JP2008541851A - Artificial knee joint having a ceramic of the tibial component - Google Patents

Artificial knee joint having a ceramic of the tibial component

Info

Publication number
JP2008541851A
JP2008541851A JP2008513546A JP2008513546A JP2008541851A JP 2008541851 A JP2008541851 A JP 2008541851A JP 2008513546 A JP2008513546 A JP 2008513546A JP 2008513546 A JP2008513546 A JP 2008513546A JP 2008541851 A JP2008541851 A JP 2008541851A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2008513546A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
アショク シー. カンドカー,
ジョン ピー. バーネロ,
アーロン エー. ホフマン,
ラマスワミー ラクシュミナラヤナン,
Original Assignee
アメディカ コーポレイション
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

改良された人工膝関節には、自然または人工関節(表面置換えを行った)の大腿骨表面と関節接合するための、セラミックの脛骨部品が含まれる。 The improved knee prosthesis, for femur surface articulate with the natural or artificial joint (was surface-replacement) include ceramic tibial component. セラミックの脛骨部品は、患者の脛骨に対して固定されるようになったセラミックのモノブロックの形、あるいは、これにかわって脛骨に対して固定されるようになった脛骨ベースプレート部材により担持される、セラミックのベアリングインサート部品の形で供給される。 Ceramic tibial component is carried by the tibial baseplate member adapted to form a monobloc ceramic adapted to be fixed relative to the patient's tibia or on behalf thereto is fixed relative to the tibial It is supplied in the form of a ceramic bearing insert components. いずれの形においても、セラミックの脛骨部品には、概して凸状または顆状の形をした大腿骨の関節接合表面によって可動的に支持係合するための、少なくとも一つの上向きに凹状の関節接合表面が含まれる。 In either form, the ceramic tibial component, generally convex or condylar shape of the femoral for supporting engagement movably by articulating surface, at least one upwardly concave articulating surface It is included. セラミックの脛骨部品は、長期の耐用寿命と耐摩耗性の改善を提供する。 Ceramic tibial component provides improved long-term service life and wear resistance.

Description

本発明は、全般的には人工膝関節の改良に関し、特に、相対的に硬質かつ相対的に高強度のセラミック材料からつくられる改良された脛骨部品に関する。 The present invention relates generally to improvements in prosthetic knee joint, particularly to relatively hard and improved tibial component is made from a ceramic material of relatively high strength. セラミックの脛骨部品は、概して凸状または顆状形状を有する関連の大腿関節表面により直接支持係合され、これに対して関節接合するようにつくられた、概して少なくとも一つの関節表面を含む。 Ceramic tibial component is fitted generally directly supported engagement by the associated femoral articular surface having a convex or condylar shape, whereas made to articulate, generally including at least one articular surface. セラミックの脛骨部品は、長期の耐用寿命にわたり超低磨耗であるようにできており、従来のポリマーベースのベアリングインサートと、それに伴う有害な磨耗くずの問題を取り除くことも可能とする。 Ceramic tibial component is made of such that ultra-low wear over a long period of service life, the conventional polymer-based bearing insert, also possible to remove the harmful wear debris problems associated therewith.

人工膝関節には通常、適切に切除された患者の脛骨上端部に固定されるようになった脛骨部品が含まれる。 The knee prosthesis typically includes a tibial component adapted to be secured to the tibial upper end of the patient is properly cut. このような脛骨部品は一般に、コバルトクロム、チタン、ステンレススチール等の生体適合性の金属材料、またはポリマーベースの材料から形成されている。 Such tibial component is generally cobalt chrome, titanium, and is formed of stainless biocompatible metallic material such as steel or polymer-based materials. したがって、脛骨部品は、一対の上向きに向けられた概して凹状のベアリングシートを、患者の大腿骨下端部の対応する一対の概して凸状または顆状の形状の関節表面と関節接合するために画定しているポリマーベースのベアリングインサートを支持する、強力で丈夫な人工関節のベース構造を提供する。 Thus, the tibial component defines a generally concave bearing seat directed to a pair of upwardly, to the corresponding pair of generally convex or shaped junction of the articular surface and joint condylar femoral lower end of the patient supporting the polymer-based bearing insert is to provide a base structure strong and durable artificial joint. これらの大腿骨関節表面は、自然の大腿骨表面あるいは、患者の大腿骨に固定された、再建された大腿骨部品または人工関節の大腿骨部品上の関節顆表面によって画定されうる。 These femoral joint surface, or natural femoral surface, secured to the patient's femur may be defined by a joint condylar surfaces on the femoral component of the reconstructed femoral component or prosthesis. このような大腿骨部品は一般に、コバルトクロム、チタン、ステンレススチール、ジルコニウム、酸化ジルコニウム等の生体適合性の金属材料、およびアルミナ、ジルコニアおよびジルコニア強化アルミナ(ZTA)等のセラミック材料からつくられている。 Such femoral component is generally cobalt chrome, titanium, stainless steel, zirconium, it is made biocompatible metal material such as zirconium oxide, and alumina, a ceramic material such as zirconia and zirconia toughened alumina (ZTA) .

ポリマーベースのベアリングインサートは通常、大腿骨表面に対するスムーズで相対的に低磨耗な接合をかなえることが様々な具体的構成において明らかとなっている、高密度または超高分子量ポリエチレン(PE)材料から形成される。 Polymer-based bearing insert typically be fulfill relatively low abrasion joined smoothly with respect to the femur surface has become evident in various specific configurations, formed from high density or ultra high molecular weight polyethylene (PE) material It is. しかし、臨床研究によれば、ポリマー製ベアリングインサートからは一定期間を経て多量の磨耗くずが発生し放出されうること、さらに、このようなポリマーベースの磨耗くずの存在を少なくとも一因とする骨変性が、インプラント失敗の本質的寄与因子であることが明らかとなっている。 However, according to the clinical studies, it is the polymeric bearing insert which may be through a period of time a large amount of wear debris generated release, further bone degenerative be at least partly the presence of wear debris of such polymer-based but it is found to be essentially contributing factor in implant failure. より詳しくいうと、このような研究によれば、インプラント組織周囲に放出されるPE磨耗くずが、異物巨細胞およびマクロファージ細胞反応を含む有害な生体反応を誘発し、有害な骨吸収とともに、最終的には人工関節インプラントのゆるみおよび失敗を引き起こすと思われることが明らかとなっている。 More particularly, according to this study, PE wear debris that is released into the implant tissue surrounding induces adverse biological reactions including foreign body giant cells and macrophages cell responses with deleterious bone resorption, eventually It has become clear that seems to cause loosening and failure of the artificial joint implants on. その結果、ポリマーベースのベアリングインサートに対して、高度にクロスリンクしたポリエチレン材料の使用など、代替的な人工関節構造による改善が提案されている。 As a result, the polymer-based bearing insert, such as the use of highly polyethylene material cross-linked, is improved according to an alternative prosthesis structure has been proposed. セラミックオンセラミックまたはメタルオンメタル等の二重硬質部品を用いることによって、ポリマーベースのベアリングインサートおよびこれに伴う磨耗くずが除去される、他の代替的な人工関節も提案されている。 By using a ceramic on ceramic or double rigid parts such as metal-on-metal, a polymer-based bearing insert and wear debris associated therewith is removed, it has been proposed another alternative prosthesis. 膝関節のベアリング対は、メタルオンポリマーまたはセラミックオンポリマーに限られている。 Bearing a pair of knee joints, it is limited to metal-on-polymer or ceramic on polymer.

一般に、セラミックの人工膝関節部品は、セラミックオンセラミックあるいはセラミックオンメタルの関節接合インタフェイスにおいて使用されて、ポリマーベースのベアリングインサートを完全に除去できる見込みがある。 Generally, the artificial knee joint part of the ceramic is used in articulating interface of the ceramic on ceramic or ceramic-on-metal, there is likely to be completely remove the polymer-based bearing insert. このような人工関節構造体は、良好な表面仕上および共形の表面形状を伴って形成された場合には、セラミック―ポリマーまたはメタル―ポリマーの関節接合インタフェイスと比較して相対的に低い摩擦係数を示し、結果として部品磨耗がかなり減少した。 Such artificial joint structure, when formed with a good surface finish and conformal surface profile, ceramic - metal or polymer - a relatively low friction compared to articulating interface of the polymer shows the coefficients, resulting in parts wear was considerably reduced. しかし、特にアルミナベースのセラミック材料等のセラミックの部品の使用の大きな限界は、数ヵ月から数年後の術後検診までに生じる脆性破壊の率が容認しがたいほど高いことである。 However, in particular major limitation of the use of ceramic components alumina-based ceramic materials is the rate of brittle fracture occurring in a few months postoperative examination after several years higher unacceptably. この点に関しては、セラミック材料は一般に耐久性が相対的に低く、したがって脆性破壊が起こりやすい。 In this regard, the ceramic materials generally in durability is relatively low and therefore prone to brittle fracture.

特許文献1は、人工膝関節等の関節補綴用の改良されたセラミック材料を開示しており、セラミックオンセラミックまたはセラミックオンメタルの関節接合インタフェイスが明らかにされている。 Patent Document 1 discloses an improved ceramic material for joint prostheses such as knee joints, ceramic on ceramic or ceramic-on-metal articulation interface is revealed. 改良されたセラミック材料には、相対的に高い硬度、引張強度、弾性係数、潤滑性および破壊靭性を有する、ドープした窒化ケイ素(Si )が含まれる。 The improved ceramic material, a relatively high hardness, tensile strength, modulus of elasticity, having a lubricity and fracture toughness, include doped silicon nitride (Si 3 N 4). 詳しくいうと、改良されたドープした窒化ケイ素セラミックは、約700メガパスカル(MPa)より大きい曲げ強度と、約7メガパスカルルートメートル(MPam 0.5 )より大きい破壊靭性を有する。 In detail, the improved doped silicon nitride ceramic has a flexural strength greater than about 700 megapascals (MPa), greater fracture toughness of about 7 MPa root meter (MPam 0.5). この高強度および高靭性のドープした窒化ケイ素セラミックは、脆性破壊のリスクが劇的に減るとともに、長期の耐用寿命にわたる超低磨耗を達成する。 The high strength and high toughness doped silicon nitride ceramic, with dramatically reduced the risk of brittle fracture, to achieve ultra-low wear over prolonged service life.

さらに、特許文献2は、骨移植に使用するための改良されたセラミック材料を開示しており、その中でセラミック材料は、比較的低有孔率および高有孔率の第一および第二領域を含み、それぞれ自然の皮質骨および海綿骨の構造を模倣することにより、患者の自然骨の構造的特性を模倣してつくられる。 Further, Patent Document 2 discloses an improved ceramic material for use in bone grafting, the ceramic material therein, the first and second regions of relatively low perforated rate and Koyu porosity comprises, by mimicking the structure of natural cortical and cancellous bone, respectively, they are made to mimic the structural properties of natural bone of the patient. 開示される好適なセラミック材料は、約500メガパスカル(MPa)より大きい曲げ強度と、約5メガパスカルルートメートル(MPam 0.5 )より大きい破壊靭性を有する。 Suitable ceramic materials disclosed has a bending strength greater than about 500 megapascals (MPa), greater fracture toughness of about 5 MPa root meter (MPam 0.5). 使用においては、セラミック材料の相対的に低有孔率の領域が高い構造強度および結合性を提供する一方、高有孔率の領域は、骨の内方成長に適し、しっかりとして安定したインプラント固定を達成する。 In use, while providing a relatively low porosity region is high structural strength and integrity of the ceramic material, regions of high porosity are suitable for bone ingrowth, firm and stable implant fixation to achieve.

本発明には、特に耐力性の脛骨部品が、特許文献1および/または特許文献2に開示されるような改良された高強度および高靭性セラミック材料からつくられる、改良された人工膝関節が含まれる。 The present invention is particularly yield strength of the tibial component is made from high strength and high toughness ceramic material with improved, as disclosed in Patent Documents 1 and / or Patent Document 2, includes an improved knee prosthesis It is.
米国特許第6,881,229号明細書 US Pat. No. 6,881,229 米国特許第6,846,327号明細書 US Pat. No. 6,846,327

本発明によれば、改良された人工膝関節には、相対的に高強度および高靭性のセラミック材料からつくられ、人工大腿骨関節部品または患者の天然骨により画定される概して凸状または顆状の形状の大腿骨の関節接合表面と超低磨耗に関節接合される少なくとも一つの関節表面を画定する、耐力性の脛骨部品が含まれる。 According to the present invention, the improved knee prosthesis, relatively high strength and made of toughened ceramic material, generally convex or condylar defined by natural bone of femoral prosthesis component or patient defining at least one articular surface is articulated articulating surface and ultra low wear of the femur shape include yield strength of the tibial component. セラミックの脛骨部品は、患者の脛骨に対して直接固定されるようにつくられるか、あるいは、これにかわって脛骨に固定されるようになった脛骨ベースプレート部材によって担持される、脛骨ベアリングインサート部品の形である。 Ceramic tibial component is either made to be fixed directly to the patient's tibia, or on behalf of which is carried by the tibial baseplate member adapted to be secured to the tibia, the tibial bearing insert part it is in the form.

一つの形態において、セラミックの脛骨部品は、参照により本明細書に組み込まれる米国特許第6,881,229号明細書に開示されるドープした窒化ケイ素(Si )等の、相対的に高硬度および高破壊靭性を有するセラミック材料で形成された少なくとも一つかつ好ましくは一対の、概して凹状の関節表面またはベアリングシートを定めるモノブロックストラクチャを含む。 In one embodiment, the tibial component of the ceramic, doped silicon nitride is disclosed in U.S. Patent No. 6,881,229 which is incorporated herein by reference (Si 3 N 4) such, relatively at least one and preferably formed of a ceramic material having a high hardness and high fracture toughness comprises a pair of, monoblock structure that generally defines a concave articulating surface or bearing seat. この高強度および高靭性のドープした窒化ケイ素セラミックは、生体適合性金属またはセラミック等の、補綴材料の大腿骨関節表面に対して関節接合した場合や、あるいは自然の大腿骨に対して関節接合した場合に、脆性破壊のリスクが劇的に減るとともに、長期の耐用寿命にわたる超低磨耗を達成する。 The high strength and high toughness doped silicon nitride ceramic, a biocompatible metal or a ceramic or the like, or if you articulate against the femoral joint surface of the prosthetic material, or with articulating against the natural femur case, with dramatically reduced the risk of brittle fracture, to achieve ultra-low wear over prolonged service life. 脛骨セラミックモノブロックストラクチャには、参照により同様に本明細書に組み込まれる米国特許第6,846,327号明細書に開示される多孔質のセラミック等、自然脛骨に対するしっかりとした内方成長固定のための、セラミックの多孔質骨内方成長表面により画定される下側領域がさらに含まれる。 The tibial ceramic monoblock structure, a porous disclosed in U.S. Pat. No. 6,846,327, incorporated herein in the same manner by reference ceramics, firm ingrowth fixed on the natural tibia for the lower region defined by a ceramic porous bone ingrowth surface it is further included. 別の形としては、セメンテーションによる自然脛骨に対する部品の取り付けがある。 Another form, there is a mounting part on the natural tibia by cementation. 多孔質構造により、骨の咬合が可能となる。 The porous structure, it is possible to bite bone. セメンテーションのためのさらに代替的な方法は、多孔質のセクションが含まれず、セメントを受け入れるスロットまたはポケットと置き換えられ、さらに引張強度のためのアンダーカット機能が含まれても含まれなくてもよい。 Further alternative method for cementation is not included sections of porous, replaced with slots or pockets for receiving the cement, it may not be included undercut features for further tensile strength .

本発明の一つの代替的な好ましい形態において、セラミックの脛骨部品は、相対的に高硬度および高破壊靭性を有するセラミック材料(上記の)からつくられる、脛骨ベアリングインサートを含む。 In one alternative preferred form of the present invention, the tibial component of the ceramic, the ceramic material having a relatively high hardness and high fracture toughness made from (above), including tibial bearing insert. このセラミックの脛骨ベアリングインサートは、患者の脛骨に固定されるようになった脛骨ベースプレート部材上に、固定または一部可動式に載置されるように設定される。 The ceramic of the tibial bearing insert, on the tibial baseplate member adapted to be secured to the patient's tibia, it is set to be placed and fixed or to a part movable. 脛骨ベースプレート部材は、好ましくは上記の材料のようなセラミック材料から、相対的に高硬度および高靭性のセラミックにより画定されるベアリングプラットフォームと、セラミックの多孔質骨内方成長表面により画定される下側領域とをあわせて形成してつくることができる。 Tibial baseplate member is preferably a ceramic material such as the above materials, the bearing platform defined by a ceramic relatively high hardness and high toughness, the lower side defined by a ceramic porous bone ingrowth surface can be made be formed by combining the area. あるいは、脛骨ベースプレート部材は、生体適合性金属からつくられればよい。 Alternatively, the tibial baseplate member may if made from a biocompatible metal. 一つの形においては、脛骨ベアリングインサートには、米国特許第5,116,375号明細書に記載されている一般的なタイプの、セントラル直立スタビライザポストが含まれうる。 In one form, the tibial bearing insert of the general type described in U.S. Patent No. 5,116,375, can include a central upright stabilizer posts.

別の代替的な形態では、セラミックの脛骨部品には、相対的に高硬度および高破壊靭性を有するセラミック材料(上記の)からつくられた、上向きに示された関節表面とともに、患者の脛骨上端部に準備された領域との内方成長による固定または骨セメント固定に適した、セラミックの多孔質の骨内方成長表面により画定される下側領域を画定する、半月板ベアリングインサートが含まれうる。 In another alternative embodiment, the ceramic tibial component, a ceramic material having a relatively high hardness and high fracture toughness made from (above), together with the indicated articular surface upward, tibia upper end of the patient parts suitable for fixed or bone cement fixation by ingrowth and preparation area to define a lower region defined by the bone ingrowth surface of the porous ceramic, may include meniscal bearing insert . 硬質で丈夫な関節表面は通常、大腿骨の人工関節部品あるいは患者の自然骨によって画定される、凸状または顆状の形状の大腿骨関節表面と関節接合するための、浅い上向きに凹状のベアリングシートを画定する。 Hard, durable articular surface is usually defined by a femoral prosthesis components or natural bone of the patient, convex or condylar for femoral surface articulate with the shape of a shallow upward concave bearing defining a seat.

本発明の前述の各実施形態において、人工膝関節のセラミックの脛骨部品により、ポリマーベースのベアリングインサートの除去が可能となり、これにより、ポリマーベースの磨耗粒子および破片に関連した術後の問題の除去も可能となる。 In the above embodiments of the present invention, the ceramic tibial component of an artificial knee joint, it is possible to remove the polymer-based bearing insert, the removal of this by, postoperative associated with polymer-based wear particles and debris problem it is possible. さらに、セラミックの脛骨部品は、セラミックの人工関節組織に通常伴う脆性破壊の問題を実質的に起こさずに、長期の耐用寿命にわたる超低磨耗を提供する。 Moreover, the tibial component of the ceramic, rather substantially eliminate the usual problems of brittle fracture caused by the ceramic prosthesis tissue to provide ultra-low wear over prolonged service life.

本発明の他の特徴および効果は、本発明の原理を一例として示した添付の図面とあわせた、以下のより詳細な説明から明らかになる。 Other features and advantages of the present invention, the principles of the present invention in conjunction with the accompanying drawings showing by way of example become apparent from the following more detailed description.

例示的な図面に示されるように、一つの好ましい形態において全体として図1〜4において参照番号10で示される改良された人工膝関節には、患者の骨にしっかりと固定するための相対的に多孔質のセラミックの骨内方成長表面14(図3)も含みうる、相対的に硬質および高強度のセラミック材料からつくられる、脛骨部品12が含まれる。 As shown in the exemplary drawings, the artificial knee joint which is improved by the reference numeral 10 in FIGS. 1-4 as a whole in one preferred form, relatively to firmly secured to the patient's bone porous ceramic bone ingrowth surface 14 (FIG. 3) may include, be made from a ceramic material of a relatively hard and high strength, include tibial component 12. セラミックの脛骨部品12は、適合する好ましくは同一のセラミック材料または生体適合性の金属材料等の、硬質および高強度の材料からつくられうる人工大腿骨関節16(図1および4)と関節接合するように、あるいは患者の自然の大腿骨表面と関節接合するようにつくられる。 Tibial component 12 of the ceramic is preferably articulates the same ceramic material or a biocompatible metal material such as a hard and high strength femoral prosthesis may be made from a material 16 (FIG. 1 and 4) adapted as, or made such that the natural femoral surface and articulation of the patient. 結果としてできるセラミックオンセラミック、またはセラミックオンメタル、またはセラミックオンボーンの関節接合インタフェイスは、長期の耐用寿命にわたり超低磨耗であり、従来のポリマーベースのベアリングインサートおよびそれに伴う磨耗くずの問題の除去も可能とする。 Results ceramic on ceramic may as or ceramic-on-metal or ceramic-on-bone articulation interface with, is an ultra low wear over a long period of service life, elimination of the conventional polymer-based bearing insert and the wear debris associated therewith problem also possible.

図1および4は、人間の膝関節の自然の解剖学的関節の表面を修復または交換するための、セラミックの脛骨部品12と、付随する大腿骨部品16とを含む、人工膝関節10を示す。 1 and 4 show to repair or replace the natural surface of the anatomical joint of the human knee joint, the ceramic tibial component 12 includes a femoral component 16 associated, the knee prosthesis 10 . この点に関し、セラミックの脛骨部品12は、切除された脛骨18(図4)の上端部にはめ込んでしっかりと固定できる大きさおよび形を有するモノブロックストラクチャを含み、他方で大腿骨部品16は、切除された大腿骨20の下端部に同様にはめ込んでしっかりと固定できる大きさおよび形を有する。 In this regard, the tibial component 12 of the ceramic comprises a monobloc structure having a size and shape that can be firmly fixed by fitting the upper end portion of resected tibia 18 (Fig. 4), the femoral component 16 on the other hand, having a size and shape that can be firmly fixed by fitting similar to the lower end of the resected femur 20. 一般に脛骨部品12は、横に間隔をあけた、一対の上向きに示された概して凹状のベアリングシート24および26を形成するように輪郭をつけられた、上向きに示されたプラットフォーム22を画定する。 Generally tibial component 12, the lateral spaced and contoured so as to form a bearing seat 24 and 26 of generally concave as shown in a pair of upwardly and defines a platform 22 shown upward. ベアリングシート24、26は、大腿骨部品16の上に形成された概して凸状の内側顆および外側顆28および30によりそれぞれ係合されて、これと一体滑動および回転接合するための、浅い凹状の関節接合表面を画定する。 The bearing seat 24, 26 is engaged engagement respectively with medial and lateral condyles 28 and 30 generally convex formed on the femoral component 16, for joining together sliding and rotating therewith, shallow concave defining the articulating surfaces.

脛骨部品12上の関節表面またはベアリングシート24、26を、高い曲げ強度および高破壊靭性を有する選択されたセラミック材料からつくることにより、結果としてできる大腿骨顆表面との関節インタフェイスは、長期の耐用寿命にわたり超低磨耗を有益に示す。 By making the joint surfaces or the bearing seat 24, 26 on the tibial component 12, a ceramic material selected have a high flexural strength and high fracture toughness, joint interface between the femoral condyle surface which can be the resulting, long term beneficially exhibits super low wear over the useful life. 重要なことには、本発明により、脛骨部品12および大腿骨顆組織の間に通常装備され、これらの部品間の滑らかな接合を助ける、高密度または高分子量ポリエチレン(PE)のベアリングインサート等、従来のポリマーベースのベアリングインサートの除去が可能となる。 Importantly, the present invention is usually installed between the tibial component 12 and femoral condyles tissue helps smooth junction between these parts, bearing insert such high density or high molecular weight polyethylene (PE), removal of the conventional polymer-based bearing insert is made possible. この点に関しては、早期の人工関節の破損が、このようなポリマーベースのベアリングインサートに伴うポリマーベースの磨耗くずの生成および蓄積と関連することが、臨床研究によって示されている。 In this regard, damage to premature joint prosthesis, to be associated with the generation and accumulation of polymer-based wear debris associated with such polymer-based bearing insert is illustrated by clinical studies. さらに、ポリマーベースのインサートの使用は、人工関節構造物全体の縦の長さを本来的に増加させ、したがって、大きめのサイズの人工関節を受け入れられる、骨が大きめの患者に利用が制限されてしまう。 Furthermore, the use of polymer-based insert is increased inherently the vertical length of the entire artificial joint structure, therefore, accept the larger size of the prosthesis, bone is limited use in a large patient put away.

図1〜4の一つの好ましい形態における、セラミックの脛骨部品12は、凹状ベアリングシート24、26と、さらに、下方へ突出する固定ポスト32とを画定するように輪郭をつけられた上部プラットフォーム22を含む、単一または実質的にモノブロックの形態として示されている。 In one preferred form of Figures 1-4, the tibial component 12 of the ceramic has a concave bearing seat 24, further an upper platform 22 which is contoured to define a fixed post 32 projecting downward including, it is shown in the form of a single or substantially monoblock. この固定ポスト32は、患者の脛骨18の切除された上端部(図4)内へのはめ込み受容のために、たとえば図のような放射状の翼状構造等、非円形の横断面形状を有するように形成されているのが好ましい。 The fixing post 32 is resected upper end of a patient's tibia 18 for fitting reception of the (4) in, for example, radial wing structure such as shown, to have a non-circular cross-sectional shape preferably formed. さらに、上部プラットフォーム22の下側表面は、セラミックの多孔質の骨内方成長表面被覆またはライニング14を有する。 Further, the lower surface of the upper platform 22, with bone ingrowth surface coating or lining 14 of the porous ceramic. 当業者には当然のことながら、中央に配置されてもされなくてもよいペグ等、他の構造的固定要素も使用でき、さらに人工関節―骨インタフェイスのセメント接合等、他の固定技術も使用できる。 It will be appreciated by those skilled in the art, may or may not be arranged in the center peg or the like, it can be used other structural fixing elements, further artificial joint - cemented like bone interface, other fastening techniques It can be used.

本発明のセラミックの脛骨部品12をつくるために使用される好適なセラミック材料には、特に参照により本明細書に組み込まれる米国特許第6,881,229号明細書で詳細に記載される、相対的に高い硬度、引張強度、弾性係数、潤滑性および破壊靭性を有するドープした窒化ケイ素(Si )等、高曲げ強度および高破壊靭性のセラミック材料が含まれる。 Suitable ceramic materials used to make the ceramic tibial component 12 of the present invention will be described in detail particularly in U.S. Patent No. 6,881,229 which is incorporated herein by reference, relative to high hardness, tensile strength, modulus, lubricity and doped silicon nitride having a fracture toughness (Si 3 N 4) or the like, include high flexural strength and high fracture toughness of the ceramic material. このドープした窒化ケイ素セラミック材料は、約700メガパスカル(MPa)を超える相対的に高い曲げ強度と、約7メガパスカルルートメートル(MPam 0.5 )を超える相対的に高い破壊靭性を有する。 The doped silicon nitride ceramic material has a relatively high flexural strength of greater than about 700 megapascals (MPa), a relatively high fracture toughness of greater than about 7 MPa root meter (MPam 0.5). この高強度および高靭性のドープした窒化ケイ素セラミックは、脆性破壊のリスクが劇的に減るとともに、長期の耐用寿命にわたり超低磨耗を達成する。 The high strength and high toughness doped silicon nitride ceramic, with dramatically reduced the risk of brittle fracture, to achieve ultra-low wear over a long period of service life.

この高強度および高靭性のセラミック材料が、セラミックの脛骨部品12の基体を形成するために使用される。 The high strength and high toughness of the ceramic material is used to form the substrate of the ceramic tibial component 12. この点に関し、このような基体ストラクチャは相対的に低い有孔率を有し、したがって、平滑で滑らかな関節軟骨で覆われた自然の皮質骨の特性と概して一致し、概してこれを模倣する高密度および高い構造一体性を有する。 In this regard, such base structure has a relatively low porosity, therefore, generally consistent with the properties of natural cortical bone covered with smooth with a smooth articular cartilage, generally mimic this high having a density and a high structural integrity. 図3はさらに、脛骨プラットフォーム22の下側に形成され、自然の皮質骨の特性と概して一致し、これを模倣する比較的大きいまたは高い有孔率の、セラミックの多孔質の骨内方成長表面被覆またはライニング14を示す。 Figure 3 is further formed on the lower side of the tibial platform 22, generally consistent with the properties of natural cortical bone, relatively large or high porosity, the bone ingrowth surface of the ceramic porous mimic this It shows a coating or lining 14. 結果として、この高有孔率の表面被覆またはライニング14は、患者の脛骨18に対するセラミックの脛骨部品12の、しっかりとして安定した骨内方成長固定を達成するための、有効な骨内方成長表面を提供する。 As a result, a surface coating or lining 14 of the high porosity, the ceramic tibial component 12 to the patient's tibia 18, to achieve a stable bone ingrowth fixation to a solid, effective bone ingrowth surface I will provide a.

当業者には当然のことながら、骨内方成長表面被覆またはライニング14に使用される具体的な材料は変更できるが、好適な多孔質材料には、セラミックの多孔質の内方成長表面材料が含まれる。 It will be appreciated by those skilled in the art, although specific materials used for bone ingrowth surface coating or lining 14 can be changed, suitable porous material, ingrowth surface material of the ceramic porous included. この点に関しては、参照により本明細書に組み込まれる米国特許第6,846,327号明細書が、相対的に高い曲げ強度と相対的に高い靭性を有し、かつ自然の皮質骨および海綿骨構造をそれぞれ模倣する比較的低有孔率および高有孔率の第一および第二領域を画定する、セラミックの骨移植部品を開示する。 In this regard, U.S. Patent No. 6,846,327, incorporated herein by reference, a relatively high bending strength and relatively has high toughness, and natural cortical and cancellous bone defining a first and second regions of relatively low perforated rate and Koyu porosity which mimics the structure, respectively, discloses a ceramic bone graft component. 異なる有孔率のこれらの領域は、単一的につくられてもよいし、あるいは可変有孔率勾配を有する共通またはモノリシックのセラミック部品に統合されてもよい。 Different these regions of porosity may be made in a single manner, or may be integrated into a common or monolithic ceramic component having a variable porosity gradient. 好ましい形態においては、セラミックの脛骨部品12は、約2容積%〜約80容量%の範囲の有孔率勾配を有し、高有孔率の領域の有孔率が約30容積%〜約80容量%、全体の孔径が約50ミクロン〜約1,000ミクロンの範囲である。 In a preferred form, the tibial component 12 of the ceramic has a porosity gradient ranging from about 2 volume percent to about 80 volume%, ~ porosity of about 30 volume percent of the regions of high porosity of about 80 volume%, the overall pore size ranges from about 50 microns to about 1,000 microns. 使用時には、セラミック材料の相対的に低有孔率の領域が、高い構造強度および結合性を有する高密度および硬質の組織を提供し、他方で高有孔率または低密度の領域は骨の内方成長に適し、しっかりとして安定したインプラント固定を達成する。 In use, a relatively low porosity region of the ceramic material, to provide a dense and hard tissue has a high structural strength and binding, a region of high chromatic Anaritsu or low density other of bone suitable for isotropic growth, to achieve a firm and stable implant fixation.

米国特許第6,846,327号明細書は、約10容積%〜約20容量%のジルコニア成分を有する、イットリア安定化ジルコニア(ジルコニア中イットリア約2.5〜約5モル%)またはセリア安定化ジルコニア(ジルコニア中セリア約2.5〜約15モル%)のジルコニア相の、好適なアルミナ―ジルコニアセラミック材料を開示する。 U.S. Patent No. 6,846,327 Pat has about 10 volume% to about 20 volume% of the zirconia component, yttria-stabilized zirconia (about 2.5 to about 5 mol% yttria in zirconia) or ceria stabilized zirconia zirconia phase (about 2.5 to about 15 mol% ceria in zirconia), a suitable alumina - zirconia ceramic material disclosed. 結果として得られるセラミック材料は、高曲げ強度(約500MPaを上回る)と高破壊靭性(約5MPam 0.5を上回る)の、非常に望ましい組合せを有する。 The resulting ceramic material has a high flexural strength (about 500MPa greater than) and high fracture toughness (about 5MPam greater than 0.5), a highly desirable combination. 米国特許第6,881,229号明細書に記載される、より強力で丈夫な窒化ケイ素(Si )セラミックが好ましいが、本発明においては、セラミックのtibilar部品カップ12にこのようなアルミナ―ジルコニアベースのセラミック材料を使用してもよい。 It is described in U.S. Patent No. 6,881,229, more but powerful and preferably durable silicon nitride (Si 3 N 4) ceramics, in the present invention, such alumina ceramic tibilar parts cup 12 - it may be used zirconia-based ceramic material.

したがって好ましい形態においては、セラミックの脛骨部品12は、上に引用した米国特許第6,881,229号明細書に記載のドープした窒化ケイ素(Si )材料等、所望の高強度および高靭性を有する、相対的に低有孔率のセラミック材料から主につくられる。 In thus preferred form, the tibial component 12 of the ceramic is silicon nitride doped described in U.S. Patent No. 6,881,229 cited above (Si 3 N 4) materials, desired high strength and high having a tenacity, made mainly of a ceramic material having a relatively low porosity. セラミックの脛骨部品12には、上部プラットフォーム22の下側の相当範囲にわたり広がる、好ましくは上記の米国特許第6,846,327号明細書に記載される高有孔率のセラミック材料から形成される、比較的高有孔率の骨内方成長表面14がさらに含まれる。 The ceramic tibial component 12, spans a lower equivalent range of the upper platform 22 is preferably formed from a ceramic material having a high porosity as described in the above U.S. Pat. No. 6,846,327 , relatively high porosity bone ingrowth surface 14 is further included. この相対的に高有孔率の骨内方成長表面14は、好ましくは低有孔率の基体と一体的に形成されるが、当業者には当然のことながら、骨内方成長表面14は、表面被覆またはライニングとして別に加えられてもよい。 Bone ingrowth surface 14 of the relatively high porosity is preferably but is formed integrally with the base of the low porosity, it will be appreciated by those skilled in the art, the bone ingrowth surface 14 it may be added separately as a surface coating or lining.

図1および4に示される大腿骨部品16は、最も好ましい形状において、セラミックの脛骨部品の材料と適合するセラミック材料からつくられる。 The femoral component 16 shown in FIGS. 1 and 4, in the most preferred form, made from a material that is compatible with the ceramic material of the ceramic tibial component. この点に関しては、大腿骨部品16の好適な材料には、米国特許第6,881,229号明細書に開示されるような、セラミックの脛骨部品12と対応する同等または同一の高強度で高靭性の材料が含まれる。 In this regard, suitable materials of the femoral component 16, as disclosed in U.S. Patent No. 6,881,229, high equivalent or identical high strength and corresponding ceramic tibial component 12 It included toughness of the material. あるいは、大腿骨部品16は好ましくは、上に引用した米国特許第6,881,229号明細書に開示されるコバルトクロム合金のような生体適合性の金属材料からつくられてもよいが、他の生体適合性金属が用いられてもよい。 Alternatively, the femoral component 16 is preferably be made from a biocompatible metallic material such as cobalt chromium alloys as disclosed in U.S. Patent No. 6,881,229, cited above, but other biocompatible metals may be used. いずれの形態においても、大腿骨部品16は、脛骨部品12上のベアリングシート24、26を係合するための関節接合面を形成する、下向きに凸状の関節顆28、30を画定する。 In either embodiment, the femoral component 16 forms a articulating surface for engaging a bearing seat 24, 26 on the tibial component 12, downwardly defining the condyles 28, 30 of the convex. さらに、大腿骨部品16の上側は(セラミック形態でも金属形態でも)、一つ以上の直立固定ポスト34および/または多孔質の骨内方成長表面を担持する一つ以上の領域すなわち被覆36を含みうる。 Further, the upper femoral component 16 (also in metallic form in a ceramic form), comprising one or more regions or coating 36 carrying bone ingrowth surface of one or more upstanding fixing post 34 and / or porous sell. セラミックの実施形態においては、上述の米国特許第6,846,327号明細書に記載されているように、大腿骨部品16には、関節顆28、30を画定する高強度および高靭性を有する低有孔率の基体と、骨内方成長表面または表面36を画定する一つ以上の高有孔率の領域とをともに含む、モノブロックまたは実質的に単一のストラクチャが含まれればよい。 In the ceramic embodiment, as described in U.S. Patent No. 6,846,327 described above, the femoral component 16 has a high strength and high toughness defining the condyles 28, 30 a substrate of low porosity, including both the region of one or more high porosity defining bone ingrowth surface or surfaces 36, it is sufficient includes monoblock or substantially single structure. あるいは、当業者には当然のことながら、脛骨部品が患者の大腿骨下端部の自然の顆組織と係合し、これに対して連結するようになった部分的人工膝関節において、セラミックの脛骨部品12が使用されてもよい。 Alternatively, the skilled artisan will appreciate that, the tibial component engages the natural condyles tissue of the femur lower end of the patient, in partial knee prosthesis which is adapted to couple the contrary, ceramic tibial component 12 may be used.

図5〜13は、本発明のセラミックの脛骨部品の、さらに別の好ましい形態を示す。 Figure 5-13 is a ceramic tibial component of the present invention, showing still another preferred form. 便宜および説明の簡単のために、図5〜13に示される部品で、構造および/または機能が図1〜4で図示および説明されるものに対応するものは、100倍にした同じ参照番号によって識別される。 For simplicity of convenience and explanation, components shown in FIG. 5 to 13, which corresponds to that structure and / or function is shown and described in Figures 1-4, the same reference numbers were 100 times It is identified.

図5〜6は、上向きに示された一対の実質的に凹状のベアリングシート124および126を画定し、下部の脛骨ベースプレート部材42と組み立てられるようになった上部のセラミックのベアリングインサート40を含む、修正されたセラミックの脛骨部品112を示す。 Figure 5-6 defines a pair of substantially concave bearing seat 124 and 126 shown upward, an upper ceramic bearing insert 40 adapted to be assembled with the lower part of the tibial baseplate member 42, It shows the tibial component 112 of the modified ceramic. 本発明のこの実施形態においては、下部のベースプレート部材42はその上端部に、下向きに突出した固定ポスト132と結合した脛骨プラットフォーム122を画定する。 In this embodiment of the present invention, the lower portion of the base plate member 42 is at its upper end, defining a tibial platform 122 coupled with the fixing post 132 that protrudes downward. さらに、脛骨プラットフォーム122の下側表面には、図3に図示および説明されるものに類似した、多孔質の骨内方成長表面または被覆114が含まれればよい。 Further, on the lower surface of the tibial platform 122, similar to that shown and described in FIG. 3, it suffices contains bone ingrowth surface or coating 114 of a porous. プラットフォーム122の上側は、ベアリングインサート40をはめ込んでベースプレート部材42と組み立てられた状態に維持するためにベアリングインサート40上に形成される、ロックリブ48を、受け入れて係合するためのアンダーカット46(図6)を、プラットフォーム122の前側部および後側部に含む、低い直立周囲リム44によって囲まれている。 The upper platform 122 is formed in the bearing insert 40 on to maintain the state of being assembled with the base plate member 42 is fitted to the bearing insert 40, the locking rib 48, undercut 46 (Figure for engaging accept 6), comprising a front side and back side of the platform 122 is surrounded by a low upstanding peripheral rim 44.

一つの好ましい形態においては、セラミックのベアリングインサート40は、関連のセラミックまたは金属製の大腿骨部品(図5〜6には図示せず)または自然の大腿骨20(同じく図5〜6には図示せず)と接合されたときに超低磨耗と長期耐用寿命をかなえる、選択された高強度および高靭性のセラミック材料からつくられる。 In one preferred form, the ceramic bearing insert 40, the relevant ceramic or metallic femoral component (not shown in FIG. 5-6) or drawing the natural femur 20 (also FIG. 5-6 fulfill ultra low wear and long service life when joined Shimese not) and are made of high strength and high toughness ceramic material selected. ここでも好適なセラミック材料は、米国特許第6,881,229号明細書に開示される。 Again Suitable ceramic materials are disclosed in U.S. Patent No. 6,881,229. 関連のベースプレート部材42は、ベアリングインサート40上のセラミックのリブ48を、ベースプレート部材42上のアンダーカットリム44とスナップ嵌め係合するのに適した、生体適合性金属からつくられる。 Related baseplate member 42, the ceramic ribs 48 on the bearing insert 40, suitable for snap-fit ​​engagement with the undercut rim 44 of the base plate member 42 is made from a biocompatible metal. あるいは、必要ならベアリングインサート40およびベースプレート部材42は、同一または適合したセラミック材料からつくられ、スナップ嵌めリブ48は適切な変形可能材料からつくられ、ベアリングインサート40に載置されればよい。 Alternatively, the bearing insert 40 and the base plate member 42, if necessary, made from the same or a ceramic material that is compatible, snap-fit ​​rib 48 is made from a suitable deformable material, it is sufficient placed on the bearing insert 40.

図7は、図5〜6に図示および説明されるベアリングインサート40に対応するが、二つの凹状ベアリングシート124、126の間に設けられた概して中心の位置から、上向きに短く突き出た直立セントラルスタビライザポスト50をさらに含む、修正されたベアリングインサート140を示す。 Figure 7 is corresponding to the bearing insert 40 shown and described in Figures 5-6, the upright central stabilizer from generally the position of the center provided between the two concave bearing seat 124, projecting upwardly short further comprising a post 50, showing a modified bearing insert 140. このスタビライザポスト50は、特に参照により本明細書に組み込まれる米国特許第5,116,375号明細書に図と共に記載される種類の大腿骨部品と組み合わせて使用される場合において、再建された膝関節のさらなる安定化を提供する。 In this stabilizer posts 50, especially when used in combination with the type of femoral component as described in conjunction with FIG. U.S. Pat. No. 5,116,375 which is incorporated herein by reference, reconstructed knee to provide further stabilization of the joint. 一対の下部のスナップ嵌めリブ148が、修正されたベアリングインサート140を脛骨ベースプレート部材42(図5〜6)上に載置するために提供される。 A pair of lower snap-fit ​​rib 148 is provided a modified bearing insert 140 for placement on the tibial baseplate member 42 (FIG. 5-6). 当業者には当然のことながら、図7に示されるスタビライザポスト50は、図1〜4のモノブロックの脛骨部品12に取り込まれればよく、あるいは本明細書に開示される各種実施形態のいずれかに取り込まれればよい。 It will be appreciated by those skilled in the art, the stabilizer posts 50 shown in Figure 7, any of the various embodiments disclosed may or herein if incorporated into the tibial component 12 of the monoblock of Fig. 1-4 it is sufficient taken to.

図8〜10は、上部のセラミックのベアリングインサート240が下部の脛骨ベースプレート部材242と組み立てられる、本発明のさらに別の実施形態を示している。 8-10, the bearing insert 240 of the upper portion of the ceramic is assembled and the lower portion of the tibial baseplate member 242 illustrates yet another embodiment of the present invention. 本発明のこのバージョンにおいては、上部のベアリングインサート240は、上向きに示された概して凹状のベアリングシート224、226を画定するように形成され、下向きに伸びるセントラルベアリングポスト52をさらに含む。 In this version of the invention, the upper portion of the bearing insert 240 may be formed to define a generally concave bearing seat 224, 226 shown upward, further comprising a central bearing post 52 extending downwardly. このベアリングポスト52は、下のベースプレート部材242の中央に形成されて固定ポスト232内へと下方に伸びる、上向きに開いたボア54内に滑り嵌め受容されるような大きさで形成されている。 The bearing post 52 is formed by extending downward into the fixing post 232 is formed on the center of the lower base plate member 242, such as a sliding fit in the upwardly open bore 54 receiving size. 脛骨プラットフォーム222は、ベースプレート部材242の上端部に担持され、下側表面に多孔質の骨内方成長表面214を含めばよい。 Tibial platform 222 is supported on the upper end of the base plate member 242, it may include a bone ingrowth surface 214 of the porous lower surface.

脛骨ベースプレート部材242は、患者の切除された脛骨18の上端部に固定される(図10)。 Tibial baseplate member 242 is fixed to the upper end of the resected tibia 18 of the patient (Figure 10). ベアリングインサート240は、開いたボア54にベアリングポスト52を滑り嵌め受容することによって、ベースプレート部材242と組み立てられる。 Bearing insert 240 by fitting receiving sliding bearing post 52 into the bore 54 open, assembled with the base plate member 242. この位置においては、プラットフォーム222が、ベアリングインサート240の概して平らな下側表面に安定した支えを提供し、これによって膝関節接合の間に、ベアリングインサート240がベアリングポスト52の中心軸のまわりを回転することが可能となる。 In this position, the platform 222, to provide a stable support to the generally planar lower surface of the bearing insert 240, whereby during knee articulation, rotation about bearing insert 240 is a central axis of the bearing posts 52 it is possible to become. この点に関して、図9〜10が、下部のベースプレート部材242のプラットフォーム222上に支持されるベアリングインサート240と関節接合した、大腿骨部品16を示す。 In this regard, FIG. 9-10 were then bearing insert 240 and articulation which is supported on the platform 222 of the lower base plate member 242, showing the femoral component 16.

図11は、図8〜10に示される実施形態の修正を示し、上部ベアリングインサート340の回転支持体が、セントラル固定ポスト332を含む下部の脛骨ベースプレート部材342の、プラットフォーム322中央から直立した短いペグ354を滑り嵌め受容するための、ベアリングインサート340の下側に形成された浅いボア352に置き換えられている。 Figure 11 shows a modification of the embodiment shown in Figures 8-10, the rotary support of the upper bearing insert 340, the lower part of the tibial baseplate member 342 including a central fixed post 332, a short upstanding from the platform 322 center peg the push-fit for receiving 354 is replaced by a shallow bore 352 formed in the lower side of the bearing insert 340. 図12は、上部ベアリングインサート440の下側に形成される浅いボアが、前―後または前方―後方方向に細長いスロット452を含む、図11の実施形態のさらなる変化形を示す。 Figure 12 is a shallow bore formed in the underside of the top bearing insert 440, pre - after or forward - including an elongated slot 452 in the rearward direction, showing a further variation form of the embodiment of FIG. 11. スロット452は、図11で図示および説明される種類の、下の脛骨ベースプレート部材342上の直立ペグ352を受け入れるようになっている。 Slot 452 of the type shown and described in FIG. 11, adapted to receive the upstanding pegs 352 on the lower tibial baseplate member 342. 図13は、キー60が、スロット452内にはめ込むための細長いヘッド62と、図8〜10に図示および説明される種類の、下の脛骨ベースプレート242の開いたボア54内にはめ込むための円筒形のボディ64とを含む、図12のさらなる変化形を示す。 13, the key 60, an elongated head 62 for fitting into the slot 452, of the type shown and described in Figures 8-10, cylindrical for fitting into the bore 54 open below the tibial baseplate 242 of including a body 64, showing a further variation form of FIG.

これらのバージョンにおいて、図11は、ペグ354がボア352内に回転可能にはめ込まれる場合には、ベースプレート部材342に対するベアリングインサート340の回転変位が可能であるが、ペグ354がボア352に圧入載置される場合には、組み立てられた部品間の相対的移動が阻止される。 In these versions, 11, when the peg 354 is fitted rotatably in the bore 352 is rotatable displacement of the bearing insert 340 with respect to the base plate member 342 is press-fit mounting peg 354 within the bore 352 If that is the relative movement between the assembled components is prevented. 図12においては、組み立てられた部品は、脛骨ベースプレート部材342に対するベアリングインサート440の回転および/または前方―後方移動運動を組み合わせて可能にする。 In Figure 12, it assembled components, rotational and / or forward of the bearing insert 440 relative to the tibial baseplate member 342 - to allow a combination of backward locomotion. 最後に図13のキー60は、キーボディ64が図8〜10のベースプレート部材242のボア54に圧入載置された場合には、図12のスロット付きベアリングインサートの相対的移動を効果的に阻止する。 The last key 60 in FIG. 13, if the key body 64 is press-fitted placed in the bore 54 of the base plate member 242 in FIG. 8-10, effectively prevent relative movement of the slotted bearing insert of FIG. 12 to. あるいは、ベースプレート部材のボア54内にキーボディ64を回転載置すると、組み立てられた部品間の回転および平行移動の組み合わせが可能となる。 Alternatively, when the key body 64 into the bore 54 of the base plate member rotates placed, it is possible to a combination of rotation and translation between the assembled parts.

図8〜13において示される実施形態の各々において、ベアリングインサートは、関連のセラミックまたは金属の大腿骨部品、あるいは自然の大腿骨20と関節接合したときに超低磨耗と長期耐用寿命をかなえる、高強度および高靭性のセラミック材料から好適に形成される。 In each of the embodiments shown in FIG. 8-13, the bearing insert, fulfill ultra low wear and long service life when associated ceramic or metal femoral component, or the natural femur 20 and joint, junction, high It is preferably formed from a strength and high toughness of the ceramic material. ここでも好適なセラミック材料には、米国特許第6,881,229号明細書に開示されるセラミック材料が含まれる。 Again Suitable ceramic materials include ceramic materials disclosed in U.S. Patent No. 6,881,229. 関連のベースプレート部材は、好ましくは同一もしくは同等のセラミック材料、または適切な生体適合性金属材料からつくられる。 Related base plate member is made preferably the same or similar ceramic material or from a suitable biocompatible metal material. セラミックまたは金属のいずれの形態でも、ベースプレート部材により画定されるプラットフォーム22、122、322は、下側に形成された多孔質の骨内方成長表面を含むのが好ましい。 In either form of ceramic or metal, platform 22,122,322 defined by the base plate member preferably includes a bone ingrowth surface of the porous formed on the bottom side. セラミックの形態においては、好適なベースプレート部材の構造には、上に引用した米国特許第6,846,327号明細書に記載される、構造的耐力性基体を画定する低有孔率領域と、一体的骨内方成長表面を画定する高有孔率領域とを有する、二重多孔セラミック材料が含まれる。 In the ceramic form is structurally suitable base plate member, as described in U.S. Patent No. 6,846,327 cited above, the low porous constant region defining a structural load bearing base, and a high porosity region which defines an integral bone ingrowth surface, contains double porous ceramic material.

図14〜17は、修正されたセラミックの脛骨部品512が、人工関節半月板ベアリングの形で提供される、本発明の別の代替的な好ましい形態を示す。 14-17, the ceramic tibial component 512 has been corrected, is provided in the form of artificial joint meniscal bearing illustrates another alternative preferred embodiment of the present invention. この半月板ベアリング512は、適切に準備および/または切除された脛骨18の上端部領域に固定するための大きさで形成され、図14〜15に示されるように、自然骨の顆528と関節接合するなど、隣接する大腿骨顆表面と関節接合するための、上向きに示された、好ましくは浅い凹状のベアリングシート524を画定する。 The meniscal bearing 512 is formed in a size to be fixed to properly prepared and / or resected upper end region of the tibia 18 has, as shown in FIG. 14-15, condyles 528 and joint natural bone such as bonding, for joining the femoral condylar surfaces adjacent the joint shown in an upward, preferably define a shallow concave bearing seat 524. しかし当然のことながら、半月板ベアリング部品512は、図1、3および9〜10に図示および説明されるタイプの人工大腿骨関節16との接合のために使用されてもよい。 It should be understood, however, meniscal bearing component 512 may be used for bonding with the type of femoral prosthesis 16 illustrated and described in FIGS. 1, 3 and 9-10. 半月板ベアリング部品512の下側表面は、準備された脛骨18に対する内方成長―固定のための多孔質の骨内方成長表面または被覆514(図17)を含む。 Lower surface of the meniscal bearing component 512, ingrowth to the prepared tibial 18 - including a porous bone ingrowth surface or coating for fixing 514 (FIG. 17). 図14〜15には、単一の半月板ベアリング部品512が示されるが、当然のことながら、一対の顆528および530、または人工大腿骨関節上の対応する顆表面とそれぞれ関節接合するために、適切な大きさ、形、および厚みを有する一対のこのようなベアリング部品が提供されてもよい。 Figure A 14-15, although a single meniscal bearing component 512 is shown, it will be appreciated that, in order to respectively articulating the condyle surface corresponding on a pair of condyles 528 and 530 or femoral prosthesis, , appropriate size, shape, and a pair of such bearing assembly may be provided having a thickness.

半月板ベアリング部品512および特にベアリングシート522は、超低磨耗と長期耐用寿命に適した、選択された高強度および高靭性のセラミック材料からつくられる。 Meniscal bearing component 512 and especially bearing seat 522, suitable for ultra-low wear and long service life, is made from high strength and high toughness ceramic material selected. ここでも、好適なセラミック材料は、米国特許第6,881,229号明細書に開示される。 Again, suitable ceramic materials are disclosed in U.S. Patent No. 6,881,229. ベアリング部品512の下側の骨内方成長表面514は、米国特許第6,846,327号明細書に開示されるように、一体部分として、しかし患者の骨に対する内方成長固定のために適切な高有孔率で、形成されるのが好ましい。 Lower bone ingrowth surface 514 of the bearing assembly 512, as disclosed in U.S. Pat. No. 6,846,327, as an integral part, but suitable for ingrowth fixation to bone of a patient such a high porosity, preferably formed.

本発明の人工膝関節に関する、種々のさらなる変更および改良が、当業者に明らかであろう。 Relates to an artificial knee joint of the present invention, various further modifications and improvements will be apparent to those skilled in the art. たとえば、セラミックの関節接合表面が指定される場合には、当業者には当然のことながら、かかるセラミック表面には、モノリシックのセラミックストラクチャの表面部分が含まれてもよいし、あるいはセラミック被覆を有する金属基体の形の複合ストラクチャなど、非セラミックの基体に担持されたセラミック被覆が含まれてもよい。 For example, when the articulating surface of the ceramic is specified, the skilled artisan will appreciate that, in such a ceramic surface, having may contain a surface portion of the monolithic ceramic structure, or a ceramic coating and composite structures in the form of the metal substrate may include a supported ceramic coating to a non-ceramic substrate. そのような複合ストラクチャの一例には、テネシー州メンフィスのSmith & Nephew社からOxiniumの名称で販売される移植可能材料等、一体的なセラミックの関節接合表面を有する金属合金基体が含まれる。 An example of such a composite structure, implantable material from Memphis, Tennessee of Smith & Nephew, Inc. sold under the name Oxinium like, metal alloy substrate having an integral ceramic articulating surface. したがって、添付の請求の範囲に記載の場合を除き、以上の記載および添付の図面により、本発明に対する制限が意図されるものではない。 Therefore, unless described in the appended claims, or the description and accompanying drawings, are not intended to limit for the present invention are contemplated.

添付の図面は、本発明を示している。 The accompanying drawings illustrate the present invention.

図1は、本発明の一つの好ましい形態に従って、セラミックの脛骨部品を含む例示的な人工膝関節を示す分解斜視図である。 1, according to one preferred embodiment of the present invention, is an exploded perspective view of an exemplary knee joint comprising a ceramic tibial component. 図2は、概して図1の線2―2でとらえた、セラミックの脛骨部品の上面図である。 Figure 2 is generally captured by the line 2-2 of FIG. 1 is a top view of the tibial component of the ceramic. 図3は、概して図1の線3―3でとらえた、セラミックの脛骨部品の底面図である。 Figure 3 is generally captured by the line 3-3 in FIG. 1 is a bottom view of the tibial component of the ceramic. 図4は、組み立てられた状態の、図1〜3の人工膝関節の側面図であり、患者の大腿骨および脛骨が点線で示されている。 4, in an assembled state, a side view of the knee prosthesis of FIG. 1-3, the patient's femur and tibia is shown by a dotted line. 図5は、脛骨ベース部材と組み立てられるようになったセラミックの脛骨ベアリングインサートを含む、本発明の一つの好ましい代替的形態を示す分解斜視図である。 Figure 5 includes a tibial bearing insert of ceramic adapted to be assembled with the tibial base member is an exploded perspective view illustrating one alternative preferred form of the present invention. 図6は、組み立てられた状態の、図5の脛骨ベアリング部品とベース部材を示す側面図である。 6, in an assembled state, a side view of a tibial bearing component and the base member of FIG. 図7は、セラミックの脛骨ベアリング部品の代替的形態を示す斜視図である。 Figure 7 is a perspective view showing an alternative embodiment of the ceramic of the tibial bearing component. 図8は、脛骨ベースプレート部材と組み立てられるようになったセラミックの脛骨ベアリング部品を含む、本発明のさらなる好ましい代替的形態を示す分解斜視図である。 Figure 8 includes a ceramic tibial bearing components adapted to be assembled with the tibial baseplate member is an exploded perspective view showing a further alternative preferred embodiment of the present invention. 図9は、組み立てられた状態の図8の脛骨ベアリング部品とベースプレート部材が、さらに人工膝関節の大腿骨部品と組み立てられた状態で示される斜視図である。 Figure 9 is a tibial bearing component and the base plate member of Figure 8 in an assembled state is a perspective view shown in further an assembled state with the femoral component of the knee joint. 図10は、図9の人工膝関節の側面図である。 Figure 10 is a side view of the knee prosthesis of FIG. 図11は、図8〜10の脛骨ベアリング部品およびベースプレート部材の、一つの好ましい代替的形態を示す分解斜視図である。 11, the tibial bearing component and the base plate member of Figure 8-10 is an exploded perspective view illustrating one alternative preferred form. 図12は、図8〜10の脛骨ベアリング部品およびベースプレート部材の、別の好ましい代替的形態を示す別の斜視図である。 Figure 12 is another perspective view of the tibial bearing component and the base plate member of Figure 8-10, another preferred alternative embodiment. 図13は、図8〜10の脛骨ベアリング部品およびベースプレート部材の、さらに他の好ましい形態を示すさらなる斜視図である。 13, the tibial bearing component and the base plate member of Figure 8-10 is a still further perspective view of another preferred embodiment. 図14は、脛骨固定に適し、患者の大腿骨と脛骨の間に挿入された、セラミックの半月板ベアリング部品を示す分解斜視図である。 Figure 14 is suitable for tibial fixation, inserted between the femur and tibia of a patient is an exploded perspective view showing a ceramic meniscus bearing parts. 図15は、患者の大腿骨と脛骨の間で組み立てられた状態の、セラミックの半月板ベアリング部品を示す斜視図である。 Figure 15 is a perspective view showing in an assembled state between the patient's femur and tibia, the ceramic meniscus bearing parts. 図16は、概して図14の線16―16でとらえた、半月板ベアリング部品の上面図である。 Figure 16 is generally captured by the line 16-16 in FIG. 14 is a top view of the meniscal bearing component. 図17は、概して図14の線17―17でとらえた、半月板ベアリング部品の底面図である。 Figure 17 is generally captured by the line 17-17 in FIG. 14 is a bottom view of the meniscal bearing component.

Claims (40)

  1. 患者の準備された脛骨上端部へのはめ込み固定に適した大きさおよび形状を有する脛骨部品であって、該脛骨部品は、嵌合する大腿骨部品上に形成された、概して凸状の関節接合表面と関節接合するための大きさおよび形状を有する関節接合表面を形成する、少なくとも一つの上向きに向けられたベアリングシートを画定する脛骨部品と、 A tibial component having a size and shape suitable for fitting fixed to the prepared tibial upper portion of the patient, 該脛 bone parts, formed on the femoral component to be fitted, generally convex articulating forming the articulating surface having a size and shape for surface articulates with a tibial component defining a bearing seat directed to at least one of the upward,
    移植後に該大腿骨部品の関節接合表面と関節接合した時に超低磨耗であるために、相対的に高い曲げ強度および相対的に高い破壊靭性を有するセラミック材料から形成された、該ベアリングシートの該関節接合表面と を含む、人工膝関節。 For when joining the articulating surface and joint the femoral component after implantation is an ultra low wear, which is formed from a ceramic material having a relatively high flexural strength and a relatively high fracture toughness, said of the bearing seat and a articulating surface, an artificial knee joint.
  2. 前記セラミック材料が、約500メガパスカル(MPa)を上回る相対的に高い曲げ強度と、約5メガパスカルルートメートル(MPam 0.5 )を上回る相対的に高い破壊靭性とを有する、請求項1に記載の人工膝関節。 Wherein the ceramic material has a relatively high flexural strength of greater than about 500 megapascals (MPa), and a relatively high fracture toughness of greater than about 5 megapascals root meter (MPAM 0.5), in claim 1 the description of the artificial knee joint.
  3. 前記セラミック材料が、約700メガパスカル(MPa)を上回る相対的に高い曲げ強度と、約7メガパスカルルートメートル(MPam 0.5 )を上回る相対的に高い破壊靭性とを有する、請求項1に記載の人工膝関節。 Wherein the ceramic material has a relatively high flexural strength of greater than about 700 megapascals (MPa), and a relatively high fracture toughness of greater than about 7 MPa root meter (MPAM 0.5), in claim 1 the description of the artificial knee joint.
  4. 前記セラミック材料が、ドープした窒化ケイを含む、素請求項3に記載の人工膝関節。 Wherein the ceramic material comprises a doped silicon nitride, artificial knee joint according to prime claim 3.
  5. 準備された患者脛骨との、前記脛骨部品の骨内方成長固定のために、該脛骨部品の下側に多孔質の骨内方成長表面をさらに含む、請求項1に記載の人工膝関節。 The prepared patient tibia, for bone ingrowth fixation of the tibial component, to the underside of 該脛 bone part further comprises a bone ingrowth surface of the porous, artificial knee joint according to claim 1.
  6. 前記骨内方成長表面が、セラミックの骨内方成長表面を含む、請求項5に記載の人工膝関節。 It said bone ingrowth surface comprises a bone ingrowth surface of the ceramic, artificial knee joint according to claim 5.
  7. 前記脛骨部品が、相対的に低有孔率の第一領域前記少なくとも一つのベアリングシートを画定する可変有孔率勾配を有するセラミック材料と、前記セラミックの骨内方成長表面を画定する比較的高有孔率の第二領域とを含み、該第一および第二領域が一体的に形成されている、請求項6に記載の人工膝関節。 It said tibial component is a ceramic material having a variable porosity gradient to define a relatively low porosity of the first region and the at least one bearing seat, a relatively high defines a bone ingrowth surface of the ceramic and a second region of the porosity, the first and second regions are formed integrally with, an artificial knee joint according to claim 6.
  8. 前記セラミック材料が、約2容積%〜約80容量%の範囲の有孔率勾配を有し、前記高有孔率領域が約30容積%〜約80容量%の範囲の有孔率を有する、請求項7に記載の人工膝関節。 Wherein the ceramic material has a porosity gradient ranging from about 2 volume percent to about 80 volume%, the high porosity region has a porosity ranging from about 30 volume% to about 80% by volume, knee joint according to claim 7.
  9. 前記セラミック材料は、孔径約50ミクロン〜約1,000ミクロンの範囲の孔を有する、請求項8に記載の人工膝関節。 The ceramic material has pores in the range of pore size of about 50 microns to about 1,000 microns, prosthetic knee of Claim 8.
  10. 前記嵌合する人工大腿骨関節上の、前記概して凸状の関節接合表面が、自然の大腿骨または人工大腿骨関節により画定される大腿骨顆を含む、請求項1に記載の人工膝関節。 Said on mating femoral prosthesis, the generally convex articulating surface comprises a femoral condyle which is defined by the natural femur or femoral prosthesis, knee prosthesis of claim 1.
  11. 前記人工大腿骨関節の前記凸状の関節接合表面が、セラミック材料および生体適合性金属材料から実質的になる群より選択される材料から形成される、請求項10に記載の人工膝関節。 Wherein the convex articulating surface of the femoral prosthesis is a ceramic material and a biocompatible metallic material is formed from a material selected from the group consisting essentially knee prosthesis of claim 10.
  12. 前記人工大腿骨関節および前記脛骨部品の前記関節接合表面が、同じセラミック材料から形成される、請求項10に記載の人工膝関節。 The femoral prosthesis and the said articulation surface of the tibial component is formed of the same ceramic material, the artificial knee joint according to claim 10.
  13. 前記脛骨部品が、モノブロックのセラミックストラクチャを有する、請求項1に記載の人工膝関節。 The tibial component has a ceramic structure of monoblock prosthetic knee of Claim 1.
  14. 前記脛骨部品が、脛骨ベースプレート部材上に載置されたベアリングインサートを含み、前記少なくとも一つのベアリングシートが、該ベアリングインサートの上に形成され、該脛骨ベースプレート部材が、患者の準備された脛骨上端部にはめ込み固定されるように適合された、請求項1に記載の人工膝関節。 The tibial component comprises a bearing insert which is placed on the tibial base plate member, said at least one bearing seat is formed over the bearing insert, 該脛 bone baseplate member, tibia upper end, which is ready for patient adapted to be fitted fixed to the artificial knee joint according to claim 1.
  15. 前記ベアリングインサートが、前記脛骨ベースプレート部材上に移動可能に載置される、請求項14に記載の人工膝関節。 The bearing insert is mounted movably in the tibial baseplate member, the artificial knee joint according to claim 14.
  16. 前記ベアリングインサートが、前記脛骨ベースプレート部材上にスナップ嵌め載置される、請求項14に記載の人工膝関節。 The bearing insert, the is snap mounted on the tibial baseplate member, prosthetic knee of Claim 14.
  17. 前記脛骨ベースプレート部材が、セラミック材料および生体適合性金属材料およびそれらの組み合わせから実質的になる群より選択される材料から形成される、請求項14に記載の人工膝関節。 The tibial baseplate member is formed from a material selected from the group consisting essentially of ceramic material and a biocompatible metal material, and combinations thereof, the artificial knee joint according to claim 14.
  18. 前記脛骨ベースプレート部材が、構造的耐力性かつ相対的に低有孔率の第一領域と、前記骨内方成長表面を画定する比較的高有孔率の第二領域とを画定する、可変有孔率勾配を有するセラミック材料を含み、該第一および第二領域が一体的に形成される、請求項17に記載の人工膝関節。 The tibial baseplate member defines a first region of a structural load bearing and a relatively low porosity, and a second region of relatively high porosity defining said bone ingrowth surface, the variable chromatic comprises a ceramic material having a porosity gradient, the first and second regions are formed integrally, the artificial knee joint according to claim 17.
  19. 前記ベアリングインサートと前記脛骨ベースプレート部材の前記関節接合表面が、同じセラミック材料から形成される、請求項14に記載の人工膝関節。 It said bearing insert and said articulating surface of said tibial base plate member is formed from the same ceramic material, the artificial knee joint according to claim 14.
  20. 前記少なくとも一つのベアリングシートが、横に間隔をあけた一対の概して上向きに凹状のベアリングシートを含む、請求項1に記載の人工膝関節。 Said at least one bearing seat, a pair of generally upwardly spaced laterally including a concave bearing seat, the artificial knee joint according to claim 1.
  21. 前記脛骨部品が、概して前記一対のベアリングシートの間に設けられている位置から上向きに突出する、スタビライザポストをさらに含む、請求項20に記載の人工膝関節。 The tibial component is generally protrudes upwardly from a position which is provided between the pair of bearing seat, further comprising a stabilizer post knee prosthesis of claim 20.
  22. 前記脛骨部品が、半月板ベアリングインサートを含む、請求項1に記載の人工膝関節。 The tibial component comprises a meniscal bearing insert, the artificial knee joint according to claim 1.
  23. 患者の準備された脛骨上端部にはめ込み固定するための手段を含む下側表面を有する脛骨部品を有する人工膝関節であって、該脛骨部品は、嵌合する大腿骨部品の上に形成された概して凸状の関節接合表面と関節接合するための大きさおよび形状を有する関節接合表面を形成する、少なくとも一つの上向きに向けられたベアリングシートをさらに画定し、 An artificial knee joint having a tibia part having a lower surface including means for securing fitting the tibial upper end prepared for patients, 該脛 bone parts, formed on the femoral component to be fitted generally forming the articulating surface having a size and shape for joining convex articulation surface and the articulation, further defines a bearing seat directed to at least one of the upward,
    該脛骨部品は、移植後に前記大腿骨部品の関節接合表面と関節接合した時に超低磨耗であるために、相対的に高い曲げ強度および相対的に高い破壊靭性を有するセラミックのモノブロック材料から形成されている、人工膝関節。該脛 bone parts, formed from super to the low wear, monoblock material of the ceramic having a relatively high flexural strength and a relatively high fracture toughness when the then femoral component articulating surfaces articulate after implantation It is, the artificial knee joint.
  24. 前記セラミック材料が、ドープした窒化ケイ素を含む、請求項23に記載の人工膝関節。 Wherein the ceramic material comprises a doped silicon nitride, artificial knee joint according to claim 23.
  25. 前記固定手段が、前記脛骨部品の前記下側表面上の多孔質の骨内方成長表面を含む、請求項23に記載の人工膝関節。 It said securing means comprises a bone ingrowth surface of the porous on the lower surface of the tibial component, the knee prosthesis of claim 23.
  26. 前記セラミックのモノブロック材料が、相対的に低有孔率の第一領域を前記少なくとも一つのベアリングシートに画定する可変有孔率勾配と、該セラミックの骨内方成長表面を画定する比較的高有孔率の第二領域とを有し、該第一および第二領域が一体的に形成されている、請求項25に記載の人工膝関節。 Monoblock material of the ceramic is relatively variable porosity gradient to define a first region of low porosity in the at least one bearing seat, a relatively high defines the ceramic bone ingrowth surface and a second region of the porosity, the first and second regions are formed integrally with, an artificial knee joint according to claim 25.
  27. 前記少なくとも一つのベアリングシートが、横に間隔をあけた一対の概して凹状のベアリングシートを含む、請求項23に記載の人工膝関節。 It said at least one bearing seat, horizontal pair of generally spaced to include a concave bearing seat, the artificial knee joint according to claim 23.
  28. 前記脛骨部品が、半月板ベアリングインサートを含む、請求項23に記載の人工膝関節。 The tibial component comprises a meniscal bearing insert, the artificial knee joint according to claim 23.
  29. 患者の準備された脛骨上端部にはめ込み固定するための手段を含む下側表面を有する脛骨ベースプレート部材と、 A tibial baseplate member having a lower surface including means for securing fitting the tibial upper end prepared for patients,
    該ベースプレート部材により担持される脛骨ベアリングインサートであって、該脛骨ベアリングインサートが、嵌合する大腿骨部品上に形成された、概して凸状の関節接合表面と関節接合するための大きさおよび形状を有する関節接合表面を形成する少なくとも一つの上向きに向けられたベアリングシートを画定する、脛骨ベアリングインサートと を含む、人工膝関節であって、 A tibial bearing insert carried by said base plate member, 該脛 bone bearing insert is formed on the femoral component to be fitted, the size and shape to generally bonded convex articulation surface and the articulation defining a bearing seat directed to at least one upward to form the articulating surface with, and a tibial bearing insert, an artificial knee joint,
    該脛骨ベアリングインサートの該関節接合表面は、移植後に該大腿骨部品の関節接合表面と関節接合した時に超低磨耗であるために、相対的に高い曲げ強度および相対的に高い破壊靭性を有するセラミック材料から形成されている、人工膝関節。 Articulation joint surface of 該脛 bone bearing insert, in order when joined articulating surface and joint the femoral component after implantation is an ultra low wear, ceramics having a relatively high flexural strength and a relatively high fracture toughness It is formed from a material, the artificial knee joint.
  30. 前記セラミック材料が、ドープした窒化ケイ素を含む、請求項29に記載の人工膝関節。 Wherein the ceramic material comprises a doped silicon nitride, artificial knee joint according to claim 29.
  31. 前記固定手段が、前記脛骨ベースプレート部材の前記下側表面の多孔質の骨内方成長表面を含む、請求項29に記載の人工膝関節。 It said securing means comprises a bone ingrowth surface of the porous of the lower surface of the tibial baseplate member, prosthetic knee of Claim 29.
  32. 前記脛骨ベースプレート部材が、セラミック材料および生体適合性金属材料のみから実質的になる群より選択される材料から形成されている、請求項29に記載の人工膝関節。 The tibial baseplate member, a ceramic material and only biocompatible metal material is formed from a material selected from the group consisting essentially knee prosthesis of claim 29.
  33. 前記脛骨ベースプレート部材が、構造耐力性かつ相対的に低有孔率の第一領域と、前記骨内方成長表面を画定する比較的高有孔率の第二領域とを画定する、可変有孔率勾配を有するセラミック材料を含み、該第一および第二領域が一体的に形成されている、請求項32に記載の人工膝関節。 The tibial baseplate member defines a first region of a structural load bearing and a relatively low porosity, and a second region of relatively high porosity defining said bone ingrowth surface, variable perforated comprises a ceramic material having a rate gradient, the first and second regions are formed integrally with, an artificial knee joint according to claim 32.
  34. 前記脛骨ベアリングインサートと前記脛骨ベースプレート部材との前記関節接合表面が、同じセラミック材料から形成されている、請求項29に記載の人工膝関節。 The articulation surface of the tibial bearing insert and the tibial baseplate member is formed of the same ceramic material, the artificial knee joint according to claim 29.
  35. 前記少なくとも一つのベアリングシートが、一対の横に間隔をあけた上向きに凹状のベアリングシートを含む、請求項29に記載の人工膝関節。 It said at least one bearing seat is upward spaced pair of laterally comprises a concave bearing seat, the artificial knee joint according to claim 29.
  36. 前記脛骨ベアリングインサートが、前記脛骨ベースプレート部材上に移動可能に載置されている、請求項29に記載の人工膝関節。 The tibial bearing insert, the rests movably on the tibial baseplate member, prosthetic knee of Claim 29.
  37. 前記脛骨ベアリングインサートが、前記脛骨ベースプレート部材上にスナップ嵌め載置されている、請求項29に記載の人工膝関節。 The tibial bearing insert is snap-fit ​​mounted on said tibial base plate member, the artificial knee joint according to claim 29.
  38. 前記脛骨ベアリングインサートおよび前記脛骨ベースプレート部材が共同で、相互に係合するポストおよびボアを画定し、その間の相対的回転運動を可能とする、請求項29に記載の人工膝関節。 The tibial bearing insert and the tibial baseplate member jointly defining a post and bore engage with each other to allow therebetween relative rotational movement, the artificial knee joint according to claim 29.
  39. 前記脛骨ベアリング部品および前記脛骨ベースプレート部材が共同で、相互に係合するポストおよび前後に細長いスロットを画定し、その間の相対的回転運動および前後滑り運動を可能とする、請求項29に記載の人工膝関節。 The tibial bearing component and the tibial baseplate member jointly defining an elongate slot in the post and front and rear engaging with each other to allow therebetween relative rotational and longitudinal sliding movement, according to claim 29 Artificial Knee joint.
  40. 前記脛骨ベアリング部品および前記脛骨ベースプレート部材のうちの一方に、前ポスターに細長いスロットが形成されており、該脛骨ベアリング部品および該脛骨ベースプレート部材のうちの他方にボアが形成されており、該スロットの中にはめ込まれた細長いヘッドを有するキーと、該ボアの中にはめ込まれた概して円筒状のボディとをさらに含む、請求項29に記載の人工膝関節。 Wherein the one of the tibial bearing component and the tibial baseplate member are elongated slots formed in the front poster, the other bore is formed on one of 該脛 bone bearing parts and 該脛 bone baseplate member, of the slot key and generally fitted into the bore further comprises a cylindrical body, the artificial knee joint according to claim 29 having an elongate head fitted in.
JP2008513546A 2001-05-01 2006-05-18 Artificial knee joint having a ceramic of the tibial component Pending JP2008541851A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US13928005 true 2005-05-27 2005-05-27
US11223376 US7776085B2 (en) 2001-05-01 2005-09-08 Knee prosthesis with ceramic tibial component
PCT/US2006/019254 WO2006130350A3 (en) 2005-05-27 2006-05-18 Knee prosthesis with ceramic tibial component

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008541851A true true JP2008541851A (en) 2008-11-27

Family

ID=40148657

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2008513546A Pending JP2008541851A (en) 2001-05-01 2006-05-18 Artificial knee joint having a ceramic of the tibial component

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2008541851A (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011092736A (en) * 2009-10-30 2011-05-12 Depuy Products Inc Joint prosthesis with surfaces having different textures and method of making the joint prosthesis

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20030153984A1 (en) * 2001-06-14 2003-08-14 Amedica Corporation Metal-ceramic composite articulation

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20030153984A1 (en) * 2001-06-14 2003-08-14 Amedica Corporation Metal-ceramic composite articulation

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011092736A (en) * 2009-10-30 2011-05-12 Depuy Products Inc Joint prosthesis with surfaces having different textures and method of making the joint prosthesis

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6053945A (en) Joint prosthesis having controlled rotation
US4714473A (en) Knee prosthesis
US7101401B2 (en) Tibial component of a knee-joint endoprosthesis
US5282867A (en) Prosthetic knee joint
US6994727B2 (en) Total disc implant
US4963152A (en) Asymmetric prosthetic tibial component
US7297161B2 (en) Surgically implantable knee prosthesis
US6869448B2 (en) Prosthesis
US5395401A (en) Prosthetic device for a complex joint
US6080195A (en) Rotatable and translatable joint prosthesis with posterior stabilization
US6652588B2 (en) Bimetal tibial component construct for knee joint prosthesis
US6695884B1 (en) Joint implant having porous coating for mitigation of wear debris dispersion when implanted
US5480444A (en) Hybrid tibial tray knee prosthesis
US7875081B2 (en) Posterior stabilized knee prosthesis
US5580353A (en) Prosthetic patella implant of the knee joint
US20030176922A1 (en) Keeled prosthetic nucleus
US6290725B1 (en) Modular elbow
US20090088861A1 (en) Prosthesis
US5489306A (en) Graduated porosity implant for fibro-osseous integration
US4838891A (en) Joint prothesis
US7261740B2 (en) Tibial knee prosthesis
US5358530A (en) Mobile bearing knee
EP1374808B1 (en) Intervertebral disc allowing translational motion
US4166292A (en) Stress reinforced artificial joint prostheses
US20060178749A1 (en) Modular porous implant

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20090512

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20100430

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20110502

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20111018