JP2005135518A - Music reproducing unit - Google Patents

Music reproducing unit Download PDF

Info

Publication number
JP2005135518A
JP2005135518A JP2003370616A JP2003370616A JP2005135518A JP 2005135518 A JP2005135518 A JP 2005135518A JP 2003370616 A JP2003370616 A JP 2003370616A JP 2003370616 A JP2003370616 A JP 2003370616A JP 2005135518 A JP2005135518 A JP 2005135518A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
music
information
song
introduction
name
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Withdrawn
Application number
JP2003370616A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Shoji Kamioka
昇二 上岡
Original Assignee
Fujitsu Ten Ltd
富士通テン株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Application filed by Fujitsu Ten Ltd, 富士通テン株式会社 filed Critical Fujitsu Ten Ltd
Priority to JP2003370616A priority Critical patent/JP2005135518A/en
Publication of JP2005135518A publication Critical patent/JP2005135518A/en
Withdrawn legal-status Critical Current

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a music reproducing unit for enhancing presentation effect, further making driving comfortable, and further allowing drive to be enjoyable, when reproducing music. <P>SOLUTION: The music reproducing unit for selecting and reproducing a music from a plurality of musics stored associating with information regarding a music in an HDD 25 comprises a means for selecting the music, based on specified selection conditions among the musics stored in the HDD 25; a means for reproducing the selected music; a means for reading information regarding the music selected from the HDD 25; and a means for introducing the music, based on the read information. <P>COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

本発明は音楽再生装置に関し、より詳細には、HDD(Hard Disk Drive )などの大容
量記憶装置に記憶された数多くの楽曲の中から楽曲を選択し、再生するための音楽再生装
置に関する。
The present invention relates to a music playback device, and more particularly to a music playback device for selecting and playing music from a large number of music stored in a mass storage device such as an HDD (Hard Disk Drive).
車室内で聴く音楽は、ドライバーが快適に運転するためや、ドライブを楽しいものとす
るためにも、ドライバーや乗員の聴きたいもの、好きなものとすることが好ましい。そこ
で、ドライバーの嗜好に合致した音楽を提供するオーディオ装置などが提案されている。
例えば、下記の特許文献1には、ドライバーの嗜好を過去の聴いた実績に基づいて分析し
、その分析結果に基づいて、前記ドライバーの嗜好に合った音楽を選曲し、選曲した音楽
を前記ドライバーに提供するオーディオ装置について開示されている。
It is preferable that the music listened to in the passenger compartment should be something that the driver or passenger wants to listen to or like for the driver to drive comfortably or to make the driving fun. Therefore, audio devices that provide music that matches the preferences of drivers have been proposed.
For example, in Patent Document 1 below, a driver's preference is analyzed based on a past listening record, music that matches the driver's preference is selected based on the analysis result, and the selected music is selected as the driver's preference. An audio device is provided.
しかしながら、精度の高い嗜好の分析は非常に難しく、ドライバーの聴きたいものが正
しく選曲されないケースが多くなる可能性が高い。また、ドライバーの嗜好に合った音楽
を選曲する場合には、毎回同じ音楽が選択される可能性が高く、聴き飽きた音楽ばかりが
提供される可能性も高い。
However, it is very difficult to analyze the preference with high accuracy, and there is a high possibility that there are many cases in which the driver wants to listen to music is not correctly selected. In addition, when selecting music that suits the driver's preference, it is highly likely that the same music is selected every time, and only music that gets tired of listening is likely to be provided.
また、聴きたい音楽というのはその時々の気分などで変化するものであり、今日は聴き
たいと思っていた曲が、明日には聴きたくなくなったり、その逆に、今日は聴きたくない
と思っていた曲が、明日には聴きたくなる場合もある。従って、聴きたい音楽というのは
ユーザーのその時々の気分などで選択されるのが好ましいと言える。
Also, the music you want to listen to changes depending on your mood, and the songs you wanted to listen to today don't want to be heard tomorrow or vice versa. You might want to listen to the song you were playing tomorrow. Therefore, it can be said that the music that the user wants to listen to is preferably selected according to the mood of the user.
しかしながら、楽曲の選択をユーザーが全て行わなければならないのでは、操作が煩わ
しくなる。特に、最近ではHDDなどの大容量記憶装置が普及し、数多くの楽曲(例えば
、1000曲)に関するデータを記憶させておくことができるようになっているが、10
00曲もの楽曲の中から所望の楽曲を選択するのは決して容易なことではない。今後、操
作の煩わしさ無しにユーザーの所望する楽曲を選択することのできる技術の開発が期待さ
れる。
However, if the user has to select all the songs, the operation becomes troublesome. In particular, mass storage devices such as HDDs have recently become widespread, and data relating to a large number of songs (for example, 1000 songs) can be stored.
It is not easy to select a desired music from among 00 music. In the future, it is expected to develop a technology capable of selecting a music piece desired by a user without troublesome operation.
例えば、最近ではHDD1に、図6に示したように、CD2−1〜2−nに収録されて
いる楽曲そのもののデータ(以降、楽曲データと記す)及びTOC(Table Of Contents
)情報(例えば、楽曲数や総演奏時間)が記憶され、さらにはCDに関する情報(例えば
、タイトル名や収録されている楽曲数、収録されている楽曲の総演奏時間、歌手名、各楽
曲の曲名・演奏時間)が記憶されている。
For example, recently, as shown in FIG. 6, the data of the music itself recorded on the CDs 2-1 to 2-n (hereinafter referred to as music data) and the TOC (Table Of Contents) are stored in the HDD 1.
) Information (for example, the number of songs and the total performance time), and further information related to the CD (for example, the title name, the number of songs recorded, the total performance time of the recorded songs, the name of the singer, the name of each song) (Song name / performance time) is stored.
楽曲データやTOC情報については、CD2−1〜2−nからデータを読み出してHD
D1に記憶させれば良く、CDに関する情報については、これら情報を提供する機関3が
あるため、機関3から提供される情報を取得してHDD1に記憶させれば良い。なお、機
関3から提供されたCDに関する情報が、HDD1に記憶されているどの楽曲データに対
応したものであるのかは、収録されている楽曲数と総演奏時間から判断することができ、
例えば、第1番目に記憶されている、タイトル名が「大発明」であるCD(楽曲数16曲
、総演奏時間51分12秒)に関する情報は、第2番目に記憶されている楽曲データ(C
D2−2に収録されていた楽曲データ)に対応したものであると判断することができる。
For music data and TOC information, read data from CD2-1 to 2-n
What is necessary is just to memorize | store in D1, and since there exists the organization 3 which provides these information about the information regarding CD, the information provided from the organization 3 should just be acquired and memorize | stored in HDD1. In addition, it can be judged from the number of recorded songs and the total performance time whether the information on the CD provided by the institution 3 corresponds to which song data is stored in the HDD 1.
For example, information related to a CD (number of music pieces: 16 pieces, total performance time: 51 minutes and 12 seconds) stored in the first title whose title name is “Large Invention” is stored in the second piece of music data ( C
It can be determined that the data corresponds to the music data recorded in D2-2.
ところで、上記したように、HDD1に数多くの楽曲を記憶させておくことができれば
、ユーザーのその時々の気分にあった音楽を聴くことができるようになるが、単純にユー
ザーの聴きたい曲を流し続けるだけでは、運転を快適なものとしたり、ドライブを楽しい
ものとする演出に十分とは言えない。例えば、テレビやラジオの歌番組のように、流す音
楽の紹介などが行われれば、演出効果は高まるものと思われる。
特開2002−114107号公報
By the way, as described above, if a lot of music can be stored in the HDD 1, it becomes possible to listen to music that suits the user's mood, but simply play the music that the user wants to listen to. Just continuing will not be enough to make driving comfortable and make driving fun. For example, if the introduction of music to be played, such as a song program on television or radio, is performed, the production effect is expected to increase.
JP 2002-114107 A
課題を解決するための手段及びその効果Means for solving the problems and their effects
本発明は上記課題に鑑みなされたものであって、音楽を再生するにあたって、演出効果
を高め、運転をより一層快適なものとしたり、ドライブをより一層楽しいものとすること
のできる音楽再生装置を提供することを目的としている。
The present invention has been made in view of the above-described problems, and a music playback device capable of enhancing the production effect, making driving more comfortable, and making driving even more fun when playing music. It is intended to provide.
上記目的を達成するために本発明に係る音楽再生装置(1)は、記憶手段に、楽曲に関
する情報と対応づけて記憶された複数の楽曲の中から楽曲を選択し、再生するための音楽
再生装置において、前記記憶手段に記憶された楽曲の中から所定の選択条件に基づいて楽
曲を選択する楽曲選択手段と、該楽曲選択手段により選択された楽曲を再生する楽曲再生
手段と、前記記憶手段から、前記楽曲選択手段により選択された楽曲に関する情報を読み
出す楽曲情報読出手段と、該楽曲情報読出手段により読み出された情報に基づいて、前記
楽曲の曲紹介を行う曲紹介手段とを備えていることを特徴としている。
In order to achieve the above object, a music playback device (1) according to the present invention selects a music from a plurality of music stored in the storage means in association with information related to the music and plays the music. In the apparatus, a music selection means for selecting music based on a predetermined selection condition from music stored in the storage means, a music playback means for playing back the music selected by the music selection means, and the storage means Music information reading means for reading information related to the music selected by the music selection means, and music introduction means for introducing the music of the music based on the information read by the music information reading means. It is characterized by being.
上記音楽再生装置(1)によれば、前記記憶手段に記憶された楽曲の中から前記所定の
選択条件に基づいて楽曲が選択され、前記記憶手段から、選択された楽曲に関する情報(
例えば、前記楽曲が収録されていたCDのタイトル名、歌手名、曲名)が読み出され、読
み出された情報に基づいて、前記楽曲の曲紹介が行われる。
According to the music playback device (1), a music piece is selected from the music pieces stored in the storage means based on the predetermined selection condition, and information (in the information related to the selected music piece from the storage means (
For example, a title name, a singer name, and a song name) of a CD on which the music is recorded are read, and the music is introduced based on the read information.
例えば、「次に演奏する曲は、○○○○(歌手名)の曲、アルバム○○○○(CDのタ
イトル名)から○○○○(曲名)です。どうぞ」といった曲紹介が行われるので、音楽を
再生するにあたっての演出効果が高められ、運転がより一層快適なものとなり、ドライブ
がより一層楽しいものとなる。
For example, a song introduction such as “Next song to be played is a song of XXX (singer name), album XXX (title name of CD) to XXX (song name). Please” is performed. As a result, the effect of playing music is enhanced, driving becomes more comfortable, and driving becomes even more enjoyable.
また、本発明に係る音楽再生装置(2)は、上記音楽再生装置(1)において、各楽曲
固有の情報の埋め込みが可能な、曲紹介に用いる基本文が記憶された基本文記憶手段を備
え、前記曲紹介手段が、前記基本文記憶手段に記憶されている基本文に、曲紹介を行うべ
き楽曲固有の情報を埋め込むことによって、曲紹介を行うものであることを特徴としてい
る。
In addition, the music playback device (2) according to the present invention includes a basic sentence storage means in which the basic sentence used for music introduction can be embedded in the music playback apparatus (1). The music introduction means introduces music by embedding information specific to the music to be introduced into the basic sentence stored in the basic sentence storage means.
上記音楽再生装置(2)によれば、各楽曲固有の情報の埋め込みが可能な、曲紹介に用
いる基本文に、曲紹介を行うべき楽曲固有の情報が埋め込まれて、曲紹介が行われるので
、楽曲に関する情報さえあれば、どのような楽曲の曲紹介も可能となる。例えば、基本文
が「次に演奏する曲は○○○○(歌手名)の○○○○(曲名)です。どうぞ」で、ある楽
曲Aの歌手名が「山田太郎」で曲名が「いろは」であり、また、ある楽曲Bの歌手名が「
鈴木花子」で曲名が「abc」である場合、楽曲Aは「次に演奏する曲は山田太郎のいろ
はです。どうぞ」と曲紹介され、楽曲Bは「次に演奏する曲は鈴木花子のabcです。ど
うぞ」と曲紹介される。
According to the music playback device (2), information specific to a music to be introduced is embedded in a basic sentence used for music introduction, which can embed information specific to each music, so that the music is introduced. As long as there is information about the music, any music can be introduced. For example, the basic sentence is “The next song to be played is XXXXX (song name) of XXXXX (song name). Please”. The singer name of a song A is “Taro Yamada” and the song name is “Iroha” And the singer name of a certain song B is “
If the song name is “abc” in “Hanako Suzuki”, the song A is introduced as “The next song to be played is Taro Yamada's Iroha. Please”, and the song B is “the song to be played next is Hanako Suzuki's abc. The song is introduced.
また、本発明に係る音楽再生装置(3)は、上記音楽再生装置(2)において、前記基
本文記憶手段には、楽曲の種別情報と対応づけて、複数の基本文が記憶されており、前記
曲紹介手段が、曲紹介を行うべき楽曲の種別に基づいて、使用する基本文を決定するもの
であることを特徴としている。
In the music playback device (3) according to the present invention, in the music playback device (2), a plurality of basic sentences are stored in the basic sentence storage means in association with music type information. The music introduction means determines a basic sentence to be used based on the type of music to be introduced.
上記音楽再生装置(3)によれば、曲紹介を行うべき楽曲の種別に対応した基本文が使
用されて、曲紹介が行われる。例えば、バラードの曲に対しては、「次に演奏する曲は○
○○○(歌手名)のバラード、○○○○(曲名)です。どうぞ」の基本文が使用され、一
般の曲に対しては、「次に演奏する曲は○○○○(歌手名)の○○○○(曲名)です。ど
うぞ」の基本文が使用される。これにより、演出効果がより高められる。
According to the music playback device (3), the basic sentence corresponding to the type of music to be introduced is used to introduce the music. For example, for a ballad song, “The next song to play is ○
It is a ballad of XX (singer name), XXX (song name). The basic sentence of "Please" is used, and the general sentence is "The next song to be played is XXXXX (song name) of XXX. The Thereby, the production effect is further enhanced.
また、本発明に係る音楽再生装置(4)は、上記音楽再生装置(1)〜(3)のいずれ
かにおいて、前記曲紹介手段が、再生される楽曲の順番に関する情報を含めて、曲紹介を
行うものであることを特徴としている。
In addition, the music playback device (4) according to the present invention is the music playback device including the information on the order of the music to be played back in any one of the music playback devices (1) to (3). It is characterized by that.
上記音楽再生装置(4)によれば、再生される楽曲の順番に関する情報を含めて、曲紹
介が行われる。例えば、1番目の曲は「まず、初めの曲は…」や「第1番目の曲は…」と
紹介され、2番目の曲は「続けての曲は…」や「2番目の曲は…」と紹介され、最後の曲
は「いよいよ最後の曲は」などと紹介される。これにより、ユーザーは何曲目が再生され
ているのかを把握することができる。
According to the music playback device (4), the music introduction is performed including the information related to the order of the music to be played back. For example, the first song is "First, the first song ..." and "The first song ..." and the second song is "Continued song ..." and "The second song ... … And the last song is introduced as “Finally the last song”. As a result, the user can grasp how many songs are being played.
また、本発明に係る音楽再生装置(5)は、上記音楽再生装置(1)〜(4)のいずれ
かにおいて、前記記憶手段には、楽曲に関する情報として、収録されていた記憶媒体のタ
イトル名、リリースされた年月日、歌手名、曲名、ジャンル、及びイメージのいずれかが
含まれていることを特徴としている。
Moreover, the music playback device (5) according to the present invention is the music playback device (1) to (4) according to any one of the above music playback devices (1) to (4). The release date, singer name, song title, genre, and image are included.
上記音楽再生装置(5)によれば、前記記憶手段には、楽曲に関する情報として、楽曲
が収録されていた記憶媒体(例えば、CD)のタイトル名、リリースされた年月日、歌手
名、曲名、ジャンル、及びイメージのいずれかが含まれている。そのため、楽曲の収録さ
れているCDのタイトル名や、リリースされた年月日や、歌手名、曲名、ジャンル、イメ
ージ(例えば、夏をイメージした曲、クリスマスソング)の紹介が可能となる。
According to the music playback device (5), the storage means includes, as information about the music, the title of the storage medium (for example, CD) on which the music is recorded, the date of release, the name of the singer, and the name of the music , Genre, and image. Therefore, it is possible to introduce the title name of the CD on which the music is recorded, the date of release, the name of the singer, the name of the song, the genre, and the image (for example, a song inspired by summer, a Christmas song).
また、本発明に係る音楽再生装置(6)は、上記音楽再生装置(1)〜(5)のいずれ
かにおいて、前記曲紹介手段が、楽曲の再生直前、又は再生直後に前記楽曲の曲紹介を行
うものであることを特徴としている。
上記音楽再生装置(6)によれば、楽曲の再生直前、又は再生直後に前記楽曲の曲紹介
が行われるので、どの楽曲に対する曲紹介であるのかをユーザーが容易に把握することが
できる。
In addition, in the music playback device (6) according to the present invention, in any one of the music playback devices (1) to (5), the song introduction means introduces the song of the song immediately before or after the playback of the song. It is characterized by that.
According to the music reproducing device (6), the music introduction of the music is performed immediately before or after the reproduction of the music, so that the user can easily grasp which music is the music introduction.
また、本発明に係る音楽再生装置(7)は、上記音楽再生装置(1)〜(5)のいずれ
かにおいて、前記曲紹介手段が、楽曲再生中における歌声のない期間を特定し、該期間に
楽曲の曲紹介を行うものであることを特徴としている。
上記音楽再生装置(7)によれば、楽曲再生中に曲紹介が行われるので、曲紹介に時間
を割く必要がないので、楽曲再生を効率良く行うことができる。また、曲紹介は楽曲再生
中における歌声のない期間に行われるので、歌声を聴くことの妨げとなるのを回避するこ
とができる。
In the music playback device (7) according to the present invention, in any one of the music playback devices (1) to (5), the music introduction unit specifies a period in which there is no singing voice during music playback, and the period It is characterized by the fact that it introduces songs.
According to the music playback device (7), since the music introduction is performed during the music reproduction, it is not necessary to devote time to the music introduction, so that the music reproduction can be performed efficiently. In addition, since the music introduction is performed during a period when there is no singing voice during the music reproduction, it is possible to avoid obstructing listening to the singing voice.
また、本発明に係る音楽再生装置(8)は、上記音楽再生装置(1)〜(5)のいずれ
かにおいて、前記曲紹介手段が、複数の楽曲の曲紹介をまとめて行うものであることを特
徴としている。
上記音楽再生装置(8)によれば、複数の楽曲の曲紹介がまとめて行われ、例えば、「
○○○○(歌手名)の○○○○(曲名)、○○○○(歌手名)の○○○○(曲名)2曲続
けてどうぞ」と紹介されるので、単純に1曲ずつの曲紹介よりも、演出効果が高められる
。また、歌手が同じである場合、複数の楽曲の曲紹介をまとめるようにしても良く、例え
ば、「次は○○○○(歌手名)の○○○○(曲名)、○○○○(曲名)2曲続けてどうぞ
」と紹介すれば、より楽しいものとなる。
Further, in the music playback device (8) according to the present invention, in any of the music playback devices (1) to (5), the song introduction means collectively introduces songs of a plurality of songs. It is characterized by.
According to the music playback device (8), the music introduction of a plurality of music pieces is performed collectively.
XXXXX (singer name), XXXXX (song name), XXXXX (singer name), XXXXX (song name), 2 songs in a row, please continue " The production effect is higher than the introduction of songs. In addition, when the singer is the same, the introduction of songs of a plurality of songs may be summarized. For example, “Next is XXXXX (song name), XXXXX (song name), XXXXX ( If you introduce “Song name) 2 songs in a row,” it will be more fun.
以下、本発明に係る音楽再生装置の実施の形態を図面に基づいて説明する。図1は、実
施の形態(1)に係る音楽再生装置の要部を概略的に示したブロック図である。図中11
はナビゲーション機能を有した音楽再生装置を示しており、車両Mに装備されるようにな
っている。
Embodiments of a music playback device according to the present invention will be described below with reference to the drawings. FIG. 1 is a block diagram schematically showing a main part of the music playback device according to the embodiment (1). 11 in the figure
Indicates a music playback device having a navigation function, and is mounted on the vehicle M.
音楽再生装置11はマイコン12と、地図データ等が記憶されたDVD−ROM13か
ら地図データ等を読み出すためのDVDデッキ14と、ボタンスイッチ15aを有したリ
モコン15と、ボタンスイッチ16a及び表示パネル16bを有した表示装置16と、音
声を電気信号に変換するマイクロフォン17と、マイコン12からの文字データを処理し
て合成音声データを生成する音声合成部18と、音声合成部18で生成された合成音声デ
ータを増幅する増幅器19と、増幅された合成音声データを音声として出力するスピーカ
20とを含んで構成されている。なお、文字データではない、楽曲データなどの音声デー
タについては音声合成部18を介さずに、スピーカ20から出力されるようになっている
。また、DVDデッキ14はCDの再生も可能となっている。
The music player 11 includes a microcomputer 12, a DVD deck 14 for reading map data and the like from a DVD-ROM 13 in which map data and the like are stored, a remote control 15 having a button switch 15a, a button switch 16a and a display panel 16b. The display device 16 provided, a microphone 17 that converts speech into an electrical signal, a speech synthesizer 18 that processes character data from the microcomputer 12 to generate synthesized speech data, and a synthesized speech generated by the speech synthesizer 18 It includes an amplifier 19 for amplifying data and a speaker 20 for outputting the amplified synthesized voice data as voice. Note that voice data such as music data, which is not character data, is output from the speaker 20 without going through the voice synthesizer 18. The DVD deck 14 can also play CDs.
また、表示パネル16bの上下左右には複数の赤外線LEDと複数のフォトトランジス
タ(図示せず)とが対向して配置され、指が表示パネル16bに触れた位置を検出するこ
とができるように構成され、検出された結果についてはマイコン12で取得することがで
きるようになっている。
In addition, a plurality of infrared LEDs and a plurality of phototransistors (not shown) are arranged facing each other on the top, bottom, left, and right of the display panel 16b so that the position where the finger touches the display panel 16b can be detected. The detected result can be acquired by the microcomputer 12.
マイコン12に接続されているGPS受信機21は、アンテナ22を介して衛星からの
GPS信号を受信するものであり、マイコン12はGPS信号に基づいて自車位置を割り
出すことができるようになっている。また、マイコン12には車両Mの速度に関するデー
タを検出するための車速センサ23と、車両Mの進行方向に関するデータを取得するため
のジャイロセンサ24と、磁気ディスク(図示せず)で構成され、データの読み書きが可
能であり、後述する案内文データや、各楽曲固有の情報の埋め込みが可能な曲紹介用の基
本文データ、楽曲データ、楽曲に関する情報など、各種データが記憶されたHDD25と
が接続されている。HDD25はマイコン12からの指示によって必要なデータを読み出
して、マイコン12へ出力したり、各種データを磁気ディスクに書き込むようになってい
る。なお、ここでは地図データが記憶されたDVD−ROMを採用しているが、別の実施
の形態では、DVD−ROMではなく、その他の記憶媒体、記憶装置を採用しても良く、
例えば、地図データが記憶されたHDDを採用しても良い。
The GPS receiver 21 connected to the microcomputer 12 receives a GPS signal from the satellite via the antenna 22, and the microcomputer 12 can determine the vehicle position based on the GPS signal. Yes. The microcomputer 12 includes a vehicle speed sensor 23 for detecting data related to the speed of the vehicle M, a gyro sensor 24 for acquiring data related to the traveling direction of the vehicle M, and a magnetic disk (not shown). The HDD 25 that stores various data such as guide sentence data that can be read and written, basic sentence data for introducing songs that can embed information unique to each song, song data, and information related to songs, etc. It is connected. The HDD 25 reads necessary data in accordance with an instruction from the microcomputer 12 and outputs the data to the microcomputer 12 or writes various data to the magnetic disk. In addition, although DVD-ROM in which the map data is stored is employed here, in another embodiment, other storage media and storage devices may be employed instead of the DVD-ROM.
For example, an HDD in which map data is stored may be employed.
図2は、HDD25に記憶されているデータの一部を示した図であり、HDD25には
CD2−1〜2−n(図6参照)に収録されている楽曲そのもののデータ(楽曲データ)
及びTOC情報(例えば、楽曲数や総演奏時間)が記憶され、さらにはCDに関する情報
(例えば、タイトル名、収録されている楽曲数、収録されている楽曲の総演奏時間、歌手
名、リリースされた年月日、各楽曲の曲名・演奏時間・ジャンル・イメージ)が記憶され
ている。
FIG. 2 is a diagram showing a part of the data stored in the HDD 25. The data of the music itself recorded on the CD 2-1 to 2-n (see FIG. 6) in the HDD 25 (music data).
And TOC information (for example, the number of songs and the total performance time) are stored, and further information related to the CD (for example, title name, number of recorded songs, total performance time of recorded songs, singer name, released) Date, song name, performance time, genre, image) of each song.
楽曲データやTOC情報については、CD2−1〜2−nからデータを読み出してHD
D25に記憶させれば良く、CDに関する情報については、これら情報を提供する機関が
あるため、該機関から提供される情報を取得してHDD25に記憶させれば良い。なお、
前記機関から提供されたCDに関する情報が、HDD25に記憶されているどの楽曲デー
タに対応したものであるのかは、収録されている楽曲数と総演奏時間から判断することが
でき、例えば、第1番目に記憶されている、タイトル名が「大発明」であるCD(楽曲数
16曲、総演奏時間51分12秒)に関する情報は、第2番目に記憶されている楽曲デー
タ(CD2−2に収録されていた楽曲データ)に対応したものであると判断することがで
きる。
For music data and TOC information, read data from CD2-1 to 2-n
What is necessary is just to memorize | store in D25, and since there exists an organization which provides these information about the information regarding CD, the information provided from this organization should just be acquired and memorize | stored in HDD25. In addition,
It can be determined from the number of recorded songs and the total performance time whether the music data stored in the HDD 25 corresponds to the information related to the CD provided by the institution. The information about the CD (number of music pieces: 16 songs, total performance time: 51 minutes 12 seconds) stored in the second title name is “Large Invention” is stored in the second music data (CD2-2). It can be determined that the data corresponds to (recorded music data).
次に、実施の形態(1)に係る音楽再生装置11におけるマイコン12の行う処理動作
[1]を図3〜図5に示したフローチャートに基づいて説明する。なお、この処理動作[
1]はDJモードが設定されたときに行われる動作であり、DJモードの設定は、例えば
、マイコン12によりマイクロフォン17から得られる情報に基づいて、ユーザーにより
「DJモード開始」と発せられたと判断された場合や、ユーザーによりリモコン15や表
示装置16が操作され、ユーザーがDJモードの開始を希望していると判断された場合に
行われるようになっている。
Next, the processing operation [1] performed by the microcomputer 12 in the music playback device 11 according to the embodiment (1) will be described based on the flowcharts shown in FIGS. This processing operation [
1] is an operation performed when the DJ mode is set. The setting of the DJ mode is determined that the user has issued “DJ mode start” based on information obtained from the microphone 17 by the microcomputer 12, for example. This is performed when the remote controller 15 or the display device 16 is operated by the user and it is determined that the user desires to start the DJ mode.
DJモードが設定されると、まず、初期設定としてHDD25から案内文データ及び曲
紹介用の基本文データを読み出し(ステップS1)、次に、DJモード開始時の案内文に
対応する案内文データを選択し、選択した案内文データを音声合成部18へ出力すること
によって、スピーカ20より音声として案内文を出力させる(ステップS2)。例えば、
「分かりました。DJモードによる音楽の演奏を開始します」といった案内文をスピーカ
20より出力させる。
When the DJ mode is set, first, the guidance sentence data and the song introduction basic sentence data are read from the HDD 25 as an initial setting (step S1). Next, the guidance sentence data corresponding to the guidance sentence at the start of the DJ mode is obtained. By selecting and outputting the selected guidance sentence data to the voice synthesizing unit 18, the guidance sentence is outputted as voice from the speaker 20 (step S2). For example,
A guidance sentence such as “Okay, start playing music in DJ mode” is output from the speaker 20.
なお、曲紹介用の基本文データは複数種類あり、各ジャンルに対応しており、その一例
を下記に示す。
一般曲用:「○○○○(リリースされた年)年リリースの○○○○(歌手名)の曲、ア
ルバム○○○○(CDのタイトル名)から○○○○(曲名)をどうぞ」
バラード用:「○○○○(リリースされた年)年リリースの○○○○(歌手名)のバラ
ード、アルバム○○○○(CDのタイトル名)から○○○○(曲名)をどうぞ」
Note that there are a plurality of types of basic sentence data for introducing songs, which correspond to each genre, and an example is shown below.
For general songs: “Please enter XXXXX (song name) from XXXXX (singer name) and XXXXX (song title) from the album XXXXX (CD title name). "
For Ballad: “Please enter the ballad from XXXXX (the name of the singer) from the year XXXXX (year of release), XXXXX from the album XXX (title name of the CD)”
次に、楽曲を選択するための選択条件X(ここでは、ユーザーの最近聴いた頻度の高い
楽曲)を設定し(ステップS3)、続いて、ナビゲーション機能を使って目的地Gが設定
されているか否かを判断する(ステップS4)。
Next, a selection condition X (here, a piece of music frequently listened to by the user) for selecting a piece of music is set (step S3), and then the destination G is set using the navigation function. It is determined whether or not (step S4).
目的地Gが設定されていると判断すれば、次に、目的地Gまでの到達に要する時間Tを
算出し(ステップS5)、時間Tに基づいて、目的地Gの到達までに聴くことの可能な曲
数(選曲数C)を求め(ステップS6)、その後、ステップS8へ進む。例えば、1曲当
たりの演奏時間を5分(曲紹介の時間も含む)と仮定し、目的地Gまでの到達に要する時
間が100分である場合には、選曲数Cを20曲に設定する。一方、目的地Gが設定され
ていないと判断すれば、選曲数Cを所定の曲数(例えば、20曲)に設定し(ステップS
7)、その後、ステップS8へ進む。
If it is determined that the destination G is set, next, a time T required to reach the destination G is calculated (step S5), and based on the time T, the destination G can be heard before reaching the destination G. The number of possible songs (number of music selection C) is obtained (step S6), and then the process proceeds to step S8. For example, assuming that the performance time per song is 5 minutes (including the time for introducing a song), and the time required to reach the destination G is 100 minutes, the number of music selection C is set to 20 songs. . On the other hand, if it is determined that the destination G is not set, the selection number C is set to a predetermined number (for example, 20 songs) (step S).
7) Then, it progresses to step S8.
ステップS8では、HDD25に記憶された楽曲の中から、選択条件Xを満たす楽曲(
すなわち、ユーザーが最近頻繁に聴いている楽曲)をC曲選択し、その後、ステップS1
1(図4)へ進む。なお、ここでは詳しく説明しないが、再生された楽曲については、該
楽曲に対応づけて再生日時がHDD25に記録されるようになっており、この情報からユ
ーザーの楽曲を聴いている最近の状況を判断することができるようになっている。
In step S8, a song that satisfies the selection condition X from the songs stored in the HDD 25 (
That is, the user selects a C song that is frequently listened to recently by the user, and then performs step S1.
Go to 1 (FIG. 4). Although not described in detail here, for the reproduced music, the reproduction date and time is recorded in the HDD 25 in association with the music, and the recent situation in which the user's music is being listened to from this information. Judgment can be made.
図4に示したステップS11では、ステップS8(図3)で選択された楽曲の順番を設
定し、次に、係数kを1に設定する(ステップS12)。なお、楽曲の順番は、例えば、
ランダムに設定したり、リリースされたのが新しい楽曲が先となるように設定すれば良い
In step S11 shown in FIG. 4, the order of the music selected in step S8 (FIG. 3) is set, and then the coefficient k is set to 1 (step S12). In addition, the order of music is, for example,
It can be set at random or set so that the new song released first.
次に、k番目の楽曲に関する情報を読み出し(ステップS13)、前記情報に基づいて
、前記楽曲のジャンルに対応した基本文データを選択し(ステップS14)、選択した基
本文データ、及び前記情報に基づいて、曲紹介文データを作成する(ステップS15)。
なお、この作成の際、再生の順番に関連した文データを追加する。
Next, information regarding the kth music is read (step S13), and based on the information, basic sentence data corresponding to the genre of the music is selected (step S14), and the selected basic sentence data and the information are selected. Based on this, song introduction sentence data is created (step S15).
At the time of creation, sentence data related to the reproduction order is added.
その後、作成した曲紹介文データを音声合成部18へ出力することによって、スピーカ
20より音声として曲紹介文を出力させる(ステップS16)。例えば、「まず、初めは
2002(リリースされた年)年リリースの特許太郎(歌手名)の曲、アルバム大発明(
CDのタイトル名)から特許a(曲名)をどうぞ」(1番目の楽曲紹介)、「続いて、2
001(リリースされた年)年リリースの北斗七星(歌手名)のバラード、アルバム星座
(CDのタイトル名)から山羊座(曲名)をどうぞ」(2番目以降の楽曲紹介)、「2番
目は、2001(リリースされた年)年リリースの北斗七星(歌手名)のバラード、アル
バム星座(CDのタイトル名)から山羊座(曲名)をどうぞ」(2番目の楽曲紹介)とい
った曲紹介文を出力させる。
Thereafter, the created song introduction sentence data is output to the speech synthesizer 18 to output the song introduction sentence as a voice from the speaker 20 (step S16). For example, “First of all, the song of the patent Taro (name of the singer) released in 2002 (the year it was released)
Patent a (song title) from CD title) ”(first song introduction),“ continue 2
001 (Year of release) Ballet of Big Dipper (singer name) released in year 001, please go to Capricorn (song title) from the album constellation (CD title name) "(the second and subsequent songs introduction)," “Between the Big Dipper (singer name) released in 2001 (year of release), the Capricorn (song title) from the album constellation (CD title name)” (the second song introduction) is output. .
次に、k番目の楽曲を再生し、スピーカ20から音楽を出力させる(ステップS17)
。その後、k番目の楽曲の再生が終了したか否かを判断し(ステップS18)、楽曲の再
生が終了したと判断すれば、次に、係数kに1を加算し(ステップS19)、係数kが選
曲数Cに達したか否かを判断する(ステップS20)。係数kが選曲数Cに達した(すな
わち、次に再生する楽曲が最後の楽曲である)と判断すれば、ステップS31(図5)へ
進む。一方、係数kが選曲数Cに達していないと判断すれば、ステップS13へ戻る。
Next, the k-th music is reproduced and the music is output from the speaker 20 (step S17).
. Thereafter, it is determined whether or not the reproduction of the k-th music has been completed (step S18). If it is determined that the reproduction of the music has been completed, then 1 is added to the coefficient k (step S19). Is determined whether or not the song selection number C has been reached (step S20). If it is determined that the coefficient k has reached the number of music selection C (that is, the music to be reproduced next is the last music), the process proceeds to step S31 (FIG. 5). On the other hand, if it is determined that the coefficient k has not reached the music selection number C, the process returns to step S13.
ステップS18において、楽曲の再生はまだ終了していないと判断すれば、次に、マイ
クロフォン17から得られる情報に基づいて、ユーザーがDJモードの終了を希望してい
るか否かを判断する(ステップS21)。例えば、ユーザーより「DJモード終了」など
といった音声が発せられたか否かを判断する。ユーザーがDJモードの終了を希望してい
ると判断すれば、「分かりました。それではDJモードを終了します。必要になったら私
(エージェント)を呼んで下さい」といった案内文をスピーカ20から出力させる(ステ
ップS22)。一方、ユーザーはDJモードの終了を希望していないと判断すれば、その
ままステップS17へ戻って、楽曲の再生を続ける。
If it is determined in step S18 that the music reproduction has not ended yet, it is next determined whether or not the user wants to end the DJ mode based on the information obtained from the microphone 17 (step S21). ). For example, it is determined whether or not a sound such as “DJ mode end” is issued by the user. If it is determined that the user wants to exit the DJ mode, a message such as “I understand. Then, I will exit the DJ mode. Please call me (agent) when necessary” is output from the speaker 20. (Step S22). On the other hand, if it is determined that the user does not wish to end the DJ mode, the process directly returns to step S17 to continue playing the music.
図5に示したステップS31では、k番目(最後C番目)の楽曲に関する情報を読み出
し、次に、前記情報に基づいて、前記楽曲のジャンルに対応した基本文データを選択し(
ステップS32)、選択した基本文データ、及び前記情報に基づいて、曲紹介文データを
作成する(ステップS33)。なお、この作成の際、再生最後に関連した文データを追加
する。
In step S31 shown in FIG. 5, information on the k-th (last C-th) music is read, and then basic sentence data corresponding to the genre of the music is selected based on the information (
Step S32), song introduction sentence data is created based on the selected basic sentence data and the information (step S33). At the time of creation, related sentence data is added at the end of reproduction.
その後、作成した曲紹介文データを音声合成部18へ出力することによって、スピーカ
20より音声として曲紹介文を出力させる(ステップS34)。例えば、「いよいよ、最
後は2002(リリースされた年)年リリースの特許太郎(歌手名)の乗りの良い曲、ア
ルバム大発明(CDのタイトル名)から査定v(曲名)をどうぞ」といった曲紹介文を出
力させる。
After that, by outputting the created song introduction sentence data to the voice synthesizer 18, the song introduction sentence is outputted as a voice from the speaker 20 (step S34). For example, “Lastly, the last song of the patent Taro (singer name) released in 2002 (the year it was released) is a good song and the assessment v (song name) from the album invention (CD title name)” Output a sentence.
次に、k番目(最後C番目)の楽曲を再生し、スピーカ20から音楽を出力させる(ス
テップS35)。その後、k番目(最後C番目)の楽曲の再生が終了したか否かを判断し
(ステップS36)、楽曲の再生が終了したと判断すれば、次に、「全ての演奏が終了し
ました。これでDJモードを終了します。また必要になったら私を呼んで下さい」といっ
た案内文をスピーカ20から出力させる(ステップS37)。
Next, the k-th (last C-th) music is played and the music is output from the speaker 20 (step S35). Thereafter, it is determined whether or not the reproduction of the k-th (last C-th) song has been completed (step S36). If it is determined that the reproduction of the song has been completed, then “all performances have been completed. This completes the DJ mode. Please call me if necessary, and the guidance sentence is output from the speaker 20 (step S37).
一方、ステップS36において、楽曲の再生はまだ終了していないと判断すれば、次に
、マイクロフォン17から得られる情報に基づいて、ユーザーがDJモードの終了を希望
しているか否かを判断する(ステップS38)。例えば、ユーザーより「DJモード終了
」などといった音声が発せられたか否かを判断する。ユーザーがDJモードの終了を希望
していると判断すれば、「分かりました。それではDJモードを終了します。必要になっ
たら私を呼んで下さい」といった案内文をスピーカ20から出力させる(ステップS39
)。一方、ユーザーはDJモードの終了を希望していないと判断すれば、そのままステッ
プS36へ戻って、楽曲の再生を続ける。
On the other hand, if it is determined in step S36 that the music reproduction has not ended yet, it is next determined whether or not the user desires to end the DJ mode based on the information obtained from the microphone 17 ( Step S38). For example, it is determined whether or not a sound such as “DJ mode end” is issued by the user. If it is determined that the user wants to exit the DJ mode, a guidance message such as “I understand. Then I will exit the DJ mode. Please call me when necessary” is output from the speaker 20 (steps). S39
). On the other hand, if it is determined that the user does not wish to end the DJ mode, the process directly returns to step S36 to continue playing the music.
上記実施の形態(1)に係る音楽再生装置によれば、HDD25に記憶された楽曲の中
から前記所定の選択条件に基づいて楽曲が選択され、HDD25から、選択された楽曲に
関する情報(例えば、前記楽曲が収録されていたCDのタイトル名、歌手名、曲名)が読
み出され、読み出された情報に基づいて、前記楽曲の曲紹介が行われる。
According to the music playback device according to the above embodiment (1), a music is selected from the music stored in the HDD 25 based on the predetermined selection condition, and information on the selected music (for example, from the HDD 25 (for example, (Title name, singer name, song name) of the CD on which the music is recorded is read, and the music is introduced based on the read information.
例えば、「次に演奏する曲は、○○○○(歌手名)の曲、アルバム○○○○(CDのタ
イトル名)から○○○○(曲名)です。どうぞ」といった曲紹介が行われるので、音楽を
再生するにあたっての演出効果が高められ、運転がより一層快適なものとなり、ドライブ
がより一層楽しいものとなる。
For example, a song introduction such as “Next song to be played is a song of XXX (singer name), album XXX (title name of CD) to XXX (song name). Please” is performed. As a result, the production effect when playing music is enhanced, driving becomes even more comfortable, and driving becomes even more enjoyable.
なお、上記実施の形態(1)に係る音楽再生装置では、楽曲の再生直前に、楽曲の曲紹
介を行っているが、別の実施の形態に係る音楽再生装置では、楽曲の再生直前ではなく、
楽曲の再生直後や、楽曲再生中に行うようにしても良い。但し、楽曲再生中に曲紹介を行
う場合には、歌声のない期間(例えば、前奏期間中や間奏期間中)に行うのが好ましい。
In the music playback device according to the above embodiment (1), the music is introduced just before the music is played back. However, in the music playback device according to another embodiment, it is not just before the music playback. ,
You may make it perform immediately after reproduction | regeneration of music, or during music reproduction. However, when introducing a song during music reproduction, it is preferable to do it during a period when there is no singing voice (for example, during a prelude period or an interlude period).
また、歌声のない期間に曲紹介を行うには、前奏期間がどのくらいの長さであるのか、
曲紹介を行える長さがあるのか、また間奏期間はどのタイミングからかということを把握
する必要があるが、これら情報については、楽曲に関する情報に含まれるようにすれば良
い。
Also, how long the prelude period is to introduce songs during periods when there is no singing voice,
It is necessary to know whether there is a length for introducing a song and at what timing the interlude period starts, but such information may be included in the information about the song.
また、上記実施の形態に係る音楽再生装置(1)では、1曲ずつ曲紹介を行うようにし
ているが、別の実施の形態に係る音楽再生装置では、複数の楽曲の曲紹介をまとめて行う
ようにしても良い。例えば、「○○○○(歌手名)の○○○○(曲名)、○○○○(歌手
名)の○○○○(曲名)2曲続けてどうぞ」と紹介したり、また、同じ歌手の楽曲が続く
場合には、これら楽曲の曲紹介をまとめて、例えば、「次は○○○○(歌手名)の○○○
○(曲名)、○○○○(曲名)2曲続けてどうぞ」と紹介しても良い。
Also, in the music playback device (1) according to the above embodiment, the songs are introduced one by one. However, in the music playback device according to another embodiment, the songs of a plurality of songs are collectively introduced. You may make it do. For example, “Please continue with 2 songs of ○○○○ (song name) of ○○○○ (singer name) and ○○○○ (singer name) of ○○○○ (singer name)” or the same When the singer's music continues, the music introductions of these music are summarized, for example, “Next is XX of XXX (singer name)
○ (Song name), ○○○○ (Song name) 2 songs in a row, please ”.
なお、上記実施の形態(1)に係る音楽再生装置では、音声で各種やり取りを行うよう
になっているが、別の実施の形態に係る音楽再生装置では、ボタン入力や画面表示を使っ
て上記やり取りを行うようにしたり、両方を組み合わせるようにしても良い。また、さら
に別の実施の形態に係る音楽再生装置では、装置からの案内等(例えば、エージェントの
音声など)を所定の環境条件(例えば、ユーザーの性別や、時間帯)に応じた形態に変更
するようにしても良い。
In the music playback device according to the embodiment (1), various exchanges are made by voice. However, the music playback device according to another embodiment uses the button input or the screen display. You may make it communicate and may combine both. In addition, in a music playback device according to another embodiment, the guidance from the device (for example, the voice of the agent) is changed to a format according to a predetermined environmental condition (for example, the gender or time zone of the user). You may make it do.
例えば、ユーザーが男性である場合には、女性の声で前記案内等を行い、ユーザーが女
性である場合には、男性の声で前記案内等を行い、また、午前は男性の声で前記案内等を
行い、午後は女性の声で前記案内等を行うようにして、飽きのこないものとすることがで
きる。なお、ユーザーの性別による前記案内等の形態の変更を実現するには、予めユーザ
ーの性別を登録させておけば良い。
For example, when the user is a male, the guidance is performed with a female voice. When the user is a female, the guidance is performed with a male voice. In the morning, the guidance is performed with a male voice. In the afternoon, the guidance and the like are performed in the voice of a woman, so that it can be timeless. In order to realize the change of the form such as the guide according to the gender of the user, the gender of the user may be registered in advance.
本発明の実施の形態(1)に係る音楽再生装置の要部を概略的に示したブロック図である。It is the block diagram which showed roughly the principal part of the music reproducing apparatus which concerns on Embodiment (1) of this invention. HDDに記憶されているデータの一部を示した図である。It is the figure which showed a part of data memorize | stored in HDD. 実施の形態(1)に係る音楽再生装置におけるマイコンの行う処理動作を示したフローチャートである。It is the flowchart which showed the processing operation which the microcomputer in the music reproducing apparatus which concerns on embodiment (1) performs. 実施の形態(1)に係る音楽再生装置におけるマイコンの行う処理動作を示したフローチャートである。It is the flowchart which showed the processing operation which the microcomputer in the music reproducing apparatus which concerns on embodiment (1) performs. 実施の形態(1)に係る音楽再生装置におけるマイコンの行う処理動作を示したフローチャートである。It is the flowchart which showed the processing operation which the microcomputer in the music reproducing apparatus which concerns on embodiment (1) performs. HDDに記憶されているデータの一部を示した図である。It is the figure which showed a part of data memorize | stored in HDD.
符号の説明Explanation of symbols
11 音楽再生装置
12 マイコン
18 音声合成部
25 HDD
11 Music Player 12 Microcomputer 18 Speech Synthesizer 25 HDD

Claims (8)

  1. 記憶手段に、楽曲に関する情報と対応づけて記憶された複数の楽曲の中から楽曲を選択
    し、再生するための音楽再生装置において、
    前記記憶手段に記憶された楽曲の中から所定の選択条件に基づいて楽曲を選択する楽曲
    選択手段と、
    該楽曲選択手段により選択された楽曲を再生する楽曲再生手段と、
    前記記憶手段から、前記楽曲選択手段により選択された楽曲に関する情報を読み出す楽
    曲情報読出手段と、
    該楽曲情報読出手段により読み出された情報に基づいて、前記楽曲の曲紹介を行う曲紹
    介手段とを備えていることを特徴とする音楽再生装置。
    In a music playback device for selecting and playing music from a plurality of music stored in association with information related to music in the storage means,
    Music selection means for selecting music based on a predetermined selection condition from the music stored in the storage means;
    Music playback means for playing back the music selected by the music selection means;
    Music information reading means for reading out information related to the music selected by the music selection means from the storage means;
    A music reproducing apparatus comprising: music introduction means for introducing a music piece based on information read by the music information reading means.
  2. 各楽曲固有の情報の埋め込みが可能な、曲紹介に用いる基本文が記憶された基本文記憶
    手段を備え、
    前記曲紹介手段が、前記基本文記憶手段に記憶されている基本文に、曲紹介を行うべき
    楽曲固有の情報を埋め込むことによって、曲紹介を行うものであることを特徴とする請求
    項1記載の音楽再生装置。
    It has a basic sentence storage means that can embed information unique to each piece of music and stores a basic sentence used for introducing songs,
    2. The music introduction means for introducing a music by embedding information specific to the music to be introduced into the basic sentence stored in the basic sentence storage means. Music player.
  3. 前記基本文記憶手段には、楽曲の種別情報と対応づけて、複数の基本文が記憶されてお
    り、
    前記曲紹介手段が、曲紹介を行うべき楽曲の種別に基づいて、使用する基本文を決定す
    るものであることを特徴とする請求項2記載の音楽再生装置。
    The basic sentence storage means stores a plurality of basic sentences in association with music type information,
    3. The music reproducing apparatus according to claim 2, wherein the music introduction means determines a basic sentence to be used based on a type of music to be introduced.
  4. 前記曲紹介手段が、再生される楽曲の順番に関する情報を含めて、曲紹介を行うもので
    あることを特徴とする請求項1〜3のいずれかの項に記載の音楽再生装置。
    The music reproducing device according to any one of claims 1 to 3, wherein the music introducing means introduces music including information on the order of the music to be reproduced.
  5. 前記記憶手段には、楽曲に関する情報として、収録されていた記憶媒体のタイトル名、
    リリースされた年月日、歌手名、曲名、ジャンル、及びイメージのいずれかが含まれてい
    ることを特徴とする請求項1〜4のいずれかの項に記載の音楽再生装置。
    In the storage means, the title name of the recording medium recorded as information about the music,
    The music playback device according to any one of claims 1 to 4, wherein any of released date, singer name, song title, genre, and image is included.
  6. 前記曲紹介手段が、楽曲の再生直前、又は再生直後に前記楽曲の曲紹介を行うものであ
    ることを特徴とする請求項1〜5のいずれかの項に記載の音楽再生装置。
    The music reproducing apparatus according to claim 1, wherein the music introduction unit introduces the music of the music immediately before or after the reproduction of the music.
  7. 前記曲紹介手段が、楽曲再生中における歌声のない期間を特定し、該期間に楽曲の曲紹
    介を行うものであることを特徴とする請求項1〜5のいずれかの項に記載の音楽再生装置
    The music reproduction according to any one of claims 1 to 5, wherein the music introduction means specifies a period in which there is no singing voice during music reproduction and introduces the music of the music during the period. apparatus.
  8. 前記曲紹介手段が、複数の楽曲の曲紹介をまとめて行うものであることを特徴とする請
    求項1〜5のいずれかの項に記載の音楽再生装置。
    The music reproducing apparatus according to claim 1, wherein the music introduction means collectively introduces a plurality of music pieces.
JP2003370616A 2003-10-30 2003-10-30 Music reproducing unit Withdrawn JP2005135518A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003370616A JP2005135518A (en) 2003-10-30 2003-10-30 Music reproducing unit

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003370616A JP2005135518A (en) 2003-10-30 2003-10-30 Music reproducing unit

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005135518A true JP2005135518A (en) 2005-05-26

Family

ID=34647577

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003370616A Withdrawn JP2005135518A (en) 2003-10-30 2003-10-30 Music reproducing unit

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005135518A (en)

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2007111171A1 (en) * 2006-03-29 2007-10-04 Pioneer Corporation Player, playing method, and computer program for the playing method
JP2008090629A (en) * 2006-10-02 2008-04-17 Fujitsu Ten Ltd Song data update system and audio device
JP2009104199A (en) * 2009-02-12 2009-05-14 Denso Corp On-vehicle music piece playback device
WO2014162569A1 (en) * 2013-04-04 2014-10-09 パイオニア株式会社 Playback device, playback system, playback method, playback program, and computer-readable storage medium
JP2018112665A (en) * 2017-01-12 2018-07-19 パイオニア株式会社 Information output device and information output method
JP2018112642A (en) * 2017-01-11 2018-07-19 パイオニア株式会社 Information output device and information output method

Cited By (6)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
WO2007111171A1 (en) * 2006-03-29 2007-10-04 Pioneer Corporation Player, playing method, and computer program for the playing method
JP2008090629A (en) * 2006-10-02 2008-04-17 Fujitsu Ten Ltd Song data update system and audio device
JP2009104199A (en) * 2009-02-12 2009-05-14 Denso Corp On-vehicle music piece playback device
WO2014162569A1 (en) * 2013-04-04 2014-10-09 パイオニア株式会社 Playback device, playback system, playback method, playback program, and computer-readable storage medium
JP2018112642A (en) * 2017-01-11 2018-07-19 パイオニア株式会社 Information output device and information output method
JP2018112665A (en) * 2017-01-12 2018-07-19 パイオニア株式会社 Information output device and information output method

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2005135519A (en) Music reproducing unit
JP2005135518A (en) Music reproducing unit
JP2005285285A (en) Content read system and musical piece reproduction apparatus
JP4651317B2 (en) Music selection device
JP4860513B2 (en) Music video playback device that specifies the music for viewing the continuation of the video work
US7385129B2 (en) Music reproducing system
JP2008204560A (en) Reproducing device, reproducing method, program, and recording medium
JP2002298562A (en) Device for displaying audio information
JP2010225235A (en) On-vehicle sound reproducing apparatus and sound reproducing method
JP4293072B2 (en) Music playback device
JP2006208866A (en) Reproducing device
JP2007311020A (en) Device and method for playing, and onboard player
JP4816741B2 (en) In-car music playback device
JP4143561B2 (en) Music player
JP2006236546A (en) On-vehicle information terminal
JP2008052843A (en) Lyrics display system in car-audio
JP2021135384A (en) Karaoke device
JP4263151B2 (en) Content reproduction pattern generation apparatus, content reproduction system, and content reproduction pattern generation method
JP2007109346A (en) Portable music reproduction terminal
JP3899716B2 (en) Playback device
JP2007257712A (en) Content selecting device
JP2009020970A (en) Data processing device, control program, and computer-readable recording medium
JP2009252329A (en) Audio device
JP2007109271A (en) Music reproducing device
JP2006209914A (en) Device, method, and program for controlling data output, and recording medium with program recorded

Legal Events

Date Code Title Description
A300 Withdrawal of application because of no request for examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A300

Effective date: 20070109