JP2625382B2 - File allocation system - Google Patents

File allocation system

Info

Publication number
JP2625382B2
JP2625382B2 JP6119296A JP11929694A JP2625382B2 JP 2625382 B2 JP2625382 B2 JP 2625382B2 JP 6119296 A JP6119296 A JP 6119296A JP 11929694 A JP11929694 A JP 11929694A JP 2625382 B2 JP2625382 B2 JP 2625382B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
volume
subgroup
subgroups
step
user program
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Fee Related
Application number
JP6119296A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH0784840A (en
Inventor
昌子 内沼
Original Assignee
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to JP5-202833 priority Critical
Priority to JP20283393 priority
Application filed by 日本電気株式会社 filed Critical 日本電気株式会社
Priority to JP6119296A priority patent/JP2625382B2/en
Publication of JPH0784840A publication Critical patent/JPH0784840A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP2625382B2 publication Critical patent/JP2625382B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は計算機システムにおけるファイル割り当てシステムに関する。 The present invention relates to a file allocation system in a computer system.

【0002】 [0002]

【従来の技術】オペレーティングシステムのジョブ管理機能においては、複数の常駐ボリュームや公用ボリュームのいずれかにファイルスペースの割り当てを要求する利用者プログラムは、ジョブ制御文において特定のボリューム名を指定するのではなく、いくつかのボリュームを1つにまとめたボリュームグループを指定することができる。 In the job management function of the Related Art Operating systems, the user program for requesting allocation of file space on one of a plurality of resident volumes and public volume, of specifying a particular volume name in the job control statements rather, some of the volume it is possible to specify the volume group that was combined into one.

【0003】利用者プログラムがこのようにボリュームグループを指定してファイルスペースの割り当てを要求した場合、ジョブ管理機能は、「ACOS−4/XVP [0003] When the user program has requested the allocation of file space and specify the volume group in this way, the job management function, "ACOS-4 / XVP
ジョブ管理解説書、DDA81−2、日本電気株式会社、1992年6月、第2版発行、第161頁〜第16 Job Management Reference, DDA81-2, NEC Corporation, in June 1992, the second edition issue, the first 161 pages to 16th
7頁」に開示されているように、それらのボリュームグループから以下のような規則でファイル用の空きスペースを選択して、利用者プログラムに割り当てている。 As disclosed in page 7 ", and select the vacant space for files from their volume group the following rules are assigned to the user program. (1)探し始めるボリュームをサイクリックに変えていく。 (1) will change cyclically begin volume you're looking for. (2)空きスペースの多いボリュームから順に割り当てる。 (2) assigned to the order from a lot of free space volume. (3)入出力負荷の少ないボリュームから順に割り当てる。 (3) assigning a few volumes of input and output load in order.

【0004】また、特別の事情があれば、 (4)常に特定のボリュームから探す。 [0004] In addition, if there are special circumstances, (4) Always look for from a specific volume. という規則も採用される。 Rules may also be adopted that.

【0005】 [0005]

【発明が解決しようとする課題】このような従来の技術におけるファイル割り当てに関する規則は、1つのボリュームグループに含まれるディスク装置が同じ性能(アクセス速度)である場合に効果を発揮する。 BRIEF Problems to be Solved rules for file allocation in the conventional art, a disk device included in a volume group to be effective if the same performance (access speed).

【0006】しかし、最近の計算機システムにおいては、様々な性能の磁気ディスク装置や電子ディスク装置といったディスク装置が導入されており、これらの性能の異なる複数種のディスク装置を1つのボリュームグループに混在させる構成を採った場合には、ファイルが割り当てられたディスク装置の種類によって処理時間に大きな差が生じてしまうため、上述した規則は効果を発揮しない場合がある。 However, in recent computer systems it has introduced a disk device such as a magnetic disk device or an electronic disc apparatus of various performance, mix a plurality of types of disk devices having different these performances to one volume group when adopting the configuration, because the file is a large difference in processing time depending on the type of the disk device assigned occurs, the rules described above may not exert the effect.

【0007】このような問題点は、低速なディスク装置と高速なディスク装置を別々のボリュームグループで管理すれば解消されるが、この場合には、利用者プログラムがどのボリュームグループがどのようなディスク装置で構成されているかを認識し、どれを使うかを意識的に指定する必要性が出てくる。 [0007] Such problems, but the slower disk device and faster disk device is eliminated if administered by different volume group, in this case, what disks which volume group the user program to recognize whether it is composed of equipment, comes out the need to specify the one to use consciously.

【0008】本発明の目的は、様々な性能のディスク装置が混在する計算機システムにおいて、一時ファイルまたは永久ファイルを利用する利用者プログラムに、これらの利用者プログラムが最大限の処理効率を発揮することができるようにファイルを割り当てることができるファイル割り当てシステムを提供することにある。 An object of the present invention, in a computer system disk devices of various performance mixed, the user program to utilize the temporary file or permanent file, that these user program deliver maximum performance to provide a file allocation system that can be assigned to the file to allow.

【0009】本発明の他の目的は、利用者が利用者プログラムにファイルを割り当てられるボリュームを指定しなくても、その利用者プログラムの優先順位に対応した性能のボリュームグループ上のボリュームに該利用者プログラムが利用するファイルが割り当てられるファイル割り当てシステムを提供することにある。 Another object of the present invention, without specifying the volume which the user is assigned a file to the user program, the available volume on the volume group of performance corresponding to the priority of the user program 's program is to provide a file allocation system file is assigned to use.

【0010】さらに本発明の他の目的は、利用者プログラムの優先順位に対応した性能のボリュームグループ上のボリュームにファイルを割り当てることができない場合においても、優先順位の高い利用者プログラムほど、 [0010] Still another object of the present invention, when the volume on the user program volume group performance corresponding to priority can not be assigned to files are also higher priority user program,
他のボリュームグループにファイルを割り当てることができ、ファイル割り当て不可となる確率が低くなるファイル割り当てシステムを提供することにある。 Can assign a file to another volume group, the probability of the file allocation not have to provide a file allocation system to be low.

