New! View global litigation for patent families

JP2005093013A - Optical disk drive device - Google Patents

Optical disk drive device

Info

Publication number
JP2005093013A
JP2005093013A JP2003327287A JP2003327287A JP2005093013A JP 2005093013 A JP2005093013 A JP 2005093013A JP 2003327287 A JP2003327287 A JP 2003327287A JP 2003327287 A JP2003327287 A JP 2003327287A JP 2005093013 A JP2005093013 A JP 2005093013A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
optical
disk
focus
search
made
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003327287A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Koichi Tada
浩一 多田
Original Assignee
Sanyo Electric Co Ltd
三洋電機株式会社
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

PROBLEM TO BE SOLVED: To provide an optical disk drive device in which appropriate discrimination of an optical disk is made without scratching the surface of the disk even when a variety of optical disks are discriminated by using focus search.
SOLUTION: Discrimination is made by focus search for a CD optical disk, a DVD optical disk, an optical disk having the AOD standards and an optical disk having the Blu-lay standards which are to be mounted on a driver. In this case, the focus search should be made for the optical disks in order from the optical system having a longer working distance that is the moveable distance of an objective lens with respect to a mounted disk, i.e., in the order of the DVD optical disk, the CD optical disk, the AOD standard optical disk, and the Blu-lay standard optical disk.
COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

本発明は、各種規格の異なる光ディスクを判別しつつ、それら光ディスクの再生、あるいは記録再生を行う光ディスクドライブ装置に関する。 The present invention, while determining the optical disks having different various standards, the reproduction of these optical disks, or an optical disk drive apparatus for recording and reproducing.

現在、光ディスクとしてはCD、CD−ROM、CD−R、CD−RW等のCD系光ディスク、また赤色レーザで記録再生するものとしてDVD、DVD−ROM、DVD−R、DVD−RW、DVD−RAM、DVD+R、DVD+RW等のDVD系光ディスクがある。 Currently, the optical disc CD, CD-ROM, CD-R, CD-RW, etc. CD-based optical disc, also DVD as recording and reproducing with a red laser, DVD-ROM, DVD-R, DVD-RW, DVD-RAM , DVD + R, a DVD-based optical disc DVD + RW or the like. さらに近年は、ブルーレーザを用いたBlu−lay規格やAOD(Advanced Optical Disc)規格が提案されており、それらの規格を用いた光ディスクやドライブ装置の商品化が進められつつある。 Further in recent years, Blu-lay standard or AOD using a blue laser (Advanced Optical Disc) and standards is proposed, it is being commercialized advanced optical disc or drive devices using those standards.

ところで、このように様々な種類の光ディスクが規格、商品化されてきているが、全ての光ディスクに共通している点は、ディスクサイズが直径「12cm」、厚さが「1.2mm」ということである。 By the way, that this way, various types of optical disk is standard, but have been commercialized, the points that are common to all of the optical disk, disk size is the diameter "12cm", thickness of "1.2mm" it is.

このため、近年の技術トレンドとして、このように直径、厚さが同じで規格の異なる様々な光ディスクの種類を判別しつつ、互換再生、互換記録機能を持たせるドライブ装置の開発が盛んに行われている。 Therefore, as a recent technical trend, thus a diameter, a thickness of the same while discriminating the type of the various optical disks of different standards, compatibility reproduction, development of the drive device to have a compatible recording function is performed actively ing.

そして従来、この種のドライブ装置として、例えばコンボドライブと呼ばれるドライブ装置では、CD、CD−ROM、CD−R、CD−RW等のCD系光ディスクと、DVD、DVD−ROM等とを判別しつつ、互換再生とCD系の記録型光ディスクへの記録を可能としている。 Then Conventionally, as this type of drive device, for example, the drive device called a combo drive, CD, CD-ROM, CD-R, a CD-based optical disc such as CD-RW, DVD, while distinguishing between DVD-ROM and the like , thereby enabling the recording to a recording type optical disc compatible playback and CD system. また、マルチドライブと呼ばれるドライブ装置では、CD、CD−ROM、CD−R、CD−RW等のCD系光ディスクと、DVD、DVD−ROM、DVD−R、DVD−RW、DVD−RAM、DVD+R、DVD+RW等のDVD系光ディスクとを判別しつつ、互換再生、互換記録を共に可能としている。 Further, the drive device called a multi-drive, CD, CD-ROM, CD-R, a CD-based optical disc such as CD-RW, DVD, DVD-ROM, DVD-R, DVD-RW, DVD-RAM, DVD + R, while discriminating between DVD type optical disc DVD + RW or the like, compatible reproduction, and are both capable compatible recording.

ここで、このような光ディスクドライブ装置のデータ読み取り機構(ピックアップ)として、例えばDVD系の光ディスクドライブ装置に従来採用されている機構を例にとって、図17を参照しつつ、その概要を説明する。 Here, as the data reading mechanism for such an optical disk drive (pickup), for example, as an example mechanism adopted conventionally in the optical disc drive device of a DVD system, with reference to FIG. 17, for explaining the overview.

同図17に示すように、この種の光ディスクドライブ装置は、通常、ディスクデータ読み取り機構を構成するピックアップ50を備えている。 As shown in FIG. 17, this type of optical disc drive apparatus is usually provided with a pickup 50 which constitutes the disk data reading mechanism. このピックアップ50は、基本的には、レーザ光LBを発振する半導体レーザ発振器51と、レーザ光LBを反射するミラー52と、レーザ光LBを絞り込んで光ディスクの記録層rに焦点を合わせるレンズ53と、光ディスク及びミラー52からの反射光をフォトセンサ56に導くためのビームスプリッタ54とを備えて構成される。 The pickup 50 is basically a semiconductor laser oscillator 51 for oscillating a laser beam LB, a mirror 52 for reflecting the laser beam LB, a lens 53 to focus on the recording layer r of the optical disk by narrowing down a laser beam LB constituted by a beam splitter 54 for guiding the light reflected from the optical disk and the mirror 52 to the photosensor 56. そして、その補助機構としてさらに、フォーカシング(焦点合わせ)やトラッキング(レーザ軌道調整)のために、上記レンズ53を上下、左右方向に微動可能にするボイスコイル57なども備えている。 Then, further as an auxiliary mechanism, for focusing (focusing) and tracking (laser trajectory adjustment), and the lens 53 up and down, also comprises such as a voice coil 57 to allow fine motion in the lateral direction.

なお、この例において、光源として用いられる上記半導体レーザ発振器51には、主に635〜660nmの波長を有する赤色レーザダイオードが用いられている。 Incidentally, in this example, the above-mentioned semiconductor laser oscillator 51 to be used as a light source, it is mainly used a red laser diode having a wavelength of 635~660Nm. そして、より詳しくは、このレーザ発振器51から発せられたレーザ光LBは、ビームスプリッタ54によって所定の偏光成分のみがディスク側に反射され、さらにミラー52によって反射されたレーザ光LB(正確にはその所定の偏光成分)がレンズ53で絞り込まれてディスクの記録層rに形成されたピット列に照射される。 And, more specifically, the laser beam LB emitted from the laser oscillator 51, only a predetermined polarized component by the beam splitter 54 is reflected on the disk side, is further laser beam LB (accurately reflected by the mirror 52 that predetermined polarized component) is radiated narrowed in the pit row formed on the recording layer r of the disk in lens 53. 一方、記録層rのピット列から反射されたレーザ光LBは、レンズ53及びミラー52を介してビームスプリッタ54に至り、ここで上記反射された偏光成分とは異なる偏光成分のみが透過されてフォトセンサー56に入射される。 On the other hand, the laser beam LB reflected from the pit row of the recording layer r is led to the beam splitter 54 via the lens 53 and the mirror 52, where only the polarization component different from the reflected polarized light component is transmitted through the photo It is incident on the sensor 56. フォトセンサー56は、この入射されたレーザ光LBを電気信号に変換する部分であり、この変換された電気信号は増幅されてピックアップ50の外部回路に送られ、そこで周知の復調処理等が施される。 Photosensor 56 is a portion for converting the incident laser beam LB to an electric signal, the converted electric signal is transmitted are amplified in the external circuit of the pickup 50, where a known demodulation process or the like is performed that.

ここで、上記レンズ53は、図示しないコリメータレンズと対物レンズとを備えている。 Here, the lens 53, and a collimator lens and an objective lens (not shown). このうち、コリメータレンズは、入射されるレーザ光LBを整形して、対物レンズに対し平行光を入射するためのレンズである。 Of these, the collimator lens is to shape the laser beam LB is incident, a lens for the incident parallel light to the objective lens. 他方、対物レンズは、このコリメータレンズから入射される平行光を絞り込んでディスクの記録層rに焦点を合わせるためのレンズである。 On the other hand, the objective lens is a lens for focusing the recording layer r of the disk to refine the collimated light incident from the collimating lens. ちなみに、この対物レンズは、回折限界までビームを絞るために高い性能が要求されており、そのレンズ開口率NAも、例えばNA=0.65程度の高い開口率に設定されている。 Incidentally, the objective lens is required to have high performance in order to narrow the beam to the diffraction limit is set to the lens numerical aperture NA is also, for example NA = 0.65 approximately high aperture ratio.

また、このレンズ53は、図17に示されるように、アーム部材55に支持されており、アーム部材55の横方向両側面には、該アーム部材55に対向する態様で上記ボイスコイル57が設けられている。 Further, the lens 53, as shown in FIG. 17, is supported by the arm member 55, the lateral side surfaces of the arm member 55, the voice coil 57 is provided in a manner opposite to the arm member 55 It is. なお、このボイスコイル57は、薄い紙やアルミニウムなどの筒(ボビン)に銅線などを巻きつけて構成されており、これに電気信号を与えることで磁気回路が駆動し、レンズ53が支持されているアーム部材55を上下、左右方向に微動可能にする電磁コイルである。 Note that the voice coil 57, the cylinder such as a thin paper or aluminum (bobbin) is constructed by winding and copper, to which a magnetic circuit is driven by giving an electric signal, the lens 53 is supported the by which the arm member 55 up and down, an electromagnetic coil to allow fine motion in the lateral direction.

そして、ピックアップ50のフォーカシングに際しては、上記ボイスコイル57によってレンズ53をアーム部材55ごと上下方向に動かし、ディスク表面と対物レンズとの距離を調整する処理が行われる。 Then, upon focusing the pickup 50 moves the lens 53 in the vertical direction by the arm member 55 by the voice coil 57, the process of adjusting the distance between the disc surface and the objective lens is performed.

次に、このようなピックアップ50のフォーカスサーチに伴う検出信号とレンズ53の駆動制御との関係について図18を参照しつつ、その概要を説明する。 Next, referring to FIG. 18 the relationship between the drive control of the detection signal and the lens 53 with the focus search of such pick-up 50, for explaining the overview. なお、図18は、レンズ53を上下動させるための駆動信号FED(図18(a))とフォーカスサーチに伴い検出されるFE(フォーカスエラー)信号(図18(b))とRF信号(図18(c))とについてその推移をタイミングチャートとして示したものである。 Incidentally, FIG. 18, RF signal (Fig. The drive signal FED (18 (a)) and with the focus search the detected FE (focus error) signal (FIG. 18 (b)) for vertically moving the lens 53 for the 18 (c)) illustrates the changes as a timing chart.

同図18(a)〜(c)に示すように、例えばタイミングt1において、レンズ53を元の位置から下方向に移動させ、徐々に上方向に移動させていくと、合焦点付近のあるタイミングt2でレーザ光LBの強い反射光が検出され、RF信号と共に、FE信号としてS字形の誤差信号が表れる。 As shown in FIG. 18 (a) ~ (c), for example, at timing t1, is moved downward to the lens 53 from the original position, the gradually moved upward, the timing with near-focus point t2 strong reflected light of the laser beam LB is detected by, along with RF signals, the error signal of the S-shaped appears as FE signal. そして、このFE信号がゼロクロスするタイミング(t2)にてレンズ53のフォーカス位置(合焦点位置)が認識され、その後、このフォーカス位置に応じた上方向の駆動限界(タイミングt3)を経た後、タイミングt4にてレンズ53が元の位置に戻される。 Then, the focus position of the lens 53 at the timing (t2) of the FE signal zero-crosses (focused position) is recognized, then, after a driving limit of the upward direction corresponding to the focus position (timing t3), the timing lens 53 is returned to the original position at t4. また、こうしたフォーカスサーチ、すなわち上記FE信号やRF信号の検出がより早い時期(タイミングt2以前)に行われる場合には、図18(a)に破線にて示すように、上記タイミングt3以前に、レンズ53が上方向の駆動限界に達することとなる。 Also, such focus search, that is, when the detection of the FE signal and the RF signal is performed at an earlier timing (timing t2 earlier), as shown by a broken line in FIG. 18 (a), the timing t3 earlier, lens 53 is to reach upward drive limit.

ここでは、DVD系光ディスクのドライブ装置を例にとって、そのフォーカスサーチの概要を説明したが、上述したBlu−lay規格やAOD規格も含めた全てのフォーマットのディスクを記録再生するドライブ装置となると、それら様々な仕様の光ディスクを判別する技術は重要である。 Here, as an example the drive unit of the DVD type optical disk and its has been described an overview of focus search, the drive apparatus for recording and reproducing disks all formats, including the above-described Blu-lay standard or AOD standard, they technique to determine the optical disc of different specifications is important. そして、それら各種光ディスク判別する方法としても、通常は、上述したフォーカスサーチが利用される。 Then, as a method to determine their various optical discs, usually, the focus search described above is utilized. すなわち、ディスク挿入に伴って上記FE信号、RF信号を検出し、そのレベルに応じてディスク判別を行うこととなる。 That is, the FE signal with the disk insertion, detects an RF signal, and to perform the disk identification in accordance with the level.

ただしこの場合、ピックアップの光学系として、現行のCD/DVD系に加え、Blu−lay規格やAOD規格に対応する光学系が加わることから、ディスク判別時には、それら光学系の駆動を一括してコントロールする駆動制御部が何度も光学系を切り替えてフォーカスサーチを繰り返し、ディスク判別を行うことになる。 However, in this case, as the optical system of the pickup, in addition to the current CD / DVD system, since the optical system corresponding to the Blu-lay standards or AOD standard is applied, at the time of disc discrimination, to collectively drive their optics control also the drive control unit is again to repeat the focus search by switching the optical system, thereby performing the disk discrimination. すなわち、このディスク判別に際しては、ディスクに対する対物レンズの可動距離、すなわちワーキングディスタンスが長い例えばDVD系の光ディスクがドライブに装着されているときに、同ワーキングディスタンスの短い例えばBlu−lay規格の光ディスクの光学系でフォーカスサーチが行われることもある。 That is, in this disk discriminating, movable distance of the objective lens relative to the disk, that is, when the working distance which is longer, for example, a DVD family optical disc mounted on the drive, the optical disc of the same working distance shorter e.g. Blu-lay standard optical sometimes focus search is carried out in the system. このため、極端な場合には、Blu−lay規格に対応した光学系の対物レンズが上記DVD系の光ディスクに当接し、ディスク表面を傷つけてしまう可能性もある。 Therefore, in extreme cases, Blu-lay optical system of the objective lens corresponding to the standard contact with the DVD family optical disc, there is a possibility that damage the disc surface.

