JP3319683B2 - Liquid level control method of the drip chamber being connected to the extracorporeal circuit blood - Google Patents

Liquid level control method of the drip chamber being connected to the extracorporeal circuit blood

Info

Publication number
JP3319683B2
JP3319683B2 JP34762595A JP34762595A JP3319683B2 JP 3319683 B2 JP3319683 B2 JP 3319683B2 JP 34762595 A JP34762595 A JP 34762595A JP 34762595 A JP34762595 A JP 34762595A JP 3319683 B2 JP3319683 B2 JP 3319683B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
drip chamber
liquid level
blood
valve
pressure
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP34762595A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH09164197A (en )
Inventor
賢 大西
Original Assignee
株式会社大塚製薬工場
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【発明の属する技術分野】本発明は、ドリップチャンバーの液面レベルを設定レベルに制御して流体を排出する方法に関する。 The present invention relates to relates to a method for discharging fluid by controlling the liquid level in the drip chamber a set level.

【0002】 [0002]

【従来の技術】血液を体外に循環させて、血液に必要な処理をするとき、血液回路の途中にドリップチャンバーが連結される。 BACKGROUND OF THE INVENTION Blood is circulated outside the body, when the processing necessary for blood, drip chambers are connected in the middle of the blood circuit. ドリップチャンバーは、血液を循環させる状態を外部から目でみて確認できるように、一定量の空気を蓄えて液面レベルを一定に保持している。 Drip chamber, as can be confirmed visually a state of circulating blood from the outside, holds the liquid level constant by accumulated a certain amount of air. 空気中に血液を滴下させて、血液の循環状態を観察できる。 By dropwise addition of blood into the air, it can be observed circulation state of the blood.

【0003】体外に循環させる血液回路の途中に連結されるドリップチャンバーは、気密に閉塞して使用され、 [0003] drip chamber connected to the middle of the blood circuit for circulating outside the body, occluded used airtight,
上部に空気を溜めて所定の液面レベルに保持して使用される。 Used to hold a predetermined liquid surface level reservoir air at the top. 気密に閉塞されるドリップチャンバーは、供給量と同じ量の血液を排出するので、液面レベルは変動することはない。 Drip chamber is air-tightly closed, so that discharge the same amount of blood supply amount, never liquid level varies. ドリップチャンバーは、使用を開始するときに、液面レベルを設定レベルに調整する必要がある。 Drip chamber when starting the use, it is necessary to adjust the liquid level to the setting level.
血液を体内に循環させる血液浄化療法においては、治療を開始する前に、血液回路を生理食塩水で洗浄する、すなわち、血液回路をプライミングする。 In blood purification therapy for circulating blood in the body, before starting the treatment, wash the blood circuit with saline, i.e., priming the blood circuit. プライミング時に、ドリップチャンバーの液面レベルが調整される。 During priming drip chamber liquid level is adjusted. プライミング時に液面レベルが調整されると、循環される流体が、生理食塩水から血液に代わっても、ドリップチャンバーの液面レベルは変化しない。 When the liquid level in the priming is adjusted, the fluid to be circulated, even instead of the saline into the blood, drip chamber liquid level does not change.

【0004】プライミング時にドリップチャンバーの液面レベルを設定レベルに調整するために、従来の方法は、ドリップチャンバーの液面センサーを使用する。 [0004] In order to adjust the liquid level of the drip chamber a set level during priming, the conventional method uses a drip chamber of the liquid level sensor. 液面センサーは、ドリップチャンバーの液面レベルを検出するもので、たとえば、静電容量センサーや超音波センサーが使用される。 Liquid level sensor is for detecting the liquid level of the drip chamber, for example, capacitive sensors or ultrasonic sensors are used. 液面センサーを使用する方法は、下記のようにしてドリップチャンバーの液面レベルを設定値に調整する。 How to use the liquid level sensor, adjusts the liquid level of the drip chamber to the set value as follows.

【0005】 排出弁を閉弁して空気弁を開弁する。 [0005] and it closes the discharge valve to open the air valve. ドリップチャンバーの液面が設定レベルになるまで、ポンプを運転する。 To the liquid surface of the drip chamber reaches the set level, to operate the pump. ドリップチャンバーの液面が設定レベルになったかどうかは、液面センサーが検出する。 Whether the liquid level of the drip chamber reaches a set level, liquid level sensor detects. ドリップチャンバーの液面が設定レベルになると、 When the liquid level of the drip chamber reaches the set level,
空気弁を閉弁すると共に、排出弁を開弁する。 With closing the air valve to open the discharge valve. この状態でポンプを運転すると、ドリップチャンバーは、液面レベルを一定に保持して、供給される流体を排出できる。 When operating the pump in this condition, drip chamber holds the liquid level constant, it can be discharged fluid supplied.

【0006】 [0006]

【発明が解決しようとする課題】以上のようにして、プライミング時に液面レベルを調整する従来の方法は、液面センサーに静電容量センサーや超音波センサーを使用するので、液面センサーが高価になる欠点がある。 As described above [0006], the conventional method of adjusting the liquid level at the time of priming, because it uses an electrostatic capacitance sensor or an ultrasonic sensor to the liquid level sensor, a liquid level sensor expensive there is a disadvantage to be. さらに、静電容量センサーは、ドリップチャンバーとの距離がずれると、液面レベルを正確に検出できなくなる。 Furthermore, the capacitance sensor, the distance between the drip chamber is shifted, it can not be accurately detected liquid level. 静電容量センサーがドリップチャンバーから離れるほど、 More capacitive sensor is separated from the drip chamber,
検出感度が低下するからである。 Detection sensitivity is lowered. さらに、このセンサーはドリップチャンバーに手等が触れると静電容量が変動して正確に検出できなくなる欠点もある。 Further, this sensor is also disadvantages capacitance when the hand or the like touches the drip chamber can not be accurately detected change. 超音波センサーは、ドリップチャンバーに接触していないと正確に液面レベルを検出できない欠点がある。 Ultrasonic sensor has a drawback that can not be accurately detected liquid level when not in contact with the drip chamber.