【0011】 [0011]

【課題を解決するための手段】本発明の第1のファイル割り当てシステムは、各ディスク装置上の1つ以上のボリュームを含むボリュームサブグループを複数集めて構成されたボリュームグループと、利用者プログラムの計算機システム内での優先順位を表すプライオリティ値と前記ボリュームサブグループとの対応関係を保持する検索範囲記憶手段と、利用者により前記利用者プログラムに割り当てられたプライオリティ値を取得するプライオリティ返却手段と、前記利用者プログラムからのファイル割り当て要求時、前記プライオリティ返却手段から得た該利用者プログラムのプライオリティ値に対応して前記検索範囲記憶手段に保持されたボリュームサブグループに含まれるボリュームからファイルの割り当てを行うファイル割り当て The first file allocation system of the present invention, in order to solve the problem] has a volume group consisting collect multiple volumes subgroup comprising one or more volumes on the disk drive, the user program a search range storing means for storing priority values ​​representing the priorities in the computer system and the relationship between the volume subgroup, and priority return means for acquiring the priority value assigned to the user program by the user, when the file allocation request from the user program, the assignment of the file from the volumes contained in the volume subgroup held in the search range storing means in correspondence with the priority value of the user program from the priority return means file allocation to carry out 段とから構成されている。 It is composed of a stage.

【0012】本発明の第2のファイル割り当てシステムは、第1のファイル割り当てシステムにおいて、同一ボリュームサブグループに含まれるボリューム間のアクセス時間は等しく、異なるボリュームサブグループ間でのボリュームのアクセス時間は異なるものとする。 [0012] The second file allocation system of the present invention, in a first file allocation system, the access time between the volumes included in the same volume subgroup equals the access time for the volume between different volumes subgroups differ and things.

【0013】本発明の第3のファイル割り当てシステムは、第2のファイル割り当てシステムにおいて、磁気ディスク装置上のボリュームを含むボリュームサブグループと、電子ディスク装置上のボリュームを含むボリュームサブグループとを含む。 A third file allocation system of the present invention includes, in a second file allocation system, and volume subgroup that contains the volume of the magnetic disk device, and a volume subgroup that contains the volume of the electronic disk unit.

【0014】本発明の第4のファイル割り当てシステムは、第2または第3のファイル割り当てシステムにおいて、割り当て対象となるファイルが一時ファイルである。 [0014] The fourth file allocation system of the present invention, in the second or third file allocation system, the file to be allocated target is the temporary file.

【0015】本発明の第5のファイル割り当てシステムは、第2または第3のファイル割り当てシステムにおいて、割り当て対象となるファイルが永久ファイルである。 [0015] The fifth file allocation system of the present invention, in the second or third file allocation system, the file to be allocated object is a permanent file.

【0016】本発明の第6のファイル割り当てシステムは、第4または第5のファイル割り当てシステムにおいて、前記検索範囲記憶手段は、1つのプライオリティ値に対応して、1つの基本ボリュームサブグループを含むボリュームサブグループ群を保持し、前記ファイル割り当て手段は、利用者プログラムからのファイル割り当て要求時、その利用者プログラムに割り当てられたプライオリティ値に対応して前記検索範囲記憶手段に保持されたボリュームサブグループ群中の前記基本ボリュームサブグループに含まれるボリュームからファイルの割り当てを行い、前記基本ボリュームサブグループ中のボリュームからのファイル割り当てが行えないときには前記基本ボリュームサブグループよりアクセス速度の速くない前記追加ボリュー The sixth file allocation system of the present invention, in the fourth or fifth file allocation system, the search range storage means, corresponding to one priority value, the volume comprising one base volume subgroup holding the subgroups, the file allocation unit, the user at the time the file allocation request from the program, a volume subgroups held in the search range storing means in response to the priority value assigned to the user program It performs the assignment from the volume file included in the basic volume subgroup in the additional volume not fast access speed than the base volume subgroup when a file allocation from a volume in the base volume subgroup can not be performed サブグループが指定されていればその追加ボリュームサブグループからファイルの割り当てを行う。 If sub-groups have been specified to assign a file from the additional volumes subgroups.

【0017】本発明の第7のファイル割り当てシステムは、第6のファイル割り当てシステムにおいて、前記検索範囲記憶手段は、優先順位の高いプライオリティ値ほど、アクセス時間のより速いボリュームから構成されるボリュームサブグループを前記基本ボリュームサブグループとする。 The seventh file allocation system of the present invention, in the sixth file allocation system, the search range storage means, the higher priority value priority, volume subgroup consists faster volume access time It is referred to as the base volume subgroup.

