JP2007312393A - Method and system for signaling release cause indication in umts network - Google Patents

Method and system for signaling release cause indication in umts network Download PDF

Info

Publication number
JP2007312393A
JP2007312393A JP2007131146A JP2007131146A JP2007312393A JP 2007312393 A JP2007312393 A JP 2007312393A JP 2007131146 A JP2007131146 A JP 2007131146A JP 2007131146 A JP2007131146 A JP 2007131146A JP 2007312393 A JP2007312393 A JP 2007312393A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
indication
signaling
release
network
connection
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2007131146A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4777300B2 (en )
Inventor
Khaledul Muhammad Islam
Jeffery Wirtanen
ワータネン ジェフリー
カレデュル イスラム ムハマド
Original Assignee
Research In Motion Ltd
リサーチ イン モーション リミテッドResearch In Motion Limited
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/10Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT]
    • Y02D70/12Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in 3rd Generation Partnership Project [3GPP] networks
    • Y02D70/122Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in 3rd Generation Partnership Project [3GPP] networks in 2nd generation [2G] networks
    • Y02D70/1222Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in 3rd Generation Partnership Project [3GPP] networks in 2nd generation [2G] networks in Global System for Mobile Communications [GSM] networks
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/10Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT]
    • Y02D70/12Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in 3rd Generation Partnership Project [3GPP] networks
    • Y02D70/122Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in 3rd Generation Partnership Project [3GPP] networks in 2nd generation [2G] networks
    • Y02D70/1224Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in 3rd Generation Partnership Project [3GPP] networks in 2nd generation [2G] networks in General Packet Radio Service [GPRS] networks
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/10Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT]
    • Y02D70/12Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in 3rd Generation Partnership Project [3GPP] networks
    • Y02D70/124Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in 3rd Generation Partnership Project [3GPP] networks in 3rd generation [3G] networks
    • Y02D70/1242Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in 3rd Generation Partnership Project [3GPP] networks in 3rd generation [3G] networks in Universal Mobile Telecommunications Systems [UMTS] networks
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/10Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT]
    • Y02D70/14Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in Institute of Electrical and Electronics Engineers [IEEE] networks
    • Y02D70/144Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks according to the Radio Access Technology [RAT] in Institute of Electrical and Electronics Engineers [IEEE] networks in Bluetooth and Wireless Personal Area Networks [WPAN]
    • YGENERAL TAGGING OF NEW TECHNOLOGICAL DEVELOPMENTS; GENERAL TAGGING OF CROSS-SECTIONAL TECHNOLOGIES SPANNING OVER SEVERAL SECTIONS OF THE IPC; TECHNICAL SUBJECTS COVERED BY FORMER USPC CROSS-REFERENCE ART COLLECTIONS [XRACs] AND DIGESTS
    • Y02TECHNOLOGIES OR APPLICATIONS FOR MITIGATION OR ADAPTATION AGAINST CLIMATE CHANGE
    • Y02DCLIMATE CHANGE MITIGATION TECHNOLOGIES IN INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES [ICT], I.E. INFORMATION AND COMMUNICATION TECHNOLOGIES AIMING AT THE REDUCTION OF THIR OWN ENERGY USE
    • Y02D70/00Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks
    • Y02D70/20Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks independent of Radio Access Technologies
    • Y02D70/24Techniques for reducing energy consumption in wireless communication networks independent of Radio Access Technologies in Discontinuous Reception [DRX] networks

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a method for processing a signaling release indication cause between user equipment and a wireless access network for radio resource control between the both. <P>SOLUTION: The present invention relates to a method for processing a signaling release indication cause between user equipment and a wireless network, comprising the steps of: (a) monitoring, at the user equipment, whether a signaling connection release indication should be sent to the wireless network; (b) appending, at the user equipment, a cause for signaling connection release indication to the signaling connection release indication; (c) sending the appended signaling connection release indication to the wireless network; (d) receiving the signaling connection release indication at the wireless network; (e) and filtering the cause to determine whether to raise an alarm. <P>COPYRIGHT: (C)2008,JPO&INPIT

Description

(出願の分野) (Field of application)
本出願は、ユーザ設備(UE)とユニバーサル陸上無線アクセスネットワーク(UTRAN)との間の無線リソース制御に関し、特に、UMTSネットワーク内の既存の信号伝達接続の解放に関する。 This application relates radio resource control between User Equipment (UE) and Universal terrestrial Radio Access Network (UTRAN), in particular, to the release of existing signaling connection in a UMTS network.

(背景) (background)
ユニバーサル移動電気通信システム(UMTS)は、テキスト、デジタル化された音声、映像、およびマルチメディアを送信する広帯域パケットベースのシステムである。 Universal mobile telecommunications system (UMTS) is a text, a digitized voice, video and broadband packet-based system for transmitting multimedia. これは、第三世代に対する標準として認知され、広帯域符号分割多重アクセス(W−CDMA)に一般的に基づく。 It is recognized as the standard for third generation, generally based on Wideband Code Division Multiple Access (W-CDMA).

UMTSネットワークにおいて、プロトコルスタックの無線リソース制御(RRC)パーツは、UEとUTRANとの間の無線リソースの割り当て、構成、および解放を担う。 In a UMTS network, a Radio Resource Control (RRC) part of the protocol stack parts, allocation of radio resources between the UE and the UTRAN, configuration, and responsible for release. このRRCプロトコルは、詳細には、3GGPの仕様書TS 25.331に記載されている。 The RRC protocol is, in particular, are described in the specification TS 25.331 of 3GGP. UEが入り得る2つの基本的モードは、「アイドルモード」および「UTRA接続モード」として定義されている。 Two basic modes that the UE can enter is defined as "idle mode" and "UTRA connected mode". UTRAは、UMTS陸上無線アクセスを略したものである。 UTRA is short for UMTS Terrestrial Radio Access. アイドルモードにおいて、UEが任意のユーザデータを送信したいときはいつでも、あるいはUTRANまたはサービングGPRSサポートノード(SGSN)が、ページングに応答して、それをページングしてプッシュサーバのような外部データネットワークから受信するときはいつでも、UEは、RRC接続をリクエストするように要求される。 In idle mode, UE whenever you want to send any user data, or the UTRAN or the Serving GPRS Support Node (SGSN), in response to the paging, received from an external data network such as a push server by paging it whenever it, UE is requested to request a RRC connection. アイドルモードおよび接続モードの挙動は、3GPPの仕様書のTS 25.304およびTS 25.331に詳細に記載されている。 Behavior in idle mode and connected mode are described in detail in TS 25.304 and TS 25.331 of the 3GPP specifications.

UTRA RRC接続モードにおいて、デバイスは、4つの状態の1つであり得る。 In a UTRA RRC connected mode, the device may be one of four states. これらは、 They are,
CELL_DCH:専用チャネルが、データ交換するために、この状態で、アップリンクおよびダウンリンク中のUEに割り当てられる。 CELL_DCH: dedicated channel, in order to exchange data, in this state, allocated to the UE in uplink and downlink. UEは、3GPP 25.331に概略されたアクションを実行しなくてはならない。 The UE must perform actions as outlined in 3GPP 25.331.
CELL_FACH:この状態において、ユーザ設備には専用チャネルは割り当てられない。 CELL_FACH: In this state, not assigned dedicated channel to the user equipment. その代わりに、共通チャネルが、少量のバースティ(bursty)なデータを交換するために使用される。 Instead, common channels are used to exchange data small bursty (bursty). UEは、3GPP 25.331(3GPP TS 25.304で規定されるセル選択プロセスを含む)に概略されるようなアクションを実行しなくてはならない。 The UE must perform actions as outlined in 3GPP 25.331 (including the cell selection process as defined in 3GPP TS 25.304).
CELL_PCH:UEは、不連続受信(DRX)を使用して、ページングインジケータチャネル(PICH)を介する放送メッセージとページングとをモニタする。 CELL_PCH: UE uses discontinuous reception (DRX), for monitoring broadcast messages and paging through the paging indicator channel (PICH). アップリンク活動は可能ではない。 Uplink activity is not possible. UEは、3GPP 25.331(3GPP TS 25.304で規定されるようなセル選択プロセスを含む)に概略されるようなアクションを実行しなくてはならない。 The UE must perform actions as outlined in 3GPP 25.331 (including cell selection process as defined 3GPP TS 25.304). UEは、セル再選択の後に、CELL UPDATE手順を実行しなくてはならない。 The UE, after the cell reselection must perform a CELL UPDATE procedure.
URA_PCH:UEは、不連続受信(DRX)を用い、ページングインディケータチャネル(PICH)を介する放送メッセージおよびページングをモニタする。 URA_PCH: UE uses Discontinuous Reception (DRX), for monitoring broadcast messages and paging via the paging indicator channel (PICH). アップリンク活動は可能ではない。 Uplink activity is not possible. UEは、3GPP 25.331(3GPP TS 25.304で規定されるようなセル選択プロセスを含む)に概略されるようなアクションを実行しなくてはならない。 The UE must perform actions as outlined in 3GPP 25.331 (including cell selection process as defined 3GPP TS 25.304). URA UPDATE手順が、UTRAN登録エリア(URA)再選択をのみ介してトリガされる点を除いて、この状態はCELL_PCHに類似する。 URA UPDATE procedure, except that it is triggered via only the reselection UTRAN Registration Area (URA), the state is similar to CELL_PCH.

アイドルモードから接続モードへの移行とこの逆の移行とは、UTRANによって制御される。 Transition from the idle mode to the connected mode and the reverse transition is controlled by the UTRAN. アイドルモードUEが、RRC接続をリクエストするとき、ネットワークは、UEをCELL_DCHまたはCELL_FACH状態に移動させるかどうかを判断する。 Idle mode When the UE requests an RRC connection, the network determines whether to move the UE to CELL_DCH or CELL_FACH state. UEがRRC接続モードにあるとき、この場合も、RRC接続を解放するときを決定するのは、またネットワークである。 When the UE is in RRC connected mode, also in this case, to determine when to release the RRC connection, also a network. ネットワークは、接続を解放する前に、あるいは場合によっては接続を解放する代わりに、UEを一つのRRC状態から別の状態に移動させ得る。 Network before releasing the connections, or in some cases instead of releasing the connection, can move the UE from one RRC state to another. 状態移行は、UEとネットワークとの間でのデータ活性または不活性によって、典型的にはトリガされる。 A state transition, the data activity or inactivity of between the UE and the network is typically triggered. ネットワークは、所与のアプリケーションに対するデータ交換がいつ完了したかを知り得ないので、ネットワークは、UEへの/からのさらなるデータを期待して、RRC接続をしばらくの間、典型的には保つ。 Because the network can not know whether the data exchange for a given application when completed, the network is expecting additional data to and from UE /, while the RRC connection is typically maintained. これは、コール設定および引き続く無線ベアラ設定の待ち時間を減らすために、典型的に行われる。 This is to reduce the latency of call setup and subsequent radio bearer setup is typically carried out. RRC接続解放メッセージは、UTRANによって送信され得るのみである。 RRC connection release message is only be sent by the UTRAN. このメッセージは、UEとUTRANとの間の信号リンク接続および全ての無線ベアラを解放する。 This message releases the signal link connection and all radio bearers between the UE and UTRAN.

上記における問題は、UE上のアプリケーションがそのデータ移行を完了し、さらなるデータ交換を一切期待できない場合ですら、そのアプリケーションは、ネットワークがUEを正しい状態に移動させることを、ネットワークを待っていることである。 Problems in the above completes the application data migration on UE, even when it is not possible to expect any further data exchange, the application, that the network is to move the UE to the correct state, waiting for the network it is. ネットワークは、UE上のアプリケーションが自身のデータ交換を完了した事実に気付いていないことさえあり得る。 Network may even be unaware of the fact that the application on the UE has completed data exchange itself. 例えば、UE上のアプリケーションは、それ自身の承認ベースのプロトコルを使用して、UMTSコアネットワークに接続されるそのアプリケーションサーバとデータ交換し得る。 For example, an application on the UE may use its own authorization-based protocol, can the application server and data exchange which is connected to the UMTS core network. 例えば、自身に保証された配信をインプリメントするUDP/IPを介してランするアプリケーションである。 For example, an application to run through the UDP / IP implementing the distribution that is guaranteed to it. そのような場合において、UEは、アプリケーションサーバが全てのデータパケットを送信または受信したかどうかを知っており、任意のさらなるデータ交換が生じるかどうかを決定するためにより良い位置にあり、そして、それゆえ、いつパケットサービス(PS)ドメインと関連するRRC接続を終了するかを決定する。 In such a case, UE, the application server knows whether to send or receive all the data packets, is in good position by to determine whether any further data exchange occurs, and it Therefore, to determine when to terminate the RRC connection associated with the packet service (PS) domain. UTRANは、いつRRC接続状態が異なる状態に、あるいはアイドルモードへと変化するかを制御するので、また、UTRANがUEと外部サーバとの間におけるデータ伝送の状態に気付いていないという事実により、UEは、要求される状態またはモードよりも、さらに高いデータレートおよび強いバッテリ状態に留まることになり、それによって、バッテリ寿命を使い果たす。 The UTRAN, when the state RRC connected state is different, or because controls whether changes to the idle mode, also, the fact that UTRAN is not aware of the status of data delivery between the UE and external server, UE , rather than the required state or mode, it will be remain in the higher data rates and strong battery condition, thereby deplete battery life. このことは、また無線ベアラリソースが不必要に使用中のまま保たれるという事実によって、ネットワークリソースを無駄使いさせる結果となる。 This also radio bearer resources by the fact that remains still in use unnecessarily, resulting to wasting the network resources.

上述に対する一つの解決策は、UEがデータトランザクションを終了されたと、UEが認識するときに、UEにUTRANへ信号伝達解放指示(signaling release indication)を送信するようにさせることである。 One solution to above, the UE is terminated data transaction, when the UE is aware, is to be transmitted a UE signaling release indication to the UTRAN the (signaling release indication). 3GPP TS 25.331仕様書の8.1.14.3節に従うと、UTRANは、UEから信号伝達接続解放指示を受信すると、信号伝達接続を解放し得、その結果、UEはアイドルモードに移行する。 According to 8.1.14.3 Section 3GPP TS 25.331 specification, UTRAN receives the signaling connection release indication from UE, obtain release the signaling connection, the result, UE will transition to the idle mode to. 上述における問題は、信号伝達解放指示が、警告であると考慮され得ることである。 The problem in the above is that the signaling release indication may be considered to be a warning. ネットワークは、GMMサービスリクエストの失敗、RAUの失敗、あるいはアタッチの失敗が生じたときに、典型的には、信号伝達解放指示を期待するのみである。 Network failure GMM service request failure RAU, or when attaching the failure occurs, typically, only expect signaling release indication. UEが信号伝達解放をリクエストするときに警告を発することは、ネットワークでの性能モニタおよび警告モニタを非効率なものとする結果になる。 Issuing a warning when the UE request signaling release becomes a performance monitor and alert monitor the network inefficient ones that result.

本発明は、以下の手段を提供する。 The present invention provides the following means.

(項目1) (Item 1)
ユーザ設備と無線ネットワークとの間で信号伝達解放指示理由を処理する方法であって、 A method for processing signaling release indication cause between user equipment and the radio network,
a. a. 該ユーザ設備で、信号伝達接続解放指示が、該無線ネットワークに送信されるべきかどうかをモニタするステップと、 In the user equipment, the steps of monitoring the signaling connection release indication, whether to be transmitted to the wireless network,
b. b. 該ユーザ設備で、該信号伝達接続解放指示に該信号伝達接続解放指示に対する理由を添付するステップと、 In the user equipment, the steps attaching a reason for the signal transmission connection release indication to the signal transmission connection release indication,
c. c. 該添付信号伝達接続解放指示を該無線ネットワークに送信するステップと、 Transmitting to the wireless network package insert with signaling connection release indication,
d. d. 該信号伝達接続解放指示を該無線ネットワークで受信するステップと、 Receiving the signal transmitted connection release indication at the wireless network,
e. e. 該理由をフィルタリングし、警告を発するかどうかを判断するステップと を包含する、方法。 Comprising a step of filtering the reason to determine whether a warning method.

(項目2) (Item 2)
上記理由は、異常な状態である、項目1に記載の方法。 The reason is the abnormal condition, The method of claim 1.

(項目3) (Item 3)
上記異常な状態は、タイマの時間切れである、項目2に記載の方法。 The abnormal condition is the expiration of a timer, the method described in item 2.

(項目4) (Item 4)
上記タイマは、アタッチ失敗タイマ、ルーティングエリア更新タイマ、およびGMMサービスリクエストタイマからなる群から選択される、項目3に記載の方法。 The timer may attach failure timer, it is selected from the group consisting of a routing area update timer, and GMM service request timer method of claim 3.

(項目5) (Item 5)
上記理由は、PSデータセッションを終了して、それによってアイドルモードへ移行するようにという上記ユーザ設備によるリクエストである、項目1に記載の方法。 For these reasons, exit the PS data session is a request by the user equipment that thereby so as to transition to the idle mode, the method of claim 1.

(項目6) (Item 6)
上記フィルタリングするステップは、上記理由が異常な状態であるとき、警告を発する、項目1に記載の方法。 It said step of filtering, when the reason is an abnormal state, a warning method of claim 1.

(項目7) (Item 7)
上記フィルタリングするステップは、上記理由が上記ユーザ設備によるアイドル移行リクエストであるとき、上記信号伝達接続解放指示を無視する、項目1に記載の方法。 Step, when the reason is an idle transition request by the user equipment ignores the signaling connection release indication The method of claim 1, the filtering.

(項目8) (Item 8)
信号伝達解放指示理由を処理するのに適合したシステムであって、該システムは、 A system adapted to process a signaling release indication cause, the system comprising:
a. a. ユーザ設備であって、該ユーザ設備は、ネットワークと通信するのに適合した無線を含む無線サブシステムと;デジタル信号プロセッサを有し、該無線サブシステムと相互作用するのに適合した無線プロセッサと;メモリと;ユーザインターフェースと;ユーザアプリケーションをランさせて、該メモリ、該無線、および該ユーザインターフェースと相互作用するのに適合し、アプリケーションをランさせるのに適合したプロセッサとを有する、ユーザ設備であって、 A user equipment, the user equipment, the radio subsystem and including a radio adapted to communicate with a network; a digital signal processor, a radio processor adapted to interact with the wireless subsystem; a memory; a user interface; by run user applications, the a memory, radio, and adapted to interact with the user interface, and a processor adapted to cause run an application, a user equipment Te,
i. i. 信号伝達接続解放指示が、該無線ネットワークに送信されるべきかどうかをモニタする手段と、 It means for signaling connection release indication, to monitor whether it should be sent to the wireless network,
ii. ii. 該信号伝達接続解放指示に該信号伝達接続解放指示に対する理由を添付する手段と、 Means attaching the reason for the signal transmission connection release indication to the signal transmission connection release indication,
iii. iii. 該添付信号伝達接続解放指示を該無線ネットワークに送信する手段と を有することによって特徴付けられる、ユーザ設備と、 The package insert with signaling connection release indication is characterized by having a means for transmitting to the wireless network, and user equipment,
b. b. 該ユーザ設備と通信するのに適合した無線ネットワークであって、 A wireless network adapted to communicate with said user equipment,
i. i. 該信号伝達接続解放指示を受信する手段と、 It means for receiving the signal transmitted connection release indication,
ii. ii. 該理由をフィルタリングし、警告を発するかどうかを判断する手段と によってさらに特徴付けられる、無線ネットワークと を備える、システム。 Filtering the reason, further characterized by means for determining whether an alarm, and a wireless network, system.

(項目9) (Item 9)
上記理由は、異常な状態である、項目8に記載のシステム。 The reason is the abnormal condition, the system of claim 8.

(項目10) (Item 10)
上記異常な状態は、タイマの時間切れである、項目9に記載のシステム。 The abnormal condition is the expiration of a timer, according to claim 9 system.

(項目11) (Item 11)
上記タイマは、アタッチ失敗タイマ、ルーティングエリア更新タイマ、およびGMMサービスリクエストタイマからなる群から選択される、項目10に記載のシステム。 The timer may attach failure timer, it is selected from the group consisting of a routing area update timer, and GMM service request timer of claim 10 system.

(項目12) (Item 12)
上記理由は、PSデータセッションを終了し、アイドルモードへ移行するようにという上記ユーザ設備によるリクエストである、項目11に記載のシステム。 The reason is to terminate the PS data session is a request by the user equipment that the to transition to the idle mode, the system of claim 11.

(項目13) (Item 13)
上記フィルタリングする手段は、上記理由が異常な状態であるとき、警告を発するのに適合する、項目8に記載のシステム。 It means for the filtering, when the reason is an abnormal state, the system according conform to item 8 to alert.

(項目14) (Item 14)
上記フィルタリングする手段は、上記理由が上記ユーザ設備によるアイドル移行リクエストであるとき、上記信号伝達接続解放指示を無視するのに適合する、項目8に記載のシステム。 It means for the filtering, when the reason is an idle transition request by the user equipment, the system according conform to item 8 to ignore the signaling connection release indication.

(項目15) (Item 15)
無線ネットワークで改善された警告を追跡するために、ユーザ設備で信号伝達解放指示理由を処理する方法であって、 To track the warning improved in a wireless network, a method for processing a signaling release indication cause at user equipment,
a. a. 信号伝達接続解放指示が、該無線ネットワークに送信されるべきかどうかをモニタするステップと、 A step of signaling connection release indication, to monitor whether it should be sent to the wireless network,
b. b. 該信号伝達接続解放指示に該信号伝達接続解放指示に対する理由を添付するステップと、 A step to attach a reason for the signal transmission connection release indication to the signal transmission connection release indication,
c. c. 該理由が添付された該添付信号伝達接続解放指示を送信し、これによって、該信号伝達接続解放指示の該理由を識別する該信号伝達接続解放をリクエストする、ステップと を包含する、方法。 The reason sends been package insert with signaling connection release indication attached, thereby requesting the signal transmission connection release that identifies the reason for the signal transmission connection release indication includes the steps, methods.

(項目16) (Item 16)
上記理由は、異常な状態である、項目15に記載の方法。 The reason is the abnormal condition, The method of claim 15.

(項目17) (Item 17)
上記異常な状態は、タイマの時間切れである、項目16に記載の方法。 The abnormal condition is the expiration of timer The method of claim 16.

(項目18) (Item 18)
上記タイマは、アタッチ失敗タイマ、ルーティングエリア更新タイマ、およびGMMサービスリクエストタイマからなる群から選択される、項目17に記載の方法。 The timer may attach failure timer, it is selected from the group consisting of a routing area update timer, and GMM service request timer The method of claim 17.

(項目19) (Item 19)
上記理由は、PSデータセッションを終了し、アイドルモードへ移行するようにという上記ユーザ設備によるリクエストである、項目15に記載の方法。 The reason is to terminate the PS data session is a request by the user equipment that the to transition to the idle mode, the method of claim 15.

(項目20) (Item 20)
ネットワーク内で、信号伝達解放指示理由を提供するのに適合したユーザ設備であって、該ユーザ設備は、該ネットワークと通信するのに適合した無線を含む無線サブシステムと;デジタル信号プロセッサを有し、該無線サブシステムと相互作用するのに適合した無線プロセッサと;メモリと;ユーザインターフェースと;ユーザアプリケーションをランさせて、該メモリ、ユーザインターフェースと;ユーザアプリケーションをランさせて、該メモリ、該無線、および該ユーザインターフェースと相互作用するのに適合し、アプリケーションをランさせるのに適合したプロセッサとを有し、該ユーザ設備は、 In the network, a user equipment adapted for providing signaling release indication cause, the user equipment, the radio subsystem and including a radio adapted to communicate with the network; a digital signal processor a radio processor adapted to interact with the wireless subsystem; a user interface; memory and by run user applications, the memory, the user interface and, by run user applications, the memory, the radio , and adapted to interact with the user interface, and a processor adapted to cause run an application, the user equipment,
a. a. 信号伝達接続解放指示が、該無線ネットワークに送信されるべきかどうかをモニタする手段と、 It means for signaling connection release indication, to monitor whether it should be sent to the wireless network,
b. b. 該信号伝達接続解放指示に、該信号伝達接続解放指示に対する理由を添付する手段と、 To the signal transmission connection release indication, and it means attaching the reason for the signal transmission connection release indication,
c. c. 該理由を含む該添付信号伝達接続解放指示を送信し、これによって、該信号伝達接続解放指示の該理由を該信号伝達接続解放指示とともに識別する手段と を有することによって特徴付けられる、ユーザ設備。 Send a package insert with signaling connection release indication that includes the reason, thereby, characterized by having a means for identifying the reason for the signal transmission connection release indication along with the signal transmission connection release indication, the UE.

(項目21) (Item 21)
信号伝達接続の解放を容易にするためのユーザ設備用装置であって、該装置は、 A user equipment equipment for facilitating the release of the signaling connection, the apparatus comprising:
a. a. 信号伝達接続解放指示が、送信されるべきかどうかをチェックするように構成されたチェッカと、 A checker signaling connection release indication, is configured to check whether to be transmitted,
b. b. 信号伝達接続解放指示が送信されるべきであるという該チェッカによる指示に応答して、該信号伝達接続解放指示を送信するように構成された信号伝達接続解放指示センダであって、該信号伝達接続解放指示は、信号伝達解放指示理由フィールドを含む信号伝達解放指示を含む、信号伝達接続解放指示センダと を備える、装置。 In response to the indication by the checker that the signaling connection release indication should be sent, a configured signaling connection release indication sender to send the signal transmission connection release indication, the signal transmission connection release indication includes a signaling release indication including a signaling release indication cause field, and a signaling connection release indication sender device.

(項目22) (Item 22)
上記チェッカは、上記信号伝達接続解放指示を送信するのに引き続き、該信号伝達接続解放指示の配信を確認する前に、上記ユーザ設備の信号伝達接続が必要とされるかどうかをチェックするようにさらに構成される、項目21に記載の装置。 The checker continues to transmit the signaling connection release indication, before confirming the delivery of the signal transmission connection release indication, to check whether the signaling connection of the user equipment is required further configured apparatus of claim 21.

(項目23) (Item 23)
上記信号伝達接続解放指示センダは、上記信号伝達接続解放指示を再送信するようにさらに構成される、項目22に記載の装置。 The signaling connection release indication sender is further configured to retransmit the signaling connection release indication, device of claim 22.

(項目24) (Item 24)
信号伝達接続解放指示によって、動作するネットワーク装置であって、該ネットワーク装置は、 The signaling connection release indication, a network device operating, the network device,
a. a. 該信号伝達接続解放指示の信号伝達解放指示理由フィールドを試験して、該信号伝達解放指示理由フィールドが異常な状態を指示するかどうかをチェックするように構成された試験機と、 It tests the signaling release indication cause field of the signal transmission connection release indication, and configured tester to check whether the signal transmission release indication cause field instructs the abnormal condition,
b. b. 該試験機による試験が、該信号伝達解放指示理由フィールドが該異常な状態を指示すると判断する場合、警告を選択的に生成するように構成された警告生成器と を備える、ネットワーク装置。 Test by the test machine, if the signal transmitting release indication cause field determines that instructs the abnormal state, and a configured warning generator to selectively generate an alarm, a network device.

(項目25) (Item 25)
上記ネットワーク装置は、複数のロジカル層を備え、上記試験機は、該複数のロジカル層の第一のロジカル層で具現化され、該試験機は、該複数のロジカル層の第二のロジカル層に、信号伝達接続解放をリクエストするようにさらに構成される、項目24に記載のネットワーク装置。 The network device includes a plurality of logical layers, the tester is embodied in the first logical layer of the plurality of logical layers, the test machine, the second logical layer of the plurality of logical layer , signaling connection release further configured to request network device according to claim 24.

(摘要) (Abstract)
ユーザ設備と無線ネットワークとの間で信号伝達解放指示理由を処理する方法およびシステムであって、該方法は、該ユーザ設備で、信号伝達接続解放指示が、該無線ネットワークに送信されるべきかどうかをモニタするステップと、該ユーザ設備で、該信号伝達接続解放指示に該信号伝達接続解放指示に対する理由を添付するステップと、該添付信号伝達接続解放指示を該無線ネットワークに送信するステップと、該信号伝達接続解放指示を該無線ネットワークで受信するステップと、該理由をフィルタリングし、警告を発するかどうかを判断するステップとを包含する、方法。 A method and system for processing signaling release indication cause between user equipment and a radio network, the method comprising, in the user equipment, a signaling connection release indication, whether to be transmitted to the wireless network a step of monitoring and transmitting by the user equipment, the steps attaching a reason for the signal transmission connection release indication to the signal transmission connection release indication, signaling connection release indication to the wireless network package insert, the comprising receiving a signaling connection release indication at the wireless network, and a step of filtering the reason to determine whether a warning method.

(詳細な説明) (Detailed description)
本システムおよび方法は、RRC接続モードから、より効率的なバッテリ状態またはモードへ移行させる一方で、信号伝達解放指示の理由がUEのアイドル移行リクエストである場合、ネットワークが、信号伝達解放指示を警告と考慮しないこと保証することを提供する。 The system and method, a warning from the RRC connected mode, while shifting to a more efficient battery status or mode, if the reason for the signaling release indication is idle transition request UE, the network, the signaling release indication It provides for the guarantee that not considered. 特に、本方法および装置は、特定されたコアネットワークドメインに対する信号接続の終了をUEが開始すること、または、移行が一つの接続状態から他の接続状態へと生じるべきであるとUTRANに指示することのいずれかに基づいて移行を提供する。 In particular, the method and apparatus, that the end of the signal connection to the identified core network domain UE starts or instructs the migration should result from one connected state to another connected state the UTRAN providing a migration based on any of the possible. 以下の説明は、UMTSの例示的なインプリメンテーションに関して記載される。 The following description is described with respect to the exemplary implementation of the UMTS. しかしながら、本発明の教示は、他の無線通信システムにも同様に適用可能であることは、理解されるべきである。 However, the teachings of the present invention, it is equally applicable to other wireless communication systems, it should be understood.

特に、UE上のアプリケーションは、それがデータの交換を用いてなされたと決定する場合、好適には、それは「なされた」との指示を、UEソフトウェアの「RRC接続マネージャ」コンポーネントへ送信する。 In particular, an application on the UE, when determining that it is done with the exchange of data, preferably, it is a "done" indications, transmitted to the "RRC connection manager" component of UE software. RRC接続マネージャは、関連パケットデータプロトコル(PDP)コンテキスト、関連パケット交換(PS)無線ベアラ、および関連回路交換(CS)無線ベアラなどの全ての現行のアプリケーション(一つまたは複数のプロトコルを介したサービスを提供するものを含む)を追跡し続ける。 RRC connection manager, associated Packet Data Protocol (PDP) context, via the associated packet switched (PS) radio bearers and associated circuit switched (CS) all current applications (one or more protocols such as a radio bearer service keep track including) those that provide. PDPコンテキストは、UMTSコアネットワークにわたってランするUEとPDN(公衆データネットワーク)との間の論理関係である。 PDP context is a logical relationship between the UE and PDN (Public Data Network) that run across the UMTS core network. UE上の一つまたは複数のアプリケーション(例えば、eメールアプリケーションおよびブラウザアプリケーション)は、一つのPDPコンテキストと関連し得る。 One or more applications on the UE (e.g., e-mail application and a browser application) may be associated with one PDP context. 一部の場合において、UE上の一つのアプリケーションは、一次PDPコンテキストと関連し、複数のアプリケーションは、二次PDPコンテキストに結合され得る。 In some cases, one application on the UE is associated with the primary PDP context, the plurality of applications, may be coupled to the secondary PDP context. RRC接続マネージャは、同時に活性であるUE上の異なるアプリケーションから、「なされた」との指示を受信する。 RRC connection manager, from different applications on the UE that are simultaneously active, to receive a "done" indication. 例えば、ユーザは、ウェブを閲覧している間に、プッシュサーバからeメールを受信し得る。 For example, the user while browsing the web, may receive e-mail from the push server. eメールアプリケーションが承認を送信した後、それは、そのデータトランザクションを完了したことを指示し得るが、しかしながら、ブラウザアプリケーションは、そのような指示を送信し得ない。 After e-mail application has sent an acknowledgment, but may indicate that it has completed its data transaction, however, the browser application may not send such indication. 活性なアプリケーションからのそのような指示の合成状態に基づいて、UEソフトウェアは、それが、コアネットワークパケットサービスドメインの信号伝達接続解放を開始し得る前に、どの程度待機するべきかを決定し得る。 Based on a composite status of such indications from active applications, UE software is that it, before it can initiate a signaling connection release of the core network packet service domain, can determine to how much standby . この場合における遅延は、そのアプリケーションがデータ交換を真に終了させ、RRC接続を要求しないことを保証するために導入され得る。 Delay in this case, the application truly ends the data exchange can be introduced to ensure that does not require an RRC connection. その遅延は、トラフィック履歴および/またはアプリケーションプロフィールに基づいてダイナミックであり得る。 The delay can be dynamic based on traffic history and / or application profile. どのアプリケーションも一切データを交換することが期待されないという可能性が幾分かあると、RRC接続マネージャが判断するときはいつも、RRC接続マネージャは適切なドメイン(例えば、PSドメイン)に対して、信号伝達接続解放指示手順を送信し得る。 If any application possible that it is not expected to exchange any data property is somewhat always when RRC connection manager determines, based on the RRC connection manager appropriate domain (e.g., PS domain), the signal It may transmit transmission connection release indication procedure. あるいは、UTRANに接続されたモード内において、状態移行のリクエストを送信し得る。 Alternatively, in a mode connected to UTRAN, it may send a request for state transition.

上述の判断はまた、ネットワークが、URA_PCH状態およびこの状態への移行挙動をサポートするかどうかを考慮し得る。 Above decision may also network may consider whether to support migration behavior of the URA_PCH state and this state.

UEによって開始されたアイドルモードへの移行は、RRC接続モードの任意の状態から生じ得、ネットワークをRRC接続から解放させ、UEをアイドルモードへと移動させることによって終わる。 Transition to the idle mode initiated by the UE may result from any state of the RRC connected mode, the network is released from the RRC connection, and ends by moving to an idle mode UE. 当業者によって理解されるように、アイドルモード中のUEは、接続状態中のUEよりも、バッテリがはるかに低い。 As will be appreciated by those skilled in the art, UE in idle mode, than the UE being in a connected state, the battery is much lower.

しかしながら、信号伝達接続解放指示の送信は、ネットワークに、結果として、警告が起こったことを考慮させ得る。 However, transmission of the signaling connection release indication, the network, as a result, capable of taking into account that a warning has occurred. 信号伝達解放指示が、トラフィックが一切期待されないというRRCによる判断の結果の場合、好ましい実施形態において、ネットワークは、信号伝達解放指示が、異常な状態であるのではなく、リクエストされたアイドル移行の結果であることを区別し得る。 Signaling release indication, if the result of determination by RRC that traffic is not expected at all, in a preferred embodiment, the network, the signaling release indication, a is instead of abnormal condition, the result of idle transition the requested It can be distinguished that is. この区別によって、キー性能インディケータ(KPI)のようなインディケータがより正確になり、性能のモニタと警告のモニタとを改善することができる。 This distinction, indicators such as key performance indicators (KPI) is more accurate, it is possible to improve the monitoring and alert monitor performance.

本方法は、UEが、既存の信号伝達解放指示に、信号伝達解放指示の理由を提供するフィールドを添付することを可能にする。 The method, UE is the existing signaling release indication, makes it possible to attach a field that provides a reason for the signaling release indication. ネットワークは、次いで、添付されたフィールドを用いて、真の警告状態をUEがアイドル状態に置かせるようにリクエストした状況からフィルタリングし得る。 Network, then using the attached field, may filter a true alarm condition from a situation where the UE has requested so as to put in an idle state. なぜなら、このリクエストした状況は、さらなるデータが一切期待できないからである。 This is because, the situation was this request is because the additional data can not be expected at all. これは、警告および性能のモニタの効率を改善し、その一方で、UEをより迅速にアイドルモードに移動させて、そのバッテリリソースを節約することを可能にする。 This improves the efficiency of monitoring alerts and performance, on the other hand, to move the UE faster in idle mode, makes it possible to conserve its battery resource.

本出願は、それゆえ、ユーザ設備と無線ネットワークとの間で信号伝達解放指示理由を処理する方法を提供し、該方法は、該ユーザ設備で、信号伝達接続解放指示が、該無線ネットワークに送信されるべきかどうかをモニタするステップと、該ユーザ設備で、該信号伝達接続解放指示に該信号伝達接続解放指示に対する理由を添付するステップと、該添付信号伝達接続解放指示を該無線ネットワークに送信するステップと、該信号伝達接続解放指示を該無線ネットワークで受信するステップと、該理由をフィルタリングし、警告を発するかどうかを判断するステップとを包含する。 The present application therefore provides a method of processing signaling release indication cause between user equipment and a radio network, the method comprising, in the user equipment, signaling connection release indication is sent to the wireless network a step of monitoring whether to be, transmitted by the user equipment, the steps attaching a reason for the signal transmission connection release indication to the signal transmission connection release indication, signaling connection release indication package insert to the wireless network comprising the steps of, receiving the signal transmitted connection release indication at the wireless network, and a step of filtering the reason to determine whether an alarm.

本出願は、さらに、信号伝達解放指示理由を処理するのに適合したシステムをさらに提供し、該システムは、ユーザ設備であって、該ユーザ設備は、UMTSネットワークと通信するのに適合した無線を含む無線サブシステムと;デジタル信号プロセッサを有し、該無線サブシステムと相互作用するのに適合した無線プロセッサと;メモリと;ユーザインターフェースと;ユーザアプリケーションをランさせて、該メモリ、該無線、および該ユーザインターフェースと相互作用するのに適合し、アプリケーションをランさせるのに適合したプロセッサとを有する、ユーザ設備であって、信号伝達接続解放指示が、該無線ネットワークに送信されるべきかどうかをモニタする手段と、該信号伝達接続解放指示に該信号伝達接続解放指示に対する The present application is further configured to further provide a system adapted to process a signaling release indication cause, the system comprising a user equipment, the user equipment, the radio adapted to communicate with the UMTS network including radio subsystem and; has a digital signal processor, a radio processor adapted to interact with the wireless subsystem; memory and; user interface and; by run user applications, the memory, radio, and adapted to interact with the user interface, and a processor adapted to cause run an application, a user equipment, monitoring the signaling connection release indication, whether to be transmitted to the wireless network means for, for the signal transmission connection release indication to the signal transmission connection release indication 由を添付する手段と、該添付信号伝達接続解放指示を該無線ネットワークに送信する手段とを有することによって特徴付けられる、ユーザ設備と、該ユーザ設備と通信するのに適合した無線ネットワークであって、該信号伝達接続解放指示を受信する手段と、該理由をフィルタリングし、警告を発するかどうかを判断する手段とによってさらに特徴付けられる、無線ネットワークとを備える。 Means attaching the reason, characterized by having a means for transmitting a signaling connection release indication package insert to the wireless network, and user equipment, a wireless network adapted to communicate with the user equipment comprises means for receiving the signal transmitted connection release indication to filter the reason, further characterized by means for determining whether an alarm, and a wireless network.

本出願は、またさらに、無線ネットワークで改善された警告を追跡するために、ユーザ設備で信号伝達解放指示理由を処理する方法を提供し、該方法は、信号伝達接続解放指示が、該無線ネットワークに送信されるべきかどうかをモニタするステップと、該信号伝達接続解放指示に該信号伝達接続解放指示に対する理由を添付するステップと、該添付信号伝達接続解放指示を該無線ネットワークに送信するステップであって、該無線ネットワークは、該信号伝達接続解放指示の該理由の指示を提供する、ステップとを包含する。 The present application still further in order to track the warning improved in a wireless network, and provides a method for processing signaling release indication cause at user equipment, the method, signaling connection release indication, radio network in the step of transmitting comprising the steps of: monitoring whether to be transmitted, the method attaches the reason for the signal transmission connection release indication to the signal transmission connection release indication, signaling connection release indication package insert to the wireless network there are, wireless networks include, provides an indication of the reason of the signal transmission connection release indication, and a step.

本出願は、またさらに、信号伝達接続の解放を容易にするユーザ設備用装置を提供する。 This application still further provides apparatus for user equipment to facilitate release of the signaling connection. チェッカは、信号伝達接続解放指示が、送信されるべきかどうかをチェックするように構成される。 Checker, signaling connection release indication is configured to check whether it should be sent. 信号伝達接続解放指示センダは、信号伝達接続解放指示が送信されるべきであるという該チェッカによる指示に応答して、該信号伝達接続解放指示を送信するように構成される。 Signaling connection release indication sender, in response to an instruction by said checker that the signaling connection release indication should be sent, configured to transmit the signal transmission connection release indication. 該信号伝達接続解放指示は、信号伝達解放指示理由フィールドを含む。 The signal transmitting connection release indication includes a signaling release indication cause field.

本出願は、またさらに、信号伝達接続解放指示によって、動作するネットワーク装置を提供する。 The present application still further by signaling connection release indication, provides a network device for operation. 試験機は、該信号伝達接続解放指示の信号伝達解放指示理由フィールドを試験するように構成される。 Tester, configured to test the signaling release indication cause field of the signal transmission connection release indication. 該試験機は、該信号伝達解放指示理由フィールドが異常な状態を指示するかどうかをチェックする。 The tester checks whether the signal transduction release indication cause field instructs the abnormal state. 警告生成機は、該試験機による試験が、該信号伝達解放指示理由フィールドが該異常な状態を指示すると判断する場合、警告を選択的に生成するように構成される。 Warning generator is tested by said tester, when the signal transmitting release indication cause field determines that instructs the abnormal state, selectively configured to generate an alert.

本出願は、またさらに、UMTSネットワーク内で、信号伝達解放指示理由を提供するのに適合したユーザ設備を提供し、該ユーザ設備は、該UMTSネットワークと通信するのに適合した無線を含む無線サブシステムと;デジタル信号プロセッサを有し、該無線サブシステムと相互作用するのに適合した無線プロセッサと;メモリと;ユーザインターフェースと;ユーザアプリケーションをランさせて、該メモリ、ユーザインターフェースと;ユーザアプリケーションをランさせて、該メモリ、該無線、および該ユーザインターフェースと相互作用するのに適合し、アプリケーションをランさせるのに適合したプロセッサとを有し、該ユーザ設備は、信号伝達接続解放指示が、該無線ネットワークに送信されるべきかどうかをモニタする手 The present application still further in a UMTS network provides a user equipment adapted for providing signaling release indication cause, the user equipment, the radio sub-including radio adapted to communicate with the UMTS network system and; has a digital signal processor, a radio processor adapted to interact with the wireless subsystem; a user interface; memory and by run user applications, the memory, the user interface and, the user application by run, the memory, the radio and adapted to interact with the user interface, and a processor adapted to cause run an application, the user equipment, a signaling connection release indication, the hand to monitor whether it should be sent to the wireless network と、該信号伝達接続解放指示に、該信号伝達接続解放指示に対する理由を添付する手段と、該理由を含む該添付信号伝達接続解放指示を送信する手段であって、該無線ネットワークは、該信号伝達接続解放指示の該理由の指示を提供する、手段とを有することによって特徴付けられる。 If, on the signal transmission connection release indication, and it means attaching the reason for the signal transmission connection release indication, a means for transmitting a package insert with signaling connection release indication that includes the reason, the wireless network, the signal providing an indication of the reason for the transfer connection release indication, characterized by having means.

ここで、図1を参照する。 Reference is now made to Figure 1. 図1は、UMTSネットワークにおけるプロトコルスタックの無線リソース制御部分に対する様々なモードおよび状態を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing the various modes and states for the radio resource control portion of a protocol stack in a UMTS network. 特に、RRCは、RRCアイドル状態110またはRRC接続状態120のいずれかであり得る。 In particular, RRC can be either in an RRC idle state 110 or an RRC connected state 120.

当業者には理解されるように、UMTSネットワークは、2つの陸上ベースのネットワークセグメントからなる。 As will be appreciated by those skilled in the art, UMTS network consists of two land-based network segments. これらは、コアネットワーク(CN)および(図8に示されるような)ユニバーサル陸上無線アクセスネットワーク(UTRAN)である。 These are core network (CN) and (as shown in FIG. 8) universal terrestrial radio access network (UTRAN). コアネットワークは、外部ネットワークへのデータコールおよびデータ接続の交換およびルーティングを担い、UTRANは、全ての無線関連機能性を扱う。 The core network is responsible for switching and routing of data calls and data connections to external networks, UTRAN handles all radio-related functionality.

アイドルモード110において、UEとネットワークとの間でデータが交換される必要があるときはいつも、UEはRRC接続をリクエストし、無線リソースを設定しなくてはならない。 In idle mode 110, whenever data needs to be exchanged between the UE and the network, UE may request a RRC connection must be set the radio resources. これは、UEが接続を要求してデータを送信するアプリケーションの結果として、あるいはUEが、UTRANまたはSGSNがUEをページングしたかどうかを指示するページングチャネルをモニタして、プッシュサーバのような外部データネットワークからデータを受信する結果としてのいずれかであり得る。 This, as a result of the application of the UE to transmit data requesting the connection, or the UE, monitors the paging channel UTRAN or SGSN instructs whether the page the UE, external data such as a push server It can be either as a result of receiving data from the network. さらに、UEは、また、ロケーションエリア更新のような信号伝達メッセージを移動管理(Mobility Management)に送信する必要があるときは、いつでもRRC接続をリクエストする。 Furthermore, UE may also, when necessary to transmit a signaling message such as Location Area Update to the mobility management (Mobility Management) requests the RRC connection anytime.

一度、UEがUTRANにリクエストを送信すると、無線接続が確立し、UTRANは、RRC接続が中に入るようにするために状態を選択する。 Once the UE sends a request to the UTRAN, a radio connection is established, UTRAN selects a state in order to enter into the RRC connection. 特に、RRC接続モード120は、4つの個別状態を含む。 In particular, RRC connected mode 120 includes four separate states. これらは、CELL_DCH状態122、CELL_FACH状態124、CELL_PCH状態126、およびURA_PCH状態128である。 They, CELL_DCH state 122, CELL_FACH state 124, CELL_PCH state 126, and a URA_PCH state 128.

アイドルモード110から、RRC接続状態は、セル専用チャネル(CELL_DCH)状態122またはセル転送アクセスチャネル(CELL_FACH)状態124のいずれかに進み得る。 From idle mode 110, RRC connected state can proceed to one of the cells dedicated channel (CELL_DCH) state 122 or cell transfer access channel (CELL_FACH) state 124.

CELL_DCH状態122において、専用チャネルが、アップリンクとダウンリンクとの双方のためにUEに割り当てられ、データ交換する。 In CELL_DCH state 122, a dedicated channel is allocated to the UE for both uplink and downlink to exchange data. この状態は、UEに割り当てられた専用物理的チャネルを有するので、UEから最も多くのバッテリ電力を典型的に要求する。 This state, since it has a dedicated physical channel allocated to the UE, typically requires the most battery power from the UE.

代替として、UTRANは、アイドルモード110からCELL_FACH状態124に移動し得る。 Alternatively, UTRAN may move from idle mode 110 to a CELL_FACH state 124. CELL_FACH状態において、専用チャネルはUEに割り当てられない。 In CELL_FACH state, no dedicated channel is allocated to the UE. その代わりに、共通チャネルが、信号伝達を少量のバースティなデータで送信するために使用される。 Instead, common channels are used to transmit signaling in a small amount of bursty data. しかしながら、UEは、相変わらずFACHを連続的にモニタしなくてはならない。 However, UE may have to be continuously monitored still FACH. それゆえ、バッテリ電力を消費する。 Therefore, it consumes battery power.

RRC接続モード120内において、RRC状態は、UTRANの行動(discretion)を変更し得る。 In RRC connected mode 120, RRC state may change the UTRAN behavior (discretion). 特に、データ不活性が特定の時間の間に検出された場合、あるいは所定の閾値未満のスループットが検出された場合、UTRANは、RRC状態をCELL_DCH状態122から、CELL_FACH状態124、CELL_PCH状態126、またはURA_PCH状態128に、移動させ得る。 In particular, if the data inactive was detected during a specific time, or if the throughput is less than the predetermined threshold value is detected, UTRAN may the RRC state from CELL_DCH state 122, CELL_FACH state 124, CELL_PCH state 126 or, the URA_PCH state 128, may be moved. 同様に、ペイロードが所定の閾値を超えることが検出される場合、RRC状態は、CELL_FACH124からCELL_DCH122に移動し得る。 Similarly, if the payload it is detected that exceeds a predetermined threshold value, RRC state can be moved from CELL_FACH124 to CELL_DCH122.

CELL_FACH状態124から、データ不活性が一部のネットワークにおいて、所定の時間にわたって検出された場合、UTRANは、RRC状態をCELL_FACH状態124からページングチャネル(PCH)状態に移動させ得る。 From CELL_FACH state 124, a data inactive part of the network, when it is detected for a predetermined time, UTRAN may the RRC state from CELL_FACH state 124 is moved to the paging channel (PCH) state. これは、CELL_PCH 状態126またはURA_PCH状態128のいずれかであり得る。 This can be either the CELL_PCH state 126 or URA_PCH state 128.

CELL_PCH状態126またはURA_PCH状態128から、UEは、専用チャネルをリクエストする更新手順を開始するために、CELL_FACH状態124に移動されなくてはならない。 From CELL_PCH state 126 or URA_PCH state 128, UE, in order to initiate an update procedure to request a dedicated channel, must be moved to the CELL_FACH state 124. これは、UEが制御する唯一の状態移行である。 This is the only state transition that the UE controls.

CELL_PCH状態126およびURA_PCH状態128は、不連続受信サイクル(DRX)を使用し、包装メッセージおよびページングインディケータチャネル(PICH)によるページングをモニタする。 CELL_PCH state 126 and URA_PCH state 128 use a discontinuous reception cycle (DRX), monitors the paging by the packaging messages and paging indicator channel (PICH). アップリンク活動は、一切不可能である。 Uplink activity is not possible at all.

CELL_PCH状態126とURA_PCH状態128との間の差は、URA_PCH状態が、現在のセルの中に存在するURAアイデンティティのリストの中にUEの現在のUTRAN登録エリア(URA)がない場合、URA更新手順をトリガすることのみである。 The difference between CELL_PCH state 126 and URA_PCH state 128, if the URA_PCH state, no current UTRAN registration area of ​​a UE in the list of URA identities present in the current cell (URA) is, URA update procedure it is only to trigger. 具体的には、図2を参照する。 Specifically, referring to FIG. 図2は、様々なUMTSセル210、212、および214の図を示す。 Figure 2 shows an illustration of various UMTS cells 210, 212, and 214. これらのセルの全ては、CELL_PCH状態が再選択された場合、セル更新手順を要求する。 All of these cells, if the CELL_PCH state is re-selected, and requests the cell update procedure. しかしながら、UTRAN登録エリアにおいて、各セルは、同じUTRAN登録エリア220内にあり、したがって、URA更新手順は、URA_PCHモードのときに、210、212、および214の間で移動するとき、トリガされない。 However, in a UTRAN registration area, each cell is in the same UTRAN registration area 220, therefore, URA update procedure, when the URA_PCH mode, when moving between 210, 212, and 214, not triggered.

図2に示されるように、他のセル218は、URA220の外側にアップリンク、別個のURAの一部となり得るか、あるいはURAになり得ない。 As shown in FIG. 2, other cells 218, uplink outside the URA220, or can be part of a separate URA, or not be a URA.

当業者には理解されるように、バッテリ寿命見通しから、アイドル状態は、上述の状態と比べて、最も少ないバッテリ使用法を提供する。 As it will be appreciated by those skilled in the art, from a battery life perspective the idle state, compared with the above-described conditions, to provide the least battery usage. 具体的に、UEは、ページングチャネルをインターバルだけにおいて、モニタすることを要求されるので、無線は、連続的にオンである必要はないが、その代わりに、定期的に目覚める必要がある。 Specifically, UE, in a paging channel only interval, since it is required to monitor, the wireless is not need to continuously be on, but instead, it is necessary to wake up periodically. これに対するトレードオフは、データを送信する待ち時間である。 Trade-off for this is the latency to send data. しかしながら、この待ち時間は、さほど長くもない場合、アイドルモードであってバッテリ電力を節約することのメリットは、接続の待ち時間のデメリットを上回る。 However, this waiting time, if no less long, benefits of an idle mode to conserve battery power is above disadvantages of the connection latency.

再び、図1を参照する。 Again, referring to FIG. 1. 様々なUMTSインフラベンダは、様々な基準に基づいて、122、124、126、および128の状態間を移動する。 Various UMTS infrastructure vendors, based on various criteria, to move between states of 122, 124, 126, and 128. 例示的なインフラは、以下に概略される。 Exemplary infrastructures are outlined below.

第一の例示的なインフラにおいて、RRCは、アイドルモードとCell_DCH状態との間を直接移動する。 In a first exemplary infrastructure, RRC moves between an idle mode and a Cell_DCH state directly. Cell_DCH状態において、2秒間活性でないことが検出されると、RRC状態は、Cell_FACH状態124に変化する。 In the Cell_DCH state, if two seconds activity is detected, RRC state changes to Cell_FACH state 124. Cell_FACH状態124において、10秒間活性でないことが検出されたら、RRC状態は、PCH状態126に変化する。 In Cell_FACH state 124, if it is detected that not 10 seconds active, RRC state changes to PCH state 126. Cell_PCH状態126において、45分間活性でないことが検出されたら、その結果、RRC状態は、アイドル状態110に戻る。 In Cell_PCH state 126, if it is detected that not 45 minutes activity, as a result, RRC state, returns to the idle state 110.

第二の例示的なインフラにおいて、RRC移行は、ペイロード閾値に依存して、アイドルモード110と接続モード120との間で発生し得る。 In a second exemplary infrastructure, RRC transition depending on a payload threshold can occur between an idle mode 110 and connected mode 120. 第二のインフラにおいて、ペイロードが、所定の閾値未満であれば、UTRANは、RRC状態からCELL_FACH状態124に移動する。 In the second infrastructure, payload, is less than a predetermined threshold value, UTRAN moves from RRC state to CELL_FACH state 124. 逆に、データが所定のペイロードを上回る場合、UTRANは、RR状態をCELL_DCH状態122に移行する。 Conversely, if the data exceeds a predetermined payload, UTRAN shifts the RR state to CELL_DCH state 122. 第二のインフラで、CELL_DCH状態122において、2分間活性でないことが検出されると、UTRANは、RRCをCELL_FACH状態124に移動する。 In the second infrastructure, in CELL_DCH state 122, if two minutes activity is detected, UTRAN moves the RRC in the CELL_FACH state 124. CELL_FACH状態124において、5分間活性でないことが検出されると、UTRANは、RRC段階をCELL_PCH状態126に移動する。 In CELL_FACH state 124, if not a 5 minute activity is detected, UTRAN moves the RRC stage to CELL_PCH state 126. CELL_PCH状態126において、アイドルモード110に戻る前に、2時間の不活動が要求される。 In CELL_PCH state 126, before returning to the idle mode 110, inactivity 2 hours is required.

第三の例示的なインフラにおいて、アイドルモードと接続モード120との間の移動は、常に、CELL_DCH状態122である。 In a third exemplary infrastructure, movement between idle mode and connected mode 120 is always a CELL_DCH state 122. CELL_DCH状態122において、5秒間活性でなかった後に、UTRANは、RRC状態をCELL_FACH状態124に移動する。 In CELL_DCH state 122, after it was not 5 seconds activity, UTRAN moves the RRC state to CELL_FACH state 124. CELL_FACH状態124において、30秒間活性でないと、その結果、アイドル状態110に移動して戻る。 In CELL_FACH state 124, if not 30 seconds activity, as a result, it returns to move to the idle state 110.

第四の例示的なインフラにおいて、RRCは、アイドルモードから接続モードに直接移行し、CELL_DCH状態122になる。 In a fourth exemplary infrastructure, RRC, the process proceeds directly from the idle mode to the connection mode, the CELL_DCH state 122. 第四の例示的なインフラにおいて、CELL_DCH状態122は、2つのサブ状態を含む。 In a fourth exemplary infrastructure, CELL_DCH state 122 includes two sub-states. 第一は、高いデータレートを有するサブ状態であり、第二のサブ状態は、より低いデータレートを含むが、それでもなおCELL_DCH状態の範囲内である。 First, a sub-state which has a high data rate, the second sub-state includes a lower data rate, but still within the CELL_DCH state. 第四の例示的なインフラにおいて、RRCは、アイドルモード110から、高いデータレートのCELL_DCHサブ状態へと直接移行する。 In a fourth exemplary infrastructure, RRC is transitions from idle mode 110 directly into the high data rate CELL_DCH sub-state. 10秒間活性でない後、RRC状態は、低いCELL_DCH状態に移行する。 After not 10 seconds active, RRC state transitions to a low data rate CELL_DCH state. 低データのCELL_DCH状態122から17秒間活性でないと、その結果、RRC状態は、アイドルモード110に変化する。 When low data from CELL_DCH state 122 not 17 seconds activity, as a result, RRC state changes to the idle mode 110.

上述の4つの例示的なインフラは、様々なUMTSのインフラベンダが、状態をインプリメントしているかを示す。 Four exemplary infrastructure described above, indicates various UMTS infrastructure vendors are implementing the states. 当業者には理解されるように、各場合において、実際のデータ交換(例えば、eメール)に要した時間は、CELL_DCHまたはCELL_FACH状態に留まっていることを要求される時間に比べ、かなり短い。 As will be appreciated by those skilled in the art, in each case, the actual data exchange (e.g., e-mail) time required for the comparison with the time required that remains in CELL_DCH or CELL_FACH state, considerably shorter. このため、不必要なカレントドレインが生じ、その結果、ユーザは、UMTSのような新たな世代のネットワークにおいて、GPRSのような以前の世代のネットワークよりも、悪化するのを体験する。 Therefore, it caused unnecessary current drain, so that the user, in the new generation networks such as UMTS, than in prior generation networks such as GPRS, experience to deteriorate.

さらに、CELL_PCH状態は、CELL_FACH状態よりも最適であるが、バッテリ寿命の観点から、CELL_PCH状態におけるDRXサイクルは、典型的には、アイドルモード110より低い値に設定される。 Furthermore, the CELL_PCH state is more optimal than the CELL_FACH state from a battery life perspective, DRX cycle in CELL_PCH state is typically set to a lower value than the idle mode 110. その結果、UEは、アイドルモードよりも、CELL_PCH状態で、より頻繁に目覚めていることが要求される。 As a result, UE, rather than idle mode, CELL_PCH state, it is required to wake up more frequently.

アイドル状態のサイクルと同様のDRXサイクルを有するURA_PCH状態は、バッテリ寿命と接続における待ち時間との最適なトレードアップのように思われる。 URA_PCH state having the same DRX cycle and the idle cycle is likely the optimal trade up between battery life and latency for connection. しかしながら、URA_PCHは、現在、UTRANでサポートされていない。 However, URA_PCH is currently not supported by the UTRAN. それゆえ、バッテリ寿命の観点から、アプリケーションがデータ交換で終了したら、できるだけ迅速に、アイドルモードに移行することが望ましい。 Therefore, from a battery life perspective, after an application is finished with the data exchange, as quickly as possible, it is desirable to shift to the idle mode.

ここで、図3を参照する。 Here, referring to FIG. アイドルモードから接続モードへ移行するとき、様々な信号伝達およびデータ接続が、生成される必要がある。 When transitioning from an idle mode to a connected mode various signaling and data connections need to be generated. 図3を参照すると、実行されるべき必要のある第一のアイテムは、RRC接続設定である。 Referring to FIG. 3, the first item needing to be performed is an RRC connection setup. 上述のように、このRRC接続設定は、UTRANによってのみ、解体され得る。 As mentioned above, this RRC connection setup can only by UTRAN, may be dismantled.

一度、RRC接続設定310が達成されると、信号接続設定312が開始される。 Once RRC connection setup 310 is accomplished, a signaling connection setup 312 is started.

一度、信号設定312が終了すると、暗号化・保全性設定(ciphering and integrity setup)314が開始される。 Once signaling setup 312 is finished, encryption and integrity set (ciphering and integrity setup) 314 is started. これが完了すると、無線ベアラ設定316が達成される。 Once this is done, the radio bearer setup 316 is accomplished. この時点で、データは、UEとUTRANとの間で交換され得る。 At this point, data can be exchanged between the UE and UTRAN.

接続解体は、一般的に、この逆順で同様に達成される。 Connection Demolition generally is similarly accomplished in the reverse order. 無線ベアラ設定316は、解体され、次いで、RRC接続設定310が取り払われる。 Radio bearer setup 316 is taken down and then, RRC connection setup 310 is taken down. この時点で、RRCは、図1に示すように、アイドルモード110へと移動する。 At this point, RRC, as shown in FIG. 1, moves into idle mode 110.

現在の3GPP仕様によれば、UEが、RRC接続を解放すること、または、RRC状態にとってその好みを指示することはできないが、それでも、UEは、特定のコアネットワークドメイン(例えば、パケット交換アプリケーションで使用されるPacket Switched(PS))に対する信号伝達接続の終了を指示し得る。 According to current 3GPP specifications, UE has to release the RRC connection or can not be instructed its preference for RRC state, nevertheless, UE a particular core network domain (e.g., in packet switched applications may packet-switched applications Packet Switched used (PS)). 3GPP TS 25.331の8.1.14.1節に従うと、信号伝達接続解放指示手順は、UEによって使用され、UTRANに、その信号伝達接続の一つが解放されたことを指示する。 According to 8.1.14.1 Section 3GPP TS 25.331, the signaling connection release indication procedure is used by the UE, the UTRAN, indicating that one of its signaling connections has been released. この手順は、順に、RRC接続解放手順を開始し得る。 This procedure may in turn initiate the RRC connection release procedure.

このように、現行の3GGP仕様の範囲に留まると、信号伝達接続解放は、信号接続設定312の解体によって、開始され得る。 In this way, remain in the range of the current 3GGP specifications, signaling connection release is by dismantling the signaling connection setup 312, it may be initiated. 信号伝達接続設定312を解体する(tear down)ことは、UEの能力の範囲内であり、次いで、仕様に従えば、このことは、RRC接続解放を開始し「得る」。 Dismantling the signaling connection setup 312 (tear down) it is within the ability of the UE, then, according to the specification, this is to "may" initiate the RRC connection release.

当業者には理解されるように、信号伝達接続設定312が、解体される場合、UTRANは、また、解読・保全性設定312を一掃し、信号接続設定312が解体された後に、無線ベアラ設定316を一掃する必要がある。 As will be appreciated by those skilled in the art, if signaling connection setup 312 is torn down, UTRAN also wiped out decryption-integrity setup 312 after the signaling connection setup 312 has been torn down radio bearer configuration it is necessary to wipe out 316.

信号伝達接続設定312が、解体される場合、RRC接続設定は、典型的には、現在のベンダのインフラに対するネットワークによって停止される。 Signaling connection setup 312, when dismantled, RRC connection setup is typically stopped by a network in infrastructure of the current vendor.

上述を用いて、データ交換とともに行われるとUEが決定する場合、例えば、UEソフトウェアの「RRC接続マネージャ」コンポーネントが、データ交換が完了したという指示を提供された場合、RRC接続マネージャは、信号伝達接続設定312を解体するかどうかを判断し得る。 Using the above, if it is done with the exchange of data the UE determines, for example, if the "RRC connection manager" component of UE software is provided with an indication that the exchange of data is complete, RRC connection manager signaling It may determine whether to dismantle the connection setup 312. 例えば、デバイス上でのeメールアプリケーションは、eメールが本当にプッシュサーバによって受信されたという、プッシュeメールサーバからの通知を受信したという指示を送信する。 For example, e-mail application on the device, that the e-mail was indeed received by the push server, sends an indication that it has received a notification from push e-mail server. RRCマネージャは、関連PDPコンテキスト、関連PS無線ベアラおよび関連回路交換(CS)無線ベアラの全ての現行のアプリケーションを追跡し得る。 RRC manager, associated PDP contexts, may track all current applications associated PS radio bearers and associated circuit switched (CS) radio bearers. この場合の遅延は、データ交換でもって、そのアプリケーションが本当に終了し、もはや、「完了」指示を送信した後もRRC接続をもはや必要としない。 Delay in this case, has in the data exchange, the application is really the end, no longer, not with the RRC connection no longer be required after sending a "complete" indication. この遅延は、このアプリケーションと関連する非活性なタイムアウトと同等である。 This delay is equivalent to the inactive timeout associated with the application. 各アプリケーションは、それ自身の非活性なタイムアウトを有し得る。 Each application may have an inactive timeout of its own. 例えば、eメールアプリケーションは、5秒の非活性なタイムアウトを有し得るが、活性なブラウザアプリケーションは、60秒の非活性なタイムアウトを有し得る。 For example, e-mail application can have an inactive timeout of 5 seconds, an active browser application can have a non-active timeout 60 seconds. 活性なアプリケーションからの全てのこのような指示の復号ステータスに基づいて、UEソフトウェアは、UEソフトウェアが、適切なコアネットワーク(例えば、PSドメイン)の信号伝達接続解放を開始し得るまでに、どのくらい待つべきであるかを判断する。 Based on a composite status of all such indications from active applications, UE software, UE software, appropriate core network (e.g., PS domain) before it can initiate a signaling connection release of, wait how much to determine whether it should.

非活性なタイムアウトは、トラフィックパターン履歴および/またはアプリケーションプロファイルに基づいて、ダイナミックベースでなされ得る。 Inactive timeout, based on traffic pattern history and / or application profile can be made dynamic based.

RRC接続マネージャが、どのアプリケーションもデータ交換を期待されないとある程度の確率で判断するときはいつも、RCC接続マネージャは、適切なドメインに対する信号伝達接続解放指示手順を送信し得る。 RRC connection manager, any application whenever determining a certain probability if is expected to exchange data, RCC connection manager may transmit signaling connection release indication procedure for the appropriate domain.

上述のUEで開始されたアイドルモードへの移行は、図1に示すようなRRC接続モード120の任意の段階で起こり得て、また、RRC接続ネットワークから解放させ、図1に示すようなアイドルモード110に移動させて終了する。 Transition to being started in the above-described UE idle mode, can occur at any stage of the RRC connected mode 120 as shown in FIG. 1, also is released from the RRC connection network, idle mode as shown in FIG. 1 It is moved to 110 and ends. これは、また、音声コール中に、UEが任意のパケットデータサービスを実行しているときにも、適用可能である。 This also during a voice call, also, is applicable when the UE is performing any packet data services. この場合、PSドメインのみが解放されるが、CSドメインは接続されたままである。 In this case, only the PS domain is released, CS domain remains connected.

上述のネットワークの考え方における問題は、UEによって送信された信号伝達接続解放指示が、警告として解釈されることである。 The problem in the concept of the above networks is that the signaling connection release indication sent by the UE is interpreted as a warning. 信号伝達ネットワーク解放が、適用タイマ時間切れのためにより、UEによって明確なアクションの結果であり、それゆえ、さらなるデータが期待されない場合、上記の指示によって生じた警告は、性能および警告指示をスキューする。 Signaling network release is due for application timer expires, the result of explicit action by the UE, therefore, if the additional data is not expected, a warning generated by the above instruction, the skew performance and warning indication . キー性能インディケータは、これによって変更され得、効率の損失へと導く。 Key performance indicators may be changed by this, leading to a loss of efficiency.

好ましくは、理由が、UTRANに指示に対する理由を指示する信号伝達接続解放指示に追加されるべきである。 Preferably, reason, should be added to the signaling connection release indication instructing the reason for instructing the UTRAN. 好ましい実施形態において、その理由は、異常な状態が指示の理由となったという指示か、あるいはリクエストされたアイドル移行の結果として、UEによって開始されたという指示であり得る。 In a preferred embodiment, because the abnormal condition as a result of instructions or, alternatively requested idle transition that was the reason for the indication may be an indication that was initiated by the UE. 他の正常(すなわち、異常でない)トランザクションは、結果として、信号伝達接続解放指示の送信であり得る。 Other normal (i.e., not abnormal) transactions, as a result, may be the transmission of the signaling connection release indication.

さらなる好ましい実施形態において、様々なタイムアウトは、異常な状態に対する信号伝達接続指示の理由となり得る。 In a further preferred embodiment, various timeouts can be a reason for the signaling connection indication to an abnormal state. 以下のタイマの例は、網羅的なものでなく、他のタイマ、あるいは他の条件も可能である。 The following examples of timer exhaustive ones Not, other timers or other conditions, are also possible. 例えば、3GPP. For example, 3GPP. TS 24.008の10.2.47は、タイマT3310として、以下を特定する。 10.2.47 of TS 24.008 is, as a timer T3310, to identify the following.

このタイマは、アタッチ失敗を指示するために使用される。 This timer is used to indicate an attach failure. アタッチ失敗は、ネットワークの結果であり得るか、あるいは衝突または不良無線周波数(RF)のようなRF問題であり得る。 Attach fails may be a RF problems as if be the result of a network, or a collision or bad radio frequency (RF).

添付の試みは、複数回起こり得、アタッチ失敗は、所定回数の失敗または明確な拒絶のいずれかの結果である。 Attachment attempt can take place multiple times, attach failure is the result of either failure or explicit rejection of the predetermined number of times.

3GPPの10.2.47の第二のタイマは、T3330であり、以下のように特定される。 The second timer of 10.2.47 of 3GPP is T3330, is specified as follows.

このタイマは、ルーティングエリア更新失敗を指示するために使用される。 This timer is used to indicate a routing area update failure. タイマが時間切れになると、さらなるルーティングエリア更新が、複数回リクエストされ得て、ルーティングエリア更新失敗は、所定回数の失敗または明確な拒絶のいずれかの結果である。 When the timer expires, a further routing area update, it could be several times the request, a routing area update failure is the result of either failure or explicit rejection of the predetermined number of times.

3GPPの10.2.47の第三のタイマは、T3340であり、以下のように特定される。 A third timer of 10.2.47 of 3GPP is T3340, is specified as follows.

このタイマは、GMMサービスリクエスト失敗を指示するために使用される。 This timer is used to indicate a GMM service request failure. タイマが時間切れになると、さらなるGMMサービスリクエストが、複数回開始され得、GMMサービスリクエスト失敗は、所定回数の失敗または明確な拒絶のいずれかの結果である。 When the timer expires, a further GMM service request, obtain started several times, GMM service request failure is a result of either failure or explicit rejection of the predetermined number of times.

このように、信号伝達解放指示は、異常な状態およびUEによる解放に限られる代わりに、信号伝達解放指示は、さらに、異常な状態に対してどのタイマが失敗したかに関する情報を含み得る。 Thus, the signaling release indication, instead of being limited to the release by the abnormal condition and UE, signaling release indication may further include information about which timer failed for an abnormal condition. 信号伝達接続解放指示は、以下のように構造化され得る。 Signaling connection release indication may be structured as follows.

このメッセージは、UEによって使用され、UTRANに既存の信号伝達接続を解放するように指示する。 This message is used by the UE, and instructs to release the existing signaling connection to the UTRAN. 信号伝達解放指示を追加すると、UTRANまたは他のネットワークエレメントは、信号伝達解放指示の理由、つまり異常な状態によるものであったのか、あるいは異常な状態とは何であったかを受信することができる。 Adding the signaling release indication, UTRAN or other network element can receive reasons signaling release indication, i.e. aberrant ones in which was the one by the state, or What was the abnormal condition. そして、RRC接続解放手順が、次いで、開始されることが可能になる。 Then, RRC connection release procedure is, then it is possible to be initiated.

一つのインプリメンテーションにおいて、UEは、解放または中断するようにというリクエストを受信すると、特定のCN(コアネットワーク)ドメインに対する上部層からの信号伝達接続は、IE(情報エレメント)「CNドメインアイデンティティ」で識別される特定のCNドメインに対する変数(例えば、変数ESTABLISHED_SIGNALING_CONNECTIONS)で識別されるような信号伝達接続が存在する場合、信号伝達接続解放指示を開始する。 In one implementation, UE receives a request to so as to release or break, a signaling connection from upper layers for a specific CN (core network) domain, IE (information element) "CN domain identity" variables (e.g., variable ESTABLISHED_SIGNALING_CONNECTIONS) in to a particular CN domain identified if signaling connection as identified in the presence initiates a signaling connection release indication. 変数が、既存の信号伝達接続を一切識別しない場合、その特定のCNドメインに対する信号伝達接続の進行中の確立は、いずれも別の方法で中断される。 Variables, if not identify any existing signaling connection, establishing ongoing signaling connection for that specific CN domain are both interrupted in another way. そして、CELL_PCHまたはURA_PCH状態で、信号伝達接続解放指示手順が開始すると、UEは、「アップリンクデータ送信」理由を用いて、セル更新手順を実行する。 Then, in CELL_PCH or URA_PCH state, the signaling connection release indication procedure is initiated, UE, using the reason "uplink data transmission", to perform the cell update procedure. そして、セル更新手順が成功裏に完了したとき、UEは、その後の信号伝達接続解放指示手順を続ける。 When the cell update procedure is completed successfully, UE continues the subsequent signaling connection release indication procedure.

すなわち、UEは、IE「CNドメインアイデンティティ」を上部ロジカル層によって指示された値に設定する。 That, UE sets the IE "CN domain identity" to the value indicated by upper logical layers. IEの値は、CNドメインを指示し、その関連信号伝達接続は、上部層が解放されるべきことを指示する関連信号伝達接続である。 The value of the IE instructs the CN domain, its associated signaling connection is an associated signaling connection that indicates that should the upper layer is released. CNドメインアイデンティティが、PSドメインに設定される場合で、上部層は、このリクエストを開始する理由を指示する場合、IE「信号伝達解放指示理由」は、これに従って設定される。 CN domain identity, when set in the PS domain, the upper layer, to instruct the reason for initiating this request, IE "signaling release indication cause" is set accordingly. UEは、変数「established_signaling_connections」から上部層によって指示されたアイデンティティを有する信号伝達接続をさらに除去する。 UE further removes the signaling connection with the identity indicated by upper layers from the variable "established_signaling_connections". そして、UEは、信号伝達接続解放指示メッセージを、例えば、AM RLCを用いて、DCCH上で送信する。 Then, UE has a signaling connection release indication message, for example, using the AM RLC, is sent on DCCH. RLCによって解放指示メッセージの配信が成功したことを確認すると、この手順は終了する。 When it is confirmed that the delivery of the release indication message by the RLC is successful, the procedure ends.

IE「Signaling Release Indication Cause」も、また本開示の実施形態に関して用いられる。 IE "Signaling Release Indication the Cause" are also used with respect to embodiments of the present disclosure. 解放理由は、例えば、既存のメッセージ定義で、アラインされる。 Release because, for example, in the existing message definitions are aligned. 上部層解放理由メッセージも例えば、以下のように構造化される。 Upper layer release reason message also for example, be structured as follows.

この例において、T3310、T3330、およびT3340は、上記で識別された対応するように番号付けされたタイマの時間切れに相当する。 In this example, T3310, T3330, and T3340 correspond to expiration of the timer, numbered to correspond identified above. 理由値は、一つの実施形態において、状態移行によって判断するUTRANに提供する「UE Requested idle transition」よりも、むしろ「UE Requested PS Data session end」として、設定可能である。 Cause value, in one embodiment, rather than providing the UTRAN to determine the state transition "UE Requested idle transition", as rather "UE Requested PS Data session end", can be set. しかしながら、期待される結果は、理由値によって識別される結果に対応する。 However, the expected result corresponds to the results identified by the cause value. 信号伝達接続解放指示への拡張(extension)は、好ましいが、必ずしも必要ではなく、クリティカルでない拡張である。 Extension to the signaling connection release indication (extension) is preferably, but not necessarily required, non-critical extension.

ここで、図9を参照する。 Here, referring to FIG. 図9は、様々なドメイン(例えば、PSまたはCS)に対する信号伝達接続解放指示を送信するかしないかを例示的にUEをモニタする流れ図である。 Figure 9 is a flow chart to monitor the exemplary UE whether or not to send a signaling connection release indication for various domains (e.g., PS or CS). プロセス910は、ステップ910で開始する。 The process 910 begins at step 910.

UEは、ステップ912へ移行し、ここで、異常な状態が存在するかどうかを見るためにチェックする。 The UE proceeds to step 912, where checks to see whether an abnormal condition exists. このような異常な状態には、例えば、上述したような、タイマT3310、タイマT3320、またはタイマT3340の時間切れを含み得る。 Such abnormal condition, for example, as described above, timer T3310, may include expiration of a timer T3320 or a timer T3340,. これらのタイマが、ある所定の回数、時間切れとなった場合、あるいはこれらのタイマのいずれかの時間切れに基づいて、明確な拒絶を受信する場合、UEは、ステップ914に進み、ここで、信号伝達接続解放指示を送信する。 If these timers, a given number of times, if timed out, or that based on either the expiration of these timers, receiving a clear rejection, UE proceeds to step 914, where, sending a signaling connection release indication. 信号伝達接続解放指示メッセージは、信号伝達解放指示理由フィールドを用いて添付される。 Signaling connection release indication message is appended with a signaling release indication cause field. 信号伝達解放指示理由フィールドは、信号伝達接続解放指示が異常な状態(conditionまたはstate)に基づくことを少なくとも含み、好ましい実施形態は、異常な状態の結果としてタイムアウトする特定のタイマを含む。 Signaling release indication cause field includes at least that the signaling connection release indication is based on an abnormal state (condition or state), the preferred embodiment includes specific timer that timed out as a result of abnormal condition.

逆に、ステップ912で、UEが異常な状態が存在しないことを見出す場合、UEは、ステップ920に進み、ここで、さらなるデータがUEで期待されるかどうかをチェックする。 Conversely, in step 912, when finding that the UE no abnormal condition, UE proceeds to step 920, where it is checked whether further data is expected at UE. これは、上述のように、eメールが送信され、そのeメールの送信確認がUEに返信されたときを含む。 This is because, as described above, e-mail is sent, including when the transmission confirmation of the e-mail is sent back to the UE. UEがさらなるデータがもはや期待されないかどうかを判断する他の例は、当業者には周知である。 Other examples for the UE to determine whether further data is no longer expected, well known to those skilled in the art.

ステップ920で、データ伝達が終了した(あるいは、回路交換の場合、ドメインコールが終了した)と、UEが判断する場合、UEは、ステップ922に進み、ここで、信号伝達接続解放指示を送信する。 In step 920, the data transfer is completed (or, if the circuit switched domain the call is completed) and, if the UE determines, UE proceeds to step 922, where, transmits a signaling connection release indication . この信号伝達接続解放指示の中に、信号伝達解放指示理由フィールドが追加され、このフィールドはUEがアイドル移行をリクエストしたという事実を含む。 In this signaling connection release indication, is added signaling release indication cause field, this field contains the fact that the UE has requested idle transition.

データが終了しない場合、ステップ920から、UEはループを戻り、ステップ912で異常な状態が存在しないかどうかをチェックし、ステップ920でデータが終了するかどうかをチェックし続ける。 If the data is not completed, steps 920, UE loops back to check whether or not an abnormal condition exists in step 912 and continues to check whether the data is completed in step 920.

一度、ステップ914またはステップ922で、信号伝達接続解放指示が送信されると、プロセスは、ステップ930に進み、終了する。 Once at step 914 or step 922, the signaling connection release indication is sent, the process proceeds to step 930 and ends.

UEは、機能エレメントを含む。 UE includes functional elements. これらの機能エレメントは、例えば、UEマイクロプロセッサの動作を介して実行されるアプリケーションまたはアルゴリズムによって、あるいは、ハードウェアインプリメンテーションによって、インプリメント可能であり、チェッカおよび信号伝達接続解放指示センダを形成する。 These functional elements can, for example, by an application or algorithm is executed via the operation of a UE microprocessor or by hardware implementation, it is implementable, to form a checker and a signaling connection release indication sender. チェッカは、信号伝達接続解放指示が送信されるべきかどうかをチェックするように構成される。 Checker is configured signaling connection release indication to check whether to be transmitted. そして、信号伝達接続解放指示センダが、チェッカによる信号伝達接続解放指示を送信すべきであるという指示に応答して、信号伝達接続解放指示を送信するように構成される。 The signaling connection release indication sender is responsive instruct that it should send a signaling connection release indication by the checker configured to send a signaling connection release indication. 信号伝達接続解放指示は、信号伝達解放指示理由フィールドを含む。 Signaling connection release indication includes a signaling release indication cause field.

一つのインプリメンテーションにおいて、ネットワークは、代わりに、暗黙にタイマのタイムアウトに気付くようにされ、UEはタイマのタイムアウトを指示する理由値を送信する必要はない。 In one implementation, the network is, instead, implicitly been aware of the time-out of the timer, UE need not send a cause value indicating a time-out of the timer. つまり、タイマは、ネットワークの承諾を受けて、時間計測を開始する。 In other words, the timer, in response to the consent of the network, to start a time measurement. 理由コードが規定され、その理由コードは、ネットワークによってUEに提供される。 Reason code is defined, the reason code is provided by the network to the UE. このような理由コードは、タイマを開始するために、UEによって使用される。 The reason code in order to start a timer, is used by the UE. そして、ネットワークによって以前に送信された理由コードが、タイマに時間測定をさせると、ネットワークは、暗黙のうちに、タイマの次のタイムアウトに対する根拠に気付く。 The reason code previously transmitted by the network is, when is the time measured in the timer, the network implicitly aware basis for the next timeout timer. そして、その結果として、UEは、タイマの時間切れを指示する理由値を送信する必要がなくなる。 Then, as a result, UE does not need to send a cause value indicating the expiration of a timer.

図10を参照すると、ネットワークエレメントが、ステップ1010で信号伝達接続解放指示を受信するとき、ネットワークエレメントは、ステップ1014で信号伝達解放指示理由フィールドを試験し、ステップ1016で、その理由が異常な理由であるかどうか、あるいはその理由はUEがアイドル移行をリクエストしたことによるかどうかをチェックする。 Referring to FIG. 10, the network element, when receiving the signaling connection release indication in step 1010, the network element testing the signaling release indication cause field in step 1014, the reason in step 1016, the reason is abnormal whether it is, or why it is checked whether due to the fact that the UE has requested the idle transition. ステップ1016で、信号伝達接続解放指示が、異常な理由である場合、ネットワークノードは、ステップ1020に進み、ここでは、警告は、性能をモニタするため、および警告モニタの目的であると注記される。 In step 1016, the signaling connection release indication, if an abnormal reason, the network node proceeds to step 1020, where the alert is noted as for monitoring the performance, and an object of the Alert Monitor . キー性能インディケータは、適切に更新され得る。 Key performance indicator can be updated appropriately.

逆に、ステップ1016で、信号伝達接続解放指示の理由が、異常な状態の結果でない場合、あるいは換言すれば、UEがアイドル移行をリクエストした結果である場合、ネットワークノードは、ステップ1030に進み、ここで、警告が発せられず、指示は、性能統計からフィルタリングされ得、これによって、性能統計がスキューすることが妨げられる。 Conversely, at step 1016, the reason for the signaling connection release indication, if it is not the result of an abnormal condition, or in other words, if the result of the UE requested an idle transition, the network node proceeds to step 1030, here, a warning is not issued, the instruction may be filtered from the performance statistics, thereby, it prevents that the performance statistics are skewed. ステップ1020またはステップ1030から、ネットワークノードは、ステップ1040に進み、プロセスは終了する。 From step 1020 or step 1030, the network node proceeds to step 1040, the process ends.

信号伝達解放指示理由フィールドを受信し、試験すると、その結果、ネットワークエレメントによって、RRC接続解放手順が開始される。 Receiving a signaling release indication cause field, when tested, as a result, the network elements, RRC connection release procedure is initiated. そして、パケット交換データ接続が終了する。 Then, the packet-switched data connection is terminated.

当業者には理解されるように、ステップ1020は、様々な警告状態の間でさらに区分するために使用され得る。 As will be appreciated by those skilled in the art, step 1020 can be used to distinguish further between various alarm conditions. 例えば、T3310のタイムアウトは、第一の統計セットを維持するために使用され得、T3330のタイムアウトは、第二の統計セットを維持するために使用され得る。 For example, the timeout of T3310 may be used to maintain the first set of statistics, timeout T3330 may be used to maintain the second set of statistics. ステップ1020は、異常な状態の理由で区別し得る。 Step 1020 can distinguish the reason of abnormal conditions. これによって、ネットワークオペレータは、性能をより効率的に追跡可能となる。 Thereby, the network operator will become more efficient trackable performance.

ネットワークは、機能エレメントを含む。 Network, including the functional elements. これらの機能エレメントは、例えば、UEマイクロプロセッサの動作を介して実行されるアプリケーションまたはアルゴリズムによって、あるいは、ハードウェアインプリメンテーションによって、インプリメント可能であり、試験機および警告生成機を形成する。 These functional elements can, for example, by an application or algorithm is executed via the operation of a UE microprocessor or by hardware implementation, it is implementable, to form a test machine and a warning generator. 試験機は、信号伝達接続解放指示の信号伝達解放指示理由フィールドを試験するように構成される。 Tester, configured to test the signaling release indication cause field of the signaling connection release indication. 試験機は、信号伝達解放指示理由フィールドが異常な状態であるかどうかをチェックする。 Tester checks whether the signaling release indication cause field is abnormal. 警告生成機は、試験機による試験が信号伝達解放指示理由フィールドが異常な状態を示す場合、警告を選択的に生成するように構成される。 Alert generation machine, if the test by the test machine showing the abnormal state signaling release indication cause field configured to selectively generate a warning.

一つのインプリメンテーションにおいて、UTRANは、信号伝達接続解放指示を受信すると、上部層から受信された理由を転送し、信号伝達接続の解放をリクエストする。 In one implementation, UTRAN receives the signaling connection release indication, transfers the reasons set received from the upper layer requests the release of the signaling connection. 上部層は、信号伝達接続の解放を開始することが可能である。 The top layer is capable of initiating the release of the signaling connection. IE信号伝達解放指示理由は、UEの上部層に指示することで、UEのRRCをトリガし、メッセージを送信させるようにする。 IE signaling release indication cause, by instructing the upper layer of the UE, triggering the UE in RRC, so as to transmit the message. その理由は、おそらく、異常な上部層手順の結果である。 The reason is probably the result of aberrant upper layer procedure. メッセージの理由の区分は、IEを成功裏に受信することで確保される。 Category reason messages are secured by receiving the IE successfully.

可能性のあるシナリオには、信号伝達接続解放指示メッセージが成功裏に配信されたことがRLCによって確認される前に、信号伝達無線ベアラRB2上のRLC全体の送信側の再確立が起こるシナリオを含む。 The potential scenarios, before the signaling connection release indication message is delivered successfully is confirmed by the RLC, the scenario where re-establishment of the transmitting side of the entire RLC on signaling radio bearer RB2 occurs including. このようなことが起こった場合、UEは、例えば、信号伝達無線ベアラRB2上のAM RLCを用いて、アップリンクDCCH上の信号伝達接続解放指示メッセージを再送信する。 If this happens, UE, for example, using the AM RLC on signaling radio bearer RB2, it retransmits the signaling connection release indication message on the uplink DCCH. 信号伝達接続解放指示メッセージが成功裏に配信されたことの確認が、RLCによって成功裏に配信される前に、UTRAN手順の性能からのエンターRATの引き継ぎが起こった場合、UEは、新たなRATの間に、信号伝達接続を中断する。 If the signaling connection release indication message is confirmation that was delivered successfully, before being delivered successfully by the RLC, it occurred takeover of the enter RAT from the performance of the UTRAN procedure, UE, a new RAT during interrupts the signal transmission connection.

再び、図1を参照すると、一部の場合において、アイドルモードにあるよりも、接続モード状態URA_PCHにあることが、より望ましい。 Referring again to FIG. 1, in some cases, than in idle mode, to be in the connected mode state URA_PCH is more desirable. 例えば、CELL_DCHまたはCELL_FACH接続モード状態に接続する待ち時間が少なくなることを要求される場合、接続モードPCH状態にあることが望ましい。 For example, when required to wait to be connected to the CELL_DCH or CELL_FACH connected mode states is reduced, it is preferable to be in a connected mode PCH state. これを達成するには、2つの方法がある。 To achieve this, there are two ways. 第一は、3GPP仕様を変更して、UEがUTRANに、自身を特定の状態(この場合は、URA_PCH状態128)に移動するように要求することである。 First is by changing the 3GPP specifications, the UE is UTRAN, the specific state (in this case, URA_PCH state 128) itself is to request to move.

代替として、RRC接続マネージャは、RRCの接続が現状どのような状態であるかのような他の要因を考慮に入れ得る。 Alternatively, RRC connection manager, RRC connection may take into account other factors such as what kind of state situation. 例えば、RRC接続がURA_PCH状態である場合、RRC接続は、自身がアイドルモード110に移動する必要がなく、それゆえ、信号接続解放の手順は、開始されない。 For example, if the RRC connection is URA_PCH state, the RRC connection is not required to itself move to idle mode 110 and thus no Signaling connection release procedure is initiated.

図4を参照する。 Referring to FIG. 4. 図4Aは、上述のインフラストラクチャの「4つ」の例に従って、現在のUMTSのインプリメンテーションを示す。 Figure 4A, in accordance with "four" example above infrastructure illustrates an implementation of the current UMTS. 図4に示すように、時間は横軸に沿う。 As shown in Figure 4, time is across the horizontal axis.

UEは、RRCアイドル状態110で開始し、送信されるべきローカルデータ、または、UTRANから受領したページに基づいて、RRC接続の確立を始める。 The UE starts in RRC idle state 110, the local data to be transmitted or, on the basis of the page received from the UTRAN, starts to establish an RRC connection.

図4Aに示されるように、RRC接続設定310は、最初に起こり、RRC状態は、この時間中、接続状態410である。 As illustrated in Figure 4A, RRC connection setup 310 occurs first, RRC state, during this time, a connection state 410.

次いで、信号接続設定312、暗号化・保全性設定314、および、無線ベアラ設定316が起こる。 Then, signaling connections setup 312, ciphering an integrity setup 314, and radio bearer setup 316 occurs. RRC状態は、この間、CELL_DCH状態122である。 RRC state is CELL_DCH state 122 during this. 図4Aに示されるように、RRCアイドルから移動する時間と、無線ベアラが設定される時間との比率は、この例において、ほぼ2秒である。 As shown in FIG. 4A, time for moving from RRC idle to the ratio of the time the radio bearer is set, in this example, is approximately 2 seconds.

次いで、データが交換される。 Next, the data is exchanged. 図4Aの例において、これは、約2〜4秒で達成され、ステップ420によって示される。 In the example of Figure 4A, this is achieved in about 2-4 seconds, as indicated by step 420.

ステップ420において、データが交換された後、必要に応じての断続的なRLC信号PDUを除くと、データは全く交換されない。 In step 420, after the data has been exchanged, except for intermittent RLC signaling PDU as required, the data is not at all replaced. こうして、無線ベアラは、約10秒後に、低データレートのDCH状態に移動するように、ネットワークによって再構成される。 Thus, the radio bearer, after about 10 seconds, to move to the lower data rate DCH state, reconstructed by the network. これは、ステップ422および424で示されている。 This is indicated at step 422 and 424.

低データレートのDCH状態において、17秒間にわたって何も受信されない。 In the lower data rate DCH state nothing is received for 17 seconds. この時点で、ステップ428で、RRC接続は、ネットワークによって解放される。 At this point, in step 428, RRC connection is released by the network.

一度、RRC接続が、ステップ428で開始されると、RRC状態は、約40ミリ秒にわたって非接続状態430に入り、その後、UEがRRCアイドル状態110になる。 Once, RRC connection is initiated in step 428, RRC state proceeds to a disconnecting state 430 for approximately forty milliseconds, after which, UE is RRC idle state 110.

また、図4Aに示されているように、UEの電流消費は、RRCがCELL_DCH状態122にあるときの期間にわたって示される。 Further, as shown in Figure 4A, UE current consumption of, RRC is shown over a period of time in a CELL_DCH state 122. 図示のように、電流消費は、CELL_DCH状態の全期間にわたって、約200〜300ミリアンペアである。 As shown, the current consumption, for the entire duration of the CELL_DCH state, is about 200 to 300 mA. 非接続およびアイドルの間に、DRXサイクルを1.28秒と仮定すると、約3ミリアンペアが使用される。 During disconnect and idle, assuming a DRX cycle of 1.28 seconds, about 3 milliamps are utilized. しかしながら、35秒間の電流消費200〜300ミリアンペアは、バッテリを消耗させる。 However, the current consumption from 200 to 300 mA for 35 seconds, thereby wasting the battery.

ここで、図4Bを参照する。 Reference is now made to Figure 4B. 図4Bは、上記から同じ例示的なインフラストラクチャ「4つ」を利用しているが、ここでのみ、信号接続解放をインプリメントしている。 Figure 4B is utilizes the same exemplary infrastructure "four" from above, only now, has implemented a signaling connection release.

図4Bに示すように、同じ設定ステップ310、312、314および316が起こり、これには、RRCアイドル状態110とRRC CELL_DCH状態122との間を移動するときと、同じ時間量を要する。 As shown in FIG. 4B, it occurs the same setting step 310, 312, 314 and 316, the this, as when moving between RRC idle state 110 and RRC CELL_DCH state 122, takes the same amount of time.

さらに、図4Aの例示的なeメール用のRRCデータPDU交換も、また、図4Bで行われ、これに、約2〜4秒を要する。 Furthermore, the exemplary RRC data PDU exchange for the e-mail of Figure 4A is also done at Figure 4B, in this takes about 2-4 seconds.

図4Bの例の中のUEは、アプリケーション特有の不活動タイムアウトを有する。 UE in the example of Figure 4B has an application specific inactivity timeout. 図4Bの例におけるこのタイムアウトは2秒であり、ステップ440によって描かれている。 This timeout is 2 seconds, depicted by step 440 in the example of Figure 4B. RRC接続マネージャが特定の時間量にわたって、不活動があると判断した後、ステップ442で、UEは信号接続設定を解放し、ステップ428で、RRC接続はネットワークによって解放される。 Over the amount RRC connection manager specified time, after determining that there is inactivity, in step 442, UE releases the signaling connection setup in step 428, the RRC connection is released by the network.

図4Bに示すように、ステップ122のCELL_DCHの電流消費は、それでもなお、約200〜300ミリアンペアである。 As shown in Figure 4B, the current consumption of the CELL_DCH step 122 is still, about 200 to 300 mA. しかしながら、接続時間は、約8秒のみである。 However, the connection time is only about eight seconds. 当業者には理解されるように、モバイルがセルDCH状態122のままである時間が、かなり短い時間量なので、その結果、常にオンであるUEデバイス上のバッテリ節約は、著しいものとなる。 As will be appreciated by those skilled in the art, the mobile there is still a is time for the cell DCH state 122, since considerably shorter amount of time, as a result, always battery saves on the UE device is on, a remarkable.

ここで、図5を参照する。 Referring now to FIG. 図5は、上述で示したインフラストラクチャ「3」と示されるインフラを用いる第二の例である。 Figure 5 is a second example using the infrastructure indicated as Infrastructure "three" shown above. 図4Aおよび図4Bと同様、接続設定は、約2秒を要して起こる。 As with Figures 4A and 4B, a connection setup occurs over a period of about 2 seconds. これは、RRC接続設定310、信号接続設定312、暗号化・保全性設定314、および、無線ベアラ316を要する。 This, RRC connection setup 310, signaling connection setup 312, the ciphering and integrity setup 314 and, require a radio bearer 316.

この設定の間に、UEは、RRCアイドルモード110からCELL_DCH状態122に移動する。 During this setting, UE moves from RRC idle mode 110 to a CELL_DCH state 122. この両者の間に、RRC状態接続ステップ410がある。 During this two a RRC state connecting step 410.

図4Aと同様に、図5Aにおいて、RLCデータPDU交換が起こり、図5Aの例においては、約2〜4秒を要する。 As with Figure 4A, in Figure 5A, RLC data PDU exchange occurs, in the example of FIG. 5A, takes about 2-4 seconds.

インフラストラクチャ3に従うと、RLC信号PDU交換は、データを全く受信しないので、必要に応じての断続的なRLC信号PDUを除き、こうして、ステップ422で、5秒の間、アイドルである。 According to the infrastructure 3, RLC signal PDU exchange does not receive data at all, except for intermittent RLC signaling PDU as required, thus, in step 422, during 5 seconds, it is idle. この時点において、無線ベアラは、CELL_DCH状態122からCELL_FACH状態124に移動するために、ネットワークを再構成する。 At this point, the radio bearer, in order to move from CELL_DCH state 122 to the CELL_FACH state 124, to reconfigure the network. これは、ステップ450で行われる。 This is done at step 450.

CELL_FACH状態124において、RLC信号PDU交換は、この場合、30秒である所定の時間量に対し必要とされるような断続的なRLC信号PDUを除くと、全くデータがないことを見出す。 In CELL_FACH state 124, RLC signal PDU exchange, in this case, except for intermittent RLC signaling PDU as required for a given amount of time is 30 seconds, finds that there is no at all data. この時点において、ステップ428で、RRC接続のネットワークによる解放が実行される。 At this point, in step 428, the release by the network the RRC connection is performed.

図5Aに示すように、これは、RRC状態をアイドルモード110に移動する。 As shown in Figure 5A, this moves the RRC state to idle mode 110.

さらに、図5Aに示すように、DCHモードの間の電流消費は、200〜300ミリアンペアの間である。 Furthermore, as shown in FIG. 5A, the current consumption during the DCH mode is between 200 to 300 milliamps. CELL_FACH状態124に移動するとき、電流消費は、約120〜180ミリアンペアに下がる。 When moving into CELL_FACH state 124 the current consumption lowers to approximately 120-180 milliamperes. RRCコネクタが、解放され、RRCがアイドルモード110に移動すると、電力消費は約3ミリアンペアになる。 RRC connector is released and the RRC moves into idle mode 110 the power consumption is approximately 3 milliamps.

UTRA RRC Connected Mode状態は、CELL_DCH状態122またはCELL_FACH状態124であり、図5Aの例では、約40秒続く。 UTRA RRC Connected Mode state being CELL_DCH state 122 or CELL_FACH state 124, in the example of FIG. 5A, followed by about 40 seconds.

ここで、図5Bを参照する。 Reference is now made to Figure 5B. 図5Bは、図5Aと同じインフラストラクチャ「3」を示し、RRC接続設定310、信号接続設定312、暗号化・保全性設定314、および、無線ベアラ設定316を得るために、約2秒の同じ接続時間を有する。 Figure 5B illustrates the same infrastructure "three" as Figure 5A, RRC connection setup 310, signaling connection setup 312, the ciphering and integrity setup 314 and, in order to obtain a radio bearer setup 316, about 2 seconds same It has a connection time. さらに、RLCデータPDU交換420は、約2〜4秒を要する。 Further, RLC data PDU exchange 420 take approximately two to four seconds.

図4Bと同様に、UEアプリケーションは、ステップ440で、特定の不活動タイムアウトを検出する。 Similar to FIG. 4B, UE application, in step 440, detects a specific inactivity timeout. この検出した時点で、信号接続解放指示手順は、UEによって開始され、その結果、RRC接続は、ステップ448で、ネットワークによって解放される。 At the time of this the detected signal connection release indication procedure is initiated by the UE, as a result, RRC connection, in step 448, is released by the network.

さらに、図5Bから分かるように、RRCは、アイドルモード110にて始まり、CELL_FACH状態を経ずして、CELL_DCH状態122に移動する。 Moreover, as can be seen from Figure 5B, RRC starts in a idle mode 110, without proceeding into the CELL_FACH state, moved to CELL_DCH state 122.

さらに、図5Bから分かるように、RRC段階が、CELL_DCH状態122である時間(図5の例に従うと、約8秒である)における電流消費は、約200〜300ミリアンペアの間である。 Moreover, as can be seen from Figure 5B, RRC stage, (According to the example of Figure 5 is approximate eight seconds) CELL_DCH state 122 for a period of time the current consumption in the is between about 200 to 300 mA.

それゆえ、図4Aおよび図4Bと図5Aおよび図5Bとを比較すると、著しい量の電流消費が、除去されている。 Therefore, a comparison between Figures 4A and 4B, and Figures 5A and 5B, is a significant amount of current consumption is eliminated. こうして、UEのバッテリ寿命が著しく伸びる。 Thereby extending the battery life of the UE significantly. 当業者には理解されるように、上述は、現行の3GPP仕様の関連において、さらに使用され得る。 As will be appreciated by those skilled in the art, described above, in the context of current 3GPP specifications, it can further be used.

ここで、図6を参照する。 Here, referring to FIG. 6. 図6は、UMTSネットワークに対するプロトコルスタックを示す。 Figure 6 illustrates a protocol stack for a UMTS network.

図6に示すように、UMTSは、CS制御プレーン610、PS制御プレーン611、および、PSユーザプレーン630を含む。 As shown in FIG. 6, UMTS is, CS control plane 610, PS control plane 611, and includes a PS user plane 630.

これら3つのプレーンの中には、非アクセス層(non−access stratum)(NAS)部分614およびアクセス層部分616が存在する。 Among these three planes, a non-access layer (non-access stratum) (NAS) portion 614 and an access stratum portion 616 exist.

CS制御プレーン610内のNAS部分614は、コール制御(CC)618、追加サービス(supplementary services)(SS)620、および、ショートメッセージサービス(SMS)622を含む。 NAS portion 614 in CS control plane 610, the call control (CC) 618, including additional services (supplementary services) (SS) 620, and Short Message Service (SMS) 622.

PS制御プレーン611のNAS部分614は、移動管理(MM)およびGPRS移動管理(GMM)626を含む。 NAS portion 614 in PS control plane 611 includes a Mobility Management (MM) and GPRS mobility management (GMM) 626. さらに、PS制御プレーン611のNAS部分614は、SM/RABM624およびGSMS628を含む。 Furthermore, NAS portion 614 in PS control plane 611 includes SM / RABM 624 and GSMS628.

CC618は、回路交換サービス向けのコール管理信号を提供する。 CC618 provides for call management signaling for circuit switched services. SM/RABM624のセッション管理部分は、PDPコンテキスト活性化、不活性化および修正を提供する。 The session management portion of SM / RABM624 is, PDP context activation, providing a deactivation and modification. SM/RABM624は、また、サービスの質交渉にも提供する。 SM / RABM624 is, also provides the quality of service negotiation.

SM/RABM624のRBAM部分の主機能は、PDPコンテキストを無線アクセスベアラに接続することである。 The main function of the RBAM portion of SM / RABM624 is to connect a PDP context to the radio access bearer. このように、SM/RABM624は、無線ベアラの設定、修正、および解放を担っている。 Thus, SM / RABM624, the setting of the radio bearer, plays modifications, and release.

アクセス層616中のCS制御プレーン610およびPS制御プレーン611は、無線リソース制御(RRC)617の上に座している。 CS control plane 610 and PS control plane 611 in the access layer 616 sit on radio resource control (RRC) 617.

PSユーザプレーン630内のNAS部分614は、アプリケーション層638、TCP/UDP層636、および、PDP層634を含む、PDP層634は、例えば、インターネットプロトコル(IP)を含む。 NAS portion 614 in PS user plane 630 includes an application layer 638, TCP / UDP layer 636, and a PDP layer 634, PDP layer 634 can, for example, including the Internet Protocol (IP).

PSユーザプレーン630内のアクセス層616は、パケットデータ収束プロトコル(PDCP)632を含む。 Access Stratum 616, in PS user plane 630 includes packet data convergence protocol (PDCP) 632. PDCP632は、UEとRNCとの間で、TCP/IPプロトコルを運搬するのに適切なWCDMAプロトコルを作成するように設計され(図8に見られるように)、オプションとして、IPトラフィックストリームプロトコルヘッダ圧縮・解凍用である。 PDCP632 is between the UE and the RNC, are designed to create the WCDMA protocol suitable to carry TCP / IP protocol (as seen in FIG. 8), optionally, IP traffic stream protocol header compression - it is for thawing.

UMTS Radio Link Control(RLC)640およびMedium Access Control(MAC)層650は、UMTS無線インターフェースのデータリンクサブレイヤを形成し、RNCノードおよびUser Equipment上に存在する。 UMTS Radio Link Control (RLC) 640 and Medium Access Control (MAC) layer 650 form the data link sub-layers of the UMTS radio interface and reside on the RNC node and the User Equipment.

層1(L1)UMTS層(物理層660)は、RLC/MAC層640および650の下にある。 Layer 1 (L1) UMTS layer (physical layer 660) is below the RLC / MAC layers 640 and 650. この層は、通信用の物理層である。 This layer is the physical layer for communications.

以上の記述は、様々な移動体デバイス上でインプリメントされ得るが、一つの移動体デバイスの例が、以下に、図7と関連付けて述べられる。 Above description, but may be implemented on a variety of mobile devices, an example of one mobile device is below described in association with FIG. ここで、図7を参照する。 Referring now to FIG.

UE1100は、少なくとも音声およびデータ通信能力を有する双方向ワイヤレス通信デバイスであることが好ましい。 UE1100 is preferably a two-way wireless communication device having at least voice and data communication capabilities. UE1100は、インターネット上の他のコンピュータシステムと通信する能力を有することが好ましい。 UE1100 preferably has the capability to communicate with other computer systems on the Internet. 提供された正確な機能性に依存して、ワイヤレスデバイスは、例えば、データメッセージデバイス、双方向ページャ、ワイヤレスeメールデバイス、データメッセージ能力を備えた携帯電話、ワイヤレスインターネット機器、または、データ通信デバイスであり得る。 Depending on the exact functionality provided, the wireless device, for example, the data messaging device, a two-way pager, a wireless e-mail device, a cellular telephone with data messaging capabilities, a wireless Internet appliance, or in a data communication device possible.

UE1100が双方向通信可能な場合、UE1100は、受信機1112および送信機1114を含む通信サブシステム1111、ならびに、1つ以上の好ましくは内蔵または内部のアンテナエレメント1116および1118、局部発振器(LO)1113、および、デジタル信号プロセッサ(DSP)1120のような処理モジュールのような関連するコンポーネントを組み込む。 If UE 1100 is enabled for two-way communication, UE 1100 includes a communication subsystem 1111 includes a receiver 1112 and a transmitter 1114, as well as one or more preferably embedded or internal, antenna elements 1116 and 1118, local oscillators (LO) 1113 , and incorporates the relevant components such as the processing module as a digital signal processor (DSP) 1120. 通信分野の当業者には明らかなように、通信サブシステムの特定の設計は、そのデバイスが動作することを意図される通信ネットワークに依存する。 As will be apparent to those skilled in the field of communications, the particular design of the communication subsystem will be dependent upon the communication network that is intended that the device operates. 例えば、UE1100は、GPRSネットワークまたはUMTSネットワーク内で動作するように設計された通信サブシステムを含み得る。 For example, UE 1100 may include a communication subsystem designed to operate within the GPRS network or UMTS network.

ネットワークアクセス必要条件はまた、ネットワーク1119のタイプに依存して変化する。 Network access requirements will also vary depending upon the type of network 1119. 例えば、UMTSおよびGPRSネットワークにおいて、ネットワークアクセスは、UE1100の加入者またはユーザと関連する。 For example, In UMTS and GPRS networks, network access is associated with a subscriber or user of UE 1100. 例えば、GPRS移動体デバイスは、従って、GPRSネットワークで作動するために、加入者識別モジュール(SIM)カードを要求する。 For example, GPRS mobile device, therefore, in order to operate in a GPRS network, requires a subscriber identity module (SIM) card. UMTSにおいては、USIMまたはSIMモジュールが要求される。 In UMTS, USIM or SIM module is required. CDMAにおいては、RUIMカードまたはモジュールが要求される。 In CDMA, RUIM card or module is required. これらは、本明細書においては、UIMインターフェースと称される。 These are herein referred to as UIM interface. 有効なUIMインターフェースがなければ、移動体デバイスは完全には機能しない。 Without a valid UIM interface, a mobile device is not completely functional. 局所または非ネットワーク通信機能、および例えば緊急通話など法的に要求される機能が(もしあれば)利用し得るが、しかし、移動体デバイス1100は、ネットワーク1100での通信を含む任意の他の機能を実行することはできない。 Local or non-network communication functions, and for example emergency call such as legally required functions can be utilized (if any), however, the mobile device 1100, any other functions involving communications over the network 1100 It can not be run. UIMインターフェース1144は通常、ディスケットまたはPCMCIAカードのように、カードが挿入されかつ取り出され得るカードスロットに似ている。 UIM interface 1144 is normally as a diskette or PCMCIA card, the card is similar to the inserted and retrieved may card slot. UIMカードは、約64Kのメモリを有し得て、かつ多くのキー構成1151、ならびに例えば識別および加入者関連の情報のような他の情報1153を保持し得る。 UIM cards may hold other information 1153 such as about-obtained has 64K of memory, and many key configuration 1151, and for example, identification, and subscriber related information.

要求されたネットワーク登録または起動手順が完了したときには、UE1100は、ネットワーク1119で通信信号を送受信し得る。 When required network registration or activation procedures have been completed, UE 1100 may send and receive communication signals with the network 1119. 通信ネットワーク1119を通して、アンテナ1116によって受信された信号は、受信機1112へ入力され、受信機1112は、例えば信号増幅、周波数下方変換、フィルタリング、チャネル選択などのような普通の受信機機能を、および図7に示される例示的システムでは、アナログデジタル(A/D)変換を実行し得る。 Through a communications network 1119, Signals received by antenna 1116 is input to the receiver 1112, the receiver 1112, for example, a signal amplification, frequency down conversion, filtering, ordinary receiver functions such as channel selection, and in the exemplary system shown in Figure 7, it may perform analog-to-digital (a / D) conversion. 受信された信号のA/D変換により、例えば、DSP1120で実行される復調および復号のようなさらに複雑な通信機能が可能になる。 The A / D conversion of a received signal, for example, to allow more complex communication functions such as demodulation and decoding are performed in DSP 1120.. 同様に、送信される信号は、例えばDSP1120によって、変調およびコード化を含んで、処理されて、かつデジタルアナログ変換、周波数上方変換、フィルタリング、増幅およびアンテナ1118を介しての通信ネットワーク1119での送信のために送信機1114へ入力される。 Similarly, signals to be transmitted, for example, by DSP 1120., including modulation and encoding, it is processed, and a digital to analog conversion, frequency up conversion, filtering, transmission in a communication network 1119 via the amplification and antenna 1118 is input to the transmitter 1114 for. DSP1120は、通信信号を処理するのみならず、受信機および送信機の制御も提供する。 DSP1120 not only processes communication signals, but also provides for receiver and transmitter control. 例えば、受信機1112および送信機1114において通信信号に適用されるゲインは、DSP1120にインプリメントされた自動ゲイン制御アルゴリズムを通して、適応可能に制御され得る。 For example, gains applied to communication signals in receiver 1112 and transmitter 1114, through automatic gain control algorithms implemented in DSP 1120., it may be adaptively controlled.

ネットワーク1119は、サーバ1160および他の要素(図示されず)を含む、複数のシステムとさらに通信し得る。 Network 1119 includes a server 1160 and other elements (not shown) may further communicate with multiple systems. 例えば、ネットワーク1119は、さまざまなサービスレベルでさまざまなクライアントに便宜を図るために、企業システムとウェブクライアントシステムとの両方と通信し得る。 For example, the network 1119, for convenience to different clients at different service levels, may communicate with both an enterprise system and a web client system.

UE1100は、デバイスの全体的な作動を制御するマイクロプロセッサ1138を含むほうが好ましい。 UE1100 is better to include a microprocessor 1138 which controls the overall operation of the device is preferred. 少なくともデータ通信を含む通信機能は、通信サブシステム1111を通じ実行される。 Communication functions, including at least data communications, are performed through the communication subsystem 1111. マイクロプロセッサ1138はまた、例えば表示デバイス1122、フラッシュメモリ1124、ランダムアクセスメモリ(RAM)1126、補助入力/出力(I/O)サブシステム1128、シリアルポート1130、キーボード1132、スピーカ1134、マイクロフォン1136、近距離通信サブシステム1140および一般的に1142として指定される任意の他のデバイスサブシステムのようなさらなるデバイスサブシステムとも相互作用する。 Microprocessor 1138 also may be modified, for example the display device 1122, a flash memory 1124, random access memory (RAM) 1126, auxiliary input / output (I / O) subsystems 1128, serial port 1130, keyboard 1132, speaker 1134, microphone 1136, near distance interacts with further device subsystems such as any other device subsystems is designated as a communication subsystem 1140 and generally 1142.

図7に示されるサブシステムの一部は、通信関連の機能を実行する一方、他のサブシステムは、「レジデント」またはオンデバイス(on−device)機能を提供し得る。 Some of the subsystems shown in Figure 7, while perform communication-related functions, other subsystems may provide "resident" or on-device (on-device) function. 特に、例えばキーボード1132および表示デバイス1122のような一部のサブシステムは、例えば通信ネットワークで送信するためのテキストメッセージを入力するような通信関連機能と、例えば計算機またはタスクリストのようなデバイスレジデント機能との両方のために使用され得る。 Notably, some subsystems, such as keyboard 1132 and display device 1122, for example, communication-related functions, such as entering a text message for transmission in a communication network, for example, device resident functions such as a calculator or task list It may be used for both.

マイクロプロセッサ1138によって使用されるオペレーティングシステムソフトウエアは、例えばフラッシュメモリ1124のような永続的な記憶デバイスに格納されることが好ましいが、フラッシュメモリ1124の代わりに、読み出し専用メモリ(ROM)または類似の格納要素(図示されず)であり得る。 Operating system software used by the microprocessor 1138, for example, is preferably stored in a persistent storage device such as flash memory 1124, instead of the flash memory 1124, read-only memory (ROM) or similar storage may be elements (not shown). 当業者は、作動システム、特定のデバイスアプリケーションまたはその部分は、例えばRAM1126のような揮発性のメモリに一時的に書き込み得るということを理解する。 Those skilled in the art, operating system, specific device applications, or parts thereof, understand that obtained writing temporarily in a volatile memory such as RAM 1126.. 受信された通信信号はまた、RAM1126にも格納され得る。 Received communication signals may also be stored in RAM 1126.. さらに、一意的な識別子が、好ましくも読み出し専用メモリに格納される。 Furthermore, the unique identifier is preferably stored in read only memory.

図示されているように、フラッシュメモリ1124は、コンピュータプログラム1158ならびにプログラムデータ格納1150、1152、1154および1156両方に対する異なるエリアに分離され得る。 As shown, flash memory 1124 can be segregated into different areas for both computer programs 1158 and program data storage 1150,1152,1154 and 1156. これらの異なる格納タイプは、各プログラムが、それら自身のデータ格納必要条件のために、フラッシュメモリ1124の一部を割り当て得ることを示す。 These different storage types, each program, for their own data storage requirements, show that may assign a portion of flash memory 1124. マイクロプロセッサ1138は、そのオペレーティングシステム機能に加えて、移動体デバイスでソフトウエアアプリケーションの実行を可能にすることが好ましい。 Microprocessor 1138, in addition to its operating system functions, preferably enables execution of software applications on the mobile device. 例えば、少なくともデータおよび音声通信アプリケーションを含む、基本オペレーションを制御する所定のアプリケーションのセットは、製造中にUE1100に通常インストールされる。 For example, at least data and voice communication applications, predetermined set of applications that control basic operations, are normally installed on UE1100 during manufacture. 好ましいソフトウエアアプリケーションは、例えば、しかし限定されず、Eメール、カンレンダーイベント、ボイスメール、アポイントメントおよびタスク項目のような、移動体デバイスのユーザに関連するデータ項目を組織化および管理する能力を有するパーソナルインフォメーションマネジャー(PIM)アプリケーションであり得る。 Preferred software application includes, for example, but not limited, E-mail, the can render events, voice mails, such as appointments and task items, the ability to organize and manage data items relating to the user of the mobile device personal Information manager (PIM) can be an application. 当然、1つ以上のメモリ記憶デバイスが、PIMデータ項目の格納を助長するために、移動体デバイスで利用し得る。 Naturally, one or more memory storage devices, to facilitate storage of PIM data items may be utilized with the mobile device. そのようなPIMアプリケーションは、無線ネットワーク1119を介して、データ項目を送受信する能力を有することが好ましい。 Such PIM application via a wireless network 1119 preferably has the ability to send and receive data items. 好ましい実施形態において、PIMデータ項目は、格納されまたはホストコンピュータシステムと関連づけられる移動体デバイスユーザの対応するデータ項目と、無線ネットワーク1119を介してシームレスに(seamless)に統合され、同期されおよび更新される。 In a preferred embodiment, PIM data items are the corresponding data item of the mobile device user associated with a stored or host computer system, is seamlessly integrated into the (seamless) via a wireless network 1119, it is synchronized and updated that. さらなるアプリケーションがまた、ネットワーク1119、補助入力/出力(I/O)サブシステム1128、シリアルポート1130、近距離通信サブシステム1140または任意の他の適切なサブシステム1142を通して、移動体デバイス1100にロードされ得て、かつ、マイクロプロセッサ1138による実行のために、RAM1126にまたは好ましくは不揮発性の記憶デバイス(図示されず)に、ユーザによってインストールされ得る。 Further applications may also through the network 1119, an auxiliary input / output (I / O) subsystems 1128, serial port 1130, short-range communications subsystem 1140 or any other suitable subsystem 1142, loaded into the mobile device 1100 obtained, and, for execution by the microprocessor 1138, is also preferably in RAM1126 in a nonvolatile storage device (not shown) may be installed by the user. アプリケーションインストールにおけるそのような柔軟性は、デバイスの機能性を高め、かつ向上したオンデバイス機能、通信関連機能またはその両方を提供し得る。 Such flexibility in application installation increases the functionality of the device, and enhanced on-device functions, may provide communication-related functions, or both. 例えば、安全な通信アプリケーションは、電子商取引機能および他のそのような金融取引が、UE1100を使用して実行されることを可能にする。 For example, secure communication applications may enable electronic commerce functions and other such financial transactions, to be performed using the UE 1100. しかしながら、これらのアプリケーションは、上記によると、多くの場合、通信業者によって同意される必要がある。 However, these applications, according to the above, in many cases, need to be agreed by the telco.

データ通信モードにおいて、例えばテキストメッセージまたはウェブページダウンロードのような受信された信号は、通信サブシステム1111によって処理され、かつマイクロプロセッサ1138に入力され、マイクロプロセッサ1138は、表示デバイス1122へまたはあるいは補助I/Oデバイス1128への入力のために、受信された信号をさらに処理することが好ましい。 In a data communication mode, for example, a received signal such as a text message or web page download will be processed by the communication subsystem 1111 and input to the microprocessor 1138, microprocessor 1138, a display device 1122 or vice or an auxiliary I / O for input to the device 1128, it is preferable to further process the received signal. UE1100のユーザはまた、好ましくは完全な英数字キーボードまたは電話タイプのキーパッドであるキーボード1132を、表示デバイス1122およびおそらく補助I/Oデバイス1128と共に使用して、例えばEメールメッセージのようなデータ項目を構成し得る。 UE1100 users also, the data items such as preferably full keyboard 1132 alphanumeric keyboard or telephone-type keypad, used with a display device 1122 and possibly an auxiliary I / O devices 1128, e.g., E-mail message It may constitute a. そのように構成された項目は、通信サブシステム1111を通して、通信ネットワーク上で送信され得る。 Its configuration item as, through the communication subsystem 1111 may be transmitted over a communication network.

音声通信に対して、UE1100の全体的な作動は同様であるが、ただし、受信された信号は、スピーカ1134に出力されることが好ましく、送信のための信号は、マイクロフォン1136によって生成される点は除く。 For voice communication, is similar overall operation of UE 1100, however, the received signal is preferably output to the speaker 1134, the signal for transmission, that is produced by the microphone 1136 except. 例えば音声メッセージ録音サブシステムのような代替案の音声またはオーディオI/Oサブシステムもまた、UE1100でインプリメントされ得る。 For example an alternative voice or audio I / O subsystems, such as a voice message recording subsystem, may also be implemented in UE 1100. 音声またはオーディオ信号出力は主にスピーカ1134を通して達成されることが好ましいけれども、表示デバイス1122もまた、例えば発呼者の識別、音声通話の継続時間または他の音声通話関連情報の指示を提供するために使用され得る。 Although it is preferably accomplished through the voice or audio signal output is primarily a speaker 1134, also for example caller identification, to provide an indication of the duration or other voice call related information for voice call display device 1122 It may be used to.

図7におけるシリアルポート1130は通常、ユーザのデスクトップコンピュータ(図示されず)との同期が望まれる携帯情報端末(PDA)タイプの移動体デバイスにインプリメントされる。 Serial port 1130 in Figure 7 is generally synchronized with a user's desktop computer (not shown) is implemented in a personal digital assistant (PDA) type mobile device is desired. そのようなポート1130は、ユーザが、外部デバイスまたはソフトウエアアプリケーションを通して、好みを設定することを可能にし、かつ無線通信ネットワークを経由する以外にもUE1100に情報またはソフトウエアダウンロードを提供することによって移動体デバイス1100の能力を拡張する。 Such ports 1130, moved by the user, through an external device or software application, making it possible to set preferences, and provides UE1100 information or software downloads in addition to via the wireless communication network extending the capabilities of the body device 1100. 代替案のダウンロード経路は、例えば、安全なデバイス通信を可能にするために、直接的な故に確実で信用のある接続を通して、デバイスに暗号化キーをロードするために使用され得る。 Download path alternatives, for example, in order to enable secure device communication, through a sure credit because direct connection, may be used to load an encryption key onto the device.

あるいは、シリアルポート1130は他の通信のために使用され得、かつユニバーサルシリアルバス(USB)ポートとして含み得る。 Alternatively, serial port 1130 can include as used to obtain and Universal Serial Bus (USB) port, for other communication. インターフェースが、シリアルポート1130と関連する。 Interface is associated with serial port 1130.

例えば、近距離通信サブシステムのような他の通信サブシステム1140は、UE1100と必ずしも類似のデバイスである必要はない異なるシステムまたはデバイスとの間の通信を提供する、さらなる随意のコンポーネントである。 For example, other communication subsystem 1140 such as a short-range communications subsystem provides communication between the necessarily similar devices need different systems without or device is a UE 1100, it is a further optional component. 例えば、サブシステム1140は、同様にイネーブル化されたシステムおよびデバイスとの通信を提供するために、赤外線デバイスならびに関連回路およびコンポーネント、またはBluetooth TM通信モジュールを含み得る。 For example, the subsystem 1140 to provide for communication with similarly enabled systems and devices may include an infrared device and associated circuits and components or Bluetooth TM communication module.

ここで図8が参照される。 Here, FIG. 8 is referred to. 図8は、無線通信ネットワークを通して通信するUE802を含む通信システム800のブロック図である。 Figure 8 is a block diagram of a communication system 800 including a UE802 to communicate through a wireless communication network.

UE802は、複数のNode B 806のうち1つと無線で通信する。 UE802 communicates with one radio of the plurality of Node B 806. 各Node B 806は、エアーインタフェース処理および一部の無線リソース管理機能に対する責任を負う。 Each Node B 806 is responsible for air interface processing and some radio resource management functions. Node B 806は、GSM/GPRSネットワークにおけるBase Transceiver Stationと類似の機能性を提供する。 Node B 806 provides functionality similar to Base Transceiver Station in GSM / GPRS network.

図8の通信システム800において示される無線リンクは、1つ以上の異なるチャネル、一般的には異なる無線周波数(RF)チャネル、および無線ネットワークとUE802との間で使用される関連プロトコルを表す。 Wireless link shown in communication system 800 of FIG. 8 represents the associated protocols used between one or more different channels, typically different radio frequency (RF) channels, and the wireless network and UE 802. Uuエアーインタフェース804はUE802とNode B 806との間で使用される。 Uu air interface 804 is used between the UE802 and the Node B 806.

RFチャネルは、一般的に、全体的な帯域幅の制限、およびUE802の制限されたバッテリーパワーのために、節約されるべき必要のある限りあるリソースである。 RF channel is generally limited overall bandwidth, and due to the limited battery power of UE 802, is a resource that is as long as that needs to be saved. 当業者は、実際の実用における無線ネットワークは、所望の全体的なネットワーク利用可能範囲の広がりに依存して何百ものセルを含み得るということを理解するであろう。 Those skilled in the art, a wireless network in actual practice, will appreciate that may include desired overall network availability range hundreds of cells depending on the extent of. すべての関連のコンポーネントは複数のスイッチおよびルータ(図示されず)によって接続され得て、複数のネットワークコントローラによって制限され得る。 All relevant components is obtained connected by multiple switches and routers (not shown) may be limited by the plurality of network controllers.

各Node B 806は、無線ネットワークコントローラ(RNC)810と通信する。 Each Node B 806 communicates with a radio network controller (RNC) 810. RNC810は、そのエリアにおける無線リソースの制限に対する責任を負う。 RNC810 is responsible for the restriction of radio resources in the area. 1つのRNC810は複数のNode B 806を制御する。 One RNC810 controls a plurality of Node B 806.

UMTSネットワークにおけるRNC810は、GSM/GPRSネットワークにおけるBase Station Controller(BSC)機能と同等の機能を提供する。 RNC810 in UMTS networks provides functions equivalent to those of the Base Station Controller (BSC) functions in GSM / GPRS network. しかしながら、RNC810は、例えば、MSCおよびSGSNを含まない自律的なハンドオーバ管理を含む、より多くの情報を含む。 However, RNC 810 includes, for example, autonomous handovers management without the MSC and SGSN, contains more information.

Node B 806とRNC810との間で使用されるインターフェースはIubインターフェース808である。 Interface used between Node B 806 and RNC810 is Iub interface 808. NBAP(Node Bアプリケーションパート)の信号を送るプロトコルが、3GPP TS25.433 V3.11.0(2002−09)および3GPP TS 25.433 V5.7.0(2004−01)に規定されているように、主に使用される。 NBAP protocol to send a signal (Node B Application Part) is, 3GPP TS25.433 V3.11.0 (2002-09) and 3GPP TS 25.433 V5.7.0 (2004-01) as are defined to, is mainly used.

Universal Terrestrial Radio Access Network(UTRAN)820は、RNC810、Node B 806およびUuエアーインタフェース804を備える。 Universal Terrestrial Radio Access Network (UTRAN) 820 comprises a RNC 810, Node B 806 and Uu air interface 804.

回線交換トラフィックが、Mobile Switching Centre(MSC)830へ回送される。 Circuit-switched traffic is routed to Mobile Switching Centre (MSC) 830. MSC830は、呼び出しを行い、加入者またはPSTN(図示されず)からデータを取り、かつ受けるコンピュータである。 MSC830 performs call is retrieving data from the subscriber or from PSTN (not shown), and receives the computer.

RNC810とMSC830との間のトラフィックは、Iu−CSインターフェース828を使用する。 Traffic between the RNC810 and MSC830 uses Iu-CS interface 828. Iu−CSインターフェース828は、UTRAN810と中心音声ネットワークとの間で音声トラフィックを(通常)運びかつ信号を送るための回線交換接続である。 Iu-CS interface 828 is the circuit-switched connections for sending (Normal) carries and signal voice traffic between UTRAN810 and central voice network. 使用される主な信号プロトコルはRANAP(Radio Access Network Application Part)である。 The main signaling protocol used is RANAP (Radio Access Network Application Part). RANAPプロトコルは、(下記により詳細に規定される)MSC830またはSSGN850であり得るCore Network 821とUTRAN820との間でのUMTS信号発信に使用される。 RANAP protocol is used UMTS signaling between the Core Network 821 with UTRAN820 which may be (as defined in more detail below) MSC 830 or SSGN850. RANAPプロトコルは、3GPP TS 25.413 V3.11.1(2002−09)およびTS 25.413 V5.7.0(2004−01)に規定される。 RANAP protocol is defined in 3GPP TS 25.413 V3.11.1 (2002-09) and TS 25.413 V5.7.0 (2004-01).

ネットワークオペレータに登録されたすべてのUE802に対して、パーマネントデータ(例えばUE102ユーザのプロファイルのような)および一時的なデータ(例えばUE802の現在位置のような)はホームロケーションレジストリ(HLR)838に格納される。 Storage for all UE 802 registered with a network operator (such as the current position, for example UE 802) Permanent data (e.g. UE102 such as a user's profile) and temporary data to a home location registry (HLR) 838 It is. UE802への音声通話の場合には、HLR838が、UE802の現在位置を決定するためにクエリされる。 When the voice call to UE 802 is, HLR 838 is queried to determine the current location of UE 802. MSC830のVisitor Location Register(VLR)836が、位置エリアのグループに対する責任を負い、かつ現在その責任のエリア内にある移動局のデータを格納する。 Visitor Location Register (VLR) 836 of MSC830 is responsible for a group of location areas and stores the data of the mobile stations within the area of ​​responsibility now. これは、より速いアクセスのために、HLR838からVLR836へ送信されたパーマネント移動局データの部分を含む。 This is due to the faster access includes a portion of the permanent mobile station data transmitted from HLR838 to VLR 836. しかしながら、MSC830のVLR836はまた、例えば一時的な識別のような局所データを割り当てかつ格納し得る。 However, VLR 836 of MSC830 may also assigned and stores a local data, such as temporary identification. UE802はまた、HLR838によって、システムアクセスについて認証される。 UE802 also by HLR 838, is authenticated for system access.

パケットデータは、Service GPRS Support Node (SGSN)850を介して回送される。 Packet data is routed through Service GPRS Support Node (SGSN) 850. SGSN850は、RNCとGPRS/UMTSネットワークにおける中心ネットワークとの間の出入り口であり、その地理的サービスエリア内でUEとの相互のデータパケットの引渡しに対する責任を負う。 SGSN850 is doorway between the central network in RNC and GPRS / UMTS network, responsible for delivery of mutual data packets with the UE in its geographical service area. Iu−PSインターフェース848は、RNC810とSGSN850との間で使用され、UTRAN820と中心データネットワークとの間でデータトラフィックを(一般的に)運びかつ信号を送るためのパケット交換接続である。 Iu-PS interface 848 is used between the RNC810 and SGSN 850, is a packet-switched connection for sending (typically) it carries and signal data traffic between UTRAN820 and central data network. 使用される主な信号プロトコルは(上記の)RANAPである。 The main signaling protocol used is (above) RANAP.

SSGN850は、Gateway GPRS Support Node (GGSN)860と通信する。 SSGN850 is in communication with the Gateway GPRS Support Node (GGSN) 860. GGSN860は、UMTS/GPRSネットワークと、例えばインターネットまたは個人のネットワークのような他のネットワークとの間のインターフェースである。 GGSN860 is an interface between the UMTS / GPRS network, and other networks such as the Internet or private networks. GGSN860は、Giインターフェース上で、パブリックデータネットワークPDN870へ接続される。 GGSN860 is on Gi interface, is connected to a public data network PDN 870.

当業者は、無線ネットワークは、図8に明確には示されていないが、おそらく他のネットワークを含む、他のシステムに接続され得るということを理解する。 Those skilled in the art, wireless networks, although not shown explicitly in FIG. 8, possibly including other networks, understand that may be connected to other systems. ネットワークは、通常は、たとえ交換される実際のパケットデータがない場合であっても。 Network, usually, even if there is no actual packet data that is even replaced. 少なくとも何らかの種類のページングおよびシステム情報を、進行中の基礎に基づいて、送信している。 At least some sort of paging and system information, based on an ongoing basis, is transmitting. ネットワークは多くの部分から成るものの、これらの部分はすべて共に働いて、無線リンクにおいて特定の挙動を生じる。 Although the network consists of many parts, it worked all these parts together, results in a specific behavior in the radio link.

本明細書に記述された実施形態は、本出願の技術の要素に対応する要素を有する構造、システムまたは方法の例である。 The embodiments described herein are examples of structures, systems or methods having elements corresponding to elements of the techniques of this application. ここに記された記載内容に基づいて、当業者は、本出願の技術の要素に類似して対応する代替の要素を有する実施形態を作成し使用することができる。 Based on the description marked here, those skilled in the art can create and use embodiments having alternative elements that correspond to similar elements of the techniques of this application. 従って本出願の技術の意図された範囲は、本明細書に記述されたとおりの本出願の技術と異ならない他の構造、システムまたは方法を含み、かつ本明細書に記述された通りの本出願の技術と本質的に異ならない他の構造、システムまたは方法をさらに含む。 Accordingly intended scope of the techniques of the present application, that do not differ from the techniques of this application as described herein, systems or methods, and the application as described herein further comprising technology and essentially that do not differ from the system or method.

本出願は、図面を参照することで、よりよく理解される。 This application refers to the drawings, it is better understood.
図1は、RRC状態および移行を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram illustrating an RRC state and transition. 図2は、様々なUMTSセルおよびURAを示すUMTSネットワークの模式図である。 Figure 2 is a schematic diagram of a UMTS network showing various UMTS cells and URA. 図3は、RRC接続設定の様々な段階を示すブロック図である。 Figure 3 is a block diagram showing the various stages of the RRC connection setup. 図4Aは、CELL_DCH接続モード状態と、現行方法に従うUTRANによって起動されるとアイドルモードとの間の例示的な移行のブロック図である。 Figure 4A is a block diagram of an exemplary transition between a CELL_DCH connected mode state, and when activated by the UTRAN according to current method idle mode. 図4Bは、信号伝達解放指示を利用して、CELL_DCH状態接続モードからアイドルモードへの移行との間の例示的な移行を示すブロック図である。 Figure 4B utilizes the signaling release indication is a block diagram showing an exemplary transition between transition from CELL_DCH state connected mode to the idle mode. UTRANによって開始された、CELL_DCH不活動からCELL_FACH不活動へ、およびアイドルモードへの例示的な移行のブロック図である。 Initiated by UTRAN, a block diagram of an exemplary transition from CELL_DCH inactivity CELL_FACH to inactivity, and to the idle mode. 図5Bは、信号伝達解放指示を利用して、CELL_DCH不活性とアイドルモードとの間の例示的な移行のブロック図である。 Figure 5B utilizes a signaling release indication is a block diagram of an exemplary transition between CELL_DCH inert and idle mode. 図6は、UMTSプロトコルスタックのブロック図である。 Figure 6 is a block diagram of a UMTS protocol stack. 図7は、本方法と関連して用いられる例示的なUEである。 Figure 7 is an exemplary UE used in connection with the present method. 図8は、本方法と関連して用いられる例示的なネットワークである。 Figure 8 is an exemplary network for use in connection with the present method. 図9は、UEで、信号伝達接続解放指示に対する理由を追加するステップを示す流れ図である。 Figure 9 is a UE, is a flow diagram illustrating the steps of adding the reason for the signaling connection release indication. 図10は、理由を有する信号伝達接続解放指示を受信した後に、UEによって取られるステップを示す流れ図である。 10, after receiving the signaling connection release indication having a reason, a flow diagram illustrating the steps taken by the UE.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

110 RRCアイドル状態120 RRC接続状態122 CELL_DCH状態、 110 RRC idle state 120 RRC connected state 122 CELL_DCH state,
124 CELL_FACH状態、 124 CELL_FACH state,
126 CELL_PCH状態128 URA_PCH状態 126 CELL_PCH state 128 URA_PCH state

Claims (25)

  1. ユーザ設備と無線ネットワークとの間で信号伝達解放指示理由を処理する方法であって、 A method for processing signaling release indication cause between user equipment and the radio network,
    a. a. 該ユーザ設備で、信号伝達接続解放指示が、該無線ネットワークに送信されるべきかどうかをモニタするステップと、 In the user equipment, the steps of monitoring the signaling connection release indication, whether to be transmitted to the wireless network,
    b. b. 該ユーザ設備で、該信号伝達接続解放指示に該信号伝達接続解放指示に対する理由を添付するステップと、 In the user equipment, the steps attaching a reason for the signal transmission connection release indication to the signal transmission connection release indication,
    c. c. 該添付信号伝達接続解放指示を該無線ネットワークに送信するステップと、 Transmitting to the wireless network package insert with signaling connection release indication,
    d. d. 該信号伝達接続解放指示を該無線ネットワークで受信するステップと、 Receiving the signal transmitted connection release indication at the wireless network,
    e. e. 該理由をフィルタリングし、警告を発するかどうかを判断するステップと を包含する、方法。 Comprising a step of filtering the reason to determine whether a warning method.
  2. 前記理由は、異常な状態である、請求項1に記載の方法。 The reason is the abnormal condition, The method of claim 1.
  3. 前記異常な状態は、タイマの時間切れである、請求項2に記載の方法。 It said abnormal condition is the expiration of a timer, the method according to claim 2.
  4. 前記タイマは、アタッチ失敗タイマ、ルーティングエリア更新タイマ、およびGMMサービスリクエストタイマからなる群から選択される、請求項3に記載の方法。 The timer, attach failure timer, it is selected from the group consisting of a routing area update timer, and GMM service request timer method of claim 3.
  5. 前記理由は、PSデータセッションを終了して、それによってアイドルモードへ移行するようにという前記ユーザ設備によるリクエストである、請求項1に記載の方法。 The reason is to terminate the PS data session is a request by the user equipment that thereby so as to transition to the idle mode, the method according to claim 1.
  6. 前記フィルタリングするステップは、前記理由が異常な状態であるとき、警告を発する、請求項1に記載の方法。 Wherein the step of filtering, when the reason is an abnormal state, a warning method of claim 1.
  7. 前記フィルタリングするステップは、前記理由が前記ユーザ設備によるアイドル移行リクエストであるとき、前記信号伝達接続解放指示を無視する、請求項1に記載の方法。 Step, when the reason is an idle transition request by the user equipment ignores the signaling connection release indication method of claim 1, wherein the filtering.
  8. 信号伝達解放指示理由を処理するのに適合したシステムであって、該システムは、 A system adapted to process a signaling release indication cause, the system comprising:
    a. a. ユーザ設備であって、該ユーザ設備は、ネットワークと通信するのに適合した無線を含む無線サブシステムと;デジタル信号プロセッサを有し、該無線サブシステムと相互作用するのに適合した無線プロセッサと;メモリと;ユーザインターフェースと;ユーザアプリケーションをランさせて、該メモリ、該無線、および該ユーザインターフェースと相互作用するのに適合し、アプリケーションをランさせるのに適合したプロセッサとを有する、ユーザ設備であって、 A user equipment, the user equipment, the radio subsystem and including a radio adapted to communicate with a network; a digital signal processor, a radio processor adapted to interact with the wireless subsystem; a memory; a user interface; by run user applications, the a memory, radio, and adapted to interact with the user interface, and a processor adapted to cause run an application, a user equipment Te,
    i. i. 信号伝達接続解放指示が、該無線ネットワークに送信されるべきかどうかをモニタする手段と、 It means for signaling connection release indication, to monitor whether it should be sent to the wireless network,
    ii. ii. 該信号伝達接続解放指示に該信号伝達接続解放指示に対する理由を添付する手段と、 Means attaching the reason for the signal transmission connection release indication to the signal transmission connection release indication,
    iii. iii. 該添付信号伝達接続解放指示を該無線ネットワークに送信する手段と を有することによって特徴付けられる、ユーザ設備と、 The package insert with signaling connection release indication is characterized by having a means for transmitting to the wireless network, and user equipment,
    b. b. 該ユーザ設備と通信するのに適合した無線ネットワークであって、 A wireless network adapted to communicate with said user equipment,
    i. i. 該信号伝達接続解放指示を受信する手段と、 It means for receiving the signal transmitted connection release indication,
    ii. ii. 該理由をフィルタリングし、警告を発するかどうかを判断する手段と によってさらに特徴付けられる、無線ネットワークと を備える、システム。 Filtering the reason, further characterized by means for determining whether an alarm, and a wireless network, system.
  9. 前記理由は、異常な状態である、請求項8に記載のシステム。 The reason is the abnormal condition, the system of claim 8.
  10. 前記異常な状態は、タイマの時間切れである、請求項9に記載のシステム。 It said abnormal condition is the expiration of a timer, the system of claim 9.
  11. 前記タイマは、アタッチ失敗タイマ、ルーティングエリア更新タイマ、およびGMMサービスリクエストタイマからなる群から選択される、請求項10に記載のシステム。 The timer, attach failure timer, it is selected from the group consisting of a routing area update timer, and GMM service request timer, the system according to claim 10.
  12. 前記理由は、PSデータセッションを終了し、アイドルモードへ移行するようにという前記ユーザ設備によるリクエストである、請求項11に記載のシステム。 The reason is, terminates the PS data session is a request by the user equipment that the to transition to the idle mode, the system according to claim 11.
  13. 前記フィルタリングする手段は、前記理由が異常な状態であるとき、警告を発するのに適合する、請求項8に記載のシステム。 It said means for filtering, when the reason is an abnormal condition, adapted to issue a warning system of claim 8.
  14. 前記フィルタリングする手段は、前記理由が前記ユーザ設備によるアイドル移行リクエストであるとき、前記信号伝達接続解放指示を無視するのに適合する、請求項8に記載のシステム。 It said means for filtering, when the reason is an idle transition request by the user equipment, the system according conforming to claim 8 to ignore the signaling connection release indication.
  15. 無線ネットワークで改善された警告を追跡するために、ユーザ設備で信号伝達解放指示理由を処理する方法であって、 To track the warning improved in a wireless network, a method for processing a signaling release indication cause at user equipment,
    a. a. 信号伝達接続解放指示が、該無線ネットワークに送信されるべきかどうかをモニタするステップと、 A step of signaling connection release indication, to monitor whether it should be sent to the wireless network,
    b. b. 該信号伝達接続解放指示に該信号伝達接続解放指示に対する理由を添付するステップと、 A step to attach a reason for the signal transmission connection release indication to the signal transmission connection release indication,
    c. c. 該理由が添付された該添付信号伝達接続解放指示を送信し、これによって、該信号伝達接続解放指示の該理由を識別する該信号伝達接続解放をリクエストする、ステップと を包含する、方法。 The reason sends been package insert with signaling connection release indication attached, thereby requesting the signal transmission connection release that identifies the reason for the signal transmission connection release indication includes the steps, methods.
  16. 前記理由は、異常な状態である、請求項15に記載の方法。 The reason is the abnormal condition, The method of claim 15.
  17. 前記異常な状態は、タイマの時間切れである、請求項16に記載の方法。 Said abnormal condition is the expiration of a timer, the method according to claim 16.
  18. 前記タイマは、アタッチ失敗タイマ、ルーティングエリア更新タイマ、およびGMMサービスリクエストタイマからなる群から選択される、請求項17に記載の方法。 The timer, attach failure timer, it is selected from the group consisting of a routing area update timer, and GMM service request timer The method of claim 17.
  19. 前記理由は、PSデータセッションを終了し、アイドルモードへ移行するようにという前記ユーザ設備によるリクエストである、請求項15に記載の方法。 The reason is, terminates the PS data session is a request by the user equipment that the to transition to the idle mode, the method of claim 15.
  20. ネットワーク内で、信号伝達解放指示理由を提供するのに適合したユーザ設備であって、該ユーザ設備は、該ネットワークと通信するのに適合した無線を含む無線サブシステムと;デジタル信号プロセッサを有し、該無線サブシステムと相互作用するのに適合した無線プロセッサと;メモリと;ユーザインターフェースと;ユーザアプリケーションをランさせて、該メモリ、ユーザインターフェースと;ユーザアプリケーションをランさせて、該メモリ、該無線、および該ユーザインターフェースと相互作用するのに適合し、アプリケーションをランさせるのに適合したプロセッサとを有し、該ユーザ設備は、 In the network, a user equipment adapted for providing signaling release indication cause, the user equipment, the radio subsystem and including a radio adapted to communicate with the network; a digital signal processor a radio processor adapted to interact with the wireless subsystem; a user interface; memory and by run user applications, the memory, the user interface and, by run user applications, the memory, the radio , and adapted to interact with the user interface, and a processor adapted to cause run an application, the user equipment,
    a. a. 信号伝達接続解放指示が、該無線ネットワークに送信されるべきかどうかをモニタする手段と、 It means for signaling connection release indication, to monitor whether it should be sent to the wireless network,
    b. b. 該信号伝達接続解放指示に、該信号伝達接続解放指示に対する理由を添付する手段と、 To the signal transmission connection release indication, and it means attaching the reason for the signal transmission connection release indication,
    c. c. 該理由を含む該添付信号伝達接続解放指示を送信し、これによって、該信号伝達接続解放指示の該理由を該信号伝達接続解放指示とともに識別する手段と を有することによって特徴付けられる、ユーザ設備。 Send a package insert with signaling connection release indication that includes the reason, thereby, characterized by having a means for identifying the reason for the signal transmission connection release indication along with the signal transmission connection release indication, the UE.
  21. 信号伝達接続の解放を容易にするためのユーザ設備用装置であって、該装置は、 A user equipment equipment for facilitating the release of the signaling connection, the apparatus comprising:
    a. a. 信号伝達接続解放指示が、送信されるべきかどうかをチェックするように構成されたチェッカと、 A checker signaling connection release indication, is configured to check whether to be transmitted,
    b. b. 信号伝達接続解放指示が送信されるべきであるという該チェッカによる指示に応答して、該信号伝達接続解放指示を送信するように構成された信号伝達接続解放指示センダであって、該信号伝達接続解放指示は、信号伝達解放指示理由フィールドを含む信号伝達解放指示を含む、信号伝達接続解放指示センダと を備える、装置。 In response to the indication by the checker that the signaling connection release indication should be sent, a configured signaling connection release indication sender to send the signal transmission connection release indication, the signal transmission connection release indication includes a signaling release indication including a signaling release indication cause field, and a signaling connection release indication sender device.
  22. 前記チェッカは、前記信号伝達接続解放指示を送信するのに引き続き、該信号伝達接続解放指示の配信を確認する前に、前記ユーザ設備の信号伝達接続が必要とされるかどうかをチェックするようにさらに構成される、請求項21に記載の装置。 The checker continues to transmit the signaling connection release indication, before confirming the delivery of the signal transmission connection release indication, so as to check whether the user equipment signaling connection is required further configured, according to claim 21.
  23. 前記信号伝達接続解放指示センダは、前記信号伝達接続解放指示を再送信するようにさらに構成される、請求項22に記載の装置。 The signaling connection release indication sender is further configured to retransmit the signaling connection release indication, according to claim 22.
  24. 信号伝達接続解放指示によって、動作するネットワーク装置であって、該ネットワーク装置は、 The signaling connection release indication, a network device operating, the network device,
    a. a. 該信号伝達接続解放指示の信号伝達解放指示理由フィールドを試験して、該信号伝達解放指示理由フィールドが異常な状態を指示するかどうかをチェックするように構成された試験機と、 It tests the signaling release indication cause field of the signal transmission connection release indication, and configured tester to check whether the signal transmission release indication cause field instructs the abnormal condition,
    b. b. 該試験機による試験が、該信号伝達解放指示理由フィールドが該異常な状態を指示すると判断する場合、警告を選択的に生成するように構成された警告生成器と を備える、ネットワーク装置。 Test by the test machine, if the signal transmitting release indication cause field determines that instructs the abnormal state, and a configured warning generator to selectively generate an alarm, a network device.
  25. 前記ネットワーク装置は、複数のロジカル層を備え、前記試験機は、該複数のロジカル層の第一のロジカル層で具現化され、該試験機は、該複数のロジカル層の第二のロジカル層に、信号伝達接続解放をリクエストするようにさらに構成される、請求項24に記載のネットワーク装置。 The network device includes a plurality of logical layers, the tester is embodied with a first logical layer of the plurality of logical layers, the test machine, the second logical layer of the plurality of logical layer , signaling connection release further configured to request network device according to claim 24.
JP2007131146A 2006-05-17 2007-05-17 Method and system for signaling a release reason indicated by Umts network Active JP4777300B2 (en)

Priority Applications (4)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US74746606 true 2006-05-17 2006-05-17
US60/747,466 2006-05-17
EP20060118909 EP1858209B1 (en) 2006-05-17 2006-08-14 Method and system for a signaling connection release indication in an UMTS network
EP06118909.8 2006-08-14

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2007312393A true true JP2007312393A (en) 2007-11-29
JP4777300B2 JP4777300B2 (en) 2011-09-21

Family

ID=38686960

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2007131146A Active JP4777300B2 (en) 2006-05-17 2007-05-17 Method and system for signaling a release reason indicated by Umts network

Country Status (3)

Country Link
JP (1) JP4777300B2 (en)
KR (1) KR101107357B1 (en)
CA (1) CA2589373C (en)

Cited By (7)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2011504715A (en) * 2008-04-30 2011-02-10 華為技術有限公司 Method of processing a communication system, the mobility management network element, the resources
JP2012508533A (en) * 2008-11-10 2012-04-05 リサーチ イン モーション リミテッドResearch In Motion Limited By instructing the end of data transmission in long-term evolution, method proceeds to good state or configuration of the battery efficiency and apparatus
WO2013111191A1 (en) 2012-01-25 2013-08-01 富士通株式会社 Wireless communication system, radio base station, radio terminal, and wireless communication method
JP2014161077A (en) * 2009-11-23 2014-09-04 Blackberry Ltd Method and apparatus for state/mode transitioning
JP2016076930A (en) * 2014-10-02 2016-05-12 宏達國際電子股▲ふん▼有限公司 Method and apparatus for handling release of simultaneous communication with multiple base stations and related communication device
US9456436B2 (en) 2007-11-13 2016-09-27 Blackberry Limited Method and apparatus for state/mode transitioning
US9661611B2 (en) 2005-12-14 2017-05-23 Blackberry Limited Method and apparatus for user equipment directed radio resource control in a UMTS network

Families Citing this family (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US8725212B2 (en) * 2011-12-12 2014-05-13 Broadcom Corporation Virtual modem suspension handler in multiple SIM user equipment

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1596616A1 (en) * 2004-05-14 2005-11-16 Research In Motion Limited Method and apparatus for expeditiously releasing network resources for a mobile station based on low battery and lost signal conditions

Family Cites Families (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
KR100897925B1 (en) * 1999-06-04 2009-05-18 노키아 코포레이션 Releasing a connection in a wireless communication network
KR20050028254A (en) * 2003-09-18 2005-03-22 삼성전자주식회사 Method for identifying states between user terminal and network in asynchronous wcdma system
KR20070025538A (en) * 2005-09-02 2007-03-08 엘지노텔 주식회사 A method for releasing aal2 connection in wcdma release 4 mobile switching center

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1596616A1 (en) * 2004-05-14 2005-11-16 Research In Motion Limited Method and apparatus for expeditiously releasing network resources for a mobile station based on low battery and lost signal conditions

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US9661611B2 (en) 2005-12-14 2017-05-23 Blackberry Limited Method and apparatus for user equipment directed radio resource control in a UMTS network
US9456436B2 (en) 2007-11-13 2016-09-27 Blackberry Limited Method and apparatus for state/mode transitioning
JP2011504715A (en) * 2008-04-30 2011-02-10 華為技術有限公司 Method of processing a communication system, the mobility management network element, the resources
USRE45133E1 (en) 2008-04-30 2014-09-16 Huawei Technologies Co., Ltd. Communication system, mobility management network element and method for processing resource
USRE46440E1 (en) 2008-04-30 2017-06-13 Huawei Technologies Co., Ltd. Communication system, mobility management network element and method for processing resource
JP2012508533A (en) * 2008-11-10 2012-04-05 リサーチ イン モーション リミテッドResearch In Motion Limited By instructing the end of data transmission in long-term evolution, method proceeds to good state or configuration of the battery efficiency and apparatus
US9467976B2 (en) 2009-11-23 2016-10-11 Blackberry Limited Method and apparatus for state/mode transitioning
US9226271B2 (en) 2009-11-23 2015-12-29 Blackberry Limited Method and apparatus for state/mode transitioning
JP2014161077A (en) * 2009-11-23 2014-09-04 Blackberry Ltd Method and apparatus for state/mode transitioning
WO2013111191A1 (en) 2012-01-25 2013-08-01 富士通株式会社 Wireless communication system, radio base station, radio terminal, and wireless communication method
JP2016076930A (en) * 2014-10-02 2016-05-12 宏達國際電子股▲ふん▼有限公司 Method and apparatus for handling release of simultaneous communication with multiple base stations and related communication device
US9974114B2 (en) 2014-10-02 2018-05-15 Htc Corporation Method and apparatus for handling release of simultaneous communication with multiple base stations and related communication device

Also Published As

Publication number Publication date Type
KR101107357B1 (en) 2012-01-19 grant
CA2589373C (en) 2016-01-05 grant
JP4777300B2 (en) 2011-09-21 grant
KR20070111398A (en) 2007-11-21 application
CA2589373A1 (en) 2007-11-17 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6738373B2 (en) Wireless communication device operable on different types of communication networks
US20060062237A1 (en) Interrupting use of frequency layer convergence scheme
US20040120283A1 (en) Hybrid protocol to support communications with multiple networks
US20050021770A1 (en) Method for transferring PPP inactivity time in a CDMA2000 network
US7720482B2 (en) Method and apparatus for transitioning between EVDO and CDMA 1X systems using redundant data call blockings
US7761097B2 (en) Apparatus, and associated method, for permitting communication system transition based upon signal threshold determination
US7894375B2 (en) Method, and associated apparatus, for transitioning communications of hybrid access terminal between communication systems
US20070173254A1 (en) Methods, devices and systems relating to reselecting cells in a cellular wireless communications system
US20110207465A1 (en) Method and apparatus for state/mode transitioning
US20080194266A1 (en) Method and apparatus for radio resource control profile creation in a umts network
US20130188543A1 (en) Method and apparatus for state/mode transitioning
US20030099214A1 (en) Method for expediting transitions between states of operation in communications equipment
US20110122818A1 (en) Method and apparatus for state/mode transitioning
JP2008079313A (en) Method and apparatus for handling radio link failure in wireless communication system
US20110159895A1 (en) Method and system for allowing varied functionality based on multiple transmissions
US20050163106A1 (en) Enhancement of dual transfer mode when circuit switched resources are released
US7969924B2 (en) Method and apparatus for state/mode transitioning
US20040219921A1 (en) Method of releasing a connection between a mobile user terminal and a network
US20110249575A1 (en) Method and apparatus for state/mode transitioning
US20110124294A1 (en) Method and apparatus for state/mode transitioning
JP2001275168A (en) Method for responding to state of detected fault in wireless connection and method for deciding expired time
US7949377B2 (en) Method and apparatus for user equipment directed radio resource control in a UMTS network
US20090042560A1 (en) Method and system for a signaling connection release indication
US20070270140A1 (en) Method and system for signaling release cause indication in a umts network
US20070218911A1 (en) Method and apparatus to restore always-on connectivity during network handover

Legal Events

Date Code Title Description
RD02 Notification of acceptance of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7422

Effective date: 20090128

RD04 Notification of resignation of power of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7424

Effective date: 20090128

A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20090128

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20101005

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20101228

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20110106

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20110203

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20110208

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20110303

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20110308

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20110404

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20110601

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20110629

R150 Certificate of patent or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (event date is renewal date of database)

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20140708

Year of fee payment: 3

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250

R250 Receipt of annual fees

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R250