JP2565049B2 - Dynamic scenario presentation method - Google Patents

Dynamic scenario presentation method

Info

Publication number
JP2565049B2
JP2565049B2 JP4010425A JP1042592A JP2565049B2 JP 2565049 B2 JP2565049 B2 JP 2565049B2 JP 4010425 A JP4010425 A JP 4010425A JP 1042592 A JP1042592 A JP 1042592A JP 2565049 B2 JP2565049 B2 JP 2565049B2
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
scenario
data
input
target
name
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Expired - Lifetime
Application number
JP4010425A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JPH05204576A (en
Inventor
栄市郎 田中
Original Assignee
日本電気株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by 日本電気株式会社 filed Critical 日本電気株式会社
Priority to JP4010425A priority Critical patent/JP2565049B2/en
Publication of JPH05204576A publication Critical patent/JPH05204576A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP2565049B2 publication Critical patent/JP2565049B2/en
Anticipated expiration legal-status Critical
Application status is Expired - Lifetime legal-status Critical

Links

Description

【発明の詳細な説明】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION

【0001】 [0001]

【産業上の利用分野】本発明は、マルチメディアデータの提示を開始/終了等のタイミング指定に基づいて、マルチメディアデータを提示する方法に関する。 The present invention relates to, based on the presentation of multimedia data to the timing specification of start / end, etc., it relates to a method for presenting a multimedia data.

【0002】 [0002]

【従来の技術】電子出版、CAI、プレゼンテーションの分野において、テキスト,音声,静止画,動画などのマルチメディア情報をディスプレイ画面に提示する場合、画面上のどの位置に、どのようなタイミングで提示し、消去するかを記述して(以下これをシナリオと呼ぶ)、シナリオに従ってデータを提示する必要がある。 BACKGROUND OF THE INVENTION electronic publishing, CAI, in the field of presentation, text, audio, still images, when presenting the multimedia information such as moving images on the display screen, at any position on the screen, presented in any timing , describes how to erase (hereinafter referred to as this scenario), there is a need to present the data according to the scenario.
これを実現する方法として、提示シーケンスを記述したファイルからタイムテーブルを作成し、データを逐次提示する方法が、(1)特開平01−233489号公報「データ提示方法及びその装置」で述べられている。 As a method for realizing this, create a timetable from describing the presentation sequence files, a method for sequentially presenting data, stated in (1) Japanese Patent Laid-Open No. 01-233489 "data display method and apparatus" there. また、この方法を拡張して、対話的にデータの提示をする対話ボタンの提示タイミングをシナリオに記述し、対話ボタン提示中に利用者からの入力があった時点で、リンク先のデータを提示する方法がある。 Further, by extending this method, the presentation timing of the conversation button for the presentation of interactive data described scenario, when there is an input from the user during a conversation button presents, presenting the linked data there is a method to. この方法は、 This method,
(2)特願平01−144901号明細書「データ編集/提示方法とその装置」で述べられている。 (2) it is described in Japanese Patent Application No. 01-144901 specification "data editing / presentation method and apparatus". さらに、これらを拡張し、ユーザ入力により次に提示するデータを適応的に決定する方法がある。 Furthermore, it can expand, there is a method of determining the data to be presented to the next adaptively by user input. この方法は、ユーザからの入力を入力メモリに記録しておき、入力メモリの内容とシナリオに予め記述してある条件文を照合し、条件と一致する場合に指定されたデータを提示する方法である。 This method may record the input memory an input from the user, it matches the conditional statement is previously described in the content and the scenario of the input memory, in a manner presenting the specified data if it matches the condition is there. この方法は、(3)特願平03−211262号明細書「シナリオ提示/編集方法」で述べられている。 This method has been described in (3) Japanese Patent Application No. 03-211262 specification "scenario presented / editing method". 以下では、(3)「シナリオ提示/編集方法」を方法1とよぶ。 In the following, referred to as Method 1 (3) "scenario presented / editing method".

【0003】 [0003]

【発明が解決しようとする課題】まず、方法1の問題点として、ユーザ入力により次に提示するデータを直接指定したい場合、対話ボタンのリンク先であるデータをシナリオに直接記述するために選択肢を増やすと、非常に多くの対話ボタンをシナリオに記述する必要が出、記述が煩雑になるという問題がある。 [0007] First, as a problem of Method 1, if you want to specify the data to be presented by the user input to the next directly, the option data is linked interactive buttons to describe directly the scenario increase and, very many it necessary to describe the interactive button on the scenario, there is a problem that the description becomes complicated. また、次に提示するデータを決定する外部プログラムを呼び出し、外部プログラムを実行した結果示されたデータを提示することができないという問題もある。 Also, calling an external program to determine the data to be presented next, there is a problem that it is impossible to present the data indicated a result of executing an external program.

【0004】本発明の目的は、このような問題を解決した動的シナリオ提示方法を提供することにある。 An object of the present invention is to provide a dynamic scenario presentation method which solves such problems.

【0005】 [0005]

【課題を解決するための手段】第1の発明は、マルチメディアデータの提示開始/終了等のタイミング指定を含むシナリオに基づいて、マルチメディアデータを提示する動的シナリオ提示方法において、ユーザ入力のモニタを開始する入力モニタ開始時刻と、モニタを終了する入力モニタ終了時刻と、入力結果をターゲットメモリに書き込むことを示す識別子とをシナリオ中に予め記述し、 [Summary of the first invention, based on the scenario that contains the timing specified presentation start / end, etc. of the multimedia data, the dynamic scenario presentation method for presenting multimedia data, the user input an input monitor start time to start the monitor, and an input monitor end time monitoring, the input result previously described and an identifier indicating that the writing in the target memory in the scenario,
前記入力モニタ開始時刻から前記入力モニタ終了時刻までの間に利用者の入力をモニタし、入力があった場合、 Monitors the input of the user during the period from the input monitor start time to the input monitor end time, when there is an input,
入力されたデータ名またはシナリオ名をターゲットメモリに書き込み、シナリオに指定されたタイミングでターゲットメモリに記述されたデータ名またはシナリオ名に対応するデータを提示することを特徴とする。 Writing the input data name or scenario name in the target memory, characterized by presenting the data corresponding to the data name or scenario name written in the target memory at the specified timing to the scenario.

【0006】第2の発明は、第1の発明の動的シナリオ提示方法において、外部プログラムの識別子、及び外部プログラムを起動するプログラム起動時刻をシナリオに予め記述し、プログラム起動時刻にプログラムを起動し、プログラムの実行結果であるデータ名またはシナリオ名をターゲットメモリに書き込むことを特徴とする。 [0006] The second invention is the dynamic scenario presented method of the first aspect of the invention, the identifier of the external program, and previously written program start time for starting an external program to the scenario, to start the program to the program start time , and writes the data name or scenario name that is the result of the execution of the program in the target memory.

【0007】第3の発明は、第1の発明の動的シナリオ提示方法において、入力モニタ開始時刻から入力モニタ終了時刻までユーザ入力がない場合、もしくは、ターゲットメモリに書かれたデータ名またはシナリオ名が正しくない場合、予めシナリオに記述されたデータ名またはシナリオ名をターゲットメモリに書き込むことを特徴とする。 A third invention is the dynamic scenario presented method of the first aspect of the invention, when there is no user input from the input monitor start time to input monitor end time, or the data name or name of the scenario written to the target memory If incorrect, and writes the data in advance name or name of the scenario described in the scenario to the target memory.

【0008】 [0008]

【作用】本発明で対象とするシナリオは、各データや対話ボタンの提示開始/終了等のタイミングを具体的に指定できるものとする。 [Action] scenarios of interest in the present invention shall be designated specifically the timing of the presentation start / end of each data and interactive buttons.

【0009】第1の発明は、提示するデータ名をシナリオに直接記述せず、提示するデータ名またはシナリオ名(以下これらをまとめてターゲット名とよぶ)を格納するターゲットメモリを表す識別子をシナリオに記述し、 [0009] A first aspect of the present invention is not directly written data name to be presented to the scenario presented data name or scenario name (hereinafter these are collectively referred to as target name) scenario identifier representing the target memory for storing It describes,
ユーザ入力によりターゲットメモリにターゲット名を書き込むことにより、次に提示するデータまたはシナリオをユーザ入力により直接決定することができるものである。 By writing the target name in the target memory by a user input, in which the next presentation data or scenarios can be directly determined by a user input.

【0010】第1の発明では、ターゲットメモリにターゲット名を記述し、かつ、メモリを参照するターゲットメモリ手段、ユーザの入力をモニタする入力モニタ手段、時刻情報に基づき入力モニタ手段とターゲットメモリ手段を起動するシナリオ提示制御手段、シナリオ提示制御部に時刻を提供する時計手段、データやボタンアイコンの提示を制御するデータ提示手段を用意する。 [0010] In the first invention, the target name written into the target memory, and target memory means for referring to the memory, an input monitor means for monitoring a user input, the input monitor means and the target memory means based on the time information start scenario presentation control means, clock means for providing time to the scenario presentation control unit, providing a data presenting means for controlling the presentation of data and button icon. また、補助的な手段として、シナリオ、データ、対話ボタンの属性情報を記録するデータベース管理手段、データ本体を記録するデータ記録手段などを用意する。 Further, as an auxiliary means, to prepare the scenario, data, database management means for recording attribute information of interactive buttons, data recording means for recording the data body.

【0011】データ提示の開始/終了、入力モニタの開始/終了、及び、ターゲットメモリへの書き込み、読み出しのタイミングは、シナリオ提示制御手段がシナリオと時刻情報に基づいて決定し、各手段に開始/終了の命令を送る。 [0011] beginning of a data presentation / end, the start / end of the input monitor, and writes to the target memory, the timing of the read, the scenario presentation control means determines on the basis of the scenario and time information, starts each unit / Send the end of the instruction.

