JP2952078B2 - Image processing method and apparatus - Google Patents

Image processing method and apparatus

Info

Publication number
JP2952078B2
JP2952078B2 JP16831691A JP16831691A JP2952078B2 JP 2952078 B2 JP2952078 B2 JP 2952078B2 JP 16831691 A JP16831691 A JP 16831691A JP 16831691 A JP16831691 A JP 16831691A JP 2952078 B2 JP2952078 B2 JP 2952078B2
Authority
JP
Grant status
Grant
Patent type
Prior art keywords
step
memory
drawing
band
value
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP16831691A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH0516445A (en )
Inventor
周一 熊田
Original Assignee
キヤノン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Grant date

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は画像処理方法及び装置に関するものであり、受信した情報を画像情報として記録する画像処理方法及び装置に関するものである。 The present invention relates is related to an image processing method and apparatus, an image processing method and apparatus for recording the received information as image information.

【0002】 [0002]

【従来の技術】図1は、PDL(Page Description L BACKGROUND OF THE INVENTION FIG. 1, PDL (Page Description L
anguage、ページ記述言語)やページ記述コマンドを用いて、図形・文字の描画を行う際に指定する座標点等の基準となる座標系(以後、この座標系をユーザー座標系と呼ぶ)の一例を示している。 anguage, using a page description language) or page description commands, an example in relation to the standard coordinate system of the coordinate points for designating in the rendering of graphic, character (hereinafter, referred to as the coordinate system and the user coordinate system) shows. 斜線の矩形部分は、有効印字領域(用紙内で描画可能な領域)を示しており、図に示すように、有効印字領域の縦の長さを有効印字領域高、横幅を有効印字領域幅とする。 Rectangular portion of the diagonal lines shows the effective print area (area drawable in the paper), as shown in the figure, the vertical length of the effective print area height of the effective print area, and the effective print area width the width to. この図の座標系は、 The coordinate system of this figure,
2次元のx−y直交座標系であり、図に示すように有効印字領域の左下隅を原点としている。 A two-dimensional x-y orthogonal coordinate system, and the origin at the lower left corner of the effective print area as shown in FIG. また、この座標系の座標単位は自由に設定可能(例えば、0.01mmや1/72in The coordinate unit of the coordinate system can be freely set (e.g., 0.01 mm and 1 / 72in
ch等)である。 Is a ch, etc.). 上述のユーザー座標系に基づいて設定された、図形描画等のPDLの記述要素やページ記述コマンドは、画像処理装置が受け取った順番に画像処理装置内部で解析され、メモリに展開するための情報に変換される。 Is set based on the above user coordinate system, PDL description elements and page description commands, such as drawing is analyzed within the image processing device in the order in which the image processing apparatus has received, the information to be developed in the memory It is converted.

【0003】図2は、上述のメモリ展開情報作成の基準となる座標系(以後、この座標系をプリンタ座標系と呼ぶ)の一例を示している。 [0003] Figure 2 shows an example of a coordinate system as a reference for memory development information creation described above (hereinafter, referred to as the coordinate system and the printer coordinate system). また、この座標系の座標単位は画像処理装置の解像度によって決まる。 The coordinate unit of the coordinate system is determined by the resolution of the image processing apparatus. (例えば、解像度が300dpiの場合、座標単位は1/300inchとなる) 斜線の矩形部分は、図1の有効印字領域と同じものである。 (E.g., if the resolution is 300dpi, coordinate units becomes 1 / 300inch) rectangular portion of the oblique line is the same as the effective print area of ​​FIG. この座標系は、2次元のx−y直交座標系であり、 The coordinate system is a two-dimensional x-y orthogonal coordinate system,
有効印字領域の左上隅を原点としている。 It has its origin at the upper-left corner of the effective print area.

【0004】図3は、従来、PDLやページ記述コマンドに基づいてカラー記録を行う画像処理装置における内部のRAM領域のメモリマップの一例を示している。 [0004] Figure 3 is a prior art shows an example of a memory map of the internal RAM area in an image processing apparatus for performing color recording based on the PDL or page description commands. R
AM領域は、システムワーク用のメモリ、空き領域、色材(トナーやインク)であるY(Yellow),M(Magent AM region, a memory for system work, free space, a color material (toner or ink) Y (Yellow), M (Magent
a),C(Cyan),Bk(Black)それぞれのページ展開メモリ(図2の有効印字領域の大きさ分のメモリ)で構成されている。 a), C (Cyan), is composed of Bk (Black) each page development memory (size of memory in the effective print area of ​​FIG. 2). システムワーク用のメモリは、画像処理装置内部の制御に用いる情報(変数等)の格納領域や固定のワーク領域等に用いられる。 Memory for system work is used in the storage area and securing a work area for the information used in the control of the internal image processing apparatus (variables, etc.). 空き領域は、メモリ展開情報の格納や文字キャシュメモリ等に用いられる。 Free space is used to store the memory development information and character cache memory, and the like.

【0005】図4は、描画属性指定コマンドのうち、線色指定コマンドの一例を示している。 [0005] Figure 4, of the drawing attribute designation command, shows an example of a line color designation command. このコマンドは、 This command,
直線や図形の輪郭線の色を指定するのに用いられる。 It is used to specify the color of the line or shape of the contour. コマンドNo. Command No. は、描画属性指定により異なり、各コマンド機能の識別に用いられる。 Unlike the specified drawing attribute is used to identify each command function. データ数パラメータの内容は、データ数パラメータの後に来るデータの個数を示している。 The contents of the data number parameter indicates the number of data that follows the number of data parameters. ここで、線色指定コマンドのデータ数パラメータの内容は4となる。 Here, the contents of the data number of parameters of the line color designation command is four. Y値,M値,C値,Bk値は、色材の原色であるY(Yellow),M(Magenta),C(Cyan), Y values, M values, C values, Bk values ​​are primary colors of coloring materials Y (Yellow), M (Magenta), C (Cyan),
Bk(Black)の濃度データ値を示している。 It shows a density data value of Bk (Black).

【0006】図5は、描画コマンドのうち、円描画コマンドの一例を示している。 [0006] FIG. 5, out of the drawing commands, shows an example of a circle drawing command. コマンドNo. Command No. は各描画機能により異なり、各コマンド機能の識別に用いられる。 Differs by each drawing function, is used for identifying each command function. データ数パラメータの内容はデータ数パラメータの後に来るデータの個数を示している。 The contents of the number of data parameter indicates the number of data that follows the number of data parameters. ここで、円描画コマンドのデータ数パラメータの内容は3となる。 Here, the contents of the data number of parameters of a circle drawing command is three. また、中心のx,y座標は、ユーザー座標系上の座標である。 The center of the x, y coordinates are the coordinates on the user coordinate system. 半径の大きさは、ユーザー座標系の座標単位にその値を乗じた値となる。 Radius size is a value obtained by multiplying the value to the coordinate units of the user coordinate system.

【0007】図6は、図4の線色指定コマンドを解析して作成された、メモリ展開情報の一例を示している。 [0007] Figure 6 were generated by analyzing the line color designation command of FIG. 4 shows an example of memory development information. ここで、コマンドテーブルNo. Here, the command table No. は、各メモリ展開情報の識別に用いられる。 It is used to identify each memory development information. 他のパラメータの内容は、図4と同じである。 The contents of the other parameters are the same as those in FIG.

【0008】図7は、図5の円描画コマンドを解析して作成された、メモリ展開情報の一例を示している。 [0008] Figure 7 was generated by analyzing the circle drawing command of FIG. 5 shows an example of memory development information. ここで、コマンドテーブルNo. Here, the command table No. は、各メモリ展開情報の識別に用いられる。 It is used to identify each memory development information. xc、ycはプリンター座標系上の円の中心座標である。 xc, yc is the center coordinates of the circle on the printer coordinate system. rの値は、画像処理装置の解像度が単位となるように変換された半径値である。 The value of r is transformed radius value as the resolution of the image processing apparatus is a unit.

【0009】図8は、図1のユーザー座標系において、 [0009] Figure 8 is the user coordinate system of FIG. 1,
座標単位を1mmとし、中心座標(150,150)、半径50の円の描画を設定した場合の図である。 The coordinate units and 1 mm, the center coordinates (150, 150), is a diagram of setting the drawing of a circle of radius 50.

【0010】図9は、図8の円描画を設定する際に発行するコマンドの一例を示している。 [0010] Figure 9 shows an example of a command issued when setting the circle drawn in FIG.

【0011】図10は、図8のユーザー座標系上の円描画を座標単位1/300inch(約1/11.8mm)のプリンタ座標系上の円描画に変換した場合の図を示している。 [0011] Figure 10 shows a diagram in the case of converting the circle drawn on the user coordinate system of FIG. 8 in a circle drawn on the printer coordinate system coordinate units 1 / 300inch (about 1 / 11.8 mm). 図に示すように、ここでは有効印字領域高を400mmとしている。 As shown, it is taken here to be 400mm the effective print area height.
中心のx座標は1770(150×11.8)、y座標は2950(250×1 The center of x-coordinate is 1770 (150 × 11.8), y coordinates 2950 (250 × 1
1.8)、半径は590(50×11.8)となる。 1.8), the radius becomes 590 (50 × 11.8).

【0012】図11は、図9の円描画コマンドを解析して作成された、図10の円描画のメモリ展開情報の一例を示している。 [0012] Figure 11 is created by analyzing the circle drawing command of FIG. 9 shows an example of memory development information of the circle drawing FIG.

【0013】図12は、図8の円描画を黄色(色材Yell [0013] FIG. 12, yellow (coloring material Yell the circle drawing of Figure 8
owの濃度100%の色)で描画する際に発行する線色指定コマンドの一例を示している。 It shows an example of a line color designation command to be issued to draw at a concentration of 100% of the color) of ow. ここで、Y値,M値,C Here, Y values, M values, C
値,Bk値は、0〜255の範囲であり、Y値が25 Value, Bk value is in the range of 0 to 255, Y values ​​25
5、その他の値は0となっている。 5, other values ​​is zero.

【0014】以上のように、従来、PDLやページ記述コマンドに基づいて、カラー記録を行う画像処理装置の制御においては、トナーやインクの色材であるY(Yell [0014] As described above, conventionally, based on the PDL or page description commands, in the control of the image processing apparatus for performing color recording, a color material of toner or ink Y (Yell
ow),M(Magenta),C(Cyan),Bk(Black)それぞれ用紙の有効印字領域の大きさ分の展開メモリを用いていた。 ow), M (Magenta), C (Cyan), Bk (Black) were respectively used to expand the memory size fraction of the effective print area of ​​the paper.

【0015】 [0015]

【発明が解決しようとしている課題】しかしながら、上記の従来例では次のような欠点があった。 An invention is, however, in the conventional example described above had the following disadvantages. (1)用紙の記録途中で停止し、そこから記録再開可能なインクジェット方式等のプリンターにおいて、PDL (1) stops during recording of the paper, in the printer, such as a recording resumable inkjet method therefrom, PDL
やページ記述コマンドに基づいてカラー記録の制御を行うには、Y,M,C,Bkそれぞれ、用紙の有効印字領域の大きさ分のメモリは必ずしも必要ではなく、メモリを有効に活用することができなかった。 To perform control of color printing based on or page description commands, Y, M, C, Bk, respectively, size of memory in the effective print area of ​​the paper is not always necessary, it is possible to effectively utilize the memory could not. (2)1ページ記録分のページ記述要素やページ記述コマンドをすべて解析し、図形や文字等のメモリ展開を完了した後に記録を開始するために、描画に時間を要していた。 (2) to analyze all of the one-page record worth page description elements and page description commands, in order to start recording after completing a memory expansion, such as figures and characters, it takes time to drawing. (3)印字ヘッドを上下左右に移動可能なインクジェット方式等のプリンターにおいて、PDLやページ記述コマンドを用いてカラー記録の制御を行うには、描画範囲のみヘッド移動するように制御したり、描画範囲のY, (3) In the ink jet printer or the like capable of moving the print head up and down and right and left, the controls the color recording using the PDL or page description commands, and controls so that the head moves only drawing range, the drawing range of Y,
M,C,Bkのメモリのうち実際に描画パターンの存在するメモリの内容のみを印字するよう制御していなかったため、描画に時間を要していた。 M, C, because it was not controlled so as to print only the actually existing contents of the memory of the drawing pattern of the memory of Bk, it takes time to draw.

【0016】本発明は、上記従来例の欠点に鑑みてなされたものであり、その目的とするところは、例えばインクジェット方式等のページプリンターにおいて、Y、 [0016] The present invention has been made in view of the shortcomings of the prior art, it is an object, for example, in a page printer such as an inkjet method, Y,
M、C、Bkの色要素それぞれについて、用紙全体の有効印字領域分の大きさのメモリをビットイメージデータの展開用に使用していた場合に生じたメモリの浪費をなくすとともに、記録ヘッドの1スキャンにおける印字の無駄を無くし、記録時間の短縮とメモリの節約を可能にする画像処理方法及び装置を提供することにある。 M, C, for each color component of Bk, with eliminating the waste of memory occurs when you have used memory of the effective print area fraction of the size of the entire sheet for deployment of bit image data, the recording head 1 eliminate the waste of printing in the scan is to provide an image processing method and apparatus that allows savings of shortening the memory of the recording time.

【0017】 [0017]

【課題を解決する為の手段】上記課題を解決するために、本発明は、ページ記述言語で記述された印刷データを受信し、該印刷データに基づいて記憶手段にバンド単位で描画された画像データの印刷処理を制御し、前記印刷データを解析して、 前記記憶手段のバンドメモリに展 In order to solve the above problems SUMMARY OF THE INVENTION The present invention receives a print data described in a page description language, drawn in band units in the storage unit based on the print data image controlling the printing process of the data, by analyzing the print data, spreading the band memory of the storage means
開するための情報であるメモリ展開情報の描画対象が描画される描画位置をプリンタ座標系で求め、前記バンドメモリに前記描画対象を描画する際に、 前記バンドメモリの前記記憶手段におけるアドレスから、該バンドメモリに対して基準となる仮想ページメモリのプリンタ座標系の先頭アドレスとして前記記憶手段における先頭アドレスを求め、更新し、前記更新されたプリンタ座標系の先頭アドレスと、前記求められた描画対象の描画位置とに基づいて、該描画対象を前記バンドメモリに展開描画する画像処理方法及び装置を提供する。 The drawing position the drawing target memory development information is information for opening is drawn determined by the printer coordinate system when drawing the drawing object in the band memory, the address in the storage means of the band memory, obtains the leading address in the memory means as a start address of the printer coordinate system of the virtual page memory as a reference with respect to the band memory, updated, and the start address of the updated printer coordinate system, the determined drawing object based in on the drawing position, to provide an image processing method and apparatus for deploying draw image drawing object to the band memory.

【0018】上記課題を解決するために、本発明は、好ましくは、前記印刷データを解析して得られる前記メモ [0018] In order to solve the above problems, the present invention, it is preferable that the note obtained by analyzing the print data
リ展開情報象と、前記プリンタ座標系で求められた前記 And Li deployment information elephants, said obtained in said printer coordinate system
メモリ展開情報の描画対象が描画されるべきバンドとを関連付けて保持する保持手段を更に有し、前記展開手段は、あるバンドメモリに展開処理を行う場合は、前記保持手段に保持されている内容に基づいて、そのバンドメモリに描画されるべき描画対象の展開処理を行う。 Further comprising a holding means for drawing object memory development information held in association with the band to be drawn, the expansion means, when performing expansion processing to a band memory, the contents held in the holding means based on, it performs expansion processing of the drawing object to be drawn in the band memory. 上記課題を解決するために、本発明は、好ましくは、前記解析手段は、第一種のカラー属性を有したページ記述言語で記述された印刷データを、第二種のカラー属性に変換する。 In order to solve the above problems, the present invention, it is preferable that the analyzing means, the print data described in a page description language having a color attribute of the first kind, is converted to the color attribute of the second kind. 上記課題を解決するために、本発明は、好ましくは、前記更新手段は、前記描画対象を出力する色に対応するバンドメモリ毎に先頭アドレスを更新する。 In order to solve the above problems, the present invention, it is preferable that the updating means updates the start address in each band memory corresponding to the color to output the drawing target. 上記課題を解決するために、本発明は、好ましくは、前記印刷部は、前記展開されたデータの記録処理を制御する記録ヘッドを有し、前記バンドメモリは、該記録ヘッドの高さの整数倍を一辺とした矩形領域のビットイメージデータを記憶可能である。 In order to solve the above problems, the present invention, it is preferable that the printing unit has a recording head for controlling the recording process of the deployed data, the band memory is an integer of the height of the recording head times can store bit image data of the rectangular area and one side of the.

【0019】 [0019]

【実施例】以下に、添付図面を参照して本発明の好適な実施例を詳細に説明する。 EXAMPLES Hereinafter, with reference to the accompanying drawings illustrating a preferred embodiment of the invention in detail. 図13は本発明の一実施例による画像処理装置の回路構成を示すブロック図である。 Figure 13 is a block diagram showing a circuit configuration of an image processing apparatus according to an embodiment of the present invention.
図13のように、本実施例による画像処理装置は、ホストコンピュータ1と画像処理装置本体2とから構成されている。 As shown in FIG. 13, the image processing apparatus according to this embodiment is constituted by a host computer 1 and the image processing apparatus main body 2.

【0020】ホストコンピュータ1は後に述べるフローチャートに示す処理のようにプリントデータや印刷コマンド等を画像処理装置に送り、この画像処理装置に記録処理を行わせるものである。 [0020] The host computer 1 sends to the image processing apparatus print data and print commands such as processing shown in the flowchart described later, are those which perform recording processing to the image processing apparatus. 画像処理装置はCPU、 The image processing apparatus denotes a CPU,
ROM、RAMを含むマイクロプロセッサシステムを有する。 ROM, having a microprocessor system including a RAM. すなわち、画像処理装置本体は、ホストコンピュータ1とのデータ送受のためのインターフェース2、 That is, the image processing apparatus main body, an interface 2 for data transmission and reception with the host computer 1,
ホストコンピュータ1から送られたコマンドのコマンドNo. Command No. of commands sent from the host computer 1 に対応した解析プログラムへのジャンプアドレスが格納されるコマンド解析テーブル4を備え、ホストコンピュータ1から送られたプリントデータやコマンドを解析して、展開メモリに展開可能な1ページ分の情報を作成するコマンド解析部3、バンドの高さとそれに対応する色材1色分の展開メモリの情報(メモリ容量)が格納されたバンド高情報テーブル6を備え、バンド高の情報等が格納されているバンド情報格納部5、色再現処理時に必要な情報が格納されている色再現情報格納部7、 Jump addresses to analysis programs corresponding to comprise a command analysis table 4 is stored, by analyzing the print data and commands sent from the host computer 1, generates information for one page can be expanded into an expanded memory command analysis unit 3, the band information includes a band height information table 6 colorant one color of development memory information (memory capacity) are stored and the corresponding height of the band, the band height information and the like are stored storage unit 5, the color information required for color reproduction process is stored reproduction information storage unit 7,
色再現処理が行われる色再現処理部8、文字を描画するための情報が格納される文字情報格納部9、装置の制御を行う制御部10、属性情報を格納する属性情報格納領域12とメモリに展開するための情報を格納するメモリ展開情報格納エリア13を備えるメモリ展開情報格納部11、コマンド実行ジャンプテーブル1(15)とコマンド実行ジャンプテーブル2(16)を備え、メモリ展開情報が解析されるメモリ展開情報解析部14、解析されたメモリ展開情報を展開メモリ18に展開するパターン展開部17、印字ヘッドの移動制御等を制御するパス制御テーブル20と出力バッファ21を備え、展開されたデータを用紙上に永久可視像出力する出力部19、印刷環境のパラメータを変更・設定可能な操作パネル2 Color reproduction processing unit 8 the color reproduction process is performed, the character information storage unit 9 which information to draw a character is stored, the memory control unit 10, the attribute information storage area 12 for storing attribute information for controlling the device comprising a memory development information storage unit 11 comprises a memory development information storage area 13 for storing information for deploying, command execution jump table 1 (15) and a command execution jump table 2 (16), the memory development information is analyzed that memory development information analysis unit 14, the pattern development unit 17 for developing memory development information analyzed in the expansion memory 18, includes a path control table 20 and the output buffer 21 to control the movement control of the print head, uncompressed data output unit outputs a permanent visible image on the sheet 19, the parameter capable of changing and setting operation panel of the printing environment 2
2、データバス23を備えている。 2, and it includes a data bus 23.

【0021】図14はインクジェット方式の画像処理装置のヘッド部回りを詳細に示した図である。 [0021] FIG. 14 is a diagram showing in detail the head portion around the image processing apparatus of an ink jet method. 101は一種類の着色材について多数のインクジェットヘッドを副走査方向に配置したヘッドユニットであり、Y,M, 101 is a head unit arranged a number of ink jet heads for one type of coloring material in the sub-scanning direction, Y, M,
C,Bkのユニットを有する。 C, with a unit of Bk. 102は各ヘッドユニット用のインクタンク、103は信号ライン、104は搬送ベルトと協働してヘッドユニットを取り付けたキャリッジをレールに沿って移動させるキャリッジ駆動モータである。 102 ink tank for each head unit, 103 signal line, 104 denotes a carriage drive motor for moving the carriage fitted with a head unit in cooperation with the conveyor belt rails. 107は記録紙、108はプラテン、109、 107 paper, 108 platen 109,
110は記録紙搬送ローラ、111は記録紙ロール、1 110 recording sheet conveying roller, the 111 recording paper roll, 1
12はガイドローラをそれぞれ示している。 12 shows a guide roller respectively. ヘッドユニット101は、図15に示した発熱素子を利用した複数インクジェットヘッドより成るが、例えばピエゾ素子等の電気機械変換手段を用いたインクジェットヘッドも勿論使用しうる。 The head unit 101 is comprised of plurality of ink-jet head using a heating element shown in FIG. 15, for example, be ink jet head of course use with electromechanical transducer means such as a piezoelectric element. 図15は図14のヘッドユニット101 Figure 15 is a head unit 101 in FIG. 14
を詳細に示した図である。 Which is a diagram showing in detail. 図において、ヘッドユニットは、Y,M,C,Bkのノズルをそれぞれヘッド高分の数を有している。 In the figure, the head unit has Y, M, C, respectively nozzles Bk number of head height min. すなわち、ヘッドユニット101は、イエローインク吐き出しノズル、マゼンダインク吐き出しノズル、シアンインク吐き出しノズル、黒インク吐き出しノズルを有している。 That is, the head unit 101 includes a yellow ink ejecting nozzle, magenta ink ejection nozzles, the cyan ink ejection nozzle, the black ink ejecting nozzles.

【0022】図16はバンドの構造の一例を示している。 FIG. 16 shows an example of the structure of the band. 図に示すように、横の長さを用紙の有効印字領域幅、縦の長さをヘッドの高さとする矩形領域をセグメントと定義する。 As shown, to define transverse length of the effective print area width of the paper, and a segment a rectangular area vertical length to the height of the head. 1バンドとは、上記セグメントを図のように縦に並べた領域であり、セグメントの整数倍の大きさを持っている。 The one band is an area arranged vertically as shown in the illustration above segments have an integral multiple of the segment size. 従って、バンド高(バンドの高さ) Therefore, the band height (height of the band)
は、ヘッド高の整数倍となる。 Is an integer multiple of the head height. この例では、1バンドは4つのセグメントで構成されている。 In this example, one band is composed of four segments.

【0023】図17は、用紙の有効印字領域をバンド高が512スキャンラインの8つのバンドに分割した場合の一例を示している。 FIG. 17 shows an example of a case of dividing the effective print area of ​​the paper into eight bands of the band height 512 scan lines. 図に示すように、8つのバンドには、それぞれ0〜7のバンドNo. As shown, the eight bands, the band of 0 to 7, respectively No. がつけられている。 It is attached.
バンド数がnの場合には、バンドNo. If the number of bands is n, the band No. は0〜(n− The 0~ (n-
1)となるものとする。 It is assumed to be 1). 図の(0,512)等のプリンタ座標上の点は、各バンドの領域の左上隅の点を示しており、 Figure (0, 512) a point on the printer coordinates such shows the points of the upper-left area of ​​each band,
(0,(n-1)×512)で計算される。 (0, (n-1) × 512) is calculated by. 有効印字領域高は、図のように必ずしもバンド高の整数倍になるとは限らず、最終バンド(図では7バンド)の高さは、バンド高以下になることがある。 Effective print area height is not necessarily an integral multiple of the band height as shown, (in FIG. 7 band) the final band height of, there can be less than the band height.

【0024】図18は、カラー画像処理装置内部のRA [0024] Figure 18, the internal color image processing apparatus RA
M領域のメモリマップの一例を示している。 It shows an example of a memory map of the M areas. RAM領域は、システムワーク用のメモリ・空き領域・色材(トナーやインク)であるY(Yellow),M(Magenta),C(Cya RAM area is a memory-free space & Color for system work (toner or ink) Y (Yellow), M (Magenta), C (Cya
n),Bk(Black)それぞれ1バンド分のメモリ(図17 n), Bk (Black), respectively one band memory (FIG. 17
の1つのバンド領域の大きさ分のメモリ)で構成されている。 It is composed of the size of memory in one band region). システムワーク用のメモリは、画像処理装置内部の制御に用いる情報(変数等)の格納領域や固定のワーク領域等に用いられる。 Memory for system work is used in the storage area and securing a work area for the information used in the control of the internal image processing apparatus (variables, etc.). 空き領域は、メモリ展開情報の格納や文字キャシュメモリ等に用いられる。 Free space is used to store the memory development information and character cache memory, and the like. 点線部分は、図3のRAM領域の大きさを示している。 Dotted line indicates the size of the RAM area of ​​Figure 3. このように、展開メモリは図3の1/8で済ませることができるため、従来に比べて少ないRAM領域でカラー記録することができる。 Thus, it is possible to expand the memory will dispense with 1/8 of FIG. 3, it is possible to color recording with a small RAM area as compared with the prior art.

