JP4532161B2 - Polyurethane foam and headrest for the headrest - Google Patents

Polyurethane foam and headrest for the headrest Download PDF

Info

Publication number
JP4532161B2
JP4532161B2 JP2004132055A JP2004132055A JP4532161B2 JP 4532161 B2 JP4532161 B2 JP 4532161B2 JP 2004132055 A JP2004132055 A JP 2004132055A JP 2004132055 A JP2004132055 A JP 2004132055A JP 4532161 B2 JP4532161 B2 JP 4532161B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
headrest
polyurethane foam
catalyst
polyisocyanate
stay
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2004132055A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2005312548A (en )
Inventor
尊康 岡田
Original Assignee
株式会社イノアックコーポレーション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、例えば自動車内の座席の上端部に取付けられ、乗員の頭部への衝撃を和らげるためのヘッドレストの内部に装填されるヘッドレスト用ポリウレタンフォーム及びヘッドレストに関するものである。 The present invention is, for example, attached to the upper end portion of the seat in a motor vehicle, to a polyurethane foam and a headrest headrest is loaded inside of the headrest to cushion the occupant's head.

一般に自動車内の座席の上端部に取付けられるヘッドレストは、袋状の表皮内にヘッドレストステーを挿入した状態でポリウレタンフォームが内包されて構成されている。 Generally headrest mounted on an upper end portion of the seat in a motor vehicle, the polyurethane foam is configured as contained in a state of inserting the headrest stay in a bag-like skin. ここで用いられるヘッドレストステーは、鋼材によって形成された丸棒が所定箇所で折曲げられて例えば逆U字状に形成された後にクロムメッキが施されて構成されている。 Headrest stay, as used herein, a round bar formed by steel is chrome plating is formed is subjected after being formed by bent such as reverse U-shape at a predetermined position. 表皮内に内包されるポリウレタンフォームとしては、活性水素化合物と有機ポリイソシアネートとを反応させ、かつ発泡剤で発泡させた軟質ポリウレタンフォームが知られている(例えば、特許文献1を参照)。 The polyurethane foam is encapsulated in the epidermis, by reacting an active hydrogen compound and an organic polyisocyanate, and a flexible polyurethane foam obtained by foaming in the foaming agent is known (for example, see Patent Document 1). 活性水素化合物として具体的には、ヒドロキシル当量が900〜1500で、末端にエチレンオキシド単位を5〜30重量%含有するポリエーテルトリオールと、ヒドロキシル当量が1010〜1500で、末端にエチレンオキシド単位を5〜30重量%含有するポリエーテルジオールとが所定比率で配合されたものが用いられている。 Specifically as the active hydrogen compound, a hydroxyl equivalent weight of 900 to 1500, and polyether triol containing 5 to 30 wt% of ethylene oxide units in the terminal, with a hydroxyl equivalent weight of from 1010 to 1500, the terminal ethylene oxide units 5-30 that the polyether diol containing wt% is blended in a predetermined ratio is used.
特開平11−130833号公報(第2頁及び第3頁) JP 11-130833 discloses (page 2 and page 3)

ところで、輸出用のヘッドレストステー等の場合には、輸送の都合上折曲げられていない丸棒のままの状態でメッキが施されて輸出され、現地で折曲げて使用される。 Incidentally, in the case of headrest stays such for export, the plating in the state of a round bar which is not bent convenience folding transport is exported is subjected, it is used by bending on site. そのような場合には、ヘッドレストステーの折曲げ部分がメッキ後に折曲げられて使用されることから、その折曲げ部分のメッキに微細なクラックが入り、そのような微細なクラックがヘッドレストステーの腐食を生じさせる原因になる。 In such a case, since the bent portion of the headrest stay is used in bent after plating, it enters fine cracks in the plating that occasion bent portion, such microscopic cracks headrest stay corrosion cause the cause. 更には、ヘッドレストステーの折曲げ部分に対するポリウレタンフォームの密着性が低下するという問題があった。 Furthermore, adhesion of the polyurethane foam for the bent portion of the headrest stay is lowered.

前記特許文献1に記載の軟質ポリウレタンフォームは、衝撃を効果的に吸収してヘッドレストとしての機能を充分に発揮させることを目的としている。 The flexible polyurethane foam according to the Patent Document 1 is intended to impact and effectively absorbed to sufficiently exhibit the function as the headrest. そのような目的を達成すべく反発弾性率が30%以下、圧縮荷重の温度依存性が0.030kg/cm 2となるように、ポリウレタンフォームの原料組成が前記のように設定されている。 Such rebound resilience to achieve the desired 30% or less, the temperature dependence of the compressive load so that 0.030 kg / cm 2, the raw material composition of polyurethane foam are set as described above. しかしながら、この原料組成では特に触媒との関連付けがないため、ヘッドレストステーに対するポリウレタンフォームの密着性が充分ではなく、ポリオールとポリイソシアネートとの反応性も不足してポリウレタンフォームに破れやひけが発生するおそれがあった。 However, I fear this particularly in feed composition since there is no association with the catalyst, which is not sufficient adhesion between the polyurethane foam for the headrest stay, tear and shrinkage occurs in the polyurethane foam is insufficient also react with the polyol and the polyisocyanate was there. その場合、ヘッドレストステーとポリウレタンフォームとの間に隙間が生じ、ヘッドレストステーが外気に晒されてその折曲げ部分に腐食が発生する原因に繋がる。 In that case, a gap between the headrest stay and the polyurethane foam, the headrest stay leads to cause corrosion generated on that occasion the bent portion is exposed to the outside air. このような不具合は、ヘッドレストステーの折曲げ加工後にメッキを施す場合には問題とならないが、ヘッドレストステーのメッキ後に折曲げ加工を施す場合には問題となる可能性があった。 Such inconvenience is not a problem in the case of applying a bending plating after processing the headrest stay, when subjected to bending after plating of the headrest stays there can be a problem.

本発明は、このような従来技術に存在する問題点に着目してなされたものである。 The present invention has been made in view of the problems existing in the prior art. その目的とするところは、ヘッドレストステーがメッキ後に折曲げられた場合において、その折曲げ部分に対するポリウレタンフォームの密着性を向上させることができると共に、ヘッドレストステーの折曲げ部分に腐食が生ずることを抑制することができるヘッドレスト用ポリウレタンフォーム及びヘッドレストを提供することにある。 And has an object, in the case where the headrest stay is bent after plating, prevent the it is possible to improve the adhesion of polyurethane foam for that occasion bends, corrosion bent portion of the headrest stay occurs to provide a polyurethane foam and a headrest headrest that can be.

上記の目的を達成するために、請求項1に記載の発明のヘッドレスト用ポリウレタンフォームは、袋状の表皮内にヘッドレストステーを挿入した状態で内包されてヘッドレストを形成するためのポリウレタンフォームであって、前記ヘッドレストステーが金属材料の表面にメッキを施した後に折曲げ形成され、その折曲げ部分がヘッドレスト内に位置すると共に、該折曲げ部分における腐食の発生を防止すべくポリウレタンフォームの製造原料がポリエーテルポリオール、ポリイソシアネート及びそれらの反応を促進させるための触媒及び発泡剤を少なくとも含有し、前記ポリエーテルポリオールが多価アルコールにプロピレンオキシドとエチレンオキシドとを付加重合させた重合体であって、ポリエチレンオキシド単位を20モル%以上含 To achieve the above object, the head rest polyurethane foam of the invention described in claim 1, it is included in a state of inserting the headrest stay in a bag-like skin a polyurethane foam for forming the headrest , the headrest stay is formed by bending after plating the surface of the metal material, with that occasion bending portion is located in the headrest, the raw material for producing a polyurethane foam to prevent the occurrence of corrosion in 該折 bent portion polyether polyol, at least containing a catalyst and blowing agent for promoting polyisocyanates and reaction thereof, the polyether polyol is a polymer obtained by addition polymerization of propylene oxide and ethylene oxide to a polyhydric alcohol, poly including ethylene oxide units 20 mol% or more ものであり、触媒がポリイソシアネートと反応性の触媒及び非反応性の触媒を含み、非反応性の触媒が揮発性を有する化合物であることを特徴とするものである。 Are those, the catalyst comprises a reaction of the catalyst and non-reactive catalyst and polyisocyanate, it is characterized in that the non-reactive catalyst is a compound having a volatility.

