JP3899572B2 - E-mail display method, and the e-mail display device - Google Patents

E-mail display method, and the e-mail display device Download PDF

Info

Publication number
JP3899572B2
JP3899572B2 JP664697A JP664697A JP3899572B2 JP 3899572 B2 JP3899572 B2 JP 3899572B2 JP 664697 A JP664697 A JP 664697A JP 664697 A JP664697 A JP 664697A JP 3899572 B2 JP3899572 B2 JP 3899572B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
mail
display
step
line
reference
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP664697A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH10207794A (en )
Inventor
一嘉 渡邊
Original Assignee
カシオ計算機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Images

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明は電子メールの表示方法および電子メール表示装置に関する。 The present invention relates to a display method and an electronic mail display device for an electronic mail.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
近年、特に個人対個人の間で電子メールを用いたメッセージのやり取りが多く行われるようになっている。 Recently, in particular so as to exchange messages using electronic mail between person-to-person number is performed. 電子メールにおいては、受信した電子メールに対する返信メールを書く場合に、受信した電子メールの引用を容易に行なうことができる。 In the e-mail, when you write a reply mail to the received e-mail, the quotation of the received e-mail it can be easily performed. このことが電子メールの有効性及び即時性を高めているということができる。 This can be said that has enhanced the effectiveness and immediacy of electronic mail.
【0003】 [0003]
受信した電子メールを引用している引用部にはその行の先頭に、引用識別子としての“> ”や“|”などの特定の記号を付与することにより、通常部と区別できるようにしている。 At the beginning of the line in the cited section that cite the received e-mail, ">" and as quoted identifiers "|" by applying a particular symbol, such as, are to be able to distinguish between a normal part .
【0004】 [0004]
図16は送信者から受信した電子メールの内容を表示画面100に表示したときの図であり、図17はこの受信した電子メールを引用しながら返答メールを作成している状態を示す図である。 Figure 16 is a view when displaying the contents of the e-mail received from a sender on the display screen 100, FIG. 17 is a diagram showing a state of creating a reply mail quoting the received electronic mail . 図16の電子メールの内容が表示されている状態で、返答メール作成操作をすると、図17に示すように引用部(図18の内容)には各行の先頭に引用識別子として“> ”の記号が付加されている。 In a state where the contents of the electronic mail of FIG. 16 is displayed, the reply when the mail creation operation symbol ">" as the reference identifier at the beginning of each line in the reference section, as shown in FIG. 17 (the contents of Fig. 18) There has been added. また、図18は送信者がこの返答メールを引用しながらさらに送信文を作成している状態を示す図である。 In addition, FIG. 18 is a diagram showing a state in which the sender is creating a further transmission statement citing the reply e-mail. 図18に示すように、最初の引用部には今度は“>>”の符号が付与されており、返答文に相当する部分には“> ”の符号が付与されている。 As shown in FIG. 18, the first quotation unit turn ">>" code has been granted, the code of ">" in a portion corresponding to the reply sentence has been granted.
【0005】 [0005]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
しかしながら、上記した方法で電子メールの引用部を表示するときに、引用部が長い場合は電子メールの一覧性を損なう恐れがある。 However, when displaying the reference portion of the e-mail in the manner described above, if a long reference part may impair list of e-mail. 特に、携帯型情報端末等の比較的小さい表示画面に電子メールの内容を表示する場合は、電子メール全体を表示することはできない。 In particular, when displaying a relatively small display content of the electronic mail on the screen, such as portable information terminals can not display the entire e-mail. 図19は20桁13行の表示画面に図18に示す電子メール全体を表示させた状態を示す図である。 Figure 19 is a diagram showing a state of displaying the entire electronic mail shown in FIG. 18 on the display screen of 20 digits 13 rows. この図からわかるように、各行に表示可能な文字数が小さいために文章の途中で改行が行われ、これによって行数が増えることにより電子メールの“> ”が付加された引用文以降はまったく表示されない。 As can be seen from this figure, the line breaks in the middle of a sentence because of the small characters that can be displayed on each line is carried out, this by e-mail by the number of lines is increased ">" quote after that has been added is displayed at all not.
【0006】 [0006]
したがって、使用者は電子メール全体を読むためには画面をスクロールさせる等の操作が必要になるとともに、全体の内容の把握が容易に行えなくなってしまう。 Therefore, the user in order to read the entire e-mail, along with it is necessary to operations such as scrolling the screen, grasp of the entire contents can no longer easily be performed.
【0007】 [0007]
また、携帯型情報端末を使用して送信メールを作成する場合においても、電子メールの長さが長い場合は電子メール全体の把握が容易でないので、作成効率が低下してしまう。 Further, in the case of creating a transmission message using a portable information terminal is also because when the length of the e-mail is long is not easy to grasp the entire electronic mail, create efficiency decreases.
【0008】 [0008]
本発明はこのような課題に着目してなされたものであり、電子メールの一覧性を向上させて、電子メールの可読性及び電子メールの作成効率を向上させることができる電子メールの表示方法及び電子メール表示装置を提供することにある。 The present invention has been made in view of such problems, to improve the list of e-mail, e-mail display method and an electronic that can improve the readability and creation efficiency of e-mail e-mail It is to provide the e-mail display device.
【0009】 [0009]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
上記の目的を達成するために、本発明の電子メールの表示方法は、電子メールを受信する電子メール受信工程と、この電子メール受信工程において受信された電子メールについて、行の先頭の文字が引用部であることを示す特定の記号であるか否かを行ごとに判断する判断工程と、この判断工程において行の先頭の文字が特定の記号であると判断されたすべての行の内容を所定の規則に従って縮小して表示する縮小表示工程とを具備することを特徴とする。 To achieve the above object, a display method of an electronic mail of the present invention, an electronic mail receiving step of receiving an e-mail, the e-mail received in the e-mail receiving process, the first character of the line reference given a determination step of determining for each row whether a particular symbol which indicates that it is a part, the contents of all the rows first character of the line is determined to be a particular symbol in this determination step characterized by comprising a reduced display step of displaying by reducing accordance rules.
