JP4615566B2 - Transmission relay method and apparatus - Google Patents

Transmission relay method and apparatus Download PDF

Info

Publication number
JP4615566B2
JP4615566B2 JP2007528057A JP2007528057A JP4615566B2 JP 4615566 B2 JP4615566 B2 JP 4615566B2 JP 2007528057 A JP2007528057 A JP 2007528057A JP 2007528057 A JP2007528057 A JP 2007528057A JP 4615566 B2 JP4615566 B2 JP 4615566B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
relay
tr
transmission
ss
bs
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2007528057A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2008511210A (en
Inventor
シー. カダック、マーク
ケイ. クラッソン、ブライアン
ジェイ. サルトーリ、フィリップ
エル. バウム、ケビン
Original Assignee
モトローラ・インコーポレイテッドMotorola Incorporated
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US60250604P priority Critical
Application filed by モトローラ・インコーポレイテッドMotorola Incorporated filed Critical モトローラ・インコーポレイテッドMotorola Incorporated
Priority to PCT/US2005/029624 priority patent/WO2006023771A2/en
Publication of JP2008511210A publication Critical patent/JP2008511210A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4615566B2 publication Critical patent/JP4615566B2/en
Application status is Active legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04BTRANSMISSION
    • H04B7/00Radio transmission systems, i.e. using radiation field
    • H04B7/14Relay systems
    • H04B7/15Active relay systems
    • H04B7/155Ground-based stations
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04BTRANSMISSION
    • H04B7/00Radio transmission systems, i.e. using radiation field
    • H04B7/24Radio transmission systems, i.e. using radiation field for communication between two or more posts
    • H04B7/26Radio transmission systems, i.e. using radiation field for communication between two or more posts at least one of which is mobile
    • H04B7/2603Arrangements for wireless physical layer control
    • H04B7/2606Arrangements for base station coverage control, e.g. by using relays in tunnels
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W72/00Local resource management, e.g. wireless traffic scheduling or selection or allocation of wireless resources
    • H04W72/04Wireless resource allocation
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W16/00Network planning, e.g. coverage or traffic planning tools; Network deployment, e.g. resource partitioning or cells structures
    • H04W16/24Cell structures
    • H04W16/26Cell enhancers or enhancement, e.g. for tunnels, building shadow
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W84/00Network topologies
    • H04W84/02Hierarchically pre-organised networks, e.g. paging networks, cellular networks, WLAN [Wireless Local Area Network] or WLL [Wireless Local Loop]
    • H04W84/04Large scale networks; Deep hierarchical networks
    • H04W84/042Public Land Mobile systems, e.g. cellular systems
    • H04W84/047Public Land Mobile systems, e.g. cellular systems using dedicated repeater stations

Description

本発明は一般的に情報のリレーに関し、特に、通信システム内で情報をリレーするための方法および装置に関する。 The present invention relates to relays generally information, in particular, to a method and apparatus for relaying information within a communication system.

この技術分野において無線通信システムは公知である。 Wireless communication system in this art is known. 多くのこのようなシステムでは、リモート通信ユニット(少なくともいくつかはモバイルであり得る)は互いにおよび/または他と、システムインフラストラクチャ(例えば、位置の固定された送信機や受信機)を介して通信する。 In many such systems, the remote communication units (at least some can be a mobile) and each other and / or other, via the system infrastructure (e.g., a fixed transmitter and receiver position) Communication to. 一般的に、無線通信システムは、対応する通信範囲によって特徴付けられ(通常、送信範囲および受信範囲の一方または両方によって特徴付けられる)、その通信範囲を越えて、システムインフラストラクチャの無線通信能力は有効に広がることはできない。 Generally, wireless communication systems are characterized by a corresponding communication range (typically characterized by either or both of the transmission range and reception range) beyond its communication range, wireless communication capability of the system infrastructure It can not be spread to enable.

この技術分野ではリピータも知られている。 It is also known repeater in the art. このような装置は、通常、与えられた通信システムの通信範囲を広げる働きをする(送信および/または受信範囲を広げることによって)。 Such devices typically (by extending the transmission and / or reception range) of the to serve to extend the communication range of a given communication system. この機構によって、例えば、比較的低パワーのリモート通信ユニットが、遠方のシステム受信機の有効範囲外であるにもかかわらず、比較的遠方のシステム受信機と効果的に通信することが可能である。 This mechanism, for example, a relatively low power remote communication unit, even though outside the valid range of the distant system receiver, it is possible to communicate relatively effectively with remote system receiver . このようなリピータは多くの場合、自律的な自動モードで動作し、受信に成功した送信はどんなものでもリピートする。 Such repeaters often operate in an autonomous automatic mode, transmission has been successfully received also repeat at anything.

様々な改良がシステムおよびリモート通信ユニットの両方に施されているにもかかわらず、残念ながら、与えられた通信システムの通信範囲内に通信ユニットがあっても、その送信が所定の所望のレベルのサービス品質で確実に受信されるわけではない時間および状況が依然として存在している。 Despite the various improvements have been applied to both systems and remote communication units, unfortunately, even when given communication unit within the communication range of the communication system, the transmission is in a predetermined desired level time and circumstances not be reliably received by the quality of service is still present. このような結果に対しては種々の原因が存在する。 For such a result there are a variety of causes. 例えば、しかしこれに限定されないが、シャドウフェーディングや他の伝搬問題である。 For example, but not limited to, a shadow fading and other propagation problem. 性能要求が影響を引き起こすこともある。 There is also the performance request is causing the effect. 例えば、データ転送レートに対する要求(多くの場合、帯域幅の対応する増加につながる)が増加し続けると、リモート通信ユニット(そうでなければ有効範囲内である)が所望のレベルのサービスを、送信パワーを同時に著しく増加させることなく正常に行なう能力が損なわれることが通常起きる。 For example, requests for the data transfer rate (often leading to a corresponding increase in bandwidth) when continues to increase, the remote communication unit (otherwise is within the valid range) the service desired level, transmission ability to successfully without simultaneously significantly increase the power it is normally occur to impair. 従って、前述した問題に対処する、通信システム内で情報をリレーするための方法および装置が求められている。 Therefore, to address the problems described above, it is demanded a method and apparatus for relaying information within a communication system.

本発明では、携帯電話システムの性能を向上させるためのデータの透過リレー(transparent relay)を可能にする方法を提供する。 In the present invention, to provide a method which enables the transmission relay data to improve the performance of the cellular phone system (transparent relay). 一実施形態では、1つ以上のリレーがセルのセクタ内に配備される。 In one embodiment, one or more relays are deployed in a sector of a cell. これらのリレーは、透過リレー(TR)と呼ばれる。 These relays, is referred to as a transparent relay (TR). なぜならば、本発明はセル内の加入者局の観点からはほとんど「透過的な」仕方でそれらのリレーをシステム内で動作させるからである。 Because the present invention from the point of view of subscriber stations in the cell because to operate in most "transparent" manner in the system and their relay. 一例では、図1に示すように、3つのTRは、セクタ内において、基地局(BS)から遠くに位置する加入者局(SS)に著しいリンクバジェットの改善を施すように選択した場所に配備されることができる。 In one example, as shown in FIG. 1, the three TR, within the sector, the deployment in the selected location such as to carry out improvement of significant link budget to the subscriber station (SS) located far from the base station (BS) it is the can.

本発明の一実施形態では、複数のTR(例えば、1つ以上であるがセクタ内のTRの総数のサブセットであり得る)を選択して、これらのTRに特定のSSに対してリレーを行なう(または作動する)ように命令を出しても良い。 In one embodiment of the present invention, the plurality of TR (e.g., although one or more may be a subset of the total number of TR in the sector) Select, performs relay for a particular SS in these TR (or working) instruction may be issued so. この場合、選択されたTRは、SSが行なうアップリンクデータ送信をモニタ(受信および復調/デコード)する。 In this case, TR selected monitors the uplink data transmission SS performs (receive and demodulate / decode). そして、選択されたTRは、SSが元の送信に対して使用したものとは異なるチャンネル資源(例えば、異なる時間スロット、異なるサブチャネル、異なる拡散コードなど)上で、データを再エンコードおよび再送信する。 Then, TR The selected, SS channel resources (e.g., different time slots, different subchannels, different spreading codes, etc.) which is different from the one used for the original transmission is over, re-encoding and re-transmit the data to. 選択された各TRからの送信を、マクロダイバーシティ利益を得るために、同じチャンネル資源上で行なうことができる(この場合、TRは好ましくは選択されたTRからの送信がBSにほぼ同期して到着するようにBSのタイミングと周波数に同期される)。 Arrival of transmissions from each selected TR, in order to obtain the macro diversity benefit, the same can be performed on the channel resources (in this case, TR is preferably the transmission from the selected TR almost synchronized with the BS It is synchronized with the timing and frequency of the BS to).

選択されたTRがSSからのデータ送信を正しく受信/デコードできない場合にはいつでも、選択された任意のTRからの送信を削除する方法も提供される。 Any time if the selected TR can not correctly receive / decode data transmissions from the SS is provided a method of deleting the transmission from any TR selected. この方法には、送信用にTRに割り当てた(allocated)チャンネル資源を空のままにしておくことが含まれる。 The method includes that you assigned to the TR with (allocated The) channel resources remain empty for transmission. この方法を用いれば、セクタ内のすべてのTRを単一のグループにして、グループID(例えばマルチキャストグループID)を割り当てることができる。 By using this method, all of the TR in a sector in a single group, it is possible to assign a group ID (e.g., multicast group ID). そして、SSモニタリングおよびTR資源割り当てをグループに対して行なうことを、別個の命令または割り当てを各TRに送る場合と比べて、非常に効率的に行なうことができる。 Then, to make SS monitoring and TR resource allocation to the group, as compared with the case where sending a separate instruction or assigned to each TR, can be very efficiently performed. セクタ内のすべてのTRを特定のSS送信に対して作動させた場合、TRの中には、SS送信を正しくデコードするもの(例えばSSに近いもの)もあるし、そうでないもの(例えばSSから遠いもの)もあることが予想される。 If all of the TR in the sector is operated for a particular SS transmission, in the TR it is intended to correctly decode the SS transmission (e.g. close to SS) also to some, from those that do not (e.g., SS distant ones) also it is anticipated that there. このような場合であっても、効果的なマクロダイバーシティを実現することができる。 Even in such a case, it is possible to achieve effective macro diversity. なぜならば、SS送信を正しくデコードするTRは一緒に送信するが、SS送信のデコードに成功しなかったTRは、SSデータの送信用にTRグループに割り当てたチャンネル資源上で沈黙したままでいるからである。 This is because, although the TR to correctly decode the SS Send together, TR did not succeeded in decoding of the SS transmission, since there remain silent on the channel resources allocated to the TR group for transmission of the SS data it is. この実施形態の大きな利点は、SSがセルを横切って移動するときに、あるTRから別のTRへ「ハンドオフ」する必要がないことである。 The great advantage of this embodiment, when the SS moves across the cell, it is not necessary to "hand-off" from one TR to another TR. それどころか、本発明はセクタ内で最良のTRを自動的に利用するための有効な方法を提供する。 Rather, the present invention provides an effective method for automatically utilizing the best TR within the sector.

更なる実施形態では、1つ以上のTRに、複数のSSからのデータ送信をモニタするように命令を出す。 In a further embodiment, one or more TR, issues a command to monitor the data transmission from a plurality of SS. 例えば、選択されたTRに、接続ID(CID)のリストを与えることができ、これは、選択されたTRに、これらのCIDに割り当てたすべてのアップリンクチャンネル資源上でのアップリンクデータ送信をモニタするように命令しているということを意味する。 For example, the selected TR, list of connection ID (CID) can give, this is the selected TR, an uplink data transmission on all uplink channel resources allocated to these CID means that has been instructed to monitor. また選択されたTRに、アップリンクチャンネル資源割り当てとして、SSから受信したデータを送信する(例えばSSからのデータを再送信する)ためにTRが利用する割り当てを与える。 Also applied to the selected TR, as the uplink channel resource allocation, transmits the data received from the SS an assignment that TR is used for (e.g., data re-transmitted from SS). 効率的な割り当て方法として、ブロック資源割り当てをTRに与えることが可能になり、またTRが、所定のデータ順序付けルールを用いて、すべてのTRからの送信が同じデータ部分(例えば種々のSSからのデータセグメント)を正確に同じ対応する資源上で送ることを保証して、複数のTRからの送信が、互いに干渉し合うのではなく、BSにおいてマクロダイバーシティの組み合わせを実現することを保証する方法が提供される。 As efficient allocation method, it is possible to provide a block resource assignment to the TR, also TR, using a predetermined data ordering rules, is transmitted from all TR same data portion (e.g., from a variety of SS the data segment) to ensure that the letter in exactly the same corresponding on resources, transmissions from multiple TR, rather than interfering with each other, is a way to ensure that to realize a combination of macro-diversity in a BS It is provided. 本発明の更なる態様としては、異なるSSからのデータ転送レートを異なるものにすることができ、またTRが使用するデータ転送レートを、SSとは異なるものにすることができることである。 As a further aspect of the present invention, the data transfer rate from a different SS to be able to be different, also the data transfer rate used TR is the SS is that it can be different. この場合、BSは、TRに対して必要である必要なチャンネル資源割り当ての全体の計算を、リレー中のSSが用いている変調およびコーディングレートと、TRが用いている変調およびコーディングレートとを考慮することによって、行なうことができる(文献中の後の例を参照)。 In this case, BS may consider the overall calculation of the required channel resource allocation is required for TR, and modulation and coding rate SS in relays are used, the modulation and coding rate TR is used by, it can be carried out (see example after in the literature). この場合、選択された各TRは、同じ変調およびコーディングレートを用いてマクロダイバーシティ利益を維持することが好ましい。 In this case, the TR that is selected, it is preferable to maintain the macro-diversity benefits by using the same modulation and coding rate.

更なる実施形態では、送信用に用いる変調およびコーディングレートを選択および調整するための方法が提供される。 In a further embodiment, a method for selecting and adjusting the modulation and coding rate used for transmission is provided.
更なる実施形態では、BSは、ある組のチャンネル資源上で受信されたSSからの受信信号を記憶し、記憶した信号を、異なる組のチャンネル資源上でのTRからの受信信号と組み合わせる。 In a further embodiment, BS stores the received signal from SS received on one set of channels resources, the stored signals are combined with the received signal from the TR on different sets of channel resources. この結果、マクロダイバーシティの更なる形式が実現される。 As a result, a further form of macro-diversity is achieved. なぜならば、SSおよびTRからの信号が、BS内で信号処理ステップとして組み合わされているからである。 This is because signal from the SS and TR have been combined as a signal processing step in the BS.

前述した実施形態を組み合わせて、最大の全体的な機能を実現することができる。 By combining the above-described embodiment, it is possible to achieve the maximum overall functionality. これらの実施形態の種々の態様だけでなく、更なる実施形態の態様についても、以下で説明する。 Not only various aspects of these embodiments, for the aspects of a further embodiment will be described below.

以下に示す詳細な実施形態は、進行中であるIEEE802.16e標準化取り組みの文脈中に記載されている。 Detailed embodiments described below are described in the context of IEEE802.16e standardization efforts are underway. 802.16eのOFDMAモードについての詳細な解決策を提示するが、本発明は他のシステムに対しても適用可能である。 Presents a detailed solution for OFDMA mode 802.16e, the present invention is applicable to other systems. この文献で使用する頭文字を表1に列挙する。 Listed acronyms used in this document to Table 1.

UL_MAPは、アップリンク上での資源割り当てを特定するメッセージである。 UL_MAP is a message that identifies the resource allocation on the uplink. このメッセージは、資源割り当て以外の情報(例えば適応アンテナ処理またはアップリンクリレーについての情報)を伝えるように拡張することができる。 This message can be extended to convey information other than the resource allocation (e.g., information about the adaptive antenna processing or uplink relay).

REG−REQメッセージは、「登録リクエスト」メッセージである。 REG-REQ message is a "registration request" message. これは、初期レンジングを行なった後でSSが送るメッセージである。 This is a message to send the SS after making the initial ranging. このメッセージは、任意のデータ送信を行なう前の必須条件であり、REG−RSPすなわち「登録応答」メッセージを送ることによってBSによって確認応答される。 This message is a prerequisite before performing any data transmission, is acknowledged by the BS by sending a REG-RSP or "registration response" message.

前述のリレー技術は、IEEE802.16eOFDMAに対するアップリンクに適用することができる。 Aforementioned relay technology can be applied to the uplink for IEEE802.16EOFDMA. セル半径が妥当(2km)の場合であっても、アップリンクデータレートおよびシステムスループットを激減させる重大なリンクバジェット問題がアップリンク上に存在する。 Even if the cell radius is reasonable (2km), uplink data rate and critical link budget deplete system throughput problem exists on the uplink. 本明細書で示す解決策によって、この問題点に対処するために、アップリンク上に単純なワンホップリレーをシームレスに導入することが可能になる。 The solution described in this specification, in order to cope with this problem, it is possible to introduce a simple one-hop relay seamlessly on the uplink. ダウンリンク送信はまったくリレーしないため、リレーの複雑さが大幅に減る。 For down-link transmission is not at all relays, the complexity of the relay is greatly reduced.

本明細書で示す解決策には以下の利点がある。 The solution described in this specification has the following advantages.
○透過リレー(T−リレー)は、少数の層1の動作と最小組の層2のタスクとの実行のみを必要とする単純化されたユニットである。 ○ transmission relay (T-relay) is a simplified unit requires only the execution of a few layers 1 of operation and a minimum set of layers 2 of the task. また、リレーをネットワークに接続する必要はない。 In addition, it is not necessary to connect the relay to the network.
○ リレープロセスは、リレー可能化プロセスに適応するために必要なSSの変更もなく信号送信の変更も非常に少ない透過的なプロセスである。 ○ relay process is transparent process also changes the SS changes without any signaling required very little to adapt to the relay enablement process.
○ 1つ以上のT−リレーを各セクタ内で実施することができる。 ○ one or more T- relay can be implemented within each sector. 特定のT−リレーが他のT−リレーを認識している必要はない。 It is not necessary to specific T- relay is aware of the other T- relay.
○ BSは常に送信を制御する状態にあるため、送信の信頼性が高まる。 ○ BS because always in a state of controlling the transmission, increasing the reliability of the transmission.
○ アーキテクチャは依然として、アップリンク上でのハイブリッドARQ(HARQ)の実行を許可する。 ○ architecture still permits execution of Hybrid ARQ (HARQ) on the uplink.

SSとBSとの間でPAパワーが相違することは、アップリンクに対する必要な支援(ダウンリンクには含まれていないが)が施されるように、解決策を適応できることを示唆している。 That differences PA power between the SS and the BS, such that the necessary support for the uplink (although not included in the downlink) is performed, suggesting that can accommodate a solution. その結果、コスト効率の実現が、リレーとBSとの間に従属関係を形成して、リレーの低コスト化を可能にしつつ、中央権限によって監督される堅固で信頼性の高い送信を保証することができる。 As a result, realization of cost-effective, to form a subordinate relationship between the relay and the BS, while allowing the cost of the relays, solid and to ensure reliable transmission be supervised by a central authority can. コスト効率は、リレーが第1層の動作(layer-one operations)と最小組の第2層のタスク(layer-two tasks)とのみにフォーカスするようにリレーの複雑さを減らすことで実現しても良い。 Cost efficiency is realized by reducing the relay complexity of the relay so as to focus only on the operation of the first layer (layer-one operations) the minimum set of second layer task (layer-two tasks) it may be. 加えて、制御メッセージをリレーしなくてもよく、リレーする必要があるのはベアラデータのみである。 In addition, a control message may not be a relay, there needs to be a relay is only bearer data. また、透過リレー(T−リレー)構成によってシステム配置が単純になる。 Further, transmission relay (T-relay) system arrangement which simplifies the configuration. これらのT−リレーを、既存のセル内に配備すれば、セル設計に再び取り組む(同じ目的を実現するためにマイクロセルを付加する場合に必要となることがある)必要なく、アップリンクの有効範囲の問題に対処することができる。 These T- relays, if deployed in an existing cell, (may be required in the case of adding the micro-cells in order to achieve the same purpose) again address the cell design without the need, the effective uplink it is possible to deal with the scope of the problem.

図2は、BSとSSとT−リレーとの間の考えられる通信経路を示す。 Figure 2 shows a communication path conceivable between the BS and the SS and T- relays. 図2aに示すのは、T−リレーが無効にされている携帯電話システムにおける典型的な通信経路である。 Shown in Figure 2a is an exemplary communication path in a mobile telephone system T- relays are disabled. BSが、制御情報を分配してアクセス要求を仲裁することでセル内の資源の調整を行なう。 The BS adjusts the resources by distributing control information in a cell by arbitrating access requests. 加えて、BSは、ベアラデータをSSに直接送信し、ベアラデータをSSから直接受信する。 In addition, BS sends directly the bearer data to the SS, to directly receive bearer data from SS. 図2bに示すのは、T−リレーが有効にされている場合の通信経路である。 Shown in Figure 2b is a communication path when the T- relay is enabled. この場合もやはり、BSは制御情報を分配してアクセス要求を仲裁することでセル内の資源の調整を行なう。 Again, BS can adjust the resources by distributing control information in a cell by arbitrating access requests. さらに、BSはベアラデータをSSに直接送信することを続ける。 Furthermore, BS continues to transmit directly the bearer data to the SS. しかしSSからのアップリンクベアラデータは、三角形の経路(最初にT−リレーが受信および検出し、次にT−リレーが再エンコードしてBSに送信する)に従う。 However uplink bearer data from SS follows a triangular path (first T- relays received and detected, then T- relay is transmitted to the BS and then re-encoding). 図2cおよび図2dに示すのは、T−リレー構成に対する2つの変形である。 Shown in FIG. 2c and FIG. 2d are two variations on T- relay configuration. 図2cに示すのは、SSベアラデータをBSに同時に伝える複数の作動状態のs−リレーである。 Shown in FIG. 2c is a s- relay of a plurality of operating conditions to communicate simultaneously SS bearer data to the BS. 図2dに示すのは、リレーおよび非リレーのアップリンク通信が同時に共存する様子である。 Shown in Figure 2d, relay and non-relay uplink communications is how to co-exist at the same time. T−リレー構成の主要かつ非常に有益な面は、SSが、システム内のリレーの存在を完全に認識していなくても良いことである。 Major and highly beneficial aspects of T- relay arrangement, SS is that the presence of the relay in the system may not be fully aware. 他の制御関連のアップリンク機能(例えばレンジングおよび帯域幅要求)は依然として、リレー方式を単純にするために直接のSS−BS経路によって取り扱う。 Other control-related uplink capabilities (e.g. ranging and bandwidth request) is still handled by direct SS-BS path in order to simplify the relay system.

最も広い意味において、前述の手順は、アップリンクベアラデータ送信レートを増加させるのに最低限必要なものである。 In the broadest sense, the procedure described above are those minimum required to increase the uplink bearer data transmission rate. T−リレーを使用できない場合、データレートはリレーを考慮することはできない。 If you can not use the T- relay, the data rate can not be considered a relay. T−リレーを使用できる場合、データレートはT−リレーを考慮して、データレートがはるかに高くなるようにすることができる。 Be able to use T- relay, the data rate can be adapted in view of the T- relay, the data rate is much higher. 各データ送信はチャンネル状態に適応できるため、状態は、T−リレーが使用できる場合であってもBSへの直接リンクの品質が十分である場合にはT−リレーを使用しなくても良いようなものであり得る。 Since each data transmission to adapt to channel conditions, such conditions, if the quality of the direct link even to the BS in a case where T- relays can be used is sufficient you may not use the T- relay It may be such. 通常、T−リレーを用いるべきか否かの判定は送信ごとに行なうが、より長期間の平均チャンネル品質ベースで行なっても良い(例えば、シャドーイングは考慮するが速いフェーディングは考慮しない)。 Usually, the determination of whether or not to use T- relays performed for each transmission, but may be performed in a more long term average channel quality based (e.g., shadowing is fast fading is not considered to take into account). T−リレー(より一般的には、1つ以上のT−リレー)は、従属的なリレーである。 (More generally, one or more T- relays) T- relays are subordinate relay. なぜならば、SS−T−リレーリンクへの資源割り当ては、BSが行なうからである。 This is because the resource allocation to the SS-T- relay link is because the BS is done.

<行なうべき動作> <Action to perform>
前述したように、リレープロセスはSSに対して完全に透過であるため、更なる動作を行なう必要はない。 As described above, the relay process for a completely transparent to SS, not necessary to perform a further action. しかしT−リレーとBSとの間のリンクを設定して維持する必要がある。 However T- relay and set the link between the BS needs to be maintained. 以下、行なう必要がある種々のタスクの実施について詳細に説明する。 It will be described below in detail of the various tasks that need to do.

<ネットワークエントリと初期化> <Network entry and initialization>
ネットワークエントリと初期化プロセスは、ある時点(登録プロセス)においてユニットが自分自身をT−リレーとして識別しなければならないこと以外は、従来のSSの場合と同じである。 Network entry and initialization process, except that the unit at some point (registration process) must identify itself as T- relays, the same as in the conventional SS.

<接続へのリレー割り当て(リスニング)> <Relay assigned to the connection (listening)>
リレー割り当てプロセスは、フレーム毎に基づいて(frame-by-frame basis)で行なう。 Relay assignment process, based on each frame performed by the (frame-by-frame basis). 各T−リレー(またはT−リレーのグループ)に、CIDを割り当てる。 Each T- relays (or T- relay group) allocates a CID. この割り当てたCIDの送信を、各T−リレーが現在のフレームのアップリンク部分においてモニタする必要がある。 The transmission of this allocated CID, the T- relay needs to monitor in the uplink portion of the current frame. 従って、UL_MAPをデコードすることによって、各T−リレーは、リッスンして検出を試みる必要があるすべての資源を認知する。 Thus, by decoding the UL_MAP, each T- relay recognizes all resources have to try to detect listening. なおT−リレーは、1つ以上の接続(例えば1つ以上のSS)をモニタしても良く、また1つ以上のマルチキャストグループの一部であっても良い。 Note T- relays may be monitored one or more connections (e.g., one or more SS), or may be part of one or more multicast groups. 例えば、T−リレーを2つの異なる接続のモニタリングに割り当てても良く、またT−リレーに種々のCIDを宛てても良い(例えば、T−リレーが作動されていれば特別なCIDであり、またはT−リレーが、作動されているリレーのグループの一部である場合にはマルチキャストCIDでさえあっても良い)。 For example, T- relays may be assigned to two different connection monitoring, also may be addressed to various CID to T- relays (for example, a special CID if it is actuated T- relay, or T- relays, may be even a multicast CID in the case is part of a group of relays are actuated).

あるいは、フレームごとベースで行なう代わりに、割り当てを、将来の割り当てまたは割り当て解除が受信されるまで有効なままにしておくこともできる。 Alternatively, instead of a frame for each base assigns may be left in effect until a future allocation or deallocation is received. または、割り当てを所定の時間(例えば10フレーム)の間だけ有効とすることもできる。 Or it may be valid only during the allocation for a predetermined time (e.g., 10 frames).

<リレー割り当ての通信(送信)> <Communication of the relay allocation (transmission)>
T−リレーからBSへの送信に対する資源の割り当ても、フレームごとベースで行なう。 Allocated from T- relay resources for transmission to the BS it is also carried out in the frame by the base. 各T−リレー(またはT−リレーのグループ)への資源の割り当てを、既存のUL_MAP_IEメッセージを介して行なう。 The allocation of resources to each T- relays (or T- relay group), carried out through the existing UL_MAP_IE message. 各T−リレーは、それがデータのデコードに成功した接続のみをリレーする。 Each T- relay relays only connections which it has successfully decoded the data.

<変調/コーディング方式選択> <Modulation / coding scheme selection>
T−リレーは、それがデータのデコードに成功した接続のみをリレーして戻すため、BSは最初に、高いMCSをSSに割り当てることから始めることができる。 T- relays it because only connections that successfully decode the data back to the relay, BS may initially begin by assigning a high MCS to the SS. T−リレーはリンクをモニタする。 T- relay monitors the link. T−リレーは、データのデコードに成功できない場合、BSへは何も送らない。 T- relay, if you can not successfully decoded the data, we do not send anything to the BS. BSは、何も受信しない場合、選択されたMCSが高すぎることを知り、次にもっと低いMCSをSSに割り当てる。 BS is nothing if it does not receive, know that MCS that has been selected is too high, then assign a more low MCS to SS. これを、BSが1つ以上のT−リレーから何か受信するまで行なう。 This is performed until the BS anything received from one or more T- relays. このプロセスによって、初期のMCS選択が可能になる。 This process allows for the initial MCS selection. この初期MCS選択の後、HARQプロセスがMCS選択を微調整することができる。 After this initial MCS selection can HARQ process to fine-tune the MCS selection.

あるいは、BSが、何らかのオープンループ近似に基づいてブラインドのAMC選択を行なうこともできる。 Alternatively, BS may also be performed blind AMC selection based on some open loop approximation. MCS選択の最も単純な方法は、SSが、複数のリレーのうちの1つまたはBSのどちらかに近いことを期待して、積極的なデフォルト値を用いることであろう。 The simplest way of MCS selection, SS is the hope that close to either one or BS of the plurality of relays would be to use the active defaults. システムは、ハイブリッドARQおよび再送信を基にして、選択された不十分なAMCレベルをすべて軽減しても良い。 System based on hybrid ARQ and retransmission may prevent that insufficient AMC level selected.

あるいは、リレーは、レンジングチャンネルをイーブスドロップした後、情報をベースに報告しても良い。 Alternatively, the relay is, after Eaves drop the ranging channel, may report the information to the base. リレーは、レンジングチャンネルを用いてこの情報を報告することができる。 Relay may report this information using the ranging channel. または、専用の資源(例えば1つのRE)を、このプロセス用にBSが確保することもできる。 Or, a dedicated resource (for example, one RE), BS could also be reserved for this process. すべてのリレー間での衝突を回避するために、各リレーはウォルシュコードを割り当てられ、割り当てられたコード付きの報告を配布する。 To avoid collisions between all relays, each relay is assigned a Walsh code, to distribute the report with the assigned code.

1つのリレーのみが存在する場合には、リレーは、リレーするデータとともにMCS情報を抱き合わせることができる。 If only one relay is present, the relay may be tying the MCS information with the data to relay. 複数のリレーとRFとが組み合わさっている場合、この解決策は適用できない。 If a plurality of relays and RF are Kumiawasa', this solution is not applicable. リレーは、レンジングチャンネル上でMCSの増加要求を送ることができる。 Relay may send the MCS increased requirements on the ranging channel. あるいは、前述したCDMA実施形態を適用することもできる。 Alternatively, it is also possible to apply the CDMA embodiments described above. また何らかのタイプのアナログフィードバックを用いて(例えば送信パワーを変更することによって)、ベースに、より高いMCSをサポート可能であることを通知できる場合もある。 Also using analog feedback of any type (e.g., by changing the transmission power), the base, may be able to notify that it is capable of supporting higher MCS.

またリレーは、ビーコンを所定の時間に送信することもでき、SSは、受信したパワーを測定してその独自のMCS要求を行なうこともできる。 The relay can also send a beacon at a given time, SS measures the received power may be performed its own MCS request.
<ハイブリッドAROプロセス> <Hybrid ARO process>
このアーキテクチャはHARQをアップリンクに適応させることができる。 This architecture can be adapted to HARQ uplink. T−リレー(またはT−リレーのグループ)は、SSから受信したデータをバッファに格納する。 T- relays (or T- relay group) stores data received from the SS in the buffer. T−リレーがパケットのデコードに成功した場合、T−リレーは、アップリンク上で明示的に割り当てられた資源上でデータをBSに送る。 If the T- relay has successfully decoded the packet, T- relays sends the data to the BS on the explicitly assigned resources on the uplink. デコーディングが成功しなかった場合には、T−リレー(またはT−リレーのグループ)は何も送信しない。 If the decoding is not successful, T- relay (or T- relay group of) does not transmit anything. 何も受信しない場合、BSは、送信が成功しなかったことを知り、次のHARQ送信に対する制御を送る。 If you do not want to receive anything, BS knows that the transmission was not successful, send the control for the next HARQ transmission.

<IEEE802.16標準に対して行なうべき文章変更> <Sentence change to be carried out on the IEEE802.16 standard>
[6.1章の第3段落の後に以下の段落を追加する] [Add the following paragraph after 6.1 Chapter 3 paragraph]
またアップリンクデータレートを向上させるために、アップリンク上の透過リレーを有効にしても良い。 In order to improve uplink data rate may enable transmission relay on the uplink. 透過リレー(TR)をセル内に配置して、SS−BSリンクをSS−TRリンクとTR−BSリンクとに分解することを、より高いデータレートおよび/または容量をアップリンク上で実現するために「有益時」ベースで、またはSS−BSリンクの品質が許容できないときに、行なう。 The transmission relay (TR) arranged in the cell, the decomposition of the SS-BS link to the SS-TR link and TR-BS link, in order to achieve higher data rates and / or volume on the uplink when the "beneficial during the" base or the quality of the SS-BS link, is not acceptable to the carried out. このプロセスは、SSに対して完全に透過的である。 This process is completely transparent to the SS. SSは、自分がリレーされていることを認識しない。 SS does not recognize that he has been relay.

[6.3.2.3.7章 登録リクエスト(REG−REQ)メッセージにおいて、6.3.2.3.8の直前に、以下のボールド体のテキストを挿入する] [In 6.3.2.3.7 Chapter registration request (REG-REQ) message, just before the 6.3.2.3.8, to insert the text of the following bold]
REG−REQには以下のTLVが含まれていても良い: The REG-REQ may also contain the following TLV:
(...) (...)
透過リレー能力(11.7.19) Transmission relay capability (11.7.19)
[6.3.2.3.8章 登録応答(REG−RSP)メッセージにおいて、6.3.2.3.9の直前に、以下のボールド体のテキストを挿入する] [In 6.3.2.3.8 Section registration response (REG-RSP) message, just before 6.3.2.3.9, insert the text of the following boldface]
REG−RSPには以下のTLVが含まれていても良い: The REG-RSP may also contain the following TLV:
(...) (...)
透過リレー能力(11.7.19) Transmission relay capability (11.7.19)
[新たな6.3.2.3.43.7.8章を追加する] [Add a new 6.3.2.3.43.7.8 Chapter]
6.3.2.3.43.7.8章 コンパクト_UL_MAP透過リレーモニタ。 6.3.2.3.43.7.8 Chapter compact _UL_MAP transmission relay monitor. 透過リレーモニタ情報要素によって、SSCIDとして、その送信を現在のフレームのUL部分の間にモニタ(検出)して次のフレームでリレーすべきSSCIDのリストが得られる。 The transmission device monitoring information elements, as SSCID, its transmission to between the UL part of the current frame monitor (detector) to the list of SSCID should relay the next frame is obtained.

[新たな6.3.2.3.57章を追加する] [Add a new 6.3.2.3.57 Chapter]
6.3.2.3.57 透過リレーCID割り当て(TR−CID)メッセージ基地は、1つ以上の二次のリレーのCIDを透過リレーに割り当てることを、リレーモニタ命令を送りまたモニタしたSSデータの再送信用の資源を割り当てるために行なう。 6.3.2.3.57 transmission relay CID allocated (TR-CID) message Base, assigning a CID of one or more secondary relay transmission relay sends a device monitoring instruction also monitors the SS data performed in order to allocate resources for retransmission of. リレーCIDは、ただ1つの透過リレーに割り当てても良いし、複数の透過リレーに割り当てても良い。 Relay CID is only may be assigned to one of the transmission relays may be assigned to a plurality of transmission relays. 受信したら、SSは、前に割り当てたリレーCIDをすべて削除して、新たに割り当てるものを採用する。 When you receive, SS is, the relay CID assigned before to all to remove, to adopt those newly allocated.

パラメータは以下のとおりである。 Parameters are as follows.

CID(汎用的なMACヘッダにおいて) CID (In general MAC header)
SSの一次のマネージメントCID。 The primary management CID of the SS.
トランザクションID Transaction ID
発信者が割り当てるこのトランザクションに対する一意の識別子。 The unique identifier for this transaction the caller assign.
他のパラメータはすべて、TLVタプルとしてコーディングする。 All other parameters are coded as TLV tuples.
リレーCID(11.16を参照)。 Relay CID (see 11.16).
セクション6.3.2.3.58 透過リレーCID割り当てACK(TR−CK)メッセージこのメッセージを、TR−CID割り当てメッセージに応答して送る。 Section 6.3.2.3.58 transmission relay CID allocated ACK (TR-CK) Message This message, sent in response to the TR-CID assignment message.

パラメータは以下のとおりである。 Parameters are as follows.

CID(汎用的なMACヘッダにおいて) CID (In general MAC header)
SSの一次のマネージメントCID The primary management CID of the SS
トランザクションID Transaction ID
発信者が割り当てるこのトランザクションに対する一意の識別子 確認コードゼロは要求が成功したことを意味する。 Caller assigns a unique identifier verification code zero for this transaction means that the request was successful. 非ゼロは失敗を意味する。 Non-zero means a failure.

[新たな11.7.19章を追加する] [Add a new 11.7.19 Chapter]
11.7.19章 透過リレー能力このフィールドは、ユニットが通常のSSであるかまたは透過リレーであるかを示す。 11.7.19 Chapter transmission relay capability This field indicates whether the unit is or transmission relays is normal SS.

[新たな6.3.18章を追加する] [Add a new 6.3.18 Chapter]
6.3.18章 透過リレー動作アップリンク上でのデータレートを向上させるために、ある程度のアップリンク送信をリレーすることが優位である場合がある。 In order to improve the data rate at 6.3.18 Chapter transparent relay operation on the uplink, it may be advantage that the relay some uplink transmission. アップリンク上でのリレーは、透過リレー(TR)と言われる固定されたエンティティによって行なう。 Relays on the uplink is performed by a fixed entity referred to as transmission relay (TR). BSは、1つ以上のTRを、アップリンク上で特定のCID(例えば特定のSS)に関連するデータ送信をリレーすることに割り当てても良い。 The BS, one or more TR, may be assigned to relay the associated data sent to a particular CID (e.g. specific SS) on the uplink. 図3にプロセスを示す。 It shows the process in FIG. UL_MAPにおいて、アップリンク資源割り当てを送信SSに送り、またUL_TR_モニタ_IEを含めることで、TRまたはTRのグループに、1つ以上のSSCIDに関連するアップリンク送信をモニタするように命令を出す。 In UL_MAP, it sends uplink resource allocation to transmit SS, also by including the UL_TR_ monitor _ie, groups of TR or TR, issues a command to monitor the uplink transmission associated with one or more SSCID. アップリンクにおいて、SSは送信し、またTRは、モニタすることにTRが割り当てられた送信をモニタする。 In the uplink, SS sends, also TR monitors the transmission TR is assigned to monitor. モニタした送信を、TRが復調およびデコードして、その送信を次のフレームにおいて再エンコードおよび再送信(リレー)できるようにする。 The transmission of monitoring, TR is demodulated and decoded to its transmission to be re-encoded and re-transmit (relay) in the next frame. 次のフレームでは、第2のUL_MAPメッセージにおいて、作動状態の各TRが、リレー送信に対する各TRの資源割り当てを受信する。 In the next frame, in the second UL_MAP message, the TR of the operating condition, receives a resource allocation of each TR for relay transmission. この資源割り当ては、TRCIDごとにまたはマルチキャストグループTRCIDに対して、行なう。 The resource allocation for each TRCID or multicast group TRCID, performed. 割り当てをマルチキャストグループTRCIDごとに行なう場合、これらのT−リレーは、モニタした送信を同時にリレーして、マクロダイバーシティゲインをもたらすものと予想される。 When performing assigned to each multicast group TRCID, these T- relays, simultaneously relays the transmission of monitoring, it is expected to result in a macro diversity gain.

MACPDUを、受信時に、TRから正確に同じ相対順番で送信し、またTRに宛てたUL_MAP_IEにおける特定された変調コーディング方式(MCS、これはUIUCに基づく)を用いて、変調およびコーディングする。 The MAC PDU, upon reception, transmitted in exactly the same relative order from TR, also using the modulation coding scheme specified in UL_MAP_IE addressed to TR (MCS, which is based on UIUC), for modulation and coding. 個々の各SSのMACPDUを別個にエンコードすることを、リレー中の各SSに対してBSが別個の割り当てを送ったかのように行なう。 That separately encode MACPDU of each individual SS, it is performed as if BS for each SS in the relay sent separate assignments. TRが、特定のユーザ(CID)からデータを正しくデコードしなかった場合、TRは、そのデータをリレーせずに、割り当てのこの部分を空のままにしておく。 TR is, if not correctly decode the data from a particular user (CID), TR is the data without relay, keep this part of the assignment left empty.

図4にTR資源割り当ての例を示す。 Figure 4 shows an example of a TR resource allocation. 記載した例では、TRは3つの送信をリレーしなければならない。 In the example described, TR must relay the three transmission. MAC・PDU・S1、MAC・PDU・S2、MAC・PDU・S3である。 MAC · PDU · S1, MAC · PDU · S2, a MAC · PDU · S3. これらの送信の割り当ては、前のフレームにおいてこの同じ相対順番で現れた。 Assignment of these transmissions, appeared in the same relative order in the previous frame. TRは、その資源割り当て(UL_MAP_IEにおける)を、64−QAM・R=1/2を有する3つの送信とリレー動作を行なうのに必要な量のサブチャネルとをリレーするために、受信する。 TR is the resource allocation (in UL_MAP_IE), to relay the amount of subchannels necessary to perform the three transmission and relay operation with a 64-QAM · R = 1/2, is received. リレーすべき第1のPDU(MAC・PDU・S1)を、新しいMCSを用いて変調およびエンコードし、第1の資源上にマッピングする。 The first PDU to be relay (MAC · PDU · S1), and modulation and encoding using a new MCS, is mapped onto the first resource. TRは、MAC・PDU・S2を正しく受信できなかったため、S2に対して何も送信しないが、このPDUをリレーすべきであった割り当て資源の部分を空のままにしておく。 TR, since it could not correctly receive the MAC · PDU · S2, nothing is not transmitted to S2, keep the portion of the allocation resource this PDU the should have been relays remain empty. MAC・PDU・S3をリレーするための資源を、MAC・PDU・S2に対して提供した資源の後に割り当てる。 Resources to relay the MAC · PDU · S3, allocated after the resource has been provided to MAC · PDU · S2. このTR資源割り当てプロセスによって、BSは、各MAC・PDUに対してリレーしたデータをどこで見出すべきかを、SSとは異なるMCSをリレーが用いているにもかかわらず、知ることができる。 This TR resource allocation process, BS may the where to find the data relay for each MAC · PDU, despite the use relay different MCS and SS, can be known. またマクロダイバーシティが、同じCIDをリレーすることに複数のTRを割り当てたときに、実現される。 The macro diversity, the same CID when allocating the plurality of TR to relay, is realized.

[新たな8.4.5.4.15章を追加する] [Add a new 8.4.5.4.15 Chapter]
8.4.5.4.15章 UL_MAP透過リレーモニタ透過リレーモニタ情報要素によって、SSCIDとして、その送信を現在のフレームのUL部分の間にモニタ(検出)して次のフレームでリレーすべきSSCIDのリストが得られる。 By 8.4.5.4.15 Chapter UL_MAP transmitting device monitoring transmission device monitoring information elements, as SSCID, should relay in the next frame by monitoring (detection) during the UL part of the current frame and the transmission SSCID list is obtained.

[新たな11.17章を追加する] [Add a new 11.17 Chapter]
11.16章 透過リレーCID割り当てこのフィールドの値によって、BSによって特定の透過リレーに割り当てられるCIDが特定する。 By 11.16 Chapter transmission relay CID allocation value of this field is CID assigned to a particular transmission relay identified by BS. このフィールドは、TR−CID割り当てメッセージ内に存在するとする。 This field shall be present in the TR-CID assignment message. BSは、UL_MAP透過リレーモニタIEとコンパクトUL_MAP_透過リレーモニタIEとにおける割り当てられた値を用いて、リレーに、特定のアップリンク割り当てをモニタするように命令を出すものとする。 BS uses the values ​​assigned in the UL_MAP transmitting device monitoring IE and compact UL_MAP_ transmitting device monitoring IE, the relay is assumed to issue a command to monitor specific uplink allocation. BSは、UL_MAPIEでの割り当てられた値を用いて、モニタしたSSデータを再送信するための資源を割り当てるものとする。 BS, using the values ​​assigned in UL_MAPIE, and to allocate the resources to retransmit the SS data obtained by monitoring.

特に特定の実施形態を参照して図示して本発明を説明したが、当業者であれば理解するように、本発明の趣旨および範囲から逸脱することなく、形態および詳細の種々の変形を本発明において行なっても良い。 In particular has been described with reference to the present invention and illustrates a particular embodiment, as will be understood by those skilled in the art, without departing from the spirit and scope of the present invention, the various modifications in form and detail it may be carried out in the invention. このような変形も添付の請求項の範囲に入ることが意図されている。 Such modifications may also fall within the scope of the appended claims are intended.

基地局と加入者局のブロック図。 Block diagram of a subscriber station and the base station. 基地局と加入者局とリレーとの間の考えられる通信経路を示す。 The base station indicating a communication path conceivable between the subscriber station and the relay. 1つ以上のリレーの割り当てを示す呼び出しフロー図。 Call flow diagram showing the allocation of one or more relays. リレーへの資源割り当てを示す。 It shows the resource allocation to the relay.

Claims (7)

  1. リレー装置が通信システム内で情報をリレーするための方法であって、 A method for relay device to relay information within a communication system,
    一フレームにおいて、セクタ内に配備された複数のリレー装置からなるグループが基地局からモニタすべき加入者局を表す第1のUL_MAPメッセージを受信するステップと In one frame, the steps of the group consisting of a plurality of relay devices that are deployed in the sector to receive the first UL_MAP message indicating the subscriber station to be monitored from the base station,
    前記リレー装置のグループが、前記モニタすべき加入者局からのアップリンク送信を受信するステップと、 A step groups of the relay device, receiving an uplink transmission from the subscriber station to be the monitor,
    前記リレー装置のグループが、前記モニタすべき加入者局の前記アップリンク送信を復調およびデコードするステップと、 Group of the relay device, and a step of demodulating and decoding the uplink transmission of the subscriber station to be the monitor,
    次のフレームにおいて、前記リレー装置のグループが前記基地局からリレー−基地アップリンクチャンネル資源を表す第2のUL_MAPメッセージを受信するステップと、 In the next frame, a group of the relay device relay from the base station - receiving a second UL_MAP message indicating the base uplink channel resource,
    前記グループの各リレー装置が、前記モニタすべき加入者局の前記アップリンク送信を前記第2のUL_MAPメッセージに従って再変調および再エンコードするステップと、 The steps that each relay apparatus of the group, re-modulating and re-encoding the uplink transmission of the subscriber station to be the monitor according to the second UL_MAP message,
    再変調および再エンコードした前記アップリンク送信を前記グループの各リレー装置が前記第2のUL_MAPメッセージに従って前記リレー−基地アップリンクチャンネル資源を介してリレーするステップであって、 当該アップリンク送信が前記第2のUL_MAPメッセージ中に含められた所定の順番でリレーされる、前記リレーするステップとを含む前記方法。 The uplink transmissions and re-modulation and re-encoding each relay apparatuses of the group the relay according to the second UL_MAP message - a step of the relay through the base uplink channel resource, the uplink transmission is the first is relayed in a predetermined order that is included in the second UL_MAP message, said method comprising the steps of the relay.
  2. 前記アップリンク送信を所定の順番でリレーするステップが、 前記アップリンク送信を受信した順番で前記アップリンク送信をリレーするステップを含む請求項1に記載の方法。 The method of claim 1 step of relaying the uplink transmission at a predetermined order comprises the step of relaying the uplink transmission in order of reception of the uplink transmission.
  3. 前記アップリンク送信を所定の順番でリレーするステップが、 受信したアップリンク送信と同じ相対順番で前記アップリンク送信をリレーするステップを含む請求項1に記載の方法。 The method of claim 1 including the step step of relaying the uplink transmission at a predetermined order to relay the uplink transmission in the same relative order as the uplink transmission received.
  4. 前記アップリンク送信をリレーするステップが、割り当てられたリレー−基地前記アップリンクチャンネル資源のうち正しくデコードされなかった送信に関連する部分を空のままにしておくことによって、正しく復調およびデコードしたアップリンク送信のみをリレーするステップを含む請求項1に記載の方法。 The step of relaying the uplink transmission, the allocated relay - base the uplink by the channel portions associated with the transmission that was not correctly decoded among the resources to remain empty, uplinks correctly demodulated and decoded the method of claim 1 including the step of relaying the transmission only.
  5. 再変調および再エンコードしたアップリンク送信をリレー−基地アップリンクチャンネル資源を介してリレーするステップが、再変調および再エンコードしたアップリンク送信を、別のリレー装置が実質的に同時に利用するリレー−基地アップリンクチャンネル資源を介してリレーするステップを含む請求項1に記載の方法。 Remodulation and re-encoded uplink transmission to the relay - relay step of relaying through the base uplink channel resources, the uplink transmissions and re-modulation and re-encoding, another relay device is utilized at substantially the same time - base the method of claim 1 including the step of the relay via the uplink channel resources.
  6. 変調およびコーディングのレートを判定して、1つ以上の加入者局のアップリンク送信を再変調および再エンコードするときに利用することをさらに含む請求項1に記載の方法。 To determine the modulation and coding rate, the method of claim 1, further comprising utilizing at the time of re-modulation and re-encoding one or more uplink transmission of the subscriber station.
  7. 1つ以上の加入者局からのアップリンク送信をリレーする前にリレー能力を表すメッセージを送るステップをさらに含む請求項1に記載の方法。 The method of claim 1, further comprising the step of sending a message indicating the relay capability before relaying uplink transmissions from one or more subscriber stations.
JP2007528057A 2004-08-18 2005-08-18 Transmission relay method and apparatus Active JP4615566B2 (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US60250604P true 2004-08-18 2004-08-18
PCT/US2005/029624 WO2006023771A2 (en) 2004-08-18 2005-08-18 Method and apparatus for transparent relaying

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008511210A JP2008511210A (en) 2008-04-10
JP4615566B2 true JP4615566B2 (en) 2011-01-19

Family

ID=35968229

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007528057A Active JP4615566B2 (en) 2004-08-18 2005-08-18 Transmission relay method and apparatus

Country Status (5)

Country Link
EP (1) EP1784931A4 (en)
JP (1) JP4615566B2 (en)
KR (1) KR100884699B1 (en)
CN (1) CN101006660A (en)
WO (1) WO2006023771A2 (en)

Families Citing this family (41)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN101072424A (en) * 2006-05-09 2007-11-14 华为技术有限公司 Service channel configuring and mobile station reliable switching method for relay system
JP4875156B2 (en) * 2006-06-30 2012-02-15 ノキア コーポレイション Repeater
US8126470B2 (en) 2006-07-03 2012-02-28 Nokia Corporation Topology and route discovery and management for relay networks
US7623863B2 (en) * 2006-08-18 2009-11-24 Fujitsu Limited System and method for adjusting connection parameters in a wireless network
GB2444097A (en) * 2006-09-08 2008-05-28 Fujitsu Ltd Multi-hop wireless communication system
CN101150841B (en) * 2006-09-20 2011-09-07 上海贝尔阿尔卡特股份有限公司 Method and device for establishing connection between mobile terminal and base station in multi-hop relay network
CN101150384B (en) * 2006-09-20 2010-12-08 上海贝尔阿尔卡特股份有限公司 Mixed automatic retransfer method and device
CN101155410A (en) 2006-09-30 2008-04-02 西门子公司 Method and device for implementing information processing based on channel in relay reinforced subdistrict
EP2563084A1 (en) * 2006-10-13 2013-02-27 Fujitsu Limited Radio base station, relay station, and band allocation method
CN102438316B (en) * 2006-10-13 2015-09-16 富士通株式会社 The radio base station, relay station, and band allocation method
US8175024B2 (en) 2006-10-16 2012-05-08 Nokia Corporation Bandwidth allocation for relay networks
US20090141676A1 (en) * 2006-11-14 2009-06-04 Shashikant Maheshwari Method and apparatus for providing an error control scheme in a multi-hop relay network
CN101389128B (en) 2007-09-10 2012-02-29 中兴通讯股份有限公司 Method for network access of customer terminal through radio relay
CN101389113B (en) 2007-09-14 2012-07-18 中兴通讯股份有限公司 Method for allocating radio resource to relays
FR2921217B1 (en) * 2007-09-14 2016-11-25 Eads Secure Networks Broadband Radio System, complementary recptrice station and method for optimizing a data link in a radio communication system.
EP2237452B1 (en) 2008-01-17 2012-10-10 Alcatel Lucent Method and device for data relay transmission in wireless relay network
CN101516063B (en) 2008-02-21 2012-10-10 中兴通讯股份有限公司 Multimedia broadcast and multicast service transmitting method
KR101595425B1 (en) 2008-03-21 2016-02-24 애플 인크. Multimedia broadcast multicast service(mbms) utilizing spatial multiplexing
US8599728B2 (en) 2008-07-11 2013-12-03 Nokia Siemens Networks Oy Recovery schemes for group switching procedures for multi-group frequency division duplex wireless networks
US20100103911A1 (en) * 2008-10-28 2010-04-29 Samsung Electronics, Co., Ltd. Apparatus and method providing an IEEE-802.16 self-organizing network
CN101729213B (en) 2008-10-29 2013-12-04 上海华为技术有限公司 Data communication method, data communication device and data communication system
CN101742667B (en) 2008-11-19 2013-08-07 中兴通讯股份有限公司 Distributed resource scheduling method and system, base station and relay
US8848594B2 (en) 2008-12-10 2014-09-30 Blackberry Limited Method and apparatus for discovery of relay nodes
US8355388B2 (en) 2008-12-17 2013-01-15 Research In Motion Limited System and method for initial access to relays
US8311061B2 (en) 2008-12-17 2012-11-13 Research In Motion Limited System and method for multi-user multiplexing
US8402334B2 (en) * 2008-12-17 2013-03-19 Research In Motion Limited System and method for hybrid automatic repeat request (HARQ) functionality in a relay node
US8040904B2 (en) 2008-12-17 2011-10-18 Research In Motion Limited System and method for autonomous combining
US8446856B2 (en) 2008-12-19 2013-05-21 Research In Motion Limited System and method for relay node selection
US8265128B2 (en) 2008-12-19 2012-09-11 Research In Motion Limited Multiple-input multiple-output (MIMO) with relay nodes
US8335466B2 (en) 2008-12-19 2012-12-18 Research In Motion Limited System and method for resource allocation
US9001783B2 (en) * 2009-01-05 2015-04-07 Intel Corporation Dual base stations for wireless communications systems
US8537724B2 (en) 2009-03-17 2013-09-17 Motorola Mobility Llc Relay operation in a wireless communication system
US9338820B2 (en) * 2010-01-15 2016-05-10 Nokia Technologies Oy Method and apparatus for providing machine-to-machine communication in a wireless network
EP2559312A4 (en) * 2010-04-13 2016-02-24 Nokia Technologies Oy Method and apparatus for providing machine initial access procedure for machine to machine communication
US9143703B2 (en) 2011-06-10 2015-09-22 Flir Systems, Inc. Infrared camera calibration techniques
GB2491856B (en) 2011-06-14 2015-06-17 Sca Ipla Holdings Inc Wireless communications system and method
GB2493784B (en) 2011-08-19 2016-04-20 Sca Ipla Holdings Inc Wireless communications system and method
GB2493785B (en) * 2011-08-19 2016-04-20 Sca Ipla Holdings Inc Wireless communications system and method
JP5561321B2 (en) * 2012-07-09 2014-07-30 富士通株式会社 Wireless communication device
US9811884B2 (en) 2012-07-16 2017-11-07 Flir Systems, Inc. Methods and systems for suppressing atmospheric turbulence in images
CN104853419A (en) * 2015-04-29 2015-08-19 上海翎沃电子科技有限公司 Asymmetric bidirectional network architecture and method for realizing data transmission

Family Cites Families (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6032020A (en) 1997-07-28 2000-02-29 Motorola, Inc. Multi-repeater communication system
US6141533A (en) * 1997-11-13 2000-10-31 Motorola, Inc. Method and apparatus for a mobile repeater
US7088701B1 (en) * 2000-04-14 2006-08-08 Qualcomm, Inc. Method and apparatus for adaptive transmission control in a high data rate communication system
AU2002345190A1 (en) * 2001-06-28 2003-03-03 King's College London Electronic data communication system
CN1182739C (en) * 2003-01-28 2004-12-29 大唐移动通信设备有限公司 Relaying communication apparatus and communication method in mobile communication system
WO2004107693A1 (en) * 2003-05-28 2004-12-09 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson (Publ) Method and system for wireless communication networks using relaying
GB2405290B (en) * 2003-08-21 2006-04-26 Motorola Inc Wireless communication system and wireless communication repeater for use therein

Also Published As

Publication number Publication date
WO2006023771A2 (en) 2006-03-02
CN101006660A (en) 2007-07-25
EP1784931A2 (en) 2007-05-16
WO2006023771A3 (en) 2006-09-28
EP1784931A4 (en) 2012-10-03
KR20070034123A (en) 2007-03-27
KR100884699B1 (en) 2009-02-19
JP2008511210A (en) 2008-04-10

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4358231B2 (en) Methods that facilitate communication relay and apparatus
KR101750371B1 (en) Method and apparatus defining transmission and reception time of physical channels supporting cross carrier scheduling in TDD cellular communication systems
CN102461004B (en) Data communication method and device in communication system
RU2402170C2 (en) Method for transfer/reception of data channel control information for improved transfer of upperlink data
EP2351456B1 (en) Control signaling in system supporting relayed connections
JP5070987B2 (en) Reusing system and method of wireless resources in a wireless network
CN103298065B (en) Cellular communication system, base station and user equipment
JP5905914B2 (en) Method and apparatus for cooperative wireless communication (cooperativewirelesscommunications)
KR100855225B1 (en) Apparatus and method for communicating frame data in a multi-hop relay broadband wireless access communication system
US20120218886A1 (en) Method and Apparatus
US8417255B2 (en) Data transmission and power control in a multihop relay communication system
JP4957450B2 (en) System and method for implementing a multi-radio wireless network
US6957042B2 (en) Packet based backhaul channel configuration for a wireless repeater
US8000296B2 (en) Base station and mobile station
JP5458111B2 (en) harq operation for the macro-diversity transmission in the downlink
JP4620690B2 (en) Upstream bandwidth in a broadband wireless access communication system request and allocation method for a multi-hop relay scheme
US8149757B2 (en) Bandwidth efficient HARQ scheme in relay network
CN1198473C (en) Resource control system, method and base station and mobile station using the system, method
KR100929275B1 (en) Mmr centralized scheduler relay station for an extended 802.16e system
EP2409512B1 (en) Signaling mechanisms for network-relay interface with reduced overhead
KR101225520B1 (en) Method of signalling resource allocation information and apparatus therefor
US8514790B2 (en) System and method for optimizing network wireless communication resources
JP4615048B2 (en) Allocation method of a multicarrier hsdpa control channel, the packet data transmission method and rnc
KR100684152B1 (en) Transport block set segmentation base station
EP1969882B1 (en) Communication method using relay station in mobile communication system

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100119

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20100419

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20100426

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20100519

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20100526

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100716

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101012

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20101020

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131029

Year of fee payment: 3

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131029

Year of fee payment: 3

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131029

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131029

Year of fee payment: 3

S533 Written request for registration of change of name

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313533

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131029

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250