JP2009027683A - Image correcting device, image forming apparatus, and image correcting method - Google Patents

Image correcting device, image forming apparatus, and image correcting method Download PDF

Info

Publication number
JP2009027683A
JP2009027683A JP2007318458A JP2007318458A JP2009027683A JP 2009027683 A JP2009027683 A JP 2009027683A JP 2007318458 A JP2007318458 A JP 2007318458A JP 2007318458 A JP2007318458 A JP 2007318458A JP 2009027683 A JP2009027683 A JP 2009027683A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
image
position
correction
main scanning
shift
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2007318458A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4937097B2 (en )
Inventor
Makoto Higashiyama
Yoshiaki Kawai
Tomohide Kondo
Shingo Nishizaki
Masafumi Suzuki
義昭 川合
真 東山
伸吾 西崎
友秀 近藤
雅史 鈴木
Original Assignee
Ricoh Co Ltd
株式会社リコー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To reduce deterioration in image quality when outputting an image at an image-shifting position during skew-correction. <P>SOLUTION: When starting positional deviation correction, positional deviation correction patterns generated by a positional deviation correction pattern generating unit are formed on a transfer belt (SA-1). Detection sensors detect the correction patterns (SA-2), and amounts of magnification correction in the main-scanning direction with respect to a reference color and amounts of mis-registration in the main- and the sub-scanning direction are calculated (SA-3). The amount of skew with respect to the reference color is then calculated (SA-4), and a dividing position in the main-scanning direction for performing skew-correction and a correction direction are determined (SA-5). Regarding the dividing position in the main-scanning direction for performing the skew-correction, possible dividing-positions are also determined beforehand, and a calculated dividing position and each of the possible dividing positions are compared with one another. Then, a possible dividing position closest to the calculated dividing position is set as the dividing position in the main-scanning direction for performing skew-correction (SA-6). <P>COPYRIGHT: (C)2009,JPO&INPIT

Description

本発明は、複数の感光体を使用してカラー画像を形成する際に色ずれを補正する画像補正装置、画像形成装置および画像補正方法に関する。 The present invention relates to an image correction apparatus for correcting a color shift when forming a color image using a plurality of photosensitive members, an image forming apparatus and an image correction method.

カラー画像形成装置の位置合わせ処理において、画像処理によるスキュー又は曲がり補正を実施する場合、主走査方向に分割した画像を副走査方向にシフトさせて補正を行うが、ディザ処理等の擬似中間調処理された画像をシフトさせた場合、画像のシフト位置においてディザパターンが崩れ、ノイズ画像が発生する場合がある。 In the position adjustment process of the color image forming apparatus, when performing skew or bend correction by image processing, it performs the correction by shifting the image divided in the main scanning direction in the sub-scanning direction, halftoning dither processing or the like If shifting the image, dither pattern collapse in the shift position of the image, there are cases where noise image is generated.

すなわち、カラー画像形成装置では、その構成上、各色間の位置合わせ技術が重要な課題となる。 That is, in the color image forming apparatus, its construction, positioning technology between the colors is significant challenge. このため、カラー画像形成装置においては、転写ベルト上に、各色のトナーで所定のトナーパターンを作像し、このトナーパターンを光学式のセンサを用いて検出することによって各色間のずれ量を、主副のレジストずれ、倍率ずれ、スキュー、曲がりというように要因別に算出し、それぞれが一致するようにフィードバック補正を行うことによって色ずれを低減するようにしているものが多い。 Therefore, in a color image forming apparatus, on a transfer belt, and image forming a predetermined toner pattern in each color toner, the amount of deviation between the colors by detecting the toner pattern with an optical sensor, the main sub resist displacement, magnification displacement, skew, calculated by factors such as bending, many of them so as to reduce the color shift by performing feedback correction so that each match. また、この補正処理は、電源ON時や、温度等の環境変化時や、一定枚数以上印刷された場合に実施することによって、色ずれ量が常に一定の範囲以下になるようにしている。 Further, this correction process, and when the power ON, and when the environment changes such as temperature, by implementing when printed over a certain number of sheets, color shift amount is always set to be below a certain range.

ずれ量の中で、主副のレジストは書き出しのタイミングを調整することによって、主走査倍率は画素クロックを調整することによって電気的に補正することができる。 Among the displacement amount, main and sub resist by adjusting the timing of writing, the main scanning magnification can be electrically corrected by adjusting the pixel clock. 一方、走査ビームのスキューについては、機械的に補正する方法と、出力画像を画像処理で逆方向に変形させて出力することによって補正する方法がある。 On the other hand, the skew of the scanning beam, there is a method of correcting by outputting mechanically and method of correcting, is deformed in the opposite direction the output image in image processing.

機械的に補正する方法では、書き込みユニット内部のミラーを変位させる調整機構を設けることによって補正を実現するが、自動的にこの調整を行う為には、モータ等のアクチュエーターが必要となり、コストアップを招くこととなる。 In the method of mechanically correcting, but to realize the correction by providing an adjusting mechanism for displacing the internal write unit mirror, automatically in order to make this adjustment, an actuator such as a motor is required, the cost so that the cause. また、書き込みユニットを小さくすることもできない。 It is also not possible to reduce the write unit. 一方、画像処理で補正する方法は、ラインメモリに画像の一部を蓄積し、読み出し位置を切り替えながら読み出すことによって、各色間のスキューを補正するというものである。 Meanwhile, a method of correcting the image processing accumulates a part of the image in the line memory, by reading while switching the read position, is that to correct the skew between the colors. この場合、補正範囲に合わせて画像処理部にラインメモリを追加するだけでよいので、機械的な補正に比べて比較的低コストで実現できるうえに、自動で補正できるので、スキューを低減する方法として有効であることが既に知られている。 In this case, since it is only necessary to add a line memory in the image processing unit in accordance with the correction range, on top that can be realized at a relatively low cost compared to mechanical correction, it is possible to automatically correct, the method for reducing skew it has been already known to be effective as. また、スキューだけでなく書き込みユニット内部のレンズの特性等に起因する曲がりに対しても低減する方法として有効であることが既に知られている。 Further, it is already known it is effective as a method also reduced relative to bending due to the characteristics of the internal write unit not only skew lens.

このような補正方法として、例えば特許文献1に記載された発明が公知である。 Such correction method is known, for example, the invention is described in Patent Document 1. この発明では、互いに異なる色の画像イメージ同士を補正するにあたり、補正画像イメージの分割位置同士が近づかないように、分割位置を移動させる。 In this invention, when correcting the different color picture image to each other in each other, so as not to approach the dividing position between the corrected picture image, it moves the dividing position. これにより、レジストレーションのうちの平行度ずれを補正する際に、補正の痕跡が視認されて画像品質が低下することを防ぐようにしている。 Thus, when correcting the parallelism deviation of the registration, the image quality traces of correction is visible is to prevent a decrease.
特開2001−353906号公報 JP 2001-353906 JP

しかし、画像処理で補正する方法は、複数のラインメモリに画像の一部を蓄積し、読み出しラインを切り替えながら読み出し、主走査方向に分割した画像を副走査方向にシフトすることによって各色間のスキュー又は曲がりを低減するものである。 However, a method of correcting the image processing accumulates a part of an image into a plurality of line memories, read while switching the read lines, skew between the colors by shifting the divided image in the main scanning direction in the sub-scanning direction or bend is to reduce. このため、画像のシフト位置において、ディザパターンに変化が生じる。 Therefore, the shift position of the image, a change in the dither pattern occurs. ディザパターンが変化すると、主走査方向の画素の隣接関係が変化し(例えば、白画素から黒画素に変化する等)、出力時のトナー付着面積が変動する。 When dither pattern changes, the main adjacencies scanning direction of the pixel is changed (for example, equal to change to a black pixel from white pixels), the toner adhesion area at the output varies. ディザ法などの擬似階調処理により表現された画像においては、このトナー付着面積変動が副走査方向へ周期的に頻繁に発生し、記録画像(印刷用紙上)にすじ状ノイズ画像が副走査方向へ発生する。 In the image represented by the pseudo gradation processing such as dither method, the toner adhesion area change periodically frequently occurred in the sub-scanning direction, streaky noise image sub-scanning direction on the recording image (on the printing paper) It occurs to.

すなわち、画像処理によりスキュー補正(曲がり補正を含む)を実施した場合、画像シフト位置において、ディザパターンが変化すると、出力時のトナー付着面積が変動し、ディザ処理等の画像処理により副走査方向へトナー付着面積変動個所が頻繁に発生することによりノイズ画像が発生し、画質が大きく劣化するという問題があった。 That is, if implemented skew correction by image processing (bending including the correction), the image shift position, when the dither pattern changes, the toner adhesion area varies at the output, the sub-scanning direction by the image processing dithered such noise image is generated by the toner adhesion area variation point occurs frequently, there is a problem that the image quality greatly deteriorates.

そこで、本発明が解決すべき課題は、スキューの画像シフトの位置における画像出力時の画質劣化を低減することにある。 An object to be solved by the present invention is, is to reduce the image quality deterioration at the time of image output at the position of the image shift of the skew.

上述の目的を達成するために、本発明は、画像補正装置であって、ディザ処理に用いるディザマトリクスの主走査方向のサイズである主走査サイズと前記ディザマトリクスの画像パターン間の距離とに基づいて、前記画像パターンが存在しない位置を算出し、算出した位置を、入力画像に対するスキュー補正処理時の複数の画像シフト候補位置として決定する第1算出部と、スキュー補正処理を行う際の画像分割位置を、基準色に対する補正対対象色のずれ量から算出する第2算出部と、前記画像シフト候補位置と前記画像分割位置とを比較する比較部と、前記複数の画像シフト候補位置の中から、前記画像分割位置に最近傍の位置を、スキュー補正処理の際の主走査方向の分割位置である画像シフト位置として決定する決定部と、決定され To achieve the above object, the present invention provides an image correction apparatus, based on the main scanning direction of the size of the dither matrix used for dithering the main scanning size and the distance between image patterns of the dither matrix Te, calculates the position of the image pattern does not exist, the calculated position, a first calculator for determining a plurality of image shift candidate position when the skew correction process on the input image, image segmentation when performing skew correction position, and a second calculation unit for calculating a shift amount of correction versus target color with respect to the reference color, and a comparing unit for comparing the image dividing position and the image shift candidate position from the plurality of image shift candidate position , the position of the nearest to the image division position, a determining unit for determining an image shift position, which is a dividing position of the main scanning direction during the skew correction process is determined 前記画像シフト位置に基づいて、前記入力画像に対するスキュー補正処理を行う補正部と、を備えたことを特徴とする。 Based on the image shift position, characterized by comprising a correction unit for performing skew correction processing for the input image.

また、本発明は、上記画像補正装置を有する画像形成装置および画像補正方法である。 Further, the present invention is an image forming apparatus and an image correction method having the aforementioned image correction device.

本発明によれば、画像データを主走査方向の前記画像形成媒体上に形成されるディザマトリクスの画像パターンのない位置で分割し、その分割位置で副走査方向にシフトするので、スキュー(曲がり含む)補正時の画像シフトの位置において、画像の崩れが最小となり、その結果、画像出力時の画質劣化を低減することができる。 According to the present invention divides the image data at a position having no image pattern of the dither matrix formed on the image forming medium in the main scanning direction, since the shift in the sub-scanning direction at the dividing position, including skew (bend ) at the position of image shift at the time of correction, collapse of an image is minimized and a result, it is possible to reduce image quality degradation at the time of image output.

以下に添付図面を参照して、この発明にかかる画像補正装置、画像形成装置および画像補正方法の最良な実施の形態を詳細に説明する。 With reference to the accompanying drawings, an image correction apparatus according to the present invention, illustrating the best embodiment of an image forming apparatus and an image correction method in detail.

図1は実施の形態1に係る画像形成装置の概略構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing a schematic configuration of an image forming apparatus according to the first embodiment. この図1に示した画像形成装置は所謂直接転写方式のタンデム型画像形成装置の例である。 The 1 image forming apparatus shown in the examples of the tandem type image forming apparatus of a direct transfer system called. 同図において、画像形成装置は、作像プロセス部1と、光書き込み部(露光器)9と、給紙部(給紙トレイ)6とから基本的に構成されている。 In the figure, the image forming apparatus, the image forming process unit 1, an optical writing unit (the exposure unit) 9, and is basically formed from a sheet feeding section (sheet feeding tray) 6. 作像プロセス部1は、各々異なる色(イエロー:Y、マゼンタ:M、シアン:C、ブラック:K)の画像を形成する各ステーションが、転写媒体としての転写紙2を搬送する転写ベルト3に沿って一列に配置されている。 Image forming process unit 1, respectively different colors (yellow: Y, magenta: M, cyan: C, black: K) each station that forms an image of, the transfer belt 3 for conveying the transfer sheet 2 as a transfer medium They are arranged in a line along.

転写ベルト3は、駆動回転する駆動ローラ4と従動回転する従動ローラ5との間に張架されており、駆動ローラ4の回転によって図1中の矢印方向に回転駆動される。 Transfer belt 3 is stretched between the driven rollers 5 for driving roller 4 and a driven rotation for rotating and is rotated in the arrow direction in FIG. 1 by rotation of the drive roller 4. 転写ベルト3の下部には、転写紙2を収納した給紙トレイ6が備えられ、給紙部として機能する。 At the bottom of the transfer belt 3, provided with a paper feed tray 6 accommodating the transfer sheet 2, and functions as a paper feed unit. この給紙トレイ6に収納された転写紙2のうち最上位置にある転写紙2が、画像形成時に転写ベルト3に向けて給紙される。 The transfer sheet 2 in the uppermost position of the sheet feeding tray 6 is housed in the transfer paper 2 is fed toward the transfer belt 3 at the time of image formation.

転写部に搬送された転写紙2は、第1の作像ステーション1Y(イエロー)に搬送され、ここでイエローの画像形成が行われる。 Transfer sheet 2 conveyed to the transfer unit is conveyed to the first image forming stations 1Y (yellow), wherein the image forming yellow is performed. 第1の作像ステーション1Yは、感光体ドラム7Yと、この感光体ドラム7Yの周囲に配置された帯電器8Y、現像器10Y及び感光体クリーナ11Yから構成され、帯電器8Yと現像器10Yとの間に露光器9からレーザ光LYが照射される露光部が設けられている。 The first image forming stations 1Y includes a photosensitive drum 7Y, the photosensitive drum charger 8Y placed around the 7Y, is a developing unit 10Y and the photoconductor cleaner 11Y, a charger 8Y and the developing unit 10Y exposing portions of the laser beam LY is exposed with the the exposure unit 9 during.

感光体ドラム7Yの表面は、帯電器8Yで一様に帯電された後、露光器9によりイエローの画像に対応したレーザ光LYで露光され、静電潜像が形成される。 The surface of the photosensitive drum 7Y is uniformly charged by the charger 8Y, by the exposure unit 9 is exposed with the laser beam LY for yellow image, an electrostatic latent image is formed. 形成された静電潜像は、現像器10Yで現像され、感光体ドラム7Y上にトナー像が形成される。 The formed electrostatic latent image is developed by the developing device 10Y, a toner image is formed on the photosensitive drum 7Y. このトナー像は、感光体ドラム7Yと転写ベルト3上の転写紙2とが接する位置(転写位置)で、転写器12Yによって転写紙2に転写され、これによって、転写紙2上に単色(イエロー)の画像が形成される。 The toner image is in the transfer sheet 2 are in contact position on the transfer belt 3 and the photosensitive drum 7Y (transfer position), is transferred onto the transfer sheet 2 by the transfer device 12Y, whereby monochromatic (yellow on the transfer sheet 2 an image is formed). 転写が終わった感光体ドラム7Yでは、ドラム表面に残った不要なトナーが感光体クリーナ11Yによってクリーニングされ、次の画像形成に備えることとなる。 In the transfer is finished photosensitive drum 7Y, unnecessary toner remaining on the drum surface is cleaned by the photosensitive member cleaner 11Y, so that the preparation for the next image formation.

このように、第1の作像ステーション1Y(イエロー)で単色(イエロー)を転写された転写紙2は、転写ベルト3によって第2の作像ステーション1M(マゼンタ)に搬送される。 Thus, the transfer sheet 2 having the transferred monochromatic (yellow) in the first image forming stations 1Y (yellow) is conveyed by the transfer belt 3 to the second image forming station 1M (magenta). ここでも同様に、感光体ドラム7M上に形成されたトナー像(マゼンタ)が転写紙2上に重ねて転写される。 Again, the toner image formed on the photosensitive drum 7M (magenta) is transferred on top transfer sheet 2. 転写紙2は、さらに、第3の作像ステーション1C(シアン)と第4の作像ステーション1K(ブラック)とに順に搬送され、同様に、形成されたトナー像が転写紙2に順次重畳され、これによって転写紙2上にカラー画像が形成される。 Transfer sheet 2 further includes a third image forming stations 1C (cyan) is conveyed fourth and so in order the image forming stations 1K (black), similarly, a toner image formed are sequentially superimposed on the transfer sheet 2 , whereby a color image is formed on the transfer sheet 2. なお、第2、第3及び第4の作像ステーション1M,1C,1K(マゼンタ、シアン、ブラック)は、第1の作像ステーション1Y(イエロー)と同様の構成なので、色を示す添え字を付して前記各色の作像ステーションであることを明確にした上で説明は省略する。 Note that the second, third and fourth image forming stations 1M, 1C, 1K (magenta, cyan, black) is the same configuration as the first image forming stations 1Y (yellow), a subscript indicating the color subjected described above was clarified that the a respective color image forming stations of will be omitted.

