JP4232593B2 - The information terminal device - Google Patents

The information terminal device Download PDF

Info

Publication number
JP4232593B2
JP4232593B2 JP2003336689A JP2003336689A JP4232593B2 JP 4232593 B2 JP4232593 B2 JP 4232593B2 JP 2003336689 A JP2003336689 A JP 2003336689A JP 2003336689 A JP2003336689 A JP 2003336689A JP 4232593 B2 JP4232593 B2 JP 4232593B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
content
survival time
node
information terminal
type
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Active
Application number
JP2003336689A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2005107612A (en )
Inventor
成人 大條
貴之 山本
Original Assignee
株式会社日立製作所
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

本発明は、ネットワークにおいてコンテンツを共有する情報端末装置、情報共有方法及びそれを用いたP2Pシステムに関する。 The present invention relates to an information terminal device to share content in a network, an information sharing method and P2P system using the same.

従来、「受信したコンテンツを記憶装置から自動的に削除し記憶装置を有効に利用することができる自動削除装置を提供する」ために、「コンテンツを出力したとき、出力した時間の長短によって、そのコンテンツの保存期間を定め、そのコンテンツが保存期間に達した後、前記コンテンツを削除する」コンテンツ自動削除装置がある。 Conventionally, in order "to provide automatic deletion apparatus capable of effectively utilizing the automatically deleted storage device from the storage device the received content", by "when outputting the content and output the time length, the determine the retention period of the content, after the content has reached the retention period, deleting the content "a content automatic deletion device. (特許文献1、要約参照) (Patent Document 1, see Abstract)

特開2001−43168号 Japanese Unexamined Patent Publication No. 2001-43168

しかし、上記特許文献1のコンテンツ自動削除装置は、受信したコンテンツの生存時間に関するものであり、その受信したコンテンツを他の装置へ送信して送信先でのコンテンツの生存時間に関する点については何ら考慮されていない。 However, the content automatic deletion device of Patent Document 1 relates to the survival time of the received contents, no consideration is given regarding the survival time of the content of the received content at the destination and send to the other device It has not been.

よって、本願発明の課題は、その点を考慮し、コンテンツ共有に適した情報端末装置、情報共有方法及びそれを用いたP2Pシステムを提供することである。 Accordingly, an object of the present invention, in consideration of this point, the information terminal device suitable for content sharing is to provide an information sharing method and P2P system using the same.

上記課題を解決するため、本願発明では、以下のような情報端末装置、情報共有方法及びP2Pシステムを提供する。 To solve the above problems, in the present invention, the following information terminal device, to provide information sharing method and P2P systems.

本願発明の情報端末装置、情報共有方法及びP2Pシステムは、生存時間を付与されたコンテンツを受信し、その生存時間を変更し、生存時間を付与されたコンテンツを他の情報端末装置へ送信することを特徴とする。 The information terminal apparatus of the present invention, the information sharing method and P2P system receives the content that has been granted the survival time, that the survival time was changed, and transmits a content granted the survival time to another information terminal device the features.

このような特徴により、受信されたコンテンツは、生存時間を付与されているため、送信側で生存時間を設定することができ、コンテンツ配信側でコンテンツ配信の制御が可能となる。 With such a feature, the received content, because it is granted the survival time can be set the survival time on the transmitting side, it is possible to control the content distributed by the content distribution side. また、生存時間を変更するため、その情報端末装置に応じた生存時間とすることが可能となる。 Further, in order to change the survival time, it is possible to survival time according to the information terminal device. また、生存時間を付与されたコンテンツを他の情報端末装置へ送信しているため、送信先でのコンテンツの生存時間を制御することが可能となる。 Moreover, since the transmitted content granted the survival time to another information terminal device, it is possible to control the survival time of the content at the destination. これらのことにより、P2Pシステム全体で生存時間を制御することが可能となり、コンテンツの共有に適したものとなる。 By these, it is possible to control the survival time in the entire P2P system becomes suitable for sharing content.

本願発明により、コンテンツ共有に適した情報端末装置、情報共有方法及びP2Pシステムを提供することができる。 The present invention, the information terminal device suitable for content sharing, it is possible to provide the information sharing method and P2P systems.

以下、本発明の実施例につき、図面を用いて説明する。 Hereinafter, an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings. 以下、本実施の形態では、P2Pネットワークを形成しているアドホックネットワークについて説明する。 Hereinafter, in the present embodiment will be described ad-hoc network that forms the P2P network.

なお、P2Pは情報を多数のノードで共有する仕掛けであり、ノード上で公開した情報をそのまま他のノードが検索するという特徴を持つ。 Incidentally, P2P is a contrivance for sharing information in a number of nodes, has a feature that it is other nodes the information published on a node are searched. 他人のノード上に存在する情報を検索するにあたり、少なくとも検索される側のCPUリソースを使用しなければならない。 Upon searching for information that is present on the node of the others, it must be used CPU resource of the side to be at least the search. また、当然通信が発生するため、検索される側のネットワークリソースも使用する。 Also, of course since the communication occurs also use network resources to be searched side. また、ノード上で公開するだけでは大規模なP2Pネットワークにおいては検索の効率が非常に悪化する。 Moreover, the just published on a node in a large P2P network search efficiency is greatly deteriorated. ノードがオフラインの場合には情報を取得することができない。 Node is not able to obtain information in the case of off-line. このため、ノード上のメモリをキャッシュメモリとして利用し、共有の効率を向上する方法が考えられる。 Therefore, using the memory on the node as a cache memory can be considered a method to improve the efficiency of the shared. これらは、P2Pにおいて多少のリソースを提供する代わりに、参加するP2Pの各ノードが使いやすい情報共有環境を整えると言った互助的考えから提案されているものであり、背景としてネットワーク性能、CPU性能、メモリ搭載量の飛躍的増大から各ノードの余剰リソースの集合が大規模集中サーバを凌駕していることに起因する。 These, instead of providing some resources in P2P, are those proposed in the mutual-aid basis idea said adjust each node easy-to-use information sharing environment participating P2P, network performance as the background, CPU performance , due to a set of dramatically increased memory Payload surplus resources of each node is superior to large-scale centralized server. 例えばNapsterを集中サーバで実現するためには、莫大な投資が必要であったが、数千万台のPCの一部のリソースを寄せ集めることで、Napsterシステムは数台のPCのみで実現された。 For example in order to realize the Napster centralized server is huge investment was required, by gathering part of the resources of tens of millions of PC, Napster system is realized only by the number single PC It was. つまり、気にならない程度のリソースを提供して快適な環境を創造するのがP2Pの本質である。 In other words, the provides the resources of the grade which is not worried to create a comfortable environment is the essence of P2P. また、集中サーバを廃してP2P化すると、集中サーバでは実現できない様々なメリットを享受できる。 Further, when P2P reduction in waste centralized server, can enjoy a variety of benefits that can not be realized in a centralized server.

アドホックネットワークとは、その場に存在するノード同士で形成するネットワークのことをいう。 The ad hoc network refers to a network to form a node between existing in situ. 近年のモバイル関連技術の向上に伴い、数十m程度の比較的短距離で直接通信する方法が、高速・低コストかつ自由度の高い通信方法として注目され始めている。 In recent years, a lot of mobile-related technologies, a method of communicating directly with a relatively short distance of about several tens of m is, are beginning to be noticed as a high communication method of high-speed, low cost and flexibility.

図1は、アドホックネットワークにおける動的なネットワークに関する説明図であり、このネットワークはP2Pネットワークを形成している。 Figure 1 is an explanatory diagram relating to dynamic network in an ad hoc network, the network forms a P2P network. P2Pネットワークとは、情報の送信機能と情報の検索機能により情報共有が可能なノード群を示す。 The P2P network, indicating the information sharing capable nodes by the search function of the transmission function and information the information. 説明中において直接通信領域とは、例えば無線LAN(Local Area Network)や赤外線通信など、短距離無線通信において通信可能な領域を指し、他のノードを直接通信領域に含むと、該ノードに対して情報を送信することができる。 In the direct communication region in the description, for example, wireless LAN (Local Area Network) or infrared communication such as, refers to a region that can communicate in a short-range wireless communication, to include other nodes direct communication region, with respect to the node it is possible to transmit the information. つまり、互いに直接通信領域に含まれている場合には、双方向の通信が可能である。 That is, when included in the direct communication region with each other, it is capable of two-way communications. なお、直接通信領域は概念的に示した領域であり、実際に無線が届く領域を反映しなくても良い。 Incidentally, direct communication region is a region shown conceptually, it is not necessary to reflect the area actually wirelessly arrives.

図1において、101から123までは状態1、151から172までは状態2に属している。 1, it belongs to the state 2 from the state 1,151 from 101 to 123 to 172. 状態1はある時刻を示し、状態2は状態1から時間が経過した状態を示す。 Condition 1 represents a certain time, the state 2 shows the state where the time from the state 1 has elapsed. 101から105および151から155はそれぞれノードを示している。 From 101 to 105 and 151 155 respectively show the node. 111から115および161から165はそれぞれ直接通信領域を示している。 From 111 to 115 and 161 165 shows a direct communication region, respectively. 状態1においては、ノード101および102の直接通信可能領域111および112は互いのノードを含んでおり、相互に通信可能である。 In the state 1, the direct coverage areas 111 and 112 of nodes 101 and 102 includes a mutual nodes can communicate with each other. 同様にノード102および103も通信可能である。 Similarly nodes 102 and 103 also can communicate. よって、ノード101、102、103はP2Pネットワークを形成する。 Thus, the node 101, 102, 103 form a P2P network. ノード104および105は、直接通信可能領域に他のノードを含まないため、通信できない。 Nodes 104 and 105, because no other nodes in direct communication area, can not communicate. よって、ノード104および105は、それぞれ単独でP2Pネットワーク104および105を形成する。 Therefore, the nodes 104 and 105 form a P2P network 104 and 105, respectively alone.

次に、状態1からある時間が経過した状態2について説明する。 Next, the state 2 in which a certain time from the state 1 has elapsed will be described. 状態2では、ノード101および105がそれぞれノード151および155の場所に移動している。 In state 2, the nodes 101 and 105 are moved to the location of the nodes 151 and 155, respectively. 状態2では、P2Pネットワーク121を形成するノード101が直接通信領域から外れたため、P2Pネットワーク121は新たにP2Pネットワーク171として再構成される。 In state 2, since the node 101 to form a P2P network 121 is out of direct communication region, P2P network 121 is reconstructed as a new P2P network 171. また、同様にノード151および154および155がそれぞれ直接通信領域に加わったため、それぞれのノードにより新たにP2Pネットワーク172が再構成される。 Similarly, since the node 151, 154 and 155 is applied to the direct communication region, respectively, new P2P network 172 is reconfigured by the respective nodes. なお、P2Pネットワークの再構成では、P2Pネットワークを構成するメンバーの脱退処理・加入処理が行われる。 In the reconstruction of the P2P network, withdrawal processing and subscription processing members constituting the P2P network is performed.

図21は、ノードの説明図である。 Figure 21 is an explanatory diagram of a node. 図21において、2101はCPU、2102はメモリやハードディスクなどの記録部、2103はネットワークへ接続するためもしくは他のノードへ直接接続するためのインタフェース、2104はキーボードやタッチパネルなどの入力部、2105は画面やスピーカなどの出力部である。 In Figure 21, 2101 CPU, 2102 is a recording unit such as a memory or a hard disk, an interface for 2103 to connect directly to or other nodes to connect to the network, 2104 denotes an input unit such as a keyboard or a touch panel, the 2105 screen and a speaker which is an output unit, such as. 入力部2104には、ノードの進行方向や緯度経度を取得できるモジュールが接続されても良い。 The input unit 2104, the module may be connected can be acquired traveling direction and latitude and longitude of the node.

ノードの記録部2102は、図2のようなメモリ内部構成となっている。 Recording unit 2102 of the node has a memory internal configuration as shown in FIG. 図2は、ノードのメモリ構成の説明図である。 Figure 2 is an illustration of a memory configuration of a node.

210および220および230はそれぞれノードを示している。 210 and 220 and 230 respectively show the node. ノードは公開メモリ領域211およびキャッシュメモリ領域212を持つ。 Node has a public memory area 211 and a cache memory area 212. 公開メモリ領域とは、ノードが作成したコンテンツを登録し、公開する領域である。 The public memory areas, registers the content node creates an area for public. 他のノードは、特別な設定がない限り公開メモリ領域に登録されているコンテンツを取得することができる。 Other nodes can acquire the content registered in the public memory area unless special configuration. キャッシュメモリ領域とは、他のノードが作成したコンテンツを保存する領域である。 The cache memory area is an area for storing the content that the other node is created. 他のノードは、特別な設定がない限りキャッシュメモリ領域に保存されているコンテンツを取得することができる。 Other nodes can acquire a content stored in the cache memory area unless special configuration. 図2では、ノード210はコンテンツ215から217を公開している。 In Figure 2, node 210 publishes the 217 from the content 215. 例えばノード230がコンテンツ217を取得すると、キャッシュメモリ領域232に保存する。 For example the node 230 acquires the content 217 stored in the cache memory area 232. ノード220がノード210へコンテンツを送信すると、コンテンツはキャッシュメモリ領域212に保存される。 When the node 220 transmits the content to node 210, content is stored in the cache memory area 212. つまり、公開メモリ領域は、オリジナルのコンテンツが保存される領域であり、キャッシュメモリ領域は、複製されたコンテンツが保存される領域である。 In other words, the public memory area is an area where the original content is stored, the cache memory area is an area that replicated content is stored. なお、オリジナルのコンテンツが公開メモリ領域に保存しない構成や、公開メモリ領域が無い構成でも良く、その場合には類似機能を他のノードと共同で実装するが、概念的には図2と同様になる。 Note that the configuration and the original content is not stored in the public memory area may be configured public memory area is not, but to implement the similar function in that case in collaboration with other nodes, conceptually similar to FIG. 2 Become.

ここで、コンテンツは、コンテンツの保持者が参照可能であり、かつ多くのノードから効率よく参照される必要がある。 Here, content needs to holders of the content can be referred to, and are referenced efficiently from many nodes. 前者は存在保証として、後者は共有効率として実装される。 The former as the presence guarantee, the latter is implemented as a shared efficiency. 存在保証は、コンテンツの保持者が使用するノードに保持するなどして参照可能であれば良い。 Present guarantee may be any reference possible, such as by holding the node used by the holder of the content. 共有効率は、コンテンツの保持者が使用するノード以外に広くコピーをし、P2Pネットワークとして共有の効率が向上されれば良い。 Sharing efficiency, the wide copy other than the node that the holder of the content is used, the efficiency of the share as P2P networks need be improved. これらは、1つの端末で考えた場合、メモリの使用において競合関係にあり、メモリの使用量に制限がある場合は両立させることが難しくなる。 These, when considered in one terminal, located in the competitive relationship in the use of memory, if there is a limit to the amount of memory it is possible to achieve both difficult. そこで、存在保証用と共有効率用にメモリを2つに分け、コンテンツをメモリ上に登録する時点でどちらかを明確にすれば各メモリ内における管理が容易となるという効果がある。 Therefore, we divided memory into two and for existing guaranteed for shared efficiency, there is an effect that if either explicitly when registering the content in the memory is managed in each memory is facilitated. 本実施の形態では、存在保証用のメモリを公開メモリ、共有効率用のメモリをキャッシュメモリと呼ぶようにしている。 In this embodiment, the public memory for presence guaranteed memory, so that the memory for shared efficiency is referred to as a cache memory.

図3は、コンテンツの説明図である。 Figure 3 is an illustration of a content. コンテンツは、メタデータ310とコンテンツデータ311から構成される。 Content consists of metadata 310 and content data 311. 310はコンテンツの説明であるメタデータである。 310 is metadata that is content description. コンテンツID311は、すべてのP2Pネットワークでコンテンツを一意に判別するIDである。 Content ID311 is an ID for discriminating uniquely content in all P2P networks. 発行者ID312は、コンテンツIDと同様にコンテンツの発行者を判別するIDである。 Issuer ID312 is an ID for discriminating the publisher of the content ID as well as the content. コンテンツタイプ313は、コンテンツの種類を示し、例えばニュース、スポーツなどである。 Content type 313, indicates the type of content, for example news, sports, and the like. コンテンツアクション314は、本実施の形態における特徴的なデータの1つであり、生存時間に対する処理を示す。 Content action 314 is one of the characteristic data of the present embodiment, showing the process for survival time. コンテンツアクションについての詳細は後述する。 For more information about the content action will be described later. 生存時間315は、コンテンツを消去しない時間を示し、年月日時分秒などの日時や、残り5分といった時間で示される。 Survival time 315 indicates a time that does not erase the contents, date and time, such as date, hour, minute and second, represented by the time such as the remaining 5 minutes. 生存時間を経過したコンテンツはコンテンツを保持するノードによりメモリ上から消去される。 Content has passed the survival time is erased from the memory by the node that holds the content. なお、メモリ上から消去とは、コンテンツを削除することのみならず、そのコンテンツを再生不能な状態にすることも含む。 Note that the erased from the memory, not only remove content, also includes the content to irreproducible state. 生存上限時間316は、本実施の形態における特徴的なデータの1つであり、生存時間の再設定における上限時間を示す。 Survival upper limit time 316 is one of the characteristic data in this embodiment, an upper limit time in resetting the survival time. 生存上限時間の詳細は後述する。 Details of survival upper time limit will be described later. 自由領域317は、上記311から316に該当しない領域である。 Free region 317 is a region that does not correspond to 316 from the 311.

なお、生存時間は、生存時間は消滅が予定される時刻で設定してもよく、ノードがコンテンツを受信してから生存できる時間で設定されても良い。 Incidentally, survival time, survival time may be set at the time the extinction is scheduled, the node may be set at a time can survive from the reception of the content. 生存時間を時刻で設定すると、後述のコンテンツアクション804を行いキャッシュ820に書き込まれたコンテンツを他のノードに送信する際に、受信後の経過時間をコンテンツに反映させる必要がなく、そのまま送信できるという効果がある。 Setting the survival time in time, when transmitting the content written in the cache 820 performs a content action 804 described later to the other node, it is not necessary to reflect the elapsed time after receiving the content, that can be transmitted directly effective. 生存時間を時間で設定すると、ノードの時計が不正確である場合でも正しく動作する効果がある。 If you set the survival time in time, there is an effect to work properly even if the clock of the node is incorrect.

320はコンテンツのコンテンツデータである。 320 is the content data of the content. コンテンツデータとはコンテンツの実体を指し、例えばニュース記事であれば、記事を指す。 It refers to the entity of the content from the content data, for example if the news article, refers to articles. また、本実施の形態の特徴として、コンテンツはアクセス制御属性を持ち、生存時間315と自由317以外のメタデータ311、312、313、314、316を書込み禁止にしてもよい。 Further, as a feature of this embodiment, the content has the access control attribute, metadata 311,312,313,314,316 other than free 317 survival time 315 may be write-protected. この場合、コンテンツの改変が防止される。 In this case, modification of the content is prevented.

図4は、受信して収集したコンテンツと、そのコンテンツの選別について示している。 Figure 4 is a content collected received illustrates the selection of the content. 410はリクエスト元ノード、420および430はリクエスト先ノードを示している。 410 requesting node, the 420 and 430 indicates the request destination node. 図4では、ノード410がコンテンツをリクエストし、リクエストに合うコンテンツを検索しノード420及び430が該コンテンツをノード410に送信している。 In Figure 4, node 410 requests the content, node 420 and 430 to search for content that fits the request is sending the content to the node 410. 公開メモリ領域421および431、キャッシュメモリ領域422および432からコンテンツを含む検索結果が送信される。 Public memory areas 421 and 431, search results that include content from the cache memory region 422 and 432 are transmitted. 受信される検索結果は、ノード410のキャッシュメモリ領域421に保存される。 It received the search result is stored in the cache memory region 421 of the node 410.

コンテンツのデータ容量がキャッシュメモリ領域より多い場合、不要なコンテンツを廃棄する必要がある。 If the data capacity of the content is larger than the cache memory region, it is necessary to discard unwanted content. 413は必要なコンテンツを保持する領域であり、414は不要なコンテンツを保持する領域である。 413 is an area for holding the content required, 414 is an area for holding the unwanted content. コンテンツの種類が平均的であり、ノードの収集傾向も著しい偏りがない場合、コンテンツの大半は不要コンテンツであり、必要なコンテンツは一部に過ぎない。 A type of content is average, if there is no collection tendency remarkable bias of the node, most of the content is unnecessary content, required content is only partially. つまり、時間経過と共に、413にはノードの設定に沿ったコンテンツが蓄積されていく。 That is, over time, the content along the nodes of the set is accumulated in the 413. 一方、414ではキャッシュがオーバーフローした時点から常にコンテンツの入れ替えが発生する。 On the other hand, always swapping the content is generated from the time of the 414 cache overflowed. つまり、ノードが保持するコンテンツは、検索元ノードの嗜好に強く依存したコンテンツと、偶然消去されなかったコンテンツで占められる。 That is, content that node holds the content was strongly dependent on the preferences of the search source node is occupied with was not accidentally erased content.

これは本質的な問題であり、未知のノードに対し必要なコンテンツを予測して提供することができない。 This is an essential problem, it can not be provided by predicting the content required to the unknown nodes. そこで、コンテンツに対して生存時間を最小限に留めるという制限を加える。 Therefore, to limit that to minimize the survival time for the content. コンテンツの生存時間が最小限である場合、比較的キャッシュはオーバーフローし難い。 When survival time of the content is minimal, relatively cache hardly overflows. しかし、特にアドホック環境において、生存時間が短いという理由からノード同士による広範な領域への運搬を期待することは難しい。 However, it is difficult to particularly in an ad-hoc environment, expect delivery to wide area by the node between the reason that a short survival time. そこで、図5から図11を用い、この問題を解決する本発明について説明する。 Therefore, reference to FIG. 5 to FIG. 11, described the present invention to solve this problem.

ノードのコンテンツ収集設定について図5を用いて説明する。 The content collection settings node will be described with reference to FIG. 設定は方針501の項目である積極収集511、消極収集521、収集拒否531および大分類502、中分類503、小分類504に分けられる。 Setting actively collect 511 is an item of policy 501, negative collection 521, refuse collection 531 and large category 502, middle classification 503, is divided into subcategories 504. 積極収集とは、嗜好の程度が高く、コンテンツの収集を積極的に行う設定である。 The aggressive collection, a high degree of preference, are actively engage in setting the collection of content. 消極収集とは、コンテンツの収集を積極的には行わないが、消極収集の対象となるコンテンツを受信した場合にはキャッシュメモリ領域上にできるだけ長い期間保存する設定である。 The negative collection, but not carried out actively collecting content, when receiving the content to be negative collection is set to store for as long as possible in the cache memory region. 収集拒否とは、ユーザが収集したくないコンテンツを収集した場合には、生存時間を大幅に短縮する設定である。 Refuse collection and is, if you collect the content that the user does not want to collect is set to significantly reduce the survival time. ノードを収集したユーザは、受信後直ちに廃棄したいと考えているが、アドホックネットワークにおいては、受信後直ちに廃棄してしまうと、コンテンツの広範な領域への伝搬ができなくなってしまう。 Users who collect the node, but wants immediately discarded after receiving, in an ad hoc network, as soon as would be discarded after receiving, it becomes impossible propagation to wide area content. そこで、生存時間を大幅に短縮して収集したくないユーザのノードにはあまり長く生存しないようにし、かつ、他のノードにそのコンテンツを伝搬する機会を与えるようにしている。 Therefore, the survival time so as not to survive too long to the user of the node that you do not want to collect significantly reduced, and, so that gives you the opportunity to propagate its content to other nodes. 大分類・中分類・小分類はそれぞれコンテンツタイプの分類を表しており、大分類・中分類・小分類の順でコンテンツタイプの分類の程度が細かくなる。 Large classification, middle classification and small classification are each represents a classification of the content type, degree of classification of content type is finer in the order of classification and small classification in the large classification and. 本例では、積極収集に該当するコンテンツは、受信するとキャッシュメモリ領域の廃棄されない領域に保存される。 In this example, content corresponding to active collection are stored when receiving a region not discarded in the cache memory area. もしくは、他のノードに明示的に検索リクエストしても良い。 Or, it may be explicitly search requests to other nodes. 消極収集に該当するコンテンツは、受信するとキャッシュメモリ領域の比較的廃棄されにくい領域に保存される。 Content corresponding to negative collection is stored when receiving a relatively discarded difficult areas of the cache memory area. 収集拒否に該当するコンテンツは、キャッシュメモリ領域の比較的廃棄されやすい領域に保存される。 Content corresponding to collect refuse is stored in relatively discarded prone regions of the cache memory area.

次に、コンテンツ収集設定において使用されるコンテンツタイプ313について図6を用いて説明する。 Next, the content type 313 to be used in the content collection set will be described with reference to FIG. コンテンツタイプはコンテンツ収集設定と同様に、嗜好データに関する大分類601・中分類602・小分類603から構成される。 Content type like the content collection settings, and a large classification 601, during the classification 602 and small classification 603 relates preference data. 本例では、大分類がショッピング、中分類がディスカウント、小分類がガソリンであることがわかる。 In this example, the large classification is shopping, the middle classification discount, it can be seen that the small classification is gasoline. ノードによる検索においては、例えば大分類のみを用いても良く、その場合にはコンテンツタイプの大分類のみで比較される。 In search by the node, for example, even using a large classification only may, in that case is compared only with the large classification of the content type.

次に、生存時間315を経過した際にコンテンツを自動廃棄するキャッシュガベージコレクターについて図7を用いて説明する。 Next, will be described with reference to FIG cache garbage collector for automatically discarding the contents when the elapsed survival time 315. なお、キャッシュガベージコレクターは、キャッシュメモリ領域に付随する管理機能である。 The cache garbage collector is a management function associated with the cache memory area.

図7において、701から716は状態1、751から766は状態2におけるキャッシュガベージコレクターおよびキャッシュメモリ領域である。 7, 701 from 716 766 from the state 1,751 are cache garbage collector and a cache memory area in the state 2. 本例では状態2は状態1から20分経過した状態を示している。 State 2 in this example shows a state that has elapsed from the state 1 20 min. 状態1ではコンテンツ711から716の生存時間はすべてキャッシュガベージコレクター701の現在時刻より後であるので、消去されない。 Since all the state 1 in the content 711 survival time of 716 is later than the current time of the cache garbage collector 701, not erased. 状態2では、コンテンツ761、764、765の生存時間はキャッシュガベージコレクター751の現在時刻より前であり、生存時間は現在時刻を過ぎているので、廃棄の対象となり、キャッシュガベージコレクター751はコンテンツ761、764、765を消去する。 In state 2, the survival time of the contents 761,764,765 is earlier than the current time of the cache garbage collector 751, because the survival time is past the current time, be subject to disposal, cache garbage collector 751 content 761, to erase the 764,765.

以上のような処理を実装するノードのコンテンツ受信時の処理および定期処理について図8を用いて説明する。 Will be described with reference to FIG processing and periodic processing at the time of content reception node implementing the process described above. 801から806はコンテンツ受信処理の一連の流れを示している。 806 indicates a flow of a content receiving process from 801. 811から815は、キャッシュガベージコレクターによる定期処理の一連の流れを示している。 811 815 shows the flow of a periodic process by the cache garbage collector. ノードはコンテンツを受信すると(801)、コールバックの登録の有無を確認する(802)。 Node receives the content (801) to confirm the presence or absence of the registration of a callback (802). コールバックの登録とは、条件を満たした場合に行う処理を予め登録することを言う。 Callback of registration refers to pre-register the processing to be performed when the condition is met. 本例では、コンテンツを受信したことを802の成立条件としても良く、また特定のコンテンツタイプや発行者IDを802の成立条件としても良い。 In this example, it may be a condition for establishing 802 that it has received the content, or may be a condition for establishing 802 a particular content type and issuer ID. 802の条件が成立すると、該当するコールバック処理を行い(803)、処理を終了する(806)。 When 802 of the condition is satisfied, perform the appropriate call-back process (803), the process ends (806). コールバック処理を行わない場合、ノードはコンテンツアクション処理を行う(804)。 If you do not call back process, the node performs content action processing (804). なお、コールバック登録処理は必須ではないが、この登録処理を行うことにより、特定のコンテンツタイプや発行者IDに応じた処理を個別に設定できるという効果がある。 Incidentally, callback registration processing is not essential, by performing this registration process, there is an effect that processing corresponding to a particular content type and issuer ID can be set individually. コンテンツアクション処理についての詳細は後述する。 For more information about the content action process will be described later. 次にキャッシュメモリ領域820に書き込み(805)、処理を終了する(806)。 Then write to the cache memory area 820 (805), the process ends (806). また、並行して定期的に発火するタイマを開始する(811)。 Also, to start the timer to periodically ignited in parallel (811). 処理811はノードの起動時に行われるため、通常801より先に処理される。 Process 811 to be done at the start of the node, it is processed before the normal 801. タイマが開始され、タイマの設定時間を過ぎるとタイマが発火する(812)。 Timer is started, past the set time of the timer the timer is fired (812). 次にキャッシュ820のすべてのコンテンツの生存時間315を確認し(813)、生存時間を過ぎていると(814)、キャッシュ上から該当コンテンツを削除する(815)。 Next, check the survival time 315 of all the contents of the cache 820 (813), and has passed the survival time (814), deletes the corresponding content from the cache (815). なお、ステップ813からステップ815はコンテンツの数だけ繰り返される。 Note that step 815 from step 813 are repeated for the number of contents.

なお、キャッシュ820に書き込まれたコンテンツは、他のノードの送信要求に応じ、もしくは一方的に他のノードに再送信される。 The content written in the cache 820, in response to a transmission request of another node, or are unilaterally re-transmitted to other nodes. また、生存時間を時間で設定する場合は、他のノードにコンテンツを送信する際に、経過時間を生存時間から差し引く必要がある。 Also, when setting the survival time in time, when transmitting the content to other nodes, it is necessary to subtract an elapsed time from the survival time. 但し、生存時間を時間で設定し、かつ経過時間を反映させない設定の場合は、そのまま他のノードに送信しても良い。 However, in the case of setting the survival time by time, and does not reflect the elapsed time setting it may be transmitted as it is to another node.

コンテンツアクション804について図9から図11を用いて説明する。 The content action 804 will be described with reference to FIGS. 9-11. コンテンツアクションはタイプアクション910とステートアクション920から構成される。 Content action consists of type action 910 and state action 920. コンテンツアクションが開始されると(901)、まずタイプアクション910を開始する(911)。 When the content action is started (901), first it starts the type action 910 (911). タイプアクションでは、コンテンツアクション314に記載のタイプアクション1010を用いて生存時間を計算する(912)。 The type action, to calculate the survival time by using a type action 1010 according to the content actions 314 (912). 計算はアクション対象1001毎に行う。 Calculation is performed for each action target 1001. 判定方法1002は、コンテンツタイプ500とノードタイプ600の分類の一致であり、一致する場合には生存時間への処理1003を実行する。 Determination method 1002 is consistent classification of the content type 500 and the node type 600, if a match executes the processing 1003 to the survival time. 例えば、コンテンツタイプがノードタイプの積極収集の分類と一致した場合、大分類の一致で2分間、中分類の一致で4分間、小分類の一致で6分間を生存時間に追加する。 For example, if the content type matches the classification of actively collecting node type, 2 minutes on a match of the large classification, 4 minutes by matching medium category, add the survival time between 6 minutes match small classification. 消極収集の場合は、大分類の一致で1分間、中分類の一致で2分間、小分類の一致で3分間を生存時間に追加する。 For passive collection, 1 minute match rough classification, 2 minutes match middle classification, to add to the survival time of 3 min match small classification. 拒否の場合は、生存時間を大幅に短縮し、例えば−5分する。 If rejected, the survival time was significantly shortened, for example -5 minutes. それ以外の場合には生存時間は変更しない。 The survival time in other cases does not change. また、生存時間が、生存時間上限316より後の場合は、生存時間を生存時間上限に設定する。 The survival time, in the case after the survival time limit 316, sets the survival time in survival time limit. 次に、求められた生存時間をコンテンツの生存時間315に設定し(913)、タイプアクションの処理を終了する(914)。 Then, set the survival time obtained the survival time 315 of the content (913), and terminates the process type action (914).

次に、ステートアクションを開始する(921)。 Then, to start the state action (921). ステートアクションでは、ノードステート1100のアクション対象1101の項目毎に生存時間の計算を行う(922)。 The state action, the calculation of survival time for each item of the action target 1101 node state 1100 (922). 受信したコンテンツには、移動方向や移動速度などの端末の状態である端末ステートが付与されているので、ノードのノードステートを検出し、該端末ステートと検出した該ノードステートとに基づき生存時間を変更する。 The received content, since the terminal state is a state of the terminal, such as a moving direction and the moving speed is imparted to detect the node state of a node, the survival time based on the said node state has been detected and the terminal state change. 本例では、移動方向1102が180°であるのでd = 1.0、移動速度が40km/hであるので追加時間は10分と求まる。 In this example, since the moving direction 1102 is at 180 ° d = 1.0, the moving speed is 40 km / h additional time is determined as 10 minutes. よって、生存時間は10分間追加される。 Thus, the survival time is added for 10 minutes. 計算された生存時間は、生存時間315に再設定され(923)、ステートアクションの処理が終了する(924)。 Calculated survival time is reset to survival time 315 (923), the processing of the state action is completed (924). 以上で、すべての処理が終了する(925)。 Or more, all of the processing is completed (925).

ここで、生存時間上限を設けている理由は以下の通りである。 The reason is provided with the survival time upper limit is as follows. ノード間でコピーされる毎に生存時間が延長される場合、必要以上にコンテンツが生存してしまうという問題が発生する。 When survival time for each to be copied between the nodes is extended, a problem that the content more than necessary resulting in survival occurs. 生存時間を10分で設定したコンテンツが、受信により1分追加される場合、10分間に100ノードで順番に伝播すると生存時間は残り90分となり、例えば有効期限20分間のタイムサービスなどの広告においてコンテンツの作成者の意図に沿わない場合が発生する。 Content survival time was set at 10 minutes, when it is added 1 minute by receiving, survival time and propagates sequentially in 100 node 10 minutes becomes rest 90 minutes, for example in the advertisement, such as time service expiration 20 min If you do not meet the intent of the creator of the content is generated. そこで生存時間の上限を設ければ、コンテンツの作成者の意図を適切に反映させることができる。 Therefore by providing the upper limit of the survival time can be appropriately reflect the intention of the creator of the content. なお、生存時間の上限は時刻でも良い。 It should be noted that the upper limit of the survival time may be at the time.

なお、アクション対象が、積極収集、消極収集又は収集拒否のいずれにも該当しない場合、生存時間への処理を行っていないが、これに限るわけではなく、収集拒否ほど生存時間を短縮しなくとも、例えば、−1分するようにしてもよい。 It should be noted that the action target, actively collected, if you do not correspond to any of the negative collection or collection denial, but the process has not been performed on survival time, but the present invention is not limited thereto, without having to shorten the survival time as refuse collection , for example, it may be for 1 minute. このようにすれば、重要度の低いコンテンツを早期に消去してメモリの容量をより有効に活用できる。 Thus, take advantage of the capacity of the memory more effectively erase the low content importance early.

また、図9では、タイプアクション及びステートアクションの両方を行っているが、片方のアクション処理のみでも構わない。 Further, in FIG. 9, it is performed both types action and state action, may be only action processing of one. 片方のアクションのみの設定にすれば、より簡易なシステムを構築することができる。 If the setting of only one side of the action, it is possible to build a more simple system.

上記のようなコンテンツアクションを用いた方式にすれば、コンテンツは生存時間が短く公開キャッシュメモリを占有し難い特性を持ち、コンテンツを必要としないノードを通過し、コンテンツを必要とするノードにコンテンツが伝達し易くなる。 If the method using the content actions as described above, the content has a hard property occupies a short public cache memory survival time, it passes through a node that does not require the content, content to nodes requiring content It becomes easier to transfer.

本方式を用いた第一の実施例について説明する。 For the first embodiment will be described using the present method. 第一の実施例はアドホックネットワークにおいて、配信元が広告を提供し、興味の高いノードに伝えることを目的とする。 The first embodiment in the ad hoc network, the distribution source to provide advertisements, and intended to convey the high interesting node.

図12は、各ノードが移動するアドホックネットワークの構成を示している。 Figure 12 shows a configuration of an ad hoc network in which each node is moved. 各ノードは定期的に情報を検索するため、1201が公開した広告コンテンツはノード1211、1212に伝播する。 Because each node is to search for information on a regular basis, 1201 was published advertising content is propagated to the node 1211 and 1212. しかし、ネットワークで接続されていないノード1221から1223については、情報は伝播しない。 However, for a node 1221 which is not connected with the network 1223, information is not propagated. 図12において、Aタイプ、Bタイプ、Cタイプの順に本例の広告コンテンツに対する興味が低下する。 In FIG. 12, A-type, B type, interest in the advertising content of the present embodiment in the order of C type decreases.

このとき、図13のようにコンテンツタイプおよびノードタイプを利用して情報の伝播を考える。 At this time, considering the propagation of information by using the content type and node type as shown in FIG. 13. ノードがコンテンツを受信すると、コンテンツアクション処理が開始される(1301)。 When a node receives the content, the content action processing is started (1301). コンテンツを受信したノードがAタイプである場合はコンテンツタイプ500とノードタイプ600が一致する(1311)。 Node receiving the content if an A-type content type 500 and the node type 600 match (1311). よって、生存時間を延長し(1312)、生存時間315を再設定する(1314)。 Therefore, to extend the survival time (1312), to reset the survival time 315 (1314). 本例ではタイプアクション1310のみ行い、ステートアクション1320はコンテンツアクション314に記載されていないため実行しない。 Performed only type action 1310 in the present example, state action 1320 is not executed because it is not described in the content action 314. よって、タイプアクション処理が終了するとアクション処理を終了する(1302)。 Thus, type action processing is finished Upon completion of action processing (1302). コンテンツを受信したノードがB・Cタイプであれば、生存時間は短く設定される。 If the node which receives the content is a B · C type, survival time is set shorter.

以上のような流れにより、図14のように情報が伝播する。 The flow described above, the information as shown in FIG. 14 is propagated. 1402および1403はAタイプのノードが多い領域を経由して情報が伝播していく様子を示している。 1402 and 1403 indicate how propagates the information through the region nodes often the A type. B・Cタイプのノードが多い領域では、生存時間が短く、情報が伝播し難い。 The region nodes often of B · C type, short survival time, information is less likely to propagate. すると、領域1404のようなAタイプのノードが集まる領域に広告コンテンツが集まりやすくなる。 Then, the region where the A type of node, such as a region 1404 is gather easily gathered advertising content.

第一の実施例をさらに具体的に適用した例として、例えば、1401が自動車販売店であり、Aが自動車に対する興味が高い人、Bが普通の人、Cが自動車に対する興味が低い人だとする。 As an example of the applied first embodiment in more detail, for example, 1401 is a car dealership, person A is interested for automobile high, B is a normal person, the C is but human low interest car to. 1401は新車試乗会の広告を付近のノードに提供すると、各ノードがそれぞれ移動するに従い、1402や1403の経路で広告が伝播する。 1401 and provided to the node in the vicinity of a new car test-ride event of advertising, in accordance with each node is moved, respectively, advertising in the path of the 1402 and 1403 is propagated. また、Aが集まる領域1404は、適切に生存時間を設定すれば、自然と情報が集まる。 The region 1404 A gather is, by setting the appropriate survival time, gather nature and information. このとき、情報はAだけではなく、BやCも経由している。 At this time, information is via not only A, also B and C.

次に、本方式を用いた第二の実施例について説明する。 Next, a description is given of a second embodiment using the present method. 第二の実施例はアドホックネットワークにおいて、配信元が広告を提供し、さらに広告の伝達する領域を制御することを目的とする。 In a second embodiment an ad hoc network, to provide a distribution source ads further intended to control the transmission regions of the ad.

図15は、各ノードが路線上にある程度沿って移動するアドホックネットワークの構成を示している。 15, each node shows the configuration of an ad hoc network to move to some extent along a route. 各ノードは定期的に情報を検索するため、1503が公開した広告コンテンツは、1511から1515に伝播する。 Because each node is to search for information on a regular basis, 1503 is the advertising content you publish, propagate from 1511 to 1515. しかし、ネットワークで接続されていないノード1521には情報は伝播しない。 However, the node 1521 that is not connected with the network information is not propagated. 図12において、Aタイプ、Bタイプ、Cタイプの順に本例の広告コンテンツに対する興味が低下する。 In FIG. 12, A-type, B type, interest in the advertising content of the present embodiment in the order of C type decreases.

このとき、図16のようにコンテンツタイプおよびノードタイプおよびステートアクションおよびノードステートを利用して情報の伝播を考える。 At this time, considering the propagation of information by using the content type and node type and state action and node states as shown in Figure 16. ノードがコンテンツを受信すると、コンテンツアクション処理が開始される(1601)。 When a node receives the content, the content action processing is started (1601). まず、タイプアクション1610を実行する。 First of all, to run the type action 1610. コンテンツタイプ500とノードタイプ600を比較し(1611)、タイプが一致する場合には1612を、タイプが一致しない場合には1613を実行する。 Comparing the content type 500 and the node type 600 (1611), the 1612 when the types match, if the type does not match to perform a 1613. 本例では、Aタイプのノードでは生存時間を1分長く、BタイプおよびCタイプのノードでは生存時間を1分短くする。 In this example, 1 minute longer survival time in A-type nodes, the B type and C type of node shortening 1 minute survival time. 次に生存時間315に求めた生存時間を再設定する(1614)。 Then reset the survival time calculated survival time 315 (1614).

次にステートアクション1620を実行する。 Then run the state action 1620. ステートアクション1020の処理方法を用い、ノードステート1100の各パラメータを利用して生存時間の計算処理1630を実行する。 Using the processing method of the state action 1020, it executes the calculation process 1630 of survival time by using the parameters of the node state 1100. 本例では、まずノードの方向を求め(1631)、それぞれ1632、1633、1634からtの値を求める。 In this example, first determine the direction of the node (1631), respectively determining the value of t from 1632,1633,1634. 次に、1632の場合は1635においてノードステートの値を用いそれぞれ1637、1638、1639の処理を実行する。 Next, the case of 1632 executes the processing of 1637,1638,1639 respectively using the value of the node state in 1635. 1633および1634を実行した場合は、1636においてノードステートの値を用いそれぞれ1637、1638、1639の処理を実行する。 If you run 1633 and 1634 executes processing 1637,1638,1639 respectively using the value of the node state in 1636. 次にtとvの値から生存時間を計算し(1640)、生存時間315に再設定する(1621)。 Then calculate the survival time from the values ​​of t and v (1640), to reset the survival time 315 (1621). 以上でアクション処理を終了する(1602)。 To end the action processing above (1602).

以上のような流れにより、図17に示す領域1701に近い範囲で情報が伝播する。 The flow described above, the information in the range close to the region 1701 shown in FIG. 17 propagates. 配信元1702は、タイプA以外のノードを経由し、短時間で消去されるコンテンツを効率良く目的領域に伝播させることができる。 Distribution source 1702 via a node other than type A, can be propagated content to be erased in a short time to efficiently target area.

第二の実施例をさらに具体的に適用した例として、例えば、1702がガソリンスタンドであり、面する道路が右折横断不可能な場合、紙面上が北だとすると北から来る車に対する広告の効果は低い。 As a second example embodiment has a more specific application, for example, 1702 is a gas station, when facing the road is not possible right turn crossing, low advertising effectiveness for cars coming from the north when the paper is that it North . この場合、配信元から直接コンテンツを受け取ったことを、配信元を通過したとしてノードステートに記録すると、通過した車で北上する車はステートアクションで生存時間を大幅に短縮し、通過していない車で南下する車も同じくステートアクションで生存時間を大幅に短縮すれば、情報が北に広く伝播することを防ぐことができる。 In this case, that it has received the content directly from the distribution source, when recorded in the node state as passed through the distribution source, car north car that passed through was significantly shorter survival time state action, it does not pass through the car in if significantly shorten the survival time south to car also in state actions, information can be prevented from being widely propagated north. また、通過していない車で北上する車は生存時間を延長し、通過した車で南下する車は生存時間を延長すれば、情報が南に伝播することを促進することができる。 Also, car north car that does not pass through to prolong survival time, car southward by passing the cars can facilitate to propagate if prolong survival time, information to the south. さらには、適切に生存時間の上限を時刻で設定すれば、必要以上の情報の南下を防ぐことができる。 Furthermore, by setting at the time the upper limit of the appropriate survival time, it is possible to prevent the south of more information than necessary.

次に、本方式を用いた第三の実施例について説明する。 Next, a description is given of a third embodiment using the present method. 第三の実施例はアドホックネットワークにおいて、ある領域内で情報を共有することを目的とする。 A third embodiment in the ad hoc network, and an object thereof is to share information in a certain area.

図18は、各ノードが移動するアドホックネットワークの構成を示している。 Figure 18 shows the configuration of an ad hoc network in which each node is moved. また、各ノードはGPS(Global Positioning System)や、短距離無線通信と無線基地局と交信することにより、自らの位置を検知することができる。 Further, each node by communicating with the GPS (Global Positioning System) or short-range radio communication with the radio base station can detect its own position. 各ノードは定期的に情報を検索するため、ノードが公開したコンテンツは接続可能なノードすべてに伝播する。 Because each node to find information on a regular basis, the node is the content that has been published propagated to all nodes connectable. 図18において、Aタイプ、Bタイプ、Cタイプの順に、あるノードが公開したコンテンツに対する興味が低下する。 In Figure 18, A-type, B type, in the order of C type, decreased interest in the content that node has published. 1810は情報をしたい領域である。 1810 is an area that you want to the information. 1811がコンテンツを公開すると、1812はコンテンツを受信する。 If 1811 is to publish the content, 1812 will receive the content. 1813は、アドホックネットワークが再構成されるときに、コンテンツを受信する場合がある。 1813, when the ad hoc network is reconfigured, and receive content.

このとき、図19のようにコンテンツタイプおよびノードタイプおよびステートアクションおよびノードステートを利用して情報の伝播を考える。 At this time, considering the propagation of information by using the content type and node type and state action and node states as shown in Figure 19. ノードがコンテンツを受信すると、コンテンツアクション処理が開始される(1901)。 When a node receives the content, the content action processing is started (1901). まず、タイプアクション1910を実行する。 First of all, to run the type action 1910. コンテンツタイプ500とノードタイプ600を比較し(1911)、タイプが一致する場合には1912を、タイプが一致しない場合には1913を実行する。 Comparing the content type 500 and the node type 600 (1911), the 1912 when the types match, if the type does not match to perform a 1913. 本例では、Aタイプのノードでは生存時間を1分長く、BタイプおよびCタイプのノードでは生存時間を1分短くする。 In this example, 1 minute longer survival time in A-type nodes, the B type and C type of node shortening 1 minute survival time. 次に生存時間315に求めた生存時間を再設定する(1914)。 Then reset the survival time calculated survival time 315 (1914). 次にステートアクション1920を実行する。 Then run the state action 1920. ステートアクション1020の処理方法を用い、ノードステート1100の各パラメータを利用して生存時間の計算処理1930を実行する。 Using the processing method of the state action 1020, it executes the calculation process 1930 of survival time by using the parameters of the node state 1100. 本例では、まずノードの位置判定し(1931)、領域外である場合には1932を、領域内である場合には1933を実行し、tの値を求める。 In this example, to determine first node positions (1931), 1932 if an area outside, when a region running 1933, determine the value of t. 次に、生存時間にtの値を加え(1934)、求められた値を用いて生存時間315を再設定する(1921)。 Then, adding the value of t in survival time (1934), to reset the survival time 315 using the obtained value (1921). 以上でアクション処理を終了する(1902)。 To end the action processing above (1902).

以上のような流れにより、図20に示す領域2010に近い範囲で情報が伝播する。 The flow described above, the information in the range close to the region 2010 shown in FIG. 20 propagates. 配信元2011は、タイプA以外のノードを経由し、比較的短時間で消去されるコンテンツを効率よく同一領域に保持することができる。 Distribution source 2011, through the node other than type A, it is possible to hold the contents to be erased in a relatively short period of time efficiently in the same region. また、例えば2020内で受信した場合には1931において領域内もしくは領域近傍とし、1932より短い時間を生存時間に加えることで、領域2010にコンテンツが存在する可能性を向上させることができる。 Further, for example, when receiving in the 2020 is a region within or in the vicinity of a region in 1931, by adding the survival time shorter than 1932 times, it is possible to improve the possibility of the presence of content in the area 2010.

第三の実施例をさらに具体的に適用した例として、例えば、2010がテーマパークやショッピングモールから構成される複合施設である場合、複合施設外においては施設内にいる人向けの情報は不要である。 As a third embodiment example and more specifically applied, for example, if 2010 is a complex consisting of a theme park, shopping mall, in the outside complex information for people in the facility does not require is there. このとき、施設内で短距離無線により情報を提供し、緯度経度などにより領域を設定し、その領域内においては情報の生存時間を長く、領域外においては生存時間を短く設定すると、領域2010においては高い確率で、領域2020は2010よりは低い確率だがある程度の確率で情報を伝播させることが可能となる。 At this time, to provide information by short-range radio in the facility, and sets a region by latitude and longitude, prolonged the survival time of the information in that area, when in a region outside set shorter survival time, in the region 2010 it is a high probability, area 2020 but lower probability than 2010 it is possible to propagate the information with a certain degree of probability.

上記伝播方法に関して、複数の同じノードが順番に繰り返しコンテンツを受信すると、同一のコンテンツアクションを繰り返し行うという問題が発生する。 With respect to the above propagation method, when a plurality of the same node receives the content repeatedly in sequence, the problem that repeated the same content action occurs. そこで、コンテンツにはすべてのコンテンツで唯一のIDを付与し、あるIDのコンテンツを初めて受信するとコンテンツIDをノードのメモリ上に保存し、次にコンテンツを受信すると、過去に同一コンテンツを受信したかどうかを確認し、もし過去に同一コンテンツを受信した場合にはコンテンツを直ちに消去するようにすればよい。 So, if the only ID granted in all content in the content, and save the content ID When you first receive the content of a certain ID on the node of the memory, and then to receive the content, it has received the same content in the past to see what may be to immediately delete the content if it receives the same content if in the past.

