JP2004509539A - Method and apparatus for providing a mobile other intermittent connectivity in a computer environment - Google Patents

Method and apparatus for providing a mobile other intermittent connectivity in a computer environment Download PDF

Info

Publication number
JP2004509539A
JP2004509539A JP2002527943A JP2002527943A JP2004509539A JP 2004509539 A JP2004509539 A JP 2004509539A JP 2002527943 A JP2002527943 A JP 2002527943A JP 2002527943 A JP2002527943 A JP 2002527943A JP 2004509539 A JP2004509539 A JP 2004509539A
Authority
JP
Japan
Prior art keywords
network
mobile computing
mobile
computing device
interface
Prior art date
Legal status (The legal status is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the status listed.)
Granted
Application number
JP2002527943A
Other languages
Japanese (ja)
Other versions
JP2004509539A5 (en
Inventor
オルソン,エリック,ディー.
サヴァレセ,ジョセフ,ティー.
スタニオロ,エミル,エー.
ハンソン,アーロン,ディー.
メン,アナトリー
Original Assignee
ネットモーション ワイヤレス インコーポレイテッド
Priority date (The priority date is an assumption and is not a legal conclusion. Google has not performed a legal analysis and makes no representation as to the accuracy of the date listed.)
Filing date
Publication date
Priority to US09/660,500 priority Critical patent/US7293107B1/en
Priority to US27461501P priority
Application filed by ネットモーション ワイヤレス インコーポレイテッド filed Critical ネットモーション ワイヤレス インコーポレイテッド
Priority to PCT/US2001/028391 priority patent/WO2002023362A1/en
Publication of JP2004509539A publication Critical patent/JP2004509539A/en
Publication of JP2004509539A5 publication Critical patent/JP2004509539A5/ja
Application status is Granted legal-status Critical

Links

Images

Classifications

    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L41/00Arrangements for maintenance or administration or management of packet switching networks
    • H04L41/08Configuration management of network or network elements
    • H04L41/0893Assignment of logical groupings to network elements; Policy based network management or configuration
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L1/00Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
    • H04L1/12Arrangements for detecting or preventing errors in the information received by using return channel
    • H04L1/16Arrangements for detecting or preventing errors in the information received by using return channel in which the return channel carries supervisory signals, e.g. repetition request signals
    • H04L1/18Automatic repetition systems, e.g. van Duuren system ; ARQ protocols
    • H04L1/1867Arrangements specific to the transmitter end
    • H04L1/188Time-out mechanisms
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L1/00Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
    • H04L1/12Arrangements for detecting or preventing errors in the information received by using return channel
    • H04L1/16Arrangements for detecting or preventing errors in the information received by using return channel in which the return channel carries supervisory signals, e.g. repetition request signals
    • H04L1/18Automatic repetition systems, e.g. van Duuren system ; ARQ protocols
    • H04L1/1867Arrangements specific to the transmitter end
    • H04L1/1887Scheduling and prioritising arrangements
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L29/00Arrangements, apparatus, circuits or systems, not covered by a single one of groups H04L1/00 - H04L27/00
    • H04L29/02Communication control; Communication processing
    • H04L29/06Communication control; Communication processing characterised by a protocol
    • H04L29/08Transmission control procedure, e.g. data link level control procedure
    • H04L29/08081Protocols for network applications
    • H04L29/08702Protocols for network applications involving intermediate processing or storage in the network, e.g. proxy
    • H04L29/08846Arrangements to globally emulate or virtualize the functionalities of an end device
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L63/00Network architectures or network communication protocols for network security
    • H04L63/10Network architectures or network communication protocols for network security for controlling access to network resources
    • H04L63/102Entity profiles
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L63/00Network architectures or network communication protocols for network security
    • H04L63/10Network architectures or network communication protocols for network security for controlling access to network resources
    • H04L63/107Network architectures or network communication protocols for network security for controlling access to network resources wherein the security policies are location-dependent, e.g. entities privileges depend on current location or allowing specific operations only from locally connected terminals
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/28Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications for the provision of proxy services, e.g. intermediate processing or storage in the network
    • H04L67/2814Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications for the provision of proxy services, e.g. intermediate processing or storage in the network for data redirection
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/28Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications for the provision of proxy services, e.g. intermediate processing or storage in the network
    • H04L67/2819Enhancement of application control based on intercepted application data
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/28Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications for the provision of proxy services, e.g. intermediate processing or storage in the network
    • H04L67/2861Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications for the provision of proxy services, e.g. intermediate processing or storage in the network for providing operational support to end devices by emulation, e.g. when they are unavailable, or by off-loading in the network
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/40Protocols for remote procedure calls [RPC]
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L1/00Arrangements for detecting or preventing errors in the information received
    • H04L1/12Arrangements for detecting or preventing errors in the information received by using return channel
    • H04L1/16Arrangements for detecting or preventing errors in the information received by using return channel in which the return channel carries supervisory signals, e.g. repetition request signals
    • H04L1/18Automatic repetition systems, e.g. van Duuren system ; ARQ protocols
    • H04L1/1809Selective-repeat protocols
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L41/00Arrangements for maintenance or administration or management of packet switching networks
    • H04L41/06Arrangements for maintenance or administration or management of packet switching networks involving management of faults or events or alarms
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L41/00Arrangements for maintenance or administration or management of packet switching networks
    • H04L41/06Arrangements for maintenance or administration or management of packet switching networks involving management of faults or events or alarms
    • H04L41/069Arrangements for maintenance or administration or management of packet switching networks involving management of faults or events or alarms involving storage or log of alarms or notifications or post-processing thereof
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04LTRANSMISSION OF DIGITAL INFORMATION, e.g. TELEGRAPHIC COMMUNICATION
    • H04L67/00Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications
    • H04L67/28Network-specific arrangements or communication protocols supporting networked applications for the provision of proxy services, e.g. intermediate processing or storage in the network
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W12/00Security arrangements, e.g. access security or fraud detection; Authentication, e.g. verifying user identity or authorisation; Protecting privacy or anonymity ; Protecting confidentiality; Key management; Integrity; Mobile application security; Using identity modules; Secure pairing of devices; Context aware security; Lawful interception
    • H04W12/08Access security
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W36/00Hand-off or reselection arrangements
    • H04W36/08Reselecting an access point
    • HELECTRICITY
    • H04ELECTRIC COMMUNICATION TECHNIQUE
    • H04WWIRELESS COMMUNICATION NETWORKS
    • H04W80/00Wireless network protocols or protocol adaptations to wireless operation
    • H04W80/04Network layer protocols, e.g. mobile IP [Internet Protocol]

Abstract

A seamless solution transparently addresses the characteristics of nomadic systems, and enables existing network applications to run reliably in mobile environments. A Mobility Management Server (102) coupled to the mobile network maintains the state of each af any number of Mobile End Systems (104) and handles the complex session management required to maintain persistent connections to the network and to other peer processes. If a Mobile End System becomes unreachable, suspends, or changes network address (e.g., due to roaming from one network interconnect to another), the Mobility Management Server maintains the connection to the associated peer task- allowing the Mobile End System to maintain a continous connection even though it may temporarily lose contact with its network medium. An interface-based listener uses network point of attachment information supplied by a network interface to determine roaming conditions and to efficiently establish connection upon roaming. The Mobility Management Server can distribute lists to Mobile End Systems specifying how to contact it over disjoint networks.

