JP2005040231A - Hook material and mechanical fastener - Google Patents

Hook material and mechanical fastener Download PDF

Info

Publication number
JP2005040231A
JP2005040231A JP2003201293A JP2003201293A JP2005040231A JP 2005040231 A JP2005040231 A JP 2005040231A JP 2003201293 A JP2003201293 A JP 2003201293A JP 2003201293 A JP2003201293 A JP 2003201293A JP 2005040231 A JP2005040231 A JP 2005040231A
Authority
JP
Grant status
Application
Patent type
Prior art keywords
hook material
hook
material
loop
support
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Pending
Application number
JP2003201293A
Other languages
Japanese (ja)
Inventor
Eiichi Fujieda
Tatsuya Nakamura
達也 中村
栄一 藤枝
Original Assignee
Three M Innovative Properties Co
スリーエム イノベイティブ プロパティズ カンパニー
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date

Links

Images

Abstract

<P>PROBLEM TO BE SOLVED: To provide a hook material exhibiting superior softness and a strong engagement force and eliminating the development of the contact dermatitis or damage on the skin of an infant when being used. <P>SOLUTION: This hook material includes a support body composed of a thermoplastic resin and a plurality of hooks integrally disposed with the support body at least on one surface of the support body and has a molded body of the thermoplastic resin formed by mixing polypropylene resin with polyethylene resin at a weight ratio of 95:5-30:70. The thickness of the support body is 0.04-0.13 mm and the rigidity of the hook material is within the range of 0.01-0.1 N/9 mm, when expressed by a loop stiffness value. <P>COPYRIGHT: (C)2005,JPO&NCIPI

Description

【0001】 [0001]
【発明の属する技術分野】 BACKGROUND OF THE INVENTION
本発明はメカニカルファスニングシステムあるいはメカニカルクロージャーシステムに関し、さらに詳しく述べると、メカニカルファスナーの一員として使用されるフック材及びそれを使用したメカニカルファスナーに関する。 The present invention relates to a mechanical fastening system or a mechanical closure system and, more particularly, to a mechanical fastener using a hook material and it is used as a member of a mechanical fastener. 本発明のフック材及びメカニカルファスナーは、優れた柔軟性と係合力を同時にもたらすことができるので、乳幼児、病人、老人などの使い捨ておむつなどにおいて有利に使用することができる。 Hook material and a mechanical fastener of the present invention is excellent because flexibility and engaging force can result in the same time, can be advantageously used infants, the sick, such as in disposable diapers, such as the elderly.
【0002】 [0002]
【従来の技術】 BACKGROUND OF THE INVENTION
現在、乳幼児などのため、いろいろなタイプの使い捨ておむつを商業的に入手可能である。 Currently, such as for infants, it is a different type of disposable diapers commercially available. 使い捨ておむつは、大きく分類して、(1)着用者がそのまま装着できるパンツタイプと、(2)パンツの形態を有していないけれども、着用者が装着した時にパンツタイプと同様に使用できるオープンタイプとがある。 Disposable diapers, increase classification, (1) and pants type that the wearer can be worn as it is, (2), but does not have the form of pants, open type that can be used in the same manner and pants type when the wearer is wearing there is a door. オープンタイプの使い捨ておむつは、通常、液体吸収性の内装材を含みかつ着用者の体型に適合し得るサイズ及び形状を有するおむつ本体と、着用時にそのおむつ本体の所定の部位を固定してパンツの形状を安定に保持するためのファスニングテープとから構成されている。 Open-type disposable diaper generally comprises a diaper body having a size and shape may be adapted to forms of contain and wearer a liquid-absorbent interior materials, pants fixing the predetermined part of the diaper body when worn It is composed of a fastening tape for stably retain its shape. ファスニングテープの先端部は、通常、粘着剤層を介しておむつ本体に固定するようになっている。 Tip of the fastening tape is usually adapted to secure the diaper body via the adhesive layer.
【0003】 [0003]
最近では、ファスニングテープにおいてもいろいろな工夫がなされている。 In recent years, various ideas have been made also in the fastening tape. 例えば、おむつ交換の時点で着用者から取り外す時まで不用意な外れなどを生じることがないように、フック材をループ材に絡めて締結するメカニカルファスニングあるいはメカニカルクロージャーシステムがいろいろと提案されている(特許文献1〜3)。 For example, so that does not occur and inadvertent off until such time as removed from the wearer at the time of diaper changing, mechanical fastening or mechanical closure system for fastening entwined the hook material to the loop material has been variously proposed ( Patent documents 1 to 3).
【0004】 [0004]
ところで、従来提案されている使い捨ておむつのメカニカルファスニングテープにおいて、フック材は、その硬さのために皮膚と接触する部分にかぶれが発生することがあり、また、乳幼児、病人等の皮膚を傷つけてしまうかもしれないといった不安感を与えてしまう。 Incidentally, the mechanical fastening tape of the disposable diaper proposed in the prior art, hook materials, sometimes rash portion in contact with the skin due to its hardness occurs, also hurt infant skin such as sick I would feel uneasy, such as put away might be. なお、ファスナ成分を含むファスニングタブの領域においてガーリーこわさを約100mgよりも小さく抑えることを提案した製品も提案されているけれども(特許文献4)、ファスナ成分による皮膚のかぶれや損傷の問題を解決することができていない。 Incidentally, although has been proposed products proposed to suppress than about 100mg of the Gurley stiffness at the region of the fastening tab comprising a fastener component (Patent Document 4), to solve the irritation and damage to the skin problems caused by the fastener component it has not been.
【0005】 [0005]
【特許文献1】 [Patent Document 1]
特開平1−162802号公報(特許請求の範囲) JP-1-162802 discloses (claims)
【特許文献2】 [Patent Document 2]
特開平3−268756号公報(特許請求の範囲) JP-3-268756 discloses (claims)
【特許文献3】 [Patent Document 3]
特開平4−276251号公報(特許請求の範囲) JP-4-276251 discloses (claims)
【特許文献4】 [Patent Document 4]
特表平10−511575号公報(特許請求の範囲) Kohyo 10-511575 JP (claims)
【0006】 [0006]
【発明が解決しようとする課題】 [Problems that the Invention is to Solve
本発明の目的は、したがって、使い捨ておむつやその他の製品のメカニカルファスナーにおいて使用されるフック材であって、優れた柔らかさと強い係合力(締結性能)を同時に満足させることができ、使用時に乳幼児、病人等の皮膚のかぶれや損傷を引き起こすことのないフック材を提供することにある。 An object of the present invention, therefore, a hook material that is used in the mechanical fastener of the disposable diaper and other products, can satisfy superior softness and strong engagement force (the fastening performance) at the same time, infant when in use, to provide the free hook material causing irritation or skin damage such as sick.
【0007】 [0007]
また、本発明の目的は、低コストで製造可能であり、優れた柔らかさと強い係合力を同時に満足させることができ、使用時に乳幼児、病人等の皮膚のかぶれや損傷を引き起こすことのないメカニカルファスナーを提供することにある。 Another object of the present invention can be manufactured at low cost, excellent softness and strong engaging force to be able to satisfy simultaneously, infant when in use, it no mechanical fasteners to cause irritation and skin damage such as sick It is to provide a.
【0008】 [0008]
本発明のこれらの目的及びその他の目的は、以下の詳細な説明から理解することができるであろう。 These and other objects of the present invention, could be understood from the following detailed description.
【0009】 [0009]
【課題を解決するための手段】 In order to solve the problems]
上記した第1の目的は、本発明によれば、メカニカルファスナーにおいて互いの絡み合いもしくはループ材との絡み合いによって締結状態を提供可能なフック材において、 First object mentioned above, according to the present invention, in a can provide hook material the engagement state by entanglement with each other entanglement or loop material in a mechanical fastener,
前記フック材が、熱可塑性樹脂からなる支持体と、前記支持体の少なくとも一方の面に前記支持体と一体で配列された複数個のフックとを含み、 The hook member comprises a support made of a thermoplastic resin, and a plurality of hooks arranged in the support integrally on at least one surface of the support,
前記フック材が、約95:5〜30:70の重量比で混合したポリプロピレン樹脂とポリエチレン樹脂の成形体であり、 The hook material is from about 95: 5 to 30: A shaped body of 70 polypropylene resin and a polyethylene resin were mixed in a weight ratio of,
前記支持体の厚さが、約0.04〜0.13mmであり、かつ前記フック材の剛性が、それをループスティッフネス値で表した時に、約0.01〜0.1N/9mmの範囲にあることを特徴とするフック材によって達成することができる。 The thickness of the support is from about 0.04~0.13Mm, and when the rigidity of the hook material, expressed it in a loop stiffness value in the range of about 0.01~0.1N / 9mm be in can be achieved by the hook member, wherein.
【0010】 [0010]
また、本発明の第2の目的は、フック材とフック材の組み合わせもしくはフック材とループ材の組み合わせからなり、2つの部材の絡み合いによって締結状態を提供可能なメカニカルファスナーにおいて、 A second object of the present invention, a combination of a combination or hook material and loop material of the hook material and the hook material, the mechanical fastener capable of providing a fastening state by the entanglement of the two members,
前記フック材が、熱可塑性樹脂からなる支持体と、前記支持体の少なくとも一方の面に前記支持体と一体で配列された複数個のフックとを含み、 The hook member comprises a support made of a thermoplastic resin, and a plurality of hooks arranged in the support integrally on at least one surface of the support,
前記フック材が、約95:5〜30:70の重量比で混合したポリプロピレン樹脂とポリエチレン樹脂の成形体であり、 The hook material is from about 95: 5 to 30: A shaped body of 70 polypropylene resin and a polyethylene resin were mixed in a weight ratio of,
前記支持体の厚さが、約0.04〜0.13mmであり、かつ前記フック材の剛性が、それをループスティッフネス値で表した時に、約0.01〜0.1N/9mmの範囲にあることを特徴とするメカニカルファスナーによって達成することができる。 The thickness of the support is from about 0.04~0.13Mm, and when the rigidity of the hook material, expressed it in a loop stiffness value in the range of about 0.01~0.1N / 9mm be in can be achieved by mechanical fasteners, characterized in.
【0011】 [0011]
【発明の実施の形態】 DETAILED DESCRIPTION OF THE INVENTION
本発明によるフック材及びメカニカルファスナーは、それぞれ、いろいろな形態で有利に実施することが可能である。 Hook material and a mechanical fastener according to the present invention, it is possible to respectively be advantageously carried out in various forms. 以下、下記の実施の形態に限定されるわけではないけれども、いくつかの好ましい実施の形態を添付の図面を参照しながら説明する。 Hereinafter, though not being limited to the following embodiment will be described with reference to several preferred forms of embodiment accompanying drawings.
【0012】 [0012]
本発明は、第1に、使い捨ておむつやその他の製品、例えば生理用ナプキンなどの衛生用品において締結材として使用されるメカニカルファスナーのフック材にある。 The present invention is, firstly, there disposable diapers and other products, the hook material of the mechanical fastener to be used as a fastening member for example in hygiene articles such as sanitary napkins. なお、本発明のフック材は、フック材とフック材の組み合わせからなるデュアルフック式のメカニカルファスナーに使用してもよく、さもなければ、フック材とループ材の組み合わせからなるループ・アンド・フック式のメカニカルファスナーに使用してもよい。 A hook material of the present invention may be used in the dual hook type mechanical fastener consisting of a hook material and the hook material, otherwise, the loop-and-hook type consisting of a combination of hook material and loop material it may be used in the mechanical fastener. すなわち、フック材は、いわゆる雄材として使用できるばかりでなく、雌材としても使用できる。 That is, the hook material is not only can be used as a so-called male part, can also be used as a female member.
【0013】 [0013]
図1は、本発明のフック材及びメカニカルファスナーの好ましい1実施形態を模式的に示したものであり、ループ材7とフック材2の組み合わせによってメカニカルファスナー20が完成されている。 Figure 1 is a preferred embodiment of the hook material and the mechanical fastener of the present invention are those shown schematically, the mechanical fastener 20 is completed by a combination of loop material 7 and the hook material 2. ループ材7とフック材2の組み合わせでメカニカルファスナー20を完成する技術は、前記した通りに周知の技術であるが、本発明は、以下に詳述するように、従来のメカニカルファスナーの上述のような問題点を解決するため、フック材2の構造に改良を加えたものである。 Technology to complete the mechanical fastener 20 in combination with the loop member 7 and the hook member 2 is a well-known technique as described above, the present invention is, as described in detail below, as the above-mentioned conventional mechanical fasteners to solve such problems, it is an improvement in the structure of the hook material 2. なお、本発明の実施において、必要に応じてフック材2と対で使用されるループ材7は、特に限定されるものではない。 Incidentally, in the practice of the present invention, the loop material 7 used in pair with the hook material 2 as required is not particularly limited.
【0014】 [0014]
フック材2は、そのままの形態で使用してもよいけれども、通常、図示のように基材1で支持した状態で使用される。 Hook material 2, but may be used in unmodified form, usually used in a state of being supported by the substrate 1 as shown. このように基材1を備えたフック材2は、「ファスニングテープ」とも呼ばれるが、ここでは「フック型留め具」10と呼ぶことにする。 Thus hook material 2 having the base material 1, also referred to as "fastening tape" is referred to herein as 10 "hook-type fasteners". なお、フック材2は、必要ならば、基材1の両面に設けられてもよい。 A hook member 2 may, if necessary, may be provided on both sides of the substrate 1.
【0015】 [0015]
フック型留め具10について説明すると、基材1は、この技術分野において一般的に行われているように、各種の天然もしくは合成の材料から構成することができる。 Referring to hook type fastener 10, the substrate 1, as is commonly done in the art, it can be composed of various natural or synthetic materials. 基材に適当な材料としては、以下に列挙するものに限定されるわけではないけれども、ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリプロピレン−ポリエチレンブロックコポリマー、ポリエステル、塩化ビニル、ポリアセテート、ポリアミド、木綿等を挙げることができる。 Suitable materials for the substrate, but are not limited to those described below, polypropylene, polyethylene, polypropylene - can be exemplified polyethylene block copolymer, a polyester, polyvinyl chloride, polyacetate, polyamide, cotton, etc. . これらの材料は、単独で使用してもよく、あるいは2種類もしくはそれ以上を組み合わせて使用してもよく、また、これらの材料は、シート又はフィルム状の成形体であってもよく、あるいは織布、不織布、編織布等の形態であってもよい。 These materials may be used alone or may be used in combination of two or more, also, these materials may be a sheet or film-like molded body, or woven cloth, non-woven fabric, may be in the form of such textiles. 特に、ポリプロピレン、ポリエチレン、ポリプロピレン−ポリエチレン共重合体あるいはその混合物は、適度な柔軟性があり、低コストであるので、使い捨ておむつの用途に好適である。 In particular, polypropylene, polyethylene, polypropylene - polyethylene copolymer or a mixture thereof, it is appropriate flexibility, since it is low cost, is suitable for a disposable diaper applications. フック材にあわせて、それと同一もしくは類似のポリプロピレン樹脂とポリエチレン樹脂の混合物からなる成形体から基材を構成するのが最も好適である。 In accordance with the hook material, therewith it is most preferred to construct the base material from the molded body formed from the same or a similar mixture of polypropylene resin and polyethylene resin.
【0016】 [0016]
フック型留め具10において、その基材1の表面にフック材2が設けられる。 In the hook type fastener 10, the hook member 2 is provided on the surface of the substrate 1. フック材2は、通常、支持体3上に多数個のフック4が一体的に結合せしめられた構造を有している。 Hook material 2, usually a large number of hook 4 has a structure which is allowed to integrally coupled on the support 3. フック4は、支持体3の上に秩序的に配列されていてもよく、無秩序に配列されていてもよい。 Hook 4 may be orderly arranged on the support 3, it may be randomly arranged. ここで、支持体に対するフックの一体的結合は、いろいろな形態を包含することができ、例えば、支持体との同時成形による一体化、支持体に対する埋め込みあるいは植え付け、接着剤による接合などを挙げることができる。 Here, integrally coupling the hook to the support may encompass a variety of forms, for example, integrated by co-molding the support, embedded or planting to the support, and the like an adhesive bond can. 支持体との同時成形による一体化が最も好適である。 Integrated by co-molding of the support it is most preferred. フック4の形状は、対をなすフック材のフックあるいはループ材のループに絡み合って所期の締結を可能とする限りに特に限定されないというものの、この技術分野において多用されているように、マッシュルーム形(図1に例示)、かぎ形(ホック形;図2に例示)、ピン形(図3に例示)あるいはそれに類する突起体の形状であることが好ましい。 The shape of the hooks 4, but rather not particularly limited so long as to allow the desired fastening intertwined pairs hook or loop of the loop material of hook material constituting the, as is frequently used in the art, mushroom (illustrated in FIG. 1), hook-shaped (hook-shaped; illustrated in FIG. 2) is preferably in the form of projections similar pin-shaped (Figure 3 illustrated) or it. なお、フックの形状は、形状が複雑になればなるほど生産性が低下し、コストの上昇を引き起こすという点にも留意しなければならない。 The shape of the hook shape is reduced the more productive if complex, it must also be noted that cause an increase in cost. ちなみに、図1に示したフック材2は、支持体3に多数個のマッシュルーム形フック4を備えたものであって、例えば、特表平6−500486号公報、特表平8−508910号公報などに記載の方法によって製造することができる。 Incidentally, the hook member 2 shown in FIG. 1, there is provided with a plurality of mushroom-shaped hook 4 to the support 3, for example, Kohyo 6-500486, JP Kohyo 8-508910 JP It may be prepared by methods described, for example.
【0017】 [0017]
フック材を基材に取り付けて使用する場合、いろいろな固定手段を使用してフック材を取り付けることができる。 When used in attaching the hook material to the substrate, it is possible to attach the hook material using a variety of fastening means. また、このような固定によって達成される基材/フック材の結合強度は、本発明によるメカニカルファスナーの締結効果を保証するため、実使用時のフック材とフック材又はループ材との結合強度よりも大であることが必要である。 The bond strength of such substrates / hook material achieved by fixing, in order to assure the fastening effect of the mechanical fastener according to the invention, from binding strength between the hook material and the hook material or loop material in actual use it is also required to be large. 適当な固定手段としては、例えば、グルー、熱融着、超音波加熱等による接着、一体成形、縫製、ステープラーによる機械的固定などを挙げることができる。 Suitable fastening means include, for example, glue, heat sealing, bonding by ultrasonic heating or the like, integrally molded, sewing, and the like mechanical fixing by the stapler.
【0018】 [0018]
本発明では、フック材の構成が重要な要件となっている。 In the present invention, construction of the hook material is an important requirement. すなわち、フック材は、 That is, the hook material,
(1)熱可塑性樹脂からなるフック材が、約95:5〜30:70の重量比で混合したポリプロピレン樹脂とポリエチレン樹脂の成形体であること、 (1) a hook member made of a thermoplastic resin is from about 95: 5 to 30: it is a molded body of 70 polypropylene resin and a polyethylene resin were mixed in a weight ratio of,
(2)フックが一体となって配列された支持体の厚さが、約0.04〜0.13mmの範囲であること、及び(3)フック材の剛性が、それをループスティッフネス値で表した時に、約0.01〜0.1N/9mmの範囲にあることを必須の要件とする。 (2) a hook that thickness of the support arranged together is in the range of about 0.04~0.13Mm, and (3) the rigidity of the hook material, it in a loop stiffness value when expressed, the essential requirements to be in the range of about 0.01~0.1N / 9mm.
【0019】 [0019]
まず、フック材は、どのような材料から形成されていてもよいというものではなく、本発明の実施の場合、所期の目的を達成するため、熱可塑性樹脂から形成されていることが必要であり、また、その樹脂材料も、いかなる樹脂材料であってもよいというものではなく、ポリプロピレン樹脂(PP)とポリエチレン樹脂(PE)の混合物である。 First, the hook material is not intended that may be formed from any material, if the implementation of the present invention, must be to achieve the intended purpose, and is formed of a thermoplastic resin There also the resin material is also not intended that may be any resin material is a mixture of polypropylene resin (PP) and polyethylene resin (PE). すなわち、本発明で使用するフック材は、PPとPEの混合物を出発物質として熱成形あるいは必要に応じてその他の成形技術によって形成された成形体である。 That is, the hook material to be used in the present invention is a molded body formed by other molding techniques a mixture of PP and PE according thermoformed or required as starting materials.
【0020】 [0020]
また、PPとPEの混合物は、任意の混合比で使用できるというものの、本発明の実施の場合、通常、PPとPEを約95:5〜30:70の重量比で混合することが好ましい。 Mixtures of PP and PE, although rather can be used in any mixing ratio, if the implementation of the present invention, usually, the PP and PE about 95: 5 to 30: it is preferably mixed in a weight ratio of 70. PPとPEの混合物において、PPの量が上記の上限を上回ると、PPの特性が支配的になり、フック材が硬くなってしまう。 In a mixture of PP and PE, the amount of PP is greater than the upper limit of the characteristics of the PP is dominant becomes, becomes hard and hook material. 反対に、PPの量が上記の下限を下回ると、フック材に対する基本的な要求特性である係合力が1N/25mm以下となってしまい、その実用性が乏しくなってしまう。 Conversely, if the amount of PP is lower than the lower limit of the above, the engaging force is a basic requirement characteristics for hook material becomes less 1N / 25 mm, its utility becomes poor.
【0021】 [0021]
フック材は、いろいろなPPとPEを使用して作製することができる。 Hook material may be made using a variety of PP and PE. 例えば、本発明の実施に使用するPPは、単独重合体又は共重合体のいずれであってもよい。 For example, PP used in the practice of the present invention may be either homopolymers or copolymers. また、本発明の実施に有用なPEは、以下に列挙するものに限定されるものではないけれども、低密度ポリエチレン(LDPE)、高密度ポリエチレン(HDPE)、直鎖状低密度ポリエチレン(LLDPE)などを包含する。 Also, PE useful in the practice of the present invention, although those are not limited to those described below, low density polyethylene (LDPE), high density polyethylene (HDPE), linear low density polyethylene (LLDPE) etc. It encompasses. PEとしては、とりわけLDPE、LLDPEなどを有利に使用することができる。 The PE, may be used inter alia LDPE, etc. preferably LLDPE. 本発明の実施に好適なPP及びPEのさらに詳細については、例えば、特開平9−313218号公報、特表2001−518336号公報などの記載を参照されたい。 For a more detailed preferred PP and PE in the practice of the present invention, for example, see JP-A 9-313218 discloses a description such as JP-T-2001-518336.
【0022】 [0022]
また、本発明のフック材において、フックを支持する支持体の厚さが、約0.04〜0.13mmの範囲にあることが必要である。 Further, in the hook material of the present invention, the thickness of the support for supporting the hook, it is necessary to be in the range of about 0.04~0.13Mm. 支持体の厚さが0.04mmを下回ると、所定のサイズのフックを十分に支持できなくなるばかりでなく、フック材に腰がなくなり、フック材の取り扱い性が低下する。 When the thickness of the support is below 0.04 mm, not only can not be sufficiently supported the predetermined size of the hook, there is no waist hook material, handling of the hook material is lowered. 反対に、支持体の厚さが0.13mmを上回ると、ゴワゴワ感が発現し、フック材のソフト感が損なわれる。 Conversely, when the value exceeds the thickness 0.13mm the support, the expressed feeling stiff, soft feeling of the hook material is impaired. 支持体の厚さは、好ましくは、約0.07〜0.10mmの範囲である。 The thickness of the support is preferably in the range of about 0.07~0.10Mm.
【0023】 [0023]
関連して説明すると、支持体によって支持されたフックの高さは、所望とするフック材の種類、支持体の厚さ及びその他のファクターに応じて広い範囲で変更することができる。 By way related, the height of the hooks being supported by the support body can be varied over a wide range depending on the thickness and other factors of desired that the type of hook material, support. フックの高さ(換言すると、ステムの高さと、もしもあれば、ステムの先端に形成されたヘッド14の厚さの合計)は、通常、できる限りに小さくかつ均一であるように調整されていることが好ましい。 (In other words, the height of the stem, if present, the total thickness of the head 14 formed at the tip of the stem) height of the hook is normally adjusted to a small and uniform as possible it is preferable. フックの高さは、通常、その基部から測定して約0.1〜1.3mmの範囲にあることが好ましく、さらに好ましくは、約0.2〜0.5mmの範囲である。 The height of the hook, usually, is preferably in the range of about 0.1~1.3mm measured from its base, more preferably in the range of about 0.2 to 0.5 mm. 本発明に従うと、フックに対してこのような高さを付与することによって、優れた柔らかさと強い係合力を保証するとともに、皮膚のかぶれや損傷の問題を防止することができる。 According to the present invention, by imparting such high relative hook, as well as ensure strong engagement force and softness excellent is, it is possible to prevent the skin rash and damage problems.
【0024】 [0024]
フックについてさらに説明すると、フックは、通常、1cm 当たり約60〜1,600フックの分布密度で支持体上に配列されていることが好ましく、さらに好ましくは、1cm 当たり約125〜700フックの分布密度である。 To further illustrate the hook, the hook is usually preferred to be arranged on the support at a distribution density of 1 cm 2 per about 60~1,600 hook, more preferably, of 1 cm 2 per about 125 to 700 hooks it is the distribution density. また、フックのステムは、支持体と隣接する部分(基部)の直径が約0.1〜0.6mmの範囲であることが好ましく、さらに好ましくは、約0.1〜0.3mmの範囲である。 Further, the stem of the hook is preferably the diameter of the portion adjacent to the support (base) is in the range of about 0.1 to 0.6 mm, more preferably, in the range of about 0.1~0.3mm is there. さらに、フックのヘッドは、上記したように任意の形状及びサイズとすることができる。 Furthermore, the head of the hook can be of any shape and size as described above.
【0025】 [0025]
本発明のフック材において、その剛性は、以下において測定法を詳述するループスティッフネス値で表した時に、約0.01〜0.1N/9mmの範囲にあることが必要である。 In the hook material of the present invention, the stiffness, when expressed in a loop stiffness values ​​detailing the measurement method in the following, it is required to be in the range of about 0.01~0.1N / 9mm. フック材の剛性が0.01N/9mmを下回ると、フック材としての十分な機能が得られなくなる。 The rigidity of the hook material is below 0.01 N / 9 mm, can not be obtained a sufficient function as a hook material. 反対に、フック材の剛性が0.1N/9mmを上回ると、ゴワゴワ感が発現し、フック材のソフト感が損なわれる。 On the contrary, the rigidity of the hook material is greater than 0.1N / 9mm, the expressed feeling stiff, soft feeling of the hook material is impaired. フック材の剛性は、好ましくは、約0.01〜0.08N/9mmの範囲である。 Rigidity of hook material is preferably in the range of about 0.01~0.08N / 9mm.
【0026】 [0026]
本発明の実施において、本発明のフック材と組み合わせてメカニカルファスナーの一員として用いられるもう1つのフック材あるいはループ材は、特に限定されるものではない。 In the practice of the present invention, another hook material or loop material which are used as a member of a mechanical fastener in combination with hook material of the present invention is not limited in particular. 例えば、フック材に組み合わせてもう1つのフック材を使用する場合、そのフック材は、本発明のフック材と同じものであってもよく、本発明のフック材と係合可能な任意の形状、サイズをもった別のタイプのフック材であってもよい。 For example, when using another hook material in combination with a hook member, the hook material may be the same as the hook material of the present invention, the hook member can be engaged with any shape of the present invention, size may be another type of hook material having.
【0027】 [0027]
本発明では、本発明のフック材と組み合わせていろいろなタイプのループ材を使用することができる。 In the present invention, it is possible to use various types of loop material in combination with hook material of the present invention. ループ材は、通常、基材と、その少なくとも片面に設けられたループとから構成される。 Loop material is composed of usually a substrate, and at least a loop provided on one side. ここで、ループとは、それがフック材との係合機能を有する限りにおいて特に限定されるものではなく、したがって、ループ体そのものであってもよく、さもなければ、織布、不織布などのループ保有材料であってもよい。 Here, it loops, it is not limited in particular as long as they include an engagement feature between the hook material and, therefore, may be a loop material itself, or else, woven, loop such nonwoven it may be held material. 必要ならば、これらのループを組み合わせて使用してもよく、あるいは積層体の形で使用してもよい。 If necessary, it may be used in the form of at best, or laminate using a combination of these loops. 積層体は、例えば、上述のようなループをプラスチックフィルム等にラミネートすることによって形成することができる。 Laminate, for example, a loop as described above can be formed by laminating a plastic film or the like. また、ループ材は、適宜起毛、エンボス、印刷、染色等の加工がなされていてもよく、これらの加工品を特に使い捨ておむつやその他の衛生用品に使用した場合には、艶、てかりといった光沢をなくすことができ、審美的に心地よい外観を得ることができる。 Further, the loop material may optionally brushed, embossing, printing, may be processed has not been dyed, etc., when used in these processed products, especially disposable diapers and other hygiene products, gloss luster, such as shine can be eliminated, it is possible to obtain an aesthetically pleasing appearance.
【0028】 [0028]
図1には、本発明の実施に有用なループ材の典型例が示されている。 FIG 1 shows a typical example of a useful loop material in the practice of the present invention. 図示のループ材7は、基材5と、その表面に一体的に結合せしめられたループ6とからなる。 Loop material 7 shown, the base 5 consists of a loop 6 for was allowed integrally attached to its surface. ループ6は、常法に従っていろいろな材料から構成することができるというものの、フック材2のフック4と効果的に絡み合うことのできる繊維材料から構成することが好ましい。 Loop 6, while rather may be composed of various materials according to a conventional method, it is preferably made of fibrous material that can be entangled hook 4 effectively hook material 2. 繊維材料は、所望とするループの形状に応じて、例えば織布、不織布、編み物、その他の形で使用することができる。 Fiber material, depending on the shape of the loop, a desired, for example woven, nonwoven, knitted, it may be employed in the form. また、繊維の束がループ状となるように、フィルム上に繊維を部分的に接着したようなものも、ループとして有利に使用することができる。 Also, as in the bundle of fibers is looped, also like partially bonded fibers on the film can be advantageously used as a loop.
【0029】 [0029]
本発明は、第2に、上記したようなフック材を同一もしくは異なるフック材あるいはループ材に組み合わせて完成されたメカニカルファスナーにある。 The present invention, in the second, in a mechanical fastener which is completed by combining the hook material as described above in the same or different hook material or loop material. 本発明によるメカニカルファスナーの好ましい実施形態は、再び図1を参照しながら具体的に説明すると、例えば使い捨ておむつの本体の特定部位(例えば、バックシート上の一部分、図示せず)に取り付けられた、ループ6を基材5の片面に形成したループ材7と、同じ使い捨ておむつの別の特定部位に取り付けられた、ループ材7のループ6に絡み合って係止可能なフック材2との組み合わせである。 A preferred embodiment of a mechanical fastener according to the present invention, when specifically described with reference again to FIG. 1, for example, a specific part of the body of the disposable diaper (e.g., a portion of the backsheet, not shown) attached to, a loop member 7 which forms a loop 6 on one surface of the substrate 5, attached to a different specific site of the same disposable diaper, is the combination of a lockable hook material 2 intertwined loop 6 of loop material 7 . フック材2は、基材1とともにフック型留め具10を構成している。 Hook material 2 constitutes a hook-type fastener 10 with the substrate 1. このメカニカルファスナー20において、フック材2は、ループ材7に係止し、固定可能であり、必要により両者の係止を解くことも可能である。 In this mechanical fastener 20, the hook member 2 is engaged with the loop material 7, securable, it is possible to solve the engagement of both necessary.
【0030】 [0030]
本発明によるメカニカルファスナーは、使い捨ておむつの締結手段や生理用ナプキンのずれ止め手段などとして有利に使用することができる。 Mechanical fastener according to the present invention can be advantageously used as such fastening means and the displacement preventing means of the sanitary napkin of the disposable diaper. 例えば、図示しないけれども、本発明のメカニカルファスナーを使い捨ておむつの締結手段として使用する場合、次のようにして使用することができる。 For example, although not shown, when using a mechanical fastener of the present invention as the fastening means of a disposable diaper, it can be used as follows.
【0031】 [0031]
オープンタイプの使い捨ておむつは、通常、液体吸収性の内装材を含みかつ着用者の股の部分の体型に適合し得るサイズ及び形状を有するパッド状のおむつ本体からなる。 Open-type disposable diapers generally consist of a pad-like diaper body having a size and shape may be adapted to forms of the crotch portion of contain and wearer a liquid-absorbent interior materials. おむつ本体の構造は、多くの文献等から公知となっているように、多種多様であり、また、したがって、液体吸収性の内装材もいろいろに変更可能である。 Structure of the diaper body, as has become known from many publications such as, a wide variety, also therefore, the liquid-absorbent interior materials can also be variously changed. おむつ本体は、通常、液体吸収性の内装材の外側に非透水性のバックシートを配置するとともに、その内側(おむつ着用者に接する側)に透水性の不織布等を配置することによって、構成することができる。 The diaper body, usually with placing the impermeable backsheet on the outside of the liquid-absorbent interior materials, by placing a water-permeable nonwoven fabric or the like on the inside thereof (the side in contact with the diaper wearer), constituting be able to. ループ材は、このようなおむつ本体のフロント部分に取り付けられる。 Loop material is attached to the front portion of such diaper body. また、おむつ本体のフロント部分と表裏をなす部分にフック材(あるいは、フック型留め具)が取り付けられる。 Further, the hook material portion forming the front and back and front portions of the diaper body (or hook-type fastener) is attached. フック材のフックが、ループ材のループに絡み合って係止可能である。 Hook hook material are possible locking intertwined loop of the loop material. したがって、使い捨ておむつを着用する時は、フック材をおむつ本体のフロント部分に取り付けられたループ材に押し付けることで、おむつのウエスト部を形成し、締結を完了することができる。 Therefore, when wearing the disposable diaper, by pressing the hook material to the loop material attached to the front portion of the diaper main body, to form a waist portion of the diaper, it is possible to complete the fastening.
【0032】 [0032]
【実施例】 【Example】
引き続いて、本発明を下記の実施例によってさらに説明する。 Subsequently, further illustrate the present invention by the following examples. なお、本発明はこれらの実施例によって限定されるものではないことを理解されたい。 The present invention is to be understood that the invention is not limited to these examples.
例1 Example 1
50重量部のポリプロピレン樹脂(商品名「SRC70615」、ダウ・ケミカル社製)と50重量部のポリエチレン樹脂(LDPE、商品名「JMA01N」、日本ポリオレフィン社製)の混合物(PP/PE=1)を特表平8−508910号公報に記載の方法で熱成形してフック材(雄材)を作製した。 50 parts by weight of a polypropylene resin (trade name "SRC70615", manufactured by Dow Chemical Company) polyethylene resin with 50 parts by weight (LDPE, trade name "JMA01N", manufactured by Nippon Polyolefin Co.) mixture of the (PP / PE = 1) thermoformed to produce hook material (male part) by the method described in JP Kohyo 8-508910. 得られたフック材を幅25mm×長さ25mmの矩形シートに裁断した。 The resulting hook material was cut into a rectangular sheet having a width 25 mm × length 25 mm.
【0033】 [0033]
次いで、上記のようにして作製したフック材を基材の先端部に接着剤で接合した。 Then adhesively bonded hook material produced as described above at the tip portion of the substrate. 得られたフック型留め具は、フック材そのものも含めて、適度な硬さとももに十分な柔軟性があり、手触り感も良好であった。 The resulting hook-type fasteners, hook material itself included, is flexible enough to moderate hardness and thighs, feeling of touch was good.
【0034】 [0034]
一方、トリコット機で編成された生機編地を二軸延伸ポリプロピレン(BOPP)フィルムに接着剤を用いて接着して、ループ材(雌材)を作製した。 On the other hand, the greige knitted fabric that is knitted in tricot machine using an adhesive to biaxially oriented polypropylene (BOPP) film to produce a loop material (female part).
例2 Example 2
前記例1に記載の手法に従って異なるメカニカルファスナー(本発明例及び比較例)を作製した後、それぞれのメカニカルファスナーの性能を、(1)フック材の剛性(ループスティフネス)、(2)フック材の係合力(90度剥離強度)及び(3)フック材のソフト感の3項目に関して試験した。 After producing different mechanical fastener (present invention examples and comparative examples) according to the procedure described in Example 1, the performance of the respective mechanical fasteners, (1) the stiffness of the hook material (loop stiffness) of (2) hook material It was tested for three items engagement force (90 ° peel strength) and (3) softness of the hook material.
(1)フック材の剛性(ループスティフネス)の測定下記の第1表に記載するように、PP/PE混合物のPE(LDPE)配合量を0〜100重量%の範囲で変更し、かつフック材の支持体の厚さを50、75又は100μmとすることによって、合計21種類のフック材を作製した。 (1) as described in Table 1 measurement below the rigid hook member (loop stiffness), the PE (LDPE) The amount of PP / PE mixture was varied between 0 to 100 wt%, and hook material the thickness of the support by a 50, 75 or 100 [mu] m, to prepare a total of 21 types of hook material.
【0035】 [0035]
得られたフック材を幅9mm×長さ120〜150mmに裁断して細長い試験片を作製した。 The resulting hook material was cut to a width 9 mm × length 120~150mm to produce an elongated specimen. それぞれの試験片を剛性測定装置(ループスティフネスメータ、東洋精機製)のテーブルにセットし、試験片の両端を冶具で固定した。 Stiffness measuring device of each of the test pieces (loop stiffness meter manufactured by Toyo Seiki) set on table, and the two ends of the test piece was fixed in a jig. 剛性測定装置のスイッチを入れ、それぞれの冶具をテーブルの中央部まで自動的にスライドさせ、試験片のループを作成した。 Turn on the stiffness measuring device, to automatically slide the respective jig to the center of the table, to create a loop of the test piece. 次いで、テーブルを横倒しするとともに、試験片のループを潰すため、剛性測定装置に付属のセンサをループの方向に200mm/分の速度で移動させた。 Then, while its side tables, to kill the loop of the test piece was moved at 200 mm / min rate sensor that comes with the rigid measuring device in the direction of the loop. センサが直進してループが潰れた時の応力の最大値を記録し、これを「剛性」とした。 Sensor is straight to record the maximum value of the stress of when the loop is collapsed, which was used as a "rigid". 得られた測定結果を下記の第1表にまとめるとともに、図4にプロットする。 Together summarized measurement results obtained in Table 1 below and plotted in Figure 4. なお、図4中の黒丸Xは、市販品のプロット(0.118N/9mm)である。 Incidentally, black circle X in FIG. 4 is a commercial product of the plot (0.118N / 9mm).
【0036】 [0036]
【表1】 [Table 1]
【0037】 [0037]
(2)フック材の係合力(90度剥離強度)の測定下記の第2表に記載するように、PP/PE混合物のPE(LDPE)配合量を0〜100重量%の範囲で変更し、かつフック材の支持体の厚さを75又は100μmとすることによって、合計14種類のフック材を作製した。 (2) as described in Table 2 measured below the engaging force of the hook member (90 degree peel strength), the PE (LDPE) The amount of PP / PE mixture was varied between 0 to 100 wt%, and the thickness of the support of the hook material by 75 or 100 [mu] m, to prepare a total of 14 types of hook material. フック材の作製には、特表平6−500486号公報に記載の手法を使用した。 The production of hook material, was used a technique described in Japanese Patent Kohyo 6-500486. 得られたフック材を幅20mm×長さ25mmに裁断し、粘着テープで紙に貼り付けて矩形の試験片とした。 The resulting hook material was cut into a width 20 mm × length 25 mm, and a rectangular test piece stuck to the paper with adhesive tape.
【0038】 [0038]
前記例1のループ材を幅50mm×長さ100mmのステンレス鋼板に粘着テープで貼り付け、固定した。 The Example Paste 1 of loop material with adhesive tape to a stainless steel plate having a width 50 mm × length 100 mm, and fixed. 次いで、先に作製したフック材(試験片)を剥離強度試験装置のループ材に全面が密着するように積層した。 Then, the entire surface hook material previously prepared (test piece) on the loop material of the peel strength test device is laminated in close contact. その後、フック材とループ材の積層体の上に重さ2kgのローラーを載置して圧着した。 Then crimped by placing the roller weight 2kg on the laminate of the hook material and loop material.
【0039】 [0039]
1kgの荷重でフック材に剪断をかけ、剥離角度90度及び引張り速度300mm/分でせん断力を測定した。 Shearing the hook material at 1kg load was measured shearing force at a peel angle of 90 degrees and a tensile speed of 300 mm / min. 得られたせん断力の平均値を「90度剥離強度」とした。 The average value of the obtained shear force was evaluated as "90-degree peel strength". 得られた測定結果を下記の第2表にまとめるとともに、図5にプロットする。 Together summarized measurement results obtained in Table 2 below, are plotted in Figure 5.
【0040】 [0040]
【表2】 [Table 2]
【0041】 [0041]
(3)フック材のソフト感の測定フック材が皮膚との接触に好適な柔らかさを有しているか否かを評価するため、下記の手順に従ってソフト感についての官能試験を実施した。 (3) for measuring the hook material of the soft feeling of the hook material to evaluate whether it has a suitable softness for contact with the skin, and a sensory test for softness according to the following procedure.
【0042】 [0042]
前記例1に記載の手法に従って、PP/PE混合物のPE(LDPE)配合量が0、25、50又は90重量%である合計4種類のフック材(支持体の厚さはいずれも75μm)を作製した。 According to the procedure described in Example 1, PP / PE mixture PE (LDPE) amount is 0, 25, 50 or a total of four kinds of hook material is 90 wt% to (all thickness of the support is 75 [mu] m) It was produced. 得られたフック材を幅100mm×長さ130mmに裁断して矩形の試験片を作製した。 The resulting hook material was cut to a width 100 mm × length 130mm was prepared a rectangular test pieces.
【0043】 [0043]
それぞれのフック材(試験片)を10名の被験者に渡し、手にもった時の感触を、 Passing each of the hook material (test piece) in 10 subjects, the feeling of when you have to hand,
触り方1: Touch How to 1:
試験片を手でもって全体の感触を評価触り方2: Touch evaluate the overall feeling with the test piece by hand how 2:
試験片を手でもって摩擦(擦って)での感触を評価で下記の5段階で評価した。 It was evaluated in five stages below the feel in the evaluation of friction with the specimen by hand (rubbing).
ポイント1: かなりの硬さを感じる。 Point 1: I feel considerable hardness.
ポイント2: 少しの硬さを感じる。 Point 2: I feel a little bit of hardness.
ポイント3: ほとんど硬さを感じない。 Point 3: I do not feel a little hardness.
ポイント4: 柔らかさを感じる。 Point 4: feel the softness.
ポイント5: かなりの柔らかさを感じる。 Point 5: feel the considerable softness.
【0044】 [0044]
各被験者によるソフト感の評価ポイントを合計し、平均値を求めたところ、図6(触り方1;全体の感触)及び図7(触り方2;摩擦による感触)にプロットしたような評価結果が得られた。 Summing the evaluation points of the soft feeling by each subject was determined an average value, FIG. 6 (touching way 1; overall feel) and 7 (touching way 2; feel due to friction) Evaluation results as plotted in the obtained.
【0045】 [0045]
【発明の効果】 【Effect of the invention】
以上に説明したように、本発明によれば、使い捨ておむつや生理用ナプキンなどにおいてメカニカルファスナーの一員として有利に使用できるフック材を提供することができる。 As described above, according to the present invention, it is possible to provide a hook material that can be advantageously used as a member of a mechanical fastener such as in disposable diapers and sanitary napkins. 本発明のフック材は、優れた柔らかさと強い係合力(締結性能)を同時に満足させることができ、使用時に乳幼児、病人等の皮膚のかぶれや損傷を引き起こすこともない。 Hook material of the present invention has excellent softness and strong engagement force can be satisfied (engagement performance) at the same time, nor cause infant, a rash and skin damage such as sick during use.
【0046】 [0046]
また、本発明によれば、低コストで製造可能であり、優れた柔らかさと強い係合力を同時に満足させることができ、使用時に乳幼児、病人等の皮膚のかぶれや損傷を引き起こすことのないメカニカルファスナーも提供することができる。 Further, according to the present invention, can be manufactured at low cost, excellent softness and strong engaging force to be able to satisfy simultaneously, infant when in use, it no mechanical fasteners to cause irritation and skin damage such as sick it can also be provided.
【0047】 [0047]
さらに、本発明によれば、低コストで製造可能であり、着用時に、優れた柔らかさと強い係合力を同時に満足させることができ、乳幼児、病人等の皮膚のかぶれや損傷を引き起こすことのないメカニカルファスナーを備えた使い捨ておむつや生理用ナプキン等を提供することができる。 Furthermore, according to the present invention, can be manufactured at low cost, when worn, excellent softness and strong engaging force to be able to satisfy at the same time, infant, mechanical does not cause a rash or skin damage such as sick it is possible to provide a disposable diaper, sanitary napkin or the like comprising a fastener.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】本発明によるメカニカルファスナーの好ましい1実施形態を示す略示断面図である。 It is a schematic sectional view showing a preferred embodiment of a mechanical fastener according to the invention; FIG.
【図2】図1のメカニカルファスナーにおいて用いられたフック材の別の好ましい実施形態を示す断面図である。 2 is a sectional view showing another preferred embodiment of the hook material was used in the mechanical fastener of FIG.
【図3】図1のメカニカルファスナーにおいて用いられたフック材のさらに別の好ましい実施形態を示す断面図である。 3 is a sectional view showing still another preferred embodiment of the hook material was used in the mechanical fastener of FIG.
【図4】フック材におけるPP/PE混合物のPE(LDPE)配合量と剛性との関係をプロットしたグラフである。 4 is a graph plotting the relationship between the PE (LDPE) The amount and stiffness of PP / PE mixture in hook material.
【図5】メカニカルファスナーにおけるPP/PE混合物のPE(LDPE)配合量と90度剥離強度との関係をプロットしたグラフである。 5 is a graph plotting the relationship between the PE (LDPE) The amount and 90 degree peel strength of the PP / PE mixture in a mechanical fastener.
【図6】フック材におけるPP/PE混合物のPE(LDPE)配合量とソフト感(全体の感触)との関係をプロットしたグラフである。 6 is a graph plotting the relationship between the PE (LDPE) The amount and softness (overall feel) of PP / PE mixture in hook material.
【図7】フック材におけるPP/PE混合物のPE(LDPE)配合量とソフト感(摩擦による感触)との関係をプロットしたグラフである。 7 is a graph plotting the relationship between the PE (LDPE) The amount and soft feeling (touch due to friction) of the PP / PE mixture in hook material.
【符号の説明】 DESCRIPTION OF SYMBOLS
1…基材2…フック材3…支持体4…フック5…基材6…ループ7…ループ材10…フック型留め具20…メカニカルファスナー 1 ... substrate 2 ... hook material 3 ... support 4 ... hook 5 ... substrate 6 ... loop 7 ... loop material 10 ... hook type fastener 20 ... mechanical fastener

Claims (5)

  1. メカニカルファスナーにおいて互いの絡み合いもしくはループ材との絡み合いによって締結状態を提供可能なフック材において、 In can provide hook material the engagement state by entanglement with each other entanglement or loop material in a mechanical fastener,
    前記フック材が、熱可塑性樹脂からなる支持体と、前記支持体の少なくとも一方の面に前記支持体と一体で配列された複数個のフックとを含み、 The hook member comprises a support made of a thermoplastic resin, and a plurality of hooks arranged in the support integrally on at least one surface of the support,
    前記フック材が、95:5〜30:70の重量比で混合したポリプロピレン樹脂とポリエチレン樹脂の成形体であり、 The hook material is 95: 5 to 30: A shaped body of 70 polypropylene resin and a polyethylene resin were mixed in a weight ratio of,
    前記支持体の厚さが、0.04〜0.13mmであり、かつ前記フック材の剛性が、それをループスティッフネス値で表した時に、0.01〜0.1N/9mmの範囲にあることを特徴とするフック材。 The thickness of the support is a 0.04~0.13Mm, and stiffness of the hook material, when it was expressed in the loop stiffness value in the range of 0.01~0.1N / 9mm hook material, characterized in that.
  2. 使い捨ておむつ又は衛生用品に取り付けられていることを特徴とする請求項1に記載のフック材。 Hook material according to claim 1, characterized in that attached to the disposable diaper or sanitary articles.
  3. フック材とフック材の組み合わせもしくはフック材とループ材の組み合わせからなり、かつこれらの2つの部材の絡み合いによって締結状態を提供可能なメカニカルファスナーにおいて、 A combination of a combination or hook material and loop material of the hook material and the hook material, and in can provide mechanical fastener the fastening state by the entanglement of the two members,
    前記フック材が、熱可塑性樹脂からなる支持体と、前記支持体の少なくとも一方の面に前記支持体と一体で配列された複数個のフックとを含み、 The hook member comprises a support made of a thermoplastic resin, and a plurality of hooks arranged in the support integrally on at least one surface of the support,
    前記フック材が、95:5〜30:70の重量比で混合したポリプロピレン樹脂とポリエチレン樹脂の成形体であり、 The hook material is 95: 5 to 30: A shaped body of 70 polypropylene resin and a polyethylene resin were mixed in a weight ratio of,
    前記支持体の厚さが、0.04〜0.13mmであり、かつ前記フック材の剛性が、それをループスティッフネス値で表した時に、0.01〜0.1N/9mmの範囲にあることを特徴とするメカニカルファスナー。 The thickness of the support is a 0.04~0.13Mm, and stiffness of the hook material, when it was expressed in the loop stiffness value in the range of 0.01~0.1N / 9mm mechanical fasteners, characterized in that.
  4. 前記ループ材が、ループ体、織布、不織布又はその他のループ保有材料もしくはその組み合わせからなるループを含むことを特徴とする請求項3に記載のメカニカルファスナー。 It said loop material, loop material, woven, nonwoven or other loop held material or a mechanical fastener according to claim 3, characterized in that it comprises a loop consisting of a combination thereof.
  5. 使い捨ておむつ又は衛生用品に取り付けられていることを特徴とする請求項3又は4に記載のメカニカルファスナー。 Mechanical fastener of claim 3 or 4, characterized in that attached to the disposable diaper or sanitary articles.
JP2003201293A 2003-07-24 2003-07-24 Hook material and mechanical fastener Pending JP2005040231A (en)

Priority Applications (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003201293A JP2005040231A (en) 2003-07-24 2003-07-24 Hook material and mechanical fastener

Applications Claiming Priority (1)

Application Number Priority Date Filing Date Title
JP2003201293A JP2005040231A (en) 2003-07-24 2003-07-24 Hook material and mechanical fastener

Publications (1)

Publication Number Publication Date
JP2005040231A true true JP2005040231A (en) 2005-02-17

Family

ID=34261432

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2003201293A Pending JP2005040231A (en) 2003-07-24 2003-07-24 Hook material and mechanical fastener

Country Status (1)

Country Link
JP (1) JP2005040231A (en)

Cited By (5)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013043070A (en) * 2011-08-26 2013-03-04 Unicharm Corp Disposable diaper
WO2013039219A1 (en) 2011-09-16 2013-03-21 ユニ・チャーム株式会社 Fastening member and fastening piece
EP3027161A1 (en) * 2013-07-29 2016-06-08 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article having a fastening system with low stiffness
US9561140B2 (en) 2012-02-01 2017-02-07 Unicharm Corporation Disposable diaper
US9849043B2 (en) 2014-10-31 2017-12-26 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article having a protected fastening system

Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JPH11155613A (en) * 1997-12-01 1999-06-15 Kao Corp Male-side sheet material for mechanical hook
JP2001521771A (en) * 1997-11-04 2001-11-13 ミネソタ マイニング アンド マニュファクチャリング カンパニー Bonding hook tape
JP2003204809A (en) * 2002-01-10 2003-07-22 Three M Innovative Properties Co Hook-and-loop fastener
JP2004522534A (en) * 2001-02-27 2004-07-29 スリーエム イノベイティブ プロパティズ カンパニー High-strength, flexible, lightweight hook-and-loop band ring strap

Patent Citations (4)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2001521771A (en) * 1997-11-04 2001-11-13 ミネソタ マイニング アンド マニュファクチャリング カンパニー Bonding hook tape
JPH11155613A (en) * 1997-12-01 1999-06-15 Kao Corp Male-side sheet material for mechanical hook
JP2004522534A (en) * 2001-02-27 2004-07-29 スリーエム イノベイティブ プロパティズ カンパニー High-strength, flexible, lightweight hook-and-loop band ring strap
JP2003204809A (en) * 2002-01-10 2003-07-22 Three M Innovative Properties Co Hook-and-loop fastener

Cited By (12)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2013043070A (en) * 2011-08-26 2013-03-04 Unicharm Corp Disposable diaper
US9439818B2 (en) 2011-08-26 2016-09-13 Unicharm Corporation Disposable diaper
JP2013063165A (en) * 2011-09-16 2013-04-11 Unicharm Corp Fastening member and fastening piece
CN103796622A (en) * 2011-09-16 2014-05-14 尤妮佳股份有限公司 Fastening member and fastening piece
EP2756832A4 (en) * 2011-09-16 2015-05-20 Unicharm Corp Fastening member and fastening piece
CN103796622B (en) * 2011-09-16 2015-11-25 尤妮佳股份有限公司 And a fixing member fixing piece
WO2013039219A1 (en) 2011-09-16 2013-03-21 ユニ・チャーム株式会社 Fastening member and fastening piece
US9820536B2 (en) 2011-09-16 2017-11-21 Unicharm Corporation Fastening member and fastening segment
US9561140B2 (en) 2012-02-01 2017-02-07 Unicharm Corporation Disposable diaper
EP3027161A1 (en) * 2013-07-29 2016-06-08 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article having a fastening system with low stiffness
EP3027161A4 (en) * 2013-07-29 2017-03-29 Kimberly Clark Co Absorbent article having a fastening system with low stiffness
US9849043B2 (en) 2014-10-31 2017-12-26 Kimberly-Clark Worldwide, Inc. Absorbent article having a protected fastening system

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US6648871B2 (en) Absorbent article and a method for its manufacture
US7201744B2 (en) Refastenable absorbent garment and method for assembly thereof
EP0323634A2 (en) Disposable diaper having abdominal support band
US20070157441A1 (en) Fasteners having improved comfort
US5762645A (en) Fastening device and method of use
US6730069B2 (en) Cloth-like mechanical fastener
US5669901A (en) Absorbent article having an improved mechanical fastening system
US20020138064A1 (en) Pre-fastened absorbent article having simplified fastening features
EP0324577A1 (en) Disposable diaper with improved hook fastener portion
US7198621B2 (en) Attachment assembly for absorbent article
EP0605012A1 (en) Garment attachment system
US6955668B2 (en) Belted absorbent article and a method of producing a laminate for use as belt material
US20010041879A1 (en) Absorbent articles having improved fastening system
EP0374730A2 (en) Fastening system for disposable diaper with disposability feature
US20120204383A1 (en) Method of making a mechanical fastening strip and reticulated mechanical fastening strip therefrom
US5722968A (en) Absorbent article fastening system
US6770065B1 (en) Fastener and absorbing article using it
US5423789A (en) Garment with selectable fasteners
US20020151858A1 (en) Absorbent articles for various torso sizes
US7407496B2 (en) Fastening film system and assembly comprising a fastening film system and a substrate
US20040082933A1 (en) Absorbent articles having improved fastening system
US20010023341A1 (en) Absorbent articles having improved fastening system
US20070143972A1 (en) Relative stiffness fasteners
US20020193776A1 (en) Absorbent article and method for its manufacture
US5374262A (en) Adjustable garment attachment system

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20060501

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20090804

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20091030

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20091105

A521 Written amendment

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A523

Effective date: 20091124

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20100706

A601 Written request for extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A601

Effective date: 20110705

A602 Written permission of extension of time

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A602

Effective date: 20110708