【0025】図19は、図18のRAM領域にY(Yello [0025] FIG. 19, Y (Yello in the RAM area of ​​FIG. 18
w),M(Magenta),C(Cyan),Bk(Black)それぞれ1バンド分のメモリをさらに追加した場合のメモリマップの一例を示している。 w), M (Magenta), C (Cyan), shows an example of a memory map in the case of further adding Bk (Black), respectively one band memory. この場合にも、展開メモリは図2の1/4で済ませることができるため、従来に比べて少ないRAM領域でカラー記録することができる。 In this case, since it is possible to expand the memory will dispense with 1/4 of Figure 2, it is possible to color recording with a small RAM area as compared with the prior art.

【0026】図20は図13の12に示した属性情報格納領域(RAM)を示している。 [0026] Figure 20 shows the attribute information storage area (RAM), shown in 12 of FIG. 13. この属性情報格納領域は、メモリにデータ展開する際に用いる描画属性情報を一時退避するエリア及び前記描画属性情報がセットされる変数エリアで構成されている。 The attribute information storage area is constituted by the variable area area and the drawing attribute information temporarily saved drawing attribute information to be used for data expanded in the memory is set. 図のように、各描画属性ごとに退避領域が決まっており、m個の情報を退避することが可能である。 As shown, and the save area is determined for each drawing attribute, it is possible to save the m pieces of information. lwidth、lymck等は各描画属性情報がセットされる変数を示している。 lwidth, lymck etc. indicates a variable that each drawing attribute information are set.

【0027】図21は、図13の20に示したパス制御テーブルの一例を示している。 FIG. 21 shows an example of the path control table shown in 20 of FIG. 13. ここでパスとは、図16 Here path and, as shown in FIG. 16
で示したように、幅を有効印字領域幅、高さをヘッドの高さとした領域で、印字ヘッドが実際に水平移動する領域である。 As indicated, the effective print area width width, at the height and the height of the head region, is a region where the print head is actually moved horizontally. 図において、パスnのnは用紙の有効印字領域内の(パスの個数)ー1の値に相当する。 In Figure, n path n corresponds to a value of (number of passes) -1 effective print area of ​​the paper. このパス制御テーブルには、印字ヘッドの水平移動を制御するための情報及び記録する展開メモリの内容の有無を把握するための情報が格納される。 The path control table, information for ascertaining the presence or absence of the contents of the expanded memory that information and recording for controlling horizontal movement of the print head is stored. 図において、最小値・最大値は、それぞれそのパスにおける描画範囲の最小値・最大値を示しており、プリンタ座標上の+x方向の値となる。 In the figure, the minimum and maximum values ​​are the minimum and maximum values ​​of the drawing range in the path, respectively, the + x-direction value on the printer coordinates. 最小値は、印字ヘッドが展開メモリの内容を記録せずに空移動可能な水平方向の移動量(単位は画像処理装置の解像度によって決まる)に相当する。 Minimum, the print head correspond to empty the amount of movement of the movable horizontally without recording the contents of the expansion memory (unit is determined by the resolution of the image processing apparatus). 最大値は、印字ヘッドが、前記最小値から展開メモリの内容を記録しながら移動する水平方向の最大値を示している。 Maximum value, the print head has a maximum value in the horizontal direction of movement while recording the contents of the expansion memory from the minimum value. 図において、描画メモリ情報フラグは、それぞれそのパスに対応するY,M,C,Bkの展開メモリにパターンが展開されているかどうかを示すフラグであり、Y,M,C, In the figure, the drawing memory information flag is a flag indicating whether Y corresponding to the path, respectively, M, C, the pattern in the development memory and Bk are deployed, Y, M, C,
Bkそれぞれ1ビットずつの4ビットで構成されている。 Bk is composed of 4 bits by each one bit. ビットがONならば、展開メモリにパターンが展開されており、OFFならば、パターンが展開されていないことを示すものとする。 If bit ON, are deployed pattern development memory, and it is indicated that the if OFF, the pattern is not expanded.

【0028】図22、23、24はページ単位のページ記述コマンドデータを受取り、ページ単位ごとに記録制御を行うカラー画像処理装置において、Y(Yellow), [0028] Figure 22, 23 and 24 receives a page description command data in units of pages, the color image processing apparatus which performs recording control for each page unit, Y (Yellow),
M(Magenta),C(Cyan),Bk(Black)それぞれ1 M (Magenta), C (Cyan), Bk (Black) each 1
バンド分のメモリのみによりカラー記録を行う際のフロチャートを示している。 It shows a flow chart at the time of performing the color recording only by the memory of the band of. ステップS1で、図21に示したパス制御テーブルを初期化(初期値設定)してステップS2に進む。 In step S1, the process proceeds to step S2 to initialize (default) the path control table shown in FIG. 21. ステップS2で、図20に示した属性情報格納領域をRAM上に確保してステップS3に進む。 In step S2, the process proceeds to step S3 to ensure the attribute information storage area shown in FIG. 20 on the RAM.
ステップS3で、コマンドデータ1組(描画コマンドや描画属性コマンド等1個単位)を読み込み、ステップS In step S3, it reads the command data set (drawing command and drawing attribute commands such as single units), step S
4へ進む。 Proceed to 4. ステップS4において、コマンド解析部3でコマンドデータを解析し、ステップS5へ進む。 In step S4, analyzes the command data in the command analyzing unit 3, the process proceeds to step S5. ステップS5で、1ページのコマンドデータの残りがあればステップS3に戻り、なければステップS6に進む。 In step S5, returns to step S3 if there is the rest of the command data of one page, the process proceeds to step S6 if no. ステップS6で、この時点でのメモリのデータ展開に必要な描画属性情報をステップS2で確保した属性情報格納領域12の退避エリアに一時退避してステップS10へ進む。 In step S6, the process proceeds drawing attribute information required for data development memory at this point and temporarily saved in the save area of ​​the attribute information storage area 12 that is secured in step S2 to step S10. ステップS10で定数iに0をセットしてステップS11へ進む。 Set to 0 constant i in step S10 advances to step S11. ステップS11で、メモリ展開情報エリア13に格納されている最初のメモリ展開情報(1組) In step S11, the first memory development information stored in the memory development information area 13 (one pair)
の先頭にポインタをセットしてステップS12へ進む。 Proceed to step S12, a pointer is set to the head of.
ステップS12において、ステップS11で読み込んだメモリ展開情報をメモリ展開情報解析部14で解析して、バンドi部分に対応した展開メモリ(Y,M,C, In step S12, analyzes the memory development information read in step S11 in the memory development information analysis unit 14, development memory (Y corresponding to band i moiety, M, C,
Bk各バンドメモリ)に展開して、ステップS13へ進む。 Bk to expand in each band memory), the process proceeds to step S13. ステップS13でメモリ展開情報の残りがあれば、 If there is a remainder of the memory development information in step S13,
ステップS14へ進んで次のメモリ展開情報(1組)の先頭にポインタをセットしてステップS12に戻る。 It proceeds to step S14 to return to set the pointer to the beginning of the next memory development information (one set) to step S12. なければステップS15へ進む。 Without advances to step S15. ステップS15で、ステップS12で展開されたメモリの内容を出力部19でカラー記録してステップS16へ進む。 In step S15, the process proceeds to color recording to step S16 at the output unit 19 the contents of memory developed in step S12. ステップS16でiを1つインクリメントしてステップS17へ進む。 And i is incremented by one proceeds to step S17 in step S16. ステップS17でY,M,C,Bk各バンドメモリをクリアしてステップS18へ進む。 Y in step S17, to clear M, C, Bk each band memory advances to step S18. ステップS18でバンド数iとを比較して一致する場合には処理を終了する。 The process is terminated if in step S18 match by comparing the number of bands i. 一致しない場合には、ステップS19へ進み、ステップS If they do not match, the process proceeds to step S19, step S
6で属性情報格納領域12の退避エリアに一時退避していた描画属性をロードし、属性情報格納領域12の変数エリアにセットしてステップS11へ戻る。 Load the rendering attribute that has been temporarily saved in the save area of ​​the attribute information storage area 12 at 6, Go is set to the variable area of ​​the attribute information storage area 12 to the step S11. 以上のような処理によって、ページ単位のページ記述コマンドデータを受取り、Y(Yellow),M(Magenta),C(Cyan), The process as described above, receives the page description command data in units of pages, Y (Yellow), M (Magenta), C (Cyan),
Bk(Black)それぞれ1バンド分のメモリのみによりカラー記録を行うことが可能となる。 Bk (Black) only memory of the respective one band it is possible to perform color recording by.

【0029】図25は、図22のステップS1においてパス制御テーブルを初期化する際のフロチャートを示している。 FIG. 25 shows a flow chart when initializing the path control table in step S1 of FIG. 22. ステップS20で、図21のパス制御テーブルの先頭にポインタをセットしてステップS21へ進む。 In step S20, the process proceeds to step S21, a pointer is set to the head of the path control table of FIG. 21.
ステップS21で、定数mに0をセットしてステップS In step S21, step S is set to 0 the constant m
22へ進む。 It advances to 22. ステップS22で、有効印字領域幅(単位はプリンタ座標の単位)より大きい値を定数kにセットしてステップS23へ進む。 In step S22, the effective print area width (in units of the printer coordinates) proceeds by setting the value greater than the constant k to step S23. ステップS23で、ポインタの指すパスの最小値にkの値をセットしてステップS In Step S23, Step S sets the value of k to the minimum value of the path pointed to
24へ進む。 It advances to 24. ステップS24で、ポインタの指すパスの最大値に0をセットしてステップS25へ進む。 In step S24, the process proceeds to set the 0 to the maximum value of the path indicated by the pointer to a step S25. ステップS25で、ポインタの指す描画メモリ情報フラグを0 In step S25, the drawing memory information flag pointed to 0
クリアしてステップS26へ進む。 Clear advances to step S26. ステップS26で、 In step S26,
mとnの値を比較して、mがnと等しいかあるいは大きい場合には処理を終了する。 By comparing the values ​​of m and n, m is the process ends if equal to or n or greater. そうでない場合には、ステップS27に進んでポインタを1つ進め、さらにステップ28に進んでmに1を加算してステップS23に戻る。 Otherwise, proceed one pointer advances to step S27, the flow returns to step S23 by adding 1 to m further proceeds to step 28. 以上のような処理によって、パス制御テーブルを初期化することができる。 The processing described above, the path control table may be initialized.

【0030】図26は、図25のフロチャートにより初期化されたパス制御テーブルの内容を示している。 FIG. 26 shows the content of initialized path control table by flow chart in FIG. 25.

【0031】図27は、描画属性指定コマンドのうち、 [0031] FIG. 27, out of the drawing attribute designation commands,
色指定コマンド(線色指定・塗りつぶし色指定・文字色指定)の一例を示している。 It shows an example of a color designation command (line color designation, paint color specified, character color designation). 線色指定コマンドは、直線や図形の輪郭線の色を指定するのに用いられる。 Line color designation command is used to specify the color of the contour line of the straight line and shapes. 塗りつぶし色指定コマンドは、閉図形の内部塗りつぶしの色を指定するのに用いられる。 Fill color designation command is used for designating a color fill the interior of the closed figure. 文字色指定コマンドは、文字の色を指定するのに用いられる。 Character color designation command is used to specify the color of the character. コマンドNo. Command No. は、色指定により異なり、コマンドの識別に用いられる。 Differs by the color designation is used to identify the command. データ数パラメータの内容は、データ数パラメータの後に来るデータの個数を示している。 The contents of the data number parameter indicates the number of data that follows the number of data parameters. 種別フラグパラメータの内容は、色指定データの種類を示している。 The contents of the type flag parameter indicates the type of color designation data. ここで、 here,
(a)は、種別フラグ値が0の場合で、色指定データが光の3原色であるR(Red),G(Green),B(Blue)の輝度データ値であることを示している。 (A) shows a case type flag value is 0, it indicates that the color designation data are three primary colors of light R (Red), the luminance data value of G (Green), B (Blue). (b)は、種別フラグ値が1の場合で、色指定データが、CIE(国際照明委員会)が1976年に定めた均等知覚色空間のL * (B) is, in the case where the type flag value is 1, the color designation data, CIE (International Commission on Illumination) is of uniform perceptual color space defined in the 1976 L *,
* ,b *のデータ値であることを示している。 a *, indicates that the data value of b *. (c) (C)
は、種別フラグ値が2の場合で、色指定データが、色材(トナー・インク)の原色であるY(Yellow),M(Magen Shows a case type flag value is 2, the color designation data, a primary color material (toner, Inc.) Y (Yellow), M (Magen
ta),C(Cyan),Bk(Black)の濃度データ値であることを示している。 ta), which indicates that the density data values ​​of C (Cyan), Bk (Black).

【0032】図28は、描画属性指定コマンドのうち、 [0032] FIG. 28, out of the drawing attribute designation commands,
線幅指定コマンド・クリップ領域指定コマンド・塗りつぶし定義指定コマンドの一例を示している。 It shows an example of a line width designation command clip area designation command fills definition designation command. コマンドN Command N
o. o. は、描画属性指定により異なり、コマンドの識別に用いられる。 It will differ depending on the specified drawing attribute, used to identify the command. データ数パラメータの内容は、データ数パラメータの後に来るデータの個数を示している。 The contents of the data number parameter indicates the number of data that follows the number of data parameters. (a) (A)
の線幅指定コマンドは、直線・図形の輪郭線の線幅を指定するのに用いられる。 Line width designation command is used to specify the line width of the contour line of the straight-shape. ここで、線幅値は、ユーザー座標系の座標単位を単位としている。 Here, the line width values, and the coordinate units of the user coordinate system as a unit. (b)のクリップ領域指定コマンドは、図形・文字等の描画可能範囲を指定するのに用いられる。 Clip area designation command (b) is used to specify a drawing range, such as graphics, characters. ここで、x,yの最小・最大値は、ユーザー座標系の座標単位を単位としている。 Here, x, minimum and maximum value of y is in the coordinate units of the user coordinate system as a unit.
(c)の塗りつぶし定義指定コマンドは、閉図形の輪郭線内部の塗りつぶしのパターン及び輪郭線の有無を指定するのに用いられる。 Fill definition designation command (c) is used to specify whether the pattern and contour line of fill inside contour line of closed figures. ここで、塗りつぶしパターンN Here, fill pattern N
o. o. は塗りつぶしパターンの識別に用いられ、パターンNo. It used to identify the fill pattern, the pattern No. が0の時は塗りつぶしパターンがなし(空白)の場合を示し、0でない時はハッチパターン等の塗りつぶしパターンを示すものとする。 There shows the case of no is the fill pattern when 0 (blank), when not zero denote the fill pattern, such as a hatch pattern. 輪郭フラグは、0の時は輪郭線なし、1の時は輪郭線ありを示すものとする。 Outline flag, when the 0 is no contour line, when 1 denote the located outline.

【0033】図29は、描画コマンドのうち、直線描画コマンド・多角形描画コマンドの一例を示している。 [0033] Figure 29, of the drawing commands, shows an example of a straight line drawing command polygon drawing command. コマンドNo. Command No. は、描画機能により異なり、コマンドの識別に用いられる。 Unlike the drawing functions are used to identify the command. データ数パラメータの内容は、データ数パラメータの後に来るデータの個数を示している。 The contents of the data number parameter indicates the number of data that follows the number of data parameters. 直線描画コマンドは、直線を描画するのに用いられる。 Line drawing command is used to draw the line. 多角形描画コマンドは、多角形を描画するのに用いられる。 Polygon drawing command is used to draw the polygons. ここで、座標1〜nのx,y座標値は、ユーザー座標系上の座標値である。 Here, x coordinates 1 to n, y coordinate values ​​are coordinate values ​​on the user coordinate system.

【0034】図30は、描画コマンドのうち、円描画コマンド・文字描画コマンドの一例を示している。 [0034] FIG. 30, out of the drawing commands, shows an example of a circle drawing command character drawing command. コマンドNo. Command No. は、描画機能により異なり、コマンドの識別に用いられる。 Unlike the drawing functions are used to identify the command. データ数パラメータの内容は、データ数パラメータの後に来るデータの個数を示している。 The contents of the data number parameter indicates the number of data that follows the number of data parameters. (a) (A)
の円描画コマンドは、円を描画するのに用いられる。 Circle drawing commands are used to draw a circle. ここで、中心のx,y座標は、ユーザー座標系上の座標である。 The center of the x, y coordinates are the coordinates on the user coordinate system. 半径の大きさは、ユーザー座標系の座標単位にその値を乗じた値となる。 Radius size is a value obtained by multiplying the value to the coordinate units of the user coordinate system. (b)の文字描画コマンドは、 Character drawing command of (b) is,
文字を描画するのに用いられる。 Character is used to draw. ここで、描画位置のx,y座標は、文字描画の開始基準位置を示すユーザー座標系上の座標である。 Here, x drawing position, y coordinates are coordinates on the user coordinate system indicating the start reference position of the character drawing. 文字データは印字する文字列(例.ABC)を示している。 Character data show string (eg .ABC) to be printed.

【0035】図31は、図13の4に示した、各描画コマンド及び各描画属性コマンドの解析を行う関数へのジャンプアドレスが格納されているコマンド解析ジャンプテーブル(ROM)である。 [0035] Figure 31 is shown in 4 of FIG. 13, a command analysis jump table jump address is stored to a function for analyzing the rendering commands and the drawing attribute command (ROM). コマンドNo. Command No. (0〜n)に対応して各コマンド解析関数へのジャンプアドレスが格納されている。 Jump addresses to corresponding respective command analysis function is stored in (0 to n).

【0036】図32は、図22のステップS4のコマンドデータ解析の処理を詳細に示したフローチャートである。 FIG. 32 is a flowchart processing shown in detail in command data analysis in step S4 in FIG. 22. ステップS30で、コマンドデータ(1組)からコマンドNo. In step S30, command No. from the command data (one pair) を取り出してステップS31へ進む。 The take out advances to step S31. ステップS31で、図31のコマンド解析ジャンプテーブルの先頭にポインタをセットしてステップS32に進む。 In step S31, the process proceeds to step S32, a pointer is set to the head of the command analysis jump table of Figure 31.
ステップS32で、コマンドNo. In step S32, command No. に相当する分だけポインタを進めてステップS33に進む。 Complete the amount corresponding pointer corresponding to the flow proceeds to step S33. ステップS33 Step S33
で、ポインタの指す内容(ジャンプアドレス)を取り出してステップS34に進む。 In, the process proceeds to step S34 to take out the content (jump address) indicated by the pointer. ステップS34で、ジャンプアドレスの指す関数を実行して処理を終了する。 In step S34, the process ends by executing the function indicated by the jump address.

【0037】図33〜35は、図32のステップS34 [0037] FIG. 33 to 35, step S34 of FIG. 32
において、色指定コマンド解析関数を実行した場合の処理を詳細に示したフローチャートである。 In a flow chart showing in detail the process of executing the color designation command analysis function. ステップS4 Step S4
0で、minバンドNo. In 0, min band No. 、maxバンドNo. , Max band No. をメモリ展開情報エリア13に設定してステップS41へ進む。 A set in the memory development information area 13 advances to step S41. ステップS41で、コマンドからコマンドNo. In step S41, command No. from the command を読み込み、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてポインタを進め、ステップS42に進む。 Reads, advance the pointer is set in the memory development information storage area 13, the process proceeds to step S42. ステップS4 Step S4
2で、コマンドからデータ数を読み込み、(データ数ー1)を定数nにセットしてステップS43に進む。 2 reads the number of data from the command, the flow advances to step S43 to set the constant n (the number of data-1). ステップS43で、メモリ展開情報エリア13にデータ数として4をセットしてポインタを進めてステップS44に進む。 In step S43, it advances the pointer by setting the 4 as the number of data in the memory development information area 13 proceeds to step S44. ステップS44で、コマンドから種別パラメータを読み込み、種別フラグCsmflgにセットしてステップS In step S44, reads the classification parameters from the command, the step S is set to type flag Csmflg
45に進む。 Proceed to 45. ステップS45で、定数n個分の色指定データを読み込み、ステップS46に進む。 In step S45, reads the color designation data constants n number fraction, the process proceeds to step S46. ステップS4 Step S4
6で、種別フラグCsmflgの値を0と比較する。 6, the value of the type flag Csmflg compared to 0. 0と等しいならば、ステップS45で読み込んだ色指定データはR,G,Bの輝度データであり、ステップS49に進んでR,G,Bの輝度データをY,M,C,Bkの濃度データに変換してステップS53に進む。 If equal to 0, the color designation data read in step S45 is the luminance data of R, G, B, R proceeds to step S49, G, the luminance data of B Y, M, C, Bk density data It is converted into the process proceeds to step S53. 0と等しくないならば、そのままステップS47に進む。 If not equal to 0, the process proceeds to step S47. ステップS4 Step S4
7で、種別フラグCsmflgの値を1と比較する。 7 compares the value of the type flag Csmflg 1 and. 種別フラグCsmflgの値が1と等しいならば、ステップS45で読み込んだ色指定データは、CIE(国際照明委員会)が1976年に定めた均等知覚色空間のL * ,a * ,b *のデータであり、ステップS50に進んでCIE L * If the value of the type flag Csmflg is equal to 1, the color designation data read in step S45, CIE (International Commission on Illumination) is of uniform perceptual color space defined in the 1976 L *, a *, b * of data in it, CIE L * proceeds to step S50,
* ,b *データをCIE XYZ(CIEが1931年に定めたXYZ表色系)データに変換してステップS5 a *, b * data is converted into CIE XYZ (XYZ colorimetric system CIE has defined in 1931) data step S5
1に進む。 Proceed to 1. ステップS51で、CIE XYZデータをR,G,Bの輝度データに変換してステップS52に進む。 In step S51, the process proceeds to CIE XYZ data R, the step S52 is converted G, the luminance data of the B. ステップS52で、R,G,Bの輝度データをY, In step S52, R, G, the luminance data of B Y,
M,C,Bkの濃度データに変換してステップS53に進む。 Proceeds to step S53 and converts M, C, the density data of Bk. ステップS47で、種別フラグCsmflgの値が1と等しくないならば、そのままステップS48に進む。 In step S47, the If the value of the type flag Csmflg is not equal to 1, the process proceeds to step S48. ステップS48で、種別フラグCsmflgの値を2と比較する。 In step S48, the comparing the value of the type flag Csmflg 2 and. 2と等しいならば、ステップS45で読み込んだ色指定データは、Y,M,C,Bkの濃度データであり、 If 2 equal, color designation data read in step S45 is, Y, M, C, the concentration data of Bk,
ステップS53に進んでY,M,C,Bkの濃度データを内部変数(Lymck,Fymck,Tymck)にセットしてステップS54に進み、Y,M,C,Bkの濃度データをメモリ展開情報格納エリア13にセットしてポインタを進めて処理を終了する。 Proceeds to step S53 Y, M, C, Bk density data internal variables (Lymck, Fymck, Tymck) to proceed to step S54 to set, Y, M, C, memory development information storage area the density data of Bk It is set to 13 to end the processing advances the pointer. 2と等しくないならば、そのまま処理を終了する。 If not equal to 2, the process ends. このように、色指定コマンドは解析され色指定のメモリ展開情報が作成される。 Thus, the color designation command is created memory development information of the analyzed color specified.

【0038】図36は、図32のステップS34において、線幅指定コマンド解析関数を実行した場合の処理を詳細に示したフローチャートである。 [0038] Figure 36, in step S34 in FIG. 32 is a flowchart processing shown in detail in the case of executing the line width designation command analysis function. ステップS60 Step S60
で、minバンドNo. In, min band No. 、maxバンドNo. , Max band No. をメモリ展開情報エリア13に設定してステップS61へ進む。 A set in the memory development information area 13 advances to step S61.
ステップS61で、コマンドからコマンドNo. In step S61, the command from the command No. を読み込み、メモリ展開情報エリア13にセットしてポインタを進め、ステップS62に進む。 Read the, advance the pointer is set in the memory development information area 13, the process proceeds to step S62. ステップS62で、コマンドからデータ数を読み込み、メモリ展開情報エリア13にデータ数としてセットしてポインタを進めてステップS63に進む。 In step S62, reads the number of data from the command, the flow advances to step S63 to advance the pointer is set as the number of data in the memory development information area 13. ステップS63で、コマンドから線幅値パラメータを読み込み、ステップS64に進む。 In step S63, reads a line width value parameter from the command, the process proceeds to step S64. ステップS64で、読み込んだ線幅値を画像処理装置の解像度をもとにピクセル(ドット)値に変換し、ステップS65に進む。 In step S64, converts the line width value read on the basis of the resolution of the image processing apparatus to the pixel (dot) value, the process proceeds to step S65. ステップS65で、変換後の線幅値を内部変数LwidthにセットしてステップS66に進む。 In step S65, the process proceeds to step S66 to set the line width value after the conversion into internal variable lWidth. ステップS66で、変換後の線幅値をメモリ展開情報格納エリア13にセットしてポインタを進めて処理を終了する。 In step S66, the line width values ​​after the conversion and the process ends advance the pointer is set in the memory development information storage area 13. このように、線幅指定コマンドは解析され線幅指定のメモリ展開情報が作成される。 Thus, the line width designation command memory development information of the analyzed line width specified is created.

【0039】図37は、図32のステップS34において、クリップ領域指定コマンド解析関数を実行した場合の処理を詳細に示したフローチャートである。 [0039] Figure 37, in step S34 of FIG. 32 is a flowchart processing shown in detail in the case of executing a clip area designation command analysis function. ステップS70で、minバンドNo. In step S70, min band No. 、maxバンドNo. , Max band No. をメモリ展開情報エリア13に設定してステップS71へ進む。 A set in the memory development information area 13 advances to step S71. ステップS71で、コマンドからコマンドNo. In step S71, the command from the command No.
を読み込み、メモリ展開情報エリア13にセットしてポインタを進め、ステップS72に進む。 Read the, advance the pointer is set in the memory development information area 13, the process proceeds to step S72. ステップS72 Step S72
で、コマンドからデータ数を読み込み、メモリ展開情報エリア13にデータ数としてセットしてポインタを進めてステップS73に進む。 In, reads the number of data from the command, the flow advances to step S73 to advance the pointer is set as the number of data in the memory development information area 13. ステップS73で、コマンドからクリップ領域のx,yの最小値、最大値パラメータを読み込み、ステップS74に進む。 In step S73, x clip region from the command, the minimum value of y, reads the maximum value parameter, the process proceeds to step S74. ステップS74 Step S74
で、読み込んだx,yの最小値、最大値を画像処理装置の解像度をもとにプリンタ座標上の値xmin,ymin,x In the read x, the minimum value of y, the values ​​on the printer coordinate maximum value based on the resolution of the image processing apparatus xmin, ymin, x
max,ymaxに変換し、ステップS75に進む。 Converts max, to ymax, the process proceeds to step S75. ステップS75で、上記のxmin,ymin,xmax,ymaxの値をそれぞれcxmin,cymin,cxamx,cymaxにセットしてステップS76に進む。 In step S75, the process proceeds above xmin, ymin, xmax, respectively the value of ymax cxmin, cymin, cxamx, to step S76 to set the Cymax. ステップS76で、上記のxmin,ym In step S76, the above-mentioned xmin, ym
in,xmax,ymaxの値をメモリ展開情報エリア13にセットしてポインタを進めて処理を終了する。 in, xmax, the process is terminated the value of ymax to advance the pointer is set in the memory development information area 13. このように、クリップ領域指定コマンドは解析されクリップ領域指定のメモリ展開情報が作成される。 Thus, clip area designation command memory development information of the analyzed clip area designation is created.

【0040】図38は、図32のステップS34において、塗りつぶし定義指定コマンド解析関数を実行した場合の処理を詳細に示したフローチャートである。 [0040] Figure 38, in step S34 in FIG. 32 is a flowchart processing shown in detail in the case of executing the fill definition designation command analysis function. ステップS80で、minバンドNo. In step S80, min band No. 、maxバンドNo. , Max band No.
をメモリ展開情報格納エリア13に設定してステップS The set in the memory development information storage area 13 step S
81へ進む。 It advances to 81. ステップS81で、コマンドからコマンドNo. In step S81, the command from the command No. を読み込み、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてポインタを進め、ステップS82に進む。 Reads, advance the pointer is set in the memory development information storage area 13, the process proceeds to step S82. ステップS82で、コマンドからデータ数を読み込み、メモリ展開情報格納エリア13にデータ数としてセットしてポインタを進めてステップS83に進む。 In step S82, the read number data from the command, the flow advances to step S83 to advance the pointer is set as the number of data in the memory development information storage area 13. ステップS8 Step S8
3で、コマンドから塗りつぶしパターンNo. 3, pattern No. fill from the command を読み込み、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてポインタを進め、ステップS84に進む。 Reads, advance the pointer is set in the memory development information storage area 13, the process proceeds to step S84. ステップS84で、 In step S84,
コマンドから輪郭フラグを読み込み、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてポインタを進め、ステップS Load the outline flag from the command advances the pointer is set in the memory development information storage area 13, the step S
85に進む。 Proceed to 85. ステップS85で、塗りつぶしパターンN In step S85, the fill pattern N
o. o. を内部変数FpatにセットしてステップS86に進む。 A is set to an internal variable Fpat the process proceeds to step S86. ステップS86で、輪郭フラグの内容を内部変数Fp In step S86, an internal variable the contents of the outline flag Fp
ermtにセットして処理を終了する。 To end the set and the process to ermt. このように、塗りつぶし定義指定コマンドは解析され塗りつぶし定義指定のメモリ展開情報が作成される。 Thus, fill definition designation command memory development information of the designated definitions fill the analysis is created.

【0041】図39は、図33、図36、図37、図3 [0041] FIG. 39, FIG. 33, FIG. 36, FIG. 37, FIG. 3
8のステップS40、S60、S70、S80において、minバンドNo. In 8 step S40, S60, S70, S80 of, min band No. 、maxバンドNo. , Max band No. をメモリ展開情報エリアに設定する処理を詳細に示したフローチャートである。 The is a flowchart showing processing details to be set in the memory development information area. ステップS90で、minバンドNo. In step S90, min band No.
に0をセットしてしてステップS91へ進む。 And it is set to 0 to proceed to step S91. ステップS91で、minバンドNo. In step S91, min band No. をメモリ展開情報格納エリア13にセットしてポインタを進め、ステップS92 The advance the pointer is set in the memory development information storage area 13, steps S92
に進む。 Proceed to. ステップS92で、バンド情報格納部5から現在のバンド数の情報を取り出し、ステップS93に進む。 In step S92, takes out the information of the current number of bands from the band information storage unit 5, the process proceeds to step S93. ステップS93で、(バンド数ー1)の値をmax In step S93, the value of (the number of bands over 1) max
バンドNo. Band No. にセットしてステップS94に進む。 It is set to proceed to step S94. ステップS94で、maxバンドNo. In step S94, max band No. をメモリ展開情報格納エリア13にセットしてポインタを進め、処理を終了する。 The advance the pointer is set in the memory development information storage area 13, the process ends. このように、描画属性のメモリ展開情報には、各バンドの処理ごとにメモリ展開情報が解析されるようにminバンドNo. Thus, the memory development information of the rendering attributes, min band No. As memory development information for each processing of each band is analyzed に0、maxバンドNo. To 0, max band No. に(バンド数ー1)の値が設定されるようになっている。 It is adapted to be set to the value of (the number of bands-1).

【0042】図40は、図34のステップS49、52 [0042] Figure 40 is a step of FIG. 34 S49,52
で示した色再現処理の一例を示している。 It shows an example of a color reproduction process shown in. プロセス1では、輝度情報であるR,G,Bの値にLOG変換を施して濃度情報であるC,M,Yに変換する濃度変換の処理を行う。 In process 1, R is a luminance information, G, a value density information by performing LOG conversion in the B C, M, the processing of density conversion for converting the Y performed. プロセス2では、C,M,Yの値からBkの値を取り出す下色除去の処理を行う。 In process 2, performing C, M, a process of under color removal to retrieve the values ​​of Bk from the values ​​of Y. プロセス3では、 In process 3,
C,M,Yのトナーまたはインクの不要吸収特性に対し、補正を行い適切な色再現を行うためにマスキングの処理を行う。 C, M, to unnecessary absorption characteristics of the toner or ink of Y, performing the processing of masking for proper color reproduction performs correction. プロセス4では、画像に応じたコントラストやブライトネスを調整するためにγ変換の処理を行う。 In process 4, the process of γ conversion in order to adjust the contrast and brightness according to the image. 以上の処理は、色再現処理情報格納部7の情報を用いて色再現処理部8において行う。 The above processing performed in the color reproduction process unit 8 by using the information of the color reproduction process information storage unit 7. また上述のR,G, The above R, G,
BデータはCIE XYZデータとの相互の変換要領が明確になっているものとする。 B data shall be converted manner of mutual and CIE XYZ data is clarified.

【0043】図41は、図34のステップS50で示した色変換処理の一例を示している。 [0043] Figure 41 shows an example of the color conversion process shown in step S50 in FIG. 34. (a)〜(d)に示した式によりCIE L * ,a * ,b *データをCIE (A) CIE by formula given in ~ (d) L *, a *, CIE a b * data
XYZデータに変換することが可能である。 It can be converted to XYZ data. ここで、X Here, X
n,Yn,Znは、どのCIEの標準光源に従うかによって定まる値である。 n, Yn, Zn are values ​​determined depending according to any of CIE standard light source.

【0044】図42は、図34のステップS51で示した色変換処理の一例を示している。 [0044] Figure 42 shows an example of the color conversion process shown in step S51 in FIG. 34. 図に示した行列の変換式によりCIE XYZデータをR,G,B輝度データに変換することが可能である。 The conversion formula in the matrix shown in FIG. It is possible to convert CIE XYZ data into R, G, and B luminance data. ここで、行列のパラメータ値は、どのCIEの標準光源に従うかによって定まり、本例はCIEの標準光源がD65の場合の値である。 Here, the parameter value of the matrix is ​​determined by the Follow the which CIE standard light source, the present embodiment is a value in the case of CIE standard light source D65.

【0045】図43〜45は、図32のステップS34 [0045] FIG. 43 to 45, step S34 of FIG. 32
において、直線描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示したものである。 In shows the processing performed when executing a straight line drawing command analysis function. ステップS600で、ワークエリアへのデータのセット及びxmin,ymin,xmax,ym In step S600, a set of data to the work area and xmin, ymin, xmax, ym
axの設定を行い、ステップS601へ進む。 To set the ax, the process proceeds to step S601. ステップS Step S
601で、描画範囲の算出(直線及び多角形)を行い、 In 601, it performs calculation of the drawing range (straight line and polygon),
ステップS602へ進む。 The process proceeds to step S602. ステップS602で、描画範囲のクリップチェックを行い、ステップS603へ進む。 In step S602, performs a clip check of the drawing range, the process proceeds to step S603. ステップS603で、描画範囲のクリップチェックで設定された描画範囲フラグをチェックする。 In step S603, it checks the drawing range flag set in the clip checking drawing range. 描画範囲フラグがERRORならば、処理を終了する。 Drawing range flag is if ERROR, the processing is terminated. 描画範囲フラグがERRORでないならば、ステップS604へ進んで色指定情報の設定(直線)を行いステップS605に進む。 If the drawing range flag is not ERROR, the process proceeds to step S605 to set the color designation information (linear) proceeds to step S604. ステップS605で、出力部19で用いるパス制御テーブル20への情報の設定を行い、ステップS606 In step S605, the settings information to the path control table 20 used in the output unit 19, step S606
へ進む。 To advance. ステップS606で、minバンドNo. In step S606, min band No. 、m , M
axバンドNo. ax band No. の算出を行い、ステップS607へ進む。 Carried out of the calculation, the process proceeds to step S607. ステップS607で、メモリ展開情報格納エリア1 In step S607, the memory development information area 1
3にポインタ1をセットしてステップS608へ進む。 3 to set the pointer 1 proceeds to step S608.
ステップS608で、minバンドNo. In step S608, min band No. 、maxバンドNo. , Max band No. をメモリ展開情報格納エリア13にセットしてポインタ1を進めてステップS609へ進む。 The advancing the pointer 1 is set in the memory development information area 13 proceeds to step S609. ステップS609で、ワークエリアの先頭にポインタ2をセットしてステップS610へ進む。 In step S609, it proceeds to set the pointer 2 at the beginning of the work area to step S610. ステップS610で、ワークエリアからコマンドNo. In step S610, the command No. from the work area を取り出し、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてステップS611へ進む。 Was removed, the process proceeds to set the memory development information area 13 to step S611. ステップS611で、ポインタ1、ポインタ2を進めてステップS612へ進む。 In step S611, the process proceeds to advance the pointer 1, pointer 2 to step S612. ステップS612で、ワークエリアからデータ数を取り出し、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてステップS613へ進む。 In step S612, retrieve the number of data from the work area, the process proceeds to set the memory development information area 13 to step S613. ステップS613で、mに1をセットしてステップS61 In step S613, the step S61 is set to 1 m
4へ進む。 Proceed to 4. ステップS614で、ワークエリアからx In step S614, x from the work area
m,ymを取り出し、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてステップS615へ進む。 m, removed ym, proceeds to set the memory development information area 13 to step S615. ステップS615 Step S615
で、mとn(座標数)を比較する。 In compares m with n (number of coordinates). mがnに比べて等しいか大きい場合には、処理を終了する。 m is the equal to or larger than the n, the process ends. nがmより大きい場合には、ステップS616へ進んでmに1を加算してステップS617に進む。 If n is larger than m, the process proceeds to step S617 by adding 1 to m proceeds to step S616. ステップS617で、ポインタ1、ポインタ2を進めてステップS614に戻る。 In step S617, pointer 1, the flow returns to step S614 to advance the pointer 2.
このように、直線描画コマンドは解析され直線描画のメモリ展開情報が作成される。 Thus, straight line drawing command is created memory development information of the analyzed line drawing.

【0046】図46〜48は、図32のステップS34 [0046] FIG. 46 to 48, step S34 of FIG. 32
において、多角形描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示したものである。 In shows the processing performed when executing a polygon drawing command analysis function. ステップS120で、ワークエリアへのデータのセット及びxmin,ymin,xmax, In step S120, a set of data to the work area and xmin, ymin, xmax,
ymaxの設定を行い、ステップS121へ進む。 To set the ymax, the process proceeds to step S121. ステップS121で、描画範囲の算出(直線及び多角形)を行い、ステップS122へ進む。 In step S121, performs the calculation of the drawing range (straight line and polygon), the process proceeds to step S122. ステップS122で、描画範囲のクリップチェックを行い、ステップS123へ進む。 In step S122, performs a clip check of the drawing range, the process proceeds to step S123. ステップS123で、描画範囲のクリップチェックで設定された描画範囲フラグをチェックする。 In step S123, it checks the drawing range flag set in the clip checking drawing range. 描画範囲フラグがERRORならば、処理を終了する。 Drawing range flag is if ERROR, the processing is terminated. 描画範囲フラグがERRORでないならば、ステップS124へ進んで色指定情報の設定(閉図形)を行いステップS125に進む。 If the drawing range flag is not ERROR, the process proceeds to step S125 to set the color designation information (closed figure) proceeds to step S124. ステップS125で、出力部19で用いるパス制御テーブル20への情報の設定を行い、ステップS12 In step S125, the settings information to the path control table 20 used in the output unit 19, step S12
6へ進む。 Proceed to 6. ステップS126で、minバンドNo. In step S126, min band No. ,
maxバンドNo. max band No. の算出を行い、ステップS127へ進む。 Carried out of the calculation, the process proceeds to step S127. ステップS127で、メモリ展開情報格納エリア13にポインタ1をセットしてステップS128へ進む。 In step S127, the process proceeds to set the pointer 1 in the memory development information storage area 13 to step S128. ステップS128で、minバンドNo. In step S128, min band No. 、max , Max
バンドNo. Band No. をメモリ展開情報格納エリア13にセットしてポインタ1を進めてステップS129へ進む。 The advancing the pointer 1 is set in the memory development information area 13 proceeds to step S129. ステップS129で、ワークエリアの先頭にポインタ2をセットしてステップS130へ進む。 In step S129, it proceeds to set the pointer 2 at the beginning of the work area to step S130. ステップS130 Step S130
で、ワークエリアからコマンドNo. In, command No. from the work area を取り出し、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてステップS13 Was removed, a step S13 is set in the memory development information storage area 13
1へ進む。 Proceed to 1. ステップS131で、ポインタ1、ポインタ2を進めてステップS132へ進む。 In step S131, the process proceeds to advance the pointer 1, pointer 2 to step S132. ステップS132 Step S132
で、ワークエリアからデータ数を取り出し、(データ数+2)をメモリ展開情報格納エリア13にセットしてステップS133へ進む。 In, takes out the number of data from the work area, the process proceeds to step S133 to set the (number data + 2) in the memory development information storage area 13. ステップS133で、mに1をセットしてステップS134へ進む。 In step S133, the operation proceeds after making a set to 1 m to step S134. ステップS134 Step S134
で、ワークエリアからxm,ymを取り出し、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてステップS135へ進む。 In proceeds from the work area xm, removed ym, it is set in the memory development information area 13 to step S135. ステップS135で、mとn(座標数)を比較する。 In step S135, compares m with n (number of coordinates). nがmより大きい場合には、ステップS136へ進んでmに1を加算してステップS137に進む。 If n is larger than m, the process proceeds to step S137 by adding 1 to m proceeds to step S136. . ステップS137で、ポインタ1、ポインタ2を進めてステップS134に戻る。 In step S137, pointer 1, the flow returns to step S134 to advance the pointer 2. mがnに比べて等しいか大きい場合には、ステップS138へ進む。 m is the equal to or larger than the n, the process proceeds to step S138. ステップS138 Step S138
で、ワークエリアの先頭にポインタ2をセットしてステップS139へ進む。 In, proceed to set the pointer 2 at the beginning of the work area to step S139. ステップS139で、ポインタ2 In step S139, pointer 2
を2つ進め、x1にセットしてステップS140へ進む。 Advanced two, the process proceeds to step S140 is set to x1. ステップS140で、ワークエリアからx1,y1を取り出し、メモリ展開情報格納エリア13にセットして処理を終了する。 In step S140, retrieves the x1, y1 from the work area, the process ends set in the memory development information storage area 13. このように、多角形描画コマンドは解析され多角形描画のメモリ展開情報が作成される。 Thus, the polygon drawing command is generated memory development information of the analyzed polygon drawing.

【0047】図49〜51は、図43のステップ600 [0047] FIG. 49 to 51, the step 600 of FIG. 43
及び図46のステップ120において、ワークエリアへのデータのセット及びxmin,ymin,xmax,ymaxの設定の処理を詳細に示したものである。 And in step 120 of FIG. 46 illustrates the set and xmin data to the work area, ymin, xmax, the process of setting the ymax detail. ステップS150 Step S150
で、ワークエリアの先頭にポインタをセットしてステップS151へ進む。 In, proceed to set the pointer to the beginning of the work area to step S151. ステップS151で、コマンドN In step S151, the command N
o. o. を読み込み、ワークエリアにセットしてポインタを進め、ステップS152へ進む。 Read the, advance the pointer is set to the work area, the process proceeds to step S152. ステップS152で、 In step S152,
データ数を読み込み、ワークエリアにセットしてポインタを進め、ステップS153へ進む。 Reads the number of data, advance the pointer is set to the work area, the process proceeds to step S153. ステップS153 Step S153
で、データ数の1/2(直線の座標点数)を定数nにセットしてステップS154へ進む。 In, sets 1/2 (linear coordinates points) to a constant n the number of data proceeds to step S154. ステップS154で、 In step S154,
座標1のx座標、y座標を読み込み、ステップS155 x-coordinate of the coordinates 1, reads the y coordinate, step S155
へ進む。 To advance. ステップS155で、座標1のx座標、y座標をプリンタ座標に変換してx1,y1にセットして、ステップS156へ進む。 In step S155, is set to x1, y1 converts x-coordinate of the coordinates 1, y coordinates to the printer coordinates, the process proceeds to step S156. ステップS156で、x1をxmi In step S156, xmi the x1
n,xmaxにセットし、y1をymin,ymaxにセットして、ステップS157へ進む。 n, it is set to xmax, set the y1 ymin, to ymax, the process proceeds to step S157. ステップS157で、x In step S157, x
1,y1をワークエリアにセットしてポインタを進め、ステップS158へ進む。 Advance the pointer is set to 1, y1 in the work area, the process proceeds to step S158. ステップS158で、mに1をセットしてステップS159へ進む。 In step S158, it is set to 1 m proceeds to step S159. ステップS159 Step S159
で、mとn(座標数)を比較する。 In compares m with n (number of coordinates). mがnに比べて等しいか大きい場合には、処理を終了する。 m is the equal to or larger than the n, the process ends. nがmより大きい場合には、ステップS160へ進んでmに1を加算してステップS161に進む。 If n is larger than m, the process proceeds to step S161 by adding 1 to m proceeds to step S160. ステップS161で、座標mのx座標、y座標を読み込み、ステップS162へ進む。 In step S161, reads the x-coordinate, y-coordinate of the coordinates m, the process proceeds to step S162. ステップS162で、座標mのx座標、y座標をプリンタ座標に変換してxm,ymにセットして、ステップS163へ進む。 In step S162, sets xm, to ym converts x-coordinate of the coordinates m, y coordinates to the printer coordinates, the process proceeds to step S163. ステップS163で、xmとxminの値を比較する。 In step S163, it compares the value of xm and xmin. xmがxminに比べて等しいか大きい場合には、ステップS165へ進む。 xm is the equal to or larger than the xmin, the flow advances to step S165. xminがxmより大きい場合には、ステップS164へ進んでxmの値をxminにセットしてステップS165に進む。 xmin in the case is larger than xm, the process proceeds to step S165 to set the value of xm in xmin proceeds to step S164. ステップS165 Step S165
で、xmとxmaxの値を比較する。 In compares the value of xm and xmax. xmaxがxmに比べて等しいか大きい場合には、ステップS167へ進む。 xmax is the equal to or larger than the xm, the flow advances to step S167. xm xm
がxmaxより大きい場合には、ステップS166へ進んでxmの値をxmaxにセットしてステップS167に進む。 There if xmax larger, the process proceeds to step S167 to set the value of xm in xmax proceeds to step S166. ステップS167で、ymとyminの値を比較する。 In step S167, it compares the value of ym and ymin.
ymがyminに比べて等しいか大きい場合には、ステップS169へ進む。 ym is the equal to or larger than the ymin, the flow advances to step S169. yminがymより大きい場合には、ステップS168へ進んでymの値をyminにセットしてステップS169に進む。 If ymin is larger than ym, the process proceeds to step S169 to set the value of ym in ymin proceeds to step S168. ステップS169で、ymとymax In step S169, ym and ymax
の値を比較する。 To compare the value. ymaxがymに比べて等しいか大きい場合には、ステップS171へ進む。 ymax is the equal to or larger than the ym, the flow advances to step S171. ymがymaxより大きい場合には、ステップS170へ進んでymの値をymax When ym is larger than ymax is, ymax values ​​of ym proceeds to step S170
にセットしてステップS171に進む。 It is set to proceed to step S171. ステップS17 Step S17
1で、xm,ymをワークエリアにセットしてポインタを進め、ステップS159に戻る。 In 1, xm, advance the pointer to set the ym in the work area, and the flow returns to step S159. このように、ワークエリアへのデータのセット及びxmin,ymin,xmax,ym Thus, a set of data to the work area and xmin, ymin, xmax, ym
axの設定を行うことができる。 ax settings can be performed.

【0048】図52〜55は、図32のステップS34 [0048] FIG. 52 to 55, step S34 of FIG. 32
において、円描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示したものである。 In shows the processing performed when executing a circle drawing command analysis function. ステップS175で、ワークエリアの先頭にポインタをセットしてステップS176へ進む。 In step S175, it proceeds to set the pointer to the beginning of the work area to step S176. ステップS176で、コマンドNo. In step S176, command No. を読み込み、 Read the,
ワークエリアにセットしてポインタを進め、ステップS Advance the pointer is set to the work area, step S
177へ進む。 Proceed to 177. ステップS177で、データ数を読み込み、ワークエリアにセットしてポインタを進め、ステップS178へ進む。 In step S177, reads the data number, advance the pointer is set to the work area, the process proceeds to step S178. ステップS178で、中心のx座標,y座標を読み込み、ステップS179へ進む。 In step S178, it reads the x-coordinate of the center, the y-coordinate, the process proceeds to step S179. ステップS179で、中心のx座標,y座標をプリンタ座標に変換し、xc,ycにセットしてステップS180へ進む。 In step S179, it converts x-coordinate of the center, the y-coordinate to the printer coordinates, the process proceeds to set xc, to yc to step S180. ステップS180で、xc,ycをワークエリアにセットしてポインタを進め、ステップS181へ進む。 In step S180, advance the pointer is set xc, yc in the work area, the process proceeds to step S181. ステップS181で、コマンドから半径値を読み込んでステップS182へ進む。 In step S181, the process proceeds to step S182 reads the radius value from the command. ステップS182で、半径値を画像処理装置の解像度をもとにピクセル(ドット)値に変換し、rにセットしてステップS183へ進む。 In step S182, the radius value to convert the resolution of an image processing apparatus based on the pixel (dot) value, the process proceeds to set r to step S183. ステップS183で、rをワークエリアにセットしてステップS184へ進む。 In step S183, it proceeds to set the r in the work area to step S184. ステップS184で、円の描画範囲の算出を行い、ステップS185へ進む。 In step S184, performs a calculation of the drawing range of the circle, the process proceeds to step S185. ステップS1 Step S1
85で、描画範囲のクリップチェックを行い、ステップS186へ進む。 At 85, performs a clip check of the drawing range, the process proceeds to step S186. ステップS186で、描画範囲のクリップチェックで設定された描画範囲フラグをチェックする。 In step S186, it checks the drawing range flag set in the clip checking drawing range. 描画範囲フラグがERRORならば、処理を終了する。 Drawing range flag is if ERROR, the processing is terminated.
描画範囲フラグがERRORでないならば、ステップS18 If the drawing range flag is not ERROR, step S18
7へ進んで色指定情報の設定(閉図形)を行いステップS188に進む。 Proceed to 7 proceeds to step S188 to set the color designation information (closed figure). ステップS188で、出力部19で用いるパス制御テーブル20への情報の設定を行い、ステップS189へ進む。 In step S188, the settings information to the path control table 20 used in the output unit 19, the process proceeds to step S189. ステップS189で、minバンドNo. In step S189, min band No. 、maxバンドNo. , Max band No. の算出を行い、ステップS190へ進む。 Carried out of the calculation, the process proceeds to step S190. ステップS190で、メモリ展開情報格納エリア13にポインタ1をセットしてステップS1 In step S190, the step S1 sets the pointer 1 in the memory development information storage area 13
91へ進む。 It advances to 91. ステップS191で、minバンドN In step S191, min band N
o. o. 、maxバンドNo. , Max band No. をメモリ展開情報格納エリア13にセットしてポインタ1を進めてステップS192 The advancing the pointer 1 is set in the memory development information area 13 step S192
へ進む。 To advance. ステップS192で、ワークエリアの先頭にポインタ2をセットしてステップS193へ進む。 In step S192, it proceeds to set the pointer 2 at the beginning of the work area to step S193. ステップS193で、ワークエリアからコマンドNo. In step S193, a command No. from the work area を取り出し、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてステップS194へ進む。 Was removed, the process proceeds to set the memory development information area 13 to step S194. ステップS194で、ポインタ1、ポインタ2を進めてステップS195へ進む。 In step S194, the process proceeds to advance the pointer 1, pointer 2 to step S195. ステップS195で、ワークエリアからデータ数を取り出し、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてステップS196へ進む。 In step S195, retrieve the number of data from the work area, the process proceeds to set the memory development information area 13 to step S196. ステップS196で、ポインタ1、 In step S196, pointer 1,
ポインタ2を進めてステップS197へ進む。 To advance the pointer 2 proceeds to step S197. ステップS197で、ワークエリアからxc,ycを取り出し、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてステップS1 In step S197, extraction xc, yc in the work area, step S1 is set in the memory development information storage area 13
98へ進む。 It advances to 98. ステップS198で、ポインタ1、ポインタ2を進めてステップS199へ進む。 In step S198, the process proceeds to advance the pointer 1, pointer 2 to step S199. ステップS19 Step S19
9で、ワークエリアからrを取り出し、メモリ展開情報格納エリア13にセットして処理を終了する。 9, taken out r from the work area, the process ends set in the memory development information storage area 13. このように、円描画コマンドは解析され円描画のメモリ展開情報が作成される。 In this way, memory development information of the circle drawing command is analyzed circle drawing is created.

