JP2006178036A - Image forming apparatus, toner counter and method for calculating toner consumption - Google Patents

Image forming apparatus, toner counter and method for calculating toner consumption Download PDF

Info

Publication number
JP2006178036A
JP2006178036A JP2004368902A JP2004368902A JP2006178036A JP 2006178036 A JP2006178036 A JP 2006178036A JP 2004368902 A JP2004368902 A JP 2004368902A JP 2004368902 A JP2004368902 A JP 2004368902A JP 2006178036 A JP2006178036 A JP 2006178036A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
image
toner
density
value
toner consumption
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2004368902A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Nobusuke Yokote
伸祐 横手
Original Assignee
Seiko Epson Corp
セイコーエプソン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To accurately obtain toner consumption in an image forming apparatus. <P>SOLUTION: A calculation error in the toner consumption arises because the set values (E1 and E2) of exposure power E for obtaining target density Dlow are different from calculative optimum values (Eopt1 and Eopt2). In order to restrain such an error, a coefficient substituted in the calculation expression of the toner consumption is changed according to the largeness of deviation (ΔE1 and ΔE2) between the set values and the optimum values. <P>COPYRIGHT: (C)2006,JPO&NCIPI

Description

この発明は、画像形成装置におけるトナー消費量を算出する技術に関するものである。 This invention relates to a technique of calculating toner consumption in an image forming apparatus.

プリンタ、複写機、ファクシミリ装置など、トナーを使用して画像を形成する電子写真方式の画像形成装置においては、トナー補給などメンテナンスの都合上、トナーの消費量あるいは残量を把握する必要がある。 Printer, a copying machine, a facsimile apparatus, in an electrophotographic image forming apparatus which forms an image using toner, for the convenience of maintenance such as toner replenishment, it is necessary to grasp the consumption or remaining amount of toner. そこで、トナーの消費量を精度よく求めるための技術(以下、「トナーカウント技術」という)が従来より提案されている。 A technique for determining accurately the amount of toner consumption (hereinafter, referred to as "toner Count technology") has been proposed. 例えば、特許文献1に記載のトナー消費量検出方法では、印刷ドット列をそのドットの連続状態に応じて複数のパターンに分類し、それらの発生回数を個別に計数する。 For example, the toner consumption detecting method described in Patent Document 1, into a plurality of patterns in accordance with printing dot columns contiguous state of the dots, to count their occurrences individually. そして、それらの計数値にそれぞれ所定の係数を乗じて加算することによって全トナー消費量を算出する。 Then, to calculate the total toner consumption by adding each of these counts is multiplied by a predetermined coefficient. こうすることによって、ドットの連続状態の差異に起因するドット個数とトナー付着量との間の非線形性によらず高精度にトナー消費量を求めている。 By doing so, seeking toner consumption with high accuracy regardless of the non-linearity between the number of dots and the toner adhesion amount due to the difference of the successive states of the dots.

特開2002−174929号公報(図2) JP 2002-174929 JP (FIG. 2)

上記従来技術は、ドット個数とトナー付着量との間の関係が常に一定であるとの前提の上に成り立っている。 The above prior art, the relationship between the number of dots and the toner adhesion amount is always built on the assumption that it is constant. しかしながら、実際の装置では、上記関係は、装置の使用状況や周囲環境など様々な要因によって変動することがあり必ずしも一定ではない。 However, in an actual apparatus, the relationship may change depending on various factors such as usage and the surrounding environment of the apparatus is not necessarily constant. その結果として、形成すべき画像が同一であってもトナー消費量がばらつくことがある。 As a result, an image to be formed may vary toner consumption may be the same. 上記した従来の技術では、このようなばらつきに対応することができないという問題があり、トナー消費量の算出精度の点で改善の余地が残されていた。 In the conventional technology described above, there is a problem that it is not possible to deal with such variations, room for improvement in accuracy of calculation of toner consumption had been left.

この発明は上記課題に鑑みなされたものであり、画像形成装置におけるトナー消費量を精度よく求めることのできる技術を提供することを目的とする。 This invention has been made in view of the above problems, and an object thereof is to provide a technique capable of accurately calculate the toner consumption in an image forming apparatus.

この発明にかかる画像形成装置は、上記目的を達成するため、画像データに応じたトナー像を形成する像形成手段と、前記像形成手段によるトナー消費量を算出するトナー消費量算出手段とを備え、前記トナー消費量算出手段は、前記像形成手段により形成されるトナー像の実濃度と、当該トナー像が本来有するべき画像濃度である目標濃度との間の乖離の程度を表す乖離情報、および、前記画像データに基づいて、前記トナー消費量を算出することを特徴としている。 The image forming apparatus according to the present invention, in order to achieve the above object, includes an image forming means for forming a toner image corresponding to image data, and a toner consumption amount calculation means for calculating the toner consumption amount by the image forming means the toner consumption calculation means, and the actual density of the toner image formed by said image forming means, deviation information representing the degree of divergence between the target concentration of the image density should have the toner image is originally and , based on the image data, it is characterized by calculating the toner consumption.

また、この発明にかかるトナーカウンタおよびトナー消費量算出方法は、画像データに応じたトナー像を形成する画像形成装置に用いられ、該トナー像を形成する際のトナー消費量を算出するトナーカウンタおよびトナー消費量算出方法において、形成されるトナー像の実濃度と、当該トナー像が本来有するべき画像濃度である目標濃度との間の乖離の程度を表す乖離情報、および、前記画像データに基づいて、前記トナー消費量を算出することを特徴としている。 Further, the toner counter and toner consumption calculating method according to the invention is used in an image forming apparatus for forming a toner image corresponding to image data, the toner counter and calculates the toner consumption amount at the time of forming the toner image in the toner consumption calculation process, and the actual density of the toner image formed, the toner image deviation information representing the degree of divergence between the target concentration of the image density should have originally and, based on the image data It is characterized by calculating the toner consumption.

前記したように、形成すべき画像が同一であったしても、その形成に消費されるトナーの量はばらつくことがある。 As described above, even when the image to be formed is the same, sometimes the variation amount of toner to be consumed in its formation. また、例えば画像品質よりもトナーを節約することを重視して、意図的に目標濃度から外れた条件での画像形成を行う場合もありうる。 Further, for example, than the image quality by emphasizing to save toner, there may be cases where intentionally perform image formation under the conditions which deviate from the target concentration. このようなばらつきや濃度の違いを考慮せず一律の算出方法を適用したのでは算出誤差が大きくなってしまう。 Such method of calculating the variation and uniformly without taking into account the difference in density than the application of the calculation error is increased.

そこで、この発明では、画像データに基づきトナー消費量を算出するに際して乖離情報を導入し、トナー像の実濃度と目標濃度との乖離の程度を加味している。 Therefore, in the present invention, it introduces a discrepancy information when calculating the toner consumption based on the image data, in consideration of the degree of divergence between the actual density and the target density of the toner image. こうすることで、実際のトナー消費状態により近い態様でトナー消費量を算出することができる。 In this way, it is possible to calculate the toner consumption amount in a manner closer to the actual toner consumption state. したがって、この発明によれば、画像形成装置におけるトナー消費量を精度よく求めることが可能である。 Therefore, according to the present invention, it is possible to accurately calculate the toner consumption in the image forming apparatus. 例えば、乖離情報が、形成されるトナー像の実濃度が目標濃度より高めになることを示している場合には、逆の場合よりもトナー消費量が多めに算出されるようにすればよい。 For example, the deviation information, when the actual density of the toner image formed indicates to become higher than the target concentration may be as toner consumption amount is larger amount calculated than the reverse case. 実際の画像濃度が目標濃度と比べて高濃度側、低濃度側のいずれにずれているか、あるいはそのずれ量がどの程度であるかについては、下記に例示するように、様々な情報から推定することが可能である。 Actual image density as compared to the target density high density side, or is shifted to either a low density side, or for that either the amount of deviation is how, as exemplified below is estimated from various It is possible.

なお、前記乖離情報は、実濃度と目標濃度との差異を直接的に表すものである必要は必ずしもなく、例えば、装置の実際の動作条件と、前記目標濃度を得られる動作条件である理想動作条件との差異を表す情報であってもよい。 Incidentally, the deviation information includes actual density and without necessarily are those directly represent a difference between the target density, for example, the ideal operation the actual operating conditions and operating conditions obtained by the target density of the device it may be information representing the difference between the conditions. このような情報から、実濃度の目標濃度からのずれの程度を推定することができるからである。 From such information, because it is possible to estimate the degree of deviation from the target concentration of the actual concentration. このような情報は、実際にトナー像の濃度を測定しなくても取得できる情報であるので、本発明の乖離情報として好適に用いることができる。 Such information, actually because the information density can be obtained without measuring the toner image, can be suitably used as the divergence information of the present invention.

また、この種の画像形成装置には、画像濃度に影響を与える濃度制御因子を適宜に変更設定することで動作条件を調整するように構成されているものがある。 Moreover, this type of image forming apparatus, there is one that is configured to adjust the operating conditions by changing setting of the density control factors affecting the image density appropriately. この種の装置では、装置構成上の制約に起因して、濃度制御因子をその計算上の最適値に設定することができない場合がある。 In this type of apparatus may be due to constraints on the device construction, it is impossible to set the density control factor to the optimum value on the calculation. 例えば、計算上の最適値が濃度制御因子の可変範囲から外れている場合や、濃度制御因子が離散的な値しか取り得ない場合などがこれに相当する。 For example, the optimum value of a calculated or if is outside the variable range of the density control factor, such as when the density control factor can not assume only discrete values ​​corresponds to this. このような場合には、設定可能な範囲で最も最適値に近くなるように濃度制御因子を設定するのが現実的である。 In such a case, it is practical to set the density control factor to be close to the most optimum value range that can be set. また、この場合、濃度制御因子の設定値とその最適値との差異に起因するトナー消費量のずれが生じるが、その差異は既知であるので、トナー消費量のずれも推定可能である。 In this case, although the deviation of toner consumption due to the difference in the set values ​​of the density control factor and the optimum value occurs, the difference is because it is known, the deviation of the toner consumption amount can be estimated.

また、この種の装置では、気温や湿度など、装置の周囲環境の変化によっても画像濃度が変動することが知られており、これに伴ってトナー消費量も変動する。 Further, in this type of apparatus, such as temperature and humidity, and the image density is known to vary by changes in the ambient environment of the device, also varies toner consumption accordingly. そこで、周囲環境の変化を乖離情報としてもよい。 Therefore, it may be deviation information for changes in the ambient environment. 特に、所定のタイミングで濃度制御を行う装置の場合、その濃度制御が実行されたときの環境と、現在の環境との差異に基づいて、トナー消費量の変動の傾向を推定することができる。 Particularly, in the case of apparatus which performs density control at a predetermined timing, it is possible to estimate the environment when the density control is performed, based on the difference between the current environment, the tendency of variation in toner consumption.

また、実際に形成されたトナー像の濃度を検出し、その検出結果を当該トナー像の濃度理想値と比較するようにしてもよいことはもちろんである。 Further, to detect the concentration of actually formed toner image, is of course to the detection result may be compared with the density ideal value of the toner image.

これらの乖離情報と画像データとに基づきトナー消費量を算出する具体的な方法を以下に例示する。 The specific method for calculating the toner consumption based on the these discrepancy information and the image data is illustrated below. 例えば、前記画像データに基づき求められた形成すべきトナードットの個数に、前記乖離情報に基づき設定した係数を乗じることで、トナー消費量を求めることができる。 For example, the number of toner dots to be formed which is calculated on the basis of the image data, by multiplying the coefficient set based on the deviation information, it is possible to determine the toner consumption. また、前記画像データに基づき求められた形成すべきトナードットそれぞれの階調値の積算値に、前記乖離情報に基づき設定した係数を乗じるようにしてもよい。 Further, the integrated value of toner dots each gradation value to be formed which is calculated on the basis of the image data, may be multiplied by a coefficient which is set based on the deviation information. ここでいう「トナードット」とは、多くのドットの集合体として把握されるトナー像のうちトナーを付着させるべきドットを指している。 The "toner dot" refers to dots to deposit the toner of the toner image to be understood as a collection of many dots.

また、例えば、前記画像データに基づきトナー消費量の概算値を求めるとともに、前記乖離情報に基づいて前記概算値を補正するようにしてもよい。 Further, for example, with obtaining an estimate of toner consumption based on the image data, it may be corrected the approximate value based on the deviation information. この場合において、トナー消費量の概算値を求めるには、例えば前記画像データから求められたトナードットの個数や階調値の積算値に一定の係数を乗じる方法など公知の計算方法を適用することができる。 In this case, in order to determine the approximate value of the toner consumption, applying known calculation method such as a method of multiplying the example constant factor to the integrated value of the number and tone values ​​of the toner dots obtained from the image data can. そして、こうして求めた概算値を乖離情報に基づき補正することで、公知のトナーカウント技術に比してより精度よくトナー消費量を求めることが可能となる。 Then, thus determined estimate by correcting on the basis of the deviation information, it is possible to determine the toner consumption with higher accuracy than the known toner count techniques.

図1はこの発明にかかる画像形成装置の一実施形態の構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram showing a configuration of an embodiment of an image forming apparatus according to the present invention. また、図2は図1の画像形成装置の電気的構成を示すブロック図である。 2 is a block diagram showing an electrical configuration of the image forming apparatus of FIG. この装置1は、イエロー(Y)、シアン(C)、マゼンタ(M)、ブラック(K)の4色のトナー(現像剤)を重ね合わせてフルカラー画像を形成(カラー印刷モード)したり、ブラック(K)のトナーのみを用いてモノクロ画像を形成(モノクロ印刷モード)する画像形成装置である。 The device 1 is, yellow (Y), cyan (C), or magenta (M), form a four color toner full-color image by superimposing (developer) and black (K) (color print mode), black an image forming apparatus which forms a monochrome image (monochrome printing mode) using only toner (K). この画像形成装置1では、ホストコンピュータなどの外部装置から画像信号がメインコントローラ11に与えられると、このメインコントローラ11からの指令に応じてエンジンコントローラ10がエンジン部EG各部を制御して所定の画像形成動作を実行し、シートSに画像信号に対応する画像を形成する。 In the image forming apparatus 1, when an image signal from an external apparatus such as a host computer is fed to a main controller 11, predetermined image engine controller 10 in response to a command from the main controller 11 controls respective portions of an engine part EG run the forming operation to form an image corresponding to the image signal on the sheet S.

このエンジン部EGでは、感光体22が図1の矢印方向D1に回転自在に設けられている。 In the engine part EG, a photosensitive member 22 is rotatably provided in the direction of an arrow D1 in FIG. また、この感光体22の周りにその回転方向D1に沿って、帯電ユニット23、ロータリー現像ユニット4およびクリーニング部25がそれぞれ配置されている。 Also, along the rotational direction D1 around the photosensitive member 22, charging unit 23, a rotary developer unit 4 and a cleaner 25 are disposed. 帯電ユニット23は所定の帯電バイアスを印加されており、感光体22の外周面を所定の表面電位に均一に帯電させる。 The charging unit 23 is applied with a predetermined charging bias to uniformly charge the outer circumferential surface of the photosensitive member 22 to a predetermined surface potential. クリーニング部25は一次転写後に感光体22の表面に残留付着したトナーを除去し、内部に設けられた廃トナータンクに回収する。 The cleaning unit 25 removes toner which remains adhering to the surface of the photosensitive member 22 after primary transfer, and collects the toner into a waste toner tank which is disposed inside. これらの感光体22、帯電ユニット23およびクリーニング部25は一体的に感光体カートリッジ2を構成しており、この感光体カートリッジ2は一体として装置1本体に対し着脱自在となっている。 The photosensitive member 22, the charger unit 23 and the cleaner 25, integrated as one, form a photosensitive member cartridge 2. The photosensitive member cartridge 2 can be freely attached to and detached from an apparatus 1 main body as a unit.

そして、この帯電ユニット23によって帯電された感光体22の外周面に向けて露光ユニット6から光ビームLが照射される。 Then, the light beam L is irradiated from the exposure unit 6 toward the outer circumferential surface of the photosensitive member 22 charged by the charging unit 23. この露光ユニット6は、外部装置から与えられた画像信号に応じて光ビームLを感光体22上に露光して画像信号に対応する静電潜像を形成する。 The exposure unit 6, to form an electrostatic latent image corresponding to an image signal by exposing a light beam L on the photosensitive member 22 in accordance with an image signal supplied from an external device.

こうして形成された静電潜像は現像ユニット4によってトナー現像される。 The electrostatic latent image thus formed is developed with toner by the developing unit 4. すなわち、この実施形態では、現像ユニット4は、図1紙面に直交する回転軸中心に回転自在に設けられた支持フレーム40、支持フレーム40に対して着脱自在のカートリッジとして構成されてそれぞれの色のトナーを内蔵するイエロー用の現像器4Y、シアン用の現像器4C、マゼンタ用の現像器4M、およびブラック用の現像器4Kを備えている。 That is, in this embodiment, the developing unit 4 includes a support frame 40 which is provided rotatable about a rotation shaft orthogonal to a plane of FIG. 1, each configured as lifting of the cartridge detachable to the support frame 40 colors includes developing devices 4Y for yellow having a built-in toner, a developing device 4C for cyan, a developing device 4M for magenta, and the developer 4K for black. この現像ユニット4は、エンジンコントローラ10により制御されている。 The developing unit 4 is controlled by the engine controller 10. そして、このエンジンコントローラ10からの制御指令に基づいて、現像ユニット4が回転駆動されるとともにこれらの現像器4Y、4C、4M、4Kが選択的に感光体22と所定のギャップを隔てて対向する所定の現像位置に位置決めされると、当該現像器に設けられて選択された色の帯電トナーを担持するとともに所定の現像バイアスを印加された金属製の現像ローラ44から感光体22の表面にトナーを付与する。 Then, based on a control instruction from the engine controller 10, the developing unit 4 is opposed at a predetermined gap and these developing devices 4Y, 4C, 4M, 4K are selectively photoreceptor 22 while being rotated Once positioned at a predetermined developing position, the toner of a metallic developing roller 44 applied with a predetermined developing bias to be supported charged toner of a selected color provided in the developing device on the surface of the photoreceptor 22 the grant. これによって、感光体22上の静電潜像が選択トナー色で顕像化される。 Thereby, an electrostatic latent image on the photosensitive member 22 is visualized in the selected toner color.

各現像器4Y、4C、4M、4Kには、当該現像器に関する情報を記憶するための不揮発性メモリ91〜94がそれぞれ設けられている。 Each developing devices 4Y, 4C, 4M, the 4K, nonvolatile memory 91 through 94 for storing the information regarding the developing device are provided. そして、各現像器に設けられたコネクタ49Y、49C、49M、49Kのうち必要に応じて選択された1つと、本体側に設けられたコネクタ109とが互いに接続され、エンジンコントローラ10のCPU101とメモリ91〜94との間で通信が行われる。 The connector 49Y provided in each developing device, 49C, 49M, 1 bract is selected as needed from among the 49K, and a connector 109 provided on the main body side are connected to each other, CPU 101 of the engine controller 10 and the memory communication between the 91 to 94 is performed. こうすることで、各現像器に関する情報がCPU101に伝達されるとともに、各メモリ91〜94内の情報が更新記憶される。 In this manner, the information regarding the respective developers is transmitted to the CPU 101, the information in each memory 91-94 is updated and stored.

上記のようにして現像ユニット4で現像されたトナー像は、一次転写領域TR1で転写ユニット7の中間転写ベルト71上に一次転写される。 The toner image developed by the developing unit 4 as described above is primarily transferred onto the intermediate transfer belt 71 of a transfer unit 7 in a primary transfer region TR1. 転写ユニット7は、複数のローラ72〜75に掛け渡された中間転写ベルト71と、ローラ73を回転駆動することで中間転写ベルト71を所定の回転方向D2に回転させる駆動部(図示省略)とを備えている。 The transfer unit 7 includes the intermediate transfer belt 71 which runs across a plurality of rollers 72 to 75, the drive unit for rotating the intermediate transfer belt 71 in a predetermined rotation direction D2 by the rollers 73 to drive rotation (not shown) It is equipped with a. そして、カラー画像をシートSに転写する場合には、感光体22上に形成される各色のトナー像を中間転写ベルト71上に重ね合わせてカラー画像を形成するとともに、カセット8から1枚ずつ取り出され搬送経路Fに沿って二次転写領域TR2まで搬送されてくるシートS上にカラー画像を二次転写する。 For transfer of a color image on the sheet S is the respective color toner images formed on the photosensitive member 22 to form the so a color image superimposed on the intermediate transfer belt 71, taken out one by one from a cassette 8 is the color image is secondarily transferred onto the sheet S which is conveyed to a secondary transfer region TR2 along a conveyance path F.