【0012】シナリオ提示制御手段は入力モニタ手段に、ターゲット名モニタ開始命令を出す。 [0012] The scenario presentation control means to the input monitor means, issues a target name monitor start instruction. 命令を受けた入力モニタ手段は、入力用のウィンドゥまたはデータ名がマウスで選択できるメニューボタンをデータ提示手段に提示させ、入力デバイスから入力をモニタする。 Input monitor means for receiving the instruction, the window or the data name for input is presented to the data display unit a menu buttons can be selected with the mouse, to monitor the input from the input device. 入力があった場合、キー入力の場合は入力そのものをターゲットメモリに書き込む。 If there is an input, in the case of key input and writes the input itself to the target memory. マウス入力の場合メニューボタン中の選択された項目に対応するターゲット名をターゲットメモリに書き込む。 Writes the target name corresponding to the selected item in the menu button when the mouse input to the target memory. 一方、ターゲットメモリ手段は、シナリオ提示制御手段のターゲットメモリ読み出し命令を受け取ると、ターゲット名を読み出し、シナリオ提示制御手段に送り返す。 On the other hand, the target memory device receives the target memory read instruction scenario presentation control means reads the target name, back to the scenario presentation control means. シナリオ提示制御手段はデータベース管理手段からデータの属性情報を読み出し、データの提示をデータ提示手段に行わせる。 Scenario presentation control means reads the attribute information of the data from the database management unit to perform the presentation of data to the data display unit. あるいは、指定されたシナリオを読み出し、新しいシナリオの提示をデータ提示手段に行わせる。 Alternatively, it reads the designated scenario, causes the presentation of a new scenario data presentation means.

【0013】第1の発明は、データや対話ボタンの提示と同様な方式で処理開始/終了の指定を行うため、従来行われているシナリオ提示方法との整合性がよい。 [0013] The first invention performs specified processing start / end in a similar manner and presentation of data and interactive buttons, it is consistent with the scenario presented method is conventionally done. また、ターゲットメモリの示すデータもしくはシナリオを提示することにより、次に提示するデータを動的に変化させることが一つの対話用ウィンドゥで実現でき、シナリオが簡単に書ける。 Moreover, by presenting data or scenario indicated target memory, the data to be next presented can be realized by dynamically alters it is the window for one conversation scenario can write easily.

【0014】第2の発明は、シナリオから外部プログラムを起動し、その実行結果をターゲットメモリに書き込むことにより、プログラムの実行結果に従ったデータ提示を行う機能を実現するものである。 A second aspect of the present invention, launch external programs from the scenario, by writing the execution result in the target memory, and realizes the function of performing data presented in accordance with the execution result of the program. これは、外部プログラムの起動する時刻をシナリオに記述し、シナリオ提示制御手段がこのタイミングに従い外部プログラムを起動し、実行結果であるターゲット名をターゲットメモリ手段に格納することで実現する。 This describes the time to start the external program in the scenario, the scenario presentation control means is realized by storing in accordance with the timing to start the external program, the target name is the execution result to the target memory device.

【0015】第2の発明は、第1の発明で説明した手段の他に、外部プログラムを実行するプログラム起動手段、外部プログラムを格納するプログラム記録手段を用意する。 A second aspect of the present invention, the other means described in the first invention, the program activation means for executing an external program, providing a program recording means for storing an external program. シナリオ提示手段は、時計手段からの時刻情報をもとに、プログラム実行手段に実行命令を送る。 Scenario presenting means, on the basis of the time information from the clock means, send an execution command to the program execution means. プログラム実行手段は、実行命令を受けると外部プログラムを読み出し、実行させる。 Program executing means reads the external program receives the execution command to execute. 外部プログラム実行手段は、 External program execution means,
実行結果であるターゲット名を受け取り、ターゲットメモリに書き込む。 It receives the target name is the execution result is written to the target memory. この後、ターゲットメモリの示すデータまたはシナリオの提示処理を行うことで、外部プログラムの結果に応じたデータ提示が可能である。 Thereafter, by performing the process of presenting data or scenarios indicated target memory, data can be presented in accordance with the result of an external program. これにより、例えばデータまたはシナリオのキーワード検索などを行い、検索されたデータ名を決定するプログラムなどを外部プログラムで作成し、このプログラムをシナリオに組み込むことが可能となる。 Thus, for example, performs such keyword search data or scenarios created and an external program program for determining the retrieved data name, it is possible to incorporate the program scenario.

【0016】第3の発明は、ユーザ入力において、入力モニタ開始時刻から終了時刻までの間にユーザからの入力がない場合、もしくは、ユーザ入力されたターゲット名が正しくない場合、予めシナリオに記述してあるデータを提示する機能(従来の固定的な対話ボタン機能)を実現するものである。 [0016] The third invention is the user input, if there is no input from the user during the input monitor start time to the end time, or if the target name inputted by the user is incorrect, described previously Scenario function of presenting the data are realizes a (conventional fixed dialogue button function). これは、第1の発明において、ターゲットメモリ手段からのデータ名をデータベース管理手段からデータの属性情報を読み出すときにデータ名(または、シナリオ名)がない等のエラーが戻ってきた際に、予めシナリオに記述されたデータ名(シナリオ名)を提示することにする。 This, in the first aspect, when the data name (or the scenario name) error such is not returned when reading the attribute information of the data Data name from the database management unit from the target memory device, pre to be presented written data name to the scenario (the scenario name). これにより、ユーザ入力による動的なシナリオ提示と、従来の固定的な対話ボタンが同時に実現できる。 Thus, the dynamic scenario presented by the user input, conventional fixed dialogue buttons can be realized simultaneously.

【0017】 [0017]

【実施例】以下、本発明の一実施例について、図面を参照して説明する。 EXAMPLES Hereinafter, an embodiment of the present invention will be described with reference to the drawings.

【0018】第1の発明の実施例 A 装置構成の説明 図1に第1の発明によるシナリオ提示方法を実施するシナリオ提示装置の構成を示す。 [0018] showing a configuration of a scenario presentation device for implementing the scenario presented method according to the first invention in illustrations 1 of Example A device configuration of the first invention. この動的シナリオ提示装置は、マウス/キーボード等の入力デバイスとその制御部により構成され、ユーザ入力をモニタし、入力があった場合後述するターゲットメモリ12に入力結果を書き込む入力モニタ管理部11と、ターゲットを指定するデータ名を格納し、ターゲットメモリへは、書き込み、読み出し、クリアの3つのアクセスが可能であるターゲットメモリ12と、内部にクロックを持ち、そのクロックはシナリオ提示制御部の命令に応じて、現在時刻を通知し、時計管理部には、時刻設定、スタート、時刻読み出しの3つの命令が送られる時計管理部13と、後述するデータベース管理部16からシナリオを読み出し、各データの提示開始/終了時刻、入力モニタ開始/終了時刻、ターゲットメモリ読み出し開始/終了時刻に従 This dynamic scenario presentation device, an input device such as a mouse / keyboard is composed of a control unit monitors the user input, the input monitor management unit 11 to write the input result to the target memory 12 to be described later when there is an input stores the data name specifying the target, is the target memory, write, read, and target memory 12 are possible three access clear, internally has a clock, the instruction of the clock scenario presentation control unit in response, it notifies the current time, the clock management unit, a time setting, a start, a clock management unit 13 in which three instructions time read is sent, reading out the scenario from the database management unit 16 to be described later, the presentation of the data start / end time, the input monitor start / end time, follow the target memory read start / end time てタイムテーブルを作成し、さらに、時計管理部13から時刻情報をモニタしながらタイムテーブルに記載された時刻に指定された処理を行い、一方、データ開始/終了処理は後述するデータ提示部15へ、入力モニタ開始終了処理は入力モニタ管理部11へ、ターゲットメモリ読み出し処理はターゲットメモリ12へそれぞれ開始/終了命令を送り実行させるシナリオ提示制御部14と、シナリオ提示制御部15及びターゲットメモリ12からの通知を受け、指定されたメディアデータ、対話ボタンの提示/消去を行い、各メディアデータ、対話ボタンの表示データは後述するデータ記録部17に記録し、該当するデータをデータ記録部17から読み出し、CRTディスプレイや、動画用フレームバッファ、音声出力用アンプなどに表示 Te creates a time table, further, it performs the operation specified at the time described in the time table while monitoring the time information from the clock management section 13, whereas the data start / end processing to the data presentation unit 15 to be described later , input monitor starts termination processing to input monitor management unit 11, the target memory read operation scenario presentation control unit 14 to execute sending start / end command, respectively to the target memory 12, from the scenario presentation control unit 15 and target memory 12 notified, specified media data, performs presentation / erase interactive buttons, each media data, display data of the conversation button is recorded in the data recording unit 17 to be described later, reads the corresponding data from the data recording unit 17, display CRT display and, video frame buffer, such as the audio output amplifier るデータ提示部と、各メディアデータの提示開始/終了のイベント情報を管理するシナリオ情報、メディアデータ、対話ボタンの属性情報を記録するデータベース管理部16と、各マルチメディアデータやボタンアイコンの表示用グラフィックデータを格納しているデータ記録部17とを有している。 That the data presentation unit, scenario information for managing the event information of the presentation start / end of each media data, media data, and the database management unit 16 to record the attribute information of the interactive buttons, for the display of each of the multi-media data and button icon and a data recording unit 17 that stores the graphic data.

【0019】本実施例で用いるシナリオは、 The scenario used in this embodiment, のように記述される。 It is described as. ここで、Scenario na Here, Scenario na
meはシナリオの識別子であり、DX,DY,DTは、 me is the identifier of the scenario, DX, DY, DT is,
このシナリオが提示されるディスプレイ画面の大きさ(DX,DY)、及びシナリオ中の全提示データが終了するまでの時間DTを示す。 The size of the display screen this scenario is presented (DX, DY), and indicates the time DT until all presentation data is completed in the scenario. Object nameはシナリオ中で提示される個々のメディアデータ、対話ボタンなどの識別子を示し、(x,y)は、各メディア/ Object name individual media data presented in scenario describes the identifiers, such as interactive buttons, (x, y) is, the media /
ボタンの相対提示位置、tは提示開始時刻(例えば、シナリオ提示開始時刻をT=0としたときの相対時刻)を表す。 Relative presentation position of the button, t represents the presentation start time (e.g., relative time when a scenario presentation start time was set to T = 0). 一方、各メディアの属性情報は、以下のようにデータベースに記録されている。 On the other hand, the attribute information of each media is recorded in the database as follows.

【0020】Object name dx,dy,d [0020] Object name dx, dy, d
t,各オブジェクトに依存する情報の並びという形式で記述されているものとする。 t, and those described in the form of a sequence of information depending on each object. この記述形式をレコードと呼ぶ。 This description format is called a record. ここで、(dx,dy)はこのオブジェクトの画面提示サイズ、dtは提示時間である。 Here, (dx, dy) screen presentation size of this object, dt is the presentation time.

【0021】B シナリオ記述方法の説明 本発明では、シナリオ中で記述するオブジェクトの対象として、通常のメディアデータや対話ボタンの他に、ユーザ入力をターゲットメモリ12に書き込む処理オブジェクト、及び、ターゲットメモリ12に記述されているデータ名を読み出すオブジェクトを含めることにする。 [0021] In the description the present invention B scenario description method, as the object to describe in scenarios, in addition to the regular media data and interactive buttons, processing object, which writes the user input to the target memory 12, and a target memory 12 It will be included in the object to read the data name that is described in the.
例えば、前者の処理を表すオブジェクトTarget_ For example, the object Target_ representing the former process
in、後者を表すオブジェクトTarget_show in, object representing the latter Target_show
を考える。 think of. Target_inは、画面上にテキストウィンドゥTarget_inを表示し、このウィンドゥからユーザのキー入力を受け取り、これをそのままターゲットメモリ12に書き込む。 Target_in displays the text Windu Target_in on the screen, receives the key input of the user from this Windu, and writes it directly to the target memory 12. マウス入力の場合、データベース管理部16からデータ名を取得し、全てのデータ名が入ったメニューボタンを作成し、メニューボタンのデータ名をマウスで選択すると、そのデータ名がターゲットメモリ12に書き込まれる。 For mouse input, acquires the data name from the database management unit 16, creates a menu button that contains all the data name, selecting a data name of the menu button in the mouse, the data name is written to the target memory 12 . また、Target In addition, Target
_showは、ターゲットメモリ12に記述されているオブジェクトを提示する。 _show presents the objects described in the target memory 12. これを用いて、本発明を実施するシナリオを次のように記述することができる。 This can be used to describe a scenario for implementing the present invention as follows.

【0022】input_jump Target_in x in ,y in ,t in Target_show x s ,y s ,t sただし,Target_in dx in ,dy in ,d [0022] input_jump Target_in x in, y in, t in Target_show x s, y s, t s , however, Target_in dx in, dy in, d
in Target_show dx s ,dy s ,dt sである。 t in Target_show dx s, dy s , it is dt s.

【0023】ここで、Target_inの(x in ,y [0023] In this case, (x in the Target_in, y
in )は入力を受け付けるウィンドゥの提示位置、(dx in) the presentation position of the window that accepts input, (dx
in ,dy in )はウィンドゥの大きさ、t inは入力モニタ開始時刻、dt inはモニタ時刻を表している。 in, dy in) the size of the window, t in the input monitor start time, dt in represents the monitor time. また、T In addition, T
arget_showの(x s ,y s )はターゲットデータの提示位置(dx s ,dy s ,dt s )はダミー変数でどんな値でもよい(ただしdt s >0)。 of arget_show (x s, y s) is presented the position of the target data (dx s, dy s, dt s) may be any value in the dummy variable (but dt s> 0).

【0024】さらに、これらTarget_in、Ta [0024] In addition, these Target_in, Ta
rget_showをまとめたオブジェクトTarge Object Targe summarizes the rget_show
t_in_showを考えると、 input_jump2 Target_in_show x is ,y is ,t isとなる。 Given the t_in_show, input_jump2 Target_in_show x is, y is, the t is. ただし、Target_in_show dx However, Target_in_show dx
is ,dy is ,dt isである。 It is, dy is, is dt is. ここで、Target_i Here, Target_i
n_showの(x is ,y is ,dx is ,dy is )はウィンドゥの提示位置と大きさ、(t is ,t is +dt is )は入力モニタ開始時刻/終了時刻を表す。 n_show of (x is, y is, dx is, dy is) presents the position and size of a Window represents a (t is, t is + dt is) is input monitor start time / end time. このTarge The Targe
t_in_showのオブジェクトを用いれば、ユーザからの入力を終了した時点ですぐにターゲットメモリ1 With the object of t_in_show, immediately target memory 1 at the time of the completion of the input from the user
2の示すデータを提示することができる。 Can provide data indicated 2.

【0025】一方、ターゲットメモリ12に記述されるデータ名(シナリオ名)の形式は次の形式とする。 On the other hand, the format of the data name to be described in the target memory 12 (scenario name) and the following format.

【0026】 Targetname. [0026] Targetname. Mediatype Targetnameは、データ名そのものを表し、M Mediatype Targetname represents the data name itself, M
ediatypeは、データのメディアの種類もしくは、シナリオを識別するものである。 ediatype the media data types or is to identify a scenario. この形式で書かれたデータ名をターゲット名と呼ぶことにする。 The data name written in this format is referred to as a target name.

【0027】C 装置の動作 以上の構成の装置と、シナリオ記述方法を前提として、 [0027] a device for operating the above configuration of the C device, Given a scenario description method,
本実施例による第1の発明を実施する方法を説明する。 The method for implementing the first invention according to the present embodiment will be described.
図2は、シナリオ提示制御部14がシナリオ提示を実行する動作を示すフローチャートである。 Figure 2 is a flow chart showing the operation of the scenario presentation control unit 14 executes the scenario presented.

【0028】まず、前述のシナリオinput_jum [0028] First of all, of the above-mentioned scenario input_jum
pにおけるフローを説明する。 The flow in the p-described. (1)シナリオを読み込み、タイムテーブルを作成する。 (1) read the scenario, to create a time table. 例えば、上述のシナリオinput_jumpにおいて、t in <t in +dt in <t sであった場合、以下のようなタイムテーブルを作成する。 For example, in the above scenario Input_jump, if a t in <t in + dt in <t s, to create a time table as follows.

【0029】 Target_in ON t in Target_in OFF t in +dt in Target_show ON t s上記ではONは提示開始、OFFは提示終了を表す(ステップ21)。 [0029] Target_in ON t in Target_in OFF t in + dt in Target_show presentation start is ON the ON t s above, OFF represents the presentation end (step 21). (2)現在位置と比較するタイムテーブルの参照位置を示すポインタの最初の行(Target_in)に設定する(ステップ22)。 (2) set on the first line of the pointer indicating the reference position of the timetable to be compared with the current position (Target_in) (step 22). (3)時計管理部13にスタート命令を送り、時刻0から計測を開始する(ステップ23)。 (3) sends a start command to the clock management section 13 starts measuring the time 0 (step 23). (4)時計管理部13の計測する時刻を読み、タイムテーブルと比較する(ステップ24)。 (4) Read the time of measuring the clock management section 13, compared with the time table (step 24). (5)現在時刻がポインタの示すタイムテーブル上の値と一致した、または、越えた場合には、タイムテーブル上の記述に従い、次の(6)〜(8),(13)以降の動作を行い、それ以外は(4)に戻る(ステップ2 (5) the current time matches the value of the time table indicated by the pointer, or, if it exceeds, in accordance with the description of the time table, the following (6) to (8), the operation after (13) carried out, otherwise the process returns to (4) (step 2
5)。 5). (6)入力モニタオン(上記ではTarget_in (6) Input Monitaon (in the above Target_in
ON)のとき、入力モニタ管理部11に、対応するオブジェクトレコード[上記例では(Target_in When ON), the input monitor management unit 11, the corresponding object record [above example (Target_in
dx in ,dy in ,dt in )]を引数としてモニタ開始命令を発行する(ステップ26,27)。 dx in, dy in, dt in )] to issue a monitor start instruction as an argument (step 26, 27). (7)入力モニタオフ(上記ではTarget_in (7) Input Monitor Off (in the above Target_in
OFF)のとき、入力モニタ管理部11に、対応するオブジェクトレコード[上記例では(Target_in When OFF), the input monitor management unit 11, the corresponding object record [above example (Target_in
dx in ,dy in ,dt in )]を引数としてモニタ終了命令を発行する(ステップ28,29)。 dx in, dy in, dt in )] issues a monitor end instruction as an argument (step 28, 29). (8)ターゲットメモリ読み出しオン(上記ではTar (8) the target memory read-on (in the above Tar
get_show ON)のとき、ターゲットメモリ1 When get_show ON), the target memory 1
2にターゲット名呼び出し命令を発行し、ターゲットメモリに書かれているデータ名またはシナリオ名を取得する(ステップ210,211)。 2 to issue the target name call instruction, acquires the data name or scenario name written in the target memory (step 210, 211). その後次の(9)〜 Then the following (9) to
(12)の動作を行う。 It performs the operation of (12). (9)ターゲットメモリ12からターゲット名(データ名または、シナリオ名)を受け取り、ターゲット名からメディアのタイプを調べ、シナリオならデータベース管理部16からシナリオ情報を取得し、新しいタイムテーブルを作成する。 (9) Target Name of the target memory 12 (data name or scenario name) receive, examine the types of media from the target name, acquires scenario information from the database management unit 16 if the scenario, to create a new timetable. その後、(2)に戻る(ステップ21 Thereafter, the flow returns to (2) (Step 21
2,213,217)。 2,213,217). シナリオでないなら次の(1 It is not the scenario of the next (1
0)〜(12)の動作をする。 0) to the operation of the ~ (12). (10)ターゲットのメディアの属性情報を取得するためデータベース管理部16へオブジェクトレコード取得命令を出す(ステップ214)。 (10) issues an object record obtaining command to the database management unit 16 to acquire the media attribute information of the target (step 214). (11)データベース管理部16から送られてきたオブジェクトレコードをタイムテーブルに追加し、タイムテーブルを更新する(ステップ215)。 (11) an object record sent from the database management unit 16 adds to the time table, and updates the timetable (step 215). このとき更新されたタイムテーブルは以下のようになる。 At this time updated time table is as follows.