【0018】本発明の第8のファイル割り当てシステムは、第7のファイル割り当てシステムにおいて、前記ファイル割り当て手段は、利用者プログラムからのファイル割り当て要求時に、前記プライオリティ返却手段を起動して、該利用者プログラムのプライオリティ値を得るプライオリティ返却手段起動ステップと、このプライオリティ返却手段起動ステップが得たプライオリティ値に対応するボリュームサブグループ群が前記検索範囲記憶手段に記憶されているか否かを判定するボリュームサブグループ群検索ステップと、前記検索範囲記憶手段から前記プライオリティ返却手段起動ステップが得たプライオリティ値に対応するボリュームサブグループ群を得るボリュームサブグループ群抽出ステップと、このボリュームサブグループ The eighth file allocation system of the present invention, in the seventh file allocation system, the file allocation means, when the file allocation request from the user program, start the priority return means, the user and priority return means start to obtain a priority value of the program, a volume subgroup determines whether the volume subgroups corresponding to the priority value this priority returning means starting step is obtained is stored in the search range storing means and the group search step, the priority return means starting step and volume subgroups extraction step of obtaining a volume subgroups corresponding to the priority values ​​obtained, the volume subgroup from the search range storing means 抽出ステップが抽出したボリュームサブグループ群内の前記基本ボリュームサブグループのいずれかのボリュームに利用者プログラムから要求された容量の空きスペースが存在するか否かを判定する基本ボリュームサブグループ内空きスペース探索ステップと、この基本ボリュームサブグループ内空きスペース探索ステップが前記基本ボリュームサブグループのいずれかのボリュームに利用者プログラムから要求された容量の空きスペースを発見した場合に、該ボリュームに要求された一時ファイルを割り当て、その旨を利用者プログラムに通知する基本ボリュームサブグループ内一時ファイル割り当てステップと、前記基本ボリュームサブグループ内空きスペース探索ステップが前記基本ボリュームサブグループのいずれかのボリューム The base volume base volume subgroups in the free space search determines any volume whether free space of the capacity requested by the user program resides subgroup of extraction steps extracted in a volume subgroups steps and, if the basic volume subgroup in the free space search step finds a free space capacity requested by the user program to one of the volumes of the base volume subgroup temporary file requested in the volume assignments, and base volume subgroups temporary file allocation step of notifying the user program, the base volume subgroups empty space search step is one of the basic volume subgroup volume 利用者プログラムから要求された容量の空きスペースを発見しなかった場合に、前記ボリュームサブグループ群抽出ステップが抽出したボリュームサブグループ群内の前記追加ボリュームサブグループにボリュームサブグループが指定されているか否かを判定する追加ボリュームサブグループ指定判定ステップと、この追加ボリュームサブグループ指定判定ステップが前記追加ボリュームサブグループにボリュームサブグループが指定されていると判定した場合に、該ボリュームサブグループから最もアクセス速度の速いボリュームサブグループを得るボリュームサブグループ抽出ステップと、このボリュームサブグループ抽出ステップが抽出したボリュームサブグループに利用者プログラムから要求された容量の空きスペースが存在するか If you did not found a free space capacity requested by the user program, or volume subgroups to said additional volumes subgroup of the volume subgroups extraction step is extracted in a volume subgroups are specified not and additional volumes subgroups specified judgment step of judging whether, if this additional volume subgroup specified determination step determines that the volume subgroups the additional volume subgroup is specified, most access speed from the volume subgroup and volume subgroup extracting step of obtaining a fast volume subgroups, or free space capacity requested by the user program to the volume subgroups this volume subgroup extraction step is extracted is present 否かを判定する追加ボリュームサブグループ内空きスペース探索ステップと、この追加ボリュームサブグループ内空きスペース探索ステップが前記ボリュームサブグループ抽出ステップが得たボリュームサブグループのいずれかのボリュームに利用者プログラムから要求された容量の空きスペースを発見した場合に、該ボリュームに要求された一時ファイルを割り当て、その旨を利用者プログラムに通知する追加ボリュームサブグループ内一時ファイル割り当てステップと、前記追加ボリュームサブグループ内空きスペース探索ステップが前記ボリュームサブグループ抽出ステップが得たボリュームサブグループのいずれかのボリュームに利用者プログラムから要求された容量の空きスペースを発見しなかった場合に、前記追加ボリュームサ And additional volumes subgroups in the free space search step determines whether the request from the user program The additional volume subgroup in the free space search step in one of the volumes of the volume subgroup extraction step the volume subgroups obtained in case of finding the free space capacity is, allocate temporary file is requested to the volume, and additional volumes subgroups temporary file allocation step of notifying the user program, free within the additional volume subgroup If the space search step does not find a free space capacity requested by the user program to any volume in the volume subgroups obtain said volume subgroup extraction step, the additional volume Sa グループに他のボリュームサブグループが指定されているか否かを判定し、指定されていれば前記ボリュームサブグループ抽出ステップへ戻る追加ボリュームサブグループ他指定判定ステップと、前記追加ボリュームサブグループ指定判定ステップが前記追加ボリュームサブグループにボリュームサブグループが指定されていないと判定した場合、およびこの追加ボリュームサブグループ他指定判定ステップが前記追加ボリュームサブグループに他のボリュームサブグループが指定されていないと判定した場合に、一時ファイルを割り当てることができなかった旨のエラーを利用者プログラムに返却する一時ファイル割り当て失敗通知ステップとを含む。 Whether another volume subgroups are specified determines the group, and additional volumes subgroup other specified determination step if specified Back to the volume subgroup extraction step, the additional volume subgroup specified determination step If it is determined that the volume subgroups the additional volume subgroup is not specified, and if this additional volume subgroup other specified determination step determines that is not specified other volume subgroups the additional volumes subgroup in, and a temporary file allocation failure notification step of returning an error to the effect that could not be assigned a temporary file to the user program.

【0019】 [0019]

【実施例】次に本発明の実施例について図面を参照して詳細に説明する。 EXAMPLES Next, embodiments of the present invention with reference to the accompanying drawings.

【0020】図1を参照すると、本発明の一実施例のファイル割り当てシステムは、利用者プログラム1からの一時ファイルの割り当て要求に対して、そのプライオリティ値11に応じたアクセス速度のボリュームサブグループから一時ファイルを割り当てるプログラムである一時ファイル割り当てプログラム(以下、一時ファイル割り当て手段とする)2と、この一時ファイル割り当て手段2に利用者プログラム1のプライオリティを返却するプログラムであるプライオリティ返却プログラム(以下、プライオリティ返却手段とする)3と、ボリュームグループ4と、一時ファイル検索範囲記憶表5とで構成されている。 Referring to FIG. 1, the file allocation system of an embodiment of the present invention, the temporary file allocation request from the user program 1, from the volume subgroup of access speed corresponding to the priority value 11 one o'clock assign files to a temporary a program file allocation program (hereinafter, the temporary and file allocation means) 2, the temporary file allocation means priority return program is a program for returning the priority of the user program 1 to 2 (hereinafter, priority and a returning unit) 3, a volume group 4, and a temporary file search range storing table 5.

【0021】ボリュームグループ4は、ボリューム41 [0021] The volume group 4, volume 41
−1、41−2、…、41−aを含むボリュームサブグループ41、ボリューム42−1、42−2、…、42 -1,41-2, ..., volume subgroup 41 comprising 41-a, volume 42-1, 42-2, ..., 42
−bを含むボリュームサブグループ42、…、ボリューム4i−1、4i−2、…、4i−cを含むボリュームサブグループ4i、…、ボリューム4n−1、4n− Volume subgroup 42 comprising -b, ..., Volume 4i-1,4i-2, ..., volume subgroup 4i containing 4i-c, ..., Volume 4n-1,4n-
2、…、4n−dを含むボリュームサブグループ4nに分けられている。 2, ..., it is divided into a volume subgroup 4n containing 4n-d.

【0022】ここで、1つのボリュームサブグループ内には、アクセス時間のほぼ等しいディスク装置上のボリュームが含められている。 [0022] Here, in the single volume subgroups, approximately equal volumes on Disk access time are included. 即ち、ボリューム41−1〜 In other words, the volume 41-1~
41−a間、ボリューム42−1〜42−b間、ボリューム4i−1〜4i−c間、ボリューム4n−1〜4n 41-a between, between the volumes 42-1 to 42-b, between the volumes 4i-1~4i-c, Volume 4n-1~4n
−d間ではアクセス時間に殆ど差はない。 There is little difference in access time between -d.

【0023】他方、ボリュームサブグループ間では、各々に含められるディスク装置のアクセス時間に差があり、本実施例では、ボリュームサブグループ41が最もアクセス速度の高いディスク装置で構成され、以下、ボリュームサブグループ42、……、4i、…、4nの順にアクセス速度が低くなる。 [0023] On the other hand, between the volume subgroup, there is a difference in access time of the disk device to be included in each, in this embodiment, the volume subgroup 41 is composed of most access speed higher disk device, hereinafter, the volume sub group 42, ......, 4i, ..., access speed is low in the order of 4n. 但し、全てのボリュームサブグループ間でアクセス速度に差を持たせる必要はなく、中にはほぼ同じアクセス速度のディスク装置で構成される複数のボリュームサブグループが存在していても構わない。 However, it is not necessary to have a difference in access speed between all volumes subgroups, it may also be substantially more volume subgroups composed of disk devices of the same access speed exists in.

【0024】アクセス速度の高いディスク装置としては、電子ディスク装置などの高速ディスク装置が使用される。 [0024] As access speed higher disk drive, fast disk apparatus such as an electronic disk unit is used. また、それより低速なディスク装置としては磁気ディスク装置が使用される。 It also magnetic disk device is used more as a slow disk device.

【0025】一時ファイル検索範囲記憶表5は、利用者プログラムに対して割り当てられることが予定されている全てのプライオリティ値511〜51mと、そのプライオリティ値を持つ利用者プログラムに対して一時ファイルを割り当て可能なボリュームサブグループの範囲を示すボリュームサブグループ群521〜52mの対応関係を記憶する手段である。 [0025] The temporary file search range storage table 5, assigned all of the priority value 511~51m to be assigned to the user program is scheduled, a temporary file to the user program with the priority value a means for storing a correspondence relationship between the volume subgroups 521~52m indicating the range of the volume subgroup possible. 各ボリュームサブグループ群521〜52mは、ボリュームサブグループ41〜4n Each volume subgroups 521~52m the volume subgroup 41~4n
のうちの1つ又は複数のグループに対応する。 Corresponding to one or more groups of the.

【0026】各ボリュームサブグループ群521〜52 [0026] Each volume subgroups 521-52
mは、図2に示すように、1つの基本ボリュームサブグループ53と、この基本ボリュームサブグループ53よりアクセス速度の速くない0個以上の追加ボリュームサブグループ54とを含んでいる。 m, as shown in FIG. 2, includes a single base volume subgroup 53, and the base volume not fast access speed than subgroup 53 0 or more additional volumes subgroup 54. そして、本実施例では、プライオリティ値511が最も優先度が高く、プライオリティ値51mが最も優先度が低いとすると、プライオリティ値511に対応するボリュームサブグループ群521中の基本ボリュームサブグループ53にはボリュームサブグループ41を、その追加ボリュームサブグループ54には、残りの全てのボリュームサブグループ42、…、4i、…、4nをこの順に設定する。 In the present embodiment, the priority value 511 has the highest priority, the priority value 51m is the lowest priority, the base volume subgroup 53 in the volume subgroups 521 corresponding to the priority value 511 volumes subgroups 41, in its additional volumes subgroups 54, all volume subgroup 42 of the remaining, ..., 4i, ..., sets the 4n in this order. また。 Also.
ボリュームサブグループ群522中の基本ボリュームサブグループ53にはボリュームサブグループ42を、その追加ボリュームサブグループ54には、ボリュームサブグループ42よりアクセス速度の速くない全てのボリュームサブグループ4i、…、4n等を設定する。 Volume subgroup 42 the basic volumes subgroups 53 in the volume subgroups 522, the the additional volume subgroups 54, all not faster access speed than the volume subgroup 42 volume subgroup 4i, ..., 4n etc. to set. 以下、残りのボリュームサブグループ群52j等に対してもそのプライオリティ値に対応した1つの基本ボリュームサブグループ53とそれよりアクセス速度の速くない追加ボリュームサブグループ54を設定する。 Hereinafter, setting the additional volume subgroup 54 that no more access speed fast as one base volume subgroup 53 corresponding to the priority value for the remaining volume subgroups 52j like. 但し、優先度の最も低いプライオリティ値51mに対応するボリュームサブグループ群52mには、基本ボリュームサブグループ53としてボリュームグループ4内で最もアクセス速度の遅いボリュームサブグループ4nを設定するため、追加ボリュームサブグループ54にはボリュームサブグループは設定されない。 However, priority is the lowest priority value volume subgroups 52m corresponding to 51m, to set the slow volume subgroup 4n most access speed in the volume group 4 as base volume subgroup 53, additional volumes subgroup volume sub-group in 54 is not set.

【0027】利用者プログラム1中に記述されたプライオリティ値11は、当該計算機システム内での利用者プログラム1の優先順位を表す数値であり、利用者プログラム1の起動時に利用者が指定した数値である。 The user program 1 the described priority value in 11 is a numerical value representing the priority of the user program 1 within the computer system, a numerical value designated by the user at the start of the user program 1 is there. 利用者がプライオリティ値11を指定しなかった場合には、オペレーティングシステムが既定値をプライオリティ値1 If the user does not specify a priority value of 11, the priority value of 1 operating system is the default value
1として利用者プログラム1に付す。 As 1 subjected to the user program 1.

【0028】以下に本実施例の動作を図面を参照して詳細に説明する。 [0028] Hereinafter the operation of this embodiment with reference to the accompanying drawings.

【0029】利用者プログラム1から一時ファイル割り当て手段2に対し一時ファイルの割り当て要求を行うと、一時ファイル割り当て手段2は、先ずプライオリティ返却手段3を起動する(ステップ21)。 [0029] With respect to the user program 1 from temporary file allocation means 2 performs temporary file allocation request, the temporary file allocation means 2 first starts the priority return means 3 (step 21).

【0030】プライオリティ返却手段3は、利用者プログラム1のプライオリティ値11を取得して、一時ファイル割り当て手段2に返却する(ステップ31)。 [0030] Priority returning unit 3 acquires the priority value 11 of the user program 1, and returns to the temporary file allocation unit 2 (step 31).

【0031】一時ファイル割り当て手段2は、プライオリティ値11が返却されると、そのプライオリティ値1 The temporary file allocation means 2, the priority value 11 is returned, the priority value 1
1をキーとして一時ファイル検索範囲記憶表5を検索し(ステップ22)、プライオリティ値11と同一値のプライオリティ値に対応するボリュームサブグループ群を得る(ステップ23)。 1 searches the temporary file search range storing table 5 as a key (step 22), obtaining a volume subgroups corresponding to the priority value of the priority value 11 of the same value (step 23). 例えば、プライオリティ値11 For example, the priority value of 11
がプライオリティ値511と同一値であったとすると、 But if assumed to be the same value as the priority value 511,
一時ファイル検索範囲記憶表5のプライオリティ値51 Priority value 51 of the temporary file search range storing table 5
1に対応するボリュームサブグループ群521を得る。 Obtaining a volume subgroups 521 corresponding to 1.

【0032】一時ファイル割り当て手段2は、ステップ22において、一時ファイル検索範囲記憶表5にプライオリティ値11と同一値のプライオリティ値が登録されていない場合、またはこのプライオリティ値に対応するボリュームサブグループ群が登録されていない場合には、ボリュームサブグループ群の既定値、例えばボリュームサブグループ群52mを得る(ステップ24)。 The temporary file allocation means 2, in step 22, a temporary file search range when the priority value of the priority value 11 of the same value in the storage table 5 is not registered, or volume subgroups corresponding to the priority value If you are not registered, to obtain the default value of the volume subgroups, for example a volume subgroups 52m (step 24).

【0033】一時ファイル割り当て手段2は、ステップ23またはステップ24においてボリュームサブグループ群を得たら、該ボリュームサブグループ群の基本ボリュームサブグループ53の指定を参照し(ステップ2 The temporary file allocation means 2, After obtaining the volume subgroups in step 23 or step 24, with reference to the specification of the basic volume subgroup 53 of the volume subgroups (Step 2
5)、該基本ボリュームサブグループ53を構成する複数のボリューム内に要求された空きスペースがあるか否かを判定し(ステップ26)、十分な空きスペースを持つボリュームがあれば、該ボリュームに要求された一時ファイルを割り当て(ステップ27)、その旨を利用者プログラム1に通知する(ステップ28)。 5), there is an empty space which is required in a plurality of volumes constituting the the basic volume subgroup 53 whether determined (step 26), if there is a volume with sufficient free space, the request to the volume It is temporary assigned a file (step 27), and notifies the user program 1 (step 28).

【0034】例えば、ステップ23において得たボリュームサブグループ群521の基本ボリュームサブグループ53がボリュームサブグループ41を指定しているとすると、一時ファイル割り当て手段2は、ステップ27 [0034] For example, the base volume subgroup 53 volume subgroups 521 obtained in step 23 is that by specifying the volume subgroup 41, the temporary file allocation means 2, Step 27
において、ボリュームサブグループ41を構成する複数のボリューム41−1〜41−aから、以下の規則のいずれかに従って空きスペースを探す。 In, from a plurality of volumes 41-1 to 41-a that constitute the volume subgroup 41, find a free space according to any of the following rules. (1)捜し始めるボリュームをサイクリックに変えていく。 (1) will change the volume to the cyclic to begin looking for. (2)空きスペースの多いボリュームから順に割り当てる。 (2) assigned to the order from a lot of free space volume. (3)入出力負荷の少ないボリュームから順に割り当てる。 (3) assigning a few volumes of input and output load in order. (4)常に特定のボリュームから探す。 (4) Always look for from a specific volume.

【0035】一時ファイル割り当て手段2は、ステップ26において基本ボリュームサブグループ53を構成する複数のボリューム内に要求された空きスペースがないと判定した場合、該ボリュームサブグループ群の追加ボリュームサブグループ54にボリュームサブグループが指定されているか否かを判定し(ステップ29)、ボリュームサブグループが指定されていれば、該指定から最もアクセス速度の速いボリュームサブグループを1つ得て(ステップ2A)、該ボリュームサブグループを構成する複数のボリューム内に要求された空きスペースがあるか否かを判定し(ステップ2B)、十分な空きスペースを持つボリュームがあれば、該ボリュームに要求された一時ファイルを割り当て(ステップ2C)、その旨を利用者プログラム The temporary file allocation means 2, when judging that there is no free space is required in a plurality of volumes constituting the basic volume subgroups 53 in step 26, the additional volume subgroup 54 of the volume subgroups determines whether the volume subgroups are specified (step 29), if the volume subgroups specified, give one quick volume subgroups most access speed from the specified (step 2A), the It determines whether there is an empty space which is required in a plurality of volumes that constitute the volume subgroup (step 2B), if there is a volume with sufficient free space, assigned to the requested temporary files to the volume (step 2C), the user program to that effect に通知する(ステップ2D)。 Notify (step 2D).

【0036】一時ファイル割り当て手段2は、ステップ2Bにおいて対象ボリュームサブグループを構成する複数のボリューム内に要求された空きスペースがないと判定した場合、追加ボリュームサブグループ54に他のボリュームサブグループが指定されているか否かを判定し(ステップ2E)、他のボリュームサブグループが指定されていれば、ステップ2Aへ戻る。 The temporary file allocation means 2, when judging that an empty space is not requested within the plurality of volumes constituting the target volume subgroups in step 2B, designated other volume subgroups additional volumes subgroup 54 determines whether it is (step 2E), if another volume subgroups specified, the process returns to the step 2A.

【0037】例えば、一時ファイル割り当て手段2は、 [0037] For example, the temporary file allocation means 2,
基本ボリュームサブグループ53に指定されているボリュームサブグループ41中の全ボリューム41−1〜4 All volumes of the volume in the subgroup 41 that is specified in the basic volume subgroup 53 41-1~4
1−aに十分な空きスペースがない場合、追加ボリュームサブグループ54にボリュームサブグループの指定があれば、そのボリュームサブグループ内のボリュームからファイルの割り当てを行う。 If there is not enough free space in 1-a, if specified volume subgroups additional volumes subgroups 54, allocates file from the volume in the volume subgroups. 次に一時ファイル割り当て手段2は、追加ボリュームサブグループ54に指定されているボリュームサブグループ群521に、42、 Then the temporary file allocation means 2, the volume subgroups 521 that is specified in the additional volumes subgroups 54, 42,
…、4i、…、4nというアクセス速度の高い順にボリュームサブグループが指定されているとすると、まずボリュームサブグループ42内のボリュームからファイルの割り当てを試行し、それでも不可の場合は次のボリュームサブグループというように、アクセス速度の高いボリュームサブグループから順にファイルの割り当てを試行する。 ..., 4i, ..., when the volume subgroup in descending order of access rate of 4n is specified, attempts to first assign the files from the volume in the volume subgroup 42, still following volume subgroup when possible as such, it attempts to allocate files from high access speed volume subgroup that order. これにより、基本ボリュームサブグループにてファイルの割り当てが不可の場合でも、この基本ボリュームサブグループのボリュームよりはアクセス速度は遅くなるが、他のボリュームサブグループからのファイルの割り当てを可能にして、優先度の高い利用者プログラムほど、ファイル割り当て不可となる確率を低下させている。 Accordingly, even when possible allocation of files at the base volume subgroup, but slower access speed than the volume of the basic volume subgroup, and enables the allocation of files from another volume subgroup priority higher degree of high user program, which reduces the probability of file allocation are not allowed.

【0038】一時ファイル割り当て手段2は、ステップ29において追加ボリュームサブグループ54にボリュームサブグループが指定されていないと判定した場合、 The temporary file allocation means 2, when judging that the volume subgroup is not specified in the additional volumes subgroups 54 in step 29,
またはステップ2Eにおいて追加ボリュームサブグループ54にもはや他のボリュームサブグループは指定されていないと判定した場合には、一時ファイルを割り当てることができなかった旨のエラー情報を利用者プログラム1に通知する(ステップ2F)。 Or no longer other volume subgroups additional volumes subgroups 54 in step 2E when it is determined that not specified, notifies the error information to the effect that could not be assigned a temporary file to the user program 1 ( step 2F).

【0039】本実施例では、割り当て対象のファイルを一時ファイルとしたが、永久ファイルを割り当て対象とすることも可能である。 [0039] In this embodiment, although the temporary file allocation target file, can be an allocation target permanent file.

【0040】 [0040]

【発明の効果】以上説明したとおり、本発明は、様々な性能のディスク装置が混在する計算機システムにおいて、一時ファイルまたは永久ファイルを利用する利用者プログラムに、これらの利用者プログラムが最大限の処理効率を発揮することができるようにファイルを割り当てることができる効果を有している。 As explained above, according to the present invention, in a computer system disk devices of various performance mixed, the user program to utilize the temporary file or permanent file, these user programs maximum processing It has the advantage of being able to assign a file so that it can exert efficiency.

【0041】また本発明は、利用者が利用者プログラムにファイルを割り当てられるボリュームを指定しなくても、その利用者プログラムの優先順位に対応した性能のボリュームグループ上のボリュームに該利用者プログラムが利用するファイルが割り当てられる効果を有している。 [0041] The present invention, without specifying the volume which the user is assigned a file to the user program, its user program volume to the user program on the volume group of performance corresponding to the priority of has the effect of file use is assigned.

【0042】さらに本発明は、利用者プログラムの優先順位に対応した性能のボリュームグループ上のボリュームにファイルを割り当てることができない場合においても、優先順位の高い利用者プログラムほど、他のボリュームグループにファイルを割り当てることができ、ファイル割り当て不可となる確率が低くなる効果を有している。 [0042] The present invention further user when a program priority can not be assigned a volume file on the volume group of performance compatible even higher priority user program, the file to another volume group You can assign a probability to be a file allocation not have the effect to be low.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】本発明の一実施例を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing an embodiment of the present invention.

【図2】本発明の一実施例における一時ファイル検索範囲記憶表内のボリュームサブグループ群の内容を示す図である。 2 is a diagram showing the contents of a volume subgroups temporary files search range storing table in an embodiment of the present invention.

【図3】本発明の一実施例における一時ファイル割り当て手段2とプライオリティ返却手段3の処理を示す流れ図である。 3 is a flow diagram that illustrates the processing of the temporary file allocation means 2 and priority return means 3 in an embodiment of the present invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 利用者プログラム 2 一時ファイル割り当て手段 3 プライオリティ返却手段 4 ボリュームグループ 5 一時ファイル検索範囲記憶表 11 プライオリティ値 41 ボリュームサブグループ 42 ボリュームサブグループ 4i ボリュームサブグループ 4n ボリュームサブグループ 41−1 ボリューム 41−2 ボリューム 41−a ボリューム 42−1 ボリューム 42−2 ボリューム 42−b ボリューム 4i−1 ボリューム 4i−2 ボリューム 4i−c ボリューム 4n−1 ボリューム 4n−2 ボリューム 4n−d ボリューム 511 プライオリティ値 512 プライオリティ値 51j プライオリティ値 51m プライオリティ値 521 ボリュームサブグループ群 522 ボリュームサブグループ群 52j ボリュームサブグル 1 user program 2 temporary file allocation means 3 Priority returning unit 4 volume group 5 temporary file search range storing table 11 priority values ​​41 volume subgroup 42 volume subgroup 4i volume subgroup 4n volume subgroup 41-1 Volume 41-2 Volume 41-a volume 42-1 volume 42-2 volume 42-b volume 4i-1 volume 4i-2 volume 4i-c volume 4n-1 volume 4n-2 volume 4n-d volume 511 priority value 512 priority value 51j priority value 51m priority value 521 volume subgroups 522 volume subgroups 52j volume sub guru プ群 52m ボリュームサブグループ群 53 基本ボリュームサブグループ 54 追加ボリュームサブグループ Flops 52m volume subgroups 53 base volume subgroup 54 additional volumes subgroup

Claims (8)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】 各ディスク装置上のアクセス時間が等し 1. A equal access time on each disk device
    い複数のボリュームを含むボリュームサブグループと、 アクセス時間が異なる複数のボリュームサブグループを And volume subgroup including a plurality of volumes have a plurality of volume subgroups access time is different
    含むボリュームグループと、 利用者プログラムの計算機システム内での優先順位を表すプライオリティ値と複数の前記ボリュームサブグループとの対応関係を保持する検索範囲記憶手段と、 利用者により前記利用者プログラムに割り当てられたプライオリティ値を取得するプライオリティ返却手段と、 前記利用者プログラムからのファイル割り当て要求時、 And volume groups containing, a search range storing means for storing relationships between user program of the computer priority value and a plurality of said volumes subgroups representing a priority in the system, allocated to the user program by the user and priority return means for acquiring the priority value, when a file allocation request from the user program,
    前記プライオリティ返却手段から得た該利用者プログラムのプライオリティ値に対応して前記検索範囲記憶手段に保持されたボリュームサブグループに含まれるボリュームからファイルの割り当てを行うファイル割り当て手段とを備えたことを特徴とするファイル割り当てシステム。 Characterized in that a file allocation means for allocating a file from the volume contained in the volume subgroup held in the search range storing means in correspondence with the priority value of the user program from the priority return means file allocation system that.
  2. 【請求項2】 前記ボリュームグループが、さらに、ア Wherein said volume group, further, A
    クセス時間が等しい複数のボリュームサブグループを含 Including a plurality of volumes subgroups equal access time
    ことを特徴とする請求項1記載のファイル割り当てシステム。 File allocation system of claim 1, wherein the free it.
  3. 【請求項3】 磁気ディスク装置上のボリュームを含むボリュームサブグループと、電子ディスク装置上のボリュームを含むボリュームサブグループとを含むことを特徴とする請求項2記載のファイル割り当てシステム。 3. A file allocation system according to claim 2, comprising: the volume subgroup that contains the volume of the magnetic disk device, and a volume subgroup that contains the volume of the electronic disk unit.
  4. 【請求項4】 割り当て対象となるファイルが一時ファイルであることを特徴とする請求項2または請求項3記載のファイル割り当てシステム。 4. The method of claim 2 or claim 3 file allocation system, wherein the the allocation target file is a temporary file.
  5. 【請求項5】 割り当て対象となるファイルが永久ファイルであることを特徴とする請求項2または請求項3記載のファイル割り当てシステム。 5. The file allocation system according to claim 2 or claim 3, wherein the allocation target file is equal to or a permanent file.
  6. 【請求項6】 前記検索範囲記憶手段は、1つのプライオリティ値に対応して、1つの基本ボリュームサブグループを含むボリュームサブグループ群を保持し、 前記ファイル割り当て手段は、利用者プログラムからのファイル割り当て要求時、その利用者プログラムに割り当てられたプライオリティ値に対応して前記検索範囲記憶手段に保持されたボリュームサブグループ群中の前記基本ボリュームサブグループに含まれるボリュームからファイルの割り当てを行い、前記基本ボリュームサブグループ中のボリュームからのファイル割り当てが行えないときには前記基本ボリュームサブグループよりアクセス速度の速くない前記追加ボリュームサブグループが指定されていればその追加ボリュームサブグループからファイルの割り当てを行う Wherein said search range storage means, corresponding to one priority value, holds a volume subgroups including one base volume subgroup, the file allocation means, the file allocation from the user program demand, allocates a file from the volume contained in the base volume subgroup volume in the subgroup group held in said search range storage means in correspondence with the priority value assigned to the user program, the basic It allocates files from the additional volume subgroups if specified the additional volumes subgroup not fast access speed than the base volume subgroup when a file allocation from the volume of the volume in the subgroup can not be performed とを特徴とする請求項4または請求項5記載のファイル割り当てシステム。 Claim 4 or claim 5 file allocation system wherein the door.
  7. 【請求項7】 前記検索範囲記憶手段は、優先順位の高いプライオリティ値ほど、アクセス時間のより速いボリュームから構成されるボリュームサブグループを前記基本ボリュームサブグループとすることを特徴とする請求項6記載のファイル割り当てシステム。 Wherein said search range storage means, the higher priority value priority, according to claim 6, characterized in that said base volume subgroup volume subgroup consists faster volume access time file allocation system.
  8. 【請求項8】 前記ファイル割り当て手段は、 利用者プログラムからのファイル割り当て要求時に、前記プライオリティ返却手段を起動して、該利用者プログラムのプライオリティ値を得るプライオリティ返却手段起動ステップと、 このプライオリティ返却手段起動ステップが得たプライオリティ値に対応するボリュームサブグループ群が前記検索範囲記憶手段に記憶されているか否かを判定するボリュームサブグループ群検索ステップと、 前記検索範囲記憶手段から前記プライオリティ返却手段起動ステップが得たプライオリティ値に対応するボリュームサブグループ群を得るボリュームサブグループ群抽出ステップと、 このボリュームサブグループ群抽出ステップが抽出したボリュームサブグループ群内の前記基本ボリュームサブグル Wherein said file allocation means, when the file allocation request from the user program, the launch priority return means, and priority return means start to obtain a priority value of the user program, the priority return means and volume subgroups search step of determining whether it is stored in the volume subgroups startup step corresponds to the priority value obtained said search range storage means, the priority return means starting step from the search range storing means and volume subgroups extraction step of obtaining a volume subgroups corresponding to the priority values ​​obtained, the base volume sub glue in a volume subgroups of this volume subgroups extraction step is extracted プのいずれかのボリュームに利用者プログラムから要求された容量の空きスペースが存在するか否かを判定する基本ボリュームサブグループ内空きスペース探索ステップと、 この基本ボリュームサブグループ内空きスペース探索ステップが前記基本ボリュームサブグループのいずれかのボリュームに利用者プログラムから要求された容量の空きスペースを発見した場合に、該ボリュームに要求された一時ファイルを割り当て、その旨を利用者プログラムに通知する基本ボリュームサブグループ内一時ファイル割り当てステップと、 前記基本ボリュームサブグループ内空きスペース探索ステップが前記基本ボリュームサブグループのいずれかのボリュームに利用者プログラムから要求された容量の空きスペースを発見しなかった場合に、前記 A base volume subgroups in the free space search step determines any volume whether free space of the capacity requested by the user program is present in up, the basic volume subgroup in the free space search step is the in case of finding the free space capacity is required from the user program to one of the volumes of the base volume subgroup, allocate temporary file is requested to the volume, base volume sub of notifying the user program and temporary file allocation step in the group, when the base volume subgroups empty space search step does not find a free space capacity requested by the user program to one of the volumes of the base volume subgroup, the リュームサブグループ群抽出ステップが抽出したボリュームサブグループ群内の前記追加ボリュームサブグループにボリュームサブグループが指定されているか否かを判定する追加ボリュームサブグループ指定判定ステップと、 この追加ボリュームサブグループ指定判定ステップが前記追加ボリュームサブグループにボリュームサブグループが指定されていると判定した場合に、該ボリュームサブグループから最もアクセス速度の速いボリュームサブグループを得るボリュームサブグループ抽出ステップと、 このボリュームサブグループ抽出ステップが抽出したボリュームサブグループに利用者プログラムから要求された容量の空きスペースが存在するか否かを判定する追加ボリュームサブグループ内空きスペース探索ステップと、 この Said additional volumes whether additional volumes subgroups specified determination step of determining whether a volume subgroup subgroup are specified in the volume subgroups of Liu Musab group group extracting step is extracted, this additional volume subgroup specified determination If the step determines that the volume subgroups the additional volume subgroup is specified, and volume subgroup extracting step to obtain the most accessible fast volume subgroups rate from the volume subgroup extraction step the volume subgroup there the extracted whether additional volumes subgroups in the free space search step of determining whether the free space capacity requested by the user program volume subgroup is present, this 加ボリュームサブグループ内空きスペース探索ステップが前記ボリュームサブグループ抽出ステップが得たボリュームサブグループのいずれかのボリュームに利用者プログラムから要求された容量の空きスペースを発見した場合に、該ボリュームに要求された一時ファイルを割り当て、その旨を利用者プログラムに通知する追加ボリュームサブグループ内一時ファイル割り当てステップと、 前記追加ボリュームサブグループ内空きスペース探索ステップが前記ボリュームサブグループ抽出ステップが得たボリュームサブグループのいずれかのボリュームに利用者プログラムから要求された容量の空きスペースを発見しなかった場合に、前記追加ボリュームサブグループに他のボリュームサブグループが指定されているか否かを判定し、指定 When the pressurized volume subgroups in the free space search step finds a free space capacity requested by the user program to any volume in the volume subgroups the volume subgroup extraction step was obtained, it is required to the volume temporary assignment files, and additional volumes subgroups temporary file allocation step of notifying the user program, the volume subgroups the additional volumes subgroups empty space search step is the volume subgroup extraction step to obtain If you did not found a free space capacity requested by the user program to one of the volumes, it is determined whether another volume subgroups the additional volume subgroup is designated, designated れていれば前記ボリュームサブグループ抽出ステップへ戻る追加ボリュームサブグループ他指定判定ステップと、 前記追加ボリュームサブグループ指定判定ステップが前記追加ボリュームサブグループにボリュームサブグループが指定されていないと判定した場合、およびこの追加ボリュームサブグループ他指定判定ステップが前記追加ボリュームサブグループに他のボリュームサブグループが指定されていないと判定した場合に、一時ファイルを割り当てることができなかった旨のエラーを利用者プログラムに返却する一時ファイル割り当て失敗通知ステップとを含むことを特徴とする請求項7記載のファイル割り当てシステム。 Is the additional volume subgroup other specified determination step of returning to the volume subgroup extraction step if, when the additional volumes subgroup specified determination step determines that no volume subgroups specified in the additional volume subgroup, and if this additional volume subgroup other specified determination step determines that the additional volume other volumes subgroup subgroup is not specified, an error to the effect that could not be assigned a temporary file to the user program file allocation system according to claim 7, characterized in that it comprises a temporary file allocation failure notification step of returning.
JP6119296A 1993-07-23 1994-05-31 File allocation system Expired - Fee Related JP2625382B2 (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP5-202833 1993-07-23
JP20283393 1993-07-23
JP6119296A JP2625382B2 (en) 1993-07-23 1994-05-31 File allocation system

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP6119296A JP2625382B2 (en) 1993-07-23 1994-05-31 File allocation system

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH0784840A JPH0784840A (en) 1995-03-31
JP2625382B2 true JP2625382B2 (en) 1997-07-02

Family

ID=26457056

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP6119296A Expired - Fee Related JP2625382B2 (en) 1993-07-23 1994-05-31 File allocation system

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2625382B2 (en)

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6988110B2 (en) * 2003-04-23 2006-01-17 International Business Machines Corporation Storage system class distinction cues for run-time data management
US7613945B2 (en) * 2003-08-14 2009-11-03 Compellent Technologies Virtual disk drive system and method
JP4402565B2 (en) 2004-10-28 2010-01-20 富士通株式会社 Virtual storage management program, method and apparatus
JP4375435B2 (en) 2007-05-23 2009-12-02 株式会社日立製作所 Hierarchical storage system that performs predictive type data migration
JP2009053921A (en) 2007-08-27 2009-03-12 Hitachi Ltd Storage system, computer and computer system

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH04181353A (en) * 1990-11-16 1992-06-29 Nec Corp Control system for securing work file in accordance with priority of job
JPH0566975A (en) * 1991-09-06 1993-03-19 Nec Corp File rearrangement control system
JPH05120093A (en) * 1991-10-25 1993-05-18 Hokkaido Nippon Denki Software Kk Input/output managing system

Also Published As

Publication number Publication date
JPH0784840A (en) 1995-03-31

Similar Documents

Publication Publication Date Title
EP1034488B1 (en) File system primitive providing native file system support for remote storage
US6986140B2 (en) Method for determining idle processor load balancing in a multiple processors system
US5826262A (en) Parallel bottom-up construction of radix trees
JP3882930B2 (en) Management of the virtual machine to use a shared resource
RU2412477C2 (en) Delayed search mechanism
KR100289628B1 (en) Resource management method and apparatus for information processing system of multitasking facility
US5333315A (en) System of device independent file directories using a tag between the directories and file descriptors that migrate with the files
US6735769B1 (en) Apparatus and method for initial load balancing in a multiple run queue system
EP0375188B1 (en) File system
US6742053B1 (en) Two-dimensional execution queue for host adapters
CA2522096C (en) Concurrent access of shared resources
KR100446339B1 (en) Real time data migration system and method employing sparse files
US5761659A (en) Method, product, and structure for flexible range locking of read and write requests using shared and exclusive locks, flags, sub-locks, and counters
US7219347B1 (en) Resource scheduling
US10162677B2 (en) Data storage resource allocation list updating for data storage operations
JP3670303B2 (en) Data conversion method and data conversion device
EP0945797B1 (en) Method and apparatus for object-oriented interrupt system
US5983293A (en) File system for dividing buffer areas into different block sizes for system and user data
US9823979B2 (en) Updating a list of data storage requests if an abbreviated resource check determines that a request in the list would fail if attempted
US20130263117A1 (en) Allocating resources to virtual machines via a weighted cost ratio
JP2571664B2 (en) Computer main storage management system and method
US5577243A (en) Reallocation of returned memory blocks sorted in predetermined sizes and addressed by pointer addresses in a free memory list
JP3273202B2 (en) Method and circuit architecture for transferring data via a plurality of data channels
JP3271125B2 (en) Method and apparatus and apparatus for interleaving data transfers to transfer data
US6477535B1 (en) Method and apparatus for concurrent DBMS table operations

Legal Events

Date Code Title Description
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 19970212

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20080411

Year of fee payment: 11

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20090411

Year of fee payment: 12

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20100411

Year of fee payment: 13

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20110411

Year of fee payment: 14

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120411

Year of fee payment: 15

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees