JP2005258982A - Work management system, program, and method - Google Patents

Work management system, program, and method Download PDF

Info

Publication number
JP2005258982A
JP2005258982A JP2004072057A JP2004072057A JP2005258982A JP 2005258982 A JP2005258982 A JP 2005258982A JP 2004072057 A JP2004072057 A JP 2004072057A JP 2004072057 A JP2004072057 A JP 2004072057A JP 2005258982 A JP2005258982 A JP 2005258982A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
task
step
information
work
user
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2004072057A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Takanobu Ando
Shigeru Matsumoto
Mari Umibe
孝信 安東
茂 松本
麻理 海邊
Original Assignee
Toshiba Corp
Toshiba Solutions Corp
東芝ソリューション株式会社
株式会社東芝
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Toshiba Corp, Toshiba Solutions Corp, 東芝ソリューション株式会社, 株式会社東芝 filed Critical Toshiba Corp
Priority to JP2004072057A priority Critical patent/JP2005258982A/en
Publication of JP2005258982A publication Critical patent/JP2005258982A/en
Application status is Pending legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To efficiently manage a series of work carried out by a user on a distributed system. <P>SOLUTION: This work management system 2 is provided with a means 4 managing user information 10 associating a user ID with a work ID, a means 5 managing work context information 11 associating the work ID to a task ID, a means 6 managing task information 12 associating the task ID with a step ID, a means 7 managing step information 13 associating the step ID with step status information, and a means restarting a step showing interruption status by the step status information based on the the user information 10, the work context information 11, the task information 12, and the step information 113 when the restart instruction and the user ID are inputted. <P>COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

本発明は、ユビキタス環境におけるユーザの作業を管理する作業管理システム及びプログラム並びに方法に関する。 The present invention relates to a work management system and program and method for managing the work of the user in the ubiquitous environment.

コンピュータを使ってユーザが行う作業の履歴を管理する技術として、例えば、アクセスログ管理、ブックマーク、オンラインブックマーク、ワークフロー管理、データベースの分散トランザクション管理などがある。 As a technique for managing the history of the work performed by the user using the computer, for example, access log management, bookmark, online bookmark, workflow management, distributed transaction management of the database.

アクセスログ管理は、ユーザがシステムにアクセスした際の履歴を保持する技術である。 Access log management is a technique which holds a history of when the user accesses the system. アクセスログ管理では、ユーザのシステムに対するインタラクション及びこのインタラクションに応じて発生する様々なイベントが記録され、後から参照可能である。 The access log management, various events that occur in response to interactions and the interaction with the user of the system is recorded, it is possible later reference. アクセスログは、種類に応じて分類して記録可能である。 Access log can be recorded classified according to the type.

ブックマークは、Webブラウザの機能である。 Bookmark is a function of the Web browser. ブックマークを用いる場合、ユーザが指定するWWW(World Wide Web)のURL(Uniform Resource Locators)がWebブラウザに保持される。 If you used a bookmark, WWW designated by the user (World Wide Web) URL of the (Uniform Resource Locators) is held in the Web browser. ユーザは、保持されたURLを用いてアクセスを簡易に行うことが可能である。 The user is capable of performing the access simply by using the retained URL.

オンラインブックマークは、上記ブックマークの技術において、Webブラウザに保持されているURLを、ネットワーク上のストレージを利用して保存する技術である(例えば、特許文献1参照)。 Online bookmarks in the bookmark technology, a URL held in the Web browser, a technique for saving by utilizing the storage on the network (e.g., see Patent Document 1). このオンラインブックマークを用いることにより、このストレージ上のURLを参照可能な場合には、基本的に異なるWebブラウザからでもブックマークの機能を使用可能である。 This by using an online bookmark, if possible refer to the URL on this storage, it is possible to use the functions of the bookmark even from a different Web browser to basic.

ワークフロー管理は、ネットワークを経由してある仕事を実施する際に、作業の実行、分担、連携などを円滑にするための技術である。 Workflow management is in implementing the work that is via the network, execution of work, sharing is a technique for facilitating such cooperation.

ワークフロー管理を用いた場合には、各作業間の関係が明確になり、受け渡すドキュメントやデータの流れが管理される。 In the case of using a workflow management will become clear relationship between the work, the flow of receiving passing documents and data are managed.

データベースの分散トランザクション管理は、複数の時点(チェックポイント)のデータベースの内容をスナップショットとして保持し、またデータベースに対する変更の処理をトランザクションログとして保持する。 Database distributed transaction management holds the contents of the database of a plurality of time points (checkpoints) as a snapshot, also holds the process changes to the database as a transaction log. その後、データベースに何らかの障害が発生した場合、保持されているスナップショット及びトランザクションログを用いて、ロールバックやロールフォワードの処理により、データベースの障害復旧が行われる。 Then, when some failure occurs in the database, using the snapshot and the transaction log is held, by the process of the rollback and rollforward, failure recovery of the database is performed.
特開2003−91457号公報 JP 2003-91457 JP

アクセスログ管理では、ユーザの作業の記録は可能である。 The access log management, a recording of the work of the user is possible. しかしながら、基本的にアクセス管理は、ユーザのアクセスに関するデータの記録が主な動作であり、それ以上の高級な処理を行うことは困難である。 However, the basic access management data about the access of the user record is the main operation, it is difficult to further fine processing.

ブックマークでは、基本的にWebブラウザがユーザの指定するURLを保持するため、他のWebブラウザからアクセスする場合には保存したURLを他のWebブラウザに対して設定する必要がある。 In the bookmark, basically because the Web browser holds the URL specified by the user, in the case of access from other Web browser it is necessary to set the saved URL to other Web browser. また、ブックマークでは、Webブラウザのセッション管理は、基本的に行われない。 In addition, the bookmark, session management of the Web browser is not basically done. したがって、ブックマークを用いたとしても、作業の中断/再開が発生するなど、セッション管理を必要とする作業の管理は困難である。 Therefore, even with bookmarks, etc. suspend / resume occurs operations, administrative tasks that require session management is difficult.

また、オンラインブックマークも、上記ブックマークと同様に、基本的にセッション管理が行われないため、セッション管理を必要とする作業の管理が困難である。 Moreover, online bookmarks, similarly to the above bookmarks, basically as session management is not performed, it is difficult to manage tasks that require session management.

ワークフロー管理では、基本的に一連の作業があらかじめ静的に分析され、決定されている必要がある。 The workflow management, a series of basic operations is previously statically analyzed, there needs to be determined. したがって、分散システム上でユーザが任意に実行する作業に対して動的に管理を行うことは想定されていない。 Therefore, it is not assumed to perform dynamic management to the working for the user to arbitrarily run on a distributed system. したがって、ワークフロー管理では、例えばWebサーフなどを管理することは困難である。 Therefore, workflow management, for example, it is difficult to manage and Web surfing.

分散トランザクション管理は、基本的にレコードにデータを格納するという作業に特化したトランザクションの管理を行い、他の作業に使用されることは想定されていない。 Distributed transaction management manages transactions dedicated to task of storing data in the basic records, it is not supposed to be used for other tasks. したがって、分散トランザクション管理を用いた場合においても、分散システム上でユーザが任意に実行する作業に対して動的に管理を行うことは困難であり、例えばWebサーフなどを管理することは困難である。 Therefore, in the case of using the distributed transaction management also, it is difficult to perform dynamic management to the working for the user to arbitrarily run on a distributed system, for example it is difficult to manage and Web surfing .

本発明は、以上のような実情に鑑みてなされたもので、分散システム上でユーザが行う一連の作業を効率的に管理する作業管理システム及びプログラム並びに方法を提供することを目的とする。 The present invention has been made in view of the above circumstances, and an object thereof is to provide a work management system and program, and method for managing a series of operations performed by a user on a distributed system efficiently.

本発明を実現するにあたって講じた具体的手段について以下に説明する。 Specific means taken in realizing the present invention will be described below.

本発明の実施例において、第1管理手段は、ユーザを識別するためのユーザ識別データとユーザによる作業を識別するための作業識別データとを関係付けたユーザ情報を管理する。 In an embodiment of the present invention, the first management unit manages the user information associated with a work identification data for identifying the operation by the user identification data and the user for identifying the user. 第2管理手段は、作業識別データと、作業におけるステップの流れを表すタスクを識別するためのタスク識別データとを関係付けた作業コンテキスト情報を管理する。 Second management means manages the tasks identification data, a work context information associated with the task identification data for identifying a task that represents the flow of steps in the work. 第3管理手段は、タスク識別データと、タスクにおいてユーザによって開始されたステップを示すステップ識別データとを関係付けたタスク情報を管理する。 Third managing means manages the tasks identification data, the task information associated with the steps identification data indicating the steps initiated by the user in the task. 第4管理手段は、ステップ識別データと、このステップ識別データの示すステップが中断状態か否かを表すステップ状態情報とを関係付けたステップ情報を管理する。 Fourth managing means manages the steps identification data, the step information step indicated by the step identification data is associated with a step status information indicating whether suspended. 再開手段は、再開指示とユーザ識別データとを入力した場合に、ユーザ情報と作業コンテキスト情報とタスク情報とステップ情報とに基づいて、ステップ状態情報が中断状態を示すステップを再開する。 Resuming means, if you enter a restart instruction and the user identification data, on the basis of the user information and the work context information and task information and step information, resuming the step of step status information indicates suspended.

本発明により、分散システム上においてユーザが実行する一連の作業を効率的に管理できる。 The present invention efficiently manage a series of tasks that users perform on a distributed system.

以下、図面を参照しながら本発明の実施の形態について説明する。 Hereinafter, with reference to the drawings, embodiments of the present invention will be described. なお、以下の各実施の形態において、同様の部分については同様の符号を付して説明を省略する。 It should be noted that in, for similar parts the following embodiments will not be described are denoted by the same reference numerals.

(第1の実施の形態) (First Embodiment)
本実施の形態では、ユーザが作業の中断前後で異なる端末を用いる場合であっても一連の作業を継続可能とする作業管理システムについて説明する。 In this embodiment, a description will be given work management system for a user to be continued a series of operations even when using different terminals before and after interruption of the work.

図1は、本実施の形態に係る作業管理システムの一例を示すブロック図である。 Figure 1 is a block diagram showing an example of a work management system according to the present embodiment.

ユーザ1は、異なる複数の端末TM1〜TMnを用いてサービスプロバイダSP1〜SPmに自由にアクセスし、作業可能である。 The user 1 is free to access the service provider SP1~SPm using different terminals TM1~TMn, it is workable.

作業管理システム2は、端末TM1〜TMnとサービスプロバイダSP1〜SPmとの間で中継を行い、ユーザ1による一連の作業を管理する。 Work management system 2 performs relay between the terminal TM1~TMn and the service provider SP1 to SPm, manages a series of operations by the user 1.

作業管理システム2は、記録媒体3に記録されているプログラム3aを実行する。 Work management system 2 executes a program 3a that is recorded on the recording medium 3. 作業管理システム2は、このプログラム3aにしたがって動作することにより、第1管理部4、第2管理部5、第3管理部6、第4管理部7、再開部8としての機能を実現する。 Work management system 2 operates in accordance with this program 3a, the first management unit 4, the second management unit 5, the third management unit 6, a fourth management unit 7, it realizes a function as a restarter 8.

この図1において、記憶部9は、作業管理システム2に外付けされている。 In this Figure 1, the storage unit 9 is external to the work management system 2. しかしながら、記憶部9は、作業管理システム2に内蔵されるとしてもよい。 However, the storage unit 9, may be incorporated in the work management system 2. なお、記憶部9としてデータベースを用いてもよい。 It is also possible to use a database as the storage unit 9.

記憶部9に記憶されているユーザ情報10、作業コンテキスト情報11、タスク情報12、ステップ情報13は、それぞれユーザ、作業、タスク、ステップに関する各種属性を表す。 The user information 10 in the storage unit 9 are stored, work context information 11, the task information 12, step information 13 each represent a user, operations, tasks, various attributes for the step.

端末TM1〜TMn、作業管理システム2、サービスプロバイダSP1〜SPm、記憶部9は、それぞれ例えばインターネットなどのネットワーク経由で接続されているとしてもよい。 Terminal TM1~TMn, work management system 2, the service provider SP1 to SPm, the storage unit 9 may be connected via a network such as the respective example the Internet.

ユーザ1は、まず端末TM1を用いて、ユーザ識別データ(ユーザID)を入力するとともにサービスプロバイダSP1〜SPmのいずれかをアクセスし、作業を行ったとする。 User 1 first using the terminal TM1, to access any of the service providers SP1~SPm inputs the user identification data (user ID), and work was done.

すると、第1管理部4は、ユーザ1を識別するためのユーザ識別データとユーザ1に実施された作業を識別するための作業識別データとを関係付けたユーザ情報10を記憶部10に対して記憶する。 Then, the first management unit 4, the user information 10 associated with a work identification data for identifying the work performed in the user identification data and the user 1 for identifying the user 1 to the storage unit 10 Remember.

第2管理部5は、作業識別データと作業における同一カテゴリのステップの流れを表すタスクを識別するためのタスク識別データとを関係付けた作業コンテキスト情報11を記憶部10に対して記憶する。 The second management unit 5, and stores the work context information 11 associated with the task identification data for identifying a task that represents a flow of steps of the same category in the work and work identification data to the storage unit 10.

第3管理部6は、タスク識別データと、このタスクにおいてユーザ1によって実施の開始されたステップを示すステップ識別データとを関係付けたタスク情報12を記憶部10に対して記憶する。 Third management unit 6, and task identification data, and stores the task information 12 that associated with the steps identification data indicating the starting steps of the performed by the user 1 to the storage unit 10 in this task.

第4管理部6は、ステップ識別データとこのステップ識別データの示すステップが中断状態か否かを表すステップ状態情報とを関係付けたステップ情報13を記憶部10に対して記憶する。 The fourth management unit 6 stores the step information 13 step indicated by step identification data and step identification data is associated with a step status information indicating whether the suspended state to the storage unit 10.

ここで、ユーザ1の作業において、例えばWebブラウザ上でハイパーリンクをクリックするなどのタスク分岐イベントが発生したとする。 Here, in the work of the user 1, for example, a task branch events, such as clicking a hyperlink on a Web browser has occurred.

すると、第2管理部11は、作業コンテキスト情報11において、作業識別データと分岐後のタスクを示すタスク識別データとを関係付けて記憶する。 Then, the second management unit 11, in the work context information 11, and stores in association with the task identification data indicating the task after branching and work identification data.

第3管理部12、第4管理部13は、分岐後のタスクについても、上記と同様のタスク情報及びステップ情報の管理を行う。 Third management unit 12, the fourth management unit 13, the task after branching also manages the same task information and step information and the.

次に、ユーザ1は、端末TMnを用いて、作業の再開命令とユーザ識別データとを入力したとする。 Then, the user 1 uses the terminal TMn, to enter the restart command and the user identification data of the work.

すると、再開部8は、記憶部9内のユーザ情報10、作業コンテキスト情報11、タスク情報12、ステップ情報13とに基づいて、ステップ状態情報が中断状態を示すステップを再開し、再開結果を端末TMnに出力する。 Then, resuming unit 8, the user information 10 in the storage unit 9, work context information 11, the task information 12, on the basis of the step information 13, the step status information resumes steps as broken, the terminal restart results and outputs it to the TMn.

また、再開部8は、作業再開後に、ユーザ1によって指示されたステップのみをさかのぼって実行し、作業の一部のみを再開することも可能である。 Further, resumption unit 8, after work resumed, and run back only step indicated by the user 1, it is also possible to restart only part of the work.

ユーザ1は、その後端末TMnを用いて端末TM1の作業を引き継ぎ、作業を進行して行くことができる。 User 1, can then take over the work of the terminal TM1 using the terminal TMn, progresses the work.

以下に、本実施の形態に係る作業管理システム1について具体例を挙げて説明する。 Hereinafter, the work management system 1 according to this embodiment will be described with reference to specific examples.

図2は、ユーザ1、作業コンテキスト(作業状態)、タスク、ステップの関係の一例を示す図である。 2, user 1, work context (working state), the task is a diagram showing an example of the relationship between the steps.

各作業コンテキストは、ユーザ1が実施する一連の(ひとまとまりの)作業単位である。 Each task context (of human unity) set of users 1 to practice a unit of work.

タスクは、作業コンテキスト内で実行される作業の流れの単位である。 Task is a unit of work flow of the executed in the working context. なお、作業コンテキスト内において、複数のタスクが並列に実行される場合もある。 Incidentally, in the work context, there is a case where a plurality of tasks are executed in parallel. タスクは、分岐し、新たなタスクが開始する場合もある。 Task, branched, there is also a case where a new task starts.

ステップは、タスクのある時点におけるユーザ1の作業実行単位である。 Step is work execution unit of the user 1 in the point in the task. 新たなステップが実行されることにより、タスクの遷移が発生する。 By another step is executed, the transition of a task is generated.

図3は、ユーザ1、作業コンテキスト、タスク、ステップの関係の一例を示すクラス図である。 3, the user 1, work context, task, a class diagram showing an example of the relationship between the steps.

この図3の論理構成において、ユーザ1は0以上の作業コンテキストを持つ。 In the logical structure of FIG. 3, the user 1 has zero or more work context. 作業コンテキストは0以上のタスクを持つ。 Work context has a 0 or more tasks. タスクは0以上のステップを持つ。 Task has zero or more step. タスクには、0又は1つの親タスク(分岐元となるタスク)がある。 The task is zero or one parent task (Task to be branch source). タスクには0以上の子タスク(分岐先となるタスク)がある。 The task has zero or more child tasks (tasks that the branch destination). ステップには0又は1つの前ステップがある。 The step has zero or one previous step. ステップには0又は1つの次ステップがある。 The step has zero or one of the following steps.

図4は、ユーザ情報10、作業コンテキスト情報11、タスク情報12、ステップ情報13の一例を示すデータ構造図である。 4, the user information 10, work context information 11, the task information 12 is a data structure diagram showing an example of the step information 13.

それぞれ上記図3のユーザ1、作業コンテキスト、タスク、ステップ毎に、ユーザ情報10、作業コンテキスト情報11、タスク情報12、ステップ情報13が作成される。 Each user 1 of FIG. 3, work context, task, step by step, the user information 10, work context information 11, the task information 12, step information 13 is created.

各ユーザ情報10、作業コンテキスト情報11、タスク情報12、ステップ情報13では、項目名と値とが関係付けされている。 Each user information 10, work context information 11, the task information 12, step information 13, and the item name and value are related with.

ユーザ情報10は、ユーザID(ユーザ識別データ)、ログイン状態、作業コンテキストID(作業識別データ)とを含む。 The user information 10 includes a user ID (user identification data), and a login state, work context ID (task identification data).

この図4の例において、ユーザ情報10は、ユーザ1のユーザIDは「taro」であり、ユーザ1はログインしている状態であり、ユーザ1は作業コンテキストID「C1」「C2」の示す作業コンテキストを開始したことを表している。 In the example of FIG. 4, the user information 10, the user ID of the user 1 is "taro", the user 1 is a state of being logged, the user 1 is working indicated by the work context ID "C1", "C2" it represents that it has begun context.

作業コンテキスト情報11は、作業コンテキストID、作業コンテキスト名、状態、タスクID(タスク識別データ)、ユーザIDを含む。 Work context information 11 includes work context ID, work context name, status, task ID (task identification data), the user ID.

この図4の例において、作業コンテキスト情報11は、作業コンテキストID「C1」の作業コンテキストについて、作業コンテキスト名は「旅行計画」であり、状態は「ACTIVE」であり、タスクID「T1」「T2」「T3」のタスクが開始されており、ユーザ「Taro」により実行される作業であることを表している。 In the example of FIG. 4, work context information 11, the work context of work context ID "C1", work context name is "itinerary", the state is "ACTIVE", the task ID "T1", "T2 "task has been started in the" T3 "indicates that the work performed by the user" Taro ".

なお、作業コンテキストID「C2」の作業コンテキストについても、同様に作業コンテキスト情報11が作成される。 Here, also for the work context of work context ID "C2", similarly work context information 11 is created.

タスク情報12は、タスクID、タスク名、状態、ステップID(ステップ識別データ)、親タスクID、子タスクID、作業コンテキストIDを含む。 Task information 12 includes the task ID, task name, state, step ID (Step identification data), the parent task ID, child task ID, and work context ID.

この図4の例において、タスク情報12は、タスクID「T1」のタスクについて、タスク名は「乗り換え」であり、状態は「ACTIVE」であり、ステップID「S1」「S2」「S3」「S4」のステップが開始されており、作業コンテキストID「C1」の作業に属することを表している。 In the example of FIG. 4, the task information 12, the tasks of the task ID "T1", the task name is "transfer", the state is "ACTIVE", Step ID "S1", "S2", "S3", " step of S4 "has been started, it indicates that belong to the work of the work context ID" C1 ".

また、タスク情報12は、タスクID「T1」のタスクについて、分岐元となるタスク(親タスク)を表す親タスクID、分岐先となるタスク(子タスク)を表す子タスクIDを持つ。 The task information 12, the tasks of the task ID "T1", the parent task ID representing the task (parent task) as the branch source, the branch destination becomes task (child task) with children that represent task ID.

なお、タスクID「T2」「T3」のタスクについても、同様にタスク情報12が作成される。 It should be noted that the task of the task ID "T2", "T3" is also, similar to the task information 12 is created.

ステップ情報13は、ステップID、ステップ名、状態、前ステップID、次ステップID、タスクIDを含む。 Step information 13 includes step ID, step name, state, prior to step ID, the next step ID, and task ID.

この図4の例において、ステップ情報13は、ステップID「S1」のステップについて、ステップ名は「乗り換え案内」であり、状態は「ACTIVE」であり、タスクID「T1」に属するステップであることを表している。 In the example of FIG. 4, step information 13, the steps of Step ID "S1", the step name is "transfer guide", the state is "ACTIVE", it is a step that belongs to the task ID "T1" a represents.

また、ステップ情報13は、ステップID「S1」のステップについて、前ステップを表す前ステップID、次ステップを表す次ステップIDを持つ。 Further, the step information 13, the steps of Step ID "S1", before step ID representing the previous step, with the following steps ID representing the next step.

なお、ステップID「S2」〜「S4」のステップについても、同様にステップ情報13が作成される。 Here, also for the step of step ID "S2" ~ "S4", the same step information 13 is created.

上記ユーザ情報10と作業コンテキスト情報11とによりユーザ1と作業コンテキストとの関係が表され、上記作業コンテキスト情報11とタスク情報12とにより作業コンテキストとタスクとの関係が表され、上記タスク情報12とステップ情報13とによりタスクとステップとの関係が表される。 The relationship between the user 1 and the work context by the above user information 10 and the work context information 11 is represented, the relationship between the work context and tasks by the above work context information 11 and the task information 12 is represented, with the task information 12 relationship between the tasks and steps are denoted by step information 13.

ユーザ1と作業コンテキストとの間、作業コンテキストとタスクとの間、タスクとステップとの間は、各種のIDで関連付けされている。 Between the user 1 and the work context, between the work context and tasks between the tasks and steps it has been associated with a variety of ID.

なお、本実施の形態においては、ユーザ情報10、作業コンテキスト情報11、タスク情報12、ステップ情報13の順で木構造を探索可能であり、また逆の順序でも木構造を探索可能としている。 In this embodiment, the user information 10, work context information 11, the task information 12, a searchable tree structure in the order of step information 13, also thereby enabling searching the tree structure in a reverse order. しかしながら、ユーザ情報10、作業コンテキスト情報11、タスク情報12の順でのみ探索可能であってもよい。 However, the user information 10, work context information 11 may be only be searched in the order of task information 12.

以下に、ユーザ1が図5に示す作業を行う場合を例として、ユーザ1の作業に伴う作業コンテキスト、タスク、ステップの生成状態について説明する。 Hereinafter, an example in which user 1 performs an operation shown in FIG. 5, illustrating the work context associated with the work of the user 1, the task, the generation state of the step.

図6は、ユーザ1が作業管理システム2にログインした直後(上記図5のStart時点)のデータ構造の一例を示す図である。 Figure 6 is a diagram showing an example of a data structure just after the user 1 logs in to the work management system 2 (Start point of FIG. 5).

作業コンテキストを管理するために、ユーザマスタテーブル14、作業コンテキストマスタテーブル15、タスクマスタテーブル16、ステップマスタテーブル17が用意されている。 To manage the work context, the user master table 14, work context master table 15, the task master table 16, step master table 17 it is prepared.

ユーザマスタテーブル14、作業コンテキストマスタテーブル15、タスクマスタテーブル16、ステップマスタテーブル17には、それぞれ、ユーザ情報10、作業コンテキスト情報11、タスク情報12、ステップ情報13が格納される。 User master table 14, work context master table 15, the task master table 16, the step master table 17, respectively, the user information 10, work context information 11, the task information 12, step information 13 is stored.

ログイン直後においては、ユーザマスタテーブル14に、ユーザID及びログイン状態が格納される。 Immediately after login, the user master table 14, the user ID and login state is stored. なお、他のユーザに関する情報がユーザマスタテーブル14に格納されていてもよいが、ここでは省略している。 The information about other users may be stored in the user master table 14, but is omitted here.

なお、この図6は、ユーザ1が初めてログインした直後を例示しているため、作業コンテキストマスタテーブル15、タスクマスタテーブル16、ステップマスタテーブル17には、データが格納されていない。 Incidentally, FIG. 6, because it illustrates just after user 1 logs on for the first time, a work context master table 15, the task master table 16, the step master table 17, the data is not stored. 作業を中断し、ログアウトした後のログイン時においては、ログアウト前の作業コンテキスト情報11、タスク情報12、ステップ情報13が各テーブル15〜17に格納されている。 Interrupting the work, at the time of login after logging out, work context information 11 before logging out, the task information 12, step information 13 is stored in each table 15-17.

図7に示すように、ユーザ1が新しい作業を開始すると(St1)、空の作業コンテキストC1が生成される。 As shown in FIG. 7, when the user 1 starts a new work (St1), the empty work context C1 is generated.

図8は、新作業開始時のデータ構造の一例を示す図である。 Figure 8 is a diagram showing an example of the data structure at the new work start. 作業の開始により作業コンテキストC1に関する情報が格納される。 Information about the work context C1 is stored by the start of the work. なお、この図8では、新たに変化の生じた部分を太枠で表している。 In FIG. 8 represents the resulting portion of the new changes in the thick frame. 以下の図においても同様である。 The same applies to the following FIG.

ユーザマスタテーブル14におけるユーザID「Taro」と同じ行に、開始された作業C1の作業コンテキストID「C1」が格納される。 On the same row as the user ID "Taro" in the user master table 14, work context ID of the started task C1 "C1" is stored.

また、作業コンテキストマスタテーブル15のある行に、作業コンテキストID「C1」、作業コンテキスト名「旅行計画」、状態「ACTIVE」、ユーザID「Taro」が格納される。 Further, in the line with the work context master table 15, work context ID "C1", work context name "itinerary", state "ACTIVE", user ID "Taro" it is stored.

次に、図9に示すように、ユーザ1がタスクT1を開始すると(St2)、作業コンテキストC1の管理下にタスクT1と当該タスクT1の最初のステップS1が生成される。 Next, as shown in FIG. 9, when the user 1 starts a task T1 (St2), the first step S1 of the task T1 and the task T1 is generated under the control of work context C1. なお、本実施の形態では、破線でタスクを表し、実線の円でステップを表す。 In the present embodiment, it represents a task by a broken line, represents a step in solid circles.

図10は、タスクT1開始時のデータ構造の一例を示す図である。 Figure 10 is a diagram showing an example of the data structure at the start task T1. タスクT1の開始により、タスクT1及びステップS1に関する情報が格納される。 The start of the task T1, information about the task T1 and step S1 is stored.

作業コンテキストマスタテーブル15における作業コンテキストID「C1」と同じ行に、タスクID「T1」が格納される。 On the same line as the work context ID "C1" in the work context master table 15, the task ID "T1" is stored.

また、タスクマスタテーブル16のある行に、タスクID「T1」、タスク名「タスク1」、状態「ACTIVE(開始)」、ステップID「S1」、作業コンテキストID「C1」が格納される。 Also, the one row of the task master table 16, the task ID "T1", task name "Task 1", state "ACTIVE (start)", Step ID "S1", work context ID "C1" is stored.

また、ステップマスタテーブル17のある行に、ステップID「S1」、ステップ名「ステップ1」、状態「ACTIVE」、タスクID「T1」、情報が格納される。 Also, the one row of step master table 17, Step ID "S1", step name "Step 1", state "ACTIVE", the task ID "T1", information is stored. なお、ステップマスタテーブル17においてステップIDと関係付けされている情報としては、例えばこのステップを再現するために使用されるデータ、URL、ユーザ1の入力する値、設定などがある。 As the information which is related with the steps ID in step master table 17, for example, data used to reproduce this step, URL, value entered user 1, and the like set.

次に、図11に示すように、ユーザ1があるタスクT1内のステップを進めると(St3)、ステップS1の次のステップS2が生成される。 Next, as shown in FIG. 11, when advancing the steps in the task T1 with user 1 (St3), the next step S2 in the step S1 is generated.

図12は、タスクT1の進行時のデータ構造の一例を示す図である。 Figure 12 is a diagram illustrating an example of the data structure of the time progress of a task T1. タスクT1の進行により、ステップS2に関する情報が格納され、ステップS1とステップS2との間に、「前ステップ」「次ステップ」という関係付けがなされる。 The progress of the task T1, stores information about the step S2 is, between step S1 and step S2, association of "previous step", "next step" is performed.

タスクマスタテーブル16におけるタスクID「T1」と同じ行に、新たに開始されたステップS2を示すステップID「S2」が追加される。 On the same line as the task ID "T1" in the task master table 16, it is added step ID "S2" indicating the step S2 which is newly started.

また、ステップマスタテーブル17におけるステップID「S1」と同じ行の状態が「CLOSED(終了)」に変更され、次ステップID「S2」が格納される。 The state of the same line as the step ID "S1" in step master table 17 is changed to "CLOSED (End)", the next step ID "S2" is stored.

また、ステップマスタテーブル17のある行に、ステップID「S2」、ステップ名「ステップ2」、状態「ACTIVE」、前ステップID「S1」、タスクID「T1」、情報が格納される。 Also, the one row of step master table 17, Step ID "S2", step name "Step 2", state "ACTIVE", before step ID "S1", the task ID "T1", information is stored.

なお、本実施の形態では、タスク内の最終ステップだけを状態「ACTIVE」とし、他のステップは次ステップが発生した時点で状態「CLOSED」としているが、他の状態管理を行うとしてもよい。 In the present embodiment, only the final step in the task to the state "ACTIVE", although other steps are the state "CLOSED" when the next step occurs, may perform other state management.

次に、図13に示すように、ユーザ1があるタスクT1のステップS2において、別のタスクT2を開始すると(St4)、タスクの分岐が発生し、新しいタスクT2とこの新しいタスクT2の新しいステップS3が生成される。 Next, as shown in FIG. 13, a new step in the step S2 of task T1 with user 1, starting another task T2 (St4), a branch of the task is generated, a new task T2 Toko new task T2 S3 is generated.

図14は、新しいタスクT2開始時のデータ構造の一例を示す図である。 Figure 14 is a diagram showing an example of a new task T2 at the start of the data structure. 新しいタスクT2の開始により、タスクT2及びステップS3に関する情報が格納され、タスクT1とタスクT2との間に、親タスクと子タスクとの関係付けがなされる。 The start of a new task T2, information about the task T2, and step S3 is stored, between the task T1 and task T2, association between the parent and child tasks is made.

作業コンテキストマスタテーブル15における作業コンテキストID「C1」と同じ行に、新たに開始されたタスクT2のタスクID「T2」が追加される。 On the same line as the work context ID "C1" in the work context master table 15, a new task ID "T2" in the started task T2 is added.

また、タスクマスタテーブル16におけるタスクID「T1」と同じ行に、タスクT1の子タスクT2を示す子タスクID「T2」が追加される。 Further, on the same line as the task ID "T1" in the task master table 16, the child task T2 task T1 is Shimesuko task ID "T2" is added.

また、タスクマスタテーブル16のある行に、タスクID「T2」、タスク名「タスク2」、状態「ACTIVE」、ステップID「S3」、親タスクID「T1」、作業コンテキストID「C1」が格納される。 Further, the row of task master table 16, the task ID "T2", a task name "Task 2", state "ACTIVE", Step ID "S3", the parent task ID "T1", the work context ID "C1" stored It is.

また、ステップマスタテーブル17のある行に、ステップID「S3」、ステップ名「ステップ3」、状態「ACTIVE」、タスクID「T2」、情報が格納される。 Also, the one row of step master table 17, Step ID "S3", the step name "Step 3", state "ACTIVE", the task ID "T2", the information is stored.

なお、タスク分岐の検出は、例えばユーザ1の指示にしたがうとしてもよいし、プログラムが自動的に判断するとしてもよい。 The detection task branch may be, for example, as according to an instruction of the user 1 may be programmed to automatically determine.

次に、図15に示すように、ユーザ1が新しいタスクT2のステップを進めると(St5)、ステップS3の次のステップS4が生成される。 Next, as shown in FIG. 15, when the user 1 advances the steps of the new task T2 (St5), the next step S4 in the step S3 is generated.

図16は、新タスクT2の進行時のデータ構造の一例を示す図である。 Figure 16 is a diagram illustrating an example of the data structure of the time progression of the new task T2. 新タスクT2の進行により、ステップS4に関する情報が格納され、ステップS3の状態が「CLOSED」に変更され、ステップS3とステップS4との間に、「前ステップ」「次ステップ」という関係付けがなされる。 The progress of the new task T2, information related to the step S4 is stored, is changed to the state in step S3 is "CLOSED", between the steps S3 and S4, association of "previous step", "next step" is performed that.

タスクマスタテーブル16におけるタスクID「T2」と同じ行に、新たに開始されたステップS3を示すステップID「S4」が追加される。 On the same line as the task ID "T2" in the task master table 16, it is added step ID "S4" indicating the step S3 which is newly started.

また、ステップマスタテーブル17におけるステップID「S3」と同じ行において、状態が「CLOSED」に変更されるとともに次ステップID「S4」が格納される。 Further, in the same row as the step ID "S3" in step master table 17, the state is the next step ID "S4" while being changed to "CLOSED" is stored.

また、ステップマスタテーブル17のある行に、ステップID「S4」、ステップ名「ステップ4」、状態「ACTIVE」、前ステップID「S3」、タスクID「T2」、情報が格納される。 Also, the one row of step master table 17, Step ID "S4", the step name "Step 4", state "ACTIVE", before step ID "S3", the task ID "T2", the information is stored.

次に、図17に示すように、ユーザ1がもとのタスクT1の作業を進めると(St6)、ステップS2の次のステップS5が生成される。 Next, as shown in FIG. 17, when the user 1 advances the work of the original task T1 (St6), the next step S5 in the step S2 is generated.

図18は、もとのタスクT1の進行時のデータ構造の一例を示す図である。 Figure 18 is a diagram illustrating an example of the data structure of the time progression of the original task T1. タスクT1の進行により、ステップS5に関する情報が格納され、ステップS2とステップS5との間に、「前ステップ」「次ステップ」という関係付けがなされる。 The progress of the task T1, stores information about step S5, between step S2 and the step S5, associating as "previous step", "next step" is performed.

タスクマスタテーブル16におけるタスクID「T1」と同じ行に、新たに開始されたステップS5を示すステップID「S5」が追加される。 On the same line as the task ID "T1" in the task master table 16, it is added step ID "S5" representing the step S5 which is newly started.

また、ステップマスタテーブル17におけるステップID「S2」と同じ行において、状態が「CLOSED」に変更されるとともに次ステップID「S5」が格納される。 Further, in the same row as the step ID "S2" in step master table 17, the state is the next step ID "S5" while being changed to "CLOSED" is stored.

また、ステップマスタテーブル17のある行に、ステップID「S5」、ステップ名「ステップ5」、状態「ACTIVE」、前ステップID「S2」、タスクID「T1」、情報が格納される。 Also, the one row of step master table 17, Step ID "S5", the step name "Step 5", the state "ACTIVE", before step ID "S2", the task ID "T1", information is stored.

そして、図19に示すように、ユーザ1が分岐後の新しいタスクT2を終了する(St7)。 Then, as shown in FIG. 19, the user 1 terminates the new task T2 after branch (St 7).

図20は、新しいタスクT2終了時のデータ構造の一例を示す図である。 Figure 20 is a diagram showing an example of a new task T2 at the end of the data structure.

タスクマスタテーブル16におけるタスクID「T2」と同じ行の状態が「CLOSED」に変更される。 State of the same line as the task ID "T2" in the task master table 16 is changed to "CLOSED".

また、ステップマスタテーブル17におけるステップID「S4」と同じ行の状態が「CLOSED」に変更される。 The state of the same line as the step ID "S4" in step master table 17 is changed to "CLOSED".

なお、タスクの終了は、例えばユーザ1の指示にしたがうとしてもよいし、プログラムが自動的に判断するとしてもよい。 Incidentally, the end of the task may be, for example, as according to an instruction of the user 1 may be programmed to automatically determine.

上述したように、作業コンテキストC1内では、作業の状態が木構造のような形態で管理される。 As described above, within the work context C1, the state of work is managed in a form, such as a tree structure. ある時点における作業コンテキストC1内の木構造のリーフ、すなわちタスクの末端となるステップ群は、終了していないタスク群の最新の状態を表している。 Leaves of the tree structure in the work context C1 at a certain point in time, i.e. step group to be terminated task represents the current state of the task group is not completed.

ここで、上記図17及び図18の状態(St6)でユーザ1が作業を中断したとする。 Here, the user 1 in a state (St6) of FIG. 17 and FIG. 18 interrupts the work. すると、タスクT1の末端のステップS5及びタスクT2の末端のステップS4が中断状態となる。 Then, step S4 of terminal ends of the steps S5 and task T2 task T1 is suspended.

また、作業コンテキストC1の木構造は、作業履歴として扱うことが可能である。 Furthermore, the tree structure of the work context C1 may be treated as work history. リーフではないステップS1,S2,S3は、ユーザ1による作業における以前の状態を表す。 Step S1, S2, S3 not a leaf represents the previous state in the work by the user 1.

図21は、上記図17及び図18の状態(St6)でユーザ1が作業を中断した時点のデータ構造の一例を示す図である。 Figure 21 is a diagram illustrating an example of the data structure at the time when the user 1 in a state (St6) of FIG. 17 and FIG. 18 interrupts the work.

作業の中断により、実行中であった作業コンテキストC1の状態が「SUSPENDED」とされ、作業コンテキストC1に属するタスクのうち「ACTIVE」であったタスクT1,T2、及び各タスクT1,T2で「ACTIVE」であったステップS4,S5の状態が「SUSPENDED」とされる。 The interruption of the work, the state of the work context C1 that was being executed is a "SUSPENDED", "ACTIVE in task T1, T2, and each task T1, T2 were" ACTIVE "among tasks belonging to the work context C1 "a was the steps S4, S5 state of being a" SUSPENDED ".

具体的には、作業コンテキストマスタテーブル15における作業コンテキストID「C1」と同じ行の状態「ACTIVE」が中断を示す「SUSPENDED」に変更される。 Specifically, work context ID in the same row as "C1" state "ACTIVE" is at work context master table 15 is changed to "SUSPENDED" indicating interruption.

また、タスクマスタテーブル16におけるタスクID「T1」「T2」と同じ行のそれぞれの状態「ACTIVE」が「SUSPENDED」に変更される。 Also, each state in the same row as the task ID "T1", "T2" in the task master table 16 "ACTIVE" is changed to "SUSPENDED".

また、ステップマスタテーブル17におけるステップID「S4」「S5」と同じ行のそれぞれの状態「ACTIVE」が「SUSPENDED」に変更される。 Also, each state in the same row as the step ID "S4", "S5" in Step master table 17 "ACTIVE" is changed to "SUSPENDED".

以上説明した本実施の形態では、ユーザ1が作業中断の前後で異なる端末を用いる場合であっても、中断前の作業を中断後に継続して実施することができる。 In the above present embodiment described, even when the user 1 using different terminals before and after the interruption of the work can be carried out continuously after disrupting before suspension.

また、本実施の形態では、ユーザ1の一連の作業内容が木構造により管理される。 Further, in the present embodiment, a series of work of the user 1 is managed by the tree structure. これにより、中断・再開後であっても、ステップ単位あるいは作業の流れ単位(タスク遷移単位)で、ユーザ1の作業をさかのぼることができる。 Thus, even after suspension and restart, in units of steps or workflow unit (task transition units), can be traced back to the work of the user 1. また、ステップ単位あるいは作業の流れ単位(タスク遷移単位)で、作業のやり直しを実現できる。 Further, in step unit or workflow unit (task transition units) can be realized rework. また、作業の一部だけさかのぼり、流れの途中から別の内容で作業を進めることができる。 Also, dates back only a part of the work, it is possible to proceed from the middle of the flow in a different content.

これに対して、例えば、作業の履歴をスナップショットで管理する場合には、各スナップショット間において各作業単位の前後関係が管理されていないため、ある作業単位のみをさかのぼることは困難である。 In contrast, for example, in the case of managing a history of operations in a snapshot, since the context of each work unit is not managed between each snapshot, it is difficult to trace back only unit of work. また、ある作業単位のみをやり直すこと及び別の展開で作業を進めることも困難である。 It is also difficult to proceed by again only unit of work and further development.

また、本実施の形態による木構造管理を用いることにより、分岐によって新たに開始された複数のタスクの合流や待ち合わせなどの処理を表現可能であり、作業の再開に用いることができる。 Further, by using the tree structure management according to this embodiment, it is possible to express the process, such as a plurality of merging or meeting of the task initiated anew by the branching, it can be used to resume the work.

また、ユーザ情報10、作業コンテキスト情報11、タスク情報12、ステップ情報13に基づいて、一連の作業を容易に把握できる。 The user information 10, work context information 11, the task information 12, based on the step information 13, a series of operations can be easily grasped.

また、本実施の形態では、木構造の末端から上位にさかのぼることができるため、下位の特定のステップ又はタスクに対して指示をすることにより、上位のステップ、タスク、作業コンテキストに指示内容を反映するための処理を実行することができる。 Further, in this embodiment, reflected since it is possible to trace back to the upper from end of the tree structure, by the instruction to the lower of specific steps or tasks, the upper step, the task, the instruction content in the work context it can be a process for performing.

例えば、末端のステップ又はタスクに対して指示を行うことにより、この末端のステップ又はタスクが属する作業コンテキスト全体に対して指示に応じた処理を実行することができる。 For example, by performing an instruction to end of steps or tasks can execute processing corresponding to the instruction for the entire work context in which the steps or tasks of the terminal belongs.

また、例えば、ステップ又はタスクに対する中断又は再開の指示に基づいて、一連のタスク又は作業コンテキスト全体について中断又は再開を行うことが可能である。 Further, for example, based on an instruction from the suspend or resume for steps or tasks, it is possible to perform the suspend or resume the entire sequence of tasks or work context.

なお、本実施の形態に係るプログラム3aは、例えば磁気ディスク(フレキシブルディスク、ハードディスク等)、光ディスク(CD−ROM、DVD等)、半導体メモリなどの記録媒体3に書き込んで、コンピュータに適用可能である。 The program 3a according to the present embodiment, for example, a magnetic disk (flexible disk, hard disk, etc.), optical disk (CD-ROM, DVD, etc.), writing to a recording medium 3 such as a semiconductor memory, is applicable to the computer .

また、プログラム3aは、通信媒体により伝送してコンピュータに適用することも可能である。 The program 3a, it is also possible to apply to the transmission by a communication medium to a computer. コンピュータは、それぞれプログラム3aを読み込み、プログラム3aによって動作が制御されることにより、上記の機能を実現する。 The computer reads the program 3a respectively, by the operation is controlled by a program 3a, to implement the above functionality.

本実施の形態において、ソフトウェアにより実現される各機能は、ハードウェアによって実現されるとしてもよい。 In this embodiment, each of the functions implemented by software may be realized by hardware.

本実施の形態に係る作業管理システム2では、複数のコンピュータにプログラム3aが分散して配置され、互いに連携を取りつつ処理が実行されるとしてもよい。 In work management system 2 according to the present embodiment, the program 3a are arranged distributed across multiple computers or may be processing is executed while in cooperation with each other.

(第2の実施の形態) (Second Embodiment)
本実施の形態では、作業コンテキスト、タスク、ステップの具体例として、旅行計画の立案を作業コンテキストとする場合について説明する。 In this embodiment, work context, task, as specific examples of steps will be described in which the planning travel planning and work context.

図22は、旅行計画の立案作業に関する作業コンテキストの一例を示す図である。 Figure 22 is a diagram showing an example of a work context for planning work travel plans.

図23は、旅行計画の立案作業を管理するデータのデータ構造の一例を示す図である。 Figure 23 is a diagram illustrating an example of a data structure of data for managing the planning work travel plans.

図24は、本実施の形態に係る作業管理システム2の論理構成の一例を示すブロック図である。 Figure 24 is a block diagram showing an example of a logical configuration of a work management system 2 according to the present embodiment.

ユーザ1は、例えば携帯電話又はPDA(Personal Digital Assistant)などのクライアント機器18、例えばPC(Personal Computer)などのクライアント機器19を通して、バックエンドに存在するサービスプロバイダSP1にアクセスする。 User 1, for example, through a mobile phone or PDA (Personal Digital Assistant) client device 18, such as, example, a PC (Personal Computer) client device 19, such as to access the service provider SP1 present in the back end.

ここで、サービスプロバイダSP1とは、例えば検索サービスサイト、ニュースサイト、ショッピングサイト等、ユーザ1がアクセスしようとする目的サイトである。 Here, the service provider SP1, for example search service sites, news sites, shopping sites, etc., is a destination site that the user 1 is trying to access.

作業管理システム2は、クライアント機器18,19とサービスプロバイダSP1との間に介在し、ユーザ1の一連の作業を管理する。 Work management system 2 is interposed between the client device 18, 19 and service providers SP1, manages a series of operations of the user 1.

作業管理システム2は、クライアント接続部20、ユーザ認証部21、ユーザプロクシ管理部22、作業コンテキスト管理部23を具備する。 Work management system 2, client connection section 20, the user authentication unit 21, the user proxy management unit 22 comprises a work context manager 23.

クライアント接続部20は、クライアント機器18,19のいずれかから指示(リクエスト)を受け付け、この指示の内容に基づいてサービスプロバイダSP1へのアクセスを実施する。 Client connection unit 20, an instruction from one of the client devices 18 and 19 accepting the (request), to implement the access to the service provider SP1 based on the contents of the instruction.

クライアント接続部20は、携帯電話又はPDAなどのように機能が限定されているブラウザを持つThin Client系端末からの接続を受け付けるPortal型接続部20aと、PC又はWS(Work Station)などのFat Client系端末からの接続を受け付けるProxy型接続部20bを具備する。 Client connection unit 20 includes a Portal-type connecting part 20a for accepting connections from Thin Client system terminal having a browser function, such as a cellular phone or PDA is limited, Fat Client such as a PC or WS (Work Station) It comprises a Proxy type connection portion 20b for accepting connections from the system terminal.

ユーザ1に作業(操作)を実行させるためのユーザインタフェースは、クライアント機器18,19により異なる。 User interface for executing operations (operation) to the user 1 will vary depending on the client devices 18 and 19. このため、本実施の形態では、Portal型接続部20a、Proxy型接続部20bという複数のクライアント機器用インタフェースが用意されている。 Therefore, in the present embodiment, Portal-type connecting part 20a, an interface for a plurality of client devices that Proxy type connecting portion 20b are provided. 作業管理システム2では、クライアント機器18,19からの入力を受け付けるクライアント接続部20と作業コンテキスト管理部23とを独立させている。 In work management system 2, which is independent client connection section 20 for accepting an input from the client device 18, 19 and work context manager 23.

なお、Portal型接続部20aは、主にシングルウィンドウクライアントを想定したインタフェースであり、Proxy型接続部20bは、主にマルチウィンドウクライアントを想定したインタフェースである。 Incidentally, Portal-type connecting part 20a is predominantly interface assuming a single window client, Proxy type connecting portion 20b are mainly interface assuming a multi-window client.

ただし、クライアント機器18,19の構成によっては、シングルウィンドウクライアントであってもProxy型接続部20bを利用することが可能であり、同様にマルチウィンドウクライアントであってもPortal型接続部20aを利用することが可能である。 However, depending on the configuration of the client device 18 and 19, it is possible to utilize the Proxy-type connection part 20b be a single window client utilizes a Portal-type connecting part 20a be a multi-window client as well It is possible.

ユーザ認証部21は、クライアント機器18,19のいずれかからクライアント接続部20にアクセスしたユーザ1に対するユーザ認証を実施する。 The user authentication unit 21 performs user authentication for the user 1 on a client connection portion 20 from one of client devices 18 and 19.

ユーザプロクシ管理部22は、ユーザ1の作業を模擬する。 User proxy management unit 22 simulates the operations of the user 1. ユーザプロクシ管理部22は、ユーザプロクシに関するデータをユーザプロクシ記憶部24に記憶し、またユーザプロクシに関するデータをユーザプロクシ記憶部24から読み出す。 User proxy management unit 22 stores data about the user proxy on the user proxy storage unit 24, and reads the data about the user proxy from the user proxy storage unit 24.

作業コンテキスト管理部23は、上記図23に示す形式により作業コンテキストの管理を実現する。 Work context manager 23 provides for managing work context in the form shown in FIG. 23. すなわち、作業コンテキスト管理部23は、上記図1の第1から第4の管理部4〜7及び再開部8に相当し、記憶部9に対して情報10〜13を保存する。 That is, the work context management unit 23, corresponds the first FIG. 1 to the fourth management unit 4-7 and the resumption unit 8, stores the information 10 to 13 to the storage unit 9.

本実施の形態において、作業コンテキスト管理部23は、作業の前後関係を管理するために、例えば「前ステップID」「次ステップID」などの前後関係を示す情報も管理する。 In this embodiment, work context management unit 23 to manage the context of the work, also manages information indicating the context of, for example, "before step ID," "next step ID."

以下に、ユーザ1がクライアント機器18,19のいずれかを通じて実施する作業と、この作業に対する作業管理システム2の作業コンテキスト管理とを対応付けて説明する。 Hereinafter, the user 1 and the work carried out through one of the client devices 18 and 19 will be described in association with the work context management work management system 2 for this task.

第1に、ユーザ1が作業管理システム2にログインしたとする。 First, the user 1 logs in to the work management system 2.

この場合、ユーザ認証部21は、ユーザ1に対するユーザ認証を行う。 In this case, the user authentication unit 21 performs user authentication for the user 1. ユーザプロクシ管理部22は、ユーザ1のユーザプロクシに関するデータがユーザプロクシ記憶部24に記憶されていない場合、作業を模擬するためのユーザプロクシに関するデータを生成する。 User proxy management unit 22, when the data about the user proxy for the user 1 is not stored in the user proxy storage unit 24, generates the data relating to the user proxy for simulating the work. 一方、ユーザプロクシ管理部22は、ユーザ1のユーザプロクシに関するデータがユーザプロクシ記憶部24に記憶されている場合は、ユーザプロクシ記憶部24からユーザ1のユーザプロクシに関するデータを読み出す。 Meanwhile, the user proxy management unit 22, when the data about the user proxy for the user 1 is stored in the user proxy storage unit 24, reads out the data about the user proxy of the user 1 from a user proxy storage unit 24.

第2に、ユーザ1が新規の作業開始を指示したとする。 Second, the user 1 instructs the new work start.

この場合、作業コンテキスト管理部23は、新規の作業コンテキストに関する情報を記憶部9に記憶する。 In this case, the work context management unit 23 stores information about the new work context in the storage unit 9. この管理状態は、上記図7及び上記図8の状態である。 The management state is a state of FIG. 7 and FIG 8.

第3に、ユーザ1がタスク開始を指示したとする。 Third, the user 1 is that instructs the start task.

この場合、作業コンテキスト管理部23は、新しいタスクとこの新しいタスクの最初のステップに関する情報を記憶部9に記憶する。 In this case, the work context management unit 23 stores information about the first step of this new task and the new task in the storage unit 9. この管理状態は、上記図9及び上記図10、又は上記図13及び上記図14の状態である。 The administrative state, FIG. 9 and FIG. 10, or in the state of FIG. 13 and FIG 14.

第4に、ユーザ1がタスク進行を指示したとする。 Fourth, user 1 and instructs the task progress.

この場合、作業コンテキスト管理部23は、進行対象のタスクの属する作業コンテキストにおいて、進行対象のタスクについての新しいステップに関する情報を記憶部9に記憶する。 In this case, the work context management unit 23, the work context belonging progressive subject of task, stores information about the new step for advancing the target task in the storage unit 9. この管理状態は、上記図11及び上記図12、上記図15及び上記図16、上記図17及び上記図18の状態である。 The administrative state, FIG 11 and FIG 12, FIG 15 and FIG 16, in the state of FIG. 17 and FIG 18.

第5に、ユーザ1がタスク終了を指示したとする。 Fifth, the user 1 is to instructs the task completion.

この場合、作業コンテキスト管理部23は、終了対象のタスクの属する作業コンテキストにおいて、タスクが終了した旨を示す情報を記憶部9に記憶する。 In this case, the work context management unit 23, the work context Field of the end target task, stores information indicating that the task has been completed in the storage unit 9. この管理状態は、上記図19及び上記図20の状態である。 The management state is a state of FIG. 19 and FIG 20.

第6に、ユーザ1が作業の中断を指示したとする。 Sixth, the user 1 instructs the interruption of the work.

この場合、作業コンテキスト管理部23は、記憶部9に対して、作業コンテキストについて中断を示す情報を保存する。 In this case, the work context management unit 23, the storage unit 9 stores information indicating the interruption for work context.

第7に、ユーザ1が作業の再開を指示したとする。 Seventh, the user 1 instructs to resume the work.

この場合、作業コンテキスト管理部23は、記憶部9から、ユーザ1に指定された作業コンテキストの状態を読み出し、再開(復元)を行う。 In this case, the work context management unit 23, the storage unit 9 reads the state of the work context specified by the user 1 performs a restart (restoring).

第8に、ユーザ1が作業管理システム2からログアウトしたとする。 Eighth, the user 1 logs out from the work management system 2.

この場合、ユーザプロクシ管理部22は、ユーザ1のユーザプロクシに関するデータをユーザプロクシ記憶部24に記憶する。 In this case, the user proxy management unit 22 stores the data about the user proxy for the user 1 to the user proxy storage unit 24.

(第3の実施の形態) (Third Embodiment)
本実施の形態では、上記第2の実施の形態の詳細例について説明する。 In this embodiment, a detailed example of the second embodiment.

図25は、本実施の形態に係る作業管理システム2の論理構成の一例を示すブロック図である。 Figure 25 is a block diagram showing an example of a logical configuration of a work management system 2 according to the present embodiment.

この図25に示す要素25,26,20a〜20e,21,22a,22b,23a,SP1はクラスを表す。 Element 25,26,20a~20e shown in FIG. 25, 21,22a, 22b, 23a, SP1 represents a class. クラスには矩形だけによるものと三分割されているものとがある。 The class has a what is a tripartite be due only to rectangular.

矩形だけによるクラスにはクラス名が記述されており、三分割されているクラスには、上からクラス名、属性、処理が記述されている。 Only by class rectangle has the class name is described, the class that is divided into three parts, the class name from the top, attributes, processing is described. クラス間が実線で接続されている場合、実線で結ばれるクラス間になんらかの関係があることを表す。 If the inter-class is connected by a solid line, indicating that there is some relationship between classes are connected by solid lines.

以下に、本実施の形態の各クラスについて説明する。 The following describes each class of this embodiment.

「ブラウザ(携帯・PDA)」クラスは、クライアント機器が携帯電話やPDAなどの場合に、ユーザが使用するブラウザを表す。 "Browser (mobile phone · PDA)" class, if the client device, such as a mobile phone or PDA, representing the browser used by the user.

「ブラウザ(PC)」クラスは、クライアント機器がPCなどの場合に、ユーザが使用するブラウザを表す。 "Browser (PC)" class, if the client device such as a PC, representing the browser used by the user.

「Portal型接続部」クラスは、Portal型で動作する場合に、ユーザからのリクエストを受け付けるクラスを表す。 "Portal-type connection unit" class, running in the Portal-type, representing the class that accepts requests from the user.

「Proxy型接続部」クラスは、Proxy型で動作する場合に、ユーザからのリクエストを受け付けるクラスを表す。 "Proxy type connection portion" class, running in the Proxy type, representing the class that accepts requests from the user.

Portal型接続部20a及びProxy型接続部20bは、クライアント接続共通部20eに、中断/再開処理の実行、サービスプロバイダSP1へのアクセスを依頼する。 Portal-type connecting part 20a and the Proxy-type connection portion 20b, the client connection common portion 20e, and requests execution of the suspend / resume process, access to the service provider SP1.

「Portal用コンテンツ書替」クラスは、Portal用のHTTPレスポンスの内容を書き替えるクラスである。 "Replacement Portal for content form" class is a class that rewrites the contents of the HTTP response for the Portal.

「Proxy用コンテンツ書替」クラスは、Proxy用のHTTPレスポンスの内容を書き替えるクラスである。 "Replacement Proxy for content form" class is a class that rewrites the contents of the HTTP response for the Proxy.

「クライアント接続共通部」クラスは、作業管理システム2が実施する処理の中核を担当するクラスである。 "Client Connections common unit" class is a class that is responsible for central processing implementing the work management system 2. クライアント接続共通部20eは、サービスプロバイダSP1にアクセスを行い、ユーザプロクシ22bを介して作業コンテキスト管理23aに処理を依頼する。 Client connection common unit 20e performs access to the service provider SP1, requests processing to the work context management 23a via the user proxy 22b.

「サービスプロバイダ」クラスは、例えば、ニュースサイト、ショッピングサイト、検索サイトなどユーザが希望するサービスの提供者を表す。 "Service Provider" class, for example, represents the provider of service news site, shopping site, a user such as a search site, where you'd like.

「ユーザ認証部」クラスは、作業管理システム2におけるユーザ認証を実施するクラスである。 "User authentication section" class is a class to implement user authentication in the work management system 2.

「ユーザプロクシ管理」クラスは、ユーザプロクシを管理するクラスである。 "User proxy management" class is a class that manages the user proxy.

「ユーザプロクシ」クラスは、作業管理システム2内でユーザの代理人として働くクラスである。 "User proxy" class is a class that acts as a user of the agent in the work management system 2.

「作業コンテキスト管理」クラスは、作業コンテキストを管理するクラスである。 "Working context management" class is a class that manages the work context. この「作業コンテキスト管理」で扱う対象は、ユーザ情報10、作業コンテキスト情報11、タスク情報12、ステップ情報13である。 Subjects covered in this "work context management", the user information 10, work context information 11, the task information 12 is the step information 13. 各情報10〜13は、それぞれテーブル14〜17に格納される。 Each information 10 to 13 are stored in the table 14 to 17, respectively. ステップマスタテーブル17には、例えば「前ステップID」「次ステップID」などのように、ステップの前後関係を表すためのデータ項目がある。 The step master table 17, such as for example "pre-step ID," "next step ID", there is a data item to represent the context of step.

ユーザは、クライアント機器に搭載されているブラウザ25,26のいずれかを通し、バックエンドのサービスプロバイダSP1にアクセスし、一連の作業を行う。 The user, through any of the browsers 25 and 26 mounted on the client device to access the service provider SP1 backend, perform a series of operations.

本実施の形態では、タスクはブラウザのウィンドウに相当し、ステップはブラウザの各ウィンドウ上での画面遷移に相当するとして説明を行う。 In this embodiment, the task corresponds to the browser window, step will be described as equivalent to the screen transition on the browser window.

あるウィンドウから新しいウィンドウを開く操作はタスク分岐に相当し、ウィンドウを閉じる操作はタスクの終了に相当する。 Operation from one window open a new window is equivalent to the task branch, operation of closing the window corresponds to the end of the task. 複数ウィンドウをグループ化したものが作業コンテキストに相当する。 A grouping of multiple windows is equivalent to the work context.

以下に、画面及びシーケンス図を用いて、ユーザの操作とそれに応じた作業管理システム2の処理との関係を説明する。 Hereinafter, using the screen and sequence diagrams, for explaining the relationship between the operation of the user and the work management system 2 of the process in accordance therewith.

なお、シーケンス図では、ある処理を実行する場合におけるメッセージの受け渡しが時間にそって表される。 In the sequence diagram, message passing in to execute this process is represented along the time. 以下において、図中の縦の点線はクラスに属するオブジェクトを示し、横線はメッセージを示す。 In the following, the vertical dotted line in the figure shows the objects belonging to a class, horizontal lines indicate a message. 時間は上から下に流れるとする。 Time is set to flow from the top to the bottom. 本実施の形態では、メッセージを実行した結果返される値(返り値)を、[]で囲んで表現する。 In this embodiment, the value returned result of executing the message (return value), expressed enclosed in []. 例えば、1が返却される場合、[1]と表す。 For example, if one is returned, indicating a [1].

図26は、マルチウィンドウ環境における作業管理システム2へのクライアント機器のログイン時画面の一例を示す図である。 Figure 26 is a diagram showing an example of a login screen at the time of the client device to the work management system 2 in a multi-window environment.

画面27Aでは、ユーザがサービスプロバイダSP1にアクセスする場合に、作業管理システム2により認証用のウィンドウが表示される。 In the screen 27A, when the user accesses the service provider SP1, the window for authentication is displayed by the work management system 2.

認証の結果に問題がなければ画面27Bに遷移する。 If there is no problem in the authentication of the results to the transition to the screen 27B. 画面27Bでは、ユーザ1が保持している作業コンテキストの一覧が表示される。 In the screen 27B, a list of the work context in which the user 1 is holding is displayed. 画面27Bは、ユーザから新しい作業コンテキストを開始する旨の指示も受け付け可能である。 Screen 27B, the instruction to start the new work context from the user may also be accepted.

図27は、画面27Aから画面27Bへの遷移時における作業管理システム2のログイン処理の一例を示すシーケンス図である。 Figure 27 is a sequence diagram showing an example of a login process work management system 2 at the time of transition from the screen 27A to the screen 27B.

ユーザ(A子)がサービスプロバイダSP1へのアクセスを試みる(メッセージ番号a1,a2)と、その入力が受け付けられ、認証及びログインが実施され、ユーザプロクシが取得される(a3〜a8)。 User (A child) attempts to access the service provider SP1 and (message number a1, a2), the input is accepted, authentication and login is performed, the user proxy is obtained (A3 to A8).

次に、ユーザの作業コンテキスト一覧が取得され(a9〜a13)、画面27Bが生成される(a14〜a15)。 Next, work context list of the user is acquired (a9~a13), the screen 27B is generated (a14~a15).

上記図23のデータ構造が用いられている場合においては、メッセージ番号a11で取得される作業コンテキスト一覧は、ユーザマスタテーブル14で該当ユーザの作業コンテキストIDを取得し、取得した作業コンテキストIDに基づいて作業コンテキストマスタテーブルを検索し、状態が「SUSPENDED」である作業コンテキストIDや作業コンテキスト名のリストを取得することにより、得られる。 In the case where the data structure of FIG. 23 is used of which is the work context list acquired in message number a11, it obtains the work context ID of the user in the user master table 14, based on the work context ID obtained Find the work context master table, by the state to obtain a list of work context ID and work context name is "SUSPENDED", it is obtained.

図28は、マルチウィンドウ環境における新規作業コンテキスト開始時のクライアント機器の画面の一例を示す図である。 Figure 28 is a diagram showing an example of the screen of the client device in a New work context starts in a multi-window environment.

画面27Bにおいて、新規コンテキストに所属するURLが指定され、マウスがクリックされると、指定されたURLのウィンドウ(図28では「駅前探検クラブ」)及び作業管理システム制御用ウィンドウ(図28では「作業中断」)が開く。 In the screen 27B, URL is specified that belong to the new context, when the mouse is clicked, the window of the specified URL (In FIG. 28 "Station Expedition Club") and work management system control window (in FIG. 28, "Working interruption ") is open.

指定されたURLのウィンドウには、サービスプロバイダSP1にアクセスした結果が表示される。 The specified window of the URL, the result of access to the service provider SP1 is displayed.

ただし、表示内容(コンテンツ)には、画面遷移時にステップ終了を作業管理システム2に通知するためのスクリプトが追記されている。 However, the display content (content), scripts for notifying step ending work management system 2 during the screen transition is appended. このスクリプトは外見上には影響を及ぼさない。 The script does not affect on the appearance.

図29は、画面27Bから画面27Cへの遷移時における作業管理システム2の新規作業開始処理の一例を示すシーケンス図である。 Figure 29 is a sequence diagram showing an example of a new work start processing the work management system 2 at the time of transition from the screen 27B to the screen 27C.

新規コンテキスト開始指示は、各種部分を経由してユーザから作業コンテキスト管理に通知される(b1〜b6)。 New context start instruction is notified to the work context management from the user via the various portions (b1 to b6).

作業コンテキスト管理23aは、新規の作業コンテキストに関する情報を保存する(b7)。 Work context management 23a stores the information about the new work context (b7). 具体的には、上記図8に示すように、ユーザマスタテーブル14に対して作業コンテキストIDが追加され、作業コンテキストマスタデータ15に新規の作業コンテキスト情報11が追加される。 Specifically, as shown in FIG. 8, work context ID is added to the user master table 14, a new work context information 11 is added to the work context master data 15.

Proxy型接続部20bは、ユーザに指定されたURLに基づいて、引き続いて新規タスク生成を実行する。 Proxy type connection section 20b, based on the URL specified by the user, to perform a new task subsequently produced.

サービスプロバイダSP1へのアクセスは、新規タスク生成の一環として実施される。 Access to the service provider SP1 is implemented as part of the new task creation. なお、新規タスク生成については後述するため、ここでは省略する(b8)。 In order to be described later new task creation, omitted here (b8).

そして、サービスプロバイダSP1へのアクセス結果に基づいて、作業コンテキスト開始直後のページ及び作業管理システム制御ウィンドウが生成され、表示される(b9〜b10)。 Then, based on the result of access to the service provider SP1, the page and work management system control window immediately after work context start is generated and displayed (b9~b10). 上記図28では、作業コンテキスト開始直後の画面27Cに、「○×新聞のニュース」ページが表示されている。 In the above FIG. 28, on the screen 27C immediately after the work context start, "○ × newspaper of news" page is displayed.

なお、Proxy型接続部20bを介する際の認証(本図ではb3)は、ログイン時の情報に基づき自動的に実行されるため、ユーザが毎回ユーザ名とパスワードを入力する必要はない。 The authentication when through the Proxy-type connecting portion 20b (b3 in the figure), because it is automatically performed on the basis of the information at the time of login, the user does not need to enter a user name and password each time.

図30は、マルチウィンドウ環境における作業コンテキスト中断時のクライアント機器の画面の一例を示す図である。 Figure 30 is a diagram showing an example of the screen of the client device during work context suspended in a multi-window environment.

画面27Dにおいて、作業管理システム制御用ウィンドウの「作業中断」リンクがクリックされると、同ウィンドウに画面27Eに示すメッセージが表示される。 In the screen 27D, when "job interrupt" link work management system controlling window is clicked, the message shown in the screen 27E on the same window is displayed.

図31は、画面27Dから画面27Eへの遷移時における作業管理システム2の中断処理の一例を示すシーケンス図である。 Figure 31 is a sequence diagram showing an example of a work management system 2 of the interrupted process at the time of transition from the screen 27D to the screen 27E.

コンテキスト中断指示は、作業コンテキスト管理23aに送られる(c1〜c5)。 Context interruption instruction is sent to the work context management 23a (c1 to c5). 作業コンテキスト管理23aは、コンテキスト中断指示を受け付けた時点で、作業コンテキスト、タスク、ステップに関する情報を記憶部9に記憶する。 Work context management 23a is at the time of accepting the context interrupt instruction, stores work context, task, information about the steps in the storage unit 9. 具体的には、上記図21に示すように、該当する作業コンテキスト、タスク、ステップの状態を、「SUSPENDED」とする。 Specifically, as shown in FIG. 21, the corresponding work context, task, the state of the step, and "SUSPENDED".

図32は、マルチウィンドウ環境におけるコンテキスト再開時のクライアント機器の画面の一例を示す図である。 Figure 32 is a diagram showing an example of a screen of the client device when the context restart in a multi-window environment.

画面27Bにおいて、保存済の作業コンテキストが選択された場合、この作業コンテキストを中断したときの状態が再現される。 In the screen 27B, if the saved work context is selected, a state at the time of interrupt this task context is reproduced. 具体的には、中断されているタスク分のウィンドウが表示され、各ウィンドウに中断された時点のコンテンツが表示される。 Specifically, the display window of the task component which is interrupted, the content of the point of interruption in the window is displayed.

図33は、画面27Bから画面27Dへの遷移時における作業管理システム2の再開処理の一例を示すシーケンス図である。 Figure 33 is a sequence diagram showing an example of a work management system 2 of the restart process at the time of transition from the screen 27B to the screen 27D.

ユーザによる作業コンテキストの指定内容とともに、コンテキスト再開指示が作業コンテキスト管理23aに送られる(d1〜d5)。 With the specified contents of the work context by the user, the context restart instruction is sent to the work context management 23a (d1 to d5).

作業コンテキスト管理23aは、該当する作業コンテキストにおける中断中のタスクの情報を返す(d6〜d7)。 Work context management 23a returns the information of the task being suspended in the work context applicable (d6~d7).

引き続いて,中断中のタスクの数だけ、ウィンドウ生成(d8)、タスク再開(d9)、コンテンツの表示(d17)が繰り返される。 Subsequently, the number of tasks being suspended, the window generator (d8), task resuming (d9), display of the content (d17) are repeated. 中断中のタスクの情報は、上記図21に示すような作業コンテキストマスタテーブル15の状態「SUSPENDED」に基づいて、タスクIDを取得し、タスクIDに基づいて、タスクマスタテーブル16を検索し、取得される。 Information of the task being suspended on the basis of the state "SUSPENDED" task context master table 15 as shown in FIG. 21, and acquires the task ID, based on the task ID, searches the task master table 16, acquires It is.

タスク再開(d9)では、まず中断中のステップの情報を取得し(d10〜d13)、続いて各ステップを再開する。 In task resuming (d9), first obtains the information of the steps being suspended (D10 to D13), followed by resuming steps. 中断中のステップの情報は、上記図21に示すようなタスクマスタテーブル16の状態「SUSPENDED」に基づいて、ステップIDを取得し、ステップIDに基づいて、ステップマスタテーブル17を検索し、取得される。 Step information being suspended, based on the state of the task master table 16 as shown in FIG. 21, "SUSPENDED", acquires the steps ID, based on the step ID, searches the step master table 17 is acquired that.

ここで、再開とは、具体的には、記憶部9に記憶している情報を読み出して、コンテンツとして加工し、ウィンドウに表示することをいう。 Here, the resume, in particular, reads information stored and the storage unit 9, processed as content refers to the window. ウィンドウへの表示はメッセージd17で実施される。 Display of the window is carried out in a message d17.

マルチウィンドウ環境におけるタスク開始時のクライアント機器の画面は、上記図28で説明した新規の作業コンテキスト開始と同様である。 Multiwindow task starting screen of the client device in the environment is the same as the new work context initiation described above with reference to FIG 28.

また、図34に示すように、新しいウィンドウを生成する画面遷移もタスク開始として扱ってもよい。 Further, as shown in FIG. 34, may be treated as the screen transition may task start to generate a new window. なお、通常は、画面遷移が発生した場合、ステップの開始、ステップの終了の2つが実行されるとする。 Normally, when the screen transition occurs, the start of the step, two of the end of step is performed. 上記図28に示す画面遷移は、上記図7の状態から上記図9の状態への遷移に相当する。 Screen transition shown in FIG. 28 corresponds to a transition to the state of FIG. 9 from the state of FIG. 7.

図35は、作業管理システム2のタスク開始処理の第1例を示すシーケンス図である。 Figure 35 is a sequence diagram showing a first example of the task start processing task management system 2.

ユーザによって指定されたタスクの内容とともに、タスク開始指示が作業コンテキスト管理23aに送られる(e1,e2)。 With the contents of the task specified by the user, the task start command is sent to the work context management 23a (e1, e2).

作業コンテキスト管理23aは、タスク情報12、ステップ情報13を作成する(e3)。 Work context management 23a, the task information 12, creates a step information 13 (e3). クライアント接続共通部20eは、ユーザに指定されたURLにアクセスし(e4)、アクセス結果に基づいてタスクに関する情報を記憶部9に記憶する。 Client connection common unit 20e accesses the URL specified by the user (e4), stores information about the task in the storage unit 9 based on the access result.

この結果、上記図10に示すような状態で、タスクに関する情報、ステップに関する情報が更新される(e5,e6)。 As a result, in a state shown in FIG. 10, information about the task, information on steps is updated (e5, e6).

Proxy用コンテンツ書替20dは、クライアント機器に返却される表示情報に管理情報(例えばウィンドウの消滅時にメッセージを発信する命令など)を埋め込む(e7,e8)。 Proxy for content rewriting 20d embeds the management information to the display information to be returned to the client device (such as, for example, instructions for transmitting a message at the time of the disappearance of the window) (e7, e8).

本実施の形態において、マルチウィンドウ環境におけるタスクの進行作業は、クライアント機器における画面上の操作としてはハイパーリンクのクリックである。 In this embodiment, progression work tasks in a multi-window environment is clicking of the hyperlink as an operation on a screen in the client machine.

図36は、作業管理システム2のタスク開始処理の第2例を示すシーケンス図である。 Figure 36 is a sequence diagram showing a second example of the task start processing task management system 2. この図36は、遷移前ページが属するタスクを終了し、新規タスクとして次の画面を表示する例を示している。 FIG. 36 ends the task before transition page belongs, shows an example of displaying the next screen as a new task.

ハイパーリンクがクリックされると、タスク終了処理及びタスク開始処理が実行される。 When a hyperlink is clicked, the task termination processing and task start processing is executed. なお、タスク終了処理についての説明は後述する。 Incidentally, the description of the task completion process will be described later. また、タスク開始処理については、先で説明したため説明を省略する。 In addition, the task start processing is omitted because described above.

タスクの進行作業の他の例として、ハイパーリンクがクリックされた場合に、遷移前ページの属するタスク内に新たなステップが追加され、次画面が表示されるとしてもよい。 Other examples of progression work tasks, when the hyperlink is clicked, a new step is added to the task that belongs before the transition page, may be the next screen is displayed. この場合に実行される処理は、上記図35の処理において、メッセージe1,e2をタスク開始からタスク進行にした状態に相当する。 Processing executed in this case, in the process of FIG 35, corresponding messages e1, e2 in the state of the task proceeds from the task start. この場合、メッセージe2のタスク進行では、上記図15から上記図18に相当する処理が実行される。 In this case, the task progress message e2, processing corresponding to FIG 18 FIG 15 is executed.

図37は、マルチウィンドウ環境におけるタスク終了時のクライアント機器の画面の一例を示す図である。 Figure 37 is a diagram showing an example of the screen of the client device when the task is finished in a multi-window environment.

画面27Dにおいて、ウィンドウを閉じると、閉じたウィンドウにおいて実行されていたタスクが終了される。 In the screen 27D, when you close the window, a task which has been executed in the closed window is terminated.

図38は、作業管理システム2が実行するタスク終了処理の一例を示すシーケンス図である。 Figure 38 is a sequence diagram showing an example of a task termination processing work management system 2 executes.

ユーザがウィンドウを閉じると、タスク終了が作業コンテキスト管理23aに通知される(g1〜g5)。 When the user closes the window, the task termination is notified to the work context management 23a (g1~g5). ユーザID及びタスク情報から終了させるタスクが特定される。 The task to terminate the user ID and task information are identified. そして、上記図19及び上記図20に相当する処理が実行され、タスク及びステップに関する状態が更新される。 Then, processing corresponding to FIG. 19 and FIG 20 is executed, the state is updated regarding tasks and steps.

図39は、シングルウィンドウ環境における作業管理システム2へのログイン時のクライアント機器の画面の一例を示す図である。 Figure 39 is a diagram showing an example of the screen of the client device at login to the work management system 2 in a single window environment. 図40は、シングルウィンドウ環境において作業管理システム2が実行するログイン処理の一例を示すシーケンス図である。 Figure 40 is a sequence diagram showing an example of a login processing executed by the task management system 2 in a single window environment. シングルウィンドウ環境においても、上記マルチウィンドウ環境の場合と同様である。 Even in single window environment, the same as in the case of the multi-window environment.

図41は、シングルウィンドウ環境における作業管理システム2のログアウト時のクライアント機器の画面の一例を示す図である。 Figure 41 is a diagram showing an example of the screen of the work management system during 2 logout client device in a single window environment. 図42は、シングルウィンドウ環境において作業管理システム2が実行するログアウト処理の一例を示すシーケンス図である。 Figure 42 is a sequence diagram illustrating an example of logout processing executed by the task management system 2 in a single window environment.

ユーザからログアウト指示が受け付けられると、ユーザマスタテーブル14中の該当ユーザの状態が「logout」に変更される。 Logout instruction from the user is accepted, the state of the corresponding user in the user master table 14 is changed to "logout". ログアウトは、全ての作業コンテキストが中断あるいは終了されている場合にのみ行うことができるとしてもよいし、実行中の作業コンテキストがある場合であってもログアウト可能としてもよい。 Logout may be a can be performed only when all the work context is interrupted or terminated, it may be possible logout even if there is a work context running.

図43は、シングルウィンドウ環境における新規作業コンテキスト開始時のクライアント機器の画面の一例を示す図である。 Figure 43 is a diagram showing an example of the screen of the client device in a New work context starting at the single-window environment. 図44は、シングルウィンドウ環境において作業管理システム2が実行する新規作業開始処理の一例を示すシーケンス図である。 Figure 44 is a sequence diagram showing an example of a new work start processing executed by the task management system 2 in a single window environment. シングルウィンドウ環境においても、上記マルチウィンドウ環境の場合と同様である。 Even in single window environment, the same as in the case of the multi-window environment.

図45は、シングルウィンドウ環境におけるタスク開始時のクライアント機器の画面の一例を示す図である。 Figure 45 is a diagram showing an example of the screen of the client device at the start of the task in a single window environment. 図46は、シングルウィンドウ環境において作業管理システム2が実行する新規タスク開始処理の一例を示すシーケンス図である。 Figure 46 is a sequence diagram showing an example of a new task starts processing executed by the task management system 2 in a single window environment. シングルウィンドウ環境においても、上記マルチウィンドウ環境の場合と同様である。 Even in single window environment, the same as in the case of the multi-window environment.

以上説明した本実施の形態では、ユーザがユビキタス環境上のクライアント機器を操作する場合に、上記第1の実施の形態と同様の作用効果を得ることができる。 In the above present embodiment described, the user can in the case of operating the client device on the ubiquitous environment, the same effect as the first embodiment. 例えば、ステップ単位で、前ステップの状態にさかのぼることができ、ステップ単位で再開、やり直しができ、効果的なトランザクション管理を実現できる。 For example, in units of steps, can be traced back to the state before step, resuming at step units, it is again possible to realize effective transaction management.

また、本実施の形態では、ユビキタス環境において、クライアント機器がマルチウィンドウ環境かシングルウィンドウ環境かに関わらず、ユーザによって実行される並行性のある様々な一連の作業が一まとめに管理される。 Further, in the present embodiment, in the ubiquitous environment, the client device regardless of whether the multi-window environment or single window environment, various series of tasks that concurrency to be performed by a user is managed collectively.

また、本実施の形態に係る作業管理システム2は、一連の作業の経過を管理する。 Further, the work management system 2 according to the present embodiment manages the course of a series of operations. このため、作業管理システム2は、例えばユーザの作業動向を分析し調査するシステムとして用いることができる。 Therefore, the work management system 2 can be used, for example, as a system for analyzing the working behavior of a user survey. この結果、作業管理システム2を用いてWebマーケティングを行うことができる。 As a result, it is possible to perform Web marketing using work management system 2. また、例えば、作業管理システム2は、各ステップの実施にかかった時間を計測し活用する作業効率改善の提案ツール、ブレインストーミングにおける議論や発想の流れを管理・蓄積するシステムとして用いることができる。 Further, for example, work management system 2 can be used as a system for managing and storing a flow of discussion and conception in the proposed tool, brainstorming efficiency improvements to utilize measuring the time taken for the implementation of each step.

なお、本実施の形態において、作業管理システム2は、ブラウザの画面の管理のみではなく、作業環境を特定するデータを管理するとしてもよい。 In the present embodiment, the work management system 2 are not only the management of the screen of the browser, may manage the data that identifies the work environment. これにより、ユーザは、例えばオフィスと家庭とで同じ環境で作業を行うことができる。 As a result, the user can perform the work in the same environment, for example, the office and the home.

また、作業管理システム2によるデータ出力先は、ブラウザに限定されない、例えば、作業管理システム2は、ユーザの出力環境に合わせた形式でデータを取り出し、解像度の小さいマシンのある場所では、ユーザが指定した作業コンテキストあるいはタスクやステップに属するデータを自動的に最寄りのプリンタあるいはFAXから紙で出力するとしてもよい。 Further, the data output destination of the work management system 2 is not limited to the browser, for example, work management system 2 extracts the data in combined form to the user's output environment, the location of the resolution of small machines, the user specifies data belonging to the working context or tasks or steps and may output automatically in the nearest printer or paper from FAX to.

また、上記各実施の形態に係る作業管理システム2の各構成要素は、同様の作用を実現可能であれば配置を変更させてもよく、また各構成要素を自由に組み合わせてもよく、いずれかの構成要素を削除してもよい。 Furthermore, each component of the work management system 2 according to the embodiments may also be changed if feasible arrangement similar actions, also may be any combination of the components, either components of may be deleted.

(第4の実施の形態) (Fourth Embodiment)
本実施の形態では、上記第1から第3までの実施の形態とは別の作業コンテキスト、タスク、ステップの関係について説明する。 In this embodiment, it will be described the different working context with embodiments of the first through third task, the relationship between the steps.

第1例として、テレビジョンをオンラインショッピングで購入する作業コンテキストを想定する。 As a first example, assume a work context to buy a television with online shopping.

購入希望者は例えばkakaku.comのようなショッピングサイトにおいて、ブラウザを用いて例えば次のような作業を行う。 In the purchaser is, for example, a shopping site such as kakaku.com, do the work, for example, such as the following by using a browser.

(WA1)商品検索で商品名を入力し検索を実行する。 (WA1) to execute the input search the product name in the product search.

(WA2)検索結果一覧表示画面にて、希望の商品を選択する。 (WA2) in the search result list display screen, to select the desired item.

(WA3)購入希望品一覧画面で商品名や金額を確認し購入を選択する。 (WA3) purchase check the product name and the amount of money in the hope product list screen to select a purchase.

(WA4)精算画面で支払方法や送付先を設定し精算を実施する。 (WA4) to set up a payment method and the destination in the checkout screen to implement the settlement.

この作業において、それぞれの(WA1)〜(WA4)は、それぞれステップである。 In this work, respectively (WA1) ~ (WA4) are each step. この各ステップ(WA1)〜(WA4)は、一つのタスクに属する。 Each step (WA1) ~ (WA4) belongs to one task.

(WA2)と(WA3)との間には、ある製品の詳細情報を調べたり、他のショッピングサイトでの価格を調べたりという作業が実施される場合もある。 Between the (WA2) and (WA3), in some cases or find out more information of a product, the work of or examine the price in other shopping sites are carried out. この場合、詳細情報の調査や他サイトでの価格調査は、(WA2)等から分岐した他のタスクとなる。 In this case, the detailed information surveys and price surveys in other sites, and other tasks that branches from (WA2) and the like.

第2例として、ニュースサイトで記事を閲覧する作業コンテキストを想定する。 As a second example, assume a work context to view the article in the news site.

読者の作業は、例えば次のようになる。 Work of the readers, for example, as follows.

(WB1)見出し一覧ページで記事を選択する。 (WB1) to select an article under the heading list page.

(WB2)選択した記事の詳細を閲覧する。 (WB2) To view the details of the selected article.

(WB3)次の記事の詳細を閲覧する。 (WB3) to view the details of the next article.

この作業において、それぞれの(WB1)〜(WB3)は、それぞれステップである。 In this work, respectively (WB1) ~ (WB3) are each step. この各ステップ(WB1)〜(WB3)は、一つのタスクに属する。 Each step (WB1) ~ (WB3) belongs to one task.

(WB2)と(WB3)との間には、紹介されている情報の関連情報を調べたり、他のニュースサイトにおける同じニュースの扱いを調べたりという作業が実施される場合もある。 Between the (WB2) and (WB3), in some cases or examine the relevant information of the information that has been introduced, the work of and examine the handling of the same news in other news sites are carried out. この場合、関連情報の調査や他サイトでの調査は、(WB2)等から分岐した他のタスクとなる。 In this case, the investigation of the survey or other site-related information, and other tasks that branches from (WB2) and the like.

第3の例として、企業におけるe−ラーニングを想定する。 As a third example, assume a e- learning in the enterprise.

受講者である社員の作業は、例えば次のようになる。 Work of a student employees, for example, as follows.

(WC1)自席で、PCを使ってe-ラーニング受講を開始し、1番目の画面を表示する。 (WC1) in the user's seat, started the e- learning courses using the PC, to display the first screen.

(WCp)画面の遷移を繰り返し、p番目の画面を表示する。 (Wcp) repeatedly transitions of the screen displays the p-th screen.

この作業において、それぞれの(WC1)〜(WCp)は、それぞれステップである。 In this work, respectively (WC1) ~ (WCp) are each step. この各ステップ(WC1)〜(WCp)は、一つのタスクに属する。 Each step (WC1) ~ (WCp) belongs to one task.

例えば、受講者は例えば(WCp)までの受講を終えたところで外出しなければならなくなった場合、(WCp)で作業を中断することが可能である。 For example, if students no longer have to go out in the just completed a course of up to for example (WCp), it is possible to interrupt the work in (WCp).

外出時の移動中に、電車内でPDAといった携帯情報端末を用いて、(WCp)から作業を再開し、さらに(WCp+1)、(WCp+2)と作業を継続していくことが可能である。 During the movement of the go, using the mobile information terminal such as PDA on a train, and resume work from (wcp), further (WCp + 1), it is possible to continue to work with (WCp + 2).

なお、上記各実施の形態においては、「ブラウザの遷移時における別画面の起動」が検出された場合を、「タスクの分岐」発生と判断している。 Incidentally, in the embodiments described above, the case where "another screen Starting at the transition of the Browser" is detected, it is determined as "branch tasks" generation. しかしながら、ユーザインタフェースとしてユーザに「タスクの分岐」を明示的に指定させることにより、「タスクの分岐」発生を検出するとしてもよい。 However, by explicitly specifying the "branch of the task" to the user as a user interface, it may detect the "branch of the task" generation.

また、上記各実施の形態においては、「ユーザのアイコンクリック等による明示的なブラウザの起動」が検出された場合を、「新たな作業コンテキストの開始」発生と判断している。 Further, in the above embodiments, the case where "Starting explicit browser by a user clicking an icon or the like" is detected, it is determined as "start of a new work context" occurs. しかしながら、ユーザインタフェースとしてユーザに「新たな作業コンテキストの開始」を明示的に指定させることにより、「新たな作業コンテキストの開始」発生を検出するとしてもよい。 However, by explicitly specifying the "start of a new work context" to the user as a user interface, it may detect the occurrence "start of a new work context."

本発明の第1の実施の形態に係る作業管理システムの一例を示すブロック図。 Block diagram showing an example of a work management system according to a first embodiment of the present invention. ユーザ、作業コンテキスト、タスク、ステップの関係の一例を示す図。 Shows the user, work context, task, an example of the relationship between the steps. ユーザ、作業コンテキスト、タスク、ステップの関係の一例を示すクラス図。 User, work context, task, class diagram showing an example of the relationship between the steps. ユーザ管理データ、作業管理データ、タスク管理データ、ステップ管理データの一例を示すデータ構造図。 User management data, work management data, task management data, data structure diagram showing an example of a step management data. 同実施の形態においてユーザが行う作業の一例を示すフローチャート。 Flow chart illustrating an example of operations performed by a user in the embodiment. ユーザのログイン直後のデータ構造の一例を示す図。 It illustrates an example of a data structure just after user login. 作業開始時の作業コンテキストの状態の一例を示す図。 It illustrates an example of a state of the working starting work context. 新作業開始時のデータ構造の一例を示す図。 It illustrates an example of a new work start time of the data structure. タスク開始時の作業コンテキストの一例を示す図。 It illustrates an example of a task starting work context. タスク開始時のデータ構造の一例を示す図。 It illustrates an example of the data structure when the task is initiated. タスクの第1進行時の作業コンテキストの一例を示す図。 Diagram illustrating an example of the first progression time work context of the task. タスク第1進行時のデータ構造の一例を示す図。 Task diagram illustrating an example of the first progression time data structure. 新タスク開始時の作業コンテキストの一例を示す図。 It illustrates an example of a work context at the beginning of the new task. 新タスク開始時のデータ構造の一例を示す図。 It illustrates an example of the data structure at the start new tasks. 新タスク進行時の作業コンテキストの一例を示す図。 It illustrates an example of a work context at the new task progress. 新タスク進行時のデータ構造の一例を示す図。 It illustrates an example of the data structure at the time of the new task progress. タスクの第2進行時の作業コンテキストの一例を示す図。 It shows an example of the second progression time work context of the task. タスクの第2進行時のデータ構造の一例を示す図。 It illustrates an example of a data structure of a second during the course of the task. 新タスク終了時の作業コンテキストの一例を示す図。 Figure showing an example of a work context at the end of the new task. 新タスク終了時のデータ構造の一例を示す図。 It illustrates an example of the data structure at the end of the new task. ユーザの作業中断時のデータ構造の一例を示す図。 It illustrates an example of the data structure at the time of interruption to the user. 本発明の第2の実施の形態に係る旅行計画の立案作業に関する作業コンテキストの一例を示す図。 It illustrates an example of a work context related planning work travel plans according to a second embodiment of the present invention. 旅行計画の立案作業を管理するデータのデータ構造の一例を示す図。 Diagram illustrating an example of a data structure of data for managing the planning work travel plans. 同実施の形態に係る作業管理システムの論理構成の一例を示すブロック図。 Block diagram showing an example of a logical configuration of a work management system according to the embodiment. 本発明の第3の実施の形態に係る作業管理システムの論理構成の一例を示すブロック図。 Block diagram showing an example of a logical configuration of a work management system according to a third embodiment of the present invention. マルチウィンドウ環境における作業管理システムへのログイン時のクライアント機器の画面の一例を示す図。 Diagram showing an example of a screen of the client device at the time of login to the work management system in a multi-window environment. マルチウィンドウ環境における作業管理システムのログイン処理の一例を示すシーケンス図。 Sequence diagram showing an example of a log-in process of the work management system in a multi-window environment. マルチウィンドウ環境における新規作業コンテキスト開始時のクライアント機器の画面の一例を示す図。 It illustrates an example of a screen of the client device in a New work context starts in a multi-window environment. マルチウィンドウ環境における作業管理システムの新規作業開始処理の一例を示すシーケンス図。 Sequence diagram showing an example of a new work start processing task management system in a multi-window environment. マルチウィンドウ環境における作業コンテキスト中断時のクライアント機器の画面の一例を示す図。 It illustrates an example of a multi-window screen of the client device during work context interruptions in the environment. マルチウィンドウ環境における作業管理システムの中断処理の一例を示すシーケンス図。 Sequence diagram illustrating an example of interrupt processing task management system in a multi-window environment. マルチウィンドウ環境におけるコンテキスト再開時のクライアント機器の画面の一例を示す図。 Illustrates an example of a multi-window of the client device when the context restart in the environmental screen. マルチウィンドウ環境における作業管理システムの再開処理の一例を示すシーケンス図。 Sequence diagram illustrating an example of resuming processing of the work management system in a multi-window environment. マルチウィンドウ環境において新ウィンドウの生成をタスク開始として扱う画面遷移の一例を示す図。 Diagram showing an example of screen transition in a multi-window environment to handle the production of new window as the start task. マルチウィンドウ環境における作業管理システムのタスク開始処理の第1例を示すシーケンス図。 Sequence diagram showing a first example of the task start processing task management system in a multi-window environment. マルチウィンドウ環境における作業管理システムのタスク開始処理の第2例を示すシーケンス図。 Sequence diagram showing a second example of the task start processing task management system in a multi-window environment. マルチウィンドウ環境におけるタスク終了時のクライアント機器の画面の一例を示す図。 It illustrates an example of a screen of the client device when the task is finished in a multi-window environment. マルチウィンドウ環境における作業管理システムのタスク終了処理の一例を示すシーケンス図。 Sequence diagram showing an example of a task termination processing task management system in a multi-window environment. シングルウィンドウ環境における作業管理システムへのログイン時のクライアント機器の画面の一例を示す図。 Diagram showing an example of a screen of the client device at the time of login to the work management system in a single window environment. シングルウィンドウ環境における作業管理システムのログイン処理の一例を示すシーケンス図。 Sequence diagram showing an example of a log-in process of the work management system in single-window environment. シングルウィンドウ環境における作業管理システムのログアウト時のクライアント機器の画面の一例を示す図。 It illustrates an example of a single window of the client device during logout operations management system in environment view. シングルウィンドウ環境における作業管理システムのログアウト処理の一例を示すシーケンス図。 Sequence diagram illustrating an example of logout processing work management system in a single window environment. シングルウィンドウ環境における新規作業コンテキスト開始時のクライアント機器の画面の一例を示す図。 It illustrates an example of a screen of the client device in a New work context starting at the single-window environment. シングルウィンドウ環境における作業管理システムの新規作業開始処理の一例を示すシーケンス図。 Sequence diagram showing an example of a new work start processing task management system in single-window environment. シングルウィンドウ環境におけるタスク開始時のクライアント機器の画面の一例を示す図。 It illustrates an example of a screen of the client device at the start of the task in a single window environment. シングルウィンドウ環境における作業管理システムの新規タスク開始処理の一例を示すシーケンス図。 Sequence diagram showing an example of a new task start processing task management system in single-window environment.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

1…ユーザ、2…作業管理システム、TM1〜TMn…端末、SP1〜SPm…サービスプロバイダ、3…記録媒体、3a…プログラム、4…第1管理部、5…第2管理部、6…第3管理部、7…第4管理部、8…再開部、9…記憶部、10…ユーザ管理データ、11…作業管理データ、12…タスク管理データ、13…ステップ管理データ、14…ユーザマスタテーブル、15…作業コンテキストマスタテーブル、16…タスクマスタテーブル、17…ステップマスタテーブル、C1…コンテキスト、T1,T2…作業コンテキスト、S1〜S5…ステップ、18,19…クライアント機器、20…クライアント接続部、20a…Portal型接続部、20b…Proxy型接続部、20c…Portal用コンテンツ書替、20d…Proxy用コンテンツ書替、20 1 ... user, 2 ... work management system, TM1~TMn ... terminal, SP1 to SPm ... service provider, 3 ... recording medium, 3a ... program, 4 ... first management unit, 5 ... second management unit, 6 ... 3 management unit, 7 ... fourth management unit, 8 ... restarter, 9 ... storage unit, 10 ... user management data, 11 ... work management data, 12 ... task management data, 13 ... step management data, 14 ... user master table, 15 ... work context master table, 16 ... task master table, 17 ... step master table, C1 ... context, T1, T2 ... work context, S1-S5 ... step, 18, 19 ... client device, 20 ... client connection portion, 20a ... Portal type connection section, 20b ... Proxy type connection part, 20c ... exchange Portal for content written, 20d ... replacement Proxy for the content certificate, 20 e…クライアント接続共通部、21…ユーザ認証部、22…ユーザプロクシ管理部、22a…ユーザプロクシ管理、22b…ユーザプロクシ、23…作業コンテキスト管理部、23a…作業コンテキスト管理、24…ユーザプロクシ記憶部、25,26…ブラウザ e ... client connection common section, 21 ... user authentication unit, 22 ... user proxy management unit, 22a ... user proxy management, 22b ... user proxy, 23 ... work context management unit, 23a ... work context management, 24 ... user proxy storage unit , 25, 26 ... browser

Claims (9)

  1. ユーザを識別するためのユーザ識別データと前記ユーザによる作業を識別するための作業識別データとを関係付けたユーザ情報を管理する第1管理手段と、 A first management means for managing user information associated with a work identification data for identifying the operation by the user with the user identification data for identifying a user,
    前記作業識別データと、前記作業におけるステップの流れを表すタスクを識別するためのタスク識別データとを関係付けた作業コンテキスト情報を管理する第2管理手段と、 Wherein a work identification data, and second management means for managing a work context information associated with the task identification data for identifying a task that represents the flow of steps in the work,
    前記タスク識別データと、前記タスクにおいて前記ユーザによって開始されたステップを示すステップ識別データとを関係付けたタスク情報を管理する第3管理手段と、 It said task identification data, and the third management means for managing task information associated with the steps identification data indicating the steps initiated by the user in the task,
    前記ステップ識別データと、このステップ識別データの示すステップが中断状態か否かを表すステップ状態情報とを関係付けたステップ情報を管理する第4管理手段と、 It said step identification data, and the fourth managing means for managing step information step indicated by the step identification data is associated with a step status information indicating whether the suspended state,
    再開指示と前記ユーザ識別データとを入力した場合に、前記ユーザ情報と前記作業コンテキスト情報と前記タスク情報と前記ステップ情報とに基づいて、前記ステップ状態情報が中断状態を示すステップを再開する手段とを具備する作業管理システム。 If you enter a restart instruction to the user identification data, on the basis of the steps the information the user information and the work context information and the task information, and resuming means the step of the step status information indicates suspended work management system comprising a.
  2. 請求項1記載の作業管理システムにおいて、 The work management system according to claim 1, wherein,
    前記作業コンテキスト情報は、前記ユーザ識別データを含み、 The work context information includes the user identification data,
    前記タスク情報は、前記作業識別データを含み、 The task information includes the task identification data,
    前記ステップ情報は、前記タスク識別データを含むことを特徴とする作業管理システム。 Work management system step information, which comprises the task identification data.
  3. 請求項1又は請求項2記載の作業管理システムにおいて、 According to claim 1 or claim 2 work management system according,
    前記ステップ情報は、前記ステップ識別データと、前記ステップと同じタスクに属し前記ステップの前に実施された前ステップを示す前ステップ識別データとを関係付けていることを特徴とする作業管理システム。 Work management system step information, which is characterized in that in association with the step identification data, and the previous step identification data indicating the steps before was performed prior to the step belonging to the same task with the step.
  4. 請求項1乃至請求項3のいずれか1項に記載の作業管理システムにおいて、 The work management system according to any one of claims 1 to 3,
    前記ステップ情報は、前記ステップ識別データと、前記ステップと同じタスクに属し前記ステップの後に実施された後ステップを示す後ステップ識別データとを関係付けていることを特徴とする作業管理システム。 Step information, work management system which is characterized in that in association with the step identification data, and a step identification data after showing the steps after being performed after the step belonging to the same task with the step.
  5. 請求項3又は請求項4記載の作業管理システムにおいて、 According to claim 3 or claim 4 work management system according,
    前記再開手段は、指示にしたがって前記前ステップを再開することを特徴とする作業管理システム。 Work management system said resuming means, characterized in that to resume the previous step according to the instruction.
  6. 請求項1乃至請求項5のいずれか1項に記載の作業管理システムにおいて、 The work management system according to any one of claims 1 to 5,
    前記第2管理手段は、前記作業においてタスク分岐イベントが発生した場合に、前記作業コンテキスト情報において、前記作業識別データと前記タスクから分岐したタスクを示す新タスク識別データとの関係付けを行い、 It said second management means when a task branch event in the working occurs in the work context information, performs association of the new task identification data indicating the task branched from the working identification data and the task,
    前記第3管理手段は、前記新タスク識別データに対して、前記タスク情報における前記タスク識別データと同一のデータ関係付けを行った新タスク情報を管理し、 The third management means, the relative new task identification data, and manage new task information were identical data associating with the task identification data in the task information,
    前記第4管理手段は、前記新タスクにおいて前記ユーザによって開始されたステップを示す新ステップ識別データに対して、前記ステップ情報における前記ステップ識別データと同一のデータ関係付けを行った新ステップ情報を管理し、 It said fourth managing means, managing against new step identification data indicating the steps initiated by the user in the new task, a new step information was identical data associating said step identification data in said step information and,
    前記再開手段は、前記再開指示と前記ユーザ識別データとを入力した場合に、前記ユーザ情報と前記作業コンテキスト情報と前記新タスク情報と前記新ステップ情報とに基づいて、前記新ステップ情報に含まれているステップ状態情報が中断状態を示すステップを再開することを特徴とする作業管理システム。 Said resuming means, if you enter the restart instruction and said user identification data, based on said user information and said work context information and the new task information and the new step information, included in the new step information work management system you are step status information, characterized in that the resuming step as broken.
  7. 請求項6記載の作業管理システムにおいて、 The work management system according to claim 6,
    前記タスク情報と前記新タスク情報とは、分岐元の親タスクを示す親タスク識別情報と分岐先の子タスクを示す子タスク識別情報とを含むことを特徴とする作業管理システム。 Work management system which comprises a said task information and the new task information, Shimesuko task identification information child tasks and the branch destination parent task identification information indicating the branch origin parent task.
  8. コンピュータを、 The computer,
    記憶手段により、ユーザを識別するためのユーザ識別データと前記ユーザによる作業を識別するための作業識別データとを関係付けたユーザ情報を管理する手段、 The storage means, means for managing user information associated with a work identification data for identifying the operation by the user with the user identification data for identifying a user,
    前記記憶手段により、前記作業識別データと、前記作業におけるステップの流れを表すタスクを識別するためのタスク識別データとを関係付けた作業コンテキスト情報を管理する手段、 By the memory means, means for managing the a working identification data, a work context information associated with the task identification data for identifying a task that represents the flow of steps in the work,
    前記記憶手段により、前記タスク識別データと、前記タスクにおいて前記ユーザによって開始されたステップを示すステップ識別データとを関係付けたタスク情報を管理する手段、 By the memory means, it means for managing said task identification data, the task information associated with the steps identification data indicating the starting step by the user in the task,
    前記記憶手段により、前記ステップ識別データと、このステップ識別データの示すステップが中断状態か否かを表すステップ状態情報とを関係付けたステップ情報を管理する手段、 By the memory means, means for managing said step identification data, the step information step indicated by the step identification data is associated with a step status information indicating whether the suspended state,
    再開指示と前記ユーザ識別データとを入力した場合に、前記ユーザ情報と前記作業コンテキスト情報と前記タスク情報と前記ステップ情報とに基づいて、前記ステップ状態情報が中断状態を示すステップを再開する手段として機能させるためのプログラム。 If you enter a restart instruction to the user identification data, on the basis of the steps the information the user information and the work context information and the task information, as resuming means the step of the step status information indicates suspended program to function.
  9. コンピュータにより、ユーザの作業管理を行う方法において、 A computer, a method of performing work management user,
    記憶手段により、ユーザを識別するためのユーザ識別データと前記ユーザによる作業を識別するための作業識別データとを関係付けたユーザ情報を管理し、 The storage unit manages user information associated with a work identification data for identifying the operation by the user with the user identification data for identifying a user,
    前記記憶手段により、前記作業識別データと、前記作業におけるステップの流れを表すタスクを識別するためのタスク識別データとを関係付けた作業コンテキスト情報を管理し、 By the storage unit, and manages the a work identification data, a work context information associated with the task identification data for identifying a task that represents the flow of steps in the work,
    前記記憶手段により、前記タスク識別データと、前記タスクにおいて前記ユーザによって開始されたステップを示すステップ識別データとを関係付けたタスク情報を管理し、 Wherein the storage means, and management and the task identification data, the task information associated with the steps identification data indicating the starting step by the user in the task,
    前記記憶手段により、前記ステップ識別データと、このステップ識別データの示すステップが中断状態か否かを表すステップ状態情報とを関係付けたステップ情報を管理し、 By the storage means, and control and the step identification data, the step information step indicated by the step identification data is associated with a step status information indicating whether the suspended state,
    再開指示と前記ユーザ識別データとを入力した場合に、前記ユーザ情報と前記作業コンテキスト情報と前記タスク情報と前記ステップ情報とに基づいて、前記ステップ状態情報が中断状態を示すステップを再開することを特徴とする作業管理方法。 If you enter a restart instruction to the user identification data, based on said user information and said work context information and the task information and the step information, said step state information to resume steps as broken work management method according to claim.
JP2004072057A 2004-03-15 2004-03-15 Work management system, program, and method Pending JP2005258982A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004072057A JP2005258982A (en) 2004-03-15 2004-03-15 Work management system, program, and method

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004072057A JP2005258982A (en) 2004-03-15 2004-03-15 Work management system, program, and method

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005258982A true JP2005258982A (en) 2005-09-22

Family

ID=35084606

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004072057A Pending JP2005258982A (en) 2004-03-15 2004-03-15 Work management system, program, and method

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005258982A (en)

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010250800A (en) * 2009-02-02 2010-11-04 Nec (China) Co Ltd Method and device for constructing engine process
JP2015201219A (en) * 2010-02-22 2015-11-12 アバイア インコーポレーテッド Contextual correlation engine

Cited By (2)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2010250800A (en) * 2009-02-02 2010-11-04 Nec (China) Co Ltd Method and device for constructing engine process
JP2015201219A (en) * 2010-02-22 2015-11-12 アバイア インコーポレーテッド Contextual correlation engine

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8949705B2 (en) Facilitating data manipulation in a browser-based user interface of an enterprise business application
US8335837B2 (en) Transferring data between applications
US8335848B2 (en) Method and apparatus for monitoring and synchronizing user interface events with network data
US7200804B1 (en) Method and apparatus for providing automation to an internet navigation application
ES2423313T3 (en) Method and means for remote tracking of a user&#39;s interaction with a web page
US8185585B2 (en) Method for sending an electronic message utilizing connection information and recipient information
JP5237272B2 (en) Web beacon authentication method and system
US6694314B1 (en) Technical support chain automation with guided self-help capability via a system-supplied search string
US6542898B1 (en) Technical support chain automation with guided self-help capability using active content developed for specific audiences
EP1428104B9 (en) Method and system for characterization of online behavior
US6865565B2 (en) Rule-based personalization framework for integrating recommendation systems
US6141666A (en) Method and system for customizing marketing services on networks communicating with hypertext tagging conventions
US6477531B1 (en) Technical support chain automation with guided self-help capability using active content
US7584435B2 (en) Web usage overlays for third-party web plug-in content
US7685260B2 (en) Method for analyzing state transition in web page
Hong et al. WebQuilt: a framework for capturing and visualizing the web experience
US9207955B2 (en) Dynamically configurable session agent
JP3444471B2 (en) Device readable storage medium for executing the formatting method formatting method and a digital processing unit
US20020059369A1 (en) Method and apparatus for creating and distributing non-sensitized information summaries to users
US6999990B1 (en) Technical support chain automation with guided self-help capability, escalation to live help, and active journaling
JP2009519627A (en) System, method and computer program product for concurrent media collaboration
JP3103070B2 (en) How to dynamically customize the tour
US8001478B2 (en) Systems and methods for context personalized web browsing based on a browser companion agent and associated services
JP2007526547A (en) Internet-based brand management and marketing communication network
US20080027788A1 (en) Object Oriented System and Method for Optimizing the Execution of Marketing Segmentations

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20061004

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20090316

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090428

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20090908