【0049】図56〜59は、図32のステップS34 [0049] FIG. 56 to 59, step S34 of FIG. 32
において、文字描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示したものである。 In shows the processing performed when executing a character drawing command analysis function. ステップS210で、ワークエリアの先頭にポインタをセットしてステップS211へ進む。 In step S210, the process proceeds to a pointer is set to the head of the work area to step S211. ステップS211で、コマンドNo. In step S211, command No. を読み込み、ワークエリアにセットしてポインタを進め、ステップS212へ進む。 Read the, advance the pointer is set to the work area, the process proceeds to step S212. ステップS212で、データ数を読み込み、ステップS213へ進む。 In step S212, the read data number, the process proceeds to step S213. ステップS213 Step S213
で、描画位置のx座標,y座標を読み込み、ステップS In, x-coordinate of the drawing position, reads the y coordinate, the step S
214へ進む。 Proceed to 214. ステップS214で、描画位置のx座標,y座標をプリンタ座標に変換し、xr,yrにセットしてステップS215へ進む。 In step S214, the converted x-coordinate of the drawing position, the y-coordinate to the printer coordinates, the process proceeds xr, is set to yr to step S215. ステップS215で、コマンドから文字データを読み込み、内部コードに変換してステップS216へ進む。 In step S215, the read character data from the command, the process proceeds to convert the internal code to step S216. ステップS216で、(内部コードのデータ数)+2をデータ数としてワークエリアにセットしてポインタを進め、ステップS217へ進む。 In step S216, advances the pointer is set in the work area +2 (number of data of the inner code) as the data number, the process proceeds to step S217. ステップS217で、xr,yrをワークエリアにセットしてポインタを進め、ステップS218へ進む。 In step S217, advances the pointer is set xr, the yr in the work area, the process proceeds to step S218. ステップS218で、内部コードをワークエリアにセットしてステップS219へ進む。 In step S218, the process proceeds to set the internal code in the work area to step S219. ステップS219で、文字の描画範囲の算出を行い、ステップS220へ進む。 In step S219, performs a calculation of the drawing range of characters, the process proceeds to step S220.
ステップS220で、描画範囲のクリップチェックを行い、ステップS221へ進む。 In step S220, performs a clip check of the drawing range, the process proceeds to step S221. ステップS221で、描画範囲のクリップチェックで設定された描画範囲フラグをチェックする。 In step S221, it checks the drawing range flag set in the clip checking drawing range. 描画範囲フラグがERRORならば、処理を終了する。 Drawing range flag is if ERROR, the processing is terminated. 描画範囲フラグがERRORでないならば、ステップS222へ進んで色指定情報の設定(文字)を行いステップS223に進む。 If the drawing range flag is not ERROR, the process proceeds to step S223 to set the color designation information (character) proceeds to step S222. ステップS223で、出力部19で用いるパス制御テーブル20への情報の設定を行い、ステップS224へ進む。 In step S223, the settings information to the path control table 20 used in the output unit 19, the process proceeds to step S224. ステップS224で、 In step S224,
minバンドNo. min band No. 、maxバンドNo. , Max band No. の算出を行い、ステップS225へ進む。 Carried out of the calculation, the process proceeds to step S225. ステップS225で、メモリ展開情報格納エリア13にポインタ1をセットしてステップS226へ進む。 In step S225, the process proceeds to set the pointer 1 in the memory development information storage area 13 to step S226. ステップS226で、min In step S226, min
バンドNo. Band No. 、maxバンドNo. , Max band No. をメモリ展開情報格納エリア13にセットしてポインタ1を進めてステップS227へ進む。 The advancing the pointer 1 is set in the memory development information area 13 proceeds to step S227. ステップS227で、ワークエリアの先頭にポインタ2をセットしてステップS228へ進む。 In step S227, it proceeds to set the pointer 2 at the beginning of the work area to step S228. ステップS228で、ワークエリアからコマンドN In step S228, the command from the work area N
o. o. を取り出し、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてステップS229へ進む。 Was removed, the process proceeds to set the memory development information area 13 to step S229. ステップS229で、 In step S229,
ポインタ1、ポインタ2を進めてステップS230へ進む。 Pointer 1, proceed to advance the pointer 2 to the step S230. ステップS230で、ワークエリアからデータ数を取り出し、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてステップS231へ進む。 In step S230, the taken out the number of data from the work area, the process proceeds to set the memory development information area 13 to step S231. ステップS231で、ポインタ1、ポインタ2を進めてステップS232へ進む。 In step S231, the process proceeds to advance the pointer 1, pointer 2 to step S232. ステップS232で、ワークエリアからxr,yrを取り出し、メモリ展開情報格納エリア13にセットしてステップS233へ進む。 In step S232, the process proceeds from the work area xr, removed yr, and set in the memory development information storage area 13 to step S233. ステップS233で、ポインタ1、 In step S233, pointer 1,
ポインタ2を進めてステップS234へ進む。 To advance the pointer 2 proceeds to step S234. ステップS234で、ワークエリアから内部コードを取り出し、 In step S234, it retrieves the internal code from the work area,
メモリ展開情報格納エリア13にセットして処理を終了する。 And it ends the processing is set in the memory development information storage area 13. このように、文字描画コマンドは解析され文字描画のメモリ展開情報が作成される。 Thus, memory development information of a character rendering command is analyzed character drawing is created.

【0050】図60は、図43のステップ601及び図46のステップ121における、描画範囲の算出の処理を詳細に示したものである。 [0050] Figure 60 at step 121 of step 601 and 46 of FIG. 43 shows the process of calculating the drawing range in detail. ステップS240で、xmi In step S240, xmi
nをpxminに,xmaxをpxmaxにセットして、ステップS2 N to pxmin, set the xmax to pxmax, step S2
41へ進む。 It advances to 41. ステップS241で、yminをpyminに,y In step S241, the ymin to pymin, y
maxをpymaxにセットして、ステップS242へ進む。 Set the max to pymax, the process proceeds to step S242. ステップS242で、Lwidth/2にα(0以上の定数)を加えてβにセットして、ステップS243へ進む。 In step S242, is set to β, in addition to lWidth / 2 alpha of (0 or constant), the process proceeds to step S243. ステップS243で、pxmin−βをpxminに、pxmax+βをpxmax In step S243, the pxmin-β in pxmin, pxmax the pxmax + β
にセットして、ステップS244へ進む。 Is set to, the process proceeds to step S244. ステップS2 Step S2
44で、pymin−βをpyminに、pymax+βをpymaxにセットして、処理を終了する。 At 44, the pymin-β in pymin, set the pymax + β in pymax, the process is terminated. このようにして、直線及び多角形の描画範囲の算出することができる。 In this way, it is possible to calculate the drawing range of linear and polygonal.

【0051】図61は、(x1,y1)〜(x4,y4)の4点で指定された多角形の描画範囲を示したものである。 [0051] Figure 61 shows a drawing range of the specified polygon with four points (x1, y1) ~ (x4, y4). この範囲は、(pxmin,pymin)と(pxmax,pymax) This range, (pxmin, pymin) and (pxmax, pymax)
で囲まれた矩形領域であり、図60の処理においてαの値を0とした場合の算出結果である。 A rectangular area surrounded by a calculation result in the case of a 0 value of α in the processing of FIG. 60.

【0052】図62は、図53のステップ184における、円の描画範囲の算出の処理を詳細に示したものである。 [0052] Figure 62, at step 184 of FIG. 53 shows the process of calculating the drawing range of the circle in detail. ステップS250で、xc−rをpxminに,xc+r In step S250, the xc-r to pxmin, xc + r
をpxmaxにセットして、ステップS251へ進む。 Is set to pxmax, the process proceeds to step S251. ステップS251で、yc−rをpyminに,yc+rをpymaxにセットして、ステップS252へ進む。 In step S251, the yc-r to pymin, set the yc + r to pymax, the process proceeds to step S252. ステップS25 Step S25
2で、Lwidth/2にα(0以上の定数)を加えてβにセットして、ステップS253へ進む。 2, is set to β, in addition to lWidth / 2 alpha of (0 or constant), the process proceeds to step S253. ステップS253 Step S253
で、pxmin−βをpxminに、pxmax+βをpxmaxにセットして、ステップS254へ進む。 In, the pxmin-β in pxmin, set the pxmax + β in pxmax, the process proceeds to step S254. ステップS254で、py In step S254, py
min−βをpyminに、pymax+βをpymaxにセットして、処理を終了する。 The min-β in pymin, set the pymax + β in pymax, the process is terminated. このようにして、円の描画範囲の算出することができる。 In this way, it is possible to calculate the drawing range of the circle.

【0053】図63は、円の描画範囲を示したものである。 [0053] Figure 63 shows a drawing range of a circle. この範囲は、(pxmin,pymin)と(pxmax,pymax) This range, (pxmin, pymin) and (pxmax, pymax)
で囲まれた矩形領域であり、図62の処理においてαの値を0とした場合の算出結果である。 A rectangular area surrounded by a calculation result in the case of a 0 value of α in the processing of FIG. 62.

【0054】図64は、図57のステップ219における、文字の描画範囲の算出の処理を詳細に示したものである。 [0054] Figure 64 at step 219 of FIG. 57 shows the process of calculating the rendering range of characters in detail. ステップS260で、文字情報格納部9(図1 In step S260, the text information storage section 9 (Fig. 1
3)から左オフセット値、上オフセット値を取り出してステップS261へ進む。 Left offset value from 3), remove the upper offset proceeds to step S261. ステップS261で、左オフセット値をα1に,上オフセット値をα2にセットして、 In step S261, the left offset value [alpha] 1, is set on the offset value [alpha] 2,
ステップS262へ進む。 The process proceeds to step S262. ステップS262で、xr+ In step S262, xr +
α1をpxminに,yr−α2をpyminにセットして、ステップS263へ進む。 The α1 to pxmin, set the yr-α2 to pymin, the process proceeds to step S263. ステップS263で、文字情報格納部9からパターン幅、パターン高を取り出してステップS264へ進む。 In step S263, the process proceeds from the text information storage section 9 pattern width, remove the pattern height to step S264. ステップS264で、パターン幅をβ In step S264, the pattern width β
1、パターン高をβ2にセットして、ステップS265へ進む。 1, set the pattern high in β2, the process proceeds to step S265. ステップS265で、pxmin+β1をpxmaxに、pym In step S265, the pxmin + β1 in pxmax, pym
in+β2をpymaxにセットして、処理を終了する。 Set the in + β2 in pymax, the process is terminated. このようにして、文字の描画範囲の算出することができる。 In this way, it is possible to calculate the drawing range of characters.

【0055】図65は、文字の描画範囲を示したものである。 [0055] Figure 65 is a diagram showing a drawing range of characters. この範囲は、(pxmin,pymin)と(pxmax,pyma This range, (pxmin, pymin) and (pxmax, pyma
x)で囲まれた矩形領域である。 It is a rectangular area surrounded by x).

【0056】図66、67は、図43のステップS60 [0056] FIG. 66 and 67, step S60 of FIG. 43
2、図46のステップS122、図53のステップS1 2, step S122 of FIG. 46, step S1 of FIG. 53
85及び図57のステップS220における、描画範囲のクリップチェックの処理を詳細に示したものである。 At 85 and step S220 of FIG. 57 shows a processing clip checking drawing range in detail.
ステップS270で、pxmaxとcxminの値を比較する。 In step S270, it compares the value of pxmax and CXmin. cx cx
minがpxmaxの値より大きい場合には、ステップS274 If min is greater than the value of pxmax, the step S274
に進み、描画範囲フラグにERRORをセットして処理を終了する。 The process proceeds, the process ends by setting the ERROR drawing range flag. そうでない場合には、ステップS271に進む。 Otherwise, the process proceeds to step S271. ステップS271で、pxminとcxmaxの値を比較する。 In step S271, it compares the value of pxmin and CXmax. pxminがcxmaxの値より大きい場合には、ステップS If pxmin is greater than the value of cxmax, the step S
274に進み、描画範囲フラグにERRORをセットして処理を終了する。 Proceeds to 274, the process ends by setting the ERROR drawing range flag. そうでない場合には、ステップS272 If this is not the case, step S272
に進む。 Proceed to. ステップS272で、pymaxとcyminの値を比較する。 In step S272, it compares the value of pymax and Cymin. cyminがpymaxの値より大きい場合には、ステップS274に進み、描画範囲フラグにERRORをセットして処理を終了する。 cymin is larger than the value of pymax, the flow advances to step S274, the process ends by setting the ERROR drawing range flag. そうでない場合には、ステップS27 If this is not the case, step S27
3に進む。 Proceed to 3. ステップS273で、pyminとcymaxの値を比較する。 In step S273, it compares the value of pymin and Cymax. pyminがcymaxの値より大きい場合には、ステップS274に進み、描画範囲フラグにERRORをセットして処理を終了する。 pymin is larger than the value of cymax, the flow advances to step S274, the process ends by setting the ERROR drawing range flag. そうでない場合には、ステップS2 If this is not the case, step S2
75に進む。 Proceed to 75. ステップS275で、pxminとcxminの値を比較する。 In step S275, it compares the value of pxmin and CXmin. cxminがpxminの値より大きい場合には、ステップS276に進み、cxminの値をpxminにセットしてステップS277に進む。 If cxmin is greater than the value of pxmin, the flow advances to step S276, the process proceeds to step S277 to set the value of cxmin to pxmin. そうでない場合には、ステップS277に進む。 Otherwise, the process proceeds to step S277. ステップS277で、pyminとcyminの値を比較する。 In step S277, it compares the value of pymin and Cymin. cyminがpyminの値より大きい場合には、 If cymin is greater than the value of pymin is,
ステップS278に進み、cyminの値をpyminにセットしてステップS279に進む。 The procedure proceeds to step S278, the process proceeds to step S279 to set the value of the cymin to pymin. そうでない場合には、ステップS279に進む。 Otherwise, the process proceeds to step S279. ステップS279で、pxmaxとcxm In step S279, pxmax and cxm
axの値を比較する。 To compare the value of the ax. pxmaxがcxmaxの値より大きい場合には、ステップS280に進み、cxmaxの値をpxmaxにセットしてステップS281に進む。 If pxmax is greater than the value of cxmax, the flow advances to step S280, the process proceeds to step S281 to set the value of cxmax to pxmax. そうでない場合には、 If this is not the case,
ステップS281に進む。 The process proceeds to step S281. ステップS281で、pymax In step S281, pymax
とcymaxの値を比較する。 And to compare the value of cymax. pymaxがcymaxの値より大きい場合には、ステップS282に進み、cymaxの値をpymax pymax is larger than the value of cymax, the flow advances to step S282, pymax the value of cymax
にセットしてステップS283に進む。 It is set to proceed to step S283. そうでない場合には、ステップS283に進む。 Otherwise, the process proceeds to step S283. ステップS283で描画範囲フラグにOKをセットして処理を終了する。 Set the OK to drawing range flag in step S283 and the process ends. このように、描画範囲とクリップ領域の共通範囲を求めることができる。 Thus, it is possible to determine the common range of the drawing range and the clip region.

【0057】図68は、(pxmin,pymin)と(pxmax,p [0057] FIG. 68, (pxmin, pymin) and (pxmax, p
ymax)で囲まれた矩形領域の描画範囲に対して(cxmi The drawing range of the rectangular region surrounded by ymax) (cxmi
n,cymin)と(cxmax,cymax)で囲まれた矩形領域のクリップ領域が設定された場合の例を示したものである。 n, in which Cymin) and (CXmax, the clip area of ​​the rectangular area surrounded by Cymax) shows an example in which the set.
図66、67の処理により図68の描画範囲は、(cxmi Drawing range in FIG. 68 by the processing of FIG. 66 and 67, (cxmi
n,cxmin)と(cxmax,cymax)で囲まれた矩形領域となる。 n, it becomes CXmin) and (CXmax, a rectangular area surrounded by cymax).

【0058】図69は、図43のステップS604における、色指定情報の設定(直線)の処理を詳細に示したものである。 [0058] Figure 69 in step S604 of FIG. 43 illustrates setting of the color specifying information processing (linearly) in detail. ステップS290で、LymckのYの値をP_Y In step S290, P_y the value of Y Lymck
にセットして、ステップS291へ進む。 Is set to, the process proceeds to step S291. ステップS2 Step S2
91で、LymckのMの値をP_Mにセットして、ステップS 91, by setting the value of M of Lymck to P_M, step S
292へ進む。 Proceed to 292. ステップS292で、LymckのCの値をP In step S292, P value of C of Lymck
_Cにセットして、ステップS293へ進む。 Is set to _C, the process proceeds to step S293. ステップS Step S
293で、LymckのBkの値をP_Bkにセットして処理を終了する。 In 293, the process is terminated by setting the value of Bk of Lymck to P_Bk. このように、直線の色指定情報をP_Y,P_M, In this way, P_Y the color designation information of a straight line, P_M,
P_C,P_BKに設定することができる。 P_C, can be set to P_BK.

【0059】図70は、図46のステップS124及び図53のステップS187における、色指定情報の設定(閉図形)の処理を詳細に示したものである。 [0059] Figure 70 in step S187 in step S124 and FIG. 53 of FIG. 46 illustrates setting of the color specifying information processing (closed figure) in detail. ステップS300で、FpatとFpermtの値の乗算の結果を0と比較する。 In step S300, the result of the multiplication of the values ​​of Fpat and Fpermt compared to 0. 0の場合には、ステップS301に進み、色指定情報の設定(サブ処理1)を行い処理を終了する。 0, the process proceeds to step S301, and terminates the processing to set the color designation information (sub-processing 1). 0でない場合には、ステップS302に進み、色指定情報の設定(サブ処理2)を行い処理を終了する。 If not 0, the process proceeds to step S302, and terminates the processing to set the color designation information (sub-processing 2).

【0060】図71は、図70のステップS301の処理を詳細に示したものである。 [0060] Figure 71 illustrates the process of step S301 of FIG. 70 in detail. ステップS310で、Fp In step S310, Fp
atの値を0と比較する。 The value of at compared to 0. 0でない場合には、ステップS If not 0, step S
311に進み、FymckのYの値をP_Yにセットして、ステップS312へ進む。 Proceeds to 311 and sets the value of Y of Fymck to P_y, the process proceeds to step S312. ステップS312で、FymckのM In step S312, M of Fymck
の値をP_Mにセットして、ステップS313へ進む。 And set the value to P_M, the process proceeds to step S313. ステップS313で、FymckのCの値をP_Cにセットして、 In step S313, it sets the value of C of Fymck to P_C,
ステップS314へ進む。 The process proceeds to step S314. ステップS314で、Fymck In step S314, Fymck
のBkの値をP_Bkにセットして処理を終了する。 The value of Bk and ends the set in P_Bk the process. 0の場合には、ステップS315に進み、Fpermtの値を0と比較する。 0, the process proceeds to step S315, is compared with 0 value of Fpermt. Fpermtの値が0の場合には、処理を終了する。 If the value of the Fpermt is 0, the process is terminated.
Fpermtの値が0でない場合には、ステップS316で、 If the value of Fpermt is not 0, in step S316,
LymckのYの値をP_Yにセットして、ステップS317へ進む。 The value of Y Lymck is set to P_y, the process proceeds to step S317. ステップS317で、LymckのMの値をP_Mにセットして、ステップS318へ進む。 In step S317, to set the value of M of Lymck to P_M, the process proceeds to step S318. ステップS318 Step S318
で、LymckのCの値をP_Cにセットして、ステップS31 In, and sets the value of C of Lymck to P_C, step S31
9へ進む。 Proceed to 9. ステップS319で、LymckのBkの値をP_B In step S319, P_B the value of Bk of Lymck
kにセットして処理を終了する。 To end the set and the process to k. このように、閉図形の色指定情報をP_Y,P_M,P_C,P_BKに設定することができる。 Thus, it is possible to set the color designation information for closed figure P_y, P_M, P_C, the p_bk.

【0061】図72は、図70のステップS302の処理を詳細に示したものである。 [0061] Figure 72 shows in detail the processing in step S302 in FIG. 70. ステップS320で、Fy In step S320, Fy
mckのYの値とLymckのYの値を比較する。 Comparing the value of the Y value and Lymck of mck of Y. FymckのYの値がLymckのYの値より大きい場合には、ステップS3 If the value of Y of Fymck is greater than the value of Y of Lymck is step S3
21に進み、FymckのYの値をP_Yにセットして、ステップS323へ進む。 Proceeds to 21, sets the value of Y Fymck to P_y, the process proceeds to step S323. そうでない場合には、ステップS3 If this is not the case, step S3
22に進み、LymckのYの値をP_Yにセットして、ステップS323へ進む。 Proceeds to 22, sets the value of Y Lymck to P_y, the process proceeds to step S323. ステップS323で、FymckのMの値とLymckのMの値を比較する。 In step S323, it compares the value of M values ​​and Lymck of M of Fymck. FymckのMの値がLymck The value of M of Fymck is Lymck
のMの値より大きい場合には、ステップS324に進み、FymckのMの値をP_Mにセットして、ステップS32 In the case of larger values ​​of M, the process proceeds to step S324. In step S324, sets the value of M of Fymck to P_M, step S32
6へ進む。 Proceed to 6. そうでない場合には、ステップS325に進み、LymckのMの値をP_Mにセットして、ステップS32 Otherwise, the process proceeds to step S325, to set the value of M of Lymck to P_M, step S32
6へ進む。 Proceed to 6. ステップS326で、FymckのCの値とLymck In step S326, the value of C of Fymck and Lymck
のCの値を比較する。 Comparing the values ​​of the C. FymckのCの値がLymckのCの値より大きい場合には、ステップS327に進み、FymckのCの値をP_Cにセットして、ステップS329へ進む。 If the value of C of Fymck is greater than the value of C of Lymck proceeds to step S327. In step S327, sets the value of C of Fymck to P_C, the process proceeds to step S329.
そうでない場合には、ステップS328に進み、Lymck Otherwise, the process proceeds to step S328, Lymck
のCの値をP_Cにセットして、ステップS329へ進む。 To set the value of C to P_C, the process proceeds to step S329. ステップS329で、FymckのBkの値とLymckのB In step S329, the value of Bk of Fymck and Lymck of B
kの値を比較する。 Comparing the values ​​of k. FymckのBkの値がLymckのBkの値より大きい場合には、ステップS330に進み、Fymck The value of Bk of Fymck is larger than the value of Bk of Lymck, the process proceeds to step S330, Fymck
のBkの値をP_Bkにセットして、処理を終了する。 Set the value of Bk to P_Bk, the process is terminated. そうでない場合には、ステップS331に進み、LymckのB Otherwise, the process proceeds to step S331, Lymck of B
kの値をP_Bkにセットして、処理を終了する。 Set the value of k in P_Bk, the process is terminated. このように、閉図形の色指定情報をP_Y,P_M,P_C,P_BKに設定することができる。 Thus, it is possible to set the color designation information for closed figure P_y, P_M, P_C, the p_bk.

【0062】図73は、図57のステップS222における、色指定情報の設定(文字)の処理を詳細に示したものである。 [0062] Figure 73, at step S222 of FIG. 57 illustrates setting of the color specifying information processing (character) in detail. ステップS340で、TymckのYの値をP_Y In step S340, P_y the value of Y Tymck
にセットして、ステップS341へ進む。 Is set to, the process proceeds to step S341. ステップS3 Step S3
41で、TymckのMの値をP_Mにセットして、ステップS 41, by setting the value of M of Tymck to P_M, step S
342へ進む。 Proceed to 342. ステップS342で、TymckのCの値をP In step S342, P value of C of Tymck
_Cにセットして、ステップS343へ進む。 Is set to _C, the process proceeds to step S343. ステップS Step S
343で、TymckのBkの値をP_Bkにセットして処理を終了する。 In 343, the process is terminated by setting the value of Bk of Tymck to P_Bk. このように、文字の色指定情報をP_Y,P_M, In this way, P_Y the color designation information of the character, P_M,
P_C,P_BKに設定することができる。 P_C, can be set to P_BK.

【0063】図74は、図44のステップS606、図47のステップS126、図54のステップS189及び図58のステップS224における、minバンドN [0063] Figure 74, step S606 of FIG. 44, in step S126, step S224 of step S189 and FIG. 58 of FIG. 54 in FIG. 47, min band N
o. o. 、maxバンドNo. , Max band No. の算出の処理を詳細に示したものである。 It shows the process of calculating in detail. ステップS350で、バンド情報格納部5 In step S350, the band information storage unit 5
からバンド高(1バンドの高さ)の情報を取り出して、 Retrieving information of the band height (height of one band) from
ステップS351へ進む。 The process proceeds to step S351. ステップS351で、バンド高をhにセットして、ステップS352へ進む。 In step S351, to set the band height to h, the process proceeds to step S352. ステップS352で、描画範囲情報のうち、pymin,pymaxを取り出して、ステップS353へ進む。 In step S352, among the drawing range information, retrieves pymin, the pymax, the process proceeds to step S353. ステップS353 Step S353
で、(pymin/h)の商をminバンドNo. In, (pymin / h) min band the quotient of No. にセットして、ステップS354へ進む。 Is set to, the process proceeds to step S354. ステップS354で、 In step S354,
(pymax/h)の商をmaxバンドNo. The quotient of (pymax / h) max band No. にセットして、処理を終了する。 It is set to, the process is terminated. このように、描画範囲の情報からminバンドNo. In this way, min band No. from the information in the drawing range 、maxバンドNo. , Max band No. の算出をすることができる。 It is possible to make the calculation.

