JP4188681B2 - Equipment and systems for carrying out the through port off pump coronary artery bypass surgery - Google Patents

Equipment and systems for carrying out the through port off pump coronary artery bypass surgery

Info

Publication number
JP4188681B2
JP4188681B2 JP2002533799A JP2002533799A JP4188681B2 JP 4188681 B2 JP4188681 B2 JP 4188681B2 JP 2002533799 A JP2002533799 A JP 2002533799A JP 2002533799 A JP2002533799 A JP 2002533799A JP 4188681 B2 JP4188681 B2 JP 4188681B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP2002533799A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2004510550A (en )
Inventor
イー. カスタネダ,ジャビアー
ラ トレ,ラルフ デ
エー. パルマー,マシュー
ルイス フランシス,ホセ
Original Assignee
メドカニカ,リミティド ライアビリティー カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/34Trocars; Puncturing needles
    • A61B17/3403Needle locating or guiding means
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/34Trocars; Puncturing needles
    • A61B17/3417Details of tips or shafts, e.g. grooves, expandable, bendable; Multiple coaxial sliding cannulas, e.g. for dilating
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/34Trocars; Puncturing needles
    • A61B17/3417Details of tips or shafts, e.g. grooves, expandable, bendable; Multiple coaxial sliding cannulas, e.g. for dilating
    • A61B17/3421Cannulas
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/34Trocars; Puncturing needles
    • A61B17/3462Trocars; Puncturing needles with means for changing the diameter or the orientation of the entrance port of the cannula, e.g. for use with different-sized instruments, reduction ports, adapter seals
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/02Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for holding wounds open; Tractors
    • A61B2017/0237Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for holding wounds open; Tractors for heart surgery
    • A61B2017/0243Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for holding wounds open; Tractors for heart surgery for immobilizing local areas of the heart, e.g. while it beats
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/34Trocars; Puncturing needles
    • A61B2017/348Means for supporting the trocar against the body or retaining the trocar inside the body
    • A61B2017/3482Means for supporting the trocar against the body or retaining the trocar inside the body inside
    • A61B2017/349Trocar with thread on outside

Description

【0001】 [0001]
発明の分野本発明は概して、外科用器具およびシステムに関する。 Field of the Invention The present invention generally relates to surgical instruments and systems. 本発明は、さらに詳細には、非開胸冠動脈バイパス手術を行うときに使用可能なポート、心臓スタビライザおよび器具スタビライザに関する。 The invention, more particularly, available ports when performing closed-chest coronary artery bypass surgery, relates to heart stabilizer and instruments stabilizer.
【0002】 [0002]
最先端の技術実質的にすべての冠動脈バイパス(CAB)処置は、開胸法により実施される。 State of the art substantially all coronary artery bypass (CAB) treatment is performed by thoracotomy method. この処置では、胸骨切開術と呼ばれる胸郭中間部の切開により胸郭が開かれ、肋骨は、開創器を使って後退させてしっかりと開いた状態に保持される。 This treatment, thorax opened by incision thoracic intermediate portion called sternotomy, rib is held in the opened state firmly retracts with the retractor. この方法では、十分な量だけ心臓に接近できる。 In this way, accessible to an amount sufficient heart. 次に、心臓が停止させられ、血流が人工心肺を通るように切り替えられる。 Then, the heart is stopped, blood flow is switched to pass through the heart-lung machine. 次に、バイパス処置を実施し、処置が完了すると、心臓が再び始動させられ、血液はこの「バイパス」を通って流れ得るようになる。 Next, implement bypass procedure, Upon completion of the procedure, the heart is allowed to start again, so the blood can flow through the "bypass". この処置は標準的だが、決して望ましいとは言えない。 This treatment is a standard, but it can not be said that never desirable. 第1に、心臓の停止は危険な処置であり、重大な合併症、さらに死亡の原因になる可能性がある。 First, stopping of the heart is a dangerous treatment, serious complications, which may further cause of death. 第2に、この処置は、苦痛で外傷を伴う胸骨切開を必要とする。 Second, the treatment requires a sternotomy with trauma painful. こうした切開のために、回復時間は比較的長く、患者には永久的な傷跡が残る。 For these incisions, the recovery time is relatively long, permanent scarring to the patient.
【0003】 [0003]
より最近では、何人かの外科医が、拍動している心臓に冠動脈バイパス手術を実施した。 More recently, some of the surgeon, was performed coronary artery bypass surgery on a beating heart. 胸郭は、胸骨切開術により開放して、後退させる。 Thorax, was opened by sternotomy, it is retracted. 縫合のために、心臓スタビライザと呼ばれる装置を使用して、心臓の手術部位を本質的に不動化させる。 For sutures, using a device called a heart stabilizer, is essentially immobile the surgical site of the heart. 心臓スタビライザは一般に開創器に固定され、開創器は切開部位において胸郭の壁部に固定される。 Heart stabilizer is generally fixed to the retractor, the retractor is fixed to the wall portion of the rib cage at the incision site. 手術部位に直接接近し、手術部位を不動化することは、手術にとって重要である。 It approached directly to the surgical site, to immobilize the operative site is important for surgery. こうした要因により、外科医は、縫合またはその他の手術操作を正確に行うことが可能となる。 By these factors, the surgeon is able to accurately suturing or other surgical operations. この方法体系は効果的であり、心臓を停止させることによる合併症の潜在的な可能性を排除するが、胸骨切開術に関連する欠点が残る。 The methodology is effective, but eliminates the potential for complications due to stopping the heart remains the drawback associated with the sternotomy.
【0004】 [0004]
最近、拍動している心臓に非開胸バイパス処置を実施することが、他の外科医により提案された。 Recently, be carried out closed-chest bypass procedure in a beating heart, it has been proposed by other surgeons. しかし、この提案には、処置をどのように満足に実施するかに関する具体的な指針が伴っていなかった。 However, in this proposal, specific guidance on how to implement in any satisfactory treatment has not been accompanied. さらに、本願の発明者は、非開胸処置には克服すべき多くの障害があることを確認した。 Moreover, the inventors of the present application, it was confirmed that the closed-chest treatment there are many obstacles to overcome. 第1に、バイパスを要する場所が処置の際に著しく移動しないように、心臓を不動化する必要がある。 First, as the location requiring the bypass does not significantly move during a procedure, it is necessary to immobilize the heart. 第2に、開胸処置には、開創器および器具支持枠が付随するが、非開胸処置では、処置に必要な器具を保持するこうした枠がない。 Second, the open-chest procedure, although the retractor and instrument support frame is accompanied, in the closed-chest procedure, there is no such a frame that holds the instrument required for treatment. さらに、ポート装置を通る器具を確実に支持するのに適する安定したポート装置がない。 Furthermore, there is no stable port device suitable for reliably supported instrument through the port device. 第3に、ポートを通して何らかの外科手術を実施する場合、外科手術部位で作業するために使用する器具は、開胸器具に比べて相対的に長い。 Third, when carrying out any surgery through the port, the instrument to be used for working with the surgical site is relatively long compared to thoracotomy instrument. 作業を行う場合の外科医の手から器具の先端までの距離は、従来の外科手術よりも何倍も長くなる可能性がある。 Distance from the surgeon's hand when working to the tip of the instrument is likely to be longer several times than traditional surgery. こうした長さの増加は、通常の手の震動および動作の誤差を増幅する。 This increase in length to amplify the error of the seismic and normal operation of the hands.
【0005】 [0005]
発明の概要したがって、本発明の目的は、より傷害が少ない状態で手術部位に接近する器具を提供することにある。 Follow SUMMARY OF THE INVENTION An object of the present invention is to provide a device for approaching the surgical site more injury less state.
【0006】 [0006]
本発明の他の目的は、人体、特に胸壁に挿入しやすいポート装置を提供することにある。 Another object of the present invention is to provide an insert easily port device body, particularly the chest wall.
【0007】 [0007]
本発明のその他の目的は、高い安定性を有するポート装置を提供することにある。 Other objects of the present invention is to provide a port device with high stability.
【0008】 [0008]
本発明のその他の目的は、ポート装置から挿入することができ、冠動脈バイパス手術を心臓の当該部分に実施することができるように、拍動している心臓の一部を固定するように構成された心臓スタビライザを提供することにある。 Other objects of the present invention, can be inserted from the port device, coronary artery bypass surgery can be performed on the portion of the heart, it is configured to secure a portion of a beating heart It is to provide a heart stabilizer was.
【0009】 [0009]
本発明のさらに他の目的は、ポート装置の外側にある近位のハンドルを介して操作可能な心臓スタビライザを提供することにある。 Still another object of the present invention is to provide a steerable cardiac stabilizer via the proximal handle on the outside of the port device.
【0010】 [0010]
本発明のさらに他の目的は、手順を実施する器具の先端の望ましくない運動を最小限にする器具固定システムを提供することにある。 Still another object of the present invention is to provide an instrument fixation system to minimize unwanted movement of the tip of the instrument to perform the procedure.
【0011】 [0011]
本発明のさらに他の目的は、ポート装置に結合できる器具固定システムを提供することにある。 Still another object of the present invention is to provide a device fixing system which can be coupled to the port device.
【0012】 [0012]
本発明のさらに他の目的は、互いに結合して動作して、拍動している心臓上におけるポートオフポンプ冠動脈バイパス手術を容易にする構成要素のシステムを提供することにある。 Still another object of the present invention is to provide a system of components that facilitate coupling to operate, beating to that port off pump coronary artery bypass surgery on the heart to each other.
【0013】 [0013]
本発明のその他の目的は、拍動している心臓上においてポートオフポンプ冠動脈バイパス手術を実施する方法を提供することにある。 Other objects of the present invention is to provide a method of performing port-off pump coronary artery bypass surgery on a beating heart.
【0014】 [0014]
以下で詳細に説明するこれらの目的に鑑み、ポートオフポンプ拍動心臓冠動脈バイパス手術を実施するためのシステムが提供される。 In view of these purposes to be described in detail below, the system for implementing the port off pump beating heart coronary artery bypass surgery is provided. このシステムは、3つの主なサブシステム、すなわちポート装置と、心臓スタビライザと、器具スタビライザとを含む。 The system includes three major subsystems, namely the port device, and heart stabilizer, and a fixture stabilizer.
【0015】 [0015]
ポート装置は、患者の肋骨の間に挿入することができ、手順に必要な各々の器具、たとえば光学部品、把持器、持針器、吸引管/注入管、スタビライザの進入路として機能する。 Port device can be inserted between the patient's ribs, each of the instruments required for the procedure, for example, optical components, graspers, needle holders, suction tube / injection tube, serves as access road of the stabilizer. 現時点で好ましい実施形態によると、ポート装置は管状のポート本体を備え、このポート本体は、その長さに沿った複数の周方向溝と、ポート本体の周囲に設けられ且つポート本体の溝内に係合する爪車ばねを有するスリットボールと、スリットボールが内部に配置されるソケットを規定する基部とを有する。 According to a presently preferred embodiment, the port device includes a port body tubular, the port body comprises a plurality of circumferential grooves along its length, within a groove in and port body is provided around the port body It has a slit ball with a ratchet wheel spring that engages, and a base slit ball defines a socket disposed therein. この基部は、ボールを圧縮して、ソケット内の選択した配向位置にボールをロックし且つポート本体をボールに対して不動化する締付システムを含む。 The base compresses the ball, comprising a clamping system to immobilize the selected and port body to lock the ball in alignment position relative to the ball in the socket. ポート本体の遠位端部は、回転可能に遠位端部に取り付けられた一対のスイベルを含む。 The distal end of the port body comprises a pair of swivel attached to rotatable distal end. 取り外し可能な閉鎖具は、ポート本体内に延び、スイベルが閉鎖位置(スイベルがポート本体の軸線に略平行に向く位置)と、開放位置(スイベルがポート本体から外側に向き、横棒を形成する位置)との間で回転して再び戻るように操作され得る。 The removable closure extends into the port body, and swivel closed position (swivel substantially parallel to facing position to the axis of port body), an open position (swivel faces outwardly from the port body, to form a cross bar may be manipulated back again rotated between a position). ポート本体は、患者の胸壁にある一対の肋骨を通して挿入されるようにサイズが決められる。 Port body is determined in size so as to be inserted through a pair of ribs in the patient's chest wall.
【0016】 [0016]
他の実施形態では、管状本体の近位部分は、少なくとも一部が本体の外周部周囲に延びる複数のねじ溝と、心臓スタビライザ、器具スタビライザまたは別の装置をポートに解除可能に固定することを可能にする手段とを含む。 In other embodiments, the proximal portion of the tubular body, a plurality of screw grooves at least partially extending around the outer periphery of the body, the heart stabilizer, to releasably secure the instrument stabilizer or other device to the port and a means to allow. 管状本体のこの遠位部分は、スイベルが本体と略同じ方向に延びる第1の配向位置と、第1の配向位置に対してある角度、好ましくは略垂直である第2の配向位置との間で移動するように構成されたスイベルに結合される。 The distal portion of the tubular body between the first and orientation positions swivel extends substantially in the same direction as the main body, an angle to the first orientation position, and preferably substantially a second alignment position which is perpendicular in is coupled to the configured swivel as moving.
【0017】 [0017]
ポート装置の特定の実施形態によると、ワッシャは、スイベルと、本体の近位部分との間に配置され、ロックナットはねじ溝とねじ式に係合する。 According to a particular embodiment of a port device, washer, a swivel, is positioned between the proximal portion of the body, the lock nut engages the thread groove and threaded. 管状本体を患者の胸壁にある2つの肋骨間に挿入するとき、スイベルは第2の配向位置に開き、ワッシャは本体に沿って移動し、胸壁をスイベルとワッシャとの間に配置することができる。 When the tubular body is inserted between two ribs in the chest wall of the patient, swivels open the second alignment position, the washer can be moved along the body, placing the chest wall between the swivel and the washer . 次に、ロックナットを本体の周囲に締め付けて、ワッシャを胸壁に対してロックし、管状本体を胸壁内に安定的に取り付ける。 Then, by tightening the lock nut around the body, to lock the washer against the chest wall, stably mounting the tubular body into the chest wall.
【0018】 [0018]
ポート装置のその他の実施形態によると、ポート本体の長さに沿って移動可能なプラットフォームは、調節可能な脚部および足部を備える。 Other According to the embodiment, the movable platform along the length of the port body port device comprises an adjustable leg and foot. 脚部は、足部が胸壁に接触して、胸壁を足部とスイベルとの間に締め付けるように調節される。 Legs, foot contacts the chest wall, is adjusted to tighten the chest wall between the foot and the swivel. さらに、脚部は、本体を胸壁に対して所望の角度で配置するように調節できる。 Furthermore, the legs can be adjusted to place at a desired angle to the main body with respect to the chest wall. ポート装置のこれら実施形態の好ましい態様によると、プラットフォームはポート本体に対して爪車で駆動され、脚部はプラットフォームに対して爪車で駆動され、患者に対するポートの迅速な調節が可能である。 According to a preferred embodiment of these embodiments of the port device, the platform is driven by the ratchet wheel relative to the port body, the leg is driven by the ratchet wheel to the platform, it is possible to quickly adjust the port to the patient. さらに、好ましくは、これら脚部は、患者の身体上におけるポートの安定性を促進するために設けられる。 Furthermore, preferably, these legs are provided in order to promote stability of the ports on the patient's body.
【0019】 [0019]
数種類のポート実施形態の様々な態様によると、ポートは、ロックナットをワッシャまたは本体に沿ったプラットフォームに迅速にロックできるように構成されたねじシステムを備えることができ、1つまたは2つのスイベルおよび/またはボール管継手により、ポートが外科手術部位などの所望の場所に方向付けられるようにポートの角度方向を決めることができる。 According to various aspects of the several ports embodiments, the port may comprise a screw system configured to the lock nut can be quickly locked to the platform along the washer or body, one or two swivels and by / or ball fitting, port can determine the angular orientation of the port to be directed to a desired location, such as a surgical site. さらに、スイベルは、第1の配向位置から第2の配向位置に移動するようにばねで付勢されるか、または誘導針を設けて、スイベルを第1の配向位置と第2の配向位置との間で機械的に移動させることができる。 Further, the swivel may either be spring biased to move from a first orientation positioned in a second orientation position, or induce needle is provided, a first alignment position and a second alignment position swivel it can be moved mechanically between.
【0020】 [0020]
心臓スタビライザは、シャフトと、シャフトの遠位端部に結合される2つの接合されたアームとを備えることが好ましい。 Heart stabilizer preferably comprises a shaft, and two arms that are joined that are coupled to the distal end of the shaft. 各々のアームの端部には、心臓壁部の輪郭に対して傾斜し、心臓壁部に圧力を付与して、脚部間における心臓壁部の移動を効果的に排除するように構成された回転可能な足部が存在する。 At the end of each arm, inclined with respect to the contour of the heart wall, by applying pressure to the heart wall, which is configured to efficiently eliminate the movement of the heart wall between the legs rotatable foot there. スタビライザは、正確な吻合を実施することが可能な十分に大きい安定化領域を提供するように構成される。 Stabilizer is configured to provide a sufficiently large stable region that can perform accurate anastomosis. 本発明の好ましい態様によると、スタビライザは、組立式(折り畳み可能)であり、ポート装置を通して挿入して、ポート装置に対して長手方向にロックされるように特に構成される。 According to a preferred embodiment of the present invention, the stabilizer is a prefabricated (foldable), inserted through the port device, particularly adapted to be locked longitudinally relative to the port device. スタビライザは、ポートの外側に延びるスタビライザの近位部分を作用させることにより所望の構成になるように操作して、こうした位置にロックするように構成することも好ましい。 Stabilizer may operate to a desired configuration by applying a proximal portion of the stabilizer extending outwardly of the port, it is also preferably configured to lock to this position. さらに、スタビライザは、ポートから引き戻すときに、自動的に折り畳まれるように構成される。 Furthermore, the stabilizer, when pulled back from the port, configured to automatically folded.
【0021】 [0021]
心臓スタビライザの様々な実施形態によると、スタビライザの足部は、足部間における心臓壁部の不動化を促進するようにさらに構成される。 According to various embodiments of the heart stabilizer foot of the stabilizer is further configured to facilitate immobilization of the heart wall between the legs. 圧縮力のほかに、足部は、吸引、化学薬剤、電流または温度冷却を作用させ、心臓壁部の不動化を強化する。 In addition to compressive forces, foot, suction, chemical agents, by the action of current or temperature cooling, to enhance the immobilization of the heart wall.
【0022】 [0022]
本発明の他の態様によると、器具スタビライザは、器具先端に付勢力を付与することにより、器具スタビライザを通って延びる外科用器具の遠位端部における望ましくない運動を最小限にするように構成される。 According to another aspect of the present invention, the instrument stabilizer, by applying a biasing force to the instrument tip, configured to minimize undesirable motion at the distal end of the surgical instrument extending through instrument stabilizer It is. 器具スタビライザは、ポートに連結するか、またはより好ましくは縫合などにより患者に直接連結する。 Instrument stabilizer is connected to a port, or more preferably directly connected to the patient due to stitching. 現在好ましい実施形態によると、器具スタビライザは、器具が中を通って延びることが可能なカニューレ(管状部材)と、器具に密接に適合するように構成され、近位および遠位の安定化を提供する遠位接触要素、たとえばカニューレのOリングまたはテーパ付き直径を含むことが好ましい。 According to a presently preferred embodiment, the instrument stabilizer, provides that the cannulas extend through the middle instrument (tubular member) is configured to closely conform to the instrument, the proximal and distal stabilization the distal contact elements, for example, preferably includes an O-ring or tapered diameter of the cannula. 器具スタビライザは近位ハウジングも備え、このハウジングは、カニューレの軸線を横断する運動のために、管状部材に安定化力を付与する機構を備えることが好ましい。 Instrument stabilizer also includes proximal housing, the housing, for movement transverse to the axis of the cannula preferably includes a mechanism for applying a stabilizing force to the tubular member. この力を付与する機構は、たとえば弾性バンド、ばね、支柱などで良い。 Mechanisms for imparting this force, for example an elastic band, spring, good for such posts. 一実施形態では、安定化力は、ハウジング内の機械的機構ではなく、患者の組織により付与される。 In one embodiment, stable Karyoku is not a mechanical mechanism within the housing, is provided by the patient's tissue. 外科用器具がカニューレの中を通って延び且つ接触要素と接触するときに、カニューレの運動、ひいては外科用器具の運動は、カニューレに対する安定化力により減衰される。 When the surgical instrument is in contact with and contact elements extending through the cannula, the movement of the cannula, thus movement of the surgical instrument is attenuated by stabilizing force against the cannula. ハウジングは、たとえば負圧、縫合または接着剤により患者の身体に結合可能であることが好ましい。 Housing, for example, it is preferable negative pressure can be attached to the patient's body by sewing or adhesive. 現在好ましい実施形態によると、カニューレは、基部に対してある角度の配向位置でロックすることができる。 If the current according to a preferred embodiment, the cannula can be locked orientation position of an angle to the base. さらに、カニューレには、器具スタビライザが挿入される体腔の通気を要する外科手術処置に器具スタビライザを使用することを可能にする弁を任意に備える。 Further, the cannula, optionally provided with a valve that allows to use instrument stabilizer in surgical procedures requiring venting of the body cavity where the instrument stabilizer is inserted. その他の実施形態によると、カニューレは不要であり、固定力を医療器具に付与する機構を別の器具のシャフト、たとえば心臓スタビライザのシャフトに取り付けることができる。 According to other embodiments, the cannula is not necessary, the fixing force shaft another instrument mechanisms to be applied to the medical device may be attached for example on the shaft of the heart stabilizer.
【0023】 [0023]
スタビライザのスイベルは、器具スタビライザと共に使用して、器具スタビライザのカニューレを患者の身体に対する角度をもって方向付けることができる。 Swivel the stabilizer is used with the instrument stabilizer, a cannula instrument stabilizer can be directed at an angle to the body of the patient. スタビライザのスイベルは、互いに回転可能に結合された上側楔および下側楔を備える。 Swivel the stabilizer comprises an upper wedge and a lower wedge that is rotatably coupled to each other. 各楔は、カニューレが中を通って延びることができる開口部を備える。 Each wedge has an opening which can cannula extends through the middle. 楔の相対回転構成は、上側楔の開口部を下側楔および下側楔が着座する表面に対して方向付けるように機能する。 Relative rotation structure of the wedge, the opening of the upper wedge lower wedge and the lower wedge serves to direct to the surface to be seated.
【0024】 [0024]
上記の構成要素は共に、ポートオフポンプ拍動心臓冠動脈バイパス手術を実施するための外科用システムを規定する。 The above components are together define a surgical system for implementing the port off pump beating heart coronary artery bypass surgery. このシステムを使用する好ましい方法によると、ポート装置は、胸壁に固定して配置され、たとえば締め付けられ、心臓壁部上における手順の必要に応じて方向付けられる。 According to a preferred method of using the system, the port device is arranged fixedly in the chest wall, for example clamped, oriented as necessary steps on the heart wall. 心臓スタビライザはポートに結合されて、所定のバイパス場所を囲む心臓壁部に圧縮力を付与し、その場所を実質的に不動化するように作用する。 Heart stabilizer is coupled to the port, to impart a compressive force on the heart wall surrounding a predetermined bypass location, it acts to substantially immobilize the location. 器具スタビライザは、胸腔内の穿刺孔から挿入され、スタビライザのカニューレの遠位先端を手術部位に隣接して配置する。 Instrument stabilizer is inserted from the puncture hole in the chest cavity is disposed adjacent the distal tip of the stabilizer of the cannula to the surgical site. 第1の外科用器具、たとえば外科用メスホルダまたは持針器は、カニューレを貫通して、処置の少なくとも一部を実施するように作用する。 The first surgical instrument, e.g., a surgical knife holder or needle holder extends through a cannula, it acts to perform at least part of a treatment. その他の外科用器具が必要な場合、第1の器具を取り外して、カニューレの中にその他の器具を通させることができる。 If other surgical instrument is required, remove the first instrument can be passed through the other instrument in the cannula. あるいは、器具スタビライザは、各々の器具に対して設けることができる。 Alternatively, the instrument stabilizer can be provided for each instrument. バイパス手順が完了したら、器具および器具スタビライザを手術位置から取り外し、心臓スタビライザも当該ポートから取り外す。 When the bypass procedure is completed, remove the instrument and instrument stabilizer from the surgical site, the heart stabilizer also removed from the port. 次に、ポートに対する締付力を緩めて、ポートを胸壁から引き抜く。 Next, loosen the clamping force for the port, pulled out of the port from the chest wall. 最後に、ポートおよび器具スタビライザを配置した切開孔および穿刺孔を閉鎖する。 Finally, to close the incision and puncture were arranged ports and instrument stabilizer. この方法は、多くの直視下心手術の必要性、および心停止の必要性をなくす。 This method needs a lot of direct motive surgery, and eliminates the need for cardiac arrest.
【0025】 [0025]
本発明のその他の目的および利点は、当業者にとって、添付の図面に関連して詳細な説明を参照すると明白になるであろう。 Other objects and advantages of the present invention, those skilled in the art, will be evident upon reference to the detailed in conjunction with the accompanying drawings described below.
【0026】 [0026]
好適な実施形態の詳細な説明本発明により、ポートオフポンプ拍動心臓冠動脈バイパス手術を実施するためのシステムを提供する。 Detailed Description of the Invention The preferred embodiment provides a system for implementing the port off pump beating heart coronary artery bypass surgery. このシステムは、ポート装置と、心臓スタビライザとを備える。 This system comprises a port device, and a heart stabilizer.
【0027】 [0027]
ここで、図1を参照すると、ポート装置10の第1の実施形態は、管状本体12と、管状本体上に摺動可能に取り付けられたワッシャ(座金)14と、ワッシャ14の近位側で本体12にねじで結合されるロックナット16とを備える。 Referring now to FIG. 1, a first embodiment of the port device 10 includes a tubular body 12, a washer (washer) 14 slidably mounted on the tubular body, at the proximal side of the washer 14 and a lock nut 16 which is coupled by screws to the body 12. 管状本体12は、近位部分20および遠位部分22を備える。 The tubular body 12 includes a proximal portion 20 and distal portion 22. 遠位部分22は、2つの同軸枢動孔26、28を規定するUリンク24を備え、一対の締付スイベル30、32が枢動孔26、28においてUリンク24に回転可能に結合されている。 The distal portion 22 includes a U link 24 that defines two coaxial Kururudoana 26, 28 with a pair of fastening the swivel 30, 32 is rotatably coupled to the U link 24 in Kururudoana 26 there.
【0028】 [0028]
スイベル32に関して図1および図2を参照すると、各々のスイベルは、好ましくは曲線状の外側表面42および好ましくは略平坦な接触表面44を有するウィング部分40と、各々が軸孔50、52を含む2つのアーム部46、48とを備える。 Referring to FIGS. 1 and 2 with respect to the swivel 32, each swivel preferably includes a wing portion 40 having a curved outer surface 42 and contact surface 44 substantially flat Preferably, each shaft hole 50, 52 and two arms 46, 48. 各々のスイベルの一方のアーム部46には、スイベルをU字リンク24の周囲に交互配置することができるように構成された凹部54が設けられている。 The one arm portion 46 of each swivel, the recess 54 that is configured to be able to alternately disposed around the U-shaped link 24 swivels are provided. スイベルの各々のアーム部46、48は、軸部材56、58により管状本体12に結合され、軸部材56、58は、個々の軸孔50、52および枢動孔26、28を貫通して延び、枢動軸線A Pを規定する。 Arms 46, 48 of each swivel is coupled to the tubular body 12 by a shaft member 56, the shaft member 56, 58 extend through the respective shaft holes 50, 52 and Kururudoana 26 defines a pivot axis a P. 軸部材56を参照すると、各々の軸部材は、比較的円筒状の第1の部分60と、細長い台形状レバー62と、第1の部分とレバー部分との間の干渉部分64とを備えている。 Referring to the shaft member 56, each of the shaft member, includes a first portion 60 relatively cylindrical, elongated trapezoidal lever 62, and the interference portion 64 between the first portion and the lever portion there. 干渉部分64は、第1の部分62よりも直径がわずかに大きく、ローレット66またはその他の把持構造を備えている。 Interference portion 64 is slightly larger in diameter than the first section 62, a knurling 66 or other gripping structures. 軸部材56の干渉部分64は、個々の軸孔の周囲でアーム部46に係合し、第1の部分60はU字リンクの孔26内に延びて、孔26内で自由に回転可能であり、軸部材58の干渉部分64は、個々の軸孔の周囲でアーム部48に係合する。 Interference portion 64 of the shaft member 56 is engaged with the arm portion 46 about the respective axle aperture, the first portion 60 extends into the bore 26 of the U-shaped link, freely rotatable within the bore 26 There, the interference portion 64 of the shaft member 58 is engaged with the arm portion 48 about the respective axle aperture. したがって、各々の軸部材56、58は一方のスイベルにのみ固定して取り付けられ、スイベルは軸部材の周囲で枢動する。 Thus, each of the shaft members 56 and 58 fixedly attached to only one of the swivel, the swivel is pivoted around the shaft member. 次に、各々のスイベルがU字リンク周りで回転すると、個々のレバーも回転し、同様に個々のレバーの回転により、スイベルが個々に回転する。 Next, when each of the swivel rotates about U-shaped link, also rotates individual levers, by the rotation of each lever Similarly, swivel rotates individually. スイベル30、32は、スイベルが本体12に略平行に延びる閉鎖配位(図1)から、中間配位(たとえば、図3)を経て、スイベル30、32が第1の方位に対して好ましくは垂直に延びる開放配位(図4)まで回転可能である。 Swivel 30 and 32, swivel closure coordination extending substantially parallel to the body 12 (FIG. 1), the intermediate coordinate (e.g., FIG. 3) through the swivel 30 and 32 preferably with respect to the first orientation it is rotatable until vertically extending open coordination (Fig. 4). スイベル30、32は、第1の方位にあるときに、U字リンク24により規定される開口部72、74(図4)を好ましくは完成し、スイベルの外側表面42の湾曲部は、略滑らかな表面を有する遠位部分22の外側表面を形成する。 Swivel 30 and 32, when in a first orientation, preferably to complete the opening 72, 74 (FIG. 4) defined by the U-shaped link 24, the curved portion of the outer surface 42 of the swivel is substantially smooth form the outer surface of the distal portion 22 having a surface. さらに、第1の配位では、レバー62は、本体12の長手方向軸線A Lを横断する向きに配位されることが好ましい。 Furthermore, in the first coordination, the lever 62 is preferably coordinated in a direction transverse to the longitudinal axis A L of the body 12.
【0029】 [0029]
図5を参照すると、管状本体12の近位部分20は、本体の正反対の側に沿って延びる第1および第2の組の螺旋状の間抜きねじ部(溝)72、74を備えている。 Referring to FIG. 5, the proximal portion of the tubular body 12 20 is provided with a first and second set of spiral between vent screw portion (groove) 72 extending along the opposite side of the body . ねじの中絶部分76は、概略180°回転した後の止め部78を形成する。 Abortion portion 76 of the screw, forms a stop portion 78 after the rotation schematic 180 °. 長手方向の溝80は、各組のねじ部72、74を互いに接続している。 Longitudinal groove 80 connects each pair of screws 72 and 74 to each other. ロックナット16は、以下に説明するように、長手方向の溝80およびねじ部72、74内を移動する。 Lock nut 16, as described below, to move in the longitudinal direction of the grooves 80 and the threaded portion 72, 74.
【0030】 [0030]
次に、図1、図4および図5を参照すると、本体12の近位端20は、結合構造、たとえばボールラッチの孔82を備え、以下に詳細に説明するように、心臓スタビライザ、以下に説明するポート誘導針、またはその他の装置を取外し可能に孔82に結合する。 Next, referring to FIGS. 1, 4 and 5, the proximal end 20 of the body 12, the coupling structure, for example, includes a hole 82 of the ball latches, as described in detail below, the heart stabilizer, below description port guide needle, or other device removably coupled to the hole 82.
【0031】 [0031]
ワッシャ14は、好ましくは円板状であり、ワッシャが管状本体12の周囲に嵌合することを可能にする中央開口部84を有し、以下に詳細に説明するように、スイベル30、32と共同して動作して人体組織をスイベル30、32の間に締め付ける外側クランプ構造を形成する。 Washer 14 is preferably disc-shaped, having a central opening 84 that allows the washer is fitted around the tubular body 12, as described in detail below, the swivel 30 and 32 forming the outer clamp structure is tightened between the swivel 30 and 32 of the body tissue and operate jointly.
【0032】 [0032]
図1および図6を参照すると、ロックナット16は、中央開口部86と、ハンドル部分88と、ボール部分90とを備えている。 Referring to FIGS. 1 and 6, lock nut 16 includes a central opening 86, a handle portion 88, and a ball portion 90. 中央開口部内には、2つの瘤部91、92が半径方向に延びており、管状本体12の近位部分上にあるねじ部72、74および長手方向溝80(図5)内に乗るサイズにできる。 In the central opening, two nubs 91 and 92 extend radially, threaded portion 72, 74 and longitudinal grooves 80 located on the proximal portion of the tubular body 12 to a size that ride (Fig. 5) it can. したがって、各々の瘤部91、92が個々の長手方向溝80内に配置されると、ロックナット16はポート本体12上で急速に移動し、次に回転して瘤部91、92をねじ部72、74内に挿通させて、ロックナット16を本体12上の所望の位置に固定させる。 Therefore, when each of the nubs 91 and 92 are disposed in respective longitudinal grooves 80, locking nut 16 is moving rapidly on port body 12, then rotating the screw portion of the nubs 91 and 92 It is passed through in 72 and 74, thereby fixing the lock nut 16 in the desired position on the body 12. 瘤部91、92を形成する1つの好ましい方法は、正反対の2つの半径方向孔94をハンドル部分86に形成し、ペグ98が中央開口部86内に延びて瘤部を形成するように、ペグ98を各々の半径方向孔内に挿入することを含む。 One preferred method of forming the nubs 91 and 92 forms the opposite two radial bores 94 in the handle portion 86, as peg 98 forms a nubs extends into the central opening 86, the peg comprising inserting a 98 into the respective radial holes. ボール部分90は、切頭球状であり、ワッシャ14の中央開口部84の直径よりもわずかに大きい直径を規定する。 Ball portion 90 is a truncated sphere, defining a slightly larger diameter than the diameter of the central opening 84 of the washer 14. 図1および図5を参照すると、その結果、ワッシャ14は、ロックナット16のボール部分90上に関節接合するのに適したものとなる。 Referring to FIGS. 1 and 5, as a result, the washer 14 is suited for articulation on the ball portion 90 of the lock nut 16.
【0033】 [0033]
次に図7および図8を参照すると、ポート装置を胸壁内の切開部に導入し、スイベルを閉鎖構成と開放構成との間で移動させるように構成された誘導針100が示されている。 Referring now to FIGS. 7 and 8, the port device is introduced into the incision in the chest wall, the introducer 100 that is configured to move between a closed configuration and an open configuration of the swivel is shown. 誘導針100は、中央管状ハンドル102と、近位キャップ104と、ハンドル102を貫通して延び、キャップ104に結合するマンドレル106とを備える。 Introducer 100 includes a central tubular handle 102, the proximal cap 104, extends through the handle 102, and a mandrel 106 which binds to the cap 104. ハンドル102は、近位止めノッチ107と、ポート本体12の孔82内に係合するために正反対側に対向して配置された2つの半球状ラッチ要素110を含む遠位小径部分108とを備え、半球状ラッチ要素110は共にボールラッチを形成している。 The handle 102 is provided with a proximal stop notch 107, and a distal reduced diameter portion 108 comprising two hemispherical latching element 110 which is arranged to face the opposite side to engage in the hole 82 of the port body 12 , hemispherical latching element 110 together form a ball latch. ラッチ要素110は、ハンドル102の指状部112上に設けられており、半径方向の力が加わると半径方向内側に移動する。 Latching element 110 is provided on the fingers 112 of the handle 102, to move radially inward when a radial force is applied. キャップ104は、半径方向孔116を有する管状部分114と、この管状部分より直径が相対的に大きいノブ118とを備える。 Cap 104 includes a tubular portion 114 having a radial bore 116, the diameter than the tubular portion and a relatively large knob 118. キャップ104の管状部分114はハンドル内に延び、ノブ118はハンドルの近位端119に着座する。 Tubular portion 114 of the cap 104 extends into the handle, the knob 118 is seated in the proximal end 119 of the handle. マンドレル106は、半径方向孔122および正反対側に位置する2つの遠位平坦部分124を有する円筒状シャフト120と、遠位作動部126とを備える。 The mandrel 106 includes a cylindrical shaft 120 having two distal flat portion 124 located in the radial bore 122 and the opposite side, a distal actuating portion 126. シャフト120は、ハンドル102を貫通してキャップ104内に延びる。 Shaft 120 extends into the cap 104 through the handle 102. 横断ピン128は、半径方向孔116を貫通して半径方向孔122内に配置され、マンドレル106のシャフト120とキャップ104とを一緒に固定する。 Transverse pin 128 is disposed in the radial bore 122 through the radial bore 116, to fix the shaft 120 and the cap 104 of the mandrel 106 together. さらに、横断ピン128は、止めノッチ107内に延びて、ハンドル102に対するノブ(およびマンドレル)の回転を制限する。 Further, the transverse pin 128 extends into the locking notch 107 to limit the rotation of the knob (and the mandrel) relative to the handle 102. 平坦部分124は、ハンドル102の指状部112が圧縮されるときに、ラッチ要素110が半径方向に移動できる空間を提供する。 Flat portion 124, when the fingers 112 of the handle 102 is compressed, the latch element 110 provides a space that can move in the radial direction. 図7〜図9を参照すると、マンドレル106の作動部126は、好ましくは先の丸い端部130と、端部130の周囲で反対方向に対向する一対の略平坦な側部132とを備える。 Referring to FIGS, actuation portion 126 of the mandrel 106 is preferably provided with a rounded end 130 ahead of, and a pair of substantially flat sides 132 facing in opposite directions around the end 130. 平坦な側部132の間には、反対方向に対向する一対の作動溝134が設けられている。 Between the flat side 132, a pair of actuation grooves 134 facing in the opposite direction. 作動溝134は、ほぼL字形状であり、先の丸い端部130で終端する長手方向部分136と、横断部分138とを備えている。 Operating groove 134 is substantially L-shaped, and a longitudinal portion 136 which terminates in a blunt end 130, and a transverse portion 138. 横断部分138は、ノッチ140を備えている。 Transverse portion 138 includes a notch 140.
【0034】 [0034]
次に、図10を参照すると、ポート装置のスイベル30、32を開放して、誘導針の作動部126を挿入し、ボールラッチに係合する、すなわちポート装置の近位端がラッチ要素110に乗り上げて、ラッチ要素をポート本体12の孔82内に入れることにより、誘導針100がポート装置10に結合されている。 Referring now to FIG. 10, by opening the swivel 30, 32 of the port device, and insert the operating portion 126 of the introducer needle, engages the ball latch, i.e. the proximal end of the port device to the latch element 110 ride, by placing the latching element into the bore 82 of the port body 12, the introducer needle 100 is coupled to port 10. スイベル30、32が開放構成になっている状態では、レバー62(図2)も作動溝134の個々の長手方向部分136内に整列配置され、この長手方向部分136内に位置する。 In a state where the swivel 30, 32 is in the open configuration, the lever 62 (FIG. 2) are also aligned in respective longitudinal portion 136 of the actuation groove 134, located in this longitudinal portion 136. さらに詳細には、レバー62の枢動軸線A Pは、溝(図2および図9)の内側角部142のすぐ近位側に位置する。 More specifically, pivot axis A P of the lever 62 is located just proximal of the inner corner portion 142 of the groove (Figs. 2 and 9). 図2、図9、図11および図12を参照すると、ハンドル102を固定した状態に維持しながら、ノブ118が時計周り方向に回転させられる(溝134がレバー62に対して移動する)。 2, 9 and 11 and 12, while maintaining the fixed state of the handle 102, the knob 118 is rotated in the clockwise direction (the groove 134 is moved relative to the lever 62). 角部142はレバー62に接触し、レバーを各々の溝の横断部分内に回転させ、それによりポート本体12周りにスイベルを閉鎖させる。 Corner 142 contacts the lever 62 is rotated in the transverse portion of the groove of each of the lever, thereby closing the swivel around the port body 12. 各々のレバーの一方の端部は、個々の溝134内のノッチ140に係合し、ノブが反対方向に回転させられるまで、レバー(およびスイベル)を閉鎖位置に「ロック」する。 One end of each lever engages a notch 140 in each groove 134, until knob is rotated in the opposite direction, to "lock" in the closed position the lever (and swivel). 閉鎖を完了するために必要なハンドル102に対するノブ118の回転量は、たとえば溝134に対して約24°など、比較的制限されており、上部ノッチ107に対する横断ピン128の接触がその移動を制限している。 Rotation of the knob 118 relative to the handle 102 required to complete the closure, for example, approximately 24 ° to the grooves 134 are relatively limited, limiting the contact movement thereof transverse pin 128 for the upper notches 107 are doing.
【0035】 [0035]
誘導針にその他の形状の溝を設け、溝の回転によりレバーおよびスイベルを移動させることができる。 Grooves other shapes provided in the introducer needle, it is possible to move the lever and swivel by rotation of the groove. たとえば、図16を参照すると、誘導針100a上のJ字溝134aは、時計周り方向に約45°回転して、スイベルを閉鎖(または開放)する機能を果たす。 For example, referring to FIG. 16, J-shaped groove 134a on the guide needle 100a is approximately 45 ° rotated in the clockwise direction, functions to close the swivel (or open).
【0036】 [0036]
作動部126の平坦な側部132は、スイベルが閉鎖構成にあるときに(図12)スイベル30、32が側部132に当たり、その結果、スイベルの外面がポート装置の管状本体の外周部を事実上完成するように賦形される。 Flat sides 132 of the operating section 126, (FIG. 12) when the swivel is in the closed configuration per the swivel 30 and 32 sides 132, as a result, swivel the outer surface facts an outer peripheral portion of the tubular body of the port device It is shaped to above completed.
【0037】 [0037]
スイベルが誘導針100の周囲に閉鎖構成でロックされると、誘導針は、ポート装置10を胸壁の切開部内、好ましくは2本の肋骨間、または体組織の別の領域における切開部内に導入するように操作され得る。 When the swivel is locked in the closed configuration around the introducer 100, the introducer needle is to introduce a port device 10 incision of the chest wall, preferably within an incision in the different area between two ribs or body tissue, It can be engineered to. ポートを切開部内に固定するには、ノブ118を反時計周り方向に回転させて、レバーの両端をノッチ140から解放し、レバーを長手方向部分136の個々の壁部に乗せて、枢動軸線A P周りに回転させる。 To secure the port in the incision, the knob 118 is rotated in the counterclockwise direction to release the ends of the lever from the notch 140, put the lever into individual wall portions of the longitudinal portion 136, the pivot axis rotate around a P. その結果、レバー62は、溝134の長手方向部分136内に整列配置され、スイベルを開放構成に移動させる(図10)。 As a result, the lever 62 is aligned in the longitudinal portion 136 of the groove 134 to move the swivel to the open configuration (FIG. 10). 開放構成では、各々のスイベルは個々の肋骨の下に位置することが好ましい。 In the open configuration, each of the swivel is preferably located below the individual ribs. ポート本体12を引き戻して肋骨に接触させ、次に、切開部を囲む組織の外側表面に当たるようにワッシャ14を移動させる。 Pull back the port body 12 is brought into contact with the ribs, then moves the washer 14 to impinge on the outer surface of the tissue surrounding the incision. ナット16は、長手方向の溝80を通って前進し、ワッシャに接触して圧迫し、次にねじ部72、74内でねじ式に回転してワッシャにロックされる。 Nut 16 is advanced through the longitudinal groove 80, and pressing in contact with the washer is locked to the washer and then rotated to screw in the threaded portion 72. その結果、スイベルおよびワッシャは、肋骨および組織の周囲でクランプ作用(締め付け作用)を提供し、ポート装置の管状本体12を胸壁内に安定して固定する。 As a result, swivel and washer provide clamping action around the ribs and tissues (clamping action), the tubular body 12 of the port device stably fixed in the chest wall.
【0038】 [0038]
次に、ハンドル102の指状部112を押し下げて、誘導針100をポート本体12から解放する。 Next, press down on the fingers 112 of the handle 102, it releases the introducer needle 100 from the port body 12. 最後に、誘導針を引抜き、開いた状態のポートを残す。 Finally, pull the introducer needle, leaving the open state port. このポートに外科用器具や他の装置を導入して、しっかりと連結することができる。 Introducing a surgical instrument or other device to this port can be coupled firmly. ロックナット16のボール部分とワッシャ14とが関節接合関係になっているため、管状ポート12をワッシャおよび胸壁部に対して関節動作させることができることを理解されたい。 Since the ball portion and the washer 14 of the lock nut 16 is in articulating relationship, it is to be understood that it is possible to articulate the tubular port 12 relative to the washer and thoracic wall.
【0039】 [0039]
レバーを長手方向溝に位置合わせして、これに入れるように誘導針をポート装置内に再挿入することにより、このポート装置を身体から取り出すことができる。 Align the lever in the longitudinal groove, by re-inserting the guide needle to take into this into port device, it is possible to retrieve this port device from the body. 誘導針はこの管状本体に連結されることが好ましい。 Introducer needle are preferably connected to the tubular body. ロックナットを解放し、ポート装置を胸腔内に少し移動して、スイベルを折り畳む空間を作り出す。 To release the lock nut, the port device and a little movement in the thoracic cavity, creating a space to fold the swivel. 次に、誘導針のノブをハンドルに対して回転させて、作動部をスイベルに対して回転させると、スイベルが折り畳まれて管状本体に対向した閉鎖構成となる。 Then, by rotating the knob of the introducer needle with respect to the handle, rotating the operating portion against the swivel, and closed configuration in which the swivel is opposed to the folded and the tubular body. 次に、誘導針およびポート装置を一緒に患者の胸壁部から引き抜く。 Then, it pulled out from the chest wall of the patient introducer needle and port device together.
【0040】 [0040]
誘導針は、互いに別々に使用できる別個の管状ハンドルおよびマンドレル構成要素として構成してもよい。 Introducer may be configured as a separate tubular handle and mandrel components that can be used separately from one another. このような実施形態の誘導針では、ハンドルをポート本体に連結し、これを操縦してポート本体を肋内の穴に導入することができる。 The introducer needle such embodiments, connecting the handle to the port body, the port body and maneuver it can be introduced into holes in the ribs. そのハンドル内にマンドレルを挿入し、これを操作してスイベルを開くことができる。 Insert the mandrel into the handle, it is possible to open the swivel by operating this. スイベルを開いたら、マンドレルを取り出し、ハンドルをポート本体から外す。 After you open the swivel, remove the mandrel, remove the handle from the port body. この実施形態の誘導針を、以下に図59および図60の誘導針2000として示す。 The introducer of this embodiment, shown as a guide needle 2000 in FIG. 59 and FIG. 60 below.
【0041】 [0041]
ここで図13および図14を見ると、第1の実施形態に類似した本発明による第2の実施形態であるポート装置210(類似部品には200を加えた参照番号が付与されている)が図示されている。 Turning now to FIGS. 13 and 14, the first embodiment similar port apparatus according to a second embodiment of the present invention 210 (see numbers are given plus 200 similar parts) is It is shown. ポート装置210の管状本体212は、中抜き部がない二重螺旋ねじ部273を含む。 The tubular body 212 of the port device 210 includes no hollowed portion duplex threaded portion 273. ポート装置の近位端は、雌型バヨネット継手283を含む。 The proximal end of port device includes a female bayonet fitting 283. 管状本体の遠位端は単一スイベル231を含み、このスイベル231は、2つのアーム230、232を含み、中央部分233にて本体の遠位端に形成されたU字リンク224に回動自在に連結されている。 The distal end of the tubular body includes a single swivel 231, the swivel 231 includes two arms 230, 232, rotatably U-shaped link 224 formed at the distal end of the body at the center portion 233 It is connected to. スイベルの内側接触表面244を好ましくは凸形にして、管状本体をさまざまな角度でワッシャに対して関節動作させる場合にも、スイベルを肋骨に対向して配置させやくする。 The swivel inner contact surface 244 preferably in the convex, even when articulating against the washer to the tubular body at various angles, promises is arranged to face the swivel to the ribs. スイベル231は、バネ235で付勢され、管状本体に略垂直となる開放構成まで移動させられることが好ましい。 Swivel 231 is biased by the spring 235, it is preferable to be moved to the open configuration to be substantially perpendicular to the tubular body. したがって、挿入時には、マンドレル(図示せず)を管状本体内に位置付けて、スイベルを管状本体に略平行となる閉鎖構成に維持することが好ましい。 Therefore, when inserting, by positioning the mandrel (not shown) within the tubular body, it is preferred to maintain the closed configuration substantially parallel to swivel the tubular body. このとき、マンドレルを雌型バヨネット継手に連結してもよい。 At this time, it may be connected to the mandrel to female bayonet fitting. スイベル231の近位端が肋骨を通過した後(図15参照)、マンドレルを管状本体から抜き出すと、バネ235が、開放構成まで自動的にスイベル231を回動させるため、スイベルは肋骨350に捕捉された状態となる。 After the proximal end of the swivel 231 has passed the ribs (see FIG. 15), when extracting the mandrel from the tubular body, the spring 235, thereby automatically rotating the swivel 231 to the open configuration, swivel trapped ribs 350 the state. 好ましくは第1の実施形態で説明したものと同じであるワッシャ214およびロックナット216が、組織352に密着して(図15に図示するように)、肋骨350および組織352をワッシャとスイベルとの間に締め付ける。 Preferably the washer 214 and lock nut 216 are the same as those described in the first embodiment, in close contact with the tissue 352 (as shown in FIG. 15), the ribs 350 and tissue 352 between the washer and the swivel tighten in between.
【0042】 [0042]
ロックナットおよびワッシャを弛めた後、スイベルを胸腔内に遠位方向に押し込み、マンドレルを管状本体内に再度挿入してスイベルのアームに接触させ、圧力を加えることで、スイベルを閉鎖構成まで回動させることにより、スイベル231を、患者身体から取り出すために、閉鎖構成に戻すことができる。 After loosening the lock nut and washer, a swivel pushing distally into the thoracic cavity, and reinsert the mandrel into the tubular body into contact with the swivel arm, by applying pressure, turn the swivel to a closed configuration by moving, the swivel 231, for removal from the patient's body, can be returned to the closed configuration.
【0043】 [0043]
ここで図17を参照すると、本発明による第3の実施形態であるポート装置600が図示されている。 Referring now to FIG. 17, the port device 600 is shown according to a third embodiment according to the present invention. ポート装置は、管状本体602と、調節可能なプラットフォーム604とを含む。 Port device includes a tubular body 602, and an adjustable platform 604. 管状本体602は、その遠位端に位置するスイベル630、632と、ねじ部672、674と、本体に沿った長手方向溝680とを含み、これらは好ましくは第1の実施形態で説明したものと同じである。 Those tubular body 602 includes a swivel 630, 632 located at its distal end, a threaded portion 672, 674, and a longitudinal groove 680 along the body, these are preferably described in the first embodiment is the same as that. プラットフォーム604は、中央開口部606と、その開口部内に延びている瘤部(図示していないが、実質的に、第1の実施形態における瘤部91、92と同じである)とを含む。 Platform 604 includes a central opening 606, (not shown, substantially same as is the nubs 91 and 92 in the first embodiment) that nubs extending into the opening and a. この瘤部を設けたことにより、プラットフォームを長手方向溝680およびねじ部672、674に沿って移動させて、プラットフォームを本体602に対して運動させ、ねじ式にロックさせることができる。 By providing this nubs, platform is moved along the longitudinal grooves 680 and the threaded portion 672, 674, platform exercised with respect to the body 602 can be locked to the threaded. プラットフォーム604は、さらに、好ましくは中央開口部606周りに等間隔で、4つなど複数のねじ穴700a〜dを含んでいる。 Platform 604 further preferably equidistantly around the central opening 606, includes a plurality of screw holes 700a~d like four. ボルト702a〜dが穴700a〜d内に部分的に螺入され、それぞれのボルトが、ボルトを手動で回転させるための近位ハンドル704a〜dと、ボルトの遠位端部周りに枢動可能な遠位足部706a〜dとを備えている。 Bolt 702a~d is partially threaded into bore 700A~d, each bolt, a proximal handle 704a~d for rotating the bolt manually pivotable about the distal end of the bolt and a a distal foot 706a~d.
【0044】 [0044]
ポート装置600に連結した状態で図示している誘導針100を好ましくは用いて、ポート装置600のスイベル630、632を胸壁部内に挿入および配置した後、誘導針100をポートから外して取り出す。 The introducer 100 is illustrated in a state of being connected to a port device 600 preferably with the swivel 630, 632 of the port device 600 after insertion and placement in the chest wall, takes out and remove the introducer needle 100 from the port. 取り出した後、ボルトを回転させることによって胸壁部に対するプラットフォーム604の角度を調節する。 After removal, adjusting the angle of the platform 604 relative to the chest wall portion by rotating the bolt. すなわち、プラットフォーム604を胸壁部と略同一平面上に配向させることが所望される場合、各ハンドル704a〜dを回転することによって、各ボルト702a〜dを略同じ長さ量だけ締め、胸壁部をスイベル630、632と足部706a〜dとの間に均一に締め付ける。 That is, when the orienting platform 604 on the chest wall portion substantially flush is desired, by rotating the handle 704A~d, tightening the bolts 702a~d by substantially the same length amount, the thoracic wall uniformly tightened between the swivel 630, 632 and the foot 706A~d. しかし、プラットフォームおよびその内側にあるポート本体602と胸壁部との間に角度を設けることが所望される場合(手術部位に到達しやすいように)、ボルト706a〜dをそれぞれ異なる長さ量だけ穴700a〜d内にねじ込んで、プラットフォーム604に胸壁部と所望の角度をとらせる。 However, the platform and the hole only when it is desired to provide an angle (for easy reach the surgical site), different bolt 706a~d each length amounts to between the port body 602 and a chest wall in its interior screwed into 700A~d, assume a desired angle and thoracic wall to the platform 604.
【0045】 [0045]
ここで図18および図19を参照すると、第3の実施形態600と略類似である本発明による第4の実施形態であるポート装置800が図示されている。 Referring now to FIGS. 18 and 19, the port device 800 is shown as a fourth embodiment according to the present invention which is a substantially similar to the third embodiment 600 of the. このポート装置の管状本体802には、本体602に対するねじ部672、674(図17)の代わりに、4組の溝672a、672b(672cおよび672dは、図示していないが、それぞれ672aおよび672bの直径方向反対側に位置している)が形成されている。 The tubular body 802 of the port device, instead of the threaded portion 672, 674 (FIG. 17) relative to the main body 602, four sets of grooves 672a, 672b (672c and 672d, not shown, of 672a and 672b, respectively are located diametrically opposite) are formed. 溝672a〜dの各組は、本体表面上の各接線に平行に延び、本体周りに90度ずつオフセットされて配置されている。 Each set of grooves 672a~d extend parallel to each tangent on the body surface, are arranged offset by 90 degrees around the body. プラットフォーム804は、90度離間されて配置された4つの半径方向チャネル810a、810b(810cおよび810dは図示せず)を含んでいる。 Platform 804 includes four radial channels 810a disposed spaced 90 degrees, 810b and (810c and 810d not shown). 各チャネル810a〜d内には、爪車ピン812が設けられている。 Within each channel 810A~d, ratchet pin 812 is provided. 各爪車ピン812を溝672a〜dの各組に向けて付勢するために、各チャネル810a〜d内にバネ814が配置されており、そのバネは、ロックカラー816によりチャネル内に支持されている。 Each ratchet wheel pin 812 to urge the respective sets of grooves 672A~d, is disposed a spring 814 in each channel 810A~d, the spring is supported within the channel by a lock collar 816 ing. 爪車ピン812は、プラットフォームを管状本体の溝より遠位側に移動させるときに、バネの付勢に抗して爪車ピンを半径方向外向きに移動できるように、傾斜縁部818を含む形状となっている。 Ratchet pin 812 is operated to move the platform to a distal side of the groove in the tubular body, so that it can move the pawl wheel pin radially outward against the bias of the spring, including the inclined edges 818 and it has a shape. さらに、爪車ピンは、半径方向内向きの移動を制限するための止め部820を含んでいる。 Further, the ratchet pin includes a stopper portion 820 for limiting the movement of the radially inward. このような構成により、プラットフォームが近位側に移動することを防止するために爪車ピンを溝内にロックした状態で、プラットフォームを管状本体に沿って容易かつ迅速に遠位方向に所望位置まで移動させ、胸壁部をスイベル830、832とプラットフォームに連結されている足部806a〜dとの間に締め付けることが可能となる。 With this configuration, in a state in which the platform is locked in the groove of the ratchet wheel pin to prevent it moved proximally, to the desired position easily and quickly in a distal direction along the tubular body platform the moved, it is possible to tighten between the foot 806a~d which is connected to the chest wall portion to swivel 830, 832 and platform. その後、胸壁部に対して所定の角度でプラットフォームを配向させるように足部を調節することができる。 Then, it is possible to adjust the foot so as to orient the platform at a predetermined angle with respect to the chest wall section.
【0046】 [0046]
プラットフォームを管状本体周りから開放することが所望されるときには、胸に対向している状態から足部を弛め、爪車ピンが管状本体の滑らかな部分822に沿って位置するようにプラットフォームをおよそ45度回転させる。 When opening the platform from around the tubular body is desired, loosen the foot from a state facing the chest, approximately the platform as ratchet pin is located along the smooth portion 822 of the tubular body 45 ° rotated. こうすると、大きな抵抗なく、プラットフォームを管状本体に対して近位方向に移動させることができる。 This way, no large resistance, it is possible to move the platform relative to the tubular body in the proximal direction.
【0047】 [0047]
次に図20〜図24を見ると、本発明による第5の実施形態であるポート装置1800が図示されている。 Turning now to FIGS. 20 to 24, the port device 1800 is shown according to a fifth embodiment of the present invention. ポート装置1800は、ポートチューブ(管状本体またはポート本体)1802(図23および図24)と、プラットフォーム1804(図20)と、複数本の脚1806(図20)とを含んでいる。 Port device 1800, the port tube (tubular body or the port body) 1802 (FIG. 23 and FIG. 24), the platform 1804 (Figure 20), and a plurality of legs 1806 (FIG. 20). 図23および図24を参照すると、ポートチューブ1802は、その遠位端部に、上述したように(図2参照)、軸部材を具備するチューブに連結された1対のスイベル1830、1832と、長手方向に離間して複数本の周方向溝1872が形成されている近位本体1812とを含んでいる。 Referring to FIGS. 23 and 24, the port tube 1802 at its distal end, as described above (see FIG. 2), and swivel 1830,1832 pair coupled to a tube having a shaft member, spaced longitudinally and a proximal body 1812 circumferential groove 1872 of the plurality of are formed. 本体の近位端部には、以下に説明するように誘導針のラッチを収容し連結させるために、好ましくは直径方向反対側に位置する2つの留め穴1882が含まれている。 At the proximal end of the body, to link to accommodate the latch introducer as described below, preferably includes two retaining holes 1882 positioned diametrically opposite.
【0048】 [0048]
図20〜図22を再度参照すると、プラットフォーム1804は、好ましくは略三角形状であり、ポートチューブ1802を収容する中央開口部1900(図22)と、好ましくはプラットフォームの角部に隣接して設けられた、脚1806を収容するための3つの周辺部脚穴1902とを含む。 Referring to FIGS. 20 22 again, the platform 1804 is preferably a substantially triangular shape, the central opening 1900 to accommodate the port tube 1802 (FIG. 22), are preferably provided adjacent to the corners of the platform It was, and a three perimeter leg hole 1902 for accommodating the leg 1806. 下方縁部1905がそれぞれ傾斜している3つの爪車ピン1904が、中央開口部1900周りに等間隔に離間して配置されている。 Three ratchet pin 1904 lower edge 1905 is inclined, respectively, are spaced at equal intervals around the central opening 1900. この爪車ピン1904を各バネ1906で付勢して、中央開口部1900内に半径方向内向きに延出させる。 The ratchet wheel pin 1904 and biased by respective springs 1906, to extend radially inwardly to the central opening 1900. 各爪車ピン1904は、上方に延びる凸状ボス部分1908を含んでいる。 Each ratchet pin 1904 includes a convex boss portions 1908 extending upward. 中央開口部1900内には、ポートチューブ開放カラー1910が設けられており、このカラー1910は中央通路1911を含んでいる。 The central opening 1900, the port tube opening collar 1910 is provided, the collar 1910 includes a central passageway 1911. 爪車ピン1904はこの中央通路1911内に延出している。 The ratchet wheel pin 1904 extends to the central passage in 1911. カラー1910は、さらに、各ボス部分1908の上に凸面溝1912を含んでいる。 Color 1910 further includes a convex surface grooves 1912 on each boss portion 1908. さらに、カラーは、各溝と溝1912との間にスロット1914を含んでいる。 Furthermore, the collar includes a slot 1914 between the grooves and the grooves 1912. 各スロット1914内にぺグ1916が延出してプラットフォーム内に固定されている。 Peg 1916 to each slot 1914 is fixed to the extending within the platform. これにより、カラー1910は中央開口部1900に対して制限された量だけ、すなわち、ぺグ1916がスロット1914内で移動できる距離だけ回転できるようになる。 Thus, the color 1910 by an amount limited to the central opening 1900, i.e., pegs 1916 will be able to rotate by a distance that can be moved within the slot 1914. その上、ぺグ1916はカラーをプラットフォーム1804に連結して、その離脱を防止している。 Moreover, it pegs 1916 connects the collar to the platform 1804, thereby preventing its withdrawal. カラー1910が、プラットフォーム1804に対して、溝1912の中央が各ボス部分1908上に位置する第1の位置から回転すると、凸状溝の各表面がボス部分に接触するため、爪車ピン1904はバネ1906の付勢に抗して移動して、中央開口部1900から後退する。 Color 1910, relative to the platform 1804, the central groove 1912 is rotated from a first position located on the bosses portion 1908, because each surface of the convex groove is in contact with the boss portion, the ratchet pin 1904 move against the bias of the spring 1906, it retracts from the central opening 1900. カラー1910は、好ましくは、カラー1910をプラットフォームに対して限定量だけ回転させ、その結果として爪車ピンを「離脱」させることを容易にさせるために、ヒトの指で把持可能な上側ノブ部分1917を含んでいる。 Color 1910 is preferably rotated by a limited amount of color 1910 to the platform, so that in order to the ratchet wheel pin facilitates to "leaving" as, graspable upper knob part of a human finger 1917 It contains.
【0049】 [0049]
プラットフォーム1804をポートチューブ1802周りで遠位側に押上げると、ポートチューブ1802の溝1872が傾斜した爪車ピン1904に接触して、バネ1906の付勢に抗して爪車ピンを半径方向外向きに移動させる。 And pushes up the distal-side platform 1804 around the port tube 1802 contacts the ratchet wheel pin 1904 groove 1872 is inclined port tube 1802, radially outer ratchet wheel pin against the bias of the spring 1906 It is moved in the direction. プラットフォーム1804をポートチューブ1802周りで所望距離だけ移動し終わると、対応する遠位方向の力がなくなるため、爪車ピンは溝に係合して、チューブに対するプラットフォームの近位方向移動を防止する。 When the platform 1804 around the port tube 1802 desired distance finishes moving, because the force of the corresponding distal direction is eliminated, ratchet pin engages the groove, to prevent proximal movement of the platform relative to the tube. その後、カラー1910をプラットフォームに対して回転させることにより、プラットフォーム1804をポートチューブ1802周りから開放することができる。 Thereafter, by rotating the collar 1910 relative to the platform, it is possible to open the platform 1804 from around the port tube 1802. こうした構造により、爪車ピンをポートチューブの溝内にロックしてプラットフォームの近位方向移動を防止した状態で、プラットフォームを所望の位置までポートチューブに沿って遠位方向に容易かつ迅速に移動させることができる。 With such structure, while preventing proximal movement of the platform locks the ratchet wheel pin in the groove of the port tube to move easily and quickly in the distal direction along the port tube platform to the desired position be able to.
【0050】 [0050]
各脚1806は、略円筒状シャフト1920と、脚に下向きの(遠位方向)力をかけやすくする上側ノブ1922と、シャフト1920の遠位端部で枢動可能な下側足部1924とを含んでいる。 Each leg 1806 includes a substantially cylindrical shaft 1920, an upper knob 1922 to facilitate applying a downward (distal) force to the leg and a lower leg portion 1924 that pivotally at the distal end of the shaft 1920 which comprise. シャフト1920の長手方向の一部は、シャフトの接線に平行に切り込まれた溝1928が形成する一連の歯1926を含んでいる。 Part of the length of the shaft 1920 includes a series of teeth 1926 that groove 1928 cut into the parallel to a tangent of the shaft is formed. 各シャフト1920は、プラットフォーム1804の各脚穴1902内に挿入して設けられる。 Each shaft 1920 is provided and inserted into the leg hole 1902 of the platform 1804. プラットフォームは、各脚穴ごとに、凸状先端部1932を有した爪車ピン1930を含んでおり、凸状先端部1932の上側表面1934は傾斜している。 Platform, each leg hole includes a ratchet pin 1930 having a convex tip portion 1932, an upper surface 1934 of the convex tip portion 1932 is inclined. この爪車ピン1930は、バネ1936に付勢されて脚穴1902内に半径方向に延出している。 The ratchet pin 1930 extends radially biased to spring 1936 and the leg hole 1902. 各脚を遠位方向に押して、傾斜している上側表面1934を歯1926に接触させ、バネ1936の付勢に抗して半径方向内向きに移動させて、脚1920が各脚穴1902内を移動できるようにすることにより、脚をプラットフォーム1804に対して遠位方向に容易かつ迅速に移動させることができる。 Each leg press distally, the upper surface 1934 which is inclined into contact with the teeth 1926, is moved radially inwardly against the bias of the spring 1936, the leg 1920 is a Kakuashiana 1902 by allowing the movement, it can be moved easily and quickly distally legs to the platform 1804. しかし、爪車ピン1932が歯と歯1926との間の溝1928内に把持されるため、脚は相対的に近位側に移動することはできない。 However, since the ratchet wheel pin 1932 is held in groove 1928 between the teeth 1926, the leg can not move relatively proximally. その後、爪車ピン1930を収容している溝1928の内側表面がピンの先端部1932に接触して、ピンを脚穴の外に移動させるように脚をプラットフォームに対して回転させることにより、各脚を解放することができる。 Then, in contact with the distal end portion 1932 has an inner surface of the pin of the groove 1928 that houses the ratchet pin 1930, to move the pin out of the leg hole by rotating the legs relative to the platform, each it is possible to release the leg. 脚が十分に回転してその円筒状部分を爪車ピン1934に対向させると、ピンは脚穴に入れず、歯も溝も別の向きまで回転しているため、歯に接触したり溝に入ったりすることができなくなる。 When the leg is to face the cylindrical portion ratchet wheel pin 1934 is sufficiently rotated, the pin is not placed in a leg hole, for teeth even grooves are rotated to another orientation, the groove or contact the teeth it is not possible or entered. このようにして、脚は近位側および遠位側に自由に移動させることができるようになる。 In this way, the legs will be able to move freely proximally and distally. 脚をプラットフォームに対して独立して移動させて、その長手方向位置および角度位置をさまざまに調節できることを理解されたい。 Moved independently legs to the platform, it is to be understood that the longitudinal position and angular position can be adjusted variously. さらに、脚は、極めて安定な三脚を形成している。 In addition, the legs form a very stable tripod. また、脚の調節および締付け性能の調整が、チューブに対するプラットフォームの調節性能により高められている。 Also, adjustment of the adjustment and fastening performance of the legs, is enhanced by adjusting the performance of the platform relative to the tube.
【0051】 [0051]
次に図23および図24を参照すると、誘導針2000がポート装置に連結されて、ポート装置を胸壁部内に挿入しやすくし、スイベルを締め付け位置に移動させることを可能とさせている。 Referring now to FIGS. 23 and 24, introducer needle 2000 is connected to a port device, the port device is easily inserted into the chest wall, thereby enabling to move to a position clamping the swivel. 誘導針は、案内スリーブ2004内に延びるマンドレル2002を含んでいる。 Introducer includes a mandrel 2002 extending guide sleeve 2004. マンドレル2002は、その近位端部に位置するハンドル2006と、中央のシャフト部分2008と、遠位作動部2010とを含んでいる。 Mandrel 2002 includes a handle 2006 positioned at its proximal end, a central shaft portion 2008, and a distal working portion 2010. シャフトの近位部分には、ピン2012が設けられており、シャフト表面上に突出している。 The proximal portion of the shaft, the pin 2012 is provided, protruding on the shaft surface. 作動部2010は、作動部100aのJ字フック溝134a(図16)について図示されているように、J字フック溝を含んでいる。 Operating unit 2010, as is illustrated for J-hook groove 134a of the operating portion 100a (FIG. 16) includes a J-shaped hook groove. スリーブ2004は、近位J字フックスロット2016と、ポートチューブ1802の留め穴1882と係合するように構成されたタブまたはラッチ2020を有した遠位弾性指状部2018とを含んでいる。 The sleeve 2004 includes a proximal J-hook slot 2016, and a distal elastic fingers 2018 having a configured tab or latch 2020 to engage the retaining holes 1882 of the port tube 1802.
【0052】 [0052]
操作時には、まず、ポート1800のスイベル1830および1832を手動で開放構成に移動させる。 In operation first moves the swivel 1830 and 1832 of the port 1800 to manually open configuration. 次に、スリーブ2004のタブ2020をポートチューブ1802の留め穴1882と係合させ、誘導針2000のスリーブ2004をポート1800に連結する。 Next, engaged with the retaining hole 1882 port tube 1802 tabs 2020 of the sleeve 2004, for connecting the sleeve 2004 of the introducer 2000 to port 1800. そして、マンドレルに設けたピン2012がスリーブのJ字フックスロット2016の近位端部と整合するように、マンドレル2002をスリーブ2004内に挿入する。 As the pin 2012 provided on the mandrel is aligned with the proximal end portion of the J-shaped hook slot 2016 of the sleeve, inserting a mandrel 2002 into sleeve 2004. これにより、開放構成にあるスイベルのレバー62(図2)が、作動部2010のJ字フック溝の遠位端部と整合する。 Thus, the swivel lever 62 in the open configuration (FIG. 2) is aligned with the distal end of the J-shaped hook groove of the operating portion 2010. 図24を参照すると、ハンドル2006を遠位側に移動し、スリーブ2004に対して回転させると、ピン2012はスリーブに形成したスロット2016内をその遠位端部まで移動する。 Referring to FIG. 24, to move the handle 2006 distally, by rotating relative to the sleeve 2004, the pin 2012 moves the slot 2016 formed in the sleeve to its distal end. こうして、作動部が移動すると、J字形状溝がレバーを案内して、スイベル1830、1832を閉鎖構成へと回動させる。 Thus, when the actuating portion moves, J-shaped groove to guide the lever is rotated to the closed configuration the swivel 1830,1832.
【0053】 [0053]
次に、誘導針2000を操縦して、閉じたポートチューブ1802を胸壁部の開口部内に挿入する。 Then steer the introducer 2000, the port tube 1802 which is closed to insert into the opening of the thoracic wall. 挿入後、ハンドルを反対方向に操作して、胸壁部内にてスイベル1830、1832を開く。 After insertion, by operating the handle in the opposite direction, opening a swivel 1830,1832 in the thoracic wall. 次に、プラットフォーム1804を誘導針2000周りで移動させ、ポートチューブ周りで徐々に移動させて、開いたスイベルと脚1920の足部1924との間に胸壁部を締め付ける。 Next, move the platform 1804 with the introducer 2000 around, is gradually moving around the port tubing, tighten the chest wall portion between the leg portion 1924 of the swivel and the leg 1920 open. その後、脚1920をプラットフォームに対して遠位側に徐々に動かす、または近位側に移動させるために弛めて、ポートチューブを胸壁部に対して所望通り配向させることができる。 Then, loosen to move the legs 1920 move progressively distally relative to the platform, or proximally, the port tubing can be as desired orientation with respect to the chest wall section. 次に、弾性指状部2018を半径方向内側に押し入れてタブ2020を留め穴1882から外すことにより、誘導針2000を開放し、ポートチューブ1802から引き抜く。 Then, by removing from the hole 1882 closure tab 2020 by pushing the elastic fingers 2018 radially inward, to release the introducer 2000 is withdrawn from the port tube 1802. 引き抜いた後、上述したように、内視鏡的器具をポートチューブ1802内に挿入することができる。 After withdrawal, it can be inserted as described above, the endoscopic instrument into the port tube 1802.
【0054】 [0054]
その処置を完了したら、再度、誘導針をポートチューブに連結する。 After completing the treatment, again, connecting the introducer needle into the port tube. 脚およびポートチューブから爪車係合を外して、プラットフォームをポートチューブ周りから取り外してもよい。 Remove the ratchet wheel engaging the legs and port tubing, may be removed platform from around the port tubing. その後、誘導針を操作してスイベルを動かして閉鎖構成とし、ポートチューブを胸壁部から引き抜く。 Thereafter, the introducer needle and by operating a closed configuration by moving the swivel, withdrawing the port tube from the thoracic wall.
【0055】 [0055]
ここで図25および図26を見ると、第6の実施形態であるポート装置2100は、ソケット2106を形成している基部2104と、ソケット内で回転可能であり且つ上下両極で扁平なボール構成要素2108と、ボール構成要素2108内に延びる管状ポート本体2110とを含んでいる。 Turning now to FIGS. 25 and 26, the port device 2100 is a sixth embodiment, a base 2104 that forms the socket 2106, flat ball elements in and vertical poles are rotatable within the socket and 2108, and a tubular port body 2110 extending into the bowl component 2108.
【0056】 [0056]
ポート本体2110は、その長手方向の一部に複数の周方向溝2112を含んでいる。 Port body 2110 includes a plurality of circumferential grooves 2112 in a portion of the longitudinal direction. ポート本体2110の遠位端部では、1対のスイベル2114、2116が、ポート本体の遠位端部に位置する支柱2115、2117に連結されている。 The distal end of the port body 2110, a pair of swivel 2114, 2116 is coupled to the strut 2115,2117 located at the distal end of the port body. これについては以下でさらに説明する。 For this it described further below. 本体2110の近位端部には、第5の実施形態について上述したように、好ましくは、2つの直径方向反対側に位置する留め穴2118が含まれており、誘導針100a(図16)または2000(図23)のラッチを収容して連結する。 At the proximal end of the body 2110, as described above for the fifth embodiment, preferably includes a fastening hole 2118 located in two diametrically opposite, introducer needle 100a (FIG. 16) or 2000 ligated to accommodate the latch (Figure 23).
【0057】 [0057]
図27を参照すると、上下両極で扁平なボール構成要素2108は、その両端部の間に延びる穴2122と、その両端部からボール構成要素内に部分的に延びる8つのスリット2124、2126とを含んでいる。 Referring to FIG. 27, the upper and lower poles in flattened ball component 2108 includes a bore 2122 extending between its opposite ends, eight slits 2124,2126 and partially extending from the both end portions in the ball component They are out. 第1の4つのスリット2124は、ボール構成要素の一方の端部に互いに90度ずつ離して設けられており、第2の4つのスリット2126(2つのみ図示)は、もう一方の端部に、第1の4つのスリットに対して45度だけオフセットしながら互いから90度離間して設けられている。 The first four slits 2124 are provided apart by 90 degrees from one another at one end of the ball component, the second four slits 2126 (only two shown), the other at one end and it is disposed away 90 degrees from each other with an offset by 45 degrees with respect to the first four slits. これにより、ボール構成要素2108がスリット2124、2126にて圧縮され、穴2122の直径を縮小することが可能となる。 Thus, the ball element 2108 is compressed by the slits 2124,2126, it is possible to reduce the diameter of the hole 2122. また、ボール構成要素2108の内側に形成したチャネル2129内に、バネのわずかな部分のみが穴内に突出するように、2つの略オメガ形状のリングバネ2128を配置する。 Further, in the channel 2129 formed in the inner ball element 2108, only a small portion of the spring so as to protrude into the hole, placing the ring spring 2128 2 Tsunoryaku omega shape. 上述したように、ポート本体2110は、ボール構成要素2108内に、すなわちその穴内に延びている。 As described above, port body 2110 in the ball component 2108, that is, extending into the bore. ボール2108が実質的に圧縮されていない状態であれば(図25および図26)、バネ2128はポート本体内の溝2112について戻り止めとして機能する。 If a state where the ball 2108 is not substantially compressed (FIGS. 25 and 26), spring 2128 acts as a backstop for the groove 2112 in the port body. したがって、ボール構成要素に対するわずかな長手方向の力を受けると、ポート本体2110は、ボール構成要素の穴内で長手方向に移動することができる。 Thus, upon receiving a slight longitudinal force to the ball element, port body 2110 can move longitudinally within bore of the ball components.
【0058】 [0058]
図25、図26、および図27を参照すると、基部2104は、胸壁部上に配置するサイズである略円形のフットプリント(設置面)2130(図25)と、基部を手で操縦することを容易にするための把持構造2134を設けた上側表面2132と、好ましくは中央に位置するソケット2106とを含んでいる。 Figure 25 Referring to Figure 26, and Figure 27, the base 2104, a substantially circular footprint is sized to be placed on the chest wall section (installation surface) 2130 (FIG. 25), to maneuver by hand base an upper surface 2132 provided with gripping structure 2134 to facilitate preferably includes a socket 2106 that is located in the center. 基部2104は、さらに、ソケット2106から基部の周縁部まで延びる半径方向の小さな空隙2136を含んでいる。 Base 2104 further includes a small air gap 2136 in the radial direction extending from the socket 2106 to the peripheral edge portion of the base. 直立した壁部2138、2140が空隙2136の各側に設けられており、略U字型ロックレバー2142が蝶番ピン2143で直立壁部にて基部2104に枢動可能に連結されている。 And upstanding walls 2138,2140 are provided on each side of the gap 2136, a substantially U-shaped locking lever 2142 is pivotally coupled to the base 2104 by the upright wall portion in hinge pin 2143. 各壁部2138、2140は、さらに、締め付け表面として機能する、好ましくは内部に設けられた六角穴付き皿ねじ2144を含んでいる。 The walls 2138,2140 further functions as a clamping surface preferably comprises a hexagon socket countersunk screw 2144 provided inside. ロックレバー2142は、皿ネジの締め付け表面に対する締め付けカムとしてそれぞれ機能する、内側に延びる2つの丸皿セットネジ2146を含んでいる。 The lock lever 2142 respectively function as a cam clamping for clamping the surface of the flat head screw, includes two round countersunk set screws 2146 that extend inwardly. 図26、図27、および図28を参照すると、ロックレバー2142を基部2104に対して回動させると、丸皿ネジ2146が皿ネジ2144に接触して、直立壁部2138、2140にて基部2104を圧縮させるため、空隙2136が縮小する。 Figure 26 Referring to Figure 27, and Figure 28, rotates the lock lever 2142 to the base 2104, flat-head screws 2146 contacts the countersunk screw 2144, the base 2104 by the upright wall portion 2138,2140 in order to compress the void 2136 is reduced. 皿ネジ2144は、丸皿ネジ2146をその上に移動させる硬質表面となる。 Countersunk screw 2144 is a hard surface for moving the countersunk screw 2146 thereon. さらに、皿ネジ2146のソケット開口部が丸皿ネジの頭部をロックする役割を果たす。 Furthermore, serve socket opening of the countersunk screw 2146 locks the head of the flat-head screws. これにより、ソケット2106内のボール構成要素2108が基部2104に対してロックされる。 Thus, the ball elements 2108 in the socket 2106 is locked relative to the base 2104. さらに、ボール構成要素2108がポート本体2110周りに圧縮され、バネ2128をポート本体の溝2112内に相互にロックさせ、それにより、ポート本体2110をボール構成要素2108に対してロックさせる。 Furthermore, compressed ball component 2108 around port body 2110, to lock to one another the spring 2128 in the groove 2112 of the port body, thereby to lock the port body 2110 relative to the ball element 2108. こうして、ロックレバーは、基部に対するポート本体の角度位置および長手方向位置を固定する。 Thus, the locking lever, fixes the angular position and longitudinal position of the port body relative to the base.
【0059】 [0059]
ロックレバーをそのロック位置に移動させることによる圧縮が不十分または過剰であれば、その場合に応じて、丸皿ネジのロックレバーからの延出量およびそれによる締め付け力を増減して調節することができる。 If the compression is insufficient or excessive by moving the lock lever in its locked position, that depending on the case, be adjusted by increasing or decreasing the extension amount and tightening force caused thereby from the lock lever countersunk screws can. さらに、皿ネジを使用する別法として、溝を直立壁部に成形することができる。 Further, as another method using a flat head screw, it can be shaped grooves in the upright wall portion. この溝は、好ましくは、ロックレバーを締め付け位置にロックするために丸皿ネジを係合する窪みを設けたものとする。 The groove shall preferably provided with a recess for engaging the countersunk screws to lock the clamping position the locking lever.
【0060】 [0060]
図25〜図31を参照すると、第6の実施形態であるスイベル2114、2116を具備したポートが図示されている。 Referring to FIGS. 25 to 31, the port provided with the swivel 2114, 2116 which is the sixth embodiment is shown. スイベル2114の場合(好ましくはスイベル2116も全く同じものとする)、スイベル2114は、第1および第2の相互係合型スイベル構成要素2150、2152と、保持ピン2154と、好ましくはエラストマ製であるスリーブ2156とを含んでいる。 For swivel 2114 (preferably exactly the same thing also swivel 2116), swivel 2114 includes first and second interengaging mold swivel components 2150,2152, the retaining pin 2154 is preferably made of an elastomer and a sleeve 2156. 第1のスイベル構成要素2150は、穴2162を有したフランジ2160と、キー部分2166を有する本体部分2164と、キー部分内に延びる内腔2168とを含んでいる。 The first swivel component 2150 includes a flange 2160 having a hole 2162, a body portion 2164 having a key portion 2166, and a lumen 2168 extending key portion. 第2のスイベル構成要素2152は、外側軸2170(スイベル2116の穴2162内に嵌合するサイズ)を有するフランジ2169と、誘導針100a(図26)のJ字フック溝(図16)内に係合するようにされた細長い内側スイベル耳部2172とを含んでいる。 The second swivel element 2152 engages the outer shaft 2170 and a flange 2169 having a (sized to fit within the bore 2162 of the swivel 2116), the J-shaped hook groove of the guiding needle 100a (FIG. 26) (FIG. 16) it includes an elongated inner swivel ears 2172 which is adapted to focus. 第2のスイベル構成要素2152は、さらに、第1のスイベル構成要素2150のキー部分2166を収容するサイズおよび形状であるチャネル2176を有する本体部分2174と、本体部分2174内に延びる内腔2178とを含んでいる。 The second swivel element 2152 further includes a body portion 2174 having a channel 2176 is sized and shaped to accommodate the key portion 2166 of the first swivel component 2150, and a lumen 2178 that extends into the body portion 2174 which comprise. このチャネルの曲率半径は軸2170に対応しており、キー部分は、穴2162に対応する曲率半径で形成されている。 The radius of curvature of the channel corresponds to the axis 2170, the key portion is formed with a radius of curvature corresponding to the hole 2162.
【0061】 [0061]
好適なスイベル組立体によれば、第1の構成要素2150および第2のスイベル構成要素2152について、第1の構成要素2150の穴2162は、各本体部分を向き合わせた状態で、第2のスイベル構成要素2152の軸2170上に設けられる。 According to a preferred swivel assembly, the first component 2150 and a second swivel element 2152, bore 2162 of the first component 2150, in a state in which opposed each body portion, the second swivel It is provided on the shaft 2170 of the component 2152. この軸2170が、ポート本体の枢動孔2180(図27)内に配置される。 The shaft 2170, the port body Kururudoana 2180 is disposed (FIG. 27) within. 第2の類似の組立体が作製され、そのボスが、ポート本体の枢動孔2182内に配置される。 Second similar assembly is prepared, the boss is disposed within Kururudoana 2182 of the port body. こうして、2つの第1のスイベル構成要素と2つの第2のスイベル構成要素とがポート本体に連結されるが、これらの構成要素は、4つの別個の回動可能な部品として構成されており、所望のスイベルの構成要素にはまだなっていないことを理解されたい。 Thus, although the two first swivel component and two second swivel element is connected to the port body, these components are constructed as four separate pivotable part, the components of the desired swivel it is to be understood that it is not already. 次に、第1のスイベル構成要素のキー部分2166を第2のスイベル構成要素のチャネル2176内に挿入して、所望スイベル2114(図31および図29を比較)の形状を形成するように互いに相対的に回転させると、適切な第1および第2のスイベル構成要素2150、2152となる。 Next, the key portion 2166 of the first swivel component is inserted into the channel 2176 of the second swivel component, the desired swivel 2114 relative to each other so as to form the shape of the (compare FIGS. 31 and 29) If is rotated, the appropriate first and second swivel components 2150,2152. 次に、ピン2154を、第1および第2のスイベル構成要素の内腔2168、2178内に挿入して、これらの構成要素を互いにロックする。 Then, the pin 2154 is inserted into the first and lumen 2168,2178 of the second swivel component, locking these components together. スリーブ2156をスイベル構成要素の本体部分上に被せてスイベル2114を完成させ、内側胸壁部に接触するための柔らかい接触表面を設ける。 The sleeve 2156 is put on the body portion of the swivel elements to complete the swivel 2114, it provided a soft contact surface for contacting the inner thoracic wall. スイベル2116についても、同じ最終組立体を作製する。 The swivel 2116 also to prepare the same final assembly. このように複数部品によりスイベルを設計すると、上述した単一部品によるスイベルに対していくつかの利点が得られる。 With this design the swivel by a plurality parts, several advantages over the swivel with a single component as described above is obtained. 第1に、このスイベルであれば、組み立て時に、複数の支柱を無理に離間させることなく、ポート本体の支柱2115、2117に連結することができる。 First, if this swivel, upon assembly, without forcibly separating the plurality of struts can be coupled to the strut 2115,2117 port body. 第2に、部品の機械加工時に、スイベルの耳部2172を、別個の部品としてではなく、スイベルの一体部品として形成することができる。 Second, during machining of parts, swivel lugs 2172, rather than as a separate part, it can be formed as a swivel integral part. ただし、この耳部は、スイベルの成形時に単一部品型スイベルの一体部品として形成されてもよいことを理解されたい。 However, the ears, it is to be understood that it may be formed as an integral part of a single-piece swivel when the swivel of the molding.
【0062】 [0062]
以上、さまざまなスイベル構成要素を具備するポート装置について開示してきたが、他のスイベル構成要素および、バネや機械的システムを含むスイベル構成要素の開放手段も同様に使用可能であることを理解されたい。 Having thus disclosed the port device provided with various swivel components, it is to be understood that other swivel components and, the opening means of the swivel components including the spring or mechanical system could be used as well . さらに、ポートに対する誘導針および外科用器具などの連結装置用特定種類の接続手段を開示してきたが、他の接続手段も利用可能であることを理解されたい。 Furthermore, although the connecting means of a specific type for connecting devices such as inductive needle and the surgical instrument to the port has been disclosed, it is to be understood that other connection means may also be utilized. 心臓壁に対してポート装置を配向するさまざまな手段を開示してきたが、他のこのような配向手段も同様に使用可能であることを理解されたい。 Have been disclosed various means for orienting the port device to the heart wall, it should be understood that other such orienting means can be used as well. さらに、各ポート装置実施形態の特徴はすべて、他の実施形態に組み入れ可能であることを理解されたい。 Furthermore, features of each port device embodiments it is to be understood that all cases, be incorporated into other embodiments.
【0063】 [0063]
次に図32を見ると、第1の実施形態の心臓スタビライザ400は、好ましくは、中空シャフト402と、シャフト内に延びるロッド404と、ロッドをシャフト内で長手方向に移動させるためにシャフト402およびロッド404の近位端部に連結された近位制御ハンドル406とを含んでいる。 Turning now to FIG. 32, heart stabilizer 400 of the first embodiment, preferably, the hollow shaft 402, a rod 404 extending into the shaft, the shaft 402 and to move in the longitudinal direction of the rod within the shaft and a proximal control handle 406 coupled to the proximal end of the rod 404. これについては以下により詳細に説明する。 This will be described in more detail below. シャフト402およびロッド404は、ロッドがシャフトに対して回転しないようにキー止めされている(図示せず)。 Shaft 402 and rod 404, the rod (not shown) is keyed against rotation relative to the shaft. シャフトロック部407がシャフト402の周囲に設けられており、ポート装置10(図1)および210(図13)などのポート装置に心臓スタビライザ400をロックする機能を果たし、ポート装置に対してシャフト402をさまざまな長手方向位置および角度位置にロックすることを可能とさせる。 Shaft lock portion 407 is provided around the shaft 402, serves to lock the heart stabilizer 400 port 10 to a port device such as (Figure 1) and 210 (FIG. 13), the shaft 402 with respect to the port devices the is it possible to lock the various longitudinal position and angular position.
【0064】 [0064]
さらに詳細には、図32および図33を参照すると、シャフトロック部407は、ポートコネクタ408aと、キャップ408bと、ポートコネクタとキャップとの間に位置するボール構成要素409とを含む。 More particularly, referring to FIGS. 32 and 33, the shaft locking portion 407 includes a port connector 408a, and the cap 408b, and a ball element 409 located between the port connector and the cap. ボール構成要素409は、シャフト内腔410と、ボール構成要素の一方の端部に直径に沿って設けられた第1の組のスロット411aと、ボール構成要素のもう一方の端部に直径に沿って設けられた第2の組のスロット411bとを含んでいる。 Ball component 409 includes a shaft lumen 410, along a diameter at the other end of the first set of slots 411a and ball elements disposed along a diameter at one end of the ball component and a second set of slots 411b provided Te. 2組のスロット411aおよび411bを設けることにより、ボール構成要素409を半径方向に圧縮して、シャフト内腔410の直径を縮小することを可能とさせている。 By providing two sets of slots 411a and 411b, the ball elements 409 are compressed in the radial direction, and it is possible to to reduce the diameter of the shaft lumen 410. ポートコネクタ408aおよびキャップ408bは、それぞれ、開口部412a、412bと、互いに嵌合させるためのネジ切りなどの嵌合手段413a、413bと、その嵌合手段を中心としたポートコネクタおよびキャップの相対回転を容易にするためのつまみ構造414a、414bとを含んでいる。 Port connector 408a and cap 408b, respectively, opening 412a, 412b and the fitting means 413a such as threaded for fitting together, 413b and the relative rotation of the port connector and cap with a focus on its fitting means the knob for facilitating structure 414a, and a 414b. ポートコネクタ408aは、さらに、ポート210の雌型バヨネット継手283(図14)と嵌合させるためのバヨネットなどのポート嵌合構造415を含んでいる。 Port connector 408a further includes a port fitting structure 415, such as a bayonet for fitting the female bayonet fitting 283 in port 210 (Fig. 14). シャフト402は、シャフト内腔410内に延びている。 Shaft 402 extends into the shaft lumen 410. ポートコネクタ408a、408bが互いと緩く嵌合している状態では、シャフトおよびボール構成要素409はポートコネクタおよびキャップに対して枢動可能であり、内腔410内でシャフトをシャフトロック部に対して長手方向に移動させることができる。 Port connector 408a, in the state in which 408b is loosely fitted with each other, the shaft and the ball element 409 is pivotable relative to the port connector and the cap, the shaft locking portion of the shaft within the lumen 410 it can be moved in the longitudinal direction. キャップ408bをポートコネクタ408aにきつく嵌合させると、ボール構成要素409およびシャフト402は各位置にロックされる。 When the tightly fitting the cap 408b to the port connector 408a, a ball component 409 and the shaft 402 is locked in each position.
【0065】 [0065]
再度図32を参照すると、制御ハンドル406は、シャフト402の近位端部402aに固定的に連結された取付部416と、取付部416に回転可能に連結されたノブ417とを含んでいる。 Referring to Figure 32 again, the control handle 406 includes a mounting portion 416 which is fixedly connected to the proximal end 402a of the shaft 402, and a knob 417 that is rotatably coupled to the mounting portion 416. ノブ416はネジ穴417を含んでおり、ロッド404の近位端部404aにはねじ部が設けられているため、ロッド404の近位端部404aはノブの内腔417内にネジ式に係合することができる。 Knob 416 includes a threaded hole 417, since the proximal end portion 404a of the rod 404 is threaded portion is provided, engaging the proximal end portion 404a is threaded into the lumen 417 of the knob of the rod 404 it is possible to focus. キー止めされたロッドはシャフト402に対して回転できないので、ノブ417を取付部416に対して回転させると、ロッド404がシャフト402に対して長手方向に移動させられる。 Since keyed rod can not rotate relative to the shaft 402, rotating the knob 417 relative to the mounting portion 416, the rod 404 is moved longitudinally relative to the shaft 402.
【0066】 [0066]
ここで図32、図34および図35を参照すると、シャフト402の遠位端部402bに、カラー418が設けられている。 Here, FIG. 32, referring to FIGS. 34 and 35, the distal end 402b of the shaft 402, collar 418 is provided. ロッド404の遠位端部404bはU字リンク422に連結されている。 The distal end 404b of the rod 404 is connected to the U-shaped link 422. U字リンク422は、ロッド404に連結された支柱部分432と、切頭円錐状部分434と、U字型ソケット436とを含み、U字型ソケット436は、球状凹部442を設けた側壁438、440と、後部壁446と、およそ180°の円弧状に延びる正面開口部448とを含んでいる。 U-shaped link 422 includes a post portion 432 coupled to the rod 404, a frusto-conical section 434, and a U-shaped socket 436, U-shaped socket 436, side walls 438 provided with a spherical recess 442, and 440 includes a rear wall 446, and a front opening portion 448 extending in a circular arc shape of approximately 180 °. スロット450が、後部壁446から切頭円錐状部分434を通過して支柱部分432内まで延びている。 Slot 450 extends to within the strut portion 432 through the frusto-conical portion 434 from the rear wall 446. ハンドル406を操作してロッド404をシャフトに対して近位側に移動させると、カラー418が、U字リンク422の切頭円錐状部分434上に配置されてソケット436を圧縮する。 When by operating the handle 406 is moved proximally the rod 404 relative to the shaft, collar 418 is disposed on the frustoconical portion 434 of the U-shaped link 422 to compress the socket 436. 反対に、ロッド404をシャフト402に対して遠位側に移動させると、U字リンク422の切頭円錐状部分434はカラーから解放されるため、ソケット436はわずかに拡大する。 Conversely, moving distally rod 404 relative to the shaft 402, frustoconical portion 434 of the U-shaped link 422 is to be released from the color, the socket 436 is slightly larger.
【0067】 [0067]
図34〜図37を参照すると、2つの関節接合アーム424、426が、U字リンクのソケット436に連結されており、回転可能な安定化足部428、430が、各アームの端部に連結されている。 Referring to FIGS. 34 to 37, two articulated arms 424, 426 are coupled to the socket 436 of the U-shaped link, is rotatable stable Kaashi unit 428, connected to the end of each arm It is. 第1および第2の関節接合アーム424、426は、それぞれ、上側アーム450、452と、下側アーム454、456と、リスト取付部458、460とを含んでいる。 The first and second articulation arms 424 and 426, respectively, an upper arm 450 and 452, a lower arm 454, and a list mounting portion 458, 460. このリスト取付部458、460に、安定化足部428、430がそれぞれ連結されている。 This list mounting portion 458 and 460, stable Kaashi portion 428, 430 are connected respectively. 関節接合アーム424、426および足部428、430が協働して、安定化組立体461を形成している。 Articulation arms 424, 426 and foot 428, 430 cooperate to form a stabilization assembly 461.
【0068】 [0068]
具体的に言えば、第1および第2の上側アーム450、452それぞれが、その一方の端部に、部分的に中空で略半球形である肩部462、464を含み、他方の端部に上側肘部分466、468を含んでいる。 Specifically, each of the first and second upper arms 450 and 452, at one end thereof, partially includes a shoulder portion 462, 464 is substantially hemispherical hollow, the other end it includes an upper elbow portion 466, 468. 第1の肩部462(第1の上側アーム)は、第1の上側カム472を規定するリム470を含み、第2の肩部464(第2の上側アーム)は、第2の上側カム478を規定するリム476を含んでいる。 First shoulder 462 (first upper arm) includes a rim 470 that defines a first upper cam 472, the second shoulder portion 464 (second upper arm), the second upper cam 478 it includes a rim 476 that defines a. さらに、第1および第2の上側アームは、それぞれ、アーム内を長手方向に延びるピン穴480、482を含んでいる。 Further, the first and second upper arms, respectively, includes a pin hole 480 and 482 extending in the arm in the longitudinal direction. ピン穴480、482内には、ロックピン484、486が設けられており、このピンは、以下により詳しく説明するように、第1および第2の上側アームの互いに対する動きを制限する機能を果たす。 In the pin holes 480 and 482, and the lock pin 484, 486 is provided, this pin, as described in more detail below, functions to limit movement relative to one another of the first and second upper arms .
【0069】 [0069]
第1および第2の肩部462、464は、協働して略球体を形成するように、配向および構成されている。 First and second shoulders 462 and 464, so as to form a substantially spherical body cooperate, are oriented and configured. 肩部が形成する球体内に、肩部バネ487が配置され、バネ487の端部488、490は、リム470、476の周囲にそれぞれ連結されている。 In sphere shoulders formed, shoulder spring 487 is arranged, the ends 488 and the spring 487 are respectively connected to the periphery of the rim 470 and 476. バネ487が圧縮コイルであるため、上側アーム450、452は互いに離間する方向に付勢されている。 Since the spring 487 is a compression coil, the upper arm 450, 452 is biased in a direction away from each other. バネ487内には、バネを肩部内部で安定させるためのスペーサ492が設けられている。 Within the spring 487, a spacer 492 for stabilizing the spring inside the shoulder portion is provided. 肩部は、各半球形肩部の一部が凹部442の1つ内にそれぞれ配置された状態で、一緒にソケット436内に設けられる。 Shoulder, with a portion of the hemispherical shoulder portion is arranged within one of the recesses 442 are provided in the socket 436 together. 肩部462、464はソケット436内で球を形成しているだけのように見えるが、この上さらに、2つの上側アーム450、452を別々に肩部上にて互いに対して回転できるようにするという別の機能も果たしていることを理解されたい。 Although the shoulder 462 and 464 looks like just to form a sphere in the socket 436, the upper Furthermore, to allow the two upper arms 450, 452 can rotate relative to each other in separate shoulder on it is to be appreciated that also plays another function called. バネ487は、上側アーム450、452を、この2つが整列する、すなわち、互いに対して略180°の位置になる開放位置に付勢するように構成されている。 The spring 487, the upper arm 450 and 452, but the two aligned, i.e., is configured to urge the open position where the position of approximately 180 ° relative to each other. 上側アーム450、452それぞれは、さらに、前側斜面494、496を含んでいる。 The upper arm 450 and 452, respectively, further includes a front slope 494, 496. これにより、上側アームをバネの付勢に抗して互いに向けて移動させると、およそ45°、好ましくは47°という小さな角度を間に規定することができる(図36)。 Accordingly, when the upper arm against the bias of the spring to move toward each other, approximately 45 °, preferably can be defined between a small angle of 47 ° (Figure 36). これは、斜面494、496が2つの上側アーム間の干渉を最小限に抑えるからであり、斜面がなければ、アーム間にこのような小さな角度を規定することはできない。 This is because the slope 494, 496 is minimized interference between the two upper arms, if there is no slope, it is not possible to define such a small angle between the arms.
【0070】 [0070]
以下、下側アーム454、456について、およびこれら下側アームの上側アームへの連結について、第1の関節接合アーム424の上側アーム450および下側アーム454を用いて説明する。 Hereinafter, the lower arm 454, and the connection to the upper arm of lower arm will be explained with reference to the upper arm 450 and lower arm 454 of the first articulation arm 424. 第2の関節接合アーム426の下側アームおよびその連結は、第1の関節接合アームのそれぞれと略同じであるが、第1の関節接合アームとは上下逆に設置されることを理解されたい。 Lower arm and connecting its second articulation arm 426, like is substantially the same as each of the first articulation arm and the first articulated arm is understood to be placed upside down .
【0071】 [0071]
上側アーム450の上側肘部分466は、下側アーム454の下側肘部分に回転可能に連結されている。 Upper elbow portion 466 of the upper arm 450 is rotatably connected to the lower elbow of the lower arm 454. 上側肘部分466は、略半球形であり、皿ネジ穴500および第1の肘部バネ受け部502を含んでいる。 Upper elbow portion 466 is substantially hemispherical and includes a countersunk screw holes 500 and the first elbow spring receiving portion 502. 上側アーム454には、上側肘部分466に隣接する斜面504が設けられている。 The upper arm 454, the inclined surface 504 adjacent to the upper elbow portion 466 is provided. 下側アーム454は、略中空で略半球形である下側肘部分510を含んでいる。 Lower arm 454 includes a lower elbow 510 is substantially hemispherical at a substantially hollow. この肘部分が、上側アーム450の上側肘部分466と嵌合する。 The elbow portion mates with the upper elbow portion 466 of the upper arm 450. 下側肘部分510は、第2の肘部バネ受け部514を形成するリム512と、カムロック部518およびカム止め部520を含む下側アームカム516とを含んでいる。 Lower elbow portion 510 includes a rim 512 that forms a second elbow spring receiving portion 514 and a lower arm cam 516 comprises a cam lock portion 518 and the cam stop portion 520. 肘部分510は、さらに、ネジ穴522を含んでいる。 Elbow portion 510 further includes a threaded hole 522.
【0072】 [0072]
圧縮コイル式肘部バネ524が、上側および下側肘部分466、510内に設けられている。 Compression coil type elbow spring 524 is provided on the upper and lower elbow in 466,510. 肘部バネ524は、第1および第2の肘部バネ受け部502、512にそれぞれ連結されて、上側アームと下側アームとをその間に比較的小さな角度を形成する構成まで付勢する端部526、528を含んでいる。 Elbow spring 524 has an end portion that is connected to the first and second elbow spring receiving portion 502, 512 to urge the upper arm and the lower arm to the structure to form a relatively small angle between them it includes the 526, 528. 管状スペーサ530が、肘部バネ524内に設けられている。 Tubular spacers 530 are provided in the elbow spring 524. 管状スペーサ530は、バネを肩内部で安定させ、ネジ穴500内に延びるネジ532の通路を設けるためのものであり、下側アームを上側アームに対して枢動させられるように上側および下側アームを一緒に固定するようにネジ穴522内にねじ式に係合されている。 The tubular spacer 530, a spring stabilizes shoulder internally, is intended for providing a passage of screws 532 extending into threaded holes 500 in the upper and lower as is pivoted to the lower arm to the upper arm engaged with the screw in the screw hole 522 to secure the arms together.
【0073】 [0073]
下側アームの下側端部は、リム512に直角に配向されたリム542とネジ穴548とを具備する上側リスト部分540を含んでいる。 Lower end of the lower arm includes an upper list portion 540 and a rim 542 and a screw hole 548 which is oriented at right angles to the rim 512. リム542は、第1のリストバネ受け部544と止め部546とを形成している。 Rim 542 forms a stop portion 546 and the first Risutobane receiving portion 544.
【0074】 [0074]
リスト取付部458は、第2のリストバネ受け部550と、貫通孔552と、2つのねじ部付き取付穴554、556とを含み、この取付穴は、貫通孔552の両側に1つずつ設けられている。 Listing mounting portion 458, a second Risutobane receiving portion 550, and the through hole 552, and a conditioned two threaded portion mounting holes 554, 556, the mounting holes are provided one on each side of the through hole 552 ing. リストバネ558は、上側リスト部分とリスト取付部との間でスペーサ560周りに設けられており、第1および第2のリストバネ引掛け部に係合している。 Risutobane 558 is provided around the spacers 560 between the upper list portion and the list mounting portion is engaged with the first and second Risutobane engaging portion. 下側アーム454からリスト取付部458に向かう方向から見て時計回りに上側リスト部分540に対してリスト取付部458を回転させるように、リストバネ558が付勢されている。 To rotate the list mounting portion 458 relative to the upper list portion 540 clockwise when viewed from the direction from the lower arm 454 to the list mounting portion 458, Risutobane 558 is biased. 第2のアーム426に設けられたリストバネ558´は、2つのリスト取付部を互いに離れる方向に付勢して回転させるように、リスト取付部を反対方向に回転させる。 Risutobane provided in the second arm 426 558' is to rotate with biased away from each other two lists attachment portion, to rotate the list mounting portion in opposite directions.
【0075】 [0075]
カラー562が、貫通孔552と位置合わせされて設けられており、ネジ564が、カラー562および貫通孔552内を通って延び、上側リスト部分540のネジ穴548内に固定される。 Color 562, provided in alignment with the through hole 552, the screw 564, extends through the collar 562 and the through hole 552, is fixed in the screw hole 548 of the upper list portion 540.
【0076】 [0076]
足部428は、外側表面566と、接触表面568と、リスト取付部458のネジ穴554、556に整列する2つの離間した穴576、578とを含んでいる。 Foot 428 includes an outer surface 566, and the contact surface 568, includes two and spaced holes 576 and 578 aligned with the screw holes 554, 556 of the list mounting portion 458. 足部428は、ネジ580、582が穴576、578内に延びて、リスト取付部458穴554、556内にネジ式に係合した状態で、その外側表面566にてリスト取付部458に連結されている。 Foot 428, screws 580, 582 is extended into the bore 576 and 578, while engaging with the threaded into the list mounting portion 458 holes 554, 556, coupled to the list mounting portion 458 at its outer surface 566 It is.
【0077】 [0077]
次に、第2の関節接合アームの構成要素にダッシュを付した参照番号を付与して、心臓スタビライザ410および特に安定化組立体461の動作について説明する。 Next, by applying a reference number marked with dash components of the second articulation arm, the operation of the heart stabilizer 410 and, in particular, stabilization assembly 461. 図36および図37を参照すると、関節接合アーム424、426および足部428、430は、手動で図示の形状に折り畳まれている。 Referring to FIGS. 36 and 37, articulation arm 424 and foot 428, 430 are folded into the shape of the manually shown. すなわち、上側アーム450、452は肩部周りで折り畳まれ、足部428、430は、互いに向けて内側に回転して、各接触表面568、568´を接触させている。 That is, the upper arm 450, 452 is folded around the shoulder, foot 428 and 430 are rotated inwardly toward each other, contacting the respective contact surfaces 568,568'. この形状における上側アーム450と上側アーム452との間の角度αはおよそ47°であり、足部428、430は、心臓スタビライザ410のシャフト402に略平行に配向されている。 The angle α between the upper arm 450 and upper arm 452 in the shape is approximately 47 °, legs 428 and 430 are oriented substantially parallel to the shaft 402 of the heart stabilizer 410. ここで、ハンドル406を操作して、カラー418によりソケット436を上側アームの肩部462、464周りに圧縮して、上側アーム450、452と、下側アーム454、456と、足部428、430とを互いの相対位置にてロックして、ポート210内に挿入する断面積を相対的に狭くする。 Here, by operating the handle 406 compresses the socket 436 in the shoulder 462, 464 around the upper arm by the color 418, an upper arm 450 and 452, a lower arm 454, foot 428, 430 preparative locked in mutual relative positions, relatively narrow cross-sectional area to be inserted into the port 210.
【0078】 [0078]
安定化組立体461を、患者身体の胸壁部(図示せず)内に取り付けたポート210内に挿入する(図38)。 The stabilization assembly 461 is inserted into the port 210 attached to the chest wall of the patient's body in (not shown) (FIG. 38). シャフト402周りに余裕を持って設けたシャフトロック部407をポートに向けてシャフト402に沿って摺動させ、シャフトロック部のポートコネクタ408aをポートに連結する(図39)。 Toward the shaft locking portion 407 which is provided with a margin around the shaft 402 to the port by sliding along the shaft 402, connecting the port connector 408a of the shaft locking portion port (Figure 39). 次に、安定化組立体461がポート210のスイベル231を超えて胸腔内の位置まで移動して安定化組立体461を拡げられるようになるまで(図40)、シャフト402をシャフトロック部407内に移動させる。 Then, until the stabilization assembly 461 comes to be spread the stabilization assembly 461 is moved to a position within the thoracic cavity beyond the swivel 231 of the port 210 (FIG. 40), the shaft 402 shaft lock unit 407 to move to. シャフトロック部407を締めて、ポート210に対して選択された位置にシャフト402を保持する。 Tighten the shaft locking portion 407, the selected position relative to the port 210 to hold the shaft 402.
【0079】 [0079]
次に、ハンドル406のノブ407を操作して、ソケット422をカラー418による圧縮から解放して、関節接合アーム424、426を、アーム内に具備されたバネおよびロックピンの力に応じて運動することを可能とさせる。 Then, by operating the knob 407 of the handle 406, to release the socket 422 from compression by the color 418, the articulation arms 424, 426 move in response to the force of the spring and the lock pin which is provided in the arm is it possible. 具体的に言えば、図36および図41〜図43を参照すると、ソケットを解放すると、肩部バネ487が動作して、上側アーム450、452を閉じた位置(図20において、α=およそ47°)から開いた位置(図41において、α=およそ87°、図42および図43において、α=およそ126°)へ移動させる。 Specifically, referring to FIG. 36 and FIGS. 41 to 43, to release the socket operates shoulders spring 487, in a position (FIG. 20 closing the upper arm 450, 452, alpha = about 47 in position (FIG. 41 opened from °), alpha = about 87 °, in FIGS. 42 and 43, is moved alpha = to about 126 °). さらに、肘部バネ524、524´が動作して、下側アーム454、456を上側アーム450、452に対し、より小さな相対角度βへ折り曲げる。 Furthermore, elbow spring 524,524' operates, the lower arm 454, 456 relative to the upper arm 450 and 452, bent to a smaller relative angle beta. 図36におけるβはおよそ156°、図41におけるβはおよそ135°、図42におけるβはおよそ111°である。 β is approximately 156 ° in FIG. 36, the β in FIG. 41, approximately 135 °, the β in FIG. 42 is approximately 111 °. 図44を参照すると、αはおよそ163°、βは略90°であり、上側アーム450、452のロックピン484、484´の遠位端部586、586´が、下側アーム454、456の肘部510、510´のカムロック部518、518´と係合する。 Referring to FIG. 44, alpha is approximately 163 °, beta is approximately 90 °, the distal end portion of the lock pin 484,484' the upper arm 450, 452 586,586' is, the lower arm 454 It engages the cam lock portion 518,518' elbow 510,510'. そこで、図45に示すように、角度αが略180°になると、ロックピン484、484´が、上側アームのカム472、478に係合されて、上側および下側アームを90°の角度βにロックする。 Therefore, as shown in FIG. 45, the angle α is approximately 180 °, the locking pin 484,484' is engaged with the cam 472,478 of the upper arm, the angle of the upper and lower arms 90 ° beta to lock in. 肘関節部のバネの作用により、αが増加したためにβも増加する場合にのみ、βは、αに応じて変化することに留意されたい。 By the action of a spring elbow joint, only when alpha is increased even beta to an increase, beta is to be noted that changes in accordance with the alpha. αとβとの関係が固定されるのは、アームが完全に折り畳まれた状態または完全に展開した状態のみである。 The relationship between α and β are fixed is only state arm is completely folded state or fully deployed. ソケット436がカラー418から解放されると、上述した拡張およびアームロックが自動的に起こることを理解されたい。 A socket 436 is released from the collar 418, it is to be understood that the above-described expansion and arm lock occurs automatically. 拡張後、ハンドル406を操作して、カラーを再度ソケット上に締め付けることにより、上側アームの相対移動を防止することができる。 After expansion, by operating the handle 406, by tightening on the back socket color, it is possible to prevent the relative movement of the upper arm. 上側アームが移動すると、安定化組立体461が不安定になりかねない。 When the upper arm moves, stabilization assembly 461 could become unstable.
【0080】 [0080]
上側および下側アームを互いにロックしたら、シャフト402(図32)は、シャフトロック部407から取り外され、足部428、430の接触表面568、568´が心臓壁に接触するように、長手方向に移動させられ得る。 When the upper and lower arms and locked to each other, the shaft 402 (FIG. 32) is removed from the shaft lock part 407, so that the contact surface 568,568' of the foot 428 contacts the heart wall, in the longitudinal direction It can be moved to. 足部は、心臓壁の形状に合わせるように、リスト取付部458、460にて下側アームに対して回転するようにされている。 Foot, so as to match the shape of the heart wall is adapted to rotate relative to the lower arm in Listing mounting portion 458, 460. 好ましくは、下側アームの止め部546(図35)により、図37に示す配向に対して足部の回転を90°に制限する。 Preferably, the stop portion 546 of the lower arm (35), to limit rotation of the foot to 90 ° to the orientation shown in FIG. 37. 再度、シャフト402をシャフトロック部内にロックすることにより足部で心臓の壁部に十分な圧力を加え、足部間でバイパス処置を実施できるように、足部間にて心臓壁の動きを有効に安定化する。 Again, a sufficient pressure on the wall of the heart at the foot added by locking shaft 402 into the shaft lock portion, so that it can implement a bypass procedure between the foot, enable the motion of the heart wall at between foot It stabilized to.
【0081】 [0081]
さらに、ポートオフポンプ冠状動脈バイパス処置を実施した後、ポートから心臓スタビライザを抜き出すことが所望される場合、ハンドル406を操作して、安定化組立体461を外すことができる。 Further, after performing the port off pump coronary artery bypass procedure, if it is desired to extract the heart stabilizer from the port, by operating the handle 406, it is possible to remove the stabilization assembly 461. 次に、スタビライザのシャフトをシャフトロック部から解放して、かつ/またはシャフトロック部のポートコネクタをポートから解放して、安定化組立体を近位側に引っ張る。 Next, release the stabilizer shaft from the shaft lock part, and / or to release the port connector of the shaft locking portion from the port, pulling the stabilization assembly proximally. 上側アームがポートに接触すると、上側アームは、拡張時とは逆に、すなわちより小さな角度αへ折り曲げられ、ロックピンがカムおよびカムロック部から解放される。 When the upper arm is in contact with the port, the upper arm, contrary to the time of expansion, i.e. bent into smaller angle alpha, the locking pin is released from the cam and cam lock portion. 上側アームは肩部周りに折り畳まれ、足部の接触表面は互いに接触して、略共面上に位置するように回転する。 The upper arm is folded around the shoulder, in contact with each other contact surface of the foot, to rotate so as to be positioned on the substantially co-planar. これにより、下側アームが肘部を中心に回転し、上側アームと下側アームとの間の角度βが拡大するため、組立体をポートから引き抜くことが可能となる。 Thus, the lower arm is rotated around the elbow, because the angle between the upper arm and the lower arm β is enlarged, you are possible to pull the assembly from the port.
【0082】 [0082]
ここで図47を見ると、別の実施形態の心臓スタビライザ3000が図示されている。 Turning now to FIG. 47, heart stabilizer 3000 of another embodiment is shown. 心臓スタビライザ3000は、心臓スタビライザをポート装置2100(図25および図26)などのポート組立体に連結し且つそれに対して調節するためのシャフトロック部3004を備えたシャフト3002と、シャフト3002の遠位端部に位置する心臓接触型安定化組立体3006と、安定化組立体3006を制御するための近位ハンドル組立体3008とを含んでいる。 Heart stabilizer 3000 includes a shaft 3002 having a shaft locking portion 3004 for adjusting contrast and connecting the heart stabilizer to the port assembly, such as port 2100 (FIG. 25 and FIG. 26), distal shaft 3002 cardiac contact stabilization assembly 3006 located at the end, and a proximal handle assembly 3008 for controlling the stabilization assembly 3006.
【0083】 [0083]
図48〜図52を参照すると、安定化組立体3006は、閉鎖位置(図47)と開放位置(図48〜図51)との間で移動可能な2つのアーム組立体3012、3014を含んでいる。 Referring to FIGS. 48 52, stabilization assembly 3006, a closed position (FIG. 47) and an open position includes two arm assemblies 3012,3014 movable between (FIGS. 48 51) there. 各アーム組立体は、主に、互いに関節接合している上側アーム3016、3018および下側アーム3020、3022と、下側アームの遠位端部に位置する回転可能なリスト取付部(手首取付部)3026、3028と、リスト取付部に安定して連結された足部3030、3032とを含んでいる。 Each arm assembly is mainly the upper arm 3016 and 3018 and the lower arm 3020,3022 are articulated to each other, rotatable list mounting portion located at the distal end of the lower arm (wrist attachment portion ) and 3026,3028, and a foot 3030,3032 coupled stably to the list mount. 以下にさらに説明するように、上側アーム3016、3018は、シャフト3002の遠位端部に位置する上側肩状関節組立体3034にて関節動作可能になっている。 As described further below, the upper arm 3016 and 3018 are enabled articulation at the upper shoulder-like joint assembly 3034 located at the distal end of the shaft 3002. 図52および図53を参照すると、シャフト3002は、外側管状部材3040と、外側部材に対して可動なドローバー(牽引棒)3042とを含んでいる。 Referring to FIGS. 52 and 53, the shaft 3002 includes an outer tubular member 3040, and a movable drawbar (drawbar) 3042 relative to the outer member. 裾広がりな開口部3046を有するコレット閉鎖器3044が、外側部材3040の遠位端部上に設けられ、U字リンク3050を有する(さらにコレットを形成している)支柱3048がドローバー3042の遠位端部に連結されている。 Collet occluder 3044 with flared opening 3046 is provided on the distal end of the outer member 3040, (forming a further collet) having a U-shaped link 3050 distal strut 3048 is drawbar 3042 It is connected to an end. 支柱3048は、さらに、スロット3052と、スロット3052からU字リンク3050まで延びる分岐部3054とを含んでいる。 Post 3048 further includes a slot 3052, and a branch portion 3054 that extends from the slot 3052 to U-shaped link 3050. この分岐部付近で支柱を圧縮することができる。 It is possible to compress the struts near the bifurcation. 以下でさらに説明するように、コレットケーブルガイド3056が、U字リンク3050とスロット3052との間で支柱3048上に延びている。 As described further below, the collet cable guide 3056 is extends on posts 3048 between the U-shaped link 3050 and the slot 3052. ピン3058が、コレット内の穴3060内と、外側管状部材の穴3062(コレット閉鎖器3044を管状部材の端部に連結するため)内と、支柱3048のスロット3052内とに設けられる。 Pin 3058 has a hole 3060 in the collet, and the bore of the outer tubular member 3062 (for connecting the collet occluder 3044 to the end of the tubular member), provided with the slot 3052 of the column 3048. 管状部材3040内におけるドローバー3042の動きは、ピン3058に対するスロット3052の移動により制限される。 Movement of the draw bar 3042 in tubular member 3040 is limited by the movement of the slot 3052 for the pin 3058.
【0084】 [0084]
図52を参照すると、上側アームが関節接合している肩状関節組立体3034は、以下のように組み立てられる。 Referring to FIG. 52, a shoulder-like joint assembly 3034 upper arm is articulated is assembled as follows. アーム3012、3014の上側アーム3016、3018は、それぞれ、穴3064、3066を有した近位フランジ3060、3062を含んでいる。 The upper arm 3016 and 3018 of the arms 3012,3014 each include a proximal flange 3060,3062 having holes 3064,3066. 近位フランジ3060、3062は、上側蝶番構成要素3070と下側蝶番構成要素3072との間に配置される。 The proximal flange 3060,3062 is disposed between the upper hinge component 3070 and a lower hinge component 3072. 蝶番構成要素3070、3072は、それぞれ、フランジの穴3064、3066の一方から他方の蝶番機構の穴3076内および後側壁部3077に延びる支柱3074を有しているため、上側アームは、蝶番構成要素間で後側壁部に向けて回転することができる。 Hinge components 3070,3072, respectively, since it has a post 3074 extending to the other hinge mechanisms of holes 3076 and in the rear wall portion 3077 from one of the flanges of holes 3064,3066, upper arm, the hinge component it can be rotated toward the rear wall portion between. 蝶番構成要素3070、3072は、それぞれ、所定線分を中心とする半径により規定された外側表面部分3078、3080と、外側表面部分3078、3080に沿って位置する突出した軌道部3082、3084とを有する。 Hinge components 3070,3072, respectively, the outer surface portion 3078,3080 defined by a radius centered on the predetermined segment, and a track portion 3082,3084 of protruding positioned along an outer surface portion 3078,3080 a. 蝶番構成要素3070、3072は、その上部および底部を回転可能な案内構成要素3086、3088によって包囲されている。 Hinge components 3070,3072 is surrounded with its top and bottom by a rotatable guiding elements 3086,3088. この案内構成要素は、それぞれ、蝶番構成要素3070、3072の軌道3082、3084が移動可能な内径方向チャネル3090、3092を含んでいる。 The guiding component, respectively, orbit 3082,3084 hinge components 3070,3072 contains an inner diameter direction channel 3090,3092 movable. この案内構成要素3086、3088は、さらに、U字リンク3050の取付穴3098、3100内に延びる上側および下側支柱部分3094を含んでいる。 The guiding elements 3086,3088 further includes upper and lower column segment 3094 extending into the mounting holes 3098,3100 of U-shaped link 3050. こうして、上側アームがシャフト3002を略横切る近位配向から相対的に遠位の配向まで、蝶番構成要素3070、3072に対して上側アーム3016、3018を回転させることができるようになる。 Thus, the upper arm until the orientation of the relatively distal from substantially transverse the proximal orientation of the shaft 3002, it is possible to rotate the upper arm 3016 and 3018 with respect to the hinge components 3070,3072. 蝶番構成要素は、シャフトの平面内において(好ましくは、180°以上)案内構成要素3086、3088のチャネル3090、3092内を回転、すなわち、後方移動(例えば背屈)と前方移動(例えば底屈)することができ、案内構成要素は、U字リンク3050内にて左から右に回転することができる。 Hinge component (preferably, 180 ° or more) in the plane of the shaft rotating within channel 3090,3092 guiding elements 3086,3088, i.e., backward movement (e.g. dorsiflexion) and forward movement (e.g. plantar flexion) it can be, guiding elements can be rotated from left to right in the U-shaped links in 3050. このように、安定化組立体3006のアーム3012、3014は、シャフト3002に対して極めて高い操縦性を備えて設けられる。 Thus, the arms 3012,3014 of the stabilization assembly 3006 are provided with a very high maneuverability to the shaft 3002.
【0085】 [0085]
図48〜図52から、アーム3012、3014は、鏡像の関係で構成されている点以外、略類似していることを理解されたい。 From FIGS. 48 52, the arms 3012,3014, except that it is configured in relation to mirror images, it is to be understood that are substantially similar. すなわち、一方のアームの各構成要素は、他方のアーム上に対応する構成要素を有している。 That is, each component of one of the arms has a component corresponding to the other arm. したがって、わかり易くするため、アーム3012について、参照番号の後ろに「a」を付けた関連する参照番号を用いて、以下により詳しく説明する。 Therefore, for clarity, the arms 3012, with the relevant reference number marked with "a" after the reference numeral will be described in more detail below. アーム3014は、参照番号の後ろに「b」をつけて示した部品を具備した構成要素を同様に有することを理解されたい。 Arms 3014 are to be understood to have the same components equipped with the components shown in the "b" after the reference numeral.
【0086】 [0086]
上側アーム3016の外側端部3110は、下側平坦部分3112aと、その中を延びる穴3113aとを含んでいる。 The outer end 3110 of the upper arm 3016 includes a lower flat portion 3112a, and a hole 3113a that extends therethrough. オフセット部分3114aは、上側アーム3016の平坦部分3112aを配置するチャネル3115aと、穴3116aと、止め部3117aとを含んでいる。 Offset portion 3114a includes a channel 3115a to place a flat portion 3112a of the upper arm 3016, and the hole 3116a, and a stopper portion 3117A. 下側アーム3020の上側端部3118aは、第1のコイルバネ3122aを具備する肘部ソケット3120aと、穴3124aとを含んでいる。 The upper end 3118a of the lower arm 3020 includes a elbow socket 3120a having a first coil spring 3122A, and a hole 3124A. この穴3124aから第1のコイルバネ3122aの中央に、ネジ肩部3126aが挿入され、ネジ3128aが穴3116aを介して肩部3126a内に挿入され、穴3113a内にネジ込まれる。 Through the hole 3124a at the center of the first coil spring 3122A, threaded shoulder 3126a is inserted, is inserted into the shoulder portion 3126a screws 3128a via holes 3116a, it is screwed into the hole 3113a. オフセット部分3114aは、下側アーム3020の枢支点を上側アーム3016に対して下降させるように動作する。 Offset portion 3114a operates to lower the pivot point of the lower arm 3020 to the upper arm 3016. 同時に、第1のコイルバネ3122aの両端部がオフセット部3114aと下側アーム3020とに連結されて、上側および下側アームを付勢して、鈍角をなす構成にまで互いに対して枢動させる。 At the same time, both end portions of the first coil spring 3122a is connected to and a lower arm 3020 offset portion 3114A, and urges the upper and lower arm, is pivoted relative to each other until a configuration of an obtuse angle. 止め部3117aが、上側および下側アームによる相対的枢動可能量を制限している。 Stop portion 3117a has restricted the relative pivotal amount of upper and lower arm.
【0087】 [0087]
下側アーム3020の下側端部3130aは、第2のコイルバネ3134aを具備するリストバネソケット(手首部バネソケット)3132aと、下側アーム3020内にさらに延びるネジ穴(図示せず)とを含んでいる。 Lower end 3130a of the lower arm 3020 includes a second list spring socket comprising a spring 3134a (wrist spring socket) 3132A, and a screw hole extending further into the lower arm 3020 (not shown) They are out. リスト取付部3026は、ソケット部分(図示せず)と、そのソケット部分内に延びる穴3138aとを含んでいる。 Listing mounting portion 3026 includes a socket portion (not shown), and a hole 3138a that extends the socket portion. ネジ肩部3140aは穴3138aおよび第2のコイルバネ3134aを通って延び、ネジ3142aは、その肩部3140aを通って延びて、下側アーム3020の下側端部3130aにてネジ穴内にねじ込まれる。 Threaded shoulder 3140 a extends through a hole 3138a and a second coil spring 3134a, screws 3142a may extend through the shoulder portion 3140 a, screwed at the lower end 3130a of the lower arm 3020 into the screw hole. これにより、リスト取付部3026を下側アーム3020に回転可能に連結することができる。 Thus, it is possible to rotatably couple the list attaching portion 3026 on the lower arm 3020.
【0088】 [0088]
図48〜図50および図52を参照すると、足部3030は、ネジ3144aでリスト取付部3026の下側部分に安定して取り付けられており、リスト取付部3026が下側アーム3020に対して回転すると、足部が相対的に同程度分だけ回転するようになっている。 Referring to FIGS. 48 50 and 52, the foot portion 3030 is stably mounted on the lower part of the list attached portion 3026 with screws 3144a, rotation list attachment portion 3026 with respect to the lower arm 3020 Then, so as to rotate the foot is only relatively comparable worth. 足部3030は、上側表面3146aと下側足裏3148aとを有する。 Foot 3030 includes a top surface 3146a and a lower sole 3148A. 上側表面3146aは、心臓に対する手術処置で使用する血管ループまたは他の材料(縫合糸など)のための近位および遠位保持部3150a、3152aを含んでいる。 The upper surface 3146a is proximal and the distal retention portion 3150a for vascular loops or other materials used in surgical procedures on the heart (such as sutures) includes a 3152A. 足部3030の外側部は、足部の硬さおよび安定性を高めるために直立する補強リブ3154aを含んでおり、足部の内側部には、2つの足部3030と3032と間の角度的間隔を拡大させるために、扇形状3156aが設けられている。 Outer part of the foot portion 3030 includes a reinforcing rib 3154a upstanding in order to increase the hardness and stability of the foot, the inner part of the foot, angularly between the two leg portions 3030 3032 and to enlarge the spacing, fan-shaped 3156a is provided. 足部の足裏3148aには、複数の短いスパイク(釘)3158aと穴3160aとが交互に設けられている(図56)。 The sole 3148a foot, and a plurality of short spikes (nails) 3158A and the hole 3160a are alternately provided (Figure 56). スパイク3158aおよび穴3160aは、安定化組立体3006が2つの足部3030、3032の足裏3148を合わせた状態(図47)で閉鎖位置にあるときに、一方の足部のスパイク3158aが、他方の足部の穴3160bに入り、逆の場合もまた同様に入るようにすることで、足部の足裏3148a、3148bは略同一平面をなすように配置されている。 Spike 3158a and holes 3160a, when in the closed position in the state stabilization assembly 3006 of the combined foot 3148 of the two legs 3030,3032 (FIG. 47), a spike 3158a of one foot, the other foot enters the hole 3160b of, and vice versa also by to enter the same, the foot of the sole 3148a, 3148b are arranged so as to form a substantially same plane.
【0089】 [0089]
図48〜図52を参照すると、上側アーム3016、3018が緩められると、以下の機構により、足部3030、3032は閉鎖位置に付勢される。 Referring to FIGS. 48 52, the upper arm 3016 and 3018 is loosened, by the following mechanism, foot 3030,3032 is biased in a closed position. 各リスト取付部3026、3028は、穴(図示せず)を設けたレバー部分3164、3166を含んでいる。 Each list mounting portions 3026,3028 includes a lever portion 3164,3166 provided with holes (not shown). 横送り台3172、3174が、このレバー部分3164、3166のそれぞれの穴にリストピン3176、3178で回転可能に連結されている。 Cross-slides 3172,3174 is rotatably connected by wrist pin 3176,3178 to each well of the lever portion 3164,3166. 各クロススライド(横送り台)3172、3174は、細長いスロット3180、3182と、ピン3184、3186とを含んでいる。 Each cross slide (cross-slides) 3172,3174 includes an elongate slot 3180,3182, and a pin 3184,3186. 第1のクロススライド3172のピン3184は第2のクロススライド3174のスロット3182内で摺動可能に移動でき、第2のクロススライドのピン3186は、第1のクロススライド3172のスロット3180内で摺動可能に移動できる。 Pins 3184 of the first cross slide 3172 can slidably move within the slot 3182 of the second cross slide 3174, pins 3186 of the second cross slide, sliding in the slot 3180 of the first cross slide 3172 dynamic to be able to be moved. 各クロススライドの横方向外側部分には、さらに、近位側に延びている支柱3190、3192が設けられており、この支柱はベルト用フック3194、3196を有している。 The laterally outer portions of each cross slide further has pillars 3190,3192 are provided extending proximally, the strut has a belt hook 3194,3196. このベルト用フック間には、弾性ベルト3206が伸張されており、ベルト3206により、リスト取付部材3026、3028は互いに向けて付勢されている。 This is between the belt hook, elastic belt 3206 are stretched by a belt 3206, a list mounting member 3026,3028 is urged toward each other.
【0090】 [0090]
以下に、近位ハンドル組立体3008を説明した後、さまざまな形状をとる安定化組立体3006の運動制御について説明する。 Hereinafter, after describing the proximal handle assembly 3008, described movement control of the stabilization assembly 3006 assume a variety of shapes.
【0091】 [0091]
ここで図47および図53を見ると、近位ハンドル組立体3008は、シャフト3002の近位端部が着座するシャフト内腔3213を共に規定する上側および下側ハンドル部品3210、3212と、ヨーク部分3215を有する制御空洞3214と、円形カム領域3216と、円形カム領域の近位側のピボットスロット3218とを含んでいる。 Turning now to FIGS. 47 and 53, proximal handle assembly 3008 includes an upper and lower handle parts 3210,3212 of the proximal end portion of the shaft 3002 defines both the shaft lumen 3213 to be seated, the yoke portion a control cavity 3214 with 3215, and the circular cam regions 3216, and a pivot slot 3218 of the proximal side of the circular cam regions. このハンドル部品の旋回スロット3218の位置に、横断方向スロット3228が設けられており、横断方向スロット3228の横部分に軌道3224、3226が設けられている。 The position of the pivot slot 3218 of the handle part, transverse and direction slot 3228 is provided, the track 3224,3226 are provided next portion of the transverse slot 3228. さらに、ケーブル案内路3220、3222が、制御空洞3214の横方向側部に形成されており、シャフト内腔3213と軌道3224、3226との間に延びている。 Furthermore, the cable guide path 3220,3222 is formed in the lateral side of the control cavity 3214 and extends between the shaft lumen 3213 and orbital 3224,3226.
【0092】 [0092]
図53および図54を参照すると、空洞3214内に、作動組立体および制御組立体が設けられている。 Referring to FIGS. 53 and 54, within the cavity 3214, working assembly and control assembly is provided. 作動組立体は、数字の「8」の形状をしたフレームを通常有するヨーク3230を含んでいる。 Actuating assembly includes a yoke 3230 having ordinary frames in the shape of "8" in the figures. ドローバー3042の近位端部が、ヨーク3230の遠位部分内に延びており、複数の留め具3232がドローバーをヨークに安定して連結している。 The proximal end portion of the drawbar 3042 extends into the distal portion of the yoke 3230, a plurality of fasteners 3232 are linked stably the drawbar to the yoke. 内側カム3234が、ヨーク3230の後方部分内に設けられている。 The inner cam 3234 is provided in the rear portion of the yoke 3230. カム軸3236は内側カム内を延びており、外側カム3238は、ヨーク3230の外側で内側カムの上下に設けられている。 Camshaft 3236 extends through the inner cam and the outer cam 3238 is provided on the upper and lower inner cam outside the yoke 3230. 内側カム3234は、カム軸3236にダウエルピン(だぼピン)3240で回転可能に固定され、外側カム3238は、別のピン3242で内側カム3234に回転可能に固定されている。 Inner cam 3234 is rotatably fixed to the cam shaft 3236 with dowel pin (Dabopin) 3240, outer cam 3238 is rotatably fixed to the inner cam 3234 in a different pin 3242. レバー3244は、上側ハンドル3210の外部に延びているカム軸3236の一部に固定的に連結される(例えば、レバー3244内の穴3247、3248内およびカム軸3236内にそれぞれ延びるピン3246で)。 Lever 3244 is fixedly coupled to a portion of a cam shaft 3236 which extends to the outside of the upper handle 3210 (e.g., a pin 3246 extending respectively in holes 3247,3248 in the lever 3244 and into the cam shaft 3236) . 図47を参照すると、上側ハンドル3210は、レバー3244をカム軸3236と共に回転させることのできるレバーチャネル3249を含んでいる。 Referring to FIG. 47, the upper handle 3210 includes a lever channel 3249 which can rotate the lever 3244 together with the cam shaft 3236. レバーチャネル3249は、レバー3244がとる3つの位置(「閉鎖」、「開放」および「ロック」の3つであるが、レバーは他の中間位置をとることもできる)を示すものであり、「閉鎖」および「ロック」位置用の止め部3251を規定している。 Lever channel 3249 has three positions taken by the lever 3244 ( "closed", although three "open" and "locked", the lever can also take other intermediate position) is indicative of " closed "and" defines a retaining portion 3251 for lock "position.
【0093】 [0093]
再び、図53および図54を参照すると、制御組立体は、旋回スリット3218内で回転可能な操作桿軸3250と、操作桿軸3250に回転可能に連結された雄型および雌型横棒部材3252、3254と、好ましくはネジ3258で、雄型横棒部材3252に連結された操作桿3256とを含んでいる。 Referring again to FIGS. 53 and 54, the control assembly includes a rotatable operation 桿軸 3250 in the pivot slit 3218, male rotatably connected to the operating 桿軸 3250 and female cross bar 3252 , and 3254, and preferably with screws 3258, and a operating rod 3256 connected to the male cross bar 3252. 雄型横棒部材3252は、操作桿軸3250に設けた穴3251内に延び、雌型部材3254は雄型部材の端部上に設けられている。 Male cross bar 3252 extends into the hole 3251 provided on the operation 桿軸 3250, the female member 3254 is provided on the end portion of the male member. 横棒部材3252、3254は共に、ピン穴3257、3259内に配置されたダウエルピン3255により固定されている。 Cross bar 3252,3254 both are fixed by dowel pins 3255 disposed in the pin holes 3257,3259. 雄型および雌型横棒部材3252、3254は、それぞれ、好ましくは直径方向のケーブル穴3260、3262を含んでいる。 Male and female cross bar 3252,3254, respectively, preferably includes a diameter direction of the cable holes 3260,3262. 2つのケーブル3264、3266は、操作桿3256の動作を安定化組立体の動作に変換する機能を果たす。 Two cables 3264,3266 functions to convert the operation of the operating rod 3256 to the operation of the stabilization assembly. 図48でわかるように、ケーブル3266などの各ケーブルに対して、ループ部分3268が安定化組立体3006の上側アーム3018に設けた穴3270を介してつながれている。 As seen in Figure 48, for each cable such as cable 3266 are connected through the holes 3270 to the loop portion 3268 is provided on the upper arm 3018 of the stabilization assembly 3006. ケーブル部分3272、3274は、このループ3268から各上側アーム3018の上側および下側部分周囲に延び(図48)、コレットケーブルガイド3056内の各案内スロット3276、3278(図52)を通過し、管状部材3040を通過し、各ケーブル通路3222(図53)内に入る。 Cable portion 3272,3274, this extends from the loop 3268 around the upper and lower portions of each upper arm 3018 (FIG. 48), passed through the guide slot in the collet cable guide 3056 3276,3278 (FIG. 52), the tubular It passes through the member 3040, entering each cable passage 3222 (FIG. 53) within. 上側アーム3016、3018に隣接する近位側およびコレットケーブルガイド3056の遠位側には、ケーブル支持用の弾性ベルト3280がケーブル3264、3266の周囲に設けられている(図48〜図50)。 The distal proximal and collet cable guide 3056 adjacent to the upper arm 3016 and 3018, elastic belt 3280 for the cable support is provided around the cable 3264,3266 (FIGS. 48 50). さらに、ハンドルケーブルガイド3281(図53)が、上側ハンドル部品3210と下側ハンドル部品3212との間で制御空洞3214の周囲に設けられて、ケーブル3264、3266を管状部材3040からケーブル通路3220、3222へ案内している。 Furthermore, the handle cable guide 3281 (FIG. 53), provided around the control cavity 3214 between the upper handle piece 3210 and lower handle parts 3212, cable passage cable 3264,3266 from the tubular member 3040 3220,3222 They are guided to. ケーブル3266の両端部は、雌型横棒3254の上側および下側部分周囲に延びて、横棒のケーブル穴内3262に、好ましくは止めネジ3282で、ロックされる。 Both end portions of the cable 3266 may extend around the upper and lower portions of the female horizontal bar 3254, the cable hole 3262 of the horizontal bar, preferably at set screw 3282 is locked. また、ケーブル3264の両端部は、雄型横棒3252の上側および下側部分周囲に延びて、横棒のケーブル穴3260内に別の止めネジ3284でロックされる。 Further, both end portions of the cable 3264 may extend around the upper and lower portions of the male horizontal bar 3252 is locked by another set screw 3284 in the cable bore 3260 of the lateral bars.
【0094】 [0094]
心臓スタビライザ3000を以下のように操作する。 A heart stabilizer 3000 to operate in the following manner. 図47および図53に示されているように、レバー3244を「閉鎖」位置に向けると、内側および外側カム3234、3238は実質的に作動しないため、制御部材3042およびケーブル3264、3266が弛緩状態となる。 As shown in FIGS. 47 and 53, Turning lever 3244 in the "closed" position, the inner and outer cam 3234,3238 does not substantially operated, the control member 3042 and the cable 3264,3266 are relaxed to become. これにより、安定化組立体3006は、安定化組立体内のコイルバネ3122a、3122bおよび3134a、3134bと弾性ベルト3206との付勢に応じて移動することができるようになる。 Thus, stabilization assembly 3006, the stabilization assembly of the coil spring 3122a, 3122b and 3134a, it is possible to move in response to energization of the 3134b and the elastic belt 3206. 第1のコイルバネ3122a、3122bが下側アーム3020、3022を付勢して、上側アーム3016、3018に対して鈍角となるように回転させ、アームに強制的に伸張構造をとらせる。 First spring 3122a, 3122b biases the lower arm 3020,3022, rotated so as to be an obtuse angle to the upper arm 3016 and 3018, assume a forcibly stretched structure to the arm. また、第2のコイル3134a、3134bはリスト取付部3026、3028を付勢して、足部3030、3032の足裏3148a、3148bが互いに向き合う方向へ回転させる。 The second coil 3134a, 3134b is to bias the list mounting portion 3026,3028, soles 3148a foot 3030,3032, 3148b is rotated in the direction facing each other. 弾性ベルト3206がリスト取付部3026、3028を一緒に引っ張ることにより、足部の足裏が互いに接触する。 Elastic belt 3206 by pulling the list attached portion 3026,3028 together, the sole of the foot in contact with each other. これらの力により、安定化組立体3006は、上述したポート装置の管状本体などのポート内への挿入に適した狭いプロファイルとなる。 These forces, stabilization assembly 3006, a narrow profile that is suitable for insertion into the port, such as the tubular body of the above-mentioned port device.
【0095】 [0095]
図55に(および図56のレバー位置により)示されているように、レバー3244をカム軸3236上で「開放」位置まで回転すると、外側カム3238が回転して、操作桿軸3250に接触し、これをピボットスロット3218内で近位側に移動させる一方、内側カムは作動しない(すなわち、表面に接触しない)まま、その新たな回転位置に留まる。 As shown (and by the lever position of FIG. 56) in FIG. 55, when rotating the lever 3244 to the "open" position on the cam shaft 3236 rotates the outer cam 3238 comes into contact with the operation 桿軸 3250 , while allowing this to move proximally within pivot slot 3218, the inner cam is not activated (i.e., not in contact with the surface) remains remain in the new rotational position. 操作桿軸3250がこのように近位側に移動することにより、横棒3252、3254は近位側に移動して、第1のコイルバネ3122a、3122b(図52)の付勢に打ち勝つに十分にケーブル3264、3266を緊張させ、上側アーム3016、3018を肩状関節組立体3034(図48)内にて回転させ、シャフト3002に対して略横断方向の配向をとらせる(図55)。 By operating 桿軸 3250 moves Thus proximally crossbar 3252,3254 is moved proximally, the first coil spring 3122A, sufficiently to overcome the bias of 3122B (FIG. 52) cable 3264,3266 tensing the upper arm 3016 and 3018 rotate at the shoulder-like joint assembly 3034 (FIG. 48) within, assume an orientation substantially transverse to the shaft 3002 (FIG. 55). 下側アーム3020、3022は同時に、上側アーム3016、3018に対して回転して、シャフト3002に対して略平行に延び、スライド3172、3174が摺動して互いに係合することにより平行な整列位置に維持されて、止め部3117a、3117bにより、上側アームに略垂直な位置に留められる(図49〜図52および図55)。 Lower arm 3020,3022 simultaneously rotated relative to the upper arm 3016 and 3018, extending substantially parallel to the shaft 3002, parallel alignment position by sliding 3172,3174 will engage one another to slide It is maintained in the stopped unit 3117A, the 3117B, fastened in a substantially vertical position to the upper arm (FIGS. 49 52 and 55). 図51を参照すると、アーム3012、3014がこのように「開放」位置に拡張されると、足部3030、3032の足裏3148、3148bは、好ましくは135°〜170°である角度ψで示すように、互いに角度をなす。 Referring to FIG. 51, when the arm 3012,3014 is extended in this way "open" position, soles 3148,3148b foot 3030,3032 are shown in preferably 135 ° to 170 ° angle ψ as an angle with each other.
【0096】 [0096]
アーム3012、3014が「開放」位置にあるとき、操作桿3256を操縦して、安定化組立体3006をシャフトに対して所望方向に向けることができる。 When the arm 3012,3014 is in the "open" position, it is possible to maneuver the operating rod 3256, directs the stabilization assembly 3006 in a desired direction relative to the shaft. 操作桿軸3250上で横棒(横棒3252、3254の組立体)を枢動させると、一方のケーブルが他方より強く引っ張られるため、足部3030、3032をシャフトに対して左および右へ移動させることができる。 When pivoting is to the transverse bar (assembly of bars 3252,3254) on the operation 桿軸 3250, since the end of the cable is pulled strongly than the other, moving the foot 3030,3032 to left and right relative to the shaft it can be. 例えば、図58を参照すると、ケーブル3264はケーブル3266より後方に引っ張られて、足部3030、3032をシャフト3002の右側に方向付けさせる。 For example, referring to FIG. 58, the cable 3264 is pulled backward from the cable 3266 causes orient the foot 3030,3032 on the right side of the shaft 3002. 足部3030、3032を方向付けさせる程度は、ハンドル部品3310、3312の横断方向スロット3228内を通る横棒の近位行程と遠位行程との間で、無制限に調節可能である。 Range that allows directing the foot 3030,3032 is between a proximal stroke and distal stroke of the cross bar passing through the transverse slot 3228 of the handle parts 3310,3312 are adjustable unlimited. さらに、横棒(部材3352、3354)を、その長手方向軸を中心に回転させることにより、各ケーブルの一方の端部が、同じケーブルの他方の端部に対して引っ張られるため、安定化組立体3006は後方(例えば背屈)位置と前方(例えば底屈)位置との間で回転する。 Furthermore, since the horizontal bar (member 3352,3354), by rotating about its longitudinal axis, one end of each cable is pulled to the other end of the same cable, the stabilizing assembly stereo 3006 rotates between the rear (e.g. dorsiflexion) position and a forward (e.g., plantar flexion) position. 図56に、後方「背屈」位置を図示する。 Figure 56 illustrates a rear "dorsiflexion" position. このように、操作桿3256を枢動かつ回転させることにより、足部3030、3032を所望の方向に向けることができる。 Thus, by rotating One move pivotally the operating handle 3256 can direct the foot 3030,3032 in a desired direction.
【0097】 [0097]
図57を参照すると、所望通りに配向した後、レバー3244をチャネル内で止め部に接触する「ロック」位置まで回転させる。 Referring to FIG. 57, after oriented as desired, to rotate the lever 3244 to the "locked" position in contact with the stopper portion in the channel. 図58を参照すると、「ロック」位置では、カム軸3236が回転して、内側カム3234がヨーク3230を近位側に移動させ、これにより、制御部材3042がU字リンク3050をコレット閉鎖器3044の裾広がり端部3046内に引っ張り込むことで、U字リンク3050を圧縮して、肩状関節組立体3034を固定化する(図48、図52および図58)。 Referring to FIG. 58, in the "locked" position, the cam shaft 3236 is rotated, the inner cam 3234 moves the yoke 3230 proximally, thereby, the control member 3042 collet occluding the U-shaped link 3050 3044 by hook into the flared end portion 3046 compresses the U-shaped link 3050, to immobilize the shoulder-like joint assembly 3034 (FIG. 48, FIGS. 52 and 58). 比較的柔らかいヨーク材料を使用する場合、摩損を防止するために、内側カム3234との接触用に硬質なダウエルピン3299を使用してもよい。 When using relatively soft yoke material, in order to prevent wear, it may be used hard dowel pin 3299 for contact with the inner cam 3234. さらに、「ロック」位置では、外側カム3238が操作桿軸3250を、操作桿旋回スロット3218の後方に後退させ接触させることにより、操作桿3256の動作を実質的に固定化すると同時に、シャフト3002に対する安定化組立体3006の近位側への移動により緩みが生じていればその緩みをすべてなくす。 Furthermore, in the "locked" position, the outer cam 3238 operating 桿軸 3250, by contacting retracted behind the operation 桿旋 times slot 3218, and at the same time substantially immobilizing the operation of the operating handle 3256, relative to the shaft 3002 eliminate all of the slack if the cause is loose by the movement of the proximal side of the stabilization assembly 3006. こうして、「ロック」位置において、安定化組立体3006は安定となり、心臓組織に接触して、心臓組織を足部間にて実質的に固定化するに十分な力を付与できるようになる。 Thus, in the "locked" position, stabilization assembly 3006 becomes stable, in contact with the heart tissue, it becomes possible to impart sufficient force to substantially immobilized at between foot heart tissue. 足部3030、3032上のスパイク3158a、3158bが、心臓表面上に位置する足部に牽引摩擦力を付与することを理解されたい。 Spike 3158a on foot 3030,3032, 3158b is to be understood that imparts traction force to the leg portion located on the heart surface.
【0098】 [0098]
次に、図47および図59参照すると、シャフトロック部3004がシャフト3002の周囲に設けられ、心臓スタビライザ3000を上述したポート装置の1つにロックし、ロックした後、心臓スタビライザをそのポート装置に対して調節できるようにしている。 Referring now FIGS. 47 and 59, provided around the shaft lock part 3004 is a shaft 3002, and locked in one of the ports apparatus described above the heart stabilizer 3000, after locking, the heart stabilizer to the port device so that can be adjusted for. シャフトロック部3004は、基部3302と、基部と共にソケット3306を規定するキャップ3304と、ソケット内に位置し且つスロットを設けた扁球状コレット3308とを含んでいる。 Shaft lock portion 3004 includes a base 3302, a cap 3304 that defines a socket 3306 with the base portion, and a spheroid shaped collet 3308 provided with and slots located in the socket. 心臓スタビライザ3000のシャフト3002は、コレット3308内に延びている(図47)。 Shaft 3002 of the heart stabilizer 3000 extends into the collet 3308 (Figure 47). 基部3302およびキャップ3304は、ネジ3310、3312、3314で共に連結されているため、コレット3308がソケット3306内で圧縮されることはない。 The base 3302 and a cap 3304, because it is attached together with screws 3310,3312,3314, never collet 3308 is compressed within the socket 3306. ネジ3314の1つが基部3302およびキャップ3304内に延びており、その端部に、カム表面3318を有するロックレバー3316が設けられている。 One of the screw 3314 is extends into the base 3302 and a cap 3304, at its end, the locking lever 3316 is provided with a cam surface 3318. カム表面3318がカム作用位置(これについては以下に説明)にないようにレバー3316が配置されているとき、シャフト3002がコレット3308内で摺動可能となり、コレットはソケット内で継手組立体3300の長手方向軸線に対して±5°の範囲で回転できるようになる。 When the cam surface 3318 is disposed lever 3316 so as not to camming position (described below for this), the shaft 3002 is slidable within the collet 3308, the collet of the joint assembly 3300 in the socket It will be rotated in a range of ± 5 ° relative to the longitudinal axis. レバー3316を回転させると、カム表面3318は、カム作用位置にきてキャップ3304頂部上に乗り、キャップ3304および基部3302を一緒に押圧してコレット3308を圧縮させ、シャフト3002を、基部およびキャップに対してその角度位置および長手方向位置にロックさせる。 Rotating the lever 3316, the cam surface 3318 rides on the cap 3304 top comes camming position, compressing the collet 3308 to press the cap 3304 and the base 3302 with the shaft 3002, the base and the cap It is locked in its angular position and longitudinal position against.
【0099】 [0099]
基部3302は、さらに、スリット管状部分3320と2つの螺旋状ぺグスロット3322とが設けられている遠位端部を含んでいる。 Base 3302 further includes a distal end portion where the slit tubular portion 3320 and two spiral Bae Gusurotto 3322 is provided. この管状部分3320内にカムブシュ3324が設けられ、カムレバーぺグ3326がぺグスロット3322内に延びる。 Kamubushu 3324 is provided in the tubular portion in 3320, it extends into the cam lever pegs 3326 Gape Gusurotto 3322. カムレバー3326は、カムブシュ3324内の穴3330に入るネジ3328で、カムブシュ3324に固定されている。 Cam lever 3326, a screw 3328 to enter the hole 3330 in Kamubushu 3324 is fixed to Kamubushu 3324. カムブシュ3324は裾広がり端部3332を有し、この裾広がり端部は、非ロック形態のときに、管状部分3320の遠位側に位置する。 Kamubushu 3324 has a flared end portion 3332, the flared end, when the non-locked configuration, located at the distal side of the tubular portion 3320.
【0100】 [0100]
使用の際には、心臓スタビライザの安定化組立体3006をポート装置の管状本体内に挿入して通過させ、カムブシュ3324および管状部分3320を、そのポート装置管状本体の近位端部内に挿入する。 In use, by inserting the stabilization assembly 3006 of the heart stabilizer within the tubular body of the port device is passed through, the Kamubushu 3324 and the tubular portion 3320 is inserted into the proximal end of the port device the tubular body. カムレバーぺグ3326を手動でぺグ用スロット3322内で回転させ、カムブシュ3324をスリット管状部分3320内に引き入れ、スリット管状部分を十分に拡張させて、シャフトロック部3004をロックすることにより、心臓スタビライザ3000をポート装置にロックする。 The cam lever peg 3326 manually rotated in the peg slot 3322, draws Kamubushu 3324 into the slit tubular portion 3320, sufficiently to expand the slit tubular portion, by locking the shaft lock part 3004, a heart stabilizer to lock the 3000 to port equipment.
【0101】 [0101]
さまざまな実施形態の心臓スタビライザによれば、スタビライザの足部をさらに、足部間にて心臓壁を容易に固定化できるようにすることができる。 According to a heart stabilizer of the various embodiments, the foot of the stabilizer further be so easily immobilize the heart wall at between foot. 足部は、心臓壁の固定性を高めるために、圧縮力に加えて、吸引力、化学薬剤、電流、または熱冷却を加えられるように構成され得る。 Foot, in order to enhance the fixing of the heart wall, in addition to the compressive force, the suction force, chemical agents, can be configured to be added to current or thermal cooling.
【0102】 [0102]
さらに、心臓スタビライザの安定化組立体の開放およびその開放程度の制限のためのさまざまな手段を開示してきたが、同じ機能を提供する手段であれば他の手段も使用可能であることを理解されたい。 Furthermore, there have been disclosed various means for opening and the open degree of limitation of the stabilization assembly of the heart stabilizer, it is to be understood that other means as long as means for providing the same functionality can be used Thailand. さらに、安定化組立体の構成要素間に形成される角度について、具体的な好適な角度を開示したが、開示した以外の角度であっても、カムの係合によりアームをロックできる好適な角度であれば使用可能であることを理解されたい。 Further, the angle formed between the components of the stabilization assembly has been disclosed a specific preferred angle, be an angle other than disclosed, suitable to lock the arm by engagement of the cam angle it is to be understood that it is possible to use as long.
【0103】 [0103]
次に、図60〜図62を参照すると、器具スタビライザ1100の第1の実施形態が図示されている。 Referring now to FIG. 60 Figure 62, a first embodiment of an instrument stabilizer 1100 is illustrated. 器具スタビライザ1100はニューレ1102を含んでおり、カニューレ1102の中を腹腔鏡器具などの内視鏡的器具が延びることができる。 Instrument stabilizer 1100 includes a Nyure 1102, through the cannula 1102 can extend endoscopic instrument, such as a laparoscopic instrument. 一般に、内視鏡器具は、内視鏡内を通すことができる、または内視鏡と併せて操作できる器具であって、身体空隙の内側を観察するために使用される器具である。 In general, the endoscopic instrument can be passed through the endoscope in a mirror, or endoscope in conjunction with the instrument can be operated, it is an instrument that is used to observe the inside of the body gap. カニューレ1102の遠位端部1106には、内部を延びる内視鏡器具と接触するサイズに構成されたOリング1110を含んだテーパ形状のフェルール1108が設けられている。 The distal end 1106 of the cannula 1102, ferrule 1108 of tapered shape is provided that includes an O-ring 1110 that is configured sized to contact the endoscopic instrument extending therethrough. カニューレ1102の近位端部1112は、器具スタビライザの近位ハウジング1114に連結されている。 The proximal end 1112 of the cannula 1102 is connected to the proximal housing 1114 of the instrument stabilizer.
【0104】 [0104]
近位ハウジング1114は、上側シェル1116および下側シェル1118と、これらの間に固定されている円盤1120とを含んでいる。 Proximal housing 1114 includes an upper shell 1116 and a lower shell 1118, and a disk 1120 which is fixed between them. 上側シェル1116は、内視鏡器具が通り得る中央開口部1122を含んでいる。 Upper shell 1116 includes a central opening 1122 to obtain as endoscopic instruments. 下側シェルは、比較的大きな中央開口部1124と、任意選択である上述したポートまたは他のポート上の嵌合構造にハウジング1114を連結できるように構成された瘤部1126などの嵌合構造とを含んでいる。 Lower shell includes a relatively large central opening 1124, and the fitting structure such as nubs 1126 configured to be coupled to the housing 1114 in a fitting structure on the above-mentioned ports or other ports are optional It contains. 円盤1120は、好ましくは、円盤の両側にそれぞれ設けられ且つ等間隔に離間配置された3つのバネ1128で固定されている。 Disk 1120 preferably is fixed by three springs 1128 which are spaced provided and at equal intervals on both sides of the disk. バネ1128の相対位置を維持するために、円盤の各側および上側および下側シェルの対応内側表面は、バネの端部を挿入する凹部1130を含んでいる。 To maintain the relative position of the spring 1128, each side and the upper and the corresponding inner surface of the lower shell of the disk includes a recess 1130 for inserting the end of the spring. 上側および下側シェル1116、1118を一緒に、例えば、超音波溶接、ネジ込み連結、またはネジなどの複数の留め具により、円盤1120の周囲で連結する。 Together upper and lower shells 1116, 1118, for example, ultrasonic welding, by a plurality of fasteners, such as threaded coupling or screw, connecting around the disk 1120. 円盤1120は中央開口部1132を含み、締まり嵌めや接着剤による接合などによって、この中央開口部1132内にカニューレ1102の近位端部1112が固定される。 Disk 1120 includes a central opening 1132, such as by bonding by interference fit or an adhesive, proximal end 1112 of the cannula 1102 is fixed to the central opening 1132. あるいはまた、カニューレ1102が、中央開口部1132内にぴったりと嵌合され、カニューレの遠位端部1106の長さをハウジング1114に対して調節するために長手方向に移動できるようにされていてもよい。 Alternatively, cannula 1102 is fitted snugly into the central opening 1132, it is to move longitudinally in order to adjust the length of the cannula distal end portion 1106 to the housing 1114 good.
【0105】 [0105]
次に、図63および図64を見ると、器具スタビライザ1100は、患者身体内に設置されたポート210などのポート内に挿入できるようになっている。 Turning now to FIGS. 63 and 64, the instrument stabilizer 1100 is adapted to be inserted into the port, such as port 210 installed in the patient's body. カニューレ1102の遠位端部1106をポート内に延在させた後、嵌合構造1126(図60)をポートの嵌合構造283に連結して、器具スタビライザおよびポートを共にしっかりと固定することができる(図64)。 After extending the distal end portion 1106 of the cannula 1102 into the port, fitting structure 1126 coupled to (Figure 60) to the port of the mating structure 283, that together secure the instrument stabilizer and port possible (Figure 64). 次に、内視鏡器具1138を上側シェルの開口部内およびカニューレ内に挿入する。 Next, insert a endoscopic instrument 1138 within and into the cannula opening of the upper shell. 内視鏡器具1138は、カニューレ1102の遠位端部を出ると、Oリング1110に接触して、器具とOリングとの間に締まり嵌め状態を形成する。 Endoscopic instrument 1138, upon exiting the distal end of the cannula 1102, in contact with the O-ring 1110 to form the interference fit between the instrument and the O-ring. これにより、内視鏡器具の移動に対してわずかな抵抗が発生する。 Thus, a slight resistance is generated against movement of the endoscopic instrument. バネで安定化された円盤1120が、身体組織と協働して、内視鏡器具1138の横方向移動を安定化させると同時に、Oリング1110が、器具1138の長手方向移動を安定化させる機能を果たす。 Function disk 1120 stabilized by spring, in cooperation with the body tissue, and at the same time to stabilize the lateral movement of the endoscopic instrument 1138, O-ring 1110, to stabilize the longitudinal movement of the instrument 1138 the play. このため、内視鏡器具が受ける手の震えなどのかすかな力は減衰される。 Accordingly, faint forces, such as hand tremor where an endoscopic instrument receiving is attenuated. さらに、Oリングと器具とが、好ましくはカニューレの遠位端部の位置で接触することから、器具の有効支点が手術部位に比較的近くなるため、器具の方向付けが容易になり、筋肉疲労が軽減される。 Furthermore, the O-ring and the instrument, preferably from making contact at the position of the distal end of the cannula, the effective pivot of the instrument is relatively close to the surgical site, facilitates the orientation of the instrument, muscle fatigue There is reduced.
【0106】 [0106]
図65および図66を参照すると、本発明による第2の実施形態の器具スタビライザ1200が図示されている。 Referring to FIGS. 65 and 66, the instrument stabilizer 1200 of the second embodiment according to the present invention is illustrated. 器具スタビライザ1200は、第1の実施形態について上述したように、カニューレ1202と、安定化された円盤1220を有するハウジングとを含んでいる。 Instrument stabilizer 1200, as described above for the first embodiment, and a housing having a cannula 1202, a disk 1220 stabilized. カニューレ1202が、円盤に対して摺動可能でありながら、大きな相対的長手方向力を受けない限りその相対位置を維持するように、カニューレを、好ましくは、円盤1220の開口部内に締まり嵌めする。 Cannula 1202, while being slidable relative to the disk, so as to maintain its relative position unless heavily relative longitudinal force, a cannula, preferably an interference fit within the opening of the disk 1220. カニューレの近位端部1212には、フェルール1240が設けられている。 The proximal end 1212 of the cannula, ferrule 1240 is provided. さらに、カニューレの遠位端部1206は、フェルールおよびグロメットを具備するのではなく(第1の実施形態のように)、テーパ形状となっている。 Further, the distal end 1206 of the cannula, rather than including a ferrule and grommets (as in the first embodiment), and has a tapered shape. 遠位端部1206に単数または複数のスリット1242を設けた後、そのスロットの周囲で端部を圧縮することにより、遠位端部1206をテーパ形状にすることができる。 After providing the one or more slits 1242 to the distal end 1206, by compressing the end portion at the periphery of the slot, it can be a distal end portion 1206 in a tapered shape. このテーパの程度を十分にして、カニューレとカニューレ内に延びる器具とを密着させる。 The degree of the taper in the well, to close contact with the instrument extending cannula and the cannula.
【0107】 [0107]
図65を参照すると、第2の実施形態の好適な一態様によれば、穿刺ロッド1250をスタビライザ1200内に配置して、穿刺ロッドの鋭利な穴あけ先端部1252がカニューレの遠位端部から延出するようにさせることができる。 Referring to FIG. 65, according to a preferred embodiment of the second embodiment, extending the puncture rod 1250 disposed in the stabilizer 1200 the sharp piercing tip 1252 of the puncture rod from the distal end of the cannula it can be to be out. 延出させた後、器具スタビライザを使用したいときに、穿刺ロッド先端部とスタビライザとを患者の組織内に穿刺し、穿刺ロッドのみを取り出してスタビライザを残す。 After extending, when you want to use the instrument stabilizer, a piercing rod tip and the stabilizer pierces into the tissue of a patient, leaving the stabilizer removed only puncture rod. これにより、スタビライザを迅速かつ容易に挿入できる上、形成される入口は比較的小さく、ポートを使用する必要もなくなる。 Thus, on which you can insert the stabilizer quickly and easily, the inlet is formed is relatively small, there is no need to use the port. 穿刺ロッドは、鋭利で先の尖った穿刺ロッドの代わりに、先の丸い焼灼先端部を含んでもよい。 Piercing rod, instead of the sharp and pointed puncturing rod may include a blunt cauterizing tip. これにより、焼灼電流を加えて胸壁部を切開することができるが、焼灼電流を加えていない間は相対的に無外傷性であるように十分に先の丸い先端部となっている。 Thus, although the addition of cauterizing current can be incised chest wall, while not adding cauterizing current has a sufficiently blunt tip as a relatively atraumatic.
【0108】 [0108]
図65および図66を参照すると、第2の実施形態による別の好適な態様によれば、フランジ1244がハウジング1214の周縁周りに設けられている。 Referring to FIGS. 65 and 66, according to another preferred embodiment according to the second embodiment, the flange 1244 is provided around the periphery of the housing 1214. フランジは、好ましくは均等距離で離間している複数の縫合糸穴1246を含んでいる。 Flange preferably includes a plurality of suture holes 1246 that are spaced at equal distances. 縫合糸穴1246は、器具スタビライザを患者に直接縫合する場所を提供する。 Suture holes 1246, provides a place for suturing directly instrument stabilizer to the patient. 器具スタビライザを患者に直接連結する他の手段も使用可能である。 Other means of connecting directly to a patient an instrument stabilizer can be used. 例えば、下側シェル1218の下側表面1219を好ましくは凸状にして、器具スタビライザを患者の皮膚に一時的に接着できる接着剤を設けることができる。 For example, it is possible to preferably the lower surface 1219 of the lower shell 1218 in the convex shape, it provided the adhesive which the instrument stabilizer can temporarily adhere to the skin of the patient. さらに別の例として、下側シェル1218を、患者の皮膚に対して真空を適用できるようにしてもよい。 As yet another example, the lower shell 1218 may be able to apply a vacuum to a patient's skin. 図73〜図78について以下により詳細に説明するように、吸引用に個々に選択可能ないくつかの吸引領域(例えば、それぞれが下側シェルの四分円内を延びる4つの吸引領域)を使用して、下側シェル1218の複数部分を選択的に皮膚に連結してもよい。 As will be described in more detail below with respect to FIG. 73 to FIG. 78, using the individually selectable several suction region (e.g., four suction regions each extending in the quadrant of the lower shell) for suction and it may be selectively connected to the skin portions of the lower shell 1218. こうすると、安定化された円盤は、明らかに、患者の肉が有する制動特性と併せて、スタビライザ1200内に延びる内視鏡器具に付与される揺れを制動するように動作することができる。 In this way, it stabilized disk is obviously in conjunction with the braking characteristic of the patient's flesh, sway applied to an endoscopic instrument extending to the stabilizer 1200 within can operate to braking.
【0109】 [0109]
次に、図67を見ると、第1の実施形態に略類似した第3の実施形態である器具スタビライザ1300が図示されている。 Turning now to FIG. 67, the third instrument stabilizer 1300 is a embodiment is shown that is substantially similar to the first embodiment. 第3の実施形態は、下側シェル1318と円盤1320の下側面との間に、複数のバネ1328からなる単一組のバネを含んでいる。 The third embodiment, between the lower surface of the lower shell 1318 and the disk 1320 includes a single set of springs comprising a plurality of spring 1328. 上側シェル1316は、好ましくは半球形の凹形内側表面1346を含む。 Upper shell 1316 preferably includes a concave inner surface 1346 of the hemispherical. 円盤1320の上側には半球形部分1348が設けられている。 The upper disk 1320 hemispherical portion 1348 is provided. 中央開口部1332が、円盤の半球形部分1348を含めて円盤1320内を貫通している。 Central opening 1332 extends through the inside disk 1320, including the hemispherical portion 1348 of the disc. バネが、半球形部分1348を上側シェルの凹形内側表面1346に押圧する。 Spring presses the hemispherical portion 1348 in a concave inner surface 1346 of the upper shell. カニューレ1302には、カニューレ内に延びる器具と密着する寸法の開口部(図示せず)を有した遠位ブシュ1310が設けられている。 The cannula 1302, the distal bushing 1310 is provided having openings sized to contact with an instrument that extends into the cannula (not shown). 器具をハウジング1314に対して動かすと、円盤1320の半球形部分1348が上側シェル1316の内側表面1346に対して関節動作する。 Moving the instrument relative to the housing 1314, a semi-spherical section 1348 of the disk 1320 articulates against the inner surface 1346 of the upper shell 1316. しかし、器具の動作はバネ1328により減衰される。 However, operation of the instrument is attenuated by the spring 1328.
【0110】 [0110]
図68〜図70を参照すると、第1の実施形態に略類似した第4の実施形態の器具スタビライザ1400が図示されている。 Referring to FIGS. 68 70, a fourth embodiment of an instrument stabilizer 1400 is shown that is substantially similar to the first embodiment. 器具スタビライザ1400は、上側および下側シェル1416、1418と、円盤1420とを含んでいる。 Instrument stabilizer 1400 includes an upper and lower shells 1416,1418, and disk 1420. 円盤1420は、上側シェルと下側シェルとの間に設けられており、6つの半径方向スロット1450と、各スロットに対して中央に設けられた半径方向内腔1452とを含んでいる。 Disk 1420 is provided between the upper and lower shells, and six radial slots 1450, and a radial bore 1452 provided in the center with respect to each slot. 各半径方向内腔1452には、支柱1456の第1の端部1454が配設されている。 Each radially lumen 1452, a first end 1454 of the struts 1456 are disposed. 各シェル1416、1418の内側は、円周方向に等間隔に離間して配置された6つの支柱取付部1458を含んでいる。 Inside each shell 1416,1418 includes six struts attaching portion 1458 which is spaced at equal intervals in the circumferential direction. 支柱取付部1458には、それぞれ下向きおよび上向きに角度をつけて交互に位置する上側および下側支柱把持部1460、1462が設けられている。 The post mounting portion 1458, upper and lower struts gripper 1460,1462 alternately positioned respectively with the downward and upward angles are provided. これに、各支柱1456の第2の端部1464を収容する。 Thereto, to accommodate the second end portion 1464 of each strut 1456. 上側シェル1416は溝1466を含み、下側シェル1418は溝1466内に嵌合するサイズである円形隆起部1468を含んでいる。 Upper shell 1416 includes a groove 1466, lower shell 1418 includes a circular ridge 1468 is sized to fit within the groove 1466. 上側および下側シェル1416、1418は、支柱1456の第2の端部1464が上側および下側シェルの各支柱取付部1458に収容され、隆起部1468が溝1466内に嵌合するように、円盤1420を挟む。 The upper and lower shells 1416,1418, the second end 1464 of the struts 1456 are accommodated in each post mounting portion 1458 of the upper and lower shells, so as ridge 1468 is fitted into the groove 1466, disk sandwiching the 1420. 次に、シェル1416、1418を互いに組み立てて、超音波溶接などにより密閉する。 Next, assemble the shell 1416,1418 each other and sealed such as by ultrasonic welding. シェルが組み立てられた状態では、支柱1456は交互に上向きおよび下向き形状に折れ曲げられる。 In a state where the shell is assembled, the struts 1456 is bent Slight upward and downward shape alternately. この支柱により円盤に対する安定化力が得られる。 Stabilizing force against disc is obtained by the post. この円盤1420内にカニューレ1402が連結されるため、カニューレ1402のフェルール1408内におけるOリング1410を介する内視鏡器具の運動を減衰させることができる。 Therefore the cannula 1402 into the disc 1420 is connected, it is possible to attenuate the movement of the endoscopic instrument through the O-ring 1410 in the ferrule 1408 of the cannula 1402.
【0111】 [0111]
図71を参照すると、第5の実施形態の器具スタビライザ1500が提供されている。 Referring to FIG. 71, the instrument stabilizer 1500 of the fifth embodiment is provided. 器具スタビライザ1500は、ハウジング1514に連結されたカニューレ1502を含んでいる。 Instrument stabilizer 1500 includes a cannula 1502 coupled to the housing 1514. カニューレ1502は、カニューレの内部に通じる開口部を設けた近位半球形ヘッド1509と、カニューレ内に延びる内視鏡器具と密着するサイズである遠位グロメット1510とを備えている。 The cannula 1502 includes a proximal hemispherical head 1509 having an opening portion communicating with the interior of the cannula, and a distal grommet 1510 is sized to contact the endoscopic instrument extending into the cannula. ハウジング1514は、下側プラットフォーム1518と、上側キャップ1516と、これらの間に位置する中央リング1519とを含んでいる。 The housing 1514 includes a lower platform 1518, an upper cap 1516 and a central ring 1519 positioned therebetween. 上側キャップ1516は、半球形ヘッド1509が関節接合できる凹形内側表面(図示せず)と、内側リップ(図示せず)とを含んでいる。 The upper cap 1516 has a concave inner surface hemispherical head 1509 can be articulated (not shown), and an inner lip (not shown). 下側プラットフォーム1518は、中央開口部1570と、複数の離間したスロット1574を設けた周囲円形隆起部1572と、外側リップ1575とを含んでいる。 Lower platform 1518 includes a central opening 1570, and the peripheral circular ridge 1572 having a plurality of spaced apart slots 1574, and an outer lip 1575. カラー1576が、カニューレの一部周囲に固着連結され、プラットフォーム1518の隆起部1572内に配置されている。 Color 1576 is secured coupled around a portion of the cannula is disposed within the raised portion 1572 of the platform 1518. カラー1576は、隆起部1572に形成されたスロット1574に対応する複数のスロット1578を含んでいる。 Color 1576 includes a plurality of slots 1578 that correspond to the slot 1574 formed in the raised portion 1572. 単数または複数の弾性またはばね性を有したベルト1580が、スロット1574とスロット1578との間でこれらスロット内を延びており、プラットフォーム1518の開口部1570に対してカラー1576を安定させている。 Belt 1580 having one or more resilient or spring properties, extends within the slots between the slots 1574 and slot 1578, and to stabilize the color 1576 with respect to the opening 1570 of the platform 1518. 中央リング1519は、外壁1582と、中央開口部1586を設けたプレート部分1584とを含んでいる。 Center ring 1519, the outer wall 1582, and a plate portion 1584 having a central opening 1586. 上側キャップ1516をプラットフォーム1518に接合したとき、外壁1582が上側キャップ1516の内側リップとプラットフォーム1518の外側リップ1575との間に保持される。 When joining the upper cap 1516 to the platform 1518, the outer wall 1582 is held between the outer lip 1575 of the inner lip and the platform 1518 of the upper cap 1516. プレート部分1584は、ハウジング1514が組み立てられてカニューレ1502がハウジングに対して移動したときに、ベルト1580がスロット1574、1578から外れることを防止するように作用する。 Plate portion 1584, cannula 1502 housing 1514 is assembled when moving relative to the housing, the belt 1580 acts to prevent from being removed from slots 1574,1578. グロメット1510と接触させた状態でカニューレ1502内に器具を配置すると、器具の動きは、グロメット1510の密着嵌合と、ベルト1580のカラー1576およびカニューレ1502に対する力とにより、減衰され、安定化される。 Placing the instrument within the cannula 1502 while being in contact with the grommet 1510, the motion of the instrument, the contact fitting of the grommet 1510, by a force against collar 1576 and cannula 1502 of the belt 1580 is attenuated and stabilized .
【0112】 [0112]
次に、図72を参照すると、第6の実施形態の器具スタビライザ1500aが図示されている。 Referring now to FIG. 72, the instrument stabilizer 1500a of the sixth embodiment is shown. 器具スタビライザ1500aは、第2の実施形態で説明したように、円盤1520a内に締まり嵌めされているカニューレ1502aを含んでいる。 Instrument stabilizer 1500a, as described in the second embodiment includes a cannula 1502a that is an interference fit within the disc 1520a. 第1の実施形態の場合と同様に、カニューレ1502aの近位端部1512aにはフェルール1540aが、遠位端部1506aにはフェルールおよびグロメットが設けられている。 As in the first embodiment, the proximal end portion 1512a of cannula 1502a ferrule 1540a is the distal end portion 1506a and ferrule and the grommet is provided. ネジ係合された上側および下側シェル1516a、1518aが、円盤1520aの周囲を取り囲んでいる。 Screw engaged with the upper and lower shells 1516a, 1518a are, it surrounds the periphery of the disc 1520a. プレート1560aは、上側シェルの上方内側表面に対向して設けられ、これに対して回転できるようになっている。 Plate 1560a is disposed to face the upper inner surface of the upper shell and can be rotated relative thereto. 圧縮バネ1528aが、第1の実施形態について説明したように、円盤1520aを上側シェルと下側シェルとの間に「浮遊」させるように、円盤の両側に設けられている。 Compression spring 1528a is, as described for the first embodiment, as to "float" between the disc 1520a and the upper and lower shells, are provided on both sides of the disk. シェル1516aおよび1518aは、バネがさらに圧縮され(例えば、時計回りの回転による)また圧縮量を減らされる(例えば、反時計回りの回転による)ように、互いに対して回転させることができ、これにより、カニューレに対する安定化力を制御して変更することができる。 Shell 1516a and 1518a, the spring is further compressed (e.g., rotation due to the clockwise) are reduced to addition amount of compression (e.g., by a counterclockwise rotation) manner, can be rotated relative to each other, thereby it can be changed by controlling the stabilization force against the cannula.
【0113】 [0113]
図73および図74を参照すると、本発明による第7の実施形態の器具スタビライザ2400が図示されている。 Referring to FIGS. 73 and 74, the instrument stabilizer 2400 of the seventh embodiment according to the present invention is illustrated. 図73および図74に、スタビライザのカニューレ2402内に延びる穿刺ロッド2500が図示されている。 In FIGS. 73 and 74, the puncture rod 2500 that extends into the cannula 2402 of the stabilizer is shown. スタビライザのカニューレ2402は、第1の実施形態について説明したように、安定化された円盤2420を有するハウジング2414内を延びている。 The cannula 2402 of the stabilizer, as described for the first embodiment, extends through the housing 2414 having a disc 2420 that is stabilized. このカニューレ2402は、円盤2420の開口部に対して摺動可能であるように、円板2420の開口部内に締まり嵌めされていることが好ましく、比較的長手方向に強い力を受けない限りその相対位置を維持するようになっている。 The cannula 2402, so as to be slidable relative to the opening of the disk 2420, it is preferable that the interference fit in the opening of the disc 2420, the relative unless relatively subjected to strong forces in the longitudinal direction It is adapted to maintain the position.
【0114】 [0114]
第7の実施形態の1つの好適な態様によれば、カニューレの近位端部2412に、その入口部分の直径を変更して内部を延びる器具の周囲にシールを形成するように構成された調節可能なシール組立体2430が設けられている。 According to one preferred embodiment of the seventh embodiment, adjustment to the proximal end 2412 of the cannula and configured to form a seal around the instrument extending inside by changing the diameter of the inlet portion seal assembly 2430 is provided as possible. この組立体2430は、好ましくは、カニューレの近位端部に設けられたアダプタ2432と、アダプタ2432上に設けられたシールハウジング2434と、シールハウジング2434内に設けられた弾性可圧縮ブシュ2436と、シールハウジング2434上に設けられたシールキャップ2438とを含んでいる。 The assembly 2430 is preferably an adapter 2432 provided on the proximal end of the cannula, the seal housing 2434 provided on the adapter 2432, an elastic compressible bushing 2436 disposed within seal housing 2434, and a seal cap 2438 provided on the seal housing 2434. シールキャップ2438は、シールキャップ2438がシールハウジング2434に対して回転させられたときに、ブシュ2436を軸方向に圧縮してその直径を縮小するように配置された中央部分2440(図73)を含んでいる。 The seal cap 2438, when the seal cap 2438 is rotated relative to seal housing 2434, includes the placed central portion so as to reduce its diameter to compress the bushing 2436 in the axial direction 2440 (FIG. 73) They are out. カニューレの遠位端部2406には、その内部を延びる穿刺ロッドまたは他の器具に接触するサイズの別のフェルール2408とグロメット2410とが設けられている(図76)。 The distal end 2406 of the cannula, and another ferrule 2408 and grommet 2410 sized to contact the piercing rod or other instrument extends inside is provided (Figure 76).
【0115】 [0115]
カニューレ2402は、自由選択で、弁2490を含む(図77)。 The cannula 2402, a free selection includes a valve 2490 (FIG. 77). 弁2490(例えば、フラッパ、ダックビル、または他の標準弁)は、器具スタビライザを挿入した身体空洞の通気が必要な手術処置に器具スタビライザを使用することを可能とさせる。 It valves 2490 (e.g., flapper, duckbill or other standard valves,) causes it possible to use the instrument stabilizer breathable surgical treatment necessary in the body cavity by inserting an instrument stabilizer. 弁2490を図示のようにカニューレ内に設けても、カニューレの近位側または遠位側の位置に設けてもよい。 Be provided a valve 2490 to the cannula as shown, it may be provided on the proximal side or the distal position of the cannula. 弁2490が近位側にある場合、流体はカニューレ内を通過できなくなる。 If the valve 2490 is proximally, fluid can not be passed through the cannula. 好ましくは、弁に抗してカニューレ内に内視鏡器具を挿入することにより、弁が自動的に開口し、内視鏡器具がカニューレ内を移動可能となるようにする。 Preferably, by inserting an endoscopic instrument against the valve in the cannula, the valve is automatically opened, the endoscopic instrument to be movable within the cannula.
【0116】 [0116]
図73、図74、図75および図77を参照すると、第7の実施形態の器具スタビライザの別の好適な態様によれば、スタビライザハウジング2414は、上側キャップ2416とボール基部2418とを含み、これらが協働して、円盤2420およびバネ2428を取り囲んでいる。 Figure 73, Figure 74, referring to FIGS. 75 and 77, according to another preferred embodiment of the instrument stabilizer of the seventh embodiment, the stabilizer housing 2414 includes an upper cap 2416 and the ball base 2418, these There cooperate surrounds the disk 2420 and spring 2428. ネジ2430が上側キャップ2414とボール基部2416とを一緒に固定している。 Screw 2430 is fixed to the upper cap 2414 and the ball base 2416 together. ボール基部2416は、真空プレート2454のソケット2452内に連結される下側扁球部分2450を含んでいる。 Ball base 2416 includes a lower spheroid portion 2450 connected to the socket 2452 of the vacuum plate 2454. ソケット2452の一部は、プレート2454の上側表面上の4つのカム表面2456によって規定されている。 Some of the socket 2452 is defined by four cam surfaces 2456 on the upper surface of the plate 2454. プレート2454の上側表面は、さらに、略環状のチャネル2458を含んでいる。 Upper surface of the plate 2454 further includes a generally annular channel 2458. リング形状ロックレバー2460は、このチャネル2458内に収容されるものであり、内側カム2462を含んでおり、内側カム2462は、レバー2460がチャネル内で回転されたときに、カム表面2456と接触してこれを半径方向に圧縮し、それにより、ボール基部2418を一定位置にロックする。 Ring-shaped locking lever 2460 is intended to be housed within the channel 2458, and includes an inner cam 2462, inner cam 2462, when the lever 2460 is rotated in the channel, in contact with the cam surface 2456 This was radially compressed Te, thereby locking the ball base 2418 in a fixed position. レバー2460は、回転を容易にするハンドル2462と、2つの周辺スロット(図示せず)2464とを含んでいる。 Lever 2460 includes a handle 2462 to facilitate rotation, and two peripheral slots (not shown) 2464. 2つのダウエルピン2466は、プレート2454およびスロット2464内に半径方向に延び、レバー2460をプレート上に保持するが、その回転は許容する。 Two dowel pins 2466 extend radially to the plate 2454 and the slot 2464, retains the lever 2460 on the plate, the rotation is permitted. ハンドル2462がプレート2454に設けられた周辺開口部2468内しか移動できないため、このハンドルにより回転が制限されている。 Since the handle 2462 can only move within the periphery of an opening 2468 provided in the plate 2454, the rotation is limited by the handle. プレート2454の底面は、2つの略同心円状部分2472、2474を有する真空路2470を規定している。 Bottom of the plate 2454 defines a vacuum passage 2470 having two substantially concentric portions 2472,2474. 真空路2470は、プレート2454の上側表面に延びる穴2476と流体連通しており、ルアーコネクタ2478がこの穴に連結される。 Vacuum passage 2470 is in fluid communication with bore 2476 extending to the upper surface of the plate 2454, luer connector 2478 is connected to this hole. 真空供給源(図示せず)がこのルアーコネクタ2478に連結され、プレート2454が人間の身体上に配置されたとき、真空路2470内の陰圧により、プレートおよび器具スタビライザ2400を人間の身体に固定する。 A vacuum source (not shown) is connected to the luer connector 2478, when the plate 2454 is placed on the human body, the negative pressure in the vacuum passage 2470, plates and instruments stabilizer 2400 to human body fixed to. プレート2454に他の真空路を設けてもよい。 The plate 2454 may be provided with another vacuum path. 例えば、図78を参照すると、プレート2454の真空路2470aは、ルアーコネクタ2478と流体連通しているリング形通路2474aと流体連通する複数の円形開口部2472aを含むことができる。 For example, referring to FIG. 78, the vacuum passage 2470a of the plate 2454 may include a plurality of circular openings 2472a in fluid communication with the ring-shaped path 2474a in fluid communication with the luer connector 2478. 図74および図78を参照すると、プレート2454周辺部に設けた穴2480を用いて、プレートを人間の身体組織に縫合して、スタビライザを身体にさらに固定してもよい。 Referring to FIGS. 74 and 78, with a hole 2480 formed in the plate 2454 periphery, by suturing the plate to the human body tissue, may be further secured to the stabilizer body.
【0117】 [0117]
次に、図79〜図83を見ると、第8の実施形態の器具スタビライザ2600が図示されている。 Turning now to FIG. 79 to FIG. 83, the instrument stabilizer 2600 of the eighth embodiment is shown. 器具スタビライザ2600は、上記シール組立体2430について説明したように、近位端部に調節可能なシール組立体2630を有し、遠位端部にはグロメット2610を保持するフェルール2608を有したカニューレ2602を含んでいる(図83)。 Instrument stabilizer 2600, as described for the seal assembly 2430 includes an adjustable seal assembly 2630 to the proximal end, the cannula 2602 to a distal end portion having a ferrule 2608 for holding the grommet 2610 includes (Fig. 83). 球状の曲率半径を有するフランジ2620が、カニューレ2602の周囲に設けられている。 Flange 2620 having a radius of curvature of the spherical is provided around the cannula 2602. カニューレ2602は、ドーム形状のキャップ2616を有するハウジング2614内を延びている。 The cannula 2602 extends within the housing 2614 having a cap 2616 of a dome shape. このキャップは、中央開口部2617と、切頭円錐形開口部2619を有する基部2618とを有する。 The cap has a central opening 2617, a base 2618 having a frustoconical opening 2619. キャップ2616と基部2618とが協働して、フランジ2620の球状曲率半径と略同じ球状曲率半径を有するチャネル2615を形成しており、フランジは、このチャネル内を移動することができる。 Cap 2616 and base 2618 cooperate to, forms a channel 2615 having substantially the same spherical radius of curvature as the spherical radius of curvature of the flange 2620, the flange can be moved within this channel. ハウジング2614は、複数の周辺穴2680を含んでいる。 The housing 2614 includes a plurality of peripheral holes 2680. 使用の際、カニューレ2602の遠位端部が患者身体内の穿刺穴内に挿入されると、この周辺穴2680を介してハウジング2614が患者に縫合される。 In use, the distal end of the cannula 2602 is inserted into the puncture in the patient's body, the housing 2614 is sutured to the patient via the peripheral holes 2680. こうして、ハウジング2614は穿刺穴上に着座、固定される。 Thus, the housing 2614 seated on the puncture hole, are fixed. 次に、カニューレ2602をハウジング2614に対して傾斜させると(図81〜図83に示されているように)、患者の身体組織が、カニューレ内に延びる器具の不当な動作を制動する安定化力を提供する。 Next, when tilting the cannula 2602 with respect to the housing 2614 (as shown in Figure 81 to Figure 83), the stabilizing force the patient's body tissue, to brake the illegal behavior of the instruments extending into the cannula I will provide a. 使用の際、フランジ2620およびチャネル2615の曲率半径の中心は、好ましくは患者の身体内に配置させる。 In use, the radius of curvature of the center of the flange 2620 and the channel 2615, preferably is placed into the patient's body.
【0118】 [0118]
次に、図84を見ると、第9の実施形態の器具スタビライザ1600が図示されている。 Turning now to FIG. 84, the instrument stabilizer 1600 of the ninth embodiment is shown. 器具スタビライザ1600は、器具連結器1602と、好ましくは安定なシャフト1604とを含んでいる。 Instrument stabilizer 1600 includes a tool coupling 1602 preferably includes a stable shaft 1604. 器具連結器1602は、好ましくは弾性を有しており、中央カラー1603と、弾性つなぎ部によって好ましくはリング形であるシャフトカラー1603に連結された複数のリング1606または、例えば紐、カラー、チューブ、クランプなどの他の器具把持手段とを含んでいる。 Instrument coupler 1602 preferably has elasticity, a central collar 1603, a plurality of rings 1606 or connected to the shaft collar 1603 is preferably ring-shaped by an elastic connecting portion, for example laces, color, tubes, and a further instrument gripping means, such as clamps. シャフト1604は、器具スタビライザ専用シャフトであっても、または上述した心臓スタビライザや手術処置時に実質的に安定である別の任意の器具など、別の器具の安定化されたシャフトであってもよい。 Shaft 1604 may be a device stabilizer dedicated shaft, or the like any other instrument which is substantially stable during the above-mentioned cardiac stabilizer and surgical procedures, it may be a stabilized shaft another instrument. 外科用器具1630をリング1606の1つに挿入する。 Inserting a surgical instrument 1630 into one of the rings 1606. どのリングであれば手術部位に最適に到達できるかという判断に基づいてリングを好ましくは選択して、複数のリングに複数の外科用器具を挿入することができる。 Ring based on the best judgment that it can reach the surgical site if any ring preferably selected, it is possible to insert a plurality of surgical instruments into a plurality of rings. リングからシャフトカラーに延びる弾性つなぎ部は、外科用器具が受ける不当な運動を減衰させする機能を果たす。 Resilient connecting portion extending from the ring to the shaft collar serves to dampen undue motion surgical instrument is subjected. さらに、図85を参照すると、器具連結器1602を複数シャフト1604上に用いて、単一器具1630を複数の連結器1602で安定化させ、器具1630が受ける力をさらに減衰させるようにすることができる。 Still referring to FIG. 85, using an instrument connector 1602 on the plurality shaft 1604, to stabilize the single device 1630 by a plurality of coupler 1602, it is adapted to further attenuate the force instrument 1630 receives it can.
【0119】 [0119]
複数の実施形態が有するさまざまな特徴を他の組み合わせて使用できるようにすることが意図されている。 It is intended that the various features included in the plurality of embodiments to be used in combination of other. したがって、器具スタビライザを患者の身体またはポートやシャフト(第9の実施形態の場合)に連結するためのさまざまな手段を開示してきたが、他にも、適した手段であれば使用可能であることを理解されたい。 Thus, although the instrument stabilizer has been disclosed a variety of means for coupling to a patient's body or the port and the shaft (in the case of the ninth embodiment), it otherwise can also be used as long as suitable means It is to be understood. さらに、器具スタビライザの第1〜第9の実施形態において、カニューレは円盤に連結されているか、ハウジング内で安定化されたフランジを具備しているが、三角形であるなど、円盤形状以外のプレートも使用可能である。 Further, in the first to ninth embodiments of the instrument stabilizer, or cannula is connected to the disc, but comprises a stabilized flange in the housing, such as a triangle, also plate other than a disk shape it is possible to use. また、他の減衰手段も使用可能である。 Further, other damping means may be used. 例えば、ハウジング内に保持されたゴムや他の弾性材料プレートを使用することができる。 For example, it is possible to use a rubber or other elastic material plate held in the housing. このようなゴム製プレートは自己減衰性であるため、バネ、ベルトなどを必要としない。 Such rubber plates because it is self-damping, springs, no such need belt. さらに、外科用器具およびカニューレが受ける力を安定化および減衰させるためのさまざまな手段を開示してきたが、他の手段も同様に使用可能であることを理解されたい。 Furthermore, there have been disclosed various means to force stabilize and dampen the surgical instrument and cannula receive, it is to be understood that other means could be used as well. また、カニューレとの嵌合構造を得るためにOリング、グロメットおよびテーパ状カニューレを開示したが、ダイヤフラムやスポンジ片などの他の嵌合型ブシュも使用可能である。 Further, O-ring in order to obtain the fitting structure between the cannula disclosed the grommet and tapered cannula, other mating type bushing such as a diaphragm or sponge pieces can be used. さらに、こうしたブシュをカニューレの長手方向のどこに設けてもよい。 Furthermore, it may be provided such bushing where the longitudinal direction of the cannula. しかし、ブシュを近位端部に設ける場合、遠位端部でも器具とスタビライザとの間で締まり嵌めがなされることが好ましい。 However, in the case of providing a bush in the proximal end portion, it is preferable that interference between the tool and the stabilizer in the distal end portion fitted is made. さらに、第8の実施形態において説明したように、安定化された円盤および締まり嵌めブシュの一方のみを含む器具スタビライザを提供してもよい。 Further, as described in the eighth embodiment, it may provide a stabilized disc and interference fit instrument stabilizer comprising one of the bushing only. また、器具スタビライザの第1〜第6および第8の実施形態に、第7の実施形態で説明したように、シール組立体および/または弁を含めてもよい。 Further, in the first to sixth embodiment and the eighth instrument stabilizer, as described in the seventh embodiment, it may include a seal assembly and / or valve.
【0120】 [0120]
次に、図86および図87を見ると、本発明によるスタビライザスイベル1700が図示されている。 Turning now to FIG. 86 and FIG. 87, the stabilizer swivel 1700 is illustrated according to the present invention. 以下に説明するように、スタビライザスイベルは、スタビライザ1100などの器具スタビライザを患者身体上の位置に対して一定角度に維持することを可能とさせる。 As described below, the stabilizer swivel causes the instrument stabilizer such as stabilizer 1100 is it possible to maintain a constant angle to the position on the patient's body. スタビライザスイベル1700は、協働して好ましくは円柱を規定する上側および下側の相補型楔構成要素それぞれ1702、1704と、円盤1720とを含む。 Stabilizer swivel 1700 is preferably cooperatively includes a respective complementary wedge elements of the upper and lower defining a cylinder 1702 and 1704, and a disk 1720.
【0121】 [0121]
上側楔構成要素1702は、要素1702を貫通する開口部1707を形成する管状嵌合部分1706を備えた上側表面1705と、周縁部1709を有する円形凹部1708を含む下側表面1711と、開口部1707の周囲で離間して配置され、上側楔の凹部1708内において凹部の表面1712に好ましくは垂直な方向に延びる3つのネジ穴1710とを含んでいる。 The upper wedge element 1702 includes an upper surface 1705 which includes a tubular fitting portion 1706 that forms an opening 1707 extending through the element 1702, a lower surface 1711 that includes a circular recess 1708 having a peripheral edge 1709, opening 1707 are spaced around the, preferably on the surface 1712 of the recess in the recess 1708 of the upper wedge and a three screw holes 1710 extending in a direction perpendicular. 上側表面1705と下側表面1711とは、好ましくは、互いにおよそ22.5°をなしている。 The upper surface 1705 and lower surface 1711, preferably, forms approximately 22.5 ° from one another. さらに、ロックネジ1714が、上側楔内において、上側楔の上側表面1705に好ましくは垂直な方向に延びている。 Furthermore, locking screw 1714, in the upper wedge, preferably on the upper surface 1705 of the upper wedge extends in a direction perpendicular.
【0122】 [0122]
下側楔1704は、上側表面1715と、下側表面1716と、好ましくは開口部1707より比較的大きい中央開口部1717と、上側表面1715に好ましくは垂直な方向に下側楔内に延び、開口部1717の周囲で好ましくは等間隔で離間した3つのネジ穴1718とを含んでいる。 Lower wedge 1704, an upper surface 1715, a lower surface 1716, preferably a relatively large central opening 1717 through the opening 1707, preferably extends within a lower wedge in a direction perpendicular to the upper surface 1715, an opening preferably around parts 1717 and a three screw holes 1718 spaced at equal intervals. 下側楔構成要素の上側表面1715および下側表面1716は、好ましくは、互いにおよそ22.5°をなしている。 Upper surface 1715 and lower surface 1716 of the lower wedge element preferably forms approximately 22.5 ° from one another.
【0123】 [0123]
円盤1720は、一方の面上の周方向傾斜部1722と、3つの穴1724とを含んでいる。 Disk 1720 includes a circumferentially inclined portion 1722 on one surface, and three holes 1724. 円盤1720は、上側楔1702と下側楔1704との間の凹部1708内に設けられる。 Disk 1720 is provided in the recess 1708 between the upper wedge 1702 and the lower wedge 1704. 好ましくは、テーパ状で略平坦な頭部1728をそれぞれ有する3つのネジ1726が、ネジ1726の頭部のテーパ状部分を円盤1720の傾斜部1722と相補的に位置させて3つのネジ穴1718内に係合されることにより、ネジ1726は、円盤を上側楔1704に対して回転できる状態を維持しつつ、円盤を取り囲んで支持することになる。 Preferably, three screws 1726 each having a substantially flat head 1728 in a tapered shape, the tapered portion of the head of the screw 1726 are complementarily positioned between the inclined portion 1722 of the disc 1720 in the three screw holes 1718 by being engaged in, threaded 1726, while maintaining a state capable of rotating the disc relative to the upper wedge 1704, will support surrounding the disk. 第2の組のネジ1730は、円盤の穴1724を通って延びて、円盤を上側楔1702の凹部1708内に固定する。 A second set of screw 1730 extends through a hole 1724 of the disk, securing the disk within the recess 1708 of the upper wedge 1702. 円盤1720と凹部の周縁部1709とが、ネジ1726の頭部1728を回転させ得る軌道を規定する。 And the peripheral portion 1709 of the disc 1720 and the recess defines a trajectory that can rotate the head 1728 of the screw 1726. このように、上側および下側楔は、管状嵌合部分1706が下側楔1704の中央開口部1717に対して(図88および図89)および下側楔が着座する表面に対してさまざまな角度に方向付けることができるように、互いに連結され、互いに対して回転できるようになっている。 Thus, the upper and lower wedges, various angles relative to the surface of the tubular fitting portion 1706 relative to the central opening 1717 of the lower wedge 1704 (FIG. 88 and FIG. 89) and a lower wedge seated as can be directed to, they are connected to each other and can be rotated relative to each other. 上側および下側楔の表面が図示の所与角度をなしている場合、管状嵌合部分を、下側楔の開口部に対して0〜45°の範囲で方向付けられる。 When the upper and the surface of the lower wedge forms a given angle shown, the tubular fitting portion, oriented in the range of 0 to 45 ° with respect to the opening of the lower wedge. 各上側および下側楔に他の相対角度を持たせることにより、嵌合部分を方向付けられる角度範囲も異なることを理解されたい。 By having other relative angles to each upper and lower wedge, it should be understood different range of angles directed the mating portion. 上側および下側楔の相対的回転構造を可能にする他の機構も使用可能である。 Another mechanism which allows relative rotation structure of the upper and lower wedge can also be used.
【0124】 [0124]
図89を参照すると、嵌合部分1706と中央開口部との間の角度が最大になった場合にも、好ましくはどの場所でも、矢印Aで示されているように嵌合部分内の通路が遮蔽されないように、中央開口部1717のサイズが決定されている。 Referring to FIG. 89, even when the angle between the mating portion 1706 and the central opening is maximized, even preferably at any location, the passage in the fitting portion, as shown by arrow A so as not to be shielded, the size of the central opening 1717 is determined. 所望の相対角度が与えられたなら、下側楔と接触させるようにロックネジ1714を締め、それによって、上側および下側楔を一方の側で離間させ、他方の側で回転に対する十分な抵抗を生じさせる。 If desired relative angle is given, tighten the lock screw 1714 so as to contact with the lower wedge, thereby is separated on one side of the upper and lower wedge, produce sufficient resistance to rotation on the other side make. ロックネジ1714を再度弛めることにより、上側および下側楔1702、1704の相対的回転が可能となる。 By loosening the lock screw 1714 again, thereby enabling relative rotation of the upper and lower wedges 1702 and 1704.
【0125】 [0125]
次に、図90を見ると、スタビライザ1100などの器具スタビライザが、管状嵌合部分1706にてスタビライザスイベル1700に連結可能となっている。 Turning now to FIG. 90, the instrument stabilizer such as stabilizer 1100, and can connected to the stabilizer swivel 1700 at the tubular fitting portion 1706. 次に、スタビライザおよびその内部を延びる器具を所望方向に支持できるように、スタビライザスイベルを配置する表面すなわち患者に対するスタビライザ1100の相対角度を決定することができる。 Next, as a stabilizer and interior extending instrument that can be supported in a desired direction, it is possible to determine the relative angle of the stabilizer 1100 with respect to the surface or patient to place the stabilizer swivel. さらに、スイベル1700を器具スタビライザ内に一体成形して、これら2つを1つの共通器具にできることを理解されたい。 Further, by integrally molding the swivel 1700 into the instrument stabilizer, it should be understood that these two into one common device.
【0126】 [0126]
このシステムを用いる1つの好適な方法によれば、ポート装置を、締め付けるなどして、胸壁部内に安定に配置し、手術の必要に応じて、心臓壁に対し方向付ける。 According to one preferred method of using this system, the port device, and the like tightening, stably positioned in the chest wall, as required surgery, directing to the heart wall. 心臓スタビライザをポートに連結し、これを操作して、バイパス形成の必要な箇所を包囲している心臓壁に圧縮力を付与して、その箇所を実質的に固定化させる。 Connecting the heart stabilizer to the port, by operating this the necessary portion of the bypass formed by applying a compressive force on the heart wall surrounds, to substantially immobilize the location. 器具スタビライザを胸腔内の穿刺穴内に挿入し、スタビライザのカニューレの遠位先端部を手術部位に隣接して配置する。 The instrument stabilizer is inserted into the puncture hole in the chest cavity, located adjacent the distal tip of the cannula of the stabilizer to the surgical site. メスや持針器などの第1の外科用器具をカニューレ内に通過させ、これらを操作して、その処置の少なくとも一部を行う。 The first surgical instrument such as a scalpel or needle holder is passed through the cannula, by operating them, perform at least a part of the treatment. 他の外科用器具が必要であれば、第1の器具を取り出してから、他の器具をカニューレ内に延在させることができる。 If necessary other surgical instrument, can after removing the first instrument, extending the other instruments within the cannula. あるいはまた、器具スタビライザに各器具を設けることができる。 Alternatively, it is possible to provide each device to the instrument stabilizer. バイパス処置が完了したら、器具および器具スタビライザを手術位置から取り除き、心臓スタビライザもそのポートから取り除く。 When bypass procedures is complete, remove the instrument and instrument stabilizer from the surgical site, the heart stabilizer also removed from the port. 次に、ポート上の締め付け力を弛めて、ポートを胸壁部から引き抜く。 Next, loosen the tightening force on the port, withdrawing the port from the thoracic wall. 最後に、ポートおよび器具スタビライザを配置していた切開穴および穿刺穴を閉じる。 Finally, close the incision hole and puncture were arranged ports and instrument stabilizer. この方法では、心臓を停止させる必要がなくなるだけでなく、複数回にわたる開口心臓処置が必要なくなる。 In this way, not only eliminates the need to stop the heart, 100 requires no opening cardiac procedures over several times.
【0127】 [0127]
以上、ポートオフポンプ冠状動脈バイパス手術を行うシステムと、そのポート装置および心臓スタビライザとに対する幾つかの実施形態について、説明および図示してきた。 Above, and a system for performing port-off pump coronary artery bypass surgery, for some embodiments for its port device and heart stabilizer, have been described and illustrated. 本発明による特定の実施形態について説明したが、本発明はこれに限定されるものではなく、本発明は当技術分野で許容される限りの範囲の広さを有するものであり、本明細書も同様に読み取られるべきである。 Have been described particular embodiments according to the present invention, the present invention is not limited thereto, the present invention has a wide range as long as allowed by the art, this specification also It should be read in the same manner. したがって、このシステムの構成要素をポートオフポンプ冠状動脈バイパス処置で使用するものとして具体的に説明したが、各構成要素を単独で、または他の処置と組み合わせて使用できることを理解されたい。 Thus, has been specifically described as using the components of the system at the port off pump coronary artery bypass procedures, it is to be understood that it can be used in combination with the components alone or in other treatments. さらに、ポートおよび器具スタビライザを、内視鏡器具との併用について説明したが、それぞれを他の種類の外科用器具と併用することも可能である。 Moreover, the ports and instrument stabilizer has been described in combination with endoscopic instruments, it can be used in combination respectively with other types of surgical instruments. したがって、当業者は、提供した本発明に対して、その請求した趣旨および範囲を逸脱することなく、他のさまざまな変更も加えられることを理解されたい。 Thus, those skilled in the art to the invention which is provided, without departing from the claims the spirit and scope, it is to be understood that also added various other changes.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 本発明によるポート装置の第1の実施形態の底面斜視図であり、スイベルは閉鎖構成で示されている。 Figure 1 is a bottom perspective view of a first embodiment of a port device according to the present invention, the swivel is shown in the closed configuration.
【図2】 本発明によるポート装置の第1の実施形態によるスイベルおよび枢動軸の部分分解上面斜視図である。 It is a partially exploded top perspective view of a swivel and pivot axis in accordance with a first embodiment of the port device according to the invention, FIG.
【図3】 本発明によるポート装置の第1の実施形態の底面斜視図であり、スイベルは部分的開放構成で示されている。 [Figure 3] is a bottom perspective view of a first embodiment of a port device according to the present invention, the swivel is shown in a partially open configuration.
【図4】 本発明によるポート装置の第1の実施形態の上面斜視図であり、スイベルは開放構成で示されている。 Figure 4 is a top perspective view of a first embodiment of a port device according to the present invention, the swivel is shown in an open configuration.
【図5】 本発明によるポート装置の第1の実施形態の側面図であり、スイベルは開放構成、ポート本体はワッシャに対して傾斜して示されている。 Figure 5 is a side view of a first embodiment of a port device according to the invention, swivel open configuration, the port body is shown to be inclined relative to the washer.
【図6】 本発明によるポート装置の第1の実施形態によるロックナットの上面斜視図である。 6 is a top perspective view of the lock nut according to a first embodiment of a port device according to the present invention.
【図7】 本発明による誘導針の正面斜視図である。 7 is a front perspective view of the introducer according to the present invention.
【図8】 図7に示されている誘導針の分解斜視図である。 8 is an exploded perspective view of the introducer shown in FIG.
【図9】 図7に示されている誘導針の遠位端部の拡大斜視図である。 9 is an enlarged perspective view of the distal end of the introducer needle shown in FIG.
【図10】 本発明によるポート装置に結合された誘導針の側面斜視図であり、スイベルは開放構成で示されている。 Figure 10 is a side perspective view of the introducer coupled to the port device according to the present invention, the swivel is shown in an open configuration.
【図11】 図10に類似する図であり、スイベルは部分的閉鎖構成で示されている。 [Figure 11] is a view similar to FIG. 10, the swivel is shown in a partially closed configuration.
【図12】 図10に類似する図であり、スイベルは閉鎖構成で示されている。 [Figure 12] is a view similar to FIG. 10, the swivel is shown in a closed configuration.
【図13】 本発明によるポート装置の第2の実施形態の分解側面斜視図であり、スイベルは閉鎖構成で示されている。 13 is an exploded side perspective view of a second embodiment of a port device according to the present invention, the swivel is shown in the closed configuration.
【図14】 ポート装置の第2の実施形態の上面斜視図であり、スイベルは開放構成で示されている。 Figure 14 is a top perspective view of a second embodiment of a port device, the swivel is shown in an open configuration.
【図15】 ポート装置の第2の実施形態の側面斜視図であり、患者の体組織内および肋骨間に挿入された状態を示している。 Figure 15 is a side perspective view of a second embodiment of the port device, which is a state of being inserted between the patient's body tissues and ribs.
【図16】 本発明によるポート誘導針の第2の実施形態の斜視図である。 16 is a perspective view of a second embodiment of the port introducer in accordance with the present invention.
【図17】 本発明によるポート装置の第3の実施形態の斜視図である。 17 is a perspective view of a third embodiment of a port device according to the present invention.
【図18】 本発明によるポート装置の第4の実施形態の斜視図である。 18 is a perspective view of a fourth embodiment of a port device according to the present invention.
【図19】 本発明によるポート装置の第4の実施形態の管状本体の図18の線19−19に沿った部分断面図である。 19 is a fourth partial cross-sectional view taken along line 19-19 of Figure 18 of the tubular body of an embodiment of a port device according to the present invention.
【図20】 本発明によるポート装置の第5の実施形態の上面斜視図である。 Figure 20 is a top perspective view of a fifth embodiment of a port device according to the present invention.
【図21】 ポート装置の第5の実施形態の縦断面図であり、ポート管がない状態で示されている。 [Figure 21] is a longitudinal sectional view of a fifth embodiment of the port device is shown with no port tube.
【図22】 ポート装置の第5の実施形態の図21に示されている線22−22に沿った横断面図であり、ポート管がない状態で示されている。 [Figure 22] is a fifth cross-sectional view along with that line 22-22 of shown in Figure 21 embodiments of the port device is shown with no port tube.
【図23】 ポート装置の第5の実施形態の斜視図であり、誘導針が内部に挿入されてポートのスイベルが運動し、スイベルが開放位置にあるように誘導針が配置された状態を示している。 Figure 23 is a perspective view of a fifth embodiment of the port device, the introducer needle is inserted into and swivel movement of the port, the swivel indicates a state in which the guide needle is arranged such that in the open position ing.
【図24】 ポート装置の第5の実施形態の斜視図であり、誘導針が内部に挿入されてポートのスイベルが移動し、スイベルが閉鎖位置にあるように誘導針が配置された状態を示している。 Figure 24 is a perspective view of a fifth embodiment of the port device, the introducer needle is inserted to move the swivel ports therein, swivel indicates a state where the introducer needle is positioned so that in the closed position ing.
【図25】 ポート装置の第6の実施形態の底面斜視図であり、誘導針が内部に挿入されてポートのスイベルが運動する状態を示している。 [Figure 25] is a bottom perspective view of a sixth embodiment of the port device, the port swivel introducer needle is inserted therein indicates a state in which motion.
【図26】 ポート装置の第6の実施形態の上面斜視図であり、誘導針が内部に挿入されてポートのスイベルが移動する状態を示している。 Figure 26 is a top perspective view of a sixth embodiment of the port device, the introducer needle shows a state in which swivel moves ports are inserted therein.
【図27】 ポート装置の第6の実施形態の分解斜視図である。 Figure 27 is an exploded perspective view of a sixth embodiment of the port device.
【図28】 ポート装置の第6の実施形態の斜視図であり、ポートは基部に対してある位置にロックされた状態を示している。 Figure 28 is a perspective view of a sixth embodiment of the port device, the port indicates a state of being locked in position with respect to the base.
【図29】 何れかのポート装置のスイベルの他の実施形態の斜視図である。 29 is a perspective view of another embodiment of a swivel of any one of the port device.
【図30】 図29のスイベルの組立分解上面斜視図である。 Figure 30 is an exploded top perspective view of the swivel of Figure 29.
【図31】 図29のスイベルの組立分解斜視側面図である。 Figure 31 is an exploded perspective side view of the swivel of Figure 29.
【図32】 本発明による心臓スタビライザ装置の第1の実施形態の側面斜視図である。 Figure 32 is a side perspective view of a first embodiment of a heart stabilizer apparatus according to the present invention.
【図33】 図32の心臓スタビライザ装置のシャフトロックの組立分解斜視図である。 Figure 33 is an exploded perspective view of the shaft lock heart stabilizer device of FIG. 32.
【図34】 図32の心臓スタビライザ装置の遠位端部にある安定化機構の斜視図である。 34 is a perspective view of the stabilization mechanism on the distal end portion of the heart stabilizer device of FIG. 32.
【図35】 図32の心臓スタビライザ装置の安定化組立体の組立分解斜視図である。 Figure 35 is an exploded perspective view of the stabilization assembly of the heart stabilizer device of FIG. 32.
【図36】 閉鎖状態にある図32の心臓スタビライザ装置の安定化組立体の肩状部および上側アーム部の破断縦断面図である。 Figure 36 is a broken longitudinal sectional view of a shoulder-like portion and upper arm of the stabilization assembly of the heart stabilizer device of Figure 32 in a closed state.
【図37】 閉鎖状態にある図32の心臓スタビライザ装置の安定化組立体および本発明によるポート装置の破断底面斜視図である。 Figure 37 is a cutaway bottom perspective view of the stabilization assembly and port device according to the invention of the heart stabilizing device of Figure 32 in a closed state.
【図38】 心臓スタビライザ装置の斜視図であり、安定化組立体は、折り畳まれた構成であり、本発明のポート装置内に挿入された状態を示している。 Figure 38 is a perspective view of a heart stabilizer apparatus, stabilization assembly is collapsed configuration shows an inserted state in the port device of the present invention.
【図39】 心臓スタビライザ装置の斜視図であり、安定化組立体は折り畳まれて本発明のポート装置内に挿入され、シャフトロックはポート装置に結合された状態で示されている。 Figure 39 is a perspective view of a heart stabilizer apparatus, stabilization assembly is inserted into folded and in a port device of the present invention, the shaft lock is shown coupled to the port device.
【図40】 心臓スタビライザ装置の斜視図であり、安定化組立体が折り畳まれて、本発明のポート装置を貫通して延びている状態で示されている。 Figure 40 is a perspective view of a heart stabilizer device, to stabilize the assembly is folded, are shown in a state extending through the port device of the present invention.
【図41】 部分的開放の第1の構成にある安定化組立体の部分縦断面図である。 41 is a partial longitudinal sectional view of the stabilization assembly in a first configuration of the partially open.
【図42】 第1の構成より多く開放している部分的開放の第2の構成になっている安定化組立体の部分縦断面図である。 42 is a partial longitudinal sectional view of a second of which stabilizing assembly is the configuration of the partially open which is open more than the first configuration.
【図43】 心臓スタビライザ装置の斜視図であり、安定化組立体が本発明のポート装置を貫通して延び、第2の構成になっている状態で示されている。 Figure 43 is a perspective view of a heart stabilizer apparatus, stabilization assembly is shown in a state extending through the port device of the present invention, it becomes the second configuration.
【図44】 第2の構成より多く開放している第3の構成になっており、ロックピンが下部アーム部のカムロックに係合している安定化組立体の部分縦断面図である。 [Figure 44] has become the third configuration which is open more than the second configuration, the locking pin is a partial longitudinal sectional view of the stabilization assembly is engaged with the cam lock of the lower arm portion.
【図45】 下側アーム部が上側アーム部に対してロックされる完全に開放している第4の構成にある安定化組立体の部分縦断面図である。 FIG. 45 is a partial longitudinal sectional view of a fourth configuration in stabilization assembly the lower arm portion is completely opened to be locked to the upper arm portion.
【図46】 心臓スタビライザ装置の斜視図であり、安定化組立体は、本発明のポート装置を貫通して延び、完全に開放した第4の構成になっている状態で示されている。 Figure 46 is a perspective view of a heart stabilizer apparatus, stabilization assembly extends through the port device of the present invention is shown in a fully open state in which the fourth has a configuration.
【図47】 本発明による閉鎖構成で示されている心臓スタビライザの第2の実施形態の斜視図である。 47 is a perspective view of a second embodiment of a heart stabilizer, shown in a closed configuration according to the present invention.
【図48】 本発明の第2実施形態による心臓スタビライザの遠位端部の拡大斜視図である。 Figure 48 is an enlarged perspective view of the distal end portion of the heart stabilizer according to a second embodiment of the present invention.
【図49】 本発明の第2の実施形態による心臓スタビライザの遠位端部の拡大平面図である。 Figure 49 is an enlarged plan view of the distal end portion of the heart stabilizer according to a second embodiment of the present invention.
【図50】 本発明の第2の実施形態による心臓スタビライザの遠位端部の拡大側面図である。 Figure 50 is an enlarged side view of the distal end portion of the heart stabilizer according to a second embodiment of the present invention.
【図51】 本発明の第2の実施形態による心臓スタビライザの遠位端部の拡大遠位側端面図である。 Figure 51 is an enlarged distal end view of the distal end portion of the heart stabilizer according to a second embodiment of the present invention.
【図52】 本発明の第2の実施形態による心臓スタビライザの遠位端部の組立分解斜視図である。 Figure 52 is an exploded perspective view of the distal end portion of the heart stabilizer according to a second embodiment of the present invention.
【図53】 閉鎖構成で示されている本発明の第2の実施形態による心臓スタビライザの縦方向上側断面図である。 FIG. 53 is a longitudinal upper sectional view of a heart stabilizer according to a second embodiment of the present invention shown in a closed configuration.
【図54】 本発明の第2の実施形態による心臓スタビライザの制御および作動組立体の拡大斜視図である。 Figure 54 is an enlarged perspective view of the control and actuation assembly of the heart stabilizer according to a second embodiment of the present invention.
【図55】 開放構成で示されている本発明の第2実施形態による心臓スタビライザの縦方向上側断面図である。 FIG. 55 is a longitudinal upper sectional view of a heart stabilizer according to the second embodiment of the present invention shown in an open configuration.
【図56】 本発明による開放構成で示されている心臓スタビライザの第2の実施形態の斜視図である。 FIG. 56 is a perspective view of a second embodiment of a heart stabilizer being shown in an open configuration according to the present invention.
【図57】 本発明によるロック構成で示されている心臓スタビライザの第2の実施形態の斜視図である。 FIG. 57 is a perspective view of a second embodiment of a heart stabilizer, shown in locked configuration according to the present invention.
【図58】 本発明の第2の実施形態による心臓スタビライザの縦方向上側断面図であり、安定化組立体は回転位置にあり、ロック構成で示されている。 [Figure 58] is a longitudinal upper sectional view of a heart stabilizer according to a second embodiment of the present invention, stabilization assembly is in the rotational position shown in locked configuration.
【図59】 本発明の第2の実施形態によるシャフトロックの拡大斜視図である。 Figure 59 is an enlarged perspective view of a shaft lock according to a second embodiment of the present invention.
【図60】 本発明による器具スタビライザの第1の実施形態の底面斜視図である。 Figure 60 is a bottom perspective view of a first embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention.
【図61】 器具スタビライザの第1の実施形態の上面斜視図である。 Figure 61 is a top perspective view of a first embodiment of an instrument stabilizer.
【図62】 器具スタビライザの第1の実施形態の拡大図である。 Figure 62 is an enlarged view of a first embodiment of an instrument stabilizer.
【図63】 本発明によるポート装置と整列配置された器具スタビライザの第1の実施形態の拡大斜視図である。 Figure 63 is an enlarged perspective view of a first embodiment of an instrument stabilizer which is aligned with the port device according to the present invention.
【図64】 ポート装置に結合された器具スタビライザの斜視図であり、外科用器具が器具スタビライザおよびポート装置を貫通して延びている状態を示している。 Figure 64 is a perspective view of a combined instrument stabilizer in the port device, which is a state where the surgical instrument extends through the instrument stabilizer and port device.
【図65】 本発明による器具スタビライザの第2実施形態の底面斜視図であり、穿刺ロッドがスタビライザ内に延在している状態を示す。 [Figure 65] is a bottom perspective view of a second embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention, wherein the puncture rod extends into the stabilizer.
【図66】 本発明による器具スタビライザの第2の実施形態の上面斜視図である。 Figure 66 is a top perspective view of a second embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention.
【図67】 本発明による器具スタビライザの第3の実施形態の組立分解図である。 Figure 67 is an exploded view of a third embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention.
【図68】 本発明による器具スタビライザの第4の実施形態の縦断面図である。 Figure 68 is a longitudinal sectional view of a fourth embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention.
【図69】 本発明による器具スタビライザの第4の実施形態の組立分解底面斜視図である。 Figure 69 is an exploded bottom perspective view of a fourth embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention.
【図70】 本発明による器具スタビライザの第4の実施形態の組立分解上面斜視図である。 Figure 70 is an exploded top perspective view of a fourth embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention.
【図71】 本発明による器具スタビライザの第5の実施形態の組立分解斜視図である。 Figure 71 is an exploded perspective view of a fifth embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention.
【図72】 本発明による器具スタビライザの第6の実施形態の縦断面図である。 Figure 72 is a longitudinal sectional view of a sixth embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention.
【図73】 本発明による器具スタビライザの第7の実施形態の縦断面図であり、穿刺ロッドが器具スタビライザ内に挿入された状態を示している。 [Figure 73] is a longitudinal sectional view of a seventh embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention, showing a state in which the puncture rod is inserted into the instrument stabilizer.
【図74】 器具スタビライザの第7の実施形態の底面斜視図であり、穿刺ロッドが器具スタビライザ内に挿入された状態を示している。 [Figure 74] is a bottom perspective view of a seventh embodiment of the instrument stabilizer, showing a state in which the puncture rod is inserted into the instrument stabilizer.
【図75】 器具スタビライザの第7の実施形態の組立分解斜視図である。 Figure 75 is an exploded perspective view of a seventh embodiment of the instrument stabilizer.
【図76】 器具スタビライザの第7の実施形態によるハウジングの拡大破断断面図である。 Figure 76 is an enlarged broken cross-sectional view of the housing according to a seventh embodiment of an instrument stabilizer.
【図77】 器具スタビライザの第7の実施形態の遠位端部の拡大破断断面図であり、穿刺ロッドが器具スタビライザ内に挿入された状態を示している。 Figure 77 is an enlarged broken cross-sectional view of the distal end portion of the seventh embodiment of the instrument stabilizer, showing a state in which the puncture rod is inserted into the instrument stabilizer.
【図78】 器具スタビライザの第7の実施形態の底面斜視図であり、代替的な真空基部を備えた状態を示している。 [Figure 78] is a bottom perspective view of a seventh embodiment of the instrument stabilizer, showing a state with an alternative vacuum base.
【図79】 本発明による器具スタビライザの第8の実施形態の上面斜視図である。 Figure 79 is a top perspective view of an eighth embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention.
【図80】 本発明による器具スタビライザの第8の実施形態の底面斜視図である。 Figure 80 is a bottom perspective view of an eighth embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention.
【図81】 本発明による器具スタビライザの第8の実施形態の上面斜視図であり、傾斜構成で示されている。 Figure 81 is a top perspective view of an eighth embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention, is shown in an inclined configuration.
【図82】 本発明による器具スタビライザの第8の実施形態の側面図であり、傾斜構成で示されている。 Figure 82 is a side view of an eighth embodiment of an instrument stabilizer according to the present invention, is shown in an inclined configuration.
【図83】 図82の線83−83に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along line 83-83 of Figure 83] Figure 82.
【図84】 本発明による器具スタビライザの第9の実施形態の斜視図である。 Figure 84 is a perspective view of a ninth embodiment of the instrument stabilizer according to the present invention.
【図85】 本発明による器具スタビライザの第10の実施形態の斜視図である。 It is a perspective view of a tenth embodiment of the instrument stabilizer according to Figure 85 the present invention.
【図86】 本発明によるスタビライザのスイベルの標準方向における側面図である。 Figure 86 is a side view in the standard direction of swivel of the stabilizer according to the present invention.
【図87】 本発明によるスタビライザのスイベルの組立分解図である。 Figure 87 is an exploded view of the swivel of the stabilizer according to the present invention.
【図88】 第1の角度方向にあるスタビライザのスイベルの側面図である。 Figure 88 is a side view of the swivel of the stabilizer in the first angular direction.
【図89】 第2の角度方向にあるスタビライザのスイベルの側面図である。 Figure 89 is a side view of the swivel of the stabilizer in a second angular direction.
【図90】 第2の角度方向にあるスタビライザのスイベルに結合された器具スタビライザの側面図である。 Figure 90 is a side view of the instrument stabilizer coupled to swivel the stabilizer in a second angular direction.

Claims (97)

  1. a) 第1の形態と第2の形態との間で運動可能である遠位端部と前記第1の形態と前記第2の形態との間での前記遠位端部の運動を操作する近位端部とを有し、心臓壁部に圧力を付与して、前記圧力が付与された位置における心臓壁部の運動または前記位置に隣接する心臓壁部の運動を効果的に最小限にするように構成された心臓安定化装置と、 manipulating movement of the distal end portion between the distal end and the first embodiment and the second embodiment is movable between a a) a first form and a second form and a proximal end, by applying pressure to the heart wall, to effectively minimize the movement of the heart wall adjacent the movement or the position of the heart wall at the location where the pressure is applied and heart stabilizer configured to,
    b) つの隣接する肋骨間で患者の胸壁内に確実に固定可能なポート装置であって、前記心臓安定化装置が少なくとも1つのポートの中を通って延びることができ、前記ポートに連結されるポート装置と、 b) a securely fixable port device in the chest wall of a patient between two adjacent ribs, even without it least the heart stabilizing device can extend through the inside of one port, said port and the port device to be connected,
    を備え、前記遠位端部は、前記第1の形態では、前記ポート装置に受容されて通り抜ける大きさになっており、前記第2の形態では、前記ポート装置を通り抜けられず且つ前記心臓壁部に対して安定化圧力を付与するために相対的に大きな表面積を有した形状に変更されている患者に非開胸スルーポートオフポンプ拍動心臓冠動脈バイパス外科手術を行う際に使用するシステム。 Bei example, said distal end, in the first embodiment, are sized to pass through is received in the port device, in the second embodiment, and the heart without being passed through said port device system for use in performing HiHirakimune through port off pump beating heart coronary artery bypass surgery surgery in patients being changed to a relatively shape having a large surface area in order to impart a stabilizing pressure to the wall .
  2. 前記ポート装置は、前記ポート装置を胸壁に対して角度をなす方向に向けるための手段を含む、請求項1に記載のシステム。 It said port device comprises a means for directing said port device in a direction which forms an angle with the chest wall system of claim 1.
  3. 前記心臓安定化装置が、 The heart stabilizer device,
    i)近位端部および遠位端部を有し、長手方向軸線を規定するシャフトと、 i) has a proximal end and a distal end, the shaft defining a longitudinal axis,
    ii)各々が心臓の表面に接触するように構成された接触表面を有する一対の固定パッドであって、前記パッドの一方が第1の軸線周りに回転可能であり、前記パッドの他方が前記第1の軸線に略平行だが同軸ではない第2の軸線周りに回転可能であるように、前記遠位端部に連結されている固定パッドとを備え、 A pair of stationary pads ii) each having a structured contact surfaces to contact the surface of the heart, one of the pad is rotatable about the first axis, the other of said pad wherein said as it substantially parallel to the first axis but rotatable second axis around not coaxial, and a fixed pad is connected to said distal end,
    前記パッドが前記第1の軸線および前記第2の軸線の各々の周りに回転するときに、前記パッドの前記接触表面が略平行状態を保つ、請求項1に記載のシステム。 When the pad rotates around each of said first axis and said second axis, keeping the contact surface substantially parallel state of the pad system of claim 1.
  4. 前記パッドは、前記パッドが前記長手方向軸線に略平行な第1の方向に延びる第1の配向位置と、前記パッドが互いに略平行であり且つ前記長手方向軸線に対して斜めである第2の方向に延びる第2の配向位置との間で移動可能である、請求項に記載のシステム。 The pad, the pad first and orientation position extending in a first direction substantially parallel to the longitudinal axis, a second that is oblique with respect to the pad is substantially parallel to each other and the longitudinal axis it is movable between a second orientation position extending in the direction a system according to claim 3.
  5. 前記パッドが前記第1の配向位置にあるとき、前記接触表面が互いに接触する、請求項に記載のシステム。 When said pad is in said first orientation position, the contact surfaces are in contact with each other, according to claim 3 system.
  6. 前記パッドの各々が、多関節アーム組立体により前記シャフトの前記遠位端部に結合される、請求項に記載のシステム。 Wherein each of the pads is coupled to said distal end of said shaft by articulated arm assembly of claim 3 system.
  7. 前記多関節アームの各々が、肩状関節部、肘状関節部および手首状関節部を含む、請求項に記載のシステム。 Each of said articulated arm, shoulder-like joint, including elbow-like joint and a wrist-like joint, according to claim 6 system.
  8. 前記多関節アーム組立体の各々が、前記関節部の各々の周りの回転度を制限する止め部を含む、請求項に記載のシステム。 Wherein each of the articulated arm assembly includes a stopper portion for limiting the degree of rotation around each of the joint portions, according to claim 6 system.
  9. 前記多関節アーム組立体の各々が、前記関節部を予め決められた構成に付勢するばね要素を含む、請求項に記載のシステム。 The multi Each articulated arm assembly includes a spring element for biasing the predetermined configuration of the joint portion, of claim 6 system.
  10. c)前記パッドを前記第2の配向位置に付勢するための手段をさらに備える、請求項に記載のシステム。 c) further comprising means for biasing said pad into the second alignment position, the system according to claim 4.
  11. 前記心臓安定化装置が、 The heart stabilizer device,
    i)近位端部および遠位端部を有し、長手方向軸線を規定する長尺シャフトと、 i) has a proximal end and a distal end, an elongated shaft defining a longitudinal axis,
    ii)第1の連結器により前記シャフトの前記遠位端部に回転可能に結合される第1の上側アーム要素および第2の上側アーム要素と、 ii) a first upper arm element and a second upper arm element is rotatably coupled to the distal end of the shaft by a first coupler,
    iii)第1の肘状関節連結器および第2の肘状関節連結器により、前記第1の上側アーム要素および第2上側アーム要素にそれぞれ回転可能に結合される第1の下側アーム要素および第2の下側アーム要素と、 iii) a first elbow-shaped joint connector and a second elbow-shaped joint connector, the first lower arm elements rotatably coupled respectively to said first upper arm element and a second upper arm element and a second lower arm element,
    iv)第1の手首状関節連結器および第2の手首状関節連結器により、前記第1の下側アーム要素および前記第2の下側アーム要素にそれぞれ回転可能に結合される第1のパッド支持要素および第2のパッド支持要素と、 iv) the first wrist-like joint connector and a second wrist-like joint coupling, the first of the first pad rotatably coupled respectively to the lower arm element and said second lower arm element a support element and a second pad supporting element,
    v)前記第1のパッド支持要素および前記第2のパッド支持要素に取り付けられる第1の安定化パッドおよび第2の安定化パッドであって、前記パッドの各々が、心臓の表面に接触するように構成された接触表面を有する第1の安定化パッドおよび第2の安定化パッドと、 v) a first pad support element and the first stabilizing pads and second stabilizing pad attached to said second pad support elements, so that each of said pad contacts the surface of the heart a first stabilizing pads and second stabilizing pad having a configured contact surface,
    を備える、請求項1に記載のシステム。 Comprising a system according to claim 1.
  12. 前記第1の連結器が、前記シャフトの前記遠位端部にあるソケット構造と、前記第1の上側アーム要素および前記第2の上側アーム要素の各々により半分形成されるボールであって、前記上側アーム要素が、互いに対して回転可能であるボールとを含む、請求項11に記載のシステム。 Said first connector comprises a socket formation at said distal end of said shaft, a ball is formed half by each of said first upper arm element and said second upper arm element, wherein the upper arm element comprises a ball is rotatable relative to one another, the system according to claim 11.
  13. 前記第1の連結器、前記第1の肘状関節連結器および前記第2の肘状関節連結器、並びに前記第1の手首状関節連結器および前記第2の手首状関節連結器の各々が、個々の回転度を制限する止めを含む、請求項11に記載のシステム。 Said first coupler, said first elbow-shaped joint coupler and the second elbow-shaped joint coupling, as well as each of the first wrist-like joint coupler and said second wrist shaped joint coupling , including a stop for limiting the individual degrees of rotation, the system according to claim 11.
  14. 前記第1の連結器、前記第1の肘状関節連結器および前記第2の肘状関節連結器、並びに前記第1の手首状関節連結器および前記第2の手首状関節連結器の各々が、それぞれに連結された個々の要素を予め定められた構成に付勢するばね要素を含む、請求項11に記載のシステム。 Said first coupler, said first elbow-shaped joint coupler and the second elbow-shaped joint coupling, as well as each of the first wrist-like joint coupler and said second wrist shaped joint coupling includes a spring element for biasing the predetermined arrangement of individual elements coupled to each system of claim 11.
  15. 前記シャフトは、前記上側アームが前記シャフトに対して実質的に固定されるように、前記第1の連結器をロックするためのロック手段を含む、請求項11に記載のシステム。 The shaft, as described above upper arm is substantially fixed relative to the shaft, including locking means for locking said first coupling system of claim 11.
  16. 前記心臓安定化装置は、 The heart stabilizer apparatus,
    i)近位端部および遠位端部を有し、前記遠位端部が略球状のソケット部分を規定する長尺シャフトと、 i) has a proximal end and a distal end, the elongate shaft, wherein the distal end defines a socket portion of the substantially spherical,
    ii)各々が心臓の表面に接触するように構成された接触表面を有する一対の安定化パッドと、 A pair of stabilizing pads ii) each having a structured contact surfaces to contact the surface of the heart,
    iii)前記パッドの対を前記シャフトに連結する一対のアーム組立体であって、前記アーム組立体の各々が、完全に略半球形を有する近位部分を含み、前記近位部分は、前記半球状の近位部分が前記ソケット部分内で互いに対してそれぞれ回転可能であるように、前記ソケット部分内に設けられているアーム組立体と、 Pairs iii) the pad a pair of arm assemblies for coupling to the shaft, each of said arm assembly, fully encompasses a proximal portion having a generally hemispherical, said proximal portion, said hemispherical as the proximal portion of the Jo are rotatable respectively with respect to each other in said socket portion, an arm assembly is provided in the socket portion,
    を備える、請求項1に記載のシステム。 Comprising a system according to claim 1.
  17. 前記半球状近位部分が互いに対して180°回転可能である、請求項16に記載のシステム。 The hemispherical proximal portion is 180 ° rotatable relative to each other, the system according to claim 16.
  18. 前記心臓安定化装置が、 The heart stabilizer device,
    iv)前記半球状の近位部分を前記ソケット部分内で互いに対してロックするための手段をさらに備える、請求項16に記載のシステム。 iv) further comprising means for locking relative to one another the hemispherical proximal portion in said socket portion, the system according to claim 16.
  19. 前記心臓安定化装置が、 The heart stabilizer device,
    i)近位端部および遠位端部を有するシャフトと、 i) a shaft having a proximal end and a distal end,
    ii)前記遠位端部に結合された第1の関節接合アームおよび第2の関節接合アームであって、前記第1の関節接合アームおよび前記第2の関節接合アームの各々が、上側アームと、該上側アームに対して回転可能な下側アームと、該下側アームの遠位端部に位置し且つ前記下側アームの長手方向軸線周りに回転可能なリスト取付部とを含む第1の関節接合アームおよび第2の関節接合アームと、 ii) a first articulation arm and a second articulation arm coupled to the distal end portion, each of said first articulation arm and the second articulation arm, an upper arm a lower arm which is rotatable relative to said upper arm, the lower arm first located at the distal end portion and including a rotatable list mounting portion about the longitudinal axis of the lower arm articulate arm and a second articulation arm,
    iii)第1の足部および第2の足部であって、前記第1足部が前記第1の関節接合アームの前記リスト取付部に結合され、前記第2の足部が前記第2の関節接合アームの前記リスト取付部に取り付けられる第1の足部および第2の足部と、 A iii) section first leg and a second leg portion, said first foot portion is the first coupled to the list mounting portion of the articulation arm, the second leg portion is the second a first leg portion and a second leg portion attached to said list mounting portion of the articulation arm,
    を備える、請求項1に記載のシステム。 Comprising a system according to claim 1.
  20. 前記第1の関節接合アームおよび前記第2の関節接合アームが、前記下側アームを前記上側アームに対して回転させるばね要素を含む、請求項19に記載のシステム。 It said first articulation arm and the second articulating arm comprises a spring element that rotates the lower arm to the upper arm, the system of claim 19.
  21. 前記第1の関節接合アームおよび前記第2の関節接合アームが、前記リスト取付部を前記下部アームに対して回転させるばね要素を含む、請求項19に記載のシステム。 It said first articulation arm and the second articulating arm comprises a spring element that rotates the list mounting portion relative to the lower arm, the system of claim 19.
  22. 前記第1の関節接合アームおよび前記第2の関節接合アームが、前記上側アームに対する前記下側アームの回転を制限するための止め手段を含む、請求項19に記載のシステム。 It said first articulation arm and the second articulating arm comprises a stop means for limiting the rotation of the lower arm relative to the upper arm, the system of claim 19.
  23. 前記止め手段がピンおよびカムを含む、請求項22に記載のシステム。 The stop means comprises a pin and cam system of claim 22,.
  24. 前記心臓安定化装置が、 The heart stabilizer device,
    iv)前記第1の関節接合アームおよび前記第2の関節接合アームの相対位置をロックするためのロック手段をさらに備える、請求項19に記載のシステム。 iv) further comprises a locking means for locking the relative position of the first articulation arm and the second articulation arm system of claim 19.
  25. 前記第1の関節接合アームおよび前記第2の関節接合アームが、上側アームが遠位側に押されているときに、自動的に折り畳まれる、請求項19に記載のシステム。 It said first articulation arm and the second articulation arm, when the upper arm is pushed distally, automatically folded, according to claim 19 systems.
  26. 前記ポート装置が、 The port device,
    i)近位端部および遠位端部を有する管状本体と、 i) a tubular body having a proximal end and a distal end,
    ii)前記本体の遠位端部の周囲で回転可能になっており、前記本体と略同じ方向に延びる第1の配向位置と、前記第1の配向に対して所定角度の第2の配向位置との間で移動するように構成されている少なくとも1つのスイベルと、 ii) which is rotatable about the distal end portion of the main body, first and orientation position extending substantially in the same direction as the main body, second alignment position of the first predetermined angle with respect to the alignment at least one swivel is configured to move between a,
    iii)前記胸壁を前記スイベルに対して締め付けるための締付手段と、 And tightening means for tightening the iii) the chest wall relative to the swivel,
    を備える、請求項1に記載のシステム。 Comprising a system according to claim 1.
  27. 前記締付手段が前記本体を前記胸壁に対して垂直な角度にすることを可能にする、請求項26に記載のシステム。 Makes it possible to perpendicular angle relative to the chest wall means is the body said clamping system of claim 26.
  28. 前記締付手段が、前記本体上のねじと、前記本体上の前記ねじの周囲に挿通可能であり且つ複数のねじ付孔を含むプラットフォームと、前記ねじ付孔内に挿通される複数のボルトとを備える、請求項27に記載のシステム。 It said clamping means comprises a screw on the body, and the platform containing said is insertable around the screw and a plurality of threaded holes on the main body, a plurality of bolts to be inserted into the threaded bore comprising a system according to claim 27.
  29. 前記ボルトの各々が前記ボルトの周囲で枢動可能な足部を備える遠位端部を有する、請求項28に記載のシステム。 The system according to said bolt each having a distal end provided with a pivotable foot around the bolt, according to claim 28.
  30. 前記締付手段が、前記本体上の溝と、前記溝に対して爪車式に移動可能なプラットフォームとを備える、請求項27に記載のシステム。 Said clamping means comprises a groove on said body, and a movable platform to the ratchet wheel type to said groove, 28. The system of claim 27.
  31. 前記プラットフォームに複数の調節可能な足部が設けられる、請求項30に記載のシステム。 Wherein the plurality of adjustable foot platform is provided, according to claim 30 systems.
  32. 前記締付手段が前記本体にロック可能なロックナットを備える、請求項27に記載のシステム。 Means said clamping comprises a lockable lock nut to the body system of claim 27.
  33. 前記締付手段が、前記本体上の前記ロックナットと前記スイベルとの間に位置するワッシャ要素をさらに備える、請求項32に記載のシステム。 It said clamping means further comprises a washer element positioned between the swivel and the locking nut on the body The system of claim 32.
  34. 前記ポート装置が、iv)前記スイベルを前記第2の配向位置に回転させる手段をさらに備える、請求項26に記載のシステム。 It said port device further comprises a means for rotating iv) the swivel to the second alignment position, the system according to claim 26.
  35. 前記回転手段が前記ポート組立体に取り外し可能に結合する別個の組立体を備える、請求項34に記載のシステム。 It said rotating means comprises a separate assembly for removably coupled to the port assembly of claim 34 system.
  36. 前記ポート装置が i)近位部分および遠位部分を備える管状本体であって、前記近位部分が、前記本体の外周部の周囲に少なくとも部分的に延びる複数のねじ溝を備える管状本体と、 A tubular body comprising said port device is i) a proximal portion and a distal portion, the proximal portion comprises a tubular body with a plurality of thread groove extending at least partially around the outer periphery of the main body,
    ii)前記遠位部分に結合されており、組織接触表面を備えた少なくとも1つのスイベルであって、前記スイベルが前記本体と略同じ方向に延びる第1の配向位置と、前記第1の配向位置に対して所定角度の第2の配向位置との間で移動するように構成されるスイベルと、 ii) being coupled to said distal portion, and at least one swivel having a tissue contacting surface, the first and orientation position in which the swivel extends substantially in the same direction as said body, said first alignment position a swivel configured to move between a second alignment position of a predetermined angle with respect to,
    iii)前記本体の前記ねじ溝上に係合するロックナットと、 A lock nut which engages on the screw groove of iii) said body,
    iv)前記本体上の前記ロックナットと前記スイベルとの間に位置するワッシャと、 And the washer located between iv) and the lock nut on the body and the swivel,
    を備える、請求項1に記載のシステム。 Comprising a system according to claim 1.
  37. 前記本体の前記ねじ溝が二重螺旋状に配置される、請求項36に記載のシステム。 Wherein the screw groove of the body is arranged in a double helix shape, according to claim 36 systems.
  38. 前記本体の前記ねじ溝が間抜けになっており、前記ねじ溝の各々が第1の端部および第2の端部を有する、請求項36に記載のシステム。 Wherein the screw groove of the body has become a dumb each of said thread groove has a first end and a second end, according to claim 36 systems.
  39. 前記本体が前記ねじ溝の前記第1の端部に連通する少なくとも1つの長手方向溝をさらに備え、 Further comprising at least one longitudinal groove said body communicating with the first end portion of the screw groove,
    前記ロックナットが前記少なくとも1つの長手方向溝内に少なくとも部分的に長手方向に延びることが可能な少なくとも1つのキー要素を備え、前記ロックナットが前記本体の周囲で回転可能であり、前記少なくとも1つのキー要素の各々が前記ねじ溝の各々を通って延びる、請求項36に記載のシステム。 Wherein the at least partially provided with at least one key element which can extend longitudinally lock nut to the at least one longitudinal groove, the locking nut is rotatable about said body, said at least one One of each of the key elements extending through each of said thread groove system of claim 36.
  40. 前記本体が前記ワッシャの周囲で枢動可能である、請求項36に記載のシステム。 It said body is pivotable around said washer, according to claim 36 systems.
  41. 前記ロックナットが球状部分を備え、前記ワッシャが、対応する球形を有する内側表面を備え、前記ロックナットと、前記ロックナット内の前記本体とが、前記ワッシャ内で枢動可能に配置することができるようになっている、請求項40に記載のシステム。 The lock nut comprises a spherical portion, said washer comprising an inner surface with a corresponding spherical, and the lock nut, and the body in the lock nut, be pivotably disposed within said washer has possible manner, the system according to claim 40.
  42. 前記本体が前記ワッシャに対して所定位置にロック可能である、請求項40に記載のシステム。 Can be locked in position relative to the body is the washer system according to claim 40.
  43. 前記本体の前記近位部分がバヨネット型コネクタを備える、請求項36に記載のシステム。 Wherein the proximal portion of the body comprises a bayonet-type connector system of claim 36.
  44. 前記スイベルの前記接触表面が非平面輪郭を有する、請求項36に記載のシステム。 It said contact surface of said swivel has a non-planar contour, the system according to claim 36.
  45. 前記スイベルが、前記第2の配向位置に移動するように付勢される、請求項36に記載のシステム。 The swivel is biased to move in said second alignment position, the system according to claim 36.
  46. 前記スイベルがばねで付勢される、請求項45に記載のシステム。 The swivel is spring biased, according to Claim 45 system.
  47. 前記スイベルが、前記第1の配向位置に移動するように付勢される、請求項36に記載のシステム。 The swivel is biased to move in said first orientation position The system of claim 36.
  48. 前記少なくとも1つのスイベルが2つのスイベルである、請求項36に記載のシステム。 Wherein the at least one swivel are two swivel of claim 36 system.
  49. 前記2つのスイベルの各々が、前記本体の正反対の側にある前記第2の配向位置に移動するように付勢される、請求項48に記載のシステム。 Wherein each of the two swivels, is biased to move in said second alignment position that is diametrically opposite side of the body The system of claim 48.
  50. 前記ポート装置は、 The port device,
    v)遠位部分、中央部分および近位ハンドル部分を含む誘導針であって、該誘導針が前記ポート組立体の前記管状本体に挿入され且つ前記ハンドル部分が前記本体に対して移動したときに、前記遠位部分が前記少なくとも1つのスイベルに接触して、前記少なくとも1つのスイベルを前記第1の配向位置と前記第2の配向位置との間で移動させるようになっている誘導針をさらに備える、請求項36に記載のシステム。 v) a distal portion, a guide needle including a central portion and a proximal handle portion, when said introducer needle inserted and the handle portion in the tubular body of the port assembly is moved relative to the body wherein the distal portion in contact with said at least one swivel, the further the introducer needle is adapted to move between at least one swivel and the first alignment position and the second alignment position comprising a system according to claim 36.
  51. 前記少なくとも1つのスイベルが2つのスイベルであり、前記2つのスイベルの各々が接触要素を含んでおり、前記ハンドル部分が移動したときに、前記誘導針の前記遠位部分が、前記2つのスイベルを前記第1の配向位置と前記第2の配向位置との間で移動させる力を前記接触要素に加える、請求項50に記載のシステム。 Wherein at least one swivel two swivel, each of said two swivel includes a contact element, when the handle portion is moved, the distal portion of the introducer needle has the two swivel applying a force for moving between the second alignment position and the first orientation position to the contact element, the system of claim 50.
  52. 前記接触要素が、長尺形であり、前記スイベルに略垂直に延びている、請求項51に記載のシステム。 Said contact element is a long-shaped, said extends substantially perpendicular to the swivel system of claim 51.
  53. 前記ハンドル部分上における前記移動が、前記本体の長手方向軸線周りの回転であり、前記接触要素の力が前記長手方向軸線に対して角度をなしている、請求項51に記載のシステム。 Wherein movement on the handle portion is a rotation about the longitudinal axis of said body, said force of the contact element is angled relative to the longitudinal axis A system according to claim 51.
  54. 前記誘導針の前記遠位部分が、前記接触要素が乗る少なくとも1つの溝を含む、請求項51に記載のシステム。 Wherein the distal portion of the introducer needle comprises at least one groove the contact element ride system of claim 51.
  55. 前記溝がJ字形状である、請求項54に記載のシステム。 It said groove is a J-shaped system of claim 54.
  56. 前記誘導針の前記近位部分および前記遠位部分が前記中央部分に対して回転可能であり、前記中央部分が前記ポート本体に連結するように構成される、請求項51に記載のシステム。 Said proximal portion and said distal portion is rotatable with respect to said central portion, said configured so that the central portion is connected to the port body, the system according to claim 51 of the introducer needle.
  57. 前記管状本体が、前記管状本体を成人の人体の肋骨間に挿入することが概略可能なサイズの直径を有する、請求項36に記載のシステム。 It said tubular body, that the tubular body is inserted between the ribs of a human adults have a diameter of schematic possible sizes, according to claim 36 systems.
  58. 前記管状本体は、前記ワッシャおよび前記スイベルが前記第2の配向位置において成人の胸壁を前記ワッシャと前記スイベルとの間に配置するのに適する距離だけ分離するような長さを有する、請求項36に記載のシステム。 Said tubular body has the washer and the swivel length as a distance suitable for placement separating between the chest wall of adults said washer and said swivel at the second alignment position, claim 36 the system according to.
  59. 前記ポート装置は、 The port device,
    i)近位端部および遠位端部を有する管状本体と、 i) a tubular body having a proximal end and a distal end,
    ii)前記本体の前記遠位端部にある第1の締付要素と、 ii) a first tightening element in said distal end of said body,
    iii)前記本体の近位部分上に配置されるプラットフォームと、 iii) a platform disposed on a proximal portion of the body,
    iv)各々が、前記プラットフォームに対して長手方向に移動可能な遠位足部を有する複数の脚部であって、前記管状本体が胸壁に挿入され、胸壁が、前記第1の締付要素と前記脚部の前記遠位足部との間に締め付け可能である脚部と、 iv) each, a plurality of legs having a distal foot portion longitudinally movable relative to said platform, said tubular body is inserted into the chest wall, and chest wall, with the first fastening element and the leg can be clamped between the distal foot portion of the leg portion,
    を備える、請求項1に記載のシステム。 Comprising a system according to claim 1.
  60. 前記第1の締付要素が、前記本体の前記遠位端部の周囲で回転可能な少なくとも1つのスイベルである、請求項59に記載のシステム。 The first tightening element is at least one swivel rotatable around said distal end portion of the body The system of claim 59.
  61. 前記プラットフォームおよび前記管状本体が共に爪車機構を規定する、請求項59に記載のシステム。 Said platform and said tubular body defining a ratchet mechanism together, the system according to claim 59.
  62. 前記爪車機構が、前記管状本体上の複数の周方向溝と、前記溝に係合するための前記プラットフォーム上の係合手段とを含む、請求項59に記載のシステム。 The ratchet mechanism, wherein the tubular and a plurality of circumferential grooves on the body, and a engagement means on said platform for engaging the groove, according to claim 59 systems.
  63. 前記係合手段がばねで付勢される、請求項62に記載のシステム。 It said engagement means is biased by a spring system of claim 62.
  64. 前記係合手段が、前記管状本体を前記プラットフォームから取り外すことができるように解除可能である、請求項59に記載のシステム。 It said engaging means is a releasable said tubular body so that it can be removed from the platform, the system according to claim 59.
  65. 前記プラットフォームが概略三角形状である、請求項59に記載のシステム。 It said platform is shaped substantially triangular, as claimed in claim 59 systems.
  66. 前記複数の脚部が正確に三脚である、請求項59に記載のシステム。 Wherein the plurality of legs is exactly tripod of claim 59 system.
  67. 前記複数の脚部の各々が前記プラットフォームに対して個々に長手方向に調節可能であり、前記プラットフォームを前記胸壁に対して斜角に方向付けることができるようになっている、請求項59に記載のシステム。 Wherein each of the plurality of legs are adjustable individually in the longitudinal direction with respect to the platform, and is capable of directing at an oblique angle to the platform with respect to the chest wall, according to claim 59 system.
  68. 前記複数の脚部の各々が前記プラットフォームに対して略垂直である、請求項59に記載のシステム。 Wherein each of the plurality of legs is substantially perpendicular to the platform, according to claim 59 systems.
  69. 前記プラットフォームが前記脚部に係合するための複数の係合手段を含む、請求項59に記載のシステム。 The platform comprises a plurality of engagement means for engaging the leg portion The system of claim 59.
  70. 前記複数の脚部の各々が複数の歯を含み、前記プラットフォームが、前記歯に係合するばね付勢要素を含む、請求項59に記載のシステム。 Wherein each of the plurality of legs includes a plurality of teeth, the platform comprises a spring biasing element engaging the teeth of claim 59 system.
  71. 前記足部の各々がその個々の脚部の周囲で枢動可能である、請求項59に記載のシステム。 Wherein each foot is pivotable about its respective leg, according to claim 59 systems.
  72. 前記ポート装置は、v)前記少なくとも1つのスイベルを前記本体の前記遠位端部の周囲で回転させるための誘導針手段をさらに備える、請求項60に記載のシステム。 Said port device, v) further comprising a guide needle means for rotating at least one swivel around said distal end portion of the body The system of claim 60.
  73. 前記誘導針手段が、スリーブと、前記スリーブの中を通って延び且つ前記スリーブに対して回転可能なマンドレルとを含む、請求項72に記載のシステム。 The introducer means comprises a sleeve, a rotatable mandrel relative and the sleeve extends through the inside of the sleeve, the system of claim 72.
  74. 前記少なくとも1つのスイベルが、前記少なくとも1つのスイベルを回転させるためのレバー手段を含み、前記マンドレルが、近位ハンドルと、中央シャフト部分と、J字形状溝を形成された遠位作動部とを含み、 Wherein the at least one swivel comprises a lever means for rotating said at least one swivel, the mandrel, a proximal handle, a central shaft portion and a distal working portion formed a J-shaped groove It includes,
    前記マンドレルが管状本体に対して回転するときに、前記J字形状溝が、前記少なくとも1つのレバー手段を案内して、前記少なくとも1つのスイベルを開放構成と閉鎖構成との間で回転させるように構成される、請求項73に記載のシステム。 When said mandrel is rotated relative to the tubular body, the J-shaped groove, said guiding at least one lever means, to rotate between the open configuration and the closed configuration at least one swivel constructed system of claim 73.
  75. 前記スリーブがJ字形状スロットを含み、前記マンドレルは、前記スリーブに対する前記マンドレルの移動が制御されるように、前記J字形状スロット内に乗る構造を含む、請求項74に記載のシステム。 Said sleeve includes a J-shaped slot, said mandrel, as the movement of the mandrel relative to the sleeve is controlled, it comprises a structure ride within the J-shaped slots, the system according to claim 74.
  76. 前記スリーブが前記管状本体に解除可能に結合できる、請求項74に記載のシステム。 The sleeve can be releasably coupled to the tubular body, the system of claim 74.
  77. 前記ポート装置は、 The port device,
    i)近位端部および遠位端部を有し、医療器具の遠位部分を中に通して収容するサイズの開口部を規定するポート本体と、 i) has a proximal end and a distal end, and a port body defining an opening sized to receive through in the distal portion of the medical instrument,
    ii)前記胸壁部分の周囲に締め付ける機械的締付具と、 Mechanical fastener tightening around ii) the chest wall,
    iii)前記ポート本体を前記締付具に対して整列配置するための手段と、 iii) a means for aligning the port body with respect to instrument the tightening,
    iv)前記ポート本体を前記締付具にロックするための手段と、 And means for locking iv) the port body member the tightening,
    を備える、請求項1に記載のシステム。 Comprising a system according to claim 1.
  78. 前記ポート本体が前記締付具に対して長手方向に移動可能である、請求項77に記載のシステム。 Is movable longitudinally with respect to said port body member said clamping system of claim 77.
  79. 前記締付具が前記胸壁の外側部分および内側部分を締め付ける、請求項77に記載のシステム。 The fastener is tightened the outer portion and inner portion of the chest wall system of claim 77.
  80. 前記締付具が、前記ポート本体の遠位部分に結合され且つ前記遠位部分に対して回転可能なスイベルと、基部部材とを備える、請求項77に記載のシステム。 The fastener comprises a swivel rotatable, and a base member with respect to and the distal portion coupled to a distal portion of the port body, the system of claim 77.
  81. 前記整列配置手段が、前記ポート本体の周囲のボールと、ソケット要素とを含む、請求項77に記載のシステム。 It said aligning means, and the surrounding ball of the port body, and a socket element, The system of claim 77.
  82. 前記ポート本体が前記ボールに対して長手方向に移動可能である、請求項81に記載のシステム。 Is movable longitudinally relative to the port body is the ball, the system according to claim 81.
  83. 前記ポート本体が、 The port body,
    v)前記ボールに対して前記ポート本体の移動を制限するための移動止め手段をさらに備える、請求項81に記載のシステム。 v) further comprises detent means for limiting the movement of the port body to the ball, the system according to claim 81.
  84. 前記ボールが、2つの扁平部分と、前記扁平部分の各々の内部に延びる複数のスリットとを含む、請求項81に記載のシステム。 The ball includes two flat portions, and a plurality of slits extending in the interior of each of said flat portions, according to claim 81 systems.
  85. 前記締付具が前記ボールを締め付け、前記ポート本体が前記ボールに対して移動するのを実質的に防止する、請求項81に記載のシステム。 The fastener is tightened the ball, to substantially prevent the port body from moving relative to the ball, the system according to claim 81.
  86. 前記ポート本体が、v)前記ポート本体の中を通って延びる遠位端部を有する医療器具に前記ポート組立体を結合するための手段をさらに備える、請求項77に記載のシステム。 It said port body, v) further comprising means for coupling the port assembly to a medical instrument having a distal end extending through the inside of the port body, according to claim 77 systems.
  87. 前記ポート装置は、 The port device,
    i)近位端部および遠位端部を有し、医療器具の遠位端部を中に通して収容するサイズの開口部を規定するポート本体と、 i) has a proximal end and a distal end, and a port body defining an opening sized to receive through in the distal end portion of the medical instrument,
    ii)前記ポート本体の前記遠位端部にあるか、または前記遠位端部に隣接し、前記ポート本体に対して回転可能な少なくとも1つのスイベルと、 ii) it is in the distal end portion of the port body, or adjacent the distal end, and at least one swivel rotatable relative to the port body,
    iii)前記少なくとも1つのスイベルに近接する前記ポート本体の一部上で長手方向に移動可能な基部と、 iii) said at least one portion on the longitudinally movable base portion of the port body near swivel,
    iv)前記基部を前記ポート本体にロックするための手段と、 And means for locking iv) said base to said port body,
    を備える、請求項1に記載のシステム。 Comprising a system according to claim 1.
  88. 前記ポート本体および前記基部が、互いに対して角度をなして移動可能である、請求項87に記載のシステム。 The port body and the base is movable at an angle to each other, according to claim 87 systems.
  89. 前記ポート本体が、v)前記ポート本体周囲のボール要素をさらに含み、前記基部は、前記ボール要素が内部で回転可能なソケットを含む、請求項88に記載のシステム。 Said port body, v) further comprising a ball element surrounding said port body, said base portion, said ball element includes a rotatable socket in the interior system of claim 88.
  90. 前記ポート本体が、v)前記ポート本体を前記胸壁内の孔に導入し、前記少なくとも1つのスイベルを回転させるための手段をさらに備える、請求項87に記載のシステム。 It said port body, v) the port body is introduced into the hole of the inner chest wall, further comprising means for rotating said at least one swivel system of claim 87.
  91. 前記少なくとも1つのスイベルが2つのスイベルであり、前記スイベルの各々が、互いに結合されて枢動軸線を規定する第1の要素および第2の要素を備え、前記第1の要素が、前記枢動軸線に整列配置された孔を含み、前記第2の要素が、前記枢動軸線に整列配置された外側軸と、内側の長形耳部とを含む、請求項87に記載のシステム。 Wherein at least one swivel two swivel, each of said swivel comprises a first element and a second element defining a pivot axis are coupled to each other, said first element, said pivot include - aligned holes in axis, said second element comprises an outer shaft that is aligned to the pivot axis, and an inner elongated ears, according to claim 87 systems.
  92. 前記ポート装置は、 The port device,
    i)近位端部および遠位端部を有し、医療用器具の遠位部分を中に通して収容するサイズの開口部を規定するポート本体と、 i) has a proximal end and a distal end, and a port body defining an opening sized to receive through in the distal portion of the medical instrument,
    ii)胸壁の内側部分および外側部分を締め付けるための締付手段と、 ii) a clamping means for clamping the inner and outer portions of the chest wall,
    iii)ロック手段と、 iii) and the locking means,
    を備え、前記ポート本体が該締付手段に対して長手方向に移動可能となっており、前記ロック手段が前記ポート本体を前記締付手段に対してロックするようになっている、請求項1に記載のシステム。 Wherein the port body are movable in the longitudinal direction with respect to means with 該締, said locking means adapted to lock the port body with respect to means said clamping claim 1 the system according to.
  93. 前記ポート本体は、iv)前記ロック手段が非ロック状態にあるときに前記ポート本体が前記ボールに対して移動するのを制限するための移動止め手段をさらに備える、請求項92に記載のシステム。 Said port body, iv) said locking means further comprises a detent means for limiting the movement relative to the port body is the ball when in the unlocked state, the system according to claim 92.
  94. 前記ポート装置は、 The port device,
    i)近位端部および遠位端部を有し、医療用器具の遠位端部を中に通して収容するサイズの開口部を規定するポート本体と、 i) has a proximal end and a distal end, and a port body defining an opening sized to receive through in the distal end portion of the medical device,
    ii)前記ポート本体の前記遠位端部にあるか、または前記遠位端部に隣接し、前記ポート本体に対して回転可能な2つのスイベルであって、前記スイベルの各々が、互いに結合されて枢動軸線を規定する第1の要素および第2の要素を備え、前記第1の要素が、枢動軸線に整列された孔を含み、前記第2要素が、前記枢動軸線に整列配置された外側軸と、内側の長形耳部とを含むスイベルと、 ii) it is in the distal end portion of the port body, or adjacent the distal end, a two swivel rotatable relative to the port body, wherein each of the swivel is coupled to each other comprising a first element and a second element defining a pivot axis Te, said first element comprises a hole which is aligned with the pivot axis, the second element is aligned with the pivot axis a swivel comprising an outer shaft that is, an inner elongated ears,
    を備える、請求項1のシステム。 It comprises, according to claim 1 system.
  95. 前記第1の要素および前記第2の要素の一方が、曲率半径に沿って湾曲したチャネルを画定し、前記第1の要素および前記第2の要素の他方が、前記曲率半径に沿って湾曲して、前記チャネル内に適合するサイズのキー部分を含む、請求項94に記載のシステム。 One of said first element and said second element, defining a channel which is curved along a radius of curvature and the other of said first element and said second element, curved along the radius of curvature Te includes a key portion size fits within said channel system of claim 94.
  96. 前記第1の要素および前記第2要素の各々が孔を含み、ピンが、前記第1の要素および前記第2要素の前記孔の中に挿入される、請求項95に記載のシステム。 The first includes elements and each hole of the second element, the pin is inserted into said first element and said bore of said second element, according to claim 95 systems.
  97. 前記スイベルの各々が、前記第1の要素および前記第2の要素の部分上に弾性スリーブを備える、請求項94に記載のシステム。 Each of said swivel comprises a resilient sleeve over portions of the first element and the second element, according to claim 94 systems.
JP2002533799A 2000-10-11 2001-10-10 Equipment and systems for carrying out the through port off pump coronary artery bypass surgery Expired - Fee Related JP4188681B2 (en)

Priority Applications (10)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US09686696 US6464691B1 (en) 2000-10-11 2000-10-11 Port device for port off-pump beating heart coronary artery bypass surgery system
US09686530 US6464690B1 (en) 2000-10-11 2000-10-11 Port off-pump beating heart coronary artery bypass heart stabilization system
US09733503 US6355028B2 (en) 2000-10-11 2000-12-08 Stable port device for port off-pump beating heart coronary artery bypass surgery system
US09733493 US6554823B2 (en) 2000-10-11 2000-12-08 System for performing port off-pump beating heart coronary artery bypass surgery
US09733498 US6503245B2 (en) 2000-10-11 2000-12-08 Method of performing port off-pump beating heart coronary artery bypass surgery
US09741387 US6500170B2 (en) 2000-10-11 2000-12-20 Instrument stabilizer for through-the-port surgery
US09893099 US6592573B2 (en) 2000-10-11 2001-06-27 Through-port heart stabilization system
US09893051 US6582420B2 (en) 2000-10-11 2001-06-27 Intercostal lockable directable port device
US09893141 US6579281B2 (en) 2000-10-11 2001-06-27 Instrument stabilizer for through-a-port surgery
PCT/US2001/031691 WO2002030352A3 (en) 2000-10-11 2001-10-10 Systems for through-port off-pump coronary artery surgery

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004510550A true JP2004510550A (en) 2004-04-08
JP4188681B2 true JP4188681B2 (en) 2008-11-26

Family

ID=27578899

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002533799A Expired - Fee Related JP4188681B2 (en) 2000-10-11 2001-10-10 Equipment and systems for carrying out the through port off pump coronary artery bypass surgery

Country Status (3)

Country Link
EP (1) EP1326539A4 (en)
JP (1) JP4188681B2 (en)
WO (1) WO2002030352A3 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20060089626A1 (en) * 2004-10-22 2006-04-27 Vlegele James W Surgical device guide for use with an imaging system
KR101090665B1 (en) * 2011-05-18 2011-12-07 손정완 Length controllable cannula
US8652034B2 (en) 2011-10-04 2014-02-18 Warsaw Orthopedic, Inc. Surgical instrument stabilizer and method

Family Cites Families (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE2449364A1 (en) * 1974-10-17 1976-04-22 Horst Lippert Adjustable spacer using tapered elements - has two relatively rotatable discs each having mutually inclined endfaces
DE3306056C1 (en) * 1983-02-22 1984-09-06 Erich Dr Faber Device for the alignment of the longitudinal axes of individual tooth stumps in a dental model
US4998938A (en) * 1988-06-09 1991-03-12 Neurodynamics, Inc. Removable skull mounted work platform and method of assembling same
US5122122A (en) * 1989-11-22 1992-06-16 Dexide, Incorporated Locking trocar sleeve
US5054497A (en) * 1990-02-21 1991-10-08 Biomedical Monitors And Implants, Inc. Cranial sensor attaching device and method for its use
US5637097A (en) * 1992-04-15 1997-06-10 Yoon; Inbae Penetrating instrument having an expandable anchoring portion
US5279575A (en) * 1992-08-13 1994-01-18 Brigham & Women's Hospital Locking pivotal surgical orifice
US5980455A (en) * 1993-02-22 1999-11-09 Heartport, Inc. Method for manipulating a tissue structure within a thoracic cavity
US5324308A (en) * 1993-10-28 1994-06-28 Javin Pierce Suture anchor
US5807243A (en) * 1994-08-31 1998-09-15 Heartport, Inc. Method for isolating a surgical site
CA2197614C (en) * 1996-02-20 2002-07-02 Charles S. Taylor Surgical instruments and procedures for stabilizing the beating heart during coronary artery bypass graft surgery
US5685857A (en) * 1996-03-22 1997-11-11 Plc Medical Systems, Inc. Thoracoscopic cannula system
WO1998017191A1 (en) * 1996-10-23 1998-04-30 Magnetic Vision Gmbh Self-locking holding device with single-point fixation
US6007486A (en) * 1997-10-07 1999-12-28 Ethicon Endo-Surgery, Inc. Tissue stabilization device for use during surgery having a segmented shaft
WO2000015119A3 (en) * 1998-09-15 2001-05-31 Eric Boone Method and apparatus for temporarily immobilizing a local area of tissue
US6398726B1 (en) * 1998-11-20 2002-06-04 Intuitive Surgical, Inc. Stabilizer for robotic beating-heart surgery
CA2261488A1 (en) * 1999-01-21 2000-07-21 Anthony Paolitto Transabdominal device for performing closed-chest cardiac surgery
US6936001B1 (en) * 1999-10-01 2005-08-30 Computer Motion, Inc. Heart stabilizer

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP2004510550A (en) 2004-04-08 application
EP1326539A2 (en) 2003-07-16 application
EP1326539A4 (en) 2007-12-26 application
WO2002030352A2 (en) 2002-04-18 application
WO2002030352A3 (en) 2002-09-12 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5626590A (en) Laparoscopic suturing technique and associated device
US6524326B1 (en) Tissue opening locator and everter and method
US5356421A (en) Safety trocar with locking handles
US6454777B1 (en) Apparatus and method for suturing a blood vessel
US7179225B2 (en) Access systems and methods for minimally invasive surgery
US6149583A (en) Device and method for isolating a surgical site
US8080021B2 (en) Multiple clip deployment magazine
US6050266A (en) Procedures for stabilizing the beating heart during coronary artery bypass graft surgery
US6331158B1 (en) Surgical retractor apparatus for operating on the heart through an incision
US5931777A (en) Tissue retractor and method for use
US5957937A (en) Suturing instrument with spreadable needle holder mounted for arcuate movement
US6488620B1 (en) Self-seating surgical access device
US5415666A (en) Tethered clamp retractor
US20030153927A1 (en) Structure for receiving surgical instruments
US6964675B2 (en) Tissue opening locator and everter and method
US5520704A (en) Everting forceps with locking mechanism
US5921996A (en) Surgical clamp applier/remover and detachable clamp
US5967973A (en) Surgical retractor and method of surgery
US6017356A (en) Method for using a trocar for penetration and skin incision
US7850608B2 (en) Minimal incision maximal access MIS spine instrumentation and method
EP0696459A1 (en) Valve system for cannula assembly
US6478729B1 (en) Device and method for isolating a surface of a beating heart during surgery
US6348036B1 (en) Surgical retractor and tissue stabilization device
US20100228091A1 (en) Methods and devices for providing access into a body cavity
US20110118766A1 (en) Attachment System, Device and Method

Legal Events

Date Code Title Description
A711 Notification of change in applicant

Effective date: 20040109

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

A521 Written amendment

Effective date: 20041012

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20041012

A521 Written amendment

Effective date: 20041105

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20071218

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20080317

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20080325

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20080616

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20080812

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20080911

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 3

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110919

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120919

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 4

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120919

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130919

Year of fee payment: 5

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees