JP2008521501A - Method and apparatus for improving the function of the mitral valve - Google Patents

Method and apparatus for improving the function of the mitral valve Download PDF

Info

Publication number
JP2008521501A
JP2008521501A JP2007543495A JP2007543495A JP2008521501A JP 2008521501 A JP2008521501 A JP 2008521501A JP 2007543495 A JP2007543495 A JP 2007543495A JP 2007543495 A JP2007543495 A JP 2007543495A JP 2008521501 A JP2008521501 A JP 2008521501A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
straightness
carrier member
coronary sinus
rod
enhanced
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Ceased
Application number
JP2007543495A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
テイラー,ダニエル・シー
バーンズ,テレンス・ジー
ブラッカー,スティーブン・ジェイ
ルーケ,ジョナサン・エム
Original Assignee
ビアカー・インコーポレーテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F2/00Filters implantable into blood vessels; Prostheses, i.e. artificial substitutes or replacements for parts of the body; Appliances for connecting them with the body; Devices providing patency to, or preventing collapsing of, tubular structures of the body, e.g. stents
    • A61F2/02Prostheses implantable into the body
    • A61F2/24Heart valves ; Vascular valves, e.g. venous valves; Heart implants, e.g. passive devices for improving the function of the native valve or the heart muscle; Transmyocardial revascularisation [TMR] devices
    • A61F2/2442Annuloplasty rings or inserts for correcting the valve shape; Implants for improving the function of a native heart valve
    • A61F2/2451Inserts in the coronary sinus for correcting the valve shape
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61NELECTROTHERAPY; MAGNETOTHERAPY; RADIATION THERAPY; ULTRASOUND THERAPY
    • A61N1/00Electrotherapy; Circuits therefor
    • A61N1/18Applying electric currents by contact electrodes
    • A61N1/32Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents
    • A61N1/38Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents for producing shock effects
    • A61N1/39Heart defibrillators
    • A61N1/3956Implantable devices for applying electric shocks to the heart, e.g. for cardioversion

Abstract

僧帽弁逆流を軽減する方法及び装置である。 A method and apparatus to reduce mitral valve regurgitation. 装置(90)は、患者の冠状静脈洞(90)の中の僧帽弁後尖の近傍へ挿入される。 Device (90) is inserted into the vicinity of the posterior leaflet mitral valve in the patient's coronary sinus (90). この装置は、冠状静脈洞のうちの少なくとも僧帽弁後尖の近傍部分の本来の彎曲形状を直線形状に近付け、それによって後尖の弁輪部を前方へ移動させて弁尖の接合状態を改善し、もって僧帽弁逆流を軽減するものである。 This device, close to the linear shape of the original curved shape of the vicinity of the posterior leaflet at least after the mitral valve of the coronary sinus, the bonding state of the annulus of the posterior leaflet is moved forwardly leaflet thereby improved, it is intended to reduce mitral valve regurgitation have. この装置は更に、電気リード線(600)と共に使用するように構成されており、その電気リード線は、例えば、植込形の両心室ペーシング・デバイス、植込形の除細動器、等々のための電気リード線である。 The apparatus further includes electrical leads (600) are configured for use with its electrical leads, for example, implantable biventricular pacing devices, implantable defibrillators, the so it is an electrical leads for.
【選択図】図1 .FIELD 1

Description

本件特許出願は、 Present patent application,
(1)係属中の先行特許出願である米国特許出願第10/446,470号(出願日:2003年5月27日、発明者:Jonathan Rourke et al.、発明の名称:METHOD AND APPARATUS FOR IMPROVING MITRAL VALVE FUNCTION、代理人整理番号:VIA-43)の一部継続出願であり、 (1) is prior patent application of co-pending US patent application Ser. No. 10 / 446,470 (filed on May 27, 2003, inventor:. Jonathan Rourke et al, entitled: METHOD AND APPARATUS FOR IMPROVING MITRAL VALVE FUNCTION, attorney docket number: VIA-43) is a continuation-in-part application of,
(2)係属中の先行特許出願である米国特許出願第10/894,676号(出願日:2004年7月19日、発明者:Jonathan Rourke et al.、発明の名称:METHOD AND APPARATUS FOR IMPROVING MITRAL VALVE FUNCTION、代理人整理番号:VIA-48)の一部継続出願であり、 (2) a prior patent application of co-pending US patent application Ser. No. 10 / 894,676 (filed on July 19, 2004, inventor:. Jonathan Rourke et al, entitled: METHOD AND APPARATUS FOR IMPROVING MITRAL VALVE FUNCTION, attorney docket number: VIA-48) is a continuation-in-part application of,
(3)係属中の先行特許出願である米国特許仮出願第60/630,606号(出願日:2004年11月24日、発明者:Jonathan Rourke et al.、発明の名称:METHOD AND APPARATUS FOR IMPROVING MITRAL VALVE FUNCTION、代理人整理番号:VIA-49 PROV)に基づく優先権を主張するものである。 (3) is prior patent application pending US Provisional Patent Application No. 60 / 630,606 (filed on November 24, 2004, inventor:. Jonathan Rourke et al, entitled: METHOD AND APPARATUS FOR IMPROVING MITRAL VALVE FUNCTION, attorney docket number: which claims the priority based on the VIA-49 PROV).
尚、上記3件の米国特許出願の内容はこの言及をもって本願開示に組込まれたものとする。 The contents of U.S. Patent Application of 3 above shall be incorporated in the present disclosure with reference.

本発明は広くは外科手術の方法及び装置に関し、より詳しくは僧帽弁の機能を改善する外科手術の方法及び装置に関する。 Relates to a method and apparatus of the present invention is broadly surgery, and more particularly to a method and apparatus for surgery to improve the function of the mitral valve.

僧帽弁は心臓内の、左心房と左心室との間に位置している。 The mitral valve of the heart, located between the left atrium and the left ventricle. 正常に機能している僧帽弁は、左心室が拡張するとき(即ち心拡張期)に、左心房から左心室へ血液を流入させ、左心室が収縮するとき(即ち心収縮期)に、左心室から左心房へ血液が逆流するのを阻止する。 Mitral valve is functioning properly, the (i.e. diastole) when the left ventricle expands, allowed to flow into the blood from the left atrium into the left ventricle, when the left ventricle contracts (i.e. systole), blood from the left ventricle into the left atrium is prevented from flowing back.

ある種の状況下では、僧帽弁が正常に機能しないために、逆流が発生することがある。 Under certain circumstances, for the mitral valve does not function normally, reflux may occur. 例えば、心不全患者には多くの場合、僧帽弁逆流の発生が認められる。 For example, in patients with heart failure often occurs in the mitral regurgitation is observed. 心不全患者における僧帽弁逆流の発生は、左心室、乳頭筋、それに僧帽弁輪などの変形を原因とするものである。 Occurrence of mitral regurgitation in patients with heart failure, left ventricular papillary muscle, it is intended to cause a deformation such as mitral valve annulus. それらが変形していると、その結果として、収縮期における僧帽弁の弁尖の接合不全が生じる。 When they are deformed, as a result, bonding failure leaflets of the mitral valve occurs in systole. このような状況下で、僧帽弁逆流を取除くためには、一般的に、僧帽弁輪にひだ形成術を施して、拡張していた弁輪の周縁部を縫縮することにより、僧帽弁輪の原形を回復するという方法が採用されている。 Under such circumstances, in order to remove the mitral valve regurgitation are generally subjected to a plication procedure the mitral valve annulus, by plication the periphery of the annulus which has been expanded, methods have been adopted that returns to its original shape of the mitral valve annulus.

より詳しくは、僧帽弁を修復するために現在実施されている外科手術では、一般的に、僧帽弁輪の径を縮めるために、左心房を開けて、縫合糸を、また、より一般的には縫合糸及びサポートリングを、弁輪の内周面に縫着する必要がある。 More particularly, in surgery to repair a mitral valve that is currently being conducted, in general, in order to reduce the diameter of the mitral valve annulus, to open the left atrium, a suture, also, more generally thereof include suture and support ring, it is necessary to sew the inner peripheral surface of the annulus. この縫着構造は、巾着袋の口元を引締めるような形で弁輪を引締めて縫縮することにで弁輪を縮径し、それによって弁尖の接合状態を改善し、もって僧帽弁逆流を軽減するものである。 The stitching structure, in such a way tighten mouth of the drawstring bag tightening the annulus and diameter of the de-valve annulus to plication, thereby improving the bonding state of the leaflets, with and mitral valve it is intended to reduce the backflow.

こうして僧帽弁を修復する施術法は、一般的に「僧帽弁形成術」と呼ばれており、これによって、心不全患者の僧帽弁逆流を効果的に軽減することができる。 Thus treatment method of repairing a mitral valve, generally is called "mitral valvuloplasty" This makes it possible to effectively reduce mitral regurgitation in patients with heart failure. そして、それによって、心不全の症状を緩解し、生活の質を改善し、延命をもたらす効果が得られる。 And, thereby, to alleviate the symptoms of heart failure, improve the quality of life, the effect of leading to life-prolonging can be obtained. しかしながら、この僧帽弁の外科手術は、侵襲的処置であり(即ち、全身麻酔、開胸、心肺バイパス、心肺停止、僧帽弁にアクセスするための心臓自体の切開、等々が行われる)、それに伴うリスクゆえに、心不全患者の多くはこの外科手術の良好なキャンディデートとはなり得ない。 However, surgery of the mitral valve are invasive procedures (i.e., general anesthesia, thoracotomy, cardiopulmonary bypass, cardiac arrest, the incision of the heart itself for access to the mitral valve, etc. is carried out), the risk because with it, a lot of patients with heart failure can not be a good candy date of this surgery. 従って、心不全患者に関して、その弁尖の接合状態を改善して僧帽弁逆流を軽減するための、より侵襲の少ない手段を提供するならば、それによって、この治療方法を、より多くの患者に適応することが可能となる。 Thus, for heart failure patients, for reducing mitral regurgitation to improve the bonding state of the leaflets the valve, if to provide a more minimally invasive means, whereby, the treatment method, the more patients it is possible to adapt to.

更に、僧帽弁逆流は、急性心筋梗塞患者の約20%に発生している。 Furthermore, mitral regurgitation is generated in approximately 20% of patients with acute myocardial infarction. また、僧帽弁逆流は、急性心筋梗塞によって重度の血行動態の不安定をきたしている患者の約10%において、心原性ショックの主要原因をなしている。 Also, mitral regurgitation, in approximately 10% of patients Kitaichi instability of severe hemodynamic by acute myocardial infarction, and has a major cause of cardiogenic shock. 僧帽弁逆流を発生して心原性ショックに至る患者は、病院死亡の約50%を占めている。 Patients ranging in cardiogenic shock occurred mitral regurgitation, it accounts for approximately 50% of hospital deaths. 従って、そのような患者にとっては、僧帽弁逆流を解消することが非常に有益である。 Thus, for such patients, it is very beneficial to eliminate mitral regurgitation. しかしながら、急性の僧帽弁逆流を合併している急性心筋梗塞患者は、外科手術のキャンディデートとしてはハイリスクの部類に入るものであり、従って、従来の僧帽弁形成術に関しては、その好適なキャンディデートであるとはいえない。 However, acute myocardial infarction patients complicated with mitral regurgitation acute as the Candidate surgery are those that fall into the category of high-risk, therefore, with respect to the conventional mitral valvuloplasty, the preferred it can not be said that such a candy dating. それゆえ、このような命に関わる症状を呈している患者に関して、その僧帽弁逆流を一時的に軽減ないし解消することのできる、侵襲が最小限の手段を提供するならば、それによって、心筋梗塞などの急性の命に関わる事象から回復するための時間を患者に与えることができ、ひいては、そのような患者を、その他の介入的医療処置ないし手術治療の好適なキャンディデートにすることができる。 Therefore, for patients presenting with such life-threatening conditions, capable of temporarily reduce or eliminate the mitral regurgitation, if invasive provide the minimum unit, whereby the cardiac muscle the time to recover from fatal acute event, such as infarction can be given to the patient, hence, it is possible to such patients, other interventional medical procedure or surgery therapy suitable Candidate .

従って、本発明の目的の1つは、僧帽弁逆流を軽減するための改良した方法を提供することにある。 Accordingly, one object of the present invention is to provide an improved method for reducing mitral regurgitation.

本発明のもう1つの目的は、僧帽弁逆流を軽減するための改良した装置を提供することにある。 Another object of the present invention to provide an improved apparatus for reducing mitral regurgitation.

以上の目的並びにその他の目的が本発明によって達成される。 Above objects and other objects are achieved by the present invention. 本発明は、僧帽弁逆流を軽減するための改良した方法と、僧帽弁逆流を軽減するための改良した装置とを包含するものである。 The present invention is intended to encompass the improved method for reducing mitral regurgitation, the improved apparatus for reducing mitral regurgitation.

本発明によれば、その1つの実施の形態として、僧帽弁逆流を軽減するアセンブリが提供され、このアセンブリは、 According to the present invention, as its one embodiment, the assembly to reduce mitral valve regurgitation is provided, the assembly,
細長キャリア部材を備え、該細長キャリア部材は、冠状静脈洞に挿入されたときに冠状静脈洞の形状に略々沿った第1の形状を呈し、且つ、第1の形状と比べてより直線形状に近い形状となるように付勢されたならば、より直線形状に近い形状である第2の形状を呈するように、十分に大きな可撓性を有する材料から成るものであり、該細長キャリア部材はその長手方向に貫通延在する複数本のルーメンを有しており、 Comprising an elongate carrier member, elongated carrier member exhibits a first shape along substantially the shape of the coronary sinus when inserted into the coronary sinus, and, more linear shape in comparison with the first shape if it is biased so as to close shape, to assume a second shape is the shape closer to a linear shape, and made of a material having a sufficiently large flexibility, elongated carrier member has a plurality of lumen extending through in the longitudinal direction,
前記ルーメンに挿入可能な複数本の直線度増強ロッドを備え、該複数本の直線度増強ロッドの各々は、 Comprising a plurality of straight lines of enhanced rod insertable into said lumen, each of straightness enhanced rod several plurality is
(1)僧帽弁後尖の周囲の生体組織の剛性と比べてより大きな剛性を有し、 (1) has a greater stiffness and more as compared to the stiffness of the surrounding biological tissue leaflet mitral valve,
(2)冠状静脈洞のうちの僧帽弁後尖の近傍の部分の形状と比べてより直線形状に近い形状を有し、そして、 (2) as compared to the shape in the vicinity of the portion of the leaflet mitral valve of the coronary sinus has a shape closer to a linear shape, and,
(3)冠状静脈洞の曲率半径に対して相対的に適切な長さを有する、 (3) having a relatively appropriate lengths for radii of curvature of the coronary sinus,
ように形成されており、それによって、前記キャリア部材を患者の冠状静脈洞の中の僧帽弁後尖の近傍に配置した状態で前記ルーメンに前記直線度増強ロッドを挿入したならば、その挿入した直線度増強ロッドが冠状静脈洞の壁面に直線度増強力を作用させることで、僧帽弁後尖の弁輪部が前方へ移動させられ、それによって弁尖の接合状態が改善され、もって僧帽弁逆流が軽減されるようにしてあり、 Is formed to thereby if the carrier member is inserted the straightness enhanced rod into the lumen in a state of being arranged in the vicinity of the posterior leaflet mitral valve in the patient's coronary sinus, the insertion the straightness enhanced rod by the action of straightness enhanced force on the wall of the coronary sinus, the valve annulus of the posterior leaflet mitral valve is moved forward, thereby improves the bonding state of the leaflets, with and Yes as mitral valve regurgitation is reduced,
前記複数本のルーメンのうちの少なくとも1本のルーメンが、電気リード線を挿通可能な寸法とされている、 It said plurality of at least one lumen of the lumen, are electrical leads and can be inserted dimensions,
ことを特徴とするアセンブリである。 It is an assembly characterized by.

本発明によれば、その別の1つの実施の形態として、僧帽弁逆流を軽減する方法が提供され、この方法は、 According to the present invention, in the form of its separate one embodiment, a method for reducing mitral regurgitation is provided, the method comprising,
長手方向に貫通して延在する複数本のルーメンが形成された可撓性を有するキャリア部材を用意し、 Providing a carrier member having flexibility which a plurality of lumens extending through the longitudinal direction are formed,
患者の血管系を介して電気リード線を挿入して該電気リード線の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、且つ、患者の血管系を介してガイドワイヤを挿入して該ガイドワイヤの末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、 Insert the electrical leads through the vasculature of a patient to place a distal end of the electrical lead wire into the patient's coronary sinus, and, by inserting a guide wire through the patient's vascular system the guide the distal end of the wire is placed in the patient's coronary sinus,
前記電気リード線及び前記ガイドワイヤの外周に沿わせて前記キャリア部材を挿入して該キャリア部材の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、 The distal portion of the carrier member is disposed within the patient's coronary sinus and in and along the outer periphery of the electrical lead and the guide wire and inserting the carrier member,
複数本の直線度増強ロッドを前記複数本のルーメンの中に挿入し、前記キャリア部材に直線度増強力を作用させることにより冠状静脈洞に直線度増強力を作用させ、それによって僧帽弁の弁輪を前方へ移動させ、もって僧帽弁逆流を軽減する、 Insert the plurality of straightness enhanced rod in said plurality of lumens, by the action of straightness enhanced force to the carrier member by the action of straightness enhanced force to the coronary sinus, whereby the mitral valve annulus allowed to move forward, to reduce mitral regurgitation with,
ことを特徴とする方法である。 It is a method characterized by.

本発明によれば、その別の1つの実施の形態として、僧帽弁逆流を軽減する方法が提供され、この方法は、 According to the present invention, in the form of its separate one embodiment, a method for reducing mitral regurgitation is provided, the method comprising,
長手方向に貫通して延在する複数本のルーメンが形成された可撓性を有するキャリア部材を用意し、 Providing a carrier member having flexibility which a plurality of lumens extending through the longitudinal direction are formed,
患者の血管系を介して電気リード線を挿入して該電気リード線の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、 The distal end of the electrical lead wire placed into the patient's coronary sinus by inserting the electrical leads through the vascular system of a patient,
前記電気リード線の外周に沿わせて前記キャリア部材を挿入して該キャリア部材の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、 The distal portion of the carrier member is disposed within the patient's coronary sinus by inserting the carrier member along a periphery of said electrical leads,
複数本の直線度増強ロッドを前記複数本のルーメンの中に挿入し、前記キャリア部材に直線度増強力を作用させることにより冠状静脈洞に直線度増強力を作用させ、それによって僧帽弁の弁輪を前方へ移動させ、もって僧帽弁逆流を軽減する、 Insert the plurality of straightness enhanced rod in said plurality of lumens, by the action of straightness enhanced force to the carrier member by the action of straightness enhanced force to the coronary sinus, whereby the mitral valve annulus allowed to move forward, to reduce mitral regurgitation with,
ことを特徴とする方法である。 It is a method characterized by.

本発明によれば、その別の1つの実施の形態として、僧帽弁逆流を軽減する方法が提供され、この方法は、 According to the present invention, in the form of its separate one embodiment, a method for reducing mitral regurgitation is provided, the method comprising,
長手方向に貫通して延在する複数本のルーメンが形成された可撓性を有するキャリア部材を用意し、 Providing a carrier member having flexibility which a plurality of lumens extending through the longitudinal direction are formed,
患者の血管系を介して前記キャリア部材を挿入して該キャリア部材の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、 The distal portion of the carrier member is disposed within the patient's coronary sinus by inserting the carrier member via the vascular system of a patient,
前記キャリア部材の中を通して電気リード線を挿入して該電気リード線の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、 The distal end of the electrical lead wire placed into the patient's coronary sinus by inserting the electrical leads through inside of the carrier member,
複数本の直線度増強ロッドを前記複数本のルーメンの中に挿入し、前記キャリア部材に直線度増強力を作用させることにより冠状静脈洞に直線度増強力を作用させ、それによって僧帽弁の弁輪を前方へ移動させ、もって僧帽弁逆流を軽減する、 Insert the plurality of straightness enhanced rod in said plurality of lumens, by the action of straightness enhanced force to the carrier member by the action of straightness enhanced force to the coronary sinus, whereby the mitral valve annulus allowed to move forward, to reduce mitral regurgitation with,
ことを特徴とする方法である。 It is a method characterized by.

本発明によれば、その別の1つの実施の形態として、僧帽弁逆流を軽減する方法が提供され、この方法は、 According to the present invention, in the form of its separate one embodiment, a method for reducing mitral regurgitation is provided, the method comprising,
長手方向に貫通して延在する複数本のルーメンが形成され、ルーメンの中に挿通された電気リード線を備えた、可撓性を有するキャリア部材を用意し、 Longitudinal plurality of lumens extending through the is formed, with a through electrical leads into the lumen, the carrier member is prepared having a flexible,
患者の血管系を介して前記キャリア部材を挿入して該キャリア部材の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置すると共に前記電気リード線を心臓の生体組織に定位し、 It said electrical lead with placing the ends of the vascular system the carrier member by inserting the carrier member via the patient into the patient's coronary sinus localized to the heart of the living tissue,
複数本の直線度増強ロッドを前記複数本のルーメンの中に挿入し、前記キャリア部材に直線度増強力を作用させることにより冠状静脈洞に直線度増強力を作用させ、それによって僧帽弁の弁輪を前方へ移動させ、もって僧帽弁逆流を軽減する、 Insert the plurality of straightness enhanced rod in said plurality of lumens, by the action of straightness enhanced force to the carrier member by the action of straightness enhanced force to the coronary sinus, whereby the mitral valve annulus allowed to move forward, to reduce mitral regurgitation with,
ことを特徴とする方法である。 It is a method characterized by.

これより、添付図面を参照しつつ、本発明の様々な好適な実施の形態について更に詳細に説明することにより、本発明の以上の目的及びその他の目的、並びに、本発明の以上の特徴及びその他の特徴を明らかにして行く。 Than this, with reference to the accompanying drawings, by further explained in detail various preferred embodiments of the present invention, the above and other objects of the present invention, as well as features and other than the present invention the characteristics of going to reveal. 尚、添付図面において、同一ないし対応する構成要素には同一の参照番号を付してある。 Incidentally, in the accompanying drawings, the same or corresponding components are denoted by the same reference numbers.

概観 An overview
冠状静脈洞は、ヒトの心臓壁内の静脈のうちの最大のものである。 Coronary sinus is one of the largest of the vein in the human heart wall. 冠状溝の中を通っている冠状静脈洞のかなりの部分が左心室に沿って走っており、その部分の長さは、典型的な場合では約5〜10cmである。 Significant portion of the coronary sinus, which through the coronary groove has run along the left ventricle, the length of that portion, a typical case is about 5 to 10 cm. ここで重要なことは、冠状静脈洞の全体のうちのある部分、典型的な場合では例えば7〜9cmの部分は、僧帽弁輪の後縁に非常に近接して走っていることである。 What is important here is that, part certain of the whole of the coronary sinus, typically in the case for example 7~9cm portion is that it ran very close to the trailing edge of the mitral valve annulus . 本発明は、この事実を利用している。 The present invention takes advantage of this fact. より詳しくは、新規な装置を冠状静脈洞の中の僧帽弁後尖の近傍に配置することによって、冠状静脈洞のうちの僧帽弁後尖の近傍の部分の本来の彎曲形状を変化させ、それによって後尖弁輪部を前方へ移動させて弁尖の接合状態を改善し、もって僧帽弁逆流を軽減するようにしたものである。 More specifically, by placing the new device in the vicinity of the posterior leaflet mitral valve in the coronary sinus, to change the original curved shape in the vicinity of the portion of the leaflet mitral valve of the coronary sinus , in which it improves the bonding state of the posterior leaflet annulus portion is moved forwardly leaflet by, and to reduce mitral regurgitation have.

患者の身体構造 Body structure of the patient
図1及び図2に患者の心臓血管系5の各部を示した。 It shows each portion of a patient's cardiovascular system 5 in FIGS. これについて詳述すると、心臓血管系5の全体は、心臓10、上大静脈15、右鎖骨下静脈20、左鎖骨下静脈25、頸静脈30、及び下大静脈35を含んでいる。 In detail about this, the entire cardiovascular system 5, the heart 10, the superior vena cava 15, the right subclavian vein 20, and includes a left subclavian vein 25, the jugular vein 30 and the inferior vena cava 35. 上大静脈15と下大静脈35とは右心房40に接続している。 The superior vena cava 15 and inferior vena cava 35 is connected to the right atrium 40. 冠状静脈口45は冠状静脈洞50に続いている。 Coronary ostium 45 is followed coronary sinus 50. この冠状静脈洞50の遠位端55(図2)において、以上の血管構造が、下行している前室間静脈(AIV)60(図1及び図2)に接続している。 At the distal end 55 of the coronary sinus 50 (FIG. 2), or vascular structures, it is connected to the vein between the front chamber that is descending (AIV) 60 (FIGS. 1 and 2). 尚、本発明に関しては、便宜上、「冠状静脈洞」という用語は、この冠状静脈口45とAIV60との間を延在している血管構造を指すものとする。 With respect to the present invention, for convenience, the term "coronary sinus" is meant to refer to a vascular structure extending between the coronary ostium 45 and AIV60.

図2に示したように、冠状静脈口45とAIV60との間に冠状静脈洞50が延在しており、この冠状静脈洞50は、僧帽弁70の弁輪65の後縁にかなり近接している。 As shown in FIG. 2, the coronary sinus 50 extends between the coronary ostium 45 AIV60, the coronary sinus 50 is quite close to the trailing edge of the annulus 65 of the mitral valve 70 are doing. 僧帽弁70は、後尖75と前尖80とを備えている。 The mitral valve 70 includes a posterior leaflet 75 and the anterior leaflet 80. 逆流を発生している僧帽弁では、通常、収縮期に、後尖75と前尖80とが適切に接合しないために両者間に隙間85が生じており、この隙間85が、不都合な逆流を発生させる原因となっている。 The mitral valve has backflow occurs normally during systole, and a gap 85 between them for the posterior leaflet 75 and the anterior leaflet 80 is not properly bonded, the gap 85 is inconvenient regurgitation It has become a cause of.

僧帽弁形成術用デバイスの概要 Overview of the device for mitral valve plasty
図3及び図4に、本発明の1つの好適な実施の形態に係る僧帽弁形成術用デバイス90を示した。 3 and 4, showing a mitral valvuloplasty device 90 according to one preferred embodiment of the present invention. この僧帽弁形成術用デバイス90は、僧帽弁輪を治療目的でリモデル(形状変更)するための植込部材95(図4)と、この植込部材95を治療部位へデリバリーするためのカテーテル・シャフト100とを備えている。 The mitral valvuloplasty device 90, a mitral valve annulus for therapeutic purposes and remodeling (shape change) implantation for member 95 (FIG. 4), for delivering the implant member 95 to the treatment site and a catheter shaft 100. 1つの好適な構成例においては、植込部材95とカテーテル・シャフト100とを一体化して、単一構造体として形成するようにしている。 In one preferred configuration example, by integrating the implant member 95 and the catheter shaft 100, so as to form a single structure. この僧帽弁形成術用デバイス90を患者の冠状静脈洞に挿入する方法としては、例えば、標準的な導入用シース105(図3)とガイドワイヤ110とを用いて挿入を行うなどの方法がある。 The mitral valvuloplasty device 90 as a method for inserting into the coronary sinus of a patient, for example, a method such as to insert using standard introducer sheath 105 (FIG. 3) and a guide wire 110 is there.

植込部材 Implant member
図3〜図6に示したように、本発明の1つの実施の形態においては、植込部材95を、リード・セクション115と、トリートメント・セクション120とを備えた構造のものとしている。 As shown in FIGS. 3 to 6, in one embodiment of the present invention, the implant member 95, a read section 115, and a structure in which a treatment section 120.

リード・セクション115は、末端部125と基端部130とを有する。 Read section 115 has a distal portion 125 and proximal portion 130. リード・セクション115は、その全長に亘ってテーパが付けられており、先端が細く、基端側へ行くにつれて径が拡大している。 Read section 115 is tapered over its entire length, thin tip, the diameter as going toward the proximal end side is enlarged. このようにテーパを付けたリード・セクション115を備えることによって、血管構造の中を通過させて植込部材95を末端側へ移動させることを容易にしている。 By thus comprising a read section 115 that tapers, to facilitate that is passed through the vasculature to move the implant member 95 distally. リード・セクション115は、その末端部から基端部まで延在する少なくとも1本のルーメン135(図5)が形成されたものとする。 Read section 115 is intended to at least one lumen 135 (FIG. 5) is formed extending from its distal end to the proximal end. このようなルーメン135を備えることによって、ガイドワイヤ110を用いた標準的な経皮的デリバリー方式によって、この僧帽弁形成術用デバイスをデリバリーできるようにしており、これについては後に更に詳細に説明する。 By providing such a lumen 135, by standard transdermal delivery system using a guide wire 110, and to allow delivery devices for the mitral valvuloplasty, which will further detail after description to.

リード・セクション115の製作材料としては、例えば低硬度シリコーンゴムなどの比較的柔軟性及び可撓性に優れた材料を用いることが好ましく、また、リード・セクション115の寸法は、その基端部130が、冠状静脈洞と前室間静脈(AIV)との接続箇所に位置しているときに、その末端部125が、AIVの中に入り込んで下方を向いているような寸法とすることが好ましい。 As, for example it is preferable to use a relatively flexible and a material excellent in flexibility such as low hardness silicone rubber, also, the size of the read section 115 fabricated material of the lead section 115, its proximal end 130 but when they are located at connection points between the coronary sinus and anterior interventricular vein (AIV), its distal end 125, it is preferable that the dimension as directed downward enters into AIV . また更に、リード・セクション115の末端部125またはその近傍に1つまたは複数の放射線不透過性マーカー140(図3及び図4)を取付けておくことが好ましく、そうすることによって、末端部125の位置をフルオロスコープなどで視認することが可能となる。 Further, it is preferable to keep attaching the distal end 125 or one or more radiopaque markers 140 in the vicinity of the read section 115 (FIGS. 3 and 4), by doing so, the distal portion 125 position it is possible to visually and more at fluoroscope a.

トリートメント・セクション120は、キャリア部材145により構成されており、このキャリア部材145は末端部150と基端部155とを有する。 Treatment section 120 is composed of a carrier member 145, the carrier member 145 has a distal portion 150 and proximal portion 155. キャリア部材145の末端部150は、リード・セクション115の基端部130に結合されており、このリード・セクション115を備えることによって、血管構造の中を通過させて僧帽弁形成術用デバイス90を挿入して行くときに、トリートメント・セクション120を比較的無理なく、また生体組織を傷つけることなく挿入して行けるようにしている。 End of the carrier member 145 150, is coupled to the proximal end 130 of the lead section 115, by providing the lead section 115, a device for passed through the mitral valve plasty through the vasculature 90 when you go to insert a, it has been able to go to insert without damaging the relatively reasonably, also living tissue of the treatment section 120. 1つの好適な構成例においては、リード・セクション115とトリートメント・セクション120とを一体化して、単一構造体として形成している。 In one preferred configuration example, by integrating the read section 115 and treatment section 120, it is formed as a unitary structure. また更に、トリートメント・セクション120の末端部150またはその近傍に1つまたは複数の放射線不透過性マーカー160(図3及び図4)を取付けると共に、トリートメント・セクション120の基端部155またはその近傍に1つまたは複数の放射線不透過性マーカー165を取付けておくことが好ましく、そうすることによって、トリートメント・セクション120の位置をフルオロスコープなどで視認することが可能となる。 Furthermore, the attached treatments section 120 distal section 150 or the one or more radiopaque markers 160 in the vicinity of (FIGS. 3 and 4), the proximal end portion of the treatment section 120 155 or in the vicinity thereof it is preferable to have attached to one or more radiopaque markers 165, by doing so, it becomes possible to visually recognize the position of the treatment section 120, such as by fluoroscopy.

キャリア部材145は、その基端部155から末端部150へ向かって延在する少なくとも1本の、そして好ましくは複数本の、主機能ルーメン170(図6)が形成されたものとする。 Carrier member 145, at least one extending toward from the proximal end 155 to distal end 150, and preferably it is assumed that a plurality of main function lumen 170 (FIG. 6) is formed. 複数本の主機能ルーメン170を形成する場合には、それら主機能ルーメンの全てを同一径のものとしてもよく、互いに径の異なるものとしてもよい。 When forming a plurality of main functions lumen 170 may all their main functions lumens as the same diameter, may be different in diameter from each other. 1つの好適な構成例では、同一径の3本の主機能ルーメン170を、キャリア部材145の中心軸の周りに等角度間隔で形成して、それら主機能ルーメン170が、キャリア部材145の基端部155から末端部150までの略々全長に亘って延在するようにしている。 In one preferred configuration example, the three main functions lumen 170 of the same diameter, formed at equal angular intervals around the central axis of the carrier member 145, their main function lumen 170, the proximal end of the carrier member 145 and so as to extend over the substantially entire length to the distal end 150 from section 155.

1つの好適な構成例においては、キャリア部材145を、その基端部155から末端部150へ向かって延在する少なくとも1本の、そして好ましくは複数本の、補助ルーメン175(図6)が更に形成されたものとしている。 In one preferred configuration example, the carrier member 145, at least one extending toward from the proximal end 155 to distal end 150, and preferably a plurality of auxiliary lumens 175 (FIG. 6) is further It is to have been formed. 複数本の補助ルーメン175を形成する場合には、それら補助ルーメンの全てを同一径のものとしてもよく、互いに径の異なるものとしてもよい。 When forming a plurality of auxiliary lumens 175 may all their auxiliary lumens as the same diameter, may be different in diameter from each other. 更に、1本または数本の補助ルーメン175が、1本または数本の主機能ルーメン170と同一径であるようにしてもよい。 Furthermore, one or several auxiliary lumens 175 may be set to be the same diameter as the main function lumen 170 of one or this number. 1つの好適な構成例においては、同一径の3本の補助ルーメン175を、キャリア部材145の中心軸の周りに等角度間隔で形成して、それら補助ルーメン175が、キャリア部材145の基端部155から末端部150までの略々全長に亘って延在するようにしている。 In one preferred configuration example, three auxiliary lumens 175 of the same diameter, formed at equal angular intervals around the central axis of the carrier member 145, which auxiliary lumen 175, the proximal end portion of the carrier member 145 and so as to extend over the substantially entire length to the distal end 150 from 155.

少なくとも1本の主機能ルーメン170、及び/または、少なくとも1本の補助ルーメン175が、リード・セクション115を貫通して延在している上述した少なくとも1本のルーメン135(図5)に接続するようにしている。 At least one main function lumen 170, and / or at least one auxiliary lumen 175 connects to at least one lumen described above extend through the lead section 115 135 (Fig. 5) It is way. こうすることによって、ガイドワイヤ110を用いた標準的な経皮的デリバリー方式によって、僧帽弁形成術用デバイスをデリバリーできるようにしており、これについては後に更に詳細に説明する。 By doing so, the standard transdermal delivery system using a guide wire 110, and to allow delivery device for mitral valvuloplasty, described in more detail later about this. 1つの好適な構成例においては、キャリア部材145の複数本の主機能ルーメン170のうちの1本が、リード・セクション115を貫通して延在している1本のルーメン135に接続するようにしている。 In one preferred configuration example, one of the plurality of main function lumen 170 of the carrier member 145, so as to connect to one of the lumen 135 extending through the lead section 115 ing.

キャリア部材145の製作材料は、比較的可撓性に優れた材料とすることが好ましく、そうすれば、患者の冠状静脈洞の中にキャリア部材145を挿入するときに、生体組織を傷つけてしまうおそれが比較的小さくなり、また、冠状静脈洞の本来の形状を大きく変形させることなく挿入することが可能となり、これについては後に更に詳細に説明する。 Materials of construction of the carrier member 145 is preferably a relatively flexible material excellent, if so, when inserting the carrier member 145 into the patient's coronary sinus, damage the biological tissue risk is relatively small, also it is possible to insert without significantly deforming the original shape of the coronary sinus, described in more detail later about this. また、キャリア部材145の製作材料は、比較的摩擦の小さな材料とすることが好ましく、そうすれば、患者の血管系を通過させてキャリア部材145を進めて行くことが容易になり(例えば、ガイドワイヤの外周に沿わせて進めて行くことが容易になる)、また、ロッドやワイヤをキャリア部材145のルーメン170及び175の中に挿入すること及びそこから抜去することが容易になる。 Moreover, fabrication material of the carrier member 145, preferably in a relatively friction small material, if so, it becomes easy to proceed with the carrier member 145 is passed through the patient's vasculature (e.g., guide it becomes easy to proceed to and along the outer circumference of the wire), also comprising a rod or wire is easy to removed it and therefrom to insert into the lumen 170 and 175 of the carrier member 145. 1つの好適な構成例においては、キャリア部材145をテフロン(商標)で形成している。 In one preferred configuration example, to form a carrier member 145 with Teflon (trademark).

主機能ルーメン170は、そこに直線度増強ロッドを選択的に挿入することによって、僧帽弁輪に治療目的のリモデルを施すためのルーメンであり、これについては後に更に詳細に説明する。 The main function lumen 170, by selectively inserting the straightness enhanced rod there is a lumen for administering remodeling therapeutic purposes the mitral valve annulus, described in more detail later about this. 尚、直線度増強ロッドの好適な1つの具体例を、図7に直線度増強ロッド180として示した。 Incidentally, a suitable one embodiment of straightness enhanced rod, shown as a straight line of enhanced rod 180 in FIG.

図3、図7、及び図14に示したように、複数本の直線度増強ロッド180の各々は、 3, as shown in FIG. 7, and FIG. 14, each of the plurality of straight lines of enhanced rod 180,
(1)僧帽弁後尖の周囲の生体組織と比べて幾分大きな剛性を有し、 (1) it has a somewhat greater rigidity than the surrounding body tissue leaflet mitral valve,
(2)冠状静脈洞のうちの僧帽弁後尖の近傍の部分の形状と比べて幾分直線形状に近い形状を有し、そして、 (2) somewhat compared to the shape in the vicinity of the portion of the leaflet mitral valve of the coronary sinus has a shape close to a straight line shape, and,
(3)冠状静脈洞の曲率半径に対して相対的に適切な長さを有する、 (3) having a relatively appropriate lengths for radii of curvature of the coronary sinus,
ように形成されており、それによって、キャリア部材を患者の冠状静脈洞の中の僧帽弁後尖の近傍に配置した状態で主機能ルーメン170に直線度増強ロッド180を挿入したならば、その挿入した直線度増強ロッドが冠状静脈洞の壁面に直線度増強力を作用させることで、僧帽弁後尖の弁輪部が前方へ移動させられ、それによって弁尖の接合状態が改善され、もって僧帽弁逆流が軽減されるようにしたものである。 Is formed to thereby if the carrier member by inserting the straightness of enhanced rod 180 in the main functional lumen 170 in a state arranged in the vicinity of the posterior leaflet mitral valve in the patient's coronary sinus, the by inserting the straightness enhanced rod exerts the straightness enhanced force on the wall of the coronary sinus, the valve annulus of the posterior leaflet mitral valve is moved forward, thereby improves the bonding state of the leaflets, it is obtained as mitral regurgitation is reduced with. 尚、これについては後に更に詳細に説明する。 Incidentally, described in more detail later about this.

また、以上のことを換言するならば、直線度増強ロッド180の各々の寸法及び直線度は、彎曲形状の冠状静脈洞の中に直線度増強ロッド180を収容するためには冠状静脈洞と直線度増強ロッド180とのいずれか一方もしくは両方の形状が変化しなければならないような寸法及び直線度としてあり、また、直線度増強ロッド180の剛性は、その直線度増強ロッド180に対向する生体組織の剛性と比べて幾分大きな剛性としてあるため、冠状静脈洞の中に直線度増強ロッドを配置することによって、生体組織の形状の変化が引き起こされ、それによって僧帽弁の形状が矯正され、もって僧帽弁逆流が軽減されるようにしたものである。 Further, in other words the above, each of the size and straightness of the straight line of enhanced rod 180, the coronary sinus and the straight line in order to accommodate the degree of linearity enhancement rod 180 into the coronary sinus of the curved shape There the size and straightness such that either or both of the shape of the degree enhanced rod 180 must be changed, also the rigidity of the straightness enhancement rod 180, the biological tissue facing the straightness enhanced rod 180 because in comparison with the stiff somewhat as a large stiffness, by placing the straightness enhanced rod into the coronary sinus, the change in shape of the living tissue is induced, it the shape of the mitral valve is corrected by, it is obtained as mitral regurgitation is reduced with. 尚、これについては後に更に詳細に説明する。 Incidentally, described in more detail later about this.

本発明の1つの好適な実施の形態では、複数本の直線度増強ロッド180の各々は(応力が作用していない状態では)略々直線形状を呈している棒状部材から成るものであり、この棒状部材は幾分の可撓性を有しており、その弾性によって、冠状静脈洞の壁面に直線度増強力(生体組織の形状をより直線形状に近付ける力)を作用させるものである。 In one preferred embodiment of the present invention, each of the plurality of straight lines of enhancing the rod 180 (in a state where no acting stress) is made of a rod-like member and has a substantially linear shape, this rod-like member has a somewhat flexible, by its elasticity, in which the action of the straightness of enhanced force (a force to bring the shape of the biological tissue in a more linear shape) in the wall of the coronary sinus.

複数本の直線度増強ロッド180は、1本おきに、冠状静脈洞の壁面へ作用させる直線度増強力の大きさが同一であるようにしてもよく、或いは、それら複数本の直線度増強ロッドを、夫々に異なった大きさの直線度増強力を作用させるものとして構成するようにしてもよい。 A plurality of straight lines of enhanced rod 180, to every other, the magnitude of the degree of linearity enhancement force to be applied to the wall of the coronary sinus may also be the same, or they plurality of straightness of enhanced rod and it may be configured as the action of straightness enhanced force of different sizes respectively. 本発明の1つの好適な実施の形態においては、夫々に異なった大きさの直線度増強力を発生する複数本の直線度増強ロッド180を取り揃えてキットとし、医師がそれらのうちから適当なものを選択できるようにしている。 In one preferred embodiment of the present invention, a kit stocks plurality of straightness enhanced rod 180 for generating the straightness of enhanced force of a magnitude different respective ones physician suitable among them so that can be selected. 複数本の直線度増強ロッドの直線度増強力を夫々に異ならせる方法としては、ロッドの剛性を異ならせる(例えばロッドの材質を異ならせたり、ロッドの径を異ならせるなどする)という方法、ロッドの長さを異ならせるという方法、複数本の直線度増強ロッドを使用する場合にそれらロッドの相対的な位置を異ならせる(例えば複数本のロッドを使用する場合にそれらの長手方向位置を相対的に異ならせる)という方法、等々がある。 As a method of varying the straightness of enhancing strength of straightness enhancement rods a plurality of the respective method of varying the stiffness of the rod (e.g., or by varying the material of the rod, is such to vary the diameter of the rod), the rod the method of varying the length of the relative to their longitudinal positions when using (for example, a plurality of rods to vary the relative positions of the rod when using a plurality of straight lines of enhanced rod method of different causes), there are so.

更に、本発明の1つの好適な実施の形態においては、直線度増強ロッド180の各々が冠状静脈洞の壁面に作用させる力の大きさを、僧帽弁逆流を軽減するために最終的に必要とされる目標全体移動量の一部分に相当する移動量だけ僧帽弁輪を移動させるのに必要な程度の力の大きさとしている。 Further, in one preferred embodiment of the present invention, eventually requiring the magnitude of the force that each straightness enhanced rod 180 exerts on the wall of the coronary sinus, in order to reduce mitral valve regurgitation is the magnitude of the force to the extent required to move the moving amount by the mitral valve annulus corresponding to a portion of the target total amount of movement that is. 本発明のこの実施の形態では、キャリア部材145の内部に更なる直線度増強ロッド180を挿入することで僧帽弁輪に作用させる直線度増強力をより大きなものとすること、及び/または、1本または複数本の補助ルーメン175の中に更なる直線度増強ロッドを挿入することで僧帽弁輪に作用させる直線度増強力をより大きなものとすること、及び/または、キャリア部材145の内部に埋設する形で、またはその外周面に形成する形で、またはその外周に嵌合させる形で、更なる直線度増強部材を装備することで僧帽弁輪に作用させる直線度増強力をより大きなものとすることが可能である。 In this embodiment of the present invention, that the degree of linearity enhancement force to be applied to the mitral annulus by inserting a further degree of linearity enhancement rod 180 within the carrier member 145 and the larger one, and / or, to the one or straightness enhancing force to be applied to the mitral annulus by inserting a further straightness enhanced rod into a plurality of auxiliary lumens 175 and larger ones, and / or, the carrier member 145 in the form embedded in the inside, or in the form formed on the outer circumferential surface thereof, or in the form of fitting on the outer periphery thereof, the degree of linearity enhancement force to be applied to the mitral annulus by equipping a further degree of linearity enhancement member It may be a larger one. その具体例を挙げるならば、無論これに限定されるものではないが、キャリア部材145のボディの主機能ルーメン170及び補助ルーメン175の周囲の領域に更なる直線度増強ロッドを埋設するようにしてもよく、及び/または、キャリア部材145の外周面に、板状部材、または殻状部材、または管状部材の形態の、外部部材としての直線度増強部材を設けるようにしてもよい。 If Specific examples, of course, but are not limited thereto, so as to embed the additional straightness enhanced rod in the area around the body of the main functions lumen 170 and an auxiliary lumen 175 of the carrier member 145 At best, and / or on the outer peripheral surface of the carrier member 145, in the form of a plate-like member or Karajo member or tubular member, it may be provided a line of enhancement member as an external member.

また更に別の方法として、この装置を、僧帽弁輪に弾性的な直線度増強力を作用させるような構成としてもよく、そうした場合には、その直線度増強力が最初に作用した時点では、それによって引き起こされる僧帽弁輪の移動量は、僧帽弁逆流を軽減するために最終的に必要とされる目標全体移動量の一部分に相当する移動量にすぎないが、冠状静脈洞のリモデル(形状変更)が進行して行く期間に亘って、その直線度増強力は治療効果を動的に発揮し続けることになる。 As still yet another method, the device may be configured as to apply a resilient straightness enhanced force on the mitral valve annulus, In such a case, at the time the straightness enhanced force is applied first is , the amount of movement of the mitral valve annulus caused by it, but only the movement amount corresponding to a portion of the entire target movement amount that is eventually required to reduce mitral valve regurgitation, the coronary sinus remodeling (shape change) over a period of time progresses, the straightness enhanced force will continue to dynamically exert a therapeutic effect.

本発明の1つの好適な実施の形態においては、直線度増強ロッド180の各々が、互いに可撓性の大きさを異ならせた複数の領域を有するマルチゾーン型バーとして構成されている。 In one preferred embodiment of the present invention, each of the straightness of enhancing the rod 180 is configured as a multi-zoned bars having a plurality of regions having different flexibility of the size from each other. これによって、僧帽弁輪の夫々の部分を、夫々に異なった大きさの力で変形させ、もって弁尖の接合状態を改善するようにしている。 Thus, a portion of each of the mitral valve annulus, is deformed by the force of different sizes respectively, have been so that to improve the bonding state of the leaflets.

本発明の1つの特に好適な実施の形態においては、直線度増強ロッド180の各々が、本明細書の冒頭で言及した米国特許出願第10/446,470号、米国特許出願第10/894,676号、それに米国特許仮出願第60/630,606号に開示されている「5ゾーン型バー」により構成されている。 In one particularly preferred embodiment of the present invention, each of the straightness of enhancing the rod 180, mentioned U.S. Patent Application Serial No. 10 / 446,470 at the beginning of this specification, U.S. Patent Application No. 10 / 894,676, it is constituted by disclosed in U.S. provisional Patent application No. 60 / 630,606, "5-zone bar." その直線度増強ロッド180は、図7に示したように、所定の大きさの可撓性を有する中央部(ヒンジ部)S 1と、中央部S 1より小さな可撓性を有する延長部(アーム部)と、中央部S 1より大きな可撓性を有する端部(フット部)S 3とを備えている。 Its degree of linearity enhancement rod 180, as shown in FIG. 7, the central portion having a predetermined size of the flexible (hinge) and S 1, extension having a smaller flexibility than the central portion S 1 ( an arm portion), end having a greater flexibility than the central portion S 1 (foot portion) and a S 3. 基本的に、この5ゾーン型の構成では、中央部S 1が、僧帽弁輪の部分に係合する「サドル部」として機能し、アーム部S 2が、中央部S 1から所定の距離(冠状静脈洞の長手軸方向にとった距離)だけ離れた箇所の冠状静脈洞の外側面に力を伝達する剛構造部として機能し、フット部S 3が、冠状静脈洞の壁面に作用する荷重を「ソフト・ランディング」させる機能を果たすようにしてある。 Basically, in the configuration of the 5-zone, the central portion S 1 is engaged to a portion of the mitral valve annulus functions as the "saddle", the arm portion S 2 is the distance from the center S 1 of a given function as rigid structural part for transmitting a force to the outer surface of the coronary sinus of a portion apart (distance taken in the direction of the longitudinal axis of the coronary sinus), the foot portion S 3 acts on the wall of the coronary sinus It is so as to fulfill the function of "soft landing" of the load. この5ゾーン型のバーは、極めて有利な構成であることが判明しており、なぜならば(1)5ゾーン型バーは、冠状静脈洞の中に挿入したときに、このバーの中央点が僧帽弁後尖の位置に合致しようとするセンタリング性を有しており、これは一種の「マクロエラスティック・エナジー・ウェル」であって、それによって、このバーが長手方向に移動してしまうおそれが非常に小さくなっていること、(2)5ゾーン型バーは、交連間距離を拡大することなく、拡張していた僧帽弁の前後距離を縮小することによって弁尖の接合状態を改善するものであるため、不都合な「側方噴流」を発生させるおそれが極めて小さいこと、それに、(3)5ゾーン型バーは、患者ごとの解剖学的ばらつきにも、完全に良好に対応し得ることによるものであ Bar of the 5 Zoned is found to be very advantageous configuration, because (1) 5 Zoned bar, when inserted into the coronary sinus, the middle point of this bar monk It has a centering properties to be matched to the position of the leaflet after mitral valve, which is a "macro elastic Energy well" kind, a risk that thereby, the bar will be moved in the longitudinal direction it is very small, (2) 5 Zoned bars without increasing the commissure distance, to improve the bonding state of the leaflets by reducing the longitudinal length of the mitral valve which has been expanded for those, it risk is very small to generate a disadvantageous "lateral jets", and (3) 5 Zoned bar to anatomical variations in each patient, entirely satisfactorily be obtained corresponding der due .

また更に、直線度増強ロッド180が、テーパ付の末端部185(図7)を備えているようにし、そして、その末端部183その先端に、生体組織を傷つけるのを防止するためのボール形チップ190が形成されているようにすることが好ましい。 Further, the straightness of enhancing the rod 180, as has a distal end 185 of the tapered (FIG. 7), and its distal end 183 to its distal end, a ball-shaped tip for preventing damaging the biological tissue it is preferable that the 190 is formed. こうすることによって、キャリア部材145を患者の冠状静脈洞の中に配設した状態で、患者の体外からそのキャリア部材145の主機能ルーメン170の中に、容易に直線度増強ロッド180を挿入することができる。 By doing so, the carrier member 145 in a state of being disposed within a patient's coronary sinus, into the main functions lumen 170 of the carrier member 145 from outside the patient's body, to easily insert the straightness of enhanced rod 180 be able to. また以上の構成とすることにより、直線度増強ロッド180は、上述した端部S 3より更に大きな可撓性を有する先端部S 4を備えたものとなる。 Further, by the above configuration, the straightness of enhanced rod 180 is a one having a distal section S 4 having further a greater flexibility than the end portion S 3 described above.

使用する複数本の直線度増強ロッド180のうちの1本ないし数本を、単一材料(例えばニチノールなど)の一体成形部品とすることが望ましいことがある。 A single or present number of the plurality of straight lines of enhanced rod 180 to be used, it may be desirable to integrally molded part of a single material (e.g., nitinol, etc.). そうする場合に、複数の領域S 1 、S 2 、S 3 、及びS 4の可撓性を異ならせるには、ロッド径を異ならせるようにすればよい(例えば図8に示した構成を参照されたい)。 When doing so, a plurality of areas S 1, S 2, S 3 , and the varying flexibility of S 4, referring to the configuration shown in FIG. 8 may be (e.g., so that different rod diameter It should be). また、使用する複数本の直線度増強ロッド180のうちの1本ないし数本を、2種類以上の材料(例えばステンレス鋼とニチノールなど)を組合せた複合構造とすることが望ましいこともある。 Further, there is a one to this number of the plurality of straight lines of enhanced rod 180 to be used, two or more kinds of materials (such as stainless steel and nitinol, etc.) may be desirable to composite structure combining. そうする場合には、その直線度増強ロッドを、ニチノールとステンレス鋼とを交互に配置した構成としてもよく(例えば図9に示した構成を参照されたい)、また、ニチノールとステンレス鋼とを同心的に配置した構成としてもよく(例えば図10及び図10Aに示した構成を参照されたい)、更にその他の構成としてもよい。 When doing so, the concentric its straightness enhanced rod may be configured to alternately arranged and nitinol and stainless steel (see, e.g., the structure shown in FIG. 9), also a nitinol and stainless steel may be arranged with the structure (see, e.g., the configuration shown in FIG. 10 and FIG. 10A), it may be yet another structure.

カテーテル・シャフト Catheter shaft
カテーテル・シャフト100(図4)は、植込部材95を治療部位へデリバリーするためのものである。 Catheter shaft 100 (FIG. 4) is for delivering the implant member 95 to the treatment site. カテーテル・シャフト100は、末端部195と基端部200とを有する。 Catheter shaft 100 has a distal portion 195 and proximal portion 200. カテーテル・シャフト100が植込部材95を治療部位へデリバリーしているときには、このカテーテル・シャフト100の末端部195が、植込部材95の基端部155に係合している。 When the catheter shaft 100 is delivering implant member 95 to the treatment site, the distal end 195 of the catheter shaft 100 is engaged with the proximal end 155 of the implant member 95. 本発明の1つの実施の形態においては、カテーテル・シャフト100は、植込部材95の基端部155から選択的に分離できるようにしてあり、そのため、例えば治療部位への植込部材95のデリバリーが完了した後の適当な時点で分離することができるようにしている。 In one embodiment of the present invention, the catheter shaft 100, Yes to allow selective separation from the proximal end 155 of implant member 95, therefore, for example, delivery of implant member 95 to a treatment site There has been so can be separated at a suitable time after completion. これを可能にするために、後に更に詳細に説明するが、植込部材95をカテーテル・シャフト100とは別体に形成した上で、それをカテーテル・シャフト100に着脱可能に取付けるようにしている。 To make this possible will be described in more detail later, the implant member 95 and the catheter shaft 100 on which is formed separately, and it was to be mounted detachably on the catheter shaft 100 . 本発明の別の実施の形態においては、植込部材95をカテーテル・シャフト100と一体に形成した上で、それを(例えば切断するなどして)カテーテル・シャフト100から選択的に分離できるようにしている。 In another embodiment of the present invention, the implant member 95 on which is formed integrally with the catheter shaft 100, it (for example, by cutting) to be able selectively separated from the catheter shaft 100 ing. 本発明の更に別の実施の形態においては、植込部材95とカテーテル・シャフト100とを単一構造体として形成し、使用期間中はその状態を維持するようにしている。 In yet another embodiment of the present invention, the implant member 95 and the catheter shaft 100 is formed as a single structure, during the period of use so as to maintain its state.

カテーテル・シャフト100は細長い構造体であり、このカテーテル・シャフト100を用いて、患者の血管系を通過させて冠状静脈洞まで植込部材95を挿入することができるように、十分な長さを有しており、また、十分に大きな可撓性を有する材料で形成されている。 A catheter shaft 100 is an elongated structure, with the catheter shaft 100, so as to be able to insert the implant member 95 to the coronary sinus by passing through a patient's vasculature, a sufficient length It has also been formed of a material having a sufficiently large flexibility. その具体例を挙げるならば、無論これに限定されるものではないが、カテーテル・シャフト100の長さ及び可撓性は、このカテーテル・シャフト100を使用して、頸部における頸静脈のアクセス・ポイントから、或いは胴部における右鎖骨下静脈または左鎖骨下静脈のアクセス・ポイントから体内へ導入した植込部材95を、そのアクセス用の静脈の中を通して下方へ進めて行き、そこから上大静脈の中を更に下方へ進め、右心房を通過させて冠状静脈洞の中に挿入することができるような長さ及び可撓性としている。 If Specific examples, of course, but are not limited to, the length and flexibility of the catheter shaft 100, using the catheter shaft 100, access the jugular vein in the neck from point, or the implant member 95 introduced from the right subclavian vein or access point of the left subclavian vein into the body of the barrel, will promote downward through in a vein for the access, the superior vena cava from there advanced to further downward through the, and the length and flexibility such that it can be inserted by passing the right atrium into the coronary sinus.

図4及び図11に示したように、カテーテル・シャフト100は、少なくとも1本の、そして好ましくは複数本の、主機能ルーメン205を備えたものとして構成される。 4 and as shown in FIG. 11, the catheter shaft 100, at least one, and preferably configured as having a plurality of the main functions lumen 205. 主機能ルーメン205は、カテーテル・シャフト100の末端部195に開口しており、カテーテル・シャフト100の全長に亘って貫通して延在しており、そして、カテーテル・シャフト100の基端部200に開口している。 The main function lumen 205 is open at the distal end 195 of catheter shaft 100 extends through the entire length of the catheter shaft 100 and the proximal end 200 of the catheter shaft 100 It is open. 主機能ルーメン205は、キャリア部材145の主機能ルーメン170へのアクセスを提供するものであり、この目的のためには、カテーテル・シャフト100の複数本の主機能ルーメン205は、キャリア部材145の複数本の主機能ルーメン170と本数を同一にし、それらの位置も揃えておくことが好ましい。 The main function lumen 205 is to provide access to the main functions lumen 170 of the carrier member 145, for this purpose, a plurality of main functions lumen 205 of the catheter shaft 100 includes a plurality of carrier members 145 the primary function lumen 170 and the number of this was the same, it is preferable to align also their location.

1つの好適な構成例においては、カテーテル・シャフト100が更に、少なくとも1本の、そして好ましくは複数本の、補助ルーメン210を備えたものとして構成される。 In one preferred configuration example, the catheter shaft 100 is further at least one, and preferably configured as having a plurality of the auxiliary lumens 210. 補助ルーメン210は、カテーテル・シャフト100の末端部195に開口しており、カテーテル・シャフト100の全長に亘って貫通して延在しており、そして、カテーテル・シャフト100の基端部200に開口している。 Auxiliary lumen 210 is open at the distal end 195 of catheter shaft 100 extends through the entire length of the catheter shaft 100, and an opening in the proximal end 200 of the catheter shaft 100 are doing. 補助ルーメン210は、キャリア部材145の補助ルーメン175へのアクセスを提供するものであり、この目的のためには、カテーテル・シャフト100の複数本の補助ルーメン210は、キャリア部材145の複数本の補助ルーメン175と本数を同一にし、それらの位置も揃えておくことが好ましい。 Auxiliary lumen 210 is to provide access to the auxiliary lumen 175 of the carrier member 145, for this purpose, a plurality of auxiliary lumens 210 of the catheter shaft 100, an auxiliary of the plurality of carrier members 145 the lumen 175 and the number the same, it is preferable to align also their location.

使用法 how to use
僧帽弁形成術用デバイス90の好ましい使用法は次の通りである。 Preferred use of the mitral valvuloplasty device 90 is as follows.

先ず、標準的な導入用シース105(図3)を患者の血管系に挿入し、冠状静脈口まで進める。 First, a standard introducer sheath 105 (FIG. 3) is inserted into the vascular system of a patient, advanced to the coronary ostium. より具体的には、無論これに限定されるものではないが、その際に、その標準的な導入用シースを患者の頸動脈(または患者の右鎖骨下静脈ないし左鎖骨下静脈)へ挿入し、上大静脈の中を下方へ進め、更に右心房を通過させて、冠状静脈口の中に挿入する。 More specifically, of course, but it is not limited to, at that time, and inserts the standard introducer sheath into the patient's carotid artery (or right subclavian vein or left subclavian vein of the patient) , advanced through the superior vena cava downward, thereby further passes through the right atrium, is inserted into the coronary ostium. 次に、この標準的な導入用シース105の中にガイドワイヤ110を挿通して、そのガイドワイヤ110を冠状静脈洞の中に挿入する(図12)。 Then, by inserting the guide wire 110 in the standard introducer sheath 105 is inserted into the guide wire 110 into the coronary sinus (Figure 12). 次に、そのガイドワイヤ110の外周に、僧帽弁形成術用デバイス90を装着する。 Then, the outer periphery of the guide wire 110, to attach the mitral valvuloplasty device 90. その僧帽弁形成術用デバイス90が植込部材95とカテーテル・シャフト100とを一体に形成したものである場合には、その僧帽弁形成術用デバイス90を1つのユニットとしてガイドワイヤ110の外周に装着することになる。 Its mitral valvuloplasty device 90 when the implant member 95 and the catheter shaft 100 is obtained by integrally formed, the guide wire 110 and the mitral valvuloplasty device 90 as one unit It will be mounted on the outer peripheral. 一方、その僧帽弁形成術用デバイス90が、植込部材95とカテーテル・シャフト100とを別体に形成したものである場合には、植込部材95とカテーテル・シャフト100とを結合した後に、その結合したものをガイドワイヤ110の外周に装着するようにしてもよく、或いはまた、植込部材95とカテーテル・シャフト100とを個別にガイドワイヤ110の外周に装着した後に、それらを互いに結合するようにしてもよい。 On the other hand, after the mitral valvuloplasty device 90, if one intends to form and implant member 95 and the catheter shaft 100 as a separate body, which combines the implant member 95 and the catheter shaft 100 may be mounted those that bind to the outer periphery of the guide wire 110, or alternatively, after the implant member 95 and the catheter shaft 100 is mounted on the outer periphery of the individual guide wire 110, coupling them together it may be. 植込部材95とカテーテル・シャフト100との一体化がどの時点でなされるにせよ(即ち、製造時点か、ガイドワイヤ110の外周に装着する前の時点か、それともガイドワイヤ110の外周に装着した後の時点かにかかわらず)、植込部材95とカテーテル・シャフト100とは一体化され、その際に、キャリア部材145の主機能ルーメン170とカテーテル・シャフト100の主機能ルーメン205とが位置合せされ、また、キャリア部材145の補助ルーメン175とカテーテル・シャフト100の補助ルーメン210とが位置合せされる。 Whether integrated with implant member 95 and the catheter shaft 100 is made at any time (i.e., either the point of manufacture, or time prior to be mounted on the outer periphery of the guide wire 110, or attached to the outer periphery of the guide wire 110 time or regardless) after, the implant member 95 and the catheter shaft 100 is integrated, in its main features lumen 205 and the alignment of the main functions lumen 170 and the catheter shaft 100 of the carrier member 145 are, also, an auxiliary lumen 210 of the auxiliary lumen 175 and the catheter shaft 100 of the carrier member 145 is aligned. 僧帽弁形成術用デバイス90をガイドワイヤ110の外周に装着する際には、互いに位置合せした主機能ルーメン170と主機能ルーメン205とにガイドワイヤ110の基端部を挿入するようにすることが好ましく、こうして装着が完了したならば、その僧帽弁形成術用デバイス90を、ガイドワイヤ110の外周に沿わせて末端側へ進めて行く。 When mounting the mitral valvuloplasty device 90 on the outer periphery of the guide wire 110 and directed to inserting the proximal end of the guide wire 110 to the primary function lumen 205 and primary function lumen 170 aligned with each other are preferred, thus if mounting is completed, the mitral valvuloplasty device 90, to proceed to and along the outer periphery of the guide wire 110 distally. ただし別法として、僧帽弁形成術用デバイス90をガイドワイヤ110の外周に装着する際に、互いに位置合せした補助ルーメン175と補助ルーメン210とにガイドワイヤ110の基端部を挿入するようにしてもよく、この場合にも、こうして装着が完了したならば、その僧帽弁形成術用デバイス90を、ガイドワイヤ110の外周に沿わせて末端側へ進めて行く、或いはまた、僧帽弁形成術用デバイス90をガイドワイヤの外周に装着するための更に別のルーメンを、僧帽弁形成術用デバイス90に形成しておくようにしてもよい。 However Alternatively, when mounting the mitral valvuloplasty device 90 on the outer periphery of the guide wire 110, so as to insert the base end portion of the guide wire 110 in the auxiliary lumen 210 and an auxiliary lumen 175 and aligned with one another at best, even in this case, thus if mounting is completed, the mitral valvuloplasty device 90, to proceed to the distal side along a periphery of the guide wire 110, or alternatively, the mitral valve the angioplasty device 90 a further lumen for attachment to the outer periphery of the guide wire, it is advisable to form the mitral valvuloplasty device 90.

そして、その僧帽弁形成術用デバイス90をガイドワイヤ110に沿わせて末端側へ、即ち下方へと進めて行き、トリートメント・セクション120を僧帽弁後尖の近傍に定位したならば、それによって、リード・セクション115がAIVの中へ入り込んで下向きになり、また、トリートメント・セクション120とリード・セクション115との接合点が、冠状静脈洞とAIVとの接続箇所に位置するようになる(図3及び図13)。 Then, the mitral valvuloplasty device 90 to the guidewire 110 along a by-terminal side, that will promote downward, if the treatment section 120 and localized in the vicinity of the posterior leaflet mitral valve, it Accordingly, points downward enters the read section 115 into the AIV, also, the junction of the treatment section 120 and the lead section 115, will be located at connection points between the coronary sinus and AIV ( Figures 3 and 13). 尚、放射線不透過性マーカー140、160及び/または165を利用して、フルオロスコープなどで観察しながら僧帽弁形成術用デバイス90の定位を行うようにするとよく、そうすることによって、容易に定位を行うことができる。 Incidentally, by using the radiopaque markers 140, 160 and / or 165, while observing such by fluoroscope well when to perform the localization of mitral valvuloplasty device 90, by doing so, easily it is possible to perform localization.

この僧帽弁形成術用デバイス90を治療部位である冠状静脈洞の中に挿入して行くときには、トリートメント・セクション120の主機能ルーメン170の中に直線度増強ロッド180を挿入しておかないようにすることが望ましい。 When the mitral annuloplasty device 90 goes inserted into the coronary sinus is a treatment site, so that Failure to insert the straightness of enhanced rod 180 in the main functional lumen 170 of treatment section 120 it is desirable to. そうすれば、患者の血管系の中を通過させて僧帽弁形成術用デバイス90を進めて行くときに、キャリア部材145がより撓みやすいため、僧帽弁形成術用デバイス90の挿入をより容易に行うことができる。 That way, when it is passed through the patient's vascular system to proceed mitral valvuloplasty device 90, since the carrier member 145 is more likely to flex, more insertion of mitral valvuloplasty device 90 it can be carried out easily. これは本発明の重要な利点のうちの1つであり、なぜならば、これによって、生体組織を傷つけるおそれを非常に小さくし、また、僧帽弁形成術用デバイスにキンクを発生させるおそれも小さくして、僧帽弁形成術用デバイスの挿入を行えるからである。 This is one of the important advantages of the present invention, since, thereby, the risk of damaging the biological tissue to very small and, you it is small to generate a kink in the device for mitral valve plasty to, because allows the insertion of a device for mitral valvuloplasty.

キャリア部材145が比較的可撓性の大きな材料で製作されているため、僧帽弁形成術用デバイス90をガイドワイヤ110に沿わせて挿入して行くのに先立って、使用されていない主機能ルーメンのペア170、205には、閉塞充填材を装填しておくことが望ましいことがある。 Since the carrier member 145 is made of a relatively flexible material having large, prior to going to inserted along the mitral valvuloplasty device 90 to the guidewire 110, not used primary function the lumen of the pair 170,205, it may be desirable to load the clogging filler. 使用されていない主機能ルーメンを空洞のままにしておくと、特にキャリア部材145が屈曲したときなどに、そのルーメンがつぶれた状態になるおそれがあるが、閉塞充填材を装填しておくことでそのような事態を防止することができる。 When the main function lumen that is not used leave the cavity, etc. In particular when the carrier member 145 is bent, there is a possibility that a state in which the lumen is collapsed, by leaving loaded with clogging filler it is possible to prevent such a situation. また、使用されていない主機能ルーメンを空洞をままにしておくと、後にキャリア部材に直線度増強ロッドを挿入する際に、その直線度増強ロッドがキャリア部材の側壁を突き破るおそれがあるが、閉塞充填材を装填しておくことで、そのような事態も防止することができる。 Further, when the primary function lumen that is not used leave the cavity, when inserting the straightness enhanced rod carrier member after, there is a possibility that the straight line of enhanced rod breaks through the side wall of the carrier member, closed by keeping loaded with filler material, it is possible to prevent such a situation. 例えばキャリア部材145が3本の主機能ルーメン170を有するものである場合に、その3本のうちの、2本の主機能ルーメン170に装填した閉塞充填材は、残りの(3本目の)主機能ルーメンに挿入する直線度増強ロッドを案内する「レール」として機能する。 For example, when the carrier member 145 is one having three main functions lumen 170, of its three, two occlusion filler loaded in the main function lumen 170, the remaining (3 knots) Main to guide the degree of linearity enhancement rod to be inserted into the function lumen functions as a "rail". ただしこれに関しては、そのような閉塞充填材はできるだけ可撓性の大きなものとすることが好ましく、そうすれば、僧帽弁形成術用デバイスが撓むこと、及び/または、僧帽弁形成術用デバイスを挿入することに対して、大きな抵抗力を発生することなく、使用されていない主機能ルーメンのペア170、205がつぶれた状態になるのを防止することができる。 However this regard, it is preferred that such clogging filler shall largest possible flexibility, if so, that the device for mitral valvuloplasty bends, and / or mitral valve plasty against inserting a use device, a large resistance force without generating can pair 170,205 of the main functions lumen that is not used is prevented from becoming in a state of collapse.

同様に、補助ルーメンのペア175、210についても、僧帽弁形成術用デバイス90をガイドワイヤ110に沿わせて挿入して行くのに先立って、使用されていない補助ルーメンのペア175、210には、閉塞充填材を装填しておくようにするのもよい。 Similarly, for a pair 175,210 of the auxiliary lumens is also a mitral valvuloplasty device 90 prior to going to inserted along the guide wire 110, a pair 175,210 of the auxiliary lumens not in use may to to keep loaded clogging filler.

患者の血管系の中を通過させて僧帽弁形成術用デバイス90を挿入し、その僧帽弁形成術用デバイス90のトリートメント・セクション120を、冠状静脈洞の中の僧帽弁後尖の近傍に定位したならば、ガイドワイヤ110を抜去してもよい。 Is passed through the vasculature of a patient by inserting a mitral valvuloplasty device 90, the treatment section 120 of the mitral valvuloplasty device 90, No leaflet mitral valve in the coronary sinus Once localized in the vicinity may be removed a guide wire 110. ただし別法として、ガイドワイヤ110が挿通されているルーメンを別の目的に使用する必要がなければ、ガイドワイヤ110を抜去せずにそのままにしておいてもよい。 However Alternatively, if there is no need to use a lumen guidewire 110 is inserted into another object may be left as it is without withdrawing the guide wire 110. そうした方が有利であることもあり、それは、ガイドワイヤ110は、僧帽弁形成術用デバイス90に挿通されている間は、それが挿通されているルーメン(例えば主機能ルーメンのペア10、205)を支持する機能を果たすからである。 Sometimes these it is advantageous, it is the guide wire 110, while it is inserted through the mitral valvuloplasty device 90, it is inserted through the lumen (e.g., main functionality lumen pair 10,205 ) This is because serves the function of supporting.

続いて、キャリア部材145の1本または複数本の主機能ルーメン170の中に、1本または複数本の直線度増強ロッド180を挿入する。 Then, in one or a plurality of main functions lumen 170 of the carrier member 145 is inserted one or a plurality of straight lines of enhanced rod 180. それには、直線度増強ロッド180を、先ずカテーテル・シャフト100の主機能ルーメン205の中に挿入し、そこから更にキャリア部材145の主機能ルーメン170の中に挿入する。 To do this, the straightness of enhanced rod 180, first inserted into the main functions lumen 205 of the catheter shaft 100, is further inserted into the main functions lumen 170 of the carrier member 145 from there. また、僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞の中に挿入するときに閉塞充填材またはガイドワイヤが嵌挿されていた主機能ルーメン205及び170に、直線度増強ロッドを挿入しようとするときには、その閉塞充填材またはガイドワイヤを抜去した後に直線度増強ロッドを挿入する。 Moreover, the primary function lumen 205 and 170 closed fillers or guide wire has been inserted when inserting a mitral valvuloplasty device 90 in the coronary sinus, attempts to insert the straightness of enhanced rod sometimes, inserting the straightness enhanced rod after removal the clogging filler or guidewire.

キャリア部材145の複数本の主機能ルーメン170の中に複数本の直線度増強ロッド180を次々と挿入して行くと、それにつれてキャリア部材145の剛性が次第に大きくなり、そのためキャリア部材145の形状が直線形状に近付いて行く。 As you insert one after another a plurality of straight lines of enhancing the rod 180 in a plurality of main functions lumen 170 of the carrier member 145, as the rigidity of the carrier member 145 gradually increases, the shape of the for the carrier member 145 which go close to a straight line shape. 即ち、直線度が増強される。 That is, straightness is enhanced. またそれによって、拡張していた僧帽弁の形状を変更するリモデルが徐々に進行し、それに伴って僧帽弁後尖が前方へ押されて移動し、もって僧帽弁逆流が軽減される(図14)。 Thereby also remodeling changing the shape of the mitral valve which has been extended gradually progresses, leaflet mitral valve is moved pushed forward with it, mitral regurgitation is reduced with ( Figure 14). キャリア部材145の主機能ルーメン170に、直線度増強ロッド180を1本追加して挿入するごとに、僧帽弁逆流の程度を観察して、その逆流が最小になるまでこのプロセスを反復する。 The primary function lumen 170 of the carrier member 145, each to be inserted by adding a degree of linearity enhancement rod 180 one, by observing the degree of mitral regurgitation, repeating this process until the backflow is minimized. 一旦挿入した直線度増強ロッド180を抜去することが望ましいと判断された場合にはその抜去を行い、また、別の直線度増強ロッドに交換した方がよいと判断された場合にはその交換を行い、それらによって、生体組織の変形の程度を改善して僧帽弁逆流が最小になるようにする。 Once when it is determined that it is desirable to removed the inserted straightness enhanced rod 180 performs the removal, addition, when the person who has been replaced by another straightness enhanced rod is determined to better the exchange performed, them by, mitral regurgitation is set to be minimized to improve the degree of deformation of the biological tissue. 本質的に、キャリア部材145を冠状静脈洞の中に定位した状態で、その定位したキャリア部材145に直線度増強ロッド180を挿入して行くのであるから、植込部材95は治療部位において完成されることになる。 Essentially, the carrier member 145 in a state of being localized in the coronary sinus, since it is going to insert the straightness of enhanced rod 180 in the carrier member 145 and its orientation, implant member 95 is completed at the treatment site It becomes Rukoto. この方式によれば、数々の優れた利点が提供される。 According to this method, a number of advantages are provided. それらのうちでも特に、複数本の直線度増強ロッドをキャリア部材145の中に次々と挿入して行く方式であることから、治療処置を「段階的に」適用することができ、そのため生体組織の変形度を「精密調整」することができ、それによって最適治療が可能となっている。 Particularly Among them, a plurality of straight lines of enhanced rod since it is a method of gradually inserted one after another in a carrier member 145, the therapeutic treatment can be applied "in steps", therefor biological tissue the deformation degree can be "fine tuned", thereby making it possible to optimally treat. またこれに関しては、直線度増強ロッド180を提供する形態として、直線度増強力の大きさが互いに異なる複数本の直線度増強ロッド180を取り揃えたキットの形で提供することが好ましいということがあり、そうすることによって、生体組織を変形させる変形力の大きさを容易に最適化することができる。 In this regard also, the form of providing straightness enhanced rod 180, is the fact that it is preferable to provide in the form of a kit magnitude of straightness enhanced force is stocks plurality of straightness enhanced rod 180 different from each other by doing so, it is possible to easily optimize the magnitude of the deformation force to deform the body tissue. これに関しては、例えば図14Aを参照されたい。 In this regard, see for example FIG. 14A. 同図に示した様々な直線度増強ロッドは、長さに関して3通りのものがあり、その各長さごとに、剛性が6通りあるため、医師は18通りの異なった直線度増強力を利用することができる。 Various straightness enhanced rod as shown in the figure, there are those three ways with respect to the length, per each of its length, the rigidity is are six, the physician utilizes a different straightness enhanced power of 18 Street can do. 更に、患者の生体組織に対して治療目的で作用させる力が徐々に増大させることができるため、生体組織を傷つけるおそれも小さくすることができる。 Furthermore, it is possible to force applied for therapeutic purposes to a patient's body tissue is increased gradually, it is possible to reduce damage the biological tissue. 更に、本発明は、生体組織を傷つけるおそれの小さいデバイスを使用していることから、システムの構成要素を簡明な方法で低コストで製作することができる。 Furthermore, the present invention, since using the possibility of small devices injure the living tissue can be manufactured at low cost components of the system in a concise way. 本発明のこの新規な方式には、更にその他の様々な利点もあるが、それらは当業者であれば、本開示に基づいて容易に理解し得るものである。 This novel method of the present invention is further also other various advantages, they those skilled in the art, it is capable of readily understood based on this disclosure.

更に、キャリア部材145は、例えばテフロン(商標)などの比較的低摩擦の材料で製作されるものであるため、直線度増強ロッド180をキャリア部材145に挿入するときの滑りも良好であり、また、このキャリア部材145を冠状静脈洞30に挿入するときの滑りも良好である。 Furthermore, the carrier member 145, for example, Teflon (TM) because it is intended to be manufactured at a relatively low friction material, such as is slip was good when inserting the straightness enhanced rod 180 to the carrier member 145, also sliding when inserting the carrier member 145 in the coronary sinus 30 is good. そのため、キャリア部材145に複数本の直線度増強ロッド180を次々と挿入して、後尖弁輪部を次第に前方へ移動させて行くにつれて、このデバイスの形状が次第に直線形状に近付いて行く際に、このデバイスの末端部及び基端部が突出しなければならないが、その突出も無理なく行われる。 Therefore, by inserting one after another a plurality of straight lines of enhancing the rod 180 to the carrier member 145, as gradually move forward the posterior leaflet valve annulus, when the shape of the device approaches the linear shape gradually Although distal end and a proximal end of the device has to protrude, the protruding also performed without difficulty.

これについて更に詳細に説明する。 This will be described in more detail. 図14Bは、僧帽弁形成術用デバイスのトリートメント・セクション120が、患者の生体組織の中に配置された状態を示した図である。 Figure 14B, treatment section 120 of the device for mitral valvuloplasty is a diagram illustrating an arrangement state in the patient's body tissue. 複数本の直線度増強ロッド180が次々と挿入されるにつれて、トリートメント・セクション120が、直線度が増強されていない状態(実線)から、直線度が増強された状態(破線)へ移行して行き、その際に、トリートメント・セクション120の長さが一定であるのに対して、生体組織の形状が変化することから、トリートメント・セクション120の末端部150及び基端部155が、生体組織に沿って摺動する(これを移動量Xで図示した)が、その際に生体組織を傷つけるおそれは小さい。 As a plurality of straight lines of enhancing the rod 180 is inserted one after another, treatment section 120 from a state where the straightness is not enhanced (solid line), gradually shifts to a state in which straightness is enhanced (dashed line) , in this case, the length of the treatment section 120 is constant, since the shape of the living tissue changes, distal end 150 and a proximal end 155 of the treatment section 120, along the body tissue slides Te (which was illustrated by the amount of movement X) is, fear small hurt biological tissue at that time. このデバイスが摺動する際に、生体組織を傷つけるおそれが小さいのは、キャリア部材145が比較的低摩擦の材料(例えばテフロン(商標)など)で形成されているからである。 When the device slides, the risk of damaging the living tissue is small, because the carrier member 145 is formed of a relatively low friction material (e.g. Teflon (TM), etc.). 実際のところ、複数本の直線度増強ロッドを次々と挿入して行くにつれて、生体組織の変形が徐々に進行することから、このデバイスの摺動も徐々に進行し、そのため、生体組織を傷つけるおそれが更に小さなものとなっている。 In fact, as a plurality of straight lines of enhanced rod goes inserted one after another, since the deformation of the biological tissue progresses gradually, gradually progresses sliding of the device, therefore, damage the biological tissue There has been a further small things.

僧帽弁形成術用デバイス90の挿入は、いわゆるスタイレット・デリバリー方式で行うようにしてもよい。 Insertion of the mitral valvuloplasty device 90 may be performed in a so-called stylet delivery system. そうする場合には、ガイドワイヤを利用してシースを冠状静脈洞の中に挿入した後にそのガイドワイヤを抜去し、そして、そのシースの中を通して僧帽弁形成術用デバイス90を挿入して冠状静脈洞の中に定位し、続いて、そのシースを抜去して、僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞の中の適切な位置に残置する。 When doing so, the sheath by using a guide wire is pulled out the guide wire after insertion into the coronary sinus and, by inserting a mitral valvuloplasty device 90 through in its sheath coronary localized in the sinus, then, by removal the sheath, to leaving the mitral valvuloplasty device 90 in position within the coronary sinus. また、その場合に、僧帽弁形成術用デバイス90の末端部130の開口は、その他の用途に使用する必要がなければ、封止しておくようにするとよい(ここでいうその他の用途とは、例えば電気リード線を挿通するなどの用途であり、これについては後に説明する)。 Also, in this case, the opening of the distal end 130 of the mitral valvuloplasty device 90, if there is no need to use other applications, and other applications referred to in that manner may be (now kept sealed is, for example, a use of such insertion of the electrical leads, will be described later this).

更なる好適な構成例の詳細 Further suitable configuration example details
直線度増強ロッド180の寸法及び形状は、冠状静脈洞の中に配置されたならば、冠状静脈洞の形状をより直線形状に近付けるような、即ち、冠状静脈洞に直線度増強をもたらすような、寸法及び形状とされている。 The size and shape of the straightness enhancement rods 180, if located in the coronary sinus, such as close to the shape of the coronary sinus to a more linear shape, i.e., such as to provide a straightness enhanced coronary sinus It is sized and shaped. より詳しくは、複数本の直線度増強ロッド180の各々は、(1)僧帽弁後尖の周囲の生体組織と比べて幾分大きな剛性を有し、(2)冠状静脈洞のうちの僧帽弁後尖の近傍の部分の自然な彎曲形状と比べて幾分直線形状に近い形状を有し、そして、(3)冠状静脈洞の曲率半径に対して相対的に適切な長さを有するように形成されており、それによって、直線度増強ロッドを患者の冠状静脈洞の中に配置されたならば、その直線度増強ロッドが、冠状静脈洞に直線度増強力を作用させることで僧帽弁後尖に前向きの力を作用させ、もって僧帽弁逆流が軽減されるようにしたものである。 More specifically, each of the plurality of straight lines of enhanced rod 180, (1) has a somewhat greater rigidity than the surrounding body tissue leaflet mitral valve, (2) monk of the coronary sinus It has a shape close to a somewhat linear shape in comparison with the natural curved shape of the portion in the vicinity of the leaflet after mitral valve, and has a relatively appropriate lengths for (3) of the coronary sinus curvature radius is formed to thereby if the straightness of enhanced rod disposed within the patient's coronary sinus, the straightness enhanced rod, monk by the action of straightness enhanced force to the coronary sinus by applying a forward force to the leaflet after mitral valve is obtained by the so mitral regurgitation it is reduced with.

1つ重要なこととして、キャリア部材145それ自体の弾性によって冠状静脈洞の壁面に作用する直線度増強力が、とるに足らない程度の、非常に小さな力となるように、このキャリア部材145を構成するとよいということがある。 One important, straightness enhanced force acting on the wall of the coronary sinus by the elasticity of the carrier member 145 itself, so as not trivial, so that a very small force, the carrier member 145 sometimes referred to may be configured. それによって大きな利点が得られ、なぜならば、そうすることによって、キャリア部材145を治療部位まで挿入するする際に、そのキャリア部材145に直線度増強ロッド180を挿入しておかなければ、容易に、また生体組織を傷つけることなく、そのキャリア部材145を治療部位まで進めることができるからである。 Whereby great advantage is obtained, since by doing so, at the time of inserting the carrier member 145 to the treatment site, to be kept by inserting the straightness of enhanced rod 180 to the carrier member 145, easily, and without damaging the biological tissue, because it is possible to proceed with the carrier member 145 to the treatment site.

更にもう1つ重要なこととして、個々の直線度増強ロッド180が冠状静脈洞の表面に作用させる直線度増強力の大きさは、冠状静脈洞の壁面に作用させるべき直線度増強力の全体のうちの一部だけとすることができるということがある。 As yet it another important, individual straightness enhanced rod 180 the size of the straightness enhancing force to be applied to the surface of the coronary sinus, the overall straightness enhanced force to be applied to the wall of the coronary sinus there is the fact that it is possible only to a part of the inner. このようにすることができるのは、複数本の直線度増強ロッド180による累積効果を利用するようにしているからである。 Be able to do this, it is because so as to utilize the cumulative effect of a plurality of straight lines of enhanced rod 180. これによっても大きな利点が得られ、なぜならば、こうすることによって、容易に、また生体組織を傷つけることなく、個々の直線度増強ロッドを治療部位まで進めることができるからである。 This great advantage can be obtained even by, because by doing so, easily, and without damaging the biological tissue, because it is possible to advance the individual straightness enhanced rod to the treatment site.

更にもう1つ重要なこととして、複数本の直線度増強ロッドを個別に挿入して、僧帽弁輪に直線度増強力を作用させるようにしているため、使用する直線度増強ロッドの本数を増減することにより、及び/または、使用する直線度増強ロッドの剛性などを加減することにより、様々な大きさの直線度増強力を作用させることができるということがある。 As Even more Another important, by inserting a plurality of straight lines of enhancing rods individually, since so as to act straightness enhanced force on the mitral valve annulus, the number of straightness enhanced rod used by increasing or decreasing, and / or by adjusting the like rigidity of straightness enhanced rod to be used, there is that it can exert a straightness enhanced strength of various sizes.

また、これも重要なこととして、直線度増強ロッド180を弾性材料で形成してあるため、直線度増強ロッド180によって、生体組織のリモデルを徐々に進行させることができ、即ち、時間をかけて弁尖の接合状態に動的に影響を及ぼして行くことができることから、個々の直線度増強ロッド180が冠状静脈洞の表面に作用させる直線度増強力の大きさを、弁尖の接合状態を略々完全な状態にするために必要とされる直線度増強力の全体の一部分に相当する力の大きさにし得るということがある。 Furthermore, as it also important, since you have formed a straight line of enhanced rod 180 with elastic material, by a linear degree enhanced rod 180, it is possible to gradually proceed remodeling of living tissues, i.e., over time since it is possible to go exerts dynamic influence on the bonding state of the leaflets, the straightness enhanced force individual straightness enhanced rod 180 exerts on the surface of the coronary sinus sizes, the bonding state of the leaflets it may be referred to substantially be in the magnitude of the force corresponding to the entire portion of the straightness enhanced force required to complete state. また特に、これに関しては、生体組織は動的に反応する性質があるため、可撓性を有する直線度増強ロッドを使用して、生体組織を徐々に最終位置へ移動させて行くことができる。 In particular, in this regard, since the body tissue has a property to dynamically react may use a linear degree enhanced rod having a flexible, gradually move to the final position the body tissue. そのため、生体組織のリモデルを時間をかけて進行させることができ、それによって、生体組織のリモデルを一度に完了させる場合と比べて、生体組織を傷つけるおそれをより小さくすることができる。 Therefore, it is possible to proceed over time the remodeling of biological tissue, whereby, as compared with the case to complete the remodeling of biological tissue at a time, it is possible to further reduce the risk of damaging the biological tissue.

トリートメント・セクション120の1本または複数本の主機能ルーメン170の中に予め直線度増強ロッド180を挿入した上で、その僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞へ進めて行くという方法もあり、また、カテーテル・シャフト100の1本または複数本の主機能ルーメン205の中に予め直線度増強ロッド180を挿入した上で、その僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞へ進めて行くという方法もある。 On inserting a pre straightness enhanced rod 180 into one or a plurality of main functions lumen 170 of treatment section 120, a method called the mitral valvuloplasty device 90 to advance into the coronary sinus There also, after inserting the pre-straightness enhanced rod 180 into one or a plurality of main functions lumen 205 of the catheter shaft 100, proceed the mitral valvuloplasty device 90 into the coronary sinus there is also a method that go. ただし、既述のごとく、通常は、先に僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞の中に挿入し、しかる後に、主機能ルーメン170の中に直線度増強ロッド180を挿入するようにすることが望ましく。 However, as described above, usually, as the mitral valvuloplasty device 90 previously inserted into the coronary sinus, and thereafter, inserting the straightness enhanced rod 180 in the main functional lumen 170 it is desirable to. そうすることによって、患者の冠状静脈洞の中に僧帽弁形成術用デバイスを挿入しているときに、僧帽弁形成術用デバイスの可撓性を、可及的に大きくしておくことができる。 By doing so, when inserting the device for mitral valve plasty in the patient's coronary sinus, the flexibility of the device for mitral valvuloplasty, keep as much as possible greater can.

キャリア部材145の補助ルーメン175の中に直線度増強ロッドを挿入することによって、僧帽弁輪に所望の直線度増強をもたらすようにしてもよい。 By inserting the straightness enhanced rod into the auxiliary lumen 175 of the carrier member 145, it may be provide the desired straightness enhancing the mitral valve annulus. またそうする際に、主機能ルーメン170の中に直線度増強ロッドを挿入すると共に、補助ルーメン175の中に直線度増強ロッドを挿入するようにしてもよく、主機能ルーメン170の中に直線度増強ロッドを挿入する替わりに、補助ルーメン175の中に直線度増強ロッドを挿入するようにしてもよい。 Also in doing so, the main is inserted the straightness enhanced rod into the functional lumen 170, in well be inserted the straightness enhanced rod of the auxiliary lumens 175, straightness in the primary function lumen 170 instead of inserting the enhanced rod, may be inserted the straightness enhanced rod into the auxiliary lumen 175.

1つの好適な構成例においては、主機能ルーメン170の中と補助ルーメン175の中との両方に直線度増強ロッドを挿入することによって、弁輪の近傍部分の形状をより直線形状に近付ける所望の直線度増強効果を得るようにしている。 In one preferred configuration example, by inserting the straightness enhanced rod both in the auxiliary lumen 175 and in the main function lumen 170, desired closer the shape of the vicinity of the annulus more linear shape so as to obtain the straightness enhancing effect.

更に、1つの特に好適な構成例においては、主機能ルーメン170の中に挿入する直線度増強ロッドの可撓性の大きさと、補助ルーメン175の中に挿入する直線度増強ロッドの可撓性の大きさとの間に、適切な相関関係を設定することによって、弁輪の近傍部分の形状をより直線形状に近付ける直線度増強効果を更に改善したものとしている。 Further, in one example particularly preferred configuration, the main and size of the flexible straightness enhanced rod to be inserted into the functional lumen 170, the straightness enhanced rod to be inserted into the auxiliary lumen 175 flexible between the size, by setting the proper correlation, it is assumed that further improve the linearity of enhancing effect to bring the shape of the vicinity of the annulus to a more linear shape.

より詳しく説明すると、1つの好適な実施の形態に係る直線度増強ロッド180においては、図7に示したように、直線度増強ロッド180の末端部S 4の可撓性を比較的大きくすることで、生体管路内を通して直線度増強ロッドを患者の冠状静脈洞まで挿入する操作を容易にしている。 In more detail, the straightness of enhancing rod 180 according to one preferred embodiment, as shown in FIG. 7, be made relatively large flexibility of the distal portion S 4 of straightness enhanced rod 180 in, and the straightness of enhanced rod to facilitate operation of inserting to the coronary sinus of the patient through the biological conduit. ただし、これによって、末端部S 4が発生する直線度増強力が弱まるため、冠状静脈洞のうちのこの末端部S 4に対応した領域では、弁輪の近傍部分の形状をより直線形状に近付けるための直線度増強効果が弱まるという結果を生じるおそれがある。 However, thereby, since the straightness enhanced force distal portion S 4 occurs weakens, the region corresponding to the end portion S 4 of the coronary sinus, closer to the shape of the vicinity of the annulus more linear shape which may cause the result that straightness enhancing effect is weakened for. そこで、図15に示したような補助直線度増強ロッド211を併用するようにしており、この補助直線度増強ロッド211は、その基端部S 5の剛性を第1の大きさとし、その末端部S 6の剛性を第1の大きさより大きい第2の大きさとしたものであり、この補助直線度増強ロッド211の末端部S 6の可撓性の大きさと直線度増強ロッド180の末端部S 4の可撓性の大きさとの間に、適切な相関関係を設定することにより、それら2つの末端部の総合作用によって、弁輪の近傍部分の形状をより直線形状に近付けるための直線度増強力が、所望の大きさとなるようにしたものである。 Therefore, has to be used together supplementary straightness enhanced rod 211 as shown in FIG. 15, the auxiliary straightness enhanced rod 211, the rigidity of the base end portion S 5 first size Satoshi, its distal end are those rigidity of S 6 was first magnitude greater than the second size, the distal end S 4 of flexible size and straightness enhanced rod 180 of the end portion S 6 of the auxiliary straightness enhanced rod 211 between the flexible size, by setting the proper correlation, by the combined action of the two ends, straightness enhanced force to approximate the shape of the vicinity of the annulus more linear shape but it is obtained as a desired size.

本発明の1つの好適な実施の形態においては、補助直線度増強ロッド211の末端部に基端側ほど可撓性が小さくなる可撓性勾配を付与し、それによって、基端側ほど可撓性が大きくなる可撓性勾配を有する直線度増強ロッド180の末端部の影響を補償するようにしている。 In one preferred embodiment of the present invention, a flexible gradient flexible enough base end is reduced to the distal end of the auxiliary straightness enhanced rod 211 grants, whereby flexible enough base end and so as to compensate for the effects of the end of the straightness enhanced rod 180 having flexibility gradient sex increases. この作用を図解して示したのが図16である。 Shown by illustrates this effect is shown in FIG 16. このような可撓性勾配を付与する方法としては、例えば、ロッドの径を変化させる方法や、2種類以上の材料を併用する方法があり、更にその他の方法もある。 As a method for imparting such flexibility gradient, for example, a method of changing the diameter of the rod, there is a method of using two or more kinds of materials, but also further other methods.

本発明の1つの好適な実施の形態においては、先ず、補助ルーメン210の中に1本または複数本の補助直線度増強ロッド211を挿入し、その後に、僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞の中に挿入するようにしており、そして、僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞の中に配置した後に、主機能ルーメン170の中に1本または複数本の直線度増強ロッド180を挿入するようにしている。 In one preferred embodiment of the present invention, firstly, one or a plurality of auxiliary straightness enhanced rod 211 into the auxiliary lumen 210 inserted, thereafter, the mitral annuloplasty device 90 coronary It has to be inserted into the sinus and one or a plurality of straight lines of enhancing rods in the mitral valvuloplasty device 90 after placement into the coronary sinus, the main function lumen 170 and so as to insert a 180.

また、直線度増強ロッド180を、直線度増強ロッド180に作用する大きな応力に耐えられる材料(例えばニチノール等の超弾性金属材料など)で形成し、補助直線度増強ロッド211を、キャリア部材45に必要とされる大きな強度を提供することのできる別の材料(例えば手術器具用ステンレス鋼など)で形成するようにしてもよい。 Moreover, the straightness of enhanced rod 180, made of a material capable of withstanding the high stresses acting on the straightness enhanced rod 180 (e.g., superelastic metal material such as nitinol), an auxiliary straightness enhanced rod 211, the carrier member 45 it may be formed in a different material (e.g. a surgical instrument for stainless steel, etc.) that can provide a large strength required.

既述のごとく、一般的には、直線度増強ロッド180を主機能ルーメン170に挿入するのは、僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞の中に挿入した後とすることが望ましく、そうすることで、僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞に挿入する操作が容易になる。 Above as described, in general, to insert the straightness enhanced rod 180 in the main functional lumen 170, it is desirable to mitral valvuloplasty device 90 and after insertion into the coronary sinus, by doing so, the operation of inserting the mitral valvuloplasty device 90 in the coronary sinus is facilitated.

本発明の1つの実施の形態においては、カテーテル・シャフト100の主機能ルーメン205の中で、また、トリートメント・セクション120の主機能ルーメン170中で、直線度増強ロッド180を移動させるために、簡単な構成のプッシュ・ロッド215(図17)を用いるようにしている。 In one embodiment of the present invention, among the main features lumen 205 of the catheter shaft 100, also in the main function lumen 170 of treatment section 120, in order to move the straightness enhanced rod 180, easy push rod 215 Do arrangement is to use a (Figure 17). プッシュ・ロッド215は、直線度増強ロッド180とは別体に形成してもよく、また直線度増強ロッド180と一体に形成してもよい。 Push rod 215 may be a straight line of enhanced rod 180 separately formed, or may be formed integrally with the straightness of enhanced rod 180. 本発明の1つの好適な実施の形態では、プッシュロッド215を直線度増強ロッド180と一体に形成するか、さもなくば、プッシュロッド215を直線度増強ロッド180に連結するようにしている。 In one preferred embodiment of the present invention, either to form a push rod 215 integral with the straightness of enhancing the rod 180, else, so that coupling to the straightness of enhancing the rod 180 to push rod 215.

ある種の状況下では、直線度増強ロッド180を主機能ルーメン170から抜去する操作が行われることがある。 Under certain circumstances, it may operate to removing the straightness enhanced rod 180 from the main function lumen 170 is performed. その具体例を挙げるならば、無論これに限定されるものではないが、トリートメント・セクション120を冠状静脈洞の中に定位した後に、僧帽弁輪に作用させる直線度増強力を加減するために、先に挿入した直線度増強ロッドを別の直線度増強ロッドに交換することが必要とされ、もしくは望まれることがある。 If Specific examples include, but are not of course limited to, the treatment section 120 after localization in the coronary sinus, in order to moderate the degree of linearity enhancement force to be applied to the mitral valve annulus , is a need to replace a line of enhanced rod inserted previously into another straightness enhanced rod, or it may be desired. 或いはまた、冠状静脈洞の中に展開した僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞から抜去することが必要とされ、もしくは望まれることがあり、そのような場合には、冠状静脈洞の中に定位されているトリートメント・セクション120から直線度増強ロッド180を抜去することが必要とされ、もしくは望まれることになる。 Alternatively, the mitral annuloplasty device 90 that is deployed in the coronary sinus is a need to removed from the coronary sinus, or is it has the desired, in such cases, the coronary sinus It is withdrawn straightness enhanced rod 180 from which treatment section 120 which is localized is required, or be made to desired in. トリートメント・セクション120から直線度増強ロッド180を抜去する際に、その直線度増強ロッド180にプッシュ・ロッド215が一体に形成されているならば、或いは、その直線度増強ロッド180にプッシュ・ロッド215が連結されているならば、その抜去を容易に行うことができる。 From Treatment section 120 when removing the straightness enhanced rod 180, if push rod 215 in the straight line of enhanced rod 180 are formed integrally, or the push rod 215 in the straight line of enhanced rod 180 if There has been connected, it is possible to perform the removal easily. 即ち、そのような場合には、そのプッシュ・ロッド215の基端部を摘んで基端側へ引っ張るだけで、直線度増強ロッド180を容易に抜去することができる。 That is, in such a case, only pulled proximally by pulling the proximal end of the push rod 215, can be easily withdrawn straightness enhanced rod 180.

トリートメント・セクション120から直線度増強ロッド180を抜去するときには、その直線度増強ロッド180を挿入するときに使用したプッシュ・ロッドの末端部を、その直線度増強ロッド180の基端部に着脱可能に連結して、そのプッシュ・ロッドを利用して抜去するようにしてもよい。 When removing the straightness enhanced rod 180 from treatment section 120, a distal end of the push rod which is used to insert the straight line of enhanced rod 180, detachably to the base end portion of the straight line of enhanced rod 180 linked to it may be removed by utilizing the push rod.

更に詳細に説明すると、図18に示したプッシュ・ロッド220は、直線度増強ロッド180に着脱可能に連結されている。 In more detail, the push rod 220 shown in FIG. 18 is detachably connected to the straightness of enhanced rod 180. このプッシュ・ロッド220は、末端部225と基端部230とを有する。 The push rod 220 has a distal portion 225 and proximal portion 230. プッシュ・ロッド220の末端部225には、可撓性を有するコイルスプリング235が設けられており、このコイルスプリング235が、直線度増強ロッド180の基端部に当接している。 The distal end 225 of the push rod 220, a flexible coil spring 235 is provided with, the coil spring 235 is in contact with the proximal end of the straightness enhanced rod 180. プッシュ・ロッド220の基端部230にはハンドル240が取付けられている。 The base end portion 230 of the push rod 220 is a handle 240 is attached. プッシュ・ロッド220には中心ルーメン255が形成されている。 Central lumen 255 is formed on the push rod 220. この中心ルーメン255には引張ワイヤ260が挿通されている。 Pull wire 260 is inserted through the central lumen 255. 引張ワイヤ206の一端は直線度増強ロッド180の基端部に連結されており、引張ワイヤ206の他端はハンドル240に取付けられた引張機構265に連結されている。 One end of the puller wire 206 is connected to the proximal end of the straightness enhanced rod 180, the other end of the tension wire 206 is connected to the tensioning mechanism 265 attached to the handle 240.

使用法について説明すると、直線度増強ロッド180がプッシュ・ロッド220に連結されている状態では、ハンドル240を利用して、直線度増強ロッド180をトリートメント・セクション120の主機能ルーメン170の中に挿入することができ、また、直線度増強ロッド180を主機能ルーメン170から抜去することができる。 Insert About usage is described, in the state where the straightness enhanced rod 180 is connected to a push rod 220, using the handle 240, the straightness of enhanced rod 180 in the main functional lumen 170 of treatment section 120 it can be also be withdrawn straightness enhanced rod 180 from the main functional lumen 170. それらが完了した後に、直線度増強ロッド180をプッシュ・ロッド220から切り離す際には、引張機構265を操作して引張ワイヤ260に十分に大きな引張力を加えれば、引張ワイヤ260を破断させて、引張ワイヤ260と直線度増強ロッド180とを切り離すことができ、それによってプッシュ・ロッド220を僧帽弁形成術用デバイス90から除去することができ、一方、直線度増強ロッド180はトリートメント・セクション120の主機能ルーメン170の中にそのまま残置される。 After they have been completed, when disconnecting the straightness enhanced rod 180 from the push-rod 220, it is added a large tensile force sufficiently to the wire 260 pulling by operating the tensioning mechanism 265, to break the pull wire 260, pull wire 260 and can be separated and straightness of enhancing the rod 180, whereby it is possible to remove the push rod 220 from mitral valvuloplasty device 90, whereas, straightness enhanced rod 180 treatment section 120 it is left in the main function lumen 170.

図19〜図21に、直線度増強ロッドをプッシュ・ロッドに切り離し可能に連結するためのその他の様々な機構を示した。 In 19 to 21, showing various other mechanisms for coupled disconnect the straightness enhanced rod push rod. 図19〜図21に示した構成は、直線度増強ロッド180をプッシュ・ロッドに切り離し可能に連結するという意味では図18の構成と同様であるが、ただし、図19〜図21の構成は、プッシュ・ロッドから切り離された直線度増強ロッドに対して、再びそのプッシュ・ロッドを連結できるという、更なる利点を有するものである。 Configuration shown in FIGS. 19 to 21, in the sense that linked disconnect the straightness of enhanced rod 180 to push rod is similar to the configuration of FIG. 18, however, the configuration of FIG. 19 to FIG. 21, relative straightness enhanced rod, separated from the push rod, that can be connected to the push rod again, and has a further advantage.

図19に示したのは、直線度増強ロッド180をプッシュ・ロッド220に切り離し可能に連結し、しかも、一度切り離したプッシュ・ロッドを再び直線度増強ロッドに連結することのできる構成の1つの具体例である。 Shown in FIG. 19, and linked to disconnect the straightness of enhanced rod 180 to push rod 220, moreover, one specific arrangement that can be connected again straightness enhance rod once detached push rod it is an example. これについて詳細に説明すると、この具体例に係る構成では、(1)直線度増強ロッド180の基端部が凹部270を備えており、(2)プッシュ・ロッド220が、割り溝付き外筒部275と内側くさびロッド280とを備えている。 When this is described in detail, in the structure according to this embodiment, (1) the proximal end portion of the straightness enhanced rod 180 is provided with a recess 270, (2) push rod 220, split grooved outer cylindrical portion and a 275 and an inner wedge rod 280. 内側くさびロッド280を基端側へ引っ張り、割り溝付き外筒部275から引き出すと、割り溝付き外筒部275は径方向に押し広げられた状態から解放されて、凹部270の内周面に対する保持力を失い、それによって、割り溝付き275を凹部270に出し入れすることが可能になる。 Pulling the inner wedge rod 280 proximally, is pulled out from the split grooved outer cylindrical portion 275, split grooved outer cylindrical portion 275 is released from the press unfolded state in the radial direction, with respect to the inner peripheral surface of the recessed portion 270 lose holding power, which makes it possible to out the split grooved 275 in the recess 270. 一方、割り溝付き外筒部275を凹部270に嵌合させた上で、内側くさびロッド280を末端側へ移動させて割り溝付き外筒部275の中へ押し込むと、割り溝付き外筒部275は径方向に押し広げられた状態となり、割り溝付き275が凹部270の内周面を保持できるようになるため、それによって直線度増強ロッド180がプッシュ・ロッド220に固定される。 On the other hand, the split grooved outer cylindrical portion 275 on which is fitted into the recess 270 and moving the inner wedge rod 280 distally pushed into the split grooved outer cylindrical portion 275, split grooved outer cylindrical portion 275 becomes a state of being spread in the radial direction, since the split grooved 275 will be able to hold the inner peripheral surface of the recess 270, whereby the degree of linearity enhancement rod 180 is fixed to the push rod 220. この後、内側くさびロッド280を基端側へ引っ張り、割り溝付き外筒部275から引き出せば、プッシュ・ロッド220を直線度増強ロッド180から抜脱することができ、それによって、直線度増強ロッド180をプッシュ・ロッド220から切り離すことができる。 Thereafter, pulling the inner wedge rod 280 proximally, if pulled out from the split grooved outer cylindrical portion 275, can be pulled out of the push rod 220 from straightness enhanced rod 180, whereby the straightness of enhanced rod can be disconnected 180 from the push-rod 220.

図20に示したのは、直線度増強ロッド180をプッシュ・ロッド220に切り離し可能に連結することのできる構成の別の1つの具体例である。 Shown in FIG. 20 is another one specific example of a configuration that can be coupled disconnect the straightness of enhanced rod 180 to push rod 220. これについて詳細に説明すると、この具体例に係る構成では、(1)直線度増強ロッド180の基端部が、雄形部285を備えており、(2)プッシュ・ロッド220の末端部が、スプリング機能を有する凹部290を備えており、(3)プッシュ・ロッド220の外周に閉止チューブ295が同心的に嵌装されている。 When this is described in detail, in the structure according to this embodiment, (1) the proximal end portion of the straightness enhanced rod 180 is provided with a male portion 285, the end of (2) push rod 220, It includes a recess 290 having a spring function, (3) closure tube 295 on the outer circumference of the push rod 220 is concentrically fitted. この構成において、閉止チューブ295を基端側へ引っ張ってスプリング式凹部290から引き離すと、プッシュ・ロッド220の末端部が、外側から押さえ付けられた状態から解放されてスプリング機能により自由に拡がった状態になり、雄形部材285に対する保持力を失うため、凹部290を雄形部材285に対して嵌脱することが可能になる。 State In this configuration, when separating the closure tube 295 from spring recess 290 by pulling proximally, the distal end of the push rod 220 is released from pressing was state from the outside spread freely by the spring function becomes, to lose holding power against male member 285, it is possible to get out fitting recesses 290 against male member 285. 一方、プッシュ・ロッド220の末端部を雄形部材285の外周に嵌合して、閉止チューブ295を末端側へ移動させてスプリング式凹部290の外周へ嵌合したならば、プッシュ・ロッド220の末端部が雄形部材285を保持して、それによって直線度増強ロッド280がプッシュ・ロッド220に固定される。 On the other hand, it is fitted to the distal end of push rod 220 to the outer periphery of the male member 285, the closure tube 295 if moved distally fitted to the outer periphery of the spring recess 290, the push rod 220 and distal portion holds the male member 285, thereby the straightness of enhancing the rod 280 is fixed to the push rod 220. この後、閉止チューブ295を引っ張って、スプリング式凹部290から離れる方向に移動させ、プッシュ・ロッド220を直線度増強ロッド180から抜脱することによって、直線度増強ロッド130をプッシュ・ロッド220から切り離すことができる。 Thereafter, by pulling the closure tube 295 is moved in a direction away from the spring recess 290, by pulling out the push rod 220 from straightness enhanced rod 180, disconnecting the straightness of enhanced rod 130 from the push rod 220 be able to.

図21に示したのは、直線度増強ロッド180をプッシュ・ロッド220に切り離し可能に連結することのできる構成の別の1つの具体例である。 Shown in FIG. 21 is another one specific example of a configuration that can be coupled disconnect the straightness of enhanced rod 180 to push rod 220. これについて詳細に説明すると、この具体例に係る構成では、直線度増強ロッド180とプッシュ・ロッド220との一方に、バヨネット型連結構造の一方の連結機構を装備し、また、直線度増強ロッド180とプッシュ・ロッド220との他方に、バヨネット型連結構造の他方の連結機構を装備するようにしており、それらによって、直線度増強ロッド180をプッシュ・ロッド220に切り離し可能に連結できるようにしたものである。 When this is described in detail, in the structure according to this embodiment, one of the straightness enhanced rod 180 and the push rod 220, equipped with one coupling mechanism of the bayonet-type coupling structure, also, the straightness of enhanced rod 180 and the other of the push rod 220, and so as to equip the other coupling mechanism of the bayonet-type coupling structure, which they by and to be linked disconnect the straightness of enhanced rod 180 to push rod 220 it is.

当業者であれば、本開示を参照することにより、直線度増強ロッド180をプッシュ・ロッド220に切り離し可能に連結するための、更にその他の様々な方式にも想到するのは当然のことである。 Those skilled in the art by reference to this disclosure, for coupled disconnect the straightness of enhanced rod 180 to push rod 220 is for granted that further conceive other various methods .

既述のごとく、カテーテル・シャフト100(図4)は植込部材95を治療部位へデリバリーする機能を果たすものである。 Above as the catheter shaft 100 (FIG. 4) is intended to fulfill the function of delivering the implant member 95 to the treatment site. カテーテル・シャフト100が植込部材95を治療部位へデリバリーしているときには、そのカテーテル・シャフト100の末端部195が植込部材95の基端部に結合されており、また、本発明の幾つかの実施の形態では、デリバリーが完了した後のある時点で、カテーテル・シャフト100の末端部105を植込部材95の基端部155から切り離せるようにしている。 When the catheter shaft 100 is delivering implant member 95 to the treatment site, the distal end 195 of the catheter shaft 100 is coupled to the proximal end of the implant member 95, also some of the invention in embodiments, at some point after delivery has been completed, so that decouple the distal portion 105 of catheter shaft 100 from the proximal end 155 of the implant member 95. そのためには、植込部材95をカテーテル・シャフト100とは別体に形成して、それをカテーテル・シャフト100に切り離し可能に連結しておくようにしてもよく、或いは、植込部材95をカテーテル・シャフト100と一体に、ただしカテーテル・シャフト100から切り離し可能に形成しておくようにしてもよい。 To that end, the the implant member 95 and the catheter shaft 100 is formed separately, it may also be kept linked to disconnectably the catheter shaft 100, or catheter implant member 95 shaft 100 integrally, but may be previously formed so as to be separated from the catheter shaft 100.

植込部材95をカテーテル・シャフト100とは別体に形成して、それをカテーテル・シャフト100に切り離し可能に連結しておくようにする場合には、両者の選択的連結を可能にする様々な構成を利用することができる。 The implant member 95 has a catheter shaft 100 formed separately, it when to keep linked to disconnect the catheter shaft 100, a variety that allows both selective coupling it is possible to use the configuration.

1つの好適な構成例においては、図22に示したように、接続糸300を用いて植込部材95とカテーテル・シャフト100とを切り離し可能に連結している。 In one preferred configuration example, as shown in FIG. 22, are linked to disconnect the implant member 95 and the catheter shaft 100 with a connection thread 300. これについて詳細に説明すると、1本または複数本の接続糸300の末端部を、トリートメント・セクション120の補助ルーメン175に挿入して固定し、その接続糸300をカテーテル・シャフトの補助ルーメン210に挿通して基端側へ引き出す。 When this is described in detail, through the distal end of one or a plurality of connecting string 300, and fixed by inserting the auxiliary lumen 175 of treatment section 120, the connecting string 300 to auxiliary lumens 210 of the catheter shaft to pull out toward the proximal end. 続いて、その接続糸300を緊張させた状態で、カテーテル・シャフト100の末端部195をトリートメント・セクション120の基端部155に押し付けることにより、植込部材95とカテーテル・シャフト100とが一体化され、あたかも1つのユニットであるかのように扱うことができるようになる。 Subsequently, in a state of being tensioned and the connecting string 300, by pressing the distal end 195 of the catheter shaft 100 to the proximal end 155 of the treatment section 120, and the implant member 95 and the catheter shaft 100 is integrated is, it is possible to treat as if it were one unit. より具体的には、僧帽弁形成術用デバイス90をガイドワイヤ110に沿わせて患者の冠状静脈洞へ進めて行くときには、カテーテル・シャフト100で押すことによって植込部材95を末端側へ移動させることができる。 More specifically, moving the mitral valvuloplasty device 90 when it along a guide wire 110 to proceed into the patient's coronary sinus, the implant member 95 distally by pushing in the catheter shaft 100 it can be. また、僧帽弁形成術用デバイス90を引き出す必要が生じたならば、接続糸300を基端側へ引っ張れば、それによって植込部材95を基端側へ(従って、カテーテル・シャフト1000を基端側へ)引き出すことができる。 Further, if necessary to elicit a mitral valvuloplasty device 90 has occurred, by pulling the connecting string 300 proximally, thereby the implant member 95 proximally (hence, the catheter shaft 1000 group to the end-to-side) can be drawn.

治療部位に植込部材95を残置して、カテーテル・シャフト100を抜去する際には、先ず、カテーテル・シャフト100を動かさずに、接続糸300を基端側へ引っ張ると、それによって接続糸300が植込部材95から抜けて離れるため、続いて、接続糸300とカテーテル・シャフト100とを治療部位から抜去すればよい。 And leaving the implant member 95 to the treatment site, when withdrawing the catheter shaft 100, first, without moving the catheter shaft 100, pulling the connecting string 300 proximally, thereby connecting yarns 300 There to leave missing from the implantable member 95, subsequently, the connecting string 300 and the catheter shaft 100 may be withdrawn from the treatment site. 図23に示したのは、このような作用効果を実現するための1つの構成例であり、この構成例においては、接続糸300が摩擦力によって補助ルーメン175に固定されており、その摩擦力は、十分に大きな力を加えることによって、接続糸300を抜き取ることができる程度のものである(即ち、植込部材95が移動しないようにカテーテル・シャフト300で押さえた状態で接続糸300を強い力で引っ張るようにすればよい)。 Shown in Figure 23 is one configuration example for realizing such a function and effect, in this configuration example, the connection yarn 300 is fixed to the auxiliary lumen 175 by the frictional force, the frictional force , by applying a large force enough, but enough to be withdrawn the connecting string 300 (i.e., a strong connection thread 300 in a state of implant member 95 is pressed by the catheter shaft 300 so as not to move it is sufficient to pull with a force).

別法として、接続糸300を残したまま、カテーテル・シャフト100だけを抜去するようにしてもよく、その場合には、治療部位に残置した植込部材95から基端側へ延出している接続糸300が、そのまま残されることになる。 Alternatively, while leaving the connecting string 300 may be removed only catheter shaft 100, in which case the connection extends proximally from the implant member 95 that is left on the treatment site thread 300 becomes as it leaves the thing. この方法の利点は、後に植込部材95を引き出す必要が生じたときに、残されている接続糸300が、体内に配置されている植込部材95に容易にアクセスするための手段となることである。 The advantage of this method is that when the need to draw the implant member 95 occurs after the connection yarn 300 has been left is that a means for easy access to the implantable member 95 disposed in the body it is. 植込部材95を患者の体内から除去できることは、本発明の優れた利点のうちの1つである。 To the implant member 95 can be removed from the patient's body is one of the advantages of the present invention.

更に、接続糸300が植込部材95から基端側へ延出して露出しているため、その接続糸300に沿わせてキャップ(不図示)を挿入して植込部材95まで進めることにより、植込部材95の基端部にキャップを被着することができる。 Furthermore, since the connecting yarns 300 are exposed extend from the implantable member 95 proximally, by proceeding to implant member 95 by inserting the cap (not shown) along a connection thread 300, It may be deposited to cap the proximal end of the implant member 95. このようなキャップを使用することで、植込部材95の基端部によって生体組織が傷つけられるのを防止することができ、また、植込部材95の内部の少なくとも幾分かが封止されるために、凝固を発生させるおそれも軽減される。 By using such a cap, it is possible to prevent the living tissue from being damaged by the proximal end of the implant member 95, also at least some are sealed inside the implant member 95 in order, also it to generate a coagulation is reduced.

以上に説明した植込部材95は、先に言及した米国特許出願第10/446,470号において細長部材175、184の1つの好適な実施の形態として記載されているものである。 Implant member 95 as described above are those that are listed in one preferred embodiment of the elongate member 175,184 in previously mentioned U.S. Patent Application Serial No. 10 / 446,470. それゆえ、この植込部材95は単独で体内に配置する(例えば、冠状静脈洞の内壁に直接当接させるようにして配置する)ことも可能であり、また、上記米国特許出願において細長部材157、184に関連して記載されているように、その他の何らかのデバイスと共に体内に配置することも可能であって、例えば、安定化スカホールドなどと共に配置することができる。 Thus, the implant member 95 alone to place in the body (e.g., arranged so as to abut directly on the inner wall of the coronary sinus) It is also possible, also, the elongate member 157 in the above U.S. patent application , as described in connection with 184, there can also be arranged in the body along with some other device, for example, it can be arranged such with stabilized scaffolds.

この点に関して付言すると、1本の比較的大径のロッド(例えば先に言及した米国特許出願第10/446,470号に記載されている細長部材157、184など)に替えて、複数本のそれより小径のロッド(例えば上で説明した直線度増強ロッド180、211など)を使用することにより、幾つもの優れた利点が得られる。 When an additional note in this regard, in place of the (elongated such members 157,184 as described in U.S. Patent Application No. 10 / 446,470 mentioned in example above) relatively large diameter of the rod of one, a plurality of than the use of small diameter rod (such as straightness enhancing rods 180,211 as described above for example), many are also excellent advantages. これについて、図24を参照して更に詳細に説明する。 This will be described in more detail with reference to FIG. 24. 図24は、ロッド径(AまたはB)、断面プロファイル(CP)、ピーク剛性(SF)、それにピーク応力(ST)の間の関係を示した模式図である。 Figure 24 is a rod diameter (A or B), is a schematic diagram showing the relationship between the cross-sectional profile (CP), the peak stiffness (SF), it peak stress (ST). 尚、ここで「断面プロファイル」というのは、デバイスの横断面のプロファイルである。 Here, because "the cross-sectional profile" is a profile of the cross-section of the device. より詳しくは、ロッド径Aの1本のロッドに替えて、より小径のロッド径Bの複数本のロッドを使用することにより、植込部材の断面プロファイル(CP)を低下させ、植込部材のピーク剛性(SF)を増大させ、ピーク応力(ST)を低下させることができる。 More specifically, instead of one rod of the rod diameter A, by using a plurality of rods of smaller diameter rod diameter B, to reduce the cross-sectional profile of the implant member (CP), the implant member increased peak stiffness (SF), it is possible to reduce the peak stress (ST). 従って、複数本の小径のロッドによって構成される本発明に係る複合ロッド方式の植込部材(インプラント)は、1本の比較的大径のロッドから成るロッド形植込部材(インプラント)と比較して、より大きな利点をもたらすものである。 Thus, implant members of composite rods method according to the present invention constituted by a plurality of small diameter rod (implant) is compared to the rod-shaped implant element comprising a single relatively large diameter rods (implant) Te, it is one that results in a greater advantage.

また更に、本発明に従って構成した植込デバイスによれば、医師は、複数の変数を調節することができるため、それによって様々な大きさの直線度増強力を発生させることができ、更にそれによって最適の結果を得ることができる。 Furthermore, according to the implantable device constructed in accordance with the present invention, the physician, it is possible to adjust the plurality of variables, whereby it is possible to generate a linear degree enhanced force of various sizes, further whereby it can be obtained optimum results. 調節可能な変数には、(1)体内の植込部材を定位する位置、(2)植込部材に挿入するロッドの位置、(3)挿入するロッドの長さ、(4)挿入するロッドの剛性、それに(5)全体としての植込部材の剛性の大きさなどがある。 Adjustable variables, (1) the position of the stereo image in the body of the implantable member, (2) position of the rod to be inserted into the implant member, (3) inserting length of the rod, the rod to be inserted (4) rigidity, it (5) is such as the size of the overall stiffness of the implantable member.

この僧帽弁形成術用デバイス90は、様々な実施の形態として構成し得るものであるため、様々な用途に使用可能である。 The mitral valvuloplasty device 90, since it is capable of constituting a various embodiments, can be used in a variety of applications. その具体例を挙げるならば、本発明の1つの実施の形態では、僧帽弁形成術用デバイス90を純粋に診断用デバイスとして利用するものとし、診断のための処置が完了したならば、その全体を抜去することができるものとしている。 If Specific examples, in one embodiment of the present invention, and those utilizing mitral valvuloplasty device 90 purely as a diagnostic device, if the treatment for diagnosis has been completed, the it is assumed that can be withdrawn in its entirety. また、本発明の別の実施の形態として、処置の完了後に、その処置を行うために定位した位置に、僧帽弁形成術用デバイス90の全体を残置しておけるようにすることも可能である。 As another embodiment of the present invention, after completion of the treatment, the position orientation in order to perform the procedure, it is also possible to make definitive by leaving the entire mitral valvuloplasty device 90 is there. この場合には、コスト上の理由から、その僧帽弁形成術用デバイス90を、植込部材95をカテーテル・シャフト100に一体に形成したものとする(例えばモールド成形などにより)とよい。 In this case, for cost reasons, the mitral valvuloplasty device 90 may as assumed integrally formed with (such as by molding) the implant member 95 to the catheter shaft 100. 本発明の更に別の形態においては、治療処置が完了したならば、僧帽弁形成術用デバイス90のうちの、植込部材95だけを治療部位に残置して、その他の部分を抜去することができるように、僧帽弁形成術用デバイス90を構成している。 In yet another embodiment of the present invention, if the therapeutic treatment is completed, of the mitral valvuloplasty device 90, that by leaving only implant member 95 to the treatment site, is pulled out other parts as can constitute a mitral valvuloplasty device 90. この場合には、植込部材95をカテーテル・シャフト100とは別体に形成して、両者を切り離し可能に連結し、体内に配置されている間は両者が連結された状態に維持しておき、処置が完了したならば、その僧帽弁形成術用デバイス90のうちの植込部材95だけを冠状静脈洞の中に残置して、その他の部分を抜去するようにするのもよい。 In this case, the implant member 95 and the catheter shaft 100 is formed separately, and linked to disconnect both while it is placed in the body in advance to maintain the state where they are connected if treatment is completed, and leaving only the implant member 95 of the mitral valve angioplasty device 90 in the coronary sinus it may be to adapted to withdrawing the other portions.

この僧帽弁形成術用デバイスを、洗浄液でフラッシュ洗浄することが必要とされる状況も数多く存在する。 The mitral valve device for angioplasty, it is there are many some situations be necessary to flushed with cleaning liquid. フラッシュ洗浄を行うのは例えば、空気塞栓を排除するためであり、或いはまた、造影剤を供給するためであり、或いはまた、フラッシュ洗浄はその他の目的でも行われる。 Perform flushing is, for example, in order to eliminate air emboli, or alternatively, is for supplying a contrast agent, or alternatively, flushing is carried out also for other purposes. それらの場合に、患者の体内に異物が侵入するおそれを最小限にするために、図25に示したように、複数本のルーメンをそれらの末端において、1つまたは複数のコネクタ部分305に接続することにより、閉じた流路を画成するとよい。 In those cases, in order to minimize the possibility of entering foreign matter into the patient, as shown in FIG. 25, connecting a plurality of lumens at their ends, the one or more connector portions 305 by, it may define a closed flow path. 尚、植込部材95がカテーテル・シャフト100とは別体に形成されていて、しかも、洗浄液をカテーテル・シャフト100の主機能ルーメン205から植込部材95の主機能ルーメン170へ流入させる必要がある場合には、植込部材95とカテーテル・シャフト100との接続を液密接続とする必要がある。 Incidentally, implant member 95 to the catheter shaft 100 are formed separately, moreover, it is necessary to flow the cleaning liquid from the primary function lumen 205 of the catheter shaft 100 to the main function lumen 170 of the implant member 95 case, there needs to be fluid-tight connection the connection between implant member 95 and the catheter shaft 100.

トリートメント・セクション120は、その全長に亘って同一の円形の断面形状(例えば図6に示したような断面形状)を有するように形成してもよく、或いは、その長手方向位置によって断面形状が変化するように形成してもよい。 Treatment section 120 may be formed to have the same circular cross-sectional shape (e.g. cross-sectional shape as shown in FIG. 6) over its entire length, or the cross-sectional shape varies depending on the longitudinal position it may be formed so as to. その具体例を挙げるならば、ただしこれに限定されるものではないが、例えば、トリートメント・セクション120が、その末端部150では円形の断面形状(図26)を有し、その長手方向の中間部(即ち、僧帽弁のP2弁尖の近傍に位置する部分)では、矩形または台形の断面形状(図27)を有し、その基端部155では、比較的扁平な断面形状(図28)を有するように形成するようにしてもよい。 If Specific examples, but not limited to, for example, treatment section 120 has its the distal end 150 circular cross-sectional shape (FIG. 26), an intermediate portion in the longitudinal direction (i.e., partial positioned near the apex P2 valve of the mitral valve) in has a rectangular or trapezoidal cross-sectional shape (FIG. 27), the its proximal end 155, a relatively flat cross-sectional shape (Figure 28) it may be formed to have a. 更に、トリートメント・セクション120の断面形状が、円形以外の形状である場合には、手術部位へ挿入する操作を行っている間、トリートメント・セクション120を拘束して、トリートメント・セクション120が円形の断面形状を呈するようにしておくとよく、それによって、患者の血管系の中を通過させてトリートメント・セクションを挿入することが容易になる。 Further, the sectional shape of the treatment section 120, when a shape other than circular, while performing an operation of inserting the surgical site, to restrain the treatment section 120, a treatment section 120 is circular cross-section may If left to assume the shape, thereby it is easy to be passed through the patient's vasculature insert a treatment section. これを実現するには、トリートメント・セクション120を、取外し可能なシース310(図28)の中に収容し、トリートメント・セクション120を手術部位に定位した後にそのシース310を除去するようにすればよく、それによって、トリートメント・セクション120の形状は所要の形状を回復する。 To achieve this, well treatment section 120, and housed in a removable sheath 310 (FIG. 28), if to remove the sheath 310 after localized treatments section 120 to the surgical site whereby the shape of the treatment section 120 recovers the required shape.

図26〜図28には、更に、トリートメント・セクション120の中を貫通して延在する複数本のルーメンを全て同一径にしてもよいということを例示した。 Figure 26 to 28, further illustrated that all the plurality of lumens may be the same diameter extending through the inside of the treatment section 120.

既述のごとく、植込部材95を安定化スカホールドと共に配置するようにしてもよく、使用する安定化スカホールドは、例えば先に言及した米国特許出願第10/446,470号に開示されている種類のものとすることができる。 Above as described, may be arranged the implant member 95 with stabilizing scaffold stabilized scaffolds to be used, for example, the type disclosed in previously mentioned U.S. Patent Application Serial No. 10 / 446,470 it can be made of. そのような安定化スカホオールドは、僧帽弁形成術用デバイスが冠状静脈洞の壁面に及ぼす力を分散させるのに役立ち、また、トリートメント・セクション120の中央部が長手方向にずれて移動してしまうのを防止する安定化にも役立つ(ただし、このデバイスの末端部及び基端部は、直線度増強ロッドが挿入されてこのデバイスの形状が直線的になろうとする際に、生体組織の表面に接した状態で移動できるようにしておくことが一般的には好ましい)。 Such stabilizing Sukahoorudo the device for mitral valve arthroplasty help to distribute forces on the wall of the coronary sinus, also move the central portion of the treatment section 120 is displaced in the longitudinal direction also help stabilize to prevent put away the (provided that distal end and a proximal end of the device, when it is inserted straightness enhanced rod shape of the device intends to become linearly, surface of the body tissue it is preferable in general to make sure that you can move in a state of being in contact with). 更に、トリートメント・セクション120の外周面の一部に生体組織の内方成長を促進する構造315(図29)を備えているようにするのもよく、そうすれば、トリートメント・セクション120の中央部を冠状静脈洞の中に更にしっかりと固定することができる。 Furthermore, Treatment structure 315 on a part of the outer peripheral surface to promote ingrowth of the living tissue section 120 may be to such and a (FIG. 29), if so, the central part of the treatment section 120 it can be further firmly fixed to the coronary sinus. その具体例を挙げるならば、ただしこれに限定されるものではないが、トリートメント・セクション120の外周面に不規則な、即ち「ファジー」な凹凸を形成し、及び/または、その外周面に、生体組織の内方成長を促進する内方成長促進剤をコーティングするようにしてもよい。 If Specific examples, but not limited to, irregular on the outer circumferential surface of the treatment section 120, i.e., form a "fuzzy" irregularities, and / or on its outer peripheral surface, it may be coated ingrowth promoter that promotes ingrowth of body tissue. 本発明の1つの好適な実施の形態においては、表面構造315をグラフト部材としており、また好ましくは、ダクロン(商標)とテフロン(商標)とを使用したハイブリッド材料で形成し、テフロン(商標)で製作したトリートメント・セクション120のボディにこれを固定するようにしており、また、そのグラフト部材が、大きな静止摩擦力と、大きな内皮成長促進特性とを備えているようにしている。 In one preferred embodiment of the present invention, the surface structure 315 has a graft member, also preferably formed of a hybrid material using a Dacron (TM) Teflon (TM), Teflon (trade mark) and so as to secure it to the body of the fabricated treatment section 120, also, the graft member, so that has a large static frictional force, and a large endothelial growth promoting properties.

コリドール・システム Corridor system
図30及び図31に示した1つの好適な実施の形態に係る僧帽弁形成術用デバイス90は、植込処置の完了後に、植込部材95まで延在する再アクセス用の「コリドール(通用路)」を残存させるように構成したものである。 30 and mitral valvuloplasty device 90 according to one preferred embodiment shown in FIG. 31, after completion of the implantation procedure, "corridor (Spoken for re-access extending to implant member 95 road) "is obtained by adapted to leave. これを実現するために、(1)この僧帽弁形成術用デバイス90は、トリートメント・セクション120の基端部155とカテーテル・シャフト100の末端部とを一体に形成した「単一ユニット」構造とされており、(2)この僧帽弁形成術用デバイス90は、鎖骨下静脈から患者の血管系にアクセスすることを想定して構成されており、(3)植込処置の完了後に、カテーテル・シャフトの基端部にキャップ320を被着して、それを患者の皮下に形成した「ポケット」の中に固定するようにしてあり、これらについて以下に更に詳細に説明する。 To achieve this, (1) Device for the mitral valvuloplasty 90, a distal portion of the proximal end portion 155 of the treatment section 120 and the catheter shaft 100 are formed integrally "single unit" structure and are, (2) the mitral valvuloplasty device 90, assuming that the access from the subclavian vein into the patient's vascular system is configured, after the completion of (3) implantation treatment, by adhering the cap 320 to the proximal end of the catheter shaft, it Yes be fixed to the inside to form the skin of the patient in "pocket", it will be described in more detail below these.

より詳しくは、本発明のこの実施の形態においては、僧帽弁形成術用デバイス90は、先に説明したようにして、ガイドワイヤに沿わせて挿入することが好ましいものであり、挿入が完了したならば、リード・セクション115はAIVの中に入り込んで下向きになり、トリートメント・セクション120は冠状静脈洞の中の僧帽弁後尖の近傍の領域に配置され、カテーテル・シャフト100はそこから右心房を通過し、更に上大静脈の中を上方へ向かって延在し、更に一方の鎖骨下静脈の中を上方へ向かって延在し、そして、その鎖骨下静脈の血管壁を貫通して体外へ延出する。 More specifically, in this embodiment of the present invention, mitral valvuloplasty device 90, as described above, are those that are preferably inserted along the guide wire, the insertion is completed if the read section 115 is directed downward enters into AIV, treatment section 120 is arranged in the region near the leaflet mitral valve in the coronary sinus, the catheter shaft 100 from which passes through the right atrium, extends further toward the inside of the upper vena cava upward, it extends further toward the inside of one of the subclavian vein upward and through the vessel wall of the subclavian vein extending to the outside of the body Te. 尚、本発明の1つの好適な実施の形態においては、この僧帽弁形成術用デバイス90の直径を、約7フレンチとしている。 Note that in one preferred embodiment of the present invention, the diameter of the mitral valvuloplasty device 90, is set to approximately 7 French.

僧帽弁形成術用デバイス90は、安定支持スカホールド325を通すことが好ましく、この安定支持スカホールド325は、冠状静脈洞の中に配置され、冠状静脈口45の近傍において僧帽弁形成術用デバイス90を摺動可能に支持するものである。 Mitral valvuloplasty device 90 is stably supported is preferably passed through the scaffold 325, the stable supporting scaffold 325 is placed in the coronary sinus, the mitral valve plasty in the vicinity of the coronary ostium 45 the use device 90 is for slidably supporting. このような支持スカホールド325としては、先に言及した米国特許出願第10/446,470号に開示されているものなどを使用すればよい。 As such a support scaffold 325 may be used such as those disclosed in U.S. Patent Application No. 10 / 446,470 referred to above. また、それだけに限られず、このような支持スカホールド325としては、僧帽弁形成術用デバイス90が冠状静脈洞の壁面に及ぼす力を分散させるのに役立ち、且つ、僧帽弁形成術用デバイス90がその支持スカホールドに対して相対的に摺動できる構成のものであれば、任意の適当な構成のものを用いることができる。 It also only limited without, as such support scaffold 325, helps mitral valvuloplasty device 90 to distribute the force exerted on the walls of the coronary sinus, and the device for mitral valve plasty 90 There long as the structure can slide relatively with respect to the support scaffold, it can be used in any suitable configuration. 僧帽弁形成術用デバイス90は更に、生体組織の内方成長を行わせる領域315を備えたものとすることが好ましく、この領域315は、トリートメント・セクション120の中央部を冠状静脈洞に固定するのに役立つ。 Furthermore mitral valvuloplasty device 90 is preferably be provided with an area 315 to perform the ingrowth of the living tissue, this region 315, the fixed central portion of the treatment section 120 in the coronary sinus to help. また、この領域315は、僧帽弁形成術用デバイス90のトリートメント・セクション120の末端部の外周に装着する、耐蝕性スリーブとして機能するグラフト330から成るものとすることが好ましい。 Also, the region 315 is mounted on the outer periphery of the distal end of the treatment section 120 of the mitral valvuloplasty device 90, it is preferable to consist of graft 330 that functions as a corrosion resistant sleeve.

尚、以上に説明した構成では、僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞の中に適切に定位した後に、主機能ルーメン205、170の中に直線度増強ロッド180を挿入し、それによって患者の生体組織を変形させて僧帽弁逆流が軽減されるようにする。 In the configuration described above, the mitral valvuloplasty device 90 after suitable localization in the coronary sinus, and insert the straightness of enhanced rod 180 in the main functional lumen 205,170, whereby by deforming the patient's anatomy so as mitral regurgitation is reduced.

主機能ルーメン170の中に直線度増強ロッド180を挿入し、それによって患者の生体組織を変形させて僧帽弁逆流が軽減されるようにしたならば、続いて、チューブ状のバンパー・コイル335(図31)などの適当な器具を主機能ルーメン205の中に挿入して主機能ルーメン205の隙間を埋め、それによって、直線度増強ロッド180が主機能ルーメン170の中で移動しないように確実に固定する。 Insert the straightness of enhanced rod 180 in the main functional lumen 170, if it thereby to deform the patient's anatomy and to mitral regurgitation is reduced, subsequently, the tubular bumper coils 335 a suitable instrument, such as (Figure 31) is inserted into the main functions lumen 205 to fill the gap of the main functions lumen 205, thereby securely so as not to move straightness enhanced rod 180 in the main functional lumen 170 fixed to. 尚、直線度増強ロッド180が前述した引張ワイヤ260(図18)を備えている場合には、その引張ワイヤをチューブ状のバンパー・コイル335の中に通すようにすればよい。 In the case where straightness enhanced rod 180 is provided with a pull wire 260 described above (FIG. 18) is, the pull wire may be to pass into the tubular bumper coils 335.

ただし、直線度増強ロッド180がプッシュ・ロッド215(例えば図17に示したようなプッシュ・ロッド)に連結されている場合には、通常、バンパー・コイルなどの器具は不要であり、なぜならば、そのプッシュ・ロッド215がバンパー・コイルの機能を肩代わりして、主機能ルーメン205の隙間を埋め、直線度増強ロッド180が主機能ルーメン170の中で移動しないように確実に固定するからである。 However, if the straightness enhanced rod 180 is connected to the (push rod as shown in example FIG. 17) the push rod 215 is normally instrument, such as a bumper coil is not required, because, as push rod 215 to take over the function of the bumper coil fills the gap between the main functions lumen 205, because the straightness of enhancing the rod 180 is securely fixed so as not to move in the main functions lumen 170.

以上が完了したならば、カテーテル・シャフト100の基端部を、患者の胴部の皮下に形成した「ポケット」の中に収容する。 If above has been completed, to accommodate the proximal end of the catheter shaft 100, in the form subcutaneously in the body of a patient's "pocket". より詳しくは、カテーテル・シャフト100の基端部を(それが長すぎる場合に)適当な長さに切り整え、そしてキャップ320を被着した上で、皮下ポケットの中に収容する。 More specifically, (if it is too long) the proximal end of the catheter shaft 100 trimmed to a suitable length, and after having deposited the cap 320 is contained within a subcutaneous pocket. キャップ320は、簡単な構造の「単体」キャップでもよいが、内側キャップ340と外側キャップ355とで構成したものであればなお好ましい。 Cap 320 may be a "single" caps having a simple structure but still preferable as long as it is constituted by the inner cap 340 and outer cap 355. その場合の内側キャップ340は、シール345と、プラグ350とを備えたものとするのがよく、プラグ350は、内側キャップ340に、引張ワイヤ260と、バンパー・コイル335またはプッシュ・ロッド215(直線度増強ロッド180にプッシュ・ロッド215が連結されている場合)とを固定するものである。 Inner cap 340 in this case includes a seal 345, well to the one having a plug 350, the plug 350, the inner cap 340, a pull wire 260, bumper coil 335 or push rod 215 (linear If the push rod 215 to degrees enhanced rod 180 is coupled) and is intended to secure the. 一方、外側キャップ355は、単にこの僧帽弁形成術用デバイスの尾部の全体を覆うために嵌合して被着するものである。 On the other hand, the outer cap 355, but is merely deposited fitted to covers the entire tail of the mitral valvuloplasty device. 外側キャップ355は、組織を傷つけるおそれの小さい形状とし、患者に違和感を与えないものとすることが好ましい。 Outer cap 355, the risk of small shapes hurt tissue, it is preferable to assume that does not give a sense of discomfort to the patient.

この実施の形態に係る「コリドール・システム」は、数々の優れた利点を提供するものである。 According to this embodiment "corridor system" is to provide various advantages. それら利点のうちでも特に、植込んだデバイスに容易にアクセスすることのできるアクセス経路を提供しているため、植込処置の完了後に生体組織の変形の度合いを調節したいとき、それを容易に実現できるということがある。 Particularly Among them advantages, because it provides access paths that can be easily accessed implanted elaborate devices, if you want to adjust the degree of deformation of the biological tissue after completion of the implantation procedure, easily realize it there is a fact that can be. これを行うには、例えば、皮下ポケットを開いて僧帽弁形成術用デバイスの基端部にアクセスし、外側キャップ355を除去し、内側キャップ340を除去し、チューブ状のバンパー・コイル335を抜去し、引張ワイヤ260を利用して直線度増強ロッド180を抜去し、替わりに使用する直線度増強ロッド180を挿入し、チューブ状のバンパー・コイル335を再装着し、そして、この僧帽弁形成術用デバイスにキャップを再装着すればよい(或いは、直線度増強ロッド180がプッシュ・ロッド215に連結されている場合には、皮下ポケットを開いて僧帽弁形成術用デバイスの基端部にアクセスし、外側キャップ355を除去し、内側キャップ340を除去し、プッシュ・ロッド215を利用して直線度増強ロッド180を抜去し To do this, for example, to open the subcutaneous pocket access to the proximal end of the device for mitral valvuloplasty, removing the outer cap 355 to remove the inner cap 340, a tubular bumper coils 335 pulled-tensile withdrawn the straightness of enhanced rod 180 using the wire 260, and insert the straightness of enhanced rod 180 to be used instead, then reseat the tubular bumper coils 335 and the mitral valve a device for angioplasty may be remounted cap (or, if the straightness enhanced rod 180 is connected to a push rod 215, a proximal portion of the device for mitral valve plasty open subcutaneous pocket accessing, removing the outer cap 355 to remove the inner cap 340, and removing the straightness of enhanced rod 180 using a push rod 215 替わりに使用する直線度増強ロッド180をプッシュ・ロッド215を介して挿入し、そして、僧帽弁形成術用デバイスにキャップを再装着すればよい)。 The degree of linearity enhancement rod 180 to be used instead inserted through the push rod 215, and may be re-attached cap to the device for mitral valvuloplasty). 或いはまた、植込んだデバイスに容易にアクセスすることのできるアクセス経路を提供しているため、植込んだデバイスの全体を患者の体内から抜去したいときにはそれも可能であり、それには、皮下ポケットを開いて僧帽弁形成術用デバイスの基端部にアクセスし、外側キャップ355を除去し、内側キャップ340を除去し、チューブ状のバンパー・コイル335を除去し、引張ワイヤ260を利用して直線度増強ロッド180を抜去し、そして、カテーテル・シャフト100の基端部を基端側に引っ張ることによって、この僧帽弁形成術用デバイスの残りの部分を抜去すればよい(或いは、直線度増強ロッド180がプッシュ・ロッド215に連結されている場合には、皮下ポケットを開いて僧帽弁形成術用デバイスの基端部にアクセ Alternatively, because it provides access paths that can be easily accessed implanted elaborate devices, the entire planting elaborate device when desired to withdrawn from the patient's body is it possible, to, subcutaneous pocket open access to the proximal end of the device for mitral valvuloplasty, the removal of the outer cap 355 to remove the inner cap 340 to remove the tubular bumper coils 335 linearly by utilizing the pull wire 260 and removing the degree enhanced rod 180, and, by pulling the proximal end of the catheter shaft 100 proximally, the rest of the device for the mitral valvuloplasty may be removed (or straightness of enhancing when the rod 180 is connected to a push rod 215, access open subcutaneous pocket to the proximal end of the device for mitral valve plasty し、外側キャップ355を除去し、内側キャップ340を除去し、プッシュ・ロッド215を利用して直線度増強ロッド180を抜去し、そして、カテーテル・シャフト100の基端部を基端側に引っ張ることによって、この僧帽弁形成術用デバイスの残りの部分を抜去すればよい。 It was, to remove the outer cap 355 to remove the inner cap 340, and removing the straightness of enhanced rod 180 using a push rod 215, and pulls the proximal end of the catheter shaft 100 proximally by, it may be removed and the remaining portions of the device for the mitral valvuloplasty.

更に、この僧帽弁形成術用デバイス90は、その使用に際して、皮下ポケットの中に収まるように、基端部の寸法を合わせる(即ち切り整える)ことのできる「単一ユニット」構造のデバイスであるため、デバイスの寸法の問題(従って在庫の問題)が格段に軽減されている。 In addition, the mitral annuloplasty device 90, upon its use, to fit in the subcutaneous pocket, match the dimensions of the base end portion (i.e., trimming) in the "single unit" structure device capable of there causes a problem of the dimensions of the device (hence problems stock) is remarkably reduced.

図32〜図38に示したのは、また別の好適な実施の形態に係る僧帽弁形成術用デバイス90である。 Shown in FIGS. 32 to 38, also a mitral valvuloplasty device 90 according to another preferred embodiment. この構成においては、植込部材95がカテーテル・シャフト100と一体に形成されており(図32〜図34、及び図36参照)、直線度増強ロッド180がプッシュ・ロッド215に連結されている(図38参照)。 In this configuration, implant members 95 are formed integrally with the catheter shaft 100 (see FIGS. 32 to 34, and 36), the straightness of enhancing the rod 180 is connected to a push rod 215 ( see Figure 38). 更に、カテーテル・シャフト100に3本の主機能ルーメン205が形成されており(図35)、植込部材95に3本の主機能ルーメン170が形成されている(図32〜図38においては不図示)。 Furthermore, the three on the catheter shaft 100 has a main function lumen 205 is formed (FIG. 35), the three main functions lumen 170 is formed are (FIGS. 32 to 38 in implant member 95 is not shown). トリートメント・セクション120の中央部を固定するために、また、生体組織の内方成長を促進するために設けられている表面構造315は、トリートメント・セクションの外周に螺旋状に巻回した縫合糸などのフィラメントによって形成されている(図32〜図34、及び図36)。 To secure the central part of the treatment section 120, also, surface structure 315 is provided to facilitate ingrowth of living tissue, the outer periphery of the treatment section spiral suture wound like It is formed by the filament (FIGS. 32 34, and 36). プッシュ・ロッド215のシャフトに、大径部400(図38)を形成して、フルオロスコープを使用したときの視認性を向上させるようにしてもよい。 The shaft of the push rod 215, to form a large-diameter portion 400 (FIG. 38), may be to improve the visibility when using fluoroscope. カテーテル・シャフト100の基端部をキャップ500が閉塞している。 The proximal end of the catheter shaft 100 cap 500 is closed.

図32〜図38のデバイスは、「コリドール」方式を採用したものとすることが好ましい。 Device FIGS. 32 38, it is assumed that adopting a "corridor" method is preferred. より詳しくは、この僧帽弁形成術用デバイス90は、好ましくは、鎖骨下静脈から患者の血管系に導入して、冠状静脈洞の中まで挿入する。 More particularly, this mitral valvuloplasty device 90 is preferably introduced from the subclavian vein into the vascular system of a patient, inserted to the coronary sinus. 続いて、1本または複数本の直線度増強ロッド180を主機能ルーメン205、170に挿入して、患者の生体組織を変形させて僧帽弁逆流が軽減されるようにする。 Subsequently, by inserting one or a plurality of straight lines of enhancing the rod 180 to the main function lumen 205,170, so as to deform the patient's anatomy mitral regurgitation is reduced. 続いて、キャップ500を被着してこの僧帽弁形成術用デバイスの基端部を閉塞する。 Subsequently, the cap 500 is deposited to close the proximal end of the device for the mitral valvuloplasty. 続いて、この僧帽弁形成術用デバイス90の基端部を皮下ポケットの中に収容する。 Then, to accommodate the proximal end of the mitral valvuloplasty device 90 into the subcutaneous pocket. この後、僧帽弁形成術用デバイス90に対して(例えば1本または複数本の直線度増強ロッド180を追加、除去、または交換することにより)調節を施す必要が生じたならば、皮下ポケットを開き、キャップ500を除去して、この僧帽弁形成術用デバイスのシステムに再アクセスすればよい。 Thereafter, (add for example one or a plurality of straight lines of enhancing the rod 180, is removed, or by exchanging) relative mitral valvuloplasty device 90 if the adjusting subjected need arises, a subcutaneous pocket open, by removing the cap 500, may be re-access the system of the mitral valvuloplasty device.

僧帽弁形成術用デバイスを電気リード線と共に使用する使用法 Using the use of the device for mitral valvuloplasty with electrical leads
本発明に係る新規な僧帽弁形成術用デバイスは、電気リード線と共に使用することができ、その電気リード線は例えば、植込形の両心室ペーシング・デバイス、植込形の除細動器、等々のための電気リード線である。 Device for the new mitral valvuloplasty according to the present invention can be used with electrical leads, the electrical leads for example, implantable biventricular pacing devices, implantable defibrillators , it is an electrical lead for and so on. この僧帽弁形成術用デバイスを電気リード線と共に使用するという方式は、大きな利点を提供し得るものであり、なぜならば、それらの電気リード線は、一般的に、僧帽弁形成術用デバイス90を挿入する体内経路と同一の体内経路に挿入されるからであり、即ち、その体内経路とは、通常の血管アクセス部位(例えば左鎖骨下静脈25など)からAIV60へ至る体内経路である。 Method of using the device for the mitral valve plasty with electrical leads, which may provide significant advantages, because their electrical leads, generally, the device for mitral valve plasty is because being inserted into the same body path and the body passage for inserting the 90, i.e., the its body pathway, the in-vivo path from normal vascular access site (e.g., the left subclavian vein 25) to AIV60.

その具体例を挙げるならば、無論これに限定されるものではないが、本発明の1つの好適な実施の形態では、先ず、1本または複数本の電気リード線を、冠状静脈洞を通過させて、また更にAIVを通過させて、その先の適当な生体組織にまで挿入するようにしている。 If Specific examples, but of course not limited to this, in one preferred embodiment of the present invention, firstly, one or a plurality of electrical leads, passed through a coronary sinus Te, also passed through a further AIV, it is to be inserted to its previous suitable biological tissue. 次にガイドワイヤ110を冠状静脈洞の中まで挿入する。 Then inserting the guide wire 110 to the coronary sinus. ただしこれとは逆に、先にガイドワイヤ110を冠状静脈洞の中まで挿入し、その後に1本または複数本の電気リード線を挿入するようにしてもよい。 However Conversely, inserting the tip into the guide wire 110 to the coronary sinus, then it may be inserted one or a plurality of electrical leads. 続いて、僧帽弁形成術用デバイス90を、それらガイドワイヤ及び電気リード線に装着する。 Subsequently, the mitral annuloplasty device 90, mounted on their guide wire and electrical leads. その際には、互いに位置合せされた主機能ルーメンのペア170、205にガイドワイヤの基端部を挿入し、また、互いに位置合せされた主機能ルーメンのペア170、205に(または、互いに位置合せされた補助ルーメンのペア175、210などのその他のルーメンに)電気リード線を挿入する。 At that time, by inserting the proximal end of the guide wire to the main functions lumen pairs 170,205 which are aligned with each other, also, the primary function lumen pairs 170,205 which are aligned with each other (or, position each other other lumens such pairs 175,210 of combined auxiliary lumen) inserting the electrical leads. 続いて、僧帽弁形成術用デバイス90をそれらガイドワイヤ及び電気リード線に沿わせて末端側へ進めて行く。 Then, proceed with mitral valvuloplasty device 90 and along their guide wires and electrical leads to the terminal side. 僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞の中の適切な位置に定位したならば、先に説明したようにして、直線度増強ロッド180を挿入する。 Once localized mitral valvuloplasty device 90 in position within the coronary sinus, as previously described, to insert the straightness enhanced rod 180.

このような場合を示した具体例として、図39には、僧帽弁形成術用デバイスの末端部から延出した電気リード線600が示されている。 Specific examples illustrating this case, in FIG. 39, electrical leads 600 extending from the distal end of the device for mitral valve plasty is shown.

また別法として、本発明の別の実施の形態では、僧帽弁形成術用デバイスを冠状静脈洞の中の目標位置まで案内するのに、ガイドワイヤの替わりに電気リード線を使用し、ガイドワイヤは使用しないようにしている。 Further alternatively, in another embodiment of the present invention, to guide the device for mitral valve plasty to the target position in the coronary sinus, using electrical leads in place of the guide wire, guide wires are not to use. より詳しくは、本発明のこの実施の形態では、最初に1本または複数本の電気リード線を、冠状静脈洞を通過させて、更にAIVを通過させて、その先の適当な生体組織にまで挿入するようにしている。 More specifically, in this embodiment of the present invention, the first one or a plurality of electrical leads, it is passed through the coronary sinus, passed through a further AIV, to its previous suitable biological tissue It is to be inserted. 続いて、僧帽弁形成術用デバイス90をその電気リード線に装着する。 Then, mounting the mitral valvuloplasty device 90 to the electrical leads. その際には、互いに位置合せされた主機能ルーメンのペア170、205に(または、互いに位置合せされた補助ルーメンのペア175、210などのその他のルーメンに)電気リード線を挿入する。 At that time, the primary function lumen pairs 170,205 which are aligned with each other (or, in other lumens such pairs 175,210 of the auxiliary lumens are aligned with each other) to insert the electrical leads. 続いて、僧帽弁形成術用デバイス90をその電気リード線に沿わせて末端側へ進めて行く。 Then, to proceed to the distal side and along the mitral valvuloplasty device 90 to the electrical leads. 僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞の中の適切な位置に定位したならば、先に説明したようにして、直線度増強ロッド180を挿入する。 Once localized mitral valvuloplasty device 90 in position within the coronary sinus, as previously described, to insert the straightness enhanced rod 180.

当然のことながら、1本または複数本の電気リード線を挿通しようとするルーメンが、他の用途に使用するために必要なルーメン(例えば、直線度増強ロッドを挿入するために必要とされる互いに位置合せされた主機能ルーメンのペア170、205)である場合には、僧帽弁形成術用デバイスに、予めより多くのルーメンを形成しておくようにするとよい。 Of course, the lumen to be inserted through one or a plurality of electrical leads, required for use in other applications lumen (e.g., with each other is required to insert the straightness of enhanced rod If is aligned is the main functional lumen pairs 170,205) is a device for mitral valvuloplasty, it may be as preliminarily formed more lumens than previously. 更に、電気リード線と直線度増強ロッドの両方を、同一のルーメンの中に収容しなければならない場合には、直線度増強ロッドそれ自体にルーメンを形成しておき、電気リード線をその直線度増強ロッドのルーメンに挿通することによって、直線度増強ロッドと電気リード線とを同心的に配置するようにしてもよい。 Furthermore, both electrical leads and straightness enhanced rod, when must accommodate in the same lumen, previously formed a lumen straightness enhanced rod itself, the straight line of the electrical leads by inserting into the lumen of the enhanced rod, it may be a degree of linearity enhancement rod and electrical leads to be arranged concentrically.

本発明の更に別の好適な実施の形態においては、1本または複数本の電気リード線を、先に体内に定位した僧帽弁形成術用デバイスを通過させて挿入するようにしている。 In yet another preferred embodiment of the present invention is in one or a plurality of electrical leads, as previously passed through a device for mitral valve plasty it was localized in the body for insertion. より詳しくは、本発明のこの実施の形態では、僧帽弁形成術用デバイスを冠状静脈洞の中に定位した後に、1本または複数本の電気リード線をその僧帽弁形成術用デバイスのルーメンの中に挿通し、その僧帽弁形成術用デバイスの末端から延出させて、適当な生体組織に到達させるようにしている。 More specifically, in this embodiment of the present invention, a device for mitral valve plasty after localization in the coronary sinus, one or a plurality of electrical leads to the mitral valve plasty device inserted into the lumen, and is extended from the end of the mitral valvuloplasty device, so that to reach a suitable biological tissue. 尚、本発明のこの実施の形態においては、僧帽弁形成術用デバイス90を冠状静脈洞にデリバリーするには、ガイドワイヤに沿わせて挿入するようにしてもよく、また、先に述べたようにスタイレット・デリバリー方式で挿入するようにしてもよい。 Note that in this embodiment of the present invention, the delivery of mitral valvuloplasty device 90 in the coronary sinus may be inserted along the guide wire, also mentioned earlier it may be inserted in the stylet delivery system as.

本発明の更に別の実施の形態においては、1本または複数本の電気リード線を僧帽弁形成術用デバイスに「ビルト・イン」するなどして、プリ・インストールするようにしている。 In yet another embodiment of the present invention, one or a plurality of electrical leads, such as by "built-in" to a device for mitral valvuloplasty, so that pre-installation. このような構成においては、患者の体内に僧帽弁形成術用デバイスと電気リード線とを同時に挿入することになる。 In such a configuration, it will be inserted a mitral valvuloplasty device and electrical leads simultaneously to the patient's body.

当業者であれば、本開示に基づいて、この新規な僧帽弁形成術用デバイスを電気リード線と共に使用する際のその他の使用法にも想到するのは当然のことである。 Those skilled in the art based on the present disclosure, is natural that also occur to other uses when using this new mitral valve device for angioplasty with electrical leads.

変更例 Modification
本発明の本質を明らかにするために、以上に、具体的な構成、材料、手順、及び部品の組合せ方について説明しまた例示したが、それらに対して施し得る、本発明の原理及び範囲に含まれる多種多様な変更を、当業者であればなし得ることは当然であり、本発明の範囲は特許請求の範囲の記載により明示した通りである。 To clarify the essence of the present invention, above, the specific configuration, materials, procedures, and described also has been illustrated combinations how the component may applied to them, the principle and scope of the present invention a wide variety of modifications included a it is naturally be made by those skilled in the art, the scope of the present invention are as evidenced by the claims.

ヒトの血管系を部分的に示した模式図である。 It is a schematic diagram showing partially the vascular system of a human. ヒトの心臓を部分的に示した模式図である。 The human heart is a schematic diagram showing partially. 患者の体内に挿入した状態にある新規な僧帽弁形成術用デバイスを示した模式図である。 Is a schematic view showing the device for a new mitral valve plasty in the state of being inserted into the patient. 僧帽弁形成術用デバイスの1つの好適な構成例を示した模式図である。 It is a schematic view showing one example a preferred configuration of a device for mitral valvuloplasty. 図4の5−5線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along line 5-5 of FIG. 図4の6−6線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along line 6-6 of FIG. 1直線度増強ロッドの1つの形態を示した模式図である。 1 is a schematic diagram showing one form of straightness enhanced rod. 直線度増強ロッドの別の1つの形態を示した模式図である。 It is a schematic view of another one embodiment of the straightness enhanced rod. 直線度増強ロッドの別の1つの形態を示した模式図である。 It is a schematic view of another one embodiment of the straightness enhanced rod. 別の形態の直線度増強ロッドを示した模式図である。 It is a schematic diagram showing a straightness enhanced rod of another form. 別の形態の直線度増強ロッドを示した模式図である。 It is a schematic diagram showing a straightness enhanced rod of another form. 図4の11−11線に沿った断面図である。 It is a sectional view taken along line 11-11 of FIG. 僧帽弁形成術用デバイスを使用して僧帽弁逆流を軽減するための使用法を例示した図である。 Using a device for mitral valvuloplasty is a diagram usage exemplified for reducing mitral regurgitation. 僧帽弁形成術用デバイスを使用して僧帽弁逆流を軽減するための使用法を例示した図である。 Using a device for mitral valvuloplasty is a diagram usage exemplified for reducing mitral regurgitation. 僧帽弁形成術用デバイスを使用して僧帽弁逆流を軽減するための使用法を例示した図である。 Using a device for mitral valvuloplasty is a diagram usage exemplified for reducing mitral regurgitation. 複数種類の直線度増強ロッドを取り揃えたキットによって広範な範囲に亘る様々な大きさの直線度増強力を提供できることを例示した模式図である。 Is a schematic view illustrating that the kit stocks a plurality of types of straightness enhanced rod can provide straightness of enhancing strength of various sizes over a wide range. 冠状静脈洞の形状を直線形状に近付けて僧帽弁逆流を軽減するにつれて僧帽弁形成術用デバイスが生体組織を傷つけるおそれのない状態で生体組織に対して相対的に摺動することを説明するための模式図である。 It explains that the device for mitral valve plasty is relatively slid with respect to the biological tissue in the absence of damage the biological tissue as the shape of the coronary sinus closer to the linear shape to reduce mitral valve regurgitation it is a schematic diagram for. 補助直線度増強ロッドを示した模式図である。 It is a schematic diagram showing an auxiliary straightness enhanced rod. 直線度増強ロッドの可撓性勾配と補助直線度増強ロッドの可撓性勾配とに逆相関関係を持たせることを説明するための模式図である。 It is a schematic diagram for explaining that to have an inverse correlation with flexible slope of flexible slope and auxiliary straightness enhanced rod straightness enhanced rod. 直線度増強ロッドを植込部材の中に挿入するためのプッシュ・ロッドの1つの形態を示した模式図である。 It is a schematic view showing one embodiment of the push rod for inserting the straightness enhanced rod into the implant member. 直線度増強ロッドを植込部材の中に挿入するためのプッシュ・ロッドの別の1つの形態を示した模式図である。 It is a schematic view of another one embodiment of the push rod for inserting the straightness enhanced rod into the implant member. 直線度増強ロッドを植込部材の中に挿入するためのプッシュ・ロッドの別の1つの形態を示した模式図である。 It is a schematic view of another one embodiment of the push rod for inserting the straightness enhanced rod into the implant member. 直線度増強ロッドを植込部材の中に挿入するためのプッシュ・ロッドの別の1つの形態を示した模式図である。 It is a schematic view of another one embodiment of the push rod for inserting the straightness enhanced rod into the implant member. 直線度増強ロッドを植込部材の中に挿入するためのプッシュ・ロッドの別の1つの形態を示した模式図である。 It is a schematic view of another one embodiment of the push rod for inserting the straightness enhanced rod into the implant member. 植込部材をカテーテル・シャフトに切り離し可能に連結する方法の1つの好適例を示した模式図である。 It is a schematic view showing one preferred embodiment of a method for coupled disconnect the implant member to the catheter shaft. 接続糸を植込部材から分離する方法の一例を示した模式図である。 Is a schematic diagram showing an example of a method for separating the connection thread from the implantable member. ロッド径、断面、ピーク剛性、及びピーク応力の間の関係を示した模式図である。 Rod diameter is a schematic diagram showing the relationship between the cross-section, the peak stiffness, and peak stress. 閉じた流路を画成するために複数本のルーメンをどのように形成すればよいかを例示した模式図である。 Closed flow path a plurality of lumens to define a schematic view illustrating how form do I a. 長手方向位置によって断面形状が変化する僧帽弁形成術用デバイスのトリートメント・セクションをどのように形成すればよいかを例示した模式図である。 Is a schematic view illustrating how may be formed so as to how the treatment section of the device for mitral valvuloplasty that the cross-sectional shape varies with longitudinal position. 長手方向位置によって断面形状が変化する僧帽弁形成術用デバイスのトリートメント・セクションをどのように形成すればよいかを例示した模式図である。 Is a schematic view illustrating how may be formed so as to how the treatment section of the device for mitral valvuloplasty that the cross-sectional shape varies with longitudinal position. 長手方向位置によって断面形状が変化する僧帽弁形成術用デバイスのトリートメント・セクションをどのように形成すればよいかを例示した模式図である。 Is a schematic view illustrating how may be formed so as to how the treatment section of the device for mitral valvuloplasty that the cross-sectional shape varies with longitudinal position. 生体組織の内方成長を促進することによってデバイスの安定性を増強するために僧帽弁形成術用デバイスの外周面をどのように形成すればよいかを例示した模式図である。 It is a schematic view illustrating how How should I form the outer peripheral surface of the device for mitral valvuloplasty to enhance the stability of the device by promoting ingrowth of the living tissue. 本発明の別の実施の形態を示した模式図であり、この実施の形態においては、僧帽弁形成術用デバイスが「単一ユニット」構造を有しており、また、植込処置が完了したならば僧帽弁形成術用デバイスの基端部を患者の胸部の皮下に形成した「ポケット」の中に収容するようにした実施の形態である。 Is a schematic view showing another embodiment of the present invention, in this embodiment, the device for mitral valve arthroplasty has a "single unit" structure, also implantable treatment completion the was if it proximal end of the device for mitral valve plasty in the form of embodiment which is adapted to accommodate within the "pockets" formed subcutaneously in the patient's chest. 図30の僧帽弁形成術用デバイスの基端部を皮下ポケットの中に収容する前にその基端部に被着するキャップを例示した模式図である。 The proximal end of the device for mitral valve plasty in FIG. 30 is a schematic diagram illustrating a cap adhered to the base end portion before accommodated in the subcutaneous pocket. 僧帽弁形成術用デバイスの別の好適例を示した図である。 It is a diagram showing another preferred embodiment of a device for mitral valvuloplasty. 図32の僧帽弁形成術用デバイスを示した別の図である。 It is another diagram showing a device for mitral valve plasty in Figure 32. 図32の僧帽弁形成術用デバイスを示した別の図である。 It is another diagram showing a device for mitral valve plasty in Figure 32. 図32の僧帽弁形成術用デバイスを示した別の図である。 It is another diagram showing a device for mitral valve plasty in Figure 32. 図32の僧帽弁形成術用デバイスを示した別の図である。 It is another diagram showing a device for mitral valve plasty in Figure 32. 図32の僧帽弁形成術用デバイスを示した別の図である。 It is another diagram showing a device for mitral valve plasty in Figure 32. 図32の僧帽弁形成術用デバイスを示した別の図である。 It is another diagram showing a device for mitral valve plasty in Figure 32. 僧帽弁形成術用デバイスの末端部から延出した電気リード線を示した図である。 Is a diagram showing the electrical leads extending from the distal end of the device for mitral valvuloplasty.

Claims (40)

  1. 僧帽弁逆流を軽減するアセンブリにおいて、 In the assembly to reduce mitral valve regurgitation,
    細長キャリア部材を備え、該細長キャリア部材は、冠状静脈洞に挿入されたときに冠状静脈洞の形状に略々沿った第1の形状を呈し、且つ、第1の形状と比べてより直線形状に近い形状となるように付勢されたならば、より直線形状に近い形状である第2の形状を呈するように、十分に大きな可撓性を有する材料から成るものであり、該細長キャリア部材はその長手方向に貫通延在する複数本のルーメンを有しており、 Comprising an elongate carrier member, elongated carrier member exhibits a first shape along substantially the shape of the coronary sinus when inserted into the coronary sinus, and, more linear shape in comparison with the first shape if it is biased so as to close shape, to assume a second shape is the shape closer to a linear shape, and made of a material having a sufficiently large flexibility, elongated carrier member has a plurality of lumen extending through in the longitudinal direction,
    前記ルーメンに挿入可能な複数本の直線度増強ロッドを備え、該複数本の直線度増強ロッドの各々は、 Comprising a plurality of straight lines of enhanced rod insertable into said lumen, each of straightness enhanced rod several plurality is
    (1)僧帽弁後尖の周囲の生体組織の剛性と比べてより大きな剛性を有し、 (1) has a greater stiffness and more as compared to the stiffness of the surrounding biological tissue leaflet mitral valve,
    (2)冠状静脈洞のうちの僧帽弁後尖の近傍の部分の形状と比べてより直線形状に近い形状を有し、そして、 (2) as compared to the shape in the vicinity of the portion of the leaflet mitral valve of the coronary sinus has a shape closer to a linear shape, and,
    (3)冠状静脈洞の曲率半径に対して相対的に適切な長さを有する、 (3) having a relatively appropriate lengths for radii of curvature of the coronary sinus,
    ように形成されており、それによって、前記キャリア部材を患者の冠状静脈洞の中の僧帽弁後尖の近傍に配置した状態で前記ルーメンに前記直線度増強ロッドを挿入したならば、その挿入した直線度増強ロッドが冠状静脈洞の壁面に直線度増強力を作用させることで、僧帽弁後尖の弁輪部が前方へ移動させられ、それによって弁尖の接合状態が改善され、もって僧帽弁逆流が軽減されるようにしてあり、 Is formed to thereby if the carrier member is inserted the straightness enhanced rod into the lumen in a state of being arranged in the vicinity of the posterior leaflet mitral valve in the patient's coronary sinus, the insertion the straightness enhanced rod by the action of straightness enhanced force on the wall of the coronary sinus, the valve annulus of the posterior leaflet mitral valve is moved forward, thereby improves the bonding state of the leaflets, with and Yes as mitral valve regurgitation is reduced,
    前記複数本のルーメンのうちの少なくとも1本のルーメンが、電気リード線を挿通可能な寸法とされている、 It said plurality of at least one lumen of the lumen, are electrical leads and can be inserted dimensions,
    ことを特徴とするアセンブリ。 Assembly, characterized in that.
  2. 前記キャリア部材は、その少なくとも一部分において円形の断面形状を有することを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 The carrier member assembly according to claim 1, characterized in that it has a circular cross-sectional shape in at least a portion thereof.
  3. 前記キャリア部材は、その少なくとも一部分において卵形の断面形状を有することを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 The carrier member assembly according to claim 1, wherein a sectional shape of oval in at least a portion thereof.
  4. 前記直線度増強ロッドは、その長手方向位置によって異なる大きさの剛性が付与されていることを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 The straightness enhancement rod assembly of claim 1, wherein the magnitude of the stiffness varies depending on the longitudinal position is given.
  5. 前記直線度増強ロッドは、剛性の大きさが異なる複数本のロッドを取り揃えたキットから選択されるものであることを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 The straightness enhancement rod assembly of claim 1, wherein the magnitude of the stiffness is selected from kit selection of different plurality of rods.
  6. 前記直線度増強ロッドは、長さが異なる複数本のロッドを取り揃えたキットから選択されるものであることを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 The straightness enhancement rod assembly according to claim 1, characterized in that the length is selected from the kit selection of different plurality of rods.
  7. ガイドワイヤを更に備え、前記キャリア部材が更に、該ガイドワイヤが移動可能に挿通される開口を有することを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 The guidewire further wherein the carrier member further assembly of claim 1, wherein it has an opening in which the guide wire is inserted movably.
  8. 前記開口は、前記複数本のルーメンのうちの1本であることを特徴とする請求項7記載のアセンブリ。 It said openings, assembly of claim 7, wherein the a one of said plurality of lumens.
  9. 前記複数本のルーメンは、それらの径が異なることを特徴とする請求項8記載のアセンブリ。 It said plurality of lumens assembly of claim 8, wherein the their different diameters.
  10. 第1の直線度増強ロッドの剛性の大きさが、第2の直線度増強ロッドの剛性の大きさと異なることを特徴とする請求項8記載のアセンブリ。 The size of the stiffness of the first linear degree enhancement rod assembly of claim 8, wherein the different sized rigidity of the second straightness enhanced rod.
  11. 前記第1の直線度増強ロッドのその少なくとも一部分における剛性の大きさと、前記第2の直線度増強ロッドのその少なくとも一部分における剛性の大きさとが、逆相関関係にあることを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 Claim 1 and the magnitude of the stiffness in at least a portion of said first linear degree enhancement rods, in which the at least stiffness in a portion of the magnitude of the second straightness enhanced rod, characterized in that the inverse relationship assembly described.
  12. 前記キャリア部材を拘束するためのシースを更に備え、該シースは前記キャリア部材から除去可能であることを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 Further comprising a sheath for the carrier member for restraining assembly of claim 1, wherein the said sheath is removable from said carrier member.
  13. 前記シースは、前記キャリア部材を拘束して、該キャリア部材が第1の断面形状を呈するようにするものであり、前記シースを除去したならば、前記キャリア部材が解放されて該キャリア部材が第2の断面形状を呈するようにしてあることを特徴とする請求項12記載のアセンブリ。 Wherein the sheath, to restrain the carrier member, the carrier member is intended to assume a first cross-sectional shape, if the removal of the said sheath, said the carrier member is released the carrier member is first assembly according to claim 12, wherein that you have to assume the second cross-sectional shape.
  14. 前記直線度増強ロッドは、無応力状態において、実質的に直線形状を呈するものであることを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 The straightness enhanced rod, in unstressed condition, the assembly of claim 1, wherein a is one that exhibits a substantially linear shape.
  15. 前記直線度増強ロッドは、冠状静脈洞に挿入されたならば、実質的に彎曲形状を呈するものであることを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 The straightness enhanced rod, if inserted into the coronary sinus, the assembly of claim 1, wherein a is one that exhibits a substantially curved shape.
  16. 前記直線度増強ロッドは、中間部によって一体に接続された第1端部及び第2端部を有しており、前記中間部は、中央領域によって一体に接続された第1領域及び第2領域を有しており、前記中央領域及び前記第1端部及び前記第2端部は、前記細長部材が冠状静脈洞に挿入されたならば、実質的に彎曲形状となり、更に、前記第1領域及び前記第2領域は、前記細長部材が冠状静脈洞に挿入された後に、略々直線形状を呈することを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 The straightness enhancement rod has a first end and a second end connected together by an intermediate portion, said intermediate portion, first and second regions connected together by a central region the has the central region and the first end and the second end, if the elongate member is inserted into the coronary sinus, it is substantially curved shape, further, the first region and the second region, after said elongate member is inserted into the coronary sinus, the assembly of claim 1, wherein the exhibits substantially linear shape.
  17. 前記第1領域及び前記第2領域は前記中央領域よりも剛性が大きく、前記中央領域は前記第1端部及び前記第2端部よりも剛性が大きいことを特徴とする請求項16記載のアセンブリ。 The first region and the second region is larger rigidity than the central region, the central region assembly of claim 16, wherein the stiffness is greater than the first end and the second end .
  18. 前記細長部材が、冠状静脈洞のうちの僧帽弁後尖の略々近傍の部分の壁面には前向きの力を作用させ、且つ、冠状静脈洞のうちの僧帽弁交連の略々近傍の部分の壁面には後向きの力を作用させるように、前記中央領域、前記第1端部、前記第2端部、前記第1領域、及び前記第2領域の夫々の長さが定められていることを特徴とする請求項16記載のアセンブリ。 Wherein the elongated member is in the wall surface of substantially the vicinity of the portion of the leaflet mitral valve of the coronary sinus to exert a forward force, and, of approximately near the mitral valve commissure of the coronary sinus as the wall portion exerts a rearward force, the central region, said first end portion, said second end, said first region, and the respective length of the second region is defined the assembly of claim 16, wherein the.
  19. 前記直線度増強ロッドは、その少なくとも一部分が弾性材料で形成されていることを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 The straightness enhancement rod assembly of claim 1 wherein at least a portion is characterized in that it is formed of an elastic material.
  20. 前記直線度増強ロッドは、長期間に亘って連続的に僧帽弁をリモデルする作用を及ぼし続けることを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 The straightness enhancement rod assembly of claim 1, wherein the continuously exert an effect of remodeling the continuously mitral valve for a long period of time.
  21. 前記直線度増強ロッドは、その少なくとも一部分が超弾性材料で形成されていることを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 The straightness enhancement rod assembly of claim 1, wherein the at least a portion is formed of a superelastic material.
  22. 安定化スカホールドを更に備え、該安定化スカホールドは、前記細長キャリア部材に係合することを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 Further comprising a stabilizing scaffold, the stabilizing scaffold assembly of claim 1, wherein the engaging said elongate carrier member.
  23. 前記細長キャリア部材の少なくとも一部分が、生体組織の内方成長を促進する構造とされていることを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 Wherein at least a portion of the elongate carrier member, the assembly according to claim 1, characterized in that it is a structure that promotes ingrowth of body tissue.
  24. ルーメンの中を貫通して延在する電気リード線を更に備えることを特徴とする請求項1記載のアセンブリ。 Assembly according to claim 1, further comprising an electrical lead extending through the inside of the lumen.
  25. 前記細長キャリア部材が患者の体内に定位される前に前記電気リード線が前記ルーメンの中に挿通されることを特徴とする請求項24記載のアセンブリ。 Assembly according to claim 24, wherein said elongate carrier member is characterized in that said electrical leads prior to being localized in the patient's body is inserted into said lumen.
  26. 前記細長キャリア部材が患者の体内に定位された後に前記電気リード線が前記ルーメンの中に挿通されることを特徴とする請求項24記載のアセンブリ。 Assembly according to claim 24 wherein said that the electrical leads are inserted into said lumen after said elongate carrier member is localized in the patient's body.
  27. 僧帽弁逆流を軽減する方法において、 In the method for reducing mitral regurgitation,
    長手方向に貫通して延在する複数本のルーメンが形成された可撓性を有するキャリア部材を用意し、 Providing a carrier member having flexibility which a plurality of lumens extending through the longitudinal direction are formed,
    患者の血管系を介して電気リード線を挿入して該電気リード線の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、且つ、患者の血管系を介してガイドワイヤを挿入して該ガイドワイヤの末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、 Insert the electrical leads through the vasculature of a patient to place a distal end of the electrical lead wire into the patient's coronary sinus, and, by inserting a guide wire through the patient's vascular system the guide the distal end of the wire is placed in the patient's coronary sinus,
    前記電気リード線及び前記ガイドワイヤの外周に沿わせて前記キャリア部材を挿入して該キャリア部材の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、 The distal portion of the carrier member is disposed within the patient's coronary sinus and in and along the outer periphery of the electrical lead and the guide wire and inserting the carrier member,
    複数本の直線度増強ロッドを前記複数本のルーメンの中に挿入し、前記キャリア部材に直線度増強力を作用させることにより冠状静脈洞に直線度増強力を作用させ、それによって僧帽弁の弁輪を前方へ移動させ、もって僧帽弁逆流を軽減する、 Insert the plurality of straightness enhanced rod in said plurality of lumens, by the action of straightness enhanced force to the carrier member by the action of straightness enhanced force to the coronary sinus, whereby the mitral valve annulus allowed to move forward, to reduce mitral regurgitation with,
    ことを特徴とする方法。 Wherein the.
  28. 前記電気リード線を患者の冠状静脈洞の中に挿入した後に、前記ガイドワイヤを患者の冠状静脈洞の中に挿入することを特徴とする請求項27記載の方法。 It said electrical leads after insertion into the patient's coronary sinus 28. The method of claim 27, wherein the inserting the guide wire into the patient's coronary sinus.
  29. 前記ガイドワイヤを患者の冠状静脈洞の中に挿入した後に、前記電気リード線を患者の冠状静脈洞の中に挿入することを特徴とする請求項27記載の方法。 The guidewire after insertion into the patient's coronary sinus 28. The method of claim 27, wherein the inserting the electrical leads into the patient's coronary sinus.
  30. 前記電気リード線及び前記ガイドワイヤを前記ルーメンの中に挿通することを特徴とする請求項27記載の方法。 The method of claim 27, wherein the inserting the electrical leads and the guide wire in the lumen.
  31. 僧帽弁逆流を軽減する方法において、 In the method for reducing mitral regurgitation,
    長手方向に貫通して延在する複数本のルーメンが形成された可撓性を有するキャリア部材を用意し、 Providing a carrier member having flexibility which a plurality of lumens extending through the longitudinal direction are formed,
    患者の血管系を介して電気リード線を挿入して該電気リード線の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、 The distal end of the electrical lead wire placed into the patient's coronary sinus by inserting the electrical leads through the vascular system of a patient,
    前記電気リード線の外周に沿わせて前記キャリア部材を挿入して該キャリア部材の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、 The distal portion of the carrier member is disposed within the patient's coronary sinus by inserting the carrier member along a periphery of said electrical leads,
    複数本の直線度増強ロッドを前記複数本のルーメンの中に挿入し、前記キャリア部材に直線度増強力を作用させることにより冠状静脈洞に直線度増強力を作用させ、それによって僧帽弁の弁輪を前方へ移動させ、もって僧帽弁逆流を軽減する、 Insert the plurality of straightness enhanced rod in said plurality of lumens, by the action of straightness enhanced force to the carrier member by the action of straightness enhanced force to the coronary sinus, whereby the mitral valve annulus allowed to move forward, to reduce mitral regurgitation with,
    ことを特徴とする方法。 Wherein the.
  32. 前記電気リード線を前記ルーメンの中に挿通することを特徴とする請求項32記載の方法。 The method of claim 32, wherein the inserting the electrical leads in said lumen.
  33. 僧帽弁逆流を軽減する方法において、 In the method for reducing mitral regurgitation,
    長手方向に貫通して延在する複数本のルーメンが形成された可撓性を有するキャリア部材を用意し、 Providing a carrier member having flexibility which a plurality of lumens extending through the longitudinal direction are formed,
    患者の血管系を介して前記キャリア部材を挿入して該キャリア部材の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、 The distal portion of the carrier member is disposed within the patient's coronary sinus by inserting the carrier member via the vascular system of a patient,
    前記キャリア部材の中を通して電気リード線を挿入して該電気リード線の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置し、 The distal end of the electrical lead wire placed into the patient's coronary sinus by inserting the electrical leads through inside of the carrier member,
    複数本の直線度増強ロッドを前記複数本のルーメンの中に挿入し、前記キャリア部材に直線度増強力を作用させることにより冠状静脈洞に直線度増強力を作用させ、それによって僧帽弁の弁輪を前方へ移動させ、もって僧帽弁逆流を軽減する、 Insert the plurality of straightness enhanced rod in said plurality of lumens, by the action of straightness enhanced force to the carrier member by the action of straightness enhanced force to the coronary sinus, whereby the mitral valve annulus allowed to move forward, to reduce mitral regurgitation with,
    ことを特徴とする方法。 Wherein the.
  34. 可撓性を有する前記キャリア部材を、ガイドワイヤの外周に沿わせて患者の冠状静脈洞の中に挿入することを特徴とする請求項33記載の方法。 Wherein the carrier member The method of claim 33 wherein in and along the outer periphery of the guide wire, characterized in that insertion into the patient's coronary sinus having flexibility.
  35. 可撓性を有する前記キャリア部材を、スタイレット・デリバリー方式で患者の冠状静脈洞の中に挿入することを特徴とする請求項33記載の方法。 Wherein the carrier member The method of claim 33, wherein the insertion into the patient's coronary sinus with the stylet delivery system having flexibility.
  36. 前記電気リード線を、前記ルーメンの中に挿通することを特徴とする請求項33記載の方法。 The method of claim 33, wherein the said electrical leads are inserted into the lumen.
  37. 僧帽弁逆流を軽減する方法において、 In the method for reducing mitral regurgitation,
    長手方向に貫通して延在する複数本のルーメンが形成され、ルーメンの中に挿通された電気リード線を備えた、可撓性を有するキャリア部材を用意し、 Longitudinal plurality of lumens extending through the is formed, with a through electrical leads into the lumen, the carrier member is prepared having a flexible,
    患者の血管系を介して前記キャリア部材を挿入して該キャリア部材の末端部を患者の冠状静脈洞の中に配置すると共に前記電気リード線を心臓の生体組織に定位し、 It said electrical lead with placing the ends of the vascular system the carrier member by inserting the carrier member via the patient into the patient's coronary sinus localized to the heart of the living tissue,
    複数本の直線度増強ロッドを前記複数本のルーメンの中に挿入し、前記キャリア部材に直線度増強力を作用させることにより冠状静脈洞に直線度増強力を作用させ、それによって僧帽弁の弁輪を前方へ移動させ、もって僧帽弁逆流を軽減する、 Insert the plurality of straightness enhanced rod in said plurality of lumens, by the action of straightness enhanced force to the carrier member by the action of straightness enhanced force to the coronary sinus, whereby the mitral valve annulus allowed to move forward, to reduce mitral regurgitation with,
    ことを特徴とする方法。 Wherein the.
  38. 可撓性を有する前記キャリア部材を、ガイドワイヤの外周に沿わせて患者の冠状静脈洞の中に挿入することを特徴とする請求項37記載の方法。 Wherein the carrier member The method of claim 37 wherein in and along the outer periphery of the guide wire, characterized in that insertion into the patient's coronary sinus having flexibility.
  39. 可撓性を有する前記キャリア部材を、スタイレット・デリバリー方式で患者の冠状静脈洞の中に挿入することを特徴とする請求項37記載の方法。 Wherein the carrier member The method of claim 37, wherein the insertion into the patient's coronary sinus with the stylet delivery system having flexibility.
  40. 前記ガイドワイヤを、前記ルーメンの中に挿通することを特徴とする請求項38記載の方法。 The method of claim 38, wherein the said guide wire, is inserted into the lumen.
JP2007543495A 2004-11-24 2005-11-23 Method and apparatus for improving the function of the mitral valve Ceased JP2008521501A (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US63060604 true 2004-11-24 2004-11-24
PCT/US2005/042619 WO2006058163A9 (en) 2004-11-24 2005-11-23 Method and apparatus for improving mitral valve function

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2008521501A true true JP2008521501A (en) 2008-06-26

Family

ID=36498528

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007543495A Ceased JP2008521501A (en) 2004-11-24 2005-11-23 Method and apparatus for improving the function of the mitral valve

Country Status (5)

Country Link
EP (1) EP1827581A2 (en)
JP (1) JP2008521501A (en)
CN (1) CN101443073B (en)
CA (1) CA2588653A1 (en)
WO (1) WO2006058163A9 (en)

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016179227A (en) * 2010-09-17 2016-10-13 セント・ジュード・メディカル,カーディオロジー・ディヴィジョン,インコーポレイテッド Improved preparation methods for transcatheter heart valve delivery systems

Families Citing this family (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US20070213813A1 (en) 2005-12-22 2007-09-13 Symetis Sa Stent-valves for valve replacement and associated methods and systems for surgery
CA2703665C (en) 2007-10-25 2016-05-10 Symetis Sa Stents, valved-stents and methods and systems for delivery thereof
EP2293841B1 (en) * 2008-06-27 2012-11-14 St. Jude Medical AB Medical implantable lead of varying flexibility with a compensating support core
CN104971389A (en) * 2010-03-25 2015-10-14 辛纳吉奥股份公司 A Device And A Method To Controllably Assist Movement Of A Mitral Valve
WO2014152503A1 (en) * 2013-03-15 2014-09-25 Mitralign, Inc. Translation catheters, systems, and methods of use thereof

Citations (16)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4266999A (en) * 1979-07-30 1981-05-12 Calspan Corporation Catheter for long-term emplacement
US5345937A (en) * 1991-02-15 1994-09-13 Raychem Corporation Steerable cannula
US5800495A (en) * 1997-03-27 1998-09-01 Sulzer Intermedics Inc. Endocardial lead assembly
US5968009A (en) * 1997-01-29 1999-10-19 Baxter International Inc. Double lumen tubing design for catheter
JPH11318821A (en) * 1998-01-05 1999-11-24 Asahi Optical Co Ltd Drainage tube indwelling tool for endoscope
WO2002062408A2 (en) * 2001-02-05 2002-08-15 Viacor, Inc. Method and apparatus for improving mitral valve function
WO2002062263A2 (en) * 2001-02-05 2002-08-15 Viacor, Inc. Apparatus and method for reducing mitral regurgitation
WO2002078576A2 (en) * 2001-03-29 2002-10-10 Viacor, Inc. Method and apparatus for improving mitral valve function
US6524301B1 (en) * 2000-12-21 2003-02-25 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Guidewire with an intermediate variable stiffness section
WO2003059198A2 (en) * 2002-01-14 2003-07-24 Viacor, Inc. Method and apparatus for reducing mitral regurgitation
WO2003094801A1 (en) * 2002-05-08 2003-11-20 Cardiac Dimensions, Inc. Device and method for modifying the shape of a body organ
US20040073302A1 (en) * 2002-02-05 2004-04-15 Jonathan Rourke Method and apparatus for improving mitral valve function
WO2004047677A2 (en) * 2002-11-25 2004-06-10 Ev3 Santa Rosa, Inc. Methods and apparatus for remodeling an extravascular tissue structure
US20050070998A1 (en) * 2003-05-27 2005-03-31 Rourke Jonathan M. Method and apparatus for improving mitral valve function
JP2007503287A (en) * 2003-05-27 2007-02-22 ビアカー・インコーポレーテッド Method and apparatus for improving the function of the mitral valve
JP2007514502A (en) * 2003-12-19 2007-06-07 カーディアック ディメンションズ インコーポレイテッド Apparatus to change the shape of the body organs

Family Cites Families (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6210432B1 (en) 1999-06-29 2001-04-03 Jan Otto Solem Device and method for treatment of mitral insufficiency

Patent Citations (18)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4266999A (en) * 1979-07-30 1981-05-12 Calspan Corporation Catheter for long-term emplacement
US5345937A (en) * 1991-02-15 1994-09-13 Raychem Corporation Steerable cannula
US5968009A (en) * 1997-01-29 1999-10-19 Baxter International Inc. Double lumen tubing design for catheter
US5800495A (en) * 1997-03-27 1998-09-01 Sulzer Intermedics Inc. Endocardial lead assembly
JPH11318821A (en) * 1998-01-05 1999-11-24 Asahi Optical Co Ltd Drainage tube indwelling tool for endoscope
US6524301B1 (en) * 2000-12-21 2003-02-25 Advanced Cardiovascular Systems, Inc. Guidewire with an intermediate variable stiffness section
JP2004533862A (en) * 2001-02-05 2004-11-11 ビアカー・インコーポレーテッド Method and apparatus for improving the function of the mitral valve
WO2002062408A2 (en) * 2001-02-05 2002-08-15 Viacor, Inc. Method and apparatus for improving mitral valve function
WO2002062263A2 (en) * 2001-02-05 2002-08-15 Viacor, Inc. Apparatus and method for reducing mitral regurgitation
WO2002078576A2 (en) * 2001-03-29 2002-10-10 Viacor, Inc. Method and apparatus for improving mitral valve function
WO2003059198A2 (en) * 2002-01-14 2003-07-24 Viacor, Inc. Method and apparatus for reducing mitral regurgitation
US20040073302A1 (en) * 2002-02-05 2004-04-15 Jonathan Rourke Method and apparatus for improving mitral valve function
WO2003094801A1 (en) * 2002-05-08 2003-11-20 Cardiac Dimensions, Inc. Device and method for modifying the shape of a body organ
WO2004047677A2 (en) * 2002-11-25 2004-06-10 Ev3 Santa Rosa, Inc. Methods and apparatus for remodeling an extravascular tissue structure
US20050070998A1 (en) * 2003-05-27 2005-03-31 Rourke Jonathan M. Method and apparatus for improving mitral valve function
JP2007503287A (en) * 2003-05-27 2007-02-22 ビアカー・インコーポレーテッド Method and apparatus for improving the function of the mitral valve
JP2006528036A (en) * 2003-07-23 2006-12-14 ビアカー・インコーポレーテッド Method and apparatus for improving the function of the mitral valve
JP2007514502A (en) * 2003-12-19 2007-06-07 カーディアック ディメンションズ インコーポレイテッド Apparatus to change the shape of the body organs

Cited By (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2016179227A (en) * 2010-09-17 2016-10-13 セント・ジュード・メディカル,カーディオロジー・ディヴィジョン,インコーポレイテッド Improved preparation methods for transcatheter heart valve delivery systems

Also Published As

Publication number Publication date Type
CN101443073A (en) 2009-05-27 application
CN101443073B (en) 2011-08-03 grant
EP1827581A2 (en) 2007-09-05 application
WO2006058163A9 (en) 2008-12-11 application
CA2588653A1 (en) 2006-06-01 application
WO2006058163A2 (en) 2006-06-01 application
WO2006058163A3 (en) 2006-12-14 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6682558B2 (en) Delivery system for a stentless valve bioprosthesis
US6602288B1 (en) Minimally-invasive annuloplasty repair segment delivery template, system and method of use
US7364588B2 (en) Device, assembly and method for mitral valve repair
US6537314B2 (en) Percutaneous mitral annuloplasty and cardiac reinforcement
US7947075B2 (en) Minimally invasive heart valve replacement
US8109996B2 (en) Minimally-invasive cardiac-valve prosthesis
US7611534B2 (en) Percutaneous atrioventricular valve and method of use
US20040102839A1 (en) Method and apparatus for improving mitral valve function
US6976995B2 (en) Fixed length anchor and pull mitral valve device and method
US20090287296A1 (en) Atraumatic prosthetic heart valve prosthesis
US20070010878A1 (en) Coronary sinus approach for repair of mitral valve regurgitation
US6949122B2 (en) Focused compression mitral valve device and method
US20050273160A1 (en) Pulmonary vein valve implant
US20060025857A1 (en) Implantable prosthetic valve
US20070244551A1 (en) Holders for prosthetic aortic heart valves
US8870936B2 (en) Method of reshaping a ventricle
US6602286B1 (en) Implantable valve system
US20060106456A9 (en) Devices, systems, and methods for reshaping a heart valve annulus
US20040127982A1 (en) Devices, systems, and methods for reshaping a heart valve annulus
US20070255396A1 (en) Chrodae Tendinae Girdle
US8764820B2 (en) Transapical heart valve delivery system and method
US20070043413A1 (en) Apparatus and methods for delivering transvenous leads
US20050080472A1 (en) Lead stabilization devices and methods
US6800090B2 (en) Mitral valve therapy device, system and method
US20060282161A1 (en) Valve annulus reduction system

Legal Events

Date Code Title Description
A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20100816

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20101116

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20101209

A045 Written measure of dismissal of application

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A045

Effective date: 20110422