【0010】 [0010]
また本発明に係る電子メール表示装置は、電子メールを受信する電子メール受信手段と、この電子メール受信手段によって受信された電子メールについて、行の先頭の文字が引用部であることを示す特定の記号であるか否かを行ごとに判断する判断手段と、この判断手段によって行の先頭の文字が特定の記号であると判断されたすべての行の内容を所定の規則に従って縮小して表示する縮小表示手段とを具備することを特徴とする。 The electronic mail display device according to the present invention, an electronic mail receiving means for receiving electronic mail, the electronic mail received by the e-mail receiving means, the first character of the line is given indicating that the reference part determining means for determining whether a symbol for each row, to view the entire contents of the line head of the character is determined to be a particular symbol row by the determination means by reducing in accordance with a predetermined rule characterized by comprising a reduced display unit.
【0014】 [0014]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
以下に図面を参照して本発明の実施形態を詳細に説明する。 Below with reference to the drawings of embodiments in detail the present invention.
図1は本発明が適用される携帯型情報端末の構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing a configuration of a portable information terminal to which the present invention is applied. 3は装置全体を制御するCPUであり、1はCPU3の動作を規定するプログラムを記憶しているROMであり、2は各種のデータを蓄積するためのRAMであり、4は使用者が入力を行なうためのキーボードであり、7はLCDドライバ6、6′によって駆動される液晶表示部(LCD)である。 3 is a CPU for controlling the entire apparatus, 1 denotes a ROM which stores a program for defining the operation of the CPU 3, 2 denotes a RAM for storing various data, 4 input by the user a keyboard for performing, 7 is a liquid crystal display unit which is driven by the LCD driver 6,6 '(LCD). 外部からの電子メールは電子メールI/F5を介して入力される。 E-mail from the outside is input via the e-mail I / F5. この電子メールI/F5としては、よく知られたRS−232Cインタフェースでもよいし、公衆電話回線に接続されたモデムでもよい。 As the e-mail I / F5, it may be the well-known RS-232C interface, or a modem connected to a public telephone line. また、PHS等に用いられるデジタルI/Fでもよい。 Also, it may be a digital I / F used for PHS or the like.
【0015】 [0015]
上記した構成において、まず、図2、図3を用いて本実施形態の概略を説明する。 In the above configuration, first, FIG. 2, an outline of this embodiment will be described with reference to FIG. 図2は受信した通常の電子メールを以下に述べる携帯型情報端末の横20文字、縦13行のLCD7の画面に表示した状態を示す図である。 Figure 2 is a diagram showing a state of displaying next 20 characters, LCD 7 screen vertical line 13 of the portable information terminal described regular e-mail received below. 図2において、各行の先頭にある“> ”及び“>>”の記号は引用識別子であり、この行が引用部であることを示している。 2, the symbol at the beginning of each line ">" and ">>" are quoted identifiers, indicating that this line is a reference unit. この例ではLCD7の表示可能文字数が少ないので、引用部のみですべての表示領域を占有している。 Since less displayable characters of LCD7 in this example, it occupies all of the display region only by reference section. したがって、使用者は送信した電子メールに対する返答を見ることができない。 Therefore, the user can not see a response to the transmitted e-mail.
【0016】 [0016]
これに対して図3に示す本実施形態では、電子メールの引用部を特定の規則に基づいて縮小して表示、ここでは引用部の第1行のみを網掛け表示している(網掛け部8)。 In the present embodiment shown in FIG. 3 the contrary, reduced and displayed on the basis of the reference portion of the e-mail to a particular rule, here are shaded only the first row of the reference portion (shaded portion 8). このようにして画面7に対する引用部の占有領域を縮小することによって送信した電子メールに対する返答メールの表示が可能になる。 Thus it is possible to display the reply mail for sending e-mail and by reducing the area occupied by the reference portion relative to the screen 7 in.
【0017】 [0017]
すなわち、図2に示す例では石川氏(石川@MIC)から、2/8(月)に応接101でミーティングが行われるという電子メール(各行の先頭に“>>”が付加された部分)を渡邊氏に送信し、渡邊氏はこの電子メールに対する返信メール(各行の先頭に“> ”が付加された部分)で、了解したが2/8は木曜日ではないかと問い直している。 That is, from Ishikawa in the example shown in FIG. 2 (Ishikawa @MIC), 2/8 email that meetings drawing 101 (month) is performed ( ">>" is added portion at the beginning of each line) and sends it to the Watanabe said, in reply mail is Mr. Watanabe for this e-mail (the top ">" is added portion of each line), but has been accepted 2/8 is again question whether not Thursday. ここまでが引用部である。 Up to this point is a quote section. 石川氏はこの問い直しに対し、2/8は木曜日であるという訂正の返答メールを送信している。 Mr. Ishikawa for this Toinaoshi, 2/8 is sending a reply e-mail of correction that it is Thursday. 本実施形態では図3に示すように引用部の第1行のみを網掛け表示するようにしたので、石川氏の返答メールをも表示することができる。 Since only the first row of the reference portion as shown in FIG. 3 in this embodiment is such that shaded, it is also possible to display a reply mail Ishikawa.
【0018】 [0018]
また、タッチパネル等の使用者によるタッチ入力が可能な装置では、上記網掛け部8をタッチして選択することにより、上記引用部を図4に示すように伸張して表示することも可能である。 Further, the apparatus capable of touch input by the user, such as a touch panel, by selecting by touching the shaded portion 8, it is also possible to display the decompressed as shown in FIG. 4 the reference portion .
【0019】 [0019]
また、装置に設けられた縮小/伸張キーを用い、図3の表示状態で伸張キーを押すと図4の表示に切り替わり、図4の表示状態で縮小キーを押すと図3の表示に切り替わるようにしてもよい。 Further, using a reduction / expansion key provided in the apparatus, the display switches to the FIG. 4 and press the extension key in the display state of FIG. 3, as to switch the display of FIG. 3 Press reduction key in the display state of FIG. 4 it may be.
【0020】 [0020]
なお、引用を表す記号としては、“> ”(半角)や“|”が広範に用いられているが、このような記号に限定されず、他の種々の記号、例えば、全角の“>”を引用識別子として登録しておくようにしてもよい。 As the symbols representing the citation, ">" (half angle) Ya "|" but is used extensively, not limited to such a symbol, a variety of other symbols, for example, the full-width ">" it may be be registered as a quoted identifier.
【0021】 [0021]
以下に、図5のフローチャートを参照して上記した引用部縮小表示の詳細を説明する。 Hereinafter, with reference to the flowchart of FIG. 5 will be described in detail in the cited portion reduced display described above. まず、電子メール表示のフローを開始して(ステップS1)、電子メールI/F5を介して受信した電子メール全文のうちの1行分を読み込む(ステップS2)。 First, to start the flow of e-mail display (step S1), and reads the one line of the email the full text received via the e-mail I / F5 (step S2). ここで、1行分としては、通常、改行文字までの1行である。 Here, the one line, which is usually a line of up to newline characters. 次に、読み込んだ行の先頭の文字を評価する(ステップS3、S8)。 Next, to evaluate the first character of the line read (step S3, S8). すなわち、先頭の文字が、引用部であることを表す引用識別子、“> ”または“|”であるときは右に分岐する。 That is, the first character is quoted identifiers indicating that the reference section, ">" or "|" When a branches to the right. 一方、先頭の文字が“> ”でもなく“|”でもない場合はステップS9に進んで読み込んだ1行分を表示した後、ステップS2に移行して次の1行分を読み込む。 On the other hand, not even the beginning of the character ">" "|" after displaying the one line read proceed to step S9 if it is not even, reads one line of the next proceeds to step S2.
【0022】 [0022]
また、ステップS3あるいはS8で右に分岐した場合はステップS4に進んで読み込んだ行を図3に示すように網掛け表示する。 Further, when the execution branches to the right in step S3 or S8, shaded to indicate read row proceeds to step S4 in FIG. 3. 次に、読み込んだ行の引用識別子をRAM2に記憶し(ステップS5)、次行の1行分を読み込む(ステップS6)。 Then, store the reference identifier of the row read in RAM 2 (step S5), and reads the one line of the next line (step S6). 次に、読み込んだ行の先頭にある文字がステップS5で記憶した引用識別子に一致するか否かを判断し(ステップS7)、一致する場合はステップS6に戻ってさらに次の1行分を読み込んでその先頭文字が前記記憶した引用識別子に一致するか否かを判断する(ステップS7)。 Then, the character at the beginning of the read line is determined whether the matching citation identifier stored in step S5 (step S7), and reads the one line further follows returns to step S6 if they match in the first character to determine whether it matches the reference identifier the stored (step S7). 一致している間は引用文なのでその行の表示は行なわない。 Because during the match quote it does not perform the display of the line. そして、ステップS7の判断がNOになったときに左に分岐してステップS9においてそのときの行を表示する。 Then, branches to the left to display the line at that time in step S9 when the determination in step S7 becomes to NO. この場合、この行は先頭文字が引用識別子ではないので、もはや引用文ではない。 In this case, because this line is the first character is not a quoted identifier, no longer quote. したがって、通常通り表示される。 Therefore, it is displayed as usual. このように、第1実施形態では引用部の第1行のみを表示することによって縮小表示を実現している。 Thus, in the first embodiment realizes the thumbnail by displaying only the first row of the reference portion.
【0023】 [0023]
上記した第1実施形態によれば、電子メールの引用部を縮小して表示するようにしたので、特に、携帯型情報端末などのように比較的小さい表示画面に電子メールを表示させる場合の電子メールの一覧性を向上させて、電子メールの可読性及び電子メールの作成効率を向上させることができる。 According to the first embodiment described above, since be displayed by reducing the reference part of the e-mail, in particular, electrons when displaying e-mail to a relatively small display screen, such as portable information terminals to improve the list of e-mail, it is possible to improve the creation efficiency of e-mail readability and e-mail.
【0024】 [0024]
なお、上記した第1実施形態では引用部を縮小表示する場合に1行目の内容を網掛け表示するようにしたが、例えば、引用であることを表すアイコンもしくは記号を用いることもできる。 Although the contents of the first row when collapse the reference unit in the first embodiment described above so that shaded, for example, may also use the icon or symbol indicating that it is a reference. この場合は引用部によって占有される画面の表示エリアをさらに小さくできるので、電子メールの一覧性をさらに向上させることができる。 In this case can be further reduced display area of ​​the screen occupied by reference section, it is possible to further improve the list of e-mail.
【0025】 [0025]
なお、第1実施形態では受信した電子メールの引用部を縮小表示するようにしたが、受信した電子メールに対する返信メールを作成する場合はただちに縮小表示を解除するようにしてもよい。 While in the first embodiment is configured to collapse the reference portion of the received electronic mail, to create a reply mail to the received electronic mail may be released immediately reduced display. すなわち、メール作成画面を表示しているときは引用部の縮小表示を行わないようにする。 That is, when you are viewing the e-mail creation screen is so as not to perform the reduction display of the quotation part. これによって引用部すべてについて内容を把握しながら返信メールを作成することができるので、内容の誤認を防止することができる。 Since this makes it possible to create a reply e-mail while grasping the contents for all citations part, it is possible to prevent the misidentification of the content. また、操作が複雑化しない。 In addition, the operation is not complicated.
【0026】 [0026]
さらに、電子メールにおいては、一般にヘッダー部が本文に付加されて転送される。 Further, in the electronic mail, general header portion are transferred are added to the body. このヘッダー部には発信者、宛先、CC、発信日、ルーティング情報等が記録されている。 Callers to the header portion, a destination, CC, originating date, routing information, etc. are recorded. これらの情報は使用者にとって通常特に必要のないものなので多くの場合、発信者及び発信日以外は表示されない。 In many cases because they are no ordinary particularly necessary for these information the user, it will not be displayed other than the caller and outgoing date. しかしながら、電子メールが自分の他に誰に送信されたかや、どういうルートで電子メールが転送されたかを知るためにはヘッダー部の情報を見る必要がある。 However, in order to e-mail know Kaya sent to anyone in addition to their own, e-mail and in what route has been transferred, it is necessary to look at the information of the header portion. 前者についてはCC情報から、後者についてはルーティング情報から知ることができる。 From the CC information for the former, the latter can be known from the routing information.
【0027】 [0027]
前記した第1実施形態では特定の文字で始まる行を引用部とみなし、この引用部を縮小表示することによって一覧性を向上させるとともに、縮小表示されている引用部を選択すれば縮小されている引用部を拡大表示して閲覧できるようにしている。 In the first embodiment described above assumes that reference section lines that begin with a specific letter, improves the glance by reduced display the reference portion is reduced by selecting a reference portion being collapsed You have to be able to view the quotation part enlarged view and. ヘッダー部についても全く同じようにこの方法を適用することができる。 You can apply this method in exactly the same way for the header portion. すなわち、通常は使用者が見る必要がない情報が多いので図6の9で示すように名前と発信日のみを表示するようにし、伸張が選択されたときにはじめて図7に示すように伸張してヘッダー部が見られるようにしている。 In other words, usually because there are many information there is no need for the user to see so as to display only the name and outgoing date, as shown in 9 of FIG. 6, the first time extended as shown in FIG. 7 when the extension is selected the header portion is to be seen Te.
【0028】 [0028]
以下に本発明の第2実施形態を説明する。 Explaining the second embodiment of the present invention are described below. 第2実施形態では、図4に示したように引用部を伸張表示した場合の欠点を補うものである。 In the second embodiment, in which compensate for the disadvantages of stretched display the reference portion as shown in FIG. 図4に示す画面において、例えば下から2行目の“でしょうか?”の先頭には引用部であるにもかかわらず、引用識別子“> ”が付加されていない。 In the screen shown in Figure 4, for example, even though "What?" In the second line from the bottom to the top of a citation part, quoted identifiers ">" is not added. これは、文章が20文字以上あるときに表示画面7が横20文字しか表示する能力がないので、21文字目以降が強制的に改行されてしまうためである。 Since this is 20 display screen 7 when the character is or not capable of only 20 horizontal character display text, because the 21 subsequent characters from being forced line break.
【0029】 [0029]
そこで第2実施形態では図8に示すように、引用部が欠落している部分に引用識別子としての記号8を補うことによって、使用者が引用部であることを確実に認識できるようにしている。 Therefore, in the second embodiment, as shown in FIG. 8, by supplementing the symbol 8 as quoted identifiers the portion reference portion is missing, and to reliably recognize that the user is quoted portion .
【0030】 [0030]
以下に図9のフローチャートを参照して上記した引用識別子の付加表示の詳細を説明する。 With reference to the flowchart of FIG. 9 will now be described in detail in the additional display of quoted identifiers described above. まず、電子メール表示のフローを開始して(ステップS11)、電子メールI/F5を介して受信した電子メール全文のうちの1行分をバッファに読み込む(ステップS12)。 First, to start the flow of e-mail display (step S11), and reads the one line of the email the full text received via the e-mail I / F5 in the buffer (step S12). ここで、1行分としては、通常、改行文字までの1行である。 Here, the one line, which is usually a line of up to newline characters. 次に、読み込んだ行の先頭の文字を評価する(ステップS13、S18)。 Then, to evaluate the first character of line read (step S13, S18). すなわち、先頭の文字が、引用部であることを表す引用識別子、“> ”または“|”であるときは右に分岐する。 That is, the first character is quoted identifiers indicating that the reference section, ">" or "|" When a branches to the right. 一方、先頭の文字が“> ”でもなく“|”でもない場合はステップS20に進んで読み込んだ1行分を表示した後、ステップS12に移行する。 On the other hand, the head of the character ">" not even "|" If it is not, even after displaying the one line read proceed to step S20, the process proceeds to step S12. なお、ステップS20で1行が20文字を越えたときは、強制改行することは言うまでもない。 Incidentally, when the first line exceeds 20 characters in step S20, it is needless to say that line breaks.
【0031】 [0031]
また、ステップS13あるいはS18で右に分岐した場合はステップS14に進んで引用識別子でない文字までの引用識別子を記憶した後(連続した引用識別子が記憶される)、装置の表示能力に応じた文字数分の表示を行なう。 Further, when the execution branches to the right in step S13 or S18 after storing the reference identifier to a character not quoted identifiers proceeds to step S14 (consecutive quotation identifier is stored), number of characters in accordance with the display capabilities of the device It performs a display of. ここでは20文字分の表示を行なう(ステップS15)。 Here for displaying 20 characters (step S15). 次に、ステップS16に進んでまだ表示していない文字があるか否かを判断する。 Next, it is determined whether there is a character that is not yet displayed proceeds to step S16. 1つの文章が20文字以上であるときは一行で表示できないのでステップS16の判断はYESとなる。 Can not be printed in one line when one sentence is 20 characters or more determination in step S16 is YES. この場合は引用ステップS14で記憶した引用識別子をまず表示し(ステップS17)、その後、バッファ内の文字を19文字分表示する(ステップS18)。 In this case, first display quoted identifier stored in quotation step S14 (step S17), then the characters in the buffer to the display 19 characters (step S18). 次にステップS16に戻ってバッファ内にまだ表示していない文字があるか否かを判断して上記した処理をバッファが空になるまで(ステップS16の判断がNOとなるまで)反復する。 Then it is determined whether or not a character that is not displayed yet in the buffer returns to step S16 to process described above until the buffer is empty (until the determination in step S16 is NO) repeats. このようにして、1つの文章が一行で表示できない場合に改行により欠落した引用識別子を自動的に補充して表示することができる。 In this way, it is possible to a sentence is displayed automatically replenish quoted identifier missing by new line if can not be displayed on one line.
【0032】 [0032]
なお、前記した第2実施形態では1つの文章が一行に表示できない場合は改行された後の行には引用識別子が付加されないので、自動的に引用識別子が補充されることを述べた。 Incidentally, one sentence in the second embodiment described above since the row after If that can not be displayed on one line a new line is not added is quoted identifiers, it said that the automatic reference identifier is supplemented. しかし、このような引用識別子の補充を引用識別子であるとみなされたすべての文字について行なうようにしてもよい。 However, it may be performed for all such characters considered to be quoted identifiers supplementation quoted identifiers. すなわち、図2に示すように電子メールの引用部が表示データとしてメモリに展開されている状態で、前後に引用識別子があるにも係らず引用識別子が欠落している行(図2の2行、5行、11行)に対して図8に示すように1行前の行と同じ引用識別子を追加記号8として補充することによって、引用部のつながりを明確にすることができる。 That is, in a state in which the reference portion of the e-mail as shown in FIG. 2 is expanded in the memory as display data, are missing quoted identifiers despite the there is a reference identifier in the longitudinal rows (two rows in FIG. 2 , 5 rows, by supplementing the same reference identifier as one line before the line as an additional symbol 8 as shown in FIG. 8 with respect to line 11), it is possible to clarify the connections of the reference portion.
【0033】 [0033]
以下に本発明の第3実施形態を説明する。 Illustrating a third embodiment of the present invention are described below. 引用部を表示できることが電子メールの利点であるが、引用される段数が増加した場合は引用識別子のみにより画面の表示エリアのかなりの部分が占有されてしまうことが考えられる。 You can display reference unit is an advantage of the e-mail, if the number quoted is increased considerable portion of the display area of ​​the screen only by reference identifier is considered that become occupied. 例えば、図10に示す表示例では第1〜第3行目までの引用部は9回引用されたために9個の引用識別子“> ”が連続して表示されている。 For example, the first to quote section up to the third row in the display example shown in FIG. 10 is displayed 9 times quoted nine reference identifiers to which ">" continuously. このことは携帯型情報端末の画面では非常に読みにくくなって内容の把握が容易ではなくなってしまう。 This is no longer easy to grasp the content is very hard to read the screen of the portable information terminal. 特に引用識別子を次行においても反復して表示するような場合は大きな欠点になってしまう。 Particularly when the reference identifier, such as also displayed repeatedly in the next line becomes a major drawback.
【0034】 [0034]
そこで第3実施形態では各行の先頭に引用識別子をそのまま表示するのではなく、引用の段数のみを表示するようにして表示面積を節約するようにする。 So instead of displaying it to the top quoted identifiers of each row in the third embodiment, so as to save the display area so as to display only the number of stages of the reference. すなわち、図10の“>>>>>>>>> ”で示すように引用識別子が連続して表示される場合は、この引用識別子をそのまま表示するのではなく、図11に示すように引用識別子が連続する段数(繰り返し数)を引用識別子“> ”とともに表示するようにしている。 That is, if the reference identifier is displayed continuously as indicated by ">>>>>>>>>" in FIG. 10, instead of directly displaying the reference identifier, reference as shown in FIG. 11 identifier is to be displayed along with the number of stages for continuous (number of repetitions) quoted identifiers ">". しかし引用識別子が1個の場合はこの方法を適用して“1> ”のごとく表示するのでなく、“> ”のみを表示することによって表示エリアを節約することができる。 However quotation identifier is one instead of displaying as the method applied to the "1>", ">" only can save the display area by displaying.
【0035】 [0035]
上記した第3実施形態によれば、表示エリアを有効に使用することにより、より多くの情報を表示することができる。 According to the third embodiment described above, by effectively using the display area, it is possible to display more information.
以下に、図12を参照して上記した引用識別子の段数表示の詳細を説明する。 Hereinafter, with reference to FIG. 12 illustrating the details of the number display of quoted identifiers described above. まず、電子メール表示のフローを開始して(ステップS31)、電子メールI/F5を介して受信した電子メール全文のうちの1行分(改行記号まで)をバッファに読み込む(ステップS32)。 First, to start the flow of e-mail display (step S31), it reads one line of the e-mail full text received via the e-mail I / F5 (up line terminators) in the buffer (step S32). ここで、1行分としては、通常、改行文字までの1行である。 Here, the one line, which is usually a line of up to newline characters. 次に、読み込んだ行の先頭の文字を評価する(ステップS33、S40)。 Next, to evaluate the first character of the line read (step S33, S40). すなわち、先頭の文字が、引用部であることを表す引用識別子、“> ”または“|”であるときは右に分岐する。 That is, the first character is quoted identifiers indicating that the reference section, ">" or "|" When a branches to the right. 一方、先頭の文字が“> ”でもなく“|”でもない場合はステップS41に進んで読み込んだ1行分を表示した後、ステップS32に移行する。 On the other hand, the head of the character ">" not even "|" If it is not, even after displaying the one line read proceed to step S41, the process proceeds to step S32.
【0036】 [0036]
また、ステップS33あるいはS40で右に分岐した場合はステップS34に進んで引用識別子を記憶するとともに、引用識別子の段数(連続数)をカウントする。 Further, when the execution branches to the right in step S33 or S40 stores the reference identifier the flow proceeds to step S34, counting the number (consecutive number) of the reference identifier. 次に図11に示すようにカウント数を表示(ステップS35)、続いて記憶されている引用識別子を表示する(ステップS36)。 Next Show count as shown in FIG. 11 (step S35), followed by displaying a reference identifier stored (step S36). 次にバッファに記憶されている一行分のうち行末までの文字を表示する(ステップS37)。 Then display the characters up to the end of the line out of one row stored in the buffer (step S37). 次にステップS38に進んでまだ表示していない文字があるか否かを判断する。 Then it is determined whether there is a character that is not yet displayed proceeds to step S38. 1つの文章が20文字以上であるときは一行で表示できないのでステップS38の判断はYESとなる。 Can not be printed in one line when one sentence is 20 characters or more determination in step S38 is YES. この場合は表示を改行して(ステップS39)、ステップS35に戻る。 In this case a new line of display (step S39), the flow returns to step S35. このようにして取り込んだ1行分の文字列をすべて表示し終わるまで、各行の先頭にカウント数と引用識別子を表示する動作を繰り返す。 In this way, until you see all the string of one line captured, repeating the operation of displaying the number of counts and quotation identifier at the beginning of each line. そして、1行文すべての文字列を表示し終えたときにステップS38の判断がNOとなってステップS32に移行する。 Then, the determination in step S38 shifts to step S32 becomes NO when finished Showing 1 mult all strings. なお、ステップS34でカウントされた引用識別子はバッファから削除されるものとする。 The count citations identifiers step S34 shall be deleted from the buffer.
【0037】 [0037]
以下に本発明の第4実施形態を説明する。 Explaining the fourth embodiment of the present invention are described below. 上記第1実施形態では、受信側でメールを表示するときに引用文を短くして表示するようにしたが、これは送信側でも実施できる。 In the first embodiment, it was to citations shorter and displayed when displaying the mail on the reception side, which can be carried out in the transmitting side. すなわち、図13に示すように、受信した電子メールを表示して(ステップS41)、返信または転送のアイコンを操作すると(ステップS42)、返信のアドレスを自動的あるいは転送のアドレスを入力させることにより作成する。 That is, as shown in FIG. 13 displays the received e-mail (step S41), and operates the reply or forward icon (step S42), whereby the address of the reply input address automatically or transfer create. そして、引用文として受信した電子メールのメッセージを付加するか否かを報知して、ユーザが引用することを指定すると(ステップS44)、図14の[SUB_BODY]から[END SUB_BODY]で示されるように引用文をこの制御記号と共に作成する(ステップS45)。 Then, to notify whether or not to add the e-mail message received as a quote, the user designates that the reference (step S44), as indicated by [END SUB_BODY] From [SUB_BODY] in FIG. 14 It quotes to create with this control symbols (step S45).
【0038】 [0038]
そして、ユーザがメッセージを入力する(ステップS46)。 Then, the user inputs a message (step S46). このとき、引用文は必要により参照表示する。 At this time, the quote refers to display necessary. この入力されたメッセージを図14の[BODY]から[END BODY]に示されるように本文をこの制御記号と共に作成する(ステップS47)。 The body as shown the input message of FIG. 14 [BODY] to [END BODY] to create with this control symbols (step S47). そして、送信操作がなされると図14に示されたメッセージを電子メールとして送信する(ステップS48)。 When the transmission operation is carried out a message shown in FIG. 14 is transmitted as electronic mail (step S48).
【0039】 [0039]
一方、受信側では、電子メールを受信すると(ステップS51)、[BODY]から[END BODY]に示される本文を図3の様に表示する(ステップS52)。 On the other hand, the receiving side receives the electronic mail (step S51), and displayed as in Figure 3 the body shown in [END BODY] From [BODY] (step S52). そして、引用文を参照するか否かを報知し、ユーザが参照するべくアイコンを操作すると(ステップS53)、[SUB_BODY]から[END SUB_BODY]で示される引用文を図4の様に表示する。 Then, it notified whether reference quotes, and operates the icon to user refers (step S53), and displayed as in FIG. 4 quotations represented by [END SUB_BODY] From [SUB_BODY].
【0040】 [0040]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
本発明によれば、電子メールの一覧性が向上することより、電子メールの可読性及び電子メールの作成効率を向上させることができるようになる。 According to the present invention, than to improve the list of e-mail, it is possible to enhance the creation efficiency of e-mail readability and email.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明が適用される携帯型情報端末の構成を示す図である。 1 is a diagram showing a configuration of a portable information terminal to which the present invention is applied.
【図2】受信した電子メールを画面に表示した状態を示す図である【図3】電子メールの引用部の第1行のみを網掛け表示した状態を示す図である。 2 is a diagram showing a state in which only the first row of the reference portion of the received is a diagram showing a state of displaying on the screen the e-mail [3] e-mail has been shaded.
【図4】網掛け部をタッチして選択することにより引用部を伸張して表示した状態を示す図である。 4 is a diagram showing a state of displaying by decompressing the reference section by selecting by touching the shaded portion.
【図5】引用部縮小表示の詳細を説明するためのフローチャートである。 5 is a flowchart for illustrating details of the reference section collapsed.
【図6】ヘッダー部を縮小表示した例を示す図である。 6 is a diagram showing an example of displaying a reduced header portion.
【図7】縮小されたヘッダー部を伸張表示した状態を示す図である。 7 is a diagram showing a state in which decompressed displayed and the reduced header portion.
【図8】引用部が欠落している部分に引用識別子を補充した状態を示す図である。 8 is a diagram showing a state supplemented quoted identifiers the portion reference portion is missing.
【図9】引用識別子の付加表示の詳細を説明するためのフローチャートである。 9 is a flowchart for illustrating details of additional display of quoted identifiers.
【図10】連続する引用識別子をそのまま表示した状態を示す図である。 FIG. 10 is a diagram showing a directly displayed state quoted identifiers to be consecutive.
【図11】連続する引用識別子に代えて段数のみを表示した状態を示す図である。 11 is a diagram showing a state of displaying only the number of stages in place of the reference identifier continuous.
【図12】引用識別子の段数表示の詳細を説明するためのフローチャートである。 12 is a flowchart for illustrating details of the number display of quoted identifiers.
【図13】送信側で電子メールを作成するときの動作を説明するためのフローチャートである。 13 is a flowchart for explaining the operation for creating the e-mail sender.
【図14】図13で作成された電子メールのデータ構造を説明するための図である。 14 is a diagram for explaining the data structure of the created e-mail in FIG. 13.
【図15】前記図13で作成された電子メールの表示動作を説明するためのフローチャートである。 15 is a flowchart for explaining the electronic mail display operation created in FIG. 13.
【図16】従来例において、送信者から受信した電子メールの内容を表示した状態を示す図である。 [16] In the conventional example, it is a diagram showing a state of displaying the contents of the received e-mail from the sender.
【図17】受信した電子メールを引用しながら返答メールを作成している状態を示す図である。 FIG. 17 is a diagram showing a state in which to create a reply e-mail quoting the received e-mail.
【図18】送信者が返答メールを引用しながら送信文を作成している状態を示す図である。 FIG. 18 is a diagram showing a state in which the sender is to create a send statement quoting a reply e-mail.
【図19】従来の表示方法の欠点を説明するための図である。 19 is a diagram for explaining the drawbacks of conventional display method.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1…ROM、2…RAM、3…CPU、4…キーボード、5…電子メール、6、6′…LCDドライバ、7…LCD。 1 ... ROM, 2 ... RAM, 3 ... CPU, 4 ... keyboard, 5 ... email, 6,6 '... LCD driver, 7 ... LCD.

Claims (10)

  1. 電子メールを受信する電子メール受信工程と、 And e-mail reception step of receiving an e-mail,
    この電子メール受信工程において受信された電子メールについて、 行の先頭の文字が引用部であることを示す特定の記号であるか否かを行ごとに判断する判断工程と、 Electronic mail received in the e-mail receiving process, a determination step of determining for each row whether a particular symbol which indicates that it is the first character is cited of the row,
    この判断工程において行の先頭の文字が特定の記号であると判断されたすべての行の内容を所定の規則に従って縮小して表示する縮小表示工程と、 A reduced display step of displaying all of the contents of the line head of the character is determined to be a particular symbol row shrinking according to a predetermined rule in this determination step,
    を具備することを特徴とする電子メールの表示方法。 Display method of e-mail, characterized in that it comprises a.
  2. 前記判断工程は、電子メールの各行の先頭の文字が使用者によって選択された特定の記号と一致するか否かに基づいて行ごとの判断を行なうことを特徴とする請求項1記載の電子メールの表示方法。 The determination step, e-mail according to claim 1, characterized in that on the basis of whether or not the first character of the e-mail each line consistent with the particular symbol selected by the user makes a determination of each row display method.
  3. 前記縮小表示されている引用部を選択することによってこれを伸張して表示する工程をさらに具備することを特徴とする請求項1記載の電子メールの表示方法。 Display method of an electronic mail according to claim 1, further comprising a step of displaying by decompressing this by selecting a reference portion that is the reduced display.
  4. 送信用メールの作成時は前記縮小表示を解除するようにしたことを特徴とする請求項1記載の電子メールの表示方法。 Display method of an electronic mail according to claim 1, characterized in that as the time of creation of the outgoing mail releases the reduced display.
  5. 表示可能な文字数を超えた行については自動的に改行するとともに、改行の次の行に前記特定の記号を付加して表示するようにしたことを特徴とする請求項1記載の電子メールの表示方法。 With automatic line feed for the line beyond a displayable characters, display of the electronic mail according to claim 1, characterized in that so as to display by adding the specific symbol to the next line of the line feed Method.
  6. 電子メールを受信する電子メール受信手段と、 And e-mail receiving means for receiving electronic mail,
    この電子メール受信手段によって受信された電子メールについて、行の先頭の文字が引用部であることを示す特定の記号であるか否かを行ごとに判断する判断手段と、 Electronic mail received by the e-mail receiving means, determination means for determining for each line whether the particular symbol indicating the head of the character is cited of the row,
    この判断手段によって行の先頭の文字が特定の記号であると判断されたすべての行の内容を所定の規則に従って縮小して表示する縮小表示手段と、 A reduced display means for displaying reduced in accordance with the start character a predetermined contents of all rows that have been determined to be a particular symbol rules row by the determination means,
    を具備することを特徴とする電子メール表示装置。 E-mail display device characterized by having a.
  7. 前記判断手段は、電子メールの各行の先頭の文字が使用者によって選択された特定の記号と一致するか否かに基づいて行ごとの判断を行なうことを特徴とする請求項6記載の電子メール表示装置。 The judgment unit may, e-mail according to claim 6, characterized in that on the basis of whether or not the first character of each line of an e-mail matches a particular symbol selected by the user makes a determination of each row display device.
  8. 前記縮小表示されている引用部を選択することによってこれを伸張して表示する手段をさらに具備することを特徴とする請求項6記載の電子メール表示装置。 The reduced mail display device according to claim 6, characterized by further comprising means for displaying by decompressing this by selecting a reference portion that is displayed.
  9. 送信用メールの作成時は前記縮小表示を解除するようにしたことを特徴とする請求項6記載の電子メール表示装置。 E-mail display device according to claim 6, wherein when creating the outgoing mail is characterized in that so as to release the reduced display.
  10. 表示可能な文字数を超えた行については自動的に改行するとともに、改行の次の行に前記特定の記号を付加して表示するようにしたことを特徴とする請求項6記載の電子メール表示装置。 With automatic line feed for the line beyond a displayable characters, line feed the electronic mail display device according to claim 6, wherein said adding a specific symbol to the next line, characterized in that so as to display .
JP664697A 1997-01-17 1997-01-17 E-mail display method, and the e-mail display device Expired - Fee Related JP3899572B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP664697A JP3899572B2 (en) 1997-01-17 1997-01-17 E-mail display method, and the e-mail display device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP664697A JP3899572B2 (en) 1997-01-17 1997-01-17 E-mail display method, and the e-mail display device

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH10207794A true JPH10207794A (en) 1998-08-07
JP3899572B2 true JP3899572B2 (en) 2007-03-28

Family

ID=11644146

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP664697A Expired - Fee Related JP3899572B2 (en) 1997-01-17 1997-01-17 E-mail display method, and the e-mail display device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3899572B2 (en)

Cited By (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7781191B2 (en) 2005-04-12 2010-08-24 E. I. Du Pont De Nemours And Company Treatment of biomass to obtain a target chemical
US7910338B2 (en) 2005-04-12 2011-03-22 E. I. Du Pont De Nemours And Company Integration of alternative feedstreams for biomass treatment and utilization
US8445236B2 (en) 2007-08-22 2013-05-21 Alliance For Sustainable Energy Llc Biomass pretreatment
US8512979B2 (en) 2005-04-12 2013-08-20 E I Du Pont De Nemours And Company System and process for biomass treatment

Families Citing this family (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
GB9929574D0 (en) * 1999-12-14 2000-02-09 Nokia Mobile Phones Ltd Message exchanging handling concept
JP4573406B2 (en) * 2000-07-26 2010-11-04 シャープ株式会社 E-mail transmitting and receiving device
JP2003141044A (en) * 2001-11-06 2003-05-16 Nec Corp Mail retrieval method for cellular phone and mail retrieval program for cellular phone
US7996043B2 (en) 2003-11-04 2011-08-09 Research In Motion Limited System and method for reducing the size of an electronic message on a mobile communication device
JP5764039B2 (en) * 2011-10-25 2015-08-12 株式会社沖データ The information processing apparatus, an image forming apparatus, a program, an information processing system, and information processing method
JP6260234B2 (en) * 2013-12-02 2018-01-17 日本電気株式会社 Document analysis apparatus, a document analysis method and the document analysis program

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7781191B2 (en) 2005-04-12 2010-08-24 E. I. Du Pont De Nemours And Company Treatment of biomass to obtain a target chemical
US7910338B2 (en) 2005-04-12 2011-03-22 E. I. Du Pont De Nemours And Company Integration of alternative feedstreams for biomass treatment and utilization
US7932063B2 (en) 2005-04-12 2011-04-26 E. I. Du Pont De Nemours And Company Treatment of biomass to obtain fermentable sugars
US7998713B2 (en) 2005-04-12 2011-08-16 E. I. Du Pont De Nemours And Company Treatment of biomass to obtain ethanol
US8512979B2 (en) 2005-04-12 2013-08-20 E I Du Pont De Nemours And Company System and process for biomass treatment
US8445236B2 (en) 2007-08-22 2013-05-21 Alliance For Sustainable Energy Llc Biomass pretreatment

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH10207794A (en) 1998-08-07 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5786776A (en) Character input terminal device and recording apparatus
US6473006B1 (en) Method and apparatus for zoomed display of characters entered from a telephone keypad
US20060270461A1 (en) Method for displaying event information on a mobile terminal
US6799033B2 (en) Scrolling display for mobile telephone text messaging
US20060053379A1 (en) Multimodal interface for mobile messaging
US6332024B1 (en) Portable terminal
US6173316B1 (en) Wireless communication device with markup language based man-machine interface
US20070280179A1 (en) User interface for a handheld device
US7509148B1 (en) Message alert system and method of providing message notification
JP2002359667A (en) Mobile phone with mail transmission/reception function
US20070275766A1 (en) Mobile communication terminal displaying background screen and display method thereof
US20050079861A1 (en) Method of saving message contents in phone book in a mobile terminal
US20060246956A1 (en) Method for displaying data in mobile terminal
US6792090B1 (en) Telephone directory address storing method and information terminal having telephone function as well as storage medium on which program therefor is recorded
US7600196B2 (en) Method for sorting and displaying symbols in a mobile communication terminal
EP1077417A2 (en) Electronic mail display device
US20090176521A1 (en) Text messaging conversation user interface functionality
US20070282957A1 (en) Email message creation
US20010028469A1 (en) Communication terminal apparatus with e-mail address input function
JP2005242714A (en) Electronic apparatus, program and recording medium in which program is recorded
JPH09200254A (en) Electronic mail display device
US7548954B2 (en) Compressible display of e-mail message string to facilitate readability
JPH10301869A (en) Electronic mail device
US7164928B2 (en) Method for managing concatenated enhanced short message and telecommunication terminal using the method
WO2008107675A1 (en) Multi-media messaging system for mobile telephone

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20060221

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20060414

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20061205

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20061218

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110112

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110112

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120112

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130112

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130112

Year of fee payment: 6

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees