JP2006520949A - Medical device connection method and system - Google Patents

Medical device connection method and system Download PDF

Info

Publication number
JP2006520949A
JP2006520949A JP2006503207A JP2006503207A JP2006520949A JP 2006520949 A JP2006520949 A JP 2006520949A JP 2006503207 A JP2006503207 A JP 2006503207A JP 2006503207 A JP2006503207 A JP 2006503207A JP 2006520949 A JP2006520949 A JP 2006520949A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
infusion
system
patient
central server
clinician
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2006503207A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
マーク ノテスティン,
ジェイムス ピー. マルトゥッチ,
ダン エム. ミハイ,
ローラ エム. レテリア,
Original Assignee
バクスター インターナショナル インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US44435003P priority Critical
Priority to US10/424,553 priority patent/US7698156B2/en
Priority to US48827303P priority
Priority to US10/659,760 priority patent/US8489427B2/en
Priority to US52810603P priority
Priority to US10/748,749 priority patent/US20040176667A1/en
Application filed by バクスター インターナショナル インコーポレイテッド filed Critical バクスター インターナショナル インコーポレイテッド
Priority to PCT/US2004/002729 priority patent/WO2004070557A2/en
Publication of JP2006520949A publication Critical patent/JP2006520949A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/0002Remote monitoring of patients using telemetry, e.g. transmission of vital signals via a communication network
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/41Detecting, measuring or recording for evaluating the immune or lymphatic systems
    • A61B5/411Detecting or monitoring allergy or intolerance reactions to an allergenic agent or substance
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B5/00Detecting, measuring or recording for diagnostic purposes; Identification of persons
    • A61B5/48Other medical applications
    • A61B5/4836Diagnosis combined with treatment in closed-loop systems or methods
    • A61B5/4839Diagnosis combined with treatment in closed-loop systems or methods combined with drug delivery
    • GPHYSICS
    • G06COMPUTING; CALCULATING; COUNTING
    • G06FELECTRIC DIGITAL DATA PROCESSING
    • G06F19/00Digital computing or data processing equipment or methods, specially adapted for specific applications
    • G06F19/30Medical informatics, i.e. computer-based analysis or dissemination of patient or disease data
    • G06F19/34Computer-assisted medical diagnosis or treatment, e.g. computerised prescription or delivery of medication or diets, computerised local control of medical devices, medical expert systems or telemedicine
    • G06F19/3418Telemedicine, e.g. remote diagnosis, remote control of instruments or remote monitoring of patient carried devices
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61BDIAGNOSIS; SURGERY; IDENTIFICATION
    • A61B2560/00Constructional details of operational features of apparatus; Accessories for medical measuring apparatus
    • A61B2560/02Operational features
    • A61B2560/0266Operational features for monitoring or limiting apparatus function
    • A61B2560/0271Operational features for monitoring or limiting apparatus function using a remote monitoring unit
    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61NELECTROTHERAPY; MAGNETOTHERAPY; RADIATION THERAPY; ULTRASOUND THERAPY
    • A61N1/00Electrotherapy; Circuits therefor
    • A61N1/18Applying electric currents by contact electrodes
    • A61N1/32Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents
    • A61N1/36Applying electric currents by contact electrodes alternating or intermittent currents for stimulation
    • A61N1/372Arrangements in connection with the implantation of stimulators
    • A61N1/37211Means for communicating with stimulators
    • A61N1/37252Details of algorithms or data aspects of communication system, e.g. handshaking, transmitting specific data or segmenting data
    • A61N1/37282Details of algorithms or data aspects of communication system, e.g. handshaking, transmitting specific data or segmenting data characterised by communication with experts in remote locations using a network

Abstract

中央サーバー(108a、109)と通信を開始する医療装置(120)を備えるシステムを開示する。 It discloses a system comprising a medical device (120) to initiate communication with the central server (108a, 109). この通信の間、状況情報およびプログラミング情報が、医療装置(120)からサーバー(108a、109)へ送信される。 During this communication, status information and programming information is transmitted from the medical device (120) to the server (108a, 109). このサーバー(108a、109)は情報を一時的に記憶し、端末装置(118)がその通信を開始する場合、または重要な現象がその端末装置(118)に対してディスパッチされることを必要とする場合には、リアルタイムの処理バージョンまたは適切な端末装置(118)に対してコンパイルされた情報をディスパッチする。 The server (108a, 109) temporarily stores the information, if the terminal device (118) starts the communication, or important phenomenon needs to be dispatched to that terminal apparatus (118) when dispatches compiled information for real-time processing version or a suitable terminal device (118).

Description

(参照文献) (References)
本出願は、参照により以下:米国特許出願第10/040,887号(2002年1月7日出願);米国特許出願第10/040,908号(2002年1月7日出願、公開番号US−2003−0130624−A1(2003年7月10日公開));米国特許出願第10/059,929号(2002年1月29日出願、公開番号US−2003−0141981−A1(2003年7月31日公開));米国特許出願第10/135,180号(2002年4月30日出願);米国特許出願第10/424,553号(2003年4月28日出願);米国特許出願第10/659,760号(2003年9月10日出願);米国特許出願第10/749,101号(2003年12月30日出願);米国特許出願第10/749,10 The present application, following by reference: US patent application Ser. No. 10 / 040,887 (January 7, 2002 filed); US patent application Ser. No. 10 / 040,908 (January 7, 2002 application, publication number US -2003-0130624-A1 (7 May 10, 2003 published)); US patent application Ser. No. 10 / 059,929 (January 29, 2002 application, publication number US-2003-0141981-A1 (7 May 2003 31 days published)); US patent application Ser. No. 10 / 135,180 (April 30, 2002, filed); US patent application Ser. No. 10 / 424,553 (April 28, 2003 application); US Patent application No. 10 / 659,760 No. (September 10, 2003 filed); U.S. Patent application No. 10 / 749,101 (December 30, 2003 filed); U.S. Patent application No. 10 / 749,10 号(2003年12月30日出願);米国特許出願第10/748,762号(2003年12月30日出願);米国特許出願第10/748,750号(2003年12月30日出願);米国特許出願第10/748,749号(2003年12月30日出願);米国特許出願第10/749,099号(2003年12月30日出願);米国特許出願第10/748,593号(2003年12月30日出願);米国特許出願第10/748,589号(2003年12月30日出願);米国仮特許第60/377,027号(2002年4月30日出願);米国仮特許第60/376,625号(2002年4月30日出願);米国仮特許第60/376,655号(2002年4月30日出願);米国仮特許第60/444,35 No. (December 30, 2003 filed); U.S. Patent Application No. 10 / 748,762 (December 30, 2003 filed); U.S. Patent Application No. 10/748 and 750 (December 30, 2003 filed) ; U.S. Patent application No. 10/748, 749 (December 30, 2003 filed); U.S. Patent application No. 10 / 749,099 (December 30, 2003 filed); U.S. Patent application No. 10 / 748,593 No. (December 30, 2003 filed); U.S. Patent application No. 10 / 748,589 (December 30, 2003 filed); U.S. provisional Patent No. 60 / 377,027 (April 30, 2002 filed) ; U.S. provisional Patent No. 60 / 376,625 (April 30, 2002 filed); U.S. provisional Patent No. 60 / 376,655 (Apr. 30, 2002 filed); U.S. provisional Patent No. 60 / 444,35 号(2003年2月1日出願);米国仮特許第60/488,273号(2003年7月18日出願);米国仮特許第60/528,106号(2003年12月8日出願);および、米国特許番号第5,842,841号の文献を明示的に組み込み、且つ本明細書の一部とする。 No. (February 1, 2003 filed); U.S. Provisional Patent No. 60 / 488,273 (Jul. 18, 2003 filed); U.S. Provisional Patent No. 60 / 528,106 (December 8, 2003 filed) ; and explicitly incorporate references U.S. Patent No. 5,842,841, and incorporated herein.

(技術分野) (Technical field)
本発明は概して、医療通信システムおよび方法に関し、およびさらに詳しくは、本発明は、医療装置の状況情報の遠隔検索に、およびサーバ依存のハブおよびスポークトポロジーを介したプログラミングに関する。 The present invention relates generally to medical communication system and method, and more particularly, the present invention is the remote retrieval of status information of the medical device, and a programming via a hub and spoke topology server-dependent.

(発明の背景) (Background of the Invention)
患者医療システムは一般に、コンピュータネットワーク、患者を治療するための医療機器、及び該医療機器に対する制御を含む。 The patient care system generally includes a computer network, a medical device for treating a patient, and a control for the medical device. 患者医療システムは、コンピュータ制御の自動化システム及び方法を利用することによって向上してきたが、患者医療システムは、医療機器及び医療機器の制御に関しては、手動によるデータ管理工程に依然として大きく依存している。 Patient care systems have been improved by utilizing an automated system and method for computer controlled, the patient care system, for control of medical devices and medical devices, are still largely dependent on the data management process manually. 例えば、近代的な病院では、看護ステーションは一般にコンピュータネットワークに接続されているが、コンピュータネットワークが病室にまで及ぶのは通常ではない。 For example, in a modern hospital, nursing stations are typically connected to the computer network, the computer network is not usually the extend to hospital room. コンピュータネットワークは、ポイントオブケアでの医療機器の操作及び監視並びに医療機器の制御を含む自動化されたデータ管理処理に対する機会を提供する。 Computer networks offer the opportunity for automated data management processing including the medical device operating and monitoring and control of medical devices at the point-of-care. この分野における進展にもかかわらず、自動データ管理技術は、より効率的なシステム及び方法の欠如により、ポイントオブケア用途に対しては十分に活用されてきてはいない。 Despite advances in the field, automated data management technology, the lack of more efficient systems and methods, not been fully utilized for point-of-care applications. 自動化された技術への依存度が増大するにつれて、システム又はサブシステムの運転状態に関してユーザに通知し、該システム及びサブシステムに関連する通知をユーザに提供する必要性が生じる。 As reliance on automated technologies increases, and notifies the user about the operating status of the system or subsystem, a need to provide a notification to the user associated with the system and subsystems occurs.

(発明の概要) (Summary of the Invention)
システムおよび方法は、医療装置の状況情報の遠隔検索のために、およびサーバ依存のハブ−アンド−スポークトポロジーを介したプログラミングのために提供される。 System and method for remote retrieval of status information of the medical device, and server-dependent hubs - are provided for programming via the spoke topology - and.

概して、一実施形態では、中央サーバと通信を開始する医療装置を備えるシステムが提供される。 Generally, in one embodiment, a system comprising a medical device to initiate communication with the central server is provided. この通信の間、状況情報およびプログラミング情報は、医療装置からサーバへ送信される。 During this communication, status information and programming information is transmitted from the medical device to the server. このサーバは情報を一時的に記憶し、端末装置が通信を開始するときはいつでも、または重要な現象が端末装置にディスパッチされることを必要とする場合には、現在の処理バージョンまたはコンパイルされた情報を適切な端末装置にディスパッチする。 The server temporarily stores the information, if whenever the terminal device starts communication or important phenomenon, needs to be dispatched to the terminal device, the currently processing version or compiled information dispatch to the appropriate terminal.

他の実施形態に従い、ネットワークに接続され、ディスプレイを有する端末装置を備えるシステムが提供される。 According to another embodiment, is connected to the network, the system is provided with a terminal device having a display. さらに、医療装置はネットワークに接続され、状況情報またはプログラミング情報を備えるネットワーク上で通信を開始する。 Furthermore, the medical device is connected to a network, starts communication over the network with status information or programming information. さらに、メッセージがサーバによって作成され、端末装置による要求時に、または現象が生じる場合にネットワーク上に転送される。 Furthermore, a message is created by the server and forwarded on the network when the time required by the terminal device, or when symptoms occur. このメッセージは、医療装置の状況またはプログラミング情報の少なくとも一部を含む。 This message contains at least a portion of the status or programming information of the medical device. このメッセージは、端末装置によって受信され、そのディスプレイ上に示される。 This message is received by the terminal device is indicated on the display.

本発明の他のシステム、方法、特徴、及び利点は、以下の図面及び詳細な説明を考察すれば、当業者には明らかであるか若しくは明らかとなろう。 Other systems, methods, features, and advantages of the present invention, if examination of the following drawings and detailed description, will become or are apparent or obvious to those skilled in the art. 本明細書に含まれる全てのそのような追加システム、方法、特徴、及び利点は、本発明の範囲内にあり、且つ添付の特許請求の範囲によって保護されることが意図されている。 All such additional systems, methods, features, and advantages included herein are within the scope of the present invention are intended to be protected and by the appended claims.

(図面の簡単な説明) BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
本発明は、以下の図面を参照すればより良く理解することができる。 The present invention may be better understood with reference to the following drawings. 図面中の構成要素は必ずしも定尺ではなく、それよりむしろ、本発明の原理を明確に説明することに重点が置かれている。 The components in the drawings are not necessarily fixed size, rather than, emphasis instead to explain the principles of the present invention clearly is located. 図面中、幾つかの図全体を通して、同じ参照番号は、対応する部品を示す。 In the drawings, throughout the several views, like reference numerals designate corresponding parts.

(詳細な説明) (Detailed description)
本発明は多くの異なる形での実施形態が可能であるが、本発明の好ましい実施形態を図面に示し、本明細書に詳細に説明する。 While the invention is susceptible of embodiment in many different forms, a preferred embodiment of the present invention shown in the drawings and will be described in detail herein. 本開示は、本発明の原理の例示としてみなされるべきであり、本発明の幅広い態様を例示された実施形態に限定することを意図されていない。 The present disclosure is to be considered as an exemplification of the principles of the present invention and is not intended to be limited to broad aspects of the illustrated embodiment of the present invention.

図1は、患者医療システムの図式表示である。 Figure 1 is a graphical representation of patient care system. 一実施形態では、患者医療システム100は、ネットワーク102によってリンクされた薬局のコンピュータ104、中央システム108、及び治療場所106を含む。 In one embodiment, the patient care system 100 includes a pharmacy computer 104 linked by a network 102, a central system 108, and a treatment location 106. 図2に示すように、患者医療システム100は、医療システムとも呼ばれる注入システム210をも含む。 As shown in FIG. 2, the patient care system 100 also includes an infusion system 210, also referred to as medical system. 注入システム210は、好ましくは、患者医療システム100内の1台又はそれ以上の電子計算装置上に常駐するコンピュータプログラム、特にモジュール又はアプリケーション(即ち、エンドユーザに対して設計されたプログラム若しくはプログラム群)として実施される投薬システムである。 The infusion system 210 preferably, one or more computer program resident on the electronic computing device of the patient care system 100, in particular module or application (i.e., a program or group of programs designed for end users) a dosing system implemented as. 本明細書に更に詳細に説明するように、注入システム210は、患者医療に対する学際的アプローチにおいて、医師、薬剤師、及び看護師などの臨床家(clinician)をリンクする。 As will be described in detail herein, the infusion system 210, in an interdisciplinary approach to patient care, linking a physician, pharmacists, and clinicians such as nurses (Clinician).

(システム全般) (System-wide)
図3に移ってこれを説明すると、患者医療システム100は、複数の医療機器120を含むことができる。 This will be described Turning to FIG. 3, the patient care system 100 may include a plurality of medical devices 120. 一実施形態では、医療機器は、注入ポンプ120である。 In one embodiment, the medical device is an infusion pump 120. 更に、別の実施形態では、医療機器は、注入ポンプ用制御装置である。 Further, in another embodiment, the medical device is for the infusion pump controller. 容易に参照できるように、本開示は、全体として、本システムの医療機器を注入ポンプとして識別するが、システム100全体が種々の医療機器のうちの任意の1つ又はそれ以上を組み込むことができることが理解される。 For ease of reference, the present disclosure as a whole that the medical device of the present system identifies as an infusion pump, it is that the entire system 100 incorporates any one or more of a variety of medical devices There will be understood. 従って、図3に示すように、複数の注入ポンプ120は、ハブ又はインターフェース107に接続される。 Accordingly, as shown in FIG. 3, a plurality of infusion pump 120 is connected to a hub or interface 107. 本明細書において更に詳細に説明するように、注入ポンプ120は、各注入ポンプ120が1人の患者に関連付けられた従来の設計のものであってよい。 As will be described in further detail herein, infusion pump 120, the infusion pump 120 may be of conventional design associated with a single patient. しかしながら、当業者には分かるように、図3に示す注入ポンプ120は、該注入ポンプが同一のハブ107に接続されているにもかかわらず、同一の患者又は治療場所に関連付けられる必要はない。 However, as will be appreciated by those skilled in the art, the infusion pump 120 shown in FIG. 3, the infusion pump despite being connected to the same hub 107 need not be associated with the same patient or treatment location. 更に、各注入ポンプ120は、単一チャネルポンプであっても、3チャネルポンプのような多チャネルポンプであってもよい。 Furthermore, the infusion pump 120 may be a single channel pump may be a multi-channel pump, such as a 3-channel pump. そのようなチャネルのいずれも、参照数字121で識別される。 Any such channels are identified by reference numeral 121. 一般に、ポンプは、ポンプ状態情報を含むメッセージを、定期的にハブ107に伝送する。 In general, the pump transmits the message including the pump status information, regularly hub 107. 費用効果に対して通信を集中させるために、且つ/又は現在中央コンピュータシステム108と通信していない既存の医療機器の設計変更を可能にし、それによりそのような各医療機器が中央コンピュータシステム108と通信することができるように、別個のハブ107を、医療機器120から離して用いることができる。 To concentrate the communication to cost-effective, and / or permit the design change existing medical devices currently not communicating with the central computer system 108, whereby each such medical devices and the central computer system 108 to be able to communicate, a separate hub 107, can be used away from the medical device 120.

(システム全体の通信ハブ) (System-wide communication hub)
一実施形態では、注入ポンプ120のシリアルポート又は他のI/Oポートは、ツイストペアワイヤ、同軸ケーブル、光ファイバケーブル等のような通常の非無線伝送媒体105を用いてハブ107に接続される。 In one embodiment, a serial port or other I / O port of the infusion pump 120, twisted pair wire, coaxial cable, is connected to the hub 107 by using a conventional non-wireless transmission medium 105 such as an optical fiber cable. ハブ107は、片方向シリアル通信リンク105を介して、複数の注入ポンプ120又は1つのみのポンプに接続することができるのが好ましい。 Hub 107 via a one-way serial communications link 105, preferably can be connected to a plurality of infusion pump 120 or only one pump. ハブ107は、接続されたポンプからの信号の受信及び受信信号の再生を行う。 Hub 107, reproduces the received and the received signal of the signal from the connected pump. 具体的には、ポンプ120からの受信信号は、ハブ107によって、無線通信路又は無線通信リンク128及び有線通信システム110を介したシステムネットワーク102への伝送に適した形式に変換される。 Specifically, the received signal from the pump 120, the hub 107, is converted into a format suitable for transmission to the system network 102 over a wireless communication channel or a wireless communication link 128 and the wired communication system 110. 一般に、ハブ107は、システムネットワーク102へポンプデータを送信する。 Generally, the hub 107 transmits the pumping data to the system network 102. ハブ107はまた、ポンプ120からの受信情報をフィルタ処理し、重複メッセージを阻止することもできる。 Hub 107 also received information from the pump 120 to filter, it is also possible to prevent duplicate messages. 更に、ハブ107は、臨床家116のデジタルアシスタント118上でポンプ状態情報を遠隔閲覧することを可能にする。 Furthermore, the hub 107, the pump status information on the digital assistant 118 of clinician 116 makes it possible to remotely view. 一般に、ハブ107は、ハブ107がポンプ120に接続されており且つハブ107とポンプ120の両方の電源が入っているときは常時ポンプデータを送信する。 Generally, the hub 107 transmits the pump data at all times when the hub 107 is turned both are and hub 107 and the pump 120 is connected to a pump 120. 本明細書に詳細に説明するように、ハブ107は、薬局入力オーダのポンプ設定値との比較をも可能にする。 As will be described in detail herein, the hub 107 also allows comparison with the pump set value of pharmacy input order. 好ましい実施形態では、ハブ107は、ポンプ120を支持する点滴ポールに接続されるか、又は、ハブ107は、注入ポンプ120内に組み込まれ、上に特定した統合型医療/通信機器が創出される。 In a preferred embodiment, the hub 107 is either connected to the IV pole for supporting the pump 120, or, the hub 107 is incorporated into the infusion pump 120, the identified integrated medical / communication equipment above is created .

ハブ107の一実施形態を図47に示す。 One embodiment of the hub 107 shown in FIG. 47. この実施形態では、ハブ107は、最大4つのポンプに対するポンプポートインジケータ411、無線信号損失インジケータ413、ローバッテリインジケータ415、アラート消音キー417、オン/オフキー・インジケータ419、及び充電中インジケータ421を含む。 In this embodiment, the hub 107 comprises a pump port indicators 411 for up to four pumps, radio signal loss indicator 413, low battery indicator 415, an alert mute key 417, an on / off key indicator 419, and the charge in the indicator 421. ポンプポートインジケータ411は、ハブ107のポンプポートの各々に対する状態インジケータとなる。 Pump port indicator 411 is a status indicator for each of the pump ports of the hub 107. インジケータライトは、対応するポンプポートがネットワーク102と正常に通信していることを示す。 Indicator light indicates that the corresponding pump port is communicating properly with the network 102. しかしながら、インジケータライトが点灯していない場合、これは、対応するポンプポートがポンプ120に接続されていないか又はポートがポンプ120からネットワーク102まで通信していないことを示す。 However, if the indicator light is off, this indicates that the corresponding or port pump port is not connected to the pump 120 is not in communication from the pump 120 to the network 102. 無線信号損失インジケータ413は、ハブ107が無線リンクによってネットワーク102と通信することができないことを示す。 Wireless signal loss indicator 413 indicates that the hub 107 is unable to communicate with the network 102 via a wireless link. 無線信号損失が発生した場合、ポンプポートインジケータ411の各々も消灯することになり、ハブ107がネットワーク102と通信していないことを示す。 If the wireless signal loss occurs, each of the pump port indicator 411 also will be turned off, indicating that the hub 107 is not communicating with the network 102. 無線信号損失が発生した場合、ハブ107は、このイベントをシステムネットワーク102及び中央コンピュータシステム108並びにサーバ109に伝達し、最終的に臨床家116に伝送することになる。 If the wireless signal loss occurs, the hub 107 transmits the event to the system network 102 and the central computer system 108 and server 109, eventually to be transmitted to the clinician 116. アラート消音キー417は、臨床家116がハブ107からの全ての可聴アラートを一時的に消音化することを可能にする。 Alert mute key 417, clinician 116 makes it possible to temporarily silencing all audible alert from the hub 107. 通信ハブの代替的実施形態は、物理的にポンプ内に単一の専用無線モジュール、又は無線通信を用いてポンプ及びサーバの両方に到達するための別個のモジュールを含む。 Alternative embodiments of the communication hub comprises physically single dedicated radio module in the pump, or a separate module to reach both the pump and the server using the wireless communication.

更に、代替的実施形態では、ハブ107は、任意選択的に、統合型医療/通信機器を創出するために注入ポンプ120内に組み込むことができる。 Furthermore, in an alternative embodiment, the hub 107 may optionally be incorporated into the infusion pump 120 in order to create an integrated medical / communication device. 組み合わせハブ/医療機器は、引き続き互いに対して全く同様に機能することになろう。 Combinations hub / medical device, would be to continue functions in exactly the same manner with respect to each other.

(システム全体のアクセスポイント) (Access point of the entire system)
図3に示すように、医療施設内の複数のアクセスポイント114は、無線通信路と有線通信システムとの間のインターフェースとなる。 As shown in FIG. 3, a plurality of access points 114 in the medical facility provides an interface between the wireless communication path and a wired communication system. 好適には、システムネットワーク102が利用できない場合、ハブ107は、ポンプ120から受信した信号を格納し、次いで、システムネットワークがひとたび利用可能になれば、該変換信号をシステムネットワーク102に伝送する。 Preferably, if the system network 102 is unavailable, the hub 107 stores the signals received from the pump 120, then the system network if the once available, and transmits the converted signal to the system network 102. 好ましい実施形態では、ハブ107とアクセスポイント114との間の通信は、ハブ107からアクセスポイント114及び最終的にネットワーク102まで片方向性である。 In a preferred embodiment, communication between the hub 107 and the access point 114 is a one-way property from the hub 107 to the access point 114 and ultimately network 102. 従って、本実施形態では、注入ポンプ120はネットワーク102にデータを伝送することができるが、ネットワーク102は、データを注入ポンプ120に伝送することができない。 Thus, in this embodiment, the infusion pump 120 can transmit data to the network 102, the network 102 is unable to transmit data to the infusion pump 120. しかしながら、これも本明細書に開示されている代替的実施形態では、ハブ107とアクセスポイント114との間の通信は、双方向性であることが分かる。 However, this is also an alternative embodiment disclosed herein, the communication between the hub 107 and the access point 114 is found to be bidirectional. 従って、これらの実施形態では、データ及び他の情報は、ネットワーク102から注入ポンプ120まで伝送することができる。 Thus, in these embodiments, data and other information may be transmitted from the network 102 to the infusion pump 120. いずれの場合でも、ネットワーク102とハブ107との間で伝送される情報は、安全保護のために符号化される。 In either case, the information transmitted between the network 102 and the hub 107 is encoded for security.

(中央システムサーバ/システム全体のコンピュータ) (Central system server / system-wide computer)
ここで図1及び図3を参照すると、中央システム108は、一台又はそれ以上のサーバ又はコンピュータを含むことができる。 Referring to FIGS. 1 and 3 where the central system 108 may include a single or more servers or computer. 本開示は全体としてサーバ109、108aを参照するが、これらの構成要素は非サーバコンピュータであってもよいことが分かる。 The present disclosure refers to the server 109,108a Overall, these components it is understood that it may be a non-server computer. 必ずしもそうである必要はないが、中央システム108は、第1の中央サーバ又は中央コンピュータ109及び第2の中央サーバ若しくは中央コンピュータ108aを含むことができるのが好ましい。 Although not necessarily, the central system 108 preferably may include a first central server or central computer 109 and the second central server or central computer 108a. 一実施形態では、第1の中央サーバ109と第2の中央サーバ108a間の通信用に、別個の通信システム103を備えることができる。 In one embodiment, the first central server 109 for communication between the second central server 108a, it can be provided with a separate communication system 103. 好ましい実施形態では、別個の通信システム103は、孤立したポイントツーポイント有線通信イーサネット(登録商標)ネットワークである。 In a preferred embodiment, a separate communication system 103 is a isolated point-to-point wired communication Ethernet network. この通信システム103が孤立したポイントツーポイントシステム接続であるために、2台のサーバ109、108a間で通信されるデータは通常、暗号化されない。 For this communication system 103 is a point-to-point system connections isolated, data communicated between the two servers 109,108a are usually not encrypted. 通常、2台のサーバ109及び108a間の通信システムは、双方向通信を可能にする。 Usually, the communication system between the two servers 109 and 108a allow for two-way communication.

本明細書に詳細に説明するように、第1の中央サーバ又はコンピュータ109は、第1のデータベース、及び医療機器並びにユーザインターフェースに関連するデータ及び機能に関連付けられた第1の機能的特徴のセットを有する。 As will be described in detail herein, the first central server or computer 109, a first database, and a first set of functional characteristics associated with the data and functions related to the medical device and the user interface having. 医療機器120及びユーザインターフェース118は通常、第1の中央コンピュータ109と直接通信する。 Medical device 120 and user interface 118 typically communicate directly with the first central computer 109. 更に、本明細書に詳細に説明するように、第2の中央サーバ又は中央コンピュータ108aは、第2のデータベース及び第2の機能的特徴のセットを有する。 Further, as described in detail herein, the second central server or central computer 108a has a second set of database and the second functional feature. 第1の中央コンピュータ109は、第2のコンピュータ108aに暗号化接続されており、医療機器120及びユーザインターフェース118は、第2の中央コンピュータ108aとは直接的に通信しない。 First central computer 109 is encrypted connected to the second computer 108a, the medical device 120 and user interface 118, and the second central computer 108a do not communicate directly. ユーザインターフェース118は、第1の中央コンピュータ109を介して、第2の中央コンピュータ108aの第2の機能的特徴のセットに関連する第2のデータベースからデータを受信することができる。 The user interface 118 may be via a first central computer 109 receives data from a second database associated with the second set of functional characteristics of the second central computer 108a.

第2の中央サーバ108a及びそのソフトウェアサブシステムは通常、薬局のシステムとインターフェースをとり、薬物、患者に関する情報を提供し且つ看護師及び他の臨床家に標準的なワークフローを提供する。 The second central server 108a and the software subsystem typically takes the pharmacy system and interface, drugs, provides a standard workflow provided by and nurses and other clinicians patient information. 第2の中央サーバ108aも、第1の中央サーバ109とインターフェースをとり、患者、看護師、臨床家、オーダ、及びデジタルアシスタント118と臨床家との間の関連性に関する情報を提供する。 The second central server 108a, take the first central server 109 and interface, providing the patient, nurse, clinician, order, and information regarding the relationship between the digital assistant 118 and clinician. 第2の中央サーバ108aの他の機能の幾つかには、患者管理、項目管理、施設管理、メッセージング、報告/グラフ作成、及び他のシステムへの種々のインターフェースを含めることができる。 To some other features of the second central server 108a, patient management, item management, facilities management, it can include messaging, reporting / graphing, and various interfaces to other systems.

具体的には、患者管理は、病院又は施設に入来する各患者に関する一般的な情報を参照する。 Specifically, patient management refers to the general information about each patient coming into hospital or facility. この情報は、各訪問に特定の情報と共に保持され、通常、人口統計データ、アレルギー、入院日、退院日、初期診断、病室、ベッド等を含む。 This information is retained with the information specific to each visit, including normal, demographic data, allergies, admission date, discharge date, initial diagnosis, hospital room, a bed or the like. 更に、処方、計画、及び投与された薬剤の各々に関する情報が、第2の中央サーバ108aによって保持される。 Furthermore, formulation, planning, and information about each of the administered drug is held by the second central server 108a. 患者管理機能の機能性には、事前拒絶反応検査、薬物間相互作用検査、重複治療検査、投与量検査及び薬物・疾患禁忌も含まれる。 The functionality of the patient management functionality, pre-rejection test, drug interaction tests, duplicate treatment test, also include dosage testing and drug-disease contraindications.

項目管理は、施設内で利用可能な各薬物に関する情報を参照する。 Item management refers to the information about each drug available in the facility. この情報は、第2の中央サーバ108a内で管理及び保持される。 This information is managed and maintained within the second central server 108a. このような情報は、薬物の名称、強度、薬効分類、製造者等を含む。 Such information includes the name of the drug, strength, therapeutic category, the manufacturer or the like. 更に、第2の中央サーバ108aは、薬在庫及び他のコンピュータ化された倉庫の項目内容の継続在庫をリアルタイムで保持する。 Furthermore, the second central server 108a maintains a continuous stock of field contents of drug inventory and other computerized warehouse in real time. 第2の中央サーバ108aは、倉庫に補充が行われる際及び用量が投与又は処分される際に更新が行われるのを支援する。 Second central server 108a, when and dose supplementation warehouse is performed to assist the performed updates when administered or disposal.

施設管理は、施設全体について記載した情報を参照する。 Facilities management refers to the information described for the entire facility. この情報は、システム210の第2の中央サーバ108a内で管理及び保持される。 This information is managed and maintained within the second central server 108a of system 210. この情報は、施設の建物、フロア、部門、部屋及びベッド内への物理的崩壊、提供されるプログラム並びにサービス及びそれらが提供される場所のリスト、薬物並びにサプライ用品が保存されている貯蔵部門及びそれらを供給することを意図されている場所の識別を含む。 This information, facilities of the building, floor, department, room and physical collapse into bed, storage department programs and services and the list of places where they are provided to be provided, drug and Supplies are stored and they include the identity of the location that is intended to supply.

メッセージングは、薬剤師と臨床家との間に通信リンクを提供する第2の中央サーバ108aの機能を参照する。 Messaging refers to the function of the second central server 108a for providing a communication link between the pharmacist and the clinician. 第2の中央サーバ108aは、投与量と特別投与指示の標準化を可能にし、投与量不足の通知を自動的に送信する。 The second central server 108a allows standardization of dose and special dosage instructions, automatically sends a notification of insufficient dosage. 報告及びグラフ作成は、システム210の権限を有するユーザによって要求に応じて又は計画的に実行することのできる幾つかの事業報告並びに管理報告の有効性を参照する。 Reporting and charting refers to the effectiveness of some business reports and management reports that may be executed or planned in response to a request by an authorized user of the system 210.

第2の中央サーバ108aはまた、ADTインターフェース、請求書発行インターフェース、個別結果インターフェース、文書結果インターフェース、処方集インターフェース、薬局オーダインターフェース、ポイントオブケア投薬管理インターフェース及び在庫インターフェースなどの種々のインターフェースをも有する。 A second central server 108a also, ADT interface, billing interface, individual results interface, document results interface, formulary interface, pharmacy orders interface, also the various interfaces, such as a point-of-care medication management interface and inventory interface . これらのインターフェースについては後で更に詳細に説明するが、直下で簡単な説明を行う。 These interfaces will be described later in more detail, a brief description just below. ADTインターフェースは、施設入院、転院、退院システム(ADT)を参照する。 ADT interface refers to facilities hospitalization, changing hospital, the hospital discharge system (ADT). このシステムは通常、事前入院許可及び外来患者の登録をも操作する。 This system is usually, also to manipulate the pre-hospitalization authorization and registration of foreign patients. 個別結果インターフェースは、検査結果とのインターフェースを参照する。 Individual results interface refers to the interface with the test results. 通常、検査結果及び付随するオーダは、外部の検査情報システムに入力され、HL7エンジン内の個別結果インターフェース又は検査室インターフェースが、このデータを第2の中央サーバ108aに転送する。 Usually, the order of inspection results and the associated are input to the external of the Laboratory Information System, the individual results interface or lab interface in HL7 engine forwards the data to the second central server 108a. ひとたび検査結果が第2の中央サーバ108a内に保存されれば、ユーザは、ハンドヘルド装置118、コンピュータ化医師オーダエントリ(CPOE)システム、及び第2の中央コンピュータ108aの主アプリケーションから、それらを観察することができる。 Once test results stored in a second central server 108a, the user, the handheld device 118, computerized physician order entry (CPOE) system, and the main application of the second central computer 108a, observing them be able to. 検査室インターフェースは、放射線検査室インターフェース、微生物検査室インターフェース、生化学検査室インターフェース、及び病理検査室の少なくとも4つのインターフェースに対して利用可能である。 Lab interface is available radiation lab interface, microbiology laboratory interface, biochemical lab interface, and for at least four interfaces pathology laboratory. これらのインターフェースは、4つの異なるポート上若しくは同一のポート上で動作するように構成することができる。 These interfaces can be configured to operate on four different ports or on the same port. 文書結果インターフェースは通常、第2の中央サーバ108aを参照して放射線検査報告及び病理報告を受け取る。 Article results interface typically receives a radiation inspection reports and pathology reports with reference to the second central server 108a. 処方集インターフェースは通常、第2の中央サーバ108aを参照してマスタファイルの通知を受け取り、外部システムの薬物ファイルを同期させることができる。 Formulary interface typically receives a notification of the master file with reference to the second central server 108a, it is possible to synchronize the drug file of the external system. 処方集の変更は、サーバ108aから外部第三者システムへの送信トランザクションをトリガすることになる。 Changing the formulary will trigger the transmission transaction from the server 108a to external third-party systems. 薬局オーダインターフェースは、投薬オーダを外部第三者システムへ送信することを可能にする。 Pharmacy order interface allows to transmit medication orders to external third-party systems. 在庫インターフェースは、外部第三者システムから薬局在庫の変動を受け入れる。 Inventory interface, accept the change of the pharmacy stock from external third-party systems. 更に、本システム100と共に、カート集積所インターフェースを利用することが可能である。 Furthermore, with the present system 100, it is possible to use the cart depot interface. 第2の中央サーバ108aは、サーバデータベースにオーダ及び薬物ファイル変更を格納し、次いで、この情報を、任意の第三者カートインターフェースへ送信する。 The second central server 108a stores the order and drug file changes to the server database, then the information is transmitted to any third party cart interface. HL7エンジン内の第三者カートインターフェースは、この情報を処理し、HL7MFNメッセージ及びRDEメッセージとする。 Third party cart interface within HL7 engine processes this information, and HL7MFN messages and RDE message. MFNメッセージは、薬物ファイル情報を含み、RDEは、患者オーダ情報を含む。 MFN message includes drug file information, RDE includes a patient order information. 次いで、HL7エンジンは、これらのメッセージを、第三者カートサーバへ伝送する。 Then, HL7 engine, these messages are transmitted to the third party cart server. HL7エンジンはまた、第三者カートサーバからHL7形式のDFTメッセージを受信する。 HL7 engine also receives HL7 format DFT messages from the third-party cart server. DFTメッセージは、薬剤投与に対する請求情報を含む。 DFT message contains billing information for drug administration. HL7エンジンは、この情報を処理し、次いで、それを第2の中央サーバ108aに送信し、第2の中央サーバ108aが、その後、この情報を請求書発行アプリケーションに渡すことができる。 HL7 engine processes this information and then sends it to the second central server 108a, the second central server 108a is, subsequently, can pass this information to the billing application. その後、請求書発行アプリケーションは、患者負担額を計算し、患者に請求明細書を送付することができる。 Then, invoicing application calculates the patient's burden, it is possible to send an invoice to the patient. 請求書発行インターフェースは、患者負担額ソフトウェアとのインターフェースを参照する。 Billing interface refers to the interface with the patient burden software. 請求書発行インターフェースは、負担額を計算するための請求書発行アルゴリズムの任意選択的使用に対応する。 Billing interface corresponds to the optional use of invoicing algorithm for computing burden. 請求書発行インターフェースは、第三者システムからの外部インバウンドトランザクションのみならず、内部トランザクションをも処理する。 The billing interface, not only external inbound transactions from the third party system, also handles the internal transaction. 請求書発行インターフェースは、第2の中央サーバ108aと病院の第三者財務システムとの間のHL7インターフェースとなる。 The billing interface, the HL7 interface between the second central server 108a and the hospital third-party financial system. 請求される額は、直接送信することも、患者負担額を請求書発行インターフェースで計算し、病院の第三者財務システムに送信することもできる。 Amount to be claimed also be sent directly to calculate the patient burden in billing interface, can be sent to the hospital third party financial system. 情報は、HL7メッセージを介してリアルタイムで送信される。 Information is transmitted in real time via the HL7 message. ポイントオブケアインターフェースは、非注入関連データに対してポイントオブケア投薬管理に関する情報を統合するウェブサービス通信で構成される。 Point-of-care interface is composed of a web service communication that integrates information on point-of-care medication administration for non infusion-related data. これらのデータは、ユーザインターフェースが注入関連薬剤及び非注入関連薬剤に対する投薬管理を統合することができるように、リアルタイムで通信される。 These data, so that the user interface to integrate medication management for infusion-related drug and non-infusion-related drugs, are communicated in real-time.

逆に、第1の中央サーバ109は、複数のハブ107、複数のデジタルアシスタント又はユーザインターフェース118を往復し、且つ第2の中央サーバ108aと共にデータを送受信するためにロード及び設定されたソフトウェアを有する。 Conversely, the first central server 109, a plurality of hubs 107, and reciprocating a plurality of digital assistant or user interface 118, and the load and configured software to send and receive data with the second central server 108a . 以下に詳細に説明するように、第1の中央サーバ109は、限定するものではないが、サーバ108aから受信した処方パラメータをハブ107システムから受信した該当するプログラムされたポンプ設定と比較する機能、通知及びメッセージをデジタルアシスタント118へ中継する機能、ハブ107システムから受信したアラーム情報及びアラート情報を適切なデジタルアシスタント118へ中継する機能、サーバ108aから通信された薬局情報及び患者情報を適切なデジタルアシスタント118へ中継する機能、並びにポンプ状態データ及びアラーム監視データを集約し且つこのデータを定期的にサーバ108aへ中継する機能を含む、幾つかの機能を実行することができる。 As described in detail below, it functions the first central server 109, but are not limited to, to be compared with the corresponding programmed pump set received prescription parameters received from the server 108a from the hub 107 system, relaying the notification and the message to the digital assistant 118 function, function of relaying alarm information and alert information received from the hub 107 system to the appropriate digital assistant 118, pharmacy information and patient information communicated from the server 108a suitable digital assistant function of relaying to 118, as well as regularly include the ability to relay to the server 108a aggregated and the data pump state data and alarm monitoring data, it is possible to perform several functions. 要請があれば、サーバ109によって実行される作業は、1996年(8月21日)の医療保険の携行性に関する法律、公法104−191に準拠する。 If there is a request, the work to be performed by the server 109, the Act on portability of health care insurance in 1996 (August 21), to comply with Public Law 104-191. 通常、第1の中央コンピュータ又はサーバ109に常駐するデータは、第2の中央コンピュータ又はサーバ108aに常駐するデータとの共通部分である。 Usually, data residing in the first central computer or server 109 is the intersection of the data residing in the second central computer or server 108a. サーバ109は、その機能性を実行することが要求される、サーバ108a内に含まれるデータのサブセットを含む。 Server 109, it is required to perform its functionality, including a subset of the data contained in the server 108a. サーバ109は、その機能性を実行することが要求される、システムネットワーク102、ハブ107及び注入ポンプ120に関連するデータをも含む。 Server 109, it is required to perform its functionality, including data relating to the system network 102, hub 107 and infusion pump 120. 上に説明したように、このようなデータは通常、デジタルアシスタント118及び医療機器120の機能又は性能に要求されるデータである。 As explained above, such data is typically data that is required to function or performance of the digital assistant 118 and medical instrument 120.

一実施形態では、医療機器120又は他の装置及び機能性と第1と第2の中央コンピュータ109、108aにおける病院情報システムとの費用効率の高い統合が、患者の安全特定情報などの上述した総データのサブセットを分離すること、並びにそのような情報及び機能性をシステムの妥当性確認済み/検証済み部分に置くことよってもたらされる。 In one embodiment, high integration cost efficiency and hospital information systems in the medical device 120, or other devices and functionality and first and second central computer 109,108a is, the total of the above-mentioned safety specific information of a patient separating a subset of the data, and provided by putting such information and functionality to the validated / verified part of the system. この状況、FDA規制の状況において、検証済みとは、全ての要求事項が試験されたという客観的証拠を提供することを意味し、妥当性確認済みとは、その製品が顧客の必要性を満たすという客観的証拠を提供することを意味する。 This situation, in the context of FDA regulations, validated and is meant to provide objective evidence that all requirements have been tested, and the validity confirmed, the product meets the needs of the customers It is meant to provide objective evidence that. 本実施形態では、本システムの妥当性確認済み部分は、第1の中央コンピュータ109内に置かれる。 In the present embodiment, the validated portion of the system is placed in the first central computer 109. 一実施形態では、サブセットは、注入ポンプによって生成されたアラーム及び/又はアラート並びに/若しくは医療機器120/注入ポンプ120/制御装置120のプログラミング情報又は運転パラメータ情報を含むことができる。 In one embodiment, the subset may include programming information or operating parameter information of the alarm generated by the infusion pump and / or an alert and / or medical device 120 / infusion pump 120 / controller 120. このサブセットは、分離されて第1の中央コンピュータ109内の本システムの妥当性確認済み部分に置かれており、全データの残りの部分は、第2の中央コンピュータ108a内の本システムの妥当性が確認されていない部分のデータベース内に保持される。 This subset is placed isolated in the validated portion of the system in the first central computer 109, the remaining portion of the total data, the validity of the system in the second central computer 108a There is maintained in the database of the portion not confirmed. 第1の中央コンピュータ109に置かれた妥当性確認済みデータベース及び第2の中央コンピュータ108aに置かれた妥当性が確認されていないデータベースは、下記に記載する詳細から当業者によりよく理解されるように、ウェブサービスレプリケーションを用いて同期して保持される。 Database validity placed on the first validation Databases placed to the central computer 109 and the second central computer 108a is not confirmed, as is well understood by those skilled in the art from the details described below to be held in synchronization with a web service replication. 代替的実施形態は、1台のコンピュータ上に常駐する本システムの妥当性確認済み部分及び妥当性未確認部分の両方並びにソフトウェアファイアウォール(例えば、オペレーティングシステム機構又は他のOTSソフトウェア)によって分離された機能性を含むことができる。 Alternative embodiments, both the validated portion and validity unconfirmed portions of the system resident on a single computer and software firewalls (e.g., an operating system mechanism or other OTS software) functionality separated by it can contain. 以下に説明するように、「同期化」は、時間間隔、他の所定時間に基づいて定期的に、及び/又は患者登録状態などの重要データの変更が行われる場合に必要に応じて実行することができる。 As described below, "synchronization" periodically, and / or changes important data such as a patient registration status to execute as needed when performed on the basis of the time interval, other predetermined time be able to. 周期的に、複製データの新鮮な新たなコピーが他の中央コンピュータに送信され、妥当性確認済みの第1の中央コンピュータ109が、そのローカルコピーを新たなコピーに置き換える。 Periodically, fresh new copy of the duplicated data is transmitted to the other central computer, the first central computer 109 of the validated is, replace the local copy to the new copy. 重要情報が変わる場合、当該変化は、妥当性確認済みの第1の中央コンピュータ109へ直ちに伝播され、既存の情報の置き換えではなく、変更として処理される。 Important information is changed, the change is immediately propagated to the first central computer 109 of the validated, rather than the replacement of existing information, is processed as a change. 従って、本明細書に記載する詳細から理解されるように、第1の中央コンピュータ109のデータベースに置かれたサブセットの一部又は全ても、第2の中央コンピュータ108aに存在する。 Thus, as will be understood from the details described herein, a part of or all subsets placed in the database of the first central computer 109, present in the second central computer 108a. この工程は、以下に記載する詳細を参照すればよりよく理解される。 This process will be better understood with reference to the details set forth below. 従って、第1の中央コンピュータにある患者安全関連データのようなデータベースのサブセットを局所化することにより、少なくともシステム開発のコストが更に最適化され、且つ、第三者の妥当性確認済みでないシステム及び該システム内のそれぞれのデータ及び情報との統合の時間効果及び費用効果が向上する。 Therefore, by localizing a subset of the database, such as patient safety-related data in the first central computer, the cost is further optimization of the least system development, and, and the system is not a validity verified third-party time effects and cost-effective integration of the respective data and information in the system is improved.

一実施形態では、第1の中央コンピュータ109は、ユーザ及び装置の認証に対してアクティブディレクトリを実行するWindows(登録商標)2003サーバOSを有するCompaq DLG−380のような妥当性確認済みサーバ、サーバ証明書及びクライアント証明書の発行に対する認証局、一時データ保存用SQLサーバ2000、アプリケーションホスティング(ウェブサービス並びにウェブページ)用インターネット情報サーバ(IIS)を備えることができる。 In one embodiment, the first central computer 109, the user and Windows (registered trademark) to perform the Active Directory for the authentication of the device Compaq DLG-380 the validated server, such as with a 2003 server OS, the server certificate and the certificate authority for a client certificate, temporary data storage for SQL server 2000, can be provided with an application hosting (web services and web page) Internet information server for (IIS). 第2の中央コンピュータ108aは、専用接続の他端において妥当性確認済みサーバによって公開されるデータレプリケーションウェブサービスにアクセスする専用イーサネット(登録商標)TCP/IP接続103を介して接続された外部病院情報システム(HIS)サーバなどの妥当性確認済みでないサーバを備えることができる。 Second central computer 108a is external hospital information connected via a dedicated Ethernet (registered trademark) TCP / IP connection 103 to access the data replication web services exposed by the validated server at the other end of the dedicated connection it can be provided with a system (HIS) not the validated, such as a server server. 代替的に、第2の中央コンピュータ108aは、薬局のシステム及び他のシステムなどの、本明細書に全体として説明する様々な機能のうちの1つ又はそれ以上の機能を実行するソフトウェアを備えることができる。 Alternatively, the second central computer 108a may be provided with a software that performs the pharmacies and other systems, one or more functions of the various features described herein in its entirety can. 従って、第2の中央コンピュータは、これらの種類の機能を備えることができ、且つ外部病院情報システム(HIS)サーバなどの他のシステムとのインターフェースを有することができる。 Thus, the second central computer can be provided with these types of features, and can have an interface with other systems, such as external hospital information system (HIS) server.

第1の中央コンピュータ(即ちサーバ109)は、データ記憶パッケージを含むデータベースすなわち第1のデータベースを含む。 First central computer (i.e., server 109) includes a database or first database includes a data storage package. 一実施形態では、第1のデータベースは、第1の中央コンピュータ109の外部又は内部に置いてもよいが、図54に示すように、第1の中央コンピュータ上にロードされた、アプリケーション5412のユーザに対してのみアクセス可能であるのが好ましい。 In one embodiment, the first database may be placed outside or inside the first central computer 109 but, as shown in FIG. 54, loaded on the first central computer, the user of the application 5412 only it is preferably accessible to. 第1のデータベース内のデータテーブルは、本明細書に更に説明するユースケース内で使用される。 Data table in the first database is used in the use case described further herein. データテーブルは、医療機器、デジタルアシスタント、ハブ、患者、臨床家、処方、滴定、比較情報、アラーム、及びエスカレーションに関連するテーブルを含むのが好ましい。 Data table, medical equipment, digital assistant, a hub, patient, clinician, formulation, titration, comparison information, alarms, and preferably includes a table associated with the escalation. 更に、医療機器テーブルは、ポンプ、ポンプチャネル、ポンプサブチャネルに関連するテーブルを含むことができる。 Furthermore, the medical device table may include pumps, pump channels, a table associated with the pump sub-channel. また、アラームテーブルは、ハブアラーム、ポンプアラーム、チャネルアラーム、アラーム履歴ログ等に関するテーブルを含むことができる。 Also, the alarm table may include a table of the hub alarm, pump alarm, channel alarm, alarm history log or the like.

一実施形態では、各テーブルがキーを含むことができ、該テーブル内のデータは、該キーに応答する。 In one embodiment, each table can contain key data in the table is responsive to the key. 例えば、ポンプチャネル情報ログに関するテーブルへのキーは、ポンプチャネルログの同一性を証明するものとなることができ、該キーに応答して、チャネル識別、ポンプ速度、投与方式、投与量、残量、一次注入量等に関するテーブルデータが提供される。 For example, the key to the table for the pump channel information log, can be a proof of identity of the pumping channel logs, in response to the key, channel identification, pump speed, mode of administration, dosage, remaining , table data is provided for one primary injection amount and the like. 更に、テーブルは、リンクすることができる。 Furthermore, the table can be linked. 例えば、患者情報を有する患者テーブルは、臨床家テーブルへリンクすることができ、該臨床家テーブルは、デジタルアシスタントテーブルへリンクすることができる。 For example, the patient table with the patient information, can be linked to the clinician table, the clinician table may be linked to the digital assistant table.

図3の患者医療システム100は、ハブサブシステム、第1の中央コンピュータサブシステム又は第1の中央サーバサブシステム、医療機器サブシステム若しくはポンプサブシステム、第2の中央コンピュータサブシステム或いは第2の中央サーバサブシステム、及びパーソナルデジタルアシスタント(PDA)サブシステムに分割することができる。 The patient care system 100 of FIG. 3, the hub subsystem, the first central computer subsystem or the first central server subsystem, a medical device subsystems or pump subsystem, a second central computer sub system or the second central it can be divided server subsystem, and a personal digital assistant (PDA) subsystem. ハブサブシステム及び第1の中央コンピュータサブシステムについて、本明細書に更に詳細に論じる。 For hub subsystem and a first central computer subsystem, discussed in further detail herein. 医療機器サブシステムに関して述べれば、このサブシステムは、患者への薬剤の送達を可能にする注入装置などの1つ又はそれ以上の医療機器120を含み、各注入装置に関する状態及び注入情報が、各装置に関連付けられた通信ポートから定期的に伝送されるのが好ましい。 Stated respect medical device subsystem, the subsystem includes one or more medical devices 120, such as infusion device that enables delivery of the drug to the patient, conditions and injection information for each injection device, each preferably from the communication port associated with the device being transmitted periodically.

通常、第2の中央コンピュータサブシステムは、薬局のシステムとインターフェースをとり、薬物、患者及び標準的な看護師ワークフローに関する情報を提供するためのコンピュータハードウェア並びにコンピュータソフトウェアを有するサーバ108aである。 Usually, the second central computer subsystem takes the pharmacy system and interface, the drug is a server 108a having a computer hardware and computer software for providing information about the patient and standard nurse workflow. サーバ108aはまた、病院情報システム(HIS)へのインターフェースなどの、本明細書において先に論じた様々な他のアプリケーションをも有することができる。 Server 108a also may also have a variety of other applications discussed etc., hereinabove interface to Hospital Information System (HIS). 第2の中央コンピュータは、第1の中央コンピュータサブシステムとインターフェースをとり、第1の中央コンピュータに、患者、看護師、オーダ、及びパーソナルデジタルアシスタントと看護師又は臨床家との間の関連に関する情報を提供するのが好ましい。 The second central computer takes the first central computer subsystem interfaced information to the first central computer, patient, nurse, order, and a personal digital assistant on the association between the nurse or clinician it is preferable to provide.

一実施形態では、中央コンピュータは、妥当性確認済み環境と妥当性確認済みでない環境との少なくとも2つの環境を有する。 In one embodiment, the central computer has at least two environments and the validated environment and the validated non environment. 妥当性確認済み環境は、アプリケーション一式及び第1のデータベースを有する第1のオペレーティングシステムを有することができる。 The validated environment may have a first operating system having a set of applications and a first database. 第1のデータベースは、その中の特定のデータと関連付けられた第1の機能的特徴のセットを有することができる。 The first database may have a set of first functional characteristics associated with a particular data therein. 一実施形態では、この機能的特徴のセットは、医療機器及び該医療機器用ユーザインターフェースに関連する機能を有する。 In one embodiment, this set of functional characteristics, has a function related to medical devices and user interfaces for the medical device. 医療機器及びユーザインターフェースは、妥当性確認済み環境を伴って、直接且つ安全に通信する。 Medical devices and user interface, with the validity confirmed environment, directly and securely communicate. 妥当性確認済みでない環境は、アプリケーション一式及び第2のデータベースを有する第2のオペレーティングシステムを有する。 Environment not the validated has a second operating system having a set of applications and a second database. 第2のデータベースは、その中の特定のデータと関連付けられた第2の機能的特徴のセットを有することができる。 The second database may have a set of second functional characteristics associated with a particular data therein. 通常、妥当性確認済み環境と妥当性確認済みでない環境との間には、論理的分離が存在する。 Usually, between the validation passed environment and the validated non environmental, logical separation exists. ユーザインターフェースは、システムの妥当性確認部分を介して、第2の機能的特徴に関連するデータベースの妥当性確認済みでない部分からデータを受信することができる。 The user interface can through the validation portion of the system receives data from the non-validity verified portion of the database associated with the second functional characteristics. 一実施形態では、妥当性確認部分は、ソフトウェア内に実装することができる論理的分離又はファイアウォールによって、非妥当性確認部分から分離されている。 In one embodiment, validation part, by logically separating or firewall may be implemented in software, is separated from the non-validation portion. VMware及びVirtual PCなどの様々なソフトウェアが、同一のサーバ上に複数の環境をエミュレートするエミュレーションソフトウェアの例である。 Various software, such as VMware and Virtual PC are examples of emulation software that emulates a plurality of environments on the same server. 別の実施形態では、妥当性確認部分は、第1の中央コンピュータ109上に置くことができ、非妥当性確認部分は、第2の中央コンピュータ108a上に置くことができる。 In another embodiment, validation portion may be placed over the first central computer 109, a non-validation portion may be placed on the second central computer 108a. 別の実施形態では、中央コンピュータは、第1のサーバ及び第2の別個のサーバを備える。 In another embodiment, the central computer comprises a first server and a second separate server. 第1と第2のサーバは、ファイアウォールによって分離されており、中央コンピュータの中央妥当性確認部分は、第1のサーバ内に常駐し、中央コンピュータの第2の非妥当性確認部分は、第2のサーバ上に常駐する。 First and second server are separated by a firewall, the central validation portion of the central computer, resident in a first server, a second non-validation portion of the central computer, the second residing on the server.

本明細書の別の箇所において詳細に説明するように、パーソナルデジタルアシスタントサブシステムは、臨床家及び看護師116(図1)に彼らの患者、アラーム情報並びにアラート情報の中継を含む注入の状態、及び注入比較結果に関する遠隔情報を提供する1台又はそれ以上の小型携帯用装置118を含むのが好ましい。 As described in detail elsewhere herein, a personal digital assistant subsystem, clinicians and their patients to nurses 116 (FIG. 1), the injection conditions including relay alarm information and alert information, and preferably includes one or more small portable device 118 to provide remote information regarding injection comparison result. 本明細書に論じるように、第1の中央コンピュータ109は、PDAサブシステム内の1台又はそれ以上のパーソナルデジタルアシスタント118に操作可能に接続される。 As discussed herein, the first central computer 109 is operably connected to one or more of the personal digital assistant 118 in PDA subsystem. 一実施形態では、パーソナルデジタルアシスタントは、WINDOWS(登録商標) CE. In one embodiment, a personal digital assistant, WINDOWS (registered trademark) CE. NETをベースとし、臨床家用端末装置として用いられている。 The NET-based, it has been used as a clinician terminal device. 具体的には、本明細書により詳細に説明するように、パーソナルデジタルアシスタントは、暗号化PKI認証無線LAN(802.1x)接続を介して、第1の中央コンピュータに操作可能に接続することができる。 Specifically, as described in more detail herein, a personal digital assistant, via the encryption PKI authentication wireless LAN (802.1x) connections, be operably connected to the first central computer it can.

ハブサブシステムは、医療機器120からデータを受信し、第1の中央コンピュータサブシステム109へポンプデータを伝送し、且つ1台又はそれ以上のハブとのデータ通信を達成することのできる条件を検出するための1台又はそれ以上のハブ107のような構成要素を含むのが好ましい。 Hub subsystem receives data from the medical device 120, the first central computer subsystem 109 to transmit the pump data, and one or more detectable conditions which can achieve data communication with the hub preferably containing one or more components such as a hub 107 to the.

先に述べたように、一実施形態では、ハブサブシステム内のハブ107は、片方向シリアル通信リンク105を介して、4台までの注入装置120とインターフェースをとり、注入装置は、ポンプ状態情報を含むメッセージ(即ちデータのパケット)を、周期的にハブへ伝送する。 As mentioned earlier, in one embodiment, the hub 107 within the hub subsystem, via the one-way serial communications link 105, takes the injection device 120 interfaces with up to four, infusion device, the pump status information the message (i.e., packet data) including periodically transmitted to the hub. 代替的に、パケットは、規則的時間間隔、イベント発生、時間間隔とイベント発生の組み合わせ等のようなユーザ定義基準に基づいて伝送してもよい。 Alternatively, packets, regular time intervals, an event occurrence may be transmitted based on user-defined criteria such as combinations of time intervals and event occurrence.

ハブサブシステム内の各ハブ107は、受信情報をフィルタ処理して重複メッセージを拒否し、受信情報を保存し、ついで、一実施形態では、内蔵型無線ネットワークトランシーバを用いて、ポンプ情報を、第1の中央コンピュータサブシステムへ転送する。 Each hub 107 within the hub subsystem, the duplicate messages reject incoming information by filtering, and stores the received information, then, in one embodiment, by using a built-in wireless network transceiver, the pump information, the transferred to the first central computer subsystem. 一実施形態では、医療機器から受信したデータが変更されていない限り、ポンプ情報は転送されない。 In one embodiment, as long as the data received from the medical device has not changed, the pump information is not transferred.

ハブ107に組み込まれたトランシーバは、発信情報を無線アクセスポイント114へルーティングし、次いで、該無線アクセスポイント114が、有線イーサネット(登録商標)サブシステム110を用いて、発信情報を第1の中央コンピュータ109へルーティングする。 Transceiver built into the hub 107 routes the outbound information to the wireless access point 114, then wireless access point 114, using a wired Ethernet subsystem 110, a transmission information first central computer routes to 109. この発信情報は、ウェブサービス型のソフトウェアインターフェースによって受信されるように特別設計されたSOAPメッセージとしてフォーマットされた、XMLコード化データを含むのが好ましい。 The transmission information is formatted as a specially designed SOAP message as received by the web-service software interface, that contains XML coded data preferred.

当業者には分かるように、用語「XML」とは、ウェブ文書の要素を編成し且つそれらにタグ付けするためのシステムを指し、XMLに関しては、カスタムタグを生成し、アプリケーション間及びシステム間又はサブシステム間のデータの定義、伝送、妥当性確認、及び解釈を可能にすることができる。 As will be appreciated by those skilled in the art, the term "XML" refers to a system for tagging them and organize elements of a web document, with respect to XML, and generate a custom tag, between applications and systems or definition of data between subsystems can allow transmission, validation, and interpretation. 更に、本明細書に使用する用語「ウェブサービス」とは、XMLを用いたウェブベースのサービスとSOAPを統合することを指し、用語「SOAP」とは、ウェブサービスの要求メッセージ及び応答メッセージ内の情報をネットワーク又は通信路を介してそれらを送信する前に符号化するために用いられるメッセージングプロトコルを指す。 Furthermore, the term "web service" as used herein, refers to the integration of web-based services and SOAP using XML, the term "SOAP" is the web service request message and the response message information via a network or communication channel refers to a messaging protocol used to encode before sending them.

第1の中央コンピュータサブシステムは、複数のハブ107、複数のデジタルアシスタント118、及びサーバ108aを備える第2の中央コンピュータサブシステムを往来してデータを送受信するためにロードされ且つそのように設定されたソフトウェアアプリケーションを有するサーバ109で構成されるのが好ましい。 The first central computer subsystem, a plurality of hubs 107, a plurality of digital assistant 118, and come and go a second central computer subsystem comprising a server 108a is loaded to send and receive data are and so configured preferably constructed in the server 109 having software application.

図54に移ってこれを説明すると、サーバ109は、MICROSOFT WINDOWS(登録商標) 2003サーバオペレーティングシステム5414を有するCOMPAQ DLG−380であるのが好ましい。 This will be described Turning to FIG. 54, the server 109, MICROSOFT WINDOWS (registered trademark) is preferably a COMPAQ DLG-380 with 2003 server operating system 5414. 一実施形態では、第1の中央コンピュータ109の記憶装置内にロードされたソフトウェアコンポーネントは、. In one embodiment, the software components loaded into the storage device of the first central computer 109. NET Framework5416内の第1の中央コンピュータ又はサーバ用アプリケーション5412、ユーザ及び装置の認証用Acive Directory Domain Service5418、一時データ保存用SQLサーバ5420(データベースとして示す)、及びアプリケーションホスティング用Internet Information Server542(IIS)を含む。 First central computer or server applications in the NET Framework5416 5412, authentication Acive Directory Domain Service5418 users and devices, temporary data storage SQL Server 5420 (shown as a database), and for application hosting Internet Information Server542 the (IIS) including. . NET Framework5416は、Microsoft . NET Framework5416 is, Microsoft. NET Framework 1.1又はそれより上であるのが好ましく、. It is preferably a NET Framework 1.1 or above. NET Frameworkは、第1の中央コンピュータのアプリケーション5412を、オペレーティングシステム、Internet Information Server5422、SQLデータベース5420、及びAcive Directory Domain Service5418コンポーネントへ接続する。 NET Framework, the application 5412 of the first central computer, connect an operating system, Internet Information Server5422, SQL database 5420, and to Acive Directory Domain Service5418 component. 当業者には分かるように、Acive Directory Domain Service5418は、Windows(登録商標)サーバオペレーティングシステム5414及び第1の中央コンピュータのアプリケーション5412によって利用されるサービスを提供し、真正で且つ許可されたハブサブシステム、第2の中央コンピュータサブシステム及びパーソナルデジタルアシスタントサブシステムのユーザのみが第1の中央コンピュータに、従って第1の中央コンピュータのアプリケーション5412にアクセスすることができることを保証するのを支援する。 As will be appreciated by those skilled in the art, Acive Directory Domain Service5418 is, Windows (registered trademark) server operating system 5414 and the first to provide a service used by the application 5412 of the central computer, and authorized hub subsystem authentic , only the user of the second central computer subsystem and a personal digital assistant subsystem to the first central computer and thus help to ensure that it can access the application 5412 of the first central computer.

一実施形態では、第1の中央コンピュータ(即ち図3のサーバ109)は、1)第2の中央コンピュータサブシステムから受信した処方パラメータの、ハブサブシステムから受信した該当するプログラムされたポンプ設定値との比較、及び/又はポンプのプログラミング、2)適切なパーソナルデジタルアシスタント118(図3)への、ハブサブシステムから受信したアラーム情報並びにアラート情報の中継、3)適切なパーソナルデジタルアシスタント118への、ポンプ状態及び流速の履歴情報の提供、4)適切なパーソナルデジタルアシスタント118への、第2の中央コンピュータ108a(図3)から通信された薬局情報並びに患者情報の中継、及び、5)ポンプ監視データ並びにアラーム監視データのコンパイル及び第2の中 In one embodiment, the first central computer (i.e. server 109 in FIG. 3) is 1) a formulation parameters received from the second central computer sub system, corresponding programmed pump settings received from the hub subsystem comparison with, and / or pump programming, 2) to the appropriate personal digital assistant 118 (FIG. 3), the relay of the alarm information and alert information received from the hub subsystem, 3) to the appropriate personal digital assistant 118 , provides the history information of the pump status and flow rate, 4) to the appropriate personal digital assistant 118, relay pharmacy information and patient information communicated from the second central computer 108a (FIG. 3), and, 5) pump monitoring data and alarm compilation of monitoring data and the second in コンピュータ108aへのこのデータの定期的中継を含む幾つかの機能を実行する。 It performs several functions including regular relay this data to the computer 108a.

第1の中央コンピュータは、複数の外部ソフトウェアコンポーネントインターフェースを含むのが好ましい。 The first central computer preferably includes a plurality of external software component interfaces. 一実施形態では、これらのインターフェースのうちの3つを、受信HTTP要求メッセージを受信し、次いで発信HTTP応答メッセージを発行する「受信インターフェース」として分類することができる。 In one embodiment, it is possible to three of these interfaces, receives the incoming HTTP request message, then classified as "receiving interface" for issuing the outgoing HTTP response message. 残りの2つのインターフェースは、以下に説明するように、HTTP要求メッセージ若しくはXMLフォーマット済み応答メッセージを送信する「発信インターフェース」として分類することができる。 The remaining two interfaces, as described below, can be classified as "outgoing interface" to send an HTTP request message or XML formatted response message. 本明細書において使用する5つのソフトウェアインターフェースは、DatabaseRefreshListener受信インターフェース及びDatabaseRefreshListener送信インターフェース、RoutePDA受信インターフェース並びにRoutePDA送信インターフェース、及びPumpDataListener受信インターフェースと呼ぶ。 Five software interface used herein, referred to as DatabaseRefreshListener receive interface and DatabaseRefreshListener transmission interface, RoutePDA receive interface and RoutePDA transmission interface, and PumpDataListener receiving interface.

一実施形態では、外部ソフトウェアコンポーネントインターフェースのうちの4つが2つずつの対に分けられ、図3の第1の中央コンピュータ109と第2の中央コンピュータ108aとの間に2つの区別可能な双方向通信チャネルを生成する。 In one embodiment, four of the external software component interface is divided into pairs of two by two, two distinct bidirectional between the first central computer 109 of FIG. 3 and the second central computer 108a generating a communications channel. 第1のチャネルは、共に対となったDatabaseRefreshListener受信インターフェース及びDatabaseRefreshListener送信インターフェースの両方を含む。 The first channel includes both DatabaseRefreshListener receive interface and DatabaseRefreshListener transmission interface become paired together. 従って、本明細書において、第1のチャネルは、「DatabaseRefreshListener」と呼ばれ、第2の中央コンピュータ108aによって利用され、そのデータベーステーブル内のデータが、第1の中央コンピュータのデータベーステーブル内に配置されたデータと定期的に同期化される。 Accordingly, in the present specification, the first channel is referred to as "DatabaseRefreshListener", is utilized by the second central computer 108a, the data in the database table is disposed within the first central computer's database tables and is data and regularly synchronized.

DatabaseRefreshListenerチャネルを使用して、第2の中央コンピュータ108aは、第1の中央コンピュータのウェブサービス型インターフェースへSOAPメッセージとしてフォーマットされたXML符号化データを送信することにより、第1の中央コンピュータのデータベーステーブルを更新する。 Use DatabaseRefreshListener channel, a second central computer 108a by sending a XML encoded data formatted into a web-service interface of the first central computer as a SOAP message, the first central computer database table to update. 同様に、第2の中央コンピュータ108aは、データに対するXML符号化要求を第1の中央コンピュータのウェブサービス型インターフェースへ送信することにより、それ自体のデータベーステーブルを更新し、次いで、該インターフェースは、第1の中央コンピュータ109をトリガし、XML符号化データに応答する。 Similarly, the second central computer 108a by sending an XML encoded request for data to the first central computer web service-based interface, and updates itself database table, then the interface is first It triggers the first central computer 109 responds to the XML encoded data.

上述したように、DatabaseRefreshListenerチャネルの受信インターフェース部分は、第2の中央コンピュータのデータベーステーブルからのデータによる第1の中央コンピュータ内に配置されたデータベーステーブルの更新のために、第2の中央コンピュータによって利用される。 As described above, the receiving interface portion of DatabaseRefreshListener channels, for updating of the database table data by disposed within the first central computer from a database table in the second central computer, used by the second central computer It is. 更に、DatabaseRefreshListenerチャネルの発信部分は、第1の中央コンピュータのデータベーステーブルからのデータによるそれ自体のデータベースの更新のために、第2の中央コンピュータによって利用される。 Furthermore, outgoing portion of DatabaseRefreshListener channels, for updating its own database according to the data from the database table of the first central computer, is utilized by the second central computer.

DatabaseRefreshListener受信インターフェースは、「XXX」が転送されるデータの型に対応する「RefreshXXX」と名づけられた幾つかのウェブサービスメソッドを含むのが好ましい。 DatabaseRefreshListener receiving interface preferably comprises a number of web service methods named "XXX" corresponds to the type of data to be transferred "RefreshXXX" are preferred. 一実施形態では、これらのメソッドは、SOAPプロトコルに準拠してフォーマットされたXML符号化データを含む受信HTTP要求メッセージを受信する。 In one embodiment, these methods receives the incoming HTTP request message containing XML coded data formatted in compliance with SOAP protocol. XML符号化データは、データベーステーブル内の行に対応する形式の構造である。 XML encoded data, a structure of the type corresponding to the row in the database table. 例えば、メソッド「RefreshUsers」は、ユーザ名欄及びユーザパスワード欄を含むデータベーステーブル内の行に対応する対のユーザ名及びユーザパスワードからなるデータ構造を受信する。 For example, the method "RefreshUsers" receives a data structure consisting of a user name and user password pair corresponding to the row in the database table containing the user name field and a user password field.

図54に示すように、受信メッセージは、Internet Information Server及び. As shown in FIG. 54, the received message, Internet Information Server and. NET Frameworkコンポーネントを介して、第1の中央コンピュータ(即ち図3のサーバ109)上にロードされたアプリケーション5412へルーティングされる。 Via NET Framework components, it is routed to the first central computer (i.e. server 109 in FIG. 3) application 5412 loaded on. 第1の中央コンピュータのアプリケーション5412は、Active Directory Domain Service5418を利用して、第2の中央コンピュータのメッセージが真正なものであることを検証し、内容を処理し、次いで、得られたデータをSQLサーバデータベースコンポーネント5420内に格納する。 Application 5412 of the first central computer, SQL using the Active Directory Domain Service5418, messages of the second central computer verifies that is authentic, then processing the content, then, the obtained data stored in the server database component 5420.

次いで、第1の中央コンピュータ上にロードされたアプリケーション5412が、. Then, the application 5412 loaded on the first central computer. NET Frameworkコンポーネント5416とinternet information server コンポーネント5422を介して第2の中央コンピュータへルーティングされるHTTP応答メソッドを発行することによって、第2の中央コンピュータに応答する。 By issuing an HTTP response method that is routed to the second central computer via the NET Framework components 5416 and internet information server component 5422, responsive to the second central computer. この応答メッセージは、データの転送及び処理の成功又は失敗を示す。 The response message indicating the success or failure of the transfer and processing of data.

DatabaseRefreshListener受信インターフェースは、本質的に非同期的であり、従って、第2の中央コンピュータを、可能な限り第1の中央コンピュータから分離するのが好ましい。 DatabaseRefreshListener receiving interface is asynchronous in nature and thus, the second central computer, to separate from the first central computer as possible preferred. この分離により、応答を待ちながら継続的にデータを処理し且つプログラム制御下で通信の損失に応答するように第2の中央コンピュータをプログラムすることが可能となる。 This separation makes it possible to program the second central computer to respond to a loss of communication under process and and program control data continuously while waiting for a response. 更に、DatabaseRefreshListener受信インターフェースは、第2の中央コンピュータが機能しているという信号を定期的に第1の中央コンピュータへ送信するために第2の中央コンピュータによって利用されるウェブメソッドをも含むことができる。 Furthermore, DatabaseRefreshListener receiving interface may also include a web method utilized by the second central computer to the second central computer transmits a signal that functions to periodically first central computer .

DatabaseRefreshListener受信インターフェースとは対照的に、DatabaseRefreshListener発信インターフェースは、第2の中央コンピュータによって、第1の中央コンピュータのデータベーステーブルからのデータによってそれ自体のデータベースを更新するために利用される。 In contrast to DatabaseRefreshListener receiving interface, DatabaseRefreshListener outgoing interface, the second central computer is utilized to update its own database the data from the database table of the first central computer. 第1の中央コンピュータから永久に除去する前に、データが第2の中央コンピュータによって取り込まれたことを保証するために、DatabaseRefreshListener発信インターフェースは、データ転送に備えて以下のような多段階手法を用いる。 Before permanently it removed from the first central computer, in order to ensure that the data has been captured by the second central computer, DatabaseRefreshListener outgoing interface uses a multi-step procedure as follows in preparation for data transfer . 1)第2の中央コンピュータがデータの可用性をチェックする、2)第2の中央コンピュータが、第1の中央コンピュータがデータを送信することを要求する、3)第2の中央コンピュータが、データが受信されたことを確認する、4)第2の中央コンピュータが、データがデータベーステーブル内に正常に格納されたことを確認する。 1) the second central computer checks the availability of data, 2) a second central computer, the first central computer requests to transmit data, 3) a second central computer, data to verify that it has been received, 4) a second central computer, to verify that the data has been stored successfully in the database table.

データの可用性をチェックするために、第2の中央コンピュータは、最初に、DatabaseRefreshListener発信インターフェースの該当するウェブメソッドはSOAPプロトコルに準拠してフォーマットされたXML符号化要求メッセージであると送信する。 To check the availability of the data, the second central computer first transmits a corresponding Web method of DatabaseRefreshListener outgoing interface is an XML encoding request message formatted per the SOAP protocol. 用いられる特定のウェブメソッドは、「XXX」が要求されるデータの型に対応する、形式「BeginGetXXXToArchive」を有するのが好ましい。 Specific web method utilized corresponds to the type of data that "XXX" is required, that has the form "BeginGetXXXToArchive" preferred. 例えば、メソッド「BeginGetChannelDataToArchive」は、ハブサブシステムを介して第1の中央コンピュータによってポンプから受信された、タイムスタンプが押されたポンプチャネルレコードの可用性を要求する。 For example, the method "BeginGetChannelDataToArchive" requests received from the pump by the first central computer via a hub subsystem, the availability of the pump channel record time stamped.

要求メッセージは、Internet Information Serverコンポーネント5422及び. Request message, Internet Information Server component 5422 and. NET Frameworkコンポーネント5416を介して、第1の中央コンピュータ内にロードされたアプリケーションに渡される。 Via NET Framework components 5416, it passed to the application loaded in the first central computer. 第1の中央コンピュータ内にロードされたアプリケーション5412は、要求メッセージ内に含まれたXMLを解読し、どのようなデータが第2の中央コンピュータによって要求されているかを判断する。 Application 5412 loaded within the first central computer decrypts the XML contained in the request message to determine what data is being requested by the second central computer.

第1の中央コンピュータ内にロードされたアプリケーション5412は、SQLサーバデータベース5420内の要求されたデータの可用性をチェックする。 Application 5412 loaded within the first central computer checks the availability of the requested data in SQL Server Database 5420. データが使用可能である場合、該アプリケーションは、データが使用可能であることを示すXML符号化応答メッセージを準備する。 If data is available, the application prepares an XML encoded response message indicating that data is available. データを取得することができない場合、アプリケーション5412は、データが使用できないことを示すXML符号化応答メッセージを準備する。 If it is not possible to obtain data, applications 5412 prepares an XML encoded response message indicating that the data is not available.

データが使用できない場合、第2の中央コンピュータは、その処理規則に適合する異なる転送法で再試行若しくは続行することができる。 If the data is not available, the second central computer may retry or proceed with a different transfer method conforming to the processing rules.

データが利用可能である場合、第2の中央コンピュータは、DatabaseRefreshListener発信インターフェースの該当するウェブメソッドに対して第2のXML符号化要求メッセージを送信することにより、データ転送を開始する。 If data is available, the second central computer by transmitting a second XML encoded request message to the appropriate Web method of DatabaseRefreshListener outgoing interface, and starts data transfer. 用いられる特定のウェブメソッドは、「XXX」が上に用いられたものと同一である、形式「EndGetXXXToAcrchive」を有するのが好ましい。 Specific web method utilized is the same as "XXX" is used above, have a format "EndGetXXXToAcrchive" preferred.

第1の中央コンピュータ内のアプリケーション5412は、要求メッセージ内に含まれたXMLを解読し、どのようなデータを第2の中央コンピュータに返すべきかを判断し、該データを、対応する受信インターフェースによって用いられる手法と適合するデータベーステーブル内の行に対応する形式に構成された適切なXML符号化応答メッセージ内に配置する。 Application 5412 within the first central computer decrypts the XML contained in the request message, determines whether to return any data to the second central computer, the data, by a corresponding receiving interface suitable placed XML encoded response message configured in a corresponding form to a row of matching in a database table and technique used.

一実施形態では、データは、. In one embodiment, data. NET Frameworkコンポーネント5416及びInternet Information Serverコンポーネント5422を介して第2の中央コンピュータへルーティングされる。 Via NET Framework components 5416 and Internet Information Server components 5422 are routed to the second central computer. データが正しく受信されなかった場合、第2の中央コンピュータは、その処理規則に適合する異なる転送法で再試行若しくは続行することができる。 If the data is not received correctly, the second central computer may retry or proceed with a different transfer method conforming to the processing rules.

データが正しく受信された場合、第2の中央コンピュータは次いで、このインターフェースの該当するウェブメソッドに対して、第3の要求メッセージを送信する。 If the data is correctly received, the second central computer then to the corresponding Web method of this interface, transmits a third request message. 用いられる特定のウェブメソッドは、「XXX」が上で用いられたものと同一である、形式「BeginDeleteArchivedXXX」を有するのが好ましい。 Specific web method utilized is the same as "XXX" is used above, have a format "BeginDeleteArchivedXXX" preferred.

このメッセージを受信すると、第1の中央コンピュータ内にロードされたアプリケーション5412は、アーカイブするために第2の中央コンピュータに送信すべきものとして、SQL Serverのデータベースコンポーネント内の関連するデータに印を付け、データに印が付けられたことを通知する応答メッセージを発行する。 Upon receiving this message, the application 5412 loaded within the first central computer, as to be transmitted to the second central computer for archiving, mark the relevant data in the SQL Server database component, It issues a response message indicating that the marked data.

第2の中央コンピュータデータベース内へのデータ格納の成功又は失敗の信号を送るために、第2の中央コンピュータは、このインターフェースの該当するウェブメソッドに対して、第4の要求メッセージを送信する。 To send the success or failure of the signal of the data storage in the second central computer database, the second central computer for the corresponding Web method of this interface, and transmits the fourth request message. 用いられる特定のウェブメソッドは、「XXX」が上で用いたものと同一である、形式「EndDeleteArchivedXXX」を有する。 Specific web method utilized has a "XXX" is the same as that used above, the form "EndDeleteArchivedXXX".

転送が不成功であったことを第2の中央コンピュータが示すか又は十分な時間が経過した場合、第1の中央コンピュータは、通信の損失が発生したと判断し、次いで、第2の中央コンピュータによって要求される更なる転送に備えて、関連するデータが、第1の中央コンピュータのデータベース内に保持される。 If the transfer has elapsed second or shows a central computer or enough time that was unsuccessful, the first central computer determines that the loss of communication occurs, then a second central computer in preparation for further transfer requested by the associated data is retained in the database of the first central computer.

転送が成功であったことを第2の中央コンピュータが示した場合、次いで、アーカイブされたデータが第1の中央コンピュータのデータベースから消去され、第1の中央コンピュータ内にロードされたアプリケーション5412が、この転送の最終段階の完了を確認する応答メッセージを発行する。 If the transfer is indicated that was successful second central computer, then archived data is deleted from the database of the first central computer, the application 5412 loaded within the first central computer, It issues a response message confirming the completion of the final stage of this transfer.

DatabaseRefreshListener発信インターフェースは、本質的に非同期的であり、従って、第2の中央コンピュータのデータベースを、可能な限り第1の中央コンピュータから分離するのが好ましい。 DatabaseRefreshListener outgoing interface is asynchronous in nature, therefore, the database of the second central computer, to separate from the first central computer as possible preferred.

第1の中央コンピュータ109と第2の中央コンピュータ108aとの間の第2の双方向チャネルは、本明細書では「RoutePDA」と呼ばれ、共に対になったRoutePDA受信インターフェース及びRoutePDA発信インターフェースの両方を含む。 The second bi-directional channel, is referred to herein as "RoutePDA", both RoutePDA receive interface and RoutePDA outgoing interface became both pairs between the first central computer 109 and the second central computer 108a including. RoutePDAチャネルは、第1の中央コンピュータ109によって用いられ、PDAサブシステムから発信されたHTTP要求メッセージを第2の中央コンピュータ108aへルーティングし、次いで第2の中央コンピュータから対応するHTTP応答メッセージを受信し、該当する場合には処理し、次いで、発信元のパーソナルデジタルアシスタント118へルートバックする。 RoutePDA channel is used by the first central computer 109, and routes the HTTP request messages originating from PDA subsystem to the second central computer 108a, and then receives an HTTP response message from the corresponding second central computer , where applicable processes, then routed back to the originating personal digital assistant 118.

第2のチャネル(即ちRoutePDA)では、パーソナルデジタルアシスタント118から受信したメッセージ又はパーソナルデジタルアシスタント118へ送信したメッセージは、病院若しくは医療施設の有線イーサネット(登録商標)システム110、無線アクセスポイント114、各パーソナルデジタルアシスタント118に組み込まれた無線トランシーバを介して、第1の中央コンピュータ109を行き来して伝送されるのが好ましい。 In the second channel (i.e. RoutePDA), a personal digital assistant 118 messages received from or messages sent to the personal digital assistant 118, a hospital or medical facility wired Ethernet system 110, wireless access point 114, the personal via the radio transceiver built into the digital assistant 118, preferably it is transmitted back and forth first central computer 109.

HTTP要求メッセージは、第1の中央コンピュータ109を通じて処理されることなく、第2の中央コンピュータ108aへ転送されるのが好ましい。 HTTP request message, without being processed through the first central computer 109 preferably is transferred to the second central computer 108a. 次いで、第2の中央コンピュータ108aが、XML形式の情報又はHTML形式の情報を含むHTTP応答メッセージを発行する。 Then, the second central computer 108a issues a HTTP response message including the information of the information or HTML format XML format. HTML形式の応答メッセージは、更に処理されることなく、第1の中央コンピュータ109を通じてパーソナルデジタルアシスタント118へルーティングされる。 Response HTML messages, without further processing, are routed to the personal digital assistant 118 through the first central computer 109.

XML形式の応答メッセージは、処方箋比較結果ページ又はポンプ監視ページなどの第1の中央コンピュータ109が生成するウェブページをユーザ116(図1)が要求した旨の信号を第1の中央コンピュータ109に送信するために、第2の中央コンピュータ108aによって用いられる。 Response message XML format, transmits a signal indicating that the user 116 a web page (FIG. 1) requests that the first central computer 109, such as prescription comparison result page or pump monitoring page is generated in the first central computer 109 to be used by the second central computer 108a. 第1の中央コンピュータ109は、XML応答を調べ、適切に処理し、HTML形式の応答メッセージ又はXML形式の応答メッセージを、送信側パーソナルデジタルアシスタント118へ発行する。 First central computer 109 examines the XML response, properly processed, a response message in the response message or XML format in HTML format, and issues to the transmitting side personal digital assistant 118.

前述したように、RoutePDAチャネルは、PDA118から受信したHTTP要求メッセージを第2の中央コンピュータへルーティングし、次いで第2の中央コンピュータによって返信された対応するHTTP応答を受信し、該当する場合には処理し、次いで送信側PDAへルートバックするために、第1の中央コンピュータによって用いられる。 As described above, RoutePDA channel routes the HTTP request message received from the PDA118 to the second central computer, then receives the corresponding HTTP response sent back by the second central computer, where applicable process , and then to route back to the sender PDA, used by the first central computer.

従って、RoutePDA受信インターフェースは、PDA118内に配置されたウェブブラウザと通信するために用いられる。 Therefore, RoutePDA receiving interface is used to communicate with the web browser, which is located within PDA118. このインターフェースは、HTTP「GET」プロトコル及びHTTP「POST」プロトコルと一致するネームバリュー対として符号化されたデータを含む入来HTTP要求メッセージを受信する。 The interface receives the incoming HTTP request message including the encoded data as a name-value pairs that match the HTTP "GET" protocol and HTTP "POST" protocol. 入来メッセージは、Internet Information Server及び. Incoming messages, Internet Information Server and. NET Frameworkコンポーネントを介して、第1の中央コンピュータ上にロードされたアプリケーション5412へルーティングされる。 Via NET Framework components, it is routed to the application 5412 loaded on the first central computer. 第1の中央コンピュータ上にロードされたアプリケーション5412は、以下に論じるように、. Application 5412 loaded on the first central computer, as discussed below. NET Framework5416及びRoutePDA発信インターフェースを用いて、入来メッセージを、第2の中央コンピュータへルーティングする。 With NET Framework5416 and RoutePDA outgoing interface, the incoming message is routed to a second central computer.

HTTP応答がRoutePDA発信インターフェースにおいて受信されると、第1の中央コンピュータ上にロードされたアプリケーション5412は、該応答がHTHL形式を用いているか或いはXML形式を用いているかを判定する。 When an HTTP response is received in RoutePDA outgoing interface, the application 5412 loaded on the first central computer determines whether the response is used or XML format is used HTHL format. HTML形式の応答は、更に処理されることなく、第1の中央コンピュータによって、. Response of HTML format, without being further processed, by a first central computer. NET Frameworkコンポーネント5416及びInternet Information Serverコンポーネント5422を介して、PDAへルーティングされる。 Via NET Framework components 5416 and Internet Information Server component 5422, it is routed to the PDA.

しかしながら、XML形式の応答は、処方箋比較結果ページ又はポンプ監視ページなどの第1の中央コンピュータが生成するウェブページをユーザが要求した旨の信号を第1の中央コンピュータに送信するために、第2の中央コンピュータによって用いられる。 However, the response in XML format in order to transmit a signal indicating that the web page user requests the first central computer generated, such as prescription comparison result page or pump monitoring page to the first central computer, a second used by the central computer. 第1の中央コンピュータは、第2の中央コンピュータからのXML応答を調べ、適切に処理し、. The first central computer examines the XML response from the second central computer, and appropriately processed. NET Framework及びInternet Information Serverコンポーネントを介して、HTML形式又はXML形式の応答を、適切なPDAへ発行する。 Via NET Framework and Internet Information Server component, the response of the HTML format or XML format, and issues to the appropriate PDA. RoutePDAインターフェースは、PDA内に含まれたウェブブラウザの固有の同期動作のために、本質的に同期的であることが好ましい。 RoutePDA interface, due to the inherent synchronous operation of the web browser included in the PDA, a is preferably essentially synchronously.

RoutePDA受信インターフェースとは対照的に、RoutePDA発信インターフェースは、第1の中央コンピュータ上にロードされたアプリケーション5412によってパーソナルデジタルアシスタントサブシステムから受信されたHTTP要求メッセージを処理のために第2の中央コンピュータへルーティングし、次いで返信として第2の中央コンピュータによって送信された対応するHTTP応答を受信するために用いられる。 In contrast to RoutePDA receiving interface, RoutePDA outgoing interface to the second central computer for processing the HTTP request message received from the personal digital assistant subsystem by a first application 5412 loaded on the central computer route, then used for receiving a HTTP response corresponding transmitted as a reply by the second central computer.

DatabaseRefreshListenerチャネル及びRoutePDAチャネルの両方において、第1の中央コンピュータ109は、好ましくはこの目的専用の孤立ポイントツーポイントイーサネット(登録商標)サブシステム103を通じて、第2の中央コンピュータ108aからの情報を送受信する。 In both DatabaseRefreshListener channel and RoutePDA channel, the first central computer 109, preferably through isolated point-to-point Ethernet subsystem 103 dedicated for this purpose, to transmit and receive information from the second central computer 108a.

上述したように、DatabaseRefreshListenerチャネルを利用するにあたり、第1の中央コンピュータは、専用リンク103上に専用ウェブサービスを公開し、該専用ウェブサービスは、第2の中央コンピュータによって利用され、新たな更新されたデータベース情報(患者情報、臨床家情報、薬局情報等のような)が、定期的にかつ必要に応じて、第1の中央コンピュータに対して複製される。 As described above, when utilizing DatabaseRefreshListener channel, the first central computer exposes dedicated web service on a dedicated link 103, a web service the dedicated is utilized by the second central computer, are new updates database information (patient information, clinician information, such as the pharmacy information), periodically and if necessary, be replicated for the first central computer. また、データは、第2の中央コンピュータから第1の中央コンピュータへ提供される。 Further, data is provided from the second central computer to the first central computer.

更に、臨床家の端末装置末端部においてRoutePDAチャネルを利用するにあたっては、第1の中央コンピュータ109は、HTTPスタイルのウェブページを提供し且つPDA装置118との認証されたウェブセッションを維持するNET IIS Serverインターフェースを公開する。 Further, the order to use the RoutePDA channel at the terminal device end of the clinician, the first central computer 109, NET IIS to maintain authenticated web session with and PDA device 118 provides a web page for HTTP Style to publish the Server interface. 換言すれば、臨床家の端末装置は(即ちパーソナルデジタルアシスタント118)第1の中央コンピュータ109から認証済みウェブページを受信する。 In other words, the clinician terminal device receives the authenticated Web page from (i.e. personal digital assistant 118) first central computer 109.

第2の中央コンピュータへの専用接続103の第1の中央コンピュータ側端部において、第1の中央コンピュータは、第1の中央コンピュータに接続された各PDA装置118の仮想HTTPセッションを設定し、第1の中央コンピュータによって受信されている際のPDAからのHTTP要求を中継し、第2の中央コンピュータに対するウェブブラウザを模倣する。 In a first central computer end of the second dedicated connection 103 to the central computer, the first central computer, configure the virtual HTTP session for each PDA device 118 connected to the first central computer, the the HTTP request from the PDA when being received by a central computer and relay, to mimic the web browser to the second central computer. 換言すれば、第1の中央コンピュータは、第2の中央コンピュータへの専用接続103を通じて、妥当性未確認を必要とする要求を第2の中央コンピュータへ中継する。 In other words, the first central computer, through a dedicated connection 103 to the second central computer, and relays a request that requires the validity unidentified to the second central computer.

従って、情報がPDA118とサーバシステムとの間を流れる際に、第2の中央コンピュータ側から発信される情報又は組み合わせ情報が存在する必要があり、第2の中央コンピュータは、XMLのSOAPパケットを第1の中央コンピュータによって専用リンク103上に公開されたウェブサービスに通知し、第1の中央コンピュータは、XMLデータを用いて、本システムの第1の中央コンピュータ側から発信される情報との組み合わせ操作を実行し、得られた結果をHTMLに変換し、次いで、該HTMLを、臨床家のPDA装置118に返信する。 Therefore, when the information flow between the PDA118 and the server system, it is necessary information or combination information is transmitted from the second central computer side is present, the second central computer first the SOAP packet XML 1 notifies the web services exposed over a dedicated link 103 by the central computer, the first central computer using XML data, the combination operation of the information transmitted from the first central computer side of the system It is executed, and converts the results obtained to HTML, then the HTML, and returns to the PDA device 118 of clinician.

PumpDataListenerと呼ばれる第5の外部ソフトウェアコンポーネントインターフェースは、本明細書により詳細に説明する、ハブサブシステムとの通信用の受信インターフェースである。 Fifth external software components interface called PumpDataListener will be described in more detail herein, a reception interface for communication with the hub subsystem. 一実施形態では、PumpDataListenerインターフェースは、ポンプデータの転送が通信の検証を除き片方向のみであるために、対応する発信インターフェースを有しない。 In one embodiment, PumpDataListener interface for pump data transfer is only unidirectional except for validation of communications, no corresponding outgoing interface. しかしながら、代替的実施形態では、医療機器120に対するポンプコマンド及び制御データの転送用に、発信インターフェースを備えることができる。 However, in an alternative embodiment, for the transfer of the pump command and control data to the medical device 120 can comprise a transmitter interface.

PumpDataListener受信インターフェースは、ハブサブシステムからのデータの受信用に用いられる。 PumpDataListener receiving interface is used for receiving data from the hub subsystem. このインターフェースは、「SendPumpData」と呼ばれる単一のウェブサービスメソッドを含むのが好ましい。 This interface, contain a single web service method called "SendPumpData" is preferable. このメソッドは、SOAPプロトコルに準拠してフォーマットされたXML符号化データを含む入来HTTP要求メッセージを受信する。 This method receives the incoming HTTP request message containing XML coded data formatted in compliance with SOAP protocol. XML符号化データは、幾つかの様々な時間ごとの幾つかのポンプ及び幾つかのチャネルからのデータを結合して単一の大きいメッセージ構造体とすることができるように、階層形態に構成される。 XML encoded data, such that it can be a single large message structure by combining the data from several pumps and several channels per several different times, are configured in a hierarchical form that.

入来メッセージは、Internet Information Server及び. Incoming messages, Internet Information Server and. NET Frameworkコンポーネントを介して、第1の中央コンピュータのアプリケーション内にロードされたアプリケーション5412へルーティングされる。 Via NET Framework components, it is routed to the application 5412 loaded in the application of the first central computer. 第1の中央コンピュータのアプリケーションは、ActiveDirectory Domain Serviceコンポーネントを用いて、ハブサブシステムのメッセージが真正なものであることを検証する。 Application of the first central computer, using ActiveDirectory Domain Service component, verify that the hub subsystem message is authentic. 次いで、第1の中央コンピュータが内容を処理し、得られたデータをSQL Server Databeseコンポーネント内に格納する。 Then, the first central computer processes the contents, and stores the obtained data in SQL Server Databese components. 最後に、第1の中央コンピュータのアプリケーションは、. Finally, the application of the first central computer. NET Framework及びInternet Information Serverコンポーネントを介して、送信側ハブ装置に対し、HTTP応答メッセージを発行する。 Via NET Framework and Internet Information Server components, to the transmission-side hub device, it issues an HTTP response message. この応答メッセージは、データの転送及び処理の成功又は失敗を示した。 The response message, indicated the success or failure of the transfer and processing of data.

第1の中央コンピュータ(即ちサーバ109)によってハブ107から受信されたデータパケットは、第1の中央コンピュータの第1の中央データベース内に格納されるのが好ましい。 Data packets received from the hub 107 by a first central computer (i.e., server 109) are preferably stored in the first central database of the first central computer. 好適には、アラームイベント又はアラートイベントがパケット内に含まれている場合、第1の中央コンピュータは、臨床家のデジタルアシスタント118を介し、適切な臨床家に対してそのイベントを直ちに配布してもよく、又は代替的に、第1の中央コンピュータが該イベントを第1の中央コンピュータのデータベースに入力し、後に、適切な臨床家によってそのデジタルアシスタントを介して要求されたときに、該情報を配布してもよい。 Preferably, if the alarm event or alert event is included in the packet, the first central computer via the digital assistant 118 clinicians be immediately distribute the event to the appropriate clinicians well, or alternatively, when the first central computer and enter the event in a database of the first central computer was later requested via the digital assistant by appropriate clinicians, distribute the information it may be. 先に述べたように、第1の中央コンピュータ109は、臨床家が本システムにログオンする度に認証される、そのデジタルアシスタント118にログオンした全ての臨床家のログを保持する。 As mentioned earlier, the first central computer 109, the clinician is authenticated each time to log on to the system, it holds all the clinician logs logged on to the digital assistant 118.

PumpDataListener受信インターフェースは、本質的に非同期的で、従って、ハブサブシステムを可能な限り第1の中央コンピュータサブシステムから分離しているのが好ましい。 PumpDataListener receiving interface is asynchronous in nature, therefore, preferably it is separate from the first central computer subsystem as far as possible the hub subsystem. 分離により、ハブサブシステム内のハブ107を、プログラム制御下で、応答を待ちながら連続的にデータを処理し、且つ通信の損失に応答するにようにプログラムすることが可能となる。 The separation, the hub 107 within the hub subsystem, under program control, to process data continuously while waiting for a response, and it is possible to program as to respond to a loss of communication. それにもかかわらず、PumpDataListenerは、「ハートビート」を維持し、全ての無線モジュール及び/又は遠隔ポンプ装置と中央コンピュータとの間の通信の連続性の(欠如)を監視する。 Nevertheless, PumpDataListener maintains the "heartbeat" to monitor the (lack) of continuity of communication between all the wireless modules and / or remote pumping unit and the central computer.

(臨床家のハンドヘルド装置との通信) (Communication with the hand-held device of clinicians)
本明細書に更に詳細に説明するように、ポンプ状態、アラート、アラーム、患者情報、チャート情報、比較情報、すべき事を書いたリスト及び他のデータ/情報は、ディスプレイ118a並びに、所望であれば、可聴音発生装置又は音響発生装置(図示せず)を有するパーソナルデジタルアシスタント若しくはユーザインターフェース118を介して臨床家に提供される。 As described in further detail herein, the pump state, alert, alarm, patient information, chart information, comparison information, lists and other data / information written that should the display 118a and, at the desired long if, through a personal digital assistant or the user interface 118 with an audible sound generator or sound generating device (not shown) is provided to the clinician. デジタルアシスタント118は、中央ネットワーク102、詳細には、無線通信経路又はリンク126及び有線通信システム110を介して中央システム108と通信する。 Digital assistant 118 may include a central network 102, in particular, to communicate with a central system 108 via a wireless communication path or link 126 and the wired communication system 110. 先に述べたように、1つ又はそれ以上の無線アクセスポイント114が、無線通信経路と有線通信システムとの間に、従来の方式で、インターフェースを提供する。 As mentioned earlier, one or more wireless access points 114, between the wireless communication path and wireline communication systems, in a conventional manner, to provide an interface. デジタルアシスタント118は、サーバ109及び108aの両方からメッセージを受信することができる。 Digital assistant 118 may receive messages from both the server 109 and 108a.

中央システム108とデジタルアシスタント118との間の通信は、双方向性であるのが好ましい。 Communication between the central system 108 and the digital assistant 118 is preferably bidirectional. 更に、デジタルアシスタント118は、デジタルアシスタントと中央システム108又は無線アクセスポイント114との間の通信リンクの保全性を試験するためのモジュール若しくはアプリケーション(図示せず)を格納及び実行するのに十分なメモリ並びに処理能力を含むことが望ましい。 Furthermore, the digital assistant 118, sufficient memory to store and execute modules, or application (not shown) for testing the integrity of the communication link between the digital assistants and the central system 108 or wireless access point 114 and it is desirable to include a processing capacity.

必ずしもそうであることが必要とは限らないが、デジタルアシスタント118上に導入されるモジュール又はアプリケーションは、臨床家介入の有無にかかわらず実行することのできる、JAVA(登録商標)のような高レベルのプログラミング言語で書かれたスクリプト又は他のコンピュータ命令(即ちソフトウェアコード)であるのが好ましい。 Although not necessarily required to be so, the module or application is introduced on the digital assistant 118 may be executed with or without a clinician intervention, high levels, such as JAVA (registered trademark) preferably scripts or other computer instructions written in a programming language (i.e., software code) of the. スクリプトは、本システムの受信側機能として、サーバ108a又は109からデジタルアシスタント118、若しくは医療機器120へ自動的にダウンロードすることができる。 Script, as a receiver function of the present system can be automatically downloaded from the server 108a or 109 digital assistant 118, or to the medical device 120. 一例を挙げれば、サーバからデジタルアシスタントへ自動的にダウンロードすることのできる1つの種類のスクリプトは、中央システム108又はアクセスポイント114から、通知及びメッセージングを含む通信を定期的にポーリングするか若しくは監視することによって通信リンクの保全性を試験するスクリプトである。 In one example, one type of script that can be automatically downloaded from the server to the digital assistant, a central system 108 or access point 114, either periodically or monitor polls the communication includes signaling and messaging it is a script to test the integrity of the communications link by. 好ましい実施形態では、デジタルアシスタント上で作動するスクリプトは、約3秒毎にシステム108をポーリングする。 In a preferred embodiment, the script running on the digital assistant, polls the system 108 approximately every three seconds. 中央システム108又はアクセスポイント114からの応答が受信されない場合、デジタルアシスタント118上に導入されたモジュール又はアプリケーションがタイムアウトを生成し、該タイムアウトにより、中央システム108との通信が失われていることを示す可聴音及び/又は表示装置118aへの通知がもたらされる。 If the response from the central system 108 or the access point 114 is not received, the introduced module or application on the digital assistant 118 generates a time-out, by the time out, indicating that communication with the central system 108 is lost notification to audible sound and / or display device 118a is provided. 表示装置118a上への通知は、例えば、通信リンクが失われていることを告げる情報ポップアップウィンドウの起動、又は表示装置118a上のアクティブアイコン表示の変更とすることができる。 Notification to the display device 118a on, for example, activation information pop-up window stating that the communication link is lost, or may be an active icon display of changes on the display device 118a. 本明細書において使用し且つ当業者には理解されるタイムアウトは、モジュール又はアプリケーションによって生成される出力であり、該モジュール若しくはアプリケーションがある程度の時間入力を待ったがそれを受信しなかったことを示すものである。 Timeout to and those skilled in the art using understood herein is the output generated by the module or application, which indicates that the module or application has been waiting for some time the input has not been received it it is. 別の種類のスクリプトは、アラーム又はアラートが引き起こさされたかどうかを判断するために、ポーリングすることができる。 Another type of script, in order to determine whether an alarm or alert is triggered, can be polled. 数多くの他のスクリプトを、同時に実行することができる。 A number of other scripts, can be run at the same time. 本システムからデジタルアシスタントへダウンロードされたスクリプトを実行する1つの利点は、各デジタルアシスタント118上にカスタムコードを導入する必要がない点である。 One advantage of running the script downloaded from the system into the digital assistant is that there is no need to introduce custom code on each digital assistant 118. 何らかのイベント(即ち、メッセージ、通知、アラーム、アラート等)が存在する場合、デジタルアシスタント118は、サーバから該イベントを自動的に取り出し、それを、デジタルアシスタント118のインターフェース画面上に表示する。 Some event (i.e., messages, notifications, alarm, alert, etc.) occurs, the digital assistant 118 automatically takes out the event from the server, it is displayed on the interface screen of the digital assistant 118. 本スクリプト手法の他の付加的利点は、1)スクリプトコードを、各デジタルアシスタントに更新することを要求せずに、中央サーバにおいて容易に更新することができる、2)機能性がハードウェアに依存せず、従ってデジタルアシスタントに対する変更又はアップグレードによるスクリプトの動作への影響がごくわずかであるために、デジタルアシスタントのハードウェアプラットフォームとは比較的無関係に、スクリプトを検証/妥当性確認することができるという点である。 Another added advantage of this script approach 1) script code, without requiring updating each digital assistant, can be easily updated in the central server, 2) functionality depends on the hardware without and hence influence on the script operation by changes or upgrades to the digital assistant is negligible, relatively independent of the digital assistant hardware platforms, being able to check the verification / validity script is the point.

先に述べたように、各臨床家が、一実施形態では臨床家にイベント表示用の専用フレームを有するHTMLフレームセットからなるページのビューを提供する、関連付けられたデジタルアシスタント118を有するのが好ましい。 As mentioned earlier, each clinician is preferable to provide a view of a page consisting of HTML frameset with a dedicated frame for the event displayed on the clinician has a digital assistant 118 associated with one embodiment . 専用フレームは、イベントの表示用にJAVA(登録商標)スクリプトを挿入することができ、該スクリプトは、デジタルアシスタント118に向けられたポンプアラーム及びポンプアラートのような新たなイベントに関して第1の中央コンピュータ119に問い合わせを行う。 Dedicated frame may be inserted JAVA (registered trademark) script for display of event, the script first central computer with respect to new events, such as a pump alarms and pump alerts directed to digital assistant 118 It makes an inquiry to 119. 何らかの新たなイベントが発生していた場合、次いで、第1の中央コンピュータがこの情報をデジタルアシスタント118に提供し、それが、そのようなイベントの表示用専用フレーム内に表示される。 If any new event has occurred, then the first central computer provides this information to the digital assistant 118, it is displayed in such an event of the display-only frame.

デジタルアシスタント118上に提供される1つの種類の通知は、デジタルアシスタント118によって提示されたデータが最新のものではなく、アラート及びアラームへのアクセスが得られないことを臨床家に通知する。 One type of notification to be provided on the digital assistant 118, the data presented by the digital assistant 118 and not of the latest, to notify the clinician that the access to alerts and alarms can not be obtained. 逆に、デジタルアシスタント118も、デジタルアシスタント118が中央システム108にリンクされている際に、アラート又はアラームに対するリアルタイムのアクセスを提供するために通知することができる。 Conversely, the digital assistant 118 may also be a digital assistant 118 when linked to the central system 108, and notifies to provide real-time access to the alert or alarm.

スクリプトを介して通常通信される他の通知には、限定するものではないが、ポンプの「無音停止」、ポンプ注入限界値の変更、注入の終了、閉塞傾向情報、ローバッテリ、事前閉塞インジケータ、ボーラスの過剰使用、静脈を開放状態に維持せよとのアラート、迅速投薬通知、オーダ修正、検査結果、放射線診断結果、更新、遠隔測定データ及び/又はバイタルサイン情報の変更、看護師に連絡を試みている医師又は薬局、看護師を求めている患者、通信の損失、他の装置からのメッセージ、極めて重要な情報に基づく医療機器に対する新たな速度、後続のパージ速度等が含まれる。 Other notifications are normally communicated through the script, but not limited to, "silent stop" of the pump, changing the pumping limit, the end of infusion, occlusion trend information, low battery, pre-occlusion indicator, excessive use of boluses, alerts the case keep vein open state quickly medication notification, order modification, test results, radiation diagnosis, updating, telemetry data and / or changes in vital signs information, attempts to contact the nurse and that physician or pharmacy, patients seeking nurse, loss of communication, messages from other devices include new rates for medical devices based on the vital information, such as the subsequent purge rate.

先に述べたように、医療施設内の臨床家は、遠隔無線装置118(即ち、パーソナルデジタルアシスタント(PDA)118とも呼ばれる)、又は操作可能に取り付けられたバーコードリーダを有するタブレットコンピュータ、若しくは点滴ポールに取り付けられたラップトップコンピュータであり、該コンピュータに操作可能に取り付けられたバーコードリーダを有するもののような、無線或いは有線でネットワーク108に接続された他のコンピュータ装置を介して、注入アラート、アラーム、及びメッセージにアクセスする。 As previously mentioned, clinicians in healthcare facilities, remote wireless device 118 (i.e., also referred to as a personal digital assistant (PDA) 118), or operably attached tablet computer with a barcode reader, or infusion a laptop computer which is attached to a pole, such as those having a bar code reader mounted for operation to the computer, via the other computer device connected to the network 108 in a wireless or wired, infusion alert, alarm, and to access the message.

注入システム210は、臨床家及び他のユーザに、アラートイベント駆動型メッセージを自動化するための選択肢を提供するのが好ましい。 The infusion system 210 clinicians and other users, it is preferable to provide the option to automate the alerting event-driven message. 更に、医療施設管理者及び他のユーザは、メッセージの種類又は分類、異常の重大度、及び時間ベースの注意喚起によって、遠隔無線装置を介して現れる自動化メッセージングの種類をカスタマイズすることができる。 Further, medical facilities managers and other users, the message type or classification, abnormal severity, and the time-based reminder may customize the type of automated messaging appearing through the remote radio equipment. 更に、注入システムは、臨床家及び他のユーザに、可聴メッセージ、視覚メッセージ、又は両方を設定する能力を提供する。 Furthermore, infusion system, clinicians and other users, provides the ability to set an audible message, a visual message, or both.

注入システム210によって提供されるメッセージングは、ユーザが設定できるルールエンジン、スケジューラ、及び注入ポンプシステムに接続するためのインターフェースを含むのが好ましい。 Messaging provided by the infusion system 210 preferably includes an interface for connecting rules engine that the user can set, scheduler, and infusion pump system. 更に、結果駆動型メッセージングは、ワークステーション、電子タブレット、無線パーソナルデジタルアシスタント等を介して、臨床家に対してポイントオブケアにおけるリアルタイムの決定支援を行うことが望ましい。 Furthermore, results driven messaging, workstation, electronic tablet, via a wireless personal digital assistant or the like, it is desirable to perform real-time decision support at the point of care with respect to the clinician.

通常、注入ポンプ120とネットワーク102間、更にはネットワーク102と臨床家のデジタル装置118間の通信は、とりわけ、臨床家116が、電子的手段によって比較された薬局入力オーダをプログラムされたポンプ設定値と比較観察し且つ/又はポンプをプログラムし、ポンプのアラート及びアラームを遠隔観察する方法として本システムを用い、ポンプ状態を遠隔観察し、通知を閲覧し、且つ注入設定値の変更履歴を閲覧することを可能にする。 Usually, between the infusion pump 120 and the network 102, and further communication between network 102 and the clinician's digital device 118, among other things, the clinician 116, the pump set value programmed pharmacy input order compared by electronic means program the comparative observation was and / or pump and, the system using an alert and alarm pump as a method for telemonitoring the pump state telemonitoring, browse the notification, and to view the history of changes infusion set value make it possible.

(患者医療システム) (Patient care system)
図1に戻って説明すると、患者医療システム100は、コンピュータ化医師オーダエントリモジュール(CPOE)、病棟薬局モジュール、無線看護師臨床記録システム、及び電子患者カルテモジュールを含むのが好ましい。 Referring back to FIG. 1, the patient care system 100, a computerized physician order entry module (CPOE), Ward pharmacy module, that includes a wireless nurse clinical recording system, and an electronic patient medical record module preferred. 一実施形態では、そのようなシステム及びモジュールは、第2の中央サーバ若しくは第2の中央コンピュータ108aのアプリケーションである。 In one embodiment, such a system and module is an application of the second central server or the second central computer 108a. 患者医療システム100は、薬剤の送達に対して包括的な患者安全解を提供することが望ましい。 Patient care system 100, it is desirable to provide a comprehensive patient safety solution for the delivery of drugs. 患者医療システム100内に、当業者に既知のHL7インターフェースのようなインターフェースを用いて既存の患者医療システムを共にリンクするソフトウェアモジュールが備えられている。 The patient care system 100, software modules to be linked together existing patient care systems using interfaces such as known HL7 interface is provided to those skilled in the art. 患者医療システム100は、種々のコンピュータ及びパーソナルデジタルアシスタント製品上で作動して、オーダを伝送し、患者カルテを更新し、且つアラート、アラーム並びにメッセージにアクセスするのが好ましい。 Patient care system 100 may operate on a variety of computers and personal digital assistants products, transmits the order to update the patient chart, and alert, preferably accesses the alarm and message.

コンピュータ化医師オーダエントリモジュールは、医師が薬剤オーダを入力し、アラート、アラーム、メッセージ、注意喚起、バイタルサイン及び結果にアクセスすることを可能にする。 Computerized physician order entry module, a physician enters a drug order, alerts, alarms, messages, reminders, to allow access to the vital signs and results. 薬局モジュールは、処方された薬物を、文書化された患者のアレルギーに対して、また他の薬物及び食品との適合性に対してチェックする。 Pharmacy module, a prescription drug for allergy patients documented and checked against compatibility with other drugs and food. 薬局モジュールはまた、在庫管理に対してリアルタイムのデータをも提供する。 Pharmacy module also provides real-time data to inventory management. 看護師投薬記録モジュールは、患者のベッドサイドで直ちに入手でき、従ってポイントオブケアにおける薬剤及び用量の検証を保証する臨床情報を提供する。 Nurse medication recording module immediately available patient's bedside, thus providing clinical information for ensuring verification of medication and dosage at the point-of-care.

患者医療システム100は、薬物送達用製品を、薬剤の安全且つ効果的な送達を保障するのを支援するために必要な情報と統合する。 Patient care system 100, a drug delivery products, be integrated with the information needed to assist in ensuring the safe and effective delivery of the drug. 患者医療システム100の臨床決定支援及び付随するアラート、アラーム、警告、及びメッセージングは、臨床家が増大する時間と費用の圧迫下で患者管理を行う際の、臨床家に対する支援のセーフティーネットとなる。 Clinical decision support and associated alerts of patient care system 100, alarm, warning, and messaging, when performing a patient management in the oppression under time and cost the clinician is increased, the safety net of support for clinicians. この情報は、臨床家のワークフローを改善する方法でデータを提供し、治療の実施をより容易にする、無線ネットワークを通じて提供されるのが好ましい。 This information provides data in a way that improves the workflow of clinicians to better facilitate implementation of treatment, preferably provided through a wireless network.

(注入システムの概要) (Overview of the injection system)
患者医療システム100内の注入システム210、又は医療システム210は、数ある中でも特に、コンピュータによる処方及び電子医療記録(eMAR)を提供する。 Infusion system 210 of the patient care system 100 or a medical system 210, is, among others, to provide a formulation by computer and electronic medical records (eMAR). 注入システム210は、臨床記録、薬歴管理、在庫追跡、及びメッセージングを、臨床家にとって容易なものとする。 The infusion system 210, clinical records, medication history management, inventory tracking, and messaging, it is assumed easy for the clinician. 患者医療システム100は、バーコーディングとリアルタイム技術を組み合わせて、正しい患者が、正しい薬剤及び正しい量を、正しい時間に、正しいルートを介して受け取ることを保証するのを支援する。 Patient care system 100 combines bar-coding and real-time technology, the correct patient, the right drug and the right amount, at the right time, to help ensure that the receive via the right route. 注入システム210は、アラート、アラーム、メッセージ、及び、限定するものではないが、検査値、範囲外、及び用量誤りのような注意を喚起ものを提供する。 The infusion system 210, an alert, an alarm, a message, and, without limitation, to provide a draw ones attention such as laboratory values, out of range, and dose errors. 正しい投薬の検証機能の一部として、本システムは、注入ポンプ設定値の検証をも行うことができる。 As part of the proper dosage validation, the system, verifying the infusion pump set value it can also be performed.

本明細書に更に詳細に説明するように、注入システム210は、少なくとも部分的に、無線遠隔パーソナルデジタルアシスタント、ワークステーション、医師オーダエントリモジュール、電子タブレット、プロセッサ制御注入ポンプ等のような1つ又はそれ以上の電子計算装置上に常駐する。 As will be described in detail herein, the infusion system 210, at least partially, wireless remote personal digital assistant, workstation, physician order entry module, an electronic tablet, one such as a processor controlled infusion pump or resident in more on the electronic computing device. 注入システム210は、1つ又はそれ以上の電子計算装置を介して、数多くの病院による設定が可能なアラート及びアラームを、様々な形式で表示するように構成することができる。 The infusion system 210, one or more through an electronic computing device, alerts and alarms that can be set by a number of hospitals can be configured to display in various formats. 一実施形態では、時間ベースのアラートを提供し、必ずしも限定するものではないが、注入速度の変更のような患者管理機能を実行することを臨床家に気付かせる。 In one embodiment, provides a time-based alerts but are not necessarily limited, remind to perform patient management functions such as changing the infusion rate to clinicians. 更に、必ずしも限定するものではないが、注入の断絶のような緊急アラームを提供する。 Additionally, but not necessarily limited, it provides emergency alarm, such as disruption of injection. また更に、必ずしも限定するものではないが、注入の完了又はラインの閉鎖のような緊急性のより低いメッセージを提供する。 Furthermore, but not necessarily limited, it provides the urgency of less messages, such as the injection of complete or line closure. 更に、1台又はそれ以上の無線遠隔パーソナルデジタルアシスタント又は他の電子計算装置を介して、医療施設内のどこからでも注入状態を見ることができる。 Furthermore, it is possible to see one or more through the wireless remote personal digital assistant, or other electronic computing device, the injection state from anywhere in the medical facility.

後に更に詳細に開示するように、システム210は、アラーム又はアラートをエスカレートさせ、該アラーム若しくはアラートは、所定の時間内は、修正されたことを表示しない。 As will be disclosed in more detail, the system 210 is allowed to escalate an alarm or alert, the alarm or alert within the predetermined time, does not display that it has been modified. アラーム又はアラートのエスカレーションを引き起こすことのできる条件は、医療施設によって定義されるのが好ましい。 Conditions which can cause escalation of an alarm or alert is preferably defined by the medical facility. 同様に、アラーム又はアラートがエスカレートするまでの時間も、医療施設によって定義することができる。 Similarly, time to alarm or alert escalates, it may be defined by the medical facility. 従って、所定の時間内に臨床家によって正されないあらかじめ定義されたアラーム又はアラートは、関連するアラーム若しくはアラートのエスカレーションをもたらすことになる。 Thus, predefined alarm or alert not Tadashisa by clinician within a predetermined time period will result in an escalation of the associated alarm or alert. 従って、関連付けられた可聴音の音量とすることができるアラーム又はアラートの高まりを本システムによって臨床家が通知される頻度は、増大されるのが好ましい。 Therefore, the frequency of the clinician by the system the growing alarm or alert, which may be a volume of the associated audible sound is notified is preferably increased.

当業者には分かるように、注入システム210は、患者のオーダによって施されている注入をチェックすることにより、患者の安全を保障するのを支援する。 As will be appreciated by those skilled in the art, the infusion system 210, by checking the injection has been performed by the patient of the order, to assist in ensuring patient safety. 本明細書に更に詳細に説明するように、注入バッグ及び患者IDがスキャンされるバーコーディング方式が用いられる。 As will be described in detail herein, bar coding scheme infusion bag and the patient ID is scanned, is used. 注入情報は、電子計算装置とポンプの両方に表示され、正しい注入が、正しい時間に、正しい経路及び正しい速度で、正しい患者に対して施されていることを保証するのを支援する。 Infusion information is displayed in both the electronic computing device and the pump, the correct infusion, at the right time, in the correct path and the correct speed, to help to ensure that it is performed on the right patient. 一実施形態では、上述の投与の「正しさ(rights)」が一致しない場合、可聴及び可視アラートが、電子装置上に出現する。 In one embodiment, when the "correctness (. All rights)" administration described above do not match, an audible and visual alerts, appearing on the electronic device. 更に、臨床家が注入ポンプ速度を設定している場合には、プログラムされた設定値が患者の注入オーダと一致しない場合、後に更に詳細に説明する比較工程を通じて、電子計算装置上に可聴アラート及び可視アラートが出現する。 Furthermore, if the clinician has set the infusion pump speed, if programmed settings do not match the infusion order patient, through comparing step to be described later in more detail, an audible alert and on the electronic computing device visible alert appears. 更に常時、臨床家が、電子装置を介して、注入ポンプの設定値をチェックし、該設定値が中央データベース108b内に含まれた注入オーダと一致するかどうかを確認することができる。 Furthermore always clinician, through the electronic device, to check the set value of the infusion pump, it is possible to see if it matches the infusion order that set value is included in the central database 108b.

一実施形態では、注入システム210は、メッセージの重大度若しくは緊急度の迅速な識別のために、1台又はそれ以上の電子計算装置等を介して、様々な音色又はフレーズを有するアラート及びアラームを提供する。 In one embodiment, the infusion system 210, for rapid identification of severity or urgency of the message, one or more through an electronic computing device such as, alerts and alarms with different sounds or phrases provide. 従来の注入ポンプのアラート及びアラームを、必ずしも限定するものではないが、パーソナルデジタルアシスタントなどの電子計算装置上に表示し、全ての担当患者に関する注入状態の臨床家への報告を維持し、それにより問題を解決し且つワークフローの安全を向上させるための時間を節約することができるのが望ましい。 Alerts and alarms conventional infusion pumps, but are not necessarily limited to display on the electronic computing apparatus such as a personal digital assistant, to maintain a report to the clinician of the injection conditions for all representative patient, whereby it is desirable to be to save the time to solve the problem is and improve the safety of the workflow.

とりわけ、全てのアラーム及びアラートを、報告目的で中央システムデータベースから取り出すことができるのが好ましい。 Especially, all the alarms and alerts can preferably be taken from a central system database for reporting purposes. 取り出し可能なデータは、医療施設がアラーム、アラート及び警告によって誤投薬が回避された回数を調査並びに解析するのを支援することができる。 Removable data may medical facilities to assist alarms, to investigate and analyze the number of times the medication is avoided erroneous by alerts and warnings.

可聴式のアラート及びアラームは、メッセージ又は問題点に関連する重大度又は緊急度に応じて異なる音を発するように設定されるのが望ましい。 Audible alerts and alarms, is preferably set to emit sound varies depending on the severity or urgency associated with the message, or problems. 応急手当を必要とするアラームは、緊急度がより低いアラートと異なる音を出す。 Alarm that requires first aid, urgency issues a lower alerts and different sound. 問題を説明した視覚テキストが、1台又はそれ以上の電子計算装置によって表示されるのが好ましい。 Visual text describing the problem, preferably be displayed by one or more electronic computing devices. 一実施形態では、注入が完了に近づきつつあるか又は完了したときに、パーソナルデジタルアシスタント上にアラートが鳴動する。 In one embodiment, when the injection is located or complete nearing completion, an alert is sounded on a personal digital assistant. パーソナルデジタルアシスタントはまた、患者、場所、注入の種類、及び注入バッグが空になるまでの残り時間をも表示する。 Personal digital assistants are also patients, location, type of injection, and infusion bag also displays the time remaining until empty. 臨床家は常時、パーソナルデジタルアシスタントを介して、注入状態にアクセスすることができ、従って、それに応じて対応することができる。 Clinicians always via a personal digital assistant, can access the injection conditions, therefore, it can react accordingly. 一実施形態では、病室を訪問する前に、臨床家は、パーソナルデジタルアシスタント上で注入状態を見、近いうちに別のバッグが必要となるかどうかを判断することができる。 In one embodiment, prior to visiting the hospital room, clinician, viewed injection state on a personal digital assistant, it is possible to determine whether another bag is needed in the near future. 別の注入バッグが必要な場合、臨床家は、病室に到着した後に新たなバッグが必要であることを認識するのではなく、最初の訪問の際に新たなバッグを持参し、時間を節約することができる。 If another infusion bag is needed, the clinician, rather than recognizing that there is a need for a new bag after they arrived at the hospital room, to bring a new bag at the time of the first visit, to save time be able to. 同様に、薬局は、次の注入バッグの混合及び送達の計画を立てるために、残り時間を含め、状態を観察することができる。 Likewise, pharmacies, to plan the mixing and delivery of the next infusion bag, including the remaining time, it is possible to observe the state.

所望であれば、また当業者には分かるように、注入ポンプに関連する他のアラーム及びアラートを、注入ポンプから遠隔の場所にある電子計算装置上で利用可能にすることができる。 If desired, and as appreciated by those skilled in the art, other alarms and alerts related to infusion pump, can be made available from the infusion pump on the electronic computing device at a remote location. 患者情報を電子計算装置上に表示し、そのようにして看護時間及び問題を解決するステップを節約することができる。 Displays patient information on the electronic computing device, it is possible to save the step of solving the nursing time and problems in this way. 上述したように、ポンプがアラーム状態又はアラート状態である場合、臨床家は、病室に行ってアラーム状態若しくはアラート状態を物理的に修正する前に、パーソナルデジタルアシスタント上で、患者情報、薬物オーダ、アラームメッセージ又はアラートメッセージを閲覧することができ、必要なアイテムを収集することができる。 As described above, when the pump is in alarm or alert condition, the clinician prior to physically correct the alarm condition or alert condition to go to a hospital room, on a personal digital assistant, patient information, drug order, it is possible to view the alarm message or alert message, it is possible to collect the necessary items.

一実施形態では、注入システム210は、臨床家に計画された注入オーダに関して合図を送るための、設定可能な時間ベースのアラートを提供する。 In one embodiment, the infusion system 210, for sending the signaling with respect to planned infusion order clinician, provide a configurable time based alerts. 従って、200ml/時間で2時間、その後50ml/時間に低減してNSを運転するための漸減オーダにより、注入システム210は、注入開始2時間後、看護師に速度を低減するように通知する。 Thus, 2 hours at 200ml / time, the subsequent tapering order to operate the NS is reduced to 50ml / time, the infusion system 210, after the start of infusion 2 hours, to notify to reduce speed to the nurse. 更に、計画された注入が施設によって設定された時間許容範囲を越えたときに臨床家に通知するための後アラートを提供する。 Furthermore, to provide an alert after for notifying the clinician when the planned injection exceeds the time allowable range set by the facility. 更に、硬膜外モルヒネ注入開始後などに痛みの評価を行うためのアラートのような時間ベースのプロトコルを生成する。 Further, to produce a time-based protocols, such as alerts for evaluating pain, such as after the start epidural morphine injection.

注入システム210の設定可能な態様は、パーソナルデジタルアシスタントのような電子計算装置によって発せられる可聴アラートをも含む。 Configurable aspects of the injection system 210 also includes an audible alert emitted by an electronic computing device such as a personal digital assistant. 可聴アラートは、医療施設内の独自の環境を満たすために、該医療施設によって、該医療施設の特定部門内で設定可能とすることができるのが好ましい。 Audible alert, in order to meet their own environment within medical facilities, by the medical facility, preferably able to be set within a particular sector of the medical facility.

先に述べたように、複数の視覚アラート及びメッセージを、パーソナルデジタルアシスタントなどの電子計算装置によって表示し、該メッセージの重要度及び緊急度を示すことができる。 As mentioned earlier, a plurality of visual alerts and messages, and displayed by the electronic computing apparatus such as a personal digital assistant, it may indicate the importance and urgency of the message. 色、点滅、及び太字のテキストが表示メッセージングのオプションであるのが望ましい。 Color, blinking, and it is desirable to bold text is an optional display messaging. 更に、メッセージが生成される際に、ハイパーリンクを提供することができる。 Furthermore, when the message is generated, it is possible to provide a hyperlink. また、ディスプレイ上にアイコンも用いることができ、且つ、緊急メッセージは、ハンドヘルド電子装置等に割り込み、直ちに臨床家へ通知するように設定することができる。 Also can be used icons on the display, and, the emergency message can be set to interrupt the handheld electronic device or the like, immediately notify the clinician. 更に、アラーム/アラートのエスカレーションが、システム210によって提供される。 Furthermore, escalation alarm / alert is provided by the system 210. アラーム/アラート及びそのエスカレーションについては、後に詳述する。 For alarm / alert and its escalation, it will be described in detail later.

これも先に述べたように、注入システム210は、臨床家がパーソナルデジタルアシスタント等のような電子計算装置上で全ての注入又は担当患者を観察し、そのようにして病室を往復して移動するのに費やす時間を低減することを可能にする。 As also mentioned above, the infusion system 210, the clinician will observe all infusion or charge patients on an electronic computing device such as a personal digital assistant, to move back and forth sickroom in that way It makes it possible to reduce the time spent. 更に、薬物の量、希釈剤、投与量、及び注入速度の検証のために、処方情報が電子計算装置上に表示される。 Furthermore, the amount of drug, diluents, dosages, and for verification of the injection rate, the prescription information is displayed on the electronic computing device. 更に、注入のリアルタイムの状態を見ることが可能であり、1時間当たりのミリリットル数等、注入の持続時間、注入量、残り時間、及び未注入量を表示することができる。 Furthermore, it is possible to see the real-time state of injection, such as milliliters per hour, the duration of injection, the injection amount, it is possible to display the remaining time and non-injection volume. 先に述べたように、注入状態及び流速履歴は、電子計算装置を介して、医療施設内のどこからでも見ることができる。 As mentioned earlier, the injection condition and the flow rate history via the electronic computing device, can be viewed from anywhere within the healthcare facility.

本明細書に更に詳細に説明するように、注入システム210は、患者の体重に基づいてオーダされる投与量を計算し、適切な速度を表示して注入を実行することができる。 As further described in detail herein, the infusion system 210, based on the patient's body weight to calculate the dose to be order, can perform the injection to display the appropriate speed. 注入がオーダされた投与量以外で実行されるように設定されている場合、メッセージが生成される。 If the injection is set to run in non-doses that are orders, a message is generated. 更に、小児用量投与が利用可能であり、医療施設内の小児部門に設定される。 Furthermore, pediatric dosing are available, is set in children department within the medical facility.

一実施形態では、一次注入及びピギーバックのような二次注入の状態が、注入システム210によって、パーソナルデジタルアシスタントなどの電子計算装置上に表示される。 In one embodiment, the state of the secondary injection as the primary injection and piggy-back, the infusion system 210, is displayed on the electronic computing apparatus such as a personal digital assistant. 臨床家は、ピギーバックにおける注入残量を常時チェックすることができ、ピギーバックが完了し、一次注入が再開されたときに、メッセージが表示される。 Clinician is able to constantly check the injection remaining amount in piggyback, piggyback is completed, when the primary injection is resumed, the message is displayed. 更に、在庫及び注入オーダを補充するように、薬局にメッセージが送信される。 Further, so as to replenish the inventory and infusion order, a message is sent to the pharmacy.

所望であれば、注入システム210は、注入をプログラムする臨床家が設定範囲外で実行するのを警告するために、医療施設がシステムの注入限界値を規定することを可能にする。 If desired, the infusion system 210, in order clinician to program the infusion warn to run outside the set range, the medical facility makes it possible to define the injection system limit. 警告は、臨床家が警告を無効にするか又は指定変更を禁止するように設定することができる。 Warning, can the clinician is set so as to prohibit the disabled to or override the warning. 当業者には分かるように、特定の注入に対して指定変更を禁止することは、患者が不注意によって過量摂取を受けるのを防止することができる。 As will be appreciated by those skilled in the art, to prohibit an override for a particular implant, the patient can be prevented from being overdose inadvertently.

注入システム210はまた、医療施設内の各専門部門の必要性に関連する参照情報の表示に備えることもできる。 The infusion system 210 may also comprise a display of the reference information related to the needs of each specialized department within the medical facility. 専門部門の方針及び手順に加えて、薬物情報を、パーソナルデジタルアシスタントなどの電子装置上で見ることができる。 In addition to the policies and procedures of the specialty department, drug information, it can be seen on an electronic device such as a personal digital assistant. プロトコル及び標準オーダについては、患者の状態に基づいてメッセージを提供するように設定することができる。 For protocols and standards order can be configured to provide a message based on the patient's condition. 例えば、一実施形態では、ヘパリン注入プロトコルは、臨床家に新たな血糖値検査結果を通知し、スライド制プロトコルに基づいて決定されたミリリットル数によってインスリン注入量を滴定するように設定されている。 For example, in one embodiment, heparin injection protocol notifies the new blood sugar test results clinicians are set to titrate insulin injection amount by ml number determined based on a sliding scale protocol.

更に、設定された規則を通じて、特定の注入に関するメッセージ又は通知が、それらが患者の状態に関係する際に看護師に送信される。 Furthermore, through the set rules, message or notification for a particular implant, they are sent to the nurse when related to the condition of the patient. 例えば、一実施形態では、腎毒性の注入を受けている患者のBUN及びクレアチニンが増加した場合、メッセージが生成される。 For example, in one embodiment, if the BUN and creatinine in patients undergoing infusion of nephrotoxicity increases, the message is generated. 更に、特定の注入量が滴定されている際にメッセージを生成するようにプロトコルを設定することができる。 Furthermore, it is possible to identify the injection amount is set the protocol to generate messages when being titrated. 例えば、一実施形態では、臨床家がドーパミン注入量を滴定する際に、血圧を記録するためのメッセージを設定することができる。 For example, in one embodiment, when a clinician to titrate the dopamine injection volume, it is possible to set the message for recording blood pressure. 更に、血行動態モニタリングパラメータを注入にリンクし、メッセージを生成することができる。 Furthermore, it is possible to link the hemodynamic monitoring parameters to injection, to generate a message.

先に述べたように、新たな注入オーダを、臨床家に新たなオーダを通知するメッセージを提供するように設定することができる。 As mentioned earlier, it is possible to set a new infusion orders, to provide a message notifying a new order to the clinician. メッセージは、テキスト、カラーアラート、点滅するハイパーリンク、アイコン等のような可聴式及び視覚式に構成することができる。 Message, text, color alerts, flashing hyperlink can be configured to audible and visual expression such as icons. 迅速オーダ及び中止オーダは、それらを非緊急メッセージと区別するために、優先度の高いメッセージとして設定することができる。 Quick order and cancel orders, in order to distinguish them non-urgent messages can be set as a high priority message.

医療施設によって教育的メッセージが生成され且つ設定されるのが好ましい。 Preferably, educational message is set is generated and by the medical facility. 例えば、一実施形態では、特定のチューブセット(例えば非PVC)を必要とする注入は、臨床家に知識を提供するメッセージを表示することになる。 For example, in one embodiment, infusion that requires a specific tube set (e.g., non-PVC) would display a message that provides knowledge clinician. 更に別の実施形態では、例えば、中心静脈投与を必要とする注入は、末梢静脈に注入しないようにとの警告を表示することになる。 In yet another embodiment, for example, injection requiring a central venous administration, will display a warning and not to inject into a peripheral vein.

一実施形態では、次の仕事を完了することをユーザに気付かせるスケジューリングメッセージが生成され、1台又はそれ以上の電子計算装置上に表示される。 In one embodiment, the generated scheduling message to remind the user to complete the next job is displayed in one or more of the electronic computing device. 例えば漸減注入などの場合には、予定時刻に注入速度を変えるようにとのアラートが、電子計算装置に送信される。 For example, in the case of such tapering injection, alerts and to vary the injection rate at the scheduled time it is transmitted to the electronic computing device. 更に、例えば輸血プロトコルのような時間ベースのアラートを有するプロトコルを設定することができる。 Furthermore, it is possible to set the protocol with the time-based alerts such as transfusion protocols.

再び図1に移って説明すると、また上述したように、患者医療システム100は、投薬オーダ、調剤、及び投与を患者のベッドサイドで行うことを可能にする。 Explaining Turning to FIG 1 again, also as described above, the patient care system 100, medication order, dispensing, and administration makes it possible to carry out at the patient's bed side. 医師は、無線ハンドヘルド装置を用いて、簡単な処方及び複雑な処方、静注療法並びに完全静脈栄養療法(TPN)をオーダすることができる。 Physician, using a wireless handheld device, a simple formulation and complex formulations, it is possible to order the intravenous therapy and total parenteral nutrition therapy (TPN). 注入システム210は、正しい投与量のみならず、薬物間相互作用及び他の発生し得る過誤をチェックする。 The infusion system 210, not only the correct dose, checks errors that can interact and other occurrence between drug. 次いで、注入システム210は、このデータを、リアルタイムで、患者医療施設又は現地薬局、病院の看護部門、在宅医療部門、及び/若しくは診療所へ伝送する。 Then, the infusion system 210, the data in real time, and transmits the patient care facility or local pharmacy, nursing sector hospitals, home care sector, and / or to the clinic.

臨床家は、ハンドヘルド装置を用いて、カルテデータベースにアクセスすることができる。 Clinician, it may use a handheld device to access the medical record database. 一実施形態では、臨床家は、バーコードを付された投薬法及び患者のバーコードを付されたブレスレットをスキャンし、正しい投薬、投与量、及び何らかの薬物を投与するまでの時間を確認する。 In one embodiment, the clinician scans the bracelet attached barcodes medication and patient is marked with a bar code, the correct dosage, to confirm the time until the dose administered, and some drugs. 注入システム210は、カルテ及び投与記録を更新し、それにより、全てではないにしても、多大な時間を必要とする事務処理を排除する。 The infusion system 210 may update the chart and administration record, whereby, if not all, eliminating the paperwork that requires a lot of time. 従って、注入システム210は、最大限に命を救いながら、費用を削減し且つ効率を改善し得る。 Therefore, infusion system 210, while save lives maximally can reduce costs and improve efficiency. 患者医療システム100は、電子患者カルテ及び電子処方、ポイントオブケアから薬局までの完全な調剤並びに在庫管理の提供を含む、アクセスが管理された携帯型及び静止型の投薬法並びに倉庫を含むことができる。 Patient care system 100 includes an electronic patient record and electronic prescription, including the provision of a complete dispensing and inventory management from the point of care to the pharmacy, the access that contains a medication and warehouses portable and stationary managed it can.

先に述べたように、図1は、患者医療システム100の図式表示である。 As previously mentioned, FIG. 1 is a graphical representation of patient care system 100. 患者医療システム100は、ネットワーク102によってリンクされた、薬局のコンピュータ104、中央システム108、及び診療場所106を含む。 Patient care system 100 includes linked by a network 102, pharmacy computer 104, central system 108, and a medical location 106. 一実施形態では、薬局のコンピュータ104は、処理装置104a、キーボード104b、ビデオディスプレイ104c、プリンタ104d、バーコードリーダ104e、及びマウス104fを含む。 In one embodiment, computer 104 of pharmacy, the processing unit 104a, a keyboard 104b, a video display 104c, a printer 104d, a bar code reader 104e, and a mouse 104f. 図1には示していないが、患者医療システム100は、病院管理、看護室用サブシステム、臨床情報サブシステム、病院情報サブシステム、入退転院(ADT)サブシステム、請求書発行サブシステム、及び/又は一般に従来の患者医療システムに含まれる他のサブシステムをも含むことができる。 Although not shown in FIG. 1, the patient care system 100, hospital management, subsystem care unit, clinical information subsystem, a hospital information subsystem, an input Taiten Institute (ADT) subsystem, billing subsystem, and / or general can also include other subsystems included in a conventional patient care system. そのようなシステムは一般に、第2の中央サーバ108aと連動する。 Such systems generally work with the second central server 108a.

一実施形態では、中央システム108は、中央サービスコンピュータ108a、データベース108b、ビデオディスプレイ108c、入出力コンポーネント、及び当業者に既知の他の従来のハードウェアコンポーネントを含む。 In one embodiment, the central system 108 includes a central service computer 108a, database 108b, a video display 108c, input-output component, and other conventional hardware components known to those skilled in the art. ネットワーク102は、有線通信システム110部分及び無線通信システム部分を含むのが好ましい。 Network 102 may comprise a wired communication system 110 portion and a wireless communication system portion is preferred. 有線通信システム110は、限定するものではないが、イーサネット(登録商標)配線システム、及び薄いネットシステムとすることができる。 Wired communication system 110 include, without limitation, may be an Ethernet cabling system, and a thin net system.

一実施形態では、治療場所106は、治療用ベッド106a、注入ポンプ120、医療用カート132を含むことができる。 In one embodiment, treatment location 106 may include therapeutic bed 106a, an infusion pump 120, the medical cart 132. 図1では、臨床家116及び患者112は、治療場所106内に示されている。 In Figure 1, a clinician 116 and a patient 112 are shown in the treatment location 106. 薬剤124は、注入ポンプ120又は他の医療機器を用いて投与される種類のものであることができる。 Agent 124 may be of a type that is administered using an infusion pump 120, or other medical devices. 薬剤124は、医療機器を用いずに投与される種類のものであることもできる。 Agent 124 may also be of a type that is administered without using a medical device. 薬剤は、医療用カート132の薬剤保管領域132aに保管することができる。 Drug may be stored in medication storage areas 132a of medical cart 132. 臨床家116は、患者112に薬剤124を投与する工程において、デジタルアシスタント118を用いる。 The clinician 116 in administering a drug 124 to the patient 112, using digital assistant 118.

一実施形態では、臨床家116は、患者112の治療中に、デジタルアシスタント118を使用して、第1の無線通信路126を介して、ネットワーク102の有線通信システム110と通信する。 In one embodiment, the clinician 116 during treatment of a patient 112, using digital assistant 118, via the first wireless communication path 126, communicates with the wired communication system 110 of the network 102. 注入ポンプ120は、第2の無線通信路128を介して有線通信システム110と通信する機能を有する。 Infusion pump 120 has a function of communicating with the wired communication system 110 via the second wireless communication path 128. 薬剤用カート132も、無線通信路(図1には示さず)を介して通信する機能を有する。 Drug cart 132 also has a function to communicate via a wireless communication path (not shown in Figure 1). 無線トランシーバ114は、有線通信システム110のインターフェースとなる。 Wireless transceiver 114 provides an interface cable communication system 110. ネットワークの無線通信システム部分は、限定するものではないが、IEEE 802.11b「無線イーサネット(登録商標)」、ローカルエリアネットワーク、無線ローカルエリアネットワーク、ツリートポグラフィ(tree topography)を有するネットワーク、リングトポグラフィ(ring topography)を有するネットワーク、無線インターネットアクセスポイントシステム、イーサネット(登録商標)、インターネット、無線通信、赤外線、光ファイバ、及び電話などの当業者に既知の技術を用いることができる。 Wireless communication system portion of the network, but are not limited to, IEEE 802.11b "Wireless Ethernet," a local area network, a wireless local area network, the network having a tree topography (tree topography), a ring topography ( ring topography) network having a wireless Internet access point system, Ethernet, Internet, wireless communications, infrared, fiber optic, and can be used known to those skilled in the art, such as a telephone. 図1には無線通信システムとして示しているが、通信経路は、代替的に、有線通信経路としてもよい。 Although FIG. 1 shows a wireless communication system, the communication path may alternatively be a wired communication path.

患者医療システム100においては、医師は、患者112用薬剤124をオーダすることができる。 In the patient care system 100, a physician can order a for patient 112 agent 124. 一実施形態では、オーダは、診療場所106における臨床家116を端緒とすることができる。 In one embodiment, the order may be beginning the clinician 116 in practice place 106. 医師及び/又は臨床家116は、コンピュータ化医師オーダエントリシステム(CPOE)、薬剤用カート132又は同様の装置を用いて、患者112用薬剤124をオーダすることができる。 Physician and / or clinician 116, computerized physician order entry system (CPOE), with an agent cart 132 or similar device, it is possible to order a for patient 112 agent 124. 当業者は、従来のコンピュータ化医師オーダエントリシステムには精通している。 Those skilled in the art are familiar with conventional computerized physician order entry system. その名称に関係なく、臨床家116は、コンピュータ化医師オーダエントリシステムを用いることができる。 Regardless of its name, the clinician 116 may use a computerized physician order entry system. 薬剤124を注入ポンプ120を通じて投与するのが効率的である場合、注入オーダは、注入ポンプ120に対する運転パラメータを生成するための情報を含む。 When administering the drug 124 through the injection pump 120 is efficient, infusion order includes information for generating operating parameters for infusion pump 120. 運転パラメータは、注入オーダに従って動作するように注入ポンプ120をプログラムするのに必要な情報及び/又は命令のセットである。 Operating parameter is a set of information and / or instructions required to program the infusion pump 120 to operate in accordance with the infusion order.

注入オーダは、薬局、看護センタ、看護現場、及び診療場所106を含む様々な場所で入力することができる。 Infusion order may be entered pharmacy, nursing center, a variety of locations, including nursing field, and medical care location 106. オーダを薬局で入力する場合、それは、キーボード104b、マウス104f、タッチスクリーン式ディスプレイ、CPOEシステム及び/又は医療用カート132などの入出力装置を介して、薬局のコンピュータ104に入力することができる。 When entering an order in the pharmacy, it may be a keyboard 104b, the mouse 104f, a touch-screen display, via the input and output devices such as CPOE system and / or the medical cart 132 is input to the computer 104 of pharmacy. 処理装置104aは、手入力されたオーダを、コンピュータ可読データに変換することができる。 Processor 104a is an order that has been manually entered, can be converted into computer readable data. CPOEのような装置は、オーダを、処理装置104aへの導入に先立って、コンピュータ可読データに変換することができる。 Device, such as a CPOE may an order, prior to introduction to the processing unit 104a, can be converted into computer readable data. 次いで、運転パラメータが、プリンタ104dによって、薬剤ラベル124a上にバーコード形式で印刷される。 Then, the operating parameters, by a printer 104d, are printed in bar code format on the medication label 124a. 次いで、薬剤ラベル124aが薬剤124容器に貼付される。 Then, the medication label 124a is attached to the medication 124 container. 次に、薬剤124容器が、診療場所106に輸送される。 Then, the agent 124 containers are transported to the medical care location 106. 次いで、薬剤124を、経口による方法及び注入ポンプ120を通じる方法を含む当業界で既知の種々の方法で患者112に投与することができる。 Then, the drug 124 can be administered to a patient 112 in the art, including methods leading methods and infusion pump 120 by oral known various methods. 薬剤124が経口投与される場合、臨床家116は、デジタルアシスタント118及び/又は医療用カート132を介して通信することができる。 If the medication 124 is administered orally, the clinician 116 may communicate via the digital assistant 118 and / or the medical cart 132. 医療用カート132はコンピュータ化されており、通常、キーボード(図示せず)、ディスプレイ132b及びバーコードスキャナ(図示せず)のような他の入出力装置を有する。 Medical cart 132 is computerized, normally (not shown) a keyboard, with other input and output devices such as display 132b, and a bar code scanner (not shown).

当業者には分かるように、注入バッグも前もって混合することができ、薬剤124を識別する非患者別バーコードがバッグに貼付される。 As will be appreciated by those skilled in the art, the infusion bag can also be premixed, non-patient specific bar code identifying the agent 124 is affixed to the bag. 更に、注入バッグは、薬局又は現場で混合することができ、薬剤124及び、所望であれば、薬剤を患者に投与すべき時を特定する患者専別バーコードがバッグに貼付される。 Furthermore, the infusion bag may be mixed in the pharmacy or in the field, the agent 124 and, if desired, the patient 専別 bar code specifying when to be administered to a patient an agent is attached to the bag.

治療場所では、薬剤124は、注入ポンプ120から患者112まで走る静注(IV)ライン130と共に注入ポンプ120上に搭載することができる。 The treatment location, the medication 124 may be from the injection pump 120 is mounted on the infusion pump 120 on with intravenous (IV) line 130 which runs to the patient 112. 注入ポンプ120は、ポンピングユニット120a、キーパッド120b、ディスプレイ120c、注入ポンプID120d、及びアンテナ120eを含むことができる。 Infusion pump 120, pumping unit 120a, a keypad 120b, a display 120c, an infusion pump ID 120d, and may include an antenna 120e. 先行技術の注入ポンプには、本システム100を完全に実施するために、無線アダプタ(図示せず)を備えることができる。 In the prior art infusion pumps, in order to fully implement the system 100 may comprise a wireless adapter (not shown). 先行技術の注入ポンプの電池寿命低下を回避するために必要であれば、無線アダプタは、それ自体の電池を有することができる。 If necessary in order to avoid the battery life reduction of the prior art infusion pumps, the wireless adapter may have a battery of its own. 無線アダプタは、電力消費及びネットワークトラフィクを最小限に抑えるために、限定するものではないが、蓄積交換データ管理及びデータ圧縮のようなインテリジェントデータ管理手法を用いることもできる。 Wireless adapter, to minimize power consumption and network tigers Fi click, without limitation, may be used an intelligent data management techniques such as store-data management and data compression. 無線アダプタはまた、ネットワーク102が機能していないときでさえもデジタルアシスタント118と通信する機能を含むこともできる。 Wireless adapter may also even may be also include the ability to communicate with the digital assistant 118 when the network 102 is not functioning.

一実施形態では、患者医療システム100は、限定するものではないが、職員識別子、機器識別子、及び薬剤識別子などの種々の識別子を含むことができる。 In one embodiment, the patient care system 100, but not limited to, can include a variety of identifiers such as personnel identifier, device identifier, and medication identifier. 図1では、臨床家116は、臨床家バッジ116a識別子を有することができ、患者112は、リストバンド112a識別子を有することができ、注入ポンプ120は、注入ポンプID120d識別子を有することができ、薬剤124は、薬剤ラベル124a識別子を有することができる。 In Figure 1, the clinician 116 may have a clinician badge 116a identifier, the patient 112 may have a wristband 112a identifier, the infusion pump 120 may have an infusion pump ID120d identifier, drug 124 may have a medication label 124a identifier. 臨床家バッジ116a、リストバンド112a、注入ポンプID120d及び薬剤ラベル124aは、それらに関連付けられた職員、機器、又は薬剤を識別する情報を含む。 Clinician badge 116a, wristband 112a, infusion pump ID120d and medication label 124a include personnel associated with them, devices, or the information identifying the drug. 識別子は、追加情報を含むこともできる。 Identifier can also include additional information. 例えば、薬剤ラベル124aは、薬剤124の受容対象者に関する情報、注入ポンプ120に対する運転パラメータ、及び薬剤124のロット番号並びに期限切れに関する情報を含むことができる。 For example, the medication label 124a may include information regarding the recipient subject of the drug 124, the operating parameters for infusion pump 120, and the lot number and information about the expiration of the drug 124. 識別子に含まれる情報は印刷してもよいが、限定するものではないが、バーコードなどの光学式に読み取り可能な装置用のフォーマットのような装置読み取り可能フォーマット、RFID、iButton、スマートカードなどの無線周波(RF)装置可読フォーマット、及びレーザ可読フォーマットのような装置可読フォーマットであるのが好ましい。 The information contained in the identifier may be printed, but without limitation, device readable format such as a format for device-readable optical such as a bar code, RFID, iButton, a smart card radio frequency (RF) device readable format, and is preferably a device readable format such as a laser readable format. デジタルアシスタント118は、ディスプレイ118aを含むことができ、且つ指紋などのバイオメトリック情報を含む識別子を読み取る機能を有することができる。 Digital assistant 118 may include a display 118a, and may have the ability to read the identifiers including biometric information such as fingerprints.

リストバンド112aは通常、患者112が医療施設内に入院する際に患者112上に配置される。 Wristband 112a is typically placed on the patient 112 when patient 112 is admitted to the healthcare facility. リストバンド112aは、患者識別子を含む。 Wristband 112a includes a patient identifier. 患者識別子は、患者を識別するための印刷された情報及び治療を行う医師の氏名などの追加情報を含むことができる。 Patient identifier may include additional information such as the name of the physician performing the printed information and treatment for identifying the patient. 患者112用患者識別子は、限定するものではないが、患者の氏名、年齢、社会保障番号、患者の血液型、住所、アレルギー、病院ID番号、及び患者の親類の氏名などの情報を含むことができる。 The patient identifier for patient 112, but are not limited to, the patient's name, age, social security number, the patient's blood type, address, allergies, a hospital ID number, and may include information such as the name of the patient's relatives it can. 一実施形態では、患者識別子は、これも必要な場合又は所望の場合の相互参照に備えて中央データベース内に格納された、患者用の独自の参照コード若しくはパスワードを含むことができる。 In one embodiment, the patient identifier, which is also stored in the central database in preparation for cross-reference when or if desired necessary, may include a unique reference code or password for the patient.

(本システムのシステムハードウェア/ソフトウェアアーキテクチャ) (System Hardware / software architecture of the system)
図2は、図1の薬局のコンピュータ104、中央システム108、CPOE、デジタルアシスタント118、及び/又は投薬治療用カート132などのネットワーク102を介して通信する任意の数の他のサブシステム内に含まれたコンピュータを表すコンピュータ200のブロック図である。 Figure 2 is a pharmacy computer 104 of FIG. 1, the central system 108, CPOE, included in the digital assistant 118, and / or medication cart 132 within any other subsystem number to communicate over a network 102, such as the is a block diagram of a computer 200 that represents the computer. 先に述べたように、コンピュータ200は、患者医療システム100内で用いるための、注入システム210、又は注入システム210の一部を含む。 As mentioned earlier, the computer 200 may include for use in patient care system 100, a portion of the infusion system 210 or the infusion system 210,. 図2を参照して説明する注入システムは、コンピュータプログラムであるのが好ましい。 Injection system described with reference to FIG. 2 is preferably a computer program. しかしながら、注入システムは、全体的に又は部分的に、コンピュータプログラム以外の方法及びシステムで実施してもよい。 However, infusion system, in whole or in part, may be implemented in methods and systems other than a computer program.

当業界における重大な関心事は、正しい薬剤が正しい患者に投与されることである。 Critical concern in the art is that the right medication is administered to the right patient. 従って、注入システム210は、正しい薬剤が正しい患者に対して効率的な方法で投与されることを保証するのを支援するための特徴を含む。 Therefore, infusion system 210 includes features to assist in ensuring that the right medication is administered in an efficient manner for the right patient. 注入システム210は、ソフトウェア、ファームウェア、ハードウェア、又はそれらの組み合わせ内に実装することができる。 The infusion system 210 can be implemented in software, firmware, hardware, or a combination thereof. 1つの様式では、注入システム210は、実行可能プログラムとしてソフトウェア内に実装され、パーソナルコンピュータ(PC;IBM−互換PC、Apple互換PC、その他)、パーソナルデジタルアシスタント、ワークステーション、ミニコンピュータ、又はメインフレームコンピュータのような1台又はそれ以上の特殊用途デジタルコンピュータ又は汎用デジタルコンピュータによって実行される。 In one manner, the infusion system 210 is implemented in software as an executable program, a personal computer (PC; IBM-compatible PC, Apple-compatible PC, etc.), personal digital assistant, workstation, minicomputer, or mainframe executed by one or more special purpose digital computer or a general purpose digital computer such as a computer. 注入システム210を実装することのできる汎用コンピュータの一例を、図2に示す。 An example of a general purpose computer that can implement the infusion system 210, shown in FIG. 注入システム210は、限定するものではないが、薬局のコンピュータ104、中央システム108、投薬治療用カート132、及びデジタルアシスタント118などの任意のコンピュータ内に常駐することができるか、又は、その内部に常駐する様々な部分を有することができる。 The infusion system 210, but are not limited to, pharmacy computer 104, central system 108, medication cart 132, and either may reside in any computer such as a digital assistant 118, or, in its interior It may have different portions that reside. 従って、図2のコンピュータ200は、注入システム210が内部に常駐又は部分的に常駐するいずれかのコンピュータを代表するものである。 Thus, the computer 200 of FIG. 2 is representative of any computer in which the infusion system 210 resides or partially resides within.

図2に示すように、一般に、ハードウェアアーキテクチャの観点では、コンピュータ200は、プロセッサ202、記憶装置204、ローカルインターフェース208を介して通信可能に接続された1つ又はそれ以上の入出力(I/O)装置206(周辺装置)を含む。 As shown in FIG. 2, generally, in terms of hardware architecture, the computer 200 includes a processor 202, memory 204, one being communicatively coupled via a local interface 208 or more input-output (I / O) including device 206 a (peripheral devices). ローカルインターフェース208は、限定するものではないが、例えば、当業界で既知の、1つ又はそれ以上のバス又は他の有線接続若しくは無線接続とすることができる。 Local interface 208, but not limited to, for example, known in the art, may be one or more buses or other wired or wireless connections. ローカルインターフェース208は、通信を可能にするための、簡略化のために省略された、制御装置、バッファ(キャッシュ)、ドライバ、リピータ、及び受信機などの追加要素を有することができる。 Local interface 208 for enabling communication, have been omitted for simplicity, the controller may have additional elements, such as buffers (caches), drivers, repeaters, and receivers. 更に、ローカルインターフェースは、他のコンピュータコンポーネント間の適切な通信を可能にするための、アドレス、制御、及び/又はデータ接続を含むことができる。 Further, the local interface, to enable appropriate communications among the other computer components, can include address, control, and / or a data connection.

プロセッサ202は、ソフトウェア、特に記憶装置204内に格納されたソフトウェアを実行するためのハードウェア装置である。 Processor 202 is a hardware device for executing software, software stored in the particular storage device 204. プロセッサ202は、任意の特注又は市販のプロセッサ、中央処理装置(CPU)、コンピュータ200と関連付けられた幾つかのプロセッサの中の補助プロセッサ、半導体ベースのマイクロプロセッサ(マイクロチップ若しくはチップセットの形態の)、マクロプロセッサ又はソフトウェア命令を実行するための一般的な任意の装置とすることができる。 Processor 202 can be any custom made or commercially available processor, a central processing unit (CPU), an auxiliary processor among several processors associated with the computer 200, a semiconductor based microprocessor (in the form of a microchip or chip set) it can be a general any device for executing a macro processor or software instructions. 適した市販されているマイクロプロセッサの例は、以下のとおりである。 Examples of microprocessors that are commercially available are suitable are as follows. Hewlett−Packard Companyが提供しているPA−RISCシリーズのマイクロプロセッサ、Intel Corporationが提供している80×86又はPentium(登録商標)シリーズのマイクロプロセッサ、IBMが提供しているPowerPCマイクロプロセッサ、Sun Microsystems,Inc. Hewlett-Packard Company PA-RISC series microprocessor offering is, 80 × 86 or Pentium (TM) Intel Corporation have provided series microprocessor, PowerPC microprocessor offering IBM is, Sun Microsystems , Inc. が提供しているSparcマイクロプロセッサ、又はMotorola Corporationが提供している68xxxシリーズのマイクロプロセッサ。 There Sparc microprocessor has to offer or 68xxx series microprocessor of the Motorola Corporation has to offer. プロセッサ202は、限定するものではないが、SQL、Smalltalk、APL、KLisp、Snobol、Developer 200、MUMPS/Magicなどの分散型プロセシングアーキテクチャをも表すことができる。 Processor 202, but are not limited to, may also represent SQL, Smalltalk, APL, KLisp, Snobol, a distributed processing architecture such as Developer 200, MUMPS / Magic.

記憶装置204は、揮発性メモリ素子(例えば、ランダムアクセスメモリ(DRAM、SRAM、SDRAM等のようなRAM))及び不揮発性メモリ素子(例えば、ROM、ハードドライブ、テープ、CDROM等)のうちの任意の1つ又はそれらの組み合わせを含むことができる。 Storage device 204, a volatile memory device (e.g., random access memory (DRAM, SRAM, such RAM) as such SDRAM) any of and nonvolatile memory elements (e.g., ROM, hard drive, tape, CDROM, etc.) one or a combination of can contain. 更に、記憶装置204は、電子式、磁気式、光学式及び/又は他の種類の記憶媒体を組み込むことができる。 Furthermore, the storage device 204, an electronic, magnetic, can incorporate optical and / or other types of storage media. 記憶装置204は、種々のコンポーネントが互いに遠隔の位置にあるがそれでもなおプロセッサ202によってアクセスされる、分散型アーキテクチャを有することができる。 Storage device 204, various components are in each other remote locations but are still accessed by processor 202, it may have a distributed architecture.

記憶装置204内のソフトウェアは、1つ又はそれ以上の別個のプログラムを含むことができる。 Software in the storage device 204 may include one or more separate programs. 別個のプログラムは、論理機能を実行するための実行可能命令の順序付きリストを備える。 Separate program comprises an ordered listing of executable instructions for implementing logical functions. 図2では、記憶装置204内のソフトウェアは、本発明による注入システム210及び適したオペレーティングシステム(O/S)212を含む。 In Figure 2, the software in the storage device 204 includes the infusion system 210 and a suitable operating system according to the invention (O / S) 212. 適した市販されているオペレーティングシステム212の非網羅的一覧の例は、以下のとおりである。 Examples of non-exhaustive list of commercially available suitable operating system 212 is as follows. (a)Microsoft Corporationから入手可能なWindows(登録商標)オペレーティングシステム、(b)Novell,Inc. (A) available from Microsoft Corporation Windows (TM) operating system, (b) Novell, Inc. から入手可能なNetwareオペレーティングシステム、(c)Apple Computer,Inc. Available from Netware operating system, (c) Apple Computer, Inc. から入手可能なMacintoshオペレーティングシステム、(d)Hewlett−Packard Company、Sun Microsystems,Inc. Available from the Macintosh operating system, (d) Hewlett-Packard Company, Sun Microsystems, Inc. 及びAT&T Corporationなどの多くのベンダから購入可能なUNIX(登録商標)オペレーティングシステム、(e)インターネット上で容易に入手可能なフリーウェアのLINUXオペレーティングシステム、(f)WindRiver Systems,Inc. And AT & T Corporation many of which can be purchased from the vendor UNIX (R) operating system, such as, (e) readily available freeware of the LINUX operating system on the Internet, (f) WindRiver Systems, Inc. が提供しているリアルタイムVxWorksオペレーティングシステム、又は(g)ハンドヘルドコンピュータ若しくはパーソナルデジタルアシスタント(PDA)に実装されているような、アプライアンスベースのオペレーティングシステム(例えば、Palm Computing,Inc.から入手可能なPalmOS、及びMicrosoft Corporationから入手可能なWindows(登録商標) CE)。 Real-time VxWorks operating system but provides, or (g) as implemented in handheld computers or personal digital assistants (PDA), appliance-based operating system (e.g., Palm Computing, Inc. Available from PalmOS, and Windows, available from Microsoft Corporation (registered trademark) CE). オペレーティングシステム212は、基本的に、注入システム210のような他のコンピュータプログラムの実行を制御し、且つスケジューリング、入出力制御、ファイル及びデータの管理、メモリ管理、及び通信制御並びに関連サービスを行う。 Operating system 212 essentially controls the execution of other computer programs, such as infusion system 210, and provides scheduling, input-output control, file management and data, perform memory management, and communication control and related services.

注入システム210は、ソースプログラム、実行可能プログラム(オブジェクトコード)、スクリプト、又は実行すべき命令のセットを備える任意の他のエンティティとすることができる。 The infusion system 210 may be any other entity comprising a source program, executable program (object code), script, or a set of instructions to be executed. ソースプログラムの場合、該プログラムは、O/S212に関連して適切に動作するように、記憶装置204内に含まれても含まれなくてもよい、コンパイラ、アセンブラ、インタプリタ等を介して翻訳される。 When a source program, the program is in connection with the O / S212 to work properly, is included in the memory device 204 may not be included also, compiler, assembler, is translated through an interpreter, etc. that. 更に、注入システム210は、(a)データ及び方法のクラスを有するオブジェクト指向プログラミング言語、又は(b)ルーチン、サブルーチン、及び/若しくは関数を有する手続き型プログラミング言語、限定するものではないが、例えば、C、C++、Pascal、Basic、Fortran、Cobol、Perl、Java(登録商標)、及びAdaとして書くことができる。 Furthermore, the infusion system 210, (a) an object oriented programming language, which has classes of data and methods, or (b) routine, a subroutine, and / or procedural programming language, which has the function, but not limited to, for example, C, C ++, it is possible to write Pascal, Basic, Fortran, Cobol, Perl, Java (registered trademark), and as Ada. 一実施形態では、システムプログラム210は、C++で書かれる。 In one embodiment, the system program 210 is written in C ++. 別の実施形態では、注入システム210は、Power Builderを用いて作成される。 In another embodiment, the infusion system 210 is created using Power Builder. I/O装置206は、入力装置、限定するものではないが、例えば、キーボード、マウス、スキャナ、マイクロフォン、タッチスクリーン、種々の医療機器に対するインターフェース、バーコードリーダ、スタイラス、レーザリーダ、無線周波デバイスリーダ等を含むことができる。 I / O device 206, an input device, but are not limited to, for example, a keyboard, mouse, scanner, microphone, touch screens, interfaces for various medical devices, bar code readers, stylus, laser readers, radio-frequency devices reader and the like can contain. さらに、I/O装置206は、出力装置、限定するものではないが、例えば、プリンタ、バーコードプリンタ、ディスプレイ等も含むことができる。 Further, I / O device 206, an output device, but are not limited to, for example, it can include a printer, bar code printers, also display or the like. I/O装置206は、入力装置及び出力装置の両方として通信する装置、限定するものではないが、例えば、変調装置/復調装置(モデム;別の装置、システム、又はネットワークにアクセスするためのもの)、無線周波(RF)トランシーバ若しくは他のトランシーバ、電話インターフェース、ブリッジ、ルータ等を更に含むことができる。 I / O device 206, devices that communicate both as input and output devices include, but are not limited to, for example, modulator / demodulator (modem; another device, system, or for accessing a network ), it can further comprise a radio frequency (RF) transceiver or other transceiver, a telephonic interface, a bridge, a router or the like.

コンピュータ200がPC、ワークステーション、パーソナルデジタルアシスタント等である場合、記憶装置204内のソフトウェアは、基本入出力システム(BIOS)(図2には示さず)を更に含むことができる。 If the computer 200 is a PC, a workstation, a personal digital assistant or the like, the software in the memory device 204 may further include a basic input output system (BIOS) (not shown in FIG. 2). BIOSは、起動時にハードウェアを初期化及びテストし、O/S212を始動し、且つハードウェアデバイス間のデータの転送を支援する基本ソフトウェアルーチンのセットである。 The BIOS, hardware initialize and test at startup, start the O / S212, a set of basic software routines and to support the transfer of data among the hardware devices. BIOSは、コンピュータ200を起動する際にBIOSを実行することができるように、ROM内に格納されている。 The BIOS, to be able to run the BIOS when the computer starts 200, it is stored in the ROM.

コンピュータ200が作動している際に、プロセッサ202は、記憶装置204内に格納されたソフトウェアを実行し、記憶装置204を往復してデータを通信し、ソフトウェアに従って、コンピュータ200の動作を全体的に制御するように設定される。 When the computer 200 is operating, the processor 202 executes software stored in the storage device 204, to communicate data back and forth the storage device 204, in accordance with software, generally the operation of the computer 200 It is set to control. 注入システム210及びO/S212は、全体的に又は部分的に、一般に後者であるが、プロセッサ202によって読み取られ、おそらくプロセッサ202内にバッファリングされ、次いで実行される。 The infusion system 210 and O / S212, in whole or in part, but typically the latter, are read by the processor 202, perhaps buffered within the processor 202, and then executed.

図2に示すように、注入システム210がソフトウェア内に実装される場合は、注入システム210のプログラムは、任意のコンピュータ関連のシステム又は方法によって、若しくはそれと関連付けて用いるために、任意のコンピュータ可読媒体上に格納することができる。 As shown in FIG. 2, if the infusion system 210 is implemented in software, a program of the infusion system 210 for use in association with the system or method of the relevant any computer, or it, any computer readable media it can be stored in the above. 本明細書において使用するコンピュータ可読媒体とは、コンピュータ関連のシステム又は方法によって若しくはそれと関連付けて用いるためにコンピュータプログラムを含むか又は格納することのできる、電子式、磁気式、光学式、或いは他の物理装置若しくは手段である。 The computer-readable media as used herein, or are capable of storing comprises a computer program for use in association with it or by a computer-related system or method, an electronic, magnetic, optical, or other it is a physical device or means. 注入システム210は、命令実行システム、命令実行装置、又は命令実行デバイスからの命令を取り出し、該命令を実行することのできる、コンピュータベースのシステム、プロセッサを含むシステム、若しくは他のシステムなどの命令実行システム、命令実行装置、或いは命令実行デバイスによって又はそれと関連付けて用いるための任意のコンピュータ可読媒体内に実施することができる。 The infusion system 210, the instruction execution system, instruction execution unit, or taking out instructions from the instruction execution device, capable of performing the instruction, the computer-based system, the instruction execution, such as the system or other system, including a processor system, the instruction execution unit, or may be embodied in any computer-readable medium for use by the instruction execution device or in association with it. 本文書の前後の脈絡の中では、「コンピュータ可読媒体」は、命令実行システム、命令実行装置、又は命令実行デバイスによって若しくはそれと関連付けて用いるためのプログラムを格納、通信、伝播、或いは輸送することのできる任意の手段とすることができる。 Among the front and rear of the context of this document, a "computer-readable medium" system, the instruction execution unit, or store a program for use in association with the instruction execution device or it, communicate, propagate, or transport to it can be any means that can. コンピュータ可読媒体は、限定するものではないが、例えば、電子式、磁気式、光学式、電磁式、赤外線、又は半導体のシステム、装置、デバイス若しくは伝播媒体とすることができる。 Computer readable media can include but are not limited to, for example, electronic, magnetic, optical, electromagnetic, infrared, or semiconductor system, apparatus, device, or propagation medium. コンピュータ可読媒体のより具体的な例(非網羅的リスト)には、以下のものが含まれる。 More specific examples of computer-readable media (non-exhaustive list), include the following. 1本又はそれ以上のワイヤを有する電気接続(電子式)、携帯用コンピュータディスケット(磁気式)、ランダムアクセスメモリ(RAM)(電子式)、読み出し専用メモリ(ROM)(電子式)、消去可能プログラム可能ROM(EPROM、EEPROM、或いはフラッシュメモリ)(電子式)、光ファイバ(光学式)、及びポータブルコンパクトディスク読み出し専用メモリ(CDROM)(光学式)。 An electrical connection having one or more wires (electronic), a portable computer diskette (magnetic), a random access memory (RAM) (electronic), a read-only memory (ROM) (electronic), an erasable programmable possible ROM (EPROM, EEPROM, or flash memory) (electronic), an optical fiber (optical), and a portable compact disc read-only memory (CDROM) (optical). プログラムは、例えば紙又は他の媒体の光学式走査を介して電子的手段によって取り込み、必要であれば、次いで、適切な方法でコンパイル、翻訳若しくは他の方法で処理し、その後コンピュータメモリ内に格納することができるので、コンピュータ可読媒体は、プログラムがその上に印刷される紙或いは別の適した媒体とさえすることができることに留意されたい。 Program, for example, uptake by electronic means via the optical scanning of the paper or other medium, if necessary storage, then compiled in a suitable manner, and treated with the translation or other method, then the computer memory it is possible to, computer readable media, like program is noted that it is possible to even paper or another suitable medium is printed thereon.

注入システム210がハードウェア内に実装される別の実施形態では、注入システム210は、各々が当業界で既知の以下の技術のうちのいずれか又はそれらの組み合わせと共に実装することができる。 In another embodiment the infusion system 210 is implemented in hardware, the infusion system 210 can each be implemented with any or a combination of the art in a known the following techniques. データ信号上に論理関数を実行するための論理ゲートを有する離散論理回路、適切な組み合わせ論理ゲートを有する特定用途向け集積回路(ASIC)、プログラマブルゲートアレイ(PGA)、フィールドプログラマブルゲートアレイ(FPGA)等。 Discrete logic circuits having logic gates for implementing logic functions on the data signals, an application specific integrated circuit having appropriate combinational logic gates (ASIC), programmable gate array (PGA), a field programmable gate array (FPGA), etc. .

当業者には理解されるように、図3〜図11のような図におけるどの工程説明又は工程ブロックも、該工程における特定の論理関数又は論理ステップを実行するための1つ又はそれ以上の実行可能命令を含むことのできるハードウェア、ソフトウェア等のモジュール、セグメント、若しくは一部を表しており、含まれる機能性に応じて、実質的に並行して又は逆の順序を含め、図に示すか若しくは論述したものから逸脱した順序で関数を実行することのできる代替的実装は、本発明の実施形態の範囲内に含まれる。 As will be appreciated by those skilled in the art, any process descriptions or process blocks in FIG like FIGS. 11, one or more of the execution to perform a particular logic function or logical step in the process instructions hardware that can contain, modules such as software, represent segments, or a part, depending on the functionality involved, substantially parallel or including reverse order, or shown in FIG. or alternative implementations in deviating the order from those discussed can perform a function is included within the scope of the embodiments of the present invention.

(患者医療システムの構成要素) (Components of the patient care system)
図4は、図1の患者医療システム100の機能要素を示す第1のブロック図である。 Figure 4 is a first block diagram showing functional components of the patient care system 100 of FIG. 図4に示すように、患者医療システム100は、モジュールが注入システム210(図2)を含む患者医療システム100の種々の機能を表すモジュラーシステムとして実施することができる。 As shown in FIG. 4, the patient care system 100 can module implemented as a modular system that represents the various functions of the patient care system 100 includes an infusion system 210 (FIG. 2). 患者医療システム100及び注入システムの柔軟性は、本システムがモジュラーシステムとして実施された場合に増強され得る。 Flexibility of the patient care system 100 and the infusion system may be enhanced when the system is implemented as a modular system. 注入システム210(図2)のモジュールは、患者医療システム100の様々な部分に含めることが可能である。 Module of the infusion system 210 (FIG. 2) may be included in various portions of the patient care system 100. 一実施形態では、患者医療システムの機能的構成要素は、とりわけ、投薬管理モジュール302、処方箋作成モジュール304、処方箋起動モジュール306、及び処方箋認証モジュール308を含むことができる。 In one embodiment, functional components of the patient care system, among others, may include a medication management module 302, a prescription generation module 304, a prescription activation module 306, and a prescription authorization module 308,.

投薬管理モジュール302は、内科療法の管理に含まれる患者医療システム100の他のモジュールの機能を整合させることができる。 Medication management module 302 may match the functions of the other modules in the patient care system 100 included in the management of medical treatment. 投薬管理モジュール302は、患者医療システム100の他の部分と全体として協調する。 Medication management module 302 may cooperate as a whole with the rest of the patient care system 100. 投薬モジュール302は、CPOEで動作し且つ/又はそれとインターフェースをとり、ポイントオブケアモジュールで動作し且つ/若しくはそれらと通信し、且つ内科療法比較モジュールで動作し且つ/或いはそれらと通信するためのサブモジュールを含むことができる。 Dosage module 302 takes the operation to and / or interfacing with CPOE, point-of-care modules operate in and / or to communicate with them, and operate with medical treatment comparison modules and / or sub to communicate with them it can include a module. 図4には、入退転院(ADT)インターフェース310、請求書発行インターフェース312、検査室インターフェース314、及び薬局インターフェース316が示されている。 4 shows a entry Taiten Institute (ADT) interface 310, billing interface 312, lab interface 314, and a pharmacy interface 316 are shown. ADTインターフェース310は、患者の人口統計データ、大きさ、体重、及びアレルギーのような情報を取り込むために用いられる。 ADT interface 310, the patient's demographic data, size, used to capture weight, and information such as allergies. 好ましい実施形態では、ADTシステムは、HL7型のインターフェースを用いて、病院のADTシステムに入力されたイベントを、第2の中央コンピュータ108a内に転送する。 In a preferred embodiment, ADT system uses HL7 type interface, the event input hospital ADT system is transferred into the second central computer 108a. HL7は、医療環境においてデータをフォーマット、伝送及び受信するためのプロトコルである。 HL7 is formatted data in a medical environment, is a protocol for transmitting and receiving. これは、種々の異なる第三者アプリケーションのような異種の医療アプリケーションが臨床データ及び管理データのキーセットを交換することを可能にするメッセージング標準を通じて、医療情報システム間の相互運用性を提供する。 This is through messaging standards that allow medical applications of different, such as a variety of different third-party applications to exchange key sets of clinical and administrative data, providing interoperability between medical information systems. 通常、本発明のシステム100では、HL7 ADTインターフェースは、HL7 ADTサーバ、HL7 ADTクライアント、及びHL7 ADTビューアの3つのアプリケーションからなる。 Usually, the system 100 of the present invention, HL7 ADT interface, HL7 ADT server consists of three applications of HL7 ADT client, and HL7 ADT viewer. 薬局インターフェース316は、薬局からのオーダをインポートする。 Pharmacy interface 316 imports orders from the pharmacy. 薬局インターフェース316は、HL7型インターフェースとすることができ、該HL7型インターフェースが他のシステムとインターフェースをとり、CPOEなどのオーダを入力する。 Pharmacy interface 316 may be a HL7 type interface, the HL7 type interface have other systems and interfaces, inputs an order such as CPOE. この機能により、1回より多くデータを患者医療システム100に入力する必要性が減少する。 This feature need to enter more data than once to the patient care system 100 is reduced. 薬局インターフェース316は、限定するものではないが、Cerner、HBOC、Pyxis、Meditech、SMS、Phamous等のような市販の第三者システムと通信するように設定することができる。 Pharmacy interface 316 include, without limitation, can Cerner, HBOC, Pyxis, Meditech, SMS, be configured to communicate with commercially available third-party systems such as Phamous. ウェブサービスインターフェースは、McKesson AdminRx、Pyxis、Verif5等のような経口薬投与を支援するポイントオブケア投薬管理システムと、注入ポンプ関連の投薬管理との間のほぼリアルタイムの調整を行うことができる。 Web service interface can perform near real-time coordination between the point-of-care medication management system that supports the oral drug administration, such as McKesson AdminRx, Pyxis, Verif5, the infusion pump related medication administration. 様々な他のインターフェースも当業者に知られているが、図4には示していない。 Are known also various other interfaces to those skilled in the art, not shown in FIG.

投薬管理モジュール302は、薬物間不適合による有害反応、二重薬物投与、薬物アレルギー、薬物用量限度、薬物投与頻度限界、薬物投与持続期間限度、及び薬物性疾患による禁忌をチェック機能などの追加の特徴を有することができる。 Medication management module 302, adverse reactions due to drug-drug incompatibility, the dual drug administration, drug allergies, drug dosage limitations, drug frequency of administration limits, medication duration limits, and additional features such as checking contraindicated due to drug disease it can have. 食品及びアルコールの相互作用にも留意することができる。 It can be noted in the interaction of food and alcohol. 薬物制限は、限定するものではないが、成人、小児、乳幼児、新生児、早産、老年者、年齢別分類、体重別分類、身長別分類、及び体表面積に関連する制限などの制限を含むことができる。 Drug restrictions, but are not limited to, adult, children, infants, newborns, premature birth, older adults, age classification, body weight classification, may contain restrictions such as height classification, and related to body surface area limit it can. 一実施形態では、投薬管理モジュール302は、患者医療システム100内の2つの異なる処方源からの、同一の患者に対する同一の処方の入力を防止する。 In one embodiment, medication management module 302 prevents from two different formulations sources within the patient care system 100, the input of the same prescription for the same patient.

投薬管理モジュール302は、報告書を作成する機能を含むこともできる。 Medication management module 302 may also include the ability to create a report. 報告書には、限定するものではないが、シフト終了、滴定情報、患者イベントリスト、注入履歴、ポンプ動作履歴、ポンプ位置履歴、及びポンプメンテナンス履歴を含む。 The report includes but is not limited to, shift end, titration information, patient event lists, infusion history, pump operation history, pump location history, and pump maintenance history. シフト終了報告書は、ポンプチャネル、始動時刻、終了時刻、一次注入、ピギーバック注入、薬剤、投与量、速度、ポンプ状態、注入量、残量、残り時間、及び最終完了時を含むことができる。 Shift end report, the pump channel, start time, end time, primary infusion, piggyback infusion, medication, dose, rate, pump status, injection volume, residual may include a time remaining time, and the final complete . 注入履歴報告書は、薬剤及び注入量を含む。 Injection history report includes a drug and injection volume.

投薬管理モジュール302は、医療機器状態データベースを含むことができる。 Medication management module 302 may include a medical apparatus state database. 医療機器状態データベースは、患者医療システム100内における医療機器332の位置を示すデータを含む。 Medical equipment status database includes data indicating the position of the medical device 332 in the patient care system 100. 医療機器状態データベースは、医療機器332の過去の動作を示すデータをも含むことができる。 Medical equipment status database may also include data indicating the past behavior of the medical device 332. 医療機器状態データベースは、医療機器332のメンテナンススケジュール及び/又は履歴を示すデータをも含むことができる。 Medical equipment status database may also include data indicating the maintenance schedule and / or history of a medical device 332.

注入処方又は注入オーダは、処方エントリ324に入力される。 Injection formulation or infusion orders are entered into prescription entry 324. そのようなオーダは、限定するものではないが、単回投与、間欠投与、持続投与、順次投与、滴定、及び交互投与の種類などの処方を含むことができる。 Such order is not limited to, single dose, intermittent administration, continuous infusion, it can sequentially include administration, titration, and the formulation such as the type of alternating administration. 注入処方は、完全非経口栄養法用混合剤(TPN)、化学療法的持続注入、ピギーバック、大量非経口投与医薬品、及び他の注入処方を含むことができる。 Infusion formulations can also contain a total parenteral nutrition admixtures (TPN), chemotherapeutic continuous infusion, piggybacks, large volume parenteral administration pharmaceutical, and other infusion prescriptions. 患者医療システム100は、オーダに対する終了日なくして機能することができる。 Patient care system 100 can function without end dates for orders. 患者医療システム100は、連続スケジュールジェネレータを用いており、該連続スケジュールジェネレータが、所定時間を予測し、該時間に対する混合剤充填スケジュールを生成する。 Patient care system 100 has a continuous schedule generator, said continuous schedule generator, predicted for a predetermined time, to produce a mixed agent packing schedule for said time. 所定時間は、患者医療システム100レベル、又は臨床分野レベル及び組織レベルのようなサブシステムレベルで定めることができる。 Predetermined time may be defined in the patient care system 100 level or subsystem level, such as the clinical field level and tissue level. 所定時間は、オーダを入力する臨床家116による調整を可能とすることができる。 Predetermined time, it is possible to enable adjustment by the clinician 116 entering the order. スケジュールは、患者医療システム100内でオーダがアクティブである限り、自動的に延長することができる。 Schedule, so long as the order is active in the patient care system 100, can be automatically extended.

処方箋作成モジュール304は、ハード処方箋(hard prescription)及び電子(E−コピー)処方箋を作成する。 Prescription generation module 304 generates hard prescriptions (hard prescription) and electronic (E- copy) prescriptions. ハード処方箋は通常、医療施設においては3通作成される。 Hard prescription is usually, in the medical facilities are created in triplicate. 第1のハードコピー318は通常、薬局に送付され、第2のハードコピー320は通常、患者記録用に保持され、第3のハードコピー322は、治療場所106に送付される。 First hard copy 318 is generally sent to the pharmacy, a second hard copy 320 is generally held for a patient record, a third hard copy 322 is sent to treatment location 106. 電子処方箋は、投薬管理モジュール302に送信される。 Electronic prescription is sent to the medication management module 302.

処方箋作成モジュール304は、運転パラメータを確認する機能を含むことができる。 Prescription generation module 304 may include functionality to verify the operating parameters. 運転パラメータは、処方エントリモジュール324からの情報に基づくことができる。 Operating parameters can be based on information from prescription entry module 324. 処方箋作成304は、限定するものではないが、薬局、治療場所106、及び看護センタなどの患者医療システム100内のいずれにおいても行うことができる。 Prescription creation 304 include, but are not limited to, the pharmacy, the treatment location 106, and can also be carried out in any of the patient care system 100 such as nursing center.

コンピュータ化医師オーダエントリ(CPOE)システム又はその類似のものは、処方箋作成モジュール304の幾つか若しくは全ての機能を実行するために用いることができる。 Computerized physician order entry (CPOE) system or similar that can be used to perform some or all of the functions of the prescription generation module 304. 臨床家116は、限定するものではないが、タブレットワイヤレスコンピュータ、パーソナルデジタルアシスタント、治療用カート132、及びワークステーションなどの種々の方法でデータを入力することができる。 The clinician 116, but not limited to, can be input tablet wireless computer, personal digital assistant, treatment cart 132, and the data in various ways such as a workstation. 投薬管理モジュール302は、1つより多い処方箋生成モジュール304とインターフェースをとることができる。 Medication management module 302 may take more than one prescription generation module 304 and interface. 投薬管理モジュールは、患者医療システム100内のどこからでもオーダを受信することができる。 Medication management module may receive orders from anywhere in the patient care system 100.

薬局のコンピュータ104は、投薬管理モジュール302から電子コピーにアクセスすることができる。 Computer 104 pharmacy can access the electronic copy from the medication management module 302. 処方箋起動モジュール306は、処方箋の記入及びラベル付けを調整するコンピュータ支援システムである。 Prescription activation module 306 is a computer-aided system for adjusting the fill and labeling of prescriptions. 処方箋の記入及び在庫からの薬剤124の生成又は配置は、処方箋起動モジュール306によって処理される。 Generation or placement of a drug 124 from the fill and inventory prescription is handled by the prescription activation module 306. 一実施形態では、処方箋起動工程とは対照的に、記入工程によって、薬剤ラベル124aが作成されることになる。 In one embodiment, in contrast to the prescription activation step, the fill process, so that the medication label 124a is created.

患者医療システム100は、処方箋起動モジュール306をバイパスすることができる。 Patient care system 100 may bypass the prescription activation module 306. これは、患者の担当医師のようなオーダを行う臨床家116が直ちにオーダを起動する権限を有する場合に行うことができる。 This can be done if they have the authority to start the clinician 116 immediately orders a performing order as the patient's attending physician. オーダが直ちに起動される場合、投薬管理モジュール302は、記入ひいては処方箋ラベル付けモジュール326に直行することができる。 If the order is started immediately, medication management module 302 may be perpendicular to the entry turn prescription labeling module 326.

ブロック326で、患者医療システム100は、薬剤ラベル124aを印刷する。 At block 326, the patient care system 100 prints the medication label 124a. 処方箋は、遠隔印刷することができ、薬局のプリンタ104dによって印刷されることが多い。 Prescription may be remote printing, it is often printed by the pharmacy printer 104d. ブロック326の後、患者医療システムは、ブロック328へ行く。 After block 326, the patient care system, go to the block 328. ブロック328で、薬剤ラベル124aが、薬剤124に貼付される。 At block 328, medication label 124a is attached to the drug 124. 通常、薬剤師が、薬剤ラベル124aが処方箋の第1のハードコピー318と一致することを視覚的に検証する334。 Usually, pharmacist, visually verify that the medication label 124a matches the first hard copy 318 of the prescription 334. 図4に、視覚的検証334が処方許可モジュール308とも関連付けられていることを示す。 Figure 4 shows that visual verification 334 is also associated with prescription authorization module 308. 次いで、薬剤124を、薬局から治療場所106へ輸送することができる。 Then, the drug 124 can be transported from the pharmacy to the treatment location 106. 薬局から治療場所106までの経路の一部に対して、持ち運び可能な医療用カート132を用いることができる。 For some path from the pharmacy to the treatment location 106, may be used portable medical carts 132.

薬剤ラベル124aは、注入バッグを準備するための情報を含むことができる。 Medication label 124a may include information for preparing the infusion bag. 患者医療システム100内で作成されない場合、薬剤ラベル124aは、バルク薬剤サプライヤが提供することができる。 If not created in the patient care system 100, medication label 124a may be bulk drug supplier provides. バルク製剤サプライヤにより提供された場合には、患者医療システム100は、薬剤ラベル124aから情報を収集する。 If it provided by a bulk formulation supplier, the patient care system 100 collects information from the medication label 124a. 更に、患者医療システム100は、薬剤ラベル124aに、患者識別子などの情報を付加することができる。 Furthermore, the patient care system 100, the medication label 124a, it is possible to add information, such as a patient identifier.

薬剤ラベル付けモジュール328は、薬剤ラベル124aを薬剤124上に配置する。 Drug labeling module 328 places the medication label 124a on the drug 124. これは、手作業で達成することができる。 This can be achieved by hand. これは、自動処方箋記入・包装システム(図示せず)を用いて達成することもできる。 This can also be accomplished using an automatic prescription filling and packaging system (not shown). 自動処方箋記入・包装システムが用いられる場合、薬剤ラベル付けモジュール328は、薬剤124のラベル付けを、記入・包装システムと整合させるためのデータを提供する。 If the automatic prescription filling and packaging system is used, medication labeling module 328, a labeling of the medication 124, provides data for matching with the fill and packaging systems.

治療場所106では、臨床家116は、デジタルアシスタント118及び/又は医療用カート132などの無線装置330を用いて、患者112に対する薬剤124を確認して投与する。 In treatment locations 106, the clinician 116 uses a wireless device 330, such as digital assistant 118 and / or the medical cart 132 is administered to check the medication 124 to the patient 112. 無線装置330は、第1の通信路126のような通信路を介して、投薬管理モジュール302と通信する。 Wireless device 330 via a communication path such as the first communication path 126, communicates with the medication management module 302.

臨床家116は、バッジ116aをスキャンすることによって自身を識別し、リストバンド112aをスキャンすることによって患者112を識別し、薬剤ラベル124aをスキャンすることによって薬剤124を識別し、ラベル120dをスキャンすることによって注入ポンプ120のような医療機器332を識別する。 Clinician 116 identifies itself by scanning badge 116a, patient 112 identified by scanning wristband 112a, by scanning the medication label 124a identifies the medication 124, scans the label 120d identifying the medical device 332, such as infusion pump 120 by. 臨床家116は、上述し且つ図19のログイン画面503に示す指紋及び/又はパスワードを提供することにより、自身を識別することもできる。 Clinician 116, by providing a fingerprint and / or password shown in the login screen 503 described above and FIG. 19, it is also possible to identify itself. 医療機器332は、投薬管理モジュール302と双方向通信が可能な医療機器とすることができる。 Medical device 332 may be medication management module 302 and two-way communication to a medical device possible. 代替的に、医療機器332は、投薬管理モジュール302に情報を提供することのみが可能であってもよい。 Alternatively, the medical device 332 may be capable of only providing information to the medication management module 302. 注入システム210は、臨床家116が内科療法を施し且つ検証するのを支援する。 Injection system 210, clinician 116 to assist in verification and subjected to medical treatment. 代替的実施形態では、注入システム210は、医療機器332への運転パラメータのダウンロード機能を含むことができる。 In alternative embodiments, the infusion system 210 may include a download function of operating parameters to the medical device 332. 臨床家116は、視覚的に検証を行い、第3のコピー322及び/又はMARがラベルを付された薬剤124と一致することを確認することができる。 Clinician 116 visually verifies, can the third copy 322 and / or MAR to verify that it matches the agent 124 attached to the label. スキャナ338は、第3のコピー322から無線装置330及び医療機器332へ機械可読情報を入力するのに用いることができる。 The scanner 338 may be used from the third copy 322 to enter machine readable information to the wireless device 330 and the medical device 332.

患者医療システム100は、注入オーダに対して調整及び変更を行うことができる。 Patient care system 100 can make adjustments and modifications to infusion orders. 注入調整を行う機能を含むことのできる他のモジュールのなかには、処方エントリモジュール324、処方箋起動モジュール306、処方許可モジュール308、及び処方修正モジュール336がある。 Among other modules that may include a function of injection adjustment, prescription entry module 324, a prescription activation module 306, there is a prescription authorization module 308, and prescription modification module 336. 臨床家116は、処方修正モジュール336にアクセスし、オーダを調整する。 Clinician 116 may access the prescription modification module 336, to adjust the order. 臨床家116は、患者医療システム100のどこからでも処方修正モジュール336にアクセスすることができる。 The clinician 116, can access the prescription modification module 336 from anywhere in the patient care system 100. しかしながら、臨床家116が処方修正モジュール336にアクセスするための1つの非常に有益な場所は、治療場所106である。 However, one very useful location for clinician 116 to access the prescription modification module 336 is a treatment location 106.

処方許可モジュール308では、患者医療システム100は、臨床家116が単独で注入オーダを修正する権限を有するか否かを判定する。 In prescription authorization module 308, the patient care system 100 determines whether authorized the clinician 116 modifying the infusion order alone. 臨床家116は、患者医療システム100によって、オーダの特定の部分を単独で修正する権限を有すると認められることができる。 The clinician 116 may be by the patient care system 100, it is deemed to have the authority to modify certain portions of the order alone. 臨床家116が単独でオーダを修正する権限を有しない場合、薬剤師又は医師に、該臨床家116によって入力された修正を承認するように要請することができる。 If the clinician 116 does not have the authority to modify the order by itself, a pharmacist or physician may be requested to approve the modification entered by the clinician 116.

患者医療システム100の一実施形態では、オーダは、薬局のコンピュータ104に入力される。 In one embodiment of the patient care system 100, the order is entered into the computer 104 of pharmacy. このオーダは、第1の患者識別子及び運転パラメータを含む。 The order includes a first patient identifier and operating parameters. 薬局のコンピュータ104は、薬剤バッグ又は薬剤容器に貼付される薬剤ラベル124aを作成する。 Pharmacy computer 104 generates a medication label 124a that is affixed to the medical bag or drug container. 薬剤124は、治療場所106に送付される。 Agent 124 is sent to treatment location 106. 治療場所106において、臨床家116は、臨床家116のバッジ116a、患者のリストバンド112a、及び薬剤ラベル124aをデジタルアシスタント118で読み取る。 In the treatment location 106, clinician 116 reads badge 116a clinician 116, the patient's wristband 112a, and medication label 124a with a digital assistant 118. デジタルアシスタント118は、中央システム108によってなされた判定に基づいて、薬剤ラベル124a及びリストバンド112aが同一の患者112に対応しているか否かを報告する。 Digital assistant 118, based on the determination made by the central system 108, medication label 124a and wristband 112a reports whether correspond to the same patient 112. 次いで、システム100は、薬局のコンピュータ104へ、薬剤識別子を送る。 Then, the system 100 to the computer 104 of pharmacy, sends the medication identifier. 薬局のコンピュータ104は、薬剤ラベル124aを確認し、オーダと同一の患者を特定し、注入ポンプへ運転パラメータを送る。 Computer 104 pharmacy confirms the medication label 124a, and identifies the same patient as the order and sends the operating parameter to an infusion pump. 運転パラメータは、注入ポンプ120へ直接送ることができる。 Operating parameters can be sent directly to the infusion pump 120. 次いで、運転パラメータ用いて注入ポンプをプログラムし、患者112に薬剤124が投与される。 Then, to program the infusion pump with the operating parameters, the agent 124 is administered to the patient 112.

図5は、注入システム210(図2)の種々の機能を実行するのに役立つコンピュータ画面400の例示的なブロック図である。 Figure 5 is an exemplary block diagram of a computer screen 400 that serves to perform the various functions of the infusion system 210 (FIG. 2). 他の機能に加え、コンピュータ画面400は、新たな注入オーダを入力して、既存の注入オーダを修正し、また注入オーダを停止するために用いることができる。 In addition to other functions, computer screen 400, enter a new infusion order, to modify existing infusion orders, and may be used to stop the infusion order. コンピュータ画面400は、処理領域402、探索領域404、薬剤情報領域406、滴定/漸減基準領域408、指示・注記領域410、及び予測解領域412を含むのが好ましい。 Computer screen 400 includes a processing area 402, search areas 404, medication information area 406, Titration / tapering criteria area 408 preferably includes instructions and notes area 410 and predictive solution region 412,. 注入薬剤オーダタイプには、単回投与、間欠投与、持続投与、順次投与、交互投与が含まれる。 Injection drug order type, single dose, intermittent administration, continuous infusion, include sequential administration, alternating administration. コンピュータ画面400は、デジタルアシスタント118、薬局のコンピュータ104、注入ポンプ120、CPOEシステム、及び医療用カート132と共に用いることができる。 Computer screen 400, the digital assistant 118, can be used pharmacy computer 104, infusion pump 120, CPOE system, and with a medical cart 132. コンピュータ画面400は、全体として、図1の患者医療システム100全体にわたって臨床家がアクセス可能なコンピュータ画面ルックアンドフィールを有するように設計されている。 Computer screen 400, as a whole, clinician is designed to have accessible computer screens look and feel throughout the patient care system 100 of FIG. コンピュータ画面400の機能の一部は、限定するものではないが、ハイパーリンク、定義ボックス、及びドロップダウンメニューなどの当業者によく知られたデータベース連係技法によって達成される。 Some features of the computer screen 400, but are not limited to, hyperlinks, is accomplished by well known database linking techniques to those skilled in the art, such as definition boxes, and dropdown menus.

処理領域402は、注入オーダの作成、注入オーダの保存、注入オーダの修正、及び注入オーダの取り消しをトリガする機能を含む。 Processing area 402, the creation of an infusion order, saving infusion order, modify the infusion order, and a function of triggering the cancellation of an infusion order. 臨床家116は、臨床家116に好ましいオーダエントリ手順を提供するように、コンピュータ画面400をカスタマイズすることができる。 The clinician 116 to provide a preferred order entry procedures clinician 116 may customize computer screen 400. 処理領域402は、オーダ用状態標識を含む。 Processing area 402 includes a status indicator for orders. 処理領域402はまた、PRNオーダ(「要求に応じた」又は「必要に応じた」オーダ)を臨床家116によって行うことが可能か否かを示すための領域をも含む。 Processing area 402 also includes an area for indicating whether it is possible to perform PRN order (or "as needed", "response was to request" order) by the clinician 116. 処理領域402は、医療機器332運転パラメータ、注入オーダ経路、注入ライン、注入実施部位、注入オーダ開示時刻、注入薬剤オーダタイプ、注入流速許容値、注入流速、注入持続時間及び調合場所(薬局又は遠隔位置などの)を表示及び調整する機能を更に含む。 Processing area 402, the medical device 332 operating parameters, infusion order route, infusion line, infusion implementation site, infusion order start time, infusion medication order type, infusion flow rate tolerance, infusion flow rate, infusion duration and Formulation location (pharmacy or a remote further comprising a function to display and adjust) of position. 処理領域402はまた、医師の注入オーダを別の臨床家116によって入力された別の医療オーダにリンクすることのような、医療オーダを他の医療オーダ又は関連する臨床モニタリングにリンクするための領域をも含むことができる。 Processing area 402 also, such as linking to another medical order entered by another clinician 116. infusion order doctor, a region for linking the clinical monitoring of other medical orders or related medical orders it can also include a. 処理領域402は、限定するものではないが、予測解領域412のようなコンピュータ画面400の他の領域にデータを表示するためのトリガを含むことができる。 Processing area 402 may include, but are not limited to, may include a trigger for displaying data in other areas of the computer screen 400 such as a predictive solution region 412.

探索領域404は、注入オーダに対する薬剤、溶液及び/又は添加剤を探索することを可能にする。 Search area 404 makes it possible to explore agents, solutions and / or additives for infusion orders. オーダにデフォルト希釈剤を定めることができる。 It can be determined a default diluent order. 患者医療システム100内で薬剤に対するデフォルト投与量が定められている場合、該デフォルト投与量が、薬剤を含む探索結果と共に自動的に現れる。 If the default dose is defined to the drug in the patient care system 100, the default dosage may automatically appear with the search result containing the drug. 探索領域404からの探索の結果として、薬剤の名称、投与経路、費用、パッケージサイズ、剤形、一般名、薬剤の麻酔性の有無、薬剤管理の有無、医薬品集であるか否か、及び薬剤の製造場所を表示することができる。 As a result of the search from search area 404, the name of the drug, the route of administration, the cost, the package size, the dosage form, the generic name, whether the narcotic drugs, the presence or absence of drug administration, whether Formulary, and agents it is possible to display the production site.

薬剤情報領域406は、注入オーダ用添加剤及び溶液を決定するために用いることができる。 Drug information area 406 can be used to determine the additive and solution for infusion order. 薬剤情報領域406は、別個の添加剤領域及び溶液領域を含むことができる。 Drug information area 406 may include separate additive areas and solution areas. 溶液領域は、ラベル、「溶液/希釈剤」を含むことができる。 The solution area, the label can include a "solution / diluent". 患者医療システム100は、薬剤124データベース、溶液データベース、及び添加剤データベースを用いて、薬剤情報領域406に、薬剤124、溶液、及び添加剤に関するデータを読み込むことができる。 Patient care system 100, medication 124 database, using solutions database, and an additive database to drug information area 406, the agent 124 can be read solutions, and data regarding additive. 1つのデータベースにおいて同定された物質は、他のデータベースにおいても同定することができる。 Substance identified in one database may also be identified in other databases. 各データベースをリンクし、薬剤124と溶液の組み合わせに対するデフォルト値を提供することができる。 It links each database may provide default values ​​for combinations of agents 124 and solution.

滴定/漸減基準領域408は通常、持続注入オーダに対して適用される。 Titration / tapering criteria area 408 is usually applied to continuous infusion orders. 滴定は、投与量及び/又は流速などの、オーダの特定のパラメータを規定する。 Titration of such dosage and / or flow rate, defines certain parameters of an order. 投与量及び流速は、絶対的なものとして入力することができる。 Dose and flow rate can be entered as absolute. また、滴定/漸減基準領域408に情報を入力するのに、限定するものではないが、〜より大きい「>」、〜より小さい「<」、及び〜と等しい「=」などの数学記号を単独又は組み合わせて用いることができる。 Further, for inputting information into the titration / tapering criteria area 408, but are not limited to, greater than ~ ">", - less than "<", and the independent mathematical symbols such as equal "=" a ~ or in combination can be used. カレンダーを用いて、滴定/漸減基準領域408にデータを入力することもできる。 Using a calender, it is also possible to enter data in titration / tapering criteria area 408. 投与量及び流速も、許容範囲として入力することができる。 Dose and flow rate can also be entered as an acceptable range. 非持続注入オーダを入力及び/又は修正する場合には、滴定/漸減基準領域408を非表示にすることができる。 To enter and / or modify the non-continuous infusion orders may be hidden Titration / tapering criteria area 408. 滴定基準は、限定するものではないが、様々な検査結果、バイタルサイン、流体を経口摂取する能力、流体の流入量及び流出量等のような、患者の健康状態に関連する種々のパラメータ値を含むことができる。 Titration criteria include, but are not limited to, various test results, vital signs, the ability of fluid ingested, such as inflow and outflow of the fluid, various parameters values ​​associated with the health of the patient it can be included.

指示・注記領域410は、患者112及び/又は注入オーダに関する医師注記のような情報を保存する機能を含む。 Instructions and notes area 410 includes the ability to save information such as physician notes regarding a patient 112 and / or infusion orders. 指示・注記領域410は、患者の担当医師のような患者112に対して責任を有する臨床家116を識別するためのディスプレイ及び参照領域を含むことができる。 Instructions and notes area 410 may include a display and the reference region for identifying clinicians 116 that responsible for the patient 112, such as a patient's attending physician.

予測解領域412は、患者112に対して処理中のオーダの現状に基づいて、解決スケジュール及び関連要因を表示する。 Predicted solution region 412, based on the current state of the order being processed for the patient 112, and displays the resolution schedules and related factors. 予測時間は、患者医療システム100のデフォルトとすることができる。 Predicted time may be a default patient care system 100. 時間は、臨床家116によって調整することもできる。 Time can also be adjusted by the clinician 116. 予測解領域412は、患者医療システム100によって予測された時間を示す調整可能なディスプレイを含むことができる。 Predicted solution region 412 may include an adjustable display indicating the time predicted by the patient care system 100. 予測解領域412に表示されるデータは通常、処理領域402においてオーダ保存がトリガされる際に保存される。 Data displayed in the predicted solution region 412 is typically an order save is saved when it is triggered in the processing area 402. 予測解領域412は、先に入力されたオーダを修正しながらある期間を振り返る機能を含むことができる。 Predicted solution region 412 may include the ability to look back period of time while modifying the order previously entered. これにより、修正されていない注入オーダに従ってすでに準備が完了していたかもしれない解について臨床家116が考察することが可能となる。 This allows the clinician 116 to consider solutions already might preparations had been completed according to the infusion order has not been modified.

(注入システムの構成要素) (Components of the infusion system)
図6は、図2の注入システム210の機能要素を示すブロック図である。 Figure 6 is a block diagram showing functional components of the infusion system 210 of FIG. 機能要素は、システムパラメータを設定するためのブロック502、注入オーダ作成用ブロック504、注入オーダ準備用ブロック506、薬剤投与用ブロック512、注入オーダ修正用ブロック514、及びメッセージング用ブロック520を含む。 Functional element includes a block 502, infusion order creation block 504, infusion order preparation block 506, medication administration block 512, infusion order modifications blocks 514 and messaging block 520, for setting the system parameters. 図6はまた、薬局許可用ブロック508、医師許可用ブロック510、オーダ停止用ブロック516、及び在庫・請求書発行用ブロック518をも含む。 Figure 6 also includes a pharmacy authorization block 508, the physician authorization block 510, the order stop block 516, and the inventory and billing block 518. 図6には、注入システムに関する1つの説明を提示している。 Figure 6 presents one description of the infusion system. しかしながら、図6には、本注入システムを実行するのに要する一連の工程は定めていない。 However, in FIG. 6, a series of steps required to perform this injection system is not established. 本注入システムの利点の1つは、臨床家116が患者医療システム100内の多数の物理的場所と機能的場所の両方からアクセスして情報を入力することができる点である。 One advantage of the present injection system is that the clinician 116 may enter the information accessed from both the number of physical locations and functional locations in the patient care system 100. 例えば、注入オーダは、CPOEを用いて医師により、薬局のコンピュータ106を用いて薬剤師により、デジタルアシスタント118を用いて臨床家116により、また医療用カート132を用いて臨床家により生成することが可能である。 For example, infusion order is by a physician using a CPOE, by a pharmacist using computer 106 pharmacy, the clinician 116 using digital assistant 118, also can be generated by a clinician using the medical cart 132 it is. 更に、患者のバイタル、検査結果、及び他の記録は、例えば病棟薬局を含む医療施設内の多数の場所からチェックすることができる。 Furthermore, the patient's vital, test results, and other records can be checked, for example, from a number of locations within a medical facility including hospital wards pharmacy. 従って、病棟薬局104(図1)内のユーザは、電算処理装置104cから、医療施設内の病棟を閲覧することができる。 Thus, the user of the ward pharmacy 104 (FIG. 1), from the computing processing unit 104c, it is possible to browse the wards in the medical facility. ユーザが病棟を選択すると、患者リストが提供され、ユーザは、該リストの中からある患者及び関連する記録を選択し、電算処理装置上に表示させることができる。 When the user selects a ward, patient list is provided, the user selects a patient and associated records from among the list can be displayed on a computing processor. 代替的に、ユーザは、電算処理装置に患者の氏名の全部又は一部を入力することができ、それにより、ユーザによる選択のために、該患者に関連する記録が電算処理装置によって提供される。 Alternatively, the user, the computing processor can enter all or part of the patient's name, thereby for selection by the user, records relating to the patient is provided by the computing processing unit . 選択を行うと直ちに、記録が表示される。 As soon as make a selection, recording is displayed.

一実施形態では、図6は、第1、注入オーダを受け取るために患者医療システム100を準備するブロック−システムパラメータを設定するブロック502;第2、注入オーダを作成するブロック−注入オーダ作成ブロック504;第3、注入オーダに基づいて調剤するブロック−調剤ブロック506;第4、注入オーダを許可するブロック−薬局許可ブロック及び医師許可ブロック508並びに510;第5、注入オーダを実施するブロック−薬剤投与ブロック512;第6、注入オーダに基づいて調剤するために用いられた在庫の計上及び補充を行い且つ注入オーダに対して患者へ請求書を発行するブロック−在庫・請求書発行ブロック518;第7、注入オーダを修正するブロック−修正ブロック514;並びに第8、注入オーダの進 In one embodiment, FIG. 6, first, block prepares the patient care system 100 for receiving infusion orders - block 502 to set the system parameters; second, blocks to create the infusion order - infusion order creation 504 ; third, block formulated on the basis of the infusion order - preparation block 506; 4, block permits infusion order - pharmacy authorization block and physician authorization block 508 and 510; 5, block out the infusion order - medication administration block 512; 6, block issues a bill to the patient against and infusion order performs record and replenishment of inventory used for dispensing based on the infusion order - inventory and billing block 518; 7 , block modifies the infusion order - modifications block 514; and eighth, the infusion order Susumu 状況、注入、正しい薬剤が効率的に調剤され、正しい患者に正しい量で正しい時間に提供されることを保証するのを支援するためのメッセージ等に関して様々な人員及びサブシステムにメッセージを送るブロック−メッセージブロック520として見ることができる。 Status, injection, right medication is efficiently dispensed, send messages to various personnel and sub-systems with respect to the message or the like to assist in ensuring that the provided at the correct time in the correct amount to the right patient Block - it can be seen as a message block 520. 修正ブロック514は、転送インターフェース310によって提供された情報に基づいてオーダを停止するブロック−オーダ停止ブロック516を含むことができる。 Fixed block 514, block stop order based on the information provided by the transfer interface 310 - it may include orders stop block 516.

システムパラメータを設定するブロック502は、注入オーダを作成し且つ処理するために注入システム210を準備する機能ブロックを含む。 Block 502 to set the system parameters, including functional blocks that prepare the infusion system 210 to create and process infusion orders. システムパラメータを設定するブロック502は、限定するものではないが、許容値を設定するブロック542と、デフォルト値を設定するブロック544と、データベースを構築するブロック546と、関数を定義するブロック548と、システムの設定を決定するブロック550とを含む。 Block 502 to set the system parameters, but are not limited to, a block 542 to set the allowable value, a block 544 to set default values, the block 546 to build a database, a block 548 defining the function, and a block 550 which determines the configuration of the system. システムパラメータを設定するブロック502については、図7を参照して以下に更に説明する。 For block 502 to set the system parameters, further described below with reference to FIG.

注入オーダ作成ブロック504は、注入オーダを作成するために用いられる機能ブロックを含む。 Infusion order creation 504 includes functional blocks used to create infusion orders. 注入オーダ作成ブロック504は、処方箋作成ブロック304(図4)を参照して説明したものと同様の機能を含む。 Infusion order creation 504 include those described with reference to prescription creation block 304 (FIG. 4) and similar functions. 注入オーダ作成ブロック504は、限定するものではないが、情報を入力するブロック560と、計算ブロック562と、チェックブロック564と、指定変更ブロック568とを含む。 Infusion order creation 504 includes, including but not limited to, a block 560 for inputting information, a calculation block 562, a check block 564, the override block 568. 注入オーダ作成については、図8を参照して以下に更に説明する。 For infusion order creation is further described below with reference to FIG. 注入オーダ作成の結果が、注入オーダ702(図8)である。 Infusion order creation result is an infusion order 702 (FIG. 8). 注入オーダ702は通常、注入スケジュール704(図8)を含む。 Infusion order 702 generally includes an infusion schedule 704 (FIG. 8).

注入オーダは、ブロック308(図4)を参照して説明した許可を要求することができる。 Infusion order may require authorization as described in reference to block 308 (FIG. 4). 図6では、薬剤師による処方許可及び医師による処方許可は、薬局許可機能ブロック508及び医師許可機能ブロック510において別個に検討される。 In Figure 6, prescription authorization by prescribing permission and physician by pharmacists are considered separately in pharmacy authorization function block 508 and physician authorization function block 510. 医師による許可510は、注入オーダが医師によって開始される場合には要求する必要はないかもしれない。 Allow physician 510, infusion order may not need to request if initiated by the physician. 注入オーダは通常、該オーダが治療場所106において薬剤師又は医師以外の臨床家によって作成される場合には、薬局による許可508及び医師による許可510を必要とする。 Infusion order is usually when the order is created by a clinician other than the pharmacist or physician in the treatment location 106 may require authorization 510 by the authorized 508 and physician by the pharmacy. しかしながら、薬剤124が直ちに必要な場合、注入システム210は、投与臨床家が処方許可508及び医師許可510をバイパスすることを可能にする。 However, if medication 124 is required immediately, the infusion system 210 allows the administering clinician to bypass prescription authorization 508 and physician authorization 510. 緊急オーダ又は日常の投薬に対する非緊急オーダの場合には、注入システム210は、臨床家116が患者112に施すことを望んでいる医療に関連する情報が患者医療システム100に格納されていないことを判定することができる。 In the case of non-emergency orders for emergency orders or daily dosing, the infusion system 210, that the information clinician 116 is associated with a medical desiring be applied to the patient 112 is not stored in the patient care system 100 it can be determined. 臨床家116が所望の医療を開始する権限を有することを注入システム210が認識した場合、システム210は、ブロック508及び510に行くことなく医療を実施することを許可する。 If the clinician 116 infusion system 210 recognizes that it has the authority to initiate the desired medical, system 210 permits to implement the medical without going to blocks 508 and 510. 次いで、この許可は、以下の投薬において取得される。 Then, the permission is obtained in the following dosage.

注入オーダに基づく準備506は、限定するものではないが、薬局、看護センタ、フロア、及び治療場所106などの医療施設全体にわたる幾つかの場所において達成することができる。 Preparation 506 based on infusion order may include, but are not limited to, can be achieved in the pharmacy, the nursing center, the floor, and several locations throughout the medical facility such as treatment location 106. 準備506は、薬剤124を調剤する指示を与える段階と、薬剤調剤にあたっての過誤の可能性を最小限に抑える段階とを含む。 Preparation 506 includes the steps of providing an instruction to dispense the medication 124, and steps to minimize the possibility of errors in the carrying drug dispensing.

薬剤投与512は、治療場所106において行われる。 Medication administration 512 takes place at the treatment location 106. 注入システム210は、オーダの実施を可能な限り効率的且つ正確に行うように設計されている。 The infusion system 210 is designed to perform efficiently and accurately as possible the implementation of the order. 注入システム210は、正しいポンプ設定で、正しい時間に、正しい経路を介して、正しい薬剤を正しい患者に正しい量で投与するツールを管理臨床家に提供する。 The infusion system 210, the correct pump setting to the correct time, via the right route, provides a tool for administering the correct amount of the right drug to the right patient in the management clinician. アラート、アラーム、リマインダ、又は他のメッセージが臨床家の薬剤投与を支援するのに適切である場合、投薬管理モジュールが、メッセージングモジュール520に状態情報出力を提供する。 Alerts, alarms, reminders, or other message is appropriate to support the drug administration clinician, medication management module provides the status information output to the messaging module 520. 状態情報出力に応答して、メッセージングモジュール520が、関連するテキストメッセージ、可聴表示イネーブル、又は両方を、1台又はそれ以上の電子計算装置に転送する。 In response to the status information output, the messaging module 520, associated text message and forwards audible display enable, or both, to one or more electronic computing devices.

当業者に知られているように、注入オーダは、頻繁に修正される。 As known to those skilled in the art, infusion order is frequently modified. 注入システム210は、修正514を実行し、注入オーダ修正についての説明を行う。 The infusion system 210 performs a modified 514, a description of the infusion order modifications. 修正514は、注入持続時間、流速、注入部位の変更、及び停止オーダ516の修正を含む。 Modification 514 includes infusion duration, flow rate, changing the injection site, and the modification of the stop order 516. 修正ブロック514は、注入オーダ修正を実行するのに必要な機能ブロックをも含む。 Fixed block 514 also includes a functional block necessary to perform the infusion order modifications.

注入システム210は、停止オーダ516を規定した患者医療システムワイド100を含むことができる。 The infusion system 210 can include patient care system-wide 100 which defines a stop order 516. 患者の状態の変化により、適切な措置に対するメッセージ520を生成することができる。 The changes in the patient's condition, it is possible to generate messages 520 for appropriate action. 注入システム210は、退院又は死亡の際に、転送インターフェース310と協調して自動的にオーダを停止する516。 The infusion system 210 stops during discharge or death, the automatic order in coordination with the transfer interface 310 516.

システム100は、在庫・請求書発行モジュール518を含む。 System 100 includes an inventory and billing module 518. 在庫・請求書発行モジュール518は、患者医療に関連する金銭上の取引が最小限の人間の介在によって進行することを可能にする。 Inventory and billing module 518 allows the transactions on financial related to patient care to proceed with intervention minimal human. 投薬管理512の完了は、請求書発行インターフェース312を介した患者への請求書発行をトリガすることができる。 Completion of medication administration 512 may trigger the billing to the patient through the billing interface 312. 請求書発行インターフェースは、HL7インターフェースを含むことができる。 The billing interface may include an HL7 interface. 患者が注入オーダ準備506の完了に基づいて請求される場合、在庫・請求書発行システム210は、貸方記帳工程を含む。 If the patient is billed based on the completion of infusion order preparation 506, the inventory-billing system 210 includes a crediting process. 貸方記帳工程は、注入バッグが廃棄又は薬局の在庫管理システムへの再登録のために返却される際にトリガすることができる。 Crediting process may be triggered when infusion bags are returned for disposal or re-registration in the pharmacy inventory management system.

注入システム210は、患者医療システム100全体のエンティティと通信するためのメッセージモジュール520を含む。 The infusion system 210 includes a message module 520 for communicating with the patient care system 100 as a whole entity. 具体的には、メッセージモジュール520は、患者医療システム100内の1つ又はそれ以上の電子計算装置へ、テキストメッセージ、可聴表示イネーブル、又は両方を送信する。 Specifically, the message module 520, one of the patient care system 100 or to more electronic computing devices, sends a text message, an audible display enable, or both. メッセージは、患者医療システム100内の投薬管理モジュール又は他の注入システムモジュールによって提供される状態情報出力に応答して送信される。 Message is sent in response to the status information output provided by the medication management module or other injection system modules of the patient care system 100. メッセージは状態情報出力と関連しており、従って、臨床家の投薬管理を支援するのに適切なアラート、アラーム、リマインダ、又は他のメッセージを提供する。 Message is associated with status information output, thus providing appropriate alert to assist clinicians in medication administration, alarms, reminders, or other messages.

例えば、医師が新たなオーダを入力すると、薬局にメッセージが現れ、注入オーダに許可が必要であることを薬剤師に知らせる。 For example, when a physician enters a new order, a message appears in the pharmacy, inform the pharmacist that the infusion order requires authorization. 同様に、注入オーダが適切に許可されると、臨床家116は、デジタルアシスタント118上に、注入オーダを注入スケジュール704に従って処理すべきであると臨床家116に知らせるメッセージを受け取る。 Similarly, the infusion order is properly authorized, the clinician 116, on a digital assistant 118 receives a message informing the clinician 116 and the infusion order should be processed in accordance with infusion schedule 704. オーバーライド566は、医師及び/又は薬局に対してメッセージを生成することができる520。 Override 566 may generate a message to the physician and / or the pharmacy 520. 注入システム100は、メッセージを生成する520ことが必要であるか否かを決定する際に、システム全体のオーバーライドとサブシステムのオーバーライドを区別することができる。 Infusion system 100, in determining whether it is necessary 520 to generate a message, it is possible to distinguish the override of the entire system overrides and subsystems. メッセージング520は、中央システム、薬局、医師、請求書発行モジュール、及び在庫モジュールに送受信されるメッセージを含む。 Messaging 520 includes a central system, the pharmacy, the physician, billing module, and a message transmitted and received inventory module.

本システムは、臨床家116に、パーソナルコンピュータディスプレイビューを提示することができる。 The present system, the clinician 116, it is possible to present a personal computer display views. パーソナルコンピュータディスプレイは、臨床家の患者に関する未解決の臨床上の問題点を要約したビューを提供する。 Personal computer display provides a view that summarizes the clinical problems that are still outstanding related to the patient's clinician. 臨床家116は、患者に関する詳細な情報を迅速に取り出すことができる。 The clinician 116, can be taken out quickly detailed information about the patient. 本システム100はまた、特定の重篤な患者状態がある場合に、デジタルアシスタント118又は他の通信装置に対して電子メール若しくはページを生成することもできる。 The system 100 may also if there is a certain serious patient conditions, also generate an email or page to the digital assistant 118, or other communication devices.

図6には、患者医療システム100において生じる幾つかの通信路をも示している。 Figure 6 also shows a number of communication paths that occur in patient care system 100. 強調表示された通信路は、注入システム210の説明を容易にするために提供されている。 Highlighted channel is provided in order to facilitate the description of the injection system 210. 当業者は、患者医療システム100をネットワーク上で実施すると、図6の強調表示された経路を介して、また図6には示していない代替的経路を介して、種々の機能ブロックが互いに通信することができるのが分かる。 Those skilled in the art, when practicing the patient care system 100 over a network, via a highlighted route of Figure 6, also via the alternative pathway, which is not shown in FIG. 6, the various function blocks communicate with each other it can be seen that the can. システムパラメータを設定するブロック502は、経路522を介して注入オーダ作成ブロック504へシステムパラメータに関連するデータを通信する機能、及び/又は注入オーダ作成ブロック504からデータを受け取り、受け取ったデータがどのようにシステムパラメータと関連しているかを注入オーダ作成ブロック504に通知するデータを提供する機能を含む。 Block 502 to set the system parameters, the function of communicating data related to the system parameters to infusion order creation 504 via path 522, and / or receive data from infusion order creation 504, how received data to include the ability to provide data for notifying whether the association with the system parameters infusion order creation 504.

注入オーダは、経路524を介して、注入用調剤ブロック506へ直接渡すことができる。 Infusion order may be passed via a path 524, directly to the injection preparations block 506. 注入オーダは、調剤ブロック506へ送る前に、経路526を介して薬局許可ブロック508へ、且つ/又は経路528を介して医師許可ブロックへ渡すこともできる。 Infusion order before sending to the dispensing block 506, via path 526 to the pharmacy authorization block 508 may be passed to the physician authorization block and / or via path 528. 経路530は、調剤領域から治療場所106への薬剤124の送達を強調している。 Path 530 highlights the delivery of the drug 124 from the dispensing area to the treatment location 106. 送達は、投薬処置カート132を用いて達成することができる。 Delivery can be achieved using a Dosage treatment cart 132. 経路532、534、536、及び538は、在庫・請求書発行518トランザクションを、限定するものではないが、注入オーダ作成504、準備506、薬剤投与512、及び修正514のような種々の他の機能に結び付けることができることを強調している。 Path 532, 534, 536, and 538, the inventory and billing 518 transactions, but are not limited to, infusion order creation 504, preparation 506, various other functions, such as medication administration 512, and modifications 514 It has emphasized that it is possible to link to. 経路572、574、及び576は、患者医療システム100に含まれるより多くの数の機能及びアクタが、メッセージ520ブロックを介して情報を生成並びに受信することができることを強調している。 Path 572, 574, and 576, many numbers of functions and actors than contained in the patient care system 100, emphasizing that it is possible to generate and receive information via messages 520 blocks. 経路582は、薬剤師がシステムのデフォルト値544を生成し且つ/又は変更することができることを強調している。 Path 582, pharmacist is emphasized that can be generated by and / or change the default value 544 of the system. また、経路580は、システム100全体にわたる種々の機能単位が、注入オーダなどの情報を利用できることを強調している。 The route 580, various functional units throughout the system 100 is stressed that the availability of information, such as infusion orders.

図7は、図6のシステムパラメータ設定502用機能要素を示すブロック図である。 Figure 7 is a block diagram showing a system parameter setting 502 for the functional elements of FIG. システムパラメータ設定502は、限定するものではないが、許容範囲設定542、デフォルト値設定544、データベース構築546、関数定義548、及びシステム設定値決定550を含む。 Setting system parameters 502 include, but are not limited to, permissible range setting 542, the default value setting 544, database construction 546, function definition 548, and a system setting value determination 550. 許容範囲542は、限定するものではないが、正味投薬許容範囲542a、流速許容範囲542b、投与時刻許容範囲542c、投与システム持続時間542d、投与持続時間許容範囲542e、及び部位変更許容範囲542fなどの許容範囲を含む。 Tolerance 542, but are not limited to, net medication tolerance 542a, a flow rate tolerance 542b, administration time tolerance 542c, administration system duration 542d, administration duration tolerance 542e, and site change tolerance 542f etc. including the allowable range. 注入システム210はまた、オーダエントリ及びオーダされた許容範囲からの修正に対する別個の許容範囲をも含むことができる。 The infusion system 210 may also include a separate tolerance for modification from order entry and the ordered tolerances. 例えば、限定するものではないが、投与システム持続時間542d、オーダエントリにおける最大注入持続時間オーバーライド使用可能度設定、及び投与における最大注入持続時間オーバーライド使用可能度設定などの別個の許容範囲を識別することができる。 For example, without limitation, administration system duration 542d, the maximum infusion duration override availability setting in order entry, and to identify the separate tolerance, such as the maximum injection duration override availability setting in administration can.

正味投薬許容範囲542aは、所与の時間に患者に投与するのに安全な薬剤の最大濃度である。 Net medication tolerance 542a is a maximum concentration of safe drug to be administered to the patient at a given time. 注入システム210は、正味投薬許容範囲を薬剤と関連付ける。 The infusion system 210 associates the net medication tolerance and drug. 正味投薬許容範囲542aは、薬剤データベース内の薬剤識別ファイル内に定義することができる。 Net medication tolerance 542a may be defined in medication identification files in a medication database. 注入オーダ作成504中、注入システム210は、流速560e、特定の時間に必要な注入バッグの数562a、各注入バッグ内の主成分の濃度、各注入バッグが投与されることになる時間、各注入バッグの総量を決定することができる。 Among infusion order creation 504, the infusion system 210, the flow rate 560e, the number 562a of infusion bags required for a particular time, the concentration of the main component in each infusion bag, the time each infusion bag is to be administered, each injection it is possible to determine the total amount of the bag. 流速は、手動で入力するか又は各注入バッグの最終濃度又は持続時間を変更することにより調整することができる。 The flow rate can be adjusted by changing the final concentration or the duration of either or each infusion bag manually entered. 一実施形態では、注入システム210は、正味濃度チェック564a(図8)を行い、薬剤が最大濃度を越えないことを保証する。 In one embodiment, the infusion system 210 performs a net concentration check 564a (FIG. 8), the drug to ensure that does not exceed the maximum density. しかしながら、臨床家116が最終濃度を調整することによって流速を変更している間に溶液の最終濃度が薬剤の最大濃度を越えるに至ったいかなる時点においても、注入システム210は、投与臨床家にメッセージを送る520。 However, at any time when the final concentration of the solution came to exceed the maximum concentration of the drug while the clinician 116 is modifying the flow rate by adjusting the final concentration, the infusion system 210, the message administration clinician 520 to send. 投与臨床家は、正味投薬許容範囲542aをオーバーライドする許可を得ることができる。 Administration clinician can get permission to override the net medication tolerance 542a. 注入システム210は、オーバーライドの理由を提供するように臨床家116に要求することができる。 The infusion system 210 may request the clinician 116 to provide a reason for the override.

注入システム210は、投薬に対する調整可能な流速許容範囲542b及び流速調整許容範囲を含むことができる。 The infusion system 210 may include adjustable flow rate tolerance 542b and flow rate adjustment tolerance for dosing. 流速許容範囲542bは、患者医療システム100の全ての組織レベルに対して任意選択的に定義される。 Flow rate tolerance 542b are optionally defined for all organizational levels of the patient care system 100. 許容範囲542bは、患者医療システム100全体に対するもの、又は患者医療システム100のサブシステムに対するものであることができる。 Tolerance 542b can those for the entire patient care system 100, or those to the subsystems of the patient care system 100. 例えば、異なる流速許容範囲542bを、限定するものではないが、新生児部門、小児部門、精神科部門、特定看護部門などのサブシステム、及び特定の患者に適用することができる。 For example, different flow rates tolerance 542b, but not limited to, can be applied neonatal department, pediatric department, psychiatric department, subsystems, such as a particular nursing sector, and the particular patient. 流速許容範囲542bは、当初にオーダされた流速に対して、又は直前の流速に対して特定することができる。 Flow rate tolerance 542b may be against the ordered flow rate initially, or identified for the immediately preceding flow rate. 臨床家116も、特定のオーダに特異的な流速許容範囲を特定することができる。 The clinician 116 may also be identified specific flow rate tolerance to a specific order.

注入システム210は、投与臨床家116が新たなオーダを必要とすることなく流速許容範囲542bをオーバーライドすることを許可されているか否かに関する所定の表示を含むことができる。 The infusion system 210 may include a predetermined display about whether or not it is permitted to override the flow rate tolerance 542b without administering clinician 116 needs a new order. この表示は、患者医療システム100全体、サブシステム、又は個々の臨床家116に適用することができる。 This display the entire patient care system 100, can be applied subsystems, or to the individual clinician 116.

最大注入持続時間542dは、患者医療システム100の様々な部分に対して別個に定めることが可能である。 Maximum infusion duration 542d may be determined separately for different portions of the patient care system 100. 最大注入持続時間542dは、特定の薬剤124に特異的であることもできる。 Maximum infusion duration 542d may also be specific for a particular drug 124. 最大注入持続時間オーバーライド566(図8)は、オーダエントリの時点において最大注入持続時間542dをオーバーライドすることが許容される場合に行うことができる。 Maximum infusion duration override 566 (FIG. 8) may be carried out when overriding the maximum infusion duration 542d at the time of order entry is allowed. 投与における最大注入持続時間のオーバーライドは、投与の時点において最大注入持続時間542dをオーバーライドすることが許容されるか否か、及び、どのグループのユーザがそのようにすることを許可されるかを設定するために提供することができる。 Overriding maximum infusion duration in administration, sets whether maximum infusion duration whether 542d may override acceptable, and the user of which group is permitted to do so at the time of administration it can be provided for. オーダエントリ及び/又は投与中にオーバーライドすることが許容される場合、注入システム210は、最大注入持続時間542dをオーバーライドする権限を有する臨床家116のサブセットを定義することができる。 If it is permissible to override during order entry and / or administration, the infusion system 210 may define a subset of the clinician 116 has the authority to override the maximum infusion duration 542d.

デフォルト値544は、限定するものではないが、薬剤希釈剤デフォルト値544a、希釈剤量デフォルト値544b、投与量デフォルト値544c、及び測定単位デフォルト値544dなどのデフォルト値を含む。 The default value 544, but are not limited to, including pharmaceutical diluents defaults 544a, diluent quantity defaults 544b, dose defaults 544c, and a default value, such as units of measure defaults 544d. 測定単位(UOM)デフォルト値544dは、患者医療システム100の様々な部分に最適な測定単位を特定する能力を含む。 Measurement Unit (UOM) defaults 544d include the ability to identify the best measurement units to various parts of the patient care system 100. 例えば、薬剤は、医師、投薬臨床家、薬剤師、財務担当者、及び薬剤選別者によって、異なる単位で測定することができる。 For example, the agent can be a physician, the dosage clinicians, pharmacists, that the financial personnel, and medication Winnower, measured in different units. 医師のUOMは一般に、「vial」及び/又は「puff」とは対照的に、「mmol」、「mEq」、「ml」、並びに/若しくは「mg」のような測定可能な値である。 UOM doctors generally, as opposed to "vial" and / or "puff", a measurable value such as "mmol", "mEq", "ml", and / or "mg". 医師のUOMは、オーダリング及び情報入力560などの業務用に用いられる。 UOM doctor is used for tasks such as ordering and information input 560.

投与臨床家のUOMは一般に、「puff」、「tbsp」、及び「tab」のような、薬剤が投与されることになるUOMを反映する値である。 UOM administration clinician is generally "puff", "tbsp", and such as "tab", the agent is a value that reflects the UOM to be administered. 投与臨床家のUOMは、薬剤投与512中に用いられる。 UOM administration clinician used during medication administration 512. 投与臨床家のUOMはまた、投与報告書、混合剤充填・製造作業オーダなどの文書化にも現れることができる。 UOM administration clinician may also appear to administration report documenting such admixture fill and manufacturing work orders.

薬局のUOMは一般に、「tab」、「vial」、「inhalator」、及び「jar」のような、薬剤が中で調合される物理的形状を反映する値である。 UOM pharmacy generally "tab", "vial", "inhalator", and as "jar" is a value that reflects the physical form the medication is dispensed in the medium. 薬局のUOMは、準備506及び備蓄・調剤システムにおいて用いられる。 UOM pharmacy is used in preparation 506 and stockpiling and dispensing system. 財務UOMは一般に、請求書及び納品書上に現れる財務上の数値を計算するために用いられる。 Financial UOM is generally used to calculate the value of financial appearing on bills and invoices. 薬剤選別者のUOMは一般に、薬剤を選別する際に用いられる。 Drug selection's UOM is generally used when screening the medication.

測定単位のデフォルト値544dは、チェックマークが種々のUOMをUOMのユーザと関連付けるテーブル内に配置されたチェックボックステーブルを用いて特定することができる。 The default value 544d of the measurement units can be identified using the check boxes table check mark is placed in a table correlating various UOM the user's UOM. 注入システム210は、1つより多い機能に対して同一のUOMを用いることができる。 The infusion system 210 may use the same UOM against more than one function. 例えば、医師のUOMは、薬剤師のUOMと同一であることができる。 For example, UOM physician may be the same as UOM pharmacist. デフォルト値設定544には、種々のUOMを調整するのに必要なデータが含まれる。 The default value setting 544 includes data necessary to coordinate the various UOM. 例えば、UOMのデフォルト値544dは、種々のUOM間に一対一の対応関係を生成するのに必要な乗数及び除数を含むことができる。 For example, the default value 544d of UOM may include a multiplier and the divisor necessary to generate a one-to-one correspondence between the various UOM. UOMのデフォルト値544bは、個々の臨床家の要望に適するように変更することができる。 The default value 544b of the UOM can be varied to suit the needs of individual clinicians. しかしながら、一対一の対応関係は、患者医療システム100によって維持されなければならない。 However, one-to-one correspondence should be maintained by the patient care system 100. 注入システム210は、投薬単位デフォルト値の履歴を維持するように設計することができる。 The infusion system 210 can be designed to maintain a history of medication unit defaults.

注入システム210はまた、投薬測定接尾辞をも含むことができる。 The infusion system 210 may also include a medication measurement suffixes. 投薬測定接尾辞は、オーダエントリ中にデフォルト値をとることができる。 Dosage measurement suffixes may take the default values ​​during order entry. 投薬測定接尾辞は、投薬測定の共通単位とすることができ、また体表面積及び体重などの患者の特徴に関連する単位を含むことができる。 Dosage measurement suffixes may be common units of dosage measurement and may include units related to patient characteristics such as body surface area and weight. 投薬測定接尾辞は、投薬測定接尾辞は、薬物ごと、オーダタイプごと、投与量ごと、及びUOMごとに指定することができる。 Dosage measurement suffix, medication measurement suffixes, each drug, per order type, can be specified for each dose and for each UOM.

データベース構築546は、データベース、及び/又は、限定するものではないが、調剤領域546a、添加剤情報546b、溶液546c、予混合の定義546d、好み546e、タイミングオーバーライドの理由546f、流速オーバーライドの理由546g、変換テーブル546h、流速記述546i、機器・ルーティング情報546j、及びメッセージトリガ546kなどの単一データベースの一部の構築を含む。 Database construction 546, database, and / or, but not limited to, preparation area 546a, additive information 546b, solution 546c, premix definitions 546d, preference 546E, timing override reasons 546f, flow rate override reasons 546g includes translation tables 546h, flow rate description 546i, equipment and routing information 546J, and a part of the construction of a single database such as message triggering 546k.

タイミングオーバーライドの理由546fは、注入オーダのタイミングを変更するための表示可能な理由を含む。 Timing override reasons 546f include displayable reasons for modifying the timing of infusion orders. 例えば、タイミングオーバーライドの理由546fは、当初の注入オーダに特定された時刻以外の時刻に注入オーダを実行するための、デジタルアシスタントディスプレイ118a用のスタイラスによって選択可能な理由を含むことができる。 For example, the reason 546f timing override can include original for performing infusion order at a time other than the specified time the infusion order of the stylus by selectable reason for digital assistant display 118a. 臨床家116がオーダされた投与時刻許容範囲542c外において薬剤を投与する場合、臨床家116は、表示された理由1008f(図11)から変更の理由コードを選択するように要求されることができる。 If the clinician 116 to administer the drug in the administration time tolerance 542c outside that is the order, the clinician 116 may be required to choose a reason code change from the displayed reasons 1008f (FIG. 11) . 他の理由コードの例には、限定するものではないが、PRN投与理由コード及び注入を停止するためのコードが含まれる。 Examples of other reason codes, but are not limited to, include code for stopping the PRN dosing reason code and infusion.

薬剤124及び/又は注入オーダは、システムの流速許容範囲542bを含む流速許容範囲を有することができる。 Agent 124 and / or infusion orders may have flow rate tolerances, including the flow rate tolerance 542b of the system. 注入システム210は、流速オーバーライド理由テーブル546gを含むことができる。 The infusion system 210 may include flow rate override reasons table 546 g. 流速オーバーライド理由546gは、臨床家116が流速許容範囲542bによって定められた限度を越えて流速を変更する必要のある場合に、臨床家116が選択及び/又は提供することのできる注釈である。 Flow rate override reasons 546g, if the clinician 116 needs to change the flow rate beyond the limits defined by the flow rate tolerance 542b, the clinician 116 is selected and / or can provide annotations. 注入システム210は、定義済みメッセージトリガ546kを含み、臨床家116がオーダによって定義された流速許容範囲をオーバーライドする場合に患者の医師にメッセージを送るべきか否かを示すことができる。 The infusion system 210 includes a predefined message trigger 546k, clinician 116 may indicate whether to send a message to the patient's physician, overriding the defined flow rate tolerance by order. 注入システム210はまた、臨床家116が流速許容範囲542bのような許容範囲をオーダ以外のレベルに定めてオーバーライドする場合にメッセージのやりとりを行うべきか否かを示す定義済みメッセージトリガ546kをも含むことができる。 The infusion system 210 also includes a predefined message triggers 546k indicating whether or not to perform the exchange of messages when the clinician 116 overrides defines an allowable range such as flow rate tolerance 542b to a level other than the order be able to.

注入システム210は、限定するものではないが、流速変換テーブル、可変成分変換テーブル、及び可変流速変換テーブルなどの変換テーブル546hを含むことができる。 The infusion system 210, but not limited to, may include a flow rate translation table, the variable component conversion table, and a conversion table 546h, such as a variable flow rate conversion table. 流速変換は、オーダが、限定するものではないが、特定の濃度での投与量/時間、体重/時間の単位当たりの量、体表面積/時間の単位あたりの投与量、及び総投与量並びに総持続時間などの方法で最初に特定されている場合に、注入オーダを量/時間によって定められた流速に変換する工程を含む。 Flow rate conversion orders, but are not limited to, dosage / time with a particular concentration, volume per unit of weight / time, dosage per unit of body surface area / time, and total dosage and total when initially identified in a method such as duration, comprising the step of converting the infusion order into a flow rate defined by the amount / time.

可変成分変換は、別個の注入バッグ内に可変成分を有する注入オーダの複数の流れ時間を目下投与中の注入バッグに対する流速に変換する工程を含む。 Variable component translation includes the step of converting a plurality of flow times of infusion orders with varying ingredients in separate infusion bags into the flow rate for the infusion bag currently being administered. 可変成分を有するオーダには、限定するものではないが、順序付きオーダなどのオーダが含まれる。 The order having a variable component, without limitation, include the order of such ordered order. 順序付きオーダにおいては、異なるバッグが、異なる成分及び潜在的に異なる流速を有する。 In ordered order, different bags have different ingredients and potentially different flow rates.

可変流速変換は、様々な流速を有する注入オーダの目下注入中の溶液に対する流速への変換を含む。 Variable flow rate translation includes translation of the flow rate for the solution of the current injection in infusion order with different flow rates. 可変流速オーダには、限定するものではないが、ボーラス/ベイサル(basal)、オーダ、投与量オーダの漸減及び投与量オーダの修正などのオーダが含まれる。 The variable flow rate order, but are not limited to, bolus / basal (basal), the order includes an order such as tapering and dosage order correction dosage order.

注入システム210は、所定注入流速542bを含むことができる。 The infusion system 210 may include a predetermined injection flow rate 542b. 所定注入流速542bは、流速記述546iと関連付けることができる、流速をキーボードから入力する工程からのショートカットとして、ドロップダウンリストからの選択を可能にする。 Predetermined injection flow rate 542b may be associated with flow rate descriptions 546i, as a shortcut from step of inputting the flow rate from the keyboard, to permit selection from a drop-down list.

定義済み関数548には、限定するものではないが、調剤領域関数548a、バッグ持続時間関数548b、オーバーライド要求検証関数548c、持続時間対量関数548d、持続時間対流速関数548e、及び流速対点滴速度関数548fなどの関数が含まれる。 The predefined functions 548 include, but are not limited to, preparation area function 548a, bag duration function 548b, overriding request verification function 548c, duration versus volume function 548d, duration convection velocity function 548E, and flow rate to drip rate It contains a function, such as function 548f. 注入システム210は、注入オーダごとに注入すべき量を決定するための持続時間対量関数548dを含むことができる。 The infusion system 210 may include a duration-to-volume function 548d to determine the amount to be injected for each infusion order. 流速対点滴速度関数548fは、医療機器330に関する情報を用いて、流速を点滴速度に変換する。 Flow rate to drip rate function 548f uses information about the medical device 330 to convert flow rates to drip rates.

決定された設定550には、限定するものではないが、オーバーライド許可550a、流速精度550b、量精度550c及び時間精度550dなどの設定が含まれる。 The determined set 550, but are not limited to, override authorization 550a, includes settings such as flow rate precision 550b, volume precision 550c, and time precision 550d. 所望であれば、注入システム210は、総注入量及び注入オーダの流速を決定することができる。 If desired, the infusion system 210 may determine the flow rate of the total injection amount and infusion order. これらの数値が決定されれば、計算された値を、医師、薬剤師、及び看護師などの臨床家116が理解できる流速精度550b及び量精度550cに丸めることが望ましい。 If these numbers are determined, the calculated value, a physician, pharmacist, and the clinician 116, such as a nurse be rounded in the flow rate accuracy 550b and amounts precision 550c understandable desirable. 流速表示精度550bは、流速を設定された数の小数位まで表示するように設定することができる。 Flow rate display precision 550b may be set to display up to fraction of a set number of the flow rate. 患者医療システム100の様々な部分が、表示される流速に対する精度を単独で決定することができる。 Various portions of the patient care system 100 may determine the accuracy of the flow rate to be displayed by itself. 例えば、注入システム210は、成人治療場所に対しては小数点第1位まで、新生児治療場所に対しては小数点第3位まで表示することができる。 For example, the infusion system 210, for an adult treatment location to the first decimal place, for neonatal treatment location may be displayed to the second decimal place. 流速精度550bは、臨床家の患者が置かれている科を反映する。 The flow rate precision 550b reflects the department clinician of the patient is placed. 注入オーダの流速は、システム定義済みの精度に丸めることができる。 Flow rate of the infusion order may be rounded to a system defined precision. 精度は、全ての注入オーダに対して同一としてもよく、患者の科に依存してもよい。 Accuracy may be the same for all infusion orders may depend on the family of the patient.

量表示精度550cは、同様に、設定された数の小数位まで注入量を表示するように設定することができる。 The amount display accuracy 550c may similarly be set to display the injection volume to a small number of a set number of. 設定可能な時間精度550dは、注入が単回投与の注入又は間欠注入である場合に流速に基づいて投与の持続時間を計算するために用いることができる。 Configurable time precision 550d may be used for injection to calculate the duration of the administration on the basis of the flow rate in the case of injection or intermittent injection of a single dose. 計算された各注入バッグの総量は、量精度550cに従って丸められる。 The total amount of the calculated each infusion bag was is rounded according to the amount precision 550c. 投与時間は、設定された時間精度550dに従い、注入システム210によって丸められる。 Time of administration, in accordance with the time accuracy 550d that is set, is rounded by the infusion system 210. 時間精度550dは、患者の科に関係なく全ての注入オーダに対して同一であってもよく、科別であってもよい。 Time precision 550d may be the same for all infusion orders regardless of the family of the patient, or may be a different family.

(オーダ作成) (Order creation)
図8は、図6の注入オーダ作成504用の機能要素を示すブロック図である。 Figure 8 is a block diagram showing functional components for infusion order creation 504 of FIG. 注入オーダ作成504は、注入オーダを作成するための機能ブロックを含む。 Infusion order creation 504 includes functional blocks for creating infusion orders. 注入オーダ作成504には、情報入力560、計算562、チェック564、及びオーバーライド568が含まれる。 Infusion order creation 504, information input 560, calculations 562, includes checking 564, and overrides 568. 情報入力560には、限定するものではないが、オーダタイプ識別560a、薬剤識別560b、投与量識別560c、希釈剤識別560d、流速識別560e、及び注入部位識別560fなどの機能が含まれ得る。 The information input 560, but are not limited to, order type identification 560a, drug identification 560b, dose identification 560c, diluent identification 560d, may include features such as flow rate identification 560e, and the injection site identified 560f.

注入オーダ作成504は、注入バッグ準備506、注入バッグ送達(経路530)、薬剤投与512、及び注入オーダ修正514にリンクされている。 Infusion order creation 504, infusion bag preparation 506, infusion bag delivery (path 530), linked medication administration 512, and infusion order modifications 514. 注入オーダタイプ560aには、限定するものではないが、単回投与、負荷投与、間欠投与、及び持続投与などのオーダタイプが含まれる。 The infusion order types 560a include, but are not limited to, single dose, a loading dose, include the order types such as intermittent administration, and sustained administration. 持続注入には、交互注入、逐次注入、漸減注入、及び滴定注入が含まれる。 In continuous infusion, alternating infusion, sequential injection include decreasing injection, and titration injection. 注入オーダにおいて最初の薬剤560bを選択すると、該薬剤用の注入オーダタイプ560aの書式は、デフォルト値をとることができる。 Selecting the first agent 560b in an infusion order, the format of the infusion order types 560a for the medicament can take the default value. オーダする臨床家は、異なるオーダタイプを選択する選択肢を有することができる。 The ordering clinician may have the option of selecting a different order type. 投与量560c及び測定単位544dもデフォルト値をとることができる。 Dose 560c and unit of measure 544d may also take default values. 測定単位544dは、薬剤及び/又は投与量544cと相関させることができる。 Unit of measure 544d may be correlated with the drug and / or dosage 544c. 注入システム210は、薬剤に対して、1種類のデフォルト希釈剤、又は数種類のデフォルト希釈剤を含むことができる。 The infusion system 210, to a drug, may comprise one default diluent, or several default diluents. 1つのデフォルトは、好ましい希釈剤として識別することができる。 One default may be identified as a preferred diluent. 記述を希釈剤と関連付け、オーダする臨床家がどの希釈剤を選択すべきかを決定するのを支援することができる。 It can support the association with a diluent description, in determining whether to choose which diluent clinician to order. 希釈剤に関する記述に参照を含めることができ、患者が高血圧症である場合に特定の希釈剤の使用を回避することができる。 Can contain references to the description of the diluent, it is possible to avoid the use of a particular diluent if a patient is hypertensive.

注入システム210はまた、先に述べた注入オーダタイプに基づいて付加的な注入オーダサブタイプ560aを可能にすることもできる。 The infusion system 210 may also allow additional infusion order subtypes 560a based on the infusion order type described above. 付加的な注入オーダサブタイプ560aには、限定するものではないが、TPN注入オーダ、化学療法の持続注入オーダ、ピギーバック注入オーダ、及び大量非経口注入オーダが含まれ得る。 The additional infusion order subtypes 560a, but are not limited to, TPN infusion orders, continuous infusion order of chemotherapy can include piggyback infusion orders, and large volume parenteral infusion orders. 注入オーダサブタイプには注入システム210の様々な部分からアクセスすることができ、サブタイプによる注入オーダの分類及びフィルタ処理を可能にしている。 The infusion order subtypes may be accessed from different parts of the infusion system 210, and enables the classification and filtering of infusion orders according to subtype. 注入オーダサブタイプのオーダ及び関連する薬局のワークフローを更にカスタマイズするために、各注入オーダサブタイプに対する特別なラベル形式も定めることができる。 To further customize the workflow pharmacy orders and associated infusion order subtype can also be determined special label format for each infusion order subtype.

注入オーダ作成504中に薬剤124を探索している際に、臨床家116の注入オーダ作成を支援するために、薬剤124に添加剤及び/又は溶液のフラグを立てることができる。 When you are searching for a medication 124 during infusion order creation 504, to assist infusion order creation of clinician 116 may be flagged additives and / or solution to the drug 124. この指定は、薬剤識別ファイル内で行うことができる。 This designation may be performed in a drug identification file.

薬剤の投与量560cは、限定するものではないが、体重、体表面積によるなどの幾つかの方法で決定し、速度に応じて入力することができる。 Dose 560c of the drug, but are not limited to, weight, determined in a number of ways, such as by body surface area, can be input in accordance with the speed. 流速が入力されない場合、注入システム210が、特定された投与量及び時間に応じて流速を計算する。 If the flow rate is not entered, the infusion system 210 calculates the flow rate depending on dose and time were identified. オーダする臨床家は、希釈剤560d及びその量を特定することができる。 The ordering clinician may specify a diluent 560d and its quantity. 薬局は、そのようなパラメータに対するデフォルト値を提供することができる−線582参照(図6)。 Pharmacy may provide a default value for such parameters - line 582 reference (FIG. 6). 薬剤560bに対する正味濃度564a及び流速564bが適切であることを保証するために、チェック564を行うことができる。 For net concentration 564a and flow rate 564b to drugs 560b to ensure that it is appropriate, it is possible to check 564.

注入システム210は、患者の体重、体表面積、及び/又は特定の治療頻度及び治療継続期間に基づいて、流速560eを特定並びに/若しくは計算することができる。 The infusion system 210, the patient's weight, body surface area, and / or based on specific frequency of treatment and the duration of treatment, it is possible to specify the flow rate 560e, and / or calculations. オーダされた流速560eは、システムの流速許容範囲542bなどの流速許容範囲に対してチェック564bされる。 The ordered flow rate 560e is checked 564b against the flow rate tolerance, such as flow rate tolerance 542b of the system. 薬剤124の正味濃度は、システムの正味濃度許容範囲542aなどの正味濃度許容範囲に対してチェック564aすることができる。 The net concentration of the medication 124 may be checked 564a against net concentration tolerance, such as the system net concentration tolerance 542a.

一実施形態では、流速560eは、オーダの入力を促進するために、デフォルト流速に関する記述の表示をも含むことができる。 In one embodiment, the flow rate 560e, in order to facilitate the input of the order, may also include a display description of default flow rates. 流速560eは、流速記述データベース546iを参照することができる。 Flow rate 560e may reference flow rate descriptions database 546i.

計算562は、患者の体重及び/又は身長(おそらくはADTインターフェース310によって提供される)、薬物の量、希釈剤の量、濃度、若しくは速度に基づく投与量の計算を含むことができる。 Calculation 562 (provided by perhaps ADT interface 310) the patient's weight and / or height, the amount of drug may comprise an amount of diluent, the concentration, or dosage of calculation based on the speed. 計算562は、限定するものではないが、流速、処方箋に特定されていない場合、バッグの数量562a又は特定の時間に必要な注入バッグの数、各注入バッグが投与されることになる時間、及び溶液中の成分の濃度に基づいた各注入並びに各注入バッグの総量の計算を含むことができる。 Calculation 562, but are not limited to, flow rate, if not specified in the prescription, the time to be the number of infusion bags required quantity 562a or a specific time of the bag, each infusion bag is administered, and It may include the injection and calculation of the total amount of each infusion bag based on the concentration of the components in the solution. 流速、注入されることになる量及び/又は持続時間は、変更することができる。 Flow rate, the amount becomes implanted and / or duration may be modified. 変更された場合、注入システム210は、変更に依存する量を自動的に計算し、計算に基づいて、その濃度における成分の最大投与量が該成分の薬剤ファイルに特定されたものを超える場合、患者医療注入システム210は、薬剤師及び/又は臨床家116に警告し、その調整に対する理由コードを要求することができる。 If it is changed, the infusion system 210 will automatically calculate the amount that depends on the change, based on calculations, if beyond that maximum dose of the components in the concentration as specified in the component of the drug file, patient care infusion system 210, alerts the pharmacist and / or clinician 116 may request a reason code for the adjustment.

計算562は、限定するものではないが、バッグ量計算562a、変換計算562b、持続時間対量の計算562c、及び流速対点滴速度の計算562dなどの計算を含むことができる。 Calculation 562, but not limited to, may include bag quantity calculations 562a, transform computation 562b, duration versus the amount of calculations 562c, and calculations such as flow rate to drip rate calculations 562d. チェック564は、注入オーダが受けることのできる様々なチェックを含む。 Check 564 includes various checks that may be infusion order is subjected. チェックには、限定するものではないが、正味濃度チェック564a、流速チェック564b、投与時刻チェック564c、持続時間チェック564d、及び注入部位チェック564eなどが含まれる。 The check, but are not limited to, a net concentration check 564a, a flow rate check 564b, administration time check 564c, and the like duration checking 564d, and the injection site check 564e. 注入オーダがチェック564に引っかかった場合、臨床家116は、該チェックを無効にすることができる。 If the infusion order is caught in the check 564, the clinician 116 may be disabled the check. オーバーライド568は、限定するものではないが、正味濃度オーバーライド568a、流速オーバーライド568b、投与時刻オーバーライド568c、持続時間オーバーライド568d、及び注入部位オーバーライド568eなどのオーバーライドを含むことができる。 Override 568, but not limited to, it may comprise a net concentration override 568a, a flow rate override 568b, administration time override 568C, duration override 568d, and an override such injection site override 568E. オーバーライド568は、医師及び/又は薬局に対するメッセージを生成する520ことができる。 Override 568 may 520 be generated message to physicians and / or pharmacy. 注入システム210は、メッセージを生成する520ことが必要であるか否かを決定する際に、システム全体にわたるオーバーライドとサブシステムのオーバーライドを区別することができる。 The infusion system 210, in determining whether it is necessary 520 to generate a message can be distinguished overriding overrides and subsystems throughout the system.

オーバーライドは、臨床家が許容範囲をオーバーライドする権限を有するか否かの表示を含むことができる。 Overriding the clinician may include an indication of whether it has the authority to override a tolerance range. 例えば、流速オーバーライド568bは、注入オーダを入力している臨床家がシステムの流速許容範囲542bをオーバーライドする権限を有しているか否かを表示することができる。 For example, the flow rate override 568b may clinician have entered the infusion order can be displayed whether the user has authority to override the flow rate tolerance 542b of the system. この表示は、患者医療システム100又はサブシステムに適用することができる。 This display can be applied to the patient care system 100 or subsystem. 持続時間オーバーライド568dは、注入オーダを入力している臨床家116がシステムの持続時間542dをオーバーライドする権限を有しているか否かを表示することができる。 The duration override 568d may clinician 116 that enter the infusion order can be displayed whether the user has authority to override the duration 542d system. この表示は、患者医療システム100又はサブシステムに適用することができる。 This display can be applied to the patient care system 100 or subsystem. オーバーライド566はまた、オーバーライドの理由568fの表示をも含む。 Overrides 566 also includes a display of override reasons 568f. オーバーライドの理由568fは、臨床家116がドロップダウンメニューから選択することができる。 Overriding reasons 568f, the clinician 116 can be selected from the drop-down menu.

注入オーダ作成504の結果が注入オーダ702である。 Result of infusion order creation 504 is an infusion order 702. 注入オーダ702は、注入スケジュール704を含むことができる。 Infusion order 702 may include an infusion schedule 704. 注入システム210は、注入オーダ702がアクティブである限り、時間を予測し、要求に応じて特定されない場合、該時間に対する注入バッグの充填のための注入スケジュール704を生成することができる。 The infusion system 210 as long infusion order 702 is active, to predict the time, if not specified according to the request, it is possible to generate the infusion schedule 704 for filling the infusion bag for said time. オーダする臨床家は、注入オーダに対して終了日を特定する必要がない。 The ordering clinician, there is no need to specify an end date for the infusion order. 注入システム210は、注入システム210に定められた許容範囲542に基づいた注入バッグ送達の自動スケジューリングを含むことができる。 The infusion system 210 may include automatic scheduling of infusion bag delivery based on the allowable range 542 defined in the infusion system 210.

(オーダ準備) (Order preparation)
図9は、図6の注入オーダ準備506用の機能要素を示すブロック図である。 Figure 9 is a block diagram showing functional components for infusion order preparation 506 of FIG. 注入準備506は、注入オーダ702(図8)を準備するための機能ブロックを含む。 Injection preparation 506 includes functional blocks for preparing infusion order 702 (FIG. 8). 注入準備506は、限定するものではないが、準備場所の決定506a、成分スキャン506b、バッグ持続時間チェック506c、及び薬剤ラベル124a用のバーコード印刷506dを含むことができる。 Injection preparation 506, but are not limited to, determining preparation location 506a, it may include a component scan 506b, bag duration checking 506c, and bar code printing 506d for medication labels 124a. バーコード印刷506dは、ラベル印刷326(図4)を参照して上述した機能を含むことができる。 Bar code printing 506d refers to the label printing 326 (FIG. 4) may include the above-described functions.

注入オーダが注入システム210に入力された後、準備指示が準備場所にルーティングされる。 After infusion orders are entered into the infusion system 210, preparation instructions are routed to prepare place. 準備場所は、注入システム210の準備プログラム506及び注入要素に依存する。 Preparation location depends on the preparation program 506 and injection element of the injection system 210. 注入システム210は、注入オーダが準備されることになる場所を特定する準備領域データベース546aなどの調整可能なデータベースを含むことができる。 The infusion system 210 may include adjustable databases, such as preparation area database 546a that identify where infusion order is to be prepared. 注入オーダは、薬局、又はフロア若しくは治療場所106のような遠隔位置で準備することができる。 Infusion order may be prepared at a remote location such as a pharmacy, or floor or treatment location 106. 臨床家116は、デジタルアシスタント118又はディスプレイを有する他の装置上に表示することのできるイベント管理情報を用いて、成分のバーコード確認を含む準備工程を通じて誘導される。 Clinician 116 uses the event management information that may be displayed on other devices with digital assistant 118 or a display, is derived through the preparation step includes a bar code confirmation component.

薬剤ラベル124aは、成分及び成分濃度を識別する。 Medication label 124a identifies the ingredients and ingredient concentrations. 薬剤ラベル124aは、どの位置にも印刷することができる。 Medication label 124a may be printed in any position. 薬剤ラベル124aは、バーコード印刷506dを含むのが好ましい。 Medication label 124a preferably includes a bar code printing 506d. バーコード印刷506dは、各注入バッグ用のバーコードラベル124aの印刷を含むことができる。 Bar code printing 506d may include the printing of the bar code label 124a for each infusion bag. ラベル124aは、正しい薬剤が正しい時間に且つ/又は正しい順序で投与されることを保証するのを支援する。 Label 124a may help to ensure that the right medication is administered and / or the correct order at the right time. 交互注入オーダ及び逐次注入オーダは、特に、順序誤り及びタイミング過りを招きやすい。 Alternating infusion order and sequential infusion order, in particular, tends to cause the zero crossing order error and timing. バーコード印刷506dは、注入オーダ702の各バッグに対する独自のバーコードラベルの印刷を含むことができる。 Bar code printing 506d may include printing a unique bar code label for each bag infusion order 702. バーコード印刷506dはまた、注入バッグ内の成分の組み合わせ及びそれらの成分の濃度を独自に識別するバーコードラベル124aの印刷をも含むことができる。 Bar code printing 506d may also combinations and concentrations of the components of the components of the infusion bag may also include printing a unique identifying bar code label 124a. 薬剤124用バーコードは、接頭辞、接尾辞、及び全米医薬品コード(NCD)を含むことができる。 Barcode agent 124, the prefix may contain suffix, and National Drug encoding (NCD). 一実施形態では、バーコードは、ロット及び期限切れをも含むことができる。 In one embodiment, the bar code can also include a lot and expiration. 代替的に、ロット及び期限切れを含む別個のバーコードを提供してもよい。 Alternatively, it may be provided a separate bar code including the lot and expiration. アクティブRFIDタグ又はパッシブRFIDタグ、磁気帯等を含むバーコードの他の実施形態を用いてもよい。 Active RFID tags or passive RFID tag may use other embodiments of the bar code including the magnetic strip or the like.

(薬剤投与) (Drug administration)
図10は、図6の薬剤投与512用の機能要素を示すブロック図である。 Figure 10 is a block diagram showing functional components for medication administration 512 of FIG. 薬剤投与512は、薬剤を患者112に投与するために用いられる機能ブロックを含む。 Medication administration 512 includes functional blocks used to administer a drug to a patient 112. 薬剤投与512は、薬剤バーコードの読み取り512a、患者バーコードの読み取り512b、有効期限チェック512cの実行、滴定通知512d、流速対点滴速度の表示512e、「随時」注入開始512f、運転パラメータのダウンロード512g、及び時間監視512hを含むことができる。 Medication administration 512, the drug bar code reading 512a, the patient barcode reading 512b, execution of the expiration check 512c, titration notification 512 d, the flow rate to drip rate display 512e, "needed" infusion initiation 512f, downloading operating parameters 512g , and it can include time monitoring 512h. 注入システム210はまた、漸減オーダ及び交互オーダなどの1つ以上の流速を有する可能性のあるオーダを、目下投与中の注入バッグに対する流速に変換することもできる。 The infusion system 210 also orders that may have more than one flow rate, such as tapering the order and alternating orders, may be converted into the flow rate for the infusion bag currently being administered. 注入システム210はまた、逐次オーダなどの異なる成分の入った注入バッグを有するオーダを、目下投与中の注入バッグに対する流速に変換することもできる。 The infusion system 210 also orders with sequential infusion bag containing the different components, such as the order, can be converted into the flow rate for the infusion bag currently being administered.

薬剤124の投与と同時に、臨床家116は、薬剤ラベル124aをスキャンする。 Simultaneously with administration of the medication 124, the clinician 116 scans the medication label 124a. 注入システム210は、注入オーダの実行を開始する際、流速を変更する際、バッグを交換する際、及び/又は注入オーダを停止する際にバーコードを付したラベル124aをスキャンする工程を含む。 The infusion system 210, when starting the execution of the infusion order, when changing flow rates, comprising the step of scanning a label 124a marked with bar codes when stopping when exchanging bags, and / or an infusion order. 注入システム210は、バーコードを付したラベルを有する注入バッグがその時に且つ患者112に対して投与されるべきであることを確認する。 The infusion system 210 infusion bag with a label marked with bar codes to confirm and that should be administered to a patient 112 at that time. 流速及び投与された量を含む薬剤投与の履歴は、収集して維持することができる。 History of drug administration, including flow rates and dosage quantity may be maintained collected and. 幾つかの注入オーダは、注入バッグのほんの一部分の特定の量を投与しようといった意図をもって、注入バッグの吊り下げを要求する。 Some of the infusion order a specific amount of a fraction of the infusion bag with the intent that was said to be administered, and to request the suspension of the infusion bag. 注入システム210は、臨床家116が注入バッグのある量を投与することをオーダするのを可能にする。 The infusion system 210, clinician 116 makes it possible to order the administration an amount of an infusion bag. ほとんどの注入ポンプが、投与すべき量又は流速及び時間を定める機能を有している。 Most infusion pumps have the function of determining the amount or flow rate and time to be administered. いったんこの時間が経過すると、注入ポンプは、その後の投与を自動的に防止する。 Once this time has elapsed, the infusion pump will automatically prevent subsequent administration. 注入システム210は、投与臨床家に対するリマインダとして、薬剤ラベル124aに、それを部分的に投与すべきであり且つ適切な量を投与すべきであるというメッセージを提供する。 The infusion system 210, as a reminder to the administered clinician, to medication label 124a, to provide a message that it should be administered partially should be administered and appropriate amount.

流速対点滴速度表示512eは、流速対点滴速度関数548fにより生成されたデータを用いて、投与臨床家に、目下の注入バッグに対する点滴速度を提供する。 Flow rate to drip rate display 512e uses data generated by flow rate to drip rate function 548f, administration clinician, provide drip rates for the instantaneous infusion bag. 薬剤投与512中、臨床家116は、デジタルアシスタント118を用いて、流速及び他の運転パラメータをチェックすることができる。 Among medication administration 512, the clinician 116 uses a digital assistant 118, it is possible to check the flow rate and other operating parameters. 流速変更1002b(図11)は、リアルタイムで通信される。 Flow rate changes 1002b (FIG. 11) are communicated in real-time.

注入システム210は、PRN注入又は「随時」注入の開始512fを含むことができる。 The infusion system 210 may include a start 512f of the PRN infusion or "optionally" injection. 「随時」注入開始512は、新たなアクティブオーダの作成及びPRN薬剤の調剤を生じさせる。 "Needed" infusion initiation 512 causes the creation and preparation of the PRN medication new active order. この選択肢は、臨床家116に、患者に対してなされた先行PRNオーダのリストからPRN注入を選択するように促す工程と、要求された注入バッグのデフォルト値を1に設定する工程とを含むことができる。 This option is the clinician 116, to include a step of setting a step of prompting from a list of previous PRN orders made to the patient to select a PRN infusion, the default value of the requested infusion bags to one can. 臨床家116は、要求された注入バッグの量を変更する権限を有することができる。 The clinician 116 may have the authority to modify the requested quantity of infusion bags.

運転パラメータのダウンロード512gは、医療と関連付けられた患者識別子及び/又はリストバンド112aから取り出した患者識別子が中心位置における医療と関連付けられた患者識別子と同一であるか否かを判定する工程を含むことができる。 Download 512g of operating parameters, medical patient associated with the identifier and / or patient identifier retrieved from the wristband 112a includes a step of determining whether or not the same as the patient associated with the medical identifier in the central position can. 判定は、第1のコンピュータ、例えば第1の中央サーバ109によって行われることが多い。 Determining a first computer, for example, it is often performed by the first central server 109. 注入システム210が種々の患者識別子が同一でのものはないと判断した場合、本システムは、アラームメッセージ520を生成することができる。 If the infusion system 210 determines that the various patient identifiers are not the ones in the same, the system may generate an alarm message 520. 種々の患者識別子が同一であると注入システム210が判断した場合、注入システム210は、医療機器332へ直接運転パラメータをダウンロードすることができる。 If the infusion system 210 various patient identifiers are the same is determined, the infusion system 210 can directly download the operating parameters to the medical device 332. 注入システム210は、運転パラメータを、注入ポンプ120などの医療機器332に送ることができる。 The infusion system 210 may send the operating parameters to a medical device 332, such as infusion pump 120.

システムプログラム210の1つの利点は、医療機器332をプログラムするのに運転パラメータを利用できるようになる前に、医療機器332に対する運転パラメータが、デジタルアシスタント118又は遠隔位置のどのような他のコンピュータも通過する必要がない点である。 One advantage of the system program 210 before being able to use the operating parameters to program the medical device 332, the operating parameters for the medical device 332 is also digital assistant 118 or a remote location what other computer it is that there is no need to pass through. 遠隔位置のコンピュータをバイパスすることは、患者112へ薬剤124を投与するにあたっての潜在的な過誤の源を排除する。 Bypassing computers remote location eliminates a potential source of errors in order to administer the medication 124 to the patient 112. 医療機器332に対する運転パラメータは、様々な検証が達成されると仮定すれば、医療機器332へ「直接」送ることができる。 Operating parameters for the medical device 332, assuming various validation is achieved, can be sent "directly" to the medical device 332. この脈絡において、「直接」とは、デジタルアシスタント118又は遠隔位置のどのような他のコンピュータも通過することなく運転パラメータを医療機器へ送ることができることを意味する。 In this context, the term "directly" means that it is possible to send the operating parameters to the medical device without also digital assistant 118 or a remote location what other computer passes.

別の実施形態では、注入システム210は、中央コンピュータが第2の薬剤識別子を受け取る追加ブロック(図示せず)を含むことができる。 In another embodiment, the infusion system 210 may include additional central computer receives the second medication identifier block (not shown). 遠隔位置の臨床家116は、第2の薬剤識別子を入力することができる。 Clinician 116 of the remote location may enter the second medication identifier. 第2の薬剤識別子は、改訂された第1の薬剤識別子であることができる。 The second medication identifier may be a first medication identifier that was revised. 例えば、第2の薬剤識別子は、第1の患者ID及び運転パラメータの発生源である処方箋又は電子医師オーダの一部であることができる。 For example, the second medication identifier may be part of the prescription or electronic physician order is the source of the first patient ID and the operating parameters. 次いで、注入システム210は、運転パラメータを医療機器へ送る前に、第1と第2の薬剤IDが同等であることを確認することができる。 Then, the infusion system 210 can confirm that prior to sending the operating parameters to the medical device, the first and second agent ID are equivalent. 第2の薬剤IDは、処方が入力される時点と薬剤124が治療場所106に到着する時点の間で、改訂された第1の薬剤IDに置き換えることができる。 Second agent ID is between the time the time the medication 124 prescription is input arrives at the treatment location 106, it may be replaced by a first agent ID that was revised. 次いで、第2の薬剤識別子が薬剤ラベル124aに含まれていた第1の薬剤識別子と同等でない場合、注入システム210は、警報を鳴動させることになる。 Then, if the second medication identifier is not equivalent to the first medication identifier that was included in the medication label 124a, the infusion system 210 will be sounding an alarm. 更に別の実施形態では、注入システム210は、運転パラメータが医療機器332をプログラムするために用いられる追加ブロック(図示せず)を含むことができる。 In yet another embodiment, the infusion system 210 may include additional operating parameters are used to program the medical device 332 blocks (not shown).

ブロック512などの注入システム210の様々なブロックが、デジタルアシスタント118上に治療情報を表示する機能を含むことができる。 Various blocks of the infusion system 210, such as block 512 can include a function of displaying treatment information on the digital assistant 118. これは、注入ポンプ120のディスプレイ120c上の情報を正確に映し出す情報を表示する機能を含むことができる。 This may include the ability to view the exact Utsushidasu information the information on the display 120c of infusion pump 120. 注入ポンプ120のディスプレイ120c上の情報は、患者112、患者の位置、及び注入オーダに関する情報で補完することができる。 Information on the display 120c of infusion pump 120 may be supplemented by information patient 112, the patient location, and to infusion order. この情報は、注入ポンプ120の複数のチャネルに関する情報を含むことができる。 This information may include information regarding multiple channels of infusion pump 120. 表示される情報は、限定するものではないが、性格、プロンプトライン、状態表示行、操作アイコン及び揚程表示などの情報を含むことができる。 The information displayed includes, but is not limited and can include personality, prompt line, status line, information such as operation icons and pump head display. 操作アイコンは、滴下、停止符号、流れチェックピギーバック、及び遅延開始を含む。 Operation icon includes dropping, stop sign, flow check piggyback, and delay start. 揚程表示は、薬物ラベル及び注入速度などの情報を含む。 Lift display includes information such as the drug label and the infusion rate. 当業者は、上述の表示情報及び操作アイコンには精通している。 Those skilled in the art are familiar with the display information and the operation icon above.

注入システム210の時間監視機能512hは、オーダを完了するための残りの時間及び投与すべく残っている注入オーダの量を計算する。 Time monitoring 512h of the infusion system 210 calculates the remaining time and amount of infusion order that remains to be administered to complete the order. 臨床家116が注入オーダの実施、流速の変更、及び注入状態のチェックのために注入システム210を用いる場合、注入システム210は、投与すべく残っている時間及び量を計算し、計算結果がバッグの一部分を用いることになることを示した場合、それを示す。 Clinician 116 exemplary infusion order, changes in flow rate, and the case of using an injection system 210 for checking the injection state, the infusion system 210 calculates time and volume remaining to be administered, the calculation result is Bag case shown to be a the use of a portion, which is shown. 例えば、全量を投与する前に停止すべきオーダの最終バッグの際、及び/又は全量を投与する前に交換しなければならないオーダのバッグの際に、臨床家116は、デジタルアシスタント118並びに/若しくはカート132上にアラートを受ける。 For example, when the order last bag should be stopped prior to administering the total amount, and / or when the order of the bag must be replaced prior to administering the total amount, the clinician 116, the digital assistant 118 and / or receive an alert on the cart 132. アラートは、「150mlのみ投与」などのメッセージを含むことができる。 Alerts can include a message such as "administration 150ml only".

時間監視512hは、バーコードスキャンを用いて、流速に対してなされたあらゆる変更を追跡する機能を含む。 Time monitoring 512h includes using a bar code scanning, the ability to track any changes made to the flow rate. 薬局は、変更に従って次に必要な注入バッグの準備506を調整するようにリアルタイムで通知される。 Pharmacies are notified in real time to adjust the preparation 506 of the next required infusion bag according to the changes. 準備506及び薬剤投与512の監視により、薬剤124のジャストインタイムの送達が可能となる。 The monitoring of preparation 506 and medication administration 512, it is possible to delivery of just-in-time of the drug 124. ジャストインタイムの送達は、注入オーダの中止又は修正による無駄を減らす。 Delivery of just-in-time, reduce waste due to discontinuation or modification of the infusion order. 監視はまた、患者112の安全も保証する。 Monitoring is also, to guarantee the safety of the patient 112.

PRNオーダの滴定に関しては、オーダ内の滴定条件に流速を変更しなければならないことが示されている場合、臨床家116は、必要な流速変更について自動的に通知を受ける。 For the titration of the PRN orders, where indicated may need to change the flow rate of the titration conditions in the order, clinician 116 is automatically notified of required flow rate changes. 注入システム210は、流速の滴定速度への変換548fを計算するための定義済み関数を含む。 The infusion system 210 includes defined functions for calculating a conversion 548f to the flow velocity of the titration rate. 注入システム210によって定義された値は、調整可能とすることができる。 Defined value by the injection system 210 may be adjustable. 注入システム210は、処置を施している間臨床家116を支援するために、流速の点滴速度への自動変換548fを含むことができる。 The infusion system 210, in order to assist the clinician 116 while subjected to treatment, can include automatic conversion 548f to drip rate of the flow rate.

(オーダの文書化及び修正) (Documentation and modification of the order)
図11は、注入オーダの文書化1012、及び図6の注入オーダの修正514並びにメッセージング520用の機能要素を示すブロック図である。 11, document 1012 infusion orders, and is a block diagram showing a modification 514 and functional elements for messaging 520 of infusion order of FIG. 修正514は、既存の注入オーダを修正するために用いられる機能ブロックを含む。 Fixed 514 includes functional blocks used to modify existing infusion orders. 修正514は、新たなオーダを作成して既存の注入オーダを更新することと見ることもできる。 Fixed 514 can also be viewed as updating the existing infusion orders to create a new order. 修正514は、修正変更1002、通常、新たなオーダに対して全てのオーダリングオプションが利用可能である1004、再チェック1006、再チェックオーバーライド1008、及び新たな流速対新たな点滴速度の表示1010を含むことができる。 Fixed 514, the correction changes 1002, generally including all ordering options available for the new order 1004, rechecks 1006, recheck overrides 1008, and new flow rate versus new drip rate display 1010 be able to. 注入オーダの修正は文書化1012及び、メッセージング520につながることが多い。 Modification of infusion order document 1012 and often leads to messaging 520. 修正514は、処方修正モジュール336(図4)に関して説明した機能を含む。 Modification 514 includes the functions described with respect to prescription modification module 336 (FIG. 4). しかしながら、修正514には、限定するものではないが、処方箋エントリ324、処方箋起動306、及び処方許可308などの患者医療システム100の他の部分からもアクセスすることが可能である。 However, the modification 514, but are not limited to, prescription entry 324, but may also be accessed from other parts of the patient care system 100 such as prescription activation 306, and prescription authorization 308.

修正514には、持続時間の修正1002a、流速の修正1002b、新たな注入部位の使用1002c、修正理由の識別1002d、注入バッグの量の識別1002e、及び停止オーダの処理1002fが含まれる。 The modification 514, the duration modification 1002a, modifying the flow rate 1002b, using a new infusion site 1002c, modified for reasons of identification 1002d, the amount of infusion bag identification 1002e, and includes processing 1002f stop order. 臨床家116は、患者112が嘔吐しているときのように、患者112が不快感を訴えている場合又は体液平衡を促進する場合には、オーダなくして注入速度を変更することもできる。 The clinician 116, such as when the patient 112 is vomiting, when promoting or when fluid balance patient 112 is complaining of discomfort, it is also possible to change the order without and infusion rate.

修正変更1002には、新たな持続時間の識別1002a、新たな流速の識別1002b、新たな注入部位の識別1002c、修正理由の識別1002d、注入バッグ内の残量の識別1002e、停止オーダ516が含まれる。 The modification changes 1002, contains new duration identification 1002a, identifying a new flow rate 1002b, new infusion site identification 1002c, modified for reasons of identification 1002d, identifying the remaining amount of the infusion bag 1002e, stop orders 516 It is. 最初の注入オーダ作成504中に利用可能なオーダリングオプションは、通常、注入オーダの修正に対しても利用可能である。 Ordering options available during initial infusion order creation 504, is also available for normal, the infusion order modifications. 最初のオーダ作成504中に利用可能なオーダリングオプションには、図8に示すものが含まれる。 The ordering options available during initial order creation 504 include those shown in FIG. 再チェック1006及び再チェックオーバーライド1008は、図8を参照して説明したチェック564並びにオーバーライド566に類似している。 Recheck 1006 and recheck overrides 1008 are analogous to checks 564 and overrides 566 described with reference to FIG. 新流速対新流速の表示1010は、臨床家が薬剤投与512中に過誤の可能性を最小限に抑えるのを支援する。 Display 1010 New flow rate versus new flow rate, the clinician to help in minimizing the possibility of errors during medication administration 512. 修正された注入オーダは、修正された注入スケジュールをもたらすことができる。 The modified infusion order may lead to modified infusion schedule.

流速は、注入が不注意によって短時間停止された場合に調剤のスケジュールを変更することなく遅れを取り戻すためなどの理由により、治療場所106において頻繁に修正される。 Flow rate, injection reasons such as to make up for lost time without changing the schedule for preparation when it is stopped briefly inadvertently, are frequently modified in treatment location 106. そのような修正では、新たな注入スケジュール704を薬局に連絡する必要はないかもしれない。 In such a modification, it may not be necessary to contact a new infusion schedule 704 to the pharmacy. 他の場合には、新たなスケジュール704は、薬局又は他の調剤スタッフに連絡しなれればならない。 In other cases, the new schedule 704, must get used to contact the pharmacy or other preparation staff. 流速の修正1002bは、注入オーダのスケジューリング変更及び/又は適切な臨床家116に対するメッセージ520をトリガする。 Fixed 1002b of flow rate, triggers a message 520 for scheduling changes and / or appropriate clinician 116 infusion orders.

臨床家116が治療場所106において注入システム210に流速の修正1002bを入力する際に、臨床家116は、注入スケジュール704を再計算して薬局に送信することを選択することもできる。 When the clinician 116 enters a modification 1002b of flow rate to the infusion system 210 at treatment location 106, clinician 116 may also the infusion schedule 704 recalculated to choose to transmit to the pharmacy. 臨床家116は、バーコード印刷506dモジュールによって新たな薬剤ラベル124aを印刷することを要求する選択肢を有する。 The clinician 116 has the option of requesting to print a new medication label 124a by the bar code printing 506d module. 新たな薬剤ラベル124aは、先に準備された注入バッグのいずれかに関する新たな情報を反映するデータを含む。 New medication label 124a include data reflecting the new information regarding any of the infusion bag has been prepared previously.

注入システム210及び/又は臨床家116は、注入部位の修正1002cを要求することができる。 The infusion system 210 and / or clinician 116 may request a modification 1002c injection site. 部位は、コンピュータ画面上の解剖図のリストから選択することができる。 Sites can be chosen from a list of anatomical drawing on a computer screen. 臨床家116には、修正の理由を識別する1002dように要求することができる。 The clinician 116 may be required to identify 1002d so the reason for the modification. 限定するものではないが、タイミングに関するオーバーライドの理由546f及び流速に関するオーバーライドの理由546gなどのデータベースに格納された理由を、臨床家116による識別を容易にするために表示することができる。 But not limited to, can be displayed reason stored in the database, such overriding reasons 546g relating override reasons 546f and flow rate regarding the timing, in order to facilitate identification by the clinician 116. 医師がオーダした修正に対する別個のハードコードされた理由が存在し得る。 Why doctors are separate hard-coded for modifications that order may be present. 医師がオーダした修正に対しては、医師を識別するように臨床家116に要求することができる。 For modifications physician order may request the clinician 116 to identify the physician.

修正を実行する前に、現在の注入バッグ内の残量が識別される1002e。 Before performing the correction, 1002e that remaining in the current infusion bag is identified. 臨床家116には、修正前の流速及び/又は量の表示値から計算された量を受け取るオプションを提供することができる。 The clinician 116 may provide an option to receive an amount calculated from the displayed value of the flow rate and / or amount before modification.

所望であれば、現行の注入を停止する1002fことができる。 If desired, it is possible 1002f to stop current injection. オーダの停止が要求されない場合、例えば同一の注入バッグを新たな流速及び/又は新たな追加薬剤と併せて使用することができ、古い流速を識別して修正された流速と比較することができる。 If the stop of the order is not required, for example, the same infusion bag along with a new flow rate and / or a new additional agents can be used, it can be compared to the flow rate that has been modified to identify the old flow rate.

先に準備されたどの注入バッグも、新たな注入スケジュール704に基づいて期限切れをチェックすることができる。 Any infusion bags that has been prepared ahead, it is possible to check the expiration based on the new infusion schedule 704. 一時的な停止若しくはオーダ保留の後に注入オーダが再開される際に、すでに準備されていた溶液の期限切れに関して期限切れチェックを行うことができる。 When infusion order after a temporary stop or order hold is resumed, with respect to expiration of solutions that have already been prepared it is possible to perform the expiration check.

新たな注入スケジュール704は、薬局又は他の準備場所における準備506を制御するために用いられる。 New infusion schedule 704 is used to control the preparation 506 in the pharmacy or other preparation site. システムのデフォルト値544は、いずれかの準備されたバッグを請求書発行インターフェース312を通じて患者112に対する貸方に記入すべきか否か、及びそれらを在庫に対する貸方に記入すべきか否かに関して設定することができる。 The default value 544 of the system can be set for either prepared bag whether to credited to the patient 112 via billing interface 312, and whether or not to fill them in credit for inventory .

注入オーダ変更1002は、新たなオーダに対して利用可能な全てのオーダリングオプション1004を含む。 Infusion order changes 1002 include all ordering options 1004 available for a new order. 修正された流速は、限定するものではないが、正味濃度1006a、流速1006b、投与時刻1006c、持続時間1006e、及び注入部位1006fなどの規則及び許容範囲に関してを再チェックすることができる1006。 Modified flow rate, but are not limited to, net concentration 1006a, flow rate 1006b, administration time 1006c, can be re-checked with respect to rules and tolerances such as duration 1006e, and infusion site 1006f 1006. オーバーライド1008は、許容範囲外の修正に対して利用可能とすることができる。 Override 1008 may be made available to unacceptable modification. 注入システム210はオーバーライド及び当初のオーダに特定された時刻以外の時刻に投与中の薬剤に対する理由を表示する1008fことができる。 The infusion system 210 may 1008f to display the reason for the drug in the dosage at any other overrides and time specified in the original order. 臨床家116には、修正に対する理由を識別するように要求することができる。 The clinician 116 may be required to identify a reason for the modification.

注入システム210は、修正された流速1002と関連付けられた修正された点滴速度を示す表示を臨床家116に提供することができる。 The infusion system 210 may provide an indication of modified drip rate associated with flow rate 1002 modified clinician 116. 表示情報は、流速対滴速度548fの定義済み関数によって計算することができる。 Display information can be calculated by a predefined function of the flow rate Taishizuku speed 548f. 注入システム210には、点滴速度を計算するのに用いるために、注入システム210内で用いられる典型的な注入チューブに関する記述を提供することもできる。 The infusion system 210 for use in calculating drip rates can also provide a description of typical infusion tube used in the infusion system 210..

修正は、注入システム210による注入バッグの期限切れの確認及びオーダの完了前に注入バッグの期限が切れる場合の臨床家116へのメッセージの提供をもたらす。 Modification, resulting in the provision of a message to the clinician 116 if the expiration check and the infusion bag expires prior to the completion of the order of the infusion bag by injection system 210 is turned off. メッセージは、薬局と連絡をとるように臨床家116に要求することができる。 Message, it is possible to request the clinician 116 contact the pharmacy. 限定するものではないが、あらかじめ混合された溶液及び注入システム210外で製造された溶液などの溶液に対する注入バッグの期限切れの確認は、スキャンコードの構文解析を含むことができる。 But are not limited to, the expiration check of the infusion bag for solutions such as solutions prepared by premixed solutions and infusion system 210 outside, it may include parsing the scan code.

流速オーバーライド1008bは、注入オーダを修正する臨床家116が新たな注入オーダに対する承認を要求することなくオーダされた限界をオーバーライドする権限を有するか否かを表示することができる。 Flow rate override 1008b may provide an indication of whether authorized clinician 116 modifying the infusion order overrides the ordered limits without requiring approval for a new infusion order. この表示は、患者医療システム100又はサブシステムに適用することができる。 This display can be applied to the patient care system 100 or subsystem.

文書化1012は、リアルタイムで注入オーダ情報を取り込む。 Documentation 1012 captures infusion order information in real time. 文書化には、同時実施中の複数の注入、及び限定するものではないが、持続時間変更1002a、流速変更1002b、量変更1012c、及び注入部位変更1002dの文書化が含まれる。 The document, a plurality of injection in co embodiments, and without limitation, duration changes 1002a, include documentation of flow rate changes 1002b, volume changes 1012c, and infusion site changes 1002d.

注入システム210は、臨床家116が流速におけるあらゆる変更を変更が生じているときに捕捉するのを支援することができる。 The infusion system 210, clinician 116 can help to capture when changes any changes in flow rate occurs. 臨床家116は、モルヒネ注入の流速を4mlから2mlに減らすことのなどの、注入オーダにおいて要求される流速変更を行うことができる。 The clinician 116 may be performed such that the reduced to 2ml flow rate of morphine injected from 4 ml, a is the flow rate change request in infusion order. 注入システム210は変更を新たなオーダとして認識することができるが、注入システム210は、修正されたオーダが新たなバッグの生成をもたらさないように、重複を回避するように設定することができる。 Although the infusion system 210 may recognize the change as a new order, the infusion system 210, as modified order does not result in generation of a new bag can be set to avoid duplication.

文書化1012は、限定するものではないが、注入一時停止、注入中止、及び/又は注入再開などの変更を文書化する機能を含む。 Documentation 1012, including, without limitation, injection pause, discontinue infusion, and the ability to document changes such as / or resume infusion. 臨床家116は、注入部位に欠陥がある、注入が外れているなどの様々な理由によって注入を停止することができ、且つ/又は患者112の動きを促進するために注入をヘパリン/生理食塩水ロックすることができる。 The clinician 116 injection site is defective, the injection by a variety of reasons, such as injection is off can be stopped, and / or heparin / saline injection to facilitate movement of the patient 112 it can be locked. 注入は、新たな部位/注入が回復されたときに再開することができる。 Infusion may be resumed when a new site / infusion has been restored. しかしながら、これにかけることのできる時間の長さは可変であってもよく、通常、注入システム210によって記録される。 However, the length of time that can be applied thereto may be variable, typically recorded by the infusion system 210.

政府規制では、注入投与の工程における全ての停止の追跡が要求されることが多い。 The government regulations, tracking of all stops in the step of injection administration are often required. 注入システム210は、投与臨床家116が薬剤ラベル124aをスキャンし、許容範囲設定542によって生成された許容範囲のような許容範囲に基づいて流速を調整1002aすることにより、デジタルアシスタント118又は他のコンピュータ装置上に流速の修正を文書化することを可能にする。 The infusion system 210 administered clinician 116 scans the medication label 124a, allowed by the flow rate adjusting 1002a based on the allowable range as the allowable range which is generated by the range setting 542, the digital assistant 118, or other computer It makes it possible to document the modification of the flow velocity on the device. 流速の修正1002bは、関連する薬局の注入スケジュール704にリアルタイムで対応し、患者治療領域106に対するジャストインタイムの注入バッグの在庫管理を保証する。 Fixed 1002b of flow rate corresponds in real time infusion schedule 704 of the associated pharmacy to ensure inventory control infusion bag just-in-time to the patient treatment area 106. 文書化1012は、特定の状況下で、オーダの遡及適用を可能にすることができる。 Documentation 1012, under certain circumstances, may allow for retrospective application of the order.

注入システム210は、注入部位1012d及び複数の注入部位に対する複合注入1012eを文書化する機能を含む。 The infusion system 210 includes the ability to document the composite implant 1012e for infusion site 1012d and multiple injection sites. 多くの状況において、患者112は、幾つかの注入薬剤が1つの部位に流入し且つ他の注入薬剤が別の部位に注入されるように、複数の薬剤124及び「未−済」注入を有することができ、例えば、モルヒネ注入、右腕(部位1)に注入される抗生物質及び生理食塩水並びにTPN及び二重管腔CVL(部位2)内に流入する2/3&1/3。 In many situations, the patient 112, as several infusions flows into one site and other infusions are injected into a separate site, the plurality of agents 124 and - having a "not done" injection it can, for example, morphine infusion, flows into the right arm antibiotic is injected into (site 1) and saline and TPN and double lumen CVL (site 2) 2/3 & 1/3. 注入システム210は、どの部位を通じて様々な流体が注入されているかについて臨床家116が文書化することを可能にする。 The infusion system 210, clinician 116 makes it possible to document whether various fluids are injected through which site. 集中治療室のような治療場所106においては、2つ以上の多くの注入薬剤を、1つのライン又は1つの管腔内に流入させることができる。 In the treatment location 106, such as intensive care, two or more of a number of injection agents can be made to flow into one line or one lumen. 臨床家116は、CVLのどの管腔に注入又は薬剤が流入しているかを示すことができる。 The clinician 116 may indicate whether injection or agent is flowing into the lumen of CVL throat.

注入システム210は、注入用の部位の位置1012d及びどのような部位位置の変更も文書化する機能を含む。 The infusion system 210 includes the ability to position 1012d and also documented change what portion position of the sites for infusion. 注入部位は、閉塞又は方策により、頻繁に変更される。 Injection sites, the obstruction or strategy, change frequently. 従って、臨床家116は、注入が外されその後再開された場合に部位位置の変更を文書化しなければならない。 Accordingly, the clinician 116 must document a change in the site location if injection is removed it is then resumed.

注入システムは、集中型の装置構成を提供する。 Infusion system provides a device configuration of a centralized. 注入ポンプ120などの医療機器に対する運転パラメータは、デフォルト値及び/又は許容範囲を含むことが多い。 Operating parameters for the medical device, such as infusion pump 120, often include defaults and / or tolerances. デフォルト値及び/又は許容範囲、例えば流速許容範囲542bは、注入システム210、並びに/若しくは機器332に関連付けられた記憶装置内に常駐させることができる。 The default values ​​and / or tolerance, for example flow rate tolerance 542b, the injection system 210, and / or can reside in a storage device associated with the device 332. 例えば、注入ポンプ120は、関連付けられた流速許容範囲を有する薬剤のテーブルを有するデータベースを含むことができる。 For example, infusion pumps 120 may include a database having a drug having a flow rate tolerance associated table. 臨床家116が関連付けられた流速許容範囲を越える流速を入力した場合、臨床家116は警告を受け、次いで、続行することを許可されるか、又は続行を禁止される。 If the clinician 116 enters a flow rate exceeding the flow rate tolerance associated with, the clinician 116 receives the warning, then either allowed to continue, or is prohibited from continuing. 心拍数モニタなどの機器332はまた、アラートに対して設定可能な許容範囲をも有することができる。 Equipment 332 such as heart rate monitors may also be having a tolerance that can be set for the alert. アラートに加え、ネットワーク名、IPアドレス、ポーリング周期、及び色などの多くの他の特徴を一般に、機器332に対して設定することができる。 In addition to alerts, the network name, IP address, polling frequency, and many other features such as color can generally be set to the device 332. 注入システム210は、医療機器332を1台又はそれ以上の中央コンピュータから個々に又はグループで設定する機能を含む。 The infusion system 210 includes the ability to configure the medical device 332 from one or more central computers individually or in groups.

システム設定パラメータは、第1の種類の医療機器に対して定義することができる。 System configuration parameters may be defined for a first type of medical device. システム設定パラメータは、特定の第1の種類の機器がその特定の第1の種類の機器に適用されるより特定的な設定パラメータを有していない限り、第1の種類の機器によって送受される。 System configuration parameters, unless they have a specific configuration parameters from a particular first type of device is applied to that particular first type of device, is transmitted and received by the first type of equipment . 例えば、第1の複数の第1の種類の医療機器は、一般的医療処置の場所に配置することができる。 For example, a first plurality of a first type of medical device may be placed where common medical procedure. 第2の複数の第1の種類の医療機器は、集中的医療処置の場所に配置することができる。 A second plurality of the first type of medical device may be placed where the intensive medical treatment. 一般的医療処置の場所は、特定の設定パラメータを有しないかもしれず、一方、集中的医療処置の場所は特定の治療パラメータを有しない。 General medical treatment place, no Shirezu may not have the specific configuration parameters while the specific treatment parameters location of intensive medical treatment. システム設定パラメータは、特定の設定パラメータが例えば集中的医療処置の場所に適用されない限り、注入システム210全体にわたる全ての第1の種類の医療機器、即ち一般的医療処置の場所内の機器に適用されることになる。 System configuration parameters, unless applied to a specific setting location parameters, for example, intensive medical treatment, all of the first type of medical devices throughout the infusion system 210, is applied to the device in other words in place of common medical procedure It becomes Rukoto.

各種類の機器に対し、特定のグループに分けられた機器全体にわたるその種類の全ての機器に適用されるパラメータは、特定の機器がそのような定義を有するグループに属する場合、該特定の設定パラメータが注入システム210内のより更に特定的なレベルにオーバーライドされない限り、システム設定パラメータをオーバーライドする。 For each type of device, parameters that apply to all devices of that type across devices divided into a specific group, if a specific device belongs to the group having such a definition, the specific configuration parameters but unless overridden by more specific level more within the infusion system 210, to override the system configuration parameters. グループは、臨床サービス、看護室、及び/又はサービスと看護室の組み合わせとして定義することができるかもしれない。 Group clinical services, nursing rooms, and and / or service may be defined as a combination of the nursing room.

各種類の機器に対し、ユーザは、あらゆる他の定義をオーバーライドする特定の範囲の属性を有するオペレーションに用いられる種類の全ての機器に適用される設定パラメータのセットを定義することができる。 For each type of device, the user can define a set of configuration parameters that apply to all devices of the type used in operations having attributes of a specific range to override any other definition. 病院においては、オペレーションは、注入オーダ及び患者の体重、薬物、患者の病態、及び患者の重症度を含むかもしれない属性からなる可能性がある。 In hospitals, operation, infusion order and the patient's weight, the drug, can consist may not attribute MAY contain the patient's condition, and the severity of the patient.

機器は、一般的なグループ、特定のグループの一部として識別し、且つ/又はデータベース内のテーブル内の機器アドレスを含むことにより、特定の患者に関連付けることができる。 Devices, general group, by including the device address in a table of identified as part of a particular group, and / or database, may be associated with a particular patient. 次いで、一般的な又は特定の設定パラメータを、機器の識別情報に従って該機器に送信することができる。 Then, a general or specific configuration parameters may be sent to the instrument according to the identification information of the device. 次いで、その特定の設定パラメータを、注入システム210にリードバックし、最初に送信された設定パラメータと比較して、最初の設定パラメータが機器332によって正しく受信されたことを確認することができる。 Then the specific configuration parameters, the infusion system 210 to read back and compared with the set parameters sent first, initial setting parameters can confirm that it was correctly received by the device 332. 設定パラメータが正しく受信されなかった場合、注入システム210は、矛盾又は通信障害を識別するメッセージ520を提供することができる。 If the configuration parameters were not correctly received, the infusion system 210 may provide a message 520 identifying the inconsistency or communication failure.

注入システム210は、中央コンピュータを経由せずに機器においてなされた設定パラメータに対する変更を検出し、メッセージ及び/又はアラート520を送信することができる。 The infusion system 210 may detect changes to configuration parameters made at device without going through a central computer, to send a message and / or alert 520. 注入システム210はまた、機器に、それらの設定パラメータを確認するようにポーリングすることもできる。 The infusion system 210 also the device can also be polled to verify their configuration parameters. システム及び/又は特定の設定パラメータが変化すると、該変化を、注入システム210において識別されたグループ分けに従ったグループに属すると本システムにおいて識別された全ての機器332に伝播することができる。 When the systems and / or specific configuration parameters change, the said alteration can be propagated to all devices 332 identified in the present system belongs to the group in accordance with the groupings identified in the infusion system 210.

本書類及び関連の特許請求の範囲全体を通じて、「中心位置」及び「遠隔位置」は、互いに相対的な用語である。 Throughout the scope of the present document and related claims, "center position" and the "remote location" is a relative term to each other. 「遠隔位置」は、患者112が注入ポンプ120を通じて治療を受けている患者治療場所106のような、制御された医療機器を通じて患者が治療を受けている任意の場所である。 "Remote location", such as a patient treatment location 106 where patient 112 is receiving treatment through an infusion pump 120 is any location where a patient is receiving treatment through a controlled medical device. 「中心位置」は、限定するものではないが、薬局のコンピュータ104の位置及び中央システム108のような、医療機器を運転するためのパラメータにアクセス可能な、遠隔位置以外の任意の場所である。 "Center position", but are not limited to, such as location and the central system 108 of pharmacy computer 104, accessible to the parameters for operating the medical device is any location other than the remote location. 典型的な配置では、治療場所106などの幾つかの遠隔位置は、中心位置と連通している。 In a typical arrangement, several remote locations, such as treatment location 106, are in communication with the central position.

本開示はシステム210内の注入ポンプ120の使用に焦点を当てているが、本発明の範囲を逸脱することなく他の医療機器をシステム210内で用いることができることが理解される。 Although this disclosure has focused on the use of infusion pumps 120 in the system 210, it is understood that it is possible to use other medical devices without departing from the scope of the present invention within system 210. 例えば、様々な種類の医療機器には、限定するものではないが、注入ポンプ、人工呼吸器、透析機等が含まれる。 For example, the various types of medical devices include, but are not limited to, infusion pumps, ventilators, include dialysis machine. 追加の種類の医療機器は、微小電子機械システム(MEMS)構成要素である。 Additional types of medical devices is a micro-electromechanical systems (MEMS) component. MEMSは、大きさをミリメートルより小さくすることのできる極めて小さい装置を創り出すのに用いられる技術である。 MEMS is a technology used to create a very small device that can be smaller than millimeter size. MEMS素子は一般に、ガラスウエハ又はシリコンから製造されるが、この技術は、半導体産業におけるその起源をはるかに越えて成長している。 MEMS devices are typically is manufactured from a glass wafer or silicon, this technology has grown far beyond its origins in the semiconductor industry. 各装置は、光学素子、流体素子、電気素子、化学元素及び生物医学的要素に加えて運動する機械的部品を組み込むことのできる、チップ上に統合されたマイクロシステムである。 Each device may be incorporated optical element, the fluid element, an electric device, a mechanical moving parts in addition to the chemical elements and biomedical elements, a micro system integrated on a chip. 得られたMEMS構成要素は、圧力、振動、化学物質、光、及び加速を含む多くの種類の入力に応答する。 The resulting MEMS components, pressure, vibration, chemical, responsive light, and the input of many types including acceleration. MEMS構成要素は、様々な種類のポンプ、フローバルブ、流量センサ、チューブ、圧力センサ又は要素の組み合わせを含む幾つかの異なる要素とすることができる。 MEMS components can be a number of different elements including various types of pumps, a flow valve, a flow sensor, tubing, a combination of pressure sensors or elements.

従って、MEMS構成要素の1つの利用法は、図53に概略的に示すインラインMEMSポンプ5314としての利用法である。 Thus, one uses for MEMS component is usage as an inline MEMS pump 5314 shown schematically in FIG. 53. MEMSポンプ5314は、点滴用バッグ5320内に含まれた流体を、チューブ5312を通じ、アクセス用装置5324を通じてそこから患者の体内にポンピングすることができる。 MEMS pump 5314, the fluid contained in the infusion bag 5320, through tube 5312, can be pumped into the patient's body from which through access device 5324. MEMS構成要素は、それに取り付けられたMEMSの局所的電子機器要素を有しており、MEMSの電子機器要素は、外部の耐久性を有するMEMS制御装置に接続し、該MEMS制御装置が、本明細書に記載する本発明の注入ポンプ120のように、システム210と通信することができる。 MEMS components has a local electronic device elements mounted MEMS thereto, electronic equipment components of the MEMS are connected to the MEMS controller having an external durability, the MEMS controller, hereby as in the infusion pump 120 of the present invention described in the book, it is possible to communicate with the system 210. MEMSポンプ5314の一実施形態では、MEMSの電子機器要素5332は、MEMSポンプ5314に内蔵されており、MEMSパラメータの操作情報を格納することができるのが好ましい。 In one embodiment of the MEMS pump 5314, the electronic device elements 5332 of the MEMS is incorporated in MEMS pump 5314 preferably able to store the operation information of the MEMS parameters. その電子機器及び電源を有するMEMS制御装置は、物理的に又は無線でMEMSの電子機器要素に接続することができる。 Its electronics and MEMS controller having a power supply is physically or wirelessly can be connected to an electronic device element of MEMS. 一実施形態では、パラメータの操作情報は、取り外し可能なMEMS制御装置5338からロードすることができる。 In one embodiment, the operation information of the parameters can be loaded from a removable MEMS controller 5338. ポンプ要素5314は、MEMSの電子機器5332内に局所的に格納された情報に基づいて、チューブ5312を通る流体の流れを生成するのが好ましい。 Pump element 5314, based on the information locally stored within the MEMS electronic devices 5332, preferably to produce a flow of fluid through the tubing 5312. この情報は、配線式であるが取り外し可能なMEMS制御装置5338からダウンロードされるのが好ましい。 This information is a wired preferably be downloaded from the detachable MEMS controller 5338. 更に、MEMS構成要素は、無線通信によってシステム210と通信することができる。 Furthermore, MEMS component may communicate with the system 210 by wireless communication. 更に、MEMS制御装置は、システム210を往来する情報の転送を行うことができ、無線又は有線の通信路を通じた本システム210内のMEMS構成要素の制御及び照会処理を完全に自動化している。 Furthermore, MEMS controller, can be used for transferring information to traffic system 210 is fully automated control and query processing MEMS components of the system 210 through a wireless or wired communication path.

MEMS又は他の台頭しつつある経済的な製造技術の利用は、ポンピング、バルビング、及び感知などの付加的機能性を提供する使い捨てラインセットにMEMS要素を追加する機会を提供する。 Use of economical production techniques are becoming MEMS or other rise provides pumping, valving, and the opportunity to add the MEMS elements in the disposable line set that provides additional functionality such sensing. 支援用局所電子機器のうちの幾つか又は全部を、ラインセットの使い捨て部分に含めることもできるであろう。 Some or all of the local electronics support, could also be included in the disposable portion of the line set. 例えば、ポンプ、圧力センサ、及び/又は流量センサ、バルブ、若しくは使い捨て要素の組み合わせに対する較正情報を含むメモリチップを含めることは好ましいかもしれない。 For example, a pump, a pressure sensor, and / or flow sensor, the inclusion valve, or a memory chip that contains calibration information for the combination of the disposable elements may be preferred. 廃棄性は、後続の各適用間でのシステム構成要素の費用のかかる滅菌に対する必要性を排除するので望ましい。 Disposability is desirable as it eliminates the need for costly sterilization of subsequent system components between each application.

(ポップアップウィンドウ) (Pop-up window)
一実施形態では、本システムは、ポップアップウィンドウを介して、1種類又はそれ以上の薬剤に関連する情報を臨床家に自動的に提供することができる。 In one embodiment, the system can via a pop-up window, automatically provide the one or information related to more agents to the clinician. 薬剤テーブルは、中央データベース108bに入力されるのが好ましい。 Agents table is preferably input to a central database 108b. 薬剤テーブルは、1種類又はそれ以上の薬剤の一般名、及びそれに関連する任意の商品名を含むことができる。 Drug table can include generic name of one or more agents, and any product name associated with it. 薬剤テーブル内の各薬剤に、ポップアップウィンドウを介した表示用のそれぞれのメッセージがリンクされている。 Each drug in the drug table, each message for display via the popup window is linked. メッセージは、医療施設が定めるか、又はシステム供給者があらかじめ定めることができる。 Message, or medical facilities stipulated, or system supplier can be determined in advance. 各薬剤に関連付けられたメッセージは、1)例えば取り扱い又は暴露の際の薬剤に関連する危険、2)臨床家による薬剤の投与法、3)薬剤に関する医師の参照情報、4)薬物注入用の適切なポンプチャネル、及び5)ピギーバック注入に対するローラクランプの開放などの注入設定手順に関する警告に関するのが好ましい。 Messages associated with each agent, 1) For example risks associated with drug during handling or exposure, 2) administration of the drug by the clinician, 3) physician reference information about the drug, 4) suitable for drug infusion pump channel such, and 5) preferably about warnings injection setting procedure, such as opening the roller clamp for the piggyback infusion.

ポップアップウィンドウは、CPOEを介して医師によって薬剤がオーダされている際、薬剤が薬局等によって処理されている際、及び臨床家によって薬剤が患者に投与されている際などの、薬剤が計算装置内に選択又は入力される際に表示される。 Pop-up window, when the drug is an order by the doctor via a CPOE, when the drug is being processed by the pharmacy or the like, and the like when the drug is administered to the patient by the clinician, the drug in the computing device It is displayed when selected or entered into. 一実施形態では、遠隔位置の計算装置上での薬剤の選択又は入力が完了すると、中央システム108内のデータベースがアクセスを受け、該薬剤に関連付けられたポップアップウィンドウメッセージのうちの少なくとも1つが遠隔計算装置に提供され、臨床家に表示される。 In one embodiment, when the drug selection or input on a computing device remote location is completed, the database in the central system 108 receives an access, at least one remote computing of the pop-up window message associated with drug is provided apparatus, it is displayed on the clinician.

薬剤に関連付けられたポップアップウィンドウメッセージのうちの少なくとも1つは、薬剤オーダ、処理、及び投与手順の特定のステップの開始と同時に、表示用に提供されるのが好ましい。 At least one of the pop-up window message associated with the drug, the drug order, processing, and at the same time as the start of the specific steps of the administration procedures, preferably provided for display. 例えば、CPOEなどの計算装置への薬剤の入力と同時に、該薬剤に関する医師参照情報に関するメッセージを有するポップアップウィンドウが表示され、一実施形態では、該薬剤に関連する危険に関する別のポップアップウィンドウを表示することができる。 For example, simultaneously with the agent of the input to the computing device, such as a CPOE, a pop-up window with a message about the physician reference information about the drug, in one embodiment, to display another popup window about risks associated with drug be able to. 次いで、薬局等によるオーダの処理の際に、薬局内の計算装置104上に1つ又はそれ以上のポップアップウィンドウが表示され、薬剤に関する一般情報、及び薬剤に関連する発生し得る危険が提供される。 Then, during processing of the order by pharmacies, one or more pop-up windows on the computing device 104 in the pharmacy is displayed, general information, and the risk that may occur related to the drug is provided to pharmaceutical . 次に、臨床家によってオーダが実行されている際に、薬剤の投与に関する情報、また、一実施形態では、薬剤の取り扱い方法などの薬剤に関連する発生し得る危険を知らせるために、臨床家に関連付けられた計算装置(即ちハンドヘルド118)上に1つ又はそれ以上のポップアップウィンドウが表示される。 Then, when being executed orders by the clinician, information about the administration of the drug, and in one embodiment, to inform the danger that may occur related to drugs, such as handling of drugs, the clinician one or more pop-up window on the associated computing device (i.e., the handheld 118) is displayed.

計算装置上に表示されるポップアップウィンドウは、薬剤オーダ、処理、及び臨床家によって実行中の投与手順におけるステップに特定のものであるのが好ましい。 Pop-up window is displayed on the computing device, the drug order, processing, and preferably one particular step in the procedure of administration under execution by a clinician. 例えば、医師参照情報を含むポップアップウィンドウは、ハンドヘルド装置118を介して看護師に表示されないのが好ましい。 For example, a pop-up window containing the physician reference information is preferably not displayed to the nurse via the handheld device 118. それにもかかわらず、一実施形態では、薬剤が特定の計算装置に選択又は入力される際にポップアップウィンドウを表示すべき時と場合は、ユーザ若しくは病院が定めることができる。 Nevertheless, in one embodiment, the agent may the time to display a pop-up window when selected or entered on the particular computing device, may be defined by the user or hospital.

ポップアップウィンドウを表示すべき時と場合を薬局が定めるのも好ましい。 Define the case and when to display a pop-up window is pharmacy is also preferred. 例えば、ポップアップウィンドウは、普通薬に対しては表示されないのが好ましい。 For example, pop-up window, preferably not appear on plain drugs. その代わりに、ポップアップウィンドウは、ポップアップウィンドウ内の追加情報が薬剤のオーダリング、調剤、又は投与を支援することになると薬局若しくは医療施設が考える薬剤に対して表示されるのが好ましい。 Alternatively, a pop-up window, additional information of the drug ordering in the pop-up window, dispensing, or preferably when it comes to supporting administered pharmacy or medical facility is displayed to the drug considered.

(薬剤の投与) (Administration of the drug)
薬剤124を注入システム210で投与する方法を以下に説明する。 The method of administering the drug 124 in the infusion system 210 will be described below. 本方法は、注入オーダを修正する機能を含む。 The method includes the ability to modify the infusion order. 修正には、流速、注入部位の修正、注入の一時的停止、注入の再開、及び新たな薬剤124容器の吊り下げが含まれる。 The modification, the flow rate, the correction of the injection site, temporary cessation of infusion, restarting the infusion, and a new medication 124 container hanging. 本方法は、患者に関連付けられたバーコード512bをスキャンする工程と、薬剤に関連付けられたバーコード512aをスキャンする工程と、注入が混合物である場合に期限切れを確認する工程512cと、修正の理由を選択する工程1002dと、注入バッグの残量を記録するか又は前の量及び流速から計算された値を受け取る工程1002eとを含む。 The method reasons the steps of scanning a bar code 512b associated with the patient, the steps of scanning a bar code 512a associated with the drug, a step 512c to check the expiration when injection is a mixture, modified the includes the step 1002d for selecting, a step 1002e receiving the remaining amount calculated values ​​or from the previous amount and flow rate to record the infusion bag. 注入バッグの期限切れの確認512cは、混合物テーブル及び/又はバーコードの使用を含むことができる。 Expiration check 512c of the infusion bag may include the use of a mixture table and / or a bar code.

修正の理由は、定義済みテーブル546gから選択することができる。 The reason for modification may be selected from predefined table 546 g. 修正の理由は、医師がオーダした変更に対するハードコードされた値をも含むことができる。 The reason for the modification may also include a hard-coded value for the change physician order. ハードコードされた値を選択する場合、臨床家116は、医師のリストから医師を選択するように促される。 When selecting a hard-coded value, the clinician 116 is prompted to select the physician from a list of physicians. 主治医は、医師のリスト内のデフォルト値とすることができる。 The attending physician, can be a default value in the list of doctors.

薬剤124の投与を停止させるための迅速選択機能、例えば停止オーダ1002fがあってもよい。 Quick selection function for stopping the administration of the agent 124, for example there may be stop orders 1002f. 迅速選択が選択されない場合、以下の工程を含むことができる。 If rapid selection is not selected, it can comprise the following steps. 流速を記録し且つ/又は流速に関する前値を受け取る工程−前値は、デジタルアシスタントのディスプレイ118a上、注入ポンプのディスプレイ120c上、及び/又は医療用カート132上に表示される;前流速をオーダされた流速と比較する工程−この比較は、注入システム210又はサブシステムの規則及び許容範囲を用いて達成することができる;適切なメッセージを表示する工程;流速と点滴速度との間の変換を表示することができる1012−変換は、注入システム210に定義済みの点滴速度変換テーブル548fに基づいて計算することができる。 Step receive prior values ​​for and / or flow rate to record the flow rate - the previous value, the digital assistant display 118a, the display 120c of infusion pump, and / or displayed on the medical cart 132; order the previous velocity step comparing the flow speed - this comparison may be accomplished using rules and tolerance of the infusion system 210 or subsystem; conversions between flow rates and drip rates; display an appropriate message step 1012- conversion can be displayed can be calculated based on the predefined drip rate conversion tables 548f to the infusion system 210. 注入システム210は一般に、チューブに基づく記述を用いて臨床家116が正しい点滴速度変換を選択するのを容易にする。 The infusion system 210 generally facilitates clinician 116 to select the correct drip rate conversion using the description based on the tube.

流速を変更する工程は、注入システム210が予定流速に基づいて注入バッグの有効期限を確認する工程をトリガする。 The step of changing the flow rate, the infusion system 210 triggers a step of confirming the expiration date of the infusion bag based on scheduled flow rate. 溶液の有効期限が投与前又は投与中に切れる場合、例えば「この溶液の有効期限は予定投与期間中に切れる。薬局に連絡のこと」といったメッセージが臨床家116に送信される。 If the expiration date of the solution expires before or during the administration of administration, for example, messages such as "the expiration date of the solution expire during the scheduled administration period. It Contact the pharmacy" is transmitted to the clinician 116. それがあらかじめ混合された注入バッグ及び/又はカスタマイズされた注入バッグである場合、有効期限は、可能であれば、スキャンコードを構文分析することによって確認される。 If it is a premixed infusion bag and / or customized infusion bag, the expiration date, if possible, it is verified by parsing the scan code. 前注入部位が受け入れられるか、又は新たな注入部位の位置が、リスト若しくはグラフィカルな解剖図から選択される。 Before or infusion site is accepted, or the position of a new injection site, is selected from a list or a graphical anatomical drawing. 次いで、スケジュール704が再計算され、薬局の在庫補充が実行される。 Then, the schedule 704 recalculated, restocking pharmacy is executed. 注入システム210は、患者及び臨床家116を識別するためのバイオメトリクスを含むことができる。 The infusion system 210 may include biometrics for identifying patients and clinicians 116.

臨床家116が注入システム210にアクセスするのを許可する前に、注入システム210は、臨床家116の識別に関連する情報にアクセスする。 Before the clinician 116 to allow for access to the infusion system 210, the infusion system 210 accesses information related to the identity of the clinician 116. 注入システム210は、臨床家116のバッジ116aを読み取るためのバーコードリーダなどの装置を用いて、臨床家116を識別することができる。 The infusion system 210, using a device such as a bar code reader for reading a badge 116a clinician 116 may identify the clinician 116. 本システムはまた、臨床家116を確実に識別するために、臨床家がシステムの許可されたユーザであることを保証するために、また臨床家116が注入システム210の各部分にアクセスする権限を有するか否かを判断するために、バイオメトリクスを用いることもできる。 The system can also be used to reliably identify the clinician 116, because clinicians to ensure that the user is permitted system, also the authority clinician 116 to access different parts of the infusion system 210 whether to determine a, it is also possible to use biometrics. 注入システム210は、臨床家116が注入システム210にアクセスするのを認可するために、臨床家バッジ116a、又は他のキー、及び検証済みの生物測定による一致の組み合わせを要求することができる。 The infusion system 210, for the clinician 116 to authorize access the infusion system 210 may request the clinician badge 116a, or other key, and a combination of matching by validated biometric. 本システムはまた、臨床家バッジ116aが臨床家バッジ116a、又は他のキーを読み取るために用いられる機器の近傍から除去されている際には、注入システム210へのアクセスを終了するように設定することもできる。 The system also when the clinician badge 116a is removed from the vicinity of the equipment used to read the clinician badge 116a, or other key is set so as to terminate the access to the infusion system 210 it is also possible.

バイオメトリクスは、測定された生物学的データを統計的に解析する技術及び科学である。 Biometrics is a statistical analysis technique and scientific the measured biological data. バイオメトリクスの1つのフィールドは、指紋などの固有の物理的特徴を判定するフィールドである。 One field of biometrics is a field determining the specific physical characteristics such as fingerprints. バイオメトリクスは、個人を注入システム210のようなデジタルシステムに対して識別することを可能にする。 Biometrics makes it possible to identify individuals against digital systems, such as infusion system 210. デジタル型の人物が生成され、トランザクション及び対話をより便利で安全なものにする。 Digital type characters are generated, and the transactions and interactive more convenient and safer. 識別のための生体測定学上の特徴には、限定するものではないが、指紋、顔、虹彩及び網膜の走査、並びに声識別などの特徴が含まれる。 The biometric studies on features for identification, but are not limited to, fingerprint, face, includes features such as iris and scanning of the retina, as well as voice identification. バイオメトリック装置は、スキャニング装置又は読み取り装置、スキャンした情報をデジタル形式に変換するためのソフトウェア、及び格納された記録との比較用にバイオメトリック情報を格納するための記憶装置を含む。 Biometric devices include a storage device for storing the biometric information scanning device or reader, the scanned information for comparison with software for converting the digital format recording, and stored. ソフトウェアは、アルゴリズムによって処理されたデータのうちの特定の一致点を識別し、該データを比較する。 Software identifies specific matched points of data processed by the algorithm, comparing the data. パスワード、PINコード、及びスマートカードとは異なり、注入システム210のバイオメトリクスは、遺失、忘却、又は盗まれることがあり得ない。 Password, unlike the PIN code, and smart cards, biometrics infusion system 210, lost, forgotten, or impossible be stolen.

バイオメトリックスキャナは、臨床家116のバッジ116aを読み取るための装置と関連付けることができる。 Biometric scanner may be associated with a device for reading a badge 116a clinician 116. 例えば、バイオメトリックスキャナは、バーコードリーダのハンドル上の親指指紋リーダとすることができる。 For example, the biometric scanner may be a thumb print reader on the bar code reader handle. 別の実施形態では、バイオメトリックスキャナ及び電子キーリーダを、携帯用薬剤カート及び/又は医療機器上に配置することができる。 In another embodiment, it is possible to arrange the biometric scanner and an electronic key reader on the portable drug cart and / or medical devices. 臨床家116が電子キーを医療機器から特定の距離内に置くと、プロセッサは、それが求めるべき特定の個人の電子バイオメトリック識別ファイルを見分けることになる。 When the clinician 116 places within a certain distance electronic key from the medical device, a processor will identify the specific individual electronic biometric identification file should it seek. 注入システム210は、臨床家116に彼のバイオメトリック情報をスキャンするように促すのが好ましい。 The infusion system 210 is preferably a clinician 116 prompting to scan his biometric information. バイオメトリック情報は、ある種のバイオメトリック読取装置又はバイオメトリックスキャニング装置によって注入システム210に入力される。 Biometric information is input into the infusion system 210 by some biometric reader or biometric scanning device. スキャンされたバイオメトリック情報と事前に格納された特定の個人の電子バイオメトリック識別ファイルとの間に一対一の比較が行われる。 One-to-one comparison is made between the scanned biometric information and the specific person stored in advance in the electronic biometric identification file. この一対一の一致比較は、それが一致を求めて臨床家データベース全体を探索することを必要としないために、一対多の一致ファイルよりも効率的である。 Match comparison of this one-to-one, because it does not require to search the entire clinician database for a match, it is more efficient than a one-to-many matching files. 代わりに、1つのみの特定の比較が行われる。 Alternatively, a specific comparison only one is performed. 一致点がある場合、次いで、臨床家116は、医療機器332へのアクセスを許可される。 If there is a match point, then, the clinician 116 is granted access to the medical device 332. 一致点がない場合、臨床家116は、アクセスを拒絶される。 If there is no match point, the clinician 116 is denied access.

更に、別の実施形態では、医療機器は、制御装置を有しない。 Further, in another embodiment, the medical device does not have a controller. 例えば、医療機器は、制御装置を有しないポンピング装置とすることができ、逆に、別個の制御装置から制御信号を単に受け取るだけである。 For example, the medical device may be a no pumping device control device, conversely, merely receiving a control signal from a separate controller. 一実施形態では、そのような医療機器に対する制御装置は、第1の中央コンピュータ109とすることができる。 In one embodiment, the control device for such medical devices may be a first central computer 109. 従って、第1の中央コンピュータ109は、医療機器に直接制御信号を送信し、該医療機器を制御することができる。 Accordingly, the first central computer 109 transmits a direct control signal to the medical device, it is possible to control the medical device.

別の実施形態では、注入システム210が臨床家116に対してアクセスを許可した後、注入システム210は、電子キーがバイオメトリックスキャナ、又はバイオメトリックスキャナの近傍から除去されるときに、そのアクセスを終了する。 In another embodiment, after the infusion system 210 permits the access to the clinician 116, the infusion system 210, when the electronic key is removed from the vicinity of the biometric scanner or biometric scanner, the access finish. 電子キーをそれ以内に保持しなければならない近傍は、あらかじめ定めることができ、且つ/又は可変でプログラム可能な注入システム210のパラメータとしてもよい。 Neighborhood must maintain electronic key within it, can be predetermined, and / or variable with or as a parameter in a programmable infusion system 210.

一実施形態では、注入システム210は、暗号化されたデジタル指紋テンプレート、臨床家の氏名、ログイン名、及びパスワードを含む。 In one embodiment, the infusion system 210 includes an encrypted digital fingerprint template, a clinician's name, a login name, and a password. 臨床家識別子を実装する1つの技術には、Dallas Semiconductor technologyが提供している「IBUTTON 400」技術が含まれる。 The one technology that implements the clinician identifier includes "IBUTTON 400" technology that Dallas Semiconductor technology has to offer. 注入システム210は、臨床家が指を指紋スキャナ上に置いたときに起動することができる。 The infusion system 210 may clinician starts when placing the finger on the fingerprint scanner. 注入システム210が一致点を見つけると、注入システム210は、注入システム210にログインするように臨床家116に要求することができる。 If the infusion system 210 finds a match point, the infusion system 210 may request the clinician 116 to log into the infusion system 210. 注入システム210が生物測定学的一致を見出さない場合、本システムは、臨床家116が注入システム210にアクセスするのを許可しない。 If the infusion system 210 does not find a biometric match, the system does not allow the clinician 116 to access the infusion system 210.

別の実施形態では、バイオメトリック情報を格納しているデータベースを、中央システム108、薬局のコンピュータ104、及び/又は治療場所106内に保持することができる。 In another embodiment, it is possible to maintain a database that stores the biometric information, the central system 108, the pharmacy computer 104, and / or the treatment location 106. 治療場所106では、このデータベースは、携帯用カート132、デジタルアシスタント118、及び/又は医療機器332内で維持することができる。 In treatment locations 106, the database may be maintained by the mobile cart 132, the digital assistant 118, and / or within the medical device 332. このような分散されたデータベースは、たとえネットワーク102が様々な位置間で通信を行うことができない場合でも、遠隔装置にアクセスすることを可能にする。 Such distributed databases, even if the network 102 is unable to communicate between various positions, to allow access to remote devices. ネットワーク102通信が回復したときに、遠隔及び中央データベースを他の位置で修正されたあらゆる情報と同期させ、これにより両方の注入システム210のデータベースを適切に更新することができる。 When network 102 communication is restored, the remote and central databases is synchronized with any information modified at the other location, thereby databases both infusion system 210 can be appropriately updated.

注入システム210は、閉ループの注入療法管理システムを提供する。 The infusion system 210 provides infusion therapy management system of a closed loop. 閉ループは、臨床家116オーダで開始する。 Closed-loop begins with a clinician 116 order. 他の方法の中で、臨床家116は、デジタルアシスタント118及び/又は医療用カート132を通じてオーダを入力することができる。 Among other methods, the clinician 116 may enter the order through digital assistant 118 and / or the medical cart 132. その後、オーダは、薬局許可508及び医師許可510に対してリアルタイムで利用可能となる。 Thereafter, the order is made available in real time to the pharmacy authorization 508 and physician authorization 510. オーダは、電子薬剤投与記録(eMAR)としてリアルタイムで利用可能である。 Order is available in real-time as an electronic medication administration record (eMAR). eMARは、注入実施のために臨床家116が利用できる。 eMAR the clinician 116 can be used for injection implementation. 注入システム210は、薬剤投与512及び流速変更1002bなどの修正514を、自動的に文書化する。 The infusion system 210, medication administration 512 and modifications, such as flow rate changes 1002b 514, automatically documented. 薬剤投与512の工程を通じて、注入システム210は、注入システム210及び/又はサブシステムの在庫・請求書発行518を同時に調整する。 Through the process of medication administration 512, the infusion system 210 adjusts infusion system 210 and / or subsystem inventory and invoicing 518 simultaneously. 注入システム210はまた、イベント管理及び決定支援データをも提供する。 The infusion system 210 also provides event management and decision support data. 注入システム210は、それがワークステーション、無線タブレット、及びハンドヘルドデジタルアシスタント118上で作動することができるという意味で、装置独立型である。 The infusion system 210, in the sense that it can operate on the workstation, wireless tablets, and handheld digital assistant 118 is device independent. 注入システム210は通常、リアルタイムで作動するが、注入システム210の工程の様々な段階を調整するために、バッチ処理及び他のメッセージングを用いることができる。 The infusion system 210 will usually operate in real time, in order to adjust the various stages of the infusion system 210 processes may be used batch processing and other messaging.

閉ループの注入療法管理システムは、注入オーダエントリ560、オーダ準備506、及び注入状態の可用性を含む。 Infusion therapy management system of closed loop, infusion order entry 560, order preparation 506, and the availability of injection state. 注入オーダエントリ560は、限定するものではないが、処方箋エントリモジュール324、処方修正モジュール336、及び薬局インターフェース316などの幾つかの手段を通じて可能である。 Infusion order entry 560 may include, but are not limited to, prescription entry module 324, it is possible through several means, such as prescription modification module 336, and a pharmacy interface 316. コンピュータ画面400は、注入オーダを入力する際に用いることができる。 Computer screen 400 may be used when entering the infusion order. 注入状態は、患者112別の注入の利用法を提供し、薬局に追加注入バッグの必要性を知らせる。 Injection state provides uses of the patient-112 injection, informs the need for additional infusion bags to the pharmacy.

(臨床家の注入システムとの対話) (Dialogue with clinicians of the injection system)
更に、注入システム210は、臨床家116が注入システム210にアクセスできるかどうかを判断するために、ログインシステムを用いることができる。 Furthermore, the infusion system 210, for clinician 116 to determine whether access to the infusion system 210 can be used to log system. 注入システム210に対するログインシステムのインターフェース画面の一例を、図19のログイン画面1903に示す。 An example of an interface screen of login system for the infusion system 210, shown in the login screen 1903 of FIG. 19. そのインターフェース画面に、臨床家116がユーザ名とパスワードの両方を入力し、「ログイン」キーをクリックする。 To the interface screen, clinician 116 to enter both a user name and password, click on the "Login" key. システム210は、ユーザ名及びパスワードがシステム210に対して有効であることを確認するために、チェックを行う。 System 210, in order for a user name and password are confirmed to be effective for the system 210, a check. ユーザ名若しくはパスワードのいずれかが有効でない場合、システム210は、図20に示すログイン画面2005において、ログインできなかったことを臨床家116に通知することになる。 If either the user name or password is not valid, the system 210, the log-in screen 2005 shown in FIG. 20, will notify the clinician 116 could not be logged. 次いで、臨床家116は、ユーザ名及びパスワードを再入力してなんらかのエラーを修正する機会を有することになる。 Next, the clinician 116, will have the opportunity to correct any errors and re-enter the user name and password. ユーザ名及びパスワードが有効である場合、臨床家116は、システム210にアクセスできることになる。 If the username and password are valid, the clinician 116 will have access to the system 210. 更に、臨床家116がデジタルアシスタント118にログインしたがそれをある時間使用しない場合、システム210の安全対策により、臨床家116が再度ログインするまで、デジタルアシスタント118がそれ以上使用されることが防止される。 Furthermore, if it clinician 116 has logged into the digital assistant 118 is not used there it time, the safety of the system 210, until the clinician 116 login again, the digital assistant 118 is prevented from being used more that.

主任臨床家も、システム210にログインすることができる。 Senior clinicians also, it is possible to log in to the system 210. 本明細書に詳細に説明するように、主任臨床家は通常、臨床家の直属する上司又は特定の人物である。 As will be described in detail herein, the charge clinician is usually boss or a specific person for immediate clinician. 更に、主任臨床家は、臨床家に対するワークフローを支援するか、又はアラーム状態若しくはアラート状態を監視するのを支援する人物とすることもできる。 In addition, the charge clinician, whether to support the workflow for clinicians, or the alarm state or alert state can also be a person to assist in monitoring. 一般に、主任臨床家は、少なくとも1つの部門全体にわたる監督又は責任の任務を保持する。 In general, the charge clinician, holding the mission of supervision or responsibility over the entire at least one department. 従って、主任臨床家は、上述したログイン及びパスワードでログインし、次いで主任臨床家に関連する部門を選択しなければならない。 Therefore, the charge clinician, to sign in and password described above, must then select a department related to the charge clinician.

臨床家116が図19に示すログイン工程を完了し、システム210へのアクセスを許可された後、臨床家116は、幾つかの管理機能を実行することができる。 After the clinician 116 has completed the login process shown in FIG. 19, has been granted access to the system 210, the clinician 116 may perform some administrative functions. そのような管理機能の1つは、部門を選択することである。 One such management function is to select a department. 図21の部門選択インターフェース画面2105に示すように、臨床家16は、ドロップダウンメニュー2107から部門を選択することができる。 As shown in section selection interface screen 2105 of FIG. 21, the clinician 16 can select a department from the drop-down menu 2107. 図21に示す例では、臨床家は、「神経内科ICU」を部門として選択した。 In the example shown in FIG. 21, clinician, it was selected "Neurology ICU" as a department. 臨床家116がドロップダウンメニュー2107から適切な部門を選択した後、臨床家116は、矢印キー4809を押下して選択した部門に入ることができる。 After the clinician 116 has selected the appropriate department from the drop-down menu 2107, the clinician 116, you can enter the department selected by pressing the arrow keys 4809.

臨床家が実行することのできる別の管理機能は、臨床家のシフトを選択することである。 Another management function that can be clinician to perform is to select the shift of clinicians. 図22のシフト選択画面インターフェース2211に示すように、臨床家116は、標準シフト若しくはカスタマイズされたシフトのいずれかを選択することができる。 As shown in the shift selection screen interface 2211 in FIG. 22, the clinician 116 may select either the standard shift or customized shifted. その入力に対して、幾つかの選択可能な標準シフトがドロップダウンメニュー2107に提供される。 On its input, several selectable standards shift is provided in the drop-down menu 2107. しかしながら、臨床家116がカスタマイズされたシフトを選択した場合、該臨床家は、該カスタマイズされたシフトに対する開始時刻及び終了時刻を入力するように要求される。 However, if the clinician 116 selects the shift customized, the clinician is prompted to enter the start time and end time for the customized shifted. 臨床家116は、提供されている領域2255に、シフトを手入力し、次いでエンターキー4809をタップすることもできる。 Clinician 116 in a region 2255 that is provided, a shift manually entered, then it is also possible to tap the enter key 4809.

患者を見るインターフェース画面2313を図23に示す。 The interface screen 2313 to see the patient shown in Figure 23. この画面2313では、シフトが選択された後、臨床家116は、該臨床家116に関連する患者を見ることができる。 On the screen 2313, after a shift has been selected, the clinician 116 may be seen a patient associated with the clinician 116. 臨床家116はまた、該臨床家116に関連する仕事も見ることができる。 The clinician 116 can also be seen also work related to the clinician 116. 従って、患者、臨床家の仕事、又は両方に基づいて、「しなければならないこと」のリストを提供することができる。 Therefore, the patient, the clinician's work, or on the basis of both, it is possible to provide a list of "it must be". 特定の患者に対して要求される緊急医療のレベル間を区別するために、異なるレベルの陰影付け処理及び/又は着色を利用することができる。 To distinguish between the levels of emergency medical required for a particular patient, it is possible to use different levels of shading treatment and / or coloring. 更に、様々なアイコンを患者に関連付けて用い、患者に必要な医療を臨床家116に迅速に理解させることができる。 Furthermore, using in association with various icons to a patient, it is possible to quickly understand the necessary medical care to the patient the clinician 116. 図23の患者を見るインターフェース画面2313は、ボタン2315で更に患者を追加する機能を臨床家116に提供する。 Interface screen 2313 to see the patient of Figure 23 further provides the clinician 116 functions to add patient button 2315. 臨床家116が「患者を追加」キー2315を選択すると、臨床家に追加患者のリストを提供することができる。 When the clinician 116 to select the "Add a patient" key 2315, it is possible to provide a list of additional patients to clinicians.

臨床家116にはまた、図24に示す患者選択インターフェース画面2417を提供することもできる。 Also the clinician 116 may also provide a patient selection interface screen 2417 shown in FIG. 24. この画面2417で、臨床家116は、該臨床家のシフトに追加すべき患者を選択することができる。 In this screen 2417, the clinician 116, it is possible to select patients to be added to the shift of the clinician. 患者は、その臨床家に関連する部門からでもよく、異なる部門から患者を追加することを臨床家が選択してもよい。 The patient, often even from department to be associated with the clinician, the clinician may choose to add a patient from different departments. 臨床家116はまた、彼らがその患者に付くことになる時間を選択することもできる。 The clinician 116 also, they can also be used to select the time that will be attached to the patient. 更に、臨床家116は、キー2419で更に患者を見つけることもできる。 In addition, the clinician 116, it is also possible to further find the patient in a key 2419. 臨床家116がいつでもシフトから患者を除去することもできることも理解される。 It is also understood that it is also possible the clinician 116 to remove the patient from the shift at any time.

システム210は、臨床家のシフトに割り当てられた患者に特有の臨床家116にメッセージを提供することもできる。 System 210 may also provide a message to a specific clinician 116 patients assigned to the shift of the clinician. 一般的なメッセージは、オーダプロフィールの変更及び薬剤投与ミスなどの項目を含むことができる。 Common message may include items such as changes and drug administration errors of the order profile.

図25に示す患者情報メニューインターフェース画面2521も、本システム上で利用可能である。 Patient information menu interface screen 2521 shown in FIG. 25 are also available on the system. 患者情報メニュー画面2521は、選択された患者に関する小型の患者カルテを提供する。 Patient information menu screen 2521 provides a compact patient records regarding the selected patient. 患者メニュー画面2521はまた、臨床家116に、薬剤/注入投与、注入停止、注入再開、注入滴定、流速履歴、ポンプ状態、及びシフトからの患者の除去のような患者に関連する項目にリンクする機能をも提供する。 Patients menu screen 2521 also the clinician 116, the drug / infusion administration, injection stop, resume infusion, infusion titrated to link velocity history, pump state, and items related to the patient, such as the removal of the patient from the shift function also provides. 患者メニュー画面2521はまた、アレルギー及びHt/Wt、薬歴、及び検査結果に対するタブをも有する。 Patients menu screen 2521 also include allergic and Ht / Wt, medication history, and also has a tab for test results. アレルギー及びHt/Wtインターフェース画面2521aの一例を、図25aに提供する。 An example of allergy and Ht / Wt interface screen 2521a, provided in Figure 25a. 通常、この画面2521aは、ミニカルテが最初に開かれたときに表示される。 Usually, this screen 2521a is displayed when the Minikarute is first opened. それは、患者の薬物アレルギー及び一般的アレルギー、及び患者の身長及び体重の最新記録に関する情報を表示する。 It displays the patient's drug allergies and common allergies, and information on the latest recording of height and weight of the patient. 薬歴インターフェース画面2521bの一例を、図25bに提供する。 An example of a medication history interface screen 2521b, provided in Figure 25b. 通常、この画面2521bは、臨床家に、選択されたルックバック期間内の患者の薬歴を提供する。 Typically, this screen 2521b is, the clinician, to provide the medication history of the patient in the selected look-back period. ルックバック期間は、臨床家によって調整することができる。 Look-back period can be adjusted by the clinician. 最後に、検査結果インターフェース画面2521cの一例を図25cに示す。 Finally, it is shown in Figure 25c an example of the inspection results interface screen 2521c. 検査結果は、検査室インターフェースを通じて、システム210において入手可能となる。 Test results, through lab interface becomes available in the system 210. 全ての入手可能な結果が示され、新たな順に表示される。 All available results are shown, is displayed in a new order.

患者に対する注入スケジュールインターフェース画面2623を図26に示す。 The infusion schedule interface screen 2623 for the patient shown in Figure 26. この画面2623は、選択された患者に対する注入スケジュールを示す。 The screen 2623 shows the infusion schedule for the selected patient. 注入スケジュール画面2623上のモルヒネ硫酸塩に対するオーダ2625などの識別されたオーダのうちの1つをクリックすることにより、システム210は、図26aに示す薬剤オーダインターフェース画面2627にリンクすることになる。 By clicking on one of the identified orders, such as orders 2625 to morphine sulfate on infusion schedule screen 2623, the system 210 will be linked to the drug order interface screen 2627 shown in FIG. 26a. 薬剤オーダ画面2627は、特定のオーダ(即ちモルヒネ硫酸塩)に関するオーダの詳細2625を提供する。 Drug order screen 2627 provides the order details 2625 for a particular order (i.e. morphine sulfate). 詳細オーダ2625の一部として、警告2631及び追加情報2633にリンクする機能と同時に、治療パラメータ2629が提供される。 As part of the detailed order 2625, at the same time as the function to link to alert 2631 and additional information 2633, treatment parameters 2629 are provided.

図28は、予定された注入のうちの1つが失敗した患者プロフィール注入スケジュールインターフェース画面2835を示す。 Figure 28 is one of the scheduled infusion shows a patient profile infusion schedule interface screen 2835 that failed. 画面2835に示すように、「投薬失敗」アイコン4837が、予定のモルヒネ硫酸塩注入オーダ2839の隣に示されている。 As shown in screen 2835, "missed medication" icon 4837 is shown next to the morphine sulfate infusion order 2839 appointment. 「投薬失敗」アイコン4837をクリックすることにより、システム210は、臨床家116を、図29に示す投薬失敗インターフェース画面2941にリンクする。 By clicking the "missed medication" icon 4837, the system 210 links clinicians 116, the missed medication interface screen 2941 shown in FIG. 29. 投薬失敗画面2941は、投薬に失敗した理由2943を入力又はドロップダウンメニュー内で選択するように臨床家116に要求する。 Dosage failure screen 2941 requests the clinician 116 to select a reason 2943 failed to dosed at the input or the drop-down menu. 投薬失敗インターフェース画面2941はまた、臨床家116に、オーダ2839に対する投薬スケジュールを調整すべきか否かについても問い合わせる。 Missed medication interface screen 2941 also the clinician 116 inquires also whether or not to adjust the dosing schedule for the order 2839. 投薬スケジュールを調整するには、臨床家116が、インターフェース画面2941上の選択ボックス2945を選択する。 To adjust the dosing schedule, the clinician 116 to select the selection box 2945 on the interface screen 2941. 臨床家116がドロップダウンメニューをクリックして投薬に失敗した理由を選択する2943を入力すると、ドロップダウンメニューが、図30のインターフェース画面3047上に示すように展開することになる。 If the clinician 116 enters a 2943 to select a reason for the failed dosing Click the drop-down menus, drop down menus, will be expanded as shown on interface screen 3047 of FIG. 30. 通常、投薬がもはや必要ではない場合、臨床家は、「必要なし」の理由3045を選択することになる。 Normally, when medication is no longer needed, the clinician will select the reason 3045 of "no need". 投薬の失敗に対して臨床家116が「必要なし」の理由3045を選択すると、システム210は、投薬失敗アイコン4837を除去し、図31の注入スケジュール画面3135に示すように、「必要なし」アイコン4857を挿入する。 If the clinician 116 against medication fails to select a reason 3045 "no need", the system 210 removes medication fails icon 4837, as shown in infusion schedule screen 3135 in FIG. 31, "no need" icon 4857 to insert.

臨床家116が患者に対して投薬療法又はオーダを施す準備を整えると、臨床家116は、図32に示すように、スケジュールインターフェース画面3235内のオーダ3225を選択し、次いで、「項目を入手する」キー3249までスクロールダウンすることになる。 If the clinician 116 ready to apply the medications or order to the patient, the clinician 116, as shown in FIG. 32, select the order 3225 in the schedule interface screen 3235, then, to obtain the "item "I will scroll down to the key 3249. 臨床家116が図32の画面3249内で「項目を入手する」キー3249を選択した後、システム210は、図33に示すような薬剤インターフェース画面3351を表示する。 After the clinician 116 selects "Get Attribute" key 3249 in the window 3249 of FIG. 32, system 210 displays an agent interface screen 3351 as shown in FIG. 33. 薬剤画面3351では、臨床家116は、「薬剤庫」をスキャンするアイコン3353に示すように薬剤庫から選択した薬剤をスキャンするか、「倉庫のスキャンを省略する」キー3355を選択することで倉庫スキャンブロックをスキップする機能を有する。 In drug screen 3351, the clinician 116, the warehouse by selecting whether to scan the selected drug from the drug depot as shown in the icon 3353 to scan the "drug depot", "omitted scan warehouse" key 3355 It has the ability to skip scanning block. 臨床家116が例えば項目上のバーコードをスキャンすることによって項目をスキャンすると、臨床家のPDA118上に項目情報が表示される。 When scanning the item by the clinician 116 to scan the bar code on the example item, the item information is displayed on PDA118 clinician. スキャン画面3465の一例を図34に示す。 An example of a scanning screen 3465 shown in FIG. 34. 例えば、臨床家116が薬剤をスキャンすると、スキャン画面3465上に処方箋3467が表示される。 For example, the clinician 116 scans the medication, prescription 3467 is displayed on the scanning screen 3465. しかしながら、スキャンした項目が患者に対するオーダに合致しない場合、図35に示すようなスキャンエラー画面3569が臨床家のPDA118上に表示されることになる。 However, if the scanned item does not match the order with respect to the patient, so that the scan error screen 3569 as shown in FIG. 35 is displayed on PDA118 clinician. インターフェース画面3569に示すように、スキャニングエラーが検出されると、画面3569に示すような要求又は探索すべき項目の識別情報が臨床家116に提供されることになる。 As shown in interface screen 3569, the scanning error is detected, so that the identification information of the request or the item to be searched, as shown in screen 3569 is provided to the clinician 116. 例えばバーコードラベルの汚れ又は損傷によりバーコードをスキャンすることができない場合、スキャンによって要求されるデータを手入力することができる。 For example, when the contamination or damage of the bar code label can not scan the bar code, it is possible to manually enter the data required by the scan.

選択された薬剤が最近患者に投与された別の薬剤と同一の薬効分類内にある場合、臨床家のデジタルアシスタント118は、警告メッセージを表示する。 If the selected drug in recent within the same therapeutic class and another agent is administered to the patient, the clinician's digital assistant 118 displays a warning message. 同様に、その項目が別の臨床家によってすでに取り出されている場合、デジタルアシスタント118は、そのような発生を示すメッセージを表示する。 Similarly, if the item has already been retrieved by another clinician, a digital assistant 118 displays a message indicating such occurrences.

取り出すべきオーダが投与場所における混合である場合、個々の成分がデジタルアシスタント118上に識別され、臨床家116によって取り出されることになる。 If the order to be retrieved is mixed at the location administration, the individual components are identified on the digital assistant 118, it will be the retrieved by the clinician 116. 項目が取り出された後、システム210は、バッグIDを生成し、ラベル124aを印刷するように臨床家116に促す。 After an item is removed, the system 210 generates a bag ID, prompts the clinician 116 to print a label 124a. この時点で、臨床家116は、成分の混合をも行う。 At this point, the clinician 116 also performs the mixing of the components. 臨床家116がラベルを印字出力した後、ラベルがバッグに追加され、それをデジタルアシスタント118でスキャンすることができる。 After the clinician 116 prints out a label, the label is added to the bag, it can be scanned by digital assistant 118.

特定のオーダは、オンコール若しくは保留とすることができる。 Particular order may be a on-call or pending. これらのオーダは、図28のインターフェース画面2835のような患者プロフィール画面上に表示される。 These orders are displayed on the patient profile screen, such as interface screen 2835 of FIG. 28. オンコール若しくは保留のオーダは、閲覧に対してのみ入手可能であり、取り出しに対しては入手できない。 On-call or pending order is only available with respect to viewing, is not available for extraction. これらのオーダは、後に必要に応じて起動される。 These orders are activated as needed after.

臨床家116が患者に対して用いられていない薬剤項目を含む項目を有するシナリオも発生する可能性がある。 Scenario the clinician 116 has the items including drug item not be used for patients that may occur. 図36のインターフェース画面3657を参照すると、臨床家116は、監視結果により必要としない、患者に面会できない、投薬拒否などの、薬剤を投与しない理由を識別する機能を有する。 Referring to interface screen 3657 of FIG. 36, the clinician 116 does not require the monitoring result, it can not meet the patient, such as medication refusal has a function of identifying the reason for the drug is not administered. 患者がまだ画面3657内で識別されていない場合、臨床家116は、患者をスキャンするか又は患者の氏名を入力することにより、患者を選択する3661ことができる。 If the patient has not yet been identified in the screen 3657, the clinician 116, by inputting a name of or a patient to scan the patient, it is 3661 to select patients. 更に、臨床家116は、「廃棄/戻る」選択キー3663を用いて入力することにより、薬剤庫の薬剤項目に戻る選択を行うことができる。 In addition, the clinician 116, by entering using the "disposal / Back" selection key 3663, it is possible to perform the selection to return to the drug item of the drug depot. 特定の麻薬及び規制医薬品に対しては、最初に薬剤を入手する工程と該薬剤を倉庫に返却する工程の両方に対して、2つの署名(即ち、一般にログイン及びパスワードの形式の第2の許可署名)を要求することができる。 For certain narcotics and regulatory pharmaceuticals for both the step of returning first to step and agent to obtain the drug in the warehouse, two signatures (i.e., the second authorization generally login and password form it is possible to request a signature).

図36のインターフェース画面3657は、臨床家116に、患者IDをスキャンして患者を識別する機能をも提供する。 Interface screen 3657 of FIG. 36, the clinician 116 also provides a function of identifying a patient by scanning the patient ID. 誤った患者をスキャンした場合、又は患者IDが適切にスキャンしない場合、システム210は、スキャンが無効であるというメッセージを表示する。 If you scan the wrong patient, or if the patient ID is not properly scanned, the system 210 displays a message that the scan is invalid. 更に、臨床家116が薬剤を投与できない場合、臨床家は通常、図36の画面3657に示すように、薬剤を投与しない理由3659を入力しなければならないことになる。 Additionally, the clinician 116 may not be able to administer the drug, clinicians usually, as shown in the screen 3657 of FIG. 36 would not need to enter a reason 3659 without drug administration. 薬剤を投与しない幾つかの理由は、監視結果により薬剤を必要としない、患者に面会できない、又は薬剤が患者によって拒否される、である。 Some reasons for not administer the drug does not require a drug by monitoring result, can not meet the patient or medication is rejected by the patient is.

臨床家116が患者及び項目又は薬剤の確認を終えたのち、経路確認インターフェース画面3771が表示される。 After the clinician 116 has finished the confirmation of the patient and the item or drug, is displayed route confirmation interface screen 3771. 図37に示すように、経路確認画面3771の一例は、臨床家116が経路3773、ライン3775及び部位3777を確認するのを支援する。 As shown in FIG. 37, an example of a route confirmation screen 3771 is clinician 116 help to confirm the path 3773, line 3775 and site 3777. 投薬療法3778も、経路確認画面3771に提供することができる。 Medication 3778 may also be provided to the route confirmation screen 3771. 臨床家が経路3773、ライン3775及び部位3777を入力した後、臨床家116は、比較ボタン4817を選択することができ、システム210は、入力されたデータが正しいことを確認することになる。 After the clinician has entered the route 3773, line 3775 and site 3777, the clinician 116 can select the comparison button 4817, the system 210 will verify that the entered data is correct.

次に、臨床家116は、図38のインターフェース画面3881に示すように、ポンプチャネルモードを選択することができる。 Next, the clinician 116 may be as shown in interface screen 3881 of FIG. 38, it selects the pumping channel mode. ポンプチャネルモードインターフェース画面3881では、療法3882が示され、臨床家116は、一次療法3884として療法3882又はピギーバック療法3883を指定するオプションを有する。 In the pump channel mode interface screen 3881, therapy 3882 is shown, the clinician 116 has the option of specifying a therapy 3882 or piggyback therapies 3883 as first-line therapy 3884. ポンプの各チャネルが、ピギーバック療法に加えて一次療法を実施する機能を有する。 Each channel of the pump has a function of performing the first-line therapy in addition to piggyback therapy. ポンプチャネルモードの選択を完了した後に、臨床家は、ポンプチャネルスキャンを行うことができる。 After completing the selection of the pump channel mode, the clinician may perform a pumping channel scan. 図38aは、ポンプチャネルスキャンインターフェース画面3885を示す。 Figure 38a shows the pump channel scan interface screen 3885. ポンプスキャン画面3885において、臨床家116は、例えばポンプチャネル121に対応するバーコードをスキャンし、次いで矢印キー4809をクリックする方法などにより、医療機器をスキャンする。 In the pump scanning screen 3885, the clinician 116, for example, scan the bar code corresponding to the pumping channel 121, followed by a method of clicking the arrow keys 4809, scans the medical device.

臨床家116が(a)例えば図23のインターフェース画面2313上などで患者をスキャンし、(b)例えば図34のインターフェース画面3465上などで薬剤をスキャンし、(c)例えば図38aのインターフェース画面3885上などでポンプチャネルをスキャンした後に、臨床家116は、注入ポンプをプログラムし、プログラムした注入ポンプのパラメータ又は設定値の薬局オーダのパラメータとの比較を行うことができる。 Clinician 116 scans the patient up in such interface screen 2313 (a) for example, FIG. 23, (b) for example by scanning the drug over at such interface screen 3465 of FIG. 34, (c) for example interface screen of FIG. 38a 3885 after scanning the pump channel, etc. above, the clinician 116, the infusion pump was programmed, can be compared with the parameters of the pharmacy order parameters or set values ​​of infusion pumps program.

(機器設定値とオーダの比較) (Comparison of device settings and order)
比較工程5200の例示的なフローチャートを、図52に提供する。 The exemplary flow chart of the comparison step 5200 is provided in FIG 52. この工程は、サーバから遠隔で注入設定値をプログラムする工程にも適用することができる。 This process can also be applied to the step of programming the infusion set values ​​remotely from the server. 図52を参照すると、比較工程5200は、臨床家116が上記に示したように患者ID112a、薬剤容器ID又は薬剤バッグID124a、及びポンプチャネル121のスキャンを完了した後に、ブロック5202で開始される。 Referring to FIG. 52, comparison process 5200, clinician 116 patients ID112a As indicated above, the medicament container ID or drug bag ID124a, and after completing a scan of the pumping channel 121 is initiated at block 5202. 患者、薬剤バッグ及びポンプチャネルをスキャンすることにより、関連するベースラインデータの関連付けが行われ、これによりシステム210、より具体的にはサーバ109が、この追加データの更なる解析及び比較を行うことができる。 Patients, by scanning the medical bag and pump channels, the association of related baseline data is performed, thereby the system 210, the server 109 more specifically is possible to perform further analysis and comparison of the additional data can. しかしながら、まず第一に、第1の中央サーバ109は、患者、薬剤バッグ及びポンプチャネルに関するスキャン又は入力されたデータが有効な関連付けをもたらすことを保証するために、ブロック5204でチェックを行う。 However, first of all, the first central server 109 performs the patient, to the medical bag and scanned or input data relating to the pump channel to ensure that provide effective association, the check at block 5204. 3つのデータ項目が有効な関連付けをもたらさない場合、システム210は、ブロック5206でエラーメッセージを表示し、臨床家116がブロック5202で患者ID、バッグID及びポンプチャネルIDの各々に対するコードを再スキャン又は再入力することを要求する。 If three data items do not result in a valid association, the system 210 displays an error message at block 5206, the clinician 116 patient ID at block 5202, rescan the code for each of the bags ID and pump channel ID or requests that the re-enter. 3つのデータ項目がブロック5204で有効な関連付けをもたらした場合、サーバ109は、以下に説明するように、識別されたポンプチャネル121がサーバ109のデータベースに存在するかどうか、及びそれが利用するために入手可能であるかどうかを判定するために、シーケンスをも実行することになる。 If three data items resulted in effective association at block 5204, the server 109, as described below, whether the pump channel 121 is identified in the database server 109, and it is to use to determine whether available to, it will also perform the sequence.

ポンプチャネルIDがシステム210にスキャンによって入力された後に、第1の中央サーバ109は、ブロック5208でチェックを行い、選択されたポンプチャネル121が有効であるかどうかを判定する。 After pumping channel ID is input by scanning system 210, the first central server 109 checks at block 5208 to determine whether the pump channels 121 selected is valid. ポンプチャネル無効の判定に対する種々の理由は、ポンプチャネルが本システム内に存在しない、選択されたポンプチャネルはすでに運転中である等である。 Various reasons for the determination of the pump channel invalid, the pump channel does not exist in the system, the pump channel selected is equal already is operating. ポンプチャネル121のチェックが無効な結果をもたらした場合、エラーメッセージが表示され、臨床家は、無効なチャネルが選択された旨の通知を受ける。 If the check of the pump channels 121 resulted in invalid result, an error message is displayed, the clinician receives a notification that an invalid channel is selected. 臨床家116がポンプチャネルを再スキャンし、ブロック5208で有効なチャネルが認識されるまで、比較工程5200は除外され、ブロック5214に示すように、本システムは、比較を行うことができない。 Clinician 116 rescans the pump channel, until a valid channel is recognized at block 5208, comparing step 5200 are excluded, as shown in block 5214, the system can not be compared. しかしながら、チェックの結果により選択されたチャネル121が有効なチャネルであることが確認された場合、以下に説明するように、本システムは、ブロック5212に進み、適切なリンクを確立する。 However, if it is confirmed channel 121 selected by the result of the check is a valid channel, as described below, the system proceeds to block 5212 to establish the appropriate links.

比較工程5200中のある時点で、第2の中央サーバ108aが、患者ID及びオーダIDに関連するデータを含むXMLメッセージを生成する。 At some point in the middle of the comparison step 5200, the second central server 108a generates an XML message that contains the data associated with the patient ID and the order ID. 比較工程5200に関するフローチャートに示すように、XMLデータは、ブロック5212に先立つ任意の地点で、ブロック5210に示すように、生成して第1の中央サーバ109に転送することができる。 As shown in the flow chart for the comparison step 5200, XML data, at any point prior to block 5212, it can be transferred as shown in block 5210 generates and the first central server 109. しかしながら、第1の中央サーバ109によって第2の中央サーバ108aから受け取られたXMLデータが無効若しくは不完全である場合、比較工程は除外され、ブロック5214に示すように、本システムは、比較工程が進行することを許可しない。 However, if the XML data received from the second central server 108a by the first central server 109 is invalid or incomplete, the comparison step is excluded, as shown in block 5214, the system compares process do not allow to proceed. 逆に、患者ID及びオーダIDに関連するXMLデータが完全で有効である場合、第1の中央サーバ109が第2の中央サーバ108aからXMLデータを受け取った後、比較工程5200は、ブロック5212へ進む。 Conversely, if the XML data associated with the patient ID and order ID is complete and valid, after the first central server 109 receives the XML data from the second central server 108a, comparison process 5200, to block 5212 move on.

ブロック5212で、第1の中央サーバ109は、患者ID、オーダID及びポンプチャネル121との間にリンク又は関連を確立することを試みる。 In block 5212, the first central server 109 attempts to establish a link or association between the patient ID, order ID and pumping channel 121. ブロック5212で第1の中央サーバ109が識別されたデータ間にリンクを確立することができない場合、比較工程5200は除外され、ブロック5214に示すように、システム210は、該工程が進行することを許可しない。 If the first central server 109 at block 5212 is unable to establish a link between the identified data, comparison process 5200 are excluded, as shown in block 5214, the system 210, that the process proceeds not allowed. 更に、システム210は、一部のデータが欠けているか又は不正確であり、本システムは比較を行うことができないというエラーメッセージを表示する。 Furthermore, the system 210 is or incorrect part of the data is missing, the system displays an error message that can not be compared. ブロック5212で第1の中央サーバ109が識別されたデータ間に適切なリンクを確立した場合、本システムは、臨床家116がデジタルアシスタント118上の比較ボタン4817を押すように要求されるブロック5216へ進む。 If the first central server 109 at block 5212 establishes a suitable link between the identified data, the system, at block 5216 the clinician 116 is prompted to press the comparison button 4817 on the digital assistant 118 move on. ブロック5216で行われている画面のシーケンスの一例を以下に説明する。 Illustrating an example of a sequence of screens that are performed in block 5216 as follows.

第1の中央コンピュータ109によって適切なリンクが確立された後、システム210は、図39の比較インターフェース画面3986のような比較インターフェース画面のうちの1つへ進む。 After the appropriate link is established by the first central computer 109, system 210 proceeds to one of the comparison interface screen such as a comparison interface screen 3986 of FIG. 39. この比較インターフェース画面3986において、システム210は、いずれかの比較を行う前に注入ポンプをプログラムせよという指示を臨床家116に与える。 In this comparison interface screen 3986, the system 210 provides an indication that case the program an infusion pump before performing the comparison of either the clinician 116. 比較は、薬剤に対する薬局のパラメータとポンプ設定値とが同調していることを保証するために行うことができる。 Comparison can be done to ensure that the parameters and the pump setting values ​​pharmacies to the drug is tuned. 好ましい実施形態では、本明細書に示す比較工程5200において、システム210は、速度比較を行う。 In a preferred embodiment, in the comparison step 5200 shown herein, the system 210, the speed comparison. しかしながら、本システムは、速度、量、投与量等などの任意の注入パラメータの単一比較又は同時多重比較を行うことができる。 However, the system can perform rate, amount, a single comparison or simultaneous multiple comparisons any injection parameters, such as dosage, and the like.

注入が一次注入である場合、比較インターフェース画面3986上の「比較」ボタン4817をクリックし、次いでポンプチャネルを始動する前に指示を待てという指示が与えられる。 If injection is the primary injection, and click the "Compare" button 4817 on the comparison interface screen 3986, then an instruction is given that wait for instructions before starting the pump channel. 注入がピギーバック注入である場合、ポンプ120上の開始キーを押し、次いで「比較」ボタン4817をクリックせよという指示が与えられる。 If the injection is a piggyback infusion, press the start key on the pump 120, then an indication that case click on the "Compare" button 4817 is given. ピギーバック注入では、臨床家116がポンプ上の開始キーを押す前にブロック5216で比較ボタン4817を押した場合、通常図42に示すようなインターフェース画面4287が表示され、臨床家にエラー指示が与えられることになる。 The piggyback infusion, if the clinician 116 presses the comparison button 4817 at block 5216 before pressing the start key on the pump, is displayed interface screen 4287 as shown in the normal view 42, error indication is given to the clinician It will be used.

最初に、比較を行う前に、システム210は、ポンプ120、サーバ109及びデジタルアシスタント118間の通信リンクが引き続きアクティブであることを保証するために、サーバ109にポーリングする。 First, before performing the comparison, the system 210 includes a pump 120, to ensure that the communication link between the server 109 and the digital assistant 118 is still active, polls the server 109. 通信リンクがアクティブである場合、比較工程5200が進行する。 If the communication link is active, comparing step 5200 proceeds. 通信リンクが失われている場合、比較工程は進行することができない。 If the communication link is lost, it is impossible to compare the process proceeds.

従って、臨床家116が比較ボタン4817を押した後、システム210は、図52に示すブロック5218へ進む。 Therefore, after the clinician 116 presses the comparison button 4817, the system 210 proceeds to block 5218 shown in FIG. 52. ブロック5218で、システム210は、チャネル121の準備が整っているかどうかを判断する。 In block 5218, the system 210 determines whether preparation for channel 121 are in place. 例えば、注入が一次注入として識別されているがチャネルがすでに稼動している場合、本システムは、ブロック5214にデフォルトし、本システムは比較を行うことができないというエラーメッセージを表示することになる。 For example, if the injection but has been identified as a primary infusion running channel is already, the system defaults to block 5214, the system will display an error message that can not be compared. 更に、注入がピギーバック注入として識別され、且つポンプ上の開始キーが押されていない場合、本システムは、図42のインターフェース画面4287にデフォルトし、ポンプ上の開始キーを押してから比較ボタン4817を押すように臨床家116に通知する。 Additionally, implantation is identified as piggyback infusion, and if the start key on the pump is not pressed, the system will default to the interface screen 4287 of FIG. 42, a comparison button 4817 press the start key on the pump to notify the clinician 116 to press.

比較工程5200はまた、ブロック5220で、ポンプ120をもチェックして、ポンプ120にプログラムされた設定値又は運転パラメータが新鮮なデータを含んでいるかどうかを判定する。 Comparison step 5200 also in block 5220, the pump 120 also checked to determine whether the programmed setpoint or operating parameters to the pump 120 contains fresh data. 一例として、本システムは、比較を要求する前に、ポンプデータのポンプへのプログラミングが特定のタイムリミット(即ち5分)内に完了していることを要求することができる。 As an example, the system may request to be complete before requesting comparison, the programming certain time limit to the pump of the pump data (ie 5 minutes). データが新たなデータかどうかを判定するためのそのようなタイムリミットは、医療施設が設定することができる。 Such a time limit for the data to determine whether new data can be medical facilities to set. データが新鮮なデータではない場合、本システムは、ブロック5214に戻り、データが新鮮ではないというエラーメッセージを表示することになる。 If the data is not fresh data, the system returns to block 5214, data is to display an error message that is not fresh. 次いで、システム210は、比較工程を進めることができるようにポンプ120を再プログラムするように要求することになる。 Then, the system 210 will be required to re-program the pump 120 to be able to proceed with the comparison step. ブロック5220でデータが新鮮なデータであると判定されれば、システム210は、ブロック5222で比較を実行することになる。 If it is determined that the data block 5220 is a fresh data, the system 210 will perform the comparison at block 5222. 実際のデータの比較は通常、第1の中央サーバ109で行われる。 Comparison of actual data is usually carried out in the first central server 109. 前述のように、比較は、ポンプにプログラムされたパラメータが医師のオーダと一致するかどうかを判定するためにある。 As described above, the comparison programmed parameters to the pump is to determine if it matches the order of the physician. 更に、又は代替的に、ポンプ設定値は、遠隔の制御装置又はサーバによって遠隔プログラムすることができる。 Additionally or alternatively, the pump setting can be remotely programmed by a remote control device or server.

ブロック5222で比較を行った後に、システム210は、ブロック5224で、一致が存在するか又は不一致が存在するかを判定し、デジタルアシスタントを介して、臨床家116に結果を返送する。 After the comparison in block 5222, the system 210 is a block 5224 determines whether a match or mismatch exists there, via the digital assistant, returns the results to the clinician 116.

比較の結果一致がみられた場合のこれに伴う比較インターフェース画面3987の一例が図39aに示され、図52のブロック5226に識別されている。 An example of a comparison interface screen 3987 associated therewith in the case where the result matches the comparison was observed is shown in Fig. 39a, it has been identified in block 5226 of FIG. 52. この例では、薬局の処方箋パラメータとプログラムされたポンプチャネル設定値が一致する場合、臨床家116は、注入ポンプ120を始動するようにという指示を受ける。 In this example, if the pump channel setting value prescription parameters and programs pharmacy match, the clinician 116 receives instructions to start the infusion pump 120.

ブロック5224で薬局の処方箋パラメータとプログラムされたポンプ設定値が一致しない場合のこれに伴う比較インターフェース画面の一例を、不一致アイコン4825が表示された図40の不一致比較インターフェース画面4087に示す。 An example of a comparison interface screen associated therewith when the pump set values ​​pharmacy prescription parameters and program at block 5224 do not match, shown in disagreement comparison interface screen 4087 of FIG. 40 mismatch icon 4825 is displayed. この結果が生じた場合、システム210は、臨床家116に、ブロック5228で識別した不一致を受け入れること若しくはブロック5230で注入ポンプを再プログラムしてブロック5216で別の比較を行うこといずれかを要求することになる。 If this result occurs, the system 210, the clinician 116, to request any do another comparison to reprogram the infusion pump by or block 5230 accepts the discrepancies identified in block 5228 in block 5216 It will be. 通常、不一致が生じたパラメータは、不一致画面4807に表示されることになる。 Usually, the parameters of conflict will be displayed on the discrepancy screen 4807. 不一致が受け入れられる場合、ブロック5232で、そのことがシステムデータベース109に記録される。 If a mismatch is accepted, at block 5232, this fact is recorded in the system database 109. 更に、ブロック5228で不一致が受け入れられる場合、サーバ108aは、臨床家を適切な画面に誘導する。 Furthermore, if the discrepancy is accepted in block 5228, the server 108a induces clinician the appropriate screen.

図41は、データの一部を入手できないためにシステム210が比較を行うことができない比較インターフェース画面4187の一例を表示している。 Figure 41 is a system 210 because it can not obtain some of the data is displaying an example of a comparison interface screen 4187 can not be compared. 具体的には、図41の例では、ポンプの速度設定値がシステム210に入力されていない。 Specifically, in the example of FIG. 41, the speed setting value of the pump has not been entered into the system 210. 従って、この例では速度のような追加データが入力されるまで、システム210は比較を行うことができない。 Therefore, until additional data such as speed in this example is input, the system 210 can not be compared. 通常、注入がすでに実行中である場合、本システムが更新されたポンプ情報を受け取ることができない場合、システム通信エラーがある場合、又はプログラムされたチャネル情報若しくは薬局処方箋情報のいずれかからのデータに欠落がある場合、システム210は、比較を行うことができない。 Usually, if the injection is already running, if the system is unable to receive pump updated information, if there is a system communication error, or the data from any of the programmed channel information or pharmacy prescription information If there are missing, the system 210 can not be compared. 最後に、図42の比較画面4287は、表示されている更なるステップがとられるまでシステム210が比較を行うことができない別のシナリオを表示している。 Finally, comparison screen 4287 in FIG. 42, the system 210 to be taken is further step of being displayed are displayed another scenario that can not be compared. 通常、このインターフェース画面4287は、注入がピギーバック注入であり、且つ臨床家116が、図39のインターフェース画面3986の指示に示すように、比較ボタン4817を押す前に注入ポンプ120上の開始キーを押さずに、図39のインターフェース画面3986内の比較ボタン4817を押した際に提供される。 Usually, the interface screen 4287, the injection is piggyback infusion, and the clinician 116, as shown in the instructions on the interface screen 3986 of FIG. 39, a start key on the infusion pump 120 before pressing the comparison button 4817 without pressing, it is provided when you press the comparison button 4817 in the interface screen 3986 of FIG. 39.

注入ポンプが治療を開始した後、臨床家116は、彼または彼女のデジタルアシスタント118上で、図43に示すポンプ状態インターフェース画面4391内のポンプの状態を見ることができる。 After the infusion pump is started treatment, the clinician 116, he or on her digital assistant 118, can see the status of the pump in the pump status interface screen 4391 shown in FIG. 43. ポンプ状態ディスプレイ4391は、所与の患者に対する全ての目下実施中の注入のリストを表示する。 Pump status display 4391 displays a list of injection in all currently performed for a given patient. 通常、注入実施中インジケータ4807、注入待機中インジケータ4809、注入停止中インジケータ4811、未知のアイコン、及び遅延アイコンの5つのアイコンのうちの1つが、この画面内に注入と連動して表示されることになる。 Usually, the injection being carried out indicator 4807, injected waiting indicator 4809, injection stopped indicator 4811, one of the five icons unknown icons, and delay icon to be displayed in conjunction with the injection into the screen become. ポンプ状態表示591は、現在の画面が表示されている間はリアルタイムで更新しないが、リフレッシュボタン4819をタップすることにより、最新のリアルタイムのポンプ状態画面が表示される。 Pump status display 591, but is not updated in real time while it is displaying the current screen by tapping the refresh button 4819, the latest real-time pump status screen is displayed.

図44に示すように、臨床家116は、流速履歴インターフェース画面4493を閲覧することができる。 As shown in FIG. 44, the clinician 116 may inspect the flow rate history interface screen 4493. 臨床家116は、図25に示す患者メニューインターフェース画面2521上の流速履歴リンクをクリックすることにより、流速履歴画面4493に直接移動することができる。 Clinician 116, by clicking the flow rate history link on the patient menu interface screen 2521 shown in FIG. 25, it is possible to go directly to the flow rate history screen 4493. 流速履歴は、所与のチャネル上の目下の注入に対するプログラムされた流速履歴変更の履歴を示す。 Flow rate history indicates the currently history of programmed flow rate history changes to injection of the given channel. 通常、そのチャネルに関する最新の処方情報とともに、該チャネルに関連付けられた患者情報も表示される。 Usually, with the latest prescription information relating to the channel, it is also displayed patient information associated with the channel. 更に、臨床家116がデジタル装置118上でログインし、シフトを選択し、患者を選択した後、臨床家116は、限定するものではないが、実施された注入の記録、注入停止又は注入再開の記録、注入中止の記録、上述のポンプ流速履歴の閲覧、上述のポンプ注入状態の閲覧、以下に説明するポンプアラーム及びポンプアラートへの対応、メッセージ/通知の閲覧及びメッセージ/通知への応答を含む様々な仕事を、デジタル装置118上で行うことができる。 Furthermore, log clinician 116 on the digital device 118, selects the shift, after selecting the patient, the clinician 116, but are not limited to, the injection was carried out recording, the injection stop or resume infusion including recording, injection abort record, view of the pump flow rate history described above, browsing of pumping conditions described above, corresponding to the pump alarms and pump alerts described below, the response to a message / notification browsing and message / notification various work can be done on a digital device 118. 具体的には、実施された注入の記録に関しては、臨床家116が項目バーコード、患者バーコード、及びポンプチャネルバーコードをスキャンした後、臨床家は、上に詳述したように、プログラムしたポンプ設定値を薬局が入力したオーダと比較することができる。 Specifically, with respect to the recording of the injection that is performed after the clinician 116 scans item barcode, patient barcodes, and pump channel bar codes, clinician, as described in detail above, the programmed the pump setpoint pharmacy can be compared to the order entered. 通常、臨床家116は、その後ポンプ120を用いて注入を実施し、デジタル装置118を用いて該注入を記録することになる。 Usually, the clinician 116, the infusion performed with the subsequent pump 120 will record the implanted using digital device 118.

注入を開始するには、臨床家116は通常、患者のリストバンドバーコード112aをスキャンし、次いで注入バッグのバーコードラベル124aをスキャンする。 To start infusion, the clinician 116 typically scans the wristband bar code 112a of the patient, and then scanning the bar code label 124a infusion bag. デジタル装置118によって促されたときは、臨床家116は、図37のインターフェース画面3771に示すように、注入用のライン、部位及び経路を入力並びに比較する。 When prompted by the digital device 118, the clinician 116, as shown in interface screen 3771 of FIG. 37, the line for injection, inputs and compares the site and route. 次に、図38の画面3881で、臨床家116は、一次注入又はピギーバック注入を選択し3883、ポンプチャネルをスキャンする。 Then, the screen 3881 in FIG. 38, the clinician 116 to select the primary infusion or piggyback infusion 3883 scans the pump channel. 次いで、臨床家116は、医師オーダによって指示されたとおりにポンプをプログラムする。 Then, the clinician 116 may program the pump as directed by a physician order. ポンプ120をプログラムする際に、臨床家116は、図39〜図42に示すように、薬局のオーダとポンプとの比較チェックを行うことを選択する。 When programming the pump 120, the clinician 116, as shown in FIGS. 39 to 42, choose to make a comparison check with pharmacy order and pumps. プログラムされたポンプ設定値が薬局入力オーダと一致する場合、画面4287のようなインターフェース画面が一致を示すことになり、臨床家116は、OKボタン4805をタップして該一致を受け入れることができる。 If programmed pump settings matches the pharmacy input order, will be the interface screen such as the screen 4287 shows a match, the clinician 116 may tap the OK button 4805 to accept the match. 最後に、臨床家116は、ポンプ120上の開始キーを押すことになる。 Finally, the clinician 116, will be pressing the start key on the pump 120. 次いで、デジタルアシスタント118が、図49の投与結果記録インターフェース画面4937を表示することになり、臨床家116は、ドロップダウンリスト内の選択肢から適切な結果を入力することができる。 Then, the digital assistant 118, will be displayed administered result recording interface screen 4937 of FIG. 49, the clinician 116 may enter the appropriate result from choices in the drop-down list. これらのステップは、追加の患者及び/又は追加のポンプ若しくはチャネルに対して反復することができる。 These steps can be repeated for additional patients and / or additional pump or channel.

薬剤を投与する前に、監視中のパラメータ、例えばダイオキシンを投与する前の心拍数、又はモルヒネを投与する前の痛み評価を入力するように臨床家116に促すことができる。 Before administering the drug, the parameter being monitored, for example, heart rate before administration of the dioxins, or morphine may prompt the clinician 116 to enter a pain evaluation before administering. 監視中のパラメータが薬剤に関連付けられている場合、デジタルアシスタント118上に表示される薬剤の各投与が、臨床家116が値を入力することのできるインターフェース画面へのリンクを有する。 If the parameter being monitored is associated with drug, each dose of drug to be displayed on digital assistant 118 has a link to the interface screen that may be clinician 116 enters a value. 監視中のパラメータの入力へのリンク5001を有するそのようなオーダの一例を、図50に表示されたオーダに示す。 An example of such an order with a link 5001 to the input parameter being monitored, shown in the order that is shown in Figure 50. 監視中パラメータのリンク5001が選択された後、図50aに示すような監視中のパラメータの入力インターフェース画面5003が表示される。 After a link-monitoring parameter 5001 is selected, the input interface screen 5003 of a monitoring parameter as shown in FIG. 50a is displayed. そこで、臨床家116は、要求された情報をシステム210内に入力することができる。 Accordingly, the clinician 116 may enter the requested information to the system 210.

更に、システム210は、通常は薬剤庫から麻薬又は規制医薬品を取り出す際に、サイクルカウントを監視するように臨床家116に要求することができる。 Further, system 210 can normally be required when taking out the narcotic or regulatory medicament from the drug depot, the clinician 116 to monitor the cycle count. 一例を挙げれば、麻薬又は規制医薬品を提供するために倉庫の引出しが開くと、デジタルアシスタント118は、図51に示すようなサイクルカウントインターフェース画面5101を表示することができる。 In one example, the open drawer warehouses in order to provide a narcotic or regulatory medicament, the digital assistant 118 may display a cycle count interface screen 5101 as shown in FIG. 51. このンターフェース画面5101は、現在貯蔵所又は保管場所にある薬剤の単位をカウントするように臨床家に促し、このデータを提供されたフィールドに入力するように促す。 The centers face screen 5101, it prompts the clinician to count units of drugs currently in reservoir or storage location, prompting to enter the fields provided this data. 次いで、システム210は、この量を予想カウントと比較する。 Then, the system 210 compares this quantity to the expected count. サイクルカウントが一致しない場合、デジタルアシスタント118は、不一致を示すメッセージを表示し、次いで、再度サイクルカウント画面5101を表示する。 If the cycle count does not match, the digital assistant 118 displays a message indicating a mismatch, then displays a cycle count display 5101 again. サイクルカウントが再び一致しない場合、システム210が不一致を記録することになり、適切な措置をとることができる。 If the cycle count does not match again, it results in the system 210 records a mismatch can take appropriate measures.

必要に応じて、臨床家は、実施中の注入を、それが終了する前に中止することができる。 If necessary, the clinician, the infusion during implementation, it can be stopped before the end. これは、本システム内の注入を中止するための中止オーダによって、若しくはそれなくして行うことができる。 This can be done by cancel the order for stopping the injection of the present system, or it without it. 中止された注入は、例えばオーダを滴定している場合など、必要に応じて再開することができる。 Aborted injected, for example, if you are titrated order can be restarted if necessary. 注入中止アイコン4813と注入実施中アイコン4807が両方ともデジタルアシスタント118上に表示されているときは、臨床家116は、デジタルアシスタント118上で患者に対する全ての実施中の注入のリストを表示するために移動するように指示を受ける。 When discontinue infusion icon 4813 and the injection performed in the icon 4807 are both being displayed on the digital assistant 118, the clinician 116, to display a list of injection in all embodiments to a patient on digital assistant 118 instructed to move. そのような注入中止インターフェース画面2727aの一例を図27aに示す。 An example of such discontinue infusion interface screen 2727a shown in FIG. 27a. 図27aでは、中止された注入オーダが強調表示され、中止された注入オーダであるとして示されることになる。 In Figure 27a, infusion order was aborted is highlighted will be shown as a infusion order that was aborted. 次いで、臨床家116は、中止された注入用の溶液容器上のバーコードをスキャンし、次いで患者のIDをスキャンすることになる。 Then, the clinician 116 scans the bar code on the solution container for infusion which has been stopped, and then caused to scan over the ID of the patient. 次に、図2727bに示すようなインターフェース画面2727bが、臨床家のデジタルアシスタント118上に提供される。 Next, the interface screen 2727B as shown in FIG 2727B, is provided on the clinician's digital assistant 118. インターフェース画面2727bでは、臨床家は、注入が中止された時刻及び注入中止の理由を入力することができる。 In interface screen 2727B, clinician, injection can input the reason for by time and discontinue infusion discontinuation. 次いで、臨床家116は、注入ポンプ120上の停止ボタンを押すことにより、注入ポンプ120を物理的に停止することができる。 Then, the clinician 116, by pressing the stop button on the infusion pump 120 can be stopped infusion pump 120 physically.

注入再開インターフェース画面2727cを図27cに提供する。 The resume infusion interface screen 2727c is provided in FIG 27c. 中止するためのオーダなくして中止されたと記録されている注入を再開することもできる。 It is also possible to resume the infusion eliminating order to stop being recorded to have been discontinued. 注入を再開するには、臨床家116は、最初にデジタルアシスタント118上の適切なインターフェース画面に移動しなければならない。 To resume infusion, clinician 116 must first be moved to the appropriate interface screen on the digital assistant 118. 患者メニュー内の注入中止アイコン4811をタップすることにより、その患者に対して現在中止されている全ての注入のリストが、図27cのインターフェース画面2727cに示すように表示されることになる。 By tapping the injection stop icon 4811 in the patient menu, a list of all of the injection that is currently stopped for the patient will be displayed as shown in interface screen 2727c in FIG 27c. 再開すべき注入を選択するようにというプロンプトが臨床家に提供される。 Prompt to select the injection should resume is provided to the clinician. 次いで、臨床家116は、再開すべき注入用の溶液容器上のバーコードをスキャンする。 Then, the clinician 116 scans the bar code on the solution container for infusion should be resumed. システム210は、スキャンされたIDを患者に対して現在中止されている注入に対するものと比較する。 System 210 compares the scanned ID as for injection that are currently stopped for the patient. システム210がIDを患者に対して現在中止されているものと比較した後、デジタルアシスタント118が、患者のIDをスキャンするように臨床家116に促す。 After the system 210 is compared with what is currently stopped the ID for the patient, the digital assistant 118 prompts the clinician 116 to scan the ID of the patient. 次いで、システム210がスキャンされたIDが患者のIDと一致することを確認し、その後、システム210は、図27dのインターフェース画面2727dに示すように、デジタルアシスタント118上に、スキャンされた注入の処方箋を表示し、注入再開に対する施設が定めた理由を選択するように臨床家116に促すことになる。 Then, to verify that the ID of system 210 is scanned matches the ID of the patient, then the system 210, as shown in interface screen 2727d in FIG. 27d, on a digital assistant 118, scanned injected prescriptions It is displayed, and facilities for the resume infusion is to encourage the clinician 116 to select a reason determined. ひとたび理由が選択されると、臨床家116は、ポンプ120で注入を再開し、次いで矢印4809をタップして続行することができる。 Once the reason is selected, the clinician 116 resumes pumped 120, then it is possible to continue tapping the arrow 4809. システム210は、注入を再開されたとして記録する。 System 210 records injected as a has been resumed.

デジタルアシスタント118に対する種々の画面ショット/インターフェースに示すように、臨床家116を支援するために、様々なアイコンが用いられる。 As shown in the various screenshots / interface to digital assistant 118, to assist the clinician 116, various icons are used. これらのアイコンの多くが図48に示されている。 Many of these icons is shown in Figure 48. 患者リストボタン4801は、タップすると、図23に示す患者リスト画面2313のような患者リスト画面へ臨床家116が直接移動することを可能にするキーである。 Patients list button 4801, tap a key that allows the clinician 116 to go directly to the patient list screen such as a patient list screen 2313 shown in FIG. 23. 戻るボタン4803は、タップするとデジタルアシスタント118上の画面を前の画面に戻すキーである。 Back button 4803 is a key to return to the previous screen the screen on the digital assistant 118 Tap. OKボタン4805は、デジタル装置118上に示されているデータを承認するためにタップされる。 OK button 4805 is tapped to approve the data shown on the digital device 118. OKボタン4805をタップすると、通常次の画面が表示される。 When you tap the OK button 4805, it is displayed usually the next screen. 注入実施中インジケータボタン4807は、選択されたポンプ120及びチャネルに対してプログラムされた注入を現在実施中であることを示す。 Injection performed in the indicator button 4807 indicates that the programmed for the selected pump 120 and channel implantation is currently being carried out. 注入待機中インジケータボタン4809は、選択された患者、ポンプ120及びチャネルに対してプログラムされた注入が待機状態であることを示す。 Injection Waiting Indicator button 4809 indicates that the patient has been selected, the pump 120 and injection, which is programmed for the channel is in a standby state. 注入中止インジケータ4811は、選択された患者、ポンプ120及びチャネルに対してプログラムされた注入が中止されたことを示す。 Discontinue infusion indicator 4811 indicates that the patient has been selected, the pump 120 and injection, which is programmed for the channel is stopped. 注入中止オーダインジケータ4813は、薬局入力オーダにより選択された患者、ポンプ120及びチャネルに対する注入が中止されることになることを示す。 Discontinue infusion order indicator 4813 indicates that it will patient selected by pharmacy input order, implantation into the pump 120 and the channel is stopped. 医師注記インジケータ4815は、選択された患者、ポンプ120及びチャネルに対する医師の注記の存在を示す。 Physicians Note indicator 4815 indicates the presence of a physician notes to selected patient, pump 120 and channel. 臨床家116は、注記インジケータ4815をタップして注記を見ることができる。 The clinician 116, you can see a note by tapping the note indicator 4815. 比較ボタン4817は、様々な画面に提供され、タップすると、スキャンされた項目と薬局入力オーダとの比較、及び追加の比較をシステム210に実行させる。 Comparison button 4817 is provided to a variety of screens, tap to execute comparison of the scanned items and pharmacy input order, and the additional comparison to the system 210. リフレッシュボタン4819は、最新のデータを更新して画面上に示すためにタップされる。 Refresh button 4819 is tapped to show on the screen to update the latest data. エクジットボタン4821は、臨床家が現在の画面を出て前に表示されていた画面に戻ることを可能にする。 Aix JIT button 4821, the clinician makes it possible to return to the screen that was displayed before leaving the current screen. エンターボタン4809はOKボタンでもあり、ドロップダウンリスト内の選択肢から選択したデータ若しくはフィールド内に手入力したデータを承認して入力するためにタップされる。 Enter button 4809 is also the OK button, it is tapped to input to accept the data that has been manually entered into the selected data or field from the choices in the drop-down list. 比較一致インジケータ4823は、プログラムされたポンプ設定値が薬局入力オーダ情報と一致することを示す。 Compare match indicator 4823 indicates that the programmed pump settings matches the pharmacy input order information. 比較不一致インジケータ4825は、プログラムされたポンプ設定値が薬局入力オーダ情報と一致しないことを示す。 Comparison mismatch indicator 4825 indicates that the programmed pump settings do not match the pharmacy input order information. 比較不能インジケータ4827は、本システムがプログラムされたポンプ設定値を薬局入力オーダ情報と比較できないことを示す。 Incomparable indicator 4827 indicates that it can not compare the pump settings the system has been programmed with the pharmacy input order information. ポンプアラーム/アラートインジケータ4872は、アラーム状態又はアラート状態が発生していることを示す。 Pump alarm / alert indicator 4872 indicates that the alarm or alert condition has occurred. アラーム/アラートインジケータ4872がタップされると、拡大されたポンプアラーム・アラート画面が表示される。 When the alarm / alert indicator 4872 is tapped, expanded pump alarm alert screen is displayed. アラーム・アラート画面上では、赤色のアラーム/アラートアイコン4872はアラーム状態を示し、黄色のアラーム/アラートアイコン4872はアラート状態を示す。 The alarm alerts screen, red alarm / alert icon 4872 indicates an alarm condition, a yellow alarm / alert icon 4872 indicates the alert state. アラーム/アラート消音ボタン3074は、デジタル装置118上の可聴アラートを一時的に消音化するためにタップされる。 Alarm / alert mute button 3074 is tapped to temporarily silencing the audible alert on the digital device 118. 通信損失インジケータ4833は、ポンプ120及び/又はハブ107がシステム210と適切に通信していないことを示す。 Communication loss indicator 4833 indicates that the pump 120 and / or the hub 107 is not properly communicate with the system 210. この指摘に伴うメッセージには、問題を解決するためにとるべきステップが記載されている。 The message accompanying the pointed describes a step to be taken to resolve the problem. 無線モジュールローバッテリアラートインジケータ4835は、ハブ107が現在30分未満の電池残量の予備電池で稼動していることを示す。 Radio module low battery alert indicator 4835 indicates that the hub 107 is running on reserve battery of the battery remaining amount of the current less than 30 minutes.

設定及びデジタルアシスタント118の使用法に関する上述の開示では、これらの機能を実行する臨床家116に関して論じてきた。 The setting and the aforementioned disclosures on the use of the digital assistant 118, has been discussed with respect to the clinician 116 to perform these functions. しかしながら、これらの仕事は、その個人が臨床家116であるか否かを問わず、病院のどのような管理職員又はスタッフによって行うことができることが理解される。 However, these tasks, the individual regardless of whether or not the clinician 116, it is understood that can be performed by any such management staff or staff of the hospital.

(緊急事態通知工程) (Emergency notification process)
図12を参照すると、緊急事態通知システム1200の好ましい実施形態が示されている。 Referring to FIG. 12, a preferred embodiment of an emergency notification system 1200 is shown. 通知当事者1210は、通信ネットワーク1220と通信している。 Notifying party 1210 is in communication with the communication network 1220. 当業者は、限定するものではないが、イーサネット(登録商標)ネットワーク、同軸ケーブルネットワーク、無線ローカルエリアネットワーク、及び無線広域ネットワークを含む種々の通信ネットワークが動作可能であることが分かる。 Those skilled in the art, but are not limited to, an Ethernet network, coaxial cable network, that a wireless local area network, and various communication network including a wireless wide area network is operable seen. 更に、限定するものではないが、Transfer Control Protocol/Internet Protocol(「TCP/IP」)、ワイヤレスアプリケーションプロトコル(「WAP」)、及びユーザーデータグラムプロトコル(「UDP」)などの種々の通信ネットワークプロトコルが使用可能である。 Furthermore, without limitation, Transfer Control Protocol / Internet Protocol ( "TCP / IP"), Wireless Application Protocol ( "WAP"), and various communication network protocols, such as User Datagram Protocol ( "UDP") it is possible to use. 更に、通信ネットワーク1220は、より大きい通信ネットワークの一部として動作可能である。 Furthermore, the communication network 1220 is operable as part of a larger communication network. 例えば、通信ネットワーク1220は、例えば病院内に現存する有線通信ネットワークと通信している無線通信ネットワークとすることができる。 For example, the communication network 1220 may be for example a wireless communication network in communication with a wired communication network existing in the hospital.

通信ネットワーク1220と通信しているのは、通知当事者1210である。 The communicating with the communication network 1220 is a notifying party 1210. 通知当事者1210は、病院の臨床家、例えば、看護師、医師、病院管理者、又は保安要員であることができる。 Notifying party 1210, clinicians of the hospital, for example, can be nurses, doctors, hospital administrators, or security personnel. 通知当事者1210は、患者であることもできる。 Notifying party 1210, it can also be a patient. 更に、通知当事者1210は、自動工程、例えば、コンピュータプログラム又は医療機器であることができる。 Furthermore, notifying party 1210 automated process, for example, can be a computer program or a medical device. 通知当事者1210としての機能を果たす自動工程は、特定の状態又はイベントの発生と同時に通信ネットワーク1220全体にわたって緊急事態通知を一斉同報するようにプログラムすることができる。 Notification automated process serve as a party 1210 can be programmed to broadcast the emergency notification over occurs when the entire communication network 1220 at the same time of a particular condition or event. 例えば、自動工程は、患者状態の感知と同時に緊急事態通知を一斉同報するようにプログラムすることができる。 For example, automated process can be programmed to broadcast simultaneously emergency notification and sensing patient conditions.

緊急事態通知は、一人又はそれ以上のターゲット当事者1230によって受信される。 Emergency notification is received by one or more target parties 1230. ターゲット当事者1230は、臨床家、例えば医師、及び看護師であることができる。 Target parties 1230, clinicians, can be, for example, doctors, and nurses. ターゲット当事者1230は、緊急事態対応要員又は保安要員、若しくは環境災害対応班であることもできる。 Target parties 1230, can also be emergency response personnel or security personnel, or an environmental disaster response team. ターゲット当事者1230は、通信ネットワーク1220と通信しているいずれかの個人であることができる。 Target parties 1230 may be any person in communication with the communication network 1220. 本発明の実施形態は、通知当事者1210に、緊急事態通知を特定の1つのターゲット当事者1230又は複数のターゲット当事者1230、若しくは全てのターゲット当事者1230のみに緊急事態通知を送信する選択肢を提供する。 Embodiments of the present invention, the notifying party 1210, provides the option to send one emergency notification specific target parties 1230 or more target parties 1230, or the emergency notification only to all target parties 1230. 本実施形態は、どのターゲット当事者1230が緊急事態通知を受信するかを通知当事者1210が選択することを可能にする。 This embodiment, what target parties 1230 receives the emergency notification notifying party 1210 makes it possible to select.

ターゲット当事者1230及び通知当事者1210は、通信ネットワーク1220によって連通している。 Target parties 1230 and notifying party 1210 communicates by communication network 1220. 当業者は、通知当事者1210及び当事者1230に提供することのできる様々な通信様式1240が通信ネットワーク1220と通信することが分かる。 Those skilled in the art, it can be seen that a variety of communication modes 1240 that may be provided to notify the parties 1210 and the parties 1230 to communicate with the communication network 1220. 例えば、通信様式1240は、有線接続、例えばパーソナルコンピュータ又はプログラム可能制御装置とすることができる。 For example, the communication style 1240 may be a wired connection, such as a personal computer or programmable controller. 通信様式1240は、ハンドヘルドコンピュータ又は携帯電話を通じてイネーブルにされる無線ネットワーク接続とすることもできる。 Communication Form 1240, may also be a wireless network connection is enabled through a handheld computer or a mobile phone.

ここで図13を参照すると、通知当事者1210の観点からの通知用インターフェース1300が示されている。 Referring now to Figure 13, the notification interface 1300 in terms of notifying party 1210 is shown. 当業者は、通知当事者1210が通信ネットワーク1220を介して緊急事態通知を一斉同報する権限を与える様々なインターフェースが分かる。 Those skilled in the art, can be seen a variety of interfaces that gives permission for notifying party 1210 broadcast the emergency notification via the communication network 1220. 通知用インターフェースは、イントラネット又はインターネットに接続されたウェブサイトとすることができる。 Notification interface may be a connected web sites to an intranet or the Internet. 通知用インターフェースは、携帯電話又は他の電話、若しくは電子メールによって起動することもできる。 Notification interface can also be activated mobile phone or other telephone or by e-mail. 一実施形態では、通知インターフェース1300は、広く市販されているのが見られる種類のハンドヘルドコンピュータである。 In one embodiment, the notification interface 1300 is a handheld computer of the type seen what is widely commercially available. 例には、PalmOne,Inc. Examples, PalmOne, Inc. によって製造されているPalm装置、PalmOne,Inc. Palm device manufactured by, PalmOne, Inc. によって製造されているVisor装置、Hewlett Packard,Inc. Visor manufactured by device, Hewlett Packard, Inc. によって製造されているJornada装置、Dell,Inc. Jornada device, Dell, Inc manufactured by. によって製造されているAxim装置、Sony,Inc. Axim device, Sony, Inc manufactured by. によって製造されているClie装置、及びToshiba,Inc. Clie are manufactured by the apparatus, and Toshiba, Inc. 、Compaq及びSymbolによって製造されているPocketPC装置が含まれる。 Include PocketPC device manufactured by Compaq, and Symbol.

一実施形態では、通知用インターフェース1300は、1つ又はそれ以上のオプション1340をリストアップしたメニュー1330を備える。 In one embodiment, the notification interface 1300 includes a menu 1330 that lists one or more options 1340. 例えば、1つの通知オプション1340は、通知当事者1210が特定の臨床家又は臨床家の種類を緊急事態通知のターゲット当事者1230として選択することを可能にする。 For example, one notification option 1340 allows the notifying party 1210 to select the specific types of clinician or clinician as a target parties 1230 emergency notification. 別の通知オプション1340は、緊急事態通知が誤って送信された場合に通知当事者1210が該緊急事態通知を取り消す選択を行うことを可能とすることができる。 Another notification option 1340 may be notified when an emergency notification is transmitted erroneously party 1210 makes it possible to perform the selection to cancel the emergency notification. 追加の通知オプション1340には、患者識別情報、患者の位置、緊急事態の種類、及び期待応答時間に対する入力を含めることができる。 Additional notification options 1340 may include patient identification information, the position of the patient, the type of emergency, and an input for the desired response time.

ここで図14を参照すると、ターゲット当事者1230の観点からの受信用インターフェース1400の一実施形態が示されている。 Referring to Figure 14, one embodiment of a reception interface 1400 in terms of target parties 1230 is shown. 通知用インターフェース1300と同様に、受信用インターフェース1400は、種々の異なるプラットフォーム上で動作可能であり、且つ本発明の原理の下で引き続き実施可能とすることができる。 Similar to the notification interface 1300, the receiving interface 1400 is operable on a variety of different platforms, can continue to be a feasible and under the principles of the present invention. 図13に示す一実施形態では、受信用インターフェース1400は、ハンドヘルドコンピュータである。 In one embodiment, shown in FIG. 13, reception interface 1400 is a hand-held computer. インターフェース1400は、設定可能な情報2350を表示するための画面1420を含む。 Interface 1400 includes a screen 1420 for displaying a settable information 2350. 情報2350は、患者識別情報、緊急事態の発生位置、緊急事態の種類、及び期待応答時間などの緊急事態通知情報を含むことができる。 Information 2350 may include patient identification information, the generation position of an emergency, the type of emergency, and the emergency notification information such as the expected response time.

通知用インターフェース1300及び受信用インターフェース1400の両方とも、任意選択的にホットキー1350、1460で設定される。 Both notification interface 1300 and the receiving interface 1400, is set in optionally hotkey 1350,1460. 通知用インターフェース1300に関しては、ホットキー1350は、通知用インターフェース1300自体から自動的に取得される情報を含む緊急事態通知を送信するように設定することができる。 For the notification interface 1300, the hot key 1350 can be configured to send emergency notification including the information is automatically acquired from the notification interface 1300 itself. 例えば、通知用インターフェース1300上のホットキー1350を押すことで、その情報を含む緊急事態通知を自動的に送信するように設定することができる。 For example, by pressing a hot key 1350 on the notification interface 1300, it can be configured to send emergency notification containing the information automatically.

(アラーム/アラート通知を含むメッセージング&通知) (Messaging and notification including the alarm / alert notification)
本システムは、通知及びメッセージを送信する機能を提供する。 The system provides the ability to send notifications and messages. 通知は、限定するものではないが、患者状態リスト、アラーム、アラート、注入スケジュール、オーダ、オーバーライド、警告、治療パラメータ、追加情報へのリンク、投薬失敗、経路確認、比較、流速情報、医師注記、通信の損失、ローバッテリ、投与結果等を含むことができる。 Notification, but are not limited to, patient state list, alarm, alert, infusion schedule, orders, override, warning, treatment parameters, links to additional information, medication fails, routability, comparison, flow rate information, the physician notes, loss of communication, low battery, may include administering results like. 本システムは、これら及び追加通知を表示する機能をも提供する。 The system also provides the ability to view these and additional notifications. 通知を表示する1つの手段は、デジタルアシスタント118上である。 One means for displaying a notification is on digital assistant 118. 通知は、多数の臨床家及び/又は主任臨床家のうちのいずれか1人に提供することもできる。 The notification may also be provided to one any of a number of clinicians and / or the supervising clinician.

上述したように、通知の1つの種類は、アラーム/アラート通知である。 As described above, one type of notification is alarm / alert notification. 本システムでは、通知を段階的に増大することができる。 In this system, it is possible to increase the notification stepwise. 特定のアラーム/アラートのエスカレーション工程を図15に示す。 The specific alarm / alert escalation process shown in FIG. 15. 通常、通知工程は、通知を任意の数の臨床家116に送信するために提供される。 Usually, the notification process is provided for transmitting a notification to the clinician 116 in any number. 図15の識別されたアラーム/アラートのエスカレーション工程1500は、注入ポンプ120などの医療機器上でアラーム又はアラートがアクティブな際に、臨床家の装置118を介して一連の臨床家に通知する機能を提供する。 Escalation step 1500 of the identified alarm / alert 15, when an alarm or alert is active on a medical device such as an infusion pump 120, a function of notifying a series of clinician through the clinician's 118 provide. 好ましい実施形態では、臨床家の装置は、一般にディスプレイ118a及び可聴音又はサウンドジェネレータ118cを有する、図1及び図3に示すようなパーソナルデジタルアシスタント(「PDA」)118である。 In a preferred embodiment, the clinician of the apparatus generally comprises a display 118a and the tone or sound generator 118c, a personal digital assistant, such as shown in FIGS. 1 and 3 ( "PDA") is 118. 説明のためのみに、臨床家の装置を、本詳細な説明においては、以下デジタルアシスタント118として特定する。 For illustrative purposes only, the device of the clinician, in the present detailed description, hereinafter identified as digital assistant 118. 更に、アラーム/アラートのエスカレーション工程1500は、臨床家がデジタルアシスタント118上のアラーム/アラート通知に応答しなかった場合に、エスカレーション工程を提供する。 In addition, the escalation process 1500 of alarm / alert, in case the clinician did not respond to the alarm / alert notification on the digital assistant 118, to provide the escalation process. エスカレーション工程が開始されると、該エスカレーション手順において特定された別の又は第2の臨床家のデジタルアシスタント118に通知が送信される。 If escalation step is started, the notification to another or second clinician's digital assistant 118 identified in the escalation procedure is sent. アラーム/アラート通知はデジタルアシスタント118に送信されるが、通常ポンプのアラーム及びアラートはポンプにおいてのみ解決することができることが理解される。 Although alarm / alert notification is sent to the digital assistant 118, alarm and alert the ordinary pump it is understood that it is possible to solve only the pump. 本明細書に説明するように、デジタルアシスタント118におけるアラーム又はアラートの消音は、ポンプに作用しても、作用しなくてもよい。 As described herein, silencing of an alarm or alert in the digital assistant 118, also act on the pump may not act.

アラーム/アラートのエスカレーション工程1500は、医療機器120においてアラーム状態又はアラート状態の少なくとも1つ又は両方がトリガされた際に、ブロック1505で開始する。 Escalation step 1500 alarm / alert, when at least one or both of the alarm or alert condition is triggered in the medical device 120, starts at block 1505. 図3に示す好ましい実施形態では、医療機器120におけるアラーム又はアラートのトリガに続き、該アラーム状態若しくはアラート状態に関連するデータを含む信号が生成され、ブロック1510において医療機器120からサーバ109に送信される。 In the preferred embodiment illustrated in FIG. 3, following the triggering of an alarm or alert in the medical device 120, a signal containing data related to the alarm state or alert condition is generated and transmitted from the medical device 120 to the server 109 at block 1510 that. 無線環境では、無線送信機を有する医療機器120が備えられるか、又は無線ハブ107に接続された医療機器120が備えられる。 In a wireless environment, or medical device 120 having a radio transmitter is provided, or connected medical device 120 to the wireless hub 107 is provided. 図3に示す後者の例では、ハブ107は、医療機器120から信号を受信し、該信号を、無線通信路又は無線通信リンク128を介したシステムネットワーク102への伝送に適した形式に変換する。 In the latter example illustrated in FIG. 3, the hub 107 receives signals from the medical device 120, converts the signal into a format suitable for transmission to the system network 102 over a wireless communication channel or a wireless communication link 128 . 更に、ハブ107がアラーム、アラート又は他の通知が重複通知であることを認識した場合、ハブ107は、該重複通知を廃棄することができる。 Furthermore, if the hub 107 recognizes that the alarm, alert or other notification is a duplicate notification, the hub 107 may discard the duplicate notification. 伝送された信号は、医療環境内の無線アクセスポイント114によって受信される。 Transmitted signal is received by the wireless access point 114 of a medical environment. 無線アクセスポイント114は、無線通信路(即ち無線経路128)と図3に示す有線通信路110のような有線通信路との間のインターフェースとなる。 Wireless access point 114 provides an interface between the wireless communication path (i.e. the radio path 128) and a wired communication path such as a wired communication channel 110 shown in FIG.

サーバ109がブロック1510で送信されたアラーム状態又はアラート状態に関連するデータを受信した後、サーバ109は、ブロック1515で前提条件チェックを行う。 After the server 109 receives the data related to the alarm or alert condition has been transmitted in block 1510, the server 109 performs the checks at block 1515. 前提条件チェック3030は、医療機器120におけるアラーム状態又はアラート状態を特定の患者に関連付ける工程と、該患者を第1の臨床家とも呼ばれる主臨床家に関連付ける工程(この関連付けは、中央システムサービス装置108aで行うことができる)と、第1の臨床家をその臨床家のデジタルアシスタント118に関連付ける工程とを含むことができる。 Prerequisite check 3030 includes the steps of associating an alarm or alert condition in the medical device 120 to a particular patient, steps associated with the main clinician, also called the first clinician a patient (this association, the central system service unit 108a to perform it can) with it can include the step of associating the first clinician digital assistant 118 of the clinician. サーバ109は、ブロック1515でのその前提条件チェックにおいて入手した情報を用いて、医療機器120(及び一実施形態では注入ポンプ120の特定のチャネル121)、患者、主臨床家即ち第1の臨床家及び第1の臨床家のデジタルアシスタント118との間の関係を確立する。 Server 109 uses the information obtained in the prerequisite check at block 1515, (particular channel 121 and of the infusion pump 120 in one embodiment) the medical device 120, the patient, the main clinician or first clinician and establishing a relationship between the first clinician's digital assistant 118. 患者112と臨床家116との間に多対多の関係があることが理解される。 It will be appreciated that there are many-to-many relationship between the patient 112 and the clinician 116. 従って、多数の第1の臨床家、多数の第2の臨床家、及び多数のn−レベルの臨床家を、1人の特定の患者と関連付けることができる。 Therefore, a number of the first clinician, multiple second clinician, and clinicians of multiple n- levels may be associated with one particular patient. 更に、n−レベルのエスカレーションも本システム内で可能である。 Further, the n- level escalation are possible within the system.

通常、サーバ108aは、その内部に、患者対臨床家の多対多の関連付け、及び患者対部門の関連付けを格納している。 Usually, the server 108a has stored therein, many-to-many association patients versus clinician, and the association of patient-to-sector. サーバ108aは、これらの関連付けをサーバ109に伝送し、サーバ109は、これらの関連付けを格納する。 Server 108a, these associations transmitted to server 109, server 109 stores these associations. 同様に、サーバ108aは、主任臨床家対部門の関連付けを、格納のためにサーバ109へ送信する。 Similarly, server 108a, the association of the charge clinician pairs sector, and transmits to the server 109 for storage.

ブロック1515での前提条件チェックに続き、サーバ109は、患者112から臨床家116への適切なチャネル121マッピングを決定する。 Following the precondition check at block 1515, the server 109 determines the appropriate channel 121 mapping to the clinician 116 from the patient 112. ひとたびマッピングが完了すると、ブロック1520で、サーバ109は、第1の臨床家のデジタルアシスタント118がアクティブであるかどうかを判定する。 Once it determined the mapping is complete, at block 1520, whether the server 109, the first clinician's digital assistant 118 is active. 第1の臨床家のデジタルアシスタント118がアクティブである場合、次いで、サーバ109は、存在するアラーム状態又はアラート状態を表す信号を生成する。 If the first clinician's digital assistant 118 is active, then the server 109 generates a signal representative of an alarm or alert condition exists. この信号は、患者の氏名、患者の位置、ベッド識別、部屋識別、アラーム又はアラートの種類、状態の記述、時刻、日付、臨床家の識別及び/又は処方などのデータを含む。 This signal includes the patient's name, position of the patient, bed identification, room identification, alarm or alert of type, description of the state, time, date, data such as the clinician's identification and / or prescription. 好ましい実施形態では、この信号は、サーバ109から無線アクセスポイント114へ伝送される。 In a preferred embodiment, the signal is transmitted from the server 109 to the wireless access point 114. 次いで、ブロック1525で、無線アクセスポイント114が、アラーム状態又はアラート状態に関連する信号を、無線通信伝送を介して臨床家のデジタルアシスタント118へ伝送する。 Then, at block 1525, the wireless access point 114 transmits a signal associated with the alarm or alert condition, via the wireless communication transmitting to the clinician's digital assistant 118.

アラーム状態又はアラート状態に関連する信号は、ブロック1525で、主任臨床家、第1の臨床家の部下、又は第2の臨床家にも伝送することができる。 Signal associated with the alarm or alert condition at block 1525, the charge clinician may first clinician men, or for the second clinician transmitted. このような信号は、無線通信又は有線通信を介して伝送することができる。 Such signals may be transmitted via wireless communication or wired communication. 更に、主任臨床家は、デジタルアシスタント118、デスクトップコンピュータ、又は他のなんらかの電子装置を使用していることができる。 Furthermore, the charge clinician, digital assistant 118, it is possible using the desktop computer, or some other electronic device. 主任臨床家は一般に、臨床家が直属する上司又はいずれかの人物である。 Chief clinician in general, is the boss or any person clinician immediate. 更に、主任臨床家は、臨床家のワークフローを支援するか、又はアラーム状態又はアラート状態の監視を支援する人物とすることができる。 In addition, the charge clinician may be whether to support the workflow of clinicians, or to support the alarm state or monitoring of the alert state person.

信号は、臨床家のデジタルアシスタント118によって受信され、続いて図15のブロック1530で表示される。 Signal is received by the clinician's digital assistant 118, and subsequently displayed by block 1530 of FIG. 15. このブロックでは、臨床家のデジタルアシスタント118上にアラーム状態又はアラート状態が表示される。 In this block, an alarm or alert condition is displayed on the digital assistant 118 of clinicians. 臨床家のデジタルアシスタント118上への表示は、可視表示、可聴表示、又は可視表示及び可聴表示の両方とすることができる。 Viewing the clinician's digital assistant 118 above, it can be both visual indication, an audible indication, or visual display and audible indication. 更に、可視表示は、1つ又はそれ以上のテキスト、アイコン、シンボル等を含むことができる。 Moreover, visual display may include one or more of text, icons, symbols and the like. 同様に、上述したように、可聴表示は、種々のデシベルレベルの様々な可聴音を含むことができる。 Similarly, as described above, audible indication may include a variety of audible sound of various decibel levels. 可視インジケータ及び可聴インジケータは、病院によって設定可能である。 Visual indicator and audible indicator can be set by the hospital. 図16aに、臨床家のデジタルアシスタント118上の例示的なアラーム/アラートインターフェースのリスト画面1662aの画面ショットを開示する。 Figure 16a, discloses a screen shot of a clinician exemplary alarm / alert list interface screen 1662a on digital assistant 118. アラーム/アラートリストインターフェース1662aは、アクティブなチャネルのアラーム/アラートに現在関連する患者のリストを含む。 Alarm / alert list interface 1662a includes a list of patients currently associated to the alarm / alert active channels. 図16aに示すように、この臨床家のデジタルアシスタント118は現在、3つのアクティブなアラーム/アラート表示を有する。 As shown in FIG. 16a, the digital assistant 118 of the clinician now has three active alarm / alert display. 患者1、1664に関するアラーム状態、患者2、1666に関するアラーム状態、及び患者3、1668に関するアラート状態が存在する。 Alarm conditions on the patient 1,1664, the alarm state for the patient 2,1666, and an alert condition exists for a patient 3,1668. 図17に示すように、各患者氏名及び対応するアラーム/アラートアイコンが、適切なポンプアラーム詳細インターフェース画面にハイパーリンクされている。 As shown in FIG. 17, alarm / alert icon each patient name and corresponding, it is hyperlinked to appropriate pump alarm detailed interface screen. 一実施形態では、患者のリストは、このインターフェース画面を表示しているデジタルアシスタント118にログインした臨床家116に現在関連する患者のみを含むようにフィルタ処理される。 In one embodiment, the list of patients is filtered to include only patients who currently associated with the clinician 116 who has logged into the digital assistant 118 displaying the interface screen. この臨床家対患者の関連付けは、主臨床家として行っても、一時対応臨床家として行ってもよい。 This association of clinician-to-patient, be carried out as the main clinician, may be performed as a temporary corresponding clinician. 第2の臨床家にも、エスカレーション工程を通じてアクセスすることができる。 For the second clinician, it can be accessed through the escalation step. アラーム/アラートリストインターフェース1662は一般に、通常の臨床家のワークフローの間に臨床家116のデジタルアシスタント118上に表示されるアラーム/アラートアイコン4872をクリックすることによりアクセスを受ける。 Alarm / alert list interface 1662 generally receives the access by clicking the alarm / alert icon 4872 displayed on the digital assistant 118 of clinician 116 during normal clinician workflow.

上述したように、ブロック1530でアラーム状態又はアラート状態が臨床家のデジタルアシスタント118上に表示される場合、この表示は、可視的に、可聴式に、又は両方で提供することができる。 As described above, if an alarm or alert condition in block 1530 is displayed on the digital assistant 118 of clinician, the display can be provided visually, audibly, or both. 臨床家のデジタルアシスタント118に可聴表示が提供される場合は、アラームアイコン4872が、臨床家のデジタルアシスタント118のディスプレイ118a上に出現する。 If the clinician audible displayed on the digital assistant 118 is provided, alarm icon 4872 is, appearing on the display 118a of the clinician's digital assistant 118. 可聴表示が提供される場合、臨床家は、たとえ該臨床家がアラーム状態又はアラート状態に応答していない場合でも、臨床家が可聴表示の音を消す機能を有することができる。 If the audible indication is provided, clinician, if the clinician even if not responding to the alarm or alert condition may clinician has the ability to turn off the audible indication sound. 臨床家がアラームを消音化した場合、サーバ109は、消音タイマを起動することになる。 If the clinician has silencing the alarm, server 109, it will start the mute timer. 可視表示は、たとえ可聴表示の音が消された場合でも残ることになる。 Visual display would also remain in case of erased is even audible indication sound. 図16aに示すように、アラーム/アラートにより臨床家のデジタルアシスタント118に可聴表示が提供されているが、臨床家の消音化により音が消えている場合、アラーム/アラート消音化アイコン4874が提供される。 As shown in FIG. 16a, but audible indication to the clinician's digital assistant 118 is provided by the alarm / alert, if the sound is off by silencing the clinician is provided an alarm / alert silencing icon 4874 that. 更に、アラーム/アラート状態の高まりと同時に、臨床家がタイマのタイムリミット内にアラームに応答しない場合、可聴表示の消音化は解除することができる。 Furthermore, simultaneously with the increase of the alarm / alert condition, if the clinician does not respond to the alarm within the time limit of the timer, the audible indication of silencing can be released. 可聴表示の代替的実施形態は、振動アラートとすることができる。 Alternative embodiments of the audible indication may be a vibrating alert.

更に、複数のアラーム/アラート状態の時間が同時に又は重なり合って発生する可能性がある。 Furthermore, there is a possibility that the times of a plurality of alarm / alert condition occurs overlap or simultaneously. それに応じて、特定のアラーム状態又はアラート状態に関連するデータを含む同時信号又は部分的に重なり合った信号が生成され、ブロック1510で医療機器120からサーバ109へ送信される。 Accordingly, simultaneous signal or partially overlapping signals containing data relating to a particular alarm or alert condition is generated and transmitted from the medical device 120 at block 1510 to the server 109. アラーム/アラート信号は、同一の医療機器120又は異なる医療機器120から創出することができる。 Alarm / alert signals can be created from the same medical device 120 or a different medical devices 120. 更に、アラーム/アラート信号は、同一の患者又は異なる患者に関連することができる。 Further, the alarm / alert signal may be associated with the same patient or a different patient. しかしながら、アラーム/アラート信号の各々は、個々のアラーム/アラート状態に対して、本明細書に記載するアラーム/アラートエスカレーション工程1500へ個々にルーティングされる。 However, each of the alarm / alert signals are routed to the individual alarm / alert condition, the individual to the alarm / alert escalation process 1500 described herein. 図16aに示すように、特定の臨床家が彼/彼女のデジタルアシスタント118上に多数のアラーム/アラート表示を有する可能性がある。 As shown in Figure 16a, there is a possibility of having a large number of alarm / alert display on his / her digital assistant 118 is a particular clinician. アラーム/アラート画面の別の例を、図16bのインターフェース画面1662b上に示す。 Another example of an alarm / alert screen, shown on the interface screen 1662b of FIG 16b. 本システムにおいては一般的なことであるが、図16bのインターフェース画面1662b内の1676として参照されるラインは、リスト、具体的にはこのインターフェース内の特定の臨床家に対するアラーム/アラート表示リストの終端を示す。 Although in the present system is common that, the line referenced as 1676 within the interface screen 1662b of FIG. 16b, the list specifically to the end of the alarm / alert display list for a particular clinician in this interface It is shown.

図17は、図16aのインターフェース内のリスト1662aから臨床家のデジタルアシスタント118上で患者へのハイパーリンクに対してアラーム/アラート表示のうちの1つを閲覧する選択を行った後の、詳細な患者アラーム/アラートインターフェース1765を示す。 17, after the selection to view one of the alarm / alert displayed for the hyperlink from a list 1662a in the interface of FIG. 16a to the patient on the clinician's digital assistant 118, details It illustrates a patient alarm / alert interface 1765. ここでは、臨床家は、患者1、1664に関するアラーム表示を選択している。 In this case, the clinician has selected the alarm display for the patient 1,1664. アラーム/アラート詳細画面1765は、該アラーム/アラートの理由を詳細に記したメッセージを臨床家に提供する。 Alarm / alert details screen 1765, provides a message that describes in detail the reason for the alarm / alert the clinician. 臨床家は、リフレッシュボタン4819をクリックして画面1765上に表示された現在の情報を更新することができる。 Clinician, it is possible to update the current information that is displayed on the screen 1765 by clicking on the refresh button 4819. 図18のインターフェース1867上に示すように、同一の患者に対して複数のアラーム又はアラート1878、1882が存在する可能性がある。 As shown on the interface 1867 of FIG. 18, there may be multiple alarms or alerts 1878,1882 for the same patient. このアラーム/アラートインターフェース1867は、現在所与の患者に関連付けられている全てのアクティブなポンプのアラーム/アラートのリストを提供する。 The alarm / alert interface 1867 provides a list of all active pumps alarm / alert currently associated with a given patient. これらのアクティブなポンプのアラーム/アラートは、複数のチャネル121及び/又はポンプ120からのものである可能性があり、且つ複数のハブ107全体にわたって拡大してさえいる可能性がある。 Alarm / alert of these active pumps could be from a plurality of channels 121 and / or pump 120, which may have even been and expanded across multiple hubs 107. このインターフェース画面1867は、ポンプアラームリスト画面1662上の所与の患者を特定することによりアクセスを受ける。 The interface screen 1867 is subject to access by specifying a given patient on the pump alarm list screen 1662.

ブロック1525で臨床家のデジタルアシスタントに信号が送信され、ブロック1530で主臨床家のデジタルアシスタント118によって受信された後、サーバ109において、ブロック1535でタイマが起動される。 Signals into digital assistant clinician at block 1525 is transmitted after being received by the digital assistant 118 of the main clinician at block 1530, the server 109, the timer is started at block 1535. このタイマは、タイムリミットを有する。 This timer has a time limit. 一般的なエスカレーションタイムリミットは約2分であるが、このタイムリミットは、病院によって設定可能である。 Although general escalation time limit is about 2 minutes, the time limit may be set by the hospital. ブロック1540で、本システムは、タイマのタイムリミット内にアラート又はアラームに対して応答がなされたかどうかを判断する。 In block 1540, the system determines whether a response against an alert or alarm is received within the time limit of the timer. 主臨床家のデジタルアシスタント118からの確認応答なくしてタイマのタイムリミットに達した場合、本工程は、ブロック1545に進む。 If you have reached the time limit of the timer without acknowledgment from the digital assistant 118 of the main clinician, this step, the process proceeds to block 1545. ブロック1545で、本システムは、医療機器120においてアラーム/アラート状態に対する確認応答又は応答がなされているか否かに関して更に照会を行う。 In block 1545, the system further performs the inquiry as to whether an acknowledgment or response to the alarm / alert condition has been made in the medical instrument 120. 主臨床家のデジタルアシスタント118、若しくは医療機器120においても、或いは主任臨床家によっても応答がなされていなければ、次いで、ブロック1545で、アラーム/アラート工程がエスカレートされる。 The main clinician's digital assistant 118, or even in the medical device 120, or if not made responsive by the charge clinician, then at block 1545, the alarm / alert process is escalated.

アラーム/アラート状態がトリガされた後であるがアラーム/アラート状態の確認前に通信の損失が発生した場合はいつでも、ひとたび通信の損失が修復されれば、アラーム/アラート状態が回復することになる。 Alarm / alert condition whenever it is after it is triggered a loss of communication before confirmation of the alarm / alert condition occurs, once the loss of communication is restored, so that the alarm / alert condition is recovered . 同様に、通信の損失後にアラーム/アラート状態がトリガされた場合、該アラーム/アラート状態は、ひとたび通信が復旧すれば回復することになる。 Similarly, if the alarm / alert state after the communication loss is triggered, the alarm / alert condition, once communication is to recover if recovery.

アラームがエスカレートされると、サーバ109は、ブロック1555で別の前提条件チェックを行う。 When an alarm is escalated, the server 109, make another prerequisite checks at block 1555. この前提条件チェック1555は、患者を第2の臨床家と関連付ける工程(この関連付けは、中央システムサービス装置108aで行うことができる)と、第2の臨床家を第2の臨床家の装置又は第2の臨床家のデジタルアシスタント118とも呼ばれるその臨床家のデジタルアシスタント118と関連付ける工程とを含み得る。 The prerequisite check 1555, the step of associating the patient with a second clinician (This association can be done in the central system service device 108a) and the second clinician the second clinician the device or the It may include a step of associating the second clinician's digital assistant 118 and the digital assistant 118 of the clinician also known. サーバ109は、ブロック1555でのその前提条件チェックにおいて入手した情報を用いて、医療機器120、患者、第2の臨床家及び第2の臨床家のデジタルアシスタント118との間の関係を確立する。 Server 109 uses the information obtained in the prerequisite check at block 1555, the medical device 120, establishing a relationship between a patient and a second clinician and the second clinician's digital assistant 118.

ブロック1555での第2の前提条件チェックに続き、サーバ109は、第2の臨床家のデジタルアシスタント118がアクティブであるかどうかをも判定する。 Following the second precondition check at block 1555, the server 109, the second clinician's digital assistant 118 also determines whether or not it is active. 第2の臨床家のデジタルアシスタント118がアクティブである場合、次いで、サーバ109は、現存するアラーム状態又はアラート状態を表すエスカレートされた信号を生成する。 If the second clinician's digital assistant 118 is active, then the server 109 generates an escalated signal representative of an alarm or alert condition existing. このエスカレートされた信号は、患者の氏名、患者の位置、部屋識別、ベッド識別、アラーム又はアラートの種類、状態記述、時刻、日付、臨床家識別及び/又は処方などのデータを同様に含む。 The escalated signal, the patient's name, patient location, room identification, bed identification, the type of alarm or alert, state description, time, date, as well as including data such as clinician identification and / or formulation. 好ましい実施形態では、エスカレートされた信号は、サーバ109から無線アクセスポイント114へ伝送される。 In a preferred embodiment, it escalated signal is transmitted from the server 109 to the wireless access point 114. 次いで、無線アクセスポイント114が、ブロック1555で、アラーム状態又はアラート状態に関連するエスカレートされた信号を、無線通信伝送を介して第2の臨床家のデジタルアシスタント118へ伝送する。 Then, the wireless access point 114, at block 1555, transmits the escalated signal related to the alarm or alert condition, via the wireless communication transmitting the second clinician's digital assistant 118.

アラーム状態又はアラート状態に関連するエスカレートされた信号は、ブロック1555で主任臨床家にも伝送することができる。 Escalated signal related to the alarm or alert condition may also be transmitted to the charge clinician at block 1555. このようなエスカレートされた信号は、無線又は有線の通信を介しすることができる。 Such escalated signal can be through the communication of the wireless or wired. 更に、主任臨床家は、デジタルアシスタント、デスクトップコンピュータ、又はなんらかの他の電子装置を用いていることができる。 Furthermore, the charge clinician, digital assistant, which may optionally using a desktop computer, or some other electronic device. 上述したように、主任臨床家は通常、臨床家が直属する上司又は特定の人物、若しくは臨床家に対するワークフローを支援するか、或いはアラーム状態又はアラート状態を監視するのを支援する人物である。 As mentioned above, the charge clinician is usually a person boss or a particular person, or whether to support the workflow for clinicians, or to assist in monitoring the alarm or alert condition clinician immediate.

エスカレートされた信号は、第2の臨床家のデジタルアシスタント118によって受信され、続いて図15のブロック1560で表示される。 Escalated signal is received by the second clinician's digital assistant 118, and subsequently displayed by block 1560 of FIG. 15. このブロックは、第2の臨床家のデジタルアシスタント118上にアラーム状態又はアラート状態を表示する。 This block displays an alarm or alert condition on the second clinician's digital assistant 118. 第2の臨床家の装置上の表示は、可視表示、可聴表示、又は可視表示及び可聴表示の両方とすることができる。 Display on the device of the second clinician can be both visual display, an audible display, or visual display and audible indication. 更に、可視表示は、1つ又はそれ以上のテキスト、アイコン、シンボル等を含むことができる。 Moreover, visual display may include one or more of text, icons, symbols and the like. 同様に、上述したように、可聴表示は、種々の可聴音を含むことができる。 Similarly, as described above, audible indication may include a variety of audible sound. しかしながら、第1の臨床家に送信された原信号(ブロック1525参照)は、図15のブロック1530に示すように、依然として該第1の臨床家のデジタルアシスタントに保持されていることが理解される。 However, the first clinician sent to the original signal (see block 1525), as shown in block 1530 of FIG. 15, is still understood to have been held in the clinician's digital assistant first . 第1の臨床家のデジタルアシスタント118にある信号は強めることができる(即ち、それはより大きいサイズ又はフォントで示すことができ、それは点滅することができ、可聴アラートのボリュームを上げる等)。 Signal in the first clinician's digital assistant 118 may be enhanced (i.e., it can be shown in a larger size or font, it can be flashing, increase the volume of the audible alert, etc.).

ブロック1555で二次信号が臨床家のデジタルアシスタントに送信され、ブロック1560で第2の臨床家のデジタルアシスタント118によって受信された後では、少なくとも2人の個人(第1の臨床家及び/又は主任臨床家)及びアラーム/アラート状態がアクティブな少なくとも2台の装置が存在する。 Secondary signal at block 1555 is transmitted to the digital assistant clinician, in after being received by the second clinician's digital assistant 118 at block 1560, at least two individuals (the first clinician and / or chief clinician), and the alarm / alert condition exists active at least two devices. 従って、ブロック1540及び1565に示すように、これらの臨床家のうちのいずれかが、アラーム/アラート状態に応答することができる。 Accordingly, as shown in block 1540 and 1565, any of these clinicians may respond to the alarm / alert condition. ブロック1570で、エスカレートされたアラーム工程は、臨床家のデジタルアシスタント118、主任臨床家のコンピュータ又は装置、若しくは医療機器120のうちのいずれか1つでアラーム/アラート状態が解消されるまで続くことになる。 At block 1570, it escalated alarm process, clinician's digital assistant 118, charge clinician computer or device, or followed it up any one the alarm / alert condition of the medical device 120 is eliminated Become.

ブロック1520を参照すると、主臨床家のデジタルアシスタント118がアクティブでないとサーバ109が判断した場合、及びブロック1545でアラーム/アラート状態が依然として存在するとサーバ109が判断した場合、サーバ109は、上に論じたブロック1550に進み、アラーム/アラート信号を送信するのに適切な第2の臨床家又は主任臨床家を決定することになる。 Referring to block 1520, the main the clinician's digital assistant 118 is not active if the server 109 determines, and if the alarm / alert condition in block 1545 is still present server 109 determines, server 109, discussed above proceeds to block 1550 and will determine the second clinician or charge clinician appropriate to send an alarm / alert signals. 更に、ブロック1520はアラーム/アラートエスカレーション工程1500の間にいつでも生じ得ることが理解される。 Further, the block 1520 is understood that may occur at any time during the alarm / alert escalation process 1500. 臨床家のデジタルアシスタント118がアクティブでない1つの理由は、サーバ109からの信号の損失である可能性がある。 One reason the clinician's digital assistant 118 is not active, there could be a loss of signal from the server 109. 図45a及び図45bの通信損失インターフェース画面4501に示すように、信号が失われた場合、デジタルアシスタント118は、臨床家116に、信号損失を示す画面4501、及び/又は可聴/振動表示を提供する。 As shown in communication loss interface screen 4501 of FIG. 45a and FIG. 45b, if the signal is lost, the digital assistant 118, the clinician 116 to provide a screen 4501, and / or audible / vibration view showing a signal loss . 通信損失画面4501はまた、どの患者の信号が失われたかについても臨床家116に通知する。 Communication loss screen 4501 also signals which patients notify the clinician 116 also lost or. 画面4501では、システム210はまた、信号を取り戻すためのトラブルシューティング情報をも臨床家116に提供する。 In the screen 4501, the system 210 also provides the clinician 116 troubleshooting information to regain signal. ハブ107又はデジタルアシスタント118が無線範囲外にあるときは、ポンプのアラーム及びアラートは、デジタルアシスタント118で受信することができない。 When hub 107 or the digital assistant 118 is outside the radio range, alarm and alert the pump can not be received by the digital assistant 118.

デジタルアシスタント118がアクティブでない他の理由は、デジタルアシスタント118の電池残量の減少、無線ハブ107の電池残量の減少、又はアクセスポイント114が原因でのデジタルアシスタントの信号損失である可能性がある。 Other reasons digital assistant 118 is not active, a decrease in the battery remaining amount of the digital assistant 118, a decrease in the battery remaining amount of the wireless hub 107, or access point 114 is likely to be a loss of signal digital assistant because . システム210は、臨床家116にローバッテリ画面を提供する。 System 210, the clinician 116 to provide a low-battery screen. 図46のインターフェース画面4603に示すように、1つの種類のローバッテリ画面は、患者の注入ポンプに接続された無線ハブ107にローバッテリ状況が存在することを臨床家に警告する画面である。 As shown in interface screen 4603 of FIG. 46, one type of low battery screen is a screen to alert the clinician that there is connected a low battery status in the wireless hub 107 to the patient's infusion pump. ローバッテリ画面が提供される際、該画面は、注入がその特定のハブ107に関連付けられた患者のリストを含む。 When low battery screen is provided, said screen includes a list of injection is associated with a particular hub 107 that patient. 患者のリストは通常、画面4603を表示しているデジタルアシスタント118にログインした臨床家に現在関連する患者のみ、またログインした臨床家と共に同一の注入ポンプ120/ハブ107を共有する全ての患者をも含むようにフィルタ処理される。 List of Patients usually only patients currently associated with the clinician who has logged into the digital assistant 118 displaying the screen 4603, also all patients sharing the same infusion pump 120 / hub 107 with log clinician It is filtered to contain. この臨床家対患者関連付けは、エスカレーション工程を通して、第1の臨床家としても、第2の臨床家としてもよい。 The clinician versus patients association, through escalation process, even as the first clinician may be a second clinician. 臨床家のデジタルアシスタント118がアクティブでない他の理由があり得ることが理解される。 It is understood that the digital assistant 118 of clinicians there may be other reasons not active. それでもやはり、臨床家のデジタルアシスタント118がアクティブではなくなった場合はいつでも、工程1500は、信号を第2の臨床家及び/又は主任臨床家へ送信することができるように、ブロック3100へ進むことができる。 Nevertheless, the digital assistant 118 of clinician whenever no longer active, step 1500, to be able to transmit a signal to the second clinician and / or a supervising clinician, it may proceed to block 3100 it can. 更に、本開示のタイムアウト特徴及び他の特徴に関して上述したように、サーバ109若しくは医療機器120からの通信信号が失われた場合、図45a及び図45bに示すように、デジタルアシスタント118上に信号損失メッセージを提供することができる。 Further, as described above with respect to time-out and other features of the present disclosure, when the communication signal from the server 109 or the medical device 120 is lost, as shown in FIGS. 45a and FIG. 45b, the signal loss on the digital assistant 118 it is possible to provide a message.

アラーム/アラート工程中にいつでも、主臨床家は、アラーム/アラート信号に応答することができる。 At any time during the alarm / alert process, main clinician, it is possible to respond to the alarm / alert signal. ブロック1540で主臨床家がアラーム/アラート信号に応答した場合、エスカレートされた工程は回避されることになる。 If the primary clinician at block 1540 responds to the alarm / alert signal, so that the escalated process is avoided. しかしながら、ブロック1550でエスカレートされた工程が開始された場合、ブロック1565で、主治医若しくは第2の臨床家がアラーム/アラート信号に応答することができる。 However, if the escalated process at block 1550 is initiated, at block 1565, the attending physician or the second clinician can respond to the alarm / alert signals. 同様に、アラーム/アラート状態は、アラーム/アラートエスカレーション工程の前若しくはその間に、医療機器120において、又は主任臨床家によって随時解消することができる。 Similarly, alarm / alert condition, before or during an alarm / alert escalation process can be any time eliminated by the medical device 120, or the supervising clinician. ブロック1540若しくはブロック1565で、医療機器120で、又は主任臨床家によってアラーム/アラート状態が解消された後、ブロック1540で、医療機器120及び臨床家のデジタルアシスタント118の可聴アラームは終了されることになる。 At block 1540 or block 1565, in the medical device 120, or after the alarm / alert condition has been resolved by the charge clinician, at block 1540, that the audible alarm of the medical device 120 and the clinician's digital assistant 118 is terminated Become.

ブロック1585で、サーバ109は、全てのアラーム/アラート状態をイベントとして記録する。 In block 1585, the server 109 records all the alarm / alert condition as an event. イベントを記録する工程は、アラーム/アラート状態に関する情報を記録する段階と、アラーム/アラート状態の応答した臨床家を記録する段階と、アラーム/アラート状態の開始時刻(ブロック1505参照)を記録する段階と、アラーム/アラート状態が正された時刻を記録する段階とを含むことができる。 Step of recording the event records the steps of recording information relating to the alarm / alert condition, and recording a clinician in response to the alarm / alert condition, alarm / alert status of start time (see block 1505) stage When, it can include the steps of recording the time when the alarm / alert condition has been Tadashisa. 更に、ブロック1590で、サーバ109は、タイマをリセットし、医療機器アラームリストを更新することになる。 Further, at block 1590, the server 109 resets the timer, will update the medical device alarm list. アラーム/アラート状態は、ポンプのイベント履歴にも記録することができる。 Alarm / alert state, can also be recorded in the event history of the pump.

(例示的ユースケース) (Exemplary use case)
図55A〜図62は、本明細書に説明するシステムを用いて行うことのできる例示的な操作のフローチャートである。 Figure 55A~ Figure 62 is a flowchart of an exemplary operation that can be performed using the system described herein. 例示的な操作には、新たな注入の実施、ポンプチャネルのスキャン、ポンプが割り当てられているチャネルの変更、注入の停止/中止、注入の再開、及びポンプの除去が含まれる。 Exemplary operations, implementation of a new infusion, scanning of the pump channel, change the channel pump is allocated, the stop / discontinuation of infusion, restarting the infusion, and a removal of the pump. 一般に、これらの操作の各々が、実行されることになる操作を示す情報、どの患者112が影響を受けることになるのかを識別する情報(例えば患者ID)、及びその患者112用のどの薬剤124が影響を受けることになるのかを識別する情報(例えばRxID)を含む入力を、デジタルアシスタント118などの電子装置から受信する。 In general, each of these operations, information indicating the operation to be performed, information identifying what the patient 112 will be affected (e.g., a patient ID), and which drugs thereof for the patient 112 124 There information identifying what will be affected enter comprising (e.g. RxID), it receives from the electronic apparatus such as a digital assistant 118. 次いで、この情報が第1の中央サーバ109に送信され、該第1の中央サーバ109が、チャネル識別情報が注入オーダ情報と一致することを確認し、正しい注入操作が行われたことを確認する。 Then, this information is sent to the first central server 109, the central server 109 of the first is to confirm that the channel identification information matches the infusion order information and confirms that the correct injection operation is performed .

(注入実施工程) (Injection implementation process)
図55Aに、注入実施工程5500の一例を示す。 Figure 55A, shows an example of injection exemplary process 5500. 注入実施工程5500の一部は、上に概要を述べた比較手順5200の代替的実施形態である。 Some of injection exemplary process 5500 is an alternative embodiment of a comparison procedure 5200 outlined above. 注入実施工程5500は、新たな注入を開始するために用いることができる。 Administer infusion process 5500 can be used to start a new injection. 一般に、注入実施工程5500は、注入実施工程が実行されることになるのを示す情報、どの患者112が影響を受けるのかを識別する情報(例えば患者ID)、及びその患者112用のどの薬剤124が注入を開始されることになるのかを識別する情報(例えばRxID)を含む入力を、デジタルアシスタント118などの電子装置から受信する。 In general, implantation performed step 5500, information indicating that the would administer infusion process is performed, the information (e.g., patient ID) that identifies what the patient 112 is affected, and which drugs thereof for the patient 112 124 There information identifying whether will be initiated injection enter comprising (e.g. RxID), receives from the electronic apparatus such as a digital assistant 118. 次いで、工程5500は、この情報を第1の中央サーバ109に送信し、該第1の中央サーバ109が、チャネル識別情報が注入オーダ情報と一致することを確認し、正しい注入が開始されたことを確認する。 Then, step 5500 is to send this information to the first central server 109, the central server 109 of the first is to confirm that the channel identification information matches the infusion order information, the correct injection is started to make sure.

より具体的には、この例示的な注入実施工程5500は、ブロック5502で第2の中央サーバ108aがデジタルアシスタント118に患者のリストを表示させたときに開始する。 More specifically, the exemplary implantation exemplary process 5500 begins when the second central server 108a has displayed a list of the patient into the digital assistant 118 at block 5502. 患者のリストを示すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例が、図24に示されている。 An example of a digital assistant display 118a showing a list of patient is shown in Figure 24. 患者のリストは、その時刻にそのデジタルアシスタント118にログインしているユーザ(例えば臨床家116)に関連付けられた患者112に限定されるのが好ましい。 List the patient is preferably limited to a patient 112 associated with the user (e.g., clinician 116) logged into the digital assistant 118 at that time. ひとたびユーザが患者112を選択すると、該選択及び/又は該患者112を識別する情報が、デジタルアシスタント118から第2の中央サーバ108aに返信される。 Once the user selects a patient 112, information identifying the selection and / or the patient 112 is transmitted from the digital assistant 118 to the second central server 108a. デジタルアシスタント118と第2の中央サーバ108aとの間の通信は、上述の無線/有線ネットワーク102のような任意の適した通信路を介することができる。 Communication between the digital assistant 118 and second central server 108a may be via any suitable communication channel such as a wireless / wired network 102 described above. 次いで、ブロック5504で、第2の中央サーバ108aは、デジタルアシスタント118に動作のリストを表示させる。 Then, at block 5504, the second central server 108a displays a list of operations to the digital assistant 118. 動作のリストを示すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を、図25に示す。 An example of a digital assistant display 118a showing a list of operations, shown in FIG. 25. 動作のリストは、選択された患者112に関連付けられた動作に限定されるのが好ましい。 List of operation is preferably restricted to the operation associated with the patient 112 selected. 例えば、「注入実施」動作は、少なくとも1つの注入が目下その選択された患者112に関連付けられている場合にのみ利用可能となろう。 For example, "administer infusion" operation will become available only when at least one injection are associated with the patient 112 the selected currently.

ユーザが動作リストから「注入実施」動作を選択すると、選択されたその動作を識別する情報が第2の中央サーバ108aに送信される。 When the user selects the "administer infusion" action from action list, information identifying the action selected is sent to the second central server 108a. それに応答して、ブロック5506で、第2の中央サーバ108aが、該デジタルアシスタント118上に表示された薬剤のリストから注入すべき薬剤124を選択するようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 In response, at block 5506, display the second central server 108a is, the digital assistant 118 a screen prompting the user to select a drug 124 to be injected from the list of drugs that are displayed on the digital assistant 118 make. 薬剤のリストを示すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図26に示す。 An example of a digital assistant display 118a showing a list of drugs is shown in Figure 26. 薬剤のリストは、この患者112に対する実際のオーダに基づいて第2の中央サーバ108aのデータベースから取り出されるのが好ましい。 List of drugs is preferably retrieved from the database of the second central server 108a based on the actual order for the patient 112. もちろん、このリストは、注入実施なし若しくは1つの注入実施を含む任意の数の項目を有することができる。 Of course, this list can have any number of items, including injection performed without or one injection implementation. 次いで、選択された薬剤124を示すデータが、第2の中央サーバ108aに送信される。 Then, data indicative of medicament 124 has been selected, is transmitted to the second central server 108a.

次に、ブロック5508で、第2の中央サーバ108aが、患者112に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 Next, at block 5508, the second central server 108a causes the display a screen prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the patient 112 into the digital assistant 118. 患者112に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図36に示す。 An example of a digital assistant display 118a prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the patient 112 shown in FIG. 36. ユーザは、デジタルアシスタント118のスキャナを用いて患者のリストバンド112a上のバーコードラベルをスキャンすることができる。 The user may scan the bar code label on the patient's wristband 112a using the scanner of the digital assistant 118. 代替的に、ユーザは、デジタルアシスタント118に患者識別子を手入力することもできる。 Alternatively, the user may manually enter the patient identifier to the digital assistant 118. 次いで、ブロック5510で、患者識別子が、検証のために第2の中央サーバ108aに送信される。 Then, at block 5510, patient identifier is sent to the second central server 108a for verification. 次いで、第2の中央サーバ108aが、データベース内で患者識別子の検索を試みる。 Then, the second central server 108a may attempt to search the patient identifier in the database. 患者識別子(例えばリストバンドID)がデータベース内に有効な患者識別子として存在しない場合、ブロック5512で、第2の中央サーバ108aは、デジタルアシスタント118に患者無効通知を表示させる。 If the patient identifier (e.g. wristband ID) does not exist as a valid patient identifier in the database, at block 5512, the second central server 108a displays an invalid patient notification to digital assistant 118. ひとたびユーザが患者無効通知を了解する(又は通知がタイムアウトする)と、ブロック5508で、デジタルアシスタント118は、患者112に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面を再表示する。 Once the user acknowledges the invalid patient notification (or the notification times out), at block 5508, the digital assistant 118 re-displays the screen prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the patient 112.

ブロック5510で、患者識別子(例えばリストバンドID)がデータベース内に有効な患者識別子として存在する場合、ブロック5514で、第2の中央サーバ108aは、投与すべき薬剤124に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 In block 5510, if the patient identifier (e.g. wristband ID) is present as a valid patient identifier in the database, at block 5514, the second central server 108a, a machine-readable identifier associated with the drug 124 to be administered a screen prompting the user to scan to be displayed on digital assistant 118. 薬剤124に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図34に示す。 An example of a digital assistant display 118a prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the agent 124 shown in FIG. 34. ユーザは、デジタルアシスタント118のスキャナを用いて、薬剤124のバッグ上の薬剤ラベル124a(例えば注入バッグ上のバーコード)をスキャンすることができる。 The user may use the scanner of the digital assistant 118, medication label 124a (for example, a bar code on the infusion bag) on ​​the bag of medication 124 may scan. 代替的に、ユーザは、デジタルアシスタント118に薬剤識別子を手入力することもできる。 Alternatively, the user, the agent identifier may manually enter the digital assistant 118. 次いで、ブロック5516で、薬剤識別子が検証のために第2の中央サーバ108aに送信される。 Then, at block 5516, the agent identifier is sent to the second central server 108a for verification. 第2の中央サーバ108aは、データベース内で薬剤識別子の検索を試みる。 The second central server 108a attempts to search for medication identifier in the database. 薬剤識別子(例えばバッグID)がデータベース内に有効な薬剤識別子として存在しない場合、ブロック5518で、第2の中央サーバ108aは、項目無効通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 If medication identifier (eg bag ID) does not exist as a valid medication identifier in the database, at block 5518, the second central server 108a displays an invalid item notification to digital assistant 118. ひとたびユーザが項目無効通知を了解する(又は通知がタイムアウトする)と、ブロック5514で、デジタルアシスタント118は、薬剤124に関連付けられた機械可読識別子をスキャンして再開するようにユーザに促す画面を再表示する。 And once the user (timing out or notification) disable notification acknowledges the item, in block 5514, the digital assistant 118, and scan a machine-readable identifier associated with the agent 124 a screen prompting the user to resume again indicate.

ひとたび有効な薬剤識別子を取得すれば、第2の中央サーバ108aは、該薬剤識別子を用いて、データベース内の患者識別子を検索する。 By obtaining a once active agent identifier, the second central server 108a uses the agent identifier, retrieves the patient identifier in the database. 次いで、ブロック5520で、データベースからの患者識別子がスキャンされた(又は手入力された)患者識別子と比較され、スキャンされた(又は手入力された)薬剤124がスキャンされた(又は手入力された)患者112のものであるかどうかが判定される。 Then, in block 5520, it is compared with the patient identifier has been scanned (or manually entered) patient identifier from the database, scanned (or manually entered) agent 124 is scanned (or manually input ) whether or not these patients 112 is determined. 2つの患者識別子が一致しない場合、ブロック5518で、第2の中央サーバ108aは、項目無効通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 If two patients identifiers do not match, at block 5518, the second central server 108a displays an invalid item notification to digital assistant 118.

2つの患者識別子が一致する(即ち、この患者112がこの薬剤124と合う)場合、ブロック5522で、第2の中央サーバ108aは、経路、ライン、及び部位を入力するようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 Two patients identifiers match (i.e., the patient 112 is fitted with the agent 124), then at block 5522, the second central server 108a, path, line, and a screen prompting the user to enter the site to be displayed on the digital assistant 118. 経路、ライン、及び部位を入力するようにユーザに促すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図37に示す。 Path, line, and an example of a digital assistant display 118a prompting the user to enter the site shown in Figure 37. 次いで、ブロック5524で、経路、ライン、及び部位を示すデータが、検証のために第2の中央サーバ108aに送信される。 Then, at block 5524, path, line, and data indicating the site is sent to the second central server 108a for verification. 経路不一致が生じると、ブロック5526で、第2の中央サーバ108aは、経路不一致通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 When the route discrepancies, at block 5526, the second central server 108a displays the path mismatch notification to digital assistant 118. 不一致通知を有するデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図40に示す。 An example of a digital assistant display 118a having a mismatch notification shown in FIG. 40. ひとたびユーザが経路不一致通知を了解すれば(又は通知がタイムアウトすれば)、ブロック5522で、デジタルアシスタント118は、経路、ライン、及び部位を入力するようにユーザに促す画面を再表示する。 Once if the user acknowledges the path mismatch notification (or if notification timeout), at block 5522, the digital assistant 118 re-displays the route, line, and a screen prompting the user to enter the site. 経路不一致が生じない場合、ブロック5528で、第2の中央サーバ108aは、手動による処方箋比較と自動処方箋比較との間で選択を行うようにユーザに求める画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the path mismatch does not occur, at block 5528, the second central server 108a displays a screen for requesting the user to make a selection between a prescription compares the automatic prescription comparison manual digital assistant 118. ブロック5530で手動による処方箋比較が選択されると、ブロック5532で、第2の中央サーバ108aは、ユーザが手動で検証することになるパラメータを示すものを、デジタルアシスタント118に表示させる。 When prescription comparison by manually block 5530 is selected, at block 5532, the second central server 108a, a shows the parameters the user will verify manually, to be displayed on digital assistant 118.

続いて、ブロック5534で、第2の中央サーバ108aは、この患者112に対して実施すべき項目(例えば投薬)が更にあるかどうかを判定する。 Subsequently, at block 5534, the second central server 108a determines whether an item should be performed on the patient 112 (e.g., dosage) there are more. 例えば、ブロック5506で選択された注入オーダは、一次注入とピギーバック注入を要するかもしれない。 For example, infusion order selected at block 5506, may require primary injection and piggyback infusion. この患者112に対して実施すべき項目(例えば投薬)が更にある場合、ブロック5514で、第2の中央サーバ108aは、投与すべき薬剤124に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If items to be performed on the patient 112 (e.g., dosage) is further, at block 5514, the second central server 108a, the user to scan a machine-readable identifier associated with the drug 124 to be administered to display a screen prompting the digital assistant 118. 薬剤124に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図34に示す。 An example of a digital assistant display 118a prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the agent 124 shown in FIG. 34. この患者112に対して実施すべき項目(例えば投薬)がそれ以上ない場合、ブロック5536で、第2の中央サーバ108aは、実施結果を示す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If items to be performed on the patient 112 (e.g., dosage) is no more, at block 5536, the second central server 108a displays a screen indicating the execution result to the digital assistant 118. 実施結果を示すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図57に示す。 An example of a digital assistant display 118a showing the exemplary results shown in Figure 57.

実施結果は、第1の中央サーバ109にも渡される。 Implementation results are also passed to the first central server 109. 例えば、実施結果は、フォーム変数として第1の中央サーバ109に渡すことができる(ウェブページから提出されたかのように)。 For example, implementation results (as if it were submitted from a web page) first can be passed to the central server 109 as form variables. 次いで、ブロック5538で、第1の中央サーバ109は、何らかの誤りがないかどうか、実施結果の全てをチェックする。 Then, at block 5538, the first central server 109, whether there is some error, to check all of the implementation results. 失敗がない場合、ブロック5540で、第1の中央サーバ109は、全ての新たなチャネル−患者−薬剤関係を、第1の中央サーバ109のデータベースにコミットする。 If there are no failures, at block 5540, the first central server 109, all of the new channel - patient - medication relationship is committed to the database of the first central server 109. 次いで、ブロック5542で、第1の中央サーバ109は、第2の中央サーバ108aに関連づけられた所定のURLに移動することにより、第2の中央サーバ108aの制御に復帰する。 Then, at block 5542, the first central server 109 is moved in a predetermined URL associated with the second central server 108a, and returns to the control of the second central server 108a. 1つ又はそれ以上の失敗がある場合、ブロック5544で、第1の中央サーバ109は、該誤りに関連するチャネル−患者−薬剤関係を廃棄し、成功に関連するチャネル−患者−薬剤関係を、第1の中央サーバ109のデータベースにコミットする。 If there are one or more failures, at block 5544, the first central server 109, the channel associated with 該誤Ri - patient - discard the medication relationship, the associated channel to the success - patient - medication relationship, committed to the database of the first central server 109. 失敗は、第2の中央サーバ108a及び/又は第1の中央サーバ109に関連付けることができる。 Failure may be associated with a second central server 108a and / or the first central server 109. 従って、第1の中央サーバ109は、ブロック5546で第1の中央サーバ109が第2の中央サーバ108aに関連付けられた所定のURLに移動することにより第2の中央サーバ108aの制御に復帰する際に、第1の中央サーバ109に関連付けられた失敗(例えば保全失敗)を、第2の中央サーバ108aに返送するのが好ましい。 Accordingly, the first central server 109, when returning to the control of the second central server 108a by the first central server 109 at block 5546 is moved to the predetermined URL associated with the second central server 108a a failure associated with the first central server 109 (for example, maintenance failures), preferably back to the second central server 108a.

ブロック5530に戻って説明すると、自動処方箋比較が選択された場合、ブロック5531で、第2の中央サーバ108aは、第1の中央サーバ109に「処方箋比較」XML文書を送信する。 Returning to block 5530, if the automatic prescription comparison is selected, at block 5531, the second central server 108a transmits the "prescription comparison" XML document to the first central server 109. 「処方箋比較」XML文書は、患者識別子(例えばリストバンドID)、薬剤識別子(例えばバッグID)、完了用URL、及び取り消し用URLを含む。 "Prescription comparison" XML document, patient identifier (e.g. wristband ID), medication identifier (eg bags ID), including complete for URL, and a cancellation URL. 完了用URLは、処方箋の一致が見出された場合に用いられるネットワークアドレスである。 Completion URL is a network address used if a match prescription was found. 取り消し用URLは、処方箋の一致が見出されない場合に用いられるネットワークアドレスである。 Cancellation URL is a network address used if a match prescription is not found.

ひとたび第1の中央サーバ109が「処方箋比較」XML文書を受け取ると、ブロック5548で、第1の中央サーバ109は、「処方箋比較」XML文書が有効であるかどうかを判定する。 Once it determined the first central server 109 receives the "prescription comparison" XML document, at block 5548, the first central server 109, whether or not the "prescription comparison" XML document is valid. 例えば、第1の中央サーバ109は、通常「処方箋比較」XML文書内に予測されるデータが受信した「処方箋比較」XML文書から欠落していないかどうかをチェックすることができる。 For example, the first central server 109 may check whether or not missing from the normal "prescription comparison" "prescription comparison" data to be predicted is received XML document XML document. 第1の中央サーバ109が「処方箋比較」XML文書が有効ではないと判断した場合、ブロック5550で、第1の中央サーバ109は、「処方箋比較」動作を実行することができなかったことをユーザに示すエラーメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If the first central server 109 determines that "prescription comparison" XML document is not valid, at block 5550, the first central server 109, a user that could not be performed "prescription comparison" operation an error message shown in display on the digital assistant 118. この表示は、どのデータが「処方箋比較」XML文書から欠落しているかなどの理由を含むことができる。 This display can be any data, including the reason, such as if they were missing from the "prescription comparison" XML document. ユーザが「OK」ボタンを押してエラーメッセージを了解した後、ブロック5552で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 After understanding the error message the user presses the "OK" button, at block 5552, the first central server 109 via the cancellation URL, and returns a cancel code to the second central server 108a.

「処方箋比較」XML文書が有効であると第1の中央サーバ109が判断した場合、第1の中央サーバ109は、チャネルスキャン工程5554を開始する。 If the "prescription comparison" XML document is determined to be valid first central server 109, the first central server 109 initiates a channel scanning process 5554. 通常、チャネルスキャン工程5554は、「新たな」ポンプチャネル(例えばポンプチャネル103a)に関連付けられた機械可読識別子をスキャンし、スキャンしたチャネルが利用可能であるかどうか(例えば、どの患者112にも割り当てられていない、現在の患者112に割り当てられているが使用されていない、別の患者112に割り当てられ且つ上書き済み等)を判定するようにユーザに促す。 Usually assignment, channel scanning process 5554, "new" and scan a machine-readable identifier associated with the pump channel (for example, a pump channel 103a), whether scanned channel is available (e.g., in any patient 112 are not, but are assigned to the current patient 112 is not used, prompt the user to determine and overwrite already etc.) assigned to another patient 112. スキャンしたチャネルが利用できない場合、「注入実施」動作は、取り消される。 If the scanned channel is not available, "administer infusion" action is canceled. そのような場合、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 In such a case, the first central server 109 via the cancellation URL, and returns a cancel code to the second central server 108a. スキャンしたチャネルが利用可能である場合、新たなチャネル−患者−薬剤関係が生成される。 If the scanned channel is available, a new channel - patient - medication relationship is generated. チャネルスキャン工程5554を、図56を参照して以下により詳細に説明する。 The channel scanning process 5554 will be described in more detail below with reference to FIG. 56.

チャネルスキャン工程5554により、スキャンしたチャネルが有効であり且つ利用可能であると判定された場合、ブロック5556で、第1の中央サーバ109は、ポンプチャネルをプログラムするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 The channel scanning process 5554, if the scanned channel is determined to be and and available valid, at block 5556, the first central server 109, the digital assistant screen prompting the user to program the pump channel 118 to be displayed. デジタルアシスタントディスプレイ118aは、「比較」ボタン及び「キャンセル」ボタンを含むのが好ましい。 Digital assistant display 118a includes a "Compare" button and a "Cancel" button. ユーザが「キャンセル」ボタンを押した場合、第1の中央サーバ109は、ブロック5558で新たなチャネル−患者−薬剤関係を廃棄し、ブロック5552で取り消しURLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 If the user presses the "cancel" button, the first central server 109, the new channel in block 5558 - the patient - medication relationship discarded via the cancellation URL at block 5552, a cancel code second central and returns it to the server 108a. ユーザが「比較」ボタンを押した場合、ブロック5560で、第1の中央サーバ109は、ポンプチャネルとの通信が正常に機能しているかどうかを判定する。 If the user presses the "comparison" button, at block 5560, the first central server 109 determines whether communication with the pump channel is operating properly. 例えば、状態情報が所定時間内にチャネルから受信されなかった場合、第1の中央サーバ109は、ポンプチャネルとの通信が正常に機能していないと判断することができる。 For example, if the status information has not been received from the channel within a predetermined time, the first central server 109 can communicate with the pump channel is determined to be not functioning properly.

ポンプチャネルとの通信が正常に機能していない場合、ブロック5562で、第1の中央サーバ109は、ポンプチャネルとの通信の損失により処方箋比較を行うことができないことを示す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If communication with the pumping channel is not functioning properly, at block 5562, the first central server 109, a screen indicating that it is impossible to perform a prescription compared to the digital assistant 118 by the loss of communication with the pump channel to be displayed. ここでもまた、デジタルアシスタントディスプレイ118aは、「比較」ボタン及び「キャンセル」ボタンを含むのが好ましい。 Again, the digital assistant display 118a includes a "Compare" button and a "Cancel" button. ユーザが「キャンセル」ボタンを押した場合、第1の中央サーバ109は、ブロック5558で新たなチャネル−患者−薬剤関係を廃棄し、ブロック5552で取り消しURLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 If the user presses the "cancel" button, the first central server 109, the new channel in block 5558 - the patient - medication relationship discarded via the cancellation URL at block 5552, a cancel code second central and returns it to the server 108a. ユーザが「比較」ボタンを押した場合、ブロック5560で、第1の中央サーバ109は、ポンプチャネルとの通信が正常に機能しているかどうかを再チェックする。 If the user presses the "comparison" button, at block 5560, the first central server 109 rechecks if communication with the pump channel is operating properly.

ポンプチャネルとの通信が正常に機能している場合、ブロック5564で、第1の中央サーバ109は、このチャネルに関連付けられた何らかのデータが欠落しているかどうかを判定する。 If communication with the pump channel is operating properly, block 5564, the first central server 109 determines whether any data associated with this channel is missing. 例えば、チャネルから受信した状態情報に予測される連続番号が欠落している場合、第1の中央サーバ109は、このチャネルに関連付けられたデータが欠落していると判断することができる。 For example, if the sequence number that is expected to the state information received from the channel is missing, the first central server 109, it can be determined that the data associated with this channel is missing. チャネルデータが欠落している場合、ブロック5564で、第1の中央サーバ109は、チャネルデータ欠落により処方箋比較を行うことができないことを示す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the channel data is missing, at block 5564, the first central server 109 displays a screen indicating that it is impossible to perform a prescription compared by missing channel data to the digital assistant 118. ここでもまた、デジタルアシスタントディスプレイ118aは、「比較」ボタン及び「キャンセル」ボタンを含むのが好ましい。 Again, the digital assistant display 118a includes a "Compare" button and a "Cancel" button. ユーザが「キャンセル」ボタンを押した場合、第1の中央サーバ109は、ブロック5558で新たなチャネル−患者−薬剤関係を廃棄し、ブロック5552で取り消しURLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 If the user presses the "cancel" button, the first central server 109, the new channel in block 5558 - the patient - medication relationship discarded via the cancellation URL at block 5552, a cancel code second central and returns it to the server 108a. ユーザが「比較」ボタンを押した場合、ブロック5560で、第1の中央サーバ109は、ポンプチャネルとの通信が正常に機能しているかどうかを再チェックする。 If the user presses the "comparison" button, at block 5560, the first central server 109 rechecks if communication with the pump channel is operating properly.

どのチャネルデータも欠落していない場合、ブロック5568で、第1の中央サーバ109は、チャネルがすでに稼動中であるかどうかを判定する。 If no channel data is also not missing, at block 5568, the first central server 109 determines whether the channel is already running. 例えば、第1の中央サーバ109は、チャネルから受信した状態情報を読み取ることにより、該ポンプチャネルが稼動中であるかどうかを判断することができる。 For example, the first central server 109, by reading the status information received from the channel, it is possible to determine whether the pump channel is running. チャネルがすでに稼動中である場合、ブロック5570で、第1の中央サーバ109は、チャネルがすでに稼動中であるために処方箋比較を行うことができないことを示す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the channel is already running, at block 5570, the first central server 109 displays a screen indicating that it is impossible to perform a prescription compared to the channel is already in operation in the digital assistant 118. 処方箋比較を行うことができないことを示すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図42に示す。 An example of a digital assistant display 118a indicating that it is impossible to perform a prescription comparison shown in Figure 42. デジタルアシスタントディスプレイ118aは、ポンプ120上の特定のキー(例えばスタート)をユーザが押さなければならないことを示すこともできる。 Digital assistant display 118a may also indicate that a particular key on the pump 120 (e.g., start) the user must press. ここでもまた、デジタルアシスタントディスプレイ118aは、「比較」ボタン及び「キャンセル」ボタンを含むのが好ましい。 Again, the digital assistant display 118a includes a "Compare" button and a "Cancel" button. ユーザが「キャンセル」ボタンを押した場合、第1の中央サーバ109は、ブロック5558で新たなチャネル−患者−薬剤関係を廃棄し、ブロック5552で取り消しURLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 If the user presses the "cancel" button, the first central server 109, the new channel in block 5558 - the patient - medication relationship discarded via the cancellation URL at block 5552, a cancel code second central and returns it to the server 108a. ユーザが「比較」ボタンを押した場合、ブロック5572で、第1の中央サーバ109は、ポンプチャネルとの通信が正常に機能しているかどうかを再チェックする。 If the user presses the "comparison" button, at block 5572, the first central server 109 rechecks if communication with the pump channel is operating properly.

ポンプチャネルとの通信が正常に機能していない場合、ブロック5574で、第1の中央サーバ109は、ポンプチャネルとの通信の損失により処方箋比較を行うことができないことを示す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If communication with the pumping channel is not functioning properly, at block 5574, the first central server 109, a screen indicating that it is impossible to perform a prescription compared to the digital assistant 118 by the loss of communication with the pump channel to be displayed. ここでもまた、デジタルアシスタントディスプレイ118aは、「比較」ボタン及び「キャンセル」ボタンを含むのが好ましい。 Again, the digital assistant display 118a includes a "Compare" button and a "Cancel" button. ユーザが「キャンセル」ボタンを押した場合、第1の中央サーバ109は、ブロック5558で新たなチャネル−患者−薬剤関係を廃棄し、ブロック5552で取り消しURLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 If the user presses the "cancel" button, the first central server 109, the new channel in block 5558 - the patient - medication relationship discarded via the cancellation URL at block 5552, a cancel code second central and returns it to the server 108a. ユーザが「比較」ボタンを押した場合、ブロック5574で、第1の中央サーバ109は、ポンプチャネルとの通信が正常に機能しているかどうかを再チェックする。 If the user presses the "comparison" button, at block 5574, the first central server 109 rechecks if communication with the pump channel is operating properly. ポンプチャネルとの通信が正常に機能している場合、ブロック5576で、第1の中央サーバ109は、要求された処方箋比較を実行する。 If communication with the pump channel is operating properly, block 5576, the first central server 109 executes a prescription comparison requested.

ブロック5568に戻って説明すると、チャネルが稼動していない場合、ブロック5578で、第1の中央サーバ109は、ポンプチャネルが速度情報を送信するように設定されているかどうかを判定する。 It determines Returning to block 5568, if the channel is not running, at block 5578, the first central server 109, whether the pumping channel is configured to transmit speed information. ポンプチャネルが速度情報を送信するように設定されていない場合、ブロック5580で、第1の中央サーバ109は、チャネルが速度情報を送信していないために処方箋比較を行うことができないことを示す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the pump channel is not configured to transmit speed information, at block 5580, the first central server 109, a screen indicating that it is impossible to perform a prescription compared to the channel is not transmitting speed information the cause is displayed on the digital assistant 118. 処方箋比較を行うことができないことを示すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図41に示す。 An example of a digital assistant display 118a indicating that it is impossible to perform a prescription comparison shown in Figure 41. デジタルアシスタントディスプレイ118aは、ポンプ120上の特定のキー(例えば速度)をユーザが押さなければならないことを示すこともできる。 Digital assistant display 118a may also indicate that a particular key on the pump 120 (e.g., speed) the user must press. ここでもまた、デジタルアシスタントディスプレイ118aは、「比較」ボタン及び「キャンセル」ボタンを含むのが好ましい。 Again, the digital assistant display 118a includes a "Compare" button and a "Cancel" button. ユーザが「キャンセル」ボタンを押した場合、第1の中央サーバ109は、ブロック5558で新たなチャネル−患者−薬剤関係を廃棄し、ブロック5552で取り消しURLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 If the user presses the "cancel" button, the first central server 109, the new channel in block 5558 - the patient - medication relationship discarded via the cancellation URL at block 5552, a cancel code second central and returns it to the server 108a. ユーザが「比較」ボタンを押した場合、ブロック5572で、第1の中央サーバ109は、ポンプチャネルとの通信が正常に機能しているかどうかを再チェックする。 If the user presses the "comparison" button, at block 5572, the first central server 109 rechecks if communication with the pump channel is operating properly. ポンプチャネルが速度情報を送信するように設定されている場合、ブロック5576で、第1の中央サーバ109は、要求された処方箋比較を実行する。 If the pumping channel is configured to transmit speed information, at block 5576, the first central server 109 executes a prescription comparison requested.

処方箋比較の一部として、第1の中央サーバ109は、チャネルスキャン工程5554によって取得されたチャネル識別子及び第2の中央サーバ108aによって伝送された患者識別子を用いて、データベース内の1つの薬剤識別子(又は、一次薬剤124及びピギーバック薬剤124が両方ともこのチャネルに関連付けられている場合は2つの薬剤識別子)を検索する。 As part of the prescription comparison, the first central server 109 uses the patient identifier transmitted by channel identifier and the second central server 108a obtained by the channel scanning process 5554, one agent identifier in the database ( or, if the primary medication 124 and a piggyback medication 124 are both associated with this channel retrieves two medication identifier). 次いで、ブロック5582でデータベースからの1つ又は複数の薬剤識別子が、スキャンされた(又は手入力された)薬剤識別子と比較される。 Then, one or more agents identifiers from the database at block 5582 is scanned (or manually entered) is compared with the medication identifier. データベースからの1つ又は複数の薬剤識別子がスキャンされた(又は手入力された)薬剤識別子と一致しない場合、ブロック5584で、第1の中央サーバ109は、薬剤無効通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 If one or more agents identifiers from the database has been scanned (or manually entered) does not match the medication identifier, in block 5584, the first central server 109, displays the agent invalid notify the digital assistant 118 . 例えば、デジタルアシスタント118は、スキャンされた薬剤124がスキャンされたチャネルに関連付けられていないというメッセージを表示し、且つ該スキャンされたチャネルに割り当てられた実際の薬剤124(該当する場合、一次及びピギーバックの両方)を示すことができる。 For example, the digital assistant 118, if the scanned medication 124 displays a message that is not associated with the scanned channel, and that the actual drug 124 (corresponding assigned to the scanned channel, primary and piggy it can indicate back both). ここでもまた、デジタルアシスタントディスプレイ118aは、「比較」ボタン及び「キャンセル」ボタンを含むのが好ましい。 Again, the digital assistant display 118a includes a "Compare" button and a "Cancel" button. ユーザが「キャンセル」ボタンを押した場合、第1の中央サーバ109は、ブロック5558で新たなチャネル−患者−薬剤関係を廃棄し、ブロック5552で取り消しURLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 If the user presses the "cancel" button, the first central server 109, the new channel in block 5558 - the patient - medication relationship discarded via the cancellation URL at block 5552, a cancel code second central and returns it to the server 108a. ユーザが「比較」ボタンを押した場合、ブロック5572で、第1の中央サーバ109は、ポンプチャネルとの通信が正常に機能しているかどうかを再チェックする。 If the user presses the "comparison" button, at block 5572, the first central server 109 rechecks if communication with the pump channel is operating properly.

処方箋比較の追加部分として、第1の中央サーバ109は、チャネルスキャン工程5554によって取得されたチャネル識別子及び第2の中央サーバ108aによって伝送された患者識別子を用いて、データベース内の投薬速度を検索する。 As an additional part of the prescription comparison, the first central server 109 uses the patient identifier transmitted by the channel identifier obtained by the channel scanning process 5554 and the second central server 108a, searches the dosage rate in the database . 次いで、ブロック5584で、データベースからの投薬速度が、ポンプチャネルから受信した実際の速度と比較される。 Then, at block 5584, dosage rate from the database is compared to the actual speed received from the pump channel. データベースからの投薬速度がポンプチャネルから受信した実際の速度と一致しない場合、ブロック5586で、第1の中央サーバ109は、速度不一致通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 Where the dosage rate from the database does not match the actual speed received from the pump channel, at block 5586, the first central server 109 displays the speed mismatch notification to digital assistant 118. 不一致通知を有するデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図40に示す。 An example of a digital assistant display 118a having a mismatch notification shown in FIG. 40. 例えば、デジタルアシスタント118は、チャネルの速度を調整すべきことを示すメッセージを表示し、且つ正しい値を示すことができる。 For example, the digital assistant 118 may display a message indicating that it should adjust the speed of the channel, it is possible and indicate the correct value. ここでもまた、デジタルアシスタントディスプレイ118aは、「比較」ボタン及び「キャンセル」ボタンを含むのが好ましい。 Again, the digital assistant display 118a includes a "Compare" button and a "Cancel" button. ユーザが「キャンセル」ボタンを押した場合、第1の中央サーバ109は、ブロック5558で新たなチャネル−患者−薬剤関係を廃棄し、ブロック5552で取り消しURLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 If the user presses the "cancel" button, the first central server 109, the new channel in block 5558 - the patient - medication relationship discarded via the cancellation URL at block 5552, a cancel code second central and returns it to the server 108a. ユーザが「比較」ボタンを押した場合、ブロック5572で、第1の中央サーバ109は、ポンプチャネルとの通信が正常に機能しているかどうかを再チェックする。 If the user presses the "comparison" button, at block 5572, the first central server 109 rechecks if communication with the pump channel is operating properly.

更に、デジタルアシスタントディスプレイ118aは、「不一致を受け入れる」ボタンを含むことができる。 In addition, the digital assistant display 118a may include a "Accept Mismatch" button. ユーザが「不一致を受け入れる」ボタンを押した場合、ブロック5588で、第1の中央サーバ109は、完了用URLを介して、第2の中央サーバ108aに不一致コード及び一致していない速度を戻す。 If the user presses the "Accept Mismatch" button, at block 5588, the first central server 109, via the completion URL, it returns the rate that is not mismatched code and matched to the second central server 108a. ブロック5584でデータベースからの投薬速度がポンプチャネルから受信した実際の速度と一致する場合、ブロック5590で、第1の中央サーバ109は、一致通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 If it matches the actual speed of dosage rate from the database at block 5584 receives from the pump channel, at block 5590, the first central server 109 displays a match notification to the digital assistant 118. 一致通知を有するデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図39に示す。 An example of a digital assistant display 118a having a matching notification shown in FIG. 39. ひとたびユーザが一致通知メッセージを受信すると、ブロック5588で、第1の中央サーバ109は、完了用URLを介して、第2の中央サーバ108aに一致コード及び一致している速度を戻す。 Once the user receives a match notification message, at block 5588, the first central server 109 returns a rate that via the completion URL, match codes and match to the second central server 108a.

(チャネルスキャン工程(注入実施工程用)) (Channel scanning process (for infusion exemplary step))
図56に、図55を参照して上に用いたチャネルスキャン工程5554の一例を示す。 Figure 56 shows an example of channel scanning process 5554 used in the above with reference to Figure 55. 通常、チャネルスキャン工程5554は、ポンプチャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンし、スキャンしたチャネルが利用可能であるかどうか(例えば、目下の患者112に割り当てられているが使用されていない)を判断するようにユーザに促す。 Usually, the channel scanning process 5554 is to scan a machine-readable identifier associated with the pump channel, whether scanned channel is available (e.g., but not used is assigned to current patient 112) It prompts the user to determine. スキャンしたチャネルが利用可能ではない場合、「注入実施」動作は取り消される。 If the scanned channel is not available, "administer infusion" action is canceled. そのような場合、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、第2の中央サーバ108aに取り消しコードを戻す。 In such a case, the first central server 109 via the cancellation URL, and returns a cancel code to the second central server 108a. スキャンしたチャネルが利用可能である場合、新たなチャネル−患者−薬剤関係が生成される。 If the scanned channel is available, a new channel - patient - medication relationship is generated.

より具体的には例示的なチャネルスキャン工程5554は、ブロック5602でサブチャネル(例えば一次又はピギーバック)を選択し且つチャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面を第1の中央サーバ109がデジタルアシスタント118に表示させるときに開始する。 More specific exemplary channel scanning process in 5554, a screen prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with and channel select sub-channels (e.g., primary or piggyback) at block 5602 the first central server 109 begins when to be displayed on digital assistant 118. チャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図38に示す。 An example of a digital assistant display 118a prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the channel shown in FIG. 38. 例えば、ユーザは、デジタルアシスタント118のスキャナを用いて、チャネルに関連付けられたバーコードラベルをスキャンすることができる。 For example, the user may use the scanner of the digital assistant 118 to scan the bar code label associated with the channel. 代替的に、ユーザは、デジタルアシスタント118にチャネル識別子を手入力することもできる。 Alternatively, the user may manually enter the channel identifier into the digital assistant 118. 更に、ユーザは、完了用URLを介した第2の中央サーバ108aへの返却を生じさせるスキャン工程を省略する選択を行ってもよく、取り消し用URLを介した第2の中央サーバ108aへの返却を生じさせるスキャンを取り消す選択を行ってもよい。 Furthermore, the user may perform omitted select a scan step of causing the return of the second central server 108a via the completion URL for, return to the second central server 108a via the cancellation URL it may be subjected to selection to cancel the scan cause.

次いで、ブロック5604で、チャネル識別子が検証のために第1の中央サーバ109に送信される。 Then, at block 5604, the channel identifier is transmitted to the first central server 109 for verification. 次いで、第1の中央サーバ109は、データベース内でチャネル識別子の検索を試みる。 Then, the first central server 109 attempts to search the channel identifiers in the database. チャネル識別子がデータベース内に有効なチャネル識別子として存在しない場合(例えば、適切にフォーマットされていない、第1の中央サーバ109内に設定されていない等)、ブロック5606で、第1の中央サーバ109は、チャネル無効通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the channel identifier does not exist as a valid channel identifier in the database (e.g., not properly formatted, or the like is not set in the first central server 109), at block 5606, the first central server 109 , to display the channel invalid notification to the digital assistant 118. 例えば、デジタルアシスタント118は、チャネルが第1の中央サーバ109内に設定されていないというメッセージを表示することができ、且つユーザがチャネル識別子を再スキャンするか又は操作を取り消すことを可能にするボタンを含むことができる。 For example, buttons digital assistant 118, channels can be displayed a message that is not set in the first central server 109, and allows the user to cancel the or operation rescan the channel identifier it can contain. ユーザが操作を取り消す選択を行った場合、ブロック5608で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して取り消しコードを第2の中央サーバ108aに送信するのが好ましい。 If the user chooses to cancel the operation, at block 5608, the first central server 109 preferably sends a cancel code to the second central server 108a via the cancellation URL.

ひとたび有効なチャネル識別子を取得すると、第1の中央サーバ109は、該チャネル識別子を用いて、データベース内で患者識別子を検索する。 Upon obtaining the once valid channel identifier, the first central server 109 uses the channel identifier to look up a patient identifier in the database. 次いで、ブロック5610で、第1の中央サーバ109は、データベースからの患者識別子をスキャンされた(又は手入力された)患者識別子と比較する。 Then, at block 5610, the first central server 109 has been scanned the patient identifier from the database (or manually entered) comparing the patient identifier. データベース内に有効な患者識別子が存在するが2つの患者識別子が一致しない(即ち、チャネルが異なる患者112に割り当てられている)場合、ブロック5612で、第1の中央サーバ109は、データベースをチェックして、チャネルが稼動中であるかどうか(一次及び/又はピギーバックモードにおいて)を調べる。 Valid patient identifier exists in the database but two patients identifiers do not match (i.e., the channel is assigned to a different patient 112), then at block 5612, the first central server 109 checks the database Te, the channel is checked, whether it is running (in the primary and / or piggy-back mode).

チャネルが稼動中である場合、ブロック5614で、第1の中央サーバ109は、異なる患者112がスキャンされたチャネルに関連付けられており、該チャネルが現在稼動中であることを示す「上書き不可能」エラーメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If the channel is in operation, at block 5614, the first central server 109 is associated with a channel different patient 112 is scanned, it indicates that the channel is currently running "Overwrite impossible" by displaying an error message on the digital assistant 118. このエラーメッセージはまた、スキャンされたチャネルに関連付けられた患者112(例えば患者の氏名)、一次薬剤124、及び/又はピギーバック薬剤124を示すデータをも含むことができる。 This error message also scanned patient associated with the channel 112 (e.g., patient's name), can also include data indicating the primary medication 124, and / or piggyback medication 124. ユーザは、取り消すか再スキャンする選択肢を与えられるのが好ましい。 Preferably, the user is given the option to re-scan or cancel. ユーザが操作を取り消す選択を行った場合、ブロック5608で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに送信する。 If the user chooses to cancel the operation, at block 5608, the first central server 109 via the cancellation URL, and transmits the cancel code to the second central server 108a. ユーザが再スキャンする選択を行った場合、ブロック5602で、第1の中央サーバ109は、サブチャネル(例えば一次又はピギーバック)を選択し且つ該チャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the user chooses to rescan at block 5602, the first central server 109, to scan a machine-readable identifier associated with the selecting and the channel sub-channel (e.g., primary or piggyback) a screen prompting the user to be displayed on the digital assistant 118.

チャネルが稼動していない場合、ブロック5616で、第1の中央サーバ109は、異なる患者112がスキャンされたチャネルに関連付けられているが該チャネルは現在稼動していないことを示す「上書き続行」警告メッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If the channel is not running, at block 5616, the first central server 109, different but the patient 112 is associated with the scanned channel indicating that the channel is not currently running "Overwrite Continue" Warning the message to be displayed on the digital assistant 118. この警告メッセージは、続行が既存のデータを上書きする(例えば、他の患者112との関連付けを解除する)ことになることを示すのが好ましい。 This warning message continues to overwrite the existing data (e.g., to release the association with the other patient 112) indicate made that it is preferable. この警告メッセージはまた、スキャンされたチャネルに関連付けられた患者112(例えば患者の氏名)、一次薬剤124及び/又はピギーバック薬剤124を示すデータをも含むことができる。 The warning message is also scanned patient associated with the channel 112 (e.g., patient's name), can also include data indicating the primary medication 124 and / or piggyback medication 124. ユーザは、取り消す、再スキャンする、又は続行する選択肢を与えられるのが好ましい。 The user, cancel, rescan, or preferably given the option to continue. ユーザが操作を取り消す選択を行った場合、ブロック5608で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに送信する。 If the user chooses to cancel the operation, at block 5608, the first central server 109 via the cancellation URL, and transmits the cancel code to the second central server 108a. ユーザが再スキャンする選択を行った場合、ブロック5602で、第1の中央サーバ109は、サブチャネル(例えば一次又はピギーバック)を選択し且つ該チャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the user chooses to rescan at block 5602, the first central server 109, to scan a machine-readable identifier associated with the selecting and the channel sub-channel (e.g., primary or piggyback) a screen prompting the user to be displayed on the digital assistant 118. チャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図38に示す。 An example of a digital assistant display 118a prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the channel shown in FIG. 38. ユーザが続行する選択を行った場合、ブロック5618で、第1の中央サーバ109は、新たなチャネル−患者−薬剤関係を生成し、該新たなチャネル−患者−薬剤関係を、最新の「ウェブセッション」内に格納する。 If the user chooses to continue, at block 5618, the first central server 109, new channel - the patient - to generate a drug relationship, the new channel - patients - medication relationship latest "Web Session It is stored in the ". この新たなチャネル−患者−薬剤関係が最終的に保持される場合、上に詳述したように、図55のブロック5540で、第1の中央サーバ109は、該新たなチャネル−患者−薬剤関係を、第1の中央サーバ109のデータベースにコミットする。 The new channel - patient - if the medication relationship is finally retained, as detailed above, at block 5540 of FIG. 55, the first central server 109, the new channel - patient - medication relationship and committed to the database of the first central server 109.

データベース内に有効な患者識別子が存在し、且つブロック5620で2つの患者識別子が一致する(即ち、そのチャネルがこの患者112に割り当てられている)場合、第1の中央サーバ109は、ブロック5622で、データベースをチェックしてサブチャネルが空いているかどうかを調べる。 Valid patient identifier exists in the database, and the two patient identifiers at block 5620 match if (i.e., the channel is assigned to the patient 112), the first central server 109, at block 5622 , it determines whether the empty sub-channel to check the database. 換言すれば、第1の中央サーバ109は、ブロック5602で一次サブチャネルが選択された場合にこのチャネルに関連付けられた一次注入がないことをチェックし、且つブロック5602でピギーバック用サブチャネルが選択された場合にこのチャネルに関連付けられたピギーバック注入がないことをチェックする。 In other words, the first central server 109 checks that there is no primary infusion associated with this channel if the primary sub-channel in block 5602 is selected, and the sub-channel is selected for piggyback at block 5602 Check that no piggyback infusion is associated with this channel if it is. サブチャネルが空いている場合、ブロック5618で、第1の中央サーバ109は、新たなチャネル−患者−薬剤関係を生成し、該新たなチャネル−患者−薬剤関係を、最新の「ウェブセッション」内に格納する。 If the sub-channel is free, at block 5618, the first central server 109, new channel - to generate a drug relationship, the new channel - - Patients Patients - medication relationship latest in "Web Session" and stores it in. サブチャネルが空いていない場合、ブロック5624で、第1の中央サーバ109は、データベースをチェックして、該サブチャネルが稼動中であるかどうか(一次及び/又はピギーバックモードで)を調べる。 If the sub-channel is not empty, at block 5624, the first central server 109 checks the database, checks whether the sub-channel is operational (on a primary and / or piggy-back mode).

このサブチャネルが稼動中である場合、ブロック5626で、第1の中央サーバ109は、この患者112がすでにスキャンチャネルに関連付けられており且つ選択されたサブチャネルが目下稼動中であることを示す「上書き不可能」エラーメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If this sub-channel is operational, at block 5626, the first central server 109 indicates and selected sub-channel the patient 112 is associated with a previously scanned channel is currently operated in " overwriting impossible "error message to be displayed on the digital assistant 118. このエラーメッセージはまた、患者112(例えば患者の氏名)、一次薬剤124、及び/又はピギーバック薬剤124を示すデータをも含むことができる。 This error message also patient 112 (e.g., patient's name), can also include data indicating the primary medication 124, and / or piggyback medication 124. ユーザは、取り消すか又は再スキャンする選択肢を与えられるのが好ましい。 Preferably, the user is given the option to either or rescan revoke. ユーザが操作を取り消す選択を行った場合、ブロック5608で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに送信する。 If the user chooses to cancel the operation, at block 5608, the first central server 109 via the cancellation URL, and transmits the cancel code to the second central server 108a. ユーザが再スキャンする選択を行った場合、ブロック5602で、第1の中央サーバ109は、サブチャネル(例えば一次又はピギーバック)を選択し且つ該チャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the user chooses to rescan at block 5602, the first central server 109, to scan a machine-readable identifier associated with the selecting and the channel sub-channel (e.g., primary or piggyback) a screen prompting the user to be displayed on the digital assistant 118.

サブチャネルが稼動していない場合、ブロック5628で、第1の中央サーバ109は、この患者112がスキャンされたチャネルに関連付けられているが選択されたサブチャネルが現在稼動していないことを示す「続行」メッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If the subchannel is not running, at block 5628, the first central server 109 indicates that the subchannel this patient 112 is but is selected associated with the scanned channel is not currently running " to display to continue "message to the digital assistant 118. このエラーメッセージはまた、患者112(例えば患者の氏名)、一次薬剤124、及び/又はピギーバック薬剤124を示すデータをも含むことができる。 This error message also patient 112 (e.g., patient's name), can also include data indicating the primary medication 124, and / or piggyback medication 124. ユーザは、取り消す、再スキャンする、又は続行する選択肢を与えられるのが好ましい。 The user, cancel, rescan, or preferably given the option to continue. ユーザが操作を取り消す選択を行った場合、ブロック5608で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに送信する。 If the user chooses to cancel the operation, at block 5608, the first central server 109 via the cancellation URL, and transmits the cancel code to the second central server 108a. ユーザが再スキャンする選択を行った場合、ブロック5602で、第1の中央サーバ109は、サブチャネル(例えば一次又はピギーバック)を選択し且つ該チャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the user chooses to rescan at block 5602, the first central server 109, to scan a machine-readable identifier associated with the selecting and the channel sub-channel (e.g., primary or piggyback) a screen prompting the user to be displayed on the digital assistant 118. ユーザが続行する選択を行った場合、ブロック5618で、第1の中央サーバ109は、新たなチャネル−患者−薬剤関係を生成し、該新たなチャネル−患者−薬剤関係を最新の「ウェブセッション」内に格納する。 If the user chooses to continue, at block 5618, the first central server 109, new channel - to generate a drug relationship, the new channel - - Patients Patients - medication relationship latest "Web Session" stored within. ユーザが続行を再度押すと、第1の中央サーバ109は、最新の動作(例えば注入実施)に制御を戻す。 When the user presses continue again, the first central server 109 returns control to the latest operation (e.g., injection performed).

(ポンプチャネル変更工程) (Change pump channel process)
図57Aに、ポンプチャネル変更工程5700の一例を示す。 Figure 57A, shows an example of the pump channel changing step 5700. ポンプチャネル変更工程5700は、データベース内のチャネル−患者−薬剤関係を失うことなく注入を1つのポンプチャネルから別のポンプチャネルへ変更するために用いることができる(例えば看護師によって)。 Pumping channel changing step 5700, the channel in the database - the patient - can be used to change to a different pump channels injected from one pump channel without losing medication relationship (e.g. by a nurse). 通常、ポンプチャネル変更工程5700は、ポンプチャネル変更工程が実行されることになるのを示す情報、どの患者112が影響を受けることになるのかを識別する情報(例えば患者ID)、及びその患者112用のどの薬剤124が影響を受けることになるのかを識別する情報(例えばRxID)を含む入力を、デジタルアシスタント118などの電子装置から受信する。 Usually, the pumping channel changing step 5700, information identifying information indicating that the results in the pumping channel change process is executed, the what the patient 112 will be affected (e.g., a patient ID), and the patient 112 which drugs 124 information identifying what will be affected enter comprising (e.g. RxID), receives from the electronic apparatus such as a digital assistant 118 of use. 次いで、工程5700によりこの情報が第1の中央サーバ109に送信され、該第1の中央サーバ109が、そのチャネル識別子情報がポンプチャネル変更オーダ情報と一致することを確認する。 Then, the step 5700 this information is sent to the first central server 109, the central server 109 of the first confirms that the channel identifier information matches the change pump channel order information.

より具体的には、例示的なポンプチャネル変更工程5700は、ブロック5702で第2の中央サーバ108aが選択のために患者のリストをデジタルアシスタント118に表示させるときに開始する。 More specifically, exemplary pumping channel changing step 5700, begins when the display for the second central server 108a is selected at block 5702 a list of the patient into the digital assistant 118. 患者のリストを示すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図24に示す。 An example of a digital assistant display 118a showing a list of patient shown in Figure 24. 患者のリストは、その時刻にそのデジタルアシスタント118にログインしているユーザ(例えば臨床家116)に関連付けられた患者に限定されるのが好ましい。 List of patient be limited to patients associated with the user logged into the digital assistant 118 at that time (e.g., clinician 116) are preferred. ひとたびユーザが患者112を選択すると、該選択及び/又は該患者112を識別する情報が、デジタルアシスタント118から第2の中央サーバ108aに返送される。 Once the user selects a patient 112, the information identifying the selection and / or the patient 112 is returned from the digital assistant 118 to the second central server 108a. デジタルアシスタント118と第2の中央サーバ108aとの間の通信は、上述の無線/有線ネットワーク102のような任意の適した通信チャネルを介することができる。 Communication between the digital assistant 118 and second central server 108a may be via any suitable communication channel such as a wireless / wired network 102 described above. 次いで、ブロック5704で、第2の中央サーバ108aは、動作のリストをデジタルアシスタント118に表示させる。 Then, at block 5704, the second central server 108a displays a list of operations to the digital assistant 118. 動作のリストを示すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図25に示す。 An example of a digital assistant display 118a showing a list of operation shown in FIG. 25. 動作のリストは、選択された患者112に関連付けられた動作に限定されるのが好ましい。 List of operation is preferably restricted to the operation associated with the patient 112 selected. 例えば、「ポンプチャネルを変更する」動作は、この患者112に関連付けられた注入が現在第2の中央サーバ108aのデータベースに記載されている場合にのみ実行し得ることになろう。 For example, "change pump channel" operation would be only be performed when infusion associated with this patient 112 is described in the current database of the second central server 108a.

ユーザが動作リストから「ポンプチャネルを変更する」動作を選択すると、選択された動作を識別する情報が、第2の中央サーバ108aに送信される。 If the user "change pump channel" from the action list to select the operation, information identifying the action selected is sent to the second central server 108a. それに応答して、ブロック5706で、第2の中央サーバ108aは、この「ポンプチャネルを変更する」動作によって影響を受ける薬剤124に関連する機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 In response, at block 5706, the second central server 108a, the digital assistant screen prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the drug 124 affected by the "change pump channel" operation 118 to be displayed. 薬剤124に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図34に示す。 An example of a digital assistant display 118a prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the agent 124 shown in FIG. 34. ユーザは、デジタルアシスタント118のスキャナを用いて、薬剤124のバッグ上の薬剤ラベル124a(例えば注入バッグ上のバーコード)をスキャンすることができる。 The user may use the scanner of the digital assistant 118, medication label 124a (for example, a bar code on the infusion bag) on ​​the bag of medication 124 may scan. 代替的に、ユーザは、デジタルアシスタント118に薬剤識別子を手入力することもできる。 Alternatively, the user, the agent identifier may manually enter the digital assistant 118.

次いで、ブロック5708で、薬剤識別子が検証のために第2の中央サーバ108aに送信される。 Then, at block 5708, the agent identifier is sent to the second central server 108a for verification. 第2の中央サーバ108aは、データベース内で薬剤識別子の検索を試みる。 The second central server 108a attempts to search for medication identifier in the database. 薬剤識別子(例えばバッグID)がデータベース内に有効な薬剤識別子として存在しない場合、ブロック5710で、第2の中央サーバ108aは、項目無効通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 If medication identifier (eg bag ID) does not exist as a valid medication identifier in the database, at block 5710, the second central server 108a displays an invalid item notification to digital assistant 118. ひとたびユーザが項目無効通知を了解する(又は通知がタイムアウトする)と、ブロック5706で、デジタルアシスタント118は、この「ポンプチャネルを変更する」動作によって影響を受ける薬剤124に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面を再表示する。 Once the user acknowledges the invalid item notification (or the notification times out), at block 5706, the digital assistant 118, the "change pump channel" machine-readable identifier associated with the drug 124 affected by the operation to redisplay the screen prompting the user to scan.

ブロック5708で薬剤識別子(例えばバッグID)がデータベース内に有効な薬剤識別子として存在する場合、第2の中央サーバ108aは、「ポンプチャネルを変更する」XML文書を第1の中央サーバ109に伝送する。 When the drug identifier at block 5708 (e.g., bags ID) is present as a valid medication identifier in the database, the second central server 108a transmits the XML document to "change pump channel" in the first central server 109 . 「ポンプチャネルを変更する」XML文書は、患者識別子(例えばブロック5702のリストから選択された)、薬剤識別子(例えばバッグID)、完了用URL、及び取り消し用URLを含む。 "Change pump channel" XML document (selected from the list of example, block 5702) patient identifier, a drug identifier (eg bags ID), including complete for URL, and a cancellation URL. 完了用URLは、「ポンプチャネルを変更する」動作が試みられた場合に用いられるネットワークアドレスである。 Completion URL is a network address used if the "change pump channel" action is attempted. 取り消し用URLは、「ポンプチャネルを変更する」動作が失敗した場合に用いられるネットワークアドレスである。 Cancellation URL is a network address used if the "change pump channel" operation failed.

ひとたび第1の中央サーバ109が「ポンプチャネル変更」XML文書を受信すると、ブロック5724で、第1の中央サーバ109は、「ポンプチャネル変更」XML文書が有効であるかどうかを判定する。 Once it determined the first central server 109 receives the "change pump channel" XML document, at block 5724, the first central server 109, whether the "change pump channel" XML document is valid. 例えば、第1の中央サーバ109は、通常「ポンプチャネル変更」XML文書内に予測されるなんらかのデータが受信した「ポンプチャネル変更」XML文書から欠落していないかどうかをチェックすることができる。 For example, the first central server 109 may check whether or not missing from the normal "change pump channel" some data has been received to be expected in the XML document "change pump channel" XML document. 「ポンプチャネル変更」XML文書が有効ではないと第1の中央サーバ109が判断すると、ブロック5726で、第1の中央サーバ109は、「ポンプチャネル変更」動作を実行することができなかったことをユーザに示すエラーメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 When the "change pump channel" XML document is not valid when the first central server 109 determines, at block 5726, the first central server 109, that it was not able to run operation "change pump channel" an error message indicating to the user is displayed on the digital assistant 118. この表示は、どのデータが「ポンプチャネル変更」XML文書から欠落していたかなどの理由を含むことができる。 This display can be any data, including the reason, such as if it had been missing from the "change pump channel" XML document. ユーザが「OK」ボタンを押してこのエラーメッセージを了解した後、ブロック5728で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、失敗コードを第2の中央サーバ108aに返送する。 After understanding the error message the user presses the "OK" button, at block 5728, the first central server 109 via the cancellation URL, and returns a failure code to the second central server 108a.

「ポンプチャネルを変更する」XML文書が有効であると第1の中央サーバ109が判定した場合、第1の中央サーバ109は、チャネルスキャン工程5730を開始する。 If the "change pump channel" XML document is determined to be valid first central server 109, the first central server 109 initiates a channel scanning process 5730. このチャネルスキャン工程5730は、「旧」チャネルに関連付けられている(即ち、ユーザは、「旧」チャネルから「新」チャネルに移動しようとしている)。 The channel scanning process 5730 is associated with the "old" channel (ie, the user, are trying to move from the "old" channel to the "new" channel). 通常、チャネルスキャン工程5730は、「旧」ポンプチャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンしてスキャンしたチャネルが患者識別子及び薬剤識別子に関連付けられているかどうかを判定するようにユーザに促す(図58を参照して以下により詳細に説明するように)。 Usually, the channel scanning process 5730, "old" channels scanned by scanning the machine-readable identifier associated with the pump channel is prompting the user to determine whether associated with the patient identifier and the medication identifier (Fig. 58 reference to, as described in more detail below). スキャンしたチャネルが患者識別子及び薬剤識別子に関連付けられていない場合、「ポンプチャネルを変更する」動作は取り消される。 If the scanned channel is not associated with the patient identifier and the medication identifier, "change pump channel" action is canceled. そのような場合、ブロック5728で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 In such a case, at block 5728, the first central server 109 via the cancellation URL, and it returns a cancel code to the second central server 108a.

スキャンしたチャネルが患者識別子及び薬剤識別子に関連付けられている(即ち旧チャネルが有効である)場合、ブロック5732で、第1の中央サーバ109は、患者112、一次注入の旧チャネル、及びピギーバック注入の旧チャネルを示すメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If the scanned channel is associated with the patient identifier and the medication identifier (i.e. the old channel is enabled), block 5732, the first central server 109, the patient 112, the old channel of the primary injection, and piggyback infusion a message indicating the old channel to be displayed on digital assistant 118. デジタルアシスタント118は、「続行」ボタン及び「キャンセル」ボタンと共に、両方の注入(一次及びピギーバック)がこの操作により移動されていることを示すメッセージをも表示するのが好ましい。 Digital assistant 118, together with the "Continue" button and a "Cancel" button, both injection (primary and piggyback) is preferably also displayed a message indicating that it is moved by the operation. ユーザが「キャンセル」ボタンを押した場合、ブロック5728で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 If the user presses the "Cancel" button, at block 5728, the first central server 109 via the cancellation URL, and returns a cancel code to the second central server 108a.

ユーザが「続行」ボタンを押した場合、第1の中央サーバ109は、別のチャネルスキャン工程5734を開始する。 If the user presses the "Continue" button, the first central server 109 initiates another channel scanning process 5734. このチャネルスキャン工程5734は、「新」チャネルに関連付けられている(即ち、ユーザは、「旧」チャネルから「新」に移動しようとしている)。 The channel scanning process 5734 is associated with the "new" channel (ie, the user, are trying to move from the "old" channel to the "new"). 通常、チャネルスキャン工程5734は、「新」ポンプチャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンしてスキャンしたチャネルが利用可能であるかどうか(例えば、どの患者112にも割り当てられていない、現在の患者112に割り当てられているが使用されていない、別の患者112に割り当てられ且つ上書き済みである等)を判定するようにユーザに促す。 Usually, the channel scanning process 5734 is "new" or not to scan a machine-readable identifier associated with the pump channel scanned channel is available (e.g., non assigned to any patient 112, the current patient 112 are allocated but not used, prompt the user to determine a and overwriting already assigned to another patient 112 etc.). スキャンしたチャネルが利用可能ではない場合、「ポンプチャネルを変更する」動作は取り消される。 If the scanned channel is not available, "change pump channel" action is canceled. そのような場合、ブロック5728で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 In such a case, at block 5728, the first central server 109 via the cancellation URL, and it returns a cancel code to the second central server 108a. チャネルスキャン工程5734を、図59を参照して以下により詳細に説明する。 The channel scanning process 5734 will be described in more detail below with reference to FIG. 59.

スキャンされたチャネルが患者識別子及び薬剤識別子に関連付けられている(即ち、新たなチャネルが有効である)場合、ブロック5736で、第1の中央サーバ109は、いずれかの他の注入が現在この新たなチャネルに関連付けられていないかどうかを判定する。 Scanned channel is associated with the patient identifier and the medication identifier (i.e., a new channel is enabled), then at block 5736, the first central server 109, any other injection the new current It determines whether or not associated with a channel. 別の注入がすでに新たなチャネルに関連付けられている場合、ブロック5738で、第1の中央サーバ109は、別の注入が現在該新たなチャネルに関連付けられていることを示すメッセージ及びユーザに彼/彼女が現在の注入を上書きすることを希望するかどうかについて質問するメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If another injection is associated with already new channel, at block 5738, the first central server 109 him messages and user indicating that another injection is currently associated with the new channel / she is to display a message to a question about whether you want to overwrite the current injected into the digital assistant 118. このメッセージは、「Yes」ボタン、「No」ボタン、及び「キャンセル」ボタンを含むのが好ましい。 This message, "Yes" button, "No" button, and includes a "Cancel" button preferred. ユーザが「キャンセル」ボタンを押した場合、ブロック5728で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに返送する。 If the user presses the "Cancel" button, at block 5728, the first central server 109 via the cancellation URL, and returns a cancel code to the second central server 108a. ユーザが「No」ボタンを押した場合、第1の中央サーバ109は、別のチャネルスキャン工程5834を開始する。 If the user presses the "No" button, the first central server 109 initiates another channel scanning process 5834.

ユーザが「No」ボタンを押した場合、ブロック5740で、第1の中央サーバ109は、この新たなチャネルに対するデータベース内のチャネル−患者−薬剤関係を解消することを試みる。 If the user presses the "No" button, at block 5740, the first central server 109, the channel in the database for the new channel - attempt to eliminate drug related - patients. ブロック5742で新たなチャネルに対するデータベース内のチャネル−患者−薬剤関係を解消する試みが成功しなかった場合、ブロック5744で、第1の中央サーバ109は、患者識別子、移動されなかった一次注入に関連付けられた薬剤識別子(該当する場合は)、及び移動されなかったピギーバック注入に関連付けられた薬剤識別子(該当する場合は)を含む「ポンプチャネルを変更する」のエラーメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 Channels in the database for the new channel at block 5742 - the patient - if the attempt to eliminate drug related not successful, at block 5744, the first central server 109 associates the patient identifier, primary infusion which has not been moved (if applicable) it was medication identifier, and displays an error message of the mobile that was not piggyback infusion into the associated medication identifier (if applicable) "change pump channel" comprises a digital assistant 118 . 「OK」ボタンを押すことによってひとたびユーザが「ポンプチャネル変更」エラーメッセージを了解すると、ブロック5746で、第1の中央サーバ109は、完了用URLを介して、失敗コードを第2の中央サーバ108aに返送する。 Once the user acknowledges the "change pump channel" error message by pressing the "OK" button, at block 5746, the first central server 109, via the completion URL, and failure code second central server 108a to return to.

ブロック5736で別の注入が新たなチャネルにすでに関連付けられていたわけではない場合、又はブロック5742で新たなチャネルに対するデータベース内のチャネル−患者−薬剤関係を解消する試みが成功した場合、ブロック5748で、第1の中央サーバ109は、一次注入とピギーバック注入の両方に対するデータベース内のチャネル−患者−薬剤関係を、旧チャネルから新チャネルに変更することを試みる。 If another injection block 5736 is not was already associated with a new channel, or channels in the database for the new channel at block 5742 - the patient - if the attempt to eliminate drug related successful, at block 5748, the first central server 109, the channel in the database for both the primary injection and piggyback infusion - attempt to change the medication relationship, the new channel from the old channel - the patient. ブロック5750でデータベース内のチャネル−患者−薬剤関係を旧チャネルから新チャネルに移動する試みが成功しなかった場合、第1の中央サーバ109は、「ポンプチャネル変更」エラーメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 Channel in the database at block 5750 - the patient - if the attempt to displace the agent related to the new channel from the old channel is not successful, the first central server 109, displays the "change pump channel" error message on the digital assistant 118 make.

ブロック5750でデータベース内のチャネル−患者−薬剤関係を旧チャネルから新チャネルに移動する試みが成功した場合、ブロック5752で、第1の中央サーバ109は、患者識別子、移動された一次注入に関連付けられた薬剤識別子(該当する場合は)、及び移動されたピギーバック注入に関連付けられた薬剤識別子(該当する場合は)を含む「ポンプチャネルを変更する」成功メッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 Channel in the database at block 5750 - the patient - if the attempt to displace the agent related to the new channel from the old channel is successful, at block 5752, the first central server 109 is associated with a patient identifier, the moved primary infusion drug identifier (if applicable), and medication identifier (if applicable) associated with the moved piggyback infusion "change pump channel" including displaying a success message to the digital assistant 118. この表示は、チューブを新たなチャネルに移動させるようにとのユーザへのメッセージをも含むのが好ましい。 This display preferably also includes a message to the user of the to move the tube to the new channel. 「OK」ボタンを押すことによってひとたびユーザが「ポンプチャネル変更」成功メッセージを了解すると、ブロック5746で、第1の中央サーバ109は、完了用URLを介して、第2の中央サーバ108aに成功コードを返送する。 Once the user acknowledges the "change pump channel" success message by pressing the "OK" button, at block 5746, the first central server 109, via the completion URL, a success code to the second central server 108a to return the.

(チャネルスキャン工程) (Channel scanning process)
図58に、図57を参照して上に用いたチャネルスキャン工程5730の一例を示す。 Figure 58 shows an example of channel scanning process 5730 used in the above with reference to Figure 57. 通常、チャネルスキャン工程5730は、ポンプチャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンし、スキャンしたチャネルが事前にスキャンされた患者識別子及び薬剤識別子に関連付けられているかどうかを判定するようにユーザに促す。 Usually, the channel scanning process 5730 is to scan a machine-readable identifier associated with the pump channel, scanned channel prompt the user to determine whether associated with the patient identifier and the medication identifier scanned in advance. スキャンしたチャネルがこれらの患者識別子及び薬剤識別子に関連付けられていない場合、目下の動作(例えば、停止、中止、再開、チャネル変更、ポンプ除去等)は取り消される。 If the scanned channel is not associated with these patient identifier and the medication identifier, present operating (e.g., stop, abort, resume, channel change, remove pump, etc.) is canceled.

より具体的には、例示的なチャネルスキャン工程5730は、ブロック5802でチャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面を第1の中央サーバ109がデジタルアシスタント118に表示させるときに開始する。 More specifically, exemplary channel scanning process 5730, when a screen prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the channel at block 5802 the first central server 109 to be displayed on digital assistant 118 to start to. チャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図38に示す。 An example of a digital assistant display 118a prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the channel shown in FIG. 38. 例えば、ユーザは、デジタルアシスタント118のスキャナを用いて、チャネルに関連付けられたバーコードラベルをスキャンすることができる。 For example, the user may use the scanner of the digital assistant 118 to scan the bar code label associated with the channel. 代替的に、ユーザは、デジタルアシスタント118にチャネル識別子を手入力することもできる。 Alternatively, the user may manually enter the channel identifier into the digital assistant 118.

次いで、ブロック5804で、チャネル識別子が検証のために第1の中央サーバ109に送信される。 Then, at block 5804, the channel identifier is transmitted to the first central server 109 for verification. 次いで、第1の中央サーバ109は、データベース内でチャネル識別子の検索を試みる。 Then, the first central server 109 attempts to search the channel identifiers in the database. チャネル識別子がデータベース内に有効なチャネル識別子として存在しない(例えば、適切にフォーマットされていない、第1の中央サーバ109内に設定されていない等)場合、ブロック5806で、第1の中央サーバ109は、チャネル無効通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 Channel identifier does not exist as a valid channel identifier in the database (e.g., not properly formatted, unconfigured like in the first central server 109), then at block 5806, the first central server 109 , to display the channel invalid notification to the digital assistant 118. 例えば、デジタルアシスタント118は、チャネルが第1の中央サーバ109内に設定されていないというメッセージを表示することができ、且つユーザがチャネル識別子を再スキャンするか又は操作を取り消すことを可能にするボタンを含むことができる。 For example, buttons digital assistant 118, channels can be displayed a message that is not set in the first central server 109, and allows the user to cancel the or operation rescan the channel identifier it can contain. ユーザが操作を取り消す選択を行った場合、ブロック5808で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに送信するのが好ましい。 If the user chooses to cancel the operation, at block 5808, the first central server 109 via the cancellation URL, preferably sends a cancel code to the second central server 108a.

ひとたび有効なチャネル識別子を取得すると、第1の中央サーバ109は、該チャネル識別子を用いて、データベース内で患者識別子を検索する。 Upon obtaining the once valid channel identifier, the first central server 109 uses the channel identifier to look up a patient identifier in the database. 次いで、ブロック5810で、データベースからの患者識別子がスキャンされた(又は手入力された)患者識別子と比較される。 Then, at block 5810, the patient identifier from the database (as or manually entered) has been scanned and compared with the patient identifier. 2つの患者識別子が一致しない場合、ブロック5812で、第1の中央サーバ109は、患者無効通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 If two patients identifiers do not match, at block 5812, the first central server 109 displays the invalid patient notification to digital assistant 118. 例えば、デジタルアシスタント118は、スキャンされた患者112がスキャンされたチャネルに関連付けられていないというメッセージを表示し、スキャンされたチャネルに割り当てられた実際の患者112を示すことができる。 For example, the digital assistant 118 may indicate the actual patient 112 displays a message, assigned to scanned channel that the scanned patient 112 is not associated with the scanned channel. ここでもまた、PDAディスプレイは、ユーザがチャネル識別子を再スキャンするか又は操作を取り消すことを可能にするボタンを含むことができる。 Again, PDA display may include a button that allows the user to cancel the or operation rescan the channel identifier. ユーザが操作を取り消す選択を行った場合、ブロック5808で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに送信するのが好ましい。 If the user chooses to cancel the operation, at block 5808, the first central server 109 via the cancellation URL, preferably sends a cancel code to the second central server 108a.

ひとたび有効なチャネル−患者関係が確立されれば、第1の中央サーバ109は、チャネル識別子及び患者識別子を用いて、データベース内で1つの薬剤識別子(又は一次薬剤124及びピギーバック薬剤124が両方ともこのチャネルに関連付けられている場合、2つの薬剤識別子)を検索する。 Once valid channel - If patient relationship has been established, the first central server 109 uses the channel identifier and the patient identifier, one drug identifiers (or both primary medication 124 and a piggyback medication 124 is in the database If associated with this channel, to find the two medication identifier). 次いで、ブロック5814で、データベースからの1つ又は複数の薬剤識別子が、スキャンされた(若しくは手入力された)薬剤識別子と比較される。 Then, at block 5814, one or more agents identifier from the database, scanned (or manually entered) is compared with the medication identifier. データベースからの1つ又は複数の薬剤識別子がスキャンされた(若しくは手入力された)薬剤識別子と一致しない場合、ブロック5816で、第1の中央サーバ109は、薬剤無効通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 If one or more agents identifiers from the database has been scanned (or manually entered) does not match the medication identifier, in block 5816, the first central server 109, displays the agent invalid notify the digital assistant 118 . 例えば、デジタルアシスタント118は、スキャンされた薬剤124がスキャンされたチャネルに関連付けられていないというメッセージを表示し、該スキャンされたチャネルに割り当てられた実際の薬剤124(該当する場合は一次及びピギーバックの両方)を示すことができる。 For example, the digital assistant 118, scanned medication 124 displays a message that is not associated with the scanned channel, the scanned actual drug 124 assigned to the channel and (if applicable primary and piggyback You can exhibit both). ここでもまた、PDAディスプレイは、ユーザがチャネル識別子を再スキャンするか又は操作を取り消すことを可能にするボタンを含むことができる。 Again, PDA display may include a button that allows the user to cancel the or operation rescan the channel identifier. ユーザが操作を取り消す選択を行った場合、ブロック5808で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに送信するのが好ましい。 If the user chooses to cancel the operation, at block 5808, the first central server 109 via the cancellation URL, preferably sends a cancel code to the second central server 108a.

有効なチャネル−患者−薬剤関係が確立された場合、ブロック5818で、第1の中央サーバ109は、デジタルアシスタント118上に追加表示を発行することなく、有効なチャネルスキャンが行われたことを示し、最新の動作(例えば、投与、停止、中止、再開、チャネル変更、ポンプ除去等)に制御を戻す。 Valid channel - patient - if the medication relationship is established, at block 5818, the first central server 109, without issuing additional displayed on digital assistant 118, indicates that a valid channel scanning is performed , latest operation (e.g., administration, stop, abort, resume, channel change, remove pump, etc.) returns the control to.

(チャネルスキャン工程(新たなチャネル)) (Channel scanning process (new channel))
図59に、図57を参照して上に用いたチャネルスキャン工程5734の一例を示す。 Figure 59 shows an example of channel scanning process 5734 used in the above with reference to Figure 57. 通常、チャネルスキャン工程5734は、ポンプチャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンし、スキャンしたチャネルが利用可能である(例えば、現在の患者112に割り当てられているが使用されていない)かどうかを判定するようにユーザに促す。 Usually, the channel scanning process 5734 is to scan a machine-readable identifier associated with the pump channel, the scanned channel is available whether (for example, but are assigned to the current patient 112 is not used) It prompts the user to determine. スキャンしたチャネルが利用可能ではない場合、目下の動作(例えばチャネル変更)は取り消される。 If the scanned channel is not available, instantaneous operation (e.g. channel change) is canceled.

より具体的には、例示的なチャネルスキャン工程5734は、ブロック5902で第1の中央サーバ109がチャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させるときに開始する。 More specifically, exemplary channel scanning process 5734, when to display a screen prompting the user to the first central server 109 at block 5902 to scan a machine-readable identifier associated with the channel into the digital assistant 118 to start to. チャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図38に示す。 An example of a digital assistant display 118a prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the channel shown in FIG. 38. 例えば、ユーザは、デジタルアシスタント118のスキャナを用いて、チャネルに関連付けられたバーコードラベルをスキャンすることができる。 For example, the user may use the scanner of the digital assistant 118 to scan the bar code label associated with the channel. 代替的に、ユーザは、デジタルアシスタント118にチャネル識別子を手入力することもできる。 Alternatively, the user may manually enter the channel identifier into the digital assistant 118.

次いで、ブロック5904で、チャネル識別子が検証のために第1の中央サーバ109に送信される。 Then, at block 5904, the channel identifier is transmitted to the first central server 109 for verification. 次いで、第1の中央サーバ109は、データベース内でチャネル識別子の検索を試みる。 Then, the first central server 109 attempts to search the channel identifiers in the database. このチャネル識別子がデータベース内に有効なチャネル識別子として存在しない(例えば、適切にフォーマットされていない、第1の中央サーバ109内に設定されていない等)場合、ブロック5906で、第1の中央サーバ109は、チャネル無効通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 The channel identifier does not exist as a valid channel identifier in the database (e.g., not properly formatted, unconfigured like in the first central server 109), then at block 5906, the first central server 109 displays the channel invalid notification to the digital assistant 118. 例えば、デジタルアシスタント118は、チャネルが第1の中央サーバ109内に設定されていないというメッセージを表示することができ、且つユーザがチャネル識別子を再スキャンするか又は操作を取り消すことを可能にするボタンを含むことができる。 For example, buttons digital assistant 118, channels can be displayed a message that is not set in the first central server 109, and allows the user to cancel the or operation rescan the channel identifier it can contain. ユーザが操作を取り消す選択を行った場合、ブロック5908で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに送信するのが好ましい。 If the user chooses to cancel the operation, at block 5908, the first central server 109 via the cancellation URL, preferably sends a cancel code to the second central server 108a.

ひとたび有効なチャネル識別子を取得すると、第1の中央サーバ109は、該チャネル識別子を用いて、データベース内で患者識別子を検索する。 Upon obtaining the once valid channel identifier, the first central server 109 uses the channel identifier to look up a patient identifier in the database. 次いで、ブロック5910で、第1の中央サーバ109は、データベースからの患者識別子をスキャンされた(又は手入力された)患者識別子と比較する。 Then, at block 5910, the first central server 109 has been scanned the patient identifier from the database (or manually entered) comparing the patient identifier. 有効な患者識別子がデータベース内に存在するが2つの患者識別子が一致しない(即ちチャネルが異なる患者112に割り当てられている)場合、ブロック5912で、第1の中央サーバ109は、データベースをチェックし、このチャネルが稼動中であるかどうか(一次及び/又はピギーバックモードで)を調べる。 Valid patient identifier are two patient identifiers do not match is present in the database (i.e. the channel is assigned to a different patient 112), then at block 5912, the first central server 109 checks the database, Check whether this channel is in operation (the primary and / or piggy-back mode).

チャネルが稼動中である場合、ブロック5914で、第1の中央サーバ109は、異なる患者112がスキャンされたチャネルに関連付けられていること及びそのチャネルが現在稼動中であることを示す「上書き不可能」エラーメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If the channel is in operation, at block 5914, the first central server 109, different patient 112 indicates that it and the channel associated with the scanned channel is currently running "Overwrite impossible the "error message to be displayed on the digital assistant 118. このエラーメッセージはまた、スキャンされたチャネルに関連付けられた患者112を示すデータ(例えば患者の氏名)、一次薬剤124、及び/又はピギーバック薬剤124をも含むことができる。 This error message also data indicating the patient 112 that is associated with the scanned channel (eg patient's name), may also include a primary agent 124, and / or piggyback medication 124. ユーザは、取り消すか又は再スキャンする選択肢を与えられるのが好ましい。 Preferably, the user is given the option to either or rescan revoke. ユーザが操作を取り消す選択を行った場合、ブロック5908で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに送信する。 If the user chooses to cancel the operation, at block 5908, the first central server 109 via the cancellation URL, and transmits the cancel code to the second central server 108a. ユーザが再スキャンする選択を行った場合、ブロック5902で、第1の中央サーバ109は、チャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the user chooses to rescan at block 5902, the first central server 109 displays a screen prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the channel into the digital assistant 118.

チャネルが稼動していない場合、ブロック5916で、第1の中央サーバ109は、異なる患者112がスキャンされたチャネルに関連付けられているが該チャネルが現在稼動していないことを示す「上書き続行」警告メッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If the channel is not running, at block 5916, the first central server 109, different but the patient 112 is associated with the scanned channel indicates that the channel is not currently running "Overwrite Continue" Warning the message to be displayed on the digital assistant 118. この警告メッセージは、続行することが既存のデータを上書きする(例えば、他の患者112との関連付けを解除する)ことになることを示すのが好ましい。 This warning message may be continued to overwrite existing data (e.g., to release the association with the other patient 112) indicate made that it is preferable. この警告メッセージはまた、スキャンされたチャネルに関連付けられた患者112を示すデータ(例えば患者の氏名)、一次薬剤124、及び/又はピギーバック薬剤124をも含むことができる。 This warning message also data indicating the patient 112 that is associated with the scanned channel (eg patient's name), may also include a primary agent 124, and / or piggyback medication 124. ユーザは、取り消す、再スキャンする、又は続行する選択肢を与えられるのが好ましい。 The user, cancel, rescan, or preferably given the option to continue. ユーザが操作を取り消す選択を行った場合、ブロック5908で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに送信する。 If the user chooses to cancel the operation, at block 5908, the first central server 109 via the cancellation URL, and transmits the cancel code to the second central server 108a. ユーザが再スキャンする選択を行った場合、ブロック5902で、第1の中央サーバ109は、チャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the user chooses to rescan at block 5902, the first central server 109 displays a screen prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the channel into the digital assistant 118. ユーザが続行する選択を行った場合、ブロック5918で、第1の中央サーバ109は、選択したチャネルを使用することを許可する旨を示すメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If the user chooses to continue, at block 5918, the first central server 109 displays a message indicating that permission to use the selected channel to the digital assistant 118. ユーザが「続行」を押すと、第1の中央サーバ109は、デジタルアシスタント118に追加表示を発行することなく、最新の動作(例えば投与、チャネル変更等)に制御を戻す。 When the user presses the "Continue", the first central server 109, without issuing an additional display on the digital assistant 118, returns control to the latest operation (e.g. administration, channel change, etc.).

ブロック5920でデータベース内に有効な患者識別子が存在し、且つ2つの患者識別子が一致する(即ち、チャネルがこの患者112に割り当てられている)場合、第1の中央サーバ109は、ブロック5922で、データベースをチェックし、該チャネルが空いている(例えば、一次注入もピギーバック注入もこのチャネルに関連付けられていない)かどうかを調べる。 Valid patient identifier exists in the database at block 5920, and two patient identifiers match (i.e., the channel is assigned to the patient 112), the first central server 109, at block 5922, checks the database, the channel is vacant (e.g., primary infusion is not associated with piggyback infusion also this channel) whether checks. チャネルが空いている場合、ブロック5918で、第1の中央サーバ109は、選択したチャネルを使用することを許可する旨を示すメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If the channel is free, at block 5918, the first central server 109 displays a message indicating that permission to use the selected channel to the digital assistant 118. チャネルが空いていない場合、ブロック5924で、第1の中央サーバ109は、データベースをチェックして、該チャネルが稼動中(一次及び/又はピギーバックモードで)であるかどうかを調べる。 If the channel is not empty, at block 5924, the first central server 109 checks the database to see if the channel is operational (in primary and / or piggy-back mode).

このチャネルが稼動中である場合、ブロック5926で、第1の中央サーバ109は、この患者112がすでにスキャンされたチャネルに関連付けられていること及び該チャネルが現在稼動中であることを示す「上書き不可能」エラーメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If this channel is operational, at block 5926, the first central server 109, "Overwrite indicating that it and the channel this patient 112 is associated with a previously scanned channel is currently running impossible "to display an error message on the digital assistant 118. このエラーメッセージはまた、患者112(例えば患者の氏名)、一次薬剤124、及び/又はピギーバック薬剤124を示すデータをも含むことができる。 This error message also patient 112 (e.g., patient's name), can also include data indicating the primary medication 124, and / or piggyback medication 124. ユーザは、取り消すか又は再スキャンする選択肢を与えられるのが好ましい。 Preferably, the user is given the option to either or rescan revoke. ユーザが操作を取り消す選択を行った場合、ブロック5908で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに送信する。 If the user chooses to cancel the operation, at block 5908, the first central server 109 via the cancellation URL, and transmits the cancel code to the second central server 108a. ユーザが再スキャンする選択を行った場合、ブロック5902で、第1の中央サーバ109は、チャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the user chooses to rescan at block 5902, the first central server 109 displays a screen prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the channel into the digital assistant 118.

このチャネルが稼動していない場合、ブロック5928で、第1の中央サーバ109は、この患者112はスキャンされたチャネルに関連付けられているが該チャネルは現在稼動していないことを示す「続行」メッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If the channel is not running, at block 5928, the first central server 109, "Continue" message indicating that although the patient 112 is associated with the scanned channel is not currently running the channel the cause is displayed on the digital assistant 118. このメッセージはまた、患者112(例えば患者の氏名)、一次薬剤124、及び/又はピギーバック薬剤124を示すデータをも含むことができる。 This message also (name of eg patient) patient 112 can also include data indicating the primary medication 124, and / or piggyback medication 124. ユーザは、取り消す、再スキャンする、又は続行する選択肢を与えられるのが好ましい。 The user, cancel, rescan, or preferably given the option to continue. ユーザが操作を取り消す選択を行った場合、ブロック5908で、第1の中央サーバ109は、取り消し用URLを介して、取り消しコードを第2の中央サーバ108aに送信する。 If the user chooses to cancel the operation, at block 5908, the first central server 109 via the cancellation URL, and transmits the cancel code to the second central server 108a. ユーザが再スキャンする選択を行った場合、ブロック5902で、第1の中央サーバ109は、チャネルに関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the user chooses to rescan at block 5902, the first central server 109 displays a screen prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the channel into the digital assistant 118. ユーザが続行する選択を行った場合、ブロック5918で、第1の中央サーバ109は、選択したチャネルを使用することを許可する旨を示すメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 If the user chooses to continue, at block 5918, the first central server 109 displays a message indicating that permission to use the selected channel to the digital assistant 118. ユーザが再度続行を押すと、第1の中央サーバ109は、デジタルアシスタント118に追加表示を発行することなく、最新の動作(例えばチャネル変更)に制御を戻す。 When the user presses continue again, the first central server 109, without issuing an additional display on the digital assistant 118, returns control to the latest operation (e.g. channel change).

(注入停止/中止工程) (Injection stop / stop process)
図60に、注入停止/中止工程6000の一例を示す。 Figure 60 shows an example of a stop infusion / abort step 6000. 注入停止/中止工程6000は、注入を一時的に停止(即ち一時停止)する工程又は注入工程を完全に中止(即ち終了)するために用いることができる。 Stop infusion / abort step 6000 can be used to temporarily stop the injection (i.e., pause) completely stops to process or injection process (i.e., closed). 通常、注入停止/中止工程6000は、停止又は中止が実行されることになるのか否かに関する情報、どの患者112が影響を受けることになるのかを識別する情報(例えば患者ID)、及びその患者112用のどの薬剤124が停止若しくは中止されることになるのかを識別する情報(例えばRxID)を含む入力を、デジタルアシスタント118などの電子装置から受信する。 Usually, injection stop / abort step 6000, information on whether to become a stop or stop is performed, information identifying what the patient 112 will be affected (e.g., a patient ID), and patients that any medication 124 for 112 input comprising information identifying (e.g. RxID) whether will be stopped or aborted, it is received from an electronic device such as a digital assistant 118. 次いで、工程6000は、この情報を第1の中央サーバ109に送信し、該第1の中央サーバ109が、チャネル識別情報が停止/中止オーダ情報と一致することを確認し、且つ正しい注入が停止又は中止されることを確認する。 Then, step 6000 transmits the information to the first central server 109, the central server 109 of the first is to confirm that the channel identification information matches the stop / cancel order information, and the correct injection is stopped or aborted is possible to confirm.

より具体的には、例示的な注入停止/中止工程6000は、ブロック6002で第2の中央サーバ108aが患者のリストをデジタルアシスタント118に表示させるときに開始する。 More specifically, exemplary stop infusion / cancel process 6000 begins when the second central server 108a displays a list of patient digital assistant 118 at block 6002. 患者のリストを示すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図24に示す。 An example of a digital assistant display 118a showing a list of patient shown in Figure 24. 患者のリストは、その時刻にそのデジタルアシスタント118にログインしているユーザ(例えば臨床家116)に関連付けられている患者に限定されるのが好ましい。 List the patient is preferably limited to a patient that is associated with the user (e.g., clinician 116) logged into the digital assistant 118 at that time. ひとたびユーザが患者112を選択すると、該選択及び/又は該患者112を識別する情報が、デジタルアシスタント118から第2の中央サーバ108aに返信される。 Once the user selects a patient 112, information identifying the selection and / or the patient 112 is transmitted from the digital assistant 118 to the second central server 108a. デジタルアシスタント118と第2の中央サーバ108aとの間の通信は、上述の無線/有線ネットワーク102のような任意の適した通信チャネルを介することができる。 Communication between the digital assistant 118 and second central server 108a may be via any suitable communication channel such as a wireless / wired network 102 described above. 次いで、ブロック6004で、第2の中央サーバ108aは、動作のリストをデジタルアシスタント118に表示させる。 Then, at block 6004, the second central server 108a displays a list of operations to the digital assistant 118. 動作のリストを示すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図25に示す。 An example of a digital assistant display 118a showing a list of operation shown in FIG. 25. 動作のリストは、選択された患者112に関連付けられた動作に限定されるのが好ましい。 List of operation is preferably restricted to the operation associated with the patient 112 selected. 例えば、「注入停止」動作及び「注入中止」動作は、この患者112に関連付けられた注入が目下実行状態である場合にのみ利用可能となろう。 For example, "injection stop" operation and "discontinue infusion" operation will become available only when infusion associated with this patient 112 is currently executing state.

ユーザが動作のリストから「注入停止」動作又は「注入中止」動作を選択すると、選択された動作を識別する情報が第2の中央サーバ108aに送信される。 When the user selects the "stop infusion" action or the "discontinue infusion" action from the list of operations, information identifying the action selected is transmitted to the second central server 108a. これに応答して、ブロック6006で、第2の中央サーバ108aは、その患者112に対する全ての実行中の注入を記載し且つ停止又は中止すべき薬剤124に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 In response, at block 6006, the second central server 108a to scan the machine-readable identifier associated with the drug 124 and to be stopped or aborted describes the injection of all running against the patient 112 a screen prompting the user to be displayed on the digital assistant 118. 薬剤124に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図34に示す。 An example of a digital assistant display 118a prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the agent 124 shown in FIG. 34. ユーザは、デジタルアシスタント118のスキャナを用いて、薬剤124のバッグ上の薬剤ラベル124a(例えば注入バッグ上のバーコード)をスキャンすることができる。 The user may use the scanner of the digital assistant 118, medication label 124a (for example, a bar code on the infusion bag) on ​​the bag of medication 124 may scan. 代替的に、ユーザは、薬剤識別子をデジタルアシスタント118に手入力することもできる。 Alternatively, the user may manually enter the medication identifier to the digital assistant 118.

次いで、ブロック6008で、薬剤識別子が、検証のために第2の中央サーバ108aに送信される。 Then, at block 6008, the agent identifier is sent to the second central server 108a for verification. 第2の中央サーバ108aは、データベース内で薬剤識別子の検索を試みる。 The second central server 108a attempts to search for medication identifier in the database. 薬剤識別子(例えばバッグID)がデータベース内に有効な薬剤識別子として存在しない場合、ブロック6010で、第2の中央サーバ108aは、項目無効通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 If medication identifier (eg bag ID) does not exist as a valid medication identifier in the database, at block 6010, the second central server 108a displays an invalid item notification to digital assistant 118. ひとたびユーザが項目無効通知を了解すると(又は通知がタイムアウトすると)、ブロック6006で、デジタルアシスタント118は、停止又は中止すべき薬剤124に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面を再表示する。 Once (If or the notification times out) the user acknowledges the invalid item notification at block 6006, the digital assistant 118, a screen prompting the user to scan a associated with drug 124 to be stopped or aborted machine readable identifier to re-display.

ブロック6008で薬剤識別子(例えばバッグID)がデータベース内に有効な薬剤識別子として存在する場合、第2の中央サーバ108aは、ブロック6012で、患者112に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面をデジタルアシスタント118に表示させる。 When the drug identifier at block 6008 (e.g., bags ID) is present as a valid medication identifier in the database, the second central server 108a, as at block 6012, scan a machine-readable identifier associated with the patient 112 users a screen prompting the to be displayed on the digital assistant 118. 患者112に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促すデジタルアシスタントディスプレイ118aの一例を図36に示す。 An example of a digital assistant display 118a prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the patient 112 shown in FIG. 36. ユーザは、デジタルアシスタント118のスキャナを用いて、患者のリストバンド112a上のバーコードラベルをスキャンすることができる。 The user may use the scanner of the digital assistant 118 to scan the bar code label on the patient's wristband 112a. 代替的に、ユーザは、デジタルアシスタント118に患者識別子を手入力することもできる。 Alternatively, the user may manually enter the patient identifier to the digital assistant 118. 次いで、ブロック6014で、患者識別子が、検証のために第2の中央サーバ108aに送信される。 Then, at block 6014, patient identifier is sent to the second central server 108a for verification. 次いで、第2の中央サーバ108aは、データベース内で患者識別子の検索を試みる。 Then, the second central server 108a attempts to search for patient identifier in the database. 患者識別子(例えばリストバンドID)がデータベース内に有効な患者識別子として存在しない場合、ブロック6016で、第2の中央サーバ108aは、患者無効通知をデジタルアシスタント118に表示させる。 If the patient identifier (e.g. wristband ID) does not exist as a valid patient identifier in the database, at block 6016, the second central server 108a displays an invalid patient notification to digital assistant 118. ひとたびユーザが患者無効通知を了解すると(又は通知がタイムアウトすると)、ブロック6012で、デジタルアシスタント118は、患者112に関連付けられた機械可読識別子をスキャンするようにユーザに促す画面を再表示する。 Once (If or the notification times out) the user acknowledges the invalid patient notification at block 6012, the digital assistant 118 re-displays the screen prompting the user to scan a machine-readable identifier associated with the patient 112.

ブロック6014で患者識別子(例えばリストバンドID)がデータベース内に有効な患者識別子として存在する場合、第2の中央サーバ108aは、「注入停止」動作又は「注入中止」動作の理由を示すコードに対してユーザを促すこともできる。 If the patient identifier at block 6014 (e.g., wristband ID) is present as a valid patient identifier in the database, the second central server 108a to code indicating the reason for the operation "injection stop" operation or "discontinue infusion" it is also possible to prompt the user Te. この理由コードが提供されない場合、本システムは、理由コードを提供しなければならない旨のメッセージをユーザに対して表示するのが好ましい。 If the reason code is not provided, the system preferably displays a message indicating that must provide a reason code for the user. 更に、第2の中央サーバ108aは、オーダにタイムスタンプを押すか及び/又はこの動作を行うべき時刻に対してユーザを促すことができる。 Furthermore, the second central server 108a can prompt the user for a time to be performed and / or the operating time stamping the order. また更に、第2の中央サーバ108aは、注入オーダの状態をチェックし、該注入オーダがアクティブであるか又は中止されているかを判定するのが好ましい。 Furthermore, the second central server 108a checks the status of the infusion order, preferably to determine the infusion order is or abort is active.

注入オーダがアクティブである場合、ブロック6018で、第2の中央サーバ108aは、ブロック6004からのユーザ選択に基づいてユーザが「注入停止」動作又は「注入停止」動作を発行することを試みているかどうかを判定する。 If the infusion order is active, at block 6018, the second central server 108a are either trying to users based on user selection from block 6004 to issue a "stop infusion" action or "injection stop" operation to determine whether. ユーザが「注入停止」動作を発行することを試みている場合、ブロック6020で、第2の中央サーバ108aは、「注入停止」XML文書内の「DCFlag」を「FALSE」に設定する。 If the user is attempting to issue a "stop infusion" operation, at block 6020, the second central server 108a sets "DCFlag" in "stop infusion" XML document to "FALSE". ユーザが「注入中止」動作を発行することを試みている場合、ブロック6022で、第2の中央サーバ108aは、「注入停止」XML文書内の「DCFlag」を「TRUE」に設定する。 If the user is attempting to issue a "discontinue infusion" operation, at block 6022, the second central server 108a sets "DCFlag" in "stop infusion" XML document to "TRUE". もちろん、変数の状態を表示する任意の周知の方法を用いることができる。 Of course, it is possible to use any known method of displaying the status of variables.

次いで、患者識別子(例えばリストバンドID)、薬剤識別子(例えばバッグID)、完了用URL、取り消し用URL、及びDCFlag(停止対中止を示す)を含む「注入停止」XML文書が、第1の中央サーバ109に伝送される。 Then, the patient identifier (e.g. wristband ID), medication identifier (eg bags ID), for completion URL, cancellation URL, and DCFlag "stop infusion" XML document containing (stop pairs indicating the abort) is, first central It is transmitted to the server 109. 完了用URLは、注入の停止又は中止が成功した場合に用いられるネットワークアドレスである。 Completion URL is a network address used if injection stop or the stop is successful. 取り消し用URLは、「注入停止」動作又は「注入中止」動作が失敗したか若しくは取り消された場合に用いられるネットワークアドレスである。 Cancellation URL is a network address used if the "stop infusion" action or the "discontinue infusion" action is whether or canceled failed.

ひとたび第1の中央サーバ109が「注入停止」XML文書を受信すると、ブロック6024で、第1の中央サーバ109は、「注入停止」XML文書が有効であるかどうかを判定する。 Once it determined the first central server 109 receives the "stop infusion" XML document, at block 6024, the first central server 109, whether or not the "stop infusion" XML document is valid. 例えば、第1の中央サーバ109は、通常「注入停止」XML文書内に予測されるなんらかのデータが受信した「注入停止」XML文書から欠落しているかどうかをチェックすることができる。 For example, the first central server 109 may check whether any data that is expected in the normal "stop infusion" XML document is missing from the "stop infusion" XML document received. 「注入停止」XML文書が有効ではないと第1の中央サーバ109が判定した場合、ブロック6026で、第1の中央サーバ109は、「注入停止」動作又は「注入中止」動作を実行することができなかったことをユーザに対して示すエラーメッセージをデジタルアシスタント118に表示させる。 "Injection stop" i