JP3045407U - Iron golf club head - Google Patents

Iron golf club head

Info

Publication number
JP3045407U
JP3045407U JP62809797U JP62809797U JP3045407U JP 3045407 U JP3045407 U JP 3045407U JP 62809797 U JP62809797 U JP 62809797U JP 62809797 U JP62809797 U JP 62809797U JP 3045407 U JP3045407 U JP 3045407U
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
portion
heel
toe
head
body
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP62809797U
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ヌーテンス スティーヴ
ワール ブレット
ヴァンサン ベノア
Original Assignee
テイラー メイド ゴルフ カムパニー インコーポレーテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Abstract

(57)【要約】 (修正有) 【課題】 後方へ向けて開き、かつ周縁部によって取囲まれるキャビティを備えるアイアンヘッドの提供。 (57) Abstract: (modified with) open towards the A rearward, and provide the iron head having a cavity surrounded by the peripheral portion. 【解決手段】 低密度金属材料の本体とこれより高い密度の付加挿入部材を含むヘッドである。 A is a head including an additional insert body and Higher density of the low density metal material. 周縁部はキャビティの下で垂直方向に延在し、かつトウからヒールまで水平方向に延在する下側部分を有し、挿入部材はこの一部を占拠し、かつ凹状の上側中央部分とヒールとトウにおいて隆起した側方部分を有し、全体的に三日月形を呈する。 Periphery extends vertically below the cavity, and having a lower portion extending horizontally from the toe to the heel, the insert member occupies the part and recessed upper central portion and the heel and has a raised lateral portion in tow, generally exhibits a crescent. 一例において、ヘッド本体はソール内に配置され、トウからヒールまで連続するハウジングを備え、挿入部材はハウジングに保持され、打撃表面と周縁部との間に挟持される。 In one example, the head body is disposed in the sole, comprising a housing which is continuous from toe to heel, insertion member is held by the housing, it is held between the striking surface and the peripheral portion. 他例は、ハウジングは打撃表面の壁とキャビティの縁部からソールまで、またヘッドの長さの一部分に延在する後方中央縁部で画成されたハウジングは後方並びにトウとヒール内でソール方向に開き、側部の厚みを減少する中央ノッチを含み三日月形である。 Other examples are the sole direction the housing to the sole from the edge of the wall and the cavity of the striking surface, also housing defined by the rear center edge extending a portion of the length of the head in the rear and toe and heel open a crescent includes a central notch to reduce the thickness of the side.

Description

【考案の詳細な説明】 Description of the invention]

【0001】 本考案は、ゴルフの分野に関し、特にアイアンゴルフクラブヘッドに関する。 [0001] The present invention relates to the field of golf, and more particularly to an iron golf club head.

【0002】 様々な種類のアイアンゴルフクラブが市販されている。 [0002] The various types of iron golf club are commercially available. これらのゴルフクラブ のうち、メタリックブレードのようなヘッド形状を有するクラブは一般に「ブレ ード」と呼ばれる。 Of these golf clubs, club having a head shaped like a metallic blade is generally referred to as the "Blade". これらのクラブは、中心を外れたストローク(オフセンター ストローク)の際にブレードの許容度が欠如しているにも拘わらず、インパクト 時の感触の質を重視する熟練したプレイヤーやプロのプレイヤーを主たる対象と している。 These clubs, despite the lack blade of tolerance at the time of stroke off-center (off-center stroke), the main skilled players and professional players to focus on the quality of the feel at impact It is targeted. これらのヘッドのどれも高い慣性値Iy(重心を通る垂直軸を中心に して測定した値)を達成しない。 None of these heads may not achieve the high inertia value Iy (value measured about a vertical axis passing through the center of gravity). 特に、5番アイアンに対する測定値は、220 kg/mm 2に非常に近いか、またはそれ未満である。 In particular, measurement values for 5-iron, or very close to 220 kg / mm 2, or less. このような低い値は許容度 の不足および精度の低下につながり、また特に、打撃面の中心から横に外れる区 域でインパクトが起こると、狙った弾道に対してボールが逸れることになる。 Such low values ​​result in slower shortage and accuracy tolerance, in particular, when the center of the striking face impact occurs at ward area deviating laterally, so that the ball deviates relative aimed ballistic.

【0003】 ヘッドが一般に鋼製で、かつ一般に「スイートスポット」と呼ばれる打撃面の 有用な部分を中心として質量を周辺に配分できるようにするためのリアキャビテ ィ(後部空所)を有する、広く使用されている別の種類のクラブがある。 [0003] head has a generally made of steel, and generally "sweet spot" and Riakyabite I for the mass about the useful portion of the striking face to be distributed to the peripheral called (rear space), widely used there is another kind of club that is. これら のクラブは「キャビティバックアイアン」として知られている。 These clubs are known as "cavity back iron." どの技能レベル にある殆どのプレイヤーも、この種のクラブが万能性とオフセンターストローク に対する許容度を有するため、このクラブを用いてプレイしている。 Most players in any skill level, this kind of club to have a tolerance for versatility and off-center stroke, playing with this club. 質量の周辺 配分に鑑み、慣性値Iyはブレード型ヘッドの値よりも大きく、また5番アイア ンに関しては約220〜240Kg/mm 2である。 In view of the mass of the peripheral distribution, inertia value Iy is greater than the value of the blade head, also with respect to fifth Aia down about 220~240Kg / mm 2. しかしながら、一般にこのカテ ゴリーのクラブでは、重心位置がボールに対して高く、かつ一般に理論的な打撃 点の上にあり、そのため打球時の感触を粗雑にし、プレイヤーはこれに高い評価 を与えない。 However, generally in the club this category, high center of gravity relative to the ball, and generally is on the theoretical striking point, therefore the rough feel of hitting, the player does not give a high evaluation to. 特に、地面に対する重心の垂直方向の高さは、約0.75〜0.8 5インチと変化する。 In particular, the vertical height of the center of gravity relative to the ground will vary from about 0.75-0.8 5 inches.

【0004】 最後に、ヘッドがチタン等の非鉄金属材料で製造されるクラブのような、他の 様々な型のアイアンヘッドがある。 [0004] Finally, the head is such as club produced in non-ferrous metal material such as titanium, there are other various types iron head. これらの市販されているアイアンヘッドは、 チタンの密度が低く、総質量を鋼製ヘッドの総質量と等しくしてもヘッドを大き くすることができるので、5番アイアンで240〜250Kg/mm 2程度のかなり の慣性値Iyに達する。 Iron head these are commercially available, low density of titanium, since the total mass may be total mass and equal to the size of the head even Kusuru steel head, 240~250Kg / mm 2 approximately by 5 iron reach of considerable inertia value Iy. しかしながら、これらのクラブの重心は約0.9インチ と非常に高いので感触が悪くなり、バックスピン速度が低く、コントロールが悪 くなる。 However, since these clubs of the center of gravity is very high and about 0.9 inches feeling becomes worse, back spin rate is low, control is evil Kunar.

【0005】 密度が異なる金属からなる2の構造部分を有するヘッドもある。 [0005] density is also head having two structural parts made of different metals. 一般的にこの 構造は、アルミニウムまたはチタンのような軽量金属からなる打撃面と、例えば 鋼のような重い材料からなる本体部分とを基本構成としている。 Generally, this structure is a striking surface composed of a lightweight metal such as aluminum or titanium, a body portion made of a heavy material such as steel as a basic structure. したがって、イ ンパクト区域に位置する質量がクラブヘッドの周辺部に配分されているために、 270〜330Kg/mm 2の範囲でかなりの慣性値Iyが測定された。 Therefore, in order to mass located Lee impacts areas are allocated to the peripheral portion of the club head was measured considerable inertia value Iy in the range of 270~330Kg / mm 2. この種のク ラブの性能は、重心が垂直方向および水平方向の両方で適切に配置されない場合 に悪影響を受ける(すなわち、垂直方向ではインパクト時の感触とバックスピン 速度に既知の悪影響が生じ、水平方向ではボールに働くギヤー効果によりボール がスライスしようとする)。 The performance of this kind of club is adversely affected if the center of gravity is not properly positioned in both the vertical and horizontal directions (i.e., cause known adverse effects in feel and backspin rate at impact in the vertical direction, horizontal the ball is trying to slice by the gear effect acting on the ball in the direction).

【0006】 米国特許第5,429,353号は、一組のキャビティバックアイアンクラブ に関し、キャビティを取り囲む周辺部の深さはキャビティの末端に対して変化し 、キャビティの表面は平坦で、かつ該表面に対して平行であるので、重心の位置 が各ヘッドの幾何学的中心と一致する。 [0006] U.S. Patent No. 5,429,353 relates to a set of cavity back iron club, the depth of the peripheral portion surrounding the cavity varies with respect to ends of the cavity, the surface of the cavity is flat, and wherein because it is parallel to the surface, the position of the center of gravity coincides with the geometric center of each head. この幾何学的中心は実質的に、ソールに 沿って中心点から測定したゴルフボールの半径に等しい距離の所にある点と考え られる。 The geometric center is substantially considered point that is at a distance equal to the radius of the golf ball measured from the center point along the sole. この点は、ソールの中心点から約0.8〜0.9インチ(約2.0〜2 .3cm)の距離に相当する。 This point corresponds to a distance of about 0.8 to 0.9 inches from the center point of the sole (about 2.0~2 .3cm).

【0007】 米国特許第5,094,457号は、重心をシャフトの軸方向に移動させ、か つヘッドのソールに近付けることによってシャフトの軸を中心とした回転慣性を 下げたゴルフクラブに関するが、その目的は、インパクト面をスイングの平面に 対して垂直にするために、インパクトに先立ってシャフトの軸Isを中心とする 急速回転を容易にすることにある。 [0007] U.S. Patent No. 5,094,457 moves the center of gravity in the axial direction of the shaft, by close to sole or One head is directed to a golf club having a reduced rotational inertia about the axis of the shaft, its purpose is to vertically against the impact surface in the plane of the swing is to facilitate the rapid rotation about the axis is of the shaft prior to impact. Is=Iy+md 2 (dはシャフトの軸に対 する重心の距離である)とする場合、先行技術による解決策は、とりわけ、二乗 に発展する支配的なファクター(すなわち、d)を小さくしてIsを最小に抑え ることにある。 If the Is = Iy + md 2 (d is the distance of the center of gravity to be against the axis of the shaft), the solution according to the prior art, inter alia, the dominant factor to develop the square (i.e., d) and by reducing Is in the Rukoto kept to a minimum. こうすると、重心はシャフトの軸から1.35インチ(すなわち 、3.429cm)となってシャフトの軸に近づき過ぎ、重心はインパクトの中心 からヒールへ向けてずれる。 In this way, the center of gravity is too close to the axis of the shaft is 1.35 inches from the axis of the shaft (ie, 3.429cm), the center of gravity is shifted toward the center of the impact to the heel. その結果、性能の低下(すなわち、インパクトの中 心に当たったときのボールの反発または初速の低下)が生じる。 As a result, a decrease in performance (i.e., reduction in the rebound or the initial speed of a ball when hit center of the impact) occurs.