請求項2に記載の発明のヘッドレスト用ポリウレタンフォームは、袋状の表皮内にヘッドレストステーを挿入した状態で内包されてヘッドレストを形成するためのポリウレタンフォームであって、前記ヘッドレストステーが金属材料の表面にメッキを施した後に折曲げ形成され、その折曲げ部分がヘッドレスト内に位置すると共に、該折曲げ部分における腐食の発生を防止すべくポリウレタンフォームの製造原料がポリエーテルポリオール、ポリイソシアネート及びそれらの反応を促進させるための触媒及び発泡剤を少なくとも含有し、前記ポリエーテルポリオールが多価アルコールにプロピレンオキシドとエチレンオキシドとを付加重合させた重合体であって、ポリエチレンオキシド単位を10〜20モル%含むものであり、触媒がポリイ Headrest for polyurethane foam of the invention recited in claim 2, is included in a state of inserting the headrest stay in a bag-like skin a polyurethane foam for forming a headrest, a surface of the headrest stay is a metallic material a formed by bending after plating, together with that occasion bent portion located in the headrest, a raw material for producing a polyurethane foam to prevent the occurrence of corrosion in 該折 bent portion polyether polyols, polyisocyanates and their the reaction contains at least a catalyst and a blowing agent for promoting the polyether polyol is a polymer obtained by addition polymerization of propylene oxide and ethylene oxide to polyhydric alcohols, including polyethylene oxide units 10-20 mole% are those, the catalyst is Porii シアネートと反応性の触媒及び非反応性の触媒を含み、かつ非反応性の触媒が揮発性の低い化合物と揮発性の高い化合物とよりなることを特徴とするものである。 It includes a cyanate-reactive catalyst and non-reactive catalyst, and in which non-reactive catalyst is characterized more becomes possible with a highly volatile compound having low volatile compounds.

請求項3に記載の発明のヘッドレストは、袋状の表皮内にヘッドレストステーを挿入した状態で、請求項1又は請求項2に記載のヘッドレスト用ポリウレタンフォームが内包されていることを特徴とするものである。 Headrest of the invention described in claim 3, in a state of inserting the headrest stay in a bag-like skin, which is characterized in that the head rest polyurethane foam according to claim 1 or claim 2 is contained it is.

本発明によれば、次のような効果を発揮することができる。 According to the present invention can exhibit the following effects.
請求項1に記載の発明のヘッドレスト用ポリウレタンフォームは、ポリエーテルポリオールが多価アルコールにプロピレンオキシドとエチレンオキシドとを付加重合させた重合体で構成され、ポリエチレンオキシド単位が20モル%以上含まれている。 Headrest for polyurethane foam of the invention described in claim 1 is composed of a polyether polyol is a polyhydric alcohol by addition polymerization of propylene oxide and ethylene oxide polymer contains polyethylene oxide units is more than 20 mol% . このため、ポリウレタンフォームには、ポリエチレンオキシド単位が10〜20モル%の通常のポリウレタンフォームに比べて水酸基が多く含まれ、ヘッドレストステーに対する結合力が高まると共に、ポリイソシアネートとの反応性が高くなると考えられる。 Therefore, the polyurethane foam, polyethylene oxide units contains more hydroxyl groups as compared with 10 to 20 mol% of the usual polyurethane foam, with avidity for headrest stay increases, considered reactivity with polyisocyanate is high It is. 従って、ヘッドレストステーがメッキ後に折曲げられた場合において、ヘッドレストステーの折曲げ部分に対するポリウレタンフォームの密着性を向上させることができる。 Accordingly, when the headrest stay is bent after plating, it is possible to improve the adhesion of the polyurethane foam for the bent portion of the headrest stay.

しかも、触媒にはポリイソシアネートと反応性の触媒及びポリイソシアネートと非反応性で揮発性の触媒が用いられている。 Moreover, the volatile catalyst in the reaction of the catalyst and a polyisocyanate and a non-reactive and polyisocyanate is used as the catalyst. このため、ポリエーテルポリオールとポリイソシアネートとの反応性が高められると考えられる。 Therefore, reactivity of polyether polyol and a polyisocyanate is considered to be enhanced. 従って、ポリウレタンフォームの破れやひけが抑制され、ヘッドレストステーが外気に晒されず、また水分の侵入を防止でき、ヘッドレストステー表面における酸化が防止される。 Therefore, is suppressed tear and shrinkage of polyurethane foams, the headrest stay is not exposed to the air, also prevents penetration of moisture, oxidation in headrest stay surface is prevented. その結果、ヘッドレストステーがメッキ後に折曲げられた場合において、その折曲げ部分に腐食が生ずることを抑制することができる。 As a result, when the headrest stay is bent after plating, it is possible to prevent the corrosion occurs in that occasion bends. 更に、ポリエーテルポリエーテルとポリイソシアネートとの反応後における触媒は、ポリウレタンフォームに組み込まれるか、或は揮発して残存しない。 Further, the catalyst after the reaction of polyether polyether and polyisocyanate is either incorporated into the polyurethane foam, or no residual volatile manner. 従って、ヘッドレストステーの折曲げ部分に触媒に基づく腐食が生ずることを抑制することができる。 Therefore, it is possible to suppress the corrosion based on the catalyst occurs in the bent portion of the headrest stay.

上記のように、ポリウレタンフォームがヘッドレストステーに密着されるため、それらの間に隙間の形成が抑えられて外気との接触が遮断されると同時に、ポリウレタンフォームに破れやひけが生じないため、ヘッドレストステーへの外気の導入が回避されると考えられる。 As described above, since the polyurethane foam is adhered to the headrest stay, because at the same time with the formation of the gap is suppressed between them contact with the outside air is cut off, the tear and shrinkage polyurethane foams do not occur, the headrest the introduction of outside air to the stay is considered to be avoided. その結果、ヘッドレストステーがメッキ後に折曲げられた場合において、その折曲げ部分に腐食が生ずることを抑制することができる。 As a result, when the headrest stay is bent after plating, it is possible to prevent the corrosion occurs in that occasion bends.

請求項2に記載の発明のヘッドレスト用ポリウレタンフォームは、ポリエーテルポリオール中のポリエチレンオキシド単位の含有量が10〜20モル%であるが、非反応性の触媒として揮発性の高い化合物が含まれている。 Headrest for polyurethane foam of the invention recited in claim 2 is the content of polyethylene oxide units in the polyether polyol is 10 to 20 mol%, contains highly volatile compounds as a non-reactive catalyst there. このため、ポリウレタンフォーム中に触媒を残存させることなく、ポリエーテルポリオールとポリイソシアネートとの反応性を向上させることができる。 Therefore, without leaving the catalyst in the polyurethane foam, it is possible to improve the reactivity of the polyether polyol and a polyisocyanate. 従って、請求項1に係る発明と同様の効果を発揮させることができる。 Therefore, it is possible to exhibit the same effect as the invention according to claim 1.

請求項3に記載の発明によれば、請求項1又は請求項2に係るポリウレタンフォームの発明の作用及び効果をヘッドレストにおいて発揮させることができる。 According to the invention described in claim 3, the operation and effect of the invention of polyurethane foam according to claim 1 or claim 2 can be exhibited in the headrest.

以下、本発明を具体化した実施形態について、図面を参酌して詳細に説明する。 Hereinafter, embodiments embodying the present invention will be described in detail with reference to the drawings.
図1に示すように、本実施形態のヘッドレスト11を構成する表皮12は、全体として袋状をなすように形成され、その底面中央にはスリット状の開口部13が設けられると共に、その開口部13の両端位置にはステー孔14が形成されている。 As shown in FIG. 1, the skin 12 constituting the headrest 11 of the present embodiment is formed so as to form an overall bag shape, together with the opening 13 a slit-shaped is provided at its bottom center, the opening stay hole 14 is formed at the both end positions of the 13. 表皮12の内部には、金属材料例えば鋼鉄製のヘッドレストステー15の基端部が挿入され、その両脚部が前記ステー孔14から外方へ突出している。 Inside the skin 12, the base end portion of the metal material for example steel headrest stays 15 are inserted, the legs project from the stay hole 14 outward. 表皮12の内部にはヘッドレストステー15が挿入された状態でポリウレタンフォーム16が内包されている。 Inside the skin 12 is polyurethane foam 16 is contained in a state where the headrest stay 15 is inserted. ヘッドレストステー15は、表皮12内の内奥部で直角に折曲げられた一対の第1折曲げ部15aと、ステー孔14側で鈍角に折曲げられた一対の第2折曲げ部15bとを有している。 Headrest stay 15 has a pair of first bent portion 15a which is bent at a right angle innermost portion of the epidermis 12, and a second bent portion 15b of the pair of bent at an obtuse angle with the stay hole 14 side It has.

このヘッドレストステー15は、鋼鉄製の丸棒材表面にクロムメッキを施した後、ヘッドレスト11の製造時に一対の第1折曲げ部15aと一対の第2折曲げ部15bとにおいて折曲げ形成されたものである。 The headrest stay 15, after having been subjected to chrome plating steel round bar material surface was formed by bending the second bending portion 15b of the pair and the first bent portion 15a of the pair at the time of manufacture of the headrest 11 it is intended. 従って、これらの第1折曲げ部15aと第2折曲げ部15bとにおいて、クロムメッキの皮膜にマイクロクラックが入りやすく、それらの部分から腐食(錆)が発生しやすい。 Accordingly, in these first bent portion 15a of the second bent portion 15b, the film of chromium plating microcracks easily enter, corrosion from the portions (rust) is likely to occur.

そして、このヘッドレストステー15の挿入状態で、表皮12の内部に開口部13から注入されたポリウレタンフォーム16の製造原料(液状)が反応され、発泡膨張されてヘッドレスト11全体が枕状に成形されている。 Then, in this inserted state of the headrest stay 15, a raw material for polyurethane foam 16 inside injected from the opening 13 of the skin 12 (liquid) is reacted, the entire headrest 11 is foamed and expanded is formed in the pillow there. ここで、ヘッドレスト11は、乗員の頭部に接触する前面部分が水平方向の断面において左右両端部が前方に膨らむように全体として凹曲面状に形成されている。 Here, the headrest 11, right and left end portions front portion in the horizontal direction of the cross section in contact with the occupant's head is formed on the concave curved surface as a whole so as to expand forward.

前記表皮12は、例えば本革や合成皮革等よりなる外側のレザー表皮12aと、その内側全体に接合配置されたポリウレタンフォームよりなる弾性スラブ12bと、ポリウレタン等よりなる樹脂フィルム12cとがフィルムラミネート法により積層されて構成されている。 The skin 12 is, for example leather or a leather skin 12a outside made of synthetic leather, an elastic slabs 12b made of polyurethane foam which is bonded disposed throughout the inside, the resin film 12c and the film lamination method consisting polyurethane, etc. and it is stacked by.

そして、このヘッドレスト11を製造する際には、次のような方法が採られる。 And, when manufacturing the headrest 11, the following method is adopted. すなわち、表皮12を作製するための積層体を三次元形状に曲げて縫製することにより袋状に形成した後、それを開口部13から表裏を反転させて、袋状の表皮12を作製する。 That is, after forming a bag shape by sewing by bending the laminate for making a skin 12 into a three-dimensional shape, it inverts the front and back from the opening 13, to produce a bag-like skin 12. 続いて、この表皮12の内部にヘッドレストステー15を挿入し、その状態で、表皮12を上下逆にして図示しない成形型内にセットする。 Subsequently, the inside of the skin 12 by inserting the headrest stay 15, in this state, is set in a mold (not shown) to the skin 12 upside down. ヘッドレストステー15は鋼鉄製の丸棒材表面にクロムメッキを施した後に、逆U字状に折曲げかつ上部両側が斜め後方へ傾斜するように折曲げたものである。 Headrest stay 15 after performing chrome plated steel round bar material surface, in which bending and upper sides in an inverted U-shape is bent to be inclined obliquely rearward.

そして、表皮12の内部に開口部13からポリウレタンフォーム16の液状をなす製造原料を注入してポリオール、ポリイソシアネート等を反応させると同時に、発泡膨張させる。 The polyol by injecting raw material from the opening 13 into the interior of the epidermis 12 forms a liquid polyurethane foam 16, simultaneously reacting the polyisocyanate, foaming expansion. これにより、表皮12及びヘッドレストステー15をポリウレタンフォーム16の成形層と一体化させ、ヘッドレスト11を製造する。 Thus, the skin 12 and the headrest stay 15 is integrated with the molded layer of polyurethane foam 16, to produce the headrest 11.

前記ポリウレタンフォームの製造原料はポリオール、ポリイソシアネート、触媒、発泡剤、整泡剤等よりなっている。 The polyurethane foam raw material is a polyol, a polyisocyanate, a catalyst, a blowing agent, which is from the foam stabilizer and the like. そして、ポリウレタンフォームはポリオールとポリイソシアネートとを、触媒、発泡剤等の存在下に反応させると共に、発泡させることによって得られる。 The polyurethane foam of a polyol and a polyisocyanate, a catalyst, with the reaction in the presence of such blowing agents is obtained by foaming. ポリオールとしては、ポリイソシアネートとの反応性に優れているという点と、ポリエステルポリオールのように加水分解をしないという点から、ポリエーテルポリオールが用いられる。 The polyol, and that is excellent in reactivity with the polyisocyanate, from the viewpoint not to hydrolyzed as polyester polyol, polyether polyol is used.

ポリエーテルポリオールとしては、多価アルコールにプロピレンオキシドとエチレンオキシドとを付加重合させた重合体よりなるポリエーテルポリオール、その変性体等が用いられる。 The polyether polyol, a polyhydric alcohol propylene oxide and ethylene oxide with an addition polymerized polyether polyol made of polymer was, modified materials thereof or the like is used. 変性体としては、前記ポリエーテルポリオールにアクリロニトリル又はスチレンを付加させたもの、或はアクリロニトリルとスチレンの双方を付加させたもの等が挙げられる。 The modified compounds, the ones obtained by adding acrylonitrile or styrene in a polyether polyol, or such as those obtained by adding both of acrylonitrile and styrene. ここで、多価アルコールは1分子中に水酸基を複数個有する化合物である。 Here, the polyhydric alcohol is a compound having a plurality of hydroxyl groups in one molecule. 多価アルコールとしては、グリセリン、ジプロピレングリコール等が挙げられる。 The polyhydric alcohols, glycerol, dipropylene glycol, and the like.

