JP2656203B2 - Shape characterization methods such as a figure - Google Patents

Shape characterization methods such as a figure

Info

Publication number
JP2656203B2
JP2656203B2 JP5130733A JP13073393A JP2656203B2 JP 2656203 B2 JP2656203 B2 JP 2656203B2 JP 5130733 A JP5130733 A JP 5130733A JP 13073393 A JP13073393 A JP 13073393A JP 2656203 B2 JP2656203 B2 JP 2656203B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
character
fx
fy
index
pm
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP5130733A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH06342471A (en
Inventor
宏 久山
Original Assignee
宏 久山
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 宏 久山 filed Critical 宏 久山
Priority to JP5130733A priority Critical patent/JP2656203B2/en
Publication of JPH06342471A publication Critical patent/JPH06342471A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP2656203B2 publication Critical patent/JP2656203B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、図形処理に係わり、特に各種の文字、記号または図形の形状特性を解析するための方法に関する。 The present invention relates to relates to a graphics processing, particularly various characters, to a method for analyzing the shape characteristics of symbols or graphics.

【0002】 [0002]

【従来の技術】各種の記号・図柄・ロゴ等を配付・展示のための印刷物に印刷し、あるいは建物や看板等の構造物に取りつける場合には、製作上の機械的工程が必要であるから、それぞれの幾何学的性状を知らなければならない。 Printed on the printed material for the Background of the Invention various distribution and exhibition of the symbol, design, logo, etc., or when attached to a building or structure such as a sign, since it is necessary mechanical process on the manufacture , they must know each of the geometric properties. 例えば、印刷する場合であれば、紙面上でのスペース配分や、一緒にまたは組合わせて用いられる他の文字や記号、図柄との調和、配分等について、各種の考察や処理が必要である。 For example, in the case of printing, and space allocation on paper, together or combinational with other characters and symbols to be used, in harmony with the design, the distribution, etc., it is necessary to various considerations and process. また、展示や構造物に取りつけるのであれば、そのほか、各種材料の使用量、占有スペース、重量等に関して基本設計を行う必要があるので、そのために各種の幾何学的性状を示す数値が必要である。 Also, if attached to the display or structure, In addition, the amount of various materials, space occupied, it is necessary to perform basic design with respect to the weight or the like, it is necessary numerical values ​​indicating various geometric properties because its .

【0003】記号、文字、その他の図形は単独で用いられることもあるであろうが、大半は他の記号や文字と並べて、又は組み合わせて用いられる。 [0003] symbols, characters, and other shapes As will also be used alone, most alongside other symbols or characters, or in combination used. 既に確立した系列(書体)の文字や記号は、長年月の間に無数の組合せ(主としてその系列内での)が試みられ実用せられて、 Already characters and symbols of established series (typeface), over the years month myriad combinations (of primarily within sequence) is brought practical attempts,
相互に調和するに至っていることが知られている。 It is known that you have come to harmony with each other. 従って、新しい記号や新種の書体の文字を描いたり作り出す場合には、多数の労力と年月をかけて、あらゆる組合せや配列等を考慮して調和性を見分ければならない。 Therefore, in the case of creating or draw a new symbol and the new species of typeface characters, over a large number of labor and years, it must Miwakere the harmony of taking into account any combination or sequence, and the like. また、他系列の文字や記号と組み合せる場合には、それぞれの文字や記号の形状の特性を知る必要がある。 Further, when combined with the other sequence characters and symbols, it is necessary to know the characteristics of the shapes of characters and symbols.

【0004】 [0004]

【発明が解決しようとする課題】このように、印刷用の原稿であれ、ポスター等の展示物であれ、あるいは構造物であれ、文字、記号、図形等の配列や調整は、まず机上で十分に行う必要がある。 In THE INVENTION Problems to be Solved] Thus, it is a document for printing, it is Exhibit like posters, or any structure, characters, symbols, the sequence and coordination of graphics, etc., firstly sufficient desk there is a need to do to. 従って、無数にある既存の文字・記号、さらに試作される図柄について、それぞれの幾何学的性状が、その拡大縮小率に依存しない固有の指数として表されることが好ましい。 Thus, existing character or symbol in countless, the symbols to be further trial, each geometric properties is, it is preferably represented as a unique index that does not depend on the scaling factor. さらに、拡大縮小率の差のみでなく、異なる系列の文字・記号・図柄との間でも相互に自由に使えるような普遍性のある指数が必要となる。 Furthermore, not only the difference between the scaling factor, it is necessary to index with their disposal such universality mutually in between the letters, symbols, designs of different sequences. 本発明は、係る課題を解決するためになされたもので、サイズや系列の如何に依存しない図形固有の普遍性のある指数群を提供し、これを用いて客観的に図形等の形状特性を解析することができる形状特性解析方法を得ることを目的とする。 The present invention has been made to solve the problems relating to provide an exponential group with graphic inherent universality not how dependent size and sequence, the shape characteristics such as objectively shapes using this and to obtain a shape characterization methods that can be analyzed.

【0005】 [0005]

【課題を解決するための手段】請求項1記載の発明に係る図形等の形状特性解析方法は、文字、記号または図形の形状をコンピュータ画像処理により計測して得られた各種の計測データから以下の4項目の指数を求めてデータベース化し、これらの指数の全部を用いて、文字、記号または図形の製作、配列、デザイン、鑑別のための形状特性解析を行うことを特徴とするものである。 Shape characterization methods figure or the like according to the invention SUMMARY OF THE INVENTION The first aspect of the character, the following symbols or graphics shape from a variety of measurement data obtained by measuring by a computer image processing a database seeking index four items, using all parts of these indices, letters, symbols or fabrication of the graphic, sequence, characterized in that to perform design, shape characterization for differential .

【0006】 縦横比 FX/FY …式(1) 面積比 A/(FX・FY) …式(2) 線量比 2APM/(FX+FY) …式(4) 又は 2PM/(FX+FY) …式(5) 細密比 LNG/WA …式(6) 又は (LNG/WA)×(PM/APM) 2 …式 [0006] The aspect ratio FX / FY ... formula (1) area ratio A / (FX · FY) ... formula (2) dose ratio 2APM / (FX + FY) ... formula (4) or 2 PM/ (FX + FY) ... formula (5) fine ratio LNG / WA ... equation (6) or (LNG / WA) × (PM / APM) 2 ... equation
(7)ここに、Aは対象物の実面積、FXはX方向のフェレ径(2本の垂直外接線間の距離)、FYはY方向のフェレ径(2本の水平外接線間の距離) 、A PMは対象物の周囲長、PMは対象物の周囲長総和(対象物の周囲長と内部の孔の周囲長の和)、LNGは長さ(=APM/ (7) Here, the real area of A objects, FX is (distance between two vertical outer tangential) X direction Feret's diameter, FY is the distance between the horizontal outside tangent Y direction Feret's diameter (2 ), a PM is the peripheral length of the object, PM is the peripheral length sum of the object (the sum of the length of the outer periphery length and an internal bore of the object), LNG is the length (= APM /
2)、WAは平均幅(=2A/APM )である。 2), WA is the average width (= 2A / APM).

【0007】請求項2記載の発明に係る図形等の形状特性解析方法は、請求項1において、分離した複数の要素からなる文字、記号または図形については、これらの複数の要素間を細線により連結して1つの文字、記号または図形に変換したうえで前記形状特性解析を行うことを特徴とするものである。 [0007] shape characterization methods figure or the like according to the second aspect of the present invention, the coupling according to claim 1, character composed of a plurality of separate elements, the symbol or figure, the thin line between the plurality of elements it is characterized in that performing the shape characterization upon converted to single characters, symbols or graphics to.

【0008】 [0008]

【作用】請求項1記載の発明に係る図形等の形状特性解析方法では、解析の対象となる文字、記号、その他の図形(以下、単に図形等という)について、形状が相似であればその大きさに関係なく実用上支障ない精度の再現性を有する上記4項目の指数値を基に、その全部を用いて形状特性の解析が行われる。 [Action] In the shape characterization methods figure or the like according to the invention of claim 1 wherein the character to be analyzed, symbols, and other shapes (hereinafter, simply referred to as graphics, etc.) for their size if shape is similar based on the exponent value of the four items having a practical problem no accuracy of repeatability regardless to the analysis of the shape characteristics is performed using the entire part.

【0009】請求項2記載の発明に係る図形等の形状特性解析方法では、図形等が分離した複数の要素からなる場合であっても、1つの図形等としてみなされて形状特性解析が行われる。 [0009] In the shape characterization methods figure or the like according to the second aspect of the invention, even if composed of a plurality of elements graphics, etc. are separated, is considered as such one figure in shape characterization performed .

【0010】 [0010]

【実施例】以下本発明の実施例を詳細に説明する。 EXAMPLES The following examples of the present invention will be described in detail.

【0011】 固有指数の決定ここではまず、形状特性解析に用いるための実用上支障ない精度の再現性を有する指数値の決定方法について説明する。 [0011] In this case the determination of the specific index is described first method of determining the index value having practical problem no precision of repeatability for use in shape characterization.

【0012】図形を簡便・迅速に幾何学的に測定し、その図形に関する各種の数値情報を提供する方法としては、通常、コンピューターによる画像処理が用いられるが、これにより得られる数値は、一般に、分析に使用したサンプルの大小により変動する。 [0012] and the measurement figure to conveniently and promptly geometrically, as a method of providing a variety of numerical information about the shape, usually, the image processing by the computer is used, the numerical value obtained by this, in general, It varies depending on the sample of large and small that were used in the analysis. 従って、大きさの異なる図形間での比較、抽出等を行うには、コンピューターによる画像処理によって得られる数値そのもの(以下、原数値という)ではなく、この原数値を基にして得られる図柄(すなわち図形形状)固有の数値を用いる必要がある。 Therefore, comparison between the size of different shapes, to do extraction, etc., a computer image processing numerical obtained by itself (hereinafter, original called number) by instead of symbols obtained by the original number to group (i.e. it is necessary to use a figure shape) unique numeric. 従って、この固有の数値(以下、固有指数という)は、図柄の拡大縮小や図柄の系統に関係なく再現性を有し、実用に耐える精度をもつものでなければならない。 Accordingly, this unique number (hereinafter, referred unique index) has a reproducibility regardless system scaling and patterns of symbols shall have the accuracy for practical use.

【0013】そこで、本発明に際しては、各系統の図柄や文字を材料にして多数の原数値を求め、これを基にして得られた各指数の中から実用に耐える精度と再現性を有する固有指数を決定する作業を行った。 [0013] Therefore, in the present invention, inherent with precision and repeatability for practical use multiple original number by the symbol or character of each line to the material sought, which from among the index obtained based on work was done to determine the index. 具体的には、 In particular,
出発点を1として例えば20〜30倍(一次元的倍率) The starting point was a 1 for example 20 to 30 times (one-dimensional magnification)
まで逐次拡大を行い、各倍率の画像についてコンピューター画像処理をして原数値から各指数を計算し、実用に耐える精度と再現性のある固有指数を捜し出す作業を行った。 Sequentially performs expansion until, by the computer image processing to calculate the respective indices from the original numerical values ​​images of each magnification, work was done to locate the unique index with accuracy and repeatability for practical use.

【0014】コンピューターによる画像処理は、光学系のメカニズム、電子工学のメカニズム等を使用しているから、小さくて複雑な記号に対しては解像力の限界がある。 [0014] Computer image processing by the optical system of the mechanism, because using mechanisms such as electronics, there is a limit of resolution for small complex symbols. ディスプレイが、例えばX座標520画素、Y座標480画素のものを用いた場合、レンズ系の解像力を増大したとしても、ディスプレイ上でのXまたはY方向の画素数が80画素以下となるような図形サイズで分析するのは好ましくなく、特に10〜20画素程度の場合には数値が不正確になる。 Display, for example, X-coordinate 520 pixels, when used as the Y-coordinate 480 pixels, even if increasing the resolving power of the lens system, such as the number of pixels X or Y direction on the display is 80 pixels or less figure is not preferable to analyze the size, numerical becomes inaccurate especially in the case of about 10 to 20 pixels. 細部がつぶれて丸みを帯び、線長が小さくなる傾向があるからである。 Rounded by crushed detail, they tend to line length is reduced. 従って、少なくとも80画素以上のサイズで測定できるように調整することにし、測定条件を様々に変えて得られた各指数のうち、各平均値からのばらつきが±3%以内のものを合格とした。 Therefore, to be adjusted so as to measure at least 80 or more pixels of size, among the indices obtained by variously changing measurement conditions, the variation from the average value was as acceptable within 3% ± . 優れたものは0.2%位の精度の再現性を示した。 Excellent ones showed reproducibility of 0.2% position accuracy.

