JP2005223753A - Mobility management method and handover control method of network for mobile communication - Google Patents

Mobility management method and handover control method of network for mobile communication Download PDF

Info

Publication number
JP2005223753A
JP2005223753A JP2004031283A JP2004031283A JP2005223753A JP 2005223753 A JP2005223753 A JP 2005223753A JP 2004031283 A JP2004031283 A JP 2004031283A JP 2004031283 A JP2004031283 A JP 2004031283A JP 2005223753 A JP2005223753 A JP 2005223753A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
mobile terminal
layer
switch
port
access point
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2004031283A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP4248420B2 (en
Inventor
Katsu Iwashita
Takeshi Kinoshita
Masahiro Kobayashi
Tomoko Miyano
とも子 宮野
正啓 小林
克 岩下
健史 木下
Original Assignee
Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
日本電信電話株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>, 日本電信電話株式会社 filed Critical Nippon Telegr & Teleph Corp <Ntt>
Priority to JP2004031283A priority Critical patent/JP4248420B2/en
Publication of JP2005223753A publication Critical patent/JP2005223753A/en
Application granted granted Critical
Publication of JP4248420B2 publication Critical patent/JP4248420B2/en
Application status is Expired - Fee Related legal-status Critical
Anticipated expiration legal-status Critical

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a mobility management method and a handover control method of a network for mobile communication which distributes the load of processing accompanying handover of a layer 2 (data link layer), introduces a flexible switching mechanism without the use of a stationary label table, and moreover participates handover for a wireless section also positively from the network side to deal with high-speed movement of a mobile terminal. <P>SOLUTION: With a network (layer 2 network) for mobile communication connected to an access point, handover processing between the mobile terminal moving at high speed and the network and mobility management following it are performed dispersively with each access switch and core switch by using an exchange of a control frame. A filtering database is constituted appropriately for switching, and movement prediction of the mobile terminal is performed by a simple method by performing an appropriate information exchange between access switches. The result of this movement prediction is conveyed to the mobile terminal through the wireless section from the network side, and handover processing is performed smoothly. <P>COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

本発明は、無線LAN技術を用いてアクセスする移動体通信ネットワークにおいて、特に適切な通信経路の確立のために必要なモビリティ管理方法及びハンドオーバ制御方法に関する。 The present invention, in a mobile communication network to access by using the wireless LAN technology, and more particularly to a mobility management method and a handover control method required for the establishment of appropriate communication path.

無線LANの各種規格では、ISOのOSI参照モデルの物理層(レイヤ1)とデータリンク層(レイヤ2)までの通信手段確立方法が規定されている。 The wireless LAN various standards, communication means establishing way up the physical layer of the OSI reference model of ISO (Layer 1) and data link layer (layer 2) are defined. これに対して、ネットワーク層(レイヤ3)においては、インターネット標準のIPプロトコルが、現在のデータ通信ネットワークで最も普遍的に使用されるプロトコルとなっている。 In contrast, in the network layer (Layer 3), the Internet standard IP protocol has become the most commonly used Protocols for the current data communication network.
当初のIPプロトコルは、有線ネットワークでの使用を前提とした開発当初の経緯から、IPアドレスを付与される端末が移動する状況でのモビリティ管理に関して不充分な面があった。 Original IP protocol, from the beginning of the history and development based on the use of a wired network, a terminal is assigned an IP address had insufficient surface with respect to mobility management in a situation where moving. しかし、現在に至るまで、こうしたした問題に対処すべく規格の拡張が進められており、この技術は一般にモバイルIPという名称で呼ばれている。 However, up to now, extensions have been advanced standards in order to deal with the problem such that the, this technique is referred to by the name generally referred to as Mobile IP.

ここで、モビリティ管理という用語は、通信に関与する端末が移動する状況において、時間とともに変化する端末の位置に対応付けられる情報を管理するという意味で使用している。 Here, the term mobility management in a situation where the terminal involved in communication moves, is used in the sense of managing the information associated with the position of the terminal to change over time. このとき、位置相当の情報と時刻相当の情報は、明示的に結び付けて管理してもよいし、そうでなくてもよい。 At this time, the position corresponding information and time corresponding information may be managed explicitly linked or not. 移動端末(Mobile Host)が通信を行うそれぞれの時間において、確実に移動端末に情報を送り届けるために必要となる精度で移動端末の位置が把握されていることが、ここでいうモビリティ管理の本質である。 In each time that the mobile terminal (Mobile Host) to communicate reliably location of the mobile terminal with the accuracy needed to deliver the information to the mobile terminal that is grasped, the essence of the mobility management here is there.

以下の説明では、移動端末の連続的な移動にともなって行う、ネットワーク要素への帰属関係を変更する処理をハンドオーバと呼ぶことにする。 In the following description, carried out with the continuous movement of the mobile terminal, it will be the process of changing the membership of the network element is called a handover.
モバイルIPを適用したネットワークでは、移動端末は移動先の新しいIPサブネットワークに帰属し、気付アドレスと呼ばれる一時的なIPアドレスを与えられると、これをネットワーク側に登録という形で伝える。 In a network to which the mobile IP, the mobile terminal is assigned to the destination of a new IP subnetwork, given the temporary IP address called a care-of address, which conveys in the form of registration to the network side. これは、レイヤ3のハンドオーバを行っていることに相当する。 This is equivalent to doing a handover of Layer 3. ここで、IPアドレスのうちのネットワークアドレスを示す部分は、通常おおまかな位置に関連付けることができる。 Here, part of a network address of the IP address may be associated with normal rough position. これにより、上記のレイヤ3のハンドオーバ、すなわちモバイルIPは、モビリティ管理としての側面も有することになる。 Thus, the handover of the Layer 3, i.e. Mobile IP will also have a side face of the mobility management.

これに対して、レイヤ1ならびにレイヤ2のハンドオーバは、あくまで通信手段の確立としての意味合いが強く、モビリティ管理の概念と直接的に結び付けられるものではない。 In contrast, handover Layer 1 and Layer 2, only strong implications as establishing communication means, not to be directly linked to the concept of mobility management. これは、一般的には、レイヤ2で用いる識別子に位置との相関がないことに起因している。 This is generally attributed to the lack of correlation between the position of the identifier used in the layer 2.
上述のモバイルIPによるレイヤ3ハンドオーバの処理は、レイヤ1及びレイヤ2ハンドオーバの処理とは独立していることが前提となっている。 Processing Layer 3 handover according to Mobile IP described above, it is assumed to be independent of its Layer 1 and Layer 2 handover process. 一般的には、下位のレイヤのハンドオーバが上位のレイヤのハンドオーバに先立つため、モバイルIPでは、処理を開始する前にレイヤ1、レイヤ2のハンドオーバ完了を待つ必要がある。 In general, since the lower layer handover prior to handover of the upper layer, the mobile IP, before starting the processing layer 1, it is necessary to wait for the handover complete Layer 2. また、通常レイヤ3の処理には、比較的長い時間を要する。 Further, the treatment is usually Layer 3, it takes a relatively long time. これらのことから、モバイルIPでは、移動端末が高速に移動する場合への対処が難しい。 From these facts, in mobile IP, it is difficult to deal with when the mobile terminal moves at a high speed.

こうした状況に対し、レイヤ2ハンドオーバに関する情報をレイヤ3ハンドオーバ処理開始のトリガとして利用し、レイヤ2ハンドオーバの完了前の段階で処理を始める方法が提案されている。 To this situation, by using the information about the layer 2 handover as a trigger the layer 3 handover processing start, how to start the process at the stage prior to the completion of the layer 2 handover it has been proposed. しかし、こうした手法はレイヤ3ハンドオーバ処理自体を軽減するものではないため、やはり移動端末の高速移動への対処は難しいといえる。 However, such an approach is because it is not intended to reduce the layer 3 handover process itself, also addressed to the high-speed movement of the mobile terminal can be said to be difficult.
また、レイヤ3のハンドオーバを不要とし、レイヤ2までのハンドオーバのみを必要とするネットワーク構成をとることによって、ハンドオーバ処理の軽減を図ることも考えられる。 Further, the handover of Layer 3 is unnecessary, by taking the network configuration requiring only handover to layer 2, it is conceivable to achieve a reduction in handover processing. つまり、レイヤ2スイッチングネットワークを地理的に広い範囲で構築し、移動通信用の中継ネットワークとして使用するというものである。 In other words, to build a Layer 2 switching network geographically wide range, it is that used as a relay network for mobile communication. このネットワークのアクセス区間において無線LANを使用する場合、各アクセスポイント(Access Point)は、レイヤ2スイッチのポートと接続されることになる。 The use of wireless LAN in the network access period, each access point (Access Point) will be connected to the layer 2 switch ports.

一般にレイヤ2スイッチは、その適切なポートにフレームをスイッチングするための仕組みを備えている。 Generally the layer 2 switch has a mechanism for switching the frame to its appropriate port. このようなネットワークで、特に移動端末が高速に移動する状況に対処するためには、上記した仕組みが動的に再構成可能であるのみならず、移動端末にたどり着くことができるポートを、通信を行う各時間で正しく認識する必要がある。 In such networks, especially for mobile terminal to handle situations that moves at high speed, not only the above-mentioned mechanism is dynamically reconfigurable, a port that can reach the mobile terminal, the communication there is a need to be properly recognized in each time to perform. このことは、レイヤ2ハンドオーバにおいても、モビリティ管理の概念を取り入れることを意味する。 This is also in the layer 2 handover, it means to incorporate the concept of mobility management.

前述の状況を踏まえ、従来例について説明する。 Based on the situation described above, the conventional example will be described.
(第1の従来例) (First prior art)
第1の従来例は、レイヤ2識別子としてIEEE802.1Qで規定されるVLAN IDを使用し、これを移動端末の位置と関連付けることである。 The first conventional example uses a VLAN ID defined in IEEE802.1Q as Layer 2 identifier is to associate it with the location of the mobile terminal.
VLAN IDは、レイヤ2識別子として最も一般的に用いられているMACアドレス(物理アドレスとも呼ぶ)とは区別されるべきものであるので、ここではこれをラベルと呼ぶ。 The VLAN ID, since the MAC address is most commonly used as a Layer 2 identifier (also referred to as physical addresses) are to be distinguished, here called a label. このとき、ネットワークではラベルによるスイッチングが行われることになる。 This time, the switching by the label is performed by the network.

図30は、このようなレイヤ2ラベルスイッチングを用いたネットワーク300の全体構成を示す図である。 Figure 30 is a diagram showing an entire configuration of a network 300 using such a Layer 2 label switching.
図30に示す各スイッチSWは、スイッチングの際に参照する、ラベル(VLAN ID)とスイッチSWのポートを対応付けたデータベース(以下、ラベルテーブルと呼ぶ)を持っている。 Each switch SW shown in FIG. 30 refers to the time of switching, the label (VLAN ID) and a database that associates the port of the switch SW (hereinafter, referred to as label tables) have. ラベルテーブルは移動端末MHの移動にともなって変化するものではなく不変である。 Label table is invariant not intended changes with the movement of the mobile terminal MH. つまり、ラベルは、スイッチSWのポート、さらにはその先のアクセスポイントAPと静的に対応付けられている。 In other words, the label, the port of the switch SW, further associated statically with the access point AP of the first. また、ラベルは、各移動端末MHに重複がないように付与される。 Further, labels are applied so there is no overlap in each mobile terminal MH.

移動端末MHは自身の移動にともなって帰属先のアクセスポイントAPを変更する必要があるが、この際に新しい帰属先となるアクセスポイントAPに対してネットワーク300との接続関係の確立のための登録要求を送る。 Mobile terminal MH While it is necessary to change the attribution of the access points AP with the movement of its own, registration for the establishment of connections between the network 300 to the access point AP serving as a new attribution in this It sends a request. 登録要求を受けたアクセスポイントAPは、ネットワーク300に対して移動している移動端末MHのためのラベル割り当て要求を送り、その結果としてネットワーク300から新しいラベルを受け取る。 Access point AP which received the registration request, sends a label allocation request for the mobile terminal MH which has moved to a network 300, receives a new label from the network 300 as a result. アクセスポイントAPは新しいラベルを移動端末MHに通知することにより、以後この移動端末MHが関与する通信は新ラベルを用いて行われる。 By the access point AP to notify a new label to the mobile terminal MH, hereafter communication this mobile terminal MH is involved is carried out using the new label. ネットワークでラベルの管理を担当するのはラベル制御装置301であり、これはネットワーク300上のどこに設置されてもよい。 In charge of management of the label in the network is a label control unit 301, which may be located anywhere on the network 300.

前記したように、図30に示す方式では、ネットワーク300の各スイッチSWで保有するラベルテーブルは移動端末MHの移動にともなって変化するものではなく不変であり、ラベルはスイッチSWのポート、さらにはその先のアクセスポイントAPと静的に対応付けられている。 As described above, in the method shown in FIG. 30, a label table held for each switch SW in the network 300 is unchanged, rather than those changes with the movement of the mobile terminal MH, label the port of the switch SW, more It is associated statically with the previous access point AP. したがって、ラベルは広い意味での位置情報に相当する。 Thus, the label corresponds to the position information in a broad sense. また、ラベル制御装置301は、移動する移動端末MHが帰属するアクセスポイントAPを認識してラベルを付与するため、結果的にラベル制御装置301で移動端末MHの位置を把握していることになる。 Also, the label control unit 301, since the mobile terminal MH to be moved to impart label recognizes the access point AP belongs, thus to know the location of the mobile terminal MH in eventually label control unit 301 . したがって、この方式はレイヤ2ハンドオーバにともなって、ラベル制御装置における集中的なモビリティ管理を行う方式である(非特許文献1参照)。 Therefore, this method with the layer 2 handover, a method for performing centralized mobility management in the label control unit (see Non-Patent Document 1).
(第2の従来例) (Second prior art)
第2の従来例は、第1の従来例と同様に、レイヤ3においてルーティングに係わる処理を行うことなく、高速に移動する移動端末MHのモビリティ管理を行うネットワーク構成とハンドオーバ方式である。 The second conventional example, like the first conventional example, without performing the processing relating to the routing at Layer 3 is a network configuration and a handover method for performing mobility management of a mobile terminal MH which moves at high speed. 図31を用いて第2の従来例について説明する。 The second conventional example will be described with reference to FIG. 31.

図31は第2の従来例におけるネットワークの全体構成を示す図である。 Figure 31 is a diagram showing an overall configuration of a network in the second conventional example. 図31に示すネットワークは、例えば高速道路の料金所におけるノンストップ自動料金収受システムのように、1つのアクセスポイントAPでカバーする範囲が無線LAN等に比べて狭い、狭域通信のためのネットワークである。 Network shown in FIG. 31, for example, as non-stop automatic toll collection system in the toll highway, a range covered by a single access point AP is narrower than the wireless LAN or the like, a network for short range communication is there.
図31に示すように、このネットワークでは、ゾーン制御装置313、315が自身の管理するゾーン312、314に属する複数のアクセスポイントAPを収容し、さらに上位にあるネットワーク制御装置311が全てのゾーン制御装置313、315を収容している。 As shown in FIG. 31, in this network, the zone controller 313 and 315 is accommodated a plurality of access points AP which belongs to the zone 312, 314 managed by itself, further network controller 311 every zone control that are higher houses the apparatus 313 and 315.

図31に示すように、このネットワークにおいて、移動する移動端末MHと新しいアクセスポイントAPの間で接続が確保されると、アクセスポイントAPからゾーン制御装置315に対してこの移動端末MHの位置登録のための情報が送られ、さらにゾーン制御装置315からネットワーク制御装置311へと転送される。 As shown in FIG. 31, in this network, the connection between the new access point AP and the mobile terminal MH to move is ensured, from the access point AP of the location registration of the mobile terminal MH for the zone controller 315 information is sent to and is further transferred from the zone controller 315 to the network controller 311. この位置登録情報には、移動端末MHの識別のための情報だけでなく、登録を行った時刻情報も含まれている。 The location registration information, as well as information for identifying the mobile terminal MH, also includes time information to register. つまり、移動端末MHが移動するにつれて、その位置情報と時刻情報が関連付けられて、次々にこれらの情報がネットワーク制御装置に蓄積されていくことになる。 In other words, as the mobile terminal MH moves, it associated its position information and time information, so that we are successively accumulated in the information network controller.

ネットワーク制御装置311は、こうした情報をもとに、移動端末MHの移動をある程度予測することができる。 Network controller 311, based on this information, the movement of the mobile terminal MH can be predicted to some extent. ネットワーク制御装置311で予測が行われると、その結果に基づいて、次に移動端末MHが入ると予測される単数又は複数のゾーン(312、314)に属する全てのアクセスポイントAPに向けて、必要な情報のマルチキャストが行われる。 When the predicted network controller 311 is performed, the results are based, in then to all the access points AP that belongs to one or more zones that are predicted to mobile terminal MH enters (312, 314), required multicast is made of such information. このような予測に基づく仕組みを取り入れることにより、ハンドオーバに係わる処理時間の短縮が図られている(特許文献1参照)。 By incorporating a mechanism based on such prediction, shortening of the processing time relating to the handover is achieved (see Patent Document 1).
(第3の従来例) (Third conventional example)
第3の従来例は、狭域通信のためのネットワークにおいてハンドオーバの処理に予測の要素を含める技術であり、具体的には、移動端末MHの位置を予め検知するための位置検知装置を設け、ここで検知した情報をもとに、次に使用すべきアクセスポイントAPを予測するものである。 The third conventional example is a technique to include elements of the predictive handover processing in a network for short range communication, in particular, provided the position detection apparatus for pre-detecting the position of the mobile terminal MH, based on the information detected here it is intended to predict the next access point AP to be used. (特許文献2参照) (See Patent Document 2)
特開2002−152113号公報 JP 2002-152113 JP 特開2003−229801号公報 JP 2003-229801 JP

第1の従来例では、VLAN IDをラベルとして用いるレイヤ2ラベルスイッチングネットワークにおいて、レイヤ2ハンドオーバにともなうモビリティ管理をラベル制御装置で集中的に行っている。 In the first conventional example, in the layer 2 label switching network using the VLAN ID as the label is performed intensive mobility management with the layer 2 handover in the label control unit. そのため、ラベル制御装置での処理の集中による負荷の増大、あるいは非効率性という課題があった。 Therefore, there is a problem that increases, or inefficiency of the load due to concentration of the processing of the label control unit.
また、各スイッチで保有するラベルテーブルは静的であるため、例えばハンドオーバの処理中において、フレーム損失を最小限にとどめるために、いくつかの特定のポートにマルチキャストする状態をスポット的に作り出すというような、柔軟な制御は困難であるという課題があった。 Moreover, since the label table held for each switch is static, for example during the processing of the handover, in order to minimize frame loss, and so create a state in which multicast to some specific port spot Do, there is a problem that flexible control is difficult.

また、例えばラベル制御装置に故障が発生するなどによってラベルの割り当てに不具合が発生した場合、たとえレイヤ1に異常がなくても、移動端末とネットワークとの間の接続が損なわれてしまうという課題があった。 Also, for example, when a defect in the allocation of a label, such as by a failure in the label control device generates occurs, even if no abnormality in the layer 1, a problem that connection is impaired between the mobile terminal and the network there were.
さらに、ラベル割り当てによるレイヤ2ハンドオーバは、移動端末とアクセスポイント間の無線区間のハンドオーバ処理を軽減する効果を持たないため、移動端末が列車等で高速に移動する状況への対応は困難であるという課題があった。 Further, as the layer 2 handover by label allocation, since no effect of reducing the handover process in the wireless section between the mobile terminal and the access point, the mobile terminal corresponding to the situation that moves at a high speed train or the like is difficult there is a problem.

第2の従来例では、狭域通信ネットワークにおいて位置情報を時刻情報と関連付け、ハンドオーバ処理に予測の要素を含めている。 In the second conventional example, associating the position information and time information in a local area communication network, and including an element of prediction in the handover process. しかし、この技術では、ネットワーク制御装置に処理が集中するため、これを大規模なネットワークに適用すると負荷が大幅に増加する。 However, in this technique, since the processing in the network controller are concentrated, which load is applied to a large-scale network is greatly increased. また、予測先の複数ゾーンに属する全てのアクセスポイントに対して情報のマルチキャストを行うため、大規模ネットワークに適用すると、不要なトラフィックの増大によって帯域使用効率が大幅に損なわれる。 Also, in order to perform multicast information to all access points belonging to a multi-zone predicted destination, when applied to a large-scale network, bandwidth utilization is impaired significantly by increasing the unwanted traffic. こうしたことから、この技術を大規模ネットワークに適用することは困難であるという課題があった。 For these reasons, there is a problem that it is difficult to apply this technology to large networks.

第3の従来例では、狭域通信ネットワークにおいて移動端末の位置を予め検知することによって、ハンドオーバの処理の予測を行っている。 In the third conventional example, by pre-detecting the position of a mobile terminal in a local area communication network is performed to predict the process of handover. しかし、この技術を地理的に広範囲にまたがる大規模ネットワークに適用すると、予測の精度が劣化する。 However, when applied to a large-scale network spanning this technique geographically widespread, the accuracy of the prediction is degraded. また、予測精度を上げるために位置検知装置の設置数を増やすと、本来のユーザトラフィックの転送処理に寄与しない装置数が増えることになる。 Also, increasing the number of installed position sensing device in order to improve the prediction accuracy, so that the number of devices that do not contribute to the transfer processing of the original user traffic increases. こうしたことから、この技術を大規模ネットワークに適用することは困難であるという課題があった。 For these reasons, there is a problem that it is difficult to apply this technology to large networks.

本発明は、第1の従来例で指摘した課題を解決するため、レイヤ2ハンドオーバにともなう処理の負荷を分散させるとともに、固定的なラベルテーブルによらない、柔軟なスイッチングの仕組みを導入することを目的とする。 The present invention is to solve the problems pointed out in the first conventional example, with disperse the processing load associated with the layer 2 handover, does not depend on fixed label table, the introduction of a flexible switching mechanism for the purpose. さらに、移動端末の高速移動に対処するために、無線区間のハンドオーバについても、ネットワーク側から積極的に関与する移動体通信用ネットワークのモビリティ管理方法及びハンドオーバ制御方法を提供することを目的とする。 Furthermore, in order to cope with high-speed movement of the mobile terminal, for the handover of the radio section, and an object thereof is to provide a mobility management method of a mobile communication network and the handover control method of actively involved from the network side.

また、本発明は、第2及び第3の従来例で指摘した課題を解決するため、ハンドオーバ処理に予測の要素を含めることを、地理的に広範囲にまたがる大規模ネットワークにおいても問題なく行えるハンドオーバ制御方法を導入することを目的とする。 Further, the present invention is to solve the problems pointed out in the second and third conventional example, the inclusion of elements of the prediction in the handover process, geographically also handover control that allows no problem in large networks spanning a wide range an object of the present invention is to introduce a method.

請求項1記載の移動体通信用ネットワークのモビリティ管理方法は、移動端末と、前記移動端末にネットワークヘの接続手段を与えるアクセスポイントと、フィルタリングデータベースを備え、前記フィルタリングデータベースの検索結果とフレームに含まれるレイヤ2情報とに基づいて、前記フレームを適切なポートに転送するレイヤ2スイッチとから成る移動体通信用ネットワークのモビリティ管理方法において、相互に接続されたレイヤ2スイッチ間において、双方向又は片方向に、ある時間間隔で自身のフィルタリングデータベースの必要な部分の情報を伝送し、前記移動端末がアクセスポイントとの間の無線リンクを新たに確立した場合は、新たなアクセスポイントから、それが接続されたレイヤ2スイッチにその事実を伝送し、 Mobility management method according to claim 1 for mobile communication network described, a mobile terminal, an access point providing a means of connection network F to the mobile terminal, equipped with a filtering database, in the search results and the frame of the filtering database based on layer 2 information in the mobility management method of a mobile communication network consisting of a layer 2 switch that transfers the frame to the appropriate port, between the layer 2 switches connected to each other, two-way or one direction, if there is transmission of information necessary part of its filtering database at time intervals, the mobile terminal has newly establish a radio link between the access point, the new access point, it is connected that fact is transmitted to the layer 2 switch that is, 記事実を受信した前記レイヤ2スイッチは、前記移動端末固有の物理アドレスに係わるフィルタリングデータベースの更新を行って、前記事実の確認を契機として、前記移動端末にユーザフレームを転送するポートを把握することを特徴とする。 The layer 2 switch that has received the article actual performs updating of filtering database according to the mobile-terminal-specific physical address, triggered by the confirmation of the fact, knowing the port for transferring user frame to the mobile terminal the features.

請求項1に記載の発明によれば、フィルタリングデータベースの更新が迅速に行われるため、各スイッチで移動端末の的確なモビリティ管理が実現される。 According to the invention described in claim 1, for updating the filtering database is performed quickly, accurately mobility management of a mobile terminal is realized by each switch.
請求項2記載の移動体通信用ネットワークのモビリティ管理方法は、移動端末と、前記移動端末にネットワークヘの接続手段を与えるアクセスポイントと、フィルタリングデータベースを備え、前記フィルタリングデータベースの検索結果とフレームに含まれるレイヤ2情報とに基づいて、前記フレームを適切なポートに転送するレイヤ2スイッチとから成る移動体通信用ネットワークのモビリティ管理方法において、相互に接続されたレイヤ2スイッチ間において、双方向又は片方向に、ある時間間隔で自身のフィルタリングデータベースの必要な部分の情報を伝送し、前記移動端末がアクセスポイントとの間の無線リンクを新たに確立した場合は、新たなアクセスポイントから、それが接続されたレイヤ2スイッチにその事実を伝送し、 Mobility management method according to claim 2 for mobile communication network described, a mobile terminal, an access point providing a means of connection network F to the mobile terminal, equipped with a filtering database, in the search results and the frame of the filtering database based on layer 2 information in the mobility management method of a mobile communication network consisting of a layer 2 switch that transfers the frame to the appropriate port, between the layer 2 switches connected to each other, two-way or one direction, if there is transmission of information necessary part of its filtering database at time intervals, the mobile terminal has newly establish a radio link between the access point, the new access point, it is connected that fact is transmitted to the layer 2 switch that is, 記事実を受信した前記レイヤ2スイッチは、前記事実の確認を契機として、前記移動端末に一意に付与され、かつ無線リンクでの通信にも用いられるレイヤ2ラベルに係わるフィルタリングデータベースの更新を行い、前記移動端末にユーザフレームを転送するポートを把握することを特徴とする。 The layer 2 switch that has received the article practice, in response confirmation of the fact, the uniquely granted to the mobile terminal, and updates the filtering database according to the Layer 2 label which is also used for communication over a wireless link, characterized by grasping the port for transferring user frame to the mobile terminal.

請求項2記載の発明によれば、フィルタリングデータベースの更新が迅速に行われるため、各スイッチで移動端末の的確なモビリティ管理が実現される。 According to the second aspect of the present invention, since the updating of the filtering database is performed quickly, accurately mobility management of a mobile terminal is realized by each switch.
請求項3記載の移動体通信用ネットワークのモビリティ管理方法は、移動端末と、前記移動端末にネットワークヘの接続手段を与えるアクセスポイントと、フィルタリングデータベースを備え、前記フィルタリングデータベースの検索結果とフレームに含まれるレイヤ2情報とに基づいて、前記フレームを適切なポートに転送するレイヤ2スイッチとから成る移動体通信用ネットワークのモビリティ管理方法において、相互に接続されたレイヤ2スイッチ間においては、双方向又は片方向に、ある時間間隔で自身のフィルタリングデータベースの必要な部分の情報を伝送し、前記移動端末が前記アクセスポイントとの間の無線リンクを新たに確立した場合は、新たなアクセスポイントから、それが接続されたレイヤ2スイッチにその事実を伝 Mobility management method according to claim 3 mobile communication network described, a mobile terminal, an access point providing a means of connection network F to the mobile terminal, equipped with a filtering database, in the search results and the frame of the filtering database based on layer 2 information in the mobility management method of a mobile communication network consisting of a layer 2 switch that transfers the frame to the appropriate port, between the layer 2 switch connected to each other, two-way or one-way, if there is transmission of information necessary part of its filtering database at time intervals, the mobile terminal has newly establish a radio link between the access point, the new access point, it Den but the fact connected to the layer 2 switch し、前記レイヤ2スイッチにおいては、前記事実の確認を契機として、前記移動端末に一意に関連付けられるが、無線リンクでの通信には用いられないレイヤ2ラベルに係わるフィルタリングデータベースの更新を行うことによって、前記移動端末にユーザフレームを転送するポートを把握することを特徴とする。 And, in the layer 2 switch, triggered by the confirmation of the fact, but uniquely associated with said mobile terminal, by updating the filtering database according to the Layer 2 label which is not used for communication over a wireless link , characterized by grasping the port for transferring user frame to the mobile terminal.

請求項3記載の発明によれば、フィルタリングデータベースの更新が迅速に行われるため、各スイッチで移動端末の的確なモビリティ管理が実現される。 According to the third aspect of the present invention, since the updating of the filtering database is performed quickly, accurately mobility management of a mobile terminal is realized by each switch.
請求項4記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、移動端末と、前記移動端末にネットワークヘの接続手段を与えるアクセスポイントと、フィルタリングデータベースを備え、前記フィルタリングデータベースの検索結果とフレームに含まれるレイヤ2情報とに基づいて、前記フレームを適切なポートに転送するレイヤ2スイッチとから成る移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、上位にあるレイヤ2スイッチは、自身の保有するフィルタリングデータベースにおける移動端末のレイヤ2情報に関連するデータを利用することにより、前記移動端末が新しいアクセスポイントに無線リンクを切り替えるべきタイミングと、次に前記動端末の通信に使用すべきポートを把握し、前記レイヤ2スイッチが The handover control method according to claim 4 for mobile communication network described, a mobile terminal, an access point providing a means of connection network F to the mobile terminal, equipped with a filtering database, in the search results and the frame of the filtering database based on layer 2 information in a handover control method for a mobile communication network consisting of a layer 2 switch that transfers the frame to the appropriate port, the layer 2 switches that are higher is the filtering database held by itself by utilizing the data associated with the layer 2 information of the mobile terminal grasps the timing the mobile terminal is to switch the radio link to the new access point, then the port to be used for communication of said dynamic terminal, the layer 2 switch 自身の下位にあるレイヤ2スイッチだけで次に起こる切り替えの処理を完了できると判断した場合は、前記移動端末の通信に使用しているポートから下位のレイヤ2スイッチに向けて切り替え処理開始指示を出力し、前記切り替え処理開始指示を受け取った下位のレイヤ2スイッチは、さらに下位のレイヤ2スイッチ又はアクセスポイントに向けて、その時点において前記移動端末の通信に使用しているポートから切り替え処理開始指示を転送し、前記切り替え処理開始指示の転送を繰り返すことにより、その時点で前記移動端末と無線リンクを確立しているアクセスポイントを経由して、前記移動端末に切り替え処理開始指示を伝え、最初に切り替え処理開始指示を出力したレイヤ2スイッチが、次に使用すべきポートから下位にあるレ If it is determined that can complete the processing of the next occurring switch only the layer 2 switch that is subordinate to itself, the switching process start instruction toward the lower layer 2 switch from the port used for communication of the mobile terminal output, the switching processing lower layer 2 switch instruction to start receiving the further toward the lower layer 2 switch or access point, switching processing start instruction from the port used for communication of the mobile terminal at that time transfers, by repeating the transfer of the switching process start instruction via the access point with which it has the mobile terminal and the radio link at that time, communicate the switching process start instruction to the mobile terminal, the first layer 2 switch which outputs a switching processing start instruction, from then be used ports to the lower Les ヤ2スイッチに向けて、切り替え予告及びその後の切り替えに必要となる情報をあわせて出力し、前記切り替え予告及びその後の切り替えに必要となる情報を受け取った下位のレイヤ2スイッチは、さらに下位のレイヤ2スイッチ又はアクセスポイントに向けて、次に使用すべきポートから切り替え予告及びその後の切り替えに必要となる情報をあわせて転送し、前記切り替え予告及びその後の切り替えに必要となる情報の転送を繰り返すことにより、次に使用されるアクセスポイントに前記切り替え予告及びその後の切り替えに必要となる情報を到達させ、前記切り替え処理開始指示を受け取った前記移動端末が、新しいアクセスポイントとの間で無線リンクを確立すると、請求項1〜請求項3の何れか1項に記載のモビリティ管理の処理 Towards Layer 2 switches, and outputs the combined information required to switch announcement and subsequent switching, the switching notice and lower layer 2 switch having received the information required for the subsequent switching is further lower layer 2 toward the switch or access point, then transferred from the port to be used in conjunction with information necessary to switch announcement and subsequent switching to repeat the transfer of the switching notice and information required for the subsequent switching possible by, then information necessary to the switching notice and subsequent switching to the access point used to reach the mobile terminal which has received the switching process start instruction, establishes a wireless link with the new access point Then, the processing of the mobility management according to any one of claims 1 to 3 を実行し、新しい無線リンクが確立した事実が最初に切り替え開始処理を出力したレイヤ2スイッチに達するまで、新しく前記移動端末の通信に使用されるいくつかのレイヤ2スイッチのポートを順次経由して転送することを特徴とする。 Is executed, a new fact that the radio link is established until the first reaches the layer 2 switch which outputs a switching start processing, via port of several layer 2 switches that are used to communicate new the mobile terminal sequentially characterized in that it transfer.

請求項4に記載の発明によれば、無線区間のハンドオーバについて、ネットワーク側から積極的に関与し、請求項1〜請求項3の何れか1項に記載のモビリティ管理を実行するため、移動端末の高速移動にも対処することができる。 According to the invention described in claim 4, the handover of the radio section, since actively involved from the network side, performing a mobility management according to any one of claims 1 to 3, the mobile terminal even in high-speed movement of it can be addressed.
請求項5記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、請求項4記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、レイヤ2スイッチが、切り替え処理開始指示を受信もしくは最初に送信してから、新たな無線リンク確立の事実を受け取るまでの間に限って、前記移動端末が通信に使用しているポートだけでなく、次に使用すべきと判断するポートにも同時に、前記移動端末に宛てるユーザフレームを転送して、前記移動端末が無線リンクの確立先アクセスポイントの変更に際して、新旧2つのアクセスポイントから同時にユーザフレームを受け取ることを特徴とする。 Handover control method of a mobile communication network according to claim 5, wherein, in the handover control method of a mobile communication network according to claim 4, the layer 2 switches, since the transmission of the reception or to the first switching processing start instruction , only until it receives the fact of a new radio link establishment, the mobile terminal not only port used for communication, then simultaneously to ports determines to use, addressed to the mobile terminal transfer the Teru user frame, the mobile terminal upon changes established destination access point of a wireless link, wherein the receiving the user frame at the same time from the old and new access point.

請求項5記載の発明によれば、新旧2つのアクセスポイントから同時にユーザフレームを受け取るというバイキャストによるハンドオーバが実現できるため、ユーザフレーム損失を少なくすることができる。 According to the fifth aspect of the invention, since the handover by bicast that receives a user frame simultaneously from old and new access points can be realized, it is possible to reduce the user frame loss.
請求項6記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、移動端末と、前記移動端末にネットワークヘの接続手段を与えるアクセスポイントと、フィルタリングデータベースを備え、前記フィルタリングデータベースの検索結果とフレームに含まれるレイヤ2情報とに基づいて、前記フレームを適切なポートに転送するレイヤ2スイッチとから成る移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、上位にあるレイヤ2スイッチは、自身の保有するフィルタリングデータベースにおける移動端末のレイヤ2情報に関連するデータを利用することにより、前記移動端末が新しいアクセスポイントに無線リンクを切り替えるべきタイミングと、次に前記動端末の通信に使用すべきポートを把握し、前記レイヤ2スイッチが The handover control method according to claim 6 mobile communication network described, a mobile terminal, an access point providing a means of connection network F to the mobile terminal, equipped with a filtering database, in the search results and the frame of the filtering database based on layer 2 information in a handover control method for a mobile communication network consisting of a layer 2 switch that transfers the frame to the appropriate port, the layer 2 switches that are higher is the filtering database held by itself by utilizing the data associated with the layer 2 information of the mobile terminal grasps the timing the mobile terminal is to switch the radio link to the new access point, then the port to be used for communication of said dynamic terminal, the layer 2 switch 身の下位にあるレイヤ2スイッチだけでは次に起こる切り替え処理を完了できないと判断した場合は、その時点において、前記移動端末の通信に使用しているポートから、下位にあるレイヤ2スイッチと1つ上位にあるレイヤ2スイッチに向けて切り替え処理開始指示を出力し、前記レイヤ2スイッチと同一階層に属し、かつ次に使用されるべきポートを有する他のレイヤ2スイッチに、これら2つの当該レイヤ2スイッチ間を結ぶ横方向リンクを介して切り替え予告を伝送し、新しい無線リンクが確立した事実を、新しく前記移動端末の通信に使用されるいくつかのレイヤ2スイッチのポートと、上記横方向リンクの両端のポートを順次経由して、最初に切り替え開始処理を出力したレイヤ2スイッチと、その1つ上位にあるレイヤ2ス If it is determined that only the layer 2 switch in the lower body can not be completed happens next switching process, at which point, the port used for communication of the mobile terminal, and one layer 2 switch that is subordinate outputs a switching process start instruction towards the layer 2 switch in the upper, belonging to the layer 2 switch in the same hierarchy, and then the other layer 2 switch having a port to be used, two of the layers 2 switching notice transmitted through the lateral links connecting the switch, new facts radio link is established, and some layer 2 switch that is used to communicate a newly said mobile terminal port, the lateral link via ports on both ends of the sequence, the first and layer 2 switch which outputs the switching start treatment, the layer 2 scan in that one upper ッチに達するまで転送することを特徴とする。 Wherein the forwarding to reach the pitch.

請求項6記載の発明によれば、横方向リンクを採用したため、無線リンクの確立先アクセスポイントの変更を迅速に促すことができる。 According to the sixth aspect of the present invention, since adopting a transverse link can be prompted to change the established destination access point of a wireless link quickly.
請求項7記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、請求項6記載のハンドオーバ制御方法において、レイヤ2スイッチが、前記切り替え処理開始指示を受信もしくは最初に送信してから、新たな無線リンク確立の事実を受け取るまでの間に限って、前記移動端末が通信に使用しているポートだけでなく、次に使用すべきと判断するポートにも同時に、前記移動端末に宛てるユーザフレームを転送して、前記移動端末が無線リンクの確立先アクセスポイントの変更に際して、新旧2つのアクセスポイントから同時にユーザフレームを受け取ることを特徴とする。 The handover control method according to claim 7 mobile communication network described in the handover control method according to claim 6, Layer 2 switches, from the transmission of the switching process start instruction reception or the first, new radio link only until receiving the facts established, the mobile terminal not only port used for communication, then simultaneously to ports determines to use, transfers the user frame Addressing to the mobile terminal to the mobile terminal when changing established destination access point of a wireless link, wherein the receiving the user frame at the same time from the old and new access point.

請求項7記載の発明によれば、新旧2つのアクセスポイントから同時にユーザフレームを受け取るというバイキャストによるハンドオーバが実現できるため、ユーザフレーム損失を少なくすることができる。 According to the invention of claim 7, wherein, for handover according bicast that receives a user frame simultaneously from old and new access points can be realized, it is possible to reduce the user frame loss.
請求項8記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、請求項4から請求項7の何れか1項に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、前記移動端末に伝える切り替え処理開始指示の中で、新しく無線リンクを確立すべきアクセスポイントを指定するとともに、無線リンク確立に際して必要となる情報を予め通知することを特徴とする。 The handover control method according to claim 8 mobile communication network described in the handover control method of a mobile communication network according to claims 4 to any one of claims 7, switching process starts to transmit to the mobile terminal among the instructions, along with specifying the access point to establish a new radio link, wherein the advance notice information required when a radio link establishment.

請求項8記載の発明によれば、新しく無線リンクを確立すべきアクセスポイントを指定し、無線リンク確立に際して必要となる情報を予め通知するため、より迅速なアクセスポイントの切り替えが可能となる。 According to the invention of claim 8, wherein, specifies the access point to establish a new radio link, for pre-notification information necessary when the radio link is established, it is possible to switch the faster the access point.
請求項9記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、請求項4から請求項7の何れか1項に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、前記無線リンクの切り替えに際して、切り替え処理開始指示を受け取った前記移動端末が、新しい無線リンクヘの接続要求を行う前に、その時点で無線リンクを確立しているアクセスポイントに対して接続解除を通知することを特徴とする。 The handover control method according to claim 9 mobile communication network described in the handover control method of a mobile communication network according to claims 4 to any one of claims 7, when the switching of the radio link, the switching the mobile terminal which has received the processing start instruction, before a connection request for a new wireless Rinkuhe, and notifies the disconnection to the access point with which it has a radio link at the time.

請求項9記載の発明によれば、無線リンクを確立しているアクセスポイントに接続解除を通知するため、フィルタリングデータベースの当該移動端末に関して不要となる情報を迅速に消去することが可能となる。 According to the invention of claim 9, wherein, for notifying the disconnection to the access point establishes wireless links, it is possible to erase the information to be unnecessary with respect to the mobile terminal of the filtering database quickly.
請求項10記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、請求項4から請求項7の何れか1項に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、前記無線リンクの切り替えに際して、古い方のアクセスポイントと直接接続されるレイヤ2スイッチが、新しい無線リンクが確立した事実を受け取ると、そのレイヤ2スイッチからそのアクセスポイントに向けて、すでに接続解除がなされたことを通知することを特徴とする。 The handover control method according to claim 10 for mobile communication network described in the handover control method of a mobile communication network according to claims 4 to any one of claims 7, when the switching of the radio link, the old layer 2 switches connected rectangular directly and access points, upon receiving the fact that a new radio link is established, characterized by notifying that towards the access point from the layer 2 switch, already disconnected is made to.

請求項10記載の発明によれば、すでに接続解除がなされたことを通知するため、古い方のアクセスポイントが移動端末に関して不要となる情報を迅速に消去することが可能となる。 According to the invention described in claim 10, for notifying that already made disconnect, it can be erased quickly information becomes unnecessary with respect to the old one access point the mobile terminal.
請求項11記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、請求項4から請求項7の何れか1項に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、前記フィルタリングデータベースは、データ構成として、前記移動端末に対応付けられるレイヤ2識別子を表す要素と、前記レイヤ2識別子が宛先となるユーザフレームを転送すべきポートの番号を表す要素と、前記ポートの使用に関する状態を表す要素と、前記ポートが実際に前記移動端末に係わるユーザフレーム転送に使用された時間を意味する、ポート使用時間を管理する要素と、無線リンクの切り替え処理を開始すべきタイミングを表す要素と、前記ポートが前記移動端末のユーザフレーム転送に使用される直前まで、前記移動端末のユーザフレーム転 The handover control method according to claim 11 for mobile communication network described in the handover control method of a mobile communication network according to claims 4 to any one of claims 7, wherein the filtering database, the data structure the a element representing the layer 2 identifier associated with the mobile terminal, and elements the layer 2 identifier representing the number of the port should be forwarded user frame as a destination, and the elements representing the states on the use of the port, the port refers to the time that is used for user frame forwarding related to the fact the mobile terminal, the elements for managing the port usage time, and elements representing timing for starting the process of switching radio links, the port is the moving until just before use to the user frame forwarding terminal, user frames rotation of said mobile terminal に使用されていたことを意味する直前使用ポートの番号を表す要素と、これら一連の要素の組み合わせの有効性を管理する要素とを有することを特徴とする。 And having an element representing the number immediately before use port means that is used, and a component for managing the validity of the combination of series of elements.

請求項11記載の発明によれば、フィルタリングデータベースの各要素を用いることにより、モビリティ管理において、移動端末の位置変化予測の要素を取り入れることが可能となる。 According to the invention of claim 11, wherein, by using the elements of the filtering database, the mobility management, it is possible to incorporate elements of position change prediction of the mobile terminal.
請求項12記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、請求項11に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、前記フィルタリングデータベースは、データ構成として、前記移動端末の移動スピードを、その大きさによって分類したいくつかのスピードクラスによって表す要素を含み、かつ前記スピードクラスは、過去のポート使用時間とそれとの対応を定めたテーブルを検索することによって決定されることを特徴とする。 Handover control method of a mobile communication network of claim 12, wherein, in the handover control method of a mobile communication network according to claim 11, wherein the filtering database, the data structure, the movement speed of the mobile terminal, includes elements represented by a number of speed classes classified by its size and the speed class is characterized in that it is determined by searching a table defining correspondences of past ports use time and with it.

請求項12記載の発明によれば、移動端末をスピードクラスに分類するため、モビリティ管理において、移動端末の位置変化予測の要素を増やし、予測の手順の簡易性を向上させることができる。 According to the invention of claim 12, wherein, to classify the mobile terminal to the speed class, the mobility management, increase the elements of position change prediction of the mobile terminal, it is possible to improve the ease of the procedure of the prediction.
請求項13記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、請求項11に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、前記フィルタリングデータベースは、データ構成として、前記移動端末の移動スピードを、その大きさによって分類したいくつかのクラスによって表す要素を含み、かつ前記スピードのクラスは、前記移動端末からの申告によって決定されることを特徴とする。 The handover control method according to claim 13 for mobile communication network described in the handover control method of a mobile communication network according to claim 11, wherein the filtering database, the data structure, the movement speed of the mobile terminal, includes elements represented by a number of classes classified by their size and class of the speed, characterized in that it is determined by the return from the mobile terminal.

請求項13記載の発明によれば、移動端末をスピードクラスに分類し、スピードクラスが移動端末から申告されるため、モビリティ管理において、移動端末の位置変化予測の要素を増やし、予測の手順の簡易性を向上させることができる。 According to the invention of claim 13, wherein, to classify the mobile terminal speed class, since the speed class is declared from the mobile terminal, in mobility management, increase the elements of position change prediction of the mobile terminal, a simple procedure for prediction it is possible to improve the resistance.
請求項14記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、請求項11に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、前記フィルタリングデータベースは、そのデータ構成に含まれているポート使用時間を管理する要素に基づいて、次の無線リンク切り替え処理の開始タイミングを計算によって決定することを特徴とする。 Handover control method of a mobile communication network of claim 14, wherein, in the handover control method of a mobile communication network according to claim 11, the filtering database, the port usage time contained in the data structure based on the management elements, and determining by calculation the start timing of the next radio link switching process.

請求項14記載の発明によれば、ポート使用時間を管理する要素に基づいて、次の無線リンク切り替え処理の開始タイミングを計算によって求めるため、モビリティ管理において、移動端末の位置変化予測を迅速かつ正確に行うことができる。 According to the invention of claim 14, wherein, based on factors that manages the port usage time, to determine by calculation the start timing of the next radio link switching process, in the mobility management, quickly and accurately the position change prediction of the mobile terminal it can be carried out in.
請求項15記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、請求項11に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、前記フィルタリングデータベースに基づいて、過去のポート使用時間と次の無線リンク切り替え処理の開始タイミングを対応付けるテーブルを作成し、作成した前記テーブルの検索を行うことによって、前記無線リンク切り替え処理の開始タイミングを決定することを特徴とする。 Handover control method of a mobile communication network according to claim 15, in the handover control method for a mobile communication network according to claim 11, based on the filtering database, past the port usage time and the next radio link create a table for associating a start timing of the switching process, by performing a search of the table created, and determines the start timing of the radio link switching process.