ポリエーテルポリオールとして具体的には、グリセリンにプロピレンオキシドを付加重合させ、更にエチレンオキシドを付加重合させたトリオール、ジプロピレングリコールにプロピレンオキシドを付加重合させ、更にエチレンオキシドを付加重合させたジオール等が挙げられる。 Specific examples polyether polyols, glycerin propylene oxide to addition polymerization, and further triol obtained by addition polymerization of ethylene oxide, by addition-polymerizing propylene oxide to dipropylene glycol, diols such as obtained by further addition polymerization of ethylene oxide . これらのポリエーテルポリオールは、末端に第1級の水酸基を有していることから、ポリイソシアネートとの反応性が高い。 These polyether polyols, since the terminal has a primary hydroxyl group, is highly reactive with polyisocyanate. ポリエーテルポリオールの平均分子量は2000〜6000であることが好ましい。 Average molecular weight of the polyether polyol is preferably 2000 to 6000. この平均分子量が2000未満の場合には得られるポリウレタンのフォーム成形の安定性が著しく低下し、6000を越える場合にはポリウレタンフォームの反発が著しく大きくなり、クッション性すなわちエネルギー吸収率が低下する。 The average molecular weight is remarkably decreased stability of the foam molding of polyurethane obtained in the case of less than 2000, when exceeding 6000 resilience polyurethane foam is significantly increased, cushioning or energy absorption rate is lowered.

ポリエーテルポリオール中のポリエチレンオキシド単位は20モル%以上である。 Polyethylene oxide units in the polyether polyol is 20 mol% or more. この場合、ポリエーテルポリオールには、ポリエチレンオキシド単位が10〜20モル%の通常のポリウレタンフォームに比べて水酸基が多く含まれ、ヘッドレストステー15に対する結合力が高まると共に、ポリイソシアネートとの反応性が高くなる。 In this case, the polyether polyol, polyethylene oxide units contains more hydroxyl groups as compared with 10 to 20 mol% of the usual polyurethane foam, the bonding strength is increased with respect to the headrest stay 15, reactivity with polyisocyanate is high Become. 従って、ヘッドレストステー15がメッキ後に折曲げられたものにおいて、ヘッドレストステー15の折曲げ部分、すなわち第1折曲げ部15a及び第2折曲げ部15bに対するポリウレタンフォーム16の密着性を向上させることができると共に、それらの折曲げ部分に腐食が生ずることを抑制することができる。 Therefore, in what headrest stay 15 is bent after plating, it is possible to improve the adhesion of the polyurethane foam 16 for folding portions, the first bent portion 15a and the second bent portion 15b of the headrest stay 15 together, it is possible to suppress the corrosion those bent portions occurs. このポリオールは、原料成分の種類、分子量、縮合度等を調整することによって、水酸基の官能基数や水酸基価を変えることができる。 The polyol, the type of raw material components, molecular weight, by adjusting the degree of condensation and the like, it is possible to change the functionality and hydroxyl value of the hydroxyl group.

次に、ポリエーテルポリオールと反応させるポリイソシアネートはイソシアネート基を複数有する化合物であって、具体的にはトリレンジイソシアネート(TDI)、4,4−ジフェニルメタンジイソシアネート(MDI)、1,5−ナフタレンジイソシアネート(NDI)、トリフェニルメタントリイソシアネート、キシリレンジイソシアネート(XDI)、ヘキサメチレンジイソシアネート(HDI)、ジシクロヘキシルメタンジイソシアネート、イソホロンジイソシアネート(IPDI)、これらの変性物等が用いられる。 Next, the polyisocyanate is reacted with the polyether polyol is a compound having a plurality of isocyanate groups, specifically tolylene diisocyanate (TDI), 4,4-diphenylmethane diisocyanate (MDI), 1,5-naphthalene diisocyanate ( NDI), triphenylmethane triisocyanate, xylylene diisocyanate (XDI), hexamethylene diisocyanate (HDI), dicyclohexylmethane diisocyanate, isophorone diisocyanate (IPDI), etc. these modified products are used.

ポリイソシアネートのイソシアネートインデックスは100以下又は100を越えてもよいが、通常70〜140程度の範囲である。 Isocyanate index of the polyisocyanate may exceed 100 or less or 100 but is usually in the range of about 70 to 140. ここで、イソシアネートインデックスは、ポリオールの水酸基及び発泡剤としての水に対するポリイソシアネートのイソシアネート基の比を百分率で表したものである。 Here, the isocyanate index is a representation of a hydroxyl group and a ratio of the isocyanate groups of the polyisocyanate to water as a blowing agent in polyol as a percentage.

触媒はポリエーテルポリオールとポリイソシアネートとのウレタン化反応を促進するためのものである。 The catalyst is used to accelerate the urethane-forming reaction of polyether polyol with a polyisocyanate. 係る触媒としては、ジメチルエタノールアミン(DMEA)、トリエチレンジアミン(TEDA)、1−(ジメチルアミノエチル)−4−メチルピペラジン、ビス(2−ジメチルアミノエチル)エーテル、N,N−ジメチルアミノ−エチルモルホリン、N−メチルモルホリン、N−エチルモルホリン等のアミン系化合物が挙げられる。 The catalyst according, dimethylethanolamine (DMEA), triethylenediamine (TEDA), 1-(dimethylaminoethyl) -4-methylpiperazine, bis (2-dimethylaminoethyl) ether, N, N-dimethylamino - ethyl morpholine , N- methylmorpholine, amine compounds such as N- ethyl morpholine.

ジメチルエタノールアミン(沸点134℃)等は、ポリイソシアネートと反応する触媒で、ポリウレタンフォーム16中に組み入れられるものである。 Dimethylethanolamine (boiling point 134 ° C.) and the like, with a catalyst that reacts with the polyisocyanate, those which are incorporated in the polyurethane foam 16. 従って、そのような触媒は、ヘッドレストステー15の腐食に影響を与えることなく、その水酸基によって金属に対する接着性を向上させ得ると考えられる。 Accordingly, such catalysts are, without affecting the corrosion of the headrest stay 15 is believed to be capable to improve the adhesion to the metal by the hydroxyl group.

トリエチレンジアミン(沸点174℃、蒸気圧2mmHg/20℃)、1−(ジメチルアミノエチル)−4−メチルピペラジン(蒸気圧0.1mmHg/20℃)、ビス(2−ジメチルアミノエチル)エーテル等は、ポリイソシアネートと反応しない触媒で、ポリウレタンフォーム16中に組み入れられないものである。 Triethylenediamine (boiling point 174 ° C., a vapor pressure 2 mmHg / 20 ° C.), 1-(dimethylaminoethyl) -4-methylpiperazine (vapor pressure 0.1 mmHg / 20 ° C.), bis (2-dimethylaminoethyl) ether or the like, the catalyst which does not react with the polyisocyanate, are those not incorporated in the polyurethane foam 16. 従って、ヘッドレストステー15の腐食に影響を与える可能性があるが、揮発性を有することから、触媒としての機能を果たした後には揮発して残存しないものである。 Therefore, there is a possibility to influence the corrosion of the headrest stay 15, since it has a volatile, after served as the catalyst are those having no residual volatilized.

N,N−ジメチルアミノ−エチルモルホリン(蒸気圧3mmHg/20℃)、N−エチルモルホリン(蒸気圧6mmHg/20℃)、N−メチルモルホリン(蒸気圧17mmHg/20℃)等のモルホリン類は、ポリイソシアネートと反応しない触媒で、ポリウレタンフォーム16中に組み入れられないものである。 N, N- dimethylamino - ethyl morpholine (vapor pressure 3 mmHg / 20 ° C.), N- ethylmorpholine (vapor pressure 6 mm Hg / 20 ° C.), morpholine such as N- methylmorpholine (vapor pressure 17 mmHg / 20 ° C.) is poly the catalyst which does not react with the isocyanate, but not incorporated in the polyurethane foam 16. 従って、ヘッドレストステー15の腐食に影響を与える可能性があるが、揮発性が高いことから、触媒としての機能を果たした後には揮発して全く残存しないものである。 Therefore, there is a possibility to influence the corrosion of the headrest stay 15, because of its high volatility, after served as catalysts are those which do not remain at all volatilized.

