JP4427539B2 - 交換可能な発光ダイオードモジュール - Google Patents

交換可能な発光ダイオードモジュール Download PDF

Info

Publication number
JP4427539B2
JP4427539B2 JP2006327858A JP2006327858A JP4427539B2 JP 4427539 B2 JP4427539 B2 JP 4427539B2 JP 2006327858 A JP2006327858 A JP 2006327858A JP 2006327858 A JP2006327858 A JP 2006327858A JP 4427539 B2 JP4427539 B2 JP 4427539B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
light emitting
module
emitting diode
heat dissipation
pin
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2006327858A
Other languages
English (en)
Other versions
JP2008041636A (ja
Inventor
ハン ウェン チュン
ツオ ウー イー
チュアン スー スィー
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Everlight Electronics Co Ltd
Original Assignee
Everlight Electronics Co Ltd
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Everlight Electronics Co Ltd filed Critical Everlight Electronics Co Ltd
Publication of JP2008041636A publication Critical patent/JP2008041636A/ja
Application granted granted Critical
Publication of JP4427539B2 publication Critical patent/JP4427539B2/ja
Expired - Fee Related legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Landscapes

  • Arrangement Of Elements, Cooling, Sealing, Or The Like Of Lighting Devices (AREA)
  • Non-Portable Lighting Devices Or Systems Thereof (AREA)
  • Led Device Packages (AREA)
  • Fastening Of Light Sources Or Lamp Holders (AREA)

Description

本発明は交換可能な発光ダイオードモジュールに関し、特に挿抜式の交換可能な発光ダイオードモジュールに関する。
発光ダイオード(Light Emitting Diode:LED)は、小体積、良好な耐震性、小消費電力、長寿命、多様なカラーといった長所を備えた微小な固体(solid-state)光源であり、様々な新しい用途に適用させることができるため、日常生活のあらゆる場所で見かける光源となっている。そして、発光ダイオードの発光効率の向上に伴い、演色性と色温度も徐々に向上し、その価格も下がってきているため、発光ダイオード照明の応用範囲はさらに広がる傾向にある。
発光ダイオードは、従来の白熱電球や蛍光灯と比べ、複数かつ多種類の組み合わせが可能である上、一つの発光ダイオードは発熱量が少ないために、発生する熱輻射を減らすことができる。発光ダイオードは、低電圧、低電流で駆動することができるため、消費電力が少なく、エネルギーを節減することができる。また発光ダイオードは、耐震性が高く、高周波数の操作が可能で、損壊後の回収が可能なために環境を汚染しない上、平面状にパッケージすることが可能なために軽薄短小の製品に適用しやすい。以上述べた長所を有する発光ダイオードは、従来の照明器具を代替することのできる大きな潜在力を備えた光源とみられている。
しかし発光ダイオードは、軽量かつ小型という特性を備えているため、大量の単体発光ダイオードで一つのモジュールを構成して製品に応用していた。そのため、発光ダイオードの一つが損壊した場合、モジュール全体を交換しなければならず、コストが多くかかる上、発光ダイオードモジュールの非照明面で発生する発熱量も、全体としては大きくなって軽視できなかった。そのため、これら従来技術における問題は解決が望まれていた。
本発明の目的は、発光ダイオードモジュールの維持コストを低減する交換可能な発光ダイオードモジュールを提供することにある。
本発明のもう一つの目的は、モジュールの様々な必要性に応じて調整や交換を行うことにより使用時の自由度を高める発光ダイオードモジュールを提供することにある。
このような技術的課題解決のため、請求項1に記載の発明にあっては、ベースモジュール150を備える交換可能な発光ダイオードモジュール100であって、前記ベースモジュール150が、底板160、少なくとも一つの放熱構造170、複数のスロット172、及び少なくとも一つの発光モジュール110を有し、前記放熱構造170は、前記底板160に配置され、前記スロット172は、前記放熱構造170の中に配置され、前記発光モジュール110は、前記ベースモジュール150と組み合わされ、前記発光モジュール110のそれぞれは、本体112、少なくとも一つの放熱ピン130、及び複数の発光ダイオード120を有し、前記放熱ピン130は、前記スロット172の位置に対応するように前記本体112の端部に配置され、前記発光モジュール110は、前記放熱ピン130により前記放熱構造170の中にある前記スロット172の少なくとも一つと結合され、前記発光ダイオード120は、前記本体112の前記放熱ピン130が設けられた反対側に配置されていることを特徴とする。
請求項2の発明は、前記放熱構造170は、前記スロット172の間に配置された複数の放熱ブロック174を有し、前記発光モジュール110から発生した熱量は、前記放熱ピン130及び前記放熱ブロック174で熱交換されることを特徴とする。
請求項3の発明は、前記放熱ピン130は、前記放熱ブロック174と直接に接触して熱交換を行うことを特徴とする。
請求項4の発明は、前記放熱ブロック174は、金属材料、セラミック材料又は高分子材料からなることを特徴とする。
請求項5の発明は、前記金属材料は、銅又はアルミニウムであることを特徴とする。
請求項6の発明は、前記ベースモジュール150は、前記底板160に配置された電源供給装置180をさらに有し、前記発光モジュール110は、前記電源供給装置180の位置に対応するように前記本体112に設けられた駆動ピン140をさらに有し、前記発光モジュール110と前記ベースモジュール150とが組み合わされるときに前記駆動ピン140が前記電源供給装置180に接触され、前記電源供給装置180から供給された電源を前記発光ダイオード120へ送ることを特徴とする。
請求項7の発明は、前記駆動ピン140は、前記電源供給装置180に接触された複数のコネクタ142を有し、前記発光ダイオード120は、前記コネクタ142のうちの一つに接続されたリードピン・セット122を有することを特徴とする。
請求項8の発明は、前記本体112は、長方形の薄板構造であり、前記発光ダイオード120は、前記長方形の薄板構造の一方の長辺に直線状に配列され、前記放熱ピン130及び前記駆動ピン140は、前記長方形の薄板構造の他方の長辺に配置されていることを特徴とする。
請求項9の発明は、前記直線状の配列は、単面又は両面の直線状配列であることを特徴とする。
本発明の交換可能な発光ダイオードモジュールは、挿抜方式により発光モジュールとベースモジュールとを固定し、それぞれの発光モジュールは独立して配置されている。そのため、必要な輝度やカラーに応じて発光モジュールを調整し、発光ダイオードの一つが損壊した場合、問題のある発光モジュール一組だけ交換することができる。そのため、交換可能な発光ダイオードモジュールの維持コストを大幅に低減させるとともに使用時の自由度を高めることができる。発光モジュールにより発生する熱量は、放熱機能を備えたピンを介し、ベースモジュール上にある放熱構造の中にある放熱ブロックと熱交換を行う。これにより、発光ダイオードは、ベースモジュールにより放熱を行い、従来技術で発生した蓄積熱の問題を解決することができる。発光モジュールの中にある発光ダイオードは、直線状に配列することができるため、様々な形状のモジュールの必要性に応じ、各発光モジュールの長さを調整してモジュールに必要な面光源に構成することができる。
図1は、本発明の一実施形態による交換可能な発光ダイオードモジュールを示す分解図である。図1に示すように、交換可能な発光ダイオードモジュール100は、挿抜式により互いに組み合わす発光モジュール110とベースモジュール150とを少なくとも含む。ベースモジュール150は、底板160と、底板160上に配置された複数のスロット172とを含む。各発光モジュール110は、本体112、ピン130及び複数の発光ダイオード120を含む。ピン130は、スロット172の位置に対応するように本体112の端部に配置され、発光ダイオード120は、本体112のピン130が設けられた反対側に配置されている。交換可能な発光ダイオードモジュール100は、ピン130とスロット172との結合や分離を行い、ベースモジュール150に対して発光モジュール110の脱着を行い、挿抜式の固定方式を達成する。
本実施形態の交換可能な発光ダイオードモジュール100は、従来の発光ダイオードモジュールと異なり、挿抜方式により発光モジュール110とベースモジュール150とを脱着することができる上、各発光モジュール110が独立的に配置されている。そのため、発光ダイオード120の一つが損壊した場合には、損壊した発光モジュール110だけを交換することができるため、交換可能な発光ダイオードモジュールの維持コストを低減させることができる。交換可能な発光ダイオードモジュール100は、様々なカラーの発光モジュール110を含んでいるため、様々なカラーを表示することにより、使用時の自由度がさらに高まる。
ベースモジュール150は、放熱を行う放熱構造170をさらに含み、放熱構造170の中にはスロット172が配置されている。放熱構造170は、スロット172の間に配置された複数の放熱ブロック174を含む。ピン130は、スロット172と結合したときに放熱ブロック174と熱交換を行う放熱ピンでもよい。放熱ブロック174は、金属材料、セラミック材料又は高分子材料といった熱伝導率の高い材料からなってもよい。放熱ブロック174は、銅又はアルミニウムからなり、発光モジュール110から発生した熱量は、ピン130を介し、ベースモジュール150上に配置された放熱ブロック174と熱交換を行う。底板160はアルミニウムからなることが好ましい。放熱機能を備えたピン130は、金属表面132を有し、ピン130の放熱効果を高めてもよい。
ベースモジュール150は、底板160上に配置され、外部電源に接続されて交換可能な発光ダイオードモジュール100に必要な電源を供給する電源供給装置180をさらに含んでもよい。発光モジュール110は、電源供給装置180に対応した位置に配置され、組み合わした時に電源供給装置180に接触される本体112に設けられた駆動ピン140をさらに含んでもよい。各発光ダイオード120は、それぞれ正負極を含むリードピン・セット122を有し、駆動ピン140上には複数のコネクタ142が設けられ、発光ダイオード120のリードピン・セット122がコネクタ142と接続されている。発光モジュール110とベースモジュール150とを組み合わせると、電源供給装置180から供給された電源は、電源供給装置180に接触されたコネクタ142に送られてから、コネクタ142によりリードピン・セット122へ送られて発光ダイオード120を駆動させる。発光モジュール110は、長方形の薄板構造であり、発光ダイオード120は、直線状に配列された発光モジュール110の一方の長辺に配置されていることが好ましく、放熱機能を備えたピン130及び駆動ピン140は、発光モジュール110の他方の長辺に配置してもよい。この直線状の配列は、単面の直線状の配列でもよい。各発光モジュール110の長さは、モジュールの様々な形状に応じて変え、複数の発光モジュール110を組み合わせてモジュールに必要な一面の光源を形成してもよい。
交換可能な発光ダイオードモジュール100は、別の態様にすることもできる。例えば、発光モジュール110の数を使用する光線の強度に応じて増減させ、放熱構造170の中にある放熱ブロック174を複数の放熱フィンに変えてもよい。図2は、本発明のもう一つの実施形態による交換可能な発光ダイオードモジュールを示す分解図である。図2に示すように、ベースモジュール150の底板160上には複数の放熱構造170が配置され、発光モジュール110は、対応した位置に放熱機能を備えた複数のピン130を有し、それを放熱構造170の中にあるスロット172に結合させて熱交換を行う。或いは、ピン130を放熱ブロック174に直接接触させて発光モジュール110の放熱を行ってもよい。また図2に示すように、発光ダイオード120は、単位面積当たりの輝度を増大させるため、両面を直線状に配列してもよい。
上述の実施形態から分かるように、本発明は以下のような長所を有する。本発明の交換可能な発光ダイオードモジュールは、挿抜方式により発光モジュールとベースモジュールとを脱着させることができる上、各発光モジュールが独立的に配置されている。そのため、必要な輝度やカラーに応じて調整することが可能である上、発光ダイオードの一つが損壊した場合には、問題のある発光モジュール一組だけを交換することができるため、交換可能な発光ダイオードモジュールの維持コストを大幅に低減させることができる。発光モジュールから発生した熱量は、放熱機能を備えたピンを介し、ベースモジュール上にある放熱構造の中にある放熱ブロックと熱交換を行う。これにより発光ダイオードは、ベースモジュールにより放熱を行い、従来技術で発生した蓄積熱の問題を解決することができる。発光モジュールの中にある発光ダイオードは、直線状に配列することができ、モジュールの様々な形状に応じ、各発光モジュールの長さを調整してモジュールに必要な面光源に組み合わせることができる。
当該施術を熟知するものが理解できるように、本発明の好適な実施形態を前述の通り開示したが、これらは決して本発明を限定するものではない。本発明の主旨と範囲を脱しない範囲内で各種の変更や修正を加えることができる。従って、本出願による特許請求の範囲は、このような変更や修正を含めて広く解釈されるべきである。
本発明の一実施形態による交換可能な発光ダイオードモジュールを示す分解図である。 本発明のもう一つの実施形態による交換可能な発光ダイオードモジュールを示す分解図である。
符号の説明
100 交換可能な発光ダイオードモジュール
110 発光モジュール
112 本体
120 発光ダイオード
122 リードピン・セット
130 ピン
132 金属表面
140 駆動ピン
142 コネクタ
150 ベースモジュール
160 底板
170 放熱構造
172 スロット
174 放熱ブロック
180 電源供給装置

Claims (8)

  1. ベースモジュールを備える交換可能な発光ダイオードモジュールであって、
    前記ベースモジュールが、底板、少なくとも一つの放熱構造、複数のスロット、及び少なくとも一つの発光モジュールを有し、
    前記放熱構造は、前記複数のスロット、及び前記底板に配置されるとともに前記複数のスロットの間に配置された複数の放熱ブロックを有し、
    前記少なくとも一つの発光モジュールは前記ベースモジュールと組み合わされるためのものであり、それぞれ本体、少なくとも一つの放熱ピン、及び複数の発光ダイオードを有し、
    前記放熱ピンは、前記スロットの位置に対応するように前記本体の端部に配置され、
    前記発光モジュールは、前記放熱ピンにより前記放熱構造の中にある前記スロットの少なくとも一つと結合され、前記発光モジュールから発生した熱量は、前記放熱ピン及び前記放熱ブロックで熱交換され、前記発光ダイオードは、前記本体の前記放熱ピンが設けられた反対側に配置されていることを特徴とする交換可能な発光ダイオードモジュール。
  2. 前記放熱ピンは、前記放熱ブロックと直接に接触して熱交換を行うことを特徴とする、請求項1に記載の交換可能な発光ダイオードモジュール。
  3. 前記放熱ブロックは、金属材料、セラミック材料又は高分子材料からなることを特徴とする、請求項1に記載の交換可能な発光ダイオードモジュール。
  4. 前記金属材料は、銅又はアルミニウムであることを特徴とする、請求項3に記載の交換可能な発光ダイオードモジュール。
  5. 前記ベースモジュールは、前記底板に配置された電源供給装置をさらに有し、
    前記発光モジュールは、前記電源供給装置の位置に対応するように前記本体に設けられた駆動ピンをさらに有し、
    前記発光モジュールと前記ベースモジュールとが組み合わされるときに前記駆動ピンが前記電源供給装置に接触され、前記電源供給装置から供給された電源を前記発光ダイオードへ送ることを特徴とする、請求項1に記載の交換可能な発光ダイオードモジュール。
  6. 前記駆動ピンは、前記電源供給装置に接触された複数のコネクタを有し、
    前記発光ダイオードは、前記コネクタのうちの一つに接続されたリードピン・セットを有することを特徴とする、請求項5に記載の交換可能な発光ダイオードモジュール。
  7. 前記本体は、長方形の薄板構造であり、
    前記発光ダイオードは、前記長方形の薄板構造の一方の長辺に直線状に配列され、
    前記放熱ピン及び前記駆動ピンは、前記長方形の薄板構造の他方の長辺に配置されていることを特徴とする、請求項5に記載の交換可能な発光ダイオードモジュール。
  8. 前記直線状の配列は、単面又は両面の直線状配列であることを特徴とする、請求項7に記載の交換可能な発光ダイオードモジュール。
JP2006327858A 2006-08-03 2006-12-05 交換可能な発光ダイオードモジュール Expired - Fee Related JP4427539B2 (ja)