以上は無線の伝播範囲など空間的制約から、その場に存在するノード同士で形成されたアドホックネットワークで構成されたP2Pネットワークが前提であるが、例えばすべてのノードが接続可能なインターネットなどの環境において、ノード群から動的に形成されたグループをアドホックネットワークの一部としても良い。 Above the spatial restriction such as a propagation range of the radio, but P2P network configured in an ad hoc network formed by nodes between which exists on the spot is premised, for example, in all the nodes environment such as connectable Internet , a group which is dynamically formed from nodes may be part of an ad hoc network. 例えば、あるネットワーク上の掲示板に集まったノードをグループとし、グループ内でのみ通信可能なP2Pネットワークを構成する場合、該グループが解散する、グループの構成要員が変わる、別のグループが形成されるなどすると、空間的制約から形成されたアドホックネットワークと同様となる。 For example, there is a question on the gathered nodes on the network as a group, when constituting the communicable P2P network only within a group, the group is disbanded, construction personnel group is changed, such as another group is formed Then, the same as the ad hoc network formed from the spatial constraints.

なお、他のノードから情報を探索する場合、簡易な設定にするため、定期的に行っていたが、これに限らない。 In the case of searching for information from other nodes, to a simple setting, it had done regularly, not limited to this. 例えば、深夜などの通信トラフィックが混雑していない時間帯に情報を検索するように設定してもよい。 For example, it may be configured to search for information on the time zone in which communication traffic is not congested, such as late at night. このようにすれば、通信トラフィックの混雑によるトラブルを避けることができる。 In this way, it is possible to avoid problems caused by congestion of communication traffic.

以上の実施の形態によれば、生存時間を付与されたコンテンツを受信するため、送信側で生存時間を設定することができ、コンテンツ配信側でコンテンツ配信の制御が可能となる。 According to the above embodiment, in order to receive the content has been granted the survival time can be set the survival time on the transmitting side, it is possible to control the content distributed by the content distribution side. また、受信されたコンテンツに付与された生存時間を変更することができるため、受信した情報端末装置の嗜好に応じた生存時間を設定することが可能となる。 Further, it is possible to change the applied survival time received content, it is possible to set the survival time depending on preference of the received information terminal device. また、生存時間を付与されたコンテンツを他の情報端末装置へ送信しているため、送信先の他の情報端末装置での生存時間を制御することが可能となる。 Moreover, since the transmitted content granted the survival time to another information terminal device, it is possible to control the survival time in the other information terminal apparatus at the transmission destination.

これらのことにより、P2Pシステムにおいて、生存時間を付与されたコンテンツが流通するため、情報端末装置のメモリのパンクを防ぐことができる。 By these, in the P2P system, since the content has been granted the survival time flows, it is possible to prevent the puncture of the memory of the information terminal device. また、個々の情報端末装置のユーザの嗜好に応じて生存時間が変更されるため、コンテンツの流通のためにユーザのメモリに嗜好に合わないコンテンツを記憶しなければいけない場合であっても、生存時間を短く変更でき、そのユーザに不要なコンテンツを早期に消去することができる。 Further, even if that must for survival time depending on preference of the user of each information terminal apparatus is changed, it is stored content that is not fit the user's preference of memory for distribution of contents, survival time can change short, it is possible to erase the unwanted content to the user at an early stage.

また、受信したコンテンツの生存時間を変更する際、短くすることができても、すぐに消去できないようにすれば、ユーザの嗜好に合わない者が受信後すぐに消去してしまうがゆえにコンテンツが流通しないという状況を防ぐことができる。 Further, when changing the survival time of the received contents, even if it is possible to shorten, if so not immediately erased, the erase to cause but because the content immediately after receiving a person who does not fit the user's preference it is possible to prevent the situation that does not distribution.

以上の実施の形態によれば、情報端末装置において、使用者の嗜好などの情報を他に公開することなく、効果的に情報を収集することができる。 According to the above embodiment, the information terminal apparatus, without exposing the information, such as the user's preferences to others, it is possible to effectively collect information. また、嗜好にマッチしない端末を経由した情報共有が可能となる。 In addition, it is possible to share information via the terminals that do not match the taste.

アドホックネットワークの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of an ad hoc network. ノードのメモリ構成と他のノードとの情報の送受信を示した図である。 Is a diagram showing transmission and reception of information between the memory configuration and the other nodes of the node. コンテンツの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of a content. 接続可能なすべてのノードに検索を行った際のメモリ内部を示した図である。 It is a diagram showing a memory inside when performing a search on all nodes connectable. ノードタイプの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of a node type. コンテンツタイプの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of a content type. 生存時間が終了したコンテンツを消去するキャッシュガベージコレクターの説明図である。 Is an explanatory diagram of the cache garbage collector to erase the content that the survival time has expired. 本実施の形態の説明図である。 It is an illustration of this embodiment. コンテンツアクションを実行するフローチャートである。 Is a flow chart for executing content action. コンテンツアクションの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of a content action. ノードステートの構成を示す図である。 It is a diagram showing a configuration of a node state. アドホックネットワークにおける第一の実施例の構成図である。 It is a configuration diagram of a first embodiment in an ad hoc network. 第一の実施例のコンテンツアクションのフローチャートである。 It is a flowchart of the content actions of the first embodiment. 第一の実施例の効果を示した図である。 Is a graph showing the effect of the first embodiment. アドホックネットワークにおける第二の実施例の構成図である。 It is a configuration diagram of a second embodiment in an ad hoc network. 第二の実施例のコンテンツアクションのフローチャートである。 It is a flowchart of the content actions of the second embodiment. 第二の実施例の効果を示した図である。 Is a graph showing the effect of the second embodiment. アドホックネットワークにおける第三の実施例の構成図である。 It is a configuration diagram of a third embodiment in an ad hoc network. 第三の実施例のコンテンツアクションのフローチャートである。 It is a flowchart of the content actions of the third embodiment. 第三の実施例の効果を示した図である。 Is a graph showing the effect of the third embodiment. ノード(情報端末装置)の説明図である。 It is an illustration of a node (an information terminal device).

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

801…コンテンツ受信ステップ、802…コールバック登録判断ステップ、803…コールバック処理ステップ、804…コンテンツアクション処理ステップ、805…キャッシュ書き込みステップ、806…処理終了ステップ、811…定期発火タイマ開始ステップ、812…タイマ発火ステップ、813…生存時間確認ステップ、814…生存時間経過判断ステップ、815…削除処理ステップ、820…キャッシュ 801 ... content reception step, 802 ... callback registration determination step, 803 ... callback process step, 804 ... content action processing step, 805 ... cache write step, 806 ... process end step 811 ... regular ignition timer start step, 812 ... timer firing step, 813 ... survival time confirmation step, 814 ... survival time lapse determining step, 815 ... delete processing step, 820 ... cache

Claims (8)

  1. 生存時間を付与されたコンテンツを受信する受信手段と、 Receiving means for receiving a content granted survival time,
    上記受信手段で受信されたコンテンツに付与された生存時間を変更する生存時間変更手段と、 And survival time changing means for changing the applied survival time content received by the receiving means,
    生存時間を付与された上記コンテンツを他の情報端末装置へ送信する送信手段と、 Transmission means for transmitting the content granted the survival time to another information terminal device,
    上記生存時間変更手段で変更された生存時間の経過後に上記コンテンツを消去する消去手段と、 And erasing means for erasing the content after a change survival time the survival time change means,
    を有する情報端末装置であって、 An information terminal device having a,
    本情報端末装置においてコンテンツの種類であるノードタイプを記憶するノードタイプ記憶手段を備え、 Includes a node type storage means for storing a node type is a type of content in the information terminal device,
    上記受信手段で受信されたコンテンツには、コンテンツの種類であるコンテンツタイプが付与されており、 The received content by the receiving means, the content type has been granted a type of content,
    上記生存時間変更手段は、上記受信されたコンテンツに付与されたコンテンツタイプ、及び、上記ノードタイプ記憶手段に記憶されたノードタイプに基づいて、上記生存時間を変更することを特徴とする情報端末装置。 The survival time change means, the received assigned content types to a content, and, based on the node type stored in the node type storage means, the information terminal apparatus and changes the survival time .
  2. 請求項に記載の情報端末装置であって、 An information terminal device according to claim 1,
    上記ノードタイプ記憶手段は、積極的に収集したいノードタイプである積極収集ノードタイプを記憶し、 The node type storage means stores actively collecting node type is a node type to be collected actively,
    上記生存時間変更手段は、上記コンテンツタイプが、上記積極収集ノードタイプと一致する場合、上記生存時間を第一の所定時間延長することを特徴とする情報端末装置。 The survival time change means, the content type, if it matches with the positive collection node type, the information terminal apparatus characterized by prolonging the survival time a first predetermined time.
  3. 請求項に記載の情報端末装置であって、 An information terminal device according to claim 2,
    上記生存時間変更手段は、上記コンテンツタイプが、上記積極収集ノードタイプと一致しない場合、上記生存時間を第二の所定時間短縮することを特徴とする情報端末装置。 The survival time change means, the content type, the active collection if the node does not match the type, the information terminal apparatus characterized by shortening the survival time a second predetermined time.
  4. 請求項に記載の情報端末装置であって、 An information terminal device according to claim 2,
    上記ノードタイプ記憶手段は、積極収集ノードタイプよりも収集したい度合いが小さい消極収集ノードタイプを記憶し、 The node type storage means stores negative collection node type degree is small to be collected than actively collecting node type,
    上記生存時間変更手段は、上記コンテンツタイプが、上記消極収集ノードタイプと一致する場合、上記生存時間を上記第一の所定時間よりも短い第三の所定時間延長することを特徴とする情報端末装置。 The survival time change means, the content type, the negative collection node if it matches the type, the information terminal apparatus characterized by prolonging the survival time the first third shorter than the predetermined time for a predetermined time .
  5. 請求項に記載の情報端末装置であって、 An information terminal device according to claim 3,
    上記ノードタイプ記憶手段は、収集を拒否したいノードタイプである収集拒否ノードタイプを記憶し、 The node type storage means stores refuse collection node type is a node type you want to deny collected,
    上記生存時間変更手段は、上記コンテンツタイプが、上記収集拒否ノードタイプと一致する場合、上記生存時間を上記第二の所定時間よりも長い第四の所定時間短縮することを特徴とする情報端末装置。 The survival time change means, the content type, if it matches with the refuse collection node type, the information terminal apparatus characterized by shortening longer fourth predetermined time than the survival time said second predetermined time .
  6. 請求項に記載の情報端末装置であって、 An information terminal device according to claim 1,
    本情報端末装置の状態であるノードステートを検出するノードステート検出手段を備え、 Includes a node state detecting means for detecting the node state is a state of the information terminal device,
    上記受信されたコンテンツには、情報端末装置の状態である端末ステートが付与されており、 To the received content, the terminal state are granted a status of the information terminal device,
    上記生存時間変更手段は、上記受信されたコンテンツに付与された端末ステート、及び、上記ノードステート検出手段により検出されたノードステートに基づいて、上記生存時間を変更することを特徴とする情報端末装置。 The survival time change means, the received granted terminal state in the content, and, based on the detected node state by the node state detecting means, the information terminal apparatus and changes the survival time .
  7. 請求項に記載の情報端末装置であって、 An information terminal device according to claim 6,
    上記ノードステートには、本情報端末装置の移動方向又は移動速度を含むことを特徴とする情報端末装置。 The aforementioned node state, the information terminal device characterized by including the moving direction or the moving speed of the information terminal device.
  8. コンテンツを受信する受信手段と、コンテンツを記憶する記憶手段と、コンテンツを送信する送信手段と、コンテンツの生存時間を変更する生存時間変更手段と、コンテンツを消去する消去手段と、を有し、 A receiving means for receiving the content, storage means for storing contents, and transmitting means for transmitting the content and the survival time changing means for changing the survival time of the content, and erasing means for erasing the content and,
    上記受信手段は、生存時間を付与されたコンテンツを受信し、 It said receiving means receives the content that has been granted the survival time,
    上記記憶手段は、上記受信手段で受信したコンテンツを記憶する受信コンテンツ記憶手段と、他の情報端末装置に公開したくないコンテンツを記憶する非公開コンテンツ記憶手段と、を有し、 Said storage means includes a received content storage means for storing the content received by the receiving means, and private content storage means for storing a content that do not want to expose the other information terminal device, a
    上記生存時間変更手段は、上記受信コンテンツ記憶手段で記憶されたコンテンツに付与されている生存時間を変更し、 The survival time change means changes the survival time granted to the stored content in the received content storage means,
    上記送信手段は、他の情報端末装置から探索を行われ、その探索に該当するコンテンツが、上記受信コンテンツ記憶手段に記憶されている場合、生存時間を付与された上記コンテンツを上記他の情報端末装置へ送信し、上記非公開コンテンツ記憶手段に記憶されている場合、上記コンテンツを上記他の情報端末装置へ送信せず、 Said transmission means is performed a search from another information terminal device, content corresponding to the search, if it is stored in the received content storage unit, the other information terminals of the content that has been granted the survival time send to the device, if it is stored in the private content storage means, without transmitting the content to the another information terminal device,
    上記消去手段は、上記生存時間変更手段で変更された生存時間の経過後に上記受信コンテンツ記憶手段で記憶されたコンテンツを消去する、 It said erasing means erases the contents stored in the received content storage means after a modified survival time in the above survival time change means,
    ことを特徴とする情報端末装置。 The information terminal apparatus, characterized in that.
JP2003336689A 2003-09-29 2003-09-29 The information terminal device Active JP4232593B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003336689A JP4232593B2 (en) 2003-09-29 2003-09-29 The information terminal device

Applications Claiming Priority (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003336689A JP4232593B2 (en) 2003-09-29 2003-09-29 The information terminal device
CN 200410068378 CN100484148C (en) 2003-09-29 2004-08-31 Information terminals, information sharing method and p2p system and point system using the same
US10929372 US7506125B2 (en) 2003-09-29 2004-08-31 Information terminals for receiving content with survival time and forwarding content to different information terminal after changing the survival time
US12256107 US8078812B2 (en) 2003-09-29 2008-10-22 Information terminals sharing contents in a network, information sharing method and P2P system and point system using the same

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005107612A true JP2005107612A (en) 2005-04-21
JP4232593B2 true JP4232593B2 (en) 2009-03-04

Family

ID=34532715

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003336689A Active JP4232593B2 (en) 2003-09-29 2003-09-29 The information terminal device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4232593B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005222096A (en) * 2004-02-03 2005-08-18 Hitachi Ltd Information terminal device, information sharing method, and p2p system and point system using them

Families Citing this family (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP5321221B2 (en) * 2009-04-22 2013-10-23 富士通株式会社 Management device, management method, and program
US9131263B2 (en) * 2010-07-09 2015-09-08 Sling Media, Inc. Methods and apparatus for controlled removal of content from a distributed network

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2005222096A (en) * 2004-02-03 2005-08-18 Hitachi Ltd Information terminal device, information sharing method, and p2p system and point system using them
JP4635446B2 (en) * 2004-02-03 2011-02-23 株式会社日立製作所 The information terminal apparatus and the information receiving method

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2005107612A (en) 2005-04-21 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Sharaf et al. TiNA: a scheme for temporal coherency-aware in-network aggregation
Wang et al. Rapid traffic information dissemination using named data
Lenders et al. Wireless ad hoc podcasting
Ashbrook et al. Using GPS to learn significant locations and predict movement across multiple users
Christin et al. A survey on privacy in mobile participatory sensing applications
Hara et al. Data replication for improving data accessibility in ad hoc networks
US20060241860A1 (en) Virtual earth mapping
US20010039181A1 (en) Limiting message diffusion between mobile devices
Whitbeck et al. Push-and-track: Saving infrastructure bandwidth through opportunistic forwarding
US20110223937A1 (en) Method and apparatus for local distribution of targeted commercial messaging over an ad-hoc mesh network
Zhu et al. Recognizing exponential inter-contact time in VANETs
US20080318597A1 (en) Intensity-based maps
US20110225368A1 (en) Apparatus and Method For Context-Aware Mobile Data Management
US20040132467A1 (en) Retrieving media items to a mobile device
LeBrun et al. Bluetooth content distribution stations on public transit
US20090125321A1 (en) Methods and systems for determining a geographic user profile to determine suitability of targeted content messages based on the profile
US20080313207A1 (en) System and method for collection, retrieval, and distribution of data
US20090216847A1 (en) Method and system for message value calculation in a mobile environment
Zhang et al. Roadcast: a popularity aware content sharing scheme in vanets
Zeng et al. Directional routing and scheduling for green vehicular delay tolerant networks
US20140113600A1 (en) Predictive network system and method
US20040162022A1 (en) Local browsing
JP2002223466A (en) Information exchange system
Hara Cooperative caching by mobile clients in push-based information systems
Gao et al. Cooperative caching for efficient data access in disruption tolerant networks

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060127

RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20060421

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080811

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080826

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20081024

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20081118

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20081201

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111219

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20111219

Year of fee payment: 3

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20121219

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20131219

Year of fee payment: 5

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

S111 Request for change of ownership or part of ownership

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R313111

R350 Written notification of registration of transfer

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R350

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250