【0015】原数値が50個程度の場合、これらの原数値から考えられる組合せ計算数値(固有指数の候補)は200〜300以上となる。 [0015] If the original number is about 50, the combination calculating numerical values ​​considered from these raw numbers (candidate of unique index) is 200-300 more. この中から、上述の精度の条件に合致しさらに形状の幾何学的性状の表現に適する固有指数として、次の9種類の指数が重要であるとの結論を得た。 Which of these as a unique index suitable for expression of the geometrical properties of the further shape to match the condition of the above-described accuracy, the following nine index was concluded that it is important. なお、これら以外の計算数値の中には±10 Incidentally, ± some of these other calculations numerical 10
%以上の大きい誤差を示す指数も少なくなかった。 Index indicating% or more large errors also were many.

【0016】(1)FX/FY (2)A/(FX・FY) (3)CYV/(FX 2・FY) (4)2APM/(FX+FY) (5)2PM/(FX+FY) (6)LNG/WA (7)(LNG/WA)×(PM/APM) 2 (8)(CGX−X)/FX (9)(CGY−Y)/FY 次に、上記指数群の算出に用いた原数値について説明する。 [0016] (1) FX / FY (2 ) A / (FX · FY) (3) CYV / (FX 2 · FY) (4) 2APM / (FX + FY) (5) 2 PM/ (FX + FY) (6) LNG / WA (7) (LNG / WA) × (PM / APM) 2 (8) (CGX-X) / FX (9) (CGY-Y) / FY Next, the original values used for calculation of the index group It will be described. 一般に、コンピューター画像処理によって得られる数値(原数値)の種類には、二値計測値、白黒比計測値、手計測値の3つがある。 Generally, the types of numerical value obtained by computer image processing (original number), the binary measured values, black and white ratio measurements are of three types hand measurements. 本発明では、これらのうち、二値計測により得られる原数値として以下に示す4 In the present invention, among these, 4 shown below as a raw numerical value obtained by binary measurement
5種を採用し、また、白黒比と手計測は必要に応じて行うこととした。 Five adopted, also black and white ratio and hand measurements was that when necessary. なお、以下の原数値群のうち長さに関するものについては画素数を単位としている。 Note that the unit of the number of pixels for those on the length of the following original set of numbers.

【0017】1. [0017] 1. A〔実面積〕(図4) :対象物の実面積である。 A [actual area] (Figure 4): the real area of ​​the object.

【0018】2. [0018] 2. NHL〔孔の数〕 3. NHL [number of holes] 3. AIH〔孔を含む面積〕(図4) :孔を有する対象物の孔を含めた面積である。 AIH [area including holes] (Figure 4): an area including holes of objects with holes.

【0019】4. [0019] 4. APM〔対象物の周囲長〕(図5)。 APM [peripheral length of the object] (Figure 5).

【0020】5. [0020] 5. PM〔周囲長総和〕(図5) :対象物の周囲長(APM)と孔の周囲長(HPM)の和(A PM [perimeter sum] (Figure 5): the sum of the length of the outer periphery length (APM) and the hole of the object (HPM) (A
PM+HPM)である。 PM is a + HPM).

【0021】6. [0021] 6. X〔最小X座標〕 :小型計算機の場合は例えば、0≦Y<512(画素)である。 X [minimum X-coordinate]: for small computers for example, 0 ≦ Y <512 (pixels).

【0022】7. [0022] 7. Y〔最小Y座標〕 :小型計算機の場合は例えば、0≦Y<480(画素)である。 Y [minimum Y-coordinate]: for small computers for example, 0 ≦ Y <480 (pixels).

【0023】8. [0023] 8. FX〔X方向フェレ径〕 :対象物を2本の垂直線で挟んだときの垂直線間の距離であって(図6)、例えば、1≦FX≦512である。 FX [X-direction Feret's diameter]: a distance between the vertical lines of an object when sandwiched between two vertical lines (Fig. 6), for example, is 1 ≦ FX ≦ 512. なお、 It should be noted that,
「フェレ」については後述する。 Will be described later, "Ferre".

【0024】9. [0024] 9. FY〔 方向フェレ径〕 :対象物を2本の水平線で挟んだときの水平線間の距離であって(図6)、例えば、1≦FY≦480である。 FY [Y-direction Feret's diameter]: a distance between the horizontal lines of the object when sandwiched between two horizontal lines (Fig. 6), for example, is 1 ≦ FY ≦ 480.

【0025】10. [0025] 10. CGX〔X方向重心座標〕 :例えば、0≦CGX≦512である。 CGX [X-direction center coordinates]: for example, 0 ≦ CGX ≦ 512.

【0026】11. [0026] 11. CGY〔Y方向重心座標〕 :例えば、0≦CGY≦480である。 CGY [Y-direction center coordinates]: for example, 0 ≦ CGY ≦ 480.

【0027】12. [0027] 12. HD〔円相当径〕(図7) :対象物の面積と等しい面積を有する円の直径である。 HD [equivalent circle diameter] (Figure 7): the diameter of a circle having an area equal to the area of ​​the object.

【0028】13. [0028] 13. RND〔真円度〕 :RND=4π RND [roundness]: RND = 4π
A/(APM) 2 A / (APM) 2.

【0029】14. [0029] 14. LNG〔長さ〕 :LNG=(AP LNG [length]: LNG = (AP
M)/2。 M) / 2.

【0030】15. [0030] 15. WA〔平均幅〕 :WA=2A/A WA [Average Width]: WA = 2A / A
PM。 PM.

【0031】16. [0031] 16. ODL〔楕円相当長軸〕(図8) ODL [ellipse corresponding major axis] (Figure 8)
:重心のまわりの慣性モーメントより得られる楕円長軸の長さである。 : Is the length of the ellipse major axis obtained from the moment of inertia around the centroid.

【0032】17. [0032] 17. ODS〔楕円相当短軸〕(図8) 18. ODS [ellipse corresponding minor axis] (Figure 8) 18. OLS〔楕円長軸の傾き〕(図8) :0°≦ OLS [slope of the ellipse major axis] (Figure 8): 0 ° ≦
OLS≦180° 19. OLS ≦ 180 ° 19. OSF〔楕円長短軸比〕 :OSF=ODL/O OSF [elliptical long and short axis ratio]: OSF = ODL / O
DS 20. DS 20. LG〔長軸への射影長〕 21. LG [projection length to long axis] 21. WD〔短軸への射影長〕 22. WD [projection length to the minor axis] 22. PMH〔包絡周囲長〕(図9) :対象物の凸部を結んでいったときの周囲長である。 PMH [enveloping perimeter] (Figure 9): a peripheral length of time went by connecting the convex portion of the object.

【0033】23. [0033] 23. ACV〔凸閉包面積〕(図9) : ACV [convex hull area] (Figure 9):
包絡線で囲まれる部分の面積である。 Is the area of ​​the portion surrounded by the envelope. 24. 24. ML〔最大絶対長〕(図10) :対象物の周上の任意の2点間の距離のうち最大の長さである。 ML [maximum absolute length] (Figure 10): is the maximum length of the distance between any two points on the circumference of the object.

【0034】25. [0034] 25. MW〔最大絶対長幅〕(図10) MW [maximum absolute length width] (Fig. 10)
:絶対長MLに平行な2本の直線で対象物を挟んだときの2直線間の距離である。 : Is the distance between two straight lines when sandwiching the object by two straight lines parallel to the absolute length ML.

【0035】26. [0035] 26. MSL 〔最大絶対長の傾き〕(図1 MSL [maximum absolute length of the slope] (Fig. 1
0) :X軸と絶対最大長MLの方向とのなす角度であって、0°≦MSL≦180°である。 0): A angle between X axis and the direction of the absolute maximum length ML, which is 0 ° ≦ MSL ≦ 180 °.

【0036】27. [0036] 27. WAX〔X方向平均幅〕 :X方向の断面の長さの平均値である。 WAX [X-direction average width]: the X-direction section is an average value of the length.

【0037】28. [0037] 28. CYV〔円柱体積〕(図11) : CYV [cylinder volume] (Figure 11):
対象物をY方向に微小間隔Δdで切断したときの各切断線の長さ(X方向)をwi としたとき、次の式で表される。 When the object the length of each cutting line when cut by small distance Δd in the Y direction (X direction) and wi, is expressed by the following equation.

【0038】 [0038]

【数1】 [Number 1] 29. 29. EDH〔水平等分径〕(図12) :面積を二等分する水平線で切られた切口の長さである。 EDH [horizontal equal diameter] (Figure 12): the area of ​​cut that was cut by a horizontal line bisecting the length.

【0039】30. [0039] 30. EDV〔垂直等分径〕(図12) EDV [vertical equal diameter] (Figure 12)
:面積を二等分する垂直線で切られた切口の長さである。 : Cuts that are cut by a vertical line bisecting the area in length.

【0040】31. [0040] 31. NCG〔最短重心間距離〕 32. NCG [shortest distance between the centers of gravity] 32. NOB〔最短粒子ラベル〕 :NCGを与える対象物のラベルである。 NOB [shortest particle labels]: NCG is the label of the object that gives.

【0041】33. [0041] 33. CRL〔重心からの最大距離〕 34. [Maximum distance from the center of gravity] 34 CRL. CRS〔重心からの最小距離〕 35. [Minimum distance from the center of gravity] 35 CRS. CRA〔重心からの平均距離〕 36. [Average distance from the center of gravity] 36 CRA. CR2〔平均2乗半径〕 :次の式で表される。 CR2 [mean square radius]: is represented by the following formula.

【0042】 [0042]

【数2】 [Number 2] 37. 37. RLT〔重心からの最大距離方向〕 :0°≦R RLT [maximum distance direction from the center of gravity]: 0 ° ≦ R
LT≦360° 38. LT ≦ 360 ° 38. RST〔重心からの最小距離方向〕 :0°≦R RST [minimum distance direction from the center of gravity]: 0 ° ≦ R
ST≦360° 39. ST ≦ 360 ° 39. LC1〔重心を通る四方向径1〕(図13) 40. LC1 [four directions diameter 1 passing through the center of gravity] (FIG. 13) 40. LC2〔重心を通る四方向径2〕(図13) 41. LC2 [four directions diameter 2 passing through the center of gravity] (FIG. 13) 41. LC3〔重心を通る四方向径3〕(図13) 42. LC3 [four directions diameter 3 passing through the center of gravity] (FIG. 13) 42. LC4〔重心を通る四方向径4〕(図13) 43. LC4 [four directions diameter 4 passing through the center of gravity] (FIG. 13) 43. THL〔8方向最大肉厚〕(図14) :8方向の各方向での肉厚TH1〜TH8のうちの最大値である。 THL [8 direction maximum thickness] (Figure 14): 8 is the maximum value of the direction thickness in each direction of TH1~TH8.

【0043】44. [0043] 44. THS〔8方向最小肉厚〕(図1 THS [8 minimum thickness direction] (Fig. 1
4) :8方向の各方向での肉厚TH1〜TH8のうちの最小値である。 4): 8 which is the minimum value of the direction thickness in each direction of TH1~TH8.

【0044】45. [0044] 45. THA〔8方向平均肉厚〕(図1 THA [8 direction average thickness] (Fig. 1
4) :8方向の各方向での肉厚TH1〜TH8の平均値である。 4): 8 is the mean value of the thickness TH1~TH8 in each direction in the direction.

【0045】以上の原数値群は、普及している計算機による画像処理プロセスの一例であるが、これに類似の他のプロセスを適用することも可能である。 The above raw numerical value group is an example of an image processing process by a computer which is widespread, it is also possible to apply other similar process thereto. これらのプロセスはそれぞれの用途と特色を有しており、計算値の種類にも若干の差はあるが、いずれのプロセスにも適用は可能である。 These processes have a respective application and features, but also on the type of calculation values ​​there are some differences, applied to any of the process is possible.

【0046】なお、上記の原数値群は、一般に、分析サンプルの大きさによってその数値が異なるが、一部のもの(例えば、2:NHL,13:RND,18:OL [0046] The above raw numerical value group is generally, but that number depending on the size of the analyzed sample are different, some of them (e.g., 2: NHL, 13: RND, 18: OL
S,19:OSF,26:MSL,37:RLT,3 S, 19: OSF, 26: MSL, 37: RLT, 3
8:RST)のように、他の原数値との比であるものや角度を示すものについては、図形の形状が同じであれば同一であるべきものなので、固有指数としての要件の一部を具備している。 8: As in RST), for those showing a or angle ones, which is the ratio of the other original number, since the shape of the figure should be the same if the same, some of the requirements for a specific index It is provided. 従って、これらを上記の9種類の固有指数とともに使用することも有効である。 Therefore, it is also effective to them for use with nine unique index above.

【0047】なお、拡大縮小に伴って生ずる誤差については上記のように各種のテストを行ったが、実際のテストの状況を示すために、図15及び図16に2つのサンプルを示す。 [0047] Note that the error caused along with the scaling was subjected to various tests as described above, to indicate the actual test conditions, showing the two samples 15 and 16. ここで、図15は漢字の「亜」(マール社出版の新楷書体より抜粋)を示し、図16はアルファベットの大文字の「T」をテーマとするマーク(マーク・ Here, FIG. 15 shows an "A" (Excerpt from the new regular script of Mahr publication) of Chinese characters, 16 mark on the theme of "T" in the alphabet of capital letters (Mark
シンボル−3 柏書房 No. Symbol -3 Kashiwashobo No. 1437より抜粋)を示す。 1437 show a more excerpt). 小さい方のサンプル(両図の( ))よりも大きい方のサンプル(両図の( ))の方が正確な数値を得られると考えられるが、この両者の中間倍率についても何段階かのテストを行った。 It is believed that towards the smaller samples (in both drawings (B)) larger samples than (in both Fig. (A)) is obtained the exact numbers, several steps also the intermediate magnification of both of the test was carried out.

【0048】 固有指数の内容説明次に、本実施例で使用される9種類の固有指数の内容について説明する。 The content of the specific index description will be described the contents of the nine unique exponent used in the present embodiment.

【0049】まず第1の指数群としては、その図形の領域に関する指数がある。 [0049] First as the first index group may index for region of the figure. このグループに属する指数は、 Index belonging to this group,
対象物(記号、文字、図形等)が紙面上又は空間的にいかなる領域を必要とするかを示すものである。 Object (symbols, characters, graphics, etc.) is indicative whether requiring paper-or spatially any region. その領域については様々な考え方がある。 There are a variety of ideas for the area. 例えば、それが印刷される活字の場合、アルファベットなら横に並べられ、漢字であれば縦か横に一つづつ並べられることが前提となる。 For example, if the print which it is printed, side by side if the alphabet, the horizontally or vertically be aligned one by one as a premise, if Chinese characters.

【0050】いま、図6に示したFXとFYで囲まれた長方形や正方形をその領域と考え、これを仮にフェレ領域(縦横比)と呼ぶ。 [0050] Now, consider a rectangle or square and the area surrounded by the FX and FY shown in FIG. 6, it referred At the the tentatively Feret region (aspect ratio). そして、このフェレ領域の形は次式で表される。 The shape of the Feret region is represented by the following equation. FX/FY……(1) 印刷・活字の分野の重要性を考えると、(1)式で示されるフェレ領域が最も重要と考えられ実用性も大きい。 FX / FY ...... (1) Given the importance of printing and print areas (1) Feret region is larger most important is considered practical of formula.
また、計測数値の再現性の正確さからいっても、このフェレ領域を示す指数が最も優れた結果を示し、拡大・縮小率、各種の図形のサンプルについてのテストにおいて、平均値に対する最大誤差は±0.5%以下であった。 Further, even if the reproducibility of the accuracy of the measurement numbers, shows the result of index indicating the Feret area is best, scaling factor, in testing a sample of the various figures, the maximum error for the mean value ± was 0.5% or less.

【0051】なお、図4に示す実面積部分(原数値Aで示される)や孔を含む面積部分(原数値AIHで示される)も一種の領域と考えることもできるし、あるいは上述したODL−ODSで定まる長方形(図8)や凸閉包形ACV(図9)、またはML−MWで定まる長方形(図10)も領域と考えることができる。 [0051] Incidentally, (represented by the original numerical AIH) area portion including the actual area portion (indicated by the original numerical A) and holes shown in FIG. 4 also it can either be considered as a kind of region, or the above-described ODL- can be considered defined rectangles (Fig. 8) or convex hull shape ACV (Fig. 9), or determined by ML-MW rectangular (FIG. 10) is also the region and in ODS. しかしながら、これらのうちML−MW領域とODL−ODS領域は特殊の意味を有し必要に応じて計測することはあるものの、普遍的な指数として用いるには、その数値の再現性、精度において不適であった。 However, although the ML-MW region and ODL-ODS region of these is to measure optionally have the meaning of the special, the use as a universal index, reproducibility of the number, unsuitable in precision Met. 一方、A,AIH,A On the other hand, A, AIH, A
CVについては、図形の領域を表すものとして有用と考えられる。 The CV, be useful as representing regions of the graphic. 以下、これらの原数値について、一例をあげて説明する。 Below, for these raw numbers, it will be described by way of an example.

【0052】図17はアルファベットの大文字の「A」 [0052] FIG. 17 of the capital letter "A"
を表したものである。 It illustrates a. 原数値Aは文字「A」の実質面積(黒塗り部分)を示す値であり、原数値AIHは原数値Aに図中の縦斜線を施した孔51の面積を加えたものである。 Hara numerical A is a value indicating a substantial area of ​​the letter "A" (black portion), raw numeric AIH is obtained by adding the area of ​​the vertical hatched holes 51 in the figure to the original numerical A. また、原数値ACV(凸閉包)は、AIHに横線を施した凹部52〜54を加えた面積である。 Also, the original numerical ACV (convex hull) is the area obtained by adding a recess 52 to 54 subjected to horizontal line AIH. 文字「A」の領域としては、前述のFX−FYで示されるフェレ領域の他に、原数値A,AIH,及びACVもそれぞれ意義を有するものといえるが、本実施例においては、再現性と有用性から次の式で表される指数(面積 The area of ​​the character "A", in addition to the Feret area indicated by the aforementioned FX-FY, raw numeric A, AIH, and ACV also be said to have the meanings respectively, in the present embodiment, the repeatability index represented by the following formula from the utility (area
比)を用いることとした。 It decided to use the ratio).

【0053】A/(FX・FY)……(2) なお、AIH/(FX・FY)及びACV/(FX・F [0053] A / (FX · FY) ...... (2) It should be noted, AIH / (FX · FY) and ACV / (FX · F
Y)も参考指数としては意味をもつが、正確度において(特にACV/FX・FYは)不安定な場合が見られた。 Y) is also meaningful as a reference index, (especially ACV / FX · FY in accuracy is) if instability was observed.

【0054】第2の指数群は、記号や図形の形成に使用される線の量に関するものである。 [0054] The second index group are those related to the amount of the lines used to form symbols or graphics. 定められた領域内に線を使って図形を描いていく場合、線の先端と終端が連結して形を構成するが、その内部が黒く塗られれば、その線の内部領域は原数値Aに対応する。 If you draw a figure with a line defined in a region, and constitute a form coupled tip and end of the line, if the inside is painted black, the internal region of the line in the original numerical A corresponding. しかし、線の先端と終端が連結されても、その内側が空白であれば大きい孔となる。 However, even if the tip and the end of the line is connected, the inside becomes large pores if blank. この場合の原数値Aは外周をまわる線の面積のみとなるが、原数値AIHは内を黒く塗りつぶした時の原数値Aと同じである。 The original numerical A case is the only area of ​​the line around the outer periphery, raw numeric AIH is the same as the original numerical A when blackened inner.

【0055】一方、線量について見ると、黒く塗りつぶした時はAPM=PMであるが、内部が空白の場合はP [0055] On the other hand, looking at the dose, but when I fill black is the APM = PM, if inside is blank P
M=APM+HPMとなる(図 )。 The M = APM + HPM (Figure 5). 外周の線量APM Dose APM of the outer periphery
が定められた領域内で多くなっていけば形は複雑となって実面積Aは小さくなる。 If it increasingly within a defined region where shape actual area A becomes complicated is reduced. さらに内部構造の線量HPM Further dose HPM of the internal structure
が増加すると内部に孔が形成され、Aはますます小さくなる。 There hole is formed therein with increasing, A is smaller and smaller.

【0056】すなわち、線量は図形の形状に極めて大きな作用を与え、特に実面積Aときわめて密接な関係をもつ。 [0056] That is, a dose gives a very large effect on the shape of the graphic, in particular with a very close relationship between the actual area A. そこで、線量APM及びPMを、図形形状に固有の指数とするために、その図形の長さの単位として、フェレ径FXとFYの平均値(FX+FY)/2で正規化(規格化)して得られる次式の指数(線量比)を採用した。 Therefore, the dose APM and PM, in order to a unique index to figure shape as its unit of length of the figure, Feret's diameter FX and the average value of the FY (FX + FY) / 2 normalized (normalized) to resulting equation exponent (dose ratio) was employed.

【0057】 APM/〔(FX+FY)/2)〕=2APM/(FX+FY)……(4) PM/〔(FX+FY)/2)〕=2PM/(FX+FY)……(5) なお、APMとPMの比PM/APMは、多数のサンプルの各種の拡大縮小によってはほとんど変動しない基本指数の一つのと考えられ、後述する(7)式で示される指数の計算に使用される。 [0057] APM / [(FX + FY) / 2)] = 2APM / (FX + FY) ...... (4) PM / [(FX + FY) / 2)] = 2 PM/ (FX + FY) ...... (5) In addition, APM and PM the ratio PM / APM of is considered as one of the basic indices hardly change by different scaling of multiple samples, it is used to calculate the index represented by the later-described (7).

【0058】なお、領域としてフェレ領域(FX−F [0058] It should be noted, Ferre area as an area (FX-F
Y)が最適で正確であることが、実験上確められている。 Y) that is optimum and accurate, are Me experiments on probability.

【0059】このように、図形の領域を代表する長さの単位として、(FX+FY)/2を使用して各種の原数値を正規化し、再現性、正確度を計算したが、上記(4)式及び(5)式の指数は、繰返し実験上の平均値に対し、±1.5〜±2.0%の範囲の誤差にとどまり、有用性が確認された。 [0059] Thus, as a unit of length representing the area of ​​the figure, by using (FX + FY) / 2 to normalize the various original numbers, reproducibility has been calculated accuracy, (4) index of formula and (5), compared the average value of the repeated experiments, remains in an error range of ± 1.5 to ± 2.0%, usefulness was confirmed.

【0060】第3の指数群は、線量と、その線量で構成される図形の実面積Aとの関係を示すものであり、前述の第2の指数群とAとを組合わせたものである。 [0060] The third index groups, and dose, which shows the relationship between the actual area A of the figure composed of the dose, in which a combination of a and A second exponent foregoing groups of .

【0061】コンピュータ画像処理の原数値として、上記のようにLNG(=APM/2)がある。 [0061] as the raw value of the computer image processing, as described above there is LNG (= APM / 2). これは図形の周囲を形成する線の長さの半分であり、APMの全長を2つ折りにして引き延ばし、一直線とした時の長さである。 This is half the length of the line forming the periphery of the figure, stretching to the full length of the APM folded in two, the length of time that a straight line. また、原数値WA(平均幅)は次式で表される。 Also, the original numerical WA (average width) is represented by the following equation.

【0062】 [0062] そこで図形の長さと平均幅の比から計算される指数(細 So index is calculated from the ratio of length to average width of the graphic (thin
密比)を採用する。 To adopt a tight ratio).

【0063】LNG/WA……(6) APMが大きければLNGが大きくなり、さらに実面積Aが小さければWAは小さくなる。 [0063] If the LNG / WA ...... (6) APM is greater LNG is increased, the smaller the further the actual area A WA is reduced. また、LNGが大きくWAが小さいほど(6)式で示される指数は大きくなる。 Also, index LNG is indicated by larger as WA is small (6) is increased. すなわち、(6)式の指数が大きいということは、 In other words, the fact that a large index (6),
多量の線が用いられかつ切取られた面積が小さいということである。 And truncated area used a large amount of the line is that small.

【0064】この指数はAPMを基礎にしているが、総線量PMをも考慮した場合には次式で与えられる指数を採用する。 [0064] Although this index is the basis of the APM, in the case also in consideration of the total dose PM to adopt the index given by the following equation.

【0065】 (LNG/WA)×(PM/APM) 2 ……(7) この式より、PM/APM=1のとき、すなわちPM= [0065] (LNG / WA) × (PM / APM) 2 ...... (7) From this equation, when the PM / APM = 1, i.e. PM =
APMであれば(6)式と(7)式は同一値となる。 If APM (6) below and (7) are the same value. すなわち、(6)式の指数は外周線に関し、また、(7) That is, (6) relates to expression index peripheral line, also, (7)
式の指数は外周線と内部構造の線量とを加えた総線量に関して、その図形の細密性とでもいうべき形状特性を示すものであり、その値が大きいほど細密度が高いということができる。 Index equation for total dose plus the outer peripheral line and the internal structure dose, which shows a shape characteristic should be called fine of the figure, it can be said that a high degree of detail greater the value.

【0066】なお、(6),(7)式の指数の分析は、 [0066] It should be noted, (6), (7) an analysis of the index of the equation,
50〜80以上の画素数の条件下で行った。 50 to 80 was carried out under the conditions of equal to or greater than the number of pixels. これにより、拡大縮小率の大小に影響されない事実上使用可能な正確度を示す指数であることが確認された。 Thus, it was confirmed that the index indicating virtually usable accuracy is not affected by the magnitude of the scaling factor.

【0067】第4の指数群は、記号や図形の実体がその領域をどの程度充満させているかを示すものである。 [0067] The fourth index groups, illustrates how entities symbols and graphics are what extent is filled the area.

【0068】二次元的に見るとフェレ領域に対する実面積Aの比は(2)式のA/(FX・FY)で表される(図18参照)。 [0068] The ratio of the real area A to see if Feret region in two dimensions is represented by (2) A / the formula (FX · FY) (see FIG. 18).

【0069】ところで、上記した原数値の中に、円柱体積CYVという数値がある。 [0069] By the way, in the original numerical value mentioned above, there is a numerical value of the cylinder volume CYV. この場合には、図19に示すように、図形を収める立体フェレ領域とでもいうべきものを考えらる必要がある。 In this case, as shown in FIG. 19, it is necessary Kangaeraru what should be called stereoscopic Feret area fit the shape. この立体フェレの大きさはFX2 ・FYであるから、これでCYVを正規化して得られる次式の指数を採用することとした。 Since this magnitude of the three-dimensional Feret is FX2 · FY, we decided to use the following equation exponent obtained by normalizing it with CYV. この指数についても、多数の繰り返し実験によって正確さが立証されている。 This index also have proven accuracy by numerous repeated experiments.

【0070】CYV/(FX 2・FY)……(3) 第5の指数群は、記号や図形の重心に関するものである。 [0070] CYV / (FX 2 · FY) ...... (3) fifth index group is related to the center of gravity of the symbols and figures. 幾何学的な特性のうち、重心はきわめて重要であることは論を要しない。 Of geometric properties, it centroid is crucial not require logical. 重心の座標の表示には、フェレ領域を用いる。 The display of the center of gravity coordinates, using Feret region. コンピューター画像処理の場合は左上の隅が座標の0点で、右へX座標、下へY座標をとる。 For computers image at 0 point of the upper left corner coordinates, X coordinates to the right, and the Y coordinate to the bottom. この座標を用いた図形の重心の座標は次の通りである。 Barycentric coordinates of the graphic using the coordinates is as follows.

【0071】(X座標)=CGX−X (Y座標)=CGY−Y そして、これらの数値をFX及びFYでそれぞれ正規化し、重心座標の位置を示す指数とする。 [0071] (X-coordinate) = CGX-X (Y-coordinate) = CGY-Y and, these numbers respectively normalized by FX and FY, a index indicating the position of the center of gravity coordinates.

【0072】(CGX−X)/FX……(8) (CGY−Y)/FY……(9) これをフェレ領域内で図示すると、例えば図20(A) [0072] (CGX-X) / FX ...... (8) When (CGY-Y) / FY ...... (9) This is illustrated by Feret region, for example, FIG. 20 (A)
に示すギルサン・ボールド・イタリック大文字「B」のフェレ領域内での重心位置は、同図(C)の符号56に示す位置となる。 Center of gravity of at Girusan-bold italics uppercase Ferre region "B" shown in is a position indicated by reference numeral 56 in FIG. (C). なお、同図(B)は、同図(A)の文字「B」のフェレ領域に対し、各種領域を図18の表示方式に従って表したものである。 Incidentally, FIG. (B), the Feret area of ​​the character "B" of Fig (A) to one in which the various regions expressed in accordance with the display method of FIG. 18. なお、各種の文字や図形について拡大縮小を行うことにより上記(8), The above by performing scaling for various characters and figures (8),
(9)式の指数の再現性を検討したが、これらは極めて優れた精度を示した。 (9) was examined the reproducibility of the index type, but they showed very excellent accuracy.

【0073】ところで、重心座標を簡便に求める場合、 [0073] By the way, if you easily determine the center of gravity coordinates,
特に問題となるのは、図形等が複数個の分離独立した部分(ラベル)から成り立っている場合である。 Of particular concern is when the figure or the like is composed of a plurality of separate independent part (label). このような場合、コンピューター画像処理では、それぞれのラベルについて重心座標、面積等が算出される。 In this case, a computer image processing, barycentric coordinates, area, etc. are calculated for each label. そして、記号全体としての重心を求めるには、各ラベルの重心座標と実面積(A)とを用いて算出しなければならい。 Then, in order to determine the center of gravity of the entire symbol has shall calculated using the barycentric coordinates and the actual area of ​​each label (A). 簡単な図形の場合やラベル数の少ない場合は、このような方法でも問題ないが、複雑な図形の場合や多数のラベルから構成される図形では、全体としての重心の算出は容易ではなく、事実上不可能に近い。 If less if and label number of simple graphics, but no problem in this way, in the figure consists of the case and a large number of labels complex shapes, calculating the center of gravity as a whole is not easy, in fact nearly above impossible. そこで、本実施例では、そのような場合に事実上支障のない値を得るための簡便方法を採用した。 Therefore, in this embodiment, to use a simplified method for obtaining virtually no trouble value in such cases.

【0074】まず、4またはそれ以上のラベルからなる図形の各ラベル間を、できるだけ細い直線を用い、考えられる組合せ方法で連結して1ラベルとして分析し、各連結方法ごとに得られる図形全体としての分析値と、各ラベルごとの分析値から得られる図形全体についての理論値とを対比する。 [0074] First, between each label shapes consisting of 4 or more labels, using as much as possible narrow linear, and analyzed as a label linked with conceivable combination method, the whole figure obtained for each coupling method to the analytical values ​​of the theoretical value for the entire pattern obtained from the analysis values ​​of each label comparison.

【0075】例えば図21(A)あるいは図22(A) [0075] For example, FIG. 21 (A) or FIG. 22 (A)
に示すように、理論的に計算してそれぞれの重心を求め得る4または5つのラベルからなる図形を考える。 As shown in, consider the shape of four or five labels may ask each centroid and theoretically calculated. 図2 Figure 2
1においては同図(B)〜(H)に示すような方法で、 In the 1 in a manner shown in FIG. (B) ~ (H),
また、図22においては同図(B)〜(G)に示すような方法で、それぞれ各ラベル間を直線で連結して一つのラベルとして分析し、その各分析値を、ラベルごとの分析値から得られた理論計算値と比較する。 Further, a method as shown in the figure in FIG. 22 (B) ~ (G), respectively were analyzed as a single label by connecting a straight line between each label, the respective analytical values, analysis values ​​of each label compared with the theoretical calculation values ​​obtained from.

【0076】この場合、連結のために加線したことによって変化するのは、APMやPM等の線量である。 [0076] In this case, to change by the river for coupling is the dose, such as APM or PM. 面積に関するものは、加線によって若干増大するが、これらの数値は、別に各ラベルの数値の合計で簡単に求められる。 Related area is slightly increased by the pressurized lines, these values ​​are determined separately simply the sum of the numerical values ​​of each label. 重心に関しては、加線の太さをできるだけ細くし、 With respect to the center of gravity, to narrow as much as possible the thickness of the pressure line,
かつできるだけ短い距離で連結するようにした場合、図21、図22のいずれの例でも、理論値に対し±0.3 And when so as to connect the shortest possible distance, FIG. 21, in any of the example of FIG. 22, ± the theoretical value 0.3
%以内の誤差であった。 It was an error of less than%.

【0077】このように、加線によって生じる誤差が少ないのは、本発明において採用した指数が単純な線量や面積を表すものではなく、比率を中心としたものであるからである。 [0077] Thus, the error is small caused by the pressurized lines, not adoption exponent in the present invention represents a simple dose and area, because those around the ratio. このようにして、複数のラベルからなる図形等であっても、1ラベルに変換してから測定することにより、きわめて簡便に指数計算を行うことができることが判った。 In this manner, even a figure like comprising a plurality of labels, by measuring after converting into 1 label, it was found that it is possible to perform very easily index calculation.

【0078】次に、図23(A)及び図24(A)に示すような楷書の漢字に上記方法を適用した例について説明する。 Next, FIG. 23 (A) and FIG. 24 (A) regular script the method kanji as shown in the example of applying be described. これらの図に示すように、いずれの漢字も複数ラベルから構成されるが、このような場合(漢字の場合)には、特に次の2つの連結方法が一般的である。 As shown in these figures, it is composed of any of a kanji multiple labels, if such (in kanji), particularly common are two coupling methods.

【0079】(i) ラベルとラベルの間の最短距離部分を連結する(図24(B))。 [0079] (i) connecting the shortest distance portion between the label and the label (FIG. 24 (B)).

【0080】(ii)漢字の筆順あるいはその他書字の技術を考慮し、連結しても不自然でない方法で連結する(図23(B))。 [0080] (ii) taking into account the stroke order or other document character art kanji, connecting in a non unnatural be connected (FIG. 23 (B)).

【0081】例えば、図24(B)の「画」の場合には、次のような結果が得られ、重心はやや下位で右よりであることが判る。 [0081] For example, in the case of FIG. 24 (B) of the "image" is the following results obtained, it can be seen that the center of gravity is from slightly to the right in the lower.

【0082】(CGX−X)/FX=0.527 (CGY−Y)/FY=0.517 また、図23(B)の「刊」の場合は、次のような結果が得られ、重心はかなり上位で右よりであることが判る。 [0082] (CGX-X) /FX=0.527 (CGY-Y) /FY=0.517 In the case 23 of the (B) of the "published", the following results are obtained, the center of gravity it can be seen that is significantly more right at the top.

【0083】(CGX−X)/FX=0.574 (CGY−Y)/FY=0.442 多数の例について実験を行ったが、重心については、できるだけ細い線で短く連結するようにすれば、連結方法が若干異なっても極めて正確に同一の値が得られる。 [0083] (CGX-X) /FX=0.574 (CGY-Y) /FY=0.442 was experimented for a number of example, for the center of gravity, if to couple short as much as possible thin line , the same value very accurately be different connection methods slightly is obtained.

【0084】なお、複数ラベルからなる図形等における重心以外の指数については、単純な加算で得られる場合がある。 [0084] Note that the index of other than the center of gravity in the figure or the like comprising a plurality labels, which may be obtained by simple addition. 例えば、全体としてのフェレ領域(FX−F For example, as a whole Ferre area (FX-F
Y)は、連結により何ら影響を受けず、また、APM, Y) is not in any way affected by the connection, also, APM,
PM,Aは各ラベルごとの値の加算により簡単に得られる。 PM, A is obtained simply by adding the values ​​of each label. これにより、LNG,WAも得られる。 Thus, LNG, WA also obtained. 但し、AC However, AC
V,AIH,CYVについては、加線によって影響を受ける場合が多い。 V, AIH, for CYV, is often affected by the pressurized line.

【0085】前述のごとき点を留意すれば、一般に計算が極めて困難な多数ラベルからなる不規則配置の図形であっても、本発明の指数を求めるに当たって、特に一ラベルに連結した図形の分析値を用いることができ、この場合にも事実上の支障を生じないことを見出した。 [0085] If attention points above such as, even shapes generally consist of calculations extremely difficult multiple labels irregular arrangement, when determining the index of the present invention, the analysis value of a figure linked to particular first label can be used, found that no factual problem even in this case.

【0086】 以上のように、本発明によれば、前述した [0086] As described above, according to the present invention, the above-mentioned
(1)ないし(9)式で定義される固有指数のうち、 (1) to (9) of the unique index defined by the equation,
縦横比、面積比、線量比、及び細密比の4項目の Aspect ratio, the area ratio, the four items of dose ratios, and fine ratio
固有指数全部を用いて形状特性解析を行うことを特徴と And characterized by performing the shape characterization by using all natural exponent
する。 To. 上記4項目の固有指数のうち、線量比は式 Of specific index of the four items, the dose ratio is the formula
(4)または式(5)のいずれか一方を用いることがで (4) or be used either equation (5)
き、また細密比に関しては式(6)または式(7)の Can, also with respect to fine ratio equation (6) or (7)
いずれか一方を用いることができる。 It can be used either. なお、後述するように、これらの特性を示す指数群は、分類項目を付してコンピューターのデータ・べースとして大量に蓄積しておくことにより、目的に応じた検索に用いることができる。 As described later, the index group exhibiting these properties, by previously accumulated large amounts as a data base over the scan of the computer denoted by the classification items can be used to search according to the purpose. すなわち、図形の形状上の特性を何種類かの指数に数値化することにすれば、極めて大量の資料データを容易に分類・蓄積することができ、また、これらのデータを検索して図形や文字のコード等を得ることも可能である。 That is, if to quantify the characteristics of the shape of the figure in several types of indices, it is possible to easily classify and accumulate very large amounts of material data, also figure Ya searches these data it is also possible to obtain a character code or the like. また、新しく作られた文字やデザインとデータベース中の多数の既成文字等とを対比することにより、新たな書体やロゴ等の開発や予想を行うことも容易となる。 Further, by comparing the number of off-the-shelf character or the like in the newly created character and design and database, it is easy to develop and expectations of such new fonts and logos.

【0087】なお、前述したように、形状に固有な値を示す指数として、上記(1)〜(9)の指数の他に、必要に応じ、コンピューター分析で得られる原数値(NH [0087] As described above, as an index indicating the specific value to the shape, in addition to the exponential of (1) to (9), if necessary, the original numerical value (NH obtained by computer analysis
L,RND,OLS,OSF,MSL,RLT,RS L, RND, OLS, OSF, MSL, RLT, RS
T)や、各種の計算値(例えば、AIH/FX・FY, T) and various calculated values ​​(e.g., AIH / FX · FY,
ACV/FX・FY,A/AIH,A/ACV等)をも併用すれば、より効果的である。 ACV / FX · FY, A / AIH, when combined also A / ACV, etc.), it is more effective.

【0088】 実解析例次に、本発明において採用した各指数((1)式〜 [0088] Each index is employed in the real analysis Examples present invention ((1) -
(9)式)の実用性を示す例について、各種の記号や文字・図柄を用いて説明する。 (9) For an example showing the utility of the expression), it will be described with reference to the various symbols and characters, symbols. なお、図形・文字は、マール社出版の各種書体字典、中西亮著松香堂発行の「世界の文字」、柏書房版の「マーク・シンボル1〜3」等の図柄を抜粋して用いた。 It should be noted, graphic, character, Mahr publication of various typefaces dictionaries, Nakanishi, Akira Shirumatsu Kodo issue of "the world's characters", was used to extract a pattern such as "Mark symbol 1 to 3" of Kashiwashobo version.

【0089】本発明で採用した指数((1)式〜(9) [0089] index, which was adopted in the present invention ((1) to (9)
式)は、そのまま相互に比較できる性質を持っているが、それぞれ算出された指数値を表示するには、以下に示すような様々な方法が考えられる。 Expression) is has a property that can be compared to each other directly, to display the index values ​​calculated respectively are considered various methods such as described below.

【0090】(i) 数値のまま列記する方法(図25) (ii)(1)式のフェレ領域の形(FX/FY)と(2) [0090] Methods listed remain (i) number (FIG. 25) (ii) (1) equation in the form of Feret region and (FX / FY) (2)
式のA/(FX・FY)を、AIH/(FX・FY)やACV/(FX・FY)の数値とともに、フェレ領域の形を有する長方形の中に示す方法(図18) (iii) フェレ領域内に、(8)式の(CGX−X)/F The A / (FX · FY) of the formula, AIH / (FX · FY) and ACV / with figures (FX · FY), a method shown in a rectangle having a shape of a Ferret region (Fig. 18) (iii) Feret in the region, (8) the (CGX-X) / F
Xと(9)式の(CG−Y)/FYとを、領域自体を縦横に等分割する線と共に示す方式(図20(C)) なお、(ii)、(iii) については、図中に他の指数を数値のまま列記してもよい。 X and (9) of the (CG-Y) / FY, the method shown with a line equally dividing the area itself vertically and horizontally (FIG. 20 (C)) Note that, (ii), the (iii) is, in the drawing in may be listed remains of the numerical value of the other index.

【0091】(iv)放射線グラフ(レーダーチャート)を用いて、相互に関連する対の指数を配列し、視覚的にその図形形状をパターン化する方法(図26) ここにいう対としては、例えば次のようなものが考えられる。 [0091] with (iv) a radiation graph (radar chart), the pairs arranged the index against interrelated, it referred to herein visually method of patterning the figure shape (FIG. 26), for example, something like the following can be considered.

【0092】第1対……領域内の占有率を示す指数の対 二次元的 A/(FX・FY)……(2) 三次元的 CYV/(FX 2・FY)……(3) 第2対……図形を構成する線量を示す指数の対 外周の線量比 2APM/(FX+FY)……(4) 内外周全体の線量比 2PM/(FX+FY)……(5) 第3対……図形の細密性・粗放性を示す指数の対 外周の線量と実面積を基礎 LNG/WA……(6) 全線量と実面積を基礎 (LNG/WA)・(PM /APM) 2 ……(7) これらの6個の指数の組合せにより各種のパターンを作ることができる。 [0092] The first pair pair of index indicating the occupancy of ...... region two-dimensionally A / (FX · FY) ...... (2) three-dimensional CYV / (FX 2 · FY) ...... (3) The to-periphery dose ratio of index indicating a dose constituting two pairs ...... figure 2APM / (FX + FY) ...... (4) inner and outer circumferences entire dose ratio 2 PM/ (FX + FY) ...... (5) third pair ...... figures fine resistance and pairs periphery of extensive properties are shown exponential dose and actual area basic LNG / WA ...... (6) based on the total dose and the actual area of (LNG / WA) · (PM / APM) 2 ...... (7 ) you can make various patterns by a combination of these six index. なお、図26に示した放射線グラフにおける各対の目盛は同一とする。 Incidentally, the scale of each pair in a radiation graph shown in FIG. 26 is the same.

【0093】この放射線グラフによる表現を簡単な図形に適用した場合の例を図27〜図33に示す。 [0093] An example of applying the representation by this radiation graph simple shapes in FIGS. 27 to 33. これらの各図において、(A)は対象物の形状を示し、(B)はその対象物の指数を表示した放射線グラフを示す。 In these figures, (A) shows the shape of the object, showing a radiation graph displaying the exponent of (B) is the object.

【0094】このうち、図27において、PMは線の内側も含むから、2PM/(FX+FY)は2APM/ [0094] Among them, 27, because PM also includes the line inside, 2PM / (FX + FY) is 2APM /
(FX+FY)の2倍となっている。 It has a two-fold (FX + FY). また、図28において、A/(FX・FY)は理論値“1”に極めて近く、CYV/(FX 2・FY)は理論値“0.78”に極めて近い。 Further, in FIG. 28, A / (FX · FY ) is very close to the theoretical value "1", CYV / (FX 2 · FY) is very close to the theoretical value of "0.78". 図29においては、対象物は単なる折れ線であり、原数値Aは極めて小さい。 29, the object is merely a polygonal line, the original numerical value A is extremely small. また、APM,PM In addition, APM, PM
ともに内側・外側があり、図28の場合のほぼ2倍となっている。 Both have inside and outside, it is roughly twice the case of FIG. 28. 図31においては、対象物は1本の線からなる迷路状のものであり、LNG/WA及び(LNG/W In Figure 31, the object is of labyrinth formed of a single wire, LNG / WA and (LNG / W
A)・(PM /APM) 2のいずれも極めて大きい。 A) · (PM / APM) very large none of the 2.

【0095】次に、本発明における上記指数表現を、長い間使用されている印刷用文字群を対象物として分析した例を説明する。 Next, the exponent representation in the present invention, an example of analysis of the printing character group that has long been used as the object. ここでは、対象物である文字として、 Here, as a character as an object,
アルファベット、漢字、ヘブライ文字、及びアラブ文字の例を示す。 Alphabet, Chinese, Hebrew, and the example of the Arab character show.

【0096】文字について考える場合には、各文字間の個体差の他に、同一文字間の書体差を考慮する必要がある。 [0096] If you think about characters, in addition to the individual differences between each character, it is necessary to consider the typeface difference between the same character. 例えば、アルファベットの大文字について考えると、A,B,C,……Zまでの26文字の差があり、各文字ごとにそれぞれ古来使われてきている書体がある。 For example, considering the capital letter, A, B, C, there is a difference of 26 characters up ...... Z, there is a typeface that each been used since ancient times for each character.
ここでは、図34に示す次の6種類の各書体について、 Here, for each typeface following six shown in Figure 34,
大文字のAからZまでの各文字ごとに指数を求めた。 It was determined the index for each character from the uppercase letters A to Z. なお、ここでは、マール社出版「アルファベット字典」の書体サンプルを用いた。 Here, using a font sample of Mahr publication "alphabet's Dictionary".

【0097】 オプティマ (1001) オプティマ・イタリック (1003) オプティマ・ボールド (1005) ギルサン・ボールド・イタリック(1015) クロイスタ・ブラック (1087) ビバルディ (1102) また、漢字としては、図35に示す7種類の書体(楷書体,宋朝体,ゴジック体,隷書体,蒙書体,古印体,新かんてい流)について分析を行った。 [0097] Optima (1001) Optima italic (1003) Optima Bold (1005) Girusan-bold-italic (1015) Kuroisuta Black (1087) The Vivaldi (1102), as Kanji, seven shown in FIG. 35 typeface was carried out (regular script, Song Dynasty body, Gojikku body, clerical script, Mengniu typeface, Koshirushitai, new official residence flow) analysis for. 漢字の文字種は、 The character type of Chinese characters,
各書体ごとに2000〜3000またはそれ以上あるが、ここではマール社の字典の常用漢字から90種を無作為に選んだ。 Although 2000-3000 or more for each typeface, wherein the randomly selected 90 kinds from Joyo of dictionaries of Mahr. なお、分析サンプルは、各書体について同一文字を用いた。 It should be noted that the analytical sample, using the same letter for each typeface.

【0098】さらに、系列の異なる文字として、図36 [0098] In addition, as a different character of the series, as shown in FIG. 36
に示すヘブライ文字とアラブ文字についても分析を行った。 Also analyzed the Hebrew and Arab characters shown in. これらの文字サンプルとしては、いずれも中西亮著「世界の文字」松香堂出版を用い、主要全文字を分析・ These character sample, both using the Akira al., "The world of the character" MatsuKaorudo publication Nakanishi, analysis of the major all the characters -
計算した。 It was calculated.

【0099】図25は、以上の分析結果を数値のまま表したものである。 [0099] Figure 25 is a representation remain numerically the above analysis results. これらの数値は、各書体の文字群の平均値であり、この平均値を中心にある幅で分布している。 These values ​​are the average of the character group in each typeface are distributed in a certain width centered on the mean value. シャープな分布の場合もあるが、若干幅広い分布をしているものもある。 But there is also a case of sharp distribution, there are also those that are slightly wide distribution.

【0100】同一書体に属する文字は、いかなる文字の組合せでも、形状上の調和・整合性が良好になるように作られている。 [0100] characters belonging to the same typeface, also a combination of any character, harmonization and consistency on the shape is made to be better. 従って、この平均値のパターンは、すなわちその書体の形状特性の分布の中心を示すものである。 Thus, the pattern of the mean value, i.e., indicates the center of the distribution of the shape characteristics of the font. これらの平均値パターンを図37〜図51に示す。 These average pattern shown in FIGS. 37 to 51.

【0101】次に、同一文字について、書体間で分析した例について説明する。 [0101] Next, the same character, a description will be given of an example of the analysis between the typeface. これらの分析結果を示す放射線グラフを、以下に掲げる図52〜図63に示す。 Radiation graph showing the results of these analyzes are shown in FIGS. 52 to 63 listed below.

【0102】図52:オプティマのA 図53:オプティマのE 図54:オプティマ・イタリックのA 図55:オプティマ・イタリックのE 図56:オプティマ・ボールドクのA 図57:オプティマ・ボールドのE 図58:漢字・楷書の「様」 図59:漢字・ゴジックの「様」 図60:漢字・宋朝の「様」 図61:漢字・楷書の「与」 図62:漢字・ゴジックの「与」 図63:漢字・宋朝の「与」 これらの図から判るように、同一の文字間よりも同一の書体間にパターン類似性が見られる。 [0102] Figure 52: Optima A Figure 53: Optima of E Figure 54: Optima italic A Figure 55: Optima italic E Figure 56: Optima Borudoku A Figure 57: Optima bold E Figure 58: Chinese characters - "like" in block letters Figure 59: "like" Kanji-Gojikku Figure 60: Chinese characters, "like" of the Song Dynasty Figure 61: "given" of Chinese characters, block letters Figure 62: Kanji-Gojikku "given" Figure 63: as can be seen from the "grant" of these figures of Chinese characters, Song Dynasty, pattern similarity is seen between the same typeface than between the same character. もちろん、文字によっては、特殊のパターンを示すものもあるが、漢字の場合(特に画数の多い「様」と画数の少ない「与」を選択した)には、書体による類似性が強く現れる。 Of course, depending on the character, but there are also those that show a special pattern, in the case of the Chinese characters (especially you select the "given" less often as "like" the number of strokes of the number of strokes), similarity by typeface appears strong.

【0103】特殊文字としてヘブライ文字についての分析結果を図64に示す。 [0103] FIG. 64 The analytical results of the Hebrew characters as special characters. また、文字群の他に、アルファベットの大文字「A」をテーマとする4種のデザイン・ In addition to the character group, four of the design on the theme of capital letter "A"
マークの分析結果を図65〜図68に示した。 The analytical results of the mark shown in Figure 65 to Figure 68. これらのサンプルは、いずれも柏書房出版の「マーク・シンボル」から抜粋したものである。 These samples, one in which both the excerpt from "Mark symbol" of Kashiwashobo publication. 上述の文字群の中に相似性をもつものが多い。 Those having similarity in character group described above is large.

【0104】 図形形状解析システムの説明次に、以上説明した固有指数による図形形状解析方法を適用した図形解析システムについて説明する。 [0104] Description of the figure shape analysis system will be described next graphic analysis system using the graphical shape analysis method according to a unique index described above. これは1 This 1
具体例であって、各種の応用が可能であり、各デバイスの種類はこれに限定されない。 A specific example, various applications are possible, the type of each device is not limited thereto.

【0105】図1は、この図形解析システムの概略構成を表したものである。 [0105] Figure 1 illustrates a schematic configuration of the graphic analysis system. このシステムにはシステムバス1 System bus 1 to this system
1が設けられ、以下に示す各デバイス間を接続している。 1 is provided and connected between the respective devices shown below.

【0106】(i) 中央処理装置(CPU)12 :本システム全体の動作を制御するためのプロセッサであり、 [0106] (i) a central processing unit (CPU) 12: a processor for controlling the operation of the entire system,
メモリ13内にロードされたOS(オペレーティングシステム)の下で、各種のアプリケーションプログラムを実行する。 Under OS loaded into the memory 13 (the operating system), various application programs.

【0107】(ii)メモリ13 :起動時にハードディスク14からロードされるオペレーティングシステムを格納し必要なアプリケーションプログラムやその実行に必要な各種データを格納するRAM(随時読み書き可能メモリ)、及び基本入出力システムプログラムを格納するROM(読み出し専用メモリ)等から構成される。 [0107] (ii) Memory 13: RAM (Random Access Memory) for storing various data required for the operating system to the application program and its execution needed to store to be loaded from the hard disk 14 at startup, and output system composed of a ROM (read-only memory) which stores the program. アプリケーションプログラムは、例えば、新たな2値画像データの入力や、入力した2値画像データまたは画像データベース24から読み出した2値画像データの修正等を行うための編集プログラム、図形等の固有指数の計算、 The application program, for example, the input and the new binary image data, editing program for performing correction or the like of the binary image data read out from the binary image data or the image database 24 have entered, the calculation of the specific index figure and the like ,
解析及び各種検索等を行う解析プログラム、及び各種データの入出力を司る入出力プログラム等から構成される。 Analysis program analyzes and various search etc., and a input-output programs which controls the input and output of various data.

【0108】(iii) ハードディスク14 :OS、各種アプリケーション、各種図形等に関する固有指数で構築した指数データベース23、及び各種図形等の2値画像データで構築した画像データベース24を格納する。 [0108 (iii) The hard disk 14: OS, various applications, and stores the image database 24 constructed in the binary image data of index database 23, and various kinds figure was constructed with a unique index for various figures, and the like.

【0109】(iv)画像入力装置15(イメージスキャナ、CCDカメラ等) :紙等の媒体上に描かれた図形等を2値画像データとして読み込み、ハードディスク1 [0109] (iv) an image input device 15 (an image scanner, CCD camera, etc.): Reads the figure drawn on a medium such as paper or the like as binary image data, a hard disk 1
4内の画像データベース24に格納する。 Stored in the image database 24 in 4.

【0110】(v) フロッピーディスク装置16 :必要に応じて、フロッピーディスク媒体22から各種のデータ、あるいはアプリケーションプログラムを読み込むのに用いられる。 [0110] (v) a floppy disk unit 16: if necessary, used in the floppy disk medium 22 to read various data or application programs. なお、ハードディスク14とフロッピーディスク装置16は他のメディアで代替出来る。 Note that the hard disk 14 and floppy disk drive 16 may alternate with other media. (例えば各種光磁気ディスク、レーザーディスク、CD等) (vi)ディスプレイ装置(CRT)17 :必要に応じ、 (For example, various magneto-optical disk, a laser disk, CD, etc.) (vi) display device (CRT) 17: if necessary,
各種の数値データや画像データの表示を行う。 For displaying various numerical data and image data.

【0111】(vii) 出力装置18 :必要に応じ、各種の数値データや画像データ等を印刷出力する。 [0111] (vii) Output device 18: if necessary, to print out a variety of numerical data, image data, and the like.

【0112】(viii)キーボード19 :処理命令や必要な入出力パラメータを入力するのに用いられる。 [0112] (viii) keyboard 19: used to enter the processing instructions and input and output parameters required.

【0113】(ix)マウス20 :処理命令や必要な入出力パラメータの入力の他、2値画像の入力にも用いられる。 [0113] (ix) Mouse 20: the other input of processing instructions and required input and output parameters, is used to input the binary image.

【0114】以上のような構成の図形形状解析システムの動作を説明する。 [0114] To explain the operation of the above configuration of the graphic shape analysis system. ここでは、一例として、ある書体の文字を製作または修正する場合の文字製作・修正工程と、製作または修正した文字と他の既存文字との整合性を判定するための検索・解析工程について図2、及び図3とともに説明する。 Here, as an example, the character manufacture and the correcting step, fabricated or modified characters and other search and analysis process to determine the integrity of the existing character of the case to make or modify a certain font character 2 , and it will be described in conjunction with FIG. なお、図形形状を示す前述の指数を有効に使用して図形の判断を行いうるプロセスであれば、プロセス上の制限はなく、この指数をデータベースから検索して、直接対比することもできるのはもちろんである。 Incidentally, if the process may be carried out effectively determine the shape using the above index indicating the figure shape, limits on the process is not, searching for the index from the database, it can also be contrasted directly as a matter of course.

【0115】 製作・修正工程(図2)図1のシステムを起動後、ディスプレイ装置17の画面上の処理選択メニュー(図示せず)から「文字製作・修正」を選択すると、メモリ13内の編集プログラムが起動され、画面上に入力選択メニューが表示される。 [0115] After starting production and correcting step system (Figure 2) 1, when the process selection menu on the screen of the display device 17 (not shown) to select the "Character manufacture and modify", edited in the memory 13 program is started, the input selection menu is displayed on the screen. ここで、既に紙等の媒体上に表された文字をベースとする場合には(ステップS101;Y)、画像入力装置15によりその媒体上の文字画像を読み取る(ステップS10 Here, if based on already characters represented on a medium such as paper (step S101; Y), the image input device 15 reads a character image on the medium (step S10
2)。 2). 全く新規に文字を作成する場合には(ステップS If you create a character to a new all (step S
101;N,ステップS103;Y)、マウス20により画面を見ながらの手入力を行う。 101; N, step S103; Y), performing manual input while viewing the screen by the mouse 20. また、既に画像データベース24に登録されている文字を修正する場合には、この画像データベース24からその文字画像データを読み出す(ステップS105)。 Further, in the case of modifying the character that has already been registered in the image database 24, reads out the character image data from the image database 24 (step S105).

【0116】このようにして入力あるいは読み出された文字画像はディスプレイ装置17の画面上に表示され(ステップS106)、さらに必要があれば(ステップS107;Y)マウス20による修正を行う(ステップS108)。 [0116] In this way, the input or read character image is displayed on the screen of the display device 17 (step S106), if there is a further need; adjusting it (step S107 Y) mice 20 (step S108 ).

【0117】修正が一応終了すると(ステップS10 [0117] With the fix once completed (step S10
7;N)、CPU12はその文字画像データを基に上記(1)〜(9)の固有指数の計算を行い(ステップS1 7; N), CPU 12 performs a calculation of the specific index of (1) to (9) based on the character image data (step S1
09)、ステップS110において画面メニューで指定された出力方法(画面出力またはプリンタ出力)及び表示形式(数値表形式、放射線グラフ、またはフェレ領域形式)により、固有指数を出力・表示する。 09), the output method is specified in the screen menu in step S110 (display output or a printer output), and a display format (numeric format, radiation graph or Ferre domain form), and outputs and displays a unique index. ここで、数値表形式は図23に示した形式、放射線グラフは図26 Here, numerical tabular format shown in FIG. 23, the radiation graph 26
に示した形式、フェレ領域形式は図20(B),(C) Form shown in, Ferret domain form FIG 20 (B), (C)
に示した形式である。 In the form shown in.

【0118】このようにして出力・表示された固有指数の解析結果を見て、さらに文字画像の修正を行う場合には(ステップS112;Y)、マウス20により画面上で修正を行い(ステップS108)、再びステップS1 [0118] Look at the analysis results of the thus output, displayed specific index, further in the case of correcting the character images (step S112; Y), make corrections on the screen by the mouse 20 (step S108 ), again step S1
07に戻る。 Back to 07. そして、ステップS107〜S112の手順を繰り返し行うことにより、目標とする固有指数値が得られるまでリデザインを行う。 Then, by repeating the procedure of Step S107~S112, it performs redesigned to specific index values ​​to target is obtained.

【0119】一方、修正の余地のない状態(すなわち、 [0119] On the other hand, there is no room for correction state (ie,
満足のいく固有指数が得られた状態)まで文字が完成した場合には(ステップS112;N)、そのときの固有指数値をハードディスク14の指数データベース23に格納するとともに、完成した文字の2値画像データを画像データベース24に格納する。 If the character to the unique index obtained state) satisfactory was completed (step S112; N), stores the unique index value at that time the index database 23 of the hard disk 14, two values ​​of the finished character It stores the image data in the image database 24. この両データベースへの格納の際には、1つの文字画像に対して同一の識別コードを付しておく。 During storage in this both databases it is previously assigned the same identification code for one character image.

【0120】このような作業を繰り返し行うことにより、指数データベース23と画像データベース24が対応付けられて構築される。 [0120] By repeating such operations, index database 23 and the image database 24 is constructed in association with each other. なお、これらのデータベースの構築に際しては、例えばツリー構造あるいは階層構造のような手法を用いて分類保存を行うことにより、後の検索に有利となるようにすることができる。 Note that when the construction of these databases, for example, by performing the classification stored using techniques such as a tree structure or hierarchy can be made to be advantageous for later retrieval. 分類としては、例えば、漢字書体、一般文字、特殊文字、一般的記号、一般図形等に大分類した上で、さらにその各々について細分類していくのが好適であるが、これに限るものではなく、必要に応じ最適な分類方法を用いるようにする。 The classification, for example, Chinese character font, general characters, special characters, common signs, in terms of the major classification in general figures and the like, but it is preferred that go further subclassification for each, is not limited thereto no, so use the best classification method needed.

【0121】 文字検索・解析工程(図3)次に、ある書体の文字と他の既存の文字との整合性を判定し、文字をデザインする上で有効となる補助情報を得る場合の処理について説明する。 [0121] character search and analysis steps (FIG. 3) Next, processing when determining the integrity of the character and the other existing character of a typeface to obtain supplementary information that is effective in designing the character explain. 比較対象の文字は、双方とも新たに製作した文字であってもよいし、いずれも既存のバイパス世事であってもよい。 Comparison character, both may be a newly manufactured character, either may be an existing bypass worldly affairs. あるいは、いずれか一方が新たに製作した文字で他方が既存の文字であってもよい。 Alternatively, on the other hand either one newly manufactured character may be an existing characters. ここでは、説明上、新たに製作した文字(例えば「A」)と既存文字(例えば「B」)との整合性を見る場合について説明することにする。 Here, the description, will be explained when viewing the integrity of newly manufactured character (e.g. "A") with an existing character (e.g. "B").

【0122】まず、図1のシステムを起動後、上記図2 [0122] First, after starting the system of FIG. 1, FIG 2
のフローに従って、アルファベットの大文字「A」について新たな書体を製作し(ステップS201)、この製作した文字画像から固有指数を得る(ステップS20 According to the flow, to manufacture a new typeface for capital letter "A" (step S201), to obtain a specific index from the fabricated character image (step S20
2)。 2).

【0123】次に、ディスプレイ装置17の画面上の処理選択メニュー(図示せず)から「文字検索・解析」を選択すると、メモリ13内の解析プログラムが起動され、画面上に解析対象入力待ちのメッセージ(図示せず)が表示される。 [0123] Next, the processing selection menu on the screen of the display device 17 (not shown) Selecting "character search and analysis", the analysis program in the memory 13 is activated, the analyzed input wait on the screen message (not shown) is displayed.

【0124】ここで、比較対象である文字「B」を入力すると、指数データベース23から文字「B」について登録されている1つの書体文字が選択され、それについての1組の固有指数値データがメモリ13に読み込まれる(ステップS203)。 [0124] Here, entering the letter "B" to be compared, one typeface characters registered from the exponent database 23 for the character "B" is selected, a set of unique index values ​​data about it It is read into the memory 13 (step S203).

【0125】次にCPU12は、ステップS202で得られている文字画像「A」についての各固有指数値と読み込まれた各固有指数値とを比較し、両者の整合性を示すマッチング度を計算する(ステップS204)。 [0125] Next CPU12 compares the each unique index value read and each unique index value for the character image "A" is obtained in step S202, calculates the matching degree indicating both consistency (step S204).

【0126】マッチング度の計算方法としては様々な手法が考えられるが、例えば、(1)〜(9)の各固有指数ごとに固有指数値に対する両者の差分の比を取り、これにより得られた9個の差分比データの平均値を求める方法が考えられる。 [0126] Various techniques as a calculation method of the matching degree is considered, for example, (1) take both differential ratio of the relative specific index value for each unique index to (9) were obtained by this method of obtaining the average value of the nine difference ratio data are considered. あるいは、9個の固有指数のうち特に重要な指数のみを特定し、これらの指数についてのみ、上記の差分比データの平均値を取るようにすることもできる。 Alternatively, it is also possible to identify only a particular importance index of the nine unique index for these indices only, to take an average value of the difference ratio data. これらの方法によると、両者が完全に整合している場合にはマッチング度が“0”となり、整合性が低い程、値は大きくなる。 According to these methods, the matching degree is "0" if both are perfectly aligned, the lower the consistency, the value increases.

【0127】なお、マッチング度の算出方法は上記に限るものではなく、その他の手法(例えば、ファジィ理論等)を用いることも可能であり、あるいは、マッチング度の算出モードを複数用意しておいて適宜選択・変更できるようにすることも容易に実現できる。 [0127] The method of calculating the matching degree is not limited to the above, other methods (e.g., fuzzy logic, etc.) it is also possible to use a, or keep to prepare a plurality of calculation mode matching degree to be able to appropriately select and change can be easily realized.

【0128】このようにして1つの書体文字とのマッチング度計算が終了すると、次に、指数データベース23 [0128] In this way, the matching calculation with one typeface character finished, the index database 23
から文字「B」について登録されている他の書体文字が選択され、それについての固有指数値が読み出されてマッチング度の計算が上記と同様に行われる(ステップS From selected other typeface characters registered for character "B", it unique index value is read and the matching calculation is performed in the same manner as described above for (step S
203,S204)。 203, S204). 以下、このような処理が、文字「B」についてのすべての文字書体について行われる。 Below, such processing is performed for all of the character font of the character "B".

【0129】そして、これにより得られたマッチング度の値のうち、最小のものが選択され、これに対応する文字書体の2値画像データが画像データベース24から読み出されて、画面上に文字「A」の画像とともに表示される(ステップS206)。 [0129] Then, thereby of the obtained degree of matching values, smallest is selected, this is read from the binary image data is the image database 24 of characters font corresponding character on the screen " It is displayed together with the image of a "(step S206). このようにして、新たに製作した文字「A」に最も整合する書体の文字「B」が自動的に検索・表示されることとなる。 In this way, so that the typeface to be most consistent with the newly fabricated the letter "A" letter "B" is automatically retrieved and displayed. この解析に際しては、2値画像データを一切用いることなく固有指数のみを用いているため処理速度が極めて速く、かつメモリ1 In this analysis, a very fast processing speed due to the use of only the specific index without using the binary image data at all, and the memory 1
3の作業用メモリ領域が少なくて済むこととなる。 Working memory area of ​​3 is that less.

【0130】なお、本実施例では、文字書体の整合性判定を例に説明したが、その他、ロゴマークや商標等にも同様に適用できるのはもちろんである。 [0130] In the present embodiment describes the consistency determination of the character font as an example, other it is of course equally applicable to logos and trademarks, and the like.

【0131】 [0131]

【発明の効果】以上説明したように、請求項1記載の発明によれば、解析の対象となる図形等について、形状が相似であればその大きさに関係なく実用上支障ない精度の再現性を有する4項目の固有指数値を基に形状特性の解析を行うこととしたので、形状評価を客観的に行うことができる。 As described in the foregoing, according to the first aspect of the invention, the figure or the like to be analyzed, shape practical problem no accurate reproducibility irrespective of their size if similar since it was decided to analyze the shape characteristics based on specific exponent value of 4 items with, it is possible to perform shape evaluated objectively. また、この解析方法を適用したシステムにおいては、これらの固有指数を用いて解析を高速に行うことができる。 In the system according to this analysis method, it is possible to analyze at high speed using these specific index.

【0132】請求項2記載の発明に係る図形等の形状特性解析方法では、分離した複数の要素からなる図形等であっても1つの図形等としてみなして形状特性解析を行うこととしたので、個々の要素ごとに検索を行う場合と比べてきわめて簡便に指数計算を行うことができ、解析の処理速度の向上と処理プログラムの簡略化が可能になるという効果がある。 [0132] In the shape characterization methods figure or the like according to the second aspect of the present invention, since it was decided to perform a shape characteristic analysis considers even a figure like comprising a plurality of elements separated as such a single figure, It can be performed very easily index calculation as compared with the case where a search for each individual element, there is an effect that it is possible to simplify and enhancement processing program of the processing speed of the analysis.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例における図形形状解析方法を適用した図形解析システムを示すブロック図である。 1 is a block diagram showing a graphic analysis system using the graphical shape analysis method in an embodiment of the present invention.

【図2】図1のシステムの動作のうち文字製作・修正工程を説明するための流れ図である。 2 is a flowchart illustrating a character production and repairing process of the operation of the system of FIG.

【図3】図1のシステムの動作のうち文字検索・解析工程を説明するための流れ図である。 3 is a flowchart illustrating a character search and analysis steps of the operation of the system of FIG.

【図4】原数値A〔実面積〕とAIH〔孔を含む面積〕 [4] the original numerical A [actual area] AIH [area including holes]
を示す説明図である。 It is an explanatory view showing a.

【図5】原数値APM〔対象物の周囲長〕とPM〔周囲長総和〕を示す説明図である。 5 is an explanatory diagram showing a PM of [peripheral length sum] [peripheral length of the object] original numerical APM.

【図6】原数値FX〔X方向フェレ径〕とFY〔X方向フェレ径〕を示す説明図である。 6 is an explanatory diagram showing an original numerical FX and [X-direction Feret's diameter] FY of [X-direction Feret's diameter].

【図7】HD〔円相当径〕を示す説明図である。 7 is an explanatory diagram showing the HD [circle equivalent diameter].

【図8】ODL〔楕円相当長軸〕、ODS〔楕円相当短軸〕、及びOLS〔楕円長軸の傾き〕を示す説明図である。 [8] ODL [ellipse corresponding major axis], ODS [ellipse corresponding minor axis], and is an explanatory diagram showing an OLS [tilt of the ellipse major axis].

【図9】PMH〔包絡周囲長〕とACV〔凸閉包面積〕 [9] PMH [enveloping perimeter] and ACV [convex hull area]
を示す説明図である。 It is an explanatory view showing a.

【図10】ML〔最大絶対長〕、MW〔最大絶対長幅〕、MLS〔最大絶対長の傾き〕を示す説明図である。 [10] ML [maximum absolute length], MW [maximum absolute length width] is an explanatory diagram showing an MLS [maximum absolute length of the slope].

【図11】CYV〔円柱体積〕を示す説明図である。 11 is an explanatory diagram showing a CYV [cylinder volume].

【図12】EDH〔水平等分径〕とEDV〔垂直等分径〕を示す説明図である。 12 is an explanatory view showing EDH and [horizontal equal diameter] EDV the [vertical equal diameter].

【図13】LC1〔重心を通る四方向径1〕、LC2 [13] LC1 [four passes through the center of gravity direction diameter 1], LC2
〔重心を通る四方向径2〕、LC3、及びLC4〔重心を通る四方向径4〕を示す説明図である。 [Four directions diameter 2 passing through the center of gravity] is an explanatory diagram showing LC3, and LC4 and [four directions diameter 4 passing through the center of gravity].

【図14】THL〔8方向最大肉厚〕、THS〔8方向最小肉厚〕、及びTHA〔8方向平均肉厚〕を示す説明図である。 [14] THL [8 direction maximum thickness], THS [8 direction minimum thickness], and is an explanatory diagram showing the THA [8 direction average thickness].

【図15】拡大縮小に伴って生ずる誤差に関するテストに用いられるサンプルを示す説明図である。 15 is an explanatory diagram showing a sample used in the test for arises with the scaling error.

【図16】拡大縮小に伴って生ずる誤差に関するテストに用いられる他のサンプルを示す説明図である。 16 is an explanatory diagram showing another sample for use in testing for occurring with the scaling error.

【図17】アルファベットの大文字の「A」について、 [17] of the capital letter for "A",
原数値A、AIH、ACV、及びフェレ領域を示す説明図である。 Original numerical A, is an explanatory diagram showing AIH, ACV, and the Feret region.

【図18】フェレ領域を示す説明図である。 18 is an explanatory diagram showing the Feret region.

【図19】立体フェレ領域を示す説明図である。 19 is an explanatory diagram showing the three-dimensional Feret region.

【図20】アルファベットの大文字の「B」について、 [Figure 20] of capital letters for the "B",
原数値A、AIH、ACV、及びフェレ領域を示す説明図である。 Original numerical A, is an explanatory diagram showing AIH, ACV, and the Feret region.

【図21】4個のラベルからなる図形を連結した例を示す説明図である。 21 is an explanatory diagram showing an example of connecting the shapes of four labels.

【図22】5個のラベルからなる図形を連結した例を示す説明図である。 22 is an explanatory diagram showing an example of connecting a figure of five labels.

【図23】複数のラベルからなる漢字を連結した例を示す説明図である。 FIG. 23 is an explanatory diagram showing an example of connecting the kanji comprising a plurality of labels.

【図24】複数のラベルからなる漢字を連結した他の例を示す説明図である。 FIG. 24 is an explanatory diagram showing another example of connecting the kanji comprising a plurality of labels.

【図25】原数値を数値のまま列記した表である。 FIG. 25 is a table that lists remains of the original numerical value.

【図26】放射線グラフを示す説明図である。 Figure 26 is an explanatory view showing a radiation graph.

【図27】簡単な図形についての分析結果を示す図である。 27 is a diagram showing the analysis results for simple graphics.

【図28】他の簡単な図形についての分析結果を示す図である。 28 is a diagram showing the analysis results for other simple shapes.

【図29】他の簡単な図形についての分析結果を示す図である。 29 is a diagram showing the analysis results for other simple shapes.

【図30】他の簡単な図形についての分析結果を示す図である。 30 is a diagram showing the analysis results for other simple shapes.

【図31】他の簡単な図形についての分析結果を示す図である。 31 is a diagram showing the analysis results for other simple shapes.

【図32】他の簡単な図形についての分析結果を示す図である。 32 is a diagram showing the analysis results for other simple shapes.

【図33】他の簡単な図形についての分析結果を示す図である。 33 is a diagram showing the analysis results for other simple shapes.

【図34】アルファベットの6種類の書体を示す図である。 34 is a diagram showing a six typeface alphabet.

【図35】漢字の6種類の書体を示す図である。 FIG. 35 is a diagram showing the six types of font of Chinese characters.

【図36】ヘブライ文字及びアラブ文字を示す図である。 36 is a diagram showing the Hebrew and Arabic characters.

【図37】オプティマ(1001)についての平均値を示す図である。 37 is a diagram showing an average value for the Optima (1001).

【図38】オプティマ・イタリック(1003)についての平均値を示す図である。 38 is a diagram showing an average value for Optima italics (1003).

【図39】オプティマ・ボールド(1005)についての平均値を示す図である。 39 is a diagram showing an average value for the Optima Bold (1005).

【図40】ギルサン・ボールド・イタリック(101 [Figure 40] Girusan-bold-italic (101
5)についての平均値を示す図である。 5) shows an average value of about.

【図41】クロイスタ・ブラック(1087)についての平均値を示す図である。 41 is a diagram showing an average value for Kuroisuta Black (1087).

【図42】ビバルディ(1102)についての平均値を示す図である。 42 is a diagram showing an average value for Vivaldi (1102).

【図43】楷書体についての平均値を示す図である。 43 is a diagram showing an average value for the regular script.

【図44】宋朝体についての平均値を示す図である。 44 is a diagram showing the mean values ​​for Song Dynasty body.

【図45】ゴジック体についての平均値を示す図である。 45 is a diagram showing an average value for Gojikku body.

【図46】隷書体についての平均値を示す図である。 46 is a diagram showing an average value for clerical script.

【図47】蒙書体についての平均値を示す図である。 47 is a diagram showing an average value for Meng typeface.

【図48】古印体についての平均値を示す図である。 48 is a diagram showing an average value for the old indicia member.

【図49】新かんてい流についての平均値を示す図である。 49 is a view showing an average value for the new appraisal stream.

【図50】アラブ文字についての平均値を示す図である。 50 is a diagram showing an average value for the Arab characters.

【図51】ヘブライ文字についての平均値を示す図である。 51 is a diagram showing an average value for the Hebrew characters.

【図52】オプティマのAの分析結果を示す図である。 52 is a view showing the analysis results of the A of Optima.

【図53】オプティマのEの分析結果を示す図である。 FIG. 53 is a schematic drawing illustrating the analytic results of Optima of E.

【図54】オプティマ・イタリックのAの分析結果を示す図である。 FIG. 54 is a schematic drawing illustrating the analytic results of Optima italic A.

【図55】オプティマ・イタリックのEに関する放射線グラフを示す図である。 FIG. 55 is a diagram showing a radiation graph relating E of Optima italics.

【図56】オプティマ・ボールドのAに関する放射線グラフを示す図である。 FIG. 56 is a diagram showing a radiation graph relating A of Optima bold.

【図57】オプティマ・ボールドのEに関する放射線グラフを示す図である。 FIG. 57 is a diagram showing a radiation graph relating Optima bold E.

【図58】漢字・楷書の「様」に関する放射線グラフを示す図である。 FIG. 58 is a diagram showing a radiation graph on the "like" of Chinese characters, block letters.

【図59】漢字・ゴジックの「様」に関する放射線グラフを示す図である。 FIG. 59 is a diagram showing a radiation graph on the "like" of Kanji Gojikku.

【図60】漢字・宋朝の「様」に関する放射線グラフを示す図である。 FIG. 60 is a diagram showing a radiation graph on the "like" of Kanji Song Dynasty.

【図61】漢字・楷書の「与」に関する放射線グラフを示す図である。 FIG. 61 is a diagram showing a radiation graph on the "grant" of Chinese characters, block letters.

【図62】漢字・ゴジックの「与」に関する放射線グラフを示す図である。 FIG. 62 is a diagram showing a radiation graph on the "grant" of Kanji Gojikku.

【図63】漢字・宋朝の「与」に関する放射線グラフを示す図である。 FIG. 63 is a diagram showing a radiation graph on the "grant" of Chinese characters - Song Dynasty.

【図64】ヘブライ文字についての分析結果を示す図である。 FIG. 64 is a graph showing the results of analyzes Hebrew characters.

【図65】「A」をテーマとするデザイン文字の分析結果を示す図である。 FIG. 65 is a diagram showing the results of an analysis of design character to the "A" theme.

【図66】「A」をテーマとする他のデザイン文字の分析結果を示す図である。 FIG. 66 is a diagram showing the results of an analysis of other design character to the theme "A".

【図67】「A」をテーマとする他のデザイン文字の分析結果を示す図である。 FIG. 67 is a diagram showing the results of an analysis of other design character to the theme "A".

【図68】「A」をテーマとする他のデザイン文字の分析結果を示す図である。 FIG. 68 is a diagram showing the results of an analysis of other design character to the theme "A".

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

12 CPU 13 メモリ 14 ハードディスク 15 画像入力装置 17 ディスプレイ装置 18 出力装置 23 指数データベース 24 画像データベース 12 CPU 13 memory 14 hard disk 15 the image input device 17 display device 18 output device 23 index database 24 image database

Claims (2)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 文字、記号または図形の形状をコンピュータ画像処理により計測して得られた各種の計測データから以下の4項目の指数を求めてデータベース化し、これらの指数の全部を用いて、文字、記号または図形の製作、配列、デザイン、鑑別のための形状特性解析を行うことを特徴とする図形等の形状特性解析方法: 縦横比 FX/FY …式(1) 面積比 A/(FX・FY) …式(2) 線量比 2APM/(FX+FY) …式(4) 又は 2PM/(FX+FY) …式(5) 細密比 LNG/WA …式(6) 又は (LNG/WA)×(PM/APM) 2 …式 1. A character, a database seeking index following four items a symbol or figure shape from a computer image processing various measurement data obtained by measuring, by using the entire part of these indices, character, fabrication of symbols or figures, sequences, design, shape characterization figures like shape characterization methods and performing for the differential: aspect ratio FX / FY ... formula (1) area ratio a / (FX · FY) ... equation (2) dose ratio 2APM / (FX + FY) ... equation (4) or 2 PM/ (FX + FY) ... (5) fine ratio LNG / WA ... equation (6) or (LNG / WA) × (PM / APM) 2 ... formula
    (7)ここに、 Aは対象物の実面積、 FXはX方向のフェレ径(2本の垂直外接線間の距離)、 FYはY方向のフェレ径(2本の水平外接線間の距離) PMは対象物の周囲長、 PMは対象物の周囲長総和(対象物の周囲長と内部の孔の周囲長の和)、 LNGは長さ(=APM/2)、 WAは平均幅(=2A/APM) (7) Here, the real area of A objects, FX is (distance between two vertical outer tangential) X direction Feret's diameter, FY is the distance between the horizontal outside tangent Y direction Feret's diameter (2 ), the peripheral length of the a PM is the object, PM is the peripheral length sum of the object (the sum of the length of the outer periphery length and an internal bore of the object), LNG is the length (= APM / 2), WA average width (= 2A / APM).
  2. 【請求項2】 請求項1において、分離した複数の要素からなる文字、記号または図形については、これらの複数の要素間を細線により連結して1つの文字、記号または図形に変換したうえで前記形状特性解析を行うことを特徴とする図形等の形状特性解析方法。 2. The method of claim 1, character composed of a plurality of separate elements, the symbol or the figure, the between the plurality of elements one character linked by thin lines, after converting symbols or figures shape characterization methods figure or the like which is characterized in that the shape characterization.
JP5130733A 1993-06-01 1993-06-01 Shape characterization methods such as a figure Expired - Lifetime JP2656203B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5130733A JP2656203B2 (en) 1993-06-01 1993-06-01 Shape characterization methods such as a figure

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5130733A JP2656203B2 (en) 1993-06-01 1993-06-01 Shape characterization methods such as a figure

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH06342471A JPH06342471A (en) 1994-12-13
JP2656203B2 true JP2656203B2 (en) 1997-09-24

Family

ID=15041334

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP5130733A Expired - Lifetime JP2656203B2 (en) 1993-06-01 1993-06-01 Shape characterization methods such as a figure

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2656203B2 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9603431B2 (en) 2014-09-26 2017-03-28 Casio Computer Co., Ltd. Nail design device, nail printing apparatus, nail design method, and computer-readable recording medium storing nail design program

Family Cites Families (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH03260886A (en) * 1990-03-12 1991-11-20 Fuji Electric Co Ltd Character recognizing method
JPH04372089A (en) * 1991-06-20 1992-12-25 Ricoh Co Ltd Character recognition method

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9603431B2 (en) 2014-09-26 2017-03-28 Casio Computer Co., Ltd. Nail design device, nail printing apparatus, nail design method, and computer-readable recording medium storing nail design program

Also Published As

Publication number Publication date
JPH06342471A (en) 1994-12-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
Dyen et al. An Indoeuropean classification: A lexicostatistical experiment
US6678410B1 (en) Generating a glyph
Nagy et al. Optical character recognition: An illustrated guide to the frontier
Doerschler et al. A rule-based system for dense-map name placement
KR100855260B1 (en) White space graphs and trees for content-adaptive scaling of document images
Taylor et al. Extraction of data from preprinted forms
US5859648A (en) Method and system for providing substitute computer fonts
EP0543599B1 (en) Method and apparatus for image hand markup detection
US20020076111A1 (en) Method and apparatus for formatting OCR text
JP4572669B2 (en) Layout rule generation system, layout system, layout rule generation method, and layout rule generation program
JP4686186B2 (en) System and method for generating font format data from source font data
JP2006085695A (en) Freeform digital ink annotation recognition
Spitz Determination of the script and language content of document images
US7149347B1 (en) Machine learning of document templates for data extraction
Tan et al. Imaged document text retrieval without OCR
JP3232144B2 (en) Apparatus for determining the frequency of occurrence of word phrase in the text
Amin Recognition of printed Arabic text based on global features and decision tree learning techniques
US5803629A (en) Method and apparatus for automatic, shape-based character spacing
JP3453134B2 (en) Method of determining the equivalence of the plurality of symbol strings
CN100363978C (en) Automatic optimization of the position of stems of text characters
US5042075A (en) Document composition apparatus which changes an outline font in accordance with letter magnification
JP3292372B2 (en) Kanji coding and decoding apparatus and method
TWI468954B (en) Method for classifying and retrieving recurring graphemic components found in chinese-type characters and method for classifying and retrieving chinese-type characters based on said recurring graphemic components in electronic and non-electronic contexts
US20030113021A1 (en) Image-quality determination method, Image-quality determination apparatus, Image-quality determination program
Lewandowsky et al. The perception of statistical graphs