Description

[発明の背景] Background of the Invention
本発明は、ネットワークによって接続されたコンピュータ装置間の接続性に関する。 The present invention relates to connectivity between connected computer device by a network. より詳細には、ノマディック(nomadic)システムの特性を透過性(トランスペアレント)を有する状態で扱うとともに、既存のネットワーク・アプリケーションを、対応するモバイル環境で確実に動作させる方法とシステムに関する。 More specifically, with handles in a state having nomadic (nomadic) system characteristics permeability (transparent), the existing network applications, to a method and system of operating reliably in the corresponding mobile environment. さらに詳細には、断続的に接続される、携帯型データ端末(handheld data units)やパソコン装置などの装置間における、連続的なデータストリームのやり取りを可能にする技術およびシステムに関する。 More particularly, it is intermittently connected, between devices such as a portable data terminal (handheld data units) or computer device, a technique and system that allows the exchange of continuous data streams.
【0001】 [0001]
[発明の背景および要約] [Background of the Invention and Summary
近年、各企業は、重要な情報への迅速なアクセスこそが競争優位を保つための方策であると認識するようになってきた。 In recent years, companies, quick access to important information is what has come to be recognized as a strategy to maintain a competitive advantage. このことから、特に安価なラップトップやハンドヘルドのコンピュータ装置の普及とも相まって、モバイルなどの断続的な接続が行われるコンピュータ装置が急速に企業ネットワークの重要な一要素となりつつある。 Therefore, together also a particularly popular inexpensive laptop or handheld computer device, a computer device intermittent connectivity, such as mobile takes place rapidly becoming an important element of enterprise networks. しかしながら、こうしたノマディックな装置を既存のネットワーク・インフラへと統合することは、各企業の情報管理担当者にとって頭の痛い問題ともなっている。 However, the integration of these nomadic devices to the existing network infrastructure, has also become a headache for the information management person in charge of each company.
【0002】 [0002]
モバイルネットワーキングに関する問題の多くは、イーサネット(登録商標)登場以前にローカルエリア・ネットワーク(LAN)構築に伴っていた問題に近い。 Many of the issues mobile networking, Ethernet close to the (registered trademark) appeared a problem that previously was accompanied to the local area network (LAN) construction. 即ち、モバイル・プロトコルやインターフェイスには多くの種類があり、また、まだ規格が制定段階にあることから、異なるシステム間の相互運用性は無いも同然である。 In other words, there are many types of mobile protocols and interfaces, also, still from the fact that the standard is in the establishment stage, as good as there is no interoperability between different systems. さらに、上記のようなネットワーク技術による通信はたいてい低速で帯域幅も限られており、各システムの特殊性から、アップデートに伴う費用も高額になっている。 Further, communication by network technologies as described above are also limited bandwidth usually at a low speed, the peculiarities of each system, costs associated with the update also become expensive.
【0003】 [0003]
こうした問題に加えて、モバイル技術は、以下のような固有の問題も有している。 In addition to these problems, mobile technology also has inherent problems such as:. 即ち、メインのネットワークと相互接続するの際には公共のネットワーク・インフラを経由する場合があるが、この際に機密情報が傍受されてしまう危険性がある。 That is, when to the main network and interconnections sometimes via a public network infrastructure, there is a risk of confidential information when this will be intercepted. さらに、無線装置を経由して相互接続する場合であれば、機密情報がいわば「放送」されてしまうことになり、類似のインターフェイスを所有する誰もが該情報をたいした障害もなく傍受することができてしまう。 Further, in the case of interconnected via a wireless device, will be sensitive information from being as it were "broadcast", but also anyone who owns a similar interface to intercept without much impairing the information she can.
【0004】 [0004]
しかし、おそらく上記のような問題よりもさらに重要な問題としては、従来、モバイルネットワーキングが使われるのは基本的にメッセージ指向あるいはステートレスなアプリケーションに限られていて、クライアント/サーバ、ホスト/ターミナル方式をとるウェブベースあるいはファイル共有型のシステムモデルを利用した、既存あるいは新規の業務用アプリケーションには適さなかったことである。 But perhaps the more important issue than above-described problems, conventionally, the mobile networking is used is been essentially limited to message-oriented or stateless applications, client / server, a host / terminal system using a web-based or file-sharing system model to take, it is that it was not suitable for existing or new business applications. これは、一般的な業務用アプリケーションが効果的かつ確実に動作するためには、ステートレスなパケット交換だけでなく、連続的なデータストリームを用いたステートフルなセッションが必要であるという理由からであった。 This is because the general business applications to operate effectively and reliably, not only stateless packet switching was the reason that it is necessary stateful session using a continuous data stream .
【0005】 [0005]
このため、主要な市販のネットワーク・アプリケーションのほとんどは、TCP/IPセッションか、専用の仮想回路を必要としている。 For this reason, most of the major commercial network, application, or TCP / IP session, are in need of virtual dedicated circuit. このようなセッションは、ネットワークが中断された場合はそれ以上機能できず、また接続時には、ネットワーク間のローミング(ネットワークアドレスの変更)が不可能である。 Such sessions can not function any more if the network is interrupted, and at the time of connection, roaming between networks (change in the network address) is not possible. さらに、モバイルネットワーキングは本質的に動的であり信頼性が低い。 In addition, mobile networking is less reliable dynamic in nature. これらの問題について、以下では、モバイルネットワークにおいてよく見られる状況をいくつか考察することにする。 These problems, in the following be discussed some situations commonly found in mobile networks.
【0006】 [0006]
(非接続あるいは圏外のユーザ) (Non-connection or out of range of user)
モバイル装置が所与のネットワークから切断されるかあるいはネットワークとのコンタクトを失う(つまり、無線相互接続の圏外に出たりネットワークがカバーしていない「穴」に入ったりする)と、携帯装置上で動作しているセッション指向のアプリケーションはピアとのステートフルな接続を失い、動作を停止する。 Mobile device loses contact with or network is disconnected from a given network (i.e., a wireless network or out out-of-range interconnections or entered does not cover "holes") and, on the mobile device session-oriented applications running loses stateful connection to the peer, to stop the operation. 装置が再び取り付けられるかあるいは装置とネットワークとのコンタクトが回復すると、ユーザはネットワークとの再接続を行い、セキュリティ確保のために再ログインを実行して、アプリケーションにおいてどこで作業が中断されたかを同定し、必要ならば失われたデータの再入力を行わなければならない。 When the device is restored the contact with or device and the network attached again, the user performs a re-connection to the network, running re-login to ensure security, to identify somewhere in the work in the application is interrupted , it must be made to re-enter the lost data if necessary. このような再接続処理は時間を要し、費用もかかり、またユーザを非常に苛立たせることにもなる。 Such reconnection process is time consuming, cost also consuming, also would be very frustrating to the user.
【0007】 [0007]
(他のネットワークへの、あるいはルータ境界を越える移動(ネットワークアドレス変更)) (To other networks, or mobile beyond the router boundaries (network address changes))
モバイルネットワークは通常、管理容易性の見地からセグメント化されているが、一方でモバイル装置はその用途上、ローミングが可能になっている。 Mobile networks usually have been segmented in terms of manageability, whereas the mobile device in its applications, are enabled roaming. 相互接続されたネットワーク間のローミングとは、ネットワークアドレスが変更されるということを意味する。 Roaming between interconnected networks, which means that the network address changes. ネットワークアドレスがシステムの動作中に変更される場合、対応しているピア同士の接続を保つためにルーティング情報を変更することが必要になる。 If the network address is changed during operation of the system, it is necessary to change the routing information in order to maintain the connection of peers that support. さらに、新しいネットワークアドレスを取得するために、それまでに確立されたステートフルなアプリケーションのセッション全てを終了させなければならない場合もあり、上記の再接続処理に関わる問題がここでも浮上する。 Furthermore, in order to obtain a new network address, you may need to terminate all sessions established stateful applications so far, problems related to the re-connection process of the floats again.
【0008】 [0008]
(セキュリティ) (Security)
既に述べたように、各企業は機密情報を守る必要がある。 As already mentioned, companies need to protect sensitive information. 市販のアプリケーションの多くは、物理的ネットワークへのアクセスがコントロールされ(つまり、安全な施設の内部に構築されたケーブルを使って実行され)、セキュリティは、認証や場合によっては暗号化に関する付加的な層を通じて保持されることを前提として作成されている。 Many commercial applications, the access control to the physical network (i.e., is performed using a secure facility cables built into the interior of) security, sometimes authentication or is a additional encryption-related It has been created on the assumption that it is held through the layer. しかしながら、ノマディック・コンピューティングではこうした前提は自明のものではない。 However, such assumption is not obvious in the nomadic computing. というのも、公共の電波や有線インフラを通過する際にデータが傍受されてしまう危険性があるからである。 Because there is a risk that data from being intercepted in passing through the public radio waves and wired infrastructure.
【0009】 [0009]
このため、ノマディックなシステムの特性を透過性を有するものとすることによって、既存のネットワーク・アプリケーションが種々のモバイル環境で確実に動作することを可能にした、統合的なソリューションの登場が大いに望まれる。 Therefore, by those having permeability characteristics of the nomadic system, the existing network applications made it possible to reliably operate in a variety of mobile environments, the advent of integrated solution is highly desirable .
【0010】 [0010]
本発明は、上記の問題を解決するために、企業内ネットワークを延長して、ネットワーク管理者がモバイル装置のユーザも固定装置のユーザと同じアプリケーションに容易にアクセスできるようにすることを可能にすると同時に、信頼性やネットワーク管理の一元性も失わない、一貫したソリューションを提示する。 The present invention, in order to solve the above problems, by extending the corporate network, the network administrator allows for easy access to the same application as the user of users fixing device of the mobile device At the same time, not lose even one yuan of reliability and network management, to present a consistent solution. 該ソリューションは、これまでの有線ネットワーク規格の長所を、発展しつつあるモバイルネットワーキングに関する規格にも持たせることで、既存のネットワーク・アプリケーションにも対応したものとなっている。 The solution, the advantages of wired network standards so far, by also providing the standards for mobile networking evolving, and is obtained by also supports existing network applications.
【0011】 [0011]
本発明の非限定的で例示的具体的な実施の形態の一側面においては、モバイル相互接続(mobile interconnect)に接続されたモビリティ管理サーバ(Mobility Management Server; MMS)は、数量を限定されないモバイル端末システム(Mobile End Systems; MES)それぞれの状態の維持や、ネットワークへおよびピアにおけるアプリケーション処理への持続的な接続の維持に必要な、複雑なセッションの管理を行う。 In a non-limiting illustrative one specific aspect of the embodiment of the present invention, a mobile interconnection (mobile interconnect) connected to mobility management server (Mobility Management Server; MMS) is a mobile terminal is not limited quantities system (Mobile End systems; MES) maintaining or each state, needed to maintain persistent connections to the application process in the network and the peer manages the complex session. あるモバイル端末システムが、圏外に出てしまったり、サスペンドしたり、あるいは(あるモバイル相互接続から別の相互接続へとローミングすることなどで)ネットワークアドレスを変更したりした場合でも、モビリティ管理サーバは該システムと、該システムと対応しているピアとの接続を維持する。 A mobile terminal system, or gone out into the out-of-service, or suspend, or (is such as it roams to another interconnection from mobile interconnection) even if you change the network address, the mobility management server maintaining the said system, the connection to the peer to correspond with the system. 言い換えれば、該モバイル端末システムは、実際には物理的な接続が一時中断されてしまうにも関わらず、ピアとの仮想的な接続を維持し続けることになる。 In other words, the mobile terminal system will actually physical connection Despite thus is suspended, continue to maintain a virtual connection to the peer.
【0012】 [0012]
また、上記本発明の非限定的で具体的な実施の形態は、以下の(これらに限定されないが)新規かつ有用な技術、構成を提示する。 The non-limiting specific embodiments of the present invention, the following (but not limited to) novel and useful technique, presents the configuration.
【0013】 [0013]
・ユーザによって設定可能なセッション特性をモバイル・クライアントに付与するモビリティ管理サーバ。 Mobility management server to grant the session properties that can be set to the mobile client by the user.
【0014】 [0014]
・ネットワーク・リソースの消費に関し、ユーザごとにモバイル装置のポリシーを管理。 As to the consumption of network resources, manage policy of the mobile device for each user.
【0015】 [0015]
・工業規格である動的ホスト構成プロトコル(Dynamic Host Configuration Protocol; DHCP)をモビリティ管理サーバと連携させて用いるローミング方法。 Industrial Standards in a Dynamic Host Configuration Protocol; roaming method for use in cooperation with (Dynamic Host Configuration Protocol DHCP) and mobility management server.
【0016】 [0016]
・ユーザによって設定可能なタイムアウト条件に基づいて、信頼性の低いデータグラムを自動的にシステムから除去。 - is based on a configurable time-out condition by the user, automatically removed from the system unreliable datagram.
【0017】 [0017]
・ユーザによって設定可能な再試行条件に基づいて、信頼性の低いデータグラムを自動的にシステムから除去。 - based on configurable retry condition by the user, automatically removed from the system unreliable datagram.
【0018】 [0018]
より詳細には、上記本発明の好ましい具体的な実施形態の一例において、モバイル相互接続ネットワークに接続されたモビリティ管理サーバが備えられている。 More particularly, in one example of a preferred specific embodiment of the present invention, the mobility management server connected to the mobile interconnection network is provided. 該モビリティ管理サーバは、数量を限定されないモバイル端末システムそれぞれの状態を維持し、ネットワークへおよび他の処理(例えば他のネットワークベースのピア・システムにて実行される処理)への持続的な接続の維持に必要な、複合的なセッションを管理する。 The mobility management server, each mobile terminal system is not limited to the quantity condition maintaining, to a network and other processing (e.g., processing executed by other network-based peer systems) for persistent connection to a maintain the necessary, to manage the complex session. あるモバイル端末システムが、圏外に出てしまったり、サスペンドしたり、あるいは(あるモバイル相互接続から別の相互接続へとローミングすることなどで)ネットワークアドレスを変更したりした場合、モビリティ管理サーバはデータの受信と待機要求を認識して、該システムと、該システムと対応しているピアとの接続を維持する。 There mobile terminal system, or left just out of range, or if you change the network address (such as by roaming from one mobile interconnection to another interconnect) that or suspended, or the mobility management server data It recognizes the reception and wait request, to keep the said system, the connection to the peer that support with the system. このようにモビリティ管理サーバがプロキシとして働くことにより、モバイル端末システム上で動作するアプリケーションは、あるネットワーク媒体との物理的な接続が一時的に中断された場合でも、持続的な接続を維持することができる。 By acting in this way the mobility management server as a proxy, an application running on a mobile terminal system, even if the physical connection between the given network medium is temporarily interrupted, to maintain a persistent connection can.
【0019】 [0019]
また、上記本発明の好ましい実施の形態の他の一例において、モビリティ管理サーバはモバイル端末システム用のアドレスを管理する。 Further, in another example of a preferred embodiment of the present invention, the mobility management server manages an address for the mobile terminal system. モバイル端末システムには、それぞれにプライマリネットワーク上のプロキシ・アドレスが割り当てられている。 The mobile terminal system, and the proxy address on the primary network is assigned to each. この非常に汎用性の高いアドレスはモバイル端末システムの「仮想アドレス」と呼ばれる。 This very versatile address is referred to as a "virtual address" of the mobile terminal system. モビリティ管理サーバはこの仮想アドレスを、ノマディック・システムにおける現在の「位置」アドレスと対応付ける。 Mobility management server is the virtual address, associated with the current "position" address in nomadic system. モバイル端末システムの位置アドレスは、該システムがネットワーク間を移動する際に変更されるが、仮想アドレスの方は、どの接続がアクティブになっていようが、接続時間が長くなっていようが、上記アドレスが静的に割り当てられている限りは一定となる。 Position address of the mobile terminal system is the system is changed when moving between networks, who the virtual address is which connection no matter active, but no matter longer connection time, the address it is constant as long as they are allocated statically.
【0020】 [0020]
上記本発明の好ましい実施形態のさらに他の一例において、モビリティ管理サーバは、コンソール(制御)アプリケーションと包括的なメトリクスとによってモバイル端末システムの集中的な管理を実現する。 In yet another example of a preferred embodiment of the present invention, the mobility management server realizes centralized management of mobile terminal system by the console (control) applications and comprehensive metrics. さらに、好ましい実施形態では、ユーザによって設定可能なセッション特性を、プロキシ・サーバ上で実行されるモバイル・クライアントについて実現し、ネットワーク・リソースの消費に関し、ユーザごとにモバイル装置のポリシー設定を管理する。 Furthermore, in a preferred embodiment, a configurable session properties by the user, to realize the mobile client running on the proxy server relates the consumption of network resources to manage the policy settings of the mobile device for each user.
【0021】 [0021]
さらに、上記一側面においては、遠隔プロシージャ・コール(RPC)・プロトコル(Remote Procedure Call protocol)およびインターネット・モビリティ・プロトコル(Internet Mobility Protocol)が、プロキシ・サーバと各モバイル端末システムとの間の通信の確立に使用されている。 Further, in the above one aspect, a remote procedure call (RPC) protocol (Remote Procedure Call protocol) and Internet Mobility Protocol (Internet Mobility Protocol) is a communication between the proxy server and each mobile terminal system It has been used to establish.
【0022】 [0022]
遠隔プロシージャ・コールによって、ローカルなシステムから、遠隔のシステムにおけるプロシージャを呼び出す処理が可能になり、RPCプロトコルを使用することで、モバイル端末システムが接続を切ったり、圏外に行ったり、動作をサスペンドしたりということを、アクティブなネットワークセッションを中断することなくできるようになる。 By remote procedure call, from a local system, it allows the processing calling a procedure in a remote system, by using the RPC protocol, a mobile terminal system or disconnects, and go out of range, suspend the operation that or will be able without interrupting an active network session. このように、セッションの維持は専用のアプリケーションによってなされるわけではないので、市販のアプリケーションを、何ら変更することなくノマディックな環境下で使用することができるようになる。 Thus, the sustain session not done by a dedicated application, a commercial application, so any can be used under nomadic environments without changing.
【0023】 [0023]
RPCプロトコルは、トランザクションを、標準的なネットワークトランスポート・プロトコルおよびインフラを経由して送られるメッセージに生成する。 RPC protocol, the transaction, generates a message to be sent via a standard network transport protocols and infrastructure. このRPCメッセージは、モバイル端末システムにおいて実行されているアプリケーションによって開始されたネットワーク・トランザクション全体を含んでおり、これにより、モビリティ管理サーバとモバイル端末システムとの間の接続状態情報を、両者の間の物理的な接続が途切れているときをも含め、常にシンクロさせておくことが可能になる。 The RPC message includes a whole network transaction initiated by an application running in the mobile terminal system, thereby, the connection state information between the mobility management server and the mobile terminal system, between them including when a physical connection is broken, it can always be allowed to sync. RPCを備える上記本発明の実施の形態において、プロキシ・サーバとモバイル端末システムとは、全ての時間における全ての共有接続に関する統一された論理データベースを管理すべく、各トランザクションの状態について十分な情報を共有している。 In the embodiment of the present invention comprising a RPC, all the proxy server and the mobile terminal system, in order to manage a unified logical database of all shared connection at all times, sufficient information about the status of each transaction shared with me.
【0024】 [0024]
上記本発明の好ましい実施形態におけるインターネット・モビリティ・プロトコルは、有線のローカルエリア・ネットワークと、それよりも信頼性の低い、無線LANおよびWANといったネットワークとの間の相違を補償する。 The preferred Internet Mobility Protocol according to the present invention includes a local area network wireline, less reliable than compensates for the differences between the network such a wireless LAN and WAN. フレームサイズとプロトコルタイミングとが調整されることで、モバイル環境を考慮していない通信に比べるとパフォーマンスが大幅に改善され、ネットワークのトラフィックは大きく減少する。 By the frame size and the protocol timing is adjusted, compared to communication does not take into account the mobile environment performance is greatly improved, network traffic is greatly reduced. これは、帯域幅が限られているときやバッテリーの寿命を考慮に入れなければならないときに、特に重要になる。 This is, when must take into account the life span of time, or the battery that bandwidth is limited, becomes particularly important. さらに、上記本発明の好ましい実施形態におけるインターネット・モビリティ・プロトコルによって、公共のネットワークもしくは無線を通じて、モバイル端末システム―モビリティ管理サーバ間で伝送が行われる際の、機密データの安全性が確保される。 Furthermore, the Internet Mobility Protocol in preferred embodiments of the present invention, through the public network or wireless, mobile terminal system - when the transmission is performed between the mobility control server, the security of sensitive data is ensured. インターネット・モビリティ・プロトコルは、認証された装置からのみプライベートなネットワークにアクセスできるようにすることで、基本的なファイアウォールとしての機能も果たす。 Internet Mobility Protocol, by allowing access to see the private network from the authenticated device also serves as a basic firewall. また、インターネット・モビリティ・プロトコルにより、モバイル端末システム―モビリティ管理サーバ間の全ての通信を認証、暗号化することも可能である。 Also, the Internet Mobility Protocol, the mobile terminal system - authenticate all communication between the mobility management server can also be encrypted.
【0025】 [0025]
上記本発明の好ましい実施形態のさらに他の一例において、モバイル相互接続は、標準的なネットワーク・アプリケーションのインターフェイスが適用できる範囲を広げるべく、標準的なトランスポート・プロトコル(例としてTCP/IP、UDP/IP、DHCPなど)を使用して構築される。 In yet another example of a preferred embodiment of the present invention, a mobile interconnections to extend the range of standard network application interface can be applied, a standard transport protocols (TCP / IP as an example, UDP / IP, are built using DHCP, etc.). 上記本発明の好ましい実施形態によって、データ転送、セキュリティ、アドレス管理、装置管理、ユーザ管理が効果的に統合され、ノマディック環境を効果的に透過性を有する状態とすることができる。 According to a preferred embodiment of the present invention, data transfer, security, address management, device management, user management is effectively integrated, so that the state has effectively transparent to nomadic environments. インターネット・モビリティ・プロトコルは、複数のデータストリーム(信頼度の高いものも低いものも)を、標準的なネットワーク・インフラ上で標準的なトランスポート・プロトコルによって与えられる、単一の仮想チャネルを通じて多重化するための効果的な方法を提供する。 Internet Mobility Protocol multiplexing a plurality of data streams (those low reliable both), provided by a standard transport protocol on a standard network infrastructure, through a single virtual channel It provides an effective way to reduction.
【0026】 [0026]
RPC層を用いて、インターネット・モビリティ・プロトコルは、違うソースから供給され、違うまたは同じ目的地へと向かうデータを融合させて単一のデータストリームとし、これをモバイルリンクを介して送る。 Using RPC layer, Internet Mobility Protocol is supplied from a different source, fusing data towards the different or the same destination as a single data stream, sent over the mobile link it. 該モバイルリンクの反対側の端において、該データストリームは逆多重化されて複数の異なったデータストリームとなり、それぞれの最終的な目的地に伝送される。 At the opposite end of the mobile link, the data streams are demultiplexed becomes plurality of different data streams are transmitted to respective final destination. この多重化/逆多重化により、利用可能な帯域幅を(最大限のサイズのネットワークフレームを生成することで)最大限に使うことができ、複数のチャネルを確立することができる(よって、優先順位付けが可能になり、基礎をなしているネットワークがデータ通信サービスを供給している場合であれば、その品質を保証することができる可能性もある)。 The multiplexing / demultiplexing, can use the available bandwidth to maximize (by generating a network frame of maximum size), it is possible to establish a plurality of channels (thus, preferentially ranking becomes possible, in the case where a network forms the basis is providing data communication services, there is a possibility that can guarantee its quality).
【0027】 [0027]
上記本発明の実施の形態に関するインターネット・モビリティ・プロトコルは、さらに以下のような特徴や利点を実現する。 The Internet Mobility Protocol according to the embodiment of the invention is to realize further features and advantages as follows. なお、本発明は以下の点に限定されるものではない。 The present invention is not limited to the following points.
【0028】 [0028]
・トランスポート・プロトコルの独立性・ネットワーク上における位置(point of presence; POP)あるいはネットワーク・インフラを、データの流れに影響を与えることなく変更可能(物理的境界、ポリシー、あるいは帯域幅による制約が無い場合のみ) - position on the independence of network transport protocols; the (point of presence POP) or network infrastructure, changeable without affecting the flow of data (physical boundaries, policy or constrained by bandwidth, If there is no only)
・付加的な経費が最小限・伝送媒体に適した自動的なフラグメントのサイズ変更(あるフレームのプロトコル・データ・ユニットがネットワーク媒体の利用可能な上限の伝送ユニットよりも多いとき、インターネット・モビリティ・プロトコルは該フレームをフラグメント化し、再構築する。このことにより、該フレームのネットワーク伝送を保障することが可能となる。再伝送の際、該フレームは再度検査される。ネットワーク・インフラもしくは環境が変化していた場合、該フレームは再度フラグメント化されるか、あるいは伝送ユニットの上限が実際に上昇しているときには単一のフレームとして伝送される。) When, additional expense is greater than the transmission unit of the upper available automatic resizing of fragments (a frame protocol data unit is a network medium suitable for minimally-transmission medium, the Internet Mobility protocol fragmenting the frame to reconstruct. this makes it possible to guarantee the network transmission of the frame. during retransmission, the frame is checked again. network infrastructure or environmental changes If you have to be transmitted as a single frame when either the frame is again fragmented, or the upper limit of the transmission unit it is actually increased.)
・再伝送の際に、フレームに信頼性の低いデータを破棄させることで、信頼性の低いデータのセマンティクスを保持・信頼性の高いデータグラムサービスにおける新しいセマンティクスを提供(これにより、インターネット・モビリティ・プロトコルによるピアの端末へのデータグラムの伝達が保証され、要求しているエンティティに伝達の通知がなされる) · During retransmission, by discarding unreliable data in the frame, by providing a new semantics semantics unreliable data in the holding-Reliable datagram service (which, Internet Mobility is guaranteed transmission of datagrams to the peer of a terminal according to the protocol, notification of transfer to the entity is performed requesting)
・上りと下りの伝送パスをそれぞれ別に扱って、自動的に操作パラメータを調整し最適なスループットを実現(ヒステリシスに基づいて、フレームサイズ/フラグメント化の閾値、待機中のフレーム数(ウィンドウ)、再伝送時間、およびネットワークを通じて送られる複製データの量を減少させるための遅延承認時間などのパラメータを調整)。 - the uplink and downlink transmission paths of dealing separately respectively, automatically adjusts to achieve optimal throughput operating parameters (based on hysteresis, frame size / fragmentation threshold, the number of frames waiting (window), re transmission time, and adjust parameters such as delay approval time to reduce the amount of duplicate data sent through the network).
【0029】 [0029]
・ネットワーク障害に対する耐性(モバイル環境での使用が想定されているため、一時的にネットワーク媒体間の接続が切断されても、仮想チャネルが切断されたりアプリケーションベースの接続が切断されたりしてしまうことがない) · Since use of resistant (mobile environment for network failure is assumed, temporarily be connected between the network media is disconnected, the connection of the application-based or virtual channel is disconnected will be or is cut there is no)
・操作パラメータを調整するための帯域内信号方式をピアに対して提供(接続された端末のそれぞれから、そのピアに対してネットワーク・トポロジや環境の変化に関する警告を出すことが可能) And providing in-band signaling for adjusting the operating parameters for a peer (from each of the connected terminal, it is possible to issue a warning about changes in network topology and the environment to its peer)
・輻輳回避アルゴリズムを採用し、必要なときにはスループットを効果的に減衰・選択的な確認応答と高速での再伝送とによって無駄な再伝送の回数を制限し、ノマディック環境におけるハンドオフ回復のスピードアップを実現(これにより、プロトコルはロスの多いネットワーク環境においても最適なスループットを維持) - The congestion avoidance algorithm is adopted, when necessary to limit the number of unnecessary retransmission retransmission and by at effectively damping and selective acknowledgment and fast throughput, speed up handoff recovery in nomadic environments realized (this protocol maintain optimal throughput in many network environments Los)
・複数のフレームを待機状態にする、スライディング・ウィンドウ技術を採用(このパラメータは各方向に調整可能で、ピアからの確認応答を要することなくフレームを所定の上限までストリーミングするために与えられる) · A plurality of frames in a standby state, employing the sliding window technique (this parameter is adjustable in each direction, given for streaming frame without requiring an acknowledgment from the peer to a predetermined upper limit)
・シーケンス番号が非バイト指向であることにより、単一のシーケンス番号で最大のペイロード・サイズまでを表現可能・セキュリティ対策(インターネット・モビリティ・プロトコル層に認証層と暗号化層を追加可能) By sequence number is non-byte oriented, representable security measures up to the maximum payload size in a single sequence number (Internet Mobility Protocol layer allows additional authentication layer and encryption layer)
・圧縮によって、帯域幅の限られた接続における効率性を確保・どちらのピアも新たな位置に移動することが可能な平衡型設計・どちらの側からでもピアへの接続が確立可能・休止している接続を迅速に破棄して消費されていたリソースを回復する、休止タイムアウトを発動可能・接続に対して任意の最大持続時間を設定可能(例えば、所定の期間経過後あるいは所定の日時の後に、接続の終了および/または拒否が可能)。 - by compression, limited connectivity to the peer from any balanced design, which side that can be moved to the Efficiency securing and both peers also new position can, pause established in connection bandwidth recover quickly discarded resources that are consumed by the connection is, can be set to any maximum duration relative fireable-connecting a dormant timeout (e.g., after or a predetermined time after a predetermined time period , it can be terminated and / or denial of the connection).
【0030】 [0030]
本発明の好ましい具体的な実施形態においては、システム管理者によるネットワーク・リソースの消費の管理が可能である。 In a preferred specific embodiment of the present invention, it is possible to manage the consumption of network resources by the system administrator. 例えば、システム管理者は、モバイル端末システム、モビリティ管理サーバの少なくとも一方をコントロールすることができる。 For example, the system administrator can control the mobile terminal system, at least one of a mobility management server. この場合のコントロールとは、例えばネットワーク帯域幅や他のリソースの配分の管理や、セキュリティ関連の事項を指す。 This and the control of the case, refers to, for example management and allocation of network bandwidth and other resources, the security-related matters. 管理はクライアント側で多数のリソースを持っているクライアントについて実行するのが効果的である。 Management is effective to execute the client to have a number of resources on the client side. しかしながら、リソースを多く持たないシン・クライアントにポリシー管理のための付加的なコードや処理を負わせるのは望ましくない。 However, the inflict additional coding and processing for policy management in a thin client that does not have many resources is undesirable. よって、シン・クライアントの管理についてはモビリティ管理サーバ等によって集中的に行う、あるいはその一部を分担するのが最も現実的な解決策であると考えられる。 Therefore, it considered for the management of thin clients centrally performed by the mobility management server or the like, or that share a part thereof is the most practical solution. モビリティ管理サーバがモバイル端末システムの各データストリームをプロキシすることによって、ポリシー管理が集中的に行われる。 By mobility management server proxy each data stream of the mobile terminal system, the policy management is centrally carried out. さらに、モビリティ管理サーバがユーザごとにプロキシを行うので、ユーザごと、装置ごとに、ネットワーク・リソースへのアクセスを管理し制限することができる。 Furthermore, since the mobility management server performs proxy for each user can be per-user, per unit, to control access to network resources limits.
【0031】 [0031]
簡単な例を挙げると、モビリティ管理サーバは、特定のユーザによるあるネットワーク・リソースへのアクセスを「締め出す」(lock out)ことができる。 And simple example, the mobility management server "lock out" access to certain network resources by a particular user (lock out) can. この点は、インターフェイスのネットワークが、モバイル相互接続によって組織の管理下にある施設の境界よりも外に「延長」(extend)されてしまっていることを考えると非常に重要である(例えば、以前勤めていた職場のネットワークに、元従業員が外部からアクセスを試みるといった場合を考えよ)。 This point, network interfaces, it is very important considering that they've been "extended" (extend) to the outside than the facility boundary of which is under the control of the organization by the mobile interconnect (for example, previous I worked in the workplace of the network has been, consider the case, such as a former employee attempts to access from the outside). これにとどまらず、モビリティ管理サーバによるポリシー管理はさらに多くの利点を提供しうる。 Not only this, the policy management by the mobility management server may provide additional benefits. 例えば、モビリティ管理サーバによって、あるURLに特定のユーザのみがアクセスできるようにしたり、ネットワークサービスによる要求によって戻されるデータをフィルタリングしたり、ネットワークの帯域幅保全のためにデータを圧縮したりということが可能になるといった点である。 For example, by a mobility management server, or to allow a particular user only have access to certain URL, to filter the data returned by the request by the network service, it is referred to or to compress the data for bandwidth conservation network the point that it becomes possible is. このように、既存もしくは新規のアプリケーションレベルのサービスを、シームレスかつ透過的な形で強化することができる。 Thus, the service of the existing or new application level can be reinforced with a seamless and transparent manner.
【0032】 [0032]
また、モバイル端末システムは「信頼性の低い」(untrusted)ネットワーク(つまり組織の管理が及ぶ範囲外のネットワーク)とも接続されるため、リモート接続中に悪質なサイバー攻撃に遭う可能性がある。 Further, since the mobile terminal system is connected as "unreliable" (untrusted) network (i.e. tissue outside of network management range of), there is a possibility that encounter malicious cyber attacks during a remote connection. モバイル端末システムとの間でポリシーやフィルタを共有することで、悪質な接続からのモバイル端末システムの保全、リモート・ノードにおける進入(ingress)フィルタリング、そして企業インフラの集中管理のさらなるセキュリティ向上が可能になる。 By sharing policies and filters between the mobile terminal system, conservation of mobile terminal system from malicious connection, enters at the remote node (ingress) filtering, and possible further improvement of security centralized corporate infrastructure Become.
【0033】 [0033]
本発明の実施形態の他の一例では、インターフェイスによって補助されたローミングのリスナ(listener)によって、モバイル端末システムが一般的な信号伝達をサポートしたインターフェイスを利用し、インターフェイスによって補助されたローミングを行うことが可能になる。 In another example embodiment of the present invention, the roaming listener assisted by the interface (listener), the mobile terminal system using an interface that supports common signaling, roam, which is assisted by the interface It becomes possible. 本発明の上記実施形態の一例の一側面において、モバイル端末システムの、インターフェイスベースのリスナは、所定の事象(例えばコールバックや、タイマーによるタイムアウト、データの損失を示唆するネットワーク活動など)に際して、モバイル端末システムの媒体の接続状態が変化したか否かを判定する。 In one aspect of an example of the embodiment of the present invention, a mobile terminal system, interface-based listener, when a predetermined event (e.g., a callback or Timer a timeout, such as suggesting network activity loss data), the mobile It determines whether or not the connection state of the medium of the terminal system is changed. これは例えば、リスナが、モバイル端末システムが切り離されてネットワークと通信できる状態でなくなったことを検知して、インターフェイスにこれを示唆するといったことを意味する。 This example, listener, detects that it no longer ready to communicate with the network disconnected mobile terminal system, which means that such suggesting this interface. 再接続の際、リスナは予め記録された接続識別情報(attachment identification information)におけるネットワークポイントを参照して、モバイル端末システムが同じネットワークポイントに再接続されたか否かを判定する。 Upon reconnection, the listener determines by referring to the network point, the mobile terminal system whether it is re-connected to the same network point in prerecorded connection identification information (attachment identification information). 再接続が同じネットワークポイントになされていた場合、リスナはモバイル・クライアントに、トランスポート・レベルでの通信の再確立を進めることを警告する。 If the re-connection was made in the same network point, listener for mobile clients, warning that promote the re-establishment of the communication at the transport level. 再接続が別のネットワークポイントになされていた場合、リスナはモバイル端末システムが「ローミング」(roam)状態であることを示し、現状におけるネットワーク・セグメントで使用可能なアドレスをシステムに取得させるようにする(これは例えば、現行のアドレスを新規のサブネットにおいて有効であるように登録することを含んでもよい)。 If the reconnection has been made to a different network points, the listener indicates that the mobile terminal system is "roaming" (roam) state, so as to obtain the available addresses in the network segment in current system (This may include, for example, to register the current address to be effective in the new subnet). リスナは(操作を介して学習した)ネットワーク・トポロジのマップを保持して、そのクライアントに対して生成される信号(「同一サブネット上のローミング」、「ローミング」等)の適否を判定する一助としてもよい。 Listener holds the map (the learned via the operation) of the network topology, the signal that is generated for the client ( "roaming on the same subnet", "roaming", etc.) as an aid determining the appropriateness of it may be.
【0034】 [0034]
上記本発明の非限定的な好ましい具体的実施形態の他の一例においては、モビリティ管理サーバ(MMS)に「非接続ネットワーキング」(disjoint networking)モードでアクセスすることが可能である。 In another example of a non-limiting preferred embodiments of the present invention, it is possible to access the "disconnected Networking" (a disjointed networking) mode to a mobility management server (MMS). この新しいアルゴリズムによって、あるネットワーク・インフラからは別のネットワーク・インフラにおけるネットワークアドレスが分からないような非接続ネットワーク・トポロジにおいても、MMSとの通信を確立する/持続するのに使われる、代替のネットワークアドレスを動的/静的に見つけ出すことができるようになる。 The the new algorithm, even in the non-connected network topology as the network address is not known in another network infrastructure from one network infrastructure, used to establish to / duration of the communication with the MMS, an alternative network it is possible to find out the address to dynamic / static. この構成により、MMSが利用可能な代替アドレスのリストが予め設定され、通信中にMES(モバイル端末システム)に送られるかあるいはMESによって動的に学習される。 This configuration, MMS is set list of alternative addresses available in advance, are dynamically learned by or MES is sent to the MES (mobile terminal system) during communication. 実施の一形態において、MMSはMESに、一つ以上のMMSネットワークアドレスもしくは他のネットワークに対応した他のMMSのアイデンティティを、単一のネットワークによる通信によって送ることができる。 In one embodiment, MMS is the MES, the identity of one or more MMS network address or other other MMS corresponding to the network, can be sent by the communication by a single network. 該リストは、回路構築の際やその他接続が確立されている間のいかなる時にも、送付/更新が可能である。 The list at any time during the other connection or the time of the circuit construction has been established, it is possible to send / update.
【0035】 [0035]
MESが別のネットワークへと移動するとき、MESは該ネットワークにおける新規のネットワーク接続を通じてMMSとコンタクトをとるために、MMSの「エイリアス」(alias)アドレス/アイデンティティのリストを用いる。 When MES is moved to another network, MES is to take the MMS and contacts through the new network connection in the network, "alias" of MMS (alias) using a list of addresses / identities. これにより、移動前のネットワークと移動後のネットワークとがアドレス、ルートその他の情報を共有していなくても、MESは新規のネットワーク接続を通じてMMSとのコンタクトを再確立することができる。 Thus, the network and the network and the address after movement before the movement, even if no sharing route other information, MES can re-establish contact with the MMS through the new network connection.
【0036】 [0036]
上記本発明の実施の形態のさらに他の例において、ポリシー管理に関する意思決定は分散型モバイルネットワークトポロジの内部にて行われ、例えば、ルールベースのポリシー管理プロシージャが、様々なメトリクスに基づいて要求の遂行を許可、拒絶、または制限する。 In still another example embodiment of the present invention, decisions about the policy management is performed in the interior of the distributed mobile network topology, for example, rule-based policy management procedure, the request based on various metrics allow execution, rejection, or restrict. このような管理形態は、例えば、マルチホーム/パス環境における最少コストルーティングといったコストメトリクスに基づいて意思決定をする際に用いられる。 Such administration forms are, for example, and is used to make decisions based on the cost metrics such minimal cost routing in a multi-home / path environment.
【0037】 [0037]
このようなポリシー管理技術では、意思決定の際にモビリティあるいは位置取得(つまりローミング)に関する事項が考慮に入れられてもよい。 In such a policy management technique, mobility or position obtaining during the decision (i.e. roaming) regarding may be taken into account. 例えば、管理ルールが装置の位置(ネットワークのどの接続ポイント、例えばアクセスポイント/基地局、ハブ、ルータ、GPS座標等に近いかなど)に基づいて決定されてもよく、これにより、特定の操作が、あるビル内では許可されるが別のビルでは許可されないといったことが可能になる。 For example, (which connection points of the network, for example, the access point / base station, hub, router, or the like close to the GPS coordinates, etc.) the position of the management rules apparatus may be determined based on, thereby, the specific operation , although permitted within certain building becomes possible such not allowed in another building. 例えば複数の違った無線ネットワークを利用している企業の場合にこの構成が有用であると考えられる。 For example, this configuration is considered to be useful in the case of companies using several different wireless networks. このような企業において、例えば積込ドックとオフィスとが無線ネットワークで接続されている場合がある。 In such companies, for example, there is a case where the loading docks and offices are connected in a wireless network. システム管理者は、積込ドックにいる従業員(例えばユーザや装置)がオフィス環境の無線ネットワークにアクセスできないようにすることができる。 The system administrator can employees in loading dock (e.g. user or device) can not access the office environment wireless network. さらに、ポリシー管理によって、許可、拒否、遅延という3つの状態のいずれかをもたらすようにすることも可能である(例えば、決定が帯域幅やコストに基づいてなされる場合、操作の実行はより適切な時期がくるまで遅延される)。 Furthermore, the policy management, allow, deny, it is also possible to bring one of three states: the delay (e.g., if the determination is made based on the bandwidth and cost, the execution of the operation more appropriately such timing is delayed to come).
【0038】 [0038]
上記実施例におけるポリシー管理においては、決定に基づいて動作を変更することが可能となっている。 In the policy management in the above embodiment, it is possible to change the operation based on the determination. ひとつのアクションの例としては、全てのアクティブなアプリケーションによる帯域幅の消費を抑えるというものがある。 Examples of single action, there is of suppressing the consumption of bandwidth by all active applications. また、例えば、著しく帯域幅を消費する特定のアプリケーションが存在する場合に、ポリシーエンジン(policy engine)によって該アプリケーションによる操作/トランザクションの完了までの速度を管理することが可能となる。 Further, for example, when there are certain applications that consume significantly bandwidth, it is possible to manage the speed of up to the completion of the operation / transaction by the application by the policy engine (policy engine). この動作は、誤ったアプリケーションの動作を抑制させることを動的に学習するようになっていてもよい。 This operation may be adapted to dynamically learn that to suppress the operation of the erroneous application. もうひとつのアクションの例として、データの復元(例えば、利用可能な/許可された帯域幅やコスト、ユーザによる制限に基づいたグラフィックイメージのディザリング)がある。 Examples of other actions, there is a restoration of data (e.g., available / allowed bandwidth and cost, dithering graphic images based on the restriction by the user).
【0039】 [0039]
さらに、ルールエンジン(rules engine)は、ルール評価に基づいて他のアクションを発動させる。 In addition, the rule engine (rules engine) is, to trigger other actions on the basis of the rule evaluation. イベントをロギングする、警告を発する、ユーザにアクションが拒否、遅延、あるいは条件付けされたことを通知するといった外部プロシージャが実行されてもよい。 Logging events, issuing a warning, the user action is denied, delayed, or may be external procedures performed such notifies that it has been conditioned. これらのような通知は、既存のルールへのオーバーライドがオペレータから求められるというような、インタラクティブなものであってもよい。 Notification such as these overrides to existing rules, such as that obtained from the operator, or may be interactive.
【0040】 [0040]
上記実施例におけるポリシー管理エンジン(policy management engine)において、その意思決定は、装置、装置のグループ、ユーザ・グループ、ユーザ、あるいはネットワーク接続ポイントに関連した、任意の数のメトリクスもしくはその組み合わせに基づいてなされていてもよい。 In the policy management engine (policy management engine) in the above embodiment, the decision apparatus, a group of devices, user groups, and associated with the user or network attachment point, on the basis of the metrics, or a combination thereof any number it may have been made.
【0041】 [0041]
ポリシー管理機能の一部として、他にもローカルベースの情報やサービスが、ポリシー管理、ネットワーク・モデリング、および/またはアセット・トラッキングのために取得され/備えられていてもよい。 As part of the policy management function, a local-based information and services to others, policy management, are / may be provided acquisition for network modeling, and / or asset tracking. このようなサービスには、モバイル端末システムの現在位置に関連した情報がユーザやモバイル端末システムに自動的に提供される機能が含まれる。 Such services, information related to the current position of the mobile terminal system includes the ability to automatically provided to the user and mobile terminal system. 該情報は、メッセージ、ファイルその他の電子的フォーマットにて供給されてもよい。 The information message may be supplied by a file other electronic format.
【0042】 [0042]
この機能の非限定的な利用例としては、ショッピングモール運営者、各種業界団体、大規模小売業者などがショッピングセンターに、ブルートゥース PAN、IEEE 802.11 LAN、802.15 PAN、その他の無線ネットワーク規格に準拠した、無線アクセスポイントを戦略的に設けるというものがある。 Non-limiting example of the use of this function, shopping mall operator, various industry associations, to include large-scale retailers shopping center, the Bluetooth PAN, IEEE 802.11 LAN, 802.15 PAN, other wireless network standards there is that the compliant, strategically providing a wireless access point. この場合、顧客がセンター内を歩き回るのにあわせて、モバイル端末システムの現在位置周辺の店舗は顧客に情報を提示することができる。 In this case, the customer together to walk around in the center, around the current position of the store of the mobile terminal system can present the information to the customer. この情報としは、セールやディスカウント、特典などについてのものが含まれる。 This information and to include those sales and discounts, for such benefits. これに加え、モバイル端末システムに販促用の電子クーポン券が供給されるのもよい。 Additionally, good to electronic coupons promotional mobile terminal system is supplied. 店舗側は上記のようなサービスを、モール運営者、業界団体、小売業者、あるいはその他のサービス提供者による集中的な管理機構に登録することになる。 The shop side is the service as described above, mall operators, industry associations, will be registered in a centralized management mechanism by retailers, or other service providers.
【0043】 [0043]
上記技術が利用される他の非限定的な例として、現場サービス、訪問販売、宅配などのバーティカル産業において、位置を基準にして情報を収集する、地域サービス、地図、方角、顧客、事故など公共の情報を、位置を基準にモバイル端末システムに送る、などがある。 Other non-limiting examples in which the technology is used, field service, door-to-door sales, in vertical industries such as home delivery, to collect the information on the basis of the position, community services, map, direction, customer, accident and public the information sent to the mobile terminal system on the basis of the position, and the like.
【0044】 [0044]
さらに他の非限定的な例として、モバイル端末システムをモニタリング、トラッキングするウェブベースのサービスがある。 As a further non-limiting example, monitoring a mobile terminal system, there is a web-based service to track. 例えば、顧客は該トラッキングサービスに登録し、信頼の置ける第三者機関が、ホスティングされているウェブサービスにログオンして顧客のモバイル端末システムの精確な位置を同定する。 For example, a customer registered in the tracking service, third parties trusted is, log on to a web service that is hosted identify precise location of the mobile terminal system customers. この場合、モバイル端末システムは車両に備え付けられてもよいし、歩行者に所持されていてもよい。 In this case, the mobile terminal system may be equipped on the vehicle, it may be possessed pedestrians. モバイル端末システムのさらなる小型軽量化に伴い、このようなサービスはますます現実味を帯びてきている。 Along with the further reduction in size and weight of a mobile terminal system, such services have been tinged with more and more reality. 該サービスを利用することで、危険度の高い人々、例えば高齢者、障害者、病人などを追跡、位置確認することができる。 By using the service, a high-risk people, eg elderly, disabled, and sick tracking can be confirmed position. 該サービスは、自動車その他の高価な動産や荷物をトラッキングすることにも利用できる。 The service can also be used to track the car other expensive personal property and luggage. 3G WANネットワーク、ブルートゥースネットワーク、802.11ネットワークその他の無線技術を利用し、ネットワーク媒体や接続ポイントを切り替えてもシームレスな接続性を保つことができるという特性を生かして、上記のサービスを非常に低いコストで実施することが可能である。 3G WAN networks, Bluetooth networks, utilizing the 802.11 network other wireless technologies, even switch the network medium and connection points utilizing the characteristic that it is possible to maintain seamless connectivity, very low the service It can be implemented at a cost.
【0045】 [0045]
このように、本発明は企業ネットワークを延長して、ネットワーク管理者が、信頼性や集中的な管理形態を犠牲にすることなく、モバイル端末のユーザに、アプリケーションへの簡便なアクセスを固定端末のユーザの場合と同様に提供することを可能にする。 Thus, the present invention is to extend the corporate network, network administrator, without sacrificing reliability and centralized management form, the user of the mobile terminal, a fixed terminal a convenient access to the application It makes it possible to provide similarly to users. 本ソリューションは、既存の有線ネットワーク規格の長所を制定段階にあるモビリティ規格にも持たせて、既存のネットワーク・アプリケーション上で動作可能なソリューションを生み出すものである。 This solution, while also providing the existing wired network standard mobility standards in the advantages the enactment stage, is intended to produce an operable solution on existing network applications.
【0046】 [0046]
本発明の他の目的、特徴、および優れた点は、以下に示す記載によって十分分かるであろう。 Another object of the present invention, features, and advantages will be made clear by the description below. また、本発明の利点は、図面を参照した以下の説明で明白になるであろう。 Further, the advantages of the present invention will become apparent in the following description with reference to the drawings.
【0047】 [0047]
[好ましい実施の形態の詳細な説明] DETAILED DESCRIPTION OF THE PREFERRED EMBODIMENT
図1は、本発明の、モバイル強化ネットワークコンピュータシステム100を例示している。 Figure 1 illustrates the present invention, a mobile reinforced networked computer system 100. 該ネットワークコンピュータシステム100は、モビリティ管理サーバ102と、一つ以上のモバイル端末システム104とを含んでいる。 The networked computer system 100 includes a mobility management server 102, and a least one mobile terminal system 104. モバイル端末システム104は、ローカルエリア・ネットワーク(LAN)108を通じてモビリティ管理サーバ102と通信することができる。 The mobile terminal system 104 may communicate with the mobility management server 102 through a local area network (LAN) 108. モビリティ管理サーバ102は、モバイル端末システム104のネットワーク・レベルでのプロキシとして機能する。 Mobility management server 102 functions as a proxy at the network level of the mobile terminal system 104. モビリティ管理サーバ102はこれを、それぞれのモバイル端末システムの状態を管理することと、ネットワーク・アプリケーションをホスティングしているどのピア・システム110とも、モビリティ管理サーバ102とモバイル端末システム104との間の相互接続が断続的で信頼性の低いものであっても常時接続を維持してゆくために必要な、複雑なセッション管理を行うこととによって成し遂げている。 Mutual between this mobility management server 102 is to manage the state of each mobile terminal system, which peer system 110 both hosting the network application, the mobility management server 102 and the mobile terminal system 104 connection is achieved by the fact of performing required to slide into stay connected at all times even those less intermittent reliability, a complex session management. 本好ましい実施形態では、モビリティ管理サーバ102は、本発明の遠隔プロシージャ・コール・プロトコルおよびインターネット・モビリティ・プロトコルを用いて、モバイル端末システム104と通信する。 In this preferred embodiment, a mobility management server 102, using a remote procedure call protocol and Internet Mobility Protocol of the present invention, communicates with the mobile terminal system 104.
【0048】 [0048]
この場合、モバイル端末システム104はモビリティ管理サーバ102とアクティブに接続されるが、該接続は常時アクティブに行われるものではない。 In this case, the mobile terminal system 104 is connected to a mobility management server 102 and active, the connection is not to be performed always active. 例えば、 For example,
・複数のモバイル端末システム104a‐104kが、モビリティ管理サーバ102と、モバイル相互接続によって(この場合無線で)通信する。 - a plurality of mobile terminal systems 104a-104k is a mobility management server 102, the mobile interconnection (in this case wireless) communication. 例として、ローカル・エリアもしくはワイドエリア・ネットワーク108と無線(あるいは有線)でつながった、従来型の電磁(電波)トランシーバ106が考えられる。 As an example, connected by a local area or wide area network 108 and a wireless (or wired), a conventional electromagnetic (radio) transceiver 106 can be considered. 上記のようなモバイル相互接続により、モバイル端末システム104a‐104kが、一つのカバーエリア(cover area)107aから別のカバーエリア107kへとローミングすることが可能になる。 The mobile interconnection as described above, the mobile terminal system 104a-104k is, it is possible to roam from one coverage area (cover area) 107a to another coverage area 107k. 一般的に、モバイル端末システム104が、あるカバーエリア107から別のエリアにローミングしたり、最も近いトランシーバ106から届く範囲を外れたり、あるいは信号を一時的に遮断(例えばビルの柱の裏側を通るなどで)されたりした場合、一時的に通信が切断される。 Generally, a mobile terminal system 104, passes or roam from one coverage area 107 to another area, or out of the range that reaches from the nearest transceiver 106, or the back side of the temporarily interrupted (e.g., building pillars signal If you or is) and the like, temporary communication is disconnected.
【0049】 [0049]
・別のモバイル端末システム104l、104m…が、モビリティ管理サーバ102と、ドッキングポートやネットワークケーブルコネクタなどの着脱式(non−permanent)有線相互接続109を介して通信する。 - another mobile terminal system 104l, 104m ... is a mobility management server 102, removable such as a docking port or network cable connectors (non-permanent) communicate via a wired interconnect 109. モバイル端末システム104は、接続109が外れたり、モバイル端末システム104の電源が切られたりした場合、一時的にLAN108から切断される。 The mobile terminal system 104, breaks off the connection 109, when the power of the mobile terminal system 104 or off, is temporarily disconnected from the LAN 108.
【0050】 [0050]
・さらに別のモバイル端末システム(例えば104n)が、モビリティ管理サーバ102と、ワイドエリア・ネットワーク、ダイアルアップ・ネットワーク、衛星ネットワーク、インターネット等のネットワーク・トポグラフィ111を介してノマディック接続される。 - Yet another mobile terminal system (e.g. 104n) is a mobility management server 102, a wide area network, dial-up network, a satellite network, it is nomadic connected via a network topography 111 such as the Internet. 一例として、ネットワーク111のサービスは断続的なものであってもよく、他の例として、モバイル端末システム104がある種類の接続形態から別の種類のものへと移行(例えば、モビリティ管理サーバ102と有線相互接続109を通じて接続される状態からネットワーク111を通じて接続される状態へ移行、もしくはその逆)し、移行時に一時的に接続が切断されるという構成であってもよい。 As an example, the service network 111 may be one intermittent, as another example, from the class of topologies where there is mobile terminal system 104 to another kind of those transition (e.g., a mobility management server 102 transition from a state of being connected through a wired interconnection 109 to the state of being connected through a network 111, or vice versa), and temporarily connected during the transition may be configured that is cleaved.
【0051】 [0051]
モバイル端末システム104は、標準的なモバイル装置や市販のコンピュータであってよく、例えば、モバイル端末システム104は、市販のトランシーバおよび/またはネットワークカードを実装したラップトップコンピュータによって構成される。 The mobile terminal system 104 can be a standard mobile device or commercially available computer, for example, a mobile terminal system 104 is configured by a commercially available transceiver and / or laptop computer that implements a network card. モバイル端末システム104は、標準的なネットワーク・アプリケーションや標準的なOS(オペレーティングシステム)を実行し、標準的なトランスポート・レベル・プロトコル(例えばTCP/IP)を利用して、トランスポート層で通信を行うものであってよい。 The mobile terminal system 104 performs standard network applications and standard OS (Operating System), utilizing standard transport-level protocols (e.g. TCP / IP), communication at the transport layer it may be one that performs. 本発明において、さらに、モバイル端末システム104がクライアントソフトウェアを実行することで、遠隔プロシージャ・コール・プロトコルおよびインターネット・モビリティ・プロトコルを用いたモビリティ管理サーバ102との通信が可能になる。 In the present invention, further, that the mobile terminal system 104 executes client software, it enables communication with a mobility management server 102 using a remote procedure call protocol and Internet Mobility Protocol. 上記両プロトコルは、それらと同様のトランスポート・レベルのプロトコルを利用して伝送される。 The both protocols are transmitted using these same transport level protocol.
【0052】 [0052]
モビリティ管理サーバ102は、ウィンドウズ(登録商標)NTサーバなどの標準的なサーバによってホスティングされるソフトウェアを含んでいてよい。 Mobility management server 102 may include software hosted by standard server, such as Windows (registered trademark) NT servers. 本好ましい実施形態では、モビリティ管理サーバ102は、規格に準拠したクライアント/サーバ型のインテリジェントサーバであって、企業ネットワーク108を透過性を有した状態でノマディック環境にまで延長するものである。 In this preferred embodiment, the mobility management server 102 is an intelligent server client / server conforming to standards, is intended to extend to the nomadic environment while having a permeability corporate network 108. モビリティ管理サーバ102は、数量を限定されないモバイル端末システム104それぞれのネットワーク・レベルでのプロキシとして機能するが、モビリティ管理サーバ102はこれを、それぞれのモバイル端末システムの状態を管理することと、ネットワーク・アプリケーションをホスティングしているどのピア・システム110とも、モバイル端末システム104とトランシーバ106との間のモバイル相互接続が断続的で信頼性が低いものであっても常時接続を維持してゆくために必要な、複雑なセッション管理を行うこととによって成し遂げている。 Mobility management server 102 are that it acts as a proxy for the mobile terminal system 104 each network level, but not limited to quantity, mobility management server 102 which, for managing the status of each mobile terminal system, network which peer system 110 both hosting the application, required for mobile interconnection between the mobile terminal system 104 and a transceiver 106 slide into stay connected at all times even those less intermittent and reliable It does not, are accomplished by and to perform the complex session management.
【0053】 [0053]
例えば、サーバ102はどのような標準的(例えばTCP/IPベースの)ネットワーク・アプリケーションであっても、変更を行うことなしに、モバイル接続を通じて実行させることができる。 For example, the server 102 may be any (e.g. TCP / IP-based) standard network application can be executed without making any changes, through mobile connections. 接続が切断されたり、圏外に出たり、あるいは動作をサスペンドしたりしたモバイル端末システム104のセッションは、サーバ102によって維持され、該システムが復帰した際にはサーバ102が上記セッションをレジュームする。 Or connection is disconnected, the mobile terminal system 104 or suspend or out out-of-service, or operation session is maintained by the server 102, when the system is restored in the server 102 to resume the session. モバイル端末システム104が圏外に出てしまったり、シャットダウンしたり、あるいは位置アドレスを変更した場合、モビリティ管理サーバ102は、データの受信に関して確認応答し、モバイル端末システムが再度通信可能となるまで要求を待機させることで、モバイル端末システムとピア・システム110との接続を維持する。 Or the mobile terminal system 104 is left just out of range, if you change the shutdown or or position address, the mobility management server 102, confirmation response for the received data, a request to the mobile terminal system can communicate again It is to wait, to maintain a connection with the mobile terminal system and peer system 110.
【0054】 [0054]
サーバ102はまた、有線ネットワークにおける管理能力をモバイル接続にまで延長する。 Server 102 also extends the management capabilities of a wired network to a mobile connection. ネットワークソフトウェア層はそれぞれが互いに独立して動作するので、ソリューションをそれが展開されるそれぞれの環境に合わせてカスタマイズすることが可能である。 Since each network software layer to operate independently of each other, the solution it is possible to customized for each environment to be deployed.
【0055】 [0055]
一例として、モビリティ管理サーバ102が、ローカルエリア・ネットワークやワイドエリア・ネットワークのような標準的な企業ネットワーク108と接続され、該ネットワーク108は、様々な固定端末システム(例えば一つ以上のホストコンピュータ110)110と接続される状況が考えられる。 As an example, a mobility management server 102 is connected to a standard corporate network 108, such as a local area network or wide area network, the network 108, various fixed terminal system (e.g. one or more host computers 110 ) considered the situation to be connected to the 110. モビリティ管理サーバ102によって、モバイル端末システム104と固定端末システム110との間の、連続セッション型データストリームを利用した通信が可能となるが、この通信は、モバイル端末システム104が、接続しているネットワーク相互接続とのコンタクトを失ったり、あるネットワーク相互接続106、109、111から別のネットワーク相互接続へと移動したりしても(例えば、無線相互接続の場合、ある無線トランシーバ106のカバーエリア107から別のカバーエリアにローミングしても)、利用可能となっている。 By a mobility management server 102, the network between the mobile terminal system 104 and the fixed terminal system 110, but can communicate using a continuous session type data stream, this communication, the mobile terminal system 104, are connected lose contact with the interconnect, also move from one network interconnection 106,109,111 to another network interconnect (for example, in the case of wireless mutual connection, the coverage area 107 of a radio transceiver 106 even when roaming in another coverage area), it has become available.
【0056】 [0056]
モバイル端末システム104は、モビリティ管理サーバ102との結合を、スタートアップ時か、あるいはモバイル端末システムがネットワークサービスを要求した時に確立する。 The mobile terminal system 104, the binding of the mobility management server 102 is established when the startup or, or mobile terminal system requests a network service. 結合が確立されると、モバイル端末システム104は、一つ以上のネットワーク・アプリケーションのセッションを、連続的あるいは共時的に始めることができる。 When coupling is established, the mobile terminal system 104, the session of one or more network applications can be started continuously or synchronic. モバイル端末システム104−モビリティ管理サーバ102間の結合確立によって、モバイル端末システムが切断されたり、圏外に出たり、あるいはサスペンドしたりしても、モバイル端末システムにおけるアプリケーションのセッションを維持し、モバイル端末システムの復帰時には該セッションをレジュームすることが可能になる。 The coupling established between the mobile terminal system 104 and a mobility management server 102, or be a mobile terminal system is disconnected, and out to the out of range, or be or suspended, maintaining the session of the application in a mobile terminal system, mobile terminal system it is possible to resume the session at the time of the return. 本好ましい実施形態では上記の処理は完全に自動で行われ、ユーザによる介入は全く必要とされない。 The above process in this preferred embodiment is carried out in a fully automated, user intervention is not required at all.
【0057】 [0057]
本発明の一例において、モバイル端末システム104は、UDP/IPのような標準的なトランスポート・プロトコルを用いてモビリティ管理サーバ102と通信を行う。 In one example of the present invention, a mobile terminal system 104 communicates with the mobility management server 102 using a standard transport protocol, such as UDP / IP. 標準的なトランスポート・プロトコルを使用することで、モバイル端末システム104が、標準的なルータ112など企業ネットワーク108に既存のインフラを用いて、モビリティ管理サーバ102と通信することが可能になる。 By using a standard transport protocol, the mobile terminal system 104, using the existing infrastructure to the enterprise network 108 such as a standard router 112, it is possible to communicate with the mobility management server 102. 本発明では、高レベルの遠隔プロシージャ・コール・プロトコルが、トランザクションを、モバイル強化ネットワーク108を介して、標準的なトランスポート・プロトコルを使用して送られるメッセージへと生成する。 In the present invention, high-level remote procedure call protocol, a transaction, via a mobile reinforcing network 108, generates to messages sent using standard transport protocol. 本好ましい実施形態において、上記のようなモバイルRPCメッセージは、モバイル端末システム104にて実行されるアプリケーションによって開始された、全てのネットワーク・トランザクションを含んでいるため、モビリティ管理サーバ102によって全てを完了させることができる。 In this preferred embodiment, the mobile RPC message as described above, was initiated by an application executed by the mobile terminal system 104, because it contains all network transactions, to complete all the mobility management server 102 be able to. このことにより、モビリティ管理サーバ102とモバイル端末システム104とは、ネットワーク媒体の接続性が阻害されているときでも、接続状態情報を常に互いにシンクロさせておくことができる。 Thus, the mobility management server 102 and the mobile terminal system 104, even when the network connectivity medium is inhibited, it is possible to keep constantly and synchronize with one another the connection state information.
【0058】 [0058]
モバイル端末システム104のそれぞれは、全てのネットワーク活動を傍受し、該ネットワーク活動をモバイルRPCプロトコルを通じてモビリティ管理サーバ102にリレーするための情報をモバイル端末システム自体に提供するモビリティ管理ソフトウェアクライアントを実行する。 Each mobile terminal system 104 intercepts all network activity, to perform the mobility management software client that provides information to relay to the mobility management server 102 to the network activities through mobile RPC protocol to the mobile terminal system itself. 本好ましい実施形態では、該モビリティ管理クライアントは、モバイル端末システム104に実装されているOS(ウィンドウズ(登録商標)NT、ウィンドウズ(登録商標)98、ウィンドウズ(登録商標)95、ウィンドウズ(登録商標)CEなど)と透過性を有する状態で協働して、クライアント側でのアプリケーションのセッションを、ネットワークとのコンタクトが失われても維持し続ける。 In this preferred embodiment, the mobility management client, OS (Windows® NT mounted on a mobile terminal system 104, Windows (registered trademark) 98, Windows (registered trademark) 95, Windows (registered trademark) CE cooperate in a state having a permeability, etc.), a session of the application on the client side, the contact with the network continue to maintain even lost.
【0059】 [0059]