このとき、中間転写ベルト71上の画像をシートS上の所定位置に正しく転写するため、二次転写領域TR2にシートSを送り込むタイミングが管理されている。 At this time, in order to properly transfer the image on the intermediate transfer belt 71 to a predetermined position on the sheet S, the timing of feeding the sheet S into the secondary transfer region TR2 is managed. 具体的には、搬送経路F上において二次転写領域TR2の手前側にゲートローラ81が設けられており、中間転写ベルト71の周回移動のタイミングに合わせてゲートローラ81が回転することにより、シートSが所定のタイミングで二次転写領域TR2に送り込まれる。 Specifically, there is a gate roller 81 disposed in front of the secondary transfer region TR2 on the transportation path F, by the gate roller 81 in accordance with the timing of rotation of the intermediate transfer belt 71 rotates, the sheet S is fed into the secondary transfer region TR2 at predetermined timing.

また、こうしてカラー画像が形成されたシートSは定着ユニット9、排出前ローラ82および排出ローラ83を経由して装置本体の上面部に設けられた排出トレイ部89に搬送される。 Further, the sheet S on which the color image is thus formed is conveyed to the fixing unit 9, a discharge tray portion 89 provided on the upper surface of the apparatus main body via a pre-discharge roller 82 and the discharge roller 83. また、シートSの両面に画像を形成する場合には、上記のようにして片面に画像を形成されたシートSの後端部が排出前ローラ82後方の反転位置PRまで搬送されてきた時点で排出ローラ83の回転方向を反転し、これによりシートSは反転搬送経路FRに沿って矢印D3方向に搬送される。 Further, in the case of forming images on both surfaces of the sheet S, at the time when the trailing end of the sheet S on which the image is formed on its one surface as described above is conveyed to the reversing position PR behind the pre-discharge roller 82 It reverses the direction of rotation of the discharge roller 83, thereby the sheet S is transported along a reverse transportation path FR in the arrow D3 direction. そして、ゲートローラ81の手前で再び搬送経路Fに乗せられるが、このとき、二次転写領域TR2において中間転写ベルト71と当接し画像を転写されるシートSの面は、先に画像が転写された面とは反対の面である。 Then, S is loaded into the conveying path F again before arriving at the gate roller 81. At this time, the surface of the sheet S is transferred to the intermediate transfer belt 71 abuts image in the secondary transfer region TR2 is, an image is transferred to the previously the surface is the opposite of the surface. このようにして、シートSの両面に画像を形成することができる。 In this way, it is possible to form images on the both surfaces of the sheet S.

また、ローラ75の近傍には、濃度センサ60およびクリーナ76が設けられている。 In the vicinity of the roller 75, the concentration sensor 60 and a cleaner 76 are provided. 濃度センサ60は、必要に応じ、中間転写ベルト71上に形成されるトナー像を構成するトナー量を光学的に検出する。 The concentration sensor 60 is necessary to detect the amount of toner constituting the toner image formed on the intermediate transfer belt 71 optically. すなわち、濃度センサ60は、トナー像に向けて光を照射するとともに該トナー像からの反射光を受光し、その反射光量に応じた信号を出力する。 That is, the density sensor 60 receives the reflected light from the toner image irradiates light toward the toner image, and outputs a signal corresponding to the reflected light amount. クリーナ76は、中間転写ベルト71に対し離当接自在に構成され、必要に応じて中間転写ベルト71に当接することで、該ベルト71上の残留トナーを掻き落とす。 Cleaner 76 is configured to intermediate transfer belt 71 freely Hanareto contact, by contact as required to the intermediate transfer belt 71, scrapes off the residual toner on the belt 71.

また、この装置1では、図2に示すように、メインコントローラ11のCPU111により制御される表示部12を備えている。 Further, in the apparatus 1, as shown in FIG. 2, a display unit 12 which is controlled by the CPU111 of main controller 11. この表示部12は、例えば液晶ディスプレイにより構成され、CPU111からの制御指令に応じて、ユーザへの操作案内や画像形成動作の進行状況、さらに装置の異常発生やいずれかのユニットの交換時期などを知らせるための所定のメッセージを表示する。 The display unit 12 is constituted by, for example, a liquid crystal display, according to a control command from the CPU 111, the progress of the operation guide and the image forming operation to a user, and further abnormality or replacement timing of any unit of the apparatus It displays a predetermined message to inform.

なお、図2において、符号113はホストコンピュータなどの外部装置よりインターフェース112を介して与えられた画像を記憶するためにメインコントローラ11に設けられた画像メモリである。 2, reference numeral 113 denotes an image memory provided in the main controller 11 in order to store the image supplied through the interface 112 from an external apparatus such as a host computer. また、符号106はCPU101が実行する演算プログラムやエンジン部EGを制御するための制御データなどを記憶するためのROM、また符号107はCPU101における演算結果やその他のデータを一時的に記憶するRAMである。 Further, reference numeral 106 denotes a ROM for storing a control data for controlling the operational programs engine EG that CPU101 executes, also reference numeral 107 denotes a RAM which temporarily stores calculation results and other data in the CPU101 is there.

図3はこの装置における信号処理ブロックを示す図である。 Figure 3 is a diagram illustrating a signal processing block in the device. この画像形成装置では、ホストコンピュータ100などの外部装置から画像信号が入力されると、メインコントローラ11がその画像信号に対し所定の信号処理を施す。 In the image forming apparatus, when an image signal from an external apparatus such as a host computer 100 is input, the main controller 11 performs predetermined signal processing on the image signal. メインコントローラ11は、色変換部114、階調補正部115、ハーフトーニング部116、パルス変調部117、階調補正テーブル118および補正テーブル演算部119などの機能ブロックを備えている。 The main controller 11 includes a color conversion unit 114, gradation correction unit 115, a halftoning unit 116, the pulse modulator 117, and a functional block, such as tone correction table 118 and the correction table calculation section 119.

また、エンジンコントローラ10は、図2に示すCPU101、ROM106、RAM107以外に、露光ユニット6に設けられたレーザ光源を駆動するためのレーザドライバ121と、濃度センサ60の検出結果に基づきエンジン部EGのガンマ特性を示す階調特性を検出する階調特性検出部123を備えている。 Further, the engine controller 10, in addition to CPU 101, ROM 106, RAM 107 shown in FIG. 2, the laser driver 121 for driving the laser light source provided in the exposure unit 6, the engine EG based on a detection result of the density sensor 60 and a gradation characteristic detector 123 for detecting a gradation characteristic indicating the gamma characteristic.

なお、メインコントローラ11およびエンジンコントローラ10においては、これらの各機能ブロックはハードウェアにより構成されてもよく、またCPU111、101により実行されるソフトウェアによって実現されてもよい。 Incidentally, the main controller 11 and the engine controller 10, these functional blocks may be constituted by hardware or may be realized by software executed by CPU111,101.

ホストコンピュータ100から画像信号が与えられたメインコントローラ11では、色変換部114がその画像信号に対応する画像内の各画素のRGB成分の階調レベルを示したRGB階調データを、対応するCMYK成分の階調レベルを示したCMYK階調データへ変換する。 The main controller 11 the image signal is given from the host computer 100, the RGB tone data representing tone levels of RGB components of each pixel in an image color converter 114 corresponding to the image signal, corresponding CMYK converted into CMYK tone data representing tone levels of the components. この色変換部114では、入力RGB階調データは例えば1画素1色成分当たり8ビット(つまり256階調を表す)であり、出力CMYK階調データも同様に1画素1色成分当たり8ビット(つまり256階調を表す)である。 In the color conversion section 114, the input RGB tone data is, for example, 8 bits per color component for each pixel (or representing 256 gradations), the output CMYK tone data similarly 8 bits per color component for each pixel ( that 256 represents a gradation). 色変換部114から出力されるCMYK階調データは階調補正部115に入力される。 CMYK tone data outputted from the color conversion unit 114 is input to the tone correction unit 115.

この階調補正部115は、色変換部114から入力された各画素のCMYK階調データに対し階調補正を行う。 The tone correction unit 115 performs tone correction to CMYK tone data of each pixel inputted from the color conversion unit 114. すなわち、階調補正部115は、不揮発性メモリに予め登録されている階調補正テーブル118を参照し、その階調補正テーブル118にしたがい、色変換部114からの各画素の入力CMYK階調データを、補正された階調レベルを示す補正CMYK階調データに変換する。 That is, the tone correction unit 115 refers to the tone correction table 118 registered in advance in the nonvolatile memory, subject to the gradation correction table 118, the input CMYK tone data of each pixel from the color conversion unit 114 and converting the corrected CMYK tone data representing corrected tone levels. この階調補正の目的は、上記のように構成されたエンジン部EGのガンマ特性変化を補償して、この画像形成装置の全体的ガンマ特性を常に理想的なものに維持することにある。 The purpose of the tone correction is to compensate for the gamma characteristic variation of the engine EG constructed as described above, it is to maintain the overall gamma characteristics of the image forming apparatus always ideal.

こうして補正された補正CMYK階調データは、ハーフトーニング部116に入力される。 Thus corrected is corrected CMYK tone data is input to the halftoning unit 116. このハーフトーニング部116は誤差拡散法、ディザ法、スクリーン法などのハーフトーニング処理を行い、1画素1色当たり8ビットのハーフトーンCMYK階調データをパルス変調部117に入力する。 The halftoning unit 116 the error diffusion method, the dither method performs halftoning processing such as screen method, and inputs the halftone CMYK tone data of 8 bits per pixel one color to the pulse modulator 117. ハーフトーニング処理の内容は、形成すべき画像の種類により異なる。 The contents of the halftoning process, varies depending on the type of image to be formed. すなわち、その画像がモノクロ画像かカラー画像か、あるいは線画かグラフィック画像かなどの判定基準に基づき、その画像に最適な処理内容が選択され実行される。 That is, the image is based on criteria such as a monochrome image or a color image or, alternatively or line drawing or graphic image, the optimum processing contents in the image is selected and executed.

このパルス変調部117に入力されたハーフトーニング後のCMYK階調データは、各画素に付着させるべきCMYK各色のトナードットのサイズおよびその配列を示す多値信号であり、かかるデータを受け取ったパルス変調部117は、そのハーフトーンCMYK階調データを用いて、エンジン部EGのCMYK各色画像の露光レーザパルスをパルス幅変調するためのビデオ信号を作成し、図示を省略するビデオインターフェースを介してエンジンコントローラ10に出力する。 CMYK gradation data of the pulse modulator 117 is input to the rear half-toning is the size and the multi-level signal indicating the sequence of the CMYK color toners dots to be attached to each pixel, the pulse-modulated received such data part 117, by using the halftone CMYK tone data, the exposure laser pulses of the CMYK color images of an engine part EG to create a video signal for pulse width modulation, the engine controller via a video interface not shown and outputs it to the 10. そして、このビデオ信号を受けたレーザドライバ121が露光ユニット6の半導体レーザをON/OFF制御して各色成分の静電潜像を感光体22上に形成する。 Then, to form an electrostatic latent image of each color component laser driver 121 which has received the video signal to the semiconductor laser ON / OFF control of the exposure unit 6 on the photosensitive member 22. このようにして画像信号に対応した画像形成を行う。 Forming an image corresponding to the image signal in this way.

また、この種の画像形成装置では、装置のガンマ特性が装置個体ごとに、また同一の装置においてもその使用状況によって変化する。 Further, in this type of image forming apparatus, each gamma characteristic device individual devices, and also varies depending on the usage in the same device. そこで、このようなガンマ特性のばらつきが画像品質に及ぼす影響を除くため、所定のタイミングで、前記した階調補正テーブル118の内容を画像濃度の実測結果に基づいて更新する階調制御処理を実行する。 Therefore, in order to remove the effect of such variations in the gamma characteristics in the image quality at a predetermined timing, executes the gradation control process of updating based on the contents of the tone correction table 118 described above to the image density of the observed results to.

この階調制御処理では、各トナー色毎に、ガンマ特性を測定するために予め用意された階調補正用の階調パッチ画像がエンジン部EGによって中間転写ベルト71上に形成され、各階調パッチ画像の画像濃度を濃度センサ60が読み取り、その濃度センサ60からの信号に基づき階調特性検出部123が各階調パッチ画像の階調レベルと、検出した画像濃度とを対応させた階調特性(エンジン部EGのガンマ特性)を作成し、メインコントローラ11の補正テーブル演算部119に出力する。 The gradation control process, each of the toner colors, the gradation patch image for a prepared gradation correction in order to measure the gamma characteristic is formed on the intermediate transfer belt 71 by the engine EG, each tone patch the image density of the image reading density sensor 60, the gradation levels and the detected image density and gradation characteristics that associates a gradation characteristic detector 123 each tone patch image based on a signal from the concentration sensor 60 ( create a gamma characteristic) of the engine EG, and outputs the correction table calculation section 119 of the main controller 11. そして、補正テーブル演算部119が、階調特性検出部123から与えられた階調特性に基づき、実測されたエンジン部EGの階調特性を補償して理想的な階調特性を得るための階調補正テーブルデータを計算し、階調補正テーブル118の内容をその計算結果に更新する。 Then, the correction table calculation section 119, floor to on the basis of tone characteristic supplied from the gradation characteristic detection unit 123, obtain an ideal gradation characteristic by compensating a gradation characteristic of the actually measured engine EG the tone correction table data is calculated, and updates the contents of the tone correction table 118 on the calculation result. こうして階調補正テーブル118を変更設定する。 Thus change setting a tone correction table 118. こうすることで、この画像形成装置では、装置のガンマ特性のばらつきや経時変化によらず、安定した品質で画像を形成することができる。 In this way, in the image forming apparatus, regardless of the variation or aging of the gamma characteristics of the device, it is possible to form an image with stable quality.

また、この画像形成装置では、トナー消費量を求めるために、図3に示すように、メインコントローラ11のパルス変調部117から出力されるパルス信号(ビデオ信号)に基づいてトナー消費量を算出するトナーカウンタ200または300(後述)がエンジンコントローラ10に設けられている。 Further, in the image forming apparatus, in order to determine the toner consumption, as shown in FIG. 3, and calculates the toner consumption based on the pulse signal outputted from the pulse modulator 117 of the main controller 11 (video signal) the toner counter 200 or 300 (described later) is provided in the engine controller 10. トナー像は多くのトナードットで構成されており、各トナードットの形成に消費されるトナー量の合計を求めることで全体のトナー消費量が求められる。 The toner image is composed of many toner dots, the toner consumption amount of the whole by finding the sum of the amount of toner to be consumed in the formation of the toner dots are determined. 本願発明者は、種々の実験を行った結果に基づき、後に詳述するトナーカウンタを構築するに至った。 The present inventors, based on the results of various experiments, leading to the build toner counter to be described later.

この画像形成装置1においては、電源投入直後やスリープ復帰後、通算の画像形成枚数が所定枚数に達したときなど所定のタイミングで、パッチ画像を形成してその濃度を検出し、その濃度検出結果に基づいて装置の動作条件を調整する濃度制御処理を、CPU101が内蔵プログラムに基づき実行する。 In the image forming apparatus 1, after power-on or immediately after sleep recovery, at a predetermined timing such as when the number of image formation total reaches a predetermined number, and detects the concentration by forming a patch image, the density detection result the density control process for adjusting the operating conditions of the device based on, CPU 101 is executed based on the stored program. これにより、形成される画像の濃度は一定に保たれている。 Thus, the density of the image to be formed is kept constant. より具体的には、以下に説明するように、装置各部の動作パラメータのうち現像ローラ44に与える現像バイアス(以下、記号Vbで表す)および露光ユニット6から感光体22に照射する光ビームLの強度(以下、「露光パワーE」と称する)の調整を各トナー色について行う。 More specifically, as described below, the developing bias applied to the developing roller 44 of the operating parameters of each part of the device (hereinafter, represented by the symbol Vb) and from the exposure unit 6 of the light beam L which irradiates the photoreceptor 22 strength (hereinafter, referred to as "exposure power E") is performed for each toner color adjustment. なお、この種の濃度制御処理については多くの公知技術があるので、ここでは処理の流れを簡単に説明しておく。 Since the density control process of this kind there are a number of known techniques, here briefly explaining the flow of processing.

図4はこの実施形態における濃度制御処理を示すフローチャートである。 Figure 4 is a flowchart showing a density control process in this embodiment. この濃度制御処理では、最初に現像バイアスVbの調整を行う。 In this concentration control process adjusts the first developing bias Vb. すなわち、まず現像バイアスを多段階(ここでは5段階とする)に変更設定しながら各バイアス値で所定のパッチ画像を中間転写ベルト71の表面に形成する(ステップS101)。 That is, first to form a developing bias multistage predetermined patch image at each bias value while changing set (and out here) on the surface of the intermediate transfer belt 71 (step S101). この場合のパッチ画像はベタ画像である。 Patch image in this case is a solid image. そして、形成された各パッチ画像の濃度を濃度センサ60を用いて検出し(ステップS102)、その検出結果に基づき現像バイアスの最適値を算出する(ステップS103)。 Then, the density of each patch image formed is detected by using a density sensor 60 (step S102), and calculates the optimum value of the developing bias on the basis of the detection result (step S103).

図5は現像バイアスと画像濃度との関係を示す図である。 Figure 5 is a diagram showing the relationship between the development bias and the image density. 現像バイアスの大きさ|Vb|を大きくするにつれて画像濃度も上昇する。 Vb | | magnitude of the developing bias image density as the increase also increases. 現像バイアスの各値V1〜V5に対するパッチ画像の濃度検出結果から、図5の実線カーブに示すように、現像バイアスと画像濃度との関係が求められる。 From the density detection result of a patch image for each value V1~V5 of the developing bias, as shown in the solid line curve in FIG. 5, the relationship between the developing bias and the image density is determined. この関係から、画像濃度が目標値Dhighとなるような現像バイアスの値Voptが求められる。 From this relationship, the value Vopt of the developing bias, as the image density becomes the target value Dhigh is obtained.

図4に戻って、濃度制御処理の説明を続ける。 Returning to FIG. 4, the description will be continued of the density control process. 続いて、露光パワーの調整を行う。 Then, adjust the exposure power. まず、現像バイアスを上記した最適値Voptに設定した状態で、露光パワーを多段階(ここでは5段階とする)に変更設定しながら各露光パワーで所定のパッチ画像を形成する(ステップS104)。 First, the developing bias in the state set to the optimum value Vopt described above, to form a predetermined patch image at each exposure power while changing setting an exposure power in multiple stages (here, five steps) (step S104). この場合のパッチ画像は細線画像である。 Patch image in this case is a fine line image. 露光パワーの大小は感光体22上における潜像の深さに関係する。 The magnitude of the exposure power is related to the depth of the latent image on the photosensitive member 22. そのため、ベタ画像よりも細線画像の濃度に与える影響が大きい。 Therefore, a large impact on the concentration of fine line images than the solid image. そのため、露光パワーの調整には、細線で構成された画像パターンを有するパッチ画像を用いるのが好ましい。 Therefore, the adjustment of the exposure power, it is preferable to use a patch image having an image pattern composed of thin lines. また、各線どうしは互いに干渉しないよう離隔配置されることが好ましい、そこで、ここでは1オン10オフ画像をパッチ画像として用いる。 Further, each line with each other is preferably subjected to spaced apart so as not to interfere with each other, where, is used here 1 ON 10 OFF image as a patch image.

こうして形成された各露光パワーでの細線パッチ画像の濃度を濃度センサ60により検出し(ステップS105)、その濃度検出結果に基づいて、露光パワーの最適値を算出する(ステップS106)。 The concentration of the fine line patch image at each exposure power thus formed is detected by the density sensor 60 (step S105), and based on the density detection result to calculate an optimum value of the exposure power (step S106). なお、この装置1の構成では、露光パワーの値はE1〜E5の5段階の値のいずれかに設定可能でありその他の値に設定することはできないものとする。 Incidentally, this configuration of the apparatus 1, the value of the exposure power shall not be able to set the other value can be set to one of five levels of values ​​of E1 to E5.

図6は露光パワーと画像濃度との関係を示す図である。 6 is a diagram showing the relation between exposure power and the image density. 現像バイアスVbを調整する場合と同様に、露光パワーの各値E1〜E5に対するパッチ画像の濃度検出結果から、露光パワーと画像濃度との関係が求められる。 Similar to the case of adjusting the developing bias Vb, the density detection result of a patch image for each value E1~E5 the exposure power, the relationship between the exposure power and the image density is obtained. そして、この関係から露光パワーEの最適値を求める。 Then, obtain the optimum value of the exposure power E from this relationship. この関係から、画像濃度が目標濃度Dlowに最も近く、かつ目標濃度Dlow以上となる露光パワーの値を最適値とする。 From this relationship, the image density is closest to the target concentration Dlow, and the value of the exposure power as the target density Dlow above the optimum value. こうして濃度制御処理が実行されると、以後の画像形成動作においては現像バイアスおよび露光パワーをそれぞれの最適値に設定することにより、所望の画像濃度を安定して得ることが可能となる。 Thus the concentration control process is executed, in the subsequent image forming operation by setting the developing bias and the exposure power to the respective optimum values, it is possible to stably obtain the desired image density.

ここで、露光パワーの可変範囲は予め定められており、また、その取り得る値は離散的である。 Here, variable range of the exposure power is predetermined, and its possible values ​​are discrete. そのため、実際の露光パワーの設定値は、計算上の最適値とは必ずしも一致しない。 Therefore, the actual setting values ​​of the exposure power, not necessarily coincide with the optimum value of the calculation. 例えば、各露光パワーでの濃度検出結果が図6に示す白丸印であった場合、露光パワーと画像濃度との関係はカーブ6aのようであると推定される。 For example, the density detection result for each exposure power may have a white circle shown in FIG. 6, the relationship between the exposure power and the image density is estimated to be as curve 6a. このとき、計算上の露光パワーの最適値は図に示す値Eopt1であるが、この値は露光パワーの可変範囲から外れており実際の設定値はこの計算値に最も近いE1となる。 In this case, the optimum value of the exposure power on calculations is the value Eopt1 shown, this value is actually set value deviates from the variable range of the exposure power becomes E1 closest to the calculated value. また、例えば、各露光パワーでの濃度検出結果が図6に示すハッチング付き丸印であった場合、露光パワーと画像濃度との関係はカーブ6bで表され、このときの計算上の露光パワーの最適値Eopt2に対して、実際の設定値は、設定可能な値のうち最適値Eopt2以上でこれに最も近い値E2となる。 For example, when the concentration detection results for each exposure power was hatched circle shown in FIG. 6, the relationship between the exposure power and the image density is represented by a curve 6b, the computational exposure power at this time relative optimum Eopt2, the actual set value, the value closest E2 thereto at the optimum value Eopt2 or more of the possible values.

このような計算上の最適値と実際の設定値との間の差異は、目視で明らかに判別できるレベルでない限り画像濃度の観点からはさほど問題とならない。 Such difference between the optimum value and the actual set value of a calculated, not a serious problem in terms of image density unless levels can be clearly discriminated visually. しかしながら、トナー消費量を算出するに当たってはこの差が問題となる。 However, this difference becomes a problem when calculating the toner consumption. というのは、形成される画像の枚数の増加に伴ってトナー消費量が累積加算されると、算出誤差も大きくなるからである。 Because, when the toner consumption with an increase in the number of images to be formed are cumulatively added, calculation error is also because increased. 従来のトナーカウンタは、トナー切れによる画質劣化が予期せぬタイミングで発生することを防止するために、計算上のトナー消費量が実際の消費量よりも多めになるように構成されるのが一般的であった。 Conventional toner counter, in order to prevent the occurrence at the timing when the image quality deterioration unexpected due to toner shortage, the toner consumption amount on calculation is configured to be larger amount than the actual consumption generally It was specific. しかし、このようにすると、実際には現像器内にまだ使用可能なトナーが残っているにもかかわらずトナー切れと判断されてしまうこととなり、充填されたトナーを最後まで使い切れないという問題を生じることがあった。 However, in this case, actually there, it would be determined that despite toner out there are still available toner in the developing device, there arises a problem that can be spent a filled toner to the last it was a.

そこで、この実施形態では、露光パワーEの設定値の計算上の最適値に対するズレ量の大小に応じて、トナー消費量の算出式を変えるようにしている。 Therefore, in this embodiment, in accordance with the magnitude of the deviation amount with respect to computational optimum value of the set value of the exposure power E, so that changing the toner consumption calculation formula. すなわち、露光パワーと画像濃度との関係が図6に示すカーブ6aで表される装置では、露光パワーの設定値E1は最適値Eopt1よりもΔE1だけ高い値であり、これに起因して、この装置におけるトナー消費量は、本来想定されているトナー消費量よりも若干多めとなる。 That is, in the device relation between exposure power and the image density represented by the curve 6a shown in FIG. 6, the set value E1 of the exposure power is ΔE1 only higher than the optimum value Eopt1, due to this, the toner consumption in the apparatus becomes somewhat larger amount than the amount of toner consumption is originally assumed. 想定値に対する実トナー消費量のズレ量は、露光パワーEの設定値と計算上の最適値との差が大きいほど多くなることは明らかである。 Deviation amount of the actual toner consumption for assumed value, it is clear that the difference between the optimum value of the calculated set value of the exposure power E increases larger. したがって、露光パワーEの設定値と最適値との差(以下、ΔEで表す)の大小に応じてトナー消費量の算出式を変えることで、トナー消費量をより精度よく求めることが可能となる。 Therefore, the difference between the set value and the optimum value of the exposure power E (hereinafter, represented by Delta] E) in accordance with the magnitude of by changing the toner consumption calculation formula, it is possible to determine more accurately the toner consumption .

図7はこの実施形態におけるトナーカウンタの構成を示す図である。 Figure 7 is a diagram showing the configuration of the toner counter in this embodiment. このトナーカウンタ200では、メインコントローラ10のパルス変調部117からエンジンコントローラ11のレーザドライバ121に与えられるビデオ信号に基づいて、形成されるトナードットの個数をカウントし、そのカウント値からトナー消費量を算出する。 In the toner counter 200, based on the video signal supplied from the pulse modulator 117 of the main controller 10 to the laser driver 121 of the engine controller 11, it counts the number of toner dots formed, the toner consumption from the count value calculate. このとき、トナードットの数を単純にカウントするのではなく、各トナードットを隣接するトナードットとの間隔に応じて分類し個別にカウントしている。 At this time, rather than simply counting the number of toner dots are counted separately and classified according to the spacing of the toner dots adjacent each toner dot. これは、各トナードットに付着するトナーの量が、隣接する他のトナードットとの間隔によって異なるという本願発明者の知見に基づくものである。 This is the amount of toner adhering to the toner dot is based on the present inventor's finding that different by the distance between the adjacent other toner dots. その具体的な構成について以下説明する。 Its specific structure is described below.

トナーカウンタ200には、ビデオ信号に基づいてトナードットの配列状態を判定するパターン判定回路201が設けられている。 The toner counter 200 determines the pattern determination circuit 201 the arrangement of the toner dots are provided on the basis of the video signal. このパターン判定回路201は、各トナードットを、当該トナードットと直前に出現したトナードットとの間隔(以下、「オフ間隔」と称する)に応じて分類する。 The pattern determination circuit 201, each toner dot, the interval between the toner dots appearing immediately before and the toner dot (hereinafter, referred to as "off interval") is classified according to. 具体的には、オフ間隔がゼロ、つまり当該トナードットが先のトナードットに続けて出現した場合には、パターン判定回路201からは、連続ドットカウンタ210に対し値1が出力される。 Specifically, the off interval is zero, that is, if the toner dots appeared following the previous toner dots, from the pattern determination circuit 201, a value 1 for successive dot counter 210 is output.

また、当該トナードットが直前のトナードットに対し1ドット分の間隔を持って出現した場合には、オフ間隔は1であり、この場合には、第1のカウンタ211に対し値1が出力される。 Further, in the case where the toner dots appeared with an interval of one dot with respect to the immediately preceding toner dots, the off interval is 1, in this case, with respect to the first counter 211 has a value 1 is output that. 同様に、オフ間隔が2のときには第2のカウンタ212、オフ間隔が3のときには第3のカウンタ213、オフ間隔が4のときには第4のカウンタ214に対してそれぞれ値1が出力される。 Similarly, the second counter 212 when off interval is 2, the third counter 213 when off interval is 3, the off interval when the 4 respective value 1 is outputted to the fourth counter 214. また、オフ間隔が5〜8であるときには第5のカウンタ215に、オフ間隔が9以上であるときには第6のカウンタ216に対し値1が出力される。 Further, the fifth counter 215 when off interval is 5-8, the value 1 is outputted to the counter 216 of the sixth when off interval is 9 or more.

連続ドットカウンタ210および第1〜第6のカウンタ211〜216は、それぞれパターン判定回路201から当該カウンタに対し出力される値を積算する。 Continuous dot counter 210 and the first to sixth counter 211 to 216 integrates the value output from the respective pattern determination circuit 201 to the counter. したがって、これらのカウンタには、形成されるトナードットの個数が、そのオフ間隔ごとに分類されて個別にカウントされることとなる。 Thus, these counters, the number of toner dots formed comes to be counted individually categorized by its off interval. こうして積算されたカウント値C0〜C6は、1ページまたは1ジョブ単位などの所定の算出単位ごとに各カウンタから出力される。 Thus accumulated count value C0~C6 is output from each counter for each predetermined calculation units, such as one page or one job unit. そして、そのカウント値C0〜C6に、オフ間隔によって相違するトナー付着量の大小に相当する重み付けを施すための係数K0〜K6が乗じられる。 Then, the count value C0 - C6, the coefficient K0~K6 for performing weighting corresponding to the toner adhesion amount of the magnitude of difference by the off interval multiplied. この実施形態では、露光パワーの設定値と最適値との間のズレ量ΔEの大きさによって、係数K0〜K6の値を変えることにより、トナー消費量の算出誤差の発生を抑えるようにしている。 In this embodiment, the magnitude of the deviation ΔE between the set value and the optimum value of the exposure power, by changing the value of the coefficient K0~K6, thereby suppressing the generation of the calculation error of toner consumption .

図8はオフ間隔とトナー付着量との関係を示す図である。 Figure 8 is a diagram showing the relationship between the off interval and the toner adhesion amount. また、図9は重み付け係数の設定例を示す図である。 Further, FIG. 9 is a diagram showing a setting example of a weighting factor. 本願発明者の実験によれば、図8に示すように、トナードット1ドット当たりのトナー付着量は、オフ間隔の大小によって大きく変動する。 According to the present inventor's experiment, as shown in FIG. 8, the toner adhesion amount per toner dot 1 dot, varies greatly depending on the magnitude of the off-intervals. また、露光パワーのズレ量ΔEによっても変動する。 It also varies depending on the deviation amount ΔE of exposure power. このような傾向に対応するように、重み付け係数K0〜K6を図9のように定める。 So as to correspond to this trend, defining a weighting factor K0~K6 as shown in Figure 9. なお、図9においては、露光パワーのズレ量を任意単位で表しており、0〜3の数値には特に意味があるわけではない。 Note that in FIG. 9 represents the displacement amount of the exposure power in arbitrary units, not be meaningful to 0-3 figures.

図7に戻って、トナーカウンタ200の説明を続ける。 Returning to FIG. 7, the description will be continued of the toner counter 200. 各カウンタの出力値C0〜C6に重み付け係数K0〜K6をそれぞれ乗じて互いに加算すると、トナー付着量の違いに対応して重み付けされたトナードットの実質的な個数が求められる。 When added together by multiplying each weighting factor K0~K6 the output value C0~C6 of each counter, a substantial number of toner dots are weighted to correspond to the toner adhesion amount difference is calculated. その値に、ベタ画像における1ドット当たりのトナー付着量に相当する係数Kxを乗じると、各トナードットの形成に消費されるトナーの量が求まる。 Its value, when multiplied by the coefficient Kx corresponding to the toner adhesion amount per dot in the solid image, the amount of toner is obtained which is consumed in the formation of the toner dots. その値にオフセット値Coffを加算した値TCを、本実施形態におけるトナー消費量とする。 The value TC obtained by adding the offset value Coff to the value, and the toner consumption in the present embodiment. すなわち、この実施形態においては、トナー消費量TCは、次式: That is, in this embodiment, the toner consumption TC is expressed by the following equation:
TC=Kx(K0・C0+K1・C1+ … +K5・C5+K6・C6)+Coff TC = Kx (K0 · C0 + K1 · C1 + ... + K5 · C5 + K6 · C6) + Coff
により表される。 Represented by.

ここに、オフセット値Coffとは、与えられた画像信号に対応した画像形成に寄与しない形で消費されたトナー量に相当する値である。 Here, the offset value Coff, a value corresponding to the amount of toner consumed in a way that does not contribute to the image formation corresponding to a given image signal. このようなトナーとしては、現像ローラ44から離脱し、感光体22に付着してカブリを生じさせたり装置内部に飛散するトナーや、装置の性能維持のための制御動作において装置内部で消費されるトナーなどがある。 Such toner, separated from the developing roller 44, toner and scattered inside or device cause fogging adhered to the photosensitive body 22, is consumed within the device in the control operation for the maintenance of apparatus performance toner, and the like. この実施形態における各種のパッチ画像の形成に消費されるトナーもこれに含まれる。 The toner is consumed in the formation of various patch images in this embodiment are also included. このようにして消費されるトナーの量は装置の稼働時間や画像形成枚数、装置の動作条件などと相関があるので、エンジンコントローラ10により管理されているこれらの情報に基づいて、当該期間におけるトナー消費量を推定しオフセット値Coffとする。 Operating time and the number of image formation Thus the amount of toner to be consumed by devices, since there is such a correlation operating conditions of the apparatus, based on the information managed by the engine controller 10, the toner in the period estimates the consumption and offset value Coff.

こうして求められたトナー消費量については、エンジンコントローラ10に設けられたCPU101が管理しており、必要に応じて、RAM107あるいは各現像器4Y等のメモリ91等に記憶させる。 The toner consumption thus determined, is managed by the CPU101 provided on the engine controller 10, if necessary, to be stored in the memory 91 such as RAM107 or each developing unit 4Y. また、求められたトナー消費量の値から各現像器のトナー残量を推定することが可能であり、現像器内のトナー残量が所定値以下まで減少したと判断されるときには表示部12に現像器の交換を促すメッセージを表示させるなど、装置の消耗品管理に役立てることができる。 Further, it is possible to estimate the remaining amount of toner in each developing unit from the value of the toner consumption amount obtained, the display unit 12 when the remaining toner in the developing device is determined to have decreased to less than a predetermined value etc. to display a message urging the replacement of the developing device, it can help consumable management device.

以上のように、この実施形態では、装置の現在の動作条件の下で形成される画像の濃度が、その画像が本来有するべき目標濃度とは異なっている可能性があることを考慮して、その濃度の乖離の程度を表す情報に基づいて、トナー消費量の算出式を変化させるようにしている。 As described above, in this embodiment, considering that the density of the image formed under the current operating conditions of the apparatus, the target concentration should have the image originally can be different, based on the information representing the degree of divergence of the concentration, so that changing the toner consumption calculation formula. より具体的には、露光パワーEの設定値が計算上の最適値と異なっている場合に生じるトナー消費量の変動に対応させるべく、露光パワーのズレ量ΔEの大きさによって、トナードットの個数に乗じる重み付け係数を変えている。 More specifically, in order to correspond to the variations of toner consumption which occurs when the setting value of the exposure power E is different from the optimum value of the calculated, the magnitude of the deviation ΔE of the exposure power, the number of toner dots It is changing the weighting coefficients to be multiplied by the. こうすることで、露光パワーの設定値が最適値とは異なることに起因する算出誤差を抑え、トナー消費量を精度よく求めることができる。 In this way, reducing the calculation error due to differ from the optimum set value of the exposure power, it is possible to accurately obtain the toner consumption.

また、露光パワーのズレ量ΔEについては、濃度制御処理の結果に基づく計算によって算出することが可能であるので、算出精度向上のための特別な構成を必要とせず、装置コストを低く抑えることができる。 Also, the shift amount ΔE of the exposure power, since it can be calculated by calculation based on the result of the density control process, without requiring a special configuration for the calculation accuracy, be kept low equipment costs it can.

以上説明したように、この実施形態においては、ビデオ信号に基づき画像を形成するエンジン部EGが本発明の「像形成手段」として機能しており、ビデオ信号が本発明の「画像データ」に相当する。 As described above, in this embodiment, the engine EG for forming an image based on the video signal functions as the "image forming part" of the present invention, corresponds to the "image data" of the video signal is the present invention to. また、トナーカウンタ200が、本発明の「トナー消費量算出手段」に相当する。 Further, the toner counter 200 corresponds to the "toner consumption amount calculation means" of the present invention. また、本実施形態では、現像バイアスVbおよび露光パワーEが本発明の「濃度制御因子」に相当し、これを制御するCPU101が本発明の「制御手段」として機能している。 Further, in the present embodiment, CPU 101 of the developing bias Vb and the exposure power E corresponds to "density control factors" of the present invention, for controlling the functions as "control means" of the present invention. また、露光パワー調整時の目標濃度Dlowが本発明の「目標濃度」に相当し、露光パワーEの設定値と最適値との間のズレ量ΔEが本発明の「乖離情報」に相当している。 The target concentration Dlow during exposure power adjustment corresponds to a "target density" of the present invention, the deviation amount ΔE between the set value and the optimum value of the exposure power E is equivalent to the "deviation information" of the present invention there.

なお、本発明は上記した実施形態に限定されるものではなく、その趣旨を逸脱しない限りにおいて上述したもの以外に種々の変更を行うことが可能である。 The present invention is not limited to the embodiments described above, but can be modified in various ways other than those described above without departing from the spirit. 例えば、上記実施形態では、露光パワーのズレ量ΔEを「乖離情報」として、その値に応じて計算式を定めるという原理によってトナー消費量を算出している。 For example, in the above embodiment, the shift amount ΔE of the exposure power as a "deviation information", and calculates the toner consumption by the principle that define a calculation formula in accordance with the value. これ以外にも、例えば、従来の(乖離情報を考慮しない)トナーカウント技術によってトナー消費量の概算値を求め、それを乖離情報によって補正することで算出精度を向上させるような構成であってもよい。 Other than this, for example, obtains an estimate of toner consumption by traditional (not considering the deviation information) toner count technique, be configured as to improve the calculation accuracy by correcting the deviation information it good.

図10はトナーカウンタの他の構成を示す図である。 Figure 10 is a diagram showing another configuration of the toner counter. このトナーカウンタ300では、ビデオ信号に基づき、カウンタ301がトナードットの形成個数をカウントする。 In the toner counter 300, based on the video signal, the counter 301 counts the formation number of toner dots. これに、1ドット当たりのトナー付着量に相当する係数Kxを乗じると、トナー消費量の概算値が求められる。 Thereto, when multiplied by the coefficient Kx corresponding to the toner adhesion amount per dot, estimate of toner consumption is calculated. この段階では、実際の画像濃度と目標濃度との乖離の程度が考慮されておらず大きな算出誤差を含んでいる可能性がある。 At this stage, there is likely to contain large calculation error not been the degree of divergence between the actual image density and the target density are taken into consideration. そこで、その概算値を乖離の程度に応じて補正すべく、乖離情報に基づきCPU101が設定した補正係数Kを乗じることで、より算出精度を向上させることができる。 Therefore, to correct according to the degree of divergence of the estimated values, by multiplying the correction coefficient K CPU101 is set based on the deviation information, it is possible to further improve the calculation accuracy. さらに、上記実施形態と同様に、オフセット値Coffをさらに加算してもよい。 Further, similarly to the above embodiment may further adding the offset value Coff.

また、上記実施形態では、形成される画像の実濃度と目標濃度との差異を実測しているわけではなく、画像濃度に影響を与える露光パワーEの設定値とその計算上の最適値との間のズレ量ΔEを、画像濃度のズレ量を間接的に表すパラメータ、すなわち本発明の乖離情報として使用している。 In the above embodiment, not being actually measuring the difference between the actual density and the target density of the image formed, the set value of the exposure power E affecting the image density and the optimum value on the calculation the deviation amount ΔE between, using the deviation amount of the image density indirectly represent parameters, i.e. as the divergence information of the present invention. これに対し、実際に形成した画像の濃度を検出し、その検出結果から乖離情報を導出するようにしてもよい。 In contrast, to detect the concentration of actually formed image may be derived the divergence information from the detection result. 例えば、形成すべき画像に既知の画像パターンが含まれる場合、その領域の画像濃度を濃度センサ60により検出し、その検出結果と、当該画像パターンから想定される理想的な画像濃度とを比較して乖離情報を求めるようにしてもよい。 For example, if it contains a known image pattern image to be formed, the image density of the region detected by the concentration sensor 60, compares the detection result, the ideal image density estimated from the image pattern it may be obtained deviation information Te. このようにした場合には、濃度センサ60が本発明の「検出手段」として機能することとなる。 In such a case, the density sensor 60 is to function as a "detector" of the present invention.

また、例えば、上記実施形態では、乖離情報である露光パワーのズレ量ΔEの値に応じてトナー消費量の算出式を変えるようにしているが、これ以外にも、例えば現像バイアスVbの設定値と最適値とのズレが生じる場合にはそのズレ量を「乖離情報」とすることができ、また他のパラメータを濃度制御因子とする場合にも同様に考えることができる。 Further, for example, in the above embodiment, according to the value of the deviation amount ΔE of the exposure power is discrepancy information so that changing the toner consumption calculation formula, In addition to this, for example, the developing bias Vb settings If the deviation between the optimum value and the results thereof the shift amount can be a "discrepancy information", also other parameters can be considered similarly to the case of the density control factor.

また、上記実施形態では、露光エネルギーEの設定値を、「設定可能な値のうち最適値以上で最適値に最も近い値」としているが、これを単に最適値に最も近い値としてもよい。 In the above embodiment, the set value of the exposure energy E, is set to "value closest to the optimum value at the optimum value or more of the possible values," which may be simply the value closest to the optimum value. この場合には、露光パワーのズレ量ΔEはマイナスとなる場合もあるので、それに対応した係数を用意する必要がある。 In this case, the shift amount ΔE of the exposure power so sometimes becomes negative, it is necessary to prepare a coefficient corresponding thereto. また、ズレ量についても、設定値と最適値との差に限定さされず、両者の比によって表されてもよい。 As for the shift amount is not limited to the difference between the set value and the optimum value may be represented by the ratio between the two.

また、上記実施形態では、形成されるトナードットの個数を数え、そのカウント値に係数を乗じることでトナー消費量を求めているが、各トナードットが多階調表現されている場合には、個数のカウントに代えて、各トナードットの階調値を積算するようにしてもよい。 In the above embodiment, it counts the number of toner dots formed, but seeking toner consumption by multiplying the coefficient on the count value, when the toner dots are multi-gradation expression, instead of the number count may be accumulated tone values ​​of the toner dots.

また、この種の画像形成装置においては、装置の内部温度や湿度などの環境変化によってエンジン部EGやトナーの特性が変化し、その結果トナー消費量が変動することがある。 In the image forming apparatus of this type, characteristics of the engine EG and the toner is changed by an environmental change such as internal temperature and humidity of the device, resulting toner consumption may vary. 例えば、本願発明者の実験では、同一の動作条件であっても、高温・高湿環境下ではトナー消費量が増加するという現象が観測されている。 For example, in the present inventor's experiments, even with the same operating conditions, a phenomenon that the toner consumption increases in a high temperature and high humidity environment is observed. このような変動の程度は、装置の環境の変化の程度から推定することができる。 The extent of such variations can be estimated from the degree of change of the apparatus environment. そこで、装置内部(または周囲)の温度や湿度の変化量を乖離情報として、それに応じてトナー消費量の算出方法を変えることにより、これらの環境変化によらず、トナー消費量を精度よく、しかも安定して求めることが可能となる。 Therefore, as the divergence information the amount of change of the temperature and humidity inside the apparatus (or around), by changing the method of calculating the toner consumption accordingly, without these environmental changes, accurately toner consumption, yet it is possible to obtain stable. 例えば、濃度制御処理を実行したときの装置の内部温度を記憶しておき、その後にトナー消費量を求める際には、その時点における装置の内部温度と、記憶されている濃度制御処理実行時の内部温度との差を乖離情報として、その値に応じて計算式を変えるようにすることができる。 For example, stores the internal temperature of the device when executing the density control process, then in determining the toner consumption, and the internal temperature of the apparatus at that time, when the concentration control process execution stored as the divergence information a difference between the internal temperature, it is possible to alter the calculation formula according to the value.

また、装置の特性の経時変化に起因してトナーの消費量が変動することもありうる。 Further, there may be the amount of toner consumption due to aging of the characteristics of the device varies. そこで、装置の稼動量(例えば画像形成枚数や動作時間)を計測しておき、その計測結果を本発明の乖離情報とするようにしてもよい。 Therefore, operation amounts of the device (e.g., the number of image formation and operation time) Leave measured may be a discrepancy information of the present invention the measurement result.

また、上記実施形態では、メインコントローラ11のパルス変調部117からエンジンコントローラ10のレーザドライバ121に与えられるビデオ信号に基づいてドット数の積算を行うようにしているが、これに限定されず、形成すべきドットの数やその濃淡(階調レベル)を表すものであれば他のデータも使用可能である。 In the above embodiment, although to carry out the integration of the number of dots on the basis of a video signal supplied from the pulse modulator 117 of the main controller 11 to the laser driver 121 of the engine controller 10 is not limited to this, formation other data as long as it represents the number and the shading of the should do dot (gray level) can also be used.

さらに、上記実施形態の構成に限定されず、例えばブラック色トナーに対応した現像器のみを備えモノクロ画像を形成する装置や、中間転写ベルト以外の転写媒体(転写ドラム、転写シートなど)を備える装置、さらには複写機、ファクシミリ装置など他の画像形成装置に対しても、本発明を適用することが可能である。 Further, not limited to the above embodiments, for example apparatus that forms a monochrome image with the developing device only corresponding to the black color toner, a transfer medium (transfer drum, a transfer sheet, etc.) other than the intermediate transfer belt device comprising a news copier, for other image forming apparatus such as a facsimile apparatus, it is possible to apply the present invention.

この発明にかかる画像形成装置の一実施形態の構成を示す図。 It shows a structure of an embodiment of an image forming apparatus according to the present invention. 図1の画像形成装置の電気的構成を示すブロック図。 Block diagram showing an electrical configuration of the image forming apparatus of FIG. この装置における信号処理ブロックを示す図。 It shows a signal processing block in the device. 濃度制御処理を示すフローチャート。 Flowchart showing a density control process. 現像バイアスと画像濃度との関係を示す図。 Diagram showing the relationship between the developing bias and the image density. 露光パワーと画像濃度との関係を示す図。 Diagram showing the relationship between exposure power and the image density. この実施形態におけるトナーカウンタの構成を示す図。 Diagram illustrating the configuration of the toner counter in this embodiment. オフ間隔とトナー付着量との関係を示す図。 Diagram showing the relationship between the off-interval and the toner adhesion amount. 重み付け係数の設定例を示す図。 Diagram showing an example of setting the weighting coefficients. トナーカウンタの他の構成を示す図。 It shows another configuration of the toner counter.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

60…濃度センサ(検出手段)、 101…CPU(制御手段)、 200,300…トナーカウンタ(トナー消費量算出手段)、 Dlow…目標濃度、 EG…エンジン(像形成手段) 60 ... concentration sensor (detection means), 101 ... CPU (control means), 200, 300 ... toner counter (toner consumption calculating means), Dlow ... target density, EG ... engine (image forming unit)

Claims (13)

  1. 画像データに応じたトナー像を形成する像形成手段と、 An image forming means for forming a toner image corresponding to image data,
    前記像形成手段によるトナー消費量を算出するトナー消費量算出手段とを備え、 And a toner consumption amount calculation means for calculating the toner consumption amount by the image forming means,
    前記トナー消費量算出手段は、前記像形成手段により形成されるトナー像の実濃度と、当該トナー像が本来有するべき画像濃度である目標濃度との間の乖離の程度を表す乖離情報、および、前記画像データに基づいて、前記トナー消費量を算出することを特徴とする画像形成装置。 The toner consumption calculation means, and the actual density of the toner image formed by said image forming means, deviation information representing the degree of divergence between the target concentration of the image density should have the toner image is originally and, based on the image data, the image forming apparatus and calculates the toner consumption.
  2. 前記乖離情報は、前記像形成手段の実際の動作条件と、前記目標濃度を得られる動作条件である理想動作条件との差異を表す情報である請求項1に記載の画像形成装置。 The deviation information, the actual and operating conditions, the image forming apparatus according to claim 1 which is information indicating a difference between the ideal operating conditions is an operation condition obtained by the target density of the image forming means.
  3. 前記トナー消費量算出手段は、前記画像データに基づき求められた、前記像形成手段が形成すべきトナードットの個数に、前記乖離情報に基づき設定した係数を乗じることで前記トナー消費量を算出する請求項1または2に記載の画像形成装置。 The toner consumption calculation means, said determined on the basis of the image data, the number of toner dots to be formed is the image forming means, to calculate the toner consumption amount by multiplying the set coefficient based on the deviation information the image forming apparatus according to claim 1 or 2.
  4. 前記トナー消費量算出手段は、前記画像データに基づき求められた、前記像形成手段が形成すべきトナードットそれぞれの階調値の積算値に、前記乖離情報に基づき設定した係数を乗じることで前記トナー消費量を算出する請求項1または2に記載の画像形成装置。 The toner consumption calculation means, said determined on the basis of the image data, the integrated value of the image forming means each toner dot gradation value to be formed, wherein by multiplying a coefficient which is set based on the deviation information the image forming apparatus according to claim 1 or 2 for calculating the toner consumption.
  5. 前記トナー消費量算出手段は、前記画像データに基づいてトナー消費量の概算値を求めるとともに、前記乖離情報に基づいて前記概算値を補正することで前記トナー消費量を算出する請求項1または2に記載の画像形成装置。 The toner consumption calculation means, on the basis of the image data together with obtaining the approximate value of the toner consumption, according to claim 1 for calculating the toner consumption amount by correcting the approximate value based on the deviation information or 2 the image forming apparatus according to.
  6. 前記トナー消費量算出手段は、前記画像データに基づき求められた、前記像形成手段が形成すべきトナードットの個数またはその個数に所定の比例係数を乗じた概算値に、前記乖離情報に基づき設定した補正係数を乗じることで前記トナー消費量を算出する請求項5に記載の画像形成装置。 The toner consumption calculation means, the image data obtained based on, the approximate value obtained by multiplying a predetermined proportional coefficient number or the number of the toner dots to be formed is the image forming unit, set on the basis of the deviation information the image forming apparatus according to claim 5 which calculates the toner consumption amount by multiplying the correction coefficient.
  7. 前記トナー消費量算出手段は、前記画像データに基づき求められた、前記像形成手段が形成すべきトナードットそれぞれの階調値の積算値またはその積算値に所定の比例係数を乗じた概算値に、前記乖離情報に基づき設定した補正係数を乗じることで前記トナー消費量を算出する請求項5に記載の画像形成装置。 The toner consumption calculation means, the image data obtained based on, the integrated value or the approximate value obtained by multiplying a predetermined proportionality factor to the integrated value of the image forming means toner dots each gradation value to be formed the image forming apparatus according to claim 5 which calculates the toner consumption amount by multiplying the correction coefficient set based on the deviation information.
  8. 画像濃度に影響を与える濃度制御因子の設定値を所定の可変範囲内で定めることで画像濃度を前記目標濃度に制御する制御手段をさらに備え、前記目標濃度に対応する前記濃度制御因子の最適値が前記可変範囲外にあるときには、 Further comprising control means for controlling an image density on the target density by determining the set value of the density control factors affecting the image density within a predetermined variable range, the optimum value of the density control factor corresponding to said target density there when is outside the variable range,
    前記制御手段は、前記可変範囲の上限値または下限値のうち前記最適値に近い方の値を前記濃度制御因子の設定値とするとともに、 Wherein the control means, with a value closer to the optimum value of the upper limit or lower limit of the variable range and set value of the density control factor,
    前記トナー消費量算出手段は、該設定値と前記最適値との差異を前記乖離情報とする請求項1ないし7のいずれかに記載の画像形成装置。 The toner consumption calculation means, an image forming apparatus according to any one of claims 1 to 7 the difference between the optimum value and set value and the deviation information.
  9. 画像濃度に影響を与える濃度制御因子の設定値を予め設定された複数の候補値から選択することで画像濃度を前記目標濃度に制御する制御手段をさらに備え、前記目標濃度に対応する前記濃度制御因子の最適値が前記候補値の中にないときには、 Further comprising control means for controlling an image density on the target density by selecting from a plurality of candidate values ​​set in advance the set value of the density control factors affecting the image density, the density control corresponding to the target density when the optimum value of the factor is not in the candidate value,
    前記制御手段は、前記候補値のうち前記最適値に最も近い値を前記濃度制御因子の設定値とするとともに、 The control means may the value closest to the optimum value of the candidate value as the set value of the density control factor,
    前記トナー消費量算出手段は、該設定値と前記最適値との差異を前記乖離情報とする請求項1ないし7のいずれかに記載の画像形成装置。 The toner consumption calculation means, an image forming apparatus according to any one of claims 1 to 7 the difference between the optimum value and set value and the deviation information.
  10. 画像濃度に影響を与える濃度制御因子を調整することで画像濃度を前記目標濃度に制御する制御処理を実行する制御手段をさらに備え、 Further comprising a control means for executing a control process for controlling the image density to the target concentration by adjusting the density control factors affecting the image density,
    前記トナー消費量算出手段は、前記制御処理が実行されたときの装置の周囲環境と、現在の装置の周囲環境との差異を前記乖離情報とする請求項1ないし7のいずれかに記載の画像形成装置。 The toner consumption calculation means, and the ambient environment of the device when the control process is executed, an image according to any one of claims 1 to 7 the difference between the ambient environment and the deviation information of the current device forming apparatus.
  11. 前記像形成手段により形成されたトナー像の画像濃度を検出する検出手段をさらに備え、 Further comprising detection means for detecting an image density of a toner image formed by said image forming means,
    前記トナー消費量算出手段は、前記検出手段により検出されたトナー像の画像濃度と、当該トナー像が本来有するべき画像濃度の理想値との差異を前記乖離情報とする請求項1ないし7のいずれかに記載の画像形成装置。 The toner consumption calculation means, and the image density of the toner image detected by said detecting means, either the difference between the ideal value of the image density should have the toner image is the original claims 1 to 7, wherein the deviation information the image forming apparatus of the crab according.
  12. 画像データに応じたトナー像を形成する画像形成装置に用いられ、該トナー像を形成する際のトナー消費量を算出するトナーカウンタにおいて、 Used in an image forming apparatus for forming a toner image corresponding to image data, the toner counter to calculate the toner consumption at the time of forming the toner image,
    形成されるトナー像の実濃度と、当該トナー像が本来有するべき画像濃度である目標濃度との間の乖離の程度を表す乖離情報、および、前記画像データに基づいて、前記トナー消費量を算出することを特徴とするトナーカウンタ。 Calculating an actual density of the toner image formed, deviation information representing the degree of divergence between the target concentration of the image density should have the toner image is originally and, based on the image data, the toner consumption the toner counter, characterized in that the.
  13. 画像データに応じたトナー像を形成する画像形成装置におけるトナー像を形成する際のトナー消費量を算出するトナー消費量算出方法において、 In the toner consumption calculation method for calculating the toner consumption amount at the time of forming a toner image in an image forming apparatus for forming a toner image corresponding to image data,
    形成されるトナー像の実濃度と、当該トナー像が本来有するべき画像濃度である目標濃度との間の乖離の程度を表す乖離情報を取得し、 Gets the actual density of the toner image formed, the deviation information indicating an extent of deviation between the target concentration of the image density should have the toner image is originally
    該乖離情報および前記画像データに基づいて、前記トナー消費量を算出することを特徴とするトナー消費量算出方法。該乖 based on release information and the image data, toner consumption calculation method and calculates the toner consumption.
JP2004368902A 2004-12-21 2004-12-21 Image forming apparatus, toner counter and method for calculating toner consumption Withdrawn JP2006178036A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004368902A JP2006178036A (en) 2004-12-21 2004-12-21 Image forming apparatus, toner counter and method for calculating toner consumption

Applications Claiming Priority (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004368902A JP2006178036A (en) 2004-12-21 2004-12-21 Image forming apparatus, toner counter and method for calculating toner consumption
US11293865 US20060140650A1 (en) 2004-12-14 2005-12-02 Image forming apparatus, toner counter and toner consumption calculating method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2006178036A true true JP2006178036A (en) 2006-07-06

Family

ID=36732217

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004368902A Withdrawn JP2006178036A (en) 2004-12-21 2004-12-21 Image forming apparatus, toner counter and method for calculating toner consumption

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2006178036A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007212518A (en) * 2006-02-07 2007-08-23 Konica Minolta Business Technologies Inc Image forming apparatus
JP2009093007A (en) * 2007-10-10 2009-04-30 Ricoh Co Ltd Image forming device

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007212518A (en) * 2006-02-07 2007-08-23 Konica Minolta Business Technologies Inc Image forming apparatus
JP2009093007A (en) * 2007-10-10 2009-04-30 Ricoh Co Ltd Image forming device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US5708917A (en) Toner replenishment device for an image forming apparatus which employs pixel density and toner density information
US20050185973A1 (en) Image forming apparatus, control method and toner consumption calculating apparatus and method
US6650849B2 (en) Method of and apparatus for controlling image density of toner image based on high and low-density correlation data
US5950043A (en) Image forming method and image forming apparatus for detecting a low level of toner
US6510292B1 (en) System and methods for reporting toner level in a partially sensed environment
US20050030562A1 (en) Image forming apparatus, a control method for the same and an image forming method
US20060018674A1 (en) Method and device for estimating toner concentration and image forming apparatus equipped with such device
US20070058996A1 (en) Image forming apparatus and method for detecting amount of remaining toner
JP2004198805A (en) Image forming apparatus
US20060140650A1 (en) Image forming apparatus, toner counter and toner consumption calculating method
JP2007272153A (en) Image forming apparatus
JP2001147620A (en) Electrophotographic image forming device and cartridge
US20070166059A1 (en) Image forming apparatus, toner counter and method of calculating toner consumption amount
US20110280594A1 (en) Image forming apparatus capable of correcting image density promptly according to change in toner density, and method of controlling the image forming apparatus
US20060233559A1 (en) Image forming apparatus, image forming method, toner counter and calculation method of toner consumption
US20050141000A1 (en) Image-forming device
JP2004258281A (en) Image forming apparatus
JP2004163553A (en) Method for calculating consumption amount of toner , toner counter, and image forming apparatus
JP2007199211A (en) Image forming apparatus and image forming method
JPH1039555A (en) Device and method for forming image
JP2000267366A (en) Image forming device
JP2004354666A (en) Toner consumption quantity calculation device and method, and image forming apparatus
JP2004163885A (en) Image forming apparatus and method for estimating amount of toner consumption
JP2007102126A (en) Developing device and image forming apparatus
US20100067932A1 (en) Image forming apparatus

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20080304