JP2021512611A - 貝類養殖装置、システムおよびその使用方法 - Google Patents

貝類養殖装置、システムおよびその使用方法 Download PDF

Info

Publication number
JP2021512611A
JP2021512611A JP2020542259A JP2020542259A JP2021512611A JP 2021512611 A JP2021512611 A JP 2021512611A JP 2020542259 A JP2020542259 A JP 2020542259A JP 2020542259 A JP2020542259 A JP 2020542259A JP 2021512611 A JP2021512611 A JP 2021512611A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
basket
shellfish
buoyancy module
support bracket
shuttle
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2020542259A
Other languages
English (en)
Inventor
パンネル、アーロン、ピーター
Original Assignee
マールボロ オイスターズ リミテッド
マールボロ オイスターズ リミテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to NZ73963818 priority Critical
Priority to NZ739638 priority
Application filed by マールボロ オイスターズ リミテッド, マールボロ オイスターズ リミテッド filed Critical マールボロ オイスターズ リミテッド
Priority to PCT/NZ2019/050007 priority patent/WO2019151879A1/en
Publication of JP2021512611A publication Critical patent/JP2021512611A/ja
Pending legal-status Critical Current

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A01AGRICULTURE; FORESTRY; ANIMAL HUSBANDRY; HUNTING; TRAPPING; FISHING
    • A01KANIMAL HUSBANDRY; CARE OF BIRDS, FISHES, INSECTS; FISHING; REARING OR BREEDING ANIMALS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; NEW BREEDS OF ANIMALS
    • A01K61/00Culture of aquatic animals
    • A01K61/50Culture of aquatic animals of shellfish
    • A01K61/54Culture of aquatic animals of shellfish of bivalves, e.g. oysters or mussels
    • A01K61/55Baskets therefor
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A01AGRICULTURE; FORESTRY; ANIMAL HUSBANDRY; HUNTING; TRAPPING; FISHING
    • A01KANIMAL HUSBANDRY; CARE OF BIRDS, FISHES, INSECTS; FISHING; REARING OR BREEDING ANIMALS, NOT OTHERWISE PROVIDED FOR; NEW BREEDS OF ANIMALS
    • A01K61/00Culture of aquatic animals
    • A01K61/50Culture of aquatic animals of shellfish
    • A01K61/54Culture of aquatic animals of shellfish of bivalves, e.g. oysters or mussels
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02ATECHNOLOGIES FOR ADAPTATION TO CLIMATE CHANGE
    • Y02A40/00Adaptation technologies in agriculture, forestry, livestock or agroalimentary production
    • Y02A40/80Adaptation technologies in agriculture, forestry, livestock or agroalimentary production in fisheries management
    • Y02A40/81Aquaculture, e.g. of fish

Abstract

本発明のシステム、装置および方法は、潮下帯環境における貝類の養殖を提供する。本発明の重要な側面は、特別に構成されたバスケットの使用であり、その中に、養殖される貝が入れられる。特に、バスケットはケーブルが通る支持ブラケットで構成される。支持ブラケットの取り付けによりバスケットの回転が可能になり、本発明は、潮下帯環境で使用されているにもかかわらず、貝類養殖業者が潮間帯生態系の養殖条件を再現できるようになる。

Description

本発明は、カキなどの貝類を養殖および収穫するための貝類養殖システムに関する。本発明は、特に潮下帯(すなわち、沖合)の場所での「単一種子」養殖方法に対して特別の適用をすることができる。
貝類はさまざまな方法で養殖することができる。使用できる1つの手法は、貝のスパッツがバスケットやバッグなどの保持コンテナ内に比較的自由に入れられて、成熟度や収穫可能なサイズに養殖する「単一種子」養殖システムである。単一種子システムは、養殖培地への貝のスパッツの付着に関する技術よりも高品質の貝を生産する傾向があると一般に考えられている。これは、よく使用される別の養殖技術である。
貝類の単一種子養殖システムは、潮下帯または潮間帯のいずれかである。
潮下帯システムでは、貝類は保持コンテナ内で水中に沈められたままであり、養殖プロセス中に水面上に露出されない。潮下帯の養殖システムは、岸から遠い比較的深い水に設置される傾向がある。
対照的に、潮間帯システムは通常、海岸に近い浅瀬に設置される。潮が変わると、貝類を収容する保持コンテナは交互に水中に沈み、空気にさらされる。
潮下帯および潮間帯の養殖システムにはそれぞれ利点と欠点がある。
潮間帯システムは、海岸から離れた比較的安価な漁場の場所を利用できるほか、養殖する施設が安価で、潮下帯とは無関係に漁場に導入できる。それらはまた貝のより速い養殖を可能にすることもある。
しかし、潮下帯養殖システムは、絶えず浸漬され、頻繁に処理されないため、殻の養殖と殻の形状が不十分な問題が発生する可能性がある。さらに、このようなシステムは、海岸から離れているため、気候上の事象(嵐や荒海など)、生物付着の問題、鳥の捕食により、機器や養殖中の貝の両方に損傷を与える危険がある。
潮間帯システムは、一般に、殻が硬く、貝柱の強度が高く(貝の寿命を長くでき)、全体的な状態が良好な貝を産出する。これは、貝が交互に水没して空気にさらされ、行動反応(内転筋の活動など)を促すだけでなく、水から引き上げられたときに貝殻が乾燥して、生物付着を軽減できるためと考えられる。また、潮間帯システムでは、生物付着の問題が少なくなり、波の作用の結果として養殖する施設に損傷を与える危険が少なくなる。
しかしながら、潮間帯を確立するための河口域などの適切な場所は、割高であり、したがって、より高価であり、確保するのがより困難になる可能性がある。干潮時にも貝が基質の上に理想的に保たれるので、養殖する施設は設置するのにより費用がかかるかもしれない。潮間帯システムへのアクセスも潮下帯の動きによって制限される可能性があり、収穫は降雨の影響を受けやすくなる。
単一種子貝類養殖の一般的な構成は、「調整可能はえ縄システム」として知られている。潮間帯環境では、システムは、一端または両端で開くことができる複数の実質的に円筒形のバスケットを含む。各バスケットには、対象の漁業地帯全体に張られた1つ以上の縦長のケーブルまたはロープに取り付けるためのクリップが含まれている。
使用時、バスケットは「シングルファイル」の構成でライン上にクリップされ、ラインはバスケットの縦長の寸法に平行に伸びる。
潮間帯環境での使用に特に適合した一部の調整可能な延縄システムでは、バスケット(またはバッグ)は、フロートまたは浮力補助具をバスケットの上部付近に含む場合があり、使用の際には、バスケットまたはバッグが、浮力補助具による水表面付近に維持されている間では、浸水している。潮下帯と潮間帯の両方の環境で、調整可能なはえ縄システムにこの機能が含まれている場合がある。潮間帯システムの場合、浮力補助具を含めると、潮の上昇と下降に伴ってバスケットがさらに動き、養殖するカキを形作るのに有用である。
単一種子の養殖過程では、バスケット内の貝は不均等な速度で養殖する傾向がある。これは、バスケット内の位置に応じて、個々の貝が異なる程度の水流にさらされていることが原因である。
したがって、貝類は養殖プロセス中に定期的に等級分けする必要がある。これには、バスケットから貝を取り出し、それらを「等級分け器」に通して、それらを同様のサイズのグループに分離することが含まれる。グループ化された貝はバスケットに戻され、養殖過程が再開される。等級分けは、最終収穫の前に数回繰り返されることがよくある。
調節可能なはえ縄システムを含む従来の単一種子養殖システムの構成は、通常、その場でのバスケットからの貝の除去を妨げる。したがって、バスケットを収容するために必要なかなりのスペースがあるため、等級分けは通常、船上ではなく陸上の場所で行われる。そのため、荷を積んだバスケットを取り外し、等級分けのために別のサイトに輸送する必要がある。
さらに、バスケットは通常、等級分けと同時に生物付着物を処理する。これには、バスケットを水から出し、一定期間乾燥させる必要がある。繰り返しになるが、これが必要とする重要な保管スペースは、これが通常陸上の場所で行われることを意味する。
等級分けおよび生物付着処理に続いて、バスケットは等級分けされた貝で再充填され、養殖場所に戻され、生産プロセスを継続するためにラインに再度取り付けられる。これは多くの場合、最終収穫前に複数回繰り返される。
したがって、従来の養殖プロセスでは、養殖プロセス中に貝やバスケットを何度も大量に輸送する必要があり、手作業では、頻繁に重い物を持ち上げるなどの激しい運動が必要になる場合がある。発明者は、人件費が従来の単一種子貝類養殖の総費用の約3分の1から2分の1を占めると推定している。
本発明の目的は、先行技術の前述の問題に対処すること、または少なくとも公衆に有用な選択肢を提供することである。
本明細書で引用される可能性のある特許または特許出願を含むすべての参考文献は、参照により本明細書に組み込まれる。そのような参考文献が先行技術を構成することは認められていない。参考文献の議論は著者の主張を述べており、出願人は引用された文書の正確さと関連性に異議を申し立てる権利を留保する。本明細書では多くの先行技術の刊行物を参照する場合があるが、この参照は、これらの文書のいずれかが、ニュージーランドまたはその他の国の技術における一般的な一般知識の一部を形成していることを認めるものではないことは明らかである。
文脈が明らかに他に必要としない限り、説明および特許請求の範囲を通じて、「備える」、「含む」などの語は、排他的または網羅的な意味ではなく、「含むがそれに限定されない」という意味で、包括的意味で解釈されるべきである。
本発明の目的は、前述の問題に対処すること、または少なくとも公衆に有用な選択肢を提供することである。
本発明の一態様によれば、貝類を養殖するためのバスケットが提供され、バスケットは縦長の寸法を有し、当該バスケットは、1つ以上のケーブル用の1つ以上の支持ブラケットと、浮力モジュールとを含み、各ブラケットは、バスケットの縦長の方向に対して実質的に垂直な軸に沿って方向付けられる。ここで、1つ以上のブラケットは、バスケットの縦長の寸法に沿って実質的に中間に配置された回転軸を規定する。
本発明の一態様によれば、貝類を養殖するためのシステムが提供される。当該システムは、1つ以上のケーブルと、少なくとも1つのバスケットとを含み、当該バスケットは縦長の寸法を有し、1つ以上のケーブル用の1つ以上の支持ブラケットを含み、各支持ブラケットは、バスケットの縦長の寸法に実質的に垂直な軸に沿って方向付けられる。当該1つ以上のブラケットは、バスケットの縦長の寸法に沿って実質的に中間に配置された回転軸を規定する。そして、バスケットは浮力モジュールを含む。
本発明の別の態様によれば、実質的に上記のように貝類を養殖させるためのシステムを使用する方法が提供され、この方法は、a)ケーブルを少なくとも1つの支持ブラケットの1つ以上のバスケットにそれぞれに通すステップと、b)バスケットを海洋または淡水の環境に浸すステップとを含む。
本発明の別の態様によれば、実質的に上記の方法は、c)1つ以上の支持ブラケットによって規定される回転軸の周りをバスケットが回転するようにケーブルを持ち上げる追加のステップを含む。
本発明のシステム、装置および方法は、潮下帯環境における貝類の養殖を提供する。本発明で養殖された貝類の品質は、潮間帯環境で養殖されたものと同様またはそれ以上であり、これは従来から見ても貝類に最適な養殖条件を提供する。
本発明は、貝類の養殖に使用するためのものであると理解されるべきである。海洋環境で行われる、すなわち貝の海洋種で使用される貝類の養殖について言及しているが、本発明は淡水種の貝類でも使用できることが理解されよう。
本発明の例示的な実施形態では、貝はカキであり、この効果についての言及は、本明細書の残りの部分を通して行われるものとする。しかしながら、これは限定を意味するものではなく、本発明は、ホタテ貝またはムール貝などの他の貝類の養殖に使用されてもよい。
本発明では、カキの養殖のためにバスケットが使用される。そのようなバスケットは、スパッツ(Spats)として知られている若いカキがカキ自体に貼り付くことがができる養殖面を提供している。
バスケットは、上側面、下側面、左側面および右側面、ならびに前面および後面を有する実質的に密閉された構造であると理解されるべきである。バスケットの側面はメッシュ状であるか、または水がバスケットに入ることができるように開口が設けられている。
メッシュは、バスケットにあるカキが逃げることができないような寸法またはサイズになっている。ただし、ほとんどの実施形態では、カキはバスケット内で自由に動くことができる。これにより、カキに餌を与えて養殖を最適化するために有利な位置に移動することができる。いくつかの実施形態では、バスケットには、ラックなどの養殖面が設けられてもよく、その上に、カキのスパッツが「種付け」されるか、または付着する。
バスケットには、その中に含まれるカキの相対的な成熟度に応じて、さまざまなメッシュサイズが提供される。例えば、貝のスパッツが採取されているバスケットは、比較的細かいメッシュにしてもよい。貝のスパッツがより大きなサイズに成長したら、それらを等級分けし、より粗いメッシュを有する別のバスケットに移してもよい。
バスケットの前面および/または後面は、バスケットの内部に入り込むことを可能にするように構成されると理解されるべきである。これは、当業者であれば容易に明らかないくつかの方法で達成されるであろう。例えば、前面および/または後面はフラップ(flap)として構成することができ、一方の端はバスケットにヒンジ(蝶番)が取り付けられることにより、開閉することができる。バスケットが誤って開かれないように、ロック機構を取り付けてもよい。
上述したことは、バスケットが水に浸されたときのバスケットの最上部を意味すると理解されるべきである。バスケットの下側面すなわち最下部は、最上部の反対側であり、水に浸したときに実質的に海底に面していると理解されるであろう。
バスケットは、支持されているケーブルまたはワイヤーロープで使用するように構成されている。一連のバスケットは、バスケットの縦長の寸法に実質的に垂直に走るケーブルに接続されてもよい。
当業者は、本発明での使用に適切であるケーブルを容易に理解するであろう。好ましくは、ポリプロピレンのような材料で作られたプラスチックロープが使用される。ロープは、太陽から放出される紫外線の影響を受けないようにUV処理されている場合がある。伸びてしまう危険を最小限に抑えるために、比較的大きな直径のロープが推奨される。
あるいは、本発明が操作される環境を前提として、耐腐食性金属ケーブルが使用されてもよい。これは、耐腐食性金属ケーブルが太陽からの紫外線によって影響を受ける可能性が低いからである。耐腐食性金属ケーブルはまた、時間の経過とともに伸びる可能性が低くなる。ただし、耐腐食性金属ケーブルは、調達に費用がかかる場合がある。
バスケットの下側面には、少なくとも1つの支持ブラケットが付いている。これは、バスケットの縦長の寸法に実質的に垂直な軸を形成するようにバスケットに取り付けられる。
支持ブラケットは、ケーブルが通過できる構造であると理解されるべきである。使用の際には、バスケットは、支持ブラケットによって規定された回転軸を中心に回転できる。本発明で最終的に使用されるケーブルの直径は、支持ブラケットのサイズに依存し得ることが理解されるであろう。
支持ブラケットは、バスケットの縦長の寸法に沿って実質的に中間に配置される。これは、バスケットが少なくとも180°は比較的簡単に回転できることを意味するため、利用しやすい。支持ブラケットの取り付けが、回転軸がバスケットの一方または他方の端面に近づくようなものである場合、バスケットが少なくとも180°は回転するためには、より大きな力が必要になる。バスケットが完全な革新を達成するためのクリアランスの量もまた大きくなりうる。
本明細書の残りの部分ではバスケットに1つの支持ブラケットを使用することについて言及しているが、いくつかの実施形態では、バスケットに2つ(またはそれ以上)の支持ブラケットを設けることができる。これは、バスケットと共に2つ(またはそれ以上)のケーブルを使用できることを意味することが理解されよう。これらの実施形態では、ブラケットは、バスケットの縦長の寸法の各面から実質的に等距離に配置される。したがって、回転軸は、2つの支持ブラケット間の実質的に中間の線によって規定され、したがって、バスケットは依然として比較的容易に少なくとも180°は回転することができる。
支持ブラケットは、単にケーブルが通過する円筒形パイプであってもよい。パイプは、頑丈なプラスチックやコーティングされた金属などの適切な材料で作成することができる。パイプを使用すると、バスケットが回転するときにケーブルとパイプの間の接触面になる接触面ができるだけ大きくなる。単一の長さのパイプよりも、2つ以上の短い長さを使用して同じ効果を得ることができることが理解されよう。
あるいは、支持ブラケットは、ケーブルが通過することができる管状の構造を一緒に形成する2部分構造であってもよい。本実施形態では、一方の部品をバスケットに取り付け、またはバスケットの一部として一体成形することができ、他方の部品をそれに取り付け、ねじなどを使用して固定することができる。
支持ブラケットは、ナットおよびボルト、リベット、クリップなどの適切な留め具を介してバスケットに固定される。当業者は、支持ブラケットをバスケットに固定または他の方法で固定することができる他の手段を容易に理解するであろう。
本発明の例示的な実施形態では、支持ブラケットは、バスケットの幅と同じかそれ以上ではない。バスケットの幅よりも大きい幅があると便利である。支持ブラケットを使用する際には隣接するバスケット間のスペーサとして使用し、バスケット間の接触を防止または軽減できる。
あるいは、支持ブラケットは、バスケットの下側面に取り付けられた2つ以上の離間した留め具または環状の留め金であってもよい。本実施形態では、支持ブラケットはバスケットの幅寸法よりも大きくない場合があることが理解されよう。
当業者は、その縦長の寸法に実質的に垂直な回転軸を達成するためにバスケットの下側面上または下側面で使用できる他の構造を理解するであろう。いずれにせよ、装填されて使用されると、バスケットはかなりの重さとなり、環境による摩耗と頑丈な取り扱いにさらされることになることが理解されよう。そのため、支持ブラケットはそれに応じて設計する必要がある。
バスケットには浮力モジュールが含まれている。
浮力モジュールは、浮力を持つように構成された構成または構造であると理解されるべきである。
本発明の例示的な一実施形態では、浮力モジュールは、ポリスチレンなどの独立気泡発泡体のブロックまたは複数のブロックである。構造的完全性のために、ブロックは、プラスチック材料の1つ以上の層で覆われるか、さもなければコーティングされてもよい。
本発明の別の実施形態では、浮力モジュールは、回転成形された容器などであってもよい。キャップなどで密閉すると、容器内の空気が浮力を提供することが理解されよう。
そのようなモジュールの浮力の程度を制御することが有用であり得ることが理解されるであろう。例えば、嵐などの主要な気象イベントが発生する可能性が高い場合、システムのオペレータは、浮力モジュールに水を入れることを選択して、水とバスケットが基板に沈むようにすることができる。これにより、機器の損傷の危険が軽減される。氷が形成される危険がある場合も、同じアプローチを使用できる。
したがって、浮力モジュールのキャップは、モジュールへの水の進入を可能にするために迅速に取り外し可能であるように構成され得る。
いくつかの他の実施形態では、浮力モジュールは、当該モジュールへの水の進入を可能にし、モジュールによって提供される浮力の程度のある程度の制御を提供することができる電子制御弁などを含むことができる。浮力のより大きな制御はまた、浮力を調整するために浮力モジュールの内外に水を移動させるように動作可能なポンプなどを使用することによって達成されてもよい。
例示的な実施形態では、浮力モジュールは、バスケットの上側、すなわち、支持ブラケットが取り付けられている側の反対側と係合するように構成されると理解される。これらの実施形態では、浮力モジュールによって提供される浮力は、バスケットの回転を支援することができる。しかしながら、他の実施形態では、浮力モジュールは、バスケットの下側と係合するように構成されてもよい。この実施形態では、浮力モジュールが存在するために、支持ブラケットおよびケーブルが機能するのを過度に阻害されないようにするための対策が必要になることが理解されよう。例えば、浮力モジュールは、成形されるか、さもなければ、支持ブラケットおよびケーブルのための適切な凹部またはチャネルで形成され得る。
バスケットと浮力モジュールの間の係合は、いくつかの方法で達成され得る。
例えば、バスケットは、浮力モジュールが配置される適切な形状の凹部を備えて構成されてもよい。ストラップまたは留め具を使用して、浮力モジュールを凹部に固定することができる。あるいは、浮力モジュールには、その周囲に、ストラップを通過させてバスケットのベースに固定することができる凹部または開口部を設けることができる。いくつかの実施形態では、浮力モジュールは、バスケットと係合するためのクリップ、スプリットピン、または同様のスナップロックフィッティングで構成されてもよい。あるいは、プラスチック製のねじなどを使用して、浮力モジュールをバスケットに固定することもできる。
当業者は、浮力モジュールおよびバスケットがそれらが互いに係合することを可能にするように構成され得る他の方法を容易に理解するであろう。実際、いくつかの実施形態では、バスケットは、それと浮力モジュールが一体構造になるように製造されてもよい。
使用中、複数のバスケットは、ケーブルを支持ブラケットに通すことができるように配置される。次に、バスケットは海に降ろされ、浮力モジュールが上を向くように向けられる。
どちらかの端面で、ケーブルはアンカーによって、または本発明が使用される領域に応じて、ポール、ブイ、または係留装置のいずれかに固定される。これにより、本発明をあらゆる深さの海水中で使用することが可能になる。
カキのスパッツは、システムが使用されるエリアにシステムが配置された後、海に配置される前に、またはより好ましくは後でバスケットに導入される。
浮力モジュールが最上部になるように配置され、バスケットは海面のすぐ下にある。これにより、カキは海水に完全に浸され、養殖が促進される。浮力モジュールの存在はまた、養殖しているカキを、そうでなければバスケットのメッシュに侵入してカキを食べる可能性がある捕食性の海鳥から保護する。
バスケットは浮力モジュールから効果的に吊り下げられ、海面に浮かんでおり、隣接するバスケットをつなぐケーブルがその下にぶら下がっている。
ウインチ操作フックなどの適切な取り扱い機器を使用することにより、船はケーブルの横に来ることができ、ケーブルを水から持ち上げることにより、引き上げが容易になり、バスケットの重量により、支持ブラケットが取り付けられているバスケットの下側面が最上部となるようなバスケットの回転が容易になる。
カキの収集または等級分けの目的のために、バスケットの一端のみを操作または容器に向ける必要がある。次に、バスケットのドアを開けて、回収または等級分けの目的で、カキを船の甲板に集める。
バスケット全体を持ち上げて船の甲板上に配置する必要がなくなる。この作業の省略は、スペースと労力の大幅な削減を意味する。収集と等級分けのためにバスケットを岸に運ぶ必要はない。
等級分けされたカキは、適切なバスケットに入れて海に戻すことができる。
船はラインに沿って動き、必要に応じてバスケットを上げたり空にしたりする。暫定的には、浮力モジュールに浮かぶ空のバスケットが空気にさらされる。これは、バスケットを乾燥させて、堆積を最小化または制御するのに有用である。
あるいは、バスケットの上昇および回転は、カキおよびバスケットを一定期間空気に曝すことを目的とする場合がある。これを定期的に繰り返すことにより、バスケットが潮下帯下の環境で使用されている場合でも、潮間帯の養殖環境をシミュレートできる。この利点には、殻の硬度の向上とコンディショニングの向上が含まれる。
下側面が一番上になるように上げて回転させたら、バスケットを下げて海面に戻すことができる。このシナリオでは、バスケットは浮力モジュールで支持されている。
このプロセスは、シャトルを使用することによって、半自動化または完全自動化してもよい。
シャトルは、バスケットの回転を容易にするためにいくつかの方法で構成することができる。一実施形態では、シャトルは水面下に配置され、そのデッキにフレームが設けられる。フレームが水面を前後方に進行するために傾斜する。
貝類を養殖するシステムのケーブルは、ケーブルを外してフレームの上に載殻前にシャトルを下に配置できるように、一端面を持ち上げることができるように十分なたるみがあると理解する必要がある。
シャトルがシステムのラインに沿って、運搬ラインの使用または自走によって前進すると、バスケットはスロープを上ってフレームに乗り上げる。シャトルの作業員は、必要に応じてバスケット内のカキに入り込むことができる。いくつかの実施形態では、フレームは、バスケットの回転および反転を支援するバスケットの片側を支持するガイド、レールなどを含み得る。
別の実施形態では、シャトルは完全に自動化されてもよい。この実施形態では、シャトルは、バスケットのラインにまたがる双胴船型の艇体を有するように構成されてもよい。シャトルの艇体の間に配置されたガイド、レール、または類似の構造は、バスケットおよび/または浮上モジュールの表面と係合し、シャトルがケーブルに沿って移動するときに、支持ブラケットによって規定された回転軸を中心に回転する。例示的な実施形態では、シャトルは両頭であり、すなわち、向きを変える必要なく、培養システムのケーブルを上下に移動することができる。
この実施形態では、シャトルは、モーターで動作可能な運搬ラインを備える。運搬ラインは、システムのケーブルと実質的に同じ方向になる。シャトルのモーターは、搭載されたバッテリー、太陽電池、または風力発電機でさえ生成された電気によって電力を供給されるかもしれない。オンボードCPUまたはPLCは、ユーザーの好みに応じてシャトルがこのアクションを定期的に実行するようにプログラムできる。
本発明は、以下を含むがこれらに限定されない多くの利点を提供するような潮下帯下の養殖システムを提供する。
・潮間帯養殖システムのいくつかの利点を使って、潮間帯環境で貝類を安全に養殖する機能。
・潮間帯環境で達成できる貝よりも多くの貝を養殖する機能。
・ハリケーンや氷などの気候現象を回避し、機器の損傷の危険を最小限に抑えるために、養殖システムを一時的に水面下に沈める機能。
・鳥の捕食からの保護の強化。
・既存の潮下帯または潮間帯の養殖システムよりも貝類の収集と輸送が容易で、時間と労力のコストが削減。
・バスケットはその場に留まることができるので、カキの採集と選別のために、船上に必要なスペースが少なくて済む。
・貝類の収集の自動化または半自動化を可能にし、時間と労力のコストが削減。
少なくとも、本発明は公衆に有用な選択肢を提供する。
本発明のさらなる態様は、そのすべての新規な態様において考慮されるべきであり、本発明の実際の適用の少なくとも1つの例を提供する以下の説明を読めば、当業者に明らかになるであろう。
本発明の1つ以上の実施形態は、以下の図面を参照して、限定することを意図することなく、例としてのみ以下に説明される。
本発明の例示的な一実施形態のバスケットの斜視図である。 本発明のさらなる例示的な実施形態のバスケットの斜視図である。 本発明のさらなる例示的な実施形態のバスケットの上側面図である。 実質的に図1に示されるような複数のバスケットを使用する、本発明のシステムの一実施形態の概略の斜視図である。 本発明のシステムと共に使用するためのシャトルの一実施形態の端面図である。 図5Aのシャトルの側面図である。
本発明のバスケット(一般に矢印100で示される)が図1に示されている。見て分かるように、プラスチック材料から通常射出成形または回転成形されるバスケットは、実質的に縦長の円筒構造である。
この図では、バスケット(100)は、その下側面(102)が最上になるように示されている。また、バスケットは、上側面(104)と両側面(106)と前面(108)と後面(110)を有する。前面(前端面)と後面(後端面)は、バスケットの内部へのアクセスを可能にするフラップ(flap)状のドア(112)で構成されている。
バスケット(100)の前面(108)および後面(110)ならびにその残りの側面は、実質的にメッシュまたは格子構造(縮尺どおりに示されていない)である。これにより、バスケットを通る水の流れで、カキなどの貝類(図示せず)を浸すことができる。メッシュの寸法は、カキがバスケットから出ていくことができないようなものである。カキは、バスケット内で自由に動いてもよく、すなわちバスケット内の養殖ラック(図示せず)に入っていればよい。
バスケット(100)の下側(102)に取り付けられ且つバスケットの幅方向に渡って延びて、すなわちバスケットの長辺方向に対して垂直に、支持ブラケット(114)がある。最も単純な形では、支持ブラケットは、ケーブル(図示せず)を通すことができるパイプの形状である。事実上、支持ブラケットはバスケットの回転軸を形成する。
支持ブラケット(114)は、バスケット(100)の幅よりも大きい長さを有することが理解できるであろう。これは、単一のケーブル(図示せず)に沿っていくつかのバスケットが配置されている場合、支持ブラケットは、各バスケットに隣接するバスケットを一定間隔に配置する手段を提供することを意味する。バスケット自体ではなく、隣接するバスケットの支持ブラケットが、互いに接触して当接することになる。
バスケット(100)の上側面には、浮力モジュール(116)が固定されており、浮力モジュールは、バスケットの側面の格子構造を通すストラップ(図示せず)を使用してバスケットに固定される。
バスケット(100’)の支持ブラケット(114’)の代替例を図2に示す。見て理解できるように、これはパイプの形状ではなく、ケーブル(図示せず)を通る一対の環状の留め金である。一対の環状の留め金は、バスケットの回転軸線A−Aを規定する。
バスケット(100”)のさらなる実施形態が、図3に上側面図で示されている(その側面の格子構造は、簡潔にするために省略される。)。これは、バスケットの前面(108”)および後面(110”)から実質的に等しい距離に配置された一対の支持ブラケット(114”)を示す。ケーブルは各支持ブラケットを通すことができる。ただし、各支持ブラケットの相対位置により、バスケットの回転軸はB−B線に沿っている。図示された支持ブラケットのうちの1つだけにケーブルを通した場合でも、バスケットが回転するときのバスケットと比べて、バスケットの可動範囲はほとんどまたは全く増加しない。
ここで図4を参照すると、これは、支持ブラケット(図示せず)を介してケーブル(202)に取り付けられた複数のバスケット(100)を含む本発明の培養システム(200)の斜視図を示す。この斜視図では15個のバスケットのみ示していないが、もっと多く(またはもっと少なく)のバスケットを使用してもよいことを理解されたい。本システム(200)は潮下帯下の環境を対象としているため、通常、(陸地での使用が通常である場合の潮間帯環境と比較して)空間的には制約されていない。
図4では、システム(200)のAで示される部分に沿って配置されたバスケット(100)は、浮力モジュール(116)が最上部で示されている。これは、バスケットが浮力モジュールの下にぶら下がる典型的な養殖位置であり、養殖されているカキまたは貝を完全に浸す(図示せず)。
Bで示されるシステムの部分に沿って、バスケット(100)は回転または反転されて示されている。これは、半自動化または完全自動化された手段(図示せず)を使用して実現される。
システムの部分Cに沿って、バスケット(100)は、バスケットが最上部になるように反転されている。この反転により、これらのバスケット内に含まれるカキを、取り出すことができ、必要に応じて、バスケットを乾燥させるか、バスケットのメンテナンスを行うことができる。
したがって、本発明は、バスケットを利用するシステムのオペレータに、潮間帯養殖システムを擬似的に再現する機能を提供し、潮間帯環境にかかわらず、潮下帯での動きによって貝が周期的に覆われる/覆われないようにする。これにより、殻が硬くなり、環境が改善され、外転筋力が向上するため、貝には利点がある。消費者への利点は、貝の寿命および質が改善されることである。これは、利用するために潮の状態に依存することになる恒久的に固定された構造を必要とせずに達成される。
図5Aおよび5Bは、図1のシステムのバスケット(100)の回転の自動化を容易にするシャトル(500)を示す。図5Aの一端から見ると、シャトルは、上部デッキ(504)に接続された2つの艇体(502)を含むことが分かる。2つの艇体はケーブル(506)とバスケットと当該バスケットに取り付けられた浮力モジュール(116)にまたがっている。波線は水位を示しているので、ケーブル(506)および一番下の支持ブラケット(114)と共に、バスケットが水面下に浮遊していることがわかる。
シャトル(500)は、モータ(510)によって動力を供給されるライン運搬装置(508)を備えている。これにより、培養システムのケーブル(506)に沿って実質的に走るが、ケーブルからは離れている運搬ライン(512)に沿ってシャトルを引っ張ることができる。モータは、全天候型コンパートメント(514)内に搭載のバッテリー(図示せず)からの電力で駆動される。バッテリーは、ここに示すように、ソーラーパネル(516)を介して充電できるが、風力発電機を使用することもできる。ここに図示されていない実施形態では、電気ショックから適切に保護して、バッテリーを主電源から再充電することができる。
図5Bから理解できるように、シャトル(500)は、前後で実質的に同じ形状である。これは、ケーブル(506)および運搬ライン(512)に沿って両方向にシャトルを移動することを容易にするためである。
シャトル(500)がライン運搬装置(508)の操作によって養殖システム(200)に沿って移動していくと、上部デッキ(504)と水面の下のスパイラルレール(簡潔のために示されていない)がバスケット(100)と係合して、支持ブラケット(114)によって提供される回転軸を基準としてバスケットを反転させることにより、図示するように最上部にある浮力モジュール(116)に代わって、バスケットが露出するようになる。コンパートメント(514)内の搭載コントローラ(図示せず)は、シャトルを自動的に操作してケーブル(506)を上下に動かし、一定の時間間隔でバスケットを反転させてもよい。上述のように、このプロセスは、潮下帯での環境で動作している実際の養殖システムとは関係なく、潮間帯の養殖システムを擬似的に再現している。
また、図5Bで明らかなように、各バスケットに対する各支持ブラケット(114)を使用することにより、隣接するバスケット(100)に対する空間が提供される。見て理解できるように、各支持ブラケットはバスケットの幅よりも長い。これは、隣接するバスケット間の適切な空間を確保することを可能にし、それにより、例えば波動作用によって起こり得るバスケット間のあらゆる接触を最小化することを可能にするために、培養システム(200)のオペレータにとって有用である。隣接する支持ブラケットの端同士で、何らかの接触があってもよい。
文脈が明らかに他を必要としない限り、説明とクレームを通して、言葉「備える」、「備える」などは、排他的または網羅的な意味ではなく、包括的意味で、すなわち、「含むが、それに限定されない」という意味で解釈されるべきである。
上記および下記に引用されているすべての出願、特許文献および刊行物の開示内容の全体は、もしあれば、参照により本明細書に組み込まれる。
本明細書における任意の先行技術への言及は、その先行技術が世界のあらゆる国における努力の分野における共通の一般知識の一部を形成することの承認または任意の形の示唆ではなく、そのように解釈されるべきではない。
本発明はまた、本願の明細書において言及または示される部品、要素および特徴において、個別にまたは集合的に、前記部品、要素または特徴のうちの2つ以上の任意またはすべての組み合わせで構成されると広く言われ得る。
前述の説明において、整数またはその同等物が知られている構成が参照された場合、それらの整数は、個別に述べられているかのように本明細書に組み込まれる。
本明細書に記載された現在好ましい実施形態に対する様々な変更および修正は、当業者には明らかであろうことに留意されたい。 このような変更および修正は、本発明の精神および範囲から逸脱することなく、また付随する利点を損なうことなく行うことができる。したがって、そのような変更および修正が本発明に含まれることが意図されている。
*文章全体をCtrl + A で全選択し、F9で段落番号更新。
*文章全体をCtrl + A で全選択し、Shift + Ctrl + F9で全てのフィールドコードが削除される。

Claims (19)

  1. 貝類の養殖用のバスケットであり、前記バスケットは縦長の寸法を有しており、前記バスケットは、
    1つ以上のケーブル用の1つ以上の支持ブラケットであって、各支持ブラケットは、前記バスケットの縦長の寸法に大略垂直な軸に沿って方向付けられ、前記1つ以上のブラケットは、前記バスケットの前記縦長の寸法に沿って大略中間に配置された回転軸を規定する、前記1つ以上の支持ブラケットと、
    浮力モジュールと、
    を含む、バスケット。
  2. 前記バスケットは、上側面、下側面、左側面、右側面、前面、後面を含む、請求項1に記載のバスケット。
  3. 前記前面および前記後面の一方または両方が、前記バスケットの内部へ入り込むことを可能にするように構成される、請求項2に記載のバスケット。
  4. 前記1つ以上の支持ブラケットが前記バスケットの前記下側面に設けられている、請求項2または請求項3に記載のバスケット。
  5. 少なくとも1つの支持ブラケットが、前記バスケットの縦長の寸法に沿って、かつ、前記バスケットの前記縦長の寸法に垂直に大略中間に配置されている、請求項4に記載のバスケット。
  6. 前記支持ブラケットが大略円筒形の構造である、請求項4または請求項5に記載のバスケット。
  7. 前記支持ブラケットは、2つ以上の離間した留め具または環状の留め金である、請求項4または請求項5のいずれかに記載のバスケット。
  8. 前記浮力モジュールがバスケットの前記上側面に設けられている、請求項2から7のいずれか一項に記載のバスケット。
  9. 前記浮力モジュールが、締結手段で前記バスケットに固定されるように構成されている、請求項2から7のいずれか一項に記載のバスケット。
  10. 前記締結手段は、ストラップ、スナップロックフィッティング、クリップ、ナットおよびボルト、またはネジのうちの1つ以上である、請求項9に記載のバスケット。
  11. 前記浮力モジュールが独立気泡フォームのブロックである、請求項1から10のいずれか一項に記載のバスケット。
  12. 前記浮力モジュールは、回転成形された容器として構成される、請求項1から10のいずれか一項に記載のバスケット。
  13. 前記浮力モジュールは、前記浮力モジュールの内部へ入り込むことを可能にするように構成されたキャップまたは弁を含む、請求項12に記載のバスケット。
  14. 貝類の養殖用のシステムであって、
    1つ以上のケーブルと、
    少なくとも1つのバスケットと
    を備え、
    前記バスケットは縦長の寸法を有し、前記バスケットは、1つ以上のケーブル用の1つ以上の支持ブラケットを含み、各支持ブラケットは、前記バスケットの縦長の寸法に大略垂直な軸に沿って方向付けられ、前記1つ以上のブラケットは、前記バスケットの前記縦長の寸法に沿って大略中間に配置された回転軸を規定し、前記バスケットは浮力モジュールを含む、システム。
  15. 前記システムは、前記シャトルの上側面に取り付けられたフレームで構成されたシャトルも含み、前記フレームは、前記少なくとも1つのバスケットと係合するように構成される、請求項14に記載のシステム。
  16. 前記システムは、2つの艇体で構成されたシャトルも含み、前記シャトルは、前記2つの艇体の間にも配置されると共に前記少なくとも1つのバスケットと係合するように構成されたレールまたはガイドを含む、請求項14に記載のシステム。
  17. 請求項13に記載の貝類を養殖させるためのシステムを使用する方法であって、
    a)前記少なくとも1つのバスケットの前記1つ以上の支持ブラケットのそれぞれにケーブルを通すステップと、
    b)前記少なくとも1つのバスケットを海洋または淡水の環境に浸すステップと、
    を含む方法。
  18. c)前記少なくとも1つのバスケットが前記1つ以上の支持ブラケットによって規定される回転軸の周りを回転するように、前記ケーブルを持ち上げる追加のステップを含む、請求項17に記載の方法。
  19. ステップb)の後に、複数の貝類が、前記少なくとも1つのバスケットに入れられる、請求項17または請求項18に記載の方法。
JP2020542259A 2018-02-02 2019-01-31 貝類養殖装置、システムおよびその使用方法 Pending JP2021512611A (ja)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
NZ73963818 2018-02-02
NZ739638 2018-02-02
PCT/NZ2019/050007 WO2019151879A1 (en) 2018-02-02 2019-01-31 Shellfish growing apparatus, system and method of using same

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2021512611A true JP2021512611A (ja) 2021-05-20

Family

ID=67478387

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2020542259A Pending JP2021512611A (ja) 2018-02-02 2019-01-31 貝類養殖装置、システムおよびその使用方法

Country Status (9)

Country Link
US (1) US11083175B2 (ja)
EP (1) EP3745852A4 (ja)
JP (1) JP2021512611A (ja)
KR (1) KR20200126983A (ja)
CN (1) CN111757669A (ja)
AU (3) AU2019216159B2 (ja)
CA (1) CA3089947A1 (ja)
CL (1) CL2020001979A1 (ja)
WO (1) WO2019151879A1 (ja)

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
CN110731289A (zh) * 2019-12-02 2020-01-31 漳澳国际有限公司 单体贝类滚筒式养殖箱

Family Cites Families (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US3909971A (en) * 1975-01-20 1975-10-07 Frank W Wilde System for cultivating of culchless oysters
US4170197A (en) * 1977-10-20 1979-10-09 Spinney Creek Oyster Company Method of raising oysters
GB2040652A (en) * 1979-02-21 1980-09-03 Nat Res Dev Rotatable fish cage
US4704990A (en) * 1985-01-30 1987-11-10 Moxham Wayne R Cultivating molluscs
JPH07106115B2 (ja) * 1991-04-01 1995-11-15 三基興業株式会社 タコ用シェルターと蓄養コンテナ
CN2240242Y (zh) * 1995-10-31 1996-11-20 梁纯毅 转动式养鱼网箱
AU752344B2 (en) * 1997-10-17 2002-09-19 Evrika Enterprises Ltd Shellfish containment device
NZ328983A (en) 1998-10-19 2000-06-23 Evrika Entpr Ltd Shellfish containment vessel of two complementary parts and including flotation means therein
NO314282B1 (no) 2000-02-11 2003-03-03 Bjoern Aspoey Skjellsamleranlegg
AU2004100617B4 (en) * 2003-08-01 2005-03-10 Basil Simpson Dow Shellfish Farming
FR2900027B1 (fr) 2006-04-21 2008-07-11 Vergers De L Atlantique Dispositif de support d'au moins une poche d'elevage de coquillages
CN202406818U (zh) * 2012-01-18 2012-09-05 海南东岸水产开发有限公司 单体贝类海上升降养殖系统
CN204070056U (zh) 2014-09-26 2015-01-07 上海海洋大学 一种藻鱼混合养殖网箱
AU2016200539A1 (en) * 2016-01-29 2017-08-17 Seapa Pty Ltd Floatation device for an aquaculture basket
US10653119B2 (en) * 2016-03-28 2020-05-19 Clifford A. Goudey Device for inverting floating oyster cages
US11096380B2 (en) 2017-12-28 2021-08-24 Ketcham Supply Co., Inc. Method for aquaculture

Also Published As

Publication number Publication date
AU2021103525A4 (en) 2021-08-12
AU2021204058A1 (en) 2021-07-15
AU2021103525B4 (en) 2021-12-09
CN111757669A (zh) 2020-10-09
US11083175B2 (en) 2021-08-10
EP3745852A1 (en) 2020-12-09
AU2019216159A1 (en) 2020-09-24
CA3089947A1 (en) 2019-08-08
WO2019151879A1 (en) 2019-08-08
AU2019216159B2 (en) 2021-07-29
CL2020001979A1 (es) 2021-03-19
EP3745852A4 (en) 2021-11-03
US20210000085A1 (en) 2021-01-07
KR20200126983A (ko) 2020-11-09

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4464389B2 (ja) 水没可能囲い網
JP5800890B2 (ja) 水産養殖アセンブリおよび方法
US4231322A (en) Apparatus for growing oysters and other molluscs
US4186687A (en) Method for growing oysters and other molluscs
AU2021103525A4 (en) Shellfish growing apparatus
CN102293168B (zh) 单浮管可潜浮式集约化海珍品养殖装置
KR101724819B1 (ko) 홍해삼 해중 양식틀
CN101288385B (zh) 一种适用于泥沙底海域的底播式海水养殖设施
JP2004305042A (ja) ヒラメ・カレイ等の底層魚類の海底養殖方法とその給餌方法
US20190159434A1 (en) Device for Rearing Aquaculture Animals At Sea
KR101642777B1 (ko) 해상 가두리 중간 육성용 입체형 전복쉘터
Kumar et al. Engineering consideration for cage aquaculture
CN110402868B (zh) 链条式浮沉箱网
NZ750328B2 (en) Shellfish growing apparatus, system and method of using same
CN208739808U (zh) 浅海区条斑紫菜沉降式越冬养殖装置
NZ750328A (en) Shellfish growing apparatus, system and method of using same
JP2001292659A (ja) 浮体構造物およびその浮体構造物を利用した養殖装置
EP0901987B1 (en) Method for improving water quality of lake or the like and water quality improving shading means used therefor
CN212993645U (zh) 一种海藻养殖浮筏架
AU593168B2 (en) Oyster cultivating equipment and method
AU752344B2 (en) Shellfish containment device
RU2334390C1 (ru) Устройство для выращивания гидробионтов
US20170295763A1 (en) Harvesting Brine Shrimp Eggs
KR100374749B1 (ko) 생물자원 육성을 위한 벨트형 인공수초 및 이를 이용한수질정화방법
Lawson Aquaculture in open systems

Legal Events

Date Code Title Description
A529 Written submission of copy of amendment under section 34 (pct)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A529

Effective date: 20200915