モビリティ管理サーバ102は、それぞれのモバイル端末システム104の状態を管理し、例えば接続の反対側の端に接続されたホストコンピュータ110のような通信相手のピア108との連続的な接続を維持するために必要とされる複合的なセッション管理を行う。 Mobility management server 102 manages each of the states of the mobile terminal system 104, for example, to maintain a continuous connection with a communication partner peer 108, such as a host computer 110 connected to the opposite end of the connection performing complex session management required for. モバイル端末システム104との通信ができなくなったり、モバイル端末システム104がサスペンドしたり、あるいはネットワークアドレスを変更したり(例えばあるネットワーク相互接続から別のものにローミングしたり)した場合、モビリティ管理サーバ102は、モバイル端末システム104とホストシステム110などの接続端との間の接続を、データ受信に関して確認応答したり、要求を待機させたりすることによって維持する。 Or can no longer communicate with the mobile terminal system 104, when or mobile terminal system 104 suspends, or change the network address (for example, to roam from one network interconnection to another), a mobility management server 102 the connection between the connecting element, such as a mobile terminal system 104 and host system 110 are maintained by or to wait or acknowledgment for data received requests. このプロキシ機能によって、ピアのアプリケーションは、モバイル端末システム104との物理的な接続が絶たれたことを検知することがなくなる。 This proxy function, peer applications, it is unnecessary to detect that the physical connection to the mobile terminal system 104 is cut off. よって、もしモバイル端末システムが一時的に接続を失ったり、あるカバーエリア107K内において、あるネットワーク相互接続106Aから別のネットワーク相互接続106Kへとローミングしたりした場合でも、(物理的接続が再確立された際に単純に作業をレジュームすることで)モバイル端末システム104のアプリケーションと、その結合しているセッションを実行する端との間の連続的な接続を効果的に維持することができる。 Therefore, if lose connectivity mobile terminal system temporarily, within a certain coverage area 107K, even if the or roaming from one network interconnect 106A to another network interconnect 106K, (established physical connection is re is a thing in) the mobile terminal system 104 to resume the application simply work in the, it is possible to effectively maintain a continuous connection between the end running the sessions thereof bound.
【0060】 [0060]
モビリティ管理サーバ102はまた、モバイル端末システム104がセグメント化されたネットワークの様々な部分をローミングする際、異なったネットワークアドレスを受信するという問題を解決するべく、アドレスを管理することが可能となっている。 Mobility management server 102 also when the mobile terminal system 104 roams various portions of the segmented network, to solve the problem of receiving different network addresses, it is possible to manage the addresses there. モバイル端末システム104はそれぞれ、プライマリネットワーク上での仮想アドレスを有している。 Each mobile terminal system 104 includes a virtual address on the primary network. 該仮想アドレスは、標準的なプロトコルによって、あるいは静的割り当てによって決定されている。 The virtual address is determined by standard protocols, or by a static allocation. モバイル端末システム104のそれぞれについて、モビリティ管理サーバ102は該システムの現状における実際の(位置)アドレスに対応して仮想アドレスを割り当てる。 For each mobile terminal system 104, a mobility management server 102 assigns a virtual address correspond to the actual (position) address in the current state of the system. モバイル端末システム104の、あるネットワーク・セグメントから他のセグメントへの移動に伴って、該システム104の現在位置アドレスが変更されても、仮想アドレスは、どの接続がアクティブになっていようが、接続時間が長くなっていようが、上記アドレスが静的に割り当てられている限りは一定となる。 Mobile terminal system 104, in accordance with the movement from one network segment to another segment, even if changing the current location address of the system 104, the virtual address, which connection is no matter active, connection time Although No matter becomes longer, as long as the address is assigned statically it is constant.
【0061】 [0061]
よって、モバイル端末システム104の位置アドレスの変更は、モビリティ管理サーバ102を介して、結合しているホストシステム110(および他のピア)におけるセッションを実行する端からは完全に透過性を有する状態となっている。 Therefore, changing the position address of the mobile terminal system 104 includes a state through a mobility management server 102, having a completely transparent from end to perform a session in binding to that host system 110 (and other peers) going on. ピア110から見えるのは、サーバ102によってプロキシされた(不変の)仮想アドレスのみということになる。 Look from the peer 110 is proxied by the server 102 (unchanged) would be that only the virtual address.
【0062】 [0062]
本好ましい実施形態では、モビリティ管理サーバ102はさらに、コンソール(制御)アプリケーションと包括的なメトリクス(exhaustive metrics)とによる、集中的なシステム管理が可能である。 In this preferred embodiment, the mobility management server 102 further depends on the console (control) applications and comprehensive metrics (exhaustive metrics), are possible centralized system management. システム管理者は、上記のツールを利用して、遠隔接続を設定、管理し、遠隔接続およびシステムにおける問題を解決することができる。 The system administrator uses the above tools, set the remote connection, manage, it is possible to solve the problems in the remote connection and systems.
【0063】 [0063]
モビリティ管理サーバ102によるプロキシ・サーバ機能によって、ネットワーク・アプリケーション、ユーザ、そして装置にそれぞれ異なった優先レベルを設定することができるようになる。 By the proxy server function by a mobility management server 102, network application, it is possible to set a user, and each different priority levels to the device. これは、モビリティ管理サーバ102が有する処理用のリソースが有限であることを鑑みれば、有用なものである。 This, given the resources for processing Mobility Management server 102 has is limited, is useful. システム管理者が上記のようにモビリティ管理サーバ102の設定を変更できることで、システムおよびネットワークのパフォーマンスが全体として向上する。 That the system administrator can change the settings of mobility management server 102 as described above, the performance of the system and network can be improved as a whole. 一例として、システム管理者がモビリティ管理サーバ102の設定を変更できることにより、音声や映像のストリーミングのようなリアルタイムのアプリケーションに対して、モビリティ管理サーバ102のリソースを、あまりリソースを使用しないメールソフトのようなアプリケーションよりも多く割り当てることができる。 As an example, by the system administrator can change the settings of the mobility management server 102, for real-time applications such as streaming audio and video, the resource mobility management server 102, as e-mail software that does not use too much resources It may be assigned more than applications.
【0064】 [0064]
詳しく説明すると、モビリティ管理サーバ102は、アプリケーション、もしくはSNMPのような標準的なネットワーク管理プロトコル、ウェブベースの設定インターフェイス、ローカルなユーザインターフェイスなどのアプリケーション・インターフェイスを介して設定される。 In detail, the mobility management server 102, an application or SNMP standard network management protocol such as, web based configuration interface is set via the application interface, such as a local user interface. 結合(association)そのものの優先度、および/または、ある結合における複数のアプリケーションの優先度を設定することも可能である。 Binding (association) priority itself, and / or, it is also possible to set the priority of the plurality of applications in a certain binding. 例えば、モビリティ管理サーバ102を介して動作する他の結合と関連している結合それぞれの優先度は、ユーザあるいは装置ごとに設定可能である(本実施形態では、ユーザおよびユーザがログインした装置の両方を優先するように設定された場合に、ユーザに関する設定のほうがより優先されるように設定されてもよい)。 For example, both Mobility Management server 102 respective priority binding that is associated with other binding operating via can be set for each user or device (in this embodiment, device users and user logs the when it is set to priority may be set as more settings for the user is more preferred). あるいは結合それぞれについて、アプリケーションの優先度に関し、ネットワーク・アプリケーションごとにいくつかのレベルが設定されていてもよい。 Alternatively for binding each relates priorities of applications, several levels for each network application may be set. 本システムでは、優先レベルはいくつでも設定することが可能である。 In this system, it is possible priority level is set as many. 一例として、低、中、高の3つの優先レベルが設定される例が考えられる。 As an example, low, medium, examples high of three priority levels are set are contemplated.
【0065】 [0065]
(サーバ/クライアント型ソフトウェア・アーキテクチャの例) (Example of a server / client type software architecture)
図2に、モバイル端末システム104とモビリティ管理サーバ102とのソフトウェア・アーキテクチャの一例を図示する。 Figure 2 illustrates an example of a software architecture of the mobile terminal system 104 and mobility management server 102. 本発明の一例において、モバイル端末システム104とモビリティ管理サーバ102は標準的なOSおよびアプリケーション・ソフトウェアを実行するが、このときに、ほんの少数のコンポーネントを新しく追加するだけで、断続的に接続されるモバイルネットワーク108を介した、信頼性が高くかつ効果的、持続的なセッションが実行可能となっている。 In one example of the present invention, a mobile terminal system 104 and mobility management server 102 executes the standard OS and application software, in this case, only the newly added only a few components, it is intermittently connected via the mobile network 108, high and effective reliable, persistent session has become feasible. 図2に示すように、モバイル端末システム104は、ネットワーク・インターフェイス・ドライバ200、TCP/UDPトランスポートサポート202、トランスポート・ドライバ・インターフェイス(TDI)204、および一つ以上の従来型のネットワーク・アプリケーション208に対するインターフェイスとして使われるソケットAPI206を含む、従来型のOSソフトウェアを実行する。 As shown in FIG. 2, a mobile terminal system 104, network interface driver 200, TCP / UDP transport support 202, the transport driver interface (TDI) 204, and one or more conventional network applications including a socket API206 used as an interface for 208 executes the conventional OS software. 従来型のネットワーク・ファイル/プリント・サービス210が、従来型のTDI204との通信用にさらに設けられていてもよい。 Conventional network file / print service 210 may be further provided for communication with TDI204 conventional. サーバ102は、上記と類似した、従来型のネットワーク・インターフェイス・ドライバ200'、TCP/UDPトランスポートサポート202'、トランスポート・ドライバ・インターフェイス(TDI)204'、および一つ以上の従来型のネットワーク・アプリケーション208'に対するインターフェイスとして使われるソケットAPI206'を有していてもよい。 Server 102, similar to the above, conventional network interface driver 200 ', TCP / UDP transport support 202', the transport driver interface (TDI) 204 ', and one or more conventional network - it may have a 'socket API206 used as an interface for the' application 208. モバイル端末システム104とモビリティ管理サーバ102はそれぞれ、さらにネットワーク/セキュリティ・プロバイダ236(モバイル端末システム)、ユーザ/セキュリティ・データベース238(サーバ)を備えていてもよい。 Each mobile terminal system 104 and mobility management server 102 further network / security provider 236 (mobile terminal system) may include user / security database 238 (server).
【0066】 [0066]
本発明では、新規のモバイル・インターセプタ・コンポーネント212が、モバイル端末システム104のソフトウェア・アーキテクチャにおける、TCP/UDPトランスポートモジュール202とトランスポート・ドライバ・インターフェイス(TDI)204との間に挿入されている。 In the present invention, a new mobile interceptor component 212, the software architecture of a mobile terminal system 104, is inserted between the TCP / UDP transport module 202 and the transport driver interface (TDI) 204 . 該モバイル・インターセプタ・コンポーネント212は、トランスポート・ドライバ・インターフェイス(TDI)204における特定のコールを傍受して、該コールを、ネットワーク108を介し、RPCおよびインターネット・モビリティ・プロトコル、標準的なTCP/IPトランスポート・プロトコルを通じてモビリティ管理サーバ102へと転送する。 The mobile interceptor component 212 intercepts a specific call at the transport driver interface (TDI) 204, the call, via the network 108, RPC and Internet Mobility Protocol standard TCP / transferred to the mobility management server 102 through the IP transport protocol. こうして、モバイル・インターセプタ212は、全てのネットワーク活動を傍受して、サーバ102へと転送することができる。 Thus, mobile interceptor 212 intercepts all network activities can be transferred to the server 102. 該インターセプタ212はOSと透過性を有する状態で協働するので、モバイル端末システム104がネットワーク108とのコンタクトを失っても、クライアント側のアプリケーションのセッションはアクティブであり続けることができる。 Since the interceptor 212 cooperate in a state having permeability and OS, even lose contact with the mobile terminal system 104 network 108, the client-side application session can remain active.
【0067】 [0067]
モバイル・インターセプタ212は、トランスポート・ドライバ・インターフェイス204とは違うレベルで(例えばソケットAPI206のレベルで)動作することもできるが、TDIのレベルでモバイル・インターセプタ212が動作する、より詳細にはいずれかのトランスポート・プロトコル・インターフェイスにおいて動作することにより、下記のような利点が生まれる。 Mobile interceptor 212 can also operate (e.g. at the level of the socket API 206) in a different level than the transport driver interface 204, operates mobile interceptor 212 at the level of TDI, either in more detail by operating in Kano transport protocol interface, born the following advantages. なお、便宜的に、トランスポート・ドライバ・インターフェイスを示す全てのものをTDIという略語で表わすこととする。 Incidentally, for convenience, it will be represented everything showing a transport driver interface abbreviation TDI. 多くの標準的なOS(例えば、マイクロソフト社のウィンドウズ(登録商標)95、ウィンドウズ(登録商標)98、ウィンドウズ(登録商標)NT、ウィンドウズ(登録商標)CEなど)はTDIインターフェイス204を実装しているので、OSのコンポーネントを変更することなく互換性が保証される。 Many of the standard OS (for example, Microsoft's Windows (R) 95, Windows (R) 98, Windows (R) NT, Windows (R) CE, etc.) implements the TDI interface 204 since compatibility is ensured without changing the components of the OS. さらに、トランスポート・ドライバ・インターフェイス204は通常カーネル・レベルのインターフェイスであることから、ユーザモードへの切り替えが必要でなく、これにより性能を向上させることができる。 Further, since the transport driver interface 204 is typically a kernel-level interface, no need to switch to user mode, thereby improving the performance.
【0068】 [0068]
さらに、TDIインターフェイス204のレベルで作動するモバイル・インターセプタ212は、様々な別のネットワーク・アプリケーション208(例えば複数の同時に動作しているアプリケーション)に加えて、ネットワークにおけるファイル、プリント、および他のカーネル・モードなどのサービス210(インターセプタが例えばソケットAPI206のレベルで動作している場合はそれぞれ別に扱う必要がある)を傍受することができる。 Moreover, mobile interceptor 212 operating at the level of the TDI interface 204, in addition to various other network applications 208 (e.g., multiple applications running simultaneously), the file in the network, the print, and other kernel (If interceptor operating example at the level of the socket API206 should be treated separately from each) services 210, such mode can be intercepted.
【0069】 [0069]
図2Aに、どのようにインターセプタ212が動作するかを示す高レベルのフローチャートの一例を示す。 Figure 2A, shows an example of a high-level flow diagram indicating how the interceptor 212 operates. モバイル端末システム104のTDIインターフェイス204へのコール(ブロック250)は、モバイル・インターセプタ212によって傍受される(ブロック252)。 Calls to TDI interface 204 of the mobile terminal system 104 (block 250) is intercepted by the mobile interceptor 212 (block 252). モバイル・インターセプタ212によって傍受されたRPCコールはインターネット・モビリティ・プロトコルに準拠してフラグメントにパッケージ化され、該フラグメントはデータグラムとして、UDPやTCPといった標準的なトランスポート・プロトコルにより、LAN、WAN等のトランスポート108を介してモビリティ管理サーバ102へと送られる(ブロック252)。 RPC calls that are intercepted by the mobile interceptor 212 is packaged into fragments in compliance with the Internet Mobility Protocol, the fragment as a datagram, the standard transport protocols such as UDP and TCP, LAN, WAN, etc. It is sent to the mobility management server 102 via the transport 108 (block 252). モビリティ管理サーバ102は受信したRPCデータグラムをアンパックして(ブロック254)、要求されたサービスを実行する(例えば、データや応答を、固定端末システム110で動作するアプリケーションサーバ処理へと転送することで、モバイル端末システムのアプリケーション208のプロキシとして振舞う)。 Mobility management server 102 unpacks the RPC datagram received (block 254), performs the requested service (e.g., data and responses, by transferring to the application server process that operates at a fixed terminal system 110 behaves as a proxy for the application 208 of the mobile terminal system).
【0070】 [0070]
再び図2に戻って、モビリティ管理サーバ102は、従来型のネットワーク・インターフェイス・ドライバ222を介して送られる、モバイル端末システム104からの、あるいはモバイル端末システム104へ向かうメッセージを傍受する、アドレス変換部220を有している。 Returning to FIG. 2 again, the mobility management server 102 is sent via the network interface driver 222 of conventional type, to intercept messages directed to or mobile terminal system 104, from the mobile terminal system 104, the address conversion unit It has a 220. 例えば、アドレス変換部220は、セッションの相手のピア(固定端末システム110)からのモバイル端末システム104の仮想アドレス宛のメッセージを認識する。 For example, the address conversion unit 220 recognizes a message addressed to the virtual address of the mobile terminal system 104 from other peer session (fixed terminal system 110). モバイル端末システムへの該メッセージはプロキシ・サーバ224へと送られる。 The message to the mobile terminal system is sent to the proxy server 224. プロキシ・サーバ224は仮想アドレスとメッセージとを待機していたトランザクションに割り当て、該応答を、上記モバイル端末システム104の現在位置アドレスへと転送する。 Proxy server 224 assigns a transaction that has been waiting the virtual address and a message, the response, and transfers to the current location address of the mobile terminal system 104.
【0071】 [0071]
さらに、図2によると、モビリティ管理サーバ102は、アドレス変換部(中間ドライバ)220とプロキシ・サーバ224に加えて、設定マネージャ228、操作/ユーザインターフェイス230、およびモニタ232を有している。 Furthermore, according to FIG. 2, the mobility management server 102, in addition to the address conversion unit (intermediate driver) 220 and the proxy server 224 has a configuration manager 228, the operation / user interface 230, and monitor 232. 設定マネージャ228は設定情報とパラメータとを提供して、プロキシ・サーバ224が接続の管理を行えるようにする。 Configuration manager 228 provides the configuration information and the parameter, the proxy server 224 to allow the management of the connections. 操作/ユーザインターフェイス230とモニタ232により、ユーザとプロキシ・サーバ224との間のやりとりが可能になる。 The operation / user interface 230 and monitor 232 allows interaction between the user and the proxy server 224.
【0072】 [0072]
(モバイル・インターセプタ) (Mobile interceptor)
図3は、本発明のRPCプロトコルとインターネット・モビリティ・プロトコルとをサポートしたモバイル・インターセプタ212のソフトウェア・アーキテクチャの一例を示す。 Figure 3 shows an example of a software architecture RPC protocol and mobile interceptor 212 that supports the Internet Mobility Protocol of the present invention. 本例では、モバイル・インターセプタ212は、遠隔プロシージャ・コール・プロトコル・エンジン240と、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244の、二つの機能コンポーネントを有している。 In this example, mobile interceptor 212 includes a remote procedure call protocol engine 240, the Internet Mobility Protocol engine 244 has two functional components. モビリティ管理サーバ102において動作するプロキシ・サーバ224によって、対応するエンジン240'、244'が用意される。 By the proxy server 224 operating in a mobility management server 102, the corresponding engine 240 ', 244' is prepared.
【0073】 [0073]
このように、本好ましい実施形態におけるモバイル・インターセプタ212は、モビリティ管理サーバ102をそれぞれのモバイル端末システム104と接続するための、遠隔プロシージャ・コール・プロトコルと、インターネット・モビリティ・プロトコルとをサポートしている。 Thus, mobile interceptor 212 in this preferred embodiment, for connecting the mobility management server 102 and each of the mobile terminal system 104, a remote procedure call protocol, supports the Internet Mobility Protocol there. 遠隔プロシージャ・コールは、あるローカルシステムから、離れた別のシステムにおけるプロシージャを発動する処理を可能とするものである。 Remote procedure call, from a certain local system, and makes it possible to process to invoke a procedure in another system apart. 一般的に、ローカルシステムは遠隔のシステムにおいてプロシージャ・コールが実行されたことを感知しない。 Generally, the local system does not sense that the procedure call is executed in a remote system. RPCプロトコルの利用によって、モバイル端末システム104が、アクティブなネットワークセッションを失うことなく、圏外に出たり、操作をサスペンドしたりすることが可能になる。 By the use of the RPC protocol, a mobile terminal system 104, without losing the active network sessions, and out to the service area, it is possible or suspend the operation. セッションの維持に特別なアプリケーションは必要とされないので、モバイル環境にあるネットワーク108において、市販のアプリケーションが何の変更も必要とせずに動作することになる。 Since not required a special application to the maintenance of a session in a network 108 in the mobile environment, it will operate without commercial applications require any changes.
【0074】 [0074]
ネットワーク・アプリケーションは、一般的に、ウィンドウズソケット(Windows sockets)のようなアプリケーションレベルのインターフェイスを利用している。 Network applications, in general, are using the application-level interfaces such as Windows sockets (Windows sockets). アプリケーションレベルのAPIへの単一のコールによって、トランスポート層もしくはメディア・アクセス層における複数の送信および受信データパケットが生成される。 By a single call to the application-level API, multiple transmit and receive data packets at the transport layer or media access layer is generated. 優先されるモバイルネットワークで、もし上記のパケットのうちの一つが失われた場合、接続全体の状態が不安定になってセッションは中止されるが、本発明の好ましい実施形態はRPCを備えており、モビリティ管理サーバ102とモバイル端末システム104とは、物理的な接続が絶たれたときであっても、常に統一された論理リンクを維持するために、接続状態に関する情報を共有している。 In prioritized mobile network is, if the one of said packet is lost, but the session is aborted in the entire connection state becomes unstable, the preferred embodiment of the present invention includes a RPC , the mobility management server 102 and the mobile terminal system 104, even when the physical connection has been cut off, in order to always maintain a unified logical link, share the information on the connection status.
【0075】 [0075]
本発明のインターネット・モビリティ・プロトコルは、有線のネットワークと無線など他の信頼性の劣るネットワークとの相違点を補償する。 Internet Mobility Protocol of the present invention compensates for differences between other reliable poor network such as a wired network and wireless. フレームサイズとプロトコルのタイミングとが修正されることで、モバイル環境を考慮しないトランスポートと比較して性能が著しく向上し、ネットワークのトラフィックを大幅に減少することができる。 By the timing of the frame size and the protocol is modified, the performance is significantly improved as compared to transport without considering mobile environment, network traffic can be greatly reduced. このことは、帯域幅に制限がある場合やバッテリーの寿命が問題となる場合に重要となる。 This becomes important when life or when the battery is limited to the bandwidth is an issue.
【0076】 [0076]
また、本発明のインターネット・モビリティ・プロトコルは、公共の有線ネットワークを通じて、もしくは無線によってモビリティ管理サーバ102とモバイル端末システム104との間の通信がなされる際の、機密情報のセキュリティを保証する。 Also, Internet Mobility Protocol of the present invention, through a public wired network, or when the communication between the mobility management server 102 and the mobile terminal system 104 is made by radio, to ensure the security of confidential information. インターネット・モビリティ・プロトコルは、認証された装置のみが企業ネットワークにアクセスすることを許可することで、基本的なファイアウォールとしての機能を果たす。 Internet Mobility Protocol, only authenticated devices that are allowed to access the corporate network, serves as a basic firewall. 本発明のインターネット・モビリティ・プロトコルはさらに、モビリティ管理サーバ102とモバイル端末システム104との間での全ての通信を認証、暗号化することを可能にする。 Internet Mobility Protocol of the present invention further authenticate all communication between the mobility management server 102 and the mobile terminal system 104, makes it possible to encrypt.
【0077】 [0077]
図3のモバイル端末システム104における遠隔プロシージャ・コール・プロトコル・エンジン240は、TDIコールパラメータをマーシャリングし、データをフォーマットし、要求を、TDI遠隔プロシージャ・コール・プロトコル・エンジン240'がコールを実行するモビリティ管理サーバ102まで転送するべく、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244に送る。 Remote procedure call protocol engine 240 in a mobile terminal system 104 of Figure 3 is to marshal the TDI call parameters, formats the data, the request, TDI remote procedure call protocol engine 240 'executes the call in order to transfer to the mobility management server 102 sends an Internet mobility protocol engine 244. モバイル端末システム104は、遠隔プロシージャ・コール・プロトコルに基づいてTDIコールパラメータをマーシャリングする。 The mobile terminal system 104, marshals TDI call parameters based on the remote procedure call protocol. モビリティ管理サーバ102のTDI遠隔プロシージャ・コール・プロトコル・エンジン240'が上記のRPCを受信すると、モビリティ管理サーバ102はモバイル端末システム104に代わってコールを実行する。 When TDI remote procedure call protocol engine 240 mobility management server 102 'receives the above RPC, mobility management server 102 executes the call on behalf of the mobile terminal system 104. モビリティ管理サーバ102のTDI遠隔プロシージャ・コール・プロトコル・エンジン240'は、接続されたモバイル端末システムそれぞれにおける完全なネットワークの状態を、ピアであるモバイル端末システム104のRPCエンジン240と共有する。 TDI remote procedure call protocol engine 240 mobility management server 102 ', the state of the complete network in each connected mobile terminal system, shared with RPC engine 240 of the mobile terminal system 104 is a peer. モバイル端末システム104の代理としての遠隔プロシージャ・コール実行に加え、サーバのRPCエンジン240'は、システムフローの管理、遠隔プロシージャ・コールの解析、仮想アドレスの(アドレス変換機構220が行うサービスに対応した)多重化、遠隔プロシージャ・コールのトランザクションの優先順位付け、スケジューリング、ポリシー実行、および融合処理(coalescing)を行う。 In addition to the remote procedure call execution on behalf of a mobile terminal system 104, a server RPC engine 240 'of the management of system flow, analysis of the remote procedure call, corresponding to the service (address translation mechanism 220 of the virtual address carried ) multiplexing, prioritizing transactions remote procedure calls, performs scheduling policy run, and fusion processes (coalescing).
【0078】 [0078]
インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244は、信頼性の高いデータグラムサービス、順位付け、フラグメント化、およびメッセージの再組立を行う。 Internet Mobility Protocol engine 244 performs a reliable datagram service, ranking, fragmentation, and reassembly of the message. また、設定すれば、認証、データ暗号化、プライバシー保護強化、セキュリティ、そしてスループットのための圧縮も行うことができる。 Further, by setting the authentication, data encryption, privacy enhanced, it is possible to perform the security, and also compression for throughput. インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244は、電力消費を考慮に入れる必要のある環境において、複数の異なるトランスポートを利用して機能するようになっているので、消費電力管理を意識したものであるとともに、各トランスポートに対して独立となっている。 Internet Mobility Protocol engine 244, in an environment that needs to take into account the power consumption, because is adapted to function using a plurality of different transport, together with those obtained by power conscious management , it has become a independently for each transport.
【0079】 [0079]
図3Aは、モバイル・インターセプタ212がモビリティ管理サーバ102と通信してTDIコールのやり取りを行う処理を例示する。 Figure 3A is a mobile interceptor 212 illustrates a process of exchanging TDI calls by communicating with Mobility Management server 102. 一般的に、モバイル・インターセプタ212のRPCプロトコル・エンジン240は、マーシャリングされたTDIコールを、モビリティ管理サーバ102へと送るべく、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244へと転送する。 Generally, RPC protocol engine 240 of mobile interceptor 212, a marshaled TDI calls, to send to the Mobility Management server 102, and transfers to the Internet Mobility Protocol engine 244. RPCプロトコル・エンジン240は、この作業を、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244によって管理されるキューにRPCコールを加えることで達成する(ブロック302)。 RPC protocol engine 240, this task is accomplished by the addition of RPC calls in a queue that is managed by the Internet Mobility Protocol engine 244 (block 302). 帯域幅管理を円滑に行うために、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244は受信したRPCコールの転送を所定の期間(RPC融合タイムアウト期間)遅延させる(ブロック304)。 To perform bandwidth management smoothly, Internet Mobility Protocol engine 244 a predetermined period of time to transfer RPC calls received (RPC fusion timeout period) delay (block 304). 一般的に、RPC融合タイムアウトは5ミリ秒から15ミリ秒の間に設定されるが、この数値はユーザによって変更可能である。 Generally, RPC fusion timeout is set to between 5 ms to 15 ms, this number can be changed by the user. この遅延によって、RPCエンジン240はTDIコールをインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244のキューに加えて、一つ以上のRPCコールが同一のデータグラム(フラグメント)によって転送されるようにすることができる。 This delay, RPC engine 240 may be as adding TDI call to the queue of the Internet Mobility Protocol engine 244, one or more RPC calls are forwarded by the same datagram (fragment).
【0080】 [0080]
融合タイムアウトが終了するか、RPCエンジン240がそれ以上のRPCコールの受信を拒否する(判定ブロック306)ことを決定すると、RPCエンジン240は、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244に、キューをフラッシュ(flush)し、RPCコールを単一のフレームに融合し、該フレームをピアに転送するよう要求する(ブロック308)。 Or fusion timeout ends, the RPC engine 240 decides to deny reception of more RPC call (decision block 306), RPC engine 240, the Internet Mobility Protocol engine 244, flush the queue ( flush), and fusing the RPC call to a single frame, and requests to transfer the frame to the peer (block 308). この融合により伝送回数が減少し、プロトコルのパフォーマンスが高められる。 The number of transmissions by the fusion is reduced, the protocol performance is enhanced. しかし、インターネット・モビリティ・プロトコルは、パフォーマンス最適化のために他の外部基準に基づいてキュー244をフラッシュすることもしなければならず、本好ましい実施形態において、単一のRPC要求でフレーム全体が占められてしまう場合、IMP層は自動的に要求をピアに送るよう試みる。 However, Internet Mobility Protocol, for performance optimization must also be flushed queues 244 based on other external reference, in the present preferred embodiment, the entire frame is occupied by a single RPC request If would be, IMP layer will attempt to send automatically a request to the peer.
【0081】 [0081]
上記のように、モビリティ管理サーバ102のプロキシ・サーバはRPCプロトコル・エンジン240'とインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244'とを有している。 As described above, the proxy server mobility management server 102 and a RPC protocol engine 240 'and the Internet Mobility Protocol engine 244'. 図3Bは、モバイル端末システム104からインターネット・モビリティ・プロトコル・メッセージ・フレームを受信した際に、モビリティ管理サーバ102で実行される処理を例示している。 3B is a mobile terminal system 104 upon receiving an Internet Mobility Protocol message frame, it illustrates a process executed by a mobility management server 102. 該フレームをモビリティ管理サーバ102が受信すると、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244'は、フレームが(基礎となるトランスポートの最大伝送量の制約で)フラグメント化されていれば再構築し、メッセージの内容を逆多重化して、どのモバイル端末システム104からの受信かを決定する。 When the frame mobility management server 102 receives, Internet Mobility Protocol engine 244 ', the frame is rebuilt if it is fragmented (constraint of the maximum transmission rate of the underlying transport), the message demultiplexes the content to determine reception from which mobile terminal system 104. この逆多重化により、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244'は、遠隔プロシージャ・コール・プロトコル・エンジン240'に、的確な結合関連文脈情報(association−specific context information)を伝えることができる。 The demultiplexing, Internet Mobility Protocol engine 244 ', the remote procedure call protocol engine 240', it is possible to convey the exact binding related contextual information (association-specific context information).
【0082】 [0082]
続いて、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244'は、受信したメッセージを、RPC受信示唆システム作業要求(RPC receive indication system work request)354にして、該作業要求と結合関連文脈情報を、モビリティ管理サーバ102のRPCプロトコル・エンジン240'に与える。 Subsequently, the Internet Mobility Protocol engine 244 'is a message received, RPC reception suggested system work request in the (RPC receive indication system work request) 354, a coupling associated contextual information with the working requirements, Mobility Management Server give the RPC protocol engine 240 'of 102. RPCプロトコル・エンジン240'が作業要求352を受信すると、該エンジン240'は作業要求352を結合関連作業キュー356に加え、次に予定済みの要求をグローバルキュー358に送ることによって、結合処理のスケジューリングが行われる。 'When receiving a work request 352, the engine 240' RPC protocol engine 240 is added to the binding associated work queue 356 work requests 352, by sending a schedule already requested the global queue 358 then, scheduling for the joining process It is carried out. 続いて、RPCエンジン240'のメイン作業スレッドに、作業が実行可能となったことが伝えられる。 Then, the main work thread of RPC engine 240 ', reportedly is that the work has become possible execution. 該メインスレッドが作業を始めると、グローバルキュー358がポーリングされて、待機状態となっているスケジューリングされた結合処理が確認される。 When the main thread begins to work, in the global queue 358 is polled, binding processing is scheduled in the standby state is confirmed. その後、メインスレッドは該イベントを待機状態から外し、結合関連作業キュー356が処理される。 Thereafter, the main thread is removed the event from the standby state, binding associated work queue 356 is processed.
【0083】 [0083]
結合関連作業キュー356から、上記メインスレッドはそれまで待機していたRPC受信示唆作業要求を見つけ出す。 From the binding-related work queue 356, the main thread will find the RPC received suggested work request that has been waiting until then. 次に、メインスレッドはRPC受信示唆作業要求356をキューから外し、該要求を解析する。 Next, the main thread, remove the RPC received suggested work request 356 from the queue, to analyze the request. 図3Aを参照して説明した上記融合処理により、モビリティ管理サーバ102は、それぞれのデータグラムに内包された複数のRPCトランザクションを頻繁に受信することになる。 By the fusion process described with reference to FIG. 3A, a mobility management server 102 will receive frequent multiple RPC transactions included in each datagram. モビリティ管理サーバ102は次に、該RPCトランザクションをそれぞれ逆多重化して別個の遠隔プロシージャ・コールに戻し、そして要求された機能をモバイル端末システム104に代わって実行する。 Mobility management server 102 may then return to a separate remote procedure call demultiplexes the RPC transaction, respectively, and executing on behalf of the requested function to the mobile terminal system 104. パフォーマンス向上のため、RPCエンジン240'に、RPCメッセージ解析処理中の先読みメカニズムを備えさせて、RPCエンジン240'が、要求されたトランザクションのうちのいくつかを同時に実行できるか否か(パイプライン処理できるか否か)を確認してもよい。 For better performance, RPC engine 240 ', the let me provided with a read-ahead mechanism RPC message analyzing in, RPC engine 240' is not (pipeline processing or some can run concurrently within the requested transaction whether or not) may be confirmed if it can.
【0084】 [0084]
(RPCエンジン240'によるRPC結合の実行手法) (Execution technique of RPC binding by RPC engine 240 ')
図4は、結合作業キュー356に加えられたRPC結合を実行する処理を例示したフローチャートである。 Figure 4 is a flowchart illustrating a process for performing RPC binding applied to bond work queue 356. RPC結合の実行が予定されている時、RPCプロトコル・エンジン240'(状態機械として設けられていてもよい)のメインスレッドは、グローバルネットワークキュー358からの作業要求を待機状態から外し、作業要求の種類を決定する。 When the execution of the RPC binding is scheduled, the main thread of the RPC protocol engine 240 '(or may be provided as a state machine), remove the work request from the global network queue 358 from the standby state, the work request to determine the type.
【0085】 [0085]
本実施形態のRPC作業要求は、以下のような6つの基本的な種類に分けられる。 RPC work request of this embodiment is divided into six basic types as follows.
【0086】 [0086]
・スケジューリング要求(schedule request) Scheduling request (schedule request)
・接続示唆・切断示唆・ローカル結合中止(local terminate association) • Connection suggestion and cutting suggested local bond stop (local terminate association)
・「リソース使用可」要求(”resource available” request) - "resource usable" request ( "resource available" request)
・ping休止タイムアウト(ping inactivity timeout) · Ping pause timeout (ping inactivity timeout)
RPCプロトコル・エンジン240'は、上記の様々な種類の要求をそれぞれ別の方法で取り扱う。 RPC protocol engine 240 'handles the above various types of requests in separate ways. RPCプロトコル・エンジン240'は要求の種類(グローバルキュー358に記憶された、要求に関する情報によって識別される)をテストして、該要求をどう処理するかを決定する。 RPC protocol engine 240 'may request the type and test the (stored in the global queue 358, and is identified by the information about the request), to determine how to process the request.
【0087】 [0087]
作業要求の種類が「スケジューリング要求」である場合(判定ブロック360)、RPCプロトコル・エンジン240'はどの結合が予定されているかを判別する(ブロック362)。 If the type of work request is a "scheduling request" (decision block 360), RPC protocol engine 240 'may determine which coupling is scheduled (block 362). RPCプロトコル・エンジン240'はこの判別を、グローバルキュー358に記憶されている情報に基づいて実行することができる。 The RPC protocol engine 240 'This determination can be performed based on information stored in the global queue 358. 上記判別がなされると、RPCプロトコル・エンジン240'が、それぞれが対応する要求を記憶している結合作業キュー356(1)〜356(n)のうちの一つを特定することが可能となる。 When the determination is made, the RPC protocol engine 240 ', it is possible to specify one of the binding operation each stores a corresponding request queue 356 (1) ~356 (n) . RPCエンジン240'によって、対応する結合制御ブロックが取得され(ブロック362)、結合作業処理タスク(Process Association Work task)364が呼び出されて、上記の特定された作業キュー356における作業の処理が始められる。 The RPC engine 240 'is acquired corresponding coupling control block (block 362), coupled work processing tasks (Process Association Work task) 364 is called, the processing operations in the work queue 356 which is the specific is initiated .
【0088】 [0088]
図5は、図4の「結合作業処理」タスク364によって実行されるステップを例示している。 Figure 5 illustrates the steps performed by the "binding job processing" task 364 of FIG. 結合が特定されると、「結合作業処理」タスク364が呼び出され、対応する結合作業キュー356内の作業が処理される。 When bonds are identified, "binding work process" task 364 is called, operations in the corresponding coupling work queue 356 is processed. 待機状態から外された作業要求(ブロック390)がRPC受信要求(判定ブロック392)である場合、該RPC受信要求はRPC構文解析部(parser)に送られ、処理される(ブロック394)。 Was removed from the standby state work request (block 390) is RPC receive request (decision block 392), the RPC receive request is sent to the RPC parser (parser), it is processed (block 394). あるいは、待機状態から外された作業要求(ブロック390)が、保留中の(pending)受信要求である場合(判定ブロック396)、RPCエンジン240'はTDI204'に、アプリケーションによる接続の代わりにデータを受信し始めるよう要求する(ブロック398)。 Alternatively, was removed from the standby state work request (block 390) is when a pending (pending) reception request (decision block 396), the RPC engine 240 'is TDI204', the data in place of the connection by the application request that starts to receive (block 398). 上記待機状態から外された作業要求が、保留中の接続要求である場合(判定ブロック400)、RPCエンジン240'はTDI204'に、アプリケーション用途TCP(あるいは他のトランスポート・プロトコル)接続要求を発するよう要求し(ブロック402)、TDI層204'からの応答を待つ。 The standby working request removed from state, when a connection request pending (decision block 400), the RPC engine 240 'is TDI204', the application uses TCP (or other transport protocols) issues a connection request requests (block 402) and waits for a response from the TDI layer 204 '. TDI204'による要求が完了すると、該要求の状態が決定されて、元の要求エンティティへと報告が戻される。 When requested by TDI204 'is completed, the state of the request is determined, it reported back to the original requesting entity. パフォーマンス向上のため、RPCエンジン240'は、実際に要求を発しているピアへエラーを通知する前に、要求を結合関連作業キュー(356)へと戻すことで、接続要求処理を複数回行うようになっていてもよい。 For better performance, RPC engine 240 ', before notifying the error to the peer that issued the actually requested, by returning the request to the binding associated work queue (356), to perform a plurality of times a connection request processing it may be made to. この処理も、ネットワーク帯域幅およびリソースの消費を減らすためのものである。 This process is also intended to reduce the consumption of network bandwidth and resources.
【0089】 [0089]
上記の処理は、「スケジューリング重み付け」(scheduling weight complete)テスト(ブロック404)にパスするまで繰り返される。 The above process is repeated until it passes the "Scheduling weights" (scheduling weight complete) test (block 404). 本例では、スケジューリング重みは、どれだけの作業要求が待機状態から外されて、上記の特定の結合がどれだけ処理されるかを決定するのに使われる。 In this example, the scheduling weights, how much work request is removed from the standby state, is used to determine whether a particular binding described above is processed much. 該スケジューリング重みは設定マネージャ228によって設定されるパラメータであり、結合接続示唆が検出されたときに取得される(図4、ブロック372)。 The scheduling weight is a parameter set by the setting manager 228, is obtained when the coupling connection suggested is detected (Figure 4, block 372). この数値はユーザごとに、あるいは物理的な意味での装置ごとに設定可能である。 This number can be set for each device in each user, or physical sense.
【0090】 [0090]
RPCエンジンが結合作業キュー356の作業を(少なくとも一時的に)終了した後、ディスパッチ・キューの処理に移ってもよい(ブロック406)(詳細は以下)。 The RPC engine working binding work queue 356 after (at least temporarily) ends, may be moved to the processing of a dispatch queue (block 406) (detailed below). 結合の作業キュー356における作業の処理後、RPCエンジン240'は、グローバル作業キュー358に新たなスケジューリング要求を発信して、後で実行される結合のスケジューリングを再び行う(図4の判定ブロック366、ブロック368、図5の判定ブロック408、ブロック410)。 After treatment of the work in binding work queue 356, RPC engine 240 'is sent a new scheduling request to the global work queue 358 again performs scheduling binding executed later (decision block 366 of FIG. 4, block 368, decision block 408 of FIG. 5, block 410).
【0091】 [0091]
再度図4を参照すれば、RPC作業要求が「接続示唆」の場合(判定ブロック370)、RPCエンジン240'に、モバイル・ピア(通常はモバイル端末システム104だがこれに限らない)との新たな接続のインスタンスを作成せよという要求が入る。 Referring back to Figure 4, if RPC work request is "Connection suggestion" (decision block 370), the RPC engine 240 ', the mobile peer (usually not restricted to this but the mobile terminal system 104) as a new of request to create an instance of the connection from entering. 一例として、上記接続示唆により、接続を開始しようとしているピアの装置に関する以下のような情報がRPCエンジン240'に与えられる。 As an example, by the connection indicated, the following information relates to a device peer trying to initiate a connection is provided to the RPC engine 240 '.
【0092】 [0092]
・装置の物理的識別子・該装置にログインしているユーザ名・ピアの装置のアドレス・ピアのRPCエンジン240からの、付加的な接続データ接続示唆(判定ブロック370)を受け、RPCエンジン240は上記のパラメータをもって設定マネージャ228をコールする。 From RPC engine 240 address peer username peer device, logged into physical identifier, the device of the apparatus, subjected to additional connection data connection suggested (decision block 370), RPC engine 240 call Configuration Manager 228 with the above parameters. 設定マネージャ228は該パラメータを用いて、上記新規接続の設定を確定する。 Configuration manager 228 using the parameters, determines the setting of the new connection. この設定(例えば結合スケジューリング重みや、上記に加えてデフォルトでないスケジューリング特性を要するアプリケーション全てのリストなど)は、RPCエンジン240'に戻されて記憶、実行される。 The setting (or e.g. combined scheduling weights, adding all such lists applications requiring scheduling characteristics not defaults above), storage is returned to the RPC engine 240 ', it is executed. そしてRPCエンジン240'は新規の結合を開始し、新規の結合制御ブロックを形成する(ブロック372)。 The RPC engine 240 'starts a new bond to form a new coupling control block (block 372). 図5Aが示すように、以下のような動作が実行されてもよい。 As shown in Figure 5A, it may be the following operation executed.
【0093】 [0093]
・結合制御ブロックを割り当てる(ブロック372A) - assign a coupling control block (block 372A)
・システム全体のリソースをデフォルトにまで初期化する(ブロック372B) - a system-wide resources initialized to a default (block 372B)
・現在の設定をオーバーライドする(ブロック372C) · To override the current settings (block 372C)
・フラグを初期化する(ブロック372D) Flag is initialized (Block 372D)
・結合特有作業キューを初期化する(ブロック372E) · The binding-specific work queue is initialized (block 372E)
・結合のオブジェクト・ハッシュ・テーブルを初期化する(ブロック372F) - the object hash table of the coupling is initialized (block 372F)
・融合タイマーを初期化する(ブロック372G) - the fusion timer is initialized (block 372G)
・結合制御ブロックをセッションテーブルに挿入する(ブロック372H) · Inserting the coupling control block in the session table (block 372h)
インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244'が結合を終了しなければならないと判断すると、「切断示唆」が該インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244'からRPCエンジン240'に出される。 'If it is determined that must end the binding, "cutting suggestion" is the Internet Mobility Protocol engine 244' Internet Mobility Protocol engine 244 is issued to the RPC engine 240 'from. RPCエンジン240'はこの切断示唆をテストし(ブロック374)、示唆に応じて結合を停止し、結合制御ブロックを破棄する(ブロック376)。 RPC engine 240 'are tested this cutting suggestion (block 374), to stop the coupling in accordance with the suggested, discard the coupling control block (block 376). 図5Bに示されるように、以下のステップが実行されてもよい。 As shown in Figure 5B, it may be the following steps are executed.
【0094】 [0094]
・待機中の作業がこれ以上処理されないように、停止される結合をマークする(ブロック376A) - As the work waiting does not process any more, to mark the bond that is stopped (block 376A)
・処理を含む、結合されている全ての結合オブジェクトをクローズする(ブロック376B) - includes a process, closes all combined object which is coupled (block 376B)
・作業キューにある全てのエレメントを開放する(ブロック376C) - to open all of the elements in the work queue (block 376C)
・融合タイマーが動作中ならば停止する(ブロック376D) · Fusion timer is stopped if during the operation (block 376D)
・結合制御ブロックの参照カウントを減少させる(ブロック376E) - reducing the reference count of the coupling control block (block 376e)
・参照カウントが0の場合、(ブロック376Fにてテストされる) And referred the case count is 0, (is tested at block 376F)
・結合関連作業キューを破棄し、 · Discard the binding-related work queue,
・オブジェクト・ハッシュ・テーブルを破棄し、 - Destroys the object hash table,
・融合タイマーを破棄し、 · Fusion timer was destroyed,
・結合テーブルから結合制御ブロックを取り除き、 - Remove the coupling control block from the binding table,
・制御ブロックを開放する(376G) · To open the control block (376G)
システム102が結合終了の必要性を認識すると、「セッション中止」要求が出される。 When the system 102 recognizes the need for a binding completion, "Session Stop" request is made. この要求はシステム管理者、OS、あるいはアプリケーションから発される。 This request is issued system administrator, OS or application. RPCエンジン240'は、セッション中止要求を上記切断示唆と同様に扱う(判定ブロック378、ブロック376)。 RPC engine 240 'deals with session stop request similarly to suggest the cleavage (decision block 378, block 376).
【0095】 [0095]
本好ましい実施形態では、RPCエンジン240'とインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244'との間のインターフェイスが、クレジット(credits)を基にフロー制御メカニズムを特定する。 In this preferred embodiment, the interface between RPC engine 240 'and Internet Mobility Protocol engine 244' is, identifies a flow control mechanism based on credits (credits). ある単一のスレッドが別のスレッドに作業要求を通知するたびに、コールされたスレッドは作業キューに残っているクレジットの数に戻る。 Whenever there single thread notifies the work request to another thread, the call thread returns to the number of credits remaining in the work queue. キューが満杯であればクレジットのカウントは0になるが、慣例として、コールする側のスレッドは、クレジットのカウントが0ならばそれ以上作業通知をしない。 Queue but is 0 credits of the count if it is full, as the convention, the call to the side thread, credit count does not work notification 0 if it more. よって、ユーザによって設定可能あるいは所定の最低点(low−water mark)をキューに付けて、待機中であった作業が処理されてリソースに余裕ができたことを、上記コールする側のスレッドに伝えるような構成が必要となる。 Therefore, wearing configurable or predetermined minimum point (low-water mark) in the queue by the user, that a waiting operation is can afford to processed by resource, convey to the call to the side thread configuration is required, such as. これが、「リソース使用可」作業示唆が設けられている理由である(判定ブロック380にてテストされる)。 This is the "resource usable" work suggested (to be tested in the decision block 380), which is why you are provided. 図5Cが示すように、クレジットのカウントが0になったとき、以下のようなステップが実行されてもよい。 As shown in FIG. 5C, when the credit count becomes zero, it may be following such steps occur.
【0096】 [0096]
・RPC_LMPQ_SEND_FLAGと設定して、結合に「ロー・マーク保留」(low mark pending)とマークを付ける(ブロック379A)。 • Set the RPC_LMPQ_SEND_FLAG, "low marks pending" in the binding (low mark pending) and the mark (block 379A). この状態になったら、 Once in this state,
・受信された全てのデータグラムを破棄する(ブロック379B) · Received discards all datagrams (block 379b)
・データ受信を拒否して全ての受信されたストリーム・イベントを抑える(ブロック379C)(これにより、TCP他のトランスポート受信ウィンドウが結果的に閉じられ、固定端末システム110とモビリティ管理サーバ102との間のフロー制御がなされる。復帰の前に、本好ましい実施形態では「保留受信要求」(pending receive request)を結合関連作業キュー356の前に押し込むので、保留中のストリーム受信イベントの処理(outstanding stream receive event processing)が、リソースが利用可能になると直ちに継続される)。 - data reception reject suppress all received stream event (block 379c) (Thus, TCP other transport receive window eventually closed, the fixed terminal system 110 and mobility management server 102 before the flow control is. restored to made between, in this preferred embodiment since pushing the "hold reception request" (pending receive request) prior to coupling associated work queue 356, processes the stream reception pending events (outstanding , stream receive event Processing) it is immediately continued if resources are available).
【0097】 [0097]
・全ての受信された接続イベントが、受動接続のために拒否される(ブロック379D) - all received connection event is rejected for passive connection (block 379D)
「リソース使用可」示唆をRPCエンジン240'が受け取ると(図4、判定ブロック380)、該RPCエンジンは、結合された結合作業キュー356に待機中の作業があるか否かを判定する。 Upon receiving the "resource usable" RPC engine 240 suggestions' (Fig. 4, decision block 380), the RPC engine determines whether there is a task waiting to bond work queue 356 which is coupled. もしあれば、RPCエンジンは該結合についてグローバル作業キュー358に通知して、上記結合作業キュー356が動作の優先権を持つことをマークしておく(ブロック382)。 If any, RPC engine notifies the global work queue 358 for the binding, the binding work queue 356 previously marked to have priority operation (block 382). 保留中の受信要求が、結合が保留受信要求状態にある期間に通知された場合、この期間中に処理される(本好ましい実施形態では、RPCエンジン240'は、この処理中も全ての受信された接続要求を受け入れる)。 Receiving the pending request, if the bond is notified during the period in the pending receive request state, in (the preferred embodiment being processed during this period, RPC engine 240 'during this process are also all received It was to accept the connection request).
【0098】 [0098]
再度図4を参照すると、RPCエンジン240'が、モビリティ管理サーバ102の「ping」に使われるチャネルが所定の期間にわたって休止していると判定した場合(判定ブロック384)、該チャネルは閉じられ、リソースは開放されてシステムに復帰し、他の処理に使用される(ブロック386)。 Referring again to FIG. 4, RPC engine 240 'is, if the channels used to "ping" mobility management server 102 is determined to be dormant for a predetermined period of time (decision block 384), the channel is closed, resources are released to return to the system, it is used for other processing (block 386).
【0099】 [0099]
(RPC構文解析と優先キュー) (RPC parsing a priority queue)
再度図5を参照すると、RPCエンジンがRPC受信要求をその受信に際して構文解析することは前述した(ブロック392、394参照)。 Referring again to FIG. 5, it is described above that RPC engine parses upon its receiving a RPC receive request (block 392, 394). 本好ましい実施形態において、構文解析は以下の点で必要とされる。 In this preferred embodiment, the parsing is required in the following points. 即ち、受信された単一のデータグラムが複数のRPCコールを含む可能性があるからであり、また、RPCコールがインターネット・モビリティ・プロトコルのデータグラムにおける複数のフラグメントにまで広がっている可能性があるからである。 That is, a single datagram received is because there is a possibility of including a plurality of RPC calls, also, may RPC call is spread to a plurality of fragments in the datagram Internet Mobility Protocol This is because there. RPC受信作業要求500のフォーマットの例が図6に示される。 Examples of the format of RPC received work request 500 is shown in FIG. RPC受信作業要求のそれぞれは、少なくともメイン・フラグメント502(1)を有し、加えて任意の数の付加的フラグメント502(2)〜502(N)を有していることもある。 Each RPC received work request, sometimes have at least have a main fragment 502 (1), any number of additional fragments 502 (2) to 502 (N) was added. メイン・フラグメント502(1)は、作業要求構造ヘッダ(work request structure header)503と、受信オーバーレイ504とを有している。 Main fragment 502 (1) includes a work request Structure Header (work request structure header) 503, and a reception overlay 504. 受信オーバーレイ504は、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244によってメイン・フラグメント502(1)の先頭に設けられた受信オーバーレイである。 Reception overlay 504 is a receiving overlay provided on the top of the main fragment 502 (1) by the Internet Mobility Protocol engine 244. この受信オーバーレイ504には、pユーザデータと呼ばれる、作業要求500内で最初のRPCコール506(1)を指し示す構造メンバがある。 The reception overlay 504, referred to as p user data, there is a structural member that points to the first RPC call 506 (1) in the work request 500.
【0100】 [0100]
図6の例に、複数のRPCコール506(1)、506(2)…506(8)を含む、作業要求500が図示されている。 In the example of FIG. 6, a plurality of RPC calls 506 (1), including 506 (2) ... 506 (8), work request 500 is shown. 図6の例が示すように、RPC作業要求500は、メモリの隣接するブロックや単一のフラグメント502に含まれていなくてもよい。 As shown in the example of FIG. 6, RPC work request 500 may not be included in the blocks and a single fragment 502 adjacent memory to. 同例において、第二フラグメント502(2)と第三フラグメント502(3)とは、リンクしたリスト中でメイン・フラグメント502(1)に連鎖されている。 In this example, the second fragment 502 (2) and the third fragment 502 (3), is linked to the main fragment 502 (1) in a linked list.
【0101】 [0101]
よって、上記例のRPCパーサ394は以下の境界条件を取り扱う。 Thus, RPC parser 394 in the above example deals with the following boundary conditions.
【0102】 [0102]
・RPC受信要求500それぞれが一つ以上のRPCコールを含んでもよい・一つ以上のRPCコール506が、単一のフラグメント502中に存在してもよい・RPCコール506それぞれが、フラグメント502中に完全に含まれていてもよい・RPCコール506それぞれは、一つ以上のフラグメント502にまたがっていてもよい図7は、RPC受信作業要求500を解析するRPC構文解析部394を例示している。 · RPC receive request 500, each one over a good-also include RPC calls or more RPC calls 506, respectively good-RPC calls 506 be present in a single fragment 502, in fragment 502 good · RPC call 506 respectively be included in full, one or more good 7 also spans fragment 502 illustrates the RPC parser 394 for parsing the RPC received work request 500. 本例において、RPC構文解析部394は作業要求中の第一フラグメント502(1)を取得し、該フラグメント中の第一RPCコール506(1)を取得し、そしてRPCコールを解析する。 In this example, RPC parser 394 obtains a first fragment 502 (1) in work requests, obtains the first RPC call 506 (1) in the fragment, and analyzing the RPC call. 構文解析部394はRPC受信作業要求500中を進んで、RPCコール506それぞれを処理していく。 Parsing unit 394 proceeds the RPC received work request 500 medium, sequentially processes each RPC call 506. RPC受信作業要求500のフラグメント502(1)の残りのフラグメント・バイト数が、RPCヘッダ503のサイズよりも多い場合、構文解析部394は、RPCコールが完全にRPCフラグメント502に含まれていて、処理を実行してもよいかどうかを判定する(該判定は、RPCコールの長さが残りのフラグメント・バイト数より大きいかどうかをテストすることでなされてもよい)。 The remaining number of fragments bytes fragment 502 (1) of the RPC received work request 500, when greater than the size of the RPC header 503, the syntax analysis unit 394 is RPC call is included in the fully RPC fragment 502, determining whether processing may be executed (the determination may be done by testing whether the length of the RPC call is greater than the remaining number of fragments bytes). RPCコールの種類が連鎖例外である場合、RPCコールはRPC構文解析部394のアップデートを行うことになる。 If the type of RPC calls are chained exception, RPC calls will be updating an RPC parser 394. プロキシ・サーバ224において、連鎖例外であるRPCコールは「データグラム送信」と「ストリーム送信」だけである。 In the proxy server 224, RPC calls are chained exception is only "stream transmission" and "datagram transmission". この連鎖例外プロシージャによって、RPCエンジンは、RPC送信コールのためにメモリ記述子リストを共に連鎖することによるフラグメントコピーを避けることができる。 This linkage exception procedure, RPC engine can avoid both fragments copies by chaining memory descriptor list for RPC outgoing calls.
【0103】 [0103]
構文解析部394がRPCコールの種類を判別すると、RPC情報の始めへのポインタは、実行のためにRPCエンジン240へと転送される。 If the parser 394 determines the type of RPC calls, a pointer to the beginning of the RPC information is transferred to the RPC engine 240 for execution. RPCエンジンは、実行のために全てのTDIプロシージャ・コールにそれぞれ別の優先順位をつける。 RPC engine put separate priority to all TDI procedure calls for execution. 最も優先度の高いコールは、RPCディスパッチャ395へ転送され、直ちに処理される。 Highest priority call is transferred to the RPC dispatcher 395 are processed immediately. これより下の優先順位のコールは、後に処理されるために全てディスパッチ・キュー510にディスパッチされる。 From this call priority below are all dispatched to the dispatch queue 510 to be processed later. ディスパッチ・キュー510はそれぞれ離散的な優先度を表わしている。 Dispatch queue 510 respectively represent discrete priority.
【0104】 [0104]
本実施形態では、モバイル・アプリケーションは、「オープンアドレス」オブジェクトおよび「オープン接続」オブジェクト機能を、他のTDIネットワーキング機能を実行する前に呼び出す。 In the present embodiment, the mobile application, the "open Address" object and the "open connection" object function, called before performing any other TDI networking capabilities. よってシステムは、「オープンアドレス」オブジェクトおよび「オープン接続」オブジェクトの呼び出し中に、アプリケーションレベルの優先順位を割り当てることになる。 Therefore the system is in the "open Address" object and the "open connection" object call will assign application-level priority. 例示の実施形態では、アドレスまたは接続オブジェクトに優先順位が付けられると、該オブジェクトに関連する全てのコールが、その割り当てられた優先順位中に実行される。 In the illustrated embodiment, when the priority address or connection object attached, all calls associated with the object is executed during its assigned priority.
【0105】 [0105]
例えば、RPCコールがTDIオープンアドレスオブジェクト要求あるいはTDIオープン接続オブジェクト要求である場合、該コールは直ちに実行されるべくRPCディスパッチャ395に送られる。 For example, RPC calls be a TDI open address object request or TDI open connection object request is sent to the RPC dispatcher 395 to the call is immediately executed. オープンアドレスおよびオープン接続オブジェクトRPCコールにより、上記の接続示唆中に行われる設定要求の間に設定マネージャ228からもたらされる情報との対応に用いられる、処理IDあるいは処理名へのアクセスが可能になる。 The open address and open connection object RPC calls used to correspondence between the information resulting from setting manager 228 during the setting request made in said connection indicated, to allow access to the process ID or process name. 該処理IDあるいは処理名は、アドレスあるいは接続オブジェクトの設定を得るために用いられる。 The process ID or process name is used to obtain a set of address or connection object.
【0106】 [0106]
本好ましい実施形態では、全てのRPCコールは、パラメータとして少なくともアドレスオブジェクトまたは接続オブジェクトを有している。 In the present preferred embodiment, all of the RPC call has at least address object or connection object as a parameter. コールが実行されると、そのオブジェクトに割り当てられた優先度が、RPCコールの優先度とされる。 When a call is executed, the priority assigned to the object, are priority RPC calls. アドレスあるいは接続オブジェクトに割り当てられた設定により、実行される、対応するRPCコール全ての優先度が決定される。 The settings assigned to the address or the connection object is executed, all priorities corresponding RPC call is determined. 例えば、割り当てられた優先度が「高」の場合、ディスパッチ・キュー510にディスパッチされることなく、全てのRPCコールが直ちに実行される。 For example, if the priority assigned is "high", without being dispatched to the dispatch queue 510, all RPC call is executed immediately. 割り当てられた優先度が「1」の場合、全てのRPCコールが、ディスパッチ・キュー510(1)に加えられる。 If the assigned priority is "1", all the RPC call is added to the dispatch queue 510 (1).
【0107】 [0107]
再度図5を参照すると、「結合作業処理」(process association work)タスク364の処理が、予定された結合作業量の実行を完了すると(判定ブロック404)、ディスパッチ・キューがサービスを要求しているか否かが確認される(ブロック406)。 Referring again to FIG. 5, "binding work process" process (process association work) task 364 completes the execution of scheduled coupled workload (decision block 404), or a dispatch queue is requesting service whether it is confirmed (block 406). 図8は、図7に示されるディスパッチ・キュー510の処理のための「ディスパッチ・キュー処理」(ブロック406、図6)によって実行されるステップを例示したフローチャートである。 Figure 8 is a flow chart illustrating the steps performed by the "dispatch queue processing" (block 406, FIG. 6) for processing the dispatch queue 510 shown in FIG.
【0108】 [0108]
この例では、ディスパッチ・キュー510は優先度が最高のキュー(本例では510(1))から処理される(ブロック408)。 In this example, the dispatch queue 510 priority highest queue (in this example 510 (1)) are processed from (block 408). ディスパッチ・キュー510にはそれぞれ重み係数が設定されている。 Weighting factors are set for the dispatch queue 510. この重み係数は、モバイル端末システム104とモビリティ管理サーバ102との結合が確立された際に、設定マネージャ228によって返される設定パラメータである。 The weighting factor, when coupled with the mobile terminal system 104 and mobility management server 102 is established, a configuration parameter returned by configuration manager 228. 例を挙げれば、優先度の低いディスパッチ・キュー510の重み係数は4であり、優先度が中程度のディスパッチ・キュー510重み係数は8である。 By way of example, the weight coefficient of a low priority dispatch queue 510 is four, dispatch queue 510 the weighting factor a medium priority is 8. 本例では、優先度の高いRPCコールは解析後直ちに処理されるため、重み係数を有していない。 In this embodiment, high priority RPC calls to be processed immediately after analysis, does not have a weighting factor.
【0109】 [0109]
RPCエンジン240'は、現在のキューより始めて、RPCコールをキューから外していき、キューが空になるか、RPCコールのキュー重み番号(queue weight number)が処理されるまでループする(ブロック412−416)。 RPC engine 240 ', starting from the current queue, will remove the RPC call from the queue, the queue is either empty, loops until RPC call queue weight number (queue weight number The) is processed (block 412- 416). キューから外されたRPCコールそれぞれに対して、その実行のためにRPCディスパッチャ395が呼び出される。 For each RPC calls dequeued, RPC dispatcher 395 is called for execution. RPCディスパッチャ395はモバイル端末システム104の代理としてプロシージャ・コール(procedural call)を実行し、応答を要求している上記RPCコールに対するモバイル端末システムからの応答を生成する。 RPC dispatcher 395 executes the procedure call (procedural call) on behalf of the mobile terminal system 104, it generates a response from the mobile terminal system for the RPC call requesting a response.
【0110】 [0110]
上記ループを出た後、キューに残っている作業がまだある場合(判定ブロック418)、該キューが再実行を要することがマークされる(ブロック420)。 After exiting the loop, if the work remaining in the queue is still (decision block 418), the queue is marked may require re-execution (block 420). ループを出ることで、上記システムはプロセッサを次に低い優先度のキューに移らせる(ブロック424、410)。 By leaving the loop, the system causes move to queue the next lower priority processor (block 424,410). これにより、ある特定のキューにどれだけの作業が割り振られていても、どの優先レベルにも実行される可能性が与えられることになる。 Thus, there is also how much work has been allocated for the particular queue, the possibility to be executed is given to any priority level. システムは次のキューのサービスに移り、全てのキューが処理されるまで処理を繰り返す。 The system moves to the service of the next queue, and repeats the process until all queues are processed. 全てのキューの処理が終了すると、システムは実行を要するマークがついたキューがあるか否かを判定して、もしあれば、スケジュール要求がグローバル作業キューに送られて、結合の再実行が予定されることになる。 When the processing of all queues is completed, the system determines whether there is a queue that marked requiring execution, if any, schedule request is sent to the global work queue, scheduled re-execution of binding It is is will be. 結合の再実行は、図4の「グローバル作業処理」ルーチンにおいて予定される。 Rerun binding is expected in the "global work process" routine of FIG. 上記のアプローチにより、プロセッサが、処理すべき作業を有する他の結合にも実行の機会を与えることになる。 The above approach, processors, also will provide an opportunity to run the other linkages of the work to be processed. キューそれぞれに重み係数を割り振ることで、システムは、モビリティ管理サーバ102のCPUへのアクセスが優先レベルに応じて許可されるように調整されてもよい。 By allocating a weighting factor to the queue, respectively, the system may be adjusted so that access to the CPU mobility management server 102 is permitted in accordance with the priority levels. これにより、優先度の高いキューは、先に実行されるだけでなく、さらに容易にCPUにアクセスできるようになる。 Thus, high priority queues are not only executed first, more readily be able to access the CPU.
【0111】 [0111]
(モビリティ管理サーバのRPC応答) (RPC response of mobility management server)
上記では、どのように遠隔プロシージャ・コールがモバイル端末システム104からモビリティ管理サーバ102に送られて実行されるかを説明した。 In the above, it explained how the remote procedure call is executed sent from the mobile terminal system 104 to a mobility management server 102. この型のRPCコールに加え、モビリティ管理サーバ102のRPCエンジン240'はRPCイベントとRPC受信応答とをサポートしている。 In addition to the RPC calls of this type, RPC engine 240 mobility management server 102 'supports and the RPC acknowledgment RPC event. 結合関連接続ピア(通常は固定端末システム110)の活動の結果として、RPCメッセージが非同期的に生成される。 As a result of the activities of the binding associated connecting peer (usually fixed terminal system 110), RPC message is generated asynchronously. モビリティ管理サーバ102のRPCエンジン240'は、RPCディスパッチャ395によって実行されるRPCトランザクションを完了する。 RPC engine 240 mobility management server 102 'completes the RPC transactions performed by the RPC dispatcher 395. 完了が成功したからといって、全てのRPCコールが応答を要求するわけではないが、応答を要求する一部のRPCコールにより、RPCディスパッチャ395は適切な応答を作成し、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244'に知らせ、そして該応答はピアのモバイル端末システム104に返される。 Just because completion was successful, but there is no not to request a response all of the RPC call, by a portion of the RPC call to request a response, RPC dispatcher 395 creates an appropriate response, the Internet Mobility Protocol engine 244 informs the 'and the response is returned to the mobile terminal system 104 of the peer. RPCコールが失敗したときは、全てのRPCコールが応答を生成する(上記においてRPC受信応答は例外)。 When RPC call fails, all RPC calls to generate a response (RPC receives responses exception in the above).
【0112】 [0112]
RPCイベントは、結合関連接続(通常は固定端末システム110)によるネットワーク108の活動の結果として発信される。 RPC event binding associated connection (usually fixed terminal system 110) is transmitted as a result of activities by the network 108. 本好ましい実施形態では、こうしたRPCイベントメッセージはモビリティ管理サーバ102によってプロキシされ、モバイル端末システム104へ送られる。 In the present preferred embodiment, such a RPC event message is proxied by the mobility management server 102 and sent to the mobile terminal system 104. 本好ましい実施形態のモビリティ管理サーバ102は、以下のRPCイベントコールをサポートする。 Mobility management server 102 of the present preferred embodiment supports the following RPC event calls.
【0113】 [0113]
・切断イベント(結合特定接続ピア(通常は固定端末システム110)がトランスポート・レベルで切断要求を出した場合に生起する。該要求はモバイル端末システム104に代わってプロキシ・サーバ224に受信され、プロキシ・サーバ224は切断イベントをモバイル端末システムに送る) · Disconnection event (binding specific connecting peer (usually occurring when the fixed terminal system 110) issues a disconnect request at the transport level. The request is received on behalf of the mobile terminal system 104 to the proxy server 224, the proxy server 224 sends a disconnect event to the mobile terminal system)
・ストリーム受信イベント(結合特定接続ピア(通常は固定端末システム110)がストリームデータをモバイル端末システム104へ送る際に生起。プロキシ・サーバ224はモバイル端末システム104に代わって該データを受け取り、受信応答(Receive Response)として該データをモバイル端末システムに送る) - occurrence stream reception event (binding specific connecting peer (usually fixed terminal system 110) when sending stream data to the mobile terminal system 104. Proxy server 224 receives the data on behalf of the mobile terminal system 104, the reception response and it sends the data to the mobile terminal system as (Receive Response))
・データグラム受信イベント(結合特定ポータル(association−specific portal)のいずれかが、ネットワーク・ピア(通常は固定端末システム110)から送られ、モビリティ管理サーバ102を経由してモバイル端末システム104へ送られることになっている、データグラムを受け取る際に生起する。プロキシ・サーバ224はモバイル端末システム104に代わって該データグラムを受け入れ、データグラム受信イベントという形で該データグラムをモバイル端末システム104へ転送する) Either datagram reception event (binding specific portal (association-specific portal) is a network peer (typically sent from the fixed terminal system 110), is sent to the mobile terminal system 104 via the mobility management server 102 It is supposed to be, to occur in receiving datagrams. proxy server 224 accepts the datagram on behalf of the mobile terminal system 104, the transfer in the form of datagrams received event the datagram to the mobile terminal system 104 to)
・接続イベント(結合特定リスニングポータル(association−specific listening portal)が、トランスポート層とモバイル端末システム104との終端間接続を確立しようとする際、該結合特定リスニングポータルがトランスポート層接続要求(通常は固定端末システム110から)を受信するときに生起する。プロキシ・サーバ224はモバイル端末システムに代わって接続要求を受け入れ、接続イベントRPCコールを生成してモバイル端末システムに送る) · Connection event (binding specific listening portal (association-specific listening portal) is, when attempting to establish end-to-end connection between the transport layer and the mobile terminal system 104, the binding specific listening portal transport layer connection request (usually is occurring when receiving fixed from the terminal system 110). proxy server 224 accepts the connection request on behalf of the mobile terminal system, sends it to the mobile terminal system generates a connection event RPC call)
図9は、RPCエンジン240'が、いかにしてプロキシ・サーバによって生成されたRPCコールを扱うかということを示している。 9, the RPC engine 240 ', indicating that either handle RPC calls generated by the proxy server how to. 優先度の高いアドレスと接続オブジェクトに対し、RPCエンジン240'は、直ちに送信要求をインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244'に向けてディスパッチする。 To connect the high priority address object, RPC engine 240 'is immediately transmitted request Internet Mobility Protocol engine 244' dispatches towards. 該送信要求によって、RPCメッセージがピアのモバイル端末システム104に転送される。 By the transmission request, RPC message is forwarded to the mobile terminal system 104 of the peer. 優先度の低いオブジェクトに対しては、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244の送信要求が適切な優先キュー510'に通知される。 For low priority object, send request Internet Mobility Protocol engine 244 is notified to the appropriate priority queue 510 '. 結合の実行が予定されていない場合、スケジュール要求もグローバルキュー358'に通知される。 If the binding of the execution has not been scheduled, schedule request is also notified to the global queue 358 '. インターネット・モビリティ・プロトコルの送信要求は、最終的に、図5および8を参照して既に説明したディスパッチ・キューの処理の際に実行される。 Transmission request Internet Mobility Protocol is finally executed upon reference to the processing of a dispatch queue already described FIGS. 5 and 8.
【0114】 [0114]
(インターネット・モビリティ・プロトコルの例) (Examples of Internet Mobility Protocol)
本発明のインターネット・モビリティ・プロトコルは、メッセージ指向で接続ベースのプロトコルであり、配信保証、(再)オーダ検出((re)order detection)、ロス回復が可能である。 Internet Mobility Protocol of the present invention is a connection-based protocol message oriented, guaranteed delivery, (re) Order Detection ((re) order detection), it is possible loss recovery. さらに、他の従来型接続指向プロトコル(即ちTCP)とは違い、複数の別のデータストリームを単一のチャネルにまとめることが可能になっており、保証されたデータ、信頼性の低いデータ、そして新規のメッセージ指向で信頼性の高いデータを、単一の仮想チャネルによって同時にネットワークをトラバースさせることができる。 Further, another difference from conventional connection-oriented protocol (ie TCP), which made it possible to combine multiple separate data streams to a single channel, guaranteed data, unreliable data and, the high data reliability with a new message-oriented, it is possible to simultaneously traverse the network by a single virtual channel. この新たなメッセージ指向のサービスのレベルによって、インターネット・モビリティ・プロトコルのピアが所定のプログラムデータユニットを確認したときに、リクエスト部に通知が行われることになる。 This new message-oriented service level, when the peer Internet Mobility Protocol confirms a predetermined program data unit, so that the notification to the request portion is executed.
【0115】 [0115]
本発明のインターネット・モビリティ・プロトコルは、既存のネットワーク・トポロジや技術にオーバーレイできるように設計されている。 Internet Mobility Protocol of the present invention is designed to be overlaid on an existing network topology and technology. 下層のネットワークアーキテクチャに左右されないので、該インターネット・モビリティ・プロトコルは汎用性を有する。 Does not depend on the underlying network architecture, the Internet Mobility Protocol has versatility. パケット化されたデータが二つのピアの間を行き来できさえすれば、インターネット・モビリティ・プロトコルの使用が可能である。 If packetized data need only be move between the two peers, it is possible to use Internet mobility protocols. ノードそれぞれにおけるネットワークの現在地点(POP)あるいはネットワーク・インフラは、物理的境界、特定のポリシー、あるいは帯域幅の制限がある場合を除き、データの流れに影響を与えることなく変更可能である。 Current location (POP) or network infrastructure of the network at node respectively, physical boundaries, unless there is a specific policy or bandwidth limitations, can be changed without affecting the flow of data.
【0116】 [0116]
インターネット・モビリティ・プロトコルは上層の助けを借りて様々なソースからのデータを融合し、下層のデータグラム機能を利用して該データを行き来させる。 Internet Mobility Protocol owe upper help fuse the data from different sources, to traverse the data using the underlying datagram functions. 独立したデータユニットがそれぞれ上層から来ると、インターネット・モビリティ・プロトコルは該データユニットを単一のストリームとして、その後伝送する。 When independent data units coming from the upper layer, respectively, the Internet Mobility Protocol to the data unit as a single stream and then transmitted. 該データユニットは次に既存のネットワークを通じてピアに送られ、受信時に、上層の助力によって上記ストリームが非多重化されて、元の独立した複数のデータユニットに戻る。 The data unit is sent to the peer through then existing network, on reception, by the upper layer of the aid are the streams demultiplexed, it returns to the original independent plurality of data units. これにより、伝送時にはその都度最大限のネットワークフレームが生成されて、帯域幅の利用を最適化することができる。 Thus, at the time of transmission each time is generated maximum network frames, it is possible to optimize the use of bandwidth. さらに、上記により、帯域幅を最大限利用できるようにチャネルを調整することができるという効果を奏するとともに、全てのセッションレベルの接続に適用可能なパラメータを持たせることが可能となる。 Furthermore, the above, with an effect that the bandwidth can be adjusted channel to allow maximum use, it is possible to provide the applicable parameters to connect all session-level.
【0117】 [0117]
あるチャネルが不十分であるといった稀なケースでも、インターネット・モビリティ・プロトコルはピア間に複数のチャネルを確立することができる。 In rare cases such as a channel is insufficient, the Internet Mobility Protocol may establish a plurality of channels between peers. これにより、データの優先順位付けや、(下層のネットワークがサポートしていれば)サービス品質の保証も可能になる。 Thus, prioritization and data also allows (if it supports the underlying network) quality of service guarantees.
【0118】 [0118]
さらに、インターネット・モビリティ・プロトコルは、動的に選択可能で保証されたレベルのサービス、あるいは信頼性の低いレベルのサービスに対しても考慮されている。 Furthermore, Internet Mobility Protocol is considered even for dynamically selectable guaranteed level of service, or low levels of service reliability. 例えば、伝送されるプロトコル・データ・ユニットをそれぞれ、有効期間(validity time period)か再伝送試行回数、もしくはその両方で制限して待機させることができる。 For example, it is possible to wait to restrict the protocol data unit to be transmitted, respectively, the validity period (validity time period) or re-transmission attempts or both. インターネット・モビリティ・プロトコルは、どちらかの閾値に達するとデータユニットを有効期限切れとし、その後の伝送の試行から排除する。 Internet Mobility Protocol, either the data unit expire upon reaching the threshold, eliminating the trial subsequent transmission.
【0119】 [0119]
インターネット・モビリティ・プロトコルの、付加プロトコルとしてのオーバーヘッドは、可変長ヘッダの採用により最小限に抑えられている。 Internet mobility protocol overhead as additional protocol is minimized by adopting a variable length header. 該ヘッダのサイズはフレームの種類や任意フィールド(optional field)によって決定される。 The size of the header is determined by the frame type or any field (optional field). 該任意フィールドは、ある特定のオーダにおいて追加されて、受信側による解析を容易にし、その存在はヘッダ・フラグ・フィールド(header flag field)のビットによって示される。 The optional field is being added in a particular order, to facilitate analysis by the receiver, its presence is indicated by a bit in the header flag field (header flag field). ピアによる通信に必要な他の制御および設定情報は、全てバンド内制御チャネルを通過することができる。 Other control and configuration information necessary for communication by a peer can pass through all-band control channel. 送信されるべき制御情報は全て、任意のアプリケーションレベルのプロトコル・データ・ユニットの前のフレームに加えられる。 Control information to be transmitted are all added to the previous frame of any application-level protocol data units. 受信側では制御情報を処理して、次にペイロードの残りを上層に送る。 On the reception side processes the control information, then sends the rest of the payload to the upper layer.
【0120】 [0120]
エラー発生の確率が比較的高い、信頼性の低いネットワークにおける稼動が想定されているため、インターネット・モビリティ・プロトコルでは、データの完全性を保証し、ネットワークのパフォーマンスを最高まで引き出すべく、数々の技術が使われている。 Probability of failure is relatively high, since the operation in unreliable network is assumed, the Internet Mobility protocol, to ensure the integrity of the data, in order to draw out the network performance of up to, a number of technology that is used. データの完全性を保証するため、フレッチャー・チェックサム・アルゴリズム(Fletcher checksum algorithm)が、誤ったフレームの検出用に使われている。 In order to guarantee the integrity of the data, Fletcher checksum algorithm (Fletcher checksum algorithm) have been used for the detection of incorrect frame. このアルゴリズムは効率性と高い検出能力を買われて採用され、ビットエラーのみならずビットの並び替えも検出できる。 This algorithm is employed bought efficiency and high detection ability, can be detected rearranged bit not bit errors only. ただし、上記アルゴリズムの代わりに他のチェックサム・アルゴリズムを採用してもよい。 However, it may be employed other checksum algorithm instead of the above-mentioned algorithm.
【0121】 [0121]
シーケンス番号は、オーダされたデータの配信を保証するために使われるが、インターネット・モビリティ・プロトコルにおけるシーケンス番号は、TCPの場合のようにデータのそれぞれのバイトを表わしているわけではない。 The sequence number is used to guarantee delivery of the order data, the sequence number in the Internet Mobility Protocol not represent each byte of data as in the case of TCP. 一例としては、上記シーケンス番号は、最大65535バイト(インターネット・モビリティ・プロトコル・ヘッダを含む)までの、データのフレームを表現している。 As an example, the sequence number, up to 65535 bytes (including the Internet Mobility Protocol header), expresses the frame of data. 該シーケンス番号は32ビットなど適当な長さのものであって、制限された期間内での高い帯域幅のリンクにおいてラップアラウンドを生じさせないようにしている。 The sequence numbers are intended suitable length such as 32 bits, so that not to cause wraparound in the link of high bandwidth within a limited period of time.
【0122】 [0122]
上記の能力にデータの有効期限切れ機能を組み合わせたとき、再伝送(再試行)されたフレームが含んでいるデータ量が、送信側で生成された前バージョンよりも少ないことがある。 When combining the above capabilities expired function of data, retransmission (retry) is the amount of data frame contains a is sometimes less than the previous version generated by the transmission side. フレームIDを設定して最新のバージョンのフレームが検知することも可能だが、本好ましい実施形態ではデータが追加されることは絶対に無く、削除されたそれぞれの要素がプロトコル・データ・ユニット全体であるため、上記の手法はシーケンス保証には必ずしも必要でない。 It can also be detected the latest version of the frame to set the frame ID, but that in this preferred embodiment is added data absolutely no, each element that has been removed is the entire protocol data unit Therefore, the above method is not necessarily required for the sequence guarantee. 一例として、インターネット・モビリティ・プロトコルは受信したある特定のフレームを、該フレームの異なったバージョンのものがいくら伝送されてきても、最初の一回目のみ処理する。 As an example, Internet Mobility Protocol a particular received frame, even been transmitted much those different versions of the frame, processing only after 1st. 新規のユーザ・ペイロードを運搬する、生成されたフレームそれぞれには、固有のシーケンス番号が割り振られる。 Carrying a new user payload, each generated frame, unique sequence numbers are assigned.
【0123】 [0123]
スライディング・ウィンドウ技術の採用によってパフォーマンスが向上し、ピアにデータ受信の確認応答を要求する前に、複数のフレームを保留にできる(伝送できる)。 Improve performance by employing a sliding window technique, before requesting an acknowledgment of the data received in the peer can multiple frames on hold (can be transmitted). 適切なタイミングでのデータ配信を保証するため、肯定応答とタイマーベースの再伝送スキームとが採用されている。 To ensure data delivery at the right time, and acknowledgment and timer-based retransmission scheme is employed. さらにチャネルの利用を最適化すべく、選択的な確認応答メカニズムが採用され、ネットワーク接続のロスが多い時間帯もしくは混雑した時間帯における、失われたフレームの迅速な再伝送と、素早い回復とが達成される。 Further in order to optimize the use of the channel, is employed selective acknowledgment mechanism, achieved at the loss is often a time zone or busy time period on the network connection and quick retransmission of the lost frame, and rapid recovery It is. 一例において、この選択的な確認応答メカニズムは、ヘッダに含まれる付加的なビットフィールドとして表わされる。 In one example, the selective acknowledgment mechanism is represented as an additional bit field contained in the header.
【0124】 [0124]
輻輳回避アルゴリズムは、プロトコルをフレームの迅速な再伝送からバックオフさせるためにも用いられている。 Congestion avoidance algorithm has also been used to back-off protocol from rapid retransmission of frames. 例えば、ラウンドトリップタイムは、再伝送無しで成功裏にピア間を伝送されたフレームそれぞれに対して計測することが可能である。 For example, the round trip time can be measured for each frame transmitted between peers successfully without retransmission. この時間値は平均されて、再伝送タイムアウト値(retransmission timeout value)の基準となる。 This time value is averaged, the reference retransmission timeout value (retransmission timeout value). フレームが送られるごとに、それぞれのフレームに対してタイムアウトが設定される。 Each time frame is sent, a timeout is set for each frame. あるフレームが実際に伝送されたにもかかわらず、該フレームに関する確認応答が受信されない場合、該フレームは再伝送される。 Despite a certain frame is actually transmitted, if the acknowledgment relating to the frame is not received, the frame is retransmitted. このときタイムアウト値は上昇し、次の再伝送時間の基準となる。 The time-out value is increased, as a reference for the next retransmission time. この再伝送タイムアウトには上限値および下限値が設定されているので、その値は適切な範囲に収まるようになっている。 Since the upper limit value and the lower limit value is set for this retransmission timeout, so as its value falls within the appropriate range.
【0125】 [0125]
また、インターネット・モビリティ・プロトコルでは、送信路と受信路とが別に扱われている。 Also, the Internet Mobility Protocol, and receive path are treated separately from the transmission path. この手法は、本質的に非対称のチャネルにおいて特に有用である。 This approach is particularly useful in channel essentially asymmetrical. ヒステリシスに基づいて、インターネット・モビリティ・プロトコルは自動的に、フレームサイズ(フラグメント化閾値)、保留中のフレーム数、再伝送時間、遅延承認時間などのパラメータを調整して、ネットワークを通じて送られる複製データの量を減少させる。 Based on the hysteresis automatically Internet Mobility Protocol, frame size (fragmentation threshold), the number of frames pending retransmission time, by adjusting the parameters, such as delay approval time, duplicate data sent through the network reduce the amount of.
【0126】 [0126]
インターネット・モビリティ・プロトコルによって、ノードが様々なネットワークの違った接続ポイントに移動することが可能になるため、下層のネットワークの特性(例えばフレームサイズ)が途中で変わってしまうことがあるが、この移動の結果、あるネットワークで伝送待ちだったフレームが、モバイル装置が現在接続している新しい媒体にはフィットしないこともありうる。 The Internet Mobility Protocol node since it becomes possible to move to different attachment points of the various networks, it is the characteristics of the underlying network (e.g., frame size) would change the way, the movement As a result, the frame was awaiting transmission in one network, it may also have to not fit the new medium the mobile device is currently connected. このことに、フラグメント化が全てのネットワーク・インフラでサポートされているわけではないことを合わせて考慮して、フラグメント化はインターネット・モビリティ・プロトコルのレベルにおいて扱われる。 This fact, by considering together that not fragmentation is supported by all network infrastructure, fragmentation are treated at the level of Internet Mobility Protocol. それぞれのフレームが伝送される前に、インターネット・モビリティ・プロトコルにより、フレームが現時点でのフラグメント化閾値を越えているか否かが判断される。 Before each frame is transmitted, the Internet Mobility Protocol, whether frame exceeds the fragmentation threshold at the present time is determined. ちなみに、パフォーマンス向上の見地から、この値は現時点での最大伝送ユニットよりも少なくてよい(大きいフレームよりも小さいフレームの方が最終目的地まで到達する可能性が高いため)。 Incidentally, from the viewpoint of performance improvement, (there is a high possibility that towards the smaller frame than large frame reaches the final destination) This value less better than the maximum transmission unit at the present time. プロトコルのオーバーヘッドを増加させることと、再伝送回数の増加とのトレードオフは、インターネット・モビリティ・プロトコルによって吟味され、全体的に再伝送を減少させるため、フレームサイズが減少させられることもある。 And increasing the protocol overhead, trade-off between increased number of retransmissions is examined by the Internet Mobility Protocol, to reduce the overall retransmission, sometimes the frame size is reduced. あるフレームがフィットしていれば、該フレームは分割されずに伝送される。 If a frame is fit, the frame is transmitted without being divided. していなければ、該フレームはその接続で許容される最大のサイズにまで分割される。 If not, the frame is divided up into maximum size allowed for the connection. フレームが再伝送される場合、該フレームは再評価を受け、最大伝送ユニットが減少していれば、再度フラグメント化される(あるいは、もし最大伝送ユニットが増加していれば、該フレームはフラグメント化されない一個のフレームとして再送信されることもありうる)。 If the frame is retransmitted, the frame is subjected to re-evaluation, if the decreased maximum transmission unit, is again fragmented (or if the increased maximum transmission unit if the frame is fragmented It may be also be re-transmitted as a single frame which is not).
【0127】 [0127]
プロトコルそのものは直交に設計されており、どちらの側からでもピアとの接続を確立、切断することができるようになっている。 Protocol itself is designed orthogonally, establish a connection to a peer from either side, and is capable of cleaving. しかし、ある場合においては、実行される場所によってプロトコル・エンジンにおける些少な動作上の差異がいくつか存在し、特定の休止検出や接続寿命タイムアウトは片方の側からしか実行できないこともある。 However, in some cases, differences in slight operation in protocol engine by the location to be executed exists some particular dormant detection and connection lifetime timeout may not be performed only from one side. 運営上必要な操作を可能にするため、モビリティ管理サーバ102上で動作するインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジンは、休止期間の状況を把握している。 To enable the operational required operation, Internet Mobility Protocol engine operating on a mobility management server 102 knows the status of the rest period. モバイル端末システム104からの作業が何もないまま一定の期間が経過した場合、モビリティ管理サーバ102はセッションを終了させることができる。 If a period of time while the work is nothing from the mobile terminal system 104 has elapsed, the mobility management server 102 may terminate the session. また、管理者が、ある特定の接続を確立するのに要する総所要時間を制限する、あるいは日時によってアクセスを拒否することが必要なときがあるが、この場合も、一例としてこうしたポリシータイマーはモビリティ管理サーバ102側からのみ操作できるようにしてもよい。 Further, the administrator, is to limit the total time required to establish a particular connection, or it is when it is necessary to deny access by time, also in this case, these policies timer as an example mobility only the management server 102 side may be allowed to operate.
【0128】 [0128]
一例として、インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するソフトウェアは、ウィンドウズ(登録商標)NT、9x、CE環境で、プラットフォームに合わせた修正を必要とすることなくコンパイルされ、動作できるものである。 As an example, software that provides the Internet Mobility Protocol, Windows (registered trademark) NT, 9x, the CE environment, is compiled without requiring modification to match the platform, in which can operate. これを実現するために、インターネット・モビリティ・プロトコルでは、インターネット・モビリティ・プロトコル・フレームの送受信に、ネットワーク抽象層(network abstraction layer; NAL)のサービスが採用されている。 To achieve this, the Internet Mobility Protocol to send and receive Internet Mobility Protocol frame, network abstraction layer; services (network abstraction layer NAL) is employed. メモリ管理、キューおよびリスト管理、イベントロギング、警報システム、電力管理、セキュリティなどの他の標準的なユーティリティ機能も使われる。 Memory management, queue and list management, event logging, alarm system, power management, is also used standard utility functions other, such as security. いくつかのランタイム・パラメータについては、エンジンがモバイル端末システム104に備えられているか、あるいはモビリティ管理サーバ102側に備えられているかによって変更される。 For some runtime parameters are changed depending on whether the engine is provided in a mobile terminal system 104 or are provided, or the mobility management server 102 side. これについて、数例を以下に示す。 This will show a few examples below.
【0129】 [0129]
・特定のタイムアウトは、モビリティ管理サーバ102からのみ呼び出し可能・フレームの方向は、エコー検出用のフレームヘッダそれぞれにて示される・モバイル端末システム104の設定により、着信接続(inbound connection)の拒否が可能・警報はモビリティ管理サーバ102にのみ通知される・電力管理はモバイル端末システム104ではイネーブルにされるが、モビリティ管理サーバ102では必ずしも必要でないインターネット・モビリティ・プロトコルのインターフェイスは、Cコーラブルでプラットフォームに依存しない標準的なAPI機能をほんの少数有し、作業(上記の標準的なユーティリティ機能以外)を予定する、OS特化型の単一の機能を必要とする構成でもよい。 · Specific timeout, the direction of callable frame only from the mobility management server 102, the setting of the mobile terminal system 104 shown in each frame header for echo detection, can deny incoming connections (inbound connection) · alarm Although and power management to be notified only to the mobility management server 102 is enabled in the mobile terminal system 104, the Internet mobility protocol interface is not necessarily the mobility management server 102 required depends on the platform C callable standard API functions that do not have only a small number, to schedule work (other than a standard utility functions described above), may be configured to require a single function of the OS specialized. ローカルクライアントとの通信は、定義された作業オブジェクト(作業要求)の利用によって可能になる。 Communication with the local client is made possible by the use of defined work object (work requests). 作業要素それぞれの完了通知は、作業オブジェクトの一部として特定されたオプションの完了コールバックルーチンを通じて、要求エンティティに通知を行うことによって、効果的に達成することができる。 Each completion notification work elements, through optional completion callback routine specified as part of the work object, by a notification to the requesting entity, can be effectively achieved.
【0130】 [0130]
インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン自体はキューベースのものである。 Internet Mobility Protocol engine itself is of a queue-based. ローカルクライアントからの作業要素は、FIFOオーダに従ってグローバル作業キューに追加されるが、これは、ローカルクライアントが、「ProtocolRequestwork()」などの標準的なインターネット・モビリティ・プロトコル機能を呼び出すことによってなされる。 Work elements from a local client, but is added in accordance with FIFO order to the global work queue, which is the local client is done by calling the standard Internet Mobility Protocol functions such as "ProtocolRequestwork ()". 続いて、インターネット・モビリティ・プロトコル内のスケジューリング機能が該作業を除去し、適切な機能に対してディスパッチする。 Subsequently, the scheduling function in the Internet Mobility Protocol to remove the working and dispatches to the appropriate function. 待機機能とスケジューリング機能を組み合わせることでOSのアーキテクチャ間の差を感じさせなくするので、プロトコル・エンジンが、スレッドベースのシステム(例えばウィンドウズ(登録商標)NT)や同期式のシステム(例えばマイクロソフト・ウィンドウズ(登録商標)9xやウィンドウズ(登録商標)CE)で動作することが可能になる。 Since not feel the difference between the OS architecture by combining waiting feature and scheduling function, the protocol engine, a thread-based system (e.g., Windows (registered trademark) NT) and the synchronous system (e.g. Microsoft Windows it is possible to operate at (registered trademark) 9x and Windows (R) CE). 優先度に関するスキームを待機機能の上にオーバーレイすることができるので、(下の層がサポートしていれば)サービス品質を保証することができる。 It is possible to overlay scheme for priority on the standby function, it is possible to guarantee the quality of service (if it supports the layer below).
【0131】 [0131]
ネットワークの視点から見ると、インターネット・モビリティ・プロトコルは、データのコピーや移動を減らすべく、分散−集結技術(scatter−gather techniques)を利用している。 From the point of view of the network, the Internet Mobility Protocol to reduce the copy or move data, distributed - utilizes centralized technology (scatter-gather techniques). 伝送はそれぞれフラグメントのリストとしてNALに送られ、ネットワーク層のトランスポートによって融合される。 Transmission each transmitted in NAL as a list of fragments are fused by the transport network layer. トランスポート・プロトコル自体が分散−集結技術をサポートしている場合、フラグメントリストは上記トランスポートを通じて転送され、媒体アクセス層ドライバあるいはハードウェアによってアセンブルされる。 Transport protocol itself dispersed - if supported rendezvous technique, the fragment list is transferred through the transport, and assembled by the media access layer driver or hardware. さらに、上記技術を拡張して、プロトコルスタックのどのレベルにおいても、いかなるプロトコルラッパーの挿入や消去を行うことも可能である。 Furthermore, by extending the above techniques, at any level of the protocol stack, it is also possible to insert or erase any protocol wrapper. フレームの受信は、NAL層により、NAL登録処理(NAL registration process)時に指定された特定の入口点においてインターネット・モビリティ・プロトコルをコールバックすることで通知される。 Receiving the frame, the NAL layer is notified by calling back the Internet Mobility Protocol In certain entry point that is specified when the NAL registration process (NAL registration process).
【0132】 [0132]
(インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジンのエントリポイントの例) (Example of an entry point of the Internet Mobility Protocol engine)
例示の実施形態におけるインターネット・モビリティ・プロトコルは、該プロトコルのスタートアップおよびシャットダウン行動を管理する、4つの共通エントリポイントを有している。 Internet Mobility Protocol in the illustrated embodiment manages the startup and shutdown behavior of the protocol has four common entry point. 以下に示されるのがこれらのプロシージャである。 It is these procedures that are shown below.
【0133】 [0133]
1. 1. Internet Mobility ProtocolCreate() Internet Mobility ProtocolCreate ()
2. 2. Internet Mobility ProtocolRun() Internet Mobility ProtocolRun ()
3. 3. Internet Mobility ProtocolHalt() Internet Mobility ProtocolHalt ()
4. 4. Internet Mobility ProtocolUnload() Internet Mobility ProtocolUnload ()
(Internet Mobility ProtocolCreate()の例) (Examples of Internet Mobility ProtocolCreate ())
Internet Mobility ProtocolCreate()機能は、ブートサブシステムによって呼び出され、インターネット・モビリティ・プロトコルを初期化する。 Internet Mobility ProtocolCreate () function is called by the boot subsystem, initializes the Internet Mobility Protocol. この第一フェイズ中に、作業の処理を開始するのに必要なリソース全てが所得され、初期化されなければならない。 During this first phase, all resources required to start the processing of the work is income must be initialized. 該フェイズの終了時、エンジンは、システムの他の層からの作業をすぐに受け入れ可能な状態である必要がある。 At the end of the phase, the engine must be ready to accept immediately work from other layers of the system. このとき、インターネット・モビリティ・プロトコルはグローバル設定テーブルを初期化するが、このために、インターネット・モビリティ・プロトコルは、設定マネージャ228のサービスを利用して該テーブルを設定(populate)する。 At this time, the Internet Mobility Protocol initializes the global configuration table, for this, the Internet Mobility Protocol sets the table using the service configuration manager 228 (populate).
【0134】 [0134]
次に、インターネット・モビリティ・プロトコルは、サスペンドおよびレジューム通知機能をAPMハンドラに登録する。 Then, the Internet Mobility Protocol registers suspend and resume notifications to APM handler. 一例ではこれらの機能はモバイル端末システム104の側からのみ呼び出し可能であるが、他の例として、動作中にモビリティ管理サーバ102がサスペンドできるようにするのが望ましいこともある。 These features in one example is susceptible calls only from the side of the mobile terminal system 104, as another example, a mobility management server 102 during operation it may be desirable to be able to suspend. 続いて、グローバル作業キュー、グローバルNALポータルリストなど他の作業用記憶域がメモリプールから割り当てられる。 Then, global work queue, other working storage, such as global NAL portal list is allocated from the memory pool.
【0135】 [0135]
必要なランタイムメモリの最大量を制限し、インターネット・モビリティ・プロトコルのハンドルの固有性を保証するため、インターネット・モビリティ・プロトコルは、ハンドル生成用の2段配列構成(2−tier array scheme)を採用している。 To limit the maximum amount of required runtime memory, employed to guarantee the uniqueness of the handle Internet Mobility Protocol, Internet Mobility Protocol, two-stage arrangements of the handle generates a (2-tier array scheme) doing. グローバル接続配列テーブルのサイズは、システムが設定する同時接続の最大数によって決まり、この時点で割り当てられる。 The size of the global connection sequence table is determined by the maximum number of simultaneous connections the system sets, it is assigned at this point. 全てのグローバル記憶域が割り当てられ、初期化されると、グローバル・インターネット・モビリティ・プロトコルの状態が、_STATE_INITIALIZE_となる。 All global storage is allocated for, and initialized, the state of the global Internet Mobility Protocol, the _STATE_INITIALIZE_.
【0136】 [0136]
(Internet Mobility ProtocolRun()の例) (Examples of Internet Mobility ProtocolRun ())
Internet Mobility ProtocolRun()機能は、全てのサブシステムが初期化された後で呼び出され、インターネット・モビリティ・プロトコルのサブシステムに、待機中の作業をどれでも処理し始めてよいことを通知する。 Internet Mobility ProtocolRun () function is called after all subsystems have been initialized, the subsystems Internet Mobility Protocol, notifying that may begin processing Any work waiting. これが、一般的な動作状況におけるインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジンの通常の状態である。 This is the normal state of the Internet Mobility Protocol engine in a typical operating conditions. 該エンジンを動作状態にする前に、いくつかの第二パス初期化ステップがこの時点で実行される。 Before the engine operating conditions, some of the second pass initialization step is performed at this point.
【0137】 [0137]
インターネット・モビリティ・プロトコルは、ネットワーク通信が、任意のインターフェイスのどれを通じてでも実行されるようにする。 Internet Mobility Protocol, network communication is to be performed even through any of any interface. 初期化ステップの間に、インターネット・モビリティ・プロトコル−NAL間のインターフェイス用の記憶域が割り当てられるので、インターネット・モビリティ・プロトコルはグローバルポータルリスト中を横断して、NALの全てのリスナをスタートさせることができる。 During the initialization step, the storage for the interface between the Internet Mobility Protocol -NAL is assigned, that the Internet Mobility Protocol to traverse through the global portal list, to start all the listeners of NAL can. 一例として、この動作は2つのステップを含んだ以下の処理のようになる。 As an example, the operation is as following process containing two steps.
【0138】 [0138]
・インターネット・モビリティ・プロトコルは、NAL層に、初期化中に供給される設定に基づいたポータルを結びつけて(bind)オープンし、 Internet mobility protocols, the NAL layer, tied portal based on the settings supplied during initialization (bind) open,
・インターネット・モビリティ・プロトコルは、次に、Internet Mobility ProtocolRCVFROMCBコールバックを登録して、受信したフレームの処理を始める準備ができたことを、NAL層に通知する。 Internet mobility protocols, then register the Internet Mobility ProtocolRCVFROMCB callback, that it is ready to begin processing of the received frame, and notifies the NAL layer.
【0139】 [0139]
・引き続き、ローカル持続識別子(local persistent identifier; PID)が初期化される。 - subsequently, the local sustained identifier (local persistent identifier; PID) is initialized. グローバル・インターネット・モビリティ・プロトコルの状態は、_STATE_RUN_に変わる。 The state of the global Internet mobility protocols, changes to _STATE_RUN_.
【0140】 [0140]
(Internet Mobility ProtocolHalt()の例) (Examples of Internet Mobility ProtocolHalt ())
Internet Mobility ProtocolHalt()機能は、システムがシャットダウンしたことをエンジンに警告するために呼びだされる。 Internet Mobility ProtocolHalt () function is Invoked to warn that the system has shut down the engine. 動作中に得られたリソースは、この機能から戻る前に全て開放される。 Resources obtained during operation are all opened before returning from this function. インターネット・モビリティ・プロトコルの全てのセッションは、管理用に設定された理由コードによって異常終了する。 All sessions Internet Mobility Protocol, abnormally terminated by reason code set for management. エンジンが_STATE_HALTED_状態になると、それ以降、他の層からの作業は受け付けられず、他の層に通知されることも無い。 When the engine is _STATE_HALTED_ state, thereafter, the work from other layers not accepted, it is also not to be notified to other layers.
【0141】 [0141]
(Internet Mobility ProtocolUnload()の例) (Examples of Internet Mobility ProtocolUnload ())
Internet Mobility ProtocolUnload()機能は、シャットダウン処理の第二フェイズである。 Internet Mobility ProtocolUnload () function is a second phase of the shutdown process. これが、復帰以前に、割り当てられたシステムリソースをエンジンが解放する最後の機会となる。 This is the return previously allocated system resources is the last opportunity engine releases. エンジンがこの機能から戻ると、システム自体が停止するので、これ以上の作業は実行されない。 When the engine is returned from this function, the system itself is stopped, no further work is not executed.
【0142】 [0142]
(インターネット・モビリティ・プロトコル・ハンドルの例) (Examples of Internet Mobility Protocol handles)
少なくともいくつかの例においては、メモリ(インターネット・モビリティ・プロトコル状態情報を記憶)のアドレスを、インターネット・モビリティ・プロトコルの接続を記述するトークンとして用いるだけでは不十分である。 In at least some instances, the address of the memory (storing Internet Mobility Protocol state information), only used as a token that describes the connection of the Internet Mobility Protocol is insufficient. これは主に、短い期間のうちに、ある接続が終了して別の新しい接続が開始される可能性のためである。 This is primarily within a short period of time, because of the possibility that another new connection a connection is completed is started. メモリアロケータが、別の接続に前のものと同じアドレスを再配分してしまう可能性が高く、この値が前の接続と新しい接続との両方を示すことになってしまう。 Memory allocator, another high things can result in redistributing the same address as of before the connection, this value becomes to show both the new connection and the previous connection. 元々のピアが、(電源が切られていたり、サスペンドしていたり、圏外にあったりなどで)セッションの終了を認識しなかった場合、前のセッションのフレームを新しいセッションの方に送ってしまうこともあり得る。 Originally peers, that (or not power is turned off, or has been suspended, and the like or there on out-of-service) If you did not recognize the end of the session, would send a frame of the previous session towards the new session also it may be. TCPの場合はこれが起こり、ピアのIPアドレスが同じ場合、新しいセッションを生成するためにリセットが行われる。 In the case of TCP this is to occur, if the IP address of the peer is the same, the reset is performed in order to generate a new session. これを避けるため、インターネット・モビリティ・プロトコルは製造ハンドル(manufactured handle)を採用している。 To avoid this, the Internet Mobility protocol employs a manufacturing handle (manufactured handle). 該ハンドルは2列のインデックスによって形成され、独自性を保つため一回限りのものである。 The handle is formed by the index of the second column is of the one-off to maintain the uniqueness. テーブルは以下のようなレイアウトとなっている。 Table has a layout as follows.
【0143】 [0143]
テーブル1:接続オブジェクトの配列を指すポインタの配列テーブル2:インターネット・モビリティ・プロトコル制御ブロックを指す、実ポインタを含む接続オブジェクトの配列この技術により、初期化期間に割り当てられるメモリの量が最小化される。 Table 1: sequence table pointer to an array of connection object 2: refers to Internet Mobility Protocol control block, the arrangement this technology connection object containing actual pointer, the amount of memory allocated to the initialization period is minimized that. テーブル1は、スタートアップの際にサイズが決められ、割り当てがなされる。 Table 1, being sized during startup, allocation is made. これにより、モバイル端末システム104の側では、少量のメモリの割り当てが可能になる(モビリティ管理サーバ102側でテーブル1が割り当てを要求するメモリは、サーバが多くの接続を有しているため少し大きなものになる)。 Thus, in the side of the mobile terminal system 104, a memory a small amount of memory allocation is possible (Table 1 Mobility management server 102 side is requesting allocation is slightly large since the server has a lot of connections It is something).
【0144】 [0144]
テーブル1は必要時に設定(populate)される。 Table 1 is set when needed (the populate). 接続要求が出されると、インターネット・モビリティ・プロトコルは、テーブル1内でテーブル2への有効なポインタを探す。 When a connection request is issued, the Internet Mobility Protocol looks for valid pointer to the table 2 in the table 1. エントリポイントが見つからない場合、インターネット・モビリティ・プロトコルは、新規のテーブル2に256個の接続オブジェクトを割り当て、テーブル2へのポインタを、テーブル1の適切なスロットに記録する。 If the entry point is not found, the Internet Mobility Protocol, the new table 2 assigns the 256 connection object, a pointer to the table 2, is recorded in the appropriate slot of the table 1. 次に、プロトコル・エンジンはテーブル2を初期化し、新しく生成されたテーブルからの接続オブジェクトを割り当てて、製造ハンドルへ戻る。 Next, the protocol engine initializes the table 2 assigns a connection object from the newly generated table, back to manufacturing the handle. 他のセッションが要求された場合、インターネット・モビリティ・プロトコルは再度テーブル1中をサーチして、テーブル2への有効なポインタを見つけ、該セッション用の次の接続オブジェクトを割り当てる。 If another session is requested, the Internet Mobility Protocol searches the medium 1 back to the table to find the valid pointer to the table 2 assigns the next connection object for the session. この作業は、以下の二つの状態のうちのどちらかになるまで続けられる。 This work is continued until either of the two of the following states:.
【0145】 [0145]
・テーブル2から全ての接続オブジェクトが無くなった場合、新たにテーブル2が割り当てられ、初期化されて、該テーブル2を示すポインタが、テーブル1の次に利用可能なスロットに設定される。 If all the connection object from the table 2 is used up, new table 2 is assigned, is initialized, the pointer indicating the table 2 is set to the next available slot in the table 1.
【0146】 [0146]
・全ての接続オブジェクトが特定のテーブル2のインスタンスに開放され、全ての要素がある特定の期間使用されなかった場合、テーブル2の上記インスタンスにおける記憶域が開放されてメモリプールに戻され、テーブル1の関連しているポインタはゼロにされて、次の接続要求が開始された際、該入口が使用可能であることを示すようになる(テーブル2の他のインスタンスで、利用可能な接続オブジェクトがない場合に限る)。 • All connection objects is opened to an instance of a particular table 2, if not used a particular period of time all the elements, storage is opened in the instance of table 2 is returned to the memory pool, Table 1 Related to that pointer is zero, when the next connection request is initiated, in the made (other instances of table 2 indicate that the inlet is available, the connection object is available only if there is no).
【0147】 [0147]
二つのグローバルカウンタは、割り当てられる接続の総数を制限できるようにするために維持されている。 Two global counter is maintained in order to be able to limit the total number of connections assigned. 片方のグローバルカウンタは現時点でアクティブな接続を数え、もう片方のカウンタは、割り当てられていない接続オブジェクトの数を把握する。 Global Counter one is counted active connection at the moment, the other counter, to grasp the number of connections not assigned object. さらに、第二のカウンタは、任意に設定された制限まで生成可能な接続オブジェクトの総数の管理も行う。 Further, the second counter is also performed management of the total number of production possible connection object to the limits set arbitrarily. 新規のテーブル2が割り当てられると、該カウンタは、該新規のテーブルが表現するオブジェクトの数を把握するため、下方に調整される。 When a new table 2 is allocated, the counter, in order to grasp the number of objects that the new table is expressed, is adjusted downward. 反対側では、インターネット・モビリティ・プロトコルがテーブル2のインスタンスをメモリプールに開放するときに、カウンタは、開放された接続オブジェクトの数を合わせて上方修正される。 On the other side, when the Internet Mobility Protocol opens an instance of the table 2 in the memory pool, the counter is adjusted upward to match the number of opened connection object.
【0148】 [0148]
(ワークフローの例) (Example of a workflow)
Internet Mobility ProtocolRequestWork()機能によって、作業はローカルクライアントから要求される。 The Internet Mobility ProtocolRequestWork () function, operation is requested from a local client. 該作業が検査(validate)され、グローバル作業キューに加えられると、Internet Mobility ProtocolQueueEligible()機能が呼び出される。 The working is checked (the validate), when added to the global work queue, Internet Mobility ProtocolQueueEligible () function is called. スレッド化された環境であれば、インターネット・モビリティ・プロトコルのワーカースレッドに信号が送られ(適合マークがつけられ)、制御は直ちに呼び出しエンティティへと戻る。 If threaded environment, Internet Mobility Protocol signals to worker thread is sent (adapted mark attached), the control immediately returns to the calling entity. 同期的な環境であれば、グローバル作業キューが直ちに実行されて、要求された作業はいかなるものであっても処理される。 If synchronous environment, being executed global work queue immediately requested work is processed be any one. どちらの場合でも、Internet Mobility ProtocolProcessWork()機能が実行されることになる。 In either case, so that the Internet Mobility ProtocolProcessWork () function is executed. これが作業処理のためのメインディスパッチ機能である。 This is the main dispatch function for the work process.
【0149】 [0149]
例示の実施形態では、グローバルキューからの作業をディスパッチできるのが一回に一つのスレッドのみの場合があり、再入を防ぐべくグローバルセマフォが用いられてもよい。 In the illustrated embodiment, there are cases of only one thread to be dispatched once the work from the global queue, the re-entrant global semaphore may be used to prevent. プライベートなインターネット・モビリティ・プロトコルの作業では、Internet Mobility ProtocolRequestWork()機能を使用せず、直接グローバル作業キューに作業を送ることができる。 In the work of private Internet Mobility protocol, it can be sent without using the Internet Mobility ProtocolRequestWork () function, the work directly to the global work queue.
【0150】 [0150]
SENDタイプの作業オブジェクトでは、特殊な場合が想定される。 In the work object of the SEND type, a special case is assumed. 信頼性の低いデータグラムのセマンティクスが保たれていることを保証するため、SENDタイプの作業オブジェクトをそれぞれ、有効期限あるいは再試行カウントを伴って待機させることができる。 To ensure that the semantics of the unreliable datagram is maintained, SEND types of work objects, respectively, it is possible to wait with the expiration date or retry count. 作業は該有効期限に基づいて寿命を算定される。 Work is calculated life based on the expiration date. このような所定のタイムアウトが生じた場合、作業オブジェクトは接続特定キューから除かれ、エラー状態で完了する。 If such a predetermined timeout has occurred, the work object is removed from the connection specific queue, completed with an error condition. SENDオブジェクトが既にデータパスに融合されている場合、プロトコルは、再試行カウントが設定されたどのSENDオブジェクトでも、除去を許可する。 If the SEND object is already fused to the data path, the protocol, any SEND object retry count is set to allow removal. 再試行カウントを超過した場合、該オブジェクトは、特定のフレームを形成する要素のリストから外され、適当なエラー状態を示しつつリクエスタへ戻される。 If you exceed the retry count, the object is removed from the list of elements forming a specific frame, and returned to the requestor while showing appropriate error conditions.
【0151】 [0151]
(接続スタートアップの例) (Example of a connection start-up)
インターネット・モビリティ・プロトコルは、ピア間の接続を確立する非常に効率的なメカニズムを有している。 Internet Mobility Protocol has a very efficient mechanism for establishing a connection between the peers. 接続の確認は、ピア間で最低3フレームをやり取りすることでなされる。 Confirmation of the connection is done by exchanging at least three frames between peers. 開始側は、そのピアにIMP SYNCフレームを送って接続確立が要求されていることを警告する。 The initiator, warning that connection establishment by sending the IMP SYNC frame is required for the peer. 受け入れ側は、IMP ESTABLISHフレームを送って接続受け入れを確認するか、あるいはIMP ABORTフレームを送ることで、接続要求が拒否されたことをピアに警告する。 Acceptor, check the connection accept send IMP ESTABLISH frame, or by sending IMP ABORT frame, warning that the connection request is rejected to the peer. ユーザに接続拒否の理由を理解しやすくするため、理由および状態コードが、IMP ABORTフレームに含まれる形で送られる。 To help understand the reason for the connection refusal to the user, the reason and status codes are sent in the form contained in the IMP ABORT frame. 接続が許可されると、確認応答フレーム(プロトコル・データ・ユニットおよび制御データがふくまれていることもある)が送られて、受け入れ側に転送され、確立フレームの受信が確認される。 When the connection is allowed, (sometimes protocol data units and control data are included) is sent acknowledgment frame is transferred to the acceptor, the reception of the establishment frame is confirmed.
【0152】 [0152]
ネットワークのトラフィックを最小化するため、プロトコルは、ユーザおよび制御データを、接続スタートアップ時の最初のハンドシェーク機構に含まれるようにすることができる。 To minimize network traffic, the protocol can be made to the user and control data, contained in the initial handshake mechanism when connecting startup. この構成は、セキュリティが保障されていない環境や、同じデータパスでセキュリティ用の認証が二重に行われたり、暗号化処理が同じデータパスで行われたりすることによるパフォーマンスの低下を避けるよう、インターネット・モビリティ・プロトコルが調整されているというような、セキュリティが下層で扱われている環境において使用される。 This configuration, so as to avoid the environment and security is not guaranteed, or is done in security for authentication of a double in the same data path, a decrease in performance due to the encryption process is or are carried out in the same data path, such as Internet mobility protocol is adjusted, it is used in environments where security is handled in the lower layer.
【0153】 [0153]
(データ転送の例) (Example of the data transfer)
インターネット・モビリティ・プロトコルは、フレームがネットワークに配信されたことを、NALからの通知によって検知する。 Internet Mobility Protocol, that the frame is delivered to the network, to detect the notification from NAL. インターネット・モビリティ・プロトコルは、当該ネットワークリンクが絶えずフロー制御されているか否かを上記メトリクスによって判定するので、当初の要求が完了されるまで同じフレームを再伝送することはない。 Internet Mobility Protocol, so to determine whether the network link is constantly flow controlled by the metrics, not to retransmit the same frame to the initial request is completed. しかし、ネットワークドライバによっては、フレームの伝送について、誤って、該フレームをネットワークに送る前に配信を示唆してしまうものもある。 However, depending on the network driver, the transmission of the frame, accidentally, some of which would suggest delivered before forwarding the frame to the network. セマフォの利用により、インターネット・モビリティ・プロトコル層はこれを検知し、当初の要求についてNALが返答するまでは、他のデータグラムを送信しない。 The use of the semaphore, the Internet Mobility Protocol layer detects this, for the initial request until NAL replies not send another datagram.
【0154】 [0154]
フレームがインターネット・モビリティ・プロトコルに受信されると、該フレームは迅速に検査されて、適切な接続キューに加えられる。 When a frame is received by the Internet Mobility Protocol, the frame is being rapidly inspected, it is added to the appropriate connection queue. 該フレームが、インターネット・モビリティ・プロトコルがその最終目的地を識別するのに足る情報を有していない場合、該フレームは、それを受信したインターネット・モビリティ・プロトコル・ソケット・キューに加えられ、該ソケット・キューは、続く処理のためにグローバル作業キューに加えられる。 The frame, if it has no information Internet mobility protocols sufficient to identify the final destination, the frame is added to the Internet Mobility Protocol socket queue which has received it, the socket queue is added to the global work queue for subsequent processing. この最初の逆多重化により、受信した作業は、処理オーバーヘッドが限定された状態で、迅速に拡散させられる。 By this first demultiplexing operations received in a state where processing overhead is limited, and is rapidly spreading.
【0155】 [0155]
(黙認(acquiescing)の例) (Examples of acquiescence (acquiescing))
再伝送時のネットワーク帯域幅およびモビリティ管理サーバ102の処理に要する電力の最小化のため、プロトコルは、モビリティ管理サーバ102が接続を「黙認」できるようにする。 For power minimization required for the process of the network bandwidth and mobility management server 102 at the time of retransmission, the protocol, a mobility management server 102 to be able to "tolerate" the connection. ユーザによる設定が可能な期間の後、モビリティ管理サーバ102は、対応するモバイル端末システム104から通知が無ければ、特定の接続へのフレームの再伝送を停止する。 After a period that can be set by the user, the mobility management server 102, if there is no notification from the mobile terminal system 104 corresponding to stop retransmission of a frame to a particular connection. この時、モビリティ管理サーバ102は、モバイル端末システム104が通信できない状態(圏外、サスペンドなど)であると仮定し、接続を休止状態にする。 At this time, the mobility management server 102 is assumed to be a state in which the mobile terminal system 104 can not communicate (out of range, suspend, etc.), the connection to the dormant state. 該接続へのこの後の作業は全て、後の配信のために記憶される。 Working after this to the connection is stored for all, after delivery. 該接続は、以下の状況のいずれかが満たされない限り、同じ状態にとどまり続ける。 The connection as long as one of the following conditions is not met, continuing remain in the same state.
【0156】 [0156]
・モビリティ管理サーバ102がモバイル端末システム104からフレームを受信し、接続を本来の状態に戻す、 Mobility management server 102 receives the frame from the mobile terminal system 104, to return the connection to the original state,
・接続寿命タイムアウトの期限が切れる、 And connection life time-out expires,
・休止タイムアウトの期限が切れる、または・システム管理者によって接続が中止されるモビリティ管理サーバ102が、モバイル端末システム104からフレームを受信し、中断された所から接続が再開された場合、該接続で待機していた作業は全て転送され、状態が再同期化される。 Or hibernation timeout expires or mobility management server 102 connected by system administrators is aborted, receives the frame from the mobile terminal system 104, if the connection from where it was interrupted is resumed, at the connection working waiting is all transferred, the state is re-synchronized. これ以外の場合、再接続がなされると、モバイル端末システム104には以前の接続の終了が通知され、モバイル端末システム104に送られることを待機していた作業は破棄される。 Otherwise, when the reconnection is made, it is notified termination of the previous connection to the mobile terminal system 104, the work which has been waiting to be sent to the mobile terminal system 104 is discarded.
【0157】 [0157]
(接続および送信要求の例) (Examples of the connection and transmission request)
図10A〜10Cは、インターネット・モビリティ・エンジン244によって生成される接続および送信要求ロジックを例示する、フローチャートを形成している。 FIG 10A~10C illustrates the connection and transmission request logic is generated by the Internet Mobility engine 244, to form a flow chart. RPCエンジン240からの命令を受信すると、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244は、該命令が「接続」要求かどうかを判定する(判定ブロック602)。 When receiving the command from the RPC engine 240, Internet Mobility Protocol engine 244 determines whether the instruction is "connect" request (decision block 602). 該命令が「接続」要求であれば、エンジン244は、接続リソースの割り当てが可能かどうかを判断する(判定ブロック603)。 If the instruction is "connect" request, the engine 244 determines whether it is possible to allocation of connection resources (decision block 603). 十分な接続リソースが割り当てられない場合(判定ブロック603で「ノー」である場合)、エンジン244はエラーを宣言して(ブロック603a)応答する。 Sufficient connection if the resource is not allocated (if at decision block 603 is "no"), the engine 244 declares an error (block 603a) to respond. 接続リソースの割り当てが可能であれば、エンジン244は状態設定処理を行って、接続要求の処理に備える(ブロック603b)。 Allocation of connection resources is possible, the engine 244 performs state setting process includes the processing of the connection request (block 603b).
【0158】 [0158]
接続その他の要求に対し、エンジン244は該接続あるいは送信要求を待機させ、呼び出しを実行しているアプリケーションに応答する前に、グローバルイベントに通知する(ブロック604)。 To connect other requirements, the engine 244 to wait the connection or send request, before responding to the application running call, notifies the global event (block 604).
【0159】 [0159]
インターネット・モビリティ・プロトコルのグローバル要求キューからの接続あるいは送信要求をディスパッチするために、エンジン244はまず、保留されている作業の有無を判定する(判定ブロック605)。 To dispatch connection or send request from a global request queue of Internet Mobility Protocol engine 244 first determines whether the work being held (decision block 605). 保留されている作業が無ければ(判定ブロック605で「ノー」である場合)、エンジン244は、図10Cのブロック625に移って、接続用の作業を待機させるため、アプリケーションからの応答を待つ(ブロック605A)。 Without the work are pending (if in decision block 605 is "no"), the engine 244 passes to block 625 in FIG. 10C, in order to wait for the work for connection, waits for a response from the application ( block 605A). 保留されている作業があれば(判定ブロック605で「イエス」の場合)、エンジン244は現在の状態が確立されているか否かを判定する(ブロック606)。 If there is work being pending (if at decision block 605 the "yes"), the engine 244 determines whether the current state is established (block 606). 状態が確立されている場合(判定ブロック606で「イエス」の場合)、エンジン244は状態確立への移行のためのステップを飛ばして、図10Bの判定ブロック615に移る(ブロック606a)。 If the condition has been established ( "yes" in decision block 606), engine 244 skips the steps for the transition to state established, and proceeds to decision block 615 of FIG. 10B (block 606a). 状態が確立されていない場合、エンジン244は状態確立のための一連のステップを実行する必要がある(判定ブロック606で「ノー」である場合)。 If the state is not established, (if "no" in decision block 606) engine 244 that need to perform a series of steps for the condition established.
【0160】 [0160]
状態確立に移行するために、エンジン244はまず、そのピアのアドレスが既知かどうかを判定する(判定ブロック607)。 To shift to the state established, the engine 244 first determines whether the address of the peer is known (decision block 607). 既知でなければ、エンジン244は作業をさらに待機させ、図10Cのブロック625に移って、ピアのアドレスが来るのを待つ(ブロック607a)。 If not known, the engine 244 is further wait for work, passes to block 625 in FIG. 10C, waits for address of the peer comes (block 607a). ピアのアドレスが既知の場合(判定ブロック607で「イエス」の場合)、エンジン244は次に、必要なセキュリティコンテキストが取得されているかどうかを判定する(判定ブロック608)。 If the peer address is known (if at decision block 607 the "yes"), determines whether the engine 244 is then security context required is acquired (decision block 608). 取得されていない場合、エンジン244は作業をさらに待機させ、図10Cのブロック625に移って、セキュリティコンテキストが来るのを待つ必要がある(ブロック607a)。 If not acquired, the engine 244 is further wait for work, passes to block 625 in FIG. 10C, it is necessary to wait for the security context come (block 607a). セキュリティコンテキストが既に取得されている場合(判定ブロック608で「イエス」の場合)、エンジン244は「状態保留」状態を宣言して(ブロック608b)、インターネット・モビリティ・プロトコルの同期フレームを送信し(ブロック609)、再伝送タイマーをスタートさせる(ブロック610)。 ( "Yes" in decision block 608) if the security context has already been acquired, the engine 244 sends a synchronization frame declared the "state pending" state (block 608b), the Internet Mobility Protocol ( block 609), and starts the retransmission timer (block 610). エンジン244は、対応する確立フレームが受信されたかどうかを判定する(ブロック611)。 Engine 244 determines whether establishing the corresponding frame has been received (block 611). 受信されていない場合(判定ブロック611で「ノー」の場合)、エンジン244は、再伝送時間の期限が来たかどうかを判定する(判定ブロック612)。 If it has not been received (in the case of a "no" at decision block 611), engine 244 determines whether or not the re-transmission time period has come (decision block 612). 再伝送時間の期限が来ていない場合(判定ブロック612で「ノー」の場合)、エンジン244は待機し、続いてステップ625に移ってもよい(ブロック613)。 If the re-transmission time period has not come (in the case of a "no" at decision block 612), engine 244 waits, followed by may be moved to step 625 (block 613). 最終的に、確立フレームが受信されず(ブロック611で判定)、再伝送時間の期限が全て切れた(判定ブロック614)場合、接続は中止されてもよい(ブロック614a)。 Finally, not received established frame (determined at block 611), if the retransmission time has expired all (decision block 614), the connection may be aborted (block 614a). 結局確立フレームが受信された場合(判定ブロック611で「イエス」の場合)、エンジン244は「状態確立」状態を宣言する(ブロック611a)。 Eventually when an established frame is received (if at decision block 611 the "yes"), the engine 244 will declare "state established" state (611a blocks).
【0161】 [0161]
状態確立がなされると、エンジン244は新規の接続の認証がなされているかどうかを判定する(判定ブロック615)。 The state establishment is made, the engine 244 determines whether the authentication of the new connection has been made (decision block 615). なされていない場合、エンジン244は待機し、ステップ625へと移ってよい(ブロック616)。 If not done, the engine 244 waits may proceeds to step 625 (block 616). 接続の認証がなされている場合(判定ブロック615で「イエス」の場合)、エンジン244は認証が成功したかどうかを判定する(判定ブロック617)。 If the authentication of the connection has been made (if at decision block 615, "yes"), the engine 244 determines whether the authentication was successful (decision block 617). 成功していない場合(判定ブロック617で「ノー」の場合)接続は中止される(ブロック614a)。 If you successful not (judgment in the case of "no" in block 617) connection is aborted (block 614a). 成功している場合、エンジン244は、ピア伝送ウィンドウがフルになっているかどうかを判定する(判定ブロック618)。 If successful, it is determined whether the engine 244, peer transmission window is full (decision block 618). フルになっていれば(判定ブロック618で「イエス」の場合)、エンジン244は確認応答を待ち、ステップ625に進む(判定ブロック619)。 If in full (if at decision block 618 of "yes"), engine 244 waits for an acknowledgment, the process proceeds to step 625 (decision block 619). ウィンドウがフルになっていなければ(判定ブロック618で「ノー」の場合)、エンジン244はインターネット・モビリティ・プロトコル・データフレームを生成し(ブロック620)、送信する(ブロック621)。 Window (in the case of a "no" at decision block 618), if not in full, engine 244 generates an Internet mobility protocol data frame (block 620), and transmits (block 621). 次に、エンジン244は再伝送タイマーがスタートしているかどうかを判定する(判定ブロック622)。 Then, engine 244 determines whether the retransmission timer is started (decision block 622). していない場合、エンジン244は再伝送タイマーをスタートさせる(ブロック623)。 If not, the engine 244 starts a retransmission timer (block 623). エンジン244は、それ以上送信するデータが無くなるまで(判定ブロック624で判断される)、ブロック618〜623を繰り返す。 Engine 244 until there is no data to send more (determined at decision block 624) and repeats blocks 618-623. そして、エンジン244はスリープモードに入ってさらに作業が来るのを待ち、グローバルディスパッチャに戻る(ブロック625)。 Then, engine 244 waits for further work in sleep mode to come, return to the global dispatcher (block 625).
【0162】 [0162]
(中止の例) (Examples of discontinuation)
図11は、接続を中止するためにインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244が実行するステップを例示したフローチャートである。 Figure 11 is a flowchart Internet Mobility Protocol engine 244 illustrated steps performed to abort the connection. 「接続中止」要求を受けて(ブロック626)、該エンジンは該要求をグローバル作業キューに加え、呼び出しを行っているアプリケーションに返答する(ブロック626a)。 In response to "connection abort" request (block 626), the engine is added to the request to the global work queue, to respond to the application that the calling (block 626a). 中止要求は最終的に、実行のため、インターネット・モビリティ・プロトコルの処理グローバル作業キューからディスパッチされる(ブロック627)。 Stop request is finally for execution, are dispatched from the processing global work queue Internet Mobility Protocol (block 627). エンジン244は中止要求を調べて、該要求が緊急のものであるか、あるいは余裕のあるものであるかを判定する(判定ブロック628)。 Engine 244 examines the abort request, determines whether the request is with the a or, or margin that the emergency (decision block 628). 緊急のものの場合(判定ブロック628で「中止」の場合)、エンジン244は直ちに接続を中止する(ブロック629)。 In the case of emergency of things (in the case of "Stop" in decision block 628), engine 244 is immediately abort the connection (block 629). 余裕があるものであれば(判定ブロック628で「余裕」の場合)、エンジン244は「状態クローズ(state close)」状態を宣言し(ブロック628a)、インターネット・モビリティ・プロトコルの「モーティス(Mortis)」フレームを送信し(ブロック630)、ピアに接続がクローズされることを示唆する。 As long as there is room (if at decision block 628 the "margin"), the engine 244 declares a "state closed (state close The)" state (block 628a), the Internet Mobility Protocol "Mortis (Mortis) It transmits a 'frame (block 630), suggesting that the connection to the peer is closed. 次に、エンジン244は「モーティス」状態を宣言し(ブロック630a)、再伝送タイマーをスタートさせる(ブロック631)。 Then, engine 244 is declared the "Mortis" state (block 630a), to start the re-transmission timer (block 631). エンジン244は、ピアから「ポスト・モーテム(post mortem)」フレームが応答されたかどうかを判定する(判定ブロック632)。 Engine 244 determines whether or not the "post-mortem (post mortem)" frame has been the response from the peer (decision block 632). 応答されていなければ(判定ブロック632で「ノー」の場合)、エンジン244は、再伝送タイマーが時間切れになっているか否かを判定する(判定ブロック633)。 If not answered (if at decision block 632 the "no"), the engine 244, the retransmission timer is determined whether the expired (decision block 633). まだ時間切れになっていない場合(判定ブロック633で「ノー」の場合)、エンジン244は待機し、ステップ637へ進む(ブロック634)。 If you have not yet expired (in the case of a "no" at decision block 633), engine 244 waits, the process proceeds to step 637 (block 634). 再伝送タイマーが時間切れになっている場合(判定ブロック633で「イエス」の場合)、エンジン244は総再伝送時間の期限が切れているかどうかを判定する(判定ブロック635)。 If the re-transmission timer has expired (if at decision block 633 of the "yes"), engine 244 determines whether the time limit of the total re-transmission time has expired (decision block 635). まだ切れていない場合(判定ブロック635で「ノー」の場合)、ブロック630に戻り、モーティスフレームを再送する。 If it has not expired yet (if at decision block 635 of "no"), returns to block 630, to retransmit the mode Sevilla frame. すでに総再伝送時間の期限が切れている場合(判定ブロック635で「イエス」の場合)、エンジン244は直ちに接続を中止する(ブロック635a)。 If you have already cut the total re-transmission of the time deadline (in the case of "yes" in decision block 635), engine 244 is immediately abort the connection (block 635a).
【0163】 [0163]
「ポスト・モーテム」応答フレームがピアから受信されると(判定ブロック632で「イエス」)、エンジン244は「ポスト・モーテム」状態を宣言して(ブロック632a)、接続リソースを開放し(ブロック636)、スリープ状態に戻ってさらに作業を待つ(ブロック637)。 When "post-mortem" response frame is received from a peer ( "yes" in decision block 632), engine 244 declares a "post-mortem" state (block 632a), releases the connection resource (block 636 ), wait for more work back to the sleep state (block 637).
【0164】 [0164]
(再伝送の例) (Example of the re-transmission)
図12は、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244が実行する「再伝送」イベントロジックの例を示している。 Figure 12 shows an example of the "retransmission" event logic Internet Mobility Protocol engine 244 for execution. 再伝送タイマーが時間切れを迎える(ブロック650)と、エンジン244は、保留中のフレームがあるかどうかを判定する(判定ブロック651)。 Retransmission timer greets expired (block 650), engine 244 determines whether there is a frame pending (decision block 651). 保留中のフレームがなければ(判定ブロック651で「ノー」の場合)、エンジン244はタイマーを破棄して(ブロック652)スリープ状態に戻る(ブロック660)。 Without frame pending (if "no" in decision block 651), engine 244 discards the timer (block 652) and go back to sleep (block 660). 逆に保留中のフレームがあれば(判定ブロック651で「イエス」の場合)、エンジン244は、再伝送期間全体(entire)が終了したかどうかを判定する(判定ブロック653)。 If there is a frame pending in the reverse (if at decision block 651 the "yes"), the engine 244 determines the overall retransmission period (entire,) is whether completed (decision block 653). まだ終了していなければ(判定ブロック653で「ノー」の場合)、処理は時間差のためにスリープ状態に戻る(ブロック654)。 If you have not yet finished (if at decision block 653 of "no"), the process returns to sleep because of the time difference (block 654). 既に終了していれば(判定ブロック653で「イエス」の場合)、エンジン244は、総ての(total)再伝送期間が終了したかどうかを判定する(判定ブロック655)。 If already completed ( "yes" in decision block 653), engine 244 determines whether all of the (total) retransmission period has expired (decision block 655). 既に終了しており(判定ブロック655で「イエス」)、このイベントがモビリティ管理サーバのエンジン244'(モバイル端末システムのエンジン244に対応)で実行されている場合、休眠状態が宣言される(判定ブロック656、ブロック656a)。 Already been completed ( "yes" in decision block 655), if the event is running in the engine 244 of the mobility management server '(corresponding to the engine 244 of the mobile terminal system), dormant state is declared (determined block 656, block 656a). 同じ状態で、モバイル端末システム104において実行されるインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244は、接続を中止する(ブロック656b)。 In the same state, the Internet Mobility Protocol engine 244 to be executed in mobile terminal system 104 stops the connection (block 656b).
【0165】 [0165]
総ての再伝送期間がまだ終了していない場合(判定ブロック655で「ノー」の場合)、エンジン244はフレームを再処理して時間切れのデータを除去し(ブロック657)、それを再転送し(ブロック658)、再転送タイマーをそのまま再始動させる(ブロック659)。 If all of the re-transmission period has not yet ended (if at decision block 655, "no"), the engine 244 removes the timeout data reprocessing frame (block 657), retransmits it and (block 658), it restarts the retransmission timer (block 659). そして処理は休眠状態に入り(ブロック660)、次のイベントを待つ。 Then, the process enters a dormant state (block 660), wait for the next event.
【0166】 [0166]
(インターネット・モビリティ・プロトコルのPDUの期限切れの例) (Out-of-date example of the PDU of the Internet Mobility Protocol)
図12のブロック657において、要求を出している上層のインターフェイスが、結合しているピアに送られるプロトコル・データ・ユニット(つまりSEND作業要求)506の期限切れに関するタイムアウトあるいは再試行カウントを特定することが可能になる。 In block 657 of FIG. 12, the upper layer interface making the request is able to identify the binding to the protocol data unit to be sent to the peer are (i.e. SEND work requests) 506 expired about timeouts or retry count possible to become. この機能により、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244は、信頼性の低いデータのセマンティクス維持、再伝送されたデータからの信頼性の低いデータの除去など、他の機能も果たせるようになる。 This feature Internet Mobility Protocol engine 244, semantics maintenance of unreliable data, such as unreliable data removal from retransmitted data, the other functions play as. 上層からのPDU(プロトコル・データ・ユニット)それぞれは、最終的にインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244によってコーリシングされる、それぞれの要素に対する有効期限タイムアウト(validity timeout)および/または再試行カウントを、特定することができる。 Each PDU (Protocol Data Unit) from the upper layer, is eventually Korishingu by the Internet Mobility Protocol engine 244, expiration timeout for each element (VALIDITY timeout) and / or the retry count, the particular can do. 有効期限タイムアウトおよび/または再試行カウント(アプリケーションによってはユーザによって特定可能)は、エンジン244による再伝送の前に、どのPDU506が、転送されずにフレームから除去されるべきかを決定するために使われる。 Expiration timeout and / or retry count (identifiable by the user by an application), prior to retransmission by the engine 244, which PDU506 is used to determine what should be removed from the frame without being transferred divide.
【0167】 [0167]
PDU506に関わる有効期限タイムアウトは、PDUそれぞれが伝送に際して考慮すべき、相対期間(relative time period)を特定する。 Expiration timeout involving PDU506 each PDU should consider when transmission, identifies the relative time (relative time period). 実行依頼の間、Internet Mobility ProtocolRequestWork機能によって有効期限の値(expiry timeout value)がチェックされる。 During the execution request, expiration value (expiry timeout value) is checked by the Internet Mobility ProtocolRequestWork function. 該値が0で無い場合、時期タイマー(age timer)は初期化される。 If that value is not 0, the timing timer (age timer) is initialized. 次に、要求されたデータは、結合しているピアに送られる他のデータと同じキューに加えられる。 Then, the requested data is added to the same queue with other data sent to the peer attached. あるPDU506が、有効期限パラメータ(validity period parameter)が特定する期間よりも長くキューにある場合、該キューを処理する次イベントの間に、有効期限の切れた該(全ての)PDUは除去され、フレームの再伝送時に再伝送されるのではなく、ローカルに「タイムアウトによる失敗(timeout failure)」のステータスコードをもって完了する。 There PDU506 is when in the queue longer than the period of expiration parameter (VALIDITY period parameter) to identify, during the next event for processing said queue, said expired (all) PDU is removed, rather than being retransmitted when retransmission of the frame, complete with a status code of "failure due timeout (timeout failure)" locally. このアルゴリズムにより、ピアへの伝送のために待機している信頼性の低いデータが古くなる(grow stale)こと、および/または際限なくシステムリソースを消費することを防ぐ。 This algorithm prevents to consume unreliable data waiting for transmission to the peer becomes older (grow stale) that, and / or the endlessly system resources.
【0168】 [0168]
図12Aの例において、少なくとも3つの独立したPDU506が、続く処理のためにインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244でキューに加わっている。 In the example of FIG. 12A, at least three independent PDU506 have joined the queue in the Internet Mobility Protocol engine 244 for subsequent processing. PDU506(1)は有効期限を持たず、要求に対するタイムアウトが無い。 PDU506 (1) does not have an expiration date, there is no time-out for the request. PDU506(2)は、2秒の有効期間を持ち、時系列的にPDU506(1)の後に並んでいる。 PDU506 (2) has a lifetime of 2 seconds, are arranged after the time series PDU506 (1). PDU506(n)は、2.5秒の有効期間を持ち、時系列的にPDU506(2)の後に並んでいる。 PDU506 (n) has a lifetime of 2.5 seconds, a time series manner are arranged after PDU506 (2). PDU506(n)の待機が、キューの処理をさせ、PDU506(2)の有効期間を経過させる最初のイベントであるため、PDU506(2)は作業キューから外され、ローカルに完了されて、PDU506(n)がリストに加えられる。 Waiting PDU506 (n) is, to a process queue, because it is the first event which passed the lifetime of PDU506 (2), PDU506 (2) is removed from the work queue, are completed locally, PDU506 ( n) is added to the list. 有効期間がPDU506(n)に設定されている場合、ここまでの一連のイベントが繰り返される。 If the validity period is set to PDU506 (n), a series of events so far is repeated. 作業キューを操作するいかなるイベント(キューに加える、キューから外す等)によっても、古くなったPDUが除去され、完了される。 (Added to the queue, or the like removed from the queue) any event for operating the work queue by, PDU outdated is removed, it is completed.
【0169】 [0169]
上記のように、PDU506はインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244の伝送ロジックによって融合され、単一のデータストリームにフォーマットされる。 As described above, PDU506 is fused by the transmission logic Internet Mobility Protocol engine 244 is formatted into a single data stream. 独立した作業要素それぞれは、有効期限タイムアウトによって期限切れになっていなければ、集められてインターネット・モビリティ・プロトコル・データフレームを形成する。 Independent work element is not expired by expiration timeout, gathered to form an Internet Mobility Protocol data frames. インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244は、最終的にこれらのPDU506をピアに送り、関係するフレームをフレーム保留リスト(Frames−Outstanding list)に加える。 Internet Mobility Protocol engine 244 eventually sends these PDU506 to peer, add frames associated to the frame pending list (Frames-Outstanding list). ピアが一定期間内に該フレームを認識しなかった場合(図12の再伝送アルゴリズムを参照)、フレームは再伝送され、失われたかあるいは破損したパケットを回復する。 If the peer did not recognize the frame within a predetermined period of time (see retransmission algorithm of FIG. 12), the frame is retransmitted to recover lost or corrupted packets. 再伝送の直前、フレームを形成するPDUリストは、再試行カウントを伴った要求が待機しているかどうかを判定すべく反復される。 Immediately before the retransmission, PDU list to form the frame, the request accompanied by the retry count is repeated in order to determine whether the waiting. 該再試行カウントが0ではなく、0に向かって減少してゆく場合、PDU506はリストから外され、フレームヘッダはデータの消去を示すように修正される。該再 attempt count is not zero, if the slide into decreases toward 0, PDU506 is removed from the list, the frame header is modified to indicate the erasure of data. このように、古くなったデータ、低信頼のデータ、あるいは独自の再伝送ポリシーを持つアプリケーションは、エンジン244'の再伝送アルゴリズムによって負担をかけられることがない。 In this way, the data was outdated, unreliable data or application that has its own re-transmission policy, has never applied the burden by re-transmission algorithm of the engine 244 '.
【0170】 [0170]
図12Bの例においても、少なくとも3つの独立したPDU506が、続く処理のためにインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244でキューに加わっている。 In the example of FIG. 12B, at least three independent PDU506 have joined the queue in the Internet Mobility Protocol engine 244 for subsequent processing. PDU506(1)は再試行カウント無しでキューに加わっているが、これは、継続的な再伝送の試行と、保証された配送レベルのサービスとを示している。 PDU506 (1) is being applied to the queue without counting retries, which represents the trial continued retransmission, and guaranteed delivery level of service. PDU502(2)は再試行カウントが1でキューに加わり、時系列的にPDU506(1)の後に並ぶ。 PDU502 (2) retry count is applied to the queue at the 1, time series line up after the PDU506 (1). PDU506(n)は、ある程度の時間が経過してからPDU502(2)より後ろに加わる。 PDU506 (n) is applied to the rear than PDU502 (2) after the elapse of some time. この時点で、いくつかの外部イベント(例えば上層融合・タイマー)が、エンジン244'に、インターネット・モビリティ・プロトコル・データフレーム500を生成するための作業キューから十分なPDU506を集めて新しいフレームを生成するための論理を送信させる。 At this point, generating several external events (e.g., the upper layer fusion-timer), the engine 244 ', a new frame to collect enough PDU506 from the work queue for generating an Internet Mobility Protocol data frames 500 to transmit the logic to. フレームヘッダ503が求められ、これに、フレームの最初の伝送であることを示すための、再試行IDとして0が付けられる。 Frame header 503 is obtained, to which, in order to indicate that this is the first transmission of a frame, 0 as retry ID is attached. 続いてフレームは、ネットワークへの後の伝送用に、NAL層へと送られる。 Subsequently frames for transmission after the network is sent to NAL layer. このときに再伝送タイマーがスタートするが、これは、当該のフレームがペイロードを含んでいるためである。 Although retransmission timer is started at this time, this is because the frame contains a payload. 説明を容易にするため、再伝送タイマーが期限を迎える前に、様々な理由でピアからの確認応答が受け取られなかったと仮定すると、エンジン244の再伝送ロジックにより、当該するフレーム500が、ネットワークへ再伝送されるのに的確であるか否かが判断される。 For ease of description, before the retransmission timer expire, assuming that the acknowledgment from the peer for various reasons have not been received, the retransmission logic of the engine 244, a frame 500 to which the to the, to the network whether it is accurate to be retransmitted are determined. フレームをNAL層に再送する前に、エンジン244'の再伝送ロジックは、関連しているPDU506のリストを反復する。 Before retransmitting the frame in the NAL layer, retransmission logic of the engine 244 'repeats the list of PDU506 associated with it. PDU506(2)それぞれの再試行カウントが調べられ、0でなければ、該カウントは減少させられる。 PDU506 (2) are examined each retry count is not 0, the count is decreased. PDU506(2)の再試行カウントを減少させる処理により、該カウントは0になる。 The process of reducing the retry count for PDU506 (2), the count is zero. PDU506(2)の再試行カウントが0になったことにより、PDU506(2)はリストから外され、「再試行失敗(retry failure)」のステータスをもってローカルに完了する。 By retry count of PDU506 (2) becomes 0, PDU506 (2) is removed from the list, to close in the local with a status of "Failure retry (retry failure)". 続いて、PDU506(2)のデータが無いことを示すため、フレームヘッダ503のサイズが調整される。 Then, to indicate that no data of PDU506 (2) is, the size of the frame header 503 is adjusted. この処理は、残っている全てのPDUについて繰り返される。 This process is repeated for all the PDU that remaining. フレーム500全体が、「編集後」フレーム500'の作成のために再処理されると、ヘッダの再試行IDが増加させられて、生成されたデータグラムが、続く(再)伝送に向けてNAL層に送られる。 Frame 500 entirely, when it is reprocessed for the creation of "edited" frame 500 ', a retry ID headers are increased, and the generated datagram, followed (again) for the transmission NAL It is sent to the layer.
【0171】 [0171]
(受信の例) (Example of the reception)
図13A〜13Dは、「受信」イベント受信に伴ってインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244が実行するステップを例示する、フローチャートを形成している。 FIG 13A~13D illustrates the step of Internet Mobility Protocol engine 244 is performed along with the "receive" events received, form a flowchart. このような受信イベントは、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン・フレームがネットワーク108から送られた際に生成される。 Such reception events, Internet Mobility Protocol engine frame is generated when sent from the network 108. この受信イベントを受けて、エンジン244は該イベントを事前検査(pre−validate)し(ブロック670)、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン・フレームである可能性があるか否かを判定する(判定ブロック671)。 In response to this received event, the engine 244 prescreening the event (pre-the validate) and (block 670), determines whether there is a possibility an Internet Mobility Protocol engine frame (decision block 671). エンジンが可能性無しと判断した場合(判定ブロック671で「ノー」の場合)、該フレームは破棄される(ブロック672)。 If the engine is determined to likely no (if at decision block 671 the "no"), the frame is discarded (block 672). 可能性ありという判断の場合(判定ブロック671で「イエス」の場合)、エンジン244は、受信したフレームと関連する接続があるかどうかを判定する(判定フレーム673)。 For determination that possibly (if at decision block 671 the "yes"), the engine 244 determines whether there is a connection associated with the received frame (determined frame 673). 受信したフレームと関連する接続がある場合(判定ブロック673で「イエス」の場合)、エンジン244は作業を接続受信キューに加え(ブロック674)、該接続に受信に適格であるとマークを付け(ブロック675)、該接続をグローバル作業キューに加える(ブロック676)。 ( "Yes" in decision block 673) if there is a connection associated with the received frame, the engine 244 adds the work connection receive queue (block 674), marks to be eligible for reception in the connection ( block 675), added to the connection to the global work queue (block 676). まだどの接続も受信したフレームと関連していない場合(判定ブロック673で「ノー」の場合)、エンジン244は、受信したフレームをソケット受信キューに加え(ブロック677)、該ソケット受信キューをグローバル作業キューに加える(ブロック678)。 If that is not associated with the frame connections to any received yet (if at decision block 673 the "no"), the engine 244, added to the received frame in the socket receive queue (block 677), the global work the socket receive queue It added to the queue (block 678). どちらの場合でも、エンジン244はグローバル作業イベントを送る(ブロック679)。 In either case, the engine 244 will send the global work event (block 679). 「受信適格」イベントをグローバル作業キューからディスパッチする際(図13B参照)、エンジン244はフレームをそれぞれの受信キューから外す(ブロック680)。 When dispatching "received qualifying" event from the global work queue (see FIG. 13B), the engine 244 remove frames from each receive queue (block 680). インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244がメッセージをキューから外し始められるようになる前に、複数のIMPフレームを受信し、キューに加えることが可能である。 Before Internet Mobility Protocol engine 244 comes to begin removing the message from the queue, receives a plurality of IMP frames, it can be added to the queue. エンジン244は、全てのフレームがキューから外れるまで作業を繰り返す(ブロック681、682)。 Engine 244, all frames repeated work until it disengages from the queue (block 681 and 682). あるフレームがキューから外れると(判定ブロック681で「イエス」)、エンジン244は受信したフレームを検査し(ブロック683)、該フレームが有効かどうかを判定する(判定ブロック684)。 When a frame is out of the queue ( "yes" in decision block 681), engine 244 examines the received frame (block 683), determines whether the frame is valid (decision block 684). 該受信したフレームが無効である場合、エンジン244は該フレームを破棄し(ブロック685)、受信キューから次のフレームを外す(ブロック680)。 If the frame thus received is invalid, the engine 244 discards the frame (block 685), remove the next frame from the receive queue (block 680). 上記フレームが有効である場合(判定ブロック684で「イエス」の場合)、エンジン244は、該フレームが既存の接続と関連しているか否かを判定する(ブロック686)。 If the frame is valid (if at decision block 684 the "yes"), the engine 244 determines whether the frame is associated with an existing connection (block 686). していなければ(判定ブロック686で「ノー」の場合)、エンジン244は同期フレームがあるかどうかを判定する(判定ブロック687)。 If not (if at decision block 686 the "no"), determines whether the engine 244 has synchronous frame (decision block 687). 同期フレームがなければ(判定ブロック687で「ノー」の場合)、該フレームは破棄される(ブロック685)。 If frame synchronization without (if at decision block 687 the "no"), the frame is discarded (block 685). 反対に、同期フレームが受信されていれば(判定ブロック687で「イエス」の場合)、エンジン244は、図14Aおよび14Bを参照して説明される受動接続要求により、該フレームを処理する(ブロック688)。 Conversely, if it is synchronized frame is received (if at decision block 687 the "yes"), the engine 244, the passive connection request described with reference to FIGS. 14A and 14B, and processes the frame (block 688).
【0172】 [0172]
上記フレームが接続と関係していれば(判定ブロック686で「イエス」の場合)、エンジン244は接続状態が依然アクティブで、まだ「ポスト・モーテム」になっていないかどうかを判定する(判定ブロック689)。 If the frame is associated with a connection (decision if in block 686 of "yes"), engine 244 still in active connection state, still determines whether or not has become a "post-mortem" (decision block 689). 接続が既に「ポスト・モーテム」である場合、フレームは破棄される(ブロック685)。 If the connection is already "post-mortem", the frame is discarded (block 685). そうでない場合、エンジン244はフレームを解析し(ブロック690)、該フレームが中止フレームであるかどうかを判定する(判定ブロック691)。 Otherwise, it is determined whether the engine 244 analyzes the frame (block 690), the frame is aborted frame (decision block 691). 該フレームが中止フレームであれば、エンジン244は直ちに接続を中止する(ブロック691a)。 If the frame is aborted frame, the engine 244 immediately stops the connection (block 691a). 該フレームが中止フレームでなければ(判定ブロック691で「イエス」の場合)、エンジン244は確認応答情報を処理し、全ての保留中の送信フレームを開放する(ブロック692)。 If not the frame is aborted frame ( "yes" in decision block 691), engine 244 processes the acknowledgment information to open a transmission frame of all pending (block 692). 次に、エンジン244は、解読の必要がある場合のため、セキュリティ用のサブシステムへと送る(ブロック693)。 Next, the engine 244, in case it is necessary for decryption, and sends to the sub-system for security (block 693). フレームがセキュリティ用のサブシステムから戻ると、エンジン244は全ての制御データを処理する(ブロック694)。 Frame back from the subsystem for security engine 244 handles all control data (block 694). 続いて、エンジン244はフレームがアプリケーションデータを含んでいるかどうかを判定する(判定ブロック695)。 Subsequently, the engine 244 determines whether the frame contains application data (decision block 695). 含んでいる場合、該データはアプリケーション層においてキューに加えられる(ブロック696)。 If the containing, the data is added to the queue at the application layer (block 696). エンジン244はまた、接続が休止状態であるかどうかを判定し(ブロック697および697a:これは、好ましい実施形態におけるモビリティ管理サーバのエンジン244'にもあてはまる)、確立状態に戻す。 Engine 244 also determines whether the connection is dormant (block 697 and 697a: It applies to the engine 244 'of the mobility management server in the preferred embodiment), returned to the established state.
【0173】 [0173]
フレームが「モーティス」フレームである可能性があれば(判定ブロック698で「イエス」の場合)、エンジン244は、アプリケーション層に「切断」を示唆し(ブロック699)、「モーティス」状態に入る(ブロック699a)。 If the frame is likely to be "Mortis" frame (if at decision block 698 the "yes"), the engine 244, suggests "cut" to the application layer (block 699), enters the "Mortis" state ( block 699a). エンジン244は「ポスト・モーテム」フレームをピアに送り(ブロック700)、「ポスト・モーテム」状態に入る(ブロック700a)。 Engine 244 sends a "post-mortem" frame to the peer (block 700), enter a "post-mortem" state (block 700a). 続いて、エンジン244は接続リソースを解放し(ブロック701)、スリープ状態に戻って作業を待つ(ブロック702)。 Then, engine 244 releases the connection resource (block 701) and waits for work back to sleep (block 702). 解析されたフレームが「ポスト・モーテム」フレームだった場合(判定ブロック703で「イエス」の場合)、ブロック700a、701、702が実行される。 (In the case of "yes" in decision block 703) if the analysis frame was a "post-mortem" frame, block 700a, 701,702 is executed. これ以外の場合、制御はブロック680に戻って、次のフレームを受信キューから外す(ブロック704)。 Otherwise, control returns to block 680, remove the next frame from the receive queue (block 704).
【0174】 [0174]
(受動接続の例) (Examples of passive connection)
図14A〜14Bは、「受動接続」要求に対してインターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244が実行するステップを例示する、フローチャートを形成している。 FIG 14A~14B illustrates the step of Internet Mobility Protocol engine 244 performs on the "passive connection" request to form a flowchart. まず、エンジン244は、当該装置に他の接続が存在するかどうかを判定する(ブロック720)。 First, the engine 244 determines whether another connection to the device is present (block 720). 存在すれば(判定ブロック720で「イエス」の場合)、該エンジンは、それが最初の接続であるか否かを判定する(判定ブロック721)。 If there (if at decision block 720 the "yes"), the engine is that it determines whether the initial connection (decision block 721). ピアが、新規の接続が最初の接続であると認識している場合(判定ブロック721で「イエス」の場合)、エンジン244はそれ以前の接続を中止する(ブロック722)。 Peer, new connection (if at decision block 721 the "yes") if it knows that this is the first connection, the engine 244 stops the previous connection (block 722). 最初の接続ではない場合(判定ブロック721で「ノー」の場合)、エンジン244は、シーケンスと接続IDとが対応しているかどうかを判定する(判定ブロック723)。 If not the first connection (if at decision block 721 the "no"), the engine 244 determines whether or not the sequence and the connection ID corresponds (decision block 723). 対応していなければ(判定ブロック723で「ノー」の場合)、制御は判定ブロック720へ戻る。 If it is not compatible (in the case of a "no" at decision block 723), control returns to the decision block 720. シーケンスと接続IDが対応していれば(判定ブロック723で「イエス」の場合)、エンジン244は複製フレームを破棄し(ブロック724)、図13Bのステップ680に戻る(ブロック725)。 If correspondingly the sequence and connection ID (if at decision block 723, "yes"), the engine 244 discards duplicate frames (block 724), the flow returns to step 680 of FIG. 13B (block 725).
【0175】 [0175]
他の接続が無ければ(判定ブロック720で「ノー」の場合)、エンジン244は、接続に接続リソースを割り当て可能か否かを判定する(判定ブロック726)。 Without other connections (if at decision block 720 the "no"), the engine 244 determines whether it is possible to assign the connection resource to the connection (decision block 726). 割り当て可能でない場合、エラーが宣言され(判定ブロック726で「ノー」の場合、ブロック727)、接続が中止される(ブロック728)。 If not assignable, (the case of "no" in decision block 726, block 727) an error is declared, the connection is aborted (block 728). 接続リソースを割り当て可能な場合(判定ブロック726で「イエス」の場合)、エンジン244は「設定」状態を宣言し(ブロック726a)、接続についてのセキュリティコンテキストを取得する(ブロック730)。 If possible allocation of connection resources (if at decision block 726 the "yes"), the engine 244 declares a "Settings" state (block 726a), and acquires the security context of the connection (block 730). 十分なセキュリティコンテキストの取得ができなかった場合(判定ブロック731で「ノー」の場合)、接続は中止される(ブロック728)。 If you could not get a sufficient security context (the case of "no" in decision block 731), the connection is aborted (block 728). 取得できた場合、エンジン244は確立フレームを送り(ブロック732)、接続が「確立」状態になったことを宣言する(ブロック732a)。 If it can be acquired, the engine 244 declares that the feed to establish frame (block 732), the connection becomes "established" state (block 732a). 続いて、エンジン244は再送部(retransmitter)を始動させ(ブロック733)、完了に向けて認証処理を待つ(ブロック734)。 Subsequently, the engine 244 to start the retransmission unit (Retransmitter) (block 733) and waits for the authentication process toward the complete (block 734). 最後に、エンジン244は装置とユーザとが両方認証済みか否かを判定する(ブロック735)。 Finally, the engine 244 determines whether the device and the user both been authenticated (block 735). 装置とユーザのどちらかが認証されていない場合、接続は中止される(ブロック736)。 If either of the devices and the user has not been authenticated, the connection is aborted (block 736). それ以外の場合、エンジン244は監視中の(listening)アプリケーションへの接続を示唆し(ブロック737)、設定を取得する(ブロック738)。 Otherwise, the engine 244 indicating the connection to the monitored (listening) applications (block 737), obtains the set (block 738). この2ステップのどちらかが成功しなかった場合、接続は中止される(判定ブロック739、ブロック740)。 If either of these two steps is not successful, the connection is aborted (decision block 739, block 740). 成功した場合、処理はスリープ状態に戻って作業を待つ(ブロック741)。 If successful, the process waits for the work back to the sleep state (block 741).
【0176】 [0176]
(異常終了の例) (Example of abnormal termination)
図15Aおよび15Bは、接続「中止」要求を受けて、インターネット・モビリティ・プロトコル・エンジン244が実行するステップを例示する、フローチャートを形成している。 15A and 15B receives the connection "cancel" request, illustrating the steps of Internet Mobility Protocol engine 244 is executed, to form a flow chart. キューを介してディスパッチされた、上記のような要求を他の処理(ブロック999)から受信すると(ブロック1000)、エンジン244は、接続が該要求と関係しているかどうかを判断する(判定ブロック1001)。 Was dispatched through the queue receives a request as described above from the other processing (block 999) (block 1000), the engine 244, the connection is to determine whether to do with the request (decision block 1001 ). 関係していれば(判定ブロック1001で「イエス」の場合)、エンジン244は元の状態をセーブして(ブロック1002)、「中止」状態を宣言する(ブロック1002a)。 If the relationship (if at decision block 1001 of "yes"), engine 244 and save the original state (block 1002), declares the "stop" state (block 1002a). 次に、エンジン244は、接続がRPCエンジンに示唆されていたか否かを判定する(判定ブロック1003)。 Next, the engine 244, the connection is determined whether has been suggested in RPC engine (decision block 1003). されていれば、エンジン244は切断イベントを示唆し(ブロック1004)、「ポスト・モーテム」状態を宣言して(ブロック1003a)、該接続に割り当てられていたリソースを解放し(ブロック1005)、元の状態が保留中の状態より大きいか否かを判定する(判定ブロック1006)。 If it is, the engine 244 indicating the disconnection event (block 1004), declares a "post-mortem" state (block 1003a), to release the resources allocated to the connection (block 1005), the original state determines greater or not than a pending state (decision block 1006). 元の状態が保留中の状態より大きくなければ、(判定ブロック1006で「ノー」の場合)、処理は、呼び出しルーチンに戻るべく、ブロック1012に移る(ブロック1007)。 If the original state is not greater than the state of the pending (if in decision block 1006 of "no"), the processing, to return to the calling routine moves to block 1012 (block 1007). 元の状態が保留中の状態より大きい場合には、エンジン244は、上記要求が受信フレームと関係しているかどうかを判定する(判定ブロック1008)。 If the original state is greater than a pending state, the engine 244 determines whether the request is associated with the received frame (decision block 1008). 中止要求が受信フレームと関係していて、受信フレームが中止フレームである場合(判定ブロック1009)、受信フレームは呼び出しルーチンに戻る(ブロック1012)前に破棄される(ブロック1011)。 Stop request is not related to the received frame, if the received frame is a stop frame (decision block 1009), the received frame is discarded before returning to the calling routine (block 1012) (block 1011).
【0177】 [0177]
(ローミング制御の例) (Example of the roaming control)
再度図1を参照すると、モバイルネットワーク108は、それぞれ別のネットワーク相互接続(107a〜107k、無線トランシーバ106a〜106kにそれぞれ対応)を提供する、複数のセグメントを含んでいてもよい。 Referring again to FIG. 1, mobile network 108, separate networks interconnected to provide a (107A~107k, respectively corresponding to the wireless transceiver 106A~106k), may include a plurality of segments. 本発明の別の側面において、モビリティ管理サーバ102を含むネットワーク108は、モバイル端末システム104があるネットワーク相互接続から別のネットワーク相互接続へと移る「ローミング」状況を、余裕を持って(gracefully)扱うことができる。 In another aspect of the present invention, network 108 includes a mobility management server 102 deals with the "roaming" status moving from network interconnection with mobile terminal system 104 to another network interconnection, with a margin (gracefully) be able to. 一般に、ネットワーク108のトポロジは、管理等の理由により、いくつかのセグメント(サブネット)に分けられ、一般的には、あるセグメントにおいて、別個のネットワーク(伝送)アドレスが複数のモバイル端末システム104それぞれに割り当てられている。 In general, the topology of the network 108, for reasons such as the management, several segments divided into (subnet), generally, in a segment, a separate network (transmission) addresses to a plurality of mobile terminal systems 104 respectively It is allocated.
【0178】 [0178]
上記のようなサブネットで新規に起動したネットワーク装置は、動的ホスト構成プロトコル(DHCP)を使用して、自動的に設定されるのが一般的である。 Network devices that started a new subnet, such as described above, using the Dynamic Host Configuration Protocol (DHCP), it is common that is automatically set. 例えば、サブネット上のDHCPサーバは、一般的に、そのクライアントに(他のものの提供に加えて)有効なネットワークアドレスを「リース」する。 For example, DHCP server on the subnet, generally, to the client (in addition to providing other things) a valid network address to "lease". DHCPクライアントは、永続的に割り当てられた、「固定符号化された(hard−coded)」ネットワークアドレスを有していなくてもよい。 DHCP client, permanently assigned or may not have a "fixed coded (hard-coded)" network address. その代わり、ブート時に、DHCPクライアントはDHCPサーバにネットワークアドレスを要求する。 Instead, at boot time, DHCP client requests a network address to the DHCP server. DHCPサーバは、割り当てに使用可能なネットワークアドレスをプールしている。 DHCP server are pooled network addresses available for assignment. DHCPクライアントがネットワークアドレスを要求すると、DHCPサーバはプールしていたアドレスを、該クライアントに割り当てあるいはリースする。 If DHCP client requests a network address, DHCP server address which has been pooled and allocated or leased to the client. 割り当てられたネットワークアドレスは、特定の期間(リース期間)だけ、クライアントに所有される。 Network address assigned, only a specific period (lease period), owned by the client. リース期間が終わると、ネットワークアドレスはプールに戻され、他のクライアントへの割り当てに使用できるようになる。 If the lease period ends, the network address is returned to the pool, made available for assignment to other clients. ネットワークアドレスの自動割り当てに加え、DHCPはネットマスク等の設定情報を、DHCPクライアントソフトウェアを動作させているクライアントに提供する。 In addition to the automatic assignment of network addresses, DHCP is setting information such as netmask, provided to clients are running DHCP client software. 標準的なDHCPプロトコルについての詳しい情報は、RFC2131に記載されている。 More information about the standard DHCP protocol is described in RFC2131.
【0179】 [0179]
よって、DHCPを使用するモバイル端末システム104が、サブネットからサブネットへとローミングすると、該システムは新規のネットワークアドレスを持つことになる。 Therefore, the mobile terminal system 104 to use DHCP, when roaming from subnet to subnet, the system will have a new network address. 本発明の一側面において、モバイル端末システム104とモビリティ管理サーバ102とがDHCPの自動設定機能を利用し協調することで、モビリティ管理サーバによるモバイル端末システム104の「新しい」ネットワークアドレスの認識や、該アドレスと、モビリティ管理サーバがプロキシする、以前に確立されていた接続との結合が保証される。 In one aspect of the present invention, by a mobile terminal system 104 and mobility management server 102 is coordinated using the automatic setting function of DHCP, recognition and the "new" network address of the mobile terminal system 104 according to a mobility management server, the address, the mobility management server proxy binding to the connection established previously is ensured.
【0180】 [0180]
ある実施例では、モバイル端末システム104が別のサブネットにローミングしたり圏外に出たりしたか否かを判定するために利用される、他の標準的な方法と並んで、エコー要求−応答(echo request−response)として、標準的なクライアント/サーバ型同報通信用のDHCP Discover/Offerメッセージのシーケンスが使用される。 In some embodiments, a mobile terminal system 104 is utilized to determine whether or out out-of-service or roams to another subnet, along with other standard methods, echo request - response (echo as request-response), a sequence of DHCP Discover / Offer from messages of a standard client / server broadcast communication is used. 標準的なDHCPプロトコルに従って、ネットワークアドレスを要求するモバイル端末システム104が、DHCP Discoverメッセージの一部として、クライアント識別子とハードウェアのアドレスとを定期的に同報通信すると、これに対し、DHCPサーバはOffer応答を同報通信する(要求しているモバイル端末システムがまだネットワークアドレスを持っていないため、該システムを特定して該応答を送るというよりも、同報通信によって該応答が伝えられるという形になる)。 According to standard DHCP protocol, a mobile terminal system 104 requesting the network address as part of DHCP Discover message and periodically broadcasts the address of the client identifier and hardware, contrast, DHCP server broadcasts Offer response (because the mobile terminal systems that request does not yet have a network address, rather than sending the response to identify the system, the form of the response is transmitted by the broadcast become). よって、当該サブネット上の全てのモバイル端末システム104は、DHCP Offerサーバからの、同サブネット上のどのモバイル端末システムに同報通信された応答であっても受信することになる。 Accordingly, all mobile terminal system 104 on the subnet will receive even from the DHCP Offer server was broadcast communication in which mobile terminal system on the subnet respond.
【0181】 [0181]
本実施例では、DHCP同報通信メッセージをモニターするDHCPリスナが設けられており、モバイル端末システム104が、あるサブネットから別のサブネットへローミングしているか、およびDHCPによって新規のネットワークアドレスが取得できるようになっているかが確認される。 In the present embodiment, it is provided with a DHCP listener to monitor the DHCP broadcast message, the mobile terminal system 104, or is roaming from one subnet to another, and to be able to acquire a new network address by DHCP and it is now is confirmed. 図16は、DHCPリスナのデータ構造の例を示している。 Figure 16 shows an example of the data structure of the DHCP listener. 例えば、モバイル端末システムのリスナのデータ構造902は、以下の要素を有していてもよい。 For example, the data structure 902 of the listener mobile terminal system may have the following elements.
【0182】 [0182]
・サーバデータ構造の連結リスト、 A consolidated list of server data structure,
・整数トランザクションID番号(xid)、 - integer transaction ID number (xid),
・カウンタ(「ping」)、および・タイムアウト値サーバデータ構造904は、それぞれ別のDHCPサーバを定義するデータブロックの連結リストを有していてもよい。 Counter ( "ping"), and timeout values ​​server data structures 904 may each have a linked list of data blocks defining a different DHCP server. 該データブロックそれぞれは、以下の要素を有していてもよい。 Each said data blocks may have the following elements.
【0183】 [0183]
・次のサーバへのポインタ、 Pointer to the next server,
・サーバID(DHCPサーバのネットワークアドレス)、 Server ID (network address of the DHCP server),
・最近該DHCPサーバと結合したBOOTPリレーエージェントのアドレス(giaddr)、 · Recent BOOTP relay agent address bound to the DHCP server (giaddr),
・「ping」値(socket−>ping)、および・フラグこれらのデータ構造は、ネットワーク108上のDHCP同報通信トラフィックに基づいて、持続的にアップデートされる。 · "Ping" value (socket-> ping), and flags these data structures on the basis of the DHCP broadcast traffic on the network 108, it is continuously updated. 以下に例示の諸機能は、該データ構造の維持に使用される。 The functions illustrated below is used to maintain the data structure.
【0184】 [0184]
・roamCreate() (変数を初期化) · RoamCreate () (initializing the variable)
・roamDeinitialize() (全てのリスナを消去) · RoamDeinitialize () (erase all of the listeners)
・roamSrartIndications() (モバイル端末システムがローミングするかインターフェイスを変更した際に、登録主体ローミング示唆(registrant roaming indications)のために、供給されたコールバックルーチンを呼び出す) · RoamSrartIndications () (when the mobile terminal system has changed or interface to roam, for registration subject roaming suggested (registrant roaming indications), call the supplied callback routine)
・roamStopIndications() (適当なコールバックをリストから除去して登録ローミング示唆を停止) · RoamStopIndications () (stop the registration roaming suggestion to remove from the list the appropriate callback)
・インターフェイス変更(インターフェイスがネットワークアドレスを変更したことを示す、OSからのコールバック通知) Interface change (indicating that the interface has changed the network address, callback notification from the OS)
・リスナ信号(ローミング、圏外、圏内復帰のいずれかの状態を示す、リスナからのインターフェイスごとのコールバック) Listener signal (roaming out of range, indicating either a state of restitute callback per interface from the listener)
これに加え、リフレッシュ処理が、インターフェイス変更後にリスナをアップデートするために利用されてもよい。 Additionally, the refresh process may be utilized to update the listener after the interface changes.
【0185】 [0185]
本好ましい実施形態では、全てのモバイル端末システム104が、DHCP Discover要求によって同じクライアント識別子とハードウェアアドレスとを伝送する。 In the present preferred embodiment, all mobile terminal system 104, and transmits the same client identifier and hardware address by DHCP Discover request. これにより、リスナのデータ構造とこれに関連する処理とが、モバイル端末システムからのDiscover要求と、他のネットワーク装置からのDiscover要求とを、区別することができるようになる。 Thereby, the processing related to the data structure of the listener, and Discover request from a mobile terminal system, a Discover request from another network device, it is possible to distinguish. DHCPサーバも同様に応答を同報通信するので、どのモバイル端末システム104および/またはモビリティ管理サーバ102も、DHCPサーバからどのモバイル端末システムに出されたOffer応答でも受け取ることができる。 Since DHCP server also broadcasts the response in the same manner, which mobile terminal system 104 and / or the mobility management server 102 may also receive in Offer Response issued in which mobile terminal system from the DHCP server. 複数のDHCPサーバが単一のDHCP Discover要求に応答できるため、図16のリスナのデータ構造は、サーバからの応答それぞれを、メインハンドルに連結リスト経由で結びつけられた、個別のデータブロックに記憶する。 Because multiple DHCP servers can respond to a single DHCP Discover request, the data structure of the listener of Figure 16, each response from the server, tied via linked list to the main handle, and stores the individual data blocks .
【0186】 [0186]
所定のクライアントハードウェアアドレスおよびクライアント識別子を有するDiscover要求の受信に際し、本好ましい実施形態では、該要求がモバイル端末システム104から送られてきたものとして認識される。 Upon reception of the Discover request with a given client hardware address and client identifier, in this preferred embodiment, is recognized as the request is sent from the mobile terminal system 104. 該メッセージが0に設定されたBOOTPリレーアドレスをさらに有している場合、該メッセージはリスナと同じサブネットからのものであることが示唆されている。 If the message is further have a BOOTP relay address set to 0, the message has been suggested to be from the same subnet as the listener. リスナは、最近モバイル端末システム104から送られたDiscoverメッセージのトランザクションID(xid)と対応したトランザクションID(xid)が含まれていない限り、DHCP Offer応答を無視してもよい。 Listener recently as far as there is no transaction ID Discover message sent from a mobile terminal system 104 (xid) and the corresponding transaction ID (xid), may ignore the DHCP Offer Response. 該リスナは、新規のBOOTPリレーエージェントIDおよび/または提供されたサブネットマスクでマスクされた、提供されたネットワークアドレスを持つ、既知のサーバから応答があれば、モバイル端末システム104がローミングしたと判定する。 The listener determines masked with the new BOOTP relay agent ID and / or the provided subnet mask, having a network address provided, if there is a response from the known server, a mobile terminal system 104 has roamed . リスナは、旧サーバから肯定応答を受け取って初めて、新サーバを図16のデータ構造に加える。 Listener, for the first time it receives an acknowledgment from the old server, add the new server to the data structure of Figure 16. リスナが新サーバからの応答は受け取ったが旧サーバからは受け取っていない場合、ローミング状態が示唆される(これについては設定によって変更可能である)。 If it listener receives the response from the new server does not receive from the old server, roaming status is suggested (for this can be changed by setting). リスナが新旧両サーバのどちらからも応答を受け取っていない場合、リスナは圏外にあると判定される(この判定は、アプリケーションなど上層に警告を出して、停止や、バッファ・オーバーフロー回避のためのデータ送信量の減少に利用できる)。 If the listener has not received a response from either old and new servers, listener is the (this determination determines that the out of range, issue a warning to the upper layer such as applications, stop or data for buffer overflow avoidance It can be used to decrease the transmission amount).
【0187】 [0187]
リスナがどのサーバからも応答を受信しない場合、参照点が無いため、ローミングが行われているかどうかが判定できない。 If the listener does not receive a response from any server, since the reference point is not, it can not be determined whether the roaming is performed. この状況は、タイムアウト後にエラー警告して、呼び出し側に処理を再試行させることによって解消される。 This situation is an error warning after a timeout, is solved by retry processing to the caller. 本好ましい実施形態では、新規のBOOTPリレーエージェントID(または提供されたサブネットマスクでマスクされた、提供されたネットワークアドレス)を持つ、既知のサーバから応答があれば、モバイル端末システム104がローミングしたと判定する。 In this preferred embodiment, (masked by or provided subnet mask, network address provided) novel BOOTP relay agent ID with, if there is a response from the known servers, mobile terminal system 104 has roamed and judge. リスナのデータ構造に、新サーバからの応答はあったが旧サーバからのものは無い場合、ローミングが行われた可能性はあるが、旧サーバからの応答がその後あるかもしれないので、待機して通知を遅らせる。 The data structure of the listener, when there was the response from the new server nothing from the old server, since roaming but there is a possibility that has been performed, it may be a response from the old server is then waits Te delay the notification. 新旧どちらのサーバからも応答が無い場合、モバイル端末システム104は圏外にある可能性があるので、モビリティ管理サーバ102は該システムが圏内に戻るのを待つ。 If there is no response from new or old server, since the mobile terminal system 104 may be in an out of range, the mobility management server 102 waits for the system to return to within.
【0188】 [0188]
図17は、本好ましい実施形態のリスナ処理のステップを例示したフローチャートである。 Figure 17 is a flowchart illustrating the steps of the listener process of this preferred embodiment. 同図によると、DHCPリスナ処理は、適切なメモリをハンドルに割り当て、NALソケットをDHCPクライアントおよびサーバUDPポートに解放し、その両者に対して受信コールバックを設定することによってなされる。 According to the figure, DHCP listener process, assign the appropriate memory to handle, it releases the NAL socket to the DHCP client and server UDP port is done by setting the receive callback to both. 次にタイマーが設定され(ブロック802)、上記処理は「待機」状態に入ってローミング関連のイベントを待つ(ブロック804)。 Then the timer is set (block 802), the process waits for a roaming-related events entered the "standby" state (block 804). イベントは、以下の3種の外部入力によって引き起こされる。 Event is caused by the following three external inputs.
【0189】 [0189]
・DHCPサーバパケットを受信する・他のモバイル端末システムからのDHCPクライアントパケットを受信する ・タイマーの期限が切れるDHCPサーバパケットを受信した場合、該パケットは、そのクライアント識別子が所定のクライアントIDと一致するか否かを判定するために調べられる(判定ブロック806)。 · If the period of the timer for receiving a DHCP client packet from-another mobile terminal system that receives the DHCP server packet receives a DHCP server packet expires, the packet is consistent that client identifier is a predetermined client ID It is examined to determine whether (decision block 806). 一致しなければ、該パケットは破棄される。 If they do not match, the packet is discarded. しかし、該パケットが所定のクライアントIDを含んでいる場合、該パケットがDHCP Offerパケットであるか否かが判定される(判定ブロック808)。 However, if the packet contains a given client ID, the packet is whether the DHCP Offer packet is determined (decision block 808). 該Offerパケットは、最近送られたDHCP Discoverシーケンスに対応したトランザクションIDを含んでいない限り、拒絶される。 The Offer packet, unless contain the transaction ID that corresponds to the recently sent DHCP Discover sequence, are rejected.
【0190】 [0190]
パケットトランザクションIDが対応していれば(ブロック810)、DHCP Offerパケットを送信したサーバが既知であるか否か(つまり、サーバIDが図16のリスナのデータ構造に含まれているか否か)が判定される(ブロック812)。 If the packet transaction ID if compatible (block 810), whether a known server that sent the DHCP Offer packet (i.e., whether the server ID is included in the data structure of the listener in FIG. 16) It is determined (block 812). サーバIDがリストに無い場合(判定ブロック812で「ノー」の場合)、サーバIDがリストに加えられ、「新規」とマークされる(あるいは、リストの最初のサーバであれば、「最初」とマークされる)(ブロック822)。 If the server ID is not listed (if at decision block 812 the "no"), the server ID is added to the list, it is marked as "new" (or, if the first server in the list, the "first" is marked) (block 822). サーバが既にリストにある場合(判定ブロック812で「イエス」の場合)、さらに、パケットBOOTPリレーアドレス(「GIADDR」)がサーバアドレス(「GIADDR」)に対応しているか否かが判定される(判定ブロック814)。 If the server is already in the list ( "yes" in decision block 812), further, the packet BOOTP relay address ( "GIADDR") whether corresponds to the server address ( "GIADDR") is determined ( decision block 814). 対応していなければ、Offerパケットは他のサブネットからのものということになるので、「ハードローミング(hard roam)」が実行されたと判定される(ブロック816)。 Should correspond, since the Offer packets it comes to those from other subnets, is determined to be "hard Roaming (hard roam)" is executed (block 816). 呼び出し側のアプリケーションには、ローミングが行われたことが通知される。 The calling application is notified that the roaming is performed. 判定ブロック814でBOOTPリレーアドレスが対応していると判定されると、ローミングは行われていないということになり、サーバ受信時間を記録し、リストの他のサーバ全てについて「新規」フラグをリセットし、現在のping番号をサーバに記憶するというリスナ処理が行われる(ブロック818、820)。 When BOOTP relay address at decision block 814 it is determined that corresponds, roaming will be that not performed, and records the server receive time, and reset the "New" flag for all other servers in the list , the listener process is performed that stores the current ping number to the server (block 818, 820). 続いて、処理は「待機」期間に戻る。 Then, the process returns to the "waiting" period.
【0191】 [0191]
イベントがクライアントパケットに受信されると、リスナ処理では、該パケットが所定のクライアントIDを有しているか、DHCP Discoverパケットか、および0のパケットBOOTPリレーアドレス(GIADDR)を有しているかどうかが判定される(ブロック824、826、828)。 When an event is received in the client packet, in the listener process, it determines whether the packet has a given client ID, whether it has a DHCP Discover packet or, and 0 of the packet BOOTP relay address (GIADDR) is is (block 824, 826, 828). これらのステップにより、上記受信パケットが、リスナと同じサブネット上にある、他のモバイル端末システムから送信されたDHCP Discoverメッセージであるか否かが判定される。 These steps, the received packet is in the same subnet as the listener, whether the DHCP Discover message sent from another mobile terminal system is determined. そうであれば、リスナ処理により、上記トランザクションIDが、後に受信されるDHCP Offerパケットの比較に用いられる、ピアのトランザクションIDに設定され(ブロック830)、「ping確認」が呼び出され(ブロック834)、タイマーがリセットされる(ブロック836)。 If so, the listener process, the transaction ID is used to compare the DHCP Offer packet received later is set in the transaction ID of the peer (block 830), "ping confirmation" is called (block 834) , the timer is reset (block 836).
【0192】 [0192]
タイマーの期限切れにより、処理は「ping確認」を呼び出す(ブロック838)。 By the expiration of the timer, the process calls the "ping confirmation" (block 838). 本好ましい実施形態における「ping」は、ランダムな新規のxidを有するDHCP Discoverパケットである。 "Ping" in the present preferred embodiment is a DHCP Discover packets with random new xid. このping確認838のステップが、図17Aに例示されている。 The steps of the ping confirmation 838 is illustrated in Figure 17A. ping確認ルーチンの目的は、「ソフトローミング(soft roam)」状態(つまり、モバイル端末システムが、一時的にサブネットとのコンタクトを失ったもののその後回復したが、まだ他のサブネットにローミングはしていない状態)が発生しているか否かの判定である。 The purpose of ping confirmation routine, "soft roaming (soft roam)" state (in other words, the mobile terminal system, temporarily but recovered afterwards but lost contact with the subnet, not is still roaming in another subnet state) is a determination of whether or not occurring. 処理によって、サブネット・ローミング状態、圏外状態、あるいは「サーバ無し」状態が発生しているか否かが判定される。 By treatment subnet roaming status, whether out-of-range condition, or is "no server" state has occurred is determined. これらを言い換えると以下のようになる。 These words and as it follows.
【0193】 [0193]
・モバイル端末システムが、あるサブネットから別のものにローミングしたか? • Are mobile terminal system, was roaming from one subnet to another one?
・モバイル端末システムは圏外にあるか? • Are mobile terminal system is out of range?
・DHCPサーバは不在か? · DHCP server is absent?
これらの状態は、モバイル端末システムの、前「ping」応答と現「ping」応答とを比較することによって判定される(判定ブロック846、850)。 These states of the mobile terminal system, is determined by comparing the prior "ping" response and the current "ping" response (decision block 846,850). 例えば、現ping数から旧サーバの前ping応答を引いた数が、サブネットのサーバのpingよりも大きく、少なくとも一つのサーバが「新規」とマークされている場合、別のサーバへのサブネット・ローミングがあったということになる。 For example, the number obtained by subtracting the previous ping response of the old server from the current ping number is greater than the ping of the server subnet, if at least one of the server is marked as "new", subnet roaming to another server it comes to there is. この論理により、コーリング処理に対し、サブネット・ローミング状態、圏外状態、あるいはサーバ無し状態が示唆される(あるいはいずれも示唆されない)。 This logic, to calling process, subnet roaming status, out-of-range condition, or server without condition (not suggested neither or) is suggested.
【0194】 [0194]
図18は、モバイル端末システム104のローミング制御センター(roaming control center)が実行するステップを例示したフローチャートである。 Figure 18 is a flow chart illustrating the steps roaming control center of a mobile terminal system 104 (roaming control center) is executed. モバイル端末システム104でのローミングを可能にするため、既知のアドレスのリストが0に初期化され(ブロック850)、OSインターフェイス変更通知がイネーブルになり(ブロック852)、次に、OSを呼び出して、DHCPを利用する現在のアドレスのリストを所得する(ブロック854)。 To allow roaming mobile terminal system 104, a list of known addresses are initialized to 0 (block 850), OS interface change notification is enabled (block 852), then calls the OS, to income a list of the current address to use DHCP (block 854). 現在のリストから無くなった全ての既知のアドレスに対応するリスナが閉じられ(ブロック856)、一方、現在のリストにあるが未知のインターフェイスにあるリスナが開放される(ブロック858)。 Is closed listener corresponding to all known addresses missing from the current list (block 856), whereas, although the current list listener in the unknown interface is opened (block 858). 次に、登録主体に「ローミング」を示唆する(ブロック860)。 Then, I suggest the "roaming" in the registration entity (block 860).
【0195】 [0195]
図17のリスナ処理から信号が送られると(ブロック862)、該信号が、「ローミング」、「圏外」、「圏内復帰」のいずれの状態を示しているかが判定される(判定ブロック864、870、874)。 When the signal from the listener process in FIG. 17 is sent (block 862), is the signal, "roaming", "out of range", or indicates any state of "restitute" is determined (decision block 864,870 , 874). ローミング信号(判定ブロック864で「イエス」)により、対応するリスナ866が閉じられ、OSがコールされて、ネットワークアドレスのDHCPリースが解放、更新される(ブロック868)。 Roaming signals ( "yes" in decision block 864), the corresponding listener 866 is closed, OS is called, DHCP lease network address released, is updated (block 868). リスナ信号が「圏外」の場合(判定ブロック870)、該状態が登録主体に示唆される(ブロック872)。 If listeners signal is "out of range" (decision block 870), the condition is suggested in the registration entity (block 872). 該信号が「圏内復帰」の場合(判定ブロック874)、該状態は全ての登録主体に示唆される(ブロック876)。 If the signal is "restitute" (decision block 874), the condition is suggested to all registered entities (block 876). 無効のローミング命令を受信すると(ブロック878)、全てのリスナが閉じられ(ブロック880)、OSインターフェイス変更通知が無効になる(ブロック882)。 Upon receiving an invalid roaming instruction (Block 878), all listeners are closed (block 880), OS interface change notification is disabled (block 882).
【0196】 [0196]
(インターフェイスによって補助されたローミングのリスナの例) (Examples of roaming listener assisted by the interface)
さらに、インターフェイスベースのリスナによって、同じネットワークおよび別のネットワーク媒体のネットワーク接続ポイントを横断したローミングが可能になる。 Further, the interface-based listener, roaming across a network connection points of the same network and another network media is available. 該インターフェイスベースのリスナが上述のビーコン技術を要することなく動作する一方、下層の(複数の)インターフェイスが適切な信号をサポートしていない場合には、システムをビーコン状態にフォールバックさせることもできる。 While the interface-based listener operates without requiring a beacon technology described above, when the lower layer (s) interface does not support a suitable signal can also be fallback system beacon state.
【0197】 [0197]
本実施形態において、インターフェイスベースのリスナは、ネットワーク・インターフェイス・アダプタからの(例えば低レベルのインターフェイス・ローミング・ドライバを経由した)情報を、ネットワークスタックからの情報と統合して、モバイルノードが新規のネットワーク接続ポイントに移動したか否かを判定する。 In this embodiment, the interface-based listener, from the network interface adapter (e.g. via the low-level interface roaming driver) information, integrates the information from the network stack, the mobile node is new It determines whether to move to the network attachment point. 図19Aと19Bは、モバイルノードの移動パス(migration path)を効率的に決定するのに利用される、リスナ・アルゴリズムを例示する。 Figure 19A and 19B are used to determine the movement path of a mobile node (migration path) effectively illustrates the listener algorithm. 該処理では、単一のネットワーク媒体に接続された単一のネットワーク・インターフェイスが使用されているが、単独で、もしくは他のローミング・アルゴリズムと協働して、(例えば、冗長パスを使った自己回復インフラ構築のために)様々なネットワーク媒体やインターフェイスを横断するようにもできる。 In the processing, a single network interface connected to a single network medium is used, either alone, or other roaming algorithm and cooperate with (e.g., redundant paths self recovery infrastructure for construction) can also transverse to the various network media and interfaces.
【0198】 [0198]
図19Aを参照すると、システム初期化時や、ネットワークアダプタドライバがロードする際に(図19A、ブロック2000)、低レベルのインターフェイス・ローミング・ドライバは、図18のローミング制御センターモジュールに登録を実行する(ブロック2010)。 Referring to FIG. 19A, and at system initialization, when the network adapter driver loads (Figure 19A, block 2000), the low-level interface roaming driver performs registration to the roaming control center module of FIG. 18 (block 2010). このような登録(例示の実施形態では、crRegisterCardHandler()機能を通じて実現される)により、下記のエントリポイントが与えられる。 (In the illustrated embodiment, CrRegisterCardHandler () is implemented through functions) such registration by given entry point below.
【0199】 [0199]
・開・閉・状態(status)取得・ドライバが登録主体に状態の変化を通知可能であれば、ブール演算を真とし、ローミング制御センターモジュールが、状態確認にタイマーベース(等)のポーリングを使わなければならない場合は、ブール演算を偽とする実施例のcrRegisterCardHandler()機能により、インターフェイス記述ストリング、あるいはローミング制御センターモジュールを正しいローミングドライバと予備的に組み合わせるために使用できるトークンが与えられる。 · Opening and closing-state (status) acquisition driver notifies the change of state in the registration mainly if the Boolean operation is true, a roaming control center module, used to poll the timer-based (etc.) to the state confirmation If must, by crRegisterCardHandler () function of the embodiment of the Boolean operations as false, usable token is provided to combine interface description string or a preliminarily correct roaming driver roaming control center module. また、デフォルトのローミングドライバが、示唆/問合せ(signaling/querying)媒体接続性およびネットワーク接続ポイントの変更に関するOS包括メカニズム(O/S generic mechanism)を使用するインターフェイスに、インストールされてもよい。 Also, the default roaming driver, the interfaces that use suggests / inquiry (signaling / querying) media connectivity and OS comprehensive mechanism for network attachment point change (O / S generic mechanism), it may be installed.
【0200】 [0200]
本実施例では、インターフェイスの状態がイネーブルになると(つまりネットワークへのアクセスが可能になると)(ブロック2020)、ローミング制御センターは、インターフェイス補助ローミング(interface assisted roaming; IAR)を、以下のステップに基づいて試みる(ただし、以下のステップは、OSの設計および/または特定のアプリケーションに使われるホスティング装置によって、入れ替えられたり省略されたりすることがある)。 In this embodiment, the state of the interface is enabled (that is, when it is possible to access to the network) (block 2020), the roaming control center interface assist roaming; a (in interface assisted roaming IAR), based on the following steps attempting Te (However, the following steps, by the hosting device used in OS design and / or specific applications, there can be or omitted interchanged).
【0201】 [0201]
1. 1. 包括ハンドラ(generic handler)がインストールされている場合、包括crOpenInstance()ハンドラへのコールがなされる。 If generic handler (generic handler) is installed, it calls to inclusive crOpenInstance () handler is done. 包括ハンドラは低レベルアダプタドライバに問合せをして、該ドライバが、媒体接続性の状態およびネットワーク接続ポイントの変更に関する信号を包括的にサポートしているか否かを判定する(ブロック2030)。 Comprehensive handler can query the low level adapter driver, the driver determines whether or not comprehensive support for signals about changes in status and network attachment point of the medium connectivity (block 2030). インターフェイスドライバが該機能を包括的にサポートできない場合(判定ブロック2030で「ノー」の場合)、エラー状態が、コール実行側に返され、信号情報の取得に他のメカニズムを使用することが示唆される。 If the interface driver can not comprehensive support for the function (if at decision block 2030 of "no"), the error condition is returned to the call execution side, it is suggested to use other mechanisms to obtain signal information that.
【0202】 [0202]
2. 2. 包括ハンドラがエラー(判定ブロック2030で「ノー」)を返した場合、アクティブなインターフェイスに関する検索が、現在登録されているローミングドライバにおいて実行される(ブロック2040)。 If the comprehensive handler returns an error ( "no" in decision block 2030), the search about active interface is performed in the roaming drivers currently registered (block 2040). 該インターフェイスが、crRegisterCardHandler()フェイズ中に登録されたトークンのうちの一つと一致する場合(ブロック2050)、ローミング制御センターは、アダプタのインスタンスへの特定のcrOpenInstance()をコールする。 The interface is, if it matches the one of the token registered in CrRegisterCardHandler () Phase (block 2050), the roaming control center calls the specific CrOpenInstance () to an instance of the adapter. この機能は、低レベルドライバを開き、状態(媒体接続性、ネットワーク接続ポイントID)を再度ポーリングし、定期ポーリングタイマーを(可能ならば)設定することを試みるものである。 This feature opens the low-level driver, the state (medium connectivity, network attachment point ID) polls again, (if possible) a periodic polling timer is intended to try to set. 低レベルドライバが、なんらかの理由で該要求をサポートしていない場合、ローミング制御センターにエラーが返されて、信号情報の取得に他のメカニズムを使用することが示唆される。 Low level drivers, may not support the request for any reason, an error is returned to the roaming control center, the acquisition of the signal information is possible to use other mechanisms are suggested.
【0203】 [0203]
3. 3. ここまでのステップのいずれかが、要求された機能を達成できない場合、エラーがローミング制御センターに返されて、IAR機能を使用せずに、図17および17Aのビーコンリスナ(beaconing listener)、モバイルIP、あるいは場合により、ローミングを扱っている、現在接続されているネットワークなど、他のローミング・アルゴリズムにフォールバックすることが示唆される(判定ブロック2050で「ノー」の場合、ブロック2060)。 Any of the steps up to here, when it is not possible to achieve the requested function, an error is returned to the roaming control center without using the IAR function, 17 and 17A beacon listeners (beaconing listener), Mobile IP or optionally, dealing with roaming and network that is currently connected, it is suggested that the fall back to another roaming algorithm (if at decision block 2050 of "no", block 2060). これ以外の場合、インターフェイス補助ローミングがイネーブルになり(ブロック2060)、ローミング制御センターは下記のアルゴリズムに従う。 Otherwise, the interface auxiliary roaming is enabled (block 2060), the roaming control center according to the following algorithm.
【0204】 [0204]
まず、インターフェイスによって補助されたリスナは、現在の媒体接続性の状態と、ネットワーク接続ポイントの識別情報とを、ローカルデータストアに記録する(ブロック2060)。 First, the listener, which is assisted by the interface, the current state of the media connectivity, and identification information of the network attachment point, is recorded in the local data store (block 2060). インターフェイスによって補助されたサブシステムがローミングフィードバックの供給に成功したと仮定して、該サブシステムは状態イベントを待つ(ブロック2100)。 Assuming subsystem assisted by the interface has successfully supplied roaming feedback, the subsystem awaits a status event (block 2100). 該イベントは、例えば以下のものを有している。 The event has, for example, the following.
【0205】 [0205]
・低レベルローミングドライバからのコールバック、 Call back from the low-level roaming driver,
・ポーリング間隔(timed poll interval)(ブロック2070、2090)、あるいは・ネットワーク・レベルの活動(つまり、伝送/受信にかかわる問題)からの示唆インターフェイスの状態が、媒体接続性に変化が生じたか、あるいはネットワーク接続ポイントが変更されたかを示すと(図19Bの判定ブロック2110もしくは2120で「イエス」の場合)、ローミング制御センターの全てのクライアントに、以下のルールに基づいて、状態の変化が知らされる。 Polling Interval (timed poll interval) (block 2070,2090), or a network-level activities (ie, related problem with the transmission / reception) status suggestions interface from, whether change occurs in the medium connectivity, or (If at decision block 2110 or 2120 of FIG. 19B "yes") when indicating network connection point is changed, all clients roaming control center, based on the following rules, change of state is informed .
【0206】 [0206]
1. 1. 状態が、下層のネットワーク媒体への接続から切断へと変化したことを示し(ブロック2120で「イエス」)、ピアへのパスが他に無い場合、リスナは、モバイル端末システムが接続を失ったと結論付け、ローミング制御センターはそのクライアントに、ROAM_SIGNAL_OUT_OF_CONTACT状態を示唆する(ブロック2140)。 Conclusion state, if indicates that it has changed to disconnected from the connection to the underlying network medium ( "yes" in block 2120), the path to the peer no other listeners, a mobile terminal system loses connectivity with roaming control center indicate that client, the ROAM_SIGNAL_OUT_OF_CONTACT state (block 2140).
【0207】 [0207]
2. 2. 上記状態が、インターフェイスが媒体に再接続され、ネットワーク接続ポイントが変わっていないことを示し(ブロック2120で「ノー」の後、ブロック2150で「ノー」の場合)、ROAM_SIGNAL_OUT_OF_CONTACTが既に示唆されている場合、モバイル端末システムが、特定のネットワーク接続ポイントとのコンタクトを失ったがその後取り戻したことが示唆される。 The state, the interface is reconnected to the medium (after block 2120 of "no", the case of "no" in block 2150) network attachment point indicates that has not changed, if the ROAM_SIGNAL_OUT_OF_CONTACT has already been suggested , mobile terminal system has lost contact with the particular network connection point suggests that regained thereafter. この場合、ローミング制御センターは、適切なアクセスのために登録または取得された全てのネットワークアドレスを再確認し(ブロック2170)、ROAM_SIGNAL_ROAM_SAME_SUBNETを出して(ブロック2180)、ローミング制御センターのクライアントに、再接続が行われたので、トランスポート・レベルでの通信の再確立に必要な措置を全て実行するように警告する。 In this case, the roaming control center is to re-check all network address registered or obtained for appropriate access (block 2170), issue the ROAM_SIGNAL_ROAM_SAME_SUBNET (block 2180), the client roaming control center, reconnect since has been performed, a warning to perform all the necessary measures to re-establish communication at the transport level. 例えば、サービス中断中にいくつかのデータが失われることがあれば、クライアントは該データを回復するために措置を講じるといったことである。 For example, if there is that some of the data in the service interruption is lost, the client is to such measures in order to recover the data.
【0208】 [0208]
3. 3. 上記状態が、インターフェイスが媒体に取り付けられているが、ネットワーク接続ポイントが変更されたことを示している場合(ブロック2150で「イエス」の場合)、ローミング制御センターはクライアントに、ローミング状態になったことを示唆する。 The state, the interface but is attached to the medium, (if at block 2150 the "yes") when the identification information indicates that the network connection point is changed, the roaming control center to the client, becomes roaming state suggesting that. ネットワーク接続ポイント間のハンドオフをさらに効率的にサポートするために、本例のローミング制御センターは、ローカルデータストアと並行して学習アルゴリズムを使用している。 To further efficiently support handoff between network attachment point, the roaming control center of the present embodiment uses a learning algorithm in parallel with the local data store. 該データストアは、通常動的にポピュレートされている(学習している)が、パフォーマンス向上のため、該データストアに静的な情報(既に学習された情報)が準備されていてもよい。 The data store, usually are dynamically populated (are learning) is, for better performance, static information in the data store (already information that has been learned) may be prepared. データストア自体は、ネットワーク接続ポイント識別子のリストを、ネットワークや媒体へのアクセスのアドレスやネットワークマスクなどの情報とともに維持している。 Data store itself, the list of network attachment point identifier, and maintained with information such as address and network mask of access to the network or medium. この「ネットワーク・トポロジ・マップ」は、ローミング制御センターがクライアントに対して正しい信号の生成を決定できるように補助するものである。 The "network topology map" is intended to roaming control center to assist to allow determination of the generation of the correct signal to the client.
【0209】 [0209]
正しい信号の決定は、本実施例では以下のようにしてなされる。 Determination of the correct signal, in the present embodiment is performed as follows.
【0210】 [0210]
a)データストアのネットワーク・トポロジ・マップを検索して、インターフェイスが特定のネットワーク接続ポイントを訪れたか否かが判定される(ブロック2190)。 Searching for network topology map for a) data store, whether the interface has visited a particular network connection point is determined (block 2190). 対応が見つかれば(ブロック2200で「イエス」)、該ネットワーク接続ポイントが、以前にインターフェイスが結合していたのと同じネットワーク・セグメントにあるか否かがさらにチェックされる。 If it finds the corresponding ( "yes" in block 2200), the network attachment point, whether the interface is on the same network segment as that bound is further checked previously. ネットワーク・セグメントが同じであれば、ローミング制御センターは、ROAM_SIGNAL_ROAM_SAME_SUBNETを生成する。 If a network segment are the same, the roaming control center generates ROAM_SIGNAL_ROAM_SAME_SUBNET. これにより、ローミング制御センターのクライアントに、ハンドオフが実行され、ハンドオフ中にデータのいくつかが失われた可能性があるため、直ちにトランスポート・レベルでの通信の再確立をするための可能な限りの措置を講じなければならないことが示唆される。 Thus, the client roaming control center, a handoff is performed, since there is a possibility that some is lost in the data during handoff immediately as much as possible for the re-establishment of communication at the transport level it is suggested that shall take measures.
【0211】 [0211]
b)検索中に対応は発見されたが、新しいネットワーク接続ポイントは前と同じネットワーク・セグメントにない場合、リスナは、モバイル端末システムが別のサブネットワークにローミングしたと結論付ける。 b) While correspond in the search have been found, if the new network attachment point is not on the same network segment as before, listener, it concludes that the mobile terminal system has roamed to another subnetwork. この場合、ローミング制御センターは、 In this case, the roaming control center,