このように第1ないし第4の作像ステーション1Y,1M,1C,1Kでカラー画像が重畳され、フルカラーの画像が形成された転写紙2は、転写ベルト3から剥離され、定着器13で定着された後、排紙される。 Thus the first to fourth image forming stations 1Y, 1M, 1C, color images are superimposed 1K, the transfer sheet 2 to the full-color image has been formed is separated from the transfer belt 3, fixed in the fixing unit 13 after that has been, it is discharged.

図2は転写ベルト3上に位置ずれ補正用の補正パターン14が形成された状態を示す転写ベルト3及び感光体ドラム7Y,7M,7C,7Kの斜視図である。 Figure 2 is a perspective view of the transfer belt 3 and the photosensitive drum 7Y, 7M, 7C, 7K shows a state in which the correction pattern 14 is formed for positional deviation correction on the transfer belt 3. 図1に示したタンデム型のカラー画像形成装置においては、その構成上、各色間の位置合わせ技術が重要な課題となる。 In tandem color image forming apparatus shown in FIG. 1, on its structure, positioning technology between the colors is significant challenge. そこで、本実施形態に係るカラー画像形成装置では、転写紙2に対して実際のカラー画像形成動作を行うに先立ち、各色の位置ずれ補正を行う。 Therefore, the color image forming apparatus according to this embodiment, prior to performing the actual color image forming operation with respect to the transfer sheet 2, performs positional offset correction for each color.

そのために、まず、転写ベルト3上に各色の位置ずれ補正用の補正パターン14を形成し、これを複数の検知用の検知センサで検出する。 Therefore, first, the transfer belt 3 onto the correction pattern 14 for positional deviation correction for each color is formed, this is detected by the detection sensor for a plurality of detection. 本実施形態では、2つの検知センサ15,16を転写ベルト3における主走査方向の両端に配置し、転写ベルト3には、各々の検知センサ15,16の配置位置に対応させて補正パターン14を形成する。 In this embodiment, the two detection sensors 15 and 16 arranged in the main scanning direction of the both ends of the transfer belt 3, the transfer belt 3, the correction pattern 14 so as to correspond to the positions of each of the detection sensors 15 and 16 Form. 補正パターン14は、転写ベルト3が回転して移動し、検知センサ15,16部を順に通過することによって検出される。 Correction pattern 14 is detected by the transfer belt 3 moves to rotate, through the detection sensors 15 and 16 parts in order. 補正パターン14を検出すると、その検出結果から、各種のずれ量や補正量を演算し、各ずれ成分の補正を行う。 Upon detection of the correction pattern 14, from the detection result, it calculates the various displacement amount and the correction amount, the correction of the shift component.

図3は本実施形態における書き込み制御及び位置ずれ補正を実行するエンジン制御部を主として示すブロック図、図4は図3における書き込み制御部の詳細を示すブロック図である。 Figure 3 is a block diagram mainly showing an engine control unit for executing write control and positional deviation correction in the present embodiment, FIG. 4 is a block diagram showing the details of the writing control unit in FIG.

図3において、エンジン制御部114は、CPU110、RAM111、画像処理部112、パターン検知部113、及び書き込み制御部101を備えている。 3, the engine control unit 114, CPU 110, RAM 111, image processing unit 112, and a pattern detection unit 113 and the write control unit 101,. パターン検知部113にはパターン検知センサ15,16が接続され、検知信号が入力される。 The pattern detection unit 113 is connected to the pattern detection sensors 15 and 16, the detection signal is input. パターン検知部113の検知出力はCPU110に入力される。 Detection output of the pattern detection unit 113 is input to the CPU 110. CPU110は図示しなROMに格納されたプログラムを、RAM111をワークエリアとして使用しながら実行し、書き込み制御101及びエンジン制御部全体の制御を司る。 CPU110 is a program stored in a shown ROM, run while using the RAM111 as a work area, it governs write control 101 and the engine control unit controls the entire.

書き込み制御101には、KMCY各色毎に図4に示すような書き込み制御部102,103,104,105が設けられている。 The write control 101, the write control unit 102, 103, 104, and 105 as shown in FIG. 4 are provided in KMCY each color. これら各色毎の書き込み制御部102,103,104,105には、画像処理部112から画像を書き込むために必要な信号が入力される。 These write control unit 102, 103, 104 and 105 for each color, signals necessary to write the image from the image processing unit 112 is input. また、画像処理部112は、プリンタコントローラ115及びスキャナ116と相互に信号を送受する。 The image processing unit 112 are mutually transmitting and receiving signals and a printer controller 115 and the scanner 116. 図示しないPCからのプリンタ画像はプリンタコントローラ115、コピー画像はスキャナ116にてそれぞれ処理され、画像処理部112に転送される。 Printer image from an unillustrated PC printer controller 115, the copy image is processed respectively by the scanner 116 is transferred to the image processing unit 112.

画像処理部112では、各画像データに応じた種々の画像処理を行い、カラー各色毎の画像データに変換し書き込み制御部101に転送する。 In the image processing unit 112 performs various kinds of image processing corresponding to each image data, and transfers the write control unit 101 converts the image data for each color each color. 書き込み制御部101の各色の書き込み制御部102,103,104,105では、各色毎の印字タイミングを生成し、副走査タイミングに合わせて画像データを受け取り、各種書き込み画像処理を施した後にLD発光データに変換し、KMCY各色のLD制御部106,107,108,109でLDの発光制御を行い、感光体ドラム7K,7M,7C,7Y上に画像を書き込む。 Each color of the writing control section 102, 103, 104 and 105 of the write control unit 101 generates a print timing for each color, receives the image data in accordance with the sub-scanning timing, LD light emission data after performing various write image processing converted to, control the light of the LD in KMCY colors of LD control unit 106, 107, 108, 109, writes the photosensitive drum 7K, 7M, 7C, an image on 7Y.

図4に示すようにK色の書き込み制御部102は、書き込み画像検知部140、位置ずれ補正パターン生成部128、LDデータ出力部132を備え、書き込み制御部102の前段に入力画像制御部136及びラインメモリ120が設けられている。 K-color writing control unit 4 102 writes the image detection unit 140, positional deviation correction pattern generation unit 128 includes an LD data output unit 132, the input image control unit 136 and in front of the write control unit 102 line memory 120 is provided. また、M色の書き込み制御部103は、スキュー補正処理部125、書き込み画像処理部141、位置ずれ補正パターン生成部129、LDデータ出力部133を備え、書き込み制御部103の前段に入力画像制御部137及びラインメモリ121が設けられている。 The write control unit 103 of the M color, a skew correction unit 125, the writing image processing unit 141 includes the positional deviation correction pattern generation unit 129, LD data output unit 133, the previous stage to the input image control unit of the writing control section 103 137 and the line memory 121 is provided. C色の書き込み制御部104も、スキュー補正処理部126、書き込み画像処理部142、位置ずれ補正パターン生成部130、LDデータ出力部134を備え、書き込み制御部104の前段に入力画像制御部138及びラインメモリ122が設けられている。 Write control section of the C-color 104 also skew correction processing unit 126, the writing image processing unit 142, positional deviation a correction pattern generation unit 130, LD data output unit 134, the input image control unit 138 and in front of the write control unit 104 line memory 122 is provided. Y色の書き込み制御部105も、スキュー補正処理部127、書き込み画像処理部143、位置ずれ補正パターン生成部131、LDデータ出力部135を備え、書き込み制御部105の前段に入力画像制御部139及びラインメモリ123が設けられている。 Y-color write controller 105 also skew correction processing unit 127, the writing image processing unit 143 includes the positional deviation correction pattern generation unit 131, LD data output unit 135, the input image control unit 139 and in front of the write controller 105 line memory 123 is provided.

すなわち、MCY各色についてはスキュー補正処理部125,126,127がそれぞれ設けられ、K色についてはスキュー補正は不要なので、スキュー補正処理部は設けられていない。 That, MCY for each color is provided a skew correction processing unit 125, 126, and 127, respectively, since the K color skew correction is not necessary, is not provided with the skew correction unit. これは本実施形態では、K色を基準色とし、他のMCY各色はK色を基準として位置ずれを補正するからである。 Which in this embodiment, the reference color K color, the other MCY colors because to correct the positional deviation based on the K color.

図4のように書き込み制御部101を構成した場合、画像処理部112から入力される画像データはK色では入力画像制御部136でラインメモリ120をトグル動作させながら1ラインずつ画像データを書き込み画像処理部140に送り出す。 Case where the write controller 101 as shown in FIG. 4, the image data writes image data line by line while toggling the line memory 120 in the input image control unit 136 in the K-color image input from the image processing unit 112 send to the processing unit 140. 書き込み画像処理部140で処理された画像データはLDデータ出力部132に転送され、LDの変調信号に変換されてLD制御部106に出力され、LD制御部106の駆動信号に基づいてLDが発光する。 The image data processed by the write image processing unit 140 is transferred to the LD data output unit 132, are converted to the modulated signal of the LD is outputted to the LD control unit 106, LD emission based on the drive signal of the LD control unit 106 to.

MCYの各色では、入力画像処理部137,138,139からそれぞれの書き込み画像処理部141,142,143に画像データが転送される前に、各色毎のスキュー補正処理部125,126,127にそれぞれ入力され、スキュー補正が行われた後、それぞれの書き込み画像処理部141,142,143に画像データは転送され、後は、K色と同様に処理される。 Each color MCY, before the image data is transferred from the input image processing section 137, 138 and 139 to each of the writing image processing unit 141, 142, 143, respectively skew correction processing unit 125, 126, 127 for each color is input, after the skew correction is performed, the image data in each write image processing unit 141, 142, 143 are transferred, after is processed similarly to the K color.

位置ずれ補正パターンを印字する場合には、KMCY各色の位置ずれ補正パターン生成部128,129,130,131で生成された位置ずれ補正パターンがLDデータ出力部132,133,134,135に転送され、LDデータに変換した後、後段のLD制御部106,107,108,109に出力され、露光器9のLDによって書き込まれる。 When printing the positional deviation correction patterns, KMCY misalignment correction pattern generated by the misalignment correction pattern generating unit 128,129,130,131 of respective colors are transferred to the LD data output unit 132,133,134,135 after converting the LD data is output to the subsequent LD control unit 106, 107, 108, 109, written by LD of the exposure unit 9.

図5は各色の位置ずれを補正する位置ずれ補正処理の処理手順を示すフローチャートである。 Figure 5 is a flowchart showing a processing procedure of the positional deviation correction process for correcting the positional deviation of each color. 位置ずれ補正処理自体は例えば特許第3556349号公報に開示されているように、公知もしくは周知の技術なので、位置ずれ補正処理自体についての説明はここでは省略する。 Positional deviation correcting process itself, as disclosed in JP Patent No. 3556349, since a known or well-known techniques, omitted here a description of the positional deviation correcting process itself. 以下の位置ずれ補正処理は、基準色をK色とした場合のものである。 The following misalignment correction process is for the case where the reference color and the K color. 基準色とは、補正の基準となる色で、他の色をこの基準色に合わせることによって各色間の位置ずれを補正する。 The reference color, a color as a reference of correction, to correct the positional deviation between the colors by combining other colors in the reference color.

位置ずれ補正が開始されると図4の各色の書き込み制御部102〜105内の位置ずれ補正パターン生成部128〜131で生成された位置ずれ補正パターンを転写ベルト3上に形成する(ステップSA−1)。 Positional deviation correction Once started to form a misalignment correction pattern generated by the positional deviation correction pattern generation unit 128 to 131 in each color of the write control unit 102 to 105 in FIG. 4 on the transfer belt 3 (step SA- 1).

次に、検知センサ15,16で、ステップSA−1で形成された補正パターン14を検出し(ステップSA−2)、基準色に対する主走査倍率補正量、主走査のレジストずれ量、副走査のレジストずれ量を算出する(ステップSA−3)。 Next, the detection sensors 15 and 16 detects a correction pattern 14 formed in step SA-1 (step SA-2), the main scanning magnification correction amount with respect to the reference color, registration deviation amount in the main scanning, sub scanning to calculate the registration deviation amount (step SA-3). 同時に、基準色(K)に対するスキュー量を算出し(ステップSA−4)、最大画像サイズに対応したスキュー補正を行うための主走査方向の分割エリア幅(第1のエリア幅)を算出し、スキュー補正位置を決定する(ステップSA−5)。 At the same time, calculates the amount of skew with respect to the reference color (K) (Step SA-4), to calculate the main scanning direction of the divided area width (the first area width) for performing skew correction corresponding to the maximum image size, determining the skew correction position (step SA-5). そして、決定した各スキュー補正エリアに対応したスキュー補正量(画像シフト量)を算出する(ステップSA−6)。 Then, a skew correction amount corresponding to each skew correction area determining (image shift amount) is calculated (Step SA-6).

ステップSA−3ないしSA−6で求めた、あるいは決定した主走査倍率、主走査レジスト、副走査レジストの補正量とスキュー補正用の主走査の分割エリア幅と各スキュー補正エリアに対応したスキュー補正量の情報をRAM111又は別途設けた図示しない不揮発メモリに保存して処理を終了する(ステップSA−7)。 Step SA-3 to determined in SA-6, or determined main scan magnification, main scanning registration, skew correction corresponding to the correction amount and the divided area width and the skew correction area in the main scanning for skew correction of the sub-scanning registration Save the amount of information RAM111 or separately nonvolatile memory (not shown) provided by the process ends (step SA-7). メモリに保存した補正量は、次回の位置ずれ補正処理を実施するまで、印刷時の補正量として使用する。 Correction amount stored in the memory, until carrying out the next positional deviation correcting process is used as a correction amount at the time of printing.

図6は印刷時の処理手順を示すフローチャートである。 6 is a flowchart showing a processing procedure at the time of printing. 印刷要求が発生した場合、図5の位置ずれ補正で算出した各種設定を行い印刷開始となる。 If the print request occurs, the print start sets various settings calculated in the positional deviation correction in FIG. 主走査の色ずれを補正する場合、主走査倍率と主走査の書き出しタイミングを補正するが、主走査倍率補正は、検出した各色毎の倍率誤差量に基づく画像周波数の変更を書き込み制御部101にて行う。 When correcting the color deviation in the main scanning, but corrects the write start timing of the main scan magnification in the main scanning, the main scanning magnification correction, the change of the image frequency based on the magnification error amount of each color detected in the write controller 101 carried out. 書き込み制御部101には、周波数を非常に細かく設定できるデバイス、例えばVCO(Voltage Controlled Oscillator)を利用したクロックジェネレータ等を備えている。 The write control section 101, a device that can be set very finely frequency, for example, VCO clock generator or the like utilizing (Voltage Controlled Oscillator). 主走査の書き出しタイミングは、各色の同期検知信号をトリガにして動作する主走査カウンタのどの位置からLDがデータを出力するかにより調整を行う。 Writing timing in the main scanning is adjusted according to whether LD outputs data from which the position of the main scanning counter which operates in a synchronization detection signal for each color in the trigger. また、副走査の色ずれ補正は副走査の書き出しタイミングを調整して行う。 Further, sub-scanning color shift correction is performed by adjusting the writing timing in the sub-scanning.

すなわち、印刷要求があると、各色の画素クロック周波数の設定(ステップSB−1)、各色の主走査遅延量の設定(ステップSB−2)、各色の副走査遅延量の設定(ステップSB−3)及び基準色に対する各色のスキュー補正量の設定(ステップSB−4)をそれぞれ実行する。 That is, if there is a print request, setting the pixel clock frequency for each color (Step SB-1), setting the main scanning delay amount for each color (Step SB-2), set in the sub-scanning delay amount for each color (Step SB-3 ) and executes setting of the skew correction amount for each color (steps SB-4), respectively with respect to the reference color. そして、印刷画像に応じた画像シフト位置を決定する処理(ステップSB−5)を実行した後で印刷スタート(ステップSB−6)となる。 Then, the process for determining the image shift position corresponding to the print image print start after running (Step SB-5) (Step SB-6). なお、ステップSB−5の画像シフト位置決定処理の詳細については後述する。 Will be described later in detail an image shift position determination processing in step SB-5.

なお、図5及び図6の処理はいずれもCPU110によって実行される。 The processing of FIG. 5 and FIG. 6 is executed by the CPU110 both.

図7は副走査の色ずれを補正する場合の副走査の書き出しタイミング補正のタイミングチャートである。 Figure 7 is a timing chart of the sub-scan writing timing correction when correcting the sub scanning color shift. 書き込み制御部101は、CPU110からのスタート信号(STTRIG_N)を基準として、ライン数をカウントし、画像処理部112に対して副走査タイミング信号(*_FSYNC_N)を出力する。 Write control unit 101, based on the start signal (STTRIG_N) from CPU 110, it counts the number of lines, and outputs the sub-scanning timing signal (* _FSYNC_N) to the image processing unit 112. 画像処理部112では、*_FSYNC_Nをトリガに副走査ゲート信号(*_IPFGATE_N)を出力し、画像データ(*_IPDATA[7:0]_N)を転送する。 In the image processing unit 112, and outputs the sub-scanning gate signals (* _IPFGATE_N) to trigger * _ FSYNC_N, image data (* _IPDATA [7: 0] _N) to transfer. 副走査のレジストを補正する場合、スタート信号からの副走査遅延量(*_Mfcntld)を検出した位置ずれ量に応じて変更するが、通常、Kを基準としての位置ずれ量をカラー(M、C、Y)の副走査遅延量に反映し、*_FSYNC_Nのタイミングを変更して副走査の位置合わせを行う。 When correcting the subscanning resist, the sub-scanning delay amount from the start signal (* _Mfcntld) the will be changed according to the detected positional deviation amount, usually color positional shift amount of the basis of the K (M, C , reflected in the sub-scanning delay amount of Y), to align the sub-scanning by changing the timing of * _ FSYNC_N. なお、*はY,M,C,Kの各色を示す。 Incidentally, * denotes Y, M, C, each color of K.

図8は位置ずれ補正パターンを2つの検知センサ15,16によって検知するときの一例を示す図である。 Figure 8 is a diagram showing an example of a case of detecting the positional displacement correction pattern by the two detection sensors 15 and 16. 補正パターン14は検知センサ15,16で検知し、得られた信号は、パターン検知部113によってアナログデータからデジタルデータへと変換され、データをサンプリングし、サンプリングされたデータはRAM111に格納される。 Correction pattern 14 is detected by the detection sensors 15 and 16, the signal obtained is converted from analog data to digital data by the pattern detection unit 113 samples the data, sampled data is stored in the RAM 111. 一通り補正パターン14の検知が終了した後、CPU110は格納されていたデータについて種々の色ずれ量(主走査倍率、主走査レジスト、副走査レジスト、スキュー)を算出するための演算処理を行い、その色ずれ量から各ずれ成分の補正量を算出する。 After detection of one way the correction pattern 14 is completed, CPU 110 performs the arithmetic processing for calculating a variety of color shift for the data stored (main scan magnification, main scanning registration, sub-scanning registration, skew), and It calculates a correction amount of the deviation component from the color shift amount.

スキュー補正については、まずK色に対するカラー各色のスキュー量を求める。 For the skew correction, first determine the amount of skew of the color of each color for K color. 例えば、図8(b)のようにC色の画像右側が下にずれている場合、C色のスキュー量:KC_Skewは、 For example, if the image right C color is shifted down as shown in FIG. 8 (b), the skew amount of C color: KC_Skew is
KC_Skew=KC_R−KC_L KC_Skew = KC_R-KC_L
のように求まる。 It found as of. ただし、KC_Rは図示右側のK色とC色のパターン間の間隔、KC_Lは図示左側のK色とC色のパターン間の間隔を示す。 However, KC_R the spacing between the right side of the K color and C color patterns, KC_L denotes a distance between the pattern of the K-color and C color left side.

図9及び図10はスキュー補正方法(スキュー補正量算出方法)を示す説明図である。 9 and FIG. 10 is an explanatory view showing a skew correction method (method of calculating the skew correction amount). 図9(b)は走査ビームのスキューにより、図9(a)に示す入力画像をそのままLDデータとして出力した場合、図9(a)の入力画像と比較して転写紙2上で右側が上に3ラインに相当する量ずれている(スキュー量のライン数3)画像を示している。 Skew in FIG. 9 (b) scanning the beam, when outputting the input image shown in FIG. 9 (a) as it is as LD data, right-side up on compared to the input image transfer sheet 2 shown in FIG. 9 (a) offset amount corresponding to three lines are shows an image (line number 3 of the skew quantity) to. 図9(b)のように右側画像が上に3ラインずれている場合、図9(c)に示すように主走査をスキュー量のライン数+1の4等分割にし、図9(d)に示すように右側に行く度に1ラインずつ下にシフトした画像を出力すれば、図9(e)に示すように、転写紙2上で各ラインの左右の画像位置が平行になることになる。 If the right image as shown in FIG. 9 (b) is shifted three lines above the main scanning as shown in FIG. 9 (c) to 4 equal division of the skew amount of the line count plus, in FIG. 9 (d) if the output image which is shifted down one line each time you go to the right as shown, as shown in FIG. 9 (e), the image positions of the left and right of each line is to be parallel on the transfer sheet 2 .

図10(b)は、図10(a)に示す入力画像に対して転写紙2上で右側の画像が下に1ラインずれている場合であり、図10(c)に示すように主走査を2等分割にし、図10(d)に示すように左側に行く度に1ラインずつ上にシフトしていけば、図10(e)に示すように転写紙2上で各ラインの左右の画像位置が平行になる。 Figure 10 (b) is a case where the right side of the image on the transfer sheet 2 to the input image shown in FIG. 10 (a) are shifted one line down, the main scanning as shown in FIG. 10 (c) was in two equal split, if we shifted upward by one line each time you go to the left as shown in FIG. 10 (d), on the transfer sheet 2 as shown in FIG. 10 (e) of the left and right of each line image position is parallel.

図11及び図12は曲がり補正方法(曲がり補正量算出方法)を示す説明図である。 11 and FIG. 12 is an explanatory view showing the bending correction method (curvature correction amount calculating method). 図11は位置ずれ補正パターンを3つの検知センサ15,16,17によって検知するときの一例を示している。 Figure 11 shows an example of a case of detecting the positional deviation correction pattern by the three detection sensors 15, 16, 17. 補正パターン14は検知センサ15,16,17で検知し、得られた信号は、図3に示したパターン検知部113によってアナログデータからデジタルデータへと変換され、データをサンプリングし、サンプリングされたデータはRAM111に格納される。 Correction pattern 14 is detected by the detection sensor 15, 16 and 17, the signal obtained is converted from analog data to digital data by the pattern detection unit 113 shown in FIG. 3, samples the data, sampled data It is stored in the RAM111. 一通り補正パターン14の検知が終了した後、CPU110は格納されていたデータについて種々の色ずれ量(主走査倍率、主走査レジスト、副走査レジスト、スキュー又は曲がり)を算出するための演算処理を行い、その色ずれ量から各ずれ成分の補正量を算出する。 After detection of one way the correction pattern 14 is finished, the various color shift amount for CPU110 was stored data calculation processing for calculating the (main scan magnification, main scanning registration, sub-scanning registration, skew or bend) performed to calculate the correction amount of each deviation component from the color shift amount.

曲がり補正については、位置ずれ補正パターンを3つ以上の検知センサによって検知し、主走査方向へ区分した領域毎にスキュー量を求め、領域毎にスキュー補正を行えばよい。 For bending correction, detects the positional deviation correction pattern by three or more detection sensors, determine the skew amount for each was divided in the main scanning direction region, it may be performed skew correction for each region. 例えば、図11(a)に示すように位置ずれ補正パターンを3つの検知センサ15,16,17によって検知する場合、検知センサ15,17間でのK色に対するスキュー量と、検知センサ17,16間のK色に対するスキュー量をそれぞれ求める。 For example, to detect the positional deviation correcting three sensor patterns 15, 16, 17 as shown in FIG. 11 (a), the amount of skew with respect to K color between sensor 15 and 17, sensor 17, 16 obtaining a skew amount for K color between each. 図11(b)に示すようにM色の画像中央が下にずれている場合、M色の曲がり量(各スキュー量):KM_Skew1,KM_Skew2は、 When the image center of the M color, as shown in FIG. 11 (b) are shifted down, curve amount of M-color (each skew amount): KM_Skew1, is KM_Skew2,
KM_Skew1=KM_C−KM_L KM_Skew1 = KM_C-KM_L
KM_Skew2=KM_C−KM_R KM_Skew2 = KM_C-KM_R
のように求まる。 It found as of. ただし、KM_Cは図示中央のK色とM色のパターン間の間隔、KM_Lは図示左側のK色とM色のパターン間の間隔、KM_Rは図示右側のK色とM色のパターン間の間隔を示す。 However, KM_C the spacing between illustrated central K color and M-color pattern, KM_L the spacing between patterns of K-color and M-color of the left side, the spacing between KM_R the illustrated right K color and M-color pattern show.

図12(b)は、走査ビームの曲がりにより、図12(a)に示す入力画像をそのままLDデータとして出力した場合、図12(a)の入力画像と比較して転写紙2上で中央が下に1ラインずれている画像を示している。 FIG. 12 (b), the curve of the scanning beam, when outputting the input image shown in FIG. 12 (a) as it is as LD data is compared to the input image center on the transfer sheet 2 shown in FIG. 12 (a) It shows an image which is shifted by one line downward. 図12(b)のように中央の画像が下に1ラインずれている場合、図12(c)に示すようにLC間の主走査をLC間のスキュー量のライン数+1の2等分割に、CR間の主走査をCR間のスキュー量のライン数+1の2等分割にし、図12(d)に示すようにLC間は右側に行くたびに1ラインずつ上へシフトし、CR間は右側に行く度に1ラインずつ下へシフトしていけば、図12(e)に示すように転写紙2上で各ラインの左右の画像位置が平行になる。 If the center of the image as shown in FIG. 12 (b) is shifted one line down, the main scanning between LC as shown in FIG. 12 (c) in two equal split of the skew amount of the line count plus between LC , the main scanning between CR 2 equal division of the skew amount of the line count plus between CR, between LC as shown in FIG. 12 (d) is shifted upward by one line each time you go to the right, between the CR if we shift down line by line each time you go to the right, the image positions of the left and right of each line are parallel on the transfer sheet 2 as shown in FIG. 12 (e).

実際には、スキュー補正用のラインメモリに入力画像データを順次蓄積しておき、MCY各色のスキュー補正処理部125〜127で、分割した各領域でどのラインメモリのデータをリードするかを切り替えることによって図9(d)、図10(d)、図12(d)の画像を出力する構成とするので、各色での主走査方向の分割位置のアドレスと、それぞれの分割位置で副走査の+方向か−方向にシフトするかの情報を求めておけばよい。 In fact, advance sequentially storing input image data in the line memory for the skew correction, with MCY colors of the skew correction unit 125 to 127, to switch whether to read the data in any line memory in each divided region by since the image and outputs the configuration of FIG. 9 (d), the FIG. 10 (d), the FIG. 12 (d), the address in the main scanning direction of the division position of each color, the sub scanning at each division position + direction or - it is sufficient to seek one of the information is shifted in the direction.

図9(c)に示すように走査方向の画素数を4800画素とすると、左端から右端まで3ライン上方向にシフトしているので、1200画素目で1ライン下にシフトさせる。 When the number of pixels the scanning direction as shown in FIG. 9 (c) and 4800 pixel, since the shifted three lines upward from the left end to the right end to shift down one line at 1200 th pixel. そして、図9(d)に示すように1ライン目は0から1199画素までは1本目のラインメモリ画像データを出力し、1200画素から4800画素までは白画素を出力し、2ライン目は0から1199画素までは2本目のラインメモリ画像データを出力し、1200から2399画素までは1本目のラインメモリ画像データを出力し、2400から4800画素まで白画素を出力することによって出力画像は図9(e)に示すように左右の画像位置が平行になるように補正することができる。 Then, outputs first line one line-memory image data from 0 to 1199 pixels as shown in FIG. 9 (d), from 1200 pixels to 4800 pixels to output the white pixel, the second line 0 from until 1199 pixel outputs line memory image data of the two eyes, from 1200 to 2399 pixels and outputs the line memory image data of the first run, the output image by outputting the white pixels from 2400 to 4800 pixels 9 image positions of the left and right as shown in (e) can be corrected in parallel.

図10の場合は、図9の場合とは逆に1ライン目の0から2399画素までは図10(d)に示すように白画素を出力し、2400画素から4800画素までは1本目のラインメモリ画像データを出力し、2ライン目の0から2399画素までは1本目のラインメモリ画像データを出力し、2400画素から4800画素までは2本目のラインメモリ画像データを出力するという動作を繰り返すことにより図10(e)に示すように左右の画像位置が平行になるように補正することができる。 In the case of FIG. 10, and outputs the white pixels as 0 and 1 line contrary to the case of FIG. 9 to 2399 pixels shown in FIG. 10 (d), 1 -th line from 2400 pixels to 4800 pixels outputs the memory image data, from 0 of the second line to the 2399 pixels to output the line memory image data of the first run, the operation is repeated from 2400 pixels to 4800 pixels and outputs the line memory image data of the two eyes image positions of the left and right as shown in FIG. 10 (e) can be corrected to be parallel with.

図12の場合は、走査方向の画素数を4800画素とすると、中央部で1ライン下方向にシフトしているので、1200画素目で1ライン上にシフトさせる。 For Figure 12, when the number of pixels the scanning direction and 4800 pixels, because it shifts down one line direction at the central portion, is shifted one line at 1200 th pixel. そして、図12(d)に示すように1ライン目は0から1199画素までは白画素を出力し、1200画素から3599画素までは1本目のラインメモリ画像データを出力し、3600画素から4800画素までは白画素を出力する。 Then, the first line as shown in FIG. 12 (d) from 0 to 1199 pixel outputs a white pixel, until 3599 pixels to 1200 pixels and outputs the line memory image data of the first run, 4800 pixels to 3600 pixels until outputs a white pixel. 2ライン目は0から1199画素までは1本目のラインメモリ画像データを出力し、1200から3599画素までは2本目のラインメモリ画像データを出力し、2400から4800画素までは1本目のラインメモリ画像データを出力することによって出力画像は図9(e)に示すように左右の画像位置が平行になるように補正することができる。 The second line from 0 to 1199 pixels and outputs the line memory image data of the first run, from 1200 to 3599 pixels outputs the line memory image data of the two eyes, from 2400 to 4800 pixels one line-memory image output image by outputting the data can be image positions of the left and right as shown in FIG. 9 (e) is corrected so as to be parallel.

図5のフローチャートのステップSA−5におけるスキュー補正の主走査分割位置は、主走査画像サイズをスキュー量のライン数+1で等分割した位置となる。 Main scanning dividing positions of the skew correction in step SA-5 in the flowchart of FIG. 5 is a equally divided positions in the main scanning image size in the amount of skew line number plus one.

図13はラインメモリのスキュー補正時のタイミングを示すタイミングチャートである。 Figure 13 is a timing chart showing the timing when the skew correction of the line memory. 入力画像データ(*_IPDATA)をラインメモリに順次蓄積していき、スキュー補正処理部125〜127で、分割した各領域でどのラインメモリのデータをリードするかを切り替え、出力画像を生成し、LDデータ(*_LDDATA)としてLD制御部106へ出力する。 Input image data (* _IPDATA) will sequentially accumulated in the line memory, skew correction processing unit 125 to 127, switching whether to read the data in any line memory in each area obtained by dividing generates an output image, LD and outputs to the LD control unit 106 as data (* _LDDATA). 図13のM色及びC色の動作が図9の補正動作を示し、図13のY色の動作が図10の補正動作を示している。 M color and C color operation of FIG. 13 indicates a correcting operation of FIG. 9, Y color of the operation of FIG. 13 indicates a correcting operation of FIG. なお、*はY,M,C,Kの各色を示す。 Incidentally, * denotes Y, M, C, each color of K.

図14は副走査600dpi時のK色基準の各色のスキュー量の一例を表形式で示す図である。 Figure 14 is a diagram showing an example of a skew amount of each color of K color reference at the time of sub-scan 600dpi in tabular form. 以下、スキュー量とスキュー補正量の関係について説明する。 The following describes the relation between the skew amount and the skew correction amount.

カラー各色のスキュー量が図14に示すように、K色基準でM色:−110[um]、C色:−130[um]、Y色:30[um]とすると、副走査の解像度が600dpiの場合、図15に示すようにそれぞれM:+3ライン、C:+3ライン、Y:−1ラインとなる。 Skew amount of color each color as shown in FIG. 14, M-color in K Color Reference: -110 [um], C Color: -130 [um], Y color: When 30 [um], the sub-scanning resolution for 600 dpi, respectively, as shown in FIG. 15 M: +3 line, C: +3 line, Y: a -1 line. これは1ラインシフトすることにより、42.3[um]移動し、スキュー補正量がそれぞれのずれ量を1ラインあたりの移動量で割って、小数点以下は四捨五入して整数単位の値にし、符号を反転させることによって得られる値である。 This by 1 line shift, 42.3 [um] moved, the skew correction amount of each displacement amount divided by the amount of movement per line, the value of the integer to the nearest decimal point or less, code is a value obtained by inverting the.

図5のフローチャートのステップSA−6におけるスキュー補正の画像シフトの分割候補位置は、ディザ処理に用いられるディザマトリクスの主走査サイズにより予め決定される。 Candidate dividing position of the image shift of the skew correction in Step SA-6 in the flowchart of FIG. 5 is predetermined by the main scanning size of the dither matrix used for dithering. 以下に図5ステップSA−6における画像分割候補位置(画像シフト候補位置)について説明する。 Image dividing candidate position in FIG. 5 the step SA-6 for (image shifting candidate positions) will be described below.

通常、レーザプリンタでは多様な階調数得ることが困難であるためにディザ処理を使用し、レーザプリンタの出力階調数以上の階調数を表現する。 Usually, it uses dithering for a laser printer is difficult to obtain the number of various gradations, representing the number of tones of the output or the number of gradations of the laser printer. 特に、カラーレーザプリンタでは、滑らかな階調性を表現するため、色毎に、写真用/文字用に、画像データのビット数に対応し、あるいは解像度にそれぞれディザマトリクスを持っている。 In particular, in a color laser printer, to express smooth gradation, for each color, for photographic / character, corresponding to the number of bits of the image data, or each has a dither matrix resolution. これらのディザマトリクスのサイズ、形状は互いに異なる場合が多い。 The size of these dither matrices, the shape often differs from one another. ディザ処理とは、多階調画像を2値で表現するもので、N×N画素の閾値からなるディザマトリクスと呼ばれるマトリクスを元画像に重ね合わせて、画素に2値化を行う処理である。 The dithering, intended to represent a multi-tone image in a binary, by overlapping matrix called a dither matrix of threshold N × N pixels in the original image, a process for binarizing the pixels. 図16はこのディザ処理の一例を示す説明図である。 Figure 16 is an explanatory diagram showing an example of the dither processing. この例では、図16(b)に示す元画像の各画素を図16(a)に示すディザマトリクスの該当する位置の閾値と比較し、元画像の画素の階調のほうが大きければその画素を出力画素とし、小さければ非出力画素とする。 In this example, compared with a threshold value of the corresponding position of the dither matrix shown in FIG. 16 (a) each pixel of the original image shown in FIG. 16 (b), the pixel is greater better gradation of pixels of the original image an output pixel, and non-output pixel smaller. これより、図16(b)に示す元画像が図16(c)に示す画像に変換される。 From this, the original image shown in FIG. 16 (b) is converted into an image shown in FIG. 16 (c). 同様に図16(d)に示す元画像に図16(a)に示すディザマトリクスにより、ディザ処理を施すと図16(e)のように変換される。 Similarly the dither matrix shown in FIG. 16 (a) on the original image shown in FIG. 16 (d), it is converted when subjected to dither processing as shown in FIG. 16 (e). 個々の画素(ディザマトリクス)は非常に小さいため、人間の目には図16(c)と図16(e)のマトリクスは異なった階調として見える。 For each pixel (dither matrix) is very small, the matrix of FIG. 16 in the human eye (c) and FIG. 16 (e) appear as different gradations. このような処理を施すことにより、2値により多階調を表現する処理がディザ処理である。 By performing such processing, processing to represent multi-gradation by 2 value is dithering. また、ディザ処理で用いる出力の階調数を2値ではなく、3から16階調程度の多階調とする多値のディザ処理も存在する。 Further, instead of the binary number of gradations of the output to be used in the dithering process, there multilevel dither processing to the multi-gradation from 3 of about 16 gradations.

スキュー補正の画像シフトの分割候補位置とディザマトリクスの関係は次のようになる。 Relation candidate dividing position and the dither matrix of the image shift of the skew correction is as follows.
スキュー補正の基準色は画像シフトを行わないため、基準色のディザマトリクスは対象外となる。 Since the reference color of the skew correction is not performed to the image shift, the dither matrix of the reference color is excluded. また、スキュー補正は各色毎に行うため、各色のディザマトリクスを対象として画像シフトの分割候補位置を決定する。 Further, the skew correction for performing for each color, to determine a candidate dividing position of the image shift as a target of each color of the dither matrix. 図17(a)はディザマトリクスDMXがマトリクスの中心から円状に広がるように成長していくドット集中型のディザマトリクスを示している。 FIG. 17 (a) shows a dither matrix of the dot concentration type dither matrix DMX grows so as to spread in a circular shape from the center of the matrix. ここで、図17(b)に示すように、ディザマトリクス内の描画領域において図9及び図10を参照して説明したようなスキュー補正による画像シフトを行った場合、画像シフト位置においてディザパターンDPNの形状が変化する。 Here, as shown in FIG. 17 (b), when an image is shifted by reference to the skew correction as described with FIGS. 9 and 10 in the drawing area in the dither matrix, the dither pattern in the image shift position DPN shape changes of.

図17(a)のディザパターンと画像シフトによって形状が変化した図17(b)のディザパターンの上下の画素において隣接関係が変化している。 Adjacency in upper and lower pixels of the dither pattern in Figure 17 Figure 17 the shape by dither pattern and the image shift changes in (a) (b) is changed. 図18(a),(b)は図17(a),(b)のディザパターンの一部を拡大したものである。 Figure 18 (a), (b) the FIG. 17 (a), the is an enlarged view of a portion of the dither pattern (b). シフトする以前のディザパターン図18(a)の画素Aの隣接画素A'は黒画素であるのに対し、シフト処理を施すとディザパターン図18(b)のようになり、画素Aの隣接画素A'は白画素に変化する。 The adjacent pixels of the pixel A previous dither pattern 18 to shift (a) A 'is a black pixel relative to, look like when subjected to the shift processing dither pattern 18 (b), the adjacent pixels of the pixel A a 'is changed to a white pixel.

電子写真記録では通常、レーザ光のビーム径が画素サイズより大きく広がっているため、画像データを出力すると、記録画像(印刷用紙上)においてトナー付着面積が画素サイズ以上に膨らむ。 Usually in electrophotographic recording, since the diameter of the laser beam is spread larger than the pixel size, and outputs the image data, toner adhesion area in the recording image (on the printing paper) is inflated more than the pixel size. 図18(b)の画像イメージのようにシフト処理によって画素の隣接関係が変化すると実際の出力イメージは図19(b)に示すように画像シフト−前後の画素におけるトナー付着面積はシフトする以前の画像の出力イメージ(図19(a))に対し変化する。 Figure 18 image shifting as the actual output image when adjacency pixel changes shown in FIG. 19 (b) by shifting process as picture image of (b) - toner adhesion area of ​​the pixels before and after the previous shifting output image of the image changes to (FIG. 19 (a)). すなわち、画像シフトによってディザパターンの形状変化が生じると、記録画像(印刷用紙上)においてトナー付着面積の変動が発生する。 That is, the shape change of the dither pattern by the image shifting occurs, variation in the toner adhesion area is generated in the recording image (on the printing paper).

これをディザマトリクスDMXの集合体全体に適用すると、図20に示すようになる。 When applied to an entire collection of dither matrix DMX, as shown in FIG. 20. すなわち、ディザマトリクス内の描画領域においてスキュー補正による画像シフトを行った場合、スキュー補正による画像シフト位置でのみディザパターンの形状変化が生じることになる。 That is, when an image was shifted by the skew correction in the drawing area in the dither matrix, so that the shape change of the dither pattern only in the image shift position due to the skew correction occurs. そのため、転写紙2上の画像シフト位置においてトナー付着面積の変動が発生し、この変動がディザの周期性により副走査方向へ頻繁に発生するため、ノイズ画像を生じ、画質が劣化することになる。 Therefore, variations in the toner adhesion area is generated in the image shift position on the transfer sheet 2, since the fluctuation occurs frequently in the sub scanning direction by the periodicity of the dither, results in noise image, so that image quality is degraded . このため、図21に示すように、画像シフト候補位置をディザマトリクス主走査サイズの倍数の位置に設定する。 Therefore, as shown in FIG. 21, to set the image shift candidate position to the position of the multiple of the dither matrix main scanning size. これにより、ディザマトリクス内部に画像シフト位置がくることがなくなり、ディザパターンの形状に変化を生じさることなく画像シフトを行うことができる。 This prevents the image shift position comes within the dither matrix, an image can be shifted without monkey cause a change in the shape of the dither pattern.

図21を参照して説明したように、本実施形態では、ディザパターンDPNの崩れによる画像ノイズの発生を防止するために、シフト候補位置をディザマトリクス主走査サイズの倍数の位置に設定する。 As described with reference to FIG. 21, in this embodiment, in order to prevent the occurrence of image noise due to deformation of the dither patterns DPN, it sets the shift candidate position to the position of the multiple of the dither matrix main scanning size. この設定は図5のフローチャートのステップSA−6で実行される。 This setting is performed in Step SA-6 in the flowchart of FIG. すなわち、従来までは、図22に示すようにステップSA−5で算出した画像分割位置(画像シフト位置)PAにおいて画像をシフトさせていたが、前述のようにステップSA−5で算出した画像分割位置PAで画像をシフトさせると、ディザパターンの形状を変化させる(出力時のトナー付着面積変動を発生させる)位置で画像をシフトさせる可能性がある。 That is, until the past, had the image by shifting the at Step SA-5 image dividing position calculated in (image shift position) PA as shown in FIG. 22, image segmentation calculated in step SA-5, as described above When shifting the image at the position PA, (to generate toner adhesion area variation during output) to change the shape of the dither pattern has the potential to shift the image position. そこで、図23に示すように、複数の画像シフト候補位置(PB1ないしPB7)のうち、ステップSA−5で算出した画像分割位置PAに最も近い画像分割候補位置(画像シフト候補位置)PB3を新たな画像シフト位置に設定し、その位置で画像をシフトさせる。 Therefore, as shown in FIG. 23, among the plurality of image shift candidate positions (PB1 to PB7), the closest image segmentation candidate position in the image dividing position PA calculated in step SA-5 (image shift candidate position) PB3 new set an image shift position, shifting the image at that location. ディザマトリクスDMXの主走査方向のサイズL2は各マトリクス共通なので、算出画像シフト位置PAから隣接する画像候補シフト位置PB3にシフト位置を移動させると、次のシフト位置は画像候補シフト位置PB6となり、シフト候補位置PBがディザマトリクス主走査サイズL2の倍数の位置となっていることが分かる。 Since dither size L2 in the main scanning direction of the matrix DMX is common each matrix, moving the shift position to the image candidate shift position PB3 adjacent from the calculated image shift position PA, the next shift position image candidate shift position PB6, and the shift it is understood that candidate position PB is a position of a multiple of the dither matrix main scanning size L2. これにより、ディザマトリクスDMX内のディザパターンDPNを崩すことなく、画像をシフトさせることが可能となる。 Thus, without disturbing the dither patterns DPN in the dither matrix DMX, an image can be shifted.

ディザマトリクスDMXの主走査方向のサイズL2は画像シフトの間隔L1に対して十分小さいため、図5のフローチャートのステップSA−5で算出した画像シフト位置PAは、画像シフト候補位置PBに近似することができる。 Since dither size L2 in the main scanning direction of the matrix DMX is sufficiently small relative to the distance L1 of the image shift, image shift position PA calculated in step SA-5 in the flowchart of FIG. 5, to approximate to the image shift candidate position PB can.

ここで、スキュー補正処理部125〜127の詳細について説明する。 Here, the details of the skew correction processing unit 125 to 127. 図24は、スキュー補正処理部125〜127のスキュー補正処理部(M)125の構成を示すブロック図である。 Figure 24 is a block diagram showing the configuration of a skew correction unit (M) 125 of the skew correction processing unit 125 to 127.

スキュー補正処理部(M)125では、複数のラインメモリから入力された画像データ(RAMDATA0〜7)を、データセレクタ201で選択して書込画像処理部141に出力する。 The skew correction unit (M) 125, and outputs the image data input from a plurality of line memories (RAMDATA0~7), is selected by the data selector 201 to write the image processing unit 141. データセレクタ201で複数のラインメモリからどのラインを選択して出力するかはスキュー補正エリア制御部202からのスキュー補正エリア信号と、各スキュー補正エリアに応じた画像シフト量によって決定する。 Which line selects and outputs from a plurality of line memories in the data selector 201 determines a skew correction area signal from the skew correction area control unit 202, the image shift amount in accordance with the skew correction area.

スキュー補正エリア制御部202は、位置ずれ検出処理で求めた最大画像サイズの時のスキュー補正シフト位置をもとに、実際の印刷画像に対応したスキュー補正エリア信号を出力するが、図25(a)に示すタイミングチャートでスキュー補正エリア制御部202の動作を説明する。 Skew correction area control unit 202, based on the skew correction shift position when the maximum image size determined by the positional deviation detecting operation, but outputs the skew correction area signal corresponding to the actual print image, FIG. 25 (a illustrating the operation of the skew correction area control unit 202 at the timing chart shown in).

スキュー補正スタート位置決定部203では、まずスキュー補正スタート位置設定(sk_start)により、スキュー補正を行う開始位置を決定し、第1スキュー補正エリア出力部205では、このスキュー補正開始位置から第1のスキュー補正エリア信号(sk_area1)をエリア1に切り換える。 In the skew correction start position determination unit 203, first, the skew correction start position setting (sk_start), determines the starting position for skew correction, the first skew correction area output unit 205, the first skew from the skew correction start position switching correction area signal (sk_area1) in area 1.

スキュー補正エリアカウンタ204では、スキュー補正開始位置からカウントを開始し、以後、図5のSA−5で決定した第1のスキュー補正エリア幅設定(sk_wd1)分のカウントを繰り返し行う。 In the skew correction area counter 204 starts counting from the skew correction start position, thereafter, repeats the first count of the skew correction area width setting (sk_wd1) min determined in SA-5 in FIG. 第1スキュー補正エリア出力部205では、スキュー補正エリアカウンタ204がリセットした時に、第1のスキュー補正エリア信号(sk_area1)を次のエリアに切り換える。 In the first skew correction area output unit 205, when the skew correction area counter 204 is reset, it switches the first skew correction area signal (sk_area1) to the next area.

ディザスタート位置決定部206では、画像領域信号(lgate_n)がイネーブルになった時点から、画素数をカウントし、ディザスタート位置設定(dit_start)になった時からディザエリアカウンタ207を動作させる。 In the dither start position determination unit 206, from the time when the image region signal (lgate_n) is enabled, it counts the number of pixels, to operate the dither area counter 207 since it becomes dither start position setting (dit_start). ディザエリアカウンタ207では、第2のスキュー補正エリア幅設定(sk_wd2)に一致した所で、det_selを出力してリセットし、以下のその動作を繰り返し行う。 In the dither area counter 207, where matches the second skew correction area width setting (sk_wd2), and reset outputs Det_sel, it repeats the following operation.

第2スキュー補正エリア出力部208では、画像領域信号(lgate_n)がディセーブルの時は、第2のスキュー補正エリア信号2(sk_area2)には第1のスキュー補正エリア信号1(sk_area1)をそのまま出力し、画像領域信号(lgate_n)がイネーブルの期間では、dit_selが出力された時にだけ、第2のスキュー補正エリア信号2(sk_area2)に第1のスキュー補正エリア信号1(sk_area1)の状態をロードする。 In the second skew correction area output unit 208, when the image area signal (lgate_n) is disabled, the second skew correction area signal 2 (sk_area2) first skew correction area signal 1 (sk_area1) is output directly and, in the period of the image area signal (lgate_n) is enabled only when the dit_sel is output, as loading the state of the first skew correction area signal 1 (sk_area1) to a second skew correction area signal 2 (sk_area2) . ディザスタート位置設定(dit_start)には、後述する図29のディザ生成原点位置の用紙右端からの位置を、ディザ処理を行っているプリンタコントローラ等から情報を取得し設定する。 The dither start position setting (dit_start), the position of the sheet right end of the dither generation home position of Figure 29 to be described later, acquires and sets the information from the printer controller or the like is performed dithering.

また、第2のスキュー補正エリア設定2(sk_wd2)には、後述する図30〜32の印刷画像に対して使用しているディザマトリクスの主走査サイズを同様にプリンタコントローラ等から取得し、それらの最小公倍数の整数倍(Q1及びQ2)を算出し、設定する。 The second skew correction area setting 2 (sk_wd2), obtained from likewise printer controller such as a main scanning size of the dither matrix being used for the print image of FIG. 30 to 32 to be described later, their calculating the integral multiple (Q1 and Q2) of the least common multiple sets.

以上の動作により、画像領域では第2のスキュー補正エリア信号2(sk_area2)の切り替わり(前述した画像シフト位置PBと一致)で、スキュー補正処理(画像シフト)が行われるので、ディザパターンの崩れによる画像ノイズの発生がなくなることになる。 By the above operation, in the image area the second skew correction area signal 2 (Sk_area2) switching the (consistent with the image shift position PB as described above), a skew correction process (image shift) is performed, by deformation of the dither patterns so that occurrence of image noise is eliminated.

図25(b)は、図25(a)よりも画像サイズが小さくなった場合の例で、マトリクスサイズは(a)と同じでも、ディザ生成原点位置が異なる場合である。 FIG. 25 (b) an example of the case where the image size is smaller than the FIG. 25 (a), the matrix size is also the same as (a), a case where the dither generation home position is different. この場合、ディザスタート位置設定(dit_start)だけを変更し、他のパラメータは図25(a)の場合と共通にしておけば、常に第2のスキュー補正エリア信号2(sk_area2)の切り替わり(前述した画像シフト位置PBと一致)で、スキュー補正処理(画像シフト)ができることになる。 In this case, change only dither start position setting (Dit_start), other parameters if in the same as in FIG. 25 (a), always the second skew correction area signal 2 (Sk_area2) switching the (previously described in the image shift position PB match) will be able to skew correction (image shift) it is. 後述する画像シフト位置決定処理によりは、様々な画像サイズ、ディザマトリクスに対応可能である。 The image shift position determination processing to be described later, can correspond to different picture sizes, the dither matrix.

図26は、予め第1のスキュー補正エリア幅設定1(sk_wd1)を、使用するディザマトリクスサイズの最小公倍数の整数倍に設定し、第2のスキュー補正エリア幅設定2(sk_wd2)と同じ設定にした場合の実施例である。 Figure 26 is a pre-first skew correction area width setting 1 (sk_wd1), set to an integral multiple of the least common multiple of the dither matrix size used, the same settings as the second skew correction area width setting 2 (sk_wd2) an embodiment in which the. この場合でも同様の動作、効果が得られるが、印刷時に取得する情報は、ディザ生成原点位置のみになるので、より制御が簡単になる。 Even in this case the same operation, the effect is obtained, information acquired during printing, since only the dither generation home position, control is simplified more.

図27は、後述するミラーリング時のスキュー補正エリア設定の動作を説明するためのタイミングチャートである。 Figure 27 is a timing chart for explaining the operation of the skew correction area set at the time of mirroring will be described later. 図27(a)がミラーリングなしの場合の動作(M色)、図27(b)がミラーリングありの場合の動作(C色)である。 Figure 27 (a) operating (M color) in the case of no mirroring, a diagram 27 (b) is Yes mirroring operation when the (C color).

ミラーリングありの場合は、図24のスキュー補正スタート位置設定(sk_start)には、走査方向が逆となっても画像を合わせたときに画像が一致するような光学メカレイアウトによったミラーリング用の設定を行う。 For there mirroring, set for mirroring skew correction start position setting in FIG. 24 (sk_start) is the scanning direction is due to optical mechanism layout as image matches when combined image also becomes reversed I do. 第1のスキュー補正エリア幅設定1(sk_wd1)、第2のスキュー補正エリア幅設定2(sk_wd2)については、ミラーリングなしと同様の設定になるが、ディザスタート位置設定(dit_start)を、次式とすることで、スキュー補正位置(シフト位置)をミラーリングなし時と同じ位置にすることができる。 The first skew correction area width setting 1 (sk_wd1), for the second skew correction area width setting 2 (sk_wd2), becomes the same configuration and no mirroring, dither start position the (dit_start), and the following formula by, it is possible to skew correction position (shift position) in the same position as when no mirror.
(用紙サイズ−ディザ生成原点位置)/(Q1またはQ2)の剰余 (Paper Size - dither generation home position) / remainder (Q1 or Q2)

次に、図5のステップSA−5の画像シフト位置決定処理について説明する。 Next, a description is given of an image shift position determination processing in step SA-5 in FIG. 図28は、スキュー補正部125〜127で実行されるシフト位置決定の処理手順を示すフローチャートである。 Figure 28 is a flowchart showing the procedure of the shift position determination executed by the skew correction unit 125 to 127.

シフト位置を決定する場合には、まず、基準色(本実施形態ではK色)に対する各色(本実施形態ではYMC色)のスキュー量KY_Skew,KM_Skew,KC_Skew(skew_gap)を検出し、検出したスキュー量を副走査解像度に基づいてライン単位に換算したskew_line_gapを求める(ステップSC−1)。 When determining the shift position, first, the amount of skew of the reference color colors for (K-color in this embodiment) (YMC colors in this embodiment) KY_Skew, KM_Skew, detects KC_Skew (skew_gap), the detected skew amount the Request skew_line_gap converted to line unit based on the sub-scanning resolution (step SC-1). スキュー量skew_line_gapは、 Skew amount skew_line_gap is,
skew_line_gap (μm/ライン数) = skew_gap / (25.4/副走査解像度(dpi) * 1000) skew_line_gap (μm / line number) = skew_gap / (25.4 / sub-scanning resolution (dpi) * 1000)
(skew_line_gapは整数、小数点以下は切り上げて計算) (Skew_line_gap is an integer, calculated rounded up the decimal point)
となる。 To become. 次いで、skew_line_gapと形成する画像の主走査サイズL(xsize)を用いてスキュー補正を行うための仮の画像シフト位置PA(_shift_x)を、 Then, an image shift position PA (_shift_x) provisional for performing skew correction using the main scanning size of an image to be formed with skew_line_gap L (xsize),
_shift_x = n * xsize /(skew_line_gap + 1) _shift_x = n * xsize / (skew_line_gap + 1)
(ただし、0<n<a+1 (nは整数)、shift_xは整数、小数点以下は切り捨てて計算) (Where, 0 <n <a + 1 (n is an integer), shift_x is an integer, calculated truncated decimal)
から演算する(ステップSC−2)。 Computed from (Step SC-2).

仮の画像シフト位置PAを計算後、形成する画像に使用するディザマトリクスDMXの主走査サイズL2(dit_size)を読み込む(ステップSC−3)。 After calculating the provisional image shift position PA, a main scanning size of the dither matrix DMX to be used for image forming load L2 a (dit_size) (Step SC-3). そして、画像シフト候補位置PBの算出を行う(ステップSC−4)。 Then, to calculate the image shift candidate position PB (step SC-4). そして、仮の画像シフト位置PAと複数の画像シフト候補位置PBのそれぞれとが等しいか否か、すなわち一致するか否かを調べる(ステップSSC−5)。 Then, each of the whether equal image shift position PA and a plurality of image shift candidate position PB of the temporary, i.e. examine whether matching (Step SSC-5). 比較の結果、両者が等しい場合には(ステップSC−7)、画像シフト位置を仮の画像シフト位置PA(すなわちPB)に決定する。 Result of the comparison, if they are equal is determined (step SC-7), an image shift position of the provisional image shift position PA (i.e. PB).
一方、仮の画像シフト位置PAが画像シフト候補位置PBと異なる場合には、ディザマトリクスサイズ(ディザマトリクスの主走査サイズ)の倍数に基づいて画像シフト候補位置PBを決定し、この画像シフト候補位置PBを画像シフト位置とする(ステップSC−8)。 On the other hand, if the provisional image shift position PA is different from the image shift candidate position PB is an image shift candidate position PB is determined based on a multiple of the dither matrix size (main scanning size of the dither matrix), the image shift candidate position PB is referred to as image shift position (step SC-8). すなわち、仮のシフト位置shift_xをそのまま画像シフト位置に設定する。 That is, to set a provisional shift position shift_x intact image shift position.
例えば、仮の画像シフト位置PA(_shift_x)が形成する画像に使用するディザマトリクスDMXの主走査サイズL2(dit_size)の倍数でなければ、画像のシフト位置shift_xを For example, if a multiple of the main scanning size of the dither matrix DMX L2 to be used in image provisional image shift position PA (_shift_x) forms (dit_size), the shift position shift_x image
shift_x = m * dit_size shift_x = m * dit_size
(ただし、mは整数) (However, m is an integer)
に設定する。 It is set to.

そして、求められた画像シフト位置shift_xにおいて画像をシフトして、スキューを実行する(ステップSC−8)。 Then, by shifting the image in the image shift position shift_x obtained, executes skew (Step SC-8).

図29はディザマトリクスの原点位置についての説明図である。 Figure 29 is a view for explaining the origin position of the dither matrix. ディザマトリクスDMXは原点Oを基準に描き出され、主走査方向、副走査方向へそれぞれ周期的に繰返し配置する。 Dither matrix DMX is portrayed relative to the origin O, the main scanning direction, periodically repeated arranged in the sub-scanning direction. 多くの場合、ディザマトリクスDMXは画像描画領域の左上端を原点とし、左から右方向へ画像を書き込む。 Often, the dither matrix DMX is an origin the upper left corner of the image drawing area, and writes the image from left to right. 図29に示すように画像描画領域の左端は複数のディザマトリクスにおける主走査方向のディザマトリクス開始位置となる。 The left end of the image drawing area as shown in FIG. 29 is a dither matrix starting position in the main scanning direction in a plurality of dither matrices. ここではサイズの異なるディザマトリクスDMXAとDMXBが使用されている。 Here it is used the different dither matrix DMXA and DMXB sizes. 両者の主走査サイズはL2A,L2Bであり、“L2A<L2B”という状態である。 Main scanning size of both L2A, a L2B, is a state that "L2A <L2B".

図30は複数のディザマトリクスDMXA,DMXBがマトリクスの中心から円形に広がるように成長していくドット集中型のマトリクスによって構成されている場合のスキュー補正の主走査方向画像シフト候補位置PBの設定例を示す図である。 Figure 30 is a plurality of dither matrices DMXA, setting example of the main scanning direction image shift candidate position PB of the skew correction when DMXB is constituted by growing gradually dot concentration type matrix so as to spread round the center of the matrix is a diagram illustrating a. 主走査方向画像シフト候補位置PBを複数のディザマトリクスDMXA,DMXBの主走査サイズL2A,L2Bの最小公倍数の整数倍Q1に設定すると、画像をシフトしてもシフト位置PBのディザマトリクスDMXA,DMXBが変化することがないため、画像シフト部におけるノイズ画像の発生を防ぐことができる。 Main scanning direction image shift candidate position PB multiple dither matrix DMXA, the main scanning size L2A of DMXB, when set to an integer times Q1 least common multiple of L2B, dither matrix DMXA shift position PB be shifted image, the DMXB since there is no change to, it is possible to prevent the generation of noise image in the image shift unit. なお、図30では、ディザマトリクスを2種使用する例を示しているが、3種以上使用する場合も同様に画像シフト位置は、ディザマトリクスの種類分の主走査サイズの最小公倍数の整数倍とする。 In FIG. 30, an example is shown of using a dither matrix two, likewise the image shift position even when using 3 or more is an integer multiple of the least common multiple of the main scanning size type of dither matrix component to.

図31はディザマトリクスDMX内が主走査方向に周期的な構成となるサブマトリクスSDMXによって構成されている場合の画像シフト候補位置の設定例を示す図である。 Figure 31 is a diagram showing a setting example of an image shift candidate position when the dither matrix DMX is constituted by a sub-matrix SDMX as the periodic structure in the main scanning direction. 複数(ここでは2種)のサブマトリクスSDMXA,SDMXBのそれぞれの主走査周期幅L3A,L3Bの最小公倍数の整数倍Q2をスキュー補正の主走査方向画像シフト候補位置PBに設定すると、画像をシフトしてもシフト位置がサブマトリクスSDMXA,SDMXBの境界になるので、シフト位置においてディザパターンが変化することがない。 Multiple submatrices SDMXA of (here two), each main scanning cycle width L3A of SDMXB, by setting the integral multiple Q2 of the least common multiple of L3B in the main scanning direction an image shift candidate position PB of the skew correction, shifts the image since even the shift position is submatrix SDMXA, the boundary of SDMXB, never dither pattern changes in the shift position. そこで、図32に示すように図31に示すシフト位置で画像シフトを実行した場合でも、画像シフト部におけるノイズ画像の発生を防ぐことができる。 Therefore, it is possible to prevent the shift position shown in Figure 31, as shown in FIG. 32 even when executing the image shift, the generation of the noise image in the image shift unit. さらに、サブマトリクスSDMXA,SDMXBの主走査周期幅L3A,L3BはディザマトリクスDMXA,DMXBの主走査サイズL2A,L2B以下となるため、スキュー補正の画像シフト候補位置はディザマトリクスDMXA,DMXBの主走査サイズL2A,L2Bの最小公倍数の整数倍Q1に設定するより短い間隔で設定できる。 Further, the sub-matrix SDMXA, main scanning cycle width L3A of SDMXB, L3B dither matrix DMXA, the main scanning size L2A of DMXB, to become less L2B, image shift candidate position of the skew correction dither matrix DMXA, the main scanning size of DMXB L2A, can be set at a shorter interval is set to integer times Q1 of the least common multiple of L2B.

また、画像全体が単数の主走査方向に周期的な構成となるサブマトリクスSDMXによって構成されている場合、サブマトリクス主走査周期幅L3をスキュー補正の主走査方向画像シフト候補位置に設定すれば、ディザパターンDPNを変化させることなく画像シフトを行うことができる。 Also, if the entire image is constituted by a sub-matrix SDMX as the periodic structure in the main scanning direction of the singular, by setting the sub-matrix main scanning cycle width L3 in the main scanning direction an image shift candidate positions skew correction, image shifting without changing the dither pattern DPN can be performed.

図33は画像シフト位置設定の他の例を示す図である。 Figure 33 is a diagram showing another example of the image shift position setting. ディザマトリクスDMX1,DMX2の開始位置にディザパターンDPN'がまたがって成長するディザマトリクスDMXによってディザマトリクスDMXA,DMXBが構成されている場合、図33に示すようにスキュー補正の主走査方向画像シフト候補位置PBの基準点PBBPを、画像描画領域左端から複数(ここでは2種)のディザマトリクスDMXA,DMXBに共通してディザパターンのない主走査位置αまでずらした位置(Q1+α)とし、画像シフトの主走査方向の分割間隔L1(画像シフトの間隔)を複数のディザマトリクスの主走査サイズL2A,L2Bの最小公倍数の整数倍Q1に設定する。 If dither matrix DMX1, the dither matrix to the start position by the dither matrix DMX to grow over the dither patterns DPN 'of DMX2 DMXA, is DMXB is configured, the main scanning direction image shift candidate position of the skew correction as shown in FIG. 33 the reference point PBBP the PB, from the image drawing area left with multiple (here two) dither matrix DMXA, a position shifted to the main scanning position alpha with no dither pattern common to DMXB of (Q1 + alpha), the image shifting main main scanning size L2A in the scanning direction of the split interval L1 (image shift interval) a plurality of dither matrices are set to an integer times Q1 of the least common multiple of L2B. これによりディザパターンのない位置にシフト候補位置PBを設定することが可能となり、ディザパターンDPNを変化させることなく画像シフトを行うことができる。 Thus it is possible to set the shift candidate position PB to no dither pattern position, an image can be shifted without changing the dither pattern DPN. なお、αはディザマトリクス主走査サイズL2A,L2Bが最も小さいディザマトリクス主走査サイズより小さく設定する。 Incidentally, alpha dither matrix main scanning size L2A, L2B is set smaller than the smallest dither matrix main scanning size. もしくは、複数のディザマトリクス主走査サイズL2A,L2Bの最大公約数よりも小さく設定する。 Or, more dither matrix main scanning size L2A, is set to be smaller than the greatest common divisor of L2B.

また、図34はディザマトリクスDMXA,DMXBが主走査方向に周期的なサブマトリクスSDMXA,SDMXBからなる構成で、ディザマトリクス開始位置を越えてディザパターンDPN'が成長するマトリクスDMXによって構成されている場合の画像シフト候補位置の設定例を示す図である。 Further, FIG. 34 is a dither matrix DMXA, DMXB is periodic sub-matrix SDMXA in the main scanning direction, a configuration consisting of SDMXB, if configured by a matrix DMX the growing dither patterns DPN 'beyond the dither matrix starting position it is a diagram illustrating a setting example of an image shift candidate positions. この場合、画像描画領域左端から複数(ここでは2種)のディザマトリクスDMXA,DMXBに共通して画のない主走査位置αまでずらした画像シフト候補位置の基準点PBBPから、サブマトリクスSDMXA,SDMXBの主走査周期幅L3A,L3Bの最小公倍数の整数倍に設定する。 In this case, the dither matrix DMXA plurality of image drawing area left (here two), from the reference point PBBP image shift candidate position shifted to the main scanning position α with no field common to DMXB, submatrix SDMXA, SDMXB main scanning cycle width L3A, is set to an integral multiple of the least common multiple of L3B. これによりディザパターンのない位置に画像シフト候補位置PBを設定することが可能となる。 Thus it is possible to set the image shift candidate position PB to no dither pattern position.

また、画像全体が単数のディザマトリクスの開始位置を越えて成長するディザマトリクスによって構成されている場合、スキュー補正の主走査方向画像シフト候補位置の基準点PBBPを、画像描画領域左端から複数のディザマトリクスDMXA,DMXBに共通して画のない主走査位置αまでずらした位置とし、画像シフトの主走査方向の分割間隔をディザマトリクスの主走査サイズL2、又は主走査方向に周期的な構成となるディザマトリクスの主走査周期幅L3A,L3Bに画像シフト候補位置PBを設定する。 Also, if the entire image is constituted by a dither matrix that grows beyond the starting position of the dither matrix of singular reference point PBBP in the main scanning direction image shift candidate position of the skew correction, the image drawing area left several dither matrix DMXA, a common shifting to the main scanning position α with no image if the position to DMXB, a periodic structure the division interval in the main scanning direction of the image shift the main scanning size of the dither matrix L2, or in the main scanning direction main scanning cycle width L3A dither matrix, sets the image shift candidate position PB in L3B.

タンデム型のカラーレーザプリンタの場合、色により主走査方向の後端から書き込みを行うシステム構成がある。 For tandem-type color laser printer, there is a system configuration for performing writing from the rear end of the main scanning direction by a color. 図35はミラー処理と称されるこのシステム構成を示す図である。 Figure 35 is a diagram showing the system configuration referred to as mirrored. 図4の書き込み制御部101に示すラインメモリ120〜123には主走査方向基準で1ラインの画像データが格納されているので、図36に示すように主走査方向の後端から書き込みを行う場合、ラインメモリ120〜123の最終位置から画像データを読み込み、主走査方向の後端から書き込みを行う。 Since the line memories 120 to 123 shown in the write controller 101 of FIG. 4 are the image data of one line in the main scanning direction reference is stored, when writing from the main scanning direction of the rear end as shown in FIG. 36 reads the image data from the last position of the line memories 120 to 123, and writes the main scanning direction of the rear end. このような処理をミラー処理と呼ぶ。 Such a process is referred to as a mirror processing.

図36はミラー処理を施す場合の画像シフト候補位置の設定例を示す図である。 Figure 36 is a diagram showing a setting example of an image shift candidate position when subjected to a mirror treatment. ミラー処理を施す場合、画像描画領域の右から左へ向かって画像が書き出される。 When subjected to mirror processing, the image is written from the right of the image drawing area toward the left. このとき、ディザマトリクスDMXの原点Oは多くの場合、ミラー処理が施されない場合と同様に、画像描画領域の左上端に存在する。 At this time, the origin O of the dither matrix DMX is often, as in the case where the mirror processing is not performed, exists in the upper left corner of the image drawing area. そのため、描画領域の主走査サイズLに対する複数(ここでは2種)のディザマトリクス主走査サイズL2A,L2Bの最小公倍数の剰余をβとし、画像描画領域の右端からβずらした位置を主走査方向の画像シフト候補位置PBの基準点PBBPとする。 Therefore, the dither matrix main scanning size L2A plurality (two in this case) with respect to the main scanning size L of the drawing area, and the remainder of the least common multiple of L2B beta, a position shifted beta from the right edge of the image drawing area in the main scanning direction a reference point PBBP image shift candidate position PB. この画像シフトの基準点PBBPからディザマトリクスDMXA,DMXBの主走査サイズL2AとL2Bの最小公倍数の整数倍Q1に画像シフト候補位置PBを設定することにより、画のない位置をスキュー補正の主走査方向画像シフト候補位置PBに設定することができ、ディザパターンDPNを変化させることなく画像シフトを行うことができる。 Reference point PBBP dither matrix DMXA of the image shift, by setting an image shift candidate position PB to an integer times Q1 least common multiple of the main scanning size L2A and L2B of DMXB, the main scanning direction of the skew correcting image without position can be set to the image shift candidate position PB, an image can be shifted without changing the dither pattern DPN. このとき、剰余βは複数(ここでは2種)のディザマトリクス主走査サイズL2A,L2B及び主走査周期幅L3A,L3Bの最小公倍数の整数倍Q1よりも小さな値に設定する。 At this time, the remainder β is set dither matrix main scanning size L2A plurality (here two), L2B and the main scanning cycle width L3A, to a value smaller than the integer multiple Q1 of the least common multiple of L3B.

また、ディザマトリクスDMXA,DMXBが主走査方向に周期的な構成となるサブマトリクスSDMXA,SDMXBによって構成されている場合、描画領域の主走査サイズに対する複数のサブマトリクス主走査周期幅L3AとL3Bの最小公倍数の整数倍Q1の剰余をβとし、画像描画領域の右端からβずらした位置を主走査方向の分割候補位置PBの基準点PBBPとする。 Further, the dither matrix DMXA, submatrices SDMXA that DMXB is cyclic structure in the main scanning direction, when configured by SDMXB, minimum plurality of sub-matrices main scanning cycle width L3A and L3B in the main scanning size of the drawing area the remainder of the integer times Q1 and β common multiple, the position shifted β from the right edge of the image drawing area as a reference point PBBP candidate dividing position PB in the main scanning direction.

図37はマトリクスの開始位置を越えてディザパターンDPN'が成長するサブマトリクスSDMXA,SDMXBによって構成される画像に対してミラーリング処理を施す場合のスキュー補正の主走査方向シフト候補位置の設定例を示す図である。 Figure 37 shows an example of setting the main scanning direction shift candidate positions of the skew correction when performing mirroring process the sub-matrix SDMXA, images constituted by SDMXB the growing dither patterns DPN 'beyond the starting position of the matrix it is a diagram. この場合、βとα(β−α)によって画像シフトの基準点PBBPを設定し、画像シフトの主走査方向の分割間隔L1を複数のディザマトリクスDMXA,DMXBの主走査サイズL2AとL2B、又は主走査方向に周期的な構成となるサブマトリクスSDMXA,SDMXBの主走査周期幅L3AとL3Bの最小公倍数の整数倍Q2に設定することで画のない位置にシフト候補位置を設定する。 In this case, to set the reference point PBBP image shifted by beta and α (β-α), a main scanning direction of the dividing interval L1 plural dither matrices DMXA image shift, DMXB main scanning size L2A and L2B, or main submatrix SDMXA a periodic structure in the scanning direction, to set the shift candidate positions in the field-free position by setting the integral multiple Q2 of the least common multiple of the main scanning cycle width L3A and L3B of SDMXB. したがって、主走査方向後端からの2番目のシフト位置PBは前記周期幅の最小公倍数の整数倍Q2+(β−α)位置となる。 Thus, the second shift position PB from the main scanning direction rear end becomes an integral multiple Q2 + (β-α) position of the least common multiple of the period width.

ディザマトリクスの種類によってはスキュー補正の画像シフト位置をマトリクスのいかなる位置に設定しても、画像シフト時にノイズ画像が発生しにくいマトリクスの種類もある(例えば誤差拡散法のように周期性を持たない中間調処理方法)。 Also depending on the kind of dither matrix set the image shift position of the skew correction at any position in the matrix, no periodicity as noise image upon image shifting is also the type of hard matrix generated (e.g. error diffusion method halftone processing method). そのような画像においては、画像シフト候補位置を決定するための制御を実施しない構成としてもよい。 In such an image, it may be configured to not perform the control for determining the image shift candidate position.

また、ディザマトリクスの種類によっては、特定の画像シフト方向にのみノイズ画像が発生するディザマトリクスが存在する。 In addition, depending on the type of dither matrix, dither matrices noise image is generated only in a specific image shifting direction is present. このようなディザマトリクスにおいてはノイズが発生しやすい方向に画像をシフトする場合にのみ画像シフト候補位置を決定するための制御を行い、ノイズが発生しにくい方向にシフトした場合についてはシフト位置をマトリックスサイズに合わせる制御を実施しない構成としてもよい。 Performs control for determining the image shift candidate position only when shifting the image in the direction in which noise is likely to occur in such a dither matrix, the matrix shift position for when noise is shifted in difficult direction generated it may be configured to not perform the control to match the size.

図38は万線型のディザマトリクスDMXにおける万線角度(スクリーン角)の状態を示す図である。 Figure 38 is a diagram showing a state of a line screen angle in parallel line type dither matrix DMX (screen angle). 図38に示すような万線型のディザマトリクスDMXにおいては万線角度(スクリーン角)により、画像をシフトした場合にノイズ画像が発生しやすいスクリーン角のディザマトリクスが存在する。 The line screen angle (the screen angle) in line screen type dither matrix DMX as shown in FIG. 38, the noise image exists dither matrix tends screen angle occurs when shifting an image. このようなディザマトリクスにおいてはノイズが発生しやすい角度のマトリックスを使用する場合にのみ画像シフト候補位置を決定するための制御を行い、ノイズが発生しにくい角度のマトリックスを使用する場合についてはシフト位置をマトリックスサイズに合わせる制御を実施しない構成としてもよい。 Performs control for determining the image shift candidate position only when using a matrix of angle noise is likely to occur in such a dither matrix, the shift position for the case of using a matrix of angle noise hardly occurs it may be used as the configuration that does not implement the control to match the matrix size.

また、万線型のディザマトリクスDMXにおいては線数により、画像をシフトした場合にノイズ画像が発生しやすい線数のディザマトリクスが存在する。 Further, the number of lines in the dither matrix DMX of line screen type, noise image exists is likely ruling dither matrix occurs when shifting an image. このようなディザマトリクスにおいてはノイズが発生しやすい方向に画像をシフトする場合にのみ画像シフト候補位置を決定するため制御を行い、ノイズが発生しにくい方向にシフトした場合についてはシフト位置をマトリックスサイズに合わせる制御を実施しない構成としてもよい。 Performs control for determining the image shift candidate position only when shifting the image in the direction in which noise is likely to occur in such a dither matrix, the matrix size shift position for when noise is shifted in difficult direction generated it may be configured to not perform the control to match the.

以上は画像シフト候補位置設定方法の例であり、画像全体を構成するディザマトリクスの種類の組み合わせにより、その設定方法は変化する。 Above is an example of an image shift candidate position setting method, by a combination of types of dither matrices constituting the entire image, the setting is changed.

図39は画像全体がドット集中型のディザマトリクスと、ディザマトリクスが主走査方向に周期的な構成となるディザマトリクスにより構成されているときの画像シフト候補位置の設定例を示す図である。 Figure 39 is a diagram showing a dither matrix of the dot concentration type the entire image, a setting example of the image shift candidate position when the dither matrix is ​​composed of a dither matrix comprising a cyclic structure in the main scanning direction. 図39に示すように、画像全体がドット集中型の第1のディザマトリクス(ディザA)DMXAと、ディザマトリクスが主走査方向に周期的な構成となる第2のディザマトリクス(ディザB)DMXBにより構成されている場合、ディザマトリクスDMXの主走査サイズ同士の最小公倍数の整数倍の位置に画像シフト候補位置を設定し、あるいは、ディザマトリクスを構成するサブマトリクスの主走査周期幅同士の最小公倍数の整数倍の位置に画像シフト候補位置を設定していた。 As shown in FIG. 39, and the entire image of the dot concentration type 1 dither matrix (dither A) DMXA, the second dither matrix (dither B) DMXB the dither matrix is ​​cyclic structure in the main scanning direction If configured, the least common multiple of the main scanning size between the dither matrix DMX sets the image shift candidate position to an integral multiple of the position, or the main scanning cycle width between sub-matrices composing the dither matrix of the least common multiple an image shift candidate position has been set to an integral multiple of the position. これは前述した通りである。 This is as described above. しかし、サブマトリクスの主走査周期幅L3とディザマトリクスDMXの主走査サイズL2間の最小公倍数の整数倍を設定して画像シフト候補位置を設定することも可能である。 However, it is also possible to set the image shift candidate position by an integral multiple of the least common multiple between the main scanning size L2 of the main scan cycle width L3 and the dither matrix DMX sub-matrix. 図39はこのときの状態を示すもので、第1のディザマトリクス(ディザA)DMXAの主走査サイズL2Aと第2のディザマトリクス(ディザB)DMXBのサブマトリクスSDMXBの主走査周期幅L3Bの最小公倍数の整数倍Q3の位置に画像シフト候補位置PBを設定する。 Figure 39 is shows the state at this time, the minimum of the first dither matrix (dither A) a main scanning size L2A and the second dither matrix (dither B) of DMXA main scanning cycle width of the sub-matrix SDMXB of DMXB L3B setting the image shift candidate position PB to position integer times Q3 common multiple. この位置に設定した場合においても画像シフト位置がディザパターンと重なることはない。 Never image shift position overlaps a dither pattern even when set to this position. したがって、ディザパターンが崩れて画像シフト位置における画像出力時の画質劣化が生じることはない。 Accordingly, image quality degradation at the time of image output does not occur in the image shift position collapsed dither pattern.

なお、前記主走査方向の分割位置及び分割間隔の設定は、マトリクスの型(種類)、画像シフト方向、ディザマトリクスのスクリーン角、スクリーンの線数のいずれかによって対象とするディザマトリクスを設定し、あるいは変更し、この設定は、色毎に行われる。 The setting of the main scanning direction of the dividing positions and the dividing interval, matrix type (Type), an image shift direction, the screen angle of the dither matrix, set the dither matrix of interest either by screen number of lines, Alternatively changed, this setting is performed for each color. また、本実施形態では、スキュー色の基準色がK色なので、主走査方向の分割位置及び分割間隔の設定は、スキュー補正の基準色については行われない。 Further, in the present embodiment, the reference color skew color is K color set in the main scanning direction of the dividing positions and the dividing gap is not performed for the reference color skew correction.

以上のように本実施形態によれば、以下の効果を奏する。 According to the present embodiment as described above, the following effects.
1)画像処理によるスキュー補正を実施する場合、ディザマトリクスに応じて画像シフト位置を設定するので、画像シフト位置におけるディザパターンの変化によるノイズ画像の発生を防ぐことができる。 1) When carrying out skew correction by image processing, since the setting of the image shift position in response to the dither matrix, it is possible to prevent the generation of noise image due to the change of the dither patterns in the image shift position.

2)画像処理によるスキュー補正を実施する場合、主走査方向の画像シフト位置が画像シフトしてもディザパターンの崩れが最小となるところに画像シフト位置を設定するので、画像シフト位置におけるノイズ画像の発生を防ぐことができる。 2) When carrying out skew correction by image processing, the dither pattern be image shift position in the main scanning direction is the image shift so collapsed sets the image shift position at which the minimum, the noise image in the image shift position it is possible to prevent the occurrence. なお、ディザパターンの崩れが最小という場合、ディザパターンの崩れが「0」の場合も含み、ディザパターンの崩れがないところでは画像の崩れが発生することがなく、当然、ノイズ画像も発生しない。 In the case that the collapse of the dither pattern is minimum, it includes cases collapse of the dither pattern is "0", without collapse of the image occurs at absence collapse of dither patterns, of course, noise image does not occur.

3)画像処理によるスキュー補正を実施する場合、画像シフトの主走査方向の分割位置及び分割間隔を予め設定されたディザマトリクスの主走査サイズに応じて設定するので、ディザマトリクスの主走査サイズが分かれば容易に分割位置及び分割間隔を設定することができる。 3) When carrying out skew correction by image processing, since the setting in accordance with the main scanning size of the dither matrix set in advance the dividing position and divides the interval in the main scanning direction of the image shift, divided main scanning size of the dither matrix it is possible to easily set the dividing position and divides the interval if.

4)画像処理によるスキュー補正を実施する場合、画像シフトの主走査方向の分割位置及び分割間隔を予め設定されたディザマトリクス内のサブマトリクスの主走査周期幅に応じて設定するので、ディザマトリクス内のサブマトリクスの主走査周期幅が分かれば容易に分割位置及び分割間隔を設定することができる。 4) When carrying out skew correction by image processing, since the setting in accordance with the main scanning cycle width of the sub-matrix of the division position and the dividing interval in the main scanning direction of the image shift preset in the dither matrix, the dither matrix it can be a main scanning cycle width of the sub-matrices to easily set the dividing position and divides the interval knowing.

5)複数種のディザマトリクスを使用する場合には、使用するディザマトリクス間の主走査サイズ、サブマトリクス間の主走査周期幅、ディザマトリクスとサブマトリクス間の主走査サイズと主走査周期幅間の最小公倍数位置にシフト位置を設定するので、異なるディザマトリクスを使用した場合においても画像出力時の画質劣化を低減することができる等の効果を奏する。 5) When using a plurality of types of dither matrix, a main scanning size between dither matrix used, the main scanning cycle width between the sub-matrices, between the main scanning size and main scanning cycle width between dither matrix and the submatrix since setting the shift position to the least common multiple positions, the effect of such can also be reduced deterioration of image quality during image output in the case of using a different dither matrix.

また、図29では、ディザマトリクスの原点位置は固定であったが、ディザマトリクスの原点位置が異なる画像、またはディザ処理後の画像を回転させ、スキュー補正を実施すると、原点がずれて画像崩れが発生する場合がある。 Further, in FIG. 29, although the home position of the dither matrix was fixed, the image origin position of the dither matrix are different or rotates the image after dithering, when implementing the skew correction, the image collapsed shifted origin there is a case to occur. このため、ディザマトリクスの原点位置がずれた場合でも画像崩れを防止するように構成することができる。 Therefore, it is possible to be configured to prevent image collapse even when the shift position of the origin of the dither matrix.

図40は、この変形例の画像シフト位置決定処理の手順を示すフローチャートである。 Figure 40 is a flowchart showing the procedure of an image shift position determination process in this modification. まず、主走査方向の画像データの数(主走査画像データ数)を取得する(ステップSC−11)。 First, to obtain the number of image data in the main scanning direction (main scanning image number data) (step SC-11). そして、ディザ処理の種類、ディザマトリクスの主走査サイズ(ディザマトリクスサイズ)、ディザ処理の原点位置および回転情報(0°、90°、180°、270°)を取得する(ステップSC−12)。 Then, the type of dithering, the main scanning size of the dither matrix (dither matrix size), the origin position and rotation information of the dithering (0 °, 90 °, 180 °, 270 °) to get (step SC-12). そして、ディザ処理の原点位置を、画像領域内のスキュー補正開始位置に設定する(ステップSC−13)。 Then, the position of the origin of the dither processing to set the skew correction start position of the image area (step SC-13). 次に、各ディザマトリクスの倍数を画像領域内のスキューエリア幅(第2のエリア幅)に設定する(ステップSC−14)。 Then, set the multiple of the dither matrix to the skew area width of the image area (second area width) (step SC-14).

ステップSC−12において、ディザ開始位置(dit_start)の設定は、以下のように行う。 In step SC-12, setting the dither start position (dit_start) is performed as follows. 図41に示す通常の場合には、用紙サイズ(画像サイズ)の右上を座標(0,0)として、ディザ原点位置情報が座標(X1,Y1)とすると、dit_startには、X1をそのまま設定する。 In the normal case shown in FIG. 41, the upper right corner of the paper size (image size) as the coordinates (0, 0), the dither origin position information and the coordinates (X1, Y1), the Dit_start, as it sets the X1 .

図42に示すようにディザ処理後にプリンタコントローラで画像を右側にシフトした場合には、用紙サイズ(画像サイズ)の右上を座標(0,0)として、ディザ原点位置情報が座標(X2,Y2)とすると、dit_startには、X2をそのまま設定する。 When shifting the image to the right in the printer controller after the dither processing as shown in FIG. 42, the top right of the paper size (image size) as the coordinates (0, 0), the dither origin position information coordinates (X2, Y2) When, in the dit_start, as it sets the X2.

図43に示すように、ディザ処理後にプリンタコントローラで画像を90°回転した場合には、用紙サイズ(画像サイズ)の右上を座標(0,0)として、ディザ原点位置情報が座標(X3,Y3)、主走査画像サイズ:T2、ディザマトリクスサイズが主走査サイズ:L2A、副走査サイズ:S2Aとすると、dit_startには、(T2−X3)/S2Aの剰余を設定する。 As shown in FIG. 43, when rotated 90 ° the image in the printer controller after the dither process, as the coordinate (0, 0) at the top right of the paper size (image size), the dither origin position information coordinates (X3, Y3 ), the main scanning image size: T2, the dither matrix size is the main scanning size: L2A, the sub-scanning size: When S2A, the Dit_start, sets the remainder (T2-X3) / S2A.

図44に示すように、ディザ処理後にプリンタコントローラで画像を180°回転した場合には、用紙サイズ(画像サイズ)の右上を座標(0,0)として、ディザ原点位置情報が座標(X3,Y3)、主走査画像サイズ:T1、ディザマトリクスサイズが主走査サイズ:L2A、副走査サイズ:S2Aとすると、dit_startには、(T1−X3)/L2Aの剰余を設定する。 As shown in FIG. 44, when rotated 180 ° the image in the printer controller after the dither process, as the coordinate (0, 0) at the top right of the paper size (image size), the dither origin position information coordinates (X3, Y3 ), the main scanning image size: T1, the dither matrix size is the main scanning size: L2A, the sub-scanning size: When S2A, the Dit_start, sets the (T1-X3) / L2A remainder.

図45に示すように、通常の場合でエンジン制御部でミラーリングする場合には、用紙サイズ(画像サイズ)の右上を座標(0,0)として、ディザ原点位置情報が座標(X1,Y1)、主走査画像サイズ:T1、ディザマトリクスサイズが主走査サイズ:L2A、副走査サイズ:S2Aとすると、dit_startには、(T1−X1)/L2Aの剰余を設定する。 As shown in FIG. 45, when mirrored in the engine control unit in the normal case, as coordinates (0, 0) at the top right of the paper size (image size), the dither origin position information coordinates (X1, Y1), main scanning image size: T1, the dither matrix size is the main scanning size: L2A, the sub-scanning size: When S2A, the Dit_start, sets the (T1-X1) / L2A remainder.

図46に示すように、通常の場合で画像の無い主走査位置αにずらす場合には、用紙サイズ(画像サイズ)の右上を座標(0,0)として、ディザ原点位置情報が座標(X1,Y1)、主走査画像サイズ:T1、ディザマトリクスサイズが主走査サイズ:L2A、副走査サイズ:S2Aとすると、dit_startには、X1+αを設定する。 As shown in FIG. 46, when shifted to the main scanning position α with no image in the normal case, as coordinates (0, 0) at the top right of the paper size (image size), the dither origin position information coordinates (X1, Y1), the main scanning image size: T1, the dither matrix size is the main scanning size: L2A, the sub-scanning size: When S2A, the Dit_start, sets the X1 + alpha.

このような画像シフト位置決定処理を行うことにより、ディザマトリクスの原点位置がずれた場合でも画像崩れを防止することができる。 By performing such image shift position determination processing, it is possible to prevent image collapse even when the shift position of the origin of the dither matrix.

本発明の実施形態に係る画像形成装置の概略構成を示す図である。 It is a diagram showing a schematic configuration of an image forming apparatus according to an embodiment of the present invention. 転写ベルト上に位置ずれ補正用の補正パターンが形成された状態を示す転写ベルト及び感光体ドラムの斜視図である。 It is a perspective view of the transfer belt and the photosensitive drum illustrating a state in which the correction pattern is formed for positional deviation correction on the transfer belt. 本実施形態における書き込み制御及び位置ずれ補正を実行するエンジン制御部を主として示すブロック図である。 Is a block diagram mainly showing an engine control unit for executing write control and positional deviation correction in the present embodiment. 図3における書き込み制御部の詳細を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the details of the writing control unit in FIG. 各色の位置ずれを補正する位置ずれ補正処理の処理手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a processing procedure of the positional deviation correction process for correcting the positional deviation of each color. 印刷時の処理手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a print time of the procedure. 副走査の色ずれを補正する場合の副走査の書き出しタイミング補正のタイミングチャートである。 It is a timing chart of the sub-scan writing timing correction when correcting the sub scanning color shift. 位置ずれ補正パターンを2つの検知センサによって検知するときの一例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a case of detecting the positional displacement correction pattern by the two detection sensors. スキュー補正方法(スキュー補正量算出方法)の一方法を示す説明図である。 It is an explanatory view showing a method of skew correction method (method of calculating the skew correction amount). スキュー補正方法(スキュー補正量算出方法)の他の方法を示す説明図である。 It is an explanatory diagram showing another method of skew correction method (method of calculating the skew correction amount). 位置ずれ補正パターンを3つの検知センサで検知するときの状態を示す図である。 It is a diagram illustrating a state in which to detect the positional deviation correction patterns in three detection sensors. 曲がり補正方法(曲がり補正量算出方法)の一方法を示す説明図である。 One method of bending correction method (curvature correction amount calculating method) is an explanatory view showing a. ラインメモリのスキュー補正時のタイミングを示すタイミングチャートである。 Is a timing chart showing the timing of when the skew correction of the line memory. 副走査600dpi時のK色基準の各色のスキュー量の一例を表形式で示す図である。 An example of a skew amount of each color of K color reference at the time of sub-scan 600dpi illustrates in tabular form. 副走査600dpi時のK色基準の各色のスキュー量の他の例を表形式で示す図である。 Another example of a skew amount of each color of K color reference at the time of sub-scan 600dpi illustrates in tabular form. ディザ処理の一例を示す説明図である。 Is an explanatory diagram showing an example of a dither processing. ディザマトリクス内の描画領域で画像シフトを行った場合のディザマトリクス(ディザパターン)の状態を示す図である。 It is a diagram showing a state of a dither matrix (dither pattern) in the case where the image shift was performed in the drawing area in the dither matrix. 図17(a),(b)のディザパターンの一部を拡大した図である。 FIG. 17 (a), the is an enlarged view of a portion of the dither pattern (b). 図18のパターンの実際の出力イメージを示す図である。 It is a diagram showing an actual output image of the pattern of FIG. 18. 図17のディザマトリクスの集合体に敷衍した状態を示す図である。 Is a diagram showing a state in which Fuen the collection of the dither matrix of FIG. 17. 図20のスキュー補正時の画像シフト候補位置をディザマトリクス主走査サイズの倍数の位置に設定したときの状態を示す図である。 Is a diagram illustrating a state in which the image shift candidate position when the skew correction in FIG. 20 is set to the position of a multiple of the dither matrix main scanning size. スキュー補正時を行う場合の算出画像シフト位置の例を示す図である。 It is a diagram illustrating an example of calculating the image shift position when performing time skew correction. 本実施形態における画像シフト候補位置と画像シフト位置との関係を示す図である。 Is a diagram showing the relationship between the image shift candidate position and the image shift position in this embodiment. スキュー補正処理部の構成を示すブロック図である。 Is a block diagram showing the configuration of the skew correction unit. スキュー補正エリア制御部の各信号のタイミングチャートである。 It is a timing chart of each signal of the skew correction area controller. スキュー補正エリア制御部の各信号のタイミングチャートである。 It is a timing chart of each signal of the skew correction area controller. スキュー補正エリア制御部の各信号のタイミングチャートである。 It is a timing chart of each signal of the skew correction area controller. スキュー補正部で実行されるシフト位置決定の処理手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart showing a processing procedure of the shift position determination executed by the skew correction unit. ディザマトリクスの原点位置についての説明図である。 It is an explanatory view of the origin position of the dither matrix. ディザマトリクスがドット集中型のマトリクスによって構成されている場合のスキュー補正の主走査方向画像シフト候補位置の設定例を示す図である。 Dither matrix is ​​a diagram showing a setting example of the main scanning direction image shift candidate position of the skew correction when configured by the dot concentration type of matrix. ディザマトリクス内が主走査方向に周期的な構成となるサブマトリクスによって構成されている場合の画像シフト候補位置の設定例を示す図である。 Is a diagram illustrating a setting example of an image shift candidate position when the dither matrix is ​​constituted by a sub-matrix of a cyclic structure in the main scanning direction. 画像シフトを実行した場合に画像シフト部におけるノイズ画像の発生を防ぐことができることを示す図である。 It shows that it is possible to prevent the generation of noise image in the image shift unit when executing the image shift. 本実施形態における画像シフト位置設定の他の例を示す図である。 It is a diagram showing another example of the image shift position set in this embodiment. ディザマトリクスが主走査方向に周期的なサブマトリクスによって構成され、ディザマトリクス開始位置にディザパターンがまたがって成長するマトリクスによって構成されている場合の画像シフト候補位置の設定例を示す図である。 The dither matrix is ​​formed by periodic sub-matrix in the main scanning direction is a diagram showing a setting example of an image shift candidate position when configured by a matrix that grows over the dither patterns in the dither matrix starting position. 色により主走査方向の後端から書き込みを行うミラー処理のシステム構成の例を示す図である。 Is a diagram illustrating an example of a system configuration of a mirror process of writing the main scanning direction of the rear end by the color. ミラー処理を施す場合の画像シフト候補位置の設定例を示す図である。 It is a diagram illustrating a setting example of an image shift candidate position when subjected to a mirror treatment. マトリクスの開始位置を越えてディザパターンが成長するサブマトリクスによって構成される画像に対してミラーリング処理を施す場合のスキュー補正の主走査方向シフト候補位置の設定例を示す図である。 Is a diagram showing a setting example of the main scanning direction shift candidate positions of the skew correction when performing mirroring process on the image formed by the sub-matrix dither pattern beyond the start position of the matrix grows. 万線型のディザマトリクスにおける万線角度(スクリーン角)の状態を示す図である。 It is a diagram showing a state of line screen angle (the screen angle) in parallel line-type dither matrix. 画像全体がドット集中型のディザマトリクスと、ディザマトリクスが主走査方向に周期的な構成となるディザマトリクスにより構成されているときの画像シフト候補位置の設定例を示す図である。 A dither matrix entirely of dot concentration type image, which is a diagram showing a setting example of an image shift candidate position when the dither matrix is ​​composed of a dither matrix comprising a cyclic structure in the main scanning direction. 画像シフト位置決定の変形例の処理手順を示すフローチャートである。 It is a flowchart illustrating a processing procedure of a modification of the image shift position determination. ディザマトリクスの原点位置についての他の例の説明図である。 Other examples of the home position of the dither matrix is ​​an explanatory view of. ディザマトリクスの原点位置についての他の例の説明図である。 Other examples of the home position of the dither matrix is ​​an explanatory view of. ディザマトリクスの原点位置についての他の例の説明図である。 Other examples of the home position of the dither matrix is ​​an explanatory view of. ディザマトリクスの原点位置についての他の例の説明図である。 Other examples of the home position of the dither matrix is ​​an explanatory view of. ディザマトリクスの原点位置についての他の例の説明図である。 Other examples of the home position of the dither matrix is ​​an explanatory view of. ディザマトリクスの原点位置についての他の例の説明図である。 Other examples of the home position of the dither matrix is ​​an explanatory view of.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1 作像プロセス部 2 転写紙 9 露光器 15,16 検知センサ 120,121,122,123 ラインメモリ 125,126,127 スキュー補正処理部 128,129,130,131 位置ずれ補正部 DMX,DMXA,DMXB ディザマトリクス SDMX,SDMXA,SDMXB サブマトリクス L2,L2A,L2B 主走査サイズ L3,L3A,L3B 走査周期幅 PA 算出画像シフト位置 PB1〜PB7 分割候補位置 PB 画像シフト位置 PBBP 分割候補位置の分割を開始する基準点 1 image forming process unit 2 the transfer paper 9 exposer 15, 16 sensor 120, 121, 122, 123 a line memory 125, 126, 127 skew correction processing unit 128,129,130,131 misalignment correction unit DMX, DMXA, DMXB dither matrix SDMX, SDMXA, SDMXB submatrix L2, L2A, L2B main scanning size L3, L3A, L3B scan cycle width PA calculated image shift position PB1~PB7 candidate dividing position PB image shift position PBBP division criterion for starting the division of candidate positions point

Claims (10)

  1. 画像補正装置であって、 An image correction apparatus,
    ディザ処理に用いるディザマトリクスの主走査方向のサイズである主走査サイズと前記ディザマトリクスの画像パターン間の距離とに基づいて、前記画像パターンが存在しない位置を算出し、算出した位置を、入力画像に対するスキュー補正処理時の複数の画像シフト候補位置として決定する第1算出部と、 Based on the main scanning direction of the size of the dither matrix used in the dithering process to the main scanning size and the distance between image patterns of the dither matrix, and calculates the position of the image pattern does not exist, the calculated position, the input image a first calculator for determining a plurality of image shift candidate position when the skew correction process for,
    スキュー補正処理を行う際の画像分割位置を、基準色に対する補正対対象色のずれ量から算出する第2算出部と、 An image dividing position when performing skew correction, a second calculation unit for calculating a shift amount of correction versus target color with respect to the reference color,
    前記画像シフト候補位置と前記画像分割位置とを比較する比較部と、 A comparing unit for comparing the image dividing position and the image shift candidate position,
    前記複数の画像シフト候補位置の中から、前記画像分割位置に最近傍の位置を、スキュー補正処理の際の主走査方向の分割位置である画像シフト位置として決定する決定部と、 From among the plurality of image shift candidate position, the position of the nearest to the image division position, a determining unit for determining an image shift position is the main scanning direction of the division position when the skew correction process,
    決定された前記画像シフト位置に基づいて、前記入力画像に対するスキュー補正処理を行う補正部と、 Based on the determined image shift position, a correction unit for performing skew correction processing for the input image,
    を備えたことを特徴とする画像補正装置。 Image correction apparatus characterized by comprising a.
  2. 前記第1算出部は、前記ディザマトリクスの前記主走査サイズの整数倍数に相当する位置を前記画像パターンが存在しない位置として算出することを特徴とする請求項1に記載の画像補正装置。 The first calculating unit, the image correction apparatus according to claim 1, characterized in that calculating a position corresponding to an integer multiple of the main scanning size of the dither matrix as the position of the image pattern is not present.
  3. 前記第1算出部は、前記ディザマトリクスが複数種類のパターンで形成されている場合に、前記複数種類のパターンのうち第1パターンの前記主走査サイズと第2パターンの前記主走査サイズの最小公倍数の整数倍に相当する位置を前記画像パターンが存在しない位置として算出することを特徴とする請求項1に記載の画像補正装置。 Wherein the first calculation unit, when the dither matrix is ​​formed of a plurality kinds of patterns, the least common multiple of the main scanning size of the main scanning size and the second pattern of the first pattern of the plurality kinds of patterns the image correction apparatus according to a position corresponding to an integral multiple to claim 1, characterized in that calculating a position where the image pattern does not exist.
  4. 前記第1算出部は、前記ディザマトリクス内のサブマトリクスの前記主走査サイズの整数倍数に相当する位置を前記画像パターンが存在しない位置として算出することを特徴とする請求項1に記載の画像補正装置。 The first calculating unit, the image correction according to claim 1, characterized in that calculating a position corresponding to an integer multiple of the main scanning size of the sub-matrix in the dither matrix as the position of the image pattern is not present apparatus.
  5. 前記第1算出部は、前記ディザマトリクスが当該ディザマトリクスの開始位置を越えて存在する場合、前記画像シフト候補位置の基準点を、前記入力画像の画像描画領域の主走査方向の先端から複数のディザマトリクスに共通して前記画像パターンのない位置に設定し、設定された前記基準点に基づき前記画像シフト候補位置を決定することを特徴とする請求項1に記載の画像補正装置。 Wherein the first calculation unit, the dither matrix may exist beyond the starting position of the dither matrix, the reference point of the image shift candidate position, in the main scanning direction of the image drawing area of ​​the input image tip from a plurality of common to the dither matrix set to no position of said image pattern, the image correction apparatus according to claim 1, characterized in that determining the image shift candidate position based on the reference point set.
  6. 前記画像補正装置は、主走査方向の後端から書き込みを行うものであり、 The image correction apparatus performs writing from the main scanning direction of the rear end,
    前記第1算出部は、前記前記画像シフト候補位置の基準点を、前記入力画像の画像描画領域の主走査方向の後端から前記画像描画領域の主走査方向のサイズに対する複数のディザマトリクスの前記主走査サイズの最小公倍数の整数倍の剰余だけずらした位置に設定し、設定された前記基準点に基づき前記画像シフト候補位置を決定することを特徴とする請求項1に記載の画像補正装置。 Wherein the first calculation unit, the said reference point of the image shift candidate position, from said main scanning direction of the rear end of the image drawing area of ​​the input image of a plurality of dither matrices for the main scanning direction size of the image drawing area It was set at a position shifted by an integral multiple of the remainder of the least common multiple of the main scanning size, image correction apparatus according to claim 1, characterized in that determining the image shift candidate position based on the reference point set.
  7. 前記第1算出部は、前記基準点を、前記画像描画領域の主走査方向の後端から前記画像描画領域の主走査サイズに対する複数のディザマトリクス主走査サイズの最小公倍数の整数倍の剰余だけずらした位置から前記画像描画領域の主走査方向の先端から複数のディザマトリクスに共通してディザパターンのない位置にずらした位置に設定し、設定された前記基準点に基づき前記画像シフト候補位置を決定することを特徴とする請求項6に記載の画像補正装置。 Wherein the first calculation unit, said reference point, shifted by an integral multiple of the remainder of the least common multiple of the plurality of dither matrices main scanning size with respect to the main scanning size of the image drawing region from the main scanning direction of the rear end of the image drawing area common to the main scanning direction of the distal end of the image drawing area from the position on the plurality of the dither matrix is ​​set to a position shifted to the free position of the dither pattern, determining the image shift candidate position based on the reference point set the image correction apparatus according to claim 6, characterized in that.
  8. 前記第1算出部は、前記入力画像に回転処理が施されることにより前記ディザマトリクスの開始位置が前記入力画像の画像描画領域の原点位置からずれている場合、前記画像シフト候補位置の基準点を、前記回転処理の回転角度と前記入力画像のサイズとに基づいて設定し、設定された前記基準点に基づき前記画像シフト候補位置を決定することを特徴とする請求項1に記載の画像補正装置。 Wherein the first calculation unit, when the start position of the dither matrix by rotation processing on the input image is performed is shifted from the origin position of the image drawing area of ​​the input image, the reference point of the image shift candidate position , said set based on the rotation angle of the rotation processing and the size of the input image, the image correction according to claim 1, characterized in that determining the image shift candidate position based on the set the reference point apparatus.
  9. 画像形成装置であって、 An image forming apparatus,
    ディザ処理に用いるディザマトリクスの主走査方向のサイズである主走査サイズと前記ディザマトリクスの画像パターン間の距離とに基づいて、前記画像パターンが存在しない位置を算出し、算出した位置を、入力画像に対するスキュー補正処理時の複数の画像シフト候補位置として決定する第1算出部と、 Based on the main scanning direction of the size of the dither matrix used in the dithering process to the main scanning size and the distance between image patterns of the dither matrix, and calculates the position of the image pattern does not exist, the calculated position, the input image a first calculator for determining a plurality of image shift candidate position when the skew correction process for,
    スキュー補正処理を行う際の画像分割位置を、基準色に対する補正対対象色のずれ量から算出する第2算出部と、 An image dividing position when performing skew correction, a second calculation unit for calculating a shift amount of correction versus target color with respect to the reference color,
    前記画像シフト候補位置と前記画像分割位置とを比較する比較部と、 A comparing unit for comparing the image dividing position and the image shift candidate position,
    前記複数の画像シフト候補位置の中から、前記画像分割位置に最近傍の位置を、スキュー補正処理の際の主走査方向の分割位置である画像シフト位置として決定する決定部と、 From among the plurality of image shift candidate position, the position of the nearest to the image division position, a determining unit for determining an image shift position is the main scanning direction of the division position when the skew correction process,
    決定された前記画像シフト位置に基づいて、前記入力画像に対するスキュー補正処理を行う補正部と、 Based on the determined image shift position, a correction unit for performing skew correction processing for the input image,
    スキュー補正処理を行った画像を用いて画像形成処理を行う画像形成部と、 An image forming unit for forming an image process using the image subjected to skew correction,
    を備えたことを特徴とする画像形成装置。 An image forming apparatus comprising the.
  10. 画像補正方法であって、 An image correction method,
    ディザ処理に用いるディザマトリクスの主走査方向のサイズである主走査サイズと前記ディザマトリクスの画像パターン間の距離とに基づいて、前記画像パターンが存在しない位置を算出し、算出した位置を、入力画像に対するスキュー補正処理時の複数の画像シフト候補位置として決定する第1算出ステップと、 Based on the main scanning direction of the size of the dither matrix used in the dithering process to the main scanning size and the distance between image patterns of the dither matrix, and calculates the position of the image pattern does not exist, the calculated position, the input image a first calculating step of determining a plurality of image shift candidate position when the skew correction process for,
    スキュー補正処理を行う際の画像分割位置を、基準色に対する補正対対象色のずれ量から算出する第2算出ステップと、 An image dividing position when performing skew correction processing, and a second calculation step of calculating the shift amount of correction versus target color with respect to the reference color,
    前記画像シフト候補位置と前記画像分割位置とを比較する比較ステップと、 A comparing step of comparing the image dividing position and the image shift candidate position,
    前記複数の画像シフト候補位置の中から、前記画像分割位置に最近傍の位置を、スキュー補正処理の際の主走査方向の分割位置である画像シフト位置として決定する決定部と、 From among the plurality of image shift candidate position, the position of the nearest to the image division position, a determining unit for determining an image shift position is the main scanning direction of the division position when the skew correction process,
    決定された前記画像シフト位置に基づいて、前記入力画像に対するスキュー補正処理を行う補正ステップと、 Based on the determined image shift position, a correction step of performing skew correction processing for the input image,
    を備えたことを特徴とする画像補正方法。 Image correction method characterized by comprising a.
JP2007318458A 2006-12-28 2007-12-10 Image correction apparatus, an image forming apparatus and an image correction method Active JP4937097B2 (en)

Priority Applications (5)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2006355891 2006-12-28
JP2006355891 2006-12-28
JP2007160464 2007-06-18
JP2007160464 2007-06-18
JP2007318458A JP4937097B2 (en) 2006-12-28 2007-12-10 Image correction apparatus, an image forming apparatus and an image correction method

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2007318458A JP4937097B2 (en) 2006-12-28 2007-12-10 Image correction apparatus, an image forming apparatus and an image correction method
US12000928 US7843604B2 (en) 2006-12-28 2007-12-19 Image correcting device, image forming apparatus, and image correcting method

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2009027683A true true JP2009027683A (en) 2009-02-05
JP4937097B2 JP4937097B2 (en) 2012-05-23

Family

ID=40399020

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007318458A Active JP4937097B2 (en) 2006-12-28 2007-12-10 Image correction apparatus, an image forming apparatus and an image correction method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4937097B2 (en)

Cited By (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010217797A (en) * 2009-03-18 2010-09-30 Ricoh Co Ltd Apparatus, method, and program for forming image
JP2010217723A (en) * 2009-03-18 2010-09-30 Ricoh Co Ltd Image forming apparatus and correction method of density deviation
EP2290585A2 (en) 2009-08-24 2011-03-02 Ricoh Company Ltd. Optical writing device, image forming apparatus, method of controlling optical writing device, and computer program product
JP2011112846A (en) * 2009-11-26 2011-06-09 Canon Inc Image forming apparatus and image forming method
JP2011189692A (en) * 2010-03-16 2011-09-29 Ricoh Co Ltd Optical writing unit, image forming apparatus, and method for controlling optical writing unit
EP2431818A2 (en) 2010-09-15 2012-03-21 Ricoh Company, Ltd. Optical writing device, image forming apparatus, and method and program product for controlling optical writing device
JP2012061741A (en) * 2010-09-16 2012-03-29 Ricoh Co Ltd Optical writing device, image forming apparatus and method for controlling optical writing device
JP2012121165A (en) * 2010-12-06 2012-06-28 Canon Inc Image processing apparatus and image processing method
US20120206737A1 (en) * 2011-02-15 2012-08-16 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus and image forming method for correcting registration deviation
JP2012244589A (en) * 2011-05-24 2012-12-10 Ricoh Co Ltd Optical writing device and image forming apparatus
EP2541332A2 (en) 2011-06-30 2013-01-02 Ricoh Company, Ltd. Image forming apparatus
US8411124B2 (en) 2010-09-06 2013-04-02 Ricoh Company, Limited Optical writing device, image forming apparatus, and method and program product for controlling optical writing device
US8487973B2 (en) 2010-12-10 2013-07-16 Ricoh Company, Limited Light source control circuit, image forming apparatus, and method of controlling the light source control circuit
US8547409B2 (en) 2010-12-13 2013-10-01 Ricoh Company, Limited Light emission control device, light emission control method, and image forming apparatus
JP2014109614A (en) * 2012-11-30 2014-06-12 Ricoh Co Ltd Optical writing control device, image forming apparatus, and control method of optical writing device
JP2014135628A (en) * 2013-01-10 2014-07-24 Konica Minolta Inc Apparatus and method for image processing
US8902463B2 (en) 2011-10-31 2014-12-02 Ricoh Company, Ltd. Image forming apparatus which calculates and corrects skew error
JP2015018253A (en) * 2014-07-28 2015-01-29 株式会社リコー Optical writing device, image forming apparatus, and manufacturing method of optical writing device

Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001030566A (en) * 1999-07-23 2001-02-06 Matsushita Electric Ind Co Ltd Image-forming apparatus
JP2001352445A (en) * 2000-06-09 2001-12-21 Matsushita Electric Ind Co Ltd Color image forming device
JP2002086797A (en) * 2000-09-12 2002-03-26 Matsushita Electric Ind Co Ltd Color imaging apparatus

Patent Citations (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001030566A (en) * 1999-07-23 2001-02-06 Matsushita Electric Ind Co Ltd Image-forming apparatus
JP2001352445A (en) * 2000-06-09 2001-12-21 Matsushita Electric Ind Co Ltd Color image forming device
JP2002086797A (en) * 2000-09-12 2002-03-26 Matsushita Electric Ind Co Ltd Color imaging apparatus

Cited By (25)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010217797A (en) * 2009-03-18 2010-09-30 Ricoh Co Ltd Apparatus, method, and program for forming image
JP2010217723A (en) * 2009-03-18 2010-09-30 Ricoh Co Ltd Image forming apparatus and correction method of density deviation
EP2290585A2 (en) 2009-08-24 2011-03-02 Ricoh Company Ltd. Optical writing device, image forming apparatus, method of controlling optical writing device, and computer program product
JP2011068127A (en) * 2009-08-24 2011-04-07 Ricoh Co Ltd Optical writing device, image forming apparatus and control program of optical writing device
US8294744B2 (en) 2009-08-24 2012-10-23 Ricoh Company, Limited Optical writing device, image forming apparatus, method of controlling optical writing device, and computer program product
JP2011112846A (en) * 2009-11-26 2011-06-09 Canon Inc Image forming apparatus and image forming method
JP2011189692A (en) * 2010-03-16 2011-09-29 Ricoh Co Ltd Optical writing unit, image forming apparatus, and method for controlling optical writing unit
US8411124B2 (en) 2010-09-06 2013-04-02 Ricoh Company, Limited Optical writing device, image forming apparatus, and method and program product for controlling optical writing device
EP2431818A2 (en) 2010-09-15 2012-03-21 Ricoh Company, Ltd. Optical writing device, image forming apparatus, and method and program product for controlling optical writing device
CN102447802A (en) * 2010-09-15 2012-05-09 株式会社理光 Optical writing device, image forming apparatus, and method for controlling optical writing device
US8482588B2 (en) 2010-09-15 2013-07-09 Ricoh Company, Limited Optical writing device, image forming apparatus, and method and program product for controlling optical writing device
JP2012061741A (en) * 2010-09-16 2012-03-29 Ricoh Co Ltd Optical writing device, image forming apparatus and method for controlling optical writing device
JP2012121165A (en) * 2010-12-06 2012-06-28 Canon Inc Image processing apparatus and image processing method
US8723905B2 (en) 2010-12-10 2014-05-13 Ricoh Company, Ltd. Light source control circuit, image forming apparatus, and method of controlling the light source control circuit
US8487973B2 (en) 2010-12-10 2013-07-16 Ricoh Company, Limited Light source control circuit, image forming apparatus, and method of controlling the light source control circuit
US8547409B2 (en) 2010-12-13 2013-10-01 Ricoh Company, Limited Light emission control device, light emission control method, and image forming apparatus
US9195160B2 (en) * 2011-02-15 2015-11-24 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus and image forming method for correcting registration deviation
US20120206737A1 (en) * 2011-02-15 2012-08-16 Canon Kabushiki Kaisha Image forming apparatus and image forming method for correcting registration deviation
JP2012244589A (en) * 2011-05-24 2012-12-10 Ricoh Co Ltd Optical writing device and image forming apparatus
EP2541332A2 (en) 2011-06-30 2013-01-02 Ricoh Company, Ltd. Image forming apparatus
EP2541332A3 (en) * 2011-06-30 2018-01-03 Ricoh Company, Ltd. Image forming apparatus
US8902463B2 (en) 2011-10-31 2014-12-02 Ricoh Company, Ltd. Image forming apparatus which calculates and corrects skew error
JP2014109614A (en) * 2012-11-30 2014-06-12 Ricoh Co Ltd Optical writing control device, image forming apparatus, and control method of optical writing device
JP2014135628A (en) * 2013-01-10 2014-07-24 Konica Minolta Inc Apparatus and method for image processing
JP2015018253A (en) * 2014-07-28 2015-01-29 株式会社リコー Optical writing device, image forming apparatus, and manufacturing method of optical writing device

Also Published As

Publication number Publication date Type
JP4937097B2 (en) 2012-05-23 grant

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US7170544B2 (en) Frequency modulator for modulating image data based on frequency data of scan lines of an image carrier
US20060232620A1 (en) Image forming apparatus and its control method, and computer program and computer readable storage medium
US20070139715A1 (en) Image forming apparatus, image forming method, and storage medium storing program for forming image
US20090034029A1 (en) Image forming apparatus, control method therefor, and computer program
US20090034007A1 (en) Image forming apparatus and image correction method
JPH0939294A (en) Image recording device
US7619775B2 (en) Image forming system with density conversion based on image characteristics and amount of color shift
US6014499A (en) Image forming apparatus which forms an image by dot images
US20120062681A1 (en) Optical writing device, image forming apparatus, and method and program product for controlling optical writing device
US20090231606A1 (en) Method and apparatus for image forming and computer program product
US20070097439A1 (en) Image processing method and apparatus thereof
US20100253981A1 (en) Image forming apparatus, image forming method, and computer program product
US7843604B2 (en) Image correcting device, image forming apparatus, and image correcting method
US20090034034A1 (en) Color image forming apparatus and color image forming method
JP2005262485A (en) Image forming device and control method therefor
JP2005304011A (en) Image processing device and image forming device
JP2006255958A (en) Image forming device, and its controlling method
CN1845014A (en) Color image forming apparatus
US20090034004A1 (en) Image forming apparatus and image forming method
JP2001301232A (en) Image forming device
JP2009027683A (en) Image correcting device, image forming apparatus, and image correcting method
US20100060938A1 (en) Image forming apparatus, density-shift correction method, and computer program product
JP2005271351A (en) Image forming apparatus and method of adjusting recording head
US20110228286A1 (en) Image forming apparatus and image forming method
JP2008046488A (en) Color image forming apparatus and method

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20100603

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20111003

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20111115

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20120112

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20120131

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20120221

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20150302

Year of fee payment: 3

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150