【0007】本発明は、さらにこの欠点を解決することを目的に開発されたものである。 [0007] The present invention has been developed to further resolve this drawback. 本発明の重要な目的は、静電容量センサーや超音波センサーを使用することなく、安価な構造でドリップチャンバーの液面を設定レベルに制御できる血液の体外循環回路に連結されるドリップチャンバーの液面制御方法を提供することにある。 An important object of the present invention, without the use of capacitive sensors or ultrasonic sensors, liquid drip chamber connected to an extracorporeal circuit of blood that can be controlled to a set level the liquid surface of the drip chamber with an inexpensive structure It is to provide a surface control method.

【0008】 [0008]

【課題を解決するための手段】本発明の血液の体外循環回路に連結されるドリップチャンバーの液面制御方法は、体外循環回路に連結されているドリップチャンバー1に流体を供給して液面レベルを設定レベルに制御し、 Liquid level control method of the drip chamber being connected to the extracorporeal circuit of blood SUMMARY OF THE INVENTION The present invention, liquid level by supplying a fluid to the drip chamber 1, which is connected to the extracorporeal circuit to control a set level, and
この状態で排出弁を開弁して供給される流体を排出弁から排出する液面の制御方法を改良したものである。 The fluid supplied by opening the discharge valve in this state is an improvement over the method of controlling the liquid level to be discharged from the discharge valve.

【0009】本発明の血液の体外循環回路に連結されるドリップチャンバーの液面制御方法は、体外循環回路を圧力によって実質的に膨張しないようにすると共に、ドリップチャンバー1に連結されている排出弁3と空気弁4とを閉弁する状態で、ドリップチャンバー1に流体を供給する。 [0009] liquid level control method of the drip chamber being connected to the extracorporeal circuit of blood present invention, the extracorporeal circuit with which does not substantially inflated by the pressure, the discharge valve which is connected to the drip chamber 1 in a state of closing the 3 and the air valve 4, and supplies the fluid to the drip chamber 1. この状態で、ドリップチャンバー1の圧力が設定圧力に上昇したことを圧力センサー5で検出する。 In this state, detected by the pressure sensor 5 that the pressure of the drip chamber 1 is increased to the set pressure.
ドリップチャンバー1の液面レベルが設定レベルまで上昇すると、流体の供給を停止して空気弁4を開弁し、空気弁4でもってドリップチャンバー1内に蓄えられる加圧空気を排出する。 When the liquid level drip chamber 1 rises to the set level, by stopping the supply of fluid to open the air valve 4 to discharge the pressurized air accumulated in the drip chamber 1 with an air valve 4. ドリップチャンバー1内が非加圧状態になったことを検出して、空気弁4を閉弁すると共に排出弁3を開弁し、その後に流体を供給して、ドリップチャンバー1を所定の液面レベルに保持しながら排出弁3から流体を排出する。 It detects that the drip chamber 1 becomes non-pressurized state, and open the discharge valve 3 as well as close the air valve 4, and then supplying fluid to a predetermined liquid level of the drip chamber 1 discharging the fluid from the discharge valve 3 while maintaining the level.

【0010】本発明の方法に使用される体外循環回路を図2に例示する。 [0010] The extracorporeal circulation circuit for use in the method of the present invention illustrated in FIG. この図の体外循環回路は、ドリップチャンバー1にポンプ2で流体を供給する。 Extracorporeal circuit of this figure, for supplying fluid at pump 2 to the drip chamber 1. ポンプ2は血液を移送する血液ポンプ2Aと、血漿を移送する血漿ポンプ2Bとを備える。 Pump 2 includes a blood pump 2A for transferring the blood, and plasma pump 2B for transferring the blood plasma. 血液ポンプ2Aと血漿ポンプ2B Blood pump 2A and the plasma pump 2B
からなるポンプ2で流体をドリップチャンバー1に供給する装置は、ドリップチャンバー1の圧力が設定圧力に上昇して、ドリップチャンバー1の液面レベルが設定レベルまで上昇したときにポンプ2の運転を停止するとき、血液ポンプ2Aと血漿ポンプ2Bの両方のポンプ2 Apparatus for supplying fluid to the drip chamber 1 by the pump 2 made of the increased pressure in the drip chamber 1 is the set pressure, stopping the operation of the pump 2 when the liquid level drip chamber 1 rises to a set level to time, both blood pumps 2A and plasma pump 2B pump 2
の運転を停止する。 To stop the operation. その後、ポンプ2の運転を停止して空気弁4を開弁し、空気弁4でもってドリップチャンバー1内に蓄えられる加圧空気を排出し、ドリップチャンバー1内が非加圧状態になったことを検出して、空気弁4を閉弁すると共に排出弁3を開弁し、その後に運転するポンプ2は、血液ポンプ2Aと血漿ポンプ2Bの何れか、あるいは両方である。 Then it stops the operation of the pump 2 opens the air valve 4, with an air valve 4 to discharge the pressurized air accumulated in the drip chamber 1, the drip chamber 1 becomes non-pressurized state and detecting, by opening the discharge valve 3 as well as close the air valve 4, the pump 2 to drive subsequently, is either or both of the blood pump 2A and plasma pump 2B.

【0011】図2に示す回路は、ポンプ2に代わって、 [0011] The circuit shown in Figure 2, instead of the pump 2,
制御回路9で開閉弁11を制御し、開閉弁11を開閉して、ドリップチャンバー1への流体の供給を制御することもできる。 To control the opening and closing valve 11 by the control circuit 9, by opening and closing the on-off valve 11 can also control the supply of fluid to the drip chamber 1. 開閉弁11を開閉する装置は、ポンプ2を運転する状態で開閉弁11を開閉して、ドリップチャンバー1への流体の供給を調整することができる。 For opening and closing the opening and closing valve 11 device, opening and closing the on-off valve 11 in a state of operating the pump 2, it is possible to adjust the supply of fluid to the drip chamber 1.

【0012】 [0012]

【作用】本発明の液面制御方法が、ドリップチャンバーの液面を設定レベルに制御する好ましい工程を図1に示す。 [Action] liquid level control method of the present invention, illustrating a preferred process for controlling the liquid level of the drip chamber a set level in FIG. この図の液面制御方法は下記のようにして、ドリップチャンバーの液面を設定レベルに制御する。 Liquid level control method of this figure as follows, to control the liquid level of the drip chamber a set level.

【0013】(1) 空気弁4と排出弁3とを開弁して、 [0013] (1) opens the air valve 4 and exhaust valve 3,
ドリップチャンバー1に流体を供給する。 Supplying fluid to the drip chamber 1. 流体は、開閉弁11を開弁して、血液ポンプ2Aと血漿ポンプ2Bからなる何れかまたは両方のポンプ2を運転してドリップチャンバー1に供給される。 Fluid is to open the closing valve 11, it is supplied to the drip chamber 1 by operating either or both of the pump 2 consists of the blood pump 2A and plasma pump 2B. 流体には生理食塩水が使用される。 Saline is used for the fluid. ポンプ2から供給される流体は、ドリップチャンバー1の下端に連結されている排出弁3から排出される。 Fluid supplied from the pump 2 is discharged from the discharge valve 3 which is connected to the lower end of the drip chamber 1. この状態は、空気弁4と排出弁3を開弁しているのでドリップチャンバー1は供給される流体で加圧されることはない。 This condition does not drip chamber 1 is pressurized by fluid supplied since opening the discharge valve 3 and the air valve 4.

【0014】(2) 液体センサー6が、流体の通過を検出して、排出弁3と空気弁4を閉弁する。 [0014] (2) Liquid sensor 6, detects the passage of fluid and closes the discharge valve 3 and the air valve 4. 排出弁3と空気弁4を閉弁してドリップチャンバー1を気密に密閉する状態で、ポンプ2が流体をドリップチャンバー1に供給する。 And closes the discharge valve 3 and the air valve 4 while sealing the drip chamber 1 in an airtight supply pump 2 fluid into drip chamber 1. 気密に密閉されたドリップチャンバー1は、供給される流体で加圧される。 Drip chamber 1 which is hermetically sealed is pressurized by fluid supplied. また、供給される流体がドリップチャンバー1に蓄えられて液面レベルが上昇する。 The fluid to be supplied is stored in the drip chamber 1 liquid level rises. 液面レベルの位置は、ドリップチャンバー1内の圧力の関数となる。 Position of the liquid level is a function of the pressure in the drip chamber 1. たとえば、気密に密閉されたドリップチャンバー1を含む容積の半分に流体が圧入されると、 For example, when the fluid is pressed into half volume containing drip chamber 1 which is hermetically sealed,
流体は体積が変化しないので、ドリップチャンバー1の内圧は約1気圧高くなる。 Because the fluid volume does not change, the internal pressure of the drip chamber 1 is about 1 atmosphere higher. 加圧された空気の体積と圧力の積が一定になるからである。 The product of the volume and pressure of pressurized air is because a constant. したがって、ドリップチャンバー1の内圧を検出して、ドリップチャンバー1の液面が設定レベルになったことを検出できる。 Therefore, by detecting the internal pressure of the drip chamber 1 it can detect that the liquid level of the drip chamber 1 reaches a set level.

【0015】(3) ドリップチャンバー1の液面が設定レベルになって、内圧が設定された圧力になると、このことを圧力センサー5が検出して、ドリップチャンバー1への流体の供給を停止して空気弁4を開弁する。 [0015] (3) the liquid level of the drip chamber 1 becomes a set level, at a pressure internal pressure is set, this is detected the pressure sensor 5, to stop the supply of fluid to the drip chamber 1 opening the air valve 4 Te. ドリップチャンバー1への流体の供給を停止するために、血液ポンプ2Aと血漿ポンプ2Bの運転を停止し、あるいは、開閉弁11を閉弁する。 To stop the supply of fluid to the drip chamber 1, and stops the operation of the blood pump 2A and plasma pump 2B, or closes the on-off valve 11. この状態で、排出弁3は閉弁状態に保持される。 In this state, the discharge valve 3 is held in the closed state. 開弁した空気弁4から、加圧されたドリップチャンバー1内の空気が排気されて、ドリップチャンバー1の内圧が大気圧になる。 From the air valve 4 is opened, air pressurized drip chamber 1 is evacuated, the internal pressure of the drip chamber 1 is atmospheric pressure. (4) 空気弁4を閉弁し、排出弁3を開弁して、ドリップチャンバー1に流体を供給する。 (4) closes the air valve 4, and opens the discharge valve 3, for supplying fluid to the drip chamber 1. 流体を供給するために、血液ポンプ2Aと血漿ポンプ2Bの何れかまたは両方のポンプ2を運転し、開閉弁11を閉弁しているときは、この開閉弁11を開弁する。 For supplying fluid, operated either or both pumps 2 blood pump 2A and plasma pump 2B, when being closed off valve 11, opens the on-off valve 11. ドリップチャンバー1 Drip chamber 1
は空気弁4が閉弁されているので、液面が設定レベルに保持されて、供給される流体を排出弁3から排出する。 Since the air valve 4 is closed, it is held liquid level a set level, and discharges the fluid supplied from the discharge valve 3.
すなわち、ドリップチャンバー1の液面が設定レベルに保持されて、流体が排出される。 That is, the liquid level of the drip chamber 1 is maintained at the set level, the fluid is discharged.

【0016】 [0016]

【発明の実施の形態】以下、本発明の実施例を図面に基づいて説明する。 BEST MODE FOR CARRYING OUT THE INVENTION Hereinafter, will be explained based on the embodiment of the present invention with reference to the drawings. ただし、以下に示す実施例は、本発明の技術思想を具体化するための方法を例示するものであって、本発明は血液の体外循環回路に連結されるドリップチャンバーの液面制御方法を下記の方法に特定しない。 However, embodiments described below are intended to illustrate the method for embodying the technical idea of ​​the present invention, the present invention is a liquid level control method of the drip chamber being connected to the extracorporeal circuit blood following not specific to the method.

【0017】さらに、この明細書は、特許請求の範囲を理解し易いように、実施例に示される部材に対応する番号を、「特許請求の範囲の欄」、および「課題を解決するための手段の欄」に示される部材に付記している。 Furthermore, this specification, for ease of understanding the scope of the appended claims, the number corresponding to the members shown in the examples, "in the claims section", and "to solve the problem It is appended to members shown in the column "means. ただ、特許請求の範囲に示される部材を、実施例の部材に特定するものでは決してない。 However, the members shown in the claims, is in no way intended to identify the members of Examples.

【0018】図2は本発明の血液の体外循環回路に連結されるドリップチャンバーの液面制御方法に使用する装置の概略図である。 [0018] FIG. 2 is a schematic view of apparatus used in the liquid level control method of the drip chamber being connected to the extracorporeal circuit of blood present invention. この図のドリップチャンバー1は、 Drip chamber 1 in this figure,
血液循環路に連結されている。 It is connected to the blood circuit. この図は、ドリップチャンバー1を血液循環路の返血側に連結している。 This figure drip chamber 1 is connected to the blood return side of the blood circulation path. ただ、 However,
ドリップチャンバーは、血液循環路の採血側に、あるいは循環路の途中にも連結される。 Drip chamber, the blood side of the blood circuit, or is connected to the middle of the circulation path. 循環路に連結されるドリップチャンバーは、空気や凝固した血液が体内に入るのを防止する。 Drip chamber connected to the circulation path prevents the air or coagulated blood enters the body. さらに、ドリップチャンバーの空気中に血液を滴下させることにより、血液の流れる速度をチェックすることができる。 Furthermore, by dropping the blood on the drip chamber in the air, it is possible to check the rate of flow of blood.

【0019】ドリップチャンバーは、カテーテルを介して体内に輸液を入れる回路にも使用される。 The drip chamber is also used in a circuit to put the infusion into the body through a catheter. この用途に使用されるドリップチャンバーも、体内に空気が入るのを防止し、また、輸液の供給量をチェックできる。 Drip chambers used for this purpose also prevents air from entering the body, also can check the amount of supply of the infusion.

【0020】図2の血液循環回路の詳細図を図3に示す。 [0020] The detailed view of the blood circulation circuit of Figure 2 is shown in FIG. これ等の図に示す血液循環路は、採血側の血液ポンプ2Aで血液を吸入して、血漿を分離するフィルター7 Blood circulation path shown in the figure this like, and inhalation of blood blood side of the blood pump 2A, the filter 7 which separates the plasma
に供給する。 Supplied to. フィルター7は血漿とそれ以外の成分に分離する。 Filter 7 is separated into plasma and other components. 分離された血漿は、血漿ポンプ2Bでもって血漿中の病原物質を除去する吸着器10とファイナルフィルター8に供給される。 Separated plasma is supplied to the adsorber 10 and final filter 8 with in plasma pump 2B removing pathogenic substances in plasma. ファイナルフィルター8を通過した血漿は、フィルター7で分離された血漿以外の成分とともに、開閉弁11を通過して、ドリップチャンバー1に供給され、ドリップチャンバー1から体内に返血される。 Plasma that has passed through the final filter 8, together with the components other than blood plasma separated by the filter 7, passes through the opening and closing valve 11, is supplied to the drip chamber 1, it is returning blood to the body through the drip chamber 1.

【0021】これ等の図に示す回路は、洗浄のために血液を循環させる前に、生理食塩水を流してプライミングする。 The circuit shown in figure this like, before circulating blood for cleaning, priming by flowing saline. プライミングするときに、ドリップチャンバー1 When priming, drip chamber 1
の液面を設定レベルに調整する。 Adjusting the liquid level to the setting level. ドリップチャンバー1 Drip chamber 1
の液面を設定レベルに調整するために、ドリップチャンバー1は下端に排出弁3を連結し、上端には空気弁4と圧力センサー5とを連結している。 In order to adjust the liquid level to the setting level, the drip chamber 1 is connected to the discharge valve 3 at the lower end, the upper end connects the air valve 4 and a pressure sensor 5. さらに、ドリップチャンバー1の排出側に液体センサー6も連結している。 Furthermore, the liquid sensor 6 is also connected to the discharge side of the drip chamber 1.
空気弁4と排出弁3と血液ポンプ2A及び血漿ポンプ2 Air valve 4 and exhaust valve 3 and the blood pump 2A and plasma pump 2
Bと開閉弁11が制御回路9に制御されて、ドリップチャンバー1の液面を設定レベルに調整する。 B off valve 11 is controlled by the control circuit 9 is adjusted to set the level of the liquid surface of the drip chamber 1.

【0022】制御回路9は、マイクロコンピュータを内蔵している。 [0022] The control circuit 9 has a built-in micro computer. 制御回路9は、圧力センサー5と液体センサー6からの入力信号を演算して、空気弁4と排出弁3 Control circuit 9 calculates an input signal from the pressure sensor 5 and the liquid sensor 6, the discharge valve 3 and the air valve 4
を開閉し、血液ポンプ2A及び血漿ポンプ2Bで構成されるポンプ2の運転、あるいは開閉弁11を制御してドリップチャンバー1の液面を設定レベルに調整する。 Opening and closing the, operation of the composed pump 2 by the blood pump 2A and plasma pump 2B, or by controlling the opening and closing valve 11 is adjusted to set the level of the liquid surface of the drip chamber 1. 制御回路9は、図4のフローチャートでドリップチャンバーの液面を設定レベルに調整する。 The control circuit 9 is adjusted to set the level of the liquid surface of the drip chamber in the flow chart of FIG.

【0023】[N1のステップ]制御回路9が、空気弁4と排出弁3とを開弁する。 [0023] [N1 Step] The control circuit 9, to open the air valve 4 and exhaust valve 3. [N2のステップ]制御回路9が、血液ポンプ2A及び血漿ポンプ2Bからなるポンプ2を運転する。 [N2 Step] The control circuit 9, to operate the pump 2 comprising a blood pump 2A and plasma pump 2B. 血液ポンプ2A及び血漿ポンプ2Bからなるポンプ2は、生理食塩水を、フィルター7と吸着器10とファイナルフィルター8とドリップチャンバー1に供給する。 Pump 2 comprising a blood pump 2A and plasma pump. 2B, saline, and supplies a filter 7 to the adsorber 10 and final filter 8 and drip chamber 1. このとき、 At this time,
開閉弁11は開弁される。 Off valve 11 is opened.

【0024】[N3のステップ]液体センサー6が、ドリップチャンバー1の排出側を生理食塩水が通過したかどうかを検出して、検出信号を制御回路9に入力する。 [0024] Liquid sensor 6 [step N3] is, the discharge side of the drip chamber 1 by detecting whether the saline has passed, and inputs a detection signal to the control circuit 9.
液体センサー6が生理食塩水を検出するまで、このステップがループされる。 Liquid sensor 6 to the detection of the physiological saline, the steps are looped. [N4のステップ]ドリップチャンバー1の排出側に生理食塩水が流れるようになると、液体センサー6がこのことを検出し、制御回路9は排出弁3を閉弁する。 Becomes to flow saline to the discharge side of the drip chamber 1 [step N4], the liquid sensor 6 detects this, the control circuit 9 closes the discharge valve 3.

【0025】[N5のステップ]圧力センサー5が、ドリップチャンバー1の内圧が大気圧と等しい状態、すなわち、大気圧との差圧が0kg/cm 2の非加圧状態にあるかどうかを判定する。 The pressure sensor 5 [step N5], determines the state the inner pressure of the drip chamber 1 is equal to the atmospheric pressure, i.e., the differential pressure between atmospheric pressure whether the non-pressurized state of 0 kg / cm 2 . 排出弁3を開弁した状態で、 The discharge valve 3 in a state in which the valve opening,
ドリップチャンバー1に供給される生理食塩水は、排出弁3を通過して自然に流下して排出される。 Saline supplied to the drip chamber 1 is discharged to flow down naturally through the discharge valve 3. このため、 For this reason,
排出弁3を開弁して生理食塩水を供給すると、ドリップチャンバー1の内圧は負圧、すなわち0kg/cm 2よりも低くなる。 Supplying saline by opening the exhaust valve 3, the internal pressure of the drip chamber 1 negative, i.e. lower than 0 kg / cm 2. 排出弁3を閉弁して生理食塩水を供給すると、排出弁3を通過して生理食塩水が流下しなくなるので、ドリップチャンバー1内の圧力は大気圧まで上昇する。 Supplying saline closes the discharge valve 3, since saline is not flowing down through the exhaust valve 3, the pressure in the drip chamber 1 is increased to atmospheric pressure. ドリップチャンバー1の内圧が大気圧になるまでこのステップをループする。 The internal pressure of the drip chamber 1 This step is repeatedly executed until the atmospheric pressure.

【0026】[N6のステップ]ドリップチャンバー1 [0026] [N6 of step] drip chamber 1
の内圧が大気圧になると、空気弁4を閉弁する。 When the internal pressure of becomes the atmospheric pressure, closing the air valve 4. 空気弁4と排出弁3とが閉弁されると、ドリップチャンバー1 When the discharge valve 3 and the air valve 4 is closed, drip chamber 1
は気密に閉塞される。 It is closed in an air-tight. この状態で血液ポンプ2A及び血漿ポンプ2Bからなるポンプ2が生理食塩水をドリップチャンバー1に供給しているので、ドリップチャンバー1の内圧が上昇を始める。 Since the pump 2 comprising a blood pump 2A and plasma pump 2B in this state is supplying saline drip chamber 1, the internal pressure of the drip chamber 1 begins to rise.

【0027】[N7のステップ]空気弁4を閉弁した後、制御回路9に内蔵されるタイマーがカウントを開始する。 [0027] After closing the air valve 4 [step N7], a timer incorporated in the control circuit 9 starts counting. 制御回路9は、ドリップチャンバー1の内圧が設定圧力になるまでの時間が、規定範囲にあるかどうかを判定して、システムが正常に作動しているかどうかを判定するために設けられている。 The control circuit 9, the time until the internal pressure of the drip chamber 1 reaches the set pressure, it is determined whether a specified range, the system is provided to determine whether operating normally.

【0028】[N8のステップ]圧力センサー5がドリップチャンバー1の内圧を検出し、ドリップチャンバー1の内圧が設定圧力になるまでこのステップをループする。 [0028] [N8 Step] pressure sensor 5 detects the internal pressure of the drip chamber 1, to loop this step until the internal pressure of the drip chamber 1 reaches the set pressure. 設定圧力は制御回路9のメモリに記憶されている。 Set pressure stored in the memory of the control circuit 9.
記憶される設定圧力は、ドリップチャンバー1の液体が設定レベルに上昇するときの圧力、たとえば、350m The stored set pressure, the pressure at which the drip chamber 1 liquid rises to the set level, for example, 350 meters
mHgに調整されている。 It has been adjusted to mHg. ただ、本発明の方法は設定圧力をこの値に特定しないのは言うまでもない。 However, the method of the present invention is of course not specified set pressure to this value. 設定圧力は、ドリップチャンバーの形状や要求される液面レベルによって最適値に設定される。 Set pressure is set to an optimum value by drip chamber shapes and required liquid level. ドリップチャンバー1の液面が設定レベルまで上昇すると、ドリップチャンバー1の内圧は設定圧力まで上昇する。 When the liquid level of the drip chamber 1 rises to the set level, the internal pressure of the drip chamber 1 is raised to the set pressure.

【0029】[N9、10のステップ]ドリップチャンバー1の内圧が設定圧力まで上昇すると、タイマーがカウントを停止すると共に、生理食塩水の供給を停止する。 [0029] When the inner pressure of the drip chamber 1 Step of N9,10] rises to the set pressure, the timer stops counting, stopping the supply of saline. 生理食塩水の供給を停止させるために、血液ポンプ2A及び血漿ポンプ2Bからなるポンプ2の運転を停止する。 To stop the supply of saline, to stop the operation of the pump 2 comprising a blood pump 2A and plasma pump 2B. ポンプの運転を停止しないで、開閉弁11を閉弁して生理食塩水の供給を停止することもできる。 Without stopping the operation of the pump, it is also possible to stop the supply of saline and closed-off valve 11. ドリップチャンバー1の内圧は圧力センサー5に検出されるので、ドリップチャンバー1の圧力信号は圧力センサー5 Since the internal pressure of the drip chamber 1 is detected at the pressure sensor 5, a pressure signal of the drip chamber 1 pressure sensor 5
から制御回路9に入力される。 Is input to the control circuit 9. したがって、制御回路9 Therefore, the control circuit 9
は圧力センサー5からの信号で、ドリップチャンバー1 It denotes a signal from the pressure sensor 5, drip chamber 1
が設定圧力になったことを検出して、タイマーのカウントを停止して、血液ポンプ2Aと血漿ポンプ2Bからなるポンプ2の運転を停止し、あるいは開閉弁11を閉弁する。 There it is detected that reaches a set pressure, the counting of the timer is stopped to stop the operation of the pump 2 comprising a blood pump 2A and plasma pump 2B, or closes the on-off valve 11.

【0030】以上の実施例は、血液ポンプと血漿ポンプからなる両方のポンプを運転して、生理食塩水をドリップチャンバーに供給している。 The above example, driving a pump both made of the blood pump and plasma pump, supplies a saline drip chamber. ただ、血液ポンプと血漿ポンプのいずれか一方を運転して、生理食塩水をドリップチャンバーに供給することもできる。 However, by operating either one of the blood pump and plasma pump can be supplied with saline drip chamber. [N11のステップ]制御回路9は、タイマーのカウント値が規定範囲内にあるかどうかを判定する。 [N11 Step] The control circuit 9 determines whether the count value of the timer is within a prescribed range. タイマーのカウント値が規定の範囲にないときは、システムを停止して警報を発する。 When the count value of the timer is not in the specified range, give an alarm to stop the system. たとえば、カウント値が規定時間を越えるのは、ドリップチャンバー1が完全に気密に閉塞されていないときである。 For example, the count value exceeds the specified time is when the drip chamber 1 is not closed completely airtight. ドリップチャンバー1に漏れがあると、空気や生理食塩水が漏れるので、圧力上昇が遅くなるからである。 When the drip chamber 1 there is a leak, since air or saline leaks, because the pressure rise is slow. [N12のステップ]タイマーのカウント値が規定時間の範囲内にあると、空気弁4を開弁する。 When the count value of the timer Step of N12] is within the specified time, opening the air valve 4. 空気弁4から加圧されたドリップチャンバー1内の空気が排気される。 Air drip chamber 1 from the air valve 4 is pressurized is discharged. [N13のステップ]ドリップチャンバー1の内圧が大気圧となるまでこのステップをループする。 [N13 Step] inner pressure of the drip chamber 1 This step is repeatedly executed until the atmospheric pressure.

【0031】[N14、15、16のステップ]ドリップチャンバー1の内圧が大気圧になると、空気弁4を閉弁し、排出弁3を開弁して、ドリップチャンバー1に生理食塩水を供給する。 [0031] When the inner pressure of the drip chamber 1 [step N14,15,16] is the atmospheric pressure, it closes the air valve 4, and opens the exhaust valve 3, and supplies a saline drip chamber 1 . ドリップチャンバー1に生理食塩水を供給するには、運転を停止している血液ポンプ2A To supply saline drip chamber 1, the blood pump 2A the inverter stops
と血漿ポンプ2Bからなるポンプ2の運転を再開する。 Resume operation of the pump 2 comprising a plasma pump 2B.
開閉弁11を閉弁しているときには、開閉弁11を開弁する。 When you are closed-off valve 11, opens the on-off valve 11. この状態で、ドリップチャンバー1の液面は設定レベルに保持されて、供給される生理食塩水が排出弁3 In this state, the liquid surface of the drip chamber 1 is held in a set level, saline discharge valve supplied 3
を通過して排出される。 And it is discharged through the. この工程において、血液ポンプ2Aと血漿ポンプ2Bのいずれか一方を運転することもできる。 In this step, it can be operated either in the blood pump 2A and plasma pump 2B.

【0032】以上のフローチャートでドリップチャンバーの液面を設定レベルに調整した結果、下記の〜のように液面レベルは正確に制御された。 The above flowcharts result of adjusting the liquid level of the drip chamber a set level, the liquid level as in the ~ below was accurately controlled. ただし、この表は、N8のステップにおけるドリップチャンバーの設定圧力を350mmHgに設定し、ドリップチャンバーは内径を17mm、ドリップチャンバーの長さを110m However, this table, set the set pressure of the drip chamber at N8 steps 350 mmHg, drip chamber 17mm inner diameter, the length of the drip chamber 110m
mとし、液面レベルはドリップチャンバーの下端を基準に測定した。 And m, the liquid level was measured with respect to the lower end of the drip chamber.

【0033】 65.4mm 64.7mm 65.7mm 61.9mm 63.1mm 平均値 64.2 SD=1.615 [0033] 65.4mm 64.7mm 65.7mm 61.9mm 63.1mm average value 64.2 SD = 1.615

【0034】この結果から、ポンプや開閉弁にバラツキ等があっても上記の精度となり、相当に高い精度で液面レベルが調整できた。 [0034] From this result, even if variation or the like there to pump and closing valve becomes above precision, the liquid level in the corresponding high accuracy can be adjusted.

【0035】以上の実施例は、プライミングするときにドリップチャンバーの液面を設定レベルに調整するので、供給する流体を生理食塩水とする。 The above example, since adjusting the liquid level of the drip chamber a set level when priming fluid supplied to saline. ただ、本発明の液面制御方法は、ドリップチャンバーに供給する流体を生理食塩水に特定しない。 However, the liquid surface control method of the present invention is not limited to saline fluid supplied to the drip chamber. ドリップチャンバーには生理食塩水以外の流体、たとえば、血液や洗浄水等の流体を供給して設定レベルを調整することもできる。 Fluids other than saline drip chamber, for example, it is also possible to adjust the set level by supplying a fluid such as blood and washed with water.

【0036】 [0036]

【発明の効果】本発明の血液の体外循環回路に連結されるドリップチャンバーの液面制御方法は、従来のように、静電容量センサーや超音波センサーを使用することなく、極めて安価な圧力センサーを使用して、ドリップチャンバーの液面を設定レベルに調整できる特長がある。 Liquid level control method of the drip chamber being connected to the extracorporeal circuit of blood present invention exhibits, unlike the conventional, without the use of capacitive sensors or ultrasonic sensors, very inexpensive pressure sensor use, there is a feature capable of adjusting the liquid level of the drip chamber a set level. 圧力センサーは、従来の液面センサーのように、ドリップチャンバーとの距離を正確に管理する必要がなく、また、液面センサーに手等が触れても検出誤差の影響がなく、ドリップチャンバーの液面を正確に設定レベルに制御できる特長がある。 Pressure sensor, as in the conventional liquid level sensors, accurately without the need to manage the distance between the drip chamber, also, there is no effect of even detection error hand or the like touches the liquid level sensor, drip chamber of the liquid It has a feature that can be controlled to precisely set level the surface.

【0037】さらに、本発明の方法は、ドリップチャンバーに別の目的で圧力センサーを連結する装置においては、すでに連結している圧力センサーを併用して液面を設定レベルに調整できる特長がある。 Furthermore, the method of the present invention, there is provided an apparatus for connecting a pressure sensor for other purposes in the drip chamber has a feature that can be adjusted to set the level of the liquid surface in combination with pressure sensors that are already linked. 血液を体外に循環させて、血液に必要な処理をする血液循環路に連結されるドリップチャンバーは、血液の圧力を正確に検出するために、圧力センサーが連結される。 Blood is circulated outside the body, the drip chamber is connected to the blood circuit to the processing necessary for blood, in order to accurately detect the pressure of the blood, the pressure sensor is connected. 圧力センサーは、 Pressure sensor,
血液の供給状態を制御して、血液の圧力を正確に制御する。 By controlling the supply state of the blood, to accurately control the pressure of the blood. たとえば、血液をフィルターに透過させるときには、血液の圧力を設定圧に調整する必要がある。 For example, when transmitting the blood filter, it is necessary to adjust the pressure of the blood at the set pressure. 圧力が設定値からずれると、濾過条件が最適条件から外れたり、あるいは、濾過膜に損傷を与える等の弊害が発生するからである。 When the pressure deviates from the set value, or off the filtration conditions are optimum conditions, or because the adverse effects such as damage to the filtration membrane occurs. このように、ドリップチャンバーに圧力センサーを連結している装置においては、この圧力センサーを併用して、液面を設定レベルに制御できるので、 Thus, in a device which connects the pressure sensor to drip chamber, in combination with the pressure sensor, it is possible to control the liquid level in the set level,
極めて簡単な構造で液面レベルを正確に制御できる特長がある。 There is advantage that can precisely control the liquid level in a very simple structure.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の血液の体外循環回路に連結されるドリップチャンバーの液面制御方法の一例を示す断面図 Sectional view showing an example of a drip chamber of the liquid surface control method that is coupled to an extracorporeal circuit of blood [Figure 1] The present invention

【図2】本発明の液面制御方法に使用する血液循環回路の概略図 Schematic view of the blood circulation circuit used in the liquid level control method of the present invention; FIG

【図3】本発明の液面制御方法に使用する血液循環回路の回路図 Circuit diagram of the blood circulation circuit used in the liquid level control method of the present invention; FIG

【図4】図3に示す血液循環回路の制御回路がドリップチャンバーの液面を設定レベルにするフローチャート図 FIG. 4 is a flowchart diagram control circuit of the blood circulation circuit is a set level the liquid surface of the drip chamber shown in FIG. 3

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…ドリップチャンバー 2…ポンプ 2A…血液ポンプ 2B…血漿ポンプ 3…排出弁 4…空気弁 5…圧力センサー 6…液体センサー 7…フィルター 8…ファイナルフィルター 9…制御回路 10…吸着器 11…開閉弁 1 ... drip chamber 2 ... pump 2A ... blood pump 2B ... plasma pump 3 ... exhaust valve 4 ... air valve 5 ... pressure sensor 6 ... liquid sensor 7 ... filter 8 ... final filter 9 ... control circuit 10 ... adsorber 11 ... off valve

Claims (1)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 体外循環回路に連結されているドリップチャンバー(1)に流体を供給して液面レベルを設定レベルに制御し、この状態で排出弁(3)を開弁して供給される流体を排出弁(3)から排出する血液の体外循環回路に連結されるドリップチャンバーの液面制御方法において、 ドリップチャンバー(1)に連結されている体外循環回路を圧力によって実質的に膨張しないようにすると共に、 1. A drip chamber is connected to the extracorporeal circuit (1) by supplying a fluid to control the liquid level in the setting level, it is supplied by opening the discharge valve (3) in this state in the liquid level control method of the drip chamber being connected to the extracorporeal circuit of blood discharging fluid from the discharge valve (3), so as not to substantially inflated by the pressure of the extracorporeal circuit which is connected to the drip chamber (1) as well as to,
    ドリップチャンバー(1)に連結されている排出弁(3)と空気弁(4)とを閉弁する状態で、ドリップチャンバー(1)に流体を供給し、ドリップチャンバー(1)の圧力が設定圧力に上昇したことを圧力センサー(5)で検出して、ドリップチャンバー(1)の液面レベルが設定レベルまで上昇すると、流体の供給を停止して空気弁(4)を開弁し、空気弁(4)でもってドリップチャンバー(1)内に蓄えられる加圧空気を排出し、ドリップチャンバー(1)内が非加圧状態になったことを検出して、空気弁(4)を閉弁すると共に排出弁(3)を開弁し、その後にドリップチャンバー Discharge valve which is connected to the drip chamber (1) (3) and air valve (4) and in a state of closing the supplies fluid to the drip chamber (1), pressure set pressure of the drip chamber (1) by detecting that it has increased by the pressure sensor (5), when the liquid level of the drip chamber (1) rises to the set level, by stopping the supply of fluid to open the air valve (4), the air valve with (4) discharging the pressurized air accumulated in the drip chamber (1) inside, it is detected that the drip chamber (1) in becomes non-pressurized state, closed air valve (4) opening the discharge valve (3) with drip chamber thereafter
    (1)に流体を供給して、ドリップチャンバー(1)を所定の液面レベルに保持しながら排出弁(3)から流体を排出するように構成されてなることを特徴とする血液の体外循環回路に連結されるドリップチャンバーの液面制御方法。 (1) by supplying a fluid to the drip chamber (1) blood extracorporeal circulation, characterized by comprising configured to discharge the fluid from the discharge valve while maintaining a predetermined liquid level (3) drip chamber of the liquid surface control method that is coupled to the circuit.
JP34762595A 1995-12-14 1995-12-14 Liquid level control method of the drip chamber being connected to the extracorporeal circuit blood Expired - Fee Related JP3319683B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34762595A JP3319683B2 (en) 1995-12-14 1995-12-14 Liquid level control method of the drip chamber being connected to the extracorporeal circuit blood

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP34762595A JP3319683B2 (en) 1995-12-14 1995-12-14 Liquid level control method of the drip chamber being connected to the extracorporeal circuit blood

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH09164197A true JPH09164197A (en) 1997-06-24
JP3319683B2 true JP3319683B2 (en) 2002-09-03

Family

ID=18391492

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP34762595A Expired - Fee Related JP3319683B2 (en) 1995-12-14 1995-12-14 Liquid level control method of the drip chamber being connected to the extracorporeal circuit blood

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3319683B2 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7892197B2 (en) * 2007-09-19 2011-02-22 Fresenius Medical Care Holdings, Inc. Automatic prime of an extracorporeal blood circuit
JP2009285128A (en) * 2008-05-29 2009-12-10 Nikkiso Co Ltd Blood purifier and method of forming liquid reservoir in drip chamber for priming liquid
JP5230379B2 (en) * 2008-11-28 2013-07-10 旭化成メディカル株式会社 Drip chamber of the liquid surface adjusting method and liquid level adjusting mechanism

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH09164197A (en) 1997-06-24 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US4997464A (en) Deaeration apparatus
US5073172A (en) Device for aspirating wound fluids
US4976707A (en) Fluid collection, storage and infusion apparatus
US4119406A (en) Calibration apparatus
US6599271B1 (en) Ophthalmic flow converter
US6877713B1 (en) Tube occluder and method for occluding collapsible tubes
US4796606A (en) Drive unit for medical pump
US6447491B1 (en) Rolling seal suction pressure regulator, apparatus and system for draining a body cavity and methods related thereto
US6526357B1 (en) Associated parameter measuring and/or monitoring such as in the evaluation of pressure differences
US4204538A (en) Cassette for intravenous controller
US4231366A (en) Blood flow monitoring and control apparatus
US5580460A (en) Process for determining the operability of the structural components in the dialysis section of a dialyzer of a hemodialysis apparatus and apparatus for executing this process
US5643205A (en) Blood air trap chamber
US6880404B2 (en) System elements for measuring pressure in extracorporeal circuits
US6905479B1 (en) Pumping cartridge having an integrated filter and method for filtering a fluid with the cartridge
US4490135A (en) Single needle alternating blood flow system
US4501583A (en) Hemodialysis access monitors
US4102655A (en) Bubble trap
US4324662A (en) Flow reversal in a dialyzer
US5423738A (en) Blood pumping and processing system
US5563584A (en) Liquid level sensing and monitoring system for medical fluid infusion systems
US4464164A (en) Flowrate control for a blood flow system
US4585441A (en) IV fluid control system with fluid runaway prevention
US5167620A (en) Eye surgery methods
US5536237A (en) Blood extraction flow control calibration system and method

Legal Events

Date Code Title Description
R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees