JP2014208038A - Clip applier for endoscope surgical operation - Google Patents

Clip applier for endoscope surgical operation Download PDF

Info

Publication number
JP2014208038A
JP2014208038A JP2014092611A JP2014092611A JP2014208038A JP 2014208038 A JP2014208038 A JP 2014208038A JP 2014092611 A JP2014092611 A JP 2014092611A JP 2014092611 A JP2014092611 A JP 2014092611A JP 2014208038 A JP2014208038 A JP 2014208038A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
clip
plate
shaft assembly
distal
proximal
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2014092611A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
ソレンティノ グレゴリー
Gregory Sorrentino
ソレンティノ グレゴリー
エイチ. ホイットフィールド ケニス
Kenneth H Whitfield
エイチ. ホイットフィールド ケニス
Original Assignee
コヴィディエン リミテッドパートナーシップ
Covidien Lp
コヴィディエン リミテッド パートナーシップ
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US9278608P priority Critical
Priority to US61/092,786 priority
Priority to US12/539,671 priority patent/US8894665B2/en
Priority to US12/539,671 priority
Application filed by コヴィディエン リミテッドパートナーシップ, Covidien Lp, コヴィディエン リミテッド パートナーシップ filed Critical コヴィディエン リミテッドパートナーシップ
Publication of JP2014208038A publication Critical patent/JP2014208038A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B17/00Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets
    • A61B17/12Surgical instruments, devices or methods, e.g. tourniquets for ligaturing or otherwise compressing tubular parts of the body, e.g. blood vessels, umbilical cord

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To improve the operation of an instrument by providing indication to a user with any surgical event.SOLUTION: An apparatus for comfortable application of surgical clips to body tissue includes: a handle assembly; a shaft assembly including a housing and extending distally from the handle assembly; a plurality of surgical clips disposed within the shaft assembly; a jaw 106 mounted adjacently to a distal end portion of the shaft assembly and being movable between an open spaced-apart condition and a closed approximated condition; and a pusher bar 156 configured to load a distal-most surgical clip into the jaws during distal movement and remain connected to the housing of the shaft assembly and in a distally advanced position during an approximation of the jaws.

Description

(関連出願の引用) (Citation of the relevant application)
本願は、2008年8月29日に出願された、米国仮出願番号61/092,786号の利益および優先権を主張する。 The present application, filed on August 29, 2008, claims the benefit and priority of US Provisional Application No. 61 / 092,786. この米国仮出願の全内容は、本明細書中に参考として援用される。 The entire contents of U.S. provisional application are herein incorporated by reference.

(技術分野) (Technical field)
本開示は、外科手術用クリップアプライアに関し、そしてより特定すると、新規な内視鏡外科手術用クリップアプライアに関する。 The present disclosure relates to surgical clip applier and, more particularly, relates to a clip applier novel endoscopic surgical.

内視鏡ステープラーおよびクリップアプライアは、当該分野において公知であり、そして多数の異なる有用な外科手術手順のために使用されている。 Endoscopic staplers and clip appliers are known in the art and are used for a number of distinct and useful surgical procedures. 腹腔鏡外科手術手順の場合、腹の内側へのアクセスは、皮膚の小さい入口切開を通して挿入された狭い管またはカニューレを介して達成される。 For laparoscopic surgical procedure, access to the interior of an abdomen is achieved through narrow tubes or cannula inserted through a small entrance incision in the skin. 身体の他の箇所で実施される最小侵襲性手順は、しばしば、一般に内視鏡手順と称される。 Minimally invasive procedures performed elsewhere in the body are often generally referred to as endoscopic procedures. 代表的に、管またはカニューレデバイスが、入口切開を介して患者の身体内に延び、アクセスポートを提供する。 Typically, a tube or cannula device is extended into the patient's body through the entrance incision to provide an access port. このポートは、外科医が、トロカールを使用してこのポートを通して多数の様々な外科手術用器具を挿入すること、および切開から遠く離れた位置で外科手術手順を実施することを可能にする。 This port surgeon, uses a trocar for inserting a number of different surgical instruments through the port, and makes it possible to carry out the surgical procedures far removed from the incision.

これらの手順の大部分の最中に、外科医はしばしば、1つ以上の脈管を通る血液または別の流体の流れを止めなければならない。 During a majority of these procedures, the surgeon must often terminate the flow of blood or another fluid through one or more vessels. 外科医はしばしば、外科手術用クリップを血管または別の管に適用して、その手順中にその血管または管を通る体液の流れを防止する。 The surgeon will often apply a surgical clip to a blood vessel or another pipe, to prevent the flow of fluid through the vessel or tube during the procedure. 体腔に入っている間に1つのクリップを適用するための内視鏡クリップアプライアが、当該分野において公知である。 Endoscopic clip applier for applying a single clip during an entry to the body cavity, are known in the art. このような1つのクリップは、代表的に、生体適合性材料から製造され、そして通常、脈管上に圧縮される。 One such clip is typically made from a biocompatible material and are usually compressed over a vessel. 一旦、脈管に適用されると、圧縮されたクリップは、この脈管を通る流体の流れを止める。 Once applied to the vessel, the compressed clip terminates the flow of fluid through the vessel.

体腔に1回入っている間に内視鏡手順または腹腔鏡手順において複数のクリップを適用し得る内視鏡クリップアプライアは、同一人に譲渡された、Greenらに対する特許文献1および特許文献2に記載されており、これらの特許文献は、その全体が本明細書中に参考として援用される。 Endoscopic clip appliers that are able to apply multiple clips in endoscopic or laparoscopic procedures during a single entry into the body cavity are described in commonly, in Patent Documents 1 and 2 for the Green et al. have been described, these patents are incorporated in their entirety by reference herein. 別の複数内視鏡クリップアプライアは、同一人に譲渡された、Prattらに対する特許文献3に開示されており、その内容もまた、その全体が本明細書中に参考として援用される。 Another multiple endoscopic clip applier is described in commonly are disclosed in Patent Document 3 for Pratt et al., The contents also are incorporated by reference in their entirety herein. これらのデバイスは、代表的に、1回の外科手術手順中に使用されるが、このことは必須ではない。 These devices typically are used during a single surgical procedure, this is not essential. Pierに対する特許文献4(その開示は、本明細書中に参考として援用される)は、再滅菌可能な外科手術用クリップアプライアを開示する。 Patent Document 4 for Pier (the disclosure of which is herein incorporated by reference) discloses a clip applier resterilizable surgical. このクリップアプライアは、体腔に1回挿入されている間に、複数のクリップを前進させ、そして形成する。 The clip applier, while inserted once into the body cavity, to advance the plurality of clips, and form. この再滅菌可能なクリップアプライアは、体腔に1回入っている間に複数のクリップを前進させ形成するために、交換可能なクリップマガジンを受容し、これと協働するように構成される。 This resterilizable clip applier, in order to advance and form multiple clips during a single entry into a body cavity, to receive the interchangeable clip magazine configured to cooperate with it. 1つの重要な設計目的は、装填手順からクリップを全く圧縮することなく、外科手術用クリップが顎の間に装填されることである。 One important design objective is without any compression of the clip from the loading procedure is that the surgical clip be loaded between the jaws. 装填中のクリップのこのような屈曲またはトルクはしばしば、多数の意図されない結果を有する。 Such bending or torque of the clip during loading often has a number of unintended consequences. 装填中のこのような圧縮は、顎の間でのクリップの整列をわずかに変更させ得る。 Such compression during loading may alter slightly the alignment of the clip between the jaws. このことにより、外科医は、このクリップを処分するために、このクリップを顎の間から除去する。 Thus, the surgeon, in order to dispose of this clip, to remove the clip from between the jaws. さらに、このような装填前の圧縮は、クリップの一部分をわずかに圧縮し得、そしてこのクリップの幾何学的形状を変化させ得る。 Additionally such preloading compression may slight compress parts of the clip and change a geometry of the clip. このことにより、外科医は、このクリップを処分するために、この圧縮されたクリップを顎の間から除去する。 Thus, the surgeon, in order to dispose of this clip, to remove the compressed clip from between the jaws.

米国特許第5084057号明細書 US Pat. No. 5084057 米国特許第5100420号明細書 US Pat. No. 5100420 米国特許第5607436号明細書 US Pat. No. 5607436 米国特許第5695502号明細書 US Pat. No. 5695502

内視鏡手順または腹腔鏡手順は、しばしば、切開から離れた位置で実施される。 Endoscopic or laparoscopic procedures are often performed at a location remote from the incision. その結果、クリップの適用は、近位端での使用者に対する減少した視野により、またはデバイスの減少した触知可能なフィードバックにより、複雑にされ得る。 As a result, the application of the clip, the field was reduced to the user at the proximal end, or by reduced tactile feedback devices may be complicated. 従って、個々のクリップの発射、装填ユニットに収容されるクリップの消耗、または他の任意の外科手術事象の指標を使用者に提供することによって、器具の作動を改善することが望ましい。 Accordingly, firing of individual clips, by providing an indication of exhaustion or any other surgical event, the clip is accommodated in loading unit to the user, it is desirable to improve the operation of the instrument. クリップの首尾よい装填を促進し、そしてクリップのあらゆる損傷または過剰な圧縮を防止し、そして発射前に顎がクリップを圧縮することを防止する目的で、外科手術用クリップアプライアの顎を開くように楔止めし、次いでクリップを顎の間に装填する、外科手術用クリップアプライアを提供することもまた、望ましい。 Promote successful loading of the clip and to prevent any damage or excessive compression of the clip, and the purpose of the jaw before firing is prevented from compressing the clip to open the jaws of the surgical clip applier wedging, and then loading a clip between the jaws, it also provides a surgical clip applier, desirable.

上記課題を解決するために、本発明は、例えば、以下を提供する: In order to solve the above problems, the present invention provides, for example, the following:
(項目1) (Item 1)
外科手術用クリップを身体組織に適用するための装置であって、該装置は、 An apparatus for application of surgical clips to body tissue, the apparatus comprising:
ハンドルアセンブリ; Handle assembly;
ハウジングを備えるシャフトアセンブリであって、該シャフトアセンブリは、該ハンドルアセンブリから遠位に延び、そして長手方向軸を規定する、シャフトアセンブリ; A shaft assembly comprising a housing, said shaft assembly extends distally from the handle assembly and defines a longitudinal axis, the shaft assembly;
該シャフトアセンブリ内に配置された複数の外科手術用クリップ; Plurality of surgical clips disposed within the shaft assembly;
該シャフトアセンブリの遠位端部分に隣接して設置された顎であって、該顎は、開いた間隔を空けた状態と、閉じた近接した状態との間で移動可能である、顎;および 押し棒であって、該押し棒は、該シャフトアセンブリの該ハウジング内に往復可能に配置され、そして該シャフトアセンブリの該ハウジングに取り外し可能に接続可能であり、該押し棒は、遠位への移動中に、最も遠位の外科手術用クリップを該顎内に装填するように構成されており、そして該顎の近接中に、該シャフトアセンブリの該ハウジングに接続されたままであり、そして遠位に前進した位置にあるように構成されている、押し棒、 A distal end portion jaw mounted adjacent of said shaft assembly, the jaw includes a state in which spaced open interval, is movable between a closed approximated condition, the jaws; and a push rod, pusher rod is reciprocally disposed within the housing of the shaft assembly, and is detachably connectable to the housing of the shaft assembly, pusher bar, the distal during the movement, the most distal of the surgical clip are configured to be loaded into the jaws, and in proximity of the jaw remains connected to the housing of the shaft assembly, and a distal is configured to be in the advanced position, the push rod,
を備える、装置。 Comprising a device.

(項目2) (Item 2)
上記押し棒が、該押し棒の遠位端に形成されたプッシャーを備え、該プッシャーは、装填された外科手術用クリップと1つの位置で接触するための狭いプロフィールを有する、上記項目に記載の装置。 Said push rod is provided with a pusher pusher formed at a distal end of the rod, the pusher has a narrow profile for contacting the loaded surgical staple at a single location, as described in the above item apparatus.

(項目3) (Item 3)
上記押し棒が、上記装填された外科手術用クリップの面に対して実質的に直交して配向された面を規定する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The push rod, define a plane that is oriented substantially perpendicular to the plane of the clip above the loaded surgical apparatus according to any one of the above items.

(項目4) (Item 4)
上記シャフトアセンブリ内に往復可能に配置されたコネクタプレートをさらに備え、該コネクタプレートは、上記押し棒に取り外し可能に接続可能であり、該コネクタプレートの最初の遠位への移動中に、該押し棒は遠位に前進し、そして該コネクタプレートのさらなる遠位への移動中に、該コネクタプレートは該押し棒との接続を外される、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a reciprocally disposed a connector plate within the shaft assembly, the connector plate is detachably connectable to the pusher bar, during an initial distal movement of the said connector plate, and pressing rod is advanced distally, and during transfer to further distal of the connector plate, the connector plate is disconnected the connection between the pusher rod device according to any one of the above items.

(項目5) (Item 5)
上記押し棒が、該押し棒に支持された第一のばねクリップを備え、該第一のばねクリップは、該押し棒が前進位置にある場合に上記シャフトアセンブリの上記ハウジング内に提供された静止フィーチャーと接続されて、該押し棒を該前進位置に維持するためのものである、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Still the push rod is provided with a first spring clip supported on pusher bar, said first spring clip that pusher rods are provided in the housing of the shaft assembly when in the advanced position is connected to the feature is intended for maintaining the pusher bar in the advanced position, according to any one of the above items.

(項目6) (Item 6)
上記押し棒が、該押し棒に支持された第二のばねクリップをさらに備え、該第二のばねクリップは、上記コネクタプレートの第一のフィーチャーと係合するためのものであり、該コネクタプレートの該第一のフィーチャーは、該コネクタプレートの最初の遠位への移動後に、該第二のばねクリップから脱係合する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Said push rod further includes a second spring clip supported on pusher bar, said second spring clip is provided for engaging a first feature of the connector plate, said connector plate the of the first feature, after the initial distal movement of the connector plate, disengages from the second spring clip, according to any one of the above items.

(項目7) (Item 7)
上記シャフトアセンブリ内に往復可能に配置された前進プレートをさらに備え、該前進プレートは、上記押し棒の肩部に取り外し可能に接続可能な少なくとも1つのフィンを備え、該押し棒の該肩部は、該押し棒の遠位への移動および近位への移動中に、該前進プレートの該少なくとも1つのフィンと係合して、該前進プレートの遠位への移動および近位への移動のうちの一方を行う、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising advancer plate reciprocally disposed within the shaft assembly, the advancer plate, the press comprising at least one fin detachably connectable to a shoulder of the rod, the shoulder portion of the pusher bar , during movement of the pusher moves and proximal to the distal rod, said at least of the advancer plate engaged with one fin, the movement in the movement and proximal to the distal of the advancer plate while performing the out apparatus according to any one of the above items.

(項目8) (Item 8)
該シャフトアセンブリ内にスライド可能に支持されたクリップ従動子をさらに備え、該クリップ従動子は、上記複数の外科手術用クリップを遠位方向に推進するためのものであり、該クリップ従動子は、その第一の表面から突出する第一のタブ、およびその第二の表面から突出する第二のタブを備え、該クリップ従動子の該第一のタブは、上記前進プレートが遠位に移動する場合に、該前進プレートに係合し、その結果、該クリップ従動子が遠位に移動して、該複数の外科手術用クリップを前進させ、そして該クリップ従動子の該第二のタブは、該前進プレートが近位に移動する場合にフィーチャーと係合し、その結果、該クリップ従動子が静止したままである、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a slidably supported clip follower within the shaft assembly, said clip follower is intended to promote the clip of the plurality of surgical distally the clip follower, a first tab projecting from a first surface thereof and provided with a second tab projecting from a second surface, said first tab of the clip follower, the advancer plate is moved distally If, engages the advancer plate, as a result, the clip follower is moved distally to advance the plurality of surgical clips, and wherein the second tab of the clip follower, It engages features and when the advancer plate is moved proximally such that remains the clip follower is stationary, apparatus according to any one of the above items.

(項目9) (Item 9)
上記シャフトアセンブリ内に配置されたクリップキャリアをさらに備え、該クリップキャリアは、上記複数の外科手術用クリップおよび上記クリップ従動子を保持するように構成されており、上記クリップ従動子の上記第二のタブは、該クリップキャリアに形成されたフィーチャーと係合する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a clip carrier disposed within the shaft assembly, the clip carrier is configured to hold the plurality of surgical clips and the clip follower, the clip follower the second tab engages features formed in the clip carrier, according to any one of the above items.

(項目10) (Item 10)
上記クリップ従動子が上記シャフトアセンブリを通して漸増的に前進させられる、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The clip follower is incrementally advanced through the shaft assembly, apparatus according to any one of the above items.

(項目11) (Item 11)
上記クリップ従動子が、該クリップ従動子の表面から延びるキャッチを備え、該キャッチは、最後の外科手術用クリップの発射後に上記押し棒と係合し、そして該押し棒が近位方向に移動することを防止する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The clip follower includes a catch extending from a surface of the clip follower, the catch, the push rod engages after firing of a last surgical clip and pusher rod is moved in a proximal direction preventing apparatus according to any of the above items.

(項目12) (Item 12)
上記ハンドルアセンブリ内に配置されたラチェットアセンブリをさらに備え、該ラチェットアセンブリは、上記押し棒が近位位置に戻らない場合にリセットすることを防止される、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a ratchet assembly disposed in the handle assembly, said ratchet assembly, the push rod is prevented from being reset when no return to a proximal position device according to any one of the above items .

(項目13) (Item 13)
上記ハウジングアセンブリ内に支持された計数器をさらに備え、該計数器は、外科手術用クリップが発射されたときに指標を提供する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a counter supported in the housing assembly, the regimen number instrument, the surgical clips to provide an indication when it is fired, apparatus according to any one of the above items.

(項目14) (Item 14)
上記ハウジングアセンブリ内に支持されたインジケータをさらに備え、該インジケータは、外科手術用クリップが上記顎内に装填される場合、外科手術用クリップが発射される場合、および上記装置がリセットされる場合のうちの少なくとも1つに、可聴指標および触知可能指標のうちの少なくとも1つを提供する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising an indicator supported in the housing assembly, the indicator, when surgical clip may be loaded within the jaws, when a surgical clip has been fired and that the device is reset at least one of which is provided at least one of an audible and a tactile indication, according to any one of the above items.

(項目15) (Item 15)
上記シャフトアセンブリ内に往復可能に配置された楔プレートをさらに備え、該楔プレートは、該楔プレートの遠位端が上記顎内に配置された位置と、該楔プレートの遠位端が該顎から外れた位置との間で移動可能である、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a reciprocally disposed wedge plate within the shaft assembly, the wedge plate includes a position where the distal end of the wedge plate is disposed in the jaws and distal end of the wedge plate jaw it is movable between a position out of the apparatus according to any one of the above items.

(項目16) (Item 16)
上記楔プレートが、該楔プレートに支持された第三のばねクリップをさらに備え、該第三のばねクリップは、上記コネクタプレートの第二のフィーチャーに取り外し可能に接続されるためのものであり、該コネクタプレートの該第二のフィーチャーは、該コネクタプレートの最初の遠位への移動後に該第三のばねクリップから脱係合する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 It said wedge plate further comprises a third spring clip supported on wedge plate, said third spring clip is intended to be removably connected to the second feature of the connector plate, said second feature of the connector plate, the first disengage from said third spring clip after distal movement of the connector plate, according to any one of the above items.

(項目17) (Item 17)
駆動棒をさらに備え、該駆動棒は、上記ハンドルアセンブリにより起動可能であり、そして上記コネクタプレートの移動を行うために該コネクタプレートに接続されている、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a driving rod, the driving rod is actuatable by the handle assembly and is connected to the connector plate for effecting movement of the connector plate, according to any one of the above items .

(項目18) (Item 18)
上記シャフトアセンブリ内に往復可能に配置された駆動チャネルをさらに備え、上記駆動棒は、該駆動チャネルの並進を行うために該駆動チャネルに係合し、該駆動チャネルの遠位端は、該駆動チャネルの遠位への前進の際に上記顎の表面と係合して、該顎の近接を起こす、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a reciprocally disposed a drive channel within the shaft assembly, the drive rod engages the drive channel to do a translation of the drive channel, the distal end of the drive channel, the drive upon distal advancement of the channel engages the surface of the jaw, causing proximity of jaws, according to any one of the above items.

(項目19) (Item 19)
上記駆動チャネルは、遠位への移動の際に楔プレートロックを起動して、該楔プレートの近位への移動を引き起こし、該楔プレートの上記遠位端を上記顎から引き抜き、そして該駆動チャネルが該顎を近接させることを可能にする、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The drive channel, start wedge plate lock upon distal movement causes proximal movement of the wedge plate, pulling the distal end of the wedge plate from the jaws and the drive channel makes it possible to close the jaws, according to any one of the above items.

(項目20) (Item 20)
上記シャフトアセンブリが、上記長手方向軸の周りで、上記ハンドルアセンブリに対して回転可能である、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The shaft assembly, around the longitudinal axis and is rotatable relative to the handle assembly, apparatus according to any one of the above items.

(項目21) (Item 21)
上記シャフトアセンブリが、該シャフトアセンブリ内に支持されたガードを備え、該ガードは、上記第三のばねクリップが該ガードを横切って並進する際に該第三のばねクリップが外向きに広がることを防止する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The shaft assembly includes a guard that is supported in the shaft assembly, the guard, that said third spring clip widens outward in the third spring clip translates across the guard preventing apparatus according to any one of the above items.

(項目22) (Item 22)
上記楔プレートが近位位置に付勢されている、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The wedge plate is biased to a proximal position, according to any one of the above items.

(項目23) (Item 23)
上記駆動チャネルが近位位置に付勢されている、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 It said drive channel is biased to a proximal position, according to any one of the above items.

(項目24) (Item 24)
外科手術用クリップを身体組織に適用するための装置であって、該装置は ハンドルアセンブリ; An apparatus for application of surgical clips to body tissue, the apparatus comprising a handle assembly;
ハウジングを備えるシャフトアセンブリであって、該シャフトアセンブリは、該ハンドルアセンブリから遠位に延び、そして長手方向軸を規定する、シャフトアセンブリ; A shaft assembly comprising a housing, said shaft assembly extends distally from the handle assembly and defines a longitudinal axis, the shaft assembly;
該シャフトアセンブリ内に配置された複数の外科手術用クリップ; Plurality of surgical clips disposed within the shaft assembly;
該シャフトアセンブリの遠位端部分に隣接して設置された顎であって、該顎は、開いた間隔を空けた状態と、閉じた近接した状態との間で移動可能である、顎;および 該シャフトアセンブリ内にスライド可能に支持されたクリップ従動子であって、該クリップ従動子は、該複数の外科手術用クリップを遠位方向に推進するためのものであり、該クリップ従動子は、該クリップ従動子の第一の表面から突出する第一のタブ、および該クリップ従動子の第二の表面から突出する第二のタブを備え、該クリップ従動子の該第一のタブは、前進プレートが遠位に移動する際に該前進プレートに係合し、その結果、該クリップ従動子が遠位に移動して、該複数の外科手術用クリップを前進させ、そして該クリップ従動子の該第二のタブは、該前進プレー A distal end portion jaw mounted adjacent of said shaft assembly, the jaw includes a state in which spaced open interval, is movable between a closed approximated condition, the jaws; and a slidably supported clip follower within the shaft assembly, said clip follower is intended to promote the surgical clip of the plurality of distally, the clip follower, comprising a second tab projecting from the first tab, and the second surface of the clip follower projecting from the first surface of the clip follower, said first tab of the clip follower advances plate engages the advancer plate as it moves distally, so that the clip follower is moved distally to advance the plurality of surgical clips, and the of the clip follower the second tab, the forward play トが近位に移動する際にフィーチャーと係合し、その結果、該クリップ従動子は静止したままである、クリップ従動子、 DOO engages and features when moving proximally such that the clip follower remains stationary, clip follower,
を備える、装置。 Comprising a device.

(項目25) (Item 25)
上記前進プレートが、上記シャフトアセンブリ内に往復可能に配置され、該前進プレートは、該前進プレートの長さに沿って形成された複数の窓を規定し、上記クリップ従動子の上記第一のタブは、該前進プレートが往復する際に、該複数の窓のうちの1つの窓と係合する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The forward plate is reciprocally disposed within the shaft assembly, the advancer plate defines a plurality of windows formed along a length of the advancer plate, the first tab of the clip follower , when the advancer plate reciprocates, engages the one window of the plurality of windows, according to any one of the above items.

(項目26) (Item 26)
上記シャフトアセンブリ内に往復可能に配置された押し棒をさらに備え、該押し棒は、上記顎が上記開いた状態にある場合に、該顎に最も遠位の外科手術用クリップを装填するように、そして該顎の近接中に、装填された外科手術用クリップと接触したままであるように構成される、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a push rod which is reciprocally disposed within the shaft assembly, pusher bar, when in the state in which the jaw is opened above, to be loaded with the most distal surgical clip jaw and in proximity of the jaw configured to remain in contact with the loaded surgical clip system according to any one of the above items.

(項目27) (Item 27)
上記前進プレートが、上記押し棒の肩部により係合可能な少なくとも1つのフィンを備え、該押し棒の該肩部は、該押し棒の遠位への移動および近位への移動中に、該前進プレートの該少なくとも1つのフィンと係合して、該前進プレートの遠位への移動および近位への移動のうちの1つを行う、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The forward plate, including at least one fin engageable by a shoulder of the pusher bar, the shoulder portion of the pusher bar, during the movement of the mobile and proximal to the distal pusher rod, It said at least of the advancer plate engaged with one fin, perform one of the movement in the movement and proximal to the distal of the advancer plate, according to any one of the above items.

(項目28) (Item 28)
上記押し棒が、該押し棒の遠位端に形成されたプッシャーを備え、該プッシャーは、上記装填された外科手術用クリップに1つの位置で接触するための狭いプロフィールを有する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Said push rod is provided with a pusher pusher formed at a distal end of the rod, the pusher has a narrow profile for contacting the one position the clip for the loaded surgical, of the above items apparatus according to any one of.

(項目29) (Item 29)
上記プッシャーが、上記装填された外科手術用クリップの面に対して実質的に直交して配向された面を規定する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The pusher defines a substantially orthogonal to a surface oriented with respect to the loaded surgical clip surface, Apparatus according to any one of the above items.

(項目30) (Item 30)
上記シャフトアセンブリ内に往復可能に配置されたコネクタプレートをさらに備え、該コネクタプレートは、上記押し棒に取り外し可能に接続されており、該コネクタプレートの最初の遠位への移動中に、該押し棒が遠位に前進し、そして該コネクタプレートのさらなる遠位への移動中に、該コネクタプレートが該押し棒との接続を外される、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a reciprocally disposed a connector plate within the shaft assembly, the connector plate is detachably connected to the pusher bar, during an initial distal movement of the said connector plate, and pressing rod is advanced distally, and during transfer to further distal of the connector plate, the connector plate is disconnected the connection to the pusher bar, according to any one of the above items.

(項目31) (Item 31)
上記押し棒が、該押し棒に支持された第一のばねクリップを備え、該第一のばねクリップは、該押し棒が前進位置にある場合に上記シャフトアセンブリの上記ハウジングの静止フィーチャーと係合して、該押し棒を該前進位置に維持するためのものである、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 It said push rod is provided with a first spring clip supported on pusher bar, said first spring clip pusher stationary feature engage with the housing of the shaft assembly when the rod is in the advanced position to is used to maintain the pusher bar to said advanced position, according to any one of the above items.

(項目32) (Item 32)
上記押し棒が、該押し棒に支持された第二のばねクリップをさらに備え、該第二のばねクリップは、上記コネクタプレートの第一のフィーチャーに取り外し可能に係合するためのものであり、該コネクタプレートの該第一のフィーチャーは、該コネクタプレートの最初の遠位への移動後に、該第二のばねクリップから脱係合する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 It said push rod further includes a second spring clip supported on pusher bar, said second spring clip is used to removably engage the first feature of the connector plate, said first feature of the connector plate, after the initial distal movement of the connector plate, disengages from the second spring clip, according to any one of the above items.

(項目33) (Item 33)
上記シャフトアセンブリ内に配置されたクリップキャリアをさらに備え、該クリップキャリアは、上記複数の外科手術用クリップおよび上記クリップ従動子を保持するように構成されており、該クリップ従動子の上記第二のタブは、該クリップキャリアに形成されたフィーチャーと係合する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a clip carrier disposed within the shaft assembly, the clip carrier is configured to hold the plurality of surgical clips and the clip follower, of said clip follower the second tab engages features formed in the clip carrier, according to any one of the above items.

(項目34) (Item 34)
上記クリップ従動子が、上記シャフトアセンブリを通して漸増的に前進させられる、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The clip follower is incrementally advanced through the shaft assembly, apparatus according to any one of the above items.

(項目35) (Item 35)
上記クリップ従動子が、該クリップ従動子の表面から延びるキャッチを備え、該キャッチは、最後の外科手術用クリップの発射後に上記押し棒と係合し、そして該押し棒が近位方向に移動することを防止する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The clip follower includes a catch extending from a surface of the clip follower, the catch, the push rod engages after firing of a last surgical clip and pusher rod is moved in a proximal direction preventing apparatus according to any of the above items.

(項目36) (Item 36)
上記ハンドルアセンブリ内に配置されたラチェットアセンブリをさらに備え、該ラチェットアセンブリは、上記押し棒が近位位置に戻らない場合にリセットすることを防止される、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a ratchet assembly disposed in the handle assembly, said ratchet assembly, the push rod is prevented from being reset when no return to a proximal position device according to any one of the above items .

(項目37) (Item 37)
上記ハウジングアセンブリ内に支持された計数器をさらに備え、該計数器は、外科手術用クリップが発射される場合に指標を提供する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a counter supported in the housing assembly, the regimen number device provides an indication when a surgical clip has been fired, according to any one of the above items.

(項目38) (Item 38)
上記ハウジングアセンブリ内に支持されたインジケータをさらに備え、該インジケータは、外科手術用クリップが上記顎内に装填される場合、外科手術用クリップが発射される場合、および上記装置がリセットされる場合のうちの少なくとも1つに、可聴指標または触知可能指標のうちの少なくとも1つを提供する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising an indicator supported in the housing assembly, the indicator, when surgical clip may be loaded within the jaws, when a surgical clip has been fired and that the device is reset at least one of which is provided at least one of an audible indicator or tactile indication device according to any one of the above items.

(項目39) (Item 39)
上記シャフトアセンブリ内に往復可能に配置された楔プレートをさらに備え、該楔プレートは、該楔プレートの遠位端が上記顎内に配置された位置と、該楔プレートの遠位端が該顎から外れた位置との間で移動可能である、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a reciprocally disposed wedge plate within the shaft assembly, the wedge plate includes a position where the distal end of the wedge plate is disposed in the jaws and distal end of the wedge plate jaw it is movable between a position out of the apparatus according to any one of the above items.

(項目40) (Item 40)
上記楔プレートが、該楔プレートに支持された第三のばねクリップをさらに備え、該第三のばねクリップは、上記コネクタプレートの第二のフィーチャーと選択的に係合するためのものであり、該コネクタプレートの該第二のフィーチャーは、該コネクタプレートの最初の遠位への移動後に該第三のばねクリップから脱係合する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 It said wedge plate further comprises a third spring clip supported on wedge plate, said third spring clip is provided for selective engagement with a second feature of the connector plate, said second feature of the connector plate, the first disengage from said third spring clip after distal movement of the connector plate, according to any one of the above items.

(項目41) (Item 41)
駆動棒をさらに備え、該駆動棒は、上記ハンドルアセンブリにより起動可能であり、そして上記コネクタプレートの移動を行うために該コネクタプレートに接続されている、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a driving rod, the driving rod is actuatable by the handle assembly and is connected to the connector plate for effecting movement of the connector plate, according to any one of the above items .

(項目42) (Item 42)
上記シャフトアセンブリ内に往復可能に配置された駆動チャネルをさらに備え、上記駆動棒は、該駆動チャネルと係合して該駆動チャネルの並進を行い、該駆動チャネルの遠位端は、該駆動チャネルの遠位への前進の際に上記顎の表面と係合して、該顎の近接を行う、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a reciprocally disposed a drive channel within the shaft assembly, the driving rod performs translation of the drive channel engages with the drive channel, the distal end of the drive channel, the drive channel the engage the surface of the jaw during distal advancement, the performing proximity of jaws, according to any one of the above items.

(項目43) (Item 43)
上記駆動チャネルが、該駆動チャネルの遠位への前進の際に楔プレートロックを起動させて、上記楔プレートの近位への移動を引き起こし、該楔プレートの遠位端を上記顎から引き抜き、そして該駆動チャネルが該顎を近接させることを可能にする、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Said drive channel, activates the wedge plate lock upon distal advancement of the drive channel causes the proximal movement of the wedge plate, pull the distal end of the wedge plate from the jaws, and said drive channel makes it possible to close the jaws, according to any one of the above items.

(項目44) (Item 44)
上記シャフトアセンブリが、上記長手方向軸の周りで、上記ハンドルアセンブリに対して回転可能である、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The shaft assembly, around the longitudinal axis and is rotatable relative to the handle assembly, apparatus according to any one of the above items.

(項目45) (Item 45)
上記シャフトアセンブリが、該シャフトアセンブリ内に支持されたガードを備え、該ガードは、上記第三のばねクリップが該ガードを横切って並進する際に該第三のばねクリップが外向きに広がることを防止する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The shaft assembly includes a guard that is supported in the shaft assembly, the guard, that said third spring clip widens outward in the third spring clip translates across the guard preventing apparatus according to any one of the above items.

(項目46) (Item 46)
上記楔プレートが近位位置に付勢されている、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The wedge plate is biased to a proximal position, according to any one of the above items.

(項目47) (Item 47)
上記駆動チャネルが近位位置に付勢されている、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 It said drive channel is biased to a proximal position, according to any one of the above items.

(項目48) (Item 48)
外科手術用クリップを身体組織に適用するための装置であって、該装置は、 An apparatus for application of surgical clips to body tissue, the apparatus comprising:
ハンドルアセンブリであって、該ハンドルアセンブリは、トリガおよび該トリガの起動の際に該トリガにより往復並進可能な駆動棒を備える、ハンドルアセンブリ; A handle assembly, the handle assembly includes a reciprocally translatable drive bar by the trigger upon actuation of the trigger and the trigger, the handle assembly;
シャフトアセンブリであって、該シャフトアセンブリは、該ハンドルアセンブリから遠位に延び、そして長手方向軸を規定し、該シャフトアセンブリは、 A shaft assembly, said shaft assembly extends distally from the handle assembly and defining a longitudinal axis, the shaft assembly,
ハウジング; housing;
該ハウジング内に配置された複数の外科手術用クリップ; Plurality of surgical clips disposed within the housing;
該ハウジングの遠位端部分に隣接して設置された顎であって、該顎は、開いた間隔を空けた状態と、閉じた近接した状態との間で移動可能である、顎; A distal end portion jaw mounted adjacent of said housing, the jaw includes a state in which spaced open interval, is movable between a closed approximated condition, the jaws;
該ハウジング内に往復可能に配置された押し棒であって、該押し棒は、該顎が該開いた状態にある間に該顎内に最も遠位の外科手術用クリップを装填するように、そして該顎の近接中に装填された外科手術用クリップと接触したままであるように構成されている、押し棒; A pusher bar reciprocally disposed within the housing, pusher rods to be loaded with the most distal surgical clip into the jaws while in the state in which the jaw has said open, and it is configured to remain in contact with surgical clips loaded in the proximity of the jaws, the push rod;
該ハウジング内に、該押し棒に隣接して往復可能に配置された前進プレートであって、該前進プレートは、該押し棒の肩部により係合可能な少なくとも1つのフィンを備え、該押し棒の肩部は、該押し棒の遠位への移動および近位への移動中に、該前進プレートの該少なくとも1つのフィンと係合して、該前進プレートの遠位への移動および近位への移動のうちの1つを行う、前進プレート; Within the housing, a pusher advancer plate reciprocally disposed adjacent the rod, the advancer plate is provided with at least one fin engageable by a shoulder of the pusher bar, pusher bar the shoulder, during the movement of the push to move and proximal to the distal rod, said at least of the advancer plate engaged with one fin movement and proximal to distal of the advancer plate performing one of the movement to the forward plate;
該ハウジング内に、該前進プレートに隣接して配置されたクリップキャリアであって、該クリップキャリアは、該複数の外科手術用クリップを保持するように構成されている、クリップキャリア; Within the housing, a clip carrier disposed adjacent to said forward plate, the clip carrier is configured to retain the surgical clip of the plurality of clip carrier;
該クリップキャリア内に、該複数の外科手術用クリップの近位の位置にスライド可能に支持されたクリップ従動子であって、該クリップ従動子は、該複数の外科手術用クリップを遠位方向に推進するように構成されており、該クリップ従動子は、該クリップ従動子の第一の表面から突出する第一のタブ、および該クリップ従動子の第二の表面から突出する第二のタブを備え、該クリップ従動子の該第一のタブは、該前進プレートが遠位に移動する際に該前進プレートと係合し、その結果、該クリップ従動子が遠位に移動して、該複数の外科手術用クリップを前進させ、そして該クリップ従動子の該第二のタブは、該前進プレートが近位に移動する際に、該クリップキャリアと係合し、その結果、該クリップ従動子は静止したままである、クリ In the clip carrier, a slidably supported clip follower proximal position of the surgical clip of the plurality of, the clip follower, the plurality of surgical clips in a distal direction is configured to promote the clip follower includes a first tab projecting from a first surface of the clip follower, and a second tab projecting from a second surface of the clip follower provided, said first tab of the clip follower engages with said advancer plate when the advancer plate is moved distally, as a result, the clip follower is moved distally, said plurality of advancing the surgical clips of surgery, and said second tab of the clip follower, when the advancer plate is moved proximally, engages with said clip carrier, as a result, the clip follower it remains stationary, chestnut プ従動子; Flop follower;
該ハウジング内に、該クリップキャリアに隣接して往復可能に配置された駆動チャネルであって、該駆動棒は、該駆動チャネルと選択的に係合して、該駆動チャネルの並進を行い、該駆動チャネルの遠位端は、該駆動チャネルの遠位への前進の際に該顎の表面と係合して、該顎の近接を行う、駆動チャネル;および 該ハウジング内に、該駆動チャネルに隣接して往復可能に配置された楔プレートであって、該楔プレートは、該楔プレートの遠位端が該顎内に配置された位置と、該楔プレートの遠位端が該顎から外れた位置との間で移動可能である、楔プレート、 Within the housing, a reciprocally disposed a drive channel adjacent the clip carrier, the drive rod is selectively engage with the drive channel, it performs a translation of the drive channel, wherein the distal end of drive channel engages the surface of the jaw during distal advancement of the drive channel, it performs proximity of jaw, the drive channel; to and within the housing, with the drive channel a wedge plate disposed for reciprocal adjacent to, wedge plates, a position where the distal end of the wedge plate is placed in the jaws, the distal end of the wedge plate off the jaw and it is movable between a position, wedge plate,
を備える、シャフトアセンブリ、 Comprising a shaft assembly,
を備える、装置。 Comprising a device.

(項目49) (Item 49)
上記押し棒が、該押し棒の遠位端に形成されたプッシャーを備え、該プッシャーは、装填された外科手術用クリップと1つの位置で接触するための狭いプロフィールを有する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Said push rod is provided with a pusher pusher formed at a distal end of the rod, the pusher has a narrow profile for contacting the loaded surgical staple at a single location of the above items apparatus according to any one.

(項目50) (Item 50)
上記プッシャーが、上記装填された外科手術用クリップの面に対して実質的に直交して配向された面を規定する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The pusher defines a substantially orthogonal to a surface oriented with respect to the loaded surgical clip surface, Apparatus according to any one of the above items.

(項目51) (Item 51)
上記押し棒が、該押し棒に支持された第一のばねクリップを備え、該第一のばねクリップは、該押し棒が前進位置にある場合に上記シャフトアセンブリの上記ハウジングの静止フィーチャーと取り外し可能に接続して、該押し棒を該前進位置に維持するためのものである、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 It said push rod is provided with a first spring clip supported on pusher bar, said first spring clip pusher can still features and removal of the housing of the shaft assembly when the rod is in the advanced position connected to a pusher rod is used to maintain the said advanced position, according to any one of the above items.

(項目52) (Item 52)
上記シャフトアセンブリの上記ハウジング内に往復可能に配置されたコネクタプレートをさらに備え、上記押し棒が、該押し棒に支持された第二のばねクリップをさらに備え、該第二のばねクリップは、該コネクタプレートの第一のフィーチャーに取り外し可能に接続するためのものであり、該コネクタプレートの該第一のフィーチャーは、該コネクタプレートの最初の遠位への移動後に、該第二のばねクリップから脱係合する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Further comprising a reciprocally disposed a connector plate within the housing of the shaft assembly, the pusher bar further includes a second spring clip supported on pusher bar, said second spring clip, the is for removably connected to the first feature of the connector plate, said first feature of the connector plate, after the initial distal movement of the connector plate, from the second spring clip disengaging apparatus according to any one of the above items.

(項目53) (Item 53)
上記クリップ従動子が、上記シャフトアセンブリを介して漸増的に前進させられる、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The clip follower, is incrementally advanced through the shaft assembly, apparatus according to any one of the above items.

(項目54) (Item 54)
上記クリップ従動子が、該クリップ従動子の表面から延びるキャッチを備え、該キャッチが、最後の外科手術用クリップの発射後に上記押し棒と係合し、そして該押し棒が近位方向に移動することを防止する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The clip follower includes a catch extending from a surface of the clip follower, the catch, the push rod engages after firing of a last surgical clip and pusher rod is moved in a proximal direction preventing apparatus according to any of the above items.

(項目55) (Item 55)
上記ハンドルアセンブリが、該ハンドルアセンブリ内に配置されたラチェットアセンブリをさらに備え、該ラチェットアセンブリは、上記押し棒が近位位置に戻らない場合にリセットすることを防止される、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The handle assembly further includes a ratchet assembly disposed in the handle assembly, said ratchet assembly is prevented from resetting when the pusher bar does not return to a proximal position, any of the above items apparatus of crab described.

(項目56) (Item 56)
上記ハンドルアセンブリが、上記ハウジングアセンブリ内に支持された計数器をさらに備え、該計数器は、外科手術用クリップが発射される場合に指標を提供する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The handle assembly further comprising a counter supported in the housing assembly, the regimen number device provides an indication when a surgical clip has been fired, according to any one of the above items .

(項目57) (Item 57)
上記ハンドルアセンブリが、該ハンドルアセンブリ内に支持されたインジケータをさらに備え、該インジケータは、外科手術用クリップが上記顎内に装填される場合、外科手術用クリップが発射される場合、および上記装置がリセットされる場合のうちの少なくとも1つに、可聴指標および触知可能指標のうちの少なくとも1つを提供する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The handle assembly further comprises an indicator which is supported in the handle assembly, the indicator, when a surgical clip has been loaded into the jaws, when a surgical clip has been fired, and the apparatus at least one, to provide at least one of an audible and a tactile indication, according to any of the above items of the case to be reset.

(項目58) (Item 58)
上記楔プレートが、該楔プレートに支持された第三のばねクリップをさらに備え、該第三のばねクリップは、上記コネクタプレートの第二のフィーチャーと係合するためのものであり、該コネクタプレートの該第二のフィーチャーは、該コネクタプレートが最初に遠位に移動した後に、該第三のばねクリップから脱係合する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 Said wedge plate further comprises a third spring clip supported on wedge plate, said third spring clip is provided for engaging a second feature of the connector plate, said connector plate the of the second feature, after the connector plates are initially moved distally to disengage from said third spring clip apparatus according to any of the above items.

(項目59) (Item 59)
上記シャフトアセンブリが楔プレートロックを備え、上記駆動チャネルは、遠位への前進の際に該楔プレートロックを起動させて、上記楔プレートの近位への移動を引き起こして、該楔プレートの遠位端を上記顎から引き抜き、そして該駆動チャネルが該顎を近接させることを可能にする、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The shaft assembly includes a wedge plate lock, the drive channel, activates the wedge plate lock upon distal advancement, causing proximal movement of the wedge plate, distant wedge plate the proximal end pull from the jaw, and said drive channel makes it possible to close the jaws, according to any one of the above items.

(項目60) (Item 60)
上記シャフトアセンブリが、上記長手方向軸の周りで、上記ハンドルアセンブリに対して回転可能である、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The shaft assembly, around the longitudinal axis and is rotatable relative to the handle assembly, apparatus according to any one of the above items.

(項目61) (Item 61)
上記シャフトアセンブリが、上記ハウジング内に支持されたガードを備え、該ガードは、上記第三のばねクリップが該ガードを横切って並進する際に、該第三のばねクリップが外向きに広がることを防止する、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The shaft assembly includes a guard supported within said housing, said guard, when the third spring clip translates across the guard, that said third spring clip widens outward preventing apparatus according to any one of the above items.

(項目62) (Item 62)
上記楔プレートが近位位置に付勢されている、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 The wedge plate is biased to a proximal position, according to any one of the above items.

(項目63) (Item 63)
上記駆動チャネルが近位位置に付勢されている、上記項目のうちのいずれかに記載の装置。 It said drive channel is biased to a proximal position, according to any one of the above items.

身体組織に外科手術用クリップを適用するための装置が提供され、この装置は、ハンドルアセンブリ;ハウジングを備えるシャフトアセンブリであって、このハンドルアセンブリから遠位に延び、そして長手方向軸を規定する、シャフトアセンブリ;このシャフトアセンブリ内に配置される複数の外科手術用クリップ;このシャフトアセンブリの遠位端部分に隣接して設置された顎であって、開いた間隔を空けた状態と閉じた近接した状態との間で移動可能な顎;ならびに押し棒であって、このシャフトアセンブリのハウジング内に往復可能に配置され、そしてこのシャフトアセンブリのハウジングに取り外し可能に接続可能であり、この押し棒は、遠位への移動中に、最も遠位の外科手術用クリップを顎に装填するように、そしてこれらの There is provided a device for application of surgical clips to body tissue, the apparatus includes a handle assembly; a shaft assembly including a housing extending distally from the handle assembly and defining a longitudinal axis, shaft assembly; a plurality of surgical clips disposed within the shaft assembly; a jaw mounted adjacent a distal end portion of the shaft assembly, proximate and closed state of spaced open interval jaws movable between a state; a and push rod, is reciprocally disposed within the housing of the shaft assembly, and is detachably connectable to the housing of the shaft assembly, the pusher bar, during distal movement, distal most surgical clips to be loaded into the jaws, and these の近接中に、シャフトアセンブリのハウジングに接続されたままであり、そして遠位に前進した位置にあるように構成されている、押し棒、を備える。 Of in proximity includes remains connected to the housing of the shaft assembly, and is configured to be in a position advanced distally, pusher bar, the.

(要旨) (Summary)
本開示は、新規な内視鏡外科手術用クリップアプライアに関する。 The present disclosure relates to a clip applier novel endoscopic surgical.

本開示の1つの局面によれば、身体組織に外科手術用クリップを適用するための装置が提供される。 According to one aspect of the disclosure, an apparatus for application of surgical clips to body tissue is provided. この装置は、ハンドルアセンブリ;このハンドルアセンブリから遠位に延びて長手方向軸を規定するシャフトアセンブリ;このシャフトアセンブリ内に配置された複数の外科手術用クリップ;このシャフトアセンブリの遠位端部に隣接して設置された顎であって、開いた間隔を空けた状態と、閉じて近接した状態との間で移動可能である、顎;およびこのシャフトアセンブリ内に往復可能に配置された押し棒であって、この押し棒は、顎が開いた状態にある間に、最も遠位の外科手術用クリップを顎に装填するように、そしてこれらの顎の近接中に、装填された外科手術用クリップと接触したままであるように構成されている、押し棒を備える。 The device includes a handle assembly; adjacent the distal end of the shaft assembly; a plurality of surgical clips disposed within the shaft assembly; shaft assembly defining a longitudinal axis extending distally from the handle assembly a installed jaw in a state spaced open interval, is movable between a state of being close to close, jaws; and a push rod which is reciprocally disposed within the shaft assembly there, this push rod, while in the state in which the jaw is opened, the most distal of the surgical clip to be loaded into jaws, and in proximity of the jaws, the clip for the loaded surgical and it is configured to remain in contact with, and a push rod.

この押し棒は、その遠位端に形成されたプッシャーを備え得る。 The pusher bar may include a pusher formed at a distal end thereof. このプッシャーは、装填された外科手術用クリップに1つの位置で接触するための、狭いプロフィールを有し得る。 This pusher for contacting at one location in the clip loaded surgery may have a narrow profile. このプッシャーは、装填された外科手術用クリップの面に対して実質的に直交して配置された面を規定し得る。 The pusher may define a plane that is disposed substantially orthogonal to the loaded surgical clip surface.

この装置は、このシャフトアセンブリ内に往復可能に配置されたコネクタプレートをさらに備え得る。 The apparatus may further include a reciprocally disposed a connector plate within the shaft assembly. このコネクタプレートは、この押し棒に選択的に接続され得る。 The connector plate may be selectively connected to the pusher bar. 使用において、このコネクタプレートの最初の遠位への移動中に、この押し棒は遠位に前進し得、そしてこのコネクタプレートのさらに遠位への移動中に、このコネクタプレートは、この押し棒から接続を外され得る。 In use, during an initial distal movement of the connector plate, the pusher bar is obtained advanced distally, and during transfer to further distal of the connector plate, the connector plate, the pusher bar from can remove the connection.

この押し棒は、この押し棒に支持された第一のばねクリップを備え得、この第一のばねクリップは、この押し棒が前進位置にある場合にこのシャフトアセンブリのフィーチャーと選択的に係合して、この押し棒を前進位置に選択的に維持するためのものである。 The pusher bar may include a first spring clip supported on the push rod, the first spring clip selectively engageable when the pusher bar is in the advanced position and feature of the shaft assembly to is used to selectively maintain the push rod in the forward position. この押し棒は、この押し棒に支持された第二のばねクリップをさらに備え得、この第二のばねクリップは、このコネクタプレートの第一のフィーチャーと選択的に係合するためのものである。 The push rod is obtained further comprising a second spring clip supported on the push rod, the second spring clip is for selective engagement with the first feature of the connector plate . このコネクタプレートの第一のフィーチャーは、このコネクタプレートの最初の遠位への移動後に、この第二のばねクリップから選択的に脱係合し得る。 The first feature of the connector plate, after an initial distal movement of the connector plate may selectively disengage from the second spring clip.

この装置は、このシャフトアセンブリ内に往復可能に配置された前進プレートをさらに備え得る。 The apparatus may further include a reciprocally disposed advancer plate within the shaft assembly. この前進プレートは、この押し棒の肩部により選択的に係合可能な少なくとも1つのフィンを備え得る。 The advancer plate may include at least one fin selectively engageable by a shoulder of the pusher bar. 使用において、この押し棒の肩部は、この押し棒の遠位への移動および近位への移動中に、この前進プレートの少なくとも1つのフィンと係合して、この前進プレートの遠位への移動および近位への移動のうちの一方を行い得る。 In use, the shoulder of the pusher bar, during the movement of the mobile and proximal to distal of the pusher bar engages the at least one fin of the advancer plate, the distal of the advancer plate It may perform one of the movement and proximal movement of.

この装置は、このシャフトアセンブリにスライド可能に支持されたクリップ従動子をさらに備え得、このクリップ従動子は、複数の外科手術用クリップを遠位方向に推進するためのものである。 The apparatus may further include a slidably supported clip follower to the shaft assembly, the clip follower is for urging the plurality of surgical clips in a distal direction. このクリップ従動子は、その第一の表面から突出する第一のタブ、およびその第二の表面から突出する第二のタブを備え得る。 The clip follower may include a first tab projecting from a first surface thereof and a second tab projecting from a second surface. 使用において、このクリップ従動子の第一のタブは、この前進プレートが遠位に移動する際に、この前進プレートと係合し得、その結果、このクリップ従動子が遠位に移動して、複数の外科手術用クリップを前進させ、そしてこのクリップ従動子の第二のタブは、この前進プレートが近位に移動する際に静止フィーチャーと係合し得、その結果、このクリップ従動子は、静止したままである。 In use, the first tab of the clip follower, when the advancer plate is moved distally, the advancer plate and engaging and obtained such that the clip follower is moved distally, advancing the plurality of surgical clips, and wherein the second tab of the clip follower may engage a stationary feature as the advancer plate is moved proximally such that the clip follower, it remains stationary.

この装置は、このシャフトアセンブリに配置されたクリップキャリアをさらに備え得、このクリップキャリアは、複数の外科手術用クリップおよびクリップ従動子を保持するように構成され、そしてこのクリップ従動子の第二のタブは、このクリップキャリアに形成されたフィーチャーに係合し得る。 The device may comprise further a clip carrier disposed in the shaft assembly, the clip carrier is configured to retain a plurality of surgical clips and the clip follower, and the clip follower second tab may engage features formed in the clip carrier.

このクリップ従動子は、このシャフトアセンブリを通って漸増的に前進し得る。 The clip follower may be incrementally advanced through the shaft assembly. このクリップ従動子は、その表面から延びるキャッチを備え得、このキャッチは、最後の外科手術用クリップの発射後に、この押し棒と係合し得、そしてこの押し棒が近位方向に移動することを防止し得る。 The clip follower may include a catch extending from a surface, the catch, after firing of the last surgical clip engage the pusher bar to give, and that the push rod is moved in a proximal direction It can be prevented.

この装置は、このハンドルアセンブリに配置されたラチェットアセンブリをさらに備え得る。 The apparatus may further include a ratchet assembly disposed in the handle assembly. このラチェットアセンブリは、この押し棒が近位位置に戻らない場合に、リセットすることを防止され得る。 The ratchet assembly when the pusher bar does not return to a proximal position, may be prevented from resetting.

この装置は、このハウジングアセンブリに支持された計数器をさらに備え得る。 The apparatus may further include a counter supported in the housing assembly. この計数器は、外科手術用クリップが発射される際に、指標を提供し得る。 The counter, when a surgical clip has been fired, may provide an indication.

この装置は、このハウジングに支持されたインジケータをさらに備え得る。 The apparatus may further include an indicator supported in the housing. このインジケータは、外科手術用クリップのうちの少なくとも1つが顎に装填された場合、外科手術用クリップが発射された場合、およびこの装置がリセットされた場合に、可聴指標または触知可能指標のうちの少なくとも1つを提供し得る。 This indicator, if at least one of a surgical clip is loaded into the jaws, when a surgical clip has been fired, and if this device is reset, among the audible indicator or tactile indication of which may provide at least one.

この装置は、このシャフトアセンブリ内に往復可能に配置された楔プレートをさらに備え得る。 The apparatus may further include a reciprocally disposed wedge plate within the shaft assembly. この楔プレートは、この楔プレートの遠位端が顎内に配置された位置と、この楔プレートの遠位端が顎から外れた位置との間で移動可能であり得る。 The wedge plate has a position in which the distal end of the wedge plate is placed in the jaws, the distal end of the wedge plate may be movable between a position out of the jaw. この楔プレートは、この楔プレートに支持された第三のばねクリップをさらに備え得、この第三のばねクリップは、コネクタプレートの第二のフィーチャーと選択的に係合するためのものであり、このコネクタプレートの第二のフィーチャーは、このコネクタプレートが最初に遠位に移動した後に、この第三のばねクリップから選択的に脱係合する。 The wedge plate may comprise further a third spring clip supported on the wedge plate, the third spring clip is provided for selective engagement with a second feature of the connector plate, wherein the second feature of the connector plate, after the connector plate has initially moved distally selectively disengages from the third spring clip.

この装置は、駆動棒をさらに備え得、この駆動棒は、このハンドルアセンブリにより起動可能であり、そしてこのコネクタプレートの移動を行うために、このコネクタプレートに接続される。 The apparatus may further include a drive bar is actuatable by the handle assembly and for effecting movement of the connector plate, is connected to the connector plate. この装置は、このシャフトアセンブリ内に往復可能に配置された駆動チャネルをさらに備え得、この駆動棒は、この駆動チャネルと選択的に係合して、この駆動チャネルの並進を行う。 The device may comprise further a reciprocally disposed a drive channel within the shaft assembly, wherein the drive bar selectively engages the drive channel to effect translation of the drive channel. この駆動チャネルの遠位端は、この駆動チャネルの遠位への前進の際に顎の表面と係合して、これらの顎の近接を行い得る。 The distal end of the drive channel engages the jaw surfaces upon distal advancement of the drive channel may perform the proximity of the jaws.

この駆動チャネルは、この駆動チャネルの遠位への前進の際に、楔ロック解除機構を起動させて、楔プレートの近位への移動を引き起こし得、そして楔プレートの遠位端を顎から引き抜き、そして駆動チャネルが顎を近接させることを可能にし得る。 Pulling the drive channel, upon distal advancement of the drive channel, activates the wedge lock release mechanism, it can cause proximal movement of the wedge plate and the distal end of the wedge plate from the jaws and drive channel may allow to close the jaws.

このシャフトアセンブリは、ハンドルアセンブリに対して、長手方向軸の周りで回転可能であり得る。 The shaft assembly, with respect to the handle assembly may be rotatable about the longitudinal axis. このシャフトアセンブリは、内部に支持されたガードを備え得、このガードは、第三のばねクリップがこのガードを横切って並進する際に、この第三のばねクリップが外向きに広がることを防止し得る。 The shaft assembly may include a guard supported therein, the guard, when the third spring clip translates across the guard, the third spring clip is prevented from spreading outward obtain.

楔プレートおよび/または駆動チャネルは、近位位置に付勢され得る。 The wedge plate and / or drive channel may be biased to a proximal position.

本開示の別の局面によれば、身体組織に外科手術用クリップを適用するための装置が提供される。 According to another aspect of the present disclosure, an apparatus for application of surgical clips to body tissue is provided. この装置は、ハンドルアセンブリ;このハンドルアセンブリから遠位に延びて長手方向軸を規定するシャフトアセンブリ;このシャフトアセンブリ内に配置された複数の外科手術用クリップ;このシャフトアセンブリの遠位端部分に隣接して設置された顎であって、開いた間隔を空けた状態と、閉じた近接した状態との間で移動可能である、顎;およびこのシャフトアセンブリ内にスライド可能に支持されたクリップ従動子であって、複数の外科手術用クリップを遠位方向に推進するための、クリップ従動子を備える。 The device includes a handle assembly; adjacent the distal end portion of the shaft assembly; a plurality of surgical clips disposed within the shaft assembly; shaft assembly defining a longitudinal axis extending distally from the handle assembly a installed jaw in a state spaced open interval, is movable between a closed approximated condition, the jaws; and slidably supported clip follower within the shaft assembly a is, for urging the plurality of surgical clips in a distal direction, it includes a clip follower. このクリップ従動子は、その第一の表面から突出する第一のタブ、およびその第二の表面から突出する第二のタブを備える。 The clip follower includes a first tab projecting from a first surface, and a second tab projecting from a second surface. このクリップ従動子の第一のタブは、前進プレートが遠位に移動する際に、この前進プレートと係合し、その結果、このクリップ従動子が遠位に移動して複数の外科手術用クリップを前進させ、そしてこのクリップ従動子の第二のタブは、この前進プレートが近位に移動する際に、静止フィーチャーと係合し、その結果、このクリップ従動子は静止したままである。 The first tab of the clip follower, when the advancer plate is moved distally, the advancer plate and engaged, as a result, plurality of surgical clips the clip follower is moved distally to advance the, and wherein the second tab of the clip follower, when moving the advancer plate is proximally, engages the stationary feature such that the clip follower remains stationary.

この装置は、このシャフトアセンブリ内に往復可能に配置された前進プレートをさらに備え得る。 The apparatus may further include a reciprocally disposed advancer plate within the shaft assembly. この前進プレートは、その長さに沿って形成された複数の窓を規定し得る。 The advancer plate may define a plurality of windows formed along a length thereof. 使用において、このクリップ従動子の第一のタブは、この前進プレートが往復する際に、これらの複数の窓のうちの1つの窓と選択的に係合し得る。 In use, the first tab of the clip follower, when the advancer plate reciprocates, can selectively engage with one of these windows of the plurality of windows.

この装置は、このシャフトアセンブリに往復可能に配置された押し棒をさらに備え得る。 The apparatus may further include a reciprocally arranged push rod to the shaft assembly. この押し棒は、顎が開いた状態にある間に、最も遠位の外科手術用クリップをこれらの顎内に装填するように、そしてこれらの顎が近接している間に、装填された外科手術用クリップと接触したままになるように、構成され得る。 The pusher bar, while in the state in which the jaw is opened, the most distal of the surgical clip to be loaded into the jaws, and while these jaws are close loaded surgical as remains in contact with the surgical clip, it may be configured.

この前進プレートは、この押し棒の肩部により選択的に係合可能な少なくとも1つのフィンを備え得る。 The advancer plate may include at least one fin selectively engageable by a shoulder of the pusher bar. この押し棒の肩部は、この押し棒の遠位への移動および近位への移動中に、この前進プレートの少なくとも1つのフィンと係合して、この前進プレートの遠位への移動および近位への移動のうちの1つを行い得る。 A shoulder of the pusher bar, during the movement of the mobile and proximal to distal of the pusher bar engages the at least one fin of the advancer plate, the movement and in the distal of the advancer plate You can do one of the movement to the proximal.

この押し棒は、その遠位端に形成されたプッシャーを備え得、このプッシャーは、装填された外科手術用クリップと1つの位置で接触するための、狭いプロフィールを有する。 The pusher bar may include a pusher formed at a distal end, the pusher has a narrow profile for contacting the loaded surgical staple at a single location. このプッシャーは、装填された外科手術用クリップの面に対して実質的に直交して配向された面を規定し得る。 The pusher may define a plane that is oriented substantially orthogonal to the loaded surgical clip surface.

この装置は、このシャフトアセンブリ内に往復可能に配置されたコネクタプレートをさらに備え得る。 The apparatus may further include a reciprocally disposed a connector plate within the shaft assembly. このコネクタプレートは、この押し棒に選択的に接続され得る。 The connector plate may be selectively connected to the pusher bar. 使用において、このコネクタプレートの最初の遠位への移動中に、この押し棒は遠位に前進し得、そしてこのコネクタプレートのさらに遠位への移動中に、このコネクタプレートは、この押し棒から接続を外され得る。 In use, during an initial distal movement of the connector plate, the pusher bar is obtained advanced distally, and during transfer to further distal of the connector plate, the connector plate, the pusher bar from can remove the connection.

この押し棒は、この押し棒に支持された第一のばねクリップを備え得、この第一のばねクリップは、この押し棒が前進位置にある場合に、このシャフトアセンブリのフィーチャーと取り外し可能に接続して、この押し棒をこの前進位置に維持するためのものである。 The pusher bar may include a first spring clip supported on the push rod, the first spring clip when the pusher bar is in the forward position, features and removably connected to the shaft assembly and it is used to maintain the push rod in the forward position. この押し棒は、この押し棒に支持された第二のばねクリップをさらに備え得、この第二のばねクリップは、このコネクタプレートの第一のフィーチャーと取り外し可能に接続されるためのものである。 The pusher bar may include further a second spring clip supported on the push rod, the second spring clip is intended to be the first feature and removably connected to the connector plate . このコネクタプレートの第一のフィーチャーは、このコネクタプレートの最初の遠位への移動後に、この第二のばねクリップから接続を外される。 The first feature of the connector plate, after an initial distal movement of the connector plate and disconnects from the second spring clip.

この装置は、このシャフトアセンブリ内に配置されたクリップキャリアをさらに備え得る。 The apparatus may further include a clip carrier disposed within the shaft assembly. このクリップキャリアは、複数の外科手術用クリップおよびクリップ従動子を維持するために構成され得る。 The clip carrier may be configured to maintain the plurality of surgical clips and the clip follower. このクリップ従動子の第二のタブは、このクリップキャリアに形成されたフィーチャーと係合し得る。 The second tab of the clip follower may engage features formed in the clip carrier. このクリップ従動子は、このシャフトアセンブリを通して漸増的に前進され得る。 The clip follower may be incrementally advanced through the shaft assembly. このクリップ従動子は、その表面から延びるキャッチを備え得る。 The clip follower may include a catch extending from a surface thereof. このキャッチは、最後の外科手術用クリップの発射後にこの押し棒と係合し得、そしてこの押し棒が近位方向に移動することを防止し得る。 The catch may engage the pusher bar following firing of a last surgical clip and the push rod can be prevented from being moved proximally.

この装置は、このハンドルアセンブリ内に配置されたラチェットアセンブリをさらに備え得る。 The apparatus may further include a ratchet assembly disposed in the handle assembly. このラチェットアセンブリは、この押し棒が近位位置に戻らない場合に、リセットすることを防止し得る。 The ratchet assembly when the pusher bar does not return to a proximal position, it is possible to prevent the reset.

この装置は、このハウジングアセンブリ内に支持された計数器をさらに備え得、この計数器は、外科手術用クリップが装填または発射される際に、指標を提供し得る。 The device may comprise further a counter supported in the housing assembly, wherein the counter, when a surgical clip has been loaded or fired, may provide an indication. この装置は、このハウジングアセンブリ内に支持されたインジケータをさらに備え得、このインジケータは、外科手術用クリップが顎内に装填された場合、外科手術用クリップが発射された場合、およびこの装置がリセットされた場合のうちの少なくとも1つにおいて、可聴指標または触知可能指標のうちの少なくとも1つを提供し得る。 The apparatus may comprise further an indicator supported in the housing assembly, the indicator, when a surgical clip has been loaded into the jaws, when a surgical clip has been fired, and the device is reset in at least one of when it is, to provide at least one of an audible indicator or tactile indicator.

この装置は、このシャフトアセンブリ内に往復可能に配置された楔プレートをさらに備え得る。 The apparatus may further include a reciprocally disposed wedge plate within the shaft assembly. この楔プレートは、その遠位端が顎内に配置されている位置と、その遠位端が顎から外れている位置との間で移動可能であり得る。 The wedge plate has a position where the distal end is positioned within the jaws, the distal end may be movable between a position that deviates from the jaw. この楔プレートは、この楔プレートに支持された第三のばねクリップをさらに備え得、この第三のばねクリップは、コネクタプレートの第二のフィーチャーと選択的に係合するためのものであり、このコネクタプレートの第二のフィーチャーは、コネクタプレートの最初の遠位への移動後に、この第三のばねクリップから選択的に脱係合し得る。 The wedge plate may comprise further a third spring clip supported on the wedge plate, the third spring clip is provided for selective engagement with a second feature of the connector plate, wherein the second feature of the connector plate, after the initial distal movement of the connector plate may selectively disengage from the third spring clip.

この装置は、駆動棒をさらに備え得、この駆動棒は、このハンドルアセンブリにより起動可能であり、そしてコネクタプレートの移動を行うために、このコネクタプレートに接続される。 The apparatus may further include a drive bar is actuatable by the handle assembly and for effecting movement of the connector plate, is connected to the connector plate. この装置は、このシャフトアセンブリ内に往復可能に配置された駆動チャネルをさらに備え得、この駆動棒は、この駆動チャネルと選択的に係合して、この駆動チャネルの並進を行い得、そしてこの駆動チャネルの遠位端は、その遠位への前進の際に、顎の表面と係合してこれらの顎の近接を行い得る。 The apparatus may further include a reciprocally disposed a drive channel within the shaft assembly, wherein the drive bar selectively engages the drive channel to effect translation of the drive channel, and this the distal end of drive channel upon advancement of the distal, may perform the proximity of the jaws engages the jaw surfaces. この駆動チャネルは、その遠位への前進の際に楔プレートロックを起動して、楔プレートの近位への移動を引き起こし得、この楔プレートの遠位端を顎から引き抜き、そして駆動チャネルが顎を近接させることを可能にし得る。 The drive channel, start wedge plate lock upon advancement of the distal, it can cause proximal movement of the wedge plate, pull the distal end of the wedge plate from the jaws, and drive channel It may allow to close the jaws.

このシャフトアセンブリは、このハンドルアセンブリに対して、長手方向軸の周りで回転可能であり得る。 The shaft assembly with respect to the handle assembly may be rotatable about the longitudinal axis. このシャフトアセンブリは、内部に支持されたカフを備え得、このカフは、第三のばねクリップがこのカフを横切って並進する際に、この第三のばねが外向きに広がることを防止し得る。 The shaft assembly may include a cuff supported therein, the cuff, when the third spring clip translates across the cuff, the third spring may be prevented from spreading outwardly .

楔プレートおよび/または駆動チャネルは、近位位置に付勢され得る。 The wedge plate and / or drive channel may be biased to a proximal position.

本開示のさらなる局面によれば、身体組織に外科手術用クリップを適用するための装置が提供され、この装置は、ハンドルアセンブリ、およびこのハンドルアセンブリから遠位に延びて長手方向軸を規定するシャフトアセンブリを備える。 According to a further aspect of the present disclosure, an apparatus for application of surgical clips to body tissue is provided, the device defines a longitudinal axis handle assembly, and from the handle assembly extending distally shaft provided with the assembly. このハンドルアセンブリは、トリガおよび駆動棒を備え、この駆動棒は、このトリガの起動の際に、このトリガにより往復並進可能である。 The handle assembly includes a trigger and a drive bar, upon actuation of the trigger, can be reciprocally translatable by the trigger. このシャフトアセンブリは、ハウジング;このハウジング内に配置された複数の外科手術用クリップ;このハウジングの遠位端部分に隣接して設置された顎であって、開いた間隔を空けた状態と、閉じた近接した状態との間で移動可能な顎;このハウジング内に往復可能に配置された押し棒であって、これらの顎が開いた状態にある間にこれらの顎に最も遠位の外科手術用クリップを装填するように、そしてこれらの顎の近接中に、装填された外科手術用クリップと接触したままになるように構成される、押し棒;このハウジング内で、この押し棒に隣接して往復可能に配置された前進プレートであって、この前進プレートは、この押し棒の型部により選択的に係合可能な少なくとも1つのフィンを備え、この押し棒の肩部は、この押し棒の The shaft assembly includes a housing; this is arranged in the housing a plurality of surgical clips; a jaw mounted adjacent a distal end portion of the housing, and a state of spaced open intervals, closed jaws movable between a proximate state; a push rod which is reciprocally disposed within the housing, the most distal of surgery the jaw while in the state in which the jaw is opened to be loaded with use clips, and in the proximity of the jaws configured to remain in contact with the clip loaded surgical, push rod; within the housing, adjacent to the pusher bar a forward plate reciprocally disposed Te, the advancer plate is selectively provided with at least one fin engageable by a mold portion of the push rod, the shoulder of the pusher bar, the pusher bar of 位への移動および近位への移動中に、この前進プレートの少なくとも1つのフィンと係合して、この前進プレートの遠位への移動および近位への移動のうちの1つを行う、前進プレート;このハウジング内で、この前進プレートに隣接して配置されたクリップキャリアであって、複数の外科手術用クリップを保持するように構成されている、クリップキャリア;このクリップキャリア内で複数の外科手術用クリップの近位の位置でスライド可能に支持されるクリップ従動子であって、このクリップ従動子は、複数の外科手術用クリップを遠位方向に推進するように構成されており、このクリップ従動子は、その第一の表面から突出する第一のタブ、およびその第二の表面から突出する第二のタブを備え、このクリップ従動子の第一のタブは During the movement of the mobile and proximal to the position, it engages with at least one fin of the advancer plate, do one of the movement in the movement and proximal to the distal of the advancer plate, within this housing, a clip carrier disposed adjacent to the forward plate and is configured to hold a plurality of surgical clips, the clip carrier; advance plate in a plurality in the clip carrier a clip follower slidably supported in the proximal position of the surgical clip, the clip follower is configured to promote the plurality of surgical clips in a distal direction, this clip follower includes a first tab projecting from a first surface, and comprises a second tab projecting from a second surface, the first tab of the clip follower この前進プレートが遠位に移動する際にこの前進プレートと係合し、その結果、このクリップ従動子が遠位に移動して、複数の外科手術用クリップを前進させ、そしてこのクリップ従動子の第二のタブは、この前進プレートが近位に移動する際に、このクリップキャリアと係合し、その結果、このクリップ従動子は静止したままである、クリップ従動子;このハウジング内で、このクリップキャリアに隣接して往復可能に配置された駆動チャネルであって、この駆動棒は、この駆動チャネルに選択的に係合して、この駆動チャネルの並進を行い、この駆動チャネルの遠位端は、この駆動チャネルの遠位への前進の際に、これらの顎の表面と係合して、これらの顎の近接を行う、駆動チャネル;ならびにこのハウジング内でこの駆動チャネルに Engages with the advancer plate during the advancer plate is moved distally such that the clip follower is moved distally to advance the plurality of surgical clips, and the clip follower the second tab, when moving in the forward plate proximal the clip carrier and engaged, such that the clip follower remains stationary, the clip follower; in this housing, this a drive channel reciprocally disposed adjacent the clip carrier, the drive bar selectively engages the drive channel, effect translation of the drive channel, the distal end of the drive channel , when the distal advancement of the drive channel engages the surface of the jaws, perform proximity of the jaws, the drive channel; a and the drive channel in the housing 隣接して往復可能に配置された楔プレートであって、この楔プレートは、その遠位端が顎内に配置された位置と、その遠位端が顎から外れた位置との間で移動可能である、楔プレートを備える。 A contiguous wedge plate reciprocally disposed, the wedge plate is movable between its distal end is disposed within the jaw position, and a position where the distal end is out of the jaws in it, provided with a wedge plate.

この押し棒は、その遠位端に形成されたプッシャーを備え得る。 The pusher bar may include a pusher formed at a distal end thereof. このプッシャーは、装填された外科手術用クリップと1つの位置で接触するための、狭いプロフィールを有し得る。 This pusher for contacting the loaded surgical staple at a single location may have a narrow profile. このプッシャーは、装填された外科手術用クリップの面に対して実質的に直交して配向された面を規定し得る。 The pusher may define a plane that is oriented substantially orthogonal to the loaded surgical clip surface. この押し棒は、この押し棒に支持された第一のばねクリップを備え得、この第一のばねクリップは、この押し棒が前進位置にある場合に、このシャフトアセンブリのハウジングのフィーチャーと選択的に係合して、この押し棒をこの前進位置に選択的に維持するためのものである。 The pusher bar may include a first spring clip supported on the push rod, the first spring clip when the pusher bar is in the forward position, the selective and features of the housing of the shaft assembly engage in is for selectively maintaining the pusher bar in the advanced position. この押し棒は、この押し棒に支持された第二のばねクリップをさらに備え得、この第二のばねクリップは、コネクタプレートの第一のフィーチャーと選択的に係合するためのものであり、このコネクタプレートの第一のフィーチャーは、このコネクタプレートの最初の遠位への移動後に、この第二のばねクリップから選択的に脱係合する。 The pusher bar may include further a second spring clip supported on the push rod, the second spring clip is provided for selective engagement with the first feature of the connector plate, the first feature of the connector plate, after an initial distal movement of the connector plate selectively disengages from the second spring clip.

このクリップ従動子は、このシャフトアセンブリを通って漸増的に前進し得る。 The clip follower may be incrementally advanced through the shaft assembly. このクリップ従動子はその表面から延びるキャッチを備え得る。 The clip follower may include a catch extending from a surface thereof. 使用において、このキャッチは、最後の外科手術用クリップの発射後にこの押し棒と係合し得、そしてこの押し棒が近位方向に移動することを防止し得る。 In use, the catch may engage the pusher bar following firing of a last surgical clip and the push rod can be prevented from being moved proximally.

このハンドルアセンブリは、内部に配置されたラチェットアセンブリをさらに備え得る。 The handle assembly may further include a ratchet assembly disposed therein. 使用において、このラチェットアセンブリは、この押し棒が近位位置に戻らない場合に、リセットすることを防止し得る。 In use, the ratchet assembly when the pusher bar does not return to a proximal position, it is possible to prevent the reset. このハンドルアセンブリは、このハウジングアセンブリ内に支持された計数器をさらに備え得、この計数器は、外科手術用クリップが発射される場合に、指標を提供し得る。 The handle assembly may further include a counter supported in the housing assembly, wherein the counter, when a surgical clip has been fired, may provide an indication. このハンドルアセンブリは、内部に支持されたインジケータをさらに備え得る。 The handle assembly may further include an indicator supported therein. このインジケータは、事象を示す可聴指標および触知可能指標のうちの少なくとも1つを提供し得る。 The indicator may provide at least one of an audible and a tactile indication indicating an event. 例えば、この事象は、外科手術用クリップが顎に装填されたこと、外科手術用クリップが発射されたこと、およびこの装置がリセットされたことのうちの少なくとも1つであり得る。 For example, this event is that the surgical clip is loaded into the jaws, the surgical clip has been fired, and the device may be at least one of the having been reset.

この楔プレートは、この楔プレートに支持された第三のばねクリップをさらに備え得、この第三のばねクリップは、コネクタプレートの第二のフィーチャーと選択的に係合するためのものである。 The wedge plate may comprise further a third spring clip supported on the wedge plate, the third spring clip is for selective engagement with a second feature of the connector plate. 使用において、このコネクタプレートの第二のフィーチャーは、このコネクタプレートの最初の遠位への移動後に、この第三のばねクリップと選択的に脱係合し得る。 In use, the second feature of the connector plate, after an initial distal movement of the connector plate may selectively disengage from the third spring clip.

このシャフトアセンブリは、楔プレートロックを備え得る。 The shaft assembly may include a wedge plate lock. 使用において、この駆動チャネルは、その遠位への前進の際にこの楔プレートロックを起動して、この楔プレートの近位への運動を引き起こし得、この楔プレートの遠位端を顎から引き抜き、そしてこの駆動チャネルがこれらの顎を近接させることを可能にする。 Withdrawal in use, the drive channel, start the wedge plate lock upon advancement of the distal, it can cause movement in the proximal wedge plate, the distal end of the wedge plate from the jaws and the drive channel makes it possible to close these jaws.

このシャフトアセンブリは、このハンドルアセンブリに対して、長手方向軸の周りで回転可能であり得る。 The shaft assembly with respect to the handle assembly may be rotatable about the longitudinal axis. このシャフトアセンブリは、このハウジング内に支持されたカフを備え得、このカフは、この第三のばねクリップがこのカフを横断して並進する場合に、この第三のばねクリップが外向きに広がることを防止する。 The shaft assembly may include a support cuff in the housing, the cuff, when the third spring clip translates across the cuff, the third spring clip widens outward to prevent that.

楔プレートおよび/または駆動チャネルは、近位位置に付勢され得る。 The wedge plate and / or drive channel may be biased to a proximal position.

本発明により、個々のクリップの発射、装填ユニットに収容されるクリップの消耗、または他の任意の外科手術事象の指標が使用者に提供され、器具の作動が改善される。 The present invention, firing of individual clips, indication of depletion or any other surgical event, a clip contained in the loading unit is provided to the user, operation of the instrument is improved. クリップの首尾よい装填を促進し、そしてクリップのあらゆる損傷または過剰な圧縮を防止し、そして発射前に顎がクリップを圧縮することを防止する目的で、外科手術用クリップアプライアの顎を開くように楔止めし、次いでクリップを顎の間に装填する、外科手術用クリップアプライアもまた提供される。 Promote successful loading of the clip and to prevent any damage or excessive compression of the clip, and the purpose of the jaw before firing is prevented from compressing the clip to open the jaws of the surgical clip applier wedging, and then loading a clip between the jaws, a surgical clip applier is also provided.

図1は、本開示の1つの実施形態による外科手術用クリップアプライアの正面斜視図である。 Figure 1 is a front perspective view of a surgical clip applier according to one embodiment of the present disclosure. 図2は、シャフトアセンブリの回転を図示する、図1のクリップアプライアの背面斜視図である。 Figure 2 illustrates the rotation of the shaft assembly is a rear perspective view of the clip applier of FIG. 図3は、図1および図2のクリップアプライアのシャフトアセンブリの遠位端の正面斜視図である。 Figure 3 is a front perspective view of a distal end of the shaft assembly of the clip applier of FIGS. 図4は、図1および図2のクリップアプライアの上平面図である。 Figure 4 is a top plan view of the clip applier of FIGS. 図5は、図1および図2のクリップアプライアの側面立面図である。 Figure 5 is a side elevational view of the clip applier of FIGS. 図6は、左側のハウジング半セクションが取り外されて図示された、図1〜図5のクリップアプライアのハンドルアセンブリの斜視図である。 Figure 6 is a left side housing half-section is shown removed and a perspective view of a handle assembly of the clip applier of FIGS. 図7は、右側のハウジング半セクションが取り外されて図示された、図1〜図5のクリップアプライアのハンドルアセンブリの斜視図である。 7, illustrated is right side housing half-section removed therefrom, it is a perspective view of a handle assembly of the clip applier of FIGS. 図8は、図1〜図5のクリップアプライアのハンドルアセンブリの、部品を分離した斜視図である。 8, the handle assembly of the clip applier of FIGS. 1-5 is a perspective view, with parts separated. 図8Aは、トリガが取り外された、図6〜図8のハンドルアセンブリの斜視図である。 8A is a trigger removed is a perspective view of the handle assembly of FIGS. 6-8. 図8Bは、図6〜図8のハンドルアセンブリのフィードバック部材の斜視図である。 Figure 8B is a perspective view of a feedback member of the handle assembly of FIGS. 6-8. 図9は、図1〜図5のクリップアプライアのシャフトアセンブリの、部品が分離された斜視図である。 9, the shaft assembly of the clip applier of FIGS. 1-5, part is a perspective view separated. 図10は、組み立てられた状態で示される、図9のシャフトアセンブリの右側正面斜視図である。 10 is shown in an assembled condition, it is a right front perspective view of the shaft assembly of FIG. 図11は、図10の示される細部領域の拡大図である。 Figure 11 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 10. 図12は、上ハウジングが取り外されて示される、図9〜図11のシャフトアセンブリの右側正面斜視図である。 Figure 12 is an upper housing removed to shown, it is a right front perspective view of the shaft assembly of FIGS. 9-11. 図13は、図12の示される細部領域の拡大図である。 Figure 13 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 図14は、図12の示される細部領域の拡大図である。 Figure 14 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 図15は、図12の示される細部領域の拡大図である。 Figure 15 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 図16は、図9〜図15のシャフトアセンブリの押し棒の近位端およびスナップクリップの、部品が分離された斜視図である。 Figure 16 is a proximal end and a snap clip of the pusher bar of the shaft assembly of FIGS. 9 15, part is a perspective view separated. 図17は、上ハウジング内に配置された押し棒の近位端およびスナップクリップを図示する、図9〜図15のシャフトアセンブリの底平面図である。 17, the proximal end of the push rod disposed in the upper housing and illustrating the snap clip is a bottom plan view of the shaft assembly of FIGS. 9 15. 図18は、上ハウジングおよび押し棒が取り外されて示される、図9〜図17のシャフトアセンブリの右側正面斜視図である。 Figure 18 is an upper housing and the pusher bar removed, shown with a right front perspective view of the shaft assembly of FIGS. 9 17. 図19は、図18の示される細部領域の拡大図である。 Figure 19 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 18. 図20は、図18の示される細部領域の拡大図である。 Figure 20 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 18. 図21は、上ハウジング、押し棒および前進プレートが取り外されて示される、図9〜図20のシャフトアセンブリの右側正面斜視図である。 Figure 21 is an upper housing, the pusher bar and an advancer plate removed, shown with a right front perspective view of the shaft assembly of FIGS. 9 20. 図22は、図21の示される細部領域の拡大図である。 Figure 22 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 21. 図23は、クリップ従動子およびロックアウトプレートの、部品が分離された斜視図である。 23, the clip follower and lock-out plate, component is a perspective view separated. 図23Aは、組み立てられた図23のクリップ従動子およびロックアウトプレートの上面斜視図である。 Figure 23A is a top perspective view of the clip of Figure 23 assembled follower and lock-out plate. 図24は、図23のクリップ従動子の底面斜視図である。 Figure 24 is a bottom perspective view of the clip follower of FIG. 23. 図25は、上ハウジング、押し棒、前進プレートおよびクリップキャリアが取り外されて示される、図9〜図23のシャフトアセンブリの遠位端の右側正面斜視図である。 Figure 25 is an upper housing, the pusher bar, the advancer plate and a clip carrier removed, shown with a right side, front perspective view of the distal end of the shaft assembly of FIGS. 9-23. 図26は、上ハウジング、押し棒、前進プレート、クリップキャリアおよび前進チャネルが取り外されて示される、図25のシャフトアセンブリの遠位端の右側正面斜視図である。 Figure 26 is an upper housing, the pusher bar, the advancer plate, the clip carrier and a drive channel removed to shown a right front perspective view of the distal end of the shaft assembly of FIG. 25. 図27は、上ハウジング、押し棒、前進プレート、クリップキャリア、駆動チャネルおよび楔プレートが取り外されて示されている、図9〜図26のシャフトアセンブリの左側正面斜視図である。 Figure 27 is an upper housing, the pusher bar, the advancer plate, the clip carrier, the drive channel and the wedge plate is being shown with removed, it is a left front perspective view of the shaft assembly of FIGS. 9 26. 図28は、図27の示される細部領域の拡大図である。 Figure 28 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 27. 図29は、図27の示される細部領域の拡大図である。 Figure 29 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 27. 図30は、図9〜図29のシャフトアセンブリの下ハウジングの左側正面斜視図である。 Figure 30 is a left front perspective view of the lower housing of the shaft assembly of FIGS. 9 29. 図31は、図30の示される細部領域の拡大図である。 Figure 31 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 30. 図31Aは、図30の示される細部領域の拡大図である。 Figure 31A is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 30. 図32は、クリップアプライアを非起動状態で図示する、図1〜図31Aのクリップアプライアの長手軸方向断面図である。 Figure 32 illustrates the clip applier in a non-activated state, a longitudinal cross-sectional view of the clip applier of FIGS 31A. 図33は、図32の示される細部領域の拡大図である。 Figure 33 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 32. 図34は、図1〜図31Aのクリップアプライアのシャフトアセンブリの遠位端の長手軸方向断面図である。 Figure 34 is a longitudinal cross-sectional view of the distal end of the shaft assembly of the clip applier of FIGS 31A. 図35は、図34の35−35を通して見た断面図である。 Figure 35 is a sectional view as taken through 35-35 of FIG. 34. 図36は、図34の示される細部領域の拡大図である。 Figure 36 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 34. 図37は、図36の37−37を通して見た断面図である。 Figure 37 is a sectional view as taken through 37-37 of FIG. 36. 図38は、図34の示される細部領域の拡大図である。 Figure 38 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 34. 図39は、図38の39−39を通して見た断面図である。 Figure 39 is a sectional view as taken through 39-39 of FIG. 38. 図40は、図34の示される細部領域の拡大図である。 Figure 40 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 34. 図41は、図40の41−41を通して見た断面図である。 Figure 41 is a sectional view as taken through 41-41 of FIG. 40. 図42は、図34の示される細部領域の拡大図である。 Figure 42 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 34. 図43は、図42の43−43を通して見た断面図である。 Figure 43 is a sectional view as taken through 43-43 of FIG. 42. 図44は、最初の起動中のクリップアプライアを図示する、図1〜図43のクリップアプライアの長手軸方向断面図である。 Figure 44 illustrates the clip applier during an initial actuation is a longitudinal sectional view of the clip applier of FIGS 43. 図45は、図44の示される細部領域の拡大図である。 Figure 45 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 44. 図46は、クリップアプライアの最初の起動中の、図34の示される細部領域36の拡大図である。 Figure 46, during the initial actuation of the clip applier, an enlarged view of the indicated area of ​​detail 36 of FIG. 34. 図47は、クリップアプライアの最初の起動中の、図34の示される細部領域40の拡大図である。 Figure 47 is, during the initial actuation of the clip applier, an enlarged view of the indicated area of ​​detail 40 of FIG. 34. 図47Aは、クリップアプライアの最初の起動中の、押し棒の移動を図示する押し棒の上平面図である。 Figure 47A is, during the initial actuation of the clip applier is a top plan view of the pusher bar, illustrating a movement of the push rod. 図47Bは、クリップアプライアの最初の起動中の、楔プレートの移動を図示するシャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 47B is during the initial actuation of the clip applier is a longitudinal sectional view of the shaft assembly illustrating a movement of the wedge plate. 図47Cは、クリップアプライアの最初の起動中の、楔プレートの移動を図示するシャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 47C is during the initial actuation of the clip applier is a longitudinal sectional view of the shaft assembly illustrating a movement of the wedge plate. 図48は、クリップアプライアの最初の起動中のシャフトアセンブリの、図40の41−41を通して見た断面の拡大図である。 Figure 48 of the shaft assembly, during the initial actuation of the clip applier, an enlarged view of a cross-section taken through 41-41 of FIG. 40. 図49は、クリップアプライアの最初の起動中のシャフトアセンブリの、図40の41−41を通して見た断面の拡大図である。 Figure 49 of the shaft assembly, during the initial actuation of the clip applier, an enlarged view of a cross-section taken through 41-41 of FIG. 40. 図50は、クリップアプライアの最初の起動中の、図34の示される細部領域42の拡大図である。 Figure 50 is the clip applier during an initial actuation is an enlarged view of the indicated area of ​​detail 42 of FIG. 34. 図51は、クリップアプライアの最初の起動中の、シャフトアセンブリの遠位端の底面左側斜視図である。 Figure 51, during the initial actuation of the clip applier is a bottom left perspective view of the distal end of the shaft assembly. 図52は、クリップアプライアの最初の起動中の楔プレートのさらなる移動、および楔プレートのスナップクリップからのコネクタプレートのステムの脱係合を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 52 is a further movement of the first wedge plate during actuation of the clip applier, and illustrates the disengagement of a stem of a connector plate from a snap clip of the wedge plate, a longitudinal cross-sectional view of the shaft assembly. 図53は、クリップアプライアの最初の起動中の楔プレートのさらなる移動、および楔プレートのスナップクリップからのコネクタプレートのステムの脱係合を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 53 is a further movement of the first wedge plate during actuation of the clip applier, and illustrates the disengagement of a stem of a connector plate from a snap clip of the wedge plate, a longitudinal cross-sectional view of the shaft assembly. 図54は、クリップアプライアの最初の起動中の楔プレートのさらなる移動、および楔プレートのスナップクリップからのコネクタプレートのステムの脱係合を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 54 is a further movement of the first wedge plate during actuation of the clip applier, and illustrates the disengagement of a stem of a connector plate from a snap clip of the wedge plate, a longitudinal cross-sectional view of the shaft assembly. 図55は、さらなる起動中のクリップアプライアを図示する、図1〜図54のクリップアプライアの長手軸方向断面図である。 Figure 55 illustrates the clip applier during a further actuation is a longitudinal sectional view of the clip applier of FIGS 54. 図56は、図55の示される細部領域の拡大図である。 Figure 56 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 55. 図56Aは、クリップアプライアのさらなる起動中の押し棒の移動を図示する、上ハウジングが取り外されたシャフトアセンブリの右側斜視図である。 Figure 56A illustrates a movement of the pusher bar during the further actuation of the clip applier is a right perspective view of the shaft assembly, with the upper housing removed. 図56Bは、クリップアプライアのさらなる起動中の前進プレートの移動を図示する、前進プレートの底平面図である。 Figure 56B illustrates the movement of the advance plate during the further actuation of the clip applier is a bottom plan view of the advancer plate. 図56Cは、クリップアプライアのさらなる起動中の前進プレートの移動を図示する、前進プレートの底平面図である。 Figure 56C illustrates the movement of the advance plate during the further actuation of the clip applier is a bottom plan view of the advancer plate. 図57は、クリップアプライアのさらなる起動中の、図34の示される細部領域36の拡大図である。 Figure 57 is, during the further actuation of the clip applier, an enlarged view of the indicated area of ​​detail 36 of FIG. 34. 図58は、クリップアプライアのさらなる起動中の、図34の示される細部領域40の拡大図である。 Figure 58, during the further actuation of the clip applier, an enlarged view of the indicated area of ​​detail 40 of FIG. 34. 図59は、クリップアプライアのさらなる起動中の押し棒の移動、および上ハウジングのボスへの、この押し棒に支持されたクリップの接続を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 59 is a movement of the pusher bar during the further actuation of the clip applier, and the upper housing to the boss, illustrating the connection of the clip which is supported on the push rod, a longitudinal cross-sectional view of the shaft assembly. 図60は、クリップアプライアのさらなる起動中の押し棒の移動、および上ハウジングのボスへの、この押し棒に支持されたクリップの接続を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 60 is a movement of the pusher bar during the further actuation of the clip applier, and the upper housing to the boss, illustrating the connection of the clip which is supported on the push rod, a longitudinal cross-sectional view of the shaft assembly. 図61は、クリップアプライアのさらなる起動中の、図34の示される細部領域40の拡大図である。 Figure 61, during the further actuation of the clip applier, an enlarged view of the indicated area of ​​detail 40 of FIG. 34. 図62は、クリップアプライアのさらなる起動中の、図34の示される細部領域42の拡大図である。 Figure 62, during the further actuation of the clip applier, an enlarged view of the indicated area of ​​detail 42 of FIG. 34. 図63は、クリップアプライアのさらなる起動中の駆動棒の移動を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 63 illustrates the movement of the drive bar during a further actuation of the clip applier is a longitudinal sectional view of the shaft assembly. 図64は、クリップアプライアのさらなる起動中のシャフトアセンブリの、図40の41−41を通して見た断面の拡大図である。 Figure 64 of the shaft assembly, during the further actuation of the clip applier, an enlarged view of a cross-section taken through 41-41 of FIG. 40. 図65は、クリップアプライアのさらなる起動中のシャフトアセンブリの、図40の41−41を通して見た断面の拡大図である。 Figure 65 of the shaft assembly, during the further actuation of the clip applier, an enlarged view of a cross-section taken through 41-41 of FIG. 40. 図66は、クリップアプライアのさらなる起動中の、シャフトアセンブリの遠位端の上面左側斜視図である。 Figure 66, during the further actuation of the clip applier is a top left perspective view of the distal end of the shaft assembly. 図67は、クリップアプライアのさらなる起動中のコネクタプレートの移動を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 67 illustrates the movement of the connector plate during the further actuation of the clip applier is a longitudinal sectional view of the shaft assembly. 図67Aは、本開示の代替の実施形態によるクリップアプライアのさらなる起動中のコネクタプレートの移動を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 67A illustrates a movement of the connector plate during the further actuation of the clip applier, according to an alternate embodiment of the present disclosure is a longitudinal sectional view of the shaft assembly. 図68は、クリップアプライアのさらなる起動中のコネクタプレートの移動を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 68 illustrates the movement of the connector plate during the further actuation of the clip applier is a longitudinal sectional view of the shaft assembly. 図68Aは、本開示の代替の実施形態によるクリップアプライアのさらなる起動中のコネクタプレートの移動を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 68A illustrates a movement of the connector plate during the further actuation of the clip applier, according to an alternate embodiment of the present disclosure is a longitudinal sectional view of the shaft assembly. 図69は、クリップアプライアのさらなる起動中のコネクタプレートの移動を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 69 illustrates the movement of the connector plate during the further actuation of the clip applier is a longitudinal sectional view of the shaft assembly. 図69Aは、本開示の代替の実施形態によるクリップアプライアのさらなる起動中のコネクタプレートの移動を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 69A illustrates a movement of the connector plate during the further actuation of the clip applier, according to an alternate embodiment of the present disclosure is a longitudinal sectional view of the shaft assembly. 図70は、最後の起動中のクリップアプライアを図示する、図1〜図69のクリップアプライアの長手軸方向断面図である。 Figure 70 illustrates the clip applier of the last running is a longitudinal sectional view of the clip applier of FIGS 69. 図71は、図70の示される細部領域の拡大図である。 Figure 71 is an enlarged view of the indicated area of ​​detail of FIG. 70. 図72は、クリップアプライアの最後の起動中の、図34の示される細部領域42の拡大図である。 Figure 72, the clip applier during the final actuation is an enlarged view of the indicated area of ​​detail 42 of FIG. 34. 図73は、クリップアプライアの最後の起動中の顎の起動を図示する、シャフトアセンブリの遠位端の正面斜視図である。 Figure 73 illustrates the actuation of the jaws during the final actuation of the clip applier is a front perspective view of the distal end of the shaft assembly. 図74は、クリップアプライアの最後の起動中の顎の起動を図示する、シャフトアセンブリの遠位端の正面斜視図である。 Figure 74 illustrates the actuation of the jaws during the final actuation of the clip applier is a front perspective view of the distal end of the shaft assembly. 図75は、脈管に適用された外科手術用クリップを図示する斜視図である。 Figure 75 is a perspective view illustrating a clip applied surgery the vessel. 図76は、クリップアプライアのトリガの解放中の、図70の示される細部領域71の拡大図である。 Figure 76, during the release of the trigger of the clip applier, an enlarged view of the indicated area of ​​detail 71 of FIG. 70. 図76Aは、完全に起動した後のトリガの解放中の、ハンドルアセンブリの側面立面図である。 Figure 76A is a trigger during the release of the after starting completely, is a side elevational view of the handle assembly. 図77は、トリガの解放中のコネクタプレートの移動を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 77 illustrates the movement of the connector plate during the release of the trigger, which is a longitudinal cross-sectional view of the shaft assembly. 図78は、トリガの解放中の押し棒の移動、および上ハウジングのボスからこの押し棒に支持されたクリップの接続が外れることを図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 78 is a movement of the pusher bar during the release of the trigger, and the connection from the boss of the upper housing of the clip which is supported on the pusher bar illustrates that deviates a longitudinal cross-sectional view of the shaft assembly. 図79は、トリガの解放中の押し棒の移動を図示する、上ハウジングが取り外されたシャフトアセンブリの右側斜視図である。 Figure 79 illustrates the movement of the pusher bar during the release of the trigger, it is a right perspective view of the shaft assembly, with the upper housing removed. 図80は、トリガの解放中の、図34の示される細部領域40の拡大図である。 Figure 80 during the release of the trigger is an enlarged view of the indicated area of ​​detail 40 of FIG. 34. 図81は、トリガの解放中の、押し棒のスナップクリップへのコネクタプレートのステムの再接続を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 81, during the release of the trigger, illustrating a reconnection of a stem of the connector plate to a snap clip of the pusher bar is a longitudinal sectional view of the shaft assembly. 図82は、トリガの解放中の楔プレートの移動、および楔プレートのスナップクリップへのコネクタプレートのステムの再係合を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 82 is a movement of the wedge plate during the release of the trigger, and illustrates the re-engagement of the stem of the connector plate to a snap clip of the wedge plate, a longitudinal cross-sectional view of the shaft assembly. 図83は、トリガの解放中の楔プレートの移動、および楔プレートのスナップクリップへのコネクタプレートのステムの再係合を図示する、シャフトアセンブリの長手軸方向断面図である。 Figure 83 is a movement of the wedge plate during the release of the trigger, and illustrates the re-engagement of the stem of the connector plate to a snap clip of the wedge plate, a longitudinal cross-sectional view of the shaft assembly. 図84は、クリップアプライアがロックされた状態にある場合の、シャフトアセンブリの遠位端の正面斜視図である。 Figure 84, in the case in which a clip applier is locked is a front perspective view of the distal end of the shaft assembly. 図85は、クリップアプライアがロックされた状態にある場合の、図34の示される細部領域42の拡大図である。 Figure 85, in the case in which a clip applier is locked, an enlarged view of the indicated area of ​​detail 42 of FIG. 34. 図86は、クリップアプライアがロックされた状態にある場合の、図70の示される細部領域71の拡大図である。 Figure 86, in the case in which a clip applier is locked, an enlarged view of the indicated area of ​​detail 71 of FIG. 70.

本発明のクリップアプライアは、以下の図面と組み合わせて考慮される場合に、以下の詳細な説明からよりよく理解されると、より完全に評価される。 Clip applier of the present invention, when considered in conjunction with the following drawings, when it is better understood from the following detailed description, are evaluated more fully.

(実施形態の詳細な説明) (Detailed description of the embodiments)
本開示による外科手術用クリップアプライアの実施形態が、ここで図面を参照しながら詳細に記載される。 Embodiment of a surgical clip applier according to the present disclosure will be described in detail with reference to the drawings herein. 図面において、同じ参照番号は類似かまたは同一の要素を表す。 In the drawings, like reference numbers represent similar or identical elements. 図面に示され、そして以下の説明の全体にわたって記載される場合、伝統的であるように、外科手術用器具での相対位置に言及する場合、用語「近位」とは、その装置の使用者に近い方の端部をいい、そして用語「遠位」とは、その装置の使用者から離れた端部をいう。 As shown in the drawings and described throughout the following description, as is traditional when referring to relative positioning on a surgical instrument, the term "proximal", the user of the device refer to the end of the closer to, and the term "distal" refers to the end remote from the user of the device.

ここで図1〜図5を参照すると、本開示の実施形態による外科手術用クリップアプライアが、一般に100として示されている。 Referring to FIGS. 5, surgical clip applier according to an embodiment of the present disclosure is shown generally as 100. クリップアプライア100は、ハンドルアセンブリ102、およびハンドルアセンブリ102から遠位に延びるシャフトアセンブリ104を備える内視鏡部分を備える。 Clip applier 100 includes an endoscopic portion including a shaft assembly 104 extending distally from the handle assembly 102 and the handle assembly 102,.

シャフトアセンブリ104は、約10mmの外径を有する。 Shaft assembly 104 has an outer diameter of about 10 mm. シャフトアセンブリ104は、意図される用途(例えば、肥満学的外科手術)に依存して、より長いかまたはより短い種々の長さを有し得る。 Shaft assembly 104, the intended application (e.g., bariatric surgery) depending on, may have various elongated or shortened lengths.

図1〜図5に見られるように、外科手術用クリップアプライア100は、1対の顎106を備え、これらの顎は、シャフトアセンブリ104の遠位端に設置され、そしてハンドルアセンブリ102のトリガ108により起動可能である。 As seen in FIGS. 1-5, surgical clip applier 100 includes a jaw 106 of the pair, the jaws are placed at the distal end of the shaft assembly 104, and trigger 108 of the handle assembly 102 it is possible to start by. 顎106は、適切な生体適合性材料(例えば、ステンレス鋼またはチタン)から形成され、そして内部に外科手術用クリップ「C」を受容するためのチャネル106aを、顎の間に規定する。 Jaws 106, suitable biocompatible material (e.g., stainless steel or titanium) is formed from, and the channel 106a for receiving a surgical clip "C" therein, is defined between the jaws. 顎106が互いに対して開いた状態または近接していない状態にある場合に、顎106の幅は、シャフトアセンブリ104の外径より大きい。 When the jaws 106 are in the state in which no state or close to open to each other, the width of the jaws 106 is larger than the outer diameter of the shaft assembly 104.

顎106は、シャフトアセンブリ104に対して長手軸方向に静止するように、シャフトアセンブリ104の遠位端に設置される。 Jaws 106, such that they are longitudinally stationary relative to the shaft assembly 104 are mounted in the distal end of shaft assembly 104. ノブ110が、ハンドルアセンブリ102の遠位端に回転可能に設置され得、そしてシャフトアセンブリ104に固定され得、シャフトアセンブリ104および顎106を長手方向軸の周りでの360°の回転を伝達および/または提供する(図2を参照のこと)。 Knob 110, obtained rotatably arranged at the distal end of the handle assembly 102, and is fixed to the shaft assembly 104 to obtain, it transmits the rotation of 360 ° of about the longitudinal axis of the shaft assembly 104 and jaws 106 and / or provided (see FIG. 2).

ここで図1〜図8を参照すると、外科手術用クリップアプライア100のハンドルアセンブリ102が示されている。 Referring to FIGS. 1-8, handle assembly 102 of surgical clip applier 100 is shown. ハンドルアセンブリ102は、ハウジング103を備え、このハウジングは、第一または右側の半セクション103a、および第二または左側の半セクション103bを有する。 The handle assembly 102 includes a housing 103 having a first or right side half-section 103a, and a second or left side half-section 103b. ハンドルアセンブリ102は、右側半セクション103aと左側半セクション103bとの間に旋回可能に支持された、トリガ108を備える。 Handle assembly 102, pivotably supported between right side half-section 103a and left side half-section 103b, it includes a trigger 108. ハンドルアセンブリ102は、ハウジング103に形成された窓103cを規定し、この窓は、以下でより詳細に議論されるように、計数機構を支持および表示するためのものである。 Handle assembly 102 defines a window 103c formed in housing 103, the window is, as discussed in more detail below, is provided for supporting and displaying a counter mechanism. ハンドルアセンブリ102のハウジング103は、適切なプラスチック材料から形成され得る。 Housing 103 of handle assembly 102 may be formed of a suitable plastic material.

ハウジング103は、右側半セクション103aと左側半セクション103bとの間に、駆動アセンブリ120を支持する。 The housing 103 between right side half-section 103a and left side half-section 103b, to support the drive assembly 120. 駆動アセンブリ120は、ウィッシュボーンリンク122を備え、このウィッシュボーンリンクは、トリガ108に旋回可能に接続された第一の端部、およびクランクプレート124に旋回可能に接続された第二の端部を有する。 Drive assembly 120 includes a wishbone link 122, the wishbone link, a first end pivotally connected to trigger 108, and a second end pivotally connected to crank plate 124 a. 図6〜図9に見られるように、駆動アセンブリ120は、クランクプレート124に回転可能に接続された駆動コネクタ134、駆動コネクタ134に相互接続されたプランジャー135、および駆動コネクタ134に支持されたばね136を備える。 As seen in FIGS. 6-9, the drive assembly 120, a spring supported on the crank plate 124 rotatably coupled to have been driven connector 134, a plunger 135 interconnected to drive connector 134 and drive connector 134, equipped with a 136. プランジャー135は、内部に駆動棒140の近位端を受容するように構成および適合された、長手軸方向スロット135aを規定する。 The plunger 135 is constructed and adapted to receive the proximal end of the drive rod 140 therein defining a longitudinal slot 135a.

駆動棒140は、一体ピン135bを介してプランジャー135に接続される(図9を参照のこと)。 Drive bar 140 is connected to the plunger 135 via an integral pin 135b (see FIG. 9). キャップ144が提供され、このキャップを通ってプランジャー135が延びる。 Cap 144 is provided, plunger 135 extends through the cap. シール(図示せず)が提供されて、プランジャー135と外側管150との間に気密シールを作製する。 Seals (not shown) is provided to create an airtight seal between the plunger 135 and the outer tube 150.

図6〜図8に見られるように、ハンドルアセンブリ102は、ラック124aをさらに備える。 As seen in FIGS. 6-8, handle assembly 102 further includes a rack 124a. ラック124aは、ラック124aがクランクプレート124と一緒に移動可能であるように、クランクプレート124の内部/表面に形成される。 Rack 124a is rack 124a is such that it can be moved together with the crank plate 124, is formed inside / surface of the crank plate 124. ラック124aは、複数の歯を備え、これらの歯は、クランクプレート124に規定された遠位凹部124bと近位凹部124cとの間に介在する。 Rack 124a includes a plurality of teeth, these teeth are interposed between the distal recess 124b and a proximal recess 124c defined in crank plate 124. 凹部124bおよび124cは、クランクプレート124が近位への移動と遠位への移動との間を変更する場合に、つめ224が反転してラック124aの歯を越えて戻ることを可能にするために提供される。 Recess 124b and 124c, when changing between the movement of the mobile and distal to the proximal crank plate 124, to allow the back beyond the teeth of the rack 124a pawl 224 is inverted It is provided to.

ハンドルアセンブリ102は、つめ224がクランクプレート124のラック124aと実質的に作動可能な係合を行う位置で、つめピン226によってハウジング130に旋回可能に接続されたつめ224をさらに備える。 Handle assembly 102, at a position where the pawl 224 performs the rack 124a substantially operable engagement of the crank plate 124, further comprising a pawl 224 pivotally connected to the housing 130 by Tsumepin 226. つめ224は、つめ歯224aを備え、このつめ歯は、クランクプレート124のラック124aの歯と選択的に係合可能である。 Pawl 224 includes a pawl tooth 224a, the pawl tooth is selectively engageable with the teeth of rack 124a of crank plate 124. つめ歯224aは、ラック歯と係合して、ラック124a、および次にクランクプレート124の、ハンドルアセンブリ102内での長手軸方向の移動を制限する。 Pawl tooth 224a is rack teeth engage a rack 124a, and a crank plate 124 to the next, to limit the movement of the longitudinal axis of the handle assembly 102.. つめばね228は、つめ224をクランクプレート124のラック124aと作動可能に係合させるように付勢するために、提供される。 A pawl spring 228 to bias to engage the pawl 224 operably rack 124a of crank plate 124 is provided.

図6〜図8に見られるように、クランクプレート124は、ピン123を介してウィッシュボーンリンク122に旋回可能に接続される。 As seen in FIGS. 6-8, crank plate 124 via a pin 123 is pivotally connected to wishbone link 122. クランクプレート124は、つめ224と選択的に係合するための、一連のラチェット歯124aを規定する。 Crank plate 124 for selective engagement with pawl 224 defines a series of ratchet teeth 124a.

図8、図8Aおよび図8Bに見られるように、ハンドルアセンブリは、可聴/触覚フィードバック部材126をさらに備え、この可聴/触覚フィードバック部材は、トリガ108が起動される際に、トリガ108と一緒に共通の軸の周りで回転するように、トリガ108と作動可能に関連する。 8, as seen in FIGS. 8A and 8B, handle assembly further includes an audible / tactile feedback member 126, the audible / tactile feedback member, when the trigger 108 is activated, with the trigger 108 for rotation about a common axis, operatively associated with trigger 108. フィードバック部材126は、複数のラチェットまたは段126bを規定するレース(race)126aを規定する。 Feedback member 126 defines a race (Race) 126a defining a plurality of ratchets or steps 126b. 屈曲可能なアーム127が提供され、この屈曲可能なアームは、フィードバック部材126のレース126aに作動可能に接続または配置されて段126bに接触する第一の端部、およびハウジング103に接続される第二の端部を備える。 Bendable arm 127 is provided, the bendable arm is first connected operatively connected or disposed in race 126a of feedback member 126 and first end in contact with the stage 126b, and the housing 103 comprising a second end. 作動において、トリガ108が起動されると、アーム127は、フィードバック部材126内に形成されたレース126aを通り、そして/またはレース126aに沿って進む。 In operation, when the trigger 108 is activated, the arm 127 passes through race 126a formed in feedback member 126, and proceeds along / or race 126a. 以下でより詳細に議論されるように、アーム127がフィードバック部材126の段126bを越えて移動する際に、アーム127は段126bにスナップし、そして可聴音/クリック音および/または触知可能な振動を生じる。 As discussed in more detail below, when the arm 127 moves over steps 126b of feedback member 126, arm 127 snaps over steps 126b, and an audible sound / click and / or a tactile resulting in vibration.

可聴/触覚フィードバック部材126は、クリップが外科手術用クリップアプライア100の顎内に完全に装填した後、装填されたクリップが外科手術用クリップアプライア100の顎により形成された後、および外科手術用クリップアプライア100がホーム位置にリセットされて別のクリップを発射/形成する準備ができた後に、可聴/触知可能指標を生じるために充分な段126bを備える。 Audible / tactile feedback member 126, after the clip has been fully loaded into the jaws of surgical clip applier 100, after the loaded clip has been formed by the jaws of surgical clip applier 100, and surgical clips after the applier 100 is ready to fire / form another clip is reset to the home position, comprises a sufficient steps 126b to produce an audible / tactile indicator.

図6、図7、図8、および図8Aに見られるように、外科手術用クリップアプライア100のハンドルアセンブリ102は、計数機構132をさらに備え、この計数機構は、ハウジング103内に支持されており、そしてハウジング103に規定された窓103cを介して見える。 6, 7, as seen in FIG. 8, and FIG. 8A, handle assembly 102 of surgical clip applier 100 further includes a counter mechanism 132, the counting mechanism is supported in the housing 103 and viewed through a defined window 103c on the housing 103. 計数機構132は、ディスプレイ132a、プロセッサ132b、およびバッテリなどの形態のエネルギー源(図示せず)を備える。 Counting mechanism 132 includes a display 132a, processor 132b, and an energy source form such as a battery (not shown).

ディスプレイ132aは、事象の指標を提供する、当該分野において公知の任意のデバイスであり得る。 Display 132a to provide an indication of an event may be any device known in the art. この事象は、クリップアプライア100の手順または作動に関連し得る。 The event may be related to the procedure or actuation of the clip applier 100. ディスプレイ132aは、液晶ディスプレイ(LCD)である。 Display 132a is a liquid crystal display (LCD).

ディスプレイ132aは、クリップアプライア100の1つ以上の作動パラメータを外科医に表示する。 Display 132a displays one or more operating parameters of clip applier 100 to the surgeon. ディスプレイ132aにより表示される作動パラメータとしては、残っているクリップの量または数、使用されたクリップの数、位置パラメータ、外科手術使用時間、あるいは他の任意の手順のパラメータが挙げられる。 The operating parameter displayed by display 132a, the remaining amount or number of clips, a number of clips that have been used, a position parameter, a surgical time of usage, or any other parameter of the procedure and the like.

マイラーまたは他のポリマー絶縁材料が、バッテリまたはエネルギー源とプロセッサ132bの接点との間に配置され、この材料は、このバッテリまたはエネルギー源が、保管中に消耗することを防止する。 Mylar or other polymeric insulating material is disposed between the contacts of the battery or energy source and a processor 132b, the material, the battery or energy source, to prevent the drained during storage. タブが、このタブの容易な除去を可能にする目的で、外科手術用クリップアプライア100のハウジング103から延びる。 Tab, in order to allow for easy removal of the tab extends from the housing 103 of surgical clip applier 100. 一旦、このタブが除去されると、バッテリまたは他のエネルギー源がプロセッサ132bの接点と電気的に接触し、次に、ディスプレイ132aにエネルギーを供給する。 Once the tab is removed, battery or other energy source in electrical contact with the contact of processor 132b, in turn energizes display 132a.

図6、図7、図8および図8Aに見られるように、外科手術用クリップアプライア100のハンドルアセンブリ102は、計数器起動機構をさらに備え、この計数器起動機構は、第一のアーム130aを有する計数器起動レバー130を備え、この第一のアームは、計数器機構132のプロセッサ132bと作動可能に選択的に係合するように構成および適合される。 6, 7, as seen in FIGS. 8 and 8A, handle assembly 102 of surgical clip applier 100 further includes a counter actuation mechanism, the counter actuation mechanism, the first arm 130a includes a counter actuation lever 130 having this first arm is configured and adapted to operatively selectively engageable with the processor 132b of counter mechanism 132. 計数器起動レバー130は、第二のアーム130bをさらに備え、この第二のアームは、ハウジング103内にスライド可能に支持されたアクチュエータプレート128に形成されたスロット128aと作動可能にスライド可能に係合するように構成および適合される。 Counter actuation lever 130 further includes a second arm 130b, the second arm is slidably supported is formed on the actuator plate 128 has slots 128a operably slidably engaged inside the housing 103 It is configured and adapted to focus.

作動において、以下により詳細に記載されるように、トリガ108が握られると、トリガ108は、ウィッシュボーンリンク122を遠位に前進させ、クランクプレート124を遠位に前進させる。 In operation, as will be described in more detail below, when the trigger 108 is squeezed, trigger 108 advances the wishbone link 122 distally to advance the crank plate 124 distally. クランクプレート124のアーム124dが所定の距離だけ前進すると、アーム124dは、アクチュエータプレート128のフィンガー128bと係合または接触する。 When the arm 124d of crank plate 124 is advanced a predetermined distance, arm 124d is engages or contacts finger 128b of actuator plate 128. クランクプレート124がさらに遠位に前進すると、クランクプレート124は、アクチュエータプレート128に遠位方向に力を加えるかまたは引き、これによって、計数器駆動レバー130を起動させて、計数器機構132を起動させる。 When crank plate 124 is further advanced distally, crank plate 124 forces or pulls distally actuator plate 128, and thereby activates the counter drive lever 130, activate counter mechanism 132 make.

具体的には、アクチュエータプレート128が充分な距離だけ遠位に移動すると、計数器起動レバー130の第二のアーム130bがそのスロット128a内でカム作用し、そして計数器起動レバー130を回転させ、その結果、計数器起動レバー130の第一のアーム130aが計数器機構132と係合し、これによって、そのディスプレイに変化を起こす。 More specifically, when actuator plate 128 is moved distally a sufficient distance, second arm 130b of counter actuation lever 130 is cammed within the slot 128a, and rotates counter actuation lever 130, as a result, the first arm 130a of counter actuation lever 130 is engaged with the counter mechanism 132, thereby, cause a change in its display. アクチュエータプレート128が充分な距離だけ近位に移動すると、計数器起動レバー130の第二のアーム130bがホーム位置に戻り、その結果、計数器起動レバー130の第一のアーム130aが、計数器機構132から脱係合する。 When actuator plate 128 is moved proximally a sufficient distance, second arm 130b of counter actuation lever 130 is returned to a home position resulting in first arm 130a of counter actuation lever 130 is counter mechanism to disengage from 132.

図9〜図31Aを参照すると、外科手術用クリップアプライア100のシャフトアセンブリ104が示され、そして本明細書中以下に記載される。 Referring to FIGS. 9 31A, shaft assembly 104 of surgical clip applier 100 is shown and herein described below. シャフトアセンブリ104およびその構成要素は、適切な生体適合性材料(例えば、ステンレス鋼、チタン、プラスチックなど)から形成され得る。 Shaft assembly 104 and its components can be formed from a suitable biocompatible material (e.g., stainless steel, titanium, plastic, etc.). シャフトアセンブリ104は、外側管150を備え、この外側管は、ハウジング103内に支持された近位端150a、遠位端150b、およびこの外側管を通って延びる管腔150cを有する。 Shaft assembly 104 includes an outer tube 150 has a proximal end 150a supported within housing 103, distal end 150b, and a lumen 150c extending therethrough outer tube. 外側管150は、その外側表面から突出するフランジによって、ハウジング103内に固定される。 Outer tube 150 by a flange projecting from its outer surface, is secured in the housing 103. シャフトアセンブリ104は、上ハウジング152aおよび下ハウジング152bをさらに備え、各々が、外側管150の管腔150c内に配置される。 Shaft assembly 104 further includes an upper housing 152a and lower housing 152 b, each of which is disposed within the lumen 150c of outer tube 150. 後方上ハウジング154は、外側管150の内部でありかつ上ハウジング152aの近位に配置される。 Rear upper housing 154 is disposed proximal of and and upper housing 152a inside the outer tube 150.

図9、図12および図13に見られるように、シャフトアセンブリ104は、上ハウジング152aと後方上ハウジング154との内部にスライド可能に支持された押し棒156をさらに備える。 9, as seen in FIGS. 12 and 13, shaft assembly 104 further includes a pusher bar 156 slidably supported within the upper housing 152a and the rear on the housing 154. 押し棒156は、狭いプロフィールのプッシャー156cを規定する遠位端156aを備え、このプッシャーは、クリップのスタック「C」のうちの最も遠位にあるクリップ「C1」と選択的に係合/移動(すなわち、遠位に前進)するように、そして最も遠位のクリップ「C1」の最初の形成中にこの最も遠位のクリップ「C1」と接触したままになるように、構成および適合されている。 Pusher bar 156 includes a distal end 156a defining a pusher 156c narrow profile, this pusher is selectively engage / move the clip "C1" in the most distal of the clip stack "C" (i.e., distally advance) a to and most distal to the first during the formation of a clip "C1" to remain in contact with the distal-most clip "C1" is configured and adapted there. 押し棒156は、近位端156bをさらに備える。 The push rod 156 further includes a proximal end 156b. 押し棒156は、キャッチ156eを有する遠位窓156d、遠位窓156dの近位に位置してその各側縁部に形成された1対の凹部156f、側部凹部156fの近位に位置する細長スロット156g、およびスロット156gの近位に位置する最も近位の窓156hを規定する。 Pusher bar 156 defines a distal window 156d having a catch 156e, located proximal of distal window 156d and formed in each side edge thereof has been a pair of recesses 156f, located proximal of side recesses 156f elongate slots 156 g, and defines the most proximal window 156h located proximal of slot 156 g.

図9および図14に見られるように、押し棒156は、その上表面に沿って、押し棒156の側部凹部156fの遠位の位置で、第一のスナップクリップ157aを支持する。 As seen in FIGS. 9 and 14, pusher bar 156 along its upper surface, at a location distal of side recesses 156f of pusher bar 156 supports a first snap clip 157a. 第一のスナップクリップ157aは、その枝が押し棒156の上表面からある量で突出するか、または間隔を空けるような様式で、構成される。 First snap clip 157a, either projecting in amounts over the surface of the branch push rod 156, or in a manner spaced apart configured.

図9および図15に見られるように、押し棒156は、その下表面に沿って、押し棒156の最も近位の窓156hの近位の位置で、第二のスナップクリップ157bを支持する。 As seen in FIGS. 9 and 15, pusher bar 156 along its lower surface, proximal to the proximal-most position of the window 156h of pusher bar 156 supports a second snap clip 157b. 第二のスナップクリップ157bは、その枝が、押し棒156の最も近位の窓156hの上に重なるために充分な量で突出するような様式で、配向される。 Second snap clip 157b, the branch, in such a manner as to protrude in an amount sufficient to overlie proximal-most window 156h of pusher bar 156 is oriented. 第二のスナップクリップ157bの枝は、押し棒156の最も近位の窓156hの幅より小さい量だけ、互いから間隔を空けている。 Tines of second snap clip 157b, only less than the width of proximal-most window 156h of pusher bar 156, are spaced apart from one another.

図9および図16〜図20に見られるように、シャフトアセンブリ104は、押し棒156の下に往復可能に支持された前進プレート162をさらに備える。 As seen in FIGS. 9 and 16 to 20, shaft assembly 104 further includes an advancer plate 162 reciprocally supported beneath pusher bar 156. 図16および図17に見られるように、第四のスナップクリップ157dが、前進プレート162の近位端に支持される。 As seen in FIGS. 16 and 17, a fourth snap clip 157d is supported at a proximal end of advancer plate 162. スナップクリップ157dは、1対の枝を備え、これらの枝は、上ハウジング152aに形成された近位保持溝152mおよび遠位保持溝152n内に取り外し可能に接続される。 Snap clip 157d includes a branch pair, these branches are removably connected to the proximal retaining grooves 152m and distal retaining grooves 152n formed in upper housing 152a. この様式で、スナップクリップ157dは、近位保持溝152mおよび遠位保持溝152nと取り外し可能に係合して、前進プレート162を近位位置または遠位位置に維持する。 In this manner, snap clip 157d is proximal retaining grooves 152m and distal retaining grooves 152n and removably engaged to maintain advancer plate 162 in a proximal or distal position. 前進プレート162の遠位への前進の際に、スナップクリップ157dの枝は、内向きにカム作用し、そして前進プレート162がより遠位に移動し続けることを可能にする。 Upon distal advancement of advancer plate 162, the tines of snap clip 157d cam inward and advancer plate 162 to allow to continue to move more distally.

図18〜図20に見られるように、前進プレート162は、内部に形成されてその長さに沿って延びる、一連の窓162aを備える。 As seen in FIGS. 18 to 20, advancer plate 162 extends along its length formed therein, it comprises a series of windows 162a. 図19に見られるように、各窓162aは、前進プレート162の表面の下に延びる近位縁部を規定し、これによって、リップまたはレッジ162cを規定する。 As seen in Figure 19, each window 162a defines a proximal edge that extends below a surface of advancer plate 162, thereby to define a lip or ledge 162c. 前進プレート162は、その側縁部から上ハウジング152aに向かう方向に延びる1対の側部フィン162bをさらに備える。 Advancer plate 162 further includes a pair of side fin 162b extending in a direction toward upper housing 152a from the side edge. 図15に見られるように、1対の側部フィン162bは、押し棒156の側部凹部156f内にスライド可能に配置される。 As seen in Figure 15, a pair of side fins 162b are slidably disposed within side recesses 156f of pusher bar 156.

図9および図21〜図22に見られるように、シャフトアセンブリ104は、上ハウジング152aの内部でありかつ前進プレート162の下に配置された、クリップキャリア164をさらに備える。 As seen in FIGS. 9 and FIGS. 21 22, shaft assembly 104 is disposed below the inside and is and advancer plate 162 of the upper housing 152a, further comprising a clip carrier 164. クリップキャリア164は、ほぼ箱様の構造であり、そして上壁、1対の側壁および下壁を有し、このクリップキャリアを通るチャネルを規定する。 Clip carrier 164 is a structure of substantially box-like, and has a top wall, a pair of side walls and a lower wall, defines a channel through the clip carrier. クリップキャリア164は、その下壁に形成されてその長さに沿って長手軸方向に延びる、間隔を空けた複数の窓164aを備える(図9を参照のこと)。 Clip carrier 164 extending longitudinally along a length thereof is formed on the bottom wall includes a plurality of spaced apart windows 164a (see FIG. 9). クリップキャリア164は、その上壁に形成され、そしてその長さに沿って長手軸方向に延びる、細長窓を備える。 Clip carrier 164 is formed in the upper wall and extending longitudinally along its length, comprising an elongated window.

図9および図21に見られるように、外科手術用クリップのスタック「C」は、クリップキャリア164のチャネル内に、このチャネル内かつ/またはこのチャネルに沿ってスライドするような様式で、装填および/または保持される。 As seen in FIGS. 9 and 21, the stack "C" of the surgical clip, within the channel of clip carrier 164, in such a manner as to slide along the channel and / or the channel, the loading and / or is retained. クリップキャリア164のチャネルは、複数の外科手術用クリップ「C」を、内部で進行方向に並んだ様式でスライド可能に保持するような構成および寸法にされる。 The channel of clip carrier 164 are a plurality of surgical clips "C", configured and dimensioned to slidably retain a manner aligned in the traveling direction internally.

図19に見られるように、クリップキャリア164の遠位端は、間隔を空けた1対の弾性中子164bを備える。 As seen in Figure 19, the distal end of clip carrier 164 includes a resilient tangs 164b of a pair of spaced apart. 中子164bは、クリップキャリア164内に保持された外科手術用クリップのスタック「C」のうちの、最も遠位の外科手術用クリップ「C1」のバックスパンと取り外し可能に係合するように構成および適合される。 Core 164b is out of the stack of surgical clips "C" retained within clip carrier 164, such that backspan removably engage the distal-most surgical clip "C1" configuration and it is adapted.

図9および図21〜図24に見られるように、クリップアプライア100のシャフトアセンブリ104は、クリップキャリア164のチャネル内にスライド可能に配置されたクリップ従動子166をさらに備える。 As seen in FIGS. 9 and FIGS. 21 to 24, shaft assembly 104 of clip applier 100 further includes a clip follower 166 slidably disposed within the channel of clip carrier 164. 以下により詳細に記載されるように、クリップ従動子166は、外科手術用クリップのスタック「C」の後ろに位置し、そしてクリップアプライア100の起動中に、クリップのスタック「C」を前方に推進するために提供される。 As described in more detail below, clip follower 166 is positioned behind the stack of surgical clips "C", and propulsion during actuation of the clip applier 100, the stack of clips "C" forward It is provided for. 以下により詳細に記載されるように、クリップ従動子166は、前進プレート162の前方および後方への往復運動によって起動される。 As described in more detail below, clip follower 166 is actuated by the reciprocating forward and backward motion of advancer plate 162.

図23、図23Aおよび図24に見られるように、クリップ従動子166は、本体部分166a、本体部分166aから実質的に上向きかつ後方に延びる遠位タブ166b、および本体部分166aから実質的に下向きかつ後方に延びる近位タブ166cを備える。 Figure 23, as seen in FIGS. 23A and 24, clip follower 166 includes body portion 166a, substantially downwardly from the body portion 166a substantially upwardly and distal tab 166b extending rearward, and from body portion 166a and a proximal tab 166c extending rearward.

クリップ従動子166の遠位タブ166bは、前進プレート162の窓162aのレッジ162cに選択的に係合するような構成および寸法にされる。 Distal tab 166b of clip follower 166 is configured and dimensioned to selectively engage ledges 162c of windows 162a of advancer plate 162. 使用において、クリップ従動子166の遠位タブ166bの、前進プレート162の窓162aのレッジ162cへの係合は、前進プレート162が遠位方向に前進または移動する際に、前進プレート162にクリップ従動子166を遠位に漸増的に前進させるかまたは動かす。 In use, the distal tab 166b of clip follower 166, the engagement of the ledges 162c of windows 162a of advancer plate 162, when the advancer plate 162 is advanced or moved in a distal direction, the clip follower in the forward plate 162 whether to incrementally advance the child 166 in a distal or move.

近位タブ166cは、クリップキャリア164に形成された窓164aと選択的に係合するような構成および寸法にされる。 Proximal tab 166c is configured and dimensioned to selectively engage windows 164a formed in clip carrier 164. 使用において、クリップ従動子166の近位タブ166cの、クリップキャリア164に形成された窓164a内への係合は、クリップ従動子166が近位方向に動くことまたは移動することを防止する。 In use, the proximal tab 166c of clip follower 166, the engagement of the clip carrier 164 in a window 164a formed prevents the clip follower 166 from traveling or moving in a proximal direction.

クリップ従動子166は、ロックアウトプレート165を備え、このロックアウトプレートは、このクリップ従動子に支持されるか、あるいはこのクリップ従動子と一体的に形成される。 Clip follower 166 includes a lock-out plate 165, the lock-out plate, the clip follower supported thereon or alternatively, integrally formed with the clip follower. ロックアウトプレート165は、そこから延びる窓165dを規定する弾性テイル165aを備え、この弾性テイルは、クリップ従動子166の本体部分166aから上向きかつ後方に向く。 Lock-out plate 165 includes a resilient tail 165a, defining a window 165d extending therefrom, the resilient tail in a direction upwardly and rearwardly from body portion 166a of clip follower 166.

図9、図25および図38に見られるように、シャフトアセンブリ104は、駆動チャネル168をさらに備え、この駆動チャネルは、チャネルアセンブリ104内に、クリップキャリア164の下の位置で往復可能に支持される。 9, as seen in FIGS. 25 and 38, shaft assembly 104 further includes a drive channel 168, the channel assembly 104 is reciprocally supported in a position below the clip carrier 164 that. 駆動チャネル168は、実質的にU字型のチャネルであり、そのバックスパン168cから、クリップキャリア164から離れる方向に、下ハウジング152bに向かう方向に延びる間隔を空けた1対の側壁168bを備える。 Drive channel 168 is substantially U-shaped channel, from the backspan 168 c, in a direction away from clip carrier 164 includes a pair of spaced apart side walls 168b extending in a direction towards the lower housing 152b. 駆動チャネル168は、タブ168dをさらに備え、このタブは、バックスパン168cから、スロット168aの近位の位置で突出し、そして側壁168bの方向に延びる。 Drive channel 168 further includes a tab 168d, the tab extends projecting from backspan 168c, at a location proximal of slot 168a, and in the direction of side walls 168b. 図41に見られるように、駆動チャネル168は、側壁168bのうちの1つに形成されたスロットまたは窓168eを規定し、このスロットまたは窓は、楔プレート解除機構194の歯194cを選択的に受容するためのものである。 As seen in Figure 41, drive channel 168 defines a slot or window 168e formed in one of the side walls 168b, the slot or window, selectively teeth 194c of wedge plate release 194 it is for receiving.

図9および図25に見られるように、クリップアプライア100のシャフトアセンブリ104は、駆動チャネル168に固定された駆動チャネルストラップ167を備える。 As seen in FIGS. 9 and 25, shaft assembly 104 of clip applier 100 includes a drive channel strap 167 secured to drive channel 168. ストラップ167は、駆動チャネル168の側壁168bを横切って延びるように、この側壁に固定される。 Strap 167, so as to extend across the side wall 168b of drive channel 168 is fixed to the side wall. ストラップ167は、細長スロット168aの遠位の位置で、駆動チャネル168に固定される。 Strap 167 at a location distal of elongate slot 168a, is secured to drive channel 168. ストラップ167は、楔プレート172が駆動チャネル168のバックスパン168cと顎106との間に延びるように、駆動チャネル168に固定される。 Strap 167 such that wedge plate 172 extends between backspan 168c and jaw 106 of drive channel 168 is secured to drive channel 168.

図9、図26および図27に見られるように、クリップアプライア100は、1対の顎106を備え、これらの顎は、シャフトアセンブリ104の遠位端に設置され、そしてトリガ108により起動可能である。 9, as seen in FIGS. 26 and 27, clip applier 100 includes a jaw 106 of the pair, the jaws are placed at the distal end of the shaft assembly 104, and the trigger 108 can be activated is there. 顎106は、適切な生体適合性材料(例えば、ステンレス鋼またはチタン)から形成される。 Jaw 106 is formed of a suitable biocompatible material (e.g., stainless steel or titanium).

顎106は、下ハウジング152bに形成されたボスを介して、駆動チャネル168の遠位端に隣接して設置される。 Jaws 106, via bosses formed in lower housing 152b, are positioned adjacent the distal end of drive channel 168. これらのボスは、顎106に形成された受容スロットに係合し、その結果、顎106は、駆動チャネル168に対して静止して保持される。 These bosses are engaged with the receiving slots formed in jaws 106, such that the jaw 106 is held stationary relative to drive channel 168. 図25に見られるように、顎106は、外科手術用クリップ「C」を内部に受容するためのチャネル106aを、間に規定する。 As seen in Figure 25, jaws 106, a channel 106a for receiving a surgical clip "C" therein, is defined between.

図9、図25および図26に見られるように、クリップアプライア100のシャフトアセンブリ104は、楔プレート172をさらに備え、この楔プレートは、駆動チャネル168と顎106との間に介在する遠位端、およびシャフトアセンブリ104を通って延びる近位端を有する。 9, as seen in FIGS. 25 and 26, shaft assembly 104 of clip applier 100 further includes a wedge plate 172, the wedge plate, a distal end interposed between drive channel 168 and jaws 106 , and having a proximal end extending through the shaft assembly 104. 楔プレート172は、顎106の間に選択的に作動可能に介在するために、実質的にテーパ状の遠位端172aを備える。 Wedge plate 172 in order to intervening selectively operably between jaws 106 comprises a substantially tapered distal end 172a. 図26に見られるように、楔プレート172は、その下表面から突出するフィンまたはタブ172bを規定する。 As seen in FIG. 26, wedge plate 172 defines a fin or tab 172b projecting from its lower surface. 図22に見られるように、楔プレート172は、そこに形成された最も近位のスロット172cを規定し、このスロットは、内部にコネクタプレート174の第二のステム174cをスライド可能に受容するためのものである。 As seen in FIG. 22, wedge plate 172 defines a proximal-most slot 172c formed therein, the slot, slidably to receive the second stem 174c of connector plate 174 therein belongs to.

図22に見られるように、第三のスナップクリップ157cは、楔プレート172の近位端で支持される。 As seen in Figure 22, a third snap clip 157c is supported at a proximal end of wedge plate 172. 第三のスナップクリップ157cは、その枝が楔プレート172に形成された最も近位の窓172cの上に重なるために充分な量で突出するような様式で、配向される。 Third snap clip 157c has its branches in such a manner as to protrude in an amount sufficient to overlie the window 172c of the most proximal formed wedge plate 172 is oriented. 第三のスナップクリップ175cの枝は、楔プレート172の最も近位の窓172cの幅より小さい量だけ、互いから間隔を明けている。 Tines of third snap clip 175c, only less than the width of proximal-most window 172c of wedge plate 172 is spaced apart from one another.

図9、図18、図20および図36に見られるように、クリップアプライア100のシャフトアセンブリ104は、コネクタプレート174をさらに備え、このコネクタプレートは、押し棒156と楔プレート172との間にスライド可能に介在し、そして押し棒156と楔プレート172との各々に取り外し可能に接続可能である。 9, FIG. 18, as seen in FIGS. 20 and 36, shaft assembly 104 of clip applier 100 further includes a connector plate 174, the connector plate, the slide between the push rod 156 and wedge plate 172 capable interposed, and is detachably connectable to each of the pusher bar 156 and wedge plate 172. コネクタプレート174は、テーパ状の遠位端174a、その上表面から延びる第一のステム174b、およびその底表面から延びる第二のステム174cを備える。 Connector plate 174 includes a tapered distal end 174a, a first stem 174b extending from an upper surface thereof, and a second stem 174c extending from a bottom surface thereof. 各ステム174b、174cは、実質的に涙滴の形状のプロフィールを有し、各ステム174b、174cの遠位端は、その近位端より大きい。 Each stem 174b, 174c has a substantially tear-drop shaped profile distal end of each stem 174b, 174c is larger than the proximal end.

作動において、コネクタプレート174の第一のステム174bは、押し棒156に固定された第二のスナップクリップ157bと取り外し可能に接続するための構成および寸法にされており、そしてコネクタプレート174の第二のステム174cは、楔プレート172に固定された第三のスナップクリップ157cと取り外し可能に接続されるための構成および寸法にされる。 In operation, first stem 174b of connector plate 174 is configured and dimensioned for connection with second snap clip 157b and removably secured to the push rod 156, and the connector plate 174 second stem 174c of is configured and dimensioned for connection with third snap clip 157c and removably secured to the wedge plate 172.

図22、図36および図37に見られるように、コネクタプレート174の第二のステム174cは、駆動棒140に規定された窓140b内に延びる。 Figure 22, as seen in FIGS. 36 and 37, second stem 174c of connector plate 174 extends into a window 140b defined in drive bar 140. この様式で、駆動棒140もまた往復する際に、コネクタプレート174がそれと共に往復する。 In this manner, drive bar 140 is also reciprocated, connector plate 174 is reciprocated therewith.

図31Aに見られるように、ガード198が、下ハウジング152b内に、第三のスナップクリップ157cの最初の遠位への前進中に第三のスナップクリップ157cの枝間の相対距離が維持されるような位置で支持される。 As seen in Figure 31A, a guard 198, in the lower housing 152 b, the relative distance between the tines of third snap clip 157c is maintained during advancement to the first distal third snap clip 157c It is supported at a position as. この様式で、コネクタプレート174の第二のステム174bは、第三のスナップクリップ157cがガード198を越えるまで、第三のスナップクリップ157cから尚早に脱係合し得ない。 In this manner, second stem 174b of connector plate 174 until third snap clip 157c has surpassed guard 198. not prematurely disengage from third snap clip 157c.

図9、図27、図29および図41に見られるように、クリップアプライア100のシャフトアセンブリ104は、下ハウジング152bのチャネル内にスライド可能に支持されたスライダジョイント180をさらに備える。 9, FIG. 27, as seen in FIGS. 29 and 41, shaft assembly 104 of clip applier 100 further includes a slider joint 180 slidably supported in the channel of lower housing 152b. スライダジョイント180は、本体部分182、およびこの本体部分から延びるロッド184を備える。 The slider joint 180 includes a rod 184 extending from the body portion 182, and the body portion. 下ハウジング152bのチャネル内で適切に配置されると、スライドジョイント180のロッド184は、実質的に遠位方向に延びる。 Once properly positioned within the channel of lower housing 152b, rod 184 of slider joint 180 extends in a substantially distal direction. スライダジョイント180のロッド184は、下ハウジング152bに形成され、そして下ハウジング152bのチャネルから延びるスタブ(stub)152dをスライド可能に通過する(図29を参照のこと)。 Rod 184 of slider joint 180 is formed in lower housing 152b, and a slidably passing through the stub (stub) 152d extending from the channel of lower housing 152 b (see FIG. 29). シャフトアセンブリ104は、圧縮ばねの形態の付勢部材186をさらに備え、この付勢部材は、ロッド184に支持され、そして下ハウジング152bのスタブ152dと、スライダジョイント180の本体部分182との間に介在する。 Shaft assembly 104 further includes a biasing member 186 in the form of a compression spring, the biasing member is supported on the rod 184, and a stub 152d of lower housing 152 b, between the body portion 182 of slider joint 180 intervening.

スライダジョイント180の本体部分182は、その近位端の近くに形成されたボス182aを備え、このボスは、駆動棒140の細長スロット140aとスライド可能に係合するために構成および適合される(図29を参照のこと)。 The body portion 182 of slider joint 180, with its proximal end of the boss 182a formed near, the boss is configured and adapted to slidable engagement in elongate slot 140a of drive bar 140 ( see Figure 29). スライドジョイント180の本体部分182は、その遠位端の近くに形成されたポケット182bをさらに備え、このポケットは、内部に駆動チャネル168のタブ168dを受容するために構成および適合される(図38および図39を参照のこと)。 The body portion 182 of slider joint 180, further comprising a pocket 182b formed near a distal end thereof, the pocket is configured and adapted for receiving tab 168d of drive channel 168 therein (FIG. 38 and see Figure 39).

図9、図27および図28に見られるように、クリップアプライア100のシャフトアセンブリ104は、下ハウジング152bのチャネルおよび駆動チャネル168内にスライド可能に支持された楔プレートロック190をさらに備える。 9, as seen in FIGS. 27 and 28, shaft assembly 104 of clip applier 100 further includes a wedge plate lock 190 slidably supported in the channel and drive channel 168 of the lower housing 152b. 楔プレートロック190は、本体部分190a、本体部分190aから遠位に延びる棒190b、本体部分190aから近位に延びるテイル190c、本体部分190aの上表面に形成されたポケット190d、およびテイル190cから延びるステムまたは歯190eを備える。 Wedge plate lock 190 extends body portion 190a, a rod 190b extending distally from body portion 190a, a tail 190c extending proximally from body portion 190a, a body portion pockets formed on the surface of 190a 190d, and a tail 190c It comprises a stem or tooth 190e. シャフトアセンブリ104は、圧縮ばねの形態の付勢部材192をさらに備え、この付勢部材は、棒190bに支持され、そして下ハウジング152bと楔プレートロック190の本体部分190aとの間に介在する。 Shaft assembly 104 further includes a biasing member 192 in the form of a compression spring, the biasing member is supported on rod 190b, and interposed between the body portion 190a of the lower housing 152b and wedge plate lock 190.

クリップアプライア100のシャフトアセンブリ104は、下ハウジング152bのチャネル内に回転可能に支持された楔プレート解除機構194をさらに備える。 Shaft assembly 104 of clip applier 100 further includes a wedge plate release 194 rotatably supported in the channel of lower housing 152b. 楔プレート解除機構194は、楔プレートロック190のテイル190cから延びる歯190eと係合するために係合されたステム194a、ステム194aから外向きに楔プレートロック190のテイル190cに向かう方向へと延びるハンマー194b、および楔プレートロック190のテイル190cから離れる方向へとステム194aから延びる歯194cを備える。 Wedge plate release 194 extends engaged stem 194a for engagement with tooth 190e extending from tail 190c of wedge plate lock 190, from stem 194a in a direction toward tail 190c of wedge plate lock 190 outwardly hammer comprising 194b, and a direction away from tail 190c of wedge plate lock 190 teeth 194c extending from the stem 194a.

外科手術用クリップを標的組織(例えば、脈管)に形成またはクリンプするための外科手術用クリップアプライア100の作動を、ここで記載する。 The operation of surgical clip applier (e.g., vascular) the formation or operation of surgical clip applier 100 for crimping to be described herein. 図32〜図43を参照すると、その作動または使用の前の外科手術用クリップアプライア100が示されている。 Referring to FIGS. 32 to 43, clip applier 100 is shown prior to surgical operation or use thereof. 図32および図33に見られるように、クリップアプライア100の使用または発射の前に、トリガ108は一般に、非圧縮状態または非起動状態にある。 As seen in FIGS. 32 and 33, prior to use or firing of clip applier 100, trigger 108 is generally in an uncompressed state or a non-activated state. 従って、駆動アセンブリ120のクランクプレート124は、引き込まれた位置または最も近位の位置にあり、従って、プランジャー135および駆動棒140もまた、引き込まれた位置にある。 Accordingly, crank plate 124 of drive assembly 120 is at a position of the retracted or proximal-most position, thus, the plunger 135 and drive bar 140 are also at a retracted position. クランクプレート124が引き込まれた位置にある場合、つめ224は、クランクプレート124に規定された遠位凹部124b内に配置される。 When crank plate 124 is in the retracted position, pawl 224 is disposed at a distal recess 124b defined in crank plate 124.

駆動アセンブリ120および駆動棒140が引き込まれた位置にある場合、図35〜図37に見られるように、コネクタプレート174は、引き込まれた位置または最も近位の位置に位置する。 When drive assembly 120 and drive bar 140 are in the retracted position, as seen in FIGS. 35 to 37, connector plate 174 is located at a position of the retracted or proximal-most position. コネクタプレート174が引き込まれた位置または最も近位の位置にある状態で、押し棒156もまた、引き込まれた位置または最も近位の位置にあり、そしてコネクタプレート174の第一の涙滴型ステム174bは、押し棒156の最も近位の窓156hの近位端に配置され、そして第二のスナップクリップ157bの枝とスナップばめ係合して維持される。 A state at the position of the position or the most proximal connector plate 174 is retracted, pusher bar 156 is also at a position of the retracted or proximal-most position, and the first tear-drop stem connector plate 174 174b is disposed at the proximal end of window 156h of the most proximal of the push rod 156, and maintained the second snap clip fit engagement in the tines of snap 157b by. また、コネクタプレート174が引き込まれた位置または最も近位の位置にある状態で、楔プレート172もまた、引き込まれた位置または最も近位の位置にあり、そしてコネクタプレート174の第二の涙滴型ステム174cは、楔プレート172の最も近位の窓172cの近位端に配置され、そして第三のスナップクリップ157cの枝とスナップばめ係合して維持される。 Further, in a state in which the position of the position or the most proximal connector plate 174 is retracted, wedge plate 172 is also at a position of the retracted or proximal-most position and second tear-drop of the connector plate 174 type stem 174c is disposed at the proximal end of window 172c of the most proximal of wedge plate 172, and maintained third snap clip fit engagement in the tines of snap 157c are.

図36および図37に見られるように、駆動アセンブリ120および駆動棒140が引き込まれた位置にある場合、スライダジョイント182のタブ182aは、駆動棒140の細長スロット140aの最も遠位の位置に位置する。 As seen in FIGS. 36 and 37, when drive assembly 120 and drive bar 140 are in the retracted position, tab 182a of slider joint 182 is most position in elongate slot 140a of drive bar 140 to.

図38および図39に見られるように、駆動アセンブリ120および駆動棒140が引き込まれた位置にある場合、クリップ従動子166は、クリップキャリア164のチャネルの最も近位の端部に位置し、クリップ従動子166の遠位タブ166bは、前進プレート162の最も近位の窓162a内に作動可能に配置され、そして近位タブ166cは、クリップキャリア164の最も近位の窓164a内に作動可能に配置される。 As seen in FIGS. 38 and 39, when drive assembly 120 and drive bar 140 are in the retracted position, clip follower 166 is positioned in the most proximal portion of the channel of clip carrier 164, clip distal tab 166b of the follower 166 is operatively disposed in the proximal-most in the window 162a of advancer plate 162 and proximal tab 166c is operatively most window 164a of clip carrier 164 It is placed.

図38および図39の参照を続けて、駆動アセンブリ120および駆動棒140が引き込まれた位置にある場合、スライダジョイント180は、最も近位の位置に位置し、そして駆動チャネル168のタブ168dは、スライダジョイント180のポケット182b内に配置されるので、駆動チャネル168もまた、最も近位の位置に位置する。 With continued reference to FIGS. 38 and 39, when drive assembly 120 and drive bar 140 are in the retracted position, slider joint 180 is located at a proximal-most position, and tab 168d of drive channel 168, because they are located within pocket 182b of slider joint 180, also located at a proximal-most position drive channel 168. 図38および図39に見られるように、スライダジョイント180は、下ハウジング152bから突出する物理的ストップ152e(図30を参照のこと)に当接する。 As seen in FIGS. 38 and 39, slider joint 180 abuts against a physical stop 152e (see FIG. 30) projecting from lower housing 152b.

図40および図41に見られるように、駆動アセンブリ120および駆動棒140が引き込まれた位置にある場合、楔プレートロック190は、最も近位の位置に位置し、その結果、そのテイル190cから延びる歯190eは、下ハウジング152bに形成された傾斜レッジ152fの近位に配置される(図30および図31を参照のこと)。 As seen in FIGS. 40 and 41, when drive assembly 120 and drive bar 140 are in the retracted position, wedge plate lock 190 is located at a proximal-most position, as a result, extending from tail 190c thereof tooth 190e is (see FIGS. 30 and 31) disposed proximal of ramped ledge 152f formed in lower housing 152b. 図41に見られるように、楔プレートロック190は、下ハウジング152bから突出する物理的ストップ152gに当接する。 As seen in FIG. 41, wedge plate lock 190 abuts against a physical stop 152g projecting from lower housing 152b. 図41にまた見られるように、楔プレート解除機構194は、その歯194cが駆動チャネル168の側壁168bに形成された窓168e内に突出するように、第一の位置に配置される。 As also seen in FIG. 41, wedge plate release 194 is such that tooth 194c thereof projects into window 168e formed in side wall 168b of drive channel 168 is disposed in the first position.

図42および図43に見られるように、駆動アセンブリ120および駆動棒140が引き込まれた位置にある場合、押し棒156のプッシャー156cは、クリップキャリア164に保持された最も遠位にあるクリップ「C1」のバックスパンの近位に配置される。 As seen in FIGS. 42 and 43, when drive assembly 120 and drive bar 140 are in the retracted position, pusher 156c of pusher bar 156, the clip "C1 in most distal held on clip carrier 164 It is located proximal to the back span of ". 最も遠位のクリップ「C1」は、クリップキャリアの中子164bによって、クリップキャリア164のチャネル内に保持される。 Most clip "C1", where the tangs 164b of clip carrier is retained within the channel of clip carrier 164. また、この位置において、上記のように、楔プレート172は、最も近位の位置に位置し、その結果、その遠位端172aは、顎106の近位に位置する。 Also, in this position, as described above, wedge plate 172 is located at a proximal-most position, so that its distal end 172a is located proximal of jaws 106.

図43に見られるように、駆動チャネル168が最も近位の位置にある状態で、その遠位端は、顎106の近位カム作用表面106bから脱係合する。 As seen in Figure 43, with drive channel 168 is at the proximal-most position, a distal end thereof is disengaged from proximal camming surfaces 106b of jaws 106.

ここで図44〜図54を参照すると、トリガ108が初期位置から握られるかまたは起動される場合、最初の行程の第一段階中に、トリガ108は、ウィッシュボーンリンク122に、クランクプレート124を遠位方向に移動させ、これは次に、駆動コネクタ134およびプランジャー135を遠位に移動させ、そして駆動棒140を遠位に移動させる。 Referring now to FIGS. 44 to 54, when the trigger 108 is squeezed or actuated from the initial position, during a first stage of an initial stroke, trigger 108 causes wishbone link 122, a crank plate 124 It is moved in a distal direction, which in turn, causes drive connector 134 and plunger 135 to move distally and to move drive bar 140 distally. プランジャー135が遠位に移動するにつれて、ばね136が最初の量だけ圧縮される。 As plunger 135 is moved distally, spring 136 is compressed an initial amount.

それと同時に、クランクプレート124が遠位に移動するにつれて、つめ224がクランクプレート124の遠位凹部124aから移動または回転すると、ラック124aの歯がつめ224の歯224aと係合する。 At the same time, as crank plate 124 is moved distally, the pawl 224 is moved out or rotated of distal recess 124a of crank plate 124, the teeth of rack 124a engage tooth 224a of pawl 224. この様式で、クランクプレート124は、完全な遠位への行程を完了させずには、最も近位の位置に戻り得ない。 In this manner, crank plate 124 is in the without completing a full distal stroke not return to a proximal-most position.

図44に見られるように、トリガ108が最初の量だけ握られると、アーム127が、フィードバック部材126のレース126aを通って並進を開始する。 As seen in Figure 44, as trigger 108 is squeezed an initial amount, arm 127 begins to translate through race 126a of feedback member 126.

図46に見られるように、駆動棒140が遠位方向に移動するにつれて、駆動棒140はコネクタプレート174を遠位方向に押す。 As seen in FIG. 46, as drive bar 140 is moved in a distal direction, drive bar 140 pushes connector plate 174 in a distal direction. 押し棒156は、第二のスナップクリップ157bを介してコネクタプレート174に選択的に接続されるので、押し棒156は、遠位方向に前進するかまたは引かれる。 Since pusher bar 156 is selectively connected to connector plate 174 via second snap clip 157b, pusher bar 156 is advanced or pulled in a distal direction. また、楔プレート172は第三のスナップクリップ157cを介してコネクタプレート174に選択的に接続されるので、楔プレート172もまた、遠位方向に前進するかまたは引っ張られる。 Also, since wedge plate 172 is selectively connected to connector plate 174 via third snap clip 157c, wedge plate 172 is also advanced or dragged in a distal direction.

駆動棒140が遠位方向に移動するにつれて、その細長スロット140aもまた遠位方向に移動し、その結果、スライダジョイント182のタブ182aは、この細長スロットに対して近位方向に並進する。 As drive bar 140 is moved distally, the elongated slot 140a is also moved in a distal direction, as a result, tab 182a of slider joint 182 is translated proximally with respect to the elongated slot.

図47〜図49に見られるように、楔プレート172が遠位方向に移動するにつれて、楔プレート172のタブ172bが楔プレートロック190のポケット190d内に保持されているので、楔プレートロック190は、遠位方向に移動するかまたは引っ張られ、そのテイル190cの歯190eに、下ハウジング152bに形成された傾斜レッジ152fにカム作用させ、これによって、傾斜レッジ152fの近位の位置から、傾斜レッジ152fの遠位の位置まで移動する。 As seen in FIGS. 47-49, as wedge plate 172 is moved in a distal direction, since tab 172b of wedge plate 172 is retained in pocket 190d of wedge plate lock 190, wedge plate lock 190 is , moved or dragged in a distal direction causing tooth 190e of tail 190c, from to cam over ramped ledge 152f which formed in lower housing 152b, thereby, a position proximal of ramped ledge 152f, the inclined ledge It moved to a distal position 152f. 楔プレートロック190が遠位方向に移動するにつれて、付勢部材192が最初の量だけ圧縮される。 As wedge plate lock 190 is moved in a distal direction, biasing member 192 is compressed an initial amount. 図49に見られるように、楔プレートロック190は、楔プレートロック190が下ハウジング152bに形成された物理的ストップと当接するまで、遠位方向に移動する。 As seen in FIG. 49, wedge plate lock 190 until wedge plate lock 190 abuts against a physical stop which formed in lower housing 152b, moves in the distal direction.

図47Aに見られるように、押し棒156が遠位方向に移動するにつれて、前進プレート162のフィン162bが、押し棒156の側部凹部156fの近位端と接触または係合するまで、押し棒156の側部凹部156f内で所定の距離だけ並進する。 As seen in FIG. 47A, as pusher bar 156 is moved in a distal direction, fins 162b of advancer plate 162, until the contact or engage a proximal end of side recesses 156f of pusher bar 156, pusher bar only translate a predetermined distance within 156 of side recesses 156f.

図47Bおよび図47Cに見られるように、楔プレート172が遠位方向に移動するにつれて、コネクタプレート174の第二のステム174cと第三のスナップクリップ157cとの接続に起因して、コネクタプレート174の第二のステム174cは、ガード198によって、第三のスナップクリップ157cから尚早に接続を外されることを防止される。 As seen in FIGS. 47B and FIG. 47C, as wedge plate 172 is moved in a distal direction, due to the connection between the second stem 174c and third snap clip 157c of connector plate 174, connector plate 174 second stem 174c of, by a guard 198 is prevented from being removed premature connected from third snap clip 157c. 具体的には、ガード198は、第三のスナップクリップ157cの枝の尖端に作用して、コネクタプレート174が遠位方向に移動する際に第二のステム174cによって発生される遠位への力によりこれらの枝に作用する力に起因して、これらの枝が外向きに広がることを防止する。 Specifically, the guard 198, the force on the distal acts on the tip of the branch of third snap clip 157c, is generated by second stem 174c in the connector plate 174 is moved in a distal direction due to the forces acting on the branches of the these branches is prevented from spreading outward.

図50に見られるように、押し棒156が遠位方向に移動するにつれて、そのプッシャー156cが最も遠位のクリップ「C1」のバックスパンと係合し、そして最も遠位のクリップ「C1」を遠位方向に推進し始める。 As seen in Figure 50, as pusher bar 156 is moved in a distal direction, engages a backspan of the pusher 156c is most clip "C1", and the most clip "C1" begin to promote in the distal direction. 押し棒156が最も遠位のクリップ「C1」を遠位方向に移動させるにつれて、最も遠位のクリップ「C1」は、クリップキャリア164の中子164bの後ろからスナップを外し、そして顎106のチャネル106a内に入り始める。 As pusher bar 156 moves distal-most clip "C1" in a distal direction, distal-most clip "C1" snaps out from behind tangs 164b of clip carrier 164, and the channel of the jaws 106 It begins to enter into the 106a.

図51に見られるように、楔プレート172が遠位方向に移動するにつれて、その遠位端172aは、顎106の間に入り、顎106を外向きに広げる。 As seen in Figure 51, as wedge plate 172 is moved in a distal direction, distal end 172a thereof enters between jaws 106 causing jaws 106 to splay outwardly.

楔プレート172は、図52〜図54に見られるように、一旦、楔プレートロック190が下ハウジング152bに形成された物理的ストップに当接すると、遠位方向へのさらなる移動を防止される。 Wedge plate 172, as seen in FIGS. 52 to 54, once the wedge plate lock 190 abuts against a physical stop which formed in lower housing 152b, thereby preventing further movement in the distal direction. しかし、駆動棒140は、コネクタプレート174を遠位方向に移動させ続ける。 However, drive bar 140 continues to move connector plate 174 in a distal direction. コネクタプレート174は、遠位に力を加えられ続けるので、一旦、第三のスナップクリップ157cの枝の尖端がガード198を越えて遠位に移動すると、第二のステム174cに作用する力は、第三のスナップクリップ157cの枝を外向きに広げ、そして第二のステム174cをこれらの枝の間からスナップを外すために十分であり、これによって、コネクタプレート174が遠位方向に移動し続けることを可能にする。 Since connector plate 174 is continued to be forced distally, once the tips of the tines of third snap clip 157c move distally beyond guard 198, the forces acting on second stem 174c are spread tines of third snap clip 157c outwardly, and a second stem 174c are sufficient to disengage the snap from between the branches thereof, whereby the connector plate 174 continues to move distally make it possible.

ここで図55〜図69を参照すると、トリガ108が、最初の行程の第一段階から、最初の行程の第二段階を通してさらに握られるかまたは起動されると、トリガ108は、ウィッシュボーンリンク122に、クランクプレート124をさらに遠位方向に移動させ、これは次に、駆動コネクタ134および引き続いてプランジャー135を、さらに遠位に移動させ、そして駆動棒140をさらに遠位に移動させる。 Referring now to FIGS. 55 69, when the trigger 108, the initial first stage of stroke, is further squeezed or actuated through the first second-stage stroke, trigger 108, wishbone link 122 a, it is moved further distally crank plate 124, which in turn, causes drive connector 134 and subsequently plunger 135 to further move distally and to further move drive bar 140 distally. プランジャー135が遠位に移動するにつれて、ばね136がさらなる量だけ圧縮される。 As plunger 135 is moved distally, spring 136 is compressed a further amount.

それと同時に、クランクプレート124が遠位に移動するにつれて、そのラック124aの歯が、つめ224の歯224aに対してさらに遠位に移動する。 At the same time, as crank plate 124 is moved distally, the teeth of the rack 124a is further moved distally relative to the teeth 224a of the pawl 224. 従って、クランクプレート124は依然として、完全な遠位への行程を完了させずには、最も近位の位置に戻りえない。 Accordingly, crank plate 124 still in the without completing a full distal stroke not be returned to a proximal-most position.

図55に見られるように、クランクプレート124が遠位に移動するにつれて、所定の距離の後に、そのアーム124dがアクチュエータプレート128のフィンガー128bと係合または接触する。 As seen in Figure 55, the crank plate 124 as it moves distally, after a predetermined distance, arm 124d thereof engages or contacts finger 128b of actuator plate 128. クランクプレート124がさらに遠位に前進すると、クランクプレート124は、アクチュエータプレート128に遠位方向に力を加えるかまたは引き、これによって、計数器起動レバー130を起動させて、計数器機構132を起動させる。 When crank plate 124 is further advanced distally, crank plate 124 forces or pulls distally actuator plate 128, and thereby activates the counter actuation lever 130, activate counter mechanism 132 make.

具体的には、アクチュエータプレート128が遠位に充分な距離だけ移動すると、計数器起動レバー130の第二のアーム130bがそのスロット128a内でカム作用して回転するように推進され、その結果、計数器起動レバー130の第一のアーム130aが計数器機構132と係合し、これによって、そのディスプレイに変化を起こす。 More specifically, when actuator plate 128 is moved distally a sufficient distance, second arm 130b of counter actuation lever 130 is driven to rotate by acting cam within the slot 128a, as a result, the first arm 130a of counter actuation lever 130 is engaged with the counter mechanism 132, thereby, cause a change in its display. 具体的には、このディスプレイは、外科手術用クリップアプライア100内に残っているクリップの数を表示し、1ずつ減少する。 Specifically, the display displays the number of clips remaining in surgical clip applier 100, it will reduce by one. あるいは、クリップ計数器機構は、1ずつ増加するか、または他の何らかの変化を生じる。 Alternatively, the clip counter mechanism produces either increases by 1, or some other change.

トリガ108がさらに握られると、アーム127は、フィードバック部材126のレース126aを通って並進し続ける。 As trigger 108 is squeezed further, arm 127 continues to translate through race 126a of feedback member 126. トリガ108を握っている最中のこの時点で、外科手術用クリップが顎106内に装填される。 At this point in the midst of squeezing of the triggers 108, a surgical clip is loaded into the jaws 106. 従って、アーム127は、フィードバック部材126のレース126aに形成された段126bと相互作用し、そして可聴/触知可能指標を生じて、使用者に、クリップが顎内に装填されたことを伝える。 Thus, the arm 127 will interact with a step 126b formed in race 126a of feedback member 126 and create an audible / tactile indication to the user, the clip tell that it has been loaded into the jaws.

図57に見られるように、駆動棒140がさらに遠位方向に移動するにつれて、駆動棒140は、コネクタプレート174を遠位方向に押し続ける。 As seen in FIG. 57, as drive bar 140 is moved further in a distal direction, drive bar 140 continues to push connector plate 174 in a distal direction. 押し棒156は、第二のスナップクリップ157bを介してコネクタプレート174に選択的に接続されたままであるので、押し棒156は、遠位方向にさらに前進するかまたは引っ張られる。 Push rod 156, since the connector plate 174 via second snap clip 157b remains selectively connected, pusher bar 156 is further advanced or dragged in the distal direction. しかし、楔プレート172の第三のスナップクリップ157cがコネクタプレート174の第二のステム174cから接続を外されているので、楔プレート172は、遠位方向にさらには前進も引っ張られもしない。 However, since third snap clip 157c of wedge plate 172 is disconnected from second stem 174c of connector plate 174, wedge plate 172 is not further advanced or dragged in the distal direction.

図56A〜図56Cに見られるように、押し棒156が遠位方向に移動し続けるにつれて、前進プレート162の1対のフィン162bが押し棒156の側部凹部156fの近位端によって係合された状態で、押し棒156は、前進プレート162を遠位方向に前進させるかまたは引っ張る。 As seen in FIG 56A~ 56C, as pusher bar 156 continues to move distally, engaged by the proximal end of side recesses 156f of the pair of fins 162b are pusher bar 156 of the advancer plate 162 in state, pusher bar 156 advances or drags advancer plate 162 in a distal direction.

図56Bおよび図56Cに見られるように、前進プレート162が遠位に前進するにつれて、スナップクリップ157dが近位保持溝157mから脱係合し、そして上ハウジング152aに形成された遠位保持溝157nと係合する。 As seen in FIGS. 56B and 56C, as advancer plate 162 is advanced distally, snap clip 157d disengages proximal retaining grooves 157m, and the upper housing 152a formed in the distal retention groove 157n and engaging.

図57に見られるように、駆動棒140は、スライダジョイント182のタブ182aが駆動棒140の細長スロット140aの最も近位の位置まで相対的に並進するまで、遠位方向に移動する。 As seen in Figure 57, drive bar 140, until the tabs 182a of slider joint 182 is translated relative to the proximal-most position in elongate slot 140a of drive bar 140 is moved in a distal direction.

押し棒156が遠位方向に移動し続けるにつれて、押し棒156は、フィン162bを介して、前進プレート162を遠位方向に推進し続ける。 As pusher bar 156 continues to move in a distal direction, pusher bar 156, through the fins 162b, it continues to urge advancer plate 162 in a distal direction. 図58に見られるように、前進プレート162が遠位方向に移動するにつれて、クリップ従動子166の遠位タブ166bが、クリップ従動子166をクリップキャリア164に対して遠位方向に推進するために、クリップ従動子166の遠位タブ166bを受容する窓162aの近位縁部により係合され、これによって、クリップのスタック「C」を漸増する量だけ前進させる。 As seen in Figure 58, as advancer plate 162 is moved in a distal direction, distal tab 166b of clip follower 166, a clip follower 166 in order to promote distally relative to clip carrier 164 , engaged by the proximal edge of a window 162a receiving distal tab 166b of clip follower 166, thereby, to advance by an amount increasing the stack of clips "C". クリップ従動子166が遠位方向に移動するにつれて、その近位タブ166cは、クリップキャリア164の相対的に近位の窓164aから、クリップキャリア164の相対的に遠位の窓164aまで、窓164aの1つ分だけ遠位に移動させられる。 As clip follower 166 is moved in a distal direction, the proximal tab 166c from the window 164a of a relatively proximal clip carrier 164 until the window 164a of a relatively distal clip carrier 164, a window 164a only one portion of is moved distally.

図58〜図60に見られるように、押し棒156が遠位方向に移動するにつれて、押し棒156に支持される第一のスナップクリップ157aが、上ハウジング152aのボス152hにスナップし、これによって、押し棒156を前方位置に維持する。 As seen in FIG. 58 to FIG. 60, as pusher bar 156 is moved in a distal direction, first snap clip 157a, supported on pusher bar 156, snaps onto boss 152h of upper housing 152a, thereby , to maintain the push rod 156 in the forward position.

さらに、図61に見られるように、押し棒156が遠位方向に移動し続けるにつれて、クリップのスタック「C」が遠位方向に移動させられる。 Further, as seen in FIG. 61, as pusher bar 156 continues to move distally, stack of clips "C" is moved distally.

図62に見られるように、押し棒156が遠位方向に移動するにつれて、そのプッシャー156cは、最も遠位のクリップ「C1」が顎106のチャネル106a内に完全に入るまで、最も遠位のクリップ「C1」を遠位方向に移動させ続ける。 As seen in Figure 62, as pusher bar 156 is moved in a distal direction pusher 156c thereof, until most clip "C1" is completely enters into channels 106a of jaws 106, the most distal clip "C1" continues to move in a distal direction. 作動において、押し棒156のプッシャー156cは、装填されたクリップ「C」に安定性を提供し、そしてこのクリップの適切な位置を維持する目的で、クリップ「C」の形成中、クリップ「C」のバックスパンと接触したままである。 In operation, pusher 156c of pusher bar 156 provides stability to the clip "C" loaded and for the purpose of maintaining the proper position of the clip, during the formation of a clip "C" clip "C" it remains in contact with the back span of.

図63に見られるように、駆動棒140が遠位方向にさらに移動するにつれて、その肩部140cは、駆動チャネル168の最も近位の端部に接触する。 As seen in FIG. 63, as drive bar 140 is moved further in the distal direction, the shoulder portion 140c is in contact with the most proximal end of drive channel 168. この様式で、駆動棒140が遠位方向にさらに移動するにつれて、駆動棒140は、駆動チャネル168を遠位方向に移動または推進する。 As in this manner, drive rod 140 is moved further in a distal direction, drive bar 140 moves or promote drive channel 168 distally.

図64に見られるように、駆動チャネル168が遠位方向に移動するにつれて、駆動チャネル168の側壁168bに形成された窓168eの近位縁部が楔プレート194の歯194cに接触し、楔プレート解除機構194を回転させる。 As seen in FIG. 64, as drive channel 168 is moved in a distal direction, the proximal edge of window 168e formed in side wall 168b of drive channel 168 contacts against tooth 194c of wedge plate 194, wedge plate the release mechanism 194 is rotated. 楔プレート解除機構194が回転するにつれて、そのハンマー194bが楔プレートロック190の歯190eを押し付け、歯190eを後ろの傾斜レッジ152fから外すように推進するかまたは追い出す。 As wedge plate release 194 rotates, hammer 194b thereof, presses against tooth 190e of wedge plate lock 190 to urge or kick tooth 190e out from behind ramped ledge 152f. このようにする間に、図65に見られるように、付勢部材192が圧縮を解除され、これによって、楔プレートロック190を近位方向に移動させる。 During this so, as seen in Figure 65, the biasing member 192 is permitted to decompress thus moving wedge plate lock 190 in a proximal direction. 図66に見られるように、楔プレートロック190が近位方向に移動するにつれて、楔プレート172がこの楔プレートロック190に接続されているので、楔プレート172は、近位方向に移動して、その遠位端172aを顎106との係合から引き抜く。 As seen in Figure 66, as wedge plate lock 190 is moved in a proximal direction, the wedge plate 172 is connected to the wedge plate lock 190, wedge plate 172 is moved in a proximal direction, pulling the distal end 172a of engagement with the jaw 106.

図58および図67〜図69に見られるように、押し棒156は、ボス152hと第一のスナップクリップ157aとの接続により遠位位置に維持されているので、駆動棒140がさらに遠位方向に移動するにつれて、コネクタプレート174に作用する力は、第二のスナップクリップ157bをコネクタプレート174の第一のステム174bから脱係合させ、これによって、コネクタプレート174が遠位方向に移動し続けることを可能にする。 As seen in FIGS. 58 and 67 to Figure 69, pusher bar 156, because it is maintained in the distal position by the connection between the boss 152h and the first snap clip 157a, drive bar 140 is further distally as it moves, the force acting on connector plate 174, de-engaged with the first stem 174b of the second snap clip 157b to connector plate 174, thereby, the connector plate 174 continues to move distally make it possible.

図67A〜図69Aに見られるように、ある実施形態において、第二のスナップクリップ157bの枝の先端は、外向きに突出するように構成され得、これによって、後方上ハウジング154(図9を参照のこと)の表面と係合し、これによって、第二のスナップクリップ157bがコネクタプレート174の第一のステム174bから尚早に脱係合することを防止する。 As seen in FIG 67A~ Figure 69A, in certain embodiments, the tip of the tines of second snap clip 157b may be configured to project outwardly, thereby, the rear on the housing 154 (FIG. 9 engage the surface of the see), whereby the second snap clip 157b is prevented from disengaging prematurely from the first stem 174b of connector plate 174. この実施形態において、凹部が、後方上ハウジング154の表面に形成され得、その位置は、第二のスナップクリップ157bの枝が外向きに広がり得る位置と一致し、従って、コネクタプレート174の第一のステム174bが脱係合して遠位方向に移動し続けることを可能にする。 In this embodiment, recesses, be formed on the surface of the rear on the housing 154, its position, tines of second snap clip 157b matches the spread obtained position outwardly and thus, the first connector plate 174 allows the stem 174b continues to move distally disengaged.

図70〜図75に見られるように、トリガ108が最初の行程の最終段階を介して起動されるにつれて、トリガ108は、ウィッシュボーンリンク122に、クランクプレート124を遠位方向にさらに移動させ、これは次に、駆動コネクタ134およびプランジャー135をさらに遠位に移動させ、そして駆動棒140を遠位にさらに移動させる。 As seen in Figure 70 Figure 75, as trigger 108 is actuated through a final stage of the initial stroke, trigger 108 causes wishbone link 122 to further move crank plate 124 in a distal direction, This in turn, causes drive connector 134 and plunger 135 to further move distally and to further move drive bar 140 distally. 駆動コネクタ134が遠位に移動するにつれて、ばね136がさらなる量だけ圧縮される。 As drive connector 134 is moved distally, spring 136 is compressed a further amount.

それと同時に、クランクプレート124が遠位に移動するにつれて、そのラック124aの歯が、つめ224の歯224aに対してさらに遠位に移動して、つめ224の歯224aがクランクプレート124の近位凹部124cに入る際に、ラック124aの歯がつめ224の歯224aと脱係合し、従ってリセットされる位置にくる。 At the same time, as crank plate 124 is moved distally, the teeth of the rack 124a is further moved distally relative to the teeth 224a of the pawl 224, the proximal recess of the tooth 224a of pawl 224 crank plate 124 when entering 124c, the teeth of the rack 124a is disengaged with the teeth 224a of the pawl 224, thus comes to the position to be reset. 従って、クランクプレート124は、トリガ108の解放の際に、最も近位の位置まで戻り得る。 Thus, the crank plate 124, upon release of the trigger 108, may return to the position most proximal.

図72〜図74に見られるように、トリガ108の最初の行程の最終段階の間に、駆動チャネル168およびストラップ167は、顎106に対して遠位方向に移動し、その結果、駆動チャネル168の遠位縁部が顎106のカム作用表面106bに係合し、顎106を閉じさせ、そしてこれらの顎の間に位置するクリップ「C1」を形成する。 As seen in FIG. 72 to FIG. 74, during the final stage of the initial stroke of trigger 108, drive channel 168 and strap 167 are moved in a distal direction relative to jaws 106, as a result, drive channel 168 distal edge engages the camming surfaces 106b of jaws 106, to close the jaws 106 and to form the clip "C1" positioned between the jaws of the. 図74に見られるように、押し棒156のプッシャー156cは遠位位置に残っており、クリップ「C」の形成中、このクリップ「C」のバックスパンと接触している。 As seen in Figure 74, pusher 156c of pusher bar 156 remains at a distal position, during the formation of a clip "C", is in contact with the backspan of the clip "C".

図55に見られるように、トリガ108が最後の量だけ握られると、アーム127は、フィードバック部材126のレース126aを通って並進し続ける。 As seen in Figure 55, when the trigger 108 is squeezed a final amount, arm 127 continues to translate through race 126a of feedback member 126. トリガ108を握っている間のこの時点において、外科手術用クリップ「C1」は、顎106によって完全に形成される。 At this point in while holding the trigger 108, surgical clip "C1" has been fully formed by jaws 106. 従って、アーム127は、フィードバック部材126のレース126aに形成された別の段126bと相互作用し、そして可聴/触知可能指標を生じ、使用者に、外科手術用クリップ「C1」が顎106によって形成されたことを伝える。 Accordingly, arm 127 will interact with another step 126b formed in race 126a of feedback member 126 and create an audible / to the user, by surgical clip "C1" has jaws 106 tell that it has been formed.

図75に見られるように、外科手術用クリップ「C1」は、脈管「V」または他の任意の生物学的組織上に形成またはクリンプされ得る。 As seen in Figure 75, surgical clip "C1" may be formed or crimped onto a vessel "V" or any other biological tissue.

ここで図76〜図84を参照すると、トリガ108が握られていない位置または非作動位置まで戻される場合のクリップアプライア100の作動が示される。 Referring now to FIG. 76 to FIG. 84, actuation of the clip applier 100 as trigger 108 is returned to an un-squeezed or unactuated position, is shown. 図76に見られるように、トリガが握られていない位置まで戻るにつれて、ばねが非圧縮状態にされ、これによって、クランクプレート124を近位方向に移動させ、これは次に、プランジャーを近位に移動させ、そして駆動棒を近位に移動させる。 As seen in Figure 76, as the return to a position where the trigger is not being squeezed, the spring is in uncompressed state, thereby, moving the crank plate 124 in a proximal direction, which in turn, a plunger near It is moved to position and move the drive bar proximally. つめ224がリセットされているので、ここでクランクプレート124は、つめ224の歯224aがクランクプレート124の遠位凹部に再度入るまで、近位に移動される。 Since pawl 224 has been reset, crank plate 124 is now until tooth 224a of pawl 224 re-enters the distal recess of crank plate 124 is moved proximally.

図76Aに見られるように、クランクプレート124が近位に移動するにつれて、そのアーム124dがアクチュエータプレート128のフィンガー128bと脱係合し、アクチュエータプレート128が近位方向に移動することを可能にする。 As 76A, as crank plate 124 is moved proximally, arm 124d thereof finger 128b and disengage the actuator plate 128 enables the actuator plate 128 is moved in a proximal direction . アクチュエータプレート128が近位に移動するにつれて、計数器起動レバー130の第二のアーム130bがそのスロット128b内でカム作用し、そして回転するように推進され、その結果、計数器起動レバー130の第一のアーム130aが計数器機構132から脱係合する。 As actuator plate 128 is moved proximally, second arm 130b of counter actuation lever 130 is cammed within the slot 128b, and is promoted to rotate, as a result, the counter actuation lever 130 second one arm 130a is disengaging counter mechanism 132.

図77に見られるように、駆動棒140が近位方向に移動するにつれて、駆動棒140は、第一のステム174bを介してコネクタプレート174を引く。 As seen in FIG. 77, as drive bar 140 is moved in a proximal direction, drive bar 140 pulls on connector plate 174, via first stem 174b. コネクタプレート174が近位方向に移動するにつれて、第一のステム174bが第二のスナップクリップ157bの枝に係合し、そして第二のスナップクリップ157bを介して押し棒156を近位方向に推進する。 As connector plate 174 is moved in a proximal direction, promotion first stem 174b engages the tines of second snap clip 157b, and the rod 156 pushed through the second snap clip 157b proximally to.

図78に見られるように、押し棒156に作用する力が押し棒156を近位方向に移動させるにつれて、この力が、上ハウジング152aのボス152hと一緒になった第一のスナップクリップ157aの保持力を上回り、これによって、第一のスナップクリップ157aをボス152hから解放し、そして押し棒156が近位方向に移動することを可能にする。 As seen in Figure 78, as to move the force push rod 156 which acts on the push rod 156 in the proximal direction, this force, the first snap clip 157a with boss 152h of upper housing 152a It exceeds the holding force, thereby, a first snap clip 157a is released from the boss 152h, and push rod 156 to be moved in the proximal direction.

図79に見られるように、押し棒156が近位方向に移動し続けるにつれて、その側部凹部156fの遠位端が前進プレート162のフィン162bと係合し、そして前進プレート162を近位方向に移動させる。 As seen in Figure 79, as pusher bar 156 continues to move proximally, the distal end of side recesses 156f thereof engage fins 162b of advancer plate 162 and the advancer plate 162 proximal direction to move to. 押し棒156が近位方向に移動するにつれて、押し棒のノーズ156cが、残りのクリップのスタック「C」の最も遠位のクリップの後ろにスナップし、これによって、新たな最も遠位のクリップ「C1」になる。 As pusher bar 156 is moved in a proximal direction, the nose 156c of pusher bar, snaps behind a distal-most clip in the stack of remaining clips "C", thereby, the most distal of the new clip " It becomes C1 ".

図80に見られるように、前進プレート162が近位方向に移動するにつれて、クリップキャリア164内でのクリップ従動子166の相対位置を保持する目的で、クリップ従動子166の近位タブ166cがクリップキャリア164の窓164aの近位縁部と係合する。 As seen in Figure 80, as advancer plate 162 is moved in a proximal direction, for the purpose of holding the relative position of clip follower 166 in the clip carrier 164, proximal tab 166c of clip follower 166 is Clips It engages the proximal edge of the window 164a of the carrier 164. 前進プレート162が近位方向に移動するにつれて、その遠位タブ166bが、前進プレート162の相対的に近位の窓162aから、前進プレート162の相対的に遠位の窓162aへと、窓162aの1つ分だけ遠位に前進する。 As advancer plate 162 is moved in a proximal direction, the distal tab 166b is, from the window 162a of the relatively proximal advancer plate 162, into a relatively distal window 162a of advancer plate 162, the window 162a advanced distally only one minute of.

図81に見られるように、押し棒156がその近位への移動を止め、上ハウジング半体152aの内側表面から突出するボスと係合すると、コネクタプレート174の連続的な近位への移動は、第一のステム174bを第二のスナップクリップ157bと再度係合させる。 As seen in Figure 81, pusher bar 156 stops its proximal movement, upon engagement thereof with a boss protruding from the inner surface of upper housing half 152a, continued proximal movement of connector plate 174 will cause first stem 174b to re-engage with second snap clip 157b. 押し棒156の近位への移動が停止した状態で、コネクタプレート174の連続的な近位への移動は、第一のステム174bを第二のスナップクリップ157bと再度係合させる。 In a state in which the movement is stopped in a proximal push rod 156, continued proximal movement of connector plate 174 will cause first stem 174b to re-engage with second snap clip 157b.

図82および図83に見られるように、コネクタプレート174が近位方向に移動するにつれて、駆動棒140の近位への移動の結果として、第二のステム174cが第三のスナップクリップ157cの枝と係合し、そして第三のスナップクリップ157cを介して、楔プレート172を近位方向に推進する。 As seen in FIGS. 82 and 83, as connector plate 174 is moved in a proximal direction, as a result of the proximal movement of drive bar 140, second stem 174c are tines of third snap clip 157c engage with and via third snap clip 157c, urges wedge plate 172 in a proximal direction. 楔プレート172が近位方向に移動するにつれて、楔プレートロック190は、楔プレートロック190が下ハウジング半体152bの物理的ストップと接触し、これによって楔プレート172の近位への移動を止めるまで、近位方向に移動する。 As wedge plate 172 is moved in a proximal direction, wedge plate lock 190 until wedge plate lock 190 contacts a physical stop of the lower housing half 152 b, thereby stopping the proximal movement of wedge plate 172 , to move in a proximal direction. 一旦、第三のスナップクリップ157cの枝の先端がガード198を近位に越えて移動し、楔プレート172がその近位への移動を止めると、コネクタプレート174の連続的な近位への移動は、第二のステム174cを第三のスナップクリップ157cと再度係合させる。 Once the tip of the branches of the third snap clip 157c to move beyond the guard 198 to the proximal, and the wedge plate 172 stops its proximal movement, the movement of the continuous proximal connector plate 174 causes the second stem 174c to re-engage with third snap clip 157c.

トリガ108が非起動位置に戻されると、アーム127は、フィードバック部材126のレース126aを通って並進し、そしてフィードバック部材126のレース126aに形成された別の段126bと相互作用し、そして可聴/触知可能指標を生じ、使用者に、外科手術用クリップアプライア100がリセットされ、そして再度発射する準備ができたことを伝える。 When the trigger 108 is returned to the unactuated position, arm 127 will translate through race 126a of feedback member 126 and interact with another step 126b formed in race 126a of feedback member 126 and create an audible / tactile indication to the user, the surgical clip applier 100 is reset, and inform that it is ready to fire again.

ここで図84〜図85を参照すると、最後の外科手術用クリップ「C」の適用後の、外科手術用クリップアプライア100の構成が示されている。 Referring now to FIG. 84 to FIG. 85, after application of the last surgical clip "C", the configuration of surgical clip applier 100 is shown. 図84および図85に見られるように、最後の外科手術用クリップが前進および形成されると、押し棒156が依然として前進位置または遠位位置にある状態で、クリップ従動子166は、そのロックアウトプレート165が前進プレート162の窓162aを通して上向きに付勢されて押し棒156の遠位窓156dに入るために充分な量で、割送りプレート158によって漸増的に前進させられている。 As seen in FIGS. 84 and 85, when the last surgical clip has been advanced and formed, with pusher bar 156 is still in the forward or distal position, clip follower 166, the lockout in an amount sufficient to plate 165 enters the distal window 156d of pusher bar 156 is urged upward through a window 162a of advancer plate 162, it is then incrementally advanced by the indexing plate 158. 押し棒156の遠位窓156d内でのロックアウトプレート165の位置決めは、そのキャッチ156eがロックアウトプレート165の窓165bに入って係合することを可能にする。 Positioning of lockout plate 165 in distal window 156d of pusher bar 156 allows for the catch 156e thereof to enter and engage in window 165b of lock-out plate 165. この様式で、クリップ従動子166は、その近位タブ166cがクリップキャリア164の遠位窓164aと係合することによって遠位位置に維持されるので、ロックアウトプレート165は、押し棒156のキャッチ156eと係合し、そして押し棒156が最も近位の位置に戻ってつめ224をリセットすることを防止する。 In this manner, since clip follower 166 is maintained in the distal position by proximal tab 166c thereof engaging in distal window 164a of clip carrier 164, lock-out plate 165 is caught in the push rod 156 engaged with 156e, and push rod 156 is prevented from resetting the pawl 224 back to a proximal-most position.

押し棒156は、その最も近位の位置に移動し得ないか、または移動することを防止されるので、図86に見られるように、つめ224は、クランクプレート124のラック124aと係合したままであり、そして近位凹部124cに入ることを許容されず、従って、リセットされない。 Push rod 156, the one most not move proximally located, or because they are prevented from moving, as seen in Figure 86, the pawl 224 is engaged with the rack 124a of crank plate 124 remain, and the and is not allowed to enter the proximal recess 124c, thus, not reset. つめ224はリセットされ得ないので、クランクプレート124は、遠位または近位への移動をロックまたは停止される。 Since pawl 224 can not be reset, crank plate 124 is locked or stopped from distal or proximal movement.

上記記載は、本開示の本の例示であることが理解されるべきである。 The above description, it is to be understood that only illustrative of the present disclosure. 種々の変更および改変が、本開示から逸脱することなく当業者により考案され得る。 Various changes and modifications can be devised by those skilled in the art without departing from the disclosure. 従って、本開示は、このような全ての変更、改変および変形を包含することが意図される。 Accordingly, the present disclosure, all such modifications are intended to cover modifications and variations. 添付の図面を参照しながら記載された実施形態は、本開示の特定の例を実証するためのみに提示される。 Reference embodiments described with the attached drawing figures are presented only to demonstrate certain examples of the disclosure. 上記および/または添付の特許請求の範囲に記載されるものと実質的に異ならない他の要素、工程、方法および技術もまた、本開示の範囲内であることが意図される。 Above and / or accompanying other elements that do not differ in the are those substantially described in the appended claims, steps, methods and techniques are also contemplated within the scope of this disclosure.

100 クリップアプライア102 ハンドルアセンブリ103 ハウジング103a、103b 半セクション103c 窓104 シャフトアセンブリ106 顎106a チャネル108 トリガ110 ノブ120 駆動アセンブリ122 ウィッシュボーンリンク124 クランクプレート134 駆動コネクタ135 プランジャー136 ばね140 駆動棒 100 clip applier 102 handle assembly 103 housing 103a, 103b and a half section 103c window 104 shaft assembly 106 jaw 106a channel 108 triggers 110 the knob 120 drive assembly 122 wishbone link 124 crank plate 134 drive connector 135 plunger 136 spring 140 drive rod

Claims (1)

  1. 明細書に記載の発明。 The invention described in the specification.
JP2014092611A 2008-08-29 2014-04-28 Clip applier for endoscope surgical operation Pending JP2014208038A (en)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US9278608P true 2008-08-29 2008-08-29
US61/092,786 2008-08-29
US12/539,671 US8894665B2 (en) 2008-08-29 2009-08-12 Endoscopic surgical clip applier
US12/539,671 2009-08-12

Related Parent Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2009198977 Division 2009-08-28

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2014208038A true JP2014208038A (en) 2014-11-06

Family

ID=51902738

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2014092611A Pending JP2014208038A (en) 2008-08-29 2014-04-28 Clip applier for endoscope surgical operation

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2014208038A (en)

Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008515550A (en) * 2004-10-08 2008-05-15 タイコ ヘルスケア グループ エルピー Endoscopic surgical clip applier
JP2010051805A (en) * 2008-08-29 2010-03-11 Tyco Healthcare Group Lp Endoscopic surgical clip applier

Patent Citations (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2008515550A (en) * 2004-10-08 2008-05-15 タイコ ヘルスケア グループ エルピー Endoscopic surgical clip applier
JP2010051805A (en) * 2008-08-29 2010-03-11 Tyco Healthcare Group Lp Endoscopic surgical clip applier

Similar Documents

Publication Publication Date Title
CN100515313C (en) Endoscopic surgical instrument having a force limiting actuator
JP4263594B2 (en) Endoscopic clip applier and method of application
US5411481A (en) Surgical purse string suturing instrument and method
JP5063920B2 (en) The surgical clip attachment method
CN104739480B (en) Articulating endoscopic surgical clip applier
RU2419392C2 (en) Multi-operation mechanism with automatic withdrawal at way end
AU2008240272B2 (en) Surgical clip applier
EP2218410B1 (en) Surgical clip applier
JP4833988B2 (en) Endoscopic surgical clip applier
CN100589774C (en) Clip advancer mechanism with alignment features
JP5183882B2 (en) The surgical clip of the ratchet mechanism
CN1628617B (en) Surgical stapling instrument having multistroke firing incorporating a traction-biased ratcheting mechanism
JP5721414B2 (en) The surgical clip applier
EP2158854B1 (en) Surgical clip applier
CN101836875B (en) Endoscopic surgical clip applier
US5112343A (en) Endoscopic clip appliers
RU2420240C2 (en) Surgical instrument for staple application, which contains multipass driving starting mechanism with rotary manual deflection system with opposing spring
CN102387751B (en) Sterilizable surgical instrument
US8236012B2 (en) Surgical clip advancement mechanism
EP2752165B1 (en) Surgical clip applier
AU2010303722B2 (en) Improved clip advancer
JP5297016B2 (en) Apparatus for applying surgical clips
JP5571812B2 (en) Endoscopic surgical clip applier
ES2300954T3 (en) Surgical stapling instrument incorporating a trigger mechanism of multiple operations having a rotary slip clutch transmission.
US7731724B2 (en) Surgical clip advancement and alignment mechanism

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20150227

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20150507

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A132

Effective date: 20151028

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20160330