・新規のネットワーク・セグメントで使用可能なアドレスを取得する(ブロック2220)。 · To acquire the available address in the new network segment (block 2220). この動作は、現在のアドレスを新規のセグメントで有効なように登録すること、ローカルサーバからアドレスを(再)取得すること、あるいは以前に割り当てられたアドレスがまだ有効かどうか判定するヒューリスティックな手法を用いてもよい。 This behavior can also register to effective the current address with the new segment, it acquires the address from the local server (re), or heuristics determines whether the previously assigned address is still valid it may be used. 最後のケースでは、ローミング制御センターにより、インターフェイスが所与のネットワーク接続ポイント間をローミングしていて、パフォーマンス維持の観点から、直ちにネットワークアドレスを破棄したり、その登録を抹消したりできないような状態にあるかどうかが判断される。 In the last case, the roaming control center, the interface is not roaming between a given network attachment point, from the viewpoint of performance maintenance, or discard the network address immediately, in a state which can not or cancel the registration whether there is judgment. この例では、(例えばDHCPを通じて)ネットワークでアドレスを取得することは、(モバイルIPの外部エージェントを通じて)ローカルネットワークでアドレスを登録することとは相違している。 In this example, (e.g., DHCP through) obtaining an address on the network are different from the registering the address (Mobile through IP foreign agent) local network. ローミングエンティティは、アドレスを(再)取得(例えばDHCPサーバからのリースを確立/アップデートして)するか、あるいは現アドレスを外部エージェント(モバイルIP)に登録する。 Roaming entity registers the address (re) acquisition (e.g. establish leases from the DHCP server / update with) either, or the current address foreign agent (Mobile IP).
【0212】 [0212]
・別のサブネットへのローミングを示唆する、ROAM_SIGNAL_ローミング信号を、該ローミング制御センターのクライアント向けに生成する(ブロック2230)。 · Suggesting roaming to a different subnet, the ROAM_SIGNAL_ roaming signal, to produce for the client of the roaming control center (block 2230).
【0213】 [0213]
c)検索の結果対応が見つからなければ(ブロック2200で「ノー」)、ネットワーク接続ポイントの識別子、媒体アクセスアドレス、ネットワークマスクや他の補助的な情報によってポピュレートされた、新規の記録を生成する(ブロック2210)。 If c) results for correspondence found ( "no" at block 2200), the identifier of the network attachment point, medium access address, which is populated by a network mask and other ancillary information to generate a new record ( block 2210). 次に、ローミング制御センターはブロック2220および2230を、ネットワークアドレスを取得、登録し、「ローミング」信号を生成するために実行する。 Next, the roaming control center to block 2220 and 2230, obtaining a network address, registered, executes to produce a "roaming" signal.
【0214】 [0214]
上記のインターフェイスによって補助されたローミング技術により、下層のインターフェイス情報へのアクセスができるようになり、自動的かつ効率的に別の有効なネットワークパスを選択することを可能にする、(ユーザおよび/またはシステムによって定義された)付加的なポリシーパラメータが採用できるようになる。 Roaming technology assisted by the interface, will be able to access to the underlying interface information, it makes it possible to select automatically and efficiently another valid network path (user and / or defined by the system) additional policy parameters will be able to adopt. 一つ以上のネットワークが同時に使用可能な場合、サブシステムは、最も負担がかからないパス(ワイドエリア・ネットワークかローカル・エリア・ネットワークかという選択)を選ぶことができる。 If more than one network is available at the same time, the subsystem is able to choose the most burden is not applied paths (selection of whether the wide area network or local area network). これは、帯域幅、(1バイトあたりの)コスト、および/またはサービス品質といった様々なメトリクスによって決定可能である。 This bandwidth can be determined by various metrics such as (per byte) costs, and / or quality of service. この「最低負担ルーティング」技術により、ネットワーク接続の品質、効率、フレーム損失の減少などの点で効果を得ることができる。 This "minimum burden routing" technique, it is possible to obtain quality of the network connection, efficiency, and effectiveness in terms of a decrease in frame loss. 例えば、他の利用可能なヒューリスティクス(媒体接続性、信号強度、再伝送率等)による、「メークビフォアブレーク(make before brake)」ハンドオフ構造が提供可能で、よってローミングノードからの/に向かう継続的なパケットフローの損失を最小化できる。 For example, other available heuristics (medium connectivity, signal strength, retransmission rate, etc) by "make before break (the make before brake)" handoff structure can provide, thus continuing towards / from a roaming node minimize the loss of specific packet flow. 下記のポリシー管理についての記述を参照のこと。 A description of the policy management of the following reference it.
【0215】 [0215]
図20は、インターフェイス補助ローミングトポロジのノードのデータ構造を例示している。 Figure 20 shows an example of the data structure of the node interfaces auxiliary roaming topology. 図20のこのデータ構造は連結リストとして実施されているが、前後のフィールドを省略した配列として表現されることもある。 This data structure of Figure 20 is implemented as a linked list, also be represented as an array is omitted before and after field. 無線ネットワーク・インフラにおいて、「NPOA」は、例えば、アクセスポイントのMACアドレスあるいはモバイルノードが結合している基地局でもよい。 In a wireless network infrastructure, "NPOA" may be, for example, a base station MAC address or the mobile node of the access points are attached. 他のネットワークにおいては、「NPOA」は、介入的なネットワーク相互接続(ゲートウェイ、IWF等)の固有の識別子であってもよい。 In other networks, "NPOA" is interventional network interconnection (gateway, IWF, or the like) may be a unique identifier for. データ構造には静的な情報が予め与えられていてもよいし、動的に情報が学習されてもよい。 It static information in the data structure may be given in advance, dynamically information may be learned. また、ノードそれぞれと、他の情報(例えばMTUのサイズ、待ち時間、コスト、利用可能かどうかなど)とが結合していてもよい。 The node and each other information (e.g., MTU size, latency, cost, and whether available) and may be bonded.
【0216】 [0216]
(特定の競合状態を扱う他の実施例) (Other embodiments dealing with certain race conditions)
さらに行われた実験から、ネットワーク・アダプタの中には、ネットワーク・セグメントに完全登録される前に、媒体と(再)接続されていると誤って信号を出すものがあることが明らかとなった。 From further experiments conducted, in the network adapter, before being fully registered to the network segment, it was revealed that there is one outputting a signal by mistake to have been the medium and (re) connection . 例えば、ローミングの間、ネットワーク識別子を保持する記憶領域はまだ更新されず、従って、システムがこれらのネットワーク・アダプタが同じサブネットにロームバックしたと誤解することが考えられる。 For example, during roaming, storage area for holding network identifier is not updated yet, therefore, contemplated that the system may misunderstand that these network adapters has Rohm back to the same subnet. 最終的には、デバイスが登録を終了すると、記憶領域は新しいネットワーク識別子と共に更新され、さらに別のローミング信号が生成される。 Eventually, when the device exits the registration, storage area is updated with the new network identifier, yet another roaming signal is generated. 両方の情報が一緒にゲートされ、インターフェイスがネットワークでの登録を終了した時に1度だけ信号が送られると、このシナリオ通りに進む。 Both information is gated with the signal only once will be sent when the interface has completed the registration of the network, the process proceeds to the scenario Street. しかし、ポーリングの際、「ネットワークと接続中」を示す信号が以前に生成された場合に、ネットワークIDがいつ有効になるかを判定するのは困難である。 However, during the polling, when the signal indicating "connected to a network" has been previously generated, it is difficult to determine whether the network ID is always enabled.
【0217】 [0217]
基本的に、ローミング中のノードはネットワークと媒体アクセスレベルで通信できるため、事実上媒体と接続状態にあるが、登録プロセスが完了していないので、事実上、リンクを通じていずれのアプリケーションデータを送ることはまだできない。 Basically, since the node roaming can communicate with the network and media access levels, but in a connected state virtually medium, since no registration process is complete, practically, to send any of the application data via link It can not be still. 従って、この状態を補償するのが望ましい。 Therefore, it is desirable to compensate for this condition. このような補償を行う方法の一つとして、一般にはエコー要求/応答パケットとして知られているリンク確認フレームを送ることによってピア接続を判定する方法がある。 One way of performing such compensation, generally there is a method for determining a peer connection by sending a link confirmation frame, known as an echo request / response packet. これらのエコーやpingフレームは1つのピア(ローミング中のノードである可能性が高い)によって生成され、双方向のピア・トゥ・ピア接続が達成可能か判定する。 These echoes and ping frame is generated by one of the peers (likely a node roaming), it is judged whether two-way peer-to-peer connection can be achieved. 要求を出しているピアがその要求に対する応答フレームを受け取る場合、二重通信が実現し終了する。 If the peer making the request receives a response frame to the request, duplex communication is realized ends. この時点で、次に切断状態になるまでNPOA情報が有効であると見なされる。 At this point, NPOA information is considered valid until the next becomes disconnected. また、該当インターフェイス上のピアからのフレーム受領等、他の情報によって、ローミング中のノードが登録プロセスが終了し、双方向通信が達成可能であることが想定可能となる。 The frame received or the like from a peer on that interface, the other information, the nodes in the roaming registration process is finished, it is conceivable way communication is achievable.
【0218】 [0218]
ネットワーク・インターフェイスと内在するプロトコルスタック状況間における別の競合状態は、問題を生じることがある。 Another race condition between the protocol stack situation inherent with a network interface, which may cause a problem. デバイスは、新しいネットワーク・セグメントに移動し、以下のインターフェイスから正確に信号が送られるようにすることは可能であるが、トランスポート・スタック自体はフローするアプリケーションデータのルーティング・テーブルに必要な調整を行わないことがある。 Device moves to a new network segment, the following is a possible to make accurate signal is sent from the interface, the necessary adjustments in the routing table of application data flowing transport stack itself it may not take place. この状態を補償するために、内在するトランスポートのルーティング・テーブルに変更が生じる度に、付加的信号であるROAM_SIGNAL_ROUTE_CHANGEが追加されて生成される。 To compensate for this condition, each time a change in the routing table of the transport inherent occurs, an additional signal ROAM_SIGNAL_ROUTE_CHANGE is generated is added. この信号が示されると、ローミング中のサブシステムクライアントはピア・システムとの接続が達成可能かどうか判定するために必要なアクションは何でも行う。 When this signal is shown, subsystem clients roaming performs whatever actions required in order to determine whether achievable connection with the peer system. これによりローミング中のクライアントは、ルーティング修正がピアへの通信経路に影響を及ぼしたかどうか判定するために、内在するトランスポートのルーティング・テーブルを介して列挙する必要がある。 Thus the client during roaming, for routing modifications to determine whether or affected the communication path to the peer, it is necessary to enumerate through the routing table of the transport inherent. また、上記記載のアルゴリズム等のように、よりイントルーシブな他のアルゴリズムが、ピア間に双方向通信経路が存在することを確認するために行われてもよい。 Further, as an algorithm such as described above, the more intrusive other algorithms may be performed to confirm that the two-way communication path exists between peers.
【0219】 [0219]
(非接続ネットワークを通じたローミング例) (Roaming example through non-connection network)
本発明の非限定的な好ましい実施形態の他の一側面として、いわゆる「非接続ネットワーキング」(disjoint networking)モードでMMS(モビリティ管理サーバ)にアクセスするためのアルゴリズム及び構成がある。 Another aspect of non-limiting preferred embodiments of the present invention, there is an algorithm and configuration for accessing MMS (Mobility Management Server) in the so-called "disconnected Networking" (a disjointed networking) mode. 新しいアルゴリズムによって、あるネットワークからは別のネットワークにおけるネットワークアドレスが分からないような非接続ネットワーク・トポロジにおいても、MMSとの通信を確立する/持続するのに使われる、代替のネットワークアドレスを動的/静的に見つけ出すことができるようになる。 The new algorithm, even in the non-connected network topology as the network address is not known in another network from one network, it is used to establish for / duration of the communication with the MMS, an alternative network address dynamic / it is possible to find out the static.
【0220】 [0220]
一般に、アルゴリズムによって、通信中にMES(モバイル端末システム)に送るための、MMSが利用可能な代替アドレスのリストが可能となる。 In general, the algorithm for sending the MES (mobile terminal system) during communication, MMS is possible list of alternative addresses available. このように、MMSはMESに、一つ以上のMMSネットワークアドレスもしくは他のネットワークに対応した他のMMSのアイデンティティを、単一のネットワークによる通信によって送る。 Thus, MMS is the MES, the identity of one or more MMS network address or other MMS corresponding to another network, and sends the communication by a single network. 一例として、該リストは、回路構築の際に送付可能である。 As an example, the list may be sent in the circuit construction. また、該リストは途中で変更可能である。 In addition, the list can be changed in the middle. この場合、該リストは接続が確立されている間のいかなる時にも更新が可能である。 In this case, the list is capable of updating at any time during which the connection is established.
【0221】 [0221]
MESが別のネットワークへと移動するとき、MESは新規のネットワークの接続ポイントからMMSとコンタクトをとるために、MMSの「エイリアス」(alias)アドレス/アイデンティティのリストを用いる。 When MES is moved to another network, MES is to take the MMS and contact the connection points of the new network, "alias" of MMS (alias) using a list of addresses / identities. これにより、移動前のネットワークと移動後のネットワークとがアドレス、又はその他の情報を共有していなくても、MESは新規のネットワーク接続を通じてMMSとのコンタクトを再確立することができる。 Thus, the network and the network and the address after movement before the movement, or even if no share other information, MES can re-establish contact with the MMS through the new network connection.
【0222】 [0222]
この新しい技術を簡略化したフローチャートを図21に示す。 The this new technology simplified flowchart shown in FIG. 21. MMS102は、2つの異なる非接続ネットワーク、すなわちネットワーク・セグメントN1及びN2と接続しているものとする。 MMS102 shall two different unconnected network, i.e. the network segment N1 and N2 are connected. MES104は、最初にMMS102とネットワークN1を介して接続されるものとする。 MES104 shall be first connected via the MMS102 network N1. ネットワークN1を介してMES104とMMS102との間で接続が確立されるとすぐに、MMS102は、MES104に対して、MMSが一以上の他のネットワーク(例えば、ネットワークN2)から求められるネットワークアドレスのリストL又は他の識別子を送ることができる。 As soon as the connection between the MES104 via a network N1 and MMS 102 is established, MMS 102 is listed for MES104, MMS is another more network (e.g., network N2) of a network address obtained from it is possible to send the L or other identifier. MES104は、該リストLを受け取り、記憶する。 MES104 receives the list L, and stores. その後、MES104は別のネットワーク(N2)に移動する時、MES104はこの記憶されたリストLにアクセスし、それを用いて新規のネットワーク(N2)を通じたMMS102との通信を効果的に再確立することが可能となる。 Thereafter, when MES104 is moved to another network (N2), MES104 accesses the stored list L, effectively re-establish communication with MMS102 through a new network (N2) by using the it becomes possible.
【0223】 [0223]
この新しいアルゴリズムには、非接続ネットワークを通じて、MMS102と通信するための代替ネットワークアドレス又は他の識別子をより効率的に取得することに加え、少なくともいくつかの用途がある。 The new algorithm, through a non-access network, in addition to more efficiently obtain the alternative network address or other identifier for communicating with the MMS 102, there is at least some applications. その用途の一例としてネットワークオペレーションがある。 There are network operations as an example of its application. 例えば、図21に示すアルゴリズムを用いて、多くのネットワーク(いくつか、又は全てが無線ネットワーク)からの安全なファイアウォール/ゲートウェイ、及びコーポレートバックボーンとしてMMS102が使用される安全なネットワークをセットアップでき、モバイルノード104が安全に、接続を切断されることなく別々のネットワーク全てに移動することが可能となる。 For example, using the algorithm shown in FIG. 21, a number of network (some, or all wireless network) can set up a secure network secure firewall / gateway, and that as a corporate backbone MMS102 is used from the mobile node 104 safely, it is possible to move all separate networks without being disconnected. 例えば、MMS102がハブとして1つの太いパイプでコーポレートネットワーク、及び論理的に分離した多くのネットワークを接続する多数の小さなスポークと接続しているとする。 For example, the MMS102 is connected with a number of small spokes connect many networks corporate network, and logically separated by a single fat pipe as a hub. ネットワークは論理的に分離しているため、MMS102(この例ではルータとして動作可能)を介した場合を除いて、1つのネットワーク・セグメント上のトラフィックが別のネットワーク・セグメントに達することができない。 Because the network is logically separated, MMS 102 except where through (operational as a router in this example), it is impossible to traffic on a single network segment reaches another network segment.
【0224】 [0224]
普通、ネットワーク・セグメントからネットワーク・セグメントへ移動するノードにとって、MMS102との接続に使用される「メインパブリックアドレス又は初期アドレス」への戻り方を示す、各ネットワーク・セグメントに設けられた情報/経路(つまり、デフォルトルート等)をルーティングが必要となる。 Normally, for node moving from a network segment to network segment shows To return to the used "main public address or initial address" in connection with the MMS 102, information / route provided in each network segment ( that is, routing is required for default route and the like).
接続が確立されるとすぐに、そのアドレスが接続の存続のために用いられる。 As soon as the connection is established, the address is used for the survival of the connection. MES104からフレームが送られる時、クライアント及び及び中間ノード(ルータ)におけるIPネットワーク(層3)のインフラストラクチャは、フレームの目的地アドレスを見て、最終目的地(MMS102)にパケットを正確に送る。 When the frame from MES104 is sent, the infrastructure of the client and and intermediate node IP networks (layer 3) in (a router), a look at the destination address of the frame, and sends the packet to the correct final destination (MMS 102). このことは、一般にIP送信(IP forwarding)、あるいはIPルーティングと呼ばれるもので行われる。 This is generally IP transmission (IP forwarding), or carried out in what is referred to as IP routing. この機能がオンになると、あるネットワーク・セグメントのフレーム(ブロードキャスト等)が別のネットワーク・セグメントへ流れる。 When this feature is turned on, it flows frame of a network segment (broadcast etc.) to another network segment. IP送信をしないと、あるセグメントに送られたフレームは他のセグメントへ送られることはないので、通信パイプが切断され、あるいは非接続ネットワークができてしまう。 Otherwise the IP transmission, because the frames sent to a segment will not be sent to another segment, the communication pipe is disconnected, or non-access network would be.
【0225】 [0225]
図21に示す代替アドレスリストは、ルーティング情報のうちの幾つかをMES104に送出する、又は配布する効果を有する。 Alternate address list shown in FIG. 21 has a sending some of the routing information to MES104, or distribute effect. 従って、各セグメントは、MMS102とつながっている他のセグメントの情報はない状態で離散された状態となる。 Thus, each segment is a discrete state in a state without information on other segments connected to the MMS 102. MES104はMMS102によって認証可能であるため、MMSは認証されたMESユニット104にのみリストLを送る。 MES104, capable authenticated by MMS 102, MMS sends a list L only MES unit 104 has been authenticated. MES104が別のネットワーク・セグメントへ移動する時、MES104は自動的に正しいアドレスを選択し、それを用いて途中MMSとの通信を開始/継続することができる。 When MES104 moves to a different network segment, MES104 can automatically select the correct address, starts / continues to communicate with the middle MMS therewith. 従って、非接続ネットワークの問題は解決され、ルーティング・インフラストラクチャの変更は必要なくなる。 Therefore, the non-access network problem is resolved, and changes the routing infrastructure is not necessary. これにより、有効なユーザに対してのみネットワークへのアクセスを有効にすることによって、より安全なコンピュータ環境を提供することが可能となる。 Thus, by enabling access to the network only to valid users, it is possible to provide a more secure computing environment.
【0226】 [0226]
例えば、このようにユーザレベルのセキュリティ/暗号化と組み合わせてMMS102を用いることで、コーポレートバックボーンからのトラフィック、及びコーポレートバックボーンへのトラフィックを、上記のローミング技術を用いてそのセグメント上のノードを目的地としたフレームのみに限定することが可能である。 For example, by using MMS102 Thus in combination with the user-level security / encryption, traffic from corporate backbone, and traffic to the corporate backbone destination node on that segment using the above roaming technology It can be limited to frames with. フレームは選択的に暗号化でき、スポーク・ネットワーク・インフラストラクチャが有効にしたデバイスによって行われる可能性のある盗聴を阻止することができる。 Frame can be prevented selectively be encrypted, eavesdropping that may be performed by a device Spoke network infrastructure has enabled.
【0227】 [0227]
例を図22に示す。 An example shown in FIG. 22. 図22において、MMS102は通信網やルート情報を共有しない4つの別々に分かれたネットワーク(Ia、Ib、Ic、Id)と接続されている。 In Figure 22, MMS 102 is connected four separately separate networks that do not share a communication network and route information (Ia, Ib, Ic, Id) and. どの点から見ても各ネットワークIは島となっている。 How each network I also in terms has become an island. コーポレートバックボーン上の有線通信を用いてネットワークの一つ(例えば、Ic)とドッキングしているMES104を想定する。 Assume MES104 docked one network (e.g., Ic) and using a wired communications over corporate backbone. 例えば、MES104は192.168. For example, the MES104 192.168. x. x. xネットワーク上のアドレスを取得してMMS102と通信するものとする。 To obtain an address on the x network shall communicate with the MMS 102.
【0228】 [0228]
ある理由によりMESが10.1. MES is 10.1 for some reason. x. x. x(Ia)ネットワークに渡る、又は移動する必要があるものとする。 Across the x (Ia) network, or that there is need to move. 10.1. 10.1. x. x. x(Ia)ネットワークは192.168. x (Ia) network is 192.168. x. x. x(Ib)ネットワークのことを知らない(つまり、(Ib)ネットワークへのルートがない)ため、MES104がその領域へ移動する時に、たとえMMSが通信パイプに接続されていても通信パイプは切断される。 I do not know that the x (Ib) network (i.e., (Ib) is no route to the network) for, when MES104 moves to the area, even the communication pipe is cut are even MMS is connected to the communication pipe that. また、モバイルノード104が図示される他の10. Another 10 mobile node 104 is illustrated. xネットワークのいずれかと接続する場合においても同じことが起こる。 The same thing happens even in the case of connecting with any of the x network.
【0229】 [0229]
図21に示すアルゴリズムを用いて、接続開始時間の(あるいは他の方法で)MMS102は各種非接続ネットワークIa、Ib、Ic、Idに関するそのインターフェイスアドレスをMES104と共有し、MESはこれらを記録する。 Using the algorithm shown in Figure 21, the connection start time (or in other ways) MMS 102 various connectionless network Ia, Ib, Ic, the interface addresses on Id share with MES104, MES records them. 一旦記録されると、MES104は上記ネットワークのいずれか一つに移動して新しいネットワーク・セグメントに移動したことを検出する場合、MESは適切なネットワークアドレスを選択し、そのネットワーク・セグメントでMMSと通信できる。 Once recorded, MES104 if detects that it has moved to a new network segment to move to one of said network, MES selects the appropriate network address, communicating with the MMS in its network segment it can. 2以上のアドレスが使用される場合、MES104は適切なアドレスを選択してスピード、コスト、有効性、ホップ等、多くのメトリクスに基づき使用する。 When two or more addresses are used, MES104 Speed ​​select the appropriate address, cost, effectiveness, hops, etc., used based on a number of metrics. 図21と同様のリストを受け取らなかったMES104は、その「ホーム」ネットワーク以外のネットワークを通じてMMSと接続することができないので、種々のネットワーク間の移動を事実上阻まれることになる。 MES104 that did not receive a list similar to FIG. 21, it is impossible to connect with the MMS through its "home" network other than the network, it will be blocked virtually move between various networks.
【0230】 [0230]
他に、図21の技術は分散型ネットワーク・インターフェイスに用いられる。 Alternatively, techniques of FIG. 21 is used in the distributed network interface. 今日のネットワークにおいて、ネットワーク・アドレス・トランスレータ(Network Address Translators;NATs)として知られるものが開発されている。 In today's network, the network address translator; what is known as (Network Address Translators NATs) have been developed. この従来の技術を利用すれば、一つの公開ネットワークアドレスを用いるだけで多くのネットワークデバイスはインターネット上の情報へのアクセスが可能となる。 By utilizing this prior art, many network devices by simply using a single public network address is allowed access to information on the Internet. この技術は、単一もしくはわずかなデバイスを介してインターネットに向けられた情報やクエリを全て送ることによって上記の機能を可能とする。 This technique allows the above functions by sending all the information and queries directed to the Internet via a single or small device. 該デバイスはネットワーク層で要求を記録し、その後パケットのアドレスとポート情報をデバイスのアドレス/ポートのタプルに再度対応付けし、それをその目的地に送信する。 The device records the request at the network layer, then correlated again the address and port information of the packet to the tuple address / port of the device, and transmits it to its destination. インターネット、あるいは他の当該ネットワークからフレームを受け取ると同時に、デバイスはリバースルックし、そのアドレス/ポートのタプル情報を開始デバイスのものと取り替えて、フレームを送り返す。 Internet or upon receipt of the frame from the other of the networks, the device is reverse look, replacing those tuple information of the address / port of the initiating device sends back frame. これらの対応付けはNATにおいても静的に定義される。 These correspondence is also statically defined in NAT.
【0231】 [0231]
誰かがLAN/WLANの内部でMMS102を使用するために、それをNATに置くことを想定する。 Someone in order to use the MMS102 in the interior of the LAN / WLAN, it is assumed that put it in NAT. 現在、MMS102がNATでない限り、あるいは異なるプロキシを用いてMMSと通信を全て行うことによって、誰かがイントラネットの境界範囲外に移動する時、MMSと通信するアドレスがもはやアクセス可能ではないため、MMSとはアクセス可能ではない。 Currently, by performing all communication with the MMS using unless MMS102 is not NAT, or a different proxy, when someone moves out boundary range of an intranet, for addresses to communicate with MMS is not longer accessible, and MMS it is not accessible. 図21のアルゴリズムを用いれば、MMSと直接接続されていない別のインターフェイスアドレスを静的/動的に明確にすることができる。 Using the algorithm of Figure 21, another interface address which is not directly connected to the MMS can be static / dynamic clear. 従って、上記のアルゴリズムを使用すれば、MES104は自動的に適切な非接続アドレスを選択し、イントラネットの領域外のネットワークと接続する時にそのアドレスを使用することができる。 Thus, using the above algorithm, it is possible to MES104 automatically selects the appropriate non-connection address, using that address when connecting the region outside the network's intranet.
【0232】 [0232]
この概要を図23に示す。 Show this overview in Figure 23. ノードがインターフェイス“d”からインターフェイス“g”へ渡るとする。 Node is to fly to the interface "g" from the interface "d". MMS102にローカルインターフェイスを供給するだけではアクセスはできない。 Only to supply the local interface to MMS102 can not access. MES104は分散されたインターフェイスの優先順位を知る必要がある。 MES104, it is necessary to know the priority of the distributed interface. それからMES104は必要なアドレスを選択してインターフェイス“g”上で使用する。 Then MES104 is to select the required address to use on the interface "g". その後、NAT2000は、各パケットに関するネットワークアドレス/ポート情報を、内部インターフェイス“c”アドレスへ適切に変換する。 Thereafter, NAT2000 is a network address / port information about each packet, appropriately converting to the internal interface "c" address. MMS102からMES104に送られるフレームには逆の処理が行われる。 Reverse processing is performed in the frame sent from MMS102 the MES104.
【0233】 [0233]
(ポリシー管理及びロケーションベースのサービス例) (Policy management and location-based services example)
本発明の他の非限定的な実施形態として、多くのメトリクスに基づき付加的なセキュリティ、コスト削減、サービスを提供することが独自にできる手法を提供する。 Other non-limiting embodiments of the present invention, additional security based on a number of metrics, cost savings, provides a technique which can independently be provided service. 上記のMMSはMESが確立する各アプリケーションのセッションと深く関わっているため、どちらの側(すなわち、MMSおよび/またはMES)もポリシーベースのルールを適用してMESとその最終的なピアとの間の通信を適合して制御することができる。 Since the above MMS is deeply involved with each application session establishing the MES, during either side (i.e., MMS and / or MES) also apply policy based rules MES and its final peer it is possible to control the communication compatible with. さらに、MMSおよび/またはMESはデバイスのロケール、又は近接性(proximity)、並びにネットワークの接続に基づきアプリケーション要求を調整又は修正することができる。 Further, MMS and / or MES is able to adjust or modify the application requests based on the device's locale, or proximity (proximity), and network connections. 例えば、MMSおよび/またはMESは学習され静的に定義されて適用されたルールエンジン、あるいは確立する各アプリケーションセッション、又は試みる要求に対するポリシーに基づく他のルールを含むことができる。 For example, MMS and / or MES may include other rules based on policy for the rules engine is applied is defined statically learned or each application session established, or try the request. MMSはさらにMESにこのようなルールの幾つか、全くなし、あるいは一部、および/または処理を配分して、メータリング(metering)、又は傍受者によるモバイルデバイスへの侵入(rogue attacks)に対するセキュリティを提供する。 MMS still some such rules, without any in MES, or a part, and / or processed by allocating, security for metering (metering), or eavesdropper penetration into the mobile device by (rogue attacks) I will provide a. 分散型トポロジで利用可能な特定の他のポリシー管理技術とは違い、MMSが中心となり、ルールやポリシー決定を管理し、それらを通信中いかなる時にも遠隔地のデバイスに分散させる。 Unlike certain other policy management techniques available in a distributed topology, MMS is mainly to manage rules and policy decision, also dispersed in remote device at any time during the communication thereof.
【0234】 [0234]
ルール自体は、ユーザ、ユーザ・グループ、デバイス、デバイスグループ、プロセスアプリケーションアイデンティティ、および/またはネットワークの接続ポイントに基づき構成可能である。 Rule itself, the user is a user group, device, configurable based on the device group, connection points of the process application identities, and / or network. 一旦定義されると(学習されると)、ルールは組み合わされて、例えば、以下のものを含む種々の異なる事象、活動、および/またはサービスを管理し、制御する。 Once defined (when learned), rules are combined, for example, a variety of different events, including the following, activity, and / or services to manage and control.
【0235】 [0235]
・遠隔地のデバイスへの侵入アクセスの拒否、許可、又は調整・アイデンティティに基づく特定のネットワーク・リソースへのアクセスの拒否、許可、又は調整・利用可能、又は許可された帯域幅へのアクセスの拒否、許可、又は調整・他のネットワーク・リソースへのアクセスの拒否、許可、又は調整・内容又は情報の修正、調整、又は変更このような決定は例えば、以下の要素を含む種々の異なる要素に基づいて行われる。 - denied entry access to remote devices, authorization, or adjustment identity deny access to specific network resources based on the permission or adjustment and available, or denial of access to authorized bandwidth , based authorization, or adjustment and other deny access to network resources, authorization, or modification of the adjustment and the content or information, adjusting, or modify such a determination, for example, to a variety of different elements including the following elements It is performed Te.
【0236】 [0236]
・モバイルデバイスについての近接性、場所、高度、および/または他の特性・日時・アプリケーション又はプロセスアイデンティティ、アドレス等・アプリケーション動作(例えば、帯域幅条件) - proximity of the mobile device, location, altitude, and / or other characteristics, date and application or process identity, address, etc. application operation (e.g., bandwidth requirements)
・現在のネットワーク状態・他の静的又は動的要素さらに分散型アーキテクチャを利用することで、MMSは同じ決定セットを適用又は共有することができる。 - the current network status and other by utilizing a static or dynamic element further distributed architecture, MMS can be applied or share the same decision set. ポリシー管理処理および/または意思決定をMMSに行わせるのは、例えばモバイル装置がエンジンを実行するのに限られた処理能力を持ったり、帯域幅の限度が適用されたり、あるいはセキュリティが目的の場合に望ましい。 The causes of the policy management processing and / or decision to MMS, for example or with a processing capacity which is limited to perform mobile device engine, or limit the application of bandwidth, or if security purposes desirable.
【0237】 [0237]
サンプルMESの制御に使用される可能性のあるメトリクス(ルール)の幾つかを示すテーブルの例を図24に示す。 An example of a table indicating several possible metrics that are used to control the sample MES (rules) shown in FIG. 24. このテーブルは静的又は動的のどちらかに内容を占めてもよいし、場合によっては通信前、通信中、又は通信後に更新されてもよい。 This table may occupy the contents to either static or dynamic, in some cases prior to communication, communicating, or may be updated after the communication. 例えば、ユーザはテーブルの項目を定義するルール・エディタ(例えば、ウィザード)や他のメカニズムを使用することができる。 For example, a user rule editor to define the fields of the table (e.g., the wizard) may be used and other mechanisms. 他の構成例において、メトリクスが学習に基づくシステムによって自動的に定義され、あるいは状態の変更に基づき動的に変更される。 In another example configuration, automatically defined by the system metrics are based on learning, or is dynamically changed based on the change of state. また、ルールにはそれぞれ優先順位が割り当てられ、テーブルの場所で暗示、または割り当てによって明確に指定される。 Also, rules each priority is allocated to, implied by the location of the table, or is explicitly specified by the allocation. この優先順位によってエンジンが期待動作を正確に決定することができる。 Engine This priority can be determined accurately expectation operation. 付加的なユーザインターフェイスの機能によって、システム管理者やデバイスのユーザはルールエンジンに問い合わせて所定のルールセットの機能を試みることが可能となる。 By the function of the additional user interface, the system administrator or device the user can query the rules engine attempts to function of a predetermined set of rules.
【0238】 [0238]
ポリシー管理決定の基になる、以下のメトリクスをはじめとする多数のメトリクス例を示すテーブル例を図24に示す。 Underlying policy management decisions, illustrated in FIG. 24 example of a table indicating a number of metrics examples including the following metrics.
【0239】 [0239]
・MESの通信機能(送信のみ、受信のみ、送受信) · MES communication function (transmission only, receive only, transmit and receive)
・MESの要求がプロキシされるか否か・MESのソースポート・MESのソースアドレス・MESの目的地ポート・MESの目的地アドレス・MESのプロトコル・利用可能な帯域幅量・プロセス名、アイデンティティ又は他の特性・ネットワーク名、アイデンティティ又は他の特性・ロケーション(例えば、GPS座標又は他のロケーション情報) - whether, MES source port-MES source address-MES destination port-MES destination address - MES protocol available bandwidth quantity and process name of the MES requests are proxied, identity or other characteristics and network name, the identity or other characteristics locations (eg, GPS coordinates or other location information)
・ネットワークの接続ポイント・ユーザの識別子、アイデンティティ又は他の特性・他のメトリクス上記テーブル例は完全なリストではなく、本発明は上記テーブル例のメトリクス項目の範囲に限定されるものではない。 Network connection point user identifier, examples identity or other characteristics and other metrics the table is not an exhaustive list, the invention is not limited to the scope of the metric fields of the table example. ネットワークアクセス及び権利付与に関してモバイルノードの所望の動作を示すために、該項目はこの例のように具体的であり、あるいは包括的なメカニズム(例えば、ワイルドカード)であることが可能である。 To indicate the desired operation of the mobile node with respect to network access and entitlement, said item is specifically as in this example, or a comprehensive mechanism (e.g., a wildcard) can be a.
【0240】 [0240]
図24のテーブル例には、メトリクスに基づくポリシー管理決定の結果を示す「否定要求」項目がさらに含まれる。 The table example of FIG. 24 shows the results of the policy management decisions based on metrics "no request" item is further included. 一例として、図24のテーブルに示す特定の項目例は、利用可能な帯域幅が一秒間で100,000バイト以下に低減される場合、目的地ポート20、21との接続は否定され、減速されることを示す。 As an example, certain items examples shown in the table of FIG. 24, if the available bandwidth is reduced to 100,000 bytes or less per second, connected to the destination ports 20, 21 is negative, it is decelerated shows the Rukoto. さらに、示した特定の例において、ルール(列)3、4によってネットワークトラフィックのみがMMSへ、又はMMSから流れることが可能となる(プロキシが行われない他の全てのネットワークトラフィックは暗に破棄される。)。 Moreover, in certain example shown, the rule to (column) 3,4 only by network traffic MMS, or it becomes possible to flow from the MMS (all network traffic other proxy is not performed are implicitly discarded that.).
【0241】 [0241]
一例において、各RPC要求又はフレームが処理される前に、ルールエンジンはオペレーションの状況を決定するよう求められる。 In one example, before the RPC request or frame is processed, the rules engine is determined to determine the status of the operation. このプロセスの結果に基づき、その要求が許可、否定、あるいは遅延される。 Based on the results of this process, the request is allowed, denied, or delayed. ポリシー管理決定をするためにMMSおよび/またはMESによって行われる処理のフローチャート例を図25に示す。 The example flow chart of a process performed by the MMS and / or MES in order to make policy management decisions shown in Figure 25.
【0242】 [0242]
先に概略を説明したローミング技術と、利用可能な他のロケーション又はナビゲーション情報とを組み合わせることによって、MMSはモバイル端末システムがいつ1箇所の接続ポイントから別の接続ポイントへ移動したか検出する。 And roaming techniques outlined above, by combining the other location or navigation information available, MMS detects whether moved mobile terminal system from the connection point at one point to another connection point. ネットワーク・トポロジの環境の変化を検出するために、モバイル端末システムの機能と関連してこの情報を組み合わせることによって、ロケールによって本発明はロケーションベースの傍受及びサービスの付加的なレベルを提供することができる。 To detect changes in the network topology of the environment, by combining the information associated with the functions of the mobile terminal system, the present invention by locale to provide additional levels of location-based interception and services it can.
【0243】 [0243]
この情報の可能性を十分実現させるために、インターネット・モビリティ・プロトコルとPRCエンジンの両方の改良点について概要を説明する。 In order to sufficiently feasibility of this information, the outline for improvements in both the Internet Mobility Protocol and PRC engine. 新しいRPCのプロトコル及び構成の改良点が追加され、この機能が可能となる。 New improvements RPC protocols and configurations are added, this function can be performed. これらを以下に挙げる。 It listed these below.
【0244】 [0244]
(ロケーション変更RPC(Location Change RPC)の例) (Example of a location change RPC (Location Change RPC))
モバイル端末システムが、インターフェイス支援型ローミング又はグローバル・ポジショニング・システムから変更を検出するといった他の方法を用いて新しい接続ポイントへ移動したことを判断した時、モバイル端末システムは、フォーマットされた「ロケーション変更RPC要求(Location Change RPC Request)」メッセージをそのピア、この場合モビリティ管理サーバに送る。 When the mobile terminal system has determined that it has moved to a new connection point using other methods such as detecting a change from the interface assisted roaming or a global positioning system, the mobile terminal system formatted "location change RPC request (Location Change RPC request) "message to its peer, send in this case mobility management server. 「ロケーション変更RPC」は、一以上の接続ポイント識別情報をタイプ、長さ、値の形式にフォーマットする。 "Location Changes RPC" formats the one or more connection point identification information type, the length, format of the value. タイプは識別情報の種類を示し、対応するタイプはASCIIの48ビットIEEE MAC アドレス、IPV4 アドレス、IPV6 アドレス、経度、緯度、高度、接続機構名を含むが、これらに限定されない。 Type indicates the type of identifying information, 48-bit IEEE MAC address of the corresponding type ASCII, IPV4 address, IPV6 address, longitude, latitude, altitude, including attachments names, but are not limited to. 長さは識別データのバイト長を示し、該データは実際の接続ポイント識別子を含む。 Length indicates the byte length of the identification data, the data includes the actual attachment point identifier. 「ロケーション変更RPC要求」を受け取ると、モビリティ管理サーバは、接続ポイント識別子、並びにモビリティ端末システムの識別子、ユーザ名、PID等の他の関連情報を含む「ロケーション変更警告(Location Change Alert)」を作成する。 Upon receiving the "location change RPC request", the mobility management server creates attachment point identifier, and the mobility terminal system identifier, user name, a "location change warning (Location Change Alert)" include other relevant information such as PID to. この警告は「ロケーション変更RPC要求」内で使用された同じタイプ、長さ、データフォーマットでフォーマットされる。 This warning same type was used in the "Location Change RPC request" length, it is formatted in a data format. その後警告サブシステムが、警告のために登録された全てのアプリケーションにロケーション変更警告と共にこの情報を送る。 Thereafter warning subsystem, it sends this information to all applications with location change alert registered for warning. 警告のために登録されたアプリケーションは、現在の活動状況のモニタ、長期の動作ログ、ポリシー管理エンジン、第三者アプリケーション等の監視アプリケーション、並びにネットワーク管理ツールを含んでもよい。 Warning application that has been registered for a monitor of current activities, long-term operation of the log, the policy management engine, may include monitoring applications, such as third-party applications, as well as a network management tool. 単一のそのような第三者アプリケーションは、このロケーション情報と、ウェブベースのマップとを組み合わせてモバイル端末システム又はMMSの場所についての詳細情報を提供する。 Single such third party applications, and the location information, providing more information on the location of the mobile terminal system or MMS by combining a web-based map. そのようなアプリケーションに加えて、他の動作をロケーション変更警告と関連付けることができる。 In addition to such application, another operation may be associated with location change warning. これには、電子メールの送信、メッセージの印刷、プログラムの起動、および/またはポリシー変更が含まれる。 To do this, send e-mail, printing of the message, include start-up of the program, and / or policy changes.
【0245】 [0245]
ロケーション変更RPCはそのヘッダにロケーション変更、距離変更、又は速度変更によってトリガされたかどうかを示すフィールドを含む。 Location change RPC includes a field indicating whether triggered by the location change, distance changing, or velocity changes its header.
【0246】 [0246]
ある例では、MESは自身が移動したことを知らない場合がある。 In one example, MES may not know that it has moved. MESが接続する媒体やネットワーク・アダプタに応じて、MMSはMESが新しい接続ポイントに渡ったことを知らせる唯一のエンティティであってもよい。 Depending on the medium or network adapter MES connects, MMS may be the only entity indicating that the MES is passed to the new connection point. モバイルルータの場合を考えてみる。 Consider the case of the mobile router. ルータ以降のアドレスは同じままで、ルータのアドレスだけが変わる。 The address of the subsequent router remains the same, only the address of the router is changed. この場合、MMSはMESのアドレスを新しく管理することを認識する。 In this case, MMS recognizes that the newly manage the address of the MES. したがって、動作の検出を完了するためには、行動検出するためのMESとMMSの両方の組み合わせの動作の検出が必要となる。 Therefore, to complete the detection of the operation, it is necessary to detect the operation of the combination of both MES and MMS for detecting action. 本実施の形態では、ソースアドレスが変更され、新しいIMPメッセージが受け取られる時に、MMSはIMP層でクライアントの行動を検出する。 In this embodiment, the source address is changed, when a new IMP message is received, MMS detects the behavior of clients IMP layer. このことが行われると、MMSは局所的にロケーション変更警告を生成する。 When this is done, MMS generates locally location change warning. また、MMSは接続ポイントが変更したというメッセージをMESに送る。 Further, MMS sends a message that has changed the connection point to the MES.
【0247】 [0247]
(トポロジRPCの例) (Example of topology RPC)
「トポロジRPC要求(Topology RPC Request)」はモビリティ管理サーバからモバイル端末システムへ送られる。 "Topology RPC request (Topology RPC Request)" it is sent from the mobility management server to the mobile terminal system. このRPCの受け取りと同時に、モバイル端末システムはそのローカルデータ記憶装置に記憶されるトポロジ情報を読み出して、トポロジRPC応答(Topology RPC Response)を作成する。 Simultaneously with the receipt of this RPC, the mobile terminal system reads the topology information stored in the local data storage device, creates a topology RPC reply (Topology RPC Response). トポロジRPC応答は、前後との接続のタイプ、長さ情報が後に続く全長フィールド(Total Length Field)、タイプ、長さ情報が後に続く接続ポイント識別子、および、サブネットおよびネットワーク情報を示す値のデータによってフォーマットされる。 Topology RPC response type of connection of the front and rear, the total length field followed by the length information (Total Length Field), type, length information is followed by the connection point identifier and the data value indicating the subnet and network information It is formatted. この情報は、サーバで提供されるモバイルネットワークの完全なトポロジカル・マップを作成するのにサーバ上で使用されてもよい。 This information may be used on the server to create a complete topological map of a mobile network provided by the server.
【0248】 [0248]
(ロケーション情報UIの例) (Examples of location information UI)
サーバ上のユーザインターフェイスは、ロケーション情報を対応付けして表示するための方法を提供する。 User interface on the server, provides a method for displaying and associating the location information. このロケーション情報は、各アクティブなモバイル端末システムが利用でき、長期の動作ログは全てのアクティブなモバイル端末システム及び以前アクティブだったモバイル端末システムのロケーション変更履歴を保持する。 This location information is available each active mobile terminal system, long-term operation of the log of the holds the location change history of all active mobile terminal system and mobile terminal system was previously active. ユーザインターフェイスによって、システム管理者は接続ポイント情報を人間が読める形式に構成できる。 The user interface, the system administrator can configure the human readable form the connection point information. 例えば、接続ポイント情報が48ビットのIEEE MACアドレスの形式で与えられると、サーバ上のユーザインターフェイスを介して提供される情報と共にこのMACアドレスが表示される。 For example, when the connection point information is provided in the form of 48-bit IEEE MAC address, the MAC address is displayed together with information provided via the user interface on the server. 接続ポイントが「ホールマークカード(HallMark Cards)」店のアクセスポイントを示すと、次の情報「ホールマーク、住所、市、州、郵便番号」を提示するように設定される。 When the connection point indicates the access point of the shop "Hallmark card (HallMark Cards)", the following information "Hallmark, address, city, state, zip code" is set to present. この情報がユーザに対して表示されることによって、「ホールマーク、住所、市、州、郵便番号」情報が提供されることになる。 By that this information is displayed to the user, so that the "hole mark, address, city, state, zip code," the information is provided.
【0249】 [0249]
(ロケーションRPCタイマーの例) (Examples of location RPC timer)
設定可能なタイマーがモバイル端末システムに設けられており、ロケーション変更RPCがモバイル端末システムからモビリティ管理サーバに送信される速度を制限する。 Configurable timer is provided in a mobile terminal system, limiting the speed at which the location change RPC is sent from a mobile terminal system to a mobility management server. タイマー間隔が接続ポイントの変更が起こる速度よりも大きい場合、モバイル端末システムはタイマー間隔が終了するまで待ってから別のロケーション変更RPCを生成する。 If the timer interval is greater than the speed at which the change of the connection point occurs, the mobile terminal system to generate another location change RPC wait until the timer interval expires.
【0250】 [0250]
(距離変更通知の例) (Example of the distance change notification)
距離メトリクスは、ロケーション変更RPCの生成をトリガするために設けられる。 Distance metrics is provided to trigger the generation of a location change RPC. この設定によって、ユーザが前にいた元のポイントから、nフィート、nキロメータ毎、あるいは他の適当な測定単位で3次元的に移動する時に、更新を送信するようにシステムが構成される。 This setting from the original point by the user in front, n feet, every n kilometers, or when the three-dimensionally moving other suitable units of measure, the system is configured to send updates. デフォルトによってこの設定は無効になる。 This setting by default is disabled. この設定を可能にすることによって、設定された距離間隔を上回った時に変更通知が出される。 By enabling this setting, change notification is issued when it exceeds a set distance interval.
【0251】 [0251]
(速度閾値通知の例) (Example of the speed threshold notification)
速度変更メトリクスは、ロケーション変更RPCの生成をトリガするために設けられる。 Speed ​​change metrics is provided to trigger the generation of a location change RPC. このパラメータは、一時間当たりのマイル等、一秒当たりの距離で構成される。 This parameter, such as miles per hour, and a distance per second. このパラメータは、上限及び下限、並びに到達した速度を持続する必要のある時間間隔(すなわち、10分間で0MPH、又は1分間で70MPH)を特定する。 This parameter, upper and lower, as well as the time interval that should be sustained speed has been reached (i.e., 0 mph in 10 minutes, or 70MPH in 1 minute) to identify. このスピードに達すると、ロケーション変更通知が生成される。 When this speed is reached, the location change notification is generated.
【0252】 [0252]
[応用例] [Application Example]
本発明は、実社会の様々な場面で応用される。 The invention is applied in real world various situations. 例を以下に示す。 Examples are shown below.
【0253】 [0253]
(断続的に接続される携帯用コンピュータ) (Portable computer that is intermittently connected)
多くの企業では、在宅勤務や、自宅で仕事をする社員がいることがある。 In many companies, telecommuting and, there is that there are employees who work from home. そういった社員は、多くの場合、ラップトップコンピュータを使用して仕事をする。 Such a employees, in many cases, to work using a laptop computer. 作業中に、社員は一般に自分達のラップトップコンピュータをドッキングポート又は他のコネクタを使用してイーサネット(Ethernet)等のローカルエリア・ネットワーク(Local area network)に接続する。 While working, employees are generally connected to a local area network such as an Ethernet (Ethernet) with their own laptop computer using a docking port or other connector (Local area network). LAN接続によってネットワークサービス(例えば、プリンタ、ネットワークドライブ)やネットワーク・アプリケーション(例えば、データベースアクセス、電子データサービス)にアクセスが可能となる。 Network services by LAN connection (e.g., a printer, a network drive) or a network application (e.g., database access, electronic data services) becomes possible access.
【0254】 [0254]
あるプロジェクトに取り組む社員が、晩に帰宅する必要があり、自宅で仕事を続行したいとする。 Employees to work on a project, there is a need to go home in the evening, and you want to continue the work at home. この社員は、ラップトップコンピュータで実行しているオペレーティングシステムとアプリケーションを「サスペンド」して、ラップトップコンピュータを片付け、そのラップトップコンピュータを自宅に持って帰ることができる。 The employees, the operating system and applications running on a laptop computer to "suspend", put away a laptop computer, it is possible to bring back the laptop computer at home.
【0255】 [0255]
自宅に戻るとすぐに、その社員はラップトップコンピュータで実行しているオペレーティングシステムとアプリケーションを「レジューム」して、ダイアルアップ接続を介して、および/またはインターネットを通じてオフィスLANと再接続する。 As soon as the return to the home, the employees to "resume" the operating system and applications running on a laptop computer, via a dial-up connection, and / or reconnect with the office LAN via the Internet. (ラップトップコンピュータが一時的に中断された間、ネットワークに対するラップトップコンピュータとそのアプリケーションのプロキシを継続した)モビリティ管理サーバは、ラップトップコンピュータを再認証し、ラップトップコンピュータとの通信を再開する。 (While the laptop computer has been temporarily suspended, and continued laptop computer to the network and a proxy of the application) Mobility management server re-authenticates the laptop computer, resume communication with laptop computers.
【0256】 [0256]
自宅で仕事をしている社員の立場から見ると、ネットワーク・ドライブ・マッピング、印刷サービス、電子メールセッション、データベースクエリ、他のネットワークサービスやアプリケーションは全て会社で終わった状態そのままである。 When viewed from the standpoint of employees who are working at home, network drive mapping, printing services, e-mail session, which is as it is state database query, ended up with all the other network services and applications company. さらに、モビリティ管理サーバはラップトップコンピュータのセッションのプロキシを継続したため、社員の会社から自宅までの帰宅途中に、いずれのネットワーク・アプリケーションもラップトップコンピュータのセッションを終了しなかった。 In addition, the mobility management server for continuing the proxy of the laptop computer session, on the way home from the company's employees to your home, one of the network applications also did not finish the session of the laptop computer. このように、本発明は、上記のような状況や他の状況において、高性能且つ有用な同一又は複数のネットワーク媒体を通じて効果的にセッションを持続可能とする。 Thus, the present invention is, in the context or other situations as described above, effectively and sustainable session through high performance and useful identical or network media.
【0257】 [0257]
(モバイル在庫管理及び倉庫への応用) (Mobile inventory management and application to the warehouse)
大きな倉庫又は小売店チェーンを想定する。 Assume a large warehouse or retail chain. この構内において、在庫管理を行う従業員がパーソナルラップトップコンピュータ、並びにハンドヘルドデータ収集ユニットや端末装置などを搭載した乗物(すなわち、トラックやフォークリフト)を使って商品の在庫管理が行われる。 In this premise, employees who inventory management personal laptop computers, and vehicles (i.e., trucks and forklifts) equipped with such hand held data acquisition unit or the terminal device using the inventory management of goods takes place.
【0258】 [0258]
倉庫や小売店の従業員は、ネットワークサブネットのわからない、管理監督の必要な不慣れなコンピュータユーザであることが多い。 Employee of the warehouse and retail store, do not know the network subnets, is often an inexperienced computer user in need of supervision. 本発明によって倉庫ユーザがモバイルネットワークの複雑さを感じない、即使用可能なシステムの構築が可能となる。 Warehouse user by the present invention does not perceive the complexity of the mobile network, it is possible to build a ready-to-use system. 倉庫ユーザは、アクセスポイントの範囲内及び範囲外を動いたり、自分たちのモバイル端末システム104の中断及び再開をしたり、ホストセッション、ネットワークアドレス、又はトランスポート接続を気にせずに、位置を変えたりできる。 Warehouse user, change or move the range and outside of an access point, or the interruption and resumption of the mobile terminal system 104 of their host session, network address, or without regard to the transport connection, a position can or. さらに、モビリティ管理サーバ102の管理ソフトウェアは、従業員の生産能力を測るのに利用される処理数等のメトリクスを管理関係者に提供する。 Further, the management software mobility management server 102 provides the metrics processing such as the number that is used to measure employee productivity capacity management officials. また、管理によりネットワークサブネット及びアクセスポイントを使用して従業員が最後にいたとされる物理的な位置を判定できる。 Further, it can be determined the physical location of employees using network subnets and access point is the last in a plate by the management.
【0259】 [0259]
(モバイル医療への応用) (Application to mobile medical)
無線LAN技術を利用して幾つかの建物間でネットワーク通信を行う大きな病院を想定する。 By using the wireless LAN technology to assume a large hospital that performs network communication between some of the buildings. 各建物は独自のサブネット上にある。 Each building is on its own subnet. 本発明によって看護士や医師がハンドヘルドパーソナルコンピュータや端末を持って病室から病室を動き、病院のデータベースから患者情報の読出しや書込みが可能となる。 Nurses and doctors by the present invention moves a hospital room from the hospital room with a handheld personal computer or terminal, it is possible to read and write patient information from the hospital database. ローカルデータベースやワールド・ワイド・ウェブ(World Wide Web)を通じて、薬物治療や医療処置に関する最新記事へのアクセスが即座に可能となる。 Through a local database and the World Wide Web (World Wide Web), access to the latest articles it is possible to immediately related to drug treatment and medical treatment. 本発明はモバイル端末システム104への連続的な接続が可能なので、病院にいる間(一方向又は双方向の)ポケットベルはもはや必要なくなる。 Since the present invention is capable of continuous connection to the mobile terminal system 104, while in the hospital (unidirectional or bidirectional) pager eliminates longer necessary. メッセージはモバイル端末システム104を介して医療関係者に直接送られる。 Message is sent directly to the medical personnel via a mobile terminal system 104. 倉庫の従業員の場合と同様、医療関係者は自分たちが利用しているモバイルネットワークについてわかる必要はない。 As in the case of warehouse employees, medical personnel do not need to know about mobile networks themselves are using. さらに、モバイル端末システム104によって医療関係者は無線送信が望ましくないとされるエリア内(例えば、電波の放射によって医療機器に障害が出る可能性のある場所)での無線伝送ができなくなるが、中断したところから容易に再開して再接続可能となる。 Furthermore, medical personnel by mobile terminal system 104 in the area that is wirelessly transmitted is undesirable (e.g., where it can be out of failure to the medical device by the radio wave radiation) but can not radio transmission, the interruption It becomes possible to re-connect to easily resume from the place.
【0260】 [0260]
(トラック輸送及び貨物輸送) (Truck transport and freight transport)
運送会社は、貨物の状況を把握するのに本発明を用いる。 Transportation company, use of the present invention to grasp the situation of the cargo. 倉庫に入っている間は、モバイル端末システム104はLAN技術を使用して倉庫内の貨物数を更新する。 While in the warehouse, the mobile terminal system 104 updates the number of cargo in the warehouse using LAN technology. ローカルサービスから離れている間は、モバイル端末システム104はCDPDやARDIS等のWide Area WANサービスを使用してリアルタイムで貨物の状況や位置を維持できる。 While away from the local service, the mobile terminal system 104 can maintain the status and position of the cargo in real time using a Wide Area WAN services such as CDPD or ARDIS. モバイル端末システム104はネットワーク・インフラストラクチャ間を自動的に切り替えるので、輸送関係者にネットワーク・トポロジの複雑さを感じさせない。 Since the mobile terminal system 104 will automatically switch between network infrastructure, it does not feel the complexity of network topology transport personnel.
モバイル企業企業の社員は、802.11. Mobile enterprise employee of the company is, 802.11. 等のインフラストラクチャが設けられた企業構内にいる間、本発明によるシステムを使用して、電子メール、ウェブコンテント、メッセージサービスへのアクセスを行う。 While infrastructure like is in corporate campus provided, using the system according to the present invention performs an electronic mail, web content, access to messaging services. ポケットベルサービスや他のモバイル機器のサービスはもはや必要ないので、これらを維持するためのコストが削減される。 Since the pager services and services of other mobile devices no longer necessary, the cost of maintaining them is reduced. 既存のモバイル機器サービスの多くが提供する、コストのかかる「利用回数制(pay−per−use)」モデルに対し、モバイルインフラストラクチャは一度の資金支出で購入できる。 Many of the existing mobile equipment service provides, costly "use the number system (pay-per-use)" to the model, the mobile infrastructure can be purchased in one of the capital expenditure.
【0261】 [0261]
(IPマルチプリケーション) (IP multiplication)
ある組織がインターネットに接続する必要のあるLANを有する場合、LANの管理者には二つの選択肢がある。 If an organization has a LAN that need to connect to the Internet, the administrator of the LAN has two options. 一つ目の選択は、LAN上の全てのコンピュータに対して割り当てるためのグローバルアドレスを取得することであり、二つ目の選択は、グローバルアドレスをいくつか取得して、アドレス・マルチプライヤとして本発明に従ったモビリティ管理サーバ102を使用することである。 Selection of First is to obtain the global address to be allocated with respect to all computers on your LAN, select the second acquires some global address, present as an address multiplier it is to use the mobility management server 102 in accordance with the invention. 多数のIPアドレスを取得することは、高額であるか不可能であるかである場合が多い。 To get a large number of IP addresses, in many cases it is whether it is expensive impossible. インターネット・サービス・プロバイダ(Internet Service Privider; ISP)を利用してインターネットにアクセスする小規模の企業は、ISPが割り当てるIPアドレスだけを使用することになる。 Internet service providers; small businesses to access the Internet by using the (Internet Service Privider ISP) would use only IP addresses the ISP assigned. IPアドレスの数は同時にインターネットに接続できるコンピュータの数を制限する。 The number of IP addresses limits the number of computers that can connect to the Internet simultaneously. また、ISPは一回の接続につき課金するため、インターネット接続が必要なコンピュータが増えれば増えるほど、この方法はそれだけ費用がかかる。 In addition, ISP is to charge at a time of connection, The more that you need is a computer Internet connection, this method is the more costly.
【0262】 [0262]
アドレス・マルチプライヤとして本発明に従ったモビリティ管理サーバ102を用いれば、これらの問題の多くを解決することができる。 With the mobility management server 102 in accordance with the present invention as an address multipliers can solve many of these problems. 企業は、ISPを介してインターネットに接続するためのハードウェアとしてモビリティ管理サーバ102を用いることができる。 Companies may use mobility management server 102 as a hardware for connecting through the ISP to the Internet. これにより、モバイル端末システム104は容易に接続することができる。 Thus, a mobile terminal system 104 can be easily connected. インターネットへの接続は全てモビリティ管理サーバ102を通じて行われるため、一つのアドレスだけをISPから取得すればよい。 To be done through any connection to the Internet Mobility management server 102 may acquire only the ISP one address. このように、アドレス・マルチプライヤとして本発明を用いることによって、企業はわずかな数(多くの場合一つ)のアドレスとアカウントをISPから取得すればよくなり、全体のLANでインターネットへの同時接続(十分な帯域幅が備えられていることを前提として)が可能になる。 Thus, by using the present invention as an address multiplier, companies will better by obtaining the address and account small number (one often) from ISP, simultaneous connections across the LAN to the Internet (assuming that is provided with sufficient bandwidth) becomes possible.
【0263】 [0263]
以上現在最も実用的且つ好適な実施形態とされる例と共に本発明を説明したが、本発明は開示した実施形態に限定されず、添付クレームの範囲内で種々に変形、同等に構成できるものとする。 Above has been described the current invention with examples being the most practical and preferred embodiment, the present invention is not limited to the disclosed embodiments, various modifications within the scope of the appended claims, and it can equally configured to.
【図面の簡単な説明】 BRIEF DESCRIPTION OF THE DRAWINGS
【図1】 [Figure 1]
本発明のモバイル・コンピューティング・ネットワークの全体図である。 It is an overall view of a mobile computing network of the present invention.
【図2】 [Figure 2]
モバイル端末システムとモビリティ管理サーバとのソフトウェア・アーキテクチャを例示するものである。 It illustrates the software architecture of the mobile terminal system and mobility management server.
【図2A】 [Figure 2A]
モバイル端末システムとモビリティ管理サーバとの間で情報伝達を実行するステップを例示している。 It illustrates the step of performing a communication between a mobile terminal system and mobility management server.
【図3】 [Figure 3]
モバイル・インターセプタ・アーキテクチャを例示している。 It illustrates a mobile interceptor architecture.
【図3A】 [FIG. 3A]
モバイル・インターセプタによって実行されるステップを例示したフローチャートである。 Is a flow chart illustrating the steps performed by the mobile interceptor.
【図3B】 FIG. 3B]
RPC作業要求を扱うRPCエンジン(RPC engine)によって実行されるステップを例示したフローチャートである。 Is a flow chart illustrating the steps performed by the RPC engine that handles RPC work request (RPC engine).
【図4】 [Figure 4]
RPC作業要求を処理するステップを例示したフローチャートである。 Is a flowchart illustrating processing the RPC work request.
【図5】 [Figure 5]
RPC作業要求を処理するステップを例示したフローチャートである。 Is a flowchart illustrating processing the RPC work request.
【図5A】 [Figure 5A]
RPC作業要求を処理するステップを例示したフローチャートである。 Is a flowchart illustrating processing the RPC work request.
【図5B】 [Figure 5B]
RPC作業要求を処理するステップを例示したフローチャートである。 Is a flowchart illustrating processing the RPC work request.
【図5C】 FIG. 5C
RPC作業要求を処理するステップを例示したフローチャートである。 Is a flowchart illustrating processing the RPC work request.
【図6】 [Figure 6]
受信された作業要求を例示している。 It illustrates the received work request.
【図7】 [7]
受信された作業要求が、どのようにそれぞれ別の優先度のキューにディスパッチされるかを示すものである。 Received work request is intended to show how each is dispatched to the different priority queues.
【図8】 [Figure 8]
上記それぞれ別の優先度のキューにおけるコンテンツの処理を示している。 It shows the processing of the content in the above separate priority queue.
【図9】 [9]
上記それぞれ別の優先度のキューにおけるコンテンツの処理を示している。 It shows the processing of the content in the above separate priority queue.
【図10A】 FIG. 10A]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図10B】 FIG. 10B]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図10C】 [FIG. 10C]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図11】 [11]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図12】 [Figure 12]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図12A】 FIG. 12A]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図12B】 [FIG. 12B]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図12C】 [FIG. 12C]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図13A】 FIG. 13A]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図13B】 FIG. 13B]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図13C】 [FIG. 13C]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図14A】 [FIG. 14A]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図14B】 FIG. 14B]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図15A】 [FIG. 15A]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図15B】 [FIG. 15B]
インターネット・モビリティ・プロトコルを提供するために実行されるステップを例示している。 It illustrates the steps performed to provide the Internet Mobility Protocol.
【図16】 [Figure 16]
リスナのデータ構造を例示している。 An example of the data structure of the listener.
【図17】 [Figure 17]
モバイル相互接続ローミング(mobile interconnect roaming)を提供するためのステップを例示している。 It illustrates the steps for providing mobile interconnection roaming (mobile interconnect roaming).
【図17A】 FIG. 17A]
モバイル相互接続ローミング(mobile interconnect roaming)を提供するためのステップを例示している。 It illustrates the steps for providing mobile interconnection roaming (mobile interconnect roaming).
【図18】 [Figure 18]
モバイル相互接続ローミング(mobile interconnect roaming)を提供するためのステップを例示している。 It illustrates the steps for providing mobile interconnection roaming (mobile interconnect roaming).
【図19A】 [FIG. 19A]
インターフェイスによって補助されたローミング処理を例示する一つのフローチャートを形成している。 Forming a flow chart of one illustrating the roaming process which has been assisted by the interface.
【図19B】 [FIG. 19B]
インターフェイスによって補助されたローミング処理を例示する一つのフローチャートを形成している。 Forming a flow chart of one illustrating the roaming process which has been assisted by the interface.
【図20】 [Figure 20]
インターフェイスによって補助されているローミングのトポロジ・ノード・データ構造を例示する。 It illustrates a topology node data structure roaming being assisted by the interface.
【図21】 [Figure 21]
モビリティ管理システムのネットワークアドレスを、非接続ネットワーク・トポロジにおいてモバイル端末システムに配布する技術を例示している。 The network address of a mobility management system, illustrates the technique to be distributed to a mobile terminal system in unconnected network topology.
【図22】 [Figure 22]
図21の技術を、セキュアな通信を実現するために利用した例を示している。 The technique of FIG. 21 shows an example using for secure communications.
【図23】 [Figure 23]
図21の技術を、分散型ネットワーク・インターフェイス・シナリオにおけるネットワークアドレスの変換に用いた例を示している。 The technique of FIG. 21 shows an example of using the network address translation in a distributed network interface scenarios.
【図24】 [Figure 24]
ポリシー管理テーブルを例示している。 It illustrates the policy management table.
【図25】 [Figure 25]
ポリシー管理処理のステップを例示したフローチャートである。 Is a flowchart illustrating the steps of the policy management process.

Claims (125)

  1. ネットワーク接続ポイントを介してネットワークと接続されるモバイルコンピュータ装置を少なくとも一つ含むモバイル・コンピューティング・ネットワークであって、モバイルコンピュータ装置のロケーションを含む様々なメトリクスに基づくポリシー管理ルールを適用するポリシー管理手法を特徴とするモバイル・コンピューティング・ネットワーク。 The mobile computer device connected to the network via a network attachment point to a mobile computing network including at least one policy management techniques to apply the policy management rules based on various metrics, including the location of the mobile computer device mobile computing network, wherein.
  2. 前記ルールの属性についての処理は、モバイルコンピュータ装置あるいはモビリティ管理サーバのいずれか、またはその両方に対して分配され適用されることを特徴とする請求項1記載のネットワーク。 Processing for attributes of the rule, either the mobile computer device or the mobility management server or network according to claim 1, characterized in that it is distributed applies to both.
  3. 前記ルールの優先順位は、そのようなテーブルの項目における位置で暗示されるか、あるいは期待動作を確実にするための順序が明白に記されることを特徴とする請求項1または2記載のネットワーク。 Priority of the rule, a network according to claim 1 or 2, wherein such or implied by position in the fields of the table, or the order to ensure the expected operation, characterized in that denoted expressly .
  4. 前記ルールの属性のデータ保存は、中央管理サービスを介して局所的または集中的に管理されることを特徴とする請求項1、2または3記載のネットワーク。 Data storage of the attributes of the rule, according to claim 1, 2 or 3 network, wherein the topically or centrally managed via the central management service.
  5. 特定のアプリケーションの動作は、サービス費用、ネットワーク接続ポイント、信頼関係等を含む多数のメトリクスに基づいて修正されることを特徴とする請求項1〜4のいずれか1項に記載のネットワーク。 The operation of a particular application, service cost, network attachment point, a network according to any one of claims 1 to 4, characterized in that it is modified based on a number of metrics including the trust like.
  6. 動作修正の結果、前記ルールの属性に基づいて要求が許可、拒否、または遅延されることを特徴とする請求項1〜5のいずれか1項に記載のネットワーク。 Result of operation fixes, the network according to any one of claims 1 to 5, characterized in that the request based on the attributes of the rules permit, deny, or is delayed.
  7. アプリケーションが既に開始されている場合でも、アプリケーションプロセスを修正するため、1つのルール、または一連のルールが呼び出されることを特徴とする請求項1〜6のいずれか1項に記載のネットワーク。 Even if the application is already started, to modify the application process, one rule or network according to any one of claims 1 to 6, a set of rules, characterized in that the called.
  8. 現在位置情報(ロケーション)は、アプリケーション動作を管理するため、あるいはモバイルコンピュータ装置の関連情報を提供するためにも使用されることを特徴とする請求項1〜7のいずれか1項に記載のネットワーク。 Current position information (location), the network according to any one of claims 1 to 7, characterized in that is also used to provide relevant information for managing the application operation, or mobile computer device .
  9. 距離測定に伴う動作速度は、アプリケーションの動作または通信パスを変更するために使用されることを特徴とする請求項1〜8のいずれか1項に記載のネットワーク。 Distance operation speed accompanying the measurement, the network according to any one of claims 1 to 8, characterized in that it is used to change the behavior or communication path to the application.
  10. ロケーション情報の結果としてトポロジ情報が抽出され、表示されることを特徴とする請求項1〜9のいずれか1項に記載のネットワーク。 Topology information as a result of the location information is extracted, the network according to any one of claims 1 to 9, characterized in that it is displayed.
  11. ネットワーク接続ポイントを介してネットワークと接続されるモバイルコンピュータ装置を少なくとも一つ含むモバイル・コンピューティング・ネットワークにおいて、ネットワーク接続ポイントの識別子の少なくとも一部分に基づき、前記モバイルコンピュータ装置が異なるネットワーク・セグメントに移動したかどうか検出するインターフェイス補助ローミングリスナを備えることを特徴とするモバイル・コンピューティング・ネットワーク。 In mobile computing network including at least one mobile computer device connected to the network via a network connection point, based on at least a portion of the identifier of the network attachment point, has moved to the network segment mobile computing device is different mobile computing network, characterized in that it comprises an interface auxiliary roaming listener to detect whether.
  12. 前記モバイルコンピュータ装置はネットワーク・インターフェイス・アダプタを含み、前記インターフェイス補助ローミングリスナは前記ネットワーク・インターフェイス・アダプタから前記ネットワーク接続ポイントの識別子を取得することを特徴とする請求項11記載のネットワーク。 The mobile computing device includes a network interface adapter, network of claim 11, wherein said interface auxiliary roaming listener, characterized in that to obtain the identifier of the network attachment point from the network interface adapter.
  13. 前記インターフェイス補助ローミングリスナは、前記ネットワーク接続ポイントの識別子をネットワーク接続についての詳細情報に相関させる情報を記憶するネットワーク・トポロジ・マップを保持することを特徴とする請求項11記載のネットワーク。 The interface auxiliary roaming listener network of claim 11, wherein the retaining the network topology map for storing information correlating the identifier of the network attachment point to the detailed information about the network connection.
  14. 前記インターフェイス補助ローミングリスナは、前記ネットワークとの通信がいつ中断または再確立されるかを検出することを特徴とする請求項11記載のネットワーク。 The interface auxiliary roaming listener network of claim 11, wherein the detecting whether communication with the network is when to interrupt or re-establishment.
  15. 前記インターフェイス補助ローミングリスナは、(a)ネットワーク通信の中断及び再確立、及び(b)前記ネットワーク接続ポイントの識別子の変化の検出を受けて、ローミング信号を生成することを特徴とする請求項14記載のネットワーク。 The interface auxiliary roaming listener, (a) a network communications interruption and reestablishment, and (b) receiving a detection of a change in the identifier of the network attachment point, according to claim 14, wherein the generating the roaming signal network.
  16. モバイルコンピュータ装置において使用されるインターフェイスベースのリスナであって、インターフェイスベースのリスナは少なくとも1つのネットワーク・インターフェイス・アダプタからの情報と、少なくとも1つのネットワークスタックから入手可能な情報を統合して、前記モバイルコンピュータ装置が新しいネットワーク接続ポイントに移動したかどうか判定することを特徴とする、インターフェイスベースのリスナ。 A interface-based listener used in mobile computing devices, interface-based listener information from at least one network interface adapter integrates information available from at least one of the network stack, the mobile wherein the computer system to determine whether to move to a new network attachment point, interface-based listener.
  17. ネットワーク接続ポイント情報を含むネットワーク接続情報を提供するネットワーク・トポロジ・マップを含むことを特徴とする請求項16記載のインターフェイスベースのリスナ。 Interface-based listener of claim 16, characterized in that it comprises a network topology map that provides network connection information including a network connection point information.
  18. 上記リスナは学習情報に基づき前記ネットワーク・トポロジ・マップを動的に構成することを特徴とする請求項17記載のリスナ。 The listener listener of claim 17, wherein the dynamically configuring the network topology map on the basis of the learning information.
  19. イベント発生に基づき、ステータスをチェックするステータスチェッカーを含むことを特徴とする請求項16記載のインターフェイスベースのリスナ。 Based on an event occurs, interface-based listener of claim 16, characterized in that it comprises a status checker to check the status.
  20. 前記イベントはタイマーのタイムアウト、ローレベルのローミング・ドライバ・コールバック、ネットワーク・レベル・アクティビティ・ヒントのいずれかを含むことを特徴とする請求項16記載のインターフェイスベースのリスナ。 The event timeout timer, a low level of roaming driver callback interface-based listener according to claim 16, wherein the comprising any of the network-level activity hints.
  21. モバイルコンピュータ装置が既に現在のネットワーク接続ポイントを訪れたかどうかインターフェイスに照会する接続情報探索部を含むことを特徴とする請求項16記載のインターフェイスベースのリスナ。 Interface-based listener of claim 16, characterized in that it comprises a connection information searching unit that the mobile computing device to query already whether visited current network connection point interfaces.
  22. 新規のネットワーク・セグメントにおいて有効となる現行のアドレスを登録または再取得する接続構成を含むことを特徴とする請求項16記載のインターフェイスベースのリスナ。 Interface-based listener of claim 16, characterized in that it comprises a connection configuration to register or re-acquire the current address that is valid in the new network segment.
  23. インターフェイスから提供された情報の少なくとも一部分に基づいて、前記モバイルコンピュータ装置が異なるネットワーク・セグメントに移動したことの検出を受けてローミング信号を生成するローミング信号発生部を含むことを特徴とする請求項16記載のインターフェイスベースのリスナ。 Based at least in part on information provided by the interface, according to claim 16, wherein the mobile computing device characterized in that it comprises a roaming signal generating unit for generating a roaming signal receives the detection of it has moved to a different network segment interface-based listener described.
  24. 予め割り当てられたアドレスがまだ有効かどうかを判定するヒューリスティック・アナライザをさらに含むことを特徴とする請求項23記載のインターフェイスベースのリスナ。 Interface-based listener according to claim 23, wherein the pre-assigned address further comprises a heuristic analyzer determines whether still valid.
  25. モバイルノードが新しいネットワーク接続ポイントに移動したかどうか判定する方法であって、 A method of determining whether the mobile node moves to a new network attachment point,
    (a)ネットワーク・インターフェイスからネットワーク接続ポイントの識別情報を受け取るステップと、 And receiving the identification information of the network attachment point from (a) a network interface,
    (b)前記ネットワーク接続ポイントの識別情報を使用して前記モバイルノードが新しいネットワーク接続ポイントに移動したかどうかを判定するステップと、 (B) determining whether the use identification information of the network attachment point mobile node moves to a new network attachment point,
    (c)前記ステップ(b)を受けて信号を生成するステップとを含むことを特徴とする方法。 (C) a method which comprises the steps of generating a signal receiving step (b).
  26. 請求項25記載の方法であって、 A claim 25 method,
    ネットワーク・トポロジ・マップを保持するステップ、及び前記ネットワーク・トポロジ・マップを使用して前記ステップ(c)を行うステップをさらに含むことを特徴とする方法。 Wherein the step for holding the network topology map, and uses the network topology map further comprises the step of performing said step (c).
  27. 請求項25記載の方法であって、 A claim 25 method,
    前記ステップ(c)はローミング信号を生成するステップを含むことを特徴とする方法。 Wherein said step (c) is characterized by comprising the step of generating a roaming signal.
  28. 請求項25記載の方法であって、 A claim 25 method,
    前記ステップ(b)はネットワーク・アダプタから前記ネットワーク接続ポイントの識別情報を取得するステップを含むことを特徴とする方法。 Wherein the said step (b) comprises the step of acquiring identification information of the network attachment point from a network adapter.
  29. 請求項25記載の方法であって、 A claim 25 method,
    一般的な信号をサポートするネットワーク・インターフェイスが利用不可の場合、選択的ローミング検出メカニズムにフォールバックするステップをさらに含むことを特徴とする方法。 If the network interface to support common signal is unavailable, wherein the method further comprises a step of falling back to selectively roaming detection mechanism.
  30. 請求項25記載の方法であって、 A claim 25 method,
    前記ネットワーク接続ポイント情報の少なくとも一部に応じて、代わりになるネットワーク接続パスの中から選択するステップをさらに含むことを特徴とする方法。 Wherein further comprising at least a portion in response to, to select among network connection path to replace the step of the network connection point information.
  31. 非接続のネットワークを介したモバイルシステムとの通信を円滑にするための方法であって、 A method for facilitating communication with the mobile system via a network not connected,
    第1ネットワークを介してノードと前記モバイルシステム間の通信を確立するステップと、 Establishing a communication between the between nodes mobile system via the first network,
    前記第1ネットワークと非接続の少なくとも第2ネットワーク上の前記ノードを識別するデータを、前記第1ネットワークを介して前記モバイルシステムに送信するステップと、 And transmitting data identifying said node on at least a second network of the first network and the non-connected, to the mobile system via the first network,
    前記第2ネットワークを介して前記モバイルシステムと前記ノードとの通信を確立するために前記データを使用するステップとを含むことを特徴とする方法。 Method characterized by including the step of using said data to establish communication with the node and the mobile system via the second network.
  32. 請求項31記載の方法であって、 A claim 31 method,
    前記第1ネットワークを介して前記ノードに前記データを送信する前に、前記第2ネットワークを介して前記ノードとの通信許可を付与するために前記モバイルシステムを認証するステップをさらに含むことを特徴とする請求項31記載の方法。 Before sending the data to the node via the first network, and further comprising the step of authenticating the mobile system to grant communication permission with the node via the second network the method of claim 31 wherein the.
  33. 請求項21記載の方法であって、 A claim 21 wherein the method,
    前記送信ステップは、分配されるインターフェイスデータを前記第1ネットワークを介して前記モバイルシステムに送信するステップを含むことを特徴とする方法。 The transmitting step, method characterized in that the interface data that is distributed through the first network comprising transmitting to the mobile system.
  34. 前記モバイルコンピュータ装置のネットワーク・インターフェイス・アダプタは、前記ネットワークと物理的に接続されていることを特徴とする請求項12記載のネットワーク。 The network interface adapter of the mobile computing device, a network according to claim 12, wherein it is connected the the network and physically.
  35. 前記モバイルコンピュータ装置はネットワーク接続ポイントと無線で通信することを特徴とする請求項12記載のネットワーク。 Network of claim 12, wherein the mobile computing device, characterized in that the communication network connection point by wireless.
  36. モバイルコンピュータシステムが複数の別個のネットワーク間を移動する際、モバイルコンピュータシステムとネットワークノードとの間での通信を維持するための方法であって、 When the mobile computer system is moved between a plurality of separate networks, a method for maintaining communication between the mobile computer system and network nodes,
    第1ネットワークセグメントを介してモバイルシステムとノード間の通信を確立するステップと、 Establishing a communication between the mobile system and the node via the first network segment,
    第1ネットワークセグメントを介して、それぞれ第1ネットワークセグメントとは別個の複数のさらなるネットワーク・セグメントを介して前記ノードとの通信を再確立する際に使用される情報をモバイルコンピュータシステムに送信するステップと、 Via a first network segment, the first network segment, respectively and transmitting information to be used to re-establish communication with the node via a separate more additional network segments to the mobile computer system ,
    前記情報を使用して、前記別個の複数のさらなるネットワーク・セグメントのいずれかを介してモバイルコンピュータシステムとノード間の通信を再確立するステップとを含むことを特徴とする方法。 Using said information, a method which comprises the step of re-establishing communication between the mobile computer system and the node via one of said discrete plurality of further network segment.
  37. 請求項36記載の方法であって、 A claim 36 method,
    前記情報は分配されるインターフェイスデータを含むことを特徴とする方法。 Wherein the information is characterized in that it comprises an interface data to be distributed.
  38. 複数の別個のセグメントを有するネットワークにおいて最少コストルーティングを提供するための方法において、 A method for providing a minimal cost routing in a network having a plurality of discrete segments,
    (a)ネットワークと、一時的に接続されたモバイルコンピュータ装置との間の通信を確立するステップと、 (A) the network, establishing a communication between a mobile computer device that is temporarily connected,
    (b)一時的に接続されたモバイルコンピュータ装置が前記複数の別個のセグメント間を移動することができるローミング機構を使用するステップと、 (B) a step of temporarily connected mobile computer device uses the roaming mechanism capable of moving between said plurality of discrete segments,
    (c)モバイル・コンピューティングのローミングに応じて、ネットワークとモバイルコンピュータ装置との間の通信を再確立するための選択的で有効なネットワークパスを効率的に自動選択可能にするように、少なくとも1つのポリシーパラメータに実行させるステップとを含むことを特徴とする方法。 Depending on the roaming (c) mobile computing, so that selective and effective network path for re-establishing communication between a network and a mobile computer device efficiently to automatically selectable, at least 1 method characterized by comprising the steps to be executed by the One of the policy parameters.
  39. 請求項38記載の方法であって、 A claim 38 method,
    前記ポリシーパラメータは、帯域幅、1データ単位当りのコスト、およびサービス品質からなるグループの中から選択された要素を含むことを特徴とする方法。 It said policy parameters, bandwidth, a method which comprises elements selected from the group consisting of 1 cost per data unit, and quality of service.
  40. 少なくとも1つのピア・コンピュータシステムと、物理的リンクを介してネットワークに接続された少なくとも一つのモバイルコンピュータ装置とを含むモバイル・コンピューティング・ネットワークにおいて、 At least one peer computer system in a mobile computing network including at least one mobile computer device connected to the network via a physical link,
    ネットワークに接続されたサーバを含み、前記サーバは、モバイルコンピュータ装置への物理的リンクが一時的に中断される間に、モバイルコンピュータ装置とピア・コンピュータシステムとの間の継続的な仮想データストリーム接続を維持するために、モバイルコンピュータ装置とピア・コンピュータシステムとの間の通信をプロキシすることを特徴とするモバイル・コンピューティング・ネットワーク。 It includes a server connected to a network, the server, while the physical links to the mobile computing device is temporarily interrupted, continuous virtual data stream connection between the mobile computing device and the peer computer system to maintain, mobile computing network, characterized in that the proxy communication between the mobile computing device and the peer computer systems.
  41. 前記モバイルコンピュータ装置は前記ネットワーク上の位置アドレスを有し、前記ピア・コンピュータシステムは仮想アドレスを使用して前記サーバと通信し、前記サーバは前記仮想アドレスを前記位置アドレスと対応付けることを特徴とする請求項40記載のネットワーク。 The mobile computing device includes a location address on the network, the peer computer system to communicate with the server using the virtual address, the server is characterized in that associating the virtual address and the position address network of claim 40.
  42. 前記サーバは、前記モバイルコンピュータ装置がその位置アドレスをいつ変更したかを検出し、前記仮想アドレスを前記変更された位置アドレスと再び対応付けることを特徴とする請求項41記載のネットワーク。 The server, the mobile computing device to detect if when changing the position address, the network of claim 41, wherein said virtual address and said associating the again and changed location address.
  43. 前記サーバは、前記モバイルコンピュータ装置が一時的に圏外に出たり、またはローミング中である時に、前記モバイルコンピュータ装置に代わって、キューに入れ、前記ピア・コンピュータシステムからの要求に応答することを特徴とする請求項40記載のネットワーク。 Wherein the server, wherein the mobile computing device when temporarily or exits out of range, or roaming, the on behalf of the mobile computing device, queued, responds to a request from the peer computer systems network of claim 40, wherein the.
  44. 前記サーバは、従来のトランスポート・プロトコルを用いて前記モバイルコンピュータ装置と通信することを特徴とする請求項40記載のネットワーク。 The server, network of claim 40, wherein the communication with the mobile computing device using a conventional transport protocol.
  45. 前記サーバは、遠隔プロシージャ・コールを用いて前記モバイルコンピュータ装置と通信することを特徴とする請求項44記載のネットワーク。 The server, network of claim 44, wherein the communicating with the mobile computing device using a remote procedure call.
  46. 前記サーバは、インターネット・モビリティ・プロトコルを用いて前記モバイルコンピュータ装置と通信することを特徴とする請求項44記載のネットワーク。 The server, network of claim 44, wherein the communicating with the mobile computing device using an Internet Mobility Protocol.
  47. 前記インターネット・モビリティ・プロトコルは、ユーザ設定可能なタイムアウトに基づいてデータグラムの自動除去を行うことを特徴とする請求項46記載のネットワーク。 The Internet Mobility Protocol network according to claim 46, wherein the performing automatic removal of the datagram based on the user configurable timeout.
  48. 前記インターネット・モビリティ・プロトコルは、ユーザ設定可能な再試行に基づいてデータグラムの自動除去を行うことを特徴とする請求項46記載のネットワーク。 The Internet Mobility Protocol network according to claim 46, wherein the performing automatic removal of the datagram based on configurable retry user.
  49. 前記サーバは、前記モバイルコンピュータ装置によるネットワーク・リソースの消費に関するユーザ毎のポリシー管理を行うことを特徴とする請求項40記載のネットワーク。 The server, network of claim 40, wherein the performing policy management for each user regarding the consumption of network resources by the mobile computing device.
  50. 前記サーバは、ユーザ設定可能なセッション優先順位を、前記モバイルコンピュータ装置の前記セッションに付与することを特徴とする請求項40記載のネットワーク。 The server, network of claim 40, wherein the configurable session priorities user, imparts to the session of the mobile computing device.
  51. 前記モバイルネットワークは複数のサブネットワークを含み、前記モバイルコンピュータ装置は、前記モバイルコンピュータ装置によって前記複数のサブネットワークのうちの1つから前記複数のサブネットワークの別の1つへのローミングを可能にする他の手順と共に動的ホスト構成プロトコルを用いることを特徴とする請求項40記載のネットワーク。 The mobile network includes a plurality of sub-networks, the mobile computing device enables different to one roaming of the mobile computing device of the plurality of sub-networks from one of the plurality of sub-networks by network of claim 40, wherein the use of dynamic host configuration protocol with other procedures.
  52. 前記サーバは、モビリティ管理サーバを含むことを特徴とする請求項40記載のネットワーク。 The server, network of claim 40, characterized in that it comprises a mobility management server.
  53. 前記モバイルコンピュータ装置と前記サーバとを接続する少なくとも1つのモバイル相互接続をさらに含むことを特徴とする請求項40記載のネットワーク。 Network of claim 40, further comprising at least one mobile interconnection which connects the said mobile computer device server.
  54. モバイルコンピュータ環境において少なくとも一つのモバイルコンピュータ装置との持続的な接続を維持する方法であって、 A method of maintaining a persistent connection to at least one mobile computing device in a mobile computing environment,
    前記モバイルコンピュータ装置と、少なくとも一つのさらなるコンピュータ装置との間の少なくとも1つのセッションを管理するステップと、 And the mobile computing device, a step of managing at least one session between the at least one further computer device,
    モバイルコンピュータ装置が圏外に出たり、サスペンドしたり、あるいはネットワークアドレスを変更した時に、セッションを維持するステップとを含むことを特徴とする方法。 How mobile computer device and out to the service area, when you change the suspend or or network address, characterized in that it comprises a step of maintaining the session.
  55. 請求項54記載の方法であって、 The method of claim 54,
    前記セッションのために少なくとも1つのユーザ設定可能なセッション優先順位を付与するステップをさらに含むことを特徴とする方法。 Wherein further comprising the step of applying at least one user configurable session priorities for the session.
  56. 請求項54記載の方法であって、 The method of claim 54,
    前記管理ステップは、前記モバイルコンピュータ装置によるネットワーク・リソースの消費を管理するステップを含むことを特徴とする方法。 The management step, method characterized by comprising the step of managing the consumption of network resources by the mobile computing device.
  57. 請求項54記載の方法であって、 The method of claim 54,
    前記モバイルコンピュータ環境は複数のサブネットワークを含み、前記維持ステップでは、動的ホスト構成プロトコルを使用して前記モバイルコンピュータ装置が前記サブネットワーク間を移動する時にセッションを維持することを特徴とする方法。 The mobile computing environment includes a plurality of sub-networks, in the sustain step, wherein said using Dynamic Host Configuration Protocol mobile computing device and maintains a session when moving between the sub-networks.
  58. 請求項54記載の方法であって、 The method of claim 54,
    前記管理ステップは、前記モバイルコンピュータ装置とデータグラムのやり取りを行い、少なくとも1つのユーザ設定可能なパラメータに基づき前記データグラムのうち信頼性の低いデータグラムを自動的に除去することを特徴とする方法。 The management step, wherein said exchanges of mobile computing devices and datagrams, characterized in that it automatically removes the low datagram reliability among the datagram based on the at least one user configurable parameters .
  59. 請求項58記載の方法であって、 A claim 58 method,
    前記ユーザ設定可能なパラメータは、タイムアウトを含むことを特徴とする方法。 The user-configurable parameters, a method characterized in that it comprises a timeout.
  60. 請求項58記載の方法であって、 A claim 58 method,
    前記ユーザ設定可能なパラメータは、ユーザ設定可能な再試行番号を含むことを特徴とする方法。 The user-configurable parameters, a method characterized in that it comprises a user-configurable retry number.
  61. 請求項54記載の方法であって、 The method of claim 54,
    前記モバイルコンピュータ装置に可変の位置アドレスを付与するステップをさらに含み、前記管理ステップはセッションと関連付けされる仮想アドレスに前記位置アドレスを対応付けするステップを含むことを特徴とする方法。 Method characterized by comprising the step of the including mobile computing device further the step of applying the location address of the variable in the management step for associating the location address to the virtual address to be associated with the session.
  62. 請求項54記載の方法であって、 The method of claim 54,
    前記管理ステップは、遠隔プロシージャ・コール・プロトコルを用いてモバイルコンピュータ装置と通信するステップを含むことを特徴とする方法。 The management step, method characterized by comprising the step of communicating with the mobile computing device using a remote procedure call protocol.
  63. 請求項54記載の方法であって、 The method of claim 54,
    前記維持ステップは、前記モバイルコンピュータ装置を前記モバイルコンピュータ環境に接続する物理的リンクの中断時に前記セッションの接続状態を維持することを特徴とする方法。 The sustain step, wherein the maintaining the connection state of the session to the mobile computing device upon interruption of the physical link connected to the mobile computing environment.
  64. 請求項54記載の方法であって、 The method of claim 54,
    前記管理ステップは、少なくとも1つの標準的なトランスポート・プロトコルを用いて前記モバイルコンピュータ装置と通信するステップを含むことを特徴とする方法。 The management step, method characterized by comprising the step of communicating with the mobile computing device using at least one standard transport protocol.
  65. 請求項54記載の方法であって、 The method of claim 54,
    前記モバイルコンピュータ装置は複数のアプリケーションソースを含み、前記管理ステップは、前記複数のアプリケーションソースからのデータをストリームに融合するステップと、前記ストリームを送信するステップとを含むことを特徴とする方法。 The mobile computing device includes a plurality of application sources, the management step, a method which comprises the steps of fusing data from the plurality of application sources to a stream, and transmitting the stream.
  66. 請求項65記載の方法であって、 A 66. The method of claim 65, wherein,
    前記ストリームから融合されたデータを逆多重化して、前記逆多重化されたデータを複数の関連する目的地に送信するステップをさらに含むことを特徴とする方法。 It demultiplexes the data fused from the stream, wherein the method further comprises the step of transmitting to the destination associated with the de-multiplexed data more.
  67. 請求項65記載の方法であって、 A 66. The method of claim 65, wherein,
    前記ストリームはフレームを含み、前記融合処理は、モバイルコンピュータ環境の最大伝送単位に適合するように、前記フレームに対して動的なサイズ変更を行う処理を含むことを特徴とする方法。 The stream comprising a frame, wherein the fusion process is to match the maximum transmission unit of a mobile computing environment, a method characterized in that it comprises a process for dynamically resizing relative to the frame.
  68. 請求項65記載の方法であって、 A 66. The method of claim 65, wherein,
    前記融合処理は、信頼性の低いデータのセマンティクスを維持する処理と、前記信頼性の低いデータを前記セマンティクスに基づき選択的に破棄する処理とを含むことを特徴とする方法。 The fusion process, method which comprises a process of maintaining the semantics of unreliable data, and said basis unreliable data in the semantic selectively discards.
  69. 請求項54記載の方法であって、 The method of claim 54,
    前記管理ステップは、前記モバイルコンピュータ装置へのメッセージの保証配信、および/または前記モバイルコンピュータ装置からのメッセージの保証配信を行う処理を含むことを特徴とする方法。 The management step, a method which comprises the guaranteed delivery of messages to the mobile computing device, and / or processing for guaranteed delivery of messages from the mobile computing device.
  70. 請求項54記載の方法であって、 The method of claim 54,
    前記管理ステップは、前記モバイルコンピュータ装置がどのネットワーク・リソースにアクセス可能かを制御する処理を含むことを特徴とする方法。 The management step, a method which comprises a process of controlling whether the mobile computing device can access which network resources.
  71. 少なくとも一つのさらなるコンピュータ装置を含むモバイルコンピュータ環境において少なくとも一つのモバイルコンピュータ装置との持続的な接続を維持するためのサーバであって、 A server for maintaining a persistent connection to at least one mobile computing device in a mobile computing environment comprising at least one further computer device,
    モバイルコンピュータ装置が圏外に出たり、サスペンドしたり、あるいはネットワークアドレスを変更した時にセッションを維持し、前記モバイルコンピュータ装置と少なくとも一つのさらなるコンピュータ装置間の少なくとも1つのセッションを管理するセッション・マネージャを含むサーバ。 And out the mobile computing device out of range, maintaining the session when you change the suspend or or the network address, including a session manager for managing at least one session between at least one further computer device and the mobile computing device server.
  72. 前記セッション・マネージャは、前記セッションのためにユーザ設定可能なセッション優先順位を少なくとも1つ付与するセッション優先キューを含むことを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The session manager server according to claim 71, wherein the user-configurable session priorities, characterized in that it comprises a session priority queue at least one grant for the session.
  73. 前記セッション・マネージャは、前記モバイルコンピュータ装置によるネットワーク・リソースの消費を管理する手段を含むことを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The session manager server according to claim 71, wherein the containing means for managing the consumption of network resources by the mobile computing device.
  74. 前記モバイルコンピュータ環境は、複数のサブネットワークを含み、前記セッション・マネージャは、動的ホスト構成プロトコルを使用して前記モバイルコンピュータ装置が前記サブネットワーク間を移動する時にセッションを維持することを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The mobile computing environment includes a plurality of sub-networks, the session manager, the mobile computing device using Dynamic Host Configuration Protocol and maintains a session when moving between the sub-network server according to claim 71, wherein.
  75. 前記セッション・マネージャは、前記モバイルコンピュータ装置とデータグラムのやり取りを行い、少なくとも1つのユーザ設定可能なパラメータに基づき前記データグラムのうち信頼性の低いデータグラムを自動的に除去することを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The session manager, exchanges of the mobile computing device and the datagram, characterized by automatically removing low datagram reliability among the datagram based on the at least one user configurable parameters server according to claim 71, wherein.
  76. 前記ユーザ設定可能なパラメータは、タイムアウトを含むことを特徴とする請求項75記載のサーバ。 The user-configurable parameters, server according to claim 75, wherein it contains a timeout.
  77. 前記ユーザ設定可能なパラメータは、ユーザ設定可能な再試行番号を含むことを特徴とする請求項75記載のサーバ。 The user-configurable parameters, server according to claim 75, wherein the containing user configurable retry number.
  78. 前記モバイルコンピュータ環境は、前記モバイルコンピュータ装置に可変の位置アドレスを付与し、前記セッション・マネージャはセッションと関連付けされる仮想アドレスに前記位置アドレスを対応付けすることを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The mobile computing environment, wherein the position address of the variable is given to the mobile computing device, a server according to claim 71, wherein the session manager is characterized in that associating the location address to the virtual address to be associated with a session .
  79. 前記セッション・マネージャは、遠隔プロシージャ・コール・プロトコルを用いてモバイルコンピュータ装置と通信することを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The session manager server according to claim 71, wherein the communicating with mobile computing device using a remote procedure call protocol.
  80. 前記モバイルコンピュータ環境は、前記モバイルコンピュータ装置を前記モバイルコンピュータ環境に接続する少なくとも1つの物理的リンクを含み、前記セッション・マネージャは、前記物理的リンクの中断時に前記セッションの接続状態を維持することを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The mobile computing environment includes at least one physical link connecting the mobile computing device to the mobile computing environment, wherein the session manager, to maintain the connection state of the session time of the interruption of the physical link server according to claim 71, wherein.
  81. 前記セッション・マネージャは、少なくとも1つの標準的なトランスポート・プロトコルを用いて前記モバイルコンピュータ装置と通信することを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The session manager server according to claim 71, wherein the communicating with the mobile computing device using at least one standard transport protocol.
  82. 前記モバイルコンピュータ装置は複数のアプリケーションソースを含み、前記セッション・マネージャは、前記複数のアプリケーションソースに関連するデータをストリームに融合して、前記ストリームを送信することを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The mobile computing device includes a plurality of application sources, the session manager is to fuse the data associated with the plurality of application sources to the stream server of claim 71, wherein transmitting the stream .
  83. 前記モバイルコンピュータ装置は複数のアプリケーションソースを含み、前記セッション・マネージャは、前記複数のアプリケーションソースからの融合されたデータを逆多重化して、前記逆多重化されたデータを複数の関連する目的地に送信することを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The mobile computing device includes a plurality of application sources, the session manager, the fused data from said plurality of application sources and demultiplexing, the demultiplexed data to a plurality of associated destination server according to claim 71, wherein the transmitting.
  84. 前記セッション・マネージャは、フレームを用いて前記モバイルコンピュータ装置と通信し、モバイルコンピュータ環境の最大伝送単位に適合するように、前記フレームに対して動的なサイズ変更を行うことを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The session manager, the claims in communication with the mobile computing device using a frame, to match the maximum transmission unit of a mobile computing environment, and performs dynamic resizing relative to the frame 71 server described.
  85. 前記セッション・マネージャは、信頼性の低いデータのセマンティクスを維持し、前記信頼性の低いデータを前記セマンティクスに基づき選択的に破棄することを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The session manager maintains the semantics of unreliable data, said server according to claim 71, wherein the unreliable data and selectively discarded based on the semantics.
  86. 前記セッション・マネージャは、前記モバイルコンピュータ装置へのメッセージの保証配信、および/または前記モバイルコンピュータ装置からのメッセージの保証配信を行うことを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The session manager server according to claim 71, wherein the performing guaranteed delivery of messages from the guaranteed delivery, and / or the mobile computing device of a message to the mobile computing device.
  87. 前記セッション・マネージャは、前記モバイルコンピュータ装置がアクセス可能なネットワーク・リソースの制御を行うことを特徴とする請求項71記載のサーバ。 The session manager server according to claim 71, wherein the mobile computing device and performs the control of accessible network resources.
  88. プロキシ・サーバを含むモバイルコンピュータ環境において、モバイルコンピュータ装置が圏外に出たり、サスペンドしたり、あるいはネットワークアドレスを変更した時に、少なくとも一つのさらなるコンピュータ装置と持続的な仮想接続を維持するモバイルコンピュータ装置であって、 In a mobile computing environment comprising a proxy server, and out the mobile computing device out of service, when you change the suspend or or the network address, in a mobile computer device that maintains a persistent virtual connection to at least one further computer device there,
    トランスポート・ドライバ・インターフェイスと、 And a transport driver interface,
    前記トランスポート・ドライバ・インターフェイスと接続されるモバイル・インターセプタを含み、 Includes a mobile interceptor to be connected to the transport driver interface,
    前記モバイル・インターセプタは、前記トランスポート・ドライバ・インターフェイスでのネットワークサービス要求を傍受し、前記ネットワークサービス要求に応じて、遠隔プロシージャ・コールを生成し、前記遠隔プロシージャ・コールを前記プロキシ・サーバに送信することを特徴とするモバイルコンピュータ装置。 The mobile interceptor intercepts network service requests on the transport driver interface, wherein in response to the network service request, generates a remote procedure call, sending the remote procedure call to the proxy server mobile computer device which is characterized in that.
  89. 前記モバイル・インターセプタは、ユーザ設定可能なセッション優先順位を少なくとも1つ付与するセッション優先キューを含むことを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 The mobile interceptor, mobile computer system of claim 88, wherein the user-configurable session priorities including the session priority queue at least one grant.
  90. 前記モバイル・インターセプタは、前記モバイルコンピュータ装置によるネットワーク・リソースの消費を管理する手段を含むことを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 The mobile interceptor, mobile computer system of claim 88, wherein the containing means for managing the consumption of network resources by the mobile computing device.
  91. 前記モバイルコンピュータ環境は、複数のサブネットワークを含み、前記モバイルコンピュータ装置は、前記モバイルコンピュータ装置が前記サブネットワーク間を移動する時に位置アドレスを取得するために動的ホスト構成プロトコルを使用する手段をさらに含むことを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 The mobile computing environment includes a plurality of sub-networks, the mobile computer device further means for using the Dynamic Host Configuration Protocol for the mobile computing device to obtain the location address when moving between the sub-network mobile computing device of claim 88, wherein it contains.
  92. 前記モバイル・インターセプタは、前記プロキシ・サーバとデータグラムのやり取りを行い、少なくとも1つのユーザ設定可能なパラメータに基づき前記データグラムのうち信頼性の低いデータグラムを自動的に除去することを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 The mobile interceptor, said exchanges of proxy servers and datagram, characterized by automatically removing low datagram reliability among the datagram based on the at least one user configurable parameters mobile computing device of claim 88, wherein.
  93. 前記ユーザ設定可能なパラメータは、タイムアウトを含むことを特徴とする請求項92記載のモバイルコンピュータ装置。 The user-configurable parameters, the mobile computing device of claim 92, wherein it contains a timeout.
  94. 前記ユーザ設定可能なパラメータは、ユーザ設定可能な再試行番号を含むことを特徴とする請求項92記載のモバイルコンピュータ装置。 The user-configurable parameters, the mobile computing device of claim 92, wherein the containing user configurable retry number.
  95. 前記モバイルコンピュータ装置は、前記モビリティ管理サーバを仮想アドレスと対応付ける、関連付けされた可変の位置アドレスを有することを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 The mobile computing device associates with the mobility management server virtual address, the mobile computing device of claim 88, wherein it has a location address of the associated variable.
  96. 前記モバイル・インターセプタは、遠隔プロシージャ・コール・プロトコルを用いて前記モビリティ管理サーバと通信することを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 The mobile interceptor, mobile computer system of claim 88, wherein the communicating with the mobility management server using a remote procedure call protocol.
  97. 前記モバイルコンピュータ環境は、前記モバイルコンピュータ装置を前記モバイルコンピュータ環境に接続する少なくとも1つの物理的リンクを含み、前記モバイル・インターセプタは、前記物理的リンクでの中断後に前記モビリティ管理サーバから少なくとも1つのセッションの更新された接続状態情報を受け取ることを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 The mobile computing environment, at least one includes a physical link, the mobile interceptor, at least one session from the mobility management server after an interruption in the physical links connecting the mobile computing device to the mobile computing environment mobile computing device of claim 88, wherein the receiving the updated connection state information.
  98. 前記モバイルコンピュータ装置は標準的なトランスポート・プロトコル・ハンドラを含み、前記モバイル・インターセプタは前記標準的なトランスポート・プロトコル・ハンドラを介して前記モビリティ管理サーバと通信することを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 The mobile computing device includes a standard transport protocol handler, according to claim 88 wherein the mobile interceptor, characterized in that communicating with the mobility management server via the standard transport protocol handler mobile computer device as claimed.
  99. 前記モバイルコンピュータ装置は複数のアプリケーションソースを含み、前記モバイル・インターセプタは前記複数のアプリケーションソースに関連するデータをストリームに融合して、前記ストリームを前記モビリティ管理サーバに送信することを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 Wherein it comprises a mobile computing device includes a plurality of application sources, claim the mobile interceptor that fused the data associated with the plurality of application sources to a stream, and transmits the stream to the mobility management server 88 mobile computer device as claimed.
  100. 前記モバイルコンピュータ装置は複数のアプリケーション目的地を含み、前記モバイル・インターセプタは、前記複数のアプリケーションソースからの融合されたデータを逆多重化して、前記逆多重化されたデータを複数のアプリケーション目的地に送信することを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 The mobile computing device includes a plurality of application destinations, the mobile interceptor, the fused data from said plurality of application sources and demultiplexing, the demultiplexed data to a plurality of applications destinations mobile computing device of claim 88, wherein the transmitting.
  101. 前記モバイル・インターセプタは、フレームを用いて前記プロキシ・サーバと通信し、モバイルコンピュータ環境の最大伝送単位に適合するように、前記フレームに対して動的なサイズ変更を行うことを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 The mobile interceptor claims communication with the proxy server using a frame, to match the maximum transmission unit of a mobile computing environment, and performs dynamic resizing relative to the frame 88 mobile computer device as claimed.
  102. 前記モバイル・インターセプタは、信頼性の低いデータのセマンティクスを維持し、前記信頼性の低いデータを前記セマンティクスに基づき選択的に破棄することを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 The mobile interceptor maintains the semantics of unreliable data, the mobile computing device of unreliable data according to claim 88, wherein the selectively discarded based on the semantics.
  103. 前記モバイル・インターセプタは、前記プロキシ・サーバへのメッセージの保証配信、および/または前記プロキシ・サーバからのメッセージの保証配信を行うことを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 The mobile interceptor, the guaranteed delivery of messages to the proxy server, and / or mobile computing device of claim 88, wherein the performing guaranteed delivery of messages from the proxy server.
  104. 前記モバイル・インターセプタは、前記モバイルコンピュータ装置がアクセス可能なモバイルコンピュータ環境のリソースの制御を行うことを特徴とする請求項88記載のモバイルコンピュータ装置。 The mobile interceptor, mobile computer system of claim 88, wherein the mobile computing device and performs the control of the resources accessible mobile computing environment.
  105. トランスポート・ドライバ・インターフェイスと、 And a transport driver interface,
    前記トランスポート・ドライバ・インターフェイスと接続されるモバイル・インターセプタを含む少なくとも一つのモバイルコンピュータ装置を含むモバイルコンピュータ環境であって、 Wherein a mobile computing environment comprising at least one mobile computing device including a mobile interceptor connected to the transport driver interface,
    前記モバイル・インターセプタは、前記トランスポート・ドライバ・インターフェイスでのネットワークサービス要求を傍受し、前記ネットワークサービス要求を受けて、遠隔プロシージャ・コールを生成し、前記遠隔プロシージャ・コールを少なくとも1つのプロキシ・サーバに送信し、 The mobile interceptor, the intercepts network service requests at the Transport Driver Interface, the receiving network service request, generates a remote procedure call, at least one proxy server the remote procedure call and sends it to the,
    前記プロキシ・サーバは、前記モバイル・インターセプタによって送信された前記遠隔プロシージャ・コールを受信及び処理するワーク・ディスパッチャを少なくとも1つ含み、前記プロキシ・サーバは、前記モバイルコンピュータ装置が前記モバイルコンピュータ環境と一時的に切断された時に、前記モバイルコンピュータ装置の代わりに仮想セッションをプロキシするプロキシ・キューを含むことを特徴とするモバイルコンピュータ環境。 The proxy server, wherein comprises at least one work dispatcher for receiving and processing the remote procedure call transmitted by mobile interceptor, the proxy server, the mobile computing device the mobile computing environment and Temporary to when it is disconnected, the mobile computing environment, characterized in that it comprises a proxy queue to proxy virtual session instead of the mobile computing device.
  106. ネットワーク接続ポイントを介してネットワークと接続されるモバイルコンピュータ装置を少なくとも一つ含むモバイル・コンピューティング・ネットワークにおいて、ネットワーク接続ポイントの識別子の少なくとも一部分に基づき、前記モバイルコンピュータ装置が異なるネットワーク・セグメントに移動したかどうか検出するインターフェイス補助ローミングリスナを含むことを特徴とするモバイル・コンピューティング・ネットワーク。 In mobile computing network including at least one mobile computer device connected to the network via a network connection point, based on at least a portion of the identifier of the network attachment point, has moved to the network segment mobile computing device is different mobile computing network, characterized in that it comprises an interface auxiliary roaming listener to detect whether.
  107. 前記モバイルコンピュータ装置はネットワーク・インターフェイス・アダプタを含み、前記リスナは前記ネットワーク・インターフェイス・アダプタから前記ネットワーク接続ポイントの識別子を取得することを特徴とする請求項106記載のネットワーク。 The mobile computing device includes a network interface adapter, network of claim 106, wherein the listener, characterized in that to obtain the identifier of the network attachment point from the network interface adapter.
  108. 前記リスナは、前記ネットワーク接続ポイントの識別子をネットワーク接続についての詳細情報に相関させる情報を記憶するネットワーク・トポロジ・マップを保持することを特徴とする請求項106記載のネットワーク。 The listener network of claim 106, wherein the retaining the network topology map for storing information correlating the identifier of the network attachment point to the detailed information about the network connection.
  109. 前記リスナは、前記ネットワークとの通信がいつ中断または再確立されるかを検出することを特徴とする請求項106記載のネットワーク。 The listener network of claim 106, wherein the detecting whether communication with the network is when to interrupt or re-establishment.
  110. 前記インターフェイス補助ローミングリスナは、(a)ネットワーク通信の中断及び再確立、及び(b)前記ネットワーク接続ポイントの識別子の変化の検出を受けて、ローミング信号を生成することを特徴とする請求項109記載のネットワーク。 The interface auxiliary roaming listener, (a) a network communications interruption and reestablishment, and (b) receiving a detection of a change in the identifier of the network attachment point, according to claim 109, wherein the generating the roaming signal network.
  111. 前記モバイルコンピュータ装置において使用されるインターフェイスベースのリスナであって、インターフェイスベースのリスナは少なくとも1つのネットワーク・インターフェイス・アダプタからの情報と、少なくとも1つのネットワークスタックから入手可能な情報を統合して、前記モバイルコンピュータ装置が新しいネットワーク接続ポイントに移動したかどうか判定することを特徴とするインターフェイスベースのリスナ。 Wherein a interface-based listener used in mobile computing devices, interface-based listener information from at least one network interface adapter integrates information available from at least one network stack, wherein interface-based listener, characterized in that the mobile computing device to determine whether to move to a new network attachment point.
  112. ネットワーク接続ポイント情報を含むネットワーク接続情報を提供するネットワーク・トポロジ・マップを含むことを特徴とする請求項111記載のインターフェイスベースのリスナ。 Interface-based listener of claim 111, wherein the including network topology map that provides network connection information including a network connection point information.
  113. 上記リスナは学習情報に基づき前記ネットワーク・トポロジ・マップを動的に構成することを特徴とする請求項112記載のリスナ。 The listener listener of claim 112, wherein the dynamically configuring the network topology map on the basis of the learning information.
  114. イベント発生に基づき、ステータスをチェックするステータスチェッカーを含むことを特徴とする請求項111記載のインターフェイスベースのリスナ。 Based on an event occurs, interface-based listener of claim 111, wherein the containing status checker to check the status.
  115. 前記イベントはタイマーのタイムアウト、ローレベルのローミング・ドライバ・コールバック、ネットワーク・レベル・アクティビティ・ヒントのいずれかを含むことを特徴とする請求項111記載のインターフェイスベースのリスナ。 The event timeout timer, a low level of roaming driver callback interface-based listener of claim 111, wherein the comprising any of the network-level activity hints.
  116. モバイルコンピュータ装置が既に現在のネットワーク接続ポイントを訪れたかどうかインターフェイスに照会する接続情報探索部を含むことを特徴とする請求項111記載のインターフェイスベースのリスナ。 Interface-based listener of claim 111, wherein the including the connection information searching unit that the mobile computing device to query already whether visited current network connection point interfaces.
  117. 新しいネットワーク・セグメントにおいて有効となる現行のアドレスを登録または再取得する接続構成を含むことを特徴とする請求項111記載のインターフェイスベースのリスナ。 Interface-based listener of claim 111, wherein the including the connection structure to be registered or re-acquire the current address that is valid in the new network segment.
  118. インターフェイスから提供された情報の少なくとも一部分に基づいて、前記モバイルコンピュータ装置が異なるネットワーク・セグメントに移動したことの検出を受けてローミング信号を生成するローミング信号発生器を含むことを特徴とする請求項111記載のインターフェイスベースのリスナ。 Based at least in part on information provided by the interface, according to claim 111, wherein the mobile computing device characterized in that it comprises a roaming signal generator for generating a roaming signal receives the detection of it has moved to a different network segment interface-based listener described.
  119. 予め割り当てられたアドレスがまだ有効かどうかを判定するヒューリスティック・アナライザをさらに含むことを特徴とする請求項118記載のインターフェイスベースのリスナ。 Interface-based listener of claim 118, wherein the pre-assigned address further comprises a heuristic analyzer determines whether still valid.
  120. モバイルノードが新しいネットワーク接続ポイントに移動したかどうか判定する方法であって、 A method of determining whether the mobile node moves to a new network attachment point,
    (a)ネットワーク・インターフェイスからネットワーク接続ポイントの識別情報を受け取るステップと、 And receiving the identification information of the network attachment point from (a) a network interface,
    (b)前記ネットワーク接続ポイントの識別情報を使用して前記モバイルノードが新しいネットワーク接続ポイントに移動したかどうかを判定するステップと、 (B) determining whether the use identification information of the network attachment point mobile node moves to a new network attachment point,
    (c)前記ステップ(b)を受けて信号を生成するステップを含むことを特徴とする方法。 (C) a method which comprises the step of generating a signal receiving step (b).
  121. 請求項120記載の方法であって、 A claim 120 method described,
    ネットワーク・トポロジ・マップを保持するステップ、及び前記ネットワーク・トポロジ・マップを使用して前記ステップ(c)を行うステップをさらに含むことを特徴とする方法。 Wherein the step for holding the network topology map, and uses the network topology map further comprises the step of performing said step (c).
  122. 請求項120記載の方法であって、 A claim 120 method described,
    前記ステップ(c)はローミング信号を生成するステップを含むことを特徴とする方法。 Wherein said step (c) is characterized by comprising the step of generating a roaming signal.
  123. 請求項120記載の方法であって、 A claim 120 method described,
    前記ステップ(b)はネットワーク・アダプタから前記ネットワーク接続ポイントの識別情報を取得するステップを含むことを特徴とする方法。 Wherein the said step (b) comprises the step of acquiring identification information of the network attachment point from a network adapter.
  124. 請求項120記載の方法であって、 A claim 120 method described,
    一般的な信号をサポートするネットワーク・インターフェイスが利用不可の場合、選択的ローミング検出機構にフォールバックするステップをさらに含むことを特徴とする方法。 If the network interface to support common signal is unavailable, wherein the method further comprises a step of falling back to selectively roaming detection mechanism.
  125. 請求項120記載の方法であって、 A claim 120 method described,
    前記ネットワーク接続ポイント情報の少なくとも一部分を受けて、択一的なネットワーク接続パスから選択するステップをさらに含むことを特徴とする方法。 The method of receiving at least a portion of the network connection point information, and further comprising the step of selecting from alternative network connection path.
JP2002527943A 1998-10-09 2001-09-12 Method and apparatus for providing a mobile other intermittent connectivity in a computer environment Granted JP2004509539A (en)

