JP2005525835A - Improved short device and an improved short-circuit method for treating glaucoma - Google Patents

Improved short device and an improved short-circuit method for treating glaucoma Download PDF

Info

Publication number
JP2005525835A
JP2005525835A JP2003520421A JP2003520421A JP2005525835A JP 2005525835 A JP2005525835 A JP 2005525835A JP 2003520421 A JP2003520421 A JP 2003520421A JP 2003520421 A JP2003520421 A JP 2003520421A JP 2005525835 A JP2005525835 A JP 2005525835A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
device
schlemm
canal
anterior chamber
eye
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003520421A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
レイ エイチ. ブラウン、
スチュアート ボール、
マリー ジー. リンチ、
Original Assignee
ジーエムピー ヴィジョン ソルーションズ インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Classifications

    • AHUMAN NECESSITIES
    • A61MEDICAL OR VETERINARY SCIENCE; HYGIENE
    • A61FFILTERS IMPLANTABLE INTO BLOOD VESSELS; PROSTHESES; DEVICES PROVIDING PATENCY TO, OR PREVENTING COLLAPSING OF, TUBULAR STRUCTURES OF THE BODY, E.G. STENTS; ORTHOPAEDIC, NURSING OR CONTRACEPTIVE DEVICES; FOMENTATION; TREATMENT OR PROTECTION OF EYES OR EARS; BANDAGES, DRESSINGS OR ABSORBENT PADS; FIRST-AID KITS
    • A61F9/00Methods or devices for treatment of the eyes; Devices for putting-in contact lenses; Devices to correct squinting; Apparatus to guide the blind; Protective devices for the eyes, carried on the body or in the hand
    • A61F9/007Methods or devices for eye surgery
    • A61F9/00781Apparatus for modifying intraocular pressure, e.g. for glaucoma treatment

Abstract

この発明によれば、房水を眼の前房からシュレム管へ流すための短絡路がもたらされる。 According to the present invention, a short circuit path for the flow of aqueous humor from the anterior chamber of the eye into Schlemm's canal is provided. この装置には、少なくとも1つの管腔が備わっており、また、この装置を正しい解剖学的位置に配置し固定しやすくするために、必要であれば少なくとも1つの固定具が備わっている。 The device, which are equipped with at least one lumen, and in order to facilitate the device arranged in the correct anatomic position and fixed, are equipped with at least one fastener if necessary.

Description

関連出願の参照 この出願は、2001年8月16日に出願された米国特許出願第60/312,799号の優先権の利益を主張するものである。 REFERENCE TO RELATED APPLICATIONS This application claims the benefit of priority of U.S. Patent Application No. 60 / 312,799, filed August 16, 2001.

この発明は、一般に緑内障の外科治療に関するものであり、より詳しくは、眼の前房から、前房とシュレム管とを接続するために外科的に配置することのできる留置シャントで術後開存性を維持することのできるシュレム管の中へ、房水を迂回させることにより、緑内障によって影響を受けた眼の上昇眼内圧を絶えず減らすための装置および方法に関するものである。 This invention generally relates to surgical treatment of glaucoma, more particularly, postoperative patency in an indwelling shunt from the anterior chamber of the eye, it can be surgically placed to connect the anterior chamber and Schlemm's canal into Schlemm's canal capable of maintaining sexual, by diverting aqueous humor, to an apparatus and method for reducing constantly elevated intraocular pressure in eyes affected by glaucoma.

発明の背景 技術分野 緑内障は、失明の主な原因であるため、重要な公衆衛生問題である。 Background Art Glaucoma of the invention, because it is a major cause of blindness, is an important public health problem. 緑内障に起因する失明には、自立的生活を送る個人の機能に大きく影響する、中心視力および周辺視力の両方の失明が含まれている。 Blindness due to glaucoma, greatly affect the autonomous lives individual functions, it includes both blindness central vision and peripheral vision.

技術分野 緑内障は、通常は上昇眼内圧の環境において生じる視神経症(視神経の障害)である。 Art Glaucoma is usually optic neuropathy occurring in the environment of elevated intraocular pressure (disorder of the optic nerve). 眼の内部における圧力が増大すると、そのことは、視神経の外観(「陥凹」)および機能(視野における「盲点」)の変化に関係がある。 When the pressure inside the eye increases, the it is related to a change in the appearance of the optic nerve ( "depression") and function ( "blind spots" in the visual field). その圧力が、充分に長い時間、高いままであると、完全失明が起きる。 The pressure is sufficiently long time, and remains high, complete blindness occurs. 高い圧力は、内部流体の不均衡のために、眼の中で進行する。 High pressure, for imbalance internal fluid proceeds in the eye.

眼は、「房水」と呼ばれる清浄な流体が含まれている中空構造体である。 Eye is a hollow structure that contains clear fluid called "aqueous humor." この房水は、眼の後房において、毛様体によって、1分間に約2.5マイクロリットルの割合で作られる。 The aqueous humor in the posterior chamber of the eye, by the ciliary body, made at a rate of about 2.5 microliters per minute. ほぼ一定の割合で作られるこの流体は、水晶体の周りを通り、虹彩の中の瞳孔開口を経て、眼の前房へ入る。 Almost the fluid produced at a constant rate, is routed around the lens, through the pupillary opening in the iris and into the eye to the anterior chamber. 前房に入ると、この流体は、相異なる2つの経路から眼の外へ流出する。 Once in the anterior chamber, the fluid flows out from two different paths to the outside of the eye. 「ブドウ膜強膜の」経路では、この流体は毛様体の筋繊維どうしの間にしみ込む。 In the "uveoscleral" route, the fluid penetrates between the muscle fibers to each other of the ciliary body. この経路は、ヒトの房水流出のおよそ10パーセントを占める。 This route accounts for approximately 10% of aqueous outflow in humans. ヒトの房水流出の主要な経路は、小柱網とシュレム管とが含まれる「小管の」経路である。 Major pathways of aqueous outflow in humans is the "canalicular" route that includes the trabecular meshwork and Schlemm's canal.

小柱網とシュレム管とは、虹彩と強膜との接合部に位置している。 The trabecular meshwork and Schlemm's canal are located at the junction of the iris and the sclera. この接合部すなわち隅部は「隅角」と呼ばれている。 The joint That corner is called "corner". 小柱網は、眼の周縁の周りに延出する楔形構造体である。 Trabecular meshwork is a wedge-shaped structure extending around the periphery of the eye. 小柱網は、3次元ふるい状構造に配置されたコラーゲンの梁から構成されている。 Trabecular meshwork, and a beam of collagen arranged in a three-dimensional sieve-like structure. これらの梁は、小柱細胞と呼ばれる細胞の単一層と一列に並んでいる。 These beams are arranged in a single layer and single row of cells called trabecular cells. コラーゲンの梁どうしの空間は、小柱細胞によって作られた細胞外物質で満たされている。 Space beams each other collagen is filled with made by trabecular cells extracellular material. これらの細胞はまた、細胞外物質を分解する酵素を作り出す。 These cells also produce enzymes that degrade the extracellular material. シュレム管は小柱網に隣接している。 Schlemm's canal is adjacent to the trabecular meshwork. 小柱網の外壁はシュレム管の内壁に重なっている。 The outer wall of the trabecular meshwork overlaps the inner wall of Schlemm's canal. シュレム管は、角膜の周縁の周りに延出する管状構造体である。 Schlemm's canal is a tubular structure extending around the periphery of the cornea. 成人では、シュレム管は、中隔によって一組の自律性行き止まり管に分けられると考えられている。 In adults, Schlemm's canal is believed to be divided into a set of autonomous blind tube by the septum.

房水液は、小柱梁どうしの空間を通って流れ、シュレム管の内壁を越えてシュレム管の中へ入り、シュレム管から流出する一組の約25本の集合流路を経て、強膜上静脈系の中へ入る。 Aqueous humor fluid flows through the space trabecular beams each other, enter into the Schlemm's canal beyond the inner wall of Schlemm's canal, through approximately 25 This set channel of a set of flowing out of the Schlemm's canal, sclera enter into the upper venous system. 正常な状況では、房水の産生は房水の流出と等しく、また、眼内圧は15〜21mmHgの範囲でほぼ一定に維持される。 Under normal conditions, the production of aqueous humor is equal to the outflow of aqueous humor, also intraocular pressure is maintained substantially constant in the range of 15~21MmHg. 緑内障では、小管流出系における抵抗は異常に高い。 In glaucoma, the resistance in the canalicular outflow system is abnormally high.

緑内障の最も一般的な形態である原発性開放隅角緑内障では、その異常抵抗は、小柱網の外面とシュレム管の内壁との間に生じると考えられている。 In primary open angle glaucoma, the most common form of glaucoma, the abnormal resistance is believed to occur between the outer surface and the inner wall of Schlemm's canal of the trabecular meshwork. 小柱細胞の異常代謝は、この領域における細胞外物質の過剰な蓄積、あるいは異常に「硬い」物質の蓄積の原因になる。 Abnormal metabolism of the trabecular cells becomes excessive accumulation, or abnormally "stiff" causing the accumulation of substances in the extracellular material in this region. 原発性開放隅角緑内障は、すべての緑内障のうち、およそ85パーセントの割合を占める。 Primary open-angle glaucoma is, out of all of glaucoma, accounts for about 85 percent. 緑内障の他の形態(閉塞隅角緑内障および続発性緑内障のような)には、小管経路を介する流出量の減少も含まれるが、増大した抵抗は、機構的閉塞、炎症性破片、細胞閉塞などのような他の原因による。 Other forms of glaucoma (such as angle closure glaucoma and secondary glaucoma), which also includes reduction of the outflow through the canalicular pathway, has increased resistance, mechanical obstruction, inflammatory debris, cellular blockage, etc. due to other causes, such as.

抵抗が増大すると、房水液は、充分に速く流出することができないため、貯留される。 When the resistance increases, aqueous humor fluid, since it is impossible to flow out fast enough, is stored. 房水液が貯留されると、眼の内部における眼内圧(IOP)が増大する。 When aqueous humor fluid is stored, intraocular pressure inside the eye (IOP) is increased. 眼内圧が増大すると、視神経の軸索が圧縮されるとともに、視神経への血管補充が損なわれる。 When intraocular pressure is increased, with axons of the optic nerve is compressed, vascular refilling is impaired to the optic nerve. 視神経は映像を眼から脳へ伝達する。 The optic nerve transmits the image from the eye to the brain. 視神経のいくらかは、他の眼構成体よりもIOPの影響を受けやすい。 Some of the optic nerve are susceptible to IOP than other eye structure. 視神経を上昇圧力から保護するためにいくつかの研究が行われているが、緑内障に現在利用することのできる治療的取り組みは眼内圧が下げることだけである。 Several studies in order to protect the optic nerve from elevated pressure being carried out, the therapeutic efforts can be currently used for glaucoma is only to lower the intraocular pressure.

緑内障の臨床治療は一歩ずつ取り組まれている。 Clinical treatment of glaucoma are addressed one step at a time. 投薬は治療選択肢の第1であることが多い。 Dosage is often the first treatment option. 局部的にかあるいは経口的にかのいずれかで管理されると、これらの投薬によって、房水の産生が減るかあるいは流出が増えるかのいずれかになる。 When managed either locally or orally or by these medications will either production is reduced or outflow of aqueous humor is increased. 現在利用することのできる薬剤には、鬱血性心不全、呼吸困難、高血圧、抑鬱、腎臓結石、再生不良性貧血、性機能障害および死亡が含まれる、重大な多くの副作用が伴っている。 The agents that may be currently available, congestive heart failure, dyspnea, hypertension, depression, renal stones, aplastic anemia, sexual dysfunction and death are accompanied by serious many side effects. 緑内障の患者の半数以上が正しい投薬計画に従わないため、投薬コンプライアンスは重要な問題である。 For more of the patient's glaucoma half do not follow proper dosing regimen, medication compliance is an important issue.

投薬によって眼内圧が適切に下がらないときは、レーザー線維柱帯形成術が行われることが多い。 When intraocular pressure by dosing may not drop to appropriate, it is often performed laser trabeculoplasty. レーザー線維柱帯形成術では、レーザーからの熱エネルギーが小柱網におけるいくつかの非近接点へ加えられる。 In laser trabeculoplasty, thermal energy from the laser is applied to several non-adjacent points in the trabecular meshwork. このようなレーザーエネルギーによって、小柱細胞の代謝が何らかの方法で刺激されるとともに小柱網における細胞外物質が変化する、と考えられている。 Such laser energy metabolism of the trabecular cells are considered, extracellular substance changes in the trabecular meshwork with stimulated in some way. 患者のおよそ80パーセントにおいて、房水流出が促進されるとともにIOPが減少する。 In approximately 80 percent of patients, IOP decreases with aqueous humor outflow is accelerated. しかしながら、その効果はあまり長く続かず、また、患者の50パーセントは、5年以内に上昇眼内圧を示す。 However, the effect is not last very long, also 50% of patients exhibit elevated intraocular pressure within five years. このレーザー手術は、普通は繰り返し行うことができない。 This laser surgery, usually can not be performed repeatedly. 加えて、レーザー線維柱帯形成術は、50歳未満の患者における原発性開放隅角緑内障の有効な治療法ではなく、閉塞隅角緑内障および多くの続発性緑内障の有効な治療法でもない。 In addition, laser trabeculoplasty is not an effective treatment for primary open angle glaucoma in patients less than 50 years of age, nor in the effective treatment of angle-closure glaucoma and many secondary glaucoma. レーザー線維柱帯形成術によって眼内圧が充分に減少しないときには、濾過手術が行われる。 When it does not decrease sufficiently intraocular pressure by laser trabeculoplasty, filtering surgery is performed. 濾過手術では、強膜・隅角領域に孔が作られる。 The filtration surgery, holes are made in the sclera-corner region. この孔によって、房水液は、別の経路を経て眼から流出することができる。 This hole, aqueous humor fluid may exit the eye via another route.

最も一般的に行われる濾過処置はトラベクレクトミー(線維柱帯切除術)である。 The most commonly filtered procedure performed is trabeculectomy (trabeculectomy). トラベクレクトミーでは、強膜を覆う透明組織である結膜に後方切開部が作られる。 In trabeculectomy, rear incision is made in the conjunctiva is a transparent tissue that covers the sclera. この結膜は前方へ回されて、強膜が角膜輪部で露出される。 The conjunctiva is turned forwardly, the sclera is exposed at the limbus. 部分的に厚さのある強膜皮弁が作られ、半分の厚さに切り裂かれて角膜の中へ入れられる。 Partially thicknesses of certain scleral flap is made and are being torn in half thickness placed into the cornea. 前房は強膜皮弁と深層強膜の部分との下方へ入れられ、小柱網は切除される。 Anterior chamber is put down with the portion of the sclera flap and deep sclera and trabecular meshwork is excised. 強膜皮弁は所定位置にゆるく縫合される。 Tsuyomakukawaben are loosely sutured in place. 結膜の切除部はしっかり閉じられる。 Resection of the conjunctiva is tightly closed. 術後には、房水液は、強膜皮弁の下方にある孔を通過して、結膜の下方にある高位空間に集まる。 After surgery, aqueous humor fluid passes through the hole at the bottom of Tsuyomakukawaben collects in high space at the bottom of the conjunctiva. この液は次に、結膜中の血管を介して吸収されるか、あるいは結膜を通って涙液膜の中へ入る。 The liquid is then entered either absorbed through blood vessels in the conjunctiva or through the conjunctiva into the tear film.