本実施形態においては、ポリエーテルポリオールが多価アルコールにプロピレンオキシドとエチレンオキシドとを付加重合させた重合体である。 In the present embodiment, a polyether polyol is a polyhydric alcohol by addition polymerization of propylene oxide and ethylene oxide polymers. そして、ポリエチレンオキシド単位を20モル%以上含むものである場合には、触媒はポリイソシアネートと反応性の触媒及び非反応性の触媒を含み、非反応性の触媒が揮発性を有する化合物で構成される。 When those containing polyethylene oxide units 20 mol% or more, the catalyst comprises a reaction of the catalyst and non-reactive catalyst and polyisocyanate, and a compound non-reactive catalyst has a volatile. また、ポリエーテルポリオールがエチレンオキシドとプロピレンオキシドとの共重合体であって、ポリエチレンオキシド単位を10〜20モル%含むものである場合には、触媒はポリイソシアネートと反応性の触媒及び非反応性の触媒を含み、かつ非反応性の触媒が揮発性の低い化合物と揮発性の高い化合物とより構成される。 Further, the polyether polyol is a copolymer of ethylene oxide and propylene oxide, if those containing polyethylene oxide units 10-20 mol%, the catalyst and the polyisocyanate reactivity of the catalyst and non-reactive catalyst wherein, and more constructed as a non-reactive catalyst is highly volatile and less volatile compound compound.

ここで、揮発性を有するというのは、沸点約180℃以下が目安である。 Here, because having volatile, having a boiling point of about 180 ° C. or less is a measure. また、揮発性の高い触媒と揮発性の低い触媒という場合には、揮発性の高い触媒が蒸気圧3mmHg/20℃以上、揮発性の低い触媒が蒸気圧3mmHg/20℃未満であることを意味する。 Further, in the case of low volatility and high volatility catalyst catalyst, it means that highly volatile catalyst vapor pressure 3 mmHg / 20 ° C. or higher, less volatile catalyst is lower than the vapor pressure of 3 mmHg / 20 ° C. to.

発泡剤はポリウレタンを発泡させてポリウレタンフォーム16とするためのものである。 Foaming agent is for the polyurethane foam 16 is foamed polyurethane. この発泡剤としては、水のほかペンタン、シクロペンタン、ヘキサン、シクロヘキサン、ジクロロメタン、炭酸ガス等が用いられる。 As the foaming agent, addition of pentane water, cyclopentane, hexane, cyclohexane, dichloromethane, carbon dioxide gas or the like is used. その他ポリウレタンフォーム16の製造原料としては、シリコーン、界面活性剤等の整泡剤、ポリアルキレンオキシドポリオール等のセルオープナー、縮合リン酸エステル等の難燃剤、酸化防止剤、可塑剤、紫外線吸収剤、着色剤等を添加することができる。 Other raw material for producing polyurethane foam 16, silicone, foam stabilizer such as a surfactant, cell openers such as polyalkylene oxide polyol, a flame retardant such as condensed phosphoric acid esters, antioxidants, plasticizers, UV absorbers, it is possible to add a coloring agent.

前記ポリオールとポリイソシアネートとのウレタン化反応を行なう場合には、ワンショット法又はプレポリマー法が採用される。 When performing urethanization reaction between the polyol and the polyisocyanate, the one-shot method or a prepolymer method is employed. ワンショット法は、ポリオールとポリイソシアネートとを直接反応させる方法である。 One-shot method is a method of directly reacting a polyol and a polyisocyanate. プレポリマー法は、ポリオールとポリイソシアネートとの各一部を事前に反応させて末端にイソシアネート基又は水酸基を有するプレポリマーを得、それにポリオール又はポリイソシアネートを反応させる方法である。 Prepolymer method, to obtain a prepolymer having an isocyanate group or a hydroxyl group at the terminal in advance is reacted with the portion of the polyol and polyisocyanate, it is a method of reacting a polyol or polyisocyanate. ワンショット法はプレポリマー法に比べて製造工程が一工程で済み、製造条件の制約も少ないことから好ましい方法であり、製造コストを低減させることができる。 The one-shot method the manufacturing process as compared to the prepolymer method requires only that one step is a preferred method because fewer constraints in manufacturing conditions, it is possible to reduce the manufacturing cost.

さて、ヘッドレスト用のポリウレタンフォーム16を製造する場合には、まず表皮12を作製するための積層体を縫製して袋状に形成した後、それを開口部13から反転させて、袋状の表皮12を作製する。 Now, in the production of polyurethane foams 16 for the headrest is formed by forming a bag shape by first sewing a laminate for making skin 12, by reversing it from opening 13, a bag-like skin to produce a 12. 次いで、表皮12の内部にヘッドレストステー15を挿入した状態で成形型内にセットする。 Then set in a mold in a state of inserting the headrest stay 15 inside the skin 12.

そして、表皮12の内部に開口部13からポリウレタンフォーム16の製造原料を注入してポリオール、ポリイソシアネート等を反応させると同時に、発泡膨張させる。 Then, through the opening 13 into the interior of the epidermis 12 by injecting a raw material for producing a polyurethane foam 16 polyol, at the same time reacting the polyisocyanate, foaming expansion. これにより、表皮12及びヘッドレストステー15をポリウレタンフォーム16の成形層と一体化させ、ヘッドレスト11を製造する。 Thus, the skin 12 and the headrest stay 15 is integrated with the molded layer of polyurethane foam 16, to produce the headrest 11.

この場合、ポリエーテルポリオール中にはポリエチレンオキシド単位が20モル%以上含まれているため、言い換えれば水酸基が多く含まれているため、ヘッドレストステー15に対するポリウレタンフォーム16の結合力が高められるものと考えられる。 In this case, since the in the polyether polyol contains polyethylene oxide units is more than 20 mol%, because it contains a hydroxyl number in other words, considered that the bonding strength of the polyurethane foam 16 for the headrest stay 15 is increased It is. 更には、ポリエーテルポリオールの水酸基によってポリイソシアネートとの反応性が高められ、ポリウレタンフォーム16の破れやひけが抑制される。 Furthermore, reactivity with polyisocyanate is increased by the hydroxyl groups of polyether polyol, tear and shrinkage of the polyurethane foam 16 is prevented. しかも、触媒として非反応性の触媒が揮発性を有する化合物であることから、触媒がその機能を果たした後には揮発する。 Moreover, since the non-reactive catalyst is a compound having a volatility as a catalyst, after the catalyst has performed its function it will be volatilized.

また、ポリエーテルポリオール中のポリエチレンオキシド単位の含有量が10〜20モル%である場合には、非反応性の触媒として揮発性の高い化合物が含まれている。 When the content of polyethylene oxide units in the polyether polyol is 10 to 20 mol%, highly volatile compounds are included as non-reactive catalyst. このため、ポリウレタンフォーム16中に触媒を残存させることなく、ポリエーテルポリオールとポリイソシアネートとの反応性を向上させることができる。 Therefore, without leaving the catalyst in the polyurethane foam 16, it is possible to improve the reactivity of the polyether polyol and a polyisocyanate.