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
TW95128525A TWI318463B (en) 2006-08-03 2006-08-03 Replaceable led module

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2008041636A JP2008041636A (ja) 2008-02-21
JP4427539B2 true JP4427539B2 (ja) 2010-03-10

Family

ID=39176393

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2006327858A Expired - Fee Related JP4427539B2 (ja) 2006-08-03 2006-12-05 交換可能な発光ダイオードモジュール

Country Status (2)

Country Link
JP (1) JP4427539B2 (ja)
TW (1) TWI318463B (ja)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101851001B1 (ko) 2016-01-07 2018-04-20 현대모비스 주식회사 자동차의 조명장치

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5019271B2 (ja) * 2008-07-03 2012-09-05 市光工業株式会社 車両用灯具
JP2012520779A (ja) * 2009-03-18 2012-09-10 ルーメン ダイナミクス グループ インコーポレイテッド 光反応性硬化用の分散型光源およびシステム
TWI369462B (en) 2009-05-05 2012-08-01 Lextar Electronics Corp Lamp
WO2011070724A1 (ja) * 2009-12-11 2011-06-16 シャープ株式会社 照明装置及びそれを備えた液晶表示装置
US8573766B2 (en) 2011-09-16 2013-11-05 Lumen Dynamics Group Inc. Distributed light sources and systems for photo-reactive curing
TWI512229B (zh) 2012-12-07 2015-12-11 Ind Tech Res Inst 照明裝置

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR101851001B1 (ko) 2016-01-07 2018-04-20 현대모비스 주식회사 자동차의 조명장치

Also Published As

Publication number Publication date
TW200810143A (en) 2008-02-16
JP2008041636A (ja) 2008-02-21
TWI318463B (en) 2009-12-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8230690B1 (en) Modular LED lamp
US8070318B2 (en) Light-emitting diode cluster lamp
TWI414095B (zh) Led單元及使用該led單元之led照明燈
JP4427539B2 (ja) 交換可能な発光ダイオードモジュール
US20100259927A1 (en) Led lamp structure
US20100135015A1 (en) Led illumination device
KR101057771B1 (ko) 엘이디 조명장치
KR20110060476A (ko) 발광다이오드 모듈
US10364970B2 (en) LED lighting assembly having electrically conductive heat sink for providing power directly to an LED light source
CN101900271A (zh) 具有较好散热效果的发光二极管灯具
JP2011096594A (ja) 電球型ledランプ
JP2009164123A (ja) 照明装置及びその電源モジュール及び該照明装置を用いるランプ
KR20090010850U (ko) Led를 광원으로 하는 조명장치
KR200387269Y1 (ko) 고휘도 발광 다이오드를 이용한 조명장치
US20190032910A1 (en) Led lamp
KR20060102796A (ko) 고휘도 발광 다이오드를 이용한 조명장치
KR101009505B1 (ko) 별도의 방열기구 없이 방열성능의 유지가 가능한 엘이디 모듈
TWI630342B (zh) 發光二極體燈泡及車燈模組
KR101039556B1 (ko) 이중 냉각핀 구조를 갖는 소켓형 엘이디 발광 장치
CN201246633Y (zh) 照明装置
KR101033521B1 (ko) 엘이디 조명등
CN201284995Y (zh) 一种大功率led日光灯
KR101167415B1 (ko) 조명장치
RU2540775C1 (ru) Светодиодная лампа
KR101039553B1 (ko) 이중 냉각핀 구조를 갖는 소켓형 엘이디 발광 장치

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090723

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090728

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091028

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20091120

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20091214

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121218

Year of fee payment: 3

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees