JP3450498B2 - Image editing method and apparatus - Google Patents

Image editing method and apparatus

Info

Publication number
JP3450498B2
JP3450498B2 JP06431195A JP6431195A JP3450498B2 JP 3450498 B2 JP3450498 B2 JP 3450498B2 JP 06431195 A JP06431195 A JP 06431195A JP 6431195 A JP6431195 A JP 6431195A JP 3450498 B2 JP3450498 B2 JP 3450498B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
data
display
icon
hierarchy
image editing
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP06431195A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH08263633A (en
Inventor
英夫 滝口
章 菅
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by キヤノン株式会社 filed Critical キヤノン株式会社
Priority to JP06431195A priority Critical patent/JP3450498B2/en
Priority claimed from EP04078192A external-priority patent/EP1515248A3/en
Publication of JPH08263633A publication Critical patent/JPH08263633A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP3450498B2 publication Critical patent/JP3450498B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 【0001】 【産業上の利用分野】本発明は、画像をハンドリングする描画ソフトやデータベースシステムにおける画像編集方法及びその装置に関するものである。 BACKGROUND OF THE INVENTION [0001] Field of the Invention The present invention relates to an image editing method and apparatus in a drawing software and a database system for handling an image. 【0002】 【従来の技術】パソコン上で稼動するデータベースソフトウェアで、最近、カタログソフトと呼ばれるものが登場している。 2. Description of the Related Art] database software running on the PC, recently, what is called a catalog software have appeared. カタログソフトとは、グラフィックス,文書,画像等をデータの中心として扱っているデータベースであり、データ毎にそのデータの縮小画像(以降サムネール画像と呼ぶ)を持ち、これらを眺めて所望のデータを捜すこと(ブラウジング)を基本的操作としている。 The catalog software, graphics, documents, a database dealing with images such as the center of the data have a reduced image of the data for each data (hereinafter referred to as thumbnail image), the desired data looking at these looking for a (browsing) is a basic operation. 【0003】このブラウジングによる検索を補助する形で、一般的にフリーキーワードと言われるものが付けられる。 [0003] in the form to assist in the search by this browsing, generally what is referred to as a free keyword is attached. フリーキーワードとは、フィールドを持たないキーワードである。 The free keyword is a keyword that does not have a field. なお、フィールドを持つキーワードとしては、リレーショナル型やカード型のデータベースのように、フィールド設定をして、そこにキーワードを入力する。 As the keywords with fields, as relational and card type database, and the field settings, inputs a keyword thereto. 上記カタログソフトでは、フリーキーワードを使っての検索が可能であり、この検索結果と先のブラウジングとを組み合わせて所望のデータをピックアップする。 In the above catalog software, it is possible to search for using the free keyword, to pick up the desired data by combining the browsing of the search results and earlier. 【0004】このカタログソフトの中でも、特に画像を重視したものをアルバムソフトという名称で呼んだりもする。 [0004] Among this catalog software, also or call particularly those with an emphasis on image under the name of the album software. このアルバムソフトは、写真のアルバム(紙)を意識して名付けられているように、データベース中に主に画像を格納し、これを、基本的には、ブラウジングと補助的なフリーキーワードとで、見たい画像をピックアップする。 This album software, as named aware of the photos in the album (paper), intended primarily for storing images in the database, so, basically, in browsing and ancillary free keyword, to pick up the image you want to see. 【0005】紙のアルバムの場合には、使用者は、写真を単に挟み込むだけでなく、その写真に注釈を付けたり、図2に示すように写真の任意の部分だけが見えて、 [0005] In the case of the paper of the album, the user, not only to sandwich the photo, or annotate on the photograph, only visible any part of the photo as shown in FIG. 2,
あとは隠れてしまうような紙(以降、フレームと呼ぶ) Paper, such as rest is hidden (hereinafter, referred to as a frame)
を上に重ねて保存したりする。 The or save overlaid on top. これは、特に強調したい写真や印象に残った写真を残すときに、一般的に行われる。 This is, when to, is generally performed to leave the remaining photos to the photos and the impression you want to especially emphasize. 【0006】この図2に示す手法をアルバムソフトで行おうとする場合には、画像を使用者が作った任意のフレームで切り抜いて保存することになるが、これに伴う操作は非常に煩雑である。 [0006] When attempting to approach shown in FIG. 2 in the album software, but will save cut out in any frame the user has made an image, operation with this is a very complicated . 図3に、この一連の操作手順をフローチャートとして示す。 Figure 3 shows the series of operation procedures as a flowchart. まずステップS1で、グラフィックスの描画を行うアプリケーションソフト(以降、ドローイングソフトと呼ぶ)を起動し、フレームを作成する。 First, in step S1, the application software (hereinafter, referred to as a drawing software) for drawing graphics Start, to create a frame. 図4の401にフレーム作成例を示す。 It shows a framing example 401 of FIG. ステップS2で、ドローイングソフトに画像を読み込んできて、先のフレームと大きさを調整しながら重ね合わせる。 In step S2, I have read an image on a drawing software, superimposed while adjusting the previous frame and the size. この例を図4の402に示す。 An example of this is shown in 402 of FIG. 次にステップS3 Then, in step S3
で、画像の加工・編集を行うアプリケーションソフト(以降、フォトレタッチソフトと呼ぶ)を起動する。 In, application software to perform the processing and editing of the image (hereinafter, referred to as photo retouching software) to start. そしてクリップボード経由で、先の重ね合わせたフレームと画像とをフォトレタッチソフトに取り込む。 And via the clipboard, take in the frame and image superimposed the earlier photo retouching software. ドローイングソフト上では、フレームと画像とは別々に扱うことができたが、フォトレタッチソフトに取り込んだ時点で一枚の画像になってしまう。 On the drawing software, but can be handled separately from the frame and the image, it becomes one image at the time captured in the photo retouching software. 次に、ステップS4で、フォトレタッチ上で、フレーム部分からはみ出している部分を消していく。 Next, in step S4, on photo retouching, it will erase the part that protrudes from the frame portion. 図4の403にその例を示すが、フォトレタッチソフトの、領域指定ツールや消しゴムツールを使用して作業を行う。 Although examples of which are illustrated in 403 of FIG. 4, it performs work using the photo retouching software, the area designation tool or eraser tool. こうしてできた修正画像は図4 In this way we can fix image Fig. 4
の404の例のようになる。 So in 404 instances. ステップS5で新しい画像としてファイルにセーブし、最後にステップS6でこれをアルバムソフトに取り込む。 Save the file as a new image in step S5, the last to incorporate it to the album software in step S6. 【0007】一方、従来、コンピュータのファイル管理システムやデータベースシステム等では、多数のデータを管理する手法としてデータを階層的に管理する手法がよく用いられる。 On the other hand, conventionally, in the file management system and a database system such as a computer, a technique for hierarchically managing data as a method for managing the number of data it is often used. 特にファイルシステムにおいては、ほとんどのオペレーティングシステム(以後、OSと略) Particularly in the file system, most operating systems (hereinafter, OS substantially)
でファイルシステム全体を階層的な複数のディレクトリに分割して管理している。 In are managed by dividing the entire file system in a hierarchical multiple directories. 近年のOSにおいては、グラフィカルユーザインタフェース(以後、GUIと略)によってファイルシステムなどの階層構造を画面上に表示し、マウスなどのポインティングデバイスで目的のデータを指示することでファイルなどのデータにアクセスさせる、ブラウザシステムを採用するのが通常である。 In recent OS, graphical user interface (hereinafter, GUI substantially) by displaying a hierarchical structure such as a file system on a screen, access data such as a file by instructing the desired data in a pointing device such as a mouse cause, it is usual to adopt the browser system. 【0008】従来このような階層構造をユーザに対して表示するブラウザシステムにおいては、図18のようなツリー構造や図19の(a),(b)のような階層リストボックス構造によって階層構造を表現していた。 [0008] In the conventional browser system for displaying such a hierarchical structure to the user, (a) of the tree structure and 19 as shown in FIG. 18, a hierarchical structure by a hierarchical list box structure as shown in (b) It had been expressed. 図1 Figure 1
8は階層ファイルシステムを木構造で表現した例であり、ディレクトリ階層をフォルダのアイコンでファイルを文書のアイコンで表現し、それらの階層的な関係を木構造で表現している。 8 is an example of representation of the hierarchical file system in a tree structure, the file directory hierarchy in the folder icon is represented by a document icon, and represent them in the hierarchical relationship in a tree structure. 図中、101はルールを文書のアイコンで表現し、それらの階層的な関係を木構造で表現している。 In the figure, 101 represent the rules in a document icon, expresses their hierarchical relationship in a tree structure. 図中、101はルートディレクトリであり、 In the figure, 101 is the root directory,
ルートディレクトリ101にはファイルR−1(10 File R-1 is in the root directory 101 (10
2)がある。 2) there is. ルートディレクトリの下には、ディレクトリA(103),ディレクトリB(105),ディレクトリC(108)がある。 Under the root directory, the directory A (103), the directory B (105), a directory C (108). ディレクトリAの下にはファイルA−1(104)があり、ディレクトリCの下にはファイルB−1(106)とファイルB−2(107) Under the directory A has files A-1 (104), is under the directory C file B-1 (106) and file B-2 (107)
とがある。 There is a door. ディレクトリCの下にはファイルC−1(1 File C-1 are under the directory C (1
09)とディレクトリD(110)とがあり、ディレクトリDの下にはファイルD−1(111)とファイルD 09) and directory D (110) and has, under the directory D file D-1 (111) and file D
−2(112)とディレクトリE(113)とがある。 2 (112) that there is a directory E (113).
ディレクトリEの下にはファイルE−1(114)がある。 Under the directory E there is a file E-1 (114). このように全ての階層のファイルが木構造で表示されているので、目的とするファイルを選択することができる。 The file of the thus all levels are displayed in a tree structure, it is possible to select the file of interest. 【0009】図19は図18と同じ階層ファイルシステムを階層リストボックスで表現した例である。 [0009] FIG. 19 is an example of expressing the same hierarchical file system as in FIG. 18 in a hierarchical list box. 図19の(a)はディレクトリCの下のファイル及びディレクトリをアクセスしようとした状態である。 (A) of FIG. 19 is a state attempts to access the files and directories under the directory C. 図19の(a) Shown in FIG. 19 (a)
において、115は第1階層のファイル及びディレクトリを表示するためのリストボックスである。 In, 115 is a list box for displaying files and directories in the first layer. 117は、 117,
リストボックス115に表示可能な項目数よりファイルやディレクトリ数が多かった場合に用いるスクロールバーであり、118は上方向スクロールボタン、119は下方向スクロールボタンである。 A scroll bar used when the number of files and directories was greater than the number of displayable items to the list box 115, the upward scroll button 118, 119 is a down scroll button. 116はディレクトリCを示す。 116 indicates the directory C. ディレクトリC(116)をポインティングデバイスでクリックすると、ディレクトリC(116) When the directory C to (116) by clicking a pointing device, directory C (116)
の表示が反転表示されるとともにディレクトリC(11 Directory C (11 along with an indication of is highlighted
6)の下にあるファイルC−1とディレクトリDとが、 And file C-1 and directory D under the 6),
第2階層のファイル及びディレクトリを示すリストボックス120に表示される。 It is displayed in the list box 120 showing the files and directories in the second layer. 図19の(b)は、さらにリストボックス120からディレクトリD(121)をポインティングデバイスで選択してクリックした際の状態を示している。 (B) of FIG. 19 shows a state when clicking selected further from the list box 120 the directory D (121) with a pointing device. 同図においてディレクトリD(121) In FIG directory D (121)
をクリックすると、ディレクトリD(121)の下にあるディレクトリEとファイルD−1とファイルD−2とが、第3階層のファイル及びディレクトリを示すリストボックス122に表示される。 Clicking on the directory E under the directory D (121) and file D-1 and a file D-2 is displayed in the list box 122 showing the files and directories in the third layer. このように、1段ずつ深い階層を選択していくことによって目的のファイルに到達することができる。 In this way, it is possible to reach the target file by going to select a deep hierarchy by one stage. 【0010】 【発明が解決しようとする課題】しかしながら、従来の画像を切り抜いてアルバムソフトに取り込む際の手順は、いくつものソフトを起動しながら作業を行わなければならず、操作が非常に煩雑であると同時に作業負荷を伴う。 [0010] The object of the invention is to be Solved However, the procedure when incorporated into the album software to cut out the traditional image, several software must perform the work while Start of operation is a very complicated there and with the work load at the same time. また、以上の操作を行うためには、使用者の操作に対しての熟練度が必要となる。 Further, in order to perform the above operations, it is necessary proficiency for operation by the user. 【0011】もう1つの問題は、フレームと画像とを合わせて一枚の画像となってしまっている点である。 [0011] Another problem is that they've become one of the image to fit the frame and image. もし後で、フレームの形を変えたくなったり、画像の見せたい部分を変えたくなったりした場合には、先の図3のフローチャートに示した手順を最初から行わなければならない。 If later, or want change the shape of the frame, when or want changed to show desired portion of the image has to perform the procedure shown in the flowchart of FIG. 3 above from the beginning. また、元の修正前の画像はそのまま保存しておくのが一般的であるので、結局、元の画像とフレームと組み合わせて切り抜いた画像との2種類を別々の画像として保存することになってしまう。 Further, since the original unmodified image is intact common to keep, after all, supposed to store two types of trimmed image in combination with the original image and the frame as a separate image put away. 【0012】以上の理由から、もっと簡単にフレームを作って切り抜き画像を作成する方法、そして後から簡単に修正できる柔軟性のある方法が必要である。 [0012] For these reasons, there is a need for a method of flexibility to easily fix and later, to create a cut-out image to create a more easily frame. また、従来の階層ファイルシステムを図18のように木構造で表わした場合、ファイルシステムがどのような階層構造になっているかが把握しやすく目的のファイルが探しやすい反面、ファイルやディレクトリの数が多くなると画面に全てのファイルやディレクトリのアイコンを表示しきれなくなり目的のディレクトリやファイルが探しにくくなる。 In addition, on the other hand when represented in a tree structure, or is liable to easy to find the desired file to grasp the file system is in any hierarchical structure as shown in FIG. 18 the conventional hierarchical file system, the number of files and directories many comes to screen all of the files and will not be fully display the directory of icon purpose of the directory or file to is less likely to look for. また、階層が深い部分は表示が横長になり、同一階層にファイルやディレクトリが多数ある場合は表示が縦長になるため、必ずしも全画面を有効に使えず、ますます画面のスクロールが必要になってしまう欠点がある。 In addition, the hierarchy is deep part is displayed be wider than it is long, because when there is a file or directory are a number the same hierarchy is in portrait display, not use necessarily to enable full screen, become necessary to scroll more and more screen there is put away drawbacks. 【0013】一方、図19のようにリストボックスを使ったブラウザシステムでは、狭い画面でも階層的なブラウジングが可能な反面、あるディレクトリを選択して初めてその下のディレクトリやファイルが表示されるため全体の階層構造がどのようになっているかが把握しにくく、目的のファイルが探しにくいという欠点があった。 [0013] On the other hand, the entire order in the browser system that uses a list box, the other hand can be a hierarchical browsing even in a small screen, directory and file for the first time under its by selecting a directory is displayed as shown in FIG. 19 difficult to grasp is whether the hierarchy has become how to of, there has been a drawback that the target file is unlikely to look for. 【0014】また、多数のファイルの中からでも、よく使用するファイルが見つけやすい、あるいは取り出しやすいことが重要であるが、図18の場合は、よく使用するファイルが深い階層のときや同一階層にたくさんのファイルやディレクトリがあったときなどは、なかなか見つけられない。 Further, even from among the large number of files, often files easier to find used, or is likely to take out it is important, in the case of FIG. 18, when and sibling files deep hierarchy frequently used etc. when there is a lot of files and directories, not hard to find. 図19の場合も同様に、よく使用するファイルを取り出すのは大変である。 Also in the case of FIG. 19, it is hard to retrieve the file to be frequently used. 【0015】以上の内容は、階層的にデータをカテゴリ分けするようなデータベースのブラウザシステムにおいても同様であった。 [0015] or more of the content was the same in the database of the browser system, such as hierarchically categorized the data. 【0016】 本発明は、前記従来の欠点を除去し 、全体の階層構造がどのようになっているかが把握し易く、 The present invention, the removed conventional drawbacks, easily grasped whether the overall hierarchical structure has been how,
且つ目的のファイルが探しやすい画像編集方法及びその装置、更に、多数のファイルの中からでも、よく使用するファイルが見つけやすく取り出しやすい画像編集方法及びその装置を提供する。 And object files looking easy image editing method and apparatus, furthermore, even from among the large number of files, the file provides a find easily taken out easily the image editing method and apparatus to better use. 【0017】 【0018】 【0019】 【0020】 【0021】 【課題を解決するための手段】 上述の課題を解決するた [0017] [0018] [0019] [0020] [0021] In order to solve the problem] was to solve the problems described above
めに 、本発明の画像編集方法は、複数のデータを階層的に管理する階層データ管理システムにおける画像編集方法であって、データの属性として、表示されるアイコンの大きさを指定するアイコン表示サイズとアイコンの表示位置を指定するデータアイコン表示位置とを含んで登録し、該アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを階層順に設定することによって、データの識別情報を示すデータアイコン群を、階層順に異なる大きさで同じ階層に属するデータアイコンは他の階層のデータアイコンと識別可能に表示することを特徴とする。 In order, an image editing method of the present invention is an image editing method in the hierarchical data management system for hierarchically managing a plurality of data, as the attribute data, icon display size specified the size of the icon displayed a register and a data icon display position for designating a display position of the icon by setting the said icon display size and data icon display position in a hierarchical order, the data group of icons indicating the identification information of the data, the hierarchical order data icons belonging to the same hierarchy different sizes is characterized in that identifiably displayed with the data icon of another hierarchy. 【0022】ここで、同じ階層に属するデータアイコンは他の階層のデータアイコンと識別可能に表示され、前記アクセスの頻度が相対的に高いデータが属する階層も相対的に大きく表示する。 [0022] Here, the data icon belonging to the same hierarchy are identifiably displayed with the data icon of another hierarchy, the frequency of the access hierarchy relatively high data belongs also displayed relatively large. また、前記相対的に大きく表示されたデータアイコンは、一定期間を越えてアクセスされない場合に、アクセスされない期間、または他のデータがアクセスされた回数に応じて、縮小される。 Also, the relatively large displayed data icon, if not accessed over a period of time, depending on the number of times accessed without period or other data is accessed is reduced. また、更に、所望の階層あるいはデータアイコンを指定して、該階層あるいはデータアイコンをズームアップ,パニング及びズームアウトする。 Also, further, by specifying the desired hierarchy or data icon, zoom up the hierarchy or data icon, panning and zooming out. また、注視階層よりも上位階層のデータアイコンをぼかし処理を加えて表示する。 In addition blurring processing data icon upper layer display than gaze hierarchy. また、前記ぼかし処理は、表示画素数よりも少ない画素数の元データの拡大により行う。 In addition, the blurring process is performed by expanding the original data of a smaller number of pixels than the number of display pixels. また、上位階層に位置するデータアイコンほどぼかし処理が強く加えて表示する。 Also, blurring as data icon to the upper layer are displayed in addition strongly. また、前記データの属性として、更に、データの作成された日時情報とデータがアクセスされた日時情報とデータ中に明記された日時情報との中から選択される日時情報を含み、該アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを日時順に設定することによって、データの識別情報を示すデータアイコン群を、日時順に異なる大きさで同じ日時に属するデータアイコンは他の日時のデータアイコンと識別可能に表示する。 Further, as the attribute of the data further includes date and time information time information and data generated in the data is selected from among the date and time information that is specified in the access date and time information and data, the icon display size and by setting the data icon display position in chronological order, the data group of icons indicating the identification information of the data, the data icon belonging to the same time a size different chronological of is identifiably displayed with the data icon other times . また、前記アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを変更することによって、同じ日時に属するデータアイコンのズームアップ及びズームアウトを行う。 Further, by changing the data icon display position the icon display size, zooming up and zooming out of the data icons belonging to the same date. また、前記階層表示と日時順に従う表示とを選択できる。 Moreover, it can be selected and displayed according to the hierarchical display and date order. また、更に、全階層の中で現時点で画面に表示をしている位置を、別ウィンドウの中に、上下左右平面と奥行き方向とに分けて表示し、前記別ウィンドウ内で所望の位置を指定することによって、所望の階層を所望の拡大率で表示する。 Also, further, the position that the screen at the moment in the entire hierarchy, in another window, and displayed separately on the vertical and horizontal plane and depth direction, specifies the desired position within the new window by displays desired hierarchy at a desired magnification. 【0023】 【0024】 【0025】 【0026】又、本発明の画像編集装置は、複数のデータを階層的に管理する階層データ管理システムにおける画像編集装置であって、データの属性として、表示されるアイコンの大きさを指定するアイコン表示サイズとアイコンの表示位置を指定するデータアイコン表示位置とを含んで登録する属性登録手段と、該アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを階層順に設定することによって、データの識別情報を示すデータアイコン群を、階層順に異なる大きさで同じ階層に属するデータアイコンは他の階層のデータアイコンと識別可能に表示する第1の表示手段とを備えることを特徴とする。 [0023] [0024] [0025] [0026] The image editing apparatus of the present invention is an image editing apparatus in a hierarchical data management system for hierarchically managing a plurality of data, as the attribute data are displayed an attribute registering unit that registers and a data icon display position for designating a display position of the icon display size and the icon that specifies the size of the icon that, by setting the hierarchical order of the data icon display position the icon display size Accordingly, the data group of icons indicating the identification information of the data, the data icon belonging to the same hierarchy hierarchical order different magnitude and further comprising a first display means for identifiably displayed with the data icon other layers to. 【0027】ここで、前記アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを変更することによって、階層あるいはデータアイコンのズームアップ,パニング及びズームアウトを行う第1の表示変更手段を更に備える。 [0027] Here, by changing the data icon display position the icon display size, further comprising a first display change means for performing a zoom-up, panning and zooming out of the hierarchy or data icon. また、前記データの属性として、更にデータをアクセスした回数を記憶するアクセス回数を更に登録し、前記アクセスの回数が相対的に多いデータアイコンを相対的に大きく表示する第2の表示変更手段を更に備える。 Further, as the attribute of the data, further further registers the access number for storing the number of times the access to a data, further a second display change means the number of times of the access to relatively large displays relatively large data icon provided. 【0028】又、本発明の画像編集装置は、複数のデータを階層的に管理する階層データ管理システムにおける画像編集装置において、階層順に異なる大きさでデータの識別情報を示すデータアイコン群を表示する表示手段と、所望のデータアイコンを指定して、該データをアクセスするアクセス手段と、前記アクセスの頻度が相対的に高いデータアイコンを相対的に大きく表示する第2の表示変更手段とを備えることを特徴とする。 [0028] The image editing apparatus of the present invention is an image editing apparatus in a hierarchical data management system for hierarchically managing a plurality of data, and displays the data group of icons indicating the identification information of the data in a size different hierarchical order of further comprising a display means, and specifying a desired data icon, and access means for accessing the data, and a second display change means the frequency of the access is relatively large displays a relatively high data icon the features. 【0029】ここで、前記表示手段は、同じ階層に属するデータアイコンは他の階層のデータアイコンと識別可能に表示し、前記第2の表示変更手段は、前記アクセスの頻度が相対的に高いデータが属する階層も相対的に大きく表示する。 [0029] Here, the display means, data icons belonging to the same hierarchy is identifiably displayed with the data icon other layers, said second display change means is frequently the access is relatively Data hierarchical also displayed relatively large belongs. また、前記第2の表示変更手段は、前記相対的に大きく表示されたデータアイコンを、一定期間を越えてアクセスされない場合に、アクセスされない期間、または他のデータがアクセスされた回数に応じて、 Further, the second display change means, the relatively large data displayed icon, if not accessed over a period of time, depending on the number of times accessed without period or other data, has been accessed,
縮小する。 to shrink. また、所望の階層あるいはデータアイコンを指定して、該階層あるいはデータアイコンをズームアップ,パニング及びズームアウトする第1の表示変更手段を更に備える。 Moreover, further comprising specifying a desired hierarchical or data icon, zoom up the hierarchy or data icon, the first display change means for panning and zooming out. また、前記第1の表示変更手段は、注視階層よりも上位階層のデータアイコンをぼかし処理を加えて表示するぼかし手段を備える。 Further, the first display change means comprises a blurring unit for display in addition to blurring processing data icon upper layer than gaze hierarchy. また、前記ぼかし手段は、表示画素数よりも少ない画素数の元データの拡大によりぼかし処理を行う。 In addition, the blurring means performs blurring processing by the enlargement of the original data of a smaller number of pixels than the number of display pixels. また、前記ぼかし手段は、上位階層に位置するデータアイコンほどぼかし処理が強く加えて表示する。 In addition, the blurring means, blurring as data icon to the upper layer are displayed in addition strongly. また、前記属性登録手段は、前記データの属性として、更に、データの作成された日時情報とデータがアクセスされた日時情報とデータ中に明記された日時情報との中から選択される日時情報を更に登録し、該アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを日時順に設定することによって、データの識別情報を示すデータアイコン群を、日時順に異なる大きさで同じ日時に属するデータアイコンは他の日時のデータアイコンと識別可能に表示する第2の表示手段を更に備える。 Further, the attribute registering unit, as an attribute of the data, further, the date and time information time information and data generated in the data is selected from among the date and time information that is specified in the access date and time information and data Furthermore register, by setting the said icon display size and data icon display position in chronological order, the data group of icons indicating the identification information of the data, the data icon belonging to the same time a size different chronological of the other time further comprising a second display means for identifiably displayed with the data icon.
また、前記アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを変更することによって、同じ日時に属するデータアイコンのズームアップ及びズームアウトを行う第3の表示変更手段を更に備える。 Further, by changing the data icon display position the icon display size, further comprising a third display change means for performing zoom-up and zoom-out of the data icons belonging to the same date. また、前記第1の表示手段と第2の表示手段とを切り換える切換手段を更に備える。 Moreover, further comprising a switching means for switching between the first display means and second display means. また、前記第1及び第2の表示手段は、全階層の中で現時点で画面に表示をしている位置を、別ウィンドウの中に、上下左右平面と奥行き方向とに分けて表示し、 The first and second display means, a position that the display on the screen at the moment in the entire hierarchy, in another window, and displayed separately on the vertical and horizontal plane and depth direction,
前記別ウィンドウ内で所望の位置を指定することによって、所望の階層を所望の拡大率で表示する表示指示手段を備える。 By specifying the desired position within the new window, and a display instruction unit for displaying desired hierarchy at a desired magnification. 【0030】 【実施例】以下、本発明の実施例を添付図面を用い詳細に説明する。 EXAMPLES The following will be described in detail referring to the accompanying drawings embodiments of the present invention. [実施例1]本実施例よるアルバムソフトの表示画面の例を図1に示す。 An example of a display screen of Example 1 album software with this embodiment is shown in FIG. 図1に示すように、紙のアルバムのようなオブジェクトの各ページに画像が貼り付けられ、画像とともにメモも加えられている。 1, the image is pasted on each page of objects such as paper album are memo added together with the image. このアルバムソフトでは、ページを一枚一枚めくってブラウジングすることが、検索としての基本操作となる。 In this album software, you are browsing flipping through one by one the page, the basic operation of a search. また、図示はしないが、画像にフリーキーワードを付加することができ、このフリーキーワードによる検索で、該当する画像の含まれるページを自動的にめくることもできる。 Further, although not shown, can be added to the free keyword to the image, in searches by the free keyword, it is also possible to flip the pages contained the corresponding image automatically. この中で、 In this,
1120が本実施例における画像の切り抜き状態を示す図である。 1120 is a diagram illustrating a cutout state of an image in the present embodiment. この例では四角い枠がフレームであり、その中の画像のみが表示されている。 The Examples are rectangular frame is a frame, only the image therein is being displayed. このフレームは、図5 This frame, as shown in FIG. 5
に示すパレットウィンドウ中に登録されており、この中から任意のフレームを選ぶことにより、画像の切り抜きを行うことができる。 It is registered in the palette window shown in, by choosing an arbitrary frame from this it is possible to perform image cropping. 【0031】<画像管理システムの構成例>図15は本実施例が実現されるプラットフォームであるパーソナルコンピュータシステムの構成の例を示している。 FIG. 15 <Configuration Example of Image Management System> shows an example of the configuration of a personal computer system is a platform to which the present embodiment is realized. 図15 Figure 15
において、301はコンピュータシステム本体、302 In, 301 computer system unit, 302
はデータ表示をするディスプレイ、303は代表的なポインティングデバイスであるマウス、304はマウスボタン、305はキーボードである。 A display for displaying data, a mouse 303 is a typical pointing device, 304 mouse button, 305 a keyboard. 【0032】図16はソフトウェアとハードウェアを含む階層データ管理システムの構成を示す図である。 [0032] FIG. 16 is a diagram showing a configuration of a hierarchical data management system including software and hardware. 図1 Figure 1
6において、509はハードウェアであり、505はハードウェア509の上で動作するオペレーティングシステム(OS)であり、504はOS505の上で動作するアプリケーションソフトウェアである。 In 6, 509 is a hardware, 505 denotes an operating system (OS) operating on the hardware 509, 504 is an application software operating on the OS 505. なおハードウェア509とOS505とを構成するブロックのうち、 Note among blocks constituting the hardware 509 and OS 505,
構成要件として当然含まれるが本実施例を説明する上で直接必要としないブロックに関しては図示していない。 But it is of course included as a requirement not shown with respect to block that does not require direct in describing the present embodiment.
そのような図示していないブロックの例としてハードウェアとしてはCPUやメモリ、OSとしてはメモリ管理システム等がある。 Such illustrated non CPU and memory as hardware as an example of a block, the OS has a memory management system and the like. 【0033】図16において、515はファイルやデータを物理的に格納するハードディスク、508はOSを構成するファイルシステムであり、アプリケーションソフトウェアがハードウェアを意識せずにファイルの入出力が行えるようにする機能がある。 [0033] In FIG. 16, 515 a hard disk for storing files and data physically, 508 is a file system constituting the OS, applications software to allow the input and output file without being aware of the hardware function there is. 514は、ファイルシステム508がハードディスク515の読み書きを行うためのディスクIOインタフェースである。 514, file system 508 is a disk IO interface for reading from and writing to a hard disk 515. 507はOSを構成する描画管理システムであり、アプリケーションソフトウェアがハードウェアを意識せずに描画が行えるようにする機能がある。 507 is a drawing management system constituting the OS, there is a function of the application software, so that it can be drawing in without being aware of the hardware. 【0034】513は、描画管理システム507がディスプレイ302に描画を行うためのビデオインタフェースである。 [0034] 513, the drawing management system 507 is a video interface for drawing on the display 302. 506はOSを構成する入力デバイス管理システムであり、アプリケーションソフトウェアがハードウェアを意識せずにユーザの入力を受け取ることができるようにする機能がある。 506 is an input device management system constituting the OS, there is a function of the application software to be able to receive user input without being aware of the hardware. 510は、入力デバイス管理システム506がキーボード305の入力を受け取るためのキーボードインタフェース、512は、入力デバイス管理システム506がマウス303からの入力を受け取ることができるようにするためのマウスインタフェースである。 510, a keyboard interface for the input device management system 506 receives an input of the keyboard 305, 512, an input device management system 506 is a mouse interface for enabling to receive input from a mouse 303. 502は、フレームデータをパレットに登録・管理するためのフレーム管理手段である。 502 is a frame management means for registering and managing the frame data to the pallet. 503は、 503,
先のフレームデータを画像に重ね合わせて切り抜き画像を表示する表示部である。 By superimposing the previous frame data in the image is a display unit for displaying the cut-out image. 【0035】<データ構造例> (フレームデータ)図8の34にフレームデータを示す。 [0035] 34 of the <Data Structure Example> (frame data) Figure 8 shows the frame data. フレームデータは、ビットマップデータではなく、 Frame data, not the bit map data,
直線や曲線を記述する関数の集合である。 Is a set of functions that describe the lines and curves. これらは、O These are, O
Sによって標準のものが設定されており、例えばマイクロソフト社のWindows ではメタファイルと呼ばれる。 S and that of the standard is set by the called a metafile in example Microsoft of Windows. 本実施例におけるアルバムソフトの描画機能は、このメタファイルを作成することができ、ドローイングソフトも、同じOS上で稼動するものであればメタファイルを作成することができる。 Drawing function of the album software of this embodiment, it is possible to create this metafile, drawing software can also create a metafile as long as it runs on the same OS. このメタファイルは、描画関数で表されているので、ビットマップデータのようにリサイズをすると品質がさがるようなことがなく、自由にリサイズが可能である。 The metafile, so is represented by the drawing function, without quality drops that when the resized to the bitmap data, it is possible to freely resize. 【0036】35にフレーム属性データを示す。 [0036] 35 shows the frame attribute data to. これは各フレーム34に対して1対1に対応している。 This is a one-to-one correspondence for each frame 34. フレーム属性データ35のフレーム番号36は、パレットに登録された時点で付けられる番号であり、本実施例におけるアルバムソフトの中で、フレームデータ34を一意に指し示している。 Frame number 36 of the frame attribute data 35 is a number assigned at the time registered in the palette on the album software of this embodiment, it is uniquely points to the frame data 34. フレーム属性データ35の透過領域3 Transmissive area 3 of the frame attribute data 35
7の外側が隠す領域、言い換えると重ね合わせた画像が隠れる領域となる。 7 area outside hide of a region hidden images superimposed in other words. これは、フレームデータをパレットに登録する際に使用者が設定する。 This user sets when registering the frame data to the pallet. 【0037】フレーム属性データ35の透過領域35の設定手順のフローチャートを図9に示す。 [0037] The flow chart of procedure for setting the transmission region 35 of the frame attribute data 35 shown in FIG. ステップS5 Step S5
0は、プログラムに対するイベント要求を待っているループである。 0 is a loop that is waiting for an event request for the program. イベントが発生するとステップS51へ進む。 When an event occurs the process proceeds to step S51. ステップS51ではフレームをパレットへ登録するか否かが判定され、フレームをパレットへ登録する場合はステップS60に進む。 Whether the step S51 the frame in register to the pallet is determined, to register the frame to the pallet advances to step S60. 違う場合は、ステップS59 If different, step S59
で他のイベントに対する処理を行い、ステップS50へ戻る。 In carried out the process for the other events, the flow returns to step S50. なお、フレームをパレットへ登録するイベントは、使用者がフレームデータ上でマウスボタンを押して、そのままパレットウィンドウに移動させて、パレットウィンドウ内の任意の位置でマウスボタンを離した時に発生する。 Incidentally, event to register the frame to the pallet, the user presses the mouse button on the frame data, is moved to directly palette window, occurs when you release the mouse button anywhere in the palette window. 以降、これをドラッグ&ドロップ(Drag & Later, this drag-and-drop (Drag &
Drop )と呼ぶ。 Drop) the call. 【0038】ステップS60では、フレームに対応した図8のフレーム属性データ35を取得する。 [0038] At step S60, it acquires the frame attribute data 35 in FIG. 8 corresponding to the frame. このフレーム属性データ35は、本アルバムソフトの中で作成した時点、あるいは他のドローイングソフトで作成したグラフィックスを、フレームとして本アルバムソフトに取り込んだ時点で、内容が空のものがフレームデータに対応して作成される。 The frame attribute data 35, time was created in this album software or graphics created in other drawing software, at the time taken in this album software as a frame, content corresponding to the air of what is frame data It is created. ステップS52で、フレーム属性データ35中の透過領域37が未設定かどうかチェックする。 In step S52, the transmission region 37 in the frame attribute data 35 is checked whether or not settings. 未設定の場合はステップS55へ進む。 If not set the process proceeds to step S55. 設定済みの場合はステップS53へ進み、使用者に対して問い合わせボックス(ダイアログボックス)を表示して、透過領域37の指定を変更するかどうかを尋ね、ステップS5 Configured the case of proceeds to step S53, to display the query box (dialog box) to the user, asking if you want to change the designation of the transmission region 37, step S5
4でその応答を待つ。 4 waits for the response. 変更する場合はステップS55へ進む。 If you want to change the process goes to step S55. 変更しない場合は透過領域設定処理をスキップして、ステップS58の後述するパレットへの登録処理へ進む。 If you do not change skips transmission area setting processing, it advances to the registration process to be described later Palette step S58. ステップS55では、図10に示すダイアログボックスを表示して、使用者に透過領域内の点を指定してもらう。 In step S55, displays the dialog box shown in Figure 10, asked to specify the point of the transmission region to the user. 図10で、68は、現在登録を行っているフレームを表示するフレーム表示エリアである。 In Figure 10, 68 is a frame display area for displaying a frame being currently registered. その中央部分にカーソル65が表示される。 The cursor 65 is displayed in a central portion thereof. 使用者は、マウスか矢印キーでカーソル65を任意の位置に移動させることができる。 The user can move the cursor 65 to an arbitrary position in the mouse or arrow keys. そして、OKボタン66を押すことで、この設定が有効なものとして終了する。 Then, by pressing the OK button 66, the setting is completed as valid. Cancelボタン67を押した場合は、設定は無効となる。 If you press the Cancel button 67, the setting becomes invalid. 【0039】図9の説明に戻って、ステップS61で、 [0039] Returning to the description of FIG. 9, in step S61,
OKボタンを押されたか、Cancelボタンが押されたかをチェックする。 It was pressed the OK button, to check whether the Cancel button is pressed. Cancelボタンの場合は無効であるので処理は終了し、ステップS50へ戻る。 Processing because it is invalid in the case of the Cancel button is terminated, the process returns to the step S50. OKボタンの場合は、ステップS56へ進む。 In the case of the OK button, the process proceeds to step S56. ステップS56では、フレームデータと使用者が指定した位置から、その位置を含む最小の図形を抽出する。 In step S56, from a position the frame data and the user has specified, and extracts the smallest feature which includes its location. 図10のカーソル位置では、 In the cursor position in FIG. 10,
透過領域がこのカーソルを含む最も内側の楕円形69ということになる。 Transmissive area is that the innermost ellipse 69 containing the cursor. 次にステップS57で、この最小図形を透過領域37にセットする。 Next, in step S57, the set this minimum figure in the transmissive region 37. 以上で、透過領域37の設定は終了する。 Thus, the setting of the transmission region 37 is completed. 尚、ステップS58は、以下に示すパレットへのフレームの登録処理を示す。 Incidentally, the step S58 indicates the registration process of a frame to the pallet below. 【0040】(パレット属性データ)次に、図8に示すパレット属性データ39へのフレームの登録処理について説明する。 [0040] (pallet attribute data) will be described registration processing of the frame to the pallet attribute data 39 shown in FIG. 図11は、その処理手順を示すフローチャートである。 Figure 11 is a flowchart showing the processing procedure. ステップS71からステップS78までが図9におけるステップS58に対応する。 From step S71 to step S78 corresponds to step S58 in FIG. 9. 尚、ステップS70は、上記に示した透過領域の設定処理を示す。 Incidentally, the step S70 indicates a process of setting the transmission region shown above. 【0041】ステップS70で前述した透過領域37の設定が終了したら、次のステップS71で、図8に示すフレーム属性データ35中のフレーム番号36の内容を取り出す。 [0041] When the setting of the transmission area 37 as described above in step S70 is completed, at the next step S71, it fetches the contents of the frame number 36 in the frame attribute data 35 shown in FIG. ステップS72で、このフレーム番号がまだ設定されていないかどうかをチェックする。 In step S72, it is checked whether the frame number has not yet been set. 設定されていない場合は、新規登録であるのでステップS74に進む。 If it is not set, the process proceeds to step S74 because it is new registration. 設定されている場合は、既に登録されているので、 If it is set, because it is already registered,
使用者にステップS73で既に登録されている旨を表示して処理は終了する。 Display and processing that which has already been registered in step S73 the user is terminated. 【0042】ステップS74では、新規登録であるのでまずパレット属性データ39のフレームリスト40を新規作成する。 [0042] In the step S74, the frame list 40 of the first pallet attribute data 39 because it is new registration to create a new. 新規作成の後に、ステップS75で固有の番号をフレーム番号41にセットする。 After New, sets a unique number to the frame number 41 in step S75. 固有の番号とは、他の既に存在しているフレームリストで使用されているフレーム番号とは重ならない番号である。 The unique number, the frame number used in the frame list are other already present, a number that does not overlap. ステップS76で、フレーム番号41と同じ番号をフレーム属性データ35のフレーム番号36にセットする。 In step S76, it sets the same number as the frame number 41 to the frame number 36 frames attribute data 35. ステップS77で、フレームをドラッグ&ドロップされた位置と表示の大きさとを取得し、ステップS78でその位置及びサイズをそれぞれフレーム位置42及びフレームサイズ43にセットする。 In step S77, the acquired and size of the display and a position that is dragged and dropped frames, sets its position and size on the frame position 42 and the frame size 43 at steps S78. 以上で、パレットへの登録処理が終了する。 Thus, the process of registration in the palette is completed. 【0043】(画像データ)図13に、図8の画像属性データ30としてのフレームデータの登録フローチャートを示す。 [0043] (image data) FIG. 13 shows a registration flow of the frame data as the image attribute data 30 in FIG. 8. ステップS80でイベント待ちをし、ステップS81でイベント内容を判別し、フレームがドラッグ&ドロップされたイベントであった場合は、ステップS And waits for an event at step S80, to determine the content of the event, in step S81, if the frame was dragged and dropped event, step S
82に進む。 Proceed to 82. ステップS82では、パレットウィンドウからのフレームがドロップされた位置が、画像の上かどうかをチェックし、違う場合は処理を終了する。 At step S82, the frame is dropped position from the pallet window, check whether on the image, if different to end the process. 【0044】画像の上の場合は、ステップS83でその画像データを取得し、ステップS84でフレームデータを取得する。 [0044] If on the image, acquires the image data in step S83, the obtaining the frame data in step S84. 次にステップS85で、図8に示す画像データに対応した画像属性データ30を新規作成する。 Next, in step S85, the newly created image attribute data 30 corresponding to the image data shown in FIG. そして、ステップS86で、画像属性データ30中のフレーム番号31に、フレーム属性データ35中のフレーム番号36をコピーする。 Then, in step S86, the frame number 31 in the image attribute data 30, copies the frame number 36 in the frame attribute data 35. このように、フレーム番号により画像データとフレームデータとの対応がとれることになる。 Thus, so that the correspondence between the image data and the frame data can be taken by a frame number. 【0045】次にステップS87で、現在のフレームの位置情報とサイズ情報とを各々フレーム位置32及びフレームサイズ33に格納する。 [0045] Then, in step S87, it stores the position information and size information of the current frame each frame position 32 and the frame size 33. ステップS88ではリサイズイベントか否かを判定し、フレームのリサイズイベントだった場合には、ステップS89に進み、その画像データから画像属性データ30を取得し、次にステップS87に進んで現在の位置とサイズとを格納する。 Step S88 judges whether resize event in the case was resized event frame, the process proceeds to step S89, and the acquired image attribute data 30 from the image data, then proceeds in the current position in step S87 to store and size. そうでない場合は、ステップS90で他のイベント処理を行い、終了する。 If not, do other event processing in step S90, to the end. 【0046】<本実施例の処理手順例> (画像の切り抜き)次に画像に対して、任意のフレームをパレットから選択して、これを画像に重ね合わせることによって、画像の切り抜きを実現する手法について説明していく。 [0046] for the <procedure of the present embodiment> (image cutout) then image, select any frame from the pallet, by superimposing it on the image, a technique for realizing the cutout image It will be described. まず、図12の画面例に対しての操作手順例について述べていく。 First, we describe the operation procedure example to the screen example of FIG. 12. 【0047】図12の(a)に示すように、使用者は、 [0047] As shown in (a) of FIG. 12, the user,
パレットウィンドウから任意のフレームを選択し、これをアルバムページ上に任意の画像へドラッグ&ドロップすることによって、選択されたフレームがパレットウィンドウ上でのフレームサイズで画像上に置かれる。 Select any frame from the pallet window, by which the dragged and dropped into any image on the album page, the selected frame is placed on the image frame size on the palette window. すると、図12の(b)図で示すように、透過領域内の画像は見えるが、透過領域外の部分は隠れて見えなくなる。 Then, as shown by (b) drawing of FIG. 12, looks image transmission area, the part of the outside transmission region is no longer hidden. 【0048】使用者の操作としては、次に、このフレームをリサイズして好みの大きさにすることである。 [0048] As the user's operation, then, it is to the desired size by resizing the frame. まず、使用者は、フレーム上でマウスボタンを押し、これをドラッグ(マウスボタンを押したままマウスを移動させる)することで、フレームの透過領域の中心が画像の見せたい部分の中心に来るように移動させる。 First, the user presses the mouse button on the frame, which by dragging (moving the mouse while holding down the mouse button), so that the center of the transmissive area of ​​the frame is in the middle of the show like parts of the image to move to. 図12の(b)に示すように、一般のドローイングソフトと同じように、フレームの端には選択時に黒い四角が表示されている。 As shown in FIG. 12 (b), just as a general drawing software, a black square at selected is displayed at the end of the frame. 次に、この黒い四角をマウスでドラッグすることによってリサイズを行う。 Then, resizing by dragging the black square with the mouse. このときのリサイズは、フレームの透過領域の中心が固定の状態で、縦横比は固定のまま(縦横等倍)で全体が大きくあるいは小さくなる。 Resizing at this time, in a state the center of fixed transmission region of the frame, the whole is greater or smaller in aspect ratio remains fixed (aspect magnification). 尚、ドローイングソフト等のリサイズでは、使用者がドラッグしている黒い四角が可変で、これの対極に位置している四角が固定の状態でリサイズされるのがデフォルトのモードとなっている。 In the resizing of such drawing software, the square black squares user is dragging the are located in the variable a, which counter electrode is resized in a state of fixing has become the default mode. 例えば、四角の右下の角をマウスでドラッグすると、左上の角が固定(移動しない)状態でリサイズが行われる。 For example, dragging a corner of the lower square right mouse upper left corner fixed (not moving) resize state is performed. 本実施例においてこの方法をとらないのは、透過領域という領域内に画像を納める操作にとって、中心固定のリサイズの方が操作として向いているからである。 Not attempt this in the present embodiment, for the operation to pay image in the area of ​​the transmissive region, since towards the resizing of the central fixed is directed as an operation. こうして操作を行い、完了した結果が図1の1120に示した状態である。 Thus do, is a state in which a result of the completion shown in 1120 of FIG. 【0049】登録・管理された画像データとフレームデータとに対して、画像の切り抜き状態を表示するためのフローチャートが図14である。 [0049] For the registration-managed image data and frame data, the flow chart for displaying a cutout state of an image is a diagram 14. ステップS100でイベントを待ち、表示の更新イベントが発生した場合、ステップS101からステップS102へ進み、表示すべき全ての画像、すなわち画像の表示終りまでに対して、 Wait for Event at step S100, when the display update event occurs, the process proceeds from step S101 to step S102, all the images to be displayed, i.e. with respect to the display end of the image,
以下の処理を行う。 The following processing is performed. 【0050】まず、ステップS103で、表示する画像に対応した画像属性データがあるかどうかをチェックする。 [0050] First, in step S103, to check whether there is an image attribute data corresponding to the image to be displayed. 画像属性データがあるのはフレームが上に重ねられている場合ということになり、ステップS104へ進む。 There is the image attribute data will be referred to when the frame is superimposed on, the process proceeds to step S104. ステップS104では、画像属性データの中のフレーム番号31から、同じフレーム番号36を持つフレーム属性データ35を取得する。 In step S104, the frame number 31 in the image attribute data, acquires the frame attribute data 35 having the same frame number 36. 次に、ステップS105 Next, Step S105
で透過領域37を取得し、ステップS106でフレームサイズ33と透過領域37とから画像を見せる(表示する)領域を抽出する。 In the transmission region 37 acquired (displays) show images from the transmissive region 37. Frame Size 33 in step S106 to extract the region. そしてステップS107で、画像データのうち先の見せる領域を描画する。 In step S107, the drawing area to show ones destination of the image data. 次にステップS110で、フレーム位置32にフレームサイズ33 In step S110, frame size 33 to a frame position 32
で、フレームデータを描画する。 In, to draw the frame data. 以上の処理手順により、画像の切り抜き状態の表示が完了する。 By the above procedure, the display of the cut-out state of an image is completed. 【0051】ステップS103で画像属性データがない場合は、通常の画像の表示を行えばよいので、ステップS108で画像データ全てを表示して処理が完了する。 [0051] If there is no image attribute data in step S103, since it is sufficient to display the normal image processing to display all image data in step S108 is completed.
ステップS101で表示の更新でない場合は、ステップS109へ進み、他のイベント処理を行い終了する。 If not update the display in step S101, the process proceeds to step S109, is performed to end the other event processing. (全体の操作手順)図6に、本実施例の全体の操作手順を示す。 (The entire operating procedure) FIG. 6 shows the entire operation procedure of this embodiment. 【0052】ステップS10で、パレットにすでに登録済みのフレームを使用するか否かを検査し、登録済みのフレームを使用する場合は、ステップS11に進んでフレームと処理を施したい画像とを選択する。 [0052] In step S10, already examined whether or not to use the registered frame to the pallet, when using a registered frame, selects an image to be subjected to a treatment with frame proceeds to step S11 . 次に、ステップS12で、フレームの位置及びサイズを指定して、 Next, in step S12, to specify the position and size of the frame,
これだけで手順は終了である。 This alone procedure is finished. このように、フレームを登録しておくパレットを用意したことで、簡単に処理を行うことが可能になる。 Hence, by providing a pallet for registering a frame, it is possible to perform easily handled. 【0053】フレームを新規作成する場合は、ステップS13へ進む。 [0053] the frame If you want to create a new, proceed to step S13. 本実施例におけるアルバムソフトは、簡単なドローイング機能を有しているので、簡単な形状のフレームを作成する場合は、ステップS14でアルバムソフトの機能を使って作成し、もっと複雑な形を作成したいときは、ステップS17でドローイングソフトにより作成する。 Album software of this embodiment, since it has a simple drawing function, to create a simple shape of the frame is created using the functions of this album software at step S14, want to create a more complex shape when it is created by drawing software in step S17. 次にステップS15で、作成したフレームの透ける部分(内側)と隠す部分(外側)の指定を行う。 In step S15, to designate the portion (outside) to hide the portion (inside) to sheer the created frame. これは、フレームの形状によっては、外側と内側がはっきり区別できない場合もあり得るので、作成者が明示的に指定する。 This, depending on the shape of the frame, since the outer and inner can may not be clearly distinguished, creator explicitly specified. ステップS16でパレットに登録した後は、前述したステップS11,ステップS12と進む。 After registering the pallet in step S16, the process proceeds to step S11, step S12 described above. 【0054】(切り抜き画像の従来例との比較)図7 [0054] (Comparison with conventional cutout image) 7
に、従来例の切り抜き画像の構造と本実施例による切り抜き画像の構造との違いを示す。 To show differences in the structure of the cut-out image according to the structure and the embodiment of conventional clippings image. 従来例では、フォトレタッチソフトでフレームと画像とを新たな一枚の画像として編集してしまうため、図7の(a)の421のような一体の画像なる。 In the conventional example, since thereby edit the frame image in the photo retouch software as a new single image, the image of the piece, such as 421 in FIG. 7 (a). これに対して、本実施例では、図7 In contrast, in this embodiment, FIG. 7
の(b)の422のように、元画像はそのままでフレームを上から重ねた構造になっている。 As in the 422 of (b), the original image has a structure of repeating frames from above as is. 従って、元画像がそのまま保存されるので、フレームの変更等を簡単に行うことができ、柔軟性が高い。 Therefore, since the original image is preserved, it can be carried out easily like change of the frame, a high flexibility. 【0055】[実施例2]図37は、本実施例のソフトウェアとハードウェアを含むデータ管理システムの構成を示す図である。 [0055] [Embodiment 2] FIG. 37 is a diagram showing a configuration of a data management system including software and hardware of this embodiment. 図37において、ハードウェア部50 In Figure 37, the hardware unit 50
9とOS505とは図16と同様なので、説明を省く。 Since the 9 and OS505 similar to FIG. 16, not described.
図37のアプリケーションソフトウェア部504は、以下のようになる。 Application software 504 of FIG. 37 is as follows. 図37で、1501は階層データブラウザであり、1502はデータを階層的に管理するための階層管理部である。 In Figure 37, 1501 is a hierarchical data browser 1502 is a hierarchical management unit for hierarchically managing the data. 1503は階層的に管理されたデータを階層構造が把握できるように表示する階層表示部である。 1503 is a hierarchical display unit for displaying hierarchically-managed data to allow hierarchical structure grasped. 【0056】<データ構造例> (階層属性データ)図38は、本実施例において図37 [0056] <Data Structure Example> (hierarchical attribute data) Fig. 38, Fig. 37 in this embodiment
の階層管理部1502が管理する階層属性データを説明するための図である。 Is a diagram for hierarchy management unit 1502 will be described layer attribute data managed. 図38において、601は階層属性データであり、602は階層を一意に識別するための階層識別子である。 In Figure 38, 601 is a hierarchical attribute data, 602 is a layer identifier for uniquely identifying the hierarchy. 603は階層の深度を示す階層深度識別子である。 603 is a hierarchical depth identifier indicating the hierarchical depth. 図18の例で言えば、ルートディレクトリが階層深度0、ディレクトリA,B,Cは階層深度1、ディレクトリDは階層深度2というように定義できる。 In the example of FIG. 18, root directory hierarchy depth 0, directories A, B, C hierarchy depth 1, the directory D may be defined as that hierarchical depth 2. 604は階層名であり、図18の例で言えばA, 604 is a hierarchical name, A in the example of FIG. 18,
B,C,D,Eが階層名の例である。 B, C, D, E are examples of a hierarchical name. 605は所属データ数であり、階層ファイルブラウザの場合は所属データ数はそのディレクトリに所属するファイル数になる。 605 is the number of belonging data, in the case of a hierarchical file browser number belonging data is in the number of files that belong to that directory. したがって、図18の例で言えば、ディレクトリ−Aの所属データ数は1、ディレクトリ−Bの所属データ数は2 Thus, in the example of FIG. 18, the number belonging data directory -A 1, number belonging data directory -B 2
となる。 To become. 【0057】606はその階層の直下に所属する階層数を示し、図18の例で言えば、ルートディレクトリの所属子階層数は3である。 [0057] 606 indicates the number of layers belonging to immediately below the hierarchy, in the example of FIG. 18, belonging child hierarchy number of the root directory is 3. 607は階層表示領域であり、 607 is a hierarchical display area,
後に説明するようにすべての子階層に含まれるデータ数も含めた所属データ数の割合に応じて、割り当てられた領域が階層管理部502によって階層表示領域607にセットされる。 The number of data contained in all child hierarchy as described later also in proportion to the belonging number of data, including, space allocated is set in the hierarchy display area 607 by the hierarchy managing section 502. 620はデータアイコン表示領域であり、後に説明するように、その階層直下のデータ数と全ての子階層以下の総データ数との比によって決定される。 620 is a data icon display area, as will be described later, is determined by the ratio between the total number of data number and all child hierarchy following data immediately below the hierarchy. 608は所属データリストであり、その階層に直属するデータの属性データ609すなわちファイルブラウザであれば、そのディレクトリに直属するファイルの属性データがリストされている。 608 is a belonging data list, if the attribute data 609 that is file browser of data to report to the hierarchy, attribute data of the file you want to report directly to the directory are listed. 610は子階層リストであり、その階層には更に直属する子階層の階層属性データ601がリストされている。 610 is a child hierarchical list, which lists the layer attribute data 601 of the child hierarchy to further direct to its hierarchy. 【0058】(データ属性データ)図39は、図38のデータ属性データ609の構成を示した図である。 [0058] (data attribute data) Fig. 39 is a diagram showing the configuration of the data attribute data 609 in FIG. 38. 図3 Figure 3
9において、611はデータを一意に識別するためのデータ識別子である。 In 9, 611 is a data identifier for uniquely identifying the data. 612はデータ名であり、図18の例ではA−1,B−1等のファイル名がデータ名に相当する。 612 is a data name, in the example of FIG. 18 file names such as A-1, B-1 corresponds to the data name. 613はデータ容量であり、データがファイルシステム中において占める容量を示す。 613 is a data volume, indicating the volume data occupies in the file system. 614はデータ種別であり、画像データであれば画像のフォーマット等を示す。 614 is a data type shows the format of the image if the image data. 615はアイコン表示サイズであり、後に説明するように、その階層に含まれるデータ数に応じて図37 615 denotes an icon display size, as will be described later, FIG. 37 according to the number of data included in the hierarchy
の階層管理部502によって設定される。 It is set by the layer manager 502. 616はデータアイコン表示位置である。 616 is a data icon display position. 【0059】<階層データの表示動作例>図17は図3 [0059] <Display example of the operation of the hierarchical data> Fig. 17 Fig. 3
7の階層管理部502が管理するデータに基づき、階層表示部503が表示する階層データの表示例を示している。 Based on the data layer manager 502 of 7 managed shows a display example of a hierarchical data hierarchical display unit 503 displays. 表示するデータは、図18のファイルブラウザと同じ階層ファイルシステムのデータである。 Data to be displayed is data of the same hierarchical file system as the file browser in Figure 18. 図17において、1はルートディレクトリの階層表示領域であり、図38の階層表示領域607により決定される。 17, 1 is the hierarchy display area of ​​the root directory is determined by the hierarchy display area 607 in FIG. 38. 2は階層名表示領域であり、図38の階層名604によって決定される。 2 is a hierarchical name display area is determined by the hierarchical name 604 in FIG. 38. 3はファイルR−1のデータアイコンであり、 3 is a data icon of the file R-1,
その表示の大きさは図39のアイコン表示サイズ615 Icon display size 615 of the size of the display 39
によって決定される。 It is determined by. 4はルートディレクトリの子階層であるディレクトリAの表示領域、5はディレクトリA 4 the display area of ​​the directory A is a child hierarchy root directory 5 Directory A
の階層名表示領域、6はファイルA−1のデータアイコン、7はルートディレクトリの子階層であるディレクトリBの階層表示領域、8はディレクトリBの階層名表示領域、9はファイルB−1のデータアイコン、10はファイルB−2のデータアイコン、11はルートディレクトリの子階層であるディレクトリCの階層表示領域、1 Hierarchy name display area of ​​the file A-1 of the data icon 6, the hierarchy display area of ​​the directory B is a child hierarchy root directory 7, the hierarchy name display area of ​​the directory B 8, the file B-1 of the data 9 icon, the file B-2 of the data icon 10, 11 hierarchy display area of ​​the directory C is a child hierarchy root directory, 1
2はディレクトリCの階層名表示領域、13はファイルC−1のデータアイコン、14はディレクトリCの子階層であるディレクトリDの階層表示領域、15はディレクトリDの階層名表示領域、16はファイルD−1のデータアイコンである。 2 Hierarchical name display area of ​​the directory C, 13 file C-1 of the data icon, hierarchy display area of ​​the directory D is a child hierarchical directory C 14, 15 hierarchical name display area of ​​the directory D, 16 file D -1 is a data icon. 17はディレクトリCの子階層であるディレクトリEの階層表示領域、18はディレクトリEの階層名表示領域、19はファイルE−1のデータアイコン、20はファイルE−2のデータアイコン、2 17 hierarchy display area of ​​the directory E is a child hierarchy of directories C, 18 hierarchical name display area of ​​the directory E, 19 file E-1 of the data icon, 20 file E-2 data icon, 2
1は注目階層やデータを指定するためのナビゲーションカーソルである。 1 is a navigation cursor for specifying the attention hierarchy and data. 【0060】(階層表示領域,データアイコンの大きさ設定)図25は、階層表示部503が各階層の階層表示領域とデータアイコンの大きさを設定する際のフローチャートを示している。 [0060] (hierarchy display area, the data icon size setting) FIG. 25 shows a flowchart when the hierarchical display unit 503 sets the size of the hierarchy display area and data icons in each layer. 図25では、ステップS201において最大階層深度Nを設定する。 In Figure 25, it sets the maximum hierarchical depth N in step S201. 例えば図17の例ではN=2となる。 For example the N = 2 in the example of FIG. 17. 次にステップS203で表示領域を設定しようとする階層深度nを“0”に初期化し、ステップS4でnに“1”を加える。 Then initializes the hierarchical depth n "0" to be set a display area at step S203, "1" is added to the n in step S4. ステップS5では、nが最大階層数Nより大きくなっていれば終了し、そうでなければステップS206へ進む。 In step S5, n is terminated if greater than the maximum number of layers N, the process proceeds to step S206 otherwise. ステップS206ではnを表示領域設定対象階層深度として設定する。 In step S206 sets n as a display region setting target hierarchy depth. 【0061】次のステップS207では、階層深度nにデータアイコンを表示する領域と子階層を表示する領域が設定されていない階層があるかどうかをチェックし、 [0061] checks whether the next step S207, there is a hierarchy of area for displaying the area and child hierarchy to display data icons in a hierarchical depth n is not set,
なければステップS204に戻り、あればステップS2 Without it returns to step S204, if the step S2
08へ進み、その階層を表示領域設定対象階層として設定する。 Proceed to 08, to set up the hierarchy as a display area setting object hierarchy. ステップS209において、表示領域設定対象階層直下のデータ数と子階層以下の総データ数とに応じて、表示領域設定対象階層の階層表示領域をデータアイコン表示領域と子階層表示領域とに分割する。 In step S209, in accordance with the total data data number and child hierarchy following immediately below the display region setting target hierarchy, it divides the hierarchy display area of ​​the display region setting target hierarchy and data icon display area and child hierarchy display area. ルートディレクトリにおけるデータアイコン表示領域と子階層表示領域との分割結果の例を図26に示す。 An example of the division result between the data icon display area and child hierarchy display area in the root directory shown in FIG. 26. 図26において、23はデータアイコン表示領域、24は子階層表示領域である。 In Figure 26, the data icon display area 23, 24 is a child hierarchy display area. 【0062】図29にデータアイコン表示領域と子階層表示領域との分割の際のフローチャートを示す。 [0062] Figure 29 shows a flowchart when the division of the data icon display area and child hierarchy display area. 図29 Figure 29
のステップS20において、データアイコンの最低表示領域a minを設定する。 In step S20 of setting a minimum display area a min for data icons. すなわちデータアイコンとしてユーザが視覚的に認識できる最小のデータアイコンの大きさを予め決めておき、その階層直下の全てのデータを最小のデータアイコンによって全て表示するための最小の領域をa minとして設定しておく。 That user is determined in advance the size of the minimum data icon that can be visually recognized as a data icon, sets the minimum area for displaying all the all the data immediately below the hierarchy by minimum data icon as a min keep. 次にステップS2 Next step S2
1において、その階層直下のデータ数と全ての子階層下に含まれる層データ数との比によって、データアイコン表示領域a propを設定する。 In 1, the ratio of the number of layers data included under the data number and all child hierarchy immediately below the hierarchy, sets a data icon display area a prop. 次にステップS22においてa propとa minとを比較し、a propがa min以上であればa propを、さもなければa minを、図38のデータアイコン表示領域620に設定する。 Then comparing the a prop and a min in step S22, a prop is the a prop if more a min, otherwise the a min, is set in the data icon display area 620 in FIG. 38. 次にステップS2 Next step S2
5で、データアイコン表示サイズ615とデータアイコン表示位置616とを決定する。 5, to determine the data icon display size 615 and data icon display positions 616. 図38のデータアイコン表示領域620がa minのときは、データアイコン表示サイズは予め決められた最小のサイズとされ、データアイコン表示領域がa propの時は、図38のデータアイコン表示領域620に所属する全てのデータを表示できる最大のサイズとされる。 When the data icon display area 620 in FIG. 38 is a min, the data icon display size is the minimum size that is determined in advance, when the data icon display area is a prop is a data icon display area 620 in FIG. 38 It is the largest size that can display all of the data belonging. 【0063】図25の説明に戻る。 [0063] Returning to the description of FIG. 25. ステップS210において、表示領域設定対象階層の各子階層の表示領域を設定する。 In step S210, it sets the display area for each child hierarchy display area setting target hierarchy. その際、各子階層の総データ数(各子階層の子階層以下のデータも含むデータ数)に比例して、各子階層の表示領域を配分する。 At that time, in proportion to the total number of data for each child hierarchy (the number of data which also includes the following data child hierarchy for each child hierarchy), allocating display area for each child hierarchy. ただし、比例計算の結果、 However, of the proportional calculation result,
子階層の表示領域の大きさが予め決められた最小の大きさ以下になってしまった場合は、その子階層の表示領域の大きさは予め決められた最小の大きさとする。 If the size of the display area of ​​the child hierarchy has become less than the minimum size that is determined in advance, the size of the display area of ​​the child hierarchy to a minimum size that is determined in advance. 次にステップS207に戻り、表示領域設定対象階層深度中の全ての階層の表示領域が設定されるまでループする。 Then return to step S207, the loop until the display area of ​​all layers in the display area setting target hierarchy depth is set. 【0064】図27は階層深度0においてルート階層の子階層の表示領域とデータアイコンの表示の大きさと位置が決定された段階での状態を示す図である。 [0064] Figure 27 is a diagram showing a state of the display size and position have been determined out of the display area of ​​the child hierarchy of the root hierarchy and data icons in a hierarchical depth 0. 表示領域設定対象階層深度中の全ての階層の表示領域が設定されると、図25のステップS204にて階層深度が1深く設定され、ステップS205に進む。 When the display area of ​​all layers in the display area setting target hierarchy depth is set, the hierarchical depth is set 1 deeply at step S204 of FIG. 25, the process proceeds to step S205. 設定された階層深度が最大階層深度を越えた場合は階層表示領域の設定は終了し、越えていない場合はステップS206にすすみ、これまで説明した作業を全ての階層深度において繰り返すことによって、図38の全ての階層表示領域60 Configuring hierarchy display area if set hierarchy depth exceeds the maximum hierarchical depth is terminated, the process proceeds to step S206 if not exceeded, by repeating at all hierarchical depth work described so far, Figure 38 all of the hierarchy display area 60 of the
7,データアイコン表示領域620,図39のアイコン表示サイズ615,データアイコン表示位置616が決定される。 7, the data icon display area 620, an icon display size 615 in FIG. 39, the data icon display positions 616 are determined. 【0065】<表示のズームアップ/ズームアウト>本実施例において、階層化されたデータのうち所望の階層の細部に注目する場合は、たとえば図37のマウス30 [0065] In this embodiment <zoom-up / zoom-out display>, if you focus on details of the desired hierarchy of layered data, for example, a mouse 30 in FIG. 37
3の左ボタンを押している時間に応じて表示がズームアップされる。 Displayed according to the time you hold down the left button of the 3 is zoomed up. 階層構造のより階層深度の浅い階層に注目したい場合、またはより全体を見たい場合は、たとえばマウス303の右ボタンが押している時間に応じて表示がズームアウトされることで、より階層の浅い視点から広い範囲のデータを見ることができる。 If you want to focus on the more shallow hierarchy depth hierarchy of the hierarchical structure, or if you want to see the whole than is, for example, that the display according to the time right mouse button 303 is pressed is zoomed out, more shallow hierarchy point of view a wide range of data from the can see. 【0066】(ズームアップ)図20はディレクトリC [0066] (zoom up) Figure 20 directory C
のズームアップ表示の例である。 It is an example of a zoom-up display. 図20の(a)のように、ナビゲーションカーソル21を拡大したい中心部分に移動し、マウス303の左ボタンを押し続けることによって、図20の(b)のごとく、画面全体の表示がディレクトリCの階層が中心に表示がズームアップされる。 As in (a) of FIG. 20, it moves to the central portion to be expanded navigation cursor 21, by holding down the left mouse button 303, as in FIG. 20 (b), of the entire screen display is a directory C hierarchy is displayed at the center is zoomed up. この拡大率は、マウスの押されたというイベント1 This magnification, Event 1 of the mouse was pushed
回あたりのズームアップ率があらかじめ定められているので、マウスのボタンが押されたというイベントの回数によって、表示の大きさが決まる。 Since the zoom-up rate per round is predetermined by the number of events that the mouse button is pressed, it determines the size of the display. 言い換えると、マウスを押し続けている時間に応じて表示が拡大される。 In other words, the display is enlarged in accordance with the time that the hold down the mouse. これによって、ズームアップの比率に応じて各データアイコンも拡大表示されるので、各データアイコンのより詳細な情報を知ることができる。 Thus, since each data icon is also enlarged and displayed in accordance with the ratio of the zoom-up, it is possible to know more detailed information of each data icon. さらに、図20の(c) Further, it is shown in FIG. 20 (c)
に示すように、ナビゲーションカーソル21をディレクトリEの階層表示領域17中の部分を指示するようにして、マウス303の左ボタンを押し続けることによって、同様にディレクトリEの階層表示領域17が画面全体にズームアップ表示されることになる。 As shown in the, and the navigation cursor 21 so as to indicate the portion of the hierarchy display area 17 of the directory E, by holding down the left mouse button 303, similarly hierarchy display area 17 of the directory E is the entire screen It will be zoom-up display. 【0067】図21の(a)と(b)とは、ディレクトリEを中心としたズームアップ表示の例である。 [0067] in FIG. 21 (a) and (b) is an example of a zoom-up display around the directory E. 図21 Figure 21
で、さらにファイルE−2のデータアイコンを指示した状態すなわち、図21の(c)でマウスボタン304をダブルクリック(短い間隔で2回クリックする動作を一般的にダブルクリックと称する)することによって、階層表示部はファイルE−2の詳細な内容を表示する。 In, that further state instructs the data file icon E-2, by (generally referred to as double-click operation of clicking twice at a short interval) by double-clicking a mouse button 304 in FIG. 21 (c) , hierarchical display unit displays the detailed contents of the file E-2. 【0068】図22はファイルの詳細な内容22の表示例である。 [0068] FIG. 22 is a detailed display example of the contents 22 of the file. (パンニング)次に、現在の表示状態から、同じズームアップ率で他の部分を見る場合(以降、パンニングと呼ぶ)を、図40に示す。 The (panning) Next, from the current display state, to view other parts of the same zoom-up ratio (hereinafter, referred to as panning), shown in Figure 40. 図40の(a)のようにナビゲーションカーソル21を、表示画面の端に持っていくと、カーソルが矢印の形に変わる。 Figure 40 of the navigation cursor 21 as (a), when bring the edge of the display screen, the cursor changes to an arrow shape. 図40の(a)の例では、上方向にパンニングするので、上矢印1001のようになっている。 In the example of (a) of FIG. 40, since the panning upward, so that the up arrow 1001. この状態でマウス303のボタン(右、左ボタンのどちらでもよい)を押し続けている間、図40の(b)のように、表示画面は同じズームアップ率で指定方向にパンニングしていく。 Mouse button 303 in this state while holding down (right, either good left button), as shown in (b) of FIG. 40, the display screen will panned to the designated direction at the same zoom-up ratio. 【0069】(ズームアウト)次に、下位階層のズームアップ表示状態からより上位の階層から見た表示に切り替えたいときは、表示をズームアウトする。 Next (zoom out), when you want to switch to display as seen from the higher level of the hierarchy from the zoom-up display state of the lower layer, to zoom out the display. 図23はディレクトリEのズームアップ表示である。 FIG. 23 is a zoom-up display of directory E. 図23の表示状態でマウス303の右ボタンを押すことによって、ナビゲーションカーソル21が手前向きに変わる。 By pressing the right mouse button 303 in the display state of FIG. 23, the navigation cursor 21 is changed to the front direction. マウス303の右ボタンを押し続けることによって、図20に示す表示(ただしナビゲーションカーソル21は手前向き)のようにズームアウトしていき、さらに押し続けていると図17の表示までズームアウトする。 By holding down the right button of the mouse 303, the display shown in FIG. 20 (except navigation cursor 21 is the front-facing) continue to zoom out as, and continues to press further to zoom out until the display of FIG. 17. 【0070】(詳細情報表示指示)所望のデータを示すデータアイコンをズームアップすることなしに発見することができれば、ナビゲーションカーソル21を用いて、直接データの詳細情報表示を指示することができる。 [0070] (detailed information display instruction) if it is possible to discover without zooming up the data icon representing desired data, by using the navigation cursor 21 can instruct the detailed information display of data directly. 図24は直接的にデータの詳細情報表示を指示する方法を示した図である。 Figure 24 is a diagram showing a method of instructing a detailed information display of data directly to. ファイルE−2の詳細情報を表示したい場合、図24のようにファイルE−2のデータアイコン20を直接ナビゲーションカーソル21で指示してダブルクリックすることで、図22に示す詳細情報表示を得ることができる。 If you want to display the details of file E-2, by double-clicking instruct directly navigation cursor 21 data icon 20 of file E-2 as shown in FIG. 24, to obtain detailed information display shown in FIG. 22 can. 【0071】(ズームアップ/パンニングの処理手順) [0071] (processing procedure of the zoom up / panning)
図28は以上説明した所定階層のズームアップとパンニング表示の際のフローチャートを示している。 Figure 28 shows a flowchart when the zoom-up and panning display of a predetermined hierarchy described above. 尚、ズームアウト表示の場合は、ステップS45を「ズームアップ率をデクリメント」とすることにより達成されるので、ズームアウトの説明は省略する。 In the case of zoom-out display, since it is achieved by the step S45 and "decrement the zoom-up ratio", description of the zoom-out is omitted. 【0072】図28において、ステップS41はイベント待ちループを示しており、利用者からのマウスやキーボードからの指示(イベント)を待っている状態である。 [0072] In FIG. 28, step S41 shows the event wait loop, is waiting instruction (event) from a mouse and keyboard from the user. 何らかのイベントが発生するとステップS42へ進み、利用者がデータアイコンをダブルクリックしたかどうかチェックし、もしYes であればステップS43へ進み、データアイコンが示すデータの詳細情報を表示する。 If any event occurs the process proceeds to step S42, the user is checked whether or not double-click on the data icon, if it is Yes the process proceeds to step S43, to display detailed information of the data indicated by the data icon. NoであればステップS44へ進み、マウスボタン3 If the answer is No, the program proceeds to step S44, mouse button 3
04が押された位置が画面の端かどうか、言い換えればズーミングかパンニングかをチェックし、Noであればズーミングをするということで、ステップS45に進む。 04 whether the end of the position pressed screen, checks zooming or panning other words, that it be a zooming If No, the process proceeds to step S45.
Yes であればパンニングをするということで、ステップS49に進む。 If Yes means that the panning, the process proceeds to step S49. 【0073】ズーミングのときは、ステップS45で、 [0073] When zooming, in step S45,
ズームアップ率Z Uを所定の率だけアップする。 Up to zoom up rate Z U by a predetermined rate. 次に、ステップS46に進む。 Then, the process proceeds to step S46. ここで、ズームアップの時に画面の中心からずれた位置を押されているときに、その位置がズームアップしていくにつれて、次第に中心にくる表示を行いたい。 Here, when being pushed to a position shifted from the center of the screen when the zoom-up, as its position is gradually zoomed up, wants to display coming increasingly center. そこで、ステップS46で、押された位置から中心位置までの距離に応じて、所定のシフト量 s Therefore, in step S46, in accordance with the distance from the depressed position to the center position, a predetermined shift amount s
hiftX, shiftYを求める。 hiftX, seek shiftY. 次にステップS47で、全ての階層について、階層の位置と大きさ情報とを保持している階層表示領域とデータアイコン表示領域とを更新する。 Next, in step S47, the for all the hierarchy to update the hierarchy display area and a data icon display area that holds the position and size information of the hierarchy. これは今までの位置の中心からZ Uだけ大きさを拡大させ、かつ shiftX, shiftYだけ全体を移動することによって、新しい位置及び大きさとする。 This is a larger center only from Z U magnitude of the position of the far and shiftX, by moving the whole only shiftY, the new position and size. 次にステップS48でも、各データに対して、位置と大きさとを表す情報であるアイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを計算する。 Then even step S48, the respective data, calculating the icon display size and data icon display position is information representing a position and size. この計算の仕方は、ステップS47 This manner of calculation, step S47
と同様である。 Is the same as that. 以上で表示の更新に必要な計算は終了したので、ステップS481で表示画面を更新する。 The calculations necessary to display updates in more than because you are done, to update the display screen in step S481. 【0074】パンニングのときは、ステップS49で、 [0074] the time of panning, in step S49,
所定のシフト量 shiftX, shiftYをセットする。 Predetermined shift amount shiftX, sets shiftY. ステップS491で、全ての階層に対して、階層表示領域とデータアイコン表示領域とを shiftX, shiftYだけシフトする。 In step S491, with respect to all hierarchies, shifting the hierarchy display area and a data icon display area shiftX, only shiftY. 次に、ステップS492でも同様に、データアイコン表示位置を shiftX, shiftYだけシフトする。 Then, similarly in step S492, it shifts the data icon display position shiftX, only shiftY. 以上で表示の更新に必要な計算は終了したので、ステップS481で表示画面を更新する。 The calculations necessary to display updates in more than because you are done, to update the display screen in step S481. 【0075】<社員データベース表示例>図30は本実施例を用いて社員データベースを表示した例である。 [0075] <employee database display example> FIG. 30 is an example of displaying the employee database using the present embodiment. 会社の組織ごとに社員を分類し、社員の顔画像をデータアイコンとして表示している。 Classified employees in each organization of the company, is displaying the face image of the employee as a data icon. 会社の組織は階層構造を形成するので、階層ファイルシステムと同様に入れ子にした階層表示で表すことができる。 Since company organization form a hierarchical structure can be represented in a hierarchical display that nested like the hierarchical file system. 図30において、20 In Figure 30, 20
4は社員データベースの最上位階層、205は開発部門の階層、206は開発部長のデータアイコンである。 4 is the top-level hierarchy of the employee database, 205 development department of the hierarchy, 206 is a data icon of Development Director. ナビゲーションカーソル21で開発部長のデータアイコンを指示してダブルクリックすると、図31のごとく開発部長に関する詳細情報207が表示される。 When you double-click to instruct the data icon of Development Director in the navigation cursor 21, detailed information about the 207 Development Director as of FIG. 31 is displayed. 【0076】<表示の大きさの変化例>次に、ファイル(データ)の使用頻度に応じて。 [0076] <variations in the size of the display> Next, in accordance with the frequency of use of the file (data). 表示の大きさを他のファイル(データ)よりも相対的に大きくしていく手法の例について詳細に説明する。 Will be described in detail an example of a method will the size of the displayed relatively larger than the other file (data). 図42は、本実施例の表示例を示す図である。 Figure 42 is a diagram showing a display example of the embodiment. 図42の(a)の表示1002の状態から、E−1のドキュメントを何回かオープンして使用すると、使用する度にこのE−1の表示が大きくなり、その使用の(アクセス)結果、図42の(b)の表示1003のようになる。 From the state of the display 1002 shown in (a) of FIG. 42, using open several times E-1 of the document, displaying the E-1 to each use increases, its use (access) results, so the display 1003 of (b) in FIG. 42. このように、E−1は大きく表示され、その分他のファイル(データ)は相対的に小さく表示される。 Thus, E-1 is displayed larger, correspondingly another file (data) is displayed relatively small. 【0077】図41は、本実施例におけるデータ属性データについて示す。 [0077] Figure 41 shows the data attribute data in the present embodiment. 図41は、図39でのデータ属性データに対して、アクセス回数6161と記録日付616 Figure 41, to the data attribute data in FIG. 39, the access count 6161 recording date 616
2とが追加されている。 2 and have been added. アクセス回数6161は、そのファイル(データ)がダブルクリックされたら、つまりファイル(データ)がオープンされたら、1つインクリメントされる。 Access number 6161, the When the file (data) is double-clicked, ie When the file (data) is opened, is incremented by one. このアクセス回数のカウント値に応じて、後述するやり方でデータの表示の大きさが決定される。 Depending on the count value of the access count, the size of the display of the data is determined in a manner to be described later. また、ある時期に頻繁にアクセスされたが、その後全く使わないファイル(データ)というのも多々あり得る。 In addition, it has been frequently accessed at some point, then can there are many because used at all not file (data). そのために、ファイルがアクセスされたときに、記録日付6162をその日の日付に書き換える。 For this reason, when a file is accessed, rewrite the record date 6162 to the date of that day. この日付が、使用者が設定した所定期間を経過したものであれば、これはしばらく使っていないものとして、アクセス回数をデクリメントする。 This date is, so long as it has passed a predetermined period of time set by the user, this is as not using for a while, to decrement the number of accesses. そして、記録日付6162をその日の日付に書き換える。 Then, rewrite the record date 6162 to the date of that day. 【0078】以上の操作によって、よく使うファイル(データ)はだんだん大きくなって見つけやすくなり、 [0078] By the above operation, frequently used files (data) will be easier to find is getting larger,
使わないデータはだんだん小さくなって感覚的には後方に下がったように見える。 Used not data looks like the sensory is getting smaller dropped to the rear. また、一定期間頻繁に使ったデータも、ある時期から使わなくなったときには、次第に小さくなって、他の全く使わないデータと同じになっていく。 In addition, data using frequently certain period of time also, when it is no longer used from time to some, gradually becomes smaller, it will become the same as the other used at all not data. ここで、1回のアクセスにより大きくする比率や、アクセスされない時に小さく戻すための所定期間は、デフォルトで設定してあるが、使用者が自分の使用状況に合わせて変更することもできる。 Here, and ratio to increase by one access, the predetermined time period for returning reduced when not accessed, the default is set at, but can also be a user to change to suit their usage. 【0079】以上の処理手順をフローチャートで示したものを、図43、図44に示す。 [0079] those shown in the flowchart of the above procedure, 43, shown in FIG. 44. (アクセスによる拡大)図43は、アクセスされたファイルに対して処理を行うフローチャートである。 (Expansion by access) FIG. 43 is a flowchart for performing processing to access files. ステップS1001で、使用者からのイベントを待つ。 In step S1001, waiting for an event from the user. それがステップS1002でダブルクリックでなければ、ファイル(データ)をオープンするイベントではないので、 If it is not a double-click in the step S1002, because it is not an event to open a file (data),
ステップS1008で他の処理を行う。 Performing other processing at the step S1008. ダブルクリックの場合、ステップS1003でダブルクリックされた位置がファイルの表示上かどうかをチェックし、そうであればその指定ファイルを取得する。 In the case of a double-click, double-click position in step S1003 it is checked whether or not on the display of the file, to obtain the specified file if it is so. そうでなければ、ステップS1007で他の処理を行う。 Otherwise, perform other processing in step S1007. 次にステップS1 Next, in step S1
004で、指定ファイルに対応する図38に示すデータ属性データ609を取得し、ステップS1005で、その中のアクセス回数6161を+1して、記録日付61 In 004, it acquires the data attribute data 609 shown in FIG. 38 corresponding to the designated file at step S1005, the access count 6161 therein to +1, recording date 61
62にその時点での日付を記入する。 62 To fill in the date at that time. そしてステップS And step S
1006で、ファイルをオープンする操作を行う。 In 1006, it performs an operation to open the file. 【0080】(非アクセスによる縮小)図44は、所定期間アクセスされないファイルに対して処理を行うフローチャートである。 [0080] (reduced by non-access) FIG 44 is a flowchart for performing a process for a predetermined period access files that are not. 本プログラムの起動時には全てのファイルの表示動作を行うわけであるから、本プログラムの起動時にのみに以降の処理を行う。 Because at the start of this program is not performing a display operation of all of the file, execute the subsequent processing only at the start of this program. ステップS101 Step S101
0で、使用者からのイベントを待つ。 At 0, it waits for an event from the user. 画面の表示を行わないイベントでは、ステップS1018へ進み他のイベント処理をする。 In the event that does not perform the display of the screen, the other event processing proceeds to step S1018. 画面の表示を行うイベントであれば、 If the event for displaying the screen,
ステップS1012でデータの終りならば終了し、終りでなければステップS1013へ進む。 Exit if the end of the data in step S1012, the process proceeds to step S1013 if it is not the end. ステップS10 Step S10
13では、表示ファイルのデータ属性データを取得し、 At 13, to get the data attribute data of the display file,
次のステップS1014でその中の記録日付6162の日付を取得する。 To obtain the date of recording date 6162 therein in the next step S1014. 次に、ステップS1015では、その日の日付から記録日付を引いた期間が所定期間を越えていない場合は、ステップS1017へ進む。 Next, in step S1015, if the time obtained by subtracting a recording date from the date of the day does not exceed the predetermined time period, the process proceeds to step S1017. 所定期間を越えていた場合はステップS1016へ進み、アクセス回数6161を−1とし、記録日付6162をその日の日付に書き換える。 If exceeds the predetermined period proceeds to step S1016, the access count 6161 and -1, rewrites the record date 6162 to the date of that day. アクセス回数のを−1する時(デクリメント時)に、“0”未満となる場合は“0”にクリップしておく。 When (Decrement) to -1 the number of accesses to, if less than "0" is left clipped to "0". 次にステップS1017で表示の処理を行う。 Then performs processing of the display in step S1017. 以上を全ての表示ファイルに対して行い、終了したら、またステップS1010のイベント待ちに戻る。 Above was carried out for all of the display file, when you are finished, also returns to the event wait of step S1010. 【0081】(階層表示領域、データアイコンの大きさ設定)図46は、本実施例における図37に示す階層表示部503が各階層の階層表示領域とデータアイコンの大きさを設定する際のフローチャートであり、ほぼ図2 [0081] (hierarchy display area, the size setting data icon) Fig. 46 is a flowchart when the hierarchical display unit 503 shown in FIG. 37 in this embodiment sets the size of the hierarchy display area and data icons in each layer , and the almost 2
5と同様である。 5 is the same as that. 図46のステップS201では、最大階層深度Nを設定する。 In step S201 of FIG. 46, to set the maximum hierarchical depth N. 例えば図17の例ではN=2となる。 For example the N = 2 in the example of FIG. 17. 次にステップS3で表示領域を設定しようとする階層深度を“0”に初期化する。 Then initialized to "0" to the hierarchy depth to be set a display area at Step S3. 次にステップS6でn n Next, in step S6
を表示領域設定対象階層深度として設定する。 Setting the display area setting target hierarchy depth. 次に階層深度nにデータアイコンを表示する領域と子階層を表示する領域が設定されていない階層があるかどうかをチェックし、あればステップS8においてその階層を表示領域設定対象階層として設定する。 Then it checks if there is a hierarchy area for displaying the area and child hierarchy to display data icons in a hierarchical depth n is not set, sets the hierarchy as a display area setting object hierarchy at step S8, if any. 次にステップS9において、表示領域設定対象階層直下のデータ数と子階層以下の総データ数とに応じて、表示領域設定対象階層の階層表示領域をデータアイコン表示領域と子階層表示領域とに分割する。 In step S9, in accordance with the total data data number and child hierarchy following immediately below the display region setting target hierarchy, it divides the hierarchy display area of ​​the display region setting target hierarchy and data icon display area and child hierarchy display area to. 【0082】このとき、データ数の計算をステップS1 [0082] In this case, the step data number calculation S1
009のように行う。 It carried out as 009. データ数の計算は、アクセス回数6161が“0”のデータについては1.0とし、アクセス回数がnの場合は、(1.0+n×拡大比f)として、全データ数を加算して計算していく。 Calculation of the number of data is set to 1.0 for data access count 6161 is "0", if the access number is n, a (1.0 + n × enlargement ratio f), calculated by adding the total number of data To go. 例えば、あるデータがアクセス回数=2で、拡大比fが0.2という場合には、(1.0+2×0.2=1.4)となって他のデータとともに加算される。 For example, in certain data access count = 2, if that enlargement ratio f is 0.2 is added together with other data become (1.0 + 2 × 0.2 = 1.4). ルートディレクトリにおけるデータアイコン表示領域と子階層表示領域との分割結果の例を、図26に示す。 An example of the division result between the data icon display area and child hierarchy display area in the root directory, shown in Figure 26. 図26において、23はデータアイコン表示領域、24は子階層表示領域である。 In Figure 26, the data icon display area 23, 24 is a child hierarchy display area. 【0083】図45にデータアイコン表示領域と子階層表示領域の分割の際のフローチャートを示す。 [0083] shows a flowchart when the division of the data icon display area and child hierarchy display area in FIG. 45. 図45は図29と対応した処理である。 Figure 45 is a corresponding process to FIG. 29. 図45において、まずその階層直下のデータ数と全ての子階層下に含まれる総データ数とを計算する。 In Figure 45, first calculates the total number of data and included under the data number and all child hierarchy immediately below the hierarchy. このデータ数の計算は、アクセス回数6161が0のデータについては1.0とし、アクセス回数がnの場合は(1.0+n×拡大比)として、 The calculation of the number of data, access number 6161 is 1.0 for 0 data, if the access number is n as (1.0 + n × enlargement ratio),
全データ数を加算して計算していく(ステップS102 It calculated by adding the total number of data (step S102
0〜S1025)。 0~S1025). 【0084】ステップS1023で例えば、あるデータがアクセス回数=2で、拡大比fが0.2という場合には、(1.0+2×0.2=1.4)となる。 [0084] For example a step S1023, a certain data access count = 2, if that enlargement ratio f is 0.2, the (1.0 + 2 × 0.2 = 1.4). 次にステップS1027において、その階層直下のデータ数と全ての子階層下に含まれる総データ数との比によって、データアイコン表示領域a propを設定する。 In step S1027, the ratio between the total number of data included under the data number and all child hierarchy immediately below the hierarchy, sets a data icon display area a prop. 次にステップS1028で、図41のデータアイコン表示サイズ61 In step S1028, the data icon display size 61 in FIG. 41
5とデータアイコン表示位置616とを決定する。 5 to determine that the data icon display positions 616. このときの表示サイズは、図45のステップS1020からステップS1025までと同じ手法で、アクセス回数に応じた比で大きさが決められる。 Display size at this time is, in the same manner as the step S1020 in FIG. 45 to step S1025, the size ratio according to the access number is determined. ここで、拡大比fは、 Here, the expansion ratio f is,
デフォルトで定められている数値である、かつ、使用者が使用状況に合わせて変更もできる。 Is a numerical value is defined by default, and can also change the user according to the operating conditions. 【0085】以上説明した図45、図46の手法により、よく使われるデータが大きく表示されるだけでなく、そのデータを含む階層領域も他の階層領域よりも相対的に大きくなることになる。 [0085] Figure 45 has been described above, by the method of FIG. 46, not only the data that is frequently used is displayed larger, so that the relatively larger than the hierarchical region other hierarchies area including the data. 図42では、E−1が大きく表示されるのに伴って、それを含む階層領域Eと、 In Figure 42, as the E-1 is displayed larger, and the hierarchical region E containing it,
さらに階層領域Cが、他の階層領域よりも相対的に大きく表示される。 Further hierarchical region C is displayed relatively larger than the other hierarchy area. これは、使用者がある目的をもって階層領域に分割している(カテゴリを作っている)わけであるから、その中のデータが頻繁にアクセスされるということは、それを含むカテゴリもよく使われていることになる。 This is because not is divided into hierarchical regions with is a user object (are making category), that the data therein is to be accessed frequently, category also often used containing the same I would have. よって、アクセスされるデータが、大きく表示されて目立つようになるのに伴って、それを含むカテゴリも大きく表示されることは、自然でありむしろ望ましい。 Accordingly, the data to be accessed, along with becoming conspicuous is displayed larger, it category is also displayed increased containing it is a natural rather desirable. 【0086】(拡大表示例)本例は、拡大表示をする場合の実施例である。 [0086] (larger display example) This example is an example of a case where the enlarged display. 以下、拡大表示する場合について、 Below, a case of enlarged display,
カーソルを合わせたデータか階層領域よりも上の階層に属するデータの表示を行う場合、元画像を小さなものを用意して、これを拡大・ぼかし処理をして生成する場合について説明する。 If the display of data belonging to the hierarchy above the data or hierarchy area the cursor, to prepare the small things the original image, the case of generating by the expansion and blurring them. ここで、ピンぼけ画像を生成するには、元画像よりも小さな画像を使って平均化することで十分目的が達せられる。 Here, to generate a blurred image is sufficiently object by averaging with a small image than the original image is reached. 従って、3次元的な奥行き感と、メモリ上の占有容量の節約とが同時に達成されその効果は大きい。 Thus, a three-dimensional sense of depth, the effect savings and occupied capacity on the memory is achieved at the same time is large. 【0087】図47に、画像を中心にしたデータベースシステムにおける、本実施例の表示例を示す。 [0087] Figure 47, in a database system with a focus on the image, a display example of the embodiment. 図47 Figure 47
は、使用者が2001の画像にカーソルを合わせてズームアップしていく過程を表している。 Represents a process in which the user is going to zoom up to move the cursor to the image of 2001. このとき、画像2 At this time, the image 2
002は、画像2001に対して1つ上の階層領域に属しているので、これをぼかし処理をして表示する。 002, since the image 2001 belonging to the hierarchy area above one, and displays the processed blur it. これにより、カーソルを合わせた画像よりも上の階層の画像をより手前に位置している画像と捉えて、奥行き感のある表示を実現できる。 Thus, it captures an image located on the image above hierarchy more forward than the image of the cursor can be realized a display with depth feeling. と同時に、ぼかし処理をする画像は、画像サイズの小さなデータに対して行えば十分であるので、メモリ容量の節約にもなる。 At the same time, image blurring processing are the suffices for small data image size, also saves memory capacity. 【0088】図48に、本実施例における拡大処理のフローチャートを示す。 [0088] Figure 48 shows a flowchart of enlargement processing in the present embodiment. ステップS1031で表示をするイベントであった場合、ステップS1032でカーソルがある位置の階層深度を階層深度識別子603から取得する。 When a event display in step S1031, acquires the hierarchical depth of a position where the cursor at step S1032 from the hierarchical depth identifier 603. 次に、表示すべき個々のデータに対して以下の処理を行う。 Next, the following processing is performed for each data to be displayed. ステップS1034で、そのデータが所属する階層の階層深度識別子603を取得する。 In step S1034, it acquires the hierarchical depth identifier 603 of hierarchy data belongs. ステップS Step S
1035で各々の階層深度識別子を比較して、カーソルがある位置の階層とそのデータが所属する階層とのどちらが上かを判定する。 1035 compares each of the hierarchical depth identifier determines which one is above the position of the hierarchy where the cursor and hierarchy data belongs. データの方が上の場合は、手前に位置するデータとして、メモリ上に元画像データを小さなサイズのものに入れ替えて、かつリサイズ処理(拡大/縮小処理)を行う。 If better data is above performs the data located in front, in the memory by replacing the original image data to those of a small size, and resizing process (enlargement / reduction processing). ステップS1038でフィルタリング処理を行う。 The filtering process at step S1038. 【0089】図49に簡単なフィルタ配列を示す。 [0089] A simple filter arrangement in Figure 49. 中央が注目画素にかける係数(1/2/)であり、その周辺画素にも所定の係数(1/16)をかけて加算することによって、ぼかし処理を施した表示画像が生成される。 Central is a coefficient (1/2 /) applied to the pixel of interest, by adding over a predetermined coefficient to the peripheral pixels (1/16), the display image subjected to blurring processing is generated.
図49のフィルタ配列は、表示画像の大きさによってかえてもよい。 Filter arrangement of Figure 49 may be changed depending on the size of the displayed image. また、ズームアップ時に手前に位置するものほど強くぼかし処理をほどこすようにすれば、より奥行き感のある表示を実感できる。 In addition, if to perform a strong blur processing as those located in front at the time of zoom-up, you can feel the display a more sense of depth. 例えば図50のフィルタ配列は、図49のものよりもぼかし効果が強いので、 For example, the filter arrangement of FIG. 50, since a strong blurring effect than that of Figure 49,
最も手前に位置するもの(例えば最上位階層)に用いて、そこから階層が深くなるにつれて段階的にぼかし効果を弱めたものを使用していく。 Nearest to those positions using the (e.g. the highest layer), continue to use that weaken the stepwise blurring effect as from which hierarchy becomes deeper. 【0090】図48のステップS1035で、カーソル位置と同じかそれより深い階層のデータの場合は、通常のリサイズ処理を施す。 [0090] In step S1035 of FIG. 48, in the case of data equal to or deeper hierarchy cursor position, performing a normal resizing. そして、ステップS1039 Then, step S1039
で、表示に関する処理を行う。 In, perform a process related to the display. 以上の操作によって、カメラのズームレンズで覗いているような感覚で、カーソルがあるところにはピンとが合って、それより手前はピンぼけになっているという表示が実現できる。 By the above operation, in the sense, such as looking through the camera of the zoom lens, in the place where the cursor is if there is a pin, it from the front can be realized a display that has become out-of-focus. また、本実施例は、画像を中心にしたデータベースを例にして説明してきたが、ファイルシステムの場合もそのファイルアイコン画像に対して同様の処理を行えばよいので、実現可能である。 Further, this embodiment, the database centered on the image has been described as an example, since it is sufficient similar processing for the file icon image if a file system is feasible. 【0091】<時間順表示例>本例では、時間順表示モードについて説明する。 [0091] In <time order display example> In this example, explanation will be given on the time order display mode. 本実施例では、ファイルの作成日付順、最近アクセスしたデータ順等で表示を行う。 In this embodiment, the file creation date, the display is performed in the recently accessed data order, and the like. この場合も全てのファイル(データ)の表示を行い、新しいほど(あるいは古いほど)手前に大きく表示し、古いほど(新しいほど)奥に小さく表示するようにして実現する。 In this case also performs the display of all files (data), a new higher (or more old) largely displayed on the front, to achieve be displayed old enough (new extent) smaller in the back. これの操作は、前記と同様に連続的に拡大表示する手段を用いることによって、奥の小さな表示を大きくすることができ、連続的に縮小表示する手段を用いることによって元に戻ることができるようにする。 This operation, by using a means for the same continuously enlarged display, it is possible to increase the small display of the back, so that it can return to the original by using the means for displaying continuously reduced to. また、この時間順表示モードへは、前記の階層形式の表示状態から、使用者が階層を指定することによって入ることができ、時間順表示モードを終了させると元の階層形式の表示へ戻ることができる。 Further, to the time order display mode, the display state of the hierarchical format, the user hierarchy can enter by specifying the returns to time order display mode when the end the original display of hierarchical can. 【0092】図51は、本実施例の時間順表示を説明する図である。 [0092] Figure 51 is a diagram for explaining the chronological display of the present embodiment. 図51の(a)の1053が階層形式の表示を示す。 1053 (a) of FIG. 51 shows a display of a hierarchical format. この表示状態で、カーソルがある位置の階層が全て表示されていて、かつ所定の面積をしめると、時間順表示アイコン1051が階層の端に現れる。 In this display state, the hierarchy of the cursor position is being displayed all and when occupying a predetermined area, time order display icon 1051 appears at the end of the hierarchy. このアイコンは時間順表示モードへの入り口を示す。 This icon shows the entrance to the time order display mode. 使用者が、このアイコン上にカーソルを合わせてさらにズームアップの操作を行うと、図51の(b)の時間順表示モード1054へ切り替わる。 User, the further manipulation of the zoom-up hover over the icon switches to the time order display mode 1054 (b) of FIG. 51. この切り替えは、図52のように、順次(a)→(b)→(c)と切り替わるようにすれば、より操作の連続性が達成され効果的である。 This switching, as in Figure 52, if to switch sequentially (a) → (b) → (c), it is more effective is achieved continuity of operations.
時間表示画面では、指定された階層中のデータを子階層のデータまで含めて時間順に表示する。 In the time display screen, including the data in the specified hierarchy until the child hierarchical data is displayed in chronological order. 図51の(b) In Figure 51 (b)
に示す1055から1058までの矩形は、時間を後述する手段で区切ったものである(以降、時間矩形と呼ぶ)。 Rectangular from 1055 to 1058 shown in, but separated by means which will be described later time (hereinafter, referred to as time and rectangular). 1054では、最近の時間のデータアイコンは最も外側に表示され、時間が古くなるにつれて内側の矩形内に表示される。 In 1054, the data icon recent time is displayed on the outermost, is displayed inside within a rectangle as time ages. このとき、時間順を、3次元的に奥行きを持たせて表現するために、内側の矩形ほど暗い色に設定し、かつデータアイコンの表示の大きさも小さく表示する。 At this time, the time order, in order to express to have a three-dimensionally depth, set to dark as the inside of the rectangle, and also displays a small size of the display of the data icon. 逆に、古いデータを手前に新しいデータを奥にして見たい場合は、外側の矩形ほど暗い色に設定すると、新しい方からデータを見ているのか、古い方からデータを見ているかが、使用者に感覚的にわかるので有効である。 On the other hand, if you want to see in the back of the new data the old data to the front, is set to a dark color as the outside of the rectangle, whether looking at the data from the new one, is whether looking at the data from the old one, use it is effective since seen in sensory in person. 【0093】そして、この時間順表示においても、階層表示と同様の操作で、ズームアップして古いデータを大きく表示して見ることができ、ズームアウトして、また新しいデータを見ることができる。 [0093] and, even in this time order display, in a hierarchical display and the same operation, and zoom up can be seen by displaying a large old data, to zoom out, also can see the new data. (時間矩形属性データ)図57は、本実施例において各々の時間矩形を管理する時間矩形属性データを説明する図である。 (Time rectangle attribute data) Fig. 57 is a diagram for explaining a time rectangle attribute data for managing each of the time rectangle in this embodiment. 【0094】同図において、1081は時間矩形属性データであり、1082は時間矩形を一意に識別するための時間矩形識別子である。 [0094] In the figure, 1081 is a time rectangle attribute data, 1082 is the time rectangular identifier for uniquely identifying the time rectangle. 1083は時間矩形の奥行き方向の位置を示す時間矩形深度識別子である。 1083 is a time rectangle depth identifier indicating the position of the time rectangle depth direction. 1084 1084
はその時間矩形が持つ時間の範囲を示す。 Indicates a range of time with its time rectangle. 1085は所属データ数であり、その時間の範囲に該当するファイル数となる。 1085 is the number of belonging data, the number of files that fall within the scope of that time. 1086は時間矩形表示領域であり、108 1086 is a time rectangle display area 108
7はデータアイコン表示領域である。 7 is a data icon display area. 1083は所属データリストであり、その時間矩形に含まれるデータの属性データ609すなわちファイルブラウザであれば、そのディレクトリに直属するファイルの属性データがリストされている。 1083 is a belonging data list, if the attribute data 609 that is file browser of data to be included in the time rectangle, the attribute data of the file you want to report directly to the directory are listed. 図57のデータ属性データ609の詳細は、図39と同様である。 Details of the data attribute data 609 in FIG. 57 is similar to FIG. 39. 【0095】(時間矩形、データアイコンの大きさ設定)図53は、時間矩形の設定と、各時間矩形に属するデータアイコンの大きさを設定する際のフローチャートを示している。 [0095] (time rectangle, the size setting data icon) Fig. 53 shows a flowchart for setting the time rectangular configuration and the size of data icon belonging to the rectangular each time. 図53において、ステップS301は、 In Figure 53, step S301 is
表示するデータの中で最も新しい日時と最も古い日時とを取得する。 To get the most new date and time in the data to be displayed and the oldest date and time. もし使用者が、ファイル作成日付順で表示したい場合は、表示する全ファイルについて、OSを介してそのファイルの作成日付を取得する。 If the user is, if you want to display in the file creation date, for all the file that you want to display, to get the creation date of the file via the OS. その中で、最も古いものと新しいものを選び出せばよい。 Among them, it is pick out a new one with the oldest. 使用者がファイルのアクセス順で表示したい場合には、表示する全ファイルについて、図57のデータ属性データ609の中の記録日付6162を取得する。 If the user wishes to display in the access order of the file is, for all the file that you want to display, to get the record date 6162 in the data attribute data 609 shown in FIG. 57. その中で、最も古いものと新しいものを選び出せばよい。 Among them, it is pick out a new one with the oldest. 【0096】次にステップS302において、使用者が時間矩形の時間間隔の設定をしているかどうかをチェックする。 [0096] Next, in step S302, the user checks whether the setting of the time square time interval. デフォルトの状態では、表示すべきデータ中の最も古いものから新しいものまでの日時を、所定数N The default condition, the date and time to a new from the oldest in the data to be displayed, the predetermined number N
(例えばN=10)で分割して設定する(ステップS3 Divided and set at (e.g., N = 10) (step S3
03)。 03). これとは別に、本実施例では、使用者が時間間隔を1日単位とか、1年単位とか、希望の間隔でも指定できる。 Apart from this, in this embodiment, Toka user a daily basis the time interval, Toka 1-year increments, can also be specified in the interval of hope. この場合、所定数Nは、表示すべきデータ中の最も古いものから新しいものまでの日時を、使用者指定の時間間隔で割った数となる(ステップS304)。 In this case, the predetermined number N, the date and time to a new from the oldest in the data to be displayed, the number obtained by dividing the time interval of the user specified (step S304). 【0097】次に、時間矩形の最初からN番目まで以下の処理を行う。 [0097] Next, the following processing is performed from the first time rectangle to N-th. ステップS308で、現在処理を行っている時間矩形の大きさをセットする。 In step S308, it sets the magnitude of the time rectangle currently being processed. 最初の時間矩形は表示画面の大きさであり、次からは、後述する面積を分割する手段によって定められる。 The first time rectangle is the size of the display screen, the following are defined by means for dividing an area to be described later. ステップS309で、 In step S309,
時間矩形n内にファイルアイコンか時間矩形n+1がある場合には、ステップS310で、時間矩形n内の領域をファイルアイコン表示部分と時間矩形n+1の表示部分とに分割する。 If there is a file icon or time rectangle n + 1 is the time the rectangle n, at step S310, the dividing regions in the time rectangle n to a file icon display area and time display portion of the rectangle n + 1. このとき、分割は、時間矩形n内のファイルデータ数と時間矩形n+1以降のファイルデータ総数との比で分割される。 In this case, division is divided by the ratio of the file data total file data number and time rectangle n + 1 and subsequent times within the rectangle n. 【0098】この結果得られた時間矩形n+1の面積は、さらに次のループでステップS308でセットされ、さらにステップS310で分割されていく。 [0098] The area of ​​the resulting time rectangle n + 1 is further set at step S308 in the next loop, it will be further divided in step S310. ステップS310のさらに詳細な処理については、図55で後述する。 For more detailed processing of step S310, the later in FIG. 55. このようにして、図54に示すように、図54 In this way, as shown in FIG. 54, FIG. 54
の(a)から(b)へと、時間矩形領域並びにその中のファイルアイコン表示領域が設定される。 Between the (a) from (b), the time is a rectangular area and file icon display area therein is set. このように、 in this way,
面積比に従って、外側にその時間矩形に属するファイルアイコン表示領域、内側に次の時間矩形領域が設定される。 As the area ratio, the file icon display area belonging to the time rectangle on the outside, the next time the inside rectangular area is set. そして、その中がさらにファイルアイコン領域と、 Then, and in the further file icon area,
次の時間矩形領域とに分けられていく。 It will be divided into and the next time the rectangular area. 図55に、図5 In FIG. 55, Fig. 5
3ステップS310のより細かなフローチャートを示す。 3 shows a more detailed flowchart of step S310. 【0099】(表示面積の分割)図55のステップS3 [0099] Step S3 of the (display splitting area) Figure 55
20において、現在注目している時間矩形におけるデータアイコンの最低表示領域a minを設定する。 In 20, it sets the minimum display area a min for data icons at time rectangle that is currently of interest. まず、時間矩形の奥行き方向の位置によってデータアイコンの大きさをデフォルトとして予め決めておく。 First, it determined in advance as a default size of the data icon by the position of the time rectangle depth direction. このデフォルトの大きさは、最初(手前)の時間矩形ほど大きく、最後の(奥の)時間矩形ほど小さく設定される。 The size of the default, first (front) larger as time rectangle, the last (the back) is the time rectangle as set small. その時間矩形内の全てのデータをデフォルトのデータアイコンによって全て表示するための領域を、a defとして設定する。 The area for displaying all the all the data of the time in the rectangular by default data icon, set as a def. これは、a def ={(デフォルトのデータアイコンの大きさ+余白)×(時間矩形内のデータ数)}で計算される。 This is calculated by a def = {(default data icon size + margin) × (the number of data within the time rectangle)}. 次にステップS321において、その時間矩形内のデータ数と次以降の全ての時間矩形内に含まれる総データ数との比によって、データアイコン表示領域a In step S321, the ratio between the total number of data contained in all the time in the rectangular data number and the next subsequent that time the rectangular, the data icon display area a
propを設定する。 Setting the prop. 次にステップS322においてa prop Then a prop in step S322
とa defとを比較し、a propがa def以上であればステップS323でa propを、さもなければステップS32 And compared with the a def, the a prop in step S323 if a prop is a def above, otherwise step S32
4でa defをデータアイコン表示領域1061として設定する。 Setting the a def as a data icon display area 1061 at 4. 【0100】次にステップS325で、図41に示すデータアイコン表示サイズ615とデータアイコン表示位置616とを決定する。 [0100] Then at step S325, it determines a data icon display size 615 and data icon display positions 616 shown in FIG. 41. 図54のデータアイコン表示領域1061がa defのときはデータアイコン表示サイズは予め決められたデフォルトのサイズとされ、データアイコン表示領域がa propの時はデータアイコン表示領域1061に所属する全てのデータを表示できる最大のサイズとされる。 All data data icon display area 1061 in FIG. 54 is a data icon display size when a def is a predetermined default size when a data icon display area is a prop is belonging to the data icon display area 1061 It is the largest size that can be displayed. 次にステップS326で、定められたデータ表示領域を引いた残りの領域を、次以降の(より奥の)時間矩形領域として設定する。 In step S326, the remaining area obtained by subtracting the data display area defined, the next higher (more deep) time is set as a rectangular region. 以上図55のフローチャートが図53のステップS310に対応し、このようにして、最初の時間矩形領域から、順次データアイコン領域と各データアイコンの大きさ、位置が決定していく。 Above the flow chart of FIG. 55 corresponds to step S310 of FIG. 53, in this way, the first time the rectangular area, sequential data icon area and size of each data icon, the position is gradually determined. 【0101】(時間順表示のズームアップ)図56は以上説明した時間順表示でのズームアップの際のフローチャートを示している。 [0102] Figure 56 (a zoom-up time display order) shows a flowchart when the zoom-in the described order of time displayed above. 本時間順表示の場合は、データが時間順で奥行き方向に並んでいるので、パンニングの機能はなしとしている。 For the chronological display, the data are arranged in the depth direction in chronological order, and the functions story of panning. 尚、ズームアウト表示の場合は、 It should be noted that, in the case of a zoom-out display,
ステップS1073が「ズームアップ率をデクリメント」となるところだけが異なるので説明を省略する。 Only where the step S1073 is "decrements the zoom-up rate" is omitted different because the description. 【0102】図56において、ステップS1071はイベント待ちループを示しており、利用者からのマウスやキーボードからの指示(イベント)を待っている状態である。 [0102] In FIG. 56, step S1071 indicates an event wait loop is a state of waiting an instruction (event) from a mouse and keyboard from the user. 何らかのイベントが発生するとステップS107 Step S107 If any event occurs
2で利用者がデータアイコンをダブルクリックしたかどうかチェックし、もしYes であればステップS1079 2 at the user is checked whether or not double-click on the data icon, step S1079 if if Yes
でデータアイコンが示すデータの詳細情報を表示する(データをオープン、表示する)。 In displaying the detailed information of data represented by the data icon (open data, and displays). Noであればズームアップ操作ということで、ステップS1073へ進み、ズームアップ率Z Uを所定の率だけアップする。 If No that the zoom-in operation, the process proceeds to step S1073, to increase the zoom-up ratio Z U by a predetermined rate. 次に、表示すべき全ての時間矩形について以下の操作を行う。 Next, the following operations for all the time to be displayed rectangle. まず、ステップS1075でZ Uに従って、図57の時間矩形表示領域1086及びデータアイコン表示領域108 First, according to Z U in step S1075, the time rectangle display area 1086 and a data icon display area 108 in FIG. 57
7を更新する。 7 to the update. 次に、現在注視している時間矩形に属する全てのデータについて、ステップS1077でZ Uに従って、図41のアイコン表示サイズ615及びデータアイコン表示位置616を計算する。 Next, all of the data belonging to the time rectangle currently gazing, according Z U in step S1077, calculates an icon display size 615 and data icon display positions 616 in FIG. 41. 以上の操作を全ての時間矩形に対して行ったあとで、ステップS1078で表示画面を更新する。 After performing the above operation for all of the time rectangle, to update the display screen in step S1078. 【0103】(ナビゲーションウィンドウ)図36の2 [0103] 2 (navigation window) Figure 36
000は利用者がズームアップ表示しているときに、全体のどの位置を見ているかを参照するためのナビゲーションウィンドウである。 000 when the user is viewing zoom up, is a navigation window for referring to or looking at any position of the whole. これはさらに、xy平面(縦, This further, xy plane (vertical,
横平面)を表す2001と、z方向(奥行き方向)を表す表示2002で構成される。 And 2001 representing the horizontal plane), and a display 2002 representing the z-direction (depth direction). xy平面表示とz方向表示の中に、現在いる位置がカーソル2003,2004 Some xy plane display the z direction display, it is current position cursor 2003 and 2004
で示される。 In shown. さらに、このカーソル2003,2004 In addition, the cursor 2003 and 2004
のどちらかをクリックして、2001,2002上の任意の位置に動かすことによって、現在見ている位置から、素早く所望の位置に移動をすることができる。 Click either by moving to an arbitrary position on the 2001 and 2002 may be a movement from a position looking now quickly desired position. xy xy
平面表示2001は常に全体を示すので、2003カーソル以外は表示は不変であるが、z方向表示2002 Since the flat-panel display 2001 will always show the whole, but except 2003 cursor display is unchanged, z direction display 2002
は、表示画面2005で見ている位置の階層の深さに応じて表示が更新される。 The display is updated in accordance with the depth position of the hierarchy looking at the display screen 2005. 【0104】xy平面表示2001を作成するためのフローチャートは、上記図25及び図29と同様である。 [0104] flowchart for creating xy plane display 2001 is similar to FIG 25 and FIG 29.
これを、プログラム起動時に行いセットする。 This will be set done when the program is started. z方向表示のフローチャートを図32に示す。 The flowchart of z-direction display shown in FIG. 32. 図32でステップS2010がイベント待ちループである。 Step S2010 is an event waiting loop in Figure 32. ステップS2 Step S2
011で、図36の表示画面2005の更新がされたことを通知するイベントだった場合、ステップS2012 In 011, if it was an event that notifies that the updating of the display screen 2005 of FIG. 36, step S2012
へ進む。 To advance. 図36の表示画面2005のカーソルが指し示す階層について、その階層属性データ601(図38) For pointed hierarchy cursor on the display screen 2005 of FIG. 36, the hierarchical attribute data 601 (FIG. 38)
を取得する。 To get. 次に、ステップS2013で、この階層属性データの階層深度識別子603から、階層の深さを取得する。 Next, in step S2013, from the hierarchical depth identifier 603 of the hierarchical attribute data, to obtain the depth of the hierarchy. ステップS2014では、階層の深さに応じて、図36の2002のz方向表示を描画する。 In step S2014, according to the depth of the hierarchy, to draw the z direction display 2002 of FIG. 36. 【0105】図36の2002の例では、深さが3階層の場合を示している。 [0105] 2002 Examples of the FIG. 36, the depth indicates the case of three layers. 図32のステップS2015では、表示画面の面積と階層表示領域607とが示す比に応じて、現在の深さ方向の位置を定める。 In step S2015 of FIG. 32, according to the ratio indicated by the area and the hierarchy display area 607 of the display screen, determining the current position of the depth direction. これは、図3 This is, as shown in FIG. 3
3に示す計算による。 By calculation shown in 3. すなわち、表示画面に全ての階層が表示される最もズームアウトした状態での、現在注視している階層の表示画面における比率を“a”とする。 That is, all layers are in a state where the most zoomed out display, and "a" the ratio of the display screen of the hierarchy is currently gazing on the display screen.
そして、現在注視している階層が表示画面いっぱいに表示されたときの、表示画面における比率を“b”とする。 And, at the time when the hierarchy you are currently watching is displayed on the full display screen, and "b" of the ratio of the display screen. そして、現在の注視している階層の、現在における表示画面に対する比を“c”とする。 Then, the hierarchy is currently gaze, and "c" the ratio of the display screen in the current. このとき、cに対する階層の位置は、 y =(n−1)×c/(c−a)−(n−1)×a/ At this time, the position of the hierarchy for c is, y = (n-1) × c / (c-a) - (n-1) × a /
(b−a) 但し、nは階層の深度で、計算される。 (B-a) where, n represents the hierarchy depth is calculated. つまり、最もズームアウトした状態のとき(aのとき)、z方向表示が図34のようにカーソルが最も左にくる。 In other words, most when the zoom-out state (when a), z-direction display is at the leftmost cursor as shown in Figure 34. また、注視している階層が画面いっぱいに表示されたときを、図35のように階層深度の入り口にくるよう、比例計算を行う。 Further, when the gaze to that hierarchy is displayed full screen, to come to the entrance of the hierarchy depth as shown in Figure 35, performs proportional calculation. 【0106】以上の手法によって、ナビゲーションウィンドウのカーソルを移動させて、表示画面を更新する場合は次のように行う。 [0106] By the above method, move the cursor of the navigation window, if you want to update the display screen is performed as follows. z方向の移動(図36に示す20 Movement in the z-direction (20 of FIG. 36
04のカーソルによる操作)は、移動されたカーソルの位置から図33の逆計算を行うと、表示画面に対する面積比c'が求められる。 Operation by 04 of the cursor), when an inverse calculation of Figure 33 from the position of the moved cursor, the area ratio c 'is obtained with respect to the display screen. (c'/a)で、図28におけるズームアップ率Z Uが算出できる。 In (c '/ a), can be calculated zoom up rate Z U in FIG. 28. このZ Uに従って、画面を更新すればよい。 According to this Z U, may be updated to the screen. また、xy方向の移動(図36に示す2003のカーソルによる操作)の場合は、カーソル2003の位置の移動量から、図28におけるパンニングのときのパンニング量 shiftX, shiftYが算出できる。 In the case of movement of the xy direction (operation by 2003 of the cursor shown in FIG. 36), the movement amount of the position of the cursor 2003, panning amount shiftX when panning in FIG 28, shiftY can be calculated. このパンニング量に従って、全体をシフトすればよい。 In accordance with this panning amount, it may be shifted in its entirety. 【0107】尚、本発明は、複数の機器から構成されるシステムに適用しても、1つの機器から成る装置に適用しても良い。 [0107] The present invention can be applied to a system constituted by a plurality of devices, or to an apparatus comprising a single device. また、本発明はシステム或は装置にプログラムを供給することによって達成される場合にも適用できることはいうまでもない。 The present invention is also applicable to a case where it is accomplished by supplying a program to a system or an apparatus. 【0108】 【発明の効果】以上、説明したように、本発明により、 [0108] [Effect of the Invention] As described above, the present invention,
全体の階層構造がどのようになっているかが把握し易く、且つ目的のファイルが探しやすい画像編集方法及びその装置、更に、多数のファイルの中からでも、よく使用するファイルが見つけやすく取り出しやすい画像編集方法及びその装置を提供できる。 Easily or overall hierarchical structure has been how is grasped, and the desired file is looking likely image editing method and apparatus, furthermore, even from a large number of files, easy access may file used discoverability image It can provide an editing method and apparatus. 【0109】すなわち、本発明は、切り抜き形状(フレーム)をパレットに登録することによって、柔軟性の高い画像及びフレームの管理を可能とする。 [0109] Namely, the present invention is, by registering cutout shape (frame) to the pallet, to allow the management of high image and the frame flexible. また、パレットから任意の切り抜き形状を選択して画像にドラッグ& Also, dragging the image to select an arbitrary cut-out shape from the pallet &
ドロップし、画像上の切り抜き形状を中心固定で拡大/ Drop, enlarged cut-out shapes on the image at the center fixed /
縮小することによって、簡単で柔軟性の高い操作方法を提供できる。 By reducing, it can provide a simple and flexible operating method. また、本発明では、元の画像を加工したり修正したりすることは行わずそのままの使うので、重ねたフレームのリサイズや異なるフレームデータへの変更が簡単になった。 In the present invention, since it or modify processing of the original image intact of use without change of resizing Ya to different frame data of a frame superimposed becomes easy. 【0110】更に、本発明は、階層間の包含関係及び階層とファイル(もしくはデータ)間の包含関係を入れ子にした階層で表示することによって、ファイルシステムもしくはデータベースシステムの階層構造全体を視覚的に表現することを可能にした。 [0110] Further, the present invention is, by displaying the inclusion relation and hierarchy and file (or data) inclusion relation between between layers in the hierarchical nested, the overall hierarchical structure of the file system or database system visually It made it possible to express. また、任意の階層の中に含まれる所望の階層表示を連続的に拡大表示することによって、該階層に含まれる階層及びファイル(もしくはデータ)のさらに詳細な情報を得られるようにし、逆に、階層表示を連続的に縮小表示する手段を用いることによってより上位の階層を含む情報を得られるようにした。 Further, by continuously enlarge desired hierarchical display included in any hierarchy, so obtain a more detailed information of the hierarchical and file (or data) contained in the hierarchy, on the contrary, and to obtain information including the upper layers by using means for continuously collapse the hierarchy view. 以上のズームアップ/ズームアウトの画面更新は、 The screen update of more zoom-up / zoom-out,
キーボードの指定キーまたはポインティングデバイスを押している時間に応じてなされるため、使用者の感覚に合致したユーザインターフェースを提供できる。 Because made in accordance with the time you press the designated key or pointing device keyboard, it can provide a user interface that matches the feeling of the user. 【0111】また、よく使われるファイル(データ) [0111] In addition, frequently used files (data)
は、その使用頻度に応じて、他のファイル(データ)に比べて相対的に大きく表示するようにしたことから、よく使われるファイル(データ)を簡単に見つけ出すことができるようになった。 , Depending on the frequency of use, now since it was set to a relatively large display, compared to other files (data), it is possible to find the file (data) to be commonly used simply. また、ズームアップした状態では、カーソルを合わせたデータに階層領域にカメラのピントが合っていると捉えて、これよりも上の階層に属するデータの表示は、拡大・ぼかし処理をして生成することにより、3次元的な奥行き感とメモリ上の占有容量の節約とが同時に達成される。 Further, in the state where the zoom-up, sees the focus of the camera in the hierarchical area data the cursor is correct, display of data belonging to the hierarchy above than this is generated by the expansion and blurring it allows savings and occupied capacity on three-dimensional sense of depth and memory is achieved at the same time. 【0112】また、階層表示のみでなく、時間順での表示モードを持ち、両者を自由に切り替えられるようにすることにより、階層的に分類されたファイル(データ) [0112] Also, the hierarchical display not only has a display mode of the time order, by so can freely switch both hierarchically classified files (data)
の検索と同時に時間順の検索を可能とし、かつ両者がズームアップ/ズームアウトという同じユーザインターフェースで実現されるため、検索効率性がさらに向上する。 Search and then at the same time allow chronological search, and since both are implemented with the same user interface as the zoom-up / zoom-out, the search efficiency is further improved. 【0113】また、階層表示において、大きくズームアップしたときに、xy平面のz方向の位置を示すウィンドウを設けたことにより、全体の中の現在注視している位置を把握しやすいようになった。 [0113] Further, in the hierarchical view, when large zoom up, by providing a window that shows the position in the z-direction in the xy plane, now easily recognize the position that is currently gazing in the overall .

【図面の簡単な説明】 【図1】実施例1におけるアルバムソフトの表示画面の例を示す図である。 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS FIG. 1 is a diagram showing an example of a display screen of album software in Example 1. 【図2】紙のアルバムにおける写真の保存例を示す図である。 2 is a diagram showing a storage example of a photograph of the paper album. 【図3】従来ソフトでの画像の切り抜き手順を示すフローチャートである。 3 is a flowchart showing a cut-out procedure of an image in the conventional software. 【図4】従来の画像の切り抜き作成例を示す図である。 4 is a diagram showing the trimming creation example of a conventional image. 【図5】実施例1におけるフレームを登録するパレットの例を示す図である。 5 is a diagram showing an example of a pallet that register a frame in Embodiment 1. 【図6】実施例1での画像の切り抜き手順を示すフローチャートである。 6 is a flowchart showing a cut-out procedure of the image in Example 1. 【図7】従来例と実施例1における切り抜き画像の構造の比較を説明するための図である。 7 is a diagram for explaining a comparative structure of cut-out image in a conventional example as in Example 1. 【図8】実施例1におけるデータ管理構造を示す図である。 8 is a diagram showing a data management structure in the first embodiment. 【図9】実施例1における透過領域の設定フローチャートである。 9 is a setting flowchart of the transmission region in the first embodiment. 【図10】実施例1の透過領域設定のダイアログボックスの例を示す図である。 10 is a diagram showing an example of the transmission area setting dialog box Example 1. 【図11】実施例1のパレットへの登録フローチャートである。 11 is a registered flow chart of the pallet of the first embodiment. 【図12】実施例1の画像切り抜きの操作例を示す図である。 12 is a diagram showing an operation example of the image cutout in Example 1. 【図13】実施例1の画像へのフレームデータの登録フローチャートである。 13 is a registered flow chart of frame data to the image of Example 1. 【図14】実施例1の画像の切り抜き状態の表示フローチャートである。 14 is a view flowchart cutout state of an image in Example 1. 【図15】本実施例におけるパーソナルコンピュータの構成図である。 FIG. 15 is a configuration diagram of a personal computer in this embodiment. 【図16】実施例1におけるパーソナルコンピュータの内部ブロック図である。 Figure 16 is an internal block diagram of a personal computer in the first embodiment. 【図17】実施例2における階層データの表示例を示す図である。 17 is a diagram showing a display example of the hierarchical data in Example 2. 【図18】実施例2の階層ファイルシステムを木構造で表現した例を示す図である。 [18] The hierarchical file system of Example 2 is a diagram showing an example of expressing a tree structure. 【図19】階層ファイルシステムをリストボックスで表現した例を示す図である。 19 is a diagram showing an example of expressing the hierarchical file system in the list box. 【図20】実施例2のディレクトリ−Cの連続的なズームアップ表示の例を示す図である。 20 is a diagram showing an example of a continuous zoom-in display of directory -C Example 2. 【図21】実施例2のディレクトリ−Eを中心とした連続的なズームアップ表示の例を示す図である。 21 is a diagram showing a continuous example of a zoom-up display around the directory -E of Example 2. 【図22】実施例2のファイルの詳細な内容の表示例を示す図である。 22 is a diagram showing a display example of detailed contents of a file in the second embodiment. 【図23】実施例2のディレクトリ−Eのズームアップ表示を示す図である。 23 is a diagram showing a zoom-up display of the directory -E Example 2. 【図24】実施例2の直接的にデータの詳細情報表示を指示する方法を示す図である。 24 is a diagram illustrating a method for indicating the detailed information display of data directly in the second embodiment. 【図25】実施例2の階層表示領域とデータアイコンの大きさを設定するフローチャートである。 25 is a flowchart for setting the size of the hierarchy display area and data icons in Example 2. 【図26】実施例2のデータアイコン表示領域と子階層表示領域の分割結果の例を示す図である。 26 is a diagram showing an example of the division result of the data icon display area and child hierarchy display area of ​​the second embodiment. 【図27】実施例2のルート階層の子階層の表示領域とデータアイコンの表示の大きさと位置が決定された段階での表示状態を示す図である。 27 is a diagram showing a display state at the stage of the size and position of the display is determined in the display area and data icons child hierarchy of the root hierarchy of Example 2. 【図28】実施例2のズームアップとパンニング表示の際のフローチャートである。 28 is a flowchart when the zoom-up of Example 2 and panning display. 【図29】実施例2のデータアイコン表示領域と子階層表示領域の分割のフローチャートである。 29 is a flowchart of the division of the data icon display area and child hierarchy display area of ​​the second embodiment. 【図30】実施例2を用いて社員データベースを表示した例である。 Figure 30 is an example of displaying the employee database by using the second embodiment. 【図31】実施例2の社員データベース詳細情報表示例を示す図である。 31 is a diagram showing an employee database detailed information display of the second embodiment. 【図32】実施例2のz方向表示のフローチャートである。 FIG. 32 is a flowchart of a z-direction representation of the second embodiment. 【図33】実施例2のz方向の位置を決める計算例を示す図である。 33 is a diagram illustrating a calculation example for determining the position in the z direction of the Example 2. 【図34】実施例2のz方向表示例を示す図である。 34 is a diagram showing the z-direction display of the second embodiment. 【図35】実施例2のz方向表示例を示す図である。 35 is a diagram showing the z-direction display of the second embodiment. 【図36】実施例2のナビゲーションウィンドウの表示例を示す図である。 36 is a diagram showing a display example of the navigation pane of Example 2. 【図37】実施例2におけるソフトウェアとハードウェアを含む階層データ管理システムの構成例である。 37 is a configuration example of a hierarchical data management system including software and hardware in the second embodiment. 【図38】実施例2における階層属性データを説明するための図である。 38 is a diagram for explaining a hierarchical attribute data in the second embodiment. 【図39】実施例2のデータ属性データの構成を示した図である。 39 is a diagram showing the configuration of the data attribute data of Example 2. 【図40】実施例2のパンニングの表示例を示す図である。 40 is a diagram showing a display example of panning of Example 2. 【図41】実施例2におけるデータ属性データについて示す図である。 41 is a diagram illustrating the data attribute data in the second embodiment. 【図42】実施例2のファイルの使用頻度に応じて表示の大きさを相対的に大きくする説明図である。 Figure 42 is an explanatory diagram for relatively large size of the display in accordance with the frequency of use of files of the second embodiment. 【図43】実施例2のアクセスされたファイルに対して処理を行うフローチャートである。 FIG. 43 is a flowchart for performing processing to access files in Example 2. 【図44】実施例2の所定期間アクセスされないファイルに対して処理を行うフローチャートである。 FIG. 44 is a flowchart for performing a process for a predetermined period access files that are not in the second embodiment. 【図45】実施例2において、データアイコン表示領域と子階層表示領域の分割のフローチャートである。 In Figure 45 Example 2 is a flow chart of the division of the data icon display area and child hierarchy display area. 【図46】実施例2において階層表示領域とデータアイコンの大きさを設定するフローチャートである。 FIG. 46 is a flowchart for setting the size of the hierarchy display area and data icons in the second embodiment. 【図47】実施例2の画像を中心にしたデータベースシステムにおける例を示す図である。 47 is a diagram showing an example of a database system centered on the image of Example 2. 【図48】実施例2における画像拡大の手順を示すフローチャートである。 FIG. 48 is a flowchart showing a procedure of image expansion in the second embodiment. 【図49】実施例2におけるフィルタ配列例を示す図である。 49 is a view showing a filter arrangement example in Example 2. 【図50】実施例2におけるフィルタ配列例を示す図である。 50 is a diagram showing a filter arrangement example in Example 2. 【図51】実施例2の時間順表示の表示例を示す図である。 51 is a diagram showing a display example of a time order display in Example 2. 【図52】実施例2の時間順表示の表示例を示す図である。 52 is a view showing a display example of a time order display in Example 2. 【図53】実施例2の時間矩形の設定とデータアイコンを設定するフローチャートである。 FIG. 53 is a flowchart for setting a time rectangle settings and data icons in Example 2. 【図54】実施例2の時間矩形領域とファイルアイコン表示領域の設定例を示す図である。 FIG. 54 is a diagram showing a setting example of the time the rectangular area and file icon display area of ​​the second embodiment. 【図55】実施例2の時間順表示でのデータアイコンを設定するフローチャートである。 FIG. 55 is a flowchart for setting a data icon in the chronological display Example 2. 【図56】実施例2の時間順表示でのズームアップのフローチャートである。 FIG. 56 is a flowchart of a zoom-in time order display Example 2. 【図57】実施例2の時間矩形属性データを説明する図である。 FIG. 57 is a diagram for explaining a time rectangle attribute data of Example 2. 【符号の説明】 30 画像属性データ32,42 フレーム位置33,43 フレームサイズ34 フレームデータ35 フレームデータ属性31,36,41 フレーム番号37,69 透過領域39 パレット属性データ40 フレームリスト65 カーソル66 OKボタン67 Cancelボタン68 フレーム表示エリア301 コンピュータシステム本体302 ディスプレー303 マウス305 キーボード502 フレーム管理部503 切り抜き表示部504,504' アプリケーションソフトウェア505 オペレーティングシステム(OS) 506 入力デバイス管理システム507 描画管理システム508 ファイルシステム509 ハードウェア510 キーボードインターフェース512 マウスインターフェース513 ビデオインターフェース51 [Description of Reference Numerals] 30 image attribute data 32 and 42 frame position 33 and 43 frame size 34 frame data 35 frame data attributes 31,36,41 frame number 37,69 transmissive region 39 palette attribute data 40 frame list 65 cursor 66 OK button 67 Cancel button 68-frame display area 301 computer system unit 302 display 303 mouse 305 keyboard 502 frame managing unit 503 cutout display unit 504 and 504 'application software 505 operating system (OS) 506 input device management system 507 drawing management system 508 file system 509 hardware 510 keyboard interface 512 mouse interface 513 video interface 51 4 ディスクIOインターフェース515 ハードディスク1120 画像の切り抜き状態1501 階層データ管理システム(階層ブラウザ) 1502 階層管理部1503 階層表示部 4 disk IO interface 515 hard disk 1120 image cutout state 1501 hierarchical data management system (hierarchical browser) 1502 layer manager 1503 hierarchical display unit

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (56)参考文献 特開 昭63−282523(JP,A) 特開 昭63−314653(JP,A) 特開 平2−114318(JP,A) 特開 平3−228179(JP,A) 特開 平4−5726(JP,A) 特開 平4−100144(JP,A) 特開 平4−152423(JP,A) 特開 平4−346124(JP,A) 特開 平5−20016(JP,A) 特開 平5−61632(JP,A) 特開 平5−265689(JP,A) 特開 平6−342361(JP,A) 特開 平7−13732(JP,A) 特開 平7−36753(JP,A) 特開 平8−171471(JP,A) (58)調査した分野(Int.Cl. 7 ,DB名) G06T 11/80 G06F 3/00 657 G06F 3/14 370 ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (56) reference Patent Sho 63-282523 (JP, a) JP Akira 63-314653 (JP, a) JP flat 2-114318 (JP, a) JP flat 3- 228179 (JP, A) Patent Rights 4-5726 (JP, A) Patent Rights 4-100144 (JP, A) Patent Rights 4-152423 (JP, A) Patent Rights 4-346124 (JP, A) Patent Rights 5-20016 (JP, A) Patent Rights 5-61632 (JP, A) Patent Rights 5-265689 (JP, A) Patent Rights 6-342361 (JP, A) Patent Rights 7-13732 (JP, a) JP flat 7-36753 (JP, a) JP flat 8-171471 (JP, a) (58 ) investigated the field (Int.Cl. 7, DB name) G06T 11/80 G06F 3 / 00 657 G06F 3/14 370

Claims (1)

  1. (57)【特許請求の範囲】 【請求項1】 複数のデータを階層的に管理する階層データ管理システムにおける画像編集方法であって、 データの属性として、表示されるアイコンの大きさを指定するアイコン表示サイズとアイコンの表示位置を指定するデータアイコン表示位置とを含んで登録し、 該アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを階層順に設定することによって、データの識別情報を示すデータアイコン群を、階層順に異なる大きさで同じ階層に属するデータアイコンは他の階層のデータアイコンと識別可能に表示することを特徴とする画像編集方法。 (57) The data [Claims: 1. A An image editing method in the hierarchical data management system for hierarchically managed, as attribute data, specifies the size of the icon displayed register and a data icon display position for designating a display position of the icon display size and the icon by setting the said icon display size and data icon display position in a hierarchical order, the data group of icons indicating the identity of the data , data icons belonging to the same hierarchy hierarchical order different sizes image editing method characterized by identifiably displayed with the data icon of another hierarchy. 【請求項2】 前記アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを変更することによって、階層あるいはデータアイコンのズームアップ,パニング及びズームアウトを行うことを特徴とする請求項記載の画像編集方法。 By 2. A changing and said icon display size and data icon display position, the zoom-up of the hierarchy or data icon, image editing method according to claim 1, wherein the performing panning and zooming out. 【請求項3】 前記データの属性として、更にデータをアクセスした回数を記憶するアクセス回数を含み、前記アクセスの回数が相対的に多いデータアイコンを相対的に大きく表示することを特徴とする請求項記載の画像編集方法。 As wherein attributes of the data, according to claim further comprising an access number for storing the number of times the access to a data, the number of the access is characterized in that relatively large displays relatively large data icon image editing method of 1, wherein the. 【請求項4】 複数のデータを階層的に管理する階層データ管理システムにおける画像編集方法であって、 階層順に異なる大きさでデータの識別情報を示すデータアイコン群を表示し、 所望のデータアイコンを指定して、該データをアクセスし、前記アクセスの頻度が相対的に高いデータアイコンを相対的に大きく表示することを特徴とする画像編集方法。 4. a plurality of data an image editing method in a hierarchical data management system for hierarchically managed, and displays the data group of icons indicating the identification information of the data in a hierarchical order in different sizes, the desired data icon specified, the image editing method characterized by accessing the data, the frequency of the access is relatively large display relatively high data icon. 【請求項5】 同じ階層に属するデータアイコンは他の階層のデータアイコンと識別可能に表示され、前記アクセスの頻度が相対的に高いデータが属する階層も相対的に大きく表示することを特徴とする請求項3または4記載の画像編集方法。 5. A data icon belonging to the same hierarchy are identifiably displayed with the data icon other layers, characterized in that the frequency of the access is to display relatively high data belongs hierarchy also relatively large claim 3 or 4 image editing method according. 【請求項6】 前記相対的に大きく表示されたデータアイコンは、一定期間を越えてアクセスされない場合に、 6. A data icon displayed the relatively large, if not accessed over a period of time,
    アクセスされない期間、または他のデータがアクセスされた回数に応じて、縮小されることを特徴とする請求項 Claims accessed without period or other data, in response to the number of times that has been accessed, characterized in that it is reduced
    3または4記載の画像編集方法。 3 or 4 image editing method according. 【請求項7】 更に、所望の階層あるいはデータアイコンを指定して、該階層あるいはデータアイコンをズームアップ,パニング及びズームアウトすることを特徴とする請求項記載の画像編集方法。 7. Further, by specifying the desired hierarchy or data icon, the hierarchical or zoom up the data icon, panning and image editing method according to claim 4, wherein the zoom out. 【請求項8】 注視階層よりも上位階層のデータアイコンをぼかし処理を加えて表示することを特徴とする請求項記載の画像編集方法。 8. The image editing method according to claim 7, wherein the display by adding a blurring process data icon upper layer than gaze hierarchy. 【請求項9】 前記ぼかし処理は、表示画素数よりも少ない画素数の元データの拡大により行うことを特徴とする請求項記載の画像編集方法。 Wherein said blurring processing is an image editing method according to claim 8, characterized in that the expansion of the original data of a smaller number of pixels than the number of display pixels. 【請求項10】 上位階層に位置するデータアイコンほどぼかし処理が強く加えて表示することを特徴とする請求項記載の画像編集方法。 10. An image editing method according to claim 9, wherein the blurring processing as data icon to the upper layer are displayed in addition strongly. 【請求項11】 前記データの属性として、更に、データの作成された日時情報とデータがアクセスされた日時情報とデータ中に明記された日時情報との中から選択される日時情報を含み、該アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを日時順に設定することによって、データの識別情報を示すデータアイコン群を、日時順に異なる大きさで同じ日時に属するデータアイコンは他の日時のデータアイコンと識別可能に表示することを特徴とする請求項記載の画像編集方法。 As 11. attribute of said data further includes date and time information time information and data generated in the data is selected from among the date and time information that is specified in the access date and time information and data, the by setting the icon display size and data icon display position in chronological order, the data group of icons indicating the identification information of the data, the data icon belonging to the same time a size different chronological of the identifiable data icon other times image editing method according to claim 1, wherein the display on. 【請求項12】 前記アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを変更することによって、同じ日時に属するデータアイコンのズームアップ及びズームアウトを行うことを特徴とする請求項11記載の画像編集方法。 12. The method of claim 11, wherein by changing the icon display size and data icon display position, image editing method according to claim 11, wherein the zooming up and zooming out of the data icons belonging to the same date. 【請求項13】 前記階層表示と日時順に従う表示とを選択できることを特徴とする請求項11記載の画像編集方法。 13. The image editing method according to claim 11, wherein the can be selected and displayed according to the hierarchical display and date order. 【請求項14】 更に、全階層の中で現時点で画面に表示をしている位置を、別ウィンドウの中に、上下左右平面と奥行き方向とに分けて表示し、前記別ウィンドウ内で所望の位置を指定することによって、所望の階層を所望の拡大率で表示することを特徴とする請求項1乃至1 14. Further, the position that the screen at the moment in the entire hierarchy, in another window, and displayed separately on the vertical and horizontal plane and depth direction, in the desired within the new window by specifying the position, according to claim 1 to 1 and displaying desired hierarchy at a desired magnification
    のいずれか1つに記載の画像編集方法。 Image editing method according to any one of the three. 【請求項15】 複数のデータを階層的に管理する階層データ管理システムにおける画像編集装置であって、 データの属性として、表示されるアイコンの大きさを指定するアイコン表示サイズとアイコンの表示位置を指定するデータアイコン表示位置とを含んで登録する属性登録手段と、 該アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを階層順に設定することによって、データの識別情報を示すデータアイコン群を、階層順に異なる大きさで同じ階層に属するデータアイコンは他の階層のデータアイコンと識別可能に表示する第1の表示手段とを備えることを特徴とする画像編集装置。 15. A plurality of data image editing apparatus in a hierarchical data management system for hierarchically managing, as an attribute of the data, the display position of the icon display size and the icon that specifies the size of the icon displayed an attribute registering unit that registers and a data icon display position specified by setting the hierarchical order of the data icon display position the icon display size, the data group of icons indicating the identification information of the data, different sizes in a hierarchical order of data icons belonging to the same hierarchy in the image editing apparatus comprising: a first display means for identifiably displayed with the data icon of another hierarchy. 【請求項16】 前記アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを変更することによって、階層あるいはデータアイコンのズームアップ,パニング及びズームアウトを行う第1の表示変更手段を更に備えることを特徴とする請求項15記載の画像編集装置。 By 16. Changing the said icon display size and data icon display position, claims and further comprising a first display change means for performing zooming up the hierarchy or data icon, panning and zooming out 15. image editing apparatus according. 【請求項17】 前記データの属性として、更にデータをアクセスした回数を記憶するアクセス回数を更に登録し、前記アクセスの回数が相対的に多いデータアイコンを相対的に大きく表示する第2の表示変更手段を更に備えることを特徴とする請求項15または16記載の画像編集装置。 17. As the attribute of the data, further further registers the access number for storing the number of times the access to a data, second display change the number of times of the access to relatively large displays relatively large data icon image editing apparatus according to claim 15 or 16, wherein further comprising a means. 【請求項18】 複数のデータを階層的に管理する階層データ管理システムにおける画像編集装置において、 階層順に異なる大きさでデータの識別情報を示すデータアイコン群を表示する表示手段と、 所望のデータアイコンを指定して、該データをアクセスするアクセス手段と前記アクセスの頻度が相対的に高いデータアイコンを相対的に大きく表示する第2の表示変更手段とを備えることを特徴とする画像編集装置。 18. The image editing apparatus in a hierarchical data management system for hierarchically managing a plurality of data, and display means for displaying the data icon group indicating identification information of the data in different sizes hierarchical order, the desired data icon specify the image editing apparatus; and a second display change means for frequency of the access and access means for accessing the data is relatively large display relatively high data icon. 【請求項19】 前記表示手段は、同じ階層に属するデータアイコンは他の階層のデータアイコンと識別可能に表示し、前記第2の表示変更手段は、前記アクセスの頻度が相対的に高いデータが属する階層も相対的に大きく表示することを特徴とする請求項17または18記載の画像編集装置。 19. the display means, data icons belonging to the same hierarchy is displayed distinguishable from data icon other layers, said second display change means, the frequency of the access is relatively high data image editing apparatus according to claim 17 or 18 further characterized in that also displayed relatively large belongs hierarchy. 【請求項20】 前記第2の表示変更手段は、前記相対的に大きく表示されたデータアイコンを、一定期間を越えてアクセスされない場合に、アクセスされない期間、 20. The second display change means, the relatively large display data icon, if not accessed over a period of time, accessed without period,
    または他のデータがアクセスされた回数に応じて、縮小することを特徴とする請求項17または18記載の画像編集装置。 Or other data in accordance with the number of times that has been accessed, the image editing apparatus according to claim 17 or 18, wherein the reducing. 【請求項21】 所望の階層あるいはデータアイコンを指定して、該階層あるいはデータアイコンをズームアップ,パニング及びズームアウトする第1の表示変更手段を更に備えることを特徴とする請求項18記載の画像編集装置。 21. Specify the desired hierarchy or data icon, the hierarchical or zoom up the data icon, panning and the image according to claim 18, characterized in that it comprises further a first display change means to zoom out editing apparatus. 【請求項22】 前記第1の表示変更手段は、注視階層よりも上位階層のデータアイコンをぼかし処理を加えて表示するぼかし手段を備えることを特徴とする請求項 22. The first display change means according to claim characterized in that it comprises a blurring unit for display in addition to blurring processing data icon upper layer than gazing hierarchy 2
    記載の画像編集装置。 1 image editing apparatus according. 【請求項23】 前記ぼかし手段は、表示画素数よりも少ない画素数の元データの拡大によりぼかし処理を行うことを特徴とする請求項22記載の画像編集装置。 23. The blurring unit, image editing apparatus according to claim 22, wherein the performing the blurring process by the enlargement of the original data of a smaller number of pixels than the number of display pixels. 【請求項24】 前記ぼかし手段は、上位階層に位置するデータアイコンほどぼかし処理が強く加えて表示することを特徴とする請求項23記載の画像編集装置。 24. The blurring unit, image editing apparatus according to claim 23, wherein the blurring processing as data icon to the upper layer are displayed in addition strongly. 【請求項25】 前記属性登録手段は、前記データの属性として、更に、データの作成された日時情報とデータがアクセスされた日時情報とデータ中に明記された日時情報との中から選択される日時情報を更に登録し、 該アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを日時順に設定することによって、データの識別情報を示すデータアイコン群を、日時順に異なる大きさで同じ日時に属するデータアイコンは他の日時のデータアイコンと識別可能に表示する第2の表示手段を更に備えることを特徴とする請求項15記載の画像編集装置。 25. The attribute registration means, as an attribute of the data is further selected from date and time information and data generated in the data of the date and time information that is specified in the access date and time information and data further registers the date and time information, by setting the said icon display size and data icon display position in chronological order, the data group of icons indicating the identity of the data, the data icons belonging to the same date in different sizes chronological other 15. image editing apparatus according to, further comprising a second display means for data icons identifiably displayed in the date and time. 【請求項26】 前記アイコン表示サイズとデータアイコン表示位置とを変更することによって、同じ日時に属するデータアイコンのズームアップ及びズームアウトを行う第3の表示変更手段を更に備えることを特徴とする請求項25記載の画像編集装置。 By 26. Changing the said icon display size and data icon display position, claims and further comprising a third display change means for performing zoom-up and zoom-out of the data icons belonging to the same time 25. image editing apparatus according. 【請求項27】 前記第1の表示手段と第2の表示手段とを切り換える切換手段を更に備えることを特徴とする請求項25記載の画像編集装置。 27. The image editing apparatus according to claim 25, wherein further comprising a switching means for switching between the first display means and second display means. 【請求項28】 前記第1及び第2の表示手段は、全階層の中で現時点で画面に表示をしている位置を、別ウィンドウの中に、上下左右平面と奥行き方向とに分けて表示し、前記別ウィンドウ内で所望の位置を指定することによって、所望の階層を所望の拡大率で表示する表示指示手段を備えることを特徴とする請求項15乃至27のいずれか1つに記載の画像編集装置。 28. The first and second display means, a position that the display on the screen at the moment in the entire hierarchy, in another window, the display is divided into a vertical and horizontal plane and depth direction and by specifying the desired position within the new window, according to any one of claims 15 to 27, characterized in including a display instruction unit for displaying desired hierarchy at a desired magnification image editing apparatus.
JP06431195A 1995-03-23 1995-03-23 Image editing method and apparatus Expired - Fee Related JP3450498B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06431195A JP3450498B2 (en) 1995-03-23 1995-03-23 Image editing method and apparatus

Applications Claiming Priority (11)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP06431195A JP3450498B2 (en) 1995-03-23 1995-03-23 Image editing method and apparatus
EP04078192A EP1515248A3 (en) 1994-12-16 1995-12-15 Hierarchical data display method and information processing system for realizing it
US08/573,519 US7336279B1 (en) 1994-12-16 1995-12-15 Intuitive hierarchical time-series data display method and system
EP00203600A EP1074923B1 (en) 1994-12-16 1995-12-15 Hierarchical data display method and information processing system for realizing it
DE69523423T DE69523423T2 (en) 1994-12-16 1995-12-15 Display method of hierarchical data and information system to perform
DE69523423A DE69523423D1 (en) 1994-12-16 1995-12-15 Display method of hierarchical data and information system to perform
DE69534027T DE69534027T2 (en) 1994-12-16 1995-12-15 to implement hierarchical data display method, and information processing method to it
ES95309152T ES2161835T3 (en) 1994-12-16 1995-12-15 Method of displaying hierarchical data and information processing system for its realization.
DE69534027A DE69534027D1 (en) 1994-12-16 1995-12-15 to implement hierarchical data display method, and information processing method to it
EP95309152A EP0717346B1 (en) 1994-12-16 1995-12-15 Hierarchical data display method and information processing system for realizing it
US09/845,960 US7639254B2 (en) 1994-12-16 2001-05-01 Intuitive hierarchical time-series data display method and system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH08263633A JPH08263633A (en) 1996-10-11
JP3450498B2 true JP3450498B2 (en) 2003-09-22

Family

ID=13254574

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP06431195A Expired - Fee Related JP3450498B2 (en) 1995-03-23 1995-03-23 Image editing method and apparatus

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3450498B2 (en)

Families Citing this family (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7295221B2 (en) 1997-10-23 2007-11-13 Canon Kabushiki Kaisha Image processing apparatus and method, and computer-readable memory
JP2002215287A (en) * 2001-01-23 2002-07-31 Sony Corp Information processor, information processing method, program and recording medium
US7051282B2 (en) * 2003-06-13 2006-05-23 Microsoft Corporation Multi-layer graphical user interface
JP5235781B2 (en) * 2009-05-18 2013-07-10 ソニー株式会社 The information processing apparatus and method, and recording medium

Also Published As

Publication number Publication date
JPH08263633A (en) 1996-10-11

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6826729B1 (en) Gallery user interface controls
US5842203A (en) Method and system for performing non-boolean search queries in a graphical user interface
US7705858B2 (en) Techniques for displaying digital images on a display
JP3973263B2 (en) A group of graphic objects representation and computer controlled graphics display system
US6072486A (en) System and method for creating and customizing a deskbar
AU2003203745B8 (en) System and method for user modification of metadata in a shell browser
EP1105819B1 (en) Methods and devices for mapping data files
JP4290871B2 (en) Computer system for display and interaction of data organized in a hierarchical data structure
CN103150316B (en) Based on a system for filtering and organizing items common elements
US6570597B1 (en) Icon display processor for displaying icons representing sub-data embedded in or linked to main icon data
US8407620B2 (en) System and process for providing dynamic communication access and information awareness in an interactive peripheral display
CN101036110B (en) Method for displaying digital images using groups, stacks, and version sets
RU2365982C2 (en) Property tree for navigation and assigning metadata
US6252597B1 (en) Scalable user interface for graphically representing hierarchical data
US6753888B2 (en) Display interface method and apparatus, and a computer-readable storage storing a program, for controlling a computer to perform displaying a plurality of objects and performing an operation for duplicating or moving at least one of the objects
US5699535A (en) Method, memory and apparatus for automatically resizing a plurality of windows displayed on a computer display
KR100763323B1 (en) A method and system for extending the file system api
US8688750B2 (en) Systems, methods, and user interfaces for storing, searching, navigating, and retrieving electronic information
US7013435B2 (en) Three dimensional spatial user interface
US7804508B2 (en) Viewing digital images on a display using a virtual loupe
US9053462B2 (en) User interface for a system and process for providing dynamic communication access and information awareness in an interactive peripheral display
US5969720A (en) Data processing system and method for implementing an informative container for a file system
US7810036B2 (en) Systems and methods for personalizing a portal
US5940077A (en) Method, memory and apparatus for automatically resizing a window while continuing to display information therein
US7444598B2 (en) Exploded views for providing rich regularized geometric transformations and interaction models on content for viewing, previewing, and interacting with documents, projects, and tasks

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20030627

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070711

Year of fee payment: 4

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080711

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080711

Year of fee payment: 5

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090711

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090711

Year of fee payment: 6

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100711

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100711

Year of fee payment: 7

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110711

Year of fee payment: 8

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120711

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120711

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130711

Year of fee payment: 10

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees