQ packet) is transmitted at an arbitrary timing (broadcast).

また、上記においては、ステップS2における一定時間は、600msecに設定されると説明したが、この発明においては、これに限らず、一定時間は、一般に数百msecに設定される。 In the above, the predetermined time in step S2, has been described as being set to 600 msec, the present invention is not limited thereto, a certain time is typically set to hundreds msec. 従来のBluetooth規格においては、応答信号(FHSパケット)を受信する一定時間は、1分に設定されるが、この発明のように、一定時間を数百msecに設定することにより、各無線モジュール11〜14は、近接無線モジュールを速く検出できるとともに、問い合わせ信号(IQパケット)を送信する無線モジュールと応答信号(FHSパケット)を受信する無線モジュールとが頻繁に交替することになり、複数の無線モジュールの相互の情報のやり取りを活発化できる。 In conventional Bluetooth standard, a predetermined time to receive a response signal (FHS packet) is set to 1 minute, as in the present invention, by setting the predetermined time to a few hundred msec, the radio module 11 to 14, as well as possible faster detection proximity wireless module, will be a wireless module that receives a radio module and response signal (FHS packet) for transmitting an inquiry signal (IQ packet) is frequently alternating, a plurality of radio modules You can of activation the exchange of mutual information.

次に、サーバ30が作成した履歴表70の活用方法について説明する。 Next, a method utilizing history table 70 that the server 30 has created. 上述したように、サーバ30は、図10に示す履歴表70を作成する。 As described above, the server 30 creates a history table 70 shown in FIG. 10. 無線モジュール11および組込CPU21を携帯する医者Aは、履歴情報の出力要求を組込CPU21に入力し、組込CPU21のマイクロコンピュータ210は、医者Aからの履歴情報の出力要求に応じて、履歴表70の出力要求をサーバ30へ送信する。 Doctor A carrying the wireless module 11 and embedded CPU 21 receives the output request of history information embedded CPU 21, the microcomputer 210 of the embedded CPU 21, in response to the output request of the history information from the doctor A, history the output request table 70 is transmitted to the server 30.

そして、サーバ30は、組込CPU21からの履歴表70の出力要求に応じて、履歴表70をケーブル40を介して組込CPU21へ送信する。 Then, the server 30, in response to the output request history table 70 from the built-in CPU 21, and transmits the history table 70 to the embedded CPU 21 via the cable 40. 組込CPU21は、サーバ30から履歴表70を受信して履歴表70を表示部230に表示する。 Embedded CPU21 displays on the display unit 230 the history table 70 receives the history table 70 from the server 30.

そして、医者Aは、履歴表70を見て、時刻t1〜t5において看護師Bと基準値(=3.0m)以内に接近したこと、および看護師Bが携帯しているPDA22に接続されたマイク32がオンされている時刻t1,t2,t4,t5とマイク32がオフされている時刻t3とを検知する。 Then, the doctor A watches history table 70, a nurse B and the reference value at the time t1 to t5 (= 3.0 m) that has approached within, and nurses B is connected to PDA22 that mobile time t1, t2, t4, t5 and microphone 32 microphone 32 is turned on to detect a time t3 that is turned off.

また、医者Aは、履歴表70を見て、時刻t4〜t8において病室Cに設置された無線モジュール13と基準値(=3.0m)以内に接近したこと、即ち、病室Cに入ったことを検知する。 Further possible, doctors A watches history table 70, the wireless module 13 and the reference value which is installed in a hospital room C at time t4~t8 (= 3.0m) that has approached within, i.e., entering the patient's room C to detect.

その結果、医者Aは、時刻t4,t5において、病室Cにおいて看護師Bと話をしたことを検知する。 As a result, the doctor A is, at time t4, t5, it is detected that spoke with nurses B in the hospital room C.

そうすると、医者Aは、時刻t4,t5において、病室Cにおいて看護師Bと話をしており、患者に薬を投与するときに看護師Bと話をし、看護師Bに薬の投与を確かに指示していることを検知する。 Then, the doctor A is, at time t4, t5, has been talking to nurses B in the hospital room C, to talk to a nurse B when administering the drug to the patient, certainly the administration of the medicine to the nurse B it detects the you are instructed to.

このように、図11に示すフローチャートに従って、各無線モジュール11〜14が自己に近接する近接無線モジュールを検出し、その検出した近接無線モジュールの履歴情報からなる履歴表60を作成し、その作成した履歴表60をサーバ30へ登録することにより、各無線モジュール11,12を携帯する人(医者A等)は、自己の行動履歴をサーバ30を見て検知できるとともに、薬の投与に関し、看護師に指示したことを検知できる。 Thus, according to the flow chart shown in FIG. 11, the wireless module 11 to 14 detects the proximity wireless module adjacent to itself to create a history table 60 made from the history information of the detected proximity wireless module, and its creation by registering the history table 60 to the server 30, the person carrying the respective wireless module 11 (doctor a, etc.), as well as the self-action history can be detected by looking at the server 30 relates the administration of drugs, nurses It can detect that it has been instructed to. その結果、もし、医療ミスが発生しても、その履歴表70を参照することにより、医療ミスの原因を容易に検出できる。 As a result, if, even medical miss occurs, by referring to the history table 70, it can be easily detected cause of medical errors.

上述したように、履歴表70に含まれる履歴情報は、所定のグループに属する人(医者Aおよび看護師B等)の行動履歴を検索するために用いられる。 As described above, history information included in the history table 70 is used to find the behavior history of the person belonging to a predetermined group (doctors A and nurses B, etc.).

このように、近接無線モジュールに関する情報(アドレスBD_Addressおよび距離L)をサーバ30によって一括管理することにより、あるグループのメンバが何時、誰と一緒に行動したかを容易に検知できる。 Thus, by collectively managing information on proximity wireless module (address BD_Address and distance L) by the server 30, members of a group when, with whom can be easily detected whether act together.

また、上述したように、無線モジュール13,14は、病院の部屋に設置されるので、無線モジュール11,12の近接無線モジュールとして無線モジュール13,14が検出されれば、無線モジュール11,12を携帯する医者A等が、無線モジュール13,14が設置された部屋へ行ったことを確認できる。 Further, as described above, the wireless module 13 and 14, because they are installed in a hospital room, if the wireless module 13, 14 is detected as a proximity wireless module of the wireless module 11, a wireless module 11, 12 mobile phone to a doctor a, etc., it can be confirmed that the wireless module 13 and 14 went to the installed room.

つまり、誰(=どの無線モジュール)が、何時、どの場所にいたかを容易に検知できる。 In other words, who (= which wireless module), when, what was in any location can be easily detected.

更に、この発明においては、通信システム100に含まれる無線モジュール11,12を携帯する医者A等以外の者、例えば、事務員がサーバ30の履歴表70を見ることもできる。 Further, in the present invention, a person other than a doctor A and the like to carry a radio module 11 and 12 included in the communication system 100, for example, a clerk can also view history table 70 of the server 30. この場合、事務員は、病院の部屋に設置された端末装置23,24を用いてサーバ30へアクセスし、サーバ30から履歴表70を受信して表示部230に履歴表70を表示する。 In this case, the clerk accesses the server 30 by using the terminal device 23 installed in a hospital room, and displays the history table 70 to the display unit 230 receives the history table 70 from the server 30. そして、事務員は、履歴表70を見る。 Then, clerk, view the history table 70.

これにより、通信システム100を用いる所定のグループ以外の人も、そのグループの構成員の行動を検索できる。 Thus, someone other than the predetermined group using a communication system 100 may also find the behavior of members of the group.

更に、上記においては、通信システム100を医療機関に配置すると説明したが、この発明は、これに限らず、通信システム100は、警察署、工場および消防署等のグループで職務を遂行する機関に設置される。 Further, in the above description, the placing of a communication system 100 in a medical institution, the invention is not limited to this, installation communication system 100, the police station, to perform engine duties in groups such as plants and fire stations It is.

更に、上記においては、受信信号強度RSSIと距離Lとの関係をマップ(曲線k1)として保持すると説明したが、この発明においては、このマップを定期的に更新するようにしてもよい。 Further, in the above description, and holding the relationship between the received signal strength RSSI and the distance L as a map (curve k1), in the present invention, this map may be periodically updated. 電波環境は、時間とともに変化するので、基準値以下の距離に存在する近接無線モジュールを正確に検出するためには、電波環境に適合した受信信号強度RSSIと距離Lとの関係を示すマップを用いる必要があるからである。 Radio wave environment is so changed with time, in order to accurately detect the proximity wireless modules present at a distance below the reference value, using a map showing a relationship between the received signal strength RSSI and the distance L adapted to radio wave environment This is because there is a need.

更に、上記においては、近接無線モジュールであるか否かを判定するときの距離の基準値を3mとしたが、この発明においては、これに限らず、距離の基準値は、3m以外の数値であってもよい。 Further, in the above, the reference value of the distance when determining whether a proximity wireless module was 3m, the present invention is not limited thereto, the reference value of the distance is a numerical value other than 3m it may be.

更に、上記においては、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、受信信号強度RSSIと距離Lとの関係を示すマップ(曲線k1)を参照して、各受信信号強度RSSIに対応する距離Lを検出すると説明したが、この発明においては、これに限らず、組込CPU21、PDA22および端末装置23,24のマイクロコンピュータ210は、次の式によって距離Lを検出してもよい。 Further, in the above, embedded CPU 21, PDA 22 and the microcomputer 210 of the terminal device 23 refers to the map (curve k1) showing the relationship between the received signal strength RSSI and the distance L, and the received signal strength RSSI it is described that detects a distance L corresponding to, the present invention is not limited thereto, the microcomputer 210 of the embedded CPU 21, PDA 22 and the terminal device 23, 24 also detect the distance L by the following equation good.

=P [D {λ/(4πr )}+D {λ/(4πr )}Γexp[−j{k(r −r )+φ}]]2・・・(1) P r = P t G t G r [D d {λ / (4πr d)} + D r {λ / (4πr r)} Γexp [-j {k (r d -r r) + φ}]] 2 ·· · (1)
但し、P :受信電力、P :送信電力、G :受信アンテナの利得、G :送信アンテナの利得、D :直接波の送受信アンテナの指向性利得、D :間接波の送受信アンテナの指向性利得、r :直接波の伝搬距離、r :間接波の伝搬距離、k=2π/λ、λ:電波の波長、Γ:建物内部の床および壁等の反射係数、Φ:建物内部の床および壁等の反射係数の位相遅れ 図12は、反射係数の絶対値|Γ|および位相遅れΦと入射角度θiとの関係を示す図である。 However, P r: received power, P t: transmission power, G r: gain of the receiving antenna, G t: gain of the transmitting antenna, D d: directional gain of the transmission and reception of the direct wave antenna, D r: transmission and reception of the indirect waves antenna directional gain, r d: propagation distance of the direct wave, r r: propagation distance of the indirect wave, k = 2π / λ, λ : wavelength of the radio wave, gamma: the reflection coefficient such as a building interior floor and wall, [Phi : phase delay 12 of the reflection coefficient, such as a building interior floor and walls, the absolute value of the reflection coefficient | is a diagram showing the relationship between and phase delay Φ and the incident angle .theta.i | gamma. 図12において、縦軸は、反射係数の絶対値|Γ|および位相遅れΦを表し、横軸は、入射角度θiを表す。 12, the vertical axis represents the absolute value of the reflection coefficient | gamma | and represents the phase lag [Phi, the horizontal axis represents the incident angle .theta.i. また、曲線k2は、垂直偏波における反射係数の絶対値|Γ|と入射角度θiとの関係を示し、曲線k3は、垂直偏波における位相遅れΦと入射角度θiとの関係を示す。 The curve k2 is the absolute value of the reflection coefficient in the vertical polarization | gamma | and shows the relationship between the incident angle .theta.i, curve k3 shows the relationship between the phase delay Φ and the incident angle .theta.i in vertical polarization. また、曲線k4は、水平偏波における反射係数の絶対値|Γ|と入射角度θiとの関係を示し、曲線k5は、水平偏波における位相遅れΦと入射角度θiとの関係を示す。 The curve k4, the absolute value of the reflection coefficient in the horizontal polarization | gamma | and shows the relationship between the incident angle .theta.i, curve k5 shows the relationship between the incident angle .theta.i phase delay Φ in horizontal polarization.

入射角度θiは、各無線モジュール11〜14のアンテナ11Aから放射された電波が床へ入射するときの角度(床の法線方向に対する角度)であり、無線モジュール11〜14におけるアンテナ11Aの床からの高さによって決定される。 The incidence angle θi is an angle (the angle with respect to the normal direction of the floor) when the radio wave radiated from the antenna 11A of the wireless module 11 to 14 is incident on the floor, the floor of the antenna 11A in the wireless module 11 to 14 It is determined by the height. そして、入射角度θiは、無線モジュール11〜14におけるアンテナ11Aの床からの高さが相対的に高くなれば、相対的に小さくなり、無線モジュール11〜14におけるアンテナ11Aの床からの高さが相対的に低くなれば、相対的に大きくなる。 Then, the incident angle θi is, if the relatively higher height from the floor of the antenna 11A in the wireless module 11 to 14, relatively smaller, the height from the floor of the antenna 11A in the wireless module 11 to 14 if relatively low, it is relatively large.

従って、入射角度θiが決定されれば、図12に示す曲線k2〜k5を用いて垂直偏波および水平偏波における反射係数の絶対値|Γ|および位相遅れΦが決定される。 Thus, if the incidence angle θi is determined, the absolute value of the reflection coefficient in the vertical polarization and the horizontal polarization with a curve k2~k5 shown in FIG. 12 | gamma | and phase delay Φ is determined. また、送信電力P 、受信アンテナの利得G 、送信アンテナの利得G 、直接波の送受信アンテナの指向性利得D 、間接波の送受信アンテナの指向性利得D 、k=2π/λ、および電波の波長λは、既知であるので、各無線モジュール11〜14のプロトコル管理ユニット110は、反射係数の絶対値|Γ|、位相遅れΦ、送信電力P 、受信アンテナの利得G 、送信アンテナの利得G 、直接波の送受信アンテナの指向性利得D 、間接波の送受信アンテナの指向性利得D 、k=2π/λ、および電波の波長λを式(1)に代入して直接波の伝搬距離r を距離Lとして演算し、その演算した伝搬距離r が基準値以下であるか否かを判定して近接無線モジュールを検出する。 The transmission power P t, the gain G r of the receiving antenna, the gain G t transmit antennas, directivity gain D d of the transmission and reception of the direct wave antennas, directional gain of the transmission and reception of the indirect wave antenna D r, k = / λ , and the radio wave of a wavelength lambda, because it is known, protocol management unit 110 of the wireless module 11 to 14, the absolute value of the reflection coefficient | gamma |, the phase lag [Phi, transmit power P t, the receiving antenna gain G r , substituting the gain G t transmit antennas, directivity gain D d of the transmission and reception of the direct wave antennas, directional gain D r of the transmission and reception of the indirect wave antenna, k = / λ, and a radio wave of a wavelength lambda in the equation (1) and calculates the propagation distance r d of the direct wave as the distance L and to detect the proximity wireless module determines whether or not the calculated propagation distance r d is less than the reference value.

なお、組込CPU21およびPDA22は、「端末装置」を構成する。 Incidentally, built CPU21 and PDA22 constitute the "terminal device".

今回開示された実施の形態はすべての点で例示であって制限的なものではないと考えられるべきである。 The embodiments disclosed herein are to be considered as not restrictive but illustrative in all respects. 本発明の範囲は、上記した実施の形態の説明ではなくて特許請求の範囲によって示され、特許請求の範囲と均等の意味および範囲内でのすべての変更が含まれることが意図される。 The scope of the invention being indicated by the appended claims rather than the description above, and is intended to include all modifications within the meaning and range of equivalency of the claims.

この発明は、マイクロコンピュータの負担を軽減し、かつ、近接する他のユニットを検知可能な無線モジュールを備える通信システムに適用される。 The present invention, to reduce the burden of the microcomputer, and is applied to a communication system comprising a detectable wireless module other unit adjacent.

この発明の実施の形態による通信システムの概略図である。 It is a schematic diagram of a communication system according to an embodiment of the present invention. 図1に示す無線モジュールおよび組込CPUの機能ブロック図である。 It is a functional block diagram of a wireless module and embedded CPU shown in FIG. 図1に示す無線モジュールと組込CPUとの接続を示す概念図である。 It is a conceptual diagram showing the connection between the wireless module and the embedded CPU shown in FIG. Bluetooth規格における各種の状態を示す図である。 Is a diagram illustrating the various states in the Bluetooth standard. 問い合わせ状態を詳細に説明するための概念図である。 It is a conceptual diagram for explaining the query condition in detail. 問い合わせの動作を説明するためのタイミングチャートである。 Is a timing chart for explaining the operation of the inquiry. 受信信号強度と距離との関係を示す図である。 Is a diagram showing the relationship between received signal strength and distance. 無線モジュールのアドレスと医療機関で働く人の名前との対応表を示す図である。 It is a diagram showing a correspondence table between names of people working in the address and medical institutions wireless module. 組込CPU、PDAおよび端末装置の各々が保持する履歴表を示す図である。 Embedded CPU, a diagram showing a history table, each of which holds the PDA and the terminal device. サーバが作成する履歴表の構成図である。 It is a configuration diagram of a history table that the server creates. 近接無線モジュールを検出する動作を説明するためのフローチャートである。 It is a flowchart for explaining the operation of detecting the proximity wireless module. 反射係数の絶対値および位相遅れと入射角度との関係を示す図である。 It is a diagram showing a relationship between the absolute value and the phase lag between the incident angle of the reflection coefficient.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11〜14 無線モジュール、20 携帯ユニット、21 組込CPU、22 PDA、23,24 端末装置、30 サーバ、31,32 マイク、40 ケーブル、41 RS232C、50 対応表、60,70 履歴表、100 通信システム、110 プロトコル管理ユニット、120 送信処理ユニット、130 無線ユニット、140 受信処理ユニット、210 マイクロコンピュータ、220 記憶装置、230 表示部。 11-14 wireless module, 20 mobile units, 21 embedded CPU, 22 PDA, 23, 24 terminal, 30 server, 31, 32 microphone, 40 cable, 41 RS232C, 50 correspondence table, 60, 70 history table, 100 communication system 110 protocol management unit, 120 transmission processing unit, 130 wireless unit, 140 reception processing unit, 210 microcomputer, 220 storage device, 230 display unit.

Claims (5)

  1. 1つの無線モジュールから一定の距離以内に存在する無線モジュールを検出する通信システムであって、 A communication system for detecting radio modules present within a certain distance from one radio module,
    相互に無線通信可能な複数の無線モジュールと、 A plurality of radio modules can wirelessly communicate with each other,
    前記複数の無線モジュールに対応して設けられ、各々が対応する無線モジュールを制御するとともに前記対応する無線モジュールから一定の距離以内に存在する近接無線モジュールを検出する複数の端末装置とを備え、 Said provided corresponding to the plurality of radio modules, and a plurality of terminal devices for detecting the proximity wireless modules present within a certain distance from the radio module said corresponding controls the wireless module, each corresponding to,
    前記複数の無線モジュールの各々は、対応する端末装置からの制御に従って、全ての無線モジュールに共通のアクセスコードである第1のコード、または特定の無線モジュールのグループに共通のアクセスコードである第2のコードを含み、かつ、前記近接無線モジュールの存在を問い合わせるための複数の問い合わせ信号を連続的に生成し、その生成した複数の前記問い合わせ信号を前記無線通信により周囲へ順次送信するとともに、前記問い合わせ信号に対する応答信号を前記無線通信により他の無線モジュールから受信し、その受信した応答信号の受信信号強度を検出し、 Each of the plurality of radio modules, under the control of the corresponding terminal device, a first code which is common access codes for all the wireless module or the second is a common access code to a group of particular wireless module, It includes code, and the proximity of the plurality of interrogation signals for inquiring the existence of the wireless module continuously generates, with a plurality of said inquiry signal thus generated are sequentially transmitted to the surroundings by the wireless communication, the query receiving a response signal to the signal from another radio module by the wireless communication, it detects the received signal strength of the response signal that received,
    前記複数の端末装置の各々は、対応する無線モジュールが検出した受信信号強度に基づいて前記対応する無線モジュールと前記他の無線モジュールとの間の距離を検出するとともに、前記検出した距離が基準値以下であるとき前記他の無線モジュールを前記近接無線モジュールと決定し、 Each of the plurality of terminal devices, and detects the distance between the other wireless module and a wireless module that the corresponding based on a corresponding received signal strength radio module detects the detected distance reference value the other radio modules when it is less determined to the proximity radio module,
    前記他の無線モジュールは、前記問い合わせ信号を受信すると、任意の数からなるフレーム分だけ待機し、前記受信した問い合わせ信号と同じ問い合わせ信号を再度受信してから前記応答信号を送信する、通信システム。 It said another wireless module, upon receiving the inquiry signal, waits frames consisting of any number, and transmits the response signal from the reception of the same inquiry signal with the inquiry signal thus received again, the communication system.
  2. 前記複数の端末装置の各々は、前記検出した距離が一定時間略一定であるとき、前記他の無線モジュールを前記近接無線モジュールと決定する、請求項1に記載の通信システム。 Wherein each of the plurality of terminal devices, wherein when the detected distance is constant time substantially constant, determines the other wireless module and the proximity wireless module, communication system according to claim 1.
  3. 前記複数の端末装置の各々は、前記受信信号強度と前記距離との関係を示すマップを保持しており、前記受信した受信信号の受信信号強度に対応する距離を前記マップを参照して抽出し、その抽出した距離を前記自己と前記他の無線モジュールとの間の距離として検出する、請求項1または請求項2に記載の通信システム。 Each of the plurality of terminal devices holds a map showing a relationship between the distance and the received signal strength, the distance corresponding to the received signal strength of the received signal to the received and extracted by referring to the map and it detects the extracted distance as the distance between the self and the other radio modules, communication system according to claim 1 or claim 2.
  4. 前記複数の端末装置の各々は、前記近接無線モジュールと決定された前記他の無線モジュールのアドレスを対応する無線モジュールから受信すると、前記近接無線モジュールと決定された前記他の無線モジュールの持ち主名または設置場所名と前記距離と前記アドレスとを相互に対応付け、その対応付けた持ち主名または設置場所名、距離およびアドレスを履歴情報として記憶手段に記憶する、請求項1から請求項3のいずれか1項に記載の通信システム。 Each of the plurality of terminal devices receives the address of the other wireless module the determined and the proximity wireless module from the corresponding radio module, owner name of the other radio modules determined to the proximity radio module or mutually associating location name and the distance between the address and its corresponding assigned the owner name or location name in the storage unit the distance and the address as the history information, one of claims 1 to 3 communication system according to item 1.
  5. 前記複数の端末装置の各々は、前記複数の無線モジュールの複数のアドレスと、前記複数の無線モジュールの複数の持ち主名とを対応付けた対応表を保持しており、対応する無線モジュールから前記アドレスを受信すると、その受信したアドレスに対応する持ち主名または設置場所名を前記対応表を参照して抽出し、その抽出した持ち主名または設置場所名を前記アドレスおよび前記距離に対応付けて前記履歴情報を作成し、その作成した履歴情報を前記記憶手段に記憶する、請求項4に記載の通信システム。 Each of the plurality of terminal devices includes a plurality of addresses of the plurality of wireless modules, wherein holds a correspondence table which associates a plurality of the owner name of the plurality of wireless modules, the address from the corresponding radio module Upon receiving the extracts owner name or location name corresponding to the received address by referring to the correspondence table, the history information in association with the owner name or location name that extracted the address and the distance create and store the created log information in the storage means, the communication system according to claim 4.
JP2005176065A 2005-06-16 2005-06-16 Communications system Active JP4680692B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005176065A JP4680692B2 (en) 2005-06-16 2005-06-16 Communications system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2005176065A JP4680692B2 (en) 2005-06-16 2005-06-16 Communications system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2006352518A true JP2006352518A (en) 2006-12-28
JP4680692B2 true JP4680692B2 (en) 2011-05-11

Family

ID=37647872

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2005176065A Active JP4680692B2 (en) 2005-06-16 2005-06-16 Communications system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4680692B2 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4466661B2 (en) 2007-03-02 2010-05-26 株式会社カシオ日立モバイルコミュニケーションズ The mobile terminal device and program
JP5181833B2 (en) * 2008-05-26 2013-04-10 株式会社ナカヨ通信機 Portable wireless terminal with queuing support function
CN104022803B (en) * 2013-02-28 2017-08-25 原相科技股份有限公司 Communication protocol system and method of automatically updating data

Citations (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11341549A (en) * 1998-05-27 1999-12-10 Alps Electric Co Ltd Method for generating position detection terminal data in mobile communication system
JP2002198894A (en) * 2000-12-27 2002-07-12 Toshiba Corp Radio communication terminal
JP2002291067A (en) * 2001-01-16 2002-10-04 Sony Corp Data transmission method, data transmission system, and data transmitter
JP2003033409A (en) * 2001-07-24 2003-02-04 Nec Corp Patient monitoring system, method, and program for making nurse call by radio communication
WO2003049326A1 (en) * 2001-12-06 2003-06-12 Fujitsu Limited Portable terminal having function of detecting approach of person by using proximity wireless communication means, recorded medium used for the same, and server
JP2003179821A (en) * 2001-12-10 2003-06-27 Sony Corp Signal processor, signal processing method, signal processing system, program, and medium
JP2004333414A (en) * 2003-05-12 2004-11-25 Hitachi Kokusai Electric Inc Position information detection system
US20050113107A1 (en) * 2003-11-21 2005-05-26 Xerox Corporation Method for determining proximity of devices in a wireless network

Patent Citations (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11341549A (en) * 1998-05-27 1999-12-10 Alps Electric Co Ltd Method for generating position detection terminal data in mobile communication system
JP2002198894A (en) * 2000-12-27 2002-07-12 Toshiba Corp Radio communication terminal
JP2002291067A (en) * 2001-01-16 2002-10-04 Sony Corp Data transmission method, data transmission system, and data transmitter
JP2003033409A (en) * 2001-07-24 2003-02-04 Nec Corp Patient monitoring system, method, and program for making nurse call by radio communication
WO2003049326A1 (en) * 2001-12-06 2003-06-12 Fujitsu Limited Portable terminal having function of detecting approach of person by using proximity wireless communication means, recorded medium used for the same, and server
JP2003179821A (en) * 2001-12-10 2003-06-27 Sony Corp Signal processor, signal processing method, signal processing system, program, and medium
JP2004333414A (en) * 2003-05-12 2004-11-25 Hitachi Kokusai Electric Inc Position information detection system
US20050113107A1 (en) * 2003-11-21 2005-05-26 Xerox Corporation Method for determining proximity of devices in a wireless network
JP2005160070A (en) * 2003-11-21 2005-06-16 Xerox Corp Method for determining proximity of devices in wireless network

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2006352518A (en) 2006-12-28 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7400594B2 (en) Method and system for automated distributed pairing of wireless nodes of a communication network
US7403744B2 (en) Self-associating wireless personal area network
US20090017841A1 (en) Method and System for Improved WLAN Location
US20100277286A1 (en) Synchronization of devices in a RFID communications environment
US7248880B2 (en) Methods and apparatus for determining a location of a device
US20110195701A1 (en) System and method for mobile monitoring of non-associated tags
US7289815B2 (en) Transponder subsystem for supporting location awareness in wireless networks
US20090085741A1 (en) Methods and apparatus for locating an rfid reader using rfid tags
US20070010200A1 (en) Wireless communication device
JP2001156704A (en) Wireless communication terminal and wireless communication method
JP2003338821A (en) Wireless network system
US20130308618A1 (en) Driving hybrid location services from wlan stations using access points
JP2005086579A (en) System and method for detecting location of mobile object by short range radio communication
US20070002884A1 (en) Usage of multiple SSIDs for doing fast WLAN network discovery
JP2001339754A (en) System for position processing and mobile unit device therefor
JP2006170891A (en) Node position positioning system, radio base station, and position measuring method
CN101754435A (en) Terminal location method applicable to wireless local area network (WLAN)
JPH11252121A (en) Position dependent information service system
US20100277284A1 (en) Data separation in high density environments
JP2006267057A (en) Position-detection system, portable terminal, position-detecting method and program thereof
US20130181867A1 (en) Location Determination System and Method Using Array Elements for Location Tracking
US20090085744A1 (en) Rfid based network admission control
EP2400714A1 (en) Method and system for multi-stage device filtering in a bluetooth low energy device
JP2008098893A (en) Wireless communication module, and wireless communication system
JPH11306491A (en) Device and system for reporting position information

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070201

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090430

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090512

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090929

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091120

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100302

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100601

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100720

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100928

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101227

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20110105

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110125

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110203

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140210

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250