ちなみに、各光学系のワーキングディスタンスは、それぞれ対象とする光ディスクの種類に応じて異なり、通常は、AOD規定の光ディスクの光学系で「0.9mm」、DVD系の光学系で「1.2mm〜1.3mm」、CD系の光学系で「0.99mm」、そしてBlu−lay規格の光ディスクの光学系で「0.3mm〜0.7mm」となっている。 Incidentally, the working distance of the optical system is different depending on the type of the optical disk of interest, respectively, usually, "0.9mm" in the optical system of the AOD provisions of the optical disc, the optical system of the DVD system "1.2mm~ 1.3mm ", it has become a" 0.3mm~0.7mm "in the optical system of CD-based" 0.99mm ", and the optical system of the optical disc of the Blu-lay standard.

この発明は、こうした実情に鑑みてなされたものであり、フォーカスサーチによって各種光ディスクの判別を行う場合であれ、ディスク表面を傷つけることなく、適正にそれら光ディスクの判別を行うことのできる光ディスクドライブ装置を提供することを目的とする。 This invention has been made in view of these circumstances, in the case of performing the determination of the various optical disc by the focus search, without damaging the disk surface, the optical disc drive apparatus capable of performing a proper determination of their optical disk an object of the present invention is to provide.

こうした目的を達成するために、請求項1に記載の発明は、1つのドライブに装着される複数種の規格からなる光ディスクについて、それら光ディスクの判別をフォーカスサーチによって行う光ディスクドライブ装置であって、装着された光ディスクに対する対物レンズの可動距離であるワーキングディスタンスが最も短い規格の光学系によるフォーカスサーチを最後に行うことをその要旨とする。 To achieve these objectives, the invention according to claim 1, the optical disk comprising a plurality of kinds of specifications to be mounted on one drive, a determination of their optical disk an optical disk drive apparatus for performing the focus search, mounting as its gist to perform focus search by the optical system of the working distance is the shortest standard is movable distance of the objective lens at the end with respect to the optical disc that is.

こうした構成によれば、ワーキングディスタンスが最も短い規格の光学系によるフォーカスサーチが最後に行われることで、該ワーキングディスタンスが最も短い規格の光学系に行き着く前に、装着されている光ディスクの判別が完了する可能性が高くなる。 According to this construction, since the focus search by the optical system of the shortest standard working distance is done at the end, before ending up in the optical system of the working distance is the shortest standard, the determination of the optical disk that is mounted completed the possibility of increases. これにより、フォーカスサーチによるディスク判別時、対物レンズが光ディスクに当接してディスク表面を傷をつける等の不都合も好適に回避されるようになる。 Thus, when the disc is judged by the focus search, so the objective lens is inconvenience suitably avoid such damaging the disk surface in contact with the optical disc.

また、請求項2に記載の発明は、上記請求項1に記載の光ディスクドライブ装置において、前記複数種の規格からなる光ディスクがBlu−lay規格の光ディスクを含み、前記最後にフォーカスサーチを行う光学系が、前記Blu−lay規格の光ディスクに対応した光学系であることをその要旨とする。 The invention of claim 2 is an optical disc drive apparatus according to claim 1, wherein the comprises an optical disc comprising a plurality of kinds of standards of optical disks of Blu-lay standard, the last optical system for performing focus search but as its gist in that the a Blu-lay optical system corresponding to the standard of the optical disc.

こうした構成によれば、1つのドライブに装着される複数種の規格からなる光ディスクとしてBlu−lay規格の光ディスクが含まれる場合であれ、ワーキングディスタンスの短いBlu−lay規格の光学系によるフォーカスサーチが最後に行われることで、該光学系によるフォーカスサーチが実行される前に、装着されている光ディスクの判別が完了する可能性が高くなる。 According to this structure, in the case that contains one optical disc of Blu-lay standard as an optical disc comprising a plurality of kinds of specifications to be mounted on the drive, the focus search by the optical system of the short working distance Blu-lay standard last by performed, before the focus search by the optical system is executed, the possibility of complete discrimination of the optical disc is mounted is high. このため、上記Blu−lay規格の光ディスクに対応したマルチドライブ等においても、上記ディスク判別時のフォーカスサーチに起因する対物レンズとディスク面との当接等は好適に回避されるようになる。 Therefore, even in a multi-drive or the like corresponding to the optical disc of the Blu-lay standard, so contact the like between the objective lens and the disk surface due to the focus search time the disk discrimination can be suitably avoided.

また、請求項3に記載の発明は、同じく請求項1に記載の光ディスクドライブ装置において、前記複数種の規格からなる光ディスクがAOD規格の光ディスクを含み、前記最後にフォーカスサーチを行う光学系が、前記AOD規格の光ディスクに対応した光学系であることをその要旨とする。 The invention according to claim 3, like in the optical disc drive apparatus according to claim 1, the optical disk comprising a plurality of types of standards comprises an optical disk AOD standard, the last optical system for performing focus search, as its gist that the optical system corresponding to the optical disk of the AOD standard.

こうした構成によれば、1つのドライブに装着される複数種の規格からなる光ディスクとしてAOD規格の光ディスクが含まれる場合であれ、ワーキングディスタンスの短いAOD規格の光学系によるフォーカスサーチが最後に行われることで、該光学系によるフォーカスサーチが実行される前に、装着されている光ディスクの判別が完了する可能性が高くなる。 According to this structure, in the case that includes one of an optical disk AOD standard as an optical disc comprising a plurality of kinds of specifications to be mounted on the drive, the focus search by the optical system of the short working distance AOD standard is done at the end in, before the focus search by the optical system is executed, the possibility to complete the determination of the optical disc is mounted higher. このため、上記AOD規格の光ディスクに対応したマルチドライブ等においても、上記ディスク判別時のフォーカスサーチに起因する対物レンズとディスク面との当接等は好適に回避されるようになる。 Therefore, even in a multi-drive or the like corresponding to the optical disk of the AOD standard, so contact the like between the objective lens and the disk surface due to the focus search time the disk discrimination can be suitably avoided.

また、請求項4に記載の発明は、これも同じく請求項1に記載の光ディスクドライブ装置において、前記複数種の規格からなる光ディスクがBlu−lay規格の光ディスク及びAOD規格の光ディスクを含み、前記最後にフォーカスサーチを行う光学系が、前記Blu−lay規格の光ディスクに対応した光学系であることをその要旨とする。 The invention according to claim 4, which is also in the optical disk drive according also to claim 1, the optical disk comprising a plurality of types of standards comprises an optical disk of the optical disk and AOD standard Blu-lay standard, the last an optical system for performing focus search, as its gist in that the a Blu-lay optical system corresponding to the standard of the optical disc.

こうした構成によれば、1つのドライブに装着される複数種の規格からなる光ディスクとしてBlu−lay規格の光ディスク及びAOD規格の光ディスクが共に含まれる場合であれ、よりワーキングディスタンスの短いBlu−lay規格の光学系によるフォーカスサーチが最後に行われることで、該光学系によるフォーカスサーチが実行される前に、上記AOD規格の光ディスクも含めて、装着されている光ディスクの判別が完了する可能性が高くなる。 According to this structure, in the case where Blu-lay the standard optical disc and AOD standard optical disc as an optical disc comprising a plurality of kinds of specifications to be mounted on one drive is included together more short working distance Blu-lay standard by focus search by the optical system is performed at the end, before the focus search by the optical system is executed, including an optical disc of the AOD standard, more likely to complete the determination of the optical disk that is mounted . このため、上記Blu−lay規格の光ディスク及びAOD規格の光ディスクの双方に対応したマルチドライブ等においても、上記ディスク判別時のフォーカスサーチに起因する対物レンズとディスク面との当接等は好適に回避されるようになる。 Therefore, even in a multi-drive, etc. corresponding to both the optical disk of the optical disk and AOD standard of the Blu-lay standard, contact or the like between the objective lens and the disk surface due to the focus search time the disk discrimination is suitably avoided It comes to be.

また、請求項5に記載の発明は、請求項1〜4のいずれか一項に記載の光ディスクドライブ装置において、前記フォーカスサーチが、前記ワーキングディスタンスの長い規格の光学系から順に行われることをその要旨とする。 Further, the invention according to claim 5, in the optical disc drive apparatus according to claim 1, said focus search is performed in order from the optical system of a long standard of the working distance thereof the gist.

こうした構成によれば、対応する全ての規格の光ディスクの光学系に関して、ワーキングディスタンスが相対的に短い光学系によるフォーカスサーチが他の光学系によるフォーカスサーチよりも先に実行されることはなくなり、上述した対物レンズとディスク面との当接等についても、これをより的確に回避することができるようになる。 According to this structure, with respect to the optical system of the optical disk of all standards corresponding, will no longer be executed before the focus search by the focus search by the working distance is relatively short optical system other optical systems, above for even abut like between the objective lens and the disk surface has, it is possible to avoid this more accurately.

本発明によれば、1つのドライブに装着される複数種の規格からなる光ディスクについて、それら光ディスクの判別をフォーカスサーチによって行うに際し、それら各光ディスクに対応した光学系のワーキングディスタンスの違いに起因して対物レンズが光ディスクに当接し、ディスク表面に傷をつける等の不都合が好適に回避されるようになる。 According to the present invention, an optical disc comprising a plurality of kinds of specifications to be mounted on one drive, in performing the determination of those optical disc by the focus search, due to the difference in working distance of the optical system corresponding to each of these optical discs the objective lens is in contact with the optical disc, so that inconveniences such scratch the disk surface is preferably avoided.

以下、この発明にかかる光ディスクドライブ装置の一実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。 Hereinafter, an embodiment of an optical disc drive apparatus according to the present invention will be described in detail with reference to the accompanying drawings. なお、この実施の形態の光ディスクドライブ装置は、前述したCD系やDVD系の光ディスクをはじめ、Blu−lay規格の光ディスク、AOD規格の光ディスクにも対応したマルチドライブ方式を採用しており、それら各光ディスクに対応した各別の光学系を用いたフォーカスサーチによって、実際に装着された光ディスクの判別を実行する。 The optical disc drive apparatus of this embodiment, including an optical disk of CD-based and DVD-based as described above, Blu-lay standard optical disc employs a multi-drive system that also supports the optical disk of the AOD standard, they each the focus search with the another optical system corresponding to the optical disc, to perform the actual determination of the loaded optical disk.

はじめに、図1〜図3を参照して、この実施の形態にかかる光ディスクドライブ装置の構成について説明する。 First, with reference to FIGS. 1 to 3, description will be given of a configuration of an optical disc drive apparatus according to this embodiment.

図1に示す光ディスクドライブ装置において、ピックアップ100は、レーザ光により例えば光ディスクODに記録されたデータを読み取り電気信号に変換する部分である。 In the optical disk drive apparatus shown in FIG. 1, the pickup 100 is a portion of the data recorded by the laser beam, for example, the optical disc OD is converted into the read electric signal. そして、その内部には、上記複数種の光ディスクに各々対応して設けられた複数のレーザ光学系110〜140や、それら光学系110〜140による受光データを電気信号に変換するPDIC(受光素子回路)150などが設けられている。 Then, the inside, a plurality of or a laser optical system 110-140 provided in each corresponding to the plurality of types of optical disks, PDIC for converting an electrical signal received light data by their optics 110-140 (light receiving element circuit ) 150 and the like are provided. なお、上記光学系110〜140の各々は、基本的に先の図17に例示した構造を有し、各光学系のレンズを駆動する駆動系あるいはその制御系のみが共有化されている。 Incidentally, each of the optical system 110 to 140 has a basically preceding the structure illustrated in FIG. 17, only the drive system or its control system is shared to drive the lens of the optical system. そして、この駆動系あるいはその制御系は、後述するドライバ回路600から与えられる駆動信号FEDに基づき、例えば前記フォーカスサーチに際しては、それぞれ対応する光学系のレンズを、先の図18(a)に例示した態様で駆動制御する。 Then, the drive system or its control system, based on a driving signal FED supplied from the driver circuit 600 to be described later, when for example the focus search, illustrate the corresponding optical system lens, previously shown in FIG. 18 (a) for driving and controlling in the manner. また、このピックアップ100は、これも後述するレーザ駆動回路700から与えられるレーザ切り替え信号LDDに基づいて上記各光学系で使用するレーザの切り替えが行われるとともに、システムコンピュータ300から与えられるゲイン切り替え信号GSに基づいて上記PDIC150の増幅ゲインの切り替えが行われる。 Also, the pickup 100, which also together with the switching of the laser is made to be used in the above optical system based on laser switching signal LDD supplied from the laser driving circuit 700 to be described later, the gain switching signal GS supplied from the system computer 300 switching the amplification gain of the PDIC150 is performed based on.

図2は、こうしたピックアップ100について、その内部構造を、模式的ではあるが、より具体的に示したものであり、同図2を参照して、このピックアップ100の構造を更に詳述する。 2, for such pickup 100, its internal structure, there is a schematic but is intended only to show more detail, with reference to FIG. 2, further detailing the structure of the pickup 100. このピックアップ100は、上述したように、CD系光ディスクの光学系110、DVD系光ディスクの光学系120、AOD規格の光ディスクの光学系130、及びBlu−lay規格の光ディスクの光学系140といった、基本的には4種の各別の光学系を備えている。 The pickup 100, as described above, such as a CD-based optical disc optical system 110, DVD system optical system 120 of the disc, AOD disc optical system 130 of the standards and Blu-lay optical system 140 of the standard optical disc, basic and a respective of the four different optical systems to.

このうち、CD系光ディスクの光学系110は、光源として用いられる半導体レーザ発振器111に、785nmの波長を有する遠赤外レーザダイオードが用いられている。 Among them, the optical system 110 of the CD system optical disk, a semiconductor laser oscillator 111 used as a light source, the far-infrared laser diode having a wavelength of 785nm is used. このレーザ発振器111から発せられたレーザ光は、コリメータレンズ112によって平行光とされ、ビームスプリッタ114によって所定の偏光成分のみが透過される。 The laser beam emitted from the laser oscillator 111 is converted into parallel light by the collimator lens 112, only a predetermined polarized component by the beam splitter 114 is transmitted. そして、この透過された偏光成分がレンズ開口率NA=0.45の対物レンズ113によって絞り込まれて、ディスク記録層Rに照射される。 Then, the transmission has been polarized light component being focused by the objective lens 113 of the lens numerical aperture NA = 0.45, and is irradiated to the disk recording layer R. 一方、ディスク記録層Rから反射されたレーザ光は対物レンズ113を介してビームスプリッタ114に至り、ここで上記透過された偏光成分とは異なる偏光成分のみが反射されてPDIC150に入射される。 On the other hand, the laser beam reflected from the disk recording layer R reaches the beam splitter 114 via the objective lens 113, where only the polarization component that is different from the above the transmitted polarized light component is incident on PDIC150 is reflected. なお、この光学系110の場合、装着された光ディスクに対する対物レンズの可動距離(ワーキングディスタンスWD)は0.99mmであり、CD系光ディスクのディスク表面から記録層Rまでの距離は1.2mmである。 In the case of the optical system 110, a movable distance of the objective lens with respect to the loaded optical disk (working distance WD) is 0.99 mm, the distance from the disk surface of the CD-based optical disc to the recording layer R is a 1.2mm .

また、DVD系光ディスクの光学系120は、光源として用いられる半導体レーザ発振器121に、660nmの波長を有する赤色レーザダイオードが用いられている。 Further, the optical system 120 of the DVD type optical disc, a semiconductor laser oscillator 121 used as a light source, a red laser diode having a wavelength of 660nm is used. このレーザ発振器121から発せられたレーザ光は、コリメータレンズ122によって平行光とされ、ビームスプリッタ124によって所定の偏光成分のみが透過される。 The laser beam emitted from the laser oscillator 121 is converted into parallel light by the collimator lens 122, only a predetermined polarized component by the beam splitter 124 is transmitted. そして、この透過された偏光成分がレンズ開口率NA=0.65の対物レンズ123によって絞り込まれて、ディスク記録層Rに照射される。 Then, the transmission has been polarized light component being focused by the objective lens 123 of the lens numerical aperture NA = 0.65, and is irradiated to the disk recording layer R. 一方、ディスク記録層Rから反射されたレーザ光は対物レンズ123を介してビームスプリッタ124に至り、ここで上記透過された偏光成分とは異なる偏光成分のみが反射されてPDIC150に入射される。 On the other hand, the laser beam reflected from the disk recording layer R reaches the beam splitter 124 via the objective lens 123, where only the polarization component that is different from the above the transmitted polarized light component is incident on PDIC150 is reflected. なお、この光学系120の場合、装着された光ディスクに対する対物レンズの可動距離(ワーキングディスタンスWD)は1.2mm〜1.3mmであり、DVD系光ディスクのディスク表面から記録層Rまでの距離は0.6mmである。 In the case of the optical system 120, a movable distance of the objective lens with respect to the loaded optical disk (working distance WD) is 1.2Mm~1.3Mm, distance to the recording layer R from the disc surface of the DVD type optical disc 0 it is .6mm.

また、AOD規格の光ディスクの光学系130は、光源として用いられる半導体レーザ発振器131に、405nmの波長を有する青色レーザダイオードが用いられている。 Further, the optical system 130 of the optical disk of AOD standard, the semiconductor laser oscillator 131 used as a light source, a blue laser diode having a wavelength of 405nm is used. このレーザ発振器131から発せられたレーザ光は、コリメータレンズ132によって平行光とされ、ビームスプリッタ134によって所定の偏光成分のみが透過される。 The laser beam emitted from the laser oscillator 131 is converted into parallel light by the collimator lens 132, only a predetermined polarized component by the beam splitter 134 is transmitted. そして、 And,
この透過された偏光成分がレンズ開口率NA=0.65の対物レンズ133によって絞り込まれて、ディスク記録層Rに照射される。 The transmission has been polarized light component being focused by the objective lens 133 of the lens numerical aperture NA = 0.65, and is irradiated to the disk recording layer R. 一方、ディスク記録層Rから反射されたレーザ光は対物レンズ133を介してビームスプリッタ134に至り、ここで上記透過された偏光成分とは異なる偏光成分のみが反射されてPDIC150に入射される。 On the other hand, the laser beam reflected from the disk recording layer R reaches the beam splitter 134 via the objective lens 133, where only the polarization component that is different from the above the transmitted polarized light component is incident on PDIC150 is reflected. なお、この光学系130の場合、装着された光ディスクに対する対物レンズの可動距離(ワーキングディスタンスWD)は0.9mmであり、AOD系光ディスクのディスク表面から記録層Rまでの距離は0.6mmである。 In the case of the optical system 130, a movable distance of the objective lens with respect to the loaded optical disk (working distance WD) is 0.9 mm, the distance from the disk surface of the AOD based optical disc to the recording layer R is a 0.6mm .

そして、Blu−lay規格の光ディスクの光学系140は、光源として用いられる半導体レーザ発振器141に、405nmの波長を有する青色レーザダイオードが用いられている。 Then, Blu-lay standard optical disc optical system 140 of the semiconductor laser oscillator 141 used as a light source, a blue laser diode having a wavelength of 405nm is used. このレーザ発振器141から発せられたレーザ光は、コリメータレンズ142によって平行光とされ、ビームスプリッタ144によって所定の偏光成分のみが透過される。 The laser beam emitted from the laser oscillator 141 is converted into parallel light by the collimator lens 142, only a predetermined polarized component by the beam splitter 144 is transmitted. そして、この透過された偏光成分がレンズ開口率NA=0.85の対物レンズ143によって絞り込まれて、ディスク記録層Rに照射される。 Then, the transmission has been polarized light component being focused by the objective lens 143 of the lens numerical aperture NA = 0.85, and is irradiated to the disk recording layer R. 一方、ディスク記録層Rから反射されたレーザ光は対物レンズ143を介してビームスプリッタ144に至り、ここで上記透過された偏光成分とは異なる偏光成分のみが反射されてPDIC150に入射される。 On the other hand, the laser beam reflected from the disk recording layer R reaches the beam splitter 144 via the objective lens 143, where only the polarization component that is different from the above the transmitted polarized light component is incident on PDIC150 is reflected. なお、この光学系140の場合、装着された光ディスクに対する対物レンズの可動距離(ワーキングディスタンスWD)は0.3mm〜0.7mmであり、Blu−lay系光ディスクのディスク表面から記録層Rまでの距離は0.1mmである。 In the case of the optical system 140, a movable distance of the objective lens with respect to the loaded optical disk (working distance WD) is 0.3 mm to 0.7 mm, the distance to the recording layer R from the disc surface of the Blu-lay type optical disc it is 0.1mm.

また、上記PDIC150は、それぞれの光学系に対応した各別の受光素子を備えている。 Further, the PDIC150 has a respective different light-receiving elements corresponding to the respective optical system. 例えば、上記CD系光ディスクの光学系110からの反射光は受光素子115に入射される。 For example, reflected light from the optical system 110 of the CD type optical disk is incident on the light receiving element 115. この受光素子115は、同図2に示されるように4分割された受光領域(A、B、C、D)を有しており、それら受光領域毎に、入射された反射光を電気信号に変換して受光信号A、B、C、Dを生成する。 The light receiving element 115, four light-receiving areas as shown in FIG. 2 (A, B, C, D) has a, for each thereof receiving regions, into an electric signal the incident reflected light conversion to received signals a, B, C, to produce a D. また、上記DVD系光ディスクの光学系120からの反射光は受光素子125に入射される。 Further, the reflected light from the optical system 120 of the DVD type optical disc is incident on the light receiving element 125. この受光素子125も、同じく4分割された受光領域(A、B、C、D)を有しており、それら受光領域毎に、入射された反射光を電気信号に変換して受光信号A、B、C、Dを生成する。 The light receiving element 125 is also similarly four light-receiving areas (A, B, C, D) has a, for each thereof receiving region, the incident reflected light into an electric signal the light receiving signal A, B, C, to produce a D. 同様に、AOD規格の光ディスクの光学系130からの反射光は受光素子135に、またBlu−lay規格の光ディスクの光学系140からの反射光は受光素子145にそれぞれ入射される。 Similarly, the reflected light from the optical system 130 of the optical disk of AOD standard on the light receiving element 135, also the reflected light from the optical system 140 of the optical disc of Blu-lay standard are respectively incident on the light receiving element 145. これら受光素子135及び145も4分割された受光領域(A、B、C、D)を有しており、それら受光領域毎に、入射された反射光を電気信号に変換して受光信号A、B、C、Dを生成する。 These light receiving elements 135 and 145 also four light-receiving areas (A, B, C, D) has a, for each thereof receiving region, the incident reflected light into an electric signal the light receiving signal A, B, C, to produce a D.

そして、上記各受光信号A〜Dは、同PDIC150内で各別に増幅器Ampにより増幅される。 Then, each of the light receiving signal A~D is amplified by the amplifier Amp to each other in the same PDIC150. ここで、各増幅器Ampの帰還路にはスイッチSWが設けられており、これらスイッチSWのオン/オフを通じてPDIC150としてのゲイン切り替えが可能となっている。 Here, the feedback path of each amplifier Amp has become possible to gain switching as PDIC150 through the switch SW is provided, these switches SW ON / OFF. すなわち、このゲイン切り替えは、システムコンピュータ300から出力されるゲイン切り替え信号GSに基づき行われ、スイッチSWがオフ状態に制御されることで「Normal」ゲインに、またオン状態に制御されることで「High」ゲインに設定される。 That is, the gain switching is performed based on a gain switching signal GS outputted from the system computer 300, the "Normal" gain by switch SW is controlled to the OFF state, and by being controlled to the on state " It is set to High "gain. なお、これら増幅器Ampとしての増幅度は、「Normalゲイン < Highゲイン」の関係となる。 Incidentally, the amplification degree of the these amplifiers Amp is a relationship of "Normal Gain <High Gain". また、図2では便宜上、上記増幅器Ampを受光信号Aに対応してのみ図示したが、他の受光信号B〜Dに対応しても、それぞれ同様の構成の増幅器Ampが設けられている。 Further, in FIG. 2 for convenience, has been shown only in response to the amplifier Amp on the light receiving signal A, be compatible with other light receiving signal B to D, an amplifier Amp of same configuration are provided. PDIC150においてこうして増幅された各受光信号A〜Dは最終的に、セレクタ151によって1組が選択され、同信号A、B、C、Dからなるセンシング信号SSとして出力される。 Each received signal A~D amplified manner in PDIC150 is finally set by the selector 151 is selected, the signals A, B, C, is output as a sensing signal SS consisting of D. そして、この出力されたセンシング信号SSが、図1に示すサーボアンプ200に入力される。 Then, the output sensing signal SS is input to the servo amplifier 200 shown in FIG.

サーボアンプ200は、上記ピックアップ100から出力されるセンシング信号SS(A、B、C、D)を入力して、これから前述したRF信号とFE信号、並びにトラッキングエラー(TE)信号を生成する部分である。 The servo amplifier 200, a sensing signal SS output from the pickup 100 (A, B, C, D) to input, RF signal and the FE signal therefrom described above, and in part for generating a tracking error (TE) signal is there.

図3は、こうしたサーボアンプ200について、その内部回路例を示したものであり、同図3を参照して、このサーボアンプ200の構成を更に詳述する。 3, for such servo amplifier 200, which shows the internal circuit example, with reference to FIG. 3, further detail the structure of the servo amplifier 200. このサーボアンプ200では上述のように、ピックアップ100から入力されるセンシング信号SSに上記受光信号A〜Dを所定に演算して、RF信号とFE信号を生成する。 This the servo amplifier 200 as described above, and the light reception signal A~D the sensing signal SS inputted from the pickup 100 is calculated in a predetermined, to generate the RF signal and the FE signal. 具体的には、受光信号B、D及び受光信号A、Cをそれぞれ加算器201及び202で加算する。 Specifically, adding light reception signals B, D and the light receiving signal A, the C in adders 201 and 202. そして、これら加算器201及び202の出力(「B+D」、「A+C」)を、一方では加算器203で更に加算することにより上記RF信号「(A+B+C+D)」を生成し、他方では減算器204で減算することにより上記FE信号「(B+D)−(A+C)」を生成する。 The outputs of the adders 201 and 202 ( "B + D", "A + C") of, on the one hand, generates the RF signal "(A + B + C + D)" by further adder 203, the subtractor 204, on the other hand the FE signal by subtracting "(B + D) - (a + C)" to generate. こうして生成されたRF信号は図1に示すように、システムコンピュータ300及びエンコーダ/デコーダ400にそれぞれ出力され、他方のFE信号は、同じく図1に示すように、システムコンピュータ300に出力される。 As RF signals thus generated are shown in Figure 1, are output to the system computer 300 and the encoder / decoder 400 and the other of the FE signal, as also shown in FIG. 1, is output to the system computer 300. なお通常、これらRF信号及びFE信号は、システムコンピュータ300からの電圧制御によって、その振幅(ゲイン)調整が行われるが、図3では便宜上、これらVCA(電圧制御増幅器)の図示は割愛した。 Note Usually, these RF signal and the FE signal, the voltage control from the system computer 300, although its amplitude (gain) adjustment is performed, in Fig. 3 for convenience, although these VCA (voltage controlled amplifier) ​​was omitted.

また、このサーボアンプ200では、受光信号A、B及び受光信号C、Dをそれぞれ加算器205及び加算器206で加算する。 Further, in the servo amplifier 200, light reception signals A, B and the light receiving signal C, and added with each D adder 205 and adder 206. そして、これら加算器205及び206の出力(「A+B」、「C+D」)を減算器で減算することにより、光ディスクのトラッキングを調整するためのトラッキングエラー(TE)信号(「(A+B)−(C+D)」)を併せて生成する。 The outputs of the adders 205 and 206 ( "A + B", "C + D") to by subtracting in a subtractor, a tracking error (TE) signal for adjusting the tracking of an optical disk ( "(A + B) - (C + D ) ") to produce together. この生成されたTE信号もシステムコンピュータ300に出力され、システムコンピュータ300では、このTE信号に基づいて周知のフォーカストラッキング制御(レーザ軌道調整)を実行することとなる。 The generated TE signals are also output to the system computer 300, the system computer 300, and executes the well known focus tracking control (laser trajectory adjustment) based on the TE signal. なお、本実施の形態においては後述するように、このTE信号を利用してDVD系の光ディスクとAOD規格の光ディスクとを判別するようにしている。 In the present embodiment, as described later, so as to determine the optical disk of the DVD family optical disc and AOD standard by utilizing the TE signal.

また、図1に示すシステムコンピュータ300は、内蔵するメモリ等に格納された各種制御プログラム、並びに図示しない外部のプロセッサユニット(パーソナルコンピュータ、プレーヤ、レコーダ等)からインターフェース500を介して伝達される命令等に基づいて当該光ディスクドライブ装置としての各種機能を総括的に制御する部分である。 The system computer 300 shown in FIG. 1, various control programs stored in a memory such as a built, as well as not shown external to the processor unit (personal computer, a player, a recorder, etc.) instruction or the like from being transmitted through the interface 500 a part for overall control of various functions as the optical disc drive device based on. 以下に説明するドライバ回路600やレーザ駆動回路700も、このシステムコンピュータ300からの命令のもとに、それぞれ必要とされる処理を実行する。 Also the driver circuit 600 and laser drive circuit 700 to be described below, based on instructions from the system computer 300, executes processing that is required respectively. 具体的には、システムコンピュータ300は、ドライバ回路600に対してフォーカスアクチュエータ駆動信号OUSを出力することによって、上記ピックアップ100の光学系を選択する制御を実行する。 Specifically, the system computer 300, by outputting a focus actuator drive signal OUS to the driver circuit 600, executes a control for selecting an optical system of the pickup 100. また、レーザ駆動回路700に対してレーザの選択信号LDSを出力することによって、上記ピックアップ100において使用(駆動)するレーザ発振器を選択する制御を実行する。 Furthermore, by outputting a laser selection signal LDS to the laser drive circuit 700, performs a control process for selecting the laser oscillator to be used (driven) in the pickup 100. また、前述したゲイン切り替え信号GSも、このシステムコンピュータ300から与えられる。 The gain switching signal GS described above is also applied from system computer 300. 一方、このシステムコンピュータ300は、光ディスクの記録、再生に際し、上記フォーカストラッキング制御や、上記入力されるRF信号及びFE信号に基づくフォーカスサーチ(焦点合わせ)を併せて実行する。 On the other hand, the system computer 300, recording of the optical disk, when reproducing, the focus tracking control and to perform together focus search (focusing) based on the RF signal and the FE signal is the input. そして、フォーカスサーチ時にはFE信号やRF信号の振幅情報等をレジスタにセットし、後述するディスク判別時にその情報を随時参照する。 Then, at the time of focus search sets such amplitude information of the FE signal and RF signal to the register, references from time to time that information during disc discriminating described later.

また、同じく図1に示すエンコーダ/デコーダ400は、上記システムコンピュータ300との協働のもとにエンコード(変調)処理やデコード(復調)処理を行う部分である。 Further, similarly the encoder / decoder 400 shown in FIG. 1 is a part for the system computer 300 in concert based on the encoding of cooperation (modulation) processing and decoding (demodulation) process.

例えば、光ディスクへのデータ記録(書き込み)に際しては、インターフェース(I/F)500を介して上記外部のプロセッサーユニットから転送されるデータに対し、システムコンピュータ300から与えられる対象となる光ディスクの仕様に沿ったエンコード処理を実行する。 For example, when data are recorded on the optical disk (writing), on the data transferred from the external processor unit via an interface (I / F) 500, along with the specifications of the optical disk to be provided from the system computer 300 It executes the encoding process. 併せて、レーザ駆動回路700に対してはレーザパワーとレーザのオン/オフをコントロールするための信号LDPを送ってピックアップ100の該当する光学系を制御しつつ、上記エンコード処理したデータを該当する光ディスクの記録層に書き込む。 In addition, the optical disc while controlling the corresponding optical system of the pickup 100 sends a signal LDP for controlling the laser power and the laser ON / OFF the laser drive circuit 700, the appropriate data the encoding process writing to the recording layer.

他方、光ディスクからのデータ再生に際しては、上記サーボアンプ200から入力されるRF信号に基づき、システムコンピュータ300から与えられる対象となる光ディスクの仕様に沿ったデコード処理を実行する。 On the other hand, when the data reproduced from the optical disc, based on the RF signal inputted from the servo amplifier 200, and executes the decoding processing according to the specifications of the optical disk to be provided from the system computer 300. そして、このデコード処理したデータをインターフェース(I/F)500を介して上記外部のプロセッサーユニットに転送する。 Then, forwards this decoding processed data to the external processor unit via an interface (I / F) 500. なお、上記インターフェース(I/F)500としては、例えばATAPI(AT Attachment Packet Interface)やSCSI(Small Computer System Interface)などの規格に対応した回路が適宜採用可能である。 As the above-mentioned interface (I / F) 500, for example, ATAPI (AT Attachment Packet Interface) or SCSI (Small Computer System Interface) circuit corresponding to the standard, such as can be employed as appropriate.

また、図1に示すドライバ回路600は、システムコンピュータ300から与えられる光学系の選択と制御のための信号OUSに基づいて前記駆動信号FEDを生成し、これを上記ピックアップ100に与えられることによって、同ピックアップ100内の光学系の選択並びにその駆動を制御する部分である。 The driver circuit 600 shown in FIG. 1, by generating the driving signal FED based on the signal OUS for selection and control of the optical system provided by the system computer 300, given it to the pickup 100, a selection and the part which controls the driving of the optical system of the pickup 100. 後述するディスク判別時のフォーカスサーチに際しても、このドライバ回路600を介して、それぞれ選択される光学系のレンズ駆動等が行われる。 Even when the focus search when a disc is discriminated to be described later, via the driver circuit 600, the lens driving of an optical system to be respectively selection is made.

そして、図1に示すレーザ駆動回路700は、システムコンピュータ300から与えられる信号LDSに基づいてピックアップ100内のレーザ発振器の選択を行うとともに、上記エンコーダ/デコーダ400から与えられる上記信号LDPに基づいて、この選択したレーザ発振器のレーザパワーとレーザのオン/オフとを制御する部分である。 The laser drive circuit 700 shown in FIG. 1, along with the selection of the laser oscillator in the optical pickup 100 based on the signal LDS provided from the system computer 300, based on the signal LDP supplied from the encoder / decoder 400, a laser power and a portion for controlling a laser on / off of the selected laser oscillator. そして、このための制御信号が前記信号LDDとしてピックアップ100に送られる。 The control signal for this is sent to the pickup 100 as the signal LDD.

次に、この実施の形態にかかる光ディスクドライブ装置よる前記フォーカスサーチを用いたディスク判別方法について、図4〜図13を参照して詳細に説明する。 Next, the disk discrimination method using the focus search by the optical disk drive apparatus according to this embodiment will be described in detail with reference to FIGS. 4 to 13.

この実施の形態にあって、上記システムコンピュータ300(図1)は、図4にその全体の手順を示すように、上記ワーキングディスタンスWDの長い規格の光学系から順にフォーカスサーチを行って、ドライブに装着されている光ディスクのディスク判別を行う。 In the this embodiment, the system computer 300 (FIG. 1), as shown in its entirety in Step 4, by performing the focus search in order from the optical system of the working distance WD long standard, the drive It performs the disk identification of the optical disk is mounted.

はじめに、この図4を参照して、この実施の形態にかかるディスク判別手法の概要を説明する。 First, with reference to FIG. 4, the outline of the disc discrimination method according to this embodiment.

このディスク判別に際してはまず、ステップS1の処理である第1ステージとして、上記装着されている光ディスクがDVD系のディスクであるか、またDVD系のディスクであれば、それがどのようなフォーマットのディスクであるかについての判別を行う。 First when this disc discrimination, as a first stage is a process in step S1, whether the optical disc is the mounting is a DVD-based disc, also if DVD system disc, it what format disc It makes a decision as to whether it is. すなわち、このステップS1では、システムコンピュータ300(図1)の制御に基づいて、DVD系光ディスクの光学系120(図2)が選択される。 That is, in step S1, under the control of the system computer 300 (FIG. 1), DVD-based optical disc of the optical system 120 (FIG. 2) is selected. そして、装着されている光ディスクがDVD系ディスクであり、DVD系ディスクのフォーマットが判別できるならば、変数iに例えば「0」を代入する。 Then, the optical disk that is mounted is DVD based disc, if it determines the format of the DVD system disc, into a variable i for example, "0". また、当該光学系120では装着されている光ディスクが判別できない場合には、変数iに例えば「2」を代入する。 Further, when the optical disk mounted in the optical system 120 can not be determined, into a variable i for example, "2". また、同光ディスクがAOD系ディスクと判別できるならば変数iに例えば「3」を代入する。 Further, the optical disc substitutes "3" for example, the variable i, if it determined that the AOD system disk.

そして、ステップS2の条件分岐では、上記変数iが「0」であるか否か、すなわち装着されている光ディスクがDVD系ディスクであり、DVD系ディスクのフォーマットであるか否かを判断する。 Then, in the conditional branch in step S2, whether the variable i is "0", that is, the optical disk is DVD system disc mounted, it is determined whether the format of the DVD system disc. この結果、「YES(i=0)」と判断された場合には、装着されている光ディスク及びそのディスクフォーマットが確定されたとして、当該判別処理を終了する(エンド)。 As a result, when it is judged as "YES (i = 0)" as an optical disk and the disk format is installed is determined, and ends the determination process (end).

一方、上記ステップS2において「NO」と判断された場合には、ステップS3の条件分岐において上記変数iが「2」であるか否か、すなわち次にワーキングディスタンスWDの長い規格であるCD系ディスクの判別を開始すべきか否かを判断する。 On the other hand, in step S2 when it is determined that "NO", whether the conditional branch in step S3 is the variable i is "2", that is, long standard of next working distance WD CD system disc determining whether to initiate a determination. そして、このステップS3において「YES(i=2)」と判断された場合には、ステップS4の処理である第2ステージとして、装着されている光ディスクがCD系のディスクであるか否かの判別を行う。 When it is judged as "YES (i = 2)" in step S3, the second stage is a process in step S4, discrimination optical disc is mounted is whether the CD system disc I do. 一方、「NO」と判断された場合には、ステップS6の処理である第3ステージとして、装着されている光ディスクがAOD規格のディスクであるか否かの判別を行う。 On the other hand, when it is determined that "NO", the third stage is the process of step S6, the optical disk that is mounted performs a determination of whether a disc of AOD standard.

ここでまず、ステップS4の第2ステージでは、CD系光ディスクの光学系110(図2)が選択される。 Here, first, in the second stage of the step S4, the optical system of the CD system optical disc 110 (FIG. 2) is selected. そして、装着されている光ディスクがCD系ディスクであり、CD系ディスクのフォーマットが判別できるならば、上記同様、変数iに例えば「0」を代入する。 Then, the optical disk that is mounted is CD system disc, if it determines the format of the CD system disc, the same, into a variable i for example, "0". また、当該光学系110では装着されている光ディスクが判別でない場合には、変数iに例えば「3」を代入する。 Further, when the optical disc that is mounted in the optical system 110 is not determined is assigned to a variable i for example the "3".

そして、ステップS5の条件分岐では、上記変数iが「0」であるか否か、すなわち装着されている光ディスクがCD系ディスクであり、CD系ディスクのフォーマットであるか否かを判断する。 Then, in the conditional branch in step S5, whether the variable i is "0", that is, the optical disk is CD system disc mounted, it is determined whether the format of the CD system disc. この結果、「YES(i=0)」と判断された場合には、装着されている光ディスク及びそのディスクフォーマットが確定されたとして、当該判別処理を終了する(エンド)。 As a result, when it is judged as "YES (i = 0)" as an optical disk and the disk format is installed is determined, and ends the determination process (end). また、このステップS5において「NO」と判断された場合には、上記ステップS6の第3ステージ、すなわちAOD判別に移行する。 When it is judged as "NO" in step S5, the third stage of the step S6, i.e. it shifts to AOD discrimination.

このステップS6の第3ステージでは、AOD系光ディスクの光学系130(図2)が選択される。 In the third stage of this step S6, the optical system 130 of the AOD based optical disc (FIG. 2) is selected. そして、装着されている光ディスクがAOD規格のディスクであり、AOD規格のディスクフォーマットが判別できるならば、変数iに例えば「0」を代入する。 Then, the optical disk that is mounted is a disk of AOD standard, if it can be determined that the disc format of the AOD standard, into a variable i for example, "0". また、当該光学系130では装着されている光ディスクが判別できない場合には、変数iに例えば「4」を代入する。 Further, when the optical disk mounted in the optical system 130 can not be determined, into a variable i for example, "4".

そして、ステップS7の条件分岐では、上記変数iが「0」であるか否か、すなわち装着されている光ディスクがAOD規格の光ディスクであり、AOD規格のディスクフォーマットであるか否かを判断する。 Then, the conditional branching step S7, whether the variable i is "0", that is, the optical disk of the optical disk AOD standard being mounted, it is determined whether the disk format of AOD standard. この結果、「YES(i=0)」と判断された場合には、装着されている光ディスク及びそのディスクフォーマットが確定されたとして、当該判別処理を終了する(エンド)。 As a result, when it is judged as "YES (i = 0)" as an optical disk and the disk format is installed is determined, and ends the determination process (end). また、このステップS7において「NO」と判断された場合には、ステップS8の第4ステージ、すなわちBlu−lay判別に移行する。 When it is judged as "NO" in this step S7, the fourth stage of the step S8, i.e. shifts to Blu-lay discrimination.

このステップS8の第4ステージでは、Blu−lay規格の光ディスクの光学系140(図2)が選択される。 In the fourth stage of the step S8, Blu-lay standard optical disc in the optical system 140 (FIG. 2) is selected. そしてここでは、装着されている光ディスクが正にBlu−lay規格のディスクであるか、それとも「NO DISC」であるかについての判別が行われる。 And here it is either an optical disk that is mounted is a disk positively Blu-lay standard, or the determination of whether a "NO DISC" is performed.

以下、図5〜図13を参照して、サブルーチンとして実行される上記第1〜第4ステージでの処理について、その詳細を更に説明する。 Hereinafter, with reference to FIGS. 5 to 13, the process in the first to fourth stages are executed as a subroutine will be further described in detail.

まず、第1ステージでの処理、すなわちワーキングディスタンスWDが最も長い(1.2mm〜1.3mm)DVD系の光学系120(図2)を用いたディスク判別について、図5、図9、図10を参照して詳細に説明する。 First, processing in the first stage, i.e. the disk discrimination using a working distance WD is the longest (1.2Mm~1.3Mm) DVD system optical system 120 (FIG. 2), 5, 9, 10 referring to will be described in detail. なお、本実施の形態では、DVD系ディスクとして、「DVD−ROM2層ディスク」、「DVD−ROM1層・DVD−R記録済み・DVD+R記録済みディスク」、「DVD−R未記録・DVD+R未記録ディスク」、「DVD−RW記録済み・DVD+RW記録済みディスク」、「DVD−RW未記録・DVD+RW未記録ディスク」をそれぞれ判別する。 In this embodiment, as the DVD system disc, "DVD-ROM 2 layer disk", "DVD-ROM 1 Layer · DVD-R recorded · DVD + R recorded disc", "DVD-R unrecorded · DVD + R blank disc ", to determine" DVD-RW recorded · DVD + RW recorded disc "," DVD-RW unrecorded · DVD + RW blank disc ", respectively.

図5に示されるように、DVD系のディスク判別は、上記ゲイン切り替え信号GSにより、PDIC150(図2)としてのゲインを「Normal」にして開始される(ステップS101)。 As shown in FIG. 5, the disk discrimination of DVD system, by the gain switching signal GS, it is initiated in the gain as PDIC150 (Figure 2) to "Normal" (step S101). そしてここでは、上述のようにDVD系光ディスクの光学系120(図2)が選択されることで、半導体レーザ発振器の波長が660nm、対物レンズの開口率NAが0.65にセットされ(ステップS102)、この状態で先の図18に例示した態様でのフォーカスサーチが実行される(ステップS103)。 And wherein the optical system 120 of the DVD type optical disc as described above by (FIG. 2) is selected, the wavelength of the semiconductor laser oscillator 660 nm, numerical aperture NA of the objective lens is set to 0.65 (step S102 ), the focus search in the embodiment illustrated above in FIG. 18 in this state is executed (step S103).

次に、ステップS104では、このフォーカスサーチに伴って検出されたFE信号が2層ディスクのFE信号か否かを判断する。 Next, in step S104, the detected FE signal in accordance with this focus search to determine whether the FE signal of the two-layer disc. 2層ディスクのFE信号は、対物レンズをディスクに対して近づけていくと、図9に示すように、前記S字形の波形が2つ連続して現われる。 FE signal of the two-layer disc, when moved toward the objective lens relative to the disk, as shown in FIG. 9, the waveform of the S-shaped appears consecutively two. このうち、1つ目が1層目のS字波形であり、2つ目が2層目のS字波形である。 Among them, a first one is the first layer of the S-shaped waveform, the second is a second layer of the S-shaped waveform. なお、図9は、DVD系光ディスクの光学系120を用いた時の2層ディスクのFE信号(FE2)の概略波形である。 Incidentally, FIG. 9 is a schematic waveform of the FE signal of the two-layer disc (FE2) when using the optical system 120 of the DVD type optical disc. また、このような2層ディスクのFE信号(FE2)は、装着された光ディスクに対応した光学系が選択されている限り、2層構造を有する光ディスクであれば、DVD系光ディスクであれ、AOD規格の光ディスクであれ、あるいはBlu−lay規格の光ディスクであれ、いずれも概ね類似した波形として検出される。 Also, FE signal of the two-layer disc (FE2) as long as the optical system corresponding to the loaded optical disk is selected, if an optical disc having a two-layer structure, it is DVD-based optical disc, AOD standard it is of an optical disk, or any optical disc Blu-lay standard, both of which are detected as substantially similar waveform. したがってこの場合、2層ディスクのFE信号が検出されることで(ステップS104で「YES」と判断されることで)この装着されている光ディスクがDVD−ROM2層ディスクと判別することができる。 In this case, therefore, by the FE signal of the two-layer disc is detected (by being judged as "YES" in step S104) The loaded and has the optical disk can be determined with the DVD-ROM 2 layer disk. そしてこの場合には、変数iに上記「0」を代入して(ステップS105)、当該第1ステージの処理を終了する。 And this case, by substituting the "0" to the variable i (step S105), and it ends the processing of the first stage. すなわち、先の図4のメインルーチンにリターンする。 That is, the process returns to the main routine of the previous FIG.

一方、ステップS104において「NO」と判断される場合には、上記フォーカスサーチに伴って検出されたFE信号の振幅値がシステムコンピュータ300(図1)に予め登録されている閾値Tを越えるか否かが判断される(ステップS106)。 On the other hand, either when it is determined as "NO" in step S104, exceeds a threshold value T the amplitude value of the detected FE signal with the said focus search is previously registered in the system computer 300 (FIG. 1) or not or not is judged (step S106). 図10は、上記DVD系光ディスクの光学系120(図2)で各種光ディスクのFE信号を検出した例を示している。 Figure 10 shows an example of detecting the FE signal of the various optical discs in the DVD type optical disc in the optical system 120 (FIG. 2). この図10に示されるように、DVD系光ディスクの光学系120でDVD系ディスクのフォーカスサーチを行うと、最大振幅のFE信号が得られる。 As shown in this FIG. 10, when the focus search DVD system disk by an optical system 120 of the DVD type optical disc, the maximum amplitude of the FE signal is obtained. ここで、この最大振幅値を「1」とした場合、上記閾値Tを例えば「0.75」に相当する値とすると、この閾値Tを越える光ディスクは、DVD系ディスク及びAOD規格のディスクの2種類のみとなる。 Here, when the maximum amplitude value "1", when a value corresponding to the threshold T, for example, "0.75", the optical disc exceeds this threshold T, 2 disks DVD system disc and AOD standard type only become. なお、PDIC150(図2)のゲインが上述のように「Normal」である場合は、同じDVD系ディスクであっても、相変化記録方式のDVD±RWは反射率が約15〜30%(DVD−ROMは約70%、DVD±Rは約70%)と低く、上記閾値Tを越えることはない。 Incidentally, PDIC150 (Figure 2) when the gain of which is as described above "Normal" can be the same DVD system disc, DVD ± RW reflectance of about 15% to 30% of the phase change recording system (DVD -ROM about 70%, DVD ± R is about 70%) and low and does not exceed the threshold value T.

上記ステップS106において「YES」と判断された場合、上記閾値Tを越えるDVD系光ディスクとAOD規格の光ディスクとの判別は、フォーカスオンにして、ディスクのピット長、トラックピッチの違い(RF信号、TE(トラッキングエラー)信号に表れる)を調べることで行われる(ステップS107)。 If it is determined to be "YES" in step S106, discrimination of an optical disk of the DVD series optical disk and AOD standard exceeding the threshold value T is in the focus-on, the pit length of the disc, differences in track pitch (RF signal, TE is performed by examining the appearing (tracking error) signal) (step S107). ちなみに、これらDVD系光ディスクとAOD規格の光ディスクとでは、「DVDのピット長 > AODのピット長」および「DVDのトラックピッチ > AODのトラックピッチ」という関係が成立する。 By the way, in the optical disk of these DVD-based optical disk and the AOD standard, the relationship of "the pit length of the pit length> AOD of the DVD" and "track pitch of the track pitch> AOD of the DVD" is established.

そして、このステップS107において、DVDと判断されると(「YESの場合」)、次にステップS108において、当該ディスクからRF信号が連続して検出されるか否かが判断される。 Then, in step S107, ( "if YES") DVD when it is determined that, then in step S108, whether or not the RF signal from the disk is continuously detected or not. すなわち、フォーカスオンでのデータ読み取り時、前記「RF信号=A+B+C+D」が繰り返し変化する場合には、記録データが存在することになる。 That is, when data reading at focus-on, when said "RF signal = A + B + C + D" is changing repeatedly would record data is present. そして、記録データが存在する場合(ステップS108で「YES」の場合)には、当該光ディスクが「DVD−ROM1層ディスク」、「DVD−R記録済みディスク」、「DVD+R記録済みディスク」のいずれかであるかが判別される。 When the recording data is present ( "YES" in step S108), the the optical disk is "DVD-ROM 1 layer disc", "DVD-R recorded disc" or "DVD + R recorded disc" or it is determined. そしてこの場合には、変数iに上記「0」を代入して(ステップS109)、この第1ステージでの処理を終了する。 And this case, by substituting the "0" to the variable i (step S109), and terminates the processing in this first stage. また、ステップS108において「NO」と判断される場合には、「DVD−RかDVD+Rの未記録ディスク」であることが判別される。 Further, when it is determined "NO" in step S108, it is "non-recorded disc DVD-R or DVD + R" is discriminated. そして、この場合も、変数iに上記「0」を代入して(ステップS110)、この第1ステージでの処理を終了する。 Also in this case, by substituting the "0" to the variable i (step S110), and terminates the processing in this first stage.

他方、上記ステップS107において「NO」と判断される場合には、当該光ディスクがAOD規格の光ディスクであると判別される。 On the other hand, when it is determined as "NO" in the step S107 is the optical disc is determined to be the optical disc AOD standard. 変数iに上記「3」を代入して(S111)、同第1ステージでの処理を終了する。 By substituting the "3" to the variable i (S111), then terminates the processing in the first stage.

また一方、上記ステップS106において「NO」と判断される場合には、PDIC150(図2)のゲインを「High」に切り替えた後(ステップS112)、再度、上記フォーカスサーチを実行する(ステップS113)。 While also, if it is determined as "NO" in the step S106, after switching the gain of PDIC150 (Figure 2) to "High" (step S112), again executes the focus search (step S113) . ちなみに、PDIC150のゲインを上記「High」に設定することで、装着されている光ディスクが反射率の低い上記相変化記録方式のDVD±RWであったとしても、光学系として上記DVD系光ディスクの光学系120を使用している限り、図10に例示したFE信号も上記閾値Tを越えるようになる。 Incidentally, by setting the gain of PDIC150 to the "High", as the optical disk that is mounted was DVD ± RW of low reflectance the phase change recording method, the DVD type optical disc as an optical system optically as long as you are using the system 120, it illustrated FE signal 10 also to exceed the threshold value T. そこで、このフォーカスサーチもよって得られるFE信号を再び上記閾値Tと比較して、該FE信号が閾値Tを越えているか否かを判断する(ステップS114)。 Accordingly, the FE signal obtained by also the focus search again compared to the threshold T, it is determined whether the FE signal exceeds the threshold value T (step S114). ここで、閾値Tを越えていれば(「YESの場合」)、RF信号が繰り返し変化するか否かを判断する(ステップS115)。 Here, ( "if YES") long as it exceeds the threshold T, it is determined whether changes repeatedly RF signal (step S115). RF信号が繰り返し変化する場合、すなわち記録データが存在する場合には(「YESの場合」)、引き続きリードイン情報があるか否かを判断する(ステップS116)。 If repeatedly changes the RF signal, i.e. ( "if YES") when recording data exists, continue to determine whether there is a lead-in information (step S116). ここで、このリードイン情報とは、ディスク内側のセッションの先頭に書かれた情報であり、そのリードイン領域には、R/RWのウォーブル(蛇行)、ディスクの種類、レーザパワー、ディスクの製造メーカ、使用領域が書かれている。 Here, the lead-in information is information written at the beginning of the disk inside the session, Its lead-in area, wobbled (meandering) of the R / RW, the type of the disk, laser power, the manufacture of the disk manufacturer, use area is written. そこで、このリードイン情報を読み取ることで、その情報があるか否かを判断し、リードイン情報があれば(「YESの場合」)、当該ディスクが「DVD−RW記録済みディスク」、DVD+RW記録済みディスクのいずれかであることを判別する。 Therefore, by reading the lead-in information, and determines whether there is the information, if any lead-in information ( "if YES"), the disc is "DVD-RW recorded disc", DVD + RW recording requires determines that either of the disk. そして、この場合も、変数iに上記「0」を代入して(ステップS117)、この第1ステージでの処理を終了する。 Also in this case, by substituting the "0" to the variable i (step S117), then terminates the processing in this first stage. また、ステップS116でリードイン情報がないと判断される場合には、変数iに上記「2」を代入して(ステップS118)、同第1ステージでの処理を終了する。 Further, when it is determined that there is no lead-in information in step S116, by substituting the "2" to the variable i (step S118), then terminates the processing in the first stage.

また、上記ステップS115でRF信号がない、すなわち強度信号の繰り返しがないと判断される場合(「NOの場合」)も、リードイン情報があるか否かを判断する(ステップS119)。 Further, there is no RF signal in step S115, i.e., if it is determined that there is no repetition of the intensity signal ( "in the case of NO") also determines whether there is a lead-in information (step S119). リードイン情報があれば(「YES」と判断されれば)、当該光ディスクが「DVD−RW未記録ディスク」、「DVD+RW未記録ディスク」のいずれかであることを判別する。 (If it is determined that "YES") if there is a lead-in information, determines that the optical disc is "DVD-RW blank disc" is either "DVD + RW blank disc". そしてこの場合も、変数iに上記「0」を代入して(ステップS120)、この第1ステージでの処理を終了する。 And again, by substituting the "0" to the variable i (step S120), then terminates the processing in this first stage. また、ステップS119でリードイン情報がないと判断される場合には、変数iに上記「2」を代入して(ステップS121)、同第1ステージでの処理を終了する。 Further, when it is determined that there is no lead-in information in step S119, by substituting the "2" to the variable i (step S121), then terminates the processing in the first stage.

次に、第2ステージでの処理、すなわちワーキングディスタンスWDが2番目に長い(0.99mm)CD系の光学系110(図2)を用いたディスク判別について、図6、図11を参照して詳細に説明する。 Next, processing in the second stage, that is, the disk discrimination using a working distance WD is longer in the second (0.99 mm) CD system optical system 110 (FIG. 2), FIG. 6, with reference to FIG. 11 It will be described in detail. なお、本実施の形態では、CD系のディスクとして、「CD・CD−ROM・CD−R記録済みディスク」、「CD−R未記録ディスク」、「CD−RW記録済みディスク」、「CD−RW未記録ディスク」をそれぞれ判別する。 In the present embodiment, as CD-type disc, "CD · CD-ROM · CD-R recorded disc", "CD-R blank disc", "CD-RW recorded disc", "CD- RW blank disc "and to determine, respectively.

図6に示されるように、CD系のディスク判別は、上記ゲイン切り替え信号GSにより、PDIC150(図2)としてのゲインを「Normal」にして開始される(ステップS401)。 As shown in FIG. 6, the disk determination of CD system, by the gain switching signal GS, it is initiated in the gain as PDIC150 (Figure 2) to "Normal" (step S401). そして、ここでは、上述のようにCD系光ディスクの光学系110(図2)が選択されることで、半導体レーザ発振器の波長が785nm、対物レンズの開口率NAが0.45にセットされ(ステップS402)、この状態で先の図18に例示した態様でのフォーカスサーチが実行される(ステップS403)。 And here, the optical system 110 of the CD system optical disc as described above by (FIG. 2) is selected, the wavelength of the semiconductor laser oscillator 785 nm, numerical aperture NA of the objective lens is set to 0.45 (step S402), the focus search in the embodiment illustrated above in FIG. 18 in this state is executed (step S403).

次に、ステップS404では、上記フォーカスサーチに伴って検出されたFE信号の振幅値がシステムコンピュータ300(図1)に予め登録されている閾値Tを越えるか否かが判断される(ステップS404)。 Next, in step S404, whether or not exceeding the threshold T the amplitude value of the detected FE signal with the said focus search is previously registered in the system computer 300 (FIG. 1) is determined (Step S404) .

図11は、上記CD系光ディスクの光学系110(図2)で各種光ディスクのFE信号を検出した例を示している。 Figure 11 shows an example of detecting the FE signal of the various optical disks by the above CD-based optical disc optical system 110 (FIG. 2). この図11に示されるように、CD系光ディスクの光学系110でCD系ディスクのフォーカスサーチを行うと、最大振幅のFE信号が得られる。 As shown in this FIG. 11, when the focus search CD system disc by the optical system 110 of the CD type optical disk, the maximum amplitude of the FE signal is obtained. ここで、この最大振幅値を「1」とした場合、上記閾値Tを例えば「0.75」に相当する値とすると、この閾値を越える光ディスクは、CD系ディスクのみとなる。 Here, when the maximum amplitude value "1", when a value corresponding to the threshold T, for example, "0.75", the optical disc exceeds this threshold is only the CD system disc. なお、PDIC150(図2)のゲインが上述のように「Normal」である場合は、同じCD系ディスクであっても、相変化記録方式のCD±RWは反射率が低く、上記閾値Tを越えることはない。 The gain of PDIC150 (FIG. 2) may be "Normal" as described above, even in the same CD-based disc, CD ± RW of the phase change recording system has a low reflectivity, exceeds the threshold value T it is not.

そして、ステップS404において「YES」と判断された場合、次にステップS405において、当該ディスクからRF信号が連続して検出されるか否かが判断される。 If it is determined as "YES" in step S404, then in step S405, whether or not the RF signal from the disk is continuously detected or not. すなわち、フォーカスオンでのデータ読み取り時、前記「RF信号=A+B+C+D」が繰り返し変化する場合には、記録データが存在することになる。 That is, when data reading at focus-on, when said "RF signal = A + B + C + D" is changing repeatedly would record data is present. そして、記録データが存在する場合(ステップS405で「YES」の場合)には、当該光ディスクが「CDディスク」、「CD−ROMディスク」、「CD−R記録済みディスク」のいずれかであるかが判別される。 And what if the recording data is present ( "YES" in step S405), the the optical disk is "CD disc", "CD-ROM disk" is either "CD-R recorded disc" There is determined. そして、この場合には、変数iに上記「0」を代入して(ステップS406)、この第2ステージでの処理を終了する。 Then, in this case, by substituting the "0" to the variable i (step S406), then terminates the processing in this second stage. また、ステップS406において「NO」と判断される場合には、「CD−R未記録ディスク」であることが判別される。 Further, when it is determined "NO" in step S406, it is "CD-R blank disc" is discriminated. そしてこの場合も、変数iに上記「0」を代入して(ステップS407)、この第2ステージでの処理を終了する。 And again, by substituting the "0" to the variable i (step S407), and terminates the processing in this second stage.

一方、上記ステップS106において「NO」と判断される場合には、PDIC150(図2)のゲインを「High」に切り替えた後(ステップS408)、再度、上記フォーカスサーチを実行する(ステップS409)。 On the other hand, if it is determined as "NO" in the step S106, after switching the gain of PDIC150 (Figure 2) to "High" (step S408), again it executes the focus search (step S409). ちなみに、PDIC150のゲインを上記「High」に設定することで、装着されている光ディスクが反射率の低い上記相変化記録方式のCD−RWであったとしても、光学系として上記CD系光ディスクの光学系110を使用している限り、図11に例示したFE信号も上記閾値Tを越えるようになる。 Incidentally, by setting the gain of PDIC150 to the "High", as the optical disc is mounted is a CD-RW of a low reflectance the phase change recording method, the CD system optical disc as an optical system optically as long as you are using the system 110, it illustrated FE signal in Figure 11 also to exceed the threshold value T. そこで、このフォーカスサーチによって得られるFE信号を再び上記閾値Tと比較して、該FE信号が閾値Tを越えているか否かを判断する(ステップS410)。 Accordingly, the FE signal obtained by the focus search again compared to the threshold T, it is determined whether the FE signal exceeds the threshold value T (step S410). RF信号が繰り返し変化する場合、すなわち記録データが存在する場合には(「YESの場合」)、引き続きリードイン情報があるか否かを判断する(ステップS412)。 If repeatedly changes the RF signal, i.e. ( "if YES") when recording data exists, continue to determine whether there is a lead-in information (step S412). ここで、このリードイン情報とは、ディスク内側のセッションの先頭に書かれた情報であり、そのリードイン領域には、R/RWのウォーブル(蛇行)、ディスクの種類、レーザパワー、ディスクの製造メーカ、使用領域等が書かれている。 Here, the lead-in information is information written at the beginning of the disk inside the session, Its lead-in area, wobbled (meandering) of the R / RW, the type of the disk, laser power, the manufacture of the disk manufacturer, use area, and the like are written. そこで、このリードイン情報を読み取ることで、その情報があるか否かを判断し、リードイン情報があれば(「YESの場合」)、当該ディスクが「CD−RW記録済みディスク」であることを判別する。 Therefore, that this by reading the lead-in information, and determines whether there is the information, if any lead-in information ( "if YES"), the disc is "CD-RW recorded disc" to determine. そしてこの場合も、変数iに上記「0」を代入して(ステップS413)、この第2ステージを終了する。 And again, by substituting the "0" to the variable i (step S413), and ends the second stage. また、ステップS412でリードイン情報がないと判断される場合には、変数iに上記「3」を代入して(ステップS414)、同第2ステージでの処理を終了する。 Further, when it is determined that there is no lead-in information in step S412, by substituting the "3" to the variable i (step S414), then terminates the processing in the second stage.

また、上記ステップS411でRF信号がない、すなわち強度信号の繰り返しがないと判断される場合(「NOの場合」)も、リードイン情報があるか否かを判断し(ステップS415)、リードイン情報があれば(「YES」と判断されれば)、当該光ディスクが「CD−RW未記録ディスク」であることを判別する。 Further, there is no RF signal in step S411, i.e., if it is determined that there is no repetition of the intensity signal ( "in the case of NO") also determines whether there is a lead-in information (step S415), the lead-in (if it is determined that "YES") if there is information, determines that the optical disk is "CD-RW blank disc". そしてこの場合も、変数iに上記「0」を代入して(ステップS416)、この第2ステージでの処理を終了する。 And again, by substituting the "0" to the variable i (step S416), then terminates the processing in this second stage. また、ステップS415でリードイン情報がないと判断される場合には、変数iに上記「3」を代入して(ステップS417)、同第2ステップでの処理を終了する。 Further, when it is determined that there is no lead-in information in step S415, by substituting the "3" to the variable i (step S417), then terminates the processing in the second step.

次に、第3ステージでの処理、すなわちワーキングディスタンスWDが3番目に長い(0.9mm)AOD規格の光ディスクの光学系130(図2)を用いたディスク判別について、図7、図9、図12を参照して詳細に説明する。 Next, processing in the third stage, that is, the disk discrimination using a long third working distance WD is (0.9 mm) AOD standard optical disc in the optical system 130 (FIG. 2), 7, 9, 12 with reference to will be described in detail. なお、本実施の形態では、AOD規格のディスクとして、「AOD−ROM2層ディスク」、「AOD−ROM1層・AOD−R記録済みディスク」、「AOD−R未記録ディスク」、「AOD(書き換え型)記録済みディスク」、「AOD(書き換え型)未記録ディスク」をそれぞれ判別する。 In the present embodiment, as a disk of AOD standard, "AOD-ROM 2 layer disk", "AOD-ROM 1 Layer · AOD-R recorded disc", "AOD-R unrecorded disc", "AOD (rewritable ) recorded disc "or not" AOD (rewritable) blank disc ", respectively.

図7に示されるように、AOD規格のディスク判別は、上記ゲイン切り替え信号GSにより、PDIC150(図2)としてのゲインを「Normal」にして開始される(ステップS601)。 As shown in FIG. 7, the disk discrimination of AOD standard, by the gain switching signal GS, it is initiated in the gain as PDIC150 (Figure 2) to "Normal" (step S601). そしてここでは、上述のようにAOD規格の光ディスクの光学系130(図2)が選択されることで、半導体レーザ発振器の波長が405nm、対物レンズの開口率NAが0.65にセットされ(ステップS602)、この状態で先の図18に例示した態様でのフォーカスサーチが実行される(ステップS603)。 And wherein the optical system 130 of the optical disc AOD standard as described above by (FIG. 2) is selected, the wavelength of the semiconductor laser oscillator 405 nm, numerical aperture NA of the objective lens is set to 0.65 (step S602), the focus search in the embodiment illustrated above in FIG. 18 in this state is executed (step S603).

次に、ステップS604では、このフォーカスサーチに伴って検出されたFE信号が2層ディスクのFE信号か否かを判断する。 Next, in step S604, the detected FE signal in accordance with this focus search to determine whether the FE signal of the two-layer disc. 上述のように2層ディスクのFE信号は、対物レンズをディスクに対して近づけていくと、図9に示すように、前記S字形の波形が2つ連続して現われる。 FE signal of the two-layer disc as described above, when moved toward the objective lens relative to the disk, as shown in FIG. 9, the waveform of the S-shaped appears consecutively two. このうち、1つ目が1層目のS字波形であり、2つ目が2層目のS字波形である。 Among them, a first one is the first layer of the S-shaped waveform, the second is a second layer of the S-shaped waveform. したがってこの場合、2層ディスクのFE信号が検出されることで(ステップS604で「YES」と判断されることで)AOD−ROM2層ディスクと判別することができる。 Therefore, in this case, it can be determined by the FE signal of the two-layer disk is detected and (by being judged as "YES" in step S604) AOD-ROM 2 layer disk. そしてこの場合には、変数iに上記「0」を代入して(ステップS605)、当該第3ステージの処理を終了する。 And this case, by substituting the "0" to the variable i (step S605), and it ends the processing of the third stage. すなわち、先の図4のメインルーチンにリターンする。 That is, the process returns to the main routine of the previous FIG.

一方、ステップS604において「NO」と判断される場合には、上記フォーカスサーチに伴って検出されたFE信号の振幅値がシステムコンピュータ300(図1)に予め登録されている閾値Tを越えるか否かが判断される(ステップS606)。 On the other hand, either when it is determined as "NO" in step S604, the exceeds the threshold value T the amplitude value of the detected FE signal with the said focus search is previously registered in the system computer 300 (FIG. 1) or not or not is judged (step S606). 図12は、上記AOD規格の光ディスクの光学系130(図2)で各種光ディスクのFE信号を検出した例を示している。 Figure 12 shows an example of detecting the FE signal of the various optical disk by an optical system 130 (FIG. 2) of the optical disk of the AOD standard. この図12に示されるように、AOD規格の光ディスクの光学系130でAOD規格のディスクのフォーカスサーチを行うと、最大振幅のFE信号が得られる。 As shown in FIG. 12, when the disk focus search of AOD standard optical system 130 of the optical disk AOD standard, the maximum amplitude of the FE signal is obtained. ここで、この最大振幅値を「1」とした場合、上記閾値Tを例えば「0.75」に相当する値とすると、この閾値Tを越える光ディスクは、DVD系ディスク及びAOD規格のディスクの2種類のみとなる。 Here, when the maximum amplitude value "1", when a value corresponding to the threshold T, for example, "0.75", the optical disc exceeds this threshold T, 2 disks DVD system disc and AOD standard type only become. ただし、この第3ステージにおいてはすでにDVD系ディスクのディスク判別(第1ステージ)が終了しているため、DVD系ディスクのFE信号が検出されることはない。 However, it not already due to a disk discrimination of DVD system disk (first stage) has ended, the FE signal of the DVD system disc is detected in the third stage. なお、PDIC150(図2)のゲインが上述のように「Normal」である場合は、同じAOD規格のディスクであっても、相変化記録方式のAOD(書き換え型)は反射率が低く、上記閾値Tを越えることはない。 Incidentally, PDIC150 when the gain (Figure 2) is "Normal" as described above, even in a disk of the same AOD standard, AOD (rewritable) of the phase-change recording method has a low reflectivity, the threshold It does not exceed T.

上記ステップS606において「YES」と判断された場合、次にステップS607において、当該ディスクからRF信号が連続して検出されるか否かが判断される。 If it is determined to be "YES" in the step S606, the next in step S607, the whether the RF signal from the disk is continuously detected or not. すなわち、フォーカスオンでのデータ読み取り時、前記「RF信号=A+B+C+D」が繰り返し変化する場合には、記録データが存在することになる。 That is, when data reading at focus-on, when said "RF signal = A + B + C + D" is changing repeatedly would record data is present. そして、記録データが存在する場合(ステップS607で「YES」の場合)には、当該光ディスクが「AOD−ROM1層ディスク」、「AOD−R記録済みディスク」のいずれかであるかが判別される。 When the recording data is present ( "YES" in step S607), the the optical disk is "AOD-ROM 1 layer disc", whether either "AOD-R recorded disc" is discriminated . そしてこの場合には、変数iに上記「0」を代入して(ステップS608)、この第3ステージでの処理を終了する。 And this case, by substituting the "0" to the variable i (step S608), then terminates the processing in this third stage. また、ステップS607において「NO」と判断される場合には、「AOD−R未記録ディスク」であることが判別される。 Further, when it is determined "NO" in step S607, the it is "AOD-R blank disc" is discriminated. そして、この場合も、変数iに上記「0」を代入して(ステップS609)、この第3ステージでの処理を終了する。 Also in this case, by substituting the "0" to the variable i (step S609), then terminates the processing in this third stage.

また一方、上記ステップS606において「NO」と判断される場合には、PDIC150(図2)のゲインを「High」に切り替えた後(ステップS610)、再度、上記フォーカスサーチを実行する(ステップS611)。 While also, if it is determined as "NO" in the step S606, after switching the gain of PDIC150 (Figure 2) to "High" (step S610), again executes the focus search (Step S611) . ちなみに、PDIC150のゲインを上記「High」に設定することで、装着されている光ディスクが反射率の低い上記相変化記録方式のAOD(書き換え型)であったとしても、光学系として上記AOD規格の光ディスクの光学系130を使用している限り、図12に例示したFE信号も上記閾値Tを越えるようになる。 Incidentally, by setting the gain of PDIC150 to the "High", as the optical disk that is mounted was AOD (rewritable) of low reflectivity the phase change recording method, the AOD standard as an optical system as long as you use the optical system 130 of the optical disk, it illustrated FE signal in Figure 12 also to exceed the threshold value T. そこで、このフォーカスサーチによって得られるFE信号を再び上記閾値Tと比較して、該FE信号が閾値Tを越えているか否かを判断する(ステップS612)。 Accordingly, the FE signal obtained by the focus search again compared to the threshold T, it is determined whether the FE signal exceeds the threshold value T (step S612). ここで、閾値Tを越えていれば(「YESの場合」)、RF信号が繰り返し変化するか否かを判断する(ステップS613)。 Here, ( "if YES") long as it exceeds the threshold T, it is determined whether changes repeatedly RF signal (step S613). RF信号が繰り返し変化する場合、すなわち記録データが存在する場合には(「YESの場合」)、引き続きリードイン情報があるか否かを判断する(ステップS614)。 If repeatedly changes the RF signal, i.e. ( "if YES") when recording data exists, continue to determine whether there is a lead-in information (step S614). ここで、このリードイン情報とは、ディスク内側のセッションの先頭に書かれた情報であり、そのリードイン領域には、R/書き換え型のウォーブル(蛇行)、ディスクの種類、レーザパワー、ディスクの製造メーカ、使用領域が書かれている。 Here, the lead-in information is information written at the beginning of the disk inside the session, Its lead-in area, R / rewritable wobble (meander), the type of the disk, laser power, the disk manufacturer, used area is written. そこで、このリードイン情報を読み取ることで、その情報があるか否かを判断し、リードイン情報があれば(「YESの場合」)、当該ディスクが「AOD(書き換え型)記録済みディスク」であることを判別する。 Therefore, by reading the lead-in information, and determines whether there is the information, if any lead-in information ( "if YES"), the disc is "AOD (rewritable) recorded disc" to determine that there is. そして、この場合も、変数iに上記「0」を代入して(ステップS615)、この第3ステージでの処理を終了する。 Also in this case, by substituting the "0" to the variable i (step S615), then terminates the processing in this third stage. また、ステップS614でリードイン情報がないと判断される場合には、変数iに上記「4」を代入して(ステップS616)、同第3ステージでの処理を終了する。 Further, when it is determined that there is no lead-in information in step S614, by substituting the "4" to the variable i (step S616), then terminates the processing in the third stage.

また、上記ステップS613でRF信号がない、すなわち強度信号の繰り返しがないと判断される場合(「NOの場合」)も、リードイン情報があるか否かを判断し(ステップS617)、リードイン情報があれば(「YES」と判断されれば)、当該光ディスクが「AOD(書き換え型)未記録ディスク」であることを判別する。 Further, there is no RF signal in step S613, i.e., if it is determined that there is no repetition of the intensity signal ( "in the case of NO") also determines whether there is a lead-in information (step S617), the lead-in (if it is determined that "YES") if there is information, the optical disk is determined to be a "AOD (rewritable) blank disc". そしてこの場合も、変数iに上記「0」を代入して(ステップS618)、この第3ステージでの処理を終了する。 And again, by substituting the "0" to the variable i (step S618), then terminates the processing in this third stage. また、ステップS617でリードイン情報がないと判断される場合には、変数iに上記「4」を代入して(ステップS619)、同第3ステージでの処理を終了する。 Further, when it is determined that there is no lead-in information in step S617, by substituting the "4" to the variable i (step S619), then terminates the processing in the third stage.

次に、第4ステージでの処理、すなわちワーキングディスタンスWDが最も短い(0.3mm〜0.7mm)Blu−lay規格の光ディスクの光学系140(図2)を用いたディスク判別について、図8、図9、図13を参照して詳細に説明する。 Next, processing in the fourth stage, that is, the disk discrimination using a working distance WD is the shortest (0.3 mm to 0.7 mm) Blu-lay standard optical disc in the optical system 140 (FIG. 2), FIG. 8, 9, with reference to FIG. 13 will be described in detail. なお、本実施の形態では、Blu−lay規格のディスクとして、「Blu−lay−ROM・Blu−lay−R記録済みディスク」、「Blu−lay−R未記録ディスク」、「Blu−lay2層ディスク」、「Blu−lay1層ディスク」、「NO DISC」をそれぞれ判別する。 In this embodiment, Blu-lay as a disk standard, "Blu-lay-ROM · Blu-lay-R recorded disc", "Blu-lay-R unrecorded disc", "Blu-Lay2 layer disc "or not" Blu-LAY1 layer disk "," NO dISC ", respectively.

図8に示されるように、Blu−lay規格のディスク判別は、上記ゲイン切り替え信号GSにより、PDIC150(図2)としてのゲインを「Normal」にして開始される(ステップS801)。 As shown in FIG. 8, a disk discrimination of Blu-lay standard, by the gain switching signal GS, it is initiated in the gain as PDIC150 (Figure 2) to "Normal" (step S801). そしてここでは、上述のようにBlu−lay規格の光ディスクの光学系140(図2)が選択されることで、半導体レーザ発振器の波長が405nm、対物レンズの開口率NAが0.85にセットされ(ステップS802)、この状態で先の図18に例示した態様でのフォーカスサーチが実行される(ステップS803)。 And wherein the optical system 140 of the Blu-lay standard optical disc as described above by (FIG. 2) is selected, the wavelength of the semiconductor laser oscillator 405 nm, numerical aperture NA of the objective lens is set to 0.85 (step S802), the focus search in the embodiment illustrated above in FIG. 18 in this state is executed (step S803).

次に、ステップS804では、上記フォーカスサーチに伴って検出されたFE信号の振幅値がシステムコンピュータ300(図1)に予め登録されている閾値Tを越えるか否かが判断される(ステップS804)。 Next, in step S804, the whether exceeds a threshold value T the amplitude value of the detected FE signal with the said focus search is previously registered in the system computer 300 (FIG. 1) is determined (Step S804) . 図13は、上記Blu−lay規格の光ディスクの光学系140(図2)で各種光ディスクのFE信号を検出した例を示している。 Figure 13 shows an example of detecting the FE signal of the various optical disks by the Blu-lay standard optical disc in the optical system 140 (FIG. 2). この図13に示されるように、Blu−lay規格の光ディスクの光学系130でBlu−lay規格の光ディスクのフォーカスサーチを行うと、最大振幅のFE信号が得られる。 As shown in this FIG. 13, when the focus search of an optical disk Blu-lay standard optical disc Blu-lay standard optical system 130, the maximum amplitude of the FE signal is obtained. ここで、この最大振幅値を「1」とした場合、上記閾値Tを例えば「0.75」に相当する値とすると、この閾値Tを越える光ディスクは、Blu−lay規格のディスクのみとなる。 Here, when the maximum amplitude value "1", when a value corresponding to the threshold T, for example, "0.75", the optical disc exceeds this threshold T is only the disc of Blu-lay standard. なお、PDIC150(図2)のゲインが上述のように「Normal」である場合は、同じBlu−lay規格のディスクであっても、Blu−lay2層ディスクは、反射率が低く、上記閾値Tを越えることはない。 Incidentally, when the gain of PDIC150 (FIG. 2) is "Normal" as described above, even in a disk of the same Blu-lay standard, Blu-Lay2 layer disc has a low reflectivity, the threshold value T It does not exceed.

上記ステップS804において「YES」と判断された場合、次にステップS805において、当該ディスクからRF信号が連続して検出されるか否かが判断される。 If it is determined to be "YES" in the step S804, the next in step S805, the whether the RF signal from the disk is continuously detected or not. すなわち、フォーカスオンでのデータ読み取り時、前記「RF信号=A+B+C+D」が繰り返し変化する場合には、記録データが存在することになる。 That is, when data reading at focus-on, when said "RF signal = A + B + C + D" is changing repeatedly would record data is present. そして、記録データが存在する場合(ステップS805で「YES」の場合)には、当該光ディスクが「Blu−lay−ROMディスク」、「Blu−lay−R記録済みディスク」のいずれかであるかが判別され(ステップS806)、この第4ステージでの処理を終了する。 When the recording data is present ( "YES" in step S805), the the optical disk is "Blu-lay-ROM disk", or is any of "Blu-lay-R recorded disc" is It is determined (step S806), and terminates the processing in this fourth stage. また、ステップS805において「NO」と判断される場合には、当該光ディスクが「Blu−lay−R未記録ディスク」であることが判別され(ステップS609)、この第4ステージでの処理を終了する。 Further, when it is determined "NO" in step S805, the fact the optical disk is "Blu-lay-R blank disc" is judged (step S609), then terminates the processing in this fourth stage .

また一方、上記ステップS804において「NO」と判断される場合には、PDIC150(図2)のゲインを「High」に切り替えた後(ステップS808)、再度、上記フォーカスサーチを実行する(ステップS809)。 While also, if it is determined as "NO" in the step S804, after switching the gain of PDIC150 (Figure 2) to "High" (step S808), again executes the focus search (Step S809) . ちなみに、PDIC150のゲインを上記「High」に設定することで、装着されている光ディスクが反射率の低い上記Blu−lay2層ディスクであったとしても、光学系として上記Blu−lay規格の光ディスクの光学系140を使用している限り、図9に例示したBlu−lay2層ディスクの波形を検出できるようになる。 Incidentally, by setting the gain of PDIC150 to the "High", as the optical disc is mounted is a low reflectance above Blu-Lay2 layer disc, the optical disc of the Blu-lay standard as an optical system optically as long as you are using the system 140, it becomes possible to detect the waveform of the illustrated Blu-Lay2 layer disc in FIG. したがってこの場合、2層ディスクのFE信号が検出されることで(ステップS810で「YES」と判断されることで)Blu−lay2層ディスクと判別され(ステップS105)、当該第4ステージの処理を終了する。 In this case, therefore, by the FE signal of the two-layer disc is detected (step by being judged as "YES" in S810) is determined Blu-Lay2 layer disk (step S105), the processing of the fourth stage to the end.

一方、ステップS810において「NO」と判断される場合には、このフォーカスサーチによって得られるFE信号を再び上記閾値Tと比較して、該FE信号が閾値Tを越えているか否かを判断する(ステップS812)。 On the other hand, if it is determined as "NO" in step S810, the FE signal obtained by the focus search again compared to the threshold T, it is determined whether the FE signal exceeds the threshold value T ( step S812). ここで、閾値Tを越えていれば(「YESの場合」)、当該光ディスクが「Blu−lay1層ディスク」であることが判別され(ステップS813)、この第4ステージでの処理を終了する。 Here, if exceeding the threshold value T ( "if YES"), it the optical disk is "Blu-LAY1 layer disk" is judged (step S813), then terminates the processing in this fourth stage.

他方、ステップS812において「NO」と判断される場合には、当該光ディスクが「NO DISC」であることが判別され(ステップS814)、この第4ステージでの処理を終了する。 On the other hand, when it is determined as "NO" in step S812, it the optical disc is "NO DISC" is judged (step S814), then terminates the processing in this fourth stage.

そして、以上の手順によりディスク判別とディスクのフォーマットが判別となる。 The disk discriminating the disc format is discriminated by the above procedure.

以上詳述した態様にてディスク判別を行うこの実施の形態にかかる光ディスクドライブ装置によれば、以下に列記するような優れた効果が得られるようになる。 According to the optical disc drive apparatus according to this embodiment for performing the disk discrimination in detail the embodiments above, so that excellent effects listed below are obtained.

(1)ワーキングディスタンスWDの長い規格の光学系から順にフォーカスサーチを行ってディスク判別を行うこととした。 (1) it was decided to perform the disk identification by performing the focus search in order from the optical system of a long standard of working distance WD. このため、ワーキングディスタンスが相対的に短い光学系によるフォーカスサーチが他の光学系によるフォーカスサーチよりも先に実行されることはなくなり、対物レンズとディスク面との当接等についても、これを的確に回避することができるようになる。 Therefore, the focus search by the working distance is relatively short optical system will no longer be executed before focus search by other optical systems, for the contact and the like between the objective lens and the disk surface, precisely this so it is possible to avoid to.

(2)また、上記手順に従って順番に1つずつ光学系を切り替えてディスク判別を実行するため、一度使用した光学系を何度も使用し直すなどの煩雑さを解消することもできる。 (2) In addition, for performing the disk discrimination by switching the optical system one by one in the order according to the procedure described above, it is also possible to eliminate the complexity of such a once optical system using re-used many times.

(3)1つのドライブに装着される複数種の規格からなる光ディスクとしてBlu−lay規格の光ディスク及びAOD規格の光ディスクが共に含まれる場合であれ、よりワーキングディスタンスの短いBlu−lay規格の光学系によるフォーカスサーチを最後に行うこととした。 (3) in the case where one Blu-lay the standard optical disc and AOD standard optical disc as an optical disc comprising a plurality of kinds of specifications to be mounted on the drive is included together more short working distance Blu-lay standard by the optical system it was decided to perform a focus search to the last. このため、該Blu−lay規格の光学系によるフォーカスサーチが実行される前に、上記AOD規格の光ディスクも含めて、装着されている光ディスクの判別が完了する可能性が高くなる。 Therefore, before the focus search by the optical system of the Blu-lay standard is performed, including optical discs of the AOD standard, likely to complete discrimination of the optical disc is mounted higher. そしてこれにより、上記Blu−lay規格の光ディスク及びAOD規格の光ディスクの双方に対応したマルチドライブ等においても、上記ディスク判別時のフォーカスサーチに起因する対物レンズとディスク面との当接等は好適に回避されるようになる。 And thereby, even in a multi-drive, etc. corresponding to both the optical disk of the optical disk and AOD standard of the Blu-lay standard, contact or the like between the objective lens and the disk surface due to the focus search time the disk discrimination is suitably so it is avoided.

(4)また、片面2層ディスクの判別アルゴリズムをも採用したことで、DVD−ROM2層ディスクはもとより、Blu−lay規格やAOD規格の光ディスクなど、より汎用性の高いディスク判別が可能となる。 (4) Further, by adopting even the discrimination algorithm of the single-sided dual-layer disc, as well the DVD-ROM 2 layer disk, an optical disk of Blu-lay standard or AOD standard, thereby enabling more versatile disk discrimination.

なお、この発明にかかる光ディスクドライブ装置は前記実施の形態に限定されるものではなく、同実施の形態を適宜変更した、例えば次のような形態として実施することもできる。 It is not such an optical disc drive device intended to be limited to the embodiments in the present invention, changing the form of the embodiment as appropriate, may also be implemented as a form as for example described below.

・前記実施の形態では、TE(トラッキングエラー)信号をいわゆるプッシュプル法によって生成することとしたが、TE信号の生成方法としては他に、主ビームの他に2つの副ビームを用いる3ビーム法、受光信号の位相差を検出する位相差検出法なども適宜採用可能である。 Although in the embodiment, TE was decided to produce a (tracking error) signal by a so-called push-pull method, the other as a method for generating a TE signal, in addition to the three-beam method using two sub-beams of the main beam , such as a phase difference detection method for detecting a phase difference between the light receiving signals it can also be employed as appropriate.

・前記実施の形態では、ピックアップ100として、CD系光ディスクの光学系110、DVD系光ディスクの光学系120、AOD規格の光ディスクの光学系130、及びBlu−lay規格の光ディスクの光学系140を各別に備えているとしたが、このような構成に限らない。 Although in the embodiment, as the pickup 100, a CD-based optical disc optical system 110, DVD system optical system 120 of the disc, AOD disc optical system 130 of the standards and Blu-lay optical system 140 of the standard optical disc, each separate It was provided with, but not limited to such a configuration. 必ずしもこれら4つの光学系を格別に備えずとも、例えば1対物レンズ3レーザ構造、2対物レンズ3レーザ構造、DVD/CDとAOD/Blu−layとの2ピックアップなども適宜利用可能である。 Necessarily without including exceptionally these four optical systems, for example, first objective lens 3 laser structure, second objective lens 3 laser structure, such as 2 pickup and DVD / CD and AOD / Blu-lay also be suitably utilized. すなわち、ピックアップ100としての物理的構造は任意である。 That is, the physical structure of the pickup 100 is arbitrary.

ここで、上記1対物レンズ3レーザ構造としては、例えば1つの対物レンズに対して、波長の異なる半導体レーザ(例えば785nm、660nm、405nm)の発光位置をそれぞれずらすことによって、1対物レンズで焦点を結ぶ構造がある。 Here, as the first objective lens 3 laser structure, for example, with respect to one objective lens, different semiconductor laser (e.g. 785 nm, 660 nm, 405 nm) wavelengths by shifting an emission position of the focal point 1 the objective lens there is a structure that connects. また、同様の考え方で、上記2対物レンズ3レーザ構造とすることもできる。 Further, the same concept can also be the second objective lens 3 laser structure. また、半導体レーザの発光位置だけでなく、レンズ位置を変えることで焦点を結ぶ構造としてもよい。 Further, not only the light-emitting position of the semiconductor laser, the focus may be a structure that connects by changing the lens position.

一方、上記2ピックアップ構造の例としては、例えば図14に例示する構造がある。 On the other hand, as an example of the two pick-up structure, for example, a structure illustrated in FIG. 14. ここでは便宜上、DVD/CDの2焦点ピックアップについて説明する。 Here, for convenience, it is described bifocal pickups DVD / CD. 前述のように、CD系光ディスクとDVD系光ディスクとは、それぞれ図14(a)、(b)に示すように、ディスク表面から反射層(記録層)Rまでの厚みがCD系光ディスクで「1.2mm」、DVD系光ディスクで「0.6mm」と大きく異なる。 As described above, the CD system optical disk and DVD type optical disc, respectively Figure 14 (a), (b), the "1 thickness from the disk surface reflection layer (recording layer) to R is in the CD system optical disk .2mm ", quite different from" 0.6mm "in the DVD-based optical disk. このため、ディスク表面から反射層Rまでの厚みが「0.6mm」のDVD系光ディスクODに対して対物レンズ123により焦点を合わせるように光路設計を行うと、同厚みが「1.2mm」のCD系光ディスクODでは対物レンズ113との焦点が合わず、その反射層R上で良好なビームスポット形状を得ることができない。 Therefore, the thickness from the disk surface to the reflection layer R to perform optical path designed to focus the objective lens 123 with respect to DVD-based optical disc OD of "0.6mm", the thickness is "1.2mm" CD-based optical disc not out of focus and OD in the objective lens 113 can not be on the reflective layer R to obtain a satisfactory beam spot shape. そこで、例えば図14(c)に例示するように、対物レンズLにホログラムHを形成して、CD用とDVD用との2焦点ビームを形成するホログラム方式を採用する。 Therefore, for example, as illustrated in FIG. 14 (c), to form a hologram H to the objective lens L, employing a hologram method of forming a bifocal beam and for the CD and DVD. このようなホログラム方式を採用した2焦点ピックアップでは、対物レンズLを光ディスクODから遠ざける方向に移動させると、DVD系光ディスクの場合には図15に示されるようなFE信号が検出される。 In such a hologram method adopted bifocal picked up, it is moved in a direction away objective lens L from the optical disc OD, FE signal as in the case of DVD-based optical disc shown in FIG. 15 are detected. すなわち、0次光のS字波形は1次光のS字波形よりも大きな振幅となる。 That, S-shaped waveform of the 0-order light is greater amplitude than the S-shaped waveform of the primary light. 一方、同2焦点ピックアップをCD系光ディスクに用いた場合には、図16に示されるようなFE信号が検出される。 On the other hand, in the case of using the same two-focus pickup CD system optical disk, FE signal as shown in FIG. 16 are detected. すなわち、0次光、1次光ともにそのS次波形は同等の小さな振幅となる。 That is, 0-order light, 1 order light, both the S following waveform is the same small amplitude. このように、DVD系光ディスクとCD系光ディスクとでは0次光と1次光の比率が異なるため、この差を利用して、これら各ディスクを判別することができるようになる。 Since the ratio of the 0 order light and 1-order light is different between the DVD-based optical disc and CD-based optical disc, by using this difference, it is possible to determine the respective disk. そしてこのことは、上記AOD/Blu−layの2焦点ピックアップについても同様のことがいえる。 And this is the same is true for two-focus pickup of the AOD / Blu-lay.

・前記実施の形態では、1つのドライブに装着される光ディスクがCD系の光ディスク、DVD系の光ディスク、Blu−lay規格の光ディスク、及びAOD規格の光ディスクを含むとした。 Although in the embodiment, and to include an optical disc mounted on one drive CD-type optical disc, DVD family optical disc, Blu-lay standard optical disc, and an optical disk AOD standard. しかしこのうち、Blu−lay規格の光ディスクとAOD規格の光ディスクについては、そのいずれか一方のみに対応するマルチドライブとして構成される可能性が高い。 However these, for the optical disk of Blu-lay standard optical disc and AOD standard is likely configured as a multi-drive that corresponds to only either one thereof. そのような場合であれ、これら規格のうちのBlu−layのみに対応するマルチドライブであれば、該Blu−lay規格の光ディスクの光学系によるフォーカスサーチを最後に行う。 It is such a case, if the Blu-lay only multi-drive that corresponds to one of these standards, performing focus search by the optical system of the optical disc of the Blu-lay standard last. またAODのみに対応するマルチドライブであれば、該AOD規格の光ディスクの光学系によるフォーカスサーチを最後に行うようにすることで、前記実施の形態に準じた効果を得ることはできる。 Also, if a multi-drive that corresponds only to the AOD, that to perform the focus search by the optical system of the optical disk of the AOD standard Finally, it is possible to obtain an effect in accordance with the embodiment.

・前記実施の形態では、ワーキングディスタンスWDの長い光学系から順にフォーカスサーチを行ってディスク判別を行うとしたが、フォーカスサーチの順番としては、必ずしもワーキングディスタンスWDの長い光学系から順に行う必要はない。 Although in the embodiment has been to perform the disk discrimination performs focus search in order from the long optical system having working distance WD, as the order of the focus search need not be performed in order from a long optical system having working distance WD . 要は、ワーキングディスタンスWDが最も短い規格の光ディスクの光学系によるフォーカスサーチを最後に行うことで、前記実施の形態に準じた効果を得ることはできる。 In short, by performing a focus search by the optical system of the optical disk of the working distance WD is the shortest standard Finally, it is possible to obtain an effect in accordance with the embodiment.

本発明にかかる光ディスクドライブ装置についてその一実施の形態を示すブロック図。 Block diagram illustrating an embodiment of an embodiment for an optical disc drive apparatus according to the present invention. 同実施の形態の装置のピックアップの具体構成を示すブロック図。 Block diagram showing a specific configuration of a pickup device of the same embodiment. 同実施の形態の装置のサーボアンプの具体構成を示すブロック図。 Block diagram showing a specific configuration of the servo amplifier of the apparatus of the embodiment. 同実施の形態によるディスク判別の手順についてその全体の処理手順を示すフローチャート。 Flowchart showing the overall processing steps for the procedure of the disk determination according to the embodiment. 同ディスク判別の第1ステージとしてのDVD系光ディスクの光学系によるディスク判別手順を示すフローチャート。 Flowchart showing a disc discrimination procedure according to the optical system of the DVD type optical disc as the first stage of the disk discrimination. 同ディスク判別の第2ステージとしてのCD系光ディスクの光学系によるディスク判別手順を示すフローチャート。 Flowchart showing a disc discrimination procedure according to the optical system of the CD system optical disc as a second stage of the disk discrimination. 同ディスク判別の第3ステージとしてのAOD規格の光ディスクの光学系によるディスク判別手順を示すフローチャート。 Flowchart showing a disc discrimination procedure according to the optical system of an optical disk AOD standard as the third stage of the disk discrimination. 同ディスク判別の第4ステージとしてのBlu−lay規格の光ディスクの光学系によるディスク判別手順を示すフローチャート。 Flowchart showing a disc discrimination procedure according to the optical system of the optical disk of Blu-lay standard as the fourth stage of the disk discrimination. 片面2層ディスクのFE信号例を示すタイムチャート。 Time chart showing the FE signal example of a single-sided dual-layer disc. DVD系光ディスクの光学系によって検出される各光ディスクのFE信号態様を比較して示すグラフ。 Graph comparing the FE signal mode of each optical disc is detected by the optical system of the DVD type optical disc. CD系光ディスクの光学系によって検出される各光ディスクのFE信号態様を比較して示すグラフ。 Graph comparing the FE signal mode of each optical disc is detected by the optical system of the CD system optical disc. AOD規格の光ディスクの光学系によって検出される各光ディスクのFE信号態様を比較して示すグラフ。 AOD graph comparing the FE signal mode of each optical disc is detected by the optical system of the standard optical disc. Blu−lay規格の光ディスクの光学系によって検出される各光ディスクのFE信号態様を比較して示すグラフ。 Graph comparing the FE signal mode of each optical disc is detected by the optical system of the optical disk of Blu-lay standard. (a)はDVD系光ディスクの光学系のピックアップの一部、(b)はCD系光ディスクの光学系のピックアップの一部、(c)はDVD系光ディスクとCD系光ディスクの2焦点ピックアップの一部をそれぞれ示す概略側面図。 (A) is part of a pickup of the optical system of the DVD type optical disc, (b) is part of the pick-up optical system of the CD system optical disk, (c) a portion of the two-focus pickup of the DVD-based optical disc and CD-based optical disc schematic side view showing, respectively. 上記2焦点ピックアップでDVD系光ディスクのフォーカスサーチを行った時のFE信号例を示すタイムチャート。 Time chart showing the FE signal example of when performing the focus search DVD type optical disc in the two-focus pickup. 同2焦点ピックアップでCD系光ディスクのフォーカスサーチを行った時のFE信号例を示すタイムチャート。 Time chart showing the FE signal example when the same bifocal pickup was focus search CD system optical disc. 従来のDVDドライブに用いられているピックアップの構造を示す概略斜視図。 Schematic perspective view showing a structure of a pickup used in a conventional DVD drive. フォーカスサーチに伴う、(a)はレンズの駆動態様、(b)はFE信号、(c)はRF信号についてそれぞれの推移を示すタイムチャート。 Due to the focus search, (a) shows the lens driving mode, (b) is FE signal, (c) is a time chart showing respective changes for RF signals.

符号の説明 DESCRIPTION OF SYMBOLS

100…ピックアップ、110…CD系光ディスクの光学系、111…半導体レーザ発振器、112…コリメータレンズ、113…対物レンズ、114…ビームスプリッタ、115…受光素子、120…DVD系光ディスクの光学系、121…半導体レーザ発振器、122…コリメータレンズ、123…対物レンズ、124…ビームスプリッタ、125…受光素子、130…AOD系光ディスクの光学系、131…半導体レーザ発振器、132…コリメータレンズ、133…対物レンズ、134…ビームスプリッタ、135…受光素子、140…Blu−lay系光ディスクの光学系、141…半導体レーザ発振器、142…コリメータレンズ、143…対物レンズ、143…対物レンズ、144…ビームスプリッタ、145…受光素子、1 100 ... pickup, 110 ... optical system of CD-based optical disc, 111 ... semiconductor laser oscillator, 112 ... collimator lens, 113 ... objective lens, 114 ... beam splitter, 115 ... light-receiving element, 120 ... optical system of the DVD type optical disc, 121 ... semiconductor laser oscillator, 122 ... collimator lens, 123 ... objective lens, 124 ... beam splitter, 125 ... light-receiving element, 130 ... optical system AOD based optical disc, 131 ... semiconductor laser oscillator, 132 ... collimator lens, 133 ... objective lens, 134 ... beam splitter, 135 ... light-receiving element, 140 ... optical system of Blu-lay type optical disc, 141 ... semiconductor laser oscillator, 142 ... collimator lens, 143 ... objective lens, 143 ... objective lens, 144 ... beam splitter, 145 ... light-receiving element , 1 0…PDIC、151…セレクタ、200…サーボアンプ、201、202、203…加算器、204…減算器、205、206…リミッタ、207…位相比較器、300…システムコンピュータ、400…エンコーダ/デコーダ、500…インターフェース(I/F)、600…ドライバ回路、700…レーザ駆動回路、Amp…増幅器、L…対物レンズ、OD…光ディスク、R…反射層(記録層)。 0 ... PDIC, 151 ... selector, 200 ... servo amplifiers, 201, 202, 203 ... adder, 204 ... subtractor, 205, 206 ... limiter 207 ... phase comparator, 300 ... system computer, 400 ... encoder / decoder, 500 ... interface (I / F), 600 ... driver circuit, 700 ... laser drive circuit, Amp ... amplifier, L ... objective lens, OD ... optical disk, R ... reflection layer (recording layer).

Claims (5)

  1. 1つのドライブに装着される複数種の規格からなる光ディスクについて、それら光ディスクの判別をフォーカスサーチによって行う光ディスクドライブ装置であって、 An optical disc comprising a plurality of kinds of specifications to be mounted on one drive, a determination of their optical disk an optical disk drive apparatus for performing the focus search,
    装着された光ディスクに対する対物レンズの可動距離であるワーキングディスタンスが最も短い規格の光学系によるフォーカスサーチを最後に行う ことを特徴とする光ディスクドライブ装置。 An optical disk drive apparatus characterized by performing focus search by the optical system of the working distance is the shortest standard is movable distance of the objective lens at the end for the loaded optical disk.
  2. 前記複数種の規格からなる光ディスクがBlu−lay規格の光ディスクを含み、前記最後にフォーカスサーチを行う光学系が、前記Blu−lay規格の光ディスクに対応した光学系である 請求項1に記載の光ディスクドライブ装置。 Wherein it comprises optical disc comprising a plurality of kinds of standards of optical disks of Blu-lay standard, the last optical system for performing focus search, according to claim 1 is an optical system corresponding to the optical disc of the Blu-lay standard optical disc drive device.
  3. 前記複数種の規格からなる光ディスクがAOD規格の光ディスクを含み、前記最後にフォーカスサーチを行う光学系が、前記AOD規格の光ディスクに対応した光学系である 請求項1に記載の光ディスクドライブ装置。 It said optical disk comprising a plurality of types of standards comprises an optical disk AOD standard, the last optical system for performing focus search, the optical disc drive apparatus according to claim 1 is an optical system corresponding to the optical disk of the AOD standard.
  4. 前記複数種の規格からなる光ディスクがBlu−lay規格の光ディスク及びAOD規格の光ディスクを含み、前記最後にフォーカスサーチを行う光学系が、前記Blu−lay規格の光ディスクに対応した光学系である 請求項1に記載の光ディスクドライブ装置。 Wherein comprises optical disc comprising a plurality of types of standard optical disk of the optical disk and AOD standard Blu-lay standard, claim the last optical system for performing focus search is an optical system corresponding to the optical disc of the Blu-lay standard optical disk drive according to 1.
  5. 前記フォーカスサーチが、前記ワーキングディスタンスの長い規格の光学系から順に行われる 請求項1〜4のいずれか一項に記載の光ディスクドライブ装置。 The focus search, the optical disc drive apparatus according to claim 1 which is performed in order from the optical system of a long standard of the working distance.
JP2003327287A 2003-09-19 2003-09-19 Optical disk drive device Pending JP2005093013A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003327287A JP2005093013A (en) 2003-09-19 2003-09-19 Optical disk drive device

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003327287A JP2005093013A (en) 2003-09-19 2003-09-19 Optical disk drive device

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005093013A true true JP2005093013A (en) 2005-04-07

Family

ID=34457187

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003327287A Pending JP2005093013A (en) 2003-09-19 2003-09-19 Optical disk drive device

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005093013A (en)

Cited By (9)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
EP1750261A2 (en) * 2005-07-29 2007-02-07 Samsung Electronics Co., Ltd. Method of reducing disc lead-in time in optical recording/reproducing apparatus
WO2007037162A1 (en) * 2005-09-27 2007-04-05 Pioneer Corporation Device and method for reproducing information and computer program
WO2007046222A1 (en) * 2005-10-19 2007-04-26 Pioneer Corporation Optical disc discriminating device, reproducing device, optical disc discriminating method, optical disc discriminating program and recording medium
JP2008021352A (en) * 2006-07-11 2008-01-31 Kenwood Corp Optical disk device, and disk type discrimination method thereof
JP2008041113A (en) * 2006-08-01 2008-02-21 Kenwood Corp Optical disk device, and method for discriminating kind of optical disk of optical disk device
JP2008041167A (en) * 2006-08-04 2008-02-21 Kenwood Corp Disk play device and disk discriminating method
JP2008041168A (en) * 2006-08-04 2008-02-21 Kenwood Corp Optical disk play device, optical disk play method, and program
JP2008165961A (en) * 2006-11-17 2008-07-17 Matsushita Electric Ind Co Ltd Information recording medium, information supply system and optical information device
JP2008547147A (en) * 2005-06-24 2008-12-25 エルジー エレクトロニクス インコーポレーテッド How to check the type of the optical disc recording medium

Cited By (14)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP4852097B2 (en) * 2005-06-24 2012-01-11 エルジー エレクトロニクス インコーポレイティド How to check the type of the optical disc recording medium
JP2008547147A (en) * 2005-06-24 2008-12-25 エルジー エレクトロニクス インコーポレーテッド How to check the type of the optical disc recording medium
US7869323B2 (en) 2005-06-24 2011-01-11 Lg Electronics Inc. Optical disc media type confirmation method
US7881171B2 (en) 2005-06-24 2011-02-01 Lg Electronics Inc. Method for reproducing optical recording medium
EP1750261A2 (en) * 2005-07-29 2007-02-07 Samsung Electronics Co., Ltd. Method of reducing disc lead-in time in optical recording/reproducing apparatus
EP1750261A3 (en) * 2005-07-29 2009-03-25 Samsung Electronics Co., Ltd. Method of reducing disc lead-in time in optical recording/reproducing apparatus
WO2007037162A1 (en) * 2005-09-27 2007-04-05 Pioneer Corporation Device and method for reproducing information and computer program
WO2007046222A1 (en) * 2005-10-19 2007-04-26 Pioneer Corporation Optical disc discriminating device, reproducing device, optical disc discriminating method, optical disc discriminating program and recording medium
JP2008021352A (en) * 2006-07-11 2008-01-31 Kenwood Corp Optical disk device, and disk type discrimination method thereof
JP2008041113A (en) * 2006-08-01 2008-02-21 Kenwood Corp Optical disk device, and method for discriminating kind of optical disk of optical disk device
JP2008041168A (en) * 2006-08-04 2008-02-21 Kenwood Corp Optical disk play device, optical disk play method, and program
JP2008041167A (en) * 2006-08-04 2008-02-21 Kenwood Corp Disk play device and disk discriminating method
JP2008165961A (en) * 2006-11-17 2008-07-17 Matsushita Electric Ind Co Ltd Information recording medium, information supply system and optical information device
US8411547B2 (en) 2006-11-17 2013-04-02 Panasonic Corporation Information recording medium, information supply system, and optical information device

Similar Documents

Publication Publication Date Title
JP2000311427A (en) Disk discriminating method and device
JP2004355723A (en) Semiconductor laser driving device and method, and reproducing device and method
US20060239139A1 (en) Optical disk device and optical disk discriminating method
US20020118611A1 (en) Optical recording/reproducing apparatus and tracking error signal detecting method
US20050270925A1 (en) Optical pickup and recording and/or reproducing apparatus using same
US20040196769A1 (en) Method of identifying optical disc type, and optical disc device
US20040240357A1 (en) Method and apparatus for discriminating optical disks
US6552974B1 (en) Compatible optical pickup
US20100157763A1 (en) Optical Disk Drive and Method for Determining Disk Type
US6510115B2 (en) Information recording and reproducing apparatus and disk discrimination method thereof
JP2005327338A (en) Optical pickup and disk-shaped optical recording medium recording and reproducing apparatus
JPH11149657A (en) Information recording and reproducing device, its method and optical pickup
US6556302B2 (en) Apparatus for and method of determining information record medium
US20030095487A1 (en) Type distinction method of optical disk and optical disk apparatus using the method
CN1366660A (en) Optical disc drive and method for determining type thereof
US20020105892A1 (en) Optical pickup device
US20080137493A1 (en) Optical recording medium driving apparatus and focusing method
JP2004327038A (en) Optical recording medium
JP2007122850A (en) Optical disk device
JP2000076679A (en) Optical pickup device and tilt detecting method thereof
US20080247291A1 (en) Optical disc type determining method and optical disc device
US20070008858A1 (en) Optical pickup and optical disc apparatus
US20050122857A1 (en) Optical pickup
JP2005327403A (en) Optical pickup and optical recording medium recording and reproducing device
US20080002548A1 (en) Apparatus and method for discriminating optical disc type

Legal Events

Date Code Title Description
RD01 Notification of change of attorney

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A7421

Effective date: 20051226