【0064】図75〜78は、図43のステップS60 [0064] FIG. 75 to 78, step S60 of FIG. 43
5、図46のステップS125、図53のステップS1 5, step S125 of FIG. 46, step S1 of FIG. 53
88及び図57のステップS223における、出力部で用いるパス制御テーブルへの情報の設定の処理を詳細に示したものである。 In step S223 of 88 and 57, it shows in detail the process of setting information to the path control table used in the output section. ステップS360で、バンド情報格納部5からヘッド高(印字ヘッドの高さ)の情報を取り出して、ステップS361へ進む。 In step S360, retrieves the information of the head height from the band information storage unit 5 (the height of the print head), the flow proceeds to step S361. ステップS361 Step S361
で、ヘッド高をhにセットして、ステップS362へ進む。 In, and set the head height to h, the process proceeds to step S362. ステップS362で、描画範囲情報のうち、pxmi In step S362, among the drawing range information, Pxmi
n,pxmax,pymin,pymaxを取り出して、ステップS36 Removed n, pxmax, pymin, the pymax, step S36
3へ進む。 Proceed to 3. ステップS363で、(pymin/h)の商をminパスNo. In step S363, min pass the quotient of (pymin / h) No. にセットして、ステップS364へ進む。 Is set to, the process proceeds to step S364. ステップS364で、(pymax/h)の商をmax In step S364, the quotient of (pymax / h) max
パスNo. Path No. にセットして、ステップS365へ進む。 Is set to, the process proceeds to step S365. ステップS365で、色指定情報であるP_Y,P_M,P_C,P In step S365, a color designation information P_Y, P_M, P_C, P
_Bkを取り出して、ステップS366へ進む。 Remove the _Bk, the process proceeds to step S366. ステップS366で、パス制御テーブルの先頭にポインタをセットして、ステップS367へ進む。 In step S366, a pointer is set to the beginning of the path control table, the process proceeds to step S367. ステップS367 Step S367
で、minパスNo. In, min path No. の分だけポインタを進めて、ステップS368へ進む。 To advance the pointer only of the minute, the process proceeds to step S368. ステップS368で、minパスNo. In step S368, min path No. の値をαにセットして、ステップS369へ進む。 And set the value to α, the process proceeds to step S369. ステップS369で、pxminの値とポインタの指す最小値とを比較する。 In step S369, it compares the minimum value indicated by the value of pxmin and pointers. 最小値がpxminの値より大きい場合には、ステップS370に進み、pxminの値を最小値にセットして、ステップS371へ進む。 If the minimum value is greater than the value of pxmin, the flow advances to step S370, sets the value of pxmin to the minimum value, the process proceeds to step S371. そうでない場合には、ステップS371へ進む。 Otherwise, the process proceeds to step S371. ステップS371 Step S371
で、pxmaxの値とポインタの指す最大値とを比較する。 In, it is compared with the maximum value indicated by the value of pxmax and pointers. p p
xmaxの値が最大値より大きい場合には、ステップS37 If the value of xmax is greater than the maximum value, step S37
2に進み、pxmaxの値を最大値にセットして、ステップS373へ進む。 Advances to 2, and set to the maximum value the value of pxmax, the process proceeds to step S373. そうでない場合には、ステップS37 If this is not the case, step S37
3へ進む。 Proceed to 3. ステップS373で、P_Yの値と0とを比較する。 In step S373, it compares the value of P_Y and 0. P_Yの値が0でない場合には、ステップS374 If the value of P_Y is not 0, step S374
に進み、描画情報フラグのYビットをONにして、ステップS375へ進む。 The process proceeds, the Y bit of the drawing information flag is ON, the process proceeds to step S375. 0の場合には、ステップS375 In the case of 0, step S375
へ進む。 To advance. ステップS375で、P_Mの値と0とを比較する。 In step S375, it compares the value of P_M and 0. P_Mの値が0でない場合には、ステップS376に進み、描画情報フラグのMビットをONにして、ステップS377へ進む。 If the value of P_M is not 0, the process proceeds to step S376, the M bit of the drawing information flag is ON, the process proceeds to step S377. 0の場合には、ステップS377へ進む。 In the case of 0, the process proceeds to step S377. ステップS377で、P_Cの値と0とを比較する。 In step S377, it compares the value of P_C and 0. P_Cの値が0でない場合には、ステップS378に進み、描画情報フラグのCビットをONにして、ステップS379へ進む。 If the value of P_C is not 0, the process proceeds to step S378, the C-bit of the drawing information flag is ON, the process proceeds to step S379. 0の場合には、ステップS379へ進む。 In the case of 0, the process proceeds to step S379. ステップS379で、P_Bkの値と0とを比較する。 In step S379, it compares the value of P_Bk and 0. P_Bkの値が0でない場合には、ステップS380に進み、描画情報フラグのBkビットをONにして、ステップS381へ進む。 If the value of P_Bk is not 0, the process proceeds to step S380, a Bk bit of the drawing information flag is ON, the process proceeds to step S381. 0の場合には、ステップS381 In the case of 0, step S381
へ進む。 To advance. ステップS381で、maxパスNo. In step S381, max path No. の値とαの値とを比較する。 The comparison of the value of the value and α. maxパスNo. max path No. の値がαより大きい場合には、ステップS382に進み、αに1を加算してステップS383へ進む。 Of If the value is greater than α, the process proceeds to step S382, 1 is added to the α proceeds to step S 383. ステップS383で、ポインタを1つ進めてステップS369に戻る。 In step S383, the flow returns to step S369 is advanced by one pointer. 0でない場合には、処理を終了する。 If it is not 0, the process is terminated. このように、出力部で用いるパス制御テーブルへの情報の設定をすることができる。 Thus, it is possible to set the information to the path control table used in the output section.

【0065】図79は、パス0,1,2の領域に多角形と文字を描画した場合の例である。 [0065] Figure 79 is an example of drawing the polygons and the character in the region of the path 0,1,2. x1,x2は、それぞれ多角形の描画領域のxの最小値、最大値を示している。 x1, x2, the minimum value of x of the drawing area of ​​each polygon, and a maximum value. x3,x4は、それぞれ文字の描画領域のxの最小値、最大値を示している。 x3, x4, respectively the minimum value of x characters of the drawing area, indicates the maximum value.

【0066】図80は、図79の描画例について、図7 [0066] FIG. 80, for drawing example of FIG. 79, Fig. 7
5〜78の処理により出力部で用いるパス制御テーブルへの情報の設定を行った場合のパス制御テーブルを示したものである。 It shows the path control table when the setting information to the path control table used in the output section was performed by treatment of 5-78. kの値は、図25のパス制御テーブルの初期化によって設定された値である。 The value of k is a value set by the initialization of the path control table shown in FIG. 25.

【0067】図81は、図27の色指定コマンドを図3 [0067] FIG. 81, Fig. 3 the color designation command of FIG. 27
3〜35のフローチャートに基づいて解析して作成された、色指定のメモリ展開情報の一例を示している。 Analyzed with reference to the flowchart of 3 to 35 were created, it shows an example of a color designation memory development information. ここで、コマンドテーブルNo. Here, the command table No. は、各色指定メモリ展開情報ごとに異なり、それぞれのコマンドの識別に用いられる。 Is different for each color designation memory development information, is used for identifying each command. ここでデータ数パラメータの内容は4となる。 Wherein the content of the data the number of parameters is 4. Y
値,M値,C値,Bk値は、色材(トナー・インク)の原色であるY(Yellow),M(Magenta),C(Cyan),Bk Value, M value, C value, Bk values, colorant Y is a primary color (toner Inc.) (Yellow), M (Magenta), C (Cyan), Bk
(Black)の濃度データ値であり、色指定コマンドの色指定データ値の種別が異なっても、解析後のメモリ展開情報作成時点では、必ずY,M,C,Bkの濃度データ値に変換されることを示している。 The concentration data values ​​(Black), even if different types of color designation data value of the color designation command, the memory development information creation time after analysis, is always converted Y, M, C, and density data value of Bk Which indicates that.

【0068】図82は、図28の線幅指定コマンド・クリップ領域指定コマンド・塗りつぶし定義指定コマンドをそれぞれ図36、図37、図38のフローチャートに基づいて解析して作成された、各メモリ展開情報の一例を示している。 [0068] Figure 82 is a line width designation command clip area designation command fills definition designation command each diagram 36 of FIG. 28, FIG. 37, is created by analyzing based on the flowchart of FIG. 38, each memory development information It shows an example of. ここで、コマンドテーブルNo. Here, the command table No. は、各メモリ展開情報ごとに異なり、それぞれのコマンドの識別に用いられる。 Is different for each memory development information, is used for identifying each command. データ数パラメータの内容は、データ数パラメータの後に来るデータの個数を示している。 The contents of the data number parameter indicates the number of data that follows the number of data parameters.

【0069】図83は、図29の直線描画コマンド・多角形描画コマンドをそれぞれ図43〜45、図46〜4 [0069] Figure 83, respectively view the straight line drawing command polygon drawing command of FIG. 29 43-45, Figure 46-4
8のフローチャートに基づいて解析して作成された、各メモリ展開情報の一例を示している。 It was created by analyzing based on 8 flowchart of shows an example of each memory development information. ここで、コマンドテーブルNo. Here, the command table No. は、各メモリ展開情報ごとに異なり、それぞれのコマンドの識別に用いられる。 Is different for each memory development information, is used for identifying each command. データ数パラメータの内容は、データ数パラメータの後に来るデータの個数を示している。 The contents of the data number parameter indicates the number of data that follows the number of data parameters. 多角形描画のメモリ展開情報の最終パラメータは始点になるため(始点に戻って閉じるため)、図に示すようにx1,y1となっている。 The final parameter of the memory development information of the polygon drawing (to close back to the starting point) to become a starting point, and has a x1, y1 as shown in FIG.

【0070】図84は、図30の円描画コマンド・文字描画コマンドをそれぞれ図52〜55、56〜59のフローチャートに基づいて解析して作成された、各メモリ展開情報の一例を示している。 [0070] Figure 84 is created by analyzing based circle drawing command, text drawing command of FIG. 30 in a flowchart, respectively, of FIG 52~55,56~59 shows an example of each memory development information. ここで、コマンドテーブルNo. Here, the command table No. は、各メモリ展開情報ごとに異なり、それぞれのコマンドの識別に用いられる。 Is different for each memory development information, is used for identifying each command. データ数パラメータの内容は、データ数パラメータの後に来るデータの個数を示している。 The contents of the data number parameter indicates the number of data that follows the number of data parameters.

【0071】図85は、1つのページを4つのバンドに分割して、その大きさのY,M. [0071] Figure 85 divides one page into four bands, the magnitude of the Y, M. C,Bkのバンドメモリを用い、図27〜30描画属性コマンド・描画コマンドの一部を用いて描画を行った場合の例を示している。 C, using a band memory of Bk, shows an example of a case of performing rendering by using a part of Figure 27-30 drawing attribute commands and drawing commands.
描画の順番は、円、多角形、文字の順とする。 The order of drawing, circle, and polygon, the character of the order. 円は内部塗りつぶしなし、輪郭ありで輪郭線の色はシアン色とする。 Circles no internal fill, color of the contour line in there profile and cyan. 多角形は内部塗りつぶしあり、輪郭なしで塗りつぶしの色はマゼンダ色とする。 Polygon is inside fill, fill color without contours and magenta. 文字は内部塗りつぶしの色は黄色とする。 Characters inside the fill color to yellow. 部を用いて描画を行った例を示している。 Shows an example in which drawing Using parts.

【0072】図86、87は、図85の描画の際に用いるメモリ展開情報を示している。 [0072] Figure 86 and 87 shows a memory development information used in drawing of Figure 85. ここでは、解析される順に並べられており、コマンドを受け取った順番と同じである。 Here is arranged in order to be analyzed is the same as the order in which received the command. 図のように、描画属性のメモリ展開情報については、すべてminバンドNo. As shown in the figure, the memory development information of the drawing attributes, all min band No. は0、maxバンドN It is 0, max band N
o. o. は3となり、全バンドで解析されることになる。 It will be analyzed by 3, and the whole band. これは、このようにしないと、描画属性の情報を各描画のメモリ展開情報に付加する必要があるため、メモリ展開情報のデータ量が多くなってしまうためである。 This is because, if not in this manner, it is necessary to add information rendering attribute memory development information of each drawing, in order to become the more data quantity in the memory development information. 描画のメモリ展開情報については、描画範囲が存在する最小バンドNo. For memory development information of the drawing, the minimum band drawing range is present No. がminバンドNo. There min band No. に、描画範囲が存在する最大バンドNo. , The maximum band drawing range is present No. がmaxバンドNo. There max band No. に設定されている。 It is set to. 例えば、円描画のメモリ展開情報のminバンドNo. For example, min band of memory development information of the circle drawing No. は1、maxバンドNo. It is 1, max band No. は2である。 It is 2.

【0073】図88は、1つのページを4つのバンドに分割して、その大きさのY,M. [0073] Figure 88 divides one page into four bands, the magnitude of the Y, M. C,Bkのバンドメモリを用い、直線描画に対してクリップ領域指定を設定して描画を行った場合の例を示している。 C, using a band memory of Bk, shows an example of a case of performing rendering by setting a clip region specified for line drawing. 直線の線の色は赤色(M100%,Y100%)とする。 The color of straight lines red (M100%, Y100%) and.

【0074】図89は、図88の描画の際に用いるメモリ展開情報を示している。 [0074] Figure 89 shows a memory development information used in drawing of Figure 88. ここでは、解析される順に並べられており、コマンドを受け取った順番と同じである。 Here is arranged in order to be analyzed is the same as the order in which received the command. 直線描画の描画範囲は、クリップ領域を考慮しなければ、図60の処理により0バンドから3バンドにまたがる範囲となる。 Drawing range of the straight line drawing, to take into account the clip area, the range spanning three bands from 0 band by the process of FIG. 60. クリップ領域を考慮すると、図66、 In view of the clip area, FIG. 66,
図67の処理により、1バンドから2バンドにまたがる範囲となる。 By the process of FIG. 67, a range that spans from one band to the second band. よって、直線描画のメモリ展開情報については、minバンドNo. Thus, for memory development information of the line drawing, min band No. は1、maxバンドNo. It is 1, max band No. は2となる。 It is 2.

【0075】図90は、実際にメモリに対して描画のパターン展開を行う関数へのジャンプアドレス及び、描画属性の指定を行う(内部変数等にセット)関数へのジャンプアドレスが格納されているコマンド実行ジャンプテーブル1(ROM)である。 [0075] Figure 90 is a jump address to a function that actually performs the pattern expansion drawing for the memory and for designating the drawing attributes (set to an internal variable, etc.) commands jump address to the function is stored it is an execution jump table 1 (ROM). コマンドNo. Command No. (0〜n)に対応してジャンプアドレスが格納されている。 Jump address in response is stored in the (0~n).

【0076】図91は、図90において、メモリに対して描画のパターン展開を行う関数へのジャンプアドレスをすべて読み飛ばし関数へのジャンプアドレスに置き換えたものであり、コマンド実行ジャンプテーブル2(R [0076] Figure 91 is, in FIG. 90 is replaced with a jump address to all skipping function a jump address to a function for performing pattern development drawing to the memory, the command execution jump table 2 (R
OM)とする。 OM) to. 図90と同様、コマンドNo. Similar to Figure 90, command No. (0〜n) (0~n)
に対応してジャンプアドレスが格納されている。 Jump address is stored in response to.

【0077】図92は、図23のステップS12の処理を詳細に記述したフローチャートである。 [0077] Figure 92 is a flowchart describing in detail the processing in step S12 in FIG. 23. ステップS3 Step S3
90で、描画可能範囲をクリップ範囲(図形・文字等の描画可能な範囲を設定した矩形領域)を考慮して設定し、ステップS391へ進む。 90, the printable range is set in consideration of the clip range (rectangular area set drawable range, such as figures, characters), the process proceeds to step S391. ステップS391で、 In step S391,
Y,M,C,K各仮想ページメモリの先頭アドレスの計算・設定を行い、ステップS392に進む。 Performed Y, M, C, and K calculation and setting of the start address of each virtual page memory, the control process goes to step S392. ステップS Step S
392で、メモリ展開情報のminバンドNo. At 392, min band of memory development information No. 、ma , Ma
xバンドNo. x band No. の値を読み込み、次のデータにポインタを進めてステップS393に進む。 Reads the value, the process proceeds to step S393 to advance the pointer to the next data. ステップS393でコマンドNo. Command in step S393 No. を読み込んでステップS394へ進む。 It reads the operation proceeds to step S394.
ステップS394で、minバンドNo. In step S394, min band No. ≦i(現在のバンドNo.)≦maxバンドNo. ≦ i (current band No.) ≦ max band No. の関係が成立するかどうかチェックする。 Of relationship it is checked whether or not established. 成立するならば、ステップS3 If satisfied, the step S3
95へ進んで、図90のコマンド実行ジャンプテーブル1の先頭にポインタをセットしてステップS397へ進む。 Proceed to 95, the process proceeds to set pointers to the beginning of command execution jump table 1 in FIG. 90 to step S397. 成立しないならば、ステップS396へ進んで、図91のコマンド実行ジャンプテーブル2の先頭にポインタをセットしてステップS397へ進む。 If not satisfied, the program proceeds to step S396, the process proceeds to set pointers to the beginning of command execution jump table 2 in FIG. 91 to step S397. ステップS3 Step S3
97でコマンドNo. 97 in command No. に相当する分だけテーブルのポインタを進めてステップ398ヘ進む。 To advance the pointer of minutes only table that corresponds to the step 398 advance f. ステップS398 Step S398
で、ポインタの指す内容(ジャンプアドレス)を取り出してステップS399へ進む。 In, the process proceeds to step S399 to retrieve the content (jump address) indicated by the pointer. ステップS399で、ジャンプアドレスの指す関数を実行して処理を終了する。 In step S399, the process ends by executing the function indicated by the jump address.

【0078】図93は、図92のステップS390の処理を詳細に記述したフローチャートである。 [0078] Figure 93 is a flowchart describing in detail the process of step S390 in FIG. 92. 以下、描画範囲のyの値、クリップ領域の値はプリンタ座標上の値である。 Hereinafter, the value of y in the drawing range, the value of the clip region is the value on the printer coordinates. ステップS400で、バンド情報格納部5からバンド高情報[1つのバンドの高さ(ドット数またはスキャンライン数)]を取り出し、ステップS401へ進む。 In step S400, the band height information from the band information storage unit 5 [one band height (the number of dots or the number of scan lines) was taken out, the process proceeds to step S401. ステップS401で、(上述のバンド高)×i(現在のバンドNo.)の値を描画可能範囲のyの最小値mi In step S401, the minimum value mi of y printable range the value of (the band height above) × i (current band No.)
nyにセットしてステップS402に進む。 The process proceeds to step S402 to set in ny. ステップS4 Step S4
02で、(i+1)の値とバンド数の値を比較する。 02 compares the values ​​of the number of bands of the (i + 1). バンド数の値が(i+1)の値より大きい場合には、ステップS403に進んで(上述のバンド高)×(i+1) When the value of the number of bands is greater than the value of (i + 1), the flow advances to step S403 (band height above) × (i + 1)
−1の値を描画可能範囲のyの最大値maxyにセットしてステップS405に進む。 A value of -1 is set to the maximum value maxy of y drawable range proceeds to step S405. そうでない場合には、ステップS404に進んで用紙の有効印字領域のyの最大値を描画可能範囲のyの最大値maxyにセットしてステップS Otherwise, step S is set to the maximum value of y of the effective print area of ​​the sheet to the maximum value maxy of y printable range proceeds to step S404
405に進む。 Proceed to 405. ステップS405で、クリップ領域(図形・文字等の描画可能な範囲を設定した矩形領域)の情報のうち、yの最小値dspymi、yの最大値dspymxを取り出してステップS406へ進む。 In step S405, among the information (rectangular area set drawable range, such as graphics, text) clip area, the process proceeds minimum dspymi of y, it retrieves the maximum value dspymx of y to step S406. ステップS406で、 In step S406,
minyとdspymiを比較する。 Compare miny and dspymi. minyがdspymiより大きい場合には、ステップS407に進んで、minyの値をdspymiにセットしてステップS408に進む。 If miny is larger than Dspymi, the process proceeds to step S407, the process proceeds to step S408 to set the value of miny to Dspymi. そうでない場合には、そのままステップS408に進む。 Otherwise, the process proceeds to step S408. ステップS40 Step S40
8で、maxyとdspymxを比較する。 At 8, to compare the maxy and dspymx. dspymxがmaxyより大きい場合には、ステップS409に進んで、maxyの値をds If dspymx is larger than maxy, the flow advances to step S409, the value of maxy ds
pymxにセットして処理を終了する。 To end the set and the process to pymx. そうでない場合には、そのまま処理を終了する。 Otherwise, the process ends. バンドメモリ展開の際に用いる実際の図形・文字等の描画可能な範囲は本フローによってセットされたdspymi、dspymxを用いる。 Actual drawable range, such as figures, characters to be used in the band memory expansion dspymi set by this flow, using Dspymx.

【0079】図94は、バンド高を512ドットとした場合のプリンタ座標の設定を示している。 [0079] Figure 94 shows the configuration of the printer coordinates in the case where the band height 512 dots. この場合、図に示したように、0バンドのminyの値は0、maxyの値は51 In this case, as shown in FIG., The value of miny 0 band 0, the value of maxy 51
1、1バンドのminyの値は512、maxyの値は1023となる。 The value of miny 1,1 band 512, the value of maxy becomes 1023.

【0080】図95は、バンドNo. [0080] FIG. 95, the band No. がiの場合の図形・文字等の描画可能な範囲に対して、dspymi<miny、ma Against but drawing the possible range of such as a figure, a character in the case of i, dspymi <miny, ma
xy<dspymxとなるクリップ領域が設定された場合の例を示している。 It shows an example of a case where the clip region to be xy <dspymx is set. この場合、バンドNo. In this case, band No. がiに対応するバンドメモリ展開の際に用いる実際の図形・文字等の描画可能な範囲は、図の処理に従って本図の斜線部分になる。 There actual drawable range, such as figures, characters to be used in the band memory development corresponding to i is the hatched part of the diagram according to the process of FIG. ここで、dspxmi,dspxmxは、それぞれクリップ領域のxの最小値、xの最大値を示している。 Here, dspxmi, dspxmx the minimum value of x in each clip area shows the maximum value of x.

【0081】図96は、図92のステップS391の処理を詳細に記述したフローチャートである。 [0081] Figure 96 is a flowchart describing in detail the process of step S391 in FIG. 92. ステップS Step S
410で、バンド情報格納部5からY,M,C,Bk各バンドメモリの先頭アドレスの情報X_bandptr(X=y,m, In 410, Y from the band information storage unit 5, M, C, Bk head address information X_bandptr (X = y for each band memory, m,
c,k)を取り出し、ステップS411へ進む。 c, k) was removed, the process proceeds to step S411. ステップS Step S
411で、バンド情報格納部5からバンドメモリの容量(バイト)の情報を取り出し、ステップS412に進む。 In 411 retrieves the information of the capacity of the band memory from the band information storage unit 5 (bytes), the flow proceeds to step S412. ステップS412で、X_topadr(X=y,m,c,k)− In step S412, X_topadr (X = y, m, c, k) -
(バンドメモリ容量)×i(現在のバンドNo.)の計算により、Y,M,C,Bkの各仮想ページメモリの先頭アドレスを求めて処理を終了する。 The calculation of (the band memory) × i (current band No.), Y, M, C, and terminates the process seeking the start address of each virtual page memory of Bk.

【0082】図97は、図17の5バンド目(バンドN [0082] FIG. 97, 5 th band of FIG. 17 (band N
o. o. が4)に描画を展開する際のY,M,C,Bkの各仮想ページメモリの先頭アドレスを示している。 There for deploying drawn on 4) Y, M, C, and indicates the start address of each virtual page memory of Bk. 上記アドレスは図96の処理により求められる。 The address is determined by the processing of FIG. 96.

【0083】図98は、図92のステップS399において、線幅指定関数を実行する際の処理を示したものである。 [0083] Figure 98, in step S399 of FIG. 92 shows the processing performed when executing a line width specified function. ステップS420で、線幅指定のメモリ展開情報から線幅値を読み込んでステップS421へ進む。 In step S420, the process proceeds from the memory development information of the designated line width to step S421 reads the line width value. ステップS421で、描画関数実行時に描画パターンをメモリ展開する際に用いる線幅情報として、上記の線幅値を変数lwidthに設定して、処理を終了する。 In step S421, the drawing pattern at runtime drawing function as the line width information used for memory development, by setting the line width value of the variable lWidth, the process ends.

【0084】図99は、図92のステップS399において、線色指定関数を実行する際の処理を示したものである。 [0084] Figure 99, in step S399 of FIG. 92 shows the processing performed when executing a line color specified function. ステップS430で、線色指定のメモリ展開情報から線色のY,M,C,Bk値を読み込んでステップS In step S430, from the memory development information for line color specified line color Y, M, C, step reads the Bk value S
431へ進む。 Proceed to 431. ステップS431で、描画関数実行時に描画パターンをメモリ展開する際に用いる線色情報として、上記のY,M,C,Bk値を変数lymckに設定して、処理を終了する。 In step S431, the drawing pattern at runtime drawing function as line color information used for memory development, set above the Y, M, C, and Bk value to a variable Lymck, the process ends.

【0085】図100は、図92のステップS399において、塗りつぶし色指定関数を実行する際の処理を示したものである。 [0085] Figure 100 at step S399 of FIG. 92 shows the processing performed when executing a fill color specified function. ステップS430で、塗りつぶし色指定のメモリ展開情報から塗りつぶし色のY,M,C,B In step S430, Y color fill from memory development information fill color specified, M, C, B
k値を読み込んでステップS431へ進む。 Reads the k value the flow advances to step S431. ステップS Step S
431で、描画関数実行時に描画パターンをメモリ展開する際に用いる塗りつぶし色情報としてY,M,C,B In 431, Y drawing pattern at runtime drawing function as the color information Fill use in memory development, M, C, B
k値を変数fymckに設定して、処理を終了する。 The k value is set to variable fymck, the process is terminated.

【0086】図101は、図92のステップS399において、文字色指定関数を実行する際の処理を示したものである。 [0086] Figure 101 at step S399 of FIG. 92 shows the processing performed when executing a character color specified function. ステップS440で、文字色指定のメモリ展開情報から文字色のY,M,C,Bk値を読み込んでステップS441へ進む。 In step S440, the process proceeds from memory development information of the character color designation of a character color Y, M, C, to step S441 reads the Bk value. ステップS441で、文字印字関数実行時に文字パターンをメモリ展開する際に用いる文字色情報として、Y,M,C,Bk値を変数tymckに設定して、処理を終了する。 In step S441, the character color information using a character pattern during execution character printing function when memory development, set Y, M, C, and Bk value to a variable Tymck, the process ends.

【0087】図102は、図92のステップS399において、クリップ領域指定関数を実行する際の処理を示したものである。 [0087] Figure 102 at step S399 of FIG. 92 shows the processing performed when executing a clip area specified function. ステップS450で、クリップ領域指定のメモリ展開情報からクリップ領域のxmin,ymin,xma In step S450, from the memory development information of the clip area designation of the clipping area xmin, ymin, xma
x,ymaxの値を読み込んでステップS451へ進む。 x, it reads the value of ymax proceeds to step S451. ステップS451で、上記のxmin,ymin,xmax,ymaxの値を描画関数関数実行時に描画パターンをメモリ展開する際に用いるクリップ領域情報として、それぞれ、変数dspxm In step S451, the above xmin, ymin, xmax, the drawing pattern values ​​of ymax at runtime drawing function functions as a clip area information used for memory development, respectively, variable dspxm
i,dspymi,dspxmx,dspymxに設定してステップS452へ進む。 i, dspymi, dspxmx, to step S452 is set to dspymx advance. ステップS452で、バンド情報格納部5からバンド番号iに対するバンドの描画範囲のminy,maxy(プリンタ座標上)の値を取り出して、ステップS453へ進む。 In step S452, removed from the band information storage unit 5 miny band drawing range of relative band number i, the value of maxy (on the printer coordinates), the process proceeds to step S453. ステップS453で、minyとdspymiを比較する。 In step S453, it compares the miny and Dspymi.
minyがdspymiより大きい場合には、ステップS454に進んでminyの値をdspymiにセットしてステップS455 If miny is larger than dspymi sets a value of miny proceeds to step S454 to dspymi step S455
に進む。 Proceed to. そうでない場合には、ステップS455に進む。 Otherwise, the process proceeds to step S455. ステップS455で、maxyとdspymxを比較する。 In step S455, it compares the maxy and Dspymx. ds ds
pymxがmaxyより大きい場合には、ステップS456に進んでmaxyの値をdspymxにセットして処理を終了する。 pymx is when maxy larger ends the process sets the value of maxy to dspymx proceeds to step S456. そうでない場合には、そのまま処理を終了する。 Otherwise, the process ends.

【0088】図103は、図92のステップS399において、塗りつぶし定義指定関数を実行する際の処理を示したものである。 [0088] Figure 103 at step S399 of FIG. 92 shows the processing performed when executing a fill definition designation function. ステップS460で、塗りつぶし定義指定のメモリ展開情報から塗りつぶしパターン番号を読み込んでステップS461へ進む。 In step S460, the process proceeds to read the pattern number fill from memory development information fill definition designation step S461. ステップS461 Step S461
で、描画関数実行時に描画パターンをメモリ展開する際に用いる塗りつぶしパターン情報として、上記の塗りつぶしパターン番号を変数fpatに設定して、ステップS4 In the drawing pattern at runtime drawing function as the fill pattern information used when the memory development, by setting the fill pattern number in variable Fpat, step S4
62へ進む。 It advances to 62. ステップS462で、塗りつぶし定義指定のメモリ展開情報から輪郭線有無のフラグ値を読み込んでステップS463へ進む。 In step S462, the process proceeds from the memory development information fill definition designation to step S463 reads the flag value of the outline whether. ステップS463で、描画関数実行時に描画パターンをメモリ展開する際に用いる輪郭線有無の情報として、上記の輪郭線有無のフラグ値を変数fpermtに設定して、処理を終了する。 In step S463, as the information of the outline whether to be used for memory development drawing pattern at runtime drawing function sets the flag value of the outline whether the variable Fpermt, the process ends.

【0089】図104、図105は、図92のステップS399において、直線描画の関数を実行する際の処理を示したものである。 [0089] Figure 104, Figure 105, in step S399 of FIG. 92 shows the processing performed when executing a function of the line drawing. ステップS470で、直線描画のメモリ展開情報からデータ数を読み込んでステップS4 In step S470, the step S4 reads the number of data from the memory development information line drawing
71へ進む。 It advances to 71. ステップS471で、上記のデータ数の1/ In step S471, the above-mentioned number of data 1 /
2(直線の座標点数)を定数nにセットしてステップS 2 Step by setting the (coordinate points of the straight line) in the constant n S
472へ進む。 Proceed to 472. ステップS472で、線色情報lymckの値を取り出してステップS473へ進む。 In step S472, the flow proceeds to retrieve the value of the line color information lymck to step S473. ステップS4 Step S4
73で、クリップ領域の情報dspxmi,dspxmx,dspymi,dsp In 73, the clip area information dspxmi, dspxmx, dspymi, dsp
ymxの値を取り出してステップS474へ進む。 Remove the value of ymx the process proceeds to step S474. ステップS474で、Y,M,C,Bkの各仮想ページメモリ先頭アドレスを取り出してステップS475へ進む。 In step S474, the process proceeds Y, M, C, and take each virtual page memory head address of the Bk to step S475. ステップS475で、定数mに1をセットしてステップS In step S475, the step S 1 is set for constant m
476へ進む。 Proceed to 476. ステップS476で、直線描画のメモリ展開情報からプリンタ座標上の点(xm,ym)を読み込んでステップS477へ進む。 In step S476, the process proceeds reads the point on the printer coordinates from memory development information of line drawing (xm, ym) to step S477. ステップS477で、直線描画のメモリ展開情報からプリンタ座標上の点(xm+ In step S477, from the memory development information for straight line drawing on printer coordinate point (xm +
1,ym+1)を読み込んでステップS478へ進む。 1, ym + 1) reads the operation proceeds to step S478. ステップS478で、プリンタ座標上の2点(xm,ym)、 In step S478, 2 points on the printer coordinates (xm, ym),
(xm+1,ym+1)の間の直線のパターンを、線色情報lym A linear pattern between (xm + 1, ym + 1), line color information lym
ck、クリップ領域の情報、Y,M,C,Bkの各仮想ページメモリ先頭アドレスをもとにY,M,C,Bkの各バンドメモリに展開し、ステップS479へ進む。 ck, expand information of the clip area, Y, M, C, Y on the basis of each virtual page memory start address of Bk, M, C, on each band memory of Bk, the process proceeds to step S479. ステップS479でnと(m+1)の値を比較する。 It compares the values ​​of n and (m + 1) at step S479. nが(m+1)より大きい場合には、ステップ480に進んでmを1つインクリメントしてステップ477に戻る。 If n is greater than (m + 1) is returned to step 477 and increments the m proceeds to step 480.
そうでない場合には処理を終了する。 The process is terminated if it is not so. このように、直線描画・線色指定・線幅指定のメモリ展開情報により直線の描画パターンをバンドメモリに展開することが可能である。 Thus, it is possible to develop a linear drawing pattern in the band memory by the memory development information of line drawing, line color designation and line width specified.

【0090】図106〜108は、図92のステップS [0090] FIG. 106 to 108, step S in FIG. 92
399において、多角形描画の関数を実行する際の処理を示したものである。 In 399 it shows the processing performed when executing a function of the polygon rendering. ステップS481で、多角形描画のメモリ展開情報からデータ数を読み込んでステップS In step S481, the step S reads the number of data from the memory development information of the polygon drawing
482へ進む。 Proceed to 482. ステップS482で、上記のデータ数の In step S482, the above data number
1/2(多角形の座標点数)を定数nにセットしてステップS483へ進む。 Set 1/2 (polygon coordinate points) to a constant n the process proceeds to step S483. ステップS483で、定数mに1をセットしてステップS484へ進む。 In step S483, the process proceeds 1 is set for constant m to step S484. ステップS484 Step S484
で、多角形描画のメモリ展開情報からプリンタ座標上の点(xm,ym)を読み込んでステップS485へ進む。 In, it reads the point on the printer coordinates from memory development information of the polygon drawing (xm, ym) proceeds to step S485.
ステップS485で、上記のxm,ymの値をシステムワーク内の格納エリアにセットしてステップS486へ進む。 In step S485, the process proceeds to step S486 to set the above xm, the value of ym in the storage area in the system work. ステップS486で、nとmの値を比較する。 In step S486, it compares the values ​​of n and m. nがmより大きい場合には、ステップS487へ進んでmを1つインクリメントしてステップS484に戻る。 If n is larger than m, the process returns to step S484 and increments the m proceeds to step S487. そうでない場合にはステップS488へ進む。 Otherwise, the process proceeds to step S488. ステップS4 Step S4
88で、クリップ領域の情報dspxmi,dspxmx,dspymi,dsp In 88, the clip area information dspxmi, dspxmx, dspymi, dsp
ymxの値を取り出してステップS489へ進む。 Remove the value of ymx the process proceeds to step S489. ステップS489で、Y,M,C,Bkの各仮想ページメモリ先頭アドレスを取り出してステップS490へ進む。 In step S489, the process proceeds Y, M, C, and take each virtual page memory head address of the Bk to step S490. ステップS490で、塗りつぶしパターン情報fpatの値を In step S490, the value of the fill pattern information fpat
0と比較する。 0 to compare. 0の場合には、ステップS493に進む。 In the case of 0, the process proceeds to step S493.
0でない場合には、ステップS491に進んで塗りつぶし色情報fymckの値を取り出してステップS492へ進む。 If not 0, the flow proceeds to retrieve the value of the fill color information fymck proceeds to step S491 to step S492. ステップS492で、ステップS485でシステムワーク内の格納エリアにセットされた多角形の輪郭点(x1,y1),・・・,(xm,ym)で囲まれた領域に多角形の内部塗りつぶしパターンを、塗りつぶしパターン情報fpat、塗りつぶし色情報fymck、クリップ領域の情報、Y,M,C,Bkの各仮想ページメモリ先頭アドレスをもとにY,M,C,Bkの各バンドメモリに展開し、ステップS493へ進む。 In step S492, polygonal contour points set in the storage area in the system work in step S485 (x1, y1), ···, (xm, ym) internal fill pattern of a polygon in a region surrounded by , fill pattern information Fpat, fill color information Fymck, expand the information of the clip area, Y, M, C, based on each virtual page memory start address of the Bk Y, M, C, each band memory of Bk, step the process proceeds to S493. ステップS493で、輪郭線有無の情報fpermtの値を0と比較する。 In step S493, the value of the outline whether the information fpermt compared to 0. 0の場合には処理を終了する。 The process is terminated in the case of 0. 0でない場合には、ステップS494 If not 0, step S494
に進んで定数mに1をセットしてステップS495へ進む。 A 1 is set for constant m advances the processing proceeds to step S495. ステップS495で、線色情報lymckの値を取り出してステップS496へ進む。 In step S495, the flow proceeds to retrieve the value of the line color information lymck to step S496. ステップS496で、システムワーク内の格納エリアから多角形の輪郭点の座標Xm,Ymを取り出してステップS497へ進む。 In step S496, the process proceeds from the storage area in the system work coordinate Xm of polygonal contour points, is taken out Ym to step S497. ステップS497で、システムワーク内の格納エリアから多角形の輪郭点の座標Xm+1,Ym+1を取り出してステップS In step S497, the step S from the storage area in the system work is taken out the coordinates Xm + 1, Ym + 1 polygonal contour points
498へ進む。 Proceed to 498. ステップS498で、プリンタ座標上の2点(xm,ym)、(xm+1,ym+1)の間の直線のパターンを、線色情報lymck、クリップ領域の情報、Y, In step S498, 2 points on the printer coordinates (xm, ym), (xm + 1, ym + 1) a linear pattern between the line color information Lymck, clip information area, Y,
M,C,Bkの各仮想ページメモリ先頭アドレスをもとにY,M,C,Bkの各バンドメモリに展開し、ステップS499へ進む。 Expand M, C, Y on the basis of each virtual page memory start address of Bk, M, C, on each band memory of Bk, the process proceeds to step S499. ステップS499でnと(m+1) And n in step S499 (m + 1)
の値を比較する。 To compare the value. nが(m+1)より大きい場合には、 If n is greater than (m + 1) is
ステップS500へ進んでmを1つインクリメントしてステップS497に戻る。 The program proceeds to step S500 to increment by one m returns to step S497. そうでない場合には処理を終了する。 The process is terminated if it is not so. このように、多角形描画・塗りつぶし定義指定・線色指定・塗りつぶし色指定のメモリ展開情報により多角形の描画パターンをバンドメモリに展開することが可能である。 Thus, it is possible to expand the polygon drawing pattern in the band memory by the memory development information of the polygon drawing-fill definition designation, line color designation, paint color specified.

【0091】図109、図110は、図92のステップS399において、円描画の関数を実行する際の処理を示したものである。 [0091] Figure 109, Figure 110, in step S399 of FIG. 92 shows the processing performed when executing a function of the circle drawn. ステップS501で、円描画のメモリ展開情報からデータ数を読み込んでステップS502 In step S501, the step S502 reads the number of data from the memory development information of the circle drawing
へ進む。 To advance. ステップS502で、円描画のメモリ展開情報から中心のx,y座標であるxc,ycを読み込んでステップS503へ進む。 In step S502, the process proceeds from the memory development information of the circle drawing center x, xc and y coordinates, to step S503 reads yc. ステップS503で、円描画のメモリ展開情報から半径rを読み込んでステップS504 In step S503, step S504 reads the radius r from memory development information of the circle drawing
へ進む。 To advance. ステップS504で、クリップ領域の情報dspx In step S504, the clip area information dspx
mi,dspxmx,dspymi,dspymxの値を取り出してステップS mi, dspxmx, dspymi, step S retrieve a value dspymx
505へ進む。 Proceed to 505. ステップS505で、Y,M,C,Bk In step S505, Y, M, C, Bk
の各仮想ページメモリ先頭アドレスを取り出してステップS506へ進む。 The process proceeds to step S506 is taken out each virtual page memory start address of. ステップS506で、塗りつぶしパターン情報fpatの値を0と比較する。 In step S506, the value of the fill pattern information fpat compared to 0. 0の場合には、ステップS509に進む。 In the case of 0, the process proceeds to step S509. 0でない場合には、ステップS5 If not 0, step S5
07に進んで塗りつぶし色情報fymckの値を取り出してステップS508へ進む。 Retrieve the value of the fill color information fymck proceeds to 07 processing proceeds to step S508. ステップS508で、円の内部塗りつぶしパターンを、xc,yc、半径r、塗りつぶしパターン情報fpat、塗りつぶし色情報fymck、クリップ領域の情報、Y,M,C,Bkの各仮想ページメモリ先頭アドレスをもとにY,M,C,Bkの各バンドメモリに展開し、ステップS509へ進む。 In step S508, the based on the internal fill pattern of a circle, xc, yc, the radius r, fill pattern information Fpat, fill color information Fymck, clip information area, Y, M, C, each virtual page memory start address of the Bk to expand Y, M, C, and each band memory of Bk, the flow proceeds to step S509. ステップS50 Step S50
9で、輪郭線有無の情報fpermtの値を0と比較する。 9, the value of the outline whether the information fpermt compared to 0. 0の場合には処理を終了する。 The process is terminated in the case of 0. 0でない場合には、ステップS510に進んで線色情報lymckの値を取り出してステップS511へ進む。 If not 0, the flow proceeds to retrieve the value of the line color information lymck proceeds to step S510 to step S511. ステップS511で、、円の輪郭線パターンを、xc,yc、半径r、線色情報lymck、クリップ領域の情報、Y,M,C,Bkの各仮想ページメモリ先頭アドレスをもとにY,M,C,Bkの各バンドメモリに展開し、処理を終了する。 The contour line pattern ,, circle in step S511, xc, yc, the radius r, the line color information Lymck, clip information area, Y, M, C, based on each virtual page memory start address of the Bk Y, M , expand C, and the band memory of the Bk, the process ends. このように、円描画・塗りつぶし定義指定・線色指定・塗りつぶし色指定のメモリ展開情報により円の描画パターンをバンドメモリに展開することが可能である。 Thus, it is possible to develop a circle drawing pattern in the band memory by the memory development information of the circle drawn-filled definition designation, line color designation, paint color specified.

【0092】図111、112は、図92のステップS [0092] FIG. 111 and 112, step S in FIG. 92
399において、文字描画の関数を実行する際の処理を示したものである。 In 399 it shows the processing performed when executing a function of the character drawing. ステップS520で、文字描画のメモリ展開情報からデータ数を読み込んでステップS52 In step S520, the step S52 from the memory development information for character drawing by reading the number of data
1へ進む。 Proceed to 1. ステップS521で、文字描画のメモリ展開情報から描画位置のx,y座標、xr,yrを読み込んでステップS522へ進む。 In step S521, the process proceeds from memory development information of the character drawing x drawing position, y coordinates, xr, to step S522 reads yr. ステップS522で、文字描画のメモリ展開情報から文字の内部コードを読み込んでステップS523へ進む。 In step S522, the process proceeds from the memory development information for character drawing to step S523 reads a character internal code. ステップS523で、クリップ領域の情報dspxmi,dspxmx,dspymi,dspymxの値を取り出してステップS524へ進む。 In step S523, the process proceeds clip area information dspxmi, dspxmx, dspymi, to step S524 to retrieve the value of Dspymx. ステップS524で、 In step S524,
Y,M,C,Bkの各仮想ページメモリ先頭アドレスを取り出してステップS525へ進む。 Y, M, C, and take each virtual page memory head address of the Bk to step S525 proceeds. ステップS525 Step S525
で、文字色情報tymckの値を取り出してステップS52 In, step S52 is taken out the value of character color information tymck
6へ進む。 Proceed to 6. ステップS526で、文字パターンをxr, In step S526, a character pattern xr,
yr、内部コード、文字色情報tymck、クリップ領域の情報、Y,M,C,Bkの各仮想ページメモリ先頭アドレスをもとにY,M,C,Bkの各バンドメモリに展開し、処理を終了する。 yr, internal code, character color information Tymck, clip information area, Y, M, C, Y based on each virtual page memory start address of the Bk, M, C, and developed in the band memory of Bk, processes finish. このように、文字描画・文字色指定のメモリ展開情報により文字パターンをバンドメモリに展開することが可能である。 Thus, it is possible to develop the character pattern in the band memory by the memory development information of character drawing, character color designation.

【0093】図112は、図92のステップS399において、読み飛ばしの関数を実行する際の処理を示したものである。 [0093] Figure 112, at step S399 of FIG. 92 shows the processing performed when executing a function of the skip. ステップS530で、メモリ展開情報からデータ数を読み込んで、ステップS531に進む。 In step S530, reads the number of data from the memory development information, the process proceeds to step S531. ステップS531でデータ数を定数nにセットして、ステップS532へ進む。 Sets the number of data constant n in step S531, the process proceeds to step S532. ステップS532で定数jに0をセットしてステップS533へ進む。 It is set to 0 constant j in step S532 proceeds to step S533. ステップS533 Step S533
で、データ数パラメータの次のデータにポインタをセットして、ステップS534へ進む。 In, a pointer is set to the next data of the data rate parameter, the flow proceeds to step S534. ステップS534 Step S534
で、ポインタの指すデータを読み込んで、ステップS5 In, it reads the data indicated by the pointer, step S5
35へ進む。 It advances to 35. ステップS535で、定数jを1つインクリメントしてステップS536へ進む。 In step S535, the process proceeds to increment one constant j to step S536. ステップS53 Step S53
6で、ポインタを次のデータに進めて、ステップS53 6, to advance the pointer to the next data, step S53
7へ進む。 It advances to 7. ステップS537で、定数jとデータ数nを比較して、等しくないならば、ステップS534へ戻る。 In step S537, by comparing the constants j and data number n, if not equal, the process returns to step S534. 等しいならば、処理を終了する。 If equal, the process is terminated. このように、描画のメモリ展開情報を読み飛ばすことが可能である。 In this way, it is possible to skip the memory development information of the drawing.

【0094】図113〜115は、図23のステップS [0094] FIG. 113 to 115, step S in FIG. 23
15において、カラー記録する際の処理を示したものである。 In 15 shows the processing time of color recording. ステップS540で、バンド情報格納部5から1 In step S540, from the band information storage unit 5 1
バンド当たりのセグメント数(パスの数)を取り出してステップS541へ進む。 Removed number of segments per band (number of passes), the process proceeds to step S541. ステップS541で、1バンド当たりのセグメント数を定数αにセットしてステップS542へ進む。 In step S541, the process proceeds to set the number of segments per band constant α to step S542. ステップS542で、パス制御テーブルの先頭にポインタをセットしてステップS543へ進む。 In step S542, the process proceeds to set the pointer to the beginning of the path control table to step S543. ステップS543で、定数βに1をセットしてステップS544へ進む。 In step S543, the process proceeds 1 is set for constant β to step S544. ステップS544で、ポインタの指す描画メモリ情報フラグの値を0と比較する。 In step S544, the value of the drawing memory information flag indicated by the pointer is compared with zero. 0と等しい場合には、ステップS556へ進む。 If equal to 0, the process proceeds to step S556. 0と等しくない場合には、ステップS545へ進む。 If not equal to 0, the process proceeds to step S545. ステップS54 Step S54
5で、描画メモリ情報フラグのBkビットがONかどうか比較する。 In 5, Bk-bit drawing memory information flag is compared whether ON. ONでないならば、ステップS547へ進む。 If it is not ON, the process proceeds to step S547. ONならば、ステップS546へ進んで、Bkのバンドメモリのうちポインタの指す最小値から最大値までの現セグメントのメモリ内容を出力バッファに取り出してステップS547へ進む。 If ON, the process proceeds to step S546, it is taken out to the output buffer memory contents of the current segment from the minimum value pointed to one of the band memory of Bk to the maximum value the process proceeds to step S547. ステップS547で、描画メモリ情報フラグのCビットがONかどうか比較する。 In step S547, C bits of drawing memory information flag is compared whether ON.
ONでないならば、ステップS549へ進む。 If it is not ON, the process proceeds to step S549. ONならば、ステップS548に進んで、Cのバンドメモリのうちポインタの指す最小値から最大値までの現セグメントのメモリ内容を出力バッファに取り出してステップS5 If ON, the process proceeds to step S548, step removed the output buffer memory contents of the current segment from the minimum value pointed to one of the band memory of C up to a maximum value S5
49へ進む。 It advances to 49. ステップS549で、描画メモリ情報フラグのMビットがONかどうか比較する。 In step S549, M bits of drawing memory information flag is compared whether ON. ONでないならば、ステップS551へ進む。 If it is not ON, the process proceeds to step S551. ONならば、ステップS If ON, step S
550に進んで、Mのバンドメモリのうちポインタの指す最小値から最大値までの現セグメントのメモリ内容を出力バッファに取り出してステップS551へ進む。 Proceed to 550, is taken out to the output buffer memory contents of the current segment from the minimum value pointed to one of the band memory M to a maximum value the flow proceeds to step S551. ステップS551で、描画メモリ情報フラグのYビットがONかどうか比較する。 In step S551, Y bits of drawing memory information flag is compared whether ON. ONでないならば、ステップS If it is not ON, step S
553へ進む。 Proceed to 553. ONならば、ステップS552に進んで、Yのバンドメモリのうちポインタの指す最小値から最大値までの現セグメントのメモリ内容を出力バッファに取り出してステップS553へ進む。 If ON, the process proceeds to step S552, it is taken out to the output buffer memory contents of the current segment from the minimum value pointed to one of the band memory of the Y to the maximum value the flow proceeds to step S553. ステップS55 Step S55
3で、印字ヘッドをポインタの指す最小値の位置まで水平移動してステップS554へ進む。 3, proceeds horizontally moved to a position of the minimum value that points to the print head by the pointer to step S554. ステップS554 Step S554
で、出力バッファの内容を印字ヘッドの水平移動に合わせて用紙に記録し、印字ヘッドをポインタの指す最大値の位置まで水平移動してステップS555へ進む。 In, recorded on paper to fit the contents of the output buffer to the horizontal movement of the print head, the process proceeds horizontally moved to a position of the maximum value that points to the print head by the pointer to step S555. ステップS555で、印字ヘッドを左端まで水平移動してステップS556へ進む。 In step S555, the process proceeds to horizontally move the print head to the left to step S556. ステップS556で、印字ヘッドをセグメント(パス)の高さ分下に垂直移動してステップS557へ進む。 In step S556, the process proceeds to vertically move the print head under the height of the segment (path) to the step S557. ステップS557で、αとβの値を比較する。 In step S557, it compares the value of α and beta. 値が等しいならば、処理を終了する。 If the values ​​are equal, the process ends. 値が等しくないならば、ステップS558へ進んでポインタを1つ進めてステップS559へ進む。 If the value is not equal, the process proceeds to step S559 advance one pointer proceeds to step S558. ステップS55 Step S55
9で、βの値に1を加算して処理を終了する。 9, the process ends by adding 1 to the value of beta.

【0095】図116は、バンドの高さとそれに対応する色材1色分の展開メモリの情報(メモリ容量)が格納されたバンド高情報テーブルである。 [0095] Figure 116, information (memory capacity) of the expansion memory of the colorant one color and the corresponding height of the band is a band height information table is stored. 図117は、増設されたRAMの容量の情報をもとに、バンド高の情報を変更し、Y,M,C,Kの展開メモリを変更、設定するまでのフローチャートである。 Figure 117 based on the information of the capacity of the expansion has been RAM, change the information in the band height, Y, M, C, change the development memory of K, is a flow chart to set. ステップS101で増設RAMのメモリ容量の情報を取り出し、定数aにセットしてステップS102に進む。 Retrieve information about the memory capacity of the additional RAM in step S101, the process proceeds to step S102 to set the constant a. ステップS102で、メモリ容量の基準値(バンド高変更の基準となるメモリ容量)をbにセットしてステップS103に進む。 In step S102, the process proceeds to step S103 to set a reference value of the memory capacity (memory capacity used as a reference band height changing) to b. ステップS103で、aの値をbの値で除算(切り捨て)し、 In step S103, dividing the value of a in the value of b to (down),
定数iにセットしてステップS104へ進む。 Is set to a constant i proceeds to step S104. ステップS104で、図116のバンド高情報テーブルの先頭にポインタをセットしてステップS105へ進む。 In step S104, the process proceeds to a pointer is set to the head of the band height information table of FIG. 116 to step S105. ステップS105で、ポインタをiの数だけ進めてステップS In step S105, the step S complete the pointer by the number of i
106へ進む。 Proceed to 106. ステップS106で、ポインタの指す内容のうち、バンド高の情報を取り出してステップS10 In step S106, among the contents pointed to, step S10 is taken out information of the band height
7へ進むステップS107で、取り出したバンド高の情報を現在用いられているバンド高の情報にセットしてステップS108へ進む。 In step S107 proceeds to 7, the process proceeds to set the band height information currently used band height information retrieved to step S108. ステップS108で、ポインタの指す内容のうち、展開メモリの情報を取り出してステップS109へ進む。 In step S108, among the contents pointed to, the process proceeds to step S109 takes out the information of development memory. ステップS109で、取り出した展開メモリの情報をもとに、Y,M,C,K4枚分の展開メモリをRAM上に確保・設定して処理を終了する。 In step S109, based on the information of the development memory taken out, Y, M, C, and K4 sheets of expanded memory to end the securing and setting the processing on RAM.
以上のように、増設されたメモリーの容量に応じて、1 As described above, according to the capacity of the expansion has been memory 1
バンド分の高さを変更し、バンド分の展開メモリを変更することができる。 Change the height of the band of, it is possible to change the expansion memory of the band of.

【0096】図117の処理は、図118に示すような処理により行うことも可能である。 [0096] The processing of FIG. 117, it is also possible to perform the processing as shown in FIG. 118. ステップS201で増設RAMのメモリ容量の情報を取り出し、定数aにセットしてステップS202に進む。 Retrieve information about the memory capacity of the additional RAM in step S201, the process proceeds to step S202 to set the constant a. ステップS202 Step S202
で、予め定められたメモリ容量の基準値(バンド高変更の基準となるメモリ容量)である定数bと定数aを比較する。 In compare constants b and constant a is a reference value of a memory capacity which is predetermined (memory capacity used as a reference band height changing). ここで、bがaより大きい場合には、処理を終了する。 Here, b is greater than a, the processing is terminated. 従って、バンド高、展開メモリは変更されない。 Therefore, the band high, expansion memory is not changed.
aがbに比べ等しいかあるいは大きい場合には、ステップS203に進む。 When a is equal to or larger than the b, the process proceeds to step S203. ステップS203で、予め定められたメモリ容量の基準値(バンド高変更の基準となるメモリ容量、ここではbより大きい値)である定数cを定数aを比較する。 In step S203, the reference value (memory capacity used as a reference band height changing, where b is greater than value) of the memory capacity a predetermined comparing the constant a constant c is. ここで、cがaより大きい場合には、ステップS204に進む。 Here, if c is greater than a, the process proceeds to step S204. ステップS204で、定数d In step S204, the constant d
(メモリ容量の基準値bに対して予め定められているバンド高情報の値)を現在用いられているバンド高の情報にセットしてステップS205へ進む。 Proceeds to set the band height information currently used (the value of the band height information is determined in advance with respect to the reference value b of the memory capacity) to step S205. ステップS20 Step S20
5で、バンド高の情報dに対応したY,M,C,K4枚分の展開メモリをRAM上に確保・設定して処理を終了する。 5, ends Y corresponding to the band height information d, M, securing and setting and process development memory of C, K4 sheets on RAM. ステップS203でaがcに比べ等しいかあるいは大きい場合には、ステップS206に進む。 When a is equal to or larger than the c in step S203, the process proceeds to step S206. ステップS206で、定数e(メモリ容量の基準値cに対して予め定められているバンド高情報の値)を現在用いられているバンド高の情報にセットしてステップS207へ進む。 In step S206, the process proceeds to set the constant e the band height information currently used (the value of the band height information is determined in advance with respect to the reference value c of the memory capacity) to step S207. ステップS207で、バンド高の情報eに対応したY,M,C,K4枚分の展開メモリをRAM上に確保・ In step S207, · securing Y corresponding to the band height information e, M, C, and K4 sheets of expanded memory on the RAM
設定して処理を終了する。 To complete the setting and the process. 以上のように、増設されたメモリーの容量に応じて、1バンド分の高さを変更し、バンド分の展開メモリを変更することができる。 As described above, may be in accordance with the capacity of expansion has been memory, change the height of the one band, to change the development memory band component.

【0097】図119〜121は、図23のステップS [0097] FIG. 119 to 121, step S in FIG. 23
17の処理の代わりに置き換え可能なバンドメモリの初期化の処理を示したものである。 17 shows the process of initializing the band memory which can substituted for processing. ステップS560で、 In step S560,
バンド情報格納部5から1バンド当たりのセグメント数(パスの数)を取り出してステップS561へ進む。 Removed from the band information storage unit 5 the number of segments per one band (the number of passes), the process proceeds to step S561. ステップS561で、1バンド当たりのセグメント数を定数αにセットしてステップS562へ進む。 In step S561, the process proceeds to set the number of segments per band constant α to step S562. ステップS Step S
562で、パス制御テーブルの先頭にポインタをセットしてステップS563へ進む。 In 562, the process proceeds to set the pointer to the beginning of the path control table to step S563. ステップS563で、定数βに1をセットしてステップS564へ進む。 In step S563, the process proceeds 1 is set for constant β to step S564. ステップS564で、flg(4ビット)に0をセットしてステップS565へ進む。 In step S564, the process proceeds to step S565 to set 0 in flg (4 bits). ステップS565で、ポインタの指す描画メモリ情報フラグとflgの内容とをORの演算をして、その結果をflgにセットしてステップS In step S565, the contents of the drawing memory information flag and flg pointed to by the OR operations, steps S is set the result to flg
566へ進む。 Proceed to 566. ステップS566で、αとβの値を比較する。 In step S566, it compares the value of α and beta. 値が等しくないならば、ステップS567へ進んでポインタを1つ進めてステップS568へ進む。 If the value is not equal, the process proceeds to step S568 advance one pointer proceeds to step S567. ステップS568で、βの値に1を加算してステップS56 In step S568, the step S56 by adding 1 to the value of β
5へ戻る。 Back to the 5. 値が等しいならば、ステップS569へ進む。 If the values ​​are equal, the process proceeds to step S569. ステップS569で、flgのBkビットが0と等しいかどうか比較する。 In step S569, it compares whether Bk bit flg is equal to 0. 等しいならば、ステップS57 If equal, step S57
1へ進む。 Proceed to 1. 等しくないならば、ステップS570へ進んで、BkのバンドメモリをクリアしてステップS571 If not equal, the process proceeds to step S570, to clear the band memory of Bk step S571
へ進む。 To advance. ステップS571で、flgのCビットが0と等しいかどうか比較する。 In step S571, it compares whether C bits of flg is equal to 0. 等しいならば、ステップS5 If equal, a step S5
73へ進む。 It advances to 73. 等しくないならば、ステップS572へ進んで、CのバンドメモリをクリアしてステップS573 If not equal, the process proceeds to step S572, to clear the band memory of C step S573
へ進む。 To advance. ステップS573で、flgのMビットが0と等しいかどうか比較する。 In step S573, it compares whether M bits of flg is equal to 0. 等しいならば、ステップS5 If equal, a step S5
75へ進む。 It advances to 75. 等しくないならば、ステップS574へ進んで、MのバンドメモリをクリアしてステップS575 If not equal, the process proceeds to step S574, to clear the band memory of the M-step S575
へ進む。 To advance. ステップS575で、flgのYビットが0と等しいかどうか比較する。 In step S 575, comparing whether Y bits of flg is equal to 0. 等しいならば、処理を終了する。 If equal, the process is terminated. 等しくないならば、ステップS576へ進んで、Y If not equal, the process proceeds to step S576, Y
のバンドメモリをクリアして処理を終了する。 The band memory to end the clear and the process.

【0098】図122〜125は、図113〜115のカラー記録処理の代わりに置き換え可能な処理を示したものである。 [0098] FIG. 122 to 125, there is shown a process which can substituted for the color recording process of FIG. 113-115. ステップS620で、バンド情報格納部5 In step S620, the band information storage unit 5
から1バンド当たりのセグメント数(パスの数)を取り出してステップS621へ進む。 Removed the number of segments per one band (the number of paths) from the process proceeds to step S621. ステップS621で、 In step S621,
1バンド当たりのセグメント数を定数αにセットしてステップS622へ進む。 Set the number of segments per band constant α, the process proceeds to step S622. ステップS622で、パス制御テーブルの先頭にポインタをセットしてステップS62 In step S622, the step S62 sets the pointer to the beginning of the path control table
3へ進む。 Proceed to 3. ステップS623で、定数βに1をセットしてステップS624へ進む。 In step S623, the process proceeds 1 is set for constant β to step S624. ステップS624で、ポインタの指す描画メモリ情報フラグの値を0と比較する。 In step S624, the value of the drawing memory information flag indicated by the pointer is compared with zero.
0と等しい場合には、ステップS641へ進む。 If equal to 0, the process proceeds to step S641. 0と等しくない場合には、ステップS625へ進む。 If not equal to 0, the process proceeds to step S625. ステップS625で、描画メモリ情報フラグのBkビットがON In step S625, Bk-bit drawing memory information flag is ON
かどうか比較する。 Whether to compare or. ONでないならば、ステップS62 If it is not ON, step S62
7へ進む。 It advances to 7. ONならば、ステップS626へ進んで、B If ON, the program proceeds to step S626, B
kのバンドメモリのうちポインタの指す最小値から最大値までの現セグメントのメモリ内容を出力バッファに取り出してステップS627へ進む。 From the minimum value pointed to one of the band memory of k retrieves the memory contents of the current segment until a maximum value in the output buffer proceeds to step S627. ステップS627 Step S627
で、描画メモリ情報フラグのCビットがONかどうか比較する。 In, C-bit of the drawing memory information flag is compared whether ON. ONでないならば、ステップS629へ進む。 If it is not ON, the process proceeds to step S629.
ONならば、ステップS628に進んで、Cのバンドメモリのうちポインタの指す最小値から最大値までの現セグメントのメモリ内容を出力バッファに取り出してステップS629へ進む。 If ON, the process proceeds to step S628, is taken out to the output buffer memory contents of the current segment from the minimum value pointed to one of the band memory of C up to a maximum value the flow proceeds to step S629. ステップS629で、描画メモリ情報フラグのMビットがONかどうか比較する。 In step S629, M bits of drawing memory information flag is compared whether ON. ONでないならば、ステップS631へ進む。 If it is not ON, the process proceeds to step S631. ONならば、ステップS630に進んで、Mのバンドメモリのうちポインタの指す最小値から最大値までの現セグメントのメモリ内容を出力バッファに取り出してステップS6311 If ON, the process proceeds to step S630, step removed the output buffer memory contents of the current segment from the minimum value pointed to one of the band memory M to a maximum S6311
へ進む。 To advance. ステップS631で、描画メモリ情報フラグのYビットがONかどうか比較する。 In step S631, Y bits of drawing memory information flag is compared whether ON. ONでないならば、 If it is not ON,
ステップS633へ進む。 The process proceeds to step S633. ONならば、ステップS63 If ON, step S63
2に進んで、Yのバンドメモリのうちポインタの指す最小値から最大値までの現セグメントのメモリ内容を出力バッファに取り出してステップS633へ進む。 Proceed to 2, taken out to the output buffer memory contents of the current segment from the minimum value pointed to one of the band memory of the Y to the maximum value the flow proceeds to step S633. ステップS633で、ポインタの指す最小値、最大値の値をそれぞれxmin、xmaxにセットしてステップS634へ進む。 In step S633, the minimum value pointed to, and set the value of the maximum value xmin, to xmax respectively proceeds to step S634. ステップS634で、ポインタを現在指しているセグメントの1つ下のセグメントに進めてステップS63 In step S634, the step S63 and proceeds to the segment of the next lower segment pointing the pointer currently
5へ進む。 Proceed to 5. ステップS635で、ポインタの指す最小値の値とxmaxの値を比較する。 In step S635, it compares the value of the minimum value and xmax pointed to. ここで、最小値の値がxm Here, the value of the minimum value xm
axより大きいならば、ステップS636に進み、印字ヘッドをxminの位置まで水平移動してステップS637 If ax larger, the process proceeds to step S636, step by horizontally moving the print head to a position of xmin S637
へ進む。 To advance. ステップS637で、出力バッファの内容を印字ヘッドの水平移動に合わせて用紙に記録し、印字ヘッドをxmaxの位置まで水平移動してステップS641へ進む。 In step S637, recorded on paper to fit the contents of the output buffer to the horizontal movement of the print head, the process proceeds to horizontally move the print head to the position of xmax to step S641. 最小値の値がxmaxの値と等しいかそれ以下の場合には、ステップS638に進み、印字ヘッドをxmin If the value of the minimum value of less than equal to the value of xmax, the flow advances to step S638, xmin printhead
の位置まで水平移動してステップS639へ進む。 Horizontally moved to position the process proceeds to step S639. ステップS639で、出力バッファの内容を印字ヘッドの水平移動に合わせて用紙に記録し、印字ヘッドをxmaxの位置まで水平移動してステップS640へ進み、印字ヘッドを左端まで水平移動してステップS641へ進む。 In step S639, recorded on paper to fit the contents of the output buffer to the horizontal movement of the print head, and horizontally moving the print head to the position of xmax proceeds to step S640, and horizontally moving the print head to the left to step S641 move on.
ステップS641で、印字ヘッドをセグメント(パス) In step S641, the print head segment (path)
の高さ分下に垂直移動してステップS642へ進む。 The operation proceeds to step S642 to move vertically under the height of the content. ステップS642で、αとβの値を比較する。 In step S642, it compares the value of α and beta. 値が等しいならば、処理を終了する。 If the values ​​are equal, the process ends. 値が等しくないならば、ステップS643へ進んでβの値に1を加算してステップS If the value is not equal, step S 1 is added to the value of β proceeds to step S643
624に戻る。 Back to 624.

【0099】本画像処理装置では、ホストコンピュータ1(図13)または操作パネル22(図13)の指示により、Y,M,C,Bkのバンドメモリ1組を用いてカラー記録を行うモードとY,M,C,Bkのバンドメモリ2組を用いてカラー記録を行うモードとのいづれかを選択してカラー記録処理を行うことが可能である。 [0099] In this image processing apparatus, an instruction of the host computer 1 (Fig. 13) or the operation panel 22 (FIG. 13), Y, M, C, mode performs color printing by using a band memory a set of Bk and Y , it is possible to perform M, C, and color recording process by selecting either of a mode for performing color printing by using a band memory two sets of Bk.

【0100】図126は、操作パネル22(図13)の指示により上述のモードの選択を行い、カラー記録処理を行う処理を示すフローチャートである。 [0100] Figure 126 performs instruction by the selection of the above modes of operation panel 22 (FIG. 13) is a flowchart illustrating a process for performing color recording process. ステップS6 Step S6
50で、操作パネル22(図13)の記録制御モードを選択してステップS651へ進む。 50, by selecting the recording control mode of the operation panel 22 (FIG. 13) proceeds to step S651. ステップS651 Step S651
で、選択した記録制御モードをチェックする。 In, check the recording control mode selected. Y,M, Y, M,
C,Bkのバンドメモリ2組を用いる制御モードならば、ステップS652に進んでY,M,C,Bkのバンドメモリ2組を用いる記録制御モードを選択してステップS653に進んでY,M,C,Bkのバンドメモリ2 C, if the control mode using the band memory 2 sets of Bk, the flow advances to step S652 Y, M, C, and proceed to select the recording control mode using the band memory 2 sets of Bk to step S653 Y, M, C, the band of Bk memory 2
組を用いてカラー記録処理を行い処理を終了する。 And it ends the process performs a color recording process using the set. Y, Y,
M,C,Bkのバンドメモリ1組を用いる制御モードならば、ステップS654に進んでY,M,C,Bkのバンドメモリ1組を用いる記録制御モードを選択してステップS655に進んでY,M,C,Bkのバンドメモリ1組を用いてカラー記録処理を行い処理を終了する。 M, C, if the control mode using the band memory a set of Bk, the flow advances to step S654 Y, M, C, by selecting the recording control mode using the band memory a set of Bk proceeds to step S655 Y, M, C, and ends the process performs color printing process using a band memory a set of Bk. 以上のように、操作パネルからY,M,C,Bkのバンドメモリ1組を用いてカラー記録を行うモードとY,M, As described above, modes and Y for performing color printing by using Y, M, C, and the band memory a set of Bk from the operation panel, M,
C,Bkのバンドメモリ2組を用いてカラー記録を行うモードとのいづれかを選択してカラー記録処理を行うことが可能である。 C, it is possible to perform color printing process using a band memory 2 sets of Bk select either of a mode for performing color recording.

【0101】図127は、図13の操作パネル22を示している。 [0102] Figure 127 shows the operation panel 22 in FIG. 13. 同図のようにLCD表示部とスイッチから構成され、右端のスイッチは上述の記録制御モードを選択するのに用いられる。 Is an LCD display unit and the switch as shown in the figure, the right end of the switch is used to select the above recording control mode.

【0102】図128は、上述のY,M,C,Bkのバンドメモリ1組を用いる記録制御を行う際に用いるRA [0102] Figure 128, RA use in performing the aforementioned Y, M, C, and recording control using a band memory a set of Bk
M領域のメモリマップの一例を示している。 It shows an example of a memory map of the M areas. Y,M, Y, M,
C,Bkのバンドメモリ2組を用いる記録制御を行う際に用いるRAM領域のメモリマップの一例である図19 C, which is an example of a memory map of the RAM area used when recording control using a band memory two sets of Bk 19
に比べると、文字のキャシュメモリ等に使用可能な空き領域が大きいことがわかる。 Compared to, it can be seen that the free space available in the cache memory of the character is large.

【0103】図129は、記録制御コマンドの解析により記録制御モードの選択を行い、カラー記録処理を行う処理を示すフローチャートである。 [0103] Figure 129, and selects the recording control mode by analyzing the recorded control command is a flowchart illustrating a process for performing color recording process. ステップS660 Step S660
で、記録制御コマンドを読み込んでステップS661へ進む。 In, reads the recording control command, the processing proceeds to step S661. ステップS661で、読み込んだ記録制御コマンドをコマンド解析部3で解析してステップS662に進む。 In step S661, the process proceeds to step S662 by analyzing the read recording control command in the command analysis section 3. ステップS662で、選択した記録制御モードをチェックする。 In step S662, it checks the recording control mode selected. Y,M,C,Bkのバンドメモリ2組を用いる制御モードならば、ステップS663に進んでY, Y, M, C, if the control mode of using the band memory 2 sets of Bk, Y proceeds to step S663,
M,C,Bkのバンドメモリ2組を用いる記録制御モードを選択してステップS664に進んでY,M,C,B M, C, by selecting the recording control mode using the band memory 2 sets of Bk proceeds to step S664 Y, M, C, B
kのバンドメモリ2組を用いてカラー記録処理を行い処理を終了する。 And it ends the process performs a color printing process using a band memory two sets of k. Y,M,C,Bkのバンドメモリ1組を用いる制御モードならば、ステップS665に進んでY,M,C,Bkのバンドメモリ1組を用いる記録制御モードを選択してステップS666に進んでY,M, Y, M, C, if the control mode using the band memory a set of Bk, the flow advances to step S665 Y, M, C, by selecting the recording control mode using the band memory a set of Bk proceeds to step S666 Y, M,
C,Bkのバンドメモリ1組を用いてカラー記録処理を行い処理を終了する。 C, and terminates the processing performed color printing process using a band memory a set of Bk. 以上のように、記録制御コマンドを解析してY,M,C,Bkのバンドメモリ1組を用いてカラー記録を行うモードとY,M,C,Bkのバンドメモリ2組を用いてカラー記録を行うモードとのいづれかを選択してカラー記録処理を行うことが可能である。 As described above, by analyzing the recorded control command Y, M, C, modes and Y for performing color printing by using a band memory a set of Bk, color recording using M, C, and the band memory two sets of Bk select Izure of the mode in which it is possible to perform color recording process.

【0104】図127は、図129で示した記録制御コマンドの一例を示している。 [0104] Figure 127 shows an example of a recording control command shown in FIG. 129. 同図のように、記録制御コマンドはコマンドの識別のためのコマンドNo. As in the figure, commands for recording the control commands of the command identification No. と記録制御モード選択パラメータとから構成されている。 And a and the recording control mode selection parameter. 記録制御モード選択パラメータの値が0の時は、Y,M, When the value of the recording control mode selection parameter is 0, Y, M,
C,Bkのバンドメモリ1組を用いてカラー記録制御を行うモードであることを示し、値が1の時は、Y,M, C, and using a band memory a set of Bk indicates a mode of performing color recording control, when the value is 1, Y, M,
C,Bkのバンドメモリ2組を用いてカラー記録制御を行うモードであることを示している。 C, and it indicates a mode of performing color recording control by using a band memory two sets of Bk.

【0105】図131は、RAM領域の空き容量の大きさに基いて記録制御モードの選択を行い、カラー記録処理を行う処理を示すフローチャートである。 [0105] Figure 131, and selects the recording control mode based on the magnitude of the free space of the RAM area, is a flowchart illustrating a process for performing color recording process. ステップS Step S
670で、RAM領域の空き容量の大きさと定数M1 In 670, the size of the free space of the RAM area and the constant M1
(ある大きさ)を比較する。 Compare (certain size). RAM領域の空き容量の大きさが定数M1に比べて等しいか大きい場合には、ステップS671に進んでY,M,C,Bkのバンドメモリ2組を用いる記録制御モードを選択してステップS67 If the size of the free space of the RAM area is greater or equal than the constant M1, select Y, M, C, and the recording control mode using the band memory 2 sets of Bk proceeds to step S671 step S67
2に進んでY、M、C、Bkのバンドメモリ2組を用いてカラー記録処理を行い処理を終了する。 Proceed to 2 Y, M, C, and ends the process performs color printing process using a band memory two sets of Bk. RAM領域の空き容量の大きさより定数M1が大きい場合には、ステップS673に進んでY,M,C,Bkのバンドメモリ1組を用いる記録制御モードを選択してステップS67 If the constant M1 is larger than the size of the free space of the RAM area, select Y, M, C, and the recording control mode using the band memory a set of Bk proceeds to step S673 step S67
4に進んでY,M,C,Bkのバンドメモリ1組を用いてカラー記録処理を行い処理を終了する。 Proceed to 4 Y, M, C, and ends the process performs color printing process using a band memory a set of Bk. 以上のように、RAM領域の空き容量の大きさに応じてY,M, As described above, Y according to the size of the free space of the RAM area, M,
C,Bkのバンドメモリ1組を用いてカラー記録を行うモードとY,M,C,Bkのバンドメモリ2組を用いてカラー記録を行うモードとのいづれかを選択してカラー記録処理を行うことが可能である。 C, modes and Y for performing color printing by using a band memory a set of Bk, M, C, to perform a color printing process using a band memory 2 sets of Bk select either of a mode for performing color printing it is possible.

【発明の効果】以上説明したように、本発明によれば、 As described in the foregoing, according to the present invention,
ページ記述言語で記述されている印刷データをバンド単位に展開した画像データの印刷処理を制御する画像処理装置において、前記印刷データを解析して、 前記記憶手 An image processing apparatus for controlling the printing process of the image data developed print data described in a page description language in band units, by analyzing the print data, the storage Hand
段のバンドメモリに展開するための情報であるメモリ展 Memory exhibition is information for deploying in the band memory of the stage
開情報の描画対象が描画される描画位置をプリンタ座標系で求め、前記バンドメモリに前記描画対象を描画する際に、前記バンドメモリの前記記憶手段におけるアドレスから、該バンドメモリに対して基準となる仮想ページ The drawing position the drawing target opening information is drawn determined by the printer coordinate system when drawing the drawing object in the band memory, the address in the storage means of the band memory, and the criteria for the band memory become virtual page
メモリのプリンタ座標系の先頭アドレスとして前記記憶手段における先頭アドレスを求め、更新し、更新されたプリンタ座標系の先頭アドレスと、求められた描画対象 It obtains the leading address in the memory means as a start address of the printer coordinate system memory, updated, and the start address of the printer coordinate system is updated, the drawing object that has been determined
の描画位置とに基づいて、該描画対象を前記バンドメモリに展開描画することにより、ページ記述言語で記述された印刷データがページメモリを有してないバンドメモリに対しても展開時の基準となるアドレスがプリンタ座標系で認識できるので、描画対象の描画処理が確実に行われ、かつ印刷処理させる際の処理時間が短くなるという効果が得られる。 Based in on the drawing position by deploying draw image drawing object to the band memory, and the reference in deployment even for the band memory where the print data described in a page description language has no page memory since the address can be recognized by the printer coordinate system, the drawing process of the object is performed reliably, and processing time for the printing process is obtained an effect that shortens.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】ユーザー座標系の例示図 [1] illustration of the user coordinate system

【図2】プリンタ座標系の例示図 [Figure 2] illustration of printer coordinate system

【図3】Y,M,C,Bkそれぞれ、用紙の有効印字領域の大きさの分のメモリを持つ場合のカラー画像処理装置内部のRAM領域のメモリマップの例示図 [Figure 3] Y, M, C, Bk, respectively, exemplary diagram of a memory map of a color image processing apparatus internal RAM area when having minute memory the size of the effective print area of ​​the paper

【図4】描画属性コマンドのうちの線色指定コマンドの例示図 [4] illustration of line color designation command of drawing attribute commands

【図5】描画コマンドのうちの円描画コマンドの例示図 FIG. 5 is a illustration of a circle drawing command of the drawing commands

【図6】描画属性機能のメモリ展開情報のうちの線色指定のメモリ展開情報の例示図 [6] illustration of memory development information of the line color designation of the memory development information of the rendering attributes feature

【図7】描画機能のメモリ展開情報のうちの円描画のメモリ展開情報の例示図 [7] illustration of memory development information of the circle drawing of the memory development information for drawing function

【図8】ユーザー座標系上での円描画の例示図 [8] illustration of a circle drawn on the user coordinate system

【図9】図8の円描画を設定する際に発行する円描画コマンドの例示図 [9] illustration of a circle drawing command issued when setting the circle drawn in FIG. 8

【図10】図8の円描画のプリンタ座標系上への変換の例示図 [10] illustration of conversion to the printer coordinates of the circle drawn in FIG. 8

【図11】図8、10の円描画のメモリ展開情報の例示図 [11] illustration of memory development information of the circle drawing of Figure 8, 10

【図12】図8の円の輪郭線を黄色(色材のYellow100 [12] yellow outline circles in FIG. 8 (colorant Yellow100
%)で描画する場合に指定する線色コマンドの例示図 Illustration of line color commands that specify when drawing in%)

【図13】本発明の一実施例による画像処理装置の回路構成を示すブロック図 Figure 13 is a block diagram showing a circuit configuration of an image processing apparatus according to an embodiment of the present invention

【図14】インクジェット方式の画像処理装置のヘッド部回りを詳細に示した図 FIG. 14 is a diagram showing in detail the head portion around the image processing apparatus of an ink jet type

【図15】図14のヘッドユニット101を詳細に示した図 FIG. 15 is a diagram showing in detail the head unit 101 in FIG. 14

【図16】バンドの構造の例示図 [16] illustration of the structure of a band

【図17】用紙の有効印字領域を8つのバンドに分割した場合の例示図 [17] An exemplary diagram showing a case of dividing the effective print area of ​​the paper into eight bands

【図18】色材ごとにバンド1つ分の展開メモリを持つ場合のRAM領域のメモリマップの例示図 [18] An exemplary diagram of a memory map of the RAM area in the case with band one minute of development memory for each color material

【図19】色材ごとにバンド1つ分の展開メモリを2つずつ持つ場合のRAM領域のメモリマップの例示図 [19] An exemplary diagram of a memory map of the RAM area in the case with two by two bands one minute of development memory for each color material

【図20】メモリにデータ展開する際に用いる描画属性情報を格納する属性情報格納領域の例示図 [Figure 20] illustration of the attribute information storage area for storing drawing attribute information to be used for data expanded in the memory

【図21】パス制御テーブルの例示図 [21] An exemplary diagram of the path control table

【図22】色材ごとに1バンド分のメモリのみによりカラー記録する際のフロチャート [22] flow chart when the color recording only by the memory of one band for each colorant

【図23】色材ごとに1バンド分のメモリのみによりカラー記録する際のフロチャート [23] flow chart when the color recording only by the memory of one band for each colorant

【図24】色材ごとに1バンド分のメモリのみによりカラー記録する際のフロチャート [24] flow chart when the color recording only by the memory of one band for each colorant

【図25】図22のステップS1においてパス制御テーブルを初期化する際のフロチャート [Figure 25] flow chart when initializing the path control table in step S1 of FIG. 22

【図26】図25のフロチャートにより初期化されたパス制御テーブルの内容 [Figure 26] The contents of the initialized path control table by flow chart in FIG. 25

【図27】描画属性指定コマンドのうち、色指定コマンドの例示図 [27] Of the drawing attribute designation command, illustration of a color designation command

【図28】線幅指定コマンド・クリップ領域指定コマンド・塗りつぶし定義指定コマンドの例示図 [Figure 28] linewidth illustration of designation command clip area designation command fills definition designation command

【図29】直線描画コマンド・多角形描画コマンドの例示図 [29] illustration of a straight line drawing command polygon drawing command

【図30】円描画コマンド・文字印字コマンドの一例 FIG. 30 yen an example of a drawing command character print command

【図31】コマンド解析ジャンプテーブル例示図 [Figure 31] command analysis jump table illustration

【図32】コマンドデータ解析の処理を詳細に示したフローチャート Figure 32 is a flowchart processing shown in detail in command data analysis

【図33】色指定コマンド解析関数を実行する処理を詳細に示したフローチャート Figure 33 is a flowchart illustrating a process for performing color designation command analysis function in detail

【図34】色指定コマンド解析関数を実行する処理を詳細に示したフローチャート Figure 34 is a flowchart illustrating a process for performing color designation command analysis function in detail

【図35】色指定コマンド解析関数を実行する処理を詳細に示したフローチャート Figure 35 is a flowchart illustrating a process for performing color designation command analysis function in detail

【図36】線幅指定コマンド解析関数を実行する処理を詳細に示したフローチャート Flowchart showing processing details for performing the FIG. 36 line width designation command analysis function

【図37】クリップ領域指定コマンド解析関数を実行する処理を詳細に示したフローチャート Figure 37 is a flowchart illustrating a process for performing clipping area designation command analysis function in detail

【図38】塗りつぶし定義指定コマンド解析関数を実行する処理を詳細に示したフローチャート [Figure 38] filled flowchart showing processing details for performing the definition designation command analysis function

【図39】minバンドNo. FIG. 39 min band No. 、maxバンドNo. , Max band No. をメモリ展開情報エリアに設定する処理を詳細に示したフローチャート Flowchart of showing a process of setting the memory development information area in detail

【図40】色再現処理の例示図 [Figure 40] illustration of color reproduction processing

【図41】色変換処理の例示図 [Figure 41] illustration of a color conversion process

【図42】色変換処理の例示図 [Figure 42] illustration of a color conversion process

【図43】直線描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 Figure 43 illustrates the processing performed when executing a straight line drawing command analysis function

【図44】直線描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 Figure 44 illustrates the processing performed when executing a straight line drawing command analysis function

【図45】直線描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 Figure 45 illustrates the processing performed when executing a straight line drawing command analysis function

【図46】多角形描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 Figure 46 illustrates the processing performed when executing a polygon drawing command analysis function

【図47】多角形描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 Figure 47 illustrates the processing performed when executing a polygon drawing command analysis function

【図48】多角形描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 FIG. 48 shows the processing when executing a polygon drawing command analysis function

【図49】ワークエリアへのデータの設定の処理を示す図 FIG. 49 is a diagram showing the process of setting of data to the work area

【図50】ワークエリアへのデータの設定の処理を示す図 Figure 50 illustrates a process of setting data into the work area

【図51】ワークエリアへのデータの設定の処理を示す図 Figure 51 illustrates a process of setting data into the work area

【図52】円描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 Shows the processing performed when executing a Figure 52 yen drawing command analysis function

【図53】円描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 Shows the processing performed when executing a FIG. 53 yen drawing command analysis function

【図54】円描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 Shows the processing performed when executing a FIG. 54 yen drawing command analysis function

【図55】円描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 Figure Figure 55 shows the processing performed when executing a ¥ drawing command analysis function

【図56】文字描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 Figure 56 illustrates the processing performed when executing a character drawing command analysis function

【図57】文字描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 FIG. 57 shows a process when performing the character drawing command analysis function

【図58】文字描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 FIG. 58 shows a process when performing the character drawing command analysis function

【図59】文字描画コマンド解析関数を実行する際の処理を示す図 FIG. 59 shows a process when performing the character drawing command analysis function

【図60】描画範囲の算出の処理を示す図 Figure 60 illustrates the process of calculating the drawing range

【図61】多角形の描画範囲を示す図 FIG. 61 is a diagram showing a polygon drawing range

【図62】円の描画範囲の算出の処理を示す図 FIG. 62 is a diagram showing the process of calculating the drawing range of the yen

【図63】円の描画範囲を示す図 It shows a drawing range of FIG. 63 yen

【図64】文字の描画範囲の算出の処理を示す図 Figure 64 illustrates the process of calculating the rendering range of characters

【図65】文字の描画範囲を示す図 It shows a drawing range of FIG. 65 characters

【図66】描画範囲のクリップチェックの処理を示す図 FIG. 66 is a diagram showing the processing of the clip check of the drawing range

【図67】描画範囲のクリップチェックの処理を示す図 FIG. 67 is a diagram showing the processing of the clip check of the drawing range

【図68】描画範囲に対してクリップ領域が設定された場合の例示図 Illustration of a case where the clip region is set for FIG. 68 drawing range

【図69】色指定情報の設定(直線)の処理を示す図 Figure 69 illustrates a process of setting the color designation information (linear)

【図70】色指定情報の設定(閉図形)の処理を示す図 Figure 70 illustrates a process of setting the color designation information (closed figure)

【図71】図70のステップS301の処理を示す図 Figure 71 illustrates the process of step S301 of FIG. 70

【図72】図70のステップS302の処理を示す図 Figure 72 illustrates the process of step S302 of FIG. 70

【図73】色指定情報の設定(文字)の処理を示す図 Figure 73 illustrates a process of setting the color designation information (character)

【図74】minバンドNo. FIG. 74 min band No. 、maxバンドNo. , Max band No. の算出の処理を示す図 It shows a process of calculating

【図75】出力部で用いるパス制御テーブルへの情報の設定の処理を示す図 Figure Figure 75 shows a process of setting information to the path control table used in the output section

【図76】出力部で用いるパス制御テーブルへの情報の設定の処理を示す図 Figure 76 illustrates a process of setting information to the path control table used in the output section

【図77】出力部で用いるパス制御テーブルへの情報の設定の処理を示す図 FIG. 77 shows a process of setting information to the path control table used in the output section

【図78】出力部で用いるパス制御テーブルへの情報の設定の処理を示す図 Figure 78 illustrates a process of setting information to the path control table used in the output section

【図79】パス0,1,2の領域に多角形と文字を描画した場合の例示図 [Figure 79] illustration of when you draw a polygon and the character in the region of path 0, 1, 2

【図80】パス制御テーブルの例示図 [Figure 80] illustration of the path control table

【図81】色指定のメモリ展開情報の例示図 [Figure 81] illustration of color designation memory development information

【図82】各メモリ展開情報の例示図 [Figure 82] illustration of the memory development information

【図83】各メモリ展開情報の例示図 [Figure 83] illustration of each memory development information

【図84】各メモリ展開情報の例示図 [Figure 84] illustration of the memory development information

【図85】色材ごとののバンドメモリと、描画属性コマンド・描画コマンドを用いて描画を行った場合の例示図 [Figure 85] illustration in the case of performing the band memory of the respective color materials, the drawing using a drawing attribute command and drawing command

【図86】メモリ展開情報の例示図 [Figure 86] illustration of memory development information

【図87】メモリ展開情報の例示図 [Figure 87] illustration of memory development information

【図88】直線描画に対してクリップ領域指定を設定して描画を行う例示図 [Figure 88] exemplary view for drawing by setting the clip area specified for line drawing

【図89】メモリ展開情報の例示図 [Figure 89] illustration of the memory development information

【図90】コマンド実行ジャンプテーブル1を示す図 FIG. 90 is a diagram showing a command execution jump table 1

【図91】コマンド実行ジャンプテーブル2を示す図 Figure 91 is a diagram showing a command execution jump table 2

【図92】図23のステップS12の処理を詳細に記述したフローチャート Figure 92 is a flowchart the processing has been described in detail in step S12 of FIG. 23

【図93】図92のステップS390の処理を詳細に記述したフローチャート Figure 93 is a flowchart the processing has been described in detail in step S390 of FIG. 92

【図94】バンド高を512ドットとした場合のプリンタ座標の設定例示図 [Figure 94] Set illustration of printer coordinates when the band height was 512 dots

【図95】クリップ領域設定の例示図 [Figure 95] illustration of the clip region setting

【図96】図92のステップS391の処理を詳細に記述したフローチャート Figure 96 is a flowchart the processing has been described in detail in step S391 of FIG. 92

【図97】色材ごとの各仮想ページメモリの先頭アドレスを示す図 Figure 97 is a diagram showing the head address of each virtual page memory for each color material

【図98】線幅指定関数を実行する際の処理を示す図 Shows the processing performed when executing a Figure 98] linewidth specified function

【図99】線色指定関数を実行する際の処理を示す図 Shows the processing performed when executing a Figure 99] line color designation function

【図100】塗りつぶし色指定関数を実行する際の処理を示す図 Figure Figure 100 shows the processing performed when executing a fill color specified function

【図101】文字色指定関数を実行する際の処理を示す図 Figure 101 is a diagram showing a process in executing character color specified function

【図102】クリップ領域指定関数を実行する際の処理を示す図 Figure 102 illustrates a process in performing a clip area designation function

【図103】塗りつぶし定義指定関数を実行する際の処理を示す図 Shows the processing performed when executing a Figure 103] Fill definition designation function

【図104】直線描画の関数を実行する際の処理を示す図 Figure 104 is a diagram showing a process in executing function of a straight line drawn

【図105】直線描画の関数を実行する際の処理を示す図 Figure 105 is a diagram showing a process in executing function of a straight line drawn

【図106】多角形描画の関数を実行する際の処理を示す図 Figure 106 is a diagram showing a process in executing functions of polygon rendering

【図107】多角形描画の関数を実行する際の処理を示す図 Figure 107 is a diagram showing a process in executing functions of polygon rendering

【図108】多角形描画の関数を実行する際の処理を示す図 Figure 108 is a diagram showing a process in executing functions of polygon rendering

【図109】円描画の関数を実行する際の処理を示す図 Shows the processing performed when executing a function of the FIG. 109 yen drawing

【図110】円描画の関数を実行する際の処理を示す図 Shows the processing performed when executing a function of Figure 110] ¥ drawing

【図111】文字描画の関数を実行する際の処理を示す図 Figure 111 is a diagram showing a process in executing functions character drawing

【図112】文字描画の関数を実行する際の処理を示す図 Figure 112 is a diagram showing a process in executing functions character drawing

【図113】読み飛ばしの関数を実行する際の処理を示す図 FIG. 113 is a diagram showing the processing when executing the function of skip

【図114】カラー記録する際の処理を示す図 Figure 114 is a diagram showing a processing for color recording

【図115】カラー記録する際の処理を示す図 Figure 115 is a diagram showing a processing for color recording

【図116】バンドの高さとメモリ容量が格納されたバンド高情報テーブルを示す図 Figure 116 illustrates a band of height and memory capacity are stored band height information table

【図117】RAMの容量の情報から色材ごとの展開メモリを変更、設定するフローチャート [Figure 117] changes the development memory for each color material from the information of the capacity of the RAM, the flow chart of setting

【図118】図117の他の実施例 Another embodiment of Figure 118] Figure 117

【図119】バンドメモリの初期化の処理を示す図 Figure 119 is a diagram showing a process of initializing the band memory

【図120】バンドメモリの初期化の処理を示す図 Figure 120 is a diagram showing a process of initializing the band memory

【図121】バンドメモリの初期化の処理を示す図 Figure 121 is a diagram showing a process of initializing the band memory

【図122】カラー記録処理に置き換え可能な処理を示す図 Figure 122 illustrates a replaceable in color recording processing process

【図123】カラー記録処理に置き換え可能な処理を示す図 Figure 123 illustrates a replaceable in color recording processing process

【図124】カラー記録処理に置き換え可能な処理を示す図 Figure 124 illustrates a replaceable in color recording processing process

【図125】カラー記録処理に置き換え可能な処理を示す図 Figure 125 illustrates a replaceable in color recording processing process

【図126】モードの選択により、カラー記録処理を行う処理を示すフローチャート The Figure 126] of the mode selection is a flowchart illustrating a process of performing color recording process

【図127】図13の操作パネル22の例示図 [Figure 127] illustration of the operation panel 22 in FIG. 13

【図128】色材ごとののバンドメモリ1組を用いるメモリマップの例示図 [Figure 128] illustrative diagram of a memory map of a band memory set of the respective color materials

【図129】モードの選択により、カラー記録処理を行う処理を示すフローチャート The [129] of the mode selection is a flowchart illustrating a process of performing color recording process

【図130】図129で示した記録制御コマンドの例示図 [Figure 130] illustration of the recording control command shown in FIG. 129

【図131】RAM領域の空き容量の大きさに基づいた記録制御モードの選択処理を示す図 Figure 131 illustrates a process of selecting a recording control mode based on the size of the free space of the RAM area

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 ホストコンピュータ 2 インターフェース 3 コマンド解析部 4 コマンド解析テーブル 5 バンド情報格納部 6 バンド高情報テーブル 7 色再現情報格納部 8 色再現処理部 9 文字情報格納部 10 制御部 11 メモリ展開情報格納部 12 属性情報格納領域 13 メモリ展開情報格納エリア 14 メモリ展開情報解析部 15 コマンド実行ジャンプテーブル1 16 コマンド実行ジャンプテーブル2 17 パターン展開部 18 展開メモリ 19 出力部 20 パス制御テーブル 21 出力バッファ 22 操作パネル 1 host computer 2 interface 3 command analyzer 4 command analysis table 5 band information storage unit 6 band height information table 7 Color reproduction information storage unit 8-color reproduction process section 9 text information storage unit 10 control unit 11 memory development information storage unit 12 attribute information storage area 13 memory development information storage area 14 memory development information analysis unit 15 command execution jump table 1 16 command execution jump table 2 17 pattern expansion section 18 expanded memory 19 output unit 20 path control table 21 output buffer 22 operation panel

Claims (6)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 ページ記述言語で記述された印刷データを受信し、該印刷データに基づいて記憶手段にバンド単位で描画された画像データの印刷処理を制御する画像処理装置であって、 前記印刷データを解析し、 前記記憶手段のバンドメモリ 1. A receiving print data described in a page description language, an image processing apparatus for controlling the printing process of the image data drawn in band units in the storage unit based on the print data, the printing analyzing the data, the band memory of the storage means
    に展開するための情報であるメモリ展開情報の描画対象 Drawing target of memory development information, which is information for deploying to
    が描画される描画位置を、プリンタ座標系で求める解析手段と、 前記バンドメモリに前記描画対象を描画する際に、 前記 The drawing position but to be drawn, and analyzing means for determining the printer coordinate system when drawing the drawing object in the band memory, the
    バンドメモリの前記記憶手段におけるアドレスから、該バンドメモリに対して基準となる仮想ページメモリのプリンタ座標系の先頭アドレスとして前記記憶手段における先頭アドレスを求め、更新する更新手段と、 前記更新手段により更新されたプリンタ座標系の先頭アドレスと、前記解析手段により求められた描画対象の描画位置とに基づいて、該描画対象を前記バンドメモリに展開描画する展開手段と、 を有することを特徴とする画像処理装置。 Updating the address in the storage means of the band memory, obtains the leading address in the memory means as a start address of the printer coordinate system of the virtual page memory as a reference with respect to the band memory, and updating means for updating, by said updating means the head address of the printer coordinate system, based on the drawing position of the object obtained by the analyzing means, an image, characterized in that it comprises a development means for developing draw image drawing object to the band memory, the processing apparatus.
  2. 【請求項2】 前記印刷データを解析して得られる前記 Wherein said obtained by analyzing the print data
    メモリ展開情報と、前記プリンタ座標系で求められた And memory development information, before obtained by the printer coordinate system
    記メモリ展開情報の描画対象が描画されるべきバンドとを関連付けて保持する保持手段を更に有し、 前記展開手段は、あるバンドメモリに展開処理を行う場合は、前記保持手段に保持されている内容に基づいて、 Serial further comprising a holding means for drawing object memory development information held in association with the band to be drawn, the expansion means, when performing expansion processing to a band memory is held by the holding means based on the content,
    そのバンドメモリに描画されるべき描画対象の展開処理を行うことを特徴とする請求項1記載の画像処理装置。 The image processing apparatus according to claim 1, characterized in that the expansion process of the drawing object to be drawn in the band memory.
  3. 【請求項3】 前記解析手段は、第一種のカラー属性を有したページ記述言語で記述された印刷データを、第二種のカラー属性に変換することを特徴とする請求項1乃至2記載の画像処理装置。 Wherein said analyzing means, the print data described in a page description language having a color attribute of the first kind, according to claim 1 or 2, wherein the converting the color attribute of the second kind the image processing apparatus.
  4. 【請求項4】 前記更新手段は、前記描画対象を出力する色に対応するバンドメモリ毎に先頭アドレスを更新することを特徴とする請求項1乃至3記載の画像処理装置。 Wherein said updating means, the drawing image processing apparatus according to claim 1 to 3, wherein the updating the leading address for each band memory corresponding to the output color target.
  5. 【請求項5】 前記展開されたデータの記録処理を制御する記録ヘッドを有し、 前記バンドメモリは、該記録ヘッドの高さの整数倍を一辺とした矩形領域のビットイメージデータを記憶可能であることを特徴とする請求項1乃至4記載の画像処理装置。 5. A has a recording head for controlling the recording process of the uncompressed data, the band memory capable of storing bit image data of the rectangular area and one side of the integral multiple of the height of the recording head the image processing apparatus according to claim 1 to 4 further characterized in that there.
  6. 【請求項6】 ページ記述言語で記述された印刷データを受信し、該印刷データに基づいて記憶手段にバンド単位で描画された画像データの印刷処理を制御する画像処理方法であって、 前記印刷データを解析し、 前記記憶手段のバンドメモリ 6. receives print data described in a page description language, an image processing method for controlling the printing process of the image data drawn in band units in the storage unit based on the print data, the printing analyzing the data, the band memory of the storage means
    に展開するための情報であるメモリ展開情報の描画対象 Drawing target of memory development information, which is information for deploying to
    が描画される描画位置を、プリンタ座標系で求め、 前記バンドメモリに前記描画対象を描画する際に、該バンドメモリの前記記憶手段におけるアドレスから、該バンドメモリに対して基準となる仮想ページメモリのプリンタ座標系の先頭アドレスとして前記記憶手段における先頭アドレスを求め、更新し、 前記更新されたプリンタ座標系の先頭アドレスと、前記求められた描画対象の描画位置とに基づいて、該描画 Virtual page memory but the drawing position to be drawn, calculated on the printer coordinate system when drawing the drawing object in the band memory, from addresses in said memory means of said band memory, as a reference with respect to the band memory obtains the leading address in the memory means as a start address of the printer coordinate system, updating, said the head address of the updated printer coordinate system, based on the drawing position of the object in which the determined, image drawing pairs
    を前記バンドメモリに展開描画する画像処理方法。 An image processing method for deploying draw elephant the band memory.
JP16831691A 1991-07-09 1991-07-09 Image processing method and apparatus Expired - Lifetime JP2952078B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16831691A JP2952078B2 (en) 1991-07-09 1991-07-09 Image processing method and apparatus

Applications Claiming Priority (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP16831691A JP2952078B2 (en) 1991-07-09 1991-07-09 Image processing method and apparatus
DE1992624247 DE69224247D1 (en) 1991-07-09 1992-07-08 Method and apparatus for processing images
DE1992624247 DE69224247T2 (en) 1991-07-09 1992-07-08 Method and apparatus for processing images
EP19920306250 EP0530953B1 (en) 1991-07-09 1992-07-08 Image processing method and apparatus
US08416504 US5757948A (en) 1991-07-09 1995-04-04 Method and device for processing coded record information to obtain bit image data

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0516445A true JPH0516445A (en) 1993-01-26
JP2952078B2 true JP2952078B2 (en) 1999-09-20

Family

ID=15865776

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP16831691A Expired - Lifetime JP2952078B2 (en) 1991-07-09 1991-07-09 Image processing method and apparatus

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2952078B2 (en)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP3347527B2 (en) * 1994-07-01 2002-11-20 キヤノン株式会社 Printer and printing method

Also Published As

Publication number Publication date Type
JPH0516445A (en) 1993-01-26 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5870535A (en) Method and apparatus for building rasterized lines of bitmap data to be printed using a piecewise-linear direct memory access addressing mode of retrieving bitmap data line segments
US5504846A (en) Method and apparatus for improved area demarcation in bit mapped image derived from multi-color bit mapped image
US5233685A (en) Method and apparatus for integrated graphical and textual character printing
US4715006A (en) Image forming apparatus
US5001653A (en) Merging plotter graphics within a text environment on a page printer
US5003496A (en) Page memory control in a raster image processor
US5907666A (en) Recording system for transferring offset data to be recorded
US6243172B1 (en) Method and system for merging variable text and images into bitmaps defined by a page description language
US5805174A (en) Display list architecture having two dimensional array of zones
US5630026A (en) Toner saver using anti-aliasing apparatus and methodology
US4745560A (en) Method of controlling a bit-image printer
US5937153A (en) Method of utilizing variable data fields with a page description language
US5136688A (en) Print data processing apparatus for an image forming apparatus
US5596684A (en) Anti-aliasing apparatus and method using fast scan-line memory mapping for sampling pixel patterns
US5808600A (en) Character pattern forming method and apparatus
US5751924A (en) Multiple overlay printing and outputting device and multiple overlay printing system
US5150455A (en) Image data processor
US5475800A (en) Color separation in color graphics printing with limited memory
US5931586A (en) Apparatus capable of combining inputs from two different printer languages
US4675831A (en) Method of processing gradation information
EP0467598A2 (en) Image processing apparatus
US5562350A (en) Output apparatus that selects a vector font based on character size
US5029114A (en) Method of displaying reduced-layout and apparatus for embodying the method
US5146554A (en) Page memory control in a raster image processor employed for digital halftoning
US5043918A (en) Multiple bus image controller structure for color page printers

Legal Events

Date Code Title Description
FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 8

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20070709

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 9

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080709

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080709

Year of fee payment: 9

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 10

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090709

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 10

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090709

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 11

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100709