トラベクレクトミーには多くの問題点がある。 There are a number of problems in trabeculectomy. 上強膜に存在している線維芽細胞は、増殖して移動するとともに、強膜皮弁に瘢痕を残すおそれがある。 Fibroblasts that are present in the episclera is configured to move proliferate, which may leave a scar on the sclera flap. 瘢痕生成による不全は特に子供と若年成人に起きるであろう。 Failure due to scar generation will especially occur in children and young adults. 最初のトラベクレクトミーが成功した眼の80パーセントは、手術後の3〜5年の間に瘢痕生成による不全を引き起こすであろう。 80% of the initial travellators eye Kure click Tommy is successful, it will cause failure due to scarring produced between 3 to 5 years after surgery. 線維芽細胞を最小限にするために、外科医は現在、手術時点でマイトマイシン(MMC)や5−フルオロウラシル(5−FU)のような抗線維形成薬剤を強膜皮弁へ投与している。 To the fibroblasts to a minimum the surgeon is administered currently the antifibrotic agents such as mitomycin (MMC) and 5-fluorouracil (5-FU) at the time of surgery to scleral flap. これらの薬剤の使用によって、トラベクレクトミーの成功率は増大したものの、低眼圧症の有病率が上昇している。 The use of these drugs, although the success rate of trabeculectomy has increased the prevalence of hypotony is rising. 低眼圧症は、房水が眼からあまりにも速く流出するときに発病する点で問題がある。 Hypotony, there is a problem in terms of developing when the aqueous humor flows out too quickly from the eye. 眼圧があまりにも低く(通常は6.0mmHg未満)なると、眼の構造体がしぼんで、視力が低下する。 When intraocular pressure is too low (usually less than 6.0 mmHg), in the structure of the eye deflated, vision is reduced.

トラベクレクトミーによって、房水液を眼の表面へ排出するための通路が形成される。 By trabeculectomy, passages for discharging the aqueous humor fluid to the surface of the eye is formed. 同時に、トラベクレクトミーによって、通常は眼球あるいは眼瞼の表面に生息しているバクテリアが眼の中へ入り込む通路も形成される。 At the same time, the trabeculectomy, usually also passages bacteria inhabiting the surface of the eyeball or eyelid enters into the eye is formed. もしも、このようなことが起きると、眼内炎と呼ばれる眼内感染症が発生することがある。 If, when such things happen, sometimes ocular infections called endophthalmitis occurs. 眼内炎は、永久的かつ深刻な失明の原因となることが多い。 Endophthalmitis often cause permanent and severe loss of vision. 眼内炎は、トラベクレクトミーの後にいつでも発症するおそれがある。 Endophthalmitis, there is a risk of developing any time after trabeculectomy. そのおそれは、MMCや5−FUの投与後に生じる薄い小水胞があると、増大する。 Its fear, when there is a thin urine cells occurring after administration of MMC and 5-FU, increase. 感染の一因となる別の因子は小水胞の配列である。 Another factor that contributes to infection is the sequence of urine cells. トラベクレクトミーが劣悪に行われた眼は、上質の小水胞がある眼に比べて、眼感染症のおそれが約5倍ある。 Eye trabeculectomy is performed poor, as compared to the eye where there is a fine urine cells, the risk of ocular infections is about five times. したがって、初回トラベクレクトミーは、鼻骨の四分円かあるいはこめかみの四分円かのいずれかの中における眼瞼の下で、優秀な技術で行われる。 Therefore, initial trabeculectomy is under lid in within either quadrant quadrant or temple nasal bone is performed in excellent technology.

瘢痕生成、低眼圧症および感染症に加えて、他にいくつかのトラベクレクトミー合併症が存在する。 Scar generation, in addition to hypotony and infection, there are several trabeculectomy complications other. 小水胞が破れて深刻な低眼圧症の原因になるおそれがある。 Urine cells is broken there is a possibility that the cause of serious low ocular hypertension. 小水胞が刺激を受けて、正常な涙液膜が破裂して、かすみ目の原因になることがある。 Urine and cells is stimulated, normal tear film may rupture, which may cause blurred vision. 小水胞がある患者は一般に、コンタクトレンズを装着することができない。 Patients with urine cells generally can not wear contact lenses. トラベクレクトミーによる合併症はすべて、房水液が眼の内側から眼の外面へ迂回されるという事実に由来する。 All complications trabeculectomy comes from the fact that the aqueous humor fluid is diverted from inside the eye to the external surface of the eye.

トラベクレクトミーによって眼圧が首尾よく低下しないときには、次の手術段階は房水短絡装置によることが多い。 When intraocular pressure by trabeculectomy does not decrease successfully, the next surgical step often by aqueous humor shorting device. 先行技術の房水迂回装置は、プラスチック(ポリプロピレンあるいは他の合成樹脂)板の一方端部に取り付けられたシリコーンチューブである。 Prior art aqueous humor bypass device is a silicone tube that is attached to one end of a plastic (polypropylene or other synthetic resin) plate. 房水短絡装置にあっては、強膜を露出させるために、結膜の中に切開部が形成される。 In the aqueous humor shorting device, in order to expose the sclera incision is formed in the conjunctiva. このプラスチック板は、眼の表面後方に、普通は赤道を覆って縫い付けられる。 The plastic plate is on the surface rearward of the eye, usually sewn over the equator. 眼の中には角膜輪部で、普通は針によって、充分に深さのある孔が形成される。 In the limbus in the eye, usually by a needle, a sufficiently deep hole. この孔を通して、前記のチューブが眼の中へ挿入される。 Through this hole, the tube is inserted into the eye. このチューブの外側部分は、ドナーの強膜かあるいは心膜かのいずれかで覆われている。 The outer portion of the tube is covered with either sclera or pericardium donor. 結膜は取り替えられて、前記切開部はしっかりと閉じられる。 Conjunctiva is replaced, the incision is closed tightly.

従来技術の房水迂回装置では、房水は前記シリコーンチューブを通って眼の表面へ排出される。 In the prior art aqueous humor bypass apparatus, aqueous humor is discharged to the surface of the eye through the silicone tube. この房水液はその後、厚さがより厚い眼窩組織で吸収される。 The aqueous humor was then thickness is absorbed by the thicker orbital tissue. 前記チューブの外側端部は、前記プラスチック板によって、線維芽細胞および瘢痕生成から保護されている。 Outer end of said tube, by the plastic plate, are protected from fibroblasts and scarring produced. 房水迂回装置には多くの合併症が関係している。 The aqueous humor bypass device many complications are involved. 前記プラスチック板の周りに生じる瘢痕組織の厚い壁によって、流出に対する何らかの抵抗がもたらされるとともに、多くの眼では眼圧の減少が制限される。 The thick walls of scar tissue that occurs around the plastic plate, with some resistance is brought against outflow, the reduction in intraocular pressure in many eyes limits. いくつかの眼では、前記チューブを通る流れが制限されないので、低眼圧症が生じる。 In some eyes, the flow through the tube is not limited, hypotony may occur. 多くの内科医は、前記チューブの周りに吸収性縫合糸を結び、前記プラスチック板の周りに充分な瘢痕組織が首尾よく形成された時点でその縫合糸が術後に溶解するのを待つ。 Many physicians, tie an absorbable suture around the tube, the suture when sufficient scar tissue was successfully formed around the plastic plate waits for the dissolution postoperatively. いくつかの装置には、前記チューブの内部に感圧バルブが含まれているが、これらのバルブは適切に機能しないかもしれない。 Some devices, although the pressure sensitive valve included within said tube, these valves may not function properly. 外科手術には、後部眼窩における手術が含まれており、多くの患者は術後に眼筋平衡障害や複視にかかる。 The surgery, includes a surgery in retro-orbital, many patients according to Mesuji balance disorders or diplopia postoperatively. 従来技術の房水短絡装置では、バクテリアが眼の内部に入って、眼内炎が起きる潜在的なおそれがある。 In aqueous humor shorting devices of the prior art, the bacteria may enter the interior of the eye, there is a potential risk of endophthalmitis occurs.

従来技術には、米国特許第4,936,825号(緑内障の治療のための、前房から角膜表面への管状シャントを提供する)、米国特許第5,127,901号(前房から結膜下空間への経強膜シャントに関連する)、米国特許第5,180,362号(前房から結膜下空間への流出をもたらすために配置されたらせん状鋼製インプラントを教示する)、および米国特許第5,433,701号(前房から角膜空間あるいは結膜下空間への短絡を広く教示する)のようないくつかの房水短絡装置が含まれている。 The prior art, U.S. Patent No. 4,936,825 (for the treatment of glaucoma, providing a tubular shunt from the anterior chamber to the corneal surface), conjunctiva from US Pat. No. 5,127,901 (the anterior chamber related transscleral shunt to lower space), teaches a helical steel implant that is placed to provide the outflow from the U.S. Pat. No. 5,180,362 (the anterior chamber to the subconjunctival space), and It contains some aqueous humor shorting devices such as U.S. Patent No. 5,433,701 (teaches broadly a short circuit to the cornea space or subconjunctival space from the anterior chamber).

これら従来の房水短絡装置に加えて、緑内障外科手術用の他の従来技術の装置では、過剰な房水を前房から外側眼表面へ迂回させて送るために、串線あるいは他の多孔質灯芯状構成要素が使われていた。 In addition to these conventional aqueous humor shorting device, in other prior art devices for glaucoma surgery, to send to bypass the outer ocular surface from the anterior chamber of excess aqueous humor, comb lines or other porous wick-like components have been used. その例には、米国特許第4,634,418号や米国特許第4,787,885号(三角状串線(灯芯)から構成されているインプラントを使う緑内障の外科治療を教示する)、そして米国特許第4,946,436号(前房を強膜下空間へ短絡するために多孔質装置の使用を教示する)が含まれている。 Examples include U.S. Patent No. 4,634,418 Patent and U.S. Patent No. 4,787,885 (teaches a surgical treatment of glaucoma using an implant that consists of a triangular-shaped comb line (wick)), and U.S. Patent No. 4,946,436 (the anterior chamber teaches the use of porous device to short-circuit the sclera space below) are included. これらの特許はシュレム管における配置については教示していない。 These patents do not teach placement in Schlemm's canal.

緑内障の管理に関するいくつかの従来技術の基準はシュレム管に関するものであったが、これらには、長期間の留置カテーテルの配置は含まれていなかった。 Reference of some prior art relating to the management of glaucoma were related Schlemm's canal, but these were not included in the arrangement of the long-term indwelling catheters. 米国特許第5,360,399号では、小柱網を水圧によって拡張してハイドロ分割するために、プラスチック製あるいは鋼製であって予備形成された曲率のあるチューブを通して粘稠物質を注入することで、そのチューブを一時的にシュレム管の中に配置することが教示されている。 In U.S. Patent No. 5,360,399, to hydro-dividing the trabecular meshwork expands by water pressure, injecting the viscous material through the tube with a curvature which is pre-formed which is made of plastic or steel in, it is taught to place the tube in a temporarily Schlemm's canal. このチューブは注入の後にシュレム管から取り出される。 The tube is removed from the Schlemm's canal after injection. このチューブは、注入のために眼から外側へ向けられているので、この流出要素と予備形成された湾曲形要素とのシュレム管内での交差角度は、その曲率平面に対して約90度であるとともに、前房から180度離れている。 The tube, so are directed outwardly from the eye for injection angle of intersection in Schlemm's canal with the outflow element and the preformed bent-shaped element is about 90 degrees relative to the curvature plane with, apart from the anterior chamber 180 degrees. したがって、米国特許第5,360,399号の装置のどの部分も前房に通じることがない。 Therefore, it does not lead to any portion anterior chamber of the device of U.S. Patent No. 5,360,399. さらにまた、このチューブには、シュレム管内部のその部分に対して直径がより大きく、洗浄のためのアダプターとして機能する注入カフ要素が備わっている。 Furthermore, this tube, a larger diameter with respect to that portion of the inside Schlemm's canal, injection cuff element that functions as an adapter for cleaning is provided. したがって、この装置は、前房とシュレム管との間の房水を短絡するのに適していない。 Accordingly, this device is not suitable for short-circuiting the aqueous humor between the anterior chamber and Schlemm's canal.

現在の緑内障の治療装置および治療方法で起きた問題の大部分は、房水液が眼の内側から眼の表面へ流出するために生じたのである。 Most of the current glaucoma treatment devices and therapeutic methods occurred problem is the aqueous humor fluid is caused to flow out from inside the eye to the surface of the eye. 前房からシュレム管の中への房水液の流出を促進するために、多くの生理学的システムについての要望が存在している。 To promote the outflow of the aqueous humor fluid from the anterior chamber into the Schlemm's canal, there is a need for a number of physiological systems. 緑内障の患者の圧倒的多数にあっては、シュレム管と前房との間に抵抗の問題が存在している。 In the overwhelming majority of patients with glaucoma, there is resistance problems between Schlemm's canal and the anterior chamber. シュレム管自体、集合流路および強膜上静脈系はすべて、無傷である。 All Schlemm's canal itself, the set channel and episcleral venous system is intact. 房水が直接シュレム管の中へ流れるのが促進されると、内角領域が非増殖性小柱細胞の単一線で占められるので、外部濾過方法で普通生じる瘢痕生成が最小限にされるであろう。 When aqueous humor to flow directly into the Schlemm's canal is facilitated, since the internal angle region is occupied by a single line of non-proliferating trabecular cells, der that usually occurs scar generated externally filtration method is minimized wax. 房水が直接シュレム管の中へ流れるのが促進されると、シュレム管が正常流出系の一部であるとともに房水の正常容積を扱うために生物学的に作られているので、低眼圧症は最小限になるであろう。 When aqueous humor is promoted to flow directly into the Schlemm's canal, because Schlemm's canal is made to biologically treat the normal volume of aqueous humor as well as a part of the normal outflow system, low eye hypertension would be minimal. 房水が直接シュレム管の中へ流れるのが促進されると、眼内炎および漏出のような合併症が排除されるであろう。 When aqueous humor to flow directly into the Schlemm's canal is facilitated, would complications such as endophthalmitis and leaks are eliminated.

発明の概要 この発明は、房水を眼の前房からシュレム管の中へ迂回させるために置かれる、緑内障の治療のための新規なシャントと関連外科手術法とを目的とする。 Summary of the Invention The present invention, the aqueous humor is placed in order to divert from the anterior chamber of the eye into the Schlemm's canal, an object of a novel shunt for the treatment of glaucoma and associated surgical methods. したがって、この発明によれば、大多数の従来技術の短絡装置で行われたように、強膜あるいは別の解剖学的部位へ短絡させるのではなく、房水を前房から流出させるための正常な生理学的通路が促進される。 Therefore, according to the present invention, as was done in the majority of prior art short-circuit device, instead of shorting the sclera or another anatomic site, normal for discharging the aqueous humor from the anterior chamber physiological passage is promoted such. この発明は、緑内障の管理のために前房からシュレム管への房水の流出を多くもたらすために、永久留置カテーテルを提供することをさらに目的とする。 The present invention, in order to bring more outflow of aqueous humor from the anterior chamber to Schlemm's canal for glaucoma management, further an object to provide a permanent indwelling catheters.

発明の詳細な説明 この発明によれば、眼の中にある房水を前房からシュレム管の中へ迂回させるための房水短絡装置であって、シュレム管の一部の中に周方向に収容されるような大きさおよび形状にされた少なくとも1つの端部側面を有している遠位部分と、眼の前房の中に収容されるような大きさおよび形状にされた少なくとも1つの端部側面を有している近位部分とを備え、前房における前記近位部分とシュレム管における前記遠位部分との間の流体連通を可能にする房水短絡装置が提供される。 According to DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION The present invention provides a aqueous humor shorting device for diverting aqueous humor in the eye from the anterior chamber into the Schlemm's canal, in a circumferential direction in a portion of Schlemm's canal a distal portion having at least one end side, which is sized and shaped to be accommodated, the anterior chamber of the eye at least one sized and shaped to be received within and a proximal portion having an end portion side, aqueous humor shorting device that enables fluid communication between the distal portion of the at anterior proximal and Schlemm's canal is provided. 流体連通は、以下で説明するように、前記近位部分かあるいは前記遠位部分かのいずれかにおける房水誘導流路によって促進することができる。 Fluid communication, as described below, may be promoted by aqueous humor induced flow path in either the proximal portion or the distal portion. 流体連通はまた、例えばこの装置における中実の近位部分あるいは遠位部分の吸い上げ機能によっても促進することができる。 Fluid communication may also, for example, can also be promoted by wicking function of the middle proximal portion or distal portion of the real in this device.

この発明によれば、発明性のあるシャントであって、房水をヒトの眼の前房からシュレム管の内部へ迂回させるためにシュレム管の一部の中に少なくとも一部が周方向に収容されるような大きさおよび形状に適合された生体適合性物質からなる本体を備え、この本体が前房からシュレム管の中への房水の移動を促進するシャントの実施形態も提供される。 According to the present invention, there is provided a shunt with the inventive, housed at least partially circumferentially within a portion of Schlemm's canal aqueous humor to divert from the anterior chamber of the eye of a human to the interior of Schlemm's Canal comprising a body made of a biocompatible material adapted to such size and shape as, the embodiment of the shunt the body to facilitate the movement of aqueous humor into the anterior chamber of Schlemm's canal is also provided. この発明の装置についての実施形態は、前房の中へ延びている前記実施形態の近位部分を備えることなく製造することができる。 Embodiment of apparatus of the invention can be produced without providing the proximal portion of the embodiment extending into the anterior chamber. 房水誘導流路によれば、前房からシュレム管の中への房水の移動を促進することができる。 According to aqueous humor induction passage, it is possible to facilitate the movement of aqueous humor into the Schlemm's canal from the anterior chamber. 流体連通は、例えば中実の本体部分の吸い上げ機能によっても促進することができる。 Fluid communication can also be facilitated by the wicking function of a solid body, for example.

この発明は、房水誘導流路についての相異なる多くの構成を意図している。 The invention contemplates different number of configurations for an aqueous humor induction passage. ただし、それぞれの構成が、管腔、樋、灯芯あるいは毛管作用をもたらすことによるような、前房からシュレム管への房水の移動をしやすくするものであることが条件である。 However, each configuration, lumen, trough, such as by bringing a wick or capillary action, it is a condition is for the anterior chamber easily the movement of aqueous humor into Schlemm's canal. 例えば、房水誘導流路は、完全に密閉された管腔、一部が密閉された管腔、あるいは少なくとも一部が開放された樋状流路であってよい。 For example, the aqueous humor induction passage is completely sealed lumen, the lumen portion is closed, or at least part thereof may be opened gutter-shaped channel. この発明は、吸い上げ機能あるいは拡張機能をもたらして前房からシュレム管への房水の移動を促進するために、プロリン(Proline(商標))(ポリプロピレン)のような中実のモノフィラメントすなわち網状のポリマーをシュレム管の中へ挿入することができる、ということを意図している。 The present invention, in order to facilitate the movement of aqueous humor from the anterior resulting wicking function or extension chamber into Schlemm's canal, proline (Proline (TM)) (polypropylene) solid monofilament i.e. reticulated polymers, such as can be inserted into the Schlemm's canal, it is intended that. このような吸い上げ用延長部あるいは拡張用延長部は、断面形状が多角形であるかあるいは星形であるように、その全長の任意部分に沿って溝あるいはひだを形成することもできる。 Such wicking for extension or extension extension, as the cross-sectional shape is or star is a polygon, it is also possible to form grooves or fold along any portion of its length. この発明の装置は、中実状、基質状、メッシュ状、有窓状あるいは多孔質の材料、あるいはこれらの組み合わせから構成することができる。 The apparatus of the invention can be configured middle circumstances, substrate-like, mesh-like, material fenestrated like or porous, or a combination thereof.

伝統的な緑内障の講義では、成人におけるシュレム管は中隔によって別々の管に分けられており、縫合糸の完全な通過が不可能になる、と説明されていた。 In lectures traditional glaucoma, Schlemm's canal in an adult is divided into separate tubes by the septum becomes impossible complete passage of a suture, it has been explained. アイバンクにある成人の眼についての先行研究によれば、シュレム管は実際には開放されていることが示された。 According to the prior studies of adult eye in the eye bank, Schlemm's canal was shown to be open in practice. 縫合糸はシュレム管の全周を通過することができる。 Suture can pass through the entire circumference of Schlemm's canal. シュレム管は、中隔によって複数の行き止まり管に分けられているのではなく、成人の正常な個体ではその全周にわたって開放されている、ということがこれまで判定されていなかった。 Schlemm's canal, the septum rather than being divided into a plurality of dead end tube, in normal individuals adult is open over its entire circumference, that has not been determined so far. この発明は、シュレム管へ接近するとともに、前房からシュレム管および集合流路への房水の自然な生理学的流出を創出しかつ維持するために、このような知見を利用する。 This invention is to approach the Schlemm's canal, in order to created a natural physiological outflow of aqueous humor from the anterior chamber to Schlemm's canal and the set channel and maintenance, use of such knowledge.

この発明によれば、前記短絡装置の使用方法も提供される。 According to the present invention, the use of the short device is also provided. この発明の1つの実施形態は、眼の前房の内部からシュレム管まで延出するように移植された装置で房水を前房からシュレム管の中へ迂回させるための外科的方法についてのものである。 One embodiment of the present invention are those of the surgical method for diverting aqueous humor from the anterior chamber into the Schlemm's canal with implanted device so as to extend from the interior of the anterior chamber of the eye to Schlemm's Canal it is. シュレム管の中へ延びているこの装置の部分は、シュレム管の半径、曲率および直径の一部の中に収容することのできる、シリコーンのような可撓性材料から作ることができる。 Part of which the device extends into the Schlemm's canal, can be housed in a portion of the radius, curvature and diameter of Schlemm's canal, it can be made from a flexible material such as silicone. その近位部分の外径は、約0.1mm〜0.5mm、あるいは約0.3mmである。 The outer diameter of the proximal portion is between about 0.1mm~0.5mm or about 0.3 mm,. 先行研究によれば、この近位部分の好ましい直径は、約0.23mm〜約0.28mm、より好ましくは約0.23mm〜約0.26mmであることが示されている。 According to previous studies, the preferred diameter of the proximal portion, about 0.23mm~ about 0.28 mm, has been shown to be more preferably about 0.23mm~ about 0.26 mm. この装置の全部あるいは一部は、中実状、多孔質、管状、樋状、有窓状のものあるいは予備湾曲されたものであってよい。 All or part of the apparatus, a medium situation, porous, tubular, trough-like, it may be those ones or have been pre-curved fenestrated like.

この発明に係る1つの実施形態が図1Aに示されており、その短絡装置100は側面図で示されている。 One embodiment according to the invention is shown in Figure 1A, the short-circuit device 100 is shown in side view. この実施形態の短絡装置100は、2つの部分、すなわち、近位部分10とこれに接続されている遠位部分25とから構成されている。 Short device 100 of this embodiment consists of two parts, namely, and a distal portion 25 for being connected to the proximal portion 10 thereto. 図示された近位部分10および遠位部分25によって、密閉型管状流路構造体が形成されている。 The proximal portion 10 and distal portion 25 shown, enclosed tubular channel structure is formed. 遠位部分25の全長は、約1.0mm〜40mmであり、好ましくは約4mm〜6mmである。 The total length of the distal portion 25 is about 1.0Mm~40mm, preferably about 4 mm to 6 mm. この発明の同じ実施形態が、図1Bにおいて内部流体連通路を示す想像線で示されている。 The same embodiment of the invention is shown in phantom showing an internal fluid communication path in FIG. 1B. 近位部分10の壁面と遠位部分25の壁面とによって区画された管腔すなわち流路形成空間が、遠位部分入口20におけるそれらの接合部でつながっている。 Wall and the distal portion 25 of the wall surface and compartmentalized lumen That passage forming space by the proximal portion 10 is connected at the junction thereof in the distal portion inlet 20.

この発明に係る別の実施形態が図1Cに示されており、その短絡装置100は、2つの網目管状要素、すなわち、近位部分10とこれに接続されている遠位部分25とから構成されている。 Another embodiment according to the invention is shown in Figure 1C, the short-circuit device 100 includes two mesh tubular elements, i.e., is composed of a distal portion 25 for being connected to the proximal portion 10 to ing. この発明に係るさらに別の実施形態が図1Dに示されており、その短絡装置100は、灯芯状の流体連通路をもたらすことのできる中実で多孔質の2つの要素、すなわち、近位部分10とこれに接続されている遠位部分25とから構成されている。 Yet another embodiment according to the invention is shown in FIG. 1D, the short-circuit device 100, the two elements of solid porous which can result in a wick-like fluid communication path, i.e., the proximal portion and a distal portion 25 for 10 to be connected thereto.

この発明に係る別の実施形態が図1Eに示されており、その短絡装置100には、近位部分10が備わっており、近位部分10の内部には、近位部分入口18で終わる2つの管腔がある。 2 another embodiment according to the invention is shown in FIG. 1E, Its short device 100, and equipped with the proximal portion 10, inside the proximal portion 10, ending with a proximal portion inlet 18 One of there is a lumen. シュレム管の内部に収容されるような形状および大きさにされた遠位部分25が、2つの遠位部分入口20のそれぞれから遠位部分25を貫通する別々の管腔を有し、どちらの方向へも延びている。 The distal portion 25 which is in such a shape and size are accommodated in the interior of Schlemm's canal is, have separate lumens extending through the distal portion 25 from each of the two distal portions inlet 20, either but also extends to the direction.

この発明に係る実施形態の他の例は図2〜図5Dに示されている。 Another example of an embodiment according to the present invention is illustrated in FIGS 5D. 図2は、発明性のあるシャントの1つの実施形態を示しており、この装置100はその構造が管状であって窓(15、30)が開けられ、近位部分10と遠位部分25によって区画された面との接合部の角度が鋭角(<90度)にされている。 Figure 2 is the inventive shows one embodiment of the shunt, the apparatus 100 has the structure is opened windows (15, 30) a tubular, the proximal portion 10 and distal portion 25 angle of junction between the sectioned surface is at an acute angle (<90 degrees). このような窓(15、30)は、それらを抜ける流体の通過を促進するために装置100のどの部分に沿って配置されていてもよいが、ここでは眼の集合流路に向きが合わされている。 Such a window (15, 30), they may be disposed along a portion of the apparatus 100 throat to facilitate the passage of fluid exiting the, but here is the orientation is adjusted to the set channel of the eye there. 図2はさらに、この発明の別の実施形態を示しており、その近位部分の端部側面16は、虹彩40へ向かって近位部分10の主軸に対し角度が付けられ、また、虹彩40に向きが合わされた近位部分の入口18を備えている。 Figure 2 further shows another embodiment of the present invention, the side surface 16 of the proximal portion, angled with respect to the main axis of the proximal portion 10 toward the iris 40, also, the iris 40 orientation and a proximal portion of the inlet 18 adapted to. 図6Cに示されたような別の実施形態では、端部側面16の入口18は虹彩40から離れるような向きにされている。 In another embodiment, as shown in FIG 6C, an inlet 18 of the side surface 16 is oriented such that away from the iris 40.

図3Aは、発明性のあるシャントの1つの実施形態を示しており、流路形成装置の一部は、近位部分10と遠位部分25との接合部で密閉されているとともにその構造が管状であるが、遠位部分25は樋状の流路である。 Figure 3A is the inventive shows one embodiment of the shunt, the part of the flow path forming device, whose structure together is sealed at the junction of the proximal portion 10 and distal portion 25 it is a tubular distal portion 25 is a trough-shaped flow path. 遠位部分入口20も示されている。 The distal portion inlet 20 is also shown. この発明は、装置100の任意部分が半管状、開放樋状あるいは灯芯状の延長部であってよい、ということを意図している。 The present invention is intended to any portion of the device 100 may be a semi-tubular, open trough or wick-like extensions, called. 管状流路は、円形、卵形、あるいは他の任意の閉鎖状外形であってよい。 Tubular flow channel is circular, oval, or other may be any closed shape contour. 非管状の樋状側面は、図3Aに示されるように、眼の集合流路への房水流出を促進するために、シュレム管の外壁に後方へ配向されているのが好ましい。 Trough-like aspects of the non-tubular, as shown in Figure 3A, in order to facilitate aqueous humor outflow to the set channel of the eye, preferably is oriented toward the rear on the outer wall of Schlemm's canal.

図3Bは、図3Aの発明性のあるシャントに係る前記実施形態の上面図を示しており、さらに、近位部分10と遠位部分25との関係を詳しく示している。 Figure 3B shows a top view of the embodiment of the shunt with the invention of FIG. 3A, further details the relationship between the proximal portion 10 and distal portion 25. 流路へ向けられている房水は破線で示されている。 Aqueous humor is directed into the flow path is indicated by broken lines. 図3Cは、図3Aの発明性のあるシャントに係る前記実施形態の近位図を示しており、さらに、近位部分10と遠位部分25との関係を詳しく示している。 Figure 3C shows a proximal view of the embodiment of the shunt with the invention of FIG. 3A, further details the relationship between the proximal portion 10 and distal portion 25.

図3Dは、発明性のあるシャントに係る別の実施形態を示しており、装置100の構造には、近位部分10と遠位部分25とに沿った連続状の樋状構成に開放されかつ湾曲されている房水誘導流路が備わっている。 Figure 3D shows another embodiment of the shunt with the inventive, the structure of the device 100, is open to the continuous shaped trough configuration along the proximal portion 10 and distal portion 25 and Aqueous humor induction passage which is curved are provided. 遠位部分入口20もまた、開放樋状の流路である。 The distal portion inlet 20 is also an open trough-like flow path.

図4は、発明性のあるシャントに係る別の実施形態を示しており、遠位部分25の端部側面に連なっているかあるいは取り付けられた房水吸い上げ用延長部32が加えられている。 Figure 4 shows another embodiment of the shunt with the inventive end portion aqueous humor wicking for extension 32 which or attached are continuous with the side surface of the distal portion 25 has been added. 吸い上げ用延長部32は、プロリンのようなモノフィラメントすなわち網状のポリマーから作ることができ、また、長さが約1.0mm〜約16.0mmであるのが好ましい。 Wicking for extension 32 can be made from monofilament i.e. reticulated polymers, such as proline, and it is preferably is about 1.0mm~ about 16.0mm in length. さらにまた、近位部分10は、封止状鈍化先端16で湾曲しているとともに、その近位部分の管腔に流体連通している入口18を含み、この短絡装置100がその意図された解剖学的位置に移植されたときに、虹彩から離れるように配向されている。 Furthermore, the proximal portion 10, with curved by sealingly blunting tip 16 includes an inlet 18 in fluid communication with the lumen of the proximal portion, dissecting this short device 100 is the intended when transplanted into histological position, it is oriented away from the iris. この短絡装置100は、シュレム管の開存性を拡張状態に維持するために役立てることもできる。 The short-circuit device 100 may also help to maintain the patency of Schlemm's canal in an expanded state.

図5Aは、発明性のあるシャントの別の実施形態を示しており、近位部分10が、単一の湾曲形遠位部分25に、「V字状」の管状構造に接続されている。 Figure 5A is the inventive shows another embodiment of the shunt, the proximal portion 10, a single curved shaped distal portion 25, and is connected to the tubular structure of the "V-shaped". 図5Aに示された実施形態には、シュレム管の内部で流体の両方向流を促進するために、近位部分10との接合部に隣接して遠位部分25に入口(図示略)が備わっていてもよい。 The embodiment shown in Figure 5A, in order to facilitate the two-way flow of the fluid inside the Schlemm's canal, equipped with an inlet (not shown) in the distal portion 25 adjacent to the joint between the proximal portion 10 it may be. 窓と非管状の樋状端部開口とが、この発明のすべての実施形態に意図されており、これらの窓と開口とは、円形、卵形、あるいは、関連する解剖学的空間の内部で最適な房水流路形成機能に要求される他の形状であってよい。 A gutter-shaped end opening of the window and the non-tubular, is intended in all embodiments of the invention, these windows and openings, circular, oval, or within the relevant anatomic space optimal tuft water flow path forming function may be other shape required.

図5Bは、発明性のあるシャントの別の実施形態を示しており、本体すなわち装置100には、前房からシュレム管への房水の流出が可能になるように、前房へ向けられた遠位部分入口20を含む単一の湾曲形遠位部分25が備わっている。 Figure 5B shows another embodiment of a shunt with the inventive, the body or device 100, prior to outflow of aqueous humor from the chamber into Schlemm's canal is enabled, directed to the anterior chamber single curved shaped distal portion 25 comprising a distal portion inlet 20 is provided. この装置の本体は、長さが約1.0mm〜約40mm、好ましくは約6mmである。 The body of the device, about 1.0mm~ about 40mm in length, preferably about 6 mm. この装置(あるいはこの装置の遠位部分)の外径は、約0.1mm〜約0.5mm、好ましくは約0.2mm〜約0.3mm、より好ましくは約0.23mm〜約0.28mmあるいは約0.26mmである。 The outer diameter of the device (or the distal portion of the device), about 0.1mm~ about 0.5 mm, preferably about 0.2mm~ about 0.3 mm, more preferably from about 0.23mm~ about 0.28mm or it is about 0.26mm.

図5Cは、発明性のあるシャントの別の実施形態を示しており、装置100には、近位部分10によって交差されている両方向型の管状遠位部分25が備わっており、その近位部分10は、遠位部分25に比べて長さが短く、また、前房へ向けられている。 Figure 5C shows another embodiment of a shunt with the inventive, the apparatus 100 is equipped with both types of tubular distal portion 25 which is intersected by a proximal portion 10, a proximal portion thereof 10, the length than the distal portion 25 is short, also directed to the anterior chamber.

図5Dは、発明性のあるシャントのさらに別の実施形態を示している図であって、この装置100には、シュレム管の中に挿入するための両方向型の樋状湾曲形遠位部分25が備わっており、この遠位部分25には、前房からの房水の流出を可能にするために配向された遠位部分入口20が含まれており、樋状遠位部分25は、房水の流出を促進するために、集合流路へ向かって開放するように配向されている。 Figure 5D is a diagram that illustrates yet another embodiment of a shunt with the inventive, this apparatus 100, two-way-type trough curved shaped distal portion for insertion into Schlemm's canal 25 and featuring, on the distal portion 25, front includes a distal portion inlet 20 oriented to allow the outflow of aqueous humor from the bunch, trough-like distal portion 25, tufts to promote the outflow of water, and is oriented to open toward the collection passage.

図5Eは、発明性のあるシャントの別の実施形態を示している図であって、この装置100には、シュレム管から吸い上げ性能のある集合流路ヘの房水の流出を促進するために、シュレム管の中に挿入する両方向型の中実状遠位部分25が備わっている。 Figure 5E is a diagram that illustrates another embodiment of a shunt with the inventive, this apparatus 100, in order to promote the outflow of aqueous humor collection channel F with a performance siphoning from Schlemm's canal , circumstances distal portion 25 in a bidirectional type to be inserted into Schlemm's canal is provided. 中実状遠位部分25は多孔質であっても非多孔質であってもよい。 Medium circumstances distal portion 25 may be either a porous non-porous.

この発明性のある装置はインプラントであるので、この装置は、それが接触する組織および流体に対して適合性のある材料から組み立てることができる。 This of an inventive device is an implant, this device is that it can be assembled from material that is compatible with tissue and fluid in contact. この装置は、生分解性材料であってもよく、非生分解性材料であってもよい。 This device can be a biodegradable material, or may be a non-biodegradable material. この装置は、生体内の原位置に保持される間に、吸収されたり、腐食されたり、さもなければ構造的に損なわれたりしないことが好ましい。 This device, while being held in situ in vivo, or is absorbed, or is corroded, or otherwise it is preferred that there be a structurally compromised. さらにまた、眼の組織および房水が、移植された装置の存在によって有害な影響を受けることなく維持される、ということも同じように重要である。 Furthermore, eye tissue and aqueous humor is maintained without detrimentally affected by the presence of the implanted device, it is equally important that. このシャントの製造と医学的仕様とに適合させるために、いくつかの材料を利用することができる。 To adapt to the production and medical specifications for the shunts can utilize several materials. この発明の代表的ないくつかの実施形態では、短絡装置100は、シリコーンあるいは同様なポリマーのような、生物学的に不活性な可撓性材料から構成されている。 In some representative embodiments of the present invention, short circuit device 100, such as silicone or similar polymers, and a biologically inert flexible material. 代わりの材料には、薄壁状のテフロン(Teflon(商標))、ポリプロピレン、他のポリマーやプラスチック、金属、あるいはこれらの材料によるいくつかの組み合わせが含まれるが、これらに限定されることはない。 The alternative materials, thin-walled Teflon (Teflon (TM)), polypropylene, other polymers or plastics, metals, or including but some combinations of these materials is not limited thereto . 短絡装置100は、別の実施形態では、多孔質かあるいは中実かのいずれかとして構成することができる。 Short device 100, in another embodiment, may be configured as either porous or solid. この材料には、隣接組織へ送達することのできる治療薬が含まれていてもよい。 This material may contain therapeutic agents that may be delivered to adjacent tissue.

図1〜図4に示された実施形態では、近位部分10は、遠位部分25がシュレム管の面に配向されたときに近位部分10を眼の前房の内部に配置することのできるある角度で、遠位部分25に接続されている。 In the embodiment shown in FIGS. 1-4, proximal portion 10, distal portion 25 of the proximal portion 10 is disposed within the anterior chamber of the eye when it is oriented in the plane of Schlemm's canal at an angle which can be, connected to the distal portion 25. 近位部分10は、シュレム管の中に遠位部分25があるその接合部から前房の隣接空間へ向かって延出するように、充分な長さ、すなわち約0.1mm〜約3.0mmあるいは約2.0mmの長さがあるのが好ましい。 The proximal portion 10 so as to extend toward from its junction with the distal portion 25 in Schlemm's canal into the anterior chamber of an adjacent space, long enough, i.e. about 0.1mm~ about 3.0mm or preferably a length of about 2.0 mm. 房水を流路で流すために多くの形状寸法を用いることができるが、近位部分10の直径および幅は、管状あるいは湾曲状のシャントについては約0.1mm〜約0.5mm、好ましくは約0.2mm〜約0.3mmの内径を、あるいは多角形構成のシャントについては同等の最大幅をもたらすような寸法に仕上げることができる。 Can be used many geometries in order to flow the aqueous humor in the channel, the diameter and the width of the proximal portion 10 is tubular or the curved shunt about 0.1mm~ about 0.5 mm, preferably an inner diameter of about 0.2mm~ about 0.3 mm, or for shunt polygonal configuration it can be finished sized to result in an equivalent maximum width. 他のいくつかの実施形態では、近位部分は、その長さに沿った房水誘導流路をもたらす非管腔状、非樋状の吸い上げ用延長部である。 In some other embodiments, the proximal portion is a non-luminal resulting aqueous humor induction passage along its length, a non-trough-like wicking for extension.

虹彩40はどちらかというと弛緩した複数の組織線毛からなることが多いという虹彩40の特性のために、そのような線毛がインプラントの管腔の中へ引き込まれ、それによってこの短絡装置が塞がれる、ことを防止するのが好ましい。 Iris 40 for the characterization of the iris 40 that is often made of a plurality of tissue pili were relaxed Rather, such pili is drawn into the lumen of the implant, is thus the short-circuit device blocked by, it is preferable to prevent. したがって、近位部分10には、隣接する虹彩による閉塞を防止するように構成され、流体の流入を可能にする複数の窓が含まれていてもよい。 Thus, the proximal portion 10, is configured to prevent occlusion by the adjacent iris, it may include a plurality of windows to enable fluid. これに代わって、近位部分10には、眼の前房とこのシャントの前記誘導流路との間における連続的な流体流出をもたらすために、前方に配向された窓の形態にある近位部分入口18だけが備わっていてもよい。 Alternatively, the proximal portion 10, to provide a continuous fluid outflow between said induction passage anterior chamber and the shunt of the eye, proximal in the form of a window oriented to the front only the portion inlet 18 may be provided. 前記窓は、この発明のさまざまな実施形態では、機能的にどのような寸法でもよく、また、円形でも非円形でもよい。 It said window is, in various embodiments of the invention, functionally may be of any size, may also be a non-be circular circular. さらに、房水の流路形成を行うとともに、線毛の進入のおそれを最小限にするために、多孔質の構造材料が役に立つ。 Furthermore, it performs a channel formation of aqueous humor, in order to minimize the risk of ingress of fimbriae structural materials of the porous useful.

さらにまた、近位部分10は、虹彩40との干渉を防止するために、小柱網のより前方面を周辺の角膜組織の中へ移動させることによるなどして、虹彩40から充分遠くに配置することかできる。 Furthermore, the proximal portion 10 in order to prevent interference with the iris 40, and such as by moving into the surrounding corneal tissue more forward surface of the trabecular meshwork, far enough to place the iris 40 It can either be. さらに別の実施形態では、図6Cに示されたように、装置100には、近位部分10であって、この近位部分10の端部側面が湾曲されあるいは虹彩40へ向かって角度が付けられ、かつ、封止状鈍化先端16と、下方にある虹彩40からそれるように前方へ配向された入口18とを有する近位部分10が備わっていてもよい。 In yet another embodiment, as shown in Figure 6C, the device 100 is a proximal portion 10, angled toward the proximal portion 10 the side surface is curved or the iris 40 is, and the sealing-shaped blunt tip 16 may be equipped with a proximal portion 10 having an inlet 18 which is oriented forward so as deviate from the iris 40 located below. このような構成によれば、虹彩40によるこの短絡装置の閉塞のおそれが減少するであろう。 According to such a configuration, the risk of occlusion of the short-circuit device according to the iris 40 will decrease.

この装置100には、シュレム管から前房の中への逆流を防止するために、1つ以上の一方向バルブが含まれていてもよい。 The apparatus 100, in order to prevent backflow into the Schlemm's canal of the anterior chamber may include one or more one-way valve. この装置の密閉部分のための内部管腔あるいはこの装置の開放部分の端部によって区画された内部管腔は、近位部分入口20で前記遠位部分の内部管腔すなわち流路に直接連通している。 Internal lumen which is divided by the end of the open portion of the inner lumen or the device for sealing parts of the device communicates directly inside lumen i.e. passage of the distal portion at the proximal portion inlet 20 ing.

遠位部分25には、ヒトの眼におけるシュレム管の直径6.0mmに近付けるために、予備形成された湾曲部が備わっていてもよい。 The distal portion 25, to approximate the diameter 6.0mm of Schlemm's canal in a human eye, may be equipped with curved portion which is preformed. このような予備形成された湾曲部は、短絡装置100を構成するために可撓性材料が用いられたときには、不要である。 Such preformed bend, when the flexible material is used to construct a short-circuit device 100 is unnecessary. 遠位部分25は、近位部分10との接合部からシュレム管の全周の任意長さを通って延出するために、充分な長さのものであってもよい。 The distal portion 25, to extend through the entire circumference of any length of Schlemm's canal from the junction of the proximal portion 10 may be of sufficient length. シュレム管の内部でいずれかの方向へ延びている遠位部分25が備わっている実施形態では、シュレム管を通る周辺配置を可能にするために、遠位部分25は、いずれかの方向へ、約1.0mm〜20mm、あるいは約3.0mm延びていてもよい。 In embodiments where the distal portion 25 extending in either direction within the Schlemm's canal is provided, to allow a peripheral arrangement through the Schlemm's canal, the distal portion 25, in either direction, about 1.0mm~20mm or may extend about 3.0mm,. 遠位部分25の直径あるいは幅は、管状あるいは湾曲状のシャントについては約0.1mm〜0.5mm、あるいは約0.3mmの外径を、あるいは多角形構成のシャントについては同等の最大幅をもたらすような寸法に仕上げることができる。 Diameter or width of the distal portion 25 is tubular or curved for shunt about 0.1 mm to 0.5 mm, or an outer diameter of about 0.3 mm, or the equivalent of the maximum width for a shunt polygonal configuration it can be finished to the dimensions that result. 遠位部分25には、シュレム管の隣接壁によって閉塞を防止するように構成され、流体の流出を可能にする複数の窓が含まれていてもよい。 The distal portion 25 is configured to prevent clogging by the adjacent walls of Schlemm's canal may include a plurality of windows which allow the outflow of fluid. 他のいくつかの実施形態では、遠位部分は、その長さに沿った房水誘導流路をもたらす非管腔状、非樋状の吸い上げ用延長部である。 In some other embodiments, the distal portion is a non-luminal resulting aqueous humor induction passage along its length, a non-trough-like wicking for extension.

この発明の代表的な実施形態では、短絡装置は、図1A〜1E、図2、図3A〜3D、図4および図5Cに示されたように、「T字状」接合部における近位部分に交差しているインプラントの遠位部分がある両方向型のものであるか、あるいは、図5Aに示されたように、近位短絡部分と遠位短絡部分との「V字状」接合部がある一方向型のものであるかのいずれかである。 In an exemplary embodiment of the present invention, short circuit device, FIG. 1A to 1E, 2, Figure 3A-3D, as shown in FIGS. 4 and 5C, the proximal portion in a "T-shaped" junction or is of the bidirectional type with a distal portion of the implant intersecting the or, as shown in FIG. 5A, the "V-shaped" junction between the proximal short portion and a distal short portion it is one of whether or not there are those of one-way. 一方向型短絡装置には、シュレム管の内部で両方向に挿通されている遠位部分が備わっていてもよい。 The one-way short device, may be equipped with a distal portion that is inserted in both directions inside Schlemm's canal. 一方向型短絡装置の場合には、遠位短絡部分だけがシュレム管の内部に配置されている。 In the case of a one-way short device, only the distal short portion is positioned within the Schlemm's canal. これらの代表的実施形態において、「非線形流体連通路」とは、流体通過が直線でない、シャントの少なくともいくつかの部分を意味する。 In these exemplary embodiments, the term "non-linear fluid communication path", the fluid passage is not linear, which means at least some portions of the shunt. 非線形シャントの例は、前記の両方向型「T」字状シャントおよび前記の一方向型「V」字状シャント、あるいは移植されたときに互いに直線状に配置されない2つの流路開口があるシャントである。 Examples of non-linear shunts are the bidirectional type "T" shaped shunts and said one-way "V" shaped shunt, or shunt with two flow paths openings are not arranged in a straight line with one another when implanted is there.

この発明に関連した外科解剖学的構造が図6Aに示されている。 Surgical anatomical structures associated with the present invention is shown in Figure 6A. 図6Aは、前房35、シュレム管30、虹彩40、角膜45、小柱網50、集合流路55、強膜上静脈60、瞳孔65および水晶体70を、全体として示している。 Figure 6A, the anterior chamber 35, Schlemm's canal 30, the iris 40, cornea 45, trabecular meshwork 50, the set channel 55, episcleral veins 60, pupil 65 and lens 70 is shown as a whole. 図6Bは、この発明の代表的実施形態の外科的配置を解剖学的関連性で示している。 6B shows anatomical relevant surgical placement of a representative embodiment of the present invention. 発明性のあるこの装置は、遠位部分25をシュレム管30の内部に配置すると前房35の内部における近位部分10の配向が虹彩40と角膜45の内面とによって規定された角度の範囲になるように設計されている、ということに留意すべきである。 Of an inventive this device, the distal portion 25 a defined angular range orientation by the inner surface of the iris 40 and the cornea 45 of the proximal portion 10 in the interior of the tufts 35 before when placed inside the Schlemm's canal 30 is designed to be, it should be noted that. したがって、シュレム管によって規定された平面が0度として規定されると、近位部分10は、そこから角膜45へ約+60度の角度、あるいは虹彩40へ−30度の角度で、より好ましくは0〜+45度の範囲内の角度で延出する。 Therefore, when the plane defined by Schlemm's canal is defined as zero degrees, the proximal portion 10, an angle of about +60 degrees to the cornea 45 from there or at an angle of -30 degrees to the iris 40, more preferably 0 extending at an angle in the range of ~ + 45 °. この角度範囲は、前房35の辺縁角に対するシュレム管30の位置がわずかに相異なっている個体において、変動してもよい。 The angular range, in individuals position of Schlemm's canal 30 is slightly different from each for marginal angle of the anterior chamber 35, it may vary.

示されていない、この発明のさらに別の実施形態では、短絡装置100は、短絡機能をもたらすために管状である1つの遠位部分25と、この移植装置全体を安定化させるために固定機能をもたらすとともに前房からシュレム管への流体連通をもたらす複数の近位部分10とから構成されている。 Not shown, in yet another embodiment of the present invention, short circuit device 100 includes one of the distal portion 25 is a tubular to bring the short-circuit function, a fixed function The entire implant device to stabilize and a plurality of proximal portion 10 for providing fluid communication to the Schlemm's canal from the anterior chamber with leads.

したがって、この発明によれば、眼の中の房水を前房からシュレム管の中へ迂回させる房水短絡装置であって、シュレム管の一部の中に周方向に収容されるような大きさおよび形状にされた少なくとも1つの端部側面を有している遠位部分と、眼の前房の中に収容されるような大きさおよび形状にされた少なくとも1つの端部側面を有している近位部分とを備え、前記近位部分が、眼の前房の中における近位部分の前記端部側面の位置を維持するために、そこから延びている固定具を有し、この装置が前房の中における前記近位部分からシュレム管における前記遠位部分への流体連通を可能にする房水短絡装置が提供される。 Therefore, according to the present invention, there is provided a aqueous humor shorting device to divert into the Schlemm's canal from the anterior chamber aqueous humor within the eye, the size to be received circumferentially within a portion of Schlemm's canal a and a distal portion having at least one end side which is shaped, at least one end side is pre-sized and shaped to be received in the chamber of the eye and a proximal portion and said proximal portion, to maintain the position of the end portion side of the proximal portion in the inside of the anterior chamber of the eye, has a fastener extending therefrom, the device aqueous humor shorting device to permit fluid communication from the proximal portion of the inside of the anterior chamber to the distal portion in Schlemm's canal is provided. 別の実施形態では、このような固定具は、シュレム管の中におけるインプラントの安定化を助けるためにこの装置の遠位部分から延びていてもよい。 In another embodiment, such a fixture may extend from the distal portion of the device in order to help stabilize the implant in the in the Schlemm's canal.

以下に説明されたさまざまな実施形態とこの開示を考慮した当業者に明らかなさまざまな実施形態とにおける多数の近位部分または遠位あるいは近位部分からの固定具延長部(「固定具」と総称する)によって、この短絡装置からのさまざまな改良がもたらされる。 The following various embodiments described fixture extension of a number of the proximal portion or distal or proximal part of the apparent various embodiments to those skilled in the art in view of this disclosure (the "fixture" by generic to), leading to various improvements from the short-circuit device. この固定具によれば、近位部分が前房の中へ進められ、次いでそれが前房の縁に接触するまで定位置に引き戻されるので、この装置の移植と適切な配置とが促進される。 According to this fixture been advanced proximal portion into the anterior chamber, then because it is pulled back into position until it contacts the edge of the anterior chamber, implantation and the proper placement is facilitated in this device . 以下でさらに説明されるように、移植のための外科的処置によって、この固定具を捕捉するように設計された棚を形成することができる。 As described further below, the surgical procedure for implantation, it is possible to form a shelf that is designed to capture the fixture. これによって、外科医は、近位部分のどれだけが前房の中へ延出して残るかを決定することができる。 Thus, the surgeon can determine whether remains extends much of the proximal portion into the anterior chamber. この固定具の形状構成によってもまた、近位部分を前房の中へまず移植し、次いで遠位部分をシュレム管の中へ配置する外科的代替が可能になる。 Also by the shape structure of the fixture also initially ported proximal portion into the anterior chamber, then allows the surgical alternative of placing the distal portion into the canal of Schlemm. この固定具はまた、この短絡装置を、通常使用の間における最小の移動で、前房およびシュレム管の中の所望位置に固定するのにも役立つ。 The fixture also the short circuit device, with minimal movement during normal use, also serve to secure the desired position in the anterior chamber and Schlemm's canal.

この固定具は、このシャントの構成材料、例えばシリコーンを簡単に濃密化することによって組み立てることができ、あるいは、そこへ取り付けられた別の材料から作ることができる。 The fixture, the material of the shunt, such as a silicone can be assembled by simply densification of, or can be made from a different material attached thereto. さらに、この固定具は余分な材料を除去することによっても組み立てることができる。 Furthermore, the fixture can be assembled by the removal of excess material. この固定具は、円形あるいは突刺のような事実上、任意の機能的形状で、近位部分から延出することができる。 The fixture, virtually as circular or puncture, in any functional shape, may extend from the proximal portion. 図7Aは、この装置の近位部分10と虹彩へ向かって延びている突刺形状の固定具80とを示している、この発明の代表的実施形態における外科的配置の解剖学的関連性を示している断面図である。 7A shows a fixture 80 for piercing shape extending toward the proximal portion 10 and the iris of the device, shows the anatomical relationship of the surgical placement of an exemplary embodiment of the present invention and it has a cross-sectional view. 図7Bは、その表面に環状あるいは円周状の固定具80を有しているこの装置の近位部分10を示している、この発明の別の代表的実施形態における外科的配置の解剖学的関連性を示している断面図である。 Figure 7B shows the proximal portion 10 of the device has an annular or circumferential fixture 80 on the surface thereof, anatomic surgical placement in another exemplary embodiment of the present invention it is a sectional view showing the relevance.

したがって、固定具は、近位部分の周りで周方向へ延出するか、あるいはそこから1つ以上の方向へだけ延出することができる。 Accordingly, the fixture may extend the amount to extend around the proximal portion to the circumferential direction, or from there to one or more directions. 図8Aは、両方向型の遠位部分25と近位部分10の表面で周方向へ延びている固定具80とを有している、この装置の1つの実施形態を示している。 Figure 8A illustrates one embodiment of which is, the device and a fixture 80 extending from the surface of the distal portion 25 and proximal portion 10 of the bidirectional type in the circumferential direction. 図8Bは、両方向型の遠位部分25と移植されたときに近位部分10の表面で虹彩の位置へ向かって中央に延びている固定具80とを有している、この装置の別の実施形態を示している。 Figure 8B includes a fixture 80 toward the surface of the proximal portion 10 to the position of the iris and extends to the center when implanted with the distal portion 25 of the bidirectional type, another of the device It shows an embodiment. 図8Cは、両方向型の遠位部分25と移植されたときにこの装置の各側部に近位部分10の表面で横断状に延びている固定具80とを有している、この装置の別の実施形態を示している。 Figure 8C includes a fixture 80 extending transverse shape at the surface of the proximal portion 10 on each side of the apparatus when implanted with the distal portion 25 of the bidirectional type, the device It shows another embodiment. この発明は、近位部分から延びている複数の歯を含んでいる固定具の他の多くの構成を意図している。 The invention contemplates many other configurations of the fixture includes a plurality of teeth extending from the proximal portion.

この装置には、前房の内面に隣接する対応固定具によるかあるいはよることなく、この装置の外科的配置および固定を容易にするために、前房の外面に隣接して配置される固定具が設けられていてもよい。 The apparatus before without depending or whether by the corresponding fixture adjacent to the inner surface of the tufts, to facilitate surgical placement and fixation of this device, a fixture positioned adjacent the outer surface of the anterior chamber it may be provided. したがって、このインプラントを安定化させるための可能性のある構成は、この装置を前房とシュレム管との間の小柱網に固定するために、前房の内部およびシュレム管の内部に配置する固定具が備わった装置である。 Thus, possible configuration for stabilizing the implant, in order to secure the device to the trabecular meshwork between the anterior chamber and Schlemm's canal are located before in the inner and Schlemm's canal of tufts fixture is that equipped devices.

固定具はこの装置の移植あるいは固定を促進する任意の方向へ任意の形状および大きさで延出することができる、ことを理解すべきである。 The fixture may extend in any shape and size in any direction that promotes implantation or fixation of the device, it should be understood that. 例えば、図9は、前房の中への導入を促進し、かつ、そこからの移動を阻止するために、両方向型遠位部分25と近位部分10の表面で突刺形状あるいは円錐形状に周方向に延びている固定具80とを有している別の実施形態を示している。 For example, Figure 9, to facilitate the introduction into the anterior chamber, and to prevent movement from there, circumference piercing shape or conical shape at the surface of the bidirectional type distal portion 25 and proximal portion 10 It shows another embodiment in which a fixing member 80 extending in the direction. さらにまた、前房の壁面を通る導入を促進するために、近位部分の端部は、鈍くされた切断面あるいは直角の切断面ではなく、ある角度で切断することができる。 Furthermore, in order to facilitate the introduction through the wall of the anterior chamber, the ends of the proximal portion is not a cut surface or perpendicular cut surface is dull, it is possible to cut at an angle. 近位部分の先端の角度付き形状によって、近位入口をより大きい表面積にすることができるので、房水の流れが促進される。 The angled shape of the tip of the proximal portion, it is possible to a larger surface area proximal inlet, the flow of aqueous humor is facilitated. この装置は少なくとも、約2.5マイクロリットル/分の推定正常産生速度で房水が流れることが可能であるべきである。 The device should at least be capable of aqueous humor to flow at about 2.5 microliters / minute estimated normal production speed.

図10は、近位端が、シュレム管の中へ挿入するための一対の遠位管腔25を形成するために、分岐するより大きい単一の近位管腔10を備えている、この装置のさらに別の実施形態を示している。 Figure 10 is a proximal end, in order to form a pair of distal lumen 25 for insertion into the Schlemm's canal, and a single proximal lumen 10 larger than the branch, this device It shows yet another embodiment of the. この近位端は、この装置を前房の中へねじ込んで、ねじ山とシュレム管の中に挿入された遠位端とによってその中に固定することができるように、先細にされるとともにねじ山80を含んでいるのが好ましい。 The proximal end is screwed to the device into the anterior chamber, so that it can be secured therein by a distal end which is inserted into the thread and Schlemm's canal, the screw while being tapered preferably contain mountain 80. この実施形態によって、ある場合には、前房の中への切開の必要性を取り除くことで、挿入が簡単になるであろう。 This embodiment, in some cases, by eliminating the need for incision into the anterior chamber will insert is simplified.

固定具は、この装置の残部と同様に、線維芽細胞のような細胞の成長を促進してこのインプラントを移動から安定化するために、ざらつきがあるか、溝が付けられているか、あるいは多孔質の材料で構成することができる。 Fixture, like the remainder of the apparatus, in order to stabilize the to move the implant promotes the growth of cells such as fibroblasts, there is a roughness, or grooves is attached, or porous it can be composed of material quality. この装置の近位端および遠位端の最先端は、手術部位で成長するかもしれない繊維芽細胞のような新しい組織の誘引を防止するとともに、そこを通る房水の流れを阻止するために、製造することができる。 It advanced the proximal and distal ends of the device, while preventing the attraction of new tissues such as fibroblasts may be grown at a surgical site, in order to prevent the flow of aqueous humor therethrough , it can be produced. したがって、この装置の近位部分は、入口を越えて前房の中へ0.1〜3mm、好ましくは約0.5mm延出するように、製造することができる。 Thus, the proximal portion of the apparatus, 0.1 to 3 mm into the anterior chamber beyond the inlet, preferably so as to leave about 0.5mm extension, can be produced. 先に考察したように、近位入口の角度付き先端によって、前房の中へ延びている近位部分に沿ったある範囲の長さがもたらされるであろう。 As discussed above, the angled tip of the proximal inlet would range of lengths along a proximal portion extending into the anterior chamber is provided.

遠位部分は、手術部位とそれに続く線維芽細胞増殖部位とを越えて、同様に延出すべきである。 The distal portion beyond the fibroblast proliferation moiety and subsequent surgical site should give extension as well. それゆえ、遠位部分は、角度付き末端についての多様性を再び考慮に入れると、およそ4mm〜6mmの長さを有していてもよい。 Therefore, the distal portion, taking into account the diversity of the angled end again, may have a length of approximately 4 mm to 6 mm. この発明に係る単一型あるいは二連型の管腔短絡装置は、従来の成型法あるいは押出法によって製造することができる。 Single type or dual type luminal short device according to the invention can be prepared by a conventional molding method or extrusion method. 押出製造の場合には、単一型管腔は、その後に一部が相互接合されて二連型管腔装置を形成することができ、あるいは、共有押出された二連型管腔装置の個々の管腔は、部分的に離して別々の方向に延出することのできる遠位部分を画定することができる。 In the case of extrusion manufacturing a single type lumen, each followed by a part can form a are mutually bonded dual type lumen device, or are coextruded dual-type lumen device lumen may define a distal portion capable of extending in different directions partially separated. このような装置は、それが0.25mmの対象物の周りに巻き付いたときにねじれないように構成されているのが好ましい。 Such devices, it is preferably configured so as not twisted when wound around the object 0.25 mm.

場合によっては、この装置には、前房あるいはシュレム管の中における適切な配置に役立つように、この装置の表面に1つ以上の可視的表示が含まれていてもよい。 Sometimes, this device, to help proper placement in the inside of the anterior chamber or the Schlemm's canal, one or more may be included visual indicator on the surface of the device. 遠位端におけるこのような表示は、その遠位端がシュレム管の中に適切に挿入されたことを確認するために使うことができるであろうし、また、近位端におけるこのような表示は、前房の中への過多挿入あるいは過少挿入を防止するであろう。 Such a display at the distal end in the art will be able to use to ensure that the distal end is properly inserted into the Schlemm's canal, also, such a display at the proximal end , it will prevent excessive insertion or under-insertion into the anterior chamber.

場合によっては、この装置は、治療薬で選択的に被覆されあるいは浸透されていてもよい。 Optionally, the device may be selectively coated with a therapeutic agent or may be penetrated. 例えば、安定化のために内方成長が望まれるところでは、ある種の成長因子が存在してもよく、閉塞が回避されるべき端部入口では、5−フルオロウラシルあるいはマイトマイシンのような抗線維形成薬が存在してもよい。 For example, where ingrowth for stabilization is desired, there may be certain growth factors, in the end an inlet to occlusion is avoided, 5- antifibrotic such as fluorouracil or mitomycin medicine may also be present. この装置はいっそう一般的には、抗生物質、あるいはカルボン酸アンヒドラーゼ抑制薬の被覆物が設けられていてもよい。 The apparatus in the more common, may be provided with coatings of antibiotics or carboxylic acid anhydrase inhibitors. 小柱網の内部におけるコラーゲンの分解を促進する薬剤もまた用いることができる。 Agents promoting degradation of collagen in the interior of the trabecular meshwork may also be used.

この発明によれば、短絡装置の移植および使用の方法がもたらされる。 According to the present invention, a method of implantation and use of the short-circuit device is provided. この装置を挿入するのに必要な外科的処置には、結膜皮弁を介する取り組みが必要になる。 The surgical procedure necessary to insert the device, it is necessary efforts through the conjunctiva flap. そして、部分的に厚さのある強膜皮弁が、形成され、半分の厚さに切り分けられて正常な角膜の中へ入れられる。 The partially thicknesses of certain scleral flap is formed and placed into a normal cornea cut into half thickness. シュレム管の後方面が確認されると、シュレム管には後方から入れられる。 When the rear surface of Schlemm's canal is identified and placed from behind into Schlemm's canal. シュレム管および/または前房は、粘弾性薬剤および/または細胞分裂薬剤の注入によって、拡張しかつ潤滑化することができる。 Schlemm's canal and / or anterior chamber is by injection of viscoelastic agents and / or cell division agent, it can be expanded and lubricated. 適切ないくつかの粘弾性組成物、これらを眼の中へ注入するためのいくつかの装置および方法は、米国特許第5,360,399号に記載されており、その内容は引用によってこの明細書に組み入れられる。 Suitable Some viscoelastic composition, several apparatus and methods for injecting these into the eye is described in U.S. Patent No. 5,360,399, the contents of this specification by reference It is incorporated in the book. この発明の一部としていくつかの粘弾性組成物を用いるときには、シュレム管の過大拡張および破裂を防止するための注意をすべきである。 When using some viscoelastic composition as part of the present invention, it should be a caution to prevent excessive expansion and rupture of Schlemm's canal. このシャントの近位部分はその後、シュレム管および小柱網の内壁を介して前房の中へ、虹彩と角膜とで作られる角度の範囲内で挿入される。 The proximal portion of the shunt is then into the anterior chamber through the inner wall of Schlemm's canal and trabecular meshwork is inserted within the angle made by the iris and the cornea. いくつかの場合には、シュレム管から小柱網を経て前房までについての切開が必要であるので、そこを通る近位部分の移動が促進される。 In some cases, because it is necessary incisions for up to the anterior chamber through the trabecular meshwork from the Schlemm's canal, the movement of the proximal portion therethrough is facilitated. この短絡装置における遠位部分の一方のアームは、握られてシュレム管の中へねじ込まれる。 One arm of the distal portion of the short-circuit device is threaded gripped by into the Schlemm's canal. 同様の方法で、この短絡装置における遠位部分の他方のアーム(存在しているときに)は、初めからその反対方向にあるシュレム管の中へ挿入される。 In a similar manner, the other arm of the distal portion of the short-circuit device (when present) is inserted from the beginning into the Schlemm's canal in the opposite direction. 強膜皮弁および結膜の傷は従来の方法で閉鎖される。 Scleral flap and conjunctival wound are closed in a conventional manner.

以下の処置は、両方向型シャントをシュレム管の中へ挿入するために、とりわけ、開示されたような固定シャントを外科的に用意された組織棚の表面に挿入するために、行われてもよい。 The following treatment, in order to insert a bidirectional shunt into the Schlemm's canal, particularly in order to insert the fixed shunt as disclosed in surgically prepared tissue shelf surface may be performed .

全身麻酔あるいは局部麻酔を行う。 Perform general anesthesia or local anesthesia. 麻酔薬(リドカイン、ブピバカインその他)の眼球後注入かあるいは眼球周囲注入かのいずれかで行うのが好ましい。 Anesthetics (lidocaine, bupivacaine etc.) preferably carried out either in or after injection or peribulbar injection eye.

眼球周囲領域を、ポボダイン溶液のような外科的に容認される殺菌剤で洗浄する。 The peribulbar region, washed with surgically accepted as fungicides such as Pobodain solution. そして、眼瞼検査鏡を配置する。 Then, place the lid inspection mirror.

角膜縁で円蓋基結膜切開を行う。 Performing fornix group conjunctival incision in the limbus. 両極性焼灼器かあるいはジアテルミー装置かのいずれかで止血を確実に行う。 Either bipolar cautery or diathermy apparatus reliably perform hemostasis.

脈絡膜の内部へおよそ100の深さまで延出する3〜4mm×3〜4mmの強膜皮弁を作る。 Until the internal to about 100 of the depth of the choroid make a scleral flap of 3~4mm × 3~4mm extending.

強膜皮弁を前方部で切り裂いて、シュレム管の外壁を剥がす。 The Tsuyomakukawaben tearing through the front portion, peeling off the outer wall of Schlemm's canal.

小柱網の上方に強角膜棚を形成するために、この切り裂きを引き続いて行う。 To form a strong cornea shelf above the trabecular meshwork, performing subsequently the tearing. 外科医の裁量で、強膜皮弁を通して控え縫合糸を配し、強膜皮弁を定位置に維持する。 In the discretion of the surgeon, arranged suture ahead through Tsuyomakukawaben maintains Tsuyomakukawaben in place.

外科医の裁量で、強膜皮弁の両側におけるシュレム管への開口を、粘性管造成術のカニューレおよび粘弾性薬剤(例えば、ヒアルロン酸サルフェートあるいはヒアルロン酸/コンドロイチンサルフェート)を用いて広げる。 In the discretion of the surgeon, the opening into the Schlemm's canal on either side of Tsuyomakukawaben, spread with a viscous tube Construction surgery cannula and viscoelastic agents (e.g., hyaluronic acid sulfate or hyaluronic acid / chondroitin sulfate).

手術部位の遠位にある角膜縁で穿孔を作る。 Make a perforation in the cornea edge distal to the surgical site.

外科医の裁量で、粘弾性薬剤および縮瞳薬(カルバコールあるいはアセチルコリン)を前房の中へ注入して、その区域を深くする。 In the discretion of the surgeon, by injecting the viscoelastic agent and miotics the (carbachol or acetylcholine) into the anterior chamber, deep that area.

その個体からGMPシャントを除去する。 To remove the GMP shunt from the individual. そのシャントの遠位部分をシュレム管の中へ両側で挿入する。 Inserting both sides of the distal portion of the shunt into the Schlemm's canal.

角膜切開刀の刃あるいは21ゲージ針を使って、強角膜棚に沿って前房の中へ入れる。 With the blade or 21-gauge needle keratome, placed along the corneoscleral shelf into the anterior chamber.

そのチューブの近位部分を前房の中へ挿入する。 Inserting a proximal portion of the tube into the anterior chamber.

強膜皮弁を10−0ナイロン製の結節縫合糸で閉鎖する。 Tsuyomakukawaben the closed with knot sutures made of 10-0 nylon. 初めに1本の縫合糸を基部に配し、次いで1本の縫合糸を2つの側面に沿って配する。 First placed one suture to the base, then distribution along length of suture into two sides. そして、これらの縫合糸の結び目を隠す。 Then, it hides the knot of the suture.

前記穿孔を通して平衡塩類溶液を注入することで前房を深くする。 To deepen the anterior chamber by injecting balanced salt solution through said perforations.

強膜皮弁をセルローススポンジで試験する。 It is tested in a cellulose sponge Tsuyomakukawaben. もしも漏れがあれば、10−0ナイロン製の縫合糸を配して、防水密閉を達成する。 If there is a leak, by arranging suture made of 10-0 nylon to achieve a waterproof sealing.

結膜を適切に寸法の決められた吸収性縫合糸で閉鎖する。 It closed with absorbable suture with a predetermined proper dimensions conjunctiva.

眼に、結膜下のかつ/または局部的な広域スペクトル性構成物質およびコルチコステロイドを施す。 The eye is subjected to and / or localized broad spectrum of constituents and corticosteroids subconjunctival.

眼を覆って保護シールドを配置して、そのシールドを定位置にテープ止めする。 By placing a protective shield over the eyes, taped the shield in place.

動物の眼における前臨床研究の結果 The results of pre-clinical studies in animals of the eye
研究装置 16頭のブタについての研究が短絡装置を使って行われたが、その短絡装置は、Y字形状を形成する近位端で長さ1.0mmにわたってシリコーン接着剤により互いに接合された、長さ7mm、内径0.125mm、外径0.250mmの2本のシリコーン(65Aデュロメーター)チューブを備えている。 Although studies on research device 16 pigs were performed using short device, the short-circuit device, are joined together by a silicone adhesive over the length 1.0mm at the proximal end to form a Y-shape, length 7 mm, an inner diameter of 0.125 mm, 2 pieces of silicone (65A durometer) outer diameter 0.250mm and a tube. この装置はそれぞれの動物の一方の眼に移植され、かつ、移植されなかったもう一方の眼は制御部として作用した。 The device is implanted in one eye of each animal, and, the other eye was not implanted acted as a control unit.

外科的処置 Surgical procedure
それぞれの動物について、研究対象の眼の周囲区域に手術の用意(まつげトリミングおよびベータダイン消毒)が施された。 For each animal, ready for surgery around the area of ​​the eye of the study (eyelashes trimming and Betadine disinfection) is performed. それぞれの動物には次いで、イソフルランを用いて麻酔が施された。 Each animal then anesthesia was applied using isoflurane. 無菌状態で、眼瞼を開くために眼瞼検査鏡が使われた。 Aseptically, eyelid inspection mirror is used to open the eyelid. 手術用顕微鏡が定位置に懸垂された。 Surgical microscope is suspended in place. 眼を回転させて上鼻角膜輪部を露出させるために、末梢角膜制御糸が配された。 To expose the superior nasal limbus rotates the eye, peripheral corneal control yarn was arranged. 強膜の中に円蓋基結膜切開部が作られて、両極性焼灼器で止血が確実に行われた。 Fornix group conjunctival incision is made in the sclera, hemostasis is performed reliably in a bipolar cautery. その角膜輪部に、部分的に厚さのある、4×4mm寸法の三角形強膜皮弁が作られ、前方で切り裂かれて角膜の中へ入れられた。 As the limbus, partially a thick, 4 × 4 mm triangular little dimensions film flap is created and placed torn by forward into the cornea. この第1皮弁の基部に、いっそう深い第2皮弁が形成され、シュレム管のブタ等価物を剥がすために、前方で切り裂かれた。 The base of the first flap, is formed deeper second flap, in order to peel off the porcine equivalent of Schlemm's canal, it was torn at the front. このいっそう深い皮弁の面は次いで、強角膜棚を形成するために前方で角度が付けられた。 Surface of the deeper flap is then the angle at the front attached to form a corneoscleral shelf. 粘弾性薬剤(ヒアルロン酸サルフェートおよびコンドロイチンサルフェート)が、粘性管造成術のカニューレを使って、いずれか一方の側面におけるシュレム管状空間の中へ点滴注入された。 Viscoelastic agent (hyaluronic acid sulfates and chondroitin sulfate) is, by using a cannula viscous tube reclamation procedure was instilled into the Schlemm tubular space in any one side. 両方向型の緑内障シャントの遠位側面が、剥がされる部位のいずれか一方の側面における空間の中に挿入された。 The distal aspect of both types of glaucoma shunt was inserted into the space in either side of the site to be peeled. 前房には強角膜棚が入れられるとともに、前房の中へ粘弾性薬剤が点滴注入された。 Together put the corneoscleral shelves in the anterior chamber, the viscoelastic agent is instilled into the anterior chamber. このシャントの近位(半径方向の)部分が、強角膜棚を介して前房の中へ挿入された。 Proximal (radial) portion of the shunt was inserted into the anterior chamber through a sclerocorneal shelf. 強膜皮弁が10−0ナイロン製の縫合糸でしっかり閉鎖され、次いでそれらの結び目が隠された。 Scleral flap is firmly closed with sutures made 10-0 nylon, then their knot hidden. 結膜が吸収性縫合糸で閉鎖された。 Conjunctiva was closed with absorbable suture. 前記制御糸が除去された。 The control yarn was removed. 結膜下のガラマイシンおよびデカドロンが内部に点滴注入された。 Subconjunctival Garamaishin and Decadron was instilled therein. 眼にトブラマイシン−デカドロン軟膏が塗布された。 Decadron ointment was applied - tobramycin to the eye. これらの動物は覚醒させられて、宿舎へ戻された。 These animals are aroused, it was returned to the dormitory.

それぞれの場合に手術の最終目的が達成された。 Goal of surgery in each case was achieved. シュレム管状空間は、正確に位置決めされて、16個の眼の16個所において露出され、また、この装置は、合併症を伴うことなく、首尾よく移植された。 Schlemm tubular space is accurately positioned, exposed at 16 points of the 16 eyes, also this apparatus, without complications, it has been successfully transplanted. 眼の構造体もこの装置も、移植中に損傷されなかった。 Structures of the eye even this device is also not damaged during transplantation. 手術部位は、苦もなく適切に閉鎖された。 Surgical site, bitter was also not properly closed. この処置の間に、この装置と角膜内皮との間の観察できる接触、前房の陥凹、洗浄の必要な前房出血、虹彩の裂傷、およびこの装置と虹彩との接触は、まったくなかった。 During this treatment, the contact can be observed between the device and the corneal endothelium, before depression of humor, required hyphema washing, iris lacerations, and contact between the device and the iris, was no . すべての動物は手術と麻酔によく耐えた。 All of the animals were well tolerated anesthesia and surgery.

臨床観察 Clinical observations
すべての動物は移植処置によく耐えた。 All of the animals were well tolerated in the implantation procedure. こすり付け、食欲減退あるいは睡眠減少によって明らかになるような、術後の痛みあるいは不快感を示した動物はいなかった。 Rubbed, such as will become apparent by the loss of appetite or sleep reduction, were not animals that showed the pain or discomfort after surgery. この装置の移植によって起きた、視覚を脅かすような合併症はなかった。 Occurred by implantation of this device was no complications threatening vision. とりわけ、この装置による慢性炎症性反応、周囲組織の糜爛、脈絡膜の剥離すなわち出血、網膜剥離、あるいは感染はなかった。 Among other things, this device chronic inflammatory reaction by, erosion of the surrounding tissue, peeling i.e. bleeding choroidal, retinal detachment, or were not infected.

この研究に組み込まれたブタは、緑内障に罹っていない正常な動物であった。 Pigs that were incorporated in the study was a normal animal that is not suffering from glaucoma. 基準線では、右眼の平均眼内と左眼の平均眼内圧とは同等であった。 The baseline was comparable to the average intraocular pressure of the average intraocular and left of the right eye. 術後3カ月で、この装置に関連した研究対象の眼における眼内圧は、反対側の(制御側の)眼(n=16頭の動物)の眼内圧よりも14%低かった。 Postoperative 3 months, ocular pressure in study eye associated with this apparatus, was 14% lower than intraocular pressure on the opposite side (control side) eye (n = 16 animals).

IOPが研究対象の眼で低下するということは予期しなかったが、その低下理由は、これらの眼が緑内障に罹っていないために、迂回路形成に対する異常な抵抗の区域にならなかったからである。 Although IOP was not expected that decreases in the eye of the study, the reduction since these eyes to not having glaucoma, did not become abnormal resistance zone with respect to the detour path forming . それにもかかわらず、この装置は、これらの正常な眼の中においても、いっそう低い圧力を示すことになる。 Nevertheless, this device is also in among these normal eye, it will exhibit even lower pressures. どの眼も、低眼圧症あるいは高眼圧症に罹っていなかった。 Which eye also, were not suffering from low ocular hypertension or ocular hypertension. したがって、この研究の中間段階では、緑内障に罹っていない動物モデルの体内におけるこの装置の圧力低下の可能性が示された。 Therefore, in the intermediate stage of the study, the possibility of the pressure drop of the device in the body of an animal model not having glaucoma was shown.

生体内流体流の供覧 3カ月で、2つの装置が圧力流試験のために、2つの眼から外植された。 In Kyoran 3 months in vivo fluid flow, two devices for pressure flow tests were explanted from the two eyes. これらの眼には、強膜皮弁にわたって円蓋基結膜切開部が作られた。 These eye fornix group conjunctival incision was made over the sclera flap. この強膜皮弁は、周囲組織から穏やかに離されて、シュレム管状空間を露出させるために前方で切り裂かれた。 The sclera flap is being gently separated from the surrounding tissue, it was torn up in front to expose Schlemm's tubular space. この装置はその空間の内部で確認され、この装置の遠位部分がその空間から取り出され、近位部分が前房の内部に残された。 The device was confirmed in the interior of the space, the distal portion of the device is removed from the space, the proximal portion has been left inside the anterior chamber. この時点で、房水が前房からこのシャントを通って遠位チューブの外へ流れるのが観察され、この装置を通る生体内流が供覧された。 At this point, the aqueous humor flows out of the distal tube through the shunt from the anterior chamber was observed in vivo flow through the device is Kyoran.

これまでに説明したいくつかの実施形態は代表的なものであるが、この発明は、前房とシュレム管との間における流体連通をもたらすために、このシャントに関する多種多様な形状および構成を意図するものである。 It some embodiments described so far but are representative, the present invention is to provide a fluid communication between the anterior chamber and Schlemm's canal, intended a wide variety of shapes and configurations for the shunt it is intended to. したがって、これまでに説明したいくつかの実施形態は、特許請求の範囲およびその均等物の範囲に限定されることを意図するものではない。 Accordingly, it some embodiments described so far is not intended to be limited to the scope of claims and their equivalents.

図1Aは、この発明に係る1つの実施形態を上方から見た斜視図を示している図であり、発明性のあるシャントは、シュレム管の内部で2方向へ延びている管状要素から構成されている。 1A is a diagram that shows a perspective view of the one embodiment according to the present invention from above, the shunt with the inventive is composed of tubular elements extending in two directions inside the Schlemm's canal ing. 図1Bは、図1Aに示されたこの発明の実施形態を上方から見た、想像線付きの図であり、発明性のある装置からなる管状要素の管腔どうしの間における内部連通を詳しく示している。 1B is seen an embodiment of the invention shown in Figure 1A from above, a view with phantom lines, details the internal communication between the lumens each other of the tubular element consisting of an inventive apparatus ing. 図1Cは、この発明に係る1つの実施形態を上方から見た斜視図を示している図であり、発明性のあるシャントは、シュレム管の内部で2方向へ延びている網目管状要素から構成されている。 Figure 1C is a diagram that shows a perspective view of the one embodiment according to the present invention from above, the shunt with the inventive is composed of mesh tubular elements extending in two directions inside the Schlemm's canal It is. 図1Dは、この発明に係る別の実施形態を上方から見た斜視図を示している図であり、発明性のあるシャントは、シュレム管の内部で2方向へ延びている中実で多孔質の要素から構成されている。 Figure 1D is a diagram that shows a perspective view from above of another embodiment according to the present invention, the shunt with the inventive is porous in solid extending in two directions inside the Schlemm's canal It is constructed from the elements. 図1Eは、図1Aに示されたこの発明の実施形態を上方から見た、想像線付きの図であり、発明性のある装置における2つの近位管腔と1つの遠位管腔との間における内部連通を詳しく示している。 Figure 1E saw embodiment of the invention shown in Figure 1A from above, a view with phantom lines, two of of an inventive device proximal lumen with one distal lumen is shown in detail the internal communication between. 図2は、この発明に係る別の実施形態を示しており、発明性のあるシャントは、穿孔管状要素から構成され、その近位部分の端部が角張っている。 Figure 2 shows another embodiment according to the present invention, the shunt with the inventive is composed of perforated tubular elements is angular the end of the proximal portion. 図3Aは、この発明に係る別の実施形態の斜視図を示している図であり、発明性のあるシャントは、構成の一部が管状であって一部が開放している要素から構成されている。 3A is a diagram that shows a perspective view of another embodiment according to the present invention, the shunt with the inventive is composed of elements that a part of the structure is open part a tubular ing. 図3Bは、図3Aに示されたこの発明の実施形態の平面図を示している図であり、その装置の内部連通を詳しく示している。 Figure 3B is a diagram showing the top view of an embodiment of the invention shown in Figure 3A, it is shown in detail the internal communication of the device. 図3Cは、図3Aに示されたこの発明の実施形態の近位端から見た側面図を示している図である。 Figure 3C is a diagram that shows a side view from the proximal end of the embodiment of the invention shown in Figure 3A. 図3Dは、この発明に係る別の実施形態の斜視図を示している図であり、発明性のあるシャントは、構成の一部が開放しており、かつ樋状である要素から構成されている。 Figure 3D is a diagram that shows a perspective view of another embodiment according to the present invention, the shunt with the inventive can consist is open a part of the structure, and a gutter-shaped elements there. 図4は、この発明に係る別の実施形態を示している図であり、発明性のあるシャントは、それらの端部に吸い上げ用延長部がある遠位要素から構成され、かつ、その近位部分には、この装置がシュレム管の中に移植されたときに虹彩に対向しないように配向された、近位部分の管腔に連なる入口のある封止状鈍化先端が備わっている。 Figure 4 is a diagram that illustrates another embodiment according to the present invention, the shunt with the inventive is composed of the distal elements have extensions for wicking to their ends, and proximal in part, it oriented so as not to face the iris, is sealingly blunted tip with an inlet communicating with the lumen of the proximal portion is provided when the device is implanted in Schlemm's canal. 図5Aは、発明性のあるシャントの別の実施形態を示している図であって、この装置の一部が、一方方向だけでシュレム管に入り、流体を前房から非直線状通路に迂回させる。 Figure 5A is a diagram that illustrates another embodiment of a shunt with the inventive part of the apparatus, whereas only enters Schlemm's canal direction, bypassing the fluid from the anterior chamber to the non-linear path make. 図5Bは、発明性のあるシャントの別の実施形態を示している図であって、このシャントの全体はシュレム管の中に配置されるが、このシャントには、前房からシュレム管への房水の流体流出を維持するために窓が含まれている。 Figure 5B is a diagram that illustrates another embodiment of a shunt with the inventive, this entire shunt is placed within the Schlemm's canal, the shunt, from the anterior chamber to Schlemm's canal It contains a window in order to maintain the fluid outlet of the aqueous humor. 図5Cは、この発明における1つの実施形態の側面図を示している図であって、発明性のあるシャントが管状要素から構成され、この管状要素には、前房へ向かって延びている近位部分であって、シュレム管の内部で2方向に延出する遠位部分に比べて短い近位部分が備わっている。 Figure 5C is a diagram that shows a side view of one embodiment of the present invention, the shunt with the inventive is composed of a tubular element, this tubular element, near which extends towards the anterior chamber a position part, has an internal with a short proximal portion than the distal portion extending in the two directions of Schlemm's canal. 図5Dは、発明性のあるシャントの別の実施形態を示している図であって、このシャントは、シュレム管の中に配置されるが、前房からシュレム管への房水の流体流出を維持するために窓が含まれている、一部開放の樋状要素から構成されている。 Figure 5D is the inventive a diagram that illustrates another embodiment of the shunt, the shunt is placed within the Schlemm's canal, the fluid outflow of aqueous humor from the anterior chamber to Schlemm's canal It contains a window in order to maintain, and a gutter-shaped elements partially open. 図5Eは、発明性のあるシャントの別の実施形態を示している図であって、このシャントは、シュレム管の内部に配置された中実で多孔質の灯芯状要素から構成されている。 Figure 5E is the inventive a diagram that illustrates another embodiment of a shunt, the shunt is composed of wick-like element, porous solid disposed within the Schlemm's canal. 図6Aは、ヒトの眼における解剖学的詳細図を示している図である。 Figure 6A is a diagram showing the anatomical detail view of the human eye. 図6Bは、この発明の代表的実施形態における外科的配置の解剖学的関連性を示している断面図である。 6B is a cross-sectional view showing the anatomical relationship of the surgical placement of an exemplary embodiment of the present invention. 図6Cは、この発明の別の代表的実施形態における外科的配置の解剖学的関連性を示している断面図であって、その近位部分には、この装置がシュレム管の中に移植されたときに虹彩に対向しないように配向された、近位部分の管腔に連なる入口のある封止状鈍化先端が備わっている。 Figure 6C is a cross-sectional view showing the anatomical relationship of the surgical placement of another exemplary embodiment of the present invention, the proximal portion thereof, the device is implanted in Schlemm's canal oriented so as not to face the iris, is sealingly blunted tip with an inlet communicating with the lumen of the proximal portion is provided when the. 図7Aは、この発明の代表的実施形態における外科的配置の解剖学的関連性を示している断面図であって、この装置の近位部分と、虹彩へ向かって延びている突刺状固定具とを示している。 Figure 7A is a cross-sectional view showing the anatomical relationship of the surgical placement of an exemplary embodiment of the present invention, a proximal portion of the device, piercing shaped fixture extending toward the iris It is shown the door. 図7Bは、この発明の別の代表的実施形態における外科的配置の解剖学的関連性を示している断面図であって、この装置の近位部分に環状あるいは円周状の固定具があることを示している。 Figure 7B is a cross-sectional view showing the anatomical relationship of the surgical placement of another exemplary embodiment of the present invention, an annular or circumferential fasteners proximal portion of the device It is shown that. 図8Aは、2方向へ延出する遠位部分と、その上に円周状に延びている近位部分における固定具とが備わっている、この装置の1つの実施形態を示している。 8A shows a distal portion extending in two directions, and fixture are provided in proximal portion extending circumferentially thereon, one embodiment of this device. 図8Bは、2方向へ延出する遠位部分と、移植されたときに虹彩の位置へ向かって中央に延びている近位部分における固定具とが備わっている、この装置の別の実施形態を示している。 8B is a distal portion extending in two directions, toward the iris position is equipped with a fixture at the proximal portion extending to the center when implanted, another embodiment of the apparatus the shows. 図8Cは、2方向へ延出する遠位部分と、移植されたときにこの装置の各側部に横断状に延びている近位部分における固定具とが備わっている、この装置の別の実施形態を示している。 8C is a distal portion extending in two directions, and fixture are provided in proximal portion that extends transverse shape on each side of the apparatus when implanted, another of the device It shows an embodiment. 図9は、2方向へ延出する遠位部分と、前房の中への導入を促進しかつそこからの除去を阻止するために突刺状あるいは円錐状にされてその上に円周状に延びている近位部分における固定具とが備わっている、この装置の別の実施形態を示している。 9, a distal portion extending in two directions, prior to facilitate the introduction into tufts and is to prevent removal therefrom piercing shape or conical circumferentially thereon a fixture in the proximal portion extending is provided, it shows another embodiment of the apparatus. 図10は、ねじ山のあるテーパー状近位部分が備わっている別の実施形態を示している。 Figure 10 shows another embodiment which are equipped with tapered proximal portion of the thread.

Claims (32)

  1. 眼の中にある房水を前房からシュレム管の中へ迂回させるための房水短絡装置であって、シュレム管の一部の中に周方向に収容されるような大きさおよび形状にされた少なくとも1つの端部側面を有している遠位部分と、眼の前房の中に収容されるような大きさおよび形状にされた少なくとも1つの端部側面を有している近位部分とを備え、その遠位部分が、約0.1mm乃至約0.5mmの外径と約1mm乃至40mmの長さとを有し、この装置によって、前房の近位部分からシュレム管の遠位部分への流体連通が可能になる房水短絡装置。 A aqueous humor shorting device for diverting aqueous humor in the eye from the anterior chamber into the Schlemm's canal, sized and shaped to be received circumferentially within a portion of Schlemm's canal At least one of the distal portion has an end side, the proximal portion having at least one end side, which is sized and shaped to be received within the anterior chamber of the eye was with the door, the distal portion thereof, and a length of an outer diameter of about 1mm to 40mm of about 0.1mm to about 0.5 mm, the distal canal of Schlemm by the device, from proximal portion of the anterior chamber aqueous humor shorting device fluid communication is enabled to the part.
  2. 遠位部分の外径が、約0.23mm乃至約0.28mmである請求項1に記載の装置。 The outer diameter of the distal portion A device according to claim 1 is from about 0.23mm to about 0.28 mm.
  3. 遠位部分の外径が、約0.23mm乃至約0.26mmである請求項1に記載の装置。 The outer diameter of the distal portion A device according to claim 1 is from about 0.23mm to about 0.26 mm.
  4. 遠位部分の長さが、約1mm乃至約20mmである請求項1に記載の装置。 The length of the distal portion A device according to claim 1 is from about 1mm to about 20 mm.
  5. 遠位部分の長さが、約4mm乃至約7mmである請求項1に記載の装置。 The length of the distal portion A device according to claim 1 is from about 4mm to about 7 mm.
  6. 遠位部分の長さが、約6.0mm以上である請求項1に記載の装置。 The length of the distal portion A device according to claim 1 is about 6.0mm or more.
  7. 近位部分の長さが、前房の中へ少なくとも約0.1mm延びている請求項1に記載の装置。 The length of the proximal portion A device according to claim 1 which extends at least about 0.1mm into the anterior chamber.
  8. 近位部分が、前房の中へ約0.1mm乃至約3mm延びている請求項1に記載の装置。 Proximal portion A device according to claim 1 before extending about 0.1mm to about 3mm into the chamber.
  9. この装置が、治療薬で選択的に被覆されている請求項1に記載の装置。 The device, according to claim 1 which is selectively coated with a therapeutic agent.
  10. この装置が、組織成長促進薬で選択的に被覆されている請求項9に記載の装置。 The device, according to claim 9, which is selectively covered with tissue growth promoting agent.
  11. 前記端部側面が、組織成長抑制薬で選択的に被覆されている請求項9に記載の装置。 Said end portion side A device according to claim 9, which is selectively covered with tissue growth inhibitor.
  12. この装置が、約2.5マイクロリットル/分の速度でそこを通る房水の流れを許容する請求項1に記載の装置。 The device, according to claim 1 which permits the flow of aqueous humor therethrough at about 2.5 microliters / min.
  13. この短絡装置が、二連管腔シャントである請求項1に記載の装置。 The short-circuit device, according to claim 1, which is a duplicate lumen shunt.
  14. 二連管腔が、シュレム管の内部で反対方向の中へ挿入するために2つに分岐されている請求項13に記載の装置。 Duplicate lumen Apparatus according to claim 13 which is branched into two for insertion into the opposite direction inside the Schlemm's canal.
  15. 二連管腔が、前記シャントを固定する請求項13に記載の装置。 Duplicate lumen Apparatus according to claim 13 for securing the shunt.
  16. 二連管腔シャントが、二連管腔チューブとして押出成形され、かつ、個々の管腔が、製造の間に部分的に離される請求項13に記載のシャント。 Duplicate lumen shunt, it is extruded as a dual lumen tube, and each lumen shunt of claim 13 which is partially separated during manufacture.
  17. 二連管腔シャントが、単一管腔チューブとして押出成形され、かつ、2つの単一管腔が、製造の間に部分的に相互接合される請求項13に記載のシャント。 Duplicate lumen shunt, it is extruded as a single lumen tube, and two single lumen shunt of claim 13 which is partially mutually joined during manufacture.
  18. 眼の中にある房水を前房からシュレム管の中へ迂回させるための房水短絡装置であって、シュレム管の一部の中に周方向に収容されるような大きさおよび形状にされた少なくとも1つの端部側面を有している遠位部分と、眼の前房の中に収容されるような大きさおよび形状にされた少なくとも1つの端部側面を有している近位部分とを備え、この装置によって、前房の近位部分からシュレム管の遠位部分への流体連通が可能になり、かつ、組織の中に移植されたときにこの装置を定位置に維持するために、近位部分が、その表面に固定具を有している房水短絡装置。 A aqueous humor shorting device for diverting aqueous humor in the eye from the anterior chamber into the Schlemm's canal, sized and shaped to be received circumferentially within a portion of Schlemm's canal At least one of the distal portion has an end side, the proximal portion having at least one end side, which is sized and shaped to be received within the anterior chamber of the eye was with the door, by the device, prior consists proximal portion of the tufts enables fluid communication to the distal portion of Schlemm's canal and to maintain this apparatus in place when implanted into tissue the proximal portion, with which the aqueous humor shorting apparatus having a fastener on the surface thereof.
  19. 固定具が、この装置の近位部分の周りで周方向へ延びている請求項18に記載の装置。 Fixture device of claim 18, which extends around the proximal portion of the device in the circumferential direction.
  20. 眼の中へ移植されたときに固定具が虹彩へ向かって延びている請求項18に記載の装置。 The apparatus of claim 18, fixture when implanted into the eye extends toward the iris.
  21. 眼の中へ移植されたときに固定具が虹彩から離れて延びている請求項18に記載の装置。 The apparatus of claim 18, fixture when implanted into the eye extends away from the iris.
  22. 眼の中へ移植されたときに固定具が虹彩に対して横方向へ延びている請求項18に記載の装置。 The apparatus of claim 18, which extends transversely to the fixture iris when implanted into the eye.
  23. 近位部分が、複数の固定具を有している請求項18に記載の装置。 Proximal portion A device according to claim 18 having a plurality of fasteners.
  24. この装置が眼の中に移植されたときに固定具が前房の内側にある請求項18に記載の装置。 The apparatus of claim 18, fastener when the device is implanted in the eye is inside the anterior chamber.
  25. この装置が眼の中に移植されたときに固定具が前房の外側にある請求項18に記載の装置。 The apparatus of claim 18, fixture is outside the anterior chamber when the device is implanted in the eye.
  26. この装置が眼の中に移植されたときにこのシャントが外科医によって形成された強角膜組織の棚に固定される請求項18に記載の装置。 The apparatus of claim 18 in which the apparatus is the shunt when implanted in the eye is fixed to the shelf of the corneoscleral tissue formed by the surgeon.
  27. 前房の中への移動を促進するために近位部分の端部側面が鋭角を有している請求項18に記載の装置。 The apparatus of claim 18, the side surface of the proximal portion has an acute angle in order to facilitate the movement into the anterior chamber.
  28. 眼の中にある房水を前房からシュレム管の中へ迂回させるために、請求項1または請求項18の固定型房水短絡装置を移植する方法であって、 To divert aqueous humor in the eye from the anterior chamber into the Schlemm's canal, a method of implanting a fixed aqueous humor shorting device according to claim 1 or claim 18,
    a. a. 結膜皮弁と、部分的に厚さがあり、厚さの半分が無傷の角膜の中へ切り裂かれて入れられた強膜皮弁とを形成し、 And the conjunctiva flap, partially has a thickness half the thickness to form a scleral flap that is being put torn into the intact cornea,
    b. b. シュレム管の外壁を剥がすために、前記皮弁を前方で切り裂き、 To peel off the outer wall of Schlemm's canal, tearing the flap at the front,
    行い、 Done,
    c. c. 小柱網の上方に強角膜棚を形成するために、より浅い面に沿ってこの切り裂きを引き続いて行い、 To form a strong cornea shelf above the trabecular meshwork, it performed subsequently the tearing along the shallower surface,
    d. d. この装置を、シュレム管と前房との中へ、虹彩と角膜とで作られる角度の範囲内で挿入し、 The device, into the Schlemm's canal and the anterior chamber, and inserting within the angle made by the iris and the cornea,
    e. e. 強膜皮弁と傷ついた結膜とを閉鎖することからなる方法。 Method consisting in closing the wounded conjunctiva and Tsuyomakukawaben.
  29. この装置が、前記の棚によってさらに固定されている請求項28に記載の方法。 The apparatus method of claim 28 which is further fixed by the shelf.
  30. この装置の挿入に先立って、シュレム管に、粘弾性薬剤および/または細胞分裂薬剤が注入される請求項28に記載の方法。 Prior to insertion of the device, method of claim 28 in Schlemm's canal, viscoelastic agents and / or cell division agent is injected.
  31. この装置の遠位部分は、その後方部分が前房の中へ挿入される前に、シュレム管の中へ挿入される請求項28に記載の方法。 The distal portion of the device, The method of claim 28 rearward portion thereof prior to insertion into the anterior chamber, which is inserted into the Schlemm's canal.
  32. この装置の遠位部分は、その後方部分が前房の中へ挿入された後に、シュレム管の中へ挿入される請求項28に記載の方法。 The distal portion of the device, after the rear portion thereof is inserted into the anterior chamber, The method according to claim 28 which is inserted into the Schlemm's canal.
JP2003520421A 2001-08-16 2002-08-16 Improved short device and an improved short-circuit method for treating glaucoma Pending JP2005525835A (en)

Priority Applications (2)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US31279901 true 2001-08-16 2001-08-16
PCT/US2002/026100 WO2003015659A3 (en) 2001-08-16 2002-08-16 Improved shunt device and method for treating glaucoma

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005525835A true true JP2005525835A (en) 2005-09-02

Family

ID=23213052

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003520421A Pending JP2005525835A (en) 2001-08-16 2002-08-16 Improved short device and an improved short-circuit method for treating glaucoma

Country Status (7)

Country Link
EP (1) EP1416985A2 (en)
JP (1) JP2005525835A (en)
KR (1) KR20040036912A (en)
CN (1) CN1592640A (en)
CA (1) CA2457137A1 (en)
RU (1) RU2004107571A (en)
WO (1) WO2003015659A3 (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009523540A (en) * 2006-01-17 2009-06-25 トランセンド メディカル インコーポレイテッド Glaucoma treatment device
JP2009535162A (en) * 2006-05-01 2009-10-01 グローコス コーポレーション Dual discharge path shunting device and method for treating glaucoma

Families Citing this family (44)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
DE60037406D1 (en) 1999-04-26 2008-01-24 Gmp Vision Solutions Inc Inflatable device for treatment of glaucoma
US7708711B2 (en) 2000-04-14 2010-05-04 Glaukos Corporation Ocular implant with therapeutic agents and methods thereof
US6638239B1 (en) 2000-04-14 2003-10-28 Glaukos Corporation Apparatus and method for treating glaucoma
US7431710B2 (en) 2002-04-08 2008-10-07 Glaukos Corporation Ocular implants with anchors and methods thereof
US7867186B2 (en) 2002-04-08 2011-01-11 Glaukos Corporation Devices and methods for treatment of ocular disorders
WO2002080811A3 (en) 2001-04-07 2004-03-11 Glaukos Corp Glaucoma stent and methods thereof for glaucoma treatment
US9301875B2 (en) 2002-04-08 2016-04-05 Glaukos Corporation Ocular disorder treatment implants with multiple opening
US7678065B2 (en) 2001-05-02 2010-03-16 Glaukos Corporation Implant with intraocular pressure sensor for glaucoma treatment
WO2002089699A9 (en) 2001-05-03 2003-10-30 Glaukos Corp Medical device and methods of use for glaucoma treatment
US7331984B2 (en) 2001-08-28 2008-02-19 Glaukos Corporation Glaucoma stent for treating glaucoma and methods of use
US7951155B2 (en) 2002-03-15 2011-05-31 Glaukos Corporation Combined treatment for cataract and glaucoma treatment
US7186232B1 (en) 2002-03-07 2007-03-06 Glaukoa Corporation Fluid infusion methods for glaucoma treatment
US20040225250A1 (en) 2003-05-05 2004-11-11 Michael Yablonski Internal shunt and method for treating glaucoma
US7291125B2 (en) 2003-11-14 2007-11-06 Transcend Medical, Inc. Ocular pressure regulation
US8034105B2 (en) 2004-12-16 2011-10-11 Iscience Interventional Corporation Ophthalmic implant for treatment of glaucoma
WO2007084582A3 (en) 2006-01-17 2007-12-21 Forsight Labs Llc Drug delivery treatment device
WO2008061043A3 (en) 2006-11-10 2008-09-25 Glaukos Corp Uveoscleral shunt and methods for implanting same
JP5328788B2 (en) 2007-07-17 2013-10-30 トランセンド・メディカル・インコーポレイテッドTranscend Medical, Inc. Intraocular implant with enhanced capability of the hydrogel
US7740604B2 (en) 2007-09-24 2010-06-22 Ivantis, Inc. Ocular implants for placement in schlemm's canal
US20090082862A1 (en) 2007-09-24 2009-03-26 Schieber Andrew T Ocular Implant Architectures
US8734377B2 (en) 2007-09-24 2014-05-27 Ivantis, Inc. Ocular implants with asymmetric flexibility
US8512404B2 (en) 2007-11-20 2013-08-20 Ivantis, Inc. Ocular implant delivery system and method
US8808222B2 (en) 2007-11-20 2014-08-19 Ivantis, Inc. Methods and apparatus for delivering ocular implants into the eye
CN101965211A (en) 2008-03-05 2011-02-02 伊万提斯公司 Methods and apparatus for treating glaucoma
WO2009158524A3 (en) 2008-06-25 2010-03-11 Transcend Medical, Inc. Ocular implant with shape change capabilities
CN102238926B (en) 2008-12-05 2015-09-16 伊万提斯公司 The ocular implant for delivery to a method and apparatus eye
JP5524983B2 (en) 2009-01-28 2014-06-18 トランセンド・メディカル・インコーポレイテッドTranscend Medical, Inc. Implant system
EP2451375B1 (en) 2009-07-09 2018-10-03 Ivantis, Inc. Single operator device for delivering an ocular implant
CN102481404B (en) 2009-07-09 2014-03-05 伊万提斯公司 Ocular implants
WO2011050360A1 (en) 2009-10-23 2011-04-28 Ivantis, Inc. Ocular implant system and method
US8529492B2 (en) 2009-12-23 2013-09-10 Trascend Medical, Inc. Drug delivery devices and methods
WO2011163505A1 (en) 2010-06-23 2011-12-29 Ivantis, Inc. Ocular implants deployed in schlemm's canal of the eye
KR101180032B1 (en) 2010-07-12 2012-09-05 인싸이토(주) Method for manufacturing Hollow Microneedle with Controlled External Appearance Characteristics
EP2517619B1 (en) * 2011-04-27 2013-05-22 Istar Medical Improvements in or relating to glaucoma management and treatment
US8657776B2 (en) 2011-06-14 2014-02-25 Ivantis, Inc. Ocular implants for delivery into the eye
US8663150B2 (en) 2011-12-19 2014-03-04 Ivantis, Inc. Delivering ocular implants into the eye
US9358156B2 (en) 2012-04-18 2016-06-07 Invantis, Inc. Ocular implants for delivery into an anterior chamber of the eye
US9241832B2 (en) 2012-04-24 2016-01-26 Transcend Medical, Inc. Delivery system for ocular implant
US9480598B2 (en) 2012-09-17 2016-11-01 Novartis Ag Expanding ocular implant devices and methods
US9763829B2 (en) 2012-11-14 2017-09-19 Novartis Ag Flow promoting ocular implant
US9730638B2 (en) 2013-03-13 2017-08-15 Glaukos Corporation Intraocular physiological sensor
US9592151B2 (en) 2013-03-15 2017-03-14 Glaukos Corporation Systems and methods for delivering an ocular implant to the suprachoroidal space within an eye
US9987163B2 (en) 2013-04-16 2018-06-05 Novartis Ag Device for dispensing intraocular substances
CN105997341A (en) * 2016-04-21 2016-10-12 温州医科大学附属眼视光医院 Manufacturing of glaucoma internal drainage replacement bionic support and application method thereof

Family Cites Families (13)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US4634418A (en) 1984-04-06 1987-01-06 Binder Perry S Hydrogel seton
US4787885A (en) 1984-04-06 1988-11-29 Binder Perry S Hydrogel seton
US4936825A (en) 1988-04-11 1990-06-26 Ungerleider Bruce A Method for reducing intraocular pressure caused by glaucoma
US4946436A (en) 1989-11-17 1990-08-07 Smith Stewart G Pressure-relieving device and process for implanting
US5180362A (en) 1990-04-03 1993-01-19 Worst J G F Gonio seton
US5127901A (en) 1990-05-18 1992-07-07 Odrich Ronald B Implant with subconjunctival arch
US5360399A (en) 1992-01-10 1994-11-01 Robert Stegmann Method and apparatus for maintaining the normal intraocular pressure
US6102045A (en) * 1994-07-22 2000-08-15 Premier Laser Systems, Inc. Method and apparatus for lowering the intraocular pressure of an eye
US5433701A (en) 1994-12-21 1995-07-18 Rubinstein; Mark H. Apparatus for reducing ocular pressure
US5868697A (en) * 1995-05-14 1999-02-09 Optonol Ltd. Intraocular implant
US5807302A (en) * 1996-04-01 1998-09-15 Wandel; Thaddeus Treatment of glaucoma
US6168575B1 (en) * 1998-01-29 2001-01-02 David Pyam Soltanpour Method and apparatus for controlling intraocular pressure
DE60037406D1 (en) * 1999-04-26 2008-01-24 Gmp Vision Solutions Inc Inflatable device for treatment of glaucoma

Cited By (3)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2009523540A (en) * 2006-01-17 2009-06-25 トランセンド メディカル インコーポレイテッド Glaucoma treatment device
JP2012125606A (en) * 2006-01-17 2012-07-05 Transcend Medical Inc Glaucoma treatment device
JP2009535162A (en) * 2006-05-01 2009-10-01 グローコス コーポレーション Dual discharge path shunting device and method for treating glaucoma

Also Published As

Publication number Publication date Type
CN1592640A (en) 2005-03-09 application
WO2003015659A3 (en) 2003-05-01 application
CA2457137A1 (en) 2003-02-27 application
KR20040036912A (en) 2004-05-03 application
RU2004107571A (en) 2004-11-10 application
WO2003015659A2 (en) 2003-02-27 application
EP1416985A2 (en) 2004-05-12 application

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6510600B2 (en) Method for manufacturing a flow regulating implant
US6666841B2 (en) Bifurcatable trabecular shunt for glaucoma treatment
US6981958B1 (en) Implant with pressure sensor for glaucoma treatment
US7354416B2 (en) Methods and devices for draining fluids and lowering intraocular pressure
US6699211B2 (en) Method and apparatus for treatment of glaucoma
US20040254520A1 (en) Coil implant for glaucoma treatment
US20060200113A1 (en) Liquid jet for glaucoma treatment
US8267882B2 (en) Methods and apparatus for treating glaucoma
US20110118835A1 (en) Branched ocular implant
US6736791B1 (en) Glaucoma treatment device
US20060155238A1 (en) Uveoscleral drainage device
US20050277864A1 (en) Injectable gel implant for glaucoma treatment
US20070088432A1 (en) Indwelling shunt device and methods for treating glaucoma
US20090182421A1 (en) Ocular implant with hydrogel expansion capabilities
US8075511B2 (en) System for treating ocular disorders and methods thereof
US20120123438A1 (en) Methods for intra-tenon&#39;s shunt placement
US20040147870A1 (en) Glaucoma treatment kit
US6524275B1 (en) Inflatable device and method for treating glaucoma
US20100274258A1 (en) Ocular implant with stiffness qualities, methods of implantation and system
US20100010416A1 (en) Glaucoma treatment device
US20030097151A1 (en) Apparatus and mitochondrial treatment for glaucoma
US20020143284A1 (en) Drug-releasing trabecular implant for glaucoma treatment
US8109896B2 (en) Devices and methods for opening fluid passageways
US20140276332A1 (en) Glaucoma stent and methods thereof for glaucoma treatment
US20030229303A1 (en) Expandable glaucoma implant and methods of use

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20050614

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20080422

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20080716

A602 Written permission of extension of time

Effective date: 20080724

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

A521 Written amendment

Effective date: 20081022

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20081118

A711 Notification of change in applicant

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A711

Effective date: 20081126

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090519