Priority Applications (3)

Application Number Priority Date Filing Date Title
US09/660,500 US7293107B1 (en) 1998-10-09 2000-09-12 Method and apparatus for providing mobile and other intermittent connectivity in a computing environment
US27461501P true 2001-03-12 2001-03-12
PCT/US2001/028391 WO2002023362A1 (en) 2000-09-12 2001-09-12 Method and apparatus for providing mobile and other intermittent connectivity in a computing environment

Publications (2)

Publication Number Publication Date
JP2004509539A true JP2004509539A (en) 2004-03-25
JP2004509539A5 JP2004509539A5 (en) 2005-04-07

Family

ID=26956948

Family Applications (1)

Application Number Title Priority Date Filing Date
JP2002527943A Granted JP2004509539A (en) 1998-10-09 2001-09-12 Method and apparatus for providing a mobile other intermittent connectivity in a computer environment

Country Status (5)

Country Link
EP (1) EP1364296A4 (en)
JP (1) JP2004509539A (en)
AU (1) AU8901001A (en)
CA (1) CA2421609A1 (en)
WO (1) WO2002023362A1 (en)

Cited By (17)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2006352337A (en) * 2005-06-14 2006-12-28 Ntt Docomo Inc Communication apparatus and communication control method
JP2007306577A (en) * 2002-08-01 2007-11-22 Research In Motion Ltd Always-on wireless internet protocol communication
JP2008508837A (en) * 2004-06-10 2008-03-21 ネットモーション ワイヤレス インコーポレイテッド Method and apparatus for providing mobile and other intermittent connectivity in a computer environment
JP2009119849A (en) * 2007-10-23 2009-06-04 Ricoh Co Ltd Information processor, information processing method, and program
JP2009532765A (en) * 2006-03-31 2009-09-10 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド Method and device for maintaining a session based on the presence status information
JP2009535873A (en) * 2006-04-28 2009-10-01 ジェムアルト エスアー Data transmission between the server and the communication object
US7711835B2 (en) 2004-09-30 2010-05-04 Citrix Systems, Inc. Method and apparatus for reducing disclosure of proprietary data in a networked environment
US7760693B2 (en) 2004-12-10 2010-07-20 Nec Corporation Packet distribution system, PAN registration device, PAN control device, packet transfer device, and packet distribution method
US7779034B2 (en) 2005-10-07 2010-08-17 Citrix Systems, Inc. Method and system for accessing a remote file in a directory structure associated with an application program executing locally
US7870153B2 (en) 2006-01-24 2011-01-11 Citrix Systems, Inc. Methods and systems for executing, by a virtual machine, an application program requested by a client machine
JP2011070279A (en) * 2009-09-24 2011-04-07 Fujifilm Corp Application server and method of controlling operation of the same
US8131825B2 (en) 2005-10-07 2012-03-06 Citrix Systems, Inc. Method and a system for responding locally to requests for file metadata associated with files stored remotely
JP2013520138A (en) * 2010-02-16 2013-05-30 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated Method and apparatus for providing intelligent wireless selective legacy and non-legacy applications
US8731547B2 (en) 2007-09-27 2014-05-20 Panasonic Corporation Network node and mobile terminal
US9178965B2 (en) 2011-03-18 2015-11-03 Qualcomm Incorporated Systems and methods for synchronization of application communications
US9264868B2 (en) 2011-01-19 2016-02-16 Qualcomm Incorporated Management of network access requests
JP2017502394A (en) * 2013-12-05 2017-01-19 クラウドストライク インコーポレイテッド Interception of Rpc call

Families Citing this family (39)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US7293107B1 (en) 1998-10-09 2007-11-06 Netmotion Wireless, Inc. Method and apparatus for providing mobile and other intermittent connectivity in a computing environment
US8078727B2 (en) 1998-10-09 2011-12-13 Netmotion Wireless, Inc. Method and apparatus for providing mobile and other intermittent connectivity in a computing environment
US20050198379A1 (en) * 2001-06-13 2005-09-08 Citrix Systems, Inc. Automatically reconnecting a client across reliable and persistent communication sessions
WO2003061188A1 (en) * 2002-01-14 2003-07-24 Netmotion Wireless, Inc. Method and apparatus for providing secure connectivity in mobile and other intermittent computing environments
US7984157B2 (en) 2002-02-26 2011-07-19 Citrix Systems, Inc. Persistent and reliable session securely traversing network components using an encapsulating protocol
US7661129B2 (en) 2002-02-26 2010-02-09 Citrix Systems, Inc. Secure traversal of network components
US8068833B2 (en) 2002-04-26 2011-11-29 Nokia Corporation Candidate access router discovery
JP4290967B2 (en) 2002-11-26 2009-07-08 Necインフロンティア株式会社 Wireless LAN network QoS control system, a base station, the terminal, QoS control method, and program
FR2856540A1 (en) * 2003-06-19 2004-12-24 Filfree Networks local network architecture wireless
DE10346007A1 (en) * 2003-10-02 2005-04-28 Siemens Ag Communication device and method for setting a security configuration of a communication device
US7562146B2 (en) * 2003-10-10 2009-07-14 Citrix Systems, Inc. Encapsulating protocol for session persistence and reliability
US7594018B2 (en) * 2003-10-10 2009-09-22 Citrix Systems, Inc. Methods and apparatus for providing access to persistent application sessions
WO2006012044A1 (en) 2004-06-28 2006-02-02 Japan Communications, Inc. Methods and systems for encrypting, transmitting, and storing electronic information and files
US7760882B2 (en) 2004-06-28 2010-07-20 Japan Communications, Inc. Systems and methods for mutual authentication of network nodes
US8954595B2 (en) 2004-12-30 2015-02-10 Citrix Systems, Inc. Systems and methods for providing client-side accelerated access to remote applications via TCP buffering
US7724657B2 (en) 2004-07-23 2010-05-25 Citrix Systems, Inc. Systems and methods for communicating a lossy protocol via a lossless protocol
EP1853013A1 (en) 2004-07-23 2007-11-07 Citrix Systems, Inc. A method and systems for securing remote access to private networks
GB2417396A (en) 2004-08-18 2006-02-22 Wecomm Ltd Internet protocol having session identifier for mobile device internet access
US7748032B2 (en) 2004-09-30 2010-06-29 Citrix Systems, Inc. Method and apparatus for associating tickets in a ticket hierarchy
US8613048B2 (en) * 2004-09-30 2013-12-17 Citrix Systems, Inc. Method and apparatus for providing authorized remote access to application sessions
US7680758B2 (en) 2004-09-30 2010-03-16 Citrix Systems, Inc. Method and apparatus for isolating execution of software applications
US8171479B2 (en) 2004-09-30 2012-05-01 Citrix Systems, Inc. Method and apparatus for providing an aggregate view of enumerated system resources from various isolation layers
US7810089B2 (en) 2004-12-30 2010-10-05 Citrix Systems, Inc. Systems and methods for automatic installation and execution of a client-side acceleration program
US8024568B2 (en) 2005-01-28 2011-09-20 Citrix Systems, Inc. Method and system for verification of an endpoint security scan
US7359919B2 (en) * 2005-03-08 2008-04-15 Microsoft Corporation Reliable request-response messaging over a request-response transport
US8095940B2 (en) 2005-09-19 2012-01-10 Citrix Systems, Inc. Method and system for locating and accessing resources
US8255456B2 (en) 2005-12-30 2012-08-28 Citrix Systems, Inc. System and method for performing flash caching of dynamically generated objects in a data communication network
US8533338B2 (en) 2006-03-21 2013-09-10 Japan Communications, Inc. Systems and methods for providing secure communications for transactions
JP2008098813A (en) * 2006-10-10 2008-04-24 Matsushita Electric Ind Co Ltd Information communication device, information communication method, and program
US8533846B2 (en) 2006-11-08 2013-09-10 Citrix Systems, Inc. Method and system for dynamically associating access rights with a resource
US8490148B2 (en) 2007-03-12 2013-07-16 Citrix Systems, Inc Systems and methods for managing application security profiles
US8631147B2 (en) 2007-03-12 2014-01-14 Citrix Systems, Inc. Systems and methods for configuring policy bank invocations
US8908700B2 (en) 2007-09-07 2014-12-09 Citrix Systems, Inc. Systems and methods for bridging a WAN accelerator with a security gateway
US8171483B2 (en) 2007-10-20 2012-05-01 Citrix Systems, Inc. Method and system for communicating between isolation environments
US8090797B2 (en) 2009-05-02 2012-01-03 Citrix Systems, Inc. Methods and systems for launching applications into existing isolation environments
CN104488291B (en) 2012-07-27 2018-10-26 诺基亚技术有限公司 Promoting the use of the method and apparatus for cloud service
US9253545B2 (en) 2013-12-04 2016-02-02 Wowza Media Systems, LLC Routing media content based on monetary cost
US9113182B2 (en) 2013-12-04 2015-08-18 Wowza Media Systems, LLC Selecting a media content source based on monetary cost
WO2015147860A1 (en) * 2014-03-28 2015-10-01 Hewlett-Packard Development Company, L.P. Rescheduling a service on a node

Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000115253A (en) * 1998-09-30 2000-04-21 Toshiba Corp Communication method, portable terminal and gateway device

Family Cites Families (8)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
US6006090A (en) * 1993-04-28 1999-12-21 Proxim, Inc. Providing roaming capability for mobile computers in a standard network
US6249818B1 (en) * 1993-06-30 2001-06-19 Compaq Computer Corporation Network transport driver interfacing
JP3492865B2 (en) * 1996-10-16 2004-02-03 株式会社東芝 The mobile computer device and the packet encrypted authentication method
JP3651721B2 (en) * 1996-11-01 2005-05-25 株式会社東芝 The mobile computer device, the packet processing apparatus and communication control method
US6091951A (en) * 1997-05-14 2000-07-18 Telxon Corporation Seamless roaming among multiple networks
US6230004B1 (en) * 1997-12-01 2001-05-08 Telefonaktiebolaget Lm Ericsson Remote procedure calls using short message service
US6147986A (en) * 1998-03-06 2000-11-14 Lucent Technologies Inc. Address updating of wireless mobile terminal hosts affiliated with a wired network
FI105978B (en) * 1998-05-12 2000-10-31 Nokia Mobile Phones Ltd A method for coupling a wireless terminal to the communication network and the wireless terminal

Patent Citations (1)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2000115253A (en) * 1998-09-30 2000-04-21 Toshiba Corp Communication method, portable terminal and gateway device

Cited By (36)

* Cited by examiner, † Cited by third party
Publication number Priority date Publication date Assignee Title
JP2007306577A (en) * 2002-08-01 2007-11-22 Research In Motion Ltd Always-on wireless internet protocol communication
JP2008160826A (en) * 2002-08-01 2008-07-10 Research In Motion Ltd Always-on wireless internet protocol communication
JP4638904B2 (en) * 2002-08-01 2011-02-23 リサーチ イン モーション リミテッドResearch In Motion Limited Always-on wireless internet protocol communication
JP2008508837A (en) * 2004-06-10 2008-03-21 ネットモーション ワイヤレス インコーポレイテッド Method and apparatus for providing mobile and other intermittent connectivity in a computer environment
US7711835B2 (en) 2004-09-30 2010-05-04 Citrix Systems, Inc. Method and apparatus for reducing disclosure of proprietary data in a networked environment
US7870294B2 (en) 2004-09-30 2011-01-11 Citrix Systems, Inc. Method and apparatus for providing policy-based document control
US7865603B2 (en) 2004-09-30 2011-01-04 Citrix Systems, Inc. Method and apparatus for assigning access control levels in providing access to networked content files
US8065423B2 (en) 2004-09-30 2011-11-22 Citrix Systems, Inc. Method and system for assigning access control levels in providing access to networked content files
US7760693B2 (en) 2004-12-10 2010-07-20 Nec Corporation Packet distribution system, PAN registration device, PAN control device, packet transfer device, and packet distribution method
JP4628194B2 (en) * 2005-06-14 2011-02-09 株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモ Communication device, the required time measurement method and a communication control method
JP2006352337A (en) * 2005-06-14 2006-12-28 Ntt Docomo Inc Communication apparatus and communication control method
US7779034B2 (en) 2005-10-07 2010-08-17 Citrix Systems, Inc. Method and system for accessing a remote file in a directory structure associated with an application program executing locally
US8131825B2 (en) 2005-10-07 2012-03-06 Citrix Systems, Inc. Method and a system for responding locally to requests for file metadata associated with files stored remotely
US8355407B2 (en) 2006-01-24 2013-01-15 Citrix Systems, Inc. Methods and systems for interacting, via a hypermedium page, with a virtual machine executing in a terminal services session
US7870153B2 (en) 2006-01-24 2011-01-11 Citrix Systems, Inc. Methods and systems for executing, by a virtual machine, an application program requested by a client machine
US8341732B2 (en) 2006-01-24 2012-12-25 Citrix Systems, Inc. Methods and systems for selecting a method for execution, by a virtual machine, of an application program
US7949677B2 (en) 2006-01-24 2011-05-24 Citrix Systems, Inc. Methods and systems for providing authorized remote access to a computing environment provided by a virtual machine
US7954150B2 (en) 2006-01-24 2011-05-31 Citrix Systems, Inc. Methods and systems for assigning access control levels in providing access to resources via virtual machines
US8341270B2 (en) 2006-01-24 2012-12-25 Citrix Systems, Inc. Methods and systems for providing access to a computing environment
US8051180B2 (en) 2006-01-24 2011-11-01 Citrix Systems, Inc. Methods and servers for establishing a connection between a client system and a virtual machine executing in a terminal services session and hosting a requested computing environment
US8117314B2 (en) 2006-01-24 2012-02-14 Citrix Systems, Inc. Methods and systems for providing remote access to a computing environment provided by a virtual machine
US8010679B2 (en) 2006-01-24 2011-08-30 Citrix Systems, Inc. Methods and systems for providing access to a computing environment provided by a virtual machine executing in a hypervisor executing in a terminal services session
JP2009532765A (en) * 2006-03-31 2009-09-10 アルカテル−ルーセント ユーエスエー インコーポレーテッド Method and device for maintaining a session based on the presence status information
KR101372011B1 (en) * 2006-03-31 2014-03-26 알카텔-루센트 유에스에이 인코포레이티드 Method and device for maintaining sessions based on presence status information
JP2009535873A (en) * 2006-04-28 2009-10-01 ジェムアルト エスアー Data transmission between the server and the communication object
US8731547B2 (en) 2007-09-27 2014-05-20 Panasonic Corporation Network node and mobile terminal
US9642057B2 (en) 2007-09-27 2017-05-02 Sun Patent Trust Network node and mobile terminal
US9178803B2 (en) 2007-09-27 2015-11-03 Panasonic Intellectual Property Corporation Of America Network node and mobile terminal
US10028190B2 (en) 2007-09-27 2018-07-17 Sun Patent Trust Mobile terminal
JP2009119849A (en) * 2007-10-23 2009-06-04 Ricoh Co Ltd Information processor, information processing method, and program
JP2011070279A (en) * 2009-09-24 2011-04-07 Fujifilm Corp Application server and method of controlling operation of the same
US9603085B2 (en) 2010-02-16 2017-03-21 Qualcomm Incorporated Methods and apparatus providing intelligent radio selection for legacy and non-legacy applications
JP2013520138A (en) * 2010-02-16 2013-05-30 クゥアルコム・インコーポレイテッドQualcomm Incorporated Method and apparatus for providing intelligent wireless selective legacy and non-legacy applications
US9264868B2 (en) 2011-01-19 2016-02-16 Qualcomm Incorporated Management of network access requests
US9178965B2 (en) 2011-03-18 2015-11-03 Qualcomm Incorporated Systems and methods for synchronization of application communications
JP2017502394A (en) * 2013-12-05 2017-01-19 クラウドストライク インコーポレイテッド Interception of Rpc call

Also Published As

Publication number Publication date
WO2002023362A1 (en) 2002-03-21
CA2421609A1 (en) 2002-03-21
AU8901001A (en) 2002-03-26
EP1364296A4 (en) 2004-09-15
EP1364296A1 (en) 2003-11-26

Similar Documents

Publication Publication Date Title
US8817599B2 (en) Mobile router with session proxy
CA2469513C (en) System and method of managing information distribution to mobile stations
EP1089495B1 (en) Method and system for switching between two network access technologies without interrupting active network applications
US7457626B2 (en) Virtual private network structure reuse for mobile computing devices
US8261339B2 (en) Dynamic network tunnel endpoint selection
CN101410819B (en) Reliable, high-throughput, high-performance transport and routing mechanism for arbitrary data flows
CN102804738B (en) Gateway machine architecture and functionality of the machine
US8671205B2 (en) Cooperative proxy auto-discovery and connection interception
JP4000331B2 (en) System for port mapping of network
US8761008B2 (en) System, apparatus, and method for communication in a tactical network
JP6236152B2 (en) Neighbor discovery to support the Suripi node
Funato et al. TCP-R: TCP mobility support for continuous operation
US9749404B2 (en) Method and system for load balancing over a cluster of authentication, authorization and accounting (AAA) servers
JP5006925B2 (en) Manage communications between computing nodes
US10230587B2 (en) Dynamically deployable self configuring distributed network management system with specification defining trust domain membership and/or privileges and data management computing component
EP1368947B1 (en) Addressing method and system for using an anycast address
US7257817B2 (en) Virtual network with adaptive dispatcher
JP5847191B2 (en) Intermediate nodes and the content request terminal and sharing methods for their content to be content sharing
JP5738432B2 (en) System and method for communicating data between the application server and m2m device
KR100917985B1 (en) Method and apparatus for sharing authentication session state in a global distributed network
US7882558B1 (en) Tunnel designation system for virtual private networks
CN1243451C (en) Hot standby protocol for wireless devices
ES2309899T3 (en) Interface adaptation of virtual and physical network.
EP1542409B1 (en) Protocol for multi-hop ad-hoc networks
EP0944209A2 (en) Quality of service allocation on a network

Legal Events

Date Code Title Description
A621 Written request for application examination

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A621

Effective date: 20080709

A131 Notification of reasons for refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A131

Effective date: 20110607

A02 Decision of refusal

Free format text: JAPANESE INTERMEDIATE CODE: A02

Effective date: 20111101