以上の実施形態によって発揮される効果について、以下に記載する。 The effects exerted by the above embodiments are described below.
・ 実施形態におけるヘッドレスト用のポリウレタンフォーム16は、ポリエーテルポリオールが多価アルコールにプロピレンオキシドとエチレンオキシドとを付加重合させた重合体で構成され、ポリエチレンオキシド単位が20モル%以上含まれている。 Polyurethane foam 16 for the headrest in the above-described embodiment is constituted by a polyether polyol is a polyhydric alcohol by addition polymerization of propylene oxide and ethylene oxide polymer contains polyethylene oxide units is more than 20 mol%. このため、ポリウレタンフォーム16には、ポリエチレンオキシド単位が10〜20モル%の通常のポリウレタンフォーム16に比べて水酸基が多く含まれ、ヘッドレストステー15に対する結合力が高められると推定される。 Therefore, the polyurethane foam 16, polyethylene oxide units contains more hydroxyl groups as compared with the conventional polyurethane foam 16 of 10 to 20 mol%, binding force to the headrest stay 15 is estimated to be enhanced. よって、ヘッドレストステー15の折曲げ部分、すなわち第1折曲げ部15a及び第2折曲げ部15bに対するポリウレタンフォーム16の密着性を向上させることができる。 Therefore, it is possible to improve the adhesion of the polyurethane foam 16 for folding portions, the first bent portion 15a and the second bent portion 15b of the headrest stay 15.

また、ポリエーテルポリオールの水酸基によってポリイソシアネートとの反応性が高められると推定される。 Further, reactivity with polyisocyanate is estimated to be enhanced by a hydroxyl group of polyether polyol. このため、ポリウレタンフォーム16の破れやひけが抑制され、ヘッドレストステー15が外気に晒されることが回避され、水分の侵入を防止でき、ヘッドレストステー15表面における酸化が避けられる。 Therefore, is suppressed tear and shrinkage of the polyurethane foam 16, the headrest stay 15 is prevented from being exposed to the outside air, it can be prevented penetration of moisture, oxidation in the headrest stay 15 surface is avoided. 従って、ヘッドレストステー15がメッキ後に折曲げられた場合において、その折曲げ部分に腐食が生ずることを抑制することができる。 Accordingly, when the headrest stay 15 is bent after plating, it is possible to prevent the corrosion occurs in that occasion bends.

更に、触媒として非反応性の触媒が揮発性を有する化合物であることから、触媒がその機能を果たした後に揮発し、ポリウレタンフォーム16中に残存することが回避される。 Furthermore, since the non-reactive catalyst is a compound having a volatility as a catalyst, and volatilize after the catalyst has fulfilled its function, it is avoided remaining in the polyurethane foam 16. このため、残存する触媒によってヘッドレストステー15に腐食が発生するという事態を防止することができる。 Therefore, it is possible to prevent a situation that corrosion to the headrest stay 15 is generated by catalyst remaining.

・ また、ポリエーテルポリオール中のポリエチレンオキシド単位の含有量が10〜20モル%である場合には、非反応性の触媒として揮発性の高い化合物が含まれている。 - When the content of polyethylene oxide units in the polyether polyol is 10 to 20 mol%, highly volatile compounds are included as non-reactive catalyst. このため、ポリウレタンフォーム16中に触媒を残存させることなく、ポリエーテルポリオールとポリイソシアネートとの反応性を向上させることができる。 Therefore, without leaving the catalyst in the polyurethane foam 16, it is possible to improve the reactivity of the polyether polyol and a polyisocyanate. 従って、この場合にもポリエーテルポリオール中にポリエチレンオキシド単位が20モル%以上含まれている上記の場合と同様の効果を発揮させることができる。 Thus, polyethylene oxide units in the polyether polyol in this case it is possible to exhibit the same effects as the above are contained more than 20 mol%.

・ 以上のようなポリウレタンフォーム16が表皮に内包されて得られたヘッドレストは、ヘッドレストステー15の折曲げ部分に腐食が発生することなく、ヘッドレストとしての性能を長期にわたって維持することができる。 - more headrests polyurethane foam 16 was obtained as contained in the skin, such as, without corrosion to the bent portion of the headrest stay 15 is generated, it is possible to maintain the performance of the headrest over time.

以下に、実施例及び比較例を挙げ、前記実施形態を更に具体的に説明する。 Hereinafter, Examples and Comparative Examples further illustrate the above embodiments.
(実施例1) (Example 1)
ヘッドレスト用のポリウレタンフォーム16の製造原料として、ポリエーテルポリオール50質量部、変性ポリエーテルポリオール50質量部、ポリイソシアネートとしてMDIと変性MDI(MDIのメチレン基が複数直鎖状に結合したもの)の混合物70質量部、反応性の触媒としてジメチルエタノールアミン(2−ジメチルアミノエタノール、DMEA)2.5質量部、非反応性の触媒としてトリエチレンジアミン(TEDA)1.0質量部、発泡剤として水3.5質量部及び整泡剤としてシリコーンオイル1質量部を混合した。 As a raw material for producing polyurethane foam 16 for a headrest, polyether polyol 50 parts by weight, modified polyether polyol 50 parts by weight, MDI and modified MDI as the polyisocyanate (which methylene group of MDI is coupled to a plurality linear) mixture of 70 parts by weight, dimethylethanolamine as the reactive catalyst (2-dimethylaminoethanol, DMEA) 2.5 parts by weight, triethylenediamine (TEDA) 1.0 part by mass as a non-reactive catalyst, water 3 as a blowing agent. It was mixed silicone oil 1 parts by weight 5 parts by weight, and foam stabilizer. ポリエーテルポリオールは、グリセリンにプロピレンオキシドを付加重合し、更にエチレンオキシドを付加重合して得られ、平均分子量が3000の重合体で、ポリエチレンオキシド単位が20モル%のものである。 Polyether polyols, glycerol propylene oxide addition polymerization to obtained by further addition polymerization of ethylene oxide, average molecular weight of a polymer of 3000, those polyethylene oxide units is 20 mol%. 変性ポリエーテルポリオールは、上記ポリエーテルポリオールにアクリロニトリル(AN)とスチレン(St)の1:1(モル比)混合物を20質量%付加したものである。 Modified polyether polyols, the polyether polyol to acrylonitrile (AN) and styrene (St) 1: 1 (molar ratio) mixture is obtained by adding 20 mass%.

一方、下型と上型とよりなるモールド成形用金型を40〜65℃に加熱すると共に、下型には鋼材表面にクロムメッキが施されたヘッドレストステー15を配置した。 On the other hand, the heat the more becomes mold mold and the lower mold and the upper mold to 40 to 65 ° C., the lower mold disposed headrest stay 15 chromium-plated steel material surface. その後、前記製造原料を下型の成形凹部に注入した。 Followed by injecting the raw material into the molding recess of the lower mold. 次いで、上型を下型に型締めし、温度を上昇させてモールド成形を行い、ヘッドレストステー15がポリウレタンフォーム16中に埋め込まれたヘッドレスト11を製造した。 Then, the upper mold and clamping the lower mold, perform molding by raising the temperature, the headrest stay 15 is to produce a headrest 11 embedded in the polyurethane foam 16. 得られたヘッドレスト11について、ヘッドレストステー15とポリウレタンフォーム16との接着性、ポリウレタンフォーム16の破れ、及びポリウレタンフォーム16のひけを観察し、下記に示す基準で評価を行った。 For headrest 11 thus obtained, adhesiveness of the headrest stay 15 and polyurethane foam 16, breaking the polyurethane foam 16, and to observe the shrinkage of polyurethane foams 16 were evaluated in standard shown below. それらの結果を表1に示した。 The results are shown in Table 1.
(ヘッドレストステー15とポリウレタンフォーム16との接着性) (Adhesion to the headrest stay 15 and the polyurethane foam 16)
○:接着性が良好であった。 ○: adhesion was good. △:接着性が不充分であった。 △: it was insufficient adhesion. ×:接着性が不良であった。 ×: adhesion was poor.
(ポリウレタンフォーム16の破れ) (Tear of polyurethane foam 16)
○:破れがなく、良好であった。 ○: There is no tear, it was good. △:一部に破れが見られた。 △: tear was seen in part. ×:破れが多く不良であった。 ×: torn were many poor.
(ポリウレタンフォーム16のひけ) (Shrinkage of the polyurethane foam 16)
○:ひけがなく、良好であった。 ○: Hikeganaku, was good. △:一部にひけが見られた。 △: shrinkage was seen in part. ×:ひけが多く不良であった。 ×: shrinkage was more bad.
(実施例2) (Example 2)
実施例1において、ポリエーテルポリオールとしてポリエチレンオキシドの含有量が15質量%のものを用い、非反応性の触媒としてトリエチレンジアミンより揮発性の高いN,N−ジメチルアミノ−エチルモルホリンを0.5質量%を更に添加した。 In Example 1, the content of polyethylene oxide used as a 15 wt% as a polyether polyol, a non-reactive high volatility than triethylenediamine as catalyst N, N-dimethylamino - 0.5 mass ethylmorpholine % was further added. その他は、実施例1と同様にしてヘッドレストを製造した。 Others were prepared headrest in the same manner as in Example 1.

このヘッドレスト11について、実施例1と同様にヘッドレストステー15とポリウレタンフォーム16との接着性、ポリウレタンフォーム16の破れ、及びポリウレタンフォーム16のひけを観察して評価し、それらの結果を表1に示した。 This headrest 11, adhesion to the headrest stay 15 and polyurethane foam 16 in the same manner as in Example 1, breaking the polyurethane foam 16, and by observing the sink of polyurethane foam 16 were evaluated, The results are shown in Table 1 It was.
(比較例1) (Comparative Example 1)
実施例2において、触媒であるモルホリンを添加しなかった以外は実施例1と同様にしてヘッドレストを製造した。 In Example 2, except for not adding morpholine catalyst was prepared the headrest in the same manner as in Example 1.

このヘッドレストについて、実施例1と同様にヘッドレストステー15とポリウレタンフォーム16との接着性、ポリウレタンフォーム16の破れ、及びポリウレタンフォーム16のひけを観察して評価し、それらの結果を表1に示した。 This headrest, adhesion to the headrest stay 15 and polyurethane foam 16 in the same manner as in Example 1, breaking the polyurethane foam 16, and was evaluated by observing the sink of polyurethane foam 16, and the results are reported in Table 1 .

表1に示したように、実施例1及び実施例2ではヘッドレストステー15とポリウレタンフォーム16との接着性、ポリウレタンフォーム16の破れ、及びポリウレタンフォーム16のひけのいずれも良好な結果であったのに対し、比較例1ではいずれの性能も不充分であった。 As shown in Table 1 for adhesion to the headrest stay 15 and polyurethane foam 16 in Examples 1 and 2, breaking the polyurethane foam 16, and all of which were good results shrinkage of polyurethane foam 16 respect, was the one in Comparative example 1 performance unsatisfactory.

なお、本実施形態は、次のように変更して具体化することも可能である。 The present embodiment can also be embodied in the following manner.
・ ポリエーテルポリオールとしてポリエチレンオキシド単位を20モル%以上含む場合、触媒として揮発性の高いモルホリン類を用いることができる。 • If the polyether polyols containing polyethylene oxide units 20 mol% or more, it is possible to use a highly volatile morpholines as catalysts.

・ ポリエーテルポリオールとしてポリエチレンオキシド単位を20モル%以上含む場合、触媒として揮発性の高い触媒と揮発性の低い触媒とを組合せて用いることも可能である。 • If the polyether polyols containing polyethylene oxide units 20 mol% or more, can be used in combination with low volatility and high volatility catalyst as the catalyst a catalyst.

・ ヘッドレストステー15を形成する金属材料として錆が発生するおそれのある鉄合金等を使用したり、メッキの材料としてニッケル、亜鉛等を使用したりすることも可能である。 · Use an iron alloy or the like that may rust the headrest stays 15 as the metal material for forming, it is possible or use nickel, zinc and the like as the material for plating.

更に、前記実施形態又は別例より把握できる技術的思想について以下に記載する。 Furthermore, described below technical idea understood from the embodiment or another embodiment.
・ 前記非反応性の触媒で揮発性の低い化合物は、蒸気圧3mmHg/20℃未満のアミン系化合物であり、非反応性の触媒で揮発性の高い化合物は、蒸気圧3mmHg/20℃以上のアミン系化合物である請求項2に記載のヘッドレスト用ポリウレタンフォーム。 - the compounds with low volatility in a non-reactive catalyst is an amine compound of vapor pressure of less than 3 mmHg / 20 ° C., a compound having high volatility in a non-reactive catalyst, the vapor pressure of 3 mmHg / 20 ° C. or more headrest for polyurethane foam of claim 2 wherein the amine compound. このように構成した場合には、ポリウレタンフォームの形成後における触媒の残存を回避してヘッドレストステーの腐食を抑制することができる。 Thus when configured, it is possible to suppress corrosion of avoidance to the headrest stay the remaining catalyst after the formation of polyurethane foams.

・ 前記非反応性の触媒で揮発性の高い化合物はモルホリン類である請求項2に記載のヘッドレスト用ポリウレタンフォーム。 - the headrest for polyurethane foam according to claim 2 compound having high volatility in a non-reactive catalyst is morpholines. このように構成した場合には、ポリウレタンフォームの形成後における触媒の残存を確実に回避してヘッドレストステーの腐食を抑制することができる。 Thus when configured, it can be suppressed reliably avoid corrosion of the headrest stay with the remaining catalyst after the formation of polyurethane foams.

実施形態におけるをヘッドレスト示す一部破断して示す斜視図。 Perspective view, partly in cross section showing the headrest of the embodiment.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11…ヘッドレスト、12…表皮、15…ヘッドレストステー、15a…折曲げ部分としての第1折曲げ部、15b…折曲げ部分としての第2折曲げ部、16…ポリウレタンフォーム。 11 ... headrest, 12 ... skin, 15 ... headrest stay, 15a ... first bent portion of the bent portion, 15b ... second bent portion of the bent portion, 16 ... polyurethane foam.

Claims (3)

