JP2011215984A - Apparatus and method for processing data and program - Google Patents

Apparatus and method for processing data and program Download PDF

Info

Publication number
JP2011215984A
JP2011215984A JP2010084845A JP2010084845A JP2011215984A JP 2011215984 A JP2011215984 A JP 2011215984A JP 2010084845 A JP2010084845 A JP 2010084845A JP 2010084845 A JP2010084845 A JP 2010084845A JP 2011215984 A JP2011215984 A JP 2011215984A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
version
data
record
table data
value
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2010084845A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP5436309B2 (en
Inventor
Shuichi Morikawa
修一 森川
Current Assignee (The listed assignees may be inaccurate. Google has not performed a legal analysis and makes no representation or warranty as to the accuracy of the list.)
Mitsubishi Electric Corp
Original Assignee
Mitsubishi Electric Corp
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Mitsubishi Electric Corp filed Critical Mitsubishi Electric Corp
Priority to JP2010084845A priority Critical patent/JP5436309B2/en
Publication of JP2011215984A publication Critical patent/JP2011215984A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP5436309B2 publication Critical patent/JP5436309B2/en
Active legal-status Critical Current
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To allow configuration information to be flexibly updated and to allow also past information before being updated to be used.SOLUTION: A data storage device 001 has a sensor DB 006 wherein measurement values of a plurality of sensors are stored, and a configuration information DB 011 wherein configuration information 012 to 015 showing attributes of measurement values, storage areas for each of the measurement values, etc., and a version management table 016 are stored. Each piece of the configuration information is given a base ID of a base where a sensor is disposed, and has columns of a start version name and an end version name showing a range of effective versions. The version management table 016 manages ranges from values of past versions to values of versions next to current versions per base ID and manages the start time and an end time of each version. When a piece of configuration information is changed, changed information is written while leaving information before being changed, and the start version name and the end version name are updated in accordance with change contents, and the current version and the next version in the version management table 016 are updated, and the end time of the current version and the start time of the next version are described.

Description

本発明は、データの版数を管理する技術に関する。   The present invention relates to a technique for managing the version number of data.

イベント検出時や一定周期毎にデータを生成するような機器(例えばセンサーなど)が複数存在し、それらの機器が生成したデータを収集、蓄積する処理において、機器からのデータはデータの種類や精度などに関わらず一定形式のレコードでデータベース(センサーDB)に蓄積し、データの属性(精度、種類、単位など)やセンサーDB内での格納場所、データを生成した機器に関する情報といった構成情報はセンサーDBとは別に構成情報データベース(構成情報DB)で管理する方式がある。   There are multiple devices (such as sensors) that generate data at the time of event detection or at regular intervals, and in the process of collecting and accumulating data generated by these devices, the data from the device is the data type and accuracy Regardless of, etc., it is stored in a database (sensor DB) in a fixed format record, and configuration information such as data attributes (accuracy, type, unit, etc.), storage location in the sensor DB, information on the device that generated the data is sensor There is a method of managing by a configuration information database (configuration information DB) separately from the DB.

図25はこのようなデータ蓄積方式を示すシステム構成図である。   FIG. 25 is a system configuration diagram showing such a data storage method.

図25において、データ蓄積装置101は、データ収集部032がセンサー機器031から収集し、送信したデータを蓄積する。
データ蓄積装置101において、データ受信部102は、データ収集部032からデータを受信し、データ格納部103にデータを受け渡す。
データ格納部103は、構成情報109の内容に従ってデータ受信部102から受け取ったデータをセンサーデータ106に出力する。
DB管理部104は、センサーDB105に対する入出力処理を行う。
センサーDB105は、センサー機器031で生成されたデータをセンサーデータ106として保存する。
構成情報DB管理部107は、構成情報DB108に対する入出力処理を行う。
構成情報DB108は、センサー機器031からのデータの属性やセンサーDB105での格納場所、センサー機器031に関する情報などからなる構成情報109を記録する。
センサーDB検索部110は、構成情報109の内容に従ってセンサーデータ106を検索し、検索結果データ及び関係する構成情報109を出力する。
構成情報設定APP111は、構成情報109の登録、更新を行うアプリケーション、検索APP112はセンサーデータ106と構成情報109の検索を行うアプリケーションである。
データ蓄積装置101では、DB管理部104、センサーDB105をセンサー機器031からのセンサーデータ106の管理専用にすることで入出力処理やストレージ使用の効率化が図れる。
In FIG. 25, the data storage device 101 stores the data collected and transmitted by the data collection unit 032 from the sensor device 031.
In the data storage device 101, the data reception unit 102 receives data from the data collection unit 032 and delivers the data to the data storage unit 103.
The data storage unit 103 outputs the data received from the data receiving unit 102 to the sensor data 106 according to the contents of the configuration information 109.
The DB management unit 104 performs input / output processing for the sensor DB 105.
The sensor DB 105 stores data generated by the sensor device 031 as sensor data 106.
The configuration information DB management unit 107 performs input / output processing for the configuration information DB 108.
The configuration information DB 108 records configuration information 109 including data attributes from the sensor device 031, storage locations in the sensor DB 105, information on the sensor device 031, and the like.
The sensor DB search unit 110 searches the sensor data 106 according to the contents of the configuration information 109, and outputs search result data and related configuration information 109.
The configuration information setting APP 111 is an application that registers and updates the configuration information 109, and the search APP 112 is an application that searches the sensor data 106 and the configuration information 109.
In the data storage device 101, the DB management unit 104 and the sensor DB 105 are dedicated to managing the sensor data 106 from the sensor device 031, so that the efficiency of input / output processing and storage use can be improved.

このようなデータ蓄積装置101において、センサー機器031の追加、変更などによる機器構成の変更が発生した場合、それに対応して構成情報109の内容を変更することで、データ格納部103では新しい機器構成でのデータの格納が可能となる。
しかし、機器構成変更前までに蓄積済みのセンサーデータ106に対応した構成情報109が構成情報DB108から失われてしまうため、センサーDB検索部110では機器構成変更前までに蓄積したセンサーデータ106については、対応する構成情報109が取得できないため処理ができない。
そのため検索APP112では、機器構成変更後のセンサーデータ106は利用できるが、機器構成変更前のセンサーデータ106が利用できなくなるという課題がある。
In such a data storage device 101, when a device configuration change occurs due to addition or change of the sensor device 031, the data storage unit 103 changes the content of the configuration information 109 in response to the change, so that the data storage unit 103 has a new device configuration. Data can be stored in
However, since the configuration information 109 corresponding to the sensor data 106 that has been accumulated before the device configuration change is lost from the configuration information DB 108, the sensor DB search unit 110 uses the sensor data 106 accumulated before the device configuration change. Since the corresponding configuration information 109 cannot be acquired, the processing cannot be performed.
Therefore, in the search APP 112, the sensor data 106 after the device configuration change can be used, but the sensor data 106 before the device configuration change cannot be used.

このような課題に対する解決策として、構成情報を変更履歴も含めて管理するという方式がある。
構成情報として複数の構成要素データから成り、各種処理実行時に参照される構成情報の履歴管理において、要素データの変更に伴う複数バージョンの情報を共存させる方式として、従来の履歴管理方式では、要素データが該当するバージョン識別情報と情報のバージョン毎の有効期間情報から処理実行時に参照すべきバージョンを特定することによって複数バージョンの情報の共存を行っていた(例えば、特許文献1)。
要素データが該当するバージョン識別情報とは、要素データが対応する情報の開始バージョンと終了バージョンを要素データの各レコードに列として追加したものである。
情報のバージョン毎の有効期間情報とは、バージョン番号と有効開始日時、有効終了日時の3つの列から成るものである。
要素データに対する変更として要素データを追加する場合、開始バージョン列に追加時の現バージョンを設定して要素データを追加する。
要素データを更新する場合は、更新対象の要素データの終了バージョン列を現バージョンに更新し、更新後の要素データは開始バージョン列に現バージョンを設定して新規に追加する。
要素データを削除する場合は、削除対象の要素データの終了バージョン列を現バージョンに更新する。
このような操作により要素データの変更に伴う複数バージョンの情報を共存させていた。
処理実行における要素データの参照では、処理実行時の日時からバージョン毎の有効期間情報で該当するバージョン番号を導出し、バージョン識別情報を用いて該当バージョンの要素データを抽出することで、必要なバージョンの情報を取得していた。
As a solution to such a problem, there is a method of managing configuration information including a change history.
In the history management of configuration information that consists of multiple component data as configuration information and is referenced during execution of various processes, as a method of coexisting multiple versions of information accompanying changes in element data, in the conventional history management method, element data The information of multiple versions coexists by specifying the version to be referred to at the time of processing execution from the version identification information corresponding to and the validity period information for each version of the information (for example, Patent Document 1).
The version identification information corresponding to the element data is obtained by adding a start version and an end version of information corresponding to the element data as a column to each record of the element data.
The valid period information for each version of information is composed of three columns of version number, valid start date / time, and valid end date / time.
When adding element data as a change to element data, set the current version at the time of addition to the start version column and add element data.
When updating the element data, the end version column of the element data to be updated is updated to the current version, and the updated element data is newly added with the current version set in the start version column.
When deleting element data, the end version column of the element data to be deleted is updated to the current version.
By such an operation, information of multiple versions accompanying the change of element data coexists.
In referencing element data in process execution, the required version number is derived from the date and time at the time of process execution using the validity period information for each version, and the element data of the corresponding version is extracted using version identification information. Was getting information.

特開2008−310710号公報JP 2008-310710 A

従来の履歴管理方式では、複数の要素データの変更がひとまとまりの操作で行われることが暗黙の前提となっている。
つまり、新しいバージョンの追加に伴う複数の要素データの変更は、情報全体としてすべての要素データの変更後の値が予め明らかになっている必要がある。
そのため、要素データの変更後の値が全体として一度に確定しないような情報に対しては、要素データ毎に値を変更した時点で変更後の値を別途記憶しておき、情報全体として変更後の値が揃った段階で記録した変更後の値を元にそれぞれの要素データを変更しなければならないという課題がある。
In the conventional history management system, it is an implicit premise that a plurality of element data are changed by a single operation.
In other words, when a plurality of element data is changed due to the addition of a new version, the changed values of all the element data as information as a whole need to be clarified in advance.
Therefore, for information in which the changed value of the element data is not fixed as a whole at once, the changed value is stored separately when the value is changed for each element data. There is a problem that each element data has to be changed based on the changed value recorded at the stage when the values of the values are aligned.

例えば、遠隔地にある各種センサー等の機器から送信されるデータを収集、蓄積するようなシステムにおいて、機器構成やデータ属性、データ格納先データベース等の要素データを管理する構成情報では、機器に関する要素データは実際の機器が設置・運用されることにより確定される。
複数種類の機器を対象とし、機器の設置場所が複数に散在している場合、機器設置や変更の実施には数日〜数週間単位での時間的ずれが生じる。
対象とする機器が多数存在する場合、すべての機器で処理が完了するまで変更後の値を別途記憶するには、本来のシステムとは別に記録用のシステムが必要になるなど効率が悪い。
For example, in a system that collects and accumulates data transmitted from devices such as various sensors at remote locations, the configuration information for managing device data such as device configuration, data attributes, data storage destination database, etc. Data is determined by installing and operating actual equipment.
When a plurality of types of devices are targeted and there are a plurality of installation locations of devices, there is a time lag in units of several days to several weeks when devices are installed or changed.
When there are a large number of target devices, it is inefficient to store the changed values separately until the processing is completed in all devices, for example, a recording system is required in addition to the original system.

また、従来の履歴管理装置では、要素データに対する変更(追加/更新/削除)は直ちに確定された値として扱われるため、変更内容が確定しなければ要素データに記録できないという課題がある。   Further, in the conventional history management apparatus, a change (addition / update / deletion) to the element data is handled as a fixed value immediately, so that there is a problem that it cannot be recorded in the element data unless the change content is fixed.

例えば、前述の機器データを収集、蓄積するシステムで、既に稼動中のシステムに新たな機器を追加して格納対象のデータを増やすような場合において、システムを停止させずに本運用と並行して試験運用を行う目的で追加機器に関する機器データを構成要素データとして追加するとき、本質的には未確定の試験用機器データであり対応できない。
また仮に構成要素データに試験用機器データを追加した場合、試験運用で問題がなければ試験用機器データをそのまま実際の機器データとして扱うこともできるが、試験運用の結果から追加機器構成等を変更し、それに応じて構成要素データを変更した場合、機器データとしては実在しない試験用機器データが履歴として残るという課題が発生する。
For example, in the system that collects and accumulates the above-mentioned device data, when adding a new device to an already operating system and increasing the data to be stored, the system is not stopped and parallel to this operation. When device data related to an additional device is added as component data for the purpose of performing a test operation, it is essentially undetermined test device data and cannot be handled.
If test equipment data is added to the component data, if there is no problem in the test operation, the test equipment data can be handled as actual equipment data as it is. However, when the component data is changed accordingly, there is a problem that test device data that does not exist as device data remains as a history.

この発明は上記のような課題を解決することを主な目的の一つとしており、柔軟なデータ更新を可能とし、また、データ更新履歴、更新時刻をトレースすることができ、更新前の過去のデータも利用することができる仕組みを実現する。   One of the main purposes of the present invention is to solve the above-mentioned problems, enabling flexible data update, tracing data update history and update time, and past data before update. Realize a mechanism that can use data.

本発明に係るデータ処理装置は、
複数の管理対象物を識別するための複数の対象物ID(Identification)を用いてデータ処理を行うデータ処理装置であって、
複数のレコードを含み、各レコードにいずれかの対象物IDが記述されているテーブルデータを1つ以上記憶するテーブルデータ記憶部と、
テーブルデータの更新をレコード単位で行うテーブルデータ管理部と、
対象物IDごとに、前記テーブルデータ管理部によるテーブルデータの更新に伴って更新されるバージョン値が少なくともカレントバージョンまで時系列に沿って記述され、バージョン値ごとに、そのバージョンが有効になる開始時刻と無効になる終了時刻とが記述されるバージョン情報を記憶するバージョン情報記憶部と、
前記テーブルデータ管理部によりいずれかのテーブルデータが更新された際に、前記バージョン情報を更新するバージョン管理部とを有し、
前記テーブルデータ記憶部は、
各レコードに、そのレコードがテーブルデータに設けられてからレコード内容が変更されるまでの有効期間に対応するバージョン値の範囲を記述するためのバージョン範囲フィールドが含まれているテーブルデータを1つ以上記憶し、
前記テーブルデータ管理部は、
いずれかのテーブルデータを更新する際に、テーブルデータの更新形態に応じて、更新の対象となる更新対象レコードに記述されている対象物IDのカレントバージョンのバージョン値及びカレントバージョンの次の世代のバージョンのバージョン値の少なくともいずれかを前記バージョン情報記憶部から取得し、取得したバージョン値を更新対象レコードのバージョン範囲フィールドに記述して、テーブルデータを更新し、
前記バージョン管理部は、
前記テーブルデータ管理部がテーブルデータを更新した更新時刻と前記更新対象レコードに記述されている対象物IDとを通知され、通知された更新時刻を通知された対象物IDのカレントバージョンの終了時刻として前記バージョン情報に記述し、通知された対象物IDのカレントバージョンの次の世代のバージョンが前記対象物IDの新たなカレントバージョンとなるように前記バージョン情報に記述し、通知された更新時刻を前記新たなカレントバージョンの開始時刻として前記バージョン情報に記述することを特徴とする。
The data processing apparatus according to the present invention
A data processing device that performs data processing using a plurality of object IDs (Identification) for identifying a plurality of management objects,
A table data storage unit that includes a plurality of records and stores one or more table data in which any object ID is described in each record;
A table data management unit that updates table data in units of records;
For each object ID, a version value that is updated as the table data is updated by the table data management unit is described in chronological order until at least the current version, and the start time at which the version becomes valid for each version value And a version information storage unit for storing version information in which an invalid end time is described,
A version management unit that updates the version information when any table data is updated by the table data management unit;
The table data storage unit
Each record includes one or more table data including a version range field for describing a range of version values corresponding to the validity period from when the record is provided to the table data until the record content is changed Remember,
The table data management unit
When updating any of the table data, the version value of the current version of the object ID described in the update target record to be updated and the next generation of the current version according to the update form of the table data Acquiring at least one of the version values of the version from the version information storage unit, describing the acquired version value in the version range field of the update target record, and updating the table data;
The version management unit
The update time when the table data management unit has updated the table data and the object ID described in the update target record are notified, and the notified update time is used as the end time of the current version of the notified object ID. Described in the version information, described in the version information such that the next generation version of the current version of the notified object ID becomes the new current version of the object ID, and the notified update time It is described in the version information as the start time of a new current version.

本発明によれば、テーブルデータの各レコードに、レコードが設けられてからレコード内容が変更されるまでの有効期間に対応するバージョン値を記述し、また、バージョン情報においてバージョン値ごとに開始時刻と終了時刻を記述し、レコードごとにテーブルデータの更新を行う。このため、変更があった際にレコード単位で即座にテーブルデータを更新することができ、変更後の値を記録する必要がない。また、過去のバージョンのレコード内容も残しているため、レコードの更新履歴、更新時刻をトレースすることができ、また、過去のバージョンのレコードも利用可能である。   According to the present invention, the version value corresponding to the validity period from when the record is provided until the record content is changed is described in each record of the table data, and the start time is set for each version value in the version information. Describe the end time and update the table data for each record. For this reason, when there is a change, the table data can be updated immediately in record units, and there is no need to record the changed value. Further, since the record contents of the past version are also left, the record update history and update time can be traced, and the record of the past version can also be used.

実施の形態1に係るシステム構成例を示す図。FIG. 3 is a diagram illustrating an example of a system configuration according to the first embodiment. 実施の形態1に係るデータ蓄積装置の構成例を示す図。1 is a diagram illustrating a configuration example of a data storage device according to Embodiment 1. FIG. 実施の形態1に係る計測値テーブルの例を示す図。FIG. 4 is a diagram illustrating an example of a measurement value table according to the first embodiment. 実施の形態1に係る計測値属性テーブルの例を示す図。FIG. 3 is a diagram showing an example of a measurement value attribute table according to the first embodiment. 実施の形態1に係る計測値/列対応テーブルの例を示す図。FIG. 4 is a diagram showing an example of a measurement value / column correspondence table according to the first embodiment. 実施の形態1に係る機器属性テーブルの例を示す図。FIG. 4 is a diagram showing an example of a device attribute table according to the first embodiment. 実施の形態1に係る位置属性テーブルの例を示す図。FIG. 4 is a diagram showing an example of a position attribute table according to the first embodiment. 実施の形態1に係る版管理テーブルの例を示す図。FIG. 4 is a diagram illustrating an example of a version management table according to the first embodiment. 実施の形態1に係る拠点管理テーブルの例を示す図。FIG. 4 is a diagram showing an example of a base management table according to the first embodiment. 実施の形態1に係るテーブル間の関係を示す図。FIG. 3 is a diagram showing a relationship between tables according to the first embodiment. 実施の形態1に係る構成情報を変更する際の動作例を示すフローチャート図。FIG. 6 is a flowchart showing an operation example when changing configuration information according to the first embodiment. 実施の形態1に係るデータ追加の際の動作例を示すフローチャート図。FIG. 6 is a flowchart showing an operation example when adding data according to the first embodiment. 実施の形態1に係るデータ書換えの際の動作例を示すフローチャート図。FIG. 3 is a flowchart showing an operation example in data rewriting according to the first embodiment. 実施の形態1に係るデータ削除の際の動作例を示すフローチャート図。FIG. 6 is a flowchart showing an operation example when deleting data according to the first embodiment. 実施の形態1に係る版名の改定の際の動作例を示すフローチャート図。FIG. 5 is a flowchart showing an operation example when a version name is revised according to the first embodiment. 実施の形態1に係る拠点の変更の際の動作例を示すフローチャート図。FIG. 3 is a flowchart showing an operation example when changing a base according to the first embodiment. 実施の形態1に係る変更の取消の際の動作例を示すフローチャート図。FIG. 6 is a flowchart showing an operation example when canceling a change according to the first embodiment. 実施の形態1に係るデータの格納の際の動作例を示すフローチャート図。FIG. 3 is a flowchart showing an operation example when storing data according to the first embodiment. 実施の形態1に係る構成情報の検索の際の動作例を示すフローチャート図。FIG. 6 is a flowchart showing an operation example when searching for configuration information according to the first embodiment. 実施の形態1に係るセンサーデータ検索の際の動作例を示すフローチャート図。FIG. 3 is a flowchart showing an operation example when searching for sensor data according to the first embodiment. 実施の形態1に係るデータ追加の具体例を示す図。FIG. 5 shows a specific example of data addition according to the first embodiment. 実施の形態1に係るデータ書換えの具体例を示す図。FIG. 3 is a diagram showing a specific example of data rewriting according to the first embodiment. 実施の形態1に係るデータ削除の具体例を示す図。FIG. 6 is a diagram showing a specific example of data deletion according to the first embodiment. 実施の形態1に係るデータ蓄積装置のハードウェア構成例を示す図。2 is a diagram illustrating a hardware configuration example of the data storage device according to the first embodiment. FIG. 従来技術を説明する図。The figure explaining a prior art.

実施の形態1.
本実施の形態では、機器から収集したデータを蓄積するデータベースとデータ属性や格納場所などの構成情報を管理する構成情報データベースから成るデータ蓄積装置において、構成情報の各要素データの変更履歴及び情報確定前の要素データを管理できるようにすることで構成情報の変更に対応可能なデータ蓄積装置を説明する。
Embodiment 1 FIG.
In the present embodiment, in a data storage device including a database for storing data collected from devices and a configuration information database for managing configuration information such as data attributes and storage locations, change history and information confirmation of each element data of the configuration information A data storage device that can cope with a change in configuration information by enabling management of previous element data will be described.

図1は、本実施の形態に係るシステム構成例を示す。
図1に示すように、データ蓄積装置001は、ネットワーク500を介して、複数のデータ収集部032と接続されている。
データ蓄積装置001は、各拠点030のデータ収集部032から転送されたデータをデータベースに格納する。
データ蓄積装置001は、データ処理装置の例である。
データ収集部032は、それぞれ、拠点030に配置されている。
拠点030は、データ蓄積装置001の蓄積対象となるデータを生成するセンサー機器031が設置されている物理的な場所であり、例えばビルや敷地などが相当する。
拠点030は、管理対象物及び管理対象エリアの例である。
各データ収集部032は、各拠点030に1つ以上配置されているセンサー機器031からのデータを収集し、収集したデータをネットワーク500経由でデータ蓄積装置001に送信する。
センサー機器031は、一定間隔で計測値を出力する機器(例えば温度センサーなど)やイベントに応じてログを出力する機器(例えば入退室管理装置など)といった時間に結びついたデータを出力する機器である。
センサー機器031は、データ収集機器の例である。
本実施の形態では、データ収集部032がセンサー機器031からデータを収集する方式は問わない(例えば、センサー機器031が出力したファイルからのデータ取得や、センサー機器031が提供するAPIを利用したデータ取得など)。
FIG. 1 shows a system configuration example according to the present embodiment.
As shown in FIG. 1, the data storage device 001 is connected to a plurality of data collection units 032 via a network 500.
The data storage device 001 stores the data transferred from the data collection unit 032 of each base 030 in the database.
The data storage device 001 is an example of a data processing device.
Each of the data collection units 032 is arranged at the base 030.
The base 030 is a physical place where a sensor device 031 that generates data to be stored in the data storage device 001 is installed, and corresponds to, for example, a building or a site.
The base 030 is an example of a management target object and a management target area.
Each data collection unit 032 collects data from one or more sensor devices 031 arranged at each base 030 and transmits the collected data to the data storage device 001 via the network 500.
The sensor device 031 is a device that outputs time-related data, such as a device that outputs measurement values at regular intervals (for example, a temperature sensor) or a device that outputs a log according to an event (for example, an entrance / exit management device). .
The sensor device 031 is an example of a data collection device.
In the present embodiment, the method in which the data collection unit 032 collects data from the sensor device 031 is not limited (for example, data acquisition from a file output by the sensor device 031 or data using an API provided by the sensor device 031). Acquisition).

次に、図2を参照して、本実施の形態に係るデータ蓄積装置001の構成例を説明する。   Next, a configuration example of the data storage device 001 according to the present embodiment will be described with reference to FIG.

データ蓄積装置001は、2つのデータベースがある。
センサーDB006は、データ収集部032から受信したセンサーデータを格納するためのデータベースである。
一方、構成情報DB011は、データの属性(精度、種類、単位など)やセンサーDB006内での格納場所、データを生成した機器に関する情報といった構成情報を格納するデータベースである。
データ蓄積装置001は、構成情報DB011の内容に従ってセンサーデータをセンサーDB006に格納する。
なお、センサーDB006及び構成情報DB011の詳細は後述する。
The data storage device 001 has two databases.
The sensor DB 006 is a database for storing sensor data received from the data collection unit 032.
On the other hand, the configuration information DB 011 is a database that stores configuration information such as data attributes (accuracy, type, unit, etc.), storage location in the sensor DB 006, and information about the device that generated the data.
The data storage device 001 stores sensor data in the sensor DB 006 according to the contents of the configuration information DB 011.
Details of the sensor DB 006 and the configuration information DB 011 will be described later.

データ受信部002は、拠点030のデータ収集部032毎に転送されたデータを受信してデータ格納部003に受け渡す。   The data receiving unit 002 receives the data transferred for each data collecting unit 032 at the base 030 and transfers it to the data storage unit 003.

データ格納部003は、構成情報DB011の内容を元にデータ受信部002から受け取った受信データをレコードの形式に組み立て、DB管理部005を利用してセンサーDB006にデータを出力する。   The data storage unit 003 assembles the reception data received from the data reception unit 002 based on the contents of the configuration information DB 011 into a record format, and outputs the data to the sensor DB 006 using the DB management unit 005.

データ検索部004は、DB管理部005を利用してセンサーDB006のデータに対する検索を行う。   The data search unit 004 searches the data of the sensor DB 006 using the DB management unit 005.

DB管理部005は、センサーDB006に対する入出力を実行するデータ管理機能である。   The DB management unit 005 is a data management function that executes input / output with respect to the sensor DB 006.

センサーDB006は、拠点030のセンサー機器031で生成されるデータを一定のレコード形式で蓄積したデータベースである。
なお、センサーDB006は、受信データ記憶部の例である。
The sensor DB 006 is a database in which data generated by the sensor device 031 at the base 030 is accumulated in a fixed record format.
The sensor DB 006 is an example of a received data storage unit.

版情報更新部007は、構成情報DB管理部010を利用して構成情報DB011における版(バージョン)の改定処理を行う。
より具体的には、版情報更新部007は、構成情報更新部008によりいずれかのテーブルデータ(後述する計測値属性テーブル012、計測値/列対応テーブル013、機器属性テーブル014、位置属性テーブル015のいずれか)が更新された際に、後述の版管理テーブル016を更新する。
版情報更新部007は、バージョン管理部の例である。
The version information update unit 007 performs revision processing of a version (version) in the configuration information DB 011 using the configuration information DB management unit 010.
More specifically, the version information update unit 007 uses any one of the table data (measurement value attribute table 012, measurement value / column correspondence table 013, device attribute table 014, position attribute table 015 described later) by the configuration information update unit 008. Is updated), a later-described version management table 016 is updated.
The version information update unit 007 is an example of a version management unit.

構成情報更新部008は、構成情報DB管理部010を利用して構成情報DB011のテーブルデータの更新処理をレコード単位で行う。
構成情報更新部008は、テーブルデータ管理部の例である。
The configuration information update unit 008 uses the configuration information DB management unit 010 to update the table data of the configuration information DB 011 in units of records.
The configuration information update unit 008 is an example of a table data management unit.

構成情報検索部009は、構成情報DB管理部010を利用して構成情報DB011のテーブルデータにおいてレコードの検索処理を行う。
構成情報検索部009は、レコード検索部の例である。
The configuration information search unit 009 performs a record search process in the table data of the configuration information DB 011 using the configuration information DB management unit 010.
The configuration information search unit 009 is an example of a record search unit.

構成情報DB管理部010は、構成情報DB011に対する入出力を実行するデータ管理機能である。   The configuration information DB management unit 010 is a data management function that executes input / output with respect to the configuration information DB 011.

構成情報DB011は、データ蓄積装置001に関する各種情報を記録したデータベースであり、計測値属性テーブル012、計測値/列対応テーブル013、機器属性テーブル014、位置属性テーブル015、版管理テーブル016、拠点管理テーブル017で構成される。
以下では、計測値属性テーブル012、計測値/列対応テーブル013、機器属性テーブル014、位置属性テーブル015、版管理テーブル016、拠点管理テーブル017は、それぞれ、計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015、版管理016、拠点管理017ともいう。
なお、構成情報DB011は、テーブルデータ記憶部及びバージョン情報記憶部の例である。
The configuration information DB 011 is a database that records various types of information related to the data storage device 001. The measurement value attribute table 012, the measurement value / column correspondence table 013, the device attribute table 014, the position attribute table 015, the version management table 016, and the site management It consists of a table 017.
In the following, the measurement value attribute table 012, the measurement value / column correspondence table 013, the device attribute table 014, the position attribute table 015, the version management table 016, and the site management table 017 are respectively measured value attribute 012 and measurement value / column correspondence 013, device attribute 014, location attribute 015, version management 016, and base management 017.
The configuration information DB 011 is an example of a table data storage unit and a version information storage unit.

計測値属性テーブル012は、センサー機器031からのデータに関する情報を記録するテーブルデータである。
計測値/列対応テーブル013は、センサー機器031からのデータのセンサーDB006における格納先に関する情報を記録するテーブルデータである。
機器属性テーブル014は、センサー機器031に関する情報を記録するテーブルデータである。
位置属性テーブル015は、センサー機器031などの設置場所に関する情報を記録するテーブルデータである。
版管理テーブル016は、構成情報DB011に格納されたデータの版(バージョン)に関する情報を記録するテーブルデータである。
なお、版管理テーブル016は、バージョン情報の例である。
拠点管理テーブル017は、拠点030に関する情報を記録するテーブルデータである。
The measurement value attribute table 012 is table data that records information regarding data from the sensor device 031.
The measurement value / column correspondence table 013 is table data that records information on the storage destination of the data from the sensor device 031 in the sensor DB 006.
The device attribute table 014 is table data that records information related to the sensor device 031.
The position attribute table 015 is table data that records information related to the installation location of the sensor device 031 or the like.
The version management table 016 is table data that records information related to the version (version) of data stored in the configuration information DB 011.
The version management table 016 is an example of version information.
The base management table 017 is table data that records information about the base 030.

構成情報設定APP018は、構成情報DB011のデータを設定するためのアプリケーションプログラムであり、本実施の形態においてはユーザに対する外部インタフェースの形式は問わない。   The configuration information setting APP 018 is an application program for setting the data of the configuration information DB 011. In the present embodiment, the format of the external interface for the user is not limited.

センサーDB検索部019は、構成情報DB011のデータに基づいてセンサーDB006に蓄積されたデータの検索処理を行う。   The sensor DB search unit 019 performs a search process for data stored in the sensor DB 006 based on the data of the configuration information DB 011.

検索APP020は、センサーDB006のデータを検索するためのアプリケーションであり、本実施の形態においてはユーザに対する外部インタフェースの形式は問わない。   The search APP020 is an application for searching the data in the sensor DB 006, and the form of the external interface for the user is not limited in this embodiment.

図3は、図1におけるセンサーDB006に蓄積するデータの一例を示す概略図である。   FIG. 3 is a schematic diagram illustrating an example of data stored in the sensor DB 006 in FIG.

図3において、計測値テーブル040はセンサー機器031からのデータを記録するテーブルデータである。
計測値テーブル040のレコードは主に一つの発生日時の列と複数のデータの値のための列で構成される。
センサー機器031からのデータは計測値テーブル040の一つの列に対応付けられ、複数のセンサー機器031のデータが発生日時毎に一つのレコードとしてまとめられる。
In FIG. 3, a measurement value table 040 is table data that records data from the sensor device 031.
The record of the measurement value table 040 is mainly composed of one occurrence date / time column and columns for a plurality of data values.
Data from the sensor device 031 is associated with one column of the measurement value table 040, and data of a plurality of sensor devices 031 is collected as one record for each occurrence date and time.

図4は、図1における計測値属性テーブル012の一例を示す概略図である。   FIG. 4 is a schematic diagram illustrating an example of the measurement value attribute table 012 in FIG.

図4において、計測値属性テーブル012は、拠点ID、計測値ID、開始版名、終了版名、計測値名称、機器ID、位置ID、種類、精度の列で構成される。
拠点IDは、計測値が収集される拠点030を特定するための識別子であり、拠点管理017で管理される。
計測値IDは、計測値を区別するための識別子であり、拠点ID単位で一意の値として計測値属性012で採番する。
開始版名は、構成情報DB011のデータの版において計測値属性012のデータが対応する版の範囲の開始位置を示す情報である。
終了版名は、構成情報DB011のデータの版において計測値属性012のデータが対応する版の範囲の終了位置を示す情報である。
計測値名称は、ユーザが計測値を識別する際に参照できる説明情報である。
機器IDは、計測値を生成した機器を特定するための識別子であり、機器属性014で管理される。
位置IDは、計測値に関わる場所あるいは計測値を生成した機器の設置場所を示す識別子であり、位置属性015で管理される。
種類は、温度、湿度や電力量といった計測値の内容を表す情報である。
精度は、計測値の数値の精度を示す情報である。
計測値属性012ではこれらの列以外にも計測値に関する情報の列が存在しうる。
In FIG. 4, the measurement value attribute table 012 includes columns of base ID, measurement value ID, start version name, end version name, measurement value name, device ID, position ID, type, and accuracy.
The base ID is an identifier for specifying the base 030 from which the measurement values are collected, and is managed by the base management 017.
The measurement value ID is an identifier for distinguishing measurement values, and is numbered by the measurement value attribute 012 as a unique value for each base ID.
The start version name is information indicating the start position of the range of the version corresponding to the data of the measurement value attribute 012 in the data version of the configuration information DB 011.
The end version name is information indicating the end position of the range of the version corresponding to the data of the measurement value attribute 012 in the data version of the configuration information DB 011.
The measurement value name is descriptive information that can be referred to when the user identifies the measurement value.
The device ID is an identifier for identifying the device that generated the measurement value, and is managed by the device attribute 014.
The position ID is an identifier indicating a place related to a measurement value or an installation place of a device that has generated the measurement value, and is managed by a position attribute 015.
The type is information representing the contents of measurement values such as temperature, humidity, and electric energy.
The accuracy is information indicating the accuracy of the numerical value of the measurement value.
In the measurement value attribute 012, there can be a column of information regarding measurement values in addition to these columns.

なお、上記の開始版名と終了版名は、換言すると、各レコードが計測値属性テーブル012に設けられてからレコード内容が変更されるまでの有効期間に対応する版数(バージョン値)の範囲を記述するためのフィールド(バージョン範囲フィールド)である。
開始版名は、有効期間の始期に対応する版数(バージョン値)を記述するためのフィールド(始期サブフィールド)であり、終了版名は、有効期間の終期に対応する版数(バージョン値)を記述するためのフィールド(終期サブフィールド)である。
The start version name and the end version name are in other words the range of the version number (version value) corresponding to the valid period from when each record is provided in the measurement value attribute table 012 until the record content is changed. Is a field for describing (version range field).
The start version name is a field (version subfield) for describing the version number (version value) corresponding to the beginning of the valid period, and the end version name is the version number (version value) corresponding to the end of the valid period. Is a field (terminal subfield).

図5は、図1における計測値/列対応テーブル013の一例を示す概略図である。   FIG. 5 is a schematic diagram showing an example of the measured value / column correspondence table 013 in FIG.

図5において、計測値/列対応テーブル013は、拠点ID、計測値ID、開始版名、終了版名、サーバ、テーブル、出力列の列で構成される。
拠点IDは、計測値が属する拠点030を特定するための識別子であり、拠点管理017で管理される。
計測値IDは、計測値を特定するための識別子であり、計測値属性012で管理される。
開始版名は、構成情報DB011のデータの版において計測値/列対応013のデータが対応する版の範囲の開始位置を示す情報である。
終了版名は、構成情報DB011のデータの版において計測値/列対応013の情報が対応する版の範囲の終了位置を示す情報である。
サーバは、センサーDB006が存在するサーバを示す情報である。
テーブルは、センサーDB006において計測値IDが示すデータを格納するテーブル名を示す情報である。
出力列は、計測値IDが示すデータの格納先となるテーブルの列名を示す情報である。
計測値/列対応013ではこれらの列以外にも関連情報の列が存在しうる。
In FIG. 5, the measurement value / column correspondence table 013 includes a base ID, a measurement value ID, a start version name, an end version name, a server, a table, and an output column.
The base ID is an identifier for specifying the base 030 to which the measurement value belongs, and is managed by the base management 017.
The measurement value ID is an identifier for specifying the measurement value, and is managed by the measurement value attribute 012.
The start version name is information indicating the start position of the version range corresponding to the data of the measured value / column correspondence 013 in the data version of the configuration information DB 011.
The end version name is information indicating the end position of the range of the version corresponding to the information of the measured value / column correspondence 013 in the data version of the configuration information DB 011.
The server is information indicating a server where the sensor DB 006 exists.
The table is information indicating a table name for storing data indicated by the measurement value ID in the sensor DB 006.
The output column is information indicating the column name of the table that is the storage destination of the data indicated by the measurement value ID.
In the measurement value / column correspondence 013, there may be columns of related information in addition to these columns.

計測値/列対応テーブル013においても、上記の開始版名と終了版名は、各レコードが計測値/列対応テーブル013に設けられてからレコード内容が変更されるまでの有効期間に対応する版数(バージョン値)の範囲を記述するためのフィールド(バージョン範囲フィールド)である。
開始版名は、有効期間の始期に対応する版数(バージョン値)を記述するためのフィールド(始期サブフィールド)であり、終了版名は、有効期間の終期に対応する版数(バージョン値)を記述するためのフィールド(終期サブフィールド)である。
Also in the measurement value / column correspondence table 013, the above-described start version name and end version name are the versions corresponding to the effective period from when each record is provided in the measurement value / column correspondence table 013 to when the record contents are changed. This is a field (version range field) for describing the range of numbers (version values).
The start version name is a field (version subfield) for describing the version number (version value) corresponding to the beginning of the valid period, and the end version name is the version number (version value) corresponding to the end of the valid period. Is a field (terminal subfield).

図6は、図1における機器属性テーブル014の一例を示す概略図である。   FIG. 6 is a schematic diagram showing an example of the device attribute table 014 in FIG.

図6において、機器属性014テーブルは、拠点ID、機器ID、開始版名、終了版名、機器名称、機器種類の列で構成される。
拠点IDは、機器が存在する拠点030を特定するための識別子であり、拠点管理017で管理される。
機器IDは、機器を区別するための識別子であり、拠点ID単位で一意の値として機器属性014で採番する。
開始版名は、構成情報DB011のデータの版において機器属性014のデータが対応する版の範囲の開始位置を示す情報である。
終了版名は、構成情報DB011のデータの版において機器属性014のデータが対応する版の範囲の終了位置を示す情報である。
機器名称は、ユーザが機器を識別する際に参照できる説明情報である。
機器種類は、温度センサーや電力センサーといった機器の種類を示す情報である。
機器属性014ではこれらの列以外にも機器に関する情報の列が存在しうる。
In FIG. 6, the device attribute 014 table includes columns of base ID, device ID, start version name, end version name, device name, and device type.
The base ID is an identifier for specifying the base 030 where the device exists, and is managed by the base management 017.
The device ID is an identifier for identifying the device, and is numbered by the device attribute 014 as a unique value for each base ID.
The start version name is information indicating the start position of the version range corresponding to the data of the device attribute 014 in the data version of the configuration information DB 011.
The end version name is information indicating the end position of the range of the version corresponding to the data of the device attribute 014 in the data version of the configuration information DB 011.
The device name is descriptive information that can be referred to when the user identifies the device.
The device type is information indicating the type of device such as a temperature sensor or a power sensor.
In the device attribute 014, in addition to these columns, there can be a column of information about the device.

機器属性テーブル014においても、上記の開始版名と終了版名は、各レコードが機器属性テーブル014に設けられてからレコード内容が変更されるまでの有効期間に対応する版数(バージョン値)の範囲を記述するためのフィールド(バージョン範囲フィールド)である。
開始版名は、有効期間の始期に対応する版数(バージョン値)を記述するためのフィールド(始期サブフィールド)であり、終了版名は、有効期間の終期に対応する版数(バージョン値)を記述するためのフィールド(終期サブフィールド)である。
Also in the device attribute table 014, the above-mentioned start version name and end version name are the version number (version value) corresponding to the validity period from when each record is provided in the device attribute table 014 until the record content is changed. This is a field (version range field) for describing a range.
The start version name is a field (version subfield) for describing the version number (version value) corresponding to the beginning of the valid period, and the end version name is the version number (version value) corresponding to the end of the valid period. Is a field (terminal subfield).

図7は、図1における位置属性テーブル015の一例を示す概略図である。   FIG. 7 is a schematic diagram showing an example of the position attribute table 015 in FIG.

図7において、位置属性テーブル015は拠点ID、位置ID、開始版名、終了版名、位置名称、区画、建物の列で構成される。
拠点IDは、位置IDが示す位置が属する拠点030を特定するための識別子であり、拠点管理017で管理される。
位置IDは、機器などが設置される物理的な場所を区別するための識別子であり、拠点ID単位で一意の値として位置属性015で採番する。
開始版名は、構成情報DB011のデータの版において位置属性015のデータが対応する版の範囲の開始位置を示す情報である。
終了版名は、構成情報DB011のデータの版において位置属性015の情報が対応する版の範囲の終了位置を示す情報である。
位置名称は、ユーザが位置を識別する際に参照できる説明情報である。
区画は、位置IDが示す位置が含まれる拠点030内での領域を示す情報である。
建物は、位置IDが示す位置がある建物を示す情報である。
位置属性015ではこれらの列以外にも位置に関する情報の列が存在しうる。
In FIG. 7, the position attribute table 015 includes a base ID, a position ID, a start version name, an end version name, a position name, a section, and a building column.
The base ID is an identifier for specifying the base 030 to which the position indicated by the position ID belongs, and is managed by the base management 017.
The position ID is an identifier for distinguishing the physical location where the device or the like is installed, and is numbered by the position attribute 015 as a unique value for each base ID.
The start version name is information indicating the start position of the range of the version corresponding to the data of the position attribute 015 in the data version of the configuration information DB 011.
The end version name is information indicating the end position of the range of the version corresponding to the information of the position attribute 015 in the data version of the configuration information DB 011.
The position name is descriptive information that can be referred to when the user identifies the position.
The section is information indicating an area in the base 030 including the position indicated by the position ID.
The building is information indicating a building having a position indicated by the position ID.
In the position attribute 015, there can be a column of information related to the position in addition to these columns.

位置属性テーブル015においても、上記の開始版名と終了版名は、各レコードが位置属性テーブル015に設けられてからレコード内容が変更されるまでの有効期間に対応する版数(バージョン値)の範囲を記述するためのフィールド(バージョン範囲フィールド)である。
開始版名は、有効期間の始期に対応する版数(バージョン値)を記述するためのフィールド(始期サブフィールド)であり、終了版名は、有効期間の終期に対応する版数(バージョン値)を記述するためのフィールド(終期サブフィールド)である。
Also in the position attribute table 015, the above-mentioned start version name and end version name are the version numbers (version values) corresponding to the validity period from when each record is provided in the position attribute table 015 until the record contents are changed. This is a field (version range field) for describing a range.
The start version name is a field (version subfield) for describing the version number (version value) corresponding to the beginning of the valid period, and the end version name is the version number (version value) corresponding to the end of the valid period. Is a field (terminal subfield).

図8は、図1における版管理テーブル016の一例を示す概略図である。
図8において、版管理016は拠点ID、版名、状態、開始日時、終了日時の列で構成される。
拠点IDは、版名が示す版が属する拠点030を特定するための識別子であり、拠点管理017で管理される。
版名は構成情報DB011のデータの版を示す識別子であり、拠点ID単位で一意の値として版管理016で採番する。版名の値は版が新しくなるに従い漸増する正の整数で、値域は1以上VER_MAX(例えば、版名の列のデータ型が32bit整数型の場合は0x7fffffffなど)以下となる。
状態は版名が示す版の状態を示す情報であり、値としてPAST、CUR、NEXTのいずれかとなる。
状態がPASTの版は構成情報DB011のデータが改版されて履歴となった版であることを示す。
状態がCURの版は構成情報DB011のデータにおいて現在有効な最新版(カレントバージョン)であることを示す。
状態がNEXTの版は構成情報DB011の次版の候補データ(カレントバージョンの次の世代のバージョン)であることを示す。
状態がCUR及びNEXTの版は版管理016において拠点ID毎にそれぞれ1つだけ存在する。
開始日時は版名が示す版の有効期間における開始日時を示す。
終了日時は版名が示す版の有効期間における終了日時あるいはTIMESTAMP_MAX(例えば、9999年12月31日23時59分59秒など)となる。
版管理016ではこれらの列以外にも版に関する情報の列が存在しうる。
FIG. 8 is a schematic diagram showing an example of the version management table 016 in FIG.
In FIG. 8, the version management 016 is composed of columns of base ID, version name, status, start date / time, and end date / time.
The base ID is an identifier for specifying the base 030 to which the version indicated by the version name belongs, and is managed by the base management 017.
The version name is an identifier indicating the version of the data in the configuration information DB 011 and is assigned by the version management 016 as a unique value for each base ID. The value of the version name is a positive integer that gradually increases as the version is updated, and the value range is 1 or more and VER_MAX (for example, 0x7fffffff or the like when the data type of the version name column is a 32-bit integer type).
The state is information indicating the state of the plate indicated by the plate name, and has a value of PAST, CUR, or NEXT.
A version whose status is PAST indicates that the data in the configuration information DB 011 has been revised and becomes a history.
The version whose status is CUR indicates that it is the latest version (current version) that is currently valid in the data of the configuration information DB 011.
The version whose status is NEXT indicates that it is candidate data of the next version of the configuration information DB 011 (the version of the next generation after the current version).
There is only one version of CUR and NEXT for each base ID in version management 016.
The start date / time indicates the start date / time in the valid period of the version indicated by the version name.
The end date and time is the end date and time or TIMESTAMP_MAX (for example, 23:59:59 on December 31, 9999) in the valid period of the version indicated by the version name.
In the version management 016, there can be a column of information about the version in addition to these columns.

このように、版管理テーブル016は、拠点ID(対象物ID、エリアIDの例)ごとに、計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015の各テーブルデータの更新に伴って更新される版(バージョン値)がカレントバージョンの次の世代のバージョンまで時系列に沿って記述され、版(バージョン値)ごとに、その版が有効になる開始時刻と無効になる終了時刻とが記述されている。
前述したように、版管理テーブル016はバージョン情報の例である。
In this way, the version management table 016 updates each table data of the measurement value attribute 012, the measurement value / column correspondence 013, the device attribute 014, and the position attribute 015 for each base ID (example of object ID and area ID). The version (version value) that is updated with the current version is described in chronological order up to the next generation version of the current version, and for each version (version value), the start time at which the version becomes valid and the end at which it becomes invalid Time is described.
As described above, the version management table 016 is an example of version information.

図9は図1における拠点管理017の一例を示す概略図である。   FIG. 9 is a schematic diagram showing an example of the site management 017 in FIG.

図9において、拠点管理017は拠点ID、グループID、拠点名称の列で構成される。
拠点IDは拠点030を区別するための識別子であり、一意の値として拠点管理017で採番する。
グループIDは拠点030のグループを定義する識別子であり、同一グループIDを持つ拠点IDは同一グループに属する。拠点名称はユーザが拠点を識別する際に参照できる説明情報である。
拠点管理017ではこれらの列以外にも拠点に関する情報の列が存在しうる。
In FIG. 9, the base management 017 is composed of a base ID, a group ID, and a base name column.
The base ID is an identifier for distinguishing the base 030 and is numbered by the base management 017 as a unique value.
The group ID is an identifier that defines the group of the base 030, and base IDs having the same group ID belong to the same group. The site name is descriptive information that can be referred to when the user identifies the site.
In the base management 017, there may be a column of information about the base other than these columns.

構成情報DB011における計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015、版管理016、拠点管理017及びセンサーDB006の関係を図10に示す。
図10は、図1における構成情報DB011のデータの構成を表す関係図である。
図10において、図1と同一符号の構成要素は図1と同等の内容を示す。
FIG. 10 shows the relationship among the measurement value attribute 012, measurement value / column correspondence 013, device attribute 014, position attribute 015, version management 016, site management 017, and sensor DB 006 in the configuration information DB 011.
FIG. 10 is a relationship diagram showing the data configuration of the configuration information DB 011 in FIG.
10, components having the same reference numerals as those in FIG. 1 indicate the same contents as those in FIG.

計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015、版管理016はいずれも拠点IDの列を持ち、拠点IDの値は拠点管理017で管理される。
つまり、本実施の形態に係るデータ蓄積装置001は、拠点ID(対象物IDの例)を用いて計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015、版管理016の処理を行う。
計測値属性012では、計測値の測定機器の情報として機器IDを、計測値に関わる場所の情報として位置IDを持ち、それらの値はそれぞれ機器属性014、位置属性015で管理される。
計測値/列対応013では、計測値の情報として計測値IDを持ち、計測値IDは計測値属性012で管理される。
また、計測値/列対応013では、計測値の格納先の情報としてサーバ、テーブル、出力列の情報を持ち、これらの情報によりセンサーDB006における計測値テーブル040の対応列を特定する。
前述したように、計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015はいずれも対応する版の範囲(レコードがテーブルに設けられてからレコード内容が変更されるまでの有効期間に対応する版の範囲)の情報として開始版名と終了版名の列を持ち、版の値及び各版が有効になる開始時刻と無効になる終了時間は版管理016にて管理される。
The measured value attribute 012, measured value / column correspondence 013, device attribute 014, location attribute 015, and version management 016 all have a base ID column, and the base ID value is managed by the base management 017.
That is, the data storage device 001 according to the present embodiment uses the base ID (example of the object ID) for the measurement value attribute 012, the measurement value / column correspondence 013, the device attribute 014, the position attribute 015, and the version management 016. Process.
The measurement value attribute 012 has a device ID as information of a measurement value measurement device and a position ID as location information related to the measurement value, and these values are managed by the device attribute 014 and the position attribute 015, respectively.
The measured value / column correspondence 013 has a measured value ID as measured value information, and the measured value ID is managed by a measured value attribute 012.
The measured value / column correspondence 013 includes server, table, and output column information as measurement value storage destination information, and the corresponding column of the measured value table 040 in the sensor DB 006 is specified based on these pieces of information.
As described above, the measurement value attribute 012, the measurement value / column correspondence 013, the device attribute 014, and the position attribute 015 are all in the corresponding version range (effective until the record contents are changed after the record is provided in the table). Version range information) has a column of start version name and end version name, and the version value and the start time when each version becomes valid and the end time when it becomes invalid are managed by version management 016 .

次に動作について説明する。
図1に示すデータ蓄積装置001の動作としては、構成情報の変更、機器からのデータの格納、蓄積したデータの検索の大きく三つがある。
これら三つの動作について順に説明する。
Next, the operation will be described.
The operation of the data storage device 001 shown in FIG. 1 includes three main operations: change of configuration information, storage of data from a device, and search of stored data.
These three operations will be described in order.

まず、構成情報の変更について説明する。
図11は図1に示すデータ蓄積装置における構成情報の変更手順を表すフローチャートである。
First, the change of configuration information will be described.
FIG. 11 is a flowchart showing the procedure for changing the configuration information in the data storage apparatus shown in FIG.

まずステップS001で変更対象が拠点に関する情報の場合はステップS008へ、そうでない場合はステップS002に進む。
ステップS002で操作内容に従って実行する処理を決定する。
構成情報DB011に新しいデータを追加する場合はステップS003、既存データを書き換える場合はステップS004、既存データを削除する場合はステップS005に進む。
ここでデータの追加、書換え、削除ができる構成情報は計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015である。
版管理016はステップS007にて追加、更新する。
拠点管理017はステップS008にて実行する。
First, in step S001, if the change target is information related to the base, the process proceeds to step S008, and if not, the process proceeds to step S002.
In step S002, processing to be executed is determined according to the operation content.
When new data is added to the configuration information DB 011, the process proceeds to step S 003, when existing data is rewritten, the process proceeds to step S 004, and when existing data is deleted, the process proceeds to step S 005.
Here, configuration information that can be added, rewritten, and deleted is a measurement value attribute 012, a measurement value / column correspondence 013, a device attribute 014, and a position attribute 015.
Version management 016 is added and updated in step S007.
The site management 017 is executed in step S008.

ステップS003では、構成情報DB011に新しいデータを追加する。
つまり、計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015のいずれかにレコードを追加する。
データの追加処理では構成情報設定APP018を使用する。
追加終了後はステップS006に進む。
In step S003, new data is added to the configuration information DB 011.
That is, a record is added to any one of the measurement value attribute 012, the measurement value / column correspondence 013, the device attribute 014, and the position attribute 015.
In the data addition process, configuration information setting APP018 is used.
After completion of the addition, the process proceeds to step S006.

ステップS004では、構成情報DB011の既存データを書き換える。
つまり、計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015のいずれかのいずれかのレコードの内容を書き換える。
データの書換え処理では構成情報設定APP018を使用する。
更新終了後はステップS006に進む。
In step S004, the existing data in the configuration information DB 011 is rewritten.
That is, the content of any one of the measurement value attribute 012, measurement value / column correspondence 013, device attribute 014, and position attribute 015 is rewritten.
In the data rewriting process, the configuration information setting APP018 is used.
After completion of the update, the process proceeds to step S006.

ステップS005で構成情報DB011の既存データを削除する。
つまり、計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015のいずれかのいずれかのレコードを削除する。
データの削除処理では構成情報設定APP018を使用する。
削除終了後はステップS006に進む。
In step S005, the existing data in the configuration information DB 011 is deleted.
That is, any one of the measurement value attribute 012, measurement value / column correspondence 013, device attribute 014, and position attribute 015 is deleted.
In the data deletion process, the configuration information setting APP018 is used.
After completion of deletion, the process proceeds to step S006.

ステップS006では、構成情報DB011に対する変更がすべて終了している場合はステップS007へ、そうでない場合はステップS002に進む。
ステップS007では、構成情報DB011の版を改定する。
つまり、版管理016で管理されているCURの版(カレントバージョン)の終了時刻を記述する処理、NEXTの版(カレントバージョンの次の世代のバージョン)を新たなCURの版にする処理、新たなCURの版の開始時刻を記述する処理等を行う。
版の改定処理には構成情報設定APP018を使用する。
In step S006, if all the changes to the configuration information DB 011 have been completed, the process proceeds to step S007, and if not, the process proceeds to step S002.
In step S007, the version of the configuration information DB 011 is revised.
That is, a process for describing the end time of the CUR version (current version) managed by the version management 016, a process for changing the NEXT version (the next generation version of the current version) to a new CUR version, a new Processing for describing the start time of the CUR version is performed.
The configuration information setting APP018 is used for the revision process of the version.

ステップS008では拠点管理017に対するデータの変更を行う。
データの変更処理には構成情報設定APP018を使用する。
以上により構成情報DB011のデータが変更される。
In step S008, the data for the base management 017 is changed.
Configuration information setting APP018 is used for the data change processing.
As described above, the data of the configuration information DB 011 is changed.

図11のステップS003、S004、S005、S007、S008の処理について、詳細を説明する。   Details of the processing of steps S003, S004, S005, S007, and S008 in FIG. 11 will be described.

図12は、図11におけるステップS003での構成情報へのデータ追加処理の流れを表すフローチャートである。   FIG. 12 is a flowchart showing the flow of data addition processing to the configuration information in step S003 in FIG.

まずステップS011で構成情報設定APP018により追加データに関する情報を入力する。
追加データに関する情報としては追加対象の情報種別(計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015のいずれか)と開始版名、終了版名を除いた列のデータとなる。
ステップS012で、構成情報更新部008は、レコードを識別する列(データ識別列)を使用して、追加対象情報のテーブルに追加データが存在していないか調べる。
データ識別列は、計測値属性012では拠点IDと計測値IDの組合せ、計測値/列対応013では拠点IDと計測値IDの組合せ、機器属性014では拠点IDと機器IDの組合せ、位置属性015では拠点IDと位置IDの組合せとなる。
ステップS013で追加対象テーブルにデータ識別列が追加データのデータ識別列と同一のデータが既に存在している場合はステップS014へ、存在していない場合はステップS015に進む。
ステップS014では構成情報設定APP018は重複データの追加を理由としたエラー処理を行う。
ステップS015で追加データを追加対象テーブルに挿入する。
このとき開始版名には版管理016から拠点IDが追加データの拠点IDと等しく、状態がNEXTの版名を取得して設定する。終了版名にはVER_MAXを設定する。
以上により構成情報DB011に対するデータの追加処理が実行できる。
First, in step S011, information related to additional data is input through configuration information setting APP018.
As information about the additional data, the information type to be added (any one of the measurement value attribute 012, the measurement value / column correspondence 013, the device attribute 014, and the position attribute 015), the column data excluding the start version name and the end version name, Become.
In step S012, the configuration information update unit 008 uses a column (data identification column) for identifying a record to check whether additional data exists in the table of addition target information.
The data identification column includes a combination of the base ID and the measurement value ID in the measurement value attribute 012, a combination of the base ID and the measurement value ID in the measurement value / column correspondence 013, a combination of the base ID and the device ID in the device attribute 014, and a position attribute 015. Then, it becomes a combination of the base ID and the position ID.
If the same data as the data identification column of the additional data already exists in the addition target table in step S013, the process proceeds to step S014. If not, the process proceeds to step S015.
In step S014, the configuration information setting APP018 performs error processing for the reason of adding duplicate data.
In step S015, additional data is inserted into the addition target table.
At this time, a version name having a base ID equal to the base ID of the additional data from the version management 016 and a state of NEXT is acquired and set as the start version name. VER_MAX is set as the end version name.
As described above, the process of adding data to the configuration information DB 011 can be executed.

ここで、計測値属性テーブル014に新たなレコードを追加する具体例を図21を参照して説明する。
なお、新たなレコード0121(更新対象レコードの例)を追加するときの版管理016の状態は図8に示す通りであるとする。
新たなレコード0121を計測値属性テーブル014に追加する更新を行う際(S015)、構成情報更新部008は、このレコード0121の拠点ID:100のNEXTの版名である「3」を版管理016から取得し、NEXTの版名「3」をレコード0121の開始版名のフィールドに記述し、また、未定を意味するVER_MAXをレコード0121の終了版名のフィールドに記述する。
Here, a specific example of adding a new record to the measurement value attribute table 014 will be described with reference to FIG.
Note that the state of the version management 016 when a new record 0121 (an example of an update target record) is added is as shown in FIG.
When performing update to add a new record 0121 to the measurement value attribute table 014 (S015), the configuration information update unit 008 performs version management 016 on the version name “3” of the NEXT version ID of base 100 of this record 0121. NEXT version name “3” is described in the start version name field of record 0121, and VER_MAX meaning “undecided” is described in the end version name field of record 0121.

図13は図11におけるステップS004での構成情報のデータ更新処理の流れを表すフローチャートである。   FIG. 13 is a flowchart showing the flow of the configuration information data update process in step S004 in FIG.

まずステップS021で構成情報設定APP018により書換えデータに関する情報を入力する。
書換えデータに関する情報としては更新対象の情報種別(計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015のいずれか)とデータ識別列、及びデータ識別列、開始版名、終了版名以外の列の中でデータを書換える列のデータとなる。
ステップS022で構成情報更新部008は書換え対象テーブルにデータ識別列が書換えデータのデータ識別列の値と等しく、終了版名がVER_MAXのデータ(書換え対象データ)が存在しているか調べる。
ステップS023で書換え対象データが存在している場合はステップS025へ、存在していない場合はステップS024に進む。
ステップS024では構成情報設定APP018は書換え対象データがないことを理由としたエラー処理を行う。
ステップS025で構成情報更新部008は版管理016から拠点IDが書換え対象データの拠点IDと等しく、版名が書換え対象データの開始版名と等しいデータの状態の値(開始版名の状態)を調べる。
ステップS026で開始版名の状態がNEXTの場合はステップS029へ、そうでない場合はステップS027に進む。
ステップS027で構成情報更新部008は版管理016から拠点IDが書換え対象データの拠点IDと等しく、状態がCURの版名を取得し、その版名で書換え対象テーブルにある書換え対象データの終了版名を更新する。
ステップS028で構成情報更新部008は書換え対象データに書換えデータの内容を反映して、新たに書換え対象テーブルに挿入する。このとき開始列名には版管理016から拠点IDが書換え対象データの拠点IDと等しく、状態がNEXTの版名を取得して設定する。終了列名にはVER_MAXを設定する。
ステップS029で構成情報更新部008は書換えデータを使って書換え対象テーブルにある書換え対象データを更新する。このときデータ識別列と開始版名、終了版名の列は更新されない。
以上により構成情報DB011に対するデータの書換え処理が実行できる。
First, in step S021, information related to rewrite data is input through configuration information setting APP018.
Information related to rewrite data includes information type to be updated (any one of measurement value attribute 012, measurement value / column correspondence 013, device attribute 014, and position attribute 015), data identification column, data identification column, start version name, and end It becomes the data of the column that rewrites the data in the column other than the version name.
In step S022, the configuration information update unit 008 checks whether data (rewrite target data) having a data identification column equal to the value of the data identification column of the rewrite data and an end version name of VER_MAX exists in the rewrite target table.
If rewrite target data exists in step S023, the process proceeds to step S025. If not, the process proceeds to step S024.
In step S024, the configuration information setting APP018 performs error processing because there is no data to be rewritten.
In step S025, the configuration information update unit 008 obtains the data state value (starting version name state) from the version management 016 where the base ID is equal to the base ID of the data to be rewritten and the version name is equal to the starting version name of the data to be rewritten. Investigate.
If the state of the start version name is NEXT in step S026, the process proceeds to step S029, and if not, the process proceeds to step S027.
In step S027, the configuration information update unit 008 acquires from the version management 016 the version name of which the base ID is the same as the base ID of the data to be rewritten and the state is CUR, and the final version of the rewrite target data in the rewrite target table with the version name. Update the name.
In step S028, the configuration information update unit 008 reflects the contents of the rewrite data in the rewrite target data and newly inserts it into the rewrite target table. At this time, a version name having a base ID equal to the base ID of the data to be rewritten from the version management 016 and a state of NEXT is acquired from the version management 016 and set. VER_MAX is set to the end column name.
In step S029, the configuration information update unit 008 updates the rewrite target data in the rewrite target table using the rewrite data. At this time, the data identification column, start version name, and end version name columns are not updated.
As described above, the data rewriting process for the configuration information DB 011 can be executed.

ここで、計測値属性テーブル014のレコードを書き換える具体例を図22を参照して説明する。
なお、レコード0120、レコード0122、レコード0123(いずれも更新対象レコードの例)に対して処理を行う際の版管理016の状態は図8に示す通りであるとする。
なお、レコード0120は、図13のステップS027で終了版名が更新される既存のレコード(開始版名がNEXTの版名でないレコード)である。
レコード0122は、図13のステップS028で追加される書換え後のデータが記述されるレコードである。
レコード0123は、図13のステップS029でデータの書換えが行われる既存のレコード(開始版名がNEXTの版名のレコード)である。
Here, a specific example of rewriting the record of the measurement value attribute table 014 will be described with reference to FIG.
Note that the state of the version management 016 when processing is performed on the record 0120, the record 0122, and the record 0123 (all of which are update target records) is as shown in FIG.
Note that the record 0120 is an existing record whose end version name is updated in step S027 in FIG. 13 (a record whose start version name is not the NEXT version name).
A record 0122 is a record in which the rewritten data added in step S028 in FIG. 13 is described.
The record 0123 is an existing record (a record whose start version name is NEXT whose data is rewritten in step S029 in FIG. 13).

まず、レコード0120及びレコード0122について説明する。
図13のステップS026の判断において、レコード0120の開始版名は「1」でありNEXTでないため、ステップS027において、構成情報更新部008は、このレコード0120の拠点ID:100のCURの版名である「2」を版管理016から取得し、CURの版名「2」をレコード0120の終了版名のフィールドに記述する。なお、レコード0120は、終了版名以外の内容は変更されない。
次に、構成情報更新部008は、ステップS028において、書換え後のデータが含まれるレコード0122の拠点ID:100のNEXTの版名である「3」を版管理016から取得し、NEXTの版名「3」をレコード0122の開始版名のフィールドに記述する。また、終了版名には未定を意味するVER_MAXを設定する。
First, the record 0120 and the record 0122 will be described.
In the determination of step S026 in FIG. 13, since the start version name of the record 0120 is “1” and not NEXT, in step S027, the configuration information update unit 008 uses the CUR version name of the base ID: 100 of this record 0120. A certain “2” is acquired from the version management 016, and the CUR version name “2” is described in the end version name field of the record 0120. Note that the contents of the record 0120 other than the end version name are not changed.
Next, in step S028, the configuration information update unit 008 acquires “3”, which is the NEXT version name of the base ID: 100 of the record 0122 including the rewritten data, from the version management 016, and the NEXT version name. “3” is described in the field of the start version name of the record 0122. Also, VER_MAX, which means “undecided”, is set as the final version name.

次に、レコード0123の書換えについて説明する。
なお、ここでは、レコード0123のみ書換えが発生し、上述したレコード0120の書換えは発生しないものとする。
レコード0123の開始版名は「3」でありNEXTであるため、ステップS029において、開始版名及び終了版名の記述を変更せずにレコード0123のデータの書換え(機器IDの書換え)を行う。
Next, rewriting of the record 0123 will be described.
Here, it is assumed that only the record 0123 is rewritten and the above-described record 0120 is not rewritten.
Since the start version name of the record 0123 is “3” and NEXT, in step S029, the data of the record 0123 is rewritten (rewriting the device ID) without changing the description of the start version name and the end version name.

図14は、図11におけるステップS005での構成情報のデータ削除処理の流れを表すフローチャートである。   FIG. 14 is a flowchart showing the flow of the configuration information data deletion process in step S005 in FIG.

まずステップS041で構成情報設定APP018により削除データに関する情報を入力する。
削除データに関する情報としては削除対象の情報種別(計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015のいずれか)とデータ識別列となる。
ステップS042で、構成情報更新部008は削除対象テーブルにデータ識別列が削除データのデータ識別列の値と等しく、終了版名がVER_MAXのデータ(削除対象データ)が存在しているか調べる。
ステップS043で、削除対象データが存在している場合はステップS045へ、存在していない場合はステップS044に進む。
ステップS044では、構成情報設定APP018は削除対象データがないことを理由としたエラー処理を行う。
ステップS045で、構成情報更新部008は版管理016から拠点IDが削除対象データの拠点IDと等しく、版名が削除対象データの開始版名と等しいデータの状態の値(開始版名の状態)を調べる。
ステップS046で、開始版名の状態がNEXTの場合はステップS048へ、そうでない場合はステップS047に進む。
ステップS047で、構成情報更新部008は版管理016から拠点IDが削除対象データの拠点IDと等しく、状態がCURの版名を取得し、その版名で削除対象テーブルにある削除対象データの終了版名を更新する。
ステップS048で、構成情報更新部008は削除対象テーブルにある削除対象データを削除する。
ステップS049で、構成情報更新部008は版管理016から拠点IDが削除データの拠点IDと等しく、状態がCURの版名を取得する。
そして、その版名と終了版名が等しく、拠点IDが削除データの拠点IDと等しいデータを削除対象テーブルから取得する。
ステップS050では、構成情報更新部008はステップS049で取得したデータについて削除対象テーブルにあるデータの終了版名をVER_MAXに更新する。
以上により構成情報DB011に対するデータの削除処理が実行できる。
First, in step S041, information related to deletion data is input by configuration information setting APP018.
The information related to the deletion data includes the information type to be deleted (any one of the measurement value attribute 012, the measurement value / column correspondence 013, the device attribute 014, and the position attribute 015) and the data identification column.
In step S042, the configuration information update unit 008 checks whether there is data (deletion target data) whose data identification column is equal to the value of the data identification column of the deletion data and whose end version name is VER_MAX in the deletion target table.
If it is determined in step S043 that the data to be deleted exists, the process proceeds to step S045. If not, the process proceeds to step S044.
In step S044, the configuration information setting APP018 performs error processing because there is no data to be deleted.
In step S045, the configuration information update unit 008 determines the value of the data state from the version management 016 where the base ID is equal to the base ID of the deletion target data and the version name is equal to the start version name of the deletion target data (start version name state). Check out.
If the state of the start version name is NEXT in step S046, the process proceeds to step S048, and if not, the process proceeds to step S047.
In step S047, the configuration information update unit 008 acquires from the version management 016 the version ID having the base ID equal to the base ID of the data to be deleted and the state of CUR, and ends the deletion target data in the deletion target table with the version name. Update the version name.
In step S048, the configuration information update unit 008 deletes the deletion target data in the deletion target table.
In step S049, the configuration information update unit 008 acquires from the version management 016 a version name whose base ID is equal to the base ID of the deleted data and whose state is CUR.
Then, data whose version name and end version name are the same and whose base ID is the same as the base ID of the deletion data is acquired from the deletion target table.
In step S050, the configuration information update unit 008 updates the end version name of the data in the deletion target table with respect to the data acquired in step S049 to VER_MAX.
As described above, the data deletion process for the configuration information DB 011 can be executed.

ここで、計測値属性テーブル014のレコードを削除する具体例を図23を参照して説明する。
なお、レコード0120、レコード0124、レコード0125(いずれも更新対象レコードの例)に対して処理を行う際の版管理016の状態は図8に示す通りであるとする。
なお、レコード0120は、図14のステップS047で終了版名が更新される既存のレコード(開始版名がNEXTの版名でないレコード)である。
レコード0124は、図14のステップS050で終了版名が更新される既存のレコード(開始版名がNEXTの版名でないレコード)である。
レコード0125は、図14のステップS048で削除される既存のレコード(開始版名がNEXTの版名のレコード)である。
Here, a specific example of deleting a record in the measurement value attribute table 014 will be described with reference to FIG.
Note that the state of the version management 016 when processing is performed on the record 0120, the record 0124, and the record 0125 (all of which are update target records) is as shown in FIG.
Note that the record 0120 is an existing record whose end version name is updated in step S047 of FIG. 14 (a record whose start version name is not the NEXT version name).
The record 0124 is an existing record whose end version name is updated in step S050 of FIG. 14 (a record whose start version name is not the NEXT version name).
The record 0125 is an existing record that is deleted in step S048 of FIG. 14 (a record whose start version name is NEXT).

まず、レコード0120について説明する。
図14のステップS046の判断において、レコード0120の開始版名は「1」でありNEXTでないため、ステップS047において、構成情報更新部008は、このレコード0120の拠点ID:100のCURの版名である「2」を版管理016から取得し、CURの版名「2」をレコード0120の終了版名のフィールドに記述する。なお、レコード0120は、終了版名以外の内容は変更されない。
First, the record 0120 will be described.
In the determination in step S046 in FIG. 14, the start version name of the record 0120 is “1” and not NEXT. A certain “2” is acquired from the version management 016, and the CUR version name “2” is described in the end version name field of the record 0120. Note that the contents of the record 0120 other than the end version name are not changed.

次に、レコード0125の削除とレコード0124の終了版名の更新について説明する。
なお、ここでは、レコード0125の削除のみが発生し、上述したレコード0120の削除は発生しないものとする。
レコード0125の開始版名は「3」でありNEXTであるため、ステップS048において、構成情報更新部008はレコード0125を削除する。
次に、構成情報更新部008は、ステップS049において、構成情報更新部008はステップS049において、レコード0125の拠点ID:100のCURの版名「2」を版管理016から取得する。
次に、構成情報更新部008は、拠点ID:100であって終了版名が「2」であるレコード0124を抽出し、ステップS050で、レコード0124の終了版名を未定を意味するVER_MAXに変更する。
Next, deletion of the record 0125 and update of the end version name of the record 0124 will be described.
Here, it is assumed that only the deletion of the record 0125 occurs and the deletion of the record 0120 described above does not occur.
Since the start version name of the record 0125 is “3” and NEXT, the configuration information update unit 008 deletes the record 0125 in step S048.
Next, in step S049, the configuration information update unit 008 acquires the version name “2” of the CUR with the base ID: 100 of the record 0125 from the version management 016 in step S049.
Next, the configuration information update unit 008 extracts the record 0124 having the base ID: 100 and the end version name “2”, and changes the end version name of the record 0124 to VER_MAX meaning undecided in step S050. To do.

図21〜図23を用いて説明したように、同じテーブル内の2つ以上のレコードに同じ拠点IDが記述されている場合に、更新対象のレコードと同じ拠点IDの他のレコードの開始版名及び終了版名の記述は変更せずに、更新対象レコードの開始版名又は/及び終了版名に版管理016から取得した版名を記述する。
そして、版情報更新部007は、後述のように、更新対象レコードの拠点IDと同じ拠点IDが記述されている他のレコードでレコード内容の変更がなくても、更新対象レコードにおける更新時刻を版管理016に反映させるとともに、CUR、NEXTとなる版の世代を更新する。
As described with reference to FIGS. 21 to 23, when the same base ID is described in two or more records in the same table, the start version name of another record having the same base ID as the record to be updated The version name acquired from the version management 016 is described in the start version name and / or end version name of the record to be updated without changing the description of the end version name.
Then, as will be described later, the version information update unit 007 displays the update time in the update target record even if there is no change in the record contents in another record in which the same base ID as the base ID of the update target record is described. The information is reflected in the management 016, and the generation of the version to be CUR and NEXT is updated.

図15は、図11におけるステップS007での構成情報の版の改定処理の流れを表すフローチャートである。   FIG. 15 is a flowchart showing the flow of the revision process of the version of the configuration information in step S007 in FIG.

まず、ステップS061で、構成情報設定APP018により改定に関する指示情報を入力する。改定指示情報としては改定対象の拠点ID、改定日時(計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015のいずれかのレコードを更新した更新時刻)となる。
ステップS062で、版情報更新部007は、拠点管理017から改定対象の拠点IDのデータを取得し、グループIDの値を調べる。
グループIDの値がnullの場合は拠点IDがグループに所属していないため改定対象はステップS061で入力した拠点IDのみとなる。
グループIDの値がnullでない場合、拠点管理017から同一グループIDを持つ拠点IDをすべて取得する。
ここで取得したすべての拠点IDが改定対象となり、拠点ID毎にステップS063からステップS065を実行する。
ステップS063で、版情報更新部007は、版管理016で拠点IDが改定対象の拠点IDと等しく、状態がCURのデータについて、状態をPAST、終了日時を改定日時に更新する。
ステップS064で、版情報更新部007は、版管理016で拠点IDが改定対象の拠点IDと等しく、状態がNEXTのデータについて、状態をCUR、開始日時を改定日時、終了日時をTIMESTAMP_MAXに更新する。
ステップS065で、版情報更新部007は、版管理016に拠点IDに改定対象の拠点ID、版名にステップS064で更新したデータの版名に版の間隔単位(例えば1)を加えた値、状態にNEXTを設定したデータを挿入する。
ステップS066で、改定対象の拠点IDの中で未処理の拠点IDが残っている場合はステップS063へ進み、未処理の拠点IDについて処理を行う。
以上により構成情報DB011に対する版の改定処理が実行できる。
First, in step S061, instruction information related to the revision is input by the configuration information setting APP018. The revision instruction information includes the base ID to be revised and the revision date and time (update time when one of the records of the measurement value attribute 012, the measurement value / column correspondence 013, the device attribute 014, and the position attribute 015 is updated).
In step S062, the version information update unit 007 acquires data of the base ID to be revised from the base management 017 and checks the value of the group ID.
When the value of the group ID is null, the site ID does not belong to the group, so the revision target is only the site ID input in step S061.
If the group ID value is not null, all base IDs having the same group ID are acquired from the base management 017.
All the base IDs acquired here are subject to revision, and Steps S063 to S065 are executed for each base ID.
In step S063, the version information update unit 007 updates the status to PAST and the end date / time to the revised date / time for data whose version ID is the same as the base ID to be revised in version management 016.
In step S 064, the version information update unit 007 updates the status to CUR, the start date / time to the revised date / time, and the end date / time to TIMESTAMP_MAX for data whose version ID is the same as the revision-target site ID in version management 016. .
In step S065, the version information update unit 007 adds a version management 016 with a base ID to be revised as a base ID, a version name plus a version interval unit (for example, 1) to the version name of the data updated in step S064, Insert data with NEXT set to state.
If it is determined in step S066 that there is an unprocessed base ID among the revision-target base IDs, the process proceeds to step S063, where the unprocessed base ID is processed.
As described above, the revision process of the version of the configuration information DB 011 can be executed.

図16は、図11におけるステップS008での拠点管理017に対するデータ変更処理の流れを表すフローチャートである。   FIG. 16 is a flowchart showing the flow of the data change process for the base management 017 in step S008 in FIG.

まず、ステップS101で、構成情報設定APP018により拠点変更に関する操作指示情報を入力する。
操作指示情報としては拠点の変更操作(追加あるいは削除)と、追加の場合は拠点管理017への追加データ、削除の場合は削除対象の拠点IDとなる。
ステップS102で変更操作が追加の場合はステップS103へ、削除の場合はステップS105に進む。
ステップS103で、構成情報更新部008は追加データを拠点管理017に挿入する。
ステップS104で、版情報更新部007は版管理016に対して拠点IDに追加データの拠点ID、版名に版の初期値(例えば1)、状態にNEXTを設定したデータを挿入する。
ステップS105で、構成情報更新部008は構成情報DB011のすべてのテーブル(計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015、版管理016、拠点管理017)に対して、拠点IDが削除対象の拠点IDと等しいデータを削除する。
以上により構成情報DB011の拠点管理017に対するデータ変更処理が実行できる。
First, in step S101, operation instruction information related to base change is input by configuration information setting APP018.
As the operation instruction information, a base change operation (addition or deletion), additional data to the base management 017 in the case of addition, and a base ID to be deleted in the case of deletion.
If the change operation is added in step S102, the process proceeds to step S103. If the change operation is deleted, the process proceeds to step S105.
In step S103, the configuration information update unit 008 inserts additional data into the base management 017.
In step S <b> 104, the version information update unit 007 inserts data with the base ID of the additional data as the base ID, the initial value of the version (for example, 1) as the version name, and NEXT as the state.
In step S105, the configuration information update unit 008 applies to all the tables (measurement value attribute 012, measurement value / column correspondence 013, device attribute 014, location attribute 015, version management 016, site management 017) of the configuration information DB 011. Data whose base ID is equal to the base ID to be deleted is deleted.
As described above, the data change process for the base management 017 of the configuration information DB 011 can be executed.

図11のステップS003、S004、S005で実行した変更操作は、ステップS007の実行前であれば一括して取り消すことができる。
図17はステップS003、S004、S005による変更の取消処理の流れを表すフローチャートである。
The change operations executed in steps S003, S004, and S005 in FIG. 11 can be canceled all at once before execution of step S007.
FIG. 17 is a flowchart showing the flow of change cancellation processing in steps S003, S004, and S005.

まず、ステップS071で、構成情報設定APP018により変更の取消対象となる拠点IDを入力する。
ステップS072で、構成情報更新部008は、版管理016から拠点IDが取消対象の拠点IDと等しく、状態がNEXTの版名を取得する。
そして計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015のすべてについて、拠点IDが取消対象の拠点IDと等しく、開始版名が取得した版名と等しいデータを削除する。
ステップS073で、構成情報更新部008は、版管理016から拠点IDが取消対象の拠点IDと等しく、状態がCURの版名を取得する。
そして計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015のすべてについて、拠点IDが取消対象の拠点IDと等しく、終了版名が取得した版名と等しいデータの終了版名をVER_MAXに更新する。
以上によりステップS003、S004、S005による変更の取消処理が実行できる。
First, in step S071, the base ID to be canceled is input by the configuration information setting APP018.
In step S072, the configuration information update unit 008 acquires from the version management 016 a version name whose base ID is equal to the base ID to be canceled and whose state is NEXT.
For all of the measurement value attribute 012, the measurement value / column correspondence 013, the device attribute 014, and the position attribute 015, data whose base ID is equal to the base ID to be canceled and whose start version name is equal to the acquired version name is deleted.
In step S073, the configuration information update unit 008 acquires from the version management 016 a version name whose base ID is equal to the base ID to be canceled and whose state is CUR.
For all of the measurement value attribute 012, measurement value / column correspondence 013, device attribute 014, and position attribute 015, the end version name of the data whose base ID is equal to the base ID of the cancellation target and whose end version name is equal to the acquired version name Is updated to VER_MAX.
As described above, the change canceling process in steps S003, S004, and S005 can be executed.

次に、機器からのデータの格納について説明する。
図18は、図1に示すデータ蓄積装置における機器からのデータ格納処理の流れを表すフローチャートである。
Next, storage of data from the device will be described.
FIG. 18 is a flowchart showing the flow of data storage processing from the device in the data storage device shown in FIG.

まず、ステップS081で、データ収集部032は一定時間間隔でセンサー機器031からデータを収集して、データ受信部002に送信する。
このとき、データ収集部032ではデータの計測値IDと発生日時及び拠点030の拠点IDを付加情報としてデータに付加して送信する。
なお、計測値IDと拠点IDはデータ収集部032で付加せず、データ受信部002が受け取った段階でデータに付加してもよい。
ステップS082で、データ受信部002は、受け取ったデータ一式と動作モードを示すパラメータをデータ格納部003に受け渡す。
動作モードを示すパラメータは実運用と試験運用のいずれかの値を持ち、モードはデータ受信部002の起動時に指定され、通常の実行では実運用モードとなる。
データ格納部003ではデータを拠点ID単位で発生日時毎に分類し、グループ化する。
ステップS083で、データ格納部003は、グループ化したデータ群の個々のデータに対して、拠点IDと計測値ID、発生日時をパラメータとして構成情報検索部009に問い合わせを実行して、データの格納先(サーバ、テーブル、出力列)を取得する。
ステップS084で、データ格納部003は、ステップS083で取得したデータ格納先のテーブル、出力列の情報に従ってテーブル毎にレコードを組み立てて、センサーDB006の該当テーブルに出力する。
以上により機器からのデータを構成情報DB011の情報に従ってセンサーDB006に格納する。
First, in step S081, the data collection unit 032 collects data from the sensor device 031 at regular time intervals and transmits the collected data to the data reception unit 002.
At this time, the data collection unit 032 adds the data measurement value ID, the date and time of occurrence, and the base ID of the base 030 to the data as additional information and transmits the data.
Note that the measurement value ID and the site ID may not be added by the data collection unit 032 but may be added to the data when received by the data reception unit 002.
In step S082, the data reception unit 002 delivers the received data set and parameters indicating the operation mode to the data storage unit 003.
The parameter indicating the operation mode has a value of either an actual operation or a test operation, and the mode is specified when the data receiving unit 002 is activated, and becomes an actual operation mode in normal execution.
In the data storage unit 003, data is classified and grouped for each occurrence date and time in units of base IDs.
In step S083, the data storage unit 003 makes an inquiry to the configuration information search unit 009 with respect to individual data of the grouped data group using the base ID, measurement value ID, and occurrence date and time as parameters, and stores the data. Get the destination (server, table, output column).
In step S084, the data storage unit 003 assembles a record for each table according to the data storage destination table and output column information acquired in step S083, and outputs the records to the corresponding table of the sensor DB 006.
As described above, the data from the device is stored in the sensor DB 006 according to the information in the configuration information DB 011.

図18のステップS083における構成情報検索部009の処理について、詳細を説明する。
図19は構成情報検索部009における構成情報の検索処理の流れを表すフローチャートである。
Details of the processing of the configuration information search unit 009 in step S083 in FIG. 18 will be described.
FIG. 19 is a flowchart showing the flow of configuration information search processing in the configuration information search unit 009.

まず、ステップS091で、構成情報検索部009は、構成情報DB011に対する検索条件を入力する。
検索条件としては検索対象(計測値属性012、計測値/列対応013、機器属性014、位置属性015)、出力対象、抽出条件などがある。
図18のステップS083の場合、検索対象は計測値/列対応013、出力対象はサーバ、テーブル、出力列、抽出条件は拠点ID、計測値IDに対する等号条件と日時指定となる。
ステップS092で、検索条件として構成情報DB011のデータの版名に対する抽出条件があるか調べ、条件がある場合はステップS098へ、ない場合はステップS093に進む。
ステップS083の場合は条件がないためステップS093に進む。
ステップS093で検索条件として日時指定の抽出条件があるか調べ、条件がある場合はステップS095へ、ない場合はステップS094に進む。ステップS083の場合は日時指定があるためステップS095に進む。
ステップS094で版管理016から状態がCURの版名を取得する。
このとき拠点IDに対する抽出条件がある場合は対応する拠点IDについて、条件がない場合はすべての拠点IDについて実行する。
ステップS083の場合、本ステップは実行されない。
ステップS095で日時指定の値が日時データか、あるいはnullか調べる。
値として日時データが指定されている場合はステップS096へ、値にnullが指定されている場合はステップS097に進む。
ステップS083の場合、通常は値として日時データが指定されるためステップS096に進む。
ステップS096で日時指定を元に版管理016から検索対象の版名を導出する。版管理016から日時指定された値(対象日時)が開始日時以降で終了日時を超えない(開始日時≦対象日時<終了日時)条件を満たす版名を取得する。
このとき拠点IDに対する抽出条件がある場合は対応する拠点IDについて、条件がない場合はすべての拠点IDについて実行する。ステップS083の場合は拠点IDと日時指定から一つの版名を取得する。
ステップS097では開始日時の値がnullの版名を取得する。
開始日時の値がnullの版名の状態はNEXTとなることから、状態がNEXTの版名が取得される。
このとき拠点IDに対する抽出条件がある場合は対応する拠点IDについて、条件がない場合はすべての拠点IDについて実行する。ステップS083では本ステップは通常実行されない。
ステップS098で版名が開始版名以上で終了版名以下(開始版名≦版名≦終了版名)という条件を生成する。
その条件をステップS091で入力した検索条件に追加して構成情報DB011の検索処理を実行して結果を返す。
ステップS083の場合は計測値/列対応013に対して拠点ID、計測値IDに対する等号条件に版名の条件を加えた抽出条件の検索処理を実行し、結果としてサーバ、テーブル、出力列を返す。
以上により構成情報DB011から必要な版名に対応した構成情報の検索処理が実行できる。
First, in step S091, the configuration information search unit 009 inputs a search condition for the configuration information DB 011.
Search conditions include a search target (measurement value attribute 012, measurement value / column correspondence 013, device attribute 014, position attribute 015), output target, extraction condition, and the like.
In the case of step S083 in FIG. 18, the search target is the measurement value / column correspondence 013, the output target is the server, the table, the output column, the extraction condition is the base ID, the equality condition for the measurement value ID, and the date / time designation.
In step S092, it is checked whether there is an extraction condition for the version name of the data in the configuration information DB 011 as a search condition. If there is a condition, the process proceeds to step S098, and if not, the process proceeds to step S093.
In the case of step S083, since there is no condition, the process proceeds to step S093.
In step S093, it is checked whether there is an extraction condition for designating date and time as a search condition. If there is a condition, the process proceeds to step S095. In the case of step S083, since the date and time is specified, the process proceeds to step S095.
In step S094, the version name of the status CUR is acquired from the version management 016.
At this time, if there is an extraction condition for the base ID, the corresponding base ID is executed, and if there is no condition, it is executed for all base IDs.
In the case of step S083, this step is not executed.
In step S095, it is checked whether the date / time designation value is date / time data or null.
If date / time data is specified as the value, the process proceeds to step S096. If null is specified as the value, the process proceeds to step S097.
In the case of step S083, since date / time data is normally designated as a value, the process proceeds to step S096.
In step S096, the version name to be searched is derived from the version management 016 based on the date and time designation. A version name satisfying the condition that the value (target date and time) specified from the version management 016 does not exceed the end date and time after the start date and time (start date and time <target date and time <end date and time) is acquired.
At this time, if there is an extraction condition for the base ID, the corresponding base ID is executed, and if there is no condition, it is executed for all base IDs. In the case of step S083, one version name is acquired from the base ID and date designation.
In step S097, a version name having a start date and time value of null is acquired.
Since the state of the version name whose start date and time value is null is NEXT, the version name whose state is NEXT is acquired.
At this time, if there is an extraction condition for the base ID, the corresponding base ID is executed, and if there is no condition, it is executed for all base IDs. In step S083, this step is not normally executed.
In step S098, a condition that the version name is greater than or equal to the start version name and less than or equal to the end version name (start version name ≦ version name ≦ end version name) is generated.
The condition is added to the search condition input in step S091, the search process of the configuration information DB 011 is executed, and the result is returned.
In the case of step S083, the extraction condition search process is executed by adding the version name condition to the base ID and the equality condition for the measurement value ID for the measurement value / column correspondence 013. As a result, the server, the table, and the output string return.
As described above, the configuration information search process corresponding to the required version name can be executed from the configuration information DB 011.

機器からのデータ格納で、試験運用として状態がNEXTの版名に対応する構成情報を使ったデータ格納を行う場合は、試験運用のデータを受け取るデータ受信部002を試験運用モードで起動する。
図18のステップS082においてデータ受信部002は試験運用モードであることをデータ格納部003に伝え、データ格納部003ではステップS083の構成情報検索部009への問い合わせの際、発生日時の値をnullにすることで状態がNEXTの版名に対応した構成情報を取得することができる。
When storing data from the device and performing data storage using configuration information corresponding to the version name of NEXT as a test operation, the data receiving unit 002 that receives the data of the test operation is activated in the test operation mode.
In step S082 of FIG. 18, the data reception unit 002 notifies the data storage unit 003 that it is in the test operation mode. By doing so, the configuration information corresponding to the version name of NEXT can be acquired.

最後に蓄積したデータの検索について説明する。
図20は、図1に示すデータ蓄積装置001における蓄積したデータの検索処理の流れを表すフローチャートである。
The search for the last stored data will be described.
FIG. 20 is a flowchart showing the flow of search processing for stored data in the data storage device 001 shown in FIG.

まずステップS111で検索APP020からデータの検索条件を入力する。
検索条件としては、対象とする拠点030の拠点ID、検索対象となる計測値テーブルと出力対象の列や抽出条件などに、出力対象の構成情報の版名や情報種別、出力対象列などがある。
入力した検索条件はセンサーDB検索部019に渡される。
ステップS112で、センサーDB検索部019は、計測値テーブルに対する抽出条件として日時指定があるか調べて、指定がある場合はステップS116へ、ない場合はステップS113に進む。
ステップS113で、センサーDB検索部019は、出力対象の構成情報の版名の指定があるか調べて、指定がある場合はステップS115へ、ない場合はステップS114に進む。
ステップS114で、センサーDB検索部019は、ステップS111で入力した拠点IDをパラメータに構成情報検索部009に状態がCURの版名を問い合わせる。
構成情報検索部009では版管理016から拠点IDの値がセンサーDB検索部019から渡された拠点IDと等しく、状態がCURの版名を検索してセンサーDB検索部019に返す。
ステップS115で、センサーDB検索部019は、拠点IDと版名をパラメータに構成情報検索部009に版の開始日時、終了日時を問い合わせる。
構成情報検索部009では版管理016から拠点IDと版名がセンサーDB検索部019から渡された値と等しいデータの開始日時と終了日時を取得してセンサーDB検索部019に返す。
センサーDB検索部019は取得した開始日時、終了日時を使って計測値テーブルに対する日時指定条件(開始日時≦発生日時<終了日時)を生成する。
ステップS116で、センサーDB検索部019は計測値テーブル、出力対象の列と日時指定条件及びステップS111で入力した日時指定条件以外の抽出条件などの検索条件を指定してデータ検索部004に対してセンサーDB006の検索問い合わせを行う。
データ検索部004はDB管理部005を使用して検索条件に従った検索処理を実行し、結果をセンサーDB検索部019に渡す。
ステップS117で、センサーDB検索部019は、ステップS111で入力した出力対象の構成情報の版名や情報種別、出力対象列及び日時指定(計測値テーブルに対する日時指定がある場合)をパラメータとして構成情報検索部009に問い合わせを実行する。
構成情報検索部009ではパラメータを元に構成情報を検索する。
ここでの処理は図19のフローチャートの通りである。
検索結果はセンサーDB検索部019に返される。
ステップS118で、センサーDB検索部019は、ステップS116で得られたデータとステップS118で得られた構成情報を合わせて検索APP020に返し、検索APP020はデータと構成情報を出力する。
以上によりセンサーDB006に蓄積されたデータを構成情報DB011の対応する構成情報と共に検索することができる。
First, in step S111, data search conditions are input from the search APP020.
The search conditions include the base ID of the target base 030, the measurement value table to be searched, the output target column, the extraction condition, and the like, the version name and information type of the output target configuration information, the output target column, and the like. .
The input search condition is passed to the sensor DB search unit 019.
In step S112, the sensor DB search unit 019 checks whether there is a date and time designation as an extraction condition for the measurement value table. If there is a designation, the process proceeds to step S116. If not, the process proceeds to step S113.
In step S113, the sensor DB search unit 019 checks whether the version name of the configuration information to be output has been specified. If so, the process proceeds to step S115. If not, the process proceeds to step S114.
In step S114, the sensor DB search unit 019 inquires of the configuration information search unit 009 about the version name of the CUR state using the base ID input in step S111 as a parameter.
In the configuration information search unit 009, the value of the base ID from the version management 016 is the same as the base ID passed from the sensor DB search unit 019, and the version name having the state CUR is searched and returned to the sensor DB search unit 019.
In step S115, the sensor DB search unit 019 inquires of the configuration information search unit 009 about the start date / time and the end date / time of the version using the site ID and the version name as parameters.
The configuration information search unit 009 acquires the start date / time and end date / time of the data whose base ID and version name are the same as the values passed from the sensor DB search unit 019 from the version management 016, and returns them to the sensor DB search unit 019.
The sensor DB search unit 019 uses the acquired start date / time and end date / time to generate a date / time specification condition (start date / time ≦ occurrence date / end date / time) for the measurement value table.
In step S116, the sensor DB search unit 019 specifies search conditions such as a measurement value table, an output target column, a date and time designation condition, and an extraction condition other than the date and time designation condition input in step S111, and the data search unit 004 A search query for the sensor DB 006 is made.
The data search unit 004 uses the DB management unit 005 to execute search processing according to the search condition, and passes the result to the sensor DB search unit 019.
In step S117, the sensor DB search unit 019 uses the version name and information type of the output target configuration information input in step S111, the output target column, and the date / time designation (when date / time designation for the measurement value table) as parameters. An inquiry is executed to the search unit 009.
The configuration information search unit 009 searches for configuration information based on the parameters.
The processing here is as shown in the flowchart of FIG.
The search result is returned to the sensor DB search unit 019.
In step S118, the sensor DB search unit 019 combines the data obtained in step S116 with the configuration information obtained in step S118, and returns it to the search APP020, and the search APP020 outputs the data and configuration information.
As described above, the data stored in the sensor DB 006 can be searched together with the corresponding configuration information in the configuration information DB 011.

蓄積したデータの検索で、試験運用として状態がNEXTの版名に対応する構成情報を使って格納したデータに対する検索を行う場合は、検索条件に状態がNEXTの版名を指定することで対応できる。   When searching the stored data using the configuration information corresponding to the NEXT version name as a test operation, the stored data can be searched by specifying the NEXT version name as the search condition. .

以上のように、構成情報は変更されたデータも履歴として版毎に管理するようにしているので、構成情報を変更しても変更前の構成情報が失われることがなく、それにより構成情報に対応したデータについても、変更前までに蓄積されたデータを利用することができる。
また、構成情報の版データの状態として履歴/現版に加えて次版を定義しているので、構成情報データベースに次版のデータを登録することができる。
さらに、構成情報に対する変更有無に関わらず改版時には予め次版の版データを生成するので、構成情報の変更時に版情報に対する変更処理が不要である。
また、構成情報の変更時に現版のデータは更新せず次版のデータに対して操作を行っているので、確定したデータは失われず履歴として蓄積され、変更操作が行われるデータは一つのみで変更途中の中間状態のデータが残らない。
さらに、構成情報に対する検索は日時指定に基づく条件で行うことができるので、センサーDB側には版に関する情報は不要で、検索操作では版を意識しなくても検索することができる。
また、版の改定までは次版の構成情報は日時指定条件に適合しないことが保障できるので、データ格納処理(構成情報の検索)と並行して構成情報を変更することができる。
さらに、変更中の次版の構成情報の検索もできるので、実運用と並行して次版の構成情報を使用した試験運用が可能となる。
また、構成情報の版の改定処理は版情報に対する処理のみで完結するようにしているので、個々の構成情報に対する処理が不要なことで改定処理を効率化できる(処理ステップ、実行時間の短縮)。
さらに、版改定に伴う版の終了日時の設定を任意の日時に指定できるようにしているので、版の改定を将来または過去に遡った時点で行うことができる。
また、構成情報と版管理情報は拠点単位で管理するようにしているので、拠点毎に独立な情報として拠点毎に構成情報の運用が行え、複数の拠点からのデータに対応することができる。
さらに、複数拠点の集合を定義可能とし、拠点の集合単位で構成情報の版改定を同期させるようにしているので、複数拠点にまたがった版の管理を行うことができる。
As described above, the configuration information is also managed for each version as a history of changed data, so even if the configuration information is changed, the configuration information before the change is not lost, and the configuration information is thereby changed. For the corresponding data, the data accumulated before the change can be used.
Further, since the next version is defined in addition to the history / current version as the state of the configuration data version data, the next version data can be registered in the configuration information database.
Furthermore, since the next version of the version data is generated in advance at the time of revision regardless of whether or not the configuration information is changed, no change process for the version information is required when the configuration information is changed.
In addition, when the configuration information is changed, the current version of the data is not updated and the next version of the data is operated, so the confirmed data is not lost and is stored as a history, and only one data is changed. No data remains in the middle of the change.
Furthermore, since the search for the configuration information can be performed under conditions based on the date and time designation, no information about the version is required on the sensor DB side, and the search operation can be performed without being aware of the version.
In addition, since it can be ensured that the configuration information of the next version does not meet the date and time designation condition until the revision of the version, the configuration information can be changed in parallel with the data storage process (configuration information search).
Furthermore, since the configuration information of the next version being changed can be searched, a test operation using the configuration information of the next version can be performed in parallel with the actual operation.
In addition, the revision process of the version of the configuration information is completed only by the process for the version information, so that the revision process can be made more efficient by eliminating the process for each piece of configuration information (processing steps, shortening the execution time). .
Furthermore, since the setting of the end date and time of the version accompanying the revision of the version can be designated at an arbitrary date and time, the revision of the version can be performed in the future or when going back in the past.
Further, since the configuration information and version management information are managed in units of bases, the configuration information can be operated for each base as independent information for each base, and data from a plurality of bases can be handled.
Furthermore, since a set of a plurality of bases can be defined and the revision of the configuration information is synchronized for each set of bases, it is possible to manage versions across a plurality of bases.

以上、本実施の形態では、複数機器からデータを収集し、データの蓄積と検索を可能にするデータ蓄積装置において、以下を備えた構成情報管理装置を説明した。
(a)機器や収集データ、データ格納場所などに関する情報と、情報が対応する版の開始版名と終了版名の情報を有する構成要素データから成る構成情報;
(b)構成情報の版名と状態、開始日時及び終了日時を有する版データから成り、版データの状態としては履歴/現版/次版の三つのいずれかの値となる版管理情報;
(c)構成情報と版管理情報から成る構成情報データベース;
(d)構成情報の登録、更新を行う構成情報更新手段;
(e)構成情報の版を改定する版情報更新手段;
(f)構成情報データベースから構成情報を検索する構成情報検索手段。
As described above, in the present embodiment, the configuration information management apparatus including the following in the data storage apparatus that collects data from a plurality of devices and enables data storage and retrieval has been described.
(A) Configuration information consisting of component data having information on equipment, collected data, data storage location, etc., and information on the start version name and end version name of the version to which the information corresponds;
(B) Version management information which is composed of version data having the version name and status of the configuration information, the start date and time, and the end date and time, and the status of the version data is one of three values of history / current version / next version;
(C) Configuration information database comprising configuration information and version management information;
(D) Configuration information updating means for registering and updating configuration information;
(E) Version information updating means for revising the version of configuration information;
(F) Configuration information retrieval means for retrieving configuration information from the configuration information database.

また、前記(a)構成情報において次版に対応する構成要素データの有無に関わらず前記(b)版管理情報に状態が次版の版データを予め用意することを説明した。   In addition, it has been described that (b) the version data of the next version is prepared in advance in the (b) version management information regardless of the presence or absence of component data corresponding to the next version in the (a) configuration information.

また、前記(d)構成情報更新手段において、
構成情報に構成要素データを追加する場合は、追加する構成要素データの開始版名に状態が次版の版データの版名を設定して構成要素データを挿入、
構成情報の構成要素データを変更する場合は、変更対象の構成要素データの開始版名に設定されている版データの状態が次版のときは変更対象の構成要素データを直接更新、状態が次版でないときは変更対象の構成要素データの終了版名を状態が現版の版データの版名に更新して、変更後の構成要素データは開始版名に状態が次版の版データの版名を設定して新規に挿入、
構成情報の構成要素データを削除する場合は、削除対象の構成要素データの開始版名に設定されている版データの状態が次版のときは削除対象の構成要素データを直接削除し、状態が次版でないときは削除対象の構成要素データの終了版名を状態が現版の版データの版名に更新すると共に、
前記(e)版情報更新手段において構成情報の版を改定するとき、状態が現版の版データについて状態を履歴に更新すると共に終了日時を設定し、状態が次版の版データについては状態を現版に更新して開始日時を設定、さらに新しく状態が次版の版データを挿入することで構成情報データベースの変更を行うことを説明した。
In the (d) configuration information updating means,
When adding component data to the configuration information, insert the component data by setting the version name of the version data of the next version as the start version name of the component data to be added,
When changing the component data in the configuration information, if the status of the version data set in the starting version name of the component data to be changed is the next version, the component data to be changed is directly updated and the status is next If it is not a version, the end version name of the component data to be changed is updated to the version name of the current version data, and the changed component data has the start version name and the version data version of the next version data. Insert a new name
When deleting the component data of the configuration information, if the status of the version data set in the starting version name of the component data to be deleted is the next version, the component data to be deleted is deleted directly and the status is If it is not the next version, the final version name of the component data to be deleted is updated to the version name of the current version data,
(E) When the version of the configuration information is revised in the version information updating means, the status is updated to the history for the version data of the current version and the end date is set, and the status is set for the version data of the next version. We explained that the configuration information database is changed by updating to the current version, setting the start date and time, and inserting the new version of the version data.

また、前記(e)版情報更新手段において、構成情報の版改定で状態を現版から履歴に更新する版データの終了日時及び状態を次版から現版に更新する版データの開始日時について任意の日時が指定できることにより、版の切り替え時期として将来または過去に遡った時点に設定できることを説明した。   In addition, in the (e) version information updating means, the end date and time of the version data whose status is updated from the current version to the history by the revision of the configuration information and the start date and time of the version data whose status is updated from the next version to the current version are arbitrary. It was explained that the date and time can be specified, so that the version change time can be set in the future or when going back in the past.

また、前記(f)構成情報検索手段において、検索条件に版名が指定されている場合は指定された版名を、そうでない場合は日時指定条件から前記(b)版管理情報の開始日時と終了日時により導出した版データの版名を使用して、前記(a)構成情報が持つ開始版名及び終了版名の情報から版名に該当する構成情報を抽出することを説明した。   In the (f) configuration information search means, if the version name is specified in the search condition, the specified version name is specified. If not, the start date / time of the version management information is determined from the date / time specification condition. It has been described that the configuration information corresponding to the version name is extracted from the information of the start version name and end version name of the configuration information (a) using the version name of the version data derived from the end date and time.

また、前記(f)構成情報検索手段において、検索条件として日時指定をした場合、次版に対応する構成情報は抽出されず、履歴または現版に対応する構成情報が必ず抽出されることを説明した。   Also, it is explained that in the configuration information search means, when the date is specified as the search condition, the configuration information corresponding to the next version is not extracted, and the configuration information corresponding to the history or the current version is always extracted. did.

また、データ蓄積装置は、更に、以下の要素を備えていることを説明した。
(g)機器からのデータを蓄積するデータベース;
(h)複数の機器からのデータを収集するデータ収集手段;
(i)(h)データ収集手段からのデータを受信するデータ受信手段;
(j)前記(c)構成情報データベースの(a)構成情報に基づいて(i)データ受信手段から受け取ったデータを(g)データベースに格納するデータ格納手段;
(k)(g)データベースからデータを検索するデータ検索手段;
(l)前記(f)構成情報検索手段と(k)データ検索手段を組み合わせて利用することによりデータを検索するデータベース検索手段;
In addition, it has been described that the data storage device further includes the following elements.
(G) a database for accumulating data from equipment;
(H) data collection means for collecting data from a plurality of devices;
(I) (h) data receiving means for receiving data from the data collecting means;
(J) Based on (a) configuration information in the (c) configuration information database, (i) data storage means for storing data received from the data reception means in the database;
(K) (g) data retrieval means for retrieving data from the database;
(L) Database search means for searching for data by using a combination of (f) configuration information search means and (k) data search means;

また、前記(j)データ格納手段において、データの日時情報を基に前記(f)構成情報検索手段によりデータに対応する構成情報の版からデータ格納場所の情報を取得し、所定の格納場所にデータを格納することを説明した。   Further, in the (j) data storage means, the information on the data storage location is obtained from the version of the configuration information corresponding to the data by the (f) configuration information search means based on the date / time information of the data, and stored in the predetermined storage location. Explained storing data.

また、前記(l)データベース検索手段において、日時指定条件を基に前記(k)データ検索手段により機器からのデータを取得すると共に前記(f)構成情報検索手段によりデータに対応する構成情報を取得して、データと対応する構成情報を同時に取得することを説明した。   In the (l) database search means, the data from the device is acquired by the (k) data search means based on the date and time designation condition, and the configuration information corresponding to the data is acquired by the (f) configuration information search means. Thus, it has been explained that the configuration information corresponding to the data is acquired simultaneously.

また、複数の遠隔拠点に前記(h)データ収集手段がそれぞれ独立して個別に存在し、前記(c)構成情報データベースに以下の情報が加わると共に、前記(a)構成情報及び(b)版管理情報に拠点情報が追加されることを説明した。
(m)構成情報や版管理情報が属する拠点に関する情報を有する拠点データから成る拠点管理情報。
Further, the (h) data collection means exist independently at a plurality of remote bases, and the following information is added to the (c) configuration information database, and the (a) configuration information and (b) version are added. Explained that base information is added to management information.
(M) Base management information composed of base data having information regarding the base to which the configuration information and version management information belong.

また、前記(d)構成情報更新手段及び前記(e)版情報更新手段、(f)構成情報検索手段において、(h)データ収集手段の属する拠点に対応する拠点データから操作対象の構成情報及び版管理情報を特定することを説明した。   In the (d) configuration information update unit, the (e) version information update unit, and the (f) configuration information search unit, (h) the configuration information of the operation target from the site data corresponding to the site to which the data collection unit belongs, and Explained the identification of version management information.

最後に、実施の形態1に示したデータ蓄積装置001のハードウェア構成例について説明する。
図24は、実施の形態1に示すデータ蓄積装置001のハードウェア資源の一例を示す図である。
なお、図24の構成は、あくまでもデータ蓄積装置001のハードウェア構成の一例を示すものであり、データ蓄積装置001のハードウェア構成は図24に記載の構成に限らず、他の構成であってもよい。
Finally, a hardware configuration example of the data storage device 001 shown in the first embodiment will be described.
FIG. 24 is a diagram illustrating an example of hardware resources of the data storage device 001 illustrated in the first embodiment.
Note that the configuration in FIG. 24 is merely an example of the hardware configuration of the data storage device 001. The hardware configuration of the data storage device 001 is not limited to the configuration described in FIG. Also good.

図24において、データ蓄積装置001は、プログラムを実行するCPU911(Central Processing Unit、中央処理装置、処理装置、演算装置、マイクロプロセッサ、マイクロコンピュータ、プロセッサともいう)を備えている。
CPU911は、バス912を介して、例えば、ROM(Read Only Memory)913、RAM(Random Access Memory)914、通信ボード915、表示装置901、キーボード902、マウス903、磁気ディスク装置920と接続され、これらのハードウェアデバイスを制御する。
更に、CPU911は、FDD904(Flexible Disk Drive)、コンパクトディスク装置905(CDD)、プリンタ装置906、スキャナ装置907と接続していてもよい。また、磁気ディスク装置920の代わりに、SSD(Solid State Drive)、光ディスク装置、メモリカード(登録商標)読み書き装置などの記憶装置でもよい。
RAM914は、揮発性メモリの一例である。ROM913、FDD904、CDD905、磁気ディスク装置920の記憶媒体は、不揮発性メモリの一例である。これらは、記憶装置の一例である。
実施の形態1で説明した「構成情報DB」及び「センサーDB」は、磁気ディスク装置920等により実現される。
通信ボード915、キーボード902、マウス903、スキャナ装置907、FDD904などは、入力装置の一例である。
また、通信ボード915、表示装置901、プリンタ装置906などは、出力装置の一例である。
In FIG. 24, the data storage device 001 includes a CPU 911 (also referred to as a central processing unit, a central processing unit, a processing unit, an arithmetic unit, a microprocessor, a microcomputer, and a processor) that executes a program.
The CPU 911 is connected to, for example, a ROM (Read Only Memory) 913, a RAM (Random Access Memory) 914, a communication board 915, a display device 901, a keyboard 902, a mouse 903, and a magnetic disk device 920 via a bus 912. Control hardware devices.
Further, the CPU 911 may be connected to an FDD 904 (Flexible Disk Drive), a compact disk device 905 (CDD), a printer device 906, and a scanner device 907. Further, instead of the magnetic disk device 920, a storage device such as an SSD (Solid State Drive), an optical disk device, or a memory card (registered trademark) read / write device may be used.
The RAM 914 is an example of a volatile memory. The storage media of the ROM 913, the FDD 904, the CDD 905, and the magnetic disk device 920 are an example of a nonvolatile memory. These are examples of the storage device.
The “configuration information DB” and “sensor DB” described in the first embodiment are realized by the magnetic disk device 920 or the like.
A communication board 915, a keyboard 902, a mouse 903, a scanner device 907, an FDD 904, and the like are examples of input devices.
The communication board 915, the display device 901, the printer device 906, and the like are examples of output devices.

通信ボード915は、図1に示すように、ネットワークに接続されている。
例えば、通信ボード915は、LAN(ローカルエリアネットワーク)、インターネット、WAN(ワイドエリアネットワーク)、SAN(ストレージエリアネットワーク)などに接続されていても構わない。
As shown in FIG. 1, the communication board 915 is connected to a network.
For example, the communication board 915 may be connected to a LAN (local area network), the Internet, a WAN (wide area network), a SAN (storage area network), or the like.

磁気ディスク装置920には、オペレーティングシステム921(OS)、ウィンドウシステム922、プログラム群923、ファイル群924が記憶されている。
プログラム群923のプログラムは、CPU911がオペレーティングシステム921、ウィンドウシステム922を利用しながら実行する。
The magnetic disk device 920 stores an operating system 921 (OS), a window system 922, a program group 923, and a file group 924.
The programs in the program group 923 are executed by the CPU 911 using the operating system 921 and the window system 922.

また、RAM914には、CPU911に実行させるオペレーティングシステム921のプログラムやアプリケーションプログラムの少なくとも一部が一時的に格納される。
また、RAM914には、CPU911による処理に必要な各種データが格納される。
The RAM 914 temporarily stores at least part of the operating system 921 program and application programs to be executed by the CPU 911.
The RAM 914 stores various data necessary for processing by the CPU 911.

また、ROM913には、BIOS(Basic Input Output System)プログラムが格納され、磁気ディスク装置920にはブートプログラムが格納されている。
データ蓄積装置001の起動時には、ROM913のBIOSプログラム及び磁気ディスク装置920のブートプログラムが実行され、BIOSプログラム及びブートプログラムによりオペレーティングシステム921が起動される。
The ROM 913 stores a BIOS (Basic Input Output System) program, and the magnetic disk device 920 stores a boot program.
When the data storage device 001 is activated, the BIOS program in the ROM 913 and the boot program in the magnetic disk device 920 are executed, and the operating system 921 is activated by the BIOS program and the boot program.

上記プログラム群923には、実施の形態1の説明において「〜部」、「〜手段」として説明している機能を実行するプログラムが記憶されている。プログラムは、CPU911により読み出され実行される。   The program group 923 stores programs that execute the functions described as “˜unit” and “˜means” in the description of the first embodiment. The program is read and executed by the CPU 911.

ファイル群924には、実施の形態1の説明において、「〜の判断」、「〜の追加」、「〜の書換え」、「〜の削除」、「〜の更新」、「〜の改定」、「〜の確認」、「〜の検査」、「〜の比較」、「〜の抽出」、「〜の設定」、「〜の登録」、「〜の選択」等として説明している処理の結果を示す情報やデータや信号値や変数値やパラメータが、「〜ファイル」や「〜データベース」の各項目として記憶されている。
「〜ファイル」や「〜データベース」は、ディスクやメモリなどの記録媒体に記憶される。
ディスクやメモリなどの記憶媒体に記憶された情報やデータや信号値や変数値やパラメータは、読み書き回路を介してCPU911によりメインメモリやキャッシュメモリに読み出される。
そして、読み出された情報やデータや信号値や変数値やパラメータは、抽出・検索・参照・比較・演算・計算・処理・編集・出力・印刷・表示などのCPUの動作に用いられる。
抽出・検索・参照・比較・演算・計算・処理・編集・出力・印刷・表示のCPUの動作の間、情報やデータや信号値や変数値やパラメータは、メインメモリ、レジスタ、キャッシュメモリ、バッファメモリ等に一時的に記憶される。
また、実施の形態1で説明しているフローチャートの矢印の部分は主としてデータや信号の入出力を示す。
データや信号値は、RAM914のメモリ、FDD904のフレキシブルディスク、CDD905のコンパクトディスク、磁気ディスク装置920の磁気ディスク、その他光ディスク、ミニディスク、DVD等の記録媒体に記録される。
また、データや信号は、バス912や信号線やケーブルその他の伝送媒体によりオンライン伝送される。
In the description of the first embodiment, the file group 924 includes “determination of”, “addition of”, “rewrite of”, “deletion of”, “update of”, “revision of”, Results of processes described as “confirmation of”, “examination of”, “comparison of”, “extraction of”, “setting of”, “registration of”, “selection of”, etc. Information, data, signal values, variable values, and parameters indicating “” are stored as items of “˜file” and “˜database”.
The “˜file” and “˜database” are stored in a recording medium such as a disk or a memory.
Information, data, signal values, variable values, and parameters stored in a storage medium such as a disk or memory are read out to the main memory or cache memory by the CPU 911 via a read / write circuit.
The read information, data, signal value, variable value, and parameter are used for CPU operations such as extraction, search, reference, comparison, calculation, calculation, processing, editing, output, printing, and display.
Information, data, signal values, variable values, and parameters are stored in the main memory, registers, cache memory, and buffers during the CPU operations of extraction, search, reference, comparison, calculation, processing, editing, output, printing, and display. It is temporarily stored in a memory or the like.
In addition, the arrows in the flowchart described in the first embodiment mainly indicate input / output of data and signals.
Data and signal values are recorded on a recording medium such as a memory of the RAM 914, a flexible disk of the FDD 904, a compact disk of the CDD 905, a magnetic disk of the magnetic disk device 920, other optical disks, a mini disk, and a DVD.
Data and signals are transmitted online via a bus 912, signal lines, cables, or other transmission media.

また、実施の形態1の説明において「〜部」、「〜手段」として説明しているものは、「〜回路」、「〜装置」、「〜機器」であってもよく、また、「〜ステップ」、「〜手順」、「〜処理」であってもよい。
すなわち、実施の形態1で説明したフローチャートに示すステップ、手順、処理により、本発明に係る「データ処理方法」を実現することができる。
また、「〜部」、「〜手段」として説明しているものは、ROM913に記憶されたファームウェアで実現されていても構わない。
或いは、ソフトウェアのみ、或いは、素子・デバイス・基板・配線などのハードウェアのみ、或いは、ソフトウェアとハードウェアとの組み合わせ、さらには、ファームウェアとの組み合わせで実施されても構わない。
ファームウェアとソフトウェアは、プログラムとして、磁気ディスク、フレキシブルディスク、光ディスク、コンパクトディスク、ミニディスク、DVD等の記録媒体に記憶される。
プログラムはCPU911により読み出され、CPU911により実行される。
すなわち、プログラムは、実施の形態1の「〜部」、「〜手段」としてコンピュータを機能させるものである。あるいは、実施の形態1の「〜部」、「〜手段」の手順や方法をコンピュータに実行させるものである。
In the description of the first embodiment, what is described as “to part” and “to means” may be “to circuit”, “to device”, and “to device”. It may be “step”, “˜procedure”, “˜processing”.
That is, the “data processing method” according to the present invention can be realized by the steps, procedures, and processes shown in the flowchart described in the first embodiment.
In addition, what is described as “˜unit” and “˜means” may be realized by firmware stored in the ROM 913.
Alternatively, it may be implemented only by software, or only by hardware such as elements, devices, substrates, and wirings, by a combination of software and hardware, or by a combination of firmware.
Firmware and software are stored as programs in a recording medium such as a magnetic disk, a flexible disk, an optical disk, a compact disk, a mini disk, and a DVD.
The program is read by the CPU 911 and executed by the CPU 911.
That is, the program causes the computer to function as “to part” and “to means” in the first embodiment. Alternatively, the procedure and method of “˜unit” and “˜means” of the first embodiment are executed by a computer.

このように、実施の形態1に示すデータ蓄積装置001は、処理装置たるCPU、記憶装置たるメモリ、磁気ディスク等、入力装置たるキーボード、マウス、通信ボード等、出力装置たる表示装置、通信ボード等を備えるコンピュータである。
そして、上記したように「〜部」、「〜手段」として示された機能をこれら処理装置、記憶装置、入力装置、出力装置を用いて実現するものである。
As described above, the data storage device 001 described in Embodiment 1 includes a CPU as a processing device, a memory as a storage device, a magnetic disk, a keyboard as an input device, a mouse, a communication board, and a display device as an output device, a communication board, and the like. It is a computer provided with.
As described above, the functions indicated as “˜unit” and “˜means” are realized by using these processing devices, storage devices, input devices, and output devices.

001 データ蓄積装置、002 データ受信部、003 データ格納部、004 データ検索部、005 DB管理部、006 センサーDB、007 版情報更新部、008 構成情報更新部、009 構成情報検索部、010 構成情報DB管理部、011 構成情報DB、012 計測値属性テーブル、013 計測値/列対応テーブル、014 機器属性テーブル、015 位置属性テーブル、016 版管理テーブル、017 拠点管理テーブル、018 構成情報設定APP、019 センサーDB検索部、020 検索APP、030 拠点、031 センサー機器、032 データ収集部、500 ネットワーク。   001 data storage device, 002 data reception unit, 003 data storage unit, 004 data search unit, 005 DB management unit, 006 sensor DB, 007 version information update unit, 008 configuration information update unit, 009 configuration information search unit, 010 configuration information DB management unit, 011 configuration information DB, 012 measurement value attribute table, 013 measurement value / column correspondence table, 014 device attribute table, 015 location attribute table, 016 version management table, 017 site management table, 018 configuration information setting APP, 019 Sensor DB search unit, 020 search APP, 030 base, 031 sensor device, 032 data collection unit, 500 network.

Claims (16)

複数の管理対象物を識別するための複数の対象物ID(Identification)を用いてデータ処理を行うデータ処理装置であって、
複数のレコードを含み、各レコードにいずれかの対象物IDが記述されているテーブルデータを1つ以上記憶するテーブルデータ記憶部と、
テーブルデータの更新をレコード単位で行うテーブルデータ管理部と、
対象物IDごとに、前記テーブルデータ管理部によるテーブルデータの更新に伴って更新されるバージョン値が少なくともカレントバージョンまで時系列に沿って記述され、バージョン値ごとに、そのバージョンが有効になる開始時刻と無効になる終了時刻とが記述されるバージョン情報を記憶するバージョン情報記憶部と、
前記テーブルデータ管理部によりいずれかのテーブルデータが更新された際に、前記バージョン情報を更新するバージョン管理部とを有し、
前記テーブルデータ記憶部は、
各レコードに、そのレコードがテーブルデータに設けられてからレコード内容が変更されるまでの有効期間に対応するバージョン値の範囲を記述するためのバージョン範囲フィールドが含まれているテーブルデータを1つ以上記憶し、
前記テーブルデータ管理部は、
いずれかのテーブルデータを更新する際に、テーブルデータの更新形態に応じて、更新の対象となる更新対象レコードに記述されている対象物IDのカレントバージョンのバージョン値及びカレントバージョンの次の世代のバージョンのバージョン値の少なくともいずれかを前記バージョン情報記憶部から取得し、取得したバージョン値を更新対象レコードのバージョン範囲フィールドに記述して、テーブルデータを更新し、
前記バージョン管理部は、
前記テーブルデータ管理部がテーブルデータを更新した更新時刻と前記更新対象レコードに記述されている対象物IDとを通知され、通知された更新時刻を通知された対象物IDのカレントバージョンの終了時刻として前記バージョン情報に記述し、通知された対象物IDのカレントバージョンの次の世代のバージョンが前記対象物IDの新たなカレントバージョンとなるように前記バージョン情報に記述し、通知された更新時刻を前記新たなカレントバージョンの開始時刻として前記バージョン情報に記述することを特徴とするデータ処理装置。
A data processing device that performs data processing using a plurality of object IDs (Identification) for identifying a plurality of management objects,
A table data storage unit that includes a plurality of records and stores one or more table data in which any object ID is described in each record;
A table data management unit that updates table data in units of records;
For each object ID, a version value that is updated as the table data is updated by the table data management unit is described in chronological order until at least the current version, and the start time at which the version becomes valid for each version value And a version information storage unit for storing version information in which an invalid end time is described,
A version management unit that updates the version information when any table data is updated by the table data management unit;
The table data storage unit
Each record includes one or more table data including a version range field for describing a range of version values corresponding to the validity period from when the record is provided to the table data until the record content is changed Remember,
The table data management unit
When updating any of the table data, the version value of the current version of the object ID described in the update target record to be updated and the next generation of the current version according to the update form of the table data Acquiring at least one of the version values of the version from the version information storage unit, describing the acquired version value in the version range field of the update target record, and updating the table data;
The version management unit
The update time when the table data management unit has updated the table data and the object ID described in the update target record are notified, and the notified update time is used as the end time of the current version of the notified object ID. Described in the version information, described in the version information such that the next generation version of the current version of the notified object ID becomes the new current version of the object ID, and the notified update time A data processing apparatus characterized in that it is described in the version information as the start time of a new current version.
前記テーブルデータ管理部は、
更新前に各レコードに記述されているバージョン範囲フィールド以外の内容を維持しながらテーブルデータを更新することを特徴とする請求項1に記載のデータ処理装置。
The table data management unit
2. The data processing apparatus according to claim 1, wherein the table data is updated while maintaining contents other than the version range field described in each record before updating.
前記テーブルデータ記憶部は、
2つ以上のレコードに同じ対象物IDが記述されているテーブルデータを記憶しており、
前記テーブルデータ管理部は、
更新対象レコードに記述されている対象物IDが他のレコードにも記述されているテーブルデータを更新する際に、当該他のレコードのバージョン範囲フィールドの記述は変更せずに、前記更新対象レコードのバージョン範囲フィールドに前記バージョン情報記憶部から取得したバージョン値を記述し、
前記バージョン管理部は、
前記テーブルデータ管理部がテーブルデータを更新した更新時刻と前記更新対象レコードに記述されている対象物IDとを通知された際に、前記更新対象レコードの対象物IDと同じ対象物IDが記述されている他のレコードでレコード内容の変更がなくても、通知された更新時刻を通知された対象物IDのカレントバージョンの終了時刻として前記バージョン情報に記述し、通知された対象物IDのカレントバージョンの次の世代のバージョンが前記対象物IDの新たなカレントバージョンとなるように前記バージョン情報に記述し、通知された更新時刻を前記新たなカレントバージョンの開始時刻として前記バージョン情報に記述することを特徴とする請求項1又は2に記載のデータ処理装置。
The table data storage unit
Stores table data in which the same object ID is described in two or more records,
The table data management unit
When updating the table data in which the object ID described in the update target record is also described in another record, the description of the version range field of the other record is not changed, and the update target record Describe the version value acquired from the version information storage unit in the version range field,
The version management unit
When the table data management unit is notified of the update time when the table data is updated and the object ID described in the update target record, the same object ID as the object ID of the update target record is described. Even if there is no change in record contents in other records, the update time notified is described in the version information as the end time of the current version of the notified object ID, and the current version of the notified object ID Describing in the version information such that the next generation version becomes the new current version of the object ID, and describing the notified update time in the version information as the start time of the new current version. The data processing apparatus according to claim 1 or 2, characterized in that
前記テーブルデータ記憶部は、
前記バージョン範囲フィールドが、有効期間の始期に対応するバージョン値を記述するための始期サブフィールドと有効期間の終期に対応するバージョン値を記述するための終期サブフィールドに区分されているレコードが含まれるテーブルデータを記憶しており、
前記テーブルデータ管理部は、
いずれかのテーブルデータに新たなレコードを追加する更新を行う際に、新たに追加するレコードを更新対象レコードとし、更新対象レコードに記述されている対象物IDのカレントバージョンの次の世代のバージョンのバージョン値を前記バージョン情報記憶部から取得し、取得した次世代のバージョンのバージョン値を前記更新対象レコードの始期サブフィールドに記述し、未定を意味する情報を前記更新対象レコードの終期サブフィールドにすることを特徴とする請求項1〜3のいずれかに記載のデータ処理装置。
The table data storage unit
The version range field includes a record divided into an initial subfield for describing a version value corresponding to the beginning of the effective period and an end subfield for describing a version value corresponding to the end of the effective period. Stores table data,
The table data management unit
When updating to add a new record to any of the table data, the newly added record is the update target record, and the version of the next generation of the current version of the target object ID described in the update target record The version value is acquired from the version information storage unit, the acquired version value of the next-generation version is described in the start subfield of the update target record, and information meaning “undecided” is used as the end subfield of the update target record The data processing apparatus according to any one of claims 1 to 3.
前記テーブルデータ記憶部は、
前記バージョン範囲フィールドが、有効期間の始期に対応するバージョン値を記述するための始期サブフィールドと有効期間の終期に対応するバージョン値を記述するための終期サブフィールドに区分されているレコードが含まれるテーブルデータを記憶しており、
前記テーブルデータ管理部は、
いずれかのテーブルデータに含まれているレコードのデータを書き換える更新を行う際に、データの書き換えが行われるレコードを更新対象レコードとし、更新対象レコードに記述されている対象物IDのカレントバージョンの次の世代のバージョンのバージョン値が更新対象レコードの始期サブフィールドに記述されているか否かを判断し、
始期サブフィールドに次世代のバージョンのバージョン値が記述されている場合は、始期サブフィールド及び終期サブフィールドの記述を変更せずに更新対象レコードのデータの書き換えを行い、
始期サブフィールドに次世代のバージョン以外のバージョン値が記述されている場合は、更新対象レコードに記述されている対象物IDのカレントバージョンのバージョン値とカレントバージョンの次の世代のバージョンのバージョン値を前記バージョン情報記憶部から取得し、取得したカレントバージョンのバージョン値を前記更新対象レコードの終期サブフィールドに記述し、書き換え後のデータが含まれる新たなレコードであって前記バージョン情報記憶部から取得した次世代のバージョンのバージョン値が始期サブフィールドに記述されおり未定を意味する情報が終期サブフィールドに記述されている新たなレコードを生成し、生成した新たなレコードをテーブルデータに追加することを特徴とする請求項1〜4のいずれかに記載のデータ処理装置。
The table data storage unit
The version range field includes a record divided into an initial subfield for describing a version value corresponding to the beginning of the effective period and an end subfield for describing a version value corresponding to the end of the effective period. Stores table data,
The table data management unit
When performing an update that rewrites the data of a record included in any of the table data, the record to be rewritten is set as the update target record, and is next to the current version of the object ID described in the update target record. Determine whether the version value of the version of the next generation is described in the start subfield of the record to be updated,
When the version value of the next generation version is described in the start subfield, the data of the update target record is rewritten without changing the description of the start subfield and the end subfield,
If a version value other than the next generation version is described in the start subfield, the version value of the current version of the object ID described in the update target record and the version value of the next generation version of the current version are displayed. Acquired from the version information storage unit, the version value of the acquired current version is described in the final subfield of the record to be updated, and is a new record including the rewritten data and acquired from the version information storage unit A new record is generated in which the version value of the next generation version is described in the initial subfield, the information indicating undecided is described in the final subfield, and the generated new record is added to the table data. And any one of claims 1 to 4 Over data processing apparatus.
前記テーブルデータ記憶部は、
前記バージョン範囲フィールドが、有効期間の始期に対応するバージョン値を記述するための始期サブフィールドと有効期間の終期に対応するバージョン値を記述するための終期サブフィールドに区分されているレコードが含まれるテーブルデータを記憶しており、
前記テーブルデータ管理部は、
いずれかのテーブルデータからレコードを削除する更新を行う際に、削除対象のレコードを更新対象レコードとし、更新対象レコードに記述されている対象物IDのカレントバージョンの次の世代のバージョンのバージョン値が更新対象レコードの始期サブフィールドに記述されているか否かを判断し、
始期サブフィールドに次世代のバージョン以外のバージョン値が記述されている場合は、更新対象レコードに記述されている対象物IDのカレントバージョンのバージョン値を前記バージョン情報記憶部から取得し、取得したカレントバージョンのバージョン値を前記更新対象レコードの終期サブフィールドに記述し、
始期サブフィールドに次世代のバージョンのバージョン値が記述されている場合は、更新対象レコードを削除し、前記更新対象レコードの対象物IDのカレントバージョンのバージョン値を前記バージョン情報記憶部から取得し、当該カレントバージョンのバージョン値が終期サブフィールドに記述されているレコードを抽出し、抽出したレコードの終期サブフィールドを未定を意味する情報に書き換えることを特徴とする請求項1〜5のいずれかに記載のデータ処理装置。
The table data storage unit
The version range field includes a record divided into an initial subfield for describing a version value corresponding to the beginning of the effective period and an end subfield for describing a version value corresponding to the end of the effective period. Stores table data,
The table data management unit
When performing an update that deletes a record from any table data, the record to be deleted is set as the update target record, and the version value of the next generation version of the current version of the object ID described in the update target record is Determine whether it is described in the initial subfield of the record to be updated,
When a version value other than the next generation version is described in the initial subfield, the version value of the current version of the object ID described in the update target record is acquired from the version information storage unit, and the acquired current Describe the version value of the version in the end subfield of the record to be updated,
When the version value of the next generation version is described in the initial subfield, the update target record is deleted, the version value of the current version of the target object ID of the update target record is acquired from the version information storage unit, 6. The record in which the version value of the current version is described in an end subfield is extracted, and the end subfield of the extracted record is rewritten with information meaning undecided. Data processing equipment.
前記バージョン情報記憶部は、
対象物IDごとに、カレントバージョンの次の世代のバージョンまで時系列に沿ってバージョン値が記述されているバージョン情報を記憶していることを特徴とする請求項1〜6のいずれかに記載のデータ処理装置。
The version information storage unit
The version information in which version values are described in time series until the next generation version of the current version is stored for each object ID. Data processing device.
前記テーブルデータ記憶部は、
前記バージョン範囲フィールドが、有効期間の始期に対応するバージョン値を記述するための始期サブフィールドと有効期間の終期に対応するバージョン値を記述するための終期サブフィールドに区分されているレコードが含まれるテーブルデータを記憶しており、
前記テーブルデータ管理部は、
特定の対象物IDが記述されている1つ以上のレコードの始期サブフィールドに前記バージョン情報記憶部から取得した次世代のバージョンのバージョン値を記述して1つ以上のテーブルデータを更新した後であって前記バージョン管理部により前記バージョン情報が更新される前に、1つ以上のテーブルデータに対して行った更新を取り消す場合に、前記特定の対象物IDが記述され始期サブフィールドに前記特定の対象物IDの次世代のバージョンのバージョン値が記述されているレコードを前記複数のテーブルデータから抽出し、抽出したレコードを削除し、前記特定の対象物IDが記述され終期サブフィールドに前記特定の対象物IDのカレントバージョンのバージョン値が記述されているレコードを抽出し、抽出したレコードの終期サブフィールドを未定を意味する情報に書き換えることを特徴とする請求項1〜7のいずれかに記載のデータ処理装置。
The table data storage unit
The version range field includes a record divided into an initial subfield for describing a version value corresponding to the beginning of the effective period and an end subfield for describing a version value corresponding to the end of the effective period. Stores table data,
The table data management unit
After updating the one or more table data by describing the version value of the next generation version acquired from the version information storage unit in the initial subfield of one or more records in which the specific object ID is described. When the update performed on one or more table data is canceled before the version information is updated by the version management unit, the specific object ID is described and the specific sub-field is specified in the initial subfield. A record in which the version value of the next-generation version of the object ID is described is extracted from the plurality of table data, the extracted record is deleted, the specific object ID is described, and the specific Extract the record that describes the version value of the current version of the object ID, and end the extracted record The data processing apparatus according to claim 1, characterized in that rewriting the information indicating undetermined subfields.
前記テーブルデータ記憶部は、
前記バージョン範囲フィールドが、有効期間の始期に対応するバージョン値を記述するための始期サブフィールドと有効期間の終期に対応するバージョン値を記述するための終期サブフィールドに区分されているレコードが含まれるテーブルデータを記憶しており、
前記データ処理装置は、更に、
バージョン値が指定されている検索条件を入力し、
検索条件で指定されている指定バージョン値以前のバージョン値が始期サブフィールドに記述され、指定バージョン値以後のバージョン値が終期サブフィールドに記述されているレコードを前記テーブルデータ記憶部から検索するレコード検索部を有することを特徴とする請求項1〜8のいずれかに記載のデータ処理装置。
The table data storage unit
The version range field includes a record divided into an initial subfield for describing a version value corresponding to the beginning of the effective period and an end subfield for describing a version value corresponding to the end of the effective period. Stores table data,
The data processing device further includes:
Enter a search condition with a specified version value,
Record search that searches the table data storage unit for records in which the version value before the specified version value specified in the search condition is described in the start subfield and the version value after the specified version value is described in the end subfield The data processing apparatus according to claim 1, further comprising a section.
前記テーブルデータ記憶部は、
前記バージョン範囲フィールドが、有効期間の始期に対応するバージョン値を記述するための始期サブフィールドと有効期間の終期に対応するバージョン値を記述するための終期サブフィールドに区分されているレコードが含まれるテーブルデータを記憶しており、
前記データ処理装置は、更に、
時刻が指定されている検索条件を入力し、
検索条件で指定されている指定時刻以前の開始時刻が記述され、指定時刻よりも後の終了時刻が記述されているバージョン値を前記バージョン情報から抽出し、
抽出した抽出バージョン値以前のバージョン値が始期サブフィールドに記述され、抽出バージョン値以後のバージョン値が終期サブフィールドに記述されているレコードを前記テーブルデータ記憶部から検索するレコード検索部を有することを特徴とする請求項1〜9のいずれかに記載のデータ処理装置。
The table data storage unit
The version range field includes a record divided into an initial subfield for describing a version value corresponding to the beginning of the effective period and an end subfield for describing a version value corresponding to the end of the effective period. Stores table data,
The data processing device further includes:
Enter search criteria with a specified time,
The start time before the specified time specified in the search condition is described, and the version value in which the end time after the specified time is described is extracted from the version information,
A record retrieval unit for retrieving a record in which a version value before the extracted extracted version value is described in the initial subfield and a version value after the extracted version value is described in the final subfield from the table data storage unit; The data processing device according to claim 1, wherein the data processing device is a data processing device.
前記バージョン情報記憶部は、
対象物IDごとに、カレントバージョンの次の世代のバージョンまで時系列に沿ってバージョン値が記述されているバージョン情報を記憶しており、
前記レコード検索部は、
前記バージョン情報に記述されている次世代のバージョンのバージョン値は抽出しないことを特徴とする請求項10に記載のデータ処理装置。
The version information storage unit
For each object ID, version information in which version values are described in time series until the next generation version of the current version is stored,
The record search unit
The data processing apparatus according to claim 10, wherein the version value of the next generation version described in the version information is not extracted.
前記データ処理装置は、
前記複数の管理対象物を、それぞれに1つ以上のデータ生成機器が配備されている複数の管理対象エリアとし、
各対象物IDを、各管理対象エリアを識別するためのエリアIDとし、
前記データ処理装置は、更に、
各データ生成機器により生成されたデータを受信データとして受信するデータ受信部と、
前記データ受信部により受信された受信データを管理対象エリア及びデータ生成機器を区別して記憶する受信データ記憶部を有し、
前記テーブルデータ記憶部は、
複数のレコードを含み、各レコードにいずれかのエリアIDが記述され、各レコードにそのエリアIDに対応する管理対象エリアで生成されるデータのデータ属性が示されるデータ属性テーブルデータ、複数のレコードを含み、各レコードにいずれかのエリアIDといずれかのデータ生成機器のIDとが記述され、各レコードに前記受信データ記憶部内の管理対象エリア別及びデータ生成機器別の記憶領域の識別子が示される記憶領域テーブルデータ、複数のレコードを含み、各レコードにいずれかのエリアIDといずれかのデータ生成機器のIDとが記述され、各レコードにそのエリアIDに対応する管理対象エリアの各データ生成機器の機器属性が示される機器属性テーブルデータのうちの少なくともいずれを記憶していることを特徴とする請求項1〜11のいずれかに記載のデータ処理装置。
The data processing device includes:
The plurality of management objects are set as a plurality of management target areas each having one or more data generation devices,
Each object ID is an area ID for identifying each management target area,
The data processing device further includes:
A data receiving unit that receives data generated by each data generating device as received data;
A reception data storage unit for storing the reception data received by the data reception unit, distinguishing the management target area from the data generation device;
The table data storage unit
A data attribute table data including a plurality of records, each area ID is described in each record, and each record includes a data attribute table data indicating data attributes of data generated in the management target area corresponding to the area ID. In addition, each area ID and any data generation device ID is described in each record, and each record indicates an identifier of a storage area for each management target area and each data generation device in the received data storage unit. Storage area table data, including a plurality of records, each area ID and any data generation device ID is described in each record, and each record is a data generation device in the management target area corresponding to the area ID Storing at least one of the device attribute table data indicating the device attributes of The data processing apparatus according to any one of claims 1 to 11 that.
前記テーブルデータ記憶部は、
少なくとも前記記憶領域テーブルデータを記憶しており、
前記データ処理装置は、更に、
前記データ受信部により受信された受信データに対応する前記受信データ記憶部内の記憶領域の識別子が示されるレコードを、当該受信データが生成されたデータ生成機器のIDと管理対象エリアのエリアIDとに基づき、前記記憶領域テーブルデータから抽出するレコード検索部を有することを特徴とする請求項12に記載のデータ処理装置。
The table data storage unit
Storing at least the storage area table data;
The data processing device further includes:
The record indicating the identifier of the storage area in the received data storage unit corresponding to the received data received by the data receiving unit is used as the ID of the data generating device that generated the received data and the area ID of the management target area. The data processing apparatus according to claim 12, further comprising: a record search unit that extracts from the storage area table data.
前記データ受信部は、
データ生成機器によるデータ生成時刻とともに受信データを受信し、
前記受信データ記憶部は、
受信データと対応付けてデータ生成時刻を記憶し、
前記データ処理装置は、更に、
時刻が指定されている検索条件を入力し、入力した検索条件で指定されている指定時刻と適合するデータ生成時刻と対応付けられている受信データを抽出するデータ検索部と、
前記データ検索部と同じ時刻が指定されている検索条件を入力し、入力した検索条件で指定されている指定時刻以前の開始時刻が記述され、指定時刻よりも後の終了時刻が記述されているバージョン値を前記バージョン情報から抽出し、抽出したバージョン値と適合するバージョン値の範囲がバージョン範囲フィールドに記述されているレコードを前記テーブルデータ記憶部から抽出するレコード検索部とを有することを特徴とする請求項12又は13に記載のデータ処理装置。
The data receiver is
Receive the received data together with the data generation time by the data generation device,
The received data storage unit
Store the data generation time in association with the received data,
The data processing device further includes:
A data search unit that inputs a search condition in which a time is specified, and extracts received data that is associated with a data generation time that matches the specified time specified in the input search condition;
A search condition in which the same time as the data search unit is specified is input, a start time before the specified time specified in the input search condition is described, and an end time after the specified time is described A record search unit that extracts a version value from the version information and extracts a record in which a range of version values matching the extracted version value is described in a version range field from the table data storage unit, The data processing apparatus according to claim 12 or 13.
複数の管理対象物を識別するための複数の対象物ID(Identification)を用い、
複数のレコードを含み、各レコードにいずれかの対象物IDが記述されているテーブルデータを1つ以上記憶するテーブルデータ記憶部と、
対象物IDごとに、テーブルデータの更新に伴って更新されるバージョン値が少なくともカレントバージョンまで時系列に沿って記述され、バージョン値ごとに、そのバージョンが有効になる開始時刻と無効になる終了時刻とが記述されるバージョン情報を記憶するバージョン情報記憶部と
を有するコンピュータが行うデータ処理方法であって、
前記コンピュータが、テーブルデータの更新をレコード単位で行うテーブルデータ管理ステップと、
前記テーブルデータ管理ステップによりいずれかのテーブルデータが更新された際に、前記コンピュータが、前記バージョン情報を更新するバージョン管理ステップとを有し、
前記コンピュータは、
前記テーブルデータ記憶部において、
各レコードに、そのレコードがテーブルデータに設けられてからレコード内容が変更されるまでの有効期間に対応するバージョン値の範囲を記述するためのバージョン範囲フィールドが含まれているテーブルデータを1つ以上記憶しており、
前記テーブルデータ管理ステップにおいて、
いずれかのテーブルデータを更新する際に、テーブルデータの更新形態に応じて、更新の対象となる更新対象レコードに記述されている対象物IDのカレントバージョンのバージョン値及びカレントバージョンの次の世代のバージョンのバージョン値の少なくともいずれかを前記バージョン情報記憶部から取得し、取得したバージョン値を更新対象レコードのバージョン範囲フィールドに記述して、テーブルデータを更新し、
前記バージョン管理ステップにおいて、
前記テーブルデータ管理ステップでテーブルデータが更新された更新時刻と前記更新対象レコードに記述されている対象物IDとを通知され、通知された更新時刻を通知された対象物IDのカレントバージョンの終了時刻として前記バージョン情報に記述し、通知された対象物IDのカレントバージョンの次の世代のバージョンが前記対象物IDの新たなカレントバージョンとなるように前記バージョン情報に記述し、通知された更新時刻を前記新たなカレントバージョンの開始時刻として前記バージョン情報に記述することを特徴とするデータ処理方法。
Using multiple object IDs (Identification) for identifying multiple managed objects,
A table data storage unit that includes a plurality of records and stores one or more table data in which any object ID is described in each record;
For each object ID, the version value to be updated with the update of the table data is described in time series until at least the current version, and for each version value, the start time at which the version becomes valid and the end time at which the version becomes invalid A data processing method performed by a computer having a version information storage unit that stores version information describing
A table data management step in which the computer updates the table data in units of records;
When any table data is updated by the table data management step, the computer has a version management step for updating the version information,
The computer
In the table data storage unit,
Each record includes one or more table data including a version range field for describing a range of version values corresponding to the validity period from when the record is provided to the table data until the record content is changed Remember,
In the table data management step,
When updating any of the table data, the version value of the current version of the object ID described in the update target record to be updated and the next generation of the current version according to the update form of the table data Acquiring at least one of the version values of the version from the version information storage unit, describing the acquired version value in the version range field of the update target record, and updating the table data;
In the version management step,
The update time when the table data is updated in the table data management step and the object ID described in the update object record are notified, and the end time of the current version of the object ID notified of the notified update time As described in the version information, and described in the version information so that the next generation version of the current version of the notified object ID becomes a new current version of the object ID, and the notified update time A data processing method described in the version information as a start time of the new current version.
複数の管理対象物を識別するための複数の対象物ID(Identification)を用い、
複数のレコードを含み、各レコードにいずれかの対象物IDが記述されているテーブルデータを1つ以上記憶するテーブルデータ記憶部と、
対象物IDごとに、テーブルデータの更新に伴って更新されるバージョン値が少なくともカレントバージョンまで時系列に沿って記述され、バージョン値ごとに、そのバージョンが有効になる開始時刻と無効になる終了時刻とが記述されるバージョン情報を記憶するバージョン情報記憶部と
を有するコンピュータに、
テーブルデータの更新をレコード単位で行うテーブルデータ管理ステップと、
前記テーブルデータ管理ステップによりいずれかのテーブルデータが更新された際に、前記バージョン情報を更新するバージョン管理ステップとを実行させるプログラムであって、
前記コンピュータは、
前記テーブルデータ記憶部において、
各レコードに、そのレコードがテーブルデータに設けられてからレコード内容が変更されるまでの有効期間に対応するバージョン値の範囲を記述するためのバージョン範囲フィールドが含まれているテーブルデータを1つ以上記憶しており、
前記テーブルデータ管理ステップでは、
いずれかのテーブルデータを更新する際に、テーブルデータの更新形態に応じて、更新の対象となる更新対象レコードに記述されている対象物IDのカレントバージョンのバージョン値及びカレントバージョンの次の世代のバージョンのバージョン値の少なくともいずれかを前記バージョン情報記憶部から取得し、取得したバージョン値を更新対象レコードのバージョン範囲フィールドに記述して、テーブルデータを更新する処理を前記コンピュータに実行させ、
前記バージョン管理ステップでは、
前記テーブルデータ管理ステップでテーブルデータが更新された更新時刻と前記更新対象レコードに記述されている対象物IDとを通知され、通知された更新時刻を通知された対象物IDのカレントバージョンの終了時刻として前記バージョン情報に記述し、通知された対象物IDのカレントバージョンの次の世代のバージョンが前記対象物IDの新たなカレントバージョンとなるように前記バージョン情報に記述し、通知された更新時刻を前記新たなカレントバージョンの開始時刻として前記バージョン情報に記述する処理を前記コンピュータに実行させることを特徴とするプログラム。
Using multiple object IDs (Identification) for identifying multiple managed objects,
A table data storage unit that includes a plurality of records and stores one or more table data in which any object ID is described in each record;
For each object ID, the version value to be updated with the update of the table data is described in time series until at least the current version, and for each version value, the start time at which the version becomes valid and the end time at which the version becomes invalid In a computer having a version information storage unit that stores version information describing
A table data management step for updating table data in units of records;
A program for executing a version management step for updating the version information when any table data is updated by the table data management step;
The computer
In the table data storage unit,
Each record includes one or more table data including a version range field for describing a range of version values corresponding to the validity period from when the record is provided to the table data until the record content is changed Remember,
In the table data management step,
When updating any of the table data, the version value of the current version of the object ID described in the update target record to be updated and the next generation of the current version according to the update form of the table data Obtaining at least one of the version values of the version from the version information storage unit, describing the obtained version value in the version range field of the update target record, and causing the computer to execute a process of updating the table data;
In the version management step,
The update time when the table data is updated in the table data management step and the object ID described in the update object record are notified, and the end time of the current version of the object ID notified of the notified update time As described in the version information, and described in the version information so that the next generation version of the current version of the notified object ID becomes a new current version of the object ID, and the notified update time A program for causing the computer to execute a process described in the version information as a start time of the new current version.
JP2010084845A 2010-04-01 2010-04-01 Data processing apparatus, data processing method, and program Active JP5436309B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010084845A JP5436309B2 (en) 2010-04-01 2010-04-01 Data processing apparatus, data processing method, and program

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2010084845A JP5436309B2 (en) 2010-04-01 2010-04-01 Data processing apparatus, data processing method, and program

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2011215984A true JP2011215984A (en) 2011-10-27
JP5436309B2 JP5436309B2 (en) 2014-03-05

Family

ID=44945619

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2010084845A Active JP5436309B2 (en) 2010-04-01 2010-04-01 Data processing apparatus, data processing method, and program

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP5436309B2 (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20170137756A (en) * 2015-03-20 2017-12-13 디앤비 비지니스 인포메이션 솔루션스 Aggregation of large amounts of temporal data from multiple overlapping sources
WO2019064723A1 (en) * 2017-09-29 2019-04-04 株式会社日立製作所 Data management device and data provision control method
JP2019176221A (en) * 2018-03-27 2019-10-10 アズビル株式会社 Data collection system
US10565224B2 (en) 2016-10-25 2020-02-18 Hitachi, Ltd. Data provision apparatus and data provision method
US10795343B2 (en) 2018-01-31 2020-10-06 Hitachi, Ltd. Data providing apparatus and data providing method

Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02168330A (en) * 1988-12-22 1990-06-28 Fujitsu Ltd Measuring and supervising device for process data
JPH06332919A (en) * 1993-05-25 1994-12-02 Kanebo Ltd Data processor
JPH10222409A (en) * 1997-01-31 1998-08-21 Mitsubishi Electric Corp Distributed data managing system
JP2006215999A (en) * 2005-02-07 2006-08-17 Keyence Corp Data collection system
JP2006293548A (en) * 2005-04-07 2006-10-26 Fujitsu Ltd Business process tracking program, recording medium with same program recorded thereon, and business process tracking device
JP2008310710A (en) * 2007-06-15 2008-12-25 Canon Software Inc Information processor, workflow control method, program, and recording medium
JP2009015644A (en) * 2007-07-05 2009-01-22 Watermark Applications Co Ltd Multi-dimensional database construction method, multi-dimensional database construction system, and information processor

Patent Citations (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH02168330A (en) * 1988-12-22 1990-06-28 Fujitsu Ltd Measuring and supervising device for process data
JPH06332919A (en) * 1993-05-25 1994-12-02 Kanebo Ltd Data processor
JPH10222409A (en) * 1997-01-31 1998-08-21 Mitsubishi Electric Corp Distributed data managing system
JP2006215999A (en) * 2005-02-07 2006-08-17 Keyence Corp Data collection system
JP2006293548A (en) * 2005-04-07 2006-10-26 Fujitsu Ltd Business process tracking program, recording medium with same program recorded thereon, and business process tracking device
JP2008310710A (en) * 2007-06-15 2008-12-25 Canon Software Inc Information processor, workflow control method, program, and recording medium
JP2009015644A (en) * 2007-07-05 2009-01-22 Watermark Applications Co Ltd Multi-dimensional database construction method, multi-dimensional database construction system, and information processor

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR20170137756A (en) * 2015-03-20 2017-12-13 디앤비 비지니스 인포메이션 솔루션스 Aggregation of large amounts of temporal data from multiple overlapping sources
JP2018514886A (en) * 2015-03-20 2018-06-07 ディー アンド ビー ビジネス インフォメーション ソリューションズD&B Business Information Solutions Aggregate large amounts of time data from many overlapping sources
KR102011354B1 (en) 2015-03-20 2019-08-16 디앤비 비지니스 인포메이션 솔루션스 Aggregation of large amounts of temporal data from multiple overlapping sources
US10565224B2 (en) 2016-10-25 2020-02-18 Hitachi, Ltd. Data provision apparatus and data provision method
WO2019064723A1 (en) * 2017-09-29 2019-04-04 株式会社日立製作所 Data management device and data provision control method
US10795343B2 (en) 2018-01-31 2020-10-06 Hitachi, Ltd. Data providing apparatus and data providing method
JP2019176221A (en) * 2018-03-27 2019-10-10 アズビル株式会社 Data collection system

Also Published As

Publication number Publication date
JP5436309B2 (en) 2014-03-05

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US20200311098A1 (en) Mapping instances of a dataset within a data management system
WO2011039826A1 (en) Method for designing failure cause analysis rule in accordance with available device information and computer
JP5436309B2 (en) Data processing apparatus, data processing method, and program
CN104756107A (en) Profiling data with location information
US10089334B2 (en) Grouping of database objects
US20150222731A1 (en) Computer, guide information providing method and recording medium
US20140067804A1 (en) Workflow generation server and method of generating workflow
CN109952564A (en) The formation and manipulation of test data in Database Systems
JP6361199B2 (en) Information storage system
US11036701B2 (en) Data sampling in a storage system
US20160085655A1 (en) Monitoring system, monitoring device, and monitoring method
JP6084700B2 (en) Search system and search method
JP5106062B2 (en) File search method, file search device, search system, and file search program
US8285742B2 (en) Management of attribute information related to system resources
CN107004036A (en) Method and system to search for the daily record for including a large amount of entries
JP2011081579A (en) System operation management method and system for virtual resource in it system virtualization
US9870404B2 (en) Computer system, data management method, and recording medium storing program
CN109165208A (en) It is a kind of for loading data into the method and system in database
US8874539B2 (en) Object identity and addressability
EP3591481B1 (en) Device configuration management apparatus, system, and program
JP5197128B2 (en) Dependency Estimation Device, Dependency Estimation Program, and Recording Medium
US11100134B2 (en) Identity mapping for cloud migrations
CN108665221B (en) Performance data processing method and device, computer equipment and readable medium
JP5602474B2 (en) Information control method, program, and information control system
CN113901131A (en) Index-based on-chain data query method and device

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20121119

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20131031

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20131112

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20131210

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Ref document number: 5436309

Country of ref document: JP

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250