請求項15記載の発明によれば、過去のポート使用時間と次の無線リンク切り替え処理の開始タイミングを対応付けるテーブルを作成するため、モビリティ管理において、移動端末位置変化予測を簡易に行うことができる。 According to the invention of claim 15, wherein, in order to create a table for associating a start timing of past port usage time and the next radio link switching process, in mobility management, can be moved terminal position changes predicted easily.
請求項16記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、請求項12又は請求項13に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、前記移動端末のスピードのクラスと次の無線リンク切り替え処理の開始タイミングを対応付けるテーブルを作成し、前記テーブルの検索によって、無線リンク切り替え処理の開始タイミングを決定することを特徴とする。 Handover control method of a mobile communication network of claim 16, wherein, in the handover control method of a mobile communication network according to claim 12 or claim 13, class and next radio link switching speed of said mobile terminal create a table for associating a start timing of the processing, the search of the table, and determines a start timing of the radio link switching process.

請求項16記載の発明によれば、移動端末のスピードのクラスと次の無線リンク切り替え処理の開始タイミングを対応付けるテーブルを作成するため、モビリティ管理において、移動端末位置変化予測を簡易に行うことができる。 According to the invention of claim 16, wherein, in order to create a table for associating the speed class and the start timing of the next radio link switching process of the mobile terminal, can be performed in the mobility management, simply the mobile terminal position change prediction .
請求項17記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法は、請求項11から請求項13の何れか1項に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、複数のアクセスポイントの位置的な順序関係と、前記複数のアクセスポイントが接続されるレイヤ2スイッチのポートの順序関係を一致させるとともに、複数の下位のレイヤ2スイッチの位置的な順序関係と、前記複数の下位のレイヤ2スイッチが接続される上位のレイヤ2スイッチのポートの順序関係を一致させ、ある時点である移動端末の通信に使用されているポートの番号とフィルタリングデータベースを参照して得られた前記移動端末の直前使用ポートの番号とを比較し、前記移動端末の通信に使用すべきポートの番号を把握することを特徴とする Handover control method of a mobile communication network of claim 17, in the handover control method of a mobile communication network according to claims 11 to any one of claims 13, a positional plurality of access points and order relation, with match order relation ports of the layer 2 switches the plurality of access points are connected, a positional order relation of the plurality of lower layer 2 switches, the plurality of lower layer 2 switches to match the order relation port of the upper layer 2 switches connected, immediately prior to use port of the mobile terminal obtained by reference to the number and filtering database of the port being used for communication of the mobile terminal is a point in time comparing the number of, characterized in that to grasp the number of the port to be used for communication of the mobile terminal

請求項17記載の発明によれば、モビリティ管理において、移動端末の位置変化予測を迅速かつ正確に行うことができる。 According to the invention of claim 17, wherein, in the mobility management, it is possible to perform the position change prediction of the mobile terminal quickly and accurately.
本発明は、概して、無線LANのアクセスポイントと接続されたレイヤ2スイッチングネットワークにおいて、高速に移動する移動端末とネットワークの間のハンドオーバ処理及びそれにともなうモビリティ管理を、制御フレームの交換を用いて、各レイヤ2スイッチで分散的に行うものである。 The present invention is generally in the layer 2 switching network connected to the access point of a wireless LAN, and the handover process and mobility management associated therewith between the mobile terminal and a network that moves fast, with the exchange of control frames, each in which it distributed manner performed at layer 2 switch. また、スイッチングのためのフィルタリングデータベースを適切に構成し、レイヤ2スイッチ間の適切な情報交換により、簡易な方法で移動端末の移動予測を行う。 Further, the filtering database for switching properly configured, by appropriate exchange of information between the layer 2 switches, it performs the movement prediction of the mobile terminal in a simple manner. さらに、この移動予測の結果を、ネットワーク側から無線区間を通して移動端末に伝えることにより、ハンドオーバ処理をよりスムーズに行う。 Furthermore, performing the result of the movement prediction, by transferring from the network side to the mobile terminal through the wireless section, the handover process more smoothly.

なお、本発明では、移動端末の移動は、移動方向の変化や移動スピードの変化がゆるやかであることを仮定している。 In the present invention, the movement of the mobile terminal, change in the moving direction of the change and the movement speed is assumed to be a gradual. このような仮定は例えば列車内に移動端末が存在する場合などに成立する。 This assumption holds like when there is a mobile terminal for example in a train.

請求項1から3に記載の発明によれば、移動端末の高速移動時においても、各スイッチで移動端末の的確なモビリティ管理が実現される。 According to the invention described in claims 1 to 3, even during high-speed movement of the mobile terminal, precise mobility management of a mobile terminal is realized by each switch.
請求項4に記載の発明によれば、ハンドオーバについて、ネットワーク側から積極的に関与し、請求項1〜請求項3の何れか1項に記載のモビリティ管理を実行するため、移動端末の高速移動にも対処することができる。 According to the invention of claim 4, handover, since actively involved from the network side, performing a mobility management according to any one of claims 1 to 3, the high-speed movement of the mobile terminal also it is possible to deal with.

請求項5記載の発明によれば、バイキャストによるハンドオーバが実現できるため、ユーザフレーム損失を少なくすることができる。 According to the invention of claim 5, wherein, since the handover can be realized by bi-cast, it is possible to reduce the user frame loss.
請求項6記載の発明によれば、横方向リンクを採用したため、無線リンクの確立先アクセスポイントの変更を迅速に促すことができる。 According to the sixth aspect of the present invention, since adopting a transverse link can be prompted to change the established destination access point of a wireless link quickly.
請求項7記載の発明によれば、バイキャストによるハンドオーバが実現できるため、ユーザフレーム損失を少なくすることができる。 According to the invention of claim 7, wherein, since the handover can be realized by bi-cast, it is possible to reduce the user frame loss.

請求項8記載の発明によれば、新しく無線リンクを確立すべきアクセスポイントを指定し、無線リンク確立に際して必要となる情報を予め通知するため、より迅速なアクセスポイントの切り替えを行うことができる。 According to the invention of claim 8, wherein, specifies the access point to establish a new radio link, for pre-notification information necessary when the radio link establishment, it is possible to switch faster access point.
請求項9記載の発明によれば、フィルタリングデータベースにおいて、不要となる移動端末に関する情報を迅速に消去することが可能となる。 According to the invention of claim 9, wherein, in the filtering database, it is possible to erase the information on the mobile terminals it becomes unnecessary quickly.

請求項10記載の発明によれば、古い方のアクセスポイントにおいて、移動端末に関して不要となる情報を迅速に消去することが可能となる。 According to the invention of claim 10, wherein, in the older access points, it is possible to quickly erases unnecessary become information on the mobile terminal.
請求項11記載の発明によれば、モビリティ管理において、移動端末の位置変化予測の要素を取り入れることが可能となる。 According to the invention of claim 11, wherein, in the mobility management, it is possible to incorporate elements of position change prediction of the mobile terminal.
請求項12から請求項17記載の発明によれば、モビリティ管理において、移動端末の位置変化予測を迅速かつ正確に行うことができる。 According claims 12 to invention according to claim 17, in mobility management, it is possible to perform the position change prediction of the mobile terminal quickly and accurately.

概して、本発明によれば、レイヤ2スイッチングネットワークを、無線LANによってアクセスする移動体通信のための中継ネットワークとして、地理的に広範囲にわたって導入する場合、適切な通信経路確立のために必要となるハンドオーバ制御とモビリティ管理を、各レイヤ2スイッチで分散的に効率良く実行することが可能となる。 Generally, according to the present invention, handover of Layer 2 switching network, as a relay network for mobile communication to access by a wireless LAN, which is necessary for the geographically case of introducing a wide range, an appropriate communication path established control and mobility management, it becomes possible to perform distributed efficiently in each layer 2 switch.
さらに、モビリティ管理に端末の移動を予測する要素を含めることによって、ネットワーク側から移動端末に向けてハンドオーバの指示を行うことができるため、ハンドオーバ処理時間を短縮することが可能となる。 Furthermore, by including elements to predict the movement of the terminal to a mobility management, since it is possible to instruct the handover towards the network side to the mobile terminal, it is possible to shorten the handover processing time. また、このとき、ユーザフレームを一時的にバィキャストする方式をとることにより、フレーム損失を少なくすることが可能となる。 At this time, by taking the method for temporarily Baikyasuto user frames, it is possible to reduce the frame loss. このため、端末が高速に移動する状況においても、通信遮断時間の少ない通信環境の提供が可能となる効果がある。 Therefore, even in a situation where the terminal is moving at high speed, there is an effect that it is possible to provide a small communication environment of a communication interruption time.

以下、本発明の実施形態について説明する。 Hereinafter, embodiments of the present invention will be described. なお、実施形態を説明するための全ての図において、同一機能を有するものには同一符号を付して、その繰り返しの説明を省略する。 Note omitted, in all drawings for explaining the embodiments, the components having the same function are denoted by the same reference numerals, and repeated description thereof. また、以下に述べる実施形態は、全ての請求項に対応する。 Further, the embodiments described below correspond to all the claims.
図1は、実施形態において使用する高速移動体通信のためのレイヤ2スイッチングネットワーク(以下、単にネットワークと称する)の全体構成を示す図である。 Figure 1 is a diagram illustrating an overall configuration of a Layer 2 switching network for high-speed mobile communication used in the embodiment (hereinafter, simply referred to as networks). 図示するように、このネットワーク構成では、スイッチSWの種類を2つに分類している。 As shown, in this network configuration, it classifies the type of the switch SW to two. すなわち、アクセスポイントAPと直接接続されるアクセススイッチAccessSW(Access SW1、SW2、SW3)と、トポロジ上の階層的にアクセススイッチAccessSWよりも上位に位置するコアスイッチCoreSW(Core SW1、SW2、SW3)である。 That is, an access switch AccessSW connected directly to the access point AP (Access SW1, SW2, SW3) and the core switch CoreSW (Core SW1, SW2, SW3) which is located higher than the hierarchical access switches AccessSW topological is there. これらのスイッチSW間における接続のトポロジは、図示するように、1つのコアスイッチCoreSW1を頂点とするスター型である。 Topology of connection between the switches SW, as shown, is a star whose vertices one core switches CoreSW1.

なお、請求項に記載するレイヤ2スイッチは、例えば「アクセススイッチAccessSW」と「コアスイッチCoreSW」が相当する。 Incidentally, the layer 2 switch as described in the claims, for example, "Access Switch AccessSW" "Core Switch CoreSW" corresponds.
このようなネットワーク10において移動端末MHが移動する場合、無線区間の接続に用いるアクセスポイントAP(AP1,AP2…)が時間的に変化し、それにともなって移動端末MHに係わるフレームの転送に利用するスイッチ及びスイッチのポートも変化する。 When moving the mobile terminal MH in such a network 10, the access point AP (AP1, AP2 ...) are temporally varied to be used for connection of the wireless section, used for transmission of a frame according to the mobile terminal MH with it switch and switch port is also changed. 以下の説明では、この状態を表す場合、移動端末MHの帰属先が変化するという表現を用いる。 In the following description, when referring to the state, using the expression attribution of the mobile terminal MH is changed. これによれば、移動端末MHは移動とともに、無線区間のアクセスポイントAPの帰属先と、ネットワーク10のスイッチSWのポートの帰属先を順次切り替えていくといえる。 According to this, it can be said mobile terminal MH is the movement, the access point AP of attribution of the wireless section, and sequentially switches the port of attribution of the switch SW of the network 10. このような帰属先の切り替えが、ハンドオーバに相当する。 Switching of such attribution corresponds to the handover.

上記のようにスイッチSWの種類を区別するのは、それぞれが係わるハンドオーバの時間スケールが異なるためである。 To distinguish the type of switch SW as described above, because the time scale of the handover, each involved are different. すなわち、アクセススイッチAccessSWにおいてはこれが比較的短い時間スケールで起こるのに対し、コアスイッチCoreSWにおいては比較的長い時間スケールで起こる。 That is, in the access switches AccessSW whereas this occurs in a relatively short time scale, occurs at a relatively long time scale in the core switch CoreSW. こうした違いは、求められる処理のスピードや頻度の差異となってあらわれる。 These differences, appears as a difference in the speed and frequency of treatment required.

図2は、図1で示したスイッチSWの接続の形態を、スイッチSW内のポートを含めて示したものである。 Figure 2 is a form of connection of the switch SW shown in FIG. 1, there is shown, including the ports in the switch SW. 各アクセスポイントAPは、アクセススイッチAccessSWのポートと1対1で接続されている。 Each access point AP is connected to one port access switch AccessSW. このとき、これらのポートに付与される番号は、図示するように、例えば1、2、3、というように単調に増加(又は減少)する整数と仮定する。 In this case, it is assumed number assigned to these ports, as shown, for example 1,2,3, and A monotonically increasing integer (or decreases) and so on. このようなポート番号の付与方法は、ごく一般的かつ自然なものである。 The method applied for this port number is quite commonplace and natural. コアスイッチCoreSWについても、同様にポート番号が付与されているものと仮定する。 For even core switches CoreSW, it is assumed that the port number is given as well. なお、図2において、各スイッチSWのポート数が全て同一になっているが、これは本発明を実施するときに本質的なことではなく、異なっていてもよい。 In FIG. 2, the number of ports of each switch SW are all made identical, this is not essential that in practicing the invention, may be different.

また、階層的に上位のスイッチSWに接続されるアップリンク側のポート数も、図示している1つに限られる必要はない。 Further, the number of ports of the uplink side are hierarchically connected to the switch SW of the upper well does not need to be limited to one that is shown.
各アクセスポイントAPを、いずれのアクセススイッチAccessSWのポートに接続するかについては、アクセスポイントAPの配置の位置的な順序関係と接続先ポートの順序関係が一致するように行う。 Each access point AP, for either connected to a port of any access switch AccessSW, performed as order relation destination port and positional order relation of the arrangement of the access point AP are matched. これを行うためには、アクセスポイントAPの位置的な順序関係がはっきりしている必要がある。 To do this, it is necessary to positional order relation of the access point AP is clear.

例えば、列車内の移動端末MHからの移動通信を行うケースを考えると、アクセスポロジAPは線路に沿って配置されると想定されるため、上記の要件を満たしている。 For example, considering the case of performing mobile communications from the mobile terminal MH in the train, because the access Polo di AP is assumed to be located along the line, meets the above requirements. このようにポートの順序関係と位置的な順序関係を一致させることは、アクセススイッチAccessSWとコアスイッチCoreSWの間の接続においても同様に適用されるものである。 Thus to match the positional order relation and order relation port is to be applied also in the connection between the access switches AccessSW and core switch CoreSW.
以上の接続形態の説明からわかるように、移動端末MHが急激に進行方向を変えずに移動する場合、移動端末MHの帰属先ポートは、時間とともに順番に変化していく。 As can be seen from the above description of the topology, when the mobile terminal MH moves without changing the rapidly advancing direction, attribution port of the mobile terminal MH is gradually changed in the order in time. また、その際のポート番号の変化は、単調な増加(又は減少)となる。 The change of the port number at that time, becomes a monotonous increase (or decrease).

図2で示すスイッチファブリック21(21a,21b,21c)は、ポート間のフレームスイッチングを実行する機能ブロックである。 Switch fabric 21 (, 21a, 21b 21c) shown in FIG. 2 is a functional block that performs frame switching between the ports. またフィルタリングデータベース22(22a,22b,22c)は、これを行う際に参照されるデータベースである。 The filtering database 22 (22a, 22b, 22c) is a database to be referred to when performing this.
フィルタリングデータベース22は、通常のイーサネット(登録商標)スイッチ(Ethernet-SW)などでも使用されている。 Filtering database 22 is also used like a normal Ethernet switch (Ethernet-SW). イーサネット(登録商標)スイッチでは、各ポートで受信した有効なイーサネット(登録商標)フレームに含まれる、送信元のMACアドレスを取得することによって、動的にフィルタリングデータベース22を構築している。 The Ethernet switch, included in the valid Ethernet frames received on each port, by obtaining the MAC address of the transmission source, and dynamically build filtering database 22. ここでいうフレームとは、ユーザトラフィックを運ぶフレーム(以下、ユーザフレームと呼ぶ)を指している。 The frame here, the frame carrying the user traffic (hereinafter, referred to as user frames) pointing to.

本実施形態のスイッチSWにおいては、アクセスポイントAPから送信されるフレームをアクセススイッチAccessSWのあるポートで受信した場合、あるいは、階層的に下位のスイッチSWから送信されるフレームを上位のスイッチSWのあるポートで受信した場合に、そのフレームに含まれるレイヤ2識別子と受信ポート番号とを関連付けて、フィルタリングデータベース22に登録する。 In the switch SW of the present embodiment, when receiving the frame transmitted from the access point AP at the port with access switches AccessSW, or a switch SW of the upper frame to be transmitted from the hierarchically lower switch SW when received at the port, associate the layer 2 identifier included in the frame and the receiving port number is registered in the filtering database 22. ネットワークの方から逆に移動端末MHに向けて、使用すべきレイヤ2識別子を付与するということはしない。 To the mobile terminal MH in the opposite from the direction of the network and will not be of imparting Layer 2 identifier should be used.

なお、請求項1に記載する「移動端末固有の物理アドレスに係わるフィルタリングデータベースの更新」、及び請求項2、3に記載する「レイヤ2ラベルに係わるフィルタリングデータベースの更新」は、前記した「フィルタリングデータベース22に登録」に相当する。 Incidentally, according to claim 1 "Updating the filtering database according to the mobile-terminal-specific physical address", and "update of the filtering database according to the Layer 2 label" according to claim 2 and 3, and the "filtering database corresponding to the registration to 22 ".
フレームの受信がフィルタリングデータベース22への登録のきっかけとなるという点は、上述のイーサネット(登録商標)スイッチにおけるMACアドレス取得方法に似た処理方法であるが、ユーザフレームだけではなく、ハンドオーバ時に送信される特定の制御フレームも、登録のために利用する点が異なっている。 That the received frame is the trigger registration in the filtering database 22 is a processing method similar to MAC address acquisition process in the above Ethernet switch, instead of the user frame is transmitted during handover also specific control frame that is different from that point to use for registration. また、フィルタリングデータベース22の構成要素も、ハンドオーバ予測の概念まで含めたモビリティ管理を行うために、イーサネット(登録商標)スイッチなどにおけるものとは異なる形で定義している。 Further, the components of the filtering database 22, in order to perform a mobility management including up concept of handover prediction are defined differently from those in such Ethernet switch.

ここで、フィルタリングデータベース22ヘの登録に用いるレイヤ2識別子について説明する。 Here will be described the layer 2 identifier used in the filtering database 22 f of registration. これは、ハードウェアに固有のMACアドレスでもよいし、あるいはVLAN IDに代表されるようなラベルでもよい。 This may be a label as represented by may be a unique MAC address or VLAN ID, in hardware. 一般的には、ラベルの方がその表現に必要なビット数が少ないため、特にスケーラビリティに問題がない場合は、これを用いた方が処理の負荷が軽減されるという利点がある。 In general, for better label small number of bits required for its representation, especially if there is no problem in scalability, better using this has the advantage that the processing load is reduced.

MACアドレスを用いる場合は、移動端末MHに付与されている固有のものを使用する。 When using a MAC address, using the unique granted to the mobile terminal MH. 一方、ラベルを用いる場合は、予め移動端末MHにこれを固定的に付与しておいてもよいし、ハンドオーバに際して新しく帰属先となったアクセスポイントAPが、そのつど移動端末MHのMACアドレスと関連付けてもよい。 On the other hand, in the case of using a label, the association may be previously fixedly applying it to advance the mobile terminal MH, access point AP became new attribution during handover, the MAC address of the respective mobile terminal MH it may be. 言い換えれば、ラベルの使用範囲は、移動端末MHまで含めてもよいし(請求項2)、アクセスポイントAPまでにとどめてもよい(請求項3)。 In other words, the range of use of the label may be included to the mobile terminal MH (claim 2), it may be kept up to the access point AP (claim 3).

なお、請求項1に記載する「移動端末固有の物理アドレス」は、例えばMACアドレスに相当する。 Incidentally, "the mobile terminal-specific physical address" described in claim 1 corresponds to, for example, MAC address.
なお、レイヤ2フレームにおいて、移動端末固有のMACアドレスの他に、カプセル化のために別のMACアドレスを設ける方法があるが、このカプセル化のためのMACアドレスはラベルとして分類されるべきものである。 Incidentally, in the layer 2 frame, in addition to the mobile-terminal-specific MAC address, there is a method of providing a different MAC address for encapsulation, MAC addresses for this encapsulation is intended to be classified as a label is there. 以下の説明では、レイヤ2識別子としてハードウェア固有のMACアドレスとラベルのいずれを使用するかの選択による差異は生じないため、特に限定はしないこととする。 In the following description, since the difference by one of the selection to use any hardware-specific MAC address and label as the layer 2 identifier does not occur, and it will not be specifically limited.

このようにして、各スイッチSW自身でフィルタリングデータベース22の構築を行い、そしてそれに基づいて、そのスイッチSWの配下で必要なハンドオーバならびにそれに付随するモビリティ管理の処理を行う。 In this way, subjected to construction of filtering database 22 in each switch SW itself, and based on it, the process of mobility management associated required handover and it in under the switch SW. すなわち、これは各スイッチSWによる分散処理と捉えることができる。 In other words, this can be regarded as distributed processing by the switches SW. 以下、その詳細について説明する。 The detail will be described below.
始めに、ハンドオーバに係わる処理手順について説明する。 First, a description will be given of a process procedure relating to the handover. 図3は、アクセスSWの配下にあるハンドオーバの制御法を示すものである。 Figure 3 shows a control method of handover in a subordinate of the access SW. なお、図3は、バイキャスト(Bicast)の手法を用いることなく、ユニキャスト(Unicast)の手法だけを用いた例である。 Incidentally, FIG. 3, without using the technique of bi-cast (BICAST), an example of using only techniques unicast (Unicast).

図3(a)に示すように、移動端末MHは、ある時刻において、あるアクセスポイントAP及びそのアクセスポイントAPが接続されているアクセススイッチAccessSWのポートに帰属しているものとする。 As shown in FIG. 3 (a), the mobile terminal MH is at a certain time, it is assumed that belong to a port of the access switch AccessSW with the access point AP and the access point AP is connected. このとき、移動端末MHが送信元又は宛先となるユーザフレームは、上記したアクセスポイントAPとポートを通して転送される。 At this time, the user frames the mobile terminal MH is the source or destination is transferred through the access point AP and ports described above. 図3(a)においては、この状態を太い実線で示している。 In FIG. 3 (a), it shows this state by a thick solid line. その後、時間の経過とともに、移動端末MHは図示する移動方向に移動する。 Then, over time, the mobile terminal MH moves to the direction of movement illustrated. アクセススイッチAccessSWは、この移動の向きと、次のアクセスポイントAPならびにポートにハンドオーバすべき時刻を把握している。 Access switch AccessSW is, knows the direction of this movement, the time should be handed over to the next access point AP as well as the port. その把握の方法については後述するが、ここではこれを仮定して説明を続ける。 Although it will be described later how the grasping, the description is continued assuming it here.

図3(b)に示すように、アクセススイッチAccessSWは、ハンドオーバ処理を開始すべき時刻に達すると、アクセスポイントAPに向けてこれを知らせるため、リアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)と呼ばれる制御フレームを送信する。 As shown in FIG. 3 (b), the access switch AccessSW the transmission reaches the time to start the handover process, to inform it towards the access point AP, a control frame called a reassociation trigger (Reassociation Trigger) to. この制御フレームを受信したアクセスポイントAPは、さらに移動端末MHに向けてリアソシエーションオーダ(Reassociation Order)と呼ばれる制御フレームを送信する。 The access point AP receiving the control frame further transmits a control frame called a reassociation order (Reassociation Order) to the mobile terminal MH.

これを受信した移動端末MHは、無線区間におけるハンドオーバ処理を開始すべきであると判断し、それまで使用していたアクセスポイントAPとは異なるアクセスポイントAP、通常は隣に位置するアクセスポイントAPに帰属を要求する。 Mobile terminal MH which has received this, determines that it should start a handover process in the wireless section, different access point AP and the access point AP that has been used until then, usually in the access point AP is located next to request the assignment. このとき、移動端末MHは自力で次に使用すべきアクセスポイントAPの情報を検索してもよいし(請求項4〜7)、あるいはリアソシエーションオーダ(Reassociation Order)の制御フレームに次に使用すべきアクセスポイントAPの情報を含め、移動端末MHに指示してもよい(請求項8)。 In this case, the mobile terminal MH can may be then finding the access point AP information to be used by itself (claim 4-7), or be next used in the control frame of the reassociation order (Reassociation Order) including information of the access point AP to which may instruct the mobile terminal MH (claim 8). 一般に、新しいアクセスポイントAPの情報を検索する処理は時間を要するため、後者のようにこれを省く方法の方が、よりスムーズなハンドオーバの実現のためには好ましい。 In general, for the process to retrieve the information of the new access point AP takes time, towards the methods as in the latter case omitting this, in order to realize smoother handover preferred. ただし、後者の方法を実行するためには、例えばリアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレームに移動端末MHの移動方向を含め、これを受け取ったアクセスポイントAPが移動方向に基づいて次に使用すべきアクセスポイントAPを判断し、そしてリアソシエーションオーダ(Reassociation Order)の制御フレームを用いて当該アクセスポイントAPの情報を移動端末MHに渡すというような手順が必要になる。 However, in order to perform the latter method, for example, including the moving direction of the mobile terminal MH in the control frame of the reassociation trigger (Reassociation Trigger), then use based on the access point AP moving direction received this determining an access point AP to, and procedures as of passing information of the access point AP to the mobile terminal MH is needed using a control frame of reassociation order (Reassociation order). あるいは、アクセススイッチAccessSWが、配下にあるアクセスポイントAPの情報を全て保有している場合は、リアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレームに、次に使用すべきアクセスポイントAPの情報を含めてもよい。 Alternatively, the access switch AccessSW If the owns all access points AP information in the subordinate, the control frame reassociation trigger (Reassociation Trigger), also including the access point AP information to be used then good. いずれにせよ、ネットワーク側のいくつかの装置において、アクセスポイントAPの情報を共有している必要がある。 Anyway, in some devices in the network side, it is necessary to share the information of the access point AP. 以下では、こうした方法については、特に限定しないで説明を行う。 In the following, these methods may be explained without particular limitation.

図3(c)で、次に使用すべきアクセスポイントAPの情報を得た移動端末MHは、このアクセスポイントAPに対してアソシエーションリクエスト(Association Request)の制御フレームを送り、これによって新たな帰属を要求する。 In FIG. 3 (c), the next mobile terminal MH to give the access point AP information to be used, sends a control frame of the association request (Association Request) for this access point AP, whereby a new attribution to request. これに対して、アソシエーションリクエストを受けたアクセスポイントAPは、アソシエーションレスポンス(Association Response)の制御フレームを移動端末MHに返す。 In contrast, the access point AP receiving the association request and returns a control frame association response (Association Response) to the mobile terminal MH. この制御フレームは、要求を受け入れることができる場合は成功、受け入れられない場合は失敗との意味の内容を持つものである。 The control frame, if it can accept the request succeeded, and has a content of meaning and if unacceptable failure. なお、通常の無線LANにおいては、このようなハンドオーバ時にいわゆる認証を行うプロセスが含まれることが多いが、本発明においては、これを含めても含めなくてもよい。 In the conventional wireless LAN, a Such is often include processes which perform a so-called authentication at handover, in the present invention may may not include this. 以下では、説明を簡略化するため、認証プロセスを全て省略する。 Hereinafter, to simplify the explanation, omitted all the authentication process.

上記した図3(c)におけるプロセスでは、移動端末MHと新アクセスポイントAPとの間の物理的な通信手段は確立しているものとしている。 In the process in FIG. 3 above (c), physical communication means between the mobile terminal MH and the new access point AP is assumed to have been established. しかし、この段階ではまだレイヤ2まで含めたハンドオーバ完了とはなっていないので、ユーザフレームの送受信は実行できない。 However, because not in the still handover completion, including up to Layer 2 at this stage, transmission and reception of the user frame can not be executed. 図3(c)において、この状態を点線で示している。 In FIG. 3 (c), it shows this state in dashed lines.
これに対して、新しいアクセスポイントAPが帰属要求を受け入れ、成功との内容のアソシエーションレスポンス(Association Response)の制御フレームを移動端末MHに返すと、この段階で無線区間のハンドオーバは完了し、この区間についてユーザフレーム送受信の準備が整う。 In contrast, the new access point AP accepts the belonging request and returns a control frame association response of the contents of the success (Association Response) to the mobile terminal MH, handover of the radio section at this stage is complete, this section preparation of user frame transmission and reception for is ready. さらに、新アクセスポイントAPがアクセススイッチAccessSWに向かってリコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレームを送信し、この制御フレームを受信したアクセススイッチAccessSWは後述するフィルタリングデータベース22の内容を更新する。 Furthermore, new access point AP transmits a control frame Recon position trigger (Recomposition Trigger) towards the access switch AccessSW, access switches AccessSW receives the control frame updates the contents of the filtering database 22 described later. これによって、移動端末MHはアクセススイッチAccessSWのポートに関する帰属関係を更新し、これによってハンドオーバ処理を完了したことになる。 Thereby, the mobile terminal MH updates the membership about the ports of the access switch AccessSW, thereby resulting in the completion of the handover process. これ以降、新しいポートとアクセスポイントAPを用いて、正しくユーザフレームの転送が行われる。 After this, using a new port and the access point AP, correctly of the user frame transfer is performed. 図3(d)では、ハンドオーバ処理が完了した状態を実線で示している。 In FIG. 3 (d), the shows a state in which handover process is completed by the solid line.

なお、請求項1から3に記載する「新たなアクセスポイントから、それが接続されたレイヤ2スイッチにその事実を伝送し」は、例えば「リコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレーム」に相当する。 Incidentally, "a new access point, it transmits the fact to the connected layer 2 switch" described in claims 1 3 corresponds to, for example, "control frame Recon position trigger (Recomposition Trigger)" .
また、請求項1から3に記載する「フィルタリングデータベースの更新」は、例えば前記した「フィルタリングデータベース22を更新」に相当する。 Also according to claims 1 to 3, "Updating the filtering database" corresponds to, for example, "update the filtering database 22" as described above.

また、請求項4から9に記載する「切り替え処理開始指示」は、例えば「リアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレーム」に相当する。 Also according to claims 4 to 9 "switching process start instruction" corresponds to, for example, "control frame reassociation trigger (Reassociation Trigger)".
図3においては、(b)と(c)で示したハンドオーバ途中の段階において、移動端末MH宛てのユーザフレームは、古いポート及び古いアクセスポイントAPを介して送られ続けている。 In FIG. 3, in the handover intermediate stage shown in (b) and (c), the user frame of the mobile terminal MH destined, continue transmitted via the old port and the old access point AP. つまり、移動端末MHがリアソシエーションオーダ(Reassociation Order)の制御フレームを受け取って無線区間のハンドオーバ処理を開始してから、スイッチSWがリコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレームを受信してフィルタリングデータベース22を書き換えるまでの間は、フレーム損失が発生していることになる。 That is, from the start of the handover process in the wireless section mobile terminal MH is receiving a control frame reassociation order (Reassociation Order), filtering database 22 switch SW receives the control frame of the silicon position trigger (Recomposition Trigger) until rewrite would frame loss has occurred.

これを防ぐためにはバイキャスト(Bicast)と呼ばれる方法が有効である。 Method called bicast (BICAST) in order to prevent this is effective. これは、ユーザトラフィックの転送に際して特定の2つのポートを同時に使用する、マルチキャストの特殊な形態である。 This simultaneously using two specific ports upon transfer of user traffic, which is a special form of multicast. これを用いたハンドオーバ処理手順を図4に示す。 A handover procedure using the same shown in FIG.
図4において、ハンドオーバに係わる制御フレームの送信手順やそこに含まれる内容は、図3に示すものと同一である。 4, details included transmission procedure and the bottom of the control frame according to the handover is the same as that shown in FIG. 異なるのは、図4(b)と図4(c)に示すように、ハンドオーバを処理している途中の段階で、一時的にバイキャストの状態を設けている点である(図示するように、太線が2つのポートから出ている)。 The difference is, as shown in FIG. 4 (c) 4 and (b), in the middle stage of processing the handover, is that it temporarily provided the condition of bi-cast (as shown , a thick line is out of the two ports). 図4(d)に示すように、全てのハンドオーバ処理が完了した段階で、元のユニキャストの状態に戻る。 As shown in FIG. 4 (d), at the stage where all the handover process is completed, it returns to the state of the original unicast.

このようなバイキャストの方法を用いる際には、移動端末MHが2つのアクセスポイントAPと同時に通信できるものと仮定している。 Such by-when using a cast method, the mobile terminal MH is assumed that two access points can AP simultaneously communicate. なぜなら、ハンドオーバ処理を開始した後に、移動端末MHが古い方のアクセスポイントAPと通信しないものとすると、たとえネットワーク側からアクセスポイントAPまでユーザフレームが届けられていても、その先の移動端末MHまでのフレーム転送手段が存在しないからである。 This is because, after starting the handover process, assuming that does not communicate with the mobile terminal MH is older access point AP, even though delivered the user frame to the access point AP from the network side, to the mobile terminal MH in the above frame transfer unit because there is no. 図4(c)では、新APとの間でハンドオーバの処理を進めつつ、古い方のアクセスポイントAPとの間でユーザフレームの送受信を同時に行っている状態を示している。 In FIG. 4 (c), the while promoting the handover processing with the new AP, shows a state in which transmit and receive the user frame at the same time with the older access point AP.

図5、図6、図7は、図3又は図4で示した、アクセススイッチAccessSW配下のハンドオーバに係わる制御フレームの送受信の方法を、シーケンス図として示すものである。 5, 6, 7 show shown in FIG. 3 or FIG. 4, the method of transmission and reception of control frames related to the handover under the access switch AccessSW, as a sequence diagram.
図5、図6、図7において、実線の双方向の矢印は、ユーザフレームが正常に転送されている状態を表している。 5, 6, 7, the solid line double arrow represents a state in which user frames are successfully transferred. そして破線の片方向の矢印が、制御フレームを表している。 The dashed unidirectional arrows represent the control frame. なお、図5、図6、図7では、制御フレームをそれぞれ1つの破線矢印で表しているが、これらの破線矢印は実際には同じ内容のフレームを複数回送信するものでもよい。 Incidentally, FIG. 5, FIG. 6, 7, are expressed control frames in each one dashed arrows, these dashed arrow may be one that actually sent multiple times the frames of the same content.

上述のように、アクセススイッチAccessSWがハンドオーバ開始の予測を行い、リアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレームを現在のアクセスポイントAPに送信してから、アクセススイッチAccessSWが新しいアクセスポイントAPからのリコンポジショントリガ(Recompositon Trigger)の制御フレームを受信するまでが、ハンドオーバ処理をしている途中の時間になる。 As described above, the access switch AccessSW performs prediction of the start handover, reconfiguration position from the transmission of the control frame reassociation trigger (Reassociation Trigger) to the current access point AP, the access switch AccessSW from the new access point AP until it receives a control frame of the trigger (Recompositon trigger) becomes the middle of the time that the handover process. 図5、図6、図7では、この時間帯に網掛けを付している。 5, 6, 7, are denoted by the hatching in this time zone.

なお、図5、図6、図7において、網掛けは2つの時間帯に付されている。 Incidentally, FIG. 5, 6, 7, shaded is attached to two hours. これは、最初の時間帯の網掛けがアクセスポイントAP1からアクセスポイントAP2におけるハンドオーバ処理を示し、2番目の時間帯の網掛けがアクセスポイントAP2からアクセスポイントAP3におけるハンドオーバ処理を示している。 This shaded first time period indicates a handover process in the access point AP2 from the access point AP1, shaded second time zone indicates the handover process in the access point AP3 from the access point AP2.
図3と図4との違いは、前記したように、網掛けをしたハンドオーバ途中の時間帯においてユニキャストを行うか、あるいはバイキャストを行うかの違いである。 The difference between FIGS. 3 and 4, as described above, whether to perform a unicast in the time zone in the middle handover where the shaded, or a of differences perform bicasting. ただし、図5、図6、図7では、この違いを明示していない。 However, Figure 5, Figure 6, 7, not expressly this difference.

図5は、移動端末MHが現在のアクセスポイントAP1(又はAP2)からハンドオーバ開始の要求、すなわちリアソシエーションオーダ(Reassociation Order)の制御フレームを受けた場合、これに応答する形でリアソシエーションレスポンス(Reassociation Response)の制御フレームを現在のアクセスポイントAP1(又はAP2)に返す点が、図6、図7と異なっている。 5, the mobile terminal MH current access point AP1 (or AP2) from the start handover request, i.e., when receiving the control frame reassociation order (Reassociation Order), reassociation response in the form of response (Reassociation that it returns a control frame Response) to the current access point AP1 (or AP2) is, FIG. 6, differs from the FIG. リアソシエーションレスポンス(Reassociation Response)の制御フレームは、それまで使用していたアクセスポイントAP1(又はAP2)に対し、移動端末MHが帰属関係の解除を申し入れることを意味する。 Control frames reassociation response (Reassociation Response), compared it to the access point has been used AP1 (or AP2), it means that the mobile terminal MH is lodge the release of membership. これを経た後に、次のアクセスポイントAP2(又はAP3)への帰属要求を行う。 After passing through this, it performs a belonging request to a next access point AP2 (or AP3).

なお、請求項9に記載する「解除を通知」は、例えば「リアソシエーションレスポンス(Reassociation Response)の制御フレーム」が相当する。 Incidentally, "it notifies the release" described in claim 9, corresponds, for example, "control frame reassociation response (Reassociation Response)".
図6においては、移動端末MHが、帰属関係解除のために、リアソシエーションレスポンス(Reassociation Response)の制御フレームをアクセスポイントAP1(又はAP2)に返すことはしない。 In Figure 6, the mobile terminal MH is for membership cancellation, are not to return control frame reassociation response (Reassociation Response) to the access point AP1 (or AP2). その代わり、最終的にアクセススイッチAccessSW1がリコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレームを受信してハンドオーバが完了した段階で、アクセススイッチAccessSW1から古い方のアクセスポイントAP1(又はAP2)に対して、帰属関係解除の通知、すなわちディスアソシエーイョンノテフィケーション(Disassociation Notification)の制御フレームを送る。 Instead, the final access switch AccessSW1 is at the stage of receiving and handover is completed control frame Recon position trigger (Recomposition Trigger), relative to older access point from the access switch AccessSW1 AP1 (or AP2), attribution notification related release, i.e. sends a control frame Disconnect associations Iyo emissions Note Verification (Disassociation notification). この制御フレームの送信は、ハンドオーバの処理が終わってから行うべきものであるので、図6では網掛けの時間帯の外側に示している。 Transmission of the control frame, so it should perform after completing the processing of the handover, are shown outside the hours of hatching in Fig.

なお、請求項10に記載する「すでに接続解除がなされたことを通知」は、例えば「ディスアソシエーイョンノテフィケーション(Disassociation Notification)の制御フレーム」が相当する。 Incidentally, "notify that the already disconnected has been made" according to claim 10 corresponds, for example, "control frame Disconnect associations Iyo emissions Note Verification (Disassociation Notification)".
また、請求項10に記載する「新しい無線リンクが確立した事実」は、「リコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレーム」に相当する。 Further, "the fact that a new radio link is established," to claim 10 corresponds to the "control frame Recon position trigger (Recomposition Trigger)".

図7は、図5や図6のように制御フレームによって明示的に帰属関係の解除を指示することを行わない。 Figure 7 does not perform to instruct the release of the explicit membership by the control frame as in FIG. 5 and FIG. 6. ここでは、エージングによって、このような意味がなくなった帰属関係がいずれ自動的に消去されることを想定している。 Here, by aging, this sense has been lost membership is assumed to be erased either automatically. エージングとは、不要な、あるいは間違っていることが確認された古いデータを消去するプロセスのことであり、通常のイーサネット(登録商標)スイッチ(Ethernet-SW)などでも使用されている。 Aging and is in the process of erasing the old data that is unnecessary, or wrong has been confirmed, have also been used, for example, normal Ethernet (registered trademark) switch (Ethernet-SW). これによると、通常、ある一定の期間有効なフレームを受信しないと、それに関係するデータは消去される。 According to this, normally, you do not receive a certain period of time valid frame, the data related thereto is deleted.

以上に説明したハンドオーバ処理手順の主要な特徴の1つは、移動端末MHが移動してアクセスポイントAPの帰属先を変更した際に、制御フレームの送受信によって、時間的に大きなずれをともなわずに、アクセススイッチAccessSWのフィルタリングデータベース22の更新が行われることである。 One of the key features of the handover procedure described above, when the mobile terminal MH changes the access point AP of attribution to move, by transmission and reception of control frames, without a significant shift in time is that the updating of the filtering database 22 access switches AccessSW is performed. つまり、正常な動作状態においては、無線区間のハンドオーバと、アクセススイッチAccessSWで構成する中継ネットワーク区間のハンドオーバは、必ず対で行われる。 That is, in the normal operating conditions, a handover of the radio section, the handover of the relay network segment constituting an access switch AccessSW is always executed in pairs. これにより、移動端末MH宛てのユーザフレームを送信する必要がある時刻において、確実にMHの位置を把握するモビリティ管理を実現することができる。 Thus, at the time that it needs to send a user frame of the mobile terminal MH addressed, it is possible to realize a mobility management to know the position of reliably MH.

もう1つの主要な特徴は、ネットワーク側から移動端末MHに対して、ハンドオーバの開始を指示する点である。 Another key feature to the mobile terminal MH from the network side is that an instruction to start the handover. これは、後述するように、モビリティ管理に予測の要素を導入することによって行うものであるが、このような手順により、無線区間のハンドオーバ処理時間を短縮することが可能となる。 As will be described later, but is performed by introducing an element of prediction mobility management, such a procedure, it is possible to shorten the handover processing time in the wireless section. なぜなら、一般に移動端末MHが無線区間のハンドオーバの開始を判断するためには時間を要するが、この時間を省略することができるためである。 This is because, in order to generally mobile terminal MH to determine the start of the handover in the wireless section is time-consuming, it is because it is possible to omit this time.

ただし、本発明を実施する場合、「予測が常に正確であるとは限らない」、あるいは「そもそも予測が不可能なこと」がありえることを考慮し、ネットワーク側からの指示によらない、移動端末MH自身の判断によるハンドオーバの開始手順を排除することはしない。 However, when practicing this invention, considering that there can be "not necessarily prediction is always accurate," or "the first place impossible to predict", not according to the instruction from the network side, the mobile terminal not be ruled out the handover of the start procedure by the MH own judgment. すなわち、ハンドオーバ処理の開始は、ネットワーク側からの指示に起因する場合と移動端末MH自身の判断に起因する場合の双方が許容される。 That is, the start of the handover process, both of the case due to the mobile terminal MH own judgment in the case due to the instruction from the network side is allowed.

ただし、その結果として行われる処理手順、すなわち移動端末MHから新しいアクセスポイントAPへのアソシエーションリクエスト(Association Request)の制御フレーム送信から、アクセススイッチAccessSWでのリコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレーム受信までの処理手順は、両者で同一である。 However, the processing procedure performed as a result, i.e. the control frame transmission association request from the mobile terminal MH to the new access point AP (Association Request), to the control frame received in the silicon position triggers an access switch AccessSW (Recomposition Trigger) the procedure is the same in both.
以上にアクセススイッチAccessSW配下のハンドオーバ手順について説明したが、実際には階層的に上位にあるコアスイッチCoreSWを介して、アクセススイッチAccessSW間をまたぐ、あるいはコアスイッチCoreSW間をまたぐ形のハンドオーバが必要な場合がある。 Been described handover procedure under more access switches AccessSW but actually through the core switch CoreSW in hierarchically, straddle between access switches AccessSW, or necessary form of handover straddling between core switches CoreSW If there is a. こうした場合の手順については後述するとして、ここではまず、フィルタリングデータベース22のデータ構成について述べる。 As will be described later steps in such a case, where the first, we describe the data structure of the filtering database 22.

図8、図9はフィルタリングデータベース22のデータ構成を示す図である。 8, FIG. 9 is a diagram showing a data structure of a filtering database 22. これら全てに共通するレイヤ2識別子とポート番号の組み合わせは、フィルタリングデータベースの構成要素として最も基本的かつ本質的なものである。 The combination of Layer 2 identifier and port number that is common to all of these is the most fundamental and inherently as a component of the filtering database. 図8と図9に示すポート状態は、モビリティ管理に予測の要素を含めるために、本実施形態において新たに導入するものである。 Port state shown in FIGS. 8 and 9, to include elements of the predictive mobility management, in which newly introduced in the present embodiment.

なお、請求項4、6に記載する「自身の保有するフィルタリングデータベースにおける移動端末のレイヤ2情報に関連するデータ」は、例えば図8、図9に示すデータ構成が相当する。 Note that "data associated with the layer 2 information of the mobile terminal in the filtering database held by itself" in the claims 4 and 6, for example, FIG. 8, which corresponds the data structure shown in FIG.
また、請求項11に記載するハンドオーバ制御方法は、例えば図8、図9に示すデータ構成を用いることによって実現される。 The handover control method according to claim 11, for example 8, is achieved by using a data structure shown in FIG.

図10は、図8、図9に示すポート状態の定義方法の一例を示す図である。 10, FIG. 8 is a diagram showing an example of a method of defining the port state shown in FIG. 図10においては、ポート状態として、ランニング(running)とプリビアス(previous)という2つの状態を定義している。 In Figure 10, a port state, it defines a running (running) and PREVIOUS (previous previous) 2 one of the states. また、図10において、Port(k−1),Port k,Port(k+1)はハンドオーバするポートを示す。 Further, in FIG. 10, Port (k-1), Port k, Port (k + 1) indicates a port for handover.
前記した通り、移動端末MHの移動にともなって新帰属先が決定した段階でハンドオーバ完了となり、このときリコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレームが新帰属先のポートに送信される。 As described above, it is handover completion at the stage where the new attribution with the movement is determined of the mobile terminal MH, control frame Reconfiguration position trigger this time (Recomposition Trigger) is transmitted to the new attribution port. アクセススイッチAccessSWは、リコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレームを正しく受信すると、ランニング(running)状態に遷移する。 Access switch AccessSW receives correctly control frame Recon position trigger (Recomposition Trigger), a transition to running (running) state. 言い換えれば、ハンドオーバが完了して、自ポートに移動端末MHが帰属したことを確認すると、そのポートはランニング(running)状態になる。 In other words, the handover is completed, the mobile terminal MH to the own port to verify that the property, the port will be running (running) state. こうした手順を経ることにより、正常な動作状態においては、移動端末MHが移動してハンドオーバを行った際には、時間的に大きくずれることなく、アクセススイッチAccessSWのポートはランニング(running)状態へ変化する。 Through these steps, in the normal operation state, when the mobile terminal MH performs an handover moving, temporally increased without deviation, the port of the access switch AccessSW changes to running (running) state to.

移動端末MHがさらに移動すると、別のポートが移動端末MHの新しい帰属先となって、ハンドオーバが完了する。 When the mobile terminal MH moves further, another port becomes the new attribution of the mobile terminal MH, the handover is completed. このとき、この新しい帰属先ポートの状態がランニング(running)状態になり、元のポートの状態はプリビアス(previous)状態となる。 At this time, the state of this new attribution port is put into the running (running) state, the state of the original port is the PREVIOUS (previous) state. プリビアス(previous)状態にあるポートに関連付けられるデータベース構成要素は、次に述べるハンドオーバの開始予測のために使用するものであり、スイッチングのためには用いない。 PREVIOUS (previous previous) database components associated with a port state is intended to be used for starting prediction of described next handover is not used for switching. したがって、ある程度の期間、このポートが当該移動端末MHの通信のために使用されないことが確認できると、レイヤ2識別子とこのポート番号のセット、ならびにそれに結び付けられるデータベース構成要素は全て削除される。 Therefore, a certain period of time, this port is to be able sure not be used for communication of the mobile terminal MH, a set of Layer 2 identifier this port number, and the database component is bound to it is removed. このプロセスを管理するのが有効性と示した要素であり、これはエージングによるデータ削除プロセスのために用いるものである。 Is an element, indicated as efficacy to manage this process, which is intended to be used for data deletion process by aging.

移動端末MHがあるアクセスポイントAP、さらにその先にあるアクセススイッチAccessSWのポートに帰属している間は、この移動端末MHから送信されたユーザフレームは全てこのポートで受信される。 The access point AP there is mobile terminal MH, is while further attributed to a port of the access switch AccessSW in its earlier, the user frame sent from the mobile terminal MH is receiving all of the ports. 有効性と表した構成要素は、ある時間周期内に、このようなユーザフレームの受信があったかどうかを監視した結果を示している。 Components represents the efficacy within a certain time period, shows the results of monitoring whether there is reception of such user frames. すなわち、この時間周期の間に1回でもフレームの受信があれば、有効性を確認できたとする。 That is, if the received frame even once during this time period, and it is valid.

通常の動作では、プリビアス(previous)状態にあるポートはユーザフレームを受信しないため、有効性確認の時間周期で有効性を確認できないことになり、フィルタリングデータベース22から削除される。 In normal operation, since the port on the PREVIOUS (previous previous) state does not receive the user frame, will not be able to verify the validity time period of validated, it is deleted from the filtering database 22.
ここで、前記した時間周期は、移動端末MHの移動にともなって起こるハンドオーバの時間間隔よりも充分大きくとるものとする。 Here, the above-mentioned time period shall take sufficiently larger than the time interval of the handover that occurs with the movement of the mobile terminal MH. これにより、ハンドオーバ処理完了に際して更新されたフィルタリングデータベース22が、有効性確認プロセスによって、次のハンドオーバが起こる前に削除されてしまうといった事態を防ぐことができる。 Accordingly, the filtering database 22 which is updated during handover process completed, the validation process, it is possible to prevent a situation would be removed before the next handover occurs.

しかし、このような時間の設定をした場合でも、例えば移動端末MHがあるポートに帰属している状態で移動をやめ、かつフレームをまったく送信しないで有効性確認の時間周期を過ぎた場合は、ランニング(running)状態にあるポートにおいても有効性が確認できない。 However, even when the setting of such a time, for example, stop the movement in a state in which belong into the port on the mobile terminal MH, and if the past time period of validity check without sending any frame, We can not confirm efficacy in port in the running (running) state. その結果、ポート状態としてランニング(running)状態からプリビアス(previous)状態への遷移を経ずに、直接データ自体が削除される。 As a result, as a port state from running (running) state without passing through the transition to the PREVIOUS (previous previous) state, direct data itself is deleted. データが存在しない場合は、移動端末MH宛てに送信すべきフレームは、送信のためのポートを特定できないため、全てのポートにブロードキャストされるか、あるいは廃棄される(これは、ネットワークの運用ポリシーによる)。 If the data does not exist, the frame to be transmitted to the mobile terminal MH addressed, because it can not identify the port for transmission, or is broadcast to all ports, or is the (this waste, in accordance with the network operation policy of ). その後、移動端末MHからユーザフレームが送信され、これをポートで受信した場合や、あるいは再びハンドオーバ処理が開始されてリコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)を受信した場合には、ポート状態を再びランニング(running)状態に戻す。 Thereafter, the transmitted user frame from the mobile terminal MH, and when receiving this in port, or when re handover process receives a reconfiguration position trigger is initiated (Recomposition Trigger) is a port state again running (running ) back to the state.

このように、ポート状態がランニング(running)状態になるトリガとしては、ハンドオーバ完了時のリコンポジション(Recomposition Trigger)受信と、ユーザフレームの受信の両方を許容する。 Thus, port state as the trigger to be running (running) state, allowing the handover completion time of silicon position (Recomposition Trigger) receiving, both receiving the user frame. また、ランニング(running)状態になる前のポート状態について、制限はない。 In addition, the port state of before the running (running) state, there is no limit. これに対して、プリビアス(previous)状態になるためには、必ず直前のポート状態がランニング(running)状態であることを必要条件とする。 In contrast, PREVIOUS to become (previous previous) state is a necessary condition that always the port state immediately before a running (running) state.

図8、図9において、前使用ポート番号と表した構成要素は、当該ポートのポート状態がランニング(running)状態になったのと同一のタイミングで、ランニング(running)状態からプリビアス(previous)状態に変化したポートの番号を意味するものである。 8 and 9, components denoted as prior to use port numbers at the same timing as the port status of the port becomes running (running) state, PREVIOUS from running (running) state (previous previous) state it is intended to mean the number of the port that was changed to. つまり、直前までユーザフレーム転送に使用していたポートのことである。 That is that the port used on the user frame forwarding just before. しかし、これら2つの状態変化は、常に同時に起こるとは限らない。 However, these two states changes do not always occur at the same time. このように、直前まで使用していたポートが不明な場合は、ポート番号不明(unknown)とする。 In this way, if the port that had been used until just before is unknown, the port number unknown (unknown).

前使用ポート番号が正しく認識されている場合には、これを当該ポートの番号と比較することにより、次に使用すべきポートの番号を判定することができる。 If the previous use port number is correctly recognized, this by comparing the number of the port, it is possible to determine the next number of the port to be used. これは、前述したように、APの位置的な順序関係とポート番号の順序関係が一致していることによる。 This is due to the fact that as described above, the order relation positional order relation and port number of the AP are matched.
なお、請求項17に記載するハンドオーバ制御方法は、例えばここで述べたポートの番号の判定方法を用いることによって実現される。 Note that the handover control method according to claim 17 is realized by using the determination method of example number of the port described herein.

図8のポート使用開始時刻は、そのポートのポート状態がランニング(running)状態になった時刻を意味する。 Port Using the start time of 8 means a time when the port status of the port becomes running (running) state. またポート使用終了時刻は、そのポートのポート状態がプリビアス(previous)状態になった時刻を意味する。 The port usage end time refers to the time at which the port state of the port has become PREVIOUS (previous) state. したがって、これらの時刻の差に相当する時間は、そのポートがランニング(running)状態となってユーザフレームの転送に使用されていた時間に相当する。 Accordingly, the time corresponding to the difference between these times, the port corresponding to the running (running) time is used to transfer the user frame in the state. 以下では、これをポート使用時間と呼ぶ。 In the following, it referred to as the port use time this.

図8に示すように、絶対的な時刻によってポート使用時間を管理することが、不適当な場合もある。 As shown in FIG. 8, to manage the port used time by absolute time, in some cases inadequate. このような場合、カウンタによる計測でこれを代用することができる。 In such a case, it is possible to substitute this with the measurement by the counter. 図9は、カウンタによる計測した場合のデータの構成を示す。 Figure 9 shows the structure of data when measured by the counter. カウンタは当該ポートがランニング(running)状態になったときにセットし、その後カウンタサイクルにしたがってカウンタ値を増加させていく。 Counter is set when the corresponding port becomes running (running) state, gradually increasing the subsequent counter value in accordance with the counter cycle. 最終的にプリビアス(previous)状態になった時点でカウントを終了させ、そのときのカウンタ値をもってポート使用時間とする。 Finally to terminate the count when it becomes PREVIOUS (previous previous) state, the port used time with the counter value at that time. この場合、ポート使用時間は、最大でおおよそカウンタ周期の2倍程度の計測誤差が生じるが、絶対的な時刻を用いるよりも概して処理が簡略化される利点がある。 In this case, the port used time is about twice the measurement error of approximately counter cycle at maximum occurs, there is the advantage that generally the process is simplified than with absolute time.

図11は、1つのアクセススイッチAccessSWの配下においてハンドオーバが行われる際のポート使用時間、及び図10で定義されるポート状態の関係を示す図である。 Figure 11 is a diagram showing port usage time when the handover is performed in under one access switches AccessSW, and the relationship between the port state defined in Figure 10. 図11において、Port(k−1),Port k,Port(k+1)はハンドオーバするポートを示す。 In Figure 11, Port (k-1), Port k, Port (k + 1) indicates a port for handover. 図11においては、ハンドオーバ開始を意味するリアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレーム送信と、ハンドオーバ完了を意味するリコンポジション(Recomposition Trigger)の制御フレーム受信をあわせて示している。 11 shows together the control frame transmission reassociation trigger (Reassociation Trigger) to mean the handover start, the control frame received in silicon position means a handover complete (Recomposition Trigger). 図11に示すように、リアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレーム送信は、アクセススイッチAccessSW内で管理する時刻又はカウンタ値がハンドオーバ予測タイミングに達したときに実行される。 11, the control frame transmission reassociation trigger (Reassociation Trigger), the time or counter value managed in the access switches AccessSW is performed upon reaching a handover prediction timing. そこで、次にこの予測値の管理方法について述べる。 Therefore, described below how to manage the predicted value.

図12の(a)(b)は、ハンドオーバ開始のタイミング予測方法の概念図である。 Figure 12 (a) (b) is a conceptual diagram of the timing prediction method for handover initiation. 前述のように、ポート状態がプリビアス(previous)状態となっているポートでは、ポート使用時間が記録されている。 As described above, in the port the port status is the PREVIOUS (previous previous) state, the port usage time is recorded. なお、図8に示したデータベース構成では明示的には示されていないが、ポート使用終了と開始の時刻の差をとることで容易に計算できる。 Note that the database structure shown in FIG. 8 is not shown explicitly, it can be easily calculated by taking the difference between the time of ports used start and end. ランニング(running)状態にあるポートに対応するデータにおいて、データ構成中に前使用ポート番号が明記されているとすると、これは直前まで使用していたプリビアス(previous)状態にあるポートを指している。 In the data corresponding to a certain port in the running (running) state, and prior to use port number is specified in the data structure, which points to the port in the PREVIOUS (previous previous) state that has been used just before . したがって、このポートに記録されているポート使用時間を参照することができる。 Therefore, it is possible to refer to the port using time recorded in this port. また、移動端末MHの移動速度の変化や移動スピードの変化がゆるやかであることを前提とした場合(例えば、列車内に移動端末MHが存在する場合)、この直前のポート使用時間を用いて、現在使用中の当該ポートの使用時間を予め簡単な計算により見積もることができる。 Also, when a change of the mobile terminal MH changes or movement speed of the moving speed of assuming that it is a gradual (e.g., if present mobile terminal MH is in a train), using the port usage time of the immediately preceding, it can be estimated in advance by simple calculation using time of the ports that are currently in use. ただし、このような計算による見積もりが有効であるためには、1つのアクセスポイントAPがカバーする地理的範囲が大きすぎないことが、前提条件として加えられる必要がある。 However, due to the estimated by such calculation is valid, that the geographical range one access point AP covers is not too large, it is necessary to be added as a prerequisite. 二つの条件が両方とも満たされる場合、1つのアクセスポイントAPのカバー範囲(移動端末MHの移動方向が決まっているときは、その方向に沿った距離)がほば同じであれば、移動端末MHがこれを通過するのに要する時間は大きくは変わらないと想定することに妥当性がある。 If the two conditions are both satisfied (when the moving direction of the mobile terminal MH is determined, the distance along the direction) one cover range of the access point AP if the same if Gaho, mobile terminal MH there time required to pass through this large is plausible to assume unchanged. このような想定が、上記した「予め簡単な計算により」と述べる根拠である。 Such assumption is the basis for stating that the aforementioned "advance by simple calculation."

こうして使用時間が予め見積もられ、見積もられた使用時間からハンドオーバに必要と想定される時間を減じることにより、現在使用中のポートから次に使用すべきポートヘのハンドオーバ処理を開始すべきタイミングが決定される。 Thus usage time is estimated in advance, by subtracting the time which is assumed to require a handover from estimated operating time, the timing to start the handover process to be next used Potohe from ports that are currently in use It is determined. このタイミングは、カウンタ値で表しても、時刻で表しても、いずれでもかまわない。 This timing is also expressed in the counter value, even if expressed in time, may either. ここで「ハンドオーバに必要と想定される時間」については、予め固定的な値を設定しておく方法が最も簡便である。 Here, the "time that is assumed to require a handover" is most convenient way to set the pre-fixed value. あるいは、処理が複雑になることが許容されるなら、「ハンドオーバに必要と想定される時間」についても同じように予測の要素を含めることが可能である。 Alternatively, if the process that is complicated is acceptable, it is also possible to include elements of the prediction in the same way for the "time is assumed to require the handover." つまり、プリビアス(previous)状態にあるポートについて、ポート使用時間とハンドオーバ予測タイミングの差をとることにより、直前のハンドオーバに要した時間が判明するので、これをさらに次のハンドオーバに要する時間の予想に用いるという手法である。 That is, the ports in the PREVIOUS (previous previous) state, by taking the difference port using time and handover prediction timing, since the time required to find the handover immediately before, which is further expected time needed to: handover it is a method of using.

なお、請求項14に記載する「次の無線リンク切り替え処理の開始タイミングを計算によって決定」は、例えば図12に示すタイミング予測方法によって実現される。 Incidentally, according to claim 14 "determined by calculating the start timing of the next radio link switching process" is realized by the timing prediction method shown in FIG. 12 for example.
図13の(a)(b)は、ハンドオーバ予測タイミングを決定する他の方法を示す概念図である。 (A) (b) of FIG. 13 is a conceptual diagram illustrating another method of determining the handover prediction timing. 図13の概念は、プリビアス(previous)状態にある前使用ポートのデータを参照するという考え方は図12に示す概念と同様であるが、ハンドオーバ開始のタイミング予測を計算によって行うのではなく、予測のために用意された特別なテーブル(以下、予測テーブルと呼ぶ)を用いて検索によって行う点が異なっている。 The concept of FIG. 13, although the idea of ​​referring to the data before using ports in the PREVIOUS (previous previous) state is similar to the concept shown in FIG. 12, instead of performing the calculation the handover start timing estimation, prediction special table (hereinafter, referred to as prediction table) prepared for being different in that performed by the search using.

なお、請求項15に記載する「過去のポート使用時間と次の無線リンク切り替え処理の開始タイミングを対応付けるテーブル」、及び請求項16に記載する「移動端末スピードクラスと次の無線リンク切り替え処理の開始タイミングを対応付けるテーブル」は、例えば前記「予測テーブル」に相当する。 The start of the "table for associating a start timing of past port usage time and the next radio link switching process", and "mobile terminal speed class to claim 16 and subsequent radio link switching process according to claim 15 table "associating the timing corresponds to, for example, the" prediction table ".
図13では、この予測テーブル検索の方法として、前使用ポートのポート使用時間ではなく、スピードクラスという別の構成要素を参照するものを示している。 In Figure 13, a method for the prediction table search, not the port usage time before use port shows that references another component of speed class. これを行う際のフィルタリングデータベース22のデータ構成を、図14及び図15に示す。 The data structure of the filtering database 22 of doing this is shown in FIGS. 14 and 15.

なお、請求項12、13に記載するハンドオーバ制御方法は、例えば図14、図15に示すデータ構成を用いることによって実現される。 Note that the handover control method according to claim 12 and 13, for example 14, is achieved by using a data structure shown in FIG. 15.
スピードクラスとは、移動端末MHを移動のスピードにしたがっていくつかのクラスに分類したものである。 The speed class is obtained by classifying into classes according to the movement speed of the mobile terminal MH. いずれのスピードクラスに属するかを決める方法の1つは、ポート使用時間(カウンタ値又は時刻表示)を判断基準として用いるものである。 One way to determine belongs to one of the speed class is to use port usage time (counter value or time display) as a criterion. これを実行するためには、アクセススイッチAccessSWにおいて、ポート使用時間とスピードクラスの対応付けをするマッピングテーブルを保有していることが必要になる。 To do this, in the access switches AccessSW, it is necessary that hold a mapping table that associates the port usage time and speed classes. このマッピングテーブルは、アクセスポイントAPの配置の地理的情報から、予め設定しておく。 This mapping table, from the geographical information of the arrangement of the access point AP, is set in advance.

なお、請求項12に記載する「過去のポート使用時間とそれとの対応を定めたテーブル」は、例えば前記したマッピングテーブルが相当する。 Incidentally, according to claim 12 "table defining a correspondence of past port usage time and it" corresponds mapping table example described above.
いずれのスピードクラスに属するかを決める他の方法は、移動端末MHがアクセススイッチAccessSWにスピードクラスを伝えるものである。 Another way to decide belongs to one of the speed class, the mobile terminal MH is intended to convey the speed class on the access switch AccessSW. これを実行できるのは、移動端末MHが自身のスピードを計測できる場合に限られる。 It can execute it is limited when the mobile terminal MH can measure their speed. 移動端末MHからアクセススイッチAccessSWにスピードを伝えるためには、アソシエーイョンリクエスト(Association Request)の制御フレームとリコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレームを組み合わせて使用してもよいし、あるいは別のフレームを使用してもよい。 To convey speed from the mobile terminal MH to the access switch AccessSW may be used in combination control frame associations Iyo down request control frame and reconfigure position trigger (Association Request) (Recomposition Trigger) or another, it may be used frame.

なお、請求項13に記載する「スピードのクラスは、前記移動端末からの申告」は、例えば前記した制御フレームの組み合わせが相当する。 Incidentally, according to claim 13 "speed class declaration from the mobile terminal" includes, for example a combination of the above-described control frame corresponds.
このようにして、直前使用ポートのスピードクラスが参照可能な場合、予測テーブルの検索という形で次のハンドオーバ開始のタイミング予測を実行することができる。 In this way, if the speed class immediately before use ports that can be referenced, may be in the form of search prediction table to perform timing predicting the next handover initiation. なお、ここでの本質は、予測を計算ではなく、テーブル検索によって行うということであるので、これが満たされる限り、必ずしもスピードクラスのような要素を別個に設ける必要はない。 Incidentally, the essence here, instead of the computed prediction, since is that carried out by the table search, which as long as is satisfied, it is not necessary to provide an element, such as a necessarily speed class separately.

図16の(a)(b)と図17の(a)(b)は、図12と図13に示した予測手法の精度を上げるため、直前に使用していたポートだけでなく、その1つ前に使用していたポートのデータも参照するという方法を示すものである。 In Figure 16 (a) (b) and in FIG. 17 (a) (b), in order to improve the accuracy of the prediction method shown in FIG. 12 and FIG. 13, not only the port which has been used previously, its 1 one shows a method that also reference data port which has been used before. このように参照先を2つにすることで、移動端末MHの移動の変化の要素を予測に含めることができる利点がある。 In this way referenced to the two, there is an advantage that can contain elements of a change in the movement of the mobile terminal MH to the prediction.
ただし、このように参照先を増やすためには、ポート状態として、プリビアス(previous)状態に加えてもう一つ、これより過去の状態を示すものが必要となる。 However, in order to increase this way referenced as port state, one more addition to PREVIOUS (previous previous) state, it is necessary that shown from the past state this. 図18は、図14、図15に示すポート状態の定義方法の一例を示す図であり、ここでは2プリビアス(2previous)状態を新たに定義している。 18, FIG. 14 is a diagram showing an example of a method of defining the port state shown in FIG. 15, where is defined a new 2 PREVIOUS (2previous) state. プリビアス(previous)状態に遷移するための条件が、その直前がランニング(running)状態であることと同様に、2プリビアス(2previous)状態に遷移するためには、その直前においてプリビアス(previous)状態でなければならない。 PREVIOUS (previous previous) state condition for transition to the, like that just before it is running (running) state, in order to transition to the 2 PREVIOUS (2previous) state, in PREVIOUS (previous previous) state at the immediately preceding There must be.

図16、図17、図18に示す考え方を発展させれば、さらに過去にさかのぼって状態を保持し、これを参照するという方法も考えられる。 16, 17, if developed the concept shown in FIG. 18, further holds the past retroactively state, a method is also conceivable that reference. これは、上記で述べた方法を拡張することで容易に可能である。 This is readily possible to extend the method described above. ただし、このような過去の状態を多く定義しすぎると、保持すべきデータベースの規模が大きくなるとともに、処理負荷が増大するという不利な要因が発生する。 However, such too much define past state, the scale becomes large to be retained database, is disadvantageous factors that the processing load is increased occurs. ここでは過去の状態としてどこまで保持すべきかについては限定しないが、以下の説明においては、簡単のため、1つ直前まで、すなわちプリビアス(previous)状態までを管理するものとする。 Here, although not limited whether to be held far as the past state of, in the following description, for simplicity, to one just before, that is, manages up PREVIOUS (previous previous) state.

図19は、図10で示したポート状態定義のランニング(running)状態とプリビアス(previous)状態の中間の状態として、トランジショナル(transitional)状態を新たに定義したものである。 19, as the state of running (running) state and PREVIOUS (previous previous) state intermediate port state definition shown in FIG. 10, in which newly defines the transitional (transitional) state. 図20は、この場合のポート状態とポート使用時間、ならびにハンドオーバ予測タイミングの関係を示している。 Figure 20 is a port status and port used time in this case, and illustrates the relationship between the handover prediction timing. 図20に示すように、トランジショナル(transitional)状態は、アクセススイッチAccessSWのポートがリアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレームを送信してから、リコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)を受信するまでの時間帯に相当する。 As shown in FIG. 20, transitional (transitional) state, from the transmission of the control frame ports reassociation trigger access switches AccessSW (Reassociation Trigger), time to receive a reconfiguration position trigger (Recomposition Trigger) corresponding to the band. つまり、ハンドオーバの処理を実行している時間帯である。 In other words, a time zone that is running the process of handover.

図19と図20に示すように、同一のレイヤ2識別子に対して、ランニング(running)状態とプリビアス(previous)状態にあるポートはただ1つしか存在しないのに対し、トランジショナル(transitional)状態にあるポートは、ハンドオーバに係わる新旧の2つのポートが同時に存在する。 As shown in FIGS. 19 and 20, for the same Layer 2 identifier, running (running) To state and PREVIOUS (previous previous) only ports only one is in a state not present, transitional (transitional) state ports on the two ports of the old and new related to handover are simultaneously present. したがって、トランジショナル(transitional)状態にあるポートからのユーザフレームの送信を許容すれば、一時的にバイキャストの状態を作り出すことができる。 Therefore, it is possible to produce if allowed transmission of the user frame from a port in the transitional (transitional) state, the state of temporary bicast. 逆にいえば、図4で示したようなバイキャストの手法をとるためには、トランジショナル(transitional)状態の導入が必要になる。 Conversely, in order to take the bi-cast method such as shown in FIG. 4, it is necessary to introduce transitional (transitional) state.

なお、請求項5、7に記載するハンドオーバ制御方法は、例えば図19、図20に示すポート状態の定義方法によって実現される。 Note that the handover control method according to claim 5 and 7, for example 19, is implemented by defining a port state shown in FIG. 20.
しかし、このような中間的な状態を導入する目的は、必ずしもバイキャストの実現のためだけに限られるものではない。 However, the purpose of introducing such intermediate state is not necessarily limited only to realize the bi-cast. 例えば、ハンドオーバが完了すると同時に、当該レイヤ2識別子とポート番号との組み合わせと、それに結び付けられるべきフィルタリングデータベース22のデータ構成要素を作成するのではなく、ハンドオーバを開始した段階で、前もって準備的にこれらのデータ構成要素の作成をすることが望ましい場合がありえる。 For example, at the same time the handover is completed, the combination of the layer 2 identifier and port number, instead of creating the data components of the filtering database 22 to be tied to it, at the stage of starting the handover, advance preparation to these for it is desirable to create a data component likely.

このような目的で中間状態を導入し、かつバイキャストを行わない揚合は、トランジショナル(transitional)状態ではなく、代りに図21に示すように、ハンディングオバー(handing over)状態とテイキィングオバー(taking over)状態を定義するという方法もある。 Such introducing intermediate state purposes, and Agego not performed by cast, rather than transitional (transitional) state, instead of as shown in FIG. 21, the handy ring Ober (handing-over-) state and Teikyingu there is a method of defining Ober (taking-over-) state. ハンディングオバー(handing over)状態は、ハンドオーバ処理において、それまで使用されていたポートがとる中間状態であり、逆にテイキィングオバー(taking over)状態は、新しく使用されるポートがとる中間状態である。 Handy ring Ober (handing-over-) state, in the handover process, an intermediate state to take the port that was used until then, conversely Tay Qiao ring Ober (taking-over-) state, an intermediate state in which port the newly used takes is there. こうした定義による状態とポート使用時間、ハンドオーバ予測タイミングの関係を、図22に示す。 State and port usage time by such definition, the relationship between the handover prediction timing shown in FIG. 22. ハンドオーバ処理の途中でユニキャストを行う場合は、ハンディングオバー(handing over)状態にあるポートの方のみにユーザフレーム転送を行えばよいことになる。 When performing unicast during the handover process would only towards the port in the handy ring Ober (handing-over-) state may be performed user frame forwarding.

図21に示すポート状態定義方法では、明示的に新旧のポートの状態を区別しているが、これを図19に示すようにトランジショナル(transitional)状態を採用しつつ、ユニキャストを行うことも可能である。 The port state definition method illustrated in FIG. 21, explicitly are distinguished the state of old and new port, which while adopting a transitional (transitional) state as shown in FIG. 19, also possible to perform unicast it is. この場合、ハンドオーバに係わる2つのポートのデータ構造中に存在する前使用ポート番号を参照すると、何れかの前使用ポート番号が他方のポートの番号に一致しているはずである。 In this case, it should Referring to prior to use port numbers that exist in the data structure of the two ports involved in the handover, either prior to use port number match the number of the other ports. ただし、前使用ポート番号がポート番号不明(unknown)の場合を除く。 However, prior to use port number except in the case of port number unknown (unknown). 逆に、もう一方の前使用ポート番号は、このハンドオーバ処理には係わらない別のポートを指しているはずなので、これらを考慮すれば、どちらのポートが古い方又は新しい方になるかという判断をすることは可能である。 Conversely, other prior to use port numbers, so should point to another port that does not matter in this handover process, the determination of whether Considering these, which port is older or newer it is possible to. そして、それに基づいて古い方のポートにのみ、ユニキャストを行えばよいことになる。 Then, only the older port based thereon, so that it is sufficient to unicast. それに対して、図21に示すようにハンディングオバー(handing over)状態とテイキィングオバー(taking over)状態とを明示的に区別した場合でも、これら2つの状態にあるポートにユーザフレームを転送することを許容すれば、容易にバイキャストを実現することが可能である。 In contrast, even when explicitly distinguish between Handy ring Ober (handing-over-) state and Tay Qiao ring Ober (taking-over-) state as shown in FIG. 21, and transfers the user frame to a port in these two states if permit, it is possible to easily realize the bi-cast.

以上の説明では、1つのアクセススイッチAccessSWの配下で起こるハンドオーバと、それに付随する予測を含めたモビリティ管理の方法について述べた。 In the above description, a handover takes place under the control of a single access switch AccessSW, been described how the mobility management, including predictive associated therewith. 以下の説明では、階層的に1つ上位にあるコアスイッチCoreSWを介して、2つのアクセススイッチAccessSWをまたぐハンドオーバ処理が必要な場合の手順について述べる。 In the following description, through a hierarchical core switch CoreSW in one upper describes procedure when necessary handover process across the two access switches AccessSW. ここでは、このような場合の例として、図1のアクセススイッチAccessSW1配下のアクセスポイントAP3と、アクセススイッチAccessSW2配下のアクセスポイントAP4の間でハンドオーバが起こる場合を取り上げる。 Here, as an example of such a case, take up if the access switch AccessSW1 subordinate of the access point AP3 in FIG 1, the handover takes place between the access point AP4 under access switches AccessSW2.

なお、請求項4に記載するハンドオーバ制御方法は、例えば以下で述べるハンドオーバ処理手順によって実現される。 Note that the handover control method according to claim 4 is realized by a handover procedure described for example below.
図23は、このような場合のハンドオーバ制御方法を示すものである。 Figure 23 shows a handover control method in such a case. 図23において太い実線や破線は、既述した図3と同様の意味で用いている。 Thick solid and dashed lines in FIG. 23 are used in the same meaning as Figure 3 already described.
図23(a)において、移動端末MHはあるアクセスポイントAP、そしてそれが接続されるアクセススイッチAccessSWのポートと、さらに上位に位置してこのアクセススイッチAccessSWが接続されるコアスイッチCoreSWのポートに帰属しているものとする。 In FIG. 23 (a), the certain mobile terminal MH access point AP, and a port of the access switch AccessSW to which it is connected, and further located above belong to a port on the core switch CoreSW this access switch AccessSW is connected It assumed to be. 移動端末MHが移動するにつれて、アクセススイッチAccessSW配下でのハンドオーバが順次実行されていくが、ある時点で別のアクセススイッチAccessSWに帰属先を変えるハンドオーバが必要になる。 As the mobile terminal MH moves, will be performed handover under the access switch AccessSW sequentially, but handover changing the attribution to a different access switch AccessSW at some point become necessary. 図23(b)は、このようなハンドオーバが開始した時点を示している。 FIG. 23 (b) shows the time such handover is started.

このようなハンドオーバの開始は、コアスイッチCoreSWによって指示されるものとする。 Initiation of such a handover is referred to by the core switch CoreSW. アクセススイッチAccessSWにおいてもこれまで述べた方法で予測を含めてモビリティ管理を行っているため、次のポートヘのハンドオーバを開始すべきことを認識することができるが、次のポートが自アクセススイッチAccessSWに属するものでないことを認識した場合は、上位にあるコアスイッチCoreSWからの指示を待つものとする。 Because doing mobility management also include prediction in the manner described heretofore in the access switches AccessSW, we can recognize that it should initiate a handover of the next Potohe, the following ports own access switch AccessSW If it is recognized that not belong, it is assumed that waiting for the instruction from the core switch CoreSW that are higher. コアスイッチCoreSWにおいてハンドオーバ開始の予測タイミングを認識する方法については、後述する。 About how to recognize predicted timing of the handover initiated at the core switch CoreSW, described later.

図23(b)において、コアスイッチCoreSWがハンドオーバ開始と判断すると、まずアクセススイッチAccessSWに向けてリアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレームを送信する。 In FIG. 23 (b), the the core switch CoreSW is determined that handover starts, sends the control frame reassociation trigger toward the access switch AccessSW (Reassociation Trigger). これを受信したアクセススイッチAccessSWは、制御フレームの内容を判読し、ハンドオーバを実行すべき移動端末MHが帰属しているポートからアクセスポイントAPに向けて、リアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレームを送信する。 Access switches AccessSW that receives this, reads the contents of the control frame, toward the port in which the mobile terminal MH to execute a handover has been attributed to the access point AP, the control frame reassociation trigger (Reassociation Trigger) Send. これを受信したアクセスポイントAPは、移動端末MHに向けてリアソシエーションオーダ(Reassociation Order)の制御フレームを送信する。 The access point AP receiving this, sends a control frame reassociation order (Reassociation Order) to the mobile terminal MH. その後、無線区間のハンドオーバ処理が完了し、新しい帰属先のアクセスポイントAPが新しい帰属先のアクセススイッチAccessSWのポートにリコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレームを送信する。 Thereafter, the handover process is completed in the wireless section, the new attribution of the access point AP transmits a control frame for the new attribution access switches AccessSW port reconfiguration position trigger (Recomposition Trigger). ここまでの経過は、図3における処理手順と同様である。 Course up to here is the same as the processing procedure in FIG. 次に、新しいポートがリコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレームを受信すると、上位のコアスイッチCoreSWの新しい帰属先となるポートに向けて、さらにリコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレームを送信する。 Next, a new port receives control frames Recon position trigger (Recomposition Trigger), towards the port to which the new attribution core switches CoreSW higher, further transmits a control frame Recon position trigger (Recomposition Trigger) . これによってコアスイッチCoreSWのフィルタリングデータベース22が更新され、全てのハンドオーバ処理が完了する。 This filtering database 22 of the core switch CoreSW is updated, all of the handover process is completed. ここまでの処理を図23(c)で示している。 It shows the processing up to now to Figure 23 (c). その後、図23(d)に示すように、新しいアクセススイッチAccessSWのポートと新しいアクセスポイントAPを用いて、ユーザフレームの転送が行われる。 Thereafter, as shown in FIG. 23 (d), using the port with a new access point AP of the new access switch AccessSW, transfer of user frame.

図23(b)の説明において、コアスイッチCoreSWから送信するリアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレームの宛先となるアクセススイッチAccessSWは、その時点で当該移動端末MHの帰属先として使用している方のアクセススイッチAccessSWと、新しい帰属先となるべきアクセススイッチAccessSWの両方である。 In the description of FIG. 23 (b), the access switches AccessSW as the destination of the control frame of reassociation trigger to be transmitted from the core switch CoreSW (Reassociation Trigger) is who is used as attribution of the mobile terminal MH at that time and access switch AccessSW of, which is both the access switch AccessSW to be a new attribution. このとき、フレームの内容には、新しい方のアクセススイッチAccessSWのフィルタリングデータベースを構成するために必要なデータを含んでいるものとする。 At this time, the contents of the frame is assumed to include the data necessary to configure the filtering database of the newer access switches AccessSW. 具体的には、さらにこの次のハンドオーバを行うための予測タイミングや前使用ポート番号などである。 Specifically, further predicted timing and prior to use port number for this next handover, and the like. これは、アクセススイッチAccessSW間では、予測の材料となるフィルタリングデータベースを共有していないため、コアスイッチCoreSWを介した制御フレームの形で必要データを伝えることを意味している。 This is because between access switches AccessSW, because it does not share the filtering database on which to predict material, which means to convey necessary data in the form of a control frame via the core switch CoreSW.

なお、請求項4に記載する「切り替え処理開始指示の転送を繰り返すこと」は、例えば「リアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレーム」の転送を繰り返すことに相当する。 Incidentally, "to repeat the transfer of the switching process start instruction" to claim 4 corresponds to repeating the transfer of example, "control frame reassociation trigger (Reassociation Trigger)".
また、請求項4に記載する「切り替え予告及びその後の切り替えに必要となる情報」は、例えば「リアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレーム」に相当する。 Furthermore, "information necessary to switch announcement and subsequent switching" described in claim 4 corresponds to, for example, "control frame reassociation trigger (Reassociation Trigger)". また、請求項4に記載する「新しい無線リンクが確立した事実」は、例えば「リコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレーム」に相当する。 Further, according to claim 4, "the fact that a new radio link is established" corresponds to, for example, "control frame Recon position trigger (Recomposition Trigger)".

図24は、ハンドオーバの処理途中の段階で、一時的にバイキャストを行う状態を設けていることを示すものである。 Figure 24 is a handover process during the stage, is an indication that is provided with a state of performing the temporary bicast. これは、図4でバイキャストを導入したのと同様の方法によるものである。 This is due to the same method as that introduced bicasting in FIG. 図4と異なるのは、コアスイッチCoreSWと、新旧2つのアクセススイッチAcessSW間の2つのリンクにおいてもバイキャストを行っている点である(図24(b)、(c))。 Is different from FIG. 4, the core switch CoreSW, is that doing bicasting even two links between old and new two access switches AcessSW (Fig 24 (b), (c)). このようなバイキャスト状態になるのは、それぞれのアクセススイッチAcessSWにおいて、リアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)を送信するのと同じタイミングである。 Become such bicast state, in each of the access switches AcessSW, the same timing as to transmit re-association triggers (Reassociation Trigger). 最終的に全てのアクセススイッチAcessSWのフィルタリングデータベース22が正しく更新された段階で、元のユニキャスト状態に戻る。 In stage filtering database 22 finally all access switches AcessSW has been correctly updated, and returns to the original unicast state.

なお、請求項5に記載するハンドオーバ制御方法は、例えば図24で述べたハンドオーバ処理手順によって実現される。 Note that the handover control method of claim 5 is realized by a handover procedure described in FIG. 24 for example.
図25は、図23及び図24で示したハンドオーバ制御に係わる制御フレームの送受信の方法を示すシーケンス図である。 Figure 25 is a sequence diagram showing a method of transmission and reception of control frames related to the handover control shown in FIGS. 23 and 24. ただし、図25においては、コアスイッチCoreSWとアクセススイッチAccessSWの間のやり取りに主眼を置くため、アクセススイッチAccessSWから移動端末MHに至る範囲のシーケンスは簡略化して示している。 However, in FIG. 25, to place the focus on interactions between core switches CoreSW and access switches AccessSW, sequence range, from the access switch AccessSW the mobile terminal MH is shown simplified. この範囲において、実際には図5、図6、図7に示すうちの何れかのシーケンスが実行される。 In this range, in fact 5, 6, any one of the sequences of shown in FIG. 7 is executed.

図25における実線の双方向矢印と破線の片方向矢印は、図5等における意味と同様のものであり、それぞれユーザフレームの転送、及び制御フレームの転送を表している。 Solid bidirectional arrows and dashed unidirectional arrows in FIG. 25 is similar to the meaning in FIG. 5 or the like, represents the transfer of user frames, respectively, and the transfer of the control frame. また、網掛けの部分は、ハンドオーバ処理途中の時間帯であることを意味する。 The portion of the shaded means that the time zone in the middle of the handover process. 図23のユニキャストを行う場合と図24のバイキャストを行う場合の違いは、この時間帯でのユーザフレームの転送方法に対応するが、図ではこれを明示的には示していない。 The difference in the case of performing the case and bicasting Figure 24 for unicast 23 is corresponding to the transfer method of the user frames for this time period, not explicitly shown this in FIG.

これらに加えて、一点鎖線で示した矢印は、相互に接続されたアクセススイッチAcessSW間で交換するSWアドバーティスメント(SW Advertisement)の制御フレームの転送を表している。 In addition to these, an arrow indicated by a chain line represents the transfer of control frames SW add bar infantis instruments to be exchanged between access switches AcessSW interconnected (SW Advertisement). SWアドバーティスメント(SW Advertisement)の制御フレームは周期的に送信するものであり、自身が保有しているフィルタリングデータベース22の内容を別のアクセススイッチAcessSWに伝える役割を有するものである。 Control frames SW add bar infantis instrument (SW Advertisement) is intended to be transmitted cyclically, and has a role of transmitting the contents of the filtering database 22 which itself is held in a separate access switch AcessSW. ここで周期的に送信とは、必ずしも厳密に一定の時間間隔をもって送信するということを意味するものではなく、ある程度の許容幅をもった時間間隔をもって送信できればよい。 The transmission here periodically, does not mean necessarily that transmits strictly with a predetermined time interval, it is sufficient transmission with a time interval having a certain tolerance. この送信の時間間隔については、ハンドオーバが起こる頻度なども考慮して決定されるべきものであるため、ここで特定しないが、ユーザフレームの転送のために使用される帯域が大きく侵食されることがないということが前提である。 The time interval of the transmission, since handover which should is determined in consideration of such frequency that occurs, although not specified herein, that band to be used for transfer of user frame is greatly eroded it is based on the premise that there is no.

なお、SWアドバーティスメント(SW Advertisement)の制御フレームは、請求項1から3に記載する「双方向又は片方向に、ある時間間隔で自身のフィルタリングデータベースの必要な部分の情報を伝送し」という表現に該当する。 The control frame SW add bar infantis instrument (SW Advertisement) is that set forth in claims 1 to 3, "the two-way or one-way, there is transmitted information necessary part of its filtering database at time interval" corresponding to the representation.
なお、図25では、トポロジ上の階層が下位にあるアクセススイッチAcessSWから上位にあるアクセススイッチAcessSWに対して、片方向にSWアドバーティスメント(SW Advertisement)の制御フレームを転送する状態を示しているが、これは、以下の説明では、上位のアクセススイッチAcessSWが下位のアクセススイッチAcessSWの情報を有していればよいためである。 In FIG. 25, the access switch AcessSW in the access switches AcessSW in hierarchy on topology the lower to the upper, and shows a state of transferring a control frame unidirectional in SW add bar infantis instrument (SW Advertisement) but which in the following description, the upper access switches AcessSW is because it needs to have information on the subordinate access switch AcessSW. ただし、本発明の実施にあたって、SWアドバーティスメント(SW Advertisement)の制御フレームの転送は、双方向であっても、下位アクセススイッチAcessSWから上位アクセススイッチAcessSWへの片方向であってもよい。 However, the practice of the present invention, the transfer of control frames SW add bar infantis instrument (SW Advertisement) may be a two-way, or may be a one-way from the lower access switch AcessSW to the upper access switches AcessSW.

ここで、コアスイッチCoreSWで保有するフィルタリングデータベース22は、図8、図9又は図14、図15で述べたのと同様に構成される。 Here, the filtering database 22 held by the core switch CoreSW is 8, 9 or 14, configured similar to that described in FIG. 15. ただし、アクセススイッチAcessSWとコアスイッチCoreSWで、構成が異なるのは許容される。 However, the access switch AcessSW and core switches CoreSW, configurations different from the acceptable. 例えば、アクセススイッチAcessSWではカウンタ値によるポート使用時間表示を行う図9の構成とし、コアスイッチCoreSWでは絶対的な時刻による表示を行う図8の構成としてもよい。 For example, the arrangement of FIG. 9 for port usage time display by the access switch counter value in AcessSW, may be configured in FIG. 8 for performing display by absolute time in core switches CoreSW. また、双方でカウンタ値を用いる場合には、そのカウンタ周期に差異を設けるということも可能である。 In the case of using the counter value in both is also possible that the provision of the difference in the counter cycle. こうした事項は、アクセススイッチAcessSW配下で起こるハンドオーバの頻度と、コアスイッチCoreSW配下で起こるハンドオーバの頻度を考慮して決定される。 Such matters, and frequency of handovers occurring under the control access switch AcessSW, is determined in consideration of the frequency of handovers occurring under the control core switch CoreSW. これは、コアスイッチCoreSWでのモビリティ管理は、それがネットワークトポロジ階層の上位に位置するほど、処理時間として許容される値が大きくなることが背景としてある。 This mobility management in the core switch CoreSW, it is enough to position the upper network topology hierarchy, the values ​​allowed for the processing time that is increased is the background.

さらに、図25において、SWアドバーティスメント(SW Advertisement)の制御フレームの内容は、フィルタリングデータベース22の中身を全て記述したものである必要はない。 Further, in FIG. 25, the contents of the control frame SW add bar infantis instrument (SW Advertisement) need not be that described all the contents of the filtering database 22. 例えば、ポート状態がプリビアス(previous)状態となっているポートの情報などは上位のアクセススイッチAcessSWで管理する必要がないと判断できれば、これらをフレームに含めて送らなくてもよい。 For example, information of the port where the port state is in the PREVIOUS (previous previous) state if determined that there is no need to manage the upper access switches AcessSW, may not send, including those to the frame. このように、上位のコアスイッチCoreSWのハンドオーバ予測に必要となる情報だけを、定期的に下位から送信する。 Thus, only the periodically transmits from the lower information necessary for handover prediction core switches CoreSW higher. コアスイッチCoreSWは、こうした情報から自身のフィルタリングデータベース22を更新し、そしてそれに基づいて適切なハンドオーバの予測を行う。 Core switches CoreSW updates its filtering database 22 from such information, and to predict appropriate handover based thereon. ハンドオーバ予測タイミングに到達すると、下位のアクセススイッチAcessSWに向けて、リアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)を送信する。 Upon reaching the handover prediction timing, toward the lower access switches AcessSW, it transmits a reassociation trigger (Reassociation Trigger).

なお、図25では、ハンドオーバの最後の段階で下位のアクセススイッチAcessSWから送信されるリコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレームをコアスイッチCoreSWが受信すると、ここから旧アクセススイッチAcessSWに対してリコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)を返している。 In FIG. 25, silicon position the control frame Reconfiguration position trigger sent at the end of the handover from the lower access switches AcessSW (Recomposition Trigger) when the core switch CoreSW receives, with respect to the old access switch AcessSW here It is returning the trigger (Recomposition trigger). これは、当該移動端末MHが、旧アクセススイッチAcessSWにはもはや帰属していないことを伝えるためのものである。 This is the mobile terminal MH is intended to convey longer that do not belong to the old access switch AcessSW. これを受け取ったアクセススイッチAcessSWは、図7における動作と同様に、さらに旧アクセスポイントAPに対してディスアソシエーイョンノテフィケーション(Disassociation Notification)の制御フレームを送信することができる。 Access switches AcessSW having received this can transmit a control frame in the same manner as the operations of FIG. 7, further Disconnect associations Iyo emissions Note Verification against the old access point AP (Disassociation Notification). しかし、こうした手順は省略してもよい。 However, this procedure may be omitted. なぜなら、各アクセススイッチAcessSWではエージングによる不要データの削除プロセスがあるので、これによっていずれデータが消去されることが期待できるためである。 This is because there is a process of deleting the unnecessary data due to aging in each access switch AcessSW, whereby is because it is expected to erase any data.

以上の説明により、図1のネットワーク構成に基づくハンドオーバ、ならびにそれに付随するモビリティ管理の手順を示した。 By the above description, illustrating a procedure for mobility management associated handover, and it is based on the network configuration of FIG. 以下では、別のネットワーク構成に基づくこれらの手順について説明する。 The following describes these procedures in accordance with another network configuration.
なお、請求項6に記載するハンドオーバ制御方法は、例えば以下で述べるハンドオーバ処理手順によって実現できる。 Note that the handover control method of claim 6 can be realized by a handover procedure described for example below.

図26は、移動体通信に用いられるネットワーク20の全体構成を示す図である。 Figure 26 is a diagram showing an entire configuration of a network 20 used in a mobile communication. 図26は、図1と同様に、基本的には1つのコアスイッチCoreSW1を頂点とするスター型トポロジによるレイヤ2スイッチングネットワークである。 Figure 26 is similar to FIG. 1, is basically the Layer 2 switching network with star topology whose vertices one core switches CoreSW1. 図1と異なるのは、トポロジ上において同一階層に属するアクセススイッチAcessSW間を結ぶリンクが存在することである。 Figure 1 differs from, is that the link connecting the access switch AcessSW belonging to the same hierarchy on the topology exists. 以下では、これを横方向リンクと呼ぶことにする。 In the following, it will be referred to as transverse link.

このような横方向リンクは、通常のユーザフレームの転送には使用しない。 Such lateral link is not used for transfer of ordinary user frame. これは、トポロジ的にループが形成されるのを防ぐためである。 This is to prevent the topologically loops. 横方向フレームの使用は、ハンドオーバ時に交換する制御フレームの転送だけに限定する。 The use of transverse frame is limited to the transfer of control frames exchanged at handover.
図27は、横方向リンクが存在する場合のハンドオーバ手順を示すものである。 Figure 27 shows the handover procedure when the lateral link is present. 図23と同様に、これはコアスイッチCoreSWを介して、2つのアクセススイッチAcessSWが関与する場合に対応しており、またバイキャストは行わないものとしている。 Similar to FIG. 23, which via the core switch CoreSW, 2 single access switch AcessSW must support the case involved, also bicast is assumed not performed.

図23において説明したように、制御フレーム転送用の横方向リンクがない場合は、ハンドオーバ開始の判断は、上位にあるコアスイッチCoreSWが行う。 As described in FIG. 23, if there is no lateral link control frame transfer a handover initiation decision, the core switch CoreSW performed that are higher. これに対し、図27では、この判断を現在移動端末MHが帰属しているアクセススイッチAcessSWが行う。 In contrast, in FIG. 27, the access switch AcessSW is performed by the mobile terminal MH this determination are currently belongs. そしてハンドオーバ開始にあたっては、配下のアクセスポイントAPに宛ててリアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレームを送信するのみならず、通常のリンクを用いて上位のコアスイッチCoreSWに宛てて、また横方向リンクを用いて次に使用されるべきアクセススイッチAcessSWに宛てて、それぞれリアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレームを送信する。 The handover get started, not only transmits a control frame reassociation trigger (Reassociation Trigger) addressed to the access point AP subordinate, addressed to upper core switches CoreSW using normal link, also lateral link It addressed to then access switch AcessSW be used with, and transmits a control frame reassociation trigger (Reassociation trigger) respectively. この状態を図27(b)に示す。 This state is shown in FIG. 27 (b).

その後、移動端末MHがアクセスポイントAPから送られるリアソシエーションオーダ(Reassociation Order)の制御フレームを受け取ると、無線区間のハンドオーバが開始される。 Thereafter, when receiving the control frame reassociation order the mobile terminal MH is sent from the access point AP (Reassociation Order), the handover of the radio section is started. そしてこれが終了すると、アクセスポイントAPから新しい帰属先アクセススイッチAcessSWにリコンポジション(Recompositon Trigger)の制御フレームが送られる。 And when this ends, the control frame Recon position (Recompositon Trigger) is sent from the access point AP to the new attribution access switch AcessSW. ここまでの手続きは、これまでに述べてきたのと同様である。 Procedures up to this point, is the same as has been described so far. 新しい方のアクセススイッチAcessSWは、さらに上位のコアスイッチCoreSWに対してリコンポジショントリガ(Recompositon Trigger)の制御フレームを送信する。 Newer access switches AcessSW transmits a control frame Recon position trigger (Recompositon Trigger) against further core switch CoreSW higher. これによって、必要なフィルタリングデータベース22の更新が完了し、ハンドオーバ完了となる。 This completes the updating of the necessary filtering database 22, a handover completion. 図27(b)、(c)は、この状態を示している。 Figure 27 (b), (c) shows this state.

ここで、図27(c)に示したように、新しい方のアクセススイッチAcessSWから古い方のアクセススイッチAcessSWに向けて、リコンポジショントリガ(Recompositon Trigger)の制御フレームが送信される。 Here, as shown in FIG. 27 (c), toward the newer access switches AcessSW the older access switches AcessSW, control frame Recon position trigger (Recompositon Trigger) is transmitted. このときのアクセススイッチAcessSW間の制御フレーム転送には、横方向リンクが用いられる。 The control frame transfer between access switches AcessSW this time, lateral link is used. これは、古い方のアクセススイッチAcessSWに、当該移動端末MHがもはや帰属していないことを明示的に示す意義を有する。 This has the older access switches AcessSW, explicitly indicate significance that the mobile terminal MH is no longer assigned.

なお、請求項6に記載する「新しい無線リンクが確立した事実」は、例えば「リコンポジショントリガ(Recomposition Trigger)の制御フレーム」に相当する。 Incidentally, according to claim 6, "the fact that a new radio link is established" corresponds to, for example, "control frame Recon position trigger (Recomposition Trigger)".
図28は、図27と同様のハンドオーバにおいて、バイキャストを行うときの手順を示している。 Figure 28, in a similar handover and Fig. 27 illustrates a procedure for performing a bi-cast. それぞれのアクセススイッチAcessSWがリアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレームを受け取ると、それぞれの配下でバイキャストを開始し、その後リコンポジショントリガ(Recompositon Trigger)の制御フレームを受け取った段階で、元のユニキャストの状態に戻る。 When each access switch AcessSW receives a control frame of reassociation trigger (Reassociation Trigger), start the bi-cast in each subordinate subsequently step that has received the control frame Recon position trigger (Recompositon Trigger), original Uni Back to the cast of the state. その他の手順は、図27の場合と同様である。 Other procedures are the same as in the case of FIG. 27.

なお、請求項7に記載するハンドオーバ制御方法は、例えば図28で述べたハンドオーバ処理手順によって実現される。 Note that the handover control method according to claim 7 is realized by the handover procedure described in FIG. 28 for example.
図29は、図27と図28で示したハンドオーバに係わる制御フレームの送受信の方法を、シーケンス図として示したものである。 Figure 29 is one in which the method of transmission and reception of a control frame according to the handover shown in Figures 27 and 28, shown as a sequence diagram. 図25と同様に、図29ではコアスイッチCoreSWとアクセススイッチAcessSWの間のやり取りに主眼を置くため、アクセススイッチAcessSWから移動端末MHに至る範囲のシーケンスは簡略化して示している。 Similar to FIG. 25, to place the focus on interactions between core switches CoreSW and access switches AcessSW 29, the sequence ranging, from the access switch AcessSW the mobile terminal MH is shown simplified. しかし、実際には、この部分において図5、図6、図7のいずれかのシーケンスが実行される。 However, in practice, Fig. 5 in this portion, FIG. 6, one of the sequence of Figure 7 is executed. 図29における実線の双方向矢印と破線の片方向矢印等の意味は、図25と同様である。 It means such as solid bidirectional arrows and dashed unidirectional arrows in FIG. 29 is similar to FIG. 25.

図29においては、ハンドオーバ開始予測を行うのが、それまで使用されていたアクセススイッチAcessSWになっている。 29 is carried out the handover start prediction, has the access switch AcessSW used up to then. 図25では、リアソシエーショントリガ(Reassociation Trigger)の制御フレームの送信はコアスイッチCoreSWが最初に始めるため、アクセスポイントAPがこの制御フレームを受け取るためには、途中でアクセススイッチAcessSWを介す必要がある。 In Figure 25, since the transmission of the control frame reassociation trigger (Reassociation Trigger) starts the core switch CoreSW is first, to the access point AP receives this control frame, it is necessary the intervention of an access switch AcessSW halfway . しかし、図29においては、アクセススイッチAcessSWだけではなくアクセスポイントAPに対しても、1回の制御フレーム送信で直接届けることができる。 However, in FIG. 29, also to the access point AP not only access switches AcessSW, it can be delivered directly by one of the control frame transmission.

このように横方向リンクを設けることにより、必要な制御フレームの転送がより迅速化、効率化される利点がある。 By providing the transverse link, there is an advantage that the transfer of the necessary control frame more rapid and efficient. また、一般に移動端末MHから遠くなるほど、つまりアクセススイッチAcessSWの階層が上位になるほど、細かい精度で予測を行うことが困難になることが想定される。 In general farther from the mobile terminal MH, i.e. as a hierarchy of access switches AcessSW is higher, it becomes difficult to make predictions with fine accuracy is assumed. このため、より下位のアクセススイッチAcessSWに予測の役割を担当させることには、予測精度の面からも利点がある。 Therefore, it is responsible for the role of prediction to a more subordinate access switches AcessSW is advantageous in terms of prediction accuracy.

ここまで、1つ上位のコアスイッチCoreSWを介したアクセススイッチAcessSW間でのハンドオーバについて説明した。 So far were described handover between access switch AcessSW through one upper core switches CoreSW. しかし、本発明はこれに限定されるものではなく、この他に、例えば2つのコアスイッチCoreSWをまたぎ、さらにそれぞれの下位のアクセススイッチAcessSWをまたぐ場合などのように、さらに多くの階層に属するアクセススイッチAcessSW間のハンドオーバを行う必要がある場合もある。 However, the present invention is not limited thereto, In addition, for example, it straddles two core switches CoreSW, such as in the case of further cross the respective subordinate access switch AcessSW, access belonging to more hierarchical in some cases it is necessary to carry out the handover between the switch AcessSW. このように関与する階層が増えたときには、ハンドオーバ予測の役割を担うアクセススイッチAcessSWが上位の階層のアクセススイッチAcessSWにシフトするものの、制御フレーム転送手順の考え方は同様である。 When increased hierarchy involved in this way, although the access switches AcessSW responsible for handover prediction is shifted to the access switches AcessSW the upper hierarchy, the concept of the control frame transfer procedure is similar.

本発明は、移動体通信の分野において、大いに利用することができる。 The present invention is in the field of mobile communications, it is possible to greatly utilized.

移動体通信ネットワーク構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a mobile communication network configuration. スイッチの接続の形態をポートを含めて示しす図である。 Is a diagram to show, including the ports in the form of a switch connection. アクセススイッチ(ユニキャスト)によるハンドオーバ制御の手順を示す図である。 It is a diagram showing a procedure of handover control by the access switch (unicast). アクセススイッチ(ユニキャスト・バイキャスト)によるハンドオーバ制御の手順を示す図である。 Access switch is a diagram showing a procedure of (unicast bi-cast) according to the handover control. アクセススイッチ配下のハンドオーバ制御シーケンスを示す図である(移動端末からハンドオーバ要求を行う場合)。 It is a diagram illustrating a handover control sequence under access switches (when performing a handover request from the mobile terminal). アクセススイッチ配下のハンドオーバ制御シーケンスを示す図である(アクセススイッチから接続関係解除通知を行う場合)。 It is a diagram illustrating a handover control sequence under access switches (When connecting relationship cancellation notice from the access switch). アクセススイッチ配下のハンドオーバ制御シーケンスを示す図である(ハンドオーバ要求応答と接続関係解除通知とを行わない場合)。 Is a diagram illustrating a handover control sequence under access switches (if not performed and the handover request response to the connection relationship cancellation notification). フィルタリングデータベースのデータ構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a data structure of a filtering database. フィルタリングデータベースのデータ構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a data structure of a filtering database. ポート状態の定義方法を示す図である。 It is a diagram showing how to define the port state. 1つのアクセススイッチ配下でハンドオーバが行われる際のポート使用時間とポート状態の関係を示す図である。 One access handover under switch is a diagram showing the relationship between the ports use time and port state when performed. ハンドオーバ開始のタイミング予測方法を説明するための概念図である。 It is a conceptual diagram for explaining the timing prediction method for handover initiation. ハンドオーバ開始のタイミング予測方法を説明するための概念図である。 It is a conceptual diagram for explaining the timing prediction method for handover initiation. フィルタリングデータベースのデータ構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a data structure of a filtering database. フィルタリングデータベースのデータ構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a data structure of a filtering database. ハンドオーバ開始のタイミング予測方法を説明するための概念図である。 It is a conceptual diagram for explaining the timing prediction method for handover initiation. ハンドオーバ開始のタイミング予測方法を説明するための概念図である。 It is a conceptual diagram for explaining the timing prediction method for handover initiation. ポート状態の定義方法を示す図である。 It is a diagram showing how to define the port state. ポート状態の定義方法を示す図である。 It is a diagram showing how to define the port state. 1つのアクセススイッチ配下でハンドオーバが行われる際のポート使用時間とポート状態の関係を示す図である。 One access handover under switch is a diagram showing the relationship between the ports use time and port state when performed. ポート状態の定義方法を示す図である。 It is a diagram showing how to define the port state. 1つのアクセススイッチ配下でハンドオーバが行われる際のポート使用時間とポート状態の関係を示す図である。 One access handover under switch is a diagram showing the relationship between the ports use time and port state when performed. コアスイッチを介してのハンドオーバ制御を示す図である(アクセススイッチ間の横方向リンクが無く、バイキャストを行わない場合)。 Is a diagram showing the handover control via the core switch (if lateral links between access switches without not perform bicasting). コアスイッチを介してのハンドオーバ制御を示す図である(アクセススイッチ間の横方向リンクが無く、バイキャストを行う場合)。 Is a diagram showing the handover control via the core switch (if lateral link between access switches without performing bicast). コアスイッチ配下のハンドオーバ制御シーケンスを示す図である(アクセススイッチ間の横方向リンクが無い場合)。 Is a diagram illustrating a handover control sequence under the core switch (if lateral link between the access switch is not). 移動体通信ネットワーク構成を示す図である。 It is a diagram illustrating a mobile communication network configuration. コアスイッチを介してのハンドオーバ制御を示す図である(アクセススイッチ間の横方向リンクで制御フレームを転送し、バイキャストを行わない場合)。 It is a diagram showing the handover control via the core switch (if transfers control frame laterally links between access switches, not performed bicast). コアスイッチを介してのハンドオーバ制御を示す図である(アクセススイッチ間の横方向リンクで制御フレームを転送し、バイキャストを行う場合)。 It is a diagram showing the handover control via the core switch (if transfers control frame laterally links between access switches, performs the bicast). コアスイッチ配下のハンドオーバ制御シーケンスを示す図である(アクセススイッチ間の横方向リンクがある場合)。 Is a diagram illustrating a handover control sequence under the core switch (if there is lateral links between access switches). 第1の従来例を示す図である。 It is a diagram showing a first conventional example. 第2の従来例を示す図である。 It is a diagram showing a second conventional example.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

10、20、300 ネットワーク 21(21a,21b,21c) スイッチファブリック 22(22a,22b,22c) フィルタリングデータベース 301 ラベル制御装置 311 ネットワーク制御装置 312、314 ゾーン 313、315 ゾーン制御装置 10,20,300 network 21 (21a, 21b, 21c) switch fabric 22 (22a, 22b, 22c) filtering database 301 label controller 311 network controller 312 zone 313, 315 the zone controller
CoreSW(Core SW1、SW2、SW3…) コアスイッチ CoreSW (Core SW1, SW2, SW3 ...) core switch
AccessSW(Access SW1、SW2、SW3…) アクセススイッチ MH 移動端末 AP(AP1,AP2…) アクセスポイント AccessSW (Access SW1, SW2, SW3 ...) access switch MH mobile terminal AP (AP1, AP2 ...) access point

Claims (17)

  1. 移動端末と、前記移動端末にネットワークヘの接続手段を与えるアクセスポイントと、フィルタリングデータベースを備え、前記フィルタリングデータベースの検索結果とフレームに含まれるレイヤ2情報とに基づいて、前記フレームを適切なポートに転送するレイヤ2スイッチとから成る移動体通信用ネットワークのモビリティ管理方法において、 A mobile terminal, an access point providing a means of connection network F to the mobile terminal, equipped with a filtering database, based on the Layer 2 information included in the search result and the frame of the filtering database, the frame to the correct port in the mobility management method of a mobile communication network consisting of a layer 2 switch to be transferred,
    相互に接続されたレイヤ2スイッチ間において、双方向又は片方向に、ある時間間隔で自身のフィルタリングデータベースの必要な部分の情報を伝送し、 Between the layer 2 switches that are connected to each other, the two-way or one-way, certain information necessary part of its filtering database at time intervals to transmit,
    前記移動端末がアクセスポイントとの間の無線リンクを新たに確立した場合は、新たなアクセスポイントから、それが接続されたレイヤ2スイッチにその事実を伝送し、 Wherein when the mobile terminal has newly establish a radio link between the access point from the new access point, it transmits the fact to the connected layer 2 switch,
    前記事実を受信した前記レイヤ2スイッチは、前記事実の確認を契機として、前記移動端末固有の物理アドレスに係わるフィルタリングデータベースの更新を行って、前記移動端末にユーザフレームを転送するポートを把握することを特徴とする移動体通信用ネットワークのモビリティ管理方法。 The layer 2 switch that has received the fact is triggered by confirmation of the fact, performs updating of the filtering database according to the mobile-terminal-specific physical address, to grasp the port for transferring user frame to the mobile terminal mobility management method of a mobile communication network, wherein.
  2. 移動端末と、前記移動端末にネットワークヘの接続手段を与えるアクセスポイントと、フィルタリングデータベースを備え、前記フィルタリングデータベースの検索結果とフレームに含まれるレイヤ2情報とに基づいて、前記フレームを適切なポートに転送するレイヤ2スイッチとから成る移動体通信用ネットワークのモビリティ管理方法において、 A mobile terminal, an access point providing a means of connection network F to the mobile terminal, equipped with a filtering database, based on the Layer 2 information included in the search result and the frame of the filtering database, the frame to the correct port in the mobility management method of a mobile communication network consisting of a layer 2 switch to be transferred,
    相互に接続されたレイヤ2スイッチ間においては、双方向又は片方向に、ある時間間隔で自身のフィルタリングデータベースの必要な部分の情報を伝送し、 In between the connected layer 2 switch to each other, the two-way or one-way, certain information necessary part of its filtering database at time intervals to transmit,
    前記移動端末が前記アクセスポイントとの間の無線リンクを新たに確立した場合は、新たなアクセスポイントから、それが接続されたレイヤ2スイッチにその事実を伝送し、 Wherein when the mobile terminal has newly establish a radio link between the access point from the new access point, it transmits the fact to the connected layer 2 switch,
    前記事実を受信した前記レイヤ2スイッチは、前記事実の確認を契機として、前記移動端末に一意に付与され、かつ無線リンクでの通信にも用いられるレイヤ2ラベルに係わるフィルタリングデータベースの更新を行い、前記移動端末にユーザフレームを転送するポートを把握することを特徴とする移動体通信用ネットワークのモビリティ管理方法。 The layer 2 switch that has received the fact is triggered by confirmation of the fact, the uniquely granted to the mobile terminal, and updates the filtering database according to the Layer 2 label which is also used for communication over a wireless link, mobility management method of a mobile communication network, characterized in that to grasp the port for transferring user frame to the mobile terminal.
  3. 移動端末と、前記移動端末にネットワークヘの接続手段を与えるアクセスポイントと、フィルタリングデータベースを備え、前記フィルタリングデータベースの検索結果とフレームに含まれるレイヤ2情報とに基づいて、前記フレームを適切なポートに転送するレイヤ2スイッチとから成る移動体通信用ネットワークのモビリティ管理方法において、 A mobile terminal, an access point providing a means of connection network F to the mobile terminal, equipped with a filtering database, based on the Layer 2 information included in the search result and the frame of the filtering database, the frame to the correct port in the mobility management method of a mobile communication network consisting of a layer 2 switch to be transferred,
    相互に接続されたレイヤ2スイッチ間においては、双方向又は片方向に、ある時間間隔で自身のフィルタリングデータベースの必要な部分の情報を伝送し、 In between the connected layer 2 switch to each other, the two-way or one-way, certain information necessary part of its filtering database at time intervals to transmit,
    前記移動端末が前記アクセスポイントとの間の無線リンクを新たに確立した場合は、新たなアクセスポイントから、それが接続されたレイヤ2スイッチにその事実を伝送し、 Wherein when the mobile terminal has newly establish a radio link between the access point from the new access point, it transmits the fact to the connected layer 2 switch,
    前記レイヤ2スイッチにおいては、前記事実の確認を契機として、前記移動端末に一意に関連付けられるが、無線リンクでの通信には用いられないレイヤ2ラベルに係わるフィルタリングデータベースの更新を行うことによって、前記移動端末にユーザフレームを転送するポートを把握することを特徴とするモビリティ管理方法。 In the layer 2 switch, triggered by the confirmation of the fact, but uniquely associated with said mobile terminal, by updating the filtering database according to the Layer 2 label which is not used for communication over a wireless link, wherein mobility management method characterized by grasping the port for transferring user frame to the mobile terminal.
  4. 移動端末と、前記移動端末にネットワークヘの接続手段を与えるアクセスポイントと、フィルタリングデータベースを備え、前記フィルタリングデータベースの検索結果とフレームに含まれるレイヤ2情報とに基づいて、前記フレームを適切なポートに転送するレイヤ2スイッチとから成る移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、 A mobile terminal, an access point providing a means of connection network F to the mobile terminal, equipped with a filtering database, based on the Layer 2 information included in the search result and the frame of the filtering database, the frame to the correct port in the handover control method for a mobile communication network consisting of a layer 2 switch to be transferred,
    上位にあるレイヤ2スイッチは、自身の保有するフィルタリングデータベースにおける移動端末のレイヤ2情報に関連するデータを利用することにより、前記移動端末が新しいアクセスポイントに無線リンクを切り替えるべきタイミングと、次に前記動端末の通信に使用すべきポートを把握し、 Layer 2 switches that are above, by utilizing the data associated with the layer 2 information of the mobile terminal in the filtering database held by itself, the timing for the mobile terminal switches a radio link to a new access point, then the it is important to know the port to be used for the communication of the dynamic terminal,
    前記レイヤ2スイッチが、自身の下位にあるレイヤ2スイッチだけで次に起こる切り替えの処理を完了できると判断した場合は、前記移動端末の通信に使用しているポートから下位のレイヤ2スイッチに向けて切り替え処理開始指示を出力し、 The layer 2 switch, if it is determined that can complete the processing of the next occurring switch only the layer 2 switch that is subordinate to itself, towards the lower layer 2 switch from the port used for communication of the mobile terminal and outputs a switching process start instruction Te,
    前記切り替え処理開始指示を受け取った下位のレイヤ2スイッチは、さらに下位のレイヤ2スイッチ又はアクセスポイントに向けて、その時点において前記移動端末の通信に使用しているポートから切り替え処理開始指示を転送し、 The switching process lower layer 2 switch instruction to start receiving the further toward the lower layer 2 switch or access point forwards the switching processing start instruction from the port used for communication of the mobile terminal at that time ,
    前記切り替え処理開始指示の転送を繰り返すことにより、その時点で前記移動端末と無線リンクを確立しているアクセスポイントを経由して、前記移動端末に切り替え処理開始指示を伝え、 By repeating the transfer of the switching process start instruction via the access point with which it has the mobile terminal and the radio link at that time, communicate the switching process start instruction to the mobile terminal,
    最初に切り替え処理開始指示を出力したレイヤ2スイッチが、次に使用すべきポートから下位にあるレイヤ2スイッチに向けて、切り替え予告及びその後の切り替えに必要となる情報をあわせて出力し、 Layer 2 switches it outputs a switching process start command, the next port to be used towards the layer 2 switch that is subordinate, and outputs the combined information required to switch announcement and subsequent switching,
    前記切り替え予告及びその後の切り替えに必要となる情報を受け取った下位のレイヤ2スイッチは、さらに下位のレイヤ2スイッチ又はアクセスポイントに向けて、次に使用すべきポートから切り替え予告及びその後の切り替えに必要となる情報をあわせて転送し、 The switching notice and lower layer 2 switch having received the information required for the subsequent switching is further toward the lower layer 2 switch or access point, then required from the port to be used for switching notice and subsequent switching and forwards combined to become information,
    前記切り替え予告及びその後の切り替えに必要となる情報の転送を繰り返すことにより、 By repeating the transfer of the switching notice and information required for the subsequent switching,
    次に使用されるアクセスポイントに前記切り替え予告及びその後の切り替えに必要となる情報を到達させ、 Then the switching notice and information required for subsequent switching to the access point used to reach,
    前記切り替え処理開始指示を受け取った前記移動端末が、新しいアクセスポイントとの間で無線リンクを確立すると、請求項1〜請求項3の何れか1項に記載のモビリティ管理の処理を実行し、 The mobile terminal which has received the switching process start instruction, when establishing a wireless link with the new access point, and executes the processing of mobility management according to any one of claims 1 to 3,
    新しい無線リンクが確立した事実が最初に切り替え開始処理を出力したレイヤ2スイッチに達するまで、新しく前記移動端末の通信に使用されるいくつかのレイヤ2スイッチのポートを順次経由して転送することを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 The new fact that the radio link has been established until the first reaches the layer 2 switch which outputs a switching start processing, to transfer via the port of several layer 2 switches that are used to communicate new the mobile terminal sequentially handover control method of a mobile communication network, wherein.
  5. 請求項4記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、 In claim 4 a handover control method for a mobile communication network according,
    レイヤ2スイッチが、切り替え処理開始指示を受信もしくは最初に送信してから、新たな無線リンク確立の事実を受け取るまでの間に限って、 Layer 2 switches, since the transmission received or the first switching processing start instruction, only until it receives the fact of a new radio link establishment,
    前記移動端末が通信に使用しているポートだけでなく、次に使用すべきと判断するポートにも同時に、前記移動端末に宛てるユーザフレームを転送して、前記移動端末が無線リンクの確立先アクセスポイントの変更に際して、新旧2つのアクセスポイントから同時にユーザフレームを受け取ることを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 The mobile terminal not only port used for communication, then simultaneously to ports determines to use, and transfers the user frame Addressing to the mobile terminal, establishing the destination of the mobile terminal is a radio link upon change in the access point, a handover control method for a mobile communication network, wherein the receiving a user frame simultaneously from old and new access point.
  6. 移動端末と、前記移動端末にネットワークヘの接続手段を与えるアクセスポイントと、フィルタリングデータベースを備え、前記フィルタリングデータベースの検索結果とフレームに含まれるレイヤ2情報とに基づいて、前記フレームを適切なポートに転送するレイヤ2スイッチとから成る移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、 A mobile terminal, an access point providing a means of connection network F to the mobile terminal, equipped with a filtering database, based on the Layer 2 information included in the search result and the frame of the filtering database, the frame to the correct port in the handover control method for a mobile communication network consisting of a layer 2 switch to be transferred,
    上位にあるレイヤ2スイッチは、自身の保有するフィルタリングデータベースにおける移動端末のレイヤ2情報に関連するデータを利用することにより、前記移動端末が新しいアクセスポイントに無線リンクを切り替えるべきタイミングと、次に前記動端末の通信に使用すべきポートを把握し、 Layer 2 switches that are above, by utilizing the data associated with the layer 2 information of the mobile terminal in the filtering database held by itself, the timing for the mobile terminal switches a radio link to a new access point, then the it is important to know the port to be used for the communication of the dynamic terminal,
    前記レイヤ2スイッチが自身の下位にあるレイヤ2スイッチだけでは次に起こる切り替えの処理を完了できないと判断した場合は、その時点において、前記移動端末の通信に使用しているポートから、下位にあるレイヤ2スイッチと1つ上位にあるレイヤ2スイッチに向けて切り替え処理開始指示を出力し、 If the layer 2 switch is determined not to be completed processing happens next switching only the layer 2 switch that is subordinate to itself, at which point, the port used for communication of the mobile terminal, is subordinate outputs a switching process start instruction towards the layer 2 switch in the layer 2 switches and one upper,
    前記レイヤ2スイッチと同一階層に属し、かつ次に使用されるべきポートを有する他のレイヤ2スイッチに、これら2つの当該レイヤ2スイッチ間を結ぶ横方向リンクを介して切り替え予告を伝送し、 Belonging to the layer 2 switch in the same hierarchy, and then the other layer 2 switch having a port to be used, and transmits the switching notification via a transverse link connecting between two of the layer 2 switch,
    新しい無線リンクが確立した事実を、新しく前記移動端末の通信に使用されるいくつかのレイヤ2スイッチのポートと、上記横方向リンクの両端のポートを順次経由して、最初に切り替え開始処理を出力したレイヤ2スイッチと、その1つ上位にあるレイヤ2スイッチに達するまで転送することを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 The fact that the new radio link is established, and several layers of 2 switch ports used for communication of new the mobile terminal via sequential ports at both ends of the transverse link, initially outputs a switching start processing and a layer 2 switches, a handover control method for a mobile communications network, characterized in that the transfer to reach the layer 2 switch in its one upper.
  7. 請求項6記載のハンドオーバ制御方法において、 In the handover control method according to claim 6,
    レイヤ2スイッチが、前記切り替え処理開始指示を受信もしくは最初に送信してから、新たな無線リンク確立の事実を受け取るまでの間に限って、 Layer 2 switches, the switching processing start instruction from transmission received or the first, only until it receives the fact of a new radio link establishment,
    前記移動端末が通信に使用しているポートだけでなく、次に使用すべきと判断するポートにも同時に、前記移動端末に宛てるユーザフレームを転送して、前記移動端末が無線リンクの確立先アクセスポイントの変更に際して、新旧2つのアクセスポイントから同時にユーザフレームを受け取ることを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 The mobile terminal not only port used for communication, then simultaneously to ports determines to use, and transfers the user frame Addressing to the mobile terminal, establishing the destination of the mobile terminal is a radio link upon change in the access point, a handover control method for a mobile communication network, wherein the receiving a user frame simultaneously from old and new access point.
  8. 請求項4から請求項7の何れか1項に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、 In the handover control method for a mobile communication network according to any one of claims 7 claims 4,
    前記移動端末に伝える切り替え処理開始指示の中で、新しく無線リンクを確立すべきアクセスポイントを指定するとともに、無線リンク確立に際して必要となる情報を予め通知することを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 Among the switching process start instruction to tell the mobile terminal, new as well as specify the access point to establish a radio link, the mobile communication network, which comprises pre-notification information necessary when the radio link establishment the handover control method.
  9. 請求項4から請求項7の何れか1項に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、 In the handover control method for a mobile communication network according to any one of claims 7 claims 4,
    前記無線リンクの切り替えに際して、切り替え処理開始指示を受け取った前記移動端末が、新しい無線リンクヘの接続要求を行う前に、その時点で無線リンクを確立しているアクセスポイントに対して接続解除を通知することを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 Upon switching of the radio link, the mobile terminal which has received the switching process start instruction, before a connection request for a new wireless Rinkuhe, notifies the disconnection to the access point with which it has a radio link at that time handover control method of a mobile communication network, characterized in that.
  10. 請求項4から請求項7の何れか1項に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、 In the handover control method for a mobile communication network according to any one of claims 7 claims 4,
    前記無線リンクの切り替えに際して、古い方のアクセスポイントと直接接続されるレイヤ2スイッチが、新しい無線リンクが確立した事実を受け取ると、そのレイヤ2スイッチからそのアクセスポイントに向けて、すでに接続解除がなされたことを通知することを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 Upon switching of the radio link, the Layer 2 switches connected older directly and access points, upon receiving the fact that a new radio link is established, towards the access point from the layer 2 switch, already disconnect is made handover control method of a mobile communication network and notifies that was.
  11. 請求項4から請求項7の何れか1項に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、 In the handover control method for a mobile communication network according to any one of claims 7 claims 4,
    前記フィルタリングデータベースは、データ構成として、 The filtering database, the data structure,
    前記移動端末に対応付けられるレイヤ2識別子を表す要素と、 And elements representing the layer 2 identifier associated to the mobile terminal,
    前記レイヤ2識別子が宛先となるユーザフレームを転送すべきポートの番号を表す要素と、 An element representing the number of the port should be forwarded user frame the layer 2 identifier as a destination,
    前記ポートの使用に関する状態を表す要素と、 An element representing the state regarding the use of the port,
    前記ポートが実際に前記移動端末に係わるユーザフレーム転送に使用された時間を意味する、ポート使用時間を管理する要素と、 Refers to the time that is used for user frame forwarding said port involved in actually the mobile terminal, the elements for managing the port usage time,
    無線リンクの切り替え処理を開始すべきタイミングを表す要素と、 And elements representing timing for starting the process of switching radio links,
    前記ポートが前記移動端末のユーザフレーム転送に使用される直前まで、前記移動端末のユーザフレーム転送に使用されていたことを意味する直前使用ポートの番号を表す要素と、 An element representing the number of the immediately prior to use ports which means that the port until just prior to being used in the user frame transfer of the mobile terminal, have been used in the user frame transfer of the mobile terminal,
    これら一連の要素の組み合わせの有効性を管理する要素と、 And elements for managing the validity of the combination of series of elements,
    とを有することを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 Handover control method of a mobile communication network, characterized in that it comprises and.
  12. 請求項11に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、 In the handover control method for a mobile communication network according to claim 11,
    前記フィルタリングデータベースは、データ構成として、前記移動端末の移動スピードを、その大きさによって分類したいくつかのスピードクラスによって表す要素を含み、かつ前記スピードクラスは、過去のポート使用時間とそれとの対応を定めたテーブルを検索することによって決定されることを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 The filtering database, the data structure, the movement speed of the mobile terminal includes elements represented by a number of speed classes classified by its size and the speed class, the corresponding past port usage time and it handover control method of a mobile communication network, characterized in that it is determined by searching a predetermined table.
  13. 請求項11に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、 In the handover control method for a mobile communication network according to claim 11,
    前記フィルタリングデータベースは、データ構成として、前記移動端末の移動スピードを、その大きさによって分類したいくつかのクラスによって表す要素を含み、かつ前記スピードのクラスは、前記移動端末からの申告によって決定されることを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 The filtering database, the data structure, the movement speed of the mobile terminal includes elements represented by a number of classes classified by their size and class of the speed is determined by declaration from the mobile terminal handover control method of a mobile communication network, characterized in that.
  14. 請求項11に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、 In the handover control method for a mobile communication network according to claim 11,
    前記フィルタリングデータベースは、そのデータ構成に含まれているポート使用時間を管理する要素に基づいて、次の無線リンク切り替え処理の開始タイミングを計算によって決定することを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 The filtering database, based on factors that manages the port used time included in the data structure, a handover of the mobile communication network and determining by calculation the start timing of the next radio link switching process control method.
  15. 請求項11に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、 In the handover control method for a mobile communication network according to claim 11,
    前記フィルタリングデータベースに基づいて、過去のポート使用時間と次の無線リンク切り替え処理の開始タイミングを対応付けるテーブルを作成し、作成した前記テーブルの検索を行うことによって、前記無線リンク切り替え処理の開始タイミングを決定することを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 Based on the filtering database, by creating a table for associating a start timing of past port usage time and the next radio link switching process, performs a search of the table created, determine the start timing of the radio link switching process handover control method of a mobile communication network, characterized by.
  16. 請求項12又は請求項13に記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、 In the handover control method for a mobile communication network according to claim 12 or claim 13,
    前記移動端末のスピードのクラスと次の無線リンク切り替え処理の開始タイミングを対応付けるテーブルを作成し、前記テーブルの検索によって、無線リンク切り替え処理の開始タイミングを決定することを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 The speed of the classes and the start timing of the next radio link switching process of the mobile terminal creates a table for associating a the search of the table, the radio link switching processing mobile communications network, characterized by determining the start timing of the the handover control method of.
  17. 請求項11から請求項13の何れか1つに記載の移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法において、 In the handover control method for a mobile communication network according to claims 11 to any one of claims 13,
    複数のアクセスポイントの位置的な順序関係と、前記複数のアクセスポイントが接続されるレイヤ2スイッチのポートの順序関係を一致させるとともに、複数の下位のレイヤ2スイッチの位置的な順序関係と、前記複数の下位のレイヤ2スイッチが接続される上位のレイヤ2スイッチのポートの順序関係を一致させ、 And positional order relation of the plurality of access points, along with match the order relationship of the layer of 2 switch ports of the plurality of access points are connected, a positional order relation of the plurality of lower layer 2 switch, the order relation of the plurality of upper layer 2 switch port of the lower layer 2 switch is connected to match the,
    ある時点である移動端末の通信に使用されているポートの番号とフィルタリングデータベースを参照して得られた前記移動端末の直前使用ポートの番号とを比較し、前記移動端末の通信に使用すべきポートの番号を把握することを特徴とする移動体通信用ネットワークのハンドオーバ制御方法。 Comparing the number of immediately before use port of the mobile terminal obtained by reference to the number and filtering database of the port being used for communication of the mobile terminal is a certain point, the port to be used for communication of the mobile terminal handover control method of a mobile communication network, characterized in that to grasp the number.
JP2004031283A 2004-02-06 2004-02-06 Handover control method of a mobile communication network Expired - Fee Related JP4248420B2 (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004031283A JP4248420B2 (en) 2004-02-06 2004-02-06 Handover control method of a mobile communication network

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2004031283A JP4248420B2 (en) 2004-02-06 2004-02-06 Handover control method of a mobile communication network

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2005223753A true JP2005223753A (en) 2005-08-18
JP4248420B2 JP4248420B2 (en) 2009-04-02

Family

ID=34999034

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2004031283A Expired - Fee Related JP4248420B2 (en) 2004-02-06 2004-02-06 Handover control method of a mobile communication network

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP4248420B2 (en)

Cited By (19)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007194746A (en) * 2006-01-17 2007-08-02 Ntt Docomo Inc Handover control method
WO2007105625A1 (en) * 2006-03-10 2007-09-20 Ntt Docomo, Inc. Base station and handover control method
JP2008227565A (en) * 2007-03-08 2008-09-25 Japan Radio Co Ltd Information relay system
JP2009231998A (en) * 2008-03-21 2009-10-08 Japan Radio Co Ltd WiMAX COMMUNICATION SYSTEM
WO2010109591A1 (en) 2009-03-24 2010-09-30 富士通株式会社 Base station apparatus, mobile terminal, communication system and communication system control method
KR101373021B1 (en) * 2007-05-10 2014-03-13 삼성전자주식회사 Method and apparatus for communication of mobile terminal using relay device
US9008079B2 (en) 2009-10-30 2015-04-14 Iii Holdings 2, Llc System and method for high-performance, low-power data center interconnect fabric
US9054990B2 (en) 2009-10-30 2015-06-09 Iii Holdings 2, Llc System and method for data center security enhancements leveraging server SOCs or server fabrics
US9069929B2 (en) 2011-10-31 2015-06-30 Iii Holdings 2, Llc Arbitrating usage of serial port in node card of scalable and modular servers
US9077654B2 (en) 2009-10-30 2015-07-07 Iii Holdings 2, Llc System and method for data center security enhancements leveraging managed server SOCs
JP2015207935A (en) * 2014-04-22 2015-11-19 日本電信電話株式会社 Mobile communication system and control method
US9311269B2 (en) 2009-10-30 2016-04-12 Iii Holdings 2, Llc Network proxy for high-performance, low-power data center interconnect fabric
US9465771B2 (en) 2009-09-24 2016-10-11 Iii Holdings 2, Llc Server on a chip and node cards comprising one or more of same
US9585281B2 (en) 2011-10-28 2017-02-28 Iii Holdings 2, Llc System and method for flexible storage and networking provisioning in large scalable processor installations
US9648102B1 (en) 2012-12-27 2017-05-09 Iii Holdings 2, Llc Memcached server functionality in a cluster of data processing nodes
US9680770B2 (en) 2009-10-30 2017-06-13 Iii Holdings 2, Llc System and method for using a multi-protocol fabric module across a distributed server interconnect fabric
WO2017188303A1 (en) * 2016-04-26 2017-11-02 京セラ株式会社 Base station, control method, and relay node
US9876735B2 (en) 2009-10-30 2018-01-23 Iii Holdings 2, Llc Performance and power optimized computer system architectures and methods leveraging power optimized tree fabric interconnect
US10140245B2 (en) 2009-10-30 2018-11-27 Iii Holdings 2, Llc Memcached server functionality in a cluster of data processing nodes

Cited By (32)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007194746A (en) * 2006-01-17 2007-08-02 Ntt Docomo Inc Handover control method
WO2007105625A1 (en) * 2006-03-10 2007-09-20 Ntt Docomo, Inc. Base station and handover control method
JP4932826B2 (en) * 2006-03-10 2012-05-16 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ Base station and a handover control method
JP2008227565A (en) * 2007-03-08 2008-09-25 Japan Radio Co Ltd Information relay system
KR101373021B1 (en) * 2007-05-10 2014-03-13 삼성전자주식회사 Method and apparatus for communication of mobile terminal using relay device
JP2009231998A (en) * 2008-03-21 2009-10-08 Japan Radio Co Ltd WiMAX COMMUNICATION SYSTEM
WO2010109591A1 (en) 2009-03-24 2010-09-30 富士通株式会社 Base station apparatus, mobile terminal, communication system and communication system control method
US9465771B2 (en) 2009-09-24 2016-10-11 Iii Holdings 2, Llc Server on a chip and node cards comprising one or more of same
US9680770B2 (en) 2009-10-30 2017-06-13 Iii Holdings 2, Llc System and method for using a multi-protocol fabric module across a distributed server interconnect fabric
US10050970B2 (en) 2009-10-30 2018-08-14 Iii Holdings 2, Llc System and method for data center security enhancements leveraging server SOCs or server fabrics
US9077654B2 (en) 2009-10-30 2015-07-07 Iii Holdings 2, Llc System and method for data center security enhancements leveraging managed server SOCs
US9075655B2 (en) 2009-10-30 2015-07-07 Iii Holdings 2, Llc System and method for high-performance, low-power data center interconnect fabric with broadcast or multicast addressing
US9929976B2 (en) 2009-10-30 2018-03-27 Iii Holdings 2, Llc System and method for data center security enhancements leveraging managed server SOCs
US9876735B2 (en) 2009-10-30 2018-01-23 Iii Holdings 2, Llc Performance and power optimized computer system architectures and methods leveraging power optimized tree fabric interconnect
US9262225B2 (en) 2009-10-30 2016-02-16 Iii Holdings 2, Llc Remote memory access functionality in a cluster of data processing nodes
US9311269B2 (en) 2009-10-30 2016-04-12 Iii Holdings 2, Llc Network proxy for high-performance, low-power data center interconnect fabric
US9054990B2 (en) 2009-10-30 2015-06-09 Iii Holdings 2, Llc System and method for data center security enhancements leveraging server SOCs or server fabrics
US9008079B2 (en) 2009-10-30 2015-04-14 Iii Holdings 2, Llc System and method for high-performance, low-power data center interconnect fabric
US9479463B2 (en) 2009-10-30 2016-10-25 Iii Holdings 2, Llc System and method for data center security enhancements leveraging managed server SOCs
US9509552B2 (en) 2009-10-30 2016-11-29 Iii Holdings 2, Llc System and method for data center security enhancements leveraging server SOCs or server fabrics
US9749326B2 (en) 2009-10-30 2017-08-29 Iii Holdings 2, Llc System and method for data center security enhancements leveraging server SOCs or server fabrics
US9405584B2 (en) 2009-10-30 2016-08-02 Iii Holdings 2, Llc System and method for high-performance, low-power data center interconnect fabric with addressing and unicast routing
US10140245B2 (en) 2009-10-30 2018-11-27 Iii Holdings 2, Llc Memcached server functionality in a cluster of data processing nodes
US9585281B2 (en) 2011-10-28 2017-02-28 Iii Holdings 2, Llc System and method for flexible storage and networking provisioning in large scalable processor installations
US10021806B2 (en) 2011-10-28 2018-07-10 Iii Holdings 2, Llc System and method for flexible storage and networking provisioning in large scalable processor installations
US9965442B2 (en) 2011-10-31 2018-05-08 Iii Holdings 2, Llc Node card management in a modular and large scalable server system
US9792249B2 (en) 2011-10-31 2017-10-17 Iii Holdings 2, Llc Node card utilizing a same connector to communicate pluralities of signals
US9092594B2 (en) 2011-10-31 2015-07-28 Iii Holdings 2, Llc Node card management in a modular and large scalable server system
US9069929B2 (en) 2011-10-31 2015-06-30 Iii Holdings 2, Llc Arbitrating usage of serial port in node card of scalable and modular servers
US9648102B1 (en) 2012-12-27 2017-05-09 Iii Holdings 2, Llc Memcached server functionality in a cluster of data processing nodes
JP2015207935A (en) * 2014-04-22 2015-11-19 日本電信電話株式会社 Mobile communication system and control method
WO2017188303A1 (en) * 2016-04-26 2017-11-02 京セラ株式会社 Base station, control method, and relay node

Also Published As

Publication number Publication date
JP4248420B2 (en) 2009-04-02

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP4466296B2 (en) Handover method and a mobile communication system
JP4308260B2 (en) Handover systems and methods of mobile ip terminal in a wireless network
JP4024798B2 (en) Conversely handover system and method in a mobile mesh Ad-Hoc network
US6804221B1 (en) Micromobility using multicast
US7158497B2 (en) Methods and apparatus for supporting micro-mobility within a radio access network
US5862345A (en) System for location multicasting and database management for mobile sessions in any computer subnetworks without using a home router of a home subnetwork
US7031709B2 (en) Method and associated apparatus for increment accuracy of geographical foreign agent topology relation in heterogeneous access networks
JP3645356B2 (en) How to use the network system
US7068635B2 (en) Mobile network and IP packet transferring method
US20010046223A1 (en) Hierarchical mobility management for wireless networks
KR101208809B1 (en) The radio communication method that facilitates a plurality of network type and compatible components
CN100493027C (en) Mobile communication system and across-region hand-over control method
CA2181283C (en) Method for call establishment and rerouting in mobile computing networks
US20060193272A1 (en) Method and system for improved handoff of a mobile device between wireless subnetworks
KR101299759B1 (en) Pseudo wires for mobility management
CN100413373C (en) Inter-technology handoff method in an IP-based wireless communication system
US9232444B2 (en) Method and apparatus for performing handover between core network entities in a packet-switched network
KR100827860B1 (en) METHOD FOR CARRYING OUT A QOS-ORIENTED HANDOFF BETWEEN FIRST AND SECOND IP-BASED COMMUNICATION PATHS SUCH AS MOBILE IPv6-BASED COMMUNICATION PATH BETWEEN A MOBILE NODEMN AND A CORRESPONDENT NODECN
US8707396B2 (en) Method and system for performing re-association due to handover in a WLAN mesh network
JP4233297B2 (en) Communication system, the mobile terminal, the transfer apparatus and communication method
CN101199214B (en) Method and apparatus to facilitate handover
US20120190371A1 (en) Method and system for managing context of mobile station
US7961595B2 (en) Mobile network control apparatus and mobile network control method
EP1635515A2 (en) Mobile terminal device and hand-off method thereof
KR20050003452A (en) Wireless gateway, and associated method, for a packet radio communication system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Effective date: 20060407

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

A977 Report on retrieval

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A971007

Effective date: 20080414

A131 Notification of reasons for refusal

Effective date: 20080507

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

A521 Written amendment

Effective date: 20080703

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

TRDD Decision of grant or rejection written
A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

Effective date: 20090106

A01 Written decision to grant a patent or to grant a registration (utility model)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A01

A61 First payment of annual fees (during grant procedure)

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A61

Effective date: 20090113

R150 Certificate of patent (=grant) or registration of utility model

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: R150

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 3

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20120123

FPAY Renewal fee payment (prs date is renewal date of database)

Year of fee payment: 4

Free format text: PAYMENT UNTIL: 20130123

LAPS Cancellation because of no payment of annual fees