【0008】 さらに、上記米国特許第5,094,457号は、重心を通る垂直軸を中心と する慣性を最大にする必要性に関しては何も触れていない。 Furthermore, the U.S. Pat. No. 5,094,457 does not mention anything about the need to maximize the inertia about the vertical axis passing through the center of gravity. その上、Is値をで きるだけ下げようとしているので、大きなIy値は達成できそうにない。 Moreover, since it is the attempt to reduce as much as possible the Is value, large Iy value is not likely to be achieved.

【0009】 この先行特許の図9B、図10A〜図10Cに示されているように、アイアン ヘッドはブレード型である(すなわち、軸を中心とした十分な慣性Iyを得るこ とができるリアキャビティを有しない)。 [0009] Figure 9B in this prior patent, as shown in FIG 10A~ Figure 10C, iron head is a blade type (i.e., a rear cavity can possible to get a sufficient inertia Iy with respect to the axis It does not have). より詳しく述べると、このヘッドは厚 さがほぼ一定であるブレード形状の上側部分を有し、この上側部分は質量が集中 する厚い下側部分に接続される。 More specifically, the head has an upper portion of the blade shape is almost constant thickness, the upper part is connected to the thick lower part mass is concentrated.

【0010】 そのような構造は、ブレード型アイアンに関して報告されているような欠点と 同じ一般的な欠点を有する。 [0010] Such a structure has the same general disadvantages as disadvantages as reported with respect to blade irons.

【0011】 このような技術の現況および上記の欠点に鑑み、本考案は、アイアンヘッド上 で質量の配分を最適化する、拡大したクラブヘッド(より詳しく述べると、先行 技術の諸欠点を解決するために重心の位置を調節するとともに、中心を外れたス トローク(オフセンターストローク)の場合でも、インパクト時のクラブを安定化 させるのに十分なIy値を中心とした慣性モーメントを維持することによって質 量の配分を最適化する、拡大したクラブヘッド)を提供する。 [0011] In view of the current state and the disadvantages of such techniques, the present invention optimizes the distribution of mass on the iron head, the enlarged club head (described in more detail, to solve the various disadvantages of the prior art quality by maintaining with adjusting the position of the center of gravity, even in the case of the scan off-center stroke (off-center stroke), the inertia moment about a sufficient Iy values ​​to stabilize the club at impact on optimizing the allocation of amounts, to provide club head) enlarged.

【0012】 本考案は、重心が面の幾何学的中心の下に位置しているので、かなりの増加を 生じることになる。 [0012] The present invention, since the center of gravity is located below the geometrical center of the surface will result in a considerable increase.

【0013】 この目的のために、本考案は、ヒール区域と、トウ区域と、トウ区域とヒール 区域の間に延在する打撃表面と、ヘッドがアドレス位置にあるとき地面上に静置 するソールと、後表面とを含むアイアンゴルフクラブヘッドに関し、この後表面 は、後方へ向けて開き、かつ周縁部により取り囲まれるキャビティ(空所)を備 える。 [0013] Sole To this end, the present invention is allowed to stand a heel region, a toe region, a striking surface that extends between the toe area and the heel area, on the ground when the head is in the address position When relates iron golf club head including a rear surface, the surface after this, obtain Bei cavities (voids) which open toward the rear, and surrounded by the peripheral portion. 好ましいクラブは、シャフトを導入するためヒール区域内に位置するI− I'用の開口部を備えたヒール区域を有する。 Preferred club has a heel region with an opening for that I- I 'position in the heel zone for introducing the shaft. ヘッドの重心は、ソール平面に対 して18.3mm(約0.72インチ)程度の高さの水平面の下にあるのが好まし い。 The center of gravity of the head is not the preferred Below the horizontal plane of and against the sole plane 18.3 mm (about 0.72 inches) about the height. さらに、好ましいクラブヘッドは、上側本体の重心を通る垂直軸を中心にし て230Kg/mm 2あるいはそれ以上の慣性を有する。 Further, preferred club head has a 230 kg / mm 2 or more inertia about a vertical axis passing through the center of gravity of the upper body. 好ましい構造において、ク ラブヘッドは、チタンまたはチタン合金からなる本体と、該本体の密度よりも高 い密度を有する少なくとも1の付加質量体とを含む。 In a preferred construction, club head includes a body made of titanium or a titanium alloy, and at least one additional mass body having a high have density than the density of the body. また周縁部は、キャビティ の真下に、ヒール区域からトウ区域まで延在する下側部分を含み、付加質量体( 単数あるいは複数)は下側部分の少なくとも一部となる。 The peripheral portion, directly beneath the cavity includes a lower portion extending from the heel area to the toe area, additional mass body (single or multiple) is at least a portion of the lower portion.

【0014】 チタンまたはチタン合金のような低密度材料からなる本体と、より高い密度を 有して正確に配置される付加質量体を選択することにより、基本的なパラメータ (すなわち、重心の位置および慣性)を調節して、先行技術の欠点を避けること ができる。 [0014] a main body made of a low density material such as titanium or titanium alloy, by selecting the additional mass body to be accurately arranged with a higher density, the basic parameters (i.e., the position of the center of gravity and adjust the inertia), it is possible to avoid the drawbacks of the prior art.

【0015】 本考案の別の特徴によれば、重心は軸I−I'から35mm〜40mmの距離に位 置する。 [0015] According to another feature of the present invention, the center of gravity will position from the axis I-I 'in distance 35Mm~40mm. これによって、重心はヒールからあまり離れていない。 As a result, the center of gravity is not too far from the heel. 重心がヒールか ら遠過ぎると、ボールの初速が低下することがある。 When the center of gravity is too far-heel or et al., There is that the initial velocity of the ball is lowered. また、ギヤー効果により、 ボールが右に逸れようとするのを避けるために、トウにおける重心のずれが大き くなり過ぎないようにする。 In addition, the gear effect, the ball is in order to avoid to try Hayareyo to the right, so that the deviation of the center of gravity in the toe is not too large no longer.

【0016】 本考案の別の特徴によれば、付加質量体はヘッドの総質量の25〜70%を占 め、残りはチタンまたはチタン合金製の本体が占める。 According to another feature of the [0016] present invention, the additional masses Me occupies 25% to 70% of the total mass of the head, with the remainder occupied by the main body made of titanium or a titanium alloy. その結果、付加質量体は ヘッド内で配分する質量のかなりの部分を占め、それによって慣性および重心に 求められる諸特性を達成することができる。 As a result, additional mass body occupies a substantial portion of the mass to be distributed in the head, thereby achieving the characteristics required for the inertia and center of gravity.

【0017】 非限定的な例として、本考案が、どのようにして具現化されるかを示す添付の 図面を参照して以下の記載を読むことにより、本考案の他の特徴および利点をよ り良く理解できよう。 [0017] As a non-limiting example, the present invention is how to by read with reference to the following description and accompanying drawings which illustrate how embodied, other features and advantages of the present invention Ri well it will be appreciated.

【0018】 図1は、トウ区域3および対向するヒール区域4で側方を縁取られた打撃表面 (すなわち、前表面)2を含む、本考案のアイアンヘッド1を示す。 [0018] Figure 1 is a toe section 3 and the opposite edges of the lateral heel area 4 of fringed striking surface (i.e., front surface) 2, shows the iron head 1 of the present invention. ソール5は 打撃表面2の下に位置し、アドレス時にヘッドはこのソールを介して地面の上に 載る。 Sole 5 is located below the striking surface 2, head during address rests on the ground through the sole.

【0019】 ヒール区域4はホーゼル6を介して上方へ伸び出ており、ホーゼルの断面は軸 I−I'を有する開口である。 The heel zone 4 is stretching out upwardly through the hosel 6, the cross section of the hosel is an opening having an axis I-I '. この開口60はシャフトの端部(図示せず)を受 け入れる役目をする。 The opening 60 serves to you accept the end of the shaft (not shown).

【0020】 重心は、表面上に示す点7により表されるが、実際には、この重心は表面の後 ろで、点7を通る水平線上に位置する。 [0020] center of gravity is represented by 7 points shown on the surface, in fact, the center of gravity in the filtrate after the surface, located on a horizontal line passing through the point 7.

【0021】 本考案によれば、重心7はソール面P'に対して18.3mm(約0.72イン チ)の限界を表す面Pの真下に位置するが、この限界値の面は、ブレード型アイ アンのインパクト時の感触に匹敵する十分な感触とボールのコントロールを改善 するバックスピンの比較的高い速度を得るために重視する必要がある。 According to the present invention, although the center of gravity 7 is located below the plane P that represents the limit of 18.3mm with respect to the sole plane P '(about 0.72 inches), the surface of this limit value, there is a need to focus in order to obtain a relatively high rate of backspin to improve enough feel and control of the ball that is comparable to the feeling at the time of blade-type eye Anne of impact. 構成上、 ヘッドの総質量の少なくとも55%が面Pの真下に配分されるようにするのが好 ましい。 The configuration is good preferable that at least 55% of the total mass of the head is to be distributed directly below the surface P.

【0022】 常套的に、ソール面P'はボールをアドレス状態におくとき決定される基準面 (すなわち、地表面)である。 [0022] In routine, the sole surface P 'is a reference plane determined when placing the ball in the address state (i.e., the ground surface) is. 面PはP'に平行であり、面P'から18.3mm (約0.72インチ)上に位置する。 Plane P is 'is parallel to, the plane P' P located from on 18.3 mm (about 0.72 inches).

【0023】 重心の水平位置も重要であり、正確に位置していなければならない。 [0023] The horizontal position of the center of gravity is also important, it must be accurately located. 重心がト ウ区域3に近過ぎると、ボールが右に逸れる現象が起きる。 When the center of gravity is too close to the door window zone 3, it occurs a phenomenon in which the ball is deflected to the right. これはギヤー効果に よるものである。 This is due to the gear effect. ボールが表面の中央に当たると、その表面は軸I−I'を中心 にして反時計方向に回転しようとするのに対し、ボールは反対方向に回転し、ボ ールを右に移動させる。 When the ball hits the center of the surface, its surface whereas attempts to rotate about the axis I-I 'in a counterclockwise direction, the ball is rotated in the opposite direction, to move the ball Lumpur right. 同様に、重心が軸I−I'に近過ぎるのも望ましくない 。 Similarly, the center of gravity is also undesirable too close to the axis I-I '. なぜなら、ヘッドが(時計方向に)回転しようとし、したがってショットの際 に後退しようとするので、打撃力が低下するからである。 This is because the head is about to rotate (clockwise), hence it attempts to retract during a shot, because the striking force is reduced.

【0024】 したがって、重心は軸I−I'から35mmないし40mm(好ましくは35mmな いし38mm)の垂直距離dの位置にあるのが有利である。 [0024] Thus, the center of gravity (preferably stone 38mm of 35mm) to 40mm not 35mm from the axis I-I 'is advantageously in the position of the vertical distance d.

【0025】 常套的に、垂直距離dは、軸I−I'と、重心を通り、かつ軸I−I'に平行 で、さらに前面に対して鉛直な面との間で測った距離である。 [0025] In conventional manner, the vertical distance d, the axis I-I 'and passes through the center of gravity, and the axis I-I' is parallel to, is the distance measured between the vertical plane with respect to further front .

【0026】 また、打撃表面2の後ろにおける重心位置を決定することも重要であり、そのよ うな位置はボールの弾道に影響する。 [0026] In addition, it is also important to determine the position of the center of gravity in the back of the striking surface 2, its good Una position will affect the trajectory of the ball. 重心7は打撃表面から3mmを超える距離に 位置にするのが好ましい。 Centroid 7 is preferably in a position at a distance of more than 3mm from the striking surface. したがって、重心を通り、かつソール面に平行な線で 、重心を表面2から分離している距離を測定する。 Thus, through the center of gravity, and in a line parallel to the sole surface to measure the distance separating the center of gravity from the surface 2. 重心を表面にできるだけ近い 所に配置する先行技術と異なり、ここでは、ボールを引き上げ、かつ弾道が側方 に分散するという問題を避けるために必要とされる十分な動的ロフトを維持する うえで一定の偏りを重視することが奨められる。 Unlike the prior art to place the center of gravity as close as possible to the surface, where, pulling the ball, and trajectory in maintaining sufficient dynamic loft that is needed to avoid the problem of distributed laterally It is recommended to focus on a certain bias.

【0027】 重心の位置は、本考案による一組のアイアンクラブ内で、ロフト角に応じて変 化することに注意する必要がある。 [0027] The position of the center of gravity is, in a set of iron club according to the present invention, it is necessary to note that changes depending on the loft angle. 特に、ロフト角の増加と共に、重心の位置が 次第に下降することが認められる。 In particular, with increasing loft angle, it will be appreciated that the position of the center of gravity is lowered gradually.

【0028】 図2は、後方へ開き、かつ周縁部81により包囲された中央キャビティ80を 有するヘッドの後表面8を示す。 FIG. 2 is opened rearward, and showing the surface 8 of the head having a central cavity 80 surrounded by a peripheral portion 81. この周縁部は、ヒール区域4からトウ区域3ま で水平に延び、かつキャビティ80からソール5まで垂直に延びる下側部分81 0を含む。 The peripheral edge extends from the heel region 4 horizontally in tow zone 3 or, and includes a lower portion 81 0 that extends perpendicularly from the cavity 80 to the sole 5. 下側部分は、開いたキャビティおよび表面を接続する上側縁部821 により垂直方向に画定された上側部分820に連続的に接続される。 The lower portion is the upper part 820 defined in the vertical direction by the upper edge 821 that connects the open cavity and the surface continuously connected.

【0029】 図2〜図6は、ヘッドが複数の個別部分から構成されることを示す。 [0029] Figures 2-6 show that the head is composed of a plurality of individual parts. ヘッドは 、このヘッドの体積の主要部分を構成する本体90と、体積がより小さな付加質 量体91とを含む。 Head includes a body 90 which constitutes the main part of the volume of the head, volume and smaller additional protein dimer 91.

【0030】 本体は、低密度(すなわち、7g/cm 3以下)であるが、高い機械的特性を有す る金属材料からなる。 The body has a low density (i.e., 7 g / cm 3 or less), but made of a metallic material that have a high mechanical properties. 好ましい材料は、密度が4.5g/cm 3に近いチタンまた はチタン合金である。 Preferred materials, the density is also titanium closer to 4.5 g / cm 3 titanium alloy. 例として、弾性抵抗が120,000psi程度のTi−6 A1−4V型合金、または弾性抵抗が90,000psi程度のTi−3A1−2 . Examples, Ti-3A1-2 about elastic resistance of approximately 120,000psi Ti-6 A1-4V type alloy or elastic resistance, 90,000 psi. 5V型合金を挙げることができる。 Mention may be made of a 5V type alloy.

【0031】 他の低密度金属材料、例えばアルミニウムまたはアルミニウム合金あるいは炭 化硼素で強化したアルミニウムマトリックス複合材料(密度2.7g/cm 3 )も 使用できる。 [0031] Other low density metallic material, such as aluminum or an aluminum alloy or aluminum matrix composite reinforced with carbon, boron (density 2.7 g / cm 3) can be used.

【0032】 付加質量体91は、高密度材料(すなわち、少なくとも10g/cm 3 、好まし くは12〜20g/cm 3である高密度材料)から選択する。 The additional mass body 91 is selected from high density material (i.e., high density material at least 10 g / cm 3, rather preferably is 12~20g / cm 3).

【0033】 この材料は、タングステン(密度が18に近い)または「SPARKAL」と いう商品名で知られるタングステンと銅の混合物(密度が15に近い)である。 [0033] This material is tungsten (density is close to 18), or "SPARKAL" a mixture of tungsten and copper, known under the trade names mentioned (density close to 15).

【0034】 様々な密度を有する金属粉体の混合物から造り出される燒結金属でできている 挿入部材で、該混合物中に存在する材料の比率に対応する所定の密度を有する挿 入部材を製造するのが好ましい。 [0034] In the insertion member made of a sintered metal coined from a mixture of metal powders with different densities, to produce the insert member having a predetermined density corresponding to the ratio of the material present in the mixture preference is. タングステン合金を主成分とする燒結金属から なる質量体の使用が特に米国特許第3,955,820号明細書(COCHRAN)に 詳しく記載されている。 Use of masses consisting of sintered metal mainly composed of tungsten alloy is particularly described in detail in U.S. Pat. No. 3,955,820 (COCHRAN). タングステン、銅、鋼または他の金属材料を基材とする 焼結製品の公知の製造方法は、様々な密度を有する金属粉体を混合する工程を含 む。 Tungsten, copper, known production method of a sintered product of steel or other metal material to the substrate, including a step of mixing metal powder having a different density. 次いで、第二の工程では、製造すべき質量体の全体的な形状を有するが、製 造すべき質量体の最終体積よりも約20%大きい体積を有する鋳型内でこの混合 物をプレスする。 Then, in a second step, it has the general shape of the mass to be produced, pressing the mixture in a mold having about 20% greater volume than the final volume of the manufacturing to be mass. このプレス作業は、一般に「グリーンコンパクト」と呼ばれる 圧縮混合物が得られるまで続けられる。 The press work is generally compressed mixture referred to as a "green compact" is continued until obtained. 鋳型の寸法は単なる相似拡大により決め られる。 The dimensions of the mold is determined by mere similar enlargement. したがって、凝集するが、脆いままである。 Thus, although aggregate remains fragile.

【0035】 次の工程は焼結作業を含み、前の工程で形成された圧縮混合物を、炉中で加圧 せずに約2,000゜Fに加熱することからなる。 [0035] The next step involves the sintering operation, the pre-compression mixture formed in step, and heating to about 2,000 ° F without pressure in the furnace. 混合物の体積は、圧縮後の初期 体積に比して約20%減少する。 The volume of the mixture is decreased by about 20% compared to the initial volume after compression. 温度の影響で多孔質が無くなり、混合物は強度 が高くなるとともに、より緻密になる。 Porous disappears under the influence of temperature, the mixture together with the strength increases, the more dense. 最後に、従来の砂吹き作業を行う。 Finally, the traditional sand-blown work. 得ら れた最終製品は、該製品に含まれる材料混合物の重量に基づく理論密度の約10 0%に達する。 The final product obtained we were amounts to about 10 0% of the theoretical density based on the weight of the material mixture contained in the product. 換言すれば、例えば初期質量がそれぞれM1およびM2で、密度 がそれぞれd1およびd2である2種類の材料から、焼結した混合物の密度(す なわち、理論密度)dTは下記の式を使用して簡単に計算することができる。 In other words, for example, the initial mass, respectively M1 and M2, use of two types of material density is d1 and d2, respectively, sintered density of the mixture (ie, the theoretical density) of dT is below formula it can be easily calculated Te. dT=d1・[M1/(M1+M2)]+d2・[M2/(M1+M2)] dT = d1 · [M1 / (M1 + M2)] + d2 · [M2 / (M1 + M2)]

【0036】 付加質量体の望ましい最終体積Vfは、下記の式により得られる。 The desired final volume Vf of the additional mass body is obtained by the following equation. Vf=(M1+M2)/dT もちろん、上記2式はnの材料について容易に一般化することができる。 Vf = (M1 + M2) / dT, of course, the two equations can be easily generalized for materials of n.

【0037】 付加質量体の現在知られている好ましい実施態様によれば、所望の密度dTは 約12である。 [0037] According to a preferred embodiment presently known additional mass body, the desired density dT is about 12. この密度は、タングステン50重量%、銅または青銅50重量% および痕跡量のニッケルおよび/またはスズおよび/またはベリリウム(耐腐食 性を改良するため)の混合物から得られる。 This density, tungsten 50% by weight, obtained from a mixture of copper or bronze 50% by weight and traces of nickel and / or tin and / or beryllium (to improve corrosion resistance).

【0038】 本考案によれば、付加質量体は、ヘッドの総質量の25〜70%(好ましくは 、総質量の30〜50%)を占める必要がある。 According to the present invention, the additional mass body is 25% to 70% of the total mass of the head (preferably, 30-50% of the total mass) is required to occupy. 例えば、総質量が225gのヘ ッドの場合、付加質量体は約100g(つまり、総質量の44.5%)を占める 。 For example, when the total mass of the F head of 225 g, the additional mass body comprises about 100 g (i.e., 44.5% of the total weight). このヘッドの総質量は、市販ヘッドの平均値であることに注意しなければなら ない。 The total mass of the head, it should be noted that the average value of the commercial head. この付加質量体は、ヘッドの質量増加を意図するものではなく、質量を異 なる条件で再配分することにより慣性Iyおよび重心位置の調節という諸特性を 達成するためのものである。 The additional mass body is not intended to mass increase of the head, is intended to achieve the characteristics that the regulation of inertia Iy and gravity center position by redistributing weight in different conditions.

【0039】 現在までに知られている市販ヘッドは、付加質量体は総質量の15〜20%を 占めるに過ぎず、これは所望の諸特性を達成するのに不十分である。 [0039] Commercially available head known to date, the additional mass body is merely accounts for 15-20% of the total weight, which is insufficient to achieve the desired properties.

【0040】 図1〜図6に示す第一の実施態様において、付加質量体91は、ヒール区域4 からトウ区域3まで延在する、可変断面を有する単一の取り付け部材から成り、 かつ周縁部81の下側部分810を一体的に構成する。 [0040] In a first embodiment shown in FIGS. 1-6, additional mass body 91 extends from the heel region 4 to the toe zone 3 consists of a single attachment member having a variable cross-section, and the peripheral portion 81 integrally constituting the lower portion 810 of the. このようにして、質量体 は周縁部の下側部分の後表面810aを形成する。 In this way, the mass to form a surface 810a after the lower portion of the peripheral edge. この構成において、部分80 0はキャビティ80の端部を後表面810aで縁取る上側縁部810bに接続し 、かつソール5の部分50は後表面810aの下側縁部810cから打撃表面2 へ向けて延在する。 In this arrangement, portion 80 0 is connected to the upper edge 810b edging at the rear surface 810a of the end portion of the cavity 80, and portion 50 of the sole 5 is directed from the lower edge 810c of the rear surface 810a to the striking surface 2 extending Te.

【0041】 より詳しくは、該質量体の断面は、中間区域811からヒール区域4とトウ区 域3の各々へ向けて徐々に増加する。 [0041] More specifically, the cross section of the mass body gradually increases from the intermediate section 811 to each of the heel region 4 and the toe-ku zone 3. このようにして、トウ/ソール/ヒールの 質量配分が改善され、重心を下げるとともに非常に高い慣性値を達成することが できる。 In this way, the mass distribution of the tow / sole / heel is improved, it is possible to achieve very high inertia value with lowered center of gravity. この場合、キャビティの下側部分800の実質的に湾曲した形状が付加 質量体91に様々な形状をもたらす。 In this case, it results in a variety of shapes to substantially curved shapes additional mass body 91 of the lower portion 800 of the cavity. 一連の曲率半径R1、R2およびR3を有 する部分は少なくとも1の曲率半径R1を中間区域に有し、この曲率半径R1は 該部分のヒールとトウにおける端部区域の曲率半径R2およびR3より小さい。 Portion have a series of radii of curvature R1, R2 and R3 has at least one radius of curvature R1 in the intermediate section, the curvature radius R1 is the radius of curvature R2 and R3 is less than the end region of the moiety of heel and toe .

【0042】 図4〜図6は、質量体91が、重心の下降をさらに促進させるように、下方へ (つまり、ソール5へ向けて)広がる形状を有することをも示す。 [0042] Figures 4-6, the mass body 91, so to further promote the lowering of the center of gravity, downward also shows that it has a spread shape (i.e., toward the sole 5).

【0043】 図2〜図6に示す実施例の構造によって、一般にソールから0.660〜0. [0043] the structure of the embodiment shown in FIGS. 2-6, generally from the sole 0.660 to 0. 680インチ(1.676〜1.727cm)の距離に位置する重心と、一般に2 40〜255Kg/mm 2の慣性モーメントIyとが得られる。 And the center of gravity located at a distance of 680 inches (1.676~1.727cm), generally is a 2 moment of inertia of 40~255Kg / mm 2 Iy obtained.

【0044】 慣性モーメントIyは、重心7を通り、かつ地面P'に対して鉛直な軸y−y 'に沿って測定したものである。 The moment of inertia Iy passes the center of gravity 7, and is measured along a 'vertical axis y-y with respect to' ground P.

【0045】 図7は、付加質量体91が周縁部の下側部分810の一部のみを構成する第二 の実施態様を示す。 [0045] Figure 7 shows a second embodiment the additional mass body 91 constitutes only a part of the lower portion 810 of the peripheral portion. より詳しくは、この付加質量体は、下側縁部810c(すな わち、立ち下がり縁部)まで下方へ延びる該下側部分810の後表面810aと 下側縁部810cから打撃表面2へ向けて延びるソール50の一部分を形成する 。 More particularly, the additional mass body, the lower edge 810c (ie, falling edge) from the surface 810a and the lower edge 810c after the lower portion 810 extending downward to the striking surface 2 to to form a part of the sole 50 extending toward. この場合、質量体はキャビティの部分800の一部分を構成しない。 In this case, the mass does not constitute a part of the portion 800 of the cavity. この構造 により、重心をさらに少し下に(すなわち、0.640〜0.680インチ(1 .625〜1.727cm))下げることができる。 This structure further down slightly the center of gravity (i.e., 0.640 to 0.680 inches (1 .625~1.727cm)) can be lowered. 慣性モーメントの変化は23 5〜250Kg/mm 2である。 Changes in the moment of inertia is a 23 5~250Kg / mm 2.

【0046】 図8に示す別の実施態様において、質量体は部分810の後表面810aの上 側部分を形成し、該部分810は上側縁部810bまで延びるとともに、この上 側縁部810bからキャビティ80の端部まで延びる部分800を形成する。 [0046] In another embodiment shown in FIG. 8, the mass forms a upper side portion after the surface 810a of portion 810, together with the moiety 810 extends to the upper edge 810b, from the upper side edge portion 810b cavity forming part 800 that extends to the end of the 80. こ の場合、下側縁部、すなわち、立ち下がり縁部810cは、やはりソールの摩耗 に対してより優れた耐久性を与えるチタンまたはチタン合金で作られる。 In this case, the lower edge, i.e., the falling edge 810c is also made of titanium or a titanium alloy gives better durability to the sole wear. 反対に 、重心の位置は前述の場合よりもやや上に(すなわち、0.675〜0.700 インチ(1.714〜1.778cm)上に)位置する。 Conversely, the position of the center of gravity is slightly above than the previous case (i.e., on a .675 to 0.700 inches (1.714~1.778cm)) located. 慣性モーメントも低く、2 30〜245Kg/mm 2程度である。 Moment of inertia is low, it is a 2 30~245Kg / mm 2 about.

【0047】 最後に、図9に示す実施態様では、ヘッドが、横方向で分離した2の質量体9 10、911を含み、一方の質量体の中心はヒール区域4の近くにあり、他方の 質量体の中心はトウ区域3の近くにある。 [0047] Finally, in the embodiment shown in FIG. 9, the head comprises a mass 9 10,911 2 separated laterally, the center of one of the mass is near the heel zone 4, the other the center of mass is located near the toe area 3.

【0048】 前述の実施態様に類似する別の実施態様(図示せず)において、ヘッドは、ヒ ール区域からトウ区域まで延在し、かつキャビティとソールの両方から本体の薄 い縁部により絶縁される、単一の質量体を含むことができよう。 [0048] In another embodiment similar to the previous embodiment (not shown), the head extends from the heat Lumpur area to the toe area, and by thin Yen portion of the body from both the cavity and the sole is insulated, it could include a single mass. つまり、質量体 910と911は接合して単一の質量体を形成する。 That is, the mass body 910 and 911 form a single mass by bonding.

【0049】 図10〜図17は、本考案の好ましい一実施態様を示す。 [0049] FIGS. 10 to 17 show a preferred embodiment of the present invention.

【0050】 ヘッドは、低密度金属材料(好ましくはチタン合金)からなる本体90と、重 心の位置を先に定義したとおりの水平面下に下げるようヘッドの下側部分に錘を 形成する高密度で作った取り付け用挿入部材91とを含む。 The head is a high density to form a main body 90 made of a low density metal material (preferably titanium alloy), the weight in the lower portion of the head so as to lower the horizontal surface of a as defined the position of the center of gravity above and a mounting insert 91 made from. より詳しく述べると 、挿入部材91は中央キャビティ80を取り囲む周縁部81の下側部分810の 一部を構成する。 More specifically, the insertion member 91 constituting a part of the lower portion 810 of the peripheral portion 81 surrounding the central cavity 80. この挿入部材は以下のものをそれぞれ形成する: − 凹状の上側稜部810bおよび下側稜部810cにより仕切られる部分81 0のの後表面810a; − 下側稜部810cから表面2の方向に延びる、ソール5の少なくとも一部分 50;および − キャビティ80の底部を上側稜部810bに接続する、凹状の下側部分80 0の深さの少なくとも一部分。 The insert member is formed following are respectively: - a concave upper edge portion 810b and the surface after the parts 81 0 which are partitioned by the lower edge portion 810c 810a; - extending from the lower edge portion 810c in the direction of the surface 2 At least a portion 50 of the sole 5; and - connecting the bottom of the cavity 80 in the upper edge portion 810b, at least a portion of the lower portion 80 0 of the depth of the concave.

【0051】 それゆえ、挿入部材のこの位置は、打撃表面のスイートスポットを増すことを 主な利点とするキャビティ−バック型構造を維持するヘッドの全体形状に不利な 影響を及ぼすことなく、重心の位置をできるだけ低くするのに貢献する。 [0051] Thus, the position of the insertion member, the cavity and the main advantage of increasing the sweet spot of the striking surface - without adversely affecting the overall shape of the head to maintain the back structure, the center of gravity contributing to as low a position as possible.

【0052】 挿入部材は、部分800の一部のみを形成するが、キャビティ90の底部まで は延びていない中央上側部分800aを含むのが好ましく、それにより、該挿入 部材は本体90の一部である縁部800b上に位置し、表面に対して過剰の厚さ を形成する。 [0052] insertion member is formed only a part of the portion 800, preferably includes a central upper portion 800a that does not extend to the bottom of the cavity 90, whereby the insert member is part of the main body 90 located on one edge 800b, to form the excess thickness to the surface. この過剰の厚さは、本体内部にねじを十分に侵入できるようにする 上で必要である。 The excess thickness is necessary to be able to penetrate sufficiently the internally threaded body.

【0053】 本考案の第二の特徴によれば、挿入部材の下側部分810の下側稜部810c は中央面取り区域810dを含む。 According to a second aspect of [0053] the present invention, the lower edge portion 810c of the lower portion 810 of the insert member includes a central chamfer zone 810d. この面取り区域によって、ソールの後部分の 摩擦抵抗が抑えられ、また、例えば石のような硬い物体(焼結材料は、鍛造、鋳 造等の他の技術により製造される材料よりも一般的に脆い)に対する該稜部の衝 撃の危険性も下がる。 This chamfer zone, the frictional resistance of the portion after the sole is suppressed, and is, for example hard object (sintered material, such as stone, forged, cast in general than the material produced by other techniques granulation or the like also decreases the risk of shock of 該稜 portion with respect to brittle). 該面取り区域は、多かれ少なかれトウおよびヒールの端部 へ向けて実質的に延在することができる。 Chamfer area, substantially may extend toward the end of the more or less toe and heel. しかしながら、最大の慣性特性を維持 するには、これらの端部における質量に過度の影響を与えないようにすることが 好ましい。 However, in order to maintain maximum inertia characteristics, it is preferable not to use excessive impact mass at these ends.

【0054】 先に述べたとおり、挿入部材は、粉体技術を使用して製造した燒結金属で作る のが好ましい。 [0054] As previously mentioned, the insertion member is preferably made of sintered metal manufactured by using a powder technology. そのような挿入部材は、特にタングステン等の高密度材料を好ま しくは上記の比率で使用するときに、降伏強度が低くなることが認められた。 Such insertion member is properly particularly preferred high density material such as tungsten when used in the above-mentioned ratio, the yield strength was found to be low. 特 に、該挿入部材がインパクトによるヘッドの変形に際して起こる引張応力を受け るとき、挿入部材はあまり高い耐久性を示さない。 In particular, Rutoki subjected to happen tensile stress during deformation of the head insertion portion material by impact, the insertion member does not show much higher durability. そのため、該挿入部材は或る 一定の降伏点を超えて破損することがある。 Therefore, the insert member may be damaged beyond a certain yield point.

【0055】 したがって、挿入部材を本体上に接続する方法の選択が最も重要であり、この 方法の選択がインパクト時のヘッドの耐久性に影響する。 [0055] Thus, the insertion member is most important to select a method of connecting to the main body, the selection of the method to affect the durability of the impact at the head. 特に、接続方法の選択 は、挿入部材に圧縮応力が掛かるように行われる。 In particular, the selection of the connection method is performed so that the compression stress is applied to the insertion member. この予応力(プレストレス) により、材料が衝撃時に応力を受けると、材料の変形を降伏強度より低く抑える ことが可能となる。 This pre-stress (pre-stress), the material is subjected to stress during impact, it is possible to suppress the deformation of the material less than the yield strength.

【0056】 図10、図13、図13aおよび図14に示すように、挿入部材は、横方向に 間隔をおいて配置された2本のねじ700、710で本体上に固定される。 [0056] FIGS. 10, 13, as shown in FIGS. 13a and 14, the insertion member is fixed on the body by two screws 700 and 710 laterally spaced. 肩部 700aを備える第一のねじ700はヒール区域4の近くに配置される。 First screw 700 which includes a shoulder portion 700a is located in the vicinity of the heel zone 4. やはり 肩部710aを備える第二のねじ710は第一のねじ700から距離を置いて、 トウ区域3の近くに配置される。 Again the second screw 710 with a shoulder portion 710a at a distance from the first screw 700 is positioned near the toe area 3.

【0057】 図13aにさらに詳しく示すように、各ねじは、ねじ部分を滑り込ませるのに 十分な直径を有する、挿入部材の内孔917をとおり、第一部分に沿って噛合す る。 [0057] As shown in more detail in FIG. 13a, each screw has a diameter sufficient sliding the threaded portion, as the inner bore 917 of the insert member, you engaged along the first portion. 第二部分(つまり、ねじの肩部と反対側の端部)は、ねじ込みにより本体内 で噛合するねじ山を有する。 Second portion (i.e., end opposite to the shoulder portion of the screw) have a thread that meshes with the main body by screwing. もちろん、ここで示すように、シャフト部分全体に ねじ山を施してもよい。 Of course, as indicated herein, may be subjected to thread the entire shaft portion. それゆえ、肩部710aは、本体の内孔の縁部に支承さ れ、かつ挿入部材を本体上に押圧する力を該挿入部材に作用させる。 Therefore, the shoulder portion 710a is supported by the edge of the inner hole of the body, and the insertion member exerting a force pressing on the body to the insert material. 好ましくは 、肩部710aの傾斜角は、挿入部材に十分な力を加えて予応力を付与するよう 、ねじの長手方向軸に対して20度を超えるものでなければならない。 Preferably, the inclination angle of the shoulder portion 710a is to impart pre-stress to apply sufficient force to the insertion member, must be greater than 20 degrees relative to the longitudinal axis of the screw. 他方、肩 部の横方向の寸法を制限するために、この傾斜角は40度を超えてはならない。 On the other hand, in order to limit the transverse dimension of the shoulder, the angle of inclination should not exceed 40 degrees.

【0058】 各ねじは、周縁部の表面を超えて突出するヘッドにより締め付けるが、このヘ ッドは図示しない。 [0058] Each screw is tightened by a head which projects beyond the surface of the peripheral portion, the F head are not shown. 組立後、ヘッドは研削または研磨される。 After assembly, the head is ground or polished.

【0059】 挿入部材は、軸y−y'を中心にして最大の慣性値を得るために、その全長に 沿って断面が変化する。 [0059] The insert, in order to obtain the maximum inertia value about the axis y-y ', the cross-section varies along its length. 特に、挿入部材の断面は、質量体の中心からヒール区域 4およびトウ区域3へ向けてそれぞれ増加する。 In particular, the cross section of the insertion member is increased each direction from the center of mass to the heel zone 4 and the toe region 3. この増加は漸進的に行われ、か つ、大方、挿入部材の中央部分800aの凹形状になって作られるのが好ましい 。 This increase is progressively performed, One or, mostly, preferably made become concave central portion 800a of the insertion member.

【0060】 図15〜図17は、所望の物理的特性を得るための、挿入部材の特定形状を詳 細に示す。 [0060] FIGS. 15 to 17 illustrate for obtaining the desired physical properties, the specific shape of the insertion member into details. 挿入部材は全体的に三日月形をしており、この挿入部材を本体に取り 付けるときに、凹状の上側中央部分800aがヘッドの部分800の一部と成る 。 The insert has a generally crescent-shaped, when applying takes this insert into the body, recessed upper central portion 800a becomes the part of the portion 800 of the head. この区域の凹形状は、重心を最大限下降させるとともに、スイートスポット区 域を最大限拡大するのに必要な上側キャビティの維持に貢献する。 Concave shape in this area, causes maximally lower the center of gravity and contributes to the maintenance of the upper cavity the required sweet spot ku zone to maximize expansion. 該挿入部材は また、中央部分800aの両側を取り囲み、かつ、それぞれヘッドのヒール区域 とトウ区域に位置する、隆起した横方向部分913、914を有する。 The insert material also surrounds the sides of the central portion 800a, and, positioned in the heel area and the toe area of ​​each head has a transverse portion 913, 914 that raised. 所望の慣 性値を得るために、トウ区域に位置する隆起部分913は、一般に、ヒール区域 に位置する隆起部分914よりも大きな断面を有する。 In order to obtain the desired inertia values, the raised portion 913 is located in the toe area, generally, has a larger cross-section than the elevated portion 914 is located in the heel area. 該挿入部材は、側面91 5、916(図12〜図14に示す)を接続するねじを通すための通し穴917 、918を有する。 The insert member has a through hole 917, 918 for passing a screw for connecting the side 91 5,916 (shown in FIGS. 12 to 14). 側面915、916は、常に重心の下降を促進するため、ソ ール部分50の方向に広がっている。 Sides 915 and 916 are always to facilitate the lowering of the center of gravity, it extends in the direction of the source Lumpur portion 50. 内側面915は、挿入部材を本体ハウジン グ内に収容し易くするために、好ましくは調節した平坦な表面である。 Inner surface 915, an insertion member to facilitate housed in the body Haujin grayed, a flat surface which is preferably adjusted.

【0061】 図18〜図22は、本考案による第二の構造態様を示す。 [0061] FIGS. 18 to 22 illustrate a second structural embodiment of the present invention.

【0062】 本体は、ソール5のみに設けられ、かつトウ区域3からヒール区域4まで連続 的に延在するハウジング70を含み、ハウジング70の形状と相補的な形状を有 する単一の挿入部材91を受け容れる。 [0062] body is provided only on the sole 5, and comprises a continuously extending housing 70 from the toe region 3 to the heel zone 4, a single insert member which have a complementary shape to the shape of the housing 70 91 received accommodate. 挿入部材は、ソール5の幅の中央部分の みを占め、かつ、その両側で、打撃面2に接続される前部ソールエッジ51と本 体の周縁部81の下側部分810に接続される後部ソールエッジ52とで縁取ら れる。 Insert occupies only the central portion of the width of the sole 5, and, on both sides, are connected to the lower portion 810 of the peripheral edge 81 of the front sole edge 51 and the body to be connected to the striking surface 2 fringed et is in the rear sole edge 52. この挿入部材91は、全体が三日月形をしており、低い重心位置と軸y− y'を中心にして大きな慣性を与えるヒール/トウ間の配分とを容易に達成する よう、凹状の内側中央部分912およびヒール区域とトウ区域においてそれぞれ 隆起した横方向部分913、914を有する。 The insertion member 91, as a whole to easily achieve a distribution between the heel / toe give has a crescent-shaped, the large inertia around the lower center of gravity position and axis y- y ', concave inner central having a transverse portion 913, 914 which is raised respectively in portions 912 and heel area and the toe area. 該挿入部材は、図20および図2 1に示すように、ほぼ逆V字形の横断面を有し、その側面915、916もヘッ ドの重心を最大限下降させるために、前記したようにソールの方向に広がってい る。 The insert member, as shown in FIGS. 20 and 2 1, has a cross section of generally inverted V-shape, its sides 915 and 916 also the center of gravity of the heads in order to maximize downward, the sole as described above that has spread to the direction.

【0063】 挿入部材91が打撃表面2と後表面8の後周縁部81の間に挟持されるそのよ うな組立構造には多くの利点があるが、その第一の利点は、インパクト時に該組 立構造が一様に変形し得ることであり、これによって本体と挿入部材の接続強度 が増す。 [0063] While the insertion member 91 is its good UNA many advantages assembly structure sandwiched between the peripheral portion 81 after the striking surface 2 and the rear surface 8, its first advantage, said set at impact standing structure is that can uniformly deformed, whereby the connection strength of the main body and the insertion member is increased. 実際、本体を構成する材料の弾性係数は挿入部材の弾性係数よりもはる かに小さいので、前述の例におけるように挿入部材を本体の後に単に取り付ける だけの場合、本体は挿入部材よりもさらに変形しようとする。 In fact, since the elastic modulus of the material constituting the main body small or spring than the elastic modulus of the insert, if only attached just after the body insertion member as in the example above, the body further than the insertion member to deform to. 本実施態様のサン ドイッチ構造では、2の部材間の接続に危険を招くことなしに、変形はより一様 に生ずる。 In San Deutch structure of this embodiment, without compromise the connection between the second member, deformation occurs more uniform.

【0064】 本体と付加質量体の接合は、本体のハウジング70内に該挿入部材をプレス嵌 合することにより達成される。 [0064] joining the body and the additional mass body is achieved by pressing fitting the insert into the housing 70 of the body.

【0065】 本体90と挿入部材91をとおるピン、好ましくは間隔をおいて配置される2 のピン700、710により挿入部材を確実に固定する。 [0065] pins passing through the body 90 and the insertion member 91, preferably securely fix the insert member by a pin 700, 710 of 2 arranged at intervals. 該挿入部材は側面91 5、916を接続する通し穴917、918を有する。 The insert member has a through hole 917, 918 for connecting the sides 91 5,916. 図18の実施例において 、打撃面2の壁は、挿入部材を組立てた後に通し穴917、918の位置と一致 する穴を備えている。 In the embodiment of FIG. 18, the wall of the striking surface 2 is provided with holes that match the positions of the holes 917 and 918 through the after assembly of the insert member. それゆえ、各ピン700、710は穴を通してプレス嵌合 により取り付けられ、該挿入部材をハウジング内に確実に固定する。 Thus, each pin 700 and 710 is mounted by a press fit through the hole, securely fixing the insertion member into the housing.

【0066】 この特定の実施態様では、仕上げ作業が容易になるので、打撃表面側からピン を取り付けるのが好ましい。 [0066] In this particular embodiment, since the finishing work becomes easy, preferably mounted pin from striking surface side. 完全に平らでなければならない打撃表面は、ピンの 位置で、例えばベルト砥石車のような適宜な仕上げ工具により研削、研磨される 。 Striking surface must be perfectly flat it is the position of the pin, grinding by a suitable finishing tool, such as a belt grinding wheel and polished. しかしながら、ピンを反対側から(すなわち、本体の後表面の後周縁部81か ら)取り付けることを考えてもよい。 However, the pin from the opposite side (i.e., the peripheral portion 81 or et after the surface after the body) may be considered to be attached.

【0067】 無論、エポキシ型接着剤で接着するなど他の技法によって、挿入部材をハウジ ング内に固定することもできる。 [0067] Of course, by other techniques such as bonding with an epoxy adhesive, it is also possible to fix the insert member to the housings within ring. 同様に、ピンの代わりにねじを使用することも できる。 Similarly, it is also possible to use screws instead of pins.

【0068】 図23および図24は、図18〜図22の実施態様に類似する別の実施態様を 示す。 [0068] FIGS. 23 and 24 show another embodiment similar to the embodiment of FIGS. 18 to 22. この場合、本体90は、一方では打撃表面の壁により、また他方できキャ ビティ80の縁部からソールまで、そしてヘッドの長さの一部分にのみ延在する 後中央縁部811によって横断方向に仕切られるハウジング71を含む。 Partition this case, the main body 90, on the one hand by the wall of the striking surface is also transversely by the central edge portion 811 after the edge of the other can calibration Sensitivity 80 to the sole, and extends only a portion of the length of the head It includes a housing 71 that is. つまり 、縁部811はトウからヒールまで延在するのではなく、ヘッドの中央部分に局 在したままである。 In other words, the edge 811 rather than extending from the toe to the heel, remains Mashimashi station in a central portion of the head.

【0069】 トウ区域3とヒール区域4において、ハウジング71は後方およびソールの両 方へ向けて開いている。 [0069] In the toe region 3 and the heel zone 4, the housing 71 is open toward both the rear and the sole. それゆえ、挿入部材91は、このように画定されたハウ ジングにより造られる空間を占め、かつ中央ノッチ920がこの区域で側面の厚 さを局所的に減少させた部分を画定するとともに、この部分に本体の中央縁部8 11が配置される、全体として三日月形を呈する。 Thus, the insertion member 91 occupies a space made by housings defined in this way, and the central notch 920 defining a portion of locally reducing the thickness of the side surface in this area, this part center edge 8 11 of the main body is placed, presents a crescent as a whole. このように、挿入部材はヘッ ドの中央部分(すなわち、インパクト時の変形が最大である区域)でのみ挟持さ れ、本体と挿入部材とによって形成される組立構造の変形をより均質にする。 Thus, the central portion of the insertion member heads (i.e., deformation at impact is the area at the maximum) is sandwiched only, a more homogeneous deformation of the assembly structure formed by a body and the insertion member. こ の挿入部材91は、それを通る穴917、918に押し込まれ、かつ打撃表面の 中に設けられる穴に挿入されるピン700、710により本体上に固定される。 Insert member 91 of this is pushed into a hole 917 and 918 therethrough, and is secured on the body by a pin 700 and 710 to be inserted into a hole provided in the striking surface. ピンの代わりに接着剤を使用して接続することもできる。 It can be connected using an adhesive instead of the pin.

【0070】 この構造には、ヒール/トウの質量配分を容易にし、それによって軸y−y' を中心とする慣性を増加させる一方、インパクト時の均質な変形および質量体と 本体間の接続の良好な強度を確保するという利点がある。 [0070] This structure facilitates mass distribution of the heel / toe, whereby while increasing the inertia around the axis y-y ', homogeneous deformation and mass at impact and a connection between the body It has the advantage of ensuring good strength.

【0071】 図25〜図28は、本考案の別の有利な実施態様を示す。 [0071] FIGS. 25 to 28 show another preferred embodiment of the present invention. この場合、挿入部材 は、例えば図1〜図6の実施例におけるようにヘッド本体の後部に取り付けられ る。 In this case, the insertion member is Ru attached to the rear of the head body, as in the embodiment of FIGS. 1-6, for example.

【0072】 本体の後表面8は、底表面720と、この底表面720に対して好ましくは鋭 角を有する狭小縁部721とを有する下側の窪んだ区域72を含む。 [0072] After the body surface 8 includes a bottom surface 720, an area 72 recessed beneath the side and a narrow edge 721 preferably having acute angles relative to the bottom surface 720. 底表面72 0は打撃表面2に対してほぼ平行であるか、あるいは僅かに傾斜して延在する。 Or bottom surface 72 0 is substantially parallel to the striking surface 2, or extends slightly inclined.

【0073】 挿入部材91は、全体的に三日月形であり、凹状の内側部分912と隆起した 端部913、914とを有する。 [0073] insertion member 91 is generally crescent shaped and has an end portion 913 and 914 a raised and recessed inner portion 912. この挿入部材は、平らな内表面915aと該表 面915aと鋭角を形成する側縁部915bとを含む。 The insert includes a side edge portion 915b to form a flat inner surface 915a and the surface 915a at an acute angle. またこの挿入部材は、蟻 継ぎ型接続によりこの窪んだ区域72に固定される。 Also, this insert is secured to the recessed area 72 by dovetail-type connections. この接続は、一方では、底 表面720に固定される突出ほぞ(または突起)722、723により、また他 方では、底表面720と接触するのに適合した質量体の内表面915上に形成さ れるほぞ穴921、922により行われる。 This connection, on the one hand, by protruding tenon (or protrusions) 722 and 723 fixed to the bottom surface 720, and in other hand, the inner surface formed of over 915 of the mass body adapted for contact with the bottom surface 720 It is carried out by the mortise 921 and 922 to be. 図示の実施例において、トウの近傍 に1個、またヒールの近傍に1個、都合2個のほぞが設けられる。 In the illustrated embodiment, one in the vicinity of the toe and one in the vicinity of the heel, convenience two tenons are provided. ほぞ穴は互い に平行に配置され、かつ接続部の係合側(すなわち、凹状部分912の側)を向 いた開口を有する。 Mortises are arranged parallel to each other, and having an engagement side of the connecting portion (i.e., the side of the concave portion 912) had directed the opening.

【0074】 挿入部材91ならびにほぞ722、723は穴を有し、これらの穴は組立ての 際に一致し、かつほぞとほぞ穴が係合して挿入部材を確実に固定する方向に対し て垂直に、あるいはほぼ垂直に向けられるピン700、710等の固定部材を通 すことができる。 [0074] insert 91 and the tenon 722 and 723 has a hole, these holes coincide during assembly, and with respect tenon and direction mortise to reliably fix the insert member engage the vertical in, or fixed member pin 700, 710 such as to be oriented substantially vertically so through Succoth. 無論、特に先に説明した理由から、挿入部材が焼結粉体からな る場合、ピンの代わりにねじを使用することもできる。 Of course, especially for the reasons explained above, when the insertion member is ing a sintered powder, it can also be used a screw instead of the pin.

【0075】 また、挿入部材91が、ヘッドのヒール区域とトウ区域における質量の適切な 配分を容易にするような厚さの配分を有するという有利な特徴にも注意しなけれ ばならない。 [0075] The insertion member 91, shall also note advantageous feature of having a distribution of thickness such as to facilitate proper distribution of mass in the heel area and the toe area of ​​the head. 例えば、挿入部材91の厚さeは、トウ区域3とヒール区域4にお けるよりも中央においてより薄い。 For example, the thickness e of the insert member 91 is thinner in the middle than Keru you in the toe region 3 and the heel zone 4. さらに詳しく述べると、その厚さは中央から 隆起部分913、914へ向けて徐々に増加する。 More particularly, the thickness thereof increases gradually toward the center to the raised portion 913 and 914.

【0076】 図25および図28は、本体90の窪み区域72内に挿入部材91を係合させ る態様を示す。 [0076] FIGS. 25 and 28 illustrate the manner in which Ru engaging the insert member 91 into the recess area 72 of the body 90. この係合の態様は、ソールの方向に、ほぼヘッドの上側稜部82 1へ向けて(矢印A)、質量体の縁部915bが該窪み区域72の縁部721に 対して当接するまで行われる。 Aspect of this engagement, a row in the direction of the sole, until towards substantially upward ridge 82 1 of the head (arrow A), the edge 915b of the mass body abuts against the edge 721 of the depressions viewed area 72 divide. ピン700、710により構成される固定部材が 、係合方向に対してこれを横断する方向に向けられなければならないことを理解 されたい。 Fixing member constituted by a pin 700 and 710, it is to be understood that it must be directed in a direction transverse to the contrary direction of engagement.

【0077】 図29〜図31は上記実施態様の単なる一変形態様を示す。 [0077] FIGS. 29 to 31 show a mere variation of the above embodiments. この態様において 、挿入部材とヘッドの接続は係合の態様がヒール区域4からトウ区域3へ向かう 方向(矢印B)で行えるようになっている。 In this embodiment, the connection of the insertion member and the head is adapted to perform in the direction (arrow B) the manner of engagement is directed from the heel region 4 to the toe zone 3. 前述の実施態様と異なる唯一の点は 、蟻継ぎ型の接続および固定部材の向きにある。 The difference only points above embodiment, in the direction of the dovetail type of connection and the fixing member. この場合、ほぞ/留め釘722 、723は、挿入部材の内表面919aの全長に沿って延びる単一のほぞ穴92 3と共働する。 In this case, tenon / peg 722, 723, it cooperates with a single mortise 92 3 extending along the entire length of the inner surface 919a of the insertion member. 組立て後、ほぞ穴923の方向を横切る方向に向けられるピン7 01、711によりこの挿入部材を固定することができる。 After assembly, the pins 7 01,711 directed in a direction transverse to the direction of mortise 923 can be fixed the insertion member.

【0078】 前述の諸実施態様と同様に、ピンの代わりに接着剤またはねじで確実に固定す ることもできる。 [0078] As in the previous various embodiments may Rukoto be securely fixed with adhesive or screws in place of pins.

【0079】 付加質量体は、共成形、半田付け、絞りばめ、接着等の各種技法により本体に 取り付け、固定することができる。 [0079] additional mass body, comolded, soldering, squeezing fit, attached to the body by various techniques such as bonding, may be fixed.

【0080】 以上、本考案の好ましい実施態様を詳細に説明してきたが、当業者は、実用新 案登録請求の範囲で定義される本考案の範囲から離れることなく、各種の改変を 考えることができる。 [0080] Having described the preferred embodiments of the present invention in detail, practical without departing from the scope of the present invention as defined by the scope of the new proposal registration claims, be considered various modifications it can.

【0081】 図32は、本考案の一実施態様を示す。 [0081] Figure 32 shows an embodiment of the present invention. 後表面は、前に説明したような底表面 720と狭小縁部721とを有する下側窪み区域72を含む。 Rear surface includes a lower side recessed area 72 having a bottom surface 720 and a narrow edge 721 as previously described. さらに、底表面の ほぼ全部分に沿ってトウ/ヒール方向に延びる細長いリブ724が、挿入部材の 内表面の長さのかなりの部分に沿って延びる、相補的な形状の溝924に正確に 嵌合する。 Further, the elongated rib 724 extending toe / heel direction along substantially the entire portion of the bottom surface, extends along a substantial portion of the length of the inner surface of the insertion member, exactly fits into the groove 924 of complementary shape to focus. このようにして、挿入部材は主として窪み区域におけるプレス嵌合に より固定される。 In this way, the insertion member is more secured to the press fitting in the mainly recess area. このリブはまた、接着面の薄い下側部分に対する補強効果を有 するとともに、インパクト時に挿入部材から本体を分離しようとする応力を低減 させる働きをする。 The ribs also while have a reinforcing effect on the thin lower portion of the adhesive surface, and serves to reduce the stress to be separated body from the insertion member during impact. 前の実施態様におけると同様に、この組立てをさらに強化す るために、ピンまたはねじを加えることもできる。 As in the previous embodiment, may be in order to further strengthen the assembly, adding pins or screws.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本考案のヘッドの正面図である。 FIG. 1 is a front view of the present invention of the head.

【図2】図1のヘッドの背面図である。 It is a rear view of the head of FIG. 1;

【図3】図1のヘッドのトウの側面図である。 FIG. 3 is a side view of the toe of the head Figure 1.

【図4】図2のIV−IV線に沿って見た断面図である。 4 is a sectional view taken along the line IV-IV of FIG.

【図5】図2のV−V線に沿って見た断面図である。 5 is a cross-sectional view taken along line V-V in FIG.

【図6】図2のVI−VI線に沿って見た断面図である。 6 is a sectional view taken along line VI-VI in FIG.

【図7】本考案の一変形によるヘッドの背面図である。 7 is a rear view of a head according to a variant of the present invention.

【図7a】図7のVII−VII線に沿って見た断面図である。 Is a sectional view taken along line VII-VII of Figure 7a Figure 7.

【図8】別の一変形による、図7と類似の図である。 By 8 another one variation, is a view similar to Figure 7.

【図8a】図8のVIII−VIII線に沿って見た断面図である。 It is a sectional view taken along line VIII-VIII in Figure 8a Figure 8.

【図9】さらに別の一変形による、図7と類似の図である。 By 9 yet another variant, which is a view similar to FIG.

【図10】本考案の好ましい実施態様によるヘッドの背面図である。 10 is a rear view of a head according to a preferred embodiment of the present invention.

【図11】図10のヘッドの背面斜視図である。 11 is a rear perspective view of the head of Figure 10.

【図12】図10のXII−XII線に沿って見た断面図である。 12 is a sectional view taken along the line XII-XII in FIG. 10.

【図13】図10のXIII−XIII線に沿って見た断面図である。 13 is a sectional view taken along line XIII-XIII in FIG. 10.

【図13a】図13の詳細断面図である。 Is a detailed cross-sectional view of FIG. 13a] FIG.

【図14】図10のXIV−XIV線に沿って見た断面図である。 14 is a sectional view taken along line XIV-XIV in FIG. 10.

【図15】図10のヘッドの付加質量体を示す外側底面図である。 [15] is an outer bottom view of the additional mass body of the head of Figure 10.

【図16】図10のヘッドの付加質量体を示す内側面図である。 16 is a inner sectional view showing the additional mass body of the head of Figure 10.

【図17】図10のヘッドの付加質量体を示す底部斜視図である。 17 is a bottom perspective view of the additional mass body of the head of Figure 10.

【図18】本考案の特定の実施態様によるヘッドの特定的な組立てを示す分解斜視図である。 Figure 18 is an exploded perspective view showing a specific assembly of the head according to a particular embodiment of the present invention.

【図19】図18の背面図である。 Is a rear view of FIG. 19] FIG. 18.

【図20】図19のXX−XX線に沿って見た断面図である。 20 is a cross-sectional view taken along line XX-XX in FIG. 19.

【図21】図19のXXI−XXI線に沿って見た断面図である。 21 is a cross-sectional view taken along line XXI-XXI in FIG. 19.

【図22】図19のヘッドの底面図である。 Is a bottom view of the head of FIG. 22] FIG. 19.

【図23】本考案の別の実施態様によるヘッドの特定的な組立てを示す後方分解斜視図である。 23 is a rear exploded perspective view showing a specific assembly of the head according to another embodiment of the present invention.

【図24】図23のヘッドの組立て後の斜視図である。 It is a perspective view after assembly of the head of FIG. 24 FIG. 23.

【図25】本考案の別の一実施態様によるヘッドの特定的な組立てを示す背面分解斜視図である。 Figure 25 is a rear exploded perspective view showing a specific assembly of the head according to another embodiment of the present invention.

【図26】図25のヘッドの断面図である。 26 is a cross-sectional view of the head of Figure 25.

【図27】図25のヘッドを構成するために取り付けた付加質量体の内側の図である。 Figure 27 is a interior view of the additional mass body attached to construct the head of FIG. 25.

【図28】組立て作業を示す、図25のヘッドの背面斜視図である。 Figure 28 shows the assembly work is a rear perspective view of the head of Figure 25.

【図29】図25のヘッドの一変形によるヘッドの特定的な組立てを示す背面分解斜視図である。 29 is a rear exploded perspective view showing a specific assembly of the head according to a variant of the head of Figure 25.

【図30】図29のヘッドの組立て作業を示す図である。 30 is a diagram illustrating the assembly of the head of FIG. 29.

【図31】図29のヘッドを構成するために取り付けた付加質量体を示す内側面図である。 31 is a inner sectional view showing the additional mass body attached to construct the head of FIG. 29.

【図32】本考案の別の一実施態様によるヘッドの組立てを示す背面分解斜視図である。 Figure 32 is a rear exploded perspective view showing the assembly of the head according to an alternative embodiment of the present invention.

【図33】図32の実施態様によるヘッドの特定的な組立てを示す、図32のXXXIII−XXXIII線に沿って見た断面図である。 [Figure 33] embodiment of FIG. 32 shows a specific assembly of the head according to a cross-sectional view taken along the line XXXIII-XXXIII in FIG. 32.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 アイアンクラブヘッド 2 打撃表面 3 トウ区域 4 ヒール区域 5 ソール 7 重心点 8 後表面 60 開口 70 ハウジング 80 中央凹部(キャビティ) 81 周縁部 90 ヘッド本体 91 付加質量体 700、710 ねじ 700a、710a (ねじの)肩部 810 下側部分 810a 後表面 820 上側部分 1 iron club head 2 striking surface 3 toe zone 4 the heel area after 5 sole 7 centroid 8 surface 60 opening 70 housing 80 central recess (cavity) 81 periphery 90 the head body 91 additional mass body 700 and 710 screws 700a, 710a (screws ) shoulder 810 lower portion 810a after the surface 820 upper part of the

───────────────────────────────────────────────────── フロントページの続き (72)考案者 ブレット ワール アメリカ合衆国. ────────────────────────────────────────────────── ─── of the front page continued (72) inventor Brett Waal United States. 92008 カリフォルニア, カールスバッド,ラファイエット コート 2397 (72)考案者 スティーヴ ヌーテンス アメリカ合衆国. 92008 California, Carlsbad, Lafayette coat 2397 (72) inventor Steve Nutensu United States. 92083 カリフォルニア, ヴィスタ,パセオ デル ラゴ 1833 92083 California, Vista, Paseo del Lago 1833

Claims (10)

    【実用新案登録請求の範囲】 [Range of utility model registration request]
  1. 【請求項1】 ヒール区域と、トウ区域と、前記ヒール区域と前記トウ区域間に延在する打撃表面と、打球のため地面に置かれるとき地平面上で安息するソールと、後表面とを含み、前記後表面には、後方へ向けて開き、かつ周縁部によって包囲されるキャビティを設けた、アイアンゴルフクラブヘッドにおいて、 低密度金属材料から成る本体と、前記本体の構成材料の密度より高い密度の材料から成る付加挿入部材とを含み、 前記周縁部は、前記キャビティの下で垂直方向に延在し、かつ前記トウ区域から前記ヒール区域まで水平方向に延在する下側部分を含み、 前記挿入部材は、前記下側部分の少なくとも一部を占め、かつ、凹状の上側中央部分と、前記ヒール区域と前記トウ区域の各々において隆起した側方部分とを有する全体的に三 And 1. A heel region, a toe region, a striking surface that extends between the heel area and the toe area, the sole to rest on the horizontal plane when placed on the ground for hitting, a rear surface wherein, on the rear surface, opening towards the rear, and provided with a cavity surrounded by the peripheral portion, the iron golf club head, a body made of a low density metallic material, higher than the density of the material of said body and a additional insert member made of a material of density, the peripheral portion includes a lower portion extending in the horizontal direction extend in the vertical direction under the cavity, and from the toe area to the heel area, said insert member occupies at least a portion of said lower portion, and the overall three-having an upper central portion of the concave, and a lateral portion which is raised in each of the heel area and the toe area 日月形であることを特徴とするアイアンゴルフクラブヘッド。 Iron golf club head, which is a Sun Moon shape.
  2. 【請求項2】 前記挿入部材が金属製であること、および、以下の部分、すなわち、凹状の上側稜部と下側稜部とによって画成される下側部分の後表面;前記下側稜部から表面の方向に延在するソールの少なくとも一部分; Wherein said insert is made of metal, and the following moieties, i.e., the surface after the lower portion defined by a concave upper ridge and lower ridge; the lower edge At least a portion of the sole extending in a direction of the surface from the Department;
    前記キャビティの底部を前記上側稜部に接続する凹状の下側部分の少なくとも一部分を形成することによって、 By forming at least a portion of the lower portion of the concave connecting the bottom of the cavity in the upper edge portion,
    前記周縁部の下側部分の一部を構成することを特徴とする請求項1によるアイアンゴルフクラブヘッド。 Iron golf club head according to claim 1, characterized in that it constitutes a part of the lower portion of the peripheral edge.
  3. 【請求項3】 前記挿入部材が、焼結金属材料から成り、かつ該挿入部材に対して圧縮応力を及ぼす連結部材により接続されることを特徴とする請求項1によるアイアンゴルフクラブヘッド。 Wherein the insertion member is made of a sintered metal material, and an iron golf club head according to claim 1, characterized in that it is connected by a connecting member which exerts a compressive stress on the insert member.
  4. 【請求項4】 前記挿入部材が、トウ区域の近傍に位置する、肩部を備えた1のねじと、ヒール区域の近傍に、 Wherein said insert member is positioned in the vicinity of the toe area, and one of the screw with a shoulder in the vicinity of the heel zone,
    前記1のねじから距離を置いて位置する、肩部を備えた別のねじとによって固定され、各ねじは、滑動係合を可能にするのに十分な直径を有する、前記挿入部材の内径の第一部分に沿って係合するとともに、ねじ締め係合を可能にする第二部分に沿って前記本体に係合することを特徴とする請求項3によるアイアンゴルフクラブヘッド。 Located at a distance from the first screw, is fixed by a separate screw having a shoulder, each screw has a diameter sufficient to permit sliding engagement of the inner diameter of the insertion member together engage along a first portion, an iron golf club head according to claim 3, along a second portion that allows screwing engagement and wherein the engaging said body.
  5. 【請求項5】 前記挿入部材を構成する焼結金属材料が異なる密度を有する各種金属粉体の混合物であることを特徴とする請求項3によるアイアンゴルフクラブヘッド。 5. The iron golf club head according to claim 3, wherein the sintered metal material constituting the insert is a mixture of various metal powders having different densities.
  6. 【請求項6】 ヒール区域と、トウ区域と、前記ヒール区域と前記トウ区域間に延在する打撃表面と、打球のため地面に置かれるとき地平面上で安息するソールと、後表面とを含み、前記後表面には、後方へ向けて開き、かつ周縁部によって包囲されるキャビティを設けた、アイアンゴルフクラブヘッドにおいて、 低密度金属材料から成る本体と、前記本体の密度より高い密度を有する少なくとも1の挿入部材とを含み、 前記本体は、ソール内に配置されて、前記トウ区域から前記ヒール区域まで連続して延在するハウジングを備え、 前記挿入部材は、前記ハウジングを占拠し、かつ前記打撃表面と前記周縁部ととの間に挟持されることを特徴とするアイアンゴルフクラブヘッド。 6. A heel region, a toe region, a striking surface that extends between the heel area and the toe area, the sole to rest on the horizontal plane when placed on the ground for hitting, a rear surface wherein, in the rear surface, open towards the rear, and provided with a cavity surrounded by the peripheral portion, the iron golf club head having a body composed of a low density metallic material, a higher density than the density of said body and at least one insert member, the body is disposed within the sole, a housing extending continuously from the toe area to the heel area, said insert member occupies said housing, and iron golf club head characterized in that it is sandwiched between said striking surface and said peripheral edge.
  7. 【請求項7】 前記挿入部材が、凹状の内側中央部分と、トウ区域およびヒール区域において隆起した部分とを有する、全体的に三日月形であることを特徴とする請求項6によるアイアンゴルフクラブヘッド。 Wherein said insert member is concave inner central portion and the toe zone and has a raised portion in the heel area, an iron golf club head according to claim 6, characterized in that a generally crescent .
  8. 【請求項8】 ヒール区域と、トウ区域と、前記ヒール区域と前記トウ区域間に延在する打撃表面と、打球のため地面におかれるとき地平面上で安息するソールと、後表面とを含み、前記後表面には、後方へ向けて開き、かつ周縁部によって包囲されるキャビティを設けた、アイアンゴルフクラブヘッドにおいて、 前記ヒール区域は、シャフトを導入するため該ヒール区域内に位置する軸I−I'をもつ開口を備え;前記ヘッドは、前記地平面に平行な水平面下に位置する重心を有し、かつ該地平面に対する高さが18.3mmであり; 8. A heel region, a toe region, a striking surface that extends between the heel area and the toe area, the sole to rest on the horizontal plane when placed in the ground for hitting, a rear surface wherein, on the rear surface, opening towards the rear, and provided with a cavity surrounded by the peripheral portion, the iron golf club head, the heel area is located on the heel zone for introducing the shaft axis an opening with a I-I '; the head has a center of gravity located below a horizontal plane parallel to the ground plane and height relative 該地 plane be 18.3 mm;
    また、該ヘッドは前記本体上部の重心を通る垂直軸y− The vertical axis the head through the center of gravity of the body upper y-
    y'を中心として、230kg/mm 2またはそれ以上の慣性を有し;さらにまた、該ヘッドはチタンまたはチタン合金製の本体と、前記本体の密度より高い密度の少なくとも1の付加質量体とを含み;前記周縁部は、前記キャビティの下で、前記ヒール区域から前記トウ区域まで延在する下側部分を含み、該下側部分の少なくとも一部は前記付加質量体を構成することを特徴とするアイアンゴルフクラブヘッド。 around the y ', has a 230 kg / mm 2 or more inertial; Furthermore, the head main body made of titanium or a titanium alloy, and at least one additional mass body higher than the density of the body density wherein; the periphery, under the said cavity includes a lower portion extending from said heel region to said toe area, at least a portion of said lower portion and wherein the configuring the additional mass body iron golf club head.
  9. 【請求項9】 全質量の55%が前記水平面下に位置することを特徴とする請求項8によるアイアンゴルフクラブヘッド。 9. The iron golf club head according to claim 8, 55% of the total weight is being located under the horizontal plane.
  10. 【請求項10】 重心が、軸I−I'から35mmまたはそれ以上で、かつ40mmまたはそれ以下の垂直距離に位置することを特徴とする請求項8によるアイアンゴルフクラブヘッド。 10. centroids, axial I-I from 'at 35mm or more and 40mm or less iron golf club head according to claim 8, characterized in that located in the vertical distance.
JP62809797U 1996-08-09 1997-07-17 Iron golf club head Expired - Lifetime JP3045407U (en)

Priority Applications (6)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US2325796 true 1996-08-09 1996-08-09
US71126796 true 1996-09-09 1996-09-09
US08/711,267 1997-01-22
US08787113 US5833551A (en) 1996-09-09 1997-01-22 Iron golf club head
US08/787,113 1997-01-22
US60/023,257 1997-01-22

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP3045407U true true JP3045407U (en) 1998-02-03

Family

ID=43179790

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP62809797U Expired - Lifetime JP3045407U (en) 1996-08-09 1997-07-17 Iron golf club head

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP3045407U (en)

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002032514A1 (en) * 2000-10-16 2002-04-25 Mizuno Corporation Iron golf club and golf club set
JP2009240619A (en) * 2008-03-31 2009-10-22 Daiwa Seiko Inc Iron golf club and its manufacturing method
JP2012187402A (en) * 2011-03-09 2012-10-04 Acushnet Co Multimaterial iron type golf club head

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2002032514A1 (en) * 2000-10-16 2002-04-25 Mizuno Corporation Iron golf club and golf club set
US6709345B2 (en) 2000-10-16 2004-03-23 Mizuno Corporation Iron golf club and golf club set
JP2009240619A (en) * 2008-03-31 2009-10-22 Daiwa Seiko Inc Iron golf club and its manufacturing method
JP2012187402A (en) * 2011-03-09 2012-10-04 Acushnet Co Multimaterial iron type golf club head
JP2015163243A (en) * 2011-03-09 2015-09-10 アクシュネット カンパニーAcushnet Company Multi-material iron type golf club head manufacturing method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7824277B2 (en) Metal wood club
US6332848B1 (en) Metal wood golf club head
US5906549A (en) Golf club with different shaft orientations and method of making same
US6475102B2 (en) Golf club head
US4498672A (en) Golf club head with flexure frequency matched with distortion-relaxation frequency of ball
US2846228A (en) Golf club of the "iron" type
US6988960B2 (en) Golf club head with peripheral weighting
US5707302A (en) Iron-style golf club
US5482281A (en) Golf putter head
US4749197A (en) Golf club
US3979122A (en) Adjustably-weighted golf irons and processes
US5720674A (en) Golf club head
US5947840A (en) Adjustable weight golf club
US7147571B2 (en) Transitioning hollow golf clubs
US7837577B2 (en) Golf club head with metal injection molded sole
US20030199331A1 (en) Steel golf club head having reduced face thickness and optimum distributed mass
US20020160854A1 (en) High inertia golf club head
US6045456A (en) Golf club with improved weighting and vibration dampening
US7753806B2 (en) Golf club
US20020107087A1 (en) Set of golf clubs
US20030148818A1 (en) Golf club woods with wood club head having a selectable center of gravity and a selectable shaft
US7938738B2 (en) Iron golf club with improved mass properties and vibration damping
US3941390A (en) Heel and toe weighted golf club head
US5947841A (en) Golf putter head
US6102813A (en) Golf club with a hosel traversing the head