JP3960395B2 - Interior of the confirmation and monitoring system - Google Patents

Interior of the confirmation and monitoring system Download PDF

Info

Publication number
JP3960395B2
JP3960395B2 JP21007395A JP21007395A JP3960395B2 JP 3960395 B2 JP3960395 B2 JP 3960395B2 JP 21007395 A JP21007395 A JP 21007395A JP 21007395 A JP21007395 A JP 21007395A JP 3960395 B2 JP3960395 B2 JP 3960395B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
system
means
vehicle
occupants
occupier
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP21007395A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH0939728A (en )
Inventor
ウイルバー・イー・デュヴァル
ウエンデル・シィー・ジョンソン
デイビッド・エス・ブリード
Original Assignee
オートモーティブ・テクノロジーズ・インターナショナル,インク.
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は、車内の確認及び監視システムに係わり、特に、乗車員がエアバッグの装備位置に近すぎる乗車員や、助手席にある後向き子供用シートにいる子供のエアバッグの展開によるケガを防止するのに有用な車内の確認及び監視システム関する。 The present invention relates to a car of the confirmation and monitoring system, in particular, to prevent occupants are occupants or too close to the equipment position of the air bag, the injuries caused by expansion of the children of the air bag, which are in the rear-facing child seat in the front passenger seat confirmation and monitoring system regarding useful car to.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
1984年、アメリカ通産省の全米高速道路安全委員会が自動車の乗車員の前部衝突に対する安全基準を定めた。 In 1984, the National Highway Traffic Safety Committee of the United States International Trade and Industry Ministry has set safety standards for front collision of the vehicle occupants. この法律は、1992年までに全ての乗用車を対象に「受け身の乗車員の拘束」を要求した。 This law, requested a "restraint of passive occupants" for all passenger cars by 1992. さらに、最近の法律では1998年までにすべての乗用車と軽トラックの運転席、そしてその他の乗車員の席にもエアバッグを付ける事を定めている。 In addition, a recent law stipulates that put all of the passenger car and the driver's seat of light trucks and the air bag in the seat of the other occupants, by 1998. 加えて、エアバッグの需要は、ヨーロッパと日本で急増し、また、2〜3年以内にはこれらの地域で生産される自動車(3700万台)と、段階的に世界中で生産される自動車(5000万台)にも基本的な装備としてエアバッグが備えられるだろう。 In addition, demand for automobiles of the air bag is rapidly increasing in Europe and Japan, also, within two to three years with the automobile (37 million units), which are produced in these areas, which are produced in stages around the world also in (50 million units) will air bag is provided as a basic equipment.
【0003】 [0003]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
飛躍的に技術は進歩し、数千人もの人々がエアバッグにより助かっている。 Dramatically technology advances, people thousands of people have survived by the air bag. 一方で、本明細書の中でも引用する係属中の特許出願08/040,978において詳しく述べられているように、様々な理由から、乗車員はエアバッグに近すぎるためエアバッグが展開する前に突き当たり、ひどくケガをしたり、死亡したりする。 On the other hand, as described in detail in patent application 08 / 040,978 pending cited among herein, for a variety of reasons, occupants before the airbag is deployed for too close to the airbag end of the road, badly or injury, or death.
【0004】 [0004]
また、助手席にある後向き子供用シートにいる子供は、エアバッグが膨らんだ時、深刻なケガをする危険性がある。 In addition, children who are in rear-facing child seat in the front passenger seat, when the inflated air bag, there is a risk of serious injury. これは、今や産業界の大きな関心事であり、アメリカ自動車産業界は後向き子供用シートがある場合、どのようにエアバッグの膨らみを避けるかの解決策を懸命に模索中である。 This is a major concern of the now industry, the United States automotive industry when there is a rear-facing child seat, which is one of the solutions hard to explore in how to avoid the bulge of the air bag.
【0005】 [0005]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
この発明は、米国で1993年3月31日に出願された「車内乗車員の位置及び速度センサ」(米国出願番号08/04078)に開示された発明の一つの改良に関するものであって、以下に詳細に述べるように、乗車員室内の物体を確認する手段を有するものであり、上記問題を解決するものである。 This invention relates to a one improvement of the invention disclosed in filed March 31, 1993 in the United States "position and speed sensor of vehicle occupants" (U.S. Application No. 08/04078), the following as described in detail, those having a means for confirming the object of occupants chamber is intended to solve the above problems.
【0006】 [0006]
この発明は、自動車、例えば乗用車やトラックの車内にいる乗車員たちや、彼らの部分、そして他の対象物を、1つ更にそれ以上のパターン認識技術や照射技術を使い、彼らから発する信号を受け、処理することで、彼らを確認し、監視するシステムである。 The present invention, automobiles, for example, occupants who are in the car for passenger cars and trucks, their parts, and the other objects, one further use more pattern recognition techniques and irradiation techniques, the signals emanating from them received, by processing, to confirm them, it is a system for monitoring. 受信された信号は、送信された信号の反射であったり、車内の自然の信号であったり、対象物から自然に放射された信号かもしれない。 The received signal or a reflection of the transmitted signal, or a natural signal in the vehicle, might signal is naturally radiated from the object. 確認及び監視システムによって加えられた情報は、車の他のシステムの作用に影響を及ぼすために使用される。 Information added by the check and monitoring system is used to influence the action of other systems of the car.
【0007】 [0007]
【発明の作用及び効果】 [Operation and effect of the invention]
現在エアバッグについては、自動車の衝突の際、後部座席の人を守れるような技術の開発に取り組んでいる。 For the current air bag is, when the vehicle collision, are working on the development of technologies such as protect the people of the rear seat. 本発明は、車内の人の有無を確認し、人が定められた場所にいるかどうか、また、後部座席の後向き子供用シートの有無を認知することにより、最近のエアバッグシステムにおける指定場所以外の席にいる乗車員と後向き子供用シートの問題を解決し、席に人がいない場合、必要のないエアバッグの展開を避けている。 The present invention, to confirm the presence or absence of the interior of the people, whether you are in a location that person has been determined, also, by recognizing the presence or absence of a rear-facing child seat in the rear seat, other than the specified location in the recent air bag system to resolve the occupants and rear facing child seat problem you are in the seat, if there are no people in the seats, is to avoid the deployment of the air bag does not need. 将来において、自動車は後部座席の人のために、また、側面からの衝撃に備えて、8つまた更に多くのエアバッグを備えるだろう。 In the future, vehicles for human backseat also includes the impact from the side, 8 Tsumata would further comprising a number of air bags. 必要のないエアバッグの展開をなくすことに加えて、事故の際、すべてのエアバッグが開いてしまうと、これらのエアバッグの取り替えのコストはとても高くなってしまう。 In addition to eliminating the deployment of do not need an air bag, the event of an accident, and all of the air bag will open, the cost of replacement of these air bag becomes very high. 本発明は、人のいない席のエアバッグを膨らませない事で、このコストを最小限にしている。 The present invention, by which does not inflate the air bag in the seat with no people, and the cost to a minimum. 席の占有体としては、人間や犬のような生きている占有体、植物のような生物、及び箱や食料品のバックのような無生物の物体がある。 The occupier of the seat, humans and living occupier, such as a dog, there are inanimate objects, such as an organism, and a box of and food back as a plant.
【0008】 [0008]
本発明の車内を確認したり、車の内部のものを監視する装置は、他の多くの問題を解決するために必要である。 Check the vehicle of the present invention, apparatus for monitoring those inside the car is required to solve many other problems. 例えば、車内に何があるかを確認し、監視する本発明の車内の確認及び監視システムがあれば、下記のようなことが可能になる。 For example, to check whether there is anything in the vehicle, if any car check and monitoring system of the present invention to be monitored, it is possible as follows.
【0009】 [0009]
乗車員の大きさや位置、また事故の衝撃度によって、エアバッグに流れるガスの量を調節出来るエアバッグがある。 Size and position of the occupants, and by the impact of the accident, there is an air bag that can regulate the amount of gas flowing into the air bag. 本発明の車内の確認および監視システムがあれば、乗車員や後向き子供用シートの有無や位置によって前記エアバッグへガスを供給するインフレータを調節できる。 If there is vehicle identification and monitoring system of the present invention, it can adjust the inflator for supplying gas to the air bag by occupants or presence and position of the rear facing child seat.
【0010】 [0010]
側面からの衝撃にそなえたエアバッグシステムは、1995年生産の乗用車から登場する。 Air bag system which includes the impact from the side, which appeared in 1995, production of passenger cars. エアバッグの展開によってケガをする危険性は、前方衝突のエアバッグと同じように側面衝突の際にもあるであろう。 Risk of injury by the deployment of the air bag would also during side impact like airbags forward collision. エアバッグに向かい合っている子供の頭はその例である。 The child's head, which is opposed to the air bag is its example. この発明は、これらのケガを最小限に抑えることができる。 The present invention, it is possible to suppress these injuries to a minimum.
【0011】 [0011]
将来の自動車は、自動車の運行または位置選定システムであるグローバルポジショニングシステム(GPS)と同じように標準セルラー電話を備えると考えられ、それは1998年には少なくとも一つの車種に付けられることが予定されている。 Future vehicles, believed to comprise the same way a standard cellular telephone a global positioning system (GPS) is a car navigation or position location system, it is planned that attached to at least one of the models in 1998 there. 事故の際に、電話が自動的に非常事態支援用の110番にかかり、そして自動車の正確な場所を知らせる事ができるようになるかもしれない。 In the event of an accident, the phone is applied to the 110 number for automatic emergency support, and might be to be able to tell the exact location of the car. その場合に、本発明の車内の確認及び監視システム有していると、乗車員数そして彼らの状態まで知らせる事ができるようになり、非常事態サービスは、どのような装置が必要か、また何台の救急車を現場に送ればいいのかわかるだろう。 In such a case, and has interior of the confirmation and monitoring system of the present invention, it will be able to tell until the ride number of members and their condition, emergency services, what kind of equipment you need, and what units if you send an ambulance to the scene it will be nice to know what.
【0012】 [0012]
自動車娯楽システムの技術者によると、乗車員やその他の物の数や大きさ、そして場所がわかれば、自動車の音響システムはもっとよいものになるそうである。 According to the technicians of the automobile entertainment systems, occupants and other the number and size, and if you know the location, the sound system of the car is so be something better. これらの情報は、この発明の車内の確認及び監視システムから得ることができる。 These information can be obtained from the vehicle interior identification and monitoring system of the present invention.
【0013】 [0013]
娯楽システムと同じように、暖房・換気・空調装置は、乗車員の数、性質そして位置がわかれば改善される。 As with the entertainment system, heating, ventilation and air conditioning apparatus, the number of occupants, the nature and position are improved by knowing. 発明の車内の確認及び監視システムは、それぞれの乗車員に合った環境コントロールシステムを作るのに使用されることができる。 Vehicle identification and monitoring system of the invention can be used to make an environmental control system that meets the respective occupants. 例えば、ある席に誰もいなければ、このシステムを切ることができる。 For example, if nobody in a seat, it is possible to turn off the system.
【0014】 [0014]
また、乗車員の以下のような特定のある部分が関心の対象となっている。 In addition, certain of certain parts, such as the following occupants have been the subject of interest. 例えば、 For example,
(a)手や腕が閉まりかけた窓に挟まれたら、窓をとめるべきである。 (A) When you are sandwiched between the hands and arms were about to closed window, you should stop the window.
(b)肩の位置によって、シートベルトの固定位置を乗車員の最適の位置に調節する。 (B) the position of the shoulder, to adjust the fixed position of the seat belt to the optimum position of the occupants.
(c)乗車員の後頭部の位置によって、ヘッドレストの位置を調節し、後部からの衝撃によるケガが最小限になるように調節する。 The position of the back of the head (c) occupants, adjust the position of the headrest, injury due to impact from the rear is controlled to be minimized.
上記のいずれも本発明の車内の確認及び監視システムを備えていれば解決できる。 Any of the above can be solved if it has an in-vehicle identification and monitoring system of the present invention.
【0015】 [0015]
また、本発明の車内の確認及び監視システムをエアバッグ電子センサー及び診断システムと組み合わせると、コンピューターを共有でき、自動車メーカーに大幅なコスト削減をもたらすことができる。 Further, the vehicle identification and monitoring system of the present invention when combined with the airbag electronic sensors and diagnostic systems, to share the computer, can result in significant cost savings to the automobile manufacturers. 同じ理由によって、本発明の車内の確認及び監視システムが側面衝撃のセンサーや診断システムを含む事が、論理にかなったものになる。 The same reason, that the interior of the check and monitoring system of the present invention includes a sensor and diagnostic system side impact becomes to that makes logical. 本発明の車内の確認及び監視システムがが乗車員の耳や目の正確な位置が判断出来るようになれば、騒音消去装置の使用によって、娯楽システムの更なる技術進歩が見込まれ、そして運転手の目の位置によって、バックミラーを自動的に調節できるようになる。 If so vehicle identification and monitoring system of the present invention can be determined that the exact position of the ears and eyes of the occupants, the use of the noise erasing apparatus, further technical advances in entertainment systems is expected, and the driver the eye position, it becomes possible to adjust the rearview mirror automatically. 他の例として、ある一定時間を超えると、運転手の行動を監視する機能が働き、運転手が眠りそうになると警告を発したり、車を運転する機能を失ってしまうと、車を止めることができる。 As another example, beyond a certain time, it serves the function of monitoring the behavior of the driver, or warned driver is about to sleep, when losing the ability to drive a car, to stop the car can.
【0016】 [0016]
更に進歩した本発明の車内の確認及び監視システムを使えば、下記に説明する通り、運転手の目の位置を正確に判断して、フロントガラスの一部を眩しい太陽の光や対向車のヘッドライトから守るために、暗くなったりする。 With vehicle identification and monitoring system of the present invention further advances, as described below, to determine the exact position of the eyes of the driver, of a portion of bright sunshine or oncoming vehicle windshield head in order to protect from light, or dark. このシステムでは、エレクトロクロミックガラス、液晶加工ガラス、または、他の適切な技術や光の来る方向を検知する探知機などを使用する。 In this system, used electrochromic glass, crystal fabricated glass, or the like detectors for detecting the direction of coming other suitable techniques or light. 太陽光線を遮る事に加えて、サンバイザーも必要なくなる。 In addition to that block the sun's rays, sun visor is also no longer necessary.
【0017】 [0017]
本発明は、例えば先に引用した係属中の特許出願に開示されている乗車員の位置測定システムに対して、ファジー論理システムやニューラルネットワークシステム、またはその他のパターン認識用コンピュータアルゴリズムなどの更に複雑なパターン認識能力を加え、この技術の応用範囲を大きく広げる物である。 The present invention is, for example, with respect to the position measuring system of occupants disclosed in pending patent application cited above, more complicated, such as fuzzy logic systems and neural network systems, or other pattern recognition computer algorithm, added ability to recognize patterns, but greatly expand the range of applications for this technology. ソナーを用い、ニューラルネットワークを使用したパターン認識システムの例は、次の2つの論文に書かれている。 Using sonar, examples of a pattern recognition system using a neural network is written in the following two papers. ゴルマン氏とセズノスキ氏による「ソナーターゲット探知対象を分類する層別ネットワークの中の隠された単位の解析」(神経ネットワーク第1章75〜89ページ,1988年)と、「パラレルネットワークを使ったソナーターゲットの分類について」(音響・スピーチ及び信号処理についての報告書,1988年7月)に記載れている。 Gorman and his "analysis of hidden units in the stratification network to classify the sonar target detection subject" Sezunosuki by Mr. (neural network Chapter 1, from 75 to 89 pages, 1988) and, sonar that uses a "parallel network (report on the acoustic speech and signal processing, July 1988) classification for "of the target are described in.
【0018】 [0018]
ここで使用されるパターン認識というのは、対象物がどんな分野に属しているかを定めるため、対象物が発生する信号を処理し、対象物と相互に影響し合うことによって修正される信号を処理するシステムを意味する。 Because pattern recognition, as used herein, to determine whether the object belongs to any field, and processes a signal object occurs, processing signals modified by affect each object and the cross It means a system that. このシステムによって、対象物がある特定の種類のものなのか否か定められ、また、ある特定の種類のもっと大きなグループの中に属するものと判断される。 This system is defined whether something of a particular type that is the object, also, is determined to belong in certain types of larger groups. また、どの種類にも属さないと見なされるかもしれない。 In addition, it may be considered as not belonging to any kind. 処理された信号は、一般的に音波または電磁波に敏感な変換器からくる電気的信号であり、それが電磁波であれば可視光線であったり、赤外線や紫外線またはレーダーであってもよい。 Processed signals are electrical signals commonly come from the sensitive transducer acoustic or electromagnetic waves, or a visible light if it is an electromagnetic wave may be an infrared or ultraviolet light or radar.
【0019】 [0019]
ここで使用されている「確認する」というのは、対象物が属している組や部類を定めることである。 As used herein the of of "confirmation" is to define a set or class of object belongs. 部類とは、このシステムの主旨によると、後向き子供用シートやすべての乗車員、後向き子供用シートに座っていない乗車員を含んでいる。 The class, according to the gist of this system, seat and all of the occupants for backward children, and includes a ride who are not sitting in the rear-facing child seat. 特定の人物が確認されるという場合には、その組や部類は、たった1つの要素、即ち、その特定の人物しか含まれていない。 If that certain person is confirmed, the set or class of only one element, i.e., contains only that particular person.
【0020】 [0020]
いくつかの例を述べる。 Describe some examples.
受け身の赤外線システムにおいて、探知機は、その確認できる範囲内にある対象物(この場合は乗車員)からの赤外線を得て、この赤外線放射にもとづいて、その体温を測定する。 In passive infrared systems, detectors are objects that are within the scope of the can see (in this case, occupants) to obtain infrared rays from, based on the infrared radiation and measures the body temperature. 本発明の車内の確認及び監視システムは、後向き子供用シートに子供がいるかどうか、普通に座っている大人がいるかどうかを体温によって判断し、他のシステムを制御する。 Interior of the confirmation and monitoring system of the present invention is, whether there are children in rear-facing child seat, it is determined by body temperature whether the adults are sitting in plain, to control the other system. しかし、この技術は、パターン認識システムにデータを入力できる体温に限定されてしまう。 However, this technique is limited to body temperature data can be input to a pattern recognition system. 例えば、子供を検知する場合、毛布をかぶっている場合などが問題になる。 For example, if you want to detect a child, for example, if you are wearing a blanket becomes a problem. また、後方向き子供用シートか前方向き子供用シートかを確認することも不可能になる。 In addition, it also becomes impossible to confirm whether the rear-facing child seat or forward-facing child seat. 全ての場合において、この技術は、例えば暑い中、気温が体温と同じ温度まで達してしまうと、乗車員を判断できなくなる。 In all cases, this technique, for example in hot and temperature will reach the same temperature as the body temperature, it can not be determined occupants. しかし、車内の気温をコントロールするのに使用するために、例えば、個々の乗車員の体温を正確に計る受け身の赤外線システムは有効である。 However, for use to control the temperature of the vehicle, for example, passive infrared system to measure the exact temperature of the individual occupants are effective.
【0021】 [0021]
レーザー光システムにおいて、赤外線レーザービームは、すでに述べられた方法によって、また上記の係属中の特許出願の図8に述べられ、説明されているように、対象物、乗車員、または子供席を一瞬にして把握する。 In the laser light system, infrared laser beam by the method already mentioned, also described in FIG. 8 of the patent application in the above copending, as described, the object, occupants, or a child seat momentarily to to to grasp. また、いくつかの場合には、CCD装置(テレビカメラのタイプ)は、反射光を受信するのに使用される。 Also, in some cases, CCD device (type of the television camera) is used to receive the reflected light. レーザーは走査モードで使用されたり、レンズを通して使用され、対象物の大部分をカバーする光の円錐を創り出してもよい。 Laser or used in a scanning mode, is used throughout the lens, may be creating a cone of light that covers a large portion of the object. それぞれの場合、指定された対象物やその構成要素を判断し、分類し、位置を捜し当てるために、上記に示されたパターン認識システムを使用する事も可能である。 In each case, to determine the specified object or its components, to classify, to Sagashiateru position, it is also possible to use a pattern recognition system shown above. このシステムは、素早い情報速度で、対象物についてのほとんどすべての情報を提供することができる。 This system is a fast information rate, it is possible to provide almost all the information about the object. その主な欠点は、超音波や受動の赤外線システムより更に高いコストである。 Its main disadvantage is the higher cost than the infrared system of the ultrasonic and passive. 将来的には、レーザーのコストは下がるので、このシステムの競争は激しくなるであろう。 In the future, the cost of the laser is lowered, competition of the system will become intense. このシステムの実施次第で、レーザー光線が乗車員の目に入れば、乗車員の安全に関心が高まるかもしれない。 Depending on the implementation of this system, if the laser beam is placed in the eye of the occupants, it might increase safety interest of the occupants.
【0022】 [0022]
レーダーシステムは、上記に示したレーザーシステムと似たような特性を持つ。 Radar system has similar characteristics as the laser system shown in. 特定のレーダーシステムの波長の長さにより、ある決まったサイズより小さな対象物を探知するパターン認識システムの能力は限定される。 The length of the wavelength of a particular radar system, the ability of the pattern recognition system to detect small objects than a certain fixed size is limited. しかしながら、再び述べたい事は、レーダーからの子供や他の乗車員の人体への影響についても関心が集まっていることだ。 However, that like to say again is that there has been interest in the effects on the human body of the children and other occupants from the radar. それらは、アメリカ食料・薬品機構からのレポートに示されている。 They have been shown in the report from the United States food and drug mechanism.
【0023】 [0023]
超音波システムは、もっとも安いが、音速に由来する遅延や、レーザーシステムよりかなり長い波長を使うために、レーザーやレーダーシステムよりも少ない情報しか提供できない。 The ultrasound system is the most cheap, delay or derived from the speed of sound, in order to use a much longer wavelength than the laser system, can only provide less information than the laser or radar system. 波長は、システムによって見えてくるはずの詳細な部分を限定してしまう。 Wavelength, thus limiting the detailed part that should become visible by the system. この限界にもかかわらず、下記に示すように、超音波は、乗車員の位置や速度を正確に知ることができるように、タイミングよく、情報を提供する。 Despite this limitation, as shown below, ultrasound, as can be accurately known position and velocity of the occupants, timely provide information. そして、適切なパターン認識システムと共に使用された時、後向き子供用シートの有無の判断が可能である。 Then, when used with appropriate pattern recognition system, it is possible to determine the presence or absence of rear facing child seat. 後向き子供用シートを確認するために使われるパターン認識システムは、ニューラルネットワークを使用し、ゴルマン氏らによる上記の引用文献の中に述べられたものと似ている。 Pattern recognition system that can be used to check the rear-facing child seat is to use a neural network, it is similar to those described in the above cited article by Gorman et al.
【0024】 [0024]
焦点を当てるシステム、例えば、カメラなどで使用されているものは、乗車員の頭の位置を定めるために使用されるかもしれないが、反応が遅すぎる為、衝突の時にその位置を把握できないし、また、それ自体によって後向き子供用シートや乗車員の有無を判断できない。 System to focus, for example, those used such as in cameras, might be used to define the position of the head of the occupants, because the reaction is too slow, to not grasp the position when the collision , in addition, it can not determine the presence or absence of a rear-facing child seat and occupants by itself. しかし、夜間見えやすくするための赤外線照明や、適切なパターン認識システムがCCD装置に付けられれば、それは可能である。 However, at night it looks infrared illumination and for the sake of, as long attached to a suitable pattern recognition system CCD device, it is possible.
【0025】 [0025]
上記の議論からも、自動車において標準的な照射及び/または受信技術に複雑なパターン認識システムを追加して用いる事によって、多数の新製品やシステム、または、現在は不可能なものの能力の開発が可能になることは明らかである。 From the above discussion, by using adding a complex pattern recognition system to standard illumination and / or receiver technology in the automotive, many new products and systems, or the development of the ability of what is now possible possible becomes it is clear.
【0026】 [0026]
主な目的及び利点は次の通りである。 The main purpose and advantages are as follows.
1. 1. 自動車の特定の席における人間の有無を判断する事、そして、車の他のシステム、例えば、エアバッグシステムや暖房・空調システム、娯楽システムやその他の操作にも、影響を与えるためにこの情報を使用する事。 It determines the presence or absence of a human in a particular seat of the car, and the car of the other systems, for example, air bag systems and heating and air conditioning system, also in entertainment systems and other operations, this information in order to influence It is used.
【0027】 [0027]
2. 2. 自動車の特定の席における人間の有無を判断し、その位置を測定し、この情報を他の自動車システムの操作のために使用する事。 Determining the presence or absence of a human in a particular seat of a motor vehicle, to measure the position, the use of this information for the operation of other automotive systems.
【0028】 [0028]
3. 3. 自動車の特定の席における人間の有無を判断し、車内の乗車員室に対するその相対的速度を計り、この速度情報を他の自動車システムの操作のために使用する事。 Determining the presence or absence of a human in a particular seat of a motor vehicle, weighing its relative speed with respect to car occupants chamber, the use of this speed information for the operation of other automotive systems.
【0029】 [0029]
4. 4. 席から離れた所にあるセンサーを使用して、車内の席の位置を測定し、そして、その席があらかじめ決められた位置になるように、記憶システム及び適切なアクチュエータと連動させて、この情報を使用する事。 By using a sensor that is away from the seat, to measure the position of the vehicle seat, and, so as to position the seat is predetermined, in conjunction with the storage system and a suitable actuator, this information the use of.
【0030】 [0030]
5. 5. 自動車内の乗車員の位置、速度または大きさを判断し、エアバッグのインフレータシステムによって、ガスの発生率や量をコントロールする事。 Position of occupants in a vehicle, to determine the speed or size, the inflator system of the airbag, possible to control the occurrence rate or amount of gas.
【0031】 [0031]
6. 6. 乗車員がシートベルトを着用しているかを判断し、それによって、エアバッグシステムの特性を変更する事、この判断は、モニターで監視したり、シートベルトの肩の位置に設置された共振器を使用することによって行われる。 Occupants is determined whether the seatbelts, whereby, changing the characteristics of the air bag system, this determination can monitor the monitor, the seat belt installed resonator to the position of the shoulder It is carried out by use.
【0032】 [0032]
7. 7. 後部座席の乗車員の有無とその位置を判断し、前方からの衝撃がある際に、後部座席の安全のためにエアバッグを操作する事。 Determining the presence or absence and the position of the occupants of the rear seat, when there is a shock from the front, possible to operate the airbag for the rear seat safety.
【0033】 [0033]
8. 8. 乗車員の有無とその位置を判断し、側面からの衝撃に備えたエアバッグを操作する事。 Determining the presence or absence and the position of the occupants, possible to operate the air bag having an impact from the side.
【0034】 [0034]
9. 9. 車窓の開閉を判断し、車の他のシステムを操作する事。 To determine the car window of the opening and closing, able to manipulate the other systems of the car.
【0035】 [0035]
10. 10. 窓が閉まる時、人の手やその他の物が挟まれていないかを判断し、車窓開閉システムを操作する事。 When the window is closed, it is determined whether or not sandwiched between the human hand and other things, possible to operate the car window opening and closing system.
【0036】 [0036]
11. 11. 電磁波や音波を用いた照射送受信システムを用い、車のドアがきちんと閉まっているかどうかを遠隔測定する事。 Using the radiation transmission and reception system using electromagnetic waves and sound waves, can be remotely determine whether the car door is closed properly.
【0037】 [0037]
12. 12. 車の乗車員の肩の位置を測定し、シートベルトの固定位置をコントロールするためにその情報を使用する事。 To measure the position of the car of the occupants of the shoulder, the use of the information in order to control the fixed position of the seat belt.
【0038】 [0038]
13. 13. 乗車員の後頭部の位置を判断し、ヘッドレストの位置をコントロールするためにその情報を使用する事。 To determine the position of the back of the head of the occupants, the use of the information in order to control the position of the headrest.
【0039】 [0039]
14. 14. 車内のある特定の席に後向き子供用シートがあるかを確認し、この情報を他の車内システム、例えば、エアバッグシステムの操作に影響を与えるために使用する事。 To confirm whether or not there is a rear-facing child seat to the particular seat of the car, this information other car system, for example, be used to affect the operation of the air bag system.
【0040】 [0040]
15. 15. 車内の乗車員の総数を確認し、事故の際、その情報だけでなく、その乗車員の状態などの他の情報も、車から離れた位置にある受信器に送信する事。 Check the total number of occupants of the vehicle, the time of the accident, as well as the information, other information, such as the state of its occupants, it can be transmitted to the receiver, which is located away from the car.
【0041】 [0041]
16. 16. 車の乗車員室内の乗車員やその他の対象物の大きさ、または位置の測定に基づいて、車内娯楽システムに影響を与える事。 Car occupants room occupants or other objects size, or on the basis of the measurement of the position, affecting the car entertainment system.
【0042】 [0042]
17. 17. 車の乗車員室内の乗車員やその他の対象物の大きさ及び位置の測定に基づいて、暖房・換気・空調システムに影響を与える事。 Based on the measurement of the size and position of the car occupants room occupants and other objects, affecting the heating, ventilation and air-conditioning system.
【0043】 [0043]
18. 18. 乗車員から発せられる赤外線によって乗車員の体温を測定し、その情報を用いて、暖房・換気・空調システムを制御する事。 By infrared rays emitted from the occupants to measure the body temperature of the occupants, using the information, by controlling the heating, ventilation and air conditioning systems.
【0044】 [0044]
19. 19. 車内の乗車員の位置を測定するための車内監視システムを提供し、エアバッグシステムをコントロールするための各種電子機器を、同じシステム内に導入する事。 Providing vehicle monitoring system for measuring the position of the car occupants, various electronics for controlling the airbag system, be introduced into the same system.
【0045】 [0045]
20. 20. 運転手の目のだいたいの位置を測定し、その情報を車のバックミラーの位置をコントロールするために用いる事。 To determine the approximate position of the eyes of the driver, the use that information in order to control the position of the car in the rearview mirror.
【0046】 [0046]
21. 21. 運転手の頭の位置を監視し、運転手が眠っていないか、健康を害していないか、また運転能力を失っていないかを判断し、その情報を用いて自動車の他のシステムに影響を与える事。 To monitor the position of the head of the driver, or not sleeping driver, do not harm the health, also to determine not lost its operating capacity, the effect on the other systems of the vehicle by using the information give it.
【0047】 [0047]
22. 22. 車の運転手の目の位置を監視し、運転手が眠っていないか、健康を害していないか、また運転能力を失っていないかを判断し、その情報を用いて自動車の他のシステムに影響を与える事。 Monitoring the position of the eyes of the vehicle driver, or not sleeping driver, or not harm the health and to determine not lost operating capacity, in addition to the system of a motor vehicle by using the information effect giving.
【0048】 [0048]
23. 23. 車の乗車員の目の位置、及び対向車のヘッドライトや太陽光線のような光源の方向を測定し、乗車員の目に入る光の強さを減少するようにフィルターを起こす事。 Car occupants of eye position, and the direction of the light source, such as oncoming headlights and sunlight was measured, it causes a filter to reduce the light entering the eyes of the strength of the occupants.
【0049】 [0049]
24. 24. 車の乗車員の目の位置、後続車のヘッドライトや太陽のような光源の方向を測定し、バックミラーから反射され、乗車員の目に入る光の強さを減少するようにフィルターを起こす事。 Position of the eyes of the car occupants, the direction of the light source such as headlights and the sun following vehicle is measured, is reflected from the back mirror, causing the filter to reduce the light entering the eyes of the intensity of the occupants thing.
【0050】 [0050]
25. 25. 車の乗車員の耳の位置を測定し、その情報を用いて、騒音を消去する音を用いるなどの方法によって乗車員の耳に達する音の質を改良するように娯楽システムを制御する事。 Measuring the position of the car occupants ears, using the information, you control the entertainment system to improve the quality of the sound reaching the ears of the occupants by methods such as using sound for erasing noise.
【0051】 [0051]
26. 26. 外見やその他の性質のような因子によって、特定の運転手を識別し、この情報を用いて、安全システム、席の調整、車の制限速度などを制御する事。 By factors such as the appearance and other properties to identify the specific driver, by using this information, the safety system, the adjustment of seats, by controlling the cars speed limit.
【0052】 [0052]
これらの、及びその他の目的や利点は、この発明の車内の確認及び監視システムの好ましい実施態様についての次の説明から、明らかになるであろう。 These and other objects and advantages, from the following description of the interior of the check and the preferred embodiment of the monitoring system of the present invention will become apparent.
【0053】 [0053]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
図1は、車の前部乗車員座席の後向き子供用シート110を含む乗車員室、及び、乗車員と後向き子供用シートの探知機の好ましい設置位置を示す。 Figure 1 shows occupants chamber including rear facing child seat 110 of the front occupants car seat, and a preferred installation positions of the occupants and rear facing child seat in the detectors. この実施例には、3つの超音波変換器131、132、133が使用されている。 In this embodiment, three ultrasonic transducers 131, 132 and 133 are used. 変換器132は、超音波エネルギーを前部乗車員席に向けて送信し、この場合、後向き子供用シート110によって反射され、そして反射波を変換器131と133が受信する。 Transducer 132 transmits the ultrasonic energy in the front occupants seat, in this case, it is reflected by the rear facing child seat 110, and receives the reflected wave transducers 131 and 133. 変換器131及び132が受信した信号は乗車員席を占有する物、この場合は後向き子供用シート110の形に応じて時間とともに変化する。 Signal converter 131 and 132 is received by those occupying the occupants seat, in this case varies with time depending on the form of the rear facing child seat 110. それぞれの物は、違ったパターンを有する信号を反射するであろう。 Each things, will reflect a signal having a different pattern. また、変換器131が受信したパターンは、変換器133が受信したパターンとも僅かに違っている。 Further, the pattern converter 131 receives is slightly different with the pattern converter 133 receives. 2つの変換器131及び133を通してある種の立体画像が2つの変換器によって受信され、処理装置101によって分析のため記録される。 Certain of the three-dimensional image through the two transducers 131 and 133 are received by the two transducers are recorded for analysis by the processor 101. この画像は、車内に置かれたそれぞれの対象物によって異なり、また各特定対象物や各座席の位置によっても変化する。 This image is different by each object placed in the vehicle, also varies depending on the position of each particular object or each seat.
【0054】 [0054]
各超音波受信機から記録された“画像“は、実際は記録された信号の振幅と時間の関係を時系列的にデジタル化したデータである。 Each recorded from ultrasonic receivers "image" is actually the time series digitizes the relationship of the amplitude and time of the recorded signal data. 2つの受信機があるので、2つの時系列データが得られ、処理装置101によって処理される。 Since there are two receivers, two time-series data is obtained and processed by the processing device 101. 違った対象物が前部乗車員席に置いてある場合、2つの画像は異なるが、後向き子供用シートのすべての画像の間には、例えばそれがどこの席にあったとしても、どのメーカーの子供用シートであっても、似た所がある。 If the different objects are placed in the front occupants seat, although the two images differ, between all of the image of the rear-facing child seat, for example, even as it was in anywhere in the seat, any manufacturer even in the child seat of, there is a similar place. また、乗車員の服、歳、大きさなどに関係なく、席に座っている人々の画像はみな似ている。 In addition, occupants of clothes, old, regardless of size, and the like, the image of people who are sitting in the seat are all similar. 問題は、乗車員の画像と子供用シートの画像の違いを見分ける法則を見つけることである。 The problem is to find the law to tell the difference of the occupants of the image and the child seat of the image. 多種の子供用シートの画像の類似点は、時系列のある一部だけを見た人には分からないだろう。 Similarities of various of the child seat image, a time-series will not know just the person who saw the part. したがって、多種多様なパターンで分類するためにコンピューターアルゴリズムが開発されている。 Therefore, the computer algorithm has been developed to classify a wide variety of patterns.
【0055】 [0055]
これらの法則を見出す事は、この発明のパターン認識技術に主要なことである。 To find a these rules is that the main pattern recognition technique of the present invention. 一般的に、人工知能であり、ファジー論理及び人工的ニューラルネットワークという3つの方向が有用である。 Generally, an artificial intelligence, three directions that fuzzy logic and artificial neural networks are useful. この発明のいくつかの実施例において、例えば下記に述べるような、窓を閉める際に何か物が挟まらないかを確認する際に、訓練を積んだ調査員が、反射された音波信号を見て、必要とされる決定事項をつくるための簡単なアルゴリズムを工夫するという方法は、十分明らかである。 In some embodiments of the present invention, for example as described below, when checking or not something object is pinched when closing the window, investigator trained is, the reflected wave signal method of look, devising a simple algorithm for making decisions that are required are clear enough. 後向き子供用シート、または乗車員の有無を判断するような別の場合には、法則を求めるのに人工的ニューラルネットワークが用いられている。 In other cases, such as to determine a rear-facing child seat or the presence or absence of occupants, has been used is an artificial neural network to determine the law. パターン認識の法則を求めるためのニューラルネットワークのソフトウェアの一つは、ペンシルバニア州ピッツバーグのネウラルウェア社で手に入れることができる。 One software of the neural network for determining the law of pattern recognition, it is possible to get in Pittsburgh, PA Neuraruwea company.
【0056】 [0056]
後向き子供用シートや乗車員の有無、及び空席を判断するためのシステムは、人工的ニューラルネットワークである。 Rear facing child seat and the presence or absence of occupants, and a system for determining vacant, an artificial neural network. この場合、ネットワークは変換器131及び133によって探知された2つの反射に基づいて作動する。 In this case, the network operates on the basis of the two reflections is detected by the transducer 131 and 133. 訓練の機会を通じて、前記3つの場合の間の違いを識別するようにシステムを教育する。 Through training opportunities, to educate the system to identify the differences between the case of the three. これは、すべての可能な後向き子供用シートを、可能な限りの乗車席に置くという多数の実験によって導かれた。 This is all possible backward child seat, it has been guided by a number of experiments that put the passenger seat as much as possible. 同じように、効果的な多数の実験は、乗車員や箱、食料品の入ったバックや他の対象物によっても行われた。 In the same way, effective large number of experiments, occupants and boxes, was also carried out by the back or other object that contains the grocery. 約1000回もの実験が行われた。 About 1000 times as many as the experiment was conducted. その結果、ニューラルネットワークが十分に訓練され、前記3つの場合の違いが区別され、とても高い確率で正しい結果を得ることができるようになった。 As a result, the neural network is sufficiently trained, differences between the three are distinguished, it has become possible to obtain a correct result in a very high probability.
【0057】 [0057]
一度ネットワークが決められると、ネウラルウェア社に供給された道具を使って、結果を調べる事が可能である。 Once the network is determined, by using a tool that has been supplied to the Neuraruwea company, it is possible to examine the results. 例えば、トライアル アンド エラーの技術によって、最終的に得られた法則を定める事が可能である。 For example, by trial and error of the technology, it is possible to determine the finally obtained law. この場合、法則をマイクロプロセッサの中にプログラムすることによって、ファジー論理や他の法則に基づく法則を得ることが出来る。 In this case, by programming the law in the microprocessor, it is possible to obtain a law based on fuzzy logic or other laws. また、ニューラルコンピューターは、直接的にそのネットワークを実施するのに用いることができる。 Further, the neural computer can be used to implement directly the network. どちらの場合も、パターン認識の技術の当業者によって実施することができる。 In either case, it may be implemented by those skilled in the art of pattern recognition. もしマイクロプロセッサを使用すれば、受信した変換器からのデータをデジタル化するアナログデジタル変換器からのデータを保存するため記憶装置が必要となる。 If you use a microprocessor, memory for storing data from the analog digital converter to digitize the data from the received transducer is required. 一方で、もしニューラルネットワークコンピュータが使用されるならば、アナログ信号は変換器からニューラルネットワーク入力ノードへと直接供給され、中間記憶は必要なくなる。 On the other hand, if the neural network computer is used, the analog signal is supplied directly to the neural network input node from the transducer, the intermediate storage is not necessary. この記憶のタイプの幾つかは、マイクロプロセッサのようにコンピュータープログラムを保存することが必要となる。 Several types of this memory, it is necessary to store the computer program as the microprocessor. そして、もしニューラルネットワークコンピューターが複数のタスクのために使われるならば、記憶することは、それぞれのタスクに伴う特定の価値をそのネットワークに保存しておくために必要になってくる。 Then, if the neural network computer is used for multiple tasks, storing the becomes necessary to keep a certain value associated with each task on the network.
【0058】 [0058]
別のシステムが、図2に示されてる。 Another system is shown in Figure 2. これは、この発明の車内の確認・監視システムと車内セルラーコミュニケーションシステムとの接続部を示す断面図である。 This is a cross-sectional view showing a connection portion between interior of check and monitoring systems and vehicle cellular communication system of the present invention. この図において、前部乗車席220に乗車員210が座っており、そして、2つの超音波変換器231と232を使用しているのが示されている。 In this figure, sitting occupants 210 to the front passenger seat 220, and are using the two ultrasonic transducers 231 and 232 are shown. この変換器の一つ232は、この場合受信機、送信機両用として機能しているが、一方、変換器231は受信機としてのみ機能する。 One 232 of the transducer, in this case the receiver, but functions as a transmitter dual, while the transducer 231 functions only as a receiver. 代わりに変換器231を送信機、受信機両用とすることもでき、2つの装置の間で送信機能を変えることができる。 Transmitter transducer 231 instead, can be a receiver dual, it is possible to change the transmission function between the two devices. また図2では、変換器231及び232には、A支柱の中に埋め込んで車に取り付けられ、同じように埋め込まれた処理装置101と接続されている。 In FIG. 2, the transducer 231 and 232 are attached to the car embedded in the A pillar and is connected to the processing unit 101 embedded in the same way. A支柱とは、自動車の前部に最も近い屋根支柱で、屋根を支える事に加えて、フロントガラスや前部ドアを支えている。 The A pillars, the nearest roof struts at the front of the car, in addition to supporting the roof, is supporting the windshield and the front door.
【0059】 [0059]
監視システムとセルラーホンシステムとの接続部分は、アンテナ250の方向に出力する箱240によって図式的に示されている。 Connection portion between the monitoring system and the cellular telephone system is schematically illustrated by box 240 to be output in the direction of the antenna 250. 変換器231及び232はパターン認識用のハードウェア及びソフトウェアと共に、自動車が走り出して2〜3秒以内に乗車員の有無を把握する。 Converters 231 and 232 with hardware and software for pattern recognition, to recognize the presence or absence of occupants car rolls forward within 2-3 seconds. 前記パターン認識用のハードウェア及びソフトウェアは、処理装置101の中で実行され、印刷回線板、又はフレキシブル回線基板上に前記変換器231及び232共にパッケージされている。 Hardware and software for the pattern recognition is performed in the processing apparatus 101, the print line plates, or have said are both converters 231 and 232 packages a flexible line on a substrate. 車内の他の席を監視するために設置された同様のシステムは、他の席に乗車員がいるかどうかを確認し、この結果は、各監視システムの処理装置101の一部であるコンピューターの記憶回路に記憶される。 Similar systems have been installed to monitor other seats in the vehicle is to check whether any occupants to other seats, the result is stored in a computer which is part of the processing apparatus 101 of the monitoring system It is stored in the circuit. 事故のときは、セルラー電話システムと結合された電子システムが、多くの車内監視システムの記憶を問いただし、車内の乗車員数を確認する。 When an accident, an electronic system coupled with a cellular telephone system, questioned the storage of a number of vehicle monitoring systems to verify vehicle ride Number. 更により複雑なシステム内では、乗車員がシートベルトをしているかどうか、事故の後、動いているかどうかまで確認する。 In an even more in a complex system, occupants is whether you're a seat belt, after the accident, make sure to whether or not the running. そして、セルラー電話システムは、自動的に非常事態用オペレーターに電話をし、車内モニターシステムから得た情報は転送され、その情報によって出動する救急車の数や事故現場へ送る道具などを決めることができる。 Then, the cellular telephone system, automatically a state of emergency for the operator to the phone, information obtained from the inside of the vehicle monitoring system is transferred, it is possible to determine such as tools to be sent to the number and the scene of the accident of the ambulance to be dispatched by the information . このような設備を持つ自動車はまだ実用化されていないが、1990年代後半の実用化にむけて計画が進められている。 Such a motor vehicle with a facility has not yet been put to practical use, planning towards the practical application of the late 1990s has been promoted. このような自動車は、その正確な位置を確認し、非常事態用オペレーターへ情報を転送できる包括的位置確認システムなどを備えるようになるだろう。 Such a car would confirm its exact location, so equipped and comprehensive location system that can transfer the information to the state of emergency for the operator.
【0060】 [0060]
現在使用されている暖房・換気・空調システム(HVAC)の制御は、本発明の車内監視システムの実施の可能性を裏付けるものではない。 Control of heating, ventilation and air conditioning systems currently used (HVAC) does not support the possibility of performing in-vehicle monitoring system of the present invention. それは、少なくとも、電子式冷暖房システムが、現在使用されている従来のシステムと交換されるまでは、多分ありえないだろう。 It comprises at least an electronic air conditioning system until they are replaced with conventional systems currently used, would unlikely probably. しかし、もし監視システムがあれば、コストをあまり上げずにHVACを制御するのに使用できる。 However, if there is a monitoring system, it can be used to control the HVAC without much increase the cost. このシステムの利点は、多くの自動車が運転手しか乗っていないため、空席には直に暖房やエアコンの風を送る必要が無くなる事である。 The advantage of this system, because it does not have a lot of automobile ride only driver, is directly heating and there is no possible need to send the air conditioning of the wind in the vacant seat. これにより、自動車が運転手1人で走り始めた時、暖房やエアコンの風を送る必要が無くなり、運転席のみ暖房やクーラーを効かせることができ、エネルギーの節約になる。 As a result, when the vehicle is started running in the driver one person, there is no need to send the heating and air conditioning of the wind, only the driver's seat can be made to twist the heating and cooler, will save energy.
【0061】 [0061]
図3は、車内の乗車員室の断面図で、本発明の車内の確認及び監視システムと車内暖房・空調システムとの接続部260を示す図である。 Figure 3 is a cross-sectional view of the car occupants chamber is a diagram showing a connection portion 260 of the interior of the check and monitoring systems and vehicle heating and air conditioning system of the present invention. 図3とその他の図において、同じ数字は同じものを示している。 In other as FIG. 3, the same numerals indicate the same thing. 音波の変換器231と232に加えて、乗車員の体温を計れる赤外線センサー234も示されている。 In addition to the transducer 231 and 232 of the acoustic wave, infrared sensor 234 measurably body temperature of occupants is also shown. 各変換器からの出力は、処理装置101に入力され、接続部260にかわるがわる接続される。 The output from each transducer is input to the processing device 101, by turns are connected to the connecting portion 260. この方法において、HVACは車内の温度よりもむしろ乗車員の体温に基づいて制御される。 In this method, HVAC is controlled rather based on the body temperature of the occupants than the vehicle interior temperature. この本発明は、個々の乗車員がそれぞれに監視されること、そして、HVACシステムが、全ての乗車員に対して設定された温度に基づいて若しくは間欠的に各々の乗員のために調整される。 The present invention can individual occupants are monitored respectively, and, HVAC system is adjusted for the occupant or intermittently each based on the temperature set for all occupants . そして、各乗車員は、図3の250に図示される調節用ノブを調節することによって自分自身の好みの温度を設定することができる。 Each occupants can set the temperature preferences himself by adjusting the adjustment knob depicted in 250 of Figure 3. 車内にはそれ自身が備えている処理装置101を含む電子機器と共に監視システムが既に設置されているので、赤外線センサーは僅かな追加費用で取り付けることができ、処理装置も共有できる。 Since monitoring system with electronics in the vehicle, including a processing unit 101 which itself has is already installed, the infrared sensor can be mounted with little additional cost, processing device can also share.
【0062】 [0062]
エアバッグの膨張を制御するために本発明の車内の確認及び監視システムを使用する例は、先に引用した係属中の特許出願において詳しく述べられている。 Examples of using the vehicle identification and monitoring system of the present invention to control the inflation of the air bag is described in detail in pending patent application cited above. この場合、エアバッグに対応する乗車員の位置を正確に把握するため、乗車員やその手足の間の違いを見分ける簡単なパターン認識システムを使う事が基本になる。 In this case, in order to accurately grasp the position of occupants corresponding to the air bag, it uses a simple pattern recognition system to tell the difference between the occupants and the limbs is basic. 事故が起きたとき、乗車員は事故そのものからくるケガでなく、エアバッグモジュールの膨張によるケガをするほどエアバッグモジュールに近い位置にいた場合、エアバッグの膨張は抑えられる。 When an accident occurs, occupants are not injuries that come from the accident itself, if you were in a position close to the air bag module as to the injuries caused by the expansion of the air bag module, the expansion of the air bag can be suppressed. 本発明の車内監視システムは、席にいる人の性質を判断し、エアバッグをどのように膨張させるかを決定するものである。 Vehicle monitoring system of the present invention is to determine to determine the nature of the person in the seat, inflating how the air bag. 図4は、車内の確認及び監視システムとエアバッグシステム270との接続部を図示する断面図である。 Figure 4 is a cross-sectional view illustrating a connecting portion between the vehicle interior identification and monitoring system and the airbag system 270.
【0063】 [0063]
この場合、超音波変換器232は、乗車員に向かって多くの超音波を送信し、その超音波は乗車員に当たって反射され、受信機231と232によって受信される。 In this case, ultrasonic transducer 232 transmits a number of ultrasonic wave toward the occupants, the ultrasound is reflected when occupants are received by receiver 231 and 232. 超音波が送信機から出て、受信機に返るために必要な時間は、乗車員とエアバッグの距離によって決まる。 Out ultrasound transmitter, the time required to return to the receiver is determined by the distance of the occupants and the airbag. これらは、前記係属中の出願に詳しく述べられている。 These are described in detail in application in the pending. しかし、この発明の場合、乗車員の顔や胸を示す反射信号の一部は、ニューラルネットワークのようなパターン認識技術によって決定される。 However, in this invention, a portion of the reflected signal indicative of the face and chest of occupants is determined by the pattern recognition techniques, such as neural networks. エアバッグに対する乗車員の相対的速度は、乗車員がエアバッグに付いている時、時間を十分正確に予測ができるよう、連続した位置測定により決定される。 The relative velocity of the occupants for the airbag, occupants are when attached to the air bag, to allow sufficiently accurately predict the time, is determined by the successive positions measured. 乗車員の相対的速度と衝突による減速パルスの積分とを較べて見ると、乗車員のシートベルトの着用の有無は、どのようにエアバッグ膨張を開始するかを決定する要素になると言える。 Looking compared to the integral of the deceleration pulse by relative velocity and the collision of the occupants, whether wearing seat belts occupants, how it can be said to be a factor in determining whether to initiate airbag inflation. 乗車員がシートベルトをしている可能性がないほど移動した場合のみ、乗車員がシートベルトを着用していないという情報を与える。 Occupants is only when you move as there is no possibility that a seat belt, occupants will give you information that does not wear a seat belt.
【0064】 [0064]
この過程と音波や電磁気などの様々な技術の利点についてのより詳しい論議は、SAE論文940527の中にあるブリード氏らによる「乗車員の位置検知」の中に詳しく述べられている。 More detailed discussion of the various advantages of the technology, such as the process and the waves and electromagnetism is described in detail in the "position sensing of the occupants," due to bleeding et al, which is in the SAE paper 940527. この論文の中に述べられているのは、音波が乗車員に到達し、返ってくるために必要とされる時間は、衝突事故の時、乗車員の位置測定に音波を用いる妨げにはならない程の時間であるということである。 The stated in this paper, sound waves reach the occupants, the time required to come back, when a crash event, not hinder the use of sound waves to the localization of the occupants it is that it is the degree of time. 位置測定や多くのパターン認識応用のためには、超音波は健康に害がなく、レーザーやレーダーよりも安い事から、より望ましい技術である。 For position measurement and a number of pattern recognition applications, ultrasound is health harmless, because it is cheaper than laser or radar, and a more desirable technique. 超音波の限界として主にあげられる特性は、その波長には認識できる対象物の大きさに限界があることである。 Properties are mainly cited as ultrasound limits is that there is a limit to the size of the object to be recognized in its wavelength. 例えば、個人の特定を必要とする場合には、光学的システムが必要である。 For example, in the case that requires a particular individual, it is necessary to optically systems.
【0065】 [0065]
音響エンジニアたちにはよく知られていることだが、娯楽設備の音質は、その性質やそれが作動する空間の内在物やその空間を取り囲む表面などによって左右される。 Although thing is well known to acoustic engineers, the sound quality of entertainment facilities, depends on such surface surrounding the underlying product and the space of the space in which the nature and which it operated. 音響エンジニアが自動車システムをデザインする時、空間やその空間を取り囲む自動車の表面についての知識を持ち合わせている。 When the acoustic engineers to design a car system, we are blessed with knowledge of the surface of a motor vehicle which surrounds the space and the space. しかし、ある特定の日に何人の人が車に乗るかは知ることはできないので、このシステムには、妥協が必要となる。 However, there is so particular day many people in will not be able to know whether the ride in the car, in this system, it is necessary to compromise. もし、乗車員数とその位置、そして個々の大きさまできちんとわかっていれば、音質を向上させるために調節する事は可能である。 If ride Number and its location, and if you know exactly to individual size, it is possible to adjust in order to improve sound quality. したがって、図5は車内の確認及び監視システムと娯楽システムとの接続部280を図示したものである。 Thus, FIG. 5 illustrates the connection portion 280 of the interior of the check and monitoring system and the entertainment system. この監視システムが提供する情報を使った特別娯楽システムのデザインは、当業者によって適宜になし得ることである。 The design of this monitoring special entertainment system the system using the information provided is that it can no appropriately by a person skilled in the art.
【0066】 [0066]
このシステムにおいて音波検知像を得るために実用的な音波最大周波数は、約40〜60キロヘルツである。 Practical wave maximum frequency in order to obtain the acoustic sensing images in this system is about 40 to 60 kilohertz. 50キロヘルツの音波の波長は、約0.6cmで、例えば人間の顔面の特徴を見極めるには、きめが荒すぎる。 Wavelength of the sound wave 50 kilohertz is about 0.6 cm, for example, in ascertaining the characteristics of the human face, texture is too rough. 当業者にはよく知られていることだが、照射光の波長よりも小さいものは見分けることができない。 Thing is well known to those skilled in the art, but can not tell smaller than the wavelength of the irradiated light. 通常のレーダーシステムの波長は、0.9cm(33,000MHz K バンドに対して) から133cm(225MHz P バンド) ととても幅があるが、人物確認システムにはきめが荒すぎる。 Wavelength of the normal radar system, 0.9cm but there is a very wide from (against 33,000MHz K band) and 133cm (225MHz P-band), texture is too rough to the person verification system. 図6では、前述のデザインの超音波変換器の代わりに、レーザー変換器231及び232が用いられ、マイクロプロセッサ101に接続されている。 6, instead of the ultrasonic transducer of the aforementioned design, the laser transducers 231 and 232 are used, is connected to the microprocessor 101. 他の全ての方法においても、このシステムは同じように作動する。 Also in all other ways, the system operates in the same way. このレーザーシステムのための電子回路の設計は、先に引用した係属中の特許出願、特にその図8とそれに対応する説明において、詳しく述べられている。 Design of electronic circuits for the laser system, pending patent application cited above, in particular in the description corresponding thereto and its 8 are described in detail. この場合、ニューラルネットワークのようなパターン認識システムが用いられ、それは受信機231と232からの復調信号を用いるものである。 In this case, the pattern recognition system, such as a neural network is used, it is to use the demodulated signal from the receiver 231 and 232.
【0067】 [0067]
この監視システムの処理装置101の出力は、自動車発車システム、娯楽システム、席、鏡、台車ばね装置(サスペンション)、その他の調節装置、または他の何らかの自動車に適用されうる装置であるところの一般的な接続部290に接続されて示されている。 The output of the processing unit 101 of the monitoring system, automotive departure system, entertainment system, seats, mirrors, carriage spring device (suspension), other regulatory devices or general where an other device that can be applied to any motor vehicle, It is shown connected to the Do connecting portion 290.
【0068】 [0068]
この発明の車内の確認及び監視システムを実施するために好ましい2つの方法に、マイクロプロセッサーシステムと特定用途の集積回路システム(ASIC)がある。 Preferred two ways to implement the vehicle identification and monitoring system of the present invention, there is an integrated circuit system for a particular application with a microprocessor system (ASIC). 2つのシステムはともに101か601 (図17参照) として図示されている。 The two systems are both shown as 101 or 601 (see FIG. 17). マイクロプロセッサーシステムを説明するブロック図は、図1のシステムの実施方法を示した図7に示されている。 Block diagram illustrating a microprocessor system is shown in Figure 7 shows the implementation of the system of Figure 1. ASICを使った図1のシステムの別の実施方法が、図8に示されている。 Another implementation of the Figure 1 system using ASIC is shown in Figure 8. どちらの場合も、110が後向き子供用シートのような対象物として、131、132、133が3つの変換器として図示されている。 In either case, 110 as an object such as a sheet for rear facing child, 131, 132, and 133 are illustrated as three transducers.
【0069】 [0069]
図9には、図1における後向き子供用シートの代わりに、前部乗車員席に箱295がのっている本システムの図が示されている。 9 shows, instead of the sheet for rear facing child in Figure 1, a diagram of the system of the box 295 to the front occupants seat rests is shown. この発明の車内の確認及び監視システムは、箱295が後向き子供用シートでも、乗車員でもないと判断できるように訓練されており、したがって、それは空席として扱われ、エアバッグの膨張は抑制される。 Vehicle identification and monitoring system of the invention, also a box 295 seat backward children are trained to judge the nor occupants, therefore, it is treated as vacant, inflation of the air bag is suppressed . この訓練は、先に述べたように、ピッツバーグのネウラルウェア社によって提供されており、このソフトウェアを使ったニューラルネットワークを使って行われる。 This training is, as mentioned above, is provided by Pittsburgh Neuraruwea Inc., is performed using a neural network using this software. このシステムは箱が人間である可能性を判定するが、もしそれが人間であると微かな可能性でもあれば、エアバッグ膨張は抑制されない。 This system determines the likelihood box is a human, if even if faint possibility that it is a human, the airbag inflation is not suppressed. したがって、このシステムは普通、エアバッグ装置が展開する方向にバイアスを与えている。 Therefore, this system is usually airbag device has given a bias in a direction to expand.
【0070】 [0070]
側面からの衝撃に備えたエアバッグは、いくつかの車種ですでに使用されている。 Airbag with impact from the side has already been used in some models. これらの最初のエアバッグは、前方衝突から身を守るための運転席と助手席用エアバッグに比べると、とても小さいものである。 The first of these air bag, as compared to the air bag for the driver's seat and the passenger seat to protect themselves from the forward collision, but very small. しかし、小さな子供が頭をエアバッグに向けて眠っているかもしれないので、車内の確認及び監視システムは、その膨張を避ける必要がある。 However, because small children might be sleeping with its head in the air bag, the interior of the confirmation and monitoring system, it is necessary to avoid the expansion. 図10は、超音波変換器330が、エアバッグシステム付近のドアに設置されていることを示している。 Figure 10 is an ultrasonic transducer 330, it indicates that it is installed in the door near the air bag system. この装置は、エアバッグ付近の物を確認するのには使用されず、単に対象物の位置を確認するのに使用されている。 This device is not used to check the things around the air bag, and simply be used to verify the position of the object.
【0071】 [0071]
後頭部探知機334もまた、図10に示されている。 Occipital detector 334 also shown in FIG. 10. この探知機がヘッドレストと乗車員の頭との距離を把握し、ヘッドレストの位置を調節し、後方からの衝撃があった時、きちんと頭を支えられるように、乗車員の頭の位置にヘッドレストを設置する。 To grasp the distance between the detector is of the headrest and occupants head, to adjust the position of the headrest, when a shock from the rear, as can be properly supported head, the headrest position of the head of the occupants It is installed. 殆どの自動車のヘッドレストは、調節可能であるが、それを適切な位置に設定している事はまれである。 Most automotive headrest is adjustable, it is rare that sets it in position. 毎年、後方からの衝撃によって約90,000件の事故で400,000人以上ものむち打ち症が起こっている(全米高速道路安全機構より)。 Every year, the impact by the 400,000 or more people in about 90,000 of the accident whiplash from the rear is happening (from the National Highway Traffic Safety mechanism). 適切な位置にヘッドレストがあれば、このような事故を減少させることは可能である。 If there is headrest in position, it is possible to reduce such an accident. 後頭部探知機334とヘッドレスト制御機構の回路340とを接続していることが図示され、この制御機構はヘッドレストを上下させたり、前後させたりする事ができる。 It is shown that connects the circuit 340 of the occipital detector 334 and the headrest control mechanism, the control mechanism or up and down the headrest, can or to the front and rear.
【0072】 [0072]
運転手がセルラーホンを使用している時、車内の騒音を拾い上げ、何を言われるのか聞き取るのに困難な事がある。 When the driver is using a cellular phone, pick up the car of noise, it may be difficult to hear what you or is said. 指向性マイクロフォンを使用し、それが運転手の口の方に向けられれば、騒音を減らす事ができる。 Use the directional microphone, as long it is directed towards the mouth of the driver, it is possible to reduce the noise. これは、運転手の口の位置が、体の大きさや座っている位置によって変化するため、実行するのは大変難しい。 This is the position of the mouth of the driver, because it changes depending on the size and sitting position of the body, is very difficult to implement. この発明の車内の確認及び監視装置を使用し、適切なパターン認識技術を用いれば、運転手の頭の位置は、超音波でも十分正確に測定することができ、15°の円錐角を有する指向性マイクロフォンを運転手の口の方に向けられれば、彼の声を明確に受信することができる。 Using the vehicle identification and monitoring system of the present invention, the use of the appropriate pattern recognition technique, the position of the head of the driver, even ultrasound can be sufficiently accurately measured, oriented with conical angle of 15 ° as long toward sex microphone towards the mouth of the driver, it is possible to receive his voice clearly. また、このようなシスシムを用いれば、前後の席の間で簡単に会話をする事もできる。 In addition, the use of such Shisushimu, can also be a conversation easily with between the front and rear seats. このようなシステムは、図11に示されており、3つの超音波変換器231、232、233の使用を示している点でのみ、図2に似ているが、これは運転手の頭の位置確認やマイクロフォン355の指向方向をコントロールするためのものである。 Such a system is shown in Figure 11, only in that it illustrates the use of three ultrasonic transducers 231, 232 and 233 is similar to FIG. 2, which is the head of the driver position check is for controlling the orientation of the microphone 355. スピーカー357は、このシステムを完全なものにするため、電話システム359と接続された状態を図示されている。 Speaker 357, for the system to complete, is shown a state of being connected to the telephone system 359.
【0073】 [0073]
変換器231と232はA支柱の中の高い位置に置かれ、3番目の変換器233はヘッドライナーに取り付けられ、変換器231と232を水平移動した位置にある。 Converter 231 and 232 are placed in a high position in the A pillars, the third converter 233 is attached to the headliner, there transducers 231 and 232 to the horizontal movement position. 2つの変換器231と232は頭の垂直方向の位置を定める情報を提供し、231の一部と233と232は共同で、頭の水平位置を把握する情報を提供する。 Two transducers 231 and 232 to provide information defining the vertical position of the head, a portion 233 and 232 of the 231 jointly provide information to grasp the horizontal position of the head. この3つの変換器は、車内の高い場所に位置しているため、最初に返ってくる信号は頭からのものである。 The three transducers, since the position in the vehicle high place, initially the returning signal is from the head. 頭部を越えた所から反射してくる信号を消すために、一時的なフィルターが使用される。 In order to turn off the signal reflected from beyond the head, temporary filter is used. そして、頭部の中心位置を把握することは、頭部から反射されてきた信号の図心によって見いだされる。 Then, knowing the center position of the head is found by centroid of the signal reflected from the head. 変換器231、232、233から受信された3つのシグナルによって、一旦、反射信号の図心の位置が確認されれば、その位置までの距離は、信号が頭からそれぞれの変換器までにかかった時間によって計算する事ができる。 The three signals received from the transducer 231, 232, 233 Once the centroid positions confirmed the reflected signals, the distance to that position, the signal is applied to the to the respective converter from head it can be calculated by time. 3つの変換器と頭の中心を見つけるためのアルゴリズムを使い、また口と頭部中心とのすでに知られている関係についての情報を通じて、口の位置は、直径約5インチ(13cm)の円の範囲内にあると容易に推定できる。 Use an algorithm for finding the center of the three transducers and head, and through the information about the already known relationship between the mouth and the head center position of the mouth, of the circle of about 5 inches in diameter (13cm) to be within the scope can be easily estimated. これは、指向性マイクロフォンが、口を覆い、必要のない騒音の大部分を取り除くのに十分な精度である。 This directional microphone, covers the mouth, a sufficient precision to get rid of most of the not required noise.
【0074】 [0074]
対向車のヘッドライトは、運転手が道路を見たり、安全に運転する時、大きな妨げになる。 Oncoming headlights when the driver can see the road, safe operation, the major obstacle. これは、事故の大きな原因になり、不快なものである。 This is, become a major cause of the accident is unpleasant. この問題は、特に雨が多方面の反射を起こす悪天候の時に、顕著である。 This problem, especially when the bad weather that rain causes a reflection of the various fields, is remarkable. 日よけ板によっていくらかこの問題は解決できるが、しかし、日よけ板は窓の大部分の視界を完全に遮ってしまうため、窓全体を覆うためには使用できない。 Can be solved somewhat this problem by shade plate, however, awning plate since become blocked completely the view of most of the windows can not be used to cover the entire window. 同じような問題が、太陽が上りその方向へ車を走らせる時に起こる。 The same kind of problem occurs when the sun is to run the car up to its direction. 車内監視システムは、運転手の目の位置を測定することによって、この問題の解決に寄与できる。 Vehicle monitoring system, by measuring the position of the eyes of the driver, can contribute to solving this problem. もし、いくつかのセンサーが、対向車のヘッドライトや太陽光線の方向をキャッチすれば、エレクトロクロミックグラスや液晶膜を通して、運転手の目と光の出所との間にフィルターを起こし、フロントガラスのある一部分を暗くすることができる。 If several sensors, if caught in the direction of headlights and sunlight oncoming vehicle, through electrochromic glass or liquid crystal film, causing a filter between the source of the eye and the light driver, the windshield it is possible to darken the certain part. エレクトロクロミックガラスは、電流を応用する事でガラスの色を変化させることができる素材である。 Electrochromic glass, which is a material capable of changing the color of the glass by the application of electric current. 制御された格子またはマトリックスにフロントガラスを分け、正しい方向からフロントガラスに電流を流す事で、フロントガラスのある一部を暗くする。 Divided windshield controlled grid or matrix, by passing a current from the correct direction to the windshield, to darken the part with a front glass.
【0075】 [0075]
図12は、このシステムがどのように作動するかを示している。 Figure 12 shows how this system operates. 自動車402にあるセンサー410は、対向車404のヘッドライトの方向を測定する。 Sensor 410 in the vehicle 402 measures the direction of the headlight of the oncoming vehicle 404. センサー410は、レンズと、電荷結合素子(CCD)及びCCDの最も明るく照らしだされる部分を測定できる適切な電子回路とから成るものである。 Sensor 410, a lens and is made of a charge-coupled device (CCD) and a CCD brightest light suitable electronic circuitry capable of measuring the moiety Dasa. 処理装置101の中に記憶されているアルゴリズムは、CCDからの情報に基づいて、対向車のヘッドライトの方向を計算する。 Algorithm stored in the processor 101, based on information from the CCD, to calculate the direction of oncoming headlights. 図10についての説明において、運転手の口の位置の測定に関連して述べたような方法で、変換器231、232、233も、自動車402の運転手210の目の位置を測定する。 In description of FIG. 10, in the manner described in connection with the measurement of the position of the mouth of the driver, the transducer 231 to 233 also measures the position of the eyes of the driver 210 of the vehicle 402. しかし、この場合には、運転手の目の位置のある可能性のある範囲は、直径約3インチ(7.5cm)の精度で測定されている。 However, in this case, the range that may be of the position of the eyes of the driver are measured with an accuracy of a diameter of about 3 inches (7.5 cm). この計算には、誤差があるかもしれないが、下記の方法によって、運転手が自分でこの誤差を補正する設備が備えられている。 This calculation, although there may be an error, by the following method, the driver is provided with a facility to correct the errors themselves.
【0076】 [0076]
自動車402のフロントガラス416は、エレクトロクロミックガラスと液晶膜から成り、フロントガラス416において互いに直交する方向422と424に電流を流すことによって、部分418を選択して、暗くする事ができる。 Windshield 416 of vehicle 402 is made of electrochromic glass and the liquid crystal layer, by applying a current in a direction 422 and 424 orthogonal to each other in the front glass 416, by selecting the portion 418, it can be darkened. 暗くなる特定の一部のフロントガラスは、処理装置101によって決められる。 Darkening certain part of the windshield is determined by the processing unit 101. 対向車からのヘッドライトの方向と運転手の目の位置がわかると、運転手の目とヘッドライトの間にフィルターを設けるべく、フロントガラスのどの部分を暗くするかを決めるために簡単な三角法を利用する。 Knowing the direction the eye position of the driver of the headlights from oncoming vehicle, to provide a filter between the eyes and the headlight driver, easy to decide whether to darken which parts of the windscreen triangle law to use. これは、処理装置101によってなされる。 This is done by processor 101. ここには示されていないが、パネルや他の便利な場所にあるその他のコントロールシステムによって、運転手が暗くなる分量を選択する事ができる。 Although not shown here, the other control system in the panel or other convenient location, can be selected amount the driver becomes dark. この方法により、運転手の個々の好みに合わせて光の分量を調節する事ができる。 This method can be to suit individual preferences of the driver to adjust the amount of light. センサー410は、一定方向からの光にも、多方向からの光にも対応できるように設計されているため、フロントガラスの幾つもの部分を暗くする事ができる。 Sensor 410 is also the light from a certain direction, because it is designed to be capable of handling light from multiple directions, it is possible to darken the several parts of the windshield.
【0077】 [0077]
上記で述べたように、音波システムを使った運転手の目の位置の計算には、誤差があるかもしれないので、この誤差を正すための設備が必要となる。 As mentioned above, the calculation of the position of the eyes of the driver using the ultrasound system, since there may be an error, the facility to correct the error is required. このシステムでは、パネルやハンドル、また他の便利な場所についているつまみでこの誤差を修正するため、運転手がフロントガラスの暗い部分の中心を調節することができる。 In this system, panels and handle, and in order to correct this error in knob attached to the other convenient location, it can be the driver to adjust the center of the dark portion of the windshield. その他の解決策としては、運転手が少し頭を動かす事が考えられる。 Other solutions, it is conceivable that the driver moves the little head. 運転手の目の位置を一度測定してしまうと、運転手が頭を動かさない限り、この測定値を変えられないからである。 If the position of the eye of the driver will be measured once, as long as the driver does not move the head, because not change this measurement. 対向車からの光を視野から追い出すために、フロントガラスの暗い部分を中央に設定するには、運転手は頭を少し動かすだけでよい。 To drive off the light from oncoming vehicles from view, to set the dark part of the windshield in the center, the driver need only slightly moving his head. 監視システムは、その最初の頭の移動を察知し、自動的に計算し、正しい位置に設定する。 Monitoring system is to perceive the movement of the first head, automatically calculate, in the right place.
【0078】 [0078]
現在、エレクトロクロミックガラスは、センサに対して照射される光の量に反応して、バックミラーの全体を暗くするために使用される。 Currently, electrochromic glass reacts to the amount of light irradiated to the sensor, is used to darken the overall rearview mirror. これは、バックミラーの全体を暗くするために、運転手が後ろからくる物を見る能力を著しく低下させる。 This is in order to darken the overall rearview mirror, significantly reduces the ability to see what the driver comes from behind. もし、後続車がその光を薄暗くしたら、運転手が他の後続車を見るには、鏡は暗すぎる。 If, when the following vehicle is dim the light, the driver sees the other following vehicle, the mirror is too dark. もし、バックミラーが、不快を与える他の車からの光を覆う位置にのみ、暗くなる部分を設定できるならば、運転手は、光の眩しさ、薄暗さを気にせずに、後続車の光をきちんと見ることができる。 If, back mirror, only the position covering the light from other vehicles uncomfortable, if it sets the partial darkening, driver, glare of the light, without regard to dimness, the following vehicle it can be seen properly light. これによって、眩しい光を放つ後続車のみでなく、すべての後続車を見ることが可能になる。 This not only following vehicle that emits bright light, it is possible to see all subsequent vehicles.
【0079】 [0079]
エレクトロクロミックガラスを備え、暗くなる部分を選択できる液晶フィルムからなるバックミラー460が、図13に示されている。 Rearview mirror 460 provided with the electrochromic glass, a liquid crystal film that can select the portion which becomes dark is shown in Figure 13. バックミラー460は、後続車405のヘッドライトからの光412の方向を測定する光センサー462と接続されている。 Rearview mirror 460 is connected to the optical sensor 462 that measures the direction of the light 412 from the headlights of a following vehicle 405. 上記と同じ方法で、変換器231、232、233は運転手210の目の位置を測定する。 In the same manner as described above, transducer 231, 232, and 233 measures the position of the eyes of the driver 210. 双方のセンサーシステムからの信号、231、232、233、及び462は、鏡のどこを暗くするべきかを測定する処理装置101と組合わされる。 Signals from both sensor system, 231, 232, and 462, is combined with processing apparatus 101 that measures should darken where the mirror. そして、上記に述べたフロントガラスシステムと同じ方法で、鏡に適当な電流が送られる。 Then, in the same way as the windshield system described above, an appropriate current is sent to the mirror.
【0080】 [0080]
シートベルトは、車の上部固定位置がそれを装着している乗車員の肩に垂直に近いほど、効果的である。 Seat belt, the more nearly perpendicular to the occupants shoulder upper fixed position of the vehicle is wearing it, it is effective. もし固定位置が低すぎると、肩に加わるベルトとの摩擦が乗車員に不快感を与えるし、もし固定位置が高すぎると、首の上に加わるベルトとの摩擦が乗車員に不快感を与え、事故の際には、前方にかなり移動して、頭をハンドルにぶつけてしまう。 And if a fixed position is too low, to friction between the belt applied to the shoulder discomfort to the occupants, if the fixed position is too high, the friction between the belt applied to the top of the neck discomfort to the occupants , in the event of an accident is, quite moved forward, it would hit his head on the steering wheel. 特に女性は、シートベルトの固定位置の調節が不適切であると不快を感じる。 Especially women, adjustment of the fixed position of the seat belt is uncomfortable and unsuitable. これらの理由から、乗車員の肩よりも若干高い位置にシートベルト固定位置を定めることが望ましい。 For these reasons, it is desirable to determine the seat belt locking position positioned slightly higher than the occupants of the shoulder. 様々の大きさの乗車員ごとにこの事を実現するため、乗車員の肩の位置を、ここで述べた車内の確認及び監視システムによって測定しなければならない。 To achieve this it each occupants of various sizes, the position of the occupants shoulder, must be measured by the vehicle identification and monitoring system described herein. そのためのシステムであるシートベルト固定位置調節システムの断面図が、図14に示されている。 Sectional view of the seat belt locking position adjustment system is a system for which is illustrated in Figure 14. このシステムにおいて、発信機兼受信機520は、乗車員の肩の上方、外側にあるヘッドライナーのような便利な場所に設けられている。 In this system, transmitter and receiver 520, above the occupants shoulder, it is provided in a convenient location, such as a headliner outside. この図には、乗車員の肩とヘッドレストと共に、狭い楕円形のビーム521が、変換器520から放射されている状況が示されている。 In this figure, the occupants of the shoulders and the head rest, the beam 521 of the narrow oval is shown the situation which is emitted from the transducer 520. そして、肩の位置を測定するため、先に述べた適当なパターン認識システムが用いられている。 Then, for measuring the position of the shoulder, appropriate pattern recognition system described above is used. また、図示されているシートベルトの固定高さ調節システム528は、この情報をもとに、固定位置529を適切な位置に垂直移動する。 The fixed height adjustment system 528 of the seat belt is shown, on the basis of this information, the vertical movement of the fixing position 529 in position.
【0081】 [0081]
音波共振器は、あらかじめ設定された周波数で励磁されたときに共振する装置である。 Acoustic resonator is a device that resonates when excited by the predetermined frequency. もし、40キロヘルツに設定された装置が40キロヘルツの超音波の放射を受けたとすると、反射波より強い信号にして反射するであろう。 If, when device set to 40 kHz is subjected to ultrasonic radiation of 40 kHz, will be reflected in the stronger signal reflected waves. この音波共振器を車内の乗車員室の特定の席に置けば、反射信号は、共振器から受信機までの距離に比例した時間内に、特定位置において振幅が大きく波長の狭い信号として容易に確認される。 If you put the sonic resonator to a specific seat car occupants chamber, the reflected signal is within a time proportional to the distance to the receiver from the resonator, easily as narrower signal amplitude of larger wavelength in a specific position It is confirmed. この音波共振器によって簡単に反射信号を確認できるので、車内の乗車員室のある特定の位置までの正確な距離を測定する時に、効果的な方法を提供する。 Since it can be confirmed easily reflected signal by the acoustic wave resonator, when measuring the exact distance to a specific position with a car occupants chamber, providing an effective way. もし、この様な共振器がいくつか使用されるなら、それぞれに少しずつ違った周波数が用いられ、回路によって分別され、確認される。 If, if such a resonator is used some used is frequency slightly different in each, are separated by the circuit, it is confirmed. このような共振器を使えば、車内の様々な物を確認できる。 With such a resonator can confirm the vehicle of different things. 例えば図15に示されるように、3つの共振器が座席に置かれ、席の前後と背もたれの上位置を確認するのに用いられる。 For example, as shown in FIG. 15, three resonators are placed on the seat, it is used to check the position on the front and back and the backrest of the seat. この場合、A支柱の中に設けられた変換器231と232は、席の位置測定のため変換器641、642、643とともに使用される。 In this case, transducers 231 and 232 provided in the A pillar is used with a transducer 641, 642, 643 for position measurement of the seats. そして、この情報が図示されない座席の記憶及び調節システムのために使われ、一般的に座席調節モーターに近い席の下に設けられている現用のセンサーが省略できるようになる。 Then, this information is used for storage and regulation system of a seat (not shown), the working of the sensor is to be omitted, which generally is provided under the seat close to the seat adjusting motor. 従来のシステムでは、前記座席センサーを座席位置調節システムに電線で接続しなければならず、そのため故障しがちになる。 In conventional systems, it must be connected by wires to the seat sensor to the seat position adjustment system, the prone to failure for that. 車内の確認及び監視システムを安価な共振器とともに使用するだけで、従来用いていた座席センサーを省略することができ、自動車メーカーにコストの低減をもたらすことになる。 In vehicle identification and monitoring system only for use with inexpensive resonator, it is possible to omit the seating sensor that has been conventionally used, will result in a reduction in cost automakers.
【0082】 [0082]
上記に述べた共振器は、自動車のあらゆる物の位置を測定するために使用される。 Resonator described above is used to measure the position of everything in the vehicle. これらの共振器は、ある特定の周波数に共振するように製造される。 These resonators are fabricated to resonate at a particular frequency. もし、共振器の数が想像を超えて増加すれば、2周波共振器を使うことができる。 If the number of resonators be increased beyond imagination, it is possible to use two-frequency resonator. その場合、一対の周波数がある特定の位置を確認するために使用される。 In that case, it is used to identify specific locations where there is a pair of frequencies. その代わりに、特定の周波数で共振する共振器を、ある特定共振器または特定の共振器群と共に作動するように設計された、共振周波数を送信する特別の送信機と合わせて使うこともできる。 Alternatively, a resonator that resonates at a particular frequency, which is designed to work with a particular cavity or a specific resonator group, can also be used in conjunction with special transmitter which transmits the resonance frequency. 変換器のコストは、特別な目的のために特別な変換器を使用できるようにするため、十分に安くなっている。 Cost of the converter, to be able to use a special transducer for special purposes, is sufficiently cheap.
【0083】 [0083]
すでに述べた種類の共振器のその他の応用方法として、シートベルトの位置確認やそれをどのように使用するかを決めることが挙げられる。 Other methods for application of the previously mentioned type of resonator, localization of the seat belt or the like may decide whether to use it how to. もし、乗車員がシートベルトをしている事が分かっているなら、エアバッグの膨張を開始すべき速度のしきい値は増加される。 If the occupants are if you are found to be the seat belt, the speed of the threshold should start the expansion of the air bag is increased. 乗車員がシートベルトによって拘束されているならば、低速における事故には、エアバッグは必要ないからである。 If occupants is restrained by the seat belt, the accident in the slow, the air bag is not necessary. これによって、シートベルトによる安全の効果以上に、エアバッグの効果がほとんど、または全くない場合には、エアバッグが作動する回数は減少する。 Thus, the more secure the effect of the seat belt when the effect of the airbag is little or no, the number of times that the airbag is activated is reduced. 例えば、図16では、変換器231と232によって感知されるシートベルトの前面に共振器602が取り付けられている状態が示されている。 For example, in FIG. 16, a state in which the resonator 602 is attached to the front of the seat belt is sensed by the transducer 231 and 232 are shown. このシステムは、車内の後向き子供用シートの有無を確認するためにも使用できる。 The system can also be used to confirm the presence or absence of the interior of the rear-facing child seat. この場合、共振器603は、図1に示されている後向き子供用シートの前方または、図1に示されているように他の便利な場所に置かれている。 In this case, the resonator 603 has a front seat for rearward children shown in FIG. 1 or are placed in other convenient location as shown in Figure 1.
【0084】 [0084]
このような共振器のその他の使い方として、ドアや窓の上に設置し、それぞれや窓の開閉を確認する事がある。 Other use of such resonators, was placed on doors and windows, there are things to confirm the opening and closing of each and windows. 例えば、図17では、共振器604は窓の上に置かれ、変換器611と612によって感知される。 For example, in Figure 17, the resonator 604 is placed on the window is sensed by the transducer 611 and 612. この場合、変換器611と612は共に窓ガラスの端と窓枠との間の空間をも監視している。 In this case, it monitors also the space between the transducer 611 612 are both ends of the glazing and the window frame. 多くの自動車は、現在、ボタンを一時押すだけの“エクスプレス・オープン“と呼ばれる窓の快速開システムを備えている。 Many of the vehicles are currently equipped with a rapid opening system of the window, called only for "Express open" press temporarily button. 例えば、料金所で運転手が窓コントロールボタンを押すだけで、窓が素早く開く。 For example, the driver in the toll gate is by simply pressing the window control button, a window is opened quickly. 自動車メーカーの中には、“エクスプレス・クローズ“と呼ばれるように、窓を閉めるためにこのシステムを利用する事に反対の者もいる。 Some of the car manufacturers, to be called the "Express closed", also have the opposite of those who decided to take advantage of this system in order to close the window. なぜならば、運転手や後ろの席から身を乗り出す子供の手、その他の物が窓と窓枠に挟まってしまう危険性があるからである。 This is because, children embark themselves from the driver and the back of the seat, the other thing is there is a danger that caught the window and the window frame. もし、窓の端と窓枠の間の空間が車内監視システムによって監視されていれば、この問題は解決される。 If the space between the end and the window frame of the window if it is monitored by the vehicle monitoring system, this problem is solved. 窓ガラスの上にある共振器604も、上面の位置を示し、その位置より下からの反射は無視される。 Resonator 604 above the window glass also shows the position of the upper surface, reflection from below that position are ignored.
【0085】 [0085]
窓監視システムには様々なデザインが可能であり、特定の選択は自動車メーカーが何を必要としているか、また、どのような性能を必要としているかによる。 It is capable of a variety of designs to window monitoring system, whether a particular selection are what you need is car manufacturers, also, depends on whether you are need of any such performance. ここでは、2つのシステムについて述べる。 Here, we describe two systems.
【0086】 [0086]
最初の例は、図17に示されているように、変換器611と612の間に位置している1つの送信/受信器613を使用する。 The first example, as shown in Figure 17, using one of the transmission / receiver 613 which is located between the transducer 611 and 612. 変換器611からの出力は、窓の先端と窓枠の間の空間に何もない開かれた窓の状態を記録する。 The output from the transducer 611 records the state of the open windows nothing in the space between the tip of the window and the window frame. 動作状態において、変換器613が、空間から反射してきた信号を受信すると、上記記憶された基準信号と反射してきた信号を、監視ししつつ比較する。 In operation, transducer 613 receives the signal reflected from the space, the signal reflected with the stored reference signal is compared with monitors. これは処理装置601によってなされる。 This is done by the processing unit 601. もし、前記空間から反射してきた信号と記憶された信号との間に違いがあって、監視空間に何か反射する物がある事を示唆しているならば、窓は快速開閉モードでは閉まらない。 If the there is a difference between the reflected coming signal and the stored signal from the space, if suggesting that there is one that something reflected in the monitoring space, the window does not close the fast opening and closing mode . もし、窓が半分閉まっているならば、反射波は殆どの場合、例えば手等の反射波と区別容易な窓ガラスの先端から受けるであろう。 If is closed window half, when the reflection wave almost will undergo, for example, from the tip of the distinguished easily glazing and the reflected wave such as a hand. 窓の端ではなく、物体が監視空間にあるという事を効果的に確認するには、ほとんどの場合、反射波の強さを基礎とする簡単なアルゴリズムがあれば十分である。 Rather than the edge of the window, to see effectively the fact that in the object monitoring space, in most cases, it is sufficient if there is a simple algorithm based upon the intensity of the reflected wave. 通常、アルゴリズムは、窓ガラスの先端を確認し、その窓ガラスの先端の反射波や窓ガラスの先端よりも低い(時間的には遅い)その他の反射波を無視する。 Usually, the algorithm checks the leading end of the window glass, to ignore the lower than the tip of the reflected wave and the window glass of the front end of the window glass (slow in time) other reflected waves. 全ての場合において、何か疑問があれば、窓は快速開閉モードでは閉まらない。 In all cases, if there are any questions, the window is not close in the fast opening and closing mode. しかし、乗車員は、スイッチの閉位置を維持することで、依然、窓を閉めることができ、窓は、快速閉モードの装備の無い車両がなすようにゆっくり閉まる。 However, occupants is, to maintain the closed position of the switch, still, the window can be closed, and the window, slowly closed so as to form the vehicle with no equipment of fast closed mode.
【0087】 [0087]
2つ目のシステムでは、図17に示されているように、2つの変換器611と612が用いられており、処理装置601がニューラルネットワークから成るものである。 The second system, as shown in FIG. 17, two transducers 611 and 612 have been used, in which the processing unit 601 is composed of a neural network. この例においては、システムは全ての窓の開閉状態に照準を当てている。 In this example, the system has hit a sight opening and closing states of all the windows. 操作時には、変換器が窓の空間を監視し、受信された信号を処理装置601に送り込む。 In operation, the transducer monitors the space of the window, feeding the received signals to the processing unit 601. 受信された信号が、ネットワークの保存している信号と似ている限り、窓の快速開閉モードは働かない。 The received signal is, as long as similar to the signal that is network saving, fast closing mode of the window will not work. 前記の場合と同様、この動作不履行は窓が急に閉まらないようにするためである。 As with the above, the operation failure is so that not close suddenly windows.
【0088】 [0088]
自動車のドアが正しく閉められているかどうかを確認する共振器の使用は、図18に示されている。 Use of the resonator to determine whether the car door is closed properly, is shown in Figure 18. この場合、共振器702は、B支柱の中で使用されている。 In this case, the resonator 702 is used in the B pillar. この方法では、共振器702は、ドアやカバー、ドアに付いているその他の機械によって保護され、ドアが閉まる時の共鳴音を避けている。 In this way, the resonator 702, the door and the cover, are protected by other machines attached to the door, thus avoiding the resonance sound when the door is closed. 図2と図3のように変換器231と232がこのシステムに利用されれば、閉まっているドアの状態も、B支柱702共振器からの反射波が無いことから確認される。 If it is available to the transducer 231 and 232 the system as shown in FIGS. 2 and 3, also of being closed door status, is confirmed by the fact that the reflected wave from the B pillar 702 resonator no. このシステムによって、もっと高価で信頼性の低い電気スイッチに代わって、安い共振器を使う事が可能になる。 This system, more expensive on behalf of unreliable electrical switch, it becomes possible to use cheap resonator.
【0089】 [0089]
以上、音波共振器について述べたが、赤外線システムを使用する場合には、音響システムと共に使用された機械共振器の代わりに、オプティカルミラーが用いられる。 Having described the acoustic resonator, in the case of using an infrared system, instead of the mechanical resonator used with an audio system, an optical mirror is used. 音響システムでは、共振器は音響キャビティや機械的振動素子を含む、様々な同調共鳴システムの何れかでよい。 The sound system, the resonator comprises an acoustic cavity and mechanical vibration element, may any of a variety of tuning resonance system.
【0090】 [0090]
ニューラルネットワーク、または他のパターン認識システムは、自動車の認可された運転手として、人々を認識できるよう訓練される。 Neural networks or other pattern recognition system, as authorized driver of the motor vehicle, are trained to recognize people. 認められていない人が自動車を運転しようとした場合、このシステムが働き、車を動かす事ができず、及び/または、図19に示されているように警笛を鳴らす。 If the unacknowledged people tried to drive a car, work this system, it is impossible to move the car, and / or, toot as shown in Figure 19. この図では、探知用変換器231、232、及び233として示され、また警報システムが708、警報705として図示されている。 In this figure, detector for transducers 231 and 232, and is shown as 233, also alarm system 708 is shown as an alarm 705. 認可されていない運転手が認可されている運転手と似ているという事は稀であるから、ニューラルネットワークシステムは運転手の外見の違いを判断する事が出来る。 Is because it is rare that that the driver has not been approved is similar to a driver that has been approved, the neural network system can be used to determine the difference in the appearance of the driver. 運転手や保有者が他の人に運転を任せたいという場合以外には、このシステムを作動しないように鍵が必要になる。 In addition to the case driver and the owner is that you want the operation to other people, the key is necessary so as not to operate this system. 変換器231、232及び233は赤外線に敏感に反応し、運転手は変換器231からの赤外線によって照らしだされる。 Converters 231, 232, and 233 is sensitive to infrared, the driver is Dasa light by the infrared from the transducer 231. これは、小さな物でも正確に確認するためには必要になる。 This is also necessary in order to see exactly as small ones. 別のシステムでは、運転手やCCD装置を照らし出すために、図19の231の様な赤外線レーザーを使い、また反射された画像を受信するために、図19の232の様な赤外線レーザーを使う。 In other systems, in order to illuminate the driver or a CCD device, using an infrared laser, such as 231 in FIG. 19, and for receiving reflected images, using an infrared laser, such as 232 in FIG. 19 . この場合、運転手の確認は、ポぺスコ氏とビンセント氏による論文と、リスボア氏とテイラー氏の共著“ニューラルネットワークの技術と応用“(エリスホルウッド出版社,ニューヨーク,1993年)の14章に述べられている。 In this case, the confirmation of the driver, and the article by Vincent and Mr Po Bae score, "technology and application of neural network" Lisboa and Mr. Taylor's co-author (Ellis formal Wood publisher, New York, 1993) Chapter 14 of the It is described in. 1000以上の要素を含む大CCDは多くの場合、ポペスコ氏やビンセント氏に使用されたCCD要素16と256が、16の代わりに使用される。 For large CCD Many containing 1000 or more elements, the CCD element 16 which is used to Mr. Popesuko and Mr Vincent 256 is used in place of 16.
【0091】 [0091]
ニューラルネットワークやファジー論理システムのような、複雑なパターン認識システムを持つ車内の確認及び監視システムが備わっていれば、運転手の行動を監視したり、眠っていないか、または運転出来ない状態になっていないかを判断することが可能になる。 Such as neural networks and fuzzy logic system, if it is equipped with a car check and monitoring system with a complex pattern recognition system, is to monitor the behavior of the driver, in a state that does not have or does not, or can operate asleep it is possible to determine not. この様な場合、自動車は幾つかの方法を取ることが出来る。 In such a case, the automobile can take a number of ways. そのうちの1つが、図20に示されている。 One of which is shown in Figure 20. これは、図7に示されている様な変換器231、232及び233と処理装置101とから成り、一定時間を超えて運転し続ける運転手の動きと運転出来なくなった時の行動を比べて、その違いを判断する。 This compared the behavior when no longer can operate the transducer 231, 232, and 233 such as shown in Figure 7 consists processor 101 Prefecture, the motion of the driver to continue driving beyond a certain time , to determine the difference. 例えば、運転手がはっきりと眠っている事が確認されれば、805のような警報ランプが灯り、警笛を鳴らす。 For example, if it is confirmed that the driver is asleep clearly, light alarm lamps, such as 805, toot. もし、運転手がボタン806を押して反応を示さなければ、警笛やランプによって、他車に危険を知らせながら車を止める。 If, unless otherwise indicated the reaction driver presses the button 806, by the horn and lamps, while informing the danger to other vehicles stop the car. 自動的に他の装置も作動するようにプログラムすることもできる。 Automatically other devices also can be programmed to operate.
【0092】 [0092]
更に複雑な運転手の行動監視システムは、運転手の目の動きを追跡する事ができる。 More complex driver behavior monitoring system can track movement of the eye of the driver. その際に、フレイッドマン氏らによる「目の動き追跡コミュニケーションシステム」(アメリカ特許番号4,648,052)、ヘイナー氏らによる「目の位置センサー」(アメリカ特許番号4,720,189)、ヒッチソン氏による「目の動き検知器」(アメリカ特許番号4,836,670)と「改良された調節装置と速度を備えた目の動き検知器」(アメリカ特許番号4,950,069)に詳しく述べられた技術を用いるものであり、これらは、すべて引用によって本発明に含まれる物である。 In this case, "eye movement tracking Communication System" (US Patent No. 4,648,052) by Fureiddoman et al, "eye position sensor" (US Patent No. 4,720,189) by Heina et al, "eye movement detectors" by Mr. Hitchison is intended to use (US Patent No. 4,836,670) and "motion detectors eye with improved adjusting device and the speed" techniques described in detail in (US Patent No. 4,950,069), these are the invention by all citations it is intended to be included. 特に健康を害した運転手を、これらの技術によって詳しく測定できる。 In particular the driver that poor health, can be measured in detail these techniques. また、これらの特許に似た方法によって、運転手の目の動きを、車内の娯楽システム、暖房及び空調システム、又は、上記に述べたその他のシステム全てにも利用する事ができる。 Further, by a method similar to these patents, the movement of the eyes of the driver, car entertainment systems, heating and air conditioning system, or can be utilized for all other systems mentioned above.
【0093】 [0093]
上記に述べた応用方法の殆どでは、車内の様々な対象物を照射するために、1つの周波数を使用しているが、これは1つの例であって、この発明は1つの周波数に限っているわけではない。 In most applications the method described above, to illuminate the interior of the various objects, the use of the single frequency, which is a one example, the invention is only one frequency I do not have. 多方面に応用することで幾つもの異なる周波数を使用する事ができる。 You can use different frequencies that number by many fields of applications. この方法によって、様々な対象物からの反射波から、さらに多くの情報を得る事ができる。 This method, from the reflected wave from various objects, can be obtained even more information. 一般的にそれぞれの対象物は、それぞれの周波数において、異なる反射波を生ずる。 Generally each of the object, in each of the frequencies, it produces different reflection wave. また、乗車員室の違った場所に置かれた別々の共振器は、それぞれ独立し、違った周波数に共振し、各共振器を互いに区別し易いようにしている。 Also, separate resonator placed in a location different of occupants chamber are each independently resonate in different frequency, so that easy to distinguish each resonator to each other.
【0094】 [0094]
望ましい実施様態が幾つか上記に示され、述べられているが、同じ機能を果たす構成要素として、他の構造、センサー、材料、及び異なる大きさのものを組み合わせて使用することも可能である。 Exemplary aspect is shown in several above, are described, as a component having the same functions can also be used in combination other structures, sensors, materials, and different sizes of things. この発明は、上記の実施様態に限定されるものではなく、特許請求の範囲によって、限定されるべき物である。 This invention is not limited to the above-described manner, by the appended claims is to be limited.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】助手席の後向き子供用シート、及び乗車員と後向き子供用シートの探知機の好ましい設置位置を含む車内の乗車員室を示す断面図である。 1 is a cross-sectional view showing the occupants chamber interior, including the preferred installation positions of the rear facing child seat, and occupants and rear facing child seat finder of the passenger seat.
【図2】この発明の車内監視システムと自動車セルラー通信システムとの接続部を示す断面図である。 2 is a sectional view showing a connection portion between the vehicle monitoring system and the automobile cellular communication system of the present invention.
【図3】この発明の車内監視システムと暖房・空調システムとの接続部を示す断面図である。 3 is a sectional view showing a connection portion between vehicle monitoring system and heating and air conditioning system of the present invention.
【図4】この発明の車内監視システムとエアバッグシステムとの接続部を示す断面図である。 4 is a sectional view showing a connection portion between the vehicle monitoring system and the air bag system of the present invention.
【図5】この発明の車内監視システムと車内の娯楽システムとの接続部を示す断面図である。 5 is a sectional view showing a connection portion between interior monitoring system and car entertainment system of the present invention.
【図6】車内の運転手と乗車員確認システムの好ましい取り付け位置を含む車内の乗車員室を示す断面図である。 6 is a sectional view showing the occupants chamber interior, including the preferred mounting position of the vehicle driver and occupants verification system.
【図7】マイクロプロセッサーを使った図1に示されている超音波画像システムの機能ブロック図である。 7 is a functional block diagram of an ultrasound imaging system shown in Figure 1 using the microprocessor.
【図8】 図1における用途特定集積回路(ASIC)を使用した超音波画像システムの機能ブロック図である。 8 is a functional block diagram of an ultrasound imaging system using the application specific integrated circuit (ASIC) in FIG.
【図9】助手席に置かれた箱と、乗車員及び後向き子供用シートの探知器の好ましい取り付け位置とを含む乗車員室を示す断面図である。 9 is a sectional view showing a box placed in the passenger seat, the occupants chamber and a preferred mounting position of the occupants and rear facing child seat detector.
【図10】車内の運転手と側面衝撃のための乗車員位置センサ、及び、後方からの衝撃によるケガを減らすためにヘッドレストの位置調節システムとともに用いる運転手後頭部の位置確認装置を含む乗車員室を示す断面図である。 [10] vehicle driver and side occupants position sensor for impact, and, occupants chamber including a position confirming device driver occipital use with head restraint position adjusting system to reduce the injury due to impact from the rear it is a sectional view showing a.
【図11】助手席と、頭部の位置検知器、及び調節可能なマイクロフォン及びスピーカーの好ましい取り付け位置を含む乗車員室を示す断面図である。 11 is a sectional view showing a front passenger seat, the position detector of the head, and the occupants chamber including preferred mounting position of the adjustable microphone and speaker.
【図12】ヘッドライトを点けた対向車と、対象車の運転手の目の検知器と対向車のヘッドライトの検知器、及び、フロントガラスにエレクトロクロミックガラスを用いて、対向車の光源の方向を選択的に遮るフィルターを含む乗車員室とを示す対象車と対向車の断面図である。 And [12] opposing put the headlight vehicles, eye of the driver target vehicle detectors and oncoming headlights detectors, and, using the electrochromic glass windshield, the oncoming light source it is a cross-sectional view of a subject vehicle and an oncoming vehicle showing the occupants chamber comprising a filter blocking the direction selectively.
【図13】運転手の目の位置と後続車のヘッドライト位置検知器の好ましい取り付け位置及び、バックミラーにエレクトロクロミックガラスを用いた、後続車のヘッドライトを選択的に遮るフィルターを含む乗車員室を示す対象車と後続車の断面図である。 [13] The preferred mounting position of the headlight position detectors following vehicle and the position of the eyes of the driver and, using the electrochromic glass rearview mirror, occupants including a filter to block selectively the following vehicle headlights chamber is a sectional view of a succeeding vehicle and target vehicle showing the.
【図14】運転手と肩の位置確認センサーとシートベルト位置調節システムとを含む乗車員室を示す断面図である。 14 is a cross-sectional view showing the occupants chamber including a driver and shoulder position check sensor and the seat belt position adjusting system.
【図15】座席の位置確認のための超音波共振器の使用を示す車内の乗車員室の座席の断面図である。 15 is a sectional view of the seat of the car occupants chamber showing the use of ultrasonic resonator for localization of the seat.
【図16】 運転手のシートベルトの位置確認のための超音波共振器の使用を示す乗車員室の断面図である。 16 is a cross-sectional view of the occupants chamber showing the use of ultrasonic resonator for localization of the seat belt of the driver.
【図17】運転席横の窓が開いているかどうか確認するための、また、窓が開いている時、その中に物や手があるかどうかを確認するための超音波共振器の使用を示した車内の乗車員室の断面図である。 [Figure 17] for confirming whether the driver's seat side of the window is open, also when the window is open, the use of ultrasonic resonator to see if there is an object or a hand therein is a cross-sectional view of the car occupants chamber shown.
【図18】運転手横のドアが開いているかどうかを確認するための超音波共振器の使用を示す車内の乗車員室の断面図である。 18 is a cross-sectional view of the car occupants chamber showing the use of ultrasonic resonator to determine whether the driver side of the door is open.
【図19】この発明の車内監視システムと車の安全システムの接続部を示す断面図である。 19 is a cross-sectional view showing a connecting portion of the vehicle monitoring system and vehicle safety system of the present invention.
【図20】この発明の車内監視システムと不注意に対する警報ライトまたはブザー、及び、リセットボタンを取り付けた計器パネルとの接続部を示す断面図である。 [Figure 20] warning light or buzzer for vehicle monitoring system and carelessness of the present invention, and is a cross-sectional view showing a connection portion between the instrument panel fitted with reset button.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
101 処理装置110 子供用シート131 変換器132 変換器133 変換器603 共振器 101 processor 110 for children seat 131 converter 132 converter 133 converter 603 resonator

Claims (9)

  1. 特定の部類に含まれる占有体を内在する乗員室を有する自動車において、以下の手段を備えた車内監視システム: In a motor vehicle having a passenger compartment inherent the occupier in a particular class, vehicle monitoring system comprising the following means:
    a)前記占有体が位置する前記車内の乗員室の一部を照射する手段; a) means for irradiating a portion of the passenger compartment of the vehicle in which the occupier is located;
    b)前記占有体から反射してきた反射波を受信する受信手段; b) receiving means for receiving a reflected wave reflected from the occupier;
    c)前記受信反射波に基づき占有体の信号特性を創出するために、前記受信反射波を処理するように前記受信手段に接続されたプロセッサー手段; c) in order to create a signal characteristic of the occupier based on the received reflected waves, connected to the processor means to the receiving means to process the received reflected waves;
    前記信号が、占有体の代表的なパターン及び占有体のパターン特性を含み、 Said signal comprises a pattern characteristic of a typical pattern and occupier of the occupier,
    d)パターン認識手段であって、自動車内の占有体の潜在的な部類に関わり、かつ、前記パターン認識手段に含まれる受信反射波パターンに対応するデータに基づき占有体の部類を識別するように前記信号を処理することによって、占有体の部類を認識及び識別するためのパターン認識手段; A d) pattern recognition means, regardless of the potential classes of occupancy of the motor vehicle, and to identify the class of occupier based on data corresponding to the received reflected wave patterns included in the pattern recognition means by processing the signal, the pattern recognition means for recognizing and identifying the class of occupier;
    受信反射波のパターンに対応するデータは、占有体が位置しそうな乗員室の同じ部分を照射し、時を異にしてその照射領域に多様な占有体の占有状態あるいは不在状態を提供し、多様な占有体からの、あるいは、占有体の不在時の前記反射波を受信することによって予備的段階で取得され、 Data corresponding to the pattern of the received reflected wave, and irradiates the same portion of the position is likely passenger compartment occupier, and different times to provide an occupancy state or absence state of various occupier to its irradiation area, variety from Do occupier, or obtained in a preliminary stage by receiving the reflected wave at the time of absence of the occupier,
    e)占有体の部類の識別に基づき自動車内の少なくとも1つの他のシステムに影響を与えるために前記パターン認識手段に接続された出力手段。 e) at least one other of the connected output means to said pattern recognition means in order to influence the system in a motor vehicle based on the identification of the class of occupier.
  2. 前記出力手段が、車内の搭乗者数を示す出力を生成し、前記少なくとも1つの他のシステムが、車両通信システムである請求項1に記載の車内監視システム。 Said output means generates an output indicating a vehicle number of the passenger, said at least one other system, vehicle monitoring system according to claim 1 is a vehicle communication system.
  3. 前記照射手段が、音響放射波を生成する手段と電磁放射波を生成する手段との中から選択される請求項1に記載の車内監視システム。 The irradiation means, vehicle monitoring system according to claim 1 which is selected from among the means for generating means and electromagnetic wave radiation for generating an acoustic emission wave.
  4. 前記少なくとも1つの他のシステムが、(i)娯楽システム、(ii)遭難通知システム、(iii)冷暖房システム、(iv)車両安全システム、(v)光フィルターシステムの中から選択される請求項1に記載の車内監視システム。 Wherein the at least one other system, (i) entertainment system, (ii) distress notification system, (iii) heating and cooling system, according to claim 1 selected (iv) vehicle safety system, among the (v) an optical filter system the vehicle monitoring system according to.
  5. 前記パターン認識手段は、訓練されたニューラルネットワークを有する請求項1に記載の車内監視システム。 Vehicle monitoring system according to claim 1 wherein the pattern recognition means, having a neural network that is trained.
  6. 前記占有体の位置を判断するために前記プロセッサー手段に接続された位置判断手段をさらに具備し、前記出力手段が、前記位置判断手段に接続され、占有体の判断された位置と、占有体の部類の識別とに基づき前記少なくとも1つの他のシステムに影響を与える請求項1に記載の車両監視システム。 Wherein further comprising the connected position determining means to the processor means for determining the position of the occupier, the output means is connected to said position determining means, and the determined position of the occupier, the occupier vehicle monitoring system according to claim 1 which affects the at least one other system based on the identification of the class.
  7. 前記パターン認識手段が、搭乗員の少なくとも一部を認識及び識別し、前記位置判断手段が、少なくとも1つの識別された部分の位置を判断する請求項に記載の車内監視システム。 Said pattern recognition means recognizes and identifies at least a portion of the crew, vehicle monitoring system according to claim 6 wherein the position determining means, for determining the position of at least one of the identified portion.
  8. 前記少なくとも1つの他のシステムが、可変膨張速度を有するガスジェネレータを含むエアバッグシステムであって、前記出力手段が、搭乗員の判断された位置に基づき前記ガスジェネレータの膨張速度を制御する請求項6に記載の車内監視システム。 Claim wherein the at least one other system, and an air bag system comprising a gas generator having a variable inflation rate, said output means, based on the determined position of the crew to control the rate of expansion of the gas generator the vehicle monitoring system according to 6.
  9. 特定の部類に含まれる占有体を内在する乗員室を有する自動車において、以下の手段を備えた車内監視システム: In a motor vehicle having a passenger compartment inherent the occupier in a particular class, vehicle monitoring system comprising the following means:
    a)占有体が位置する乗員室の一部を照射する手段; It means for irradiating a portion of the passenger compartment a) occupier is located;
    b)占有体からの反射した反射波を受信する受信手段; b) receiving means for receiving a reflected wave reflected from occupier;
    c)前記受信反射波に基づき占有体の信号特性を創出するために、前記受信反射波を処理するように前記受信手段に接続されたプロセッサー手段; c) in order to create a signal characteristic of the occupier based on the received reflected waves, connected to the processor means to the receiving means to process the received reflected waves;
    前記信号が、占有体の代表的なパターン及び占有体のパターン特性を含み、 Said signal comprises a pattern characteristic of a typical pattern and occupier of the occupier,
    d)パターン認識手段であって、自動車内の占有物体の有無に関わり、かつ、前記パターン認識手段に含まれる受信反射波パターンに対応するデータに基づき前記信号を分類化できるように前記信号を処理することによって、乗員室内の占有体の有無を認識するパターン認識手段; A d) pattern recognition means, regardless of whether occupied objects in a motor vehicle, and processing the signal so that it can classify the said signal on the basis of the data corresponding to the received reflected wave patterns included in the pattern recognition means by pattern recognition means for recognizing the presence or absence of the occupier of the passenger compartment;
    受信反射波のパターンに対応するデータは、占有体が位置しそうな乗員室の同じ部分を照射し、時を異にしてその照射領域に多様な占有体の占有状態あるいは不在状態を提供し、多様な占有体からの、あるいは、占有体の不在時の前記反射波を受信することによって予備的段階で取得され、 Data corresponding to the pattern of the received reflected wave, and irradiates the same portion of the position is likely passenger compartment occupier, and different times to provide an occupancy state or absence state of various occupier to its irradiation area, variety from Do occupier, or obtained in a preliminary stage by receiving the reflected wave at the time of absence of the occupier,
    e)前記信号の分類化に基づき自動車内の少なくとも1つの他のシステムに影響を与えるために前記パターン認識手段に接続された出力手段。 e) at least one other of the connected output means to said pattern recognition means in order to influence the system in a motor vehicle based on the classification of the signal.
JP21007395A 1995-07-25 1995-07-25 Interior of the confirmation and monitoring system Expired - Fee Related JP3960395B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP21007395A JP3960395B2 (en) 1995-07-25 1995-07-25 Interior of the confirmation and monitoring system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP21007395A JP3960395B2 (en) 1995-07-25 1995-07-25 Interior of the confirmation and monitoring system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0939728A true JPH0939728A (en) 1997-02-10
JP3960395B2 true JP3960395B2 (en) 2007-08-15

Family

ID=16583378

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP21007395A Expired - Fee Related JP3960395B2 (en) 1995-07-25 1995-07-25 Interior of the confirmation and monitoring system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3960395B2 (en)

Families Citing this family (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7712777B2 (en) 1995-06-07 2010-05-11 Automotive Technologies International, Inc. Airbag deployment control based on contact with occupant
US7988190B2 (en) 1995-06-07 2011-08-02 Automotive Technologies International, Inc. Airbag deployment control using seatbelt-mounted sensor
US7762582B2 (en) 1995-06-07 2010-07-27 Automotive Technologies International, Inc. Vehicle component control based on occupant morphology
US7650212B2 (en) 1995-06-07 2010-01-19 Automotive Technologies International, Inc. Pedal adjustment system and method
US7660437B2 (en) 1992-05-05 2010-02-09 Automotive Technologies International, Inc. Neural network systems for vehicles
US7596242B2 (en) 1995-06-07 2009-09-29 Automotive Technologies International, Inc. Image processing for vehicular applications
US7976060B2 (en) 1995-06-07 2011-07-12 Automotive Technologies International, Inc. Seat load or displacement measuring system for occupant restraint system control
US7766383B2 (en) 1998-11-17 2010-08-03 Automotive Technologies International, Inc. Vehicular component adjustment system and method
US6416475B1 (en) 1996-06-28 2002-07-09 Sonosite, Inc. Ultrasonic signal processor for a hand held ultrasonic diagnostic instrument
US5893363A (en) * 1996-06-28 1999-04-13 Sonosight, Inc. Ultrasonic array transducer transceiver for a hand held ultrasonic diagnostic instrument
DE10337852A1 (en) * 2003-08-18 2005-03-17 Robert Bosch Gmbh vehicle system
JP4595666B2 (en) * 2005-05-13 2010-12-08 パナソニック電工株式会社 Safety system for a vehicle
CN102360162B (en) 2007-02-06 2015-08-26 佳能株式会社 The method of imprinting and imprinting apparatus
JP2012189441A (en) * 2011-03-10 2012-10-04 Mitsubishi Electric Corp Object detector

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH0939728A (en) 1997-02-10 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6922147B1 (en) Warning system sensing child left behind in infant seat in vehicle
US6037860A (en) Method and arrangement for avoiding and/or minimizing vehicle collisions in road traffic
US6762676B2 (en) Vehicle compartment occupancy detection system
US6958683B2 (en) Multipurpose vision sensor system
US6290255B1 (en) Occupant detection system
US5954360A (en) Vehicle occupant sensing apparatus and method
US7260461B2 (en) Method for operating a pre-crash sensing system with protruding contact sensor
US6329910B1 (en) Vehicle impact detection apparatus and method
US6922622B2 (en) Hot vehicle safety system and methods of preventing passenger entrapment and heat suffocation
US20110267186A1 (en) Occupant Detection
US6198998B1 (en) Occupant type and position detection system
US6302438B1 (en) Occupant detection system
US20030222775A1 (en) Smart occupant alarm system
US20080042410A1 (en) Vehicular Electrical System with Crash Sensors and Occupant Protection Systems
EP0885782A1 (en) Apparatus for detecting the presence of an occupant in a motor vehicle
US6168198B1 (en) Methods and arrangements for controlling an occupant restraint device in a vehicle
US6357790B1 (en) Apparatus for use with child a child seat in a vehicle having a seat belt webbing pretensioner
US6283503B1 (en) Methods and arrangements for determining the position of an occupant in a vehicle
US7082359B2 (en) Vehicular information and monitoring system and methods
US20070228705A1 (en) Method for Operating a Pre-Crash Sensing System to Deploy Airbags Using Confidence Factors Prior to Collision
US6422595B1 (en) Occupant position sensor and method and arrangement for controlling a vehicular component based on an occupant's position
US5927752A (en) Apparatus and methods for determining seat occupant parameters prior to deployment of an automobile airbag
US7523803B2 (en) Weight determining systems and methods for vehicular seats
US5893582A (en) Airbag deployment control system
US8054203B2 (en) Apparatus and method for determining presence of objects in a vehicle

Legal Events

Date Code Title Description
A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20040910

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20041019

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20050119

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20050131

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20050419

A02 Decision of refusal

Effective date: 20060328

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060726

A521 Written amendment

Effective date: 20060928

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A911 Transfer of reconsideration by examiner before appeal (zenchi)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A911

Effective date: 20061004

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Effective date: 20070417

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Effective date: 20070509

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees