JP2008019169A - Novel ppar regulator and its screening method - Google Patents

Novel ppar regulator and its screening method Download PDF

Info

Publication number
JP2008019169A
JP2008019169A JP2004310178A JP2004310178A JP2008019169A JP 2008019169 A JP2008019169 A JP 2008019169A JP 2004310178 A JP2004310178 A JP 2004310178A JP 2004310178 A JP2004310178 A JP 2004310178A JP 2008019169 A JP2008019169 A JP 2008019169A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
substituted
ppar
activity
seq id
method
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2004310178A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Iichiro Shimomura
伊一郎 下村
Original Assignee
Intellectual Property Consulting Inc
Osaka Univ
国立大学法人大阪大学
株式会社インテレクチャル・プロパティ・コンサルティング
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Intellectual Property Consulting Inc, Osaka Univ, 国立大学法人大阪大学, 株式会社インテレクチャル・プロパティ・コンサルティング filed Critical Intellectual Property Consulting Inc
Priority to JP2004310178A priority Critical patent/JP2008019169A/en
Publication of JP2008019169A publication Critical patent/JP2008019169A/en
Application status is Withdrawn legal-status Critical

Links

Classifications

    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N33/00Investigating or analysing materials by specific methods not covered by groups G01N1/00 - G01N31/00
    • G01N33/48Biological material, e.g. blood, urine; Haemocytometers
    • G01N33/50Chemical analysis of biological material, e.g. blood, urine; Testing involving biospecific ligand binding methods; Immunological testing
    • G01N33/74Chemical analysis of biological material, e.g. blood, urine; Testing involving biospecific ligand binding methods; Immunological testing involving hormones or other non-cytokine intercellular protein regulatory factors such as growth factors, including receptors to hormones and growth factors
    • G01N33/743Steroid hormones
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61KPREPARATIONS FOR MEDICAL, DENTAL, OR TOILET PURPOSES
    • A61K31/00Medicinal preparations containing organic active ingredients
    • A61K31/64Sulfonylureas, e.g. glibenclamide, tolbutamide, chlorpropamide
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N2500/00Screening for compounds of potential therapeutic value
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N2800/00Detection or diagnosis of diseases
    • G01N2800/04Endocrine or metabolic disorders
    • G01N2800/042Disorders of carbohydrate metabolism, e.g. diabetes, glucose metabolism
    • GPHYSICS
    • G01MEASURING; TESTING
    • G01NINVESTIGATING OR ANALYSING MATERIALS BY DETERMINING THEIR CHEMICAL OR PHYSICAL PROPERTIES
    • G01N2800/00Detection or diagnosis of diseases
    • G01N2800/04Endocrine or metabolic disorders
    • G01N2800/044Hyperlipemia or hypolipemia, e.g. dyslipidaemia, obesity

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a screening method of a medicine for a more efficient treatment of diabetes and a novel compound for treating and preventing PPAR-related diseases. <P>SOLUTION: A method for identifying a compound that exhibits at least one activity selected from the group consisting of an insulin secretion activity of a pancreas β cell and a peripheral insulin sensitivity-promoting activity and is capable of regulating a peroxisome proliferator activator receptor (PPAR) is provided. The method comprises (A) a step for providing candidate compounds, (B) a step for measuring at least one activity selected from the group consisting of the insulin secretion activity of a pancreas β cell and the peripheral insulin sensitivity-promoting activity of the candidate compounds, (C) a step for subjecting the candidate compounds to an assay for measuring the PPAR activity, and (D) a step for identifying a substance which is judged to have the activity in each of the steps B and C as a lead compound. <P>COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

本発明は、糖尿病などのPPAR遺伝子に関連する疾患もしくは障害の診断、処置または予防に関する。 The present invention, diagnosis of a disease or disorder associated with PPAR genes such as diabetes, for the treatment or prevention. より詳細には、本発明は、PPAR遺伝子に関連する疾患の診断、処置または予防のための薬剤のスクリーニングに関する。 More particularly, the present invention provides diagnosis of a disease associated with PPAR gene, a screening of a medicament for the treatment or prevention. 本発明はまた、それによって得られた薬剤自体も提供する。 The present invention also provides thereby resulting drug itself.

2型糖尿病において見られる高血糖は、膵臓β細胞からのインスリン分泌および末梢組織(例えば、肝臓、筋肉および脂肪)のインスリン感受性の両方の多重欠損によって生じる。 Hyperglycemia seen in type 2 diabetes, insulin secretion and peripheral tissues from pancreatic β cells (e.g., liver, muscle and fat) caused by multiple defects in both insulin sensitivity. スルホニル尿素(SU)剤が、有効な経口血糖降下剤として2型糖尿病の薬物治療において中心的な役割を果たしてきた。 Sulfonylureas (SU) agent, has played a central role in drug treatment of type 2 diabetes mellitus as an effective oral hypoglycemic agents. スルホニル尿素剤は、まず、膵臓β細胞の原形質膜上のスルホニル尿素レセプター(SUR)に結合することによってインスリン分泌を刺激する(非特許文献1:Gribble, FM,and Ashcroft, FM (2000) Metabolism 49, 3-6)。 Sulfonylureas, first, to stimulate insulin secretion by binding to pancreatic β cells plasma membrane of sulfonylurea receptor (SUR) (Non-Patent Document 1: Gribble, FM, and Ashcroft, FM (2000) Metabolism 49, 3-6).

このような膵臓の作用に加え、スルホニル尿素剤(グリメピリドおよびグリベンクラミドを含む)は、脂肪に直接的な影響を与え、そして、スルホニル尿素剤は、3T3−L1細胞または単離した脂肪細胞におけるインスリンの作用を増進するかまたはその作用を模倣することが、数報の報告によって指摘されている。 In addition to the action of such pancreatic, sulfonylureas (including glimepiride and glibenclamide) are directly affect fat and sulfonylurea agents, insulin in 3T3-L1 cells or isolated adipocytes mimicking or their action to enhance the effect has been pointed out by several report reporting. しかし、膵臓外での作用をもたらす分子標的は依然として決定されていない。 However, molecular targets an effect on pancreatic outside remains to be determined.

ペルオキシソーム増殖因子活性化レセプターγ(PPARγ)は、グルコースおよび脂質の代謝ならびに脂質生成を調節する重要な転写因子の1つである(非特許文献2:Wu, Z. et al.(1998) J. Clin. Invest. 101, 22-32;非特許文献3:Tontonoz, P. et al.(1994) Genes Dev. 8, 1224-1234;非特許文献4:Tontonoz, P., Hu, E., and Spiegelman, BM(1994) Cell 79, 1147-1156)。 Peroxisome proliferator-activated receptor gamma (PPARy) is one of the important transcription factors that regulate metabolism and adipogenesis glucose and lipid (Non-Patent Document 2:. Wu, Z. et al (1998) J. .... Clin Invest 101, 22-32; non-Patent Document 3: Tontonoz, P. et al (1994) Genes Dev 8, 1224-1234; non-Patent Document 4: Tontonoz, P., Hu, E., and Spiegelman, BM (1994) Cell 79, 1147-1156). チアゾリジンジオン(TZD)は、末梢のインスリン耐性を改善する別の血糖降下剤である。 Thiazolidinediones (TZD) is another hypoglycemic agent that improves insulin resistance of the peripheral. チアゾリジンジオンは、効果的PPARγアゴニストであり、そして、その薬理学的作用の大部分は、脂肪細胞中のPPARγの活性化によって媒介されると考えられる(非特許文献5:Lehmann, JM et al(1995) J. Biol. Chem. 270, 12953-12956;非特許文献6:Spiegelman, BM (1998) Diabetes 47, 507-514)。 Thiazolidinediones are effective PPARγ agonists, and, most of its pharmacological action is thought to be mediated by activation of PPARγ in adipocytes (Non-Patent Document 5: Lehmann, JM et al ( .. 1995) J. Biol Chem 270, 12953-12956; non-Patent Document 6: Spiegelman, BM (1998) Diabetes 47, 507-514).

糖尿病の治療には、インスリンの作用を増強すること(すなわち、感受性を高めること)およびインスリン分泌を刺激すること(膵臓β細胞を活性化すること)の両方を行うことが好ましい。 The treatment of diabetes, to enhance insulin action (i.e., increases the sensitivity) it is preferable to perform both and to stimulate insulin secretion (to activate pancreatic β cells). しかし、その両方の活性を有する化合物は知られていなかった。 However, compounds having both of the activities have not been known.

Merckは、PPARの新たな調節剤を記載する。 Merck describes a new modulators of PPAR. しかし、この化合物は、他の糖尿病治療剤(たとえば、スルホニル尿素剤)と併用することが記載されている。 However, this compound is described to be used in combination with other antidiabetic agents (e.g., sulfonylurea). しかし、インスリンの作用を増強すること(すなわち、感受性を高めること)およびインスリン分泌を刺激すること(膵臓β細胞を活性化すること)の両方を行う化合物については、何ら記載がない(特許文献1)。 However, enhancing the effects of insulin (i.e., it increases the sensitivity) For compounds that both and to stimulate insulin secretion (to activate pancreatic β cells), there is no description at all (Patent Document 1 ).
WO2004/066963 WO2004 / 066963

したがって、本発明は、より効率よい糖尿病処置のための薬剤のスクリーニング方法およびPPARに関連する疾患を処置および予防するための新たな化合物を提供することを課題とする。 Accordingly, the present invention aims to provide a more efficient diabetes new compounds for treating and preventing diseases associated with screening methods and PPAR of a medicament for the treatment.

上記課題は、本発明者らが、スルホニル尿素剤が予想外に、PPARの調節効果を有することを見出したことによって解決した。 Above-mentioned problems, the present inventors have, sulfonylurea agent unexpectedly was solved by the finding that have regulatory effects of PPAR.

スルホニル尿素剤(グリメピリドおよびグリベンクラミドを含む)は、広範に使用されている経口血糖降下剤であり、これは、主に、膵臓のβ細胞の原形質膜上のスルホニル尿素レセプターに結合することによって、インスリン分泌を刺激する。 Sulfonylureas (including glimepiride and glibenclamide) are oral hypoglycemic agents which are widely used, which mainly by binding to the sulfonylurea receptor on the plasma membrane of pancreatic β cells, to stimulate insulin secretion. チアゾリジンジオン(チアゾリジンジオン)(例えば、ピオグリタゾンおよびロシグリタゾン)は、ペルオキシソーム増殖因子活性化レセプターγ(PPARγ)の活性化を介して末梢のインスリン耐性を効率的に改善する血糖降下剤である。 Thiazolidinedione (thiazolidinediones) (e.g., pioglitazone and rosiglitazone) are hypoglycemic agents through activation of peroxisome proliferator-activated receptor gamma (PPARy) improves insulin resistance in peripheral efficiently. 本発明において、本発明者らは、グリメピリドが、ルシフェラーゼレポーターアッセイにおけるPPARγ転写活性を特異的に誘導することを見出した。 In the present invention, the present inventors have found that glimepiride were found to specifically induce PPARγ transcriptional activity in a luciferase reporter assay. グリメピリドは、コアクチベータであるDRIP205(vitamin D receptor-interacting protein 205の略;アクセッション番号AF283812。Dr.David J. Mangelsdorf (University of Texas Southwestern Medical Center, Dallas,TX)から入手可能)の動員およびコリプレッサー(N−CoRおよびSMRT。それぞれ、nuclear receptor corepressorの略 (N-CoR;アクセッション番号NM_006311)、およびsilencingmediator for retinoid and thyroid hormone receptorsの略 (SMRT;例えば、アクセッション番号AF113003)。Dr.David J. Mangelsdorf (University of Texas Southwestern Medical Center, Dallas,TX)から入手可能)の解離を増進した。 Glimepiride is a coactivator DRIP205; recruitment and coli (vitamin D receptor-interacting Abbreviation protein 205 accession number AF283812.Dr.David J. Mangelsdorf (University of Texas Southwestern Medical Center, Dallas, TX) available from) repressor (N-CoR and SMRT, respectively, substantially (N-CoR of nuclear receptor corepressor;. Accession No. NM_006311), and silencingmediator for retinoid and thyroid hormone receptors abbreviation (SMRT; e.g., accession number AF113003) .Dr.David J. Mangelsdorf (University of Texas Southwestern Medical Center, Dallas, TX) was promoting the dissociation of available) from. さらに、グリメピリドは、PPARγに対する実証済みのリガンドであるロシグリタゾンに対して競合する様式で、PPARγに直接結合した。 Furthermore, glimepiride, in a manner that competes for rosiglitazone proven ligand for PPARy, bonded directly to the PPARy. さらに、3T3−L1脂肪細胞において、グリメピリドは、PPAR応答性エレメント(PPRE)を含む遺伝子プロモーターの転写活性を刺激し、そして、aP2、レプチン、およびアディポネクチンを含むPPARγ標的遺伝子のmRNAレベルの変化を与えた。 Further, in the 3T3-L1 adipocytes, glimepiride, stimulates transcriptional activity of a gene promoter containing PPAR responsive element (PPRE), and, given aP2, leptin, and the changes in mRNA levels of PPARγ target gene containing adiponectin It was. 最後に、グリメピリドが、3T3−F442A細胞における脂肪細胞分化を誘導した。 Finally, glimepiride, induced adipocyte differentiation in 3T3-F442A cells. この3T3−F442A細胞は、PPARγアゴニスト依存的様式で分化することが明らかになった。 The 3T3-F442A cells, revealed that differentiate in PPARγ agonist-dependent manner. 極めて興味深いことに、グリメピリドを用いたときに観察した効果の殆どは、グリベンクラミドによっても再現された。 Very interestingly, most of the observed effects when using glimepiride, were reproduced by glibenclamide. これらのデータによって、グリメピリドおよびグリベンクラミド(これらの両方とも、スルホニル尿素剤に属する)は、PPARγにとってのアゴニストであるが、これらの能力は、ピオグリタゾンによって達される最大値の12〜20%であった。 These data, glimepiride and glibenclamide (Both of these, belonging to sulfonylurea agent) is the agonist for the PPARy, these capabilities were 12 to 20% of the maximum value reached by pioglitazone . グリメピリドおよびグリベンクラミドがスルホニル尿素レセプターだけでなくPPARγに対して作用し得たという本発明者らの観察によって、膵臓β細胞のインスリン分泌および末梢部位のインスリン感受性を増進する理想的な抗糖尿病剤の開発の糸口が与えられ得る。 By glimepiride and glibenclamide inventors' observation that were able to act on PPARγ well sulfonylurea receptor, the development of an ideal antidiabetic agents that enhance the pancreatic β cell insulin secretion and peripheral sites of insulin sensitivity It may be given a clue.

本研究において、本発明者らは、PPARγへのスルホニル尿素剤の直接的な効果を研究した。 In this study, we studied the direct effects of the sulfonylurea to PPARy. 一つの実施形態において、本発明者らは、グリメピリド(これは、スルホニル尿素剤の1つである)が特異的にPPARγ転写活性を誘導することを見出した。 In one embodiment, the present inventors have found that glimepiride (which is one of the sulfonylurea agent) was found to induce specific PPARγ transcriptional activity. さらに、グリメピリドは、ロシグリタゾンに対して競合的な様式でPPARγに直接結合することを見出した。 Furthermore, glimepiride, was found to bind directly to the PPARγ in a competitive manner with respect to rosiglitazone. さらに、グリメピリドは、3T3−L1脂肪細胞中のPPARγ標的遺伝子のmRNAレベルに変化を与え、そして、3T3−F422A細胞における脂肪細胞分化を誘導した。 Furthermore, glimepiride, given a change in mRNA levels of PPARγ target genes of 3T3-L1 adipocytes, and to induce adipocyte differentiation in 3T3-F422A cells. 極めて興味深いことに、グリメピリドを用いて観察された効果の殆どは、グリベンクラミドによっても再現された。 Very interestingly, most of the effects observed with glimepiride, were reproduced by glibenclamide. これらのデータによって、グリメピリドおよびグリベンクラミドの両方が、PPARγにとってのアゴニストであることが強く示唆される。 These data, both glimepiride and glibenclamide, strongly suggest that an agonist for the PPARy. グリメピリドおよびグリベンクラミドはmSURに対してだけでなくPPARγに対しても作用し得たという本発明者らの観察によって、膵臓β細胞のインスリン分泌および末梢のインスリン感受性を増進する理想的な抗糖尿病剤の開発の糸口が与えられ得る。 By glimepiride and glibenclamide inventors' observation that also were able to act on PPARγ not only to MSUR, ideal antidiabetic agents that enhance the pancreatic β cell insulin secretion and peripheral insulin sensitivity clue of development can be given.

従って、本発明は、以下を提供する。 Accordingly, the present invention provides the following.
(1)スルホニル尿素剤を含む、ペルオキシソーム増殖因子活性化レセプター(PPAR)調節剤。 (1) including a sulfonyl urea, peroxisome proliferator activated receptor (PPAR) modulating agent.
(2)上記スルホニル尿素剤は、 (2) the sulfonylurea agent,

という構造を有し、ここで、R およびR は、夫々独立して、アルキル、置換されたアルキル、シクロアルキル、置換されたシクロアルキル、アルケニル、置換されたアルケニル、シクロアルケニル、置換されたシクロアルケニル、アルキニル、置換されたアルキニル、アルコキシ、置換されたアルコキシ、炭素環基、置換された炭素環基、ヘテロ環基、置換されたヘテロ環基、ハロゲン、ヒドロキシ、置換されたヒドロキシ、チオール、置換されたチオール、シアノ、ニトロ、アミノ、置換されたアミノ、カルボキシ、置換されたカルボキシ、カルバモイル、アシル、置換されたアシル、アシルアミノ、チオカルボキシ、アミド、置換されたカルボニル、置換されたチオカルボニル、置換されたスルホニルおよび置換されたスルフィニ It has the structure that, where, R 1 and R 2, each independently, alkyl, substituted alkyl, cycloalkyl, substituted cycloalkyl, alkenyl, substituted alkenyl, cycloalkenyl, substituted cycloalkenyl, alkynyl, substituted alkynyl, alkoxy, substituted alkoxy, carbocyclic group, substituted carbocyclic group, a heterocyclic group, substituted heterocyclic group, halogen, hydroxy, substituted hydroxy, thiol, substituted thiol, cyano, nitro, amino, substituted amino, carboxy, substituted carboxy, carbamoyl, acyl, substituted acyl, acylamino, thiocarboxy, amide, substituted carbonyl, substituted thiocarbonyl, substituted sulfonyl and substituted Surufini からなる群より選択される置換基を有する、項目1に記載の調節剤。 Having a substituent selected from the group consisting of, regulator of claim 1.
(3)上記スルホニル尿素剤は、グリメピリド、グリベンクラミド、トルブタミド、クロルプロパミド、アセトヘキサミドおよびグリクラジドからなる群より選択される、項目1に記載のPPAR調節剤。 (3) the sulfonylurea agent is glimepiride, glibenclamide, tolbutamide, chlorpropamide, is selected from the group consisting of acetohexamide and gliclazide, PPAR modulating agent of claim 1.
(4)上記スルホニル尿素剤は、グリメピリドまたはグリベンクラミドである、項目1に記載のPPAR調節剤。 (4) the sulfonylurea agent is glimepiride or glibenclamide, PPAR modulating agent of claim 1.
(5)上記調節は、PPARの活性化である、項目1に記載のPPAR調節剤。 (5) said modulation is activation of PPAR, PPAR modulating agent of claim 1.
(6)さらに、膵臓β細胞のインスリン分泌活性およびインスリン感受性を促進する活性からなる群より選択される少なくとも1つの活性を有する、項目1に記載のPPAR調節剤。 (6) further comprises at least one active selected from the group consisting of activity for promoting pancreatic β cell insulin secretory activity and insulin sensitivity, PPAR modulating agent of claim 1.
(7)上記PPAR調節活性を、チアゾリジンジオン(チアゾリジンジオン)の少なくとも10%有することを特徴とする、項目1に記載のPPAR調節剤。 (7) the PPAR modulating activity, characterized by having at least 10% of the thiazolidinedione (thiazolidinediones), PPAR modulating agent of claim 1.
(8)上記チアゾリジンジオンは、ピオグリタゾンである、項目7に記載のPPAR調節剤。 (8) the thiazolidinedione is pioglitazone, PPAR modulating agent of claim 7.
(9)上記PPARは、PPARγである、項目1に記載のPPAR調節剤。 (9) The PPAR is a PPARy, PPAR modulating agent of claim 1.
(10)上記PPARは、配列番号2 (NP_035276)、配列番号4 (NP_619726)、配列番号6 (NP_037256)および配列番号8(AAB87480)からなる群より選択される配列番号に示されるアミノ酸配列またはその1もしくは数個の置換、付加もしくは欠失を含む改変体配列を含む、項目1に記載のPPAR調節剤。 (10) The PPAR is SEQ ID NO: 2 (NP_035276), SEQ ID NO: 4 (NP_619726), the amino acid sequence or shown in SEQ ID NO: selected from the group consisting of SEQ ID NO: 6 (NP_037256) and SEQ ID NO: 8 (AAB87480) one or several substitutions, including variant sequence including additions or deletions, PPAR modulating agent of claim 1.
(11)上記PPAR調節剤は、脂肪細胞の分化;糖尿病;高グリシン血症;;低グルコース寛容;インスリン抵抗性;肥満;脂肪障害;異脂血症(dyslipidemia);高脂血症;高トリグリセリド血症;高コレステロール血症;低HDLレベル;高LDLレベル;粥状硬化症;血管狭窄;過敏性腸症候群;炎症性腸疾患;クローン病;腸潰瘍;炎症疾患;膵炎;腹部肥満;神経変性病;網膜症;乾癬;代謝性症候群;卵巣高アンドロゲン症からなる群より選択される疾患の処置に使用される、PPAR調節剤。 (11) the PPAR modulating agent adipocyte differentiation; diabetes; high glycine hyperlipidemia ;; low glucose tolerance; insulin resistance; obesity; fatty disorders; dyslipidaemia (dyslipidemia); hyperlipidemia; high triglycerides hyperlipidemia; hypercholesterolemia; low HDL levels; high LDL levels; atherosclerosis; vascular stenosis; irritable bowel syndrome; inflammatory bowel disease; Crohn's disease; intestinal ulcer; inflammatory diseases; pancreatitis; abdominal obesity; neurodegenerative venereal; retinopathy; psoriasis; metabolic syndrome; is used in the treatment of a disease selected from the group consisting of ovarian hyperandrogenism, PPAR modulating agent.
(12)膵臓β細胞のインスリン分泌活性および末梢のインスリン感受性を促進する活性からなる群より選択される少なくとも1つの活性を有し、かつ、PPARを調節する能力を有する化合物を同定する方法であって、上記方法は: (12) having at least one activity of pancreatic β cells insulinotropic activity and peripheral insulin sensitivity is selected from the group consisting of activity for promoting and there in methods for identifying compounds that have the ability to modulate PPAR Te, the method comprising the steps of:
A)候補化合物を提供する工程; Providing a A) a candidate compound;
B)上記候補化合物について、膵臓β細胞のインスリン分泌活性および末梢のインスリン感受性を促進する活性からなる群より選択される少なくとも1つの活性を測定する工程; B) For the candidate compound, a step of measuring at least one activity selected from the group consisting of activity for promoting pancreatic β cell insulin secretory activity and peripheral insulin sensitivity;
C)上記候補化合物を、PPARの活性を測定するアッセイに供する工程;および D)B工程およびC工程の各々において、活性ありと判断された物質を、リード化合物と同定する工程、 The C) the candidate compound, subjecting the assay measuring the activity of PPAR; in each and D) B step and step C, the substance is determined that there is activity, the step of identifying a lead compound,
を包含する、方法。 Encompassing, way.
(13)上記候補化合物は、スルホニル尿素剤を含む、項目12に記載の方法。 (13) the candidate compound comprises a sulfonyl urea The method of claim 12.
(14)上記候補化合物は、 (14) the candidate compound,

という構造を有し、ここで、R およびR は、夫々独立して、アルキル、置換されたアルキル、シクロアルキル、置換されたシクロアルキル、アルケニル、置換されたアルケニル、シクロアルケニル、置換されたシクロアルケニル、アルキニル、置換されたアルキニル、アルコキシ、置換されたアルコキシ、炭素環基、置換された炭素環基、ヘテロ環基、置換されたヘテロ環基、ハロゲン、ヒドロキシ、置換されたヒドロキシ、チオール、置換されたチオール、シアノ、ニトロ、アミノ、置換されたアミノ、カルボキシ、置換されたカルボキシ、カルバモイル、アシル、置換されたアシル、アシルアミノ、チオカルボキシ、アミド、置換されたカルボニル、置換されたチオカルボニル、置換されたスルホニルおよび置換されたスルフィニ It has the structure that, where, R 1 and R 2, each independently, alkyl, substituted alkyl, cycloalkyl, substituted cycloalkyl, alkenyl, substituted alkenyl, cycloalkenyl, substituted cycloalkenyl, alkynyl, substituted alkynyl, alkoxy, substituted alkoxy, carbocyclic group, substituted carbocyclic group, a heterocyclic group, substituted heterocyclic group, halogen, hydroxy, substituted hydroxy, thiol, substituted thiol, cyano, nitro, amino, substituted amino, carboxy, substituted carboxy, carbamoyl, acyl, substituted acyl, acylamino, thiocarboxy, amide, substituted carbonyl, substituted thiocarbonyl, substituted sulfonyl and substituted Surufini からなる群より選択される置換基を有する項目12に記載の方法。 The method according to claim 12 having a substituent selected from the group consisting of.
(15)上記調節は、PPARの活性化である、項目12に記載の方法。 (15) said modulation is activation of PPAR, The method of claim 12.
(16)上記化合物は、上記膵臓β細胞のインスリン分泌活性およびインスリン感受性を促進する活性の両方を有する、項目12に記載の方法。 (16) The above compounds have both activity of promoting insulin secretion activity and insulin sensitivity of the pancreatic β cells, The method of claim 12.
(17)上記PPAR調節活性がチアゾリジンジオン(チアゾリジンジオン)と比較して測定される、項目12に記載の方法。 (17) the PPAR modulating activity is measured relative to thiazolidinedione (thiazolidinediones), The method of claim 12.
(18)上記PPARは、PPARγである、項目12に記載の方法。 (18) The PPAR is a PPARy, The method of claim 12.
(19)上記PPARは、配列番号2 (NP_035276)、配列番号4 (NP_619726)、配列番号6 (NP_037256)および配列番号8(AAB87480)からなる群より選択される配列番号に示されるアミノ酸配列またはその1もしくは数個の置換、付加もしくは欠失を含む改変体配列を含む、項目12に記載の方法。 (19) The PPAR is SEQ ID NO: 2 (NP_035276), SEQ ID NO: 4 (NP_619726), SEQ ID NO: 6 (NP_037256) and SEQ ID NO: 8 (AAB87480) amino acid sequence or shown in SEQ ID NO: selected from the group consisting of the one or several substitutions, including variant sequence including additions or deletions, the method of claim 12.
(20)上記C)工程は、上記候補化合物がスルホニル尿素剤またはチアゾリジンジオン剤とともに提供して競合するかどうかを観察する工程、を包含する、項目12に記載の方法。 (20) The C) step, the step of the candidate compound is observed whether competing offer with sulfonylurea or a thiazolidinedione agents including, The method of claim 12.
(21)上記PPAR活性を測定するアッセイは、転写活性アッセイである、項目12に記載の方法。 (21) an assay measuring the PPAR activity is a transcription activity assay method of claim 12.
(22)上記膵臓β細胞のインスリン分泌活性は、細胞から分泌されるインスリンを直接測定すること(J Pharmacol Exp Ther. 2004 Sep;310(3):1273-80.)により測定される、項目12に記載の方法。 (22) insulin secretory activity of the pancreatic β cells, measuring the insulin secreted from the cells directly (J Pharmacol Exp Ther 2004 Sep; 310 (3):.. 1273-80) is measured by item 12 the method according to.
(23)上記末梢のインスリン感受性を促進する活性は、インスリン負荷試験(Insulin tolerance test)により測定される、項目12に記載の方法。 (23) activity of promoting insulin sensitivity of the peripheral is determined by insulin tolerance test (Insulin tolerance test), The method of claim 12.
(24)上記PPARの活性は、転写因子認識配列と作動可能に連結されるレポーターをコードする核酸配列を含む核酸構築物と、上記選択されたPPARとを含む系において、上記候補化合物の活性を判定する工程であって、上記レポーターの発現が増強される場合、上記候補化合物は上記PPARのアゴニストと判定し、上記レポーターの発現が減少する場合、上記候補化合物は上記PPARのアンタゴニストと判定する、工程によって測定される、項目12に記載の方法。 (24) activity of the PPAR is a nucleic acid construct comprising a nucleic acid sequence encoding a reporter operably linked to a transcription factor recognition sequences, in a system comprising a PPAR that is the selected, determining the activity of the candidate compound comprising the steps of, if the expression of said reporter is enhanced, the candidate compound is determined that agonists of the PPAR, when the expression of the reporter is reduced, the candidate compound is determined that antagonists of the PPAR, step as measured by a method according to claim 12.
(25)上記レポーターは、ルシフェラーゼである、項目24に記載の方法。 (25) said reporter is luciferase The method of claim 24.
(26)上記系は、細胞である、項目24に記載の方法。 (26) The system is a cell, the method according to item 24.
(27)上記C工程において、C末活性化機能−2(AF−2)ドメインを含むタンパク質が標的として使用される、項目12に記載の方法。 (27) In the step C, protein containing a C-terminal activation function -2 (AF-2) domain is used as a target The method of claim 12.
(28)上記標的は、アミノ酸配列PLLQEIYKDLY(配列番号9)を含む、項目27に記載の方法。 (28) the target comprises the amino acid sequence PLLQEIYKDLY (SEQ ID NO: 9) The method of claim 27.
(29)上記C工程において、PPARのコファクターとPPARとの相互作用が観察される、項目12に記載の方法。 (29) In the step C, the interaction between the cofactor and PPAR the PPAR is observed The method of claim 12.
(30)上記PPARのコファクターは、DRIP 205(vitamin D receptor-interacting protein 205)、N−CoR(nuclear receptorcorepressor)およびSMRT(silencing mediator for retinoid and thyroid hormonereceptors)からなる群より選択される、項目29に記載の方法。 (30) co-factor of the PPAR is, DRIP 205 (vitamin D receptor-interacting protein 205), N-CoR (nuclear receptorcorepressor) and SMRT is selected from the group consisting of (silencing mediator for retinoid and thyroid hormonereceptors), item 29 the method according to.
(31)膵臓β細胞のインスリン分泌活性および末梢のインスリン感受性を促進する活性からなる群より選択される少なくとも1つの活性を有し、かつ、PPARを調節する能力を有する化合物を同定するためのシステムであって、上記システムは: (31) having at least one activity selected from the group consisting of activity for promoting pancreatic β cell insulin secretory activity and peripheral insulin sensitivity, and systems for identifying compounds that have the ability to modulate the PPAR there is, the above system:
A)候補化合物; A) a candidate compound;
B)上記候補化合物について、膵臓β細胞のインスリン分泌活性および末梢のインスリン感受性を促進する活性からなる群より選択される少なくとも1つの活性を測定する手段; B) For the candidate compounds, means for measuring at least one activity selected from the group consisting of activity for promoting pancreatic β cell insulin secretory activity and peripheral insulin sensitivity;
C)上記候補化合物を、PPARの活性を測定するアッセイに供する手段;および D)B手段およびC手段の各々により、活性ありと判断された物質を、リード化合物と同定する手段、 The C) the candidate compound, it means subjected to the assay measuring the activity of PPAR; by each and D) B means and C means a substance determined to have activity, means for identifying a lead compound,
を備える、システム。 Provided with the system.
(32) PPARに関連する疾患を処置または予防するための方法であって、 (32) A method for treating or preventing a disease associated with PPAR,
A)スルホニル尿素剤を被検体に投与する工程、 Administering a A) sulfonylurea agent into the subject,
を包含する、方法。 Encompassing, way.
(33)上記スルホニル尿素剤は、グリメピリド、グリベンクラミド、トルブタミド、クロルプロパミド、アセトヘキサミドおよびグリクラジドからなる群より選択される、項目32に記載の方法。 (33) the sulfonylurea agent is glimepiride, glibenclamide, tolbutamide, chlorpropamide, is selected from the group consisting of acetohexamide and gliclazide The method of claim 32.
(34) PPARに関連する疾患を処置または予防するための医薬を製造するにおける、スルホニル尿素剤の使用。 (34) definitive in the manufacture of a medicament for treating or preventing diseases which are associated with PPAR, the use of sulfonylureas.
(35)上記スルホニル尿素剤は、グリメピリド、グリベンクラミド、トルブタミド、クロルプロパミド、アセトヘキサミドおよびグリクラジドからなる群より選択される、項目34に記載の使用。 (35) the sulfonylurea agent is glimepiride, glibenclamide, tolbutamide, chlorpropamide, is selected from the group consisting of acetohexamide and gliclazide, use of claim 34.

以下に、本発明の好ましい実施形態を示すが、当業者は本発明の説明および添付の図面、ならびに当該分野における周知慣用技術からその実施形態などを適宜実施することができ、以下に記載する本発明の効果の他、本発明が奏する作用および効果を容易に理解することが認識されるべきである。 Hereinafter, the present while indicating preferred embodiments of the present invention, those skilled in the art that can be carried description and the accompanying drawings of the present invention, and the like that embodiment a known conventional techniques in the art as appropriate, are described below another advantage of the invention, it should be recognized easily understand the operation and advantages the present invention is achieved.

本発明は、糖尿病のより効率的な治療または予防のための化合物の探索のための新たなスクリーニング法を提供する。 The present invention provides a new screening method for the search for more efficient compound for treating or preventing diabetes. 本発明はまた、PPARに関連する薬剤として新たなカテゴリーを提供する。 The present invention also provides a new category as an agent associated with PPAR.

以下に本発明を、必要に応じて、添付の図面を参照して例示の実施例により記載する。 The present invention will, if necessary, be described by way of illustrative examples with reference to the accompanying drawings. 本明細書の全体にわたり、単数形の表現は、特に言及しない限り、その複数形の概念をも含むことが理解されるべきである。 Throughout the present specification that articles for singular forms, unless otherwise stated, it is to be understood to include the concept of their plurality. 従って、単数形の表現は、特に言及しない限り、その複数形の概念をも含むことが理解されるべきである。 Thus expression of a singular form, unless otherwise stated, it is to be understood to include the concept of their plurality. また、本明細書において使用される用語は、特に言及しない限り、当該分野で通常用いられる意味で用いられることが理解されるべきである。 Also, terms used herein, unless otherwise specified, it should be used in the sense commonly used in the art are understood. したがって、他に定義されない限り、本明細書中で使用される全ての専門用語および科学技術用語は、本発明の属する分野の当業者によって一般的に理解されるのと同じ意味を有する。 Therefore, unless otherwise defined, all technical and scientific terms used herein have the same meaning as commonly understood by one of ordinary skill in the art to which this invention belongs. 矛盾する場合、本明細書(定義を含めて)が優先する。 In case of conflict, the present specification (including definitions) takes precedence.

以下に提供される実施形態は、本発明のよりよい理解のために提供されるものであり、本発明の範囲は以下の記載に限定されるべきでないことが理解される。 Embodiments provided below are intended to be provided for a better understanding of the present invention, the scope of the present invention will be understood that it is not to be limited to the following description. 従って、当業者は、本明細書中の記載を参酌して、本発明の範囲内で適宜改変を行うことができることは明らかである。 Thus, those skilled in the art, in consideration of the description herein, it is apparent that variations and modifications can be made without departing from the scope of the present invention.

(定義) (Definition)
(疾患) (disease)
本明細書において「糖尿病」とは、当該分野において使用されるのと同じ意味で用いられ、持続的な高血糖・糖尿を呈する代謝疾患をいう。 By "diabetes" as used herein, are used interchangeably as used in the art, it refers to a metabolic disease which presents with persistent hyperglycemia, diabetes. インシュリン依存性(I型)とインシュリン非依存性(II型)があり、前者は発症が急で症状が重く、インシュリンの投与が必要。 There is insulin-dependent (I type) and non-insulin dependent (II type), the former heavy onset steep symptoms, require administration of insulin. 後者は経過緩慢で必ずしもインシュリン投与を必要としない。 The latter does not necessarily require insulin administration slow elapsed.

本明細書において「PPARに関連する疾患」とは、脂肪細胞の分化に関連する任意の疾患;糖尿病;高グリシン血症;低グルコース寛容;インスリン抵抗性;肥満;脂肪障害;異脂血症(dyslipidemia);高脂血症;高トリグリセリド血症;高コレステロール血症;低HDLレベル;高LDLレベル;粥状硬化症;血管狭窄;過敏性腸症候群;炎症性腸疾患;クローン病;腸潰瘍;炎症疾患;膵炎;腹部肥満;神経変性病;網膜症;乾癬;代謝性症候群;卵巣高アンドロゲン症などを挙げることができる。 The "disease associated with PPAR" herein, any disease associated with the differentiation of adipocytes; diabetes; high glycine hyperlipidemia; low glucose tolerance; insulin resistance; obesity; fatty disorders; dyslipidaemia ( dyslipidemia); hyperlipidemia; hypertriglyceridemia; hypercholesterolemia; low HDL levels; high LDL levels; atherosclerosis; vascular stenosis; irritable bowel syndrome; inflammatory bowel disease; Crohn's disease; intestinal ulceration; inflammatory diseases; pancreatitis; abdominal obesity; neurodegenerative disease; retinopathy; psoriasis; and the like ovarian hyperandrogenism; metabolic syndrome.

本明細書において「インスリン代謝に関連する」とは、インスリンの分泌またはインスリンによる糖代謝に関連する任意の因子をいう。 By "associated with insulin metabolism" as used herein, refers to any agent associated with glucose metabolism by secretion or insulin insulin. そのような遺伝子は、代表的に、図5cに示される。 Such genes are typically shown in FIG. 5c. 図5cには、脂肪細胞におけるインスリンレセプターのシグナル伝達に関与する遺伝子が示されている。 Figure 5c is shown the genes involved in signal transduction of the insulin receptor in adipocytes.

本明細書において「診断」とは、被験体における疾患の種類、障害の種類と程度、身体状態などに関連する種々のパラメ−タを同定し、そのような疾患、障害、状態の現状、薬物反応性予測、病態変化予測または原因を判定することをいう。 The term "diagnosis" as used herein, the type of disease in a subject, the type and extent of the disorder, the various parameters associated with such physical condition - to identify data, such diseases, disorders, current status, drug reactivity prediction means to determine the condition change prediction or cause.

本明細書において「治療」とは、ある疾患または障害について、そのような状態になった場合に、そのような疾患または障害の悪化を防止、好ましくは、現状維持、より好ましくは、軽減、さらに好ましくは消長させることをいう。 "Treatment" as used herein, for a disease or disorder, if it becomes such a state, preventing the deterioration of such diseases or disorders, preferably, the status quo, more preferably, reduced, further preferably it refers to to fate.

本明細書において「予防」(prophylaxisまたはprevention)とは、ある疾患または障害について、そのような状態が引き起こされる前に、そのような状態が起こらないように処置することをいう。 The "prevention" as used herein (prophylaxis or prevention), for a disease or disorder, before such a state is caused, refers to treating such does not occur such a state. 従って、ある疾患または障害について、そのような状態になることを防止、遅延など、および悪化を防ぐことを包含する。 Therefore, it embraces for a disease or disorder, prevents such becomes a state, such as delay, and to prevent deterioration. 本発明の方法は、肺組織を再生することから、予防にも用いられることが理解される。 The method of the present invention, since the reproducing lung tissue, it is understood that also used for prevention.

本明細書において「処置」とは、ある疾患、障害または状態に対して行う任意の医学的行為をいい、診断、治療、予防、予後などに資するために行う行為が包含される。 "Treatment" as used herein, refers to any medical act performed for a disease, disorder or condition, diagnosis, treatment, prevention, actions are encompassed do to contribute like prognosis. 好ましくは、処置は、医師、看護師など何らかの国家免許を所有する医療従事者によって行われるべきである。 Preferably, the treatment should be carried out by health care workers to own doctor, some kind of national license, such as a nurse. その行為が結果論敵にある疾患の経過を悪化させ、患者にとって不利益となる場合であっても、その行為そのものは「処置」であることには変わりはないことに留意すべきである。 The act worsen the course of the disease in the results opponents, even in the case of a disadvantage for the patient, the act itself is to be noted that there is no change to be a "treatment".

本明細書において「指示書」は、本発明を使用する方法または診断する方法などを医師、被検体など投与を行う人、診断する人(被検体本人であり得る)に対して記載したものである。 "Instructions" as used herein, those described and methods of method for diagnosis, or use the present invention physician, to a person performing administration such as subject, diagnosing human (which may be the subject person) is there. 指示書は、診断薬などがキットとして提供される場合、その使用方法を指示するために添付され得る。 The instructions, when such diagnostic agent is provided as a kit, may be attached to indicate its use. この指示書は、本発明の診断薬、医薬などを投与する手順を指示する文言が記載されている。 The instructions are diagnostic agent of the present invention, the term to indicate the steps of administering such pharmaceutical have been described. この指示書は、本発明が実施される国の監督官庁(例えば、日本であれば厚生労働省、米国であれば食品医薬品局(FDA)など)が規定した様式に従って作成され、その監督官庁により承認を受けた旨が明記される。 The instructions are authority of a country in which the present invention is carried out (for example, the Ministry of Health, Labor and Welfare if in Japan, such as the Food and Drug Administration if any in the United States (FDA)) is created in accordance with a format defined, approved by the regulatory agency that it has received a are specified. 指示書は、いわゆる添付文書(package insert)であり、通常は紙媒体で提供されるが、それに限定されず、例えば、電子媒体(例えば、インタ−ネットで提供されるホームページ(ウェブサイト)、電子メ−ル、SMS、PDF文書など)のような形態でも提供され得る。 The instructions are so-called package insert (package insert), it is typically provided in paper media, not limited thereto, for example, electronic media (e.g., inter - homepage provided by Internet (Web site), the electronic menu - Le, SMS, may be provided in the form such as PDF documents, etc.).

(生化学) (Biochemistry)
(一般技術) (General Technology)
本明細書において用いられる分子生物学的手法、生化学的手法、微生物学的手法は、当該分野において周知であり慣用されるものであり、例えば、Sambrook J. Molecular biological techniques used herein, biochemical techniques, microbiological techniques, which are well known and commonly used in the art, for example, Sambrook J. et al. et al. (1989). (1989). Molecular Cloning: A Laboratory Manual,Cold Spring Harborおよびその3rd Ed. Molecular Cloning: A Laboratory Manual, Cold Spring Harbor and its 3rd Ed. (2001);Ausubel,F. (2001); Ausubel, F. M. M. (1987). (1987). Current Protocols in Molecular Biology,Greene Pub. Current Protocols in Molecular Biology, Greene Pub. AssociatESand Wiley−Interscience;Ausubel,F. AssociatESand Wiley-Interscience; Ausubel, F. M. M. (1989). (1989). Short Protocols in Molecular Biology: A Compendium of Methods from Current Protocols in Molecular Biology,Greene Pub. Short Protocols in Molecular Biology: A Compendium of Methods from Current Protocols in Molecular Biology, Greene Pub. Associates and Wiley−Interscience;Innis,M. Associates and Wiley-Interscience; Innis, M. A. A. (1990). (1990). PCR Protocols: A Guide to Methods and Applications,Academic Press;Ausubel,F. PCR Protocols: A Guide to Methods and Applications, Academic Press; Ausubel, F. M. M. (1992). (1992). Short Protocols in Molecular Biology: A Compendium of Methods from Current Protocols in Molecular Biology,Greene Pub. Short Protocols in Molecular Biology: A Compendium of Methods from Current Protocols in Molecular Biology, Greene Pub. Associates;Ausubel,F. Associates; Ausubel, F. M. M. (1995). (1995). Short Protocols in Molecular Biology: A Compendium of Methods from Current Protocols in Molecular Biology,Greene Pub. Short Protocols in Molecular Biology: A Compendium of Methods from Current Protocols in Molecular Biology, Greene Pub. Associates;Innis,M. Associates; Innis, M. A. A. et al. et al. (1995). (1995). PCR Strategies,Academic Press;Ausubel,F. PCR Strategies, Academic Press; Ausubel, F. M. M. (1999). (1999). Short Protocols in Molecular Biology: A Compendium of Methods from Current Protocols in Molecular Biology,Wiley,and annual updates;Sninsky,J. Short Protocols in Molecular Biology: A Compendium of Methods from Current Protocols in Molecular Biology, Wiley, and annual updates; Sninsky, J. J. J. et al. et al. (1999). (1999). PCR Applications: Protocols for Functional Genomics,Academic Press、別冊実験医学「遺伝子導入&発現解析実験法」羊土社、1997などに記載されており、これらは本明細書において関連する部分(全部であり得る)が参考として援用される。 PCR Applications: Protocols for Functional Genomics, Academic Press, Supplement Experimental Medicine "Experimental Method for Gene Introduction & Expression Analysis", Yodo-sha, are described in, 1997, they (or possibly the entirety) relevant part herein There is incorporated by reference.

人工的に合成した遺伝子を作製するためのDNA合成技術および核酸化学については、例えば、Gait,M. DNA synthesis techniques and nucleic acid chemistry for preparing artificially synthesized genes, e.g., Gait, M. J. J. (1985). (1985). Oligonucleotide Synthesis:A Practical Approach,IRLPress;Gait,M. Oligonucleotide Synthesis: A Practical Approach, IRLPress; Gait, M. J. J. (1990). (1990). Oligonucleotide Synthesis:A Practical Approach,IRL Press;Eckstein,F. Oligonucleotide Synthesis: A Practical Approach, IRL Press; Eckstein, F. (1991). (1991). Oligonucleotides and Analogues:A Practical Approac,IRL Press;Adams,R. Oligonucleotides and Analogues: A Practical Approac, IRL Press; Adams, R. L. L. etal. etal. (1992). (1992). The Biochemistry of the Nucleic Acids,Chapman&Hall;Shabarova,Z. The Biochemistry of the Nucleic Acids, Chapman & Hall; Shabarova, Z. et al. et al. (1994). (1994). Advanced Organic Chemistry of Nucleic Acids,Weinheim;Blackburn,G. Advanced Organic Chemistry of Nucleic Acids, Weinheim; Blackburn, G. M. M. et al. et al. (1996). (1996). Nucleic Acids in Chemistry and Biology,Oxford University Press;Hermanson,G. Nucleic Acids in Chemistry and Biology, Oxford University Press; Hermanson, G. T. T. (I996). (I996). Bioconjugate Techniques,Academic Pressなどに記載されており、これらは本明細書において関連する部分が参考として援用される。 Bioconjugate Techniques, such as are described in Academic Press, these portions related herein are incorporated by reference.

本発明において用いられるPPAR、アディポネクチンプロモーターならびにそのフラグメントおよび改変体は、トランスジェニック動物作製技術、遺伝子工学技術を用いて生産することができる。 PPAR used in the present invention, adiponectin promoter and fragments and variants thereof, can be produced using transgenic animals production technology, genetic engineering techniques.

(PPARの説明) (Description of PPAR)
本明細書において使用される用語「PPAR」とは、「ペルオキシソーム増殖因子活性化レセプター(peroxisome proliferator−activator receptor)」の略称であり、核内レセプターの1種を意味する。 The term "PPAR" as used herein is an abbreviation of "Peroxisome proliferator-activated receptor (peroxisome proliferator-activator receptor)" refers to one of the nuclear receptors. PPARαは、配列番号1〜8に示す配列(それぞれ、配列番号1−2 (NP_035276)、配列番号3−4(NP_619726)、配列番号5−6 (NP_037256)および配列番号7−8(AAB87480)、それぞれマウス、ヒト、ラット、サルの核酸配列(奇数番号)およびアミノ酸配列(偶数番号))によって定義される。 PPARα is the sequence shown in SEQ ID NO: 1-8 (each, SEQ ID NO: 1-2 (NP_035276), SEQ ID NO: 3-4 (NP_619726), SEQ ID NO: 5-6 (NP_037256) and SEQ ID NO: 7-8 (AAB87480), mice, respectively, are defined by the human, rat, monkey nucleic acid sequence (odd number) and amino acid sequence (even numbered)). 本発明においては、同様の活性を有する限り、上記配列の改変体もまた、この用語の範囲内に入ることが理解される。 In the present invention, as long as it has a similar activity, variants of the sequences can also be within the scope of this term is understood. PPARは、核内レセプターの一種であり、リガンドと結合することによって、核内における生体反応を開始する分子をいう。 PPAR is one kind of intranuclear receptors, by binding to a ligand, it refers to a molecule to initiate a biological response in the nucleus. 通常核内レセプターは、核内に存在するが、生体反応を開始する際に核内に移行する性質を持つものも包含される。 Normal nuclear receptor is present in the nucleus, it is also included those having a property to migrate to the nucleus in initiating a biological reaction. 核内レセプターは、通常、結合すると複合体を形成してDNAに結合して転写因子として働く。 Nuclear receptors usually acts as a transcription factor binding to the DNA to form a complex upon binding. ここで、核内レセプターの生体反応は、代表的には転写の調節(例えば、転写の促進、抑制、開始、または終結が挙げられ、代表的には転写の促進であるが、これらに限定されない)である。 Here, the biological reaction of nuclear receptors, the regulation of transcription is typically (e.g., promotion of transcription, inhibition, start, or termination and the like, but typically a promotion of transcription, but not limited to ) it is. 代表的には、核内レセプターは、天然の状態では、リガンドによる刺激を受けない場合、細胞質に存在し、リガンドと結合した場合に、核内に移行して、その刺激を核内に伝達する分子をいう。 Typically, a nuclear receptor, in its natural state, if not stimulated by ligand, present in the cytoplasm, when bound to the ligand, the process moves to the nucleus and transmits the stimulus to the nucleus It refers to a molecule. あるいは、核内レセプターは、その局在を変えることなく、リガンドとの結合によって、核内における生体反応を開始する。 Alternatively, a nuclear receptor, without changing its localization, by binding of the ligand, initiating a biological reaction in the nucleus.

本明細書中において、「対応する」アミノ酸とは、あるタンパク質分子またはポリペプチド分子において、比較の基準となるタンパク質またはポリペプチドにおける所定のアミノ酸と同様の作用を有するか、または有することが予測されるアミノ酸をいい、例えば、核内レセプターにおいては、Aドメインに対応するドメインは、転写促進機能を有する領域であり、Bドメインに対応するドメインは、同様に転写促進機能を有する領域であり、A/Bドメインと称することもある。 As used herein, "corresponding" amino acids are in a protein molecule or a polypeptide molecule, it is expected to have, or have the same function as a given amino acid in a protein or polypeptide as a reference for comparison that amino acids refers to, for example, in a nuclear receptor, the domain corresponding to the a domain is a region having the transcription promoting function, domain corresponding to the B domain is a region having the same transcriptional enhancing function, a / sometimes referred to as a B domain. Cドメインに対応するドメインは、DNA結合という作用を有する領域であり、通常、DNA結合タンパクに見られる特徴的なZnフィンガー構造が2個存在する。 Domain corresponding to the C domain is a region having the effect of DNA-binding usually characteristic Zn-finger structure found in DNA-binding proteins are present two. Dドメインに対応するドメインは、CドメインとE・Fドメインとの間に存在する領域であり、E・Fドメインに対応するドメインは、リガンド(ホルモン)に結合する作用を有する領域であり、リガンド結合ドメインともいう。 Domain corresponding to the D domain is a region existing between the C domain and the E · F domain, domain corresponding to the E · F domain is a region having the activity of binding to a ligand (hormone) ligand also referred to as a binding domain. このリガンド結合ドメイン(E・Fドメイン)は、12のαヘリックスからなる類似の立体構造をとる。 The ligand-binding domain (E · F domain) takes a similar three-dimensional structure consisting of 12 α-helices. Fドメインに対応するドメインは、EドメインよりC末端側に存在する領域である。 Domain corresponding to the F domain is a region existing in the C-terminal side of the E domain. 酵素分子にあっては、活性部位中の同様の位置に存在し触媒活性に同様の寄与をするアミノ酸をいう。 In the enzyme molecule refers to an amino acid which is the same contribution to the existing catalytic activity at a similar position in the active site. PPARにおける対応残基は、アラインメントを行うことによって同定することができる。 Corresponding residues in PPAR can be identified by performing alignment. 本明細書において、上記に挙げたもの以外の核内レセプターにおけるA〜Fのドメインは、上記具体例の始まりのアミノ酸と、終わりのアミノ酸に対応するアミノ酸位置の範囲のドメインが対応することが理解される。 As used herein, domain A~F in nuclear receptor other than those listed above, understood that the amino acid at the beginning of the above examples, the domain ranging from amino acid positions corresponding to the end of the amino acid corresponding It is.

本明細書において、A〜Fドメインは、当該分野において公知の定義に基づいて決定され得る。 In the present specification, to F domain may be determined based on the definition known in the art. 例えば、そのような定義は、Robinson−Rechavi M ら、J Cell Sci. For example, such a definition, Robinson-Rechavi M et al, J Cell Sci. 2003 Feb 15;116(Pt 4):585−586およびその中で引用される文献などを参酌することができる。 2003 Feb 15; 116 (Pt 4): such as 585-586 and references cited therein can be referred to.

本明細書において、PPARの「生物学的活性」とは、その核内レセプターがそのリガンドと結合した場合に、その核内レセプターによってもたらされる活性であり、例えば、本明細書において直前に記載されるような活性(例えば、PPARγについて、PEPCKの転写促進、糖新生促進など)が挙げられるが、これらに限定されない。 As used herein, "biological activity" of PPAR, if the nuclear receptor bound to its ligand, an activity exerted by the nuclear receptor, for example, described immediately herein so that active (e.g., for PPARy, transcription promoting PEPCK, gluconeogenesis promotion etc.) include, but are not limited to. 核内レセプター(例えば、PPARγ)のアゴニストは、その核内レセプターと結合することによって、その核内レセプターが有する生物学的活性の少なくとも1部または全部を誘導する。 Agonists of the nuclear receptor (e.g., PPARy) by binding with its nuclear receptor, induces at least a portion or all of the biological activity possessed by the nuclear receptor.

PPARは、代表的にPPARγが挙げられ、その配列は配列番号1〜8(奇数は核酸配列、偶数はそれに対応するアミノ酸配列を示す。それぞれ、マウス、ヒト、ラット、サルである)に示される配列あるいはその改変配列を有する。 PPAR is typically include PPARy, is shown in the sequence SEQ ID NO: 1-8 (odd nucleic acid sequence, even number shows the amino acid sequence corresponding thereto. Each mouse, human, rat, monkey) sequence or having a modified sequence thereof. 代表的には、PPARは、以下のような分子であり得る: Typically, PPAR can be a molecule as follows:
(a)配列番号2、4、6または8に記載のアミノ酸配列またはそのフラグメントからなる、ポリペプチド; (A) comprising the amino acid sequence or a fragment thereof according to SEQ ID NO: 2, 4, 6 or 8, a polypeptide;
(b)配列番号2、4、6または8に記載のアミノ酸配列において、1以上のアミノ酸が置換、付加および欠失からなる群より選択される少なくとも1つの変異を有し、かつ、生物学的活性を有する、ポリペプチド; (B) the amino acid sequence set forth in SEQ ID NO: 2, 4, 6 or 8, one or more amino acids are substituted, has at least one mutation selected from the group consisting of additions and deletions, and biological It has an activity, the polypeptide;
(c)配列番号1、3、5または7に記載の塩基配列のスプライス変異体または対立遺伝子変異体によってコードされる、ポリペプチド; (C) it is encoded by a splice variant or allelic variant of the nucleotide sequence set forth in SEQ ID NO: 1, 3, 5 or 7, the polypeptide;
(d)配列番号2、4、6または8に記載のアミノ酸配列の種相同体である、ポリペプチド; (D) is a species homologue of the amino acid sequence set forth in SEQ ID NO: 2, 4, 6 or 8, a polypeptide;
(e)(a)〜(d)のいずれか1つのポリペプチドに対する同一性が少なくとも70%であるアミノ酸配列を有し、かつ、生物学的活性を有する、ポリペプチド;または (f)(a)〜(d)のいずれか1つのポリペプチドをコードするポリヌクレオチドとストリンジェントなハイブリダイゼーション条件下でハイブリダイズスルポリヌクレオチドによりコードされるアミノ酸配列を有し、かつ、生物学的活性を有する、ポリペプチド; (E) (a) has an amino acid sequence identity is at least 70% to any one of the polypeptides of ~ (d), and has a biological activity, the polypeptide; or (f) (a ) - it has the amino acid sequence encoded by a polynucleotide hybridizing under any one of the polynucleotides under stringent hybridization conditions which encodes a polypeptide of (d), and has a biological activity, polypeptide;
を含む。 including.

本明細書において、PPARタンパク質の生物学的機能の調節は、PPARタンパク質に対する阻害剤を接触させるか、またはPPARの機能を低下させるような変異を導入する(例えば、遺伝子治療による)ことによって達成することができる。 As used herein, the regulation of the biological function of a PPAR protein, achieved by either contacting the inhibitors to PPAR proteins, or to introduce a mutation that decreases the function of a PPAR (e.g., by gene therapy) be able to.

PPARタンパク質の生物学的機能は、ELISA法、ノーザン・ブロット分析または定量的PCR法、細胞増殖もしくは分化を測定することによる生化学的分析方法、および調べられる物質もしくは前記生物学的抽出物の形態形成に対する顕微鏡分析などを行うことによって測定することが可能であるがこれらに限定されない。 Biological function of a PPAR protein, ELISA method, Northern blot analysis or quantitative PCR method, the form of the biochemical analysis methods, and investigated are substances or said biological extract by measuring cell proliferation or differentiation It can be measured by performing such microscopic analysis on the formation but not limited thereto.

本明細書において使用される用語「タンパク質」、「ポリペプチド」、「オリゴペプチド」および「ペプチド」は、本明細書において同じ意味で使用され、任意の長さのアミノ酸のポリマーおよびその改変体をいう。 The term "protein" as used herein, "polypeptide", "oligopeptide" and "peptide" are used interchangeably herein, the polymer and its variants of amino acids of any length Say. このポリマーは、直鎖であっても分岐していてもよく、環状であってもよい。 The polymer may be branched may be linear, it may be cyclic. アミノ酸は、天然のものであっても非天然のものであってもよく、改変されたアミノ酸であってもよい。 Amino acid may be one even naturally occurring or non-naturally occurring, it may be a modified amino acid. この用語はまた、複数のポリペプチド鎖の複合体へとアセンブルされ得るものを包含する。 The term also includes what may be assembled into a complex of a plurality of polypeptide chains. この用語はまた、天然または人工的に改変されたアミノ酸ポリマーも包含する。 This term also includes a naturally-occurring or artificially modified amino acid polymer. そのような改変としては、例えば、ジスルフィド結合形成、グリコシル化、脂質化、アセチル化、リン酸化または任意の他の操作もしくは改変(例えば、標識成分との結合体化)。 Such modifications, for example, disulfide bond formation, glycosylation, lipidation, acetylation, phosphorylation, or any other manipulation or modification (e.g., conjugation with a labeling component). この定義にはまた、例えば、アミノ酸の1または2以上のアナログを含むポリペプチド(例えば、非天然のアミノ酸などを含む)、ペプチド様化合物(例えば、ペプトイド)および当該分野において公知の他の改変が包含される。 This definition, for example, polypeptides containing one or more analogs of an amino acid (including, for example, unnatural amino acids), peptide-like compounds (e.g., peptoid) and other variants known in the art It is included. 本発明の組成物において使用される場合は、「タンパク質」は、その組成物が使用されるべき宿主において適合性のあるタンパク質であることが好ましいが、その宿主において適合するように処置され得る限り、どのようなタンパク質を用いてもよい。 When used in the compositions of the present invention, "protein", it is preferable that the composition is a protein which is compatible in the host to be used, as long as it can be treated to be compatible in its host it may be used any protein. あるタンパク質が宿主に適合性があるかどうか、または宿主において適合するように処置され得るかどうかは、そのタンパク質をその宿主に移植して、必要に応じて免疫拒絶反応などの副反応を抑制することによりその宿主に定着するかどうかを観察することによって、判定することができる。 Whether or whether may be treated to be compatible in the host certain protein is compatible with the host and transplanted the protein in the host, suppressing side reactions such as immune rejection reactions as necessary by observing whether the fixing to the host by, can be determined. 代表的には、上述の適合性があるようなタンパク質としては、その宿主に由来するタンパク質を挙げることができるがそれに限定されない。 Typically, the proteins be compatible described above, can include a protein derived from the host are not limited thereto.

本明細書において「単離された」生物学的因子(例えば、核酸またはタンパク質など)とは、その生物学的因子が天然に存在する生物体の細胞内の他の生物学的因子(例えば、核酸である場合、核酸以外の因子および目的とする核酸以外の核酸配列を含む核酸;タンパク質である場合、タンパク質以外の因子および目的とするタンパク質以外のアミノ酸配列を含むタンパク質など)から実質的に分離または精製されたものをいう。 An "isolated" biological agent herein (e.g., a nucleic acid or such as proteins) and, in addition to biological factors in the cell of the organism in which the biological agent naturally occurring (e.g., If a nucleic acid, nucleic acids comprising a nucleic acid sequence other than the nucleic acid of factors other than nucleic acids and purposes; If a protein, such as a protein comprising the amino acid sequence other than the protein of factors other than protein and purposes) substantially separated from or it refers to purified. 「単離された」核酸およびタンパク質には、標準的な精製方法によって精製された核酸およびタンパク質が含まれる。 The "isolated" nucleic acid and proteins include nucleic acids and proteins purified by standard purification methods. したがって、単離された核酸およびタンパク質は、化学的に合成した核酸およびタンパク質を包含する。 Thus, isolated nucleic acids and proteins include chemically synthesized nucleic acids and proteins.

本明細書において「精製された」生物学的因子(例えば、核酸またはタンパク質など)とは、その生物学的因子に天然に随伴する因子の少なくとも一部が除去されたものをいう。 "Purified" biological agent herein (e.g., nucleic acid or the like protein) refers to one from which at least a part of the factors that naturally accompanying agents has been removed. したがって、通常、精製された生物学的因子におけるその生物学的因子の純度は、その生物学的因子が通常存在する状態よりも高い(すなわち濃縮されている)。 Therefore, usually, the purity of the biological agent in purified biological agent, (which is namely concentration) higher than the state in which the biological agent is normally present.

本発明において使用される生体分子は、生体から採取され得るほか、当業者に公知の方法によって化学的に合成され得る。 Biological molecules used in the present invention, in addition to be collected from the living body, may be chemically synthesized by methods known to those skilled in the art. 例えば、タンパク質であれば、自動固相ペプチド合成機を用いた合成方法は、以下により記載される:Stewart,J. For example, if the protein synthesis method using an automated solid phase peptide synthesizer is described by the following: Stewart, J. M. M. et al. et al. (1984). (1984). Solid Phase Peptide Synthesis,Pierce ChemicaLCo. Solid Phase Peptide Synthesis, Pierce ChemicaLCo. ;Grant,G. ; Grant, G. A. A. (1992). (1992). Synthetic Peptides:A User's Guide,W. Synthetic Peptides: A User's Guide, W. H. H. Freeman;Bodanszky,M. Freeman; Bodanszky, M. (1993). (1993). Principles of Peptide Synthesis,Springer−Verlag;Bodanszky,M. Principles of Peptide Synthesis, Springer-Verlag; Bodanszky, M. et al. et al. (1994). (1994). The Practice of Peptide Synthesis,Springer−Verlag;Fields,G. The Practice of Peptide Synthesis, Springer-Verlag; Fields, G. B. B. (1997). (1997). Phase Peptide Synthesis,Academic Press;Pennington,M. Phase Peptide Synthesis, Academic Press; Pennington, M. W. W. et al. et al. (1994). (1994). Peptide Synthesis Protocols,Humana Press;Fields,G. Peptide Synthesis Protocols, Humana Press; Fields, G. B. B. (1997). (1997). Solid−Phase Peptide Synthesis,Academic Press。 Solid-Phase Peptide Synthesis, Academic Press. その他の分子もまた、当該分野において周知の技術を用いて合成することができる。 Other molecules can also be synthesized using techniques well known in the art.

本明細書において生体分子(例えば、PPARなどをコードする核酸配列、アミノ酸配列など)の「相同性」とは、比較可能な配列を有する場合、2以上の配列の、互いに対する同一性の程度をいう。 In this specification biomolecules (e.g., nucleic acid sequences encoding such PPAR, such as amino acid sequence) The "homology", when having a comparable arrangement, two or more sequences, the degree of identity to each other Say. 従って、ある2つの配列の相同性が高いほど、それらの配列の同一性または類似性は高い。 Thus, the greater the homology between two sequences, the greater the identity or similarity between their sequences. 2種類の配列が相同性を有するか否かは、配列の直接の比較、または核酸の場合ストリンジェントな条件下でのハイブリダイゼーション法によって調べられ得る。 Whether they have two sequences homology is determined by a hybridization method under stringent conditions comparing their sequences directly or. 2つの配列を直接比較する場合、その配列間で配列が、代表的には少なくとも50%同一である場合、好ましくは少なくとも70%同一である場合、より好ましくは少なくとも80%、90%、95%、96%、97%、98%または99%同一である場合、それらの遺伝子は相同性を有する。 When comparing two sequences direct sequence among the sequences, when typically at least 50% identical, if preferably at least 70% identical, more preferably at least 80%, 90%, 95% , 96%, 97%, 98% or 99% identical, and their genes have homology. 本明細書において、生体分子(例えば、核酸配列、アミノ酸配列など)の「類似性」とは、上記相同性において、保存的置換をポジティブ(同一)とみなした場合の、2以上の遺伝子配列の、互いに対する同一性の程度をいう。 As used herein, a biomolecule (e.g., a nucleic acid sequence, such as amino acids sequence) of a "similarity" in homology when conservative substitution is regarded as positive (same), the two or more gene sequences refers to the proportion of identity between. 従って、保存的置換がある場合は、その保存的置換の存在に応じて同一性と類似性とは異なる。 Therefore, in cases where there are conservative substitutions, different from the identity and similarity in response to the presence of conservative substitutions. また、保存的置換がない場合は、同一性と類似性とは同じ数値を示す。 If no conservative substitutions are shown the same numbers identity and similarity. 本発明では、このように同一性が高いものまたは類似性が高いものもまた、有用であり得る。 In the present invention, it may also be useful in this way what is higher high or similarity identity.

本明細書では、アミノ酸配列および塩基配列の類似性、同一性および相同性の比較は、配列分析用ツールであるBLASTを用いてデフォルトパラメータを用いて算出される。 In this specification, the similarity of the amino acid sequence and the base sequence, comparison of identity and homology is calculated using default parameters of BLAST (sequence analyzing tool). 同一性の検索は例えば、NCBIのBLAST 2.2.9 (2004.5.12 発行)を用いて行うことができる。 Identity search can be performed, for example, using NCBI's BLAST 2.2.9 (2004.5.12 issued). 本明細書における同一性の値は通常は上記BLASTを用い、デフォルトの条件でアラインした際の値をいう。 Identity value herein is usually using the BLAST, it refers to a value at the time of aligning the default condition. ただし、パラメーターの変更により、より高い値が出る場合は、最も高い値を同一性の値とする。 However, by changing the parameters, if the higher value is out, the identity values ​​the highest value. 複数の領域で同一性が評価される場合はそのうちの最も高い値を同一性の値とする。 The identity of the values ​​of which the highest value if identity in a plurality of regions are evaluated.

本明細書において、「アミノ酸」は、天然のものでも非天然のものでもよい。 As used herein, the term "amino acid", may be either naturally occurring or non-naturally occurring. 「誘導体アミノ酸」または「アミノ酸アナログ」とは、天然に存在するアミノ酸とは異なるがもとのアミノ酸と同様の機能を有するものをいう。 "Derivative amino acid" or "amino acid analog", different from the naturally occurring amino acid but instances that have the same function as the original amino acid. そのような誘導体アミノ酸およびアミノ酸アナログは、当該分野において周知である。 Such amino acid derivatives and amino acid analogs are well known in the art.

用語「天然のアミノ酸」とは、天然のアミノ酸のL−異性体を意味する。 The term "naturally-occurring amino acid" refers to the L- isomer of a naturally-occurring amino acid. 天然のアミノ酸は、グリシン、アラニン、バリン、ロイシン、イソロイシン、セリン、メチオニン、トレオニン、フェニルアラニン、チロシン、トリプトファン、システイン、プロリン、ヒスチジン、アスパラギン酸、アスパラギン、グルタミン酸、グルタミン、γ−カルボキシグルタミン酸、アルギニン、オルニチン、およびリジンである。 Natural amino acids are glycine, alanine, valine, leucine, isoleucine, serine, methionine, threonine, phenylalanine, tyrosine, tryptophan, cysteine, proline, histidine, aspartic acid, asparagine, glutamic acid, glutamine, .gamma.-carboxyglutamic acid, arginine, ornithine , and lysine. 特に示されない限り、本明細書でいう全てのアミノ酸はL体であるが、D体のアミノ酸を用いた形態もまた本発明の範囲内にある。 Unless otherwise indicated, all amino acids referred to herein are L-isomers, forms are also within the scope of the present invention with D-amino acids.

本明細書において「アミノ酸改変体」とは、天然のアミノ酸ではないが、天然のアミノ酸の物性および/または機能に類似する分子をいう。 An "amino acid variant" as used herein, is not a natural amino acid refers to a molecule that is similar to the physical properties and / or function of naturally occurring amino acids. アミノ酸改変体としては、例えば、フェニルアラニンのベンジル側鎖(パラ位、メタ位、オルト位など)にアルキル基、ハロ基、ニトロ基などが結合したもの、エチオニン、カナバニン、2−メチルグルタミンなどが挙げられる。 The amino acid variants, for example, benzyl side chain of phenylalanine (para, meta, ortho position, etc.), those in the alkyl group, a halo group, a nitro group bonded, include ethionine, canavanine, and 2-methyl-glutamine It is. 本発明では、アミノ酸改変体は、非天然アミノ酸およびアミノ酸模倣物を包含することがあることが理解される。 In the present invention, amino acid variants, that there is to include non-natural amino acids and amino acid mimetics are understood.

本明細書において「非天然アミノ酸」とは、タンパク質中で通常は天然に見出されないアミノ酸を意味する。 A "non-natural amino acid" as used herein, typically in protein means not found in natural amino acids. 非天然アミノ酸の例として、ノルロイシン、パラ−ニトロフェニルアラニン、ホモフェニルアラニン、パラ−フルオロフェニルアラニン、3−アミノ−2−ベンジルプロピオン酸、ホモアルギニンのD体またはL体およびD−フェニルアラニンが挙げられる。 Examples of unnatural amino acids, norleucine, para - nitro phenylalanine, homophenylalanine, para - fluorophenylalanine, 3-amino-2-benzyl-propionic acid, D-form or L-form and D- phenylalanine homoarginine.

本明細書において、「対応する」アミノ酸または核酸とは、それぞれあるポリペプチド分子またはポリヌクレオチド分子において、比較の基準となるポリペプチドまたはポリヌクレオチドにおける所定のアミノ酸と同様の作用を有するか、あるいは有することが予測されるアミノ酸または核酸をいい、特に酵素分子にあっては、活性部位中の同様の位置に存在し触媒活性に同様の寄与をするアミノ酸をいう。 As used herein, "corresponding" amino acid or nucleic acid, in the polypeptide molecule or polynucleotide molecule is, respectively, either with the same action as a given amino acid in a polypeptide or polynucleotide as a reference for comparison, or Yes it refers to amino acid or nucleic acid is expected, especially in the enzyme molecule, it refers to an amino acid which is similar contribute to existing catalytic activity at a similar position in the active site. 例えば、あるポリヌクレオチドのアンチセンス分子であれば、そのアンチセンス分子の特定の部分に対応するオルソログにおける同様の部分であり得る。 For example, if the antisense molecule is a polynucleotide, a similar portion in an ortholog corresponding to a particular portion of the antisense molecule. 本発明のペプチドの場合、ヒトの細胞増殖因子における特定の配列が使用されるが、他の種の動物の細胞増殖因子における特定の配列において、本発明のペプチドに対応する部分が「対応するアミノ酸」に相当することが理解される。 For the peptides of the present invention, although the specific sequence at a cell growth factor of human is used, in a particular sequence in the cell growth factor of other species of animals, the portion corresponding to the peptide of the present invention, "corresponding amino acid it is understood that corresponds to ".

本明細書において、「対応する」遺伝子とは、ある種において、比較の基準となる種における所定の遺伝子と同様の作用を有するか、または有することが予測される遺伝子をいい、そのような作用を有する遺伝子が複数存在する場合、進化学的に同じ起源を有するものをいう。 As used herein, a "corresponding" gene, in certain refers to genes that either have the same operation with a predetermined gene in a species as a reference for comparison, or that it has is expected, such effects If genes with there are multiple, instances that have the same evolutionary origin. 従って、ある遺伝子の対応する遺伝子は、その遺伝子のオルソログであり得る。 Therefore, a gene corresponding to a given gene may be an ortholog of the gene. 例えば、マウスPPARに対応する遺伝子は、ヒトPPARである。 For example, genes corresponding to the mouse PPAR is a human PPAR.

本明細書において、「フラグメント」とは、全長のポリペプチドまたはポリヌクレオチド(長さがn)に対して、1〜n−1までの配列長さを有するポリペプチドまたはポリヌクレオチドをいう。 As used herein, "fragment" with respect to the full length of the polypeptide or polynucleotide (of length n) refers to a polypeptide or polynucleotide having a sequence length ranging from 1 to n-1. フラグメントの長さは、その目的に応じて、適宜変更することができ、例えば、その長さの下限としては、ポリペプチドの場合、3、4、5、6、7、8、9、10、15,20、25、30、40、50およびそれ以上のアミノ酸が挙げられ、ここの具体的に列挙していない整数で表される長さ(例えば、11など)もまた、下限として適切であり得る。 The length of the fragments, depending on the purpose, can be appropriately changed, for example, the lower limit of the length of the fragment, 7, 8, 9, 10, 15,20,25,30,40,50 and include more amino acids lengths represented by integers which are not herein specifically (e.g., 11, etc.) it is also suitable as lower limit obtain. また、ポリヌクレオチドの場合、5、6、7、8、9、10、15、20、25、30、40、50、75、100およびそれ以上のヌクレオチドが挙げられ、ここの具体的に列挙していない整数で表される長さ(例えば、11など)もまた、下限として適切であり得る。 Also, in the case of polynucleotides, it includes 5,6,7,8,9,10,15,20,25,30,40,50,75,100 and more nucleotides, specifically enumerated here lengths represented by non integer (e.g., 11) may be appropriate as a lower limit. 本発明では、生体分子としてポリペプチドまたはポリヌクレオチドなどが使用される場合、所望の目的(例えば、細胞誘引効果など)が達成される限り、このようなフラグメントもまた、全長のものと同様に使用され得ることが理解される。 In the present invention, if such as a polypeptide or polynucleotide as a biological molecule is used, a desired object (e.g., cell attraction effect) as long as is achieved, such fragments may also used as well as that of the full-length it is understood that may be.

本明細書において、ポリペプチドおよびポリヌクレオチドの長さは、上述のようにそれぞれアミノ酸または核酸の個数で表すことができるが、上述の個数は絶対的なものではなく、同じ機能を有する限り、上限または下限としての上述の個数は、その個数の上下数個(または例えば上下10%)のものも含むことが意図される。 In this specification, the length of the polypeptides and polynucleotides, it can be represented by the number of amino acids or nucleic acids described above, the number of above are not absolute, as long as it has the same function, the upper limit or the number of the above-mentioned lower limit is also is intended to include those of the upper and lower several number thereof (or, for example, ± 10%). そのような意図を表現するために、本明細書では、個数の前に「約」を付けて表現することがある。 To represent such intention, in this specification, it may be expressed with the "about" before the number. しかし、本明細書では、「約」のあるなしはその数値の解釈に影響を与えないことが理解されるべきである。 However, in this specification, absence of "about" should be understood to have no effect on the interpretation of numbers.

本明細書において「生物学的活性」とは、ある因子(例えば、ポリペプチドまたはタンパク質)が、生体内において有し得る活性のことをいい、種々の機能を発揮する活性が包含される。 "Biological activity" as used herein, an agent (e.g., polypeptide or protein) is, refers to activity possessed in vivo including activities exhibiting various functions. 例えば、ある因子がアンチセンス分子である場合、その生物学的活性は、対象となる核酸分子への結合、それによる発現抑制などを包含する。 For example, if an agent is an antisense molecule, the biological activity, binding to a nucleic acid molecule of interest, including such expression inhibition by it. 例えば、ある因子が酵素である場合、その生物学的活性は、その酵素活性を包含する。 For example, if an agent is an enzyme, the biological activity thereof includes its enzyme activity. 別の例では、ある因子がリガンドである場合、そのリガンドが対応するレセプターへの結合を包含する。 In another example, when a certain factor is a ligand, including binding of the ligand to the corresponding receptor. そのような生物学的活性は、当該分野において周知の技術によって測定することができる。 Such biological activity can be measured by techniques well known in the art.

本明細書において使用される用語「ポリヌクレオチド」、「オリゴヌクレオチド」および「核酸」は、本明細書において同じ意味で使用され、任意の長さのヌクレオチドのポリマーをいう。 The term "polynucleotide" as used herein, "oligonucleotide" and "nucleic acid" are used interchangeably herein to refer to polymers of nucleotides of any length. この用語はまた、「オリゴヌクレオチド誘導体」または「ポリヌクレオチド誘導体」を含む。 The term also includes an "oligonucleotide derivative" or a "polynucleotide derivative". 「オリゴヌクレオチド誘導体」または「ポリヌクレオチド誘導体」とは、ヌクレオチドの誘導体を含むか、またはヌクレオチド間の結合が通常とは異なるオリゴヌクレオチドまたはポリヌクレオチドをいい、互換的に使用される。 By "oligonucleotide derivative" or a "polynucleotide derivative", it contains a derivative of nucleotide, or bonds between nucleotides refers to a different oligonucleotide or polynucleotide and usually are used interchangeably. そのようなオリゴヌクレオチドとして具体的には、例えば、2'−O−メチル−リボヌクレオチド、オリゴヌクレオチド中のリン酸ジエステル結合がホスホロチオエート結合に変換されたオリゴヌクレオチド誘導体、オリゴヌクレオチド中のリン酸ジエステル結合がN3'−P5'ホスホロアミデート結合に変換されたオリゴヌクレオチド誘導体、オリゴヌクレオチド中のリボースとリン酸ジエステル結合とがペプチド核酸結合に変換されたオリゴヌクレオチド誘導体、オリゴヌクレオチド中のウラシルがC−5プロピニルウラシルで置換されたオリゴヌクレオチド誘導体、オリゴヌクレオチド中のウラシルがC−5チアゾールウラシルで置換されたオリゴヌクレオチド誘導体、オリゴヌクレオチド中のシトシンがC−5プロピニルシトシンで置 Specific examples of such oligonucleotides, for example, 2'-O-methyl - ribonucleotide, an oligonucleotide derivative wherein the phosphodiester bond has been converted to a phosphorothioate bond in the oligonucleotide, the phosphodiester bond in the oligonucleotide There N3'-P5 'phosphoroamidate converted oligonucleotide derivative in binding, an oligonucleotide derivative in which ribose and a phosphodiester bond is converted to a peptide-nucleic acid bond in the oligonucleotide, uracil in an oligonucleotide C- 5 oligonucleotide derivative substituted with propynyl uracil, an oligonucleotide derivative in which uracil in an oligonucleotide is substituted with C-5 thiazole uracil, cytosine in the oligonucleotide with C-5 propynyl cytosine location されたオリゴヌクレオチド誘導体、オリゴヌクレオチド中のシトシンがフェノキサジン修飾シトシン(phenoxazine−modified cytosine)で置換されたオリゴヌクレオチド誘導体、DNA中のリボースが2'−O−プロピルリボースで置換されたオリゴヌクレオチド誘導体およびオリゴヌクレオチド中のリボースが2'−メトキシエトキシリボースで置換されたオリゴヌクレオチド誘導体などが例示される。 Oligonucleotide derivatives, an oligonucleotide derivative in which cytosine is substituted with phenoxazine-modified cytosine (phenoxazine-modified cytosine) in an oligonucleotide, an oligonucleotide derivative ribose in DNA is substituted with 2'-O- propyl ribose and such as an oligonucleotide derivative in which ribose in the oligonucleotide is substituted with 2'-methoxyethoxy ribose and the like. 他にそうではないと示されなければ、特定の核酸配列はまた、明示的に示された配列と同様に、その保存的に改変された改変体(例えば、縮重コドン置換体)および相補配列を包含することが企図される。 Unless indicated to the contrary in the other, a particular nucleic acid sequence, similar to the sequence explicitly indicated, its conservatively modified variants (e.g., degenerate codon substitutions) and complementary sequences It is contemplated to include. 具体的には、縮重コドン置換体は、1またはそれ以上の選択された(または、すべての)コドンの3番目の位置が混合塩基および/またはデオキシイノシン残基で置換された配列を作成することにより達成され得る(Batzerら、Nucleic Acid Res.19:5081(1991);Ohtスルホニル尿素kaら、J.Biol.Chem.260:2605−2608(1985);Rossoliniら、Mol.Cell.Probes 8:91−98(1994))。 Specifically, degenerate codon substitutions creates one or more selected (or all) the third base positions mixing and / or sequence replaced with deoxyinosine residues codons It may be achieved by (Batzer et al., Nucleic Acid Res.19: 5081 (1991); Oht sulfonylurea ka et al, J.Biol.Chem.260: 2605-2608 (1985); Rossolini et al., Mol.Cell.Probes 8 : 91-98 (1994)).

本明細書において「ヌクレオチド」は、糖部分がリン酸エステルになっているヌクレオシドをいい、DNA、RNAなどを含み、天然のものでも非天然のものでもよい。 "Nucleotide" as used herein, refers to a nucleoside sugar moiety have become phosphoric acid esters, DNA, RNA and the like, may be either naturally occurring or non-naturally occurring. ここで、ヌクレオシドは、塩基と糖とがN−グリコシド結合をした化合物をいう。 Here, nucleoside refers to a compound base and a sugar is a N- glycosidic bond. 「ヌクレオチド誘導体」または「ヌクレオチドアナログ」とは、天然に存在するヌクレオチドとは異なるがもとのヌクレオチドと同様の機能を有するものをいう。 A "nucleotide derivative" or "nucleotide analog", different from the naturally occurring nucleotides but refers to those having the same functions as the original nucleotide. そのような誘導体ヌクレオチドおよびヌクレオチドアナログは、当該分野において周知である。 Such derivatives nucleotides and nucleotide analogs are well known in the art. そのような誘導体ヌクレオチドおよびヌクレオチドアナログの例としては、ホスホロチオエート、ホスホルアミデート、メチルホスホネート、キラルメチルホスホネート、2−O−メチルリボヌクレオチド、ペプチド−核酸(PNA)が含まれるが、これらに限定されない。 Examples of such nucleotide derivatives and nucleotide analogs, phosphorothioate, phosphoramidate, methyl phosphonates, chiral-methyl phosphonates, 2-O-methyl ribonucleotides, peptide - nucleic acid (PNA), but are not limited to . DNAは、cDNA、ゲノムDNA、合成DNAを含む。 DNA includes cDNA, genomic DNA, synthetic DNA.

本明細書において、「対応する」遺伝子とは、ある種において、比較の基準となる種における所定の遺伝子と同様の作用を有するか、または有することが予測される遺伝子をいい、そのような作用を有する遺伝子が複数存在する場合、進化学的に同じ起源を有するものをいう。 As used herein, a "corresponding" gene, in certain refers to genes that either have the same operation with a predetermined gene in a species as a reference for comparison, or that it has is expected, such effects If genes with there are multiple, instances that have the same evolutionary origin. 従って、ある遺伝子の対応する遺伝子は、その遺伝子のオルソログであり得る。 Therefore, a gene corresponding to a given gene may be an ortholog of the gene. したがって、PPAR遺伝子、またはヒトアディポネクチン遺伝子においてプロモーター活性を有する領域に対応する領域は、他の動物(マウス、ラット、ブタ、ウシなど)においても見出すことができる。 Accordingly, a region corresponding to a region having a promoter activity in PPAR gene or human adiponectin gene, can be found in other animals (mouse, rat, pig, cattle, etc.). そのような対応する遺伝子、またはプロモーター領域は、本明細書の開示に基づけば、当該分野において周知の技術を用いて同定することができる。 Such a corresponding gene or promoter region and, based on the disclosure herein, may be identified using techniques well known in the art. したがって、例えば、ある動物における対応する遺伝子は、対応する遺伝子の基準となる遺伝子(例えば、ヒトアディポネクチンプロモーター)の配列をクエリ配列として用いてその動物(例えばマウス、ラット)の配列データベースを検索することによって見出すことができる。 Thus, for example, a gene corresponding in some animals, the gene of reference of the corresponding gene (for example, human adiponectin promoter) searching a sequence database of the animal (e.g. mouse, rat) using the sequence as a query sequence it can be found by.

本明細書において、「対応する」アミノ酸または核酸とは、それぞれあるポリペプチド分子またはポリヌクレオチド分子において、比較の基準となるポリペプチドまたはポリヌクレオチドにおける所定のアミノ酸と同様の作用を有するか、あるいは有することが予測されるアミノ酸または核酸をいい、特に酵素分子にあっては、活性部位中の同様の位置に存在し触媒活性に同様の寄与をするアミノ酸をいう。 As used herein, "corresponding" amino acid or nucleic acid, in the polypeptide molecule or polynucleotide molecule is, respectively, either with the same action as a given amino acid in a polypeptide or polynucleotide as a reference for comparison, or Yes it refers to amino acid or nucleic acid is expected, especially in the enzyme molecule, it refers to an amino acid which is similar contribute to existing catalytic activity at a similar position in the active site. 例えば、あるポリヌクレオチドのアンチセンス分子であれば、そのアンチセンス分子の特定の部分に対応するオルソログにおける同様の部分であり得る。 For example, if the antisense molecule is a polynucleotide, a similar portion in an ortholog corresponding to a particular portion of the antisense molecule. 本発明のプロモーターの場合、プロモーターにおける特定の配列が使用されるが、他の種の動物のプロモーターにおける特定の配列において、本発明のヌクレオチド配列に対応する部分が「対応するヌクレオチド」に相当することが理解される。 If promoters of the present invention, although the specific sequence at a promoter is used, in a particular sequence in the promoter of other species of animals, the portion corresponding to the nucleotide sequence of the present invention corresponds to the "corresponding nucleotide" There will be understood.

本明細書において「改変体」とは、もとのポリペプチドまたはポリヌクレオチドなどの物質に対して、一部が変更されているものをいう。 The term "variant" as used herein, with respect to substances such as the original polypeptide or polynucleotide, refers to a portion of which is changed. そのような改変体としては、置換改変体、付加改変体、欠失改変体、短縮(truncated)改変体、対立遺伝子変異体などが挙げられる。 Examples of such a variant include a substitution variant, an addition variant, a deletion variant, truncated (truncated The) variants, and the like allelic variants. このような改変体もまた、所望の目的を達成することができる限り、本発明の細胞増殖因子として使用することができる。 Such variants also as long as it can achieve the desired purpose, may be used as a cell growth factor of the present invention. 対立遺伝子(allele)とは、同一遺伝子座に属し、互いに区別される遺伝的改変体のことをいう。 The allele (allele), belong to the same locus, refers to a genetic variant are distinguished from each other. 従って、「対立遺伝子変異体」とは、ある遺伝子に対して、対立遺伝子の関係にある改変体をいう。 Therefore, the term "allelic variant", to a certain gene, refers to a variant are in a relationship of alleles. そのような対立遺伝子変異体は、通常その対応する対立遺伝子と同一または非常に類似性の高い配列を有し、通常はほぼ同一の生物学的活性を有するが、まれに異なる生物学的活性を有することもある。 Such allelic variants typically has its corresponding allele identical or highly similar sequences, and ordinarily has almost the same biological activity, rarely different biological activities sometimes it has. 「種相同体またはホモログ(homolog)」とは、ある種の中で、ある遺伝子とアミノ酸レベルまたはヌクレオチドレベルで、相同性(好ましくは、60%以上の相同性、より好ましくは、80%以上、85%以上、90%以上、95%以上の相同性)を有するものをいう。 By "species homolog or homolog (homolog)", in a certain, a certain gene and the amino acid or nucleotide homology (preferably 60% or more homology, more preferably 80% or more, 85%, 90%, refers to homology) of 95% or more. そのような種相同体を取得する方法は、本明細書の記載から明らかである。 A method for obtaining such a species homolog is clearly understood from the description herein. 「オルソログ(ortholog)」とは、オルソロガス遺伝子(orthologous gene)ともいい、二つの遺伝子がある共通祖先からの種分化に由来する遺伝子をいう。 The term "ortholog (ortholog)", also referred to as orthologous gene (orthologous gene), it refers to a gene derived from a species differentiation from a common ancestor that there are two genes. 例えば、多重遺伝子構造をもつヘモグロビン遺伝子ファミリーを例にとると、ヒトおよびマウスのαヘモグロビン遺伝子はオルソログであるが,ヒトのαヘモグロビン遺伝子およびβヘモグロビン遺伝子はパラログ(遺伝子重複で生じた遺伝子)である。 For example, in the case of the hemoglobin gene family having multigene structure example, alpha hemoglobin genes of human and mouse are orthologs, alpha hemoglobin gene and β-hemoglobin gene of humans are paralogs (genes arising from gene duplication) . オルソログは、分子系統樹の推定に有用である。 Orthologs are useful for estimation of molecular phylogenetic trees. オルソログは、通常別の種においてもとの種と同様の機能を果たしていることがあり得ることから、本発明のオルソログもまた、本発明において有用であり得る。 Orthologs, since there may be to play the same function as the original species in normal different species, orthologs of the present invention may also be useful in the present invention.

本明細書において「保存的(に改変された)改変体」は、アミノ酸配列および核酸配列の両方に適用される。 "Conservative (or conservatively modified) variant", as used herein, applies to both amino acid and nucleic acid sequences. 特定の核酸配列に関して、保存的に改変された改変体とは、同一のまたは本質的に同一のアミノ酸配列をコードする核酸をいい、核酸がアミノ酸配列をコードしない場合には、本質的に同一な配列をいう。 With respect to particular nucleic acid sequences, conservatively modified variants refers to those nucleic acids which encode identical or essentially identical amino acid sequence, where the nucleic acid does not encode an amino acid sequence, an essentially identical It refers to a sequence. 遺伝コードの縮重のため、多数の機能的に同一な核酸が任意の所定のタンパク質をコードする。 Because of the degeneracy of the genetic code, a large number of functionally identical nucleic acids encode any given protein. 例えば、コドンGCA、GCC、GCG、およびGCUはすべて、アミノ酸アラニンをコードする。 For instance, the codons GCA, GCC, GCG, and GCU all encode the amino acid alanine. したがって、アラニンがコドンにより特定される全ての位置で、そのコドンは、コードされたポリペプチドを変更することなく、記載された対応するコドンの任意のものに変更され得る。 Thus, at every position where an alanine is specified by a codon, without altering the encoded polypeptide can be altered to any of the corresponding codons described.

このような核酸は、周知のPCR法により得ることができ、化学的に合成することもできる。 Such a nucleic acid can be obtained by a well-known PCR method, it can be chemically synthesized. これらの方法に、例えば、部位特異的変位誘発法、ハイブリダイゼーション法などを組み合わせてもよい。 These methods, for example, site-directed mutagenesis method, or a combination of such hybridization methods.

本明細書において、ポリペプチドまたはポリヌクレオチドの「置換、付加または欠失」とは、もとのポリペプチドまたはポリヌクレオチドに対して、それぞれアミノ酸もしくはその代替物、またはヌクレオチドもしくはその代替物が、置き換わること、付け加わることまたは取り除かれることをいう。 As used herein, a polypeptide or polynucleotide as "substitution, addition or deletion", the original polypeptide or polynucleotide, respectively amino acid or its substitute, or a nucleotide or its substitute, replace it means that the original polypeptide or polynucleotide. このような置換、付加または欠失の技術は、当該分野において周知であり、そのような技術の例としては、部位特異的変異誘発技術などが挙げられる。 Such substitution, addition or deletion of techniques are well known in the art, examples of such techniques, and the like site-specific mutagenesis techniques. 置換、付加または欠失は、1つ以上であれば任意の数でよく、そのような数は、その置換、付加または欠失を有する改変体において目的とする機能(例えば、血管新生、細胞再生など)が保持される限り、多くすることができる。 Substitutions, additions or deletions may be any number as long as it is 1 or more, such numbers, the substitution function of interest in variants with additions or deletions (e.g., angiogenesis, cell regeneration as long as such) is held, it can be increased. 例えば、そのような数は、1または数個であり得、そして好ましくは、全体の長さの20%以内、10%以内、または100個以下、50個以下、25個以下などであり得る。 For example, such numbers are obtained 1 or several, and preferably within 20% of its length, within 10%, or 100 or less, 50 or less, 25 or less, or the like.

アミノ酸は、その一般に公知の3文字記号か、またはIUPAC−IUB BiochemicaLNomenclature Commissionにより推奨される1文字記号のいずれかにより、本明細書中で言及され得る。 Amino acids, the generally known three letter symbols or by any of the one-letter symbols recommended by the IUPAC-IUB BiochemicaLNomenclature Commission, may be referred to herein. ヌクレオチドも同様に、一般に認知された1文字コードにより言及され得る。 Nucleotides, likewise, may be referred to by their commonly accepted single-letter codes.

その文字コードは以下のとおりである。 The character code is as follows.
アミノ酸3文字記号 1文字記号 意味Ala A アラニンCys C システインAsp D アスパラギン酸Glu E グルタミン酸Phe F フェニルアラニンGly G グリシンHis H ヒスチジンIle I イソロイシンLys K リジンLeu L ロイシンMet M メチオニンAsn N アスパラギンPro P プロリンGln Q グルタミンArg R アルギニンSer S セリンThr T トレオニンVal V バリンTrp W トリプトファンTyr Y チロシンAsx アスパラギンまたはアスパラギン酸Glx グルタミンまたはグルタミン酸Xaa 不明または他のアミノ酸。 Amino three letter symbols 1 letter Symbol Meaning Ala A alanine Cys C cysteine ​​Asp D Aspartic acid Glu E Glutamic acid Phe F Phenylalanine Gly G Glycine His H Histidine Ile I Isoleucine Lys K Lysine Leu L Leucine Met M Methionine Asn N asparagine Pro P Proline Gln Q glutamine Arg R arginine Ser S serine Thr T threonine Val V valine Trp W tryptophan Tyr Y tyrosine Asx asparagine or aspartic acid Glx glutamine or glutamic acid Xaa unknown or other amino acids.

塩基記号 意味 Base Symbol Meaning
a アデニンg グアニンc シトシンt チミンu ウラシルr グアニンまたはアデニンプリンy チミン/ウラシルまたはシトシンピリミジンm アデニンまたはシトシンアミノ基k グアニンまたはチミン/ウラシルケト基s グアニンまたはシトシンw アデニンまたはチミン/ウラシルb グアニンまたはシトシンまたはチミン/ウラシルd アデニンまたはグアニンまたはチミン/ウラシルh アデニンまたはシトシンまたはチミン/ウラシルv アデニンまたはグアニンまたはシトシンn アデニンまたはグアニンまたはシトシンまたはチミン/ウラシル、不明、または他の塩基。 a adenine g guanine c cytosine t thymine u uracil r guanine or adenine purine y thymine / uracil or cytosine pyrimidine m adenine or cytosine amino group k guanine or thymine / Urashiruketo group s guanine or cytosine w adenine or thymine / uracil b guanine or cytosine or thymine / uracil d adenine or guanine or thymine / uracil h adenine or cytosine or thymine / uracil v adenine or guanine or cytosine n adenine or guanine or cytosine or thymine / uracil, unknown or other base.

本明細書において遺伝子について言及する場合、「ベクター」または「組み換えベクター」とは、目的のポリヌクレオチド配列を目的の細胞へと移入させることができるベクターをいう。 When referring to a gene in the present specification, the term "vector" or "recombinant vector" refers to a vector capable of transferring a polynucleotide sequence of interest to a target cell. そのようなベクターとしては、原核細胞、酵母、動物細胞、植物細胞、昆虫細胞、動物個体および植物個体などの宿主細胞において自立複製が可能、または染色体中への組込みが可能なものが例示される。 Such vectors include prokaryotic cells, yeast, animal cells, plant cells, insect cells, capable of self-replication in a host cell such as animal and plant individuals, or those capable of integration into the chromosome can be mentioned . ベクターのうち、クローニングに適したベクターを「クローニングベクター」という。 A vector suitable for cloning is referred to as "cloning vector". そのようなクローニングベクターは通常、制限酵素部位を複数含むマルチプルクローニング部位を含む。 Such cloning vectors usually contain a multiple cloning site containing multiple restriction enzyme sites. そのような制限酵素部位およびマルチプルクローニング部位は、当該分野において周知であり、当業者は、目的に合わせて適宜選択して使用することができる。 Such restriction sites and multiple cloning sites are well known in the art and may be suitably selected according to the purpose. そのような技術は、本明細書に記載される文献(例えば、Sambrookら、前出)に記載されている。 Such techniques are described in the literature described herein (see, eg, Sambrook et al., Supra) have been described in.

本明細書において「発現ベクター」とは、構造遺伝子およびその発現を調節するプロモーターに加えて種々の調節エレメントが宿主の細胞中で作動し得る状態で連結されている核酸配列をいう。 An "expression vector" as used herein, refers to a nucleic acid sequence being linked in a state in which various regulatory elements in addition to the promoter regulating a structural gene and its expression can operate within host cells. 調節エレメントは、好ましくは、ターミネーター、薬剤耐性遺伝子のような選択マーカーおよび、エンハンサーを含み得る。 Regulatory elements, preferably, terminators, selectable markers such as drug-resistance gene can include an enhancer. 生物(例えば、動物)の発現ベクターのタイプおよび使用される調節エレメントの種類が、宿主細胞に応じて変わり得ることは、当業者に周知の事項である。 Organism (e.g., animal) type of regulatory element that expression vectors for the type and use of may vary depending on the host cells are well known to those skilled in the art.

本発明において用いられ得る原核細胞に対する「組み換えベクター」としては、pcDNA3(+)、pBluescript−SK(+/−)、pGEM−T、pEF−BOS、pEGFP、pHAT、pUC18、pFT−DEST TM 42GATEWAY(Invitrogen)などが例示される。 As "recombinant vector" for prokaryotic cells which can be employed in the present invention, pcDNA3 (+), pBluescript- SK (+/-), pGEM-T, pEF-BOS, pEGFP, pHAT, pUC18, pFT-DEST TM 42GATEWAY ( Invitrogen) and the like are exemplified.

本発明において用いられ得る動物細胞に対する「組み換えベクター」としては、pcDNAI/Amp、pcDNAI、pCDM8(いずれもフナコシより市販)、pAGE107[特開平3−229(Invitrogen)、pAGE103[J. The "recombinant vector" for animal cells that may be used in the present invention, pcDNAI / Amp, pcDNAI, pCDM8 (commercially available from Funakoshi), pAGE107 [JP-3-229 (Invitrogen), pAGE103 [J. Biochem. Biochem. ,101,1307(1987)]、pAMo、pAMoA[J. , 101,1307 (1987)], pAMo, pAMoA [J. Biol. Biol. Chem. Chem. ,268,22782−22787(1993)]、マウス幹細胞ウイルス(Murine Stem Cell Virus)(MSCV)に基づいたレトロウイルス型発現ベクター、pEF−BOS、pEGFPなどが例示される。 , 268,22782-22787 (1993)], murine stem cell virus (Murine Stem Cell Virus) retroviral expression vector that is based on (MSCV), pEF-BOS, pEGFP, and the like.

本明細書において「ターミネーター」は、遺伝子のタンパク質をコードする領域の下流に位置し、DNAがmRNAに転写される際の転写の終結、ポリA配列の付加に関与する配列である。 "Terminator" herein is located downstream of a protein-encoding region of a gene, the termination of transcription when DNA is transcribed into mRNA, a sequence involved in addition of a poly A sequence. ターミネーターは、mRNAの安定性に関与して遺伝子の発現量に影響を及ぼすことが知られている。 Terminator contributes to the stability of the mRNA are known to affect the expression level of the gene.

本明細書において「プロモーター」とは、遺伝子の転写の開始部位を決定し、またその頻度を直接的に調節するDNA上の領域をいい、通常RNAポリメラーゼが結合して転写を始める塩基配列である。 A "promoter" herein, to determine the start site of transcription of the gene, also refers to regions on the DNA which directly regulates the frequency is the nucleotide sequence starting transcription bonded normal RNA polymerase . したがって、本明細書においてある遺伝子のプロモーターの働きを有する部分を「プロモーター部分」という。 Therefore, a portion having the function of a promoter of gene herein "promoter portion". プロモーターの領域は、通常、推定タンパク質コード領域の第1エキソンの上流約2kbp以内の領域であることが多いので、DNA解析用ソフトウエアを用いてゲノム塩基配列中のタンパク質コード領域を予測すれば、プロモーター領域を推定することはできる。 Region of the promoter is usually, since it is often a region within the upstream about 2kbp the first exon of a putative protein coding regions, by predicting a protein coding region in a genomic base sequence using DNA analysis software, estimating the promoter region can be. 推定プロモーター領域は、構造遺伝子ごとに変動するが、通常構造遺伝子の上流にあるが、これらに限定されず、構造遺伝子の下流にもあり得る。 Putative promoter region is depending on the structural gene, there is usually located upstream of a structural gene, but are not limited to, may be located downstream of a structural gene. 好ましくは、推定プロモーター領域は、第一エキソン翻訳開始点から上流約2kbp以内に存在する。 Preferably, a putative promoter region is located within the upstream about 2kbp the first exon translation initiation. 本発明においては、翻訳開始点の約3.6kb上流の領域をプロモーター領域として同定し、この領域が、脂肪細胞における高度な発現能力および高い特異性をもたらすことを見出した。 In the present invention, a region of about 3.6kb upstream of the translation start point identified as the promoter region, this region was found to result in high expression capacity and high specificity in adipocytes.

本明細書において「エンハンサー」とは、目的遺伝子の発現効率を高めるために用いられる配列をいう。 The term "enhancer" as used herein refers to a sequence which is used to enhance the expression efficiency of a gene of interest. そのようなエンハンサーは当該分野において周知である。 Such enhancers are well known in the art. エンハンサーは複数個用いられ得るが1個用いられてもよいし、用いなくともよい。 Enhancer to may be used one may be employed a plurality or may not used.

本明細書において「作動可能に連結された(る)」とは、所望の配列の発現(作動)がある転写翻訳調節配列(例えば、プロモーター、エンハンサーなど)または翻訳調節配列の制御下に配置されることをいう。 In the present specification, "being operably linked" refers is disposed transcription and translation regulatory sequence the expression of the desired sequence (operation) (e.g., promoters, enhancers, etc.) under the control of the or translational regulatory sequences It refers to Rukoto. プロモーターが遺伝子に作動可能に連結されるためには、通常、その遺伝子のすぐ上流にプロモーターが配置されるが、必ずしも隣接して配置される必要はない。 In order for a promoter to be operatively linked to a gene, usually a promoter is located immediately upstream of the gene need not necessarily be located adjacent.

本明細書において、核酸分子を細胞に導入する技術は、どのような技術でもよく、例えば、形質転換、形質導入、トランスフェクションなどが挙げられる。 In the present specification, a technique for introducing the nucleic acid molecule into a cell may be any technology, for example, transformation, transduction, transfection, and the like. そのような核酸分子の導入技術は、当該分野において周知であり、かつ、慣用されるものであり、例えば、Ausubel F. Techniques for introducing such nucleic acid molecules are well known in the art, and are intended to be conventionally used, for example, Ausubel F. A. A. ら編(1988)、Current Protocols in Molecular Biology、Wiley、New York、NY;Sambrook Jら(1987)Molecular Cloning:A Laboratory Manual,2nd Ed. Et al. Eds. (1988), Current Protocols in Molecular Biology, Wiley, New York, NY; Sambrook J et al. (1987) Molecular Cloning: A Laboratory Manual, 2nd Ed. およびその第三版,Cold Spring Harbor Laboratory Press,Cold Spring Harbor,NY、別冊実験医学「遺伝子導入&発現解析実験法」羊土社、1997などに記載される。 And its third edition, Cold Spring Harbor Laboratory Press, Cold Spring Harbor, NY, Supplement Experimental Medicine "Experimental Method for Gene Introduction & Expression Analysis", Yodo-sha, 1997. 遺伝子の導入は、ノーザンブロット、ウェスタンブロット分析のような本明細書に記載される方法または他の周知慣用技術を用いて確認することができる。 The introduction of gene, Northern blots can be confirmed using the methods or other known conventional techniques as described herein, such as Western blot analysis.

また、ベクターの導入方法としては、細胞にDNAを導入する上述のような方法であればいずれも用いることができ、例えば、トランスフェクション、形質導入、形質転換など(例えば、リン酸カルシウム法、リポソーム法、DEAEデキストラン法、エレクトロポレーション法、パーティクルガン(遺伝子銃)を用いる方法など)が挙げられる。 As the method of introducing the vector, so long as the method as described above for introducing DNA into cells either can be used, for example, transfection, transduction, etc. transformation (e.g., calcium phosphate method, liposome method, DEAE dextran method, electroporation method, a method using particle gun (gene gun)) can be mentioned.

本明細書において「形質転換体」とは、形質転換によって作製された細胞などの生命体の全部または一部をいう。 The "transformant" as used herein, refers to the whole or a part of an organism, such as a cell, which is produced by transformation. 形質転換体としては、原核細胞、酵母、動物細胞、植物細胞、昆虫細胞などが例示される。 Examples of a transformant include a prokaryotic cell, yeast, animal cells, plant cells, insect cells and the like. 形質転換体は、その対象に依存して、形質転換細胞、形質転換組織、形質転換宿主などともいわれる。 Transformants, depending on the subject, the transformed cells, transformed tissue, also referred to as a transformed host. 本発明において用いられる細胞は、形質転換体であってもよい。 Cells used in the present invention may be a transformant.

本発明において遺伝子操作などにおいて原核生物細胞が使用される場合、原核生物細胞としては、Escherichia属、Serratia属、Bacillus属、Brevibacterium属、Corynebacterium属、Microbacterium属、Pseudomonas属などに属する原核生物細胞、例えば、Escherichia coli XL1−Blue、Escherichia coli XL2−Blue、Escherichia coli DH1が例示される。 If a prokaryotic cell is used in such genetic engineering in the present invention, the prokaryotic cell, Escherichia genus, Serratia genus, Bacillus genus, Brevibacterium genus, Corynebacterium genus, Microbacterium genus, prokaryotic cells belonging to such Pseudomonas genus, for example, , Escherichia coli XL1-Blue, Escherichia coli XL2-Blue, Escherichia coli DH1 are exemplified.

本明細書において使用される場合、動物細胞としては、マウス・ミエローマ細胞、ラット・ミエローマ細胞、マウス・ハイブリドーマ細胞、チャイニーズ・ハムスターの細胞であるCHO細胞、BHK細胞、アフリカミドリザル腎臓細胞、ヒト白血病細胞、HBT5637(特開昭63−299)、ヒト結腸癌細胞株などを挙げることができる。 As used herein, the animal cells, mouse myeloma cells, rat myeloma cells, mouse hybridoma cells, CHO cells are Chinese hamster cells, BHK cells, African green monkey kidney cells, human leukemia cells , HBT5637 (Japanese Published Unexamined Patent Application No. 299/88), and the like human colon carcinoma cell lines. マウス・ミエローマ細胞としては、ps20、NSOなど、ラット・ミエローマ細胞としてはYB2/0など、ヒト胎児腎臓細胞としてはHEK293(ATCC:CRL−1573)など、ヒト白血病細胞としてはBALL−1など、アフリカミドリザル腎臓細胞としてはCOS−1、COS−7、ヒト結腸癌細胞株としてはHCT−15、ヒト神経芽細胞腫SK−N−SH、SK−N−SH−5Y、マウス神経芽細胞腫Neuro2Aなどが例示される。 The mouse myeloma cells, such as PS20, NSO, etc. YB2 / 0 as rat myeloma cells, the human embryonic kidney cell HEK293 (ATCC: CRL-1573) The human leukemic cell such as BALL-1, African green monkey kidney the cells COS-1, COS-7, HCT-15 is a human colon carcinoma cell line, human neuroblastoma SK-N-SH, SK-N-SH-5Y, mouse neuroblastoma Neuro2A etc. There are exemplified.

本明細書において使用される場合、組換えベクターの導入方法としては、DNAを導入する方法であればいずれも用いることができ、例えば、塩化カルシウム法、エレクトロポレーション法[Methods Enzymol. As used herein, the introduction of the recombinant vector can be carried out by any of the methods for introducing DNA, eg, calcium chloride method, an electroporation method [Methods Enzymol. ,194,182(1990)]、リポフェクション法、スフェロプラスト法[Proc. , 194,182 (1990)], lipofection method, spheroplast method [Proc. Natl. Natl. Acad. Acad. Sci. Sci. USA,84,1929(1978)]、酢酸リチウム法[J. USA, 84,1929 (1978)], the lithium acetate method [J. Bacteriol. Bacteriol. ,153,163(1983)]、Proc. , 153,163 (1983)], Proc. Natl. Natl. Acad. Acad. Sci. Sci. USA,75,1929(1978)記載の方法などが例示される。 USA, including how to 75,1929 (1978), wherein is illustrated.

本明細書において、レトロウイルスの感染方法は、例えば、Current Protocols in Molecular Biology 前出(特にUnits 9.9−9.14)などに記載されるように、当該分野において周知であり、例えば、トリプシナイズして胚性幹細胞を単一細胞懸濁物(single−cell suspension)にした後、ウイルス産生細胞(virus−producing cells)(パッケージング細胞株=packaging cell lines)の培養上清と一緒に 1−2 時間共培養(co−culture)することにより、十分量の感染細胞を得ることができる。 As used herein, infection method retroviruses, for example, as described, for example, Current Protocols in Molecular Biology, supra (in particular, Units 9.9-9.14), are well known in the art, e.g., trypsinized after the embryonic stem cells into a single cell suspension (single-cell suspension) was, together with the culture supernatant of virus-producing cells (virus-producing cells) (packaging cell lines = packaging cell lines) 1- by 2 hours coculture (co-culture), it is possible to obtain a sufficient amount of infected cells.

本明細書において使用されるゲノムまたは遺伝子座などを除去する方法において用いられる、Cre酵素の一過的発現、染色体上でのDNAマッピングなどは、細胞工学別冊実験プロトコールシリーズ「FISH実験プロトコール ヒト・ゲノム解析から染色体・遺伝子診断まで」松原謙一、吉川 寛 監修 秀潤社(東京)などに記載されるように、当該分野において周知である。 Used in the method of removing such genomic or locus as used herein, transient expression of Cre enzyme, such as DNA mapping on a chromosome, Cell Technology Supplement Experimental Protocol Series "FISH Experiment Protocol Human Genome analysis chromosome-gene to diagnosis "Kenichi Matsubara from, as described in, Hiroshi Yoshikawa supervision Shujunsha (Tokyo), are well known in the art.

本明細書において使用される用語「生体分子」とは、生体に関連する分子およびその集合体をいう。 The term "biomolecule" as used herein, refers to molecules and aggregates thereof relating to a living body. 本明細書において「生体」とは、生物学的な有機体をいい、動物、植物、菌類、ウイルスなどを含むがそれらに限定されない。 The term "biological" as used herein, refers to a biological organism, including animals, plants, fungi, including viruses but not limited to. 生体分子は、生体から抽出される分子およびその集合体を包含するが、それに限定されず、生体に影響を与え得る分子およびその集合体であれば生体分子の定義に入る。 Biomolecules encompasses molecules and aggregates thereof are extracted from the living body is not limited thereto, as long as molecules and aggregates thereof may affect the biological fall within the definition of a biological molecule. したがって、医薬品として利用され得る低分子(たとえば、低分子リガンドなど)もまた生体への効果が意図され得るかぎり、生体分子の定義に入る。 Thus, small molecule (for example, small molecule ligands) capable of being used as medicaments as long as an effect on an organism is intended fall within the definition of biomolecules. そのような生体分子には、タンパク質、ポリペプチド、オリゴペプチド、ペプチド、ポリヌクレオチド、オリゴヌクレオチド、ヌクレオチド、核酸(例えば、cDNA、ゲノムDNAのようなDNA、mRNAのようなRNAを含む)、ポリサッカリド、オリゴサッカリド、脂質、低分子(例えば、ホルモン、リガンド、情報伝達物質、有機低分子など)、これらの複合分子、およびその集合体(例えば、細胞外マトリクス、線維など)などが包含されるがそれらに限定されない。 Such biomolecules include proteins, polypeptides, oligopeptides, peptides, polynucleotides, oligonucleotides, nucleotides, nucleic acids (e.g., including cDNA, DNA, such as genomic DNA, RNA such as mRNA), polysaccharides , oligosaccharides, lipids, small molecules (e.g., hormones, ligands, signal transduction substances, organic molecules, etc.), these complex molecules, and aggregates thereof (e.g., extracellular matrix, such as fibers) although such is included but it is not limited to them. 本明細書において、生体分子は、PPARと相互作用する任意の因子を含むことが意図される。 As used herein, biomolecule, is intended to include any agent that interacts with PPAR.

本明細書において「生体内」または「インビボ」(in vivo)とは、生体の内部をいう。 As used in this specification, "in vivo" or "in vivo" (in vivo), it refers to the interior of the living body. 特定の文脈において、「生体内」は、目的とする組織または器官が配置されるべき位置をいう。 In certain contexts, "in vivo" refers to a position at which tissue or organ is placed for the purpose. スクリーニングを行う場合、インビボでのスクリーニングを行うことができる。 If you do the screening, it is possible to perform the screening in vivo.

本明細書において「インビトロ」(in vitro)とは、種々の研究目的のために生体の一部分が「生体外に」(例えば、試験管内に)摘出または遊離されている状態をいう。 The "in vitro" (in vitro) In the present specification, "the ex vivo" a portion of the living body for various purposes of research (e.g., in vitro) refers to a state of being removed or free. インビボと対照をなす用語である。 It is a term that forms in vivo and control. スクリーニングを行う場合、インビトロでのスクリーニングを行うことができる。 If you do the screening, it is possible to perform the screening of in vitro.

本明細書において「薬学的に受容可能なキャリア」は、医薬または動物薬を製造するときに使用される物質であり、有効成分に有害な影響を与えないものをいう。 "Pharmaceutically acceptable carrier" as used herein is a substance that is used in making the pharmaceutical or veterinary medicine, it refers to not adversely affect the active ingredient. そのような薬学的に受容可能なキャリアとしては、例えば、抗酸化剤、保存剤、着色料、風味料、および希釈剤、乳化剤、懸濁化剤、溶媒、フィラー、増量剤、緩衝剤、送達ビヒクル、希釈剤、賦形剤および/または農学的もしくは薬学的アジュバントなどが挙げられるがそれらに限定されない。 Such pharmaceutically acceptable carriers, for example, antioxidants, preservatives, coloring, flavoring, and diluting agents, emulsifying agents, suspending agents, solvents, fillers, bulking agents, buffers, delivery vehicles, diluents, and the like excipients and / or agricultural or pharmaceutical adjuvants include, but are not limited to.

医薬を製造する方法は、当該分野において周知であり、本発明の医薬は、必要に応じて生理学的に受容可能なキャリア、賦型剤または安定化剤(日本薬局方第14版またはその最新版、Remington's PharmaceuticaLSciences,18th Edition,A.R.Gennaro,ed.,Mack Publishing Company,1990などを参照)と、所望の程度の純度を有する細胞組成物とを混合することによって、凍結乾燥された状態で調製され保存され得るが、適切な保存液中に保存されることが好ましい。 Method of making a pharmaceutical are well known in the art, the medicament of the present invention, physiologically acceptable carrier as necessary, excipients or stabilizers (Japanese Pharmacopoeia 14th Edition or the latest edition , Remington's PharmaceuticaLSciences, 18th Edition, A.R.Gennaro, ed., and Mack reference to such Publishing Company, 1990), by mixing the cell composition having the desired degree of purity, lyophilized prepared may be stored in a state, but are preferably stored in a suitable storage solution.

本発明の医薬に含まれる薬学的に受容可能なキャリアとしては、当該分野において公知の任意の物質が挙げられる。 Pharmaceutically acceptable carriers included in the pharmaceutical of the present invention, it includes any material known in the art. 本発明において使用され得る薬学的に受容可能なキャリアとしては、抗酸化剤、保存剤、着色料、風味料、および希釈剤、乳化剤、懸濁化剤、溶媒、フィラー、増量剤、緩衝剤、送達ビヒクル、希釈剤、賦形剤および/または薬学的アジュバントが挙げられるがそれらに限定されない。 Pharmaceutically acceptable carriers that may be used in the present invention, antioxidants, preservatives, coloring, flavoring, and diluting agents, emulsifying agents, suspending agents, solvents, fillers, bulking agents, buffers, delivery vehicles, diluents, including but excipients and / or pharmaceutical adjuvants. 代表的には、本発明の医薬は、支持体およびペプチドまたはその改変体を、1つ以上の生理的に受容可能なキャリア、賦形剤または希釈剤とともに含む組成物の形態で投与される。 Typically, the medicament of the present invention, the support and the peptide or a variant thereof, one or more physiologically acceptable carriers, are administered in the form of a composition comprising excipient or diluent. 例えば、適切なビヒクルは、注射用水、生理的溶液、または人工脳脊髄液であり得、これらには、移植のための組成物に一般的な他の物質を補充することが可能である。 For example, a suitable vehicle include water for injection, physiological solution or give an artificial cerebrospinal fluid, these are able to recruit other materials common in compositions for transplantation.

例示の適切なキャリアとしては、中性緩衝化生理食塩水、または血清アルブミンと混合された生理食塩水が挙げられる。 Exemplary suitable carriers include neutral buffered saline, or mixed with serum albumin saline. 好ましくは、その生成物は、適切な賦形剤(例えば、スクロース)を用いて凍結乾燥剤として処方される。 Preferably, the product is formulated as a lyophilizate using appropriate excipients (e.g., sucrose). 他の標準的なキャリア、希釈剤および賦形剤は所望に応じて含まれ得る。 Other standard carriers, diluents and excipients may be included as desired. 他の例示的な組成物は、pH7.0〜8.5のTris緩衝剤またはpH4.0〜5.5の酢酸緩衝剤を含み、これらは、さらに、ソルビトールまたはその適切な代替物を含み得る。 Other exemplary compositions comprise Tris buffer or acetate buffer of pH4.0~5.5 of pH 7.0-8.5, which may be the further include sorbitol or a suitable substitute .

本明細書で使用される受容可能なキャリア、賦形剤または安定化剤は、レシピエントに対して非毒性であり、そして好ましくは、使用される投薬量および濃度において不活性であり、そして以下が挙げられる:リン酸塩、クエン酸塩、または他の有機酸;抗酸化剤(例えば、アスコルビン酸);低分子量ポリペプチド;タンパク質(例えば、血清アルブミン、ゼラチンまたは免疫グロブリン);親水性ポリマー(例えば、ポリビニルピロリドン);アミノ酸(例えば、グリシン、グルタミン、アスパラギン、アルギニンまたはリジン);モノサッカリド、ジサッカリドおよび他の炭水化物(グルコース、マンノース、またはデキストリンを含む);キレート剤(例えば、EDTA);糖アルコール(例えば、マンニトールまたはソルビトール Acceptable carriers used herein, excipients, or stabilizers are nontoxic to recipients and are preferably inert at the dosages and concentrations employed, and the following and the like: phosphate, citrate, or other organic acids; antioxidants such as ascorbic acid; low molecular weight polypeptides; proteins (e.g., serum albumin, gelatin, or immunoglobulins); hydrophilic polymers ( for example, polyvinylpyrrolidone); amino acids (e.g., glycine, glutamine, asparagine, arginine or lysine); including monosaccharides, disaccharides and other carbohydrates (glucose, mannose or dextrins); chelating agents (e.g., EDTA); sugar alcohols (e.g., mannitol or sorbitol ;塩形成対イオン(例えば、ナトリウム);ならびに/あるいは非イオン性表面活性化剤(例えば、Tween、プルロニック(pluronic)またはポリエチレングリコール(PEG))。 ; Salt-forming counterions (such as sodium); and / or non-ionic surface-active agents (e.g., Tween, Pluronic (pluronic) or polyethylene glycol (PEG)).

好ましい実施形態において、本発明の医薬において用いられる薬剤またはその改変体は、処置を目的とする生体に由来することが有利であるが、それに限定されない。 In a preferred embodiment, the agent or variants thereof are used in the pharmaceutical of the present invention, it is advantageous to be derived from a living body for the purpose of treatment, but is not limited thereto. このような宿主と同じ起源のペプチドまたはその改変体は、免疫反応等がほとんどないと考えられることから、有利であると考えられる。 Peptide or a variant thereof having the same origin as such hosts, it is considered that there is almost no immune reaction or the like, is considered advantageous. ただし、ペプチドまたはその改変体は、精製されたものであれば、免疫反応は通常起きないと考えられることから、特に起源を限定する必要はない。 However, peptides or variants thereof, as long as it is purified, immune response since it normally would not occur, it is not necessary to particularly limit the origin.

本明細書において「指示書」は、本発明を使用する方法または診断する方法などを医師、被検体など投与を行う人、診断する人(被検体本人であり得る)に対して記載したものである。 "Instructions" as used herein, those described and methods of method for diagnosis, or use the present invention physician, to a person performing administration such as subject, diagnosing human (which may be the subject person) is there. 指示書は、診断薬などがキットとして提供される場合、その使用方法を指示するために添付され得る。 The instructions, when such diagnostic agent is provided as a kit, may be attached to indicate its use. この指示書は、本発明の診断薬、医薬などを投与する手順を指示する文言が記載されている。 The instructions are diagnostic agent of the present invention, the term to indicate the steps of administering such pharmaceutical have been described. この指示書は、本発明が実施される国の監督官庁(例えば、日本であれば厚生労働省、米国であれば食品医薬品局(FDA)など)が規定した様式に従って作成され、その監督官庁により承認を受けた旨が明記される。 The instructions are authority of a country in which the present invention is carried out (for example, the Ministry of Health, Labor and Welfare if in Japan, such as the Food and Drug Administration if any in the United States (FDA)) is created in accordance with a format defined, approved by the regulatory agency that it has received a are specified. 指示書は、いわゆる添付文書(package insert)であり、通常は紙媒体で提供されるが、それに限定されず、例えば、電子媒体(例えば、インタ−ネットで提供されるホ−ムペ−ジ(ウェブサイト)、電子メ−ル、SMS、PDF文書など)のような形態でも提供され得る。 The instructions are so-called package insert (package insert), it is typically provided in paper media, not limited thereto, for example, electronic media (e.g., inter - ho is provided in the net - Mupe - di (web site), email - le, SMS, may be provided in the form such as PDF documents, etc.).

特定の実施形態において、本発明は遺伝子治療と併用することができる。 In certain embodiments, the present invention can be used in combination with gene therapy. 遺伝子治療とは、発現されたか、または発現可能な核酸の、被験体への投与により行われる治療をいう。 Gene therapy refers either expressed or expressible nucleic acid, to therapy performed by the administration to a subject. 本発明のこの実施形態において、核酸は、コードされたタンパク質を産生し、そのタンパク質は治療効果を媒介する。 In this embodiment of the present invention, a nucleic acid is produced the encoded protein, the protein that mediates a therapeutic effect.

当該分野で利用可能な遺伝子治療のための任意の方法が、本発明に従って使用され得る。 Any method for gene therapy available in the art can be used according to the present invention. 例示的な方法は、遺伝子治療の方法の一般的な概説書である、GoldspieLet al. Exemplary methods are general reviews manual methods of gene therapy, GoldspieLet al. ,ClinicaLPharmacy 12:488−505 (1993); Wu and Wu,Biotherapy 3:87−95 (1991); Tolstoshev,Ann. , ClinicaLPharmacy 12: 488-505 (1993); Wu and Wu, Biotherapy 3: 87-95 (1991); Tolstoshev, Ann. Rev. Rev. Pharmacol. Pharmacol. Toxicol. Toxicol. 32:573−596 (1993); Mulligan,Science 260:926−932 (1993);ならびにMorgan and Anderson,Ann. 32: 573-596 (1993); Mulligan, Science 260: 926-932 (1993); and Morgan and Anderson, Ann. Rev. Rev. Biochem. Biochem. 62:191−217 (1993); May,TIBTECH 11(5):155−215 (1993)に記載されている。 62: 191-217 (1993); May, TIBTECH 11 (5): is described in 155-215 (1993). 遺伝子治療において使用される一般的に公知の組換えDNA技術は、Ausubelら(編),Current Protocols in Molecular Biology,John Wiley & Sons,NY (1993); およびKriegler,Gene Transfer and Expression,A Laboratory Manual,Stockton Press,NY (1990)に記載される。 Generally known recombinant DNA techniques used in gene therapy are described in, for example, Ausubel et al. (Eds.), Current Protocols in Molecular Biology, John Wiley & Sons, NY (1993); and Kriegler, Gene Transfer and Expression, A Laboratory Manual , it is described in Stockton Press, NY (1990).

(転写活性アッセイ) (Transcriptional activity assay)
本明細書において「転写活性アッセイ」とは、ある領域について転写活性を有するか否かを検定するための任意のアッセイをいう。 By "transcription activity assay" as used herein refers to any assay for assaying whether a transcriptionally active for a certain region. このアッセイでは、ある化学物質が細胞内でレセプターに結合し、目的遺伝子からタンパク質への転写を活性化させる一連の作用への影響を評価する。 In this assay, certain chemicals are bound to the receptor in a cell, to assess the impact of the series of action of activating transcription from the target gene into protein. 例えば、タンパク質としてルシフェラーゼを例示することができるが、それに限定されない。 For example, it can be exemplified luciferase as a protein, but is not limited thereto. 目的遺伝子としてPPARγが例示される。 PPARγ is exemplified as a target gene. レポーター遺伝子をコードするDNAの上流には、転写因子認識配列として、GAL4結合領域が例示される。 Upstream of DNA encoding a reporter gene, as a transcription factor recognition sequences, GAL4-binding region is exemplified. 転写調節因子としてGAL4DNA結合ドメイン(GAL4DBD)と融合したPPARγ結合ドメイン(PPARγLBD)が例示される。 GAL4DNA binding domain (GAL4DBD) fused to PPARγ-binding domain as a transcription regulatory factor (PPARγLBD) are exemplified. この方法では、まず目的となる核内レセプターをコードするDNAとレポーター遺伝子をコードするDNAを導入した培養細胞を調製する。 In this method, first prepared cultured cells transfected with DNA encoding the DNA and a reporter gene encoding a nuclear receptor as a purpose. この培養細胞を含む培地に化学物質を加えて培養し、蛍光強度等を測定する。 Cultured by adding chemicals to the culture medium containing the cultured cells, measuring the fluorescence intensity and the like. ここでは、化学物質がレセプターへの結合からタンパク質合成に至るまでの一連の作用をホルモンと同様に作用するかどうかを評価する。 Here, a series of action of chemicals through to protein synthesis from binding to the receptor to evaluate whether acts like a hormone. この方法では目的のホルモンと化学物質を共存させることにより、化学物質がアゴニストとして作用するかアンタゴニストとして作用するかを評価することが可能となる。 By the coexistence of hormones and chemicals of interest in this way, chemicals can be evaluated whether acting as either antagonists act as agonists. さらに、この方法ではロボットシステムであるハイスループット装置を用いて大量のサンプルを迅速に処理することが可能である。 Furthermore, in this method it is possible to quickly process a large number of samples using a high throughput device is a robot system.

従って、本発明では、候補化合物、核内レセプターのアゴニストであるかまたはアンタゴニストであるかどうかを判定する方法を実施する際に、このような転写活性アッセイを用いることができる。 Accordingly, in the present invention, candidate compounds, in practicing the method of determining whether or antagonist or an agonist of nuclear receptor, can be used such transcriptional activity assay. この方法では、候補化合物を提供した後、その候補化合物が、該核内レセプター中のシステインと共有結合するかどうかを判定し、共有結合すると判定された候補化合物を選択し、核内レセプターと相互作用する領域を含む核酸配列と作動可能に連結されるレポーターをコードする核酸配列を含む核酸構築物と、該選択された核内レセプターとを含む系(例えば、細胞)において、候補化合物を暴露させる。 In this way, after providing a candidate compound, the candidate compound, determining whether the covalent bond with the cysteine ​​of the nucleic within in the receptor, and selecting the candidate compound that is determined to covalent, cross the nuclear receptors a nucleic acid construct comprising a nucleic acid sequence encoding a reporter operably linked to a nucleic acid sequence comprising a region which acts, the selected system and a nuclear receptor in (e.g., cells), exposing a candidate compound. ここで、レポーターの発現が増強される場合、候補化合物は該核内レセプターのアゴニストと判定し、レポーターの発現が減少する場合、候補化合物は該核内レセプターのアンタゴニストと判定する。 Here, if the expression of the reporter is enhanced, the candidate compound is determined that an agonist of the nucleic receptor, when the expression of the reporter is reduced, the candidate compound is determined that antagonists of the nucleic receptors.

本明細書においてレポーターとしては、発現を確認することができる限り、どのような物を利用しても良いが、ルシフェラーゼが代表的に用いられる。 As the reporter herein, as long as it can confirm expression, any ones may be used but, luciferase is typically used. 化学発光することから、観察が容易であるからである。 Since the chemiluminescence, because observation is easy. このほかに、例えば、蛍光タンパク質なども使用され得るがそれに限定されない。 In addition to this, for example, not the like may also be used a fluorescent protein is not limited thereto.

本発明において用いられる転写活性アッセイにおいて利用される系は、細胞であり得るがこれに限定されず、無細胞系もまた使用され得ることが理解される。 System utilized in the transfer activity assay used in the present invention can be a cell is not limited to this cell-free systems can also be understood that may be used.

また、上記転写因子認識配列としては、例えば、GAL4DNA(Tyree CM, Klausing K.,Methods Mol Med. 2003;85:175−83)、LexA DBD(Chemistry and Biology,vol 10,no.7,pp.584−585 (July,2003))などを挙げることができるがそれに限定されない。 Further, as the transcription factor recognition sequences, e.g., GAL4DNA (Tyree CM, Klausing K., Methods Mol Med 2003; 85:. 175-83), LexA DBD (Chemistry and Biology, vol 10, no.7, pp. 584-585 (July, 2003)) and the like can be mentioned but not limited to. このような転写因子認識配列は、どのような核内レセプターであっても使用され得ることが理解される。 Such transcription factors recognition sequences, it is understood that any even nuclear receptor may be used. 他の転写因子認識配列は、本発明のこの系を用いて、アゴニストであると分かっている物質を上記候補化合物の代わりに使用し、転写因子認識配列の候補配列を上記GAL4DNAの代わりに使用したアッセイを実行し、そのアッセイにおいてアゴニストによるポジティブな応答が見られる任意の配列を転写因子認識配列として使用することができることが理解され得る。 Other transcription factors recognition sequence, using this system of the present invention, a substance known to be agonists used in place of the candidate compound, a candidate sequence for transcription factor recognition sequences were used instead of the GAL4DNA run the assay, that can use any sequence found is positive response by the agonist in the assay as a transcription factor recognition sequence can be understood.

(有機化学) (organic chemistry)
本発明は、スルホニル尿素剤がPPARを調節する能力を有することを見出したことによって一部完成された。 The present invention has been completed partially by sulfonyl urea were found to have the ability to modulate the PPAR.

本明細書において、「スルホニル尿素剤」とは、 As used herein, a "sulfonylurea agent"

(式中、R およびR は、任意の置換基を指す)で示されるスルホニル基と、尿素とが結合した構造を有するものをいう。 (In the formula, R 1 and R 2 refers to any substituent) refers to those having a sulfonyl group represented by the structure in which a urea bound. スルホニル尿素剤は、古くからインスリン分泌刺激作用による血糖降下作用がありインスリンの代用として用いられてきた。 Sulfonyl urea have been used as a substitute for insulin have hypoglycemic action of insulin secretion stimulating effect for a long time. スルホニル尿素剤としては、例えば、グリメピリド、グリベンクラミド、トルブタミド、クロルプロパミド、アセトヘキサミドおよびグリクラジドなどを挙げることができるがそれらに限定されない。 The sulfonylureas, e.g., glimepiride, glibenclamide, tolbutamide, chlorpropamide, there may be mentioned a acetohexamide and gliclazide but are not limited to.

本明細書において「アルキル」とは、メタン、エタン、プロパンのような脂肪族炭化水素(アルカン)から水素原子が一つ失われて生ずる1価の基をいい、一般にC 2n+1 −で表される(ここで、nは正の整数である)。 Table with - an "alkyl" as used herein, methane, ethane, refers to a monovalent group generated from an aliphatic hydrocarbon such as propane (alkane) loses a hydrogen atom, generally C n H 2n + 1 it is (wherein, n is a positive integer). アルキルは、直鎖または分枝鎖であり得る。 Alkyl may be straight or branched. 本明細書において「置換されたアルキル」とは、以下に規定する置換基によってアルキルのHが置換されたアルキルをいう。 "Substituted alkyl" as used herein, refers to an alkyl alkyl H is substituted by a substituent as defined below. これらの具体例は、C1〜C2アルキル、C1〜C3アルキル、C1〜C4アルキル、C1〜C5アルキル、C1〜C6アルキル、C1〜C7アルキル、C1〜C8アルキル、C1〜C9アルキル、C1〜C10アルキル、C1〜C11アルキルまたはC1〜C12アルキル、C1〜C2置換されたアルキル、C1〜C3置換されたアルキル、C1〜C4置換されたアルキル、C1〜C5置換されたアルキル、C1〜C6置換されたアルキル、C1〜C7置換されたアルキル、C1〜C8置換されたアルキル、C1〜C9置換されたアルキル、C1〜C10置換されたアルキル、C1〜C11置換されたアルキルまたはC1〜C12置換されたアルキルであり得る。 Specific examples of these, C1 -C2 alkyl, C1 to C3 alkyl, C1 -C4 alkyl, C1 to C5 alkyl, C1 -C6 alkyl, C1 to C7 alkyl, C1 to C8 alkyl, C1 to C9 alkyl, C1 -C10 alkyl , C1 to C11 alkyl or C1~C12 alkyl, C1 -C2 substituted alkyl, C1 to C3 substituted alkyl, C1 -C4 substituted alkyl, C1 to C5 substituted alkyl, C1 -C6 substituted alkyl , C1 to C7 substituted alkyl, C1~C8 substituted alkyl, C1 to C9 substituted alkyl, C1 -C10 substituted alkyl, C1 to C11 substituted alkyl or C1~C12 substituted alkyl obtain. ここで、例えばC1〜C10アルキルとは、炭素原子を1〜10個有する直鎖または分枝状のアルキルを意味し、メチル(CH −)、エチル(C −)、n−プロピル(CH CH CH −)、イソプロピル((CH CH−)、n−ブチル(CH CH CH CH −)、n−ペンチル(CH CH CH CH CH −)、n−ヘキシル(CH CH CH CH CH CH −)、n−ヘプチル(CH CH CH CH CH CH CH −)、n−オクチル(CH CH CH CH CH CH CH CH −)、n−ノニル(CH CH CH CH CH CH CH CH CH −)、n−デシル(CH CH CH Here, for example, is C1~C10 alkyl means a straight or branched alkyl having 1 to 10 carbon atoms, methyl (CH 3 -), ethyl (C 2 H 5 -), n- propyl (CH 3 CH 2 CH 2 - ), isopropyl ((CH 3) 2 CH - ), n- butyl (CH 3 CH 2 CH 2 CH 2 -), n- pentyl (CH 3 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 -), n-hexyl (CH 3 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 -), n- heptyl (CH 3 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 -), n- octyl (CH 3 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 -), n- nonyl (CH 3 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 -), n- decyl (CH 3 CH 2 CH 2 C CH CH CH CH CH CH −)、−C(CH CH CH CH(CH 、−CH CH(CH などが例示される。 H 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 -), - C (CH 3) 2 CH 2 CH 2 CH (CH 3) 2, -CH 2 CH (CH 3) such as 2 are exemplified. また、例えば、C1〜C10置換されたアルキルとは、C1〜C10アルキルであって、そのうち1または複数の水素原子が置換基により置換されているものをいう。 Further, for example, a C1~C10 substituted alkyl, a C1~C10 alkyl, of which 1 or more hydrogen atoms refer to those substituted by a substituent.

本明細書において「置換されていてもよいアルキル」とは、上で定義した「アルキル」または「置換されたアルキル」のいずれであってもよいことを意味する。 "Alkyl optionally substituted" as used herein, it means that may be either defined above for "alkyl" or "substituted alkyl".

本明細書において「アルキレン」とは、メチレン、エチレン、プロピレンのような脂肪族炭化水素(アルカン)から水素原子が二つ失われて生ずる2価の基をいい、一般に−C 2n −で表される(ここで、nは正の整数である)。 The term "alkylene" as used herein, methylene, ethylene, hydrogen atom from an aliphatic hydrocarbon (alkane) such as propylene refers to a divalent group which is generated lost two generally -C n H 2n - in represented (where, n is a positive integer). アルキレンは、直鎖または分枝鎖であり得る。 Alkylene may be straight or branched. 本明細書において「置換されたアルキレン」とは、以下に規定する置換基によってアルキレンのHが置換されたアルキレンをいう。 The term "substituted alkylene" as used herein, refers to an alkylene having the H of the alkylene substituted by a substituent as defined below. これらの具体例は、C1〜C2アルキレン、C1〜C3アルキレン、C1〜C4アルキレン、C1〜C5アルキレン、C1〜C6アルキレン、C1〜C7アルキレン、C1〜C8アルキレン、C1〜C9アルキレン、C1〜C10アルキレン、C1〜C11アルキレンまたはC1〜C12アルキレン、C1〜C2置換されたアルキレン、C1〜C3置換されたアルキレン、C1〜C4置換されたアルキレン、C1〜C5置換されたアルキレン、C1〜C6置換されたアルキレン、C1〜C7置換されたアルキレン、C1〜C8置換されたアルキレン、C1〜C9置換されたアルキレン、C1〜C10置換されたアルキレン、C1〜C11置換されたアルキレンまたはC1〜C12置換されたアルキレンであり得る。 Specific examples of these, C1 -C2 alkylene, C1 to C3 alkylene, C1 -C4 alkylene, C1 to C5 alkylene, C1 -C6 alkylene, C1 to C7 alkylene, C1 to C8 alkylene, C1 to C9 alkylene, C1 -C10 alkylene , C1 to C11 alkylene or C1~C12 alkylene, C1 -C2 substituted alkylene, C1 to C3 substituted alkylene, C1 -C4 substituted alkylene, C1 to C5 substituted alkylene, C1 -C6 substituted alkylene , C1 to C7 substituted alkylene, be C1~C8 substituted alkylene, C1 to C9 substituted alkylene, C1 -C10 substituted alkylene, C1 to C11 substituted alkylene or C1~C12 substituted alkylene obtain. ここで、例えばC1〜C10アルキレンとは、炭素原子を1〜10個有する直鎖または分枝状のアルキレンを意味し、メチレン(−CH −)、エチレン(−C −)、n−プロピレン(−CH CH CH −)、イソプロピレン(−(CH C−)、n−ブチレン(−CH CH CH CH −)、n−ペンチレン(−CH CH CH CH CH −)、n−ヘキシレン(−CH CH CH CH CH CH −)、n−ヘプチレン(−CH CH CH CH CH CH CH −)、n−オクチレン(−CH CH CH CH CH CH CH CH −)、n−ノニレン(−CH CH CH CH CH CH CH CH CH Here, for example, is C1~C10 alkylene means a straight or branched alkylene having 1-10 carbon atoms, methylene (-CH 2 -), ethylene (-C 2 H 4 -), n - propylene (-CH 2 CH 2 CH 2 - ), isopropylene (- (CH 3) 2 C -), n- butylene (-CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 -), n- pentylene (-CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 - ), n- hexylene (-CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 -), n- heptylene (-CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 - ), n-octylene (-CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 -), n- nonylene (-CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 −)、n−デシレン(−CH CH CH CH CH CH CH CH CH CH −)、−CH C(CH −などが例示される。 -), n-decylene (-CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 CH 2 -), - CH 2 C (CH 3) 2 - and the like are exemplified. また、例えば、C1〜C10置換されたアルキレンとは、C1〜C10アルキレンであって、そのうち1または複数の水素原子が置換基により置換されているものをいう。 Further, for example, a C1~C10 substituted alkylene, a C1~C10 alkylene, of which 1 or more hydrogen atoms refer to those substituted by a substituent. 本明細書において「アルキレン」は、酸素原子および硫黄原子から選択される原子を1またはそれ以上含んでいてもよい。 "Alkylene" as used herein, an atom selected from oxygen atom and sulfur atom which may contain 1 or more.

本明細書において「置換されていてもよいアルキレン」とは、上で定義した「アルキレン」または「置換されたアルキレン」のいずれであってもよいことを意味する。 "Alkylene may be substituted" herein, means that may be either defined above for "alkylene" or "substituted alkylene".

本明細書において「シクロアルキル」とは、環式構造を有するアルキルをいう。 The term "cycloalkyl" as used herein, refers to an alkyl having a cyclic structure. 「置換されたシクロアルキル」とは、以下に規定する置換基によってシクロアルキルのHが置換されたシクロアルキルをいう。 The term "substituted cycloalkyl" refers to cycloalkyl having the H of the cycloalkyl substituted by a substituent as defined below. 具体例としては、C3〜C4シクロアルキル、C3〜C5シクロアルキル、C3〜C6シクロアルキル、C3〜C7シクロアルキル、C3〜C8シクロアルキル、C3〜C9シクロアルキル、C3〜C10シクロアルキル、C3〜C11シクロアルキル、C3〜C12シクロアルキル、C3〜C4置換されたシクロアルキル、C3〜C5置換されたシクロアルキル、C3〜C6置換されたシクロアルキル、C3〜C7置換されたシクロアルキル、C3〜C8置換されたシクロアルキル、C3〜C9置換されたシクロアルキル、C3〜C10置換されたシクロアルキル、C3〜C11置換されたシクロアルキルまたはC3〜C12置換されたシクロアルキルであり得る。 Specific examples, C3 -C4 cycloalkyl, C3-C5 cycloalkyl, C3 -C6 cycloalkyl, C3-C7 cycloalkyl, C3 -C8 cycloalkyl, C3-C9 cycloalkyl, C3 -C10 cycloalkyl, C3~C11 cycloalkyl, C3-C12 cycloalkyl, C3 -C4 substituted cycloalkyl, C3-C5 substituted cycloalkyl, C3 -C6 substituted cycloalkyl, C3-C7 substituted cycloalkyl, are C3~C8 substituted cycloalkyl, C3-C9 substituted cycloalkyl, C3 -C10 substituted cycloalkyl, may be a C3~C11 substituted cycloalkyl or C3~C12 substituted cycloalkyl. 例えば、シクロアルキルとしては、シクロプロピル、シクロヘキシルなどが例示される。 For example, cycloalkyl include cyclopropyl, cyclohexyl and the like.

本明細書において「置換されていてもよいシクロアルキル」とは、上で定義した「シクロアルキル」または「置換されたシクロアルキル」のいずれであってもよいことを意味する。 As used herein, "optionally substituted cycloalkyl" means that may be either defined above for "cycloalkyl" or "substituted cycloalkyl".

本明細書において「アルケニル」とは、分子内に二重結合を一つ有する脂肪族炭化水素から水素原子が一つ失われて生ずる1価の基をいい、一般にC 2n−1 −で表される(ここで、nは2以上の正の整数である)。 "Alkenyl" as used herein, refers to a monovalent group generated from an aliphatic hydrocarbon having one double bond in the molecule loses a hydrogen atom, generally C n H 2n-1 - in represented (where, n is a positive integer of 2 or higher). 「置換されたアルケニル」とは、以下に規定する置換基によってアルケニルのHが置換されたアルケニルをいう。 "Substituted alkenyl" refers to alkenyl having the H of the alkenyl substituted by a substituent as defined below. 具体例としては、C2〜C3アルケニル、C2〜C4アルケニル、C2〜C5アルケニル、C2〜C6アルケニル、C2〜C7アルケニル、C2〜C8アルケニル、C2〜C9アルケニル、C2〜C10アルケニル、C2〜C11アルケニルまたはC2〜C12アルケニル、C2〜C3置換されたアルケニル、C2〜C4置換されたアルケニル、C2〜C5置換されたアルケニル、C2〜C6置換されたアルケニル、C2〜C7置換されたアルケニル、C2〜C8置換されたアルケニル、C2〜C9置換されたアルケニル、C2〜C10置換されたアルケニル、C2〜C11置換されたアルケニルまたはC2〜C12置換されたアルケニルであり得る。 Specific examples, C2 -C3 alkenyl, C2-C4 alkenyl, C2-C5 alkenyl, C2 -C6 alkenyl, C2 to C7 alkenyl, C2-C8 alkenyl, C2~C9 alkenyl, C2 -C10 alkenyl, C2~C11 alkenyl or C2~C12 alkenyl, C2 -C3 substituted alkenyl, C2-C4 substituted alkenyl, C2-C5 substituted alkenyl, C2 -C6 substituted alkenyl, C2 to C7 substituted alkenyl, C2~C8 substituted alkenyl, C2~C9 substituted alkenyl, C2 -C10 substituted alkenyl, may be a C2~C11 substituted alkenyl or C2~C12 substituted alkenyl. ここで、例えばC2〜C10アルキルとは、炭素原子を2〜10個含む直鎖または分枝状のアルケニルを意味し、ビニル(CH =CH−)、アリル(CH =CHCH −)、CH CH=CH−などが例示される。 Here, for example, is C2~C10 alkyl means a straight or branched alkenyl containing 2 to 10 carbon atoms, vinyl (CH 2 = CH-), allyl (CH 2 = CHCH 2 -) , CH 3 CH = CH-, etc. are exemplified. また、例えば、C2〜C10置換されたアルケニルとは、C2〜C10アルケニルであって、そのうち1または複数の水素原子が置換基により置換されているものをいう。 Further, for example, a C2~C10 substituted alkenyl, a C2~C10 alkenyl, of which 1 or more hydrogen atoms refer to those substituted by a substituent.

本明細書において「置換されていてもよいアルケニル」とは、上で定義した「アルケニル」または「置換されたアルケニル」のいずれであってもよいことを意味する。 "Alkenyl optionally substituted" as used herein, it means that may be either defined above for "alkenyl" or "substituted alkenyl".

本明細書において「アルケニレン」とは、分子内に二重結合を一つ有する脂肪族炭化水素から水素原子が二つ失われて生ずる2価の基をいい、一般に−C 2n−2 −で表される(ここで、nは2以上の正の整数である)。 The term "alkenylene" as used herein, a hydrogen atom from an aliphatic hydrocarbon having one double bond in a molecule refers to a divalent group which is generated lost two generally -C n H 2n-2 - in represented (where, n is a positive integer of 2 or higher). 「置換されたアルケニレン」とは、以下に規定する置換基によってアルケニレンのHが置換されたアルケニレンをいう。 "Substituted alkenylene" refers to alkenylene having the H of the alkenylene substituted by a substituent as defined below. 具体例としては、C2〜C25アルケニレンまたはC2〜C25置換されたアルケニレンが挙げられ、なかでも特にC2〜C3アルケニレン、C2〜C4アルケニレン、C2〜C5アルケニレン、C2〜C6アルケニレン、C2〜C7アルケニレン、C2〜C8アルケニレン、C2〜C9アルケニレン、C2〜C10アルケニレン、C2〜C11アルケニレンまたはC2〜C12アルケニレン、C2〜C3置換されたアルケニレン、C2〜C4置換されたアルケニレン、C2〜C5置換されたアルケニレン、C2〜C6置換されたアルケニレン、C2〜C7置換されたアルケニレン、C2〜C8置換されたアルケニレン、C2〜C9置換されたアルケニレン、C2〜C10置換されたアルケニレン、C2〜C11置換されたアルケニレンまた Specific examples, include C2~C25 alkenylene or C2~C25 substituted alkenylene, among other things C2~C3 alkenylene, C2-C4 alkenylene, C2-C5 alkenylene, C2 -C6 alkenylene, C2 to C7 alkenylene, C2 ~C8 alkenylene, C2~C9 alkenylene, C2 -C10 alkenylene, C2~C11 alkenylene or C2~C12 alkenylene, C2 -C3 substituted alkenylene, C2-C4 substituted alkenylene, C2-C5 substituted alkenylene, C2~ C6 substituted alkenylene, C2 to C7 substituted alkenylene, C2-C8 substituted alkenylene, C2~C9 substituted alkenylene, C2 -C10 substituted alkenylene, alkenylene was also C2~C11 replaced C2〜C12置換されたアルケニレンが好ましい。 C2~C12 substituted alkenylene are preferred. ここで、例えばC2〜C10アルキルとは、炭素原子を2〜10個含む直鎖または分枝状のアルケニレンを意味し、−CH=CH−、−CH=CHCH −、−(CH )C=CH−などが例示される。 Here, for example, is C2~C10 alkyl means a straight or branched alkenylene including 2-10 carbon atoms, -CH = CH -, - CH = CHCH 2 -, - (CH 3) C = CH-, etc. are exemplified. また、例えば、C2〜C10置換されたアルケニレンとは、C2〜C10アルケニレンであって、そのうち1または複数の水素原子が置換基により置換されているものをいう。 Further, for example, a C2~C10 substituted alkenylene, a C2~C10 alkenylene, of which 1 or more hydrogen atoms refer to those substituted by a substituent. 本明細書において「アルケニレン」は、酸素原子および硫黄原子から選択される原子を1またはそれ以上含んでいてもよい。 "Alkenylene" as used herein, an atom selected from oxygen atom and sulfur atom which may contain 1 or more.

本明細書において「置換されていてもよいアルケニレン」とは、上で定義した「アルケニレン」または「置換されたアルケニレン」のいずれであってもよいことを意味する。 The "alkenylene which may be substituted" herein, means that may be either defined above for "alkenylene" or "substituted alkenylene".

本明細書において「シクロアルケニル」とは、環式構造を有するアルケニルをいう。 "Cycloalkenyl" as used herein, refers to an alkenyl having a cyclic structure. 「置換されたシクロアルケニル」とは、以下に規定する置換基によってシクロアルケニルのHが置換されたシクロアルケニルをいう。 The term "substituted cycloalkenyl" refers to cycloalkenyl having the H of a cycloalkenyl substituted by a substituent as defined below. 具体例としては、C3〜C4シクロアルケニル、C3〜C5シクロアルケニル、C3〜C6シクロアルケニル、C3〜C7シクロアルケニル、C3〜C8シクロアルケニル、C3〜C9シクロアルケニル、C3〜C10シクロアルケニル、C3〜C11シクロアルケニル、C3〜C12シクロアルケニル、C3〜C4置換されたシクロアルケニル、C3〜C5置換されたシクロアルケニル、C3〜C6置換されたシクロアルケニル、C3〜C7置換されたシクロアルケニル、C3〜C8置換されたシクロアルケニル、C3〜C9置換されたシクロアルケニル、C3〜C10置換されたシクロアルケニル、C3〜C11置換されたシクロアルケニルまたはC3〜C12置換されたシクロアルケニルであり得る。 Specific examples, C3 -C4 cycloalkenyl, C3-C5 cycloalkenyl, C3 -C6 cycloalkenyl, C3-C7 cycloalkenyl, C3 -C8 cycloalkenyl, C3-C9 cycloalkenyl, C3 -C10 cycloalkenyl, C3~C11 cycloalkenyl, C3-C12 cycloalkenyl, C3 -C4 substituted cycloalkenyl, C3-C5 substituted cycloalkenyl, C3 -C6 substituted cycloalkenyl, C3-C7 substituted cycloalkenyl, is C3~C8 substituted cycloalkenyl, C3-C9 substituted cycloalkenyl, C3 -C10 substituted cycloalkenyl, be a C3~C11 substituted cycloalkenyl or C3~C12 substituted cycloalkenyl. 例えば、好ましいシクロアルケニルとしては、1−シクロペンテニル、2−シクロヘキセニルなどが例示される。 For example, preferred cycloalkenyl, 1-cyclopentenyl, 2-cyclohexenyl and the like.

本明細書において「置換されていてもよいシクロアルケニル」とは、上で定義した「シクロアルケニル」または「置換されたシクロアルケニル」のいずれであってもよいことを意味する。 The "good cycloalkenyl which may be substituted" herein, means that may be either defined in the above "cycloalkenyl" or "substituted cycloalkenyl".

本明細書において「アルキニル」とは、アセチレンのような、分子内に三重結合を一つ有する脂肪族炭化水素から水素原子が一つ失われて生ずる1価の基をいい、一般にC 2n−3 −で表される(ここで、nは2以上の正の整数である)。 "Alkynyl" as used herein, such as acetylene, hydrogen atom from an aliphatic hydrocarbon having one triple bond in a molecule refers to a monovalent group generated loses a generally C n H 2n -3 - represented by (wherein, n is a positive integer of 2 or higher). 「置換されたアルキニル」とは、以下に規定する置換基によってアルキニルのHが置換されたアルキニルをいう。 "Substituted alkynyl" refers to alkynyl having the H of the alkynyl substituted by a substituent as defined below. 具体例としては、C2〜C3アルキニル、C2〜C4アルキニル、C2〜C5アルキニル、C2〜C6アルキニル、C2〜C7アルキニル、C2〜C8アルキニル、C2〜C9アルキニル、C2〜C10アルキニル、C2〜C11アルキニル、C2〜C12アルキニル、C2〜C3置換されたアルキニル、C2〜C4置換されたアルキニル、C2〜C5置換されたアルキニル、C2〜C6置換されたアルキニル、C2〜C7置換されたアルキニル、C2〜C8置換されたアルキニル、C2〜C9置換されたアルキニル、C2〜C10置換されたアルキニル、C2〜C11置換されたアルキニルまたはC2〜C12置換されたアルキニルであり得る。 Specific examples, C2 -C3 alkynyl, C2-C4 alkynyl, C2-C5 alkynyl, C2 -C6 alkynyl, C2 to C7 alkynyl, C2-C8 alkynyl, C2~C9 alkynyl, C2 -C10 alkynyl, C2~C11 alkynyl, C2~C12 alkynyl, C2 -C3 substituted alkynyl, C2-C4 substituted alkynyl, C2-C5 substituted alkynyl, C2 -C6 substituted alkynyl, C2 to C7 substituted alkynyl, is C2~C8 substituted alkynyl, C2~C9 substituted alkynyl, C2 -C10 substituted alkynyl, be a C2~C11 substituted alkynyl or C2~C12 substituted alkynyl. ここで、例えば、C2〜C10アルキニルとは、例えば炭素原子を2〜10個含む直鎖または分枝状のアルキニルを意味し、エチニル(CH≡C−)、1−プロピニル(CH C≡C−)などが例示される。 Here, for example, a C2~C10 alkynyl, for example, means a straight or branched alkynyl containing 2 to 10 carbon atoms, ethynyl (CH≡C -), 1- propynyl (CH 3 C [identical to] C -), and the like. また、例えば、C2〜C10置換されたアルキニルとは、C2〜C10アルキニルであって、そのうち1または複数の水素原子が置換基により置換されているものをいう。 Further, for example, a C2~C10 substituted alkynyl, a C2~C10 alkynyl, of which 1 or more hydrogen atoms refer to those substituted by a substituent.

本明細書において「置換されていてもよいアルキニル」とは、上で定義した「アルキニル」または「置換されたアルキニル」のいずれであってもよいことを意味する。 "Alkynyl may be substituted" herein, means that may be either defined in the above "alkynyl" or "substituted alkynyl".

本明細書において「アルコキシ」とは、アルコール類のヒドロキシ基の水素原子が失われて生ずる1価の基をいい、一般にC 2n+1 O−で表される(ここで、nは1以上の整数である)。 As used herein the term "alkoxy" refers to a monovalent group generated is lost hydrogen atom of a hydroxy group of an alcohol, typically C n H 2n + 1 O- represented by (wherein, n is 1 or more it is an integer). 「置換されたアルコキシ」とは、以下に規定する置換基によってアルコキシのHが置換されたアルコキシをいう。 By "substituted alkoxy" refers to alkoxy H alkoxy is substituted by a substituent as defined below. 具体例としては、C1〜C2アルコキシ、C1〜C3アルコキシ、C1〜C4アルコキシ、C1〜C5アルコキシ、C1〜C6アルコキシ、C1〜C7アルコキシ、C1〜C8アルコキシ、C1〜C9アルコキシ、C1〜C10アルコキシ、C1〜C11アルコキシ、C1〜C12アルコキシ、C1〜C2置換されたアルコキシ、C1〜C3置換されたアルコキシ、C1〜C4置換されたアルコキシ、C1〜C5置換されたアルコキシ、C1〜C6置換されたアルコキシ、C1〜C7置換されたアルコキシ、C1〜C8置換されたアルコキシ、C1〜C9置換されたアルコキシ、C1〜C10置換されたアルコキシ、C1〜C11置換されたアルコキシまたはC1〜C12置換されたアルコキシであり得る。 Examples, C1 -C2 alkoxy, C1 to C3 alkoxy, C1 -C4 alkoxy, C1 to C5 alkoxy, C1 -C6 alkoxy, C1 to C7 alkoxy, C1 to C8 alkoxy, C1 to C9 alkoxy, C1 -C10 alkoxy, C1~C11 alkoxy, Cl -C 12 alkoxy, C1 -C2 substituted alkoxy, C1 to C3 substituted alkoxy, C1 -C4 substituted alkoxy, C1 to C5 substituted alkoxy, C1 -C6 substituted alkoxy, C1~C7 substituted alkoxy, can be a C1~C8 substituted alkoxy, C1 to C9 substituted alkoxy, C1 -C10 substituted alkoxy, C1 to C11 substituted alkoxy or C1~C12 substituted alkoxy . ここで、例えば、C1〜C10アルコキシとは、炭素原子を1〜10個含む直鎖または分枝状のアルコキシを意味し、メトキシ(CH O−)、エトキシ(C O−)、n−プロポキシ(CH CH CH O−)などが例示される。 Here, for example, a C1~C10 alkoxy means a straight or branched alkoxy containing 1-10 carbon atoms, methoxy (CH 3 O-), ethoxy (C 2 H 5 O-), such as n- propoxy (CH 3 CH 2 CH 2 O- ) are exemplified.

本明細書において「置換されていてもよいアルコキシ」とは、上で定義した「アルコキシ」または「置換されたアルコキシ」のいずれであってもよいことを意味する。 "Alkoxy substituted" herein, means that may be either defined in the above "alkoxy" or "substituted alkoxy".

本明細書において「ヘテロ環(基)」とは、炭素およびヘテロ原子をも含む環状構造を有する基をいう。 The "heterocyclic (group)" as used herein, refers to a group having a cyclic structure containing also carbon and hetero atoms. ここで、ヘテロ原子は、O、SおよびNからなる群より選択され、同一であっても異なっていてもよく、1つ含まれていても2以上含まれていてもよい。 Here, heteroatoms, O, it is selected from the group consisting of S and N, which may be the same or different and may contain two or more be contained by one. ヘテロ環基は、芳香族系または非芳香族系であり得、そして単環式または多環式であり得る。 A heterocyclic group may be aromatic or nonaromatic, and may be monocyclic or polycyclic. ヘテロ環基は置換されていてもよい。 Heterocyclic group may be substituted.

本明細書において「置換されていてもよいヘテロ環(基)」とは、上で定義した「ヘテロ環(基)」または「置換されたヘテロ環(基)」のいずれであってもよいことを意味する。 The term "optionally substituted heterocyclic (group)" in the present specification, as defined above, "heterocyclic (group)" or that may be either "substituted heterocyclic (group)" It means.

本明細書において「アルコール」とは、脂肪族炭化水素の1または2以上の水素原子をヒドロキシル基で置換した有機化合物をいう。 The term "alcohol" as used herein, refers to an organic compound obtained by substituting one or more hydrogen atoms of an aliphatic hydrocarbon with a hydroxyl group. 本明細書においては、ROHとも表記される。 As used herein, it is also referred to as ROH. ここで、Rは、アルキル基である。 Wherein, R is an alkyl group. 好ましくは、Rは、C1〜C6アルキルであり得る。 Preferably, R can be C1~C6 alkyl. アルコールとしては、例えば、メタノール、エタノール、1−プロパノール、2−プロパノールなどが挙げられるがそれらに限定されない。 Examples of the alcohol include methanol, ethanol, 1-propanol, although such 2-propanol without limitation.

本明細書において「炭素環基」とは、炭素のみを含む環状構造を含む基であって、前記の「シクロアルキル」、「置換されたシクロアルキル」、「シクロアルケニル」、「置換されたシクロアルケニル」以外の基をいう。 "Carbocyclic group" in the present specification, a group containing a cyclic structure containing only carbon, "cycloalkyl" of the "substituted cycloalkyl", "cycloalkenyl", which is "substituted cycloheteroalkyl It refers to a group of non-alkenyl ". 炭素環基は芳香族系または非芳香族系であり得、そして単環式または多環式であり得る。 Carbocyclic group can be aromatic or nonaromatic, and may be monocyclic or polycyclic. 「置換された炭素環基」とは、以下に規定する置換基によって炭素環基のHが置換された炭素環基をいう。 The "carbocyclic group substituted" refers to a carbocyclic group H is substituted carbocyclic group by a substituent as defined below. 具体例としては、C3〜C4炭素環基、C3〜C5炭素環基、C3〜C6炭素環基、C3〜C7炭素環基、C3〜C8炭素環基、C3〜C9炭素環基、C3〜C10炭素環基、C3〜C11炭素環基、C3〜C12炭素環基、C3〜C4置換された炭素環基、C3〜C5置換された炭素環基、C3〜C6置換された炭素環基、C3〜C7置換された炭素環基、C3〜C8置換された炭素環基、C3〜C9置換された炭素環基、C3〜C10置換された炭素環基、C3〜C11置換された炭素環基またはC3〜C12置換された炭素環基であり得る。 Specific examples, C3 -C4 carbocyclic group, C3-C5 carbocyclic group, C3 -C6 carbocyclic group, C3-C7 carbocyclic group, C3 -C8 carbocyclic group, C3-C9 carbocyclic group, C3 -C10 carbocyclic group, C3~C11 carbocyclic group, C3-C12 carbocyclic group, C3 -C4 substituted carbocyclic group, C3-C5 substituted carbocyclic group, C3 -C6 substituted carbocyclic group, C3~ C7 substituted carbocyclic group, C3 -C8 substituted carbocyclic group, C3-C9 substituted carbocyclic group, C3 -C10 substituted carbocyclic group, C3~C11 substituted carbocyclic group or C3~ It is a C12 substituted carbocyclic group. 炭素環基はまた、C4〜C7炭素環基またはC4〜C7置換された炭素環基であり得る。 Carbocyclic group may also be a C4~C7 carbocyclic group or C4~C7 substituted carbocyclic group. 炭素環基としては、フェニル基から水素原子が1個欠失したものが例示される。 The carbocyclic group, a hydrogen atom is exemplified those deleted one deleted from phenyl groups. ここで、水素の欠失位置は、化学的に可能な任意の位置であり得、芳香環上であってもよく、非芳香環上であってもよい。 Here, the deletion position of hydrogen may be a chemically possible arbitrary position may be on an aromatic ring may be on the non-aromatic ring.

本明細書において「置換されていてもよい炭素環基」とは、上で定義した「炭素環基」または「置換された炭素環基」のいずれであってもよいことを意味する。 As used herein, "optionally substituted carbocyclic group" means that may be either defined in the above "carbocyclic group" or "substituted carbocyclic group".

本明細書において「ヘテロ環基」とは、炭素およびヘテロ原子をも含む環状構造を有する基をいう。 The "heterocyclic group" as used herein, refers to a group having a cyclic structure containing also carbon and hetero atoms. ここで,ヘテロ原子は、O、SおよびNからなる群より選択され、同一であっても異なっていてもよく、1つ含まれていても2以上含まれていてもよい。 Here, heteroatoms, O, it is selected from the group consisting of S and N, which may be the same or different and may contain two or more be contained by one. ヘテロ環基は、芳香族系または非芳香族系であり得、そして単環式または多環式であり得る。 A heterocyclic group may be aromatic or nonaromatic, and may be monocyclic or polycyclic. 「置換されたヘテロ環基」とは、以下に規定する置換基によってヘテロ環基のHが置換されたヘテロ環基をいう。 "Substituted heterocyclic group" refers to a heterocyclic group having the H of the heterocyclic group is substituted by a substituent as defined below. 具体例としては、C3〜C4炭素環基、C3〜C5炭素環基、C3〜C6炭素環基、C3〜C7炭素環基、C3〜C8炭素環基、C3〜C9炭素環基、C3〜C10炭素環基、C3〜C11炭素環基、C3〜C12炭素環基、C3〜C4置換された炭素環基、C3〜C5置換された炭素環基、C3〜C6置換された炭素環基、C3〜C7置換された炭素環基、C3〜C8置換された炭素環基、C3〜C9置換された炭素環基、C3〜C10置換された炭素環基、C3〜C11置換された炭素環基またはC3〜C12置換された炭素環基の1つ以上の炭素原子をヘテロ原子で置換したものであり得る。 Specific examples, C3 -C4 carbocyclic group, C3-C5 carbocyclic group, C3 -C6 carbocyclic group, C3-C7 carbocyclic group, C3 -C8 carbocyclic group, C3-C9 carbocyclic group, C3 -C10 carbocyclic group, C3~C11 carbocyclic group, C3-C12 carbocyclic group, C3 -C4 substituted carbocyclic group, C3-C5 substituted carbocyclic group, C3 -C6 substituted carbocyclic group, C3~ C7 substituted carbocyclic group, C3 -C8 substituted carbocyclic group, C3-C9 substituted carbocyclic group, C3 -C10 substituted carbocyclic group, C3~C11 substituted carbocyclic group or C3~ the C12 substituted one or more carbon atoms of the carbocyclic group may be one substituted with a heteroatom. ヘテロ環基はまた、C4〜C7炭素環基またはC4〜C7置換された炭素環基の炭素原子を1つ以上へテロ原子で置換したものであり得る。 Heterocyclic group may also be obtained by replacing with hetero atoms C4~C7 carbon atoms of the carbon ring group or a C4~C7 substituted carbocyclic group to one or more. ヘテロ環基としては、チエニル基、ピロリル基、フリル基、イミダゾリル基、ピリジル基などが例示される。 The heterocyclic group, a thienyl group, a pyrrolyl group, a furyl group, an imidazolyl group, a pyridyl group and the like. 水素の欠失位置は、化学的に可能な任意の位置であり得、芳香環上であってもよく、非芳香環上であってもよい。 Deletion position of hydrogen may be a chemically possible arbitrary position may be on an aromatic ring may be on the non-aromatic ring.

本明細書において、炭素環基またはヘテロ環基は、下記に定義されるように1価の置換基で置換され得ることに加えて、2価の置換基で置換され得る。 As used herein, carbocyclic group or heterocyclic group, in addition to that may be substituted with a monovalent substituent as defined below, it may be substituted with a divalent substituent. そのような二価の置換は、オキソ置換(=O)またはチオキソ置換(=S)であり得る。 Such divalent substituted may be oxo-substituted (= O) or thioxo substitution (= S).

本明細書において「ハロゲン」とは、周期表7B族に属するフッ素(F)、塩素(Cl)、臭素(Br)、ヨウ素(I)などの元素の1価の基をいう。 The term "halogen" as used herein, fluorine that belong to the 7B group of the periodic table (F), chlorine (Cl), bromine (Br), refers to a monovalent group of elements such as iodine (I).

本明細書において「ヒドロキシ」とは、−OHで表される基をいう。 The term "hydroxy" as used herein, refers to a group represented by -OH. 「置換されたヒドロキシ」とは、ヒドロキシのHが下記で定義される置換基で置換されているものをいう。 "Substituted hydroxy" refers to those hydroxy H is substituted by a substituent as defined below.

本明細書において「チオール」とは、ヒドロキシ基の酸素原子を硫黄原子で置換した基(メルカプト基)であり、−SHで表される。 The term "thiol" as used herein, is an oxygen atom of a hydroxy group substituted with a sulfur atom group (mercapto group), represented by -SH. 「置換されたチオール」とは、メルカプトのHが下記で定義される置換基で置換されている基をいう。 "Substituted thiol" refers to a group having the H of a mercapto is substituted by a substituent as defined below.

本明細書において「シアノ」とは、−CNで表される基をいう。 The term "cyano" as used herein, refers to a group represented by -CN. 「ニトロ」とは、−NO で表される基をいう。 "Nitro" refers to a group represented by -NO 2. 「アミノ」とは、−NH で表される基をいう。 "Amino" refers to a group represented by -NH 2. 「置換されたアミノ」とは、アミノのHが以下で定義される置換基で置換されたものをいう。 "Substituted amino" refers to an H of the amino is substituted with a substituent as defined below.

本明細書において「カルボキシ」とは、−COOHで表される基をいう。 The term "carboxy" as used herein, refers to a group represented by -COOH. 「置換されたカルボキシ」とは、カルボキシのHが以下に定義される置換基で置換されたものをいう。 "Substituted carboxy" refers to those H carboxy is substituted with a substituent as defined below.

本明細書において「チオカルボキシ」とは、カルボキシ基の酸素原子を硫黄原子で置換した基をいい、−C(=S)OH、−C(=O)SHまたは−CSSHで表され得る。 The term "thiocarboxy" used herein, an oxygen atom of a carboxyl group refers to a group obtained by substituting a sulfur atom, -C (= S) OH, may be represented by -C (= O) SH or -CSSH. 「置換されたチオカルボキシ」とは、チオカルボキシのHが以下に定義される置換基で置換されたものをいう。 "Substituted thiocarboxy" refers to those H thiocarboxy is substituted with a substituent as defined below.

本明細書において「アシル」とは、カルボン酸からOHを除いてできる1価の基をいう。 The term "acyl" as used herein refers to a monovalent group obtained by removing OH from carboxylic acid. アシル基の代表例としては、アセチル(CH CO−)、ベンゾイル(C CO−)などが挙げられる。 Representative examples of acyl groups include acetyl (CH 3 CO-), benzoyl (C 6 H 5 CO-), and the like. 「置換されたアシル」とは、アシルの水素を以下に定義される置換基で置換したものをいう。 "Substituted acyl" refers to hydrogen acyl those substituted by a substituent as defined below.

本明細書において「アミド」とは、アンモニアの水素を酸基(アシル基)で置換した基であり、好ましくは、−CONH で表される。 The term "amide" used herein refers to a group obtained by substituting a hydrogen of ammonia group (acyl group), preferably represented by -CONH 2. 「置換されたアミド」とは、アミドが置換されたものをいう。 "Substituted amido" refers to those amides has been replaced.

本明細書において「カルボニル」とは、アルデヒドおよびケトンの特性基である−(C=O)−を含むものを総称したものをいう。 The term "carbonyl" as used herein is the characteristic group of aldehydes and ketones - (C = O) - refers to a generic term for a substance including. 「置換されたカルボニル」は、下記において選択される置換基で置換されているカルボニル基を意味する。 "Substituted carbonyl" refers to a carbonyl group substituted by a substituent selected as described below.

本明細書において「チオカルボニル」とは、カルボニルにおける酸素原子を硫黄原子に置換した基であり、特性基−(C=S)−を含む。 The "thiocarbonyl" used herein refers to a group obtained by substituting the oxygen atom in carbonyl sulfur atom, characteristic group - (C = S) - containing. チオカルボニルには、チオケトンおよびチオアルデヒドが含まれる。 The thiocarbonyl includes thioketone and thioaldehyde. 「置換されたチオカルボニル」とは、下記において選択される置換基で置換されたチオカルボニルを意味する。 "Substituted thiocarbonyl" refers to a thiocarbonyl substituted by a substituent selected as described below.

本明細書において「スルホニル」とは、特性基である−SO −を含むものを総称したものをいう。 The term "sulfonyl" as used herein, -SO 2 a characteristic group - refers to a generic term for a substance including. 「置換されたスルホニル」とは、下記において選択される置換基で置換されたスルホニルを意味する。 "Sulfonyl substituted" means sulfonyl substituted with a substituent selected as described below.

本明細書において「スルフィニル」とは、特性基である−SO−を含むものを総称したものをいう。 The term "sulfinyl" as used herein refers to a generic term for a substance including a is a characteristic group -SO-. 「置換されたスルフィニル」とは、下記において選択される置換基で置換されているスルフィニルを意味する。 "Substituted sulfinyl" means sulfinyl substituted with a substituent selected as described below.

本明細書において「アリール」とは、芳香族炭化水素の環に結合する水素原子が1個離脱して生ずる基をいい、本明細書において、炭素環基に包含される。 The term "aryl" as used herein, refers to a group in which a hydrogen atom bonded to a ring of aromatic hydrocarbons is produced by one withdrawal herein, are encompassed by the carbocyclic groups.

本明細書においては、特に言及がない限り、置換は、ある有機化合物または置換基中の1または2以上の水素原子を他の原子または原子団で置き換えることをいう。 In this specification, unless specifically stated, substituent refers to the replacement of one or more hydrogen atoms in a given organic compound or a substituent with another atom or atomic group. 水素原子を1つ除去して1価の置換基に置換することも可能であり、そして水素原子を2つ除去して2価の置換基に置換することも可能である。 It is also possible to replace the monovalent substituent by removing one hydrogen atom, and it is also possible to replace a hydrogen atom in the divalent substituent and two removed.

本明細書においては、特に言及がない限り、置換は、ある有機化合物または置換基中の1または2以上の水素原子を他の原子または原子団で置き換えることをいう。 In this specification, unless specifically stated, substituent refers to the replacement of one or more hydrogen atoms in a given organic compound or a substituent with another atom or atomic group. 水素原子を1つ除去して1価の置換基に置換することも可能であり、そして水素原子を2つ除去して2価の置換基に置換することも可能である。 It is also possible to replace the monovalent substituent by removing one hydrogen atom, and it is also possible to replace a hydrogen atom in the divalent substituent and two removed.

本発明における置換基としては、アルキル、シクロアルキル、アルケニル、シクロアルケニル、アルキニル、アルコキシ、炭素環基、ヘテロ環基、ハロゲン、ヒドロキシ、チオール、シアノ、ニトロ、アミノ、カルボキシ、カルバモイル、アシル、アシルアミノ、チオカルボキシ、アミド、置換されたカルボニル、置換されたチオカルボニル、置換されたスルホニルまたは置換されたスルフィニルが挙げられるがそれらに限定されない。 The substituent in the present invention, alkyl, cycloalkyl, alkenyl, cycloalkenyl, alkynyl, alkoxy, carbocyclic group, heterocyclic group, halogen, hydroxy, thiol, cyano, nitro, amino, carboxy, carbamoyl, acyl, acylamino, thiocarboxy, amide, substituted carbonyl, substituted thiocarbonyl, including but substituted sulfonyl or substituted sulfinyl not limited thereto. このような置換基は、本発明において、アミノ酸の設計のときに、適宜利用することができる。 Such substituents in the present invention, when the design of amino acids, can be appropriately used.

好ましくは、置換基は、複数存在する場合それぞれ独立して、水素原子またはアルキルであり得るが、複数の置換基全てが水素原子であることはない。 Preferably, substituents are each independently if there are a plurality, but may be hydrogen atoms or alkyl, but not all of the plurality of substituents are hydrogen atoms. より好ましくは、独立して、置換基は、複数存在する場合それぞれ独立して、水素およびC1〜C6アルキルからなる群より選択され得る。 More preferably, independently, substituents, each independently if there are a plurality, may be selected from the group consisting of hydrogen and C1~C6 alkyl. 置換基は、すべてが水素以外の置換基を有していても良いが、好ましくは、少なくとも1つの水素、より好ましくは、2〜n(ここでnは置換基の個数)の水素を有し得る。 Substituents, all may have a substituent group other than hydrogen but, preferably, at least one hydrogen, and more preferably, 2- through n (where n is the number of substituents) have hydrogen obtain. 置換基のうち水素の数が多いことが好ましくあり得る。 The number of the hydrogen of the substituents that may be preferred often. 大きな置換基または極性のある置換基は本発明の効果(特に、アルデヒド基との相互作用)に障害を有し得るからである。 Larger substituent or polar substituents with is because the effect of the present invention (particularly, interaction with aldehyde groups) may have a fault. 従って、水素以外の置換基としては、好ましくは、C1〜C6アルキル、C1〜C5アルキル、C1〜C4アルキル、C1〜C3アルキル、C1〜C2アルキル、メチルなどであり得る。 Accordingly, the substituent other than hydrogen, preferably, C1 -C6 alkyl, C1 to C5 alkyl, C1 -C4 alkyl, C1 to C3 alkyl, C1 -C2 alkyl, and the like methyl. ただし、本発明の効果を増強し得ることもあることから、大きな置換基を有することもまた好ましくあり得る。 However, since even that can enhance the effects of the present invention, it may also preferably have a larger substituent.

本明細書において、C1、C2、. As used herein, C1, C2,. . . Cnは、炭素数を表す。 Cn represents the number of carbon atoms. 従って、C1は炭素数1個の置換基を表すために使用される。 Thus, C1 is used to represent one substituent carbon atoms.

本明細書において、「光学異性体」とは、結晶または分子の構造が鏡像関係にあって、重ねあわせることのできない一対の化合物の一方またはその組をいう。 In the present specification, the "optical isomer", the structure of the crystals or molecule is in a mirror image relationship, it refers to one or a set thereof of a pair of compounds which can not be superimposing. 立体異性体の一形態であり、他の性質は同じであるにもかかわらず、旋光性のみが異なる。 Is a form of stereoisomers, despite other properties are the same, only the optical rotation are different.

本明細書において「保護反応」とは、Bocのような保護基を、保護が所望される官能基に付加する反応をいう。 The "protection reaction" as used herein, a protecting group such as Boc, protection refers to a reaction of adding the desired functional groups. 保護基により官能基を保護することによって、より反応性の高い官能基の反応を抑制し、より反応性の低い官能基のみを反応させることができる。 By protecting a functional group by a protecting group, to inhibit the reaction of more reactive functional groups can be reacted only less reactive functional group. 保護反応は、例えば、脱水反応により行うことができる。 Protection reaction may be carried out by dehydration reaction.

本明細書において「脱保護反応」とは、Bocのような保護基を脱離させる反応をいう。 The "deprotection reaction" as used herein, refers to desorb reactive protecting groups such as Boc. 脱保護反応としては、Pd/Cを用いる還元反応のような反応が挙げられる。 The deprotection reaction include reactions such as reduction reaction using Pd / C. 脱保護反応は、例えば、加水分解により行うことができる。 The deprotection reaction can be carried out, for example, by hydrolysis.

本明細書において「保護基」としては、例えば、フルオレニルメトキシカルボニル(Fmoc)基、アセチル基、ベンジル基、ベンゾイル基、t−ブトキシカルボニル基、t−ブチルジメチル基、シリル基、トリメチルシリルエチル基、N-フタルイミジル基、トリメチルシリルエチルオキシカルボニル基、2−ニトロ−4,5−ジメトキシベンジル基、2-ニトロ-4,5-ジメトキシベンジルオキシカルボニル基、カルバメート基などが代表的な保護基として挙げられる。 The "protecting group" as used herein, e.g., fluorenylmethoxycarbonyl (Fmoc) group, an acetyl group, a benzyl group, a benzoyl group, t-butoxycarbonyl group, t- butyl-dimethyl group, a silyl group, trimethylsilylethyl group , N- phthalimidyl group, trimethylsilylethyl oxycarbonyl group, 2-nitro-4,5-dimethoxybenzyl group, 2-nitro-4,5-dimethoxybenzyl oxycarbonyl group, a carbamate group can be cited as typical protecting groups .

本発明の各方法において、目的とする生成物は、反応液から夾雑物(未反応減量、副生成物、溶媒など)を、当該分野で慣用される方法(例えば、抽出、蒸留、洗浄、濃縮、沈澱、濾過、乾燥など)によって除去した後に、当該分野で慣用される後処理方法(例えば、吸着、溶離、蒸留、沈澱、析出、クロマトグラフィーなど)を組み合わせて処理して単離し得る。 In each of the methods of the present invention, the desired product is contaminants from the reaction solution (unreacted loss, by-products, solvent, etc.) methods, and are conventional in the art (e.g., extraction, distillation, washing, concentration , precipitation, filtration, after removing by drying, etc.), post-treatment methods commonly used in the art (e.g., adsorption, elution, distillation, precipitation, deposition, can be isolated by treating a combination of chromatography and the like).


(スクリーニング) (screening)
本明細書において「スクリーニング」とは、目的とするある特定の性質をもつ生物、細胞または物質などの標的を、特定の操作/評価方法で多数を含む集団の中から選抜することをいう。 The term "screening" as used herein, refers to the selected organism having a specific property of interest, a target such as a cell or substance, from the population containing a large number in a specific operation / evaluation method. スクリーニングのために、本発明の因子(例えば、抗体)、ポリペプチドまたは核酸分子を使用することができる。 For screening, the agent of the present invention (e.g., antibodies), can be used a polypeptide or nucleic acid molecule. スクリーニングは、インビトロ、インビボなど実在物質を用いた系を使用してもよく、インシリコ(コンピュ−タを用いた系)の系を用いて生成されたライブラリーを用いてもよい。 Screening in vitro, may be used system using existing materials such as in vivo, in silico - may be used libraries generated using the system of (computer system using data). 本発明では、所望の活性を有するスクリーニングによって得られた化合物もまた、本発明の範囲内に包含されることが理解される。 In the present invention, also compounds obtained by screening having desired activity, to be encompassed within the scope of the invention. また本発明では、本発明の開示をもとに、コンピュータモデリングによる薬物、診断剤、治療薬などが提供されることも企図される。 In the present invention, based on the disclosure of the present invention, a drug by computer modeling, diagnostic agents, such as therapeutic agent it is also contemplated to be provided.

本明細書において「候補化合物」とは、スクリーニングにおいて用いられる場合、そのスクリーニングが対象とする目的に関して候補となる化合物をいう。 The "candidate compound" as used herein, when used in the screening, refers to a compound that screening is a candidate for the purpose of interest. そのような化合物は、どのような因子であってもよい。 Such compounds may be any factor. 候補化合物としては、例えば、タンパク質、ポリペプチド、オリゴペプチド、ペプチド、ポリヌクレオチド、オリゴヌクレオチド、ヌクレオチド、核酸(例えば、cDNA、ゲノムDNAのようなDNA、mRNAのようなRNAを含む)、ポリサッカリド、オリゴサッカリド、脂質、有機低分子(例えば、ホルモン、リガンド、情報伝達物質、有機低分子、コンビナトリアルケミストリーで合成された分子、医薬品として利用され得る低分子(例えば、低分子リガンドなど)など)、これらの複合分子を上げることができるがそれらに限定されない。 Candidate compounds include, for example, (including for example, cDNA, DNA, such as genomic DNA, RNA such as mRNA) proteins, polypeptides, oligopeptides, peptides, polynucleotides, oligonucleotides, nucleotides, nucleic acids, polysaccharides, oligosaccharides, lipids, small organic molecules (e.g., hormones, ligands, signal transduction substances, organic molecules, molecules synthesized by combinatorial chemistry can be utilized as pharmaceutical small molecules (e.g., small molecule ligands), and the like), You can increase the composite molecule but not limited to. 候補化合物は、その候補が薬物である場合、候補薬物とも言う。 Candidate compounds, if the candidate is a drug, also referred to as candidate drugs. このような候補化合物の集合をライブラリーとも言う。 Such a set of candidate compounds also referred to as a library.

本明細書において「化合物種」とは、ある化合物の集合において、特定の目的とする活性を有するなど、所望の性質を有する1種の化合物についていう。 The "class of compounds" in the present specification, in a set of certain compounds, such as having an activity of a particular purpose, say about one compound having the desired properties. 例えば、活性を調節する化合物の集合において、化合物が特定される場合、そのような化合物は、化合物種と称され得る。 For example, the set of compounds that modulate the activity, if the compounds are identified, such compounds may be referred to as compound species. 本明細書では、単に化合物とも称される。 In this specification, simply referred to as compound.

従って、本明細書において「ライブラリー」とは、スクリーニングをするための化合物などの一定の集合をいう。 Accordingly, in the present specification, "library" refers to a certain set of such compounds for screening. ライブラリーは、同様の性質を有する化合物の集合であっても、ランダムな化合物の集合であってもよい。 The library may be a collection of compounds having similar properties, it may be a set of random compounds. 好ましくは、同様の性質を有すると予測される化合物の集合が使用されるが、それに限定されない。 Preferably, the set of expected compound with similar properties is used, but is not limited thereto. 本発明で使用する化合物ライブラリーは、例えば、コンビナトリアルケミストリー技術、醗酵方法、植物および細胞抽出手順などが挙げられるがこれらに限定されない、いずれかの手段により、作製することができるかまたは入手することができる。 Compound libraries for use in the present invention include, for example, combinatorial chemistry techniques, fermentation methods, but like plants and cell extraction procedure without limitation, by any means, that either or available to produce can. コンビナトリアルライブラリーを作成する方法は、当該技術分野で周知である。 How to create the combinatorial libraries are well known in the art. 例えば、E. For example, E. R. R. Felder,Chimia 1994,48,512−541;Gallopら、J. Felder, Chimia 1994,48,512-541; Gallop et al, J. Med. Med. Chem. Chem. 1994,37,1233−1251;R. 1994,37,1233-1251; R. A. A. Houghten,Trends Genet. Houghten, Trends Genet. 1993,9,235−239;Houghtenら、Nature 1991,354,84−86;Lamら、Nature 1991,354,82−84;Carellら、Chem. 1993,9,235-239; Houghten et al, Nature 1991,354,84-86; Lam et al, Nature 1991,354,82-84; Carell et al, Chem. Biol. Biol. 1995,3,171−183;Maddenら、Perspectives in Drug Discovery and Design2,269−282;Cwirlaら、Biochemistry 1990,87,6378−6382;Brennerら、Proc. 1995,3,171-183; Madden et al., Perspectives in Drug Discovery and Design2,269-282; Cwirla et al., Biochemistry 1990,87,6378-6382; Brenner et al., Proc. Natl. Natl. Acad. Acad. Sci. Sci. USA 1992,89,5381−5383;Gordonら、J. USA 1992,89,5381-5383; Gordon et al., J. Med. Med. Chem. Chem. 1994,37,1385−1401;Leblら、Biopolymers 1995,37 177−198;およびそれらで引用された参考文献を参照のこと。 1994,37,1385-1401; Lebl et al., Biopolymers 1995,37 177-198; and see the references cited in those. これらの参考文献は、その全体を、本明細書中で参考として援用する。 These references are incorporated in their entirety, by reference herein.

本明細書において「調節」とは、PPARについて言及するとき、その生物学的活性が変更されることをいう。 The term "modulate" as used herein, when referring to PPAR, it says that the biological activity is altered.

本明細書において「阻害」とは、PPARについて言及するとき、その生物学的活性が低減または消失することをいう。 The term "inhibit" as used herein, when referring to PPAR, it means that its biological activity is reduced or eliminated.

本明細書において「促進」とは、PPARについて言及するとき、その生物学的活性が増加または無い状態から有る状態が生じることをいう。 The term "promoting" as used herein, when referring to PPAR, refers to the state in which the biological activity is present from an increase or absence occurs.

本明細書において「生物学的試験」とは、実際の生体反応を用いてある化合物がある活性を有するかどうかを判定することをいう。 "Biological test" as used herein refers to determining whether it has an activity are compounds that is using the actual biological response. 生物学的試験は、in vitroおよびin vivoでの試験を包含する。 Biological tests, including tests in vitro and in vivo. したがって、生物学的試験は、in silicoとは対立する概念である。 Therefore, the biological test is a concept of conflict with in silico.

本明細書において「評価」とは、スクリーニングにおいて用いられるとき、ある指標(例えば、医薬としての活性)に関して、候補化合物がそのような指標の要件を満たすかどうか決定することをいう。 And "evaluation" is used herein, when used in the screening, some indication (e.g., activity as a pharmaceutical) with respect to the candidate compound refers to determining whether meet such indicators requirements. そのような評価は、当該分野において公知の方法を用いて行うことができ、インシリコ(コンピュータを用いる)かまたはウェット(実際の生物学的アッセイを行う)によって行うことができる。 Such evaluation may be performed using methods known in the art, can be performed by in silico (do the actual biological assays) (using a computer) or wet.

本発明のスクリーニング技術において、スクリーニングのヒットは、遺伝子技術を用いたアッセイなどによって確認することができる。 In the screening technique of the present invention, it hits screening can be confirmed by such assays using gene technology.

本明細書において遺伝子、ポリヌクレオチド、ポリペプチドなど遺伝子産物の「発現」とは、その遺伝子(通常は、DNA形態)などがインビボで一定の作用を受けて、別の形態になることをいう。 Gene herein, a polynucleotide, "expression" of a polypeptide such as a gene product, the gene (typically, DNA form) means that the like affected by a predetermined action in vivo to be changed into another form. 好ましくは、遺伝子、ポリヌクレオチドなどが、転写および翻訳されて、ポリペプチドの形態になることをいうが、転写されてmRNAが作製されることもまた発現の一形態であり得る。 Preferably, the gene, such polynucleotides, are transcribed and translated to be made in a form of a polypeptide, but may be in a form of also expressed that are transferred mRNA is produced. 別の実施形態では、そのようなポリペプチドの形態は、翻訳後プロセシング(例えば、リーダー配列切除)を受けたものであり得る。 In another embodiment, these polypeptides are obtained post-translational processing (e.g., leader sequences resection) are those who received.

本明細書において、遺伝子が「特異的に発現する」とは、その遺伝子が、生物の特定の部位または時期において他の部位または時期とは異なる(好ましくは高い)レベルで発現されることをいう。 In this specification, gene "specifically expressed" is the gene means that are expressed in different (preferably higher) level of the other site or period in a particular site or time of the organism . 特異的に発現するとは、ある部位(例えば、罹患部位などの特異的部位)にのみ発現してもよく、それ以外の部位においても発現していてもよい。 Specifically the expression, a site (e.g., a specific site, such as the affected area) may be expressed only, or may be expressed in other sites. 好ましくは特異的に発現するとは、ある部位においてのみ発現することをいう。 Preferably the expressed specifically refers to expression only in certain sites. そのような特異的発現は、抗原提示細胞の特性を利用して実現することができる。 Such specific expression may be achieved by utilizing the characteristics of the antigen-presenting cells. 従って、本発明における医薬のスクリーニングは、特定の指標の特異的発現を確認することによっても行うことができる。 Thus, screening of a medicament in the present invention can also be carried out by checking the specific expression of a particular index.

本明細書においてある細胞において「のみ」発現するとは、その細胞においてのみある遺伝子が発現し、他の種の細胞においては実質的に発現しないことをいう。 And to express "only" in the cells which are herein gene is expressed in only in the cell, in other species of cells refers to not substantially expressed. 従って、ある細胞においてのみ発現することは、その細胞において特異的に発現することを包含する。 Therefore, only expressed in certain cells, including that expressed specifically in the cells. この場合、脂肪細胞において活性であり、かつ他の細胞における非特異的発現がほとんどない。 In this case, active in adipocytes and there is almost no non-specific expression in other cells.

本明細書において「活性」とは、核酸、タンパク質などの遺伝子または遺伝子産物について言及されるとき、その遺伝子または遺伝子産物が本来発揮しようとする機能についての活性をいう。 The term "activity" as used herein, nucleic acid, when reference is made to a gene or gene product such as a protein, refers to the activity of the function of that gene or gene product is to exhibit the original. そのような活性としては、例えば、PPARについていえば、脂肪細胞分化、糖代謝の調節、脂質代謝の調節などを挙げることができるがそれらに限定されない。 Such activity, for example, speaking the PPAR, adipocyte differentiation, regulation of glucose metabolism, and the like can be mentioned regulation of lipid metabolism but are not limited to.

本明細書において遺伝子発現(たとえば、mRNA発現、ポリペプチド発現)の「検出」または「定量」は、例えば、mRNAの測定および免疫学的測定方法を含む適切な方法を用いて達成され得る。 Gene expression in this specification (e.g., mRNA expression, polypeptide expression) "detection" or "quantitative" in, for example, be achieved using suitable methods, including measurement and immunological measurement method of the mRNA. 分子生物学的測定方法としては、例えば、ノーザンブロット法、ドットブロット法またはPCR法などが例示される。 The molecular biological measurement methods include Northern blotting methods, dot blotting methods, PCR methods, and the like. 免疫学的測定方法としては、例えば、方法としては、必要に応じてマイクロタイタープレートを用いる、ELISA法、RIA法、蛍光抗体法、ウェスタンブロット法、免疫組織染色法などが例示される。 The immunological measurement method, for example, as a method, using a microtiter plate as necessary, ELISA, RIA, fluorescent antibody technique, Western blotting, and immunohistochemistry are exemplified. また、定量方法としては、ELISA法またはRIA法などが例示される。 As the determination method, such as ELISA methods, RIA methods, and the like. アレイ(例えば、DNAアレイ、プロテインアレイ)を用いた遺伝子解析方法によっても行われ得る。 Array (eg, DNA array, a protein array, etc.) may be gene analysis method using. DNAアレイについては、(秀潤社編、細胞工学別冊「DNAマイクロアレイと最新PCR法」)に広く概説されている。 The DNA array is widely reviewed in (Shujunsha, ed., Cell Engineering], special issue, "DNA Microarray and Up-to-date PCR Method"). プロテインアレイについては、Nat Genet. For a protein array, Nat Genet. 2002 Dec;32 suppl:526−32に詳述されている。 2002 Dec; 32 suppl: are described in detail in 526-32. 遺伝子発現の分析法としては、上述に加えて、RT−PCR、RACE法、SSCP法、免疫沈降法、two−hybridシステム、インビトロ翻訳などが挙げられるがそれらに限定されない。 The analysis of gene expression, in addition to the above, RT-PCR, RACE method, SSCP method, immunoprecipitation, two-hybrid systems, such as in vitro translation are not limited thereto. そのようなさらなる分析方法は、例えば、ゲノム解析実験法・中村祐輔ラボ・マニュアル、編集・中村祐輔 羊土社(2002)などに記載されており、本明細書においてそれらの記載はすべて参考として援用される。 Such further analysis methods are incorporated, for example, Genome Analysis Experimental Method, Yusuke Nakamura's Lab Manual, are described in, for example, edited by Yusuke Nakamura, Yodo-sha (2002), as all those described herein by reference It is.

本明細書において「発現量」とは、対象となる細胞などにおいて、ポリペプチドまたはmRNAが発現される量をいう。 An "expression level" as used herein, in a subject cell, refers to the amount of polypeptide or mRNA expressed. そのような発現量としては、本発明の抗体を用いてELISA法、RIA法、蛍光抗体法、ウェスタンブロット法、免疫組織染色法などの免疫学的測定方法を含む任意の適切な方法により評価される本発明ポリペプチドのタンパク質レベルでの発現量、またはノ−ザンブロット法、ドットブロット法、PCR法などの分子生物学的測定方法を含む任意の適切な方法により評価される本発明のポリペプチドのmRNAレベルでの発現量が挙げられる。 Such expression level, ELISA method using an antibody of the present invention, RIA method, fluorescent antibody technique, Western blot, is evaluated by any suitable method, including immunological measurement methods, such as immunohistochemical staining that the present invention the expression level of the protein level of the polypeptide, or Roh - Zanburotto method, dot blotting, the polypeptide of the present invention evaluated by any suitable method, including molecular biological measurement methods, such as PCR method It includes the amount of expression at the mRNA level. 「発現量の変化」とは、上記免疫学的測定方法または分子生物学的測定方法を含む任意の適切な方法により評価される本発明のポリペプチドのタンパク質レベルまたはmRNAレベルでの発現量が増加あるいは減少することを意味する。 The term "change in expression level", the expression level of the protein level or mRNA level of a polypeptide of the present invention evaluated by any appropriate method including the above-described immunological measurement method or molecular biological measurement method is increased or it means that the decrease.

本明細書において「上流」という用語は、特定の基準点からポリヌクレオチドの5'末端に向かう位置を示す。 The term "upstream" in the present specification, the position is closer to the 5 'end of the polynucleotide from a specific reference point.

本明細書において「下流」という用語は、特定の基準点からポリヌクレオチドの3'末端に向かう位置を示す。 The term "downstream" as used herein, the position is closer to the 3 'end of the polynucleotide from a specific reference point.

本明細書において「塩基対の」および「Watson & Crick塩基対の」という表現は、本明細書では同義に用いられ、二重らせん状のDNAにおいて見られるものと同様に、アデニン残基が2つの水素結合によってチミン残基またはウラシル残基と結合し、3つの水素結合によってシトシン残基とグアニン残基とが結合するという配列の正体に基づいて互いに水素結合可能なヌクレオチドを示す(Stryer,L.,Biochemistry,4th edition,1995を参照)。 The term "base paired" and "Watson & Crick base paired" is used herein interchangeably herein, similar to that seen in a double helical DNA, adenine residues 2 one of the binding between a thymine residue, or uracil residues by hydrogen bonding, a hydrogen bond nucleotide each other based on the identity of the sequence that is a cytosine residue and guanine residues linked by three hydrogen bonds (Stryer, L ., see Biochemistry, the 4th edition, 1995).

本明細書において「相補的」または「相補体」という用語は、本明細書では、相補領域全体がそのまま別の特定のポリヌクレオチドとWatson & Crick塩基対を形成することのできるポリヌクレオチドの配列を示す。 The term "complementary" or "complement" as used herein, in the present specification, the sequence of a polynucleotide capable of entire complementarity region to directly form another specified polynucleotide and Watson & Crick base pairs show. 本発明の目的で、第1のポリヌクレオチドの各塩基がその相補塩基と対になっている場合に、この第1のポリヌクレオチドは第2のポリヌクレオチドと相補であるとみなす。 For purposes of the present invention, regarded as when each base of a first polynucleotide is in the complementary base pair, the first polynucleotide is complementary to a second polynucleotide. 相補塩基は一般に、AとT(あるいはAとU)、またはCとGである。 Complementary bases are generally, A and T (or A and U), or C and G. 本願明細書では、「相補」という語を「相補ポリヌクレオチド」、「相補核酸」および「相補ヌクレオチド配列」の同義語として使用する。 In the present specification uses the term "complementary" as a synonym for "complementary polynucleotide", "complementary nucleic acid" and "complementary nucleotide sequence". これらの用語は、その配列のみに基づいてポリヌクレオチドの対に適用されるものであり、2つのポリヌクレオチドが事実上結合状態にある特定のセットに適用されるものではない。 These terms are applied to pairs of polynucleotides based on the sequence, the two polynucleotides are not intended to apply to a particular set are virtually bound together.

(インスリン感受性増強) (Insulin sensitivity enhancement)
以下に、アッセイ例を挙げて本発明のインスリン抵抗性改善薬またはインスリン感受性増強薬としての有用性を支持する効果について説明する。 The following describes the effect of supporting the usefulness of the insulin sensitizer or insulin sensitizing agents of the present invention by way of exemplary assays. 一例としてグルコースクランプ法は末梢組織のインスリン感受性を評価する方法の1つである。 Glucose clamp technique as an example is one way to evaluate insulin sensitivity of peripheral tissues. このグルコースクランプ法は、現在のところ最も正確に感受性を評価できるとされている。 The glucose clamp technique is the presently can be evaluated most accurately sensitive. 本法では血中インスリン値を一定レベルに保つようにインスリンの持続的注入下に、血糖値をモニターしながらグルコース液を注入し、血糖値を空腹時血糖に保持するもので、この際に必要なグルコース注入速度をグルコース代謝速度としてインスリン感受性の指標とする。 The blood insulin level under continuous infusion of insulin to maintain a constant level with this method, the glucose solution was injected while monitoring the blood glucose level, those that retain the blood glucose level in fasting blood glucose, required in this the a glucose infusion rate as an indicator of insulin sensitivity as a glucose metabolic rate.
試験の結果は平均値±標準誤差で示すことができる。 The results of the test can be shown as mean ± standard error. 有意差検定はt−検定で行い、例えば、p値が0.05より小さいときに有意であると判断することができる。 Significant difference test was carried out at t- test, for example, it can be determined to be significant when p value is less than 0.05.
試験計画例1:2型糖尿病患者20名を10名ずつ2群に無作為に割り付ける。 Test Plan Example 1: assigned type 2 diabetes mellitus 20 patients a randomly into two groups by 10 persons. 試験群とプラセボ群との間には、年齢、性別、肥満指数、経口血糖降下剤の服用、空腹時の血糖およびヘモグロビンA 1cのような背景因子には差が認められないように調整する。 Between the test group and the placebo group, age, gender, body mass index, taking oral hypoglycemic agents, the background factors such as blood glucose and hemoglobin A 1c fasting adjusted so as not observed differences. また、全ての患者はインスリン投与を受けさせない。 In addition, not all patients are subjected to insulin administration. これらの患者は、例えば、試験の少なくとも2週間前に入院し、1日当たり少なくとも200gの炭水化物を含む体重維持食を摂取させる。 These patients, for example, admitted to at least 2 weeks before the test, to feed the weight maintenance diet containing per day of at least 200g carbohydrate.
試験群の患者には候補化合物を試験量1日3回1週間にわたり連日経口投与する。 Patients in the test group daily oral administration of the candidate compound over test amount per day 3 times a week. プラセボ群の患者には同様のプラセボ錠1個ずつを1日3回1週間にわたり連日経口投与する。 Daily administered orally for three times a week day one by one like placebo tablet for patients in the placebo group. 治療前と最終治療日には、空腹時に患者の血管カテーテルから血液をEDTA1.2mgとアプロチニン(Trasylor、バイエル社製、ドイツ)400KIUを含む管に採取する。 The pre-treatment and final treatment day, to collect the blood from the blood vessel catheter of the patient on an empty stomach EDTA1.2mg and aprotinin (Trasylor, manufactured by Bayer AG, Germany) into tubes containing 400KIU. 遠心分離により集めた血漿は分析するまで−40℃で保存した。 Plasma was collected by centrifugation and stored at -40 ℃ until analysis. 血中のグルコース、フルクトサミンおよびヘモグロビンA 1cは、例えば、それぞれグルコースオキシダーゼ法、NBT(NitroBlueTetrazoliumchloride)法およびHPLC(高速液体クロマトグラフィー)法により測定する。 Glucose in blood, fructosamine and hemoglobin A 1c, for example, each glucose oxidase method, measured by NBT (NitroBlueTetrazoliumchloride) method and HPLC (high performance liquid chromatography). 血漿中のインスリン量および尿中のCペプチド量は、それぞれ市販のキットであるインスリン−III(ベーリンガー−マンハイム社製、ドイツ)およびCペプチドキット(第一化学、日本)を用いて測定した。 C-peptide of insulin levels and urinary in plasma insulin are each commercially available kit -III (Boehringer - Mannheim, Germany) and C-peptide kit (Daiichi Kagaku, Japan) was used for the measurement. なお、尿中のCペプチド量は、2日間の平均値として計算する。 Incidentally, C-peptide content in the urine is calculated as the average of two days.
試験群およびプラセボ群ともに全患者について、治療前と最終治療日に、体重1kg当たり0.2gのグルコースを静脈内投与し、経時的に血糖およびインスリン分泌を測定するグルコース負荷試験を実施する。 Both test and placebo groups for all patients, before treatment and final treatment day, glucose 0.2g per body weight 1kg administered intravenously, over time to implement the glucose tolerance test that measures blood glucose and insulin secretion.
また、両群ともに一部の患者(例えば、5名)について、治療前と最終治療日に、高インスリン−正常血糖状態固定法(hyperinsulinemic−normoglycemic−clamp;以下「グルコースクランプ法」という)試験を実施するとともに、ELISA(enzyme−linkedimmunosorbentassay)により赤血球300μl当たりののインスリンレセプターの全量およびチロシン自己リン酸化量を測定し、インスリン感受性を評価する。 Also, some patients in both groups (e.g., five) for the treatment prior to the final treatment day, hyperinsulinemic - euglycemic state fixation; a (hyperinsulinemic-normoglycemic-clamp hereinafter referred to as "glucose clamp method") test with implementing, by ELISA (enzyme-linkedimmunosorbentassay) measures the total amount and tyrosine autophosphorylation of the insulin receptor per erythrocyte 300 [mu] l, assess insulin sensitivity. ELISAによるインスリンレセプターの測定は、Diabetes,43,274−280(1994)に記載の方法に準じて行う。 Measurement of insulin receptor by ELISA, Diabetes, carried out according to a method described in 43,274-280 (1994).

グルコースクランプ法試験では、肝のグルコース産生を抑制するために、インスリンを0.8mU/kg/分の割合で4時間注入し、血漿中インスリン濃度は100μU/ml(600pmol/L)に維持した。 The glucose clamp method test, in order to suppress glucose production in liver, insulin was injected 4 hours at a rate of 0.8mU / kg / min, the plasma insulin concentration was maintained at 100μU / ml (600pmol / L). 血糖値は95mg/dl(5.32mmol/L)に保持するようにグルコース液を注入する。 Blood glucose injects glucose solution to maintain the 95mg / dl (5.32mmol / L). インスリン注入開始後2〜4時間のグルコース注入速度を測定し、グルコース代謝速度とする。 Measuring the glucose infusion rate of insulin infusion started after 2-4 hours, the glucose metabolic rate.
次に、本発明の化合物が有する作用の一つである「インスリン感受性増強作用」について説明する。 It will now be described which is one of the effects which the compounds of the present invention has "insulin sensitivity enhancing activity".
すなわち、インスリン感受性増強作用の強さは、KKAyマウスに薬物を投与した時の血糖降下率により評価することができる。 In other words, the strength of the insulin sensitivity enhancing effect may be evaluated by the hypoglycemic rates when administering the drug to KKAy mice. KKAyマウスはインスリン抵抗性を示す糖尿病モデル動物であり(日本臨床60巻、増刊号8、38−44、(2002))、インスリン分泌促進作用に基づく2型糖尿病治療剤であるスルホニル尿素系血糖降下剤は有効ではないことが知られている(MedicalPharmacy,Vol.24,No.3,131−136、(1990))。 KKAy mice are diabetic model animals showing insulin resistance (Japan Clinical Vol. 60, extra number 8,38-44, (2002)), sulfonylurea hypoglycemic type 2 diabetes agents based on insulin secretion promoting action agents are known to be not valid (MedicalPharmacy, Vol.24, No.3,131-136, (1990)). KKAyマウスを用いた経口投与の血糖降下試験においては、KKAyマウスの血糖値を約45%抑制すると正常マウスの血糖値とほぼ同じになることから、血糖降下率が40〜50%であることが好ましい。 In hypoglycemic test oral administration using KKAy mouse, since it is substantially the same as the blood sugar level of normal mice Suppressing about 45% blood sugar value of KKAy mice that blood glucose lowering rate is 40-50% preferable.
KKAyマウスを用いた経口投与の血糖降下試験による血糖降下率の測定は公知の方法により行うことができるが、好ましい方法を以下に示す。 Measurement of glucose lowering rate by hypoglycemic test oral administration using KKAy mouse can be performed by a known method, but illustrating a preferred method below.

例えば、11週齢の雄性マウス(KKAy/Ta)の6匹を1群として試験に用いる。 For example, used for the test Six of 11-week-old male mice (KKAy / Ta) as one group. そして、コントロールとして処置前の血糖値を測定するため、尾部から採血しておく。 Then, for measurement of the blood glucose levels before treatment as controls, keep bled from the tail. 採血後に、ビグアナイド誘導体を適切な濃度で0.5%CMC−Na(SodiumCarboxymethylCellulose)液に溶解し、10mL/kgの用量で経口投与する。 After blood collection, the biguanide derivative at an appropriate concentration dissolved in 0.5% CMC-Na (SodiumCarboxymethylCellulose) solution and orally administered at a dose of 10 mL / kg. また、対照として溶媒のみを投与したマウスを準備する。 Moreover, to prepare the mice administered only the solvent as a control. 薬物投与の1時間、2時間、4時間、6時間後に、血糖値を測定するため尾部から採血する。 1 hour drug administration, 2 hours, 4 hours, 6 hours later, bled from the tail for measurement of the blood glucose levels. 血糖値はグルコースCII−テストワコー(和光純薬株式会社製)を用いて測定する。 The blood glucose level is measured using the glucose CII- test Wako (manufactured by Wako Pure Chemical Industries, Ltd.).
また、血糖降下率は次式により求める。 Furthermore, blood glucose lowering rate is obtained by the following equation.

血糖降下率(%)=[(対照群の血糖値のAUC−化合物投与群の血糖値のAUC)/対照群の血糖値のAUC]×100 Hypoglycemic rate (%) = [AUC of blood glucose level / control group (AUC blood glucose level AUC- compound administration group the blood glucose level of control group)] × 100
ここで、血糖値のAUCとは、薬物投与後の血糖値変化を時間に対してプロットしたグラフにおいて、グルコース値0をベースラインとして薬物投与6時間後までの面積を表す。 Here, the AUC of blood glucose, in a graph plotted against time the blood glucose level changes after drug administration, represents the area of ​​the glucose value 0 until the drug administered 6 hours after the baseline. 具体的には、A=薬物投与前の血糖値、B=薬物投与1時間後の血糖値、C=薬物投与2時間後の血糖値、D=薬物投与4時間後の血糖値、E=薬物投与6時間後の血糖値としたとき、血糖値のAUCは以下の式: Specifically, A = drug administration before the blood glucose level, B = drug administration 1 hour after glucose level, C = drug administration 2 hours after glucose level, D = drug administration blood glucose level after 4 hours, E = drug when the blood glucose level after administration 6 hours, AUC of blood glucose levels following formula:
血糖値のAUC=1×((A+B)/2)+1×((B+C)/2)+2×((C+D)/2)+2×((D+E)/2) AUC = 1 × blood glucose level ((A + B) / 2) + 1 × ((B + C) / 2) + 2 × ((C + D) / 2) + 2 × ((D + E) / 2)
から求めることができる。 It can be obtained from.

この血糖降下率が約45%である場合、正常マウスの血糖値とほぼ同じレベルに血糖値が低下する。 If this blood glucose lowering rate is about 45%, the blood glucose level is reduced almost to the same level as the blood sugar level of normal mice.

また、インスリン感受性増強作用の強さは、インスリン抵抗性を示す糖尿病モデル動物であるdb/dbマウス(日本臨床60巻、増刊号8、38−44、(2002))に薬物を投与した時の血糖降下率によって評価することもできる。 Further, the strength of the insulin sensitivity enhancing action, db / db mice, a diabetes model animals showing insulin resistance (Japan Clinical Vol. 60, extra number 8,38-44, (2002)) when administered drug It can be evaluated by a hypoglycemic rate. db/dbマウスを用いた経口投与の糖負荷試験においては、db/dbマウスの血糖値を約50%抑制すると正常マウスの血糖上昇とほぼ同じになることから、血糖降下率が40%以上であることが好ましく、さらに50%以上であることがより好ましい。 In the sugar tolerance test oral administration using db / db mice, since it is substantially the same when approximately 50% inhibition of blood glucose level of db / db mice with elevated blood glucose level of normal mice, blood glucose lowering rate of 40% or more preferably there, and more preferably more than 50%.

db/dbマウスを用いた経口投与の糖負荷試験による血糖降下率の測定は公知の方法により行うことができるが、好ましい方法を以下に示す。 Measurement of hypoglycemic rates by glucose tolerance test oral administration using db / db mice can be carried out by known methods, illustrating a preferred method below. すなわち、先ず、11〜17週齢の雌性マウス(C57BLKS/J−m+/+Lepr<db>(db/db))を18〜24時間絶食させる。 That is, first, 11 to 17-week-old female mice (C57BLKS / J-m + / + Lepr <db> (db / db)) to fasted 18-24 hours. このとき、5〜6匹を1群として試験に用いる。 In this case, we used for the test 5-6 animals per group. コントロールとして処置前の血糖値を測定するため、尾部から採血しておく。 To measure the blood sugar level before treatment as controls, keep bled from the tail. 採血後に、ビグアニド誘導体を適切な濃度でリン酸バッファー生理食塩液に溶解し、5ml/kgの用量で皮下投与する。 After blood collection, dissolved in phosphate buffered saline biguanide derivative at a suitable concentration, administered subcutaneously at a dose of 5 ml / kg. また、対照として溶媒のみを投与したマウスを準備する。 Moreover, to prepare the mice administered only the solvent as a control. 更に、化合物あるいは溶媒投与の30分後に、グルコースを3g/6ml/kgの用量で経口投与し、経口糖負荷試験を実施する。 Further, 30 minutes after compound or vehicle administration, a glucose was administered orally at a dose of 3 g / 6 ml / kg, to an oral glucose tolerance test. グルコース投与の30分、1時間、2時間後に、血糖値を測定するため、尾部より採血する。 30 minutes of glucose administration, 1 hour, 2 hours after, for measuring the blood glucose level, bled from the tail. 血糖値は新ブラッド・シュガーテスト(ロシュ・ダイアグノスティクス株式会社製)、またはグルコースCII−テストワコー(和光純薬工業株式会社製)を用いて測定する。 The blood glucose level is measured using the new Blood Sugar Test (Roche Diagnostics Co., Ltd.), or glucose CII- test Wako (manufactured by Wako Pure Chemical Industries, Ltd.).

そして、血糖降下率は以下の式より求める。 The hypoglycemic rate is obtained from the following equation.

血糖降下率(%)=[(溶媒投与群の血糖上昇値のAUC−化合物投与群の血糖上昇値のAUC)/溶媒投与群の血糖上昇値のAUC]×100 Hypoglycemic rate (%) = × 100 [AUC of blood glucose increase value / solvent administration group (AUC of blood glucose increase value of AUC- compound administration group blood glucose increase value of the solvent-administered group)
ここで、血糖上昇値のAUCとは、グルコース投与後の血糖値変化を時間に対してプロットしたグラフにおいて、グルコース投与前の血糖値をベースラインとしてグルコース投与2時間後までの増加部分の面積を表す。 Here, the AUC of blood glucose increase value, in the graph plotted against time the blood glucose level changes after glucose administration, the area of ​​the increase portion of the blood glucose level before glucose administration to glucose administration two hours after the baseline represent. 具体的には、A=グルコース投与前の血糖値、B=グルコース投与30分後の血糖値、C=グルコース投与1時間後の血糖値、D=グルコース投与2時間後の血糖値としたとき、血糖上昇値のAUCは、以下の式: Specifically, when A = glucose administration before the blood glucose level, B = glucose administration 30 minutes after the blood glucose level, C = glucose administration 1 hour after blood glucose, D = blood glucose level after glucose administration 2 hours and, AUC for blood glucose increase value, the following formula:
血糖上昇値のAUC=0.5×((A+B)/2−A)+0.5×((B+C)/2−A)+1×((C+D)/2−A) AUC = 0.5 × blood glucose increase value ((A + B) / 2-A) + 0.5 × ((B + C) / 2-A) + 1 × ((C + D) / 2-A)
から求めることができる。 It can be obtained from.

なお、経口糖負荷試験による血糖降下率および血中乳酸値の測定は公知の方法により行うことができ、前者の測定は前述の方法により行うことができる。 The measurement of blood glucose lowering rate and blood lactic acid levels by the oral glucose tolerance test may be carried out by known methods, measurement of the former can be carried out by the method described above. また、後者の測定は以下の方法により好適に行うことができる。 The latter measurements can be suitably performed by the following method. すなわち、まず、11〜17週齢の雌性マウス(C57BLKS/J−m+/+Lepr<db>(db/db))を18〜24時間絶食させる。 That is, first, 11 to 17-week-old female mice (C57BLKS / J-m + / + Lepr <db> (db / db)) to fasted 18-24 hours. このとき、5〜6匹を1群として試験に用いる。 In this case, we used for the test 5-6 animals per group. コントロールとして処置前の血中乳酸値を測定するため、尾部から採血しておく。 To measure the blood lactate values ​​before treatment as controls, keep bled from the tail. 採血後に、ビグアニド誘導体を適切な濃度でリン酸バッファー生理食塩液に溶解し、5ml/kgの用量で皮下投与する。 After blood collection, dissolved in phosphate buffered saline biguanide derivative at a suitable concentration, administered subcutaneously at a dose of 5 ml / kg. また、対照として溶媒のみを投与したマウスを準備する。 Moreover, to prepare the mice administered only the solvent as a control. 更に、化合物あるいは溶媒投与の30分後に、グルコースを3g/6ml/kgの用量で経口投与し、経口糖負荷試験を実施する。 Further, 30 minutes after compound or vehicle administration, a glucose was administered orally at a dose of 3 g / 6 ml / kg, to an oral glucose tolerance test. グルコース投与の30分、1時間、2時間後に、血中乳酸値を測定するため、尾部より採血する。 30 minutes of glucose administration, 1 hour, 2 hours after, for measuring the blood lactate, bled from the tail. 血中乳酸値は、「アスカ・シグマ」(シグマ・ダイアグノスティクス株式会社製)を用いて測定することができる。 Blood lactic acid value can be measured using the "Asuka Sigma" (Sigma Diagnostics, Inc.).

そして、血中乳酸値上昇率は、以下の式: The blood lactic acid level increase rate has the following formula:
血中乳酸値上昇率(%)=[(化合物投与群の血中乳酸値のAUC−溶媒投与群の血中乳酸値のAUC)/溶媒投与群の血中乳酸値のAUC]×100 Blood lactic acid level increase rate (%) = [AUC (Compound AUC of blood lactate values ​​AUC- solvent administration group in the blood lactic acid level in the group administered) / blood lactate values ​​of the solvent administration group] × 100
から求められる。 Obtained from.

ここで、血中乳酸値のAUCとは、グルコース投与後の血中乳酸値変化を時間に対してプロットしたグラフにおいて、グルコース投与2時間後までの面積を表す。 Here, the AUC of blood lactate, in the graph plotted against time lactate values ​​in blood changes after glucose administration, represents the area until after glucose administration 2 hours. 具体的には、E=グルコース投与前の血中乳酸値、F=グルコース投与30分後の血中乳酸値、G=グルコース投与1時間後の血中乳酸値、H=グルコース投与2時間後の血中乳酸値としたとき、血中乳酸値のAUCは、以下の式: Specifically, E = glucose administration before blood lactate values, F = blood lactic acid level of glucose administration after 30 minutes, G = blood lactic acid level after glucose administration 1 hour, H = after glucose administration 2 hours when the blood lactate, AUC of blood lactate has the following formula:
血中乳酸値のAUC=0.5×(E+F)/2+0.5×(F+G)/2+1×(G+H)/2 AUC = 0.5 × of blood lactate (E + F) /2+0.5× (F + G) / 2 + 1 × (G + H) / 2
から求めることができる。 It can be obtained from.

(改変体設計) (Variant design)
本明細書において、改変体分子の設計は、変異前のタンパク質またはポリペプチド分子(例えば、野生型分子(例えば、PPAR))のアミノ酸配列および立体構造を解析することによって、各アミノ酸がどのような特性(例えば、触媒活性、他の分子との相互作用など)を担うかを予測し、所望の特性の改変(例えば、触媒活性の向上、タンパク質の安定性の向上など)をもたらすために適切なアミノ酸変異を算出することにより行われる。 In this specification, the design of the variant molecule, protein or polypeptide molecule prior to mutation (for example, a wild-type molecule (e.g., PPAR)) by analyzing the amino acid sequence and conformation of what each amino acid characteristics (e.g., catalytic activity, interaction, etc. with other molecules) to predict which plays a suitable to provide a modification of the desired properties (e.g., improved catalytic activity, such as increased stability of the protein) It is performed by calculating the amino acid mutation. 設計の方法は、好ましくはコンピューターを用いて行われる。 The method of design is preferably carried out using a computer. このような設計方法で用いられるコンピューターのプログラムの例としては、本明細書において言及されるように、以下が挙げられる:構造を解析するプログラムとして、X線回折データの処理プログラムであるDENZO(マックサイエンス);位相を決定するための処理プログラムとして、PHASES(Univ.of Pennsylvania、PA、USA);初期位相の改良のためのプログラムとして、プログラムDM(CCP4パッケージ、SERC);3次元グラフィックスを得るためのプログラムとしてプログラムO(Uppsala Universitet、Uppsala、スウェーデン);立体構造精密化プログラムとして、XPLOR(Yale University、CT、USA);そして、変異導入モデ Examples of computer programs used in such a design method, as referred to herein include: a program for analyzing the structure, a processing program of the X-ray diffraction data DENZO (Mack as a processing program for determining the phase, pHASES (Univ.of Pennsylvania, PA, USA);; Science) to obtain 3-dimensional graphics; as a program for the initial phase of the improvement, the program DM (CCP4 package, SERC) program O as a program for (Uppsala Universitet, Uppsala, Sweden); as a three-dimensional structure refinement program, XPLOR (Yale University, CT, USA); and, mutagenesis model ングのためのプログラムとして、Swiss−PDBViewer。 As a program for the ring, Swiss-PDBViewer.

本発明では、本発明の開示をもとに、コンピュータモデリングによる薬物(例えば、インヒビター、活性化剤など)が提供されることも企図される。 In the present invention, based on the disclosure of the present invention, a drug by computer modeling (e.g., inhibitors, activators) it is also contemplated to be provided.

本発明では、コンピュータモデリングを行うためのコンピュータープログラムもまた、フラグメントまたは化学物質を選択するプロセスにおいて使用され得る。 In the present invention, a computer program for computer modeling can also be used in the process of selecting fragments or chemical. このようなプログラムとしては、以下が挙げられる。 Such programs include the following.

1. 1. GRID(P.J.Goodford,「A Computational Procedure for Determining Energetically Favorable Binding Sites on Biologically Important Macromolecules」,J.Med.Chem.,28,849−857頁(1985))。 GRID (P.J.Goodford, "A Computational Procedure for Determining Energetically Favorable Binding Sites on Biologically Important Macromolecules", J.Med.Chem., Pp. 28,849-857 (1985)). GRIDは、Oxford University,Oxford,UKから入手可能である。 GRID is available Oxford University, Oxford, from the UK.

2. 2. MCSS(A.Mirankerら,「Functionality Maps of Binding Sites:A Multiple Copy Simultaneous Search Method」 Proteins:Structure,Function and Genetics,11,29−34頁(1991))。 MCSS (A.Miranker et al., "Functionality Maps of Binding Sites: A Multiple Copy Simultaneous Search Method" Proteins: Structure, Function and Genetics, pp. 11,29-34 (1991)). MCSSは、Molecular Simulations,San Diego,CAから入手可能である。 MCSS is available Molecular Simulations, San Diego, from CA.

3. 3. AUTODOCK(D.S.Goodsellら,「Automated Docking of substrates to Proteins by Simulated Annealing」,Proteins:Structure,Function,and Genetics,8,195−202頁(1990))。 AUTODOCK (D.S.Goodsell et al., "Automated Docking of substrates to Proteins by Simulated Annealing", Proteins: Structure, Function, and Genetics, pp. 8,195-202 (1990)). AUTODOCKは、Scripps Research Institute,La Jolla,CAから入手可能である。 AUTODOCK is available Scripps Research Institute, La Jolla, from CA.

4. 4. DOCK(I.D.Kuntzら,「A Geometric Approach to Macromolecule−Ligand Interactions」,J.Mol.Biol.,161,269−288頁(1982))。 DOCK (I.D.Kuntz et al., "A Geometric Approach to Macromolecule-Ligand Interactions", J.Mol.Biol., Pp. 161,269-288 (1982)). DOCKは、University of California,San Francisco,CAから入手可能である。 DOCK is available University of California, San Francisco, from CA.

一旦、適切な候補化合物(化合物種)が選択されると、それらは、単一化合物またはPPARとの複合体にアセンブリすることができる。 Once suitable candidate compounds (compound species) are selected, they can be assembled into a complex of a single compound or a PPAR. 構築に先だって、PPARまたはその調節薬剤の構造座標に関連してコンピューター画面上に表示される3次元イメージ上で、互いのフラグメントの関連性の視覚的検査が行われ得る。 Prior to construction, on PPAR or 3-dimensional image displayed on a computer screen in relation to the structure coordinates of the regulatory agent, visual inspection of the relevance of each other fragments it can be made. これに続き、QuantaまたはSybyl[Tripos Associates,St. Following this, Quanta or Sybyl [Tripos Associates, St. Louis,MO]のようなソフトウェアを用いるマニュアルでのモデル構築が行われる。 Louis, model building is carried out in the manual to use the software, such as MO].

個々の化学物質を連結させる際に使用され得る有用なプログラムは、以下を含む。 Useful programs that may be used in linking the individual chemicals include the following.

1. 1. CAVEAT(P.A.Bartlettら、「CAVEAT:A Program to Facilitate the Structure−Derived Design of Biologically Active Molecules」(Molecular Recognition in Chemical and Biological Problems,Special Pub.,Royal Chem.Soc.,78,182−196頁(1989));G,LauriおよびP.A.Bartlett,「CAVEAT:a Program to Facilitate the Design of Organic Molecules」,J.Comput.Aided Mol.Des.,8,51−66頁(1994))。 CAVEAT (P.A.Bartlett et al.,.. "CAVEAT: A Program to Facilitate the Structure-Derived Design of Biologically Active Molecules" (Molecular Recognition in Chemical and Biological Problems, Special Pub, Royal Chem.Soc, 78,182-196 . page (1989)); G, Lauri and P.A.Bartlett, "CAVEAT: a Program to Facilitate the Design of Organic Molecules", J.Comput.Aided Mol.Des, pp. 8,51-66 (1994)) . CAVEATは、University of California,Berkeley,CAから入手可能である。 CAVEAT is available University of California, Berkeley, from CA.

2. 2. ISIS(MDL Information Systems,San Leandro,CA)のような3Dデータベースシステム。 3D Database systems such as ISIS (MDL Information Systems, San Leandro, CA). この分野は、Y. This field, Y. C. C. Martin,「3D Database Searching in Drug Design」,J. Martin, "3D Database Searching in Drug Design", J. Med. Med. Chem. Chem. ,35,2145−2154頁(1992)において概説される。 It is outlined pp 35,2145-2154 (1992).

3. 3. HOOK(M.B.Eisenら,「HOOK:A Program for Finding Novel Molecular Architectures that Satisfy the Chemical and Steric Requirements of a Macromolecule Binding Site」,Proteins:Struct.,Funct.,Genet.,19,199−221頁(1994))。 HOOK (M.B.Eisen et al., "HOOK: A Program for Finding Novel Molecular Architectures that Satisfy the Chemical and Steric Requirements of a Macromolecule Binding Site", Proteins:... Struct, Funct, Genet, pp. 19,199-221 (1994)). HOOKは、Molecular Simulations,San Diego,CAから入手可能である。 HOOK is available Molecular Simulations, San Diego, from CA.

上記のように一度に1つの化学物質を段階的様式でPPARのインヒビターなどとして構築することを進める代わりに、阻害性または他のPPARの結合化合物は、空の結合部位を使用し、または必要に応じていくつかの既知のインヒビターの部分を含めるなどにより、グローバルでまたはデノボで設計され得る。 Instead of proceeding to build the like PPAR inhibitor in one chemical entity stepwise fashion at a time as described above, coupling a compound of inhibitory or other PPAR uses an empty binding site, or needs due include portions of several known inhibitors according, be designed globally or de novo. 多くの新規リガンド設計方法としては、例えば、以下を挙げることができるがそれらに限定されない。 The number of novel ligand design methods, for example, can be mentioned but not limited thereto.

1. 1. LUDI(H.−J.Bohm,「The Computer Program LUDI:A New Method for the De Novo Design of Enzyme Inhibitors」,J.Comp.Aid.Molec.Design,6 61−78頁(1992))。 LUDI (H.-J.Bohm, "The Computer Program LUDI: A New Method for the De Novo Design of Enzyme Inhibitors", J.Comp.Aid.Molec.Design, 6 61-78, pp. (1992)). LUDIは、Molecular Simulations Incorporated,San Diego,CAから入手可能である。 LUDI is available Molecular Simulations Incorporated, San Diego, from CA.

2. 2. LEGEND(Y.Nishibataら,Tetrahedron,47,8985頁(1991))。 LEGEND (Y.Nishibata et al., Tetrahedron, pp. 47,8985 (1991)). LEGENDは、Molecular Simulations Incorporated,San Diego,CAから入手可能である。 LEGEND is available Molecular Simulations Incorporated, San Diego, from CA.

3. 3. LeapFrog(Tripos Associates,St.Louis,MOから入手可能である)。 LeapFrog (Tripos Associates, St.Louis, is available from MO).

4. 4. SPROUT(V.Gilletら,「SPROUT:A Program for Structure Generation」,J.Comput.Aided Mol.Design,7,127−153頁(1993))。 SPROUT (V.Gillet et al., "SPROUT: A Program for Structure Generation", J.Comput.Aided Mol.Design, pp. 7,127-153 (1993)). SPROUTは、University of Leeds,UKから入手可能である。 SPROUT is available University of Leeds, from the UK.

他の分子モデリング技術もまた、本発明に従って使用され得る[例えば、N. Other molecular modeling techniques may also [e.g. may be used in accordance with the present invention, N. C. C. Cohenら,「Molecular Modeling Software and Methods for Medicinal Chemistry」,J. Cohen et al., "Molecular Modeling Software and Methods for Medicinal Chemistry", J. Med. Med. Chem. Chem. ,33,883−894頁(1990)を参照のこと;M. , Pp. 33,883-894 (1990); M. A. A. NaviaおよびM. Navia and M. A. A. Murcko,「The Use of Structural Information in Drug Design」,Current Opinions in Structural Biology,2,202−210頁(1992)もまた参照のこと;L. Murcko, "The Use of Structural Information in Drug Design", Current Opinions in Structural Biology, pp. 2,202-210 (1992) See also; L. M. M. Balbesら,「A Perspective of Modern Methods in Computer−Aided Drug Design」,(Reviews in Computational Chemistry,vol.5,K.B.LipkowitzおよびD.B.Boyd編,VCH,New York,337−380頁(1994));W. Balbes et al., "A Perspective of Modern Methods in Computer-Aided Drug Design", (Reviews in Computational Chemistry, vol.5, K.B.Lipkowitz and D.B.Boyd eds., VCH, New York, pp. 337-380 ( 1994)); W. C. C. Guida,「Software For Structure−Based Drug Design」,Curr. Guida, "Software For Structure-Based Drug Design", Curr. Opin. Opin. Struct. Struct. Biology. Biology. ,4,777−781頁(1994)]。 , Pp. 4,777-781 (1994)].

一旦上記の方法により化合物が設計されるかまたは選択されると、その物質がPPARに結合し得る効率が、計算による評価により試験され、そして最適化され得る。 Once the above compound by methods is or selected design, efficiency of the material is capable of binding to PPAR can be tested by evaluation by calculation, and can be optimized. 例えば、有効なPPARインヒビターは、好ましくは、その結合状態と遊離状態との間に相対的に小さなエネルギー差(すなわち、結合の小さな変形エネルギー)を示さなければならない。 For example, effective PPAR inhibitor is preferably a relatively small energy difference between its bound and free states (i.e., a small deformation energy of binding) must exhibit. PPARインヒビターは、全結合エネルギーにおいて類似する2つ以上のコンフォメーションで結合ポケットと相互作用し得る。 PPAR inhibitors may interact with the binding pocket in more than one conformation that is similar in all binding energy. これらの場合、結合の変形エネルギーは、遊離物質のエネルギーとインヒビターがタンパク質に結合するとき観察されるこれらのコンフォメーションの平均エネルギーとの間の差であると考えられる。 In these cases, the deformation energy of binding is considered to be the difference between the average energy of these conformations energy and inhibitors of the free substance is observed when bound to the protein.

PPARに結合するとして設計または選択される物質は、その結合状態において、好ましくは、標的酵素および周囲の水分子との静電的斥力相互作用がないように、計算によりさらに最適化され得る。 Substance to be designed or selected as binding to PPAR, in its bound state, preferably such that there is no electrostatic repulsion interaction with the target enzyme and the surrounding water molecules can be further optimized by calculation. このような非相補的静電的相互作用は、電荷−電荷斥力相互作用、双極子−双極子斥力相互作用および電荷−双極子斥力相互作用を含む。 Such non-complementary electrostatic interactions, charge - including dipole repulsive interaction - charge repulsion interaction, dipole - dipole repulsion interaction and charge.

特定のコンピューターソフトウェアは、化合物変形エネルギーおよび静電的相互作用を評価する分野において入手可能である。 Specific computer software is available in the field to evaluate compound deformation energy and electrostatic interaction. このような使用のために設計されたプログラムの例として、以下が挙げられる:Gaussian 94,revision C(M.J.Frisch,Gaussian,Inc.,Pittsburgh,PA 1995);AMBER,version 4.1(P.A.Kollman,University of California at San Francisco,1995);QUANTA/CHARMM(Molecular Simulations,Inc.,San Diego,CA 1995);Insight II/Discover,(Molecular Simulations,Inc.,San Diego,CA 1995);DelPhi(Molecular Simulations,Inc.,S Examples of programs designed for such uses include the following: Gaussian 94, revision C (M.J.Frisch, Gaussian, Inc., Pittsburgh, PA 1995); AMBER, version 4.1 ( P.A.Kollman, University of California at San Francisco, 1995); QUANTA / CHARMM (Molecular Simulations, Inc., San Diego, CA 1995); Insight II / Discover, (Molecular Simulations, Inc., San Diego, CA 1995 ); DelPhi (Molecular Simulations, Inc., S n Diego,CA 1995);およびAMSOL(Quantum Chemistry Program Exchange,Indiana University)。 n Diego, CA 1995); and AMSOL (Quantum Chemistry Program Exchange, Indiana University). これらのプログラムは、例えば、Silicon Graphicsワークステーション(例えば、「IMPACT」グラフィクスを備えるIndigo )を用いて実行され得る。 These programs, for example, Silicon Graphics workstations (e.g., Indigo 2 with a "IMPACT" graphics) may be performed using. 他のハードウェアシステムおよびソフトウェアパッケージもまた、当業者に公知である。 Other hardware systems and software packages are also known to those skilled in the art.

本発明により可能な別のアプローチは、PPARに全体または部分的に結合し得る化学物質または化合物についての低分子データベースの計算的なスクリーニングである。 Another possible approach in accordance with the present invention is a computational screening of small molecule databases for chemical entities or compounds capable of binding the whole or partially on PPAR. このスクリーニングにおいて、結合部位へのこのような物質の適合の質は、形状的相補性または見積もられた相互作用エネルギーのいずれかにより判定され得る[E. In this screening, the quality of fit of such substances to the binding site may be determined by any shape complementarity or estimated interaction energy [E. C. C. Mengら,J. Meng et al., J. Comp. Comp. Chem. Chem. ,16,505−524頁(1992)]。 , Pp. 16,505-524 (1992)].

本明細書において、「検索」とは、電子的にまたは生物学的あるいは他の方法により、ある核酸塩基配列を利用して、特定の機能および/または性質を有する他の核酸塩基配列を見出すことをいう。 As used herein, "search" and is electronically or biologically or otherwise utilizes certain nucleobase sequence, to find other nucleic acid base sequences having a specific function and / or properties the say. 電子的な検索としては、BLAST(Altschul et al.,J.Mol.Biol.215:403−410(1990))、FASTA(Pearson & Lipman,Proc.Natl.Acad.Sci.,USA 85:2444−2448(1988))、Smith and Waterman法(Smith and Waterman,J.Mol.Biol.147:195−197(1981))、およびNeedleman and Wunsch法(Needleman and Wunsch,J.Mol.Biol.48:443−453(1970))などが挙げられるがそれらに限定されない。 The electronic search, BLAST. (Altschul et al, J.Mol.Biol.215:. 403-410 (1990)), FASTA (Pearson & Lipman, Proc.Natl.Acad.Sci, USA 85: 2444- 2448 (1988)), Smith and Waterman method (Smith and Waterman, J.Mol.Biol.147: 195-197 (1981)), and Needleman and Wunsch method (Needleman and Wunsch, J.Mol.Biol.48: 443 -453 (1970)) but the like are not limited thereto. 生物学的な検索としては、ストリンジェントハイブリダイゼーション、ゲノムDNAをナイロンメンブレン等に貼り付けたマクロアレイまたはガラス板に貼り付けたマイクロアレイ(マイクロアレイアッセイ)、PCRおよび in situハイブリダイゼーションなどが挙げられるがそれらに限定されない。 Biological search, stringent hybridization, genomic DNA was affixed to a microarray or a glass plate was attached to a nylon membrane such as microarrays (microarrays assays), but such as PCR and in situ hybridisation thereof but it is not limited to. 本明細書において、本発明において使用されるPPARには、このような電子的検索、生物学的検索によって同定された対応遺伝子も含まれるべきであることが意図される。 In this specification, the PPAR to be used in the present invention, such electronic search, it is intended that it should also include the corresponding gene identified by biological search.

本明細書において配列(アミノ酸または核酸など)の「同一性」、「相同性」および「類似性」のパーセンテージは、比較ウィンドウで最適な状態に整列された配列2つを比較することによって求められる。 "Identity" sequences in this specification (including amino acid or nucleic acid), the percentage of "homology" and "similarity" is determined by comparing the sequences of two that is optimally aligned with the comparison window . ここで、ポリヌクレオチド配列またはポリペプチド配列の比較ウィンドウ内の部分には、2つの配列の最適なアライメントについての基準配列(他の配列に付加が含まれていればギャップが生じることもあるが、ここでの基準配列は付加も欠失もないものとする)と比較したときに、付加または欠失(すなわちギャップ)が含まれる場合がある。 Here, the portion in the comparison window polynucleotide or polypeptide sequences, sometimes the reference sequence (gaps if it contains additional other sequences for optimal alignment of the two sequences occur but, reference sequence here when added even compared to assumed no deletion), there may comprise additions or deletions (ie, gaps). 同一の核酸塩基またはアミノ酸残基がどちらの配列にも認められる位置の数を求めることによって、マッチ位置の数を求め、マッチ位置の数を比較ウィンドウ内の総位置数で割り、得られた結果に100を掛けて同一性のパーセンテージを算出する。 By determining the number of positions at which the identical nucleic acid bases or amino acid residues occur in both sequences to yield the number of matched positions, dividing the number of matched positions by the total number of positions in the comparison window, the results obtained to calculate the percentage of identity is multiplied by 100. 検索において使用される場合、相同性については、従来技術において周知のさまざまな配列比較アルゴリズムおよびプログラムの中から、適当なものを用いて評価する。 When used in a search, homology, in the prior art from known various sequence comparison algorithms and programs are evaluated using appropriate. このようなアルゴリズムおよびプログラムとしては、TBLASTN、BLASTP、FASTA、TFASTAおよびCLUSTALW(Pearson and Lipman,1988,Proc.Natl.Acad.Sci.USA 85(8):2444−2448、 Altschul et al.,1990,J.Mol.Biol.215(3):403−410、Thompson et al.,1994,Nucleic Acids Res.22(2):4673−4680、Higgins et al.,1996,Methods Enzymol.266:383−402、Altschul et al.,1990,J.Mol.Biol.215(3):403−410、Altschul et al.,1993 Such algorithms and programs, TBLASTN, BLASTP, FASTA, TFASTA, and CLUSTALW (Pearson and Lipman, 1988, Proc.Natl.Acad.Sci.USA 85 (8):. 2444-2448, Altschul et al, 1990, J.Mol.Biol.215 (3):. 403-410, Thompson et al, 1994, Nucleic Acids Res.22 (2): 4673-4680, Higgins et al, 1996, Methods Enzymol.266:. 383-402 , Altschul et al, 1990, J.Mol.Biol.215 (3):.. 403-410, Altschul et al, 1993 Nature Genetics 3:266−272)があげられるが、何らこれに限定されるものではない。 Nature Genetics 3: 266-272), but the like, is not intended to be limited to this. 特に好ましい実施形態では、従来技術において周知のBasic Local Alignment Search Tool (BLAST)(たとえば、Karlin and Altschul,1990,Proc.Natl.Acad.Sci.USA 87:2267−2268、Altschul et al.,1990,J.Mol.Biol.215:403−410、Altschul et al.,1993,Nature Genetics 3:266−272、Altschul et al.,1997,Nuc.Acids Res.25:3389−3402を参照のこと)を用いてタンパク質および核酸配列の相同性を評価する。 In a particularly preferred embodiment, in the prior art known Basic Local Alignment Search Tool (BLAST) (e.g., Karlin and Altschul, 1990, Proc.Natl.Acad.Sci.USA 87:. 2267-2268, Altschul et al, 1990, J.Mol.Biol.215:. 403-410, Altschul et al, 1993, Nature Genetics 3:. 266-272, Altschul et al, 1997, Nuc.Acids Res.25: 3389-3402 see) a evaluating homology of proteins and nucleic acid sequences using. 特に、5つの専用BLASTプログラムを用いて以下の作業を実施することによって比較または検索が達成され得る。 In particular, comparison or search by performing the following tasks using five dedicated BLAST programs may be achieved.

(1) BLASTPおよびBLAST3でアミノ酸のクエリー配列をタンパク質配列データベースと比較; (1) comparing the query sequence of amino acid and protein sequence databases BLASTP and BLAST3;
(2) BLASTNでヌクレオチドのクエリー配列をヌクレオチド配列データベースと比較; (2) comparing the query sequence of nucleotides and nucleotide sequence databases BLASTN;
(3) BLASTXでヌクレオチドのクエリー配列(両方の鎖)を6つの読み枠で変換した概念的翻訳産物をタンパク質配列データベースと比較; (3) comparing the conceptual translation products obtained by converting the query sequence (both strands) in six reading frames of the nucleotide and protein sequence databases BLASTX;
(4) TBLASTNでタンパク質のクエリー配列を6つの読み枠(両方の鎖)すべてで変換したヌクレオチド配列データベースと比較; (4) six reading frames the query sequence protein TBLASTN comparison with (both strands) a nucleotide sequence database converted at all;
(5) TBLASTXでヌクレオチドのクエリ配列を6つの読み枠で変換したものを、6つの読み枠で変換したヌクレオチド配列データベースと比較。 (5) a transformation of the query sequence of nucleotides in six reading frames in TBLASTX, compared to a nucleotide sequence database converted in six reading frames.

BLASTプログラムは、アミノ酸のクエリ配列または核酸のクエリ配列と、好ましくはタンパク質配列データベースまたは核酸配列データベースから得られた被検配列との間で、「ハイスコアセグメント対」と呼ばれる類似のセグメントを特定することによって相同配列を同定するものである。 The BLAST programs, the query sequence or nucleic acid query sequence of amino acids, between preferably the test sequence obtained from the protein sequence databases or nucleic acid sequence database to identify similar segments called "high-scoring segment pairs," it is intended to identify homologous sequences by. ハイスコアセグメント対は、多くのものが従来技術において周知のスコアリングマトリックスによって同定(すなわち整列化)されると好ましい。 High-scoring segment pairs are preferably a number of those identified by well known scoring matrices in the prior art (i.e. aligned). 好ましくは、スコアリングマトリックスとしてBLOSUM62マトリックス(Gonnet et al.,1992,Science 256:1443−1445、Henikoff and Henikoff,1993,Proteins 17:49−61)を使用する。 Preferably, BLOSUM62 matrix as scoring matrix (Gonnet et al, 1992, Science 256:. 1443-1445, Henikoff and Henikoff, 1993, Proteins 17: 49-61) used. このマトリックスほど好ましいものではないが、PAMまたはPAM250マトリックスも使用できる(たとえば、Schwartz and Dayhoff,eds.,1978,Matrices for Detecting Distance Relationships: Atlas of Protein Sequence and Structure,Washington: National Biomedical Research Foundationを参照のこと)。 Although they are not as preferable as the matrix, PAM or PAM250 matrices may also be used (e.g., Schwartz and Dayhoff, eds, 1978, Matrices for Detecting Distance Relationships:. Atlas of Protein Sequence and Structure, Washington: National Biomedical Research Foundation of the reference about). BLASTプログラムは、同定されたすべてのハイスコアセグメント対の統計的な有意性を評価し、好ましくはユーザー固有の相同率などのユーザーが独自に定める有意性の閾値レベルを満たすセグメントを選択する。 The BLAST programs evaluate the statistical significance of all high-scoring segment pairs identified, and preferably selects the segment that the user, such as user-specific homology to satisfy the threshold level of significance Independently set. 統計的な有意性を求めるKarlinの式を用いてハイスコアセグメント対の統計的な有意性を評価すると好ましい(Karlin and Altschul,1990,Proc. Natl. Acad. Sci. USA 87:2267−2268参照のこと)。 When assessing the statistical significance of a high-scoring segment pairs using the formula Karlin obtaining statistical significance preferred (Karlin and Altschul, 1990, Proc Natl Acad Sci USA 87:.... 2267-2268 reference about).

本明細書において使用される核酸分子は、発現されるポリペプチドが天然型のポリペプチドと実質的に同一の活性を有する限り、上述のようにその核酸の配列の一部が欠失または他の塩基により置換されていてもよく、あるいは他の核酸配列が一部挿入されていてもよい。 Nucleic acid molecules as used herein, a polypeptide expressed is a naturally occurring polypeptide as long as it has substantially the same activity, some deletions or other sequences of the nucleic acid as described above it may be substituted by a base, or other nucleic acid sequences may be inserted partially. あるいは、5'末端および/または3'末端に他の核酸が結合していてもよい。 Alternatively, 5 'end and / or 3' end may be linked by other nucleic acids. また、ストリンジェントな条件下でハイブリダイズし、実質的に同一の機能(本発明においてはプロモーター活性)を有する核酸分子でもよい。 Further, it hybridizes under stringent conditions, or a nucleic acid molecule having a (promoter activity in the present invention) substantially the same function.

本明細書中で使用される「化合物」は、任意の識別可能な化学物質または分子を意味し、これらには、低分子、ペプチド、タンパク質、糖、ヌクレオチド、または核酸が挙げられるが、これらに限定されず、そしてこのような化合物は、天然物または合成物であり得る。 "Compound" as used herein, means any identifiable chemical or molecule, these include small molecules, peptides, proteins, sugars, nucleotides, or nucleic acid can be cited, these limited not, and such compounds may be natural or synthetic.

本明細書において「有機低分子」とは、有機分子であって、比較的分子量が小さなものをいう。 A "small organic molecule" as used herein, an organic molecule, refers to the relatively small molecular weight. 通常有機低分子は、分子量が約1000以下のものをいうが、それ以上のものであってもよい。 Usually small organic molecules, a molecular weight refers to less than about 1000, it may be more. 有機低分子は、通常当該分野において公知の方法を用いるかそれらを組み合わせて合成することができる。 Small organic molecules can be synthesized by combining them or using methods known in normal art. そのような有機低分子は、生物に生産させてもよい。 Such organic molecules may be produced by organisms. 有機低分子としては、例えば、ホルモン、リガンド、情報伝達物質、有機低分子、コンビナトリアルケミストリで合成された分子、医薬品として利用され得る低分子(例えば、低分子リガンドなど)などが挙げられるがそれらに限定されない。 Organic The low molecular, e.g., hormones, ligands, signal transduction substances, organic molecules, synthesized molecules in combinatorial chemistry, low molecular capable of being used as medicaments (e.g., low molecular weight ligands and) in them is like but it is not limited.

本発明で用いられる細胞としては、脂肪細胞を有する生物である限りどの生物(例えば、哺乳動物(例えば、単孔類、有袋類、貧歯類、皮翼類、翼手類、食肉類、食虫類、長鼻類、奇蹄類、偶蹄類、管歯類、有鱗類、海牛類、クジラ目、霊長類、齧歯類、ウサギ目など)など)由来の細胞を用いることができる。 The cells used in the present invention, any organism as long as the organism having fat cells (e.g., mammalian (e.g., Tan'anarui, marsupials, Hinharui, Kawatsubasarui, Tsubasaterui, carnivores, Shokumushirui, Nagahanarui, Kihizumerui, artiodactyla, Kanharui, Yuurokorui, sirenians, cetaceans, primates, rodents, lagomorphs, etc.), etc.) can be used cells from . 1つの実施形態では、霊長類(たとえば、チンパンジー、ニホンザル、ヒト)由来の細胞、特にヒト由来の細胞が用いられるがそれに限定されない。 In one embodiment, not primates (e.g., chimpanzee, Japanese monkey, human) cells derived from, particularly cells derived from used human limited thereto. また、そのような細胞は、脂肪細胞を含む付着細胞、浮遊細胞、組織形成細胞およびそれらの混合物などであり得る。 Moreover, such cells, adherent cells, including adipocytes, floating cells, and the like tissue formation cells and mixtures thereof.

本明細書において「組織」(tissue)とは、多細胞生物において、実質的に同一の機能および/または形態をもつ細胞集団をいう。 "Tissue" (tissue) in the present specification, in a multicellular organism, means a substantially cell population having the same function and / or form. 通常「組織」は、同じ起源を有するが、異なる起源を持つ細胞集団であっても、同一の機能および/または形態を有するのであれば、組織と呼ばれ得る。 "Tissue" is typically, have the same origin, it is a cell population with a different origin, as long as having the same function and / or form, may be referred to as tissue. 通常、組織は、臓器の一部を構成する。 Typically, a tissue constitutes a part of the organ. 動物の組織は,形態的、機能的または発生的根拠に基づき、上皮組織、結合組織、筋肉組織、神経組織などに区別される。 Animal tissue, morphological, based on the functional or developmental basis, epithelial tissue, connective tissue, muscle tissue, are distinguished like nerve tissue. 本発明では特に、脂肪組織がその対象として使用される。 Particularly in this invention, adipose tissue is used as a target.

本発明において、臓器が対象とされる場合、そのような臓器はどのような臓器でもよく、また本発明が対象とする組織または細胞は、生物のどの臓器または器官に由来するものでもよい。 In the present invention, if the organ is targeted, such organ may be any organ, also tissue or cells present invention targets may be derived from any organ. 本明細書において「臓器」または「器官」とは、互換可能に用いられ、生物個体のある機能が個体内の特定の部分に局在して営まれ,かつその部分が形態的に独立性をもっている構造体をいう。 The "organ" or "organ" as used herein, are used interchangeably, certain functions of the individual organism is locally performed to a specific portion of an individual, and portions thereof with morphologically independent It refers to the structure you are. 一般に多細胞生物(例えば、動物、植物)では器官は特定の空間的配置をもついくつかの組織からなり、組織は多数の細胞からなる。 Generally multicellular organisms (e.g., animals, plants), an organ consists of several tissues spatially arranged in a particular manner, each tissue being composed of a number of cells. そのような臓器または器官としては、脂肪組織に関連する臓器または器官が挙げられる。 Examples of such an organ includes an organ relating to the adipose tissue. 1つの実施形態では、本発明が対象とする臓器は、脂肪組織を有する内臓(例えば、腹部、肝臓など)などが挙げられるがそれらに限定されない。 In one embodiment, the organ targeted by the present invention are, viscera with adipose tissue (e.g., the abdomen, such as the liver), but like but not limited to.

本明細書において「生物体」は、生命体として存在し得る1個の個体として存在し得る生物の一形態をいう。 "Organism" as used herein, refers to a form of the organism which may be present as a single individual may be present as living organisms.

本明細書中で使用する「脂肪細胞」とは、脂肪組織を構成する主要成分である細胞をいう。 The "fat cells", as used herein, refers to a cell which is a main component constituting the fatty tissue. この細胞の特徴は、組織間に散在、または疎性結合組織の一つとして毛細血管の走行に沿う集団として脂肪組織を形成する多量の脂肪を含むことなどが挙げられる。 Features of the cells, and the like contain a large amount of fat forming the fat tissue as a group interspersed between tissue, or as one of the loose connective tissue along the travel of capillaries. 細胞内の脂肪ははじめいくつかの微小滴として現われ、しだいに大きくなり、一つに融合してついには細胞体の大部を占める。 Appear as fat beginning several microdroplets in cells, gradually increases, finally fused into one account for most of the cell body. 細胞内の脂肪はスダンIIIまたは四酸化オスミウムにより容易に検出される。 Fat in the cells are easily detected by Sudan III or osmium tetroxide. 脂肪細胞には、白色脂肪細胞および褐色脂肪細胞がある。 The fat cells, there is a white adipocytes and brown adipocytes. 脂肪細胞を識別するための方法は、当該分野において公知であり、例えば、上記脂肪の検出、脂肪細胞分化マーカーの発現、脂肪細胞特異的サイトカインの発現などを挙げることができるがそれらに限定されない。 Methods for identifying adipocytes are known in the art, for example, detection of the fat, the expression of adipocyte differentiation markers, there may be mentioned such as expression of adipocyte-specific cytokines are not limited to.

本明細書において「脂肪組織」とは、結合組織の一種で、脂質を貯蔵する点で特徴的であり、この他にも種々の重要な機能を有する組織である。 By "adipose tissue" as used herein, a type of connective tissue is characterized in that for storing lipids is a tissue having a variety of important functions besides this. 脂肪組織には、脂肪が蓄積される。 The adipose tissue, fat is accumulated. 脂肪組織中の脂肪細胞は、格子繊維によって囲まれ、細胞間に毛細血管が密に分布する。 Adipocytes in adipose tissue is surrounded by lattice fibers, capillaries are distributed densely in between cells. 他の組織から独立してほぼ一定した塊状もしくは房状の脂肪組織を形成している場合、脂肪体という。 If forming a substantially constant mass or tufted adipose tissue independently of the other tissues, as fat. 脂肪組織は、例えば、腹部、骨格筋、臀部、胸部、内臓などにおいて発達する。 Adipose tissue, for example, develop abdominal, skeletal muscle, buttocks, chest, in internal organs.

本発明において、脂肪特異的に発現または抑制するように遺伝子が導入される場合に使用される脂肪細胞は、種々の生物(例えば、ヒト、マウス、ラット、ウサギ、モルモット、ブタ、ウシなど)から単離された培養細胞であってもよいし、生体内に存在する細胞であってもよい。 In the present invention, from the fat cells to be used when the gene is introduced to the fat-specific expression or suppression, a variety of organisms (e.g., human, mouse, rat, rabbit, guinea pig, pig, cattle, etc.) may be isolated cultured cells may be cells that are present in vivo.

本明細書において「脂肪」とは、脂肪酸のグリセリンエステルで常温で固体のものをいい、本明細書ではときに、脂肪組織または脂肪細胞と同義で用いられ得る。 The term "fat" as used herein, refers to those solid at room temperature with glycerol esters of fatty acids, when herein, may be used in adipose tissue or adipocytes synonymous.

ある組織、細胞などに対して、「特異的に送達」するための手段は、当該分野において公知のDDS技術を利用して実現することができる。 For a tissue, cells, etc., means to "specifically deliver" can be realized by using a known DDS techniques in the art. そのような脂肪への特異的な送達方法としては、例えば、脂肪に特異的に発現する表面マーカーに対して特異的な抗体を本発明の阻害剤に結合させる方法、脂肪細胞特異的なプロモーターを用いた発現制御などを挙げることができるがそれらに限定されない。 The specific method of delivery to such fat, for example, a method of binding to an inhibitor of the present invention an antibody specific to the surface marker expressed specifically in fat, fat cell specific promoters it can be exemplified expression control, etc. using but not limited to. そのような技術は、例えば、新・ドラッグデリバリーシステム、監修:永井恒司シーエムシー、2000などに記載されている。 Such techniques are described, for example, new-drug delivery system, supervision: Nagai HisashiTsukasa CMC, are described in, for example, 2000.

本明細書において「診断、予防、処置または予後上有効な量」とは、それぞれ、診断、予防、処置(または治療)または予後において、医療上有効であると認められる程度の量をいう。 As used herein the term "diagnosis, prevention, treatment, or prognosis effective amount", respectively, diagnosis, prevention, treatment (or therapy), or prognosis, refers to the amount that is recognized as being medically effective. このような量は、当該分野において周知の技法を用いて当業者が種々のパラメータを参酌しながら決定することができる。 Such amount may be those of skill in the art using techniques well known in the art to determine with reference to various parameters.

本発明のペプチドが医薬として使用される場合、そのような組成物は、薬学的に受容可能なキャリアなどをさらに含み得る。 When the peptide of the present invention is used as a medicament, such compositions may further comprise the like pharmaceutically acceptable carrier. 本発明の医薬に含まれる薬学的に受容可能なキャリアとしては、当該分野において公知の任意の物質が挙げられる。 Pharmaceutically acceptable carriers included in the pharmaceutical of the present invention, it includes any material known in the art.

本明細書において使用されるキャリアは、薬学的に受容可能であることが好ましく、そのようなキャリアとしては、抗酸化剤、保存剤、着色料、風味料、および希釈剤、乳化剤、懸濁化剤、溶媒、フィラー、増量剤、緩衝剤、送達ビヒクル、希釈剤、賦形剤および/または薬学的アジュバントが挙げられるがそれらに限定されない。 Carriers used herein is preferably a pharmaceutically acceptable, as such carriers, antioxidants, preservatives, coloring, flavoring agent, a diluent, suspending agents, solvents, fillers, bulking agents, buffers, delivery vehicles, diluents, including but excipients and / or pharmaceutical adjuvants. 代表的には、本発明の医薬は、本発明のペプチド、またはその改変体もしくは誘導体を、1つ以上の生理的に受容可能なキャリア、賦形剤または希釈剤とともに含む組成物の形態で投与される。 Typically, the medicament of the present invention is administered in the form of a composition the peptide of the present invention or a variant or derivative thereof, containing one or more physiologically acceptable carriers, excipient or diluent It is. 例えば、適切なビヒクルは、注射用水、生理的溶液、または人工脳脊髄液であり得、これらには、非経口送達のための組成物に一般的な他の物質を補充することが可能である。 For example, a suitable vehicle include water for injection, physiological solution or give an artificial cerebrospinal fluid, these are able to recruit other materials common in compositions for parenteral delivery .

本明細書で使用される受容可能なキャリア、賦形剤または安定化剤は、レシピエントに対して非毒性であり、そして好ましくは、使用される投薬量および濃度において不活性であり、例えば、リン酸塩、クエン酸塩、または他の有機酸;アスコルビン酸、α−トコフェロール;低分子量ポリペプチド;タンパク質(例えば、血清アルブミン、ゼラチンまたは免疫グロブリン);親水性ポリマー(例えば、ポリビニルピロリドン);アミノ酸(例えば、グリシン、グルタミン、アスパラギン、アルギニンまたはリジン);モノサッカリド、ジサッカリドおよび他の炭水化物(グルコース、マンノース、またはデキストリンを含む);キレート剤(例えば、EDTA);糖アルコール(例えば、マンニトールまたはソルビトール);塩形成対イオ Acceptable carriers used herein, excipients, or stabilizers are nontoxic to recipients and are preferably inert at the dosages and concentrations employed, for example, phosphate, citrate, or other organic acids; ascorbic acid, alpha-tocopherol; low molecular weight polypeptides; proteins (e.g., serum albumin, gelatin, or immunoglobulins); hydrophilic polymers (e.g., polyvinylpyrrolidone); amino acids (e.g., glycine, glutamine, asparagine, arginine or lysine); monosaccharides, disaccharides and other carbohydrates (including glucose, mannose or dextrins); chelating agents (e.g., EDTA); sugar alcohols (such as mannitol or sorbitol) ; salt formed pair Io (例えば、ナトリウム);ならびに/あるいは非イオン性表面活性化剤(例えば、Tween、プルロニック(pluronic)またはポリエチレングリコール(PEG))などが挙げられるがそれらに限定されない。 (E.g., sodium); and / or non-ionic surface-active agents (e.g., Tween, Pluronic (pluronic) or polyethylene glycol (PEG)) but the like are not limited thereto.

さらなる例示の適切なキャリアとしては、中性緩衝化生理食塩水、または血清アルブミンと混合された生理食塩水が挙げられる。 Additional exemplary suitable carriers include neutral buffered saline, or mixed with serum albumin saline. 好ましくは、その生成物は、適切な賦形剤(例えば、スクロース)を用いて凍結乾燥剤として処方される。 Preferably, the product is formulated as a lyophilizate using appropriate excipients (e.g., sucrose). 他の標準的なキャリア、希釈剤および賦形剤は所望に応じて含まれ得る。 Other standard carriers, diluents and excipients may be included as desired. 他の例示的な組成物は、pH7.0−8.5のTris緩衝剤またはpH4.0−5.5の酢酸緩衝剤を含み、これらは、さらに、ソルビトールまたはその適切な代替物を含み得る。 Other exemplary compositions comprise Tris buffer or acetate buffer of pH4.0-5.5 of PH7.0-8.5, they may further include sorbitol or a suitable substitute .

以下に本発明の医薬組成物の一般的な調製法を示す。 The following shows a general method of preparing the pharmaceutical composition of the present invention. なお、動物薬組成物、医薬部外品、水産薬組成物、食品組成物および化粧品組成物等についても公知の調製法により製造することができる。 Note that animal drug compositions, quasi-drugs, marine drug compositions, can be prepared using known preparation methods food compositions, cosmetic compositions and the like.

本発明のポリペプチド、ポリヌクレオチドなどは、薬学的に受容可能なキャリアと配合し、錠剤、カプセル剤、顆粒剤、散剤、粉剤、座剤等の固形製剤、またはシロップ剤、注射剤、懸濁剤、溶液剤、スプレー剤等の液状製剤として経口または非経口的に投与することができる。 Polypeptides of the present invention, such polynucleotide, mixed with a pharmaceutically acceptable carrier, tablets, capsules, granules, powders, dusts, solid preparations such as suppositories or syrups, injections, suspensions agents, solutions, may be administered orally or parenterally as a liquid preparations such as sprays. 薬学的に受容可能なキャリアとしては、上述のように、固形製剤における賦形剤、滑沢剤、結合剤、崩壊剤、崩壊阻害剤、吸収促進剤、吸着剤、保湿剤、溶解補助剤、安定化剤、液状製剤における溶剤、溶解補助剤、懸濁化剤、等張化剤、緩衝剤、無痛化剤等が挙げられる。 Pharmaceutically acceptable carriers, as described above, an excipient, lubricant, binder, disintegrator, disintegration inhibitors, absorption accelerators, adsorbents, moisturizers, solubilizers, stabilizers, solvents for solid preparations, dissolution aids, suspending agents, isotonizing agents, buffering agents, soothing agents and the like. また、必要に応じ、防腐剤、抗酸化剤、着色剤、甘味剤等の製剤添加物を用いることができる。 If necessary, preservatives, antioxidants, coloring agents, can be used pharmaceutical additives such as sweeteners. また、本発明の組成物には本発明のポリヌクレオチド、ポリペプチドなど以外の物質を配合することも可能である。 The composition of the present invention can be formulated polynucleotides, other than such a polypeptide agent of the invention. 非経口の投与経路としては、静脈内注射、筋肉内注射、経鼻、直腸、膣および経皮等が挙げられるがそれらに限定されない。 Examples of parenteral routes of administration, intravenous injection, intramuscular injection, nasal, rectal, and vaginal and transdermal, etc. without limitation.

固形製剤における賦形剤としては、例えば、グルコース、ラクトース、スクロース、D−マンニトール、結晶セルロース、デンプン、炭酸カルシウム、軽質無水ケイ酸、塩化ナトリウム、カオリンおよび尿素等が挙げられる。 Excipients in solid formulations, for example, glucose, lactose, sucrose, D- mannitol, crystalline cellulose, starch, calcium carbonate, light anhydrous silicic acid, sodium chloride, kaolin, urea, and the like.

固形製剤における滑沢剤としては、例えば、ステアリン酸マグネシウム、ステアリン酸カルシウム、ホウ酸末、コロイド状ケイ酸、タルクおよびポリエチレングリコール等が挙げられるがそれらに限定されない。 Lubricants in solid formulations, such as magnesium stearate, calcium stearate, boric acid powder, colloidal silica, talc, polyethylene glycol, and the like are not limited thereto.

固形製剤における結合剤としては、例えば、水、エタノール、プロパノール、白糖、D−マンニトール、結晶セルロース、デキストリン、メチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、カルボキシメチルセルロース、デンプン溶液、ゼラチン溶液、ポリビニルピロリドン、リン酸カルシウム、リン酸カリウム、およびシェラック等が挙げられる。 As the binder in solid formulations, for example, water, ethanol, propanol, sucrose, D- mannitol, crystalline cellulose, dextrin, methyl cellulose, hydroxypropyl cellulose, hydroxypropyl methyl cellulose, carboxymethyl cellulose, starch solution, gelatin solution, polyvinylpyrrolidone, calcium phosphate , potassium phosphate, and shellac, and the like.

固形製剤における崩壊剤としては、例えば、デンプン、カルボキシメチルセルロース、カルボキシメチルセルロースカルシウム、カンテン末、ラミナラン末、クロスカルメロースナトリウム、カルボキシメチルスターチナトリウム、アルギン酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、炭酸カルシウム、ポリオキシエチレンソルビタン脂肪酸エステル類、ラウリル硫酸ナトリウム、デンプン、ステアリン酸モノグリセリド、ラクトースおよび繊維素グリコール酸カルシウム等が挙げられるがそれらに限定されない。 Disintegrants in solid formulations, for example, starch, carboxymethyl cellulose, carboxymethyl cellulose calcium, agar powder, laminaran powder, sodium croscarmellose, sodium carboxymethyl starch, sodium alginate, sodium bicarbonate, calcium carbonate, polyoxyethylene sorbitan fatty acid esters, sodium lauryl sulfate, starch, stearic acid monoglyceride, lactose and cellulose calcium glycolate, and the like are not limited thereto.

固形製剤における崩壊阻害剤の好ましい例としては、水素添加油、白糖、ステアリン、カカオ脂および硬化油等が挙げられるがそれらに限定されない。 Preferred examples of the disintegrants inhibitors in solid formulations, hydrogenated oils, white sugar, stearin, cacao butter and hydrogenated oil, and the like are not limited thereto.

固形製剤における吸収促進剤としては、例えば、第四級アンモニウム塩基類およびラウリル硫酸ナトリウム等が挙げられるがそれらに限定されない。 The absorption promoters in solid formulations, such as, but quaternary ammonium salts, sodium lauryl sulfate and the like are not limited thereto.

固形製剤における吸着剤としては、例えば、デンプン、ラクトース、カオリン、ベントナイトおよびコロイド状ケイ酸等が挙げられるがそれらに限定されない。 The adsorbent in solid formulations, for example, starch, lactose, kaolin, bentonite, colloidal silicic acid and the like are not limited thereto.

固形製剤における保湿剤としては、例えば、グリセリン、デンプン等が挙げられるがそれらに限定されない。 The humectant in solid formulations, for example, glycerin, starch and the like are not limited thereto.

固形製剤における溶解補助剤としては、例えば、アルギニン、グルタミン酸、アスパラギン酸等が挙げられるがそれらに限定されない。 The solubilizing agent in solid formulations, such as arginine, glutamic acid, and the like aspartic acid but not limited thereto.

固形製剤における安定化剤としては、例えば、ヒト血清アルブミン、ラクトース等が挙げられるがそれらに限定されない。 Examples of the stabilizer in solid formulations, such as human serum albumin, lactose, and the like are not limited thereto.

固形製剤として錠剤、丸剤等を調製する際には、必要により胃溶性または腸溶性物質(白糖、ゼラチン、ヒドロキシプロピルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロースフタレート等)のフィルムで被覆していてもよい。 Tablets as a solid preparation, in the preparation of pills or the like, gastric or enteric substance (sucrose, gelatin, hydroxypropylcellulose, hydroxypropylmethylcellulose phthalate, etc.) may be coated with a film of. 錠剤には、必要に応じ通常の剤皮を施した錠剤、例えば、糖衣錠、ゼラチン被包錠、腸溶被錠、フィルムコーテイング錠あるいは二重錠、多層錠が含まれる。 Tablets, coated tablet conventional capsule shell optionally, for example, sugar-coated tablets, gelatin-coated tablets, enteric coated tablets, film-coated tablets or double tablets include multilayer tablet. カプセル剤にはハードカプセルおよびソフトカプセルが含まれる。 Capsules include hard capsules and soft capsules. 座剤の形態に成形する際には、上記に列挙した添加物以外に、例えば、高級アルコール、高級アルコールのエステル類、半合成グリセライド等を添加することができるがそれらに限定されない。 When shaping into the form of suppositories, besides additives listed above, for example, higher alcohols, esters of higher alcohol, can be added to semi-synthetic glyceride such as, but not limited to.

液状製剤における溶剤の好ましい例としては、注射用水、アルコール、プロピレングリコール、マクロゴール、ゴマ油およびトウモロコシ油等が挙げられる。 Preferred examples of the solvent in liquid formulations include injection solutions, alcohols, propylene glycol, macrogol, sesame oil, corn oil, and the like.

液状製剤における溶解補助剤の好ましい例としては、ポリエチレングリコール、プロピレングリコール、D−マンニトール、安息香酸ベンジル、エタノール、トリスアミノメタン、コレステロール、トリエタノールアミン、炭酸ナトリウムおよびクエン酸ナトリウム等が挙げられるがそれらに限定されない。 Preferred examples of solubilizing agents in liquid formulations include, polyethylene glycol, propylene glycol, D- mannitol, benzyl benzoate, ethanol, tris-aminomethane, cholesterol, triethanolamine, although such as sodium carbonate and sodium citrate thereof but it is not limited to.

液状製剤における懸濁化剤の好ましい例としては、ステアリルトリエタノールアミン、ラウリル硫酸ナトリウム、ラウリルアミノプロピオン酸、レシチン、塩化ベンザルコニウム、塩化ベンゼトニウム、モノステアリン酸グリセリン等の界面活性剤、例えば、ポリビニルアルコール、ポリビニルピロリドン、カルボキシメチルセルロースナトリウム、メチルセルロース、ヒドロキシメチルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシエチルセルロース、ヒドロキシプロピルセルロース等の親水性高分子等が挙げられるがそれらに限定されない。 Preferred examples of suspending agents in liquid formulations include, stearyl triethanolamine, sodium lauryl sulfate, lauryl aminopropionic acid, lecithin, benzalkonium chloride, benzethonium chloride, glycerol monostearate and the like, for example, polyvinyl alcohol, polyvinyl pyrrolidone, sodium carboxymethylcellulose, methylcellulose, hydroxymethyl cellulose, hydroxyethyl cellulose, hydroxyethyl cellulose, although hydrophilic polymers such as hydroxypropyl cellulose include, but are not limited to.

液状製剤における等張化剤の好ましい例としては、塩化ナトリウム、グリセリン、D−マンニトール等が挙げられるがそれらに限定されない。 Preferred examples of isotonic agents in liquid formulations include sodium chloride, glycerin, D- mannitol but not limited to.

液状製剤における緩衝剤の好ましい例としては、リン酸塩、酢酸塩、炭酸塩およびクエン酸塩等の緩衝液等が挙げられるがそれらに限定されない。 Preferred examples of buffers in liquid formulations include phosphate, acetate, although buffers such as carbonate and citrate are not limited thereto.

液状製剤における無痛化剤の好ましい例としては、ベンジルアルコール、塩化ベンザルコニウムおよび塩酸プロカイン等が挙げられるがそれらに限定されない。 Preferred examples of soothing agents in liquid formulations include, benzyl alcohol, benzalkonium chloride, procaine hydrochloride, and the like are not limited thereto.

液状製剤における防腐剤の好ましい例としては、パラオキシ安息香酸エステル類、クロロブタノール、ベンジルアルコール、2−フェニルエチルアルコール、デヒドロ酢酸、ソルビン酸等が挙げられるがそれらに限定されない。 Preferred examples of antiseptics in liquid formulations include, parahydroxybenzoate esters, chlorobutanol, benzyl alcohol, 2-phenylethyl alcohol, dehydroacetic acid, and sorbic acid but not limited thereto.

液状製剤における抗酸化剤の好ましい例としては、亜硫酸塩、アスコルビン酸、α−トコフェロールおよびシステイン等が挙げられるがそれらに限定されない。 Preferred examples of antioxidants in liquid formulations include, sulfites, ascorbic acid, α- tocopherol, cysteine ​​and the like are not limited thereto.

注射剤として調製する際には、液剤および懸濁剤は殺菌され、かつ血液と等張であることが好ましい。 When prepared as injections, solutions and suspensions are sterilized and are preferably isotonic with the blood. 通常、これらは、細菌保留フィルター等を用いるろ過、殺菌剤の配合または照射によって無菌化する。 Usually, these are filtration using a bacteria-retaining filter or the like, and sterilized by blending of a germicide or irradiation. さらにこれらの処理後、凍結乾燥等の方法により固形物とし、使用直前に無菌水または無菌の注射用希釈剤(塩酸リドカイン水溶液、生理食塩水、ブドウ糖水溶液、エタノールまたはこれらの混合溶液等)を添加してもよい。 Moreover these post-treatment, the solid by lyophilization or the like, adding sterile water or sterile injection diluent immediately prior to use (lidocaine hydrochloride solution, physiological saline, aqueous glucose solution, ethanol or their mixture, etc.) it may be.

さらに、必要ならば、医薬組成物は、着色料、保存剤、香料、矯味矯臭剤、甘味料等、ならびに他の薬剤を含んでいてもよい。 Further, if desired, the pharmaceutical composition may contain coloring agents, preservatives, perfumes, flavoring agents, may also contain sweeteners, and other drugs.

本発明の医薬は、必要に応じて生理学的に受容可能なキャリア、賦型剤または安定化剤(日本薬局方第14版、その追補またはその最新版、Remington's Pharmaceutical Sciences,18th Edition,A.R.Gennaro,ed.,Mack Publishing Company,1990などを参照)と、所望の程度の純度を有する糖鎖組成物とを混合することによって、凍結乾燥されたケーキまたは水溶液の形態で調製され保存され得る。 The medicament of the present invention, physiologically acceptable carrier as necessary, excipients or stabilizers (Japanese Pharmacopoeia 14th edition, the addendum or the latest edition, Remington's Pharmaceutical Sciences, 18th Edition, A .R.Gennaro, ed., and Mack reference to such Publishing Company, 1990), by mixing the sugar chain composition having the desired degree of purity, are prepared in the form of lyophilized cake or aqueous storage It may be.

本発明の組成物の投与すべき量は、使用目的、対象疾患(種類、重篤度など)、患者の年齢、体重、性別、既往歴、細胞の形態または種類などを考慮して、当業者が容易に決定することができる。 The amount to be administered of the compositions of the present invention, the purpose of use, target disease (type, severity, etc.), the patient's age, weight, sex, medical history, the form or type of cell, the person skilled in the art it can be readily determined. 本発明の処置方法を被検体(または患者)に対して施す頻度もまた、使用目的、対象疾患(種類、重篤度など)、患者の年齢、体重、性別、既往歴、および治療経過などを考慮して、当業者が容易に決定することができる。 The frequency of the treatment method of the present invention to a subject (or patient), the purpose of use, target disease (type, severity, etc.), patient's age, weight, sex, medical history, and course of treatment, etc. in view those skilled in the art can readily determine. 頻度としては、例えば、毎日−数ヶ月に1回(例えば、1週間に1回−1ヶ月に1回)の投与が挙げられる。 The frequency, for example, every day - several months once (e.g., once per once per month 1 week), and the administration of. 1週間−1ヶ月に1回の投与を、経過を見ながら施すことが好ましい。 Once the administration of one week per month, it is preferable to perform while watching the elapsed.

本明細書において「患者」とは、本発明の処置が適用される生物をいい、「被検体」または「被験体」ともいわれる。 The term "patient" as used herein, refers to an organism to which treatment of the present invention is applied and is also referred to as "subject" or "subject". 患者は好ましくは、ヒトであり得る。 Patients may preferably be a human.

本発明は、患者への有効量の本発明の組成物の投与による処置、阻害および予防の方法を提供する。 The present invention, treatment by administration of the compositions of the present invention an effective amount to a patient, provides inhibition and prevention methods. 好ましい局面において、本発明の組成物は実質的に精製されたものであり得る(例えば、その効果を制限するかまたは望ましくない副作用を生じる物質が実質的に存在しない状態が挙げられる)。 In a preferred aspect, compositions of the present invention may be one which is substantially purified (e.g., substance or produce undesirable side effects that limit its effect include the substantial absence).

別の実施形態において、化合物または組成物は、小胞、特に、リポソーム中に封入された状態で送達され得る(Langer,Science 249:1527−1533(1990);Treatら,Liposomes in the Therapy of Infectious Disease and Cancer,Lopez−BeresteinおよびFidler(編),Liss,New York,353〜365頁(1989);Lopez−Berestein,同書317〜327頁を参照のこと;広く同書を参照のこと)。 In another embodiment, the compound or composition, a vesicle can be especially delivered in a state of being encapsulated in a liposome (Langer, Science 249: 1527-1533 (1990); Treat et al, Liposomes in the Therapy of Infectious Disease and Cancer, Lopez-Berestein and Fidler (eds.), Liss, New York, pp 353~365 (1989); Lopez-Berestein, pp. ibid 317-327; widely see ibid).

さらに別の実施形態において、化合物または組成物は、制御された徐放系中で送達され得る。 In yet another embodiment, the compound or composition can be delivered in a controlled release system.

本明細書中、「投与する」とは、本発明の医薬などまたはそれを含む医薬組成物を、単独で、または他の治療剤と組み合わせて処置が意図される宿主に与えることを意味する。 As used herein, "administering" a pharmaceutical etc., or a pharmaceutical composition comprising it of the present invention, to mean providing a alone or host other therapeutic agent in combination with the treatment is intended. 組み合わせは、例えば、混合物として同時に、別々であるが同時にもしくは並行して;または逐次的にかのいずれかで投与され得る。 The combination may be, for example, simultaneously as a mixture, separately but simultaneously or concurrently; may be administered either or sequentially. これは、組み合わされた薬剤が、治療混合物としてともに投与される提示を含み、そして組み合わせた薬剤が、別々であるが同時に(例えば、同じ個体へ別々の粘膜を通じての場合)投与される手順もまた含む。 This combined agents include presentation are administered together as a therapeutic mixture, and the combined agents are, separately but simultaneously (e.g., as through separate mucosa into the same individual) procedure is administered also including. 「組み合わせ」投与は、第1に与えられ、続いて第2に与えられる化合物または薬剤のうちの1つを別々に投与することをさらに含む。 Administration "in combination" further includes given first, followed by one of the compounds or agents applied to the second to be administered separately.

本発明における医薬の投与は、どのような手法を用いて行ってもよいが、好ましくは、針無し注射を用いることが有利である。 Administration of a medicament in the present invention may be performed using any method, but is preferably, advantageously be used needleless injection. 患者に過度の負担を与えることなく投与を行えるからである。 This is because perform the administration without giving an excessive burden on the patient.

ここで本発明における針無注射器とは、注射針を用いずに、ガス圧または弾性部材の弾力によりピストンを移動させて薬液を皮膚に噴射し、薬剤成分を皮下、より好ましくは皮下の細胞内に投与する医療機器を意味する。 Here, the needleless syringe of the present invention, without using an injection needle, by moving the piston by elastic force of the gas pressure or elastic member by injecting a chemical solution to the skin, subcutaneous drug component, more preferably a cell of a subcutaneous It means a medical device to be administered to.

具体的には例えば、シマジェットTM (島津製作所製)、メディ・ジェクター ビジョン(Medi−Jector Vision) TM 、(Elite medical社製)、ペンジェット(PenJet) TM (PenJet社製)などが市販されている。 Specifically, for example, ShimaJET TM (manufactured by Shimadzu Corporation), media-Jekuta Vision (Medi-Jector Vision) TM, ( manufactured by Elite medical Co.), Pen jet (PenJet) TM (manufactured by PenJet Co.), etc. is commercially available there.

(脂肪組織特異的な遺伝子導入/欠損) (Adipose tissue-specific gene transfer / defect)
脂肪組織で特異的に遺伝子を導入または欠損させるために、aP2プロモーター作動性のCreトランスジェニックマウスが広範に使用されている(Imai,T.ら、Proc.Natl.Acad.Sci.USA.98,224〜228(2001)、Bluher,M.ら、Developmental Cell 3,25〜38(2002)およびBarlow,C.ら、Nuc.Acid Res.25,2543〜2545(1997))。 To introduce or eliminate the specific genes in adipose tissue, aP2 promoter actuation of Cre transgenic mice have been used extensively (Imai, T. Et al, Proc.Natl.Acad.Sci.USA.98, 224~228 (2001), Bluher, M., et al., Developmental Cell 3,25~38 (2002) and Barlow, C., et al., Nuc.Acid Res.25,2543~2545 (1997)). しかし、aP2プロモーターは、マクロファージおよび脂肪細胞において活性化される(Fu,Y.ら、Atherosclerosis 165,259〜269(2002))。 However, aP2 promoter is activated in macrophages and adipocytes (Fu, Y. Et al., Atherosclerosis 165,259~269 (2002)). それゆえ、aP2−Creマウスにおいて、いくらかの量のCre導入遺伝子の発現が、マクロファージを含む他の組織(例えば、脾臓、肺およびリンパ節)において生じる(Boord,J.B.,Fazio,S.およびLinton,M.F.Curr.Opin.Lipidol.13,141〜7(2002))。 Therefore, in aP2-Cre mice, some amount of expression of Cre transgene occurs in other tissues, including macrophages (e.g., spleen, lung and lymph nodes) (Boord, J.B., Fazio, S. and Linton, M.F.Curr.Opin.Lipidol.13,141~7 (2002)). さらに、最近の研究は、蓄積脂肪中のマクロファージが肥満関連代謝疾患の発症に重要な役割を果たすことが明らかになった(Boord,J.B.,Fazio,S.およびLinton,M.F.Curr.Opin.Lipidol.13,141〜7(2002))。 Furthermore, recent studies macrophages in the accumulated fat revealed to play an important role in the development of obesity-related metabolic diseases (Boord, J.B., Fazio, S. And Linton, MF. Curr.Opin.Lipidol.13,141~7 (2002)). これらの背景に基づいて、脂肪細胞特異的な様式でCre遺伝子を発現するCreトランスジェニックマウスが切望されている。 Based on these backgrounds, Cre transgenic mice expressing Cre gene in adipocyte-specific manner have been required.

アディポネクチン/ACRP30は、ヒトcDNAプロジェクトにおける脂肪特異的な遺伝子のスクリーニングによって本発明者らが同定した、脂肪由来のホルモンである(Maeda,K.ら、Biochem.Biophys.Res.Commun.221,286〜289(1996))。 Adiponectin / ACRP30, the present inventors by screening fat-specific genes in the human cDNA project has identified a hormone from fat (Maeda, K., Et al., Biochem.Biophys.Res.Commun.221,286~ 289 (1996)). アディポネクチンは、脂肪細胞において非常に高発現である、adipose most abundant gene 1(apM1)として最初に発見された。 Adiponectin is very highly expressed in adipocytes, it was first discovered as adipose most abundant gene 1 (apM1). アディポネクチンmRNAは、ヒト、サルおよびマウスの分化した脂肪細胞および脂肪組織において独占的に発現する(Maeda,N.ら、Nature Med.8,731〜737(2002))。 Adiponectin mRNA