  1. 袋状の表皮内にヘッドレストステーを挿入した状態で内包されてヘッドレストを形成するためのポリウレタンフォームであって、前記ヘッドレストステーが金属材料の表面にメッキを施した後に折曲げ形成され、その折曲げ部分がヘッドレスト内に位置すると共に、該折曲げ部分における腐食の発生を防止すべくポリウレタンフォームの製造原料がポリエーテルポリオール、ポリイソシアネート及びそれらの反応を促進させるための触媒及び発泡剤を少なくとも含有し、前記ポリエーテルポリオールが多価アルコールにプロピレンオキシドとエチレンオキシドとを付加重合させた重合体であって、ポリエチレンオキシド単位を20モル%以上含むものであり、触媒がポリイソシアネートと反応性の触媒及び非反応性の触媒を含み、非反応性の A bag shape in the epidermis are included in a state of inserting the headrest stay a polyurethane foam for forming a headrest, bending is formed after the headrest stay is plated on the surface of the metal material, that occasion bending with portions located within the headrest, at least containing a catalyst and blowing agent for polyurethane foam raw material in order to prevent the occurrence of corrosion in 該折 bent portion polyether polyol, to promote the polyisocyanate and reaction thereof the a polyether polyol polyhydric alcohol with propylene oxide polymer and obtained by the addition polymerization of ethylene oxide, which comprises polyethylene oxide units 20 mol% or more, the catalyst is reactive with the polyisocyanate catalyst and non wherein the reactivity of the catalyst, the non-reactive 媒が揮発性を有する化合物であることを特徴とするヘッドレスト用ポリウレタンフォーム。 Headrest for polyurethane foam, wherein the medium is a compound having a volatility.
  2. 袋状の表皮内にヘッドレストステーを挿入した状態で内包されてヘッドレストを形成するためのポリウレタンフォームであって、前記ヘッドレストステーが金属材料の表面にメッキを施した後に折曲げ形成され、その折曲げ部分がヘッドレスト内に位置すると共に、該折曲げ部分における腐食の発生を防止すべくポリウレタンフォームの製造原料がポリエーテルポリオール、ポリイソシアネート及びそれらの反応を促進させるための触媒及び発泡剤を少なくとも含有し、前記ポリエーテルポリオールが多価アルコールにプロピレンオキシドとエチレンオキシドとを付加重合させた重合体であって、ポリエチレンオキシド単位を10〜20モル%含むものであり、触媒がポリイソシアネートと反応性の触媒及び非反応性の触媒を含み、かつ非反 A bag shape in the epidermis are included in a state of inserting the headrest stay a polyurethane foam for forming a headrest, bending is formed after the headrest stay is plated on the surface of the metal material, that occasion bending with portions located within the headrest, at least containing a catalyst and blowing agent for polyurethane foam raw material in order to prevent the occurrence of corrosion in 該折 bent portion polyether polyol, to promote the polyisocyanate and reaction thereof the polyether polyol is a polymer obtained by addition polymerization of propylene oxide and ethylene oxide to a polyhydric alcohol, and those containing polyethylene oxide units 10-20 mole%, the catalyst is reactive with the polyisocyanate catalyst and It includes a non-reactive catalyst and Hihan 性の触媒が揮発性の低い化合物と揮発性の高い化合物とよりなることを特徴とするヘッドレスト用ポリウレタンフォーム。 Headrest for polyurethane foam, wherein the sex of the catalyst becomes more compounds with low volatility and high volatility compounds.
  3. 袋状の表皮内にヘッドレストステーを挿入した状態で、請求項1又は請求項2に記載のヘッドレスト用ポリウレタンフォームが内包されていることを特徴とするヘッドレスト。 While inserting the headrest stay into a bag shape in the epidermis, the headrest, characterized in that the head rest polyurethane foam according to claim 1 or claim 2 is contained.
JP2004132055A 2004-04-27 2004-04-27 Polyurethane foam and headrest for the headrest Active JP4532161B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004132055A JP4532161B2 (en) 2004-04-27 2004-04-27 Polyurethane foam and headrest for the headrest

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004132055A JP4532161B2 (en) 2004-04-27 2004-04-27 Polyurethane foam and headrest for the headrest

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005312548A true JP2005312548A (en) 2005-11-10
JP4532161B2 true JP4532161B2 (en) 2010-08-25

Family

ID=35440629

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004132055A Active JP4532161B2 (en) 2004-04-27 2004-04-27 Polyurethane foam and headrest for the headrest

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4532161B2 (en)

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP2690118A1 (en) * 2012-07-27 2014-01-29 Basf Se Phosphorous compounds containing polyurethanes
JP5992812B2 (en) 2012-12-03 2016-09-14 株式会社タチエス Manufacturing method of integral skin foam molded article

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05214091A (en) * 1991-10-29 1993-08-24 Basf Ag Highly reactive polyoxyalkylene-polyol and its production and use thereof
JPH08131672A (en) * 1994-11-05 1996-05-28 Inoac Corp Head rest
JPH11130833A (en) * 1997-10-28 1999-05-18 Mitsui Chem Inc Soft polyurethane foam, its production and interior material for vehicle produced by using the same
JP2000051004A (en) * 1998-08-07 2000-02-22 Tokai Chem Ind Ltd Vehicle interior material and its manufacture
JP2003048937A (en) * 2001-08-06 2003-02-21 Toyo Tire & Rubber Co Ltd Cushioning structure and method for producing the same
JP2004105338A (en) * 2002-09-17 2004-04-08 Tachi S Co Ltd Oscillating head restraint
JP4383918B2 (en) * 2004-02-13 2009-12-16 株式会社イノアックコーポレーション Headrest

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH05214091A (en) * 1991-10-29 1993-08-24 Basf Ag Highly reactive polyoxyalkylene-polyol and its production and use thereof
JPH08131672A (en) * 1994-11-05 1996-05-28 Inoac Corp Head rest
JPH11130833A (en) * 1997-10-28 1999-05-18 Mitsui Chem Inc Soft polyurethane foam, its production and interior material for vehicle produced by using the same
JP2000051004A (en) * 1998-08-07 2000-02-22 Tokai Chem Ind Ltd Vehicle interior material and its manufacture
JP2003048937A (en) * 2001-08-06 2003-02-21 Toyo Tire & Rubber Co Ltd Cushioning structure and method for producing the same
JP2004105338A (en) * 2002-09-17 2004-04-08 Tachi S Co Ltd Oscillating head restraint
JP4383918B2 (en) * 2004-02-13 2009-12-16 株式会社イノアックコーポレーション Headrest

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2005312548A (en) 2005-11-10 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5877227A (en) Low density flexible polyurethane foams
US6759448B2 (en) Flexible polyurethane foam, its production method and material system for its production
US6815467B2 (en) Methods for producing a polyol and a polymer dispersed polyol
US6331577B1 (en) Process for producing elastic polyurethane moldings with compact surfaces and cellular cores
US5670601A (en) Polyurethane elastomers having improved green strength and demold time and polyoxyalkylene polyols suitable for their preparation
US5621016A (en) Polyisocyanate compositions and low density flexible polyurethane foams produced therewith
US5792829A (en) Polyurethane elastomers exhibiting improved demold, green strength, and water absorption, and haze-free polyols suitable for their preparation
US6022903A (en) Permanent gas blown microcellular polyurethane elastomers
US20020122929A1 (en) Polyurethane foams and method of manufacture thereof
US5549841A (en) Process for manufacturing foam with improved wet set properties
JP2003301041A (en) Method for producing polyol and polymer dispersed polyol
JP2006104404A (en) Polyurethane pad for vehicle seat
US5240635A (en) Composition of flexible polyurethane foams blown using reduced amounts of chlorofluorocarbon blowing agents and method for preparation
US6096238A (en) Preparation of CFC-free, highly resilient, flexible polyurethane foams, and diphenylmethane diisocyanate-based polyisocyanate mixtures modified by means of urethane groups which can be used for this purpose
EP0913414A1 (en) Soft polyurethane foam, method of producing the same and vehicle interior member using the same
WO2006115169A1 (en) Low-resilience soft polyurethane foam and method for producing same
JP2003221427A (en) Soft polyurethane foam
JP2002060452A (en) Method for manufacturing polyurethane foam for sound- absorption/vibration-suppression material
WO2003054047A1 (en) Low-resilience flexible polyurethane foam and process for producing the same
US6586485B1 (en) Production of flexible polyurethane foams
US4792575A (en) Method for manufacturing polyurethane foam
JP2006063254A (en) Low resilience flexible polyurethane foam and its manufacturing process
US20070179208A1 (en) Low-density polyurethane foam materials and their use in shoe soles
JP2002265555A (en) Method of producing soft polyurethane foam
JP2008006592A (en) Method for producing sheet-shaped product of polyurethane foam

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20070315

TRDD Decision of grant or rejection written
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20100521

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20100601

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20100610

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130618

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140618

Year of fee payment: 4

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250