【0030】 Target_in ON t in Target_in OFF t in +dt in Target_show ON t s Object_txt OFF t s +dt xここで、Object_txtはターゲットメモリで指定されたオブジェクトの例で、その形式は、Objec [0030] Target_in ON t in Target_in OFF t in + dt in Target_show ON t s Object_txt OFF t s + dt x here, Object_txt in the example of objects that have been specified in the target memory, the format is, Objec
t_txt dx x ,dy x ,dt x ,オブジェクトに依存する情報の並びである。 t_txt dx x, dy x, dt x, it is a sequence of information that depends on the object. (12)データ提示部15にターゲットデータの提示命令をオブジェクトのレコード[上記例では、(Obje (12) In the record [above example of an object the presentation instructions of the target data to the data presentation unit 15, (OBJe
ct_txt dx x ,dy x ,dt x )]を引数として発行する(ステップ216)。 ct_txt dx x, dy x, issues a dt x)] as an argument (step 216). (13)ターゲットメモリで指定されたデータの提示オフ(シナリオinput_jumpではTarget_ (13) Target_ the presentation off (scenario input_jump of data specified by the target memory
show OFF)のとき、提示データを引数として提示終了命令を発行する(ステップ218,219)。 When the show OFF), issues a presentation end command the presentation data as arguments (step 218, 219). (14)ポインタを次の行にずらす(ステップ22 (14) shifting the pointer to the next line (step 22
0)。 0). (15)未処理のシナリオ行があれば(4)にもどる。 (15) back to if untreated scenarios line of (4).
そうでなければ処理を終わる(ステップ220)。 Ends otherwise, the process (step 220).

【0031】以上がシナリオ提示制御部14の基本的な動作である。 The above is the basic operation of the scenario presentation control unit 14. このシナリオではデータや対話ボタンが含まれていないが、含まれる場合に対処するには、前述のステップ26から218に、データ提示開始/終了、対話ボタン提示開始/終了の分岐を加え、それぞれの分岐でデータ提示部15に提示開始/終了命令を送ればよい。 Although not contain data and dialogue buttons in this scenario, to address if included, to 218 from step 26 described above, the data presentation start / end, the branch of interactive buttons presentation start / end addition, each branches may send the presentation start / end command to the data display unit 15.

【0032】また、input_show2においてはタイムテーブルは Target_in_show ON t is Target_in_show OFF dt isと記述される。 [0032] In addition, the time table is in input_show2 is described as Target_in_show ON t is Target_in_show OFF dt is . フローとしては、(6)と(8)の処理が同時に行われることになる。 The flow, the processing is performed at the same time (6) and (8). つまり、(6)の入力モニタ開始命令発行の後、(8)のターゲット名呼び出し命令を発行し、(9)〜(11)の動作を行う。 That is, after the input monitor start instruction issue (6), issue the target name call instruction (8), performs the operation of (9) to (11).

【0033】一方、図3はモニタ開始/終了命令を受ける入力モニタ管理部11の動作を示すフローチャートである。 On the other hand, FIG. 3 is a flow chart showing an operation of the input monitor management unit 11 for receiving the monitor start / end command. (1)シナリオ提示制御部14からの開始命令を待つ(ステップ31)。 (1) wait for the start command from the scenario presentation control unit 14 (step 31). (2)モニタ開始命令を受けた場合、現在入力モニタ中のテキストウィンドゥと対話ボタンを示す入力テーブルに命令の引数を書き込む(ステップ32)。 (2) when receiving a monitoring start instruction, and writes the arguments of the instruction in the input table showing the interaction button text Windu currently input monitor (step 32). (3)マウス入力の場合は、データベース管理部16から指定できるターゲット名を取得しメニューテーブルを作成し、データ提示部15へメニューボタンの作成命令を送る。 (3) In the case of mouse input, creates a menu table to get the target name can be specified from the database management unit 16 sends a creation instruction of the menu button to the data presentation unit 15. キー入力の場合は、書き込んだ引数を利用して、データ提示部15にテキストウィンドゥを作成させる(ステップ33,34,35,36)。 In the case of key input, using the written argument, to create a text Windu in the data presentation unit 15 (step 33, 34, 35, 36). (4)ユーザ入力をモニタし、なければ(8)へ、あれば(5)へすすむ(ステップ37)。 (4) monitors the user input, without the (8), the process proceeds to if (5) (step 37). (5)入力があった場合、入力テーブル、メニューテーブルを参照し、入力デバイスの種類,画面上の入力位置等から対応するウィンドゥ/メニューボタンを決定する(ステップ38)。 (5) If there is input, with reference to the input table, menu table, the type of input device, to determine the corresponding Window / menu button from the input position or the like on the screen (step 38). (6)キー入力だった場合、入力をそのままターゲットメモリに記述する(ステップ39,310)。 (6) When was the key input, as it is described in target memory input (step 39,310). (7)マウス入力の場合、選択されたターゲット名をターゲットメモリに記述する(ステップ39,311)。 (7) When the mouse input, describe the target name that was targeted memory (step 39,311). (8)モニタ終了命令をモニタし、命令を受けた場合、 (8) If you monitor monitor end instruction, received the instruction,
該当するテキストウィンドゥ,メニューボタンを消去する提示終了命令をデータ提示部15に送り、入力テーブルから該当ウィンドゥなどの引数情報を削除し、処理を終わる。 The corresponding text Windu, send a presentation end command to erase the menu button to the data presentation unit 15, to delete the argument information such as relevant the window from the input table, and ends the process. そうでなければ(4)へ戻る(ステップ31 Otherwise return to (4) (step 31
2,313)。 2,313).

【0034】以上により、第1の発明のシナリオ提示処理が実現できる。 [0034] Thus, the scenario presentation processing of the first invention can be achieved. この実施例では、入力モニタ管理部1 In this embodiment, input monitor managing unit 1
2において、入力テーブルを用いているため、同時に複数の入力モニタが可能である。 In 2, the use of the input table, it is possible have multiple input monitor simultaneously. これにより、例えば同一の指示をマウス入力/キー入力いずれでも行えるようにしておき、ユーザに入力方法を自由に選択してもらうという機能が提供できる。 Thus, for example, the same instruction to leave allow any mouse input / keystrokes, can provide functions that get freely select an input method to the user.

【0035】第2の発明の実施例 A 装置構成の説明 図4に、第2の発明によるシナリオ提示方法を実施するシナリオ提示装置の構成を示す。 [0035] Example A device configuration of illustration 4 of the second aspect of the invention, showing the configuration of a scenario presentation device for implementing the scenario presented method according to the second invention. このシナリオ提示装置は、マウス/キーボード等の入力デバイスとその制御部により構成され、ユーザ入力をモニタし、入力があった場合後述するターゲットメモリ12に入力結果を書き込む入力モニタ管理部41と、ターゲットを指定するデータ名を格納し、ターゲットメモリへは、書き込み、読み出し、クリアの3つのアクセスが可能であるターゲットメモリ42と、内部にクロックを持ち、そのクロックはシナリオ提示制御部の命令に応じて、現在時刻を通知し、時計管理部には、時刻設定、スタート、時刻読み出しの3つの命令が送られる時計管理部43と、シナリオ提示実行部14と比較して、シナリオ中に外部プログラムに関する記述があった場合、後述する外部プログラム実行部48に対し、指定されたタイミングで外部プロ This scenario presentation device is configured by an input device and a control unit such as a mouse / keyboard, monitor the user input, the input monitor management unit 41 to write the input result to the target memory 12 to be described later when there is an input, the target storing data name specifying the, is the target memory, write, read, and target memory 42 are possible three access clear, internally has a clock, the clock in accordance with a command scenario presentation control unit It notifies the current time, the clock management unit, a time setting, a start, a clock management unit 43 in which three instructions time read is sent, compared with the scenario presented execution unit 14, description of the foreign program during scenario If there is, the external program execution unit 48 to be described later, external professional at a specified timing ラム実行命令を送る付加機能を備えているシナリオ提示実行部44と、シナリオ提示制御部15及びターゲットメモリ12からの通知を受け、指定されたメディアデータ、対話ボタンの提示/消去を行い、各メディアデータ、対話ボタンの表示データは後述するデータ記録部1 Scenario presentation execution section 44 that has an additional function to send the ram execution command, receiving the notification from the scenario presentation control unit 15 and target memory 12, specified media data, performs presentation / erase interactive buttons, each media data display data interactive buttons below the data recording unit 1
7に記録し、該当するデータをデータ記録部17から読み出し、CRTディスプレイや、動画用フレームバッファ、音声出力用アンプなどに表示するデータ提示部45 Recorded in 7 reads the corresponding data from the data recording unit 17, data display unit 45 for display or a CRT display, video frame buffer, such as the audio output amplifier
と、各メディアデータの提示開始/終了のイベント情報を管理するシナリオ情報、メディアデータ、対話ボタンの属性情報を記録するデータベース管理部46と、各マルチメディアデータやボタンアイコンの表示用グラフィックデータを格納しているデータ記録部47と、外部プログラム実行部48と、外部プログラムとして起動可能なプログラムを格納する外部プログラム記録部49とを有し、そのうちの外部プログラム実行部48は、シナリオ提示実行部44からの外部プログラム実行命令を受けて、指定された識別子により、後述する外部プログラム記録部49から外部プログラムを読み出し、実行させる。 And, the scenario information for managing the event information of the presentation start / end of each media data, media data, and the database management unit 46 to record the attribute information of the interactive button, the display graphics data of each of the multi-media data and button icon store a data recording unit 47 that is, an external program execution unit 48, and an external program storage unit 49 for storing a bootable program as an external program, external program execution unit 48 of which, the scenario presented execution unit 44 receiving external program execution instructions from, the specified identifier, reads the external program from an external program recording section 49 to be described later, is executed. ここで、起動可能な外部プログラムの条件は、「各プログラムが、その実行結果をターゲット名として外部プログラム実行部48に返すか、または、実行結果のターゲット名を直接ターゲットメモリ42に記述すること」とする。 Here, the conditions of bootable external program, "each program, that the or the execution result returned to the external program execution unit 48 as a target name or describe the target name of the execution result directly to the target memory 42 ' to. 実行結果が外部プログラム実行部48に返された場合、結果をターゲットメモリ42に書き込む。 If the execution result is returned to the external program execution unit 48, and writes the result to the target memory 42.
これにより、外部プログラムの実行結果に基づいたデータ及びシナリオの提示が実現できる。 Thus, the presentation of data and scenarios based on the execution result of the external program can be realized.

【0036】本実施例で用いるシナリオは、 The scenario used in this embodiment, のように記述される。 It is described as. ここで、Scenario na Here, Scenario na
meはシナリオの識別子であり、DX,DY,DTは、 me is the identifier of the scenario, DX, DY, DT is,
このシナリオが提示されるディスプレイ画面の大きさ(DX,DY)、及びシナリオ中の全提示データが終了するまでの時間DTを示す。 The size of the display screen this scenario is presented (DX, DY), and indicates the time DT until all presentation data is completed in the scenario. Object nameはシナリオ中で提示される個々のメディアデータ、対話ボタンなどの識別子を示し、(x,y)は、各メディア/ Object name individual media data presented in scenario describes the identifiers, such as interactive buttons, (x, y) is, the media /
ボタンの相対提示位置、tは提示開始時刻(例えば、シナリオ提示開始時刻をT=0としたときの相対時刻)を表す。 Relative presentation position of the button, t represents the presentation start time (e.g., relative time when a scenario presentation start time was set to T = 0). 一方、各メディアの属性情報は、以下のようにデータベースに記録されている。 On the other hand, the attribute information of each media is recorded in the database as follows.

【0037】Object name dx,dy,d [0037] Object name dx, dy, d
t,各オブジェクトに依存する情報の並びという形式で記述されているものとする。 t, and those described in the form of a sequence of information depending on each object. この記述形式をレコードと呼ぶ。 This description format is called a record. ここで、(dx,dy)はこのオブジェクトの画面提示サイズ、dtは提示時間である。 Here, (dx, dy) screen presentation size of this object, dt is the presentation time.

【0038】B シナリオ記述方法の説明 第1の発明では、シナリオ中で記述するオブジェクトの対象として、通常のメディアデータや対話ボタンの他に、ユーザ入力をターゲットメモリ42に書き込む処理オブジェクト、及び、ターゲットメモリ42に記述されているデータ名を読み出すオブジェクトを含めた。 [0038] In the description first invention of B scenario description method, as the object to describe in scenarios, in addition to the regular media data and interactive buttons, processing object, which writes the user input to the target memory 42 and, the target including the object to read the data name that is described in the memory 42. 例えば、前者の処理を表すオブジェクトTarget_i For example, the object Target_i representing the former process
n、後者を表すオブジェクトTarget_showを考える。 n, consider the object Target_show representing the latter. Target_inは、画面上にテキストウィンドゥTarget_inを表示し、このウィンドゥからユーザのキー入力を受け取り、これをそのままターゲットメモリ42に書き込む。 Target_in displays the text Windu Target_in on the screen, receives the key input of the user from this Windu, and writes it directly to the target memory 42. マウス入力の場合、データベース管理部46からデータ名を取得し、全てのデータ名が入ったメニューボタンを作成し、メニューボタンのデータ名をマウスで選択すると、そのデータ名がターゲットメモリ42に書き込まれる。 For mouse input, acquires the data name from the database management unit 46, creates a menu button that contains all the data name, selecting a data name of the menu button in the mouse, the data name is written to the target memory 42 . また、Target_ In addition, Target_
showは、ターゲットメモリ42に記述されているオブジェクトを提示する。 show presents the objects that are written to the target memory 42. これを用いて、本発明を実施するシナリオを次のように記述することができる。 This can be used to describe a scenario for implementing the present invention as follows.

【0039】input_jump Target_in x in ,y in ,t in Target_show x s ,y s ,t sただし,Target_in dx in ,dy in ,d [0039] input_jump Target_in x in, y in, t in Target_show x s, y s, t s , however, Target_in dx in, dy in, d
in Target_show dx s ,dy s ,dt sである。 t in Target_show dx s, dy s , it is dt s.

【0040】ここで、Target_inの(x in ,y [0040] In this case, (x in the Target_in, y
in )は入力を受け付けるウィンドゥの提示位置、(dx in) the presentation position of the window that accepts input, (dx
in ,dy in )はウィンドゥの大きさ、t inは入力モニタ開始時刻、dt inはモニタ時刻を表している。 in, dy in) the size of the window, t in the input monitor start time, dt in represents the monitor time. また、T In addition, T
arget_showの(x s ,y s )はターゲットデータの提示位置(dx s ,dy s ,dt s )はダミー変数でどんな値でもよい(ただしdt s >0)。 of arget_show (x s, y s) is presented the position of the target data (dx s, dy s, dt s) may be any value in the dummy variable (but dt s> 0).

【0041】さらに、これらTarget_in、Ta [0041] In addition, these Target_in, Ta
rget_showをまとめたオブジェクトTarge Object Targe summarizes the rget_show
t_in_showを考えると、 input_jump2 Target_in_show x is ,y is ,t isとなる。 Given the t_in_show, input_jump2 Target_in_show x is, y is, the t is. ただし、Target_in_show dx However, Target_in_show dx
is ,dy is ,dt isである。 It is, dy is, is dt is. ここで、Target_i Here, Target_i
n_showの(x is ,y is ,dx is ,dy is )はウィンドゥの提示位置と大きさ、(t is ,t is +dt is )は入力モニタ開始時刻/終了時刻を表す。 n_show of (x is, y is, dx is, dy is) presents the position and size of a Window represents a (t is, t is + dt is) is input monitor start time / end time. このTarge The Targe
t_in_showのオブジェクトを用いれば、ユーザからの入力を終了した時点ですぐにターゲットメモリ4 With the object of t_in_show, immediately target memory 4 at the time of the completion of the input from the user
2の示すデータを提示することができる。 Can provide data indicated 2.

【0042】一方、ターゲットメモリ42に記述されるデータ名(シナリオ名)の形式は次の形式とする。 On the other hand, the format of the data name to be described in the target memory 42 (scenario name) and the following format.

【0043】 Targetname. [0043] Targetname. Mediatype Targetnameは、データ名そのものを表し、M Mediatype Targetname represents the data name itself, M
ediatypeは、データのメディアの種類もしくは、シナリオを識別するものである。 ediatype the media data types or is to identify a scenario. この形式で書かれたデータ名をターゲット名と呼ぶことにする。 The data name written in this format is referred to as a target name.

【0044】このようにして第2の発明のシナリオも記述する。 [0044] also describes the scenario of the second invention in this manner. ただし、第2の発明では、シナリオ中で外部プログラムの指定ができる。 However, in the second invention, it is specified external program in the scenario. 例えば、テキストデータから特定のキーワードを含むデータを検索するプログラムE For example, a program E to search for data that contain specific keywords from the text data
xternalは、メディアデータ、対話ボタンと同様に External dx e ,dy e ,dt e ,プログラムの引数 である。 xternal is, media data, interactive buttons as well as External dx e, dy e, dt e, is the argument of the program. ここで、(dx e ,dy e ,dt e )はダミー変数であり、特定の意味を持たない。 Here, (dx e, dy e, dt e) is a dummy variable, no specific meaning. シナリオ中では、 In a scenario,
例えば Scenario DX,DY,DT External x e ,y e ,t e Target_show x s ,y s ,t sとなる。 For example Scenario DX, DY, DT External x e, y e, t e Target_show x s, y s, the t s. ただし、Target_in_show dx However, Target_in_show dx
is ,dy is ,dt isである(t e <t s )。 is, dy is, is dt is (t e <t s ). 上記で(x,y)に関するオペランドは全てダミーであるが、 Above (x, y) relating although operands are all dummy,
e ,t sはそれぞれの起動時刻を表している。 t e, t s represents each of the start-up time.

【0045】C 装置の動作 図5はシナリオ提示制御部44の、以下のような動作を示すフローチャートである。 [0045] Operation Figure 5 is a scenario presentation control unit 44 of the C unit is a flowchart showing the operation as follows. (1)シナリオを読み込みタイムテーブルを作成する(ステップ51)。 (1) Create a read timetable scenario (step 51). (2)現在時刻と比較するタイムテーブルの参照位置を示すポインタを最初の行に設定する(ステップ52)。 (2) sets a pointer indicating the reference position of the timetable to be compared with the current time in the first line (step 52). (3)時計管理部43にスタート命令を送り、時刻0から計測を開始する(ステップ53)。 (3) sends a start command to the clock management unit 43 starts measuring the time 0 (step 53). (4)時計管理部43の計測する時刻を読み、タイムテーブルと比較する(ステップ54)。 (4) Read the time of measuring the clock management section 43, compared with the time table (step 54). (5)現在時刻がポインタの示すタイムテーブル上の値と一致した、または、越えた場合には、タイムテーブル上の記述に従い、(6)〜(8),(13)〜(14) (5) the current time matches the value of the time table indicated by the pointer, or, if it exceeds, in accordance with the description of the time table, (6) - (8), (13) - (14)
の動作を行い、それ以外は(4)に戻る(ステップ5 It performs the operation, otherwise the process returns to (4) (step 5
5)。 5). (6)入力モニタオンのとき、入力モニタ管理部41 (6) when the input Monitaon, input monitor manager 41
に、対応するオブジェクトレコードを引数としてモニタ開始命令を発行する(ステップ56,57)。 To issues a monitoring start command corresponding object record as an argument (step 56, 57). (7)入力モニタオフのとき、入力モニタ管理部41 (7) when the input Monitor Off, input monitor manager 41
に、対応するオブジェクトレコードを引数としてモニタ終了命令を発行する(ステップ58,59)。 To issues a monitoring end command corresponding object record as an argument (step 58, 59). (8)ターゲットメモリ読み出しオンのとき、ターゲットメモリ42にターゲット名呼び出し命令を発行し、ターゲットメモリに書かれているデータ名またはシナリオ名を取得する(ステップ510,511)。 (8) When a target memory read-on, issues a target name call instruction to the target memory 42, acquires the data name or scenario name written in the target memory (step 510 and 511). その後(9)〜(12)の動作を行う。 It performs the operation of the then (9) to (12). (9)ターゲットメモリ42からターゲット名を受け取り、ターゲット名のメディア識別子からメディアを調べ、シナリオならデータベース管理部46からシナリオ情報を取得し、新しいタイムテーブルを作成する(ステップ512,513,517)。 (9) receives a target name from the target memory 42 examines the media from a media identifier of the target name, acquires scenario information from the database management unit 46 if the scenario, to create a new time table (step 512,513,517). その後、(2)に戻る。 After that, the process returns to (2). メディアがシナリオでないならば、(10)〜(1 If the media is not a scenario, (10) to (1
2)の動作をする。 The operation of the two). (10)ターゲットのメディアの属性情報を取得するためデータベース管理部46へオブジェクトレコード取得命令を出す(ステップ514)。 (10) issues an object record obtaining command to the database management unit 46 to acquire the media attribute information of the target (step 514). (11)データベース管理部46から送られてきたオブジェクトレコードをタイムテーブルに追加し、タイムテーブルを更新する(ステップ515)。 (11) an object record sent from the database management unit 46 adds to the time table, and updates the timetable (step 515). (12)データ提示部45にターゲットデータの提示命令をオブジェクトのレコードを引数として発行する(ステップ516)。 (12) issues to the data presentation unit 45 to present instruction target data record of an object as an argument (step 516). (13)ターゲットメモリで指定されたデータの提示オフ(上記ではTarget_show OFF)のとき、提示データを引数として提示終了命令を発行する(ステップ518,519)。 (13) when presented off of data specified in the target memory (Target_show OFF in the above), issues a presentation end command the presentation data as arguments (step 518 and 519). (14)プログラム起動オンのとき、外部プログラム記録部49に、対応する外部プログラムの識別子を引数としてプログラム実行命令を発行する(ステップ520, (14) When the program start on, the external program recording unit 49 issues a program execution instruction identifiers corresponding external program as an argument (step 520,
521)。 521). (15)ポインタを次の行にずらす(ステップ52 (15) shifting the pointer to the next line (step 52
2)。 2). (16)未処理のシナリオ行があれば(4)にもどる。 (16) back to if untreated scenarios line of (4).
そうでなければ処理を終わる(ステップ523)。 Ends otherwise, the process (step 523).

【0046】以上の動作により、外部プログラムの実行結果から次に提示するシナリオを決定することができる。 [0046] By the above operation, it is possible to determine the scenario then presented from the execution result of the external program. なお上記では一度に起動する外部プログラムを一つと仮定しているが外部プログラム実行部を拡張して、複数のプログラムを同時に実行することは容易である。 Note in the above assumes that one external program to be started at a time to extend the external program execution unit, it is easy to run multiple programs concurrently. この場合、テーブルによって複数のプログラムを管理すればよい。 In this case, it is sufficient to manage multiple programs by the table.

【0047】また、上記の動作で、入力モニタ処理である(6),(7)の動作をいれてあるが、なくてもよい。 Further, in the above operation, the input monitoring process (6), but are put operation (7), may be omitted.

【0048】第3の発明の実施例 A 装置構成の説明 図1に第1の発明によるシナリオ提示方法を実施したシナリオ提示装置の構成を示す。 [0048] showing a configuration of a third scenario presentation apparatus embodying the scenario presented method according to the first invention in illustrations 1 of Example A device configuration of the invention. この動的シナリオ提示装置は、マウス/キーボード等の入力デバイスとその制御部により構成され、ユーザ入力をモニタし、入力があった場合後述するターゲットメモリ12に入力結果を書き込む入力モニタ管理部11と、ターゲットを指定するデータ名を格納し、ターゲットメモリへは、書き込み,読み出し,クリアの3つのアクセスが可能であるターゲットメモリ12と、内部にクロックを持ち、そのクロックはシナリオ提示制御部の命令に応じて、現在時刻を通知し、時計管理部には、時刻設定,スタート,時刻読み出しの3つの命令が送られる時計管理部13と、後述するデータベース管理部16からシナリオを読み出し、各データの提示開始/終了時刻、入力モニタ開始/終了時刻、ターゲットメモリ読み出し開始/終了時刻に従 This dynamic scenario presentation device, an input device such as a mouse / keyboard is composed of a control unit monitors the user input, the input monitor management unit 11 to write the input result to the target memory 12 to be described later when there is an input stores the data name specifying the target, is the target memory, write, read, and target memory 12 are possible three access clear, internally has a clock, the instruction of the clock scenario presentation control unit in response, it notifies the current time, the clock management unit, a time setting, a start, a clock management unit 13 in which three instructions time read is sent, reading out the scenario from the database management unit 16 to be described later, the presentation of the data start / end time, the input monitor start / end time, follow the target memory read start / end time てタイムテーブルを作成し、さらに、時計管理部13から時刻情報をモニタしながらタイムテーブルに記載された時刻に指定された処理を行い、一方、データ開始/終了処理は後述するデータ提示部15へ、入力モニタ開始終了処理は入力モニタ管理部11へ、ターゲットメモリ読み出し処理はターゲットメモリ12へそれぞれ開始/終了命令を送り実行させるシナリオ提示制御部14と、シナリオ提示制御部15及びターゲットメモリ12からの通知を受け、指定されたメディアデータ、対話ボタンの提示/消去を行い、各メディアデータ、対話ボタンの表示データは後述するデータ記録部17に記録し、該当するデータをデータ記録部17から読み出し、CRTディスプレイや、動画用フレームバッファ、音声出力用アンプなどに表示 Te creates a time table, further, it performs the operation specified at the time described in the time table while monitoring the time information from the clock management section 13, whereas the data start / end processing to the data presentation unit 15 to be described later , input monitor starts termination processing to input monitor management unit 11, the target memory read operation scenario presentation control unit 14 to execute sending start / end command, respectively to the target memory 12, from the scenario presentation control unit 15 and target memory 12 notified, specified media data, performs presentation / erase interactive buttons, each media data, display data of the conversation button is recorded in the data recording unit 17 to be described later, reads the corresponding data from the data recording unit 17, display CRT display and, video frame buffer, such as the audio output amplifier るデータ提示部と、各メディアデータの提示開始/終了のイベント情報を管理するシナリオ情報、メディアデータ、対話ボタンの属性情報を記録するデータベース管理部16と、各マルチメディアデータやボタンアイコンの表示用グラフィックデータを格納しているデータ記録部17とを有している。 That the data presentation unit, scenario information for managing the event information of the presentation start / end of each media data, media data, and the database management unit 16 to record the attribute information of the interactive buttons, for the display of each of the multi-media data and button icon and a data recording unit 17 that stores the graphic data.

【0049】本実施例で用いるシナリオは、 The scenario used in this embodiment, のように記述される。 It is described as. ここで、Scenario na Here, Scenario na
meはシナリオの識別子であり、DX,DY,DTは、 me is the identifier of the scenario, DX, DY, DT is,
このシナリオが提示されるディスプレイ画面の大きさ(DX,DY)、及びシナリオ中の全提示データが終了するまでの時間DTを示す。 The size of the display screen this scenario is presented (DX, DY), and indicates the time DT until all presentation data is completed in the scenario. Object nameはシナリオ中で提示される個々のメディアデータ、対話ボタンなどの識別子を示し、(x,y)は、各メディア/ Object name individual media data presented in scenario describes the identifiers, such as interactive buttons, (x, y) is, the media /
ボタンの相対提示位置、tは提示開始時刻(例えば、シナリオ提示開始時刻をT=0としたときの相対時刻)を表す。 Relative presentation position of the button, t represents the presentation start time (e.g., relative time when a scenario presentation start time was set to T = 0). 一方、各メディアの属性情報は、以下のようにデータベースに記録されている。 On the other hand, the attribute information of each media is recorded in the database as follows.

【0050】Object name dx,dy,d [0050] Object name dx, dy, d
t,各オブジェクトに依存する情報の並びという形式で記述されているものとする。 t, and those described in the form of a sequence of information depending on each object. この記述形式をレコードと呼ぶ。 This description format is called a record. ここで、(dx,dy)はこのオブジェクトの画面提示サイズ、dtは提示時間である。 Here, (dx, dy) screen presentation size of this object, dt is the presentation time.

【0051】B シナリオ記述方法の説明 本発明では、シナリオ中で記述するオブジェクトの対象として、通常のメディアデータや対話ボタンの他に、ユーザ入力をターゲットメモリ12に書き込む処理オブジェクト、及び、ターゲットメモリ12に記述されているデータ名を読み出すオブジェクトを含めることにする。 [0051] In the description of the invention The B scenario description method, as the object to describe in scenarios, in addition to the regular media data and interactive buttons, processing object, which writes the user input to the target memory 12, and a target memory 12 It will be included in the object to read the data name that is described in the.
例えば、前者の処理を表すオブジェクトTarget_ For example, the object Target_ representing the former process
in、後者を表すオブジェクトTarget_show in, object representing the latter Target_show
を考える。 think of. Target_inは、画面上にテキストウィンドゥTarget_inを表示し、このウィンドゥからユーザのキー入力を受け取り、これをそのままターゲットメモリ12に書き込む。 Target_in displays the text Windu Target_in on the screen, receives the key input of the user from this Windu, and writes it directly to the target memory 12. マウス入力の場合、データベース管理部16からデータ名を取得し、全てのデータ名が入ったメニューボタンを作成し、メニューボタンのデータ名をマウスで選択すると、そのデータ名がターゲットメモリ12に書き込まれる。 For mouse input, acquires the data name from the database management unit 16, creates a menu button that contains all the data name, selecting a data name of the menu button in the mouse, the data name is written to the target memory 12 . また、Target In addition, Target
_showは、ターゲットメモリ12に記述されているオブジェクトを提示する。 _show presents the objects described in the target memory 12. これを用いて、本発明を実施するシナリオを次のように記述することができる。 This can be used to describe a scenario for implementing the present invention as follows.

【0052】input_jump Target_in x in ,y in ,t in Target_show x s ,y s ,t sただし,Target_in dx in ,dy in ,d [0052] input_jump Target_in x in, y in, t in Target_show x s, y s, t s , however, Target_in dx in, dy in, d
in Target_show dx s ,dy s ,dt sである。 t in Target_show dx s, dy s , it is dt s.

【0053】ここで、Target_inの(x in ,y [0053] In this case, (x in the Target_in, y
in )は入力を受け付けるウィンドゥの提示位置、(dx in) the presentation position of the window that accepts input, (dx
in ,dy in )はウィンドゥの大きさ、t inは入力モニタ開始時刻、dt inはモニタ時刻を表している。 in, dy in) the size of the window, t in the input monitor start time, dt in represents the monitor time. また、T In addition, T
arget_showの(x s ,y s )はターゲットデータの提示位置(dx s ,dy s ,dt s )はダミー変数でどんな値でもよい(ただしdt s >0)。 of arget_show (x s, y s) is presented the position of the target data (dx s, dy s, dt s) may be any value in the dummy variable (but dt s> 0).

【0054】さらに、これらTarget_in、Ta [0054] In addition, these Target_in, Ta
rget_showをまとめたオブジェクトTarge Object Targe summarizes the rget_show
t_in_showを考えると、 input_jump2 Target_in_show x is ,y is ,t isとなる。 Given the t_in_show, input_jump2 Target_in_show x is, y is, the t is. ただし、Target_in_show dx However, Target_in_show dx
is ,dy is ,dt isである。 It is, dy is, is dt is. ここで、Target_i Here, Target_i
n_showの(x is ,y is ,dx is ,dy is )はウィンドゥの提示位置と大きさ、(t is ,t is +dt is )は入力モニタ開始時刻/終了時刻を表す。 n_show of (x is, y is, dx is, dy is) presents the position and size of a Window represents a (t is, t is + dt is) is input monitor start time / end time. このTarge The Targe
t_in_showのオブジェクトを用いれば、ユーザからの入力を終了した時点ですぐにターゲットメモリ1 With the object of t_in_show, immediately target memory 1 at the time of the completion of the input from the user
2の示すデータを提示することができる。 Can provide data indicated 2.

【0055】一方、ターゲットメモリ12に記述されるデータ名(シナリオ名)の形式は次の形式とする。 On the other hand, the format of the data name to be described in the target memory 12 (scenario name) and the following format.

【0056】 Targetname. [0056] Targetname. Mediatype Targetnameは、データ名そのものを表し、M Mediatype Targetname represents the data name itself, M
ediatypeは、データのメディアの種類もしくは、シナリオを識別するものである。 ediatype the media data types or is to identify a scenario. この形式で書かれたデータ名をターゲット名と呼ぶことにする。 The data name written in this format is referred to as a target name.

【0057】シナリオ記述方法は、第1の発明において説明したものと同様である。 [0057] scenario description method is the same as that described in the first invention. ただし、本発明においては、デフォルトのデータ名またはシナリオ名をシナリオ中に記述する必要がある。 However, in the present invention, it is necessary to describe the default data name or scenario name in the scenario. 例えば、シナリオinput For example, the scenario input
_jumpにおいて、ターゲットの提示オブジェクトT In _jump, presentation of the target object T
arget_showのレコードを Target_show x s ,y s ,t s ,Data と書く。 Write a record of arget_show Target_show x s, y s, t s, and Data. これにより、ターゲットメモリから取得したターゲット名をデータベース管理部で問い合わせ、ターゲット名がない等のエラーが返ってきた場合、オペランドにあるDataの属性情報を取得し、データ提示手段に提示させる。 Thus, query the target name acquired from the target memory database management unit, when returned errors no target name or the like, acquires the attribute information of the Data in the operand, to present the data presentation means.

【0058】C 装置の動作 第3の発明においては、シナリオ提示制御部14は、図6に示すフローにより次のように動作する。 [0058] In operation the third invention of the C device, the scenario presentation control unit 14 operates as follows by the flow shown in FIG. (1)シナリオを読み込み、タイムテーブルを作成する(ステップ61)。 (1) I read the scenario, to create the time table (step 61). (2)現在位置と比較するタイムテーブルの参照位置を示すポインタを最初の行に設定する(ステップ62)。 (2) sets a pointer indicating the reference position of the timetable to be compared with the current position on the first line (step 62). (3)時計管理部13にスタート命令を送り、時刻0から計測を開始する(ステップ63)。 (3) sends a start command to the clock management section 13 starts measuring the time 0 (step 63). (4)時計管理部13の計測する時刻を読み、タイムテーブルと比較する(ステップ64)。 (4) Read the time of measuring the clock management section 13, compared with the time table (step 64). (5)現在時刻がポインタの示すタイムテーブル上の値と一致した、または,越えた場合には、タイムテーブル上の記述に従い、(6)〜(8),(16)以降の動作を行い、それ以外は(4)に戻る(ステップ65)。 (5) the current time matches the value of the time table indicated by the pointer, or, if it exceeds, in accordance with the description of the time table, performs (6) to (8), (16) subsequent operation, otherwise the process returns to (4) (step 65). (6)入力モニタオンのとき、入力モニタ管理部11 (6) when the input Monitaon, input monitor managing unit 11
に、対応するオブジェクトレコードを引数としてモニタ開始命令を発行する(ステップ66,67)。 To issues a monitoring start command corresponding object record as an argument (step 66 and 67). (7)入力モニタオフのとき、入力モニタ管理部11 (7) when the input Monitor Off, input monitor managing unit 11
に、対応するオブジェクトレコードを引数としてモニタ終了命令を発行する(ステップ68,69)。 To issues a monitoring end command corresponding object record as an argument (step 68, 69). (8)ターゲットメモリ読み出しオンのとき、ターゲットメモリ12にターゲット名呼び出し命令を発行し、ターゲットメモリに書かれているデータ名またはシナリオ名を取得する(ステップ610,611)。 (8) When a target memory read-on, issues a target name call instruction to the target memory 12, acquires the data name or scenario name written in the target memory (step 610, 611). その後(9)〜(15)の動作を行う。 It performs the operation of the then (9) to (15). (9)ターゲットメモリ12からターゲット名を受け取り、データベース管理部16にターゲットの存在を確認するターゲット名確認要求を出す(ステップ612,6 (9) receives a target name from the target memory 12 issues a target name check request to confirm the presence of the target in the database management unit 16 (Step 612,6
13)。 13). (10)データベース管理部16からエラーが返ってきたら、シナリオに記述されているデータ名をターゲットに変更する(ステップ614)。 (10) When the returned error from the database management unit 16, changes the data name described in the scenario to the target (step 614). (11)ターゲット名のメディアをターゲット名の識別子から調べる(ステップ615)。 (11) examine the media of the target name from the identifier of the target name (step 615). (12)ターゲット名がシナリオならデータベース管理部16からシナリオ情報を取得し、新しいタイムテーブルを作成する(ステップ616,617)。 (12) Target Name acquires scenario information from the database management unit 16 if the scenario, to create a new time table (step 616). その後、 after that,
(2)に戻る。 Back to (2). ターゲット名がシナリオでないなら(1 If the target name is not a scenario (1
3)〜(15)の動作をする。 3) the operation of the ~ (15). (13)ターゲットのメディアの属性情報を取得するためデータベース管理部16へオブジェクトレコード取得命令を出す(ステップ618)。 (13) issues a object record obtaining command to the database management unit 16 to acquire the media attribute information of the target (step 618). (14)データベース管理部16から送られてきたオブジェクトレコードをタイムテーブルに追加し、タイムテーブルを更新する(ステップ619)。 (14) an object record sent from the database management unit 16 adds to the time table, and updates the timetable (step 619). (15)データ提示部15にターゲットデータの提示命令を出す(ステップ620)。 (15) to the data display unit 15 issues a presentation instruction for the target data (step 620). (16)ターゲットメモリで指定されたデータ提示がオフのとき、提示データを引数として提示終了命令を発行する(ステップ621,622)。 (16) when the specified data presented in the target memory is off, issuing a presentation end command the presentation data as arguments (step 621, 622). (17)ポインタを次の行にずらす(ステップ62 (17) shifting the pointer to the next line (step 62
3)。 3). (18)未処理のシナリオ行があれば(4)に戻る。 (18) Return to if untreated scenarios line of (4). そうでなければ処理を終わる(ステップ624)。 Ends otherwise, the process (step 624).

【0059】一方、図3はモニタ開始/終了命令を受ける入力モニタ管理部11の動作を示すフローチャートである。 Meanwhile, FIG. 3 is a flow chart showing an operation of the input monitor management unit 11 for receiving the monitor start / end command. (1)シナリオ提示制御部14からの開始命令を待つ(ステップ31)。 (1) wait for the start command from the scenario presentation control unit 14 (step 31). (2)モニタ開始命令を受けた場合、現在入力モニタ中のテキストウィンドゥと対話ボタンを示す入力テーブルに命令の引数を書き込む(ステップ32)。 (2) when receiving a monitoring start instruction, and writes the arguments of the instruction in the input table showing the interaction button text Windu currently input monitor (step 32). (3)マウス入力の場合は、データベース管理部16から指定できるターゲット名を取得しメニューテーブルを作成し、データ提示部15へメニューボタンの作成命令を送る。 (3) In the case of mouse input, creates a menu table to get the target name can be specified from the database management unit 16 sends a creation instruction of the menu button to the data presentation unit 15. キー入力の場合は、書き込んだ引数を利用して、データ提示部15にテキストウィンドゥを作成させる(ステップ33,34,35,36)。 In the case of key input, using the written argument, to create a text Windu in the data presentation unit 15 (step 33, 34, 35, 36). (4)ユーザ入力をモニタし、なければ(8)へ、あれば(5)へすすむ(ステップ37)。 (4) monitors the user input, without the (8), the process proceeds to if (5) (step 37). (5)入力があった場合、入力テーブル、メニューテーブルを参照し、入力デバイスの種類、画面上の入力位置等から対応するウィンドゥ/メニューボタンを決定する(ステップ38)。 (5) If there is input, with reference to the input table, menu table, the type of input device, to determine the corresponding Window / menu button from the input position or the like on the screen (step 38). (6)キー入力だった場合、入力をそのままターゲットメモリに記述する(ステップ39,310)。 (6) When was the key input, as it is described in target memory input (step 39,310). (7)マウス入力の場合、選択されたターゲット名をターゲットメモリに記述する(ステップ39,311)。 (7) When the mouse input, describe the target name that was targeted memory (step 39,311). (8)モニタ終了命令をモニタし、命令を受けた場合、 (8) If you monitor monitor end instruction, received the instruction,
該当するテキストウィンドゥ,メニューボタンを消去する提示終了命令をデータ提示部15に送り、入力テーブルから該当ウィンドゥなどの引数情報を削除し、処理を終わる。 The corresponding text Windu, send a presentation end command to erase the menu button to the data presentation unit 15, to delete the argument information such as relevant the window from the input table, and ends the process. そうでなければ(4)へ戻る(ステップ31 Otherwise return to (4) (step 31
2,313)。 2,313).

【0060】このように入力モニタ管理部11の動作は、図3における第1の発明と同様である。 [0060] Operation of the input monitor management unit 11 in this way is similar to the first invention in FIG. 以上の動作を組み合わせることにより、動的なシナリオ提示と、従来通りの固定的な対話ボタンを全く同様な方法でシナリオ中に記述し、提示することが可能となる。 By combining the above operations, the dynamic scenario presented, a fixed dialogue button conventionally described at all in the scenario in the same manner, it is possible to be presented.

【0061】なお、本実施例では、第1の発明と第3の発明を図1の装置構成で、第2の発明を図4の装置構成で説明したが、これらを組み合わせ、第1の発明から第3の発明までを同時に実施する装置構成とすることが可能である。 [0061] In the present embodiment, the first invention and the third invention in the apparatus configuration of FIG. 1, has been described second invention in the apparatus configuration of FIG. 4, a combination of these, the first invention from may be a device configured to carry out up to the third aspect of the present invention at the same time. 従って、第1の発明から第3の発明までを自由に組み合わせることができる。 Therefore, it is possible to combine the first invention to the third invention freely. また、第1の発明から第3の発明の実施例について、シナリオは必ずしも画面上の位置(x,y)やサイズ(dx,dy)の指定を含まなくてもよい。 Also, for the embodiment of the first to third aspects of the invention, the scenario always position on the screen (x, y) and size (dx, dy) may not include the specified.

【0062】以上の変化様態はすべて本発明に含まれる。 [0062] is included in the above change aspects are all the present invention.

【0063】 [0063]

【発明の効果】第1の発明によれば、提示するデータ名をシナリオに直接記述せずに、ユーザ入力によりターゲットメモリにターゲット名を書き込み、次に提示するデータまたはシナリオを直接指定することができる。 Effect of the Invention According to the first invention, a data name to be presented without writing directly in the scenario, it writes the target name in the target memory by a user input, then specify the data directly or scenarios presented it can. さらに、次に提示するデータを動的に変化させることが1つの対話用ウィンドゥで実現できるので、シナリオが簡潔に書ける。 Further, since the data to be next presented it can be implemented by dynamically alters it is one interaction Window, scenario written briefly.

【0064】第2の発明によれば、プログラムの実行結果に従ったデータ提示を行う機能を実現できる。 [0064] According to the second invention, it is possible to realize a function of performing data presented in accordance with the execution result of the program. この結果、例えばデータのキーワード検索などを行い、検索されたデータ名を決定するプログラムなどを外部プログラムで作成し、シナリオに組み込むことが可能となる。 As a result, for example, performs such keyword search of the data, to create and an external program program for determining the retrieved data name, it is possible to incorporate the scenario.

【0065】第3の発明によれば、ユーザ入力において、入力モニタ開始時刻から終了時刻までの間にユーザからの入力がなかった場合、もしくは、キー入力されたデータまたはシナリオが存在しない場合に、予めシナリオに記述してあるデータを提示することが可能になる。 [0065] According to a third aspect, the user input, if there is no input from the user during the input monitor start time to the end time, or, if the key input data or scenario is not present, it is possible to present the data that is written in advance in the scenario.
これにより、ユーザによる動的なシナリオ提示と、従来の固定的な対話ボタンが同時に実現できる。 Thus, the dynamic scenario presented by the user, conventional fixed dialogue buttons can be realized simultaneously.

【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS

【図1】第1の発明による動的シナリオ提示方法を実施するシナリオ提示装置の構成を示すブロック図である。 1 is a block diagram showing the structure of a scenario presentation device for implementing the dynamic scenario presentation method according to the first invention.

【図2】第1の発明によるシナリオ提示方法を実施するシナリオ提示制御部14の動作を示すフローチャートである。 2 is a flowchart showing the operation of a scenario presentation control unit 14 to implement the scenario presented method according to the first invention.

【図3】第1の発明によるシナリオ提示方法を実施する入力モニタ管理部11の動作を示すフローチャートである。 3 is a flowchart showing an operation of the input monitor management unit 11 to implement the scenario presented method according to the first invention.

【図4】第2の発明によるシナリオ提示方法を実施するシナリオ提示装置の構成を示すブロック図である。 4 is a block diagram showing the structure of a scenario presentation device for implementing the scenario presented method according to the second invention.

【図5】第2の発明によるシナリオ提示方法を実施するシナリオ提示制御部44の動作を示すフローチャートである。 5 is a flowchart showing the operation of a scenario presentation control unit 44 to implement the scenario presented method according to the second invention.

【図6】第3の発明によるシナリオ提示方法を実施するシナリオ提示制御部14の動作を示すフローチャートである。 6 is a flowchart showing the operation of a scenario presentation control unit 14 to implement the scenario presented method according to the third invention.

【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS

11,41 入力モニタ管理部 12,42 ターゲットメモリ 13,43 時計管理部 14,44 シナリオ提示実行部 15,45 データ提示部 16,46 データベース管理部 17,47 データ記録部 48 外部プログラム実行部 49 外部プログラム記録部 11, 41 input monitor managing unit 12, 42 a target memory 13, 43 clock management unit 14, 44 a scenario presentation execution section 15, 45 the data presentation unit 16, 46 a database management unit 17, 47 a data recording unit 48 external program execution unit 49 external program recording unit

Claims (3)

    (57)【特許請求の範囲】 (57) [the claims]
  1. 【請求項1】マルチメディアデータの提示開始/終了等のタイミング指定を含むシナリオに基づいて、マルチメディアデータを提示するシナリオ提示方法において、 ユーザ入力のモニタを開始する入力モニタ開始時刻と、 1. A based on the scenario that contains the timing specified presentation start / end, etc. of the multimedia data, in the scenario presented method of presenting multimedia data, the input monitor start time for starting the monitoring of user input,
    モニタを終了する入力モニタ終了時刻と、入力結果をターゲットメモリに書き込むことを示す識別子とをシナリオ中に予め記述し、前記入力モニタ開始時刻から入力モニタ終了時刻までの間に利用者の入力をモニタし、入力があった場合、入力されたデータ名またはシナリオ名をターゲットメモリに書き込み、シナリオに指定されたタイミングでターゲットメモリに記述されたデータ名またはシナリオ名に対応するデータを提示することを特徴とする動的シナリオ提示方法。 Monitor and input monitor end time monitoring, input result previously described and an identifier indicating that the writing in the target memory in the scenario, the user's input until the input monitor end time from the input monitor start time and, if there is an input, characterized by presenting the data corresponding to the data name or name of the scenario input written to the target memory, data name or the scenario name written in the target memory at the specified timing to the scenario dynamic scenario presentation method to be.
  2. 【請求項2】外部プログラムの識別子、及び外部プログラムを起動するプログラム起動時刻をシナリオに予め記述し、プログラム起動時刻にプログラムを起動し、プログラムの実行結果であるデータ名またはシナリオ名をターゲットメモリに書き込むことを特徴とする請求項1記載の動的シナリオ提示方法。 Wherein external program identifier, and previously written program start time for starting an external program to the scenario, to start the program to the program start time, a data name or the name of the scenario that is the result of the execution of the program in the target memory dynamic scenario presentation method of claim 1, wherein the writing.
  3. 【請求項3】入力モニタ開始時刻から入力モニタ終了時刻までユーザ入力がない場合、もしくは、ターゲットメモリに書かれたデータ名またはシナリオ名が正しくない場合、予めシナリオに記述されたデータ名またはシナリオ名をターゲットメモリに書き込むことを特徴とする請求項1記載の動的シナリオ提示方法。 3. If there is no user input from the input monitor start time to input monitor end time, or if the data name or name of the scenario written in the target memory is incorrect, the data name or name of the scenario described in the previously Scenario the dynamic scenario presentation method of claim 1, wherein the writing in the target memory.
JP4010425A 1992-01-24 1992-01-24 Dynamic scenario presentation method Expired - Lifetime JP2565049B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4010425A JP2565049B2 (en) 1992-01-24 1992-01-24 Dynamic scenario presentation method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP4010425A JP2565049B2 (en) 1992-01-24 1992-01-24 Dynamic scenario presentation method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JPH05204576A JPH05204576A (en) 1993-08-13
JP2565049B2 true JP2565049B2 (en) 1996-12-18

Family

ID=11749802

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP4010425A Expired - Lifetime JP2565049B2 (en) 1992-01-24 1992-01-24 Dynamic scenario presentation method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2565049B2 (en)

Families Citing this family (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2541464B2 (en) * 1993-08-18 1996-10-09 日本電気株式会社 Description and presentation method of the multi-media document
JPH07319901A (en) * 1994-05-23 1995-12-08 Ii D Kontoraibu Kk Method for executing desired job by use of picture data base
JPH1078947A (en) * 1996-09-04 1998-03-24 Matsushita Electric Ind Co Ltd Reproduction device for multimedia title

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH0781852B2 (en) * 1988-08-09 1995-09-06 パイオニア株式会社 Tilt detector of the disc-shaped recording medium

Also Published As

Publication number Publication date
JPH05204576A (en) 1993-08-13

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5600775A (en) Method and apparatus for annotating full motion video and other indexed data structures
JP3599738B2 (en) Multimedia synchronization system
JP5362798B2 (en) Taskbar button interface method and system
US6731312B2 (en) Media player interface
US5367621A (en) Data processing method to provide a generalized link from a reference point in an on-line book to an arbitrary multimedia object which can be dynamically updated
JP4347223B2 (en) System and method for annotating multimodal characteristics in multimedia documents
JP3602532B2 (en) Concurrent processor with incremental command object
US6529215B2 (en) Method and apparatus for annotating widgets
EP0793824B1 (en) User definable pictorial interface for accessing information in an electronic file system
JP2710188B2 (en) Method and a data processing apparatus for generating interaction between data processing systems and user
US7587680B2 (en) Information displaying apparatus, information displaying program and storage medium
US7610394B2 (en) Web application for accessing media streams
JP3411305B2 (en) Method and apparatus for multimedia authoring system and presentation system
US5220675A (en) Method and system for customizing a user interface in an integrated environment
JP3956553B2 (en) Icon display processing device
JP4612069B2 (en) How to represent and manipulate data
US7565608B2 (en) Animation on object user interface
US5586235A (en) Interactive multimedia system and method
US20060277460A1 (en) Webview applications
JP5059154B2 (en) Improved playback control method, system and computer readable medium for a DVD player
US6983271B2 (en) Answer wizard drop-down control
US5524193A (en) Interactive multimedia annotation method and apparatus
KR100463901B1 (en) Data set interface control for use in accessing information in a computer
JP2008146664A (en) Menu item display method and device
US20020004755A1 (en) Methods, systems, and processes